◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:グリップの緩み


店長「これは 覚えて置いた方がお得情報、ですが、
 練習場で 数十球、百球超の球を打つと
 どこかで なんだか上手く当たらなくなる、
 気持ちよく つかまらなくなる、
 打てば打つほど 悪くなる、

 そういう経験があると思います。」
質問「あります。あります。結構、しょっちゅうです。」
小堀20213_Moment

店長「そういう時は グリップを確認してください
 多くの場合、自分のいつもの…グリップよりも
 左グリップが深く、強く握るようになっており、
 場合によっては 左手首が甲側に折れ、
 それによって 左右のグリップの密着感がなくなっています。
 左右のグリップの握る距離が長くなっていますから
 当然、アドレスがズレ、乱れ、
 ボールに対するセットアップのズレ、置き位置
 そう言うモノが崩れてしまいます。
 それが ミスショットの始まり なのです。

質問「グリップ変化を意識しておく、観察しておく のですね。」
店長「ハイ。
スイングの変化、クラブ扱いの変化は
 必ず グリップに出てきます。

 多くのことは 無意識ではあっても、必ず 必然 なので
 左グリップをより強く握っている というコトは
 よりクラブの重さ、主に遠心力を左グリップに掛けている、
 左グリップを深く握らないと ボールが打てない から、です。
◉テークアウェイが開き気味になった…
◉切り返し、ダウンスイングで左サイドが動かなくなった…

 本来はしていない 無駄なフェースローテーションが多く、
 強くかかった結果、左グリップが深くせざるを得ないのです。」
IMG_1306IMG_1298







スナップショット 10 (2013-09-10 1-48)
質問「そういう変化が訪れたら 練習を辞める、とか

 または そうなる原因を解決する、とか
 多分、コースでも起こり得るコトなので
 そうならないように 修正した方が良さそうですね。」

店長「往々にして…ですが、やはり強く振りたい、
 飛ばしたい ドライバーを打った後、
 そういう風に変化していることが多いですね。
 ヘッドは遅れっ放しのまま 打つ のが基本ですが、
 その遅れが 開き になっていたら
 それを「返さなくて」打てません。

 遅れの量 もありますが、遅れの質 の変化を修正するなり、
 確認しておく と言うのは実戦でも役に立ちます。」
質問「プロがよく トーナメントの練習場で アドレスなどを
 チェックして貰っていたり しますが、
 スイング動作が グリップやアドレスに表れてくる
 そういうのを チェックしていたり するのですね。」

店長「そうですね。
 純粋にアドレスの方向、向き と言うのは狂いやすいので
 それをチェックしている と言うのもあると思いますが、
 多くの人は クラブの動かし方の変化が
 グリップやアドレスに表れる のを知っています。
 故に 昔から ゴルフスイングはグリップに始まり、
 グリップに終わる とか言われる訳です。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「緩むようなグリップ(握り方)は
 治した方が良いのですよね❓」

店長「まぁ、確かに。
 10フィンガー、ベースボールは そういう意味では
 始めから ユルユルのグリップなので
 改良のゴールとしては除外しますが、
 インターロックをオーバーラップに、
 オーバーラップをインターロック に
 しても 根本的な変化はないですね。
IMG_0052

 緩み が多いのは フックグリップ が強い場合で
 その フックグリップが問題と言うよりも
 フックに ガブリとグリップ(握り部位)の全周囲を
 握らないと打つコトの出来ない 打ち方 というか、
 クラブさばきがある限りは ポンと簡単には
 グリップが変わる、変えることは難しい、ですね。」

質問「つまり 緩まないグリップ を造っていくには
 スイングを変えない
 と難しい…と。」
店長「そうですね。グリップを変えようとする、変えようとした
 多くの人 おそらく8割を超える人がかなり早い段階で
 断念するコトになります。

 フック握りが強く、左の握り具合が強いのは
 そうしないと 打つコトが出来ない 訳ですから
 左の握り具合を弱く、強く握らない は
 イコール 強く打たない、強く振れない になるので
 形として グリップ(握り方)を変えても
 ボールを5球打てば だいたい 元に戻ります。」
スナップショット 6 (2013-09-10 1-46)スナップショット 1 (2013-09-09 13-43)








質問「初めて 握る時のあの違和感に戻る 訳ですね。」
店長「強い打撃には ストレス解消要素もあるので
 おそらく それ以上になるかな と思います。」

質問「そもそも そういうグリップ(握り方)に行き着いてしまう
 のは どういう風にクラブを振っているのですか❓」

店長「おそらく 遠心力も だと思いますが、
 重さとして 左グリップにかかる 振り方、
 つまり クラブターンの強い、フェースローテーション、
 クラブリリースを手で行っているスイングに
 共通して 左グリップのフック、甲側への手首の折れ
 があると思います。」

質問「ソコを変えずに グリップを治すと…
 クラブがすっ飛んでしまいますね。」

店長「…と 思いますよ。
 握力の異常に強い人、とかもいますから
 何事にも例外はありますが、スイングの帰結、
 スイングの集大成が グリップ と考えて良いです。
 ただ 振り方 も含め、
 グリップによって アドレスが崩れ過ぎている、
 グリップに緩みによって アドレスが変わる、
 そういうのが無ければ グリップは握り慣れたモノ
 で問題ないと思います。

 左手首が甲側に折れるような、フックグリップの強い方
 が注意するのは、その緩み具合を逐次、
 確認しておくことで
 スイングを変えたい というのなら 良いですが、
 グリップだけを と言うのは忘れた方が良いと思います。

 正しい グリップの変え方 は
 クラブの扱いを総合的に変えていき、
 その結果、数か月か、一年先に、
 あれ? いつの間にか グリップも変わっていた
 と言うモノだと思います。
スナップショット 1 (2013-11-29 10-47)

 あえて言うのなら フックグリップをスクエア や
 ウイークグリップにまでする必要はありませんが、
 手首が甲側に折れるほど ガブリとクラブの全周囲を
 左手で握ってしまうようなグリップの場合、
 ラウンド中だけでなく、加齢による握力の低下で
 飛距離が急激に落ちる というコトが少なくありません。
 左グリップと右グリップが離れ気味になりますので
 あまり 良いアドレスになりません。
 腰痛、特に右サイドが心配です。
 ですので 右手と左手が離れない程度の
 手首が折れない程度のフック、
 その程度の 左グリップの握り具合 で
 打てるように意識し、数年かけて移行していく、
 自分のスイングの変わり具合の バロメーターとして
 グリップを観察しておく というのは必要かも知れません
。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「グリップのゆるみ、
 左右のグリップの密着感の変化 は
 アマチュアに限らず、トーナメント中のプロにも
 結構、見るコトが出来、
 プロアマ限らず、それがミスショットの大きな原因 に
 なっています。」
質問「うわぁ そうなんですか。」
IMG_0799

店長「ですねぇ。
 また ミスだけに限らず、
 ラウンド中、クラブを握ったけれど、
 アドレスをしたけれど、 ナニカ違和感が…、
 みたいな時は だいたい グリップの変化が
 問題の始まり だったりもします。」
質問「疲れ や 握力の低下 によって起こる
 ので どのタイプのグリップ方法、型であっても
 起こり得る のですよね❓」

店長「ハイ。
 ですが、より 左グリップ力 に依存しているタイプのグリップ、
 フックグリップが強いタイプ 
 左の手首が 甲側に強く折れているような タイプに起こりガチ です。」
質問「フックグリップ ですか…。」
IMG_0794IMG_0795






店長「フックグリップの自体 が悪い訳ではなく、
 フックグリップでも上手に握れている人は沢山います。
 ただ フックグリップは主に
 左グリップで強く握る と言えば良いのか
 左の握力に依存している場合が多く、
 握力が低下してくると フックの度合いが強く、
 握りが深くなるので
 それによって 右グリップの入る場所が無くなって行き、
 その密着感が薄れていく、
 握る長さが多く必要になって行く傾向が強いです。」

質問「どうすれば良いのでしょうか❓」
店長「これも どうクラブを振っているか、動かしているか
 とつながってきてしまうので
 はい、どうぞ。 で直ぐに解決するのは難しいですが、
 握る部分のグリップは 〇 なのですが
 それを全周囲 左グリップで握ってしまっているパターン は
 グリップのゆるみが発生し易い です。」
質問「どういうコト です❓」
IMG_0706_Moment(3)IMG_0706_Moment(2)







店長「伝わり難い とは思いますが、
 左グリップは左の半分強
 右グリップも右の半分弱
 分担して 両手で握っているような グリップであれば
 握る と言う行為が分担されているので
 グリップの変化は少ない のですが、
 左グリップが 握る行為の殆ど であると
 握力の弱い方の左グリップに依存してしまうので
 疲れてくると どうしても 深く、
 モーターバイクのアクセルを捻るように握ってしまいガチ
 になります。」

質問「そうすると 右手の入る場所がなくなり
 アドレスが変わってくる……というコトですね。」

店長「そうですね。
 そして それがそのまま答え で、
 グリップのタイプ、インターロック、オーバーラップ、
 が何であれ、フック、スクエア が何であれ、
 左が主体ではありますが、左右で握ってあげていれば
 コースでの グリップ変化、アドレス変化は
 少なく抑えられます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ