◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

タグ:クラブの重さ


練習場でボールを打ちながら
スイングを作っている人にとって
動画や映像などの「トップの位置」
その格好、姿、形は参考になる…のでしょう。

video_Moment(4)mz-slow_Moment田中どら_MomentIMG700















始めから「どうするか」の目的がある場合は除き、
忘れてはいけないのは スイングは連続する動作です。
トップは ショットするための準備行為で
ダウンスイングは助走路みたいなもので
二つは当然つながった動作です。

と、同時に ご自分でスイングの動画を撮影し、見てみると
自分の思い描いている動作とかなり大きく異なる場合が
とても多いと思います。

✋それは 何度も書いていますが、
スイング動作で造られる クラブや自分の重さ
それを考慮して、人間のコンピューターが働き
補正が大きくかかっているからです。
ボールも自分の セットアップを基本に
その位置関係は固定されていますので
その制約の中で、予想外の重さが掛かれば
その重さを相殺したり、使ったりすることが
自分のオリジナルのイメージ動作に組み込まれていきます。


IMG704IMG705








それを踏まえた上で、
トップの位置は 恰好や姿、型を優先させるのではなく
クラブの重さが 次の動作…ダウンスイング、インパクト進入に
どのように働いているのか
自分の「次に」行きたい、行かせたい 場所 と
クラブの重さはどういう関係なのか というコトを考えてみましょう。

PCC例えば トップのクラブ位置が
このような状態であれば
次の動作を始める時
左腕には 上がり目の重さ がかかり
右半身全体には下がり目の重さ がかかります。

双方を組み合わせれば
早い段階で 右サイドとボール、地面との間隔は
狭くなってしまいますから、左サイドを跳ね上げながら
ボールを打たないと 地面を打つコトになってしまいます。

クラブというのは重さ ですので
その重さ をどう動かすかと その重さにどう動かされるのか
は表裏一体の関係です。 それがスイングです。

長さというモノがある ゴルフクラブという形状と
重心がズレているゴルフクラブヘッドという形状
この二つを 次の動作にどう利用すればいいのか
その形状がどんな姿勢をし、どこにあるのか
によって 自分の次の動作に与える影響は異なります。

出来るだけクラブの行きたがるところ を
自分の行かせたいところ と近づけた方が
チカラ で解決しないで済みます。
・・・・・・意図的にチカラで解決したい人は別です。 どうぞ、ご自由に。

それを無視して 自分の動きの型 ばかりをおいかけても
実際のスイング、実際のスイングには反映されません。
それは 素振り、シャドースイングでも十分養える部分です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



上段:右ひじの伸ばしと左ひじの連携
刷毛塗を意識して頂きました

下段:本日スタート時





左手、茱哀螢奪廚インパクト前に減速する癖
ヘッドターンをする為に右グリップ、ヘッドを待つ癖があるので
インパクト直前から 一気に回る〜左を向くをして
左手、茱哀螢奪廚凌聞圓鮨覆瓠
ヘッドターン、手の返しを無くさずに、追いつかせ無くしました






からだの回転でグリップだけを動かす
からだの回転でクラブが移動し、それによって重くなる分
腕のサポートで からだに付かせる
腕で動かして、結果 体との相対関係を変えないよう
「動かさない為に動かす」意識を持って頂きました。

結果、ヘッドターンは薄くなり
フォローの抜け出しが良くなり
ヘッドターンによる左サイドの上りが無くなり
前傾姿勢がより残るようになりました。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


久しぶりのゴルフをする場合や
ラウンド中スイングが分からなくなった時など
シンプルに考える必要が生まれます。
IMG_0932_Slomo_Moment

ゴルフのスイングには 縦の動作はない! と考えて良いでしょう。
確かに テークバックにおいて
グリップを少し高くしますが、
ボールを打たないという条件で
その上げたグリップのまま、体の向きを正面、
ボールと対峙するところまで戻してみて下さい。
グリップの高くした量は たかだか30センチ程度 です。
からだの回転〜向きの変更と前傾姿勢〜傾き
これをの方が 高さを大きく変化させていることに気づくと良いですね。

コト下げる方に関しては 重力通りになりますから
下げる と言う行為よりは 落とす、落ちる、下がる の方が適切でしょう。

ボールを飛ばすのは 水平方向 横方向に飛ばす のです。

ゴルフクラブには ロフト等機能がありますから
ボールが上がる とか 高くなる とかは
打ち手の「動作」「作業」によるものではありません。

ボールを横方向に、地面と平行に飛ばすのに
そのまま 打ち手の動作も横方向、横への動作 です。

スイングに苦しむ人の多くは
動作の中に縦の動作が多い人
クラブを縦に動かす意識の強い人
 です。

478e1dc0


トップの位置から  クラブが重力方向に落ちる
右向きのまま グリップもヘッドも下に落ちる
そのままでは ボールは打てないので
からだの回転でグリップを移動させてあげ
ヘッドの落下地点を ボール地点に合わせるそんな感じ です。

自分の意識しなければならないことは
➀からだの回転で ボールを打つためのグリップの横移動を作る
➁ボールを打つために フェースを下向きにする

それだけ です。

グリップを下げる と言う意識ではなく
重さで下がる と言う意識で十分です。 
IMG_0919_Slomo (3)_Moment(5)

そのシンプルな 横動作・・・体の向きの変更
その速度がアプローチなどの距離の感覚につながっていきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ