◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:からだの回転

店長「ゴルフスイングの仕組みはよく出来ていて
 テークアウェイで からだを捻じらず
 腕主体で無く からだの向きを変えると
 それだけで 結構な高さにヘッドを持ってこれます。
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment(2)

 傍からの見た目 であれば、
 ただ 右を向いただけ なのに
 ヘッドとグリップの上下関係は『反転』したように見えます。」

質問「ホントですね。」

店長「確かに見た目 のヘッドは
 地面をゼロ とすると 2m近くの高さに達しますが、
 その殆どは 向きで消化出来ます。
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment(3)
 クラブヘッドが自分の方に 鎌首をもたげた形…
 L字型になっている訳ですから
 その土台が相当する 腕が高くなれば
 からだの向きの変更以上に 上がろう としますので
 それは 自然に任せればよいと思います。

 だから 上げる と言う点において
 それを 積極的にはする必要がない。

 ダウンスイングで下に振って良いことはナニもない✊ ので
 それをする為に 積極的に上げる は
 時間と労力の無駄、必ず『二度手間』が必要になります。」

質問「なるほど。」

店長「自分で素振りをしてみると分かると思うのですが、
 ダウンスイング…ボールを打つ方ですね、
 クラブを下に振るコトを打撃のメインパワーにしてしまうと
 先に ボールの位置を確保して から で無いと
 下に振って ボールに当てられません。
 動作の手順で言うと からだを先に廻して、
 ボール位置付近 で からだの動きを止め
 下に振る という 打撃の前段階で かなり複雑な手順
 が必要になります。」

質問「ダウンスイングから すぐ 下に振ると
 ボールのトコロに行き着けないですね。」

店長「ええ。
 その手順の後、ボールを打つんですが、
 ヘッドを振るので 同じヘッド姿勢や自分の姿勢、
 似たようなヘッドの進入、上下左右を含めて、ですけれど 
 ヘッドの進入にするのはやさしくない。
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment(5)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







 また 下に振ろうとすると
 どうしても グリップの移動を積極的にし難くなり、、、
 しちゃうと 下に振れなくなりますから…
 からだの向きと腕を切り離す必要が生まれちゃいます。」

質問「確かに。」

店長「そう考えると 打撃のメインパワーを
 上下にクラブを振るコト にしてしまうのは
 あまりに難易度が高いと思うんですね。

 まして グリップとヘッドの上下反転 なんて
 前傾姿勢と体の向き変更 というスイングの仕組みで
 達成できてしまうのですから。

 言葉上、テークアウェイを上げる、
 ダウンスイングを降ろす、下げる と言っていますが
 単に からだの向きを変えているだけ であって
 クラブの、特にヘッドの上げ下げ は
 積極的にはしてない のです。
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment






 テークアウェイの 上げる は
 私の感覚では クラブの短くして、
 クラブの重さを左グリップに掛ける ようにして
 からだの向きと言う動作の追従性を上げている、
 グリップが からだの向きに付いて行けるように しているだけで
 ダウンスイングで ヘッドを下げよう、
 ボールに届かせよう、と言う感覚は皆無で
 逆に 出来るだけ ヘッドを高い位置のまま インパクトを通過させよう、
 スイングの円弧の 下半分のゾーンに
 ヘッドは侵入させないような そう言う感覚はあります。」

質問「ボールを上から打て、
 ボールをつぶせ とは 反対の感覚になります❓」


店長「ボールを上から打て は
 フェースとボールとの関係 ですので
 大きな意味の打撃感覚とは あんまりつながりが無い、
 別な課題と言った感じなんですが、
 クラブを振らず フェースが下を向いていれば
 それは 結果として 達成できますから。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの向きが伴うのであれば
 積極的に 手を動かす 『手で叩く』のはアリ
 でいいんじゃないですか❓」
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

Rさん「まあ その方が馴染みが良いですし、
 満足感ありますからね…。」 


店長「手を使う 👉クラブをリリースする訳ですが、
 そのタイミングによって
 『何を』リリースするか 変わって来ます。
 何を、と言えば良いのか
 どのように クラブ・ヘッド・重さをリリースするか、
 と言えば良いのか…。」

Rさん「どういう意味です??」

店長「からだの回転であっても
 手を積極的に、主に使うであっても
 飛ばす と 安定 を 両立させるのであれば
 ロフト方向というか、
 スイングの進行方向、軌道に対して サポート、
 腕・手であれば 押して、支えてあげたい のですが、

 先に からだを廻してしまって
 あとから 手で振る になると
 クラブには 横の重さ、
 回転に対する重さが残ってしまうので
 キャスト、ライ方向に振らなければならなくなってしまいます。

 からだの回転で作るであろう 円弧 に対し、
 クラブの長さの円 を 別に作るような動き ですね。」

Rさん「クラブの 縦と横 みたいな感じですか❓」

店長「そですね。
 比較動画を見て下さい。
◎普通に打って頂いているのと
◎体重移動を積極的に行わず 右体重のまま
 手で打って頂くイメージ の二つ では
 前者 が先行して からだを廻すが故に
 クラブが寝てしまうような形、重さになり、
 のちのち キャスト、ライ方向に振らざるを得なくなります。

 そして それが故に、
 左グリップが支点になる クラブが反転する間、
 左サイドは回転、移動が出来なくなり
 詰まってしまい、上に逃げてますよね。」
(Rさん 夏の暑い日 202207_Moment(2)

Rさん「確かに…。」

店長「ですので  どうせ 手で打たないと満足出来ない
 のですから、積極的に 右に体重を乗せたまま、
 先に リリースしちゃう感覚を得て欲しいのです。」

Rさん「体重移動はしないのですか❓」

店長「体重移動は からだの向きが変わる 副作用
 に近いですから 右を向けば 右が軸足、
 左を向けば 左が軸足 になるので
 自然にしていれば 付いて来ます。

 からだの回転✋ を意識し過ぎるあまり、
 先に「踏み込んで」 は
 先に「からだを廻して」 ですので
 より 悪い形の手使い キャスティング になってしまいます。
(Rさん 夏の暑い日 202207_Moment

 キャスト の リリース…
 クラブをライ方向にリリースしては
 どんどん ロフトが増えていくコト になり
 クラブが 縦に縦に 動こうとするが故
 左サイドが止まる、伸びる、上に逃げる ですから
 良いことはありません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転で『振る』のは
 手を使わない訳ではないです。
 ややこしいですけど、主に 手で円を描かない、
 からだの回転を主で円を作るコトで
 手を使わないコトを指す訳ではありません
井上2020725_Moment

 からだの回転と同期するのなら
 形式上、からだの回転の補助になる…
 円を描くのが からだの向きが主であれば
 どんどん 手は使って良いんです。」

Rさん「からだの回転✋✋ って言われると
 手を使うのが 悪い みたいに思ってしまいますよね。」


店長「ですね。
 でも 一旦、腕さばきで クラブが短く、
 円弧で言うと 小さな円になっている訳で
 元に戻さないと 正常な円の大きさに戻せない。
 間違えてはイケナイのは 円を大きくすればするほど
 良い訳では無く、多少の許容幅はありますが、
 それを 上回る 円弧の大きさを造ってしまう と
 からだの回転では 円弧を造り切れなくなっちゃうので
 適時、適切な、 円弧の大きさ と言う意味です。」
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)







Rさん「ソコ 難しい…ですか❓」

店長「いえいえ
 難しくなってしまうのは スイングのタメ みたいなモノを
 からだの向きに対する 腕の遅れ にしてしまうからで
 クラブ、先端の重さのヘッドは遅れていいんです。
 腕まで遅れさせちゃうと
 からだは回していても 最後、打つ時、
 手で振らなければイケなくなってしまう、だけです。

 どうしても… ってところはありますが、
 手で振らないと 満足出来ない方✊
 充実感を優先させたい方✋
 ソコソコ 腕力に自信の有る方✋

 は 積極的に 手、まあ この場合は腕 というか、
 切り替えし で 腕のリリースから『始めて良いんですよ。
 
 だって 積極的に 手で打ちたいでしょ❓」

Rさん「!!!!!!!!」

店長「言葉で伝え難くはありますが、
 バランスボール(重たいモノ)を持って
 トップの位置のように 腕をたたんで
 そこから からだを廻すと、
 バランスボールの重さが増し、
 腕をたたんでいられなくなり、
 結果としては 腕、右打ちであれば右腕は伸ばされます。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment

 腕で打ちたい人、腕を強く使いたい人 は
 それを 積極的に、 先に やるのも アリ です。
 右打ちであれば 右腕の伸ばし、
 リリースですね、
 それに からだの回転が追い付かれなければ良いのです。

 スイングで言う 左腕 というのは からだの回転
 のコトを指します。

 一般論では からだの向き、回転に対しての 腕は補助、ですが、
 その反対であっても 同期していれば、
 からだの向きで 左腕が、右腕に追いつかれずに
 逃げ切ってしまえば 良いだけ のコトです。
 どちらも 追いかけっこ であるコトに変わりはないです。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 からだの回転を 主 と思っても
 腕が からだの向きについて行かず 遅れれば
 👉 結局、手で振らざるを得ない、
 プロの試合でも そんなミスは山ほどあります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Rさん「手で振らない感じを教えて貰いたいのですが…。」
会田20210701_Moment

店長「そうですねー。
 手で振っても大丈夫なのは
 やっぱり 若い時だけですからね、
 私たちの年齢だと 腕立て伏せとか、懸垂とか
 出来ても 回数とか、長時間とか もちません。
 
 歩くこと に関連する脚力は
 腕力に比べると 耐久性もありますので
 出来るだけ そちらにシフトしたいですよね。」

Rさん「はい。
 中途半端な からだの回転 って
 ヘッドを返していない分、つかまりが悪く、
 スライスになって 飛ばないので 悩みます。
 手でヘッドを返せば 飛ぶのですが、
 持続性は乏しいですし…。」


店長「あと 最近のゴルフクラブ、
 そして ボールは 低スピン嗜好が強いですので
 ロフトも減ってしまう ヘッドターン は
 飛距離につながり難いですし、
 昔のスライスと同じように 大きなミスになります。」
Rさん バルブは開ける方向にお願いします_Moment

Rさん「ほんと…ソレ…。」

店長「悶絶クラブ使用者は 耳タコ かも知れませんが、
 まずは 基礎概念として
 『ヘッドはグリップを追い越さない』という
 意識はとても大切だと思います。」

Rさん「最近、分かり始めてきました。」

店長「スイング動作って
 当然、終わらなければなりません。
 回転するにしても 永遠にくるくる回る訳にはいかない、
 ですので スイングの終了に伴って
 動作の減速、停止、するんですが、
 その際に、速度の上がっていた クラブ、そしてヘッドには
 まだ 運動の慣性が付いていますから、
 結果、グリップ を追い越すコト になるんですが、
 そこは 『打った後』の話し で
 それは 『打つコト』そのもの ではないんですね。」

Rさん「はい…。」

店長「ですので 打った後、打った間際 で
 ヘッドが先にいく  のは構いません。
 無理に止めると 手首や肘を傷める可能性があるので
 そこは 自然に流してしまうべきでしょう。

 蛇足ですけど、硬いシャフトだったり
 軽いヘッドだったり すると
 フォローが出ない、フィニッシュに行き着かない、
 って言うのがありますけれど、
 悶絶クラブですと それは無い、
 良くても 悪くても 無理やり フィニッシュに行かされます。
 それを止めたら 痛めちゃいます。

 笑い話ですが、実際、過去に
 それをデモンストレーションしようとして
 痛めた方がいらっしゃいます。


 ですので 『ヘッドを走らせよう』
 なんて言葉に踊らされないようにしないとイケマセン。」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「平らなトコロから打つばかりでないのが
 現場でのゴルフですから
 しっかり 体重を乗せて打っていける、というのは
 それなりの工夫が必要だと思います。」

Kさん「そうですねぇ…。」


店長「私たちの年齢…オーバー50 では
 肩を入れて…胴体を捩じって を行おうとすると
 左腕、左肩 ばかりを入れようとしてしまいます。

 腰や首などへの負担もありますし、

 左腕 で右へクラブを押すと
 両腕も含め クラブが右に倒れます。
 スイング用語的には クラブが寝る と言うんですが、
 そうなると 必要以上に重さが
 からだの背後に行ってしまうため、
 アドレス基準で 前後(ボールの方〜背後)の
 重量配分を前めにせざるを得なくなります。

 コチラの写真をご覧ください。」
((フットワーク((フットワーク (2)((フットワーク_Moment(2)((フットワーク3










店長「4人とも だいたい ですけれど
 トップの位置での クラブの位置は同じ感じ なんですが
 左右の 股関節の位置関係が かなり違う。

 前半の二人は
 アドレス時の飛球線方向 に
 左右の股関節が残った感じ になっていますが、
 後半の二人は

 『右向き』基準の股関節になっている。

 箇所 として 似たような位置から
 クラブを振ってくるのなら
 小さな箇所、弱い箇所、
 この場合は 左腕、左肩を指しますが、
 それをたくさん動かす前者 と
 大きな箇所、強い箇所、
 この場合は 股関節廻りですね、
 それを少なく動かす後者 では
 再現性がかなり違いますし、
 故障をする可能性もかなり違うと思います。
((フットワーク4

 テークアウェイは 前輪駆動、右サイドで
 と言いましたが、右ひじの使い方は
 この 『右を向いた時、
 左右の股関節 も 右を向く、
 それを誘導する為、前傾姿勢に沿って
 (前傾姿勢に対し直角…斜めになりますね)
 右ひじを引いていく』

 この股関節の関係を作るための手伝い と
 考えて良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングにおいてのからだの回転は
どの道、クラブを持ってる 腕を振る、腕を動かすコトに
なるのは確かです。
そうしないと ボールが強く打てません。

Rさんのスイングを見ていると
余りに忠実に からだの回転で腕を振る、動かしているが故に、
腕やクラブに対し遠心力がかかり
腕がからだから離れる、浮いてしまっている ように思えます。 

【Rさん 20210604】_Moment前傾姿勢がありますので
普通にからだの向きを入れ替えると
この矢印の方向に 外力はかかります。
最終的には 腕の付け根と遠心力は
揃おう、同じ高さになろうとするので
回転で腕を振れば振るほど
グリップは上がろうとする
👉その結果、からだは起きることになります。

【Rさん 20210604】_Moment遠心力がかかって
クラブを持った腕が
その付け根から離れようとする
と言う方向を 遠心力方向 ではなく
この方向【腕の付け根→重力方向】

にしてあげた方が 打撃には便利です。
体が起こさせる 遠心力がかからず
逆に 前傾が維持されるような力に変わります。

ですので あくまでも イメージ
クラブ無しの素振りやクラブ有りの素振りで
ちょっと トライして頂きたいのは こんな感じです。
2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(2)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(3)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(4)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(5)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(6)





➀右を向いたまま、
 腕をその重さで落とす
 腕を下へ振るのでは その自重で落とす 感じ。
➁落ちたモノには慣性が付きますから
 いずれ 上がってきますが、
 それを 左向きでキャッチ、合流する感じ。


 ✋腕を落とすが先です。


回転のチカラを使って
 腕を、グリップを縦に動かす感じ が掴めると良いと思います。
実際のスイングには クラブの遠心力も加わりますので
結果は 腕を横に振るの中間に収まるのだと思いますが、
回転で腕を縦に振る(振らないけど…)その感じ と
 腕の動きだし と からだの向き の動作始まり を
 掴んでみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「テークアウェイの種類を大別したのですが、
〆枯咫∈幻だけの動き
肩を廻したつもりが腕の振りだけのモノ
➂肩を廻す/胴体をひねる
➃お尻・骨盤を廻す
ヂ 足首を捻じるモノ
 なんとなく 分かると思うのですが、
 上から順に クラブに近いトコロ、
 からだの部位で言っても 下に行くほど低いトコロ
 でからだの向きを変えよう と分かれていますよね。
IMG_0772
 ➂も含め、´△肇ラブに近い、
 腕が中心でからだの向きを変える方
 そのやり方と グリップは結構、密接な関係にあります。」

Kさん「痛いトコロを突かれますね…。」

店長「フックグリップが悪い と言う訳では無いですが、
 手、この場合は 左腕主体でテークバックに入る方
 は フックグリップがかなり強く、
 左の手首がかなり甲側に折れているケースが多いんですね。

 ➂→□,函,茲蟶枯喙臑療戮高くなるに連れ
 左右のグリップのルーズさも強い、
 左右のグリップが離れているってことですね。

 コレ その本人、当人に聞いても 無自覚で
 そう言うグリップに行き着いてしまっているでしょうから
 答えられない可能性が高いんですけど、
 ボールを打つコトよりも
 「テークアウェイを ヒョイッと 左腕の動きで行う」
 それをし易いための『グリップ』に思えるんです。
b7055bfb2eea97122aee59c31313e223
 フックグリップがフェースターンし易い というのは
 言葉ではよく耳にするんですけど、
 フックグリップのアマチュアの多くは
 左右がルーズ、離れています。
 
 フェースターンをする事を主眼に グリップを造るのなら
 フックグリップは良いですが、左右が密着している方が
 フェースターンを無駄なく 素早くし易い、
 離れている方が 色々不都合が生まれ易い と思うんですね。

 にもかかわらず ルーズな人が多い…。

 そう考えると 帰り(ダウンスイング)の方がメインじゃなくて
 テークアウェイのし易さ から グリップが造られちゃう
 じゃあ無いのかと思うんです。

 検証のしようが無いんですけど、
 外れてはいない気がします。」

Kさん「自覚はないですけど、
 グリップを指摘されて、スクエア気味、
 左右を密着させると 打つコトもそうですけど
 テークアウェイの初期が始動し辛い というのはあります。」


店長「ですよねー。
 テークアウェイの基礎的なチェックとしては
 シャフトが概ね 地面と平行になった時、
 フェースがシャット、 自分の前傾と同じ感じの下向き
 ってのがありますけど
 それって ´△虜枯咾世韻如.董璽アウェイを取っちゃう、
 グリップがルーズ目な人は 出来ないと思うんですよね。
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

 ですので テークアウェイの修正、訓練は
 その基礎的なチェックと グリップとの兼ね合い、
 同時進行になると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転、テークアウェイでの右向き を
 大別すると

〆枯咫∈幻だけの動き
肩を廻したつもりが腕の振りだけのモノ
➂肩を廻す/胴体をひねる
➃お尻・骨盤を廻す
ヂ 足首を捻じるモノ


に分かれると思います。」

Kさん「ひとつひとつ 解説お願いします。」

店長「はい。
  回転と言う言葉はほぼ該当しませんが、
 意外に多く…肌感覚的には2割弱のゴルファーがコレでしょうか…
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)




 流石にこれはダメダメですので改善したい。

 多くの右打ちの方は 右腕が利き手になると思うのですが、
 手で打つコトの良し悪しは別として
 左右の腕の動きの量が かけ離れているので
 右腕で叩きたくとも 空間も時間も足らなくなり
 強く打とうとすればするほど ミスになってしまい易い、
 また その分 左ひじや手首への負担が大きいですから
 出来れば お別れしましょう。
(271_Moment

 これは非常に多数派、 与党 と言った感じ。
 気持ちでは肩を廻しているつもり なのですが
 単に腕を振っている だけ。
 本人の自覚は無いと思いますが、肩の向きと
 腕の動きは別なモノになっているので
 よりからだを、肩を廻しても 良いことは生まれません。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

 字面では分かり難いとは思いますが、
◉肩を廻すと 腕も動く と
◉腕を振ると 肩も引っ張られ 向きを変える

 似て非なるモノですので、その自覚から始まる必要があると思います。

 の肩を廻す、胴体を捩じる ですが、
 プロの多くはココにいます。半分強と言ったところでしょうか。
 しかし✋✋✋これをアマチュアにお薦めはしません。
 学生時代や若い頃、「ラヂオ体操第一」なんて
 ちんたら お遊戯かよ と舐めていたかも ですが、
 歳取ってからやると 最後まで休まず出来るか微妙。。。
 だったりするのです。
スイング集 Patty_Moment

 その位 年齢によって運動性能は変りますので
 若い スポーツ選手の出来る当り前が 我々の当たり前に
 なり得ず、やっているつもりが
 結局に 肩を廻す で無く、腕を振る
 に陥っている と気づいていないのは自分だけ です。

 続けるのであれば ヨガやストレッチ、
 慢性の運動不足にならないよう注意が必要です。

 また 腰痛が伴うようになってきたら
 い悗琉楾圓鬚薦めします。
田中どら_Moment(5)
  一般的なアマチュアゴルファーの平均年齢 58歳
 50代から上の年齢や運動不足気味、からだの硬い方は
 骨盤を動かす、回る、回らないの境目を股関節にする
 をお薦めしますが、最小野党に相当するでしょう。
 不器用な部分なので 慣れるのには苦労するかも ですが、
 一度覚えると 不器用な部分だけに変わり難い、忘れにくい、
 非常に基礎的な動きになるので お薦めです。
133



 これも意外に多い 2割弱の人が該当するでしょう。
 『からだ』の向きを変える と言う意味では
 間違っていないのですが、
 まわす部分が多過ぎの上に それを支える足首は
 大きな筋肉ではありませんので、
 傾斜があったり、ぬかるんでいたり、歩いて疲労、
 などによる影響が大きいと思います。
 
141

 からだの向きを変える、からだを廻す は
 廻す部分と廻さない部分があり、
 イ両豺腓蓮廻す部分は足首より上、
 廻さない部分は靴
 になるのですが、
 それを(右打ちであれば)回す部分はお尻、
 廻さない部分は 右太ももなり、右ひざ

 に移せるようになると より安定が高くなります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ショットのミスにつながる テークアウェイのミス
 その多くは 左腕の運動量と右腕の移動量のミスマッチ です。
 からだの向き、ソノモノでテークアウェイを取れていれば
 左右の移動量の差は殆ど無い…筈 ですが、
 多くの方が 左腕の動きが多くなっている。。。」
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

Kさん「ダウンスイングで 左腕の長さ の解消 に
 苦労する訳ですね。」


店長「そうですね、
 ダウンスイングで フェースローテーションする人にとって
 左腕の長さが長い、左腕が邪魔 というのが
 ミスの原因になったりしています。
スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)

 ダウンスイングにとって
 運動の一番先頭であるべき、左腕の
 切り返しの動きだし遅れ も少なくないです。」

Kさん「質の良い 右向きが欲しいのですね、」

店長「はい。
 一般的に テークアウェイ、テークバックは『上げる』
 ダウンスイングは『降ろす』と呼ばれますが、
 それは 前傾姿勢のある基礎姿勢が向きを変える為、
 グリップ、クラブの高さが 高くなったり、低くなったり、
 そう見えるからであって
 左グリップを 「上げる」必要性は無いと思います。
 からだが ちゃんと 右を向けるのであれば
 それで高くなる量で十分です。」

Kさん「左手は上げる必要がない…と。」


店長「そう思います。
 左腕単独の動き、ソノモノが要らないと思います
スナップショット 2 (2016-06-27 23-07)

 ゴルフスイングの用語 で言うと
 右打ちにとっての左腕は からだの回転のコトを指
  と言っても過言ではありません。
 左腕を移動させる は からだを廻すコト です。


 ですので テークアウェイでも
 からだの向きと左腕は固定された関係 と考えて良く、
 右腕が曲がり、短くなった分 クラブが起こされる、
 その分、少し上がる、上がった 程度で十分だと思います。
 量で言うと この程度です。
スナップショット 2 (2014-03-04 10-51)スナップショット 3 (2014-03-04 10-52)スナップショット 4 (2014-03-04 10-52)


 当たり前の話し なのですが、
 テークアウェイは ボールを打つための準備、前動作です。
 からだの回転を主にするのであれば 右向き、
 手で振るのであれば 利き腕である右腕の動作、
 それが 打つための前動作 として 必要になる訳ですが、
 左手、左サイドでボールを打つ つもり が
 強くないのに 左手、左サイドばかり 動かすのは
 ナンセンスだと思うのですね。」

Kさん「確かにね…。
 そう言われると 手で振るにしても
 左腕や左サイドが邪魔になるのは仕方ないですね。」


店長「理想的には ヘッド姿勢、フェースの開閉という
 手間が不必要になるので からだの向き主体にしたいですが、
 そうでなかったとしても
 利き腕の右腕が使える準備、
 振りかぶる動きを主体にしても良いのでは、
 と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングの主導権を 遠心力に取られてしまいます : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)


JMさん「なかなか上手く行きませんが、
 トライしようとすると
 左サイドが止まる感じがわかりますねー。」

(からだの回転と腕・クラブ_Moment2022-06-17_13-39-40_Moment








店長「そうですか。
 通常、その左サイドの絞り とか、締まり、は
 左サイドの壁 と言われ、やるべきコト✋とされていますからね。
 良い、悪い ではありませんが、
 中高年ゴルファーにとっては 危険度の高い方法です。
 痛めやすいですね。」

JMさん「感覚的な感じではあるんですが、
 腕を伸ばす
👉円弧が大きくなる
👉それを回転、左向き(右打ち)で逃がす
 そんな感じになるんでしょうか❓」


店長「そう思います。
 止めるコト、受け止めるのではなく
 回転で流す方が安全だと思います。

JMさん「なるほど。 こうすると
 クラブに掛かる遠心力は 大きく増しません から
 グリップもガチッと握らないで大丈夫 になりますね。」

20220708_Moment

店長「ソコ 重要だと思います。
 やはり 硬いシャフト、硬いシャフトの方がヘッドが感じにくい、
 ヘッドが効いてないように感じますし、
 付いているヘッドも軽いですから
 どうしても 遠心力を強めて 棒を振ろうとする感覚が
 強いんだと思います。
 そう言う意味でも シャフトが柔らかい 👉ヘッドが効いている
 ヘッド自身も重量がある、悶絶クラブ向けの方法だと思います。」



JMさん「やってみると かなり タイミングが違う、
 まるで 違うタイミング感ですね。」


店長「でしょう〜ね〜。
 一般的なスイングイメージでは
〇廻ってから リリース
 廻るのが先で その後、腕を伸ばし クラブを振る感じ
 になると思いますが、
 このイメージでは
 クラブを放る訳ではありませんが、
〇腕を伸ばすのが先気味、その後、本格的な回転
 そんな感じで 真反対の順序 と思います。

(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 これも習慣化されてしまっていると思いますが
 インパクトって 手をひっくり返す、
 腕とグリップで作る三角形の 下側が向いていたのを
 上側に入れ替える動きをしていた のを
 下側、裏側を向けっ放しのまま 廻る、
 この感覚を覚えられると
 ドライバーのような強振するようなショット と
 速度を制限したアプローチショット に共通感を
 持てるようになると思います。
((リリースの違い フォローの違い_Moment(2)









 また、切り返し、ダウンスイングの初動で
 手を降ろす、グリップを下げる、
 この感覚、そのものはとても大切だと思うのですが、
 それが 既に出来る、掴めているのであれば
 グリップが下がるように からだを廻す、
 に留意した方が インパクト前後で 空間が詰まらず、
 手の入れ替え無しでボールをつかまえるコトに
 移っていき易いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「お店にあるバランスボールは
 3舛硲記舛瞭鷦鑪爐あるんですけど、5舛諒を使うと
 運動が加わって その重さは 実質十数キロ
 になると思うんですね。」

質問「大変そうです。」

店長「よく言う 遠心力を掛けると
 トップ付近で曲がっていた 右腕(右打ち)は
 伸ばされてしまう のですが、
 それを 意図的に伸ばそう、
 もしくは 右手の方を打つボールの方に出そう、
 バランスボールを反転させてしまう、と
 その重さ によって グリップそのものが自分から離れます。
 ゴルフのスイングで言うと グリップが浮く って奴ですね。
 二重に遠心力掛けちゃってるから仕方ないです。

 腕とクラブも必要以上に長くなっちゃってますから
 からだも伸び上がらざるを得ません。
(jc(jc4










 両肘とグリップで作る三角形の
 クラブのある上側、表側 と クラブの無い下側、裏側、
 裏側、下側を目標、ボールに向けたまま
 からだの廻してくれば そのからだを廻すコト
 ソノモノが打撃 になりますが、
 上側、表側 を向けるとなると
 一度 どこかでからだを止めるとか
 左を向いてしまうとか しないと それは出来ません。

 からだの伸び上がる って動きは
 そう言うモノの 本能的な処理 と言って良いのでは
 無いかと思います。
 単に『伸び上がらないようにしよう』では
 まず 解決しないでしょう。」
(からだの回転と腕、そしてクラブ_Moment

質問「トップで作った 右手/左手の相関関係を替えず
 そのまま インパクトに入る・・・と?」

店長「そうです。
 左手の方が打つボールに近い方、
 腕の三角形は裏側を目標に向けたまま、
 もし 重たいボール、クラブの代替品ですが、
 それをリリース、放る のであれば
 下、斜め下 の方向になると思います。

 コレ 実際に試す と分かるんですが、
 バランスボール 重たいボールを
 ターゲットに投げる となると
 そのタイミングが命 になります。
 ですので 速度をあげると
 こんな単純な動作でも 同じことをしにくい、
 同じタイミングでボールをリリースできないので
 投げる方向、投げる角度 もマチマチになります。
 スピードを上げれば 上げるほど
 リリースのタイミングが難しくなり
 上げるスピード、どこかで止まる、
 と言う矛盾する動きが必要になってくる。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 ところが ボールを自分のフトコロ、
 下に放つ、手放す
 とするとなると
 その重さに逆らう必要がありませんので
 タイミングはあまり重要でなく、
 似た動作を繰り返し易くなります。
 結構、違います。
 裏投げとでも呼べば良いのか分かりませんが
 ボールの手放し方がだいぶ違うと思います😵

(からだの回転と腕・クラブ_Moment2022-06-27_12-09-57_Moment(3)








 そう言う感覚を既にお持ちの方もいらっしゃるでしょうし、
 全員の有効か は分かりませんが、
〇クラブを放つ
〇クラブを『目標方向に』投げる
〇からだの回転を使って 腕・クラブを振る
〇重さの定義に逆らい この場合はボールですが、
 クラブを反転させる

 というイメージを なんとなく抱いている方には
 かなり有効なドリル、イメージになり得ると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ココで ヒトツ
 誤解を解いておきたいのですが。。。」

質問「どんな❓ です。」

店長「今回の試み は
 重いボールを使って
 からだの回転 と 腕やクラブとの融合 の実験で
 そのボールを放つ のですが、
 ゴルフで言うトコロの アドレスに対するターゲット
 目標方向ですね、
 ソコに向かって ボール(クラブ)を投げる必要はないのです、
 ゴルフスイングにおいて、
ですが。

 ゴルフショットは
 ゴルフクラブを使って ボールを打ち
 遠く や 目標の方向に移動させて 遊ぶ のですから
 ゴルフクラブを目標の方向に投げる遊びではありません

 ゴルフクラブには ロフトやライ角度などの角度 や
 重心のズレ、クラブの長さ など
 複合する 方向を変換する機能が付いています。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment

 ですので もし ゴルフクラブを投げる
 この場合は 重いボールをリリースする としても
 それはアドレスの目標方向と同じ とは限らない と言うか、
 同じでは 
ゴルフクラブの機能の意味が出ない のです
。」

質問「あ、なるほど。」

店主「なんか 今回のドリルの経緯ですと
 引っかけ問題みたいな感じになっちゃって申し訳ないんですが、
 からだの回転で 重さの掛かっている腕をどう動かすか、
 がテーマで ボールに掛かる重さを離す だけならまだしも
 『クラブを目標方向に解き放つ』必要は一切ない訳です
2022-06-27_12-09-57_Moment(3)
それは 誰からも教わっていませんし、
そんなコトは話題にもなりませんが、
ゴルフクラブを目標に飛ばす遊びではない
 のは明白です。


 映像をみてもらうと分かるかと思うのですが、
 ボール、ゴルフで言うとゴルフクラブに相当するんですが
 そのボールを 目標方向に投げようとすると
 どうしても からだが左を向いて『から』にならざるを得ず
 放つタイミングが遅れてしまいます、遅らせざるを得ない のです。
 シンプルにからだの回転で解き放つと 右にすっ飛んでしまいます。
 それはソレで正解ではあるんですが、
 誰からも教わっていないですけど、
 遠心力 って言葉と直結した 打つボールでは無く
 握っているゴルフクラブのリリースを意識すると
 からだの回転がおさまってからの 手の振り で 
 打たざるを得ない…、
 ですので 実は ほとんどの方が
 自分の思った通り、思い描いた通りに動かしていて
 
その結果が 手振りになってしまっている『だけなのです。

 そう言う意味では この動作に伴う
▽手(グリップ)が浮く
▽からだが起き上がる
▽からだが開いてしまう

 などの 色々と気に入らない「動き」は 必然なので
 改造、改善しようと思っても ママならない のは
 致し方ない と言って良いでしょう。



✅✅✅次に、ですが、
 からだの回転 に伴って
 腕もクラブも動こうとしますが、
 重さ と言うのが付いて回りますので
 無機質である クラブは動きたくない
 と言うのが大原則です。

 それは 単に移動だけでなく、向きや姿勢も変わろうとしない
 のですが、打ち手が向きを変えることによって
 強制的に グリップ部は移動させられます。
2022-06-27_12-09-57_Moment
ですので トップの位置では

画像上、右側 左グリップが打つボール側
右グリップがボールから離れた側 にありますが、
その関係は 打つ付近、
からだが左を向き始めるまで 変わらない のです。

 この場合で言う 重いボール、バランスは その左右を
 決して 自分では反転しようとしません。
 重さが掛かる分、維持しようとするのです。


 ゴルフのスイングで言うと 両腕でアドレスをして
 両肘とグリップ部で構成される 三角形 には
 クラブを握っている上側 と クラブの無い下側
 の表裏みたいなモノがあると思うのですが、
 あくまでもイメージではありますが、
 ボールを打つまで 打ち終わるまで
 その三角形の下側、クラブの無い側、裏側と言えば良いのか
 そちらを向けっぱなしのまま
 インパクトに入るので 良いのです。

 バランスボール の話し で言えば
 ボールを持った左手 その左手の方が
 自分より遠い、ゴルフで打つボールの方 で
 右手は自分に近い側 のまま
 インパクトに入れば良いのです。


 多くの人が それをインパクトまでに逆転させようとする
 反転させようとしている…、
 手の返しとか、ヘッドターンとか では無くて
 なんとなく 本能的にそうしようとしている人が多い気がします。

(からだの回転と腕・クラブ_Moment(2)

 そう言う動きを取り入れるのですが、
 ゴルフは ゴルフクラブを目標に放り投げる遊び
 では無いのですから もし放り投げる としても
 それは 打撃目標とは異なる方向なんだ というコトです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレ 全員に該当するか、どうか は
 分からないのですけれど
 多くの人で実験してみた結果、
 ゴルフスイングのイメージですが、
 からだの回転で✋ を意識すればするほど
 結果、手打ち😵😵😵 になってしまう
 が
 あるのです。」

質問「どういうコトです❓」

店長「少し重くなったボール、
 バランスボールって言うんですけど
 それを使ってみると 分かり易いかも知れません。
(からだの回転と腕、そしてクラブ_Moment

 これ バランスボール、重いボールである意味は
 ゴルフクラブって 運動、特にからだの回転を始めると
 想像以上に重くなって
👉自分の思った通りには動かせない、
 と言う感覚と
 逆に、その重さを利用して 腕を使う、腕を動かす、
 回転でかかるであろう 遠心力や重力などの
 不可抗力を考慮しながら 自分の想定通り
 腕を動かすのには どうしたら良いだろう、
 と言うヒントになると思います。」

質問「体力的にも良いトレーニングになりそうですね。」

店長「ダイエットになるか、どうかは定かでありません🙄
 股関節のトレーニング や ストレッチにもなりますので
 お薦めです。2繊腺貝前未良いと思います。


店長「細かいコトは言わずに、、、ですね、
 ゴルフスイングイメージで って言うと、
 また、バランスボールを放って下さい と言うと
 だいたい こういう感じになります。

 言葉で説明するの 難しいんですが、
 トップの位置では 左手の方がボール側、
  画面の平面上で言うと 画面右側
 右手の方がボールから離れた側
  画面の平面上で言うと 画面左側 になりますよね、
2022-06-27_12-09-57_Moment

 普通にすれば。」

質問「そうですね。」

店長「多くの人は、ですね、
 からだの回転で を意識しています。

 ですが クラブを振る、クラブをリリースする、
 この場合ですと バランスボールを投げる に該当するんですが、

 からだの回転『通り』
 前傾姿勢を抜いて
 からだの回転『通り』に横にボールを動かそう
 とするが故に
 どこかで 右手左手の入れ替え ターンが必要になります。」

質問「入れ替え って言うのは
 トップの位置で 左手がボール側(画面右側)、右手が離れた側 を
 逆転させる ってコトですね。」


店長「そうです。

 今回、これをするのを 重いボール バランスボールで
 やっている意味があるのですが、
 回転という 運動をすると
 当然、ボールはより重くなります。

 バランスボールの移動と言う面において 重くなるのと同じく、
 バランスボールの姿勢と言う面においても 重くなります。」

質問「つまり からだの回転という 円運動をしても
 バランスボールは回転したがらない⁈ と。」


店長「当然、そうなります。
2022-06-27_12-09-57_Moment(3)

 ですので 右手の方をボール側(画面右側)にして
 バランスボールを放り投げるには
✅からだを左に向けてから ボールを投げる か
✅からだの回転を止めて ボールを投げる か

 の二つしか 選択肢がありません。

 どちらも『からだの回転で作った勢いは使ってはいる』のですが
 結果、としては 手で振る動きでリリース
 せざるを得ない のです。

 からだの回転通りに 腕、クラブを動かそう
 とすればするほど
 前者は からだを開いて〜左を向いてから振る か、
 後者は からだを止めてから 腕を振る か

 そのどちらか、
 つまり 手打ち 手振り にならざるを得ない のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「
手打ち〜、手振りね
 飛距離アップ✋ スライス防止✊ とともに
 アマチュアにとって 永遠のテーマ と言ってよいような
 課題 ですよね。」


店長「ですね。
 広く深いテーマなので 一つ一つ取り上げてみたい
 と思います。

 まずですね、
 手打ち、手振り、というのはどう言うモノなのか❓
 その反対になる からだの回転とどう違うのか❓
 です。」

質問「そこ 興味ありますね。」
店長「ゴルフスイング・ショットって
 ヘッドが円を描きますよね。
 手打ちって言うのは それを 手で行っている
 ハンドターン で
(ハンドリリースサンプル集_Moment(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)







 からだの回転が直接的に円を描くのではないモノで、
 からだの回転の方は それをカラダの向き主体で
 行っています。

 もう少し 具体的に言うと
 ボールを打つ、打撃と言う衝撃のエネルギーを
〇からだの回転は その言葉の通り からだの向き
〇手打ちの方が 右腕(右打ち)の曲げ伸ばし
 を主体でやっている
 と考えて良いと思います。

 …とは言うモノの、
 手打ちであったとしても
 全部 右腕の曲げ伸ばし、リリースでやっている人
 だけでなく、
 からだの回転も混合している人もいますから
 ちょっと ややこしいですね。」

質問「全部、手でやっている人の方がマズくないですか❓」
店長「どっちもどっちです🙄
 ただ コト治すコト に関しては
 全部、手でやっている人の方が比較的 シンプルですので
 治し易い、治り易いかも知れません。
 割合は兎も角、からだと腕の混合 の人は
 かなり複雑なコトに達した時間分、大変かも知れません。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







質問「手打ち、手振りが良くない、治した方が良い、
 とよく言われますけれど その理由はなんですか❓」

店長「手でターンしても、からだでターンしても
 どちらも ターンするコトには変わりありません。
 
 これから ゴルフを覚えるとか、
 からだの故障を出来るだけ無いように、
 体力が落ちても飛距離が落ちないように、
 と思われている方には 推奨は出来ませんが、
 手振り、手打ちで楽しくゴルフが出来ていれば
 無理やり それを変えなくても良い場合あります。

 何故 治した方が良い、しない方が良い かと
 問われると
‖里粒読堯胴体や腰、肘などにねじりの動きが多くなり
 故障の原因になり易い  のは確かです。
 勿論、からだの丈夫な人は居ますから例外もあります。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

△らだの回転でターンするに比べると
 複雑な上に、動きが断然、多く
 それが インパクト前後という 高速運動時に行われているので
 各人各人の 絶妙なタイミングと修練
 という
 それぞれの人の 打撃の秘技 のようになっており
 万人に共通するアドバイスが有効ではありません。
 言うなれば スイングに関する共通言語が無いような
 そんな状態になり易く、悩んだ時、困った時、
 誰かからアドバイスを貰い難い状態に陥り易いです。
➂クラブに関して、なんですが、
 からだの回転と比べ、クラブを振る、シャフトを振る量が
 かなり多いので、本来、使うべきシャフトよりも
 硬いシャフトを選定するコトが多くなります。
 これも また 肘や手首、腰痛などの原因
になります。
➃ ➂に絡んだ話し、になるのですが、
 ヘッドのミスの寛容性、慣性モーメントなどの機能を
 発揮させるのが難しい打撃方法 になるので
 シャフトも含め ゴルフクラブのお助け機能を
 活用できない可能性が高く
なります。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)
質問「良いコトないじゃぁ無いですか❓」

店長「まあ…そうなんですけれど、
 結構、活躍しているプロにもいますし、
 アマチュアの殆どは 手振り・手打ち、
 その打撃方法の方が多数とも言えます。

 からだの回転で打つ よりもいろいろな面で
 多くの練習は必要になりますし、そのタイミングなどを
 体得した、としてもメインテナンス的な練習の維持も必要ですが、
 それが 加齢対策の運動 にもなっているので
 良い悪い の問題では無く、
 単に選択の違いと言って良いでしょう。」

質問「腕自慢さんは別として
 悩みの元が 手振り、手打ちのアマチュアは
 多いんじゃないかと思います。
 それは打撃の手段ではありますけれど、
 率先的に 好きで 手振り・手打ちしている人は
 多くないと思うんですが…。」

店長「どうでしょう?
 ごくごく普通のアマチュアの ゴルフスイング談義に
 耳を傾けていると
 手打ちは良くない、からだの回転で とも言っていますが、
 一方で 同じ人が遠心力で飛ばす とか
 ヘッドの返し、フェースローテーション
なんて
 手打ちせざるを得ない、手打ちのテクニック
 そういう話も出てきますよ。

 そもそも アマチュアが硬いシャフトを選定する理由の
 ヒトツに 『スライスは シャフトが柔らかいからだ‼』
 と言うのがあると思うんですが、
 もう その発想の時点で 手打ち、手振りの匂いがしています。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「自分だけの その秘技を極めるのも ゴルフスイング の
 ひとつ ではありますし、それで楽しくゴルフをしている人も
 たくさん居ますので、他人が否定する事ではありませんが、
 教科書に載せるにはちょっと・・・・と言う感じです。
 それを 総称して 手打ち/手振り と呼んでいます。
202252_Moment
 一方、クラブはトップの状態でロック
 あとは カラダの向きを変えるだけ
 であれば、ロックする時のクラブの状態
 を変えて置けば、動作中の変化は少ないので
 軌道には影響が出にくい、
 ですので
 弾道を変える、治すことが可能なのです。

 だから からだの回転でクラブは動かしましょう✋
 と推奨しているのです。」

TSさん「あああああああ なるほど、なるほど、
 やっと分かってきました。
 手打ちで無い方が良いのは分かるんですが、
 そのポイントが掴めていないと 出た球に応じて
 ダウンスイングやインパクト付近で ヘッド姿勢変更や
 スイング軌道変更をしてします ので
 👉肝心なトコロが手打ち になる。」


店長「そうですね😊
 手打ち/手振り の場合、
 ヘッドの姿勢変更をすると 軌道も同時に、
 軌道変更をしようとすると ヘッド姿勢も同時に変化してしまいます。
 また、その変化の具合は 重心位置などにも左右され易い。
 というコトで その具合がウッドとアイアンで異なる場合も多い。
 ヘッド姿勢と軌道、二つのことが相互に影響し合うので
 同じようなショットを続けにくくなるのです。」
会田20210701_Moment

TSさん「クラブの影響も大きいんですよね?」

店長「ですね。例えば 理想的な、正規な入れ方 では
 ヘッド姿勢は固定、軌道自体が下向き、クラブ全体が低くなり、
 インパクトを迎えるのですが、
 硬いシャフトや軽いヘッドでは グリップが誘導され難いので
 それでは届かない、
 が故に、ヘッドを下に振る、これはヘッド姿勢を変える、
 ロフトを増やすコトになりますので 軌道も変わります。
 ヘッドを下に振ると、ヘッドを下に振っているのに
 ヘッドを下に振っているが故に、軌道自体は上向きになりたがります。
 カラダが上を向いちゃうんですね。
 ですので ダフリ と トップ が 交互に出るような状態
 になります。
 
 ですから 多くは キツイ、オーバースペックなクラブから
 始まっているんですが、
 それが故に つかまり を見当違いな理屈で覚え込み、
 その見当違いな理屈を 実行しようとしているのですから
 治る方が珍しい、スイング改造成功する人は少ない⁈
 というコトになるのです。

 運動神経が無い、のでも、 練習不足でも なんでも無く、
 理屈を超越した 秘技 の正解を探求しているのですから
 そりゃ 成功度は高くなりません。」

TSさん「言葉は悪いですが アウトサイドインとか
 開いている とかを意識している限りは
 その先もダメなんだ というコトですか❓」


店長「絶対ではないですけど その通りです。
 動き始めたら ヘッドの姿勢や軌道は変えない、
 特にヘッド姿勢は 動いている最中にはダメです。

 変えられますけど 正しくは変え難いですし
 繰り返す為の目安が何もありません。
 ものすごく感覚的な部分に依存している。
 それを スイング「理論」とは呼ぶのはちょっと厳しい…ですね。
 
((((((((_Moment

 もし 今の弾道が好きでない、距離を伸ばしたい、
 弾道を変えたい とするのであれば
 クラブは早めに固定、トップで✋でしょうか、
 あとは廻るだけ、
 軌道を変えるのであれば 周り方を変える、
 クラブ姿勢、ロックは同じ、
 上げ方やトップでのクラブ姿勢、
 動かしていない時のクラブ姿勢を変えるしか ありません。
 多数の係数が同時に変化する方法はアマチュア向きで無く
 職人芸、一発芸に近いですから トライしない方が良いかな、と。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 。苅安紊僚性のお話し なんですが、
 やり始めて まだ間もない状態 で
 今は貰いもの のクラブで 軽いレッスンを受け始めた
 ところ です。

M20191011suburi_MomentM20191011-1_Moment(2)M20191011-1_Moment(3)





店長「男性用のお下がり・・・スチールシャフトです。
 それを まだ速度の上げられない、
 ドライバーのヘッドスピードで言うと 25㎳
 行くか、行かないか の女性が使う訳ですから シャフトは動かない、
👉シャフトが動かないから グリップが押されない、
👉グリップが押されないので ハンドファーストが出来ない、
👉ハンドファーストが出来ないから ボールに届かない、
👉ボールに届かないから 早めにリリースする、
👉早めにリリースするので 当たっても ボールはつかまらない、
👉早めにリリースしてしまうので クラブと腕が
 からだの回転から離脱してしまう、
👉クラブを振るコトになるので 遠心力のせいで
 トップとダフリの繰り返しになってしまう。。。。。

 という ループに入ってしまっているのです。」
質問「キツイっすね…。」
店長「それによって 左右のグリップの形、関係も離れ気味
42ea91fdで定着、覚えてしまいますし、
それに準じたアドレスになる…。
ものすごく よくある パターンだと思います。」
店長「冷静に見るとそうなんですけど
 始めたばかりの女性にとっては
 …私が下手だから… …私はゴルフ向きじゃないんじゃないか
 って感じてしまうのは 至極当然だと思うんです。

 女性やシニアの場合、当たっても 速度が低いですから
 ボールが浮き難い、距離が出ない、
 クラブを振り回すコト になるので
 それを支えるグリップ、アドレス になり、
 長い重い棒を振り回す為の技術ばかり が身に付きます。
 本来、全く要らないテクニックばかりです。」

質問「クラブで改善できるんですよね❓」


店長「はい。その方にもちゃんと説明しました。
 クラブ単体を振り回すコトを前提にした
 女性用市販品のように 軽いヘッド では無く、
 ある程度 しっかりしたヘッド重量を選び、
 ヘッドスピード25㎳でも 十分、動くシャフトを使えば、
 打つのは自分…ですけれど、
 低いトコロにあるボールを拾ってくれる、
 ボールに当てさせてくれる のはクラブの役目 です、って。

 重めのヘッド、柔らかいシャフト を打って頂くと
 始めは ダフリ気味、クラブの重さに苦労するのですが、
 10分もしない内に慣れて来て、
 案の定と言えば 案の定なんですが、
 ボールに当たるコトと低いトコロにあるボールを拾うコト
 それを 自分でやっていた要らない技術からは開放され始めます。


 ボールに届かない、当たらないから と言って
 クラブ単体を振り回す コト が良いのか、
 それをする為の 軽いヘッド、軽いクラブが良いのか、
 クラブ単体は動かさず、自分が動いた方が良いのか、
 それであれば ヘッドが重くても負担は少ないですから
 重いヘッドにした方が良いのか・・・

〇長い棒は振り回すモノなのか
〇長い棒が故に 振らず 自分が動くのか

 その概念みたいなモノも クラブによって形成される
 可能性が非常に高いのです。

sibunoap


 ゴルフショットは かなり複雑な立体の角度 によって
 構成されます。 打つ地形や傾斜もかなり変わります。
 自分が動かず クラブを振る方が良いのか、
 クラブを動かさず 自分が動く方が良いのか、
 その分かれ道は クラブが握っている、
 自分が使うクラブ次第です。

 この感覚というか、思い込みはゴルフをしている限り、
 ずっと続いていくのですが、
 シャフトはヘッドを動かすモノ、役割なのか、
 シャフトはグリップ・自分を動かすモノ、役割なのか、

 ある意味、ソレは正反対の関係にありますから
 形成されていくスイングも全く別なモノになって行きます。

 今回の,離院璽垢禄性のケースだったのですが、
 なんとなく…ですが、かなり多くのゴルファー、
 女性に限らず アマチュアのゴルフの始まり の
 該当するんじゃないのかな
 って思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「全員 にじゃあ ないですけれど
 この抜き方 というか、スイングの終わらせ方は
 出来れば手で振りたくないのに
 クラブを下に振っちゃうとか、ローテーションしちゃうとか 
 手で振っちゃう人の解決策としては
 かなり有効じゃないか と思うのです。」
JMさん「なかなか 上手く行かない…ですけどね。」

店長「届かない とか、当たらない とか、
 怖さは有ると思いますから、加速の無いゆっくりとした
 ショットからやってみる必要はあると思います。」
JMさん「カラダは180度、クラブは90度ってのは
 頭では分かっているんですけど
 結局、クラブを180度振ってしまう。。。
 それ故に インパクト以降にからだ(左サイド)が止まって
 からだの回転が180度にならない、そう言う感じですね。」

店長「わかる、分かります。
.ラダは180度 クラブは90とか120度って意識
∈枯咾糧瓦方

 これは 左ひじを抜くって感じよりも
 左サイドを止めないで 廻していく、
 アドレス時を基準とすると、背後に
 ボールから離れていく方に 断続的に動かしていく
👉まずは 真似で、素振りから始めると良いかも、です。」
JMさん「素振りでそこまでは出来るんですけど…。」
店長「そうなると やはり
➂リリース 右腕を伸ばすことで何を動かしているのか
 というコトになると思います。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment

 コレも ゆっくり の素振り で良いと思いますけど、
 グリップって 当たり前には
 右グリップの方が遠い方、ボールの方握っていますから
 右手の方がからだがから遠い方、
 グリップのズレ分 外側を通る から
 どうしても クラブ自体を押すことになってしまって
 それが故に、支点効果 で左グリップが止まり、
 からだの回転、向きの変更にも抑制がかかっちゃう。
((リリースの違い フォローの違い_Moment(2)

 ですので あくまでも『イメージ』ですけれど
 右手を伸ばしたら 左手の外側、遠い側ではなくて
 左腕の前腕、左手首よりも肘側の前腕を『押す』ような

 イメージで素振りをしてみて下さい。
((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)((リリースの違い フォローの違い_Moment(4)((リリースの違い フォローの違い_Moment(5)
 本当に 『押す』訳では無く、
 左腕は カラダの向きでどんどん逃げていくのですけど
 そう言う関係だと 左腕、左ひじが押されていくので
 からだの回転が止まり難くなります。
 左腕の付け根は背後に逃げようとする、
 このままだと届かないから グリップはボール側に残す
 カラダは廻っていくので 左上腕は上がり、グリップは高くなりますが、
 左右関係として グリップは残る、
 そう言う感じです。

 ポイントは 左ひじで引く というのでは無く
 カラダが回り続け 左ひじが引かれる
 です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
店長「これは やってみたけれど 上手く行かない
 を解決する手段になるモノ でしょう。

➂強いショットでは 慣性や遠心力が付きますから

 リリース がない訳じゃないですけど
 リリースのタイミングの問題 と言うよりも
 何を』リリースするか によって異なってきます。

あらかじめ 定義しておきますが
この場合で言う リリースとは
テークアウェイ、トップで 短くなった利き腕、曲がった肘。
右打ちで言えば 右腕、右ひじ ですね。
これを 伸ばしていく作法 を指します。

 手で振る、手でクラブターンする場合、
 左グリップを支点に 右腕を伸ばすことによって
 『クラブ』をリリースするコトになります。

 その結果、左ひじは拘束されてしまいますから、
 左ひじの窮屈な 小回りなフォローになります。
 スライスや引っかけ、フェアウェイウッドの苦手の原因になりガチ です。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)

 からだの回転で クラブターンをする場合、
 それをリリースと呼べるか微妙なのですが、
 クラブを持った左手をリリース?する、
 からだの回転に同期するように手助けするのが
 リリースと言う言葉に相当する 右手の、右ひじの伸ばし になります。

 
 強いショットの場合、遠心力も加わってきますから

 コチラの方が 圧倒的に 大きなフォローになり、
 軌道変化やヘッドの高さ変化が緩く、安定度も増しますし
 スピードアップも望み易い と思います。

 仮に ボールを投げる として
〇腕を止めて その反動で手首から先だけ振って投げる のと
〇腕ゴト、からだゴト、動かし続けて投げる、

 練習量や自信(メンタル)によって どちらがスゴイ球か
 一概には言えないでしょうけれど、
 後者の方が故障は少なくなり、長く活躍できる と思います。

((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)

 繰り返しになりますが、
 右腕を伸ばすことによって
 クラブをリリースしてしまう…
 クラブをリリースするとは クラブにからだの回転とは別の
 回転運動、角度運動を指しますが、
 これをしてしまうと 左グリップ、左ひじは拘束されます。
 止まってしまう と言えば良いでしょうか
 ですので その時点でからだの回転とクラブの関係は
 途切れてしまいます。
 リリースポイントを遅くすれば出来る、というよりも
 やはり『何を』リリースするのか、
 右腕を伸ばすコトによって『何を』しようとしているのか、
 が大きいと思います。

 この動画に出てくるリリースは
 素振りの時点で クラブ単体に回転運動をさせようとしていますから
 左腕の作法などを意識しても 手で振る から
 逃れられません。

 もしかすると…ですけれど、
 勿論、全員に当てはまるとは言えませんけれど、
 手で振る、手打ち と からだの回転で境目になる、
 これが理解できると かなり改良される人もいるんじゃないか、
 と思います。


この動画においても
一瞬、ですが 左サイドがひっつれる
上に逃げる瞬間があるのですが、
➂の問題(支部長)は無いと思うのですが
△鯆呂瓩譴弌,茲螢好燹璽垢法△茲螳堕蠅靴董
もしかしたら ほのかにスピードもあがる
もしくは スピードの低下を防げる気がします。


 左サイドが詰まっている、
 左サイドが渋滞を起こしている、
 左ひじが痛い
 なんて人には
 とても 有効な処方だと思いますよ。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「フォローが小さい、大きくしたい って
 ヒトも結構いるじゃないですか❓」
JMさん「ありますね。 昔であれば
 コースで 連続写真を撮って貰い、
 こんなスイング、こんなフォロー したつもりはない!
 って奴ですよね。」

店長「ですねー。自分の思い描いている通りの
 スイング映像になっていることは稀ですからね。
2021-12-06_22-21-54_Moment(4)81b16761-s






 フォローを大きくしたい っていうのを
 『両腕を延ばすようにすれば フォローは大きくなる』
 と思っている人も少なくない、のかも知れないですけれど、
 フェースターンをする人にとって、
 自分自身が 180度ターンすると
 当然 クラブも180度、
MVI_0878(2)_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)




 イヤ それ以上ターンすると思っている人ほど
 想いと裏腹になっっちゃうんですけど
 それをすればするほど
 フォローは小さく 小回りになってしまいます。

 フォローを無闇に大きくする必要はないですけれど
 カラダ向きゴト クラブターンをすれば
 自分は180度ターンするけれど
 クラブのターンは90度でいい と思って行うほどに
 それは解消されていきます。

 弾道が安定しない人やフェアウェイウッドが苦手なヒト
 は この部分、大きいんじゃないかと思います。」

JMさん「抜き方、と言えば良いのか分かりませんが、
 どんな抜き方 になるんです❓」

店長「フォローの取り方、スイングの終わらせ方の
 ポイントは3つあります。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)




,泙困蓮^媼韻箸靴
 自分の向きは180度ターンしても、
 右から左へ(右打ち)と体の向きを180度変えても、
 クラブの先端には重さ が付いているので
 アバウトですけれど クラブ/シャフトは90度とか120度しか
 ターンしない、出来ないというコト です。
スナップショット 6 (2015-10-15 19-55)スナップショット 7 (2015-10-15 19-55)スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)







 からだの向き180度に対して クラブのターンは90度とか120度、
 その位の意識であっても
 
インパクト以降、自分は減速するのですから
 遠心力や慣性 によって 結果、イコール それ以上になります。
 
 運動の元、になるはずの 自分のからだの向きを
 先端部のヘッドが追いつく・追い抜く って
  発想 が一体全体どこから来るのか…
 超常現象じゃないんですから…。

 からだの回転を180度 クラブも180度 って考えている人の
 クラブ扱いって からだ120度 クラブ270度 になったりします。
 クラブの回転の角度(角度運動)が増えれば増えるほど
 半径は小さくなり、軌道変化、ヘッドの姿勢変化も激しく
 なりますので 安定したショットをし難くなりますよね。

スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)





スナップショット 4 (2016-07-27 18-56)スナップショット 5 (2016-07-27 18-57)スナップショット 6 (2016-07-27 18-57)







⊆,忘酲,箸靴討痢]咾気个、肘さばきですけれど
 基本は テークアウェイと同じです。
 
 テークアウェイの時は右ひじ、右腕(右打ち)になりますが
 インパクト以降、フォロー側であれば 左ひじ、左腕になるだけ、
 肘を下に向けて、とか、肘をからだに付けて、とかで
 左腕の肘から先を振らない というコトですね。
 肘をやや外目に向けて 腕をたたんでいく感じになります。」
((リリースの違い フォローの違い_Moment((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)





JMさん「なるほど、確かに テークアウェイと同じですね。」

店長「ポイントは 肘使いではあるんですけど、
 グリップの高さ変化を止めないコト にあります。
 抜け側の左ひじを外目に向ける は
 左の上腕を上げていくことにつながりますが
 それによって グリップの逃げ道、抜ける道が出来ますが、
 左腕をロールさせて クラブを振ってしまう場合、
 グリップの移動が止まってしまうので
 フォローはからだの巻きついてしまいます。
 スピードも上げにくいし、軌道やヘッドの姿勢の変化も激しい、
 その上、肘や手首、肩、腰などへの負担も大きいのですから
 アマチュアが率先的にやるべき では無いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転でクラブを動かす のと
 手でクラブを動かす、 もう少し詳細に言うと
 からだの廻りで クラブヘッドが円を描かせる と
 手で クラブヘッドを円を描かせる  の
 最大の違いは インパクトが一点になるのと
 ゾーンと呼べるか どうかはなんとも言えませんが
 点では無く 線に出来る のの違いになります。」
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

JMさん「当然、手で振った方が点になり易いですよね。」
店長「そうなりますね。
 ですので 同じ条件であれば
 からだの廻りで 円を描いた方が安定し易い ですし、
 ロフトを締めて インパクトし易い、
 ボールをつかまえる、捕える と
 方向の安定が相反しない 関係になります。
 ですので よく言われる 飛ばすと安定は
 本当は相反しないのです。」

JMさん「その最大のポイントはなんなんですかね❓」
店長「私は カラダをどう動かす とか、
 この時は カラダの姿勢はこうだ みたいな技術的なコト、
 ではなく、ざっくりとした クラブってこう動くんじゃないの、
 っていう思い込みと言うか、概念のミス だと思っています。」
JMさん「間違った思い込み。。。ですか❓」
店長「そう思います。
 例えば アプローチで
 カラダの向きが 180度変わったら
 クラブ、シャフトも180度ターンするモノ と思い込んでいますが、
 自分自身が動力で 180度向きを変えても
 クラブは 運動に対しては負荷です、
 特に ヘッドにはクラブ全体の60%以上の重さが付いていますから
 具体的に ●●%とは言えませんが、
 その重さの分、120%とか、
 イメージでは 90%位しか動かない
 と考えた方が
 カラダとクラブにズレが生まれ難いと思います。
MVI_0668Trim(2)(2)_Moment(3)MVI_0667Trim(2)Trim(2)_Moment(4)








 それと同時に、その円を描くコト ですが
 スイングを動作 として考えると
 当然、終わらなければならない ですから
 動作としては 減速 〜停止に向かいますが、
 クラブには勢い、慣性、惰性 が付いていますから
 結果、としては 自分の動作を追い抜く可能性があります。
 勿論、打った後 になりますけれど。。。
 ソコを勘違いしている人が結構、多いんじゃないか
 と思うのです。」
JMさん「ヘッドがグリップを追い越す の話しですね。」
店長「はい。その事実は否定しません。
 否定しませんが、それで打つ、打撃する訳では無い、
 どちらかと言えば、それは おまけ に近い
 打ち終わってから 「発生」するモノ です。
((リリースの違い フォローの違い_Moment((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)((リリースの違い フォローの違い_Moment(4)





 ヘッドがグリップを追い越す を 打撃ソノモノ
 と考えている限り、
 それをする為には 体のどこかを止めねばなりませんから
 イコール 手振り になります。
 フェースターン、ヘッドターン、フェースローテーション、
 それらを 打撃ソノモノ だと考えている限り、
 手振りからは逃れられない のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


JMさん「左への引っかけやトップなどが結構出ます。
 自分で動画などを見る限り 手打ちが治らないのですが
 どうしたら良いんでしょうか❓」

店長「一概に 手打ちが悪い訳では無いんでしょうけれど
 フェースターンが激しくなるのは 徐々にでは、あっても
 減らしていきたいですね。」

JMさん「練習は出来るので、どこを気にしたら良いのでしょうか❓」
店長「そうですね、アプローチが良いのではないでしょうか。
 気にするポイントは 打った後、フォロー側 です。
JMさん「フォロー側❓」
店長「はい。特に片手で出来る程度のアプローチが良いかも知れません。

 インパクトに入る〜インパクト〜インパクト以降 の
 左サイド、左肩の動きに注目して下さい。

 インパクト以降、左肩を基点に 腕を振るようなスイング、ショットと
 カラダを回していくショット の違いが判るかと思います。

 コレが分かり易いのが 左手一本での素振り、ショットだと思います。

 YOUTUBE なんかにも 片手のスイング・ショットが出てきます。
 多くの「片手ショットサンプル」は間違ってると言うと語弊がありますが、
 良い参考例とは言えないですね。


 video_Moment3やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)(片手での素振り と クラブの格納_Moment(3) 
 フィニッシュに向けて こういう抜き方が理想です。
 カラダは廻り 左を向き、左肩、左サイドは
 テークアウェイの時と同じように
 アドレス時に対しての背後、後方に抜けるんですが、
 グリップはボール側に残る・・・そんな感じです。
本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(5)
(片手での素振り と クラブの格納_Moment(6)
 


対になるのがコチラ ですね。
 インパクトは体の正面で‼ とか
 カラダは開くな‼ の意識が強いとこうなりガチ です。

 クラブはどの道ターンしますが、
 それを 腕でするのか、
 カラダの向きでするのか、 の差は
 インパクト以降に強く出ます。

 左手一本での軽いショット、素振りをしてみて下さい。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「そう言う意味合いでも
 左サイド主導でテークアウェイを取るのは
 あまり賛成出来ないのです。
IMG_0272_Moment
 左肩を入れろ
 は 結果論としては間違っていませんが
 方法論としては その意味が
▽左腕を動かす、
▽左腕で『クラブを上げろ

 になってしまっていて、ナント言えば良いのか
 ダウンスイングでの
(左)腕余り』を作っている 
 に至っているケースがとても多く見受けます。」
Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment

質問「からだをもっと回せ は
 左肩をもっと入れろ
…だと思っていました。」



店長「それで悩んでいない、
 手振り、手打ちで困っていない のであれば
 それはソレですけれど、
 ダウンスイングでの 無駄なローテーションや手振り、
 ソレに困っている人の多くは テークアウェイの時点で
 そうなるように『上げて』しまっています。
会田20210701_Moment
 実際に困るのは ダウンスイングでの
 左腕余り、左腕の長さ が邪魔になっているのに
 より 左腕を長く使おう としている訳です。」

質問「そう言う意味合いで テークアウェイで
 右サイド主導、右ひじを外目に引け と❓」

店長「はい。 テークアウェイだけじゃないですが
カラダの向き をする モーターは
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment足廻り、お尻周り、になるとは思います。
思いますが、それの方向を誘導するのが
右サイド、特に右ひじ、右肩なんだと思います。
右ひじが曲がることで
 グリップを引っ張っている、上げているという感じではありません。

●右ひじを外に張る のは確かですが、
 それは カラダの向きを変えて
 右ひじの位置を アドレス時の後方、背後に
 ちゃんと動かす、大きく動かす と言う意味合いの方が強く
 肘の向きが下を向いてなければ OK と言う程度です。

👉カラダの向きが変わるから 右ひじが曲がる
 右を向くだけ でも グリップの高さは増しますが、
👉右ひじが曲がる分だけ、グリップが若干、高くなる
 グリップの高さも含めた 移動の主体は カラダの向き
 というコトになります。」

質問「右ひじの曲がりとフットワークは連動している と?」
店長「からだの向き の 方向を誘導しているのですから
 当然、そうなります。
 ですので 向きの変更が終われば 上がりも含めた
 グリップの移動も御仕舞いになります。
 この連動であれば 多少の惰性、慣性はあっても
 右向きが止まった後で クラブが大きく動いたり、
 悶絶クラブであっても 大きくシャフトがしなったりは
 しないと思います。
小堀20213_Moment

 ダウンスイングで 感覚的に振り遅れている多くのケースが
 左腕の『長さ』に困っている訳です。
 であるのなら 左腕が長くなるような準備 〜テークアウェイは
 再考してみる価値は有るのではないでしょうか❓」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「テークアウェイについて
 あまり話題にならないけれど
 実は 結構、重要なポイントがあります。」
質問「! なんなんでしょうか❓」
店長「ダウンスイング、インパクトで
 ヘッドやクラブを下に振ってしまう、
 キャスティングしてしまう、
 まぁ つまり 手で振ってしまうコトが原因で
 悩んでいる人って 結構、いるか と思うのですが、
 その 素地になるのが テークアウェイの中に潜んでいます。」
質問「結構、重要なポイントですね。」
店長「ですです。
 ダウンスイングで考えると
 カラダを回す 〜向きを変えるコト によって
 トップの位置で高かった グリップの位置を低くする、
 からだの回転と言う横運動でグリップの高さが変わる、
 正確には上下『運動』ではありませんが、
 横運動を縦運動に変換する作用…
 からだの回転によって グリップを変える、
 というのが ありますよね⁈」
質問「出来ているかどうかは分かりませんが、
 頭ではわかっているつもりの部分、ですね。」

 店長「それの 素地が テークアウェイにあります。

 テークアウェイを総称して 上げる
 ダウンスイングを総称して 下げる


 スイングは 上げて下げる だけだ‼
 という イメージ が有ると思うのですが
 その言葉は カラダを回すだけだ を本当は示唆しているのですが、
 アマチュアの多くは テークアウェイはクラブを上げるモノ、
 手や腕の作用によって クラブやヘッドを上げるモノ
 『上げる』と言う動作を強く意識している可能性
があります。」
質問「。。。意識 しています…。」
店長「ダウンスイングで起こる 振り遅れや開き など
 カラダの向きによる 時間の進行 からズレ
 その結果、ヘッド・フェースを返さなくてはならない
 と言うケースの多くの原因は テークアウェイであったりします。


 カラダが右を向くコト が
 グリップを、クラブを高くする メインエンジンで
 腕を使って それを 少し補助している だけ
 位置エネルギーを確保するのは カラダの向き で
 その確保された位置エネルギーを 帰りに当たる
 ダウンスイングでより 打撃に有効に使えるようするのが腕の役割
 なので 腕でクラブを上げたり、高くしたり はしない、
 と考える方が良いと思います


 アマチュアのスイングの中には
 カラダの向き ではなく
 腕そのもので クラブ・ヘッドを上げる方 も居ます。
 そう言う打ち方も悩んでいなければ それはソレ ですが、
 参考書的には お薦め には出来ません。

Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Momentからだの回転で 高さを造っていないと
ヘッドの遅れは ロフトの立ちに出来ません。
左右の腕の関係から 腕だけ(特に左腕)で上げ、下げ、
そして 帰りには 横運動である回転が混じってしまうので
ヘッドの遅れ は フェースの開き に転じてしまいます。 
 
 スイングタイプ的に
 深いトップ、俗に言うオーバースイング気味の人に多いですが、
 先に体を廻し、右向きの からだの回転が終わり掛かると
 その慣性や遠心力で 更に腕(特に左腕)やクラブを振る、振り上げるケースですが、
 これは 基本、腕(特に左腕)だけでクラブを上げ下げしているケース と
 変わりありません。
 慣性が加わって 深いトップになる分、
 無駄?不必要なヘッドの遅れが加わる分、
 より一層の ヘッドターンが必要になります。
 それらは ダウンスイング、インパクト、ボールさばきの問題
 ではなく、準備側に問題があると言うか、
 ボールを打つ、クラブを振る概念のミス と言えるかも知れません。
会田20210701_Moment

 ダウンスイングでからだの向き、回転通り グリップが低くなる、
 テークアウェイで 回転通り グリップが高くなる、


 アマチュア、プロ、それぞれ 全員って訳ではありませんが、
 あ この人 素人じゃないな ってのが
 そこら辺に出たりする訳です。」
質問「テークアウェイにおいて
 腕での クラブの上げ は要らない。。。と。」

店長「上がってしまう分は別として
 テークアウェイで 腕だけでなく
 クラブを上げる意識そのものが要らない
 と思います。

 特に 左腕でのアクション
 テークアウェイで左腕を「動かす」アクションは
 ほぼ要らない、邪魔になる要素だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「からだの回転について、ですが、
 テークアウェイを取る時、どこを、どうすれば良いのでしょうか❓」

店長「感覚的な部分もありますし、
 今まで培ってきたスイングの感じとの差異 もありますけれど、
 ✊ボールを打つため クラブをターンさせたい為、
 それを持っている 自分が右を向く のが目的です。
((((((((_Moment

 よく有りがちな 左肩を入れて、
 左サイドを動かして、 は忘れた方が良いと思います
。」

質問「右への体重移動もありますよね❓」
店長「あります…ありますが
 カラダが右を向いた『から』、体重が右に乗った✋に過ぎませんので
 アドレス時の 右左〜飛球線方向 の左右は
 意識しない方が良いかも知れません。

 腰や背骨、からだの負担を出来るだけ掛けないように
 右を向くには
 この動作の進行方向の前側に当たる/右サイドを動かす、
 右肩でも良いですが、右サイドを背後、
 後方に引く? 逃がす? 移動させる?

 どの用語が適切かは微妙ですけれど、
 左サイドになにがしか で 押す よりも
 右サイドのなにがしか で 『背後に引く』
 感覚の方が良いと思います。」

質問「右サイドを背後に引くんですね⁈」
店長「その方が良いと思います。
 カラダはつながっていますから
 右サイドが背後に逃がす、移動させると
 結果、としては左サイドも右に移動する、
 用語的に 左肩が入る になりますので似ていますが、
 左サイドで押す、左サイドを入れる を
 強く意識してしまうと、運動の前側に当たる
 右サイドが動かず、渋滞してしまい、
 ボール側に前傾が深まってしまう、ねじれたお辞儀
 になってしまったり、
 特に手で振る人にはお薦め出来ないですね。

 コレ、テークアウェイに限らず、ダウンスイングでも
 そうなんですけれど、手で上げてしまう
 手で振ってしまう って
 前側のからだやグリップ、腕が止まる、
 止まるからクラブやヘッドを振れるので
 前輪駆動の意識を強く持って良いと思います。


店長「ですので 右ひじを背後に引く、外に張る、
 は 右ひじソノモノを外に張るコトが重要なのではなく
 右サイドを背後に移動させるコトが主の目的です。

 右ひじがからだを動かす と言う訳では無いかも知れませんが、
 右サイドが背後に逃げるよう 誘導する目的が強いです。

質問「あああ なるほど。」

店長「別の記事 でも書いていますが、
 スイングの回転には 前傾角度が伴っていますが、
 ちゃんと カラダの向きを変えることが最優先で
 それによって 軸がある回転 になる訳ですが、
 それに前傾角度がある方が良いですけれど、
 それを意識し過ぎて 回転が妨げられるのであれば
 前傾角度がなくなっても カラダの向きを変える方を
 優先して欲しいと思います。

 ですので 前傾が深くなって、ボールに近づいてしまう
 テークアウェイ、トップを取っていた人にとって
 右サイドを動かす って言うのは
 ボールから離れるような…、
 カラダを起きるような…、
 そう言う感じになると思いますので
 そこは慣れてもらうしかないでしょうね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「からだを廻す のは
 具体的にはどこを廻す と良いのですか❓」


店長「…いつも通りですが、
 ちょっと長い前置き になってしまいますが、
 男子プロ、特に欧米選手の 真似 をする事に
 良いことは多く…ほとんどありません。
 場合によっては 害悪の方が多い場合もあります。
 勿論 昔からある 普遍的な部分は 良いとは思いますが、
 私たち アマチュアとは ドライバーで言えば
 100ヤードも 150ヤードも距離が違うのです。
 2倍とは言いませんが 1.5倍は飛ばすヘッドスピード
 ヘッドスピード 55㎳ の異世界のテクニックを
 40ms行くか、どうかの私たちが活用しきれません。

 想像出来るとは思いますが、
 今より 100ヤード、150ヤード飛ぶとしたら
 コースはもっともっと狭くなるわけですよね。
 ですので 主に そちらの技術が主になります。
 なんと言えば良いのでしょうか
 F1ドライバーのドライブ技術 を 日常の運転に
 活用しても あまり意味が無いのと似ている と言えば良いのか…。

 そして 彼らは 私たちの息子娘、孫 の年齢ですので
 カラダもしなやかですし、限界値もかなり違います。
 私たちと違って 選手である限り、からだのメインテナンスにも
 時間もお金もたっぷり使います。唯一の資本ですので…。
 そこは考慮して置いた方が良い…が話の始まりになります。」

質問「それはそうですね。」

店長「それを踏まえた上で、
 ごくごく普通のオジサンおばさんゴルファーが
 からだを廻す、向きを変える その主な部分は
 骨盤を含めた背中、胴体になる訳ですが
 背骨は上から 頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個、仙骨、尾骨
 で構成されますが、
✋よく言われる 腰を廻す の近くにある
 腰椎5個は 5個の合計でも 5度も捻ることが出来ません。
 
Spinal_column_curvature-ja.svg

 背骨で考えると 捻じるコトが出来る。。。
 あんまり お薦めは出来ませんが、あえて 言えば 胸椎
 で行うことは可能ですが、
 それは むしろ ひねられて『しまう』と言う程度で
 背骨、胴体を捩じろうとしている場合の多くが、
 背骨ではない、肩甲骨を動かしているケースが殆どです。
((((((((_Moment

 腰痛などの カラダの故障、痛みのコトを考えると
 カラダの向きを変える カラダを回す は
 捻じられる部分を胴体ソノモノにするのではなく、
 胴体は向きを変えるけれど、ねじられる部分は
 股関節 にするべき
 だと思います。」

質問「股関節 なんですか❓」

店長「そうです。肩甲骨を主に 胴体を捩じれば
 主に胸椎ではありますが、元々 ひねる と言う動作を
 あまり得意としていない 背骨が捩じられますので
 カラダへの負担、や無意識な恐怖から
 早くなってしまったり、浅くなってしまうコトも多いです。
 年齢を取って、距離が落ちてしまう原因 の一つに
 長年の腰痛などから 中断期間 が生まれ、
 復帰しても 怖くて 廻せない、捻じれない、になる訳です。
 やはり 本能的に 背骨が捩じられるのは怖いと思います。


 肩甲骨の可動域を増やす という話題が
 スイングの話しの中に 出てきたり もしますが、
 おそらく…ですけれど、可動域を増やしことによって
 背骨に対しての 捻じり、負担を減らす
 というのが 一番大きい のではないかと思います。
338321720240




 股関節は ざっくり言えば ボールジョイントのような構造
 を持っていますので 捻じられることに問題は有りません。
 動かせていれば 捻じる事に違和感が少ない箇所ですので
 加齢による 回転不足に陥り難い 方法・箇所です。

 ですので 飛ばす と言うトレーニングは勿論ですが、
 歩く、大股で歩く、太もも、ひざを上げる など
  股関節廻りのお尻や背中、
 大腿などの筋肉を動かす訓練が有効か
と思います。

 飛ばすことに 背中も含め、脚力という
 かなり大きな筋肉を使えるのです。
 使っていなかった人にとっては かなりのチャンスかと思いますね。
IMG_2813Trim(2)_Moment(2)
 からだ 👉胴体 になる訳ですが、
 それ自体を捻じる、ひねる、ではなく
 股関節を境とした 胴体ゴト 廻す は
 似ていますが、かなり違うと思いますし、
 筋力、体力の無い、運動不足ガチなアマチュアの必須動作 であり、
 ゴルフのせいで カラダを傷めるコトを避ける作法
 だと 私は思います✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テークアウェイで 蕕鮓く というコトは

右脚を軸足にする、というコトですので
この場合、右の股関節に体の重さを預ける
(全部じゃなく適度に…ですけど)
というコトになりますが、
その右の股関節は アドレスに比べ
アドレス時で言う背後、後方に逃げますので
実際にはしなくとも、イメージだけ ですが
もしも 体重移動を意識的に行うのだとしたら
アドレス時の左右方向ではなく、背後方向 と言う可能性も
否定しきれません。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment

✅私個人は かなりその意識はあります。


『右を向いた時の』右の股関節に乗る は

『アドレス時の』右の股関節に乗る とは異なりますので
少なくとも 右の股関節よりも背後に なにがしかの重さ
が無いと 乗り切れません。

実際には カラダが右を向くから 右に体重が乗る
のであって、アドレス時を基準に大きく右に重さを移す必要は
無いとは思いますが、これも取捨選択の一部になると思いますが、
もしも 意識的に体重を移すのであれば
アドレス時の左右ではなく
アドレス時の前後(ボール/背後)『気味

のような気がしてなりません。



例えば、、ですが、テークアウェイの右向きは
主に 脚、両脚主導かもしれませんが、
右の肘、右の上腕を使うコトによって
その方向を誘導し、右サイドが十分に動き
右の股関節に乗る と言う方法もあると思います。


傾きがあるとは言え
からだの向きを変える というのは
横運動、横移動の動きですので
それが阻害されてしまい、
屈曲、伸び上がり という
ちょっと複雑な縦運動 になってしまうのであれば
セオリーを無視しても
ボールから離れ 背後に重さを と考えて
練習や素振りをしても良いと思います。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment(2)

また 最終的に腕で振る、屈曲してしまう、
というのが解消されなかったとしても、
ちゃんと 右を向き、横運動と言う回転を体験すると
ダウンスイングの腕の通せる空間 や
反射ではなく、自分の動作で作り出せる時間
を体験するのは あとあとのスイング作りに役に立つと思います。

少なくとも クラブやヘッドの重さ は
ショットそのモノやショットをする為の動作 を
より良くするための活用するモノであって
その重さによって 奇妙な動きをせざるを得なくなり
それには事後、補正作業が必要になり
その補正作業を修練する為のモノ では無いと思います。

そう考えると 軽いヘッドや硬いシャフトは
その重さや影響が少ないので
奇妙な動作をさせられる効果も少ないですから
好まれてしまう というのも 半ば納得、半ば残念に思います
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「右向きが十分で無い
 と感じる要因のもう一つに
 切り返してから カラダは動かし始めるのに
 グリップを置き去りにしている時間があります。
 そうすると 自分のからだに対しては
 グリップは右にズレる訳ですが
 本来、その位置程度に回っておいた方が良い
 と言う感じですね。」
Yさん「意識して、と言う訳では無いのですけど
 ヘッドを残して とは思っていました。」
店長「不十分な右向き、屈曲では
 腕を、クラブを動かすスペースが十分ではない、
 そう言った本能的な動き なのかも知れません。

 この位 右を向いて置いた方が良い
 その位置の差、右向きの感じの差は
 かなり激しいですので 慣れる と言えば良いのか
 少しでも 右向きが増えると良いですけれど…。」
Yさん「今までのモノがテークアウェイと呼べるのか は
 別として、かなり起き上がった感じはしますね。」

店長「今までは ボール側に折れる というか
 ボールの方に近づくような感じですから
 ボールから離れる感じはどうしても否めないでしょう。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment(2)

 右向きをしっかり取る場合、
 右の骨盤よりも 背後側(アドレスに対して)
 カラダが行かないといけなくなります。
 慣れるまでは 奇妙な、違和感はつきまとうと思いますけど
 スイングの基礎運動である 回転、向きの変更は
 ある程度の量は確保すべきです。」
Yさん「右向きは箇所として どこから動かし始める感じ
 なのですか?」

店長「感覚的な部分はあるとは思いますが、
 やはり 脚の運動主体になると思います。
 ぼんやり ではありますが、
 左足、左太ももや膝をつかって左股関節を右に寄せる、 
 その押されたのと同様に右の股関節を背後、
 アドレスに対して後ろに逃がす
 そう言う感じになると思います。
 左ひざを右に寄せる感じ でも良いかもです。

 少々、大袈裟ではありますが、右に体重移動
 ではなく 後ろ、かかと側に体重移動する
 感じが 今は近いのではないでしょうか❓」

Yさん「後ろに体重移動の感じは分かり易いかも知れない。」

店長「右サイドを背後に逃がす誘導方向として
 右ひじを背後に移動させたり するのですが、
 そこが 運動そのもののエンジンではなく 操舵だと思います。

 胴体をひねる、肩だけを廻すタイプ
 だとしても、やはり下側 脚側も動いていないと
 屈曲とは言わないまでも 前に傾く、ボールに近づく傾向は
 強くなると思います。

 ある程度の年齢が行ってくると
 アンバランスな姿勢には忌避感が強くなりますので
 股関節主体の 向き になると良いですね。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment

 素振り、をする際、
 勿論、そのまま打って良いのですが、
 視線を切る、視界を変える、顔自体も右を向ける
 そうすると 右向き感が分かり易いですし、
 視界で 右向き量も判別し易い と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ハンドファーストという作法と リリースが
 相反する関係で有った訳ですよね。」

Mさん「まさにその通りです。
 右腕を伸ばす リリースをすると
 ハンドファーストでなくなってしまう…。
 今までは、ハンドファーストはリリースする『前段階』という
  位置付けでした。」
Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_MomentDesktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(2)Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(3)Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(4)






店長「リリースする。
 右腕を伸ばすと クラブが回転し、
 ヘッドがグリップを追い越す、
 そのフェースローテーションが 打撃であり、
 ボールの掴まえ、だったんですよね⁈」
Mさん「そうです。」
店長「一般的には。。。リリースする 目的の一つは
 クラブターン、フェースターンだと思うのですが…。
 それは カラダの向きで完遂出来ます。
 基本、そちらが本筋です✋
 ハンドリリースでのフェースターンは
 カラダの向きの代替え行為と考えて良いと思います。」
Mさん「! そうですね。」

店長「ですので 曲げた、短くした右手(右打ち)
 それを伸ばす、長くする、元の長さに戻す行為
 というのが スイング、打撃の種類を分けます。
 よく有る
〇右腕を伸ばし リリースすることによって
 ハンドファーストを解消する 👉ヘッドの返し
 ヘッドがグリップを追い抜くためにするリリース
👉この場合は、それをするのに 左サイド、左グリップ、からだの
 回転が止まるため、その代替えにハンドリリースする
…これを総称して 手打ち、
ハンドリリースと呼びます。

 もう一方 が
〇ハンドファーストを維持する為の リリースです。
 カラダの向きに対し、クラブを持った腕は
 クラブ、腕自身、運動によって増す重さによって遅れガチ、
 ですが、それをサポートするため 腕を伸ばし
 ヘッドではなく、グリップを押し、
 結果、からだの向きに同調して…
 傍から見ると 手は使っていないように見えるリリース
…こちらを総称して、
からだの回転とか、ボディターン、
 ボディリリース
と呼びます。


 ハンドリリースをして 手のさばき、右腕の伸ばしで
 ハンドファーストを解消、ヘッドをターンさせてしまうと
 それをするのにからだの回転からクラブを切り離す のも相まって
 からだの回転でクラブがターンをする仕事を奪ってしまいます。
 一方、ハンドファーストを維持する為のリリースは
 それソノモノでは クラブターンは行われていませんから
 カラダの向きの変更は必須になる、
 スイング動作は どこをとっても 必要なコトしかしませんし、
 不要、役に立っていない、機能の無いモノは省かれます。」

Mさん「ハンドファーストを維持する為のリリース…なんですね。」
店長「その通りです。
 ただし そのリリース「だけ」ではボールは打てません。
 ですので カラダの向きの変更が必要になります、、、
 主としてのからだの回転があり、
 それに補足して ハンドファーストを維持するリリースがあります。
(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(2)








 ハンドリリースでクラブをターンさせる場合、
 それだけで ボールは打ててしまいます。
 からだの回転は主として必要ではないのです。
 そこが 主に 手打ちとからだの回転の違い です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「
からだの回転 が絶対と言う訳ではありません。
 痛みが無く、安定して打てるのなら
 手打ちだって 立派なゴルフの打撃です。
 ですが 手で振る振り方は
 胴体をひねる という高齢のゴルファーには
 恐怖や痛み伴い易い打ち方であるため、
 どこかの時点で 急に飛ばなくなるケースが少なくありません。
 また、手で振る振り方の場合、
 右打ちの人であれば 右腕を伸ばすことでする
 「リリース」が打撃の要(かなめ)になる訳ですが、
 それは シャフトの長さが半径になり、ヘッドの回転が伴うので
 そのヘッドの上下の変化、ヘッドの姿勢など 微調整が必要です。
 インパクト という 瞬間、
 ドライバーで言えば 1/2500秒以下の瞬間に
 理想通り にするには
 かなりの練習頻度、練習量が必要ですし、
 それを維持するには メインテナンスとしての練習頻度が必要になり
 元々 手首や肘、腰などに負担のかけやすい動きの為
 そのスイング・ショットのメインテナンスの為の練習で
 カラダを傷め、故障してしまうコトがとても多いです。
  カラダに不安の無い若者の打撃法  と言っても良いかも知れません。


 
 とりあえず ですね、
 手打ち から からだの回転 への移行
 には技術的な部分よりも先に
 感覚の修正が必要になります。

 恰好、姿勢、形がどう と言うよりも
 肝心なのは ボールをさばく、この瞬間
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment
 このアングルで言うと
 クラブが右脚から左脚の間を通過するトコロ、
 ここがインパクト前後 に該当する訳ですが
 ここでの クラブをナニで動かしているか
〇手さばきなのか
〇からだの向きなのか、 
 それが 手打ち と からだの回転 の違い で
 乱暴に言えば ここ以外の前後はどうでも良い
 ここ以外の姿勢とか形はどうでも良い
 と言っても良いでしょう。

 ココの部分を カラダの向きでクラブを動かす『為に』
 テークアウェイがこうであって
 トップの位置、ダウンスイングがこう…であるのであって
 形が先にあるモノではありません。


(片手での素振り と クラブの格納_Moment
✋そこで… 感覚の修正の為に、ですが
 素振り で良いので こういうイメージを持ってください。
 アドレスの向き、ターゲットラインに対し、
 ボールへの垂線を引きます。 コレをブレイクラインと仮称しますが、
 このブレイクラインをグリップエンドで割って下さい。
 
 おそらく…ですが、インパクト付近で
 グリップエンドが自分を向いている
 そう言うモノが『インパクト』だと
 ぼんやりと認識していると思うのですが。。。

 それと 90度異なる グリップエンドを飛球線に向けたまま
 ボールを追い越すのです。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

 空振りする
 当たらない
 届かない
 スライスになる

 そう感じると思いますが、
 その感覚の差 が
 手打ち と からだの回転 の差 です。

 クラブがターンするのはからだの向きが変わるから、であって
 そこを手でターンさせたら、からだは止まります。


 ブレイクラインを グリップエンドで割る、
 飛球線にグリップエンドを向けたまま、
 そんな感覚で ボールに届く、当てる、打つ、
 には カラダを回し続けなくてはなりません。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment
 届かない、当たらない、打てない、スライスになる、
 そうかも知れません。。。。が
 そこで 手でクラブをターンさせても 堂々巡り になるだけです。

 ブレイクラインを グリップエンドで割る、
 飛球線にグリップエンドを向けたまま、
 でどうやって ボールに届かせる、ボールに当てるのか、
 スライスさせないのか、を模索する必要があります。

 そう考えると ソコを手でクラブターンし、
 スライスした、とか 飛ばないとか で
 ソコを治すコトを繰り返してきた、のではないかと思うのですが、
 手でクラブをターンさせることを前提に進んできた
 始めの一歩、一番始めのボタンの掛け違い なのだと
 気付くことが ものすごい大きな進化になって行きます。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Mさん「ちょっとスイングに悩んでます。
 手打ちから脱したいと思っているのですが、アドバイス下さい。」
店長「はい😊😊😊では打ってみて下さい。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(2)
 おおおおおおおおおお。」

Mさん「どんなです❓」
店長「そうですねぇ、軽いヘッドの、硬いシャフトのクラブ
 であれば そう言う打ち方もアリ かも知れませんが…
 ま、それにしても腕力は要りますけどね。
 重いヘッド、柔らかいシャフトのクラブであれば
 そう言うクラブさばきは苦労しちゃうと思います。」
Mさん「具体的にはどんなトコロです❓」
アドレス1
店長「ゴルフクラブって ものすごく先に偏重した構造の長い棒、
 じゃないですか、弊社の悶絶クラブは それが強調されていますが、
 どのクラブであっても その偏重しているのは同じです。


〇からだの回転 というのは
 カラダの向きの角度が主体になって
 グリップの動く量…この場合は角度ですね
 それに対して ヘッドが同じ、もしくはヘッドの重さ分
 移動する角度がヘッドの方が少ない
 というコトを指して
 手打ちが悪い とは言いませんけれど、あえて言うのなら
からだの向きとクラブが同期しない、
 グリップの移動に対し、『移動角度』として
 ヘッドの方がたくさん動く、
 カラダに対し、クラブ(シャフト)が独自に動き
ます。

 ゴルフクラブのその偏重した特性上、
 ヘッドの方がちょっとでも多く動くと
 その動きは止まらなくなってしまいます。
少し乱暴な言い方をすれば振り子
からだの回転と同期せず、シャフト、クラブが
1度、この場合は角度の度数ですが
1度でも動いたら もうクラブ自身の回転は
 止められなくなってしまう と言えば良いでしょうか。」

Mさん「。。。。。。」
店長「分類付け はどうでも良いんですけど
 手打ちは腕力や握力に非常に依存しています。
 その上、距離を目指すと方向が、
 方向を重視すると距離を犠牲に、と両立が難しく、
 また ボールさばきにフェースローテーションが必須、
 伴ってしまうので アプローチの苦労から逃れられません。

 Mさん は 既に 素振りの時点で
 グリップを止めて ヘッドを動かす、
 シャフトを振ってしまう事前動作があるので
 それはそこで止まりませんから
 全体像として 手で振っている、シャフトを振っている
 になってしまうんですね。」

Mさん「素振りがダメ、なんですか❓」
店長「素振りというよりも ワッグルに近いモノ
 と思うんですが、何気なくですけれど
 インパクトをこうしよう、クラブをこう動かそう、
 と言う存在的なイメージの具現化の部分が良くないと思います。

 遠心力 との付き合い方があまり良くない気がします。」

Mさん「遠心力は使うんですよね⁈」
店長「使わない訳では無いですが
 スイングの造り方もそうですけれど
 スイングの👀見方👀を見誤らせてしまう要素でもあります。」
Mさん「どういうコトです❓」
店長「例えば ですが
 Mさんのやっている素振り、ワッグルに近いモノ
 ですけれど、素振りの時点で
 ヘッドをボールに届かせようとしていますよね❓」
Mさん「はい。」
店長「で、実際にショットする時は
 素振りの時よりも 速度も速く、勢いも付いていますから
 より遠心力が増し、
 よりヘッドやクラブは膨らもうとします。



 実際のスイングをなぞってしまうと
 不可抗力が加わる分、そのスイングの動きにはなりません。」
Mさん「あああああ・・・。」
店長「ショット、スイングをした時に
 遠心力…膨らもうとするチカラ が加わることを想定して
 スイングを造っていないと その形にはならない
 というコトです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ