◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

タグ:サンプル映像

sample 091020 3-360フレームショットsample 091020 3-365フレームショットsample 091020 3-369フレームショット

























sample 091020 3-373フレームショットsample 091020 3-375フレームショットsample 091020 3-377フレームショット
























sample 091020 3-379フレームショットsample 091020 3-381フレームショットsample 091020 3-383フレームショット
























sample 091020 3-385フレームショットsample 091020 3-393フレームショット
























かなり 斜めから撮っています  実は飛球線方向にレコードが山積みになっていて ちょっとビビっているそうです…

この映像の目的は 
 ダウンスウィングは 回ってないけど 回っちゃう

ちょっと ビビり気味で 左へのスライドが少ないけれど 始めの頃のコマでスライドしているのが見てとれるでしょうか?

右の直立する軸足がある
→ スライドして 軸足が解かれる
→ 無意識に右回転が解かれる

自分で意図的に回転しようとしていないのが 下半身の力感からも分る?
     …支える脚として左は踏ん張っているのかもしれませんが右足に蹴ろうとか の意志が見えないのでは?


映像を 「目に入る」通りに認識してしまうと まるで左手でリードしているように見えるのかもしれませんが よ〜く頭を働かせて下さい
この映像は 手に重量物を持って 右から左手にスライドしたり 回転したり そう言った動きですから 重量物であるクラブの影響は一番左手/左腕が受ける筈です。

自分では体から離れない様   …逆に近づけるようにしていたとしても 運動するクラブの作り出す遠心力や クラブそのものの重みによって 
 → 結果 体から離れ ボールの方に誘導するような画像になってしまう
と理解出来ないでしょうか…

クラブが作り出す不可抗力の方へ 方へ 左手/左腕が追い込まれている
   そういう風に見る必要があります

本当に 左手でリードしているとしたら もっとシャフトは背中側に倒れてしまうモノです。


そうですね もう少し ダウンの初期段階で 胸に沿って グリップ部を左 左に動かすようなにしていれば良いんですけど…
その動きが少ないので 右肘の伸ばすタイミングが少し遅いかもしれません
  → その影響から 想定よりもシャフトが倒れてしまい すこし体より右 インサイド気味から ボールへとアクセスしているように思えます。

良くあるミスなんですが その結果 想定外の小さなローテーションが入ってしまっていますから 厚めなら ハイボールの右回転 薄めならローボールの引っかけになってしまいます。 大したミスでは無いですけど…

この程度のミスなら 130ヤードでもグリーンセンターにピンがあるのに対し
同じグリーン上の右左 10ヤード程度ずれるので済みます。

☆その原因は 実は スライド/シフトの量が少ないからかも知れません…
  スライドする時間が少ないので その動作をする時間がない
 もしくは 本当は グリップ部の左への移動(動き出し)が先なのに
  スライドの方が先になってしまっているのかもしれません







ま ともかく ダウンのこの下半身の動きは参考になると思います。
殆んどのゴルファーは 飛ばすのにはスピード

それを この映像の初期段階での脚を使った「蹴り」による回転で作ろうとしています。

結果的には体の向きは 右向きから正面向きになるのですが
 それは 結果的なモノ 
  自分の意志と言うよりも
体の自然な動作やクラブの作り出す不可抗力による モノが大きいと思います

どなたかが言っていましたが
自分で正面を作ろうとすると 絶対に出来ないのかもしれません。



例えば 2〜3コマ目に 自分の意志で グイッと回転したとしたら
クラブはどうなると思います?

この映像よりも 背中側にシャフトは 倒れますよね
自分の体の正面より クラブは右に言ってしまいますよね
自分の体の右側にあるクラブで ボールを打つのには
手を使って クラブを 右から左に動かさなければなりません。


ゴルフクラブは運動スピードだけでなく
その長さやヘッド姿勢によって 重さを大きく変化させます

もし もし クラブを手で動かしても良い のだとしたら
 クラブが重くなる   速く動かス前 長くなる前に 動かした方が
楽だと思うんですがね…  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
う〜ん 更に怪しいタイトル…
  下半身の事情ですが 上からの映像です。
分り難いかもしれませんが 初期段階で 体を右足(飛球線後方)に動かしています。
正直 出来てしまえば どちらが先でも構わないのですが
覚える手順としては 軸足 右足を直立脚にする そして 右回転をする
 利き目の問題も有りますが 視線や視界を使うのも ひとつの手段だと思います

BlogPaintBlogPaintfromsky-497フレームショット











BlogPaintBlogPaintBlogPaint











fromsky-1110フレームショットBlogPaintfromsky-521フレームショット

















分るとは思いますが 一枚だけ 間違い(ダウン)が入っています
  分りますよね〜

5枚目の画像と体の向き グリップの位置はほぼ同じですが
 体そのモノが かなり左に動いたのが見てとれると思います

不可抗力の影響がかなりあります
動かしている当の本人は グリップの位置を 上げる時より
 体に近づけている「つもり」ですが 見ての通り…
  クラブだって 背中側に倒したつもりは無いのですが…

 この映像を どうしてこうなるのか 考えずに 形だけ真似る と

   大 変 な 事 に な る の で す
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

質問です。インパクト以降での左肘の使い方の画像がありましたら掲載お願いできますでしょうか?

20090801 2009_09_01_01_25_27-320フレームショット20090801 2009_09_01_01_25_27-346フレームショット
左肘の使い方 実はこれが一番「脳内イメージ」と実際の打撃とでは ずれるとおもいます。 一番いけないのは 両腕を伸ばそう とする事   プロの写真では打った後に両腕がすらりと伸びたフォローが目につきますが 意図的に伸ばそうとして  →結果 腕が伸びるのは  ☆相当に腕の力があるか ☆腕を痛めるのを覚悟するか そのどちらかだと思います。 

不可抗力や遠心力など インパクト直後 以降は ある意味 最大になる時間 です
しかも 動かしている人間の方は減速気味になりますから ここの時間での 動かし方は体を痛める原因になります。

前述していますが ここの動きは これ以前 テークアウェイなどの 前世の動きで
大部分のところ決まってしまいます。  決まってしまいますが幾つかは実践出来なくとも 頭にイメージしておいて下さい。

左肘は テークアウェイの右肘と同じように 上体・胸に沿って 
  外に張りだすイメージを持って下さい

ダウン → インパクト  ここら辺の時間帯では 上体のラインは概ね 右から
 飛球線方向と言う事になります
  ですから 脳内イメージでは 飛球線やや右方向に左肘を抜いてしまう
   そう言ったイメージです。


sample 2009_09_29_23_01_02-1364フレームショット左肘について 今の時点ではあまり書きたくないのは 左足へのスライド 軸の移動 そして左回転 この動きが出来ているのと いないのでは 方法論が全く異なるからで ここでは それが出来ているという前提 で書いていますから 正直 殆んどの人が 開いてしまう 左を向き気味のインパクトですから 「まだ」 単なる知識としての参考になるだけかもしれません

http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/976408.html

ここまで 左にスライドしながら 右を向いている時間を確保するのは
 そう簡単ではありません。 インサイドアウトの概念 切り返しの感覚 回転の感覚
  それぞれが 頭の整理が出来ないと 技術的には簡単でも
   自分の意志が 拒否することになるでしょう


sample 2009_09_29_22_41_33-252フレームショットsample 2009_09_29_22_41_33-258フレームショット右腕が伸びたら 左肘は曲げる もしくは 曲げる準備
両腕の伸びる瞬間は アドレス以外にはない と考えるべきでしょう
そして インパクト時に自分の方 自分の体の方を左肘が向いていない事
右肘が伸びたら ただちに 左肘は 体の外(やや外)に向け 曲げ始める
そんな感じでしょうか それが出来れば あとはクラブの作った不可抗力がやってくれます…   重要な事ですが 左肘を完全にマスターするには それ以前の事前準備をしっかり覚えることが先決です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 本日は 私 店主の出番でございます
皆さんの「イマジネーション」を試してみたいと思います

 脳内イメージと実際の打撃と 別な、ある意味同じな画像を
         つなげて貰いたいと思っています
20090801 2009_09_01_01_25_27-306フレームショットfromsky-1104フレームショット20090801 2009_09_01_00_16_52-770フレームショット












20090801 2009_09_01_01_25_27-320フレームショットfromsky-1110フレームショット20090801 2009_09_01_00_16_52-784フレームショット















20090801 2009_09_01_01_25_27-361フレームショット20090801 2009_08_28_14_38_06-576フレームショットokm













fromsky-1120フレームショット



























色々なお手紙や問い合わせを頂く…
最近はハイレベルな質問が多く 残り少ない脳味噌をフル稼働しないと
答えられない様になってきたのは 素晴らしい と思う
しかし まだまだ スピードに応じて発生する  1/2MV二乗 の法則を
掴み切れていない人が多いのも確かである

すぐ上の大きな写真も含め 横列に並ぶ 3つの写真は
 ある意味 全く同じに近い写真である
  説明は不要だとは思うが 不可抗力が無い状態 と
   不可抗力に動かされた状態 の違いがあるだけ である


何度も書いているが ゴルフクラブの主たる機能として ヘッドの重さ
そして ヘッドの形状 と言うのがある

特にゴルフクラブの形状は すでに 完璧な機能を持った形状をなしており
この形状が理解出来れば 人間が意図的な動かす必要は殆んど無くなる…
ゴルフクラブの形状によって 人間は 先導 と言うか 誘導 されるのに
伴い 動作 すれば良いだけ になる

その度合いは 1/2MV二乗 に応じる訳で
 スローな動作 スローな時の脳内イメージ  不可抗力の少ない もしくは 無い
  動作と ハイスピードの動作が 一致しては決して正しいスウィングにはならない

不可抗力はあるレベル  例えばオンプレーンスウィングをする人にとっては
単なる負荷 もしくは天敵であるのだが
鼓笛隊スウィングをするのにとっては 大きな味方なのである
不可抗力にスウィングさせてしまう… と言っても過言ではないだろう

 そして クラブの形状にはそれ以上の機能も付いているのだから… 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ