◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:こすり


店長「こすり打ち をされている方 は
 総じて テークアウェイで ヘッドを上げる量が大きく、
 その速度も速い傾向があります。 
 打撃の主力が 上げ下げの量と速度によるから です。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(2)







 ダウンスイング中ごろ から インパクトまで
 グリップエンドを支点に クラブを振る ので
 グリップ(左手)の下がりは慣れているの ですが
 グリップ(左手)の移動量は取れません、ではなく
 意図的に取りません。 取ってしまうと クラブを
 振れないから です。

 こすり打ちは お薦めの方法ではありませんが、
 アプローチショットでは 上げる球の傾向強く、
 『出すだけ』のバンカーショットには都合が良く、
 バンカーは出るけれど、距離が出せないになりガチです。

 また、こすり打ちは その名称とは異なり、
 こすって打っていますが、球にスピンが少ない特質を持っていて、
 弾道が高めになっても 止まり難い
 フォロー(風)でも距離が伸びることはない 傾向があります。

 スイング全般として、
 本来、必要のない インパクト直前の弧を描いてしまう為、
 遠回り、円が膨らみ、そのお陰で
 ヘッドに奥行きの有るタイプ 〜フェアウェイウッドなどは
 苦手? 嫌いになり易い傾向が強いです。」

受講生「ソコからの脱却はどうしたら良いんでしょう?」

店長「良い例?があるので お見せしましょう。
 弊社の名物ゴルファーの Mr.K
 長いコト こすり打ちでゴルフをされ、
 こすり打ちの達人として名を馳せていました😢
 現在、こすり打ちからの脱却 にトライしています。

 今、テーマにしているコト ですが、
.瀬Ε鵐好ぅ鵐阿砲いて
 グリップを下げるコトは習慣付いているので
 下げるコトよりも、
 からだを廻すことで 左手の移動を稼ぐ、
 からだの回すことは 左手の移動を稼ぐコト

 と言う意識を強く持って頂いています。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(3)

 それによって 従来よりも「早い」インパクト、
 速度の速い ではなく、タイミングの「早い」インパクト を
 実現できるようになっていますが、
 未だ ロフトを下向きに締める感じには至っていません。

∪擇衒屬掘^聞漾〆枯咾浪爾欧襦,里任呂覆
 上げる、位の意識で 左腕、左上腕の上への逃げ
 を意識して頂いています。

 ぐるぐるもんど のトコロはあるのですが、
 ボールをつかまえる = ヘッドターン と
 考えていたので、左腕の止まり、右手の追いつき が
 ショットの要 でしたので、
 その左腕の止まりが 左腕の上がりの障害です。
 ですが 今のトコロ、フェースを下向きに出来る訳では無い、
 今まで通りの クラブさばきで入ってくるので
 ボールはつかまっておらず、
 故に またヘッドターン、クラブターンのスイングに
 戻る可能性を秘めています。

 ボールをつかまえる は
 フェースの横ターンでは無く
 フェースの下向きによって造られる
 を 体験できるようになると
 更なる前に進めるようになりますが、
 そこが 今の段階の鍵 と言えるでしょう。

✋ご本人曰く、振った感じ、打った感じが無く、
 今までとのタイミングがまるで違う、
とのコトで
 ご本人は認識されていないと思うのですが、
 ダウンスイングで 右手の伸びでクラブを回転させる
 →下に振る  👉右手に掛かるクラブの重さの感じ
 ターンさせるために止める左サイド、左腕の
 ターン(重さ)を受け止める 締まり感
 そこら辺の喪失感 と 打撃が上手く行かないもどかしさ で
 元に戻る可能性は非常に高い ですが
 現段階での 変質度/進捗度 は かなり良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「今回の夏期講座 の テーマ は
 つかまえ  ボールのつかまり です。」

受講生「はい。よろしくお願いします!」

店長「まず これは はっきりしておきたい✊✊✊
 のですけれど
 ボールのつかまり は
 アウトサイドイン とか フェースの向き など
 横の動き  フェースの左右の向き
 とは 基本、関係がありません
スナップショット 2 (2015-04-14 13-48)

 ボールのつかまり の対語 になるのが
 ボールのこすり なのですが、
 つかまり にも、 こすり にも
 スライスもフックもあります。」

受講生ええええええええええ

店長「一般的には つかまり →フック
 こすり →スライス  と思われていますが、
 そもそも それが間違いの元 の可能性が高いです。
 つかまった スライス もあれば、
 こすられた フック もあります。
 こすりフックは一番性質が悪いですね💦」

受講生「では、ボールをつかまえるとは どのようなコト、
 どのような状態 なんでしょうか❓」


店長「そのクラブ、そのクラブのロフト がポイント です。
 それぞれのクラブのロフト に 対するモノがつかまりなので
 意味はないのですが、あえて 比較論で言ってしまえば
 元々 ロフトの立ったドライバーが
 つかまえに関しては一番容易・簡単 で
 逆に ロフトの寝たウエッジはつかまえるのは困難です。」

受講生「えええええええええええ
 ドライバーが一番つかまらないのですがー−−。」


店長「スライス しているから…そう思うだけ でしょ。
 まあ ゴルフクラブの打撃部分、ヘッドの構造上、
 フェースが開く、右打ちであれば右を向く、
 右回転(スライス)であれば 軌道の進行よりも開きが大きい
      と
 ロフトが大きくなってしまうのは 親和性が高いので
 つながり易いのですが、基本は別なモノ です。
ドライバーの入射角度114


 ただ 似た発想 ではあるのですよ。

 左右の回転は ヘッドのその左右の進行(軌道)に対しての
 フェースの左右の開き具合 で
 つかまり とは ヘッドの上下の進行(軌道)に対する
 ロフトの上下の開き具合 と言えば良いでしょうか…。
ボールを拾う 正誤表

 インサイドアウト や アウトサイドイン、
 フェースが(左右)に開いている、閉じている、
 に関しては 誰もが敏感、神経を使っているのですが、
 ヘッドの縦、上下の軌道に対して
 ほとんどの人が 無視 してしまっているのが
 ゴルフショットやゴルフスイングの迷路に入る原因
 と言って良いと思います。


 ボールをつかまえる要領 が
 クラブの動かし方、つまり スイング と言ってもよく
 ボールをつかまえる要領を理解すれば
 それが スライス回転だろうが、フック回転だろうが
 どっちでも良くなりますし、
 正直、アウトサイドインとか、インサイドアウトとかも
 どうでもよく思えるようになります。」

受講生「!!!! そうなんですか⁈」

店長「ですねー。
 正規な形で ボールがつかまえられる のであれば
 それを からだの回転でやろうが、手でやろうが、
 どっちでも良いですし、
 覚える感覚で カラダ主体なのか、手が主体なのか、
 どちらでも良いと思いますよ。

 ただし 正規な形で ボールをつかまえていくと
 自然に からだの回転主体にならざるを得ませんし、
 軌道も インサイドアウトっぽく なっちゃいますけどね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Hさん「ボールの打痕・・・・・
 当たる場所は気にしても
 『当たり方』 を気にしたことはなかったですね。」

店長「ですよねー。
 ショットマーカーを使っている人を見ますが、
 本当な どのような当たりをしているか見るべき なのに
 皆さん、当たる場所ばかりを気にしていますね。

 ウエッジを使ったショットでは
 上に滑っている打痕を「スピンの効く球」と
 誤解されている方もいらっしゃいます。
IMG_0486

 当たる場所 にしても
 トゥーヒール方向ばかりでなく
 その当たる『高さ』の確認して良いと思います。
 ロフトに応じて ボールの当たる高さは変ります。
 ロフトが立っているクラブであれば
 ある程度 高いトコロに当たりますが
 ロフトが寝てくると 当たりは低くなって行きます。
 ウエッジであれば ある程度 ダフリ、
 地面との接触は仕方がありませんが、
 この アドレスの状態を見れば
 そうそう 高いトコロには打痕は残らない…筈 です。
IMG_0491IMG_0492





 今回の話しとは異なるテーマですが、
 そのシャフトの硬さ(硬いシャフト) と
 その硬さに対するヘッドの重さ
 では ソコに当たっちゃうのは仕方がない、
 ある種 物理的な法則なのに
 それを人間の技巧で変えようとしてる・・・
 余計、こんがらがっちゃいますよ。」
Hさん「そうなんですね。」
店長「はい。

 先ほどの話しに戻りますけど、
 5番/8番のロフトの 同じ長さの同じ硬さの2本のクラブ、
 番号はないので 5番のロフトになっているモノ
 の方が 『つかまり』は良い です。」

Hさん「わかります。」
IMG_0481

店長「そこには スライスも、フックも関係ない訳ですよ。
 5番でも両方出ますし、8番でも両方出ます。

 確かに ゴルフクラブの打撃部のヘッドの構造から
 5番の方を 6番アイアン相当のロフトに開いて打つと
 スライスはし易くなりますが、
 それでも フックは出せます。
 逆に 8番アイアンの方を 7番相当のロフトに閉じて使うと
 フックはし易くなりますが、
 それも同じく スライスにするコトも可能です。

 ロフトを開く と 軌道/ヘッドパスに対して開く は
 いとこ 位の関係で親和性は高い ですが、
 イコール ではありません。

 ソコを理解していないと、誤解してしまっていると
 ゴルフはこんがらがっちゃうのです。」

Hさん「そこなんですね。」

店長「〇つかまる と つかまらない
〇フック(左回転) と フック(右回転)
〇左に出る球 と 右に出る球
〇低い球 と 高い球

 それは絡み合っていますが、基本、独立した別の要素です。
 ソコが理解できていないと 糸口が掴めません。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ