◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】 【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:アプローチショット


さて アプローチに話を戻します。

【振り子】 
踊り子ならいいんですけど…
 肩の回転は否定しませんが、
 その方向/角度を間違えてしまうと
 正しく行ったモノと比べ
円弧も小さく、
最下点は蕕縫坤譴泙后
✋アマチュアのアプローチの悩みの
 ダフリ、トップ、チョロ、シャンク の
 大きな要因です。
振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)振り子のアプローチ_Moment





(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)







この延長線上で
ターフを取ろうとしても
ボールの下のターフが取れるだけで
未来永劫 ボールの先のターフを取るコトは出来ません

球質も 正規のモノと比べ
打ち出しが高め、スピンは少なめ、ボール速度も緩い ですから
スピンを効かせようと 強く打てば
より最下点は蕕縫坤譟▲瀬侫襪世院,覆里鰐椶妨えています。
バンカーやラフなどで 意図的にこう打つコトはありますが、
 基本のショットにするにはあまりに非効率です。

そして 怖いことに このアプローチの動きは
かなり多大にショットに影響をおよぼします。





さて ココで 御大ジャンボの登場です。

まあ 相変わらず ご本人の説明は長嶋さん調なのですが、
この方の強みは ドライバーだけでなく ココにもあります。
スピンを強くかけたい意識が強いのか
教え子にソコを見せたいのか
テークアウェイは少しシャットが強めですが
(あんまり真似し過ぎないように…
 ちょっとパンチ気味ですので
 真似はもっとソフトに、滑らかにした方がいいかも、です)

トップの位置で出来た 股関節から上の姿勢、
特に手、腕、クラブは 概ねロックし、
足の動きを主に ボールを打っています
緊張感の高い場面で ミスが出にくい
狙ったラインに 狙った通り
 いつも安定した 計算できるスピン量を確保する

ジャンボならでは、です。



距離や振る量にもよりますが、
ある程度 ボールを「打撃する」となると
(5ヤードでも10ヤードでも) 
一番確実な方法  は
  ほぼすべてのモノを固定し、
足とお尻中心で
からだの向きを動かして打つコト
 
 をお薦めします。
皮肉と言うか 冗談の様ですが
からだの回転で打つのを目指していると
カラダ自体は使わない
四肢(主に太ももと上腕)しか使わないような感じです。

切り返しで 腕クラブを固定、半固定して
あとは 緩やかに 足とお尻で向きを変えるだけ。
正確に入れ、狙った距離、狙った方向、狙った球筋、
狙ったスピン量 を高い再現性で行うには
最適の方法だと思います。

また、これが確立できれば
ボールの位置、セットアップが
球筋に反映し易くなります。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昨今、ドライバーはかなりシャフトが柔らかくなりました。
しかし、アイアンはそのまま…。
アマチュアには 素材と言う意味でなく
 シャフトの硬さ と言う意味で
 軽量スチールをシャフトに採用すべきでない層も沢山いるのに
 世の中には 軽量スチールのアイアンしかない…ような状況。

これから始める人には「選択肢がないのは」少々、可哀そうな気がします。

ECDi9XSUwAEgjre


一番影響が出るのが アプローチ です。

自分にとってハードでない、硬くないシャフト であれば
毎回 フルショットしない アプローチであっても
ボールを拾い、ボールを上げ、ボールを潰す が
硬いシャフトよりもずっと楽になり、
スイングの中に 加速中の加速が要らなくなります
 つまり シンプルに出来る のです。

硬い、ハードなウエッジ、
ヘッドも軽く、シャフトも硬い ウエッジ では
今、打とうとしている距離の
 最低限のスピードでは ボールに届かなかったり
 ボールを浮かせるコトが出来にくく、
今、打とうとしている距離感よりも
 多く、強く、速く 振らなくてはなりません。

ヘッドを振らなくては
 高さに関係なく、ある程度、ボールを浮かせ
 アプローチするコトが出来ないのです。
 👉フェース面にボールが乗らない…。

アプローチの種類の打ち分け なんて言うのは
 アマチュアには必要ない とも思いますが、
スタンダードの ショットのインパクト付近の抽出 が存在して
 それを基準にして
 ボールの位置やスタンス によって
 球を打ち分けるモノ、
 構えによって
👉高くしたり、低くしたり。。。と
 変えたい訳ですが…
0e4d08811

自分にとっての アプローチの公式、基準式 があって
 はじめて ボールの位置、フェースの開き(構え)、スタンス、
 というアレンジが有効になります。


とこらが ヘッドを振ってしまうアプローチでは
  それらの 構え がショットに反映されません。

  単に アプローチの構えの雰囲気が出るだけ、です。
 逆に 構えを変えるコトによって
 ミスの可能性を増やすだけ になりがちです。


振り加減(スピードや大きさ) と
入射角度/ロフトに一定の法則が生まれませんから
距離感が身に付き難い のです。



想像外の練習量や頻度によって 補えない訳ではありませんが、
総じて アプローチの苦手な人は
アプローチを苦手にしてしまう ハードなクラブ(→硬いシャフト)
自ら選んでいる と言って良いでしょう。


ゴルフ、の楽しみはスコアだけ ではありませんが、
スコアが良くなるのも楽しみの一つ です。
なにかの目標があるのはとても楽しいモノです。
 その決め手になるのは ドライバーショットとアプローチ、
いや アプローチショット と言っても過言ではない程です。
知らず知らずに使っている クラブの、
知らず知らずに使っている 
 そのシャフトのハードさ、硬さのせいで
バンカーを含めた アプローチの限界、壁がすぐに来てしまう、
知らず知らずに身に付けた ボールさばき、クラブさばき が
自身の壁を作ってしまうのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


あきひこプロのコメントにもありましたが、
笹生優花、渋野日向子プロの影響なのか、
高橋賢プロの活躍のせいなのか、
松山英樹プロのマスターズ優勝のお陰なのか、
はたまた 密を避ける遊びとしてコロナの影響なのか、
秘かに ゴルフがブームになっている「らしい」のです。

言われてみると この春から
ゴルフクラブ診断、スイング診断を依頼されるコト も多く、
ちょっと 驚いてもいます。
EBJGeekVAAA9Dfi


クラブ診断、スイング診断をさせて頂くと
長年ゴルフをやっておられる方でも、
ローハンディの方であっても、
良い意味でも、悪い意味でも
 クラブの影響 は色濃く スイングに影響し、
クラブセッティングの流れ は
 かなり スコアに影響します。

昨今、ドライバーのシャフトの硬さは
 かなり柔らかくなりました。

そうですね、10〜15年で
 振動数で言うと30cpmは下がったでしょうか。
フレックス表示、硬さ表示で言うと
 X と R ほどの差です。
ややこしいですけれど
 現代の S の硬さは
 15年前の レディス 
と言えるほど です。

あい変わらず ヘッドは軽いですが、
 シャフトの硬さに対しては ヘッドは効いてきていますから
 楽に振って、楽にボールが浮かせ、飛ばせるようになった筈です。
ヘッドにはルールの規制ががんじがらめ なので
 ドライバーに関しては 更なる「シャフトの柔らかさ」
 機種によっては ヘッドの重量化 も進むかもしれません。
ba9a56ce0a9bfa26e8ed9e10b2cc8f46_1214473713
一方 アイアンのシャフトの硬さは15年前のまま です。
 平成に入ってから 売れないアイアンセットの打開策として
 安価で販売できる スイング破壊兵器「軽量スチール」が主になった為、
 本来、使うべきでない層まで スチールシャフトを使っていますので
 ドライバーとのシャフトの硬さは開く一方です。

✋スチール と言う素材が問題なのではなく、
 スチール では実はシャフト素材としては強くないので
「強度」「安全性」「破損」を考えると 硬く強くせざるを得ない、からです。


ドライバーシャフト で SR表示 位でも
 45インチ相当 で 振動数 225cpm
 なんてのはごくごく普通にあります。
総じて 飛ぶ と呼ばれるタイプのモノは殆ど この硬さ です。

✋ですので 言葉は悪いですが、いい気になって
 シャフトメーカーの 同じ硬さ表示 SR にリシャフトして
 振動数 250cpm なんかになれば 距離はイマイチ に戻ります。

45インチ 振動数225cpm に相当する
アイアン(5番)アイアンの硬さは 240cpm前後 です。
     (シャフトの素材はなんでもいいのです)
相互に良い影響を出し、
シンプルに両方同じように振る、打つ 関係です。

これを
 軽量スチールシャフトの代表(スイング界の破壊神)
 ◌◌950GH の SR にすると 硬さは 290cpm を超えます。
  その数値は 5番アイアン、その流れですと…ウエッジでは 330cpm
👉ドライバーの振動数とは 100 も数値が離れます

ドライバーのシャフトの硬さ(表示SR)を基準とすると
 5X とか トリプルX以上の硬さ です。
同じように 振りようがありません。
同じように 打ったら 届きません、当たりません、飛びません。

ですので ボールの位置、タイミングの取り方、振り方
 など 両方を使うために アレンジが必要になります。
 2種類以上のスイング、スイングタイミングなどが必要になります。

 
2021-04-17_15


そして、その影響が
 一番出るのが アプローチショット
 スコアを作る要の アプローチ です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


『スラ〜〜イス』
ゴルフを始めたばかりの人や
伸び盛りの人にとっては かなり重大な問題、
多くのゴルファーを長年苦しめる 忌まわしき弾道…

克服したい大きな課題…になりますね。

ゴルフクラブは構造的には…「普通」に使うと
 ボールに左回転が入るよう出来ています。 
ですので 少々、シビアな言い方 をすると
右回転の入った弾道・ボールが
 イコール スライス ではなく、
多くの右曲がりの弾道は、打ち損ね、打ち損じ、当たり損ね
 であって、スライス にまで至っていないかも知れません。

まあ、それはさておき…

スライス があまり好まれない、
忌み嫌われる理由は
 スライスは フェースの開き による右曲がり よりも
ゴルフクラブ(特にクラブヘッド)の構造上、
 ロフトの増え による 距離ロス 
 物理的には 打撃エネルギーがボール速度ではなく、
 回転や高さに逃げ…
 が付いて回ります。
ハンドターン

ですので、チカラの有る、元気のある若い人の場合、
 スライスが低い弾道で右に曲がることは少なく、
高い、前に伸びず 上、もしくは横に伸びるスライス で
飛距離が出ない という悩みに直面するのでしょう。

IMG_0549IMG_0548








スライス 右回転の入る弾道は
☑物理的には ヘッドの進行方向に対し
フェースが開いている、ロフトが開いているコトによって
発生します。
よく スライス = アウトサイドイン の信じている人、
オウムのように アドバイスとしてそれを繰り返す人、
がいますが インやアウト などの 軌道そのもの
人による軌道の違い と 右回転(スライス)/左回転(フック)
は ほぼ "全く関係ありません"。

☑インサイドアウト であろうが、アウトサイドイン であろうが
その進行しているヘッドの方向に対し
閉じていれば 左回転が入りますし、
開いていれば 右回転が入る『だけ』です。

 正しくインから入れてくるのなら
 飛球線に対して かなりフェースが開いていても
 右に飛び出た 左回転の球 になるだけ です。
 逆に 手で開いて上げる人が
 形式上のインサイド、
 まるで他人に見せるため、だけのインサイド
 では よりフェースやロフトが開くので
 相当 激しいフェースターンが必要になります。


ですので オウムのようなアドバイスを信じて
ヘッドの姿勢を変えずに
アウトサイドイン を インサイドアウト にしても
右回転は全く変わらず、
からだの回転と関係なく、無理に軌道だけを
インサイドに変える というのは クラブを寝かす
→よりロフトを開く、よりフェースを右に向ける(右打ち)
になりますので、より強い右回転が入る可能性も否めません。
93564c62-s

次に 
軌道に対し、フェースの向きが開いている(右打ちの蕁
から というのは確かにそうですが、
それを ヘッドのターン…手の返しで
フェースの向きを閉じれば…
 と 考えがち…なのですが、
ゴルフクラブのイジワルな構造(本当は便利な構造) は
ヘッドを返せば返すほど、
右回転/左回転 の 基準になる軌道が
 内に切り込むが故に より一層の
閉じ
が必要になります。


スライスを防ぐために フェースの閉じ を積極的に行い
スライスと反対の フックボール
 巷ではドローボール と呼ばれる
「上手く見える」弾道を
 願望しているゴルファーが非常に多いと思うのですが…
スライスが出るかも…と言う前提の上での
フックボールは アドレスの向き、狙いドコロ、距離感、
ランの出具合 があまりにも違い過ぎます。
ガラガラポン で出る球が良い当たりだったのに
狙いが全然違うが為にOB というのは勿体ない です。

手の返しによる フェースの閉じ は
ラウンドの疲労 に 大きく左右されます。


その打撃方法は同じく アプローチにも反映されます。
アプローチはスピードで解決し難いので
 ガラガラポンで出るミスはフルショットよりも
 はっきりと出ます!


IMG_0607IMG_0610







また、ショットの場合 フェースの向きや弾道のミス
は ショットの方向や曲がり の繋がりますが、
ロフトの開き の場合、距離や方向だけでなく、
バンスの張り、リーディングエッジの出
ヘッドの縦軌道、横軌道の最下点、最ふくらみ点のズレ 
など
『より手痛いミス』につながり易くなります。

wedge-bounce




☆☆☆どうせ スライスを撲滅したい と 考えるのなら
こう考えてみては如何でしょう
 ☆☆☆

アドレス時、特別な場合を除いて
 フェースやロフトを開いて構えるコトはありません。
まして ドライバーではほとんど皆無です。

にもかかわらず どこかで『
開く』『開いてしまう』から
閉じる必要性」が生まれるのです。

アドレスで開いていないモノを 開いてしまう
 と言う箇所は 修正も容易で、動作で管理しきれます。

一方、閉じる行為の箇所はスイング動作の中では
 一番高速な 動作把握、姿勢把握の最も し難い時期
 に当たります。
見方によっては 問題を先送りし、より難易度を上げている
とも言えます。

閉じる必要性の生まれない スライス防止 の方が
 いろいろと確率が高く、再現性が高くなるのでは ないでしょうか❓

✋それによって アプローチショットの向上も望めます。





それと もう一つ
 スライスの「本当の問題」は
 
フェースの開き、ではなく ロフトの開き です。
(飛距離ロスと右回転に直接関係はありません)

→フックボールの方が 飛距離が出易いのは

 スライスのソレ と比べ ロフトが締まっているからのみ です。
(飛距離の伸びと 薛莢鹽召歪樟楷愀犬砲△蠅泙擦鵝

→ロフトの開き の問題を解決せず
 距離を延ばすのに ヘッドスピードに走る…と
 スピードは上がったのに 高さ や スピン ばかりが増え
 より曲がりが大きくなったり、大きなミスになったり…
 ヘッドスピード と 飛距離 のつながりが無くなってしまいます。



スライスの発生原因については

 先ほど書きましたが、
ヘッドの進行は 二次元の平面上を動く のではなく555
 立体に動く訳です。

トップ、や切り返しの箇所から

 インパクトに至るまで
ヘッドは 斜め下へと進行して行きます。

 ですので、水平軌道に対し、フェースを開かない
だけでなく、
 垂直とまでは言えませんが、縦方向の移動 に対しても
 フェース、この場合はロフトも開かない
 というのを 忘れては スライスの一番の問題は解決しません



多くのレッスンでは 横方向の開き ばかりを問題にしていますが
ゴルフショットの最大の魅力である 飛距離 に対して
ダイレクトに効くのは 縦方向のロフトの閉じ
(正確には開かない)です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


何回も書いてきましたが
多くのアマチュア…(プロにもいますねー)
のアプローチやパターストロークに
ゴルフショットの問題点、クラブ扱いの問題点が
かなりはっきりと内包されています。

多くのアマチュアゴルファーは
ヘッドが遅れ、それを取り戻す
しならせたシャフトをしなり戻す
という ヘッドをたくさん動かす
グリップの移動量よりも圧倒的なヘッドの移動量
を軸に スイングのイメージ(概念)を構築しています。

確かに ゴルフスイングは
体の向きを変える、回る、回転する という
円を作る運動が入っていますし
それが メインの動作であるので
それによって「結果」としてヘッドの方がたくさん
動いて見える というのはあるかも知れませんが
クラブ自身を動かさず 自分が向きを変える(回転する)のと
自分がクラブを円に振る というのは全く異なる行為

ということに気づいていません。

どちらが鶏で どちらが卵 かは分かりませんが
そのイメージの元で アプローチショットや
パターストロークをすると
結果として インパクト付近で体を止め
グリップの移動を抑制して、
「ヘッドだけを走らせる」
「ヘッドがグリップを追い抜く」
というところに行きついてしまいます。

cap02まあ このアプローチにも
多くのアマチュアがしてしまう
問題点が垣間見えるのですが、
それは別の機会の話として
このアプローチでは
原則的に 
クラブ自身を動かさず
それを持つ打ち手が向きを変える
 という行為をしています。
ところが この角度からスイングを見てしまうと
遅れたヘッドが グリップを追い抜いているように
見えてしまうのですが
グリップとヘッドの相関関係は基本的に変わっていません。

スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)この写真であったとしても
この打ち終わった映像の
次のコマ があったとすると
体の正面から見れば ヘッドがグリップを追い抜いたように
見えますが、グリップとヘッドの相関関係は変わっておらず
むしろ ヘッドの重量分 ヘッドの移動量の方が少な目
なのも気づくかと思います。


スイングを作っていく際
スイングを変えていく際
動画や画像は貴重な資料であるのは確かです。
でも 結局のところ この手の視覚情報は
「何が見たいのか」という前提条件があって
自分の見たいようにしか見えてこないのです。

体の動きでグリップが移動し
その分しか。。。 ヘッドの重さ分 その分以下しか
ヘッドは移動しない。
それが理解できている人にとっては
「なんだ…。そんな当たり前のことを言って…。」です。
それが理解できていない人にとっては
「意味不明な異端なスイング論」になるのと
非常に似ています。

アプローチやパッティングで
グリップの移動を止め ヘッドだけを動かしてしまうと
グリップの移動を止めた時点から
ヘッドの動く方向は 主に 横(水平方向ではなく)
縦(上下)方向になります。
その動きは クラブヘッドそのものが上を向いていく
(フェースが上を向いていく)ロフトを増やす働き
とともに
必ず 自分が左サイドを上げていく動き
がセットになって行われます。
・・・・・・・ので
増えるロフト変化は倍
ヘッドの上方向(高さ変化)への移動量も倍 と
打つ距離に対する距離の元になるもの(ロフト)変化が急激で
距離感が一定し辛く
しかも ヘッドの高さ変化が激しくなるので
ミスの可能性もかなり高くなります。
特に ウエッヂのようなロフトが寝て
クラブヘッドの構造でリーディングエッヂ(歯)が出ているものは
トップのミスの可能性を急増させます。

ロフトが増え、体姿勢も左上がり
ということは ヘッドの最下点(ボトム)も右になり易く
ヘッド軌道が急激に上方向に移動するので
同時に ダフリなどのミスの可能性も急増させます。

本来は前傾姿勢はあるとは言っても
体の回転はほぼ水平(横)運動ですから
その作り出される円弧は ウエッヂの長さとは言え
もっと緩やかな縦変化、高さ変化、上下変化
になる筈です。

このアプローチやパッティングストロークでの
グリップの移動を止め ヘッドを「走らせる」 
←嫌味です
行為は そのままショットに反映されます。
ここが治らない限り ショットの矛盾の環から
抜け出すことは出来ませんし
ここの原因になるのは技術的な部分ではなく
スイングはこういうもの という思い込み・概念の部分なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ