◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:ウエッジ


店長「硬いシャフト(オーバースペック)を使うと 届かない
👉ハンドファーストの誘導されないので 手で振る
👉そうなると ロフトが大きくなります、入射が緩くなります
👉バンスが張るので 加速している中で 更なる加速 が無いと
 ソールが地面と干渉し易くなる


 別な言い方をすると バンスの強く張ったロブウエッジ で
 打つイメージをすると良いかもしれません。
 故に バンス角度の少ないモノを好む…と言うのも
 有るのかも知れません。」


質問「難しそうですね。」
wedge-bounce

店長「アプローチショットの中では ダントツに難しい です。
 トップやダフリ、ラフでは潜り抜け など
 大変痛いミスも出易いですし…。

 運動中に ヘッド、クラブだけ 別な加速が必要になるので
 距離感が掴みにくい、、、

 そして ○○○。」

質問「まだ あるんですか⁈」

店長「ヘッドを振るので ロフト変化
 それに伴う 軌道変化があるので
 上手く打てても 同じ弾道になる確率が異様に低い。

 クラブを下に振る って
 腕とクラブだけの問題で、
 からだの回転からは分離するので
 ヘッドは下に下げてるのに
 カラダは上に向いている(左が高い)になり易い。
 下げてるのか、上げてるのか、判別が難しい。
(クラブの、シャフトの廻し方の違い_Moment

 ヘッドが下がってる分量が多ければ
 緩いとは言え 入射 になりますが、
 左が上がってる分量が多ければ
 最下点越え  で インパクトすることも
 往々にして起こります。

 全体として ロフト開き目、緩めの入射ではありますが、
 ヘッドを振っているので ボールに影響を及ぼす
 ロフト『も』変わっていますが、
 下がり過程であれば 打ち出しは低め、スピンは多め、
 上がり過程になれば 打ち出しは多め、スピンは少なめ、

 ほんの一瞬 コンマ0.01秒のインパクトのズレで
 弾道も距離も 全然違う球になり易い・・・し・・・。」

質問「!!! まだ あるんですか!」

店長「腕とクラブの弧、と カラダの向きが ズレているので
 打つ場所の傾斜に非常に影響を受け易いんです。

 通常、登り斜面、左が上がっている状況 では
 ロフトが多めになり、入射が緩くなり易い んですが、
 それがより強調されやすいので
 ダフリ と トップ の率がかなりあがります。
 下りの斜面でも やはり強調されます。
IMG_1487

 元々 硬いシャフトを使っている人は
 通常のショットであっても ボールを中に置いて
 真ん中付近で打っている人が多いので…、
 ボールの位置を中に入れる って言うのは
 傾斜などの打ちにくい状況での保険 というか、
 安全対策みたいなモノ なんですが、
 中に、右打ちの人であれば右に っていうのも
 限界がありますから その保険が効きません。」

質問「良いところ無いじゃないですか。

店長「ありませんよ。まったくありません。

 女性であれば 男性用のウエッジでゴルフ教えられたり、
 子供であれば お父さんのクラブをぶった切って使わされたり、
 そう振るしか 選択の余地、
 ボールを拾う、地面のボールと打つ方法が無いに等しい んですから…。
 多くのケースは ノーチョイス なんです。

 ソコから派生した のが 振り子のアプローチ なんだと思います。
 ふり幅と距離を決めて、人間の感性抜き で
 機械的に動作を覚えるみたいな方法ですよね、
 
 距離感 って 感、勘なので
 本来は人間のナチュラルな感覚に寄り添ったモノな筈なのに
 人間を助ける機能の無い クラブでするのには
 感覚を無くし、ロボットのように動く か
 血の滲むような努力で乗り越える か
(だから カラダが壊れちゃうんだと思います)
 それしかないんだと思います。


😵それでも 上手に出来る人はいるので
 お薦めすることは出来ませんが、
 人間って すごいなぁ……
 理屈じゃないんだな、って思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「アイアンのセッティング、選択のミス
 それによる 実害 って話なんですけど。」

質問「それって 私の話しです❓」

店長「ああああ そうでしたね😊
 違う方の話しなんですけど、一人や二人ではない
 なまじ ゴルフやクラブに詳しくなってくるほど
 やりがちな、非常にありふれた『ミス』の話しです。
AtavhCwCMAAnx-1

 有るお客様が アイアンを見て欲しい というコトで
 クラブを持ち込まれました。
 お約束の軽量スチールで シャフトの硬さはⓈ
 アイアンそのものにはご不満はない、とのコト
 だったんですが、明らかに キツソウ でした。

✅問題なのは ウエッジ で
 フルショットしか上手く行かない と言うので
 ウエッジを 46 50 52 56 60度
 と 5本使って
いらっしゃるんですね。

 ウエッジを多く入れることは 特段、悪いことでは無いです。

 確かに 距離を加減して ハーフやスリークォーターを
 打つよりは フルで打ってしまう方が…簡単と言えば簡単
 ですけれど・・・・・・・ そうは言っても
 やはり中間の距離も出てきますし、
 状況によって フルでは対処できない場面も出てきます。

 なんと言えば良いか微妙ですが、
 実働で ウエッジをフルショット主体で使う のは
 悪くないとは思いますが、問題なのは
 
フルショット『しか』出来ない理由です。
482780_170286899788602_2041560344_n

 で ウエッジを見ると コレもお約束なんですけど
 アイアンとは別機種の ウエッジとして人気のある機種。

 ウエッジ用と銘打って アイアンよりも重いシャフトが
 装着されているので キツイアイアンのシャフトよりも
 更に、格段に 硬いシャフトになっています。

 この硬さ では フルショット以外は受けつけない というか
 トップか、シャンクにしかならないでしょうし、
 ヘッドの重さ感 がまるでないので 距離感を掴みにくい
 と思います。

 私から言うと アプローチが下手になるセッティング ソノモノ で
 これが困ったコトに ゴルフクラブに興味のある、
 ゴルフクラブ好きの人ほど選択し易いセッティング…なんですね。」

質問「私のコト ソノモノみたいですね。」

店長「ふふふふふ😄
 その方のお使いになられている 52度で振動数355cpmです。
 そこで その半分の振動数 170cpmを打って頂きますと…

 『あれ❓打ち易い…… コレって距離感出そうかも…』

 という 想像通りの結果 ナンですね。
005

 ドライバーやウッド、ユーティリティとの絡みがありますから
 ウエッジが 170cpmって数値が良いかは 別問題ですが、
 170cpmを打って 普通に感じる方が
 その倍の数値の 355cpmで良い感じになるはず が無いんですよ。
 アイアンシャフト全体も硬いので
 全体的に構成を考え直す方が良いと思いますが、
 最悪、最低でも アイアンの流れよりも
 ウエッジをすこーし 柔らかくしておく方が、
 その逆よりも 遥かに使い勝手の良い、使いやすい、
 やさしいアプローチになると思うんですけど…。


 例え 同じヘッドの重さ、クラブの長さ であったとしても
 アドレスも含め、動作中に 感じる重さの感じが全く異なり
 170cpmを打った直後では 355cpmは
 まるで ヘッドが付いていない ただの棒 に感じるでしょうから…。
 そうだったでしょ❓」

質問「はい・・・。」

店長「ただの棒でリズム感やタイミング、
 スイングの速度の調整は非常に難しい です。
 あまりに微妙過ぎますから。
001

 ヘッドが感じられれば リズムやタイミングも掴み易いですし、
 速度に関係なく 地面のボールが拾えれば
 無駄に速く振る必要はありません。
 そう言うスリリングなショットを楽しみたいなら良いですが、
 スコアに直結するアプローチに そこまでリスクを
 掛けるセッティングを お金を出してしなくても良いのでは⁈
 と私は思います。」

質問「はい・・・。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ゴルフ用語って 結構 沢山ありますよね
ウエッヂのバンス なんてのもあります。

バンス って かなり誤解されている部分が
有るんですけど 正しく理解して 正しく使えば
非常に有難い 存在 効果なんです。
IMG_1399

最近では サンドウエッヂなのに

6度とか 殆ど バンス角度の無いものもあったり。。。

バンスの意味 クラブの使い方
分かっていたら こんな便利なモノ
減らしたり 無くしたり しないと思うんですけど
残念だな〜 って思います。

最近では ハミングバードのお客様には
殆どいらっしゃいませんが
以前は。。。
 「ボールが上がってしまって 飛ばないので
  ロフトを立てて下さい。」

って 軟鉄のアイアンを持ち込まれる方が
多くいらっしゃいました。

確かに ライロフトマシーンを使えば
機種によってはステンレスヘッドであっても
勿論 軟鉄鍛造ヘッドも ロフト角度 ライ角度は
いじれます。
g-421
例えば 30度の5番アイアンがあったとします。
5番アイアンであっても バンス角度は存在します。
専門用語かも知れませんが スクープになっている
アイアンバンスは存在しないと言っても
良いかも知れません。
その 5番アイアンに 5度位のバンス角度が
付いていたとしましょう。

これを 飛ばない 上がり過ぎる と
2度ロフトを立てて 28度にしたとしましょう。

と 同時に この5番アイアンの バンス角度は
3度に減ってしまっています。


ですので この5番アイアンは
確かに 計測上は 28度になってしまいましたが
使用上では やはり 同じ30度に変わりはないのです。

イメージがし難いかも知れませんが
バンス角度は そのクラブの長さや用途によって
設定されています。
ヘッドの入射角度 が イコールと言っても
良いかも知れません。
サンドウエッヂのバンス角度を選ぶ 目安には
自分の「入射角度」があるとも言えます。
正しく 上から入れて来れる人にとっては
バンス角度は あれば あるほど 便利で
寝かして コスリ打ちをする人には 少ない方が
良い・・・(というか 選択の余地が無い...)

バンス角度は インパクトロフトを安定させますし
ウエッヂなんかにとっては インパクト時や
設置時の安定 支えにもなる訳です。
IMG_0727

単純に考えれば ロフト角度からバンス角度を
引いたモノを インパクト時の 地面に対する
ロフトと考えるコトが出来て

☆30度のロフトの 5度のバンス
☆28度のロフトの 3度のバンス
インパクトロフトは 変らないモノになるのです。

蛇足ですけれど
弊社のアイアンは 一般の販売されている
アイアンのバンスよりも 幅も角度も
大きく設定されているので
表示上のロフトは寝ているのですが
実質上は殆ど同じとも言えるのです。

シンプルな構造のウエッヂなんかは
バンスに幅があって バンス角度もしっかり
している方が 格段に 安定していて
使いやすいんですけど
バンス回りがしっかり(大きく)すると 低重心になり過ぎてしまい
ウエッヂとして 距離コントロールがし難くなる
ケライは否めんので 上手に 製品ロフトと
組み合わせねばなりません。

バンス回りのデカい 低重心 深重心
そして ハイモーメントの60度ウエッヂ
は非常に使い難くなってしまうモノです。

ちなみに ハミングバード で言う
使いやすい ウエッヂ とは
 
思い描いた距離が そのまま表現出来る
と言うことで 色んな球が打ち分けられる
みたいな 美辞麗句ではありません。
IMG_0624

色んな球が打ち分けられる人は
練習も豊富、技術も豊富なのですし
僕の考える クラブの扱いとは対極にいますので
別にクラブを選ぶ必要はないような。。。
どのクラブを使っても 結局 クラブの性能を
無視して 利己的に使ってしまうので
機能、性能云々は意味がないような・・・
 そんな気がしますがね
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Aさん「こんにちは〜。
 今日はアプローチを教えて貰いに来ましたー。」

店長「こんにちはー。はい、承知いたしました。 
 では PS か SWで 打ってみて下さい。」
(クラブの、シャフトの廻し方の違い_Moment

店長「どういうイメージで アプローチショット、
 スイングをしてますか❓」
Aさん「アプローチが上手く行かず ユーチューブなどを見て
 振り子のイメージを勉強しています。」

店長「。。。そうですか。
 アプローチショット そうですね 30.40ヤードのショットを
 打つには ある意味、無限な球筋、
 大きく曲がる訳では無いですが、左右のスピンを除いても
 無限な種類の球筋があるんですね。」

Aさん「へ、そうなんですか⁈」
店長「例えば ですが
 ボールの高さを出すには アバウト ですが
.好團鵑脳紊欧
打ち出し角度で上げる

 の二種類にありますが
 組み合わせる訳では無いですが、その間も無限にあります。
 プロの試合 になれば この間も含め
 ´◆△修靴董,修隆屬髻‐況に応じて
 使い分けなければいけませんが

 基本は  ,任后

 △梁任曾个軍囘戮脳紊欧襦,
 どちらかというと 緊急措置 に近い立場 で
 それをしなければならない 時のモノになります。」

Aさん「.好團鵑脳紊欧襪鵑任垢諭」
店長「はい。その,離好團鵑脳紊欧襪
 ごくごく普通なショットの延長線上、基礎とも言えます。」

Aさん「どんな違いがあるんですか❓」
店長「打ち方も含め ,離好團鵑脳紊欧襦,
 ハンドファーストと言えば良いのでしょうか、
 腕とクラブの角度が保たれた、
 クラブ(腕も含め)が短くなった状態で
 ボールとコンタクトします。
 物理的には △鉾罎戞
 少し ヘッドの入ってくる角度が上気味になり、
 その分 ロフトが立っているような状況 です。」
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

Aさん「普通のショットに近い のですね。」
店長「そうですね。
 それに比べ △梁任曾个軍囘戮脳紊欧襦,
 ,里修譴茲蠅癲ヾ砲て射角度で入ってきます。
 故に その緩い入射角度分 ロフトも大きいです。

 ふたつの弾道を比べると
 ,呂笋篦磴瓩涼篤擦如.棔璽訛度もやや速め、スピンが多め です。
 △蝋發瓩涼篤擦如.棔璽訛度も遅く、スピンは少な目 です。

 これをショットで形容すると、,呂舛磴鵑犯瑤个垢燭瓩涼篤
 △呂茲言う フワッとした ロブショットなどのような
 『飛ばさないための弾道』です。」

Aさん「振り子のアプローチは どちらになるんでしょうか❓
店長「ハンドファーストというか
 腕とクラブの長さ にもよりますが、
 概ね △紡阿靴泙后

 アプローチも含め、基礎的なショットは
 からだの向きの変更によって 円を描きます。
 円の半径になる 腕とくらぶの長さは
 動作中に ヘッドの重さ、シャフトのしなり などによって
 ヘッドの遅れになり、それが 円の半径を短くします。
 ,離ぅ瓠璽犬任垢諭

 ところが 振り子のアプローチは
 円を描く動作 に 軸運動がないので
 動作によって ヘッドやクラブが重くなった時、
 どうしても 円の最下点が後ろ(ボールより手前)
 右打ちの人であれば 右にズレがち です。
 つまり 入射が緩くなり、場合によっては
 しゃくるようなショットになり易い、のです。」
Aさん「ああああ よく起こります。」
店長「グリーン周りの 10とか20ヤード位のショットでは
 そう大きな差にはなりませんが、
 すこし スピードを必要とするショットになると
 それにより ヘッドやクラブが重くなるので
 より 最下点が後ろに下がり、
 スピードを上げているのに 前に飛ばない、
 重くなった分、ダフリや跳ねトップになる、
 が,茲蠅癲‖燭なります。」
【廻りながら 下に抑える❓感じ_Moment(2)

Aさん「見ていたんですか❓」
店長「物理現象なので 逃げられないのです。
 これが また 困るのですが、
 振り子ショットを バンカーで行う と
 バンカーは 通常のアプローチよりも
 大きく、強く、早く振りますので
 最下点が手前になり過ぎ、しゃくるコトになり、
 上がるけど、前に飛ばない、
 当たったけど また、同じバンカーに落ちる、
 なんてことが起こりガチ
 なんです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


よく有る誤解で
特に ウエッジショットで思われていますが
アイアン/ウエッジにある 溝 は
『スピンを減らさないため』のモノ
「スピンを増やすため」のモノではありません。


実は かなり前、おそらく30年以上前になると思いますが、
某大手メーカー(その頃はかなりのメジャー)からも
 溝の無いアイアンが発売されています。 
Desktop Screenshot 2022.03.08 - 23.59.53.67

同じモデルで溝を刻んだもの に比べ
使う人にかかわらず 全番手で平均約8%もスピンが増えました。
スピンの量は
接触面積と接地時間 によって 生まれる と分析され、
溝のあるはず部分 が接触面積として増える分
スピンの量が増える と言うモノでした。

その結果、ボールが上がらない人に対して
とてもボールが上がり易くなり、
キャリーボールが伸び、4%位飛距離が伸びる、

 と言うデータだった。。。。。筈

…なのですが…

 雨の多い日本、湿気の多い日本で使われると
 その水分 が フェースとボールとの間に入り、
 車で言うと 雨のハイドロプレーン現象のようになり
 スピンが全く入らない、ドロップするような球になり
 全然 上がらなく、飛ばなくなってしまうコトが多発、
 一年経たない内に カタログから消えてしまいました。


ヘッドの溝 の役割は まさに車のタイヤ と同じで
ヘッド、フェースとボールとの間の
異物をどかし、直に接触させる、グリップさせる、
スピンを減らさないためのモノで
溝のひっかかり で スピンを増やすモノではありません。
IMG_0486

 ウエッジなどの打痕 を見ると
 ロフトが大きいので 仕方無い部分がありますが、
 フェースの上下方向に こすったような跡 と
 ディンプルが見えるほど では無いにしても
 ボールが潰れたような跡 の二種類を見るコトが出来ると思います。
IMG_0487

 接触の面積で言うと
 こすったような跡の方が 多く感じられますが、
 コレは 溝のないフェースがハイドロプレーン現象を起こす
 のと似ていて 接触時間を確保出来ません。
 ロフト(坂)分は仕方がないにしても
 ゴム質のボールが 金属質の板に
 その材質の つぶれ度合いの差(ヤング率)分、
 スピンにつながる のが正解です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


IMG_1399IMG_1398









ウエッジつながりでもう一つ…。

最近はあまりありません。
弊社だけ、かも知れませんが、
なんとなく……ですが、他のお店でも
少なくなっている気がします。
市販のウエッジのバンス角度が総体的に減っている、
と言う可能性も否めませんが……作業としては死語になりつつあります。
 正直、禁忌なチューニングの一つ とも言えます。
2021-04-07_06-01-34_Moment

Hさん「アプローチしてて 抜けが悪いんだよね。」
店長「そうなんです??」
Hさん「バンス/ソールを削って欲しいんだよね。」
店長「削るのは簡単ですが、盛るのはものすごく大変ですから
 二度と元に戻りませんよ。
 
やってもいいですけど 失うモノも多いですよ。」

Hさん「どゆこと❓」
店長「通常、打ちながら バンスの当たり所を削っていくんですが、
 経験上、その量は 5gでは全く足りず、
 10g、20g…それ以上に削るコトも往々にしてあります。
 平均的な市販のウエッジのヘッド重量は 290g前後ですので
 5〜7%もヘッド重量が減っちゃいますけど、大丈夫です❓
 よく言われる スイングウエイト で言うと
 D-4 が C-9 になるような そんな感じです。
 当然、それに伴って シャフトの硬さもあがりますよ。」

Hさん「そうなの?! そんなに削るの❓」
店長「そうですね、バンスの角度を変える、
 主にヒール側にはなりますが、ソールを落とす、
 元の形状を変えないといけない訳ですから。」

Hさん「。。。。。。。。。」

店長「そもそも…なんですけど
 ウエッジやアイアンの 抜けが良い、悪い って
 バンスの形状やバンス角度 が原因でないコトが少なくない
…ですけど。
 見た感じ、ものすごく バンスの張ったウエッジにも
 見えませんし、抜けの悪い の原因は別にあるんじゃないです❓」
Hさん「そうなの❓」
店長「その可能性も高い、と思います。
 その状態で 二度と元に戻らない バンス、ソールの削りは
 正直、おススメ出来ません。
wedge-bounce飛び出し角度14









 また、ウエッジショットの多くは
 ソールが地面と接触しながら ボールとコンタクトするんですが、
 その際、バンス、バンス角度が少ないと
 ロフトが寝る傾向になり、飛距離がかなり落ちます
 単純計算で ロフト55度 バンス15度なら 40度の実ロフト
 そのバンスを10度にすると 実ロフトが45度になる計算です。
 バンスが上手く使えていると
 ある程度バンスがあった方が 飛距離を出せるだけでなく
 同じ距離が打ち易い、姿勢がズレている時でも
 元の角度に修正補正する機能が活きます
。」

Hさん「そうなのかぁ…。」
店長「なんと言ったら良いか、ですが、
 抜けが悪い原因は
◉シャフトが硬過ぎ がとても多く、
(もしくは その硬さに対し、ヘッドが軽すぎて)
✋ハンドファーストの誘導が少ない
✋ヘッドを下に振らないと届かない、

 それが故に 動作中のバンスが増える 
 が 多い気がします。
 重いヘッド、硬くないシャフトを使っている人に
 ウエッジショットで 抜けが悪い 悩みの人は
 圧倒的に少ない と思います。」
002001







店長「シャフトを換えろ とは言いませんが、
 実験的に、ですが、ソールを削る のとは
 全く真逆な ヘッドに10g位、鉛を貼って
◉インパクトへの入りを変える、
◉タイミングを変える、
◉ハンドファーストになる誘導性に変えて

 一回、使ってみたら どうです❓
 削るのとは反対に、気に入らなくても
 直ぐに元に戻せますから😊」

Hさん「そだね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スコアメイク…にはドライバーもそうですが、
ウエッジも含めた ショートアイアンのミス…
引っかけショットも響いてきます。

引っかけ…が出た場合
 多くの人は 「ライ角❓」と思いガチ、ですが
 その傾向の強いクラブは
 だいたい シャフトが硬い、
 その硬さに対し ヘッド重量が足りない が主です。

002

市販の平均的なクラブセットを抱え Sさんが来店されました。

Sさん「アイアンが引っかかるんだよね。
 見て貰えないかな❓」

店長「ハイ。 どんな感じですか?」
Sさん「7番位まではいいんだけど
 8番アイアン位から下が引っかかるんだよね。」

店長「そうなんですね。」
Sさん「ライ角度、で治せるのかな❓」
店長「場合によりますね。
 ソールの傷、打痕 見せて下さい。」
IMG_0486







店長「うーーーーーーーーん。」
Sさん「どうなの❓」
店長「ソールの傷、フェース面の打痕 などが
 ヒールに寄っていれば ライ角度で対処出来ますが、
 そうでもないんですよね…。
 ちょっと 打って貰えます❓」
001

店長「うーーーーーーん。
 基本的には シャフトの硬さが かなりキツイ
 問題の大きなポイント ではあるのですが…
 それは後回し…にしましょう。」

店長「余り知られていませんが、
 機種によって その値はマチマチ ではありますが、
 平均すると……ですね、
 アイアンの重心角度 というのは
 5番アイアンが10度位なんですが
 ピッチングウエッジ は 17、18度の増えるんです。
 その下のウエッジは 更に大きいモノも多いです。
 そして これはロフトと言うモノの構造上、
 致し方ない部分で 似たような形状、
 セットの流れである限り、改善不可能な部分なんです。
 
 シャフトが硬い場合に起きがち なんですが
 ライ角度で対応出来るのは 1度程度…
 重心角度= フェースの向きの1度は
 ライ角度よりも 出球の方向にダイレクトに働きますので…。」

Sさん「それって どう作用するの❓」 
店長「シャフトの硬さ から始まっているのですが、
 ヘッドを、クラブをフリーにして ボールを打つ、
 ヘッドを返す、世で言われる フェースローテーション
 でボールをさばく場合、その重心角度 というのが
 かなり 顕著に顔を出します。
 極端に言えば ウエッジを 7〜8度
 左を向けて構えているのと似ています。」

Sさん「つまり 5番アイアンと同じように振ると
 ピッチングウエッジでは 7〜8度 左を向く❓ と。」

店長「ロフトが絡むので 一概に7.8度とは言えませんが、
 その通りです。
 ですので 改善方法 とすると
【打ち方】であれば ヘッド、クラブをフリーにしないようにする
【クラブ】であれば 出来れば下に振らなくても 打てる、
 届くような シャフトの硬さ にする、
【応急処置】であれば とりあえず、
 ちょっと面倒ですが、番手が下に行くに従って
 そのヘッド重量の増加、に応じて 鉛を貼り、
 👉重心角度の作用を抑える
 👉ヘッドの遅れを増やす

 方向に持っていくのが 良いかな と思います。」

Sさん「どの位の量になるの❓」
店長「う〜〜ん、根本的な シャフトかなり硬いですので
 数g 2gとか、3gでは 効き目は無いでしょうから…
 ウエッジで 10gとか 20gでもいいかな と思いますね。」
Sさん「かなりの量だね。」
店長「ですねー。
 両面テープで支え切れるギリギリ になりますので
 脱脂して、温かい室内で張った方が良いですね。」
Sさん「どの辺りに貼ると良い❓」
店長「量にも寄りますが、
 作用として 重心角度を減らしたい のと
 ヘッドの重さ として より効率よく
 👉出来るだけ少なく 効果を出したいので
 シャフトから出来るだけ離れた トゥ側の前の方、
 打つのに支障のないトコロでしょうね。」

店長「ただ 忘れないで頂きたいのは
 そう打たないと打てない、当たらない、
 そう言う硬さ や その硬さに対してのヘッドの重さの足りなさ

 が原因なので、リシャフトとか、
 クラブは変えた方がベターです。」
Sさん「検討します。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「柔らかいシャフトのクラブでは
 遅れを捻じれ、開きにしない方が良い、とのコトですが、
 柔らかいシャフトのクラブを
 フェースローテーション、開いて閉じて打つ のもアリですか❓」

店主「どの位の柔らかさ にもよるとは思いますが、
 そういう使い方をされている方もいらっしゃいます。
 柔らかいシャフトは 自分が急加速しよう と思っても
 柔らかいが故に その反応にワンテンポ、間があります。
 ですので スイングのどこかで 急加速の少ない、
 そういうテンポ感が必要かも知れません。」

質問「数値でこの位ならば、と言葉にするのは難しい、かも
 知れませんが、どの位の数値(振動数)まで なら
 そういう打ち方でもイケますか❓」

店主「あくまでも一般論、平均値的な話で
 ある程度 高性能なシャフトは必要かもしれませんが、
 45インチ基準で 200cpm位までは
 ごくごく普通に 使っていけると思います。
 逆に言えば、噛み合わせる アイアンは棚に上げて、
 スイングの話しも棚に上げて
 単に ドライバー単体の話し であれば
 一般成人男性だと 使えるのであれば 180cpm辺りが
 一番飛んで、からだにやさしく、
 しかも 使い込んでいくと 自然に
 滑らかな、よどみのないスイングになるんじゃないでしょうか?

 ハミングバード的には 成人男性の本当の意味の
 R(レギュラー)シャフトは 180cpmだと思います。」
【SYB EG-05】 プロによる試打_Moment

質問「そういう意味では アイアン の方に
 問題が大きい訳ですね。」

店主「そういうコトになりますね。
 ドライバーでスイングを造る、固める と言う人は
 多くないでしょうから
 180cpmを ドライバーのR(レギュラー)とすると
 それと同じ感じで振れる、打てる5番アイアンは
 200cpm弱位ですから 一般的なゴルファーが
 使っている 5番アイアンは それより100cpm硬い訳です。」

質問「しならないから しならせて振る、
 しならせるから フェースが開く、
 フェースが開くから 閉じる必要が生まれる、
 そのクラブの使い方をアイアンで覚え、
 ドライバーで苦労するコトになる、
 この流れは必然、というコトですね。」

店主「ドライバーは 空中のボールを打つので
 まだ ナントか誤魔化しようがあるんですけど、
 自分が使うべきアイアンよりも 100cpm硬い…
 そのウエッジは ゴルフをかなり難しくしますね。」
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

質問「うわぁぁ ホント、ソレ 思います。」
店主「硬いシャフトのクラブ(ウエッジ)での
 アプローチは 本当に悲です。
 プロのように 並大抵でない反復練習をしない限り、
 なんとかなる…のは バンカーからの脱出…位で
 ごく普通のアプローチに 10年、20年 苦労するコトになります。
 シャフトが硬いから ダメ なのではなく、
 硬いシャフトを使う振り方が アプローチを苦しめる訳です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 この金曜、土曜、日曜の3日間で
究極セットの慣らしとクラブに人間を
適用させるため、かなり打ちこみましたので、
クラブを通じて感じたことなどを。。。
さすがに3日目の日曜は全身疲労につき
ヘロヘロのため100球ほどでやめました。

 

 クラブの現状について報告します。


1
 6番アイアン

究極セットが届いて練習場で
最初に打ったのが6iですが、
これを最初に選んだのは弾道の
高さチェックのためと、セッティングの内容から、
スンナリ入りやすいと思ったからでした。

IMG_0622

前回練習場で60球ほど打ちましたので、
とりあえず100球をめどに慣らしを
しようと40球ほど打ちましたが、
さらに変わってきています。
打出し角が大きくなったのか、スピンが理由
なのかはっきり分かりませんが、
頂点高が前より高くなり、その高い頂点に
向かってぶっ飛んでいきます。
嬉しいことに、その頂点が遠くなった感じで、
170
180ydsぐらいにキャリーしています。
打感はより柔らかく、インパクトの重苦しさが
ゆっくり始まりゆっくり終わる感じに
なっています。  思わずムフフ(*^_^*

 

2 ユウティリティー・アイアン

U/Tも弾道が変わってきて、伸びが出てきています。
先週は6iよりも低い釣鐘型の弾道で
飛んでいっていたのですが、弾道に頂点が出来てきた
みたいで、慣らしが進むにつれ、
その頂点高は高くなり、遠くにずれてきました。
180
200ydsぐらいにキャリーしていますので、
iとの距離の差ははっきりと出ています。
それと、あまり気にすることではないと
思うのですが、打球音が変わってきました。
練習場のボールとはいえ、最初は多少の金属音が
していたのですが、慣らしが進むにつれ
打球音が鈍くなって、金属音がしなくなり、
音そのものも小さくなりました。
これってボールを喰っているということと
都合のいいように解釈しています。

EG05_03
 

3 ウッド(ドライバー、7W)

   シャフトの軟度が上がり
(フレックスがさがる。と同意語?)、
ドライバーは弾道高が気になって
多少の不安もあったのですが、
50
球ほどの慣らしで上がり始め、
さらに50球ほど打込み、打球音もでかくなると
同時に弾道が伸び始めました。
私にとっては高弾道、目線で出て伸びて
上がるような球筋というかライナー性の当たりで
練習場の180ヤード先のネットに
表示してある220の数字(目線より上です!!)に、
ダイレクト・ヒットするようになりました。
これだけ上がれば十分です!!

411BK-6

7W
ですが、やっぱり、〇〇〇のヘッドはいいですね〜。
弾道、飛距離に全く不安がありません。
これも練習場の180ヤード先のネットに表示してある
220
の数字に、高弾道の大球でダイレクト・ヒットしました。
7W
は、さすがに目線というわけにはいきません・・・。

 

IMG_0628

4 ウエッジ、その他のアイアン

   P/SS/Wともにスゴいスピンです。
直接落としたら止まるはずもない
練習場の人工芝のグリーン(75yds)に
練習場のボールで止まります。
自分では少し気持ち悪いぐらいの
高弾道ですが、スピンで上がって
頂点高は遠くにあり、重くドスンと落ちてゆき、
トン、トン、トトトという感じで止まります。
また、慣らしが多少進んだのか、
打感が重くて長くなってきています。

その他のアイアンにつきましては、
長くなりますので6iとウエッジの中間
ということで次回に・・・。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_0624
⚠市販のアイアン ですと ライ角度の推移 は
#5 60
#6 61
#7 62
#8 63
#9 64
PW 65

と番手間は 1度の推移になります。 
 ⚠弊社でアイアンを造る場合
#5 61
#6 61.5
#7 62
#8 62.5
#9 63
PW 63.5

と番手間の推移は 0.5度です。

ですので 弊社のアイアンから見ると
市販品は 長いものはフラット目で
短いものはアップライト と
使う側には あまり嬉しくないライ角度構成です。

大量生産品である限り、これは致し方無く
ライ角度は 製品完成時に調整する場合、
ある程度の熟練作業者が必要ですし、
鍛造であっても、鋳造であっても
番手間の差を 0.5度 では製品誤差で
数値の逆転も発生し易くなってしまいます。


ここまでの問題は
軟鉄ヘッドやソフトステンレスへっどであれば
事後の調整で可能です。

問題はここから です。
弊社の平均的アイアンのシャフトの硬さは
5番アイアンで 160cpm(振動数)
 ウエッジで  170cpm 程度です。
市販品のアイアンですと おおよその平均値ですが、
5番アイアンで 290cpm
 ウエッジで  330cpm

ライ角度が 同じ であったとしても
振動数 160cpm と 290cpm では
圧倒的に 実働ライ角度が異なります。

正直、振動数 290cpmのシャフトの硬さ は
 かなり 作り込んだスイング 〜部活クラス
で ないと 有効に使うことは難しい です。

g-421


✋✋✋ご自分のアイアンを見てみて下さい。
通常、(適切なシャフトの硬さで使っていれば)
ソールの傷 と フェースの打痕 は概ね揃うモノです。
IMG_3232IMG_3235







👉どういう事か❓ と言うと
ソールの傷がヒール(手前側)に寄っていたら 打痕もヒール気味
ソールの傷がトゥ(先端側)に寄っていたら 打痕もトゥ(先端寄り)
こうなった時、『初めて』
 ライ調整による 方向の調整が可能 なのですが…

しかし、30年お店をやっていますが、
持ち込みでライ調整を依頼される方の ほぼ全部(全員)
が ソールの傷 と 打痕位置が 合っていません。
(つまり 硬さが合っていない というコトなのですが…)
こうなると ライ調整で方向は変化し辛い のです。


元より、ロフトの立ったモノ
 ロフト35度より立ったモノは
 ライ調整の効果は薄い です。
正直、ライ調整の方向に対する効能が大きい のは
 ロフトの寝たモノ、35度のより多いロフトのもの です。

振動数 330cpm のウエッジと 170cpmのウエッジ
実働ライ角度が異なり過ぎます。
シャフトの硬いウエッジ…
 は おそらく 65度のライ角度を62度にしても
 実アップライト が残るでしょう。

現状、引っかかっているのは ライ角度が悪いのではなく
 遠回しですが、その硬さを打つのには
 引っ掛かるように打たないと使えない可能性 が
 ものすごく高い というのが 長い経験での答え です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   
分類の為 ロブウエッジ としていますが
「ロフト多めのサンドウエッジ」です。
IMG_1398
LW専用の金型はありません。
わがままを言って
SWに比べ オフセット/バンスを減らして
(歯を強めに前に出しています)
上げ易いヘッドを職人さんの手削りで
調整して貰ったモノです。
再販予定(20ケのみ)はありません。
クローム(銀)サテンヘッドのみです。

PS  ロフト50度  バンス12度 重量375g
SW  ロフト55.5度 バンス15度   385g
IMG_1399
SWに比べ バンス角度が少なく
重量もやや軽め な為、飛ばさない為のウエッジ です。

高め/上げ目の球をお好みの方へ
IMG_1397

〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ハミングバードスポルテ  野澤まで
046-804-1480  080-6785-5571

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昨今、ドライバーはかなりシャフトが柔らかくなりました。
しかし、アイアンはそのまま…。
アマチュアには 素材と言う意味でなく
 シャフトの硬さ と言う意味で
 軽量スチールをシャフトに採用すべきでない層も沢山いるのに
 世の中には 軽量スチールのアイアンしかない…ような状況。

これから始める人には「選択肢がないのは」少々、可哀そうな気がします。

ECDi9XSUwAEgjre


一番影響が出るのが アプローチ です。

自分にとってハードでない、硬くないシャフト であれば
毎回 フルショットしない アプローチであっても
ボールを拾い、ボールを上げ、ボールを潰す が
硬いシャフトよりもずっと楽になり、
スイングの中に 加速中の加速が要らなくなります
 つまり シンプルに出来る のです。

硬い、ハードなウエッジ、
ヘッドも軽く、シャフトも硬い ウエッジ では
今、打とうとしている距離の
 最低限のスピードでは ボールに届かなかったり
 ボールを浮かせるコトが出来にくく、
今、打とうとしている距離感よりも
 多く、強く、速く 振らなくてはなりません。

ヘッドを振らなくては
 高さに関係なく、ある程度、ボールを浮かせ
 アプローチするコトが出来ないのです。
 👉フェース面にボールが乗らない…。

アプローチの種類の打ち分け なんて言うのは
 アマチュアには必要ない とも思いますが、
スタンダードの ショットのインパクト付近の抽出 が存在して
 それを基準にして
 ボールの位置やスタンス によって
 球を打ち分けるモノ、
 構えによって
👉高くしたり、低くしたり。。。と
 変えたい訳ですが…
0e4d08811

自分にとっての アプローチの公式、基準式 があって
 はじめて ボールの位置、フェースの開き(構え)、スタンス、
 というアレンジが有効になります。


とこらが ヘッドを振ってしまうアプローチでは
  それらの 構え がショットに反映されません。

  単に アプローチの構えの雰囲気が出るだけ、です。
 逆に 構えを変えるコトによって
 ミスの可能性を増やすだけ になりがちです。


振り加減(スピードや大きさ) と
入射角度/ロフトに一定の法則が生まれませんから
距離感が身に付き難い のです。



想像外の練習量や頻度によって 補えない訳ではありませんが、
総じて アプローチの苦手な人は
アプローチを苦手にしてしまう ハードなクラブ(→硬いシャフト)
自ら選んでいる と言って良いでしょう。


ゴルフ、の楽しみはスコアだけ ではありませんが、
スコアが良くなるのも楽しみの一つ です。
なにかの目標があるのはとても楽しいモノです。
 その決め手になるのは ドライバーショットとアプローチ、
いや アプローチショット と言っても過言ではない程です。
知らず知らずに使っている クラブの、
知らず知らずに使っている 
 そのシャフトのハードさ、硬さのせいで
バンカーを含めた アプローチの限界、壁がすぐに来てしまう、
知らず知らずに身に付けた ボールさばき、クラブさばき が
自身の壁を作ってしまうのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


あきひこプロのコメントにもありましたが、
笹生優花、渋野日向子プロの影響なのか、
高橋賢プロの活躍のせいなのか、
松山英樹プロのマスターズ優勝のお陰なのか、
はたまた 密を避ける遊びとしてコロナの影響なのか、
秘かに ゴルフがブームになっている「らしい」のです。

言われてみると この春から
ゴルフクラブ診断、スイング診断を依頼されるコト も多く、
ちょっと 驚いてもいます。
EBJGeekVAAA9Dfi


クラブ診断、スイング診断をさせて頂くと
長年ゴルフをやっておられる方でも、
ローハンディの方であっても、
良い意味でも、悪い意味でも
 クラブの影響 は色濃く スイングに影響し、
クラブセッティングの流れ は
 かなり スコアに影響します。

昨今、ドライバーのシャフトの硬さは
 かなり柔らかくなりました。

そうですね、10〜15年で
 振動数で言うと30cpmは下がったでしょうか。
フレックス表示、硬さ表示で言うと
 X と R ほどの差です。
ややこしいですけれど
 現代の S の硬さは
 15年前の レディス 
と言えるほど です。

あい変わらず ヘッドは軽いですが、
 シャフトの硬さに対しては ヘッドは効いてきていますから
 楽に振って、楽にボールが浮かせ、飛ばせるようになった筈です。
ヘッドにはルールの規制ががんじがらめ なので
 ドライバーに関しては 更なる「シャフトの柔らかさ」
 機種によっては ヘッドの重量化 も進むかもしれません。
ba9a56ce0a9bfa26e8ed9e10b2cc8f46_1214473713
一方 アイアンのシャフトの硬さは15年前のまま です。
 平成に入ってから 売れないアイアンセットの打開策として
 安価で販売できる スイング破壊兵器「軽量スチール」が主になった為、
 本来、使うべきでない層まで スチールシャフトを使っていますので
 ドライバーとのシャフトの硬さは開く一方です。

✋スチール と言う素材が問題なのではなく、
 スチール では実はシャフト素材としては強くないので
「強度」「安全性」「破損」を考えると 硬く強くせざるを得ない、からです。


ドライバーシャフト で SR表示 位でも
 45インチ相当 で 振動数 225cpm
 なんてのはごくごく普通にあります。
総じて 飛ぶ と呼ばれるタイプのモノは殆ど この硬さ です。

✋ですので 言葉は悪いですが、いい気になって
 シャフトメーカーの 同じ硬さ表示 SR にリシャフトして
 振動数 250cpm なんかになれば 距離はイマイチ に戻ります。

45インチ 振動数225cpm に相当する
アイアン(5番)アイアンの硬さは 240cpm前後 です。
     (シャフトの素材はなんでもいいのです)
相互に良い影響を出し、
シンプルに両方同じように振る、打つ 関係です。

これを
 軽量スチールシャフトの代表(スイング界の破壊神)
 ◌◌950GH の SR にすると 硬さは 290cpm を超えます。
  その数値は 5番アイアン、その流れですと…ウエッジでは 330cpm
👉ドライバーの振動数とは 100 も数値が離れます

ドライバーのシャフトの硬さ(表示SR)を基準とすると
 5X とか トリプルX以上の硬さ です。
同じように 振りようがありません。
同じように 打ったら 届きません、当たりません、飛びません。

ですので ボールの位置、タイミングの取り方、振り方
 など 両方を使うために アレンジが必要になります。
 2種類以上のスイング、スイングタイミングなどが必要になります。

 
2021-04-17_15


そして、その影響が
 一番出るのが アプローチショット
 スコアを作る要の アプローチ です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


全てのクラブ には
バンス、バンス角度 なるモノが存在します


英語でいうと バウンス
 跳ねる とか、弾む という意味合いです。
多くのイメージでは バンカーでの跳ね として
捉えられているトコロが強いですが
実は ショット全般に
ショットを支える、ロフト角度を支える
 大きな意味を持っています。


それも スイングを考える一つの目安 になります。

wedge-bounce

よく知られているモノは ウエッジのバンス角度 ですが、
ドライバーやフェアウェイウッド、ユーティリティ にも
 その角度はあります。

一応 ですが
000009 リーディングエッジ(フェース側)の基準に
 後方が低くなっているモノを 「バンスソール」 絵図
 後方が高くなっているモノを 「スクープソール」 絵図
と呼んでいますが、 ドライバーやフェアウェイウッドの場合
スクープソールのモノも見られますが、
 コト アイアンに関しては ほぼ全機種 「バンスソール」
つまり 名称で言うバンス部(ソール後方)が
 リーディングエッジよりも 低く、下に張り出しています。


そのバンス 下への張り出し方は 番手により異なり、
5番アイアン を 5度 に仮に設定すると
6番で6度、7番で7度。。。。。PWで10度 と
 同じ角度ではなく、番手順に角度は増えてきます。

特にバンカーで使われる SWはその数値が大きく
一般的な市販品では 10〜14度位
 弊社のHBS-10では16度、HBS-16では14度になっています。

バンカーで使われるコトもありますが、
ウエッジが アイアンの中で 数値的にバンス角度が大きい、
そして 番手により バンス角度が推移していく、
その理由は クラブの長さ にあります。

クラブが長くなると
 スイングの円弧は大きくなります。
ボールに対して入ってくる角度も緩くなります。
一方、クラブが短くなると
 スイングの円弧は小さくなり
ボールに対して入ってくる角度もきつく成ります。

IMG_0496

そのクラブの製品ロフト通りに打つには
 その入射角度通り の インパクト姿勢 となりますから
△5番アイアン(バンス角度5度仮定)と
△ウエッジ (バンス角度14度仮定)
 で比較してみると
グリップが前に倒れている度合い(見た目のハンドファースト)
は ウエッジの方が多くなる、約10度分 シャフトが前に倒れている

 と言う風になります。


ウッド など箱形状のヘッドに比べると
実は 特徴の出し難い アイアンの場合、
このバンス角度も含めた ソールの形状が
その性能を大きく左右します。



ロフト角度は バンス角度など ソール形状とは関係なく
シャフトに対する角度を計測するのが常、ですが、
バンス角度が強いモノほど ボールが低くなり易く、
ヘッド特性や機種のロフト角度との絡みにもよりますが、
数値としてロフトの立っているアイアンは バンス角度は抑えめ、
上がり易い性格のアイアンはソールが幅広いか、
バンス角度が張っている傾向が多いです。
445TL-5-1

フェアウェイウッドなどは ヘッド性能もありますが、
そのロフト角度との絡みも考え、
ショットの是非(ミス)への影響が大きいので注意が必要です。
寝かし気味に入れる傾向の強い方、
フェアウェイウッドのダフリ、トップ、チョロ の多い方は
ソール後方、バンス部の逃げ、ラウンドがキツク
スクープ気味になっているモノの方が無難でしょう。


IMG_0610IMG_0607







ウエッジになると ウッドやアイアンに比べ
更に 機種によるヘッド性能の差が出にくいので
『ソール形状やバンス角度』が
 ヘッド特性ソノモノと言っても過言ではありません。

ロフト角度 や シャフトの長さ、硬さ、ヘッド重量 など同じにして
バンス角度だけを 0度のモノと 14度のモノ で比べると
最大飛距離も 平均飛距離も どれも 14度の方が上になります。
 つまり 飛ばなくなってしまいます。
また バンス角度の大きな役割として
 地面に接触した際の ロフト角度の確保 というのがありますが、
その後ろ支えのないモノは 抜けた球にもなり易く、
自分自身の、スイングの再現性、安定性が低いと
 そのまま反映されます。


平均的なウエッジのバンス角度 12~14度
ということは インパクトの望ましいヘッド姿勢は
その分 グリップが前、シャフトが前に倒れている
地面に対して バンス角度が ゼロ度 になる
という事を指します。
 それが メーカー、デザイナー の想定しているインパクト です。

IMG_0727

こすり打ち の場合、
そのバンス角度分 シャフトを前に倒して使わず
アドレス通りのインパクト を想定して使いますので
バンス角度分 12~14度も ソールが下に張り出す形になります。
wedge-bounce

バンカーでは良いかも知れませんが、
普通のライ からボールを打つ際、
ボールとフェースがコンタクトする前に ソールが地面と接触してしまいます。

レッスンなどでよく見かける
振り子式のアプローチ。。。 これって マットから打つ専用 の方法
に見えてしまうのは 私だけでしょうか
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ