◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

タグ:ゴルフ



コスリ打ちは 意図してる/してないに限らず
インパクトが 上がり軌道に なってしまうから です。
(下がり軌道が存在していない…というのが現状です)
スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)


スイングの仕組みを理解して欲しいのですが、
スイング軌道は傾いていますから
下がり過程もあれば、上がり過程もある筈…ですが
その ✋傾きは 体〜股関節の傾き があるからで
そして ✋その体が向きを変えるから あるので
それを 手で上下に振る限り
インパクトを 「下がり軌道」 上から、
迎えることは出来ないのです。

スイング軌道の 
下がり軌道は
右(左)を向いている時に
左右の体の左サイドが低くなっているコト

ですから、テークバックの右向きは必須
絶対条件なのですが それが無い
始めから 下がり軌道が存在していないスイング が
非常に多いのが気になります。

プロがそうしてる…から とか
色々考える人はいますが、
自分は自分です。

大きな体で 下り軌道の存在するスイングを造った方が
体は圧倒的に楽ですし、繰り返すチャンスは
高くなります。
スナップショット 2 (2018-01-31 14-10)

若さや練習量、痛みへの耐性
それらを踏まえた上で、自分の年齢や体力
ゴルフに使える時間を考えた上で
スイングは作った方がいいですね。


飛ばない、スライスする、アプローチが上手く行かない
と嘆いている人の殆どが
テークバックの初期の時点で
下り軌道が存在しない、体ではなく
手だけでスイング軌道を造っています。
3-5→3-19_中

これでは 上からも存在しないだけでなく
インサイドから も存在しません。

グリップもヘッドも クラブそのものが
概ね体の正面に有って
体ごと 右を向く 向きを変えるから
インサイドなのであって
体の右にクラブがズレる というのは
帰りは 外から にしかならないのです。

スイング と言う仕組みにとって
非常に大切であり、基礎である この部分を
蔑ろにして、なぞり易い 手先でそれを造っても
問題は解決しません。

体の概ね幅の中にあるクラブを
体が右を向いて インサイドにするのと
手で体の右にズラし、ループさせ
ボールに対してだけ 疑似のインサイドを造るのでは
クラブが寝かされてしまうので
全く異なりますし、ゴルフクラブと言う
全方向に対し偏重した形状のモノ、
打つクラブの「ロフト角度」が鍵になるゴルフクラブ
を扱う動きとしては とても推奨出来るモノでは
ありません。
hiraki

また この点も気になるのですが、
体の回転で 上から、インサイドから打つ
打撃は 単に 体を回転させるだけです。
(その方法はまた後ほど)
タイミングなんて微妙はモノは存在しません。

ところが スイングの弧を手で造る場合
ダウンスイングと(勝手に)呼ぶ箇所で
寝かしたクラブを元に戻し
ジャストタイミングにインパクト⒲を造る
必要が生まれ、そこが一番難易度の高い
そこそのものがスイング技術と呼ばれる方法です。

体でやる限り 全く要らない『タイミング』
なのです。
IMG_8497

人間ですから 曲芸のようなことを出来る人もいます。
それで満足している人に言う必要はないですが、
そうで無い人が その曲芸を真似る必要はありません。
より簡単な、よりシンプルな道はあるのです。

ただ おそらく 今までやってきたことと
かなり大きく異なりますが、覚えれば
微妙なタイミングも変な加速も
動作の一番速くなる箇所での「まるで無駄なテクニック」も
一切存在しないモノですから
ずっと簡単になると思いますよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


飛ばない…と悩む方の多くが
コスリ打ち からゴルフを始め、
コスリ打ち から逃れられずにいる。

コスリ打ち…とは
手にしているクラブ、番手 を
より大きなロフトや緩い入射角度(もしくは煽り打ち)
してしまうため、総じて出せるはずの距離が出せない。
スナップショット 1 (2018-04-02 15-13)スナップショット 2 (2018-04-02 15-14)スナップショット 3 (2018-04-02 15-14)






具体的に言うのならば
6番アイアンを持っているのに
8番アイアンとか、9番アイアンのロフトでインパクトし、
しかも、フェアウェイウッドのような入射角度で
打ってしまうことを指す。

おそらく、ゴルフを始める時
ボールが上がらないことを クラブでなく
スイングのヘッドターンによって解決したことが
スタートなのだろう…。



ある程度の年齢、体力までは
その打ち方でも ボールはほどほど飛ぶ。

しかし、体力が落ち、スピードが落ちてくると
その打ち方だと スピンが多く、打ち出しが高いが故に
ボールの推進力喰われてしまい
ボールも浮力を維持し難く、飛ばなくなり始める。
女性ゴルファーやキッズゴルファーにも当てはまる。

ここで 多くのゴルファーは
『ヘッドスピード』に着目し、それを伸ばそう とするが、
ほとんどの場合、功を奏することはないだろう。

そもそも ヘッドターンをするスイングは
ヘッドスピードを腕力に依存していることが多いし、
加齢などによる体力の低下は イコールと言って良いほど
持久力、耐久力にも影響を大きく及ぼすので
例え ヘッドスピードが 1ms 上げられたとしても
それを持続する能力は非常に低い。(現実的に申し訳ない…)

スナップショット 2 (2018-04-02 11-36)スナップショット 3 (2018-04-02 11-36)スナップショット 4 (2018-04-02 11-36)






ここで 本当に取り組まなくてはいけないのは
基礎的に 自分のボールスピードを上げられる
ヘッドスピードではなく、ボールスピードを上げる捉え方だ。

ボールスピードとヘッドスピードの関係は
一般的な機械計測などでは 
「ミート率」と表記されることも多く
ロフトが立った状態でインパクトするほど
 その数値は高くなり、
ドライバーのようなロフトの立ったクラブでは
ヘッドスピードの 最大1.5倍強 がボールスピードになり
使うクラブのロフトが増えてくるごとに その数値は下がり、
ロフト角度が55度以上に成ると ボール速度は
ヘッドスピードと同等になる。


根本的なクラブ扱いが変わるから大事業と言えなくもないが、
総じて ボールの上りとヘッドターンで造っている人は
余程 練習量、練習頻度がないと
アプローチショットも苦手としてしまうケースが多いので
それを同時に改善する大きなチャンスとも言える。



ヘッドスピードの出し方…と言うのもあるけれど、
現代のクラブとボール、重いヘッドなどを利用すれば
いままで 歯を食いしばって
ヘッドスピード40ms越えを狙ってキャリー180ヤード だったのが
ヘッドスピード38msで十分キャリー200ヤードを
狙えるようになる。
3-5→3-19_中 (7)

その差はドライバーだけでなく、
地面から打つフェアウェイウッドなどにも色濃く反映し、
しかも アプローチを苦手としなくなるので
総合的に ゴルフのスキルアップにつながるんだけど…。
多くの人が目先のヘッドスピード信仰と言う宗教に
 どっぷりつかっているのは痛いところだねー。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ