◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:からだの回転


 

テークアウェイにおいて
シャットを作る感覚はとても良いと思います。
ダウンスイング、そしてインパクトで
 そのシャットを維持するのには
そのスイングの続き、には 上もある のです。

どこかの記事で ダウンスイングでグリップを下げる、
もしくは 切り返しでまず、左肩を上げる、 をすると
その続きには グリップを上げるに代わる
インパクト以降、スイングには上行き が残っています。
自分では下げていたつもりが 時間とともに
それは 上げる に代わります。

◌左サイドを止めてしまう
◌カラダを止めてしまう
◌フェースターンをしてしまう

 スイングの特徴に グリップの止まり があります。
✋グリップを移動させ続けるコトが
 カラダと腕の同調、同期につながって行きます。
 特に その移動 にとって
 グリップの上下、高さ、の止まりは天敵です。
 
気持ちは分かるのですが…
 フックやスライス に困っている人は
 その グリップの高さ移動の止まりも その原因の一つ です。
((アプローチどりる_Moment

 この場合、シャットは 上に向かっても
 続けていく意識の必要があり、
 それは ヘッドを上に‼ では上手く行きません。
 グリップを上、(斜め上)に‼ というコトになります。
2021-12-06_22-21-54_Moment2021-12-06_22-21-54_Moment(2)2021-12-06_22-21-54_Moment(3)






 ですので ちょっとオーバーではありますが、
 両手に 🉀などを持った シャドースイングにおいて
 トップで やや右が上気味で 下を向けていた本が
 (表紙を下に向けておく?)
 (表紙は常時、外に向けておく)
 フォロー、フィニッシュでは前を向く、ような
 左腕、左グリップの上りが必要です。
2021-12-06_22-21-54_Moment(4)2021-12-06_22-21-54_Moment(5)










    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先ずはコチラをご覧ください。

スイングの全体像としては
 概ね良い動き…に思いますが、
 ウッド〜アイアンのスイングの違い
 を見る限り、何かに悩まれて 改造中というか、
 ナニカのトライをされているように見えます。

その概要については 伺っていないのですが
 動き自体は ウッド〜アイアン共に共通ですが、
 ウッドは よりからだを止めてしまう形の
 パンチショットのような形になってしまっています。
((JMさんのゴルフスイング 2021.10._Moment(3)

フックや引っかけ、またはスライスが出ない為の予防なのか
 それとも 何か別な目的があるのか は 読めませんが、
 雰囲気…からすると もっと からだの回転で振ろう、
 手で打たないようにしよう
、の流れの中のような気がします。

 手で振らないようにしよう、の意識が 
 逆により手で打たなくてはいけない状況を作ってしまっている
 感じです。 どちらが先で、どちらが後か、は分かりませんが、
 このインパクトの造り方だと どうしても
 振るのと、からだが起きる(伸びる)のが対になってしまいますから
 フェアウェイウッドなどのミスは増えてしまう…かも知れません。


✋それでは、4スイング目 時間で言うと 0.18秒以降の
 青い画像のスイングをご覧ください。

 ダウンスイングの途中に「瞬き」を入れましたが
 ここで からだの回転と腕の振り に動作が入れ替わっています。

 折角、シャット目にテークアウェイを取ったのに
 ダウンスイング前半で移動してきたグリップの移動経路が
 ダウンスイング後半で フラット目に変わる必要が生まれ
 (フェースターンが必要になってしまうため)
 シャットに上げていた効果が無くなってしまっています。
((JMさんのゴルフスイング 2021.10._Moment

 ダウンスイング前半に
 からだの回転に伴う、左グリップの下がり が無い為
 グリップの移動量が足りず、結果、
 本来は からだの回転で出来ていた クラブターンを
 利用出来ないが為の フェースターン という
 なんと言えば良いのか、手で振らないようにする意識が生む、
 結果、手で振らなくてはならない
 ゴルファーの典型的なジレンマ 
のように思えます。

おそらく…ですが、ゴルフ歴もほどほど長いと思いますし、
スイング動作としては、ある程度 完成? 固まったモノ に
なっているので 「ハイ これで魔法のように」と言う処方
はありませんが、幾つかヒントになる処方箋を
  少し書いていきたいと思います
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずはコチラから


だいぶ 振れる ようになって来ていると思います。
((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(6)

ご本人いわく
『左肩を上げる』がヒントになったようで
始めは 「え?! 上げるの? 下げるんじゃなくて???」
???マークが頭を取り囲んでいましたが、
実際、トライしてみると
「あああ 左肩を上げるように動き始めると
 左腕が下がって つっかえにくい、と言えば良いのか、
 からだの回転と同調し易い のか」
と。

左肩を上げる、縦に廻るような感じ
とは言っても やってみると
回転通りに回っている訳で
先頭に位置する 左腕、特に左肩、左上腕がツッカエ
渋滞してしまい、その結果、腕で振ってたんだ
というコトが「気付いた」のです。
((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(3)((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(4)((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(5)





また、切り返しから 左肩を上げる感じだと
左腕だけでなく、腕と体の中間に位置する肩が動くので
からだの回転もスムースに始まる感じ、だそうです。

手を下げて"から" クラブを下に振る-『時間』
がありませんので 立ったロフト
 上から入るインパクトが作れますから 飛ぶ…かも❓


 ココから先は 支部長と同じで、
インパクト付近で カラダ(骨盤)が止まる
肩の回転と胴体(骨盤)の回転が別れてしまい、
肩だけが廻る感じになってしまっていますが、
ココは怖がらず 胴体、骨盤ごと廻してしまった方が
ヘッド姿勢や挙動、全体の流れが運動速度は速いですが、
穏やかになりますから 安定感も作れます。

また、私たちの年齢では 腰回りに負担がかかる
 というのは 怖いモノです。
ですので その危険も回避できますから
 左肩を動かし始めたら、遠慮せず
ドカンと左を向いてしまいましょう。
((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(6)
インパクトでは 少し腰、骨盤は左を向いている…
 やや開いている位の感じで良いと思います。

このケース がそうか、とは言えませんが、
「インサイドアウト」を意識するあまり
外に振りだそうとする人が多いですが、
カラダは左を向くのですから
 もっと 茲某兇辰討靴泙Υ兇検,良い人も居ると思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


手で振っちゃえ
 でも からだの向きと同期してね
 の話しで 鍵になるのが
 手は振っちゃうけど
 ヘッドは振らない  …って意味不明かも知れないけれど 
 ポイント になるのは
『スイングの 丸い軌道、
 その下半分に クラブを 手で 入れない』

 と言う意識です。
(本日のゴルフスイング 20211007_Moment

いやいや 結果的には入りますよ。
 でも 手で入れないんです。

✋届かないじゃん

✋そう 届きません
 だって それ からだの向きの仕事 ですもん
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment

手でする仕事は ここまで
つまり 手でする仕事は
 手、腕自身を動かす、この場合は下げるコトで
 手、腕に対し クラブのなにがしかの角度を変えるコト
 意図的に 腕に対してクラブを動かすコト はしないのです。

届かない…から カラダを廻す んで
それ 手作業で届かしてしまったのでは
永遠に 手振りから逃れられないんです。

手は 手自身を動かすのが役割で
 円を描くのは からだの向きを変えるから ですし
 その円がボールに届かせる のです。

円の下円半分を 手で振ってしまったら
ヘッドの軌道
フェースの向き
ロフト
ともに 繰り返し辛い 無限のループが待っています。

人間は機械じゃないので
 下円を手で振ったら それに釣られて
 (ゴルファーの大好きな遠心力が悪く働く代表例です)
 当然、姿勢も崩れ易い、崩れます、から
 より一層、からだが止まってしまう… のですよ。

もう一度 言います。
(本日のゴルフスイング 20211007_Moment
下円半分には 手でクラブを入れません。
ですので 下円しか 存在しない アプローチの時、
手で振るのは勿論、率先的にやる人は少ないと思いますが、
カラダを止めて、肩だけで振るのも
手で振っているのと同じです。

✊円運動は 向きの変更 です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


交通標語のようで申し訳ないですが、
 からだの回転でクラブを動かす の
 最大のメリットは
 クラブの機能を活かせる、活かし易い というコトです。

逆に 手で振るコトのデメリット は
 クラブの長さ、ヘッドの重さ、重心距離、重心深度、
 シャフトの柔らかさ などが すべて
 悪い意味の「重さ」 負荷…負担になってしまい
 それを処理するには 絶対的な体力、特に腕力が必要
 それらのパワーを持て余しているのであれば
 他人から何か言うことはありません。
フェースローテーションのないゴルフスイング_Moment(3)

 また、ドライバーショットで言うと
 そのインパクト、ボールとヘッドの接触時間は
 平均的なアマチュアであったとしても 1/3000秒以下
 もっと短時間である可能性があり
 フェースローテーションは
 フェースの向きだけでなく、ロフトやヘッドの入射角度、
 また その手作業で変化するからだの姿勢 など が
 大きく変化し易く、からだの回転に比べ
 そのバリエーション、組み合わせも無限に存在する為、
 インパクトで再現性高くするためには
 絶対的な練習頻度と量が必要になる
・・・のですが、
 それもまた楽しい と言うのであれば、何も言うコトはありません。

運動能力や運動神経にも自信の無い
初めてゴルフにトライする方が あんまり進むべき道
ではないような 気もするのは 余計なお世話でしょうか❓


兎も角、クラブの機能を出来るだけ活かす為、
 からだの回転通りにクラブを移動させる は
 決して 腕を使わない、
 腕を動かさない ではありません。
👉腕を使わない で からだの回転『だけ』で
 と言う意識では 結果として、必ず 手で振るか、
 ボールが打てない(当たらない)か
 
のどちらかになります。

クラブを振る と言うのが言葉として伝わるか、は微妙ですが、
クラブ(ヘッド)は振りませんが
手は振らないと クラブの重さとからだの回転がつながらない
で 単に体の向きを変えるだけ になってしまいます。
✋スイングの目的は ソレ じゃないですから
スイング ココを治そう❹_Moment(3)スイング ココを治そう❹_Moment(4)






からだの回転で! を意識している その時点で
もっと 手は振って良いと思います。
その振っている手に 同調させて からだの向きを変える
そんな感じの方が良い
 と思います。

伝わり難いニュアンスなのですが、
手はやや上下気味に振りますが、
(ヘッドの遅れを縦の作用にするため)
👉ヘッドは上下には振らない
👉グリップは上下に高さを変化させますが、
 ヘッドは 意識的には上下に動かさない

そんな感じです。

例えば 右打ちの人で
クラブを持たず 素振りをしたとしたら
ダウン、切り返しから 
自分に向かって…手を通すことを考えると
前傾した その空間に(体よりもややボール寄り)に下げる
のですが、このまま では 腕がからだに当たります。
そのタイミングで 一気に左を向いて
自分では下げていた「筈」の腕が
結果、としては 上げる で終わる感じです。
下げる → 上げる と言う意識ではなく、
下げたら その延長線上が上に向かっていた
 
と言う感じです。

トライしてみると分かると思いますが、
腕の振り始め、に比べ からだの動き始め が
今までよりも だいぶ遅いタイミングに感じ、
かつ 左をしっかり向かないと 腕の通す場所、逃げる場所を
確保出来ない……  そんな感じです。
手で振る(フェースターン) もっとも悪い効果は
クラブを捻ってしまう、倒してしまうコト で
俗に言われる スイング軌道、ヘッドの進むべきルート
に対し 常時、とは言わないまでも ロフト角度、ライ角度、
簡単に言えば フェースがその軌道に対峙している、
出来るだけ その変化が大きくないコトがポイント
それを守るのであれば
「感覚」として 手を振ったんだけど、
カラダの向きと同調されて クラブは捻じられていない
そんなイメージの方が 移行し易いのではないかと思います。

クラブを振っちゃえ じゃないよ✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ターゲットゲームであるというコト
動作の源は円運動、向きを変えるコト であるコト

ゴルフショットには 右曲がりや左曲がり という
コントロールというか、ある程度抑制の必要なボールの回転
がありますから それらを考えると
からだの回転、向きを変えることは
 
クラブを丸く振る、ヘッドで円を描くコト ではなく
 ヘッドの移動の源になる
 グリップの移動距離を稼ぐためのモノ
 である
 と考えるのが 一番素直な答え だと思います。

◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(4)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(5)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(6)










ゴルフクラブの構造は
 先端の異様に偏重し重さがかかっていますが、
 その重さであるヘッドは
 自分側に鎌首ももたげています。

テークアウェイ、トップで
 俗に言われる 腕をたたむ、
 クラブヘッドまでの距離を短くすると
 重さは軽くなります。

ダウンスイング以降、円運動をして
 ヘッドに遠心力がかかり、外に膨らもうとして
 円が大きくなりかかっても
 ヘッドは自分側に鎌首をもたげているので
 あるところまでは 長くなろうとしません。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

円運動、は 前傾姿勢はありますが、
基本的には横移動、横への運動です。
しかし、前傾姿勢の有る円運動
 そしてクラブの構造を利用すると
 アドレス時の前傾姿勢以上に
 グリップの移動円はアップライト、上下の移動に変わり
 クラブが短くなっていることも伴い
 より直線に近いルートを取るコトが可能です。

それでも ヘッドの重さはありますが、
 横運動である円運動を 縦に変換してあげると
 勿論、ヘッドは遅れますが、
 その遅れを 縦の遅れ 〜ロフトの立ち にしてあげるコトが
 可能になります。
◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(7)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(8)










グリップの移動はより直線に近いモノ
 それによって ヘッドの描く円弧も緩く、
 直線とは言えませんが、緩い円弧になります。
ターゲットスポーツ向きだと思いませんか❓

✋もしかすると スイングの円弧を大きく の真意は
 コレ なのかも知れません。
 円弧の半径を大きくする、
 クラブを長く使う、 には弊害が多過ぎます。
 おそらく 解決には より大きな力が必要です。
 結果、としては似たモノになりますが、
 よりグリップを直線に近いモノに動かす
 👉出来るだけ 目標、ターゲットラインに沿った
 からだの向きで グリップの移動距離を稼ぐ
 が 最終的に 円弧を大きくする なのかも知れません。

円運動で そのまま 円、前傾姿勢が有るとは言え
 その円弧をなぞって 横に遅らせてしまえば
 遠心力は より円弧を膨らませようとしますし、
 クラブヘッドが鎌首をもたげている効果は負荷になってしまいます。
 その遅れは フェースの開き にしかならず、
 インパクト前に 基点になる左サイドを止めて
 フェースの向き、ロフトの向きを戻す必要が生まれます。
 ヘッドを速く動かそう とすればするほど
 そのヘッドは重くなり、ヘッドターンにはより力が必要になります。
 多くのアマチュアの悩みじゃありませんか❓

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



多くの方のゴルフショット、ゴルフスイングの悩み、
 ゴルフクラブの悩み、
 その起源は 技術的なモノや運動性能によるモノ、ではなく、
『ショットって こう言うモノ』
『スイングって こう言うモノ』

と言うイメージや概念によるところが非常に大きい、と思います。

スイングやショットが良くなる場合 であっても
新たに ナニカの技 を仕入れたのではなく
既に 持っている技と言えば良いのか、動かし方を
違う『目的』の為に使って…と言う行程、結果で
 スイングは変ります。

簡単に言ってしまえば
 ゴルフスイングを、
 ゴルフクラブの使い方を、
「思い違い」「勘違い」「誤って思い込んでいる」
 のが スイングの、ショットの悩みの殆ど、です。

練習場にて 比較動画_Moment
手品で言うと トリックの種明かし になる手、
その反対の手を大袈裟❓ 派手❓ に動かし、
ネコ騙しにして 気を引き付けるような、惑わせる…

⛳ゴルフでは それに相当するのが『回転』です。
回転そのものの誤解 ではなく
回転する目的に対する誤解 です。

確かに 運動としては 回転運動は「します」
しかし、ゴルフはターゲットスポーツ です。
飛距離、飛ばしが大変魅力的なのは確かですが、
 高頻度で、似たような方向に、似たような球が行かないと
 毎回、異なるシチュエーションでショットする訳ですから
 計算が立ち難くなります。

 飛ぶ道筋(弾道)は真っ直ぐではありませんが、
 打つ方向、目的地は 明確で、
 頭の中では 打つクラブを決めたりするのに
 距離計算が必要ですので直線で考えます、よね?
Image20201006185024 (002)
👉ゴルフクラブは 1mを超えるような長さ があり、
 その先端には 全体の6割を超える偏重し、備わっています。
👉打撃部であるヘッドには 角度を含め 打面(フェース)があり、
 距離を決めたりする為の 角度が備わっています。


非常に歪な、偏重したゴルフクラブに
 方向や距離を決める 角度が 付いている
✋ のです。

自分自身の運動は 回転運動かも知れませんが、
それは ゴルフクラブを回転させるため のモノでしょうか❓


ゴルフクラブに回転を(必要以上に)加えると
 その構造から 想定を超える 遠心力が発生し、
 その遠心力は
 打つ前であれば ボール方向と、
 打つ直前、直後 であれば 打ち出したい方向と
 直角とは言えませんが、非常に大きく異なっています。
(スイングのイメージを変えようと… アレン痔版_Moment(4)(スイングのイメージを変えようと… アレン痔版_Moment(2)(スイングのイメージを変えようと… アレン痔版_Moment(3)





多くの方は 
スイングは回転運動だから
 クラブを回転させる為 や
 ヘッドに円弧を描かせる為
、  場合によっては
 ヘッドの重さに遠心力を加える為
 それを目的に回転運動をする
 と信じている人が少なくない ような…気がしてなりません。

その遠心力は スイング/ショットするコトに対して、
 全く利用しない とは言えませんが、
 それを強く造ろうとすれば 運動の負荷にしかなりません。
 重さも余計に増える上に、その方向が大きく異なるから、です。

そうすると 元の回転運動に対し、
 先端の重さ部のヘッドが、
 そして それに伴い グリップが 遅れていきますから
 右打ちの人、であれば、からだの右にズレていきます。
遠心力が増すコト によって 円弧が大きくなりますから、
 ヘッドの部の道のりが増える、弧が大きくなり過ぎる、
 弧が「早く」大きくなり過ぎる、と言うのも原因でしょう。
 
(シャンクの原因でもありますね)
硬いシャフトを無理に振れば、円弧は膨らみますが、
シャフトが硬いですので ヘッドと遠心力が揃うコトにならず、
本来 打点が来るべきところに ネックがある…って具合です。


その結果、からだの右にずれた ヘッド、やグリップ…
 それでは フェースも右を向き、ロフトも増えます。
 ハイボールのスライス、場合によってはシャンク、
 それでは 飛びませんし、
 一般的には スライスは初心者の証し…
 それを克服するコトが ゴルフの上達 と思っている?でしょ?

     それでは 
Asta manana✋✋✋


NSAJ17


主題とは別ですが、その勘違い、
フェースが右を向いているコト →スライス  が問題なのではなく、
ロフトが開いているコトが問題 なのです。
ゴルフクラブは構造上、その二つ フェースの開き〜ロフトの開き
は非常に親和性が高いのですが、
長い年月、からだを傷めず、ゴルフを楽しんでいくには
主の問題は フェースの開き ではなく ロフトの開き
 だと認識する必要があります。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


二度と見れないRさんのスイング…
かも知れません。
冗談です。冗談です。


コレもスイングの変更にアリがちなパターン ですが、
フェースターンが強い人、ハンドリリースが強い人 は
それをするため 左サイドが止めている、止まっているコト に
 気付いていません。
(22171_Moment

よく考えれば フェースターン、ハンドターン、
ハンドリリースをするのには 左サイドが止まり、
左グリップが止まっていないと 出来ない と分かるのですが、
習慣とは恐ろしいモノです。

 インパクト直前〜インパクト〜インパクト以降
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Momentフォローまで 左グリップの高さを留めよう とする習慣が
筋肉の、動作の記憶として残っています。 
  左グリップが低いまま というコトです。

ハンドリリース、フェースターンの強い人のフォローは
クラブを地面と平行に振り抜くような形 になりガチ です。


そこで 怖いとは思いますが、
 左グリップは 下がった経路通り、
 インパクト以降、いや インパクト以前位の気持ちで良いですが
 (特に左上腕)思いっきり 上げて下さい
 まあ 下がった経路通り、その流れ ですけれど…。

それが 左サイドの止まり防止、
 向きの変更の継続につながります。
 安定して 正しい意味合いでボールをつかまえ
 カラダを傷めず『ボールを飛ばす』
 最後まで からだを廻す になって来ます。
 怖いでしょうけれど🤗

さらに… 大きく振りたい、
 フォローを長く取りたい、
そういう気持ちは痛い程判りますが、
 それを実行するには
それとは全く反対の「あくまでも気持ち」ですが
 左グリップは カラダから離さず
 出来るだけからだの近くで『高くしてください』
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

そうすると 短くなっていたクラブが、
鎌首をもたげて 溜まっていたクラブが
インパクト、インパクト以降で 一気に長くなります。
そこで 遠心力が大きく働く のです。
それによって グリップの上げ意識 に反して
ヘッドは 飛球線方向にボールを追うように
 低く、長く 取れるようになり
飛球線方向に 長い、大きなフォローになります。


それを体験すると 遠心力を使う箇所 が大きく異なる、
全然 早かった コト に気付きます

そういう意味では 慣れ というか、
それらの意識を持って ボールを打つ回数 は必要です。

上手く当たらなくて、合わせに行く というのも
カラダを止め、手先での調整に移行しますから
元に戻って行くのと同じです。

 カラダの向きを変えるコトは重要ですが、
それは どう腕を振るか、どうクラブを使うか、
ヘッドの遅れを縦に使うか、横に使うか によって
カラダの向きの役割は変わってきてしまいます。
(こする つかまえる_Moment(3)

頭を切り替えて、からだの回転で打つ のは
 腕の使い方次第、振り方次第
 と考えた方が良いかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


長らく フェースターンで強いショットを打っていた人、
 過去であっても フェースターン系で飛ばしていた人、
が ほぼ完全な『 ボディリリース』に推移するには 段階が必要です。
(進撃のRさん)_Moment

おそらく Rさんも今頃、練習場で
 悶絶では無いと思いますが、なんと言えばよいのか、
 飛んでない訳では無いけれど、こう実感が湧かない というか
 打ち応えが無いと言えば言うのか、物足りない と感じている
 と思います。

円に振り重くなった、クラブの、ヘッドの重さを
 止めた左サイドに対し、利き腕の右手で
 非常に短い、瞬間の技 で 何万球も打っていた のですが、
 それを 鈍感で、筋力の有るからだの向き、
 主に お尻や脚、背中に かなりの比重で仕事を
 取られてしまったのですから やむを得ません。


ですので 右手で叩いてしまいましょう。
 ダウンスイング後半、インパクト直前 ではなく、
 切り返しから『いきなり』です。
IMG_1632_Moment(2)

ただ 条件としては 左サイド、特に左上腕を
どんどん動かし、リンクして動かし、
 決して止めてはいけません。 危険です。

切り返しから右手を 使い始めたら…
それと同期して 左肩を上に逃がします。
 その後は もう一気に左を向くだけ です。
右手の叩き、右手の伸ばしは
 切り返し直後 に使うだけで あとは脱力ではありませんが、
 特に力がいるような ナニカはありません。

ヘッドの遅れを縦に行う と言う意識で
左サイド・左上腕が渋滞を起こさなければ
フェースは下を向き易く、
左肩を上に動かしているつもり でも
早い段階にインパクトが来るので
 左サイド全体が低い打ちに クラブは下がります。

意識としては 左肩は上に動かしている のですが、
それは 単に からだの向きの変更と
 左腕の付け根である左肩が連動している だけ です。

よって ヘッドの縦の遅れは
 フェースの下向きでの遅れ 👉ロフトの立ち になりますし、
クラブは アドレス時の元の長さよりも
 内側、中側の経路を通りますから
 そのまま インサイドから、上から になります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


利き腕(右手)で叩きたい快感を活かすには
先頭に位置する 左サイドを止めないように^^
前が閊えると ミスも出ますし、からだを傷めます。

  次にRさんから 送られてくる映像が楽しみです🤗



以前に比べると かなり インパクトポイントが
左(進行方向)になりましたね🤗

手の浮きも減りましたし、
待望の からだの正面でのインパクト
(おそらく 全く意図していない と思いますが…)
(進撃のRさん)_Moment
このまま定着するといいですね

気にすべきポイントは
右手の動きに対し、先頭に位置する左サイドが
追いつかれないようにするコト でしょう。

叩きたいのであれば
トップの位置を もう少し深く の方が良いかも…。

おそらく 十分、満足の飛距離は得られると思いますが、
練習していて 陥り易い点は
飛ばしたい →強く動かしたい〜速くヘッド動かしたい で
飛ばしのポイントは
速く」ヘッド振るコト でなく
「早く」インパクトに辿り着くコト です。

後者の方が ロフトも締まり易く、
経路も短距離、円弧も長くなるのが遅いので
結果、として 「回転も速く」『なります。』
発想の違い(脳内革命) というか、見方の角度を変える のです。


インパクトを正面に…出来ない、とか
ダウンで手が浮く…
カラダが起き上がる…

 という Rさんにとって、
 または 別なゴルファーにとっての悩みも
 それぞれの動作を意図的に、ワザとやっている訳では無く
他の別な要因があり、ボールを打つため、
当てる為、目標方向に飛ばす為、
仕方なくやっている、必然としてやっている
反射行為のような、何かに対する後処理です。

ですので 速く周る、速くヘッドを動かす のを
その仕方なくやらされる、そうなっちゃう に
仕向ける 事前動作 があれば
速く周らなくてはならない
正面で打たざるを得ない は 必然 でやって来ます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


現在、アプローチでAさんにもトライして頂いています。

 ✋Rさんもココに引っかかったまま ですね…💦

ドリルと呼べるか微妙ではありますが、
 実感して頂きたいのは
 如何に 自分の左サイドが止まっているか❓
 左サイドの壁 を勘違いしているか❓ の部分です。


このドリルを行う上で ひとつ 座学 をしてみましょう。


何故 スイングは 円弧が大きい方が良い
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Momentと言われているのに、
トップやテークアウェイにおいて
手首で行ったり(コッキング、スナップ)、肘で行ったり
円弧を縮める、小さくする、クラブを短くする動きを
誰彼問わず、例外なく入れるのでしょうか❓

✋まあ 一つは 長さは重さになってしまう ため、
 スピードが上げにくい、負荷が多過ぎる が有りますよね。

その負担、負荷はちょっと棚に上げた として
.▲疋譽校のクラブの長さ(腕の含めた)のまま 振る
▲董璽アウェイにおいて、一旦 クラブを短くする

それぞれで 打てた場合、どんな球 になるのでしょうか❓

,蓮_鹽召靴疹豺隋▲悒奪匹僚鼎気料えが大きい ので
 カラダがボールと正対しても 当たる時期が来ませんから、
 左を向いた時当たる か
 正面でからだを止め、クラブの慣性で打つ(もしくは 手で送る)
 コトになります。 遅れが 開きになり易いので
 カラダが止まり、クラブが動いている時、ロフトの補正が必要です。
 これも フェースローテーション と呼びます。

△蓮|擦した分、アドレス軌道よりも 内回り、中廻り になります。
 それを利用し、遅れをロフトの立ちに換える工夫は必要です。
 ,話戮譴亮茲衞瓩掘↓△話戮譴燭泙淆任舛泙后

,和任曾个靴高く、スピンが少な目 です。
△和任曾个靴低く、スピンは多め です。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)

それぞれの特徴は
,和い速度で打つ場合、問題は誤魔化し易いですが、
 大きいロフトのクラブ や アプローチなどの
 かなり多岐にわたる球種、球質が出る可能性があります。
 入射が緩く、ロフトが開いている可能性があるので
 距離の無いバンカーショットや
 ソールに奥行きの有るフェアウェイウッドが苦手になり易い。
 また スピードが低下してきた時、
 スピンが少ないので 高さを維持、浮遊させる能力が急に落ちます。
▲好ぅ鵐阿遼榮擦覆里如↓,茲蠏臈世楼掬歸に少ないですが、
 ヘッドスピードが低下した時、高さを取り難くなるので
 無理をしないロフト選定が必要です。
 コチラの高さは 浮遊能力 ではなく、最高到達点 です。

アプローチをずっとやっているのは
 少々、退屈 ですので ソコソコのショットと交互交互
 に行ってみましょう。
「手は伸ばす?」_Moment(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment(2)((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment










ここら辺のポジションから始めます。

ここから 廻るだけ 向きを変えるだけ で
 ヘッドがボールと接触するでしょうか…❓

意志の強い 手を伸ばす、ヘッドを下に振る は無しで
 始めは当たらない にしても
 どういう風に廻ると
 ボールとヘッドが接触するでしょうか❓
 どういう風に廻ると
 その遠心力が 手を伸ばさせるでしょう❓


カラダが伸び上がる、前傾姿勢が無くなる のは
 ヘッドを下に振った時 でしょうか❓
 それとも ロックに近いこの状態のまま 振った時でしょうか❓


おそらく カラダを廻しただけ
 副産物的(受け身)に 遠心力で腕が伸びた で
 ヘッドがボールと当たる、前へボールが飛ぶ 体験は
 非常に奇妙なモノ に思えるでしょう。

✋今まで 手でクラブを、ヘッドを、シャフトを
 ボール方向に振る、下に振る というのが
 自分の打撃 だった訳ですが、
 そこが全く存在せず、 届かない、当たらない筈のボールに
 ヘッドが当たる…。
 まるで 何もしていないような…。
 え? なんで⁈ と言う感覚 に陥るかも 知れません。
 『自分で』ボールを当てた、軽く…ではありますが、
 『自分で』打った感触はないかも、です。
 Rさんは ソコが乗り越えられない のでしょう…。

この動画では 一生懸命 腕を伸ばして
 クラブを下に、ボール方向に腕を伸ばしている のが
 見て取れます。
 腕をボール方向に伸ばしている感じ…ですね。
 そういうイメージではなく
 よくある スイング弧 があったとします。
 その弧はアドレス通りのクラブの長さの弧 で
 打つまでは…その弧に触れないように…
 内側で、言葉として適切か微妙ですが、振れるような…
 打った後、飛球線の方に腕が伸ばされるような…
 そんな感覚 というか、
 そうなるような からだの廻し方 と言う感じですね。

これも 適切な表現と言えるか微妙ですが、
 からだの回転によって 引き起こされる遠心力を
 クラブではなく、自分の腕にかかるようにする 感じです。
 そして それは 今まで ハンドリリースしていた人からすると
 何もしていないような程度のモノ です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ダウンスイングで 下にリリースする のは
 本来、すべて からだの回転でまかなえます
(スイングのイメージを変えようと… アレン痔版_Moment(4)(スイングのイメージを変えようと… アレン痔版_Moment(2)(スイングのイメージを変えようと… アレン痔版_Moment(3)





最終的には 右腕は伸ばす のですが、
 それは からだの回転によって
 かかる遠心力に逆らわない であったり、
 グリップの位置を低くする
(シャフトを振るコトで無く) や
 からだの回転に対しての補助 と言う意味での『伸ばし』で
 クラブを、ヘッドを、シャフトを 下に振るため、
 にしてしまうと、その行為が回転の代替え になり、
 スイングのエンジンが腕さばき
 にすり替わってしまいます。

本来、スイングが円を描く は
 カラダが向きを変えるから
 クラブは動かしていないけれど
 クラブを持った自分が向きを変えるから
 👉円を描いて「見える」 です。

しかし、一旦、クラブを下にリリースして打つコト、
 手振り、クラブ自体を振るコト を覚えてしまうと
 からだの回転でなく、腕でのクラブの振り によって
 円は描かれてしまいます
(仕事が取られてしまう)から、
73d28d33からだの回転 = 円を描く ではなく
手で振る為のポジション取り になり
スイングの動作の中では 重要度がかなり下がります。
 (回転しない椅子に座って練習するアレ、ですね)


カラダの向き が 単なる位置取り…の為だけ であれば
 テークアウェイも浅く…本人は浅いつもりはないのだと思いますが、
 手を振る為の準備でしかない 程度になります。
田中どら_Moment(5)シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)葛谷 2017-2020_Moment(3)







ですので ある程度 ボールが打てるようになる。。。
 コースへ出れるようになる、スコアを気にするようになる、
 その後、何かの拍子でスイング〜ショットに悩んだ時、
 『からだの回転』って言われても ピンと来ない、
 何年やっても 「からだの回転」がモヤモヤしたまま
 と言う例が多いのだと思います。


 ヘッド、クラブを上下に振るコトがスイングの基礎
 になっていれば、その動きを阻害する、
 からだの横への動きは馴染みにくいですし、
 インパクトで からだの回転を持続したら
 ボールは叩けません…から そのモヤモヤの解消は永遠のループです。
 手打ちの人が からだの回転に移行し難い、スイングの壁、意識の壁です

 クラブを下に振る、 は
 左サイドの止まり〜上への逃げ(伸び上がり)
 パックになっており、
 カラダを(左右に)つぶす苦痛(慣れますけど…)が伴います。
 また、多くの場合、
 ヘッドの方が グリップよりも 多く、長い道のり、
 多い角度運動をしますので、
 フェースの向きも、ロフトも開いて当たり易く、
 放っておいたら 飛ばないスライス です。
 ですので クラブと体の上下の関係 とともに
 フェースターン、難易度の高い更なる課題が不可欠になり易く
 今度は 上下左右 いっぺんに揃えようとするのですから
 もう それは 職人芸の世界…
 …それを 主に腕で動作記憶して… その後に
 …それを 辞めろ っていうのは簡単ではないでしょう。
 (もう なんだか Rさんのスイング説明しているみたい…です)
下に振ってはダメよ_Moment

ハンドリリースは クラブを『リリース』してしまう上、
 フェースローテーション(ロフト変化)が伴い易いですから、
 自分の大きな体の動き と ヘッドの結びつき が薄く
 止めるコト によって ヘッドを走らせる ので
 ヘッドスピードの管理が難しく、
 長年やっても アプローチが苦手、
 距離感が掴めない から解消され難い とも言えます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


腕をたたみ、クラブを短くすると
 ヘッドで動く半径は
伸ばしっぱなし にしたまま 動かすよりも
 当然、内回り、近道 を通ることになります。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

カラダの向きを変えて グリップを移動させた
 その角度 ではなく、実移動距離
 ボールまで届く、
 概ね ですが、経路を内回りに換え、
 近道をした分で、実移動「角度」も
 イコールはヘッドの重量があるので不可能ですが、
 その分の「遅れ」「ズレ」程度で済むように 出来る。

というのが ゴルフクラブの構造、
 それを結び付けた ゴルフスイングの押さえドコ

 だと思っています。

そう考えると
 腕をたたむ、クラブを短くするコト によって
 ヘッドとグリップの上下関係がはっきりし、
 クラブの重さを グリップに掛けられる 、
 クラブの重さによって、ヘッドの重さによって
 グリップの移動を促進か、補助か、
 どちらにしても クラブの重さによって
 からだの向き変更動作によって 遅れそうになりがちな
 グリップの移動を手助けさせられる…

カラダの向きの変更で ダイレクトに グリップを移動させる、
 そして ヘッドはシャフトでつながっているので
 その グリップの実移動距離分、ヘッドも移動しようとする
 というコトに すべて つながってくるわけです。

ですので 蛇足ではありますが、
 テークアウェイにおいて (能動的に)グリップを高くする、
 特に 左グリップを上げる、動かす と言う行為は
 クラブと、スイングにおいては 特に必要は無いのです。
 クラブと言う構造があり、クラブを短くする、
 右腕を短くする、結果、ほんの少し 左腕(グリップ)が高くなる程度で
 能動的に 左腕を動かす、左グリップを高くする、のは
 回転でダイレクトにクラブを動かしたくない
 腕を振りたい、腕でクラブを振りたい
  意思表示と言う可能性も否定できません。


今のRさんの状態で すぐにソレをしよう と思っても
タイミングや動作の神経回路 が そうさせない、
というのは 重々分かります。 そこは焦らずに。
仕方ない部分は多々あります。

ただ スイング動作の行動原理 として
✋ダイレクトに からだの向きでグリップを動かす
✋その動かしたグリップの 実移動距離分しか
 ヘッドは移動できない
✋飛ばす為、からだを速く 廻したければ
 出来る限りで クラブは短く使う(重く使わない)

その上で 遠心力で 届く長さを形成するのです。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


これはもう スイングの行動原理と呼べるほど
基本、基礎 とも言える部分ですが、
スイングは 傍から見ると 円を描いています。
漆畑2018_Moment

円のイメージには シンメトリー、左右対称性
 をかなり強く内包しています。 
ですので
 右を向いて、もしくは 右で なになに
 左を向いて、もしくは 左で なになに
と 左右対称にする為、何かの行動をしたく成りガチ!
 だと思います。

スイング動作に当てはめてみると
 右を向いて(右で) テークアウェイ、ダウンスイング、
 左を向いて(左手) フォロー、フィニッシュ、

に該当するのですが、
それらの「動作」は主に 腕の振り になると思います。

 右を向いて(右で) テークアウェイ 👉上げる
 右を向いて(右で) ダウンスイング 👉下げる
 左を向いて(左で) フォロー    👉上げる

ですので 縦の腕振り と 横の体の向き という
ふたつの動作の合体 という 混沌 を生むコト
 になります。

円の左右対称性 とも結びつき易いですから…。

しかし、
ゴルフクラブの縦横上下左右、前後の非対称性
  数度の違いによる 打球、距離、方向の差
とゴルフスイング動作を結び付けて考えると
その「結果として」 円を描くことになるスイング動作は
単に 
右を向いて〜左を向いて という
 向きを変えているだけに過ぎない
 が原則です。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)









そこに 縦であっても、横であっても
 腕の振りは 積極的には介在してきません。
 
確固たる動作 として 腕の上げ下げなど無い
 に近いのです。

チョット強引ですが、言ってしまえば
 からだの向きの変更、がゴルフスイングそのもの
 だというコトなのです。

✋向きの変更の中が 前傾姿勢を持っている というコト
✋クラブの構造が 自分の方に鎌首をもたげているコト

が 「まるで 積極的に、腕をあげたり、さげたり」
 しているように見せているだけで
 腕の振り は スイング動作のオマケ と言っても良い程です。



で、すごく長い前置きの上での 本題 ですが、
ですので 打撃準備 としての 右向き
 テークアウェイ、トップをもう一度考えて欲しい
 のです。

弊社では オジサンおばさん向きに
股関節を境にした、骨盤よりの上の胴体そのものを
足を中心に向きを変えるコト を薦めていますが、
肩で廻っても 反対は出来ません。
✊胴体を捻りますので 高齢者向けではない です。
また、誰しもが高齢者になることを考慮すると
慣れれば、忌避感の少ない 胴体ゴトの方が良いと思いますが、
例え 肩を廻す であったとしても
⇩⇩⇩ こうではない ⇩⇩⇩ というコトです。
スナップショット 2 (2015-03-12 14-57)スナップショット 4 (2015-03-12 14-58)














これは 単に腕を振っているだけ…
 腕を下げるための 腕をあげているだけ
 腕を振るための準備をしているだけ

肩であったとしても、胴体であったとしても
 
✋右向きがありません。
右向きが無い のが 問題なのではなく、
スイング動作を 腕を振るコト と言う感覚(イメージ)が
この テークアウェイ を造っています。
👹素振りなどで 形だけの右向きを造った、練習したとしても
いざ ボールを打つ となると
 自分のボールを打つ行為の主に 腕の振り、腕の上げ下げ
 がある限り、必ず この準備に戻る というコト です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


今はもうあまり気にされていない…のかも知れませんが、
Rさんのスイングには
 今も…か❓ 過去に、、なのか
 「インパクトを体の正面で!」
 強く意識されていた 痕跡が見られます。 
((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment(2)

「インパクトを体の正面で」 は
インパクト、という その時を
ボールと体が正対する 状態で
造りなさい、悪く言えば そう都合つけなさい
と言う意味ではありません、
腕やクラブを「カラダの向き」で動かせば
結果、そうなる という 少々遠回しな意味
です。

廻りくどい言い方をすると
待ち合わせの場所に 約束通りの6時に到着する
その電車に乗っていれば ちゃんと着く、
あっち こっち 紆余曲折し
 なんとか 体裁を作って 約束の場所の、約束の時間
を間に合わせるモノ ではありません。
その電車に乗っていれば良いだけ です。
ゴルフのスイングで言えば
 からだの向きで腕を、グリップを、
 移動させて置けば良いだけです。

ですので 切り返しの時に 左腕を、左グリップを
残して今うのは その「インパクトをからだの正面で」
とは 相反する、真っ向から それをしない 動作 です。

カラダが向きを変えたら
 当たり前、ですが、腕の付け根は移動しますから
 それ通り、腕も、グリップも移動させて置けば
 結果、だいたいですが、インパクトは体の正面になります。
 勿論、だいたい…で良いのです。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment


また これも もう当たり前になって、
無意識な意識、になっている可能性もありますが、
「左サイドの壁」とは
左サイドの動きを止め、
回転を受け止めるコト ではありません

アプローチ…などを除いて、
 ボールを意図的に飛ばしたくない と思っている人は
 多くはない訳で、出来れば 少しでも飛んでくれた方が
 嬉しいと思うのですが、
 それをするには インパクト付近の回転も減速させず、
 無理な加速はダメですが、持続して回転しておいた方が良い訳です。

ヘッドの遅れ を ロフトの立ち化 のイメージが付けば
 そのヘッドの遅れを取り戻す必要はないので
 グリップも、ヘッドも その移動の原動力は
 からだの向きなので、当り前と言えば当たり前ですが、
 その先頭にあたる 左サイドは
 誰にも追いつかれてはダメです、逃げ続ける、
 スイング動作の終了まで 先頭逃げ切りで行かない
とダメです。

回転の勢いを止め、受け止めてしまえば
 その箇所に負担が 非常に強くかかります。
(ゴルフスイング)インパクトポイントの改善_Moment(3)

左ひじ、左グリップも含め
 左サイドは 「インパクトは体の正面で」と言う意識を捨て
 回転、逃げ続けて下さい。
✋からだの回転通りに 左グリップが移動していれば
 だいたい、からだの正面「でしか」インパクトは来ません。
 他の向きでは 本当は打てない、のです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーは
『体を廻す、からだの向きを変える』
その箇所を  としています。


ハミングバードはそれに賛同しません
 特に腰痛持ちのゴルファーは迅速な変更をお薦めします✋


仮に からだの回転を肩 としましょう。
先日の記事、「開いて上げて、閉じて降ろす」
スイングは 「開いて閉じる」を実践されている方に大変多い事例です。
👉肩を廻す とは
 肩や胸のラインの向きを変えるコト、

結果、としては胴体を捩じる(骨盤と胸の向き差、脊椎を捻る)
ことになりますが、そこはさておき、
ちゃんと 「肩」を廻しているのなら 問題ありません
(大変少数)
多くの人は 腕を振っているだけ
(ほぼ全員に近い) です。
radio

身体の構造上、ラヂオ体操のように
73d28d33腕を左右に振れば、肩甲骨も動き、
一見すると 肩が回っている『ように見えます』が、
🔴肩が回ることによって 腕が向きを変わる のと
🔴腕を振って、肩が向きが変わっているように「見える」では
 全く異なります。


🚀実験してみると分かります。

両手のひらを合わせ、両腕の長さを変えないよう(肘を曲げない)
肩〜胸の向きを変える のが 肩を廻す です。
 かなり 早い段階で 体に負担がかかりますよね。
多くの人は 腕の長さの調整、
 テークアウェイ時は右腕を短くし、左腕を長くし、
 まるで 肩を向きを変えたような位置に 両手のひら(グリップ)
 持って行きます。
その時の 手のひらの向き を見てみて下さい。
必ず、右の手のひらが上、左手の甲が上 を向いた、
 右ひじで言うと 地面を指した位置 になります。
(22171_Moment動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment







本当に 肩で廻れば(苦しいのは苦しいですが)
 両腕の長さは概ね、都合が付いていますから
 前傾姿勢通り やや下向き になる筈 ですが、
肩で廻る真似 を手さばきだけで行うと
 クラブで言えば 開いたような、
 フェースが上を向いた形 
になるのです。
IMG703
クラブは一度捩じられてしまうと
 扱いはどんどん大変になっていきます。



また、肩で廻ろうとしても 身体的に苦しいのは否めませんから、
緊張感の伴う、疲労も付いてくる 現場/コースでは
結局、手で動かし始めるコト、両腕の長さ調節だけで
 テークアウェイもどき、トップの位置もどき、右向きもどき
  を取るコトは間違いありません。
かなりの確率でしょう。

グリップの位置が トップの場所に行ったとしても
 右向き不足…に陥る、深く捩じれば捻じるほど あとあと大変です。
コースで言うトコロの 右向き不足、捻転不足
(この言葉自体アウトな気がします)
 はある意味 必然で起こるのです。

年齢を重ねてくると からだを捻じる事
(腕作業でのテークアウェイ)
 本能的な恐怖が伴いますので、絶対に浅くなり、
 それが早打ちやタイミングミスにつながる例を
 皆さんも沢山目にしている事でしょう。

(271_Moment

ですので 開いて閉じる が先なのか、
体の回転は 肩を廻す を信じているコトが先なのか、
どちらにしても ゴルフを始める、スイングを覚える
早い段階で 迷路への道へと足を踏み入れることになります。

それに比べると身体的に負担の少ない、
苦しくないとはいいませんが、胴体をひねるよりも
お尻・太もも周り の向きを変える方が断然楽です。
ですので 慣れてしまえば 変化が少なく、
 クラブを捻り難い 胴体ゴト向きを変える方をお薦めしています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

(jc1

あくまでもイメージですが、
インパクトに入るのに
左手のひらを飛球線(左手の甲を飛球線後方)に
……は今までのイメージと「
真逆」なのではないでしょうか❓ 

では テークアウェイではどうでしょう❓
アドレス時、左手の平は飛球線後方、左手の甲は飛球線を向いています。
テークアウェイを取ると その方向は90度近く変わり
左手の甲はボールの方を向くのですが、
(jC0それは からだの向きが変わる
土台である体というターンテーブルの向きが変わる
  から、であって
手の甲にしても、手の平にしても
向きを変える意識はしていないと思います。

トップの位置では ほのか…ではありますが、
左手のひらは飛球線の方を向き気味 です。
体の向きに伴い 腕は落ちる であっても
右向きの状態のまま…に近い形で インパクトに入って来ます。
(jc4(jc6(jc2









体の向きは変っていますが、
左右の腕の関係は トップの位置とあまり変わりがありません。
単に 腕が落ちた、降りた、低くなった だけ です。
 
ここで 左手の甲を飛球線に向けよう と
意識していると 左腕の移動を止め(からだの回転から切り離し)
左腕を軸運動とした 腕のロールが必要
になります。

印象としては 左腕や左サイドを絞る感じ が
 それに相当すると思います。

👉ここで 左手の「甲」を飛球線に向けようとすると…
その動作は
 軸になる左サイド、左腕の横移動が止まっているので
 左サイドは上に逃げるため、向きは飛球線を向く…かも知れませんが
 フェースは上を向きます。ロフトは締まりません。
👉その補填に 更なるフェースターンが入る訳 です。
(jc3(jc(JC7










✋フェースのターンは からだの向きの変更で行われます。
 それを手でしては 向きは変りますが、
 ロフトは締まり難い つかまり難くなりますので、
 継続した、断続しない からだの向きの変更で行う。
 自分は 左手の平を飛球線の反対に向けたまま の感じが
 フェースの下向きになります。



✊この感覚、イメージは アプローチショット、
 パッティングストロークが苦手な人には大変有効です。
 全員に馴染むとは思いませんが、
少なくとも フェースターンを減らせる/からだの回転主軸にするには
良いトレーニングにはなると思います。
 アプローチから馴染んでいき、
 インパクトでからだを止めない通常のショットに刷り込んでいく
 が良いと思います。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずは コチラの動画からご覧ください。
   
あくまでもイメージ ではあるけれど、
多くの人はアドレスと同じように(左折注意_Mo
⚠左手の甲(右手のひら)は飛球線
⚠左手のひら(右手の甲)は飛球線後方

を向いているイメージがあるのではないでしょうか❓

ゴルフスイングはご存知の通り、
自分がなにがしかの動作をして
長い棒の先にあるヘッドを動かし、ボールを打ちます。
長さに当たるシャフトと重さに当たるヘッドは
運動によって その重さを増やし、
運動の原動力である 自分の動きに対しては
当然、遅れます。
(jC0
個人差はあれど トップの位置に該当する箇所では
左手のひら は 微妙に…ですが
ボールと反対方向〜〜飛球線(自分の方)の間を向いています。

そこから からだの向きの変更〜回転に対し、
徐々に、ヘッドやクラブは遅れていくのですが、
そのリンクになっている手や手首は
スイングに使う主な関節や筋肉の中で
 最も小さな箇所と言える部位です。

仮にトップの位置で ほのかに左手のひら
 飛球線を向いた感じ
 としましょう。
そこから 動き出して(回転を始め)
 左手のひらを飛球線と反対
 左手の甲を飛球線に向ける
 には
どこかで 左サイドを止め
左腕をロールさせなければならなくなります。

手首自身で行うには あまりに負荷が大き過ぎます。
(jc5(jc4(jc6










左手の甲を飛球線に向ける

もしくは ボールに向ける

 意識がからだの回転を止め、腕のロールを生みます。
左手の甲を飛球線に向けるイメージが
 腕と体を切り離してしまいます。

少々、大袈裟ですが、左手のひらを
飛球線に向けたままのイメージで 打とうとして下さい。
体を廻し続けないと ボールを打つコトが出来ません。
左の手のひらを飛球線に向けるイメージが
最終的に フェースを下に向けさせます。
(jc(jc3(jc2









慣性の強い フルショットでは
リリース、慣性をフリーにする時期がやや早めになるので
見た目、そうは行きませんが、
アプローチなどのショットでは
本当に 左手のひらを飛球線に向けたイメージのまま
ボールを打つコトが可能です。

✋スライスに苦しんでいる人はイヤでしょうねー💦

これはドリル ではなく、
フルショットもそうですが、小さなアプローチ、
パッティングストロークの感じに非常に有効なイメージです。
ショットの『ハンドファースト』はそういうイメージから生まれます。
今週末 やってみてね♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



長崎通信:SWです。

アドレスは ほぼ 左脚体重にして、

あまり体重移動せず バックスイングしていますので、左脚体重のまま です。

切り返しは 左脚体重なので 左脚軸で 左回転しています。

切り返し後 腕は全く動かさないつもりです。

プロショットを味わう事が出来る様に感じます。

コースでの アプローチに使えます。

(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
✋腕は全く動かさないつもり とありますが、
 クラブや腕の重さ に対し
 本当に動かさない〜その場に残しておくと
 最終的には 手で振らなければならなくなります。

「からだの回転に左腕が付いていく(遅れない)」
その感覚が習慣化しているので そのフィーリングは本当なのですが、
Rさんのように からだの回転に対し、本当に残してしまっている場合
『左腕を先行して動かす
(落とす)』位の意識が必要だと思います。

最終的には 左腕の単独の動き は
イコール からだの回転になっていきます ので
カラダの向きが変わることによって 行くであろう場所に
先行して 左腕を動かしてみましょう。

【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment✋トップの位置、クラブの姿勢にもよりますが、
左腕を動かすのは 慣れていないと簡単ではない、ので
クラブの重さで 下に落ちる、下に落とす
 を活用しましょう。




ヘッドの自然な遅れ を ロフトの立ち
 フェースの下向き、ロフトを円の外に向ける は
グリップとヘッドの縦関係が必要 です。

グリップの真上にヘッドがある と言う意味ではありませんが、
相対関係で ヘッドがに上にあり、
それよりも低い位置にグリップがあるので
クラブの重さによって グリップが押される…
 からだの回転に対し 横遅れが消せる のです。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)
どの位 とは言い辛い ですが、
いろいろな ヘッドとグリップの相関関係を作ってみると
その境目は感じてくると思います。

ですので 素振りで 先にクラブの重さでグリップを落とす…
自分にぶつからないタイミングで左を向く
と言う素振りはかなり有効だと思います。

今更 ではありますが、
ボールがつかまる 〜プロショット
ボールをつぶす、上から打つ は
ヘッドの軌道に対するロフト の問題で
よく言われる フェースが開く、閉じる 右向き、左向き
 の横の問題 とは一線を画します。
フックボール、ドローボールとつかまった球はイコールではなく
つかまらない ドローボールもあれば
つかまる スライスボールも存在します。
つながりが全く無いとは言えませんが 基本、違うモノ です。
✋ソコが曖昧になっていると
Rさんのように 開いたフェースを閉じるため 開く
  →閉じるために クラブを寝かして フェースを開く

という マッチポンプに陥りガチ ですので 注意が必要です。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 

長崎支部長;切り返し時腕は「縦」

自由落下で切り返しいますので、切り返し時の反動はありません。

切り返しのトリガーは もの凄く ある意味 視線で切り返しているとも言えます。
ボールの見方を変えて切り返しています。


からだの回転、からだの向きの変更は
前傾姿勢(股関節部の大腿骨と骨盤の角度差)があるとは言え
横への運動(移動)です。

腕の付け根(肩)部もそれに伴い
横に移動し、軸運動になるので
最終的には 半円を描くように移動しますが、
腕自身(グリップ)を 横移動主体にしてしまうと
クラブの重さ、腕の重さがそのまま 遅れ になり
スイング、そして クラブの構造上、
その遅れは そのまんま ロフト&フェースの「開き」に
なってしまいますから  当たらないか、
当たっても 右に飛び出る 右回転の球、
度合いにもよりますが、ひどくなると
 上がらない緩い球(抜けた、くぐったような球)になります。

ですので 腕の移動を横移動主体にしてしまうと、
からだの回転の終わり か、減速、中断によって
からだの回転を後からなぞるように 腕を振らなくては
まとも「に見える」球を打つコトが出来ません。
これが のちのち 手打ちに定着していく「始まり」と思われます。

横移動、縦移動を別な言い方にすると
傾きの有る からだの回転 を基準にすると
その軌道よりも アップライトな軌道で腕、グリップを動かさないと
カラダの回転の後に 手を振らざるを得なくなります。
ヘッドを振るか〜振らないか(参考映像)_Moment

シンプル化していくには 『その腕、グリップの移動の
原動力はからだの回転』
にさせましょう。
腕そのものでやらない とは言いませんが、
 それはあくまでも補助と考えて良いと思います。
✋グリップの移動の原動力をからだの回転にするには
 クラブの重さでグリップを下に「落とさない」と
 出来ないかも❓
グリップを横移動させようとすると
 重さを支える と言う不必要な動作(無意識)が入るので
 どうしても 移動自体が取り残されてしまうような気がします。

手で振りたくないのに…
手打ちしたくないのに…
フェースターンなんかしたくないのに…
  でも 結果、手で振ってしまう、フェースターンしてしまう
のからくりはこんなトコロにもあると思います。


素振りやゆったり振れるショット で
トップの位置、切り返しから
 まずは クラブの重さで腕、グリップを落としてみる✋
そうすると
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Momentトップの位置のクラブ位置、クラブ姿勢 も
自ずと決まってくると思います。


出来るだけ 近道で、楽にインパクトに入れる
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)そういう『重さのかかり方』が出来る位置は
許容範囲はありますが、だいたい決まっています。

グリップ、腕の落ち具合に合わせて
 からだの向きを変えてみる 位の感じで良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


コチラの映像からご覧ください

お二人のスイングで 圧倒的に違い があるのが
切り返しからの 回転に対する『左腕の付き』
 『回転に伴う左腕の移動』 です。
Rさん独特の 切り返しでの クラブ&左腕の残し は
(見た目には寝かし…に見えます)
通常、かなり激しいフェースターンをする為の前準備 として
行われます。
 おそらく 前世の記憶 なのでしょう。
自分なりのタイミングの取り方とも関係があるかも…です。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(4)【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(6)






クラブを寝かして(倒して)しまうので
その重みによって 左腕がボールの方に押され、
浮かされてしまうので インパクト直前まで
バックフェイス
(アイアンで言えばキャビティ部)
ボールに向いてしまい、同時に腕も加えた重さ を
支えるため からだを起こし始めています。
👉そのまま下げたのでは
フェースでボールが打てませんので
急激な腕のロール(フェースターン)を加えた
 ヘッドの落とし(キャスト)が入るので
妙な形でのグリップのインへの切込みになっています。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(6)【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(7)






Rさんのスイング…
クラブ扱いで強く感じるのは
 スイングの中に クラブの縦の移動が少ないコト です。

クラブの構造で ヘッドの重さ+シャフトの柔らかさ(しなり)によって
自然なヘッドの遅れは発生しますが、
ヘッドの縦の移動が少なく
回転と言う横移動が中心になってしまうと
ヘッドの遅れ は クラブの捻じれ 👉ロフトの開き になってしまいます。

腕で下に振れ! と言う意味ではありませんが、
回転と腕の働きによって グリップに縦の移動を与えないと
ヘッドの遅れ 👉ロフトの立ち 👉フェースの外向き になりません。

🔴ヘッドの遅れは放っておけ
🔴からだの回転で
 は忠実に守られていますが、
それが逆に 
→ヘッドの重さによる遅れ〜ロフトの開き にしてしまっています。

ヘッドを縦に遅らせる は少々語弊がありますが、
今の状態であれば そういうニュアンスの方が良いと思います。


 推測…ではあるのですが、
からだの回転、傾きはあるとは言え
横の運動〜移動 で そのまま
 腕も横に振ろう としているのではないか❓
 と思われます。

からだの回転という横移動、横への運動を使って
腕は縦に動かす
と考えた方が良いでしょう。

回転によって 腕に遠心力を掛けない とは言いませんが、
回転に対し そのまま遠心力を掛けたのでは
腕は浮き、からだから離れてしまい
速度を上げることが難しくなってしまいます。

遠心力によって 腕が伸ばされる👉長さが長くなる
コトで ヘッドスピードの助力にはなっているので
遠心力を全く使わない とは言いませんが、
からだの回転通りの方向に腕を振っては
その行為ソノモノでは フェースはボールの方を向こう とはしません。


それら一切合切を含め
 問題は技術的な部分ではなく、
 イメージとして ボールはこう打つ とか
 クラブはこう振る と言う初歩的な思い込みのあやまち
 と思われます。

2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment
ですので 今のスイングに また何かをプラスアルファするのではなく
全く別なスポーツ、クリケットの打ち方とでも考え
➀トップの位置、右を向いたまま
 クラブの重さでグリップをほぼ真っ直ぐ落とす
2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(2)✋自発的な下げる ではなく 重さで落とす
 始まりは自然落下感を掴んでください。
➁その重さでグリップを落とすと
 そのまま では グリップエンドが自分、
 自分の「お股」辺りに刺さってしまいますので
 
2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(3)そのタイミングに 左を向きます。
➂素振り ではありますが、
 「お股」に刺さる筈のグリップが
 自分の前(🥎)側に少しズレ
 グリップエンドが飛球線を向いたまま
2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(5)体の左向きと合流します。

先に クラブの重さで グリップを下げるので
あとから加わる 回転、横運動が縦に作用するようになります。

クラブ無し、クラブ有り での
素振りから始めてみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングにおいてのからだの回転は
どの道、クラブを持ってる 腕を振る、腕を動かすコトに
なるのは確かです。
そうしないと ボールが強く打てません。

Rさんのスイングを見ていると
余りに忠実に からだの回転で腕を振る、動かしているが故に、
腕やクラブに対し遠心力がかかり
腕がからだから離れる、浮いてしまっている ように思えます。 

【Rさん 20210604】_Moment前傾姿勢がありますので
普通にからだの向きを入れ替えると
この矢印の方向に 外力はかかります。
最終的には 腕の付け根と遠心力は
揃おう、同じ高さになろうとするので
回転で腕を振れば振るほど
グリップは上がろうとする
👉その結果、からだは起きることになります。

【Rさん 20210604】_Moment遠心力がかかって
クラブを持った腕が
その付け根から離れようとする
と言う方向を 遠心力方向 ではなく
この方向【腕の付け根→重力方向】

にしてあげた方が 打撃には便利です。
体が起こさせる 遠心力がかからず
逆に 前傾が維持されるような力に変わります。

ですので あくまでも イメージ
クラブ無しの素振りやクラブ有りの素振りで
ちょっと トライして頂きたいのは こんな感じです。
2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(2)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(3)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(4)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(5)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(6)





➀右を向いたまま、
 腕をその重さで落とす
 腕を下へ振るのでは その自重で落とす 感じ。
➁落ちたモノには慣性が付きますから
 いずれ 上がってきますが、
 それを 左向きでキャッチ、合流する感じ。


 ✋腕を落とすが先です。


回転のチカラを使って
 腕を、グリップを縦に動かす感じ が掴めると良いと思います。
実際のスイングには クラブの遠心力も加わりますので
結果は 腕を横に振るの中間に収まるのだと思いますが、
回転で腕を縦に振る(振らないけど…)その感じ と
 腕の動きだし と からだの向き の動作始まり を
 掴んでみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Rさん 暑くなりましたが、お元気してますか❓

 前回指導いただいてから2週間経過しました。
早くその後の様子を報告したかったのですが、
どうも「大変身」時の絵が撮れずに今になりました。
今回お送りしたものは、前回お送りしたものより後退しているようにも見えますが、
これ以上あがいても良くなるかどうか不明なので、
指導時の再現を待ってから・・・というのはは断念しました。

 ただ、実践も含めショットの出来(結果)は確実に良くなっているようです。
 トップから遅れたヘッドをそのまま体に巻き付くように遅らせ
(シャフトが飛球線平行になるイメージ)そのまま体を回すと、
ボールを探りに行かなくても
背中の方でヘッドが勝手に球を拾ってくれる感覚が
ドライバーで分かるようになりました
(なぜかアイアンよりドライバーの方がうまく行く)。
 腕は、クラブが横に通るのを妨げないように
うまく収納するだけで良いのだけれど、
そのためには、ダウン時にクラブを
少しだけ左側に寄せてやれば上手くいきそうです。

トップから一気に体を回し切る方が、
左腕は引き上げるように回した方が、
ダウンブローに入るとも思うようになりました。
また、腕は飛球線の方に出そう(刷毛塗りと思っていた)とせずに、
むしろ遅れるがままに体の近くに置いておく方がよいことなども含め、
長い間真逆のことをやろうとしていたことが分かりました。
 
 現状、シャットになっていないのは分かっているのですが、
とりあえず横に置いといて、
練習では新たに分かりつつある感覚を強化するようにしています。
 とりあえずご報告まで。


動画の編集が溜まってしまい、遅れてしまいましたが

アップします。次のもあるので お楽しみに✋
 
とっても頑張っていらっしゃる…とは思うのですが、
 ご本人も気にされていましたが…
  …ずっと気になる点を挙げてみたい、と思います。

それは ダウンスイング〜インパクトでの グリップの浮き
結果、としては『カラダからの離れ』 について、です。

グリップの浮き(低さ不足)やからだからの離れ は
重さとして体に掛かり それが からだの起き を生みます。
【Rさん 20210604】_Moment(2)
あくまでも 結果論、に過ぎませんが、
ダウンでのグリップの 上下方向の『付き』が悪いので
インパクト直前で ヘッド、クラブを下にリリースする必要が生まれ
…でないと 届かないですからね
それによって 左グリップの進行が滞り、
インパクト付近で 変なグリップの下がり が残っています。

【Rさん 20210604】_Moment(3)
今の状態…ですと
グリップが からだの向き という進行に乗っていない…
よく言う 遅れ になっているので
インパクト付近での「ヘッドターン」「クラブターン」を
 カラダの向きでは行えません。
しかし、代替えになるハンドターンは
 無理して控えている状態 ですので 非常に中途半端。
おそらく ご自分でも もやもや の中に居ると思います。

以前よりは良くはなっているのですが、
ダウンスイング、切り返しでの変な寝が始まり ですが、
ご本人も寝かせようとはしていないと思います。

コレ 無理にグリップを下や前(進行方向)に押す
動きを入れると この症状はより増しますので お控えください。

さて どうするか? は
 途中 動画をはさんでいます。
もう一つの動画もあげてあります。

Rさん、だけでなく かなり多くのゴルファーが
 誤解しているのではないか❓ と言う部分ですので
 次の記事にて 解説させて頂きます。 お楽しみに✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



簡単に ボディ・リリースとハンド・リリース の
違いを説明しておきましょう。 

まあ 一般的には ボディターンとハンドターンですが
『リリース』と言う言葉の方がイメージが掴み易い気がします。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(2)
少々、大袈裟に言うと ボディ・リリースにおいて
スイング中に発生した 遠心力などのクラブの重さなど不可抗力を
フリーにする『リリース』はしない、意図的にはしません。
ドライバーショットなど 大きな不可抗力が生まれてしまう場合は
それを保持し続けるのは 危険、
 手首や左腕、首などを傷める可能性があるので
クラブの重さをフリーにする『リリース』はありますが、
それが ボールを打つ主のチカラ ではありません。

👉ここの部分 では 見た目は似ている と言えるでしょう。

一方 ハンド・リリースの場合、
ボディリリースの 不可抗力が大きい場合を似ていますが、
コチラは そのクラブの重さをフリーにして
 よく言われる「クラブを走らせるコト」が打撃の主エンジンです。
ソコの部分が 最大の違い と言えます。

【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)

素振り…ではありますが、
ふたつをやってみて 違いを見てみると
✋やはり 切り返し以降、ダウンスイングからの からだの向きの変更は
あくまでも見た目 ですが、
ボディ・リリースは左半身主体
ハンド・リリースは右半身主体

  ハンドリリースの場合、スイングの中途、ダウンスイング後半で
左肩の回転方向が 横ではなく、縦気味に変わり、
クラブを走らせるための支点、
 左グリップの横移動が減衰させているようです。
(見た目 としては 右サイドのもぐりに見えます)

✋また 考えてみれば 当たり前ですが、
ハンド・リリースの場合、
ヘッドを走らせる、グリップを追い越させる為に
 ヘッドのリリース、下への解放も早め・多めになります。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(2)【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(3)





✋リリースを司る 右腕の伸ばし の役割も
 ボディ・リリースの場合は グリップの横〜下移動の補助
 ハンド・リリースの場合は グリップに対するヘッドの『出し』

 と異なって見え、目的の異なるリリースではあっても
 不可抗力の大きなドライバーなどは
 似たり寄ったり になったりしても、
 不可抗力の小さなショット、アプローチなどでの
 ヘッドの出し方の違いに影響すると考えられます。

この二つ では
ボディリリースでは リリースが無い・遅い
ハンド・リリースでは リリースがある・早い ですので

➀は入射角度がキツめ 打ち出しは低め
➁は入射角度がゆるめ 打ち出しは高め

➀はロフトは見た目は立ち気味(地面に対する)ですが
 入射角度に対しては多めになりますので スピンは多め
➁はロフトは見た目(地面に対して)は寝気味 ですが
 入射角度が緩くなる分 スピンは少なめ

だけでなく 最下点も
 ハンドリリースの方が中め、右めになると考えられます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


全員に有効と言うわけではないでしょうし、
フェースローテーションで上手く行っている人には
 あまり有用ではないでしょう。

単に カラダでクラブをターンさせる→ボディ・リリース
手でクラブをターンさせる→ハンド・リリース
の違いを説明してるに過ぎません。 

手を返す、ヘッドを返す〜フェースローテーション
これ等をしたくない と思っている人に向け、
 実は 手を返す動きは こういうイメージから始まったり、しますよ
と言う話し、です

Logi Capture 2021.07.23 - 19.35.03.01_Moment質問がありましたが、
両腕とからだ(胸)で作る三角形の「表窓」「裏窓」
こんな感じ。

【写真上】打ち手の自分から見える その枠を「表窓」
【写真下】下側から、肘側から見える その枠を「裏窓」
と仮称しています。

実験を手伝って頂きました。
🔴ダウンスイングから 裏窓を飛球線に向けたまま
カラダの向きで クラブをターンさせる と
🔴今まで通り、です

やや緩めの速度ですので、本格的なスピードになれば
もう少し紛らわしく、なるとは思います。

今まで通り であっても
ご本人は極力フェースターンを避け、
からだの回転で とは思っていましたが、
裏窓を向け続けたまま インパクトに入る
(それ以降のリリース、慣性のフリーはOK)
 あくまでもインパクトまでのイメージですが、
抜け方に大きな違いが出ます。
【ハンドターン〜手の返しの正体_Moment

蛇足…ではありますが、
スライスを避けるため、フェースターンをすれば
フェースターンをしないよりも 軌道はより一層インに切り込みます。
すると その軌道に対しての右回転をさせないフェースは
想定よりも多く必要になり、多くフェースターンすれば
またまた さらに軌道はインに切り込む という
逃げ続けるゴールになってしまいます。

右回転/左回転 と ボールをつかまえる は
全くではありませんが 別物 と言う認識が無いことから
その「スイング迷路」は始まるのでしょう。 

【ハンドターン〜手の返しの正体_Moment(2)


カラダの正面で、とか、
アドレスの腕の姿勢、、、
 三角形をボールに向ける と言う意識が残っている と
どこかで 左サイド、 左肩なり、左グリップの減速、停止、
 の動きが入ってしまいます。

結果論、ではありますが、
 手の返し、ヘッドの返しをするには
 回転軸になる 左サイドのどこか が減速しないと出来ませんから
 無意識化 で その動きが入る訳です。
一般論では それを「左サイドの壁」などと呼んだりしますし、
 おそらく…ではありますが、多くの人は
 左サイド、左腕と左サイドの絞り、硬直 みたいなもの【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)
 『インパクトの感触』として掴んでいるのだと思います。

また シャフトの走り なんて言葉は
 その動作を暗に促している気もします。


腕と胸で作る三角形を ボールにどう向けるか と言うイメージですが、
インパクトで ボールと三角形を相対させる…には
 ヘッドの重さ 〜クラブの長さ、運動による積算 が邪魔になり、
 放っておけば ヘッド分は遅れ、度合いにもよりますが、
 それに引きずられ 肘や腕の付け根 も遅れます。

よく言われる インパクトを待つ〜遅れを取り戻す もありますが、
ヘッドの返し や 手の返し をするのには
回転の先頭である 左サイドがどんどん行ってしまったのでは
追いつくことが難しくなります。
原則、手の返しはどこかで 左サイドの移動が止まる のですから
回転する主体が 左サイドではなく 右サイドになりガチ
  なのも 比較動画を見ると分かります。

本来は 『からだ』の回転は からだの芯(幅の真ん中あたり)
 箇所としては 曖昧で構わないと思いますが、
 よく言われる 軸に対して 左右が似たような風に動くから
 「軸がある」 と言われるわけですが、
 手の返しを打撃の主にする人の場合、
 左サイドよりも 右サイド方が積極的、能動的に動いており、
あえて言うのなら 左サイドを軸にして
 右サイドを動かしているようにも見えます

そういう意味合いでは 左サイド主体、
  左サイドだけでまわる位のつもりで 左右対称なのかもしれません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転を主体で打ちたい
クラブを動かしたい と思っている…のに、
⚠大々的に ヘッドを返そう…とは思っていないのに、
結果、として 『手の返し』『フェースターン』
どうしても入ってしまう…
……は こういうケース、かも知れません。

✋「三角形で遊ぼう編」とも関係があります

からだの回転 『三角形で遊ぼう➀』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
からだの回転 『三角形で遊ぼう➁』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
からだの回転 『三角形で遊ぼう➂』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
アプローチ版『三角形で遊ぼう』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

(TOMOクンの修正前-修正後_Moment(2)両腕と胸で出来る三角形
🔴クラブの有る上側を『表窓』
🔴下側を 『裏窓』 と仮称します。

ダウンスイングでは
裏窓がボールなり、飛球線の方を向き気味で始まる訳ですが、
それをひっくり返そう・。・。・と思っていませんか❓

ひっくり返そう❓…❓ 伝わり難い… とは思います。

この傾向は 過去に『スライスで深く悩んだ』方、
『カラダの正面での』インパクトを強く意識している方、
腕力が強く フェースローテーションが激しかった方、
 に多い症状だと思います。

茲離好圈璽港手と藜磴日のジャンボで説明しましょう。
スピース選手、若き日のジャンボ 共々、この状態
三角形の「裏窓」は ボール、もしくは 飛球線の方を向いています。
似ている➁

ジャンボは その三角形をひっくり返し、
三角形の『表窓』側でクラブを動かし ボールを打とうとしています。
そのまま では打てないから です。
体の部位、で言うと
左腕の方がボールに近く、右腕の方が自分に近い、
このままの状態では ボールが打てません。
このままではフェースにボールが当たりません… シャンク❓
✋ですので ボールとの距離感 と言う意味で
 左右の手を入れ替えます。
 左脇を締める…ようなフォローになります。
三角形の頂点、と言う意味では
 トップ時の 右に向けたまま(飛球線の反対)から
 180度 頂点の向きを入れ替えるコト…が打つコト の感じです。
似ている1

一方、スピース選手は
三角形の『裏窓』をボールなり、飛球線に向けたまま
そのままの状態で
 「からだ」の向きだけを変えます。
 自意識として 三角形の裏表 の入れ替え はありません。
三角形の頂点は 右(飛球線の反対)に向けたまま、打つ、
 そういう感じです。

三角形の頂点が 自分の前を通過する…
三角形の裏表を入れ替える…
 即ち 手の返し をするのには
左サイドのどこか、主に左肩や左ひじ、左グリップなど
 遅れてきたモノを入れ替えるため 『待ち』『止まり』が必要になります。
からだの回転通り 手の返しの基準点もどんどん進んでしまえば
 手が返すことが出来ません。
からだの回転からの分離、が必要になるのです。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転の為に からだを回転させている訳ではありませんww

腕を移動させ、グリップを移動させ、
 その駆動で、リニアにヘッドを動かしたい のです。

頭の中では分かっていても
 実際、振ってみる、打ってみると
 そのからだの向きの変更に
 リニアに 腕、グリップ、ヘッドが付いて行かず、
 結局、ボールさばきのトコロは手で振ってしまう…
 『あと振り』になってしまうのが 手打ち です。

👉そういう意味では
 からだの回転を意識すればするほど
 手振りや手打ちが深まってしまう可能性があるのです。


(左折注意_Moからだの回転…その意識を からだを輪切り にして
 肩や腰、と考えるのではなく
 左右に分けて と言う題材がありました。

✋テークアウェイ、トップまでは
 右への進行ですので 右半身
✋切り返し、ダウンスイング、フィニッシュまでは
 左への進行ですので 左半身
それを 主エンジンとして動かしましょう と言う話です。

あと振り(手振り)を避けるため
 意識として ですが、
その半身 右半身/左半身 には 『肘までの 上腕が含まれる』 
【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)









ですので テークアウェイでは
 右半身に 右上腕〜右ひじ含まれますので
 ソコがどんどん動く、
切り返し、ダウンスイング以降では
 左半身に 左上腕〜左ひじ含まれますので
 ソコをどんどん動かす、ソコが向きの変更の主体 です。

特に切り返し、ダウンスイング、では
 腕やクラブの重さは増し易く、
たたんで行こうとするテークアウェイとは異なります。

 あくまでも意識…としてですが
左上腕、左ひじ先行…する位で丁度、だと思います。 

その時の注意点…ですが、
よく言われる 茲離蝓璽鼻∈姑梢箸離蝓璽鼻,
それを先行して その後に打撃があるのではなく✋
左は先導者ではなく、主体で
その 茲離蝓璽鼻
この場合は 左上腕なり、左ひじの動きが
そのまんま 打撃 だというコトです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Rさん 劇的な変化❓の果て…の末、どうなったのでしょうか…

 既に2か月以上経っていますから
魔法は解けてしまっている…かも知れませんが、
ご本人の長年の懸念であった
「からだ(腰)の開き」
「からだの正面で打て」
「インパクト時のグリップの浮き」

は それらを一切意識しないことで 『一旦』解決しました。

スイングを考える時、
非常に混乱し易いのですが、
正規な 向きの変更の中 では
当り前 なのですが、からだの正面は常時、変化します。

ややこしいのですが、 カラダの正面で打つ  は
インパクトが からだの正面で迎えるコト ではなく、
カラダの向き、回転を主にクラブを動かす と
『結果、として からだの正面で打つコトになる』
 のが正解です。

あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(3)✋左右の腕の長さ、その関係を出来るだけ変えず
ボールを打とうとすれば
からだの向きがボールと対峙したトコロが
インパクトになるのは理解できると思います。

ソコを履き違えている人が少なくなく、
 それによって ボールと体が対峙したトコロで
 からだの回転を止め
、気持ちの中 だけになるのですが、
 アドレスの体の向きとボールの関係を維持し、
 その時間を長く取るコトによって それを達成しようとした挙句、
 ボールを手振りで打ってしまう人が大変多いです。

【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(2)【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment







 それに付随して、例えば フォローを出す、
 フォローを大きく取る
 も
 止まったからだの回転に対し、
 クラブの慣性を利用しつつ、右腕を伸ばす と
 イメージしている人が多いと思うのですが、
✊正しくは カラダが左を向くコトによって
 左腕が 飛球線方向(それに平行)に出る
 です。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

☀カラダの開き は
 からだの回転、ボールと対峙でそれを止め、
 ソコから腕、クラブを振るのですから
 その分、その時間差分、からだは開きます。
✊正しくは からだの開くことが打つコト
 インパクトは からだの開き始めに訪れますから
 からだを廻すことが ダイレクトに打つコトに繋がっていない
 それが課題な筈です。

☀インパクト時の 望まないグリップの浮き、
 ディッシュアングルの消失、前傾姿勢の消失
 は
 からだの向きが主体で腕を振っている のではなく
 腕の振りが主体で からだの向きが変わっているから
 左肩が上に逃げている結果 で
 スイングの主を からだの回転に移行しない限り、
 左サイドの浮き を無理やり抑えるのは 故障の原因になります。
似ている➁


一番根っこにある原因、を把握しないで
結果論として、動作の見た目を治す は
スイングやショットのより複雑化になりますし、
カラダへの負担も増えます、危険です
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



からだの回転を 横の輪切り にし
腰で廻っても、肩が、
肩で廻っても、腕が  遅れてしまうのでは
カラダの向きの変更は
 手を振るための準備に終わってしまいます。

(左折注意_Moですので
カラダを縦に割り、
 進行方向通り
👉右を向く時は 虍梢
👉左を向く時は 菷梢

を 1ユニットとして からだの向きを変える意識
 が良いのではないでしょうか❓

胴体が何もしない とは言いませんが、
主に お尻も含めた足廻りで行うコト をお薦めします。
 補助的な意味では 肩や腰 なども使うのでしょう


腰や肩などの 胴体部分を主力に
カラダを廻すのをお薦めしない理由は
スイングの基礎姿勢には 前傾姿勢があり、
✋それは 股関節を境とした 骨盤と大腿骨の角度差 であり、
その前傾姿勢によって【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment
 スイングの「ふところ」が作られます。
このスイングの「ふところ」を利用(通す)すれば、
腕が長くなっても(伸びても)
その腕の長さ分の『重さ』を受けずに済みますので
 全体への姿勢に影響が少なくなります。

腕がフトコロから大きく外れてしまえば
大きく重さがかかりますので 右サイドが下がったり、
左サイドが伸びたり、フトコロ(前傾姿勢)も消えてしまいます。


また ダウンスイングで

【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)腕やクラブが そのスイングの「ふところ」に入る、
もしくは 通過するコトによって
その重さで 無意識の内に 
 前傾を維持し易くなります。

スイングの中で 運動速度が速く、
忙しい ダウンスイング〜インパクトで
感覚としてとらえにくい「前傾姿勢」
からだの回転、そしてそれに伴う
腕やクラブの重さ〜不可抗力によって 作ってしまう
と考えた方が良いと思います。

前傾姿勢…股関節部を…
 ダイレクトに意識して 維持するのは かなり難しいと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


カラダの回転
カラダの向きを変える は
腕の付け根と動かし、
 『"ヘッドの付いた"グリップを動かすコト』が目的です。 

まどろっこしいですが、ヘッドを直接持っている訳ではないので
グリップ、左右のグリップを動かさざるを得ません。

ゴルフクラブはそれソノモノも先端に偏重しており
ヘッドの『重量点』も偏重しているので
🔴左右のグリップ
🔴左右の腕の付け根 が どう動くか、
バラバラに動かす、出来れば 丸ごと 同じように動く…
出来るだけ似た方向に、似た量移動するのが理想的です。
(回転の箇所
一般的に からだの回転と言うと
肩を廻す 
→正しくは胸ラインを廻すですが…
腰を廻す と 『胴体を横に輪切り』にして
その箇所を意識するのだと思いますが、
ボールを効率よく、再現性高くヒットする、
その為のグリップの移動を考えると 
そう考えると 実はカラダを左右 縦に割った方 が
イメージし易い人も居るのではないかと思います。

✋箇所、としての 肩を廻す も 腰を廻す も
からだの回転として意識し過ぎると
良いインパクトに結びつかないことがあります。
👉ですので からだを 茵,函´蕁,吠けて考えるのも
一つの手だと思います。


(左折注意_Moスイング動作の回転、向きの変更は
右打ちの人の場合、
 テークアウェイの『へ行くか』
 切り返し以降の『へ行くか』

の二つしかありませんが、
必ず 明確な進行方向があり、
その方向の 先頭になる側 があります。
先頭が突っかえる、渋滞すると
いろいろ問題が起こり易い訳ですから
右へ行く時は サイド
左へ行く時は サイド

その 左右の体を積極的に動かす イメージの方が
カラダを横に輪切りして 肩を廻す、や 腰を廻す よりも
より良い打撃、
その 向きを変えるコトが打撃ソノモノ
 になるチャンスが高くなると思います。

意図しない手打ち、手振り は
カラダは回しているけれど
それが 直接、打撃そのものにならず、
仕方が無いから のちのち手で振る
 と言うモノが殆どです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ