◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:サンドウエッジ


質問「バンカー脱出の ヒント 何かありますか❓」

店長「そうですね、
 年齢やパワーなどにかかわらず 右を見ても、左を見ても
 スチールシャフト全盛の時代ですので
 バンカーを苦労する人は増えているみたいです。」

質問「スチールシャフトがいけない、のですか❓」
9c1bf9e713cb5207be57e13907b1d2d885600572_large
店長「いえいえ、シャフトの素材による性質に
 特に スチールもグラファイト(カーボン)もありません。
 
 ただ、意外かも知れませんが、
 スチールシャフトの方が『弱い』ので 安全上、硬さ が無いと
 壊れてしまうので、グラファイトのソレに比べると
 シャフトは『硬い』ですね。」

質問「かなり違うのですか❓」

店長「双方、機種や銘柄によって 差がありますが、
 まあ 平均的なトコロで言うと
 サンドウエッジでは スチールシャフトが 硬さ 330cpm以上
 グラファイトシャフトの方が 硬さ 270cpm位
 じゃあないですかね。

 硬いシャフトを、足場の安定しない砂地 で使うと
 どうしても 手で上げがち です。
😵バンカーショットのイメージがソレに拍車をかけるんですが。

 何度も言ってきていますが、
 サンドウエッジは 上げる、高さを取るコトは得意 ですが、
 前に進むのが苦手 です。
 ですので ウエッジは番手の中で一番短く、
 上から打て✊ と言う意味では無く
 長さなりに 入射角度、アタックアングル が生まれます
125788
😢ところが・・・・
 多くの方は バンカーショット で
 サンドウエッジを使っているにもかかわらず
 上げようとする意識が強い。

 開いて上げて振ろうとすると
 入射角度はかなり 緩く、
 入射(上からの角度)が無くなってしまう場合 があります。

 これでは その場で上がるだけで、
 バンカーから出る距離が稼げません。

 また、上げようとする カット打ちのようなショットは
 高さを出す、打ち出し角度を上げる、スピンを増やす、 ので
 その距離、その打ちたい距離、打たなければいけない距離、
 バンカーから出るだけの距離 を打つのに
 そうしないモノと比べると 強く、
 大きく振らなければなりませんので
 非常に 危険度もあがります。

✋開いて 緩い入射角度、そして大きなロフト
 これが組み合わさると
 ボールに打撃力、破壊力が伝わり難い上に
 バンスの強いクラブを『開いて』緩く入れているので
 ボールに到達する前に
 地面との接触が強くなり
 ヘッドが減速してしまい、高さも出ない…。
  …俗に言う 抜けの悪い状態になってしまいます。」

質問「解決方法は無いのですか❓」

店長「手前味噌ではありますが、
 万人向け なのは 👉ヘッドを重くする でしょうね。
✊これは かなり効果があります。

シャフトを柔らかくする もあります。
 入射角度が取り易くなるんですが、
 開いて 緩い入射で入れる方 の場合、
 それを助長してしまう可能性があるので
 ケースバイケース です。
79457
 バンカーが苦手だから と
 より大きなロフト 👉58度とか、60度を選択される方
 がいらっしゃいますが、正直、良いことは少ない です。

 大きなロフトは より力と技術が必要になります。

 バンカーショットのコトを考えると
 ロフト角度は 最大で 56度
 55度でも、54度でも良いと思います。


 ですので 場合によっては
 ロフト角度の少ない PS や AW の方が
 (欲を言えば 52〜53度 がいいですね)
 良い場合も少なく無いかと思います。
 
 少なくとも 58度や60度のウエッジよりも
 脱出は簡単だと思います
✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「バンカーショットの極意ってあるんですか❓」

店長「ふふふ、
 そんなモノがあったら 一週間で億万長者ですよ。
 私も欲しいです。

 でもね、バンカーショットの逆極意
 つまり ダメな方ですね。
 コレはあります。

 とっても簡単です。
 そして かなり多くの人がやってる。
 バンカーが苦手、得意じゃない人は
 だいたいの場合、それに該当します。」

質問「!!!!!!!!
 逆極意! って ダメ極意ですよね。
 それって極意では無いですけど
 最低、それを避けて置けば 危険は回避し易い
 と言う意味ですよね❓」


店長「まあ そうですね。

 専門分野ですので ゴルフクラブでお話しします。」

質問「ソールの形状ですか❓
 似てますけれど バンスの角度❓」


店長「う〜ん いずれも補助的には重要じゃあない、
 とは言えませんけど、バンカーを苦手としている人って
 バンカーに良さそうなウエッジ使ってるじゃないですか…。」

質問「そう言われれば そうですね。」

店長「重いヘッドの方が断然簡単、
 軽いヘッドのウエッジも難儀する ってのは
 お約束なのはお約束なんですが
 決定的なモノが あるんです。

 多分、世界中 どこへ行っても
 長いシャフトのサンドウエッジってないじゃないですか⁈

 色々変わったゴルフクラブって あるのに
 長い私の記憶にも思い当たるモノがない。」
79457

質問「無いでしょうねぇ。」

店長「ドライバーの長さ はやり過ぎですけれど
 6番アイアンとかの長さなら 物的には非現実的ではないです、が
 バンカーはかなり、ものすごく難しくなります。


 〇質問なんですが、
 10ヤードの距離を転がすの と
 10ヤードの距離をキャリーさせる のって
 どちらが力が要ると思います❓」

質問「10ヤード キャリーさせる方です。」

店長「そうですよねぇ。
 同じ距離を打つのに 高さ を加えると
 倍々に チカラが必要になって来ます。
 ショットで言うと ヘッドスピードってコトになりますよね。

 加減が必要なアプローチの中でも
 ある程度の距離を打つのには
 スイングって大きくなって行くじゃないですか⁈

 同じくらい、例えばサンドウエッジを使うにしても
 10ヤードを殆ど上げないで転がす のと
 10ヤードの距離をキャリーさせるのでは
 後者の キャリーさせる方がスピードが必要になるので
 スイングにスピードが必要で
 スイング自体を大きくなって行きます。

 足場の緩い 砂場 では 危険度が増しますよね。」

質問「そうですねー。」

店長「長さなりにヘッド重量を整えた サンドウエッジ二つ
 普通のウエッジの長さ と
 6番アイアンの長さ を考えてみると分かるんですけど
 二つは 短い方が35in 長い方が37in だとします。
 2インチですから 5センチの長さの差 です。

 ウエッジでは無い、ドライバーとかでは
 多くの人は この長さの差が
 ヘッドスピードの差を造り 『飛ぶ』
 と思っているトコロから 壮絶な苦労、
 スイングの迷路が始まるんです。」

質問「!!!!!!!」

店長「35inのヘッド重量は 300g
 37インチのヘッド重量は 270g
 ですので ヘッドスピードが3㎳ 変わらないと
 37インチの方が破壊力が上にならない、
 実際、2インチの長さの差では
 ヘッドスピードは 1㎳程度しか変わりません。

 ですので 二つのウエッジの破壊力はほぼ同じ、
 もしくは 短い方が本当は破壊力はある、と考えて下さい。

 バンカーショットは ボールだけでなく
 砂、湿った砂なんかも どかさなければいけないですから
 破壊力、ヘッド重量がある方が有利です。
 しかし、この場合 2インチ長くて ヘッドスピードが高くなるので
 破壊力は同じ、似ていると仮定して下さい。
125788
 この二つのウエッジを打ってみると分かるんですが、
 二つの比較論ですけれど
〇短い方が 出球が低く ボールも速く スピンも多い
〇長い方が 出球が高く ボールは遅く スピンがとても少ない


 もっとロフトの立ったクラブ、ロフト角度40度以下位なら
 双方のスピン量の差は もっと近いんですけれど、
 サンドウエッジほどのロフトになると
 すり抜けたような球になって ボールスピードも、スピンも
 それを産みだすエネルギーが ボールに伝わりません。

 短いクラブの方がボールに対し、キツイ角度で入って来て
 当然ですが、長い方のクラブの方が緩い角度、
 傾斜や足場なんかにもよりますけれど
 場合によっては レベルとか、アッパー(しゃくり・あおり)
 の入射角度になってしまうコトも少なくありません。

 短い方のクラブの方が 高さを確保するのに工夫が必要 で
 長い方のクラブには 前に行かせるのに工夫が必要
 になります。」

質問「なるほど 分かってきた気がします。」

店長「構え方やボールの位置の問題もあるとは思いますが、
 多くの方は サンドウエッジのそのクラブの長さ よりも
 大きな弧、適切なウエッジの大きな弧にして
 入れて来ることが出来ない、ので ボールが前に進まない…

 上から入れろ、…なんて無理にする必要は無くて
 ウエッジは長くない筈 ですので、その弧の大きさで
 ボールにコンタクトしてくる程度に考えれば良いです。


 しゃくるような角度でヘッドを入れてきてしまう、
 まるで 長いサンドウエッジを使っている、ような
 使い方をしている、というコトです。」

質問「ソレって バンカーだけでなく
 アプローチなんかでも
 『上げるのはロフトに任せろ、自分で上げるな✋』
 と同じってコトですよね❓」


店長「そうです。
 入れて来る入射角度 って言うと
 なんだか難しくなりますけれど
 ウエッジならウエッジの長さなりの弧の大きさ、
 ソレでボールとコンタクトさせろ
 ウエッジよりも長いクラブの弧で入れて来るな
 ッテコトです。

 要するに クラブの長さ、
 それによって作られる スイングの弧の大きさ
 も 『ロフトの一部』です というコトなのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



作って頂いた悶絶セットを使いまして
半年が過ぎましたのでご報告させて頂きます。

私のゴルフ歴は35年以上になるのですが、
なんと言いましても「バンカーショットが苦手」に
絶えず苦しめられてきました。
125788

幼少の頃 砂遊びを十分させて貰えなかったのかどうかは
もう記憶には残っておりませんが、ゴルフ場に行きますと
「砂遊びの迷人」になってしまいます。

バンカーに入りますと一度では出ず 大たたき、
その影響からなのかショットもより崩れ乱れ
バンカーに入るか入らないかが
スコアの決め手になってしまうほどです。でした。 

そんなゴルフを数十年して参りましたので
バンカー下手の自分にすっかり慣れ
悶絶クラブに辿り着いたのは
年齢による飛距離不足を補う事が一番の要因でした。


そして、デビューラウンド。
本日も初っ端からバンカーへご入場です。
しかも その日のラウンドは前日に雨で
少なめの重たい砂と苦手なシチュエーション、、、。
「ああ、今日一日が気分が重くなると嫌だな、、、」と思いつつ、
悶絶ウエッジを持ってバンカーショット!
03_b
「あれ??? 出た…みたい」

いつもですと力加減に関係なく、高さと距離が出きらず
バンカー内に着弾するのですが、
なぜか、乗ってしまいました。

その日は都合、3度グリーンサイドのバンカーから
バンカーショットをしましたが、すべて 出ました。
一度はパーではありませんが、ワンパットで納まる奇跡。
そのお陰か、スコアも近年ではベストに近いものになりました。

次のラウンドでは4度のバンカーショットで
いずれも脱出成功。
バンカー内での打ち直しは一度もありませんでした。

「きっと 自分のバンカーショットの上手く打てるようになったんだ。」
と思い その次のラウンドでは
過去に使っていた旧サンドウエッジをエクストラで入れて
そちらで バンカーショットを実践してみると
過去の記憶が蘇ってきたように バンカー内に着弾。
その日は 二度のバンカーショットでしたが
いずれも 旧サンドウエッジで撃沈しました。

バンカー下手克服の為、リンクスのオールドマスターから始まり、
本間、クリーブランド、フォーティーンのMT28、ドルフィン等々
数々のサンドウエッジを渡り歩いてきましたが、
どれも何の成果も出ず、悶絶ウエッジに辿り着いています。

その後、数ラウンド 悶絶ウエッジでバンカーを行いましたが、
自分の狙い過ぎ、欲深によるミスを除いて
すべて成功。
なんと言えば良いのか、今まで抜けなかったヘッドが抜けて
上手にボールをさらってくれるようになりました。

構え方とか 振り方とか 上げ方とか、ボールの位置とか
そう言うのに気を使わなくても ボールは出ます。

79457

ヘッドの重さなのか、シャフトの柔らかさなのか、その両方なのか、
悶絶ウエッジは 確かに「サンド」ウエッジでした。

(店主:悶絶ウエッジはバンス角度も大きめ、ソールも大きめです😊)

バンカーで打ち直す あの残念な気分が無いだけで
こんなにも楽なのか、
バンカーが障害となるようなショットでも
前ほど気にせず打てるようになったので よりストレスなく
ゴルフが出来るのはとても楽しいです。


今までは目標にバンカーから出る事だけを念頭に
バンカーショットして来ましたが、
次の目標はバンカーの距離感、力加減です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


分類の為 ロブウエッジ としていますが
ロフト多めのサンドウエッジです。
IMG_1398
LW専用の金型はありません。
わがままを言って
SWに比べ オフセット/バンスを減らして
(歯を強めに前に出しています)
上げ易いヘッドを職人さんの手削りで
調整して貰ったモノです。
再販予定(20ケのみ/
残り僅か)はありません。
クローム(銀)サテンヘッドのみです。


PS  ロフト50度  バンス12度 重量375g
SW  ロフト55.5度 バンス15度   385g
軟鉄ですので 調整可能です
IMG_1399
SWに比べ バンス角度が少なく
重量もやや軽め な為、飛ばさない為のウエッジ です。

高め/上げ目の球をお好みの方へ

また 一般的なウエッジのバンス角度(12度)はあるため
ヘッド重量のある バンカー用ウエッジ ラフ用ウエッジ
としても 重宝すると思います。
IMG_1397
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ハミングバードスポルテ  野澤まで
046-804-1480  080-6785-5571






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

 
分類の為 ロブウエッジ としていますが
ロフト多めのサンドウエッジです。
IMG_1398
LW専用の金型はありません。
わがままを言って
SWに比べ オフセット/バンスを減らして
(歯を強めに前に出しています)
上げ易いヘッドを職人さんの手削りで
調整して貰ったモノです。
再販予定(20ケのみ/
残り僅か)はありません。
クローム(銀)サテンヘッドのみです。


PS  ロフト50度  バンス12度 重量375g
SW  ロフト55.5度 バンス15度   385g
IMG_1399
SWに比べ バンス角度が少なく
重量もやや軽め な為、飛ばさない為のウエッジ です。

高め/上げ目の球をお好みの方へ

また 一般的なウエッジのバンス角度(12度)はあるため
ヘッド重量のある バンカー用ウエッジ ラフ用ウエッジ
としても 重宝すると思います。
IMG_1397
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ハミングバードスポルテ  野澤まで
046-804-1480  080-6785-5571






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   
分類の為 ロブウエッジ としていますが
「ロフト多めのサンドウエッジ」です。
IMG_1398
LW専用の金型はありません。
わがままを言って
SWに比べ オフセット/バンスを減らして
(歯を強めに前に出しています)
上げ易いヘッドを職人さんの手削りで
調整して貰ったモノです。
再販予定(20ケのみ)はありません。
クローム(銀)サテンヘッドのみです。

PS  ロフト50度  バンス12度 重量375g
SW  ロフト55.5度 バンス15度   385g
IMG_1399
SWに比べ バンス角度が少なく
重量もやや軽め な為、飛ばさない為のウエッジ です。

高め/上げ目の球をお好みの方へ
IMG_1397

〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ハミングバードスポルテ  野澤まで
046-804-1480  080-6785-5571

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ