◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:ゴルフクラブ


質問「柔らかいシャフトで覚えられるコト というのが
 あるそうなのですが、それはナンでしょう❓」

店主「多くの人、もしかしたら ほぼ全員と言えるかも知れません。。。 
 誰かに教わった、と言う訳では無いと思うのですが、
 シャフトの役割は ヘッドを動かすためのモノ、
 ヘッドでボールを弾くため ヘッドを動かすモノ、
 と思っていると思います・・・が・・・
 シャフトの大きな役割は グリップを動かす為のモノ
 です。」
からだの軸イメージ

質問「ええええ!! そうなんですか?!」
店主「ハイ。 打撃の悩み、向上を目指すのに
 多くの方は インパクト時の ヘッド姿勢にコダワリますが、
 空振りをしない限り、🥎の位置は動かないのですから
 ヘッドとボールの位置関係は ある程度、決まっています。
 にもかかわらず 飛距離や弾道、方向や曲がりなどが
 異なるのは ヘッド姿勢を決める👉グリップの位置 が
 異なる訳で、注意するべきは グリップの移動、位置です。」
質問「そう言われれば 確かにそうですね。」
店主「例えば、ですが、よく言われる
 ハンドファーストのインパクト
 多くの人は スイング技術としてハンドファースト
 に『する』モノと思っていますが、
 それは シャフトの仕事 と考えて良い と思います。」

質問「シャフトがやってくれるんですか❓」
店主「準備 は要りますが、
 ハンドファーストという結果は
 シャフトが作ってくれるモノ
 です。」

店主「ヘッドの重量、長さなど
 出来るだけ近いモノで シャフトの硬さ/柔らかさ だけ
 異なる二つのモノを 交互交互に打つと
 柔らかいシャフト の方が
 ダウンスイングからインパクトにかけて
 グリップを押す、ハンドファーストを作り出そう とする、
 チカラが「大きく」働きます。
 それに比べ、硬いシャフトの方が その「押す」チカラは
 弱く、何もしてくれないに等しく感じると思います。」
質問「打ち比べてみると 確かにそう感じますね。」
店主「多くの人は今まで打ったことの無いような
 柔らかいシャフトを打つと
 初っ端、スライス、より大きなスライス になるのです。
 グリップが「
ハンドファースト」の方に押されている、
 しかし、フェースやロフトが開いているので
 その開きが〈押されたコトにより、より増えた〉結果です。

(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)







店主「ですので シャフトにグリップが押されるコト を
 踏まえた上で それによって起こる ヘッドの遅れ が
 ヘッド、フェースの開き にするのでなく
 ロフトの立ちになる「準備」に変えれば良い
のです。
 そこで シャフトの ハンドファーストになる手伝い機能を
 拒否するのは 勿体無さ過ぎます
。」

質問「なるほど。強いショットに必要な ハンドファーストは
 シャフトによって押されるグリップによって作られる。
 今までの ヘッドの遅れ を フェースの開き に
 していたモノが増幅されてしまうので より強いスライスに…。
 ハンドファーストになる機能は利用して
 ヘッドの遅れを フェースの開きにしない準備を変えれば
 良い
というコトですね。」

店主「その通りです。
 ココが大きなポイントなのです。
 自分のチカラ、ヘッドスピードで より強いインパクト、
 ぶ厚いインパクトを造るには 理屈上…ですが、
 ボールを上から打ちたい、
 そして、そのボールを上から打つ分、ロフト姿勢を立てたい、
 それを 半ばオートマチックでシャフトは造ってくれます。
 それが 本来のシャフトの役割 です。
 機能する 👉普通にしなる シャフトで「あればですが。

✋シャフトがある程度、柔らかければ、ですが。
 その ヘッドの遅れをロフトの立ち に換えれば
 基本的なショット、スイングとしては一旦完了なのです。」

質問「しかし、スライスが出た時点で
 あ、これは自分に合わない …で
 柔らかいシャフトは切り捨てられてしまう、のですね。」

店主「そうです。 実は正しい道 だったのに
 その入り口だけ泥道(悶絶)で始まる、だったのです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「シャフトはしならせて、しなり戻して使え、
 と言う言葉を聞きますが、どうなんでしょうか❓」

店主「柔らかいシャフトで シャフトをしならせて
 しなり戻して弾いて打つ そういうイメージが
 有るかも知れませんけれど、
 それって どちらか、というと
 しならない〜硬いシャフトを無理して使うための手段で
 放っておいても しならすことの出来る硬くないシャフト
 では ちょっと効率の悪い、無駄な打撃になりますね。」

質問「そうなんですか❓」
店主「そう思います。
 ゴルフクラブは構造上、
 シャフトのしなりには クラブのねじれが付いて来易いです。

 開き=しならせ(写真上で言うと左回転/半時計廻り)
 閉じ=しなり戻し(右回転/時計回り)
445TL-5-1
 ドライバーのインパクト、であれば
 時間にして 1/2500秒 しか
 ヘッドとボールは接触しませんから
 フェースの、ヘッドの回転では
 同じようなインパクトを造るのは大変しんどいですね。」

質問「ですよね…ですよね。」
店主「にもかかわらず、それをしなければ。。。
 というのは そのまま、硬くてしならないシャフトを使っている、
 から 致し方なくする。。。というコトにつながります。

質問「これからゴルフを覚えたい方や女性向き では
 なさそうですね。」

店主「です。 また、体のどこかに故障や痛みがあり、
 それを悪化させたくない、傷めたくない方は
 ハードタイプ、硬いシャフトは避けるべきでしょう。

Rさん バルブは開ける方向にお願いします_Moment

質問「硬いシャフトを使うのと 柔らかいシャフトを使う
 のでは 何が最大の違いになりますか❓」

店主「本来、どちらにも違いがないのですが、
 まずは ヘッドの感じ易さがかなり違うと思います。

質問「どちらが感じ易いですか❓」
店主「これも実験したコトがあるのですが、
 全く同じヘッド(重量)、同じ長さ で
 シャフトの硬さ だけを 50cpm違う二つを使うと
 例外なく 50cpm柔らかい方が ヘッドを感じ易い。」
質問「確かに そうですねー。」
店主「で、今度はシャフトの硬さ、長さは同じにして
 ヘッド重量だけを30g重くすると
 当然、30g重い方が「重く」感じるのですが、
 30g重くしたモノよりも 50cpm柔らかくなったモノ
 と方が ヘッドの増量感は強くなります。

質問「えーー そうなんですか!」
店主「ハイ。 ですので
 柔らかいシャフトのクラブの方が スイング中、
 ヘッドの位置やヘッドの姿勢などを 感じ取り易く
 スイング造り には良いですし、
 即効性 としては オーバースイング抑止には
 とても良いですね。」
 2021-12-06_22-21-54_Moment(4)

店主「スイングのタイプとシャフトの硬さ には
 関係性がある、と言う話をしましたが、
 シャフトが柔らかいモノで覚えられるもの、
 シャフトが柔らかいと理解し易いコト、
 というのが 結構、明白 にあります。


質問「それは なんでしょうか❓」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ハミングバードさんは 柔らかいシャフトを得意、
 専門とされていますが、その経緯はナンだったんですか
❓」

店主「ハイ。簡単に言えば 飛ぶ、飛んだ からです。
 かなり昔になりますが、かなりの延べ人数で
 長期間に渡って テストした結果、柔らかいシャフトの方が
 腕力や筋力などの チカラに頼らず 距離が出る、
 腰痛、ひじ痛など ゴルフによる故障知らずでいられる、

 と言う結果が出たから です。」
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)







質問「なるほど。
 柔らかい…とは どの位なんでしょうか❓」 

店主「弊社のクラブのヘッドはとても重いモノが多いので
 数値でそのまま 一般的なクラブと比較し難い、ですが、
 市販のクラブ、ドライバーで言えば
 45インチの長さ相当で 硬さ/柔らかさの一つ の目安
 振動数で言うと SR、RとSの間の硬さで 240cpm位でしょうか、
 弊社 には Sとか、Rとか ありませんが、
 一番多く利用されている 硬さ(柔らかさ₎帯 は 150cpm位ですね。」

質問「うぉぉぉ 振動数が 90cpmも違うのですね。」

店主「そうですね。一般的なシャフトの硬さ では
 各フレックス、LとA、A…シニアと考えて良いと思います、
 AとR、RとS、SとX の硬さ差は 10cpmですので
 8〜9フレックス分 差がある、というコトになります。」
【SYB EG-05】 プロによる試打_Moment

質問「世に出回る 一番硬いシャフトの数値はどの位ですか❓」
店主「硬い方のシャフトは 安いコストで作るコトが可能なので
 造ろうと思えば 幾らでもイケる と思いますが、
 ゴルフに使用となると 270〜280cpm 辺りが限界点だと思います。」
質問「トーナメントに出ているプロも その辺り ですか❓」
店主「海外も含め、男子プロ だと そうですね、
 しかし、最近では ヘッドスピードにあまり関係なく
 250cpm辺りの硬さを使うプロも 結構見受けますよ。
 30年前は プロでも300cpmオーバーのモノを使っている人も
 結構いましたから、かなり柔らかくなった と言えると思います。」

質問「シャフトの硬さ、と ヘッドスピードはあまり関係ない❓ と。」
店主「関係がない、とは言い切れませんが、
 シャフトの硬さはヘッドスピードとの相関関係よりも
 どうクラブを振るのか、振り方、扱い方 と言うか
 スイングタイプによって 好みや選択が異なる 
 スイングとシャフトの硬さの関係は 想像以上に深い と考えた方が
 正解だと思います
。」

質問「あああ、そうかも知れませんが、
 スイングタイプ と シャフトの関係 だと
 選択が難しくなりますよね⁈」

店主「確かに、その通りですが、
 実際の「シャフトの硬さ」にはほぼ選択がありません。」
質問「え? どういうコトですか❓」
店主「普通のゴルファーが選ぶ シャフトの硬さ の 幅 は
 振動数 230〜260cpm 位です。
 振動数 140cpm 170 ➂200 ➃230 ➄260
 を打った結果、 240cpmを選ぶのと
 230〜260cpmの幅の中で選ぶのとでは意味が違います。
 平均的なおじさんゴルファー にとっては
 240.250.260cpm は シャフトの硬さの上限に近い、
 かなり硬い、かなりハードな硬さ帯
 です。
 スイングタイプが異なるかも知れませんが、
 弊社には 実ヘッドスピード 50ms前後の方でも
 ドライバーの振動数 150cpm、または それより柔らかい
 シャフトを使われている方は かなりいらっしゃいます。
 平均的なおじさんゴルファー 背伸びしない数値で言えば
 ヘッドスピードで言うと 40msに届く人は非常に少数です。

【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(3)

質問「そうなんですか⁈」
店主「ですね。現場、コースで ヘッドスピード 40msを超える人は
 希少 と考えて良い程だと思います。
 結果的には 同じ硬さを選ぶ にしても
 振動数 140cpm 170 ➂200 ➃230 ➄260
 と打ち比べた上で 自分に適した、打ち易い、振り易い
 モノを選ぶ のと
 シャフトの硬さのほぼ上限に近い 240.250.260cpm だけを打ち
 その中から選ぶ のは 全く異なります。

 先ほど スイングのタイプ と シャフトの硬さ には
 かなり関係がある、関係が深い と言いましたが、
 シャフトの硬さのほぼ上限に近い 硬さのシャフト、
 20代、30代の男子プロとそう違いの無い硬さのシャフトを
 私のような(50代)年代、それ以上の方が使う
のです。
 硬い、しならないシャフトを無理やり使っています。
 その用具のせいで スイング、振り方は決められてしまう、
 と考えても良いと思います。


 私の肌感 では 日本のアマチュアゴルファーの
 使うべきシャフトの硬さの平均値は180〜200cpm だと思いますが
 実際の平均値は 240cpmに近いと思います。

 その差 が スイングの悩みやからだの故障
 を生み出している、のは間違いない、と思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〃絨磴い隆契モーメント
IMG_1364
ドライバーやアイアンのヘッドなどの
比較や指標となる言葉で 「慣性モーメント」と言う言葉
がありますが、これは何か と言うと
基本的には 「重さ」 を表します。
 軽自動車とダンプカー
 小石と月では その「慣性モーメント」が異なり
慣性モーメントの大きな ダンプカーや月 は
外的な圧力/影響を受けた時、
慣性モーメントの小さな 軽自動車や小石 よりも
変化が少なくなります。
それを数値で表すと 3000とか4000g/僉,砲覆蠅泙后

ゴルフクラブで言うと 慣性モーメントの大きなモノは
 姿勢、だけでなく
 運動そのものも持続しようとするチカラ が強く

ちょっと 不謹慎ですが、
 同じ速度 時速50キロで
 止まっている軽自動車にダンプがぶつかるのと
 止まっているダンプに軽自動車がぶつかるのでは
様子が異なるのは 想像が難しくないと思います。
IMG_1359

また、同じヘッドの重量であっても
ドライバー、ウッドなど 立体的に大型になれば
重量が重心点から離れているので 慣性モーメントは大きくなります。
キャビティのアイアンも同じ発想です。
 独楽(こま)で言うと
軸に対し、重量が外側にあればあるほど
回転の持続性が高くなる、そういう発想です。


一般的なの パターヘッド重量は 310~320g(34インチ)
     👉L型ブリストル で 470g (1.6倍)
     👉ピン型デール9 で 520g (1.7倍) です。 

 慣性モーメントもそれに相応するモノと考えられます。
パターには 慣性モーメントのルール制限はありませんが、
もし 設定されれば まず アウト でしょう。

昨今、少しづつ…ではありますが、市販品のパターヘッドも
重くなる傾向が強くなっています。
異形の大型マレットは 慣性モーメントを上げるのが目的です。

ヘッドが重くなれば ヘッドスピードが緩め であっても
同じ距離が打ち易くなり、小さなストローク、
遅めのストロークで済みますから 方向だけでなく
距離も安定し易くなります。


➁ロフトの立ち を生み出す 高重心

一般的なパターの重心は 13mm です。
ブリストル、デール9共に 17mm あります。

シャフトの柔らかいコトもありますが、
それによって 自然なハンドファーストを作り出し(促し)ますので
立ったロフトでインパクトがし易くなります。

ヘッド重量もありますが、
パッティングでボールが潰せるインパクトが可能です。
 その音も独特かな…。
IMG_1365

ボールの滑り出しも良く、傾斜や芝目の影響も少ないので
よりストレートなラインで狙うことが可能になります。

ヘッド重量が強烈に重いので
 速いグリーンや下りのラインに不安を抱く方も居るかと思いますが
 実際には その逆で(言葉では伝わりませんが…)
 速いグリーンや下りで怖いのは スピード感 です。
 ゆっくり、ゆったり転がっても ちゃんと届く
  その強みは 使ってみないと 分からないですよね〜。


➂非常にソフトな独特の打感、転がり と 独特の音

 ヘッド重量の重さ(慣性モーメントの高さ) と
 シャフトの柔らかさ、重心の高さ によって
 緩めに打っても ゆったり転がって 届く、
 転がる というより 滑るに近いかも知れません、
 そういうパターです。

 打撃方法が変わってくる のもありますが、
 弾く感じでは打たなくなるでしょう。
 押すまで行かない感じ、ソッと押す感じ に近いです。
 ボールとの慣性モーメント(質量)の違いもありますが、
 軟鉄の中でも よりソフトなS15Cの
 厚みのあるフェースの打感は非常にソフトに感じるでしょう。

 また、長いネックがかなり打撃の衝撃を吸収するので
 よりソフト感は強まるコトでしょう。
IMG_1369

 長め距離のパットになると
 通常のパターでは体感することのできない
 ボールのつぶれ を感じることが可能です。
 その打音は独特✋
 使えば 使うほど 楽しめるパター です。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〃絨磴い隆契モーメント
IMG_1364
ドライバーやアイアンのヘッドなどの
比較や指標となる言葉で 「慣性モーメント」と言う言葉
がありますが、これは何か と言うと
基本的には 「重さ」 を表します。
 軽自動車とダンプカー
 小石と月では その「慣性モーメント」が異なり
慣性モーメントの大きな ダンプカーや月 は
外的な圧力/影響を受けた時、
慣性モーメントの小さな 軽自動車や小石 よりも
変化が少なくなります。
それを数値で表すと 3000とか4000g/僉,砲覆蠅泙后

ゴルフクラブで言うと 慣性モーメントの大きなモノは
 姿勢、だけでなく
 運動そのものも持続しようとするチカラ が強く

ちょっと 不謹慎ですが、
 同じ速度 時速50キロで
 止まっている軽自動車にダンプがぶつかるのと
 止まっているダンプに軽自動車がぶつかるのでは
様子が異なるのは 想像が難しくないと思います。
IMG_1359

また、同じヘッドの重量であっても
ドライバー、ウッドなど 立体的に大型になれば
重量が重心点から離れているので 慣性モーメントは大きくなります。
キャビティのアイアンも同じ発想です。
 独楽(こま)で言うと
軸に対し、重量が外側にあればあるほど
回転の持続性が高くなる、そういう発想です。


一般的なの パターヘッド重量は 310~320g(34インチ)
     👉L型ブリストル で 470g (1.6倍)
     👉ピン型デール9 で 520g (1.7倍) です。 

 慣性モーメントもそれに相応するモノと考えられます。
パターには 慣性モーメントのルール制限はありませんが、
もし 設定されれば まず アウト でしょう。

昨今、少しづつ…ではありますが、市販品のパターヘッドも
重くなる傾向が強くなっています。
異形の大型マレットは 慣性モーメントを上げるのが目的です。

ヘッドが重くなれば ヘッドスピードが緩め であっても
同じ距離が打ち易くなり、小さなストローク、
遅めのストロークで済みますから 方向だけでなく
距離も安定し易くなります。


➁ロフトの立ち を生み出す 高重心

一般的なパターの重心は 13mm です。
ブリストル、デール9共に 17mm あります。

シャフトの柔らかいコトもありますが、
それによって 自然なハンドファーストを作り出し(促し)ますので
立ったロフトでインパクトがし易くなります。

ヘッド重量もありますが、
パッティングでボールが潰せるインパクトが可能です。
 その音も独特かな…。
IMG_1365

ボールの滑り出しも良く、傾斜や芝目の影響も少ないので
よりストレートなラインで狙うことが可能になります。

ヘッド重量が強烈に重いので
 速いグリーンや下りのラインに不安を抱く方も居るかと思いますが
 実際には その逆で(言葉では伝わりませんが…)
 速いグリーンや下りで怖いのは スピード感 です。
 ゆっくり、ゆったり転がっても ちゃんと届く
  その強みは 使ってみないと 分からないですよね〜。


➂非常にソフトな独特の打感、転がり と 独特の音

 ヘッド重量の重さ(慣性モーメントの高さ) と
 シャフトの柔らかさ、重心の高さ によって
 緩めに打っても ゆったり転がって 届く、
 転がる というより 滑るに近いかも知れません、
 そういうパターです。

 打撃方法が変わってくる のもありますが、
 弾く感じでは打たなくなるでしょう。
 押すまで行かない感じ、ソッと押す感じ に近いです。
 ボールとの慣性モーメント(質量)の違いもありますが、
 軟鉄の中でも よりソフトなS15Cの
 厚みのあるフェースの打感は非常にソフトに感じるでしょう。

 また、長いネックがかなり打撃の衝撃を吸収するので
 よりソフト感は強まるコトでしょう。
IMG_1369

 長め距離のパットになると
 通常のパターでは体感することのできない
 ボールのつぶれ を感じることが可能です。
 その打音は独特✋
 使えば 使うほど 楽しめるパター です。

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーは新しいゴルフクラブを購入するのに
その購入するクラブの試し打ちばかりしてしまう。

その購入する「1本」のクラブが
試し打ちではそこそこの結果が出たとしても
それが自分のゴルフバッグに入って使われるとき、
一本のクラブを打ち続けている時とは
違った環境で使われることになると気付いている人は少ない。
IMG_0361

実際にゴルフクラブは
ドライバー → アイアン → ウエッヂ → パター
ドライバー → フェアウェイウッド → ウエッヂ
アイアン → ウエッヂ → パター
のように ミスショットが絡むとき以外
実際にコースで使用されるときは
別のクラブと交互交互に打つことになる。

パターも含めた 12本なり、14本のクラブが
似たような流れの、似たような感触の
似たようなコンセプトであればまだしも
それぞれが 全く違う性格、特性、感触であれば
ミスショットの頻度も自ずと上がってしまうだろう。

☆同じゴルフクラブを続けて打つのと
☆違う性格等のクラブを交互に打つ
 のとでは
当然違ったものになる。

現在、市販の主流となっているクラブは
総じてヘッドが軽くて、シャフトが硬い。

その中でもグラファイトの装着されている
ドライバーは 軽量スチールシャフトが装着されている
ものと比べると、柔らかいと言える。(それでも十分硬いが)

シャフトの長い、大きなヘッド(重心がシャフトから離れた)
軽量スチールシャフトの比べると柔らかいシャフトの
装着されてドライバーを打った後で
シャフトの短い、小さなヘッド(重心がシャフトに近い)
ドライバーに比べると硬いシャフトの装着されたアイアンを
打てば、当然なにがしかの影響はある。

単純に、出やすいミスショットを回避する行動を
取らなければ、多くのゴルファーが目指す
オンプレーンスイングであれば
ドライバーの方がよりダフり易く、右に出やすく
右回転がかかりやすい ハイボールになり易い。
アイアンの方がよりトップになり易く、左に引っ掛けやすく
左回転がかかりやすく、ローボールになり易い。

そしてその中間に位置するような
フェアウエイウッドであれば、別な記事で書いているが
ロフトを寝かして、煽り打つようなショットをすることに
なるので、そのヘッドの大きさ、奥行きが
どうしても地面に干渉してしまい
上手くいかないから嫌われてしまう結果になる。

それらのミスショットを練習で埋めていくため
ドライバーは左に置き、アイアンは右めに
ボールを置いて打つことになっていく…。

同じようなフィーリングのクラブを
同じようなボールの位置でショットするのと
クラブによって、ボールの位置を変えていくのとでは
どちらが安定して 似たような球を打てるかは
想像に難しくないと思う。
IMG_0590

違うフィーリングのクラブを練習すれば
ドライバーを特訓すれば、アイアンがダメになり
アイアンを特訓すれば、ドライバーがダメになる
可能性が非常に高くなるわけだ。
そのどっちに合わせて 自分のスイング、クラブ扱いを
決めていくのか なんだか歪な練習になってしまうだろう。

軽いヘッドの硬いシャフトのウエッジは
基本的にラフからやバンカーショットなどの
ボール以外の質量までどかさなければいけないショットに
ものすごく弱い。
上手く打てなくて普通な筈なのに…
 まぁ 手でボールを叩くのは痛いし、
足で蹴っても 大して飛ばないから…程度のモノでは
余りに勿体なさ過ぎる。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

とても大切なコトですが、
どのようなインパクトを迎えるか
どのようなダウンスイングをするか
は トップオブスイングでの
 "クラブ姿勢" によってほとんど決まってしまいます。

✋人間の動作、恰好 を優先するのでなく
その クラブ姿勢を造る ために
動作や恰好がある と考えて方が良いでしょう。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)

それほどクラブの造り出す重さ
運動した時に生まれる不可抗力は
スイングに影響を及ぼす、
スイング動作の半分は不可抗力に作られています。

ですので、それを逆手にとって
望みの姿勢、望みの場所 に行くための
不可抗力を作り出してしまえば良いのです。

例えば ダウンスイングやインパクトで
右サイドが落ちる、潜る・・・
左サイドが上がる、体が開く・・・
が悩みだったとします。
4bcbe6f4トップオブスイングでの
クラブ姿勢がこうであれば、
必然として 重さは
からだの右サイドを下へ
からだの左サイドを上へ

と誘います。

ですので 動作としてのスイングを治すコト よりも
クラブ姿勢としての重さの造り方 を
考えるべきです。

安定したショット
より遠くへ飛ばす コトを実現するのには
本来味方であるべき
ゴルフクラブと喧嘩しては上手く行きません。

どの道、その重さには抵抗しきれないのですから
奥さんと喧嘩するよりも
奥さんと仲良くする方が良いでしょう(^^)/


トップの位置から通過点としてのインパクト まで
出来れば最短、
クラブの重さによる落下速度が
運動速度の助力となるような
トップのクラブ姿勢を模索する必要があります。
grip  posi

そして それを実現するための
テークバック、そしてアドレスやグリップ
と スイングを逆回しして考えるのも
良い手だと思います。


スイングの大きな『上手く行かない』要素 として
根本的に
✊重さは動きたがらないモノ
ということを忘れがちです。

ヘッドの重さを動かそうとすればするほど
次の動作への不可抗力は
倍々に増えていきます。
それでは 重さのために動作 することに囚われ
ボールを打つ と言うコトが二の次になってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 ✋試打クラブ 貸し出しクラブ(無料)
 お問い合わせ下さい
  〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ☎046-804-1480
IMG_1366

【ヘッド重量】
長さによります。
🔴33インチ以下 525g
🔴33インチ以上 515~520g
まずは 【長さ】を選びましょう
長さは32〜36インチ…と言ったトコロです。
ただ 32インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。
☆身長や構え などにもよりますが 推奨長さ  33.5〜34.0
IMG_1370
【ヘッドの仕上げ】を選びましょう
今回のパターは オイルコーティングブラック(墨黒)と
  数量限定バージョン ゴールドバージョン(サテン)の二種です
IMG_1359
【シャフトの硬さ】を選びましょう
市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのスチール      125g 260cpm位

▲リジナルグラファイト  100g 200cpm位
オリジナルグラファイト 80g  170cpm位
ぅリジナルグラファイト 60g  140cpm位

 ➁➂い凌Г魯ンメタリック(ヘッドの仕上げと非常に似た色です)

➀は 長さにもよりますが、総重量700gは超えると思われます。
かなりシャフトが硬いですから、ヘッドが効いている というより
全体の重いパター…と言う感じでしょう。

➁の総重量は 670gになるでしょう。
市販のクラブ(アイアン/スチールシャフト)との
組み合わせには丁度…と言ったトコロです。
IMG_1362
推奨スペック:このヘッドの重さ、シャフトの柔らかさによる
 異次元のボールの伸び、転がりを味わいたい、のであれば
 ➂もしくはい料箸濆腓錣擦良いと思います。
 この位の硬さから ボールの転がりが段違いに違います
 ✋手元が締まったタイプのシャフトなので 数値(振動数)の割に
 扱いやすい、振り易い と思います。

推奨スペック:シャフトの硬さも更に柔らかいですが、
 シャフトのタイプも 全体に均等にしなる、
 一般では体験できない 手元の緩さ があります。
 悶絶セットとの組み合わせを推奨いたします。
IMG_1369
【グリップ】を選びましょう
ヘッドが効いていますので、やや太め以上、やや重め
のグリップをお薦めします。
✋太さ…で選ぶよりも 形状にご注目下さい 

IMG_1375IMG_1372











茵.廛蹈ンリー レッド ピストル型ラバー  やや太め/72g 
罅.廛蹈ンリー ブルー △形状コード   太め/88g
蕁.張◆璽札鵐機次 .僖疋觀ソフトラバー かなり太め/90g
IMG_1374

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



重いヘッドが使える方が断然楽です。

IMG_0504


初めてのお客様も打つ前は
「重い方が振りにくい?!」
と考えがちですが、
ほんの数分打っていれば、その重さには慣れますし
兎も角 体にやさしい です。

比較すると分かりますが、
軽い市販のヘッドのクラブを打つと
嫌な衝撃が感覚として残るような、
ボールの質に関係なく とても硬質な感触です。

インパクトの抜け…と言いますが、
同じ速度で移動していれば 質量の重いモノの方が
慣性力が高いですから、打ち抜く と言う意味では
とても高性能です。
5a0eeaec

重いヘッドのクラブの方が明らかに
クラブに近い 手首や肘 などを痛めにくいですね。


弊社の悶絶クラブは
アイアンで言うと、市販の軽量スチール装着のモノより
100g弱、30%以上増量されています。

(一般的なスチール用5番ヘッド重量240g
 弊社の悶絶5番アイアンのヘッド重量328g)

クラブの形になったモノを持ってみると
シャフトの長さもありますし、シャフトも柔らかいですから
倍以上重くなったような感触があるでしょう。

重いモノの方がやはり慣性モーメントが高いですから
ミスに断然強くなります。

特に上下のズレ、多少のダフリやトップのミスが
中和されてしまいやすいです。
バンカーやラフなどの異物も打たなければならない場合が
とても強いのが特徴。

正直言って、チカラの無い女性が
市販のウエッジのヘッド重量を
軽量スチールで打たなくてはイケナイなんて
なんの拷問だよ…と思いたくなります。
昨今、急激にバンカーが苦手な人が増えているですが、
クラブの問題が殆ど…と確信する次第です。


IMG_0591


スイングを覚えていくのにも
クラブがどこにあるのか 非常に分かりやすく
ヘッド姿勢、開いているのか、閉じているのか
そう言うのも はっきりと知覚出来ます。
スイング中、どこで重くなり、どこで軽くなるか、
も知覚出来ますから、スイングのテンポ感やリズムも
とても掴みやすくなるので お薦めです。



重さを上手に使うには
ごくごく当たり前ですが
重さは下、重力方向に引っ張られるチカラの単位です。
ですので ゴルフクラブを握っている部分が
重さの付いたヘッドよりも上にある(ヘッドが低い)時は
大きな体の部位、胴体なり、足なりで 動かす方が良いでしょう。
腕を使うチャンス
テークバック時には速度が重要ではありませんから
(・・・急ぐ必要はありませんから) 除外対象ですが、
ダウンスイング〜インパクト〜フォロー の区間では
ヘッドがグリップよりも高いところに位置している時
それが唯一の機会です。
dW l (2)_Moment

そこを逃してしまうと
重さは移動速度に積分(掛け算)で重くなりますし、
重力という下方向だけでなく、
遠心力と言う 立体的に複雑な重さが加算していきます。
ヘッドの方が低くなっている時は
概ね クラブ、そしてヘッドを動かしたい方向とは
大きく異なる方向に重さがかかります。
それでは重いばかりです。
クラブを自分で動かしてボールを打つ コトよりも
クラブを動かすソノモノ にしか余裕がなくなってしまいます。

腕を使うのは ヘッドの方が高い時のみ
その意識はとても大切で、
逆に 高い時であれば
ヘッドの重さも 移動に利用できますし、
クラブの造り出す重さの方向/ベクトルも
動かしていきたい方向ととても似ています。

スナップショット 1 (2017-01-13 12-27)スナップショット 3 (2017-01-13 12-28)スナップショット 4 (2017-01-13 12-29)






例え 紙のように感じる市販のヘッドであっても
重さはある訳ですから、その利用の仕方を
無視してしまっては
本来の ボールをどかす、
ボールの質量に負けないための重さ が
単なる運動の負荷になっていまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


初めて悶絶クラブを手にすると、
初めて悶絶クラブで打つと、
恐らく全員が驚くことになると思います。
IMG_0361

多くの人が
 ご自分の基準 ☞ 柔らかい
 ご自分の基準 ☞ ヘッドの重たい
は 10%程度
硬さの目安である振動数が
 
280cpm ☞ 250cpm
軽量スチール装着の5番アイアンのヘッド重量
 
240g   ☞ 265cpm
位だと想像されていると思います。

ところが 悶絶クラブはスペック(仕様)によっては
 280cpm ☞ 140cpm
 240g   ☞ 300g

になってしまうのですから
想像以上の「すごさ?」に驚くことになるでしょう。

シャフトが柔らかくて、ヘッドが重いと
自分の動きによってクラブはそれを倍化するような
そんな感じです。

特にヘッドを振りまわして
クラブの機能を無視し、自分の技巧によって
ボールを打っていた人には
その柔らかさによって、その重さによって
それが封じられてしまうでしょうから
ちょっと大変かもしれません。

自分が腕さばきで クラブを動かしていると
柔らかい&重いの複合体は
自分の手さばきへの反応が鈍く、動かし辛く
思った通りになってくれません。

こんな質問頂きました。
「試し打ちのクラブを打ちました。
 テークバック(ストローク)の初期に
 ヘッドの重さを‼感じてしまいます。」
これは違和感…と言う意味だと思いますが、
このご自分の言葉に、ご自分のショット(テークバック)や
ストロークの謎というか、問題が隠れています。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)

ゴルフクラブは
自分が動くと、それが持たれているグリップ部が動くので
当然、その分ヘッドも動きます。
クラブヘッドが重くても、シャフトが柔らかくても
軽いものや硬いものから比較しても
重くなって、動かし辛いのは
「クラブ」であって、ヘッドでは無い筈です。

ヘッドが重い…ということは
ヘッドを動かそうとしている ということです。

グリップを動かして、その分ヘッドを動かすのと
ヘッドだけを動かすのでは
ゴルフクラブの ロフトやヘッド姿勢、クラブ姿勢の
変化が激しく(多く)なり、
 その分安定したショットやストロークの可能性が下がり
ゴルフに良い影響を与えません。

どんなクラブであっても
シャフトには 硬さや柔らかさ 軟度が存在し、
ヘッドには 軽さ重さはあっても 集中した重量は存在します。
重くて振りにくいから それを無くす(減らす) という発想は
クラブは一切頼らず 自分で打つという事です。
クラブの機能は無視したい、邪魔されたくない という事です。

少し言葉は悪いかもしれませんが、
そう思うのなら、ファッション以外で
クラブを買い替える理由はありません。
    多くの人がそうですけどね…。
スナップショット 2 (2014-03-03 22-28)

ゴルフクラブには先人たちの数百年蓄積された知恵が
集まっており、私個人も悔しいのですが
その知恵を上回るようなものを考えつきません😱




 ✌ ✌ ✌ ✌ ✌

悶絶クラブは ものすごくハッキリ主張をするクラブです
扱い方でダメなモノはダメ とはっきり言います。
当たり前と言えばそうですが、その典型例が「重さ」です。
今までは気にしなかったかも知れませんが、
これからは「重さ」を敏感に感じてみて下さい。

✊その重さが「いつ」生まれるのか?
✊その重さは「どの」方向に発生するのか?


そして その重さは
✊自分の動作をしていきたい方向との関係はどうか?
✊打つボールの方向との関係はどうか?

ゴルフクラブ全体の重量配分や
クラブヘッド、クラブの形は 
打ち手が打ち易いよう、
繰り返し打てるよう、
少ない力でボールを飛ばせるよう、
体を痛めなくても練習できるように

考えられて作られています。
9df38f18

スイング中に重さを感じる ということは
その自分にかかる 重さの時期や方向が
自分の次に「行きたい方向」に対し負荷、邪魔になっている
という事です。

クラブのその重さに促進され 動作が出来、
ボールを打て、振ることが出来れば
クラブの重さは感じません。
 ☞特に切り返しからダウン〜フォローまで

テークアウェイは重力に逆らう動きなので
多くはありませんがなにがしかの重さが掛かります。
それであっても
その方向は望ましい方向でしょうか?
テークアウェイは
トップの位置からボールを打っているための準備です。
動作そのものも
ボールの飛球方向とは概ね逆方向に動き
巻き戻しのようなモノですから
その逆方向への重さの増幅は
ボールを打つ方向にとっては不必要、最低限でいい筈です。

そういうのも とても参考になると思います。

恐らく 現在活躍するトッププロも含め、
レッスンプロですら、雑誌やテレビ、誰かの言葉
によって 漠然と、ぼんやりと
『スイングってこういうもの』
『ダウンスイングってこうやる』
『ボールってこう打つ』
と言う程度だと思います。

ゴルフクラブとスイングの関係なんて
考えている人は殆ど居ません。

でも、ゴルフは「自分」の個人プレイで
現場に出ると 頼りになるのは
自分自身とゴルフクラブだけ です。

そのゴルフクラブに
使い方を教わり、使い方を考え
その機能を利用する方がずっと楽しいと思います。

ゴルフクラブはホントにすごいです!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

明けましておめでとうございます
 本年の営業は 1月6日(木)11時から となります
 よろしくお願い致します


ゴルフクラブは テニスラケットや野球のバットと異なり
微妙な量 L型の構造をしています。
445TL-2
また機種や種類によって
その微妙な量は異なり、
ゴルフ用語的には 重心距離や重心深度などと呼ばれたりします
そして それがそのクラブの性格・特性の差異だったりします。

握っている棒とヘッドの重心〜重量の中心点 との差異は
2センチ〜5センチ と色々あります。

しかし 本来
ヘッドに適切な重量があり、
使う人にとって ちゃんとしなる、柔らかさのシャフトを
使っていれば その差異 重心距離や重心深度などは
問題ないのです。

静止状態ではその差異はあっても
運動状態では 重量は一直線上に揃う特性がありますから
自動的にそれは消され
打ち手は その差異を気にせず 棒そのもので打てば
そこに打点 重心位置が来るようになっています。

ですので ヘッドの大きなドライバーと
本当はお勧めできませんが、
重心距離が大きく異なるアイアンと併用しても
自動的に その差異は自動的に解消されるようになっています。
 ✋✋✋シャフトが柔らかければ…ですが。

セット間に重心距離が違いが少ないものを使う方がよい・・・
のは 打ち手が感じるクラブの重さが
超重心距離や深重心深度のモノ方が重く感じるためで
クラブの短いモノの方が 軽く感じるのはあまり良いことではありません。

シャフトの硬さ・柔らかさが適切であれば
そのズレ 重心位置や重心深度のずれを無視して
棒の延長線上で打てば良いのです。
 本当は。です。


しかし しならないモノを使う場合
打撃するのに そのズレを計算しておかなくてはなりません。
機種による差もですし、
アプローチなどでは その動かすスピードによってもです。

ですので フルショットでは大丈夫でも
ハーフショットのアプローチなどで
そのずれがより発生し辛いので シャンク が出たりします。
✊スピードが高ければ 十分なトゥダウンが得られます


そして ゴルフクラブの構造のすごい所は
 シャフトにしっかりした剛性がある限り
シャフトがいくら柔らかくても そのトゥダウンは
その重心位置のズレ分しか起こらない のです。
IMG_8497

機種による違いなどを全部飲み込むことの出来る
 そのシャフト本体の機能/シャフトの柔らかさ は
ゴルフをかなり簡単にできます。
オートマチックに 打点が同じところに来る
しかも それは重心位置 という
ゴルフ用語でいう ヘッドの芯 なのですから。

それを利用としない打ち方では
常時 そのズレ/差異を意識しておかねばならず
かなり複雑になります。

また ヘッドを返すような打ち方では
そのずれを解消するような シャフトの動きになりません。
逆に 重心位置・重心位置の数値的なズレ以上に
ズレを考慮しておかねばならなくなります。mh


 そのオートマチックの機能を消す、しならないシャフトを
わざわざしならせ、ねじって使うのはいったい何のためなのでしょう?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 明けましておめでとうございます
 本年の営業は 1月6日(木)11時から となります
 よろしくお願い致します

1W 10.5度 T社  SR
5W  19度  メーカー純正S
4U 21度 C社 GS95/S200
5I 24度 T社 NS950GH/S
W 52度 56度 F社 NS950GH

IMG_0069

ざっと 書いてみたところ
このようなクラブを使っていらっしゃるゴルファーが
自分のセッティングが良いか どうか ネット上で
質問しているようなモノが有ったのだけれど。。。

質問したい気持ちもとっても分かります。
ゴルフクラブは決して安価な代物では
有りませんし、自分のセットが間違っているか
不安に思う気持ちもあると思うのですけれど

ズバッと言ってしまうと
セッティング って言葉の意味が違うと思うのです。

どこどこメーカーの Sシャフトと言っても
それを どのような状態でクラブに組み付けてあるか
185gのヘッドの付いた 46インチなのか
200gのヘッドの付いた 44.5インチなのか
それによっても 全く違う味付けですし
30mmの重心距離に付けられているのと
42mmの重心距離に付けられているのでは
同じ状態と言えません。

それぞれを目隠しで打ち比べをした後、
「これは 同じシャフト 同じ硬さを使っています!」
「だから 同じセッティングなんです!」
と言われても、殆どの人が首を傾げると思います。
IMG_0070
同じ土俵で語られるのに、疑問符が付くのが
スチールシャフトとグラファイトシャフトです。
スチールとグラファイトでは明らかに
ヘッド重量基準が全く異なります。
最近のグラファイトはスチール気味のバランスの方が
経費も安くなるので、そちら気味になって来たとは言え
単一素材で作られているスチールシャフトは、
それソノモノの先端が重く出来ています。

細くなり、負荷のかかり易い部分を補強しなければ
壊れてしまうからです。
グラファイトシャフトは、先端を重くしなくとも
素材を変えることによって
先端の補強することが可能です。
故に、スチールは先端が重いモノが多く、
同じスウィングウエイトを作り出すのには
装着されるヘッドが軽くなる のです。

それぞれ、種類によって異なりますが
その差は 20gから30gにまでなります。

その差は決して少なくありません。

ウッドにグラファイトを装着、
アイアンにスチールシャフトが装着されている
セットを使っていると
長いクラブの、大きなヘッド、
重心距離や重心深度の深い 重さを感じやすい
ウッドやドライバーほど、ヘッドが重く

重心距離や重心深度の短い、クラブも短いモノ
アイアンほどヘッドが軽くなる

というのに 違和感を感じる筈です。

これを シャフトのフレックスや名称などの
字面だけで セッティングするのは
セッティングとは言わず、バックの中の見栄え
と呼ぶのだと思います。

セッティングの基本は、上手、下手に限らず
違和感を感じる、その感じること なのだと思います。

車でいうトコロの
4輪のタイヤのサイズだけ 合っていれば
良いのか というと、セッティングとは
アライメントとか、サスペンションなんかも
含めた クルマの総合バランスを指すのだと思います。

上手でないから、そこは感じない
どうでも良いと言うのは、間違いの元です。

ある程度、バランスのとれた、互換性
整合性のあるクラブでゴルフを覚えるのと
一本一本バラバラのクラブで覚えるのでは
同じ未来にはなりません。

多くの方が ドライバーだけ上手くいかない!
フェアウェイウッドが嫌い! とか
バンカーが苦手! などと言う 長年のイメージ
というか レッテルみたいな部分の多くは
整合性の無い クラブによって作り出されています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ライ角度やロフト角度など
調整やフィッティングの仕事がたびたびあります。
g-421

ボールがつかまらないや
左に引っかかる など症状は色々だと思いますが、
軟鉄のアイアンだから 物理的には調整は簡単です。
1セット 調整だけなら30分もかかりません。

ですが、その症状がライ角度やロフト角度のせい
とは限りません。



スナップショット 1 (2012-10-26 0-58)



ご依頼の際は
✋スイングや総合的なクラブ診断は抜きに
 単に ライ角度・ロフト角度を指定して下さるか
✋スイングも含め、クラブ診断をして
 その症状を取り去る原因を見つける方がよいか
正直におっしゃって下さると助かります。




ご本人が上手く打ててない なんて言いません。
私達は アマチュア…言葉悪く言えば 素人ですから、
上手く打てないのはある意味、当然。

そうでなく、
『つかまらない』
『ひっかかる』
『ボールが上がりすぎる』
『ボールが上がらない』

などの原因は もう少し複合的な要素で生まれます。
IMG_NEW

スイング、クラブの扱い方との兼ね合いもありますが、
ライ角度やロフト角度は
『使う方の体力』や
『装着されているシャフトの硬さ』
『ヘッドの重さ』
と『ロフト角度やライ角度』

の兼ね合いになります。
   特に シャフトの硬さは一番比重が重いですね…。

ライ角度の調整が有効な場合は
ソールの傷の位置 (ヒール〜トゥ方向) と
フェース面上のボール痕(ヒール〜トゥ方向) が
一致している場合のみです。
001

ソールの傷は トゥ側にあるのに
フェース面上の打点(打痕)がヒールにある場合など
ライ角度を プラスマイナス2度調整しても
ほぼ何も効果はありません。

また ライ角度はロフトの立ったモノに対しては
あまり出球の左右方向への影響は大きくなく
30度よりも立ったロフトの場合、
2度程度の変化では 方向を左右しません。
45度よりも寝た、大きなロフトの場合
ライ角度の方向への影響はかなり大きいです。

で、困ったことに市販のアイアンセットは
全体の中で ウエッヂのシャフトが硬めのことが多く
シャフトの硬さの流れ、セットとしての流れが
崩れていることがとても多いことです。


doraiba


ライ角度は使う方のヘッドスピードと
シャフトの硬さに非常に左右されます。

硬いシャフトを使う場合は
 やや寝た…数値の小さいモノでも使えますが
柔らかめのシャフトを使う場合は
 やや立ち目、アップライトな方が使い勝手は良いです。

ですが、ライ角度は使ううちに
そのライ角度に応じて 無意識に、そこそこ時間をかけて
ボールとの距離を変えたり
構え方が変えてしまう、変わってしまうこともあるので
フラットにすれば、アップライトにすれば
万事解決するモノでもありません。


と 同時に
 硬いシャフトを自分からしならせて使うように成れば
 また話は変わってきます。
やはり 使うのは人間なんだ というコトです。


また ロフトに関しては
ボールを立てる調整に関しては
ロフトを立てると それと同量バンス角度が減ります。
ロフトを寝かして打つ傾向のある方や
煽り打ちが多い方などは
数値としてのロフトが立っても
 実質使用ロフトは変わらなくなるので
調整の意味はありません。

005


ロフトに関しても、ライに関しても
まあ、例外がない と言って良いほど
調整が必要な方は キツイスペック
要するに 硬くて使いきれていないシャフトを使っています。

厳しい言い方ですが、ライ角度には疑問を抱くのに
シャフトの硬さには疑問を抱かない というコトの方が
問題を深くすると「わたしは」感じます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


弊社の「悶絶」と呼ばれているゴルフクラブ は
 アイアン(5番)であれば 通常 240g のヘッド重量が
 30%アップの 310g以上  70g以上 重くなっています。
 シャフトの硬さ、であれば これも 通常
 軽量のスチールシャフト SR 相当の硬さ で
 振動数表記 290〜300cpm
 ヘッドの重さもありますが、悶絶クラブの硬さは
 その半分 150〜160cpm だったりします。
004

 重い/軽いのヘッド重量 と
 硬い/柔らかいのシャフト
  組み合わせ としては 4種類出来る訳ですが
 軽いヘッドに硬いシャフト と
 重いヘッドに柔らかいシャフト と
 両極端な組み合わせ です。

重いヘッドと柔らかいシャフト のクラブだと
どうなるのか❓ というと
 特に シャフトのしなり は
 当たり前ですが、ヘッドの重さ と シャフトの柔らかさ の
 複合です。

そのシャフトのしなり、グリップに対するヘッドのズレ(遅れ)は
単純に考えて 横 と 縦 のズレ があるのですが、
横に遅れさせると ヘッドの構造上、
ロフトだけでなく、フェースも開きます。
 悶絶クラブ であれば それも倍増します。

一般的なアマチュアゴルファーは
しならないシャフトをしならせるモノ と考えていますが、
それは クラブの捻じり であり、
 そう考えた時点で フェースターンは必須になります。
それを 悶絶クラブ で行う とすると
 その「しなり」=「遅れ」👉捻じれ は
想像を超えた量になりますから まず 戻し切れません。
 おそらく シャンク か どダフリ、どトップ の
 いずれかになります。

本当は双方、同じ、なのですが、
しならないシャフトをしならせる習慣の強い方 と
しなるシャフトをしならせないようにする とでは
カラダを廻す と 手を動かす(上げる/下げる)
の順番が反対になりガチ です。

実際には 入り混じった ほぼ同時のモノ であり、
腕はカラダから生えているので
 からだの廻り(回転)が本格化してしまうと
 動かす事が出来なくなってしまいます。
ですので カラダの回転で考えるよりも
 どう腕を動かすと、どう腕を振ると
 からだの回転を促す とか、
 からだの回転と同期する と考えた方が良いでしょう。
スナップショット 1 (2015-04-02 2-01)スナップショット 2 (2015-04-02 2-01)スナップショット 3 (2015-04-02 2-01)









これは あくまでも素振りやイメージ ですが、
 テークアウェイを取る時、まず 腕をあげてみる
 グリップを高くしてみる
 そして 向きを変える
不自然ではありますが、動作を二つに分けたとすると
そういう手順です。

ダウンスイングでは グリップを下げる
そして からだを廻す
 と言う手順の素振り、イメージ は
 ヘッドの遅れ=ロフトの立ち と言う意味で 
 結構、効果的です。

一般的には 先に回って。。。
 となると ヘッドの遅れは捻じれ になってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


このドライバーを使い、
8ラウンドが過ぎましたのでご報告させて頂きます。
EG05_021

元々、隠れスライス系の高い弾道、
曲がらないけど飛ばない、たぶん、ごく普通の70歳越えゴルファーです。

その日のコンディションによっては
ランも含め 200y行かないこともしばしばで
年齢もあり、こんなものなのかなぁ…と思っていました。

このドライバーを購入するにあたり、 
上がるけど飛ばない、曲がらないけど飛ばない、
曲がらないけど隠れスライス、を長く(30年超)経てきましたので
年甲斐もなくですが、いつも通りの「9.5度」を指定し、
店長にものすご〜〜〜〜〜〜〜〜〜く「渋い顔」をされ、
強い反対を押し切って決めた記憶があります。

案の定、ですが、練習場では
まるで上がらず、伸びず、飛ばない を体験し、
店長に泣きつき、11.0度に変更して頂きました。(ごめんなさい)

11.5度、もしくは 12.0度も考慮に入れましたが
このドライバーにあるネック(スリーブ)調整機能は
ロフトを減らす方は ライ角度はフラット、フェース角度はマイナス
のフッカー向け、
ロフトを増やす方は ライ角度はアップライト、フェース角度はプラス
のスライサー向け、
になるので ほんの少し少な目のロフトを
ロフトを増やす調整がいいよ、とのことでした。
 それでも練習場では高い弾道(低〜中弾道)ではありません。
EG05_03

㊟練習場とコースで かなり差があります。
 計測器を利用しての判断をお薦めします。
 練習場で失速気味、ドロップ気味の方が
 無理に上げよう とするのは避けて下さい。
 度合いにもよりますが、コースボールで確認する、
 コースで確認するか、ロフトで対処することをお薦めします。

ところがコースに出ると 若者にような高弾道 とは行きませんが、
自分としては 中〜高弾道の どちらかと言うとフック気味の球。
距離とすれば 平均でも20ヤード以上、
最大で 40ヤードは伸びていると思われます。
ランは多い❓と聞かれましたが、
今までと違うトコロに落ち、遠いので、判別出来ません。

お店に設置されている「弾道計測器」通りの球です。

最新のラウンドは 泊りがけの高地での2ラウンドで、
いつもの馴染みのメンバーで行きました。
今までは ティーショットは一番バッターが多いのは良いですが、
セカンドショットも『お約束のトップバッター』。
ところが 二日間共に、セカンドショットでトップバッターに
なったことは一度も無く、半数は4番バッターでした。
2ラウンドを通して フェアウェイを外したのは一回だけ。
計測器での測定の通り、無理にヘッドターンをせず、
ややプッシュ気味のイメージで打つと、
右に出た分、左に緩く曲がってくる 憧れのハイドローです。
EG05_04

お陰様で 大変 楽しいラウンドをさせて頂きました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


練習場でのショット比率のデータがあります。

ドライバーショット 19%
アプローチショット  24%
アイアンショット  33%
フェアウェイウッド  10% 
(含むユーティリティ)
Rさん バルブは開ける方向にお願いします_Moment

あくまでも…色々な人の平均値ではありますが
 だいたい 想像通り…なのでは無いでしょうか❓



フェアウェイウッドは難しい…好きじゃない…
 と思う人は少なくないのではないか、
と思います。
長い距離を…期待を込めて…
 で失敗すると痛手が大きいですから
 そういう印象になりガチ…なのは確かでしょう。

✋➀もっと フェアウェイウッドの練習をしましょう
 (人によって前後しますが)ある年齢になってくると
 コースでの フェアウェイウッドの使用率、使用頻度、
 がグンと上がってきます。
 ゴルフは ウッドとアプローチ次第 になって来ます。
 ゴルフスイングの練習にも
 しゃくり打ち、煽り打ちがまず ダメ ですので
 とても良いのです。
 スイングの練習 であれば、フェアウェイウッドでしましょう。

411-6_small


✋➁チカラ加減❓ 振りの速度加減はみな同じ

例えば…ですが、7番ウッド
 アイアンでは3番か4番の距離に相当しますよね。
 では、7番ウッドでなく 3番4番アイアンを打つとしたら
 どうでしょう❓ フェアウェイウッドの方がやさしいですよね
 7番ウッドの距離、それに 高さ、
 特にその高さを 3番4番アイアンで打てます❓ 辛いですよね。

フェアウェイウッドではなく ドライバーの例え をします。
 ものすごく だいたいですが、
 PW、もしくは 9番アイアンの倍位の距離を
 ドライバーは打てます。
 具体的には PWが100ヤードだったら
 👉ドライバーは200ヤード位です。
 では そのピッチングウエッジで200ヤード打て‼
 と言われたら 非現実的、不可能ですけれど
🙄それこそ 倍位振らなければなりません🙄🙄🙄

✋そうしなくて良いように 番手があるのです

 フェアウェイウッドには 9番ウッドや11番ウッド、
 機種によっては 13番ウッドなんて言うのがあります。
 便利そうですよね。

 11番ウッド…のロフト角度は 27〜30度位です。
 アイアンで言うと 6番.7番アイアン前後の距離でしょう。
◌誰かが11番ウッドを持っていて 面白そうだから
「ちょっと借りて 打っていい❓」  と打つとすると
 強く打たないで、まるで11番ウッドを舐めてかかっているように
 やさしく、柔らかく(ニュアンス)打ちますよね❓

✋3番ウッドも、5番ウッドも それと同じように打ってください✋
 そういう風にゴルフクラブは出来ています。
なんだか…感じるのですが
◌ピッチングウエッジ⇒7番アイアン⇒5番アイアン
 ⇒7番ウッド⇒3番ウッド⇒ドライバー
 とクラブが長く、ロフトが立ってくると
 強く振る、速く振る 気配が高まっている気がします。
普通の打つショットは ピッチングウエッジも
3番ウッドもドライバーも全く同じです。
同じに振って 距離差が出るように出来ている…のですが、
まるで ピッチングウエッジを持って 倍振るような
そんな気配を発している人が少なくない気がします。
image03b

✊フェアウェイウッドはどれも距離の違う11番ウッド^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


極端に重いヘッド、極端に柔らかいシャフト
 (一応 それ以外もゴルフクラブ全般を取り扱ってはいるの…ですが)
 それを専門としている私が言うのも、なんなのですが、
 市販クラブの最大の問題は
 ✋ハードなスペック
 …分類として Xの硬さ だけでなく
  その硬さを Sに落としても、SRにしても大差ない
  スチールシャフト装着のアイアン
  憧れやこのスペックを使いたい〜使えるかも…
  と言う郷愁が購買意欲をそそる…のか。
 ✋軽いクラブ
 …見た目やさしそうな 軽量ヘッドに
 表記上、Rとか、
 アイアンセットを「カーボンシャフト」にしても
 (予算と言う意味で)購入できる購買層
 若さをあきらめた雰囲気を醸し出してる… 〜高年齢層

  硬いシャフトのクラブ と 軽いクラブ
 大別すると、分野ズレした
 この二種類しか 市販されていないコト と言えるでしょう。

IMG_0784


多くの人が体験されている、と思うのですが、
 スチールの…ハード系スペックはちょっと辛い、
 何年か振りにゴルフに復帰したから 少しスペックを落としたい、
👉その場合、一般的なゴルフクラブの知識では
 以前は ダイナミックゴールドのS だったので
 カーボンシャフトの SRとか、Rにすれば 大丈夫?!
 と思うのでしょうが、
 実際に使ってみると 確かに振り易い…… けれど
 (ヘッドも軽く、シャフトも軽い…ので)
 なんか違う…。 想像していたのと違う…。


痛かった腰が良くなるか…と思いきや
 ほとんど変わらず、振り回してしまう分、
 余計に痛めてしまう ナンテコトがあるのだと思います。

ハードなスペック の 反対は 楽ちんスペック で
 それは イコール 軽いコト ではありません。
ハードなスペックの代表例 の スチールシャフトのアイアン は
 重いことが問題なのではなく、硬いコト が主の問題です。 

良い悪い ではなく、ゴルフクラブの重い 主要素は
長さの先端に ヘッドと言う重さが有るコト であって
その長さ である シャフトの重さは
 あまり大きな差にはなりません。
弊社の悶絶クラブ であれば、
 同じ硬さであったとして
◌240gのヘッドの付いた 120gのシャフトのクラブ よりも
◌300gのヘッドの付いた 60gのシャフトのクラブ の方が
 はるかに重く感じられます。

漆畑2018_Moment

軽い 👉 振り易い というコトは
自分で振りなさい、自分でなんとかしなさい と
非常に近似値な意味なので、
軽いヘッドのクラブ の良いトコロは多くありません。
アプローチに苦しんだり、チカラの無い人がバンカーに苦しむ
最大の要因になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〃絨磴い隆契モーメント
IMG_1364
ドライバーやアイアンのヘッドなどの
比較や指標となる言葉で 「慣性モーメント」と言う言葉
がありますが、これは何か と言うと
基本的には 「重さ」 を表します。
 軽自動車とダンプカー
 小石と月では その「慣性モーメント」が異なり
慣性モーメントの大きな ダンプカーや月 は
外的な圧力/影響を受けた時、
慣性モーメントの小さな 軽自動車や小石 よりも
変化が少なくなります。
それを数値で表すと 3000とか4000g/僉,砲覆蠅泙后

ゴルフクラブで言うと 慣性モーメントの大きなモノは
 姿勢、だけでなく
 運動そのものも持続しようとするチカラ が強く

ちょっと 不謹慎ですが、
 同じ速度 時速50キロで
 止まっている軽自動車にダンプがぶつかるのと
 止まっているダンプに軽自動車がぶつかるのでは
様子が異なるのは 想像が難しくないと思います。
IMG_1359

また、同じヘッドの重量であっても
ドライバー、ウッドなど 立体的に大型になれば
重量が重心点から離れているので 慣性モーメントは大きくなります。
キャビティのアイアンも同じ発想です。
 独楽(こま)で言うと
軸に対し、重量が外側にあればあるほど
回転の持続性が高くなる、そういう発想です。


一般的なの パターヘッド重量は 310~320g(34インチ)
     👉L型ブリストル で 470g (1.6倍)
     👉ピン型デール9 で 520g (1.7倍) です。 

 慣性モーメントもそれに相応するモノと考えられます。
パターには 慣性モーメントのルール制限はありませんが、
もし 設定されれば まず アウト でしょう。

昨今、少しづつ…ではありますが、市販品のパターヘッドも
重くなる傾向が強くなっています。
異形の大型マレットは 慣性モーメントを上げるのが目的です。

ヘッドが重くなれば ヘッドスピードが緩め であっても
同じ距離が打ち易くなり、小さなストローク、
遅めのストロークで済みますから 方向だけでなく
距離も安定し易くなります。


➁ロフトの立ち を生み出す 高重心

一般的なパターの重心は 13mm です。
ブリストル、デール9共に 17mm あります。

シャフトの柔らかいコトもありますが、
それによって 自然なハンドファーストを作り出し(促し)ますので
立ったロフトでインパクトがし易くなります。

ヘッド重量もありますが、
パッティングでボールが潰せるインパクトが可能です。
 その音も独特かな…。
IMG_1365

ボールの滑り出しも良く、傾斜や芝目の影響も少ないので
よりストレートなラインで狙うことが可能になります。

ヘッド重量が強烈に重いので
 速いグリーンや下りのラインに不安を抱く方も居るかと思いますが
 実際には その逆で(言葉では伝わりませんが…)
 速いグリーンや下りで怖いのは スピード感 です。
 ゆっくり、ゆったり転がっても ちゃんと届く
  その強みは 使ってみないと 分からないですよね〜。


➂非常にソフトな独特の打感、転がり と 独特の音

 ヘッド重量の重さ(慣性モーメントの高さ) と
 シャフトの柔らかさ、重心の高さ によって
 緩めに打っても ゆったり転がって 届く、
 転がる というより 滑るに近いかも知れません、
 そういうパターです。

 打撃方法が変わってくる のもありますが、
 弾く感じでは打たなくなるでしょう。
 押すまで行かない感じ、ソッと押す感じ に近いです。
 ボールとの慣性モーメント(質量)の違いもありますが、
 軟鉄の中でも よりソフトなS15Cの
 厚みのあるフェースの打感は非常にソフトに感じるでしょう。

 また、長いネックがかなり打撃の衝撃を吸収するので
 よりソフト感は強まるコトでしょう。
IMG_1369

 長め距離のパットになると
 通常のパターでは体感することのできない
 ボールのつぶれ を感じることが可能です。
 その打音は独特✋
 使えば 使うほど 楽しめるパター です。

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブの性格?や特徴を表すのに
よく使われる言葉の一つに『スイングウエイト』というのが
あります。 D-1 や C-8 といったものです。
5907-0011
このような計測器で計ります。

基本的な原理はグリップエンドから14インチ(35.5センチ)
の場所を支点にして、クラブを水平に保つためにグリップエンド
側にどのくらいの重量が必要なのか 天秤で計るもので、
クラブに対するヘッドの重量はどの位なのかを計るもの
と考えるとよいかと思います。
スイングバランス と呼ばれることもあります。
002

インチ・オンス換算なのでぴったりの数値ではありませんが
長さが同じであれば ひと目盛約2gと考えてよく
 C-0 のモノに比べ D-0 のモノは
「ヘッド重量が約20g重い」と考えてよいだろう。
003

ただ、昨今 軽量グリップが多くなり、それによっても
数値は異なってくる。
これも大まかな数値ではあるが、グリップが4g軽くなると
数値は1ポイント変わってくる。
従来、一般値と言われる50g前後のグリップを
軽量の35gのグリップに代えると、スイングウエイトは
数値上、4ポイント上がることになる。
004

長さの場合は、1インチ(2.54センチ)6ポイント
ヘッド重量で言うと12〜15g分で
長さを変えて、同じスイングウエイトにする場合
長くする場合、ヘッド重量を減らし、
短くする場合は、ヘッド重量を増やす必要がある。

005


**このスイングウエイトは、
クラブを水平時に保った静止状態のバランス であって
使う人が動的に感じる「バランス」とは大きく異なる。

ヘッドの効き具合、ヘッドを感じ取れる度合いは
シャフトの硬さとの兼ね合い によるもので
同じ数値で有ったとしても、シャフトの硬いものほど
ヘッドは感じ取りにくいものである。
スウイングウエイトを数値を「幾つ」と決めてかかって
シャフトの硬さの変化を無視してしまうと
良いことは無い。
同じシャフトのR、S、X では
同じヘッド重量であっても、硬くなるほどに
ヘッドを感じ取り難くなっていくものです。
ボールを打撃しなければならない箇所、ヘッド。
そして、それには上下左右の角度が付いている訳で
その部分を感じ取ろうとするのは、打撃の本能だと思う。
ヘッドそのものが軽いのはもっての外、ではあるが、
それと同時に、動的な状態で
ヘッドが把握し難い、硬さで有る場合、
その数値にこだわらず、簡単にヘッドが感じ取れる重さまで
増量することをお薦めします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


お世話になっております。

L型ブリストルパターのコースデビューしましたので
報告いたします。

010

店長さんの言われる通り、
とてもインチキな代物😃で
今まで数十本のパターを買い替えてきたのは
いったいなんだったのか…と思います。

ブログに書かれていたことが気になったので
ボールの転がりを集中して観察してみました。

今まで気にしてみたことが無かったのですが、
同伴プレイヤーが、某T社、某C社のパターを
使っていましたが、それに比べると少ないように見えます。
転がり、、、と言うよりも滑っているようにも見えます。
008

非常に特徴的なのが その某T、C社のパターを
使っている転がり、初動の転がりはとても速いですが、
途中から急に減速しており、
肝心なカップ近くに行くと曲がりが激しくなる感じ。

それに比べると、L型ブリストルパターは
初動の転がりは遅いですが、
その速さが殆ど変わらず カップ際の曲がりに大変強く
薄いライン取りになるようです。

明らかに球質が違います。

良く転がるので 下りは怖いのかな?と思いましたが
それも全く杞憂に終わり、薄いライン取りをする
勇気を試される一日でした。

グリーン周りの多少のラフであれば問題なく使え
アプローチにもとても便利です。
009

L型ブリストルパターを使うと
長い距離のパッティングでも小さなストロークで済み、
それに比べ、同伴プレイヤーはストロークがとても大きく、
10mを超すような距離になると
いったいどこまで打つのか心配してしまうほどです。
仰る通り ストロークの小ささというのは安定感、
特に中長距離レンジでハッキリと差が出る気がします。


技術的には具体例を挙げられませんが、
距離感とはこういうものなのか 
 初めての感覚です。

こんなにもパターで変わってしまうとは。。。(*_*;
衝撃的な体験です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:最近、ゴルフを始めました。
 パワーに自信はあまりありませんが、
 マッスルバックは使えるでしょうか❓



店主:ゴルフの世界へようこそ
820_13

 世に信じられている
 マッスルバックの方が 重心が高い(高重心
   ✋重量の中心点の位置が高く、
    ボールが上がる作用が働き難い
ボールが上がり難い
 マッスルバック「の方が」重心が高い、 というのは
 機種にもよりますが、 真っ赤な嘘 です。

 思っているよりも重心はたかくありません

 ただし、マッスルバックは総じて 寝ているロフト構成
 キャビティの飛距離重視アイアンでは
 7番で24度…はやり過ぎ としても
 7番は30度より立っているモノも沢山ありますが、
 マッスルバックは 7番 36〜38度 と
 単純に、ロフトだけで言えば 二番手分位寝ています。

 本来のゴルフクラブの使い方 からすれば
 インパクト時の、スイング時の ロフトの立て は
 ヘッドの重みとシャフトの柔らかさ で 作り出される
のですが
 元々のヘッド重量は軽めの上、重心距離も短く、より重量効果は薄く、
 その上、マッスルバックを使う人が 柔らかいシャフト
 柔らかめのシャフト の真逆、硬め、
 超オーバースペックを選ぶ傾向が強く、
 クラブの機能ではなく 「打ち手の技術」によって
 ロフトを立てて打つ必要性が高く
なります。

 ソコが出来ないとなると
 マッスルバックは ただ
ポッコーンと上がるだけのアイアン
 になってしまう可能性があり、
 自分の技術によって ロフトを立てられないとなると
 そこは スピードで誤魔化すしかない と言う意味合いでの
 パワーだと思います。

IMG_0504

 一方、ロフトを立てる とは逆の 矛盾する理由ですが、
 
マッスルバック が 使われる、
 そして、概ね パワーのある人向け の傾向が強くなるのは
 マッスルバック〜キャビティの バックフェイスの構造ではなく、
 それに伴う ソール部の厚み(奥行き)、形状が理由
です。

 キャビティバックアイアンに比べると
 造りとヘッド重量の関係から マッスルバック形状のアイアンは
 ソールが薄くなります。(アイアンそのものの厚みがない)
IMG_0727

 キャビティのアイアンでは ソールに厚み、奥行きがありますので
 下手に ロフトを寝かして入れてくると
 ヘッドが地面と接触、ソールが尻もちを付いてしまい
 上手く当たりませんが、
 (逆に 少しの寝かしは ソールによって補正されます✋)
 ソールの薄いマッスルバックは その邪魔する部分が少ないが故に
 ロフトを寝かしたまま、でも ボールを打つコトが可能 で
👉ロフトを寝かしたまま 打てば
 ショットで言えば ロブショットのようになって飛ばないか、
👉やり(開き)過ぎであれば 上がらず 抜けたような球 に
 なるのですが、
 パワー、スピードがあれば そんな球でも前に進めます


 マッスルバックとパワーの関係は
  その部分が少なくない、むしろ殆どのような気がします。
 悪い言い方をすれば 良くない使い方もパワーで解決できる、です。
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(3)
 現代のゴルフクラブ事情から
 「ドライバーの飛距離」を無視出来ませんから
 そのドライバーの飛距離性能を引き出す為、にも
 そういう アイアンの振り方は お薦めできません。

 キャビティ… ソールの奥行きの有るモノ を
 自分に適切な『シャフトの柔らかさ』で使い、
 ドライバーの特性を引き出し、
 ドライバー、アイアン、相互に上手く打てるコト
 そちらを重視した方が 賢い ような 気がします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〃絨磴い隆契モーメント
IMG_1364
ドライバーやアイアンのヘッドなどの
比較や指標となる言葉で 「慣性モーメント」と言う言葉
がありますが、これは何か と言うと
基本的には 「重さ」 を表します。
 軽自動車とダンプカー
 小石と月では その「慣性モーメント」が異なり
慣性モーメントの大きな ダンプカーや月 は
外的な圧力/影響を受けた時、
慣性モーメントの小さな 軽自動車や小石 よりも
変化が少なくなります。
それを数値で表すと 3000とか4000g/僉,砲覆蠅泙后

ゴルフクラブで言うと 慣性モーメントの大きなモノは
 姿勢、だけでなく
 運動そのものも持続しようとするチカラ が強く

ちょっと 不謹慎ですが、
 同じ速度 時速50キロで
 止まっている軽自動車にダンプがぶつかるのと
 止まっているダンプに軽自動車がぶつかるのでは
様子が異なるのは 想像が難しくないと思います。
IMG_1359

また、同じヘッドの重量であっても
ドライバー、ウッドなど 立体的に大型になれば
重量が重心点から離れているので 慣性モーメントは大きくなります。
キャビティのアイアンも同じ発想です。
 独楽(こま)で言うと
軸に対し、重量が外側にあればあるほど
回転の持続性が高くなる、そういう発想です。


一般的なの パターヘッド重量は 310~320g(34インチ)
     👉L型ブリストル で 470g (1.6倍)
     👉ピン型デール9 で 520g (1.7倍) です。 

 慣性モーメントもそれに相応するモノと考えられます。
パターには 慣性モーメントのルール制限はありませんが、
もし 設定されれば まず アウト でしょう。

昨今、少しづつ…ではありますが、市販品のパターヘッドも
重くなる傾向が強くなっています。
異形の大型マレットは 慣性モーメントを上げるのが目的です。

ヘッドが重くなれば ヘッドスピードが緩め であっても
同じ距離が打ち易くなり、小さなストローク、
遅めのストロークで済みますから 方向だけでなく
距離も安定し易くなります。


➁ロフトの立ち を生み出す 高重心

一般的なパターの重心は 13mm です。
ブリストル、デール9共に 17mm あります。

シャフトの柔らかいコトもありますが、
それによって 自然なハンドファーストを作り出し(促し)ますので
立ったロフトでインパクトがし易くなります。

ヘッド重量もありますが、
パッティングでボールが潰せるインパクトが可能です。
 その音も独特かな…。
IMG_1365

ボールの滑り出しも良く、傾斜や芝目の影響も少ないので
よりストレートなラインで狙うことが可能になります。

ヘッド重量が強烈に重いので
 速いグリーンや下りのラインに不安を抱く方も居るかと思いますが
 実際には その逆で(言葉では伝わりませんが…)
 速いグリーンや下りで怖いのは スピード感 です。
 ゆっくり、ゆったり転がっても ちゃんと届く
  その強みは 使ってみないと 分からないですよね〜。


➂非常にソフトな独特の打感、転がり と 独特の音

 ヘッド重量の重さ(慣性モーメントの高さ) と
 シャフトの柔らかさ、重心の高さ によって
 緩めに打っても ゆったり転がって 届く、
 転がる というより 滑るに近いかも知れません、
 そういうパターです。

 打撃方法が変わってくる のもありますが、
 弾く感じでは打たなくなるでしょう。
 押すまで行かない感じ、ソッと押す感じ に近いです。
 ボールとの慣性モーメント(質量)の違いもありますが、
 軟鉄の中でも よりソフトなS15Cの
 厚みのあるフェースの打感は非常にソフトに感じるでしょう。

 また、長いネックがかなり打撃の衝撃を吸収するので
 よりソフト感は強まるコトでしょう。
IMG_1369

 長め距離のパットになると
 通常のパターでは体感することのできない
 ボールのつぶれ を感じることが可能です。
 その打音は独特✋
 使えば 使うほど 楽しめるパター です。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


あるお客様の 特別な指定によって
 作られた 一点限りのモノ です。
 現存では サンプルを含め2点しかありません。
IMG_1426
成型の為のプログラムも、金型もない、
 最終仕上げを除き、ほぼ全行程 手削り のヘッドです。 
IMG_1413
ヘッド重量は
  530〜535g あります。

ロフト 4度(ブリストルオリジナルよりも1度立っています)
ライ角度 71度(同じ)
素材は軟鉄鍛造 S15C です。
仕上げは 素地にWニッケル、
 表面に薄くチタンコーティングをしています。
 見た目は 薄い金色 です。
IMG_1422
見た目で言うと 2mmほど厚みが増し(ファット-B)
 ネックが3mm長くなっています。
重心が1mm深く、2mm高くなっています。
IMG_1425

ご依頼のある分のみ 製作いたします。
 (締め切りは11月30日までとさせて頂きます)

 以後 再販、再製作の予定はありません。
  …年内のお届け…はかなり難しいと思います。
IMG_1414

ご連絡、ご依頼、お問い合わせは
 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10
 <hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

  046-804-1480    野澤  まで



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


EG−05改、先週の木曜日に届きまして、

金曜日に広い練習場(180y程度)で
GR−14との比較をやってみて

昨日、ホームコースで使用してきました。

 

まず、段ボールを開封して、
最初にクラブを触った印象ですが、

今までで一番、先端部分がぐにゃぐにゃ動くので、
かなり、びっくりしました。

あと、やはりアドレス状態でヘッドの部分が
大きく映るので安心感がある印象でした。

 

176337466_4001659399881143_1271330495810331566_n

練習場で両方を打ち比べた結果ですが、

ヘッドでここまで飛距離に違いがでるんだなぁとつくづく感じました。

GR−14に比べてなかなかボールが落ないで、

すーっと伸び続けている感じでしょうか。

 

あと、代わる代わる打ち比べてみるとよくわかりますが、

ダウンスィングの時に、GR−14の方が、丸い塊が動いている

印象が結構でていて、興味深かったです

(クラブ?、シャフト?が、
やや、固く感じました。 振動数だけではわからない、

使っている本人にしかわからない部分ですね)。 


EG−05改は、本当に打ちやすく、

ダウンスィング時のヘッドによる抵抗感が
ほとんど感じませんでした(なめらかな印象)。

 

GR−14のかなりいい当たりが、
EG−05改ちょっとミス程度で十分届いていて、

普通に打てた時には、圧倒的に飛んでいます。

(おそらく、平均で15yから20y程度は違いそうです)

EZ055


たまたま、先日、自分のゴルフクラブの扱い方研究に
結論が出ていたので、フルショットの比較には一番いいタイミングでした。

(3か月ほど、オープンスタンスであれこれやってみましたが、
結局やめて最終的には、 いつも の 通り)

 

✊「左脚でテイクバック(脚の動かす量がそのままテイクバックの量)
フェースがボールを見続けるのは、全く意識しなくても、

自動的にそうなるようになっています。
右手首の使い方がそうなっているみたいです」

 

✊「左上腕を一気に上に動かす
(トップの高さより、更に高くなるイメージが、
自分的には一番、あっている様です)」

 

この打ち方が、フルスィングした場合でも
一番身体に負担がかからず、安定してボールも捉えやすい様です。

 

あと、デール9EG−05改の相性がバッチリの様に感じます
(何となく、クラブから受け取る感覚が非常に似ている)。 

SLN-PT2


追加で作成して頂いたLW、デール9EG−05改のおかげで、
本番ラウンドが非常に楽になったので、スコア的にも

ようやく、ホームコースでの上位陣のみんなと
競える準備が整いはじめました。

 

ゴルフクラブの扱い方は、
基本の部分は「左脚テイクバック+左上腕でダウンスィング」
と自分なりに結論できましたので、

この先は、左上腕の微調整のみとなりそうです。

 

練習場で左上腕の上げる高さでボールの高さを変える事が
出来る事を発見したので、このあたりが研究対象かなと考えています。

 

店長さんの仰っている「左上腕」の扱い方、
自分も、これが究極の鍵になると思うので、読者に伝わるといいですね。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

あるお客様の 特別な指定によって
 作られた 一点限りのモノ です。
 現存では サンプルを含め2点しかありません。
IMG_1426
成型の為のプログラムも、金型もない、
 最終仕上げを除き、ほぼ全行程 手削り のヘッドです。 
IMG_1413
ヘッド重量は
  530〜535g あります。

ロフト 4度(ブリストルオリジナルよりも1度立っています)
ライ角度 71度(同じ)
素材は軟鉄鍛造 S15C です。
仕上げは 素地にWニッケル、
 表面に薄くチタンコーティングをしています。
 見た目は 薄い金色 です。
IMG_1422
見た目で言うと 2mmほど厚みが増し(ファット-B)
 ネックが3mm長くなっています。
重心が1mm深く、2mm高くなっています。
IMG_1425

ご依頼のある分のみ 製作いたします。
 (締め切りは11月30日までとさせて頂きます)

 以後 再販、再製作の予定はありません。
  …納品は年内…はかなり難しいと思います。
IMG_1414

ご連絡、ご依頼、お問い合わせは
 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10
 <hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

  046-804-1480    野澤  まで



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ご質問頂きましたので <質問です>
240781176_4377812485599164_8218599256180757912_n
Q: 硬質のディスタン系の球をお勧めする理由
はどのようなロジックでしょうか?興味があります。


ボールの柔らかさ に関してですが、
ドライバーであっても、アイアンであっても
金属質とゴム質 のヤング率(歪み率)は
200倍以上差があります。

20年前に比べると ツーピース〜多層系のボールは
実は 歪みにくくなっています。
無駄な歪みが無いので飛ぶのです。

柔らかい と感じる(実は錯覚しています)のは「音」です。
表層や二層目に ポリマー・イラストマーなどの
 吸音材 が多用されているのが理由で、
実際には ボールはどれも
  硬く? なっています。

勿論 ボールは好き嫌い、好みで良いとは思いますが、
柔らかさ(音に)に固執する必要はないと思います。

悶絶クラブであれば  いや! と言うほど
ボールは潰せるので 硬質系のボールでも
十分潰せますし、いい音も出せます。

ボールの重要性は 同じ球を使い続ける コト です。
そう言う意味で 硬質なボールの方が 安価な場合が多く
  持続性を重視すると 硬質なボールをお薦めしています。
予算が許せば どちらでも良いかな とも思います。


✋これは余談ですが、(ボール質にもよりますが)
 一般的な練習場のボールで 良い球 を打っていると
 実際のコースで使うボールでは
 スピン過多、弾道高め になってしまう可能性があります。

👉ボールの質…もない訳では無いですが、
 それよりも 使用頻度、それに伴う 清掃(機械洗い)
 によって ディンプルが薄く、質量も落ちているからです。
 (基本 結構 削れています)

ユーティリティクラブ、フェアウェイウッド、ドライバー あたりでは
すこし 失速する位が良いと思います。


私 個人の場合で言うと 元々弾道が低いので
6番アイアン以上のクラブが失速し、
 全部 同じキャリーになってしまいます。
それを無理にあげようとするのは 良い練習になりません。

練習場では 距離を重視せず
弾道の高さを揃える練習をした方が良いと思います。
((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment(2)












Q: 3Wと7WUTは、ミステリーを考えていますが、
どのモデルになるのでしょうか?

店長さん的にはSYBとミステリーはどうお考えですか?

形状の好みもあるとは思いますが、
SYBの W422V は ロフトの一度大きく
性格的にも上がり易いヘッドです。
打ち出しがやや高めの スピン少な目タイプとお考え下さい。
#3-14.16.17.
#5-19
#7-22
#9-25
#11-28

image03b
一方、ミステリーの HT-411 は
性格的にはオーソドックスなタイプ
打ち出しが中弾道 W422Vに比べると スピンはやや多め です。
411-6_small
#FD-14.15.16.
#5-18
#7-21
#9-24
性格も含め
番手とロフト構成で選ぶ方がよいかな と思います。

UTはミステリー一本なのですが
 ロフト構成は
#3-19
#4-22
#5-25
#6-28

 その組み合わせになると思います。
✋3番に相当するモノは
元々の球質、ウッドに対する自信 にもよりますが、
大きめのロフトを選んだ方が良いと思います。
無理に3番を選ばず 5番からでも良い場合もあるでしょう。
その場合は 18度のロフトのミステリーの方がよいかも ですね。

ウッドとアイアンの間に ユーティリティクラブ を入れるか否か
にもよりますが、それによって
残りのもう一本のウッドを選ぶと良いと思います。

ウッド、ユーティリティ共に
 きつい番手、キツイロフトは選ばない が
 基本だと思います。

番手間の長さの違いなど ヘッド重量で変えられますので
一度に造らない場合(何回に分ける)であっても
どういう構成にしておくか 先にご相談ください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


最近、多く見かけるマレット(かまぼこ型)タイプ、
  …昔はマレットをかまぼこ型って言ったんです。
   おそらく マレットタイプが認知された頃の
   代表作ゼブラ社のマレットがそういう形、
   をしていたから だと思います。(40年前)

特に 最近の奥行きの深い〜重心の深いマレットタイプは
その 最大の売り である重心の深さが弱点になる のです。
スナップショット 1 (2016-11-24 20-30)

マレットタイプは
 見た目の大きさとは違い、 ヘッドが思ったより軽いコト、
フェースバランスを取るため ベント、曲がったスチールシャフト
 などが装着しているコト(運動する部分が少ない)によって
 よりヘッドが軽く感じるコト、
 などによって 
ヘッドを多く動かしガチ
 早く動かしガチ
 になります。


機械では真っ直ぐ引けるのですが
人間の場合、テークバックでヘッドを動かし始める時
ヘッド…ですが、無意識にフェースを意識して指導し始めます。
また 多くのタイプは クラウン上 に
 視覚的にヘッドを「真っ直ぐ引かせるコトを誘導する」ライン
 存在するのも 良かれ悪かれ です。
✋個人的には この妙なシンメトリー性が
 他のクラブと あまりに一線を画した感じがします。

マレットタイプは重心の位置が深く、

その位置がモノによっては
 3センチ近くもズレたところにあるコト、
から ヘッドを真っ直ぐ引こうとすると
 重心位置が外に膨らんだり
 フェースが左を向こうとしたり します。
スナップショット 3 (2016-11-24 20-31)スナップショット 2(2016-11-24 20-30)




早く、多く動かし易いコトもあり、
 テークアウェイで外に膨らみ易いが故に

それを修正しようとしますから
 外から内への8の字ループになってしまいます。
IMG_1412

これで問題なのは
機械は8の字ループを描きませんが、
もし描いたとしても それを繰り返すだけです。
ところが 人間の場合
 それを良しとしませんから
ものすごく気にしながら テークバックを取ろう
 特に 動き出しに神経を使わなければいけなく なり易いでしょう

IMG_1359

一般的な 日本のトーナメントプロ の場合、
ほぼ毎日 パットの練習に数時間費やします。
試合中も 夜はするコトが少ないですから、
ホテルの部屋にパターを持って帰り
 夜な夜な打っている訳です。
通常の打撃練習頻度、量もすごいですけれど
それを上回るような パッティングの練習をしている・・・
そんな 機械作業のようなストロークの出来る人向け
 なのが マレットタイプ…と言う気がしてなりません。




機械作業の苦手な人、
感覚が最優先のパッティングの人にとっては
イップス誘導機のような気がしてなりません…。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


あるお客様の 特別な指定によって
 作られた 一点限りのモノ です。
 現存では サンプルを含め2点しかありません。
IMG_1426
成型の為のプログラムも、金型もない、
 最終仕上げを除き、ほぼ全行程 手削り のヘッドです。 
IMG_1413
ヘッド重量は
  530〜535g あります。

ロフト 4度(ブリストルオリジナルよりも1度立っています)
ライ角度 71度(同じ)
素材は軟鉄鍛造 S15C です。
仕上げは 素地にWニッケル、
 表面に薄くチタンコーティングをしています。
 見た目は 薄い金色 です。
IMG_1422
見た目で言うと 2mmほど厚みが増し(ファット-B)
 ネックが3mm長くなっています。
重心が1mm深く、2mm高くなっています。
IMG_1425
ご依頼のある分のみ 製作いたします。
 (締め切りは11月30日までとさせて頂きます)
 以後 再販、再製作の予定はありません。
 
 …納品は年内…はかなり難しいと思います。
IMG_1414

ご連絡、ご依頼、お問い合わせは
 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10
 <hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

  046-804-1480    野澤  まで


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 ✋試打クラブ 貸し出しクラブ(無料)
 お問い合わせ下さい
  〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ☎046-804-1480
IMG_1366

【ヘッド重量】
長さによります。
🔴33インチ以下 525g
🔴33インチ以上 515~520g
まずは 【長さ】を選びましょう
長さは32〜36インチ…と言ったトコロです。
ただ 32インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。
☆身長や構え などにもよりますが 推奨長さ  33.5〜34.0
IMG_1370
【ヘッドの仕上げ】を選びましょう
今回のパターは オイルコーティングブラック(墨黒)と
  数量限定バージョン ゴールドバージョン(サテン)の二種です
IMG_1359
【シャフトの硬さ】を選びましょう
市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのスチール      125g 260cpm位

▲リジナルグラファイト  100g 200cpm位
オリジナルグラファイト 80g  170cpm位
ぅリジナルグラファイト 60g  140cpm位

 ➁➂い凌Г魯ンメタリック(ヘッドの仕上げと非常に似た色です)

➀は 長さにもよりますが、総重量700gは超えると思われます。
かなりシャフトが硬いですから、ヘッドが効いている というより
全体の重いパター…と言う感じでしょう。

➁の総重量は 670gになるでしょう。
市販のクラブ(アイアン/スチールシャフト)との
組み合わせには丁度…と言ったトコロです。
IMG_1362
推奨スペック:このヘッドの重さ、シャフトの柔らかさによる
 異次元のボールの伸び、転がりを味わいたい、のであれば
 ➂もしくはい料箸濆腓錣擦良いと思います。
 この位の硬さから ボールの転がりが段違いに違います
 ✋手元が締まったタイプのシャフトなので 数値(振動数)の割に
 扱いやすい、振り易い と思います。

推奨スペック:シャフトの硬さも更に柔らかいですが、
 シャフトのタイプも 全体に均等にしなる、
 一般では体験できない 手元の緩さ があります。
 悶絶セットとの組み合わせを推奨いたします。
IMG_1369
【グリップ】を選びましょう
ヘッドが効いていますので、やや太め以上、やや重め
のグリップをお薦めします。
✋太さ…で選ぶよりも 形状にご注目下さい 

IMG_1375IMG_1372











茵.廛蹈ンリー レッド ピストル型ラバー  やや太め/72g 
罅.廛蹈ンリー ブルー △形状コード   太め/88g
蕁.張◆璽札鵐機次 .僖疋觀ソフトラバー かなり太め/90g
IMG_1374

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

☀店主
多くの方の感想をまとめると
 “距離性能が非常に高い
 ▲潺垢隆架禿戮非常に高い
➂スピン抑制が強く、吹かない
右殺しが非常に強く
左嫌いの人向きではないかも…


(60代/男性)
現在のスイング修行中の身なので
お店で取ったデータのような距離はまだ安定して出ませんが
4回のラウンドで 2度260ヤード越えを記録しました。
(レーザー計測器にて測量) 
40代の若者と回りましたが、平均して遜色なく
「高反発?」と聞かれました。

ヘッドスピード40ms前後の自分としては
行ったことの無いようなところに行くので驚きです。
EG05_03

距離は220〜260ヤード
平均的には 220ヤード寄り と言ったトコロです。

距離にも驚きましたが、
とてもミスに強く、方向安定性は本当にすごいです。


「あッ… やっちゃった…」
通常であれば、右にスライスでサヨナラ の
触感、振り感の時でも フェアウェイ右に残り、
ほどほどの距離が出ているのです。
 フェアウェイヒット率が7割に近い です。

そのお陰で 生涯ベストを二連続で更新中

ドライバーショットの安定度
フェアウェイキープ率、コース内留まり率 に比べると
他のショットは不満ではあるのですが、
『ドライバーに助けられている』という
今までのゴルフでは起こらなかったことが起こる
 とても不思議なドライバーです。


Q:ルール大丈夫です❓❓
A 店主:ルールに抵触する部分はありません

【SYB EG-05】 プロによる試打_Moment
(50代、男性)
早速現場投入してきました。

慣らしは、出来たような…出来ていないような球数でした

 

まずはドライバー。
 🚀以前より感覚で20ヤード前後は伸びてますね!

 最近はだいたい負けてる仲間内で
 4つのドラコン🤗のうち3つ獲りましたよ〜(自慢)

 10年以上前に若返った感じです。

🤗🤗(☀アッチもそうありたい、、、🚀)🤗🤗

 

3Wも今まで同様文句なしです。安定性が素晴らしい。

(あまり行かないコースだったので飛距離はよく分かりません)

 

5W,7W,4Uは、すみません、出番がありませんでした。

 

240781176_4377812485599164_8218599256180757912_n

パター、、、重い!!

でも距離感はすぐに掴みましたよ(自慢2)

後半で20メートル強の上りストレートをぶち込みました(自慢3)

ただ、2,3m位の時、若干左右のブレを感じました。

あまりの重さに体幹が安定しないのかもしれません。

まあ、4年間ずーっとL字だったのでピン型に慣れていないのかもしれません。

これから使い込んでいきます。

 

とにかく「ティーショットで距離が出る」ことが何よりも快感です。

こうなるとやはりゴルフは楽しいですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ