◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:シャフト

明けましておめでとうございます
 本年の営業は 1月6日(木)11時から となります
 よろしくお願い致します


ゴルフクラブは テニスラケットや野球のバットと異なり
微妙な量 L型の構造をしています。
445TL-2
また機種や種類によって
その微妙な量は異なり、
ゴルフ用語的には 重心距離や重心深度などと呼ばれたりします
そして それがそのクラブの性格・特性の差異だったりします。

握っている棒とヘッドの重心〜重量の中心点 との差異は
2センチ〜5センチ と色々あります。

しかし 本来
ヘッドに適切な重量があり、
使う人にとって ちゃんとしなる、柔らかさのシャフトを
使っていれば その差異 重心距離や重心深度などは
問題ないのです。

静止状態ではその差異はあっても
運動状態では 重量は一直線上に揃う特性がありますから
自動的にそれは消され
打ち手は その差異を気にせず 棒そのもので打てば
そこに打点 重心位置が来るようになっています。

ですので ヘッドの大きなドライバーと
本当はお勧めできませんが、
重心距離が大きく異なるアイアンと併用しても
自動的に その差異は自動的に解消されるようになっています。
 ✋✋✋シャフトが柔らかければ…ですが。

セット間に重心距離が違いが少ないものを使う方がよい・・・
のは 打ち手が感じるクラブの重さが
超重心距離や深重心深度のモノ方が重く感じるためで
クラブの短いモノの方が 軽く感じるのはあまり良いことではありません。

シャフトの硬さ・柔らかさが適切であれば
そのズレ 重心位置や重心深度のずれを無視して
棒の延長線上で打てば良いのです。
 本当は。です。


しかし しならないモノを使う場合
打撃するのに そのズレを計算しておかなくてはなりません。
機種による差もですし、
アプローチなどでは その動かすスピードによってもです。

ですので フルショットでは大丈夫でも
ハーフショットのアプローチなどで
そのずれがより発生し辛いので シャンク が出たりします。
✊スピードが高ければ 十分なトゥダウンが得られます


そして ゴルフクラブの構造のすごい所は
 シャフトにしっかりした剛性がある限り
シャフトがいくら柔らかくても そのトゥダウンは
その重心位置のズレ分しか起こらない のです。
IMG_8497

機種による違いなどを全部飲み込むことの出来る
 そのシャフト本体の機能/シャフトの柔らかさ は
ゴルフをかなり簡単にできます。
オートマチックに 打点が同じところに来る
しかも それは重心位置 という
ゴルフ用語でいう ヘッドの芯 なのですから。

それを利用としない打ち方では
常時 そのズレ/差異を意識しておかねばならず
かなり複雑になります。

また ヘッドを返すような打ち方では
そのずれを解消するような シャフトの動きになりません。
逆に 重心位置・重心位置の数値的なズレ以上に
ズレを考慮しておかねばならなくなります。mh


 そのオートマチックの機能を消す、しならないシャフトを
わざわざしならせ、ねじって使うのはいったい何のためなのでしょう?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


シャフトの硬さ と言うモノに対して
夢語りに近いと思うのですが、思うことがあります。


9割以上…(ほぼ全員と言って良いかも、ですが)のゴルファーは
ドライバー  45インチ相当 振動数...150cpm を
打ったコトも、振ったコトも、持ったコトもありません。
240781176_4377812485599164_8218599256180757912_n

好き嫌い は別として 一度でも
振動数150cpmの ドライバーを持つ、振る、打つ を体験すると
その100cpm上の 250cpmを恐ろしく硬く、単なる棒に感じ、
それが10cpm下の 240cpmであっても
それが10cpm上の 260cpmであっても
ヘッドが付いていない❓んじゃないか と思えるほど
 動きの無い ただの棒っきれ に思えてきます。

キックポイント なんて言葉を聞きますが、
 その棒のようなシャフトの硬さ…で?
と常々思う訳です。

150cpmを打ったことのない人でも
想像出来るかも…しれませんが、
初めて 150cpmを打つとすると
シャフトがものすごくし(短く)なるので
 チョロしそう…届かなそう  もしくは その真逆な

 テンプラしそう… 届き過ぎる…  想像をするでしょうし
逆に 150cpmを打った後、 250cpmのモノを打てば
シャフトが「全く」しなら(短くなら)ない ので
 届き過ぎ…そう か  
届かなそう… と思うモノです。
そして、それが そのまま スイングに反映されるのです。
下に振ってはダメよ_Moment
道具、なので サイズ とは異なるとは思いますが、
服であれば S.Ⅿ.L.LL. と試着してみれば、
 すぐその差は分かりますし、何かの事情(思惑)が無い限り、
 適正なモノを選んだ方が、快適ですし、見栄えも良いでしょう。
それから 考えると
 ドライバーを試打する際に、 R.SR.S.を打ってみて… って
 少し違和感を感じるのです。
 X…シャフトなんて 基本、マッチョな若者のモノですから
 対象外ですので、除外するとすると、
 R.SR.S はアマチュアが選ぶべき シャフトの硬さの端から端、
 それを打ち比べる って 本来、無理がある筈なのです。

つまり R...240cpm SR...250cpm S...260cpm
このどれもが硬くて どれも差がない のが現状なのだと思うのです。

👉選ぶ幅が狭すぎる と思うのです。
((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment


夢物語 ですが、 表記として
L (レディース) 155cpm(振動数)
 A (Gシニア)  170cpm
 AR (シニア)  185cpm
R (レギュラー) 200cpm
 SR (選びドコロ) 215cpm
 S (スティッフ) 230cpm
➂SX (マッチョゾーン) 245cpm
 X  (絶句ゾーン) 260cpm


この位の硬さの差異 が 本当の意味での「シャフトの硬さ」
シャフトの硬さの役割を考えた 差 だと思います。

大量販売を主としているメーカーが
 一本のシャフトでここまで 広い硬さ差では管理しきれないのもありますし、
 ,離勝璽鵑離轡礇侫箸函➂のゾーンのシャフトをまるきし同じ
 とする訳にも行かないでしょうから よりコストがかかる…でしょう。


しかし、実際には ヘッドスピード、体力、年齢の差
 また、スイングのタイプの差 によって
 シャフトの硬さには この位広い領域があった方が
 多様性も生まれ易いですし、楽しめると思います。



また コレも正直な感想ですが、
 現在の多くのゴルファーは 硬すぎるシャフトを使っています。
 故に、しならないシャフトをしならせて使うことに慣れてしまいますから
 振動数 5cpm程度のシャフトの硬さ には ノー感じ ですが
 しならせなくても しなるシャフトを使うようになると
 その 5cpmの差も感じ取れる人が増えてしまう ので
 製品誤差 を狭めなくてはならず
 昔のように バカバカ売れるのであれば やる意欲も湧くかもしれませんが、
 爪に火を点すような現代のゴルフ販売事情で
 コストもかかり、手間もかかる のを やる筈ありませんよね…。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


そして ケンズチャンプをリシャフトの主軸 にしました。


今までは お客様指定のシャフトの、指定の硬さ で
 リシャフトしていたんですが、
 ケンズチャンプを主軸にしてからは 一応、ご希望は伺い、
 スイングを見て、行けるところまで「柔らかい」モノを選択。 
スナップショット 2 (2012-11-01 20-24)

ヘッドスピード50msを楽々超える人
 であっても ほどほど「柔らかい」スペックがとても有効✋
✋ヘッドスピードの速い人や
練習頻度、量の多い人は
肘や手首(特に左側ですね)を傷める、痛めている人が
多かったのですが、柔らかシャフトにすると
 それが短い時間で解決します。


そうなると 欲が出ますよね、
 私にも、お客様にも。
🤗もっと柔らかいシャフトが有れば もっと飛ぶんじゃないかと…。

ケンズチャンプのレディースを
 45インチ ヘッド重量200g に装着すると
 硬さは 230cpmを切る位 です。

それを下回るようなシャフトを 手あたり次第、テストしました。

女性も含め
 アマチュアゴルファーに美味しい「柔らかさのシャフト」帯に
 あまり多くの種類はないんですね。今も、昔も…。

499ef150

シャフトの硬さ選定、
そして 硬さの基準そのもの
今もゴルフ業界、用品界の大きな問題です。

ウッドシャフトの場合、
対になる アイアンシャフトとの兼ね合いも否めません。
当時は グラファイトの柔らかめ のアイアンシャフト も
出始めていました。今はあきらめ気味になりましたが、
アイアンシャフトをグラファイト化に‼
 誘導したかったんだと思います。


とは言うモノの、ゴルフ業界にとって『
 声の大きい人、意見を発する人は
 だいたいの場合
.僖錙爾里△襦▲悒奪疋好圈璽匹旅發ぁ
⊂ないスコアで回る人 ですが………
 その 発信者 の割合は実はとても少ないのです…。

 例えば、ですが、
 一般論で言われている 成人男性のヘッドスピード は
 42ms位と言われていますが、かなり お上手、が入っている数値です。
 本当に 42ms あれば かなりのハードヒッター です。

 日本のゴルファー全員を計測したわけではないので
 推測に過ぎませんが、30歳〜85歳 までの成人男性ゴルファー、
 (年齢で言うと 平均は 63.4歳位だと思います…)
 実ヘッドスピードの平均値は 37ms位 だと思います。
   (37ms 以下 の可能性も多分にあります)
 50歳以上で 37msあれば かなり飛ばせる方に属します。
スナップショット 4 (2013-03-29 22-29)

よく言われる その平均(願望)値 42ms を含め
それ以上の人は 全体の2割いるか、いないか、でしょう。
ですが その2割いるか、いないか の人は声が大きい。
夢中になっている人も多いから…
 お金もより多く使うから… もあるのかも知れませんが
ゴルフ用品の多くは その人たち向け です。

本当は ヘッドスピード 37ms しかないのに
 願望も含め 無理して 42ms向け、それ以上のスペックを使えば
 無理して、余計なことをして 使わざるを得ません。

特に 個性的でない、フェースローテーションが意識の中にある
 ごく平均的なスイング、ごく普通のヘッドスピード、体力、で
 シャフトの硬さ(振動数) 150cpm を使っても
 なんら問題がない、もしくは、より楽に飛んだりするのに、
 知らないとは言え、
 250cpm、振動数100cpm フレックスで10個も硬いシャフトを使えば
 シャフトをしならせて、しなり戻して という
 必要のないコトが「必要」になってしまうのは当然帰結でしょう。

ゴルフ業界全体が 体力に応じたスペック を
 背伸びして設定しています。
  願望…は分かるのですが
 (ま 商売上、その願望をセールストークにし易いのですが)
 そこで さらに各個人が、背伸びしてクラブを選んでしまう、
 その二重の背伸びが
  実は ゴルフの悩み、スイングの悩み の 始まり
 の 可能性は非常に大きい と思います。

だいたいの場合、クラブやシャフトを選ぶ基準は
 適正 ではなく、 願望 なのです。
IMG_0030

話しは元に戻りますが、
求め続けた 美味しい柔らかさのシャフト の中で
抜群な性能だったのが フジクラのブラックスピーダー468 です。

 ちなみに ですが、
 フジクラのスピーダーの番号 の最後の桁 は
 それが リリースされた年号 です。
 ですので ブラックスピーダー468は 1998年、
 スピーダー757 は 1997年
 スピーダー569 は 1999年
 スピーダー661 は 2001年 です。

ブラックスピーダーは通常の硬さ表記ではなく F0.F1.F2.F3.
 と言う表記で F0 で上記状態のクラブ(45/200g) で
 230cpm と 同じ振動数 ですが、
 べらぼうに硬くて 使える人がいません。
 ヘッドスピード が 60ms近い人 であっても かなり辛い とのコト。

ブラックスピーダーに限らず、この頃のフジクラのシャフトは
 実験も兼ねていて、全域に合成の高い繊維でハニカムを入れていました。
 スピーダーは その名の通り 「復元の速い」シャフトですが、
 その意味は シャフトのしなり、たわみの復元ではなく、
 シャフトの形状の円形の歪みの「復元の速さ」で
 それが「速い」と 人間の感覚でしなりを感じる前に復元してしまいます。
IMG_0032

 ごく普通の感覚であれば F2  振動数210cpm あたり です。
 飛距離重視の人であれば F3  振動数200cpm じゃないでしょうか

✋今から考えれば 相当硬い ですけどね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ハミングバードが『柔らかいシャフト』に至った
思い出があります。 30年位前(1990年代前半)…でしょうか
2f69dcd8.jpg

 オーダーメイドゴルフショップ とは言っても
当時は まだ グリップ交換や修理、リシャフトが主軸の商いでした。 
リシャフトを依頼され
 お客様指定のシャフト、指定の硬さ を装着する訳ですが、
 数週間、数か月後、そのお客様に練習場で出会うと
そのリシャフトしたクラブを使っていない、
もしくは また 別なシャフトに入れ替えている、

 と言う場面に かなり頻繁に遭遇する…のです。

20代の私にとっては
 高額なゴルフシャフト、
 壊れても居ないシャフトを交換するコト は
商売を除けば、羨ましい限り でした。
  にもかかわらず また、クラブを換える、シャフトを換える…
商売上はとても有難いですが、
 頭の中は「????」で一杯でした。



そんな商売の中で あるシャフトに出会いました。
 昔、日本のピンゴルフの代理店のキーストンと言う会社が
 プロデュースした 三菱製のシャフトで名称を
 ケンズチャンプ をいう、当時、人気の有ったシャフトです。

今でもそうですが、シャフトの硬さの分類は
 レディース、
 ●稀ですが A (アベレージなのか アマチュアなのか不明)
 R、SR、S、X、XX、 こんな感じ
その「ケンズチャンプ」の特徴は
 レディースから始まって A.AR.R.SR.S.SX.X.XX...
 と細かく分類され ✋それが 振動数によって管理されていました。

製品には誤差がありますので
✊同じ振動数であっても Rで作った時と、SRで作った時は
 どう違うのか❓
✊硬さを伏せて、目隠しで打って頂くと 一体どう感じるのか❓


 すべてのフレックスを 同じヘッド、同じヘッド重量、同じ長さ、
 同じグリップで ランダムに番号を振って
 かなり多くの人に、かなりの球数、かなりの期間、
 テストして貰いました。

すると 今までの 自分の漠然とした思い込み とは全く反対の
 そして 矛盾に感じていたことの答え が有ったのです。
01_b

延べ延べで 200人を超える人に打って頂きました。
 ほぼ全員が…
 スイングや、年齢、ヘッドスピードに関係なく
  一番下のフレックス の レディース(フレックス)が
  …振動数 で言うと 45インチ/ヘッド重量195g 👉225cpm前後です

 距離も✋ 安定度も✋ 振り易さも✋ 断然に良いのです。
 一番 柔らかいシャフトが 真っ直ぐ飛んで 振り易い という
 回答なのです。

そして、更に 硬さを『感覚で』判定して頂くと
 概ね…ですが、製品の表記とは 真逆の結果 になるのです。

 その頃のお客様は全国区というよりも
 やはり 地元のお客様が多かった…のですが
 その位の硬さをリシャフトに採用すると
 『飛ぶ』 ケンズは飛ぶ と評判になりました。
 年間で 200本以上リシャフトした記憶があります。



ゴルフクラブは構造上、上下左右、前後に偏重した形で
 方向も高さも、距離も
 数度という 上下左右の角度に司られています。

 安定して、効率よく、繰り返し 打つコトを望まれるスポーツで
 出来るだけ 捻じれ をクラブに造らないで打つ方が良い筈…
 …なのに 多くの人は『意図的』にねじれを造って打っている
 と言う答えもそこに合った訳です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


329500ce
私の住む地方もご多分に漏れず
練習場やそれに付帯するクラブショップ、
ゴルフショップがどんどん減っている今日この頃。

辞めてしまったショップ(他店)のお客様が
  ゴルフクラブ診断で来店されました。
 セットの流れ が バラバラ❓ に感じる、とのコトです

体力的にも、スイングも ごくごく普通な60歳
 ヘッドスピードは 頑張ると 40ms強はあります✊
ドライバーは
  フジクラの スピーダー50g台のⓈ
フェアウェイウッド は
  その流れ の 60g台のFW用のⓈ
ユーティリティは
  フジクラ 70g台のユーティリティ用のⓇ
アイアンは  以前使用のモデルと現行モデルの混在状態で
  ミドルアイアンはゼクシオに 80g台のⓇ
  ショート.ウエッジは軟鉄マッスルバックに 120g台のⓇ

この組み合わせもよくある ミス で
 ドライバーは 50g台
 FWウッドは 60g台
 ユーティリティ 70g台
 ミドルアイアン 80g台
 ショート・ウエッジ 110〜120g台

と クラブの長さに応じて シャフトの重さを変え
 長いものは軽いシャフト 👉飛距離優先
 短いものは重いシャフト 👉安定度優先

『同じ重さの感じにしてみよう』
『優先事項に応じたシャフトの重さ』
とのプランなのだ
と思います。
003
これ よく考えガチなコトだと思いますが、
その計画は失敗、問題を複雑にします。

シャフトは1mの棒です。
それが 50g と 60g と増えても
全域に渡って 10g増えるだけ、なので
感触としての 重さ感の差はありません。

一方、シャフトの重さは シャフトの硬さに直結するため
 同じメーカーの、例え、同じ名称(機種)の同じ硬さ(表記)にしても
 重いモノの方が 硬くなります


今回のこの場合も、一応 形式上、同じ機種 の 同じ硬さ の筈
 「だった」のですが、
 ドライバーは 253cpm
 FW(#5)は 265cpm と (258cpm前後がマッチでしょうね)
 長さから 考えると ハーフフレックス分、
 地面から打つクラブである FWの方が硬くなっています。

そもそも この方にとって
 45インチで 254cpm は かなり硬い のですが…。
 問題は そこだけではありません。

その延長で、ユーティリティ が 70g台の同機種ですが、
 コレは 数値上、ドライバーやFWよりも 柔らかく
 ミドルアイアンより硬く、ショートよりは柔らかい、
  👉ウッド系のⓈに比べ 表記通りⓇ分柔らかい感じです 
 何とも言えない存在になっています。

アイアンが問題です。
 ミドルアイアンのシャフトは 80g台のⓇで #5-260cpm
 ショート以降のシャフトは  120g台のⓇで #7-295cpm
2フレックス以上違う 硬いシャフトがショートアイアン、ウエッジに
入っているので 一番数を打つ、コレが基準になっており
 硬い筈のドライバーが柔らかく感じる次第です。
006
ドライバーの距離も出ていないのは 幾つか理由がありますが、
々鼎ぅ轡礇侫箸鯊任燭覆韻譴个覆蕕此”を痛めている
▲▲ぅ▲鵑鉾罎戞―世蕕いので
 真っ直ぐ行かせる為、手加減して打たざるを得ない

だと思われます。

また、硬いシャフト、軽いヘッドのウエッジを使い続けているので
 中途な距離のアプローチがあまり得意でなく、
 練習量、練習頻度が必須なのが、痛めている関節に重くのしかかります。


弊社で 悶絶の入門用のクラブ
 重めのヘッドに 70gのシャフト のウエッジを打って頂くと
 コッチの方が 「重く感じる」 とのコト。
 ご自分のウエッジの 約半分の重量のシャフト です。
001
シャフトの硬さが ボールの置き位置を決めたり、
 スイングの強さやタイミングを決めます。

『どの硬さを基準とするか、でスイングは決まります』

ドライバーは距離(スピード)が優先
アイアン、ウエッジは安定性、確実が優先、
ドライバーに比べ、アイアン、ウエッジが飛ばなくていい、
その気持ちは痛い程、分かりますが、
そうであるのなら 余計、
 全部のクラブが同じような、似たタイミングで打てるコト
 を犠牲にするのは避けるべき、です。
本当に 重く感じているのか、重いのか、
 『自分で』判別していない 番手、長さに応じたシャフト重量の変更、
 シャフトの硬さ、タイミングを犠牲にしてまで
 するべきではありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


「△△社の◌◌シャフトのS に換えた
 SRは…シャフトの戻りが遅い気がする…。」

(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment

シャフトが速いとか、遅いとか、戻りとか、戻らないとか
これまた、良く聞く言葉ですよね 😜
ネット上(SNS)では挨拶と化している程に…。

ゴルフクラブをどう使おうが、何を選ぼうが
その方、その方の自由ですし、
その選択の自由さ がゴルフの楽しみの一つ ではあるので、
ご本人に意見をするつもりは全くありませんが、
ゴルフクラブの基本性能を利用する、と言う観点においては
 正直、あまり芳しい状態ではありません。

単に言葉であるのですが、
日本古来の言葉でいうと「言霊」であって
そのイメージが その方のゴルフスイングを表している と
言えるでしょう。

✋シャフトの戻りが遅い
コレ まず 比較対象がある というコトですよね❓
シャフトって グリップ(バット)とヘッド(ティップ)で構成されるので
ニュアンスからすると グリップに対して、ヘッドが遅い・・・
そういうことになります。

本来、ゴルフスイングは
グリップ、打ち手との連結部を動かした分「だけ」
ヘッドが動く、移動する ので
その動きが 向きを変える〜回転 で実行されます故に
その外周に当たる ヘッド部の方がたくさん動いて「見える」
角度としての運動は同じ であるモノ です。
動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment(2)

✋シャフトの戻りが遅い →ヘッドが返ってこない
ということは 自発的に ヘッドの方をたくさん動かしている
というコトで 行き(テークアウェイ)であっても
帰り(ダウンスイング)であっても
ヘッドの方が 「角度運動」としてたくさん移動している には
体を止めて 手作業で行わなくてはならなくなります。
 物理法則なので、これに例外はありません。

ヘッドの方を 角度運動として たくさん動かすと
打撃部のゴルフヘッドは 角度の集合体 なので
上下の上がりや方向、ボールに加える上下左右のスピン が
毎回、同じように当たる確率は 格段に下がります。

✋シャフトの戻りが遅い
というコトは 遅れたヘッドを基準値になるグリップに対し、
戻してくる というコトですから
スイング用語である ハンドファーストにしない
ヘッドファーストにしようとしている
  と言うニュアンスが含まれています。

ハンドファースト は グリップ部分を前に出すコト ではなく
ヘッドの『遅れ』によって
 上から入射してくる分、シャフトが前に倒れる「事象」を指す訳ですが、
ハナから ヘッドの重さ〜シャフトのしなりを利用しない
 と言っているのと同じです。

✋シャフトの戻りが遅い
Ⓢシャフトでは柔らかい…ってことでしょうか
じゃあ Ⓧにするのですか…
それって 戻りが遅い が 速い に変わるのではなく
手で ヘッドをたくさん動かしても そのズレ幅が少なくなる
手で ヘッドを余計に動かしても お釣りが来ない
戻す量が減るだけ だけであって…
戻りの遅い、速い とは違うと思いますけど…。
私には 単に 速く先端(ヘッド)を自分で振りたい、
振り回したい、シャフトがしなると その振りまわす分、作業が多くなる、
戻す時間 グリップも体も止めて置けない よりも
しなり幅が大きいと 振り回し切れない と言っているように聞こえます。


👉2021-05-19_23-05-25_Moment理想論 ではありますけれど、
 ヘッドの重さ、シャフトのしなりによって
 先に進むように誘発された グリップが
 ドンドン先に行き、ヘッドの遅れがロフトの立ちになり
 ✋ヘッドが上から入る分=ロフトが立つ
 インパクトを迎える のと2021-05-19_23-05-25_Moment(3)
 ヘッドの遅れを取り戻す分、グリップがどこかで待っている
 その分 ロフトが増え易いインパクト、
 どっちが 早い時期にインパクトが来ると思います❓

✋ボールを上から打つ
 ハンドファースト
 ロフトを立てる
 体重移動
 と 多くの部分で矛盾するのではないですか❓
 その整合性って、一生解決しないんじゃないです❓

 🤒大丈夫ですか❓

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


一般的によく使われる
『ヘッドが走る〜シャフトが走る』というのは
グリップの移動量よりもヘッドの移動量が多く、
かつ 速くヘッドが移動することを指すのだと思います。
IMG_0776

気が付かないからも知れませんが、
別なゴルフ用語で、このことを
「ヘッドターン、ヘッドを返す」
「ヘッドを開いて入れて、閉じて出す」
とも言います。
ほぼ 全く同じ行為を指しています。


クラブの構造や機能を知ると
この行為の怪しさ、ダメさ加減が理解できるんじゃないでしょうか

打ち手の差を除き、
ヘッドとボールの接触によって ボール/弾道には
✊左右の角度
✊上下の角度
✊ボールの回転
✊ボールの速度
が生まれる訳ですが、
ロフト角度・ライ角度で考えると
この二つの角度は非常に密接に混じり合ったものです。

上記のクラブの入れ方ですと
打つ前に クラブはロフトも向きも開いていますから
この状態でインパクトが来れば
・・高く
・・回転数も多く
・・右に飛び出て
・・右に曲がります。

典型的なコスリスライスです。
スナップショット 1 (2013-02-13 14-15)

これをヘッドターン・ヘッドを先に生かせると 今度は
・・低く
・・回転数も多く
・・左に飛び出て
・・左に曲がります

通称、引っ掛けフック、 ほぼ 真反対の弾道になる訳です。

ヘッドターンはクラブの構造上
✋ロフト角度 大きい➟小さい
✋ライ角度  多い➟少ない➟多い
✋フェースの向き ➟

と同時に変化していきます。

ヘッドがグリップを追い越したのに右を向いているのは
構造上かなり難しく、逆にその使い方では
ヘッドが後ろにある時左を向けたらボールに当たりません。

ですので シャフトのしなり・しなり戻りには
必ず シャフトを軸とした回転が伴ってしまいます。

それにクラブ姿勢やヘッド姿勢に影響を大きく受ける
ヘッド軌道も絡むので
全てのコトが揃うのは天文学的確率です。
そして 似た球を繰り返すのは もう奇跡の産物です。
002

ドライバーであれば ヘッドスピードに自信がなくとも
ヘッドとボールの接触する時間は 1/3000秒
この真ん中の状態が運よくインパクトに来るでしょうか?

何を言いたいか というと
シャフトを開発する、製造する という観点で
上記の使い方
「ヘッドを走らせる〜シャフトを走らせる」
のを強化していくと
一か八かで飛ぶけど、弾道は異様に安定しない
と言うシャフトを造ることになります。
手元を強く、太く、硬くし、動きにくいようにし、
シャフトには 歪み耐性の高い、復元耐性の高い繊維を
中から先に斜めに入れることになるでしょう。
手元が硬く、先端部が緩めの 高弾性のシャフト
ですので 全体的にはとても硬めのシャフトに仕上がります。

また ヘッドを走らせるために、グリップの移動量や
グリップの移動速度を制限することは
即ち ヘッドスピードの制限に成りかねませんから
単に 打ち手の『ヘッドが走った』という欲求満たすだけの
シャフトのなる可能性も否めません。


スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)


ゴルフクラブは ごくごく当たり前ですが
グリップが動けば(移動すれば)
ヘッドも動きます(移動します)

✌グリップが動くことによって ヘッドが動けば
 ヘッドの姿勢変化もかなり抑制できます。
 同じ姿勢のまま移動することが可能です。

✌かつ グリップの移動速度や移動ルート によって
 ヘッドの移動速度や移動ルートも変えやすいですから
 距離の管理/調整、弾道の修正/改良が
 行いやすくなります。

✌ヘッドを振って、シャフトを走らせる打撃は
 飛ばすコトと安定させるコト/真っ直ぐ行かせるコト
 が 相反する関係になりますが、
 グリップを動かして ヘッドを動かす打撃は
 それがイコールの関係にし易いです。

ヘッドとグリップの位置関係を
上下に反転させることを考えれば
クラブはどう扱う方がよりベターなのか
シャフトはどう扱う方がよりベターなのか
答えは見つかってくると思います。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 ゴルフがある程度出来るように 上手になり始めると
ゴルフクラブ にも興味が出て来る

僕個人は 好きになれないけれど
最近流行りの サイケな色のグリップに変えてみたり…
どんどん クラブを買い換えるのは お財布が辛いし

クラブ改造のファーストステップ って多分「リシャフト」かな
リシャフトすると いきなり「通」になった感じがするし
車でいうところの チューニングカー に乗っているみたいな…


長年 この業務に携わってきて リシャフトのコツ ってのがある
実は意外に単純

 2年位前の 純正シャフトの硬さをご覧あれ
       すべて 純正Rスペックの平均値(グリップ付き)

1.ゼクシオ       230
2.スリクソン WR    245
3.Xドライブ GR    246
4.SUMOスクエア    218
5.バーナー       220
6.ハイパーERC     228
7.ハイボアXL      225
8.MPクラフト460    251

今振り返ってみると 上のデータを見ただけで
   どれが 売れるか 分るのではないだろうか…

似たような条件で 上の8本のクラブ
リシャフトしよう! と思い立つのは 2.3.8番だ

また その頃 流行っていた シャフトは(数値はS)
三菱 ディァマナ S63       260
フジクラ ランバックス 6X07    262
グラファイトデザイン T-AD QUA.  263


すごく不思議なんだけど リシャフトしたり
 純正で この手のスポーツタイプのシャフトをオプションにする時って
  何故に みんな フレックス(硬さ)を上げようとするのだろうか
   
 上手くなる事は シャフトを硬くする事 では断じてない!!!

当時人気の合った 5番 Rで220 だから Sでは230cpm位だ
 → これを 上記ディァマナの Sフレックスに変えると
  一気に 振動数は 30cpm 上がる  → 3フレックス分上がるんだ!
 
装着されていたシャフトを基準にし 比較すれば
  いきなり XXのシャフトを使うのと同じ事になる


こりゃ 中古クラブ屋さん か ネットオークション 行きだよね

無理して使えば 自分が 整体 行きだ



 ま ハミングバードのお客様には必要ないだろうけど
  シャフトを替える時は ヘッド重量を考えて 必ず
   「振動数を下げる」こと   その一言に尽きます

他のクラブとの相性を無視すれば 20cpm 位 下げるのが
 一番 簡単に 結果も出る!  かな
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
 今回のアイアンシャフト やばい
正しく使うと アイアン史上最高の飛距離 最強の弾道
例によって 重〜い 重〜い ヘッドを採用するので それにも原因があるのだが ヘッドそのものは軟鉄であるから 決して ストロングロフトでも 重心がすごく深いわけでもない
 重量を除けば 特徴的なのは軟鉄鍛造アイアンの中では 最長な重心距離位で ごくごく普通のアイアンヘッド。  BY 共栄ゴルフ

しかし 弾道はどう見ても 強烈なライナー
まるでフェアウェイウッドのような球速
ユーティリティのような距離
打ちだし角度は決して高くない、イヤどちらかと言えば低めだ。 なのに最終的には高弾道に見える… ほど飛ぶ。 この距離 20年前打てたっけ

インテンショナルに フック、スライスを掛けると フックはどぎつい、スライスは非常に薄っすら。 薄〜いスライス向きのシャフトだと思うが 基本的には本当にストレート、気持ちいい位ストレート。

 本当に軽〜く、ウァーミングアップ、慣らし運転程度に打っていて この球
影響されて 前のお兄ーちゃん 鬼ーちゃんになってる…。
軽〜く流して打ってるのに 背中 握力パンパン しまいには腹筋が痛くなる。
連日 筋肉痛。 腕は疲れないけれど その他の部分は相当 使わされる

 また ご機嫌を損ねるととんでもない。
当たらない 飛ばない クソ重い
ゴルフボールを打つ道具とは思えない   このギャップ。

 また3人の使用者から まったく同じ感想
ターフの取れ方が独特 と。 アイアンヘッドのターフじゃなくて ボールが地面をスキッド(スライド)したような ボール分の幅の狭い小さなターフ。
なんじゃ そりゃ  昔 ノーマンの打ってたヤツ

 とんでもないモノ 作っちゃたなぁ
オレは フランケンシュタイン博士
はたまた 単なるサディスト か

  コメント 何でも結構です 待ってま〜す続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 世界最軟シャフト 打ちました。
ありえない数値  世界でここだけでしょ こんなアホなの

ヘッド重量 205g 重心距離45ミリ 割と最新ヘッドに入れてみました。最軟シャフト   ボヨヨ〜ン ビヨヨヨ〜ン なんだこりゃ。

出来上がり カット45インチ スウィングウエイトD3
そして 振動数 グリップ付きで  cpm
ありえな〜い。 巷で流行りのシャフトの 何と 落ち。 強くワッグルすると 握っている指をヘッドで打ちそう。 馬蹄形になるほどしな〜る、しな〜る これで打てるんだろうか

果たして 遅いのか 速いのか

この強度でちゃんと飛ぶのか

 練習場に出没! 打ってみました 総勢6人。
まず 総合評価     チョー簡単!  つまらないほど簡単  振っている最中 柔らかいと感じることはまったく無く、アドレス時はヘッドは岩石のように重いけど テークバック始めると 消えてしまう。
軽〜い振り心地
なんもすることがない、何もする暇がない テークバックし 切り返すと 勝手に打っている 物足りないほど簡単
弾道も安定しているし ほとんどばらつきもない
強制的にリズムは一定になってしまうし なんだこりゃ って感じ。
自分で打っている気がしない。 練習場では普通に飛んでる。
すご〜く飛んでるかどうか コースボールでも コースでもないので わからないが
飛ばなくはない。 飛んでいそうな感触 弾道はものすごく普通。
スライスが打てない 低めのフック回転が多い。

シャフトを寝かそうとする、ロフトを付けて打とうとすると 突然ヘッドが 「こなき爺」になってしまい 異様に重い ゴルフクラブとは思えん。

何よりすごいのは ドライバー特有の緊張感がまったく無い。
ウエッヂで目標も決めず ペロンペロンとただ打っているような…。

結果は保証出来ないけど 誰かコースでテストしませんか


メッチャ おもろい、 ドライバーがこんなに簡単なのか と再認識

 でも 商品にするのは 問題が…
これと相性の良いアイアンはこの世には無い…。
面白いけど 困る  このシャフト どうするんだ…続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 本日のお題はニューシャフト
さんの実戦体験記です。



大きな特徴として

振る 動きをすごく嫌います
非対称な道具ということを思い知らされます
グリップとヘッドがばらばらなのは修正不可
扇に振ってしまえばCALLAWAY LEGACY

トップの体の向き 手の位置 クラブの位置
(このアイアンの場合 トップまでの過程の動きも)
降りる時に無駄が入るとすべて TOURSTAGE-X

ボールはフジクラ○○シャフトよりもやや左目

グリップも適当握りは嫌う感じ

でも特殊な技術が必要なわけでなく、
体の向きで 横 胸の幅の中で縦
正面でインパクト・・・等
教わったことを守っていれば誰でも打てます

飛距離は過去最高
力は 過去最低
音と 弾道は東京フィルハーモニー 

おいしいところ をヘッド重量を使い丁寧に動かす のが必要
間違ったところ を筋力で動かすと X XIO
ゴルフクラブ というイメージを捨てて
楽器を演奏する感じです
楽器は 振ってはいけません
・・・・バイオリンを弾く  感じが近いかなー

10ヤードのアプローチでボールがつぶれる感触は
このクラブが初めてなら あっという間に ゴルフスイングができそう

ゴルフスイング以外は 一切 受け付けません

いい感じでやってますよー



(店主)ありがとうございました
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
 HPにも書いていますが ウッド・アイアン問わず 最近のシャフトの傾向は先端が重くなっています。 

 シャフトの重量で俗にいう「スウィングウェイト」 D0とか、C9とか、が変わると誤解されている方が多いのですが、シャフトの重量ではなく シャフトその物の重量バランスによって スウィングウェイトは変化します。従来 カーボンシャフトはシャフト単体の先端を0%、お尻を100%とすると 52〜55%のところでバランスが取れます。 シャフトの外形通り、先端からお尻に掛けて太くなっている訳ですから見たとおりといったところでしょう。 スチールシャフトの場合は先端強度補強の為、先端の金属が肉厚になっているので 44〜48%と言ったところです。 これにより装着するヘッド重量が異なり、番手の番号では無く、同じ長さで同じスウィングウェイトにするのには スチールの方が20g近く軽くなるのです。 これが距離の差になるのですが…。

シャフトの特性を把握するのに 外観とシャフトバランスは非常に重要です。シャフトが太くなっているのは強度補強の為で 軽量シャフトは総じて手元が太くなっています。シャフトのテーパーが強くなれば 手元は締り、先調子の傾向は強くなります。  昔(10年くらい前)はシャフトバランスが50%以下の物は安物のシャフトと相場が決まっていました。 負担の掛かる先端部を繊維の弾性、要するに質ではなく量でカバーすると 当然先端が重くなるからです。 廉価版のセット等にはそのようなシャフトが使われていましたが 今や高額に設定されたシャフトまで先が重くなっています。 

先が重いシャフトに軽いヘッド装着、 先の重くないシャフトに重いヘッド装着
どっちが「飛ぶ」と思います
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 新しいシャフト、がっちりテストしました。

こいつはすごい いや、想像以上。
いくつかのテスト品を作り、最終的に煮詰めた「セット」を作りました。それをテストしたところ、すんばらしい! けど厳しい。 まさしく天国と地獄。 シャフトを捩じらず、ロフトを開かず打てる人にとっては 当りと言い、距離と言い、安定度と言い強烈。  ハミングバードのテスターが異口同音で圧倒的な距離、しかも弾道が非常にアイアンらしい落ち着いた弾道。

シャフトの性格的には比較的に手元の締まったシャフトなので 非常に動き出しが早いタイミングな上、スピードあるある。ある程度のヘッド過重ですこし制限掛けてあげないと、慌てさせられる。
はじめの内のテストクラブは標準的な重量。これではちょっと扱い辛いジャジャ馬。 それを特注のヘビー重量に変えたら、あら不思議 とってもデリシャス。
ウエッヂのスピンの効きの凄さ、プロ以上かな。

しかし このシャフト 捩じって振る人、ロフトを寝かす人にはまるで当たらない。フェースとボールがコンタクトしない、打てない、飛ばない、前に進まない。 スウィング矯正というより強制、まったくの妥協、許容がない。 正しく振ればクラブ自体を扱うのに労力は掛からず楽チンだけど…。

ウッドシャフトとの絡みを考え セッティング第一弾完了。

問題は使える人がいるかどうか、か。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ