◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:ゴルフスイング


店長「重さ3舛△襯丱薀鵐好棔璽襪鮖箸辰
 疑似的なゴルフスイング、からだの回転をすると
 そのボール自身の重さ や 運動で加わる重さ
 によって 腕は伸ばされようとします。
 腕の付け根 である 肩から離れようとする訳ですが…。」

質問「これが スイングにおける遠心力
 というコトになるのですね。」


店長「そう思います。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment

 ヘッドに遠心力をかけて・・・大きく振る
 みたいなニュアンスで遠心力を考えているゴルファーも多いかと
 思うのですが、腕の重みもクラブの重みも
 クラブ・ヘッドにではなく 自分のグリップ部に
 かけるのは ニュアンスも含め、かなり差があると思います。

 その際、ですが、腕は伸ばされることを拒否しない
 程度の感覚で 自身で無理に伸ばそう、伸ばそう としない方が
 良いかも知れません。

 腕の仕事 は
 その掛かる重さ、不可抗力、遠心力 を利用して
 フェースを下向きにするよう 伸ば『される』コト

 だと思います。」

質問「左手は打つボールに近い方、
 右手は自分に近い方 というコトになりますよね。」


店長「はい。
 最終的に クラブがターンをするのは
 からだが向きを変える、左を向くからで
 それは からだの向き、
 アマチュアの我々であれば 脚に任せた方が
 楽だと思います。」

質問「クラブに遠心力を掛ける という想い違いが
 色々なミスを誘発しているのでしょうか❓」


店長「それは大いにあると思います。
(jc(jc5










 ボールをつかまえる のは
 フェース、ヘッドの向きを閉じるコト
 などの 誤った情報もそれを後押しすると思いますし、
 打つボールでは無く、クラブを投げる、
 目標方向に投げる と言う漠然とした思い込み が
 本当は 左手の方が打つボール側 なのに
 右手がボール側 という 自然な流れではあり得ない
 無理やりな姿勢を造り出そう とする訳です。」

質問「確かに つかまえ、脱スライス を
 フェースの向きで考えていると
 左手の方がボールに近い は
 まるで行きつかない発想になりますよね。」


店長「そう思います。

 両肘とグリップで作る よく言われる腕の三角形、
 その下側と言うか、裏側をボール、目標方向に向けたまま
 では フェースは絶対 左は向きませんから
 スライスしか出ない印象は強いでしょうね。
(jc6(jc4(JC7










 逆に その上側、表側をボール、目標方向に向ける
 の動きは からだの回転でするのなら
 早い段階で からだを左に向けなくてはいけませんし、
 それを避ければ 左の壁 と称して
 左サイドを止めて 腕のターンだけで振らなければなりません。

 根源とまでは言えないかも知れませんが、
 諸悪はここら辺から始まっている と思うのです。」

質問「でも 多くの人はその部分には気付いておらず
 全然違う、見当違いな 見た目の改修ばかり に走る のですね。」


店長「ですね。。。
 クラブの機能を考えると
 それを無視した、独自の方法な 手打ち になる訳ですが、
 それでもボールが打てるようになった努力と時間
 の結晶である、伸び上がりであったり、手の返し…
 気に入らない部分があったとしても
 それを治すとボールは打てない、強く打てない、
 今まで通りに打つと なんだか 良い動きに見えない、
 という 出口の無い矛盾にハマる のです。
 悩んでいなければ、からだを傷めていなければ
 それは それで楽しいですけどね😄😄😄」

質問「からだの回転 と 手打ち の話し だったと思うのですが、
 結果として 本当の意味のインサイドから と
 アウトサイドイン というコトになるんじゃありません❓」


店長「私はそう思っています。
〇フェースを閉じる、
〇右手と左手の関係を反転させる、
〇クラブの遠心力で飛ばす、

 そう信じている人がボールを打つと
 インパクトでからだを止めても、開いても、
 どうしても それらをするには 意図的な振り遅れ、
 からだの向きを先行して動かして、
 空間が出来てから 腕を振らざるを得ません。

 そういう『順序』である限り、外からクラブは入って、
 内に切り込むような形にならざるを得ない…。
 軌道は結果論ですし、副産物に近いんですが、
 軌道が悪いんじゃないんですが 『軌道を治そうとする』
 悪い言い方ですけれど、はしか にかかって
 肌に発疹が出来るのと同じで、それを治しても仕方ない、
 元を絶たなきゃ、元を治さなきゃいけないのに
 その結果論である 軌道を治そうとすれば、より深みにはまる、
 そういうコトなんだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「お店にあるバランスボールは
 3舛硲記舛瞭鷦鑪爐あるんですけど、5舛諒を使うと
 運動が加わって その重さは 実質十数キロ
 になると思うんですね。」

質問「大変そうです。」

店長「よく言う 遠心力を掛けると
 トップ付近で曲がっていた 右腕(右打ち)は
 伸ばされてしまう のですが、
 それを 意図的に伸ばそう、
 もしくは 右手の方を打つボールの方に出そう、
 バランスボールを反転させてしまう、と
 その重さ によって グリップそのものが自分から離れます。
 ゴルフのスイングで言うと グリップが浮く って奴ですね。
 二重に遠心力掛けちゃってるから仕方ないです。

 腕とクラブも必要以上に長くなっちゃってますから
 からだも伸び上がらざるを得ません。
(jc(jc4










 両肘とグリップで作る三角形の
 クラブのある上側、表側 と クラブの無い下側、裏側、
 裏側、下側を目標、ボールに向けたまま
 からだの廻してくれば そのからだを廻すコト
 ソノモノが打撃 になりますが、
 上側、表側 を向けるとなると
 一度 どこかでからだを止めるとか
 左を向いてしまうとか しないと それは出来ません。

 からだの伸び上がる って動きは
 そう言うモノの 本能的な処理 と言って良いのでは
 無いかと思います。
 単に『伸び上がらないようにしよう』では
 まず 解決しないでしょう。」
(からだの回転と腕、そしてクラブ_Moment

質問「トップで作った 右手/左手の相関関係を替えず
 そのまま インパクトに入る・・・と?」

店長「そうです。
 左手の方が打つボールに近い方、
 腕の三角形は裏側を目標に向けたまま、
 もし 重たいボール、クラブの代替品ですが、
 それをリリース、放る のであれば
 下、斜め下 の方向になると思います。

 コレ 実際に試す と分かるんですが、
 バランスボール 重たいボールを
 ターゲットに投げる となると
 そのタイミングが命 になります。
 ですので 速度をあげると
 こんな単純な動作でも 同じことをしにくい、
 同じタイミングでボールをリリースできないので
 投げる方向、投げる角度 もマチマチになります。
 スピードを上げれば 上げるほど
 リリースのタイミングが難しくなり
 上げるスピード、どこかで止まる、
 と言う矛盾する動きが必要になってくる。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 ところが ボールを自分のフトコロ、
 下に放つ、手放す
 とするとなると
 その重さに逆らう必要がありませんので
 タイミングはあまり重要でなく、
 似た動作を繰り返し易くなります。
 結構、違います。
 裏投げとでも呼べば良いのか分かりませんが
 ボールの手放し方がだいぶ違うと思います😵

(からだの回転と腕・クラブ_Moment2022-06-27_12-09-57_Moment(3)








 そう言う感覚を既にお持ちの方もいらっしゃるでしょうし、
 全員の有効か は分かりませんが、
〇クラブを放つ
〇クラブを『目標方向に』投げる
〇からだの回転を使って 腕・クラブを振る
〇重さの定義に逆らい この場合はボールですが、
 クラブを反転させる

 というイメージを なんとなく抱いている方には
 かなり有効なドリル、イメージになり得ると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ココで ヒトツ
 誤解を解いておきたいのですが。。。」

質問「どんな❓ です。」

店長「今回の試み は
 重いボールを使って
 からだの回転 と 腕やクラブとの融合 の実験で
 そのボールを放つ のですが、
 ゴルフで言うトコロの アドレスに対するターゲット
 目標方向ですね、
 ソコに向かって ボールを投げる必要はないのです、
 ゴルフスイングにおいて、
ですが。

 ゴルフショットは
 ゴルフクラブを使って ボールを打ち
 遠く や 目標の方向に移動させて 遊ぶ のですから
 ゴルフクラブを目標の方向に投げる遊びではありません。

 ゴルフクラブには ロフトやライ角度などの角度 や
 重心のズレ、クラブの長さ など
 複合する 方向を変換する機能が付いています。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment

 ですので もし ゴルフクラブを投げる
 この場合は 重いボールをリリースする としても
 それはアドレスの目標方向と同じ とは限らない と言うか、
 同じでは 
ゴルフクラブの機能の意味が出ない のです
。」

質問「あ、なるほど。」

店主「なんか 今回のドリルの経緯ですと
 引っかけ問題みたいな感じになっちゃって申し訳ないんですが、
 からだの回転で 重さの掛かっている腕をどう動かすか、
 がテーマで ボールを離す だけならまだしも
 『ボールを目標方向に解き放つ』必要は一切ない訳です
2022-06-27_12-09-57_Moment(3)
それは 誰からも教わっていませんし、
そんなコトは話題にもなりませんが、
ゴルフクラブを目標に飛ばす遊び
 ではないのは明白です。

 映像をみてもらうと分かるかと思うのですが、
 ボール、ゴルフで言うとゴルフクラブに相当するんですが
 そのボールを 目標方向に投げようとすると
 どうしても からだが左を向いて『から』にならざるを得ず
 放つタイミングが遅れてしまいます、遅らせざるを得ない のです。
 シンプルにからだの回転で解き放つと 右にすっ飛んでしまいます。
 それはソレで正解ではあるんですが、
 誰からも教わっていないですけど、
 遠心力 って言葉と直結した 打つボールでは無く
 握っているゴルフクラブのリリースを意識すると
 からだの回転がおさまってからの 手の振り で 
 打たざるを得ない…、
 ですので 実は ほとんどの方が
 自分の思った通り、思い描いた通りに動かしていて
 
その結果が 手振りになってしまっている『だけなのです。

 そう言う意味では この動作に伴う
▽手(グリップ)が浮く
▽からだが起き上がる
▽からだが開いてしまう

 などの 色々と気に入らない「動き」は 必然なので
 改造、改善しようと思っても ママならない のは
 致し方ない と言って良いでしょう。



✅✅✅次に、ですが、
 からだの回転 に伴って
 腕もクラブも動こうとしますが、
 重さ と言うのが付いて回りますので
 無機質である クラブは動きたくない
 と言うのが大原則です。

 それは 単に移動だけでなく、向きや姿勢も変わろうとしない
 のですが、打ち手が向きを変えることによって
 強制的に グリップ部は移動させられます。
2022-06-27_12-09-57_Moment
ですので トップの位置では

画像上、右側 左グリップが打つボール側
右グリップがボールから離れた側 にありますが、
その関係は 打つ付近、
からだが左を向き始めるまで 変わらない のです。

 この場合で言う 重いボール、バランスは その左右を
 決して 自分では反転しようとしません。
 重さが掛かる分、維持しようとするのです。


 ゴルフのスイングで言うと 両腕でアドレスをして
 両肘とグリップ部で構成される 三角形 には
 クラブを握っている上側 と クラブの無い下側
 の表裏みたいなモノがあると思うのですが、
 あくまでもイメージではありますが、
 ボールを打つまで 打ち終わるまで
 その三角形の下側、クラブの無い側、裏側と言えば良いのか
 そちらを向けっぱなしのまま
 インパクトに入るので 良いのです。

 バランスボール の話し で言えば
 ボールを持った左手 その左手の方が
 自分より遠い、ゴルフで打つボールの方 で
 右手は自分に近い側 のまま
 インパクトに入れば良いのです。


 多くの人が それをインパクトまでに逆転させようとする
 反転させようとしている…、
 手の返しとか、ヘッドターンとか では無くて
 なんとなく 本能的にそうしようとしている人が多い気がします。

(からだの回転と腕・クラブ_Moment(2)

 そう言う動きを取り入れるのですが、
 ゴルフは ゴルフクラブを目標に放り投げる遊び
 では無いのですから もし放り投げる としても
 それは 目標とは異なる方向なんだ というコトです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレ 全員に該当するか、どうか は
 分からないのですけれど
 多くの人で実験してみた結果、
 ゴルフスイングのイメージですが、
 からだの回転で✋ を意識すればするほど
 結果、手打ち😵😵😵 になってしまう
 が
 あるのです。」

質問「どういうコトです❓」

店長「少し重くなったボール、
 バランスボールって言うんですけど
 それを使ってみると 分かり易いかも知れません。
(からだの回転と腕、そしてクラブ_Moment

 これ バランスボール、重いボールである意味は
 ゴルフクラブって 運動、特にからだの回転を始めると
 想像以上に重くなって
👉自分の思った通りには動かせない、
 と言う感覚と
 逆に、その重さを利用して 腕を使う、腕を動かす、
 回転でかかるであろう 遠心力や重力などの
 不可抗力を考慮しながら 自分の想定通り
 腕を動かすのには どうしたら良いだろう、
 と言うヒントになると思います。」

質問「体力的にも良いトレーニングになりそうですね。」

店長「ダイエットになるか、どうかは定かでありません🙄
 股関節のトレーニング や ストレッチにもなりますので
 お薦めです。2繊腺貝前未良いと思います。


店長「細かいコトは言わずに、、、ですね、
 ゴルフスイングイメージで って言うと、
 また、バランスボールを放って下さい と言うと
 だいたい こういう感じになります。

 言葉で説明するの 難しいんですが、
 トップの位置では 左手の方がボール側、
  画面の平面上で言うと 画面右側
 右手の方がボールから離れた側
  画面の平面上で言うと 画面左側 になりますよね、
2022-06-27_12-09-57_Moment

 普通にすれば。」

質問「そうですね。」

店長「多くの人は、ですね、
 からだの回転で を意識しています。

 ですが クラブを振る、クラブをリリースする、
 この場合ですと バランスボールを投げる に該当するんですが、

 からだの回転『通り』
 前傾姿勢を抜いて
 からだの回転『通り』に横にボールを動かそう
 とするが故に
 どこかで 右手左手の入れ替え ターンが必要になります。」

質問「入れ替え って言うのは
 トップの位置で 左手がボール側(画面右側)、右手が離れた側 を
 逆転させる ってコトですね。」


店長「そうです。

 今回、これをするのを 重いボール バランスボールで
 やっている意味があるのですが、
 回転という 運動をすると
 当然、ボールはより重くなります。

 バランスボールの移動と言う面において 重くなるのと同じく、
 バランスボールの姿勢と言う面においても 重くなります。」

質問「つまり からだの回転という 円運動をしても
 バランスボールは回転したがらない⁈ と。」


店長「当然、そうなります。
2022-06-27_12-09-57_Moment(3)

 ですので 右手の方をボール側(画面右側)にして
 バランスボールを放り投げるには
✅からだを左に向けてから ボールを投げる か
✅からだの回転を止めて ボールを投げる か

 の二つしか 選択肢がありません。

 どちらも『からだの回転で作った勢いは使ってはいる』のですが
 結果、としては 手で振る動きでリリース
 せざるを得ない のです。

 からだの回転通りに 腕、クラブを動かそう
 とすればするほど
 前者は からだを開いて〜左を向いてから振る か、
 後者は からだを止めてから 腕を振る か

 そのどちらか、
 つまり 手打ち 手振り にならざるを得ない のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「一般的に良くないスイングの代名詞である
 アウトサイドイン についてはどうです❓」
リリースは手首の解放ではありません_Moment(2)

店長「これもかなり誤解されていますね。
 アウトサイドインと言う現象が悪いのではなく
 からだの回転でクラブを動かさない、
 クラブの弧をからだの回転で描かず、
 手で振るから アウトサイドインになり易いので
 アウトサイドインが悪いのではなく
 アウトサイドインになってしまう
 スイングの動力源が問題
なのです。」

質問「ああああ そういうコトなのですね。」

店長「そうです。
 手でクラブを振る、フェースローテーションをするには
 それを行う空間が必要です。
 ですので どうしても からだの向きと腕のさばき は
 その順番が必要で、
 ダウンスイングであれば からだを廻し、開き、
 インパクトより先に 腕でクラブを振る空間を
 作る必要がある
ので
 それを アウトサイドイン と言うのです。
  あくまでも一般論ですが…。

 ですので その軌道、ヘッドの道のり『だけ』を改善しても
 本質は何も変わらないのです。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)

質問「ソコの部分 かなり間違った認識が横行している
 ように思えます。」


店長「手で振る限り、例え
 クラブをより寝かし、見た目インサイドから
 入れて来る、としても 本質的なアウトサイドインは
 変わらないのです。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

 まだ 素直に外から振っている方が安定性は高いです。
 言葉は悪いですが、外から掻いてきている分だけ
 ターゲットを計算に入れて 右気味にアドレスを取れば
 同じ弾道を打つ可能性は決して低くありません。 

 逆に、ヘッド軌道をインサイドから、に換えると
 クラブをより寝かすことになりますので
 より フェースを開いて進入 し、
 より 激しいフェースターンが必要 になります。
 同じ球を繰り返し打つ と言う確率は低くなりますし、
 その急激なターンは 左ひじなり、手首なりに
 必要以上の負担をかけるコトになります。

 この道筋が スイング向上 と信じている人が
 少なくないのは 困ったモノです。」
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)

質問「ソコはやはり ゴルフショット向上に付いて回る
 こすり球、ボールのつかまり の認識の齟齬が
 大きいんじゃないんです❓」

店長「ソコはアルでしょうねー。
 こすり球 =スライス ではなく
 ロフト以上にスピンが多い球
で、
 つかまり =フック ではなく
 ロフト通りのスピン、ボールの速度

 というコトが把握出来ていないと
 ヘッドの軌道とフェースの開閉
 と言う作業に意識が行ってしまいますよね。」
video_Slomo_Moment

質問「中途にゴルフやスイング情報を仕入れていると
 そちらから スイング造りに入っていく方も居るでしょうね。」

店長「結構、いらっしゃると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ハンドターンで上手く行っている人は
 無理に からだの回転とかを取り込まず
 そのまま 続けなさい…と❓」

店長「伝わり難い…かも知れませんが、
 ハンドターン、ハンドリリース、フェースローテーション
 を主にされている方の多くの場合、
 からだの向きは クラブを動かすコトがメインでは無く、
 腕の曲げ伸ばし、腕のリリースをする『空間
 作るためのモノです。

 ですので 耳や目から入ってくる情報として
 "からだの回転の方が大切"であったとしても
 抜本的に 打撃の主をカラダの向きに変えない限り、
 今のスイング動作のまま、からだの回転を増やしたり、
 右打ちであれば右向きを増やしたりしても
 良いことは多くありません。

 ちょっと ややこしいですが、
 ハンドターンの多くの場合、
 スタートは クラブターン、クラブが弧を描くコト
 をカラダでは無く、手でしている訳ですが、
 やっている内に クラブをターンさせるコトよりも
 フェースをターンさせることの方が主になりガチ です。

 クラブ自身を180度ターンさせた としても
 開いたままのフェース、開いたままのロフト では
 高い、スピンの多い、スライス回転、
 もしくは 下をすり抜けるような抜け球になるだけ で
 ハンドターンの主は クラブよりもフェースをターンさせるコト
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

✋準備としてのテークアウェイが
 俗に言う「上げるコト」ではなく
 フェースを回転させる為、フェースを閉じる為、
 「開くコトの為」が大変多く見られます。
👉ですので 右向きを増やしても
 フェースがより開き、インパクト間際でノ
 より急激なフェースターンが必要になったりするので
 向きや回転を増やしても 良いことは多くありません。

 からだをたくさん動かす、からだをたくさん回すから
 ボディターンではないのです。」


質問「ハンドリリース 手振り手打ちをしている人は多いと思いますが、
 多くの… 半分位の方は からだの回転に移行したいんじゃないです❓」

店長「そうでしょうとは思いますが、
 ハンドリリースって 

〇どこかを止めて、腕を振る、
◉腰を止めて 肩を廻す、
◉左サイド、左腕を止めて 右腕の伸ばす

(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)








 良くあるパターンですけれど
 インパクト時の 左脇の締まり っていうか、
 左肩から左手まで 絞ったような感覚で覚えている人も
 多いと思うんですが、ソコに至るまで、
 それを習得するまで、非常に複雑な過程なので
 その感覚を捨て去るのは簡単では無いと思います。

 俗に言われる『左の壁』
 おそらく 感覚的には 
左サイドの絞り、とか
 左脇のしまり、左腕のツッパリ
 みたいな感覚が
 インパクトとして とても重要で、
 からだの回転には存在しない 『インパクトの感覚』
 『インパクトの型』
と言うモノが存在します✊

【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)

 実際、ハンドリリースから ボディリリースに移行すると
 インパクト付近に 何も無いんです。
 ダウンスイングの過程からフォローの間の
 どこかに ボールに当たった箇所 はあるんですが、
 特徴的な動きとか、 特徴的な感覚 はありません。
 振り返ったら インパクトがあった と言う程度です。

 ただ 逆に ソコに矛盾というか、
 わだかまり、とどこおり を感じていた人は
 結構、大きな胸のつっかえ、のどに小骨が刺さったような
 そう言う感覚は失せると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「シャフトが柔らかいからスライスする
 飽きるほど聞いた ゴルフトレンドワード ですね。」

(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)

店長「笑うに笑えません。

 打ち手 である自分が動いて、
 ゴルフクラブ、その先端にあるヘッドは動きます。

 シャフトがどうの、クラブの機能がどうの、
 であっても 何もしなければ クラブもシャフトも
 一切ナンの動きもしません。 当たり前ですけど…。

 ですので シャフトが硬かろうが、柔らかかろうが、
 先端の重さの部分であるヘッドは
 自分の動きに対し、その重さの分だけ、
 移動する、運動数量が減ります。

 例えば ですけれど
 車に 長い竿を付け、その先端に旗を付けた としましょう。
 車が走り出すと 空気抵抗を受け、
 ゴルフのスイングで言えば ヘッドの重さと運動になりますね、
 その竿、棒 は その掛かる負荷の分、後方にしなります。
 スピードを増すほど そのしなり は増えます。
 グラファイト素材であろうが、なんであろうが、
fca79257

 加速、等速移動状態であれば
 そのしなりが戻ることはありません。
 それは誰にも分ると思うんですが、
 ことゴルフになっちゃうと
  その理屈は超越されちゃうんですね。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







 ヘッドの重さ シャフトのしなり〜柔らかさ は
 普通に発生することですし、
 出来れば インパクトは最大速度や最大加速時 に迎えたい、
 のですから そのヘッドの遅れ のまま
 打つ のが ごく自然な流れ です。

 
 ヘッドの遅れを取り戻す はそれをする為、
 『必ずどこか』の部分を減速、停止させる必要があり、
 それが肘であったり、手首であったり するので
 手打ち・手振りの故障につながって来ます。」

質問「ヘッドの遅れを嫌いますよね❓」

店長「遅れ = ヘッドの開き、ロフトの開き になり、
 シャフトが柔らかければ その量も増える、
 そして それを戻す量も増えますから
 スライス = 柔らかいシャフト になりますね。
 手で振っているか どうか、の踏み絵 とも言えます。」

質問「柔らかいシャフトに慣れてくると
 ああ 遅れをロフトの立ち にしさえすれば
 遅れは放っておけばいいんだなぁ って思えてきます。」


店長「そうですね。
 自分にとって 一番遠い存在のヘッドに構い過ぎ は
 良くないですよ。すごく間接的な関係なんですから😄

 その遅れを 放っておけるのが からだの回転でのクラブターンで
 その遅れを 放っておけず戻そうとする のが手でのクラブターン

 判断することも可能です。」

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「
手打ち〜、手振りね
 飛距離アップ✋ スライス防止✊ とともに
 アマチュアにとって 永遠のテーマ と言ってよいような
 課題 ですよね。」


店長「ですね。
 広く深いテーマなので 一つ一つ取り上げてみたい
 と思います。

 まずですね、
 手打ち、手振り、というのはどう言うモノなのか❓
 その反対になる からだの回転とどう違うのか❓
 です。」

質問「そこ 興味ありますね。」
店長「ゴルフスイング・ショットって
 ヘッドが円を描きますよね。
 手打ちって言うのは それを 手で行っている
 ハンドターン で
(ハンドリリースサンプル集_Moment(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)







 からだの回転が直接的に円を描くのではないモノで、
 からだの回転の方は それをカラダの向き主体で
 行っています。

 もう少し 具体的に言うと
 ボールを打つ、打撃と言う衝撃のエネルギーを
〇からだの回転は その言葉の通り からだの向き
〇手打ちの方が 右腕(右打ち)の曲げ伸ばし
 を主体でやっている
 と考えて良いと思います。

 …とは言うモノの、
 手打ちであったとしても
 全部 右腕の曲げ伸ばし、リリースでやっている人
 だけでなく、
 からだの回転も混合している人もいますから
 ちょっと ややこしいですね。」

質問「全部、手でやっている人の方がマズくないですか❓」
店長「どっちもどっちです🙄
 ただ コト治すコト に関しては
 全部、手でやっている人の方が比較的 シンプルですので
 治し易い、治り易いかも知れません。
 割合は兎も角、からだと腕の混合 の人は
 かなり複雑なコトに達した時間分、大変かも知れません。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







質問「手打ち、手振りが良くない、治した方が良い、
 とよく言われますけれど その理由はなんですか❓」

店長「手でターンしても、からだでターンしても
 どちらも ターンするコトには変わりありません。
 
 これから ゴルフを覚えるとか、
 からだの故障を出来るだけ無いように、
 体力が落ちても飛距離が落ちないように、
 と思われている方には 推奨は出来ませんが、
 手振り、手打ちで楽しくゴルフが出来ていれば
 無理やり それを変えなくても良い場合あります。

 何故 治した方が良い、しない方が良い かと
 問われると
‖里粒読堯胴体や腰、肘などにねじりの動きが多くなり
 故障の原因になり易い  のは確かです。
 勿論、からだの丈夫な人は居ますから例外もあります。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

△らだの回転でターンするに比べると
 複雑な上に、動きが断然、多く
 それが インパクト前後という 高速運動時に行われているので
 各人各人の 絶妙なタイミングと修練
 という
 それぞれの人の 打撃の秘技 のようになっており
 万人に共通するアドバイスが有効ではありません。
 言うなれば スイングに関する共通言語が無いような
 そんな状態になり易く、悩んだ時、困った時、
 誰かからアドバイスを貰い難い状態に陥り易いです。
➂クラブに関して、なんですが、
 からだの回転と比べ、クラブを振る、シャフトを振る量が
 かなり多いので、本来、使うべきシャフトよりも
 硬いシャフトを選定するコトが多くなります。
 これも また 肘や手首、腰痛などの原因
になります。
➃ ➂に絡んだ話し、になるのですが、
 ヘッドのミスの寛容性、慣性モーメントなどの機能を
 発揮させるのが難しい打撃方法 になるので
 シャフトも含め ゴルフクラブのお助け機能を
 活用できない可能性が高く
なります。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)
質問「良いコトないじゃぁ無いですか❓」

店長「まあ…そうなんですけれど、
 結構、活躍しているプロにもいますし、
 アマチュアの殆どは 手振り・手打ち、
 その打撃方法の方が多数とも言えます。

 からだの回転で打つ よりもいろいろな面で
 多くの練習は必要になりますし、そのタイミングなどを
 体得した、としてもメインテナンス的な練習の維持も必要ですが、
 それが 加齢対策の運動 にもなっているので
 良い悪い の問題では無く、
 単に選択の違いと言って良いでしょう。」

質問「腕自慢さんは別として
 悩みの元が 手振り、手打ちのアマチュアは
 多いんじゃないかと思います。
 それは打撃の手段ではありますけれど、
 率先的に 好きで 手振り・手打ちしている人は
 多くないと思うんですが…。」

店長「どうでしょう?
 ごくごく普通のアマチュアの ゴルフスイング談義に
 耳を傾けていると
 手打ちは良くない、からだの回転で とも言っていますが、
 一方で 同じ人が遠心力で飛ばす とか
 ヘッドの返し、フェースローテーション
なんて
 手打ちせざるを得ない、手打ちのテクニック
 そういう話も出てきますよ。

 そもそも アマチュアが硬いシャフトを選定する理由の
 ヒトツに 『スライスは シャフトが柔らかいからだ‼』
 と言うのがあると思うんですが、
 もう その発想の時点で 手打ち、手振りの匂いがしています。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「自分だけの その秘技を極めるのも ゴルフスイング の
 ひとつ ではありますし、それで楽しくゴルフをしている人も
 たくさん居ますので、他人が否定する事ではありませんが、
 教科書に載せるにはちょっと・・・・と言う感じです。
 それを 総称して 手打ち/手振り と呼んでいます。
202252_Moment
 一方、クラブはトップの状態でロック
 あとは カラダの向きを変えるだけ
 であれば、ロックする時のクラブの状態
 を変えて置けば、動作中の変化は少ないので
 軌道には影響が出にくい、
 ですので
 弾道を変える、治すことが可能なのです。

 だから からだの回転でクラブは動かしましょう✋
 と推奨しているのです。」

TSさん「あああああああ なるほど、なるほど、
 やっと分かってきました。
 手打ちで無い方が良いのは分かるんですが、
 そのポイントが掴めていないと 出た球に応じて
 ダウンスイングやインパクト付近で ヘッド姿勢変更や
 スイング軌道変更をしてします ので
 👉肝心なトコロが手打ち になる。」


店長「そうですね😊
 手打ち/手振り の場合、
 ヘッドの姿勢変更をすると 軌道も同時に、
 軌道変更をしようとすると ヘッド姿勢も同時に変化してしまいます。
 また、その変化の具合は 重心位置などにも左右され易い。
 というコトで その具合がウッドとアイアンで異なる場合も多い。
 ヘッド姿勢と軌道、二つのことが相互に影響し合うので
 同じようなショットを続けにくくなるのです。」
会田20210701_Moment

TSさん「クラブの影響も大きいんですよね?」

店長「ですね。例えば 理想的な、正規な入れ方 では
 ヘッド姿勢は固定、軌道自体が下向き、クラブ全体が低くなり、
 インパクトを迎えるのですが、
 硬いシャフトや軽いヘッドでは グリップが誘導され難いので
 それでは届かない、
 が故に、ヘッドを下に振る、これはヘッド姿勢を変える、
 ロフトを増やすコトになりますので 軌道も変わります。
 ヘッドを下に振ると、ヘッドを下に振っているのに
 ヘッドを下に振っているが故に、軌道自体は上向きになりたがります。
 カラダが上を向いちゃうんですね。
 ですので ダフリ と トップ が 交互に出るような状態
 になります。
 
 ですから 多くは キツイ、オーバースペックなクラブから
 始まっているんですが、
 それが故に つかまり を見当違いな理屈で覚え込み、
 その見当違いな理屈を 実行しようとしているのですから
 治る方が珍しい、スイング改造成功する人は少ない⁈
 というコトになるのです。

 運動神経が無い、のでも、 練習不足でも なんでも無く、
 理屈を超越した 秘技 の正解を探求しているのですから
 そりゃ 成功度は高くなりません。」

TSさん「言葉は悪いですが アウトサイドインとか
 開いている とかを意識している限りは
 その先もダメなんだ というコトですか❓」


店長「絶対ではないですけど その通りです。
 動き始めたら ヘッドの姿勢や軌道は変えない、
 特にヘッド姿勢は 動いている最中にはダメです。

 変えられますけど 正しくは変え難いですし
 繰り返す為の目安が何もありません。
 ものすごく感覚的な部分に依存している。
 それを スイング「理論」とは呼ぶのはちょっと厳しい…ですね。
 
((((((((_Moment

 もし 今の弾道が好きでない、距離を伸ばしたい、
 弾道を変えたい とするのであれば
 クラブは早めに固定、トップで✋でしょうか、
 あとは廻るだけ、
 軌道を変えるのであれば 周り方を変える、
 クラブ姿勢、ロックは同じ、
 上げ方やトップでのクラブ姿勢、
 動かしていない時のクラブ姿勢を変えるしか ありません。
 多数の係数が同時に変化する方法はアマチュア向きで無く
 職人芸、一発芸に近いですから トライしない方が良いかな、と。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


TSさん「私も今の今まで、ゴルフ歴の殆どを
 つかまる=フック
 つかまらない=スライス
 理想的な弾道 ドロー=つかまっている

 と思っていました。」

店長「ゴルフクラブはその機能を果たすと
 左回転、つまり フック回転が入るので
 理想的な弾道がドローなのは 👍👍👍です。
 
 しかし、
 つかまる は フェースを閉じるでも 開くでもなく
 ロフト、入射の軌道との関係もありますが、
 ロフトの造り方で決まる は 納得して頂けます❓」

TSさん「はい! まだ 出来ないのですが。。。」
(こする つかまえる_Moment(2)

店長「では 先に進めます。
 『ボールの掴まりの原理』が 理解出来ていないと
 スイングの改造 なんて
 取り組んでも 効果が非常に薄い のです。」


店長「つかまる=フック つまらない=スライス
 理屈を超越した理論なのですが、
 大抵の場合、フェースの開閉 と 軌道論、
 開いている、閉じている、
 アウトサイドイン、インサイドアウト

 そこに進むコトになるのですが、
 これにも 大きな罠が待っています。
 この罠は 生涯迷宮 です。」

TSさん「えええええええええええ。」

店長「同じことが
 つかまえ=縦のフェース/ロフト にも言えます。

 例えば…です。
 今の使っているクラブをいじらず 変えない、
 その対象になる クラブ番手 もそのまま、
 その状態で
 自分の理想の弾道にするには スピンが多過ぎる→
 3500回転 なのを 2500回転 にしたい……とします。

 ちょっと 頭が混乱するかもしれませんが…。 

 ロフトは 立てようとすると 実効果として
 クラブが短くなるので
 入ってくる入射がきつくなります。
 故に ハンドファーストを強くしても
 打ち出し角度は低くなる(変わる)可能性はありますが、
 入射も変わってしまうので スピンが減るとは限りません。
 インパクトロフト=スピン効果 を変えようとすると
 同時に スイングの縦軌道も変わってしまいます。
【イメージ】倉本昌弘 スイング集_Moment

 フェースローテーションを多くしている人、
 打撃=ヘッドの回転の人の場合、
 軌道だけを変えようとしても
 インパクトロフトやフェースの向きも変わってしまうので
 答えを見つけられません。
 ま…だから 硬い(使えない)シャフトを使って
 ボールへの打撃効果を薄める…と言う手立てを取るのですが…。

 クラブの横軌道の アウトサイドイン、インサイドアウト
 にも同じことが言えるのですが、
 スライス〜アウトサイドイン〜開いている の発想を
 ドロー〜インサイドアウト〜閉じている にしようとして
 ヘッドを閉じると 軌道も変わってしまいます。
1ff0dce21f52b653








 理屈上は アウトに出すには フェースを開いた方が
 アウトに出し易く、フェースは閉じようとすると
 軌道はインに切り込み易くなります。

と…ここまでの話しがスイング改造として
 ダメなスイングの治し方の典型例 なのです。


TSさん「!!!!! なにが悪いのか 分かりません。」

店長「言葉で説明して分かって頂けるか、分かりませんが、
 トップオブスイングから インパクトまで 平均して0.2秒、
 ヘッドスピードは時速にすると 120繊弊人男性)を越えます。

 ヘッドの軌道、上下の入射角度 であって
 左右のアウトサイドイン、インサイドアウト であっても
 途中で ロフト、フェースの向き どちらであっても
 変えようとすると 『必ず』軌道とヘッド姿勢は同時に動きます

 スライスだから、フックだから、
 つかまりすぎでスピン不足もしくは過多、
 つかまらな過ぎでスピン過多もしくは不足
 であったとしても
 軌道を固定して ヘッド姿勢を変える と言う発想ではなく
 動いている中で ヘッド姿勢を変えようとしています。

 もう コレにトライすること自体
 手打ち 手振り への道まっしぐら なのです。

(ダウンスイング比較 きっと参考になると思います_Moment

 手打ち、手振り である限り、
 ロフトであっても、フェース向きであっても
 変更すると 軌道にも 大きく影響が出るので
 改造にトライする前とは
 違うゴールに行き着くコトになりますし、
 
 その 0.2秒の 時速120キロ超 の ヘッドコントロールは
 自分ですらままならないですし、誰にも、誰からも
 教わるコトも 教えることも出来ない 秘技 なのです。

 部活特訓並みの練習、練習頻度、
 例え 体得したとしても、それを維持する為の
 メインテナンス練習、頻度が必須になります。
 普通のアマチュアにとって 良いゴールとは言えません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「クラブの‥ 特にヘッドの特性
 クラブヘッドのスペックの多く、本当に多くは
 運動をさせた時、遠心力線上に重量が揃う、
 ゴルフクラブで言うと 棒の延長線上にヘッドの重心位置が来る、
 トゥダウン…言葉としてはアンマリ良いニュアンスではないですが、
 トゥダウンが起こり 棒の延長線上に重量が揃うコト
 を『前提』として考えられています。
58b52cea014c8e392700135f_20170228165522

 その前提を満たした時、その効果が出るので
 その前提条件を満たせていないと
 そのメリットが発揮されないばかりか、
 逆に デメリットになってしまうコトも少なくありません。」

店長「過去の例 でいいますと
 30年位前 でしょうか、
 メタルヘッドの素材が ステンレスからチタンに移行しました。
455T-5-2 460TL-5-1






 チタンと言う素材だから 反発する、飛ぶ、

 なんて言うのは真っ赤な嘘 なんですが、
 素材の比重が軽くなり、ステンレスよりも強度が高いので
 薄く作るコトが出来、ヘッドが大きくなりました。
 200cc強位、今の3番ウッド位のドライバーヘッド が
 いきなり 300cc近くの大きさになった為と
 設計に自由度が増えたため、
 従来よりも薄い形状のシャローモデルが増えました
 重心距離、重心深度、慣性モーメント共に
 かなり 大きく変化しました。

 シャフトが動き(柔らかく) 棒とヘッドの重心が揃う
 そんなシャフトの柔らかさを選ぶ人達にとっては
 ものすごくメリットがあり、かなり早くにその恩恵を受けました。
 
 一方、硬いシャフトを使う層には
 このヘッドの大型のメリットは薄く、初期のころは割に嫌われ気味 で
 見てくれは大きくするけど 中身は重心の浅い、短い、
 慣性モーメントの余り増えすぎないモノが好まれました。

 シャフトの硬さの標準値・基準値 が この5年位で 急激に落ちたため
 その層の人達にも 中身も大型化したシャロー形状の
 ドライバーも好まれるようになった・・・と言う経緯があります。」

店長「コレは余談…なんですが、
 ネックでロフトなどを調整できる カチャカチャ機能は
 厚みのあるディープ形状だと作り難い、強度を保ちにくいので
 どうしても シャロー形状になって、
 重心距離が長め、重心深度が深め、慣性モーメント大きめ
 になってしまい易い ので
 それを ナントか 使わせる為 シャフトの標準値が落ちた❓
 シャフトを柔らかくした❓ のかな と勘ぐってしまいます。」

質問「アイアンは小振りになって 逆行しているように思えますね。
 シャフトも硬くなったような気がしますし…。」


店長「確かに、そうですね。
 そのギャップはどんどん広がっています。
 ドライバーとアイアンは 別なスイング、別なタイミング
 が必要になってしまいます。」

質問「ヘッドの特性を活かすには 硬さが肝心なのですね。」

店長「はい✊✊ 硬いシャフトではヘッドの機能は出ません。
455T-1
  例えば 重心深度


445TL-5-1445TL-4







 重量の中心点の 打面/フェース面からの深さ です。
 見た目の形状で言えば
 ソールが広い〜大きい(厚い)程 重心は深くなる、
 フェアウェイウッドは ユーティリティよりも
 ソール、ヘッドソノモノも奥行きが深いですから
 その分、重心が深くなる。

 コレも その『棒の延長線上に重量が揃う』
 運動させたときに現象が『起こる前提』で考えられており
 重心の深さ分 ヘッドが前に出るコト によって
 自然にロフトが増え、入射が緩め になる
 つまり シャフトが動かなければ
 効果は薄い、無い というコトになります。

 シャフトは 単純に弓反りにカーブする、という
 曲線では無く S字型にしなるような感じ なのですが
 それは兎も角、シャフトがしなる、動くから
 重心の深さの意味は出るのですが…。

 硬いシャフトを使う人が全員、とは言いませんが、
 アマチュアの硬い人の多くは 手でのフェースターン、
 ハンドリリースをしている人がとても多いのですが、
 ハンドリリースをする人にとって 重心深度は
 それをやりにくくする要因、
 フェースを閉じ難い要因になります。
 
 重心の深いモノの方が テークアウェイを
 開いて上げる傾向の強い方は
 想定以上に開くコトになりますし、
 ヘッドの重さがかかり
 想定以上にフラットな軌道になり易い、ですので
 閉じにかかるダウンスイングで より強く、多く
 フェースターンをしなくてはなりません。
 また 重心の深いモノは 重心角度も多くなるのですが、
 それと相まって、一旦、閉じてしまうと
 コレもやはり 想定以上に閉じるので
 プッシュ、プッシュスライス になるか
 かなりきつめのひっかけ、引っかけフックになり、
 その間の球が打ちにくいと思います。
 
 スイングタイプ、クラブ扱いによっては
 重心が深い と 易しい とは
 一概には言えないのです。」

質問「ああ だから こうフェースローテーションの強い人は
 小振りな 奥行きの無い ヘッドを好む傾向にある…と。」


店長「そうなりますねぇ…。
 重心の深いモノは フェースが上を向きたがる傾向が強いので
 地面からボールを打つ場合、
 ハンドリリースでの フェースターンですと
 ソール部、ヘッドが地面と干渉し易いので、
 フェアウェイウッドよりも 重心の浅い、ソールの小さいユーティリティの
 方が好まれるのではないかと思います。
 これは 同じくアイアンもそうでしょう。」

質問「よく言われますが、
 一般的には 簡単なアイアン と言えば
 キャビティのソールの厚いアイアン、
 自称❓上手な人はソールの薄いマッスルバックを使う…。」


店長「ですね。 初心者向け、上級者向け
 というよりは スイングタイプによる住み分け なんです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「硬いシャフトでゴルフを始める、
 グリップが押されないので ハンドファーストが出来ない、
 ボールに届かない、
 早めのキャスト、リリースになる、
 コレって ものすごい多いパターン だと思うのです。」
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment(2)

質問「だと思います。かく言う私も、です。

店長「コレって 先に進めば進む程
 どんどんゴルフの関所が出来ちゃうパターンなんです。

 理想的なゴルフスイングの姿 は
 トップで出来たクラブと腕の形をロックして
 遠心力やシャフトの誘導で腕は伸ばされ気味になりますが、
 基本、ロックして 自分が向きを変えるだけ です。

「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

 ところが 硬いシャフト、きついシャフトでゴルフを覚えると
 腕とクラブをロックして カラダを回しただけ では
 ボールに届かず、空振りです。

 ですので、腕を伸ばして アドレスの腕とクラブの長さに
 戻そう とするのですが、
 これでは ボールには届いても ボールは捕まりません。

 本来の姿 ですと、ロックして回転するコトが
 ボールを拾うコト と ボールをつかまえるコト 双方を
 両立していくのですが、
 コチラの場合、届くと捕まらない、当たると捕まらない、
 つまり 次は「つかまえるという関所」
 自分でこしらえてしまうのです。 

 当たる、浮く、飛ぶ、前に進めるようになると
 今度は ボールがつかまらず、スライスになるので
 よりヘッドを、シャフトを振り回すようになる、
 ヘッドターンが足らないから フェースが左を向かないから
 スライスになる という圧倒的にまちがった認識が身に付きます。」

質問「身につまされます。」
店長「もう少し ゴルフをやるようになると
 ヘッドはインサイドから入れろ とも言われる…

 例えば 5度インサイドから入れるのなら
 アドレス時の目標に対し、5度まで開いていても
 スライス回転は入りません。
 インパクト時を静止画で見たら 開いているのに…
 スライスにはならないのです。
 逆に 5度アウトサイドから入る場合、
 5度閉じていても スライス(右)回転は入ります。
 ゴルフクラブの特性として ヘッドを閉じれば閉じるほど、
 軌道そのもが内に入り込むので ヘッドの開閉は
 軌道にも影響を与えるので 追いかけっこ になってしまうのです。
ドライバー入射角度

 もうこの時点で クラブの描く弧 -回転 と
 自分のからだの向き/回転 その弧 が
 分離したモノ になっていると思うんですね。

 その始まりは キツイシャフト、硬いシャフト だった訳ですが、
 シャフトを振る、ヘッドを振る、クラブ単体を振る
 スイングが身についていますから
 より硬いシャフト、より軽いヘッド、重心距離の無い小振りなヘッド
 そう言うモノが好む、
 そう言うモノの方が結果が出るので
 50msを超えるような PGAプロが使っているのと
 同じようなシャフトの硬さを ヘッドスピード40ms
 の人が使うようなコトになる訳です。」

質問「。。。。。。。。。。」

店長「嫌味ついでに言えば、手首や肘、首や腰などを傷めて
 初めて スペックダウンを考えるようになる のですね。」

質問「。。。。。。。。。。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「シャフトが硬いとボールに届かない、拾い難い、
 下に振らないとボールを打てない、

 ここで 届く届かないを
 ヘッドの下への動かし と 誤った認識を刷り込むコトになります。

 本当は ヘッドを下、 じゃなくて
 グリップ、クラブを前 になんですけどね…。

 また ボールに当てる為、ヘッドを下に振る は
 グリップの移動を妨げてしまうので
 その動作はそのまま 手打ち〜手振り になります。 

 この時点で まさか 『シャフトが硬い』から
 なんて誰も思いませんから、
 手打ちは良くない と言われるが
 ヘッドを下に振らない と ボールを打てない
👉手で振らない と ボールを打つコトが出来ない
 という 別な解決不能課題 が生まれてきます。」
質問「それで 15年、苦しみました。」
店長「コレって 物理的には当たり前なのに
 誰も説明しないから 迷宮入り しちゃうんですよ。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)







 オリジナル には クラブを持った打ち手が
 クラブを動かすんじゃなくて、それを持った自分が
 くるりと向きを変えるから 円を描く んです。
 クラブやヘッドで 円を描いているんじゃない、
 クラブ自体は動かしていないんです。

 ま クラブにはロフトとか、ライとか、フェース角度みたいな
 把握しきれないような 角度が存在し、
 それが インアウトだけでなく、上下の角度も含めて
 移動する、時間の伴った軌道 との組み合わせで
 飛んだり、曲がったり、上がったり、
 無限の組み合わせがあります。
IMG_0612

 遠心力の発生し易い、打点にズレの有るゴルフクラブの構造で
 再現性を考えたら 選択の余地はないんですけど
 シャフトが硬くて 届かせる、当てさせる という
 補助機能の無いクラブが前提で スイング論議を進めるんですから
 解決するのが より難しく、複雑になる。

 クラブ単体を動かさず、自分が向きを変えるから 円を描く。
 その中で ヘッドをよりたくさん動かそう、
 クラブ単体で円を描こう としたら、
 当然、グリップの進行が止まり、からだの回転と
 クラブは別なモノになってしまう。
 クラブ単体に角度運動させたら、
 ダウンスイングであれば ヘッドの重心は右に、後ろにあるので
 動かせば動かすほど フェースも、ロフトも開いて行きます。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(6)

 ですので 届く問題が解決する(解決していないけど…)と
 次は ヘッドの開き問題〜スライス問題になってくる、
 もうこの時点で オリジナルのスイングの流れとは
 全く別な路線に入ってしまう訳です。」

質問「単に クラブの、シャフトの硬さの問題から始まっている、
 と思うと。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。」

店長「例外は少ないと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「全員 にじゃあ ないですけれど
 この抜き方 というか、スイングの終わらせ方は
 出来れば手で振りたくないのに
 クラブを下に振っちゃうとか、ローテーションしちゃうとか 
 手で振っちゃう人の解決策としては
 かなり有効じゃないか と思うのです。」
JMさん「なかなか 上手く行かない…ですけどね。」

店長「届かない とか、当たらない とか、
 怖さは有ると思いますから、加速の無いゆっくりとした
 ショットからやってみる必要はあると思います。」
JMさん「カラダは180度、クラブは90度ってのは
 頭では分かっているんですけど
 結局、クラブを180度振ってしまう。。。
 それ故に インパクト以降にからだ(左サイド)が止まって
 からだの回転が180度にならない、そう言う感じですね。」

店長「わかる、分かります。
.ラダは180度 クラブは90とか120度って意識
∈枯咾糧瓦方

 これは 左ひじを抜くって感じよりも
 左サイドを止めないで 廻していく、
 アドレス時を基準とすると、背後に
 ボールから離れていく方に 断続的に動かしていく
👉まずは 真似で、素振りから始めると良いかも、です。」
JMさん「素振りでそこまでは出来るんですけど…。」
店長「そうなると やはり
➂リリース 右腕を伸ばすことで何を動かしているのか
 というコトになると思います。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment

 コレも ゆっくり の素振り で良いと思いますけど、
 グリップって 当たり前には
 右グリップの方が遠い方、ボールの方握っていますから
 右手の方がからだがから遠い方、
 グリップのズレ分 外側を通る から
 どうしても クラブ自体を押すことになってしまって
 それが故に、支点効果 で左グリップが止まり、
 からだの回転、向きの変更にも抑制がかかっちゃう。
((リリースの違い フォローの違い_Moment(2)

 ですので あくまでも『イメージ』ですけれど
 右手を伸ばしたら 左手の外側、遠い側ではなくて
 左腕の前腕、左手首よりも肘側の前腕を『押す』ような

 イメージで素振りをしてみて下さい。
((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)((リリースの違い フォローの違い_Moment(4)((リリースの違い フォローの違い_Moment(5)
 本当に 『押す』訳では無く、
 左腕は カラダの向きでどんどん逃げていくのですけど
 そう言う関係だと 左腕、左ひじが押されていくので
 からだの回転が止まり難くなります。
 左腕の付け根は背後に逃げようとする、
 このままだと届かないから グリップはボール側に残す
 カラダは廻っていくので 左上腕は上がり、グリップは高くなりますが、
 左右関係として グリップは残る、
 そう言う感じです。

 ポイントは 左ひじで引く というのでは無く
 カラダが回り続け 左ひじが引かれる
 です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
店長「これは やってみたけれど 上手く行かない
 を解決する手段になるモノ でしょう。

➂強いショットでは 慣性や遠心力が付きますから

 リリース がない訳じゃないですけど
 リリースのタイミングの問題 と言うよりも
 何を』リリースするか によって異なってきます。

あらかじめ 定義しておきますが
この場合で言う リリースとは
テークアウェイ、トップで 短くなった利き腕、曲がった肘。
右打ちで言えば 右腕、右ひじ ですね。
これを 伸ばしていく作法 を指します。

 手で振る、手でクラブターンする場合、
 左グリップを支点に 右腕を伸ばすことによって
 『クラブ』をリリースするコトになります。

 その結果、左ひじは拘束されてしまいますから、
 左ひじの窮屈な 小回りなフォローになります。
 スライスや引っかけ、フェアウェイウッドの苦手の原因になりガチ です。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)

 からだの回転で クラブターンをする場合、
 それをリリースと呼べるか微妙なのですが、
 クラブを持った左手をリリース?する、
 からだの回転に同期するように手助けするのが
 リリースと言う言葉に相当する 右手の、右ひじの伸ばし になります。

 
 強いショットの場合、遠心力も加わってきますから

 コチラの方が 圧倒的に 大きなフォローになり、
 軌道変化やヘッドの高さ変化が緩く、安定度も増しますし
 スピードアップも望み易い と思います。

 仮に ボールを投げる として
〇腕を止めて その反動で手首から先だけ振って投げる のと
〇腕ゴト、からだゴト、動かし続けて投げる、

 練習量や自信(メンタル)によって どちらがスゴイ球か
 一概には言えないでしょうけれど、
 後者の方が故障は少なくなり、長く活躍できる と思います。

((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)

 繰り返しになりますが、
 右腕を伸ばすことによって
 クラブをリリースしてしまう…
 クラブをリリースするとは クラブにからだの回転とは別の
 回転運動、角度運動を指しますが、
 これをしてしまうと 左グリップ、左ひじは拘束されます。
 止まってしまう と言えば良いでしょうか
 ですので その時点でからだの回転とクラブの関係は
 途切れてしまいます。
 リリースポイントを遅くすれば出来る、というよりも
 やはり『何を』リリースするのか、
 右腕を伸ばすコトによって『何を』しようとしているのか、
 が大きいと思います。

 この動画に出てくるリリースは
 素振りの時点で クラブ単体に回転運動をさせようとしていますから
 左腕の作法などを意識しても 手で振る から
 逃れられません。

 もしかすると…ですけれど、
 勿論、全員に当てはまるとは言えませんけれど、
 手で振る、手打ち と からだの回転で境目になる、
 これが理解できると かなり改良される人もいるんじゃないか、
 と思います。


この動画においても
一瞬、ですが 左サイドがひっつれる
上に逃げる瞬間があるのですが、
➂の問題(支部長)は無いと思うのですが
△鯆呂瓩譴弌,茲螢好燹璽垢法△茲螳堕蠅靴董
もしかしたら ほのかにスピードもあがる
もしくは スピードの低下を防げる気がします。


 左サイドが詰まっている、
 左サイドが渋滞を起こしている、
 左ひじが痛い
 なんて人には
 とても 有効な処方だと思いますよ。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「フォローが小さい、大きくしたい って
 ヒトも結構いるじゃないですか❓」
JMさん「ありますね。 昔であれば
 コースで 連続写真を撮って貰い、
 こんなスイング、こんなフォロー したつもりはない!
 って奴ですよね。」

店長「ですねー。自分の思い描いている通りの
 スイング映像になっていることは稀ですからね。
2021-12-06_22-21-54_Moment(4)81b16761-s






 フォローを大きくしたい っていうのを
 『両腕を延ばすようにすれば フォローは大きくなる』
 と思っている人も少なくない、のかも知れないですけれど、
 フェースターンをする人にとって、
 自分自身が 180度ターンすると
 当然 クラブも180度、
MVI_0878(2)_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)




 イヤ それ以上ターンすると思っている人ほど
 想いと裏腹になっっちゃうんですけど
 それをすればするほど
 フォローは小さく 小回りになってしまいます。

 フォローを無闇に大きくする必要はないですけれど
 カラダ向きゴト クラブターンをすれば
 自分は180度ターンするけれど
 クラブのターンは90度でいい と思って行うほどに
 それは解消されていきます。

 弾道が安定しない人やフェアウェイウッドが苦手なヒト
 は この部分、大きいんじゃないかと思います。」

JMさん「抜き方、と言えば良いのか分かりませんが、
 どんな抜き方 になるんです❓」

店長「フォローの取り方、スイングの終わらせ方の
 ポイントは3つあります。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)




,泙困蓮^媼韻箸靴
 自分の向きは180度ターンしても、
 右から左へ(右打ち)と体の向きを180度変えても、
 クラブの先端には重さ が付いているので
 アバウトですけれど クラブ/シャフトは90度とか120度しか
 ターンしない、出来ないというコト です。
スナップショット 6 (2015-10-15 19-55)スナップショット 7 (2015-10-15 19-55)スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)







 からだの向き180度に対して クラブのターンは90度とか120度、
 その位の意識であっても
 
インパクト以降、自分は減速するのですから
 遠心力や慣性 によって 結果、イコール それ以上になります。
 
 運動の元、になるはずの 自分のからだの向きを
 先端部のヘッドが追いつく・追い抜く って
  発想 が一体全体どこから来るのか…
 超常現象じゃないんですから…。

 からだの回転を180度 クラブも180度 って考えている人の
 クラブ扱いって からだ120度 クラブ270度 になったりします。
 クラブの回転の角度(角度運動)が増えれば増えるほど
 半径は小さくなり、軌道変化、ヘッドの姿勢変化も激しく
 なりますので 安定したショットをし難くなりますよね。

スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)





スナップショット 4 (2016-07-27 18-56)スナップショット 5 (2016-07-27 18-57)スナップショット 6 (2016-07-27 18-57)







⊆,忘酲,箸靴討痢]咾気个、肘さばきですけれど
 基本は テークアウェイと同じです。
 
 テークアウェイの時は右ひじ、右腕(右打ち)になりますが
 インパクト以降、フォロー側であれば 左ひじ、左腕になるだけ、
 肘を下に向けて、とか、肘をからだに付けて、とかで
 左腕の肘から先を振らない というコトですね。
 肘をやや外目に向けて 腕をたたんでいく感じになります。」
((リリースの違い フォローの違い_Moment((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)





JMさん「なるほど、確かに テークアウェイと同じですね。」

店長「ポイントは 肘使いではあるんですけど、
 グリップの高さ変化を止めないコト にあります。
 抜け側の左ひじを外目に向ける は
 左の上腕を上げていくことにつながりますが
 それによって グリップの逃げ道、抜ける道が出来ますが、
 左腕をロールさせて クラブを振ってしまう場合、
 グリップの移動が止まってしまうので
 フォローはからだの巻きついてしまいます。
 スピードも上げにくいし、軌道やヘッドの姿勢の変化も激しい、
 その上、肘や手首、肩、腰などへの負担も大きいのですから
 アマチュアが率先的にやるべき では無いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転でクラブを動かす のと
 手でクラブを動かす、 もう少し詳細に言うと
 からだの廻りで クラブヘッドが円を描かせる と
 手で クラブヘッドを円を描かせる  の
 最大の違いは インパクトが一点になるのと
 ゾーンと呼べるか どうかはなんとも言えませんが
 点では無く 線に出来る のの違いになります。」
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

JMさん「当然、手で振った方が点になり易いですよね。」
店長「そうなりますね。
 ですので 同じ条件であれば
 からだの廻りで 円を描いた方が安定し易い ですし、
 ロフトを締めて インパクトし易い、
 ボールをつかまえる、捕える と
 方向の安定が相反しない 関係になります。
 ですので よく言われる 飛ばすと安定は
 本当は相反しないのです。」

JMさん「その最大のポイントはなんなんですかね❓」
店長「私は カラダをどう動かす とか、
 この時は カラダの姿勢はこうだ みたいな技術的なコト、
 ではなく、ざっくりとした クラブってこう動くんじゃないの、
 っていう思い込みと言うか、概念のミス だと思っています。」
JMさん「間違った思い込み。。。ですか❓」
店長「そう思います。
 例えば アプローチで
 カラダの向きが 180度変わったら
 クラブ、シャフトも180度ターンするモノ と思い込んでいますが、
 自分自身が動力で 180度向きを変えても
 クラブは 運動に対しては負荷です、
 特に ヘッドにはクラブ全体の60%以上の重さが付いていますから
 具体的に ●●%とは言えませんが、
 その重さの分、120%とか、
 イメージでは 90%位しか動かない
 と考えた方が
 カラダとクラブにズレが生まれ難いと思います。
MVI_0668Trim(2)(2)_Moment(3)MVI_0667Trim(2)Trim(2)_Moment(4)








 それと同時に、その円を描くコト ですが
 スイングを動作 として考えると
 当然、終わらなければならない ですから
 動作としては 減速 〜停止に向かいますが、
 クラブには勢い、慣性、惰性 が付いていますから
 結果、としては 自分の動作を追い抜く可能性があります。
 勿論、打った後 になりますけれど。。。
 ソコを勘違いしている人が結構、多いんじゃないか
 と思うのです。」
JMさん「ヘッドがグリップを追い越す の話しですね。」
店長「はい。その事実は否定しません。
 否定しませんが、それで打つ、打撃する訳では無い、
 どちらかと言えば、それは おまけ に近い
 打ち終わってから 「発生」するモノ です。
((リリースの違い フォローの違い_Moment((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)((リリースの違い フォローの違い_Moment(4)





 ヘッドがグリップを追い越す を 打撃ソノモノ
 と考えている限り、
 それをする為には 体のどこかを止めねばなりませんから
 イコール 手振り になります。
 フェースターン、ヘッドターン、フェースローテーション、
 それらを 打撃ソノモノ だと考えている限り、
 手振りからは逃れられない のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


JMさん「左への引っかけやトップなどが結構出ます。
 自分で動画などを見る限り 手打ちが治らないのですが
 どうしたら良いんでしょうか❓」

店長「一概に 手打ちが悪い訳では無いんでしょうけれど
 フェースターンが激しくなるのは 徐々にでは、あっても
 減らしていきたいですね。」

JMさん「練習は出来るので、どこを気にしたら良いのでしょうか❓」
店長「そうですね、アプローチが良いのではないでしょうか。
 気にするポイントは 打った後、フォロー側 です。
JMさん「フォロー側❓」
店長「はい。特に片手で出来る程度のアプローチが良いかも知れません。

 インパクトに入る〜インパクト〜インパクト以降 の
 左サイド、左肩の動きに注目して下さい。

 インパクト以降、左肩を基点に 腕を振るようなスイング、ショットと
 カラダを回していくショット の違いが判るかと思います。

 コレが分かり易いのが 左手一本での素振り、ショットだと思います。

 YOUTUBE なんかにも 片手のスイング・ショットが出てきます。
 多くの「片手ショットサンプル」は間違ってると言うと語弊がありますが、
 良い参考例とは言えないですね。


 video_Moment3やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)(片手での素振り と クラブの格納_Moment(3) 
 フィニッシュに向けて こういう抜き方が理想です。
 カラダは廻り 左を向き、左肩、左サイドは
 テークアウェイの時と同じように
 アドレス時に対しての背後、後方に抜けるんですが、
 グリップはボール側に残る・・・そんな感じです。
本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(5)
(片手での素振り と クラブの格納_Moment(6)
 


対になるのがコチラ ですね。
 インパクトは体の正面で‼ とか
 カラダは開くな‼ の意識が強いとこうなりガチ です。

 クラブはどの道ターンしますが、
 それを 腕でするのか、
 カラダの向きでするのか、 の差は
 インパクト以降に強く出ます。

 左手一本での軽いショット、素振りをしてみて下さい。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「そう言う意味合いでも
 左サイド主導でテークアウェイを取るのは
 あまり賛成出来ないのです。
IMG_0272_Moment
 左肩を入れろ
 は 結果論としては間違っていませんが
 方法論としては その意味が
▽左腕を動かす、
▽左腕で『クラブを上げろ

 になってしまっていて、ナント言えば良いのか
 ダウンスイングでの
(左)腕余り』を作っている 
 に至っているケースがとても多く見受けます。」
Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment

質問「からだをもっと回せ は
 左肩をもっと入れろ
…だと思っていました。」



店長「それで悩んでいない、
 手振り、手打ちで困っていない のであれば
 それはソレですけれど、
 ダウンスイングでの 無駄なローテーションや手振り、
 ソレに困っている人の多くは テークアウェイの時点で
 そうなるように『上げて』しまっています。
会田20210701_Moment
 実際に困るのは ダウンスイングでの
 左腕余り、左腕の長さ が邪魔になっているのに
 より 左腕を長く使おう としている訳です。」

質問「そう言う意味合いで テークアウェイで
 右サイド主導、右ひじを外目に引け と❓」

店長「はい。 テークアウェイだけじゃないですが
カラダの向き をする モーターは
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment足廻り、お尻周り、になるとは思います。
思いますが、それの方向を誘導するのが
右サイド、特に右ひじ、右肩なんだと思います。
右ひじが曲がることで
 グリップを引っ張っている、上げているという感じではありません。

●右ひじを外に張る のは確かですが、
 それは カラダの向きを変えて
 右ひじの位置を アドレス時の後方、背後に
 ちゃんと動かす、大きく動かす と言う意味合いの方が強く
 肘の向きが下を向いてなければ OK と言う程度です。

👉カラダの向きが変わるから 右ひじが曲がる
 右を向くだけ でも グリップの高さは増しますが、
👉右ひじが曲がる分だけ、グリップが若干、高くなる
 グリップの高さも含めた 移動の主体は カラダの向き
 というコトになります。」

質問「右ひじの曲がりとフットワークは連動している と?」
店長「からだの向き の 方向を誘導しているのですから
 当然、そうなります。
 ですので 向きの変更が終われば 上がりも含めた
 グリップの移動も御仕舞いになります。
 この連動であれば 多少の惰性、慣性はあっても
 右向きが止まった後で クラブが大きく動いたり、
 悶絶クラブであっても 大きくシャフトがしなったりは
 しないと思います。
小堀20213_Moment

 ダウンスイングで 感覚的に振り遅れている多くのケースが
 左腕の『長さ』に困っている訳です。
 であるのなら 左腕が長くなるような準備 〜テークアウェイは
 再考してみる価値は有るのではないでしょうか❓」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「テークアウェイについて
 あまり話題にならないけれど
 実は 結構、重要なポイントがあります。」
質問「! なんなんでしょうか❓」
店長「ダウンスイング、インパクトで
 ヘッドやクラブを下に振ってしまう、
 キャスティングしてしまう、
 まぁ つまり 手で振ってしまうコトが原因で
 悩んでいる人って 結構、いるか と思うのですが、
 その 素地になるのが テークアウェイの中に潜んでいます。」
質問「結構、重要なポイントですね。」
店長「ですです。
 ダウンスイングで考えると
 カラダを回す 〜向きを変えるコト によって
 トップの位置で高かった グリップの位置を低くする、
 からだの回転と言う横運動でグリップの高さが変わる、
 正確には上下『運動』ではありませんが、
 横運動を縦運動に変換する作用…
 からだの回転によって グリップを変える、
 というのが ありますよね⁈」
質問「出来ているかどうかは分かりませんが、
 頭ではわかっているつもりの部分、ですね。」

 店長「それの 素地が テークアウェイにあります。

 テークアウェイを総称して 上げる
 ダウンスイングを総称して 下げる


 スイングは 上げて下げる だけだ‼
 という イメージ が有ると思うのですが
 その言葉は カラダを回すだけだ を本当は示唆しているのですが、
 アマチュアの多くは テークアウェイはクラブを上げるモノ、
 手や腕の作用によって クラブやヘッドを上げるモノ
 『上げる』と言う動作を強く意識している可能性
があります。」
質問「。。。意識 しています…。」
店長「ダウンスイングで起こる 振り遅れや開き など
 カラダの向きによる 時間の進行 からズレ
 その結果、ヘッド・フェースを返さなくてはならない
 と言うケースの多くの原因は テークアウェイであったりします。


 カラダが右を向くコト が
 グリップを、クラブを高くする メインエンジンで
 腕を使って それを 少し補助している だけ
 位置エネルギーを確保するのは カラダの向き で
 その確保された位置エネルギーを 帰りに当たる
 ダウンスイングでより 打撃に有効に使えるようするのが腕の役割
 なので 腕でクラブを上げたり、高くしたり はしない、
 と考える方が良いと思います


 アマチュアのスイングの中には
 カラダの向き ではなく
 腕そのもので クラブ・ヘッドを上げる方 も居ます。
 そう言う打ち方も悩んでいなければ それはソレ ですが、
 参考書的には お薦め には出来ません。

Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Momentからだの回転で 高さを造っていないと
ヘッドの遅れは ロフトの立ちに出来ません。
左右の腕の関係から 腕だけ(特に左腕)で上げ、下げ、
そして 帰りには 横運動である回転が混じってしまうので
ヘッドの遅れ は フェースの開き に転じてしまいます。 
 
 スイングタイプ的に
 深いトップ、俗に言うオーバースイング気味の人に多いですが、
 先に体を廻し、右向きの からだの回転が終わり掛かると
 その慣性や遠心力で 更に腕(特に左腕)やクラブを振る、振り上げるケースですが、
 これは 基本、腕(特に左腕)だけでクラブを上げ下げしているケース と
 変わりありません。
 慣性が加わって 深いトップになる分、
 無駄?不必要なヘッドの遅れが加わる分、
 より一層の ヘッドターンが必要になります。
 それらは ダウンスイング、インパクト、ボールさばきの問題
 ではなく、準備側に問題があると言うか、
 ボールを打つ、クラブを振る概念のミス と言えるかも知れません。
会田20210701_Moment

 ダウンスイングでからだの向き、回転通り グリップが低くなる、
 テークアウェイで 回転通り グリップが高くなる、


 アマチュア、プロ、それぞれ 全員って訳ではありませんが、
 あ この人 素人じゃないな ってのが
 そこら辺に出たりする訳です。」
質問「テークアウェイにおいて
 腕での クラブの上げ は要らない。。。と。」

店長「上がってしまう分は別として
 テークアウェイで 腕だけでなく
 クラブを上げる意識そのものが要らない
 と思います。

 特に 左腕でのアクション
 テークアウェイで左腕を「動かす」アクションは
 ほぼ要らない、邪魔になる要素だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「からだの回転について、ですが、
 テークアウェイを取る時、どこを、どうすれば良いのでしょうか❓」

店長「感覚的な部分もありますし、
 今まで培ってきたスイングの感じとの差異 もありますけれど、
 ✊ボールを打つため クラブをターンさせたい為、
 それを持っている 自分が右を向く のが目的です。
((((((((_Moment

 よく有りがちな 左肩を入れて、
 左サイドを動かして、 は忘れた方が良いと思います
。」

質問「右への体重移動もありますよね❓」
店長「あります…ありますが
 カラダが右を向いた『から』、体重が右に乗った✋に過ぎませんので
 アドレス時の 右左〜飛球線方向 の左右は
 意識しない方が良いかも知れません。

 腰や背骨、からだの負担を出来るだけ掛けないように
 右を向くには
 この動作の進行方向の前側に当たる/右サイドを動かす、
 右肩でも良いですが、右サイドを背後、
 後方に引く? 逃がす? 移動させる?

 どの用語が適切かは微妙ですけれど、
 左サイドになにがしか で 押す よりも
 右サイドのなにがしか で 『背後に引く』
 感覚の方が良いと思います。」

質問「右サイドを背後に引くんですね⁈」
店長「その方が良いと思います。
 カラダはつながっていますから
 右サイドが背後に逃がす、移動させると
 結果、としては左サイドも右に移動する、
 用語的に 左肩が入る になりますので似ていますが、
 左サイドで押す、左サイドを入れる を
 強く意識してしまうと、運動の前側に当たる
 右サイドが動かず、渋滞してしまい、
 ボール側に前傾が深まってしまう、ねじれたお辞儀
 になってしまったり、
 特に手で振る人にはお薦め出来ないですね。

 コレ、テークアウェイに限らず、ダウンスイングでも
 そうなんですけれど、手で上げてしまう
 手で振ってしまう って
 前側のからだやグリップ、腕が止まる、
 止まるからクラブやヘッドを振れるので
 前輪駆動の意識を強く持って良いと思います。


店長「ですので 右ひじを背後に引く、外に張る、
 は 右ひじソノモノを外に張るコトが重要なのではなく
 右サイドを背後に移動させるコトが主の目的です。

 右ひじがからだを動かす と言う訳では無いかも知れませんが、
 右サイドが背後に逃げるよう 誘導する目的が強いです。

質問「あああ なるほど。」

店長「別の記事 でも書いていますが、
 スイングの回転には 前傾角度が伴っていますが、
 ちゃんと カラダの向きを変えることが最優先で
 それによって 軸がある回転 になる訳ですが、
 それに前傾角度がある方が良いですけれど、
 それを意識し過ぎて 回転が妨げられるのであれば
 前傾角度がなくなっても カラダの向きを変える方を
 優先して欲しいと思います。

 ですので 前傾が深くなって、ボールに近づいてしまう
 テークアウェイ、トップを取っていた人にとって
 右サイドを動かす って言うのは
 ボールから離れるような…、
 カラダを起きるような…、
 そう言う感じになると思いますので
 そこは慣れてもらうしかないでしょうね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「からだを廻す のは
 具体的にはどこを廻す と良いのですか❓」


店長「…いつも通りですが、
 ちょっと長い前置き になってしまいますが、
 男子プロ、特に欧米選手の 真似 をする事に
 良いことは多く…ほとんどありません。
 場合によっては 害悪の方が多い場合もあります。
 勿論 昔からある 普遍的な部分は 良いとは思いますが、
 私たち アマチュアとは ドライバーで言えば
 100ヤードも 150ヤードも距離が違うのです。
 2倍とは言いませんが 1.5倍は飛ばすヘッドスピード
 ヘッドスピード 55㎳ の異世界のテクニックを
 40ms行くか、どうかの私たちが活用しきれません。

 想像出来るとは思いますが、
 今より 100ヤード、150ヤード飛ぶとしたら
 コースはもっともっと狭くなるわけですよね。
 ですので 主に そちらの技術が主になります。
 なんと言えば良いのでしょうか
 F1ドライバーのドライブ技術 を 日常の運転に
 活用しても あまり意味が無いのと似ている と言えば良いのか…。

 そして 彼らは 私たちの息子娘、孫 の年齢ですので
 カラダもしなやかですし、限界値もかなり違います。
 私たちと違って 選手である限り、からだのメインテナンスにも
 時間もお金もたっぷり使います。唯一の資本ですので…。
 そこは考慮して置いた方が良い…が話の始まりになります。」

質問「それはそうですね。」

店長「それを踏まえた上で、
 ごくごく普通のオジサンおばさんゴルファーが
 からだを廻す、向きを変える その主な部分は
 骨盤を含めた背中、胴体になる訳ですが
 背骨は上から 頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個、仙骨、尾骨
 で構成されますが、
✋よく言われる 腰を廻す の近くにある
 腰椎5個は 5個の合計でも 5度も捻ることが出来ません。
 
Spinal_column_curvature-ja.svg

 背骨で考えると 捻じるコトが出来る。。。
 あんまり お薦めは出来ませんが、あえて 言えば 胸椎
 で行うことは可能ですが、
 それは むしろ ひねられて『しまう』と言う程度で
 背骨、胴体を捩じろうとしている場合の多くが、
 背骨ではない、肩甲骨を動かしているケースが殆どです。
((((((((_Moment

 腰痛などの カラダの故障、痛みのコトを考えると
 カラダの向きを変える カラダを回す は
 捻じられる部分を胴体ソノモノにするのではなく、
 胴体は向きを変えるけれど、ねじられる部分は
 股関節 にするべき
 だと思います。」

質問「股関節 なんですか❓」

店長「そうです。肩甲骨を主に 胴体を捩じれば
 主に胸椎ではありますが、元々 ひねる と言う動作を
 あまり得意としていない 背骨が捩じられますので
 カラダへの負担、や無意識な恐怖から
 早くなってしまったり、浅くなってしまうコトも多いです。
 年齢を取って、距離が落ちてしまう原因 の一つに
 長年の腰痛などから 中断期間 が生まれ、
 復帰しても 怖くて 廻せない、捻じれない、になる訳です。
 やはり 本能的に 背骨が捩じられるのは怖いと思います。


 肩甲骨の可動域を増やす という話題が
 スイングの話しの中に 出てきたり もしますが、
 おそらく…ですけれど、可動域を増やしことによって
 背骨に対しての 捻じり、負担を減らす
 というのが 一番大きい のではないかと思います。
338321720240




 股関節は ざっくり言えば ボールジョイントのような構造
 を持っていますので 捻じられることに問題は有りません。
 動かせていれば 捻じる事に違和感が少ない箇所ですので
 加齢による 回転不足に陥り難い 方法・箇所です。

 ですので 飛ばす と言うトレーニングは勿論ですが、
 歩く、大股で歩く、太もも、ひざを上げる など
  股関節廻りのお尻や背中、
 大腿などの筋肉を動かす訓練が有効か
と思います。

 飛ばすことに 背中も含め、脚力という
 かなり大きな筋肉を使えるのです。
 使っていなかった人にとっては かなりのチャンスかと思いますね。
IMG_2813Trim(2)_Moment(2)
 からだ 👉胴体 になる訳ですが、
 それ自体を捻じる、ひねる、ではなく
 股関節を境とした 胴体ゴト 廻す は
 似ていますが、かなり違うと思いますし、
 筋力、体力の無い、運動不足ガチなアマチュアの必須動作 であり、
 ゴルフのせいで カラダを傷めるコトを避ける作法
 だと 私は思います✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


パッティングには こんなデータもあります。

PGAプロのストロークを調査、すると
平均して 3.5度の入射角度
 上から ってことですね、
 
✋これはあくまでも参考データ…ですが、
 入射角度3.5度は LPGA選手の 7番ウッド の
 入射角度に相当します。
IMG_1386

あくまでも平均値、ですが
 パター、用具の方ですね の
👉平均的なロフト が 4度 
 合点がいく部分が多いです。

4度のロフト角度が備わっているパターを
 4度弱の入射角度(進入角度)で使う
 というコトは 実インパクト時は
 おおよそ 0度のロフトで打つコト になります。


先日の 転がり の話しの延長で
 打つ距離 に対して 出来るだけ少ない回転で済む
 転がりが ボールの減速の緩く、
 芝や傾斜などの影響も薄く、
 思った通りのラインに乗り易い
と言う話を合致していると思います。


弊社の ブリストルパター や デール9を使ったお客様の感想に
〇今までよりも ラインが、ボールの転がりが
 より直線的になる、曲がりが少ない、
〇出球のボールが速くないのに 遠くに到達する
 ゆっくり転がるのに カップまで届く

と言うのが少なくないのですが、
まさに 良い転がり を体験されているのだと思います。
L型ブリストルパター_Moment(2)

シャフトの柔らかさ は ヘッドの入射角度を作りだしますので
シャフトをしなり戻して弾く ではなく
しなり戻る前に当てる、しなり戻りが起こらないように動かす、
のが 良いかと思います。

逆に パターの転がりが 伸びない、減速する、
カップ際で曲がりが大きい で悩む方は
出来るだけ 重めのヘッド、柔らかめのシャフト、
重心が高め、浅め のモノ に換えてみるといいのでは❓
IMG_1425

流行り…の 大きなサイズのマレットパターは
 重心が深くなっているので
 フォローが出易い 👉ヘッドが前に出易い
 のが 売り です✋✋✋ それが故に
 ヘッドの入射角度が緩く、ロフトが付いてしまう、
 アッパー気味に入ってしまう、
 歯気味で打ってしまう、
 コトになり易いですから ご注意を😵
 慣性モーメント…ミスヒットに対する耐性は
 ヘッド重量が軽いので 見た目ほどありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テークアウェイで 蕕鮓く というコトは

右脚を軸足にする、というコトですので
この場合、右の股関節に体の重さを預ける
(全部じゃなく適度に…ですけど)
というコトになりますが、
その右の股関節は アドレスに比べ
アドレス時で言う背後、後方に逃げますので
実際にはしなくとも、イメージだけ ですが
もしも 体重移動を意識的に行うのだとしたら
アドレス時の左右方向ではなく、背後方向 と言う可能性も
否定しきれません。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment

✅私個人は かなりその意識はあります。


『右を向いた時の』右の股関節に乗る は

『アドレス時の』右の股関節に乗る とは異なりますので
少なくとも 右の股関節よりも背後に なにがしかの重さ
が無いと 乗り切れません。

実際には カラダが右を向くから 右に体重が乗る
のであって、アドレス時を基準に大きく右に重さを移す必要は
無いとは思いますが、これも取捨選択の一部になると思いますが、
もしも 意識的に体重を移すのであれば
アドレス時の左右ではなく
アドレス時の前後(ボール/背後)『気味

のような気がしてなりません。



例えば、、ですが、テークアウェイの右向きは
主に 脚、両脚主導かもしれませんが、
右の肘、右の上腕を使うコトによって
その方向を誘導し、右サイドが十分に動き
右の股関節に乗る と言う方法もあると思います。


傾きがあるとは言え
からだの向きを変える というのは
横運動、横移動の動きですので
それが阻害されてしまい、
屈曲、伸び上がり という
ちょっと複雑な縦運動 になってしまうのであれば
セオリーを無視しても
ボールから離れ 背後に重さを と考えて
練習や素振りをしても良いと思います。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment(2)

また 最終的に腕で振る、屈曲してしまう、
というのが解消されなかったとしても、
ちゃんと 右を向き、横運動と言う回転を体験すると
ダウンスイングの腕の通せる空間 や
反射ではなく、自分の動作で作り出せる時間
を体験するのは あとあとのスイング作りに役に立つと思います。

少なくとも クラブやヘッドの重さ は
ショットそのモノやショットをする為の動作 を
より良くするための活用するモノであって
その重さによって 奇妙な動きをせざるを得なくなり
それには事後、補正作業が必要になり
その補正作業を修練する為のモノ では無いと思います。

そう考えると 軽いヘッドや硬いシャフトは
その重さや影響が少ないので
奇妙な動作をさせられる効果も少ないですから
好まれてしまう というのも 半ば納得、半ば残念に思います
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テークアウェイ、トップの右向き
俗っぽく言うと 回転が足らない って言うのがありますが
 深ければ良いってもんじゃないけれど
 自分で出来るなりの深さがあった方がよりベターでしょう。
池田康二202520_Moment((((((((_Moment









テークアウェイの右向きの深さは
 スイングの七難を隠す とまで思います。

素振りや練習場に比べ コース、現場では
 その右向きの7割にまで減少する と考えた方が良く
 特に 胴体を捩じっている人には それは顕著です。

ショットだけに限りません
 アプローチやパターなどもそうですが、
 緊張や興奮が伴ったり、
 疲労が溜まってくると
 ゴルフクラブを出来るだけ それに近いトコロで動かそう
 とする 怠けグセ は誰もが持っています。
 
 素振りや練習場に比べ コース、現場では
 その右向きの7割にまで減少する と考えた方が良く
 特に 胴体を捩じっている人には それは顕著です。
 胴体が捩じられる分が
 よりクラブに近い手先や腕を振るコトになり易いモノです。


ハミングバードでは 胴体を出来るだけ捩じらず
 骨盤が右を向くコトを推奨していますが、
 意外なトコロに 右向き不足 は隠れています。 

フラットなスイング軌道が悪い とは決して言いませんが、
フラット気味の軌道のタイプ、
フェースを開いて上げるタイプ、のスイングでは
トップ付近で、 クラブが大きく右(右打ち)にズレます。
勢いが付いているケースも多く、その重さは結構なモノ…
2021-02-13_22-10-57_Moment(2)2021-02-13_22-10-57_Moment(3)M2019810L!_Moment(6)20191006_Moment(3)







👉バランスを取る為なのか、本能的なモノなのか、
 は人によって異なるとは思いますが、
 それが故に カラダが前に倒れてしまう、
 ボール側に寄ってしまうケースが少なくありません。
(回転とフットワーク_Moment(3)

テークアウェイ、トップでの右向き は
骨盤と大腿(右)との向き差 ですが、
カラダが前に倒れる〜屈曲してしまう感じ は
向き差を作る苦しさ?と似ている為、
本当の向き差が浅くなってしまう可能性があります。
スイング ココを治そう❶_Momentシリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)202176_Moment







十分な右向きが取れず、代わりに屈曲してしまうと
ダウンスイング、インパクト時に起き上がりながら打つコトになり易く、
ダウンスイングでの 腕の、クラブの通す空間を作れません。

起き上がるコトによって したくないのに
下にクラブを振るコトになり、手打ちになってしまう…
実は その背景には 右向きの取り方、
トップ付近でのクラブ・『重さ』の位置が起因している
可能性は結構高いかも知れません。

トップ付近で クラブの重さ、腕の重さがどう掛かっているのか
一度 チェックしてみても良いのではないか、と思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「右向きが十分で無い
 と感じる要因のもう一つに
 切り返してから カラダは動かし始めるのに
 グリップを置き去りにしている時間があります。
 そうすると 自分のからだに対しては
 グリップは右にズレる訳ですが
 本来、その位置程度に回っておいた方が良い
 と言う感じですね。」
Yさん「意識して、と言う訳では無いのですけど
 ヘッドを残して とは思っていました。」
店長「不十分な右向き、屈曲では
 腕を、クラブを動かすスペースが十分ではない、
 そう言った本能的な動き なのかも知れません。

 この位 右を向いて置いた方が良い
 その位置の差、右向きの感じの差は
 かなり激しいですので 慣れる と言えば良いのか
 少しでも 右向きが増えると良いですけれど…。」
Yさん「今までのモノがテークアウェイと呼べるのか は
 別として、かなり起き上がった感じはしますね。」

店長「今までは ボール側に折れる というか
 ボールの方に近づくような感じですから
 ボールから離れる感じはどうしても否めないでしょう。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment(2)

 右向きをしっかり取る場合、
 右の骨盤よりも 背後側(アドレスに対して)
 カラダが行かないといけなくなります。
 慣れるまでは 奇妙な、違和感はつきまとうと思いますけど
 スイングの基礎運動である 回転、向きの変更は
 ある程度の量は確保すべきです。」
Yさん「右向きは箇所として どこから動かし始める感じ
 なのですか?」

店長「感覚的な部分はあるとは思いますが、
 やはり 脚の運動主体になると思います。
 ぼんやり ではありますが、
 左足、左太ももや膝をつかって左股関節を右に寄せる、 
 その押されたのと同様に右の股関節を背後、
 アドレスに対して後ろに逃がす
 そう言う感じになると思います。
 左ひざを右に寄せる感じ でも良いかもです。

 少々、大袈裟ではありますが、右に体重移動
 ではなく 後ろ、かかと側に体重移動する
 感じが 今は近いのではないでしょうか❓」

Yさん「後ろに体重移動の感じは分かり易いかも知れない。」

店長「右サイドを背後に逃がす誘導方向として
 右ひじを背後に移動させたり するのですが、
 そこが 運動そのもののエンジンではなく 操舵だと思います。

 胴体をひねる、肩だけを廻すタイプ
 だとしても、やはり下側 脚側も動いていないと
 屈曲とは言わないまでも 前に傾く、ボールに近づく傾向は
 強くなると思います。

 ある程度の年齢が行ってくると
 アンバランスな姿勢には忌避感が強くなりますので
 股関節主体の 向き になると良いですね。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment

 素振り、をする際、
 勿論、そのまま打って良いのですが、
 視線を切る、視界を変える、顔自体も右を向ける
 そうすると 右向き感が分かり易いですし、
 視界で 右向き量も判別し易い と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Yさん「こんにちはー
 ドライバーや長物系が上手く行かないんです

 ナニカ ヒントをお願いします。」

店長「はい。では まず 打ってみて下さい。」

Yさん「よろしくお願いしまーす。」


店長「全体像としては 悪い感じ…では無いと思いますけど
 前から気になっている点、を少し改善してみましょうか❓」

Yさん「どの点でしょうか❓」


店長「テークアウェイにおいて
 右向きの仕方がオリジナリティがあって
 右を向いている と言うよりも
 屈曲している、と言えば良いのか
 前(ボール側)に倒れている量が多く、
 結果、右向きが足らないんじゃないか と思うのです。

 ちょっと 動画を見てくれます❓」

Yさん「言われてみると そんな気がしますね…。」

店長「右を向けば 良いってもんじゃないですけど
 結構、屈曲が近く、かなりボールに近づいています。
 前準備…として こう近づくと
 離れながら ボールを打たざるを得ない のではないか
 と思うのですよ。」

Yさん「はぁ…。」

店長「このような テークアウェイになった
 ナニカの理由とか、目的とか ってあります❓」

Yさん「前傾姿勢を維持するように意識しましたが…。

((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment

店長「あああ なるほど、なるほど。
 ちょっと脇道に逸れますけれど
 前傾姿勢に関して、は 有れば良い ので
 私たち おじさんゴルファーは出来るだけ薄い、
 少ない角度の方が良いと思います。

 と、同時に 前傾姿勢の目的は
 向きを変える動き、回転という 横運動になりますが
 それで 低いトコロにあるボールを打つ為 であって
 向きを変える、回転する動きが大前提です。

 ですので 前傾姿勢を維持する意識が強すぎて
 回転する阻害要因になっては 本末転倒 になっちゃうんですね。」

Yさん「確かに…そうですね。」


店長「Yさんの場合、ぶんぶんとヘッドを振る、
 シャフトを振るスイングタイプでは無いと思いますし、
 おそらく フルターンと言うか、短いショットやアプローチは
 あまり困っていないと思うんですが…。」

Yさん「そうですね、短いショットの悩みは
 飛ばさなくてはイケナイショットに比べると少ないかな、と。」


店長「シャフトをぶんぶん振るタイプ、
 フェースローテーションが強く、それが打撃の命、って
 スイングタイプでは無いのに グリップが緩い、
 左右のグリップが離れているのは なんでなんだろ〜なぁ…は
 Yさんの回転の仕方 にある気がするんです。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment(3)

 テークアウェイでボールに近づいて
 離れながら ボールを打つには
 クラブを下に振る 👉キャストが必要になりますので
 無意識の内に グリップは緩みます。
 右グリップが 左グリップから離れやすく なります。

 長いクラブや飛ばしたいショットでは
 当然、その下に振る割合が増えちゃいますし
 この 屈曲し、元に戻る って動きでは
 傾斜地からのショットが フルショットにし難いですから
 苦労しちゃうんじゃないか と思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



先ずはコレをご覧ください



どう見えますでしょうか❓
だいぶ太ったねー😢
何キロ あるんだい❓

 いやいやいや✋ そっちではなくて✋
段階で話しますと
このショットのイメージ
このショットをするための 概念と感覚 は

➀出来るだけヘッドの重さにとらわれず
 からだの向きでグリップを移動させるコトに
 専念します
➁ボールと自分との間、その空間を
 自分に平行に、
 グリップエンドが飛球線方向を向いたまま
 通り抜けるようにイメージ
します。

⚠アドレス時、のように
 自分に直角な、
 グリップエンドが自分の方を向かないよう
 トップの位置で向いている グリップエンドのまま
 自分の前の空間を通すイメージです。
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(2)

これをソックリそのまま 真似ると
 上手く行かない方、
 大ダフリやシャンク、てんぷらになる人も多いと思います。
それでも効果は少なくありません。

一歩進んで
ヘッドの姿勢、フェースの向きやロフトを
 手先で作っている、
インパクト前後にフェースローテーションをして
 それらを整えている のが元の打ち方 と前提し
〇ダウンスイングで グリップが移動すると
 その移動によって フェースが開いていく、
 シャフトが寝ていく のを その逆の
🔴グリップが移動していくと 一層、
 フェースが下を向いていくように心がけます。

スナップロックとつながる部分です。
 
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment

 腕で意識してすることはそれだけ です。

とりあえず シャンクしようが、チョロになろうが、
自分とボールとの空間を 縦抜き
 グリップエンドが飛球線方向(アバウトでOK)向いたまま、
 トップの位置のグリップエンドの向きのまま、
 通過させるコト
 を最優先とします。



使っているのは サンドウエッジです。
当たりの是非は無視していますが、
距離のイメージとしては
 50〜60ヤード位、6.7分程度の感じです。

もう一度 見て下さい。

特にすごく特徴のあるスイング ではありませんし、
 ごくごく普通のショットに見えませんか❓
漠然…と見た時、なんか 奇妙な動き、スイングに見えます❓
 これが「ボディターンだ‼」なんて決して言えませんが
手打ちに属する感じには見えないと思います。

 
どうです❓❓

とは言うものの
手を全く使ってないのか❓
手を全く使って見えないか❓

と言うと、手が主になって打っているようには見えない…かも
ですが、確かに 手は動いています
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(3)

やってる本人は 腕は完全ロック とは言えないモノの
積極的に手で打つ のと 完全ロックの間の
やや完全ロック寄り で
手として意識しているのは
からだの回転で、腕の付け根、グリップが移動させられた時、
 その動力で フェースがボールに向くコト(特に上下の向き)だけ
自分でヘッドを出そうとか、
シャフトを振ろう、ボールに当てよう、届かそう
     と言う意識 は まるでありません。

どちらかと言うと 受け身、  当たるんかい? 届くかなー?
 車で言うと 腕はギア のようなモノで
 車では それは回転数の変換ですが、
 この場合は フェースの上下の向き です。
エンジンの回転と言う動力 に相当する
からだの回転と言う動力 に対し
腕はギアとして 当てる為、打つ為、飛ばす為、
フェースの面の向きを下向きになるよう にする、
これが腕の仕事 でした。
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(4)
ここが 「クラブ、シャフト、ヘッドを振ってはイケナイ」
の スタートライン・体験版になるのではないか と思います。

これ 腕で打つ充実感(多くの方の大好きなモノ)を除けば
そのまま フルショットの距離 に移行出来ます。
で、「こすって スライス気味の方」であれば
このショットの方が 遥かに飛びますし、弾道も綺麗な筈 です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「クラブを振らない、ヘッドを振らない、
 あくまでもイメージ…ですが、 それは
 グリップエンドを飛球線に向けたまま抜く
 そう言う感じになります。 
(クラブ扱いのイメージの比較_Moment
 アプローチや加速の無いショットでのドリル や
 練習になってくるか と思います。」
Mさん「ハンドファーストを維持したまま
 インパクトゾーンを通過すると 開いたまま で
 スライスやシャンクになってしまう印象が強いのですが…。」

店長「そう思います。
 ハンドファースト、言い換えると ヘッドの遅れを
〇フェースの開き 〜フェースの上向き にするのか
〇ロフトの立ち  〜フェースの下向き にするのか

 の真っ二つに分かれる と思います。
 前者 であれば それは当然、どスライスか、シャンクになるでしょう。」

Mさん「ソコに何かポイントはあるのでしょうか❓」
店長「そうですね、アプローチでは捉えにくいかも知れませんが、
 加速の無いショット練習、運動速度と言う意味でのハーフショット で
 良いドリルになるかと思うのですが、

 カラダの向きを変えるコト によって
 グリップで 上下の弧 を描く
 グリップの 上下、高さを変える、
2021-12-06_22-21-54_Moment2021-12-06_22-21-54_Moment(2)






 言葉として 分かり難いかも知れませんが、
 手作業として、腕の仕事として
 グリップを下げようとすると
 グリップが下がったところで終わってしまいます。
 2021-12-06_22-21-54_Moment(3)2021-12-06_22-21-54_Moment(4)






 からだの回転でグリップの高さを変える、
 カラダを回すことによって グリップの上下の高さを変えれば
 一旦は低くなって行きますが、
 インパクト前後を境に、今度は上がっていきます。

 ハンドファースト、ヘッドの遅れを
 フェースの閉じ、フェースの下向きにして上げるには
 インパクト以降の グリップの上がり、
✋ヘッドの上がり じゃないですよ。
 勿論、グリップが上がれば 結果としてヘッドもあがりますが…。
 グリップの上りがとても大切なんです。

 グリップの上がり が無い は
 イコール グリップの止まり です。
 からだの回転で グリップを動かしていれば
 カラダの向きが変わっている最中は
 必ず グリップの高さは変っていきます。
 同じ高さに留まる瞬間は殆どありません。

 手振り、手打ちにスイングには
 必ず グリップの高さが留まる、滞る瞬間 があります。
 フェースローテーションするには必須ですから。
2021-12-06_22-21-54_Moment(5)

 両手を離して素振りしてみると 感じられる…かも知れませんが、
 からだの回転とともに
 右腕が伸びていく、伸ばされていくと
 からだの回転とともに 左グリップはどんどん
 前に押されていきます。
 左グリップが高さを留めるチャンスはないのです。

 グリップの高さ 変化は意外な盲点なのです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



よくある話だと思いますが、
例えば スイング改造のゴール(目標) が
●体の正面でボールをとらえる、
●伸び上がらないでボールを打つ、
●体を開かないでボールを打つ、
●ディッシュアングルを保つ、
●インサイドアウトに振る、
 のいずれかだったとします。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment

それらは全て 技術的な改善 が要らない
 とまでは言えませんが、
少々大袈裟には、技術的な改善がほぼ無くても
 ゴールには行き着ける、
逆に「
技術的な改善だけ」では絶対に行き着けない

  と考えて良いと思います。




⇩⇩⇩ 以下 あるお客様から頂いたメールです
       ;ご本人の許可を得てメールより抜粋



「スイングが完成したとは到底、言えませんが、 
スイング改造に着手し始めた頃と比べると
だいぶ マシになってきたと感じます。
(こすり球克服ドリル_Moment(2)

幾つかの段階を経てくると
実感するのは『スイングの改造』は技術的なものではなく
おっしゃる通り、過去の自分のゴルフ歴の中で
形成された「思い込み」や漠然とした「スイングの概念」
の書き換え、上書きがどこまで進んだか

 というコトに尽きると思います。

手打ち から からだの回転(まだまだ完成には程遠いですが)
に近づいてい来ると、まず、感じる(大変強く)のが
「インパクトまでの時間の早さ」
別な言い方の方が分かり易いかも知れませんが、
「インパクトまでの時間の無さ」 です。

ダウンスイングが始まってからインパクトまで
腕をこうしよう、
スイング軌道はココを通そう など
そんな事をする時間がありません。
まったくありません。
そもそも ダウンスイング という期間 がない感じです。
切り返した途端、インパクト‼ に近い感じです。
何かをする時間がありません。

今までは切り返してから
ダウンスイングでこうしよう、
足はこう、
手はこう、
クラブ(ヘッド)はここを通そう
ヘッドの姿勢はこう、

そんな事を考えていましたが、
それが出来る、それをしようとする事自体が
手打ちなんだ
 と気づかされました。

素振りや練習していない時は
体の使い方は考えたりしますが、
からだの回転で徐々にボールが打てるようになると
インパクトまで、だけでなく、
スイング動作そのものの時間が短いので
いざ ショットとなったら
考える事、考えられる事は フェースの下向き、
フェースをボールに向けるコト(上下関係)だけ
と言っても、言い過ぎではないかと思います。」

 ★ー☆―★―☆




(店主)スイングはからだの回転を主にして行っているので
ごく当たり前に行えば
からだの回転通り…なら 必ずインサイド から入りますし
トップとインパクトの関係から考えれば
当然、上から ヘッドは入ります。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(片手での素振り と クラブの格納_Moment(4)






それが アウトサイド から入ったり
下からしゃくる 煽るように入ったり する
という事は 何らかの理由で
約束の場所(ボール)に 遅刻 しているのです。



その最たる例が(コレも何度も書いていますが)
腕とクラブに長さがあり、
その先端に重さの付いた構造 がゴルフクラブ です。

手であっても、からだの回転であったとしても
自分がグリップを 180度向きを変えても
ヘッドに重さが有る分、シャフトは180度回転しません。
運動分、重さ分 180度よりもかなり少な目
おそらく 90~120度程度 しか角度運動しません。
それが 万物の物理法則 です。

8658a3e6-se00bf7e6






それを 自分が180度回転したら
クラブも180度回転する としてしまうと
90~120度の回転運動と、当然、別な動き になります。
このような 角度運動が途中で変わる場合、
 多くの場合は 棒の途中にトルク(別なチカラ)が掛かる訳ですが
棒は必ず支点ズレ を起こします。
グリップの移動~向きの変更/回転に対し
 本来は その重さ分(長さや運動も積算で加え)
角度運動は少なくなる場合は
人間の動作の軸 が形成されますが、
途中で 棒(この場合はクラブやシャフト) にトルクがかかり
別な角度運動が発生すると
人間の軸は そのトルクとほぼ反対の方向にズレ
スイングの場合、向きと前傾姿勢があるので 少し立体的にズレます。
 軸が右に倒れ、軸自体も右にズレます。

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)
←間違いの元

ですので 振り始めた、トップの位置 で
想定していた 最下点 は 右にズレ
しゃくり軌道やあおり軌道 になる訳です。
想定した最下点よりも 先 でインパクトする、
という事は アウトサイドから入る に相当します。

さて これを治すにはどうしたらよいでしょう?

☑右にズレるコトを想定してボールを置く
まあ これもあるでしょう。
☑ヘッド軌道だけをインサイドに変える
別な更に深刻で、複雑な問題にすり替え となります。
☑変えない
無難です。ただし、コースでの実際のショットでは
ダフリ、トップの頻度は高いですし、
距離が出にくく、飛ばそうとした時、弾道が高くなり、
上手く当たっても 引っかけの恐怖はつきまといます。

物理法則を無視し
無理やり ゴルフのスイングの定義に当てはめれば
苦労するのは本人以外何物でもなく、
そこには きちんとした対処法は存在し得ません。

当り前 と思っているコトがスイングを苦しめるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ