店長「パッティングストロークのように力任せというか、
 思いっきり打たなくても良い、
 そして タッチ、と言えば良いのか、
 距離加減が必要なショット、ストロークの場合、
 右利きであれば 右腕
 左利きであれば 左腕 で それを行うコトを
 好むゴルファーの少なくありません。

 ごくごく一般的な ショルダーストローク、
 振り子式の場合、部位で言うと
 広背筋や僧帽筋などの どちらかと言うと
 力強い動作を行うのを得意とした筋肉 で
 微妙な距離感を会得するには かなりの修練が必要で
 パッティングの性質上、どうしてもかがんだ姿勢で
 それを行うコトになるので
 我々の年齢だと それを会得するだけの練習をしきれない、
 そういうこともあります。

 ですので 距離感を右腕感で出してしまおう、
 と言う点も 刷毛塗には内包しています。
IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(5)IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(6)





 刷毛塗は その右腕、両方の腕さばきを動力にして
 と言う人も居ますが、私はそうですが…、
 振り子、ショルダーストロークにおいても
 その動力を 腕で より効率よく、適切にさばく、
 と言う方法としても応用は可能です。
 ただ その場合は、あくまでも腕は 動力をさばく、
 車で言うと ギアやデフのような存在で
 エンジンでは無いと理解していないと 複合してしまい
 距離感が刷り込まれ難くなるので注意が必要です。

 ショルダーストロークの場合、
 その動作 ソノモノを打撃・動作のエンジン、にして
 それソノモノで打ってしまわないとイケナイです。
 動作はショルダーストローク、
 でも結局、打つのは手首の弾き…というゴルファーが
 パッティングの悩みを抱えている、のは少なくありません。

✋決して勧めている訳でもありませんし、
 ショット全般への影響もあるので ノーマルグリップが良いですが
 〇参考までに・・・
 刷毛塗 は パターにおけるクロスハンドグリップと似ています。
2db0fa4d0048a05a80f05f59fe59de94c925bc75_xlarge
 クロスハンドグリップの発想、その着眼点は
 動力が腕であっても、振り子で有っても どちらでも良いですが、
 仮に 右腕の伸ばし、右手の押し だとしましょう。
 通常のグリップ だと 悪い例で、しかも 大半のパターンですが、
 右手が押すと クラブを持った左手が支点になり、
 グリップエンドが軸点に ヘッドが縦回転する ような動き
になります。
 カラダの箇所で言うと 左手の甲が甲側に折れる形、
 動作で言うと 手首のスナップで弾くような そんな打撃です。
 その形は グリップ〜握りの方にも表れたりします。

 ところが クロスハンドグリップで持っていると
 右手が押した時、クラブが押されるのではなく
 クラブを持った左手が押される形、

 左手首の軸運動が発生し辛いので
 インパクト前後でノ ヘッドの跳ね上がり、
 軌道やロフトの変化が大幅に抑制出来る、
 ヘッドの高低、上下移動を抑制出来る と言う大きな利点があります。

 それを ノーマルグリップで行うのが
 刷毛塗 と考えて良いと思います。


 ストローク、動作として 表れるのが
 インパクト、インパクト後の 左腕と左脇の関係でしょうか?

 右手が押す、とすると
 その押しで クラブが押され 左グリップ軸のクラブ回転をしてしまう場合、
 左手首は甲側に折れていく ので
 左腕はより左脇に近づく、締まる感じになりますが、
 刷毛塗、クロスハンドの場合、押されたモノが
 クラブを持った左腕ゴト 押される ので
 左腕はカラダから離れます。
 そこは 見た目の違い でしょうか。

 パッティングストロークだけでなく ショットでもそうですが
 インパクト、インパクト前後で
 スイング・ストローク動作の先頭に位置する左腕、
 左グリップが止まる それを避けるコト が
 インパクト安定、ミスショット減少につながります。」