◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:アッパー


Jさん「ハミングバードさんでは
 パッティングや短いアプローチなどで
 刷毛塗 と呼ばれるストローク方法を
 提唱されていますが それは どんなモノなのですか、
 教えて下さい。」


店長「弊社で扱っているアイアンやパターは
 ヘッド重量が超重タイプなので
 小さな、遅めのストロークやスイングでも
 距離を打つコトが可能です。
IMG_1414
 市販のモノも重めのヘッドが増えてきましたが、
 一般的には 300〜320g と言ったトコロですので
 L型「ブリストル」ですと 60%増しの 480g
 ピン型「デール9」では 70%増しの 520g
です。

 それを活用して より安定した軌道、
 安定したインパクトを造れるようにしたモノが
 刷毛塗という ストローク方法です。
IMG_1364

 パターに限らず、クラブ全般通して ですが
 ゴルフクラブの打撃部であるヘッド、フェースには
 ロフト角度 と言うモノがあります。
 ゴルフクラブとゴルフショットの関係では
 ロフト角度、その姿勢が一定していると
 それをほぼ同様に ヘッドの入ってくる進入角度、
 入射角度やヘッドの道のりも一定したモノになります。

 逆に言えば、ロフト角度、ヘッド姿勢の変化が激しいと
 それに比例する形で ヘッドの軌道、入射角度もキツイモノ、
 変化の激しい、小さな弧の軌道になります。

 振り子式の場合、グリップに比べ ヘッドの角度運動が
 多くなりガチ、グリップの移動が抑制されがち です。
001002







 刷毛塗の発想は そのロフト角度・進入角度を極力変えない、一定にする
 スイングであれば 円弧はからだの向き、骨盤の向きに任せ、
 両手でさばける範囲 〜体の幅分 は
 クラブはスライドさせ、円弧を描かない、
 手で円弧を描かない
 トコロから始まります。」

Jさん「では 刷毛塗はショットにも応用可能、というコトですね。」
店長「はい。可能です。
 ですが、今回は パッティングストロークと
 ほんの短い距離の グリーン周り、位の距離のアプローチを中心に
 留めておきます。

 
 今までのお話しと重複する部分が多々ありますが、
 私の見る限り、多くのゴルファーのパッティング苦手、下手、
 実はパッティングに限らず、ショット全般なのですが
golfutikata233
 この写真の通り、真っ直ぐ振る、真っ直ぐ打つ、
 コトにこだわり過ぎて
 もう一つの真っ直ぐを無視してしまっているコトに起因している
 と思っています。
 
 ヘッドには ライ角度とロフト角度が複合してあるため、
 ヘッドのそのものが左右方向に向き(回転)を変えていなくても
 右打ちの場合ですが
 ロフト角度が増えれば、実フェースは左を向きますし、
 ロフト角度が振れば、実フェースは右を向きます。

 振り子式のストローク、ショット は
 支点を固定できる機械であれば 良いかも知れませんが、
 それを実行するのは ヒト だというコトを忘れています。
((パッティングストローク_Moment((パッティングストローク_Moment(2)










 ロフト、フェースの向きなどを勘案し
 振り子の場合、ヘッドの最下点であたれば 良いのですが、
 人間が振り子式を実践した場合、
 支点になる箇所や頭なども 振り子運動する可能性が高く、
 多くの人が ヘッドが上がっている時にインパクトし、
 それはイコール ヘッドが高くなっている
  =フェースが左を向いている
 最下点よりもヘッドの位置が上がっているトコロでインパクト
 する事になるので トップ気味に『歯で』打っている
 というコトに気付いていません。
006
 打撃は立体なので このアングル(👆👆👆)
 で ボールとヘッドがどうコンタクトしているのか
 というコトを 無視してしまっています。

 実は 実フェースの向きは変っているのに
 ヘッドが真っ直ぐ動くコトばかりに意識を使い過ぎ、
 ヘッドを真っ直ぐ動かすコト自体は悪いコトではありませんが、
 打撃は立体というコトを忘れ、
 上から見た平面的な、その形ばかりにとらわれてしまうのは
 パッティングストロークだけでなく、ショット全般も
 陥り易い ゴルフショットの落とし穴 だと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Yさん「では ナニからすればいい❓」

店主「スイング意識を変えましょう✊
 ちょっと 素振り してみて下さい。」

店主「あああ その素振りじゃ まずいよね。」
Yさん「普通な素振りの気がするけど…。」
店主「良い悪いを別にして、アマチュアゴルファーの
 非常に平均的な素振り…だとは思うけれど
 フェースターンによって つかまえるとボールが浮かない、
 キツイ引っかけになる、
 つかまえないと弱い球で飛ばない、と言う悩み

 に対しては、とても マズイね。」

a5b965fd店主「ココに時計があります。 
時計の 6時→12時の方向にアドレス
していると想定して下さい。
インパクトは 3時少し前とか、なんだけど
ソコの話しは今回は割愛して、
 インパクト以降、フォロー、フィニッシュ、
 時計で言うと 3時→2時→1時→12時
 って クラブを『振り』ますよね。
 ソコの意識改善は絶対必要と思います。」

【Point】打撃の オマケ は オマケ です : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

Yさん「どこが悪いの❓」
店主「本当であれば インパクトを3時と仮定すると
 自分自身が12時の方を向くから
 クラブ、シャフトの針も12時を向くのであって
 自分は3時を向いたまま、
 クラブ、シャフトの針 だけ 12時を向けてしまうと
ゝ案擦小さい 👉半径がクラブの長さ
△故に インに切り込みが大きい 👉出球の方向
➂ロフトの閉じ方が激しい
➃腰や手首に負担が大きい
    になっちゃう。」
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)
Yさん「言われてみると そうだねぇ。」
店主「特に 軌道の小ささは 方向だけでなく
 ヘッドの上がり、高くなる度合いも激しい、急激なので
 ロフト効果がなく、アッパーが強くなり過ぎる

 今の失速状態の原因はココが大きい。」

Yさん「でも、フォローを出す、
 フォローを大きくしろ
、って言うよね⁈」

店主「その勘違いは大きい、ネ。
 フォローを大きくする って言葉は
 からだの向きで左 12時を向こう と言う意味で
 からだゴト クラブを12時に向けることを指すんです。
 そうすると クラブと腕の長さの半径になって
 『結果』として 大きなフォローに見える
 一方、フォローを意図的に出そうとして
 ヘッド、クラブだけ 振ろうとすると
 からだの回転、もしくは 左サイドが止まっているから
 その半径は クラブの長さになって
 カラダに巻きつくような フォロー、フィニッシュになっちゃう。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment
 からだゴト 左を向けば
 ロフトは大きく変わってないでしょ❓
 同じような 手の位置でも
 ヘッドの高さも全然違うよね❓」

Yさん「インパクト以後、ビュンとクラブを振った方が
 フォローが大きくなるのかと思ってた。」

店主「自分が止まって、ヘッド、クラブを速く動かすから
 その対比から そう感じるんだろうけれど、
 実際には 一番小さなフォローの出し方 になっちゃうし、
 今の悩み、のダイレクトな原因の一つ、だね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 プロが全員そうしてる訳ではありませんが、
とりあえず
正規にボールをつかまえるショットを「プロショット」
アマが全員そうしている訳ではありませんが、
ボールがつかまえられず こすり打つショット/スイングを
とりあえず 名称の定義付け として「アマショット」
とさせてください。

ロフト、フェースを円の外に向けたまま
 からだの向きを変えて打つショット、「プロショット」、
地面からボールを打つ場合、
 その最下点は ボールよりもやや先にあります。
Moriya Jutanugarn 右打ちと左打ち比較

一方、 ロフト、フェースを円の中に向けるよう
 地面にあるボールをこそぎ取るように打つ「アマショット」では
 ボールの位置がほぼ最下点 に位置します。
 多くのアマチュアゴルファーが…特にアプローチでは
 そういうイメージを持っているように「見えます

 

プロショットの場合、
 インパクト位置が 1冂度前後しても
 ヘッドが下がり過程であることは変りませんが
アマショットの場合、
 インパクトの位置が 1僂眩宛紊砲困譴討靴泙Δ
 ミスにならなくても 上がり軌道になる可能性も秘めています。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)













ボールの飛びさまや弾道、距離は
 ヘッドの上下の軌道、それに対するロフト姿勢 で決まります。
プロショットの場合、
 クラブの長さ によって あらかじめ入射角度は
 決まっていると考えて良く、
 例えば 入射10度 それに対して40度のロフト
 この状態が維持されたまま、インパクトを迎えるので
 ズレがあっても 大きな違いは出ません。
 この場合、回転/打ち出し角度に作用するロフト角度は40度
 打ち出し角度に作用するのは
  ハンドファーストの度合い マイナス入射角10→ 30度以下です

IMG_0777IMG_0776





ところが アマショット、振り子のショットの場合、
 ヘッドの上下の軌跡 と ロフトの関係は、固定とは言わないまでも
 固まった状態に近いですが、
 常時、そのヘッド軌跡は変化している(円を描いている)
 からだの向きで移動しているのに比べると
 激しく変化しているので
 インパクトポイントのズレで 球筋だけでなく 距離も変わります。
 例えば 入射角度10度 40度ロフトだったものが
 すぐに 入射角度5度 → 入射角度0度 →仰射角度5度
 それに加え インパクトに向け ハンドファーストは解かれる ので
 変化が大きく 奥に成る(後になるほど)ほど 回転数は減り、
 打ち出し角度は高くなっていきます。  

 ですので 球筋だけでなく、距離や高さなども
 ほんのちょっとのズレによって ばらついた球になります。

 そして インパクト付近の弧が小さく、弧がきつく成りますので
 ちょっとしたインパクトタイミングのズレが👉ミスに直結します。
 また これも多くあるケースだと思うのですが、
 プロショットをする人の多くが ほぼ固定位置でボールを打ちますが、
 アマショットをする人は クラブによってかなり激しくボール置き位置を
 変える傾向が強く、コースではソレは一定になり難いので
 ショットの安定しない要因に成り得ます。

勿論、運動神経や練習量でそれを乗り越えるコトは可能ですが、
可能ですが、シンプルにモノを考えていくと
多くのアマチュアのショットの安定しない科学的なメカニズムです。

困ったコト、と言って良いかと思うのですが、
これの 治らない、治せない、治そうとしない原因に
この現象、このアマショット(こすり打ち→煽り打ち)
空中にあるボールを打つ、ドライバーショットにおいては
有効な場合があり 👉ボールの位置、ティーアップによって
自然にアッパー軌道でインパクトを迎えるモノを
445TL-5-1意図的に アッパーを強める距離を稼ぐ「アマショット」
多くの人が ソコの為に
 地面からボールを打つコトを犠牲にし
 ソコに走っているケライ が見られます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ