◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

タグ:ゴルフ



ショットも同じですが、パターストロークの基本は
ボールという重量物を
自分の望む通りの方向や距離に
 移動させてあげること
』です。
特に距離が重要です。

009


ボールというのが球体であるがゆえに
 回転という転がりが発生するのであって
その転がり/回転にばかり意識を持って行ってはいけません。

よって
パターヘッドを真っ直ぐ動かす というのは
打ち手の目線から見て
ヘッドが真っ直ぐ動くことを優先させるのではなく、
やや上から下方向の斜め直線になりますが
パターヘッドが 地面に対して概ね平行に
同じ姿勢のまま インパクトを迎えられる区域と作ること です。
003

打ち手の目線で
ボールの打ち出す方向ばかりを気にして
パターヘッドを真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出した としても
そのストロークでは
ヘッドが上下に円を描いてしまうため

 ☆インパクトロフトが均一性が生まれません
 ☆ヘッドとボールの当たり所が毎回上下にズレます
 ☆必要以上の回転がかかるため ブレーキがかかりやすくなります


一般的なショルダーストロークがこれに該当するのですが
この打撃方法では 基本 ショート します。
ショットもそうですが、ショットもパッティングも
方向は距離と一体のものです。
その方向に打ち出すのには 打つ距離が設定されており
それよりも 毎度 ショート
 しかも そのショート具合が毎回バラバラ なのでは
思った方向に打てたとしても、
その方向の意味はなくなってしまいます。
006009








人間ですから ミス、ミスヒットは生まれますが
始めから 距離が安定しない方法、打撃法を採用しては
方向の概念もおかしくなり
 距離と方向ともにガタガタに狂ってしまいます。
adc717b3-s

確かに 昨今の見た目は大きいが 中身はスカスカの
軽いヘッドを使うと 弾いて打ちたくなる気持ちは分かりますが、
しっかり重たいヘッドのパター(L型ブリストルとか)を
使っているのなら まずは安定したロフト
安定したヘッドの高さ変化を追い求めるべきです。

その上で動作論として どうすればいいのか
という事になると
刷毛塗…を誤解している方もいるとは思いますが、
体重移動を主にして打たない方が良いと思います。
体重移動は 体の構造上
体の身の部分が背骨を軸として向きを変えた時に
発生する、体の回転の派生効果 と言うか
体の回転そのものともいえる行為です。

パターには体の回転は必要が無いので
体の回転の無い 体重移動だけ という行為は
スイングを行う時に
体の回転 と 体重移動 が分離した別なモノ
になる可能性があります。

ですので ショットへの悪影響を考え
体重移動でするべきではありません。

スナップショット 2 (2013-03-12 19-01)

では どうするか?

ショットの中である部分だけを抽出して
行うことをお勧めします。

ここは かなり色々な波及効果が期待できます。

まず グリップです。
グリップは構えた時、左右の手が上下に重なっています。
野球のタイカップグリップのように離れて持ってはいません。
ここがまずポイントです。
つまり 利き腕である右手は
クラブを持った左手を横から押す形になっている訳です。
スナップショット 5 (2013-04-13 23-01)スナップショット 6 (2013-04-13 23-01)









グリップの移動量 = ヘッドの移動量
これを心がければ
距離感のコントロール(管理)がずっと楽になります。

それは直線の移動スピードで済むからです。

多くの人が苦労するのは
肩を揺さぶるとか 『振り子』のストロークは
グリップの移動量 移動方向や移動速度 ではなく
『シャフトの角速度』
シャフトの角度が変える速度で距離感をコントロール
しようとするから難しいのです。
と 同時に シャフトの角速度運動は
その角度とイコール分 ロフト角度も変化するので
出る球が ロフトによって微妙に異なります。


角速度運動 → ロフトの変化


でパッティングをコントロールしようとしているのですから
そりゃあ イップスになります。
運動のベクトルが似ていない と言うだけで
難しいのに、 それに円運動を加えるのですから
殆ど奇術に近い方法なのです。

✌ 自分の目にだけ ヘッドが直線に動いているので
 錯覚してしまいますが、そのパターヘッドを真っ直ぐ
 動かすのに 円運動を取り入れてしまったのでは
 本末転倒だと…気づくといいのですが…。

IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(5)IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(6)






IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(2)IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(3)






出来るだけ 肩を揺さぶらず
腕〜上腕をフリーにして
利き肘の曲げで  クラブを持った左手を引いて
利き肘の伸ばしで クラブを持った左手を押してあげる
というのが ずっとずっと簡単です。

ヘッドを動かそうとせず
グリップが動いたから その分ヘッドが動いた
という形を グリップというもので具現化しているのです。

刷毛塗の腕の部分だけを抽出する形ですが
このストロークだと
まず パターヘッドを動かす方向と
自分が動作する方向が一致していますので
(グリップを動かす方向)
本当の意味での 『方向性』を自分で管理できます。
  同じ方向に動くからです。

そして グリップを動かす速度がイコールヘッドの動く速度です。

ロフトやパターヘッドの上下変化がとても少ないので
慣れてくれば そのグリップ速度がそのまま
距離感として身に付きやすくなる訳です。


振り子に振って 円の角度速度を距離感として
身に着けるよりも格段に簡単に思えるでしょ?



c534b357


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



実験してみて下さい。

ビンタ みたいな行為をするのに
『体を止め 腕だけを振る』のと
それと同じように動くように
『腕を止め 体を回す』のとでは
腕の重さ感が違うと思います。

体を止め、腕だけを振れば 腕の重さが実感できますが
腕を止め、体を回す行為は腕の重さが実感できません。
imgs

体の回転そのもので打つ
という行為をするのに
とても大切なことは
動作中に クラブの重さを増やさない ことです。



体の回転によって クラブが動いていれば
体という数十キロ、おそらく40前幣紊離皀里紡个
長さやその構造はあったとしても重さ で言えば
 ゴルフクラブはたかだか 1/100 400gです。
ゴルフクラブが確固たる存在感を示す割合ではありません。

片腕でも 5キロ はあるのです。

多くのゴルファーのスイングは
クラブの存在、その実感を味わうために
クラブの重さ感を増やそうとしています。
「振る」という行為そのものもそうでしょう。

スイングの原点は
クラブが動く のではなく、その逆で
クラブを持った自分が動く ことです。
imagesCARZT6DK

ゴルフショットは 角度が大切 です。
その角度は 左右だけでなく、上下 も問題で
打つ距離と打つ方向は
どちらかが重要と呼べるものではなく、
一つのユニットです。

クラブの重さが感じられるほど
クラブを動かす ということは
その上下左右の角度を確定させず 不確定なモノにします。

幾ら長さやその構造があるとは言え
自分の重量の 1/100の存在のゴルフクラブの重さ に
自分の動作や姿勢まで左右されてしまうのは
その使い方として間違っています。

✊角度が不確定、
✊その重さによって自分の姿勢や動作まで不安定

もうこの時点で安定したショットは打てません。


クラブは長さがあります。
その長さを長く使えば より速度が上がるような
間違った錯覚がありますが、
それは 速度が上がったのではなく労力が増えただけです。
速度が上がったとしても道のりが長くなれば
実質の意味はありません。

体の回転そのもので打てない段階であっても
ボールを飛ばす という事に対しては
時間・時期があります。期限があるのです。
道のりが長くなればなるほど その期限に間に合いません。

クラブの重さ感が増す
ということは その分その重さのかかった『方向』に
引っ張られるという事です。
ボールの位置は固定 ですから
運動中に そのような負荷がかかれば
人間は瞬時に補正をかけます。
姿勢や動作が変わっていく、影響を受ける という事です。
特に遠心力、ボールを打つまでの遠心力は
ボールへの方向、ボールを打つ方向とは
大きく異なる、動作に対しては邪魔な
実質ブレーキになるような方向です。
スイングをした! ショットをした! という実感を
満たすためだけの 重量の増量は無意味、徒労に過ぎません。

腕やクラブの重さを実感できるような
その重さを増やすような使い方をしてはイケマセン。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



コスリ打ちは 意図してる/してないに限らず
インパクトが 上がり軌道に なってしまうから です。
(下がり軌道が存在していない…というのが現状です)
スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)


スイングの仕組みを理解して欲しいのですが、
スイング軌道は傾いていますから
下がり過程もあれば、上がり過程もある筈…ですが
その ✋傾きは 体〜股関節の傾き があるからで
そして ✋その体が向きを変えるから あるので
それを 手で上下に振る限り
インパクトを 「下がり軌道」 上から、
迎えることは出来ないのです。

スイング軌道の 
下がり軌道は
右(左)を向いている時に
左右の体の左サイドが低くなっているコト

ですから、テークバックの右向きは必須
絶対条件なのですが それが無い
始めから 下がり軌道が存在していないスイング が
非常に多いのが気になります。

プロがそうしてる…から とか
色々考える人はいますが、
自分は自分です。

大きな体で 下り軌道の存在するスイングを造った方が
体は圧倒的に楽ですし、繰り返すチャンスは
高くなります。
スナップショット 2 (2018-01-31 14-10)

若さや練習量、痛みへの耐性
それらを踏まえた上で、自分の年齢や体力
ゴルフに使える時間を考えた上で
スイングは作った方がいいですね。


飛ばない、スライスする、アプローチが上手く行かない
と嘆いている人の殆どが
テークバックの初期の時点で
下り軌道が存在しない、体ではなく
手だけでスイング軌道を造っています。
3-5→3-19_中

これでは 上からも存在しないだけでなく
インサイドから も存在しません。

グリップもヘッドも クラブそのものが
概ね体の正面に有って
体ごと 右を向く 向きを変えるから
インサイドなのであって
体の右にクラブがズレる というのは
帰りは 外から にしかならないのです。

スイング と言う仕組みにとって
非常に大切であり、基礎である この部分を
蔑ろにして、なぞり易い 手先でそれを造っても
問題は解決しません。

体の概ね幅の中にあるクラブを
体が右を向いて インサイドにするのと
手で体の右にズラし、ループさせ
ボールに対してだけ 疑似のインサイドを造るのでは
クラブが寝かされてしまうので
全く異なりますし、ゴルフクラブと言う
全方向に対し偏重した形状のモノ、
打つクラブの「ロフト角度」が鍵になるゴルフクラブ
を扱う動きとしては とても推奨出来るモノでは
ありません。
hiraki

また この点も気になるのですが、
体の回転で 上から、インサイドから打つ
打撃は 単に 体を回転させるだけです。
(その方法はまた後ほど)
タイミングなんて微妙はモノは存在しません。

ところが スイングの弧を手で造る場合
ダウンスイングと(勝手に)呼ぶ箇所で
寝かしたクラブを元に戻し
ジャストタイミングにインパクト⒲を造る
必要が生まれ、そこが一番難易度の高い
そこそのものがスイング技術と呼ばれる方法です。

体でやる限り 全く要らない『タイミング』
なのです。
IMG_8497

人間ですから 曲芸のようなことを出来る人もいます。
それで満足している人に言う必要はないですが、
そうで無い人が その曲芸を真似る必要はありません。
より簡単な、よりシンプルな道はあるのです。

ただ おそらく 今までやってきたことと
かなり大きく異なりますが、覚えれば
微妙なタイミングも変な加速も
動作の一番速くなる箇所での「まるで無駄なテクニック」も
一切存在しないモノですから
ずっと簡単になると思いますよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


飛ばない…と悩む方の多くが
コスリ打ち からゴルフを始め、
コスリ打ち から逃れられずにいる。

コスリ打ち…とは
手にしているクラブ、番手 を
より大きなロフトや緩い入射角度(もしくは煽り打ち)
してしまうため、総じて出せるはずの距離が出せない。
スナップショット 1 (2018-04-02 15-13)スナップショット 2 (2018-04-02 15-14)スナップショット 3 (2018-04-02 15-14)






具体的に言うのならば
6番アイアンを持っているのに
8番アイアンとか、9番アイアンのロフトでインパクトし、
しかも、フェアウェイウッドのような入射角度で
打ってしまうことを指す。

おそらく、ゴルフを始める時
ボールが上がらないことを クラブでなく
スイングのヘッドターンによって解決したことが
スタートなのだろう…。



ある程度の年齢、体力までは
その打ち方でも ボールはほどほど飛ぶ。

しかし、体力が落ち、スピードが落ちてくると
その打ち方だと スピンが多く、打ち出しが高いが故に
ボールの推進力喰われてしまい
ボールも浮力を維持し難く、飛ばなくなり始める。
女性ゴルファーやキッズゴルファーにも当てはまる。

ここで 多くのゴルファーは
『ヘッドスピード』に着目し、それを伸ばそう とするが、
ほとんどの場合、功を奏することはないだろう。

そもそも ヘッドターンをするスイングは
ヘッドスピードを腕力に依存していることが多いし、
加齢などによる体力の低下は イコールと言って良いほど
持久力、耐久力にも影響を大きく及ぼすので
例え ヘッドスピードが 1ms 上げられたとしても
それを持続する能力は非常に低い。(現実的に申し訳ない…)

スナップショット 2 (2018-04-02 11-36)スナップショット 3 (2018-04-02 11-36)スナップショット 4 (2018-04-02 11-36)






ここで 本当に取り組まなくてはいけないのは
基礎的に 自分のボールスピードを上げられる
ヘッドスピードではなく、ボールスピードを上げる捉え方だ。

ボールスピードとヘッドスピードの関係は
一般的な機械計測などでは 
「ミート率」と表記されることも多く
ロフトが立った状態でインパクトするほど
 その数値は高くなり、
ドライバーのようなロフトの立ったクラブでは
ヘッドスピードの 最大1.5倍強 がボールスピードになり
使うクラブのロフトが増えてくるごとに その数値は下がり、
ロフト角度が55度以上に成ると ボール速度は
ヘッドスピードと同等になる。


根本的なクラブ扱いが変わるから大事業と言えなくもないが、
総じて ボールの上りとヘッドターンで造っている人は
余程 練習量、練習頻度がないと
アプローチショットも苦手としてしまうケースが多いので
それを同時に改善する大きなチャンスとも言える。



ヘッドスピードの出し方…と言うのもあるけれど、
現代のクラブとボール、重いヘッドなどを利用すれば
いままで 歯を食いしばって
ヘッドスピード40ms越えを狙ってキャリー180ヤード だったのが
ヘッドスピード38msで十分キャリー200ヤードを
狙えるようになる。
3-5→3-19_中 (7)

その差はドライバーだけでなく、
地面から打つフェアウェイウッドなどにも色濃く反映し、
しかも アプローチを苦手としなくなるので
総合的に ゴルフのスキルアップにつながるんだけど…。
多くの人が目先のヘッドスピード信仰と言う宗教に
 どっぷりつかっているのは痛いところだねー。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ