◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:ゴルフスイング


店長「からだの回転で グリップを移動させ
 クラブを、ヘッドを引きずってくるように 振る。
 あたかも ボールの内側、自分側を空振りというか
 すり抜けるように振るコトになるんですが、
 からだを廻すと クラブや腕には遠心力がかかります。
445
 この表現で伝わるか微妙ですが、
 その遠心力を グリップからヘッドの方向 に掛けたのでは
 スイングの主導権は 遠心力に取られてしまいます。

 クラブの構造を考えると
 ヘッドやクラブの重さ、シャフトのしなりなどを利用して
 重さを ヘッドからグリップ方向に使ってあげると
 グリップに遠心力が掛かりますので 腕は伸ばされる、
 腕の生えている肩からグリップは離れようとします。

 それを利用して ボールに届かせてあげればよい、
 自分で無理に伸ばそうとする必要は無く、
 拒否しなければ 積極的に伸ばそうとしなくても
 グリップは肩から離れ、ダウンスイング時
 回転自体も伴って グリップの位置は低くなって行きます。

 前傾姿勢を取っていますので
 その懐の中で腕を伸ばせれば、腕の重さは負担になり難いですし、
 逆にその重さによって 前傾も維持し易い、
 結構、良いコト尽くめ なんですよ。」

質問「なるほど。」

店長「本題とは離れるんですけど、
 手で振ってしまう人は そもそも テークアウェイで
 まるきし 右を向いていない、
 厳しいですけど 右を向いた振り をしているだけ です。
((((((((_Moment
 ですので からだの回転が「発動」してませんので
 円ソノモノの意味も、前傾姿勢の意味も失ってる。
 始めっから 意味のない 真似事の前傾姿勢なんですから
 伸び上がる=失ってるのではなく 始めっから中身がない前傾
 なだけなんですね…。」

質問「厳しい〜。」

店長「それと アウトサイドイン とか インサイドアウトとか
 スイング軌道論 は 実際には
 どこが、どの地点が スイングの一番膨らんだ部分になるか という
 ダフリやトップ、のスイングの最下点 と共通する課題 で………」

質問「あああ 言われてみればそうですね。」

店長「ダフり の例が一番分かり易い と思うんですが、
 例えば ダフリって ボールの手前をダフるコトはあっても
 ボールの先、飛球線側をダフる って聞かない、じゃないですか❓」
 (それって ターフを取る って言うのかな❓)

質問「そりゃ そうですよね。」

店長「ソレって ボールに対し、地面に対し
 ヘッドが届き過ぎている、長くなり過ぎている ではなく
 クラブ、グリップの横方向に動きが足りない、
 進行が滞っているコトが
 主たる原因なんです。」

質問「ダふっていることの解決は 遠近ではなく
 左右(前進不足)であると❓」


店長「即解決って訳になるかどうかは別として
 ヘッドの遠近とか、スイング軌道で言うと もっとインとか
 ヘッド軌道、クラブ使いの方に神経が強く行ってしまう は
 ヘッドをどう動かすか につながり
 それの カードの裏は グリップを止める なんです。
 それは 傷口を広げるか、問題が転移する になり易い…。
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m30s
 アウトサイドインは 早くにクラブが長くなってしまう、
 軌道が膨らんでしまうコト が多いんですけれど
 それを 膨らまないようにする ではなく
 膨らむ場所を もっと前にする の方が
 傷口を広げるになり難いんです。

〇ヘッドでは無く グリップの移動がゴルフスイング、
〇からだの廻しは グリップを移動させる為

 という 一番の鍵になる原則から離れてはイケナイ のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「インパクト時に沈み込め、とは言いませんけれど
 からだが伸び上がる、ましてや 蹴りあがれ なんて
 空中にボールの有るドライバーならまだいいですけど
 平らなトコロではない ナガモノ、
 フェアウェイウッドとかユーティリティでは
 上手く当たる率 下がりそうですよね❓」

質問「正にそうだと思います。」

店長「とは言うモノの
 そう言う場面で そんなコト考えていられない です。

 そもそも 起き上がりとか、伸び上がり は
 ボールと自分との間合い、そして クラブの長さ、
 この場合は 腕も含めたクラブの長さ
 そう言うモノを瞬時に計算した 反射的に動き だったり、
 長くなって重くなったものを やはり からだが無意識に
 処理している可能性は非常に高い のですから
〇からだの回転_Moment(2)
 スイング中に掛かっちゃう そう言った不可抗力 などを
 悪く使うんじゃなく、良い方に使う習慣
を付けて置けば
 インパクト付近での 伸び上がり、起き上がり も 防ぎ易い、 
 いつの間にか 消せるかも知れません。」

質問「確かに 先端を振ろうとすれば 腕がボールの方に出て、
 腕とクラブを長くしちゃうと 起き上がらざるを得ない、ですね。」


店長「ソレを逆に
 腕に掛かるであろう遠心力が
 前傾姿勢の中、懐の中であれば
 その 前傾姿勢を保たせる にするのに使う。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 ナガモノも含めて 地面にあるボールを打つのに
 とても良いと思います。



 まあ それの副産物 なんですけど。。。」

質問「なんです?なんです?」

店長「ディッシュアングル ってあるじゃないですか❓」 

質問「はい、はい。」
アドレス7
店長「スイング中、動作中 意識しておく必要は無いですから
 まあ アドレス時のモノ と考えて良いんですが、
👉アドレスした時、左腕とクラブを一直線にするのではなく
 まあ 角度としては薄くて、何度!ってモノでは無く
 ある程度の角度差 があれば 良いってシロモノですけれど。。。

 からだの向きを変えるコトでグリップを移動させる、
 ヘッドはグリップを動かした分 引きずるような意識で動かせば

 そのディッシュアングルは 当然、スナップアングル

 アドレス時のソレは クラブのライ角度方向、
 手で言うと 手が親指側、小指側に付くような
 コッキングの角度 その方向のモノ だった訳ですけれど
 それが 『引きずる』コトによって
 手首の横方向、手のひらが甲側に折れる、平側に折れる、
 そう言う方向にすり替わります

 当然、引きずる側ですので
 (右打ち)
 左手であれば平側に、右手であれば平側に折れる、ような
 意識はしてませんけれど そう言う風になります。

 ハンドファースト維持にもつながりますけれど
 その ディッシュアングルがスナップアングルにすり替わる のが
 ややこしいですけれど
 実質的な ディッシュアングルの維持につながる のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングの勘違いのヒトツに
 よく素振りとかで ビュンと音をさせるのあるじゃないですか❓
 その音をどこでさせるとか…。」

質問「はいはい、ありますよね。
 飛ばす為、ヘッドスピードを上げる為、
 こう その音がするよう、するよう 振るような素振り。」


店長「素振り するコトは悪くは無いです。
 ショットをする為の、その使う筋肉とか、関節を動かしていく
 そういう訓練と言うか、慣れは必要だとは思いますけど……。

 スイングって ボールを打ったら、
 終わんなきゃいけないじゃないですか。

 いつまでも コマみたいにくるくる回っているモノじゃありません。」

質問「そりゃ そうですね。」


店長「打った後、動作は減速〜停止して行きますけど
 動いていたクラブやヘッド、特にヘッドですね、
 それには運動の慣性が残っていますから
 その時点で 自分の手、グリップを追い越したりします。
 クラブをフリーにすると言えば良いのか、
 リリースすると言えば良いのか…
 それは 無理に止めるモノじゃなくて
 放っておけばよい訳ですが。。。

 それは ショットのオマケ みたいな部分で
 ソレが 打撃の主エンジン では無いです。
 ソコって 結構 勘違いしてるんじゃないですかね。」

質問「あ。。。あるかも知れません。」

店長「ドライバーショットの場合、
 ボールの位置も やや左めが多いですから
 微妙に そのリリースポイントが始まるトコロ、
 クラブをフリーにするトコロがインパクトに近いですけど
 それは からだを廻してきたことで
 グリップを移動させてきたコトの顛末というか、
 延長であって それが打撃のメインキャストではありません。
VTS02 2022_Moment(3)
 でも 素振りとかで、
 ヘッドを『速く、速く、振ろう』『ビュッと音をさせよう』
 みたいな意識が根付いていると それが打撃ソノモノ に
 なっちゃうんじゃないかな って。」

質問「自分も含めて そう言う素振りしてますよね。」

店長「はいはい。
 ショットは全般的に
 からだの向きでグリップを動かし、
 シャフトでつながっているヘッドを引きずる。

 ドライバークラスになると 長さもありますし、
 先端の速度も上がりますから、
 その運動の慣性を無理に止めると逆に危ない、
 手首とか、からだを傷めてしまう可能性があるので
 打った後、それは行かせる、フリーにする、
 その程度の差であって、原則は同じだと思います。
会田20210701_Moment(2)

 見た目、そのタイミングがインパクトに掛かって見えるので
 その クラブを、ヘッドを放り投げるような
 フリーにして打つのが『ショット』と思い違いしているような
 そんな気がします。

 遠くへ飛ばしたい、
 速く振りたい は
  先端を 速く振るコト、動かそうとするコト ではなく
 似ているように思えるかも知れませんが
 自分自身が速く周るコト です。」
貴方にはどう見える❓_Moment貴方にはどう見える❓_Moment(4)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「本日のテーマは アマチュアにとって
 結構 重要な課題、ヒトにとっては永遠のテーマ
 のような課題です。」

質問「なんです?なんです?」

店長「
肩をまわせ、左肩を入れろ です。」
((((((((_Moment
質問「ああああ 確かに。確かに。」

店長「…その前に ちょっと長くなりますが、
 大事な前提条件なので 先に説明します。

 これは今回のスイングの話しに限らず
 すべての動作に絡む かなり重要な問題です。


 ゴルフのショット、スイングって
 自分の意志での動き だけで構成されている訳では
 ありません。

 自分以外にも ゴルフクラブと言うモノがあり
 そいつは 1mの長い棒で
 その先に鉄の塊、重さが付いていて、
 その先端部、ヘッドですね

 そこには 球の飛びや方向、曲がりなどを司る
 ロフトやライ、フェースなどの角度が付いています。

 ドライバーであれば ボールを打つため
 時速150キロに近い速度で移動しますから
 ソコで生まれる 重さ、遠心力などの『不可抗力』
 想像以上に 打ち手に、打ち手の動きに影響を及ぼします。
 大袈裟に言えば
 『その不可抗力がスイングを造ってしまっている』
 と言っても良い程です。
 
〇もっと飛ばしたい
〇もっと安定させたい
〇スライスを治したい

 など それぞれの方に、それぞれの悩みや課題 が
 有ったりして、具体的には
 スイングのココの部分、あそこの箇所を修正したい
 というのがあったりしますが、
 その 自分では治したい、変えたい、覚えたい
 と思っている動きの多く、
 まあ、特に芳しくない動きの多くが となりますが
 それに『ならざるを得ない』状態や環境
 『そうならざるを得ない』不可抗力が掛かっている
 ので必然 は言い過ぎかもしれませんが、
 仕方なくそうなってしまっている ケースが多いです。」
〇肩を廻せ_Moment
店長「例えば、実験でやってみると良いですけれど、
 アドレスします。
 前傾姿勢を解いて、直立姿勢にします。
 クラブが地面と平行になるように構えます。
 その位置に 高〜い ティアップした仮想のボールを置きます。
lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット
 その構えから始め、その腕の長さ、クラブの長さも変えず
 腕とクラブはロック、動かさない状態で
 からだの向き、向きソノモノでも 骨盤でも良いですが
 右を向いて、元に戻って、左を向きます。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(2)
ゆっくりした動作 でやれば
アドレス付近、仮想のボールの位置辺りが
ヘッドの一番膨らんだトコロになります。
ヘッドと仮想のボールは当たるでしょう。

肘を曲げたり、手首も使いません。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment
向きを変えるスピードを徐々に速くしていく…

当然、腕にも、クラブにも遠心力と言う重さ
『不可抗力』が速度に応じて 倍々に掛かっていきます。

そうすると 速度の上がり、速度の乗る、
 この場合は 言葉に相応しませんが、
 ダウンスイングの中頃、後半で
 遅い速度で通っていたヘッドの軌跡、軌道よりも
 ヘッドが膨らんでしまいます。

 しかし、ボールは当てたい、打ちたい…
 このままの軌道では ヘッドでは無く、
 シャフトがボールに当たってしまう可能性もある…。
 …となると 回転の支点を後ろ(右打ちなら蕁砲砲困蕕靴
 軌道をインに修正して
 結果、としては アウトサイドインの軌道に
 『振らざるをえなく』なる、なります、必ず。
 ボールに当てたいのであれば。
lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット
 この動作を他人が見ている場合、
 お前は軸がぶれるから 上手く打てない、
 アウトサイドインになるから飛ばないんだ、スライスなんだ、
 と言う助言があるかもしれませんが、
 自分以外の 不可抗力 が かかった状態で
 ボールを当てるには 軸をぶらして アウトサイドインで
 打たざるを無いので
 『動作視点だけ』で
 動きを修正するのは不可能なのです。

 自分が受ける『不可抗力』によって
 理想的な動作にならざるを得ない
 クラブの姿勢、クラブの位置 などを修正することも
 改善の条件に加えない限りは
 問題がどんどんすり替わって 複雑になるだけ、です。

 しかし、多くの人は クラブの作り出す重さ を
 完全に無視して
 自分の自由意思で無理やり動作を構築しようとします。

 そして 断念するか、前提条件として無理があるので
 その歪みは自分の肉体が受けるコトになって
 からだを傷めるのです。

 ですので その自分の動きにかなり影響を与える重さ、
 不可抗力を管理とまでは行きませんが、
 どこにあるのか、どんななっているのか、
 それが分かり難い、把握し難い 硬いシャフトや軽いヘッドで
 スイングを覚える、治す、変える、良くするを
 重いヘッド、柔らかいシャフトの 重さが把握し易い
 クラブで実施する方が 到達し易い と思います。
 まあ 手前味噌かも知れませんが…。

 すいません。前置きの話しで終わってしまったので また明日😵」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「閑話休題になってしまうかも知れませんが、
 女性の場合 ウエア というのは とても大きな要素、
 ゴルフを楽しむファクターだと思います。

 このウエアが着たいからゴルフをする✊

 と言う発想は男性には少ないかと思うのですが、
 女性には 結構、あるんじゃないかと思います。

 年齢に関係なく、普段では着れないような
 『可愛い』ウエアはかなり大量にありますので
 練習ばかりでなく、ウエアのウインドウショッピング
 も重要になるかも知れませんよ。
 オシャレ系のモノもあると思いますが、
 体育会系のモノもありますから 色々と…。

 私自身に経験は無いので、推測ではありますが、
 ウエア買っちゃったら 続けざるを得ない、辞められない
 空気になるんじゃないでしょうかね。

 練習場〜ショッピング〜練習場〜ショッピング
 みたいな テンポが必要じゃないですかね❓」

SGさん「心掛けておきます😬」

店長「グリップの話しに戻りますけれど
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)
 今回のように 目的が別にある場合、は除いて
 チカラのない方や女性も含め、
 手で振ったら クラブがすっ飛んでしまう😬
 クラブを握っている 自分自身が動くコトで
 クラブが動く、円を描く と言うのが
 握り方のほうの、グリップの話し です。

 ですので 握り方のグリップだけでもダメでしょうし、
 動かし方もダメでは クラブがすっ飛びます。

 握り方の方は 手で振る場合、
 支点になるのは 左グリップなので
 どうしても 左グリップが強く・・・ 深く・・・
 棒の全方位を丸く握るコト になりがち です。
IMG_0529IMG_0528







 女性こそ からだの回転でクラブを動かせれば
 男性に引けを取らない飛距離を備えられますので
 グリップ〜アドレス は重要になると思います。」


店長「女性に限りませんが、グリップで最優先事項になるのは
 左右のグリップがルーズにならない、密着しているコト、
 上下に離れないコト だと思います。
 上下に離れなくて『済む』グリップを、アドレスを、
 クラブ扱いを造るコト だと思います。

 左グリップを支点にしてクラブを振るスイングでは
 左グリップの握力が重要になります。
 握力はゴルフをする筋肉の中では 小さく、
 耐久力・持久力の低い箇所である為
 ホールが進む、ラウンド後半になってくると
 いつも通りのグリップ茲任六戮┐れなくなってきますので
 どんどん深く握るコトになります。
42ea91fd

 握力次第ではありますが、非常に例外は少ないです。

 左グリップが深く握るようになると、フック度合いも深くなり、
 右手の入るトコロがどんどん無くなり
 左の握り具合 だけでなく
 右と左のグリップの距離感もどんどん離れるようになります。


 左の握り具合も変わり、
 おそらく 左の手首もどんどん甲側に折れ、
 右手はどんどん遠いトコロも握るコトになる。
20160501
👉アドレスに影響が出ない訳がありません。

 グリップも、アドレスもそうですが、
 手打ちと言えば良いのか、左グリップを支点にして振る
 ゴルフスイングのタイプの最大の問題は
 手で振るその振り方ソノモノの問題では無く
 この疲労による 良くない変化がラウンド中に起こるコト
 と言って良いかも知れません。

b7055bfb2eea97122aee59c31313e223
 これはアマチュアに限らず、試合に出ているような
 プロゴルファー、女子に限らず、男子でも
 かなり頻繁に見られる ミスの主要因だと言えます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「さて ココで ポスチャアの話しは一旦、中断して
 グリップの話しに移ります。

 グリップとポスチャア、アドレスの取り方は
 相互に関連していて どれが先、どれが後 と言うより
 三位一体の関係ですので
 相手の方が 本格的に! となった場合、
 ボールを目の前だともどかしい…かも知れませんが、
 そのつながりは大切と『時間をかけて』お知らせください。
 練習場デートは楽しいですが、そればかりだと
 嫌われてしまうかも知れませんので ご注意を!

IMG_1065IMG_1064







SGさん「練習所で無くても良さそうですね。」

店長「そう思います。
 もしくは 行く前の話しでも良いかも知れません。
 …蛇足ですが…彼女の手を握るチャンスです😊
IMG_0772

 グリップは 出来るだけ 手のひらで無く
 指側、指と手のひらの間位で握るようにして
 げんこつは出来るだけ造らないようなイメージ、
hand_kansetu
 指だけが曲がっていて 手の「平」が残る、
 あくまでもイメージですけれど、
 『手の平が残る』握りが『理想』です。

 握り方 として インターロッキング、オーバーラッピング、
 インターメッシュ、などが有りますが、
 手の大きさにもよりますが、
 インターロッキングだと やや深めに握る(パーム)になり易いので
 サイズ的に余程小さく無ければ(指輪のサイズ確認?
 オーバーラッピングが良いかも知れません。
dc9819c0
 フック、スクエア、ウィークは ウィークはないでしょうから
 左の手首が折れない程度のごくごく軽いフック。
 握り方 とともに 重要な部分は
〇左右が出来るだけ密着しているコトです。
 程度はありますが、ココは抑えたい です。
IMG_0148_Moment
 また アドレス時、
 クラブと腕の角度が一直線にならない、
 よく言う ディッシュアングルは
 手首の角度で作るモノ ではなく、
 グリップする時の 手のひらとクラブの角度で作ります。

 手の中の角度で言えば
 右打ちの場合の左手基準で言うと
 小指の付け根から 人差し指の第一関節に向けての
 斜めのラインが接触線
(お寿司のアングル)とイメージして下さい。
IMG_1304IMG_1303









 実際には不可能ですが、
 クラブと手の関係は 真っ直ぐな関係で
 直角な関係ではありません。
 ですので ニュアンスとして 真っ直ぐに近くなるような
 斜めの、ディッシュアングルの関係が欲しい、です。
IMG_1296
 手首の角度では ディッシュアングルを維持するのに
 手首周りの筋力が必要になりますが、
 握りであれば スイング中、意識する必要はありません。

👐この時点での 握り は アドレス姿勢では無く
 立ったまま 直立の状態、腕は適度に前に出し、
 グリップ・握り(お寿司のアングル)の分、
 若干 ヘッドは上げ目、高め。

 
 アドレスとの融合はもう少し先、です。



 握る部分のグリップは 部位としては 指が握り(グリップ)ます。
 手のひらは握る(グラブ)コトの手伝いはしても 主には使わない
 と考えて良いと思います。
IMG_0534

 あくまでも 教科書的…男性を基本にご案内していますので
 こんな感じ と思ってくれればOKです。
 のちに 何を優先、どの部分を抑えれば良いか
 ご案内します。

グリップをする際、
 各指は出来るだけ開いて、指同士離れている パー状態で
 小指から 人差し指第一関節への 接触線にクラブを当てます。
 (お寿司のアングル と呼びます)
IMG_0531

菴道悗鮟く 人差し指から小指までの指で
 クラブを握ります。
 この際、それぞれの指の付け根 にクラブを押し付ける感じです。
IMG_0772

菴道悗楼らず 開いたまま←ココPoint 右手を入れます。
 手のひらと グリップの接触線(お寿司のアングル)も同じ
 茲汎韻犬茲Δ法´蘓道悗鮟く、人差し指から小指まで
 で 指の付け根にクラブを押し付けます。

両方の親指を 握るのではなく、軽〜くグリップに押し付け気味にします。
 グリップ(握る部分)を 
 左右両方の第一関節と第二関節の間に
 ごくごく軽〜く押し付ける感じににします。
IMG_0772
感覚として ですが、グリップは円形ですが、
 片手、特に左手で 全周囲を握るのではなく
 円の半分ずつ 左側を左手、右側を右手で握る感じです
IMG_0529
IMG_0528
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「多くの方 百人以上のアマチュアのスイングを、
 特に テークアウェイを見ていると
 幾つかパターン がありまして…。

 右打ちの場合、ですけれど
 からだを廻す、右を向く というのは
 多くの方が意識しているので
 まず 肩なり、腰なり、股関節なり で
 右を向きます。
((((((((_Moment

 その動きは ヘッドをたくさん動かす事になるので、
 無意識ではあるんでしょうけれど、
 グリップの移動が抑制されてるんですね。 

 ですので テークアウェイの最後に
 グリップを高くする。

 勧めている訳では無いですけど
 グリップを先に高くする人は非常に稀です。」

質問「オーバースイング気味の人のパターンな気がしますが…。」

店長「全員じゃないでしょうけど、そうですね。
 必ず グリップの移動、グリップの動かし、
 人によって 上だったり、横だったりしますけど
 グリップは最後に動かすコトになります。

 ものすごく 速いリズム、クイックにテークアウェイを
 取る方も そのパターンが多いような気がします。」

質問「クラブが立っていても、寝ていても、
 クラブを縦に動かしていても、横に動かしていても
 トゥアップを誘うような動き では
 必ず グリップの移動が少なくなる、抑制される というコト
 ですよね❓」


店長「そうです。(テークアウェイ時の話しですが)
 繰り返しますが、トゥアップは グリップとヘッドの動き、
 移動量が釣り合わない、ヘッドの方が多い時に起こるモノ で
 それは インパクト、ボールをさばく時の 手振り
 につながって来ます。

 また 理屈上で言うと
 右打ちですが、フェースを左に向ける、
 フェースが右を向いている、開いていると スライス、
 フェースを左に向けなくちゃ✋ と思う方は
 ヘッドの移動量の方が多くないと それは実現出来ません。
 ですので それを誘因する トゥアップさせるテークアウェイを
 取りがちになるのだと思います。

 逆に フェースの下向き を造ろうとすると
 ヘッドの方が多く動いたら フェースの上向きは造れても
 フェースの下向きを造るのは物理的にかなり無理があります。
 そこは 技術の問題では無く、
 ボールをどう打つ、どうさばく、クラブをどう使う の思い込み
 の間違いから始まっている可能性もあるでしょう。」
(手打ちになっちゃうヨ_Moment(2)
質問「スイングが円であるから
 外周、外にある ヘッドの方がたくさん動く
 速く振りたい から よりたくさん動かしたい、
 と言う気持ちから生まれている可能性も❓」

店長「大いにあると思います。
 円に対する 移動角度、角角度運動が同じ、
 でも、外周にあるから 多く動いて見える だけ です。
 5度角度分 ヘッドが動いたら
 5度角度分以上 グリップを動かしておかないと
 安定した軌道と規則性のあるヘッド姿勢は造り難い。

 ですので L字型のクラブの構造、重さの配分上、
 トゥダウンを誘発する、下振り、手振りを誘発する、
 トゥアップを出来るだけ発生させないよう
 ヘッドとの追いかけっこ の為 グリップを動かす
 と考えて良いと思います。」

質問「あああ だから プロとかの、良さげに見えるスイングは
 ヘッドとグリップが同時に、同じ分だけ動いている、
 いわゆる ゆったりと振っているように見えて、
 アマチュアは ヘッドばっかり動かしているから
 なんだか  あわてて振っているように見えるんですね。」


店長「そう思います。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment

 からだの向き 腕、グリップ、クラブ、ヘッドが
 同じ分だけ 同時に移動している、
 どこかが止まって どこかが動く と言う瞬間が少ない
 は 動作として 美しく見えますが、
 どこかが止まって どこかが動くは やっぱり所作として
 美しくは見えないでしょうね。

 テークアウェイのリズム、ゆったりして「見える
 は 速度の問題では無く……というコトはなんだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

店長「ゴルフスイングの仕組みはよく出来ていて
 テークアウェイで からだを捻じらず
 腕主体で無く からだの向きを変えると
 それだけで 結構な高さにヘッドを持ってこれます。
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment(2)

 傍からの見た目 であれば、
 ただ 右を向いただけ なのに
 ヘッドとグリップの上下関係は『反転』したように見えます。」

質問「ホントですね。」

店長「確かに見た目 のヘッドは
 地面をゼロ とすると 2m近くの高さに達しますが、
 その殆どは 向きで消化出来ます。
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment(3)
 クラブヘッドが自分の方に 鎌首をもたげた形…
 L字型になっている訳ですから
 その土台が相当する 腕が高くなれば
 からだの向きの変更以上に 上がろう としますので
 それは 自然に任せればよいと思います。

 だから 上げる と言う点において
 それを 積極的にはする必要がない。

 ダウンスイングで下に振って良いことはナニもない✊ ので
 それをする為に 積極的に上げる は
 時間と労力の無駄、必ず『二度手間』が必要になります。」

質問「なるほど。」

店長「自分で素振りをしてみると分かると思うのですが、
 ダウンスイング…ボールを打つ方ですね、
 クラブを下に振るコトを打撃のメインパワーにしてしまうと
 先に ボールの位置を確保して から で無いと
 下に振って ボールに当てられません。
 動作の手順で言うと からだを先に廻して、
 ボール位置付近 で からだの動きを止め
 下に振る という 打撃の前段階で かなり複雑な手順
 が必要になります。」

質問「ダウンスイングから すぐ 下に振ると
 ボールのトコロに行き着けないですね。」

店長「ええ。
 その手順の後、ボールを打つんですが、
 ヘッドを振るので 同じヘッド姿勢や自分の姿勢、
 似たようなヘッドの進入、上下左右を含めて、ですけれど 
 ヘッドの進入にするのはやさしくない。
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment(5)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







 また 下に振ろうとすると
 どうしても グリップの移動を積極的にし難くなり、、、
 しちゃうと 下に振れなくなりますから…
 からだの向きと腕を切り離す必要が生まれちゃいます。」

質問「確かに。」

店長「そう考えると 打撃のメインパワーを
 上下にクラブを振るコト にしてしまうのは
 あまりに難易度が高いと思うんですね。

 まして グリップとヘッドの上下反転 なんて
 前傾姿勢と体の向き変更 というスイングの仕組みで
 達成できてしまうのですから。

 言葉上、テークアウェイを上げる、
 ダウンスイングを降ろす、下げる と言っていますが
 単に からだの向きを変えているだけ であって
 クラブの、特にヘッドの上げ下げ は
 積極的にはしてない のです。
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment






 テークアウェイの 上げる は
 私の感覚では クラブの短くして、
 クラブの重さを左グリップに掛ける ようにして
 からだの向きと言う動作の追従性を上げている、
 グリップが からだの向きに付いて行けるように しているだけで
 ダウンスイングで ヘッドを下げよう、
 ボールに届かせよう、と言う感覚は皆無で
 逆に 出来るだけ ヘッドを高い位置のまま インパクトを通過させよう、
 スイングの円弧の 下半分のゾーンに
 ヘッドは侵入させないような そう言う感覚はあります。」

質問「ボールを上から打て、
 ボールをつぶせ とは 反対の感覚になります❓」


店長「ボールを上から打て は
 フェースとボールとの関係 ですので
 大きな意味の打撃感覚とは あんまりつながりが無い、
 別な課題と言った感じなんですが、
 クラブを振らず フェースが下を向いていれば
 それは 結果として 達成できますから。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「そもそも になりますけれど
 ハンドファーストが良いモノ と限りません。
スナップショット 4 (2015-10-15 19-54)スナップショット 6 (2015-10-15 19-55)スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)




 先日の記事の通り、
ハンドファーストが…上手く行きません… : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
 スイングのタイプによっては
 トライするほど 上手く行かなくなるケースもあります。」

HNさん「 ええええ!」

店長「スイングの良し悪し、正しい間違っている、
 ではなく タイプのひとつ と認識した方が良いと思います。

 ハンドファースト と言う単語を
 別な言葉で言い換えると
 『ヘッドの遅れ』になると思う
のですが、
 ヘッドの遅れ にはざっくり2タイプあって
〇ヘッドの遅れが フェースの開き になる、
〇ヘッドの遅れが ロフトの立ち/フェースの下向き
 になる、
 前者のタイプの人にとって
 無理に ハンドファーストにトライする必要はありません。

 また 片方は フェースの開き
 片方は フェースの下向き という
 相反する関係では無く、立体的ですが 方向と言えば良いのか
 角度の 違いと言えば良いのか
スイングの動きの違い
クラブの扱い方の違い を表していると思います。

 ヘッドの遅れを嫌うスイングタイプ では
 ヘッドの重さやシャフトの柔らかさ は
 スイング中 クラブが重くなる、振り遅れ易くなる、
 返し難くなる、要因になるので
 軽いヘッド、硬いシャフトを好まれる傾向が強くなります。
 弊社の悶絶クラブのようなタイプは好まれません。
葛谷2022816_Moment

HNさん「では 逆に見れば 悶絶クラブ であれば
 ヘッドの遅れ が ロフトの立ち になるよう
 使うのが理想的 というコトになる訳ですね。」


店長「そうですね。
 ロフトの立ち というか
 ヘッドが遅れることで フェースが下向きになる、
 ヘッドの開閉の無い(少ない)スイング というコトになります。
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(2)
 ですので テイクアウェイも
 クラブをひねらない、フェースを開かない
 重力に対し、そのままの状態で
 概ねですが、からだの幅の中、両肘の間 に
 収めておく方が良いですよ、になる訳です。

 当たり前 と言えば当たり前 なんですが、
 フェースの開きが多ければ、大きければ、
 ヘッドの重量の中心点(重心)がズレている
 ゴルフクラブの構造上、よりヘッドが重く感じるコトになります。
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment
 重心深度…重心の奥行き というのがありますが、
 箱形状、ウッド・ドライバーに比べると
 板形状のアイアンは 1/10、無いに等しい訳で
 フェースを開かないで使えば 重心深度の大きさは
 重さになりませんが、フェースを開けば
 重心深度の重さが スイング中のヘッドの重さに直結します。
 それは 当然、ヘッドの重さソノモノにも影響されます。


 シャフトの柔らかさ で言えば、
 ヘッドの遅れを フェースの開き にしてしまうタイプでは
 柔らかい分、遅れが増えるとともに
 閉じる際の労力・作業量も増します。
 シャフトをしならせて しなり戻す 必要が増える訳です。
 ですので シャフトの役割として は
 『ヘッドを動かすモノ』と言う認識に至ります。
AZEJ5123_Moment

 一方、ヘッドの遅れをフェースの下向き にするタイプ、
 今回のテーマに沿って言えば
 ハンドファーストが必須なタイプにとっては
 シャフトを極力捻じらない、フェースを開きませんので
 シャフトが柔らかくとも
 シャフトの可動範囲は 重心位置のズレ分程度に収まります。
 シャフトの役割として 『グリップを動かすモノ』
 つまり より ハンドファーストを造るモノ、
 ショットを ヘッドが遅れっ放しのまま 行う と
 考えている為、シャフトの柔らかさ、
 そして それを誘因する ヘッドの重さは好物になる訳です。」

HNさん「なるほど。」

店長「ただし 前者の フェースの開閉が多いタイプ、
 この場合ですと ハンドファーストが得意でないタイプの方は
 ある年齢までに、勿論、その年齢は人によりますけれど
 後者の ヘッドの遅れっ放しのまま打つ、
 ハンドファーストの出来るスイングに
 徐々にで良いと思いますが、シフトしていく方が良いと思います。


 
絶対、ではありませんけれど
 前者の フェースの開閉の多いタイプ、
 ハンドファーストが得意でないタイプのスイングは
 若い時専用のモノ と言えなくも無い、
 教える側、レッスンする側が若い人やそれが出来る年齢
 である場合が非常に多いですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こすり打ち をされている方 は
 総じて テークアウェイで ヘッドを上げる量が大きく、
 その速度も速い傾向があります。 
 打撃の主力が 上げ下げの量と速度によるから です。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(2)







 ダウンスイング中ごろ から インパクトまで
 グリップエンドを支点に クラブを振る ので
 グリップ(左手)の下がりは慣れているの ですが
 グリップ(左手)の移動量は取れません、ではなく
 意図的に取りません。 取ってしまうと クラブを
 振れないから です。

 こすり打ちは お薦めの方法ではありませんが、
 アプローチショットでは 上げる球の傾向強く、
 『出すだけ』のバンカーショットには都合が良く、
 バンカーは出るけれど、距離が出せないになりガチです。

 また、こすり打ちは その名称とは異なり、
 こすって打っていますが、球にスピンが少ない特質を持っていて、
 弾道が高めになっても 止まり難い
 フォロー(風)でも距離が伸びることはない 傾向があります。

 スイング全般として、
 本来、必要のない インパクト直前の弧を描いてしまう為、
 遠回り、円が膨らみ、そのお陰で
 ヘッドに奥行きの有るタイプ 〜フェアウェイウッドなどは
 苦手? 嫌いになり易い傾向が強いです。」

受講生「ソコからの脱却はどうしたら良いんでしょう?」

店長「良い例?があるので お見せしましょう。
 弊社の名物ゴルファーの Mr.K
 長いコト こすり打ちでゴルフをされ、
 こすり打ちの達人として名を馳せていました😢
 現在、こすり打ちからの脱却 にトライしています。

 今、テーマにしているコト ですが、
.瀬Ε鵐好ぅ鵐阿砲いて
 グリップを下げるコトは習慣付いているので
 下げるコトよりも、
 からだを廻すことで 左手の移動を稼ぐ、
 からだの回すことは 左手の移動を稼ぐコト

 と言う意識を強く持って頂いています。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(3)

 それによって 従来よりも「早い」インパクト、
 速度の速い ではなく、タイミングの「早い」インパクト を
 実現できるようになっていますが、
 未だ ロフトを下向きに締める感じには至っていません。

∪擇衒屬掘^聞漾〆枯咾浪爾欧襦,里任呂覆
 上げる、位の意識で 左腕、左上腕の上への逃げ
 を意識して頂いています。

 ぐるぐるもんど のトコロはあるのですが、
 ボールをつかまえる = ヘッドターン と
 考えていたので、左腕の止まり、右手の追いつき が
 ショットの要 でしたので、
 その左腕の止まりが 左腕の上がりの障害です。
 ですが 今のトコロ、フェースを下向きに出来る訳では無い、
 今まで通りの クラブさばきで入ってくるので
 ボールはつかまっておらず、
 故に またヘッドターン、クラブターンのスイングに
 戻る可能性を秘めています。

 ボールをつかまえる は
 フェースの横ターンでは無く
 フェースの下向きによって造られる
 を 体験できるようになると
 更なる前に進めるようになりますが、
 そこが 今の段階の鍵 と言えるでしょう。

✋ご本人曰く、振った感じ、打った感じが無く、
 今までとのタイミングがまるで違う、
とのコトで
 ご本人は認識されていないと思うのですが、
 ダウンスイングで 右手の伸びでクラブを回転させる
 →下に振る  👉右手に掛かるクラブの重さの感じ
 ターンさせるために止める左サイド、左腕の
 ターン(重さ)を受け止める 締まり感
 そこら辺の喪失感 と 打撃が上手く行かないもどかしさ で
 元に戻る可能性は非常に高い ですが
 現段階での 変質度/進捗度 は かなり良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ボールをつかまえる を前提に
 スイングを造っていくと
 ずっと フェースを外に向けたまま、
 からだを廻す というのが基本になると思います。」

受講生「ソコが分かり難い、ですよねぇ…。」
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment

店長「アイアンショットで 『ボールを上から打つ』
 というのがありますよね。」

受講生「はい。 出来ないんですけど、言葉は分かります。」

店長「その 言葉通り に打とうとすると
😢ヘッドを上から下へ振る
😢ヘッドを
『手で下に 丸く振る
 と言う感じになります。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(2)








 これを 一般的に 『こすり打ち』
 もしくは その打撃にとって 一番肝心な部分を
 手で行いますから 『手打ち』 と呼ばれるのです。」

受講生「!!!」

店長「この ヘッドの使い方 ですと
自分の方に ボールを掻き込むような
ボールの下、ボールの底をフェースで撫でるような感じ
 になる訳ですが、
 打ち出しの高い 初速の遅い球になります。
 フックとか、スライスは 人によって異なり、
 こすり打ちだから イコール
 全部がスライス と言う訳ではありません。」

受講生「!!!!!」

店長「この動画では 協力して頂いて、
 わざと こすり打ち をして頂いたのですが、
 お薦めはしませんが、アプローチショットなどでは
 時と場合によって こういう風に打つコト "も" あります。

 動画の後半で こすり打ち でないモノと
 こすり打ち を比較していますので 見比べてみて下さい。

 動画の途中で 白〇で囲んだ 腕とクラブの状態、
 このままの状態で からだを廻せば良い のですが、
 どうしても ボールを拾いたい、届かせたい、
 色々な理由はあるとは思いますが、
 ここから 腕さばきで クラブを下に振ってしまっています

 当然、はっきりとした腕さばき、ターンをするには
 からだの回転を止めなくてはならず、
 その結果、インパクト前後で 伸び上がる動きは必然、
 になってしまう訳です。

 結果、から逆戻し していくと
 こすり打ち は スライス、
 フェースが開いているとか、
 ヘッドの横の動き と考えているフシが強く、
 impact時、どうしても フェースを閉じたい(左に向けたい)
 それをするには 左腕・左グリップの止まり が必要で
 おそらく…ですけれど、インパクト=打撃 の感覚は
 止まった左サイド、 〜左脇と左腕の絞り
 左脇と左腕が ギュッと絞られる感覚 が
 こすり打ち 〜手打ちをされる方の特徴だと思います。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(3)

 この感覚は あとあと悪い意味で尾を引くのですが、
 その からだに残る 絞り と言えば良いのか、
 窮屈な感じが「その方の打撃感、ショット感」なので
 その部分の『存在しない』つかまえるショットへの移行、
 その 感触の無さ、止めた左サイドと左腕が
 ボールの衝撃や運動を受け止める感覚の無さ が
 かなりの壁になったりします。      よね Rさん⁈

 ボールをつかまえていく には
 左サイド、左腕の 継続的な移動が必須で
 からだを止めず、左サイドも回し続けますから、
 当然、左肩はボールから遠ざかります。
 しかし、ボールを打たなくてはなりませんから
 グリップはボールの方に残るので
 必然的に 左腕は上がっていきます。
 impactも含め、impact以降の 左腕の継続的な「上がり」
 が つかまえの条件と言っても良いと思います。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(4)

 比較動画 を見て頂くと分かり易い ですが、
 こすり の方は フェースターンを必要としているので
 インパクト直後、左腕の低さが継続します。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ボールは球体ですので
 圧力がかかると 逃げるところを探します。
 それを防いで 圧力をボールの移動速度(初速)
 ボールの回転、飛び出しの角度に変え
 それぞれのロフトなりの距離
にしたいのが
 ショットであり、その方法がスイングです。
IMG_0662
極端ではありますが、
ボールを『とらえる』『つかまえるとは
このようなイメージが基礎です。
(こする つかまえる_Moment(2)
 クラブの長さ にもよりますが、
 その長さ分 ヘッドはボールの上から入って来ます。
 例えば ロフト25度位(9番相当)のウッドの場合、
 だいたい 5度位の入射角度で入って来ます。
 impact時のヘッド姿勢は 地面基準で20度…それ以下
 になっているのが そのクラブなりの「つかまった」状態です。
813ca594-sdf713d9f-s





 逆に こすった状態とは
 入射角度が減り、地面基準のロフト姿勢も
 大きくなっています。
IMG_0489ウッドやアイアンなど機種に限らず
ある程度 少ないロフト 40度位ですかね、
それが ちゃんと 入射角度が取れて
ボールにコンタクトすると、
ボールはつぶれ フェース面を滑りません。

 練習場のボールでは確認するのが難しいですが、
 ボールの打痕、ディンプルのあるような打痕になり、
 ボールが縦に滑るような跡は残りません。
IMG_048645度を超えるようなロフトのクラブになると
ちゃんと クラブを動かせたとしても
一般論で言う「つかまった球」にするのは難しく、
そのロフトなりにはつかまってはいるのですが
ボールの跡も 縦に逃げるような状態になります。

 同じクラブを 同じヘッドスピードで打っても
✅つかまったボールは
 ボール初速は速く、スピンは多め、打ち出しは低くなります。
✅逆に こすられたボールは
 ボール初速は遅く、スピンは少な目、打ち出しは高くなります。


 ここまではわかります?」

受講生「はい。なんとか。」

店長「ショットにとっても、スイングにとっても
 とても大切な部分です。
 
 ただ ゴルフのちょっと困ったトコロ、
 嫌らしいトコロ があるのですが…。


受講生「?????」


店長「例えば つかまった球、つかまりすぎた球は
 こすった球 に比べると ボール初速は速い のですが、
 スピン量は多く、ドライバーショットのような
 元々 ロースピンであるコトが特徴のショットでは
 距離を損してしまうので 適度にこすられた弾道になるよう
 クラブとして進化しています


 また 楽しんで行うアマチュアのゴルフには
 必要だとは思いませんが、
 アプローチなどでは その状況によって
 わざと『こすった球』や『中途にこすった球』を
 打つ場合 があります。
フェースローテーションのないゴルフスイング_Moment(6)

 ドライバーショットはティーアップをしますから
 その分、ボールを左(右打ち)に置き、入射角度がなくなるようにし
 必要以上の つかまりを防止しています。

 アイアンの方が ボールは中め ですよね?」

受講生「若干ですが ハイ。」

店長「プロのように 一打にお金や名誉が掛かっている場合には
 アプローチなどでは つかまえ と こすり を
 選択して、使い分けるのですが、
 アマチュアには 基本、必要が無いと思います。

 ドライバーは ティーアップ と ヘッドの重心構造
 によって 自動的に つかまりを調整してくれますから
 自分でする必要はありません。 無視してください。

 アマチュアは ドライバーからウエッジショットまで
 つかまえるコトを重視した方が良いと思います。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの向きが伴うのであれば
 積極的に 手を動かす 『手で叩く』のはアリ
 でいいんじゃないですか❓」
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

Rさん「まあ その方が馴染みが良いですし、
 満足感ありますからね…。」 


店長「手を使う 👉クラブをリリースする訳ですが、
 そのタイミングによって
 『何を』リリースするか 変わって来ます。
 何を、と言えば良いのか
 どのように クラブ・ヘッド・重さをリリースするか、
 と言えば良いのか…。」

Rさん「どういう意味です??」

店長「からだの回転であっても
 手を積極的に、主に使うであっても
 飛ばす と 安定 を 両立させるのであれば
 ロフト方向というか、
 スイングの進行方向、軌道に対して サポート、
 腕・手であれば 押して、支えてあげたい のですが、

 先に からだを廻してしまって
 あとから 手で振る になると
 クラブには 横の重さ、
 回転に対する重さが残ってしまうので
 キャスト、ライ方向に振らなければならなくなってしまいます。

 からだの回転で作るであろう 円弧 に対し、
 クラブの長さの円 を 別に作るような動き ですね。」

Rさん「クラブの 縦と横 みたいな感じですか❓」

店長「そですね。
 比較動画を見て下さい。
◎普通に打って頂いているのと
◎体重移動を積極的に行わず 右体重のまま
 手で打って頂くイメージ の二つ では
 前者 が先行して からだを廻すが故に
 クラブが寝てしまうような形、重さになり、
 のちのち キャスト、ライ方向に振らざるを得なくなります。

 そして それが故に、
 左グリップが支点になる クラブが反転する間、
 左サイドは回転、移動が出来なくなり
 詰まってしまい、上に逃げてますよね。」
(Rさん 夏の暑い日 202207_Moment(2)

Rさん「確かに…。」

店長「ですので  どうせ 手で打たないと満足出来ない
 のですから、積極的に 右に体重を乗せたまま、
 先に リリースしちゃう感覚を得て欲しいのです。」

Rさん「体重移動はしないのですか❓」

店長「体重移動は からだの向きが変わる 副作用
 に近いですから 右を向けば 右が軸足、
 左を向けば 左が軸足 になるので
 自然にしていれば 付いて来ます。

 からだの回転✋ を意識し過ぎるあまり、
 先に「踏み込んで」 は
 先に「からだを廻して」 ですので
 より 悪い形の手使い キャスティング になってしまいます。
(Rさん 夏の暑い日 202207_Moment

 キャスト の リリース…
 クラブをライ方向にリリースしては
 どんどん ロフトが増えていくコト になり
 クラブが 縦に縦に 動こうとするが故
 左サイドが止まる、伸びる、上に逃げる ですから
 良いことはありません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Rさん「手で振らない感じを教えて貰いたいのですが…。」
会田20210701_Moment

店長「そうですねー。
 手で振っても大丈夫なのは
 やっぱり 若い時だけですからね、
 私たちの年齢だと 腕立て伏せとか、懸垂とか
 出来ても 回数とか、長時間とか もちません。
 
 歩くこと に関連する脚力は
 腕力に比べると 耐久性もありますので
 出来るだけ そちらにシフトしたいですよね。」

Rさん「はい。
 中途半端な からだの回転 って
 ヘッドを返していない分、つかまりが悪く、
 スライスになって 飛ばないので 悩みます。
 手でヘッドを返せば 飛ぶのですが、
 持続性は乏しいですし…。」


店長「あと 最近のゴルフクラブ、
 そして ボールは 低スピン嗜好が強いですので
 ロフトも減ってしまう ヘッドターン は
 飛距離につながり難いですし、
 昔のスライスと同じように 大きなミスになります。」
Rさん バルブは開ける方向にお願いします_Moment

Rさん「ほんと…ソレ…。」

店長「悶絶クラブ使用者は 耳タコ かも知れませんが、
 まずは 基礎概念として
 『ヘッドはグリップを追い越さない』という
 意識はとても大切だと思います。」

Rさん「最近、分かり始めてきました。」

店長「スイング動作って
 当然、終わらなければなりません。
 回転するにしても 永遠にくるくる回る訳にはいかない、
 ですので スイングの終了に伴って
 動作の減速、停止、するんですが、
 その際に、速度の上がっていた クラブ、そしてヘッドには
 まだ 運動の慣性が付いていますから、
 結果、グリップ を追い越すコト になるんですが、
 そこは 『打った後』の話し で
 それは 『打つコト』そのもの ではないんですね。」

Rさん「はい…。」

店長「ですので 打った後、打った間際 で
 ヘッドが先にいく  のは構いません。
 無理に止めると 手首や肘を傷める可能性があるので
 そこは 自然に流してしまうべきでしょう。

 蛇足ですけど、硬いシャフトだったり
 軽いヘッドだったり すると
 フォローが出ない、フィニッシュに行き着かない、
 って言うのがありますけれど、
 悶絶クラブですと それは無い、
 良くても 悪くても 無理やり フィニッシュに行かされます。
 それを止めたら 痛めちゃいます。

 笑い話ですが、実際、過去に
 それをデモンストレーションしようとして
 痛めた方がいらっしゃいます。


 ですので 『ヘッドを走らせよう』
 なんて言葉に踊らされないようにしないとイケマセン。」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「平らなトコロから打つばかりでないのが
 現場でのゴルフですから
 しっかり 体重を乗せて打っていける、というのは
 それなりの工夫が必要だと思います。」

Kさん「そうですねぇ…。」


店長「私たちの年齢…オーバー50 では
 肩を入れて…胴体を捩じって を行おうとすると
 左腕、左肩 ばかりを入れようとしてしまいます。

 腰や首などへの負担もありますし、

 左腕 で右へクラブを押すと
 両腕も含め クラブが右に倒れます。
 スイング用語的には クラブが寝る と言うんですが、
 そうなると 必要以上に重さが
 からだの背後に行ってしまうため、
 アドレス基準で 前後(ボールの方〜背後)の
 重量配分を前めにせざるを得なくなります。

 コチラの写真をご覧ください。」
((フットワーク((フットワーク (2)((フットワーク_Moment(2)((フットワーク3










店長「4人とも だいたい ですけれど
 トップの位置での クラブの位置は同じ感じ なんですが
 左右の 股関節の位置関係が かなり違う。

 前半の二人は
 アドレス時の飛球線方向 に
 左右の股関節が残った感じ になっていますが、
 後半の二人は

 『右向き』基準の股関節になっている。

 箇所 として 似たような位置から
 クラブを振ってくるのなら
 小さな箇所、弱い箇所、
 この場合は 左腕、左肩を指しますが、
 それをたくさん動かす前者 と
 大きな箇所、強い箇所、
 この場合は 股関節廻りですね、
 それを少なく動かす後者 では
 再現性がかなり違いますし、
 故障をする可能性もかなり違うと思います。
((フットワーク4

 テークアウェイは 前輪駆動、右サイドで
 と言いましたが、右ひじの使い方は
 この 『右を向いた時、
 左右の股関節 も 右を向く、
 それを誘導する為、前傾姿勢に沿って
 (前傾姿勢に対し直角…斜めになりますね)
 右ひじを引いていく』

 この股関節の関係を作るための手伝い と
 考えて良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「もう一点、テークアウェイで
 注意しておきたいトコロ なんですが…。」

Kさん「はい。」

店長「一般的に テークアウェイ、トップの位置では
 体重は右、
 インパクト以降 フィニッシュまで 体重は左、
 と言われるのですが。。。。」

Kさん「反対とか?」

店長「いえいえ そんなことは無いんですが…
(回転とフットワーク_Moment(3)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)
コチラを見て下さい。 



 この状態を見て 体重配分は右 が多いように見えます❓」

Kさん「そう言われてみると…。」

店長「フットワーク中心でスイングをしなくとも
 腰を回そうとしていなくとも 腰の向きは変ります。
 スイングは どこか の軸を作って
 向きを変える、円の動きになるので
 アドレス時の 左右 にこだわり過ぎるのはマズイ のです。
 右を向いた時の 右、というか
 右軸足に体重をかけるには
 アドレス基準で 後方、背後方向に
 重さをかけておく必要があります。」

Kさん「なるほど。」

店長「スイング用語に
    ✊頭を動かすな
    ✊ボールをよく見ろ

 とありますが、間違ってはいないですが、
 そちらを優先してしまうあまり、
 それが故に ボールに近づく ような
 からだをボール側に傾けてしまう ような
 本当の意味での 右軸足に体重が掛かっていない状態
 あまりよろしくない と思います。

 ゴルフだけではありませんが、
 打撃するようなスポーツで
 ボールに体重を乗せる、
 打つ方向、打ち出す方向に 体重をぶつけて行けるような
 ゴルフの場合ですと ダウンスイング以降、
 右に乗っていた体重を 左に移していけるような、
 左に踏み込んでいけるような 準備
 があった方が ボールを飛ばすには有利、
 インパクト時のボールとの衝突質量に負けにくい です。」

Kさん「確かにね…。」

店長「ボールを見るな、とは言いませんが、
 右の軸足にある程度 重さを乗せるには
 アドレス基準で背後に、ボールから離れるような、
 そんな感覚が必要で、
 それを誘導する為に ボールから目を切って
 視線や顔ごと 右を向く、 というのも
 一つの手だと思います。」

Kさん「スイングの軸っていうのは
 どこになるんです❓」


店長「厳密にする必要は無いと思いますが、
 背骨であったり、背骨の外側であったり
 だいたいですが その辺り と考えて良いと思います。
(回転とフットワーク_Moment(回転とフットワーク_Moment(3)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment





 そうすると その延長線上に位置するのは
 あたま であれば、顔ではなく後頭部になります。
 顔ではないのですが、
 ボールをよく見ろ を意識し過ぎると
 ボールと目との距離を保とう とすることになり易いので
 軸が顔側、前目になり過ぎてしまいます。
202176_Moment

 いきなり ボールから視線を切る、
 顔ごと 右を向く って言うのは難しい場合がありますが、
 ボールの方に傾いてしまう、近づいてしまう、
 そう言うタイプのテークアウェイ、スイングをする人は
 総じて 前傾が深い ですので、
 まずは 前傾を出来るだけ浅くする、
 前傾姿勢なんて言うのは 有れば良い ので
 出来るだけ浅くして、
 右を向いた時の 右足に体重が乗せられるように修正
 するのも良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「テークアウェイの種類を大別したのですが、
〆枯咫∈幻だけの動き
肩を廻したつもりが腕の振りだけのモノ
➂肩を廻す/胴体をひねる
➃お尻・骨盤を廻す
ヂ 足首を捻じるモノ
 なんとなく 分かると思うのですが、
 上から順に クラブに近いトコロ、
 からだの部位で言っても 下に行くほど低いトコロ
 でからだの向きを変えよう と分かれていますよね。
IMG_0772
 ➂も含め、´△肇ラブに近い、
 腕が中心でからだの向きを変える方
 そのやり方と グリップは結構、密接な関係にあります。」

Kさん「痛いトコロを突かれますね…。」

店長「フックグリップが悪い と言う訳では無いですが、
 手、この場合は 左腕主体でテークバックに入る方
 は フックグリップがかなり強く、
 左の手首がかなり甲側に折れているケースが多いんですね。

 ➂→□,函,茲蟶枯喙臑療戮高くなるに連れ
 左右のグリップのルーズさも強い、
 左右のグリップが離れているってことですね。

 コレ その本人、当人に聞いても 無自覚で
 そう言うグリップに行き着いてしまっているでしょうから
 答えられない可能性が高いんですけど、
 ボールを打つコトよりも
 「テークアウェイを ヒョイッと 左腕の動きで行う」
 それをし易いための『グリップ』に思えるんです。
b7055bfb2eea97122aee59c31313e223
 フックグリップがフェースターンし易い というのは
 言葉ではよく耳にするんですけど、
 フックグリップのアマチュアの多くは
 左右がルーズ、離れています。
 
 フェースターンをする事を主眼に グリップを造るのなら
 フックグリップは良いですが、左右が密着している方が
 フェースターンを無駄なく 素早くし易い、
 離れている方が 色々不都合が生まれ易い と思うんですね。

 にもかかわらず ルーズな人が多い…。

 そう考えると 帰り(ダウンスイング)の方がメインじゃなくて
 テークアウェイのし易さ から グリップが造られちゃう
 じゃあ無いのかと思うんです。

 検証のしようが無いんですけど、
 外れてはいない気がします。」

Kさん「自覚はないですけど、
 グリップを指摘されて、スクエア気味、
 左右を密着させると 打つコトもそうですけど
 テークアウェイの初期が始動し辛い というのはあります。」


店長「ですよねー。
 テークアウェイの基礎的なチェックとしては
 シャフトが概ね 地面と平行になった時、
 フェースがシャット、 自分の前傾と同じ感じの下向き
 ってのがありますけど
 それって ´△虜枯咾世韻如.董璽アウェイを取っちゃう、
 グリップがルーズ目な人は 出来ないと思うんですよね。
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

 ですので テークアウェイの修正、訓練は
 その基礎的なチェックと グリップとの兼ね合い、
 同時進行になると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転、テークアウェイでの右向き を
 大別すると

〆枯咫∈幻だけの動き
肩を廻したつもりが腕の振りだけのモノ
➂肩を廻す/胴体をひねる
➃お尻・骨盤を廻す
ヂ 足首を捻じるモノ


に分かれると思います。」

Kさん「ひとつひとつ 解説お願いします。」

店長「はい。
  回転と言う言葉はほぼ該当しませんが、
 意外に多く…肌感覚的には2割弱のゴルファーがコレでしょうか…
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)




 流石にこれはダメダメですので改善したい。

 多くの右打ちの方は 右腕が利き手になると思うのですが、
 手で打つコトの良し悪しは別として
 左右の腕の動きの量が かけ離れているので
 右腕で叩きたくとも 空間も時間も足らなくなり
 強く打とうとすればするほど ミスになってしまい易い、
 また その分 左ひじや手首への負担が大きいですから
 出来れば お別れしましょう。
(271_Moment

 これは非常に多数派、 与党 と言った感じ。
 気持ちでは肩を廻しているつもり なのですが
 単に腕を振っている だけ。
 本人の自覚は無いと思いますが、肩の向きと
 腕の動きは別なモノになっているので
 よりからだを、肩を廻しても 良いことは生まれません。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

 字面では分かり難いとは思いますが、
◉肩を廻すと 腕も動く と
◉腕を振ると 肩も引っ張られ 向きを変える

 似て非なるモノですので、その自覚から始まる必要があると思います。

 の肩を廻す、胴体を捩じる ですが、
 プロの多くはココにいます。半分強と言ったところでしょうか。
 しかし✋✋✋これをアマチュアにお薦めはしません。
 学生時代や若い頃、「ラヂオ体操第一」なんて
 ちんたら お遊戯かよ と舐めていたかも ですが、
 歳取ってからやると 最後まで休まず出来るか微妙。。。
 だったりするのです。
スイング集 Patty_Moment

 その位 年齢によって運動性能は変りますので
 若い スポーツ選手の出来る当り前が 我々の当たり前に
 なり得ず、やっているつもりが
 結局に 肩を廻す で無く、腕を振る
 に陥っている と気づいていないのは自分だけ です。

 続けるのであれば ヨガやストレッチ、
 慢性の運動不足にならないよう注意が必要です。

 また 腰痛が伴うようになってきたら
 い悗琉楾圓鬚薦めします。
田中どら_Moment(5)
  一般的なアマチュアゴルファーの平均年齢 58歳
 50代から上の年齢や運動不足気味、からだの硬い方は
 骨盤を動かす、回る、回らないの境目を股関節にする
 をお薦めしますが、最小野党に相当するでしょう。
 不器用な部分なので 慣れるのには苦労するかも ですが、
 一度覚えると 不器用な部分だけに変わり難い、忘れにくい、
 非常に基礎的な動きになるので お薦めです。
133



 これも意外に多い 2割弱の人が該当するでしょう。
 『からだ』の向きを変える と言う意味では
 間違っていないのですが、
 まわす部分が多過ぎの上に それを支える足首は
 大きな筋肉ではありませんので、
 傾斜があったり、ぬかるんでいたり、歩いて疲労、
 などによる影響が大きいと思います。
 
141

 からだの向きを変える、からだを廻す は
 廻す部分と廻さない部分があり、
 イ両豺腓蓮廻す部分は足首より上、
 廻さない部分は靴
 になるのですが、
 それを(右打ちであれば)回す部分はお尻、
 廻さない部分は 右太ももなり、右ひざ

 に移せるようになると より安定が高くなります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



腰痛に悩むゴルファーも少なくないか
 と思うのですが、
スイングの動き、動作 ソノモノ だけでなく
アドレス(ポスチャア)やグリップが
 その腰痛の因子
 となっているコトも
少なくありません。 

(インから振るのがすべて!じゃない_Moment


背の高い、手足の長い方、細身の方 にありガチなのですが、
前傾姿勢が深過ぎて
アドレス時から 頭など重さのある部分が
前に出過ぎてしまっているケースがあります。
アドレス❷
このブログ内でも
 前傾姿勢と言う言葉が多用されるため
前傾に対し 意識が強すぎてしまうコトも危惧されます。


前傾姿勢とは その言葉の通り
自分の体の前に対する からだの傾きで
箇所としては
 大腿骨に対する骨盤の傾き、
股関節の前に対する傾きです。

その 前傾姿勢は 有れば 良いので
無理に深くする必要はなく、
有るのなら 浅い方がからだへの負担、
特に、腰への負担は少なくなります。

✋スイング中、動作中 維持出来る
 ということを優先させると
 アドレス時のみ、前傾が深く、維持に苦労する より
 浅くとも維持できる度合いが良いと思います。


どの位 とは一概には言い切れませんが、
(ウッドやユーティリティ、6番アイアン位で)
アドレスした時、靴(足)よりも
余り多くの部位が 前(ボール側)に出ていない方が良い…
と思います。
目安 としては つま先の真上に
首〜あご 位がある程度でしょう。
・・・・・肩では ちょっと深いかも…知れません。
若林純一 2021_Moment(3)

あまり 多くの部位がつま先よりも前、
ボール側にあると 胴体を廻すことが出来ず
腕だけや肩だけを廻すコトになってしまい
始めの負担 ばかりでなく
腰に負担のかかる 動作になりガチ です。



IMG_0772

🔴また これは アドレスだけでなく
グリップから始まるコトもあるのでご確認ください。

コチラに関しても、ですが、
腕とクラブの関係にはディッシュアングルと言い
一直線ではない 角度の付いた関係
というのを 当ブログ内で強調していますが、
これも 有れば 良いので
アドレス時、グリップが大きく前に出ない程度に
薄い角度関係の方が良いと思います。

IMG_12982021-03-14_15-04-50_Moment












 ↑↑↑ 左手とグリップが こういう角度
の関係であれば
こういうアドレスになり易いですし

IMG_12992021-03-14_14-42-45_Moment










 ↑↑↑ 左手とグリップの角度 が直角に近い
モノになれば 深い前傾のアドレスになり易くなります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ショットのミスにつながる テークアウェイのミス
 その多くは 左腕の運動量と右腕の移動量のミスマッチ です。
 からだの向き、ソノモノでテークアウェイを取れていれば
 左右の移動量の差は殆ど無い…筈 ですが、
 多くの方が 左腕の動きが多くなっている。。。」
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

Kさん「ダウンスイングで 左腕の長さ の解消 に
 苦労する訳ですね。」


店長「そうですね、
 ダウンスイングで フェースローテーションする人にとって
 左腕の長さが長い、左腕が邪魔 というのが
 ミスの原因になったりしています。
スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)

 ダウンスイングにとって
 運動の一番先頭であるべき、左腕の
 切り返しの動きだし遅れ も少なくないです。」

Kさん「質の良い 右向きが欲しいのですね、」

店長「はい。
 一般的に テークアウェイ、テークバックは『上げる』
 ダウンスイングは『降ろす』と呼ばれますが、
 それは 前傾姿勢のある基礎姿勢が向きを変える為、
 グリップ、クラブの高さが 高くなったり、低くなったり、
 そう見えるからであって
 左グリップを 「上げる」必要性は無いと思います。
 からだが ちゃんと 右を向けるのであれば
 それで高くなる量で十分です。」

Kさん「左手は上げる必要がない…と。」


店長「そう思います。
 左腕単独の動き、ソノモノが要らないと思います
スナップショット 2 (2016-06-27 23-07)

 ゴルフスイングの用語 で言うと
 右打ちにとっての左腕は からだの回転のコトを指
  と言っても過言ではありません。
 左腕を移動させる は からだを廻すコト です。


 ですので テークアウェイでも
 からだの向きと左腕は固定された関係 と考えて良く、
 右腕が曲がり、短くなった分 クラブが起こされる、
 その分、少し上がる、上がった 程度で十分だと思います。
 量で言うと この程度です。
スナップショット 2 (2014-03-04 10-51)スナップショット 3 (2014-03-04 10-52)スナップショット 4 (2014-03-04 10-52)


 当たり前の話し なのですが、
 テークアウェイは ボールを打つための準備、前動作です。
 からだの回転を主にするのであれば 右向き、
 手で振るのであれば 利き腕である右腕の動作、
 それが 打つための前動作 として 必要になる訳ですが、
 左手、左サイドでボールを打つ つもり が
 強くないのに 左手、左サイドばかり 動かすのは
 ナンセンスだと思うのですね。」

Kさん「確かにね…。
 そう言われると 手で振るにしても
 左腕や左サイドが邪魔になるのは仕方ないですね。」


店長「理想的には ヘッド姿勢、フェースの開閉という
 手間が不必要になるので からだの向き主体にしたいですが、
 そうでなかったとしても
 利き腕の右腕が使える準備、
 振りかぶる動きを主体にしても良いのでは、
 と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Kさん「こんにちは〜。」

店長「お久しぶりです。」

Kさん「ちょっと悩んでいまして
 相談に乗って貰おうかと。。。」


店長「はいはい、どうぞどうぞ。」

Kさん「実はですね、申し上げ難いんですが
 前に造って頂いたもの・・・
 10年位まででしたかね。。。
 最近、話題になっている 別の市販のドライバーに買い替えたら
 一時、距離は出たんですが、
IMG_0321_Moment(2)しばらくしたら 今まで出なかったようなミスが増え、
テークバック、テークバックをどうしたらいいか
分からなくなってしまい、
イップス になりそうなんです。
 テークアウェイの上げ方 を 教えて欲しいのですが…。」


店長「世の中に とっても多い悩みのパターン、
 罠にはまっちゃったわけですね。」

Kさん「はい・・・。」
スイングサンプル_Moment(2)

店長「10年も経ちますか…。
 それは兎も角、
 以前 お作りさせて頂いた ドライバーのスペックは
 44.5インチ ヘッド重量220g  硬さ171cpm と言うモノで
 現在、お使いの『市販』のドライバー は
 ヘッド重量は正確には分かりませんが、総重量とスイングウエイトから
 推測しますが、
 46インチ ヘッド重量185g 硬さ235cpm です。」

Kさん「だいぶ スペック違いますね。」

店長「そうですね。
 一番の違いは 長さと軽さ感 だと思います。
 今回 悩まれている点から考えると
 その二点が一番大きく影響していると思います。」

Kさん「スイングが良くないから…ですかね。」


店長「いやいや、ご自身で自分の振り方に不満がある
 のは ある種の向上心ですから 良いと思いますけど、
 スイングが良い悪いではなく、一つの分類として
 客観的に 自分のスイング、クラブ、悩み を見つめないと
 近視眼的な観察では答えを導き難くなります。

 Kさんのスイングは どちらかと言うと
 手で振る、ローテーションのあるスイングです。
 からだの回転 の円弧 に沿って、
 クラブを横に振るタイプ ですので
 弊社の重いヘッド、柔らかいシャフト から
 軽いヘッド、硬いシャフト に移行すると
 いっとき 強く、速く振れるようになるのは 分かります。

 ただ 軽いヘッド、硬いシャフト、しかも 長いモノ
 となると 飛ばすには そのまんま 振るスピード、
 ヘッドを動かす速度が重要になります から
 どうしても 大きな、しかも 速いテークアウェイになりがち…。

 ですので オーバースイングになってしまう、
 なんてことも副作用で付いて来ます。」

Kさん「はい・・・ そのまんま です。」
down under_Moment(2)

店長「これ パターで実験すると面白い んですけど
 弊社の重いヘッドの柔らかいシャフトのパター と
 とびっきり 軽いヘッドの硬いシャフトのパター を用意して
 それぞれ 5球交互に打ってみる を繰り返すと
 全員じゃないですけど、かなり多くの方が
 軽いヘッドの 硬いシャフトのパター の
 テークアウェイ、テークバックの初動、
 動き出し、一番始めのスタートが切り難く、
 場合によっては 半イップスみたいになるのです。

 やってみて下さい。」

Kさん「ああああ 動いてしまえば ヘッドが軽い方が
 動かし易いですが、スタートはすごくし難いですね。」


店長「そうですね。
 ヘッドが軽い、シャフトが硬い 方が
 ヘッドが軽いんだから 動かし易い と思いガチ ですが、
 逆に ヘッドが軽いので ヘッドだけを動かし易い、
 手でヒョイッと動かし易い ですよね。
 逆に ヘッドの重い、シャフトの柔らかいモノは
 グリップを動かす、正式には グリップを移動させないと
 ヘッドが動いてくれません。手でヒョイッと動かし難い・・・。
201812_Moment(2)

 単にヘッドを動かす だけであれば 前者、
 ヘッドが軽く、シャフトが硬いモノの方が簡単ですが、
 それを そのまま 手で動かすと
 想定とは違うトコロに上がってしまう・・・
 
video_Moment

 そりゃ そうですよね、
 本来で言えば からだが向きを変え、グリップが動き、
 ヘッドが動く モノ を
 手先、右手左手の入れ替えとか、ひねり とかで動かせば
 外目 というか、脹らみ目に動いたり、
 必要以上にインに動いたり、
 想定と違うように動いちゃいますし、
 テークアウェイの初動は目に見えてしまいますから
 気にするな と言っても難しい・・・。

 イップスって そこら辺から始まる訳です。」
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングの主導権を 遠心力に取られてしまいます : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)


JMさん「なかなか上手く行きませんが、
 トライしようとすると
 左サイドが止まる感じがわかりますねー。」

(からだの回転と腕・クラブ_Moment2022-06-17_13-39-40_Moment








店長「そうですか。
 通常、その左サイドの絞り とか、締まり、は
 左サイドの壁 と言われ、やるべきコト✋とされていますからね。
 良い、悪い ではありませんが、
 中高年ゴルファーにとっては 危険度の高い方法です。
 痛めやすいですね。」

JMさん「感覚的な感じではあるんですが、
 腕を伸ばす
👉円弧が大きくなる
👉それを回転、左向き(右打ち)で逃がす
 そんな感じになるんでしょうか❓」


店長「そう思います。
 止めるコト、受け止めるのではなく
 回転で流す方が安全だと思います。

JMさん「なるほど。 こうすると
 クラブに掛かる遠心力は 大きく増しません から
 グリップもガチッと握らないで大丈夫 になりますね。」

20220708_Moment

店長「ソコ 重要だと思います。
 やはり 硬いシャフト、硬いシャフトの方がヘッドが感じにくい、
 ヘッドが効いてないように感じますし、
 付いているヘッドも軽いですから
 どうしても 遠心力を強めて 棒を振ろうとする感覚が
 強いんだと思います。
 そう言う意味でも シャフトが柔らかい 👉ヘッドが効いている
 ヘッド自身も重量がある、悶絶クラブ向けの方法だと思います。」



JMさん「やってみると かなり タイミングが違う、
 まるで 違うタイミング感ですね。」


店長「でしょう〜ね〜。
 一般的なスイングイメージでは
〇廻ってから リリース
 廻るのが先で その後、腕を伸ばし クラブを振る感じ
 になると思いますが、
 このイメージでは
 クラブを放る訳ではありませんが、
〇腕を伸ばすのが先気味、その後、本格的な回転
 そんな感じで 真反対の順序 と思います。

(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 これも習慣化されてしまっていると思いますが
 インパクトって 手をひっくり返す、
 腕とグリップで作る三角形の 下側が向いていたのを
 上側に入れ替える動きをしていた のを
 下側、裏側を向けっ放しのまま 廻る、
 この感覚を覚えられると
 ドライバーのような強振するようなショット と
 速度を制限したアプローチショット に共通感を
 持てるようになると思います。
((リリースの違い フォローの違い_Moment(2)









 また、切り返し、ダウンスイングの初動で
 手を降ろす、グリップを下げる、
 この感覚、そのものはとても大切だと思うのですが、
 それが 既に出来る、掴めているのであれば
 グリップが下がるように からだを廻す、
 に留意した方が インパクト前後で 空間が詰まらず、
 手の入れ替え無しでボールをつかまえるコトに
 移っていき易いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


JMさん「遠心力をどうするのか、
 どう考えているか によって 大きく違うのですね。」


店長「はい。
 スイングにとって 遠心力は
 利用しない訳では無いですが、
 遠心力という 円の外に対し
 直線的に膨らもうとする、逃げようとするチカラは
 『いつ どの場面で使うか』によっては
 スイング軌道の円に対し、邪魔、
 必要以上の不可抗力を生み出すコトになってしまいます。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 手打ち 手振り と言われている方の多くは
 スイングの軌道、円弧を 遠心力で
 と言う意識がありますから
 本来、ここらへんで使うといいんじゃない
 と言う箇所に比べると かなり遅い です。」

JMさん「振り遅れて。。。いるというコトですか❓」

店長「結果としては そう見えますね。
 遠心力は 運動、この場合はスイングの円弧の進行、
 その場、その場では 90度異なる、
 外へと膨らもうとする直線的なチカラ です。
 クラブや腕に掛かり易いですので
 それを利用するのは
 曲がった、短くなった腕を伸ばすのに 利用
 助力させるのが一番良い利用方法でしょう。

 となると このタイミング です。
中島20202_Moment
 バランスボールで言うと
 ボールを 打ちたい方向に投げる のではなく
 ココに落とす、
 ココに落ちるように「放す」が近いでしょうか、
 
 クラブを投げる必要はないですが
 遠心力を受け止める必要はありませんので
 どこかで 「放す」とすれば
 この赤丸に行くように 「放す」感じになると思います。」

JMさん「だいぶ 手前になりますね。」

店長「はい。
 右打ちの人であれば 右の靴の前 位、
 その先 跳ねる、転がるボールが
 場合によっては 後ろ目に転がる位でも良いかと思います。」
2022-06-17_13-39-40_Moment








JMさん「それと比べると 今までの自分の『放す』
 リリースは やっぱり クラブ自体を目標に投げる
 タイミングなんですね。」


店長「そう言うことです。
 遥かに遅いですし、
 ソコで遠心力を放ってしまうと
 それを支えるため からだは、
 この場合多くが からだの左サイド ですが、
 止まってしまいます。
 止まる反動で リリースする、
 そんな感じになってしまいます。

 スイングの体の回転、
 クラブのリリース、
 そういうのを この感じで掴んでいる人、
 少なくないと思います。

 腕やクラブに掛かる遠心力を利用するタイミング、
 「放ち」のタイミングが遅すぎる とともに
 クラブ自体をリリースしては 安定しませんよ。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


JMさん「どういうことです?」

店長「言葉にすると ややこしいですけど
 遠心力は 軸点のある円運動があると発生する不可抗力で
 軸点から 外にはらもう、逃げようとするチカラです。
 その力は 移動が伴ってはいますけど
 円を造るチカラ ではなく、
 その掛かるチカラの方向から 
 反対の円運動を阻害するチカラ であり、
 その力の掛かり方は移動はしてますが、直線です。
flat-spot-hand-path2 (1)

 スイング、ショットにおいて
 遠心力を使わない とは言いませんけれど、
 遠心力は 円を造る、助ける力では無く
 軸点、スイングで言うと軸になり得る背骨とか、
 クラブを持っている腕であれば その付け根の肩部ですが、
 そこから外にはらもう、離れよう、とする直線的なチカラです。
 ですので 利用するとすれば、
 曲がって短くなった腕が 腕の付け根(肩)から離される
 伸びる、元の長さに戻る という直線的なチカラです。

 その力は 場合によっては 円を阻害します
 いつ発生させるか によりけり、です。

 しかし、多くの方のスイングを見ていると
 遠心力と円が 奇妙な関係、
 円が出来るから遠心力が発生し、それは円そのモノには
 あまり嬉しくないものなのに
 ほとんど イコールで考えているフシ が見受けられます。

 遠心力は外にはらもうとする 直線的なチカラ です。
 多くの方がイメージされている
2022-06-17_13-39-40_Moment

 このタイミングで 疑似クラブ、重いボールを放つ
 となると どうしても求心力、
 遠心力で外にはらもう、外に出て行こう とする力の
 反対の 求心力で調整が必要になります。
 それが からだの回転の止まり であったり、
 正しくないですが 左の壁 であったり、
 インパクト時の 左サイド、左腕や肘の絞り
 であるように見られます。

 インパクトは スイング動作の中では
 ボールに一番近づいている瞬間に該当する筈ですが、
 遠心力で実際に膨らむ分も含め、
 前傾姿勢の起き、からだの伸び上がり、からだの開き などで
 空間を作らなくてはならなくなります。

 正しくは 円運動が起こると
 その外にはらもうとするチカラで
 腕が伸ばされ(下げられ) 円は大きくなるので
 広義では 円の助力にはなっているので ややこしいですが、
 円ソノモノのエネルギーではないので
 ソコを間違っていると
 スイングの主導権を 遠心力に取られてしまいます。」

JMさん「。。。。。。」

店長「スイングの『動作』部分の 多くの悩みが 遠心力に関する、
 作られた遠心力を 相殺する為の求心力 に関連しています。
 
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 繰り返しますが、
 遠心力は 基点や軸点から 外に膨らもう とする直進のチカラで、
 そして それは 円運動を行った際、速度と重さにかかる
 ある種の副産物、
 その副産物は 元の運動の円には かなりの邪魔モノ になり得る
 ので それを造る箇所(時期)と
 その力は直線的に 外に向かって働く コトを
 良く考慮しなければいけません


2022-06-27_12-09-57_Moment(3)ですので ゴルフクラブにかかる遠心力 を
ボールの打ち出す方向 に掛けようとすると
どうしても 振り遅れ、打ち遅れ、
からだが左を向きかかってから
手で振るしか方法がありません。


 ゴルフクラブには遠心力はかかりますし、
 それを ある程度利用することは可能ですが、
 その遠心力で ゴルフクラブを放り投げる、
 しかも 『ボール』を打ち出したい方向に投げる、は
 
別の遊び
 で ゴルフクラブでボールを打つ のとは
 異なる動きになるのは 致し方ありません。

 手打ちで悩んでおられるゴルファーの殆どが
 実は 存在意識にあるコトを忠実に行っている、が故に
 手打ちに行き着いてしまっている、
 思った通りを上手に表現しているが故に 悩み と言えるのです。

 個別の方の 細かい悩みを別とすると
 ゴルファーの多くの悩みは
 ココが起因しているような気がしてなりません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「握力に依存するスイングをすると
 グリップが乱れ、アドレスに影響し
 想定外のミスが増えるようになる、
 握力に依存しない からだの回転を主とした
 スイングの移行は スイング動作ソノモノの改善、
 その動作による直接的なミス
 より 派生してしまう事前のミスを減らす
  コチラの方が主と考えて良いと思います。」

JMさん「なるほど。
 とは言うモノの からだの回転で を意識しても
 結局、手でクラブを振っちゃう、
 握力に依存しちゃうスイングになっちゃうのは
 どうしてですか?」


店長「多いですね。
 スイング、ショットに悩みをかかえ
 ちょっとでも スイングを考えたことがあるようなゴルファーは
 この からだの回転にしたいのに
 結局、手で振る割合が多い に殆ど属している

 のではないですかね。
大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)大森201904_Moment(4)






 全部を からだの回転に なんてのは
 そう簡単に行きませんし、長期的な課題 です。
 クラブが円を描く その動力割合を出来るだけ
 からだに委ねる、握力や腕力への負担・疲労を抑える、
 グリップやアドレスに影響が出ない程度で抑える、
 その程度と考えた方が 現実的だと思います。


 私はその部分、動作の技術的、作法の問題よりも
 なんとなく、ぼやッとしているけれど
 思い込みの部分が強いと思います。」

JMさん「と言いますと?」

店長「バランスボールを使った 疑似スイングですが、
 実際に 自分でクラブに掛かっている遠心力とか
 そう言うモノを放つ、解き放つ、 リリースといいますか
 イメージの中にある そのリリースのタイミング、箇所、
 そこで バランスボール、重いボールを放す

 をして頂きます。
2022-06-17_13-39-40_Momentそうしますと 多くの方は
このタイミング に ボールを放ちます。
おそらく…ですが、
『手で✋ ではなく
からだの回転で振りたい が故に』
 でしょう、
このタイミング に この場合は疑似クラブである
重いボールを放つ となると
 からだが左を向き始め、体自身の動きが減速に
 なり始める このタイミングでボールを放つ と
 手で ボールを 『左に』放つ、
 ボールに掛かる遠心力でボールを横に投げる

 このイメージでは そのまんま 手打ち です。

 この場合は重いボールですが、
 その疑似クラブを目標に投げる、遠くに投げる、
 のがゴルフショットでは無く、
 遠心力などの不可抗力のかかる そのゴルフクラブで
 ボールを打つのが ゴルフショット です。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 とても伝わり難いとは思うのですが、

 からだの回転を主に クラブを動かす と
 クラブ、ヘッドが円を描くのはからだの向きが主なので

 クラブに掛かる遠心力 と
 クラブが円を描く 箇所は視覚的に一致しないのですが、

 多くの方は 遠心力とクラブが円を描く が
 意識として一致した箇所なので
 どうしても グリップが軸になった手打ち
 に行き着いてしまいます。」

JMさん「!!!!!」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転で 直接クラブを動かす の
 最大の利点は
 握力に依存しないグリップでも大丈夫
 
と言う点です。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 ご自分でも実験してみると分かりますが、
 クラブを持って クラブ自身を動かさず
 自分が向きを変える、回転すると、
 握り、グリップへの負担はとても少ない、
 ボールを打たない、緩めの素振りであれば
 手のひらをグリップに付けず、指先だけで持っていても
 大丈夫ですが、
 手でヘッドをぶんぶん振る、
 自分は向きを変えず、腕さばきでクラブを丸く振る となると
 かなり強く、言葉は悪いですが「くそ握り」していないと
 クラブがすっ飛んでいってしまいます。 」

JMさん「全然違いますねー。」

店長「ですです。

 右打ちの場合のアドレスは
 右グリップの方が 左グリップよりも ヘッド側、
 こぶし一個分 遠いトコロを握るので
 その分、骨盤そのものをほんの少しだけ右に傾ける
 と言うのがありますが、
 手でクラブを振ってしまうと
 そのギャップが大きくなりガチ で
 😿アドレスが歪み易く なります。
20220708_Moment

 今 のJMさん の状態ですと
 左グリップが深く、フックがきついです。
 (フックグリップが悪い というコトではありません)
 それが故に 右グリップが入るトコロが無く
 左右が大きく離れたグリップになっています。

 そして 左右が大きく離れているので
 伸ばした右腕に対し、左腕の長さが邪魔な状態…
 それを解消する為、
 左肩をあげ、腕の長さを相殺するような姿勢を取っています。
 骨盤に比べると 肩周りが妙に左が高い。。。
 安定したショットのし難いアドレスです。

 そして コレは ラウンドが進行し、
 左の握力が低下してくると より悪い方に進む可能性が
 とても高いと思います。

 あとでまた話題にしますが、
 握力が低下してくる、
 しかし 握力に依存した振り方はそのまま。。。
 となると 左のグリップがより深く握るコトになります。
IMG_0795IMG_0794





 左のグリップが深くなる は
 よりフックグリップ度が深まる となり易いので
 右のグリップの入るトコロがなくなり
 右のグリップがどんどん離れたところを握らざるを得ない。
👉当然 その左右のグリップの離れ は
 その離れ分、アドレスにもアレンジが必要となりますので
 歪んだアドレス、変化したアドレスになり、
 ボールの置き位置や向いている方向に大きく影響します。 
✋そして それには自覚がない…。

 練習場と違い、コースへ出ると 景色やモノの配置などによって
 アドレスの方向やボールの位置が狂いガチ ですが、
 その相対にあたる アドレスが歪んでいると
 それも悪い方に進む可能性があり、
 コースで出るミスの主な原因は コレ❓ なんじゃないか、
 と思って良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


JMさん「ミスショットを減らしたい、
 安定したショットを繰り返したい、
 というコトで 今日はやって来ました😫」


店長「いらっしゃ〜いませ
 大きなミスを減らす、
 もしくは ミスの幅を狭くする というのは
 スコアアップ、ゴルフ向上の為 不可欠ですね。
 そう言う意味合いで スイングも有ったりするのですが、
 一番のポイントは
 機械でいう ゼロ調整、スパン調整だと思います。」

JMさん「ゼロ調整? スパン調整?」

店長「簡単に言うと 基準値になる ゼロがブレないコト、ブレにくいコト
 例えば ですけれど
 ペーハーを測って、それに応じて 処置をする機械の
 基準値になる 中性㏗7.0がズレていたら
 問題が起こりますから、その基準値をブレないよう
 機械であれば 調整したり、校正をしたりしますよね。
20220708_Moment

 スイングで言うと
 動作が始まってからのミスは 少ないに越したことは
 ありませんが、もう仕方ありません。

 そうではなく 動作を始める前の ズレ が
 ミスの大元になりガチ なので
 動作を始める前の ズレ を減らしておく
 それが ショットの安定度を向上させる
 とても大切なポイントだと思います。

 そう言う意味合いで
 体力、筋力に依存しがちな 手打ち は
 出来るだけ避けた方が良い と言う話です。


 では 具体的に進めてみましょう。
 まず アドレス、グリップから見させてください。」

JMさん「はい。」

店長「何も考えず いつも通りの、
 違和感のない グリップ・アドレスを造って下さい。」

JMさん「はい。」

店長「一般的に言われる 手打ち、手振り、
 この最大の欠点は 動作そのもの よりも
 それをする為に 握力、特に右打ちの人の左グリップに掛かる
 負担が大きいことにあります。

 現在のグリップは
 手で振る為、
 特にヘッドを返す、フェースローテーションをする為、
 右グリップと左グリップが離れた、
 俗に言う 緩んだ、弛緩したグリップの関係になっています。
「アドレス修正

 また ココも 手打ちの最大の欠点なんですが、
 ヘッドを返す、フェースローテーションをする
 その支点になる 左グリップが深い握り、
 本来 グリップは 『グリップ』 で
 英語で言うトコロの 『グラブ』 ではありません。
 その二つの違いは グリップは 指の仕事
 グラブは手のひらの仕事 と考えて良いと思います。
 フィンガー、もしくはセミフィンガーで握るのが『グリップ』で
 手全体、特に手の平で握るのが『グラブ』です。

 フィンガー気味で握ると 手のひらは 面 とした残り易いですが、
 手のひらで握ると 手が✊になって、丸くなってしまうので
 手のひらが残りません。
 手のひらは ヘッドのフェースと関連する 大切な、
 そして ショットの安定や方向の安定には パーツです。
 それを自ら 抹消してしまうのは勿体ない、 のと
 フェースローテーションの支点となる 左グリップが
 手のひらで 深く握ってしまうと
 強いフックグリップになってしまったり
 右グリップが入る場所がなくなり、
 左右のグリップが離れた状態になり易くなります。

 ここまでは まだ序の口です。

 私たちの年齢 50歳以上ですと
 一番 耐久性、持久力の乏しいパーツは 腕力、握力 です。
 左グリップを強く握る必要のある 手打ち は
 ラウンド中、低下していく握力を補うため、
 疲労度合いとともに グリップの深さ や
 フックグリップの度合い が 深まります。

 機会がありましたら お友達のラウンド で
 フックグリップの度合い、
 握りの深まりの変化、
 左右のグリップの離れ度合いの変化、
 そこらへんの 推移を観察してみて下さい。
 思っている以上の変化していたり、します。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スイングでよく言う リキミ みたいなモノも
 関係があるんでしょうか❓」

店長「有ると思います。

 リキミ の多くの場合、
 自分で作り出してしまう、増やしてしまう、
 クラブ、ヘッドの過度な重さが原因 であったりします。

〇ヘッドを振る、ローテーションする為に
 フェースを開いてテークアウェイを取れば、
 フェースを開いて上げていないの比べ、
 当然、ヘッドは重く感じます。
((((((((_Moment
〇クラブ、ヘッドを積極的に動かさず 自分自身が右を向く
 これが テークアウェイ、スイングの原則ですが、
 そうでなく クラブを、ヘッドを動かしてしまえば
 当然、よりクラブは重くなってしまいますし、
 そう言う場合、肩周りか、腕でクラブを動かしている、
 支えている訳ですから ソコに重さが掛かる、
 つまり 力む訳です。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)








 インパクトへ入ってくるのに
 肘とグリップ出来ている三角形 の 下側、裏側と言えば良いのか
 そちらが ボールなり、目標を向いている、
 でも、からだの向きが変わるから ボールは打てる訳で…

 その三角形を 腕で表向き にしてしまうと
 クラブのターンは『二重』になってしまいますよね。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(からだの回転と腕・クラブ_Moment(2)








 打つまでの ヘッドの軌道も必要以上に大きくなりますし、
 クラブヘッドに遠心力もかけている。

 例えば ですけれど
 インパクトで伸び上がる は聞いたコトありますけど
 インパクトで縮み込む と言う悩みはあまり聞いたコトありません。

 手が浮く 〜ディッシュアングルが無くなる  もありますが、
 インパクトで手(グリップ)が沈む悩みも聞いたコトありません。
 スイングの種別に関係なく
 ダフル と言えば ボールの手前 で
 ボールの先をダフル人は 見たコト無いんじゃないです❓
(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)
 つまり どれもこれも 必要以上に
 スイングパス(軌道)が膨らみ過ぎていて
 遠心力がかかり過ぎている
 『遠心力への対処』『求心力な動作ばかり』 ですよね❓


 クラブと腕で グリップが先頭になった『V字型』で動いているのと
 クラブと腕が ひとつの直線に近い長さで動いているのでは
 当然、打ち手に 掛かる重みも かなり違いますから
 どちらが『力む』コトになるかは 明白 だと思います。」

質問「ですよねー。」

店長「まったく腕を使わない訳じゃぁないですけど
〇からだの向き主体で クラブをターンさせるのと
〇曲がった腕を伸ばすコトを主体で クラブをターンさせるのでは
 それは後者の方が リキミが『必要』になります。
 前者の方が からだの近くをグリップが通ります。
 後者は どうしても『伸ばす』動作が明確に存在するので
 伸ばせる姿勢になるのに 切り返してから『一呼吸』以上必要で
 グリップはカラダから離れて行こうとします。
 より クラブが遠くを通り易いので 力みますよね。


 そもそも…ですけれど
 テークアウェイの段階において
 腕のリリースによる打撃が主になるように
 クラブを開いたり、寝かしたり した時点で
 からだの向き主体で はかなり無理があります。

 裏投げ って呼んでますけど、
 こういう感じが掴めてくると
 テークアウェイも、アドレスやグリップも
 意識的でなくとも 変わってしまう可能性は高いですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフショットでボールを打つとか、
 真っ直ぐ飛ばす、遠くに飛ばす
 そういう願望無しに 物理的な目線で
 考えてみるのも良いでしょうね。
 私はそういう目線 大好きなんです。」

質問「苦手かも知れない。」

店長「ふふふ 分かります、分かります。
 例えば ですよ
 この写真をご覧ください。
20161215_Slomo_Moment

 概ね トップ、切り返しの画像 です。
 ここから インパクト付近まで
 上下もありますけれど
 グリップ、グリップエンドは 黒い線位の道のりで
 進んでいくんですが、
 クラブのグリップが ソコに向かって移動したら
 ヘッドはどうなっていくと思います❓」

質問「冷静に考えれば 確かに グリップがボール側、
 ヘッドが自分側(ボールから遠い方)
 その位置関係が 反転する動きも、時間的余裕もなさそうですね。」

ビデオ_Moment

店長「ココから始まる と考えた
20161215_Slomo_Momentスタート地点の時点で ヘッドの方が画像 左側、
ボールから離れたトコロ にあるので
グリップが移動するであろう 黒い線 よりも
ヘッドは自分側、内側を通る と考えて良いでしょう。
勿論 意図的な何かの動作 を除いて ですが…。」

質問「ボールを打つ前に ヘッドの方がボールの方に出る、
 となると グリップの移動よりも たくさん動いていないと
 無理そうですよね。」


店長「ですです。
 まあ それを アウトサイドイン って言うんですけどね。

 クラブヘッドには 重心と言って
 重量の中心点がシャフトの延長線上に無い ズレた構造、
 重量配分を持っていますから
 グリップの移動によって 引きずられたヘッドは
 フェースが開くか、フェースが閉じるか、
 そのどちらかにしか ならず、
 多くの人は ココで その処理を 開き にしてしまって
 大きなボタンの掛け違い を始めてしまいます。」

質問「ヘッドの遅れ と言って良いのか分かりませんが、
 ソレを開き にしないようにする為、
 クラブを開いて上げる、テークアウェイを取るコトを
 避けた方が良いと提唱されていますよね。」

(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

店長「そうですね、適度にですけれど
 右ひじを外めに張った状態にしておいて
 クラブの重さが左腕を下げる方に掛かるように
 仕向けておくのがポイントになると思います。

 開きは からだの回転に対して
 先行ポジションにある左手、左グリップの同期を逸した、
 手遅れが始まりになりますから。
flat-spot-hand-path2 (1)
 からだの向きで移動した 左グリップが
 インパクト、もしくはインパクトより前 で
 上方向に逃げられるようにしておいた方が良いです。

 インパクトは からだの正面と言いますが、
 微妙には からだが左を向き始めた
 つまり 全体が上向きになり始めたトコロになるので、
 少々大袈裟ですが、インパクトでは左グリップが上がり始める
 位の気持ちの方が からだの回転との繋がりは良いです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「右手の伸ばし(右打ち)、リリース について
 はどうでしょうか❓」
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

店長「バランスボールを持ったまま、
 トップの位置から からだを廻す と
 ボールソノモノ の重さ と運動によって
 ボールは下に下がろう、落ちよう とします。

 腕の作業は それを ゴルフで言うトコロの
 フェースの下向きに変えてやれば良いだけで
 からだは廻っていても それはグリップの移動が成されているだけで
 ダウンスイング〜インパクト程度の 回転では
 グリップとヘッドの位置関係が『反転する』ほど移動していませんから
 二重で からだの仕事を奪わなくて良いのです。

 結果、重さと遠心力が掛かって
 右腕(右打ち)は伸ばされてしまいますが、
👉それは拒否しない、
👉そして 下向きに誘導する
 となると
 左手は円の外を通って、
 しかも その先、上に逃げて行かないと
 フェースの下向きは誘導されません。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment

 ダウンスイング、切り返しの左腕の下がり は
 主に からだの向きで行います。
 苦手な人は 少し 左腕の下がり先行で
 からだの回転に同期させるようにしても良いと思いますが、
 自分で下げる積極性は 特にありません。
 むしろ 重要なのは インパクト以降の左腕の上がり、
 左上腕の上がり、上下関係と言う意味での左脇の空き に
 なると思います。
((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)

✋ココが上に逃げてくれないと
 ヘッド軌道が内に切り込んでしまいますから
 へっそ姿勢やヘッド軌道の安定性を欠きますし、
 場合によっては 内に切り込み過ぎ、
 その結果、軌道に対し 開いた状態のヘッドが作られ
 アウトサイドイン や フェースの開き という
 変な スイング理論に埋没してしまう
 可能性が秘めているので
ボールをつかまえる、
ボールをつぶす、
上から打つ、
ロフトを締める、
 と言う点において インパクト、インパクト以降の
 左上腕の上への動きはとても大切なのです。
flat-spot-hand-path2 (1)

 コレ 誤解を招くので あまり言いたくないのですが、
 歴代のトッププロの ヘッド軌道 と
 グリップ軌道のデータの平均値を取ると
 俗に言われる ダウンブローは
 薄〜く ですが
 グリップが上昇しかかったトコロにインパクトがある
 と言うのが有るのです。
 ✋ドライバーショット って訳じゃあないですよ。
 その方が インパクト姿勢が安定し、
 インパクトをゾーンで長く取れる というコトなのです。

 くれぐれも煽って振ろう
 上を向いて振ろう と言う意味ではないですよ😵
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ