◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:イップス


質問「練習場で周りを見渡すと
 ドライバーは左足かかと、
 アイアンは真ん中、
 ウエッジは 右足寄り、と
 種類によって かボールの置き位置を
 大幅に変えている人が多いですが、
 これも シャフトの硬さ の影響でしょうか❓」

店主「特別に意図がある練習をしている場合もあると思いますが、
 概ね シャフトの硬さと比例している というか、
 シャフトの硬さに応じて ボールの位置は変ります。」
27157136_1465536103569591_817080633_n

質問「ドライバーとアイアンでは打ち方が違う、
 と考えている人も多いようですが、
 それも シャフトの硬さ の影響でしょうか?」

店主「それも大きいと思いますが、
 ドライバーとアイアンの重心距離、重心位置の格差は
 年々増している、どんどん異質になりつつあります。」

質問「打ち方を変えた方が良いのでしょうか❓」
店主「ひとつのスイングでも苦労するのに
 ふたつ…なんて 大変過ぎます。
 シャフトの硬さ/柔らかさ が
 共通している、同じような流れの中にあれば
 少なくとも リズムやタイミングは同じようなモノ
 に出来る
と思います。
 シャフトの硬さがバラバラ で それに応じて
 リズムやタイミングまで変えるのは難し過ぎます。」

IMG_0685

質問「クラブの流れ…の中で
 アプローチに使うウエッジはどうしたら良いのでしょう❓」

店主「ウッドからの流れ、アイアンの流れ、通り、
 ヘッドが若干、重めの分、数値(振動数)は
 低めの方が使いやすいと思います。」
質問「柔らかめ。。。というコトでしょうか❓」
店主「そうですね。流れから外れない程度、に。
 フルショットをする事の少ないウエッジが
 アイアンの流れ より 硬い って やはり変です。
 通常のショットのように、勢い で!
 って言うがし難いですから、ヘッドは重め、
 シャフトは柔らかめ の方が スイングの始動がし易い
 と思います。」
質問「そうなんですか?」
店主「ヘッドの重さ が同じであっても、
 シャフトが柔らかい方が ヘッドが効いて『感じます』。
 アプローチであっても、パッティングストロークであっても、
 また、通常のショット であっても
 ヘッドが軽い、シャフトが硬くヘッドが軽く感じる、
 方が動かし易い👉と思いガチ ですが、
 実は ヘッドが重い、
 シャフトが柔らかく👉ヘッドが重く感じる クラブの方が
 格段に動き出しが圧倒的に楽です。

 逆に言えば、ヘッドが軽い、
 シャフトが硬く、ヘッドが軽く感じるクラブは 始動がし辛く、
 イップス って言葉がありますが、
 おそらく ヘッドが軽い/軽く感じる クラブ を
 緊張した場面で使用すると 起こる と思います。」

質問「おおおお パターやアプローチのような
 勢いのない動きだと 余計、その可能性は高そうですね。」

店主「ハイ✋
 柔らかいシャフトの利点の一つ に
◉スイングの始動がし易い
◉イップスになり難い
 がありますね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

試したコトの無い人には理解出来ない…
 のかも知れませんが、
一般的な市販品パターのヘッド重量は 
300g強
👉L型改良版ブリストルで 
470g
👉ピン型『デール9』で 520g
 単純な重さで言うと 1.6~1.7倍あります。
IMG_1362

パッティングに限りませんが、
スイングの、ショットの イヤな部分は
アドレスの静から動に移る 動き出しの部分
特に パッティングの場合、
この1mのパットを入れれば ハーフ50を切る とか、
初の100切り や ベストスコア更新、念願のバーディなど
決して不可能でない「小さな幸せ」が
 本当に目の前に待っています。
 期待半分、残念半分、精神的に圧が高くなるので
より一層、その動き出しの部分がし難くなります。

常識的に考えると 1.6倍、1.7倍重たいヘッドの方が
動き出しが、「重い」が故にし難く思える。。。のですが、
試したコトの無い人には理解出来ない…のかも知れませんが
👉👉👉実際には その真逆で、
    重いヘッド使用 の経験がある人ほど
    軽いヘッドは 倒的に動き出しが難しい のです。
IMG_1385
パットだけに限りませんが、
やはり グリップを動かす事が、結果、ヘッドの動きになる
というコトだと思うのですが、

軽いヘッドだと グリップを動かすのが難しいのか、
どうやっても スムースが動き出しが出来ません。
…正直、イップスになりそうです。

真っ直ぐ引く…コトが正しいとは言えませんが、
グリップを動かす事がヘッドを動かす ではなく
ヘッド単体を動かそうとすると
 どうしても 思い描いているラインや方向に
 ヘッドが動きません。
 外に膨らむように動いてしまったり、
 想定以上に フェースが開いてしまったり…
スムースに 違和感なく ヘッドを動かす というコトは
行き着くところ グリップを動かすコト なんだと思います。

その点で ヘッド重量のしっかりしているモノは
 ものすごく安心して 動き出し が取れます。

  ヘッドが重いので グリップが動かし易い…でしょうか…。
IMG_1370


パターイップス…嫌な言葉ですが、
この典型は 実はグリップが動かせないコト、
 ヘッドを動かすために ヘッド単体を動かそうとすると
 前述のように 変な方向や姿勢になり 違和感があります。
 ヘッドを動かすために グリップを動かす というコトを
 忘れてしまっている…のでしょう。
ヘッドの重たいものは 絶対と言って良い程、それは起こりません


それと同じ発想ですが、
 例えば、です 一般的な34インチ のパター というコトになると
 長さは 90cm弱です。
 その長さの棒で 砂に絵や字を書こうとします。
 手元を動かさず、先端部分だけを動かそうとすると
 あまりに繊細な動きが必要になり、なかなか上手くいきません。
 手元 で絵や字を書くつもりで動かすと
 スムースに先端が動きますので そのイメージを持ってください

重いモノ は 基本 動きたがらない のですから、
無理に動かそうとせず、手元や自分が動いた分 動く
そう考えるのが自然だと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ