◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:つかまり


店長「こういうケースもあります。
 有名メーカー直営店
『フィッティング』されたので
 アイアンセットで お決まりの かなり硬い
 最近、流行りの軽量スチールシャフト です。
 硬さ で言うと 5番が 320cpmから始まりますから
 数値で言うと かなり硬い、
 硬さ だけで言えば 男子プロ並みのスペック、
 それが 非常にアップライト
 5番で 62.5度 と言う設定 です。」

質問「シャフトもかなり硬いうえに
 かなりアップライトですねー。」
g-421

店長「ですねー、打っても頂きましたが、

 ごく普通な 60歳代の男性で
 この硬さが気持ちよく振れるとも 思えません。
 やや 立ち気味に構えられているので
 アップライト の選択だったのかな❓とも思いましたが、
 相談を受けた理由は 飛ばない、つかまりが悪い、
 の上に ライ角度をフラットにしたい… という
 とても不思議な依頼だったのです。」

質問「つかまりが悪いのに フラットに… ですか❓」


店長「そうですねー、

 ライ角度は 構え方に準じますが、
 運動中は 単にフェースの向きを左右します。
 ラップライトだと 左を向く可能性が高い のですが、
 それは ダイレクトにフックが出易い、スライスが出難い とは
 異なりますし、つかまりはライ角度よりも
 ロフト角度の使い方 に強く影響されます、が
 フラットにすると フェースは
 より右を向き易くなる(ロフトも大きくなり易い) ので

 今回のご依頼に関しては あまり良い修善ではないか、と…。」

質問「ですよねー。」


店長「何球か打って頂いて ソールのマット跡やボール痕も

 確認しましたが、ソールの傷はヒール側。。。
 フェース上のボール跡はトゥ側。。。
 典型的な ライ角度が問題では無いケースです。

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)


 今の状態をフラット化すると
 ボールの当たり位置は より トゥ側、
 スコアラインの無いトコロにまで かかる恐れがありますし、
 フラットにすると 構えを変えるとか、
 主にですが、ボールとの距離を離す、
 もしくは ハンドダウンがきつくなる、ですので
 中長期的な影響も考えられます。

 まあ 要は シャフトが硬くて 使えていない、
 ヘッドが遅れないから ロフトが立たないので
 つかまりが悪い
 なのですが、
 多分 フィッティングした側のプロフェッショナルであるべき人も
 このお客様も フェースが閉じるコト、
 軌道に対してフェースが開いていないコト が つかまり、
 つかまり イコール 脱スライス と思っているフシが強い
んでは、
 と思いました。

IMG_0516IMG_0515







 ライ角度 について ですが、
 構えに準ずるのはとても大切です。
 同時に 硬いシャフトを使うのであれば
 トゥダウンは ほぼ 発生しませんから
 ライ角度は フラットでも大丈夫
 逆に ちゃんと動くシャフトの硬さ を使うのであれば
 静的なライ角度 と 動的なライ角度 には
 ギャップが生まれますので アップライト気味にするべき です。 
 クラブは 静的な状態と動的な状態 の二面性 を
 持つモノなのですが、硬いシャフトではその二面性が出てこない。
 それほど 大切なのに 無視されています。

 一応。。。ですが、こちらの お客様には
 つかまり は ロフトが立つ作用によって生まれ
 フェースの右向き左向き、軌道に対する閉じ開き とは直接関係に無い、
 今回の場合は このアップライトなライ角度は問題と言えば問題ですが、
 つかまり自体が良くない、飛ばない のは シャフトが硬く、
 ヘッドが遅れない👉ロフトが立たない が主原因
 で
 つかまりが悪いからと言って ご依頼とは反対の アップライト化しても
 ご依頼通りのフラット化しても 解決しないですよ、と説明しましたが、
 有名メーカーの直営店で こういうフィッティングになってしまったコト
 そちらにショックを受けているみたいで 興味が無いご様子でした。」
IMG_0481

質問「どうなさる おつもり なんでしょうね⁈」

店長「ボールをつかまえるメカニズムもご説明しましたが、
 全く興味が無いようで フィッティングされて まだ数年なので
 シャフトを柔らかくする、変える、クラブを替える、
 と言う意識は全くないご様子でしたよ。

 このクラブの、このシャフトの硬さ、そして アップライト過ぎるライ で
 なんとか 工夫するんじゃないですかね❓」

質問「それって スイング… クラブの扱いが悪い方、に行く、
 進むってコトなんじゃないです❓

店長「おそらく…ですけれど その通りと思います。
 大抵のアマチュアゴルファーが歩む道 です。

 動かない硬いシャフト しならないが故に
 しならせて使うので 手で振るコトになり、
 元々、届き難い硬さなので 手で振りますから
 弧が大きく取るコトが出来ず より届き難い、
 それが原因で 近くに立ち、故にの アップライト かも
 知れないのですが、その立ち方、ボールとの距離、
 ボールの置き位置  そして そのクラブの動かし方 で
 果たして 振動数100cpm柔らかく、全然硬さの違う、
 長さも長く、ヘッドの大きい
(重心距離の長い)ドライバーを上手く打てるのか…

 お使いのアイアンを上手く打てるよう工夫するほど
 ドライバーが苦手 が進むんじゃないか と予想します。」

質問「。。。。。。。。。。。。」

店長「ほぼ アマチュアの全員が そう言う組み合わせで
 そういう本当はやる必要のない スイング改造、
 工夫で 迷路に『自ら』落ちていきますよ。

 少々、オーバーですが、 助けてあげられるチャンス
 だったと思うのですが、クラブやスイングのメカニズムよりも
 ブランドの方が意識としては強かったのでは と感じました。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Hさん「ボールの打痕・・・・・
 当たる場所は気にしても
 『当たり方』 を気にしたことはなかったですね。」

店長「ですよねー。
 ショットマーカーを使っている人を見ますが、
 本当な どのような当たりをしているか見るべき なのに
 皆さん、当たる場所ばかりを気にしていますね。

 ウエッジを使ったショットでは
 上に滑っている打痕を「スピンの効く球」と
 誤解されている方もいらっしゃいます。
IMG_0486

 当たる場所 にしても
 トゥーヒール方向ばかりでなく
 その当たる『高さ』の確認して良いと思います。
 ロフトに応じて ボールの当たる高さは変ります。
 ロフトが立っているクラブであれば
 ある程度 高いトコロに当たりますが
 ロフトが寝てくると 当たりは低くなって行きます。
 ウエッジであれば ある程度 ダフリ、
 地面との接触は仕方がありませんが、
 この アドレスの状態を見れば
 そうそう 高いトコロには打痕は残らない…筈 です。
IMG_0491IMG_0492





 今回の話しとは異なるテーマですが、
 そのシャフトの硬さ(硬いシャフト) と
 その硬さに対するヘッドの重さ
 では ソコに当たっちゃうのは仕方がない、
 ある種 物理的な法則なのに
 それを人間の技巧で変えようとしてる・・・
 余計、こんがらがっちゃいますよ。」
Hさん「そうなんですね。」
店長「はい。

 先ほどの話しに戻りますけど、
 5番/8番のロフトの 同じ長さの同じ硬さの2本のクラブ、
 番号はないので 5番のロフトになっているモノ
 の方が 『つかまり』は良い です。」

Hさん「わかります。」
IMG_0481

店長「そこには スライスも、フックも関係ない訳ですよ。
 5番でも両方出ますし、8番でも両方出ます。

 確かに ゴルフクラブの打撃部のヘッドの構造から
 5番の方を 6番アイアン相当のロフトに開いて打つと
 スライスはし易くなりますが、
 それでも フックは出せます。
 逆に 8番アイアンの方を 7番相当のロフトに閉じて使うと
 フックはし易くなりますが、
 それも同じく スライスにするコトも可能です。

 ロフトを開く と 軌道/ヘッドパスに対して開く は
 いとこ 位の関係で親和性は高い ですが、
 イコール ではありません。

 ソコを理解していないと、誤解してしまっていると
 ゴルフはこんがらがっちゃうのです。」

Hさん「そこなんですね。」

店長「〇つかまる と つかまらない
〇フック(左回転) と フック(右回転)
〇左に出る球 と 右に出る球
〇低い球 と 高い球

 それは絡み合っていますが、基本、独立した別の要素です。
 ソコが理解できていないと 糸口が掴めません。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバーも含めた ショット全般の
 ぼーるのつかまり の話し です
IMG_0526IMG_0524




Hさん「助けて下さい。
 スライスが増えてしまって 飛ばないんです。」

店長「ooooo  お約束のお悩みですね。」
Hさん「ですねー。」
店長「つかまらない って言う イメージは
 どんな感じです❓」
Hさん「やっぱり 開いているってイメージですかね。」
店長「そうですか…。
 ボールのつかまり に対して
 ちょっと 乱暴ですけれど
 分かり易い イメージは ですね。

 5番アイアンのロフト、8番アイアンのロフト、
 ヘッドの重量は同じ、長さや硬さも同じ、
 2本のクラブが有るとします。
 表記番号は無しの 5番アイアン相当のロフトの方が
 8番 アイアン相当のロフトが

 これ 単純に
 ロフトの立っている  ,諒がつかまります。
 当たり前 ですよね。

 アイアンで言うと つかまえるコトだけに特化させるなら
 ロフトを0度とか、マイナスにすれば良いのですが、
 これでは 浮力も得られませんし、ボールも止まりません。
 そこで ロフト と言う角度を用いて
 ボールの推進力を 上への角度 や ボールの回転に
 化けさせ、推進力を逃がして 使いやすいモノに、
 距離が分かれるように、してあります。

 ロフトって 意図的にこする機能 とも言えます。

Hさん「ロフトなんですね。」
店長「ま、少し 乱暴ですが、その通りです。」
Hさん「ロフトを立てて使えば良いのですか?」
店長「なんでもかんでも って意味では無いですので
 どのクラブも たくさんロフトを立てれば良い訳では
 ありません。

 ロフトには役割がありますから、
 5番アイアンには5番のロフトなりのつかまり、
 8番アイアンには8番のロフトなりのつかまり、

 自分でも調べることが出来ますが、
 アイアンを ティーアップで良いですから
 上からひと通り打ってみる。
IMG_0489IMG_0487




 練習場のボールによって、ですが
 ショットマーカーを使うと見やすいかも知れませんが、
 無くても大丈夫な場合もあるでしょう。

 ひと通り打ってみて それぞれの打痕、
 フェース上のボールの打った跡、ですね。
 ロフトが立っているモノは ボールと同じ形状の
 丸い跡、場合によってはディンプルが判るかも ですが、
 ロフトが寝てくると ボールが 上方向に逃げた
 引っ掻き傷っぽい打痕に変わってきます。

✋その境目が何番、幾つのロフトに来るか です。

 流石に ロフトが45度を超えると
 ボールは上に逃げる比率が大きくなるので
 丸い打痕が 上への逃げる引っ掻き傷 になり易いです。
 番手で言うと 9番アイアン、ピッチングあたり から
 そうなるのであれば OK ですが、
 7番アイアン、6番アイアン 辺りに
 引っ掻き傷が多いのは あまり芳しくないですね。
IMG_3235

 逆に ロフト50度を超えるような PS、SWあたりで
 丸い ディンプルが残るような打痕は やり過ぎ で
 コレもまた 飛距離が伸びない原因になり得ます。」
【つかまえの作法】_Moment

店長「ま、これは余談 なんですが
 クラブの中で コト「つかまえるコト」に関しては
 一番ロフトの少ないドライバーが優れています。
 打痕 に関しても ボールのつぶれ跡、つぶれ具合は
 打撃スピードもありますが、一番激しくなり
 ボールの跡も大きくなります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


IMG_0727
やや死語となりつつありますが、ゴルフショットには
ボールをつぶす とか
ボールを上から打つ という言葉があります。

アドレスに対し、
『どの位、ロフトを立てれば良いのか❓』
 と考えてしまいますが、
『技術として ハンドファーストが必要なのか❓』
その答えは 難しくありません。

ナンでもカンでも ロフトを立てれば良いのか、というと
そう言う訳ではありません。

そのクラブの ロフト、番手なりに立てれば良いだけ です。

例えば 30度のロフトクラブが 3種あるとします。
この位のロフト、だと フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン
 を3種類ある可能性がありますが、
 それぞれが 長さが異なり、
 それによって 入ってくる入射角度が異なってきますので
 『そのクラブなり』にロフトを立てる の答えは異なってきます。

df713d9f-s◉アイアンが一番短い…でしょうから
入ってくる角度はキツクなり その分、
地面に対する クラブ姿勢(ロフト)を立つ形になります。


例えば アイアンは10度の入射角度(仮の数字です)
ユーティリティは 5度の入射角度
フェアウェイウッドが 0度の入射角度 だとすると
それぞれの クラブ姿勢(ロフト)の立ち具合は
アイアン 20度、 ユーティリティ 25度、
フェアウェイウッド 30度 と言う具合です。
IMG_0659
ボールは球体なので
フェースを使って 地面に向かって
強烈に大袈裟ですが 
☝このようにしてあげる☝ のが
イメージとしての 「つかまえ」ですが
✋ゴルフクラブはよく出来ており、
ヘッドに適切以上な重さがあり 〜軽くない
シャフトに適切以上な柔らかさ 〜硬くない

 があれば、ヘッドの遅れによって
 そのクラブの入射角度なりの、ロフト姿勢、つかまり は
 ある程度『自動的』に造られます。拒否さえしなければ、です。
逆に言えば ヘッドが軽く、シャフトが硬いと
その オートマチックな機能は存在しない と言ってよいでしょう。
IMG_0662

このようにするのは 大袈裟過ぎますが、
これを見ての通り、ヘッドではなく、グリップを下げるコトが
その原理原則になります。

ややこしい ですが、
◉グリップが下がることによって
 ヘッドが下がるのと
◉ヘッドを下げる は異なります。

002e00bf7e6





自分の 作法 によって
ヘッドを下げてしまうと
ゴルフクラブの 自動的なつかまり機能 を
拒絶するコトになってしまいます。

また、そうしないと打てないクラブは
 自分にとって ハード、オーバースペックである
と考えて良いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



長崎通信:SWです。

アドレスは ほぼ 左脚体重にして、

あまり体重移動せず バックスイングしていますので、左脚体重のまま です。

切り返しは 左脚体重なので 左脚軸で 左回転しています。

切り返し後 腕は全く動かさないつもりです。

プロショットを味わう事が出来る様に感じます。

コースでの アプローチに使えます。

(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
✋腕は全く動かさないつもり とありますが、
 クラブや腕の重さ に対し
 本当に動かさない〜その場に残しておくと
 最終的には 手で振らなければならなくなります。

「からだの回転に左腕が付いていく(遅れない)」
その感覚が習慣化しているので そのフィーリングは本当なのですが、
Rさんのように からだの回転に対し、本当に残してしまっている場合
『左腕を先行して動かす
(落とす)』位の意識が必要だと思います。

最終的には 左腕の単独の動き は
イコール からだの回転になっていきます ので
カラダの向きが変わることによって 行くであろう場所に
先行して 左腕を動かしてみましょう。

【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment✋トップの位置、クラブの姿勢にもよりますが、
左腕を動かすのは 慣れていないと簡単ではない、ので
クラブの重さで 下に落ちる、下に落とす
 を活用しましょう。




ヘッドの自然な遅れ を ロフトの立ち
 フェースの下向き、ロフトを円の外に向ける は
グリップとヘッドの縦関係が必要 です。

グリップの真上にヘッドがある と言う意味ではありませんが、
相対関係で ヘッドがに上にあり、
それよりも低い位置にグリップがあるので
クラブの重さによって グリップが押される…
 からだの回転に対し 横遅れが消せる のです。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)
どの位 とは言い辛い ですが、
いろいろな ヘッドとグリップの相関関係を作ってみると
その境目は感じてくると思います。

ですので 素振りで 先にクラブの重さでグリップを落とす…
自分にぶつからないタイミングで左を向く
と言う素振りはかなり有効だと思います。

今更 ではありますが、
ボールがつかまる 〜プロショット
ボールをつぶす、上から打つ は
ヘッドの軌道に対するロフト の問題で
よく言われる フェースが開く、閉じる 右向き、左向き
 の横の問題 とは一線を画します。
フックボール、ドローボールとつかまった球はイコールではなく
つかまらない ドローボールもあれば
つかまる スライスボールも存在します。
つながりが全く無いとは言えませんが 基本、違うモノ です。
✋ソコが曖昧になっていると
Rさんのように 開いたフェースを閉じるため 開く
  →閉じるために クラブを寝かして フェースを開く

という マッチポンプに陥りガチ ですので 注意が必要です。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ