◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

タグ:ゴルフクラブの構造

5
 今のゴルフ界の流行りは POP である
派手な色、派手な形、派手な装飾  古い言葉だがさながら チンどん屋 のようだ。


本日のBGM 如何ですか
http://www.youtube.com/watch?v=JjMDq-_3Wd8


その最たる例がパターである
キェロウェイから始まった「ツーボール」パターの波がかなりアレンジされ 浦島太郎気味のゴルフ親父には どれが主流なのか 流行りなのか つかめない…
ともかく マレットパター   今でもそう呼ぶのか自信はないが…
実は たまにしか ゴルフをしないアマチュアには 最高に難しいパターなのだ
ある意味 ウエッヂを同じなのだが この手のスピードで処理しないショットは 重心が深かったり モーメントが高過ぎたり 重心が低いのは ご法度なのである。 
形状上 重心が深いのと 低いのは必ず共通する。 パターのようにスピンを掛けず 転がさなければいけないヘッドは 重心が浅く 高い方が「転がりが良い」  深く 低いと ボールが少し空を飛んでしまう

 よく重心が深いと フォローが出やすい と言われる。
言葉はあっているのだが アマチュアの振り子式 パッティングストロークでは フォローが出ると フェースが上を向いてしまい 歯で打つ事になる。 必然的にアッパー気味のストロークになるので 一発目の転がりでボールは下に向かおうとするので 自分の沈んでいる芝の壁にボールが当たり 跳ねた転がりになってしまう。 ひと転がり目でブレーキが掛かるので飛ばない。 強く打っても 同じ。 強ければ強いほど より跳ねるだけで 力加減の増幅分は距離の増加につながらない

 また 重心深度 の項目でも書いたが 視覚の打点と 感覚の重心点に差があると テークバックが引きにくくなる。 重心点に遠心力が掛かり テークバックが外に上がろうとしてしまうからだ。

その両方にくわえ、パターは オーバースピンだから  あたり前だが
アッパーに振ろうとするゴルファーが多いので より そのアッパーが強まり マレットタイプを使う大半の人が フェースではなく 歯でボールを打っている。
アマチュアのパッティングを見ていると 殆ど 全員に近い位の人が リーディングエッヂの部分 要するに でボールを打ってるのが見える。 だからインパクト音が コケッ て堅い音がする。  これを ニワトリの叫び と呼ぶ  欧米諸国では ニワトリは意気地なしの証だよ

ヘッドの角っこがボールに食い込んでいるんだ
これでアッパーに振るんだから ボールは下に進もうとし 跳ねる 跳ねる
このパッティングするのに フェース面の素材がどうだとか
ボールはソフトな方が良いとか 問題外でしょ 

ラインには乗らない
届かない
必要以上に強く打つので引っ掛かる
雨や下りに弱い
               よし 有りがたい、 握りは頂きだ!続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

1

 今 若者を中心に人気のあるメーカーの×× を 素材にクラブ作りをしてみた 単なる 偶然 からか ドライバー ウッド アイアン パター まで そのメーカーの最新機種  そしてフラッグシップモデル を使った  驚愕の事実  そう あまりに  つ く り が 酷 い の だ   よく 書き込みやブログで 一流メーカー 有名メーカー って言葉を見る  ま 正直 何が 一流であるか どうか 今の世の中分らないが 決して 少なくない 私のクラブに触れる体験から見て どうやったら こんなに チャッチく 安っぽく クラブを 作れるのか  驚きを隠せない… 決して 場末のゴルフショップの親父が 嫉妬や妬みから思っているのではない  良いモノ 使えるモノ 機能が優れたモノ であれば素材やメーカー ましてや形状に関わらず クラブ創りの素材として 検討 採用する出来るだけ 下らない個人の固定観念 に染まらないように大変注意している  が しかし ここまで 酷いと  がっくりすると言うか すこし悲しい  十数年前 店を始めた頃輸入安売りゴルフショップからの転身の為出来るだけ 安価なゴルフセットを作っていた  その頃 よく 俗に言う ノックオフモデル   要するに コピー品 を扱っていた  あの頃は キャロウェイやら Sヤードやら コピー品が巷に溢れかえっていた…   その中でも アルミ素材を使ったSヤードのコピー品Sバード とか Sモード とか 9800円で売っていたりしたが  あきらかに それより 酷い 「つくり」と性能は イコール ではないけれど つくり手としては 細かい仕上げや全体の雰囲気 見えないところの仕上げなど  かなり気になるモノ       本物なのか  そのメーカーのパクリ品 ではないかと疑ってしまう  ドライバー ウッド  なんですか この仕上げ この作り  アイアン  セットの流れがこんなに変わってしまう作りのクラブ              見たことない    3種類の位のクラブが混在していて その変化の意図が全く見えない  流れの変化 というよりも ゴルフをしない人が設計したか のようだ  パター   これは 大人が緑の芝の上で 使う道具ですか        それとも パットパットゴルフで子供が使うモノ ですか    そう あの雰囲気に近い  若者に人気のある Dランド  森や海 リゾートやジャングルのセットが作ってあるアトラクション   勿論 作りモノ である       それと 本物の海  ジャングル   そんな違いだ!  つ く り モ ノ    ゴルフクラブの偽物を作って何になるのかしら…     大手メーカーのクラブ作り って     オリジナルの状態からコピー品製造 なの? これを 知名度が高いから と ◎◎プロが使っているから と 買ってしまい  そのメーカーを保持している事を 誇らしげ にしているのは   モノ モノ創りを知らないと さらけ出しているだけに思うのは僕だけ? 昔 誰かから聞いたぁ…  ブランド って 中身の無いモノのすがる御守り なのかなぁモノを創る事って ものすごいエネルギーなんだけどなぁ〜 そうねぇ 昔は家で作ったお米やみそ なんかで 夕方から お母さんが コトコト と台所仕事して質素だけれど 心のこもった 丁寧に作った 夕ご飯って本当の意味での  「ごちそう」   馳せ走る って意味だよね… いまじゃぁ 贅沢言え無いけれど 毒じゃ無い「えさ」みたいなものそんなモノを毎日食べているような気がする… 時代だから仕方が無いのか…  なんだか 価値観 と言う言葉自体 意味を失っているのかもしれないな…    ちょっと違うけど こんな話がある… 僕が大学の頃(25年位前かな) バイトで通訳をしていた日本の企業のおエライさんが ビバリーヒルズのロデオドライブに行ってエルメスのお店でお土産を買うと言う… hrmsklrg 娘さんか 奥さんか 二号さんか 詮索は出来なかったがあの グレースケリー で有名な エルメスの ケリーバッグを頼まれたそうだ。 店員さんにお願いすると 奥から厳重な包みに入ったその皮の手提げバックを持ちだしてきた かなり頑丈な作りで メチャ重い 女の人のバッグとは思えない… その重役さんも  「こんな重いもんかね」と聞いたら店員さんは このバッグは 通常 お付きの人が持ち   パーティー会場等の入場の時だけご本人がお持ちになるような   そんな方が使うバッグなんです と説明してくれた こ これは通訳出来ない…   「作りがしっかりしているから 重いんですよ」  と訳すしかない。 これを 通勤で使うのか…  買えるからって 買うべきじゃない人が持っては意味が無いような…            単なるヒガミかもしれない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

パッティングも姿勢でつぶそう

アンサーネックの効用について記事にしてください



どこかの記事で書いた覚えがあるけれど
 プロアマ戦 や チャリティーゴルフ を見ていると
  ある意味 プロ と アマ の差は
   パッティングが一番激しい
COSTARICATANGO10
レースの車に乗っている人と徒歩で競争している位の差がある
まず アマチュアはボールをパターでつかまえられない
ただ 叩いて転がしているだけ
言葉悪く言えば つま先でボールを蹴ったのとあまり差はない
ショット力や展開は それを職業にしている人と趣味でやっている
 そんな違うですんでいるが パッティング力は ものすごい差である…

刷毛塗りのドリルは ショットの肝を抽出した ドリル
 パッティングは それを更に抽出したもの
ある意味 パッティングはショットの いろはのい と言っても良い


パッティングの何が一番 違うか  ???
 というと 基本中の基本 ボールをつかまえる 潰す(ちょっとオーバーか)
ことが 全く出来ていない… というか つかまえようとしていない

殆んどのアマチュアゴルファーは 
  つかまえる事 = フェースを左に向ける(閉じる)
と 勘違いしている。
パターには 意図的に フェースを左に向ける 閉じる動きは 確かにない…
 故 つかまえない   ただ転がすだけ
そう思っているフシがある
 つかまえられない つかまえない そこら辺から ピンタイプの
  オフセットネックは生まれたのだけれど…
   最近では それも無くなりつつある。

最悪 つかまえられないにしても
 いつも 同じロフトでインパクト出来るようにしておけば
  パッティングにおける 距離感は満たされる
   プロの多くは 最低でも その方法を取る

アマチュアの多くは それすらもあまり多くない…
 同じロフトで打つ から 距離「感」は生まれる訳で
  元々 ロフトの少ないクラブ 
   いくらショットに比べ遅いスピードで打つとは言え
    ロフトの誤差ははっきりと距離になって 現れやすい

まして 今 流行りとなっている マレットタイプのパターは
 重心位置が深い為 ヘッドが進行方向 前に出やすい
  それを 「振り子」式打法で打てば シャフトよりも フェースが前に出やすい
   そうなれば 多めのロフトをアッパーブロー で打つ頃になるから
    下手をすると リーディングエッヂ(歯)がボールに当たってしまう

2
 ☆ボールはつかまらない
 ☆一定のロフトでインパクト出来ない
 ☆大概 歯でボールを打ってしまう





この 最悪な三原則が絡み合ってしまうのだから
 上手くいくはずがない…

プロとアマのパットを見ていると
 カップインパットの差では無く
  アプローチパットの差があまりにも激しい
   20m 30m の アプローチパット は仕方無いにしても
    10mのアプローチパットが あまりに違い過ぎる
     プロは大概 安全圏のワングリップの来るけれど
      アマチュアはワンクラブ 下手をするとワンピン になってしまう

 その積み重ねは ラウンドで 5〜10打の違いになり
  年間のトータルでは 100打以上の差になってしまう


プロは 距離に応じて ボールスピードが一定しているけれど
 アマチュアは距離とは関係なく ボールスピードがバラバラ
   いかに ロフトが一定していないかの証である。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

類似項目ですが
多くのアマチュアがなんとなくしか理解していない

03_bバンスの使い方 バンカーショット

質問:::私がゴルフを始めた頃のアイアンはソールが角ばっていて、四角い?
ミズノプロ ms-1 みたいなモデルが多かったです

マルマンソール! なんてのも出てきましたが、今みたいに スクープソール? ソールの前後がカーブで丸みがついているものは少なかったです

バンスの本来の意味 役割?使い方?とあわせて、なぜ丸くなっていったのか ご見解をお願いします

バンスの認識は、スイング改造にも役立つような気がします私を含め多くのアマチュアが、誤解している気もしています

なぜウェッジの方が大きいのかしっかり答えられるゴルファーは少ないと思います




  バンスには幾つかの役割があります
        意外に見落とされがちのは ヘッド重量だったりします
       ウエッヂは 通常のアイアンのように 低重心や深い重心というのは困ります
      双方ともに ロフトを増やす働きがあるので 元々 ロフトの大きなクラブには
     必要のない事です
    一般的には 高重心 浅い重心を作る為にも ネックを長くしたり
   色々な工夫が行われていますが クラブの中で 一番ヘッド重量の必要なウエッヂには
  重量を増やす為に 厚い 大きなソール周りが必要不可欠です。

ヘッド全体を大きくすれば良いのですが ロフトが寝て フェースが上を向いている為
それでなくとも ヘッドが大きく見えますから 重量配分をソールに依存しなければなりません


sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショットロフトの大きなクラブ ウエッヂには大きな短所があります。
ひとつは その大きなロフトが クラブを難しくします  ロフトが大きいと言う事は
進行方向に対する投影面積が小さく 人間には大きなフェース面であっても
ボールにとっては小さな打面なのです。
ロフトというのは大きくなってくるほど 一度が効いてきます
距離を高さやスピンに変換し わざと飛ばさない為のモノなのですが
インパクトロフトが45度を超えるあたりから そのロス率は顕著にでます

 ロフト調整をする場合 5番や6番あたりでは ロフトを一度変えても
  殆んど距離の増減はありません
   ところが45度以上のクラブは 1度のロフトの増減がそのまま距離につながり
    2度変えたことによって 5ヤード以上変化してしまう事も少なくありません。

要するに ウエッヂはインパクトロフトの変化によって 大きく距離が変化してしまう
 ある意味 非常に難易度の高いクラブなのです。

  150ヤード打つのであれば プラスマイナス5ヤードなんて
   ナイスショットの範囲内 なのですが
  30〜40ヤードのショットの プラマイ5ヤードは重大なミス になってしまいます。

そのロフトの安定を促すのが バンスのひとつの大きな役割です

ブログの中で一貫して書き続けている事ですが
 ヘッドを振る ヘッドを振り子のようにして使う人にとっては
  このロフトの修正機能としてのバンスは全く役に立ちません
   役に立たないどころか 上手く当たる事の弊害にしかなりません。


sample 2009_09_29_23_49_15-964フレームショット重心位置とバンスの位置関係と言ったらよいでしょうか それともハンドファーストと言ったら良いでしょうか   バンス 接地時に バンスよりも重心位置が 進行方向側に有ると ハンドファーストの状態でバンスが接地すると クラブフェースを進行方向に押す ロフトを起こすような動きになります
それにより ロフトを元の状態に修正する機能です。
 本来 バンスの大きなウエッヂの方が飛ぶ のです

20090801 2009_09_02_14_54_45-567フレームショットその反対にヘッドを振る ヘッドが手を追い越すような動きで打とうとすると バンスが地面を設置した際 ヘッドを上に持ち上げようとします ダフッているのにトップしてしまうミスになります。

近年 日本のウエッヂのバンスが 「ローバンス」化してしまうのはここら辺に問題がありそうです。

35cb88f77052c597adb8-Lジーンサラゼンが発明するヒントになったのは 翼 そのモノではなく
その翼が 飛行機の胴体とすこし違う角度になっていることなのです。
胴体に対し やや上向きの翼が 飛行時や離着陸時に姿勢を安定させる という発想なのです




もう一つ   ウエッヂ ロフトの大きなクラブの欠点は
 フェース面とソールで作る角度が非常に 鋭角な上に
 クラブの中では短いシャフト…スウィングの弧が小さく 
 入射角度も鋭角になってしまう事で 
 リーディングエッヂが地面を接触した際に 刺さってしまいやすい傾向にあります。

それをガイドのように刺さらない様に 抜いて上がるのがバンスの役割の一つです



ですから バンスの大きな役割
 ☆インパクト前の ロフト 姿勢の修正
     ☆インパクト後の 地面に刺さってしまうのを防止する
 があるのです。


バンスには バンス幅 バンス角度 形状など色々ありますが
 正しくクラブを使える ヘッドを振らない人には 大きなバンス角度
  しっかりとスライド出来 インパクトを長く取れるひとには更に幅広のバンス
   ウエッヂの距離が飛ばない悩みの人には やはり 大きなバンス角度
     を お薦めします続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
よく雑誌やブログで トゥダウンを抑えて みたいな記事を目にします。

トゥダウンを抑えるのには いくつかの方法があります
1.軽いヘッドを使う
2.重心距離を短くする
3.硬いシャフトを使う

このどれもが ゴルフクラブの本来持っている機能を減らす という意味合いをもっています。

軽いヘッドを使えば ボールを飛ばす 破壊力を失います。
先端部のヘッドを軽くすれば ヘッドスピードが上がると考えている人もいますが
ゴルフクラブの運動中の重みは

 先端の重さ × シャフト&腕の長さ × 速さの二乗 の二分の一

ですから 先端部の重さが10g減っても 振る人間への負荷は殆ど変わりません。
 200gの先端が ゼロ に変わるなら違いは出るかもしれませんが
  190gになっても 動かす スピードに差が出るとは限りません。

重心距離を短くする これはある意味 ヘッド重量を軽くするのと同じ効果です。
まぁ ある意味 一番害の少ない方法かもしれません。

最後の シャフトを硬くする     これが ゴルフを壊してしまう原因になります
トゥダウンを減らすため シャフトを硬くすれば 当然 慣性の法則は働き辛くなります。
これにより 慣性モーメントも重心深度も ヘッドの機能を殆ど発揮出来なくなります

また トゥダウン自体 低い所にあるボールを「拾う」役割を持っていますから
その代りの動きを 人間が技巧によって行わなければならなくなります。

硬いシャフトを使えば 必ず 右サイドが下がります
 俗に言う「突っ込む」動きですね
  そうしなければ ボールに届きませんから…

ボールも右に置き 右サイドが突っ込む
 結果をして インパクト時 右サイドとボールとのスペースが減るので
  右腕が伸ばせない状況でボールを打つ頃になります
   右腕が曲がった状況    すなわちロフトが多い状況ですから
    無理に硬いシャフト使っている人が 弾道が高いのも納得 ですよね続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
 世界最軟シャフト 打ちました。
ありえない数値  世界でここだけでしょ こんなアホなの

ヘッド重量 205g 重心距離45ミリ 割と最新ヘッドに入れてみました。最軟シャフト   ボヨヨ〜ン ビヨヨヨ〜ン なんだこりゃ。

出来上がり カット45インチ スウィングウエイトD3
そして 振動数 グリップ付きで  cpm
ありえな〜い。 巷で流行りのシャフトの 何と 落ち。 強くワッグルすると 握っている指をヘッドで打ちそう。 馬蹄形になるほどしな〜る、しな〜る これで打てるんだろうか

果たして 遅いのか 速いのか

この強度でちゃんと飛ぶのか

 練習場に出没! 打ってみました 総勢6人。
まず 総合評価     チョー簡単!  つまらないほど簡単  振っている最中 柔らかいと感じることはまったく無く、アドレス時はヘッドは岩石のように重いけど テークバック始めると 消えてしまう。
軽〜い振り心地
なんもすることがない、何もする暇がない テークバックし 切り返すと 勝手に打っている 物足りないほど簡単
弾道も安定しているし ほとんどばらつきもない
強制的にリズムは一定になってしまうし なんだこりゃ って感じ。
自分で打っている気がしない。 練習場では普通に飛んでる。
すご〜く飛んでるかどうか コースボールでも コースでもないので わからないが
飛ばなくはない。 飛んでいそうな感触 弾道はものすごく普通。
スライスが打てない 低めのフック回転が多い。

シャフトを寝かそうとする、ロフトを付けて打とうとすると 突然ヘッドが 「こなき爺」になってしまい 異様に重い ゴルフクラブとは思えん。

何よりすごいのは ドライバー特有の緊張感がまったく無い。
ウエッヂで目標も決めず ペロンペロンとただ打っているような…。

結果は保証出来ないけど 誰かコースでテストしませんか


メッチャ おもろい、 ドライバーがこんなに簡単なのか と再認識

 でも 商品にするのは 問題が…
これと相性の良いアイアンはこの世には無い…。
面白いけど 困る  このシャフト どうするんだ…続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

1
 重心深度  深くなると簡単
実はそう単純にはイカンのです

異質の素材や新しい製法、体積によるルールの制限によって ドライバーヘッドの重心深度の強烈な深度化が進んでいます。
深くなると インパクトロフトが増える ボールが上がる 安定性が上がる モーメントが高くなる など利点はたくさんあります。
確かに やさしくなる と言えるでしょう。
クラブの大型化や形状変化は 深度化を目指している といって間違いありません。

しかし 大きな問題も発生し始めています。
アイアンが先祖返りをしていますので その問題は深刻化し始めています。

人間は視覚情報であるヘッドと 感覚情報である重心位置 この二つを扱っています。 真っ暗な中でドライバーを打つと 人間は重心位置をドライバーと認識します。 しかし実際の接触点・打点はそれよりもcmも前にあるのです。
1〜2?であれば 触感や音は遅れて伝わるので誤差程度と言ってよいのですが さすがにcmは明らかに脳内イメージよりも早くボールに当たります。

アイアンもそれに伴い 深度化が進んでくれれば良かったのですが 逆に浅くなってしまったので ギャップが付いてしまいました。 モデルによっては深いものもありますが 浅いものとのギャップは わずか3〜4mm。 殆ど誤差程度。
決してドライバーとのギャップを埋めるものではありません。
本来の流れであれば 現在のアイアンの主流派ユーティリティ化した非常に奥行きのある箱形状であるはずなのですが 前回の主人公の影響か 日本の軽量スチールシャフトの影響か 今の主流は小型化軟鉄…。
ごくたまに 12mmなんて深度のアイアンもあるのですが 主流との形状ギャップのせいで ほぼ全く売れない   非常に短い販売期間で終了
ドライバーを活かすのには 20mmの深度のアイアンがあって良い筈なのですが 現況ではありえな〜い状態。
ま 無理して作っても 売るためには超軽量ヘッド ということになるでしょう。

 今のところの対処方法は 届く範囲の中 ボールを左に置くこと どの位かと言えば アバウトですが
普通に地面から打つボールの位置 プラス ティーの高さ プラス ボール一個分 左 というのが違和感を少なくする 今のところの 唯一の方法と言えるでしょう。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

1
 彼はアイアンをパンチショット ドライバーをマン振り そうしてしまうのは彼のクラブ選びに原因がある

デビューより 10年以上が立ったのだが まったくセッティングが変わらない。加齢による体力の低下や経験の増加、スポーツ選手としての過渡期がきても未だクラブセットは進化するどころか、退化の一方。
 空前の契約金による N社のクラブはそのセッティングを更に強調していく。ドライバーはより大型化、彼にとって大きな慣性モーメントは無用の長物な筈
よほど意識していないと ボールは右に飛び出してしまうだろう。

 ゴルフクラブがブランドとして定着していくのには アイアンのヒットが不可欠!
しかし 彼のアイアンは相も変わらず 日本製の軟鉄鍛造。
N社を欲しがる人にとっては 中途半端で購入意欲を湧かせない。
今となっては N社のアイアンは 安売りクラブ のイメージが定着してしまった。

 運動能力の高い人間とはいえ、年齢には勝てない。 パワー対決の土壌を作ってしまった自分が技巧派に変わる様子もない。 となれば 重心距離の長いドライバー、きついロフト、硬いシャフトで 最大限に飛ばさなければならない
遅れないヘッドを、しならないシャフトを遅れさせるには体だけ回し、「手遅れ」を作る必要がある。 振り遅れを作り 一気に手をターンさせなければならない ターンさせるとロフトが閉じる、フェースも閉じる これでは引っ掛けフックだ これを上に振ってあげれば 左に飛ぶフックを 前に飛ぶフックに変えられる。 結構アマチュアにも多い   この動き このスピードで行うと スローで見ると 怪物を通り越して 妖怪 だ。 我々一般的なホモサピエンスにはマネが出来ない。 悪い意味で 人間の動きを超越している 超複雑怪奇

この妖怪技、コンスタントにするには 人間離れした練習量が必要だ
多分、高校時代と変わらぬ練習量が必要だろう… それは自傷行為に等しい。
止った体、右から左に振る腕とクラブ、これを正面に行かせるのは すべて左足で受け止め 上にエネルギーを逃がさなければならない。
こりあ 壊れる。 人間 骨も 軟骨も じん帯も鍛えにくいからね。

アイアンはそのまったく反対のショットをする。
重心距離の短い軽いヘッドのアイアンだから 普通に振れば 届かないので 下に振ろうとする。 彼のアイアンは俗に言う 綺麗にターフが取れている のではなく 全ショット ダフっている、正確には地面に刺さっている。これではそこで辞めないと腕が壊れてしまう。

私のような 田舎のクソ親爺が彼のことを述べるのは大変、非常におこがましい。
どんな努力をしても お金を使っても 絶対に彼の足元にも及ばない。
 しかし ごまめの歯ぎしりで言わせてもらうと 彼は金まみれのクラブ選択の為 自分の肉体も壊してしまい 底辺にいる我々のゴルフも壊しかけている。

彼のプレーを見ても ゴルフを楽しんでいるようには見えない。 やたらガッツポーズばかりが取り上げられるが プレー自体は非常につらそうに見える。
結果ばかり求められている受験生のようだ。
年々 無表情になっていく、そんな風に感じるのは私だけだろうか…。

そして 世界中のジュニアが 親の金儲けの材料にサーカスに売られていく…。
今のジュニア養成を見ていると 公私ともに金の亡者を追いかけているように感じる。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 自分のクラブも含めた 上手くクラブが使えているか、俗に言う「自分に合っているかどうか?」 は打痕ソール傷を見ればわりに簡単に分かる

まずウッドからいってみよう
ウッドクラブのソールはアドレス時 フェース側が一番地面に近い、低い。
ドライバーでもフェアウェイウッドでもソールには、マットやティーで出来たこすり傷が当然残る。それはいい
当然、リーディングエッヂ側が低いのだからそちらが濃く、ソール後方、トレーリングエッヂ/バンス側が薄くなる。 しか〜し、殆どのウッドの傷は後ろ側が濃くなっている。 特にフェアウェイウッドの苦手な人の傷は顕著である。
ロフトが寝て ロフトが大きくなってインパクトに入ってきている証拠。
大抵 ウッドの代わりにユーティリティと呼ばれるクラブを使っている、多用している人は傷が後ろに集中している。 ま、だから奥行きが無く、後ろの突っかからないユーティリティを使っているのである。 ウッド嫌い、アイアン好きも同じ。
また ソールにはやや斜めの傷が残る。
斜めなのは問題ない。 それよりもその場所だ
やはりアドレス時 ヘッドはヒール/トゥ方向の真ん中の部分が一番地面に近い。
一番地面に張り出している部分が傷になる筈。、あれ
ところが殆どの人の傷は必要以上にヒールに寄っている
最近のクラブは多少アップライトがきついから ある程度仕方ないが…。
これもロフトが開いて入らないと そこに傷がつかない

この両方の傷はだいたい両立している
この傷を付けてボールを打てば 高めのスライス 距離はあまり飛ばない 筈。
この傷を付けている人は 少ないロフトのドライバーを当然好みます

この二つが満たされれば フェース面にはヒール下方から トゥ上方にかけての引っかき傷が必ず残っている筈。

この三つの傷を「無意識」に作るには軽いヘッドか、硬いシャフト、もしくは その両方を持てば 簡単にこの傷を作れま〜す

アイアンも同じ。アイアンを引っ掻いて、引っかけで打っている人はソールの傷がリーディングエッヂに直角になる。 そうネェ ウエッヂ位の長さだと飛球線に対し スウィングはかなりアップライトになるから傷は直線に近づくけど 7番アイアンの傷は結構斜めな筈
ロフトが寝てくると通常打点は下にさがってくる筈だけど どぅ?
打痕の理想的な目安  //打痕の上下センター部
 インパクトロフト 25度 スコアライン下から4〜6本目
 インパクトロフト 35度       下から3〜5本目
 インパクトロフト 45度       下から2〜4本目
 インパクトロフト 55度       下から1〜3本目

すべてのアイアンでダイレクトにボールを打つ…当たり前だけど 少し地面に触ってからボールを打つのでは無理だよね。

アイアンを机にアドレスのような姿勢で置いて ボールとご対面させると スコアラインの下から6本目以上って ボールと触れられない よね
                      除く 地面を先に打つ前提
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

4
 ゴルフクラブの中でウエッヂも結構注目されるアイテムである

HPの中で溝はスピンを増幅作用はない と書いた
証明するかのような参考例がある。  昔ピンのウエッヂがルール違反?の頃
 PGAツアーで青木御大にクレームがついた。 こいつのウエッヂは、特にバンカーからスピンが効きすぎると。 そしてなんと運営側は御大のサンドの溝を全部削ってのっぺらぼうにしてしまった。
  >>>これって今なら人種差別で問題になりそう…
次の日のラウンド、御大は優勝争いには関係ない 15位前後なので バンカーを「わざと」狙い、のっぺらぼうウエッヂで バーディー パーを取りまくり 8位タイまで上昇  その試合でバンカーセーブ、パーセーブともに一位、そのシーズンバンカーセーブ率トップを保った

ウエッヂの溝は車のタイヤのそれと一緒で 水や異物を排除する機構になっている。スピンを増やすのではなく、減らさないのが目的だ。

では サムスニードが開発?したバンスって 何の役割だろう
昨今ではバンスの小さな、バンス幅もバンス角度もないものが中心で ハミングバードもクラブ探しに非常に困っている

基本的に バンスは地面にヘッドが入り込まないためのガイドである。
要するに バンスは「球を打った後で使う」のである。  知ってた???
打つ前にはバンスは使わんのだ。当たり前だけど
バンス角度が強い バンス幅のあるウエッヂの方が距離が出るのだ
バンスによってロフトが起こされようとするから なんだけど

適切なバンス角度の選択は 自分のヘッドの入射角度によって異なる
それを知っていることがバンス選定の条件なんだけど 入射角度はシャフトの硬さやヘッド重量によっても異なるし テクニックよりはシャフトの硬さの方がよりつかさどっている

ヘッド素材や製法   軟鉄鍛造 軟鉄鋳造 ステン 削り出し などなど
性能には全然関係ないよ。 鍛造の削り出し メッキなし 黒塗り おまじないみたいなものでしょ。 
基本はやっぱり ロフト角度があまり寝ていない事。フルショットも含め 一番使いやすいのは55〜56度。 ロフト立てられない人には60度は難しいよ。
ヘッド重量がしっかりしている事。
シャフトがしっかりしなる(しっかりしなるって変?)
バンス幅・バンス角がしっかりして有る。
アプローチが嫌いな苦手な人にはバンス幅があった方がヤサシイヨ

柔らかシャフトのウエッヂ、ちゃんと打てれば スピン掛かるでしょ?!続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ