◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:アプローチ


店長「硬いシャフトでゴルフを覚えると
 より硬いシャフトを好む
ようになる…。
 
 ゴルフにクラブターンは必須ですけど
 それって カラダの向きを変えれば良いんですが、
 シャフトが硬いと それではボールに届かない です。
Rさん バルブは開ける方向にお願いします_Moment

 ですので ハンドターン、フェースローテーション と
 ハンドファースト という 相容れない
 相反する課題に取り組む のですが
 繰り返しますが、相容れない関係ですので
 解決はしません。 」

質問「ゴルフスイングの謎のひとつ でした。」

店長「スライスしていると フェースが開いているから
 と言われますので フェースを閉じなくてはならない、

 本当の意味は 回転の横のフェースでは無く
 縦のロフトの方なんですが…
 一般的には フェースの右左の向き と考えます。

 フェースを左に向けるには
 スイングの弧の一番膨らむところ よりも 先
 もしくは 一番膨らむところ、
 よく言われる 最下点にしなくてはなりません。

 ちょっと分かり難いですが、
 上から見た 左右、横方向の ヘッドの一番膨らむところ が
 横から見た 上下、縦方向の ヘッドの一番膨らむところ(最下点)

 になる訳じゃあないんですが、
 ・・・・・・・どちらも カラダの姿勢 が大きく影響しますので
 最下点、そして それよりも先 で
 インパクトを迎えよう としたら
 上り際 で打つコトになり易い です。

 つまり、ボールよりも手前が最下点になるのですから
 ダふり易く、トップし易くなります。
(本日のゴルフスイング 20211007_Moment

 アマチュアにとっての 一番多いミス です。」
質問「言われてみれば それはそうっすね。」

店長「あとは 女性にも多いと思うんですが、
 スライスの問題、ダフリの問題 そう言うのが徐々に解決、
 解決はしなくとも 深い悩みで無くなると
 おそらく 最大の問題が控えています。」

質問「ええええええ! ナンでしょう❓」

店長「ゴルフをやっている限りは付いて回るコト
 になると思うのですが、 アプローチ です。」

質問「!!!!!!!!!」

店長「アプローチに限りませんが、
 ざっくりとですが
 同じクラブを同じヘッドスピードで打っても
Ⓐ立ったロフト 上から入る
Ⓑ寝たロフト 横(下)から入る は
Ⓐ前者はスピンが多く、打ち出しは低く
Ⓑ後者はスピンは少なく、打ち出しは高く なります。
 それと 
Ⓐ前者は前に進み易く、上に上がり辛く、

Ⓑ後者は前に進む辛く、上に上がり易い 特徴があります。

 アマチュアには必要ないかも知れませんが、
 プロ であれば その二つを組み合わせて
 その場、その場に対処して行きますが、
 ショットの、通常のショットの基本は前者です。
 硬いシャフトでボールに届き難い から スタートしている
 ゴルファーにとっては 後者は出来るけれど
 前者は出来ない になってしまうのです。
2021-10-23_18-02-58_Moment(2)

 通常のショットの場合ですと
 少しダフリ気味 とか、少しトップ気味とか も
 ヘッドスピードがあるので 誤魔化すことが出来ますが、
 アプローチという 距離の制限、速度の加減が
 必要なショットの場合、後者
〇寝たロフト 緩い〜横(下)から入る は
 最も難易度の高いショットに該当します。

 距離が短い、速度の加減をする と
 ロフトを寝かしている(バンスが張っている)
 入射角度が緩い(横から、下から入っている)為
 地面に干渉し易く、
 速度を多少上げても ボールは 前に行かず、上に逃げます。
 どの位 とは言えませんが、
 普通の
〇立ったロフト 上から入る
 に比べると 上げた速度分が距離になり難い です。
 速い運動/動作はミスの原因になり易いですし
 無駄な大きなスイングになり易い 上に 距離加減が難しく、
 アプローチに練習を割かないアマチュア向きじゃあないんですが、
 硬くて ハンドファーストを誘発されないクラブで
 ショットを覚えた人にとっては選択肢が無いんです。

 ですので 普通のアプローチだけ に限らず、
 バンカーも上手く行き難い、バンカーが出ない、苦手・・・
 昔…30年前のクラブであれば、市販品であっても
 320g〜ヘッド重量のあるウエッジは 結構ありましたが、
 今は 有って290gです。
 ラフやバンカーなど ボール以外の負荷がかかり易い
 ショットは ヘッド重量がかなり効く んですが、
 それも無いので、それを人為的👉スピードで作るしかないので
 足場の緩いバンカーなんかは 女性には酷だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「柔らかいシャフトのクラブでは
 遅れを捻じれ、開きにしない方が良い、とのコトですが、
 柔らかいシャフトのクラブを
 フェースローテーション、開いて閉じて打つ のもアリですか❓」

店主「どの位の柔らかさ にもよるとは思いますが、
 そういう使い方をされている方もいらっしゃいます。
 柔らかいシャフトは 自分が急加速しよう と思っても
 柔らかいが故に その反応にワンテンポ、間があります。
 ですので スイングのどこかで 急加速の少ない、
 そういうテンポ感が必要かも知れません。」

質問「数値でこの位ならば、と言葉にするのは難しい、かも
 知れませんが、どの位の数値(振動数)まで なら
 そういう打ち方でもイケますか❓」

店主「あくまでも一般論、平均値的な話で
 ある程度 高性能なシャフトは必要かもしれませんが、
 45インチ基準で 200cpm位までは
 ごくごく普通に 使っていけると思います。
 逆に言えば、噛み合わせる アイアンは棚に上げて、
 スイングの話しも棚に上げて
 単に ドライバー単体の話し であれば
 一般成人男性だと 使えるのであれば 180cpm辺りが
 一番飛んで、からだにやさしく、
 しかも 使い込んでいくと 自然に
 滑らかな、よどみのないスイングになるんじゃないでしょうか?

 ハミングバード的には 成人男性の本当の意味の
 R(レギュラー)シャフトは 180cpmだと思います。」
【SYB EG-05】 プロによる試打_Moment

質問「そういう意味では アイアン の方に
 問題が大きい訳ですね。」

店主「そういうコトになりますね。
 ドライバーでスイングを造る、固める と言う人は
 多くないでしょうから
 180cpmを ドライバーのR(レギュラー)とすると
 それと同じ感じで振れる、打てる5番アイアンは
 200cpm弱位ですから 一般的なゴルファーが
 使っている 5番アイアンは それより100cpm硬い訳です。」

質問「しならないから しならせて振る、
 しならせるから フェースが開く、
 フェースが開くから 閉じる必要が生まれる、
 そのクラブの使い方をアイアンで覚え、
 ドライバーで苦労するコトになる、
 この流れは必然、というコトですね。」

店主「ドライバーは 空中のボールを打つので
 まだ ナントか誤魔化しようがあるんですけど、
 自分が使うべきアイアンよりも 100cpm硬い…
 そのウエッジは ゴルフをかなり難しくしますね。」
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

質問「うわぁぁ ホント、ソレ 思います。」
店主「硬いシャフトのクラブ(ウエッジ)での
 アプローチは 本当に悲です。
 プロのように 並大抵でない反復練習をしない限り、
 なんとかなる…のは バンカーからの脱出…位で
 ごく普通のアプローチに 10年、20年 苦労するコトになります。
 シャフトが硬いから ダメ なのではなく、
 硬いシャフトを使う振り方が アプローチを苦しめる訳です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイング、ショットを改善、または構築していく上で
 解決したい 大きな幾つかの事柄 について… です。


一つ目は お約束の「振り子」について、です。
 私はこの「振り子」について は
 雑誌やレッスン書、レッスンプロなども含め
 情報を提供する側、教える側、ゴルフ業界全体の
 長年の怠慢の蓄積
 と言う点で 忸怩たる思いを拭いきれません。

 まず コチラをご覧ください。

Jose Maria Orazaval選手です(1994.1999年マスターズ優勝)

なんとなく の流れ で見ていると
 背骨を軸として 先端のヘッドを振っている「振り子」
  に見えるかも知れませんが、
 実際には カラダ(肩)を廻しているだけです。
 打ち終わった後も カメラアングルのせいで
 ヘッドが前に出た 👉グリップを追い越した「ように」見えますが、
 切り返してから ヘッドとグリップ、クラブと腕の関係は
 ほぼ変わらず、
 トップの位置から 固定された腕とクラブはそのまま で
 からだの向きを変えているだけ とも言えます。

このアプローチは ロフト、長さ以上に
 特殊なスピンなどをかけていない、
 そのまま 大きく❓ 高く❓
 準備としての トップの位置がなれば
 普通のショットの 切り取り とも言える
 それこそ 絵にかいたような「アプローチショット」です。


何度も、何度も、何度も書いていますが、
スイングは傍目からは ヘッドで円を描いている「ように」見えますが、
それは 横移動を 回転で行っており、
 ヘッドが外周に位置しているから そう見えるのであって、
似てはいますが、
 カラダが向きを変えたから 👉結果として円に見える のであり、
 円を描くことを最優先に 動作しているのではありません。

確かに なんとなく思い込んでいる、
「円を描く」、「ヘッドを丸く振る」
もう少し発展させると
「そのクラブ、ロフトなりの弾道を打つのには クラブの働きはどうなのか❓」
「ボールをつかまえて打つのには どうすれば良いのか❓」
「ボールを上から打つ とは どういうことなのか❓」
それらを説明するのには面倒が伴う……かも知れませんが、
実際には スイングの多くは
 それぞれの人が 個人個人で ボールを打ちながら
 作り上げていくもので
 その基礎になる メカニズムの部分、
 スイングの基礎知識となる部分、を基に
 動作を作り上げていきます。

ですので 肩をどう動かすや腰をどう動かす、肘は❓ 膝は❓
という具体的な部分よりも 遥かに重要になってくる部分 なのです。

 カラダが回る、からだの向きを変えるから
 結果、として 円を描いて見える
 その円弧 と ロフト&フェースの上下左右の向き が
 距離や高さ、弾道を決めるコト になるので
 出来るだけ その円弧 や ロフト&フェースの上下左右の向き が
 毎回 同じようにしておく方法 が
 長い年月のゴルフライフを 楽にします。

ですので 車の免許 と同じで
 多少、退屈ではあっても 座学みたいな部分が
 どうしても 初期に時間を取る のです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


データは取ってはいませんが、
日本の成人男性の平均的なスペックは
ドライバー 240cpm強 / アイアン 300cpm
と言ったトコロ でしょうか…。

そのスペックだと どう言うことが起こるのでしょう❓
240781176_4377812485599164_8218599256180757912_n
一般的な 公表値 では
日本の成人男性の 平均ヘッドスピードは 40ms強
と「社交辞令的」な数値を提供していますが、
私の肌感 では 37ms前後 です。

その 平均値な37〜40ms 位の人が
ドライバー 240cpm  / アイアン 300cpm
を使うと どうなるか と言うと、
ドライバーは 空中にあるボールを打つので
 慣れてしまえば 220cpmでも、250cpmでも打てます。
距離と言う側面で言えば シャフトが柔らかくなっていく、
 220cpm… それ以下の、下がっていく方が楽に出し易い。

一方、問題なのが 300cpmのアイアンです。
もう この硬さ ですと べらぼうに硬い ですので
320cpm だろうが 280cpm だろうが
 ほとんど さしたる違いはありません。

ドライバー 220cpm が良い感じ‼ なのなら
 それに適したアイアンは 230-240cpmなのですから
それに比べ 50cpm硬かろうが、70cpm硬かろうが 差はありません。

その 数値は280であっても、320であっても
 硬いシャフトのアイアン は はっきり言って「当たらない」…
  『届かない』 のです。
202189_Moment
👉ドライバーでボールを打つボールの置き位置 は早々にギブアップ
スタンスの幅 にもよりますが、
  ボール 3個から4個 中に置かないと 当たりません。

それでも 届き難い、当たり難い ですので
ヘッドを、クラブを、シャフトを下に振るコトを
 練習によって 身につけさせられてしまう のです。
 必要 があるのですから…。

ところが、その ヘッドを下に振る打ち方 では
ドライバーが上手く行きません。
飛ばない、か… スライス になってしまう…
ヘッドスピードも上げにくい…
  硬さがこれだけ 違うのですから 当然と言えば当然です。

ドライバーは一生懸命 下 ではなく
前に前に振ろうとすると  今度はアイアンが…。
 モグラたたき状態です。


この双方を解決できるのは 腕力 だけ、とも言えます。

ドライバーとアイアンの相互関係 の悪さ
 は スイングを悩ませます。
どっちを打つためのスイングを覚えるべき、なのか

一つのスイングを覚えるのでも大変なのに
  微妙に似ている 別な二つのスイングを覚えるべき なのか…。




そして、このスペックで苦しむ
 もう一つの問題は アプローチ です。

スイングのタイプ によっては バンカーも苦しみます。

スチールシャフトの 隠された問題 は
 短くなる程 硬さが増す というコトです。

 5番アイアン300cpm から 始まる『セット』の流れ の
 ウエッジの硬さは 330〜335cpm です。

ところが スチールの性質上、ウエッジは 350cpm以上
 本来の流れよりも 1〜1.5フレックス 硬い数値 です。
 通常のアイアンよりも 緩く振るコトが多いモノが 硬い、
 微妙な距離コントロール、微妙な振り加減が必要なモノが
 ドライバーよりも遥かに硬いアイアン、
 それよりも更に 1〜1.5フレックス 硬いんです。
 …上手くいく筈がないのです。
(クラブの、シャフトの廻し方の違い_Moment

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


分類の為 ロブウエッジ としていますが
ロフト多めのサンドウエッジです。
IMG_1398
LW専用の金型はありません。
わがままを言って
SWに比べ オフセット/バンスを減らして
(歯を強めに前に出しています)
上げ易いヘッドを職人さんの手削りで
調整して貰ったモノです。
再販予定(20ケのみ/
残り僅か)はありません。
クローム(銀)サテンヘッドのみです。


PS  ロフト50度  バンス12度 重量375g
SW  ロフト55.5度 バンス15度   385g
軟鉄ですので 調整可能です
IMG_1399
SWに比べ バンス角度が少なく
重量もやや軽め な為、飛ばさない為のウエッジ です。

高め/上げ目の球をお好みの方へ

また 一般的なウエッジのバンス角度(12度)はあるため
ヘッド重量のある バンカー用ウエッジ ラフ用ウエッジ
としても 重宝すると思います。
IMG_1397
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ハミングバードスポルテ  野澤まで
046-804-1480  080-6785-5571






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

 
分類の為 ロブウエッジ としていますが
ロフト多めのサンドウエッジです。
IMG_1398
LW専用の金型はありません。
わがままを言って
SWに比べ オフセット/バンスを減らして
(歯を強めに前に出しています)
上げ易いヘッドを職人さんの手削りで
調整して貰ったモノです。
再販予定(20ケのみ/
残り僅か)はありません。
クローム(銀)サテンヘッドのみです。


PS  ロフト50度  バンス12度 重量375g
SW  ロフト55.5度 バンス15度   385g
IMG_1399
SWに比べ バンス角度が少なく
重量もやや軽め な為、飛ばさない為のウエッジ です。

高め/上げ目の球をお好みの方へ

また 一般的なウエッジのバンス角度(12度)はあるため
ヘッド重量のある バンカー用ウエッジ ラフ用ウエッジ
としても 重宝すると思います。
IMG_1397
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ハミングバードスポルテ  野澤まで
046-804-1480  080-6785-5571






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ