◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:ゴルフショット


店長「今日はどうしました❓」
Jさん「最近、パッティングに悩んでいます。
 ちょっと見て貰えます?」
店長「どぞどぞ」
Jさん「引っ掛かりが多くて パット数が40近くに
 なってしまいます。」

((パッティングストローク_Moment(3)

店長「質問、なのですが、
 やはり 真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す って
 意識は持たれています❓」
Jさん「強く、ではないですが、あると思います。」
店長「真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す の理由というか、
 意義と言えば良いのか、真意はなんでしょうか❓」
Jさん「構え に対して 真っ直ぐ転がす、真っ直ぐ出す
 というコトだと思うのですが…。」

店長「ほとんどの人がそう答える、模範解答だとは思いますが
 悩んでいる人にとっては 良い回答とは言えないかも知れません。」
Jさん「どういうコト ですか❓」
店長「自分の構え、スタンス、アドレスの方向 に
 対し 平行なストローク、直角なインパクト を造っても
 ヘッドには ロフト角度とライ角度 があり
 ストロークも立体、3次元ですので
  平面感覚・2次元感覚では捉えにくいモノです。
IMG_0003IMG_0004







 厳密には直角なインパクトになり難いですし、
 アドレスに平行なストローク を意識し過ぎると
 距離感を喪失し易くなります。
 勿論、悩んでいないのなら別に良いのですが…。

 パッティングストロークの場合、
 まず なにより優先されるのは 距離感 です。
 すべてのアクションは 距離感を阻害しないように考える
 と言うのがとても大切です。」

Jさん「言われてみると。。。
 距離感よりも 方向、真っ直ぐ打つコトを強く意識している
 ような気がします。」

店長「距離が合っている限り、大きなミスは出難いですし、
 いずれ 入りだす と言えば良いのか、
 総合的なパット数は必ず減ります。
 一方、方向、特にアドレスに対し「真っ直ぐ打つ」
 を強く意識している方が パットミスも減らず、
 パット数に変化は生まれにくい でしょう。

 距離感 には幾つかポイントがあります。
 
 カラダに一定の距離感を染み込ませる には
〇いつも似たような ロフト
〇似たような軌道、(ヘッドの上下移動、高さ変化)
 で打つ習慣をつけるコト。


 アドレスに対し 「真っ直ぐ打つ」
「真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す」を意識し過ぎると
 ヘッド軌道が アッパーでインパクトを迎えやすく、
 場合によっては 歯で打つようなストロークも起きます。
 軌道も含めて インパクトロフトが暴れると
 距離と力加減、運動加減が結びつき難くなります。
((パッティングストローク_Moment((パッティングストローク_Moment(2)










 多くのアマチュアのインパクトを見ていると
 真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す を最優先に考えているが故に
 ヘッドの下側、ボールの上側 を打っているケースが多く、
 インパクトの音が悪い、
 パターで言う トップで打っている人が少なくありません。

 ですので 最近は多くないですが、
 ソフトな打感を謳った フェース面に異素材、ソフトな素材が
 入っているモノがありますが、その手のストロークをしている人
 にとって そのインサートを外して打ってしまうので
 意味が無かったりするのです。

 パッティング用語で フォローを低く、長く出す
 と言うのがありますが、
 フォローを低くする の意味合いは
 インパクトロフトのブレ を極力抑える
 と言う意味で
 飛球線方向に真っ直ぐ出す は副産物でしかありません。」 


「方向について。。。。 これは余談ですが
 例えば 私、の場合ですので お薦めしている訳ではないですが
 私は ショルダーストロークでは無く、
〇ヘッドの上下動を出来る限り 抑えたい
〇同じロフトでインパクトしたい
  ので
 弊社で言うトコロの 刷毛塗のストローク をしていますが、
 スタンスに対し 真っ直ぐ打つのではなく、
 微妙にですが、右めに打つようにしています。
 ほんの少し、アウトサイドインと言えば良いでしょうか…。

 真っ直ぐのラインだとして、
 真ん中、時計の針で言う6時から入れる というよりも
 5時、5時半から入れる位のイメージを持っています。

 例えば クローズで やや左に出すも アリ ですし、
 私のように オープン気味で やや右にアリ だと思います。
 真っ直ぐ打つ は 自分のスタンスに対し 直角・真っ直ぐ
 ではなく、自分なりの一定の方向 と考えた方が
 自分への圧力も少なくなると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバーも含めた ショット全般の
 ぼーるのつかまり の話し です
IMG_0526IMG_0524




Hさん「助けて下さい。
 スライスが増えてしまって 飛ばないんです。」

店長「ooooo  お約束のお悩みですね。」
Hさん「ですねー。」
店長「つかまらない って言う イメージは
 どんな感じです❓」
Hさん「やっぱり 開いているってイメージですかね。」
店長「そうですか…。
 ボールのつかまり に対して
 ちょっと 乱暴ですけれど
 分かり易い イメージは ですね。

 5番アイアンのロフト、8番アイアンのロフト、
 ヘッドの重量は同じ、長さや硬さも同じ、
 2本のクラブが有るとします。
 表記番号は無しの 5番アイアン相当のロフトの方が
 8番 アイアン相当のロフトが

 これ 単純に
 ロフトの立っている  ,諒がつかまります。
 当たり前 ですよね。

 アイアンで言うと つかまえるコトだけに特化させるなら
 ロフトを0度とか、マイナスにすれば良いのですが、
 これでは 浮力も得られませんし、ボールも止まりません。
 そこで ロフト と言う角度を用いて
 ボールの推進力を 上への角度 や ボールの回転に
 化けさせ、推進力を逃がして 使いやすいモノに、
 距離が分かれるように、してあります。

 ロフトって 意図的にこする機能 とも言えます。

Hさん「ロフトなんですね。」
店長「ま、少し 乱暴ですが、その通りです。」
Hさん「ロフトを立てて使えば良いのですか?」
店長「なんでもかんでも って意味では無いですので
 どのクラブも たくさんロフトを立てれば良い訳では
 ありません。

 ロフトには役割がありますから、
 5番アイアンには5番のロフトなりのつかまり、
 8番アイアンには8番のロフトなりのつかまり、

 自分でも調べることが出来ますが、
 アイアンを ティーアップで良いですから
 上からひと通り打ってみる。
IMG_0489IMG_0487




 練習場のボールによって、ですが
 ショットマーカーを使うと見やすいかも知れませんが、
 無くても大丈夫な場合もあるでしょう。

 ひと通り打ってみて それぞれの打痕、
 フェース上のボールの打った跡、ですね。
 ロフトが立っているモノは ボールと同じ形状の
 丸い跡、場合によってはディンプルが判るかも ですが、
 ロフトが寝てくると ボールが 上方向に逃げた
 引っ掻き傷っぽい打痕に変わってきます。

✋その境目が何番、幾つのロフトに来るか です。

 流石に ロフトが45度を超えると
 ボールは上に逃げる比率が大きくなるので
 丸い打痕が 上への逃げる引っ掻き傷 になり易いです。
 番手で言うと 9番アイアン、ピッチングあたり から
 そうなるのであれば OK ですが、
 7番アイアン、6番アイアン 辺りに
 引っ掻き傷が多いのは あまり芳しくないですね。
IMG_3235

 逆に ロフト50度を超えるような PS、SWあたりで
 丸い ディンプルが残るような打痕は やり過ぎ で
 コレもまた 飛距離が伸びない原因になり得ます。」
【つかまえの作法】_Moment

店長「ま、これは余談 なんですが
 クラブの中で コト「つかまえるコト」に関しては
 一番ロフトの少ないドライバーが優れています。
 打痕 に関しても ボールのつぶれ跡、つぶれ具合は
 打撃スピードもありますが、一番激しくなり
 ボールの跡も大きくなります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Aさん「ユーチューブの動画を見ても
 実際の練習場でのレッスンでも 振り子式のアプローチ
 とても "普及" しているように思えますが…。」

店長「ですねー。
 コレ とても 不思議なんですが、、、
 レッスンをされる方も カラダを回転させる、
 それが 肩であっても、腰であっても、股関節、足であっても
 見た目が『振り子』に見えるのであって
 首や背中を支点にして 左右を上げたり、下げたり する
 振り子運動で無いのは判ると思うのですが。。。」

Aさん「確かにそう見えますよね。」
店長「見た目、とか 恰好はどうでも良いと思うのですが、
 パッティングの振り子もお薦めはしませんが、
 やはり パッティングの延長でアプローチやショットも
 と言うトコロから入るんでしょうかね…。
 パターのような、ホントにちょっとだけ打つ の距離であれば
 差は出難いですが、
 それが ある程度の距離 30ヤードとかになると、
 振り子式のデメリット、ダメな点と言えば良いのか、
 ミスになる確率、上手く行かない確率が高い、
 教える立場の人であれば…判ると思うですけど…。」

Aさん「練習場で、女性を、集団で
 振り子させている光景をよく見る気がするんですが…。」

店長「う〜〜〜〜〜む……ですね。
 凄く短い距離の場合に限りますが、
 からだの回転、向きを変えて
 上手にボールを当てる、打つ は
 確かに 振り子よりも 初期ハードルは高いかも知れませんが、
 振り子のまま、それを大きくして アプローチにしてしまうと
 生涯、アプローチが苦手とか、嫌いとか、
 ソコから逃れられなくなり易いですし、
 振り子式 は ある年齢になると 腰痛が怖くなりますから
 一番始めの導入 のトコロを除き、
 良いトコロ、メリットは殆どないんです。」
607a83e4-s

スナップショット 1 (2013-04-13 23-00)スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)




Aさん「。。。。。。。
 アプローチに限らず、ショットとかスイングは
 形から入るトコロが多いのかも知れませんね。」

店長「ありますね。

 振り子式ショット(アプローチ)の欠点の一つに
 同じ距離を打つのに 強めに打たなければならない
 というのがあります。
 打ち上げのライ から打つのと似たような距離感になります。
 にもかかわらず 距離を増やすのに
 運動の速度やヘッドスピードを上げると
 距離にならず、抜けるような球になり易く、
 スピンの量も増えにくい、
 振り感と距離のつながりが悪くなります。」
Aさん「アマチュアのスピンが効かない、というのは
 これが多いのですか❓」

店長「そう思います。
564dfb4d o0361056812059034776







 次に 振り子式は 通常の回転、ではないので
 振り幅が大きくなると からだの傾きが増え、
 最下点が手前にズレやすくなります。

 ボールの位置で対処するしかないですが、
 ダフリ、トップ、が出易い方法と言えるでしょうね。」
Aさん「良いトコロないじゃないですか…。」
店長「あえて言えば 初心者に教え易い、
 見た目から納得して貰い易い点のみ、だけ でしょうか。」
Aさん「。。。。。。。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

Desktop 2022.01.23 - 23.06.47.02_Moment
店主「このシチュエーション
 ピンまでは 33ヤード
 もし バンカーを越えた 直ぐのトコロ(赤丸)に落とすとしたら
 20ヤード前後キャリーさせて 残りは転がり。」
J氏「いつも そういう狙いをしています。」

店主「本当のグリーン周り グリーンにかかっているトコロ からは
 ランニングや転がしを推奨していますけど
 この場面ではそれは出来ない。
 となると アプローチの狙いの基本中の基本 は
✋✋✋ピン・キャリー を打つコト。


J氏「ええええ?! そうなんですかぁ」

店主「そうですね。
 だって アプローチの練習 って
 20ヤードキャリーさせて 10ヤード転がす なんて
 練習って…毎回してます❓」

J氏「ほとんど してないですね。」

店主「ですよね。30ヤードのショットは練習したコト
 有ると思うんです。 ですので 練習場でしている通り、
 30ヤードのショットを打てば良いんです。
 練習場で したコトもないシチュエーションを
 現場でぶっつけ本番でやるんです。
 打つ前から 結果、想像出来ますよね…。」

J氏「ですねぇ。。。そう言われれば ホントにそうです。」

店主「今、手にしているのは PS(AW)やSWですので
 上手に当たれば 想定より 微妙にショートし易いので
 きっちり ピンキャリーをイメージして打つ方が良いです。
 そして そのボールは 結構、止まります。
 それに比べ、上手く行った、としても20ヤードキャリーの
 アプローチは まず、スピンが効くコトはありません。」

J氏(実際に行いながら)「確かに…上手く行っても止まりませんね。」

店主「プロの場合、この練習も 飽きるほどしています。
 ですので 練習通りに その狙い通りにしたり しますが、
 アマチュアの場合、そういう狙いで練習していません。
 聞いたコトはないですが、小学生の夏休みの漢字の書き取り のように
 なんとなく やっていれば 上手く成る…程度の意識で
 アプローチの練習をしている気がします。」

J氏「本当にそうですねぇw」

店主「練習場でアプローチの練習をしても、
 現場に行くと そのアプローチの練習を活かさない、
 その練習が活かされないので
 練習場でのアプローチに身が入らない と言う悪循環になります。」

Desktop 2022.01.23 - 23.06.47.02_Moment
店主「20ヤード先に この円の中にボールを打つ、
 なんて練習もしていませんし、
 20ヤードのショットはヘッドスピードがありませんから
 数ミリの当たりの差が そのまま 弾道に出ます。

 バンカー越え なんて ショットの多くは
 ライも逆目、芝付きが悪いケースも少なくありません。
 ヘッドの入り に厳密さが必要で
 ヘッドの抜けも良くない状況です。


 バンカーを越えた すぐのトコロ・・・
 この狙い場所 だと キャリーボールの位置が
 前後左右 30僂困譴燭世韻如…砲ぅ潺垢吠僂錣蠅泙后

 加減しながら…ビビッて打つような
 ゆっくりのこのショットの 難易度はとても高いです。


 バンカーに入ってしまうことも往々にしてあると思います。
 30ヤード、35ヤード打てば ヘッドスピードは速いので
 数ミリ程度のズレは スピードが吸収してくれます、から
 余程、のミスでない限り、だいたい OKです。」

J氏「バンカー…あります、あります。」

店主「勿論、その狙いを練習しており、
 ソコソコの成功率に自信があるのなら 良いです。
 
 ピンキャリー 30ヤード前後のショットを打つのであれば

 前後左右に1m 半径2mの円の中であれば
 正直、どこに落ちても 結果は大きく差が出ませんが、
 目の前のバンカー越え狙いでは 半径50儖焚爾留澆涼譱世
 なのですから 難易度が高過ぎます。」

店主「アプローチの基本は ピンキャリー です
 そうして置けば 次のパッティングのラインや距離感も
 参考になる情報が得られます。」

店主「また バンカー越え の厳しい狙い、
 往々にして ミスって バンカーに入ってしまう…のですが、
 そうなると 持っているクラブがPS で SWに変えたい…けど
 カートやキャディさんが近くにいないから そのまま、とか
 落ち込んで、投げやりになってしまう、とか
 中途半端な判断で打ってしまったり、とか
 上手く行かないよう 自分を誘導してしまう可能性が高まります。」

J氏「うわ…見られているようです。」
店主「ですので アプローチは どの場面であっても
 まずは ピンキャリーが基本。
 他に選択肢が有った場合、
 自分のコンディション や 状況、成功率、
 次に起こりうるコト などを照らし合わせて
 ちゃんと『判断』する必要があります。
 『判断』をしないなら ピンキャリーが原則 です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



野球などで使われる 『リリース』 …解放、解き放つ等の意味
 と言う言葉はゴルフショットでも用いられますが、
ゴルフショットの場合、
リリースするのは ボール であって ゴルフクラブではありません。

ゴルフクラブを 放っぽり投げて ボールを打つのでは
上下左右の角度が重要なゴルフショットにとって
あまりに不正確になります。


スイングにおいても
右利きの人が右打ちをして 主に利き腕を使って
「リリース」をするのですが
(あくまでも 打撃の主力エンジンはヘッドの重さとからだの回転です)
それは 当然、ゴルフクラブを 「解き放つ」 ではなく
自分の一部として、道具として
ゴルフクラブを使って ボールを 「解き放つ」 という意味です。

そう言う誤解もあるのではないかと思います。

大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)大森201904_Moment(4)











多くのゴルファーは 右腕を伸ばすことで
右腕とクラブを一直線、もしくはそれ以上
右腕のかいな 右から左にひっぱたく延長線上で
クラブを「解き放って」しまっています。

リリースすることによって
仮想のスイングの円弧に対し
時計の針(クラブ)を 垂直な関係
アドレス時に 6時になっているクラブを
6時に戻し それ以上 振ろうとしていますが
円弧を ヘッドがなぞる 舐めるのは
からだが回るからであって 腕の仕事ではありません。
文字盤3-6ji

それでは 結果、体の仕事を取ってしまい
からだの回転で打つコトが出来ません。

利き腕(右打ちの人の右腕)のリリースは
円弧の外周を ヘッドでなぞる のではなく
小さくなった円弧、高くなった円弧を
元の大きさ、元の高さに戻す役割の方が
遥かに多いのです。

文字盤3-400x392 - コピー (2)文字盤3-400x392 - コピー









ですので イメージ・・・ですが、
ヘッドで円弧をなぞる、舐めるようにリリースするのではなく
クラブ、シャフトを仮想の円弧に押し付けるように
リリースしなくてはイケマセン


その外周にクラブを押し付ける 腕のリリースによって
グリップの位置が下がり、円弧が元の大きさになり
クラブや腕の重さ と からだの回転につながりが出来ます。

ダウンスイング後半の一番大事なトコロ、
一番美味しいトコロで クラブ、シャフトを丸く振れば
当然 その丸く振った方向に遠心力が掛かってしまいますから
からだは その遠心力と真反対の方向に 引く動き
からだを開き、上を向く動きがする必要が生まれます。
ボールの位置は 固定されている のですから✋
本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(5)

速く、強く、丸く振る程 からだは開き、上を向き
ロフトは増え、入射角度は緩くなり、
スイングの最下点は ボールより手前になります。
これは 地球上でゴルフをしている限り
 絶対に逃げられない法則 自然のルールなのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ