◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:からだの回転


質問「練習ではまだいいんですが、
 コースで、特に後半になるとテークアウェイ、テークバックが浅くなり
 タイミングも早くなる。それに連れて ミスも増える、
 テークアウェイについて教えて貰いに来ました。」


店長「いらっしゃいませ😊

 スイングってよく出来ていて
 円だとすると 基本180度近い の回転、向きの変更が必要です。
 理想的には からだで右打ちであれば右向き90度
 あくまでも理想ですけど、左向き90度、合わせて180度ですが
 右向きが60度しかないと 実質120度の円にしかなりませんから
 残り60度は『別の何か』が必要になっちゃいます。
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m30s

 当然 その別な何かは 手作業 ってコトですが、
 テークアウェイの右向きが浅くなってしまう と
 インパクトのタイミングも変わますし、
 手作業のインパクトは ヘッドの上下軌道も、ロフトも、
 フェースの向きも からだの向きで変えているのに比べると
 変化が激しいですので 目に見えたミスになり易い。」

質問「ですね・・・。」

店長「練習で出来る 半分 とは言いませんが
 7割位しか出来ないのが コースや本番 です。

 ですので 右向き75度位まで なら
 大きな差は出ないですけれど
 右向きが 50度とかになってしまえば
 あきからな『何かの補助』が打つのには必要…。

 …角度 の問題と言うよりも
 右向きの質
 普段から『ちゃんと右を向くって
 習慣を付けておくのが良いですね✊

 ですので 右向きしてるフリ
 『アリバイ右向き』は改善した方が良いと思います。」

質問「アリバイ右向き…。」


店長「はい。
 
 まず 大前提として からだの向きって
 グリップを移動させるコト、
 グリップを移動させて ヘッドも動かすコト で
 からだを廻す、向きを変えるコトは 手段でしかありません。
貴方にはどう見える❓_Moment((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment







 良く言われる テークアウェイで左肩を入れて
 は 向きを変えった結果、左肩が入ったように見えた だけで
 それが 肩であっても、骨盤であっても
 両方の腕、腕の付け根がしっかり 右を向いて
 グリップの位置が動く必要があるんですが、
 それは無視されて 左肩を入れる、左腕だけを動かす、
 っていう『アリバイ右向き』がとても多い気がします。」
〇肩を廻せ_Moment2

質問「・・・・・」

店長「ですので 右打ちの右向き は
 その運動の前側にあたる 右サイドをもっと動かす、
 右側を動かす意識が必要だと思います。

 その一つ として
 右ひじを外目に張る【クランチ】 って言うのがあります。

 タイプにもよりますけれど
 右ひじが動かさず(移動させず)、たたむだけ
 みたいな人は テークアウェイが浅くなりガチ ですので
 右ひじを アドレスの対しての『背後方向』
 後ろ側に動かすコトによって 右サイドを動かす、
 右ひじを外目に張る・クランチ ソノモノが重要なのではなく
 それによって 右サイドも動いて
 右向きの質、きっちり からだが右を向けるコトがポイント です。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スイングで言われる 『腕と体で作る三角形』
 その三角形を保ちましょう みたいに言われますけれど
 ソレについて 教えて下さい。」

MVI_0873 (2)(2)_Moment(5)
店長「はい。

 このゴルフ用語、格言も
 使う人によって かなり都合よく独り歩きしてしまっている、
 と感じます。

 アドレスの時、普通に構えていると
 自分の胸、両腕で 三角形、概ねですけれど二等辺三角形に
 なっているじゃないですか❓」

質問「そうですね。」

店長「この形を維持しなさい✊では無いんです。

 答えから 先に言うと
 『からだの向き(回転)でボールを打ちなさい😵』
 と言っているだけで 腕を伸ばして〜 とか
 無理に三角形を維持して〜 ではありません。」

質問「そうなんですか❓」

店長「そうですね。
 それを維持しようとすると
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)



 こういうイメージ行き着き易いじゃないですか❓」

質問「確かに。」

店長「コレを実現するには
 どこかでからだを止めて 腕やクラブだけを振る
 手打ちの入り口に片足突っ込むことになります。

 しつこいですけれど
 棒の先に重さが有って それに運動が加わるので
 ヘッドは自分の向き、角度運動に対して
 その重さ分 遅れっ放し、になります。
 これは 誰彼問わず 絶対の法則 です。

 でも 腕と体で作る三角形を維持しようとすると
 その法則を無視して 自分の動作でそれを造ることになります。

 腕の三角形、二等辺三角形を保って
 の意味は 腕でクラブを振らず、
 からだの向きで振れば 左右の腕の長さに制約が掛かりません。
 一方、手さばきでクラブを振ると
 右打ちの場合、テークアウェイ〜ダウンスイング側、
 まあ 右側ですね、ソコにクラブが有る時は
 右腕は短くしないと 左手が届きません。
 フォロー〜フィニッシュ側だと 左腕を短くしないと
 今度は右手が届きません。
 それって 結果として ですが、
 三角形は歪んでいるコト、捩じられているコトになります。

 クラブ、ヘッドが重くなる分、
 それは そのまま にして、
 それを 強制的に直さないで
 それを ひきずったまま 振れば
 結果として 腕には長さの制約がかからないので
 三角形が維持される という手品のタネ なんです。
遅れていいのよ
 スイング中ずっと同じ三角形を保つ を実行する、
 これは機械なら可能ですけれど
 人間には不可能です。

 真意が掴めないと より複雑になっちゃう典型的な例ですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【投稿レポート】今回、悶絶クラブは初めてのトライとなりましたが、
悶絶と呼ばれているほど苦労せず慣れて慣れて参りました。

タイミング良く クラブを引き摺るという記事、動画が
色々な意味で大変役に立ちました。

ダウンスイングでクラブを立てるやタメを造る、ハンドファーストにする
というのは それぞれ自発的にやってみるではなく
クラブを引き摺れば出来上がっていくモノなのだろうと思います。
〇からだの回転〜
それを踏まえた上で、旧クラブ(T社+NS950)と打ち比べ
をしてみましたが、ヘッドの重さによって
グリップが落とされる、押される と言う点においても
悶絶クラブは多大なる助力をしてくれます。

軽いヘッド(+硬いシャフト)のクラブでは
シャフトを振る?ヘッドを動かす?行為自体、容易ではあるのですが
それに伴うインパクト時のヘッド姿勢制御という
老体には無理難題がやってきます。

硬いシャフト、柔らかいシャフトで打ち比べてみると
そのシャフトのたわみ(しなり?)によってグリップが押されるのか、
硬いシャフトではボールの位置は中に、
柔らかいシャフトではボールの位置が前に、
かなり大きくズレさないと的確なインパクトが訪れません。
飛距離不足に悩むこの年齢ではこの違いはかなり大きいです。

クラブが長くなる、短くなるについては
上手く説明できないのですが、
悶絶クラブのこのシャフトの柔らかさ、しなり
それは クラブが短くなってくれる、
 と言う点が大きいような気がします。

〇からだの回転〜ク


今でも決して上手とは言えませんが、
特にアプローチショットに関しては
無理にボールを中に入れる必要がないので
その置けるボールの位置の差はミスショットの確率を
かなり変えられると確信いたしました。

ボールをつかまえるという事に関して
長年、苦労?誤解してきましたが、
〇グリップを落としてくれるヘッドの重さ
〇グリップを押してくれるシャフトの柔らかさ、
そして クラブは引き摺れば良いんだ という概念は
正に画期的で、何ヤード伸びたかは判別し難いのですが
傍目からもかなり強い球になったのは間違いないと思います。

旧クラブの残党であるフェアウェイウッドがからきし
当たらなくなりましたので、大蔵大臣の認可が降りましたら
また、相談させてください。 よろしくお願い致します。


店主)よろしくお願い致します🤗🤗🤗
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「で、ココからが スイング軌道の『罠』なんです。」

質問「え?! どういうコトです❓」

店長「クラブやヘッドの通る道筋、通り道が 軌道 なんですが、
 本来 その軌道は 自分がどういう風に
 からだを廻しているか によって形成されるモノ、
 アウトサイドインが良いか、悪いかは別にして
 アウトサイドインを修正したいのであれば
 からだの廻し方を修正する筈なのに、
 そこには至らず、からだの回転とは分離した
 腕やクラブで『道のり・道筋』だけを変更する
 手打ち〜手振りの入り口になります。」
スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)
質問「言われてみれば そうですね。」


店長「本来の仕組み、順序であれば
 主にダウンスイングになりますが、
 からだの廻し方はどうなのか❓
 その廻し方において
 トップの位置で クラブがどこにあって、
 どんな姿勢から始まると どういう風になるか、
 つまり からだの廻し方以外、
 腕やクラブは動かさないコト、動かない時の姿勢
 などが問題になるはずなのですが、
 実際には その反対の『クラブの動かし方』
 『腕の動かし方』という非常に難解な部分に
 取り組むコトになるのです。」

質問「あああ 確かに 動かし方 になっちゃいますね。」

 
店長「ましてや、スイング軌道の元 が
 クラブをいつのタイミングで長くするか、
 どこで遠くまで届かせるか なんて発想は少ないのですから。」

質問「無いッスね。。。」

店長「どのクラブでもそうですが、
 トップの位置から 地面を引きずってくるように動かすのが
 からだの回転で動かせる 最大の量であり、道筋です。


 移動の動力がそれしか無い✊ のですから。

 それよりも 大きな弧、長い道のり になると
 別な動力源、この場合は 手・腕 になりますが、必要になり
 それは からだを止め、からだと切り離して動かさないと
 使えないのですから どうしても 手打ちの道 に進むコトになります。


 からだの向きで引きずってくるように クラブを動かせば
 最終的には スイングは円を描きますが、
 クラブはスライドして動くように ヘッド姿勢、
 この場合ロフトやフェースの向き、ヘッドの進入角度などは
 円を描いても その変化は緩やか になります。
001002







 ゴルフ用語で言うと 『大きな円を描く』 は
 そういうことを指します。
 スイングアークを大きくする とも言われますが
 本当に 円を大きく、ヘッドが遠くに届くように振る
  と言う意味では無いですが、誤解されガチ です。」

質問「大きな円で振る ってそう言う意味なんですね。」

店長「そうですね、誤解されガチ です。
 おそらく それを言葉にしてアドバイスしている人も
 理解していないケースが多いんじゃないですか⁈


 一方、引きずって動かすよりも 大きな円、長い道のりになると
 クラブヘッドは重心が 握る棒の先、延長線上に無いので
 多くの場合、開いたり、閉じたりが伴ってしまいます。
 そして ヘッド自体を動かせば 手が止まる、
 からだの回転と切り離されているコトが問題になる のではなく、
 円が小さく、ヘッド姿勢の変化が激しくなる の方が問題になってくる、
 そして 無限回廊なので 何十年やっても答えは見つからない・・・
 ですね。

ヘッドが開いている とした ヘッドを閉じなくてはならない
ヘッドを閉じる〜動かすと グリップの進行が滞って
インパクトポイント〜スイングの最下点が手前になる
その 繰り返しになります。
スライスを防ごうとするとダフリ、
ダフリを防ごうとするとトップかスライス って奴ですね。
故に 地面から打つショットではボールがどんどん中に入って来て
 左寄りで打つドライバーが苦手になる
ターンがし難いフェアウェイウッドを中寄りのボールで打つのですから
上手く行かないのは必然と言えるんです。
445413







  ヘッドを動かす、ヘッドの方をたくさん動かす は
 円が クラブの長さ、それが半径になるので
 円が小さくなる そういうことを指すのですが、
 速く振りたい、大きく振りたい、大きな弧にしたい と
 真逆な ヘッドを振ってクラブの半径で振る を
 同時に実施しようとするのですから 難しいです。

 そして そのどこにも 円の源である からだの回転は
 入ってこない 
のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「グリップエンドを上に向ける、は
 からだの回転という 横移動を利用して
 グリップを下がる、
 言葉のイメージとしては グリップが低くなる
 と言う延長線で行われます。

 要するに クラブの構造、重さを利用して
 横移動に 自由落下では無いですけれど
 落下を組み合わせるような感じ なんですね。

 ですが、コレソノモノには 
 大きな横移動がありませんから、
 どんどん向きを変え続けないと ボールに当たらない…。

〇グリップエンドを向きを

 支部長はそこら辺は大丈夫だと思うんですけど
 ソコに到達するのって 結構な意識改革が必要です。


 クラブを持って こんな素振りをしてみて下さい。
 動画の通り、からだを廻す ではなく、
 足、靴の踏み変え で向きを変えます。

 トップの位置から グリップは落下させますが、
 ヘッドを動かすと ボールのトコロに辿り着けません。
 ヘッドを動かすと からだが回れなくなるから です。
〇グリップエンドを向きをどこへ - f

 前傾姿勢が無い ので
 本当にボールを当てるには ちょっと 下に振る
 が入っちゃうので 素振り が良いです。

 ヘッド単体は動かさない、グリップは移動する、
 ですと ヘッドの方が進行方向後ろ、後になります。
 色んな意味でハンドファースト って奴ですね。

 そうすると 落ちようとするヘッドの重さが
 グリップを進行方向に押します。
 コレって 重い方がその力が強いですし、
 シャフトの柔らかさがあると 押すチカラ、
 押す速度も速いです。

 この場合、前傾姿勢はないので 仮想の、なんですが、
 アドレス時の 左腋の下辺りを通過ポイントと考え
 グリップエンドを上に向けるつもりで
 打ち終える、素振りをしてみて下さい。

 グリップが下がる、落ちる、
 ハンドファースト…からだの向きで移動するんですが、
 それによって グリップが横に押される感覚、
 そう言うのが掴めたら OK です。
 あまり コレに固執すると 下に振る癖、
 それによって からだが止まる癖なんかが付いちゃう人
 出てくるので ご注意を。


 で 支部長の話しに戻るんですけど、
 グリップエンドは上に向けて抜くイメージ で
 そして からだの回転はグリップを移動させるためのモノ
 という前提の上で 

 切り返し は
  もう『一気に左向いてください
  
ガバッっと
  手なんか動かす暇 無いです。

 外から入っちゃう とか、
 アウトサイドイン になっちゃうとか、
 ロフトが とか、
 全部 忘れて 思いっきり 左向いてください

 繰り返しますけど
 からだの向きは グリップを移動させるためのモノ で
 左を向いて『から』 ナンカする ではなく
 左を向くコトが『打つコト』です。



 あと ですね、
 コレは別な記事で書こうと思っていますけれど
 (書いても良いのかしら プロ❓)
 橋爪プロの神レッスンの中で出てきます。 コレ

✋インパクトポイントはココ です。
Desktop 2022.11.06 - 17.11.14.01_Moment

 からだの正面で打つ には イメージ として
 ココをインパクトポイント にしないと出来ません。

 見た目の からだの正面、
 イメージの中にある インパクトポイント よりも
 50儖漫“球線側にありますよね。 もっとかな❓

 ココがイメージできるだけ でも
 アプローチは抜群に良くなると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


 そもそも…なんですが、
 この記事内で使われる グリップエンドを上に👆
 と言う意味は インパクト〜フォロー以降
 グリップエンドを空に向けたまま 抜く
 グリップエンドを空に向けていく というイメージの話し です。
 (なんだ そりゃ⁈ って人も居らっしゃるかとは思いますけど😓)





店長「ダウンスイング時での 手の下がり も
 それに伴う インパクト付近の手の浮き、
 グリップが体に近いトコロを通過する、
 もすべてそうなんですけど
 やはり 象徴的なのは
 インパクト時の『からだの起き上がり』ですね。

 これがナニから導き出されているか、
 なんですけれど、
 ビデオ茲鯣妙に何回も見ると
 切り返しからの からだの回転、
 左向きの始まりが 早い んですね。
〇グリップエンドを向きをどこへ - f

 蕕諒は 1タイミング、
 回転のタイミング(始まり)が遅い上 に、
 からだが 左右分かれて動いているような
 始めは左半身が動き、後半、右半身が動くような
 別々な動き方をしているように『見える』んです。

 ですので 蕕魯ぅ鵐僖ト以降(後半部分に相当します)
 左半身が左を向かない(動いていない)ので
 空間が無く、からだが詰まるので 伸び上がる反応をする、
 と言った感じです。


 一方、茲離咼妊は
 からだの回転が 早く、 左右が1ピースに
 間断なく、継続して動いている為、
 からだの回転によって 腕やグリップが
 からだに巻きつくような形になるので 浮き上がらず、
 からだに近いトコロを通る んです。

🌞世の中では それを 『左サイドのリード』
 なんて 言葉で表現されるんだと思います。

 からだの起き上がり なんて 今回のテーマでは
 全く意識の無い、テーマと直接関係ない部分 なんですが、
 結果として からだの回転が早く
 起き上がる「必要がない」ので 起き上がらない、
 という なんだか締まりの無い話し になっちゃうんですけど
 そういうコトなんだと思います。
〇グリップエンドを向きを

 まあ 結果論になっちゃいますけれど
 グリップエンドを上に向ける、
 上に動かそうとする としても
 始める位置は 高いトコロにあって
 グリップエンドは下を向いていますから
 からだを直ぐに回さざるを得ない。
 一番 変わったのは からだの廻し方、廻し始め、なのです。


 蕕離咼妊は 左右のからだが別々に動いて『見える』のは
 その側の腕が活躍している、動こうとしている
 というコトになるんだと思います。

 コレは からだの回転 👉向きの変更の目的は
 『グリップの移動』と言う大前提の元、
 切り返したら一気に左を向く、
 グリップエンドは空に向けて、で 間を置かず 左を向く
 で 煮詰めていくのが良いのでは無いかと思います。

 ゴルファー 皆のお手本になるので
 頑張って続けて欲しい んですけど…。





 では また明日 👋👋」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ヘッド(クラブ)をひきずる…って なんか名称欲しい…ですけれど
 元々は 手で振らずに、からだの回転で
 クラブをターンさせましょう というのが原点です。

 クラブの先端である ヘッド を動かす のは
 動かすんですけれど、
 自分が からだの向きを変えて グリップを移動させ、
 その分、ヘッドが動く。。。。

 ヘッドを😬 シャフトを😬 自分で直接的に動かそうとしない。」

質問「似ているけれど 結構な違いなんですよね。 」
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
店長「はい。かなり違います。
 ヘッドを引きずるイメージで ボールを打つと
〇手打ちからさよなら出来る
〇インパクト時の伸び上がりをする必要が無い
〇ディッシュアングルを保ち易い
〇ハンドファーストのインパクトを造れる

 これらが 特典としてモレナク付いてくる と言った感じですので
 結構、お買い得だと思うんですけど…。」

質問「はい✋はい✋」

店長「どれもが 個々で、一つ一つのテーマ、課題として
 悩んでいる人が多いと思うんですけど、
 ヘッドをひきずるアプローチ、ドリル で
 いっぺんに解決の糸口が得られると思うんですね。

 手打ちの解決は メインの目的でもありますから当然ですが、
 伸び上がり って
 腕とクラブが長くなっちゃってるから起こる訳で、
 ヘッドを引きずると クラブは逆に短くなるので
 沈みこむは大袈裟ですけれど、
 どちらかと言うと そう言う雰囲気です。
 伸び上がったら届きません。
アドレス7

 ディッシュアングル…腕とクラブの角度ですけど
 からだの向きを変えて クラブを引きずれば
 次の『ハンドファースト』にならざる得ない✊
 それが ディッシュアングル✊ ですので
 あまり意識しなくとも 達成可能です。


 …その上で ヒトツ 気になるコトがあるんですね。」

質問「なんです❓ なんです❓」

店長「多くの方のスイングやショットを見ていると
 全員じゃないですけど、かなり多くの人が
 慢性的な 『インサイドから入れる』
 『アウトサイドイン恐怖症』
 『インパクトは体の正面で✋症候群

 だと思うんですね。

 コレって 初心者だけでなく、
 逆に ベテランほど染みついている感じがします。

 アウトサイドから振りたくないが故に、
 無理やり インサイドから振ろうとする、
 そうなると フェースが開くっていう副産物が付いてきたり、
 入射が妙に緩くなってくる、という
 結構、深刻な副作用が付いてきて ソレに悩まされる。

 『インサイドから入れる』
 『アウトサイドイン恐怖症』
 『インパクトは体の正面で✋症候群』

 を実行しようとするが故に
 切り返してから からだを廻さない んです。」

質問「!!!!!!」

店長「いろんな事の問題を解消するには
〇外から入っても大丈夫
〇飛んで 繰り返せるなら アウトサイドインもOK
〇飛んで 繰り替えるなら 別にインパクト何でどうでも良い

 と割り切って
 切り返し、一気に からだを左に向けるんです。
 からだを開く。
 それが からだの回転
 です。」

質問「!!!!!!!」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「インパクト時に沈み込め、とは言いませんけれど
 からだが伸び上がる、ましてや 蹴りあがれ なんて
 空中にボールの有るドライバーならまだいいですけど
 平らなトコロではない ナガモノ、
 フェアウェイウッドとかユーティリティでは
 上手く当たる率 下がりそうですよね❓」

質問「正にそうだと思います。」

店長「とは言うモノの
 そう言う場面で そんなコト考えていられない です。

 そもそも 起き上がりとか、伸び上がり は
 ボールと自分との間合い、そして クラブの長さ、
 この場合は 腕も含めたクラブの長さ
 そう言うモノを瞬時に計算した 反射的に動き だったり、
 長くなって重くなったものを やはり からだが無意識に
 処理している可能性は非常に高い のですから
〇からだの回転_Moment(2)
 スイング中に掛かっちゃう そう言った不可抗力 などを
 悪く使うんじゃなく、良い方に使う習慣
を付けて置けば
 インパクト付近での 伸び上がり、起き上がり も 防ぎ易い、 
 いつの間にか 消せるかも知れません。」

質問「確かに 先端を振ろうとすれば 腕がボールの方に出て、
 腕とクラブを長くしちゃうと 起き上がらざるを得ない、ですね。」


店長「ソレを逆に
 腕に掛かるであろう遠心力が
 前傾姿勢の中、懐の中であれば
 その 前傾姿勢を保たせる にするのに使う。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 ナガモノも含めて 地面にあるボールを打つのに
 とても良いと思います。



 まあ それの副産物 なんですけど。。。」

質問「なんです?なんです?」

店長「ディッシュアングル ってあるじゃないですか❓」 

質問「はい、はい。」
アドレス7
店長「スイング中、動作中 意識しておく必要は無いですから
 まあ アドレス時のモノ と考えて良いんですが、
👉アドレスした時、左腕とクラブを一直線にするのではなく
 まあ 角度としては薄くて、何度!ってモノでは無く
 ある程度の角度差 があれば 良いってシロモノですけれど。。。

 からだの向きを変えるコトでグリップを移動させる、
 ヘッドはグリップを動かした分 引きずるような意識で動かせば

 そのディッシュアングルは 当然、スナップアングル

 アドレス時のソレは クラブのライ角度方向、
 手で言うと 手が親指側、小指側に付くような
 コッキングの角度 その方向のモノ だった訳ですけれど
 それが 『引きずる』コトによって
 手首の横方向、手のひらが甲側に折れる、平側に折れる、
 そう言う方向にすり替わります

 当然、引きずる側ですので
 (右打ち)
 左手であれば平側に、右手であれば平側に折れる、ような
 意識はしてませんけれど そう言う風になります。

 ハンドファースト維持にもつながりますけれど
 その ディッシュアングルがスナップアングルにすり替わる のが
 ややこしいですけれど
 実質的な ディッシュアングルの維持につながる のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの向きで クラブ、グリップを引きずって
 動かすドリルは 幾つかの悩みを解消する可能性があります。」

質問「どんな、ですか❓」

店長「例えば ですが、
 からだの伸び上がり、
 前傾姿勢の維持
 ですね。」

質問「マジ⁈ ですか。」

店長「はい。
〇からだの回転_Moment〇からだの回転_Moment(2)










 ヘッドで円を描こうと クラブの角度を振る場合、に比べると

 グリップを引きずって動かす場合、
 結果、としてですが、グリップはカラダの近くを通る、
 クラブをカラダに巻き付けたまま 動くような、
 そんな形 を保ち易くなります。」

質問「確かに、そうですねぇ。」


店長「スイングの始まり、アドレスには
 前傾姿勢、骨盤と大腿骨、お尻と太ももの
 前に倒れている角度差 というのがありますが、
 
 腕が長くなれば 重くなりますが、
 その前傾姿勢の中、
 アドレス時で言えば、
 肩の真下辺りをグリップが通れば、
 長さ として 腕が伸びていた としても
 その長さを前傾姿勢が吸収してしまいます。
 重さによる ワルイ影響を受けにくくなる、
 また 重さが掛かったとしても
 それを 前傾姿勢維持に利用できる可能性があります。」
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
質問「あ、なるほど。」

店長「クラブを、シャフトを振る、角度運動させる、円を描く、
 そう言うスイングでは 腕は 前傾姿勢よりもボールの方に出し易く、
 逆に それによって からだを起こさなくてはならない、
 クラブを持った腕の重さ、
 それには双方、遠心力が掛かるのですが、
 前傾姿勢の中と言えば良いのか、下と言えば良いのか、
 微妙なトコロですが、その中を通せれば
 起き上がる必要が無い上に 前傾姿勢も保ち易い、
 遠心力等重さによって 無意識で前傾姿勢は保たれ易いですが、
 前傾姿勢の下、から大きく外れてしまうと
 その重さを支え、かつ ボールを打つのには
 からだを起こさない、前傾姿勢を解かないといけなく
 なりますので 伸び上がり を気にしている方は
 ドリルとして トライして頂くと 何らかの影響があるやも知れません。

 両腕は両方で 10キロを超える重さがあります。
 ソレに遠心力が掛かれば その方向というか
 遠心力の掛かり方 によっては 体を起こさなくてはならない。

 伸び上がりは その必然だった可能性が否めない のです。」
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングの勘違いのヒトツに
 よく素振りとかで ビュンと音をさせるのあるじゃないですか❓
 その音をどこでさせるとか…。」

質問「はいはい、ありますよね。
 飛ばす為、ヘッドスピードを上げる為、
 こう その音がするよう、するよう 振るような素振り。」


店長「素振り するコトは悪くは無いです。
 ショットをする為の、その使う筋肉とか、関節を動かしていく
 そういう訓練と言うか、慣れは必要だとは思いますけど……。

 スイングって ボールを打ったら、
 終わんなきゃいけないじゃないですか。

 いつまでも コマみたいにくるくる回っているモノじゃありません。」

質問「そりゃ そうですね。」


店長「打った後、動作は減速〜停止して行きますけど
 動いていたクラブやヘッド、特にヘッドですね、
 それには運動の慣性が残っていますから
 その時点で 自分の手、グリップを追い越したりします。
 クラブをフリーにすると言えば良いのか、
 リリースすると言えば良いのか…
 それは 無理に止めるモノじゃなくて
 放っておけばよい訳ですが。。。

 それは ショットのオマケ みたいな部分で
 ソレが 打撃の主エンジン では無いです。
 ソコって 結構 勘違いしてるんじゃないですかね。」

質問「あ。。。あるかも知れません。」

店長「ドライバーショットの場合、
 ボールの位置も やや左めが多いですから
 微妙に そのリリースポイントが始まるトコロ、
 クラブをフリーにするトコロがインパクトに近いですけど
 それは からだを廻してきたことで
 グリップを移動させてきたコトの顛末というか、
 延長であって それが打撃のメインキャストではありません。
VTS02 2022_Moment(3)
 でも 素振りとかで、
 ヘッドを『速く、速く、振ろう』『ビュッと音をさせよう』
 みたいな意識が根付いていると それが打撃ソノモノ に
 なっちゃうんじゃないかな って。」

質問「自分も含めて そう言う素振りしてますよね。」

店長「はいはい。
 ショットは全般的に
 からだの向きでグリップを動かし、
 シャフトでつながっているヘッドを引きずる。

 ドライバークラスになると 長さもありますし、
 先端の速度も上がりますから、
 その運動の慣性を無理に止めると逆に危ない、
 手首とか、からだを傷めてしまう可能性があるので
 打った後、それは行かせる、フリーにする、
 その程度の差であって、原則は同じだと思います。
会田20210701_Moment(2)

 見た目、そのタイミングがインパクトに掛かって見えるので
 その クラブを、ヘッドを放り投げるような
 フリーにして打つのが『ショット』と思い違いしているような
 そんな気がします。

 遠くへ飛ばしたい、
 速く振りたい は
  先端を 速く振るコト、動かそうとするコト ではなく
 似ているように思えるかも知れませんが
 自分自身が速く周るコト です。」
貴方にはどう見える❓_Moment貴方にはどう見える❓_Moment(4)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「絨毯の上で ヘッドを引き摺る、
 からだの向きを変え、グリップを移動させ
 その移動した分で ヘッドを移動せる、
 その感覚を経た上 実際にボールを打ってみる。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 アプローチとは言えないまでも
 練習のウォーミングアップとして 感覚を掴んでみる、
 それは 手打ちからからだの回転への移行として
 地味かもしれないけれど
 かなり効果のあるドリルになると思います。」

質問「はい。」

店長「そのドリル(アプローチショットですが…)の参考に有るのが
 コチラの動画になると思います。

 おそらく。。。ですが、
 多くの方は。。。ですね、
 テークアウェイで90度右を向けた 9時を向けた時計文字盤
 クラブを 90度戻そう、6時にしようと思っている、
 フルではないけれど クラブをターンさせる、
 それが インパクトだ と思っているんじゃないか
 と思うんです。
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(2)
 でも グリップを動かして、ヘッドを引き摺る 感覚では
 インパクト付近は グリップをからだの平行に
 打つ方向にグリップエンドを向けたまま 引きずる感覚なんです。

 イメージ・意識は『9時のまま引きずる』んですけど
 からだの回転が入って来ますから
 ボールへの到達時点で 8時とか、7時半とか。。。
 7時までは行か(さ)ない感じですね。

 トップの位置での クラブを
 その姿勢のまま、そのシャフトの向きのまま、
 からだを廻して グリップを引き摺り
 クラブ自体を移動させる・・・。」

質問「スライドさせるような感覚 ですね。」

店長「はい。
 実際には 動力がからだの回転、回転なので
 薄っすらとは クラブにも回転は入ります。
 クラブ、ヘッドの重さ、運動での加算 が入りますから
 ヘッドは留まろうとしますので
 からだの向きに対し 半分位の回転でしょう。」

質問「コレで 当たるんですね❓」

店長「当たる と言うか、打てます。
〇距離感としての 管理出来る速度
〇多少のズレがあっても 均一な打撃ロフト、ヘッド姿勢
〇ヘッドのアタックアングル
 これらを考慮すると コチラが『正当なアプローチショット』です。」

質問「ものすごく奇妙な感覚です。」

店長「だと思います。
 今まであった 何か肝心なモノが無い、欠けている、
 なのにボールに当たる、ボールを打てる、
 そう言う感覚なのでは無いかと思います。

 今までの感じでは アドレスを基準点として
 ソコに戻る、ソコがインパクトの合流点なのだ、と思うんですが、
 からだを廻して グリップを引きずるので
 ボールとコンタクトする合流点は ソレ よりも もっと後です。」

〇からだの回転_Moment(2)

質問「そうなんですね😊」

店長「少し ソレに慣れたら、
 回転の 横のクラブの動き だけでなく
 縦のクラブの動きにも意識して
 同じように クラブを引き摺る、
 ヘッドをボールに縦の感覚で『届かせようとしない』、
 ボールに正対、垂直になるようにしない、
 グリップエンドを打つ方向に向けまま
 ボールと自分の間を擦り抜けさせる、
 そう言う感覚だと思います。」
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment
質問「当たるんですね…。」

店長「この 奇妙な感覚に慣れるコト が
 からだの回転への入り口 と考えて良いと思います。
 コレに慣れないと その先『ショット』につながって行かないです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ピンと来ないかも知れませんが、
 スイングには加速は勿論、あるんですけど
 一定の加速であって
 途中から ターボのように二重加速的なモノではありません
。」

質問「それは からだの回転と手打ちの違い、
 でもあるんですか❓」


店長「はい。
 からだの回転の場合、
 字面通り、からだの向きを変える速度が唯一の動力であり、
 加速も その回転速度次第 です。

 到達する速度
 例えば 時速40キロとか
 時速100キロ とかに対しての 均等な加速であって
 途中から 急加速をする、ようなことは
 からだの回転では難しいです。

 ですので アプローチの場合、
 自分の 廻る速度がダイレクトに ヘッドスピードであり、
 その調節が そのまま距離感 です。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 クラブ(手)を振らず クラブの姿勢、クラブの状態 は
 ほぼ 固定したまま、 からだの向きでクラブターンしますので
〇持ったクラブのロフト
〇持ったクラブの長さ
◎そして、自分の廻る速度 が距離を決める
 のです。

 一方、クラブを振る 手打ちの場合、
 クラブを振りますから 持ったロフトが打撃の
 インパクトロフトに反映され辛いですし、
 同時に、そのクラブ通りのアタックアングルになり難い
 もう、この時点で 同じ球、同じ距離を打てる可能性が
 からだの回転での打撃よりも低い、ですが、
葛谷2022816_Moment
 更に インパクト直前に、からだの回転が減速、停止 して
 その反動? 勢いで クラブをリリース、
 フリーにしてしまうので 速度も管理し辛い、
 三重苦 な訳です。


 ですので からだの向きでグリップを移動させ、
 その距離分、その稼働時間分、だけ ヘッドも動かす、
 引きずるかのように動かせれば
 少なくとも アプローチショットはかなり改善されます。」

質問「ものすごい意識改革が必要なのですね。」

店長「ソレはそう思います。
 今まで 手で振っていた、クラブをリリースし、
 クラブに残っている慣性 のようなモノで打っていた方が
 ヘッドを動かさない、シャフトを振らない は
 感覚として ボールが打てない と感じるでしょう。

 自分にとっての 打撃のエース、切り札 が使えないのです。

 リズム感も大きく変わるでしょうし、
 トライされた方、乗り越えた方 は
 からだに比べ、敏感、感受性の強い 腕・手で
 クラブを振る、ボールを打つ の充実感が
 からだの回転で打つ場合、何もない、まったく無い ですから
 掴みドコロもない のかも知れない。。。
 その位 違うのです。」

質問「ひええええええ」

店長「ですので 右打ちの方は左打ち、
 左打ちの方は右打ち、
 今日から 逆になる、位の気持ちで無いと乗り越えられない、
 位 意識、感覚、思い込みの差は激しい です。


 それともう一点、難所があるんですが、
 当初のテーマに沿うモノなんですけど、
 手打ちの方は 肩を廻す と 肩甲骨を動かす
 の違いが つかめていない方は多いですし、
 プロであっても 疲れてきたり、緊張感が高まってくると
 そのミスを犯してしまうほど 陥り易い部分 です。
〇肩を廻せ_Moment
 胴体を捻るタイプの 肩の廻し は
 疲労や緊張、からだがこわばってくると
 かなりの頑張りが必要で、
 そもそも 手で上げてしまうケースも多いうえ、
 胴体を捩じる(肩を廻す)促進・誘因として
 肩甲骨を動かす、腕やクラブを横に振る、
 をしてしまいガチ なので
 ソコに注意が必要です。

 そういうコトもありますし、
 どうせ 清水の舞台から飛び降りる位のつもり で
 手打ちを卒業しようとするのですから
 からだの回転も 股関節を境目として骨盤タイプ、
✅捻転タイプでは無く、
✅回転タイプに移行するのも良いかと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


質問「肩を廻せ、左肩を入れろ の話しからは
 少し遠ざかってしまったような気がするのですが、
 手打ちの解消はそれと関係あるのですよね❓」


店長「そう思います。
 からだの向きで移動させるゴルフクラブとの接点、
 グリップの移動では足らない、その動力だけでは
 自分のイメージしている円が造り切れない、から
 手で振る場合が多いですから
 当然、それをする為の準備もあるでしょう。
 おそらく ですが、そのイメージが解消されると
 からだの廻し方やテークアウェイの取り方にも
 影響。。。変化が出ると思います。」
〇からだの回転_Moment(2)

質問「どうしたら良いのでしょうか❓」

店長「そうですね、いきなりスイング、フルショットは
 大変ですので、短い距離のアプローチ、もしくは
 アプローチとは言わないまでも 練習を始める時の
 ウォーミングアップ だと思って やってみるのが
 良いのではないでしょうか。

 やがて それでアプローチ出来るようになり、
 その影響は 必ず、通常のショットにも出ると思います。

 アプローチって訳ではありませんが、
 ウエッジで 10〜20ヤード程度の距離で良いと思いますし、
 短いクラブでの練習は腰を痛める可能性もあるので
 使うのは 7番アイアンとか、6番アイアンでも良いと思います。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment


^媼韻垢襪里
 肩を廻す 〜胴体を捩じって でも良いですし、
 足を使って 骨盤ゴト動かしても ドラでも良いと思いますが、
 そのからだの向きによって 移動するグリップの動き、
 その動きが終わったら、ヘッドの移動も おしまい
 です。

✋肩を廻す、胴体を捩じる時の注意点 として
 ショットでもそうですが、小さなアプローチなどで
 肩は肩周り、胸や背中も含めた 胴体の上側が動く、
 胴体が捩じられるコト で 肩甲骨だけを使って、
 疑似的な 肩の廻しをしないコト です。
〇目安としては アドレス・セットアップ時の
 グリップエンドとからだの距離は 概ね〜保つ、
 テークアウェイを取って その距離が近づくコトはあっても
 遠ざかることはありません。
 グリップエンドとからだの距離が離れる は
 肩だと思っている、腕(肩甲骨も含め)を動かしているだけ
、です。
青木2022826_Moment(2)青木2022826_Moment(3)





 ボールに当てる、ボールを打つ、そして ショットの終わり
 も からだの回転による グリップの移動通り、移動次第、
 グリップの移動が終わったら、ショットも終わり、
 ヘッドがソレ以上動くコトはありません



 コレは アプローチに流用、アプローチに発展した際、
 とても 大切な部分になります。


 今まで 手打ちがショットの中に入っていると
 インパクト付近で からだの回転とは別の 手さばきの加速、
 が入っていた筈 です。
 コレは からだの回転で勢い付け した クラブの慣性に加え、
 手回り、肩周り、肘さばき などで
 クラブの速度をフリーにする、
 まるで クラブを放り投げるか のような使い方 です。

 クラブの速度をフリーにして打撃してしまうので
 その速度は 管理〜コントロール出来ません。

 加えて ロフトを開いて、緩いアタックアングル、
 場合によっては 上り際で打つコトが多いですから
 ソコを急がなくてはならない、のは分かるんですが、
 グリップの移動通り にすれば 下がり軌道の時に
 フェースが下を向いて入り易くなります から
 その 管理出来ない フリーな加速は要りません。

 からだの向きによる グリップの移動 が
 イコール ヘッドの移動の速度の管理

 つまり からだの向き加減(速度) が 距離感 になります。

 コレ 結構、大切なコトだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

店長「地面に置いたヘッド、絨毯の上を引き摺ったヘッド、
 これは2次元の、平面上の話し ですが、
 これを3次元、立体のスイングに当てはめても
 基本、ゴルフクラブの『自然な』動きは同じです。


 コレを例に 考えてみましょう。
〇からだの回転_Moment〇からだの回転_Moment(2)















 クラブ、シャフトと体の向きの関係です。
 トップの位置では 双方ともにだいたい同じ関係、角度、ですが、
 仮想のインパクトに向けて
 上:の写真は その角度が開いていきます。
 下:の写真は 同じ角度のまま です。


 運動が加わると ヘッド・クラブは重くなりますから
 むしろ 角度は詰まってくる、
 からだのラインに対し、クラブはより一層くっ付いてくる可能性が
 有ると思うのですが……。


 コレ、実験した時、
 上:1/4円を描く
 下:引き摺る

 を意識しただけで、それ以外はまったくの無意識なのですが、
 からだの回転が かなり違いますね。

 クラブの重さ、ヘッドの重さを無視して
 1/4円を描こうとする、クラブの長さを維持するようにする と
 先端部をたくさん動かさなくてなりません。
 非常に『意識的』『作為的』に、ですね。
  …信じている人にとっては…無意識の意識 と言えば良いんでしょうか…

 …そうすると 自然とからだの回転を抑える、
😊からだの向きを変える、回転って
 箇所は兎も角、どこか『自分の方に軸があって』
 この場合は 半時計周りをする訳ですが、
 先端で 1/4円描かせる、ヘッドをたくさん動かそうとする、
 をやると 軸を進行方向に対し後ろ(蕁砲砲困蕕靴
 回転そのものの移動量を減らしている、
 まるで 『ヘッド側に軸があって』
 それを支点に 自分が回転している感じに思えました。

 クラブ、ヘッドの重さが掛かる状態 であるのに
 円を描こうとすると 私は右打ちですが、
 どうしても 右手がボール側や下側、
 左手よりも前に出なければならないので
 そう言う感覚になるんだと思います。


 スイングで言うトコロの
 ボールを打つ、打ちに行く、打ち終わる、
 コレを からだの回転で行うと
 その流れの中で 自然と 打撃方向、飛球方向へと
 体重移動って訳ではないですけれど
 右打ちなら 左へ左へ、と行く。

😓ところが ヘッドに円を描かせる、ヘッドをたくさん動かそう
 とすればするほど 体重は後ろ、右に右に行く、
 まあ ヘッドを前に出すのですからそうせざるを得ない、でしょうね。」

質問「犬が尾を振るか、
 尾が犬を振るか、って感じですか。」


店長「そうなりますね。

 『ボールを打つため、ヘッドを動かす。』
 そのために からだの向きを変え グリップを動かす、
 ヘッドはシャフトでつながっているので
 グリップの動いた分、ヘッドも動き、
 からだの向きを『回転』させているので
 クラブに掛かる重さの分、差し引いて
 『クラブそのもののターンは 緩やかになる。』
 ヘッドの重さや長さ、運動による積算などにより
 半分位しか動いてくれない、
 動力が尽きてしまう…  …と理解しているか


 自分が180度ターンすると
 クラブ『も』当然180度ターンするモノ✊
 と信じている、深くは考えたコトないけれど
 そうであろう と思い込んでいるのなら
 
 " 手打ち って ちゃんと 自分の思い通りのプラン "
 な可能性は結構あると思います。

 からだの向きで足りない分、
 からだの回転の動力は尽きちゃう訳ですか
 あとは手で振る〜補うしかないのですから。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

店長「ちょっと 今回のテーマ
 肩を廻せ、左肩を入れろ というテークアウェイ系の話しからは
 少し逸れてしまう・・・・・・関係はありあり ですけど・・・。
 
 からだの回転で と 手打ち の関係なんですけれど
 そこは何度も言ってきているの ですが、
2017-06-13 19-07-51
 ややこしいんですけど ゴルフスイングは
 傍目から見ると 円を描いて見えるんですが
 当の本人、打ち手である自分自身は
  円を描こうとしてはイケナイ😬😬😬
 👉厳密には 円を描く意識は必要がなく、
  グリップを移動させられる分だけしか ヘッドは動かせない
  グリップの移動分以上、ヘッドは動かしてはイケナイ


 という パラドックスがあるんです。」

 質問「 は?? 」

店長「…まぁ そうですよね…😓

 お店にいらして 実体験でやってもらっても
 ピンと来ないのを 画像を使った としても
 言葉で説明しても 受け入れられない可能性は高い…んですが
 ゴルフスイング解明のヒント、かなり大きなヒントで、
 私の個人的な願望ですけれど、
 理解するようトライして頂きたい…です😓

 
 とりあえず 説明しますね。」


質問「お願いします。」

店長「大真面目な話なんですけれど
 ゴルフクラブってのは 無機質なモノで
 ナンの意志も意図も持っていません。」

質問「大真面目な話し、なんですね❓」

店長「はい。

 悶絶クラブのようにヘッドが重かろうが、
 ハードなシャフトでシャフトが重かろうが、
 重さは上下の動き、上に上げるのが大変、
 下に落とし易い、と言う重力に対しては反応しますけれど、
 からだ であっても、手で あっても
 横への移動の伴う 回転の味方はしてくれません。

 横への移動の負荷にはなるけど 原則、手伝いはしてくれません。

 重さ、その数値 何キロとか、何グラムとかは
 動きたがらない、ソコに居たい、留まりたい、
 もしくは 落っこちたい、上がりたくない
 を表した エネルギーの量 です。

Image20201006185024 (002)
 また、ヘッドが軽かった としても
 ゴルフクラブには長さ、そして 運動が加わるので
 重さ は 無くすことは出来ません。 


  よくある イメージ なんですけれど
 ボールを打たない、スイングとか、アプローチなんかで、
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)MVI_0878(2)_Moment(7)



 右打ちの人が 右を向いた状態から始めて
 左を向くと こういう風にクラブが動くモノ
 と思っている、信じている ゴルファーって
 100人に99人(100人❓)だと思うんですけど… どうです❓」

質問「ええええ 違うんですか❓」

店長「はい。 全然 違います。

 ゴルフクラブは無機質なモノです。

 打ち手……まぁ 私 としましょう。
 私がこれから 円運動をするか、
 それを持って 真っ直ぐ歩いて 散歩に行くか、
 それを 槍みたいにして突いて 壁に穴を空けるか、
 お薦めしませんが、夫婦げんかで使うか、

 判断する機能・能力は1个發△蠅泙擦鵝
 当たり前ですけど…。」

質問「はぁ…。 有ったら怖いです。」

店長「打ち手の私は 向きを変えて
 右向きから左向き、〇180度ターンするから
 ゴルフクラブも180度ターンする

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)



 今や腕もクラブも固定状態なので、
 その 半径分、半円を描く と信じています…


 自分が180度ターンしたから
 『当然』クラブも180度ターンする、
 ヘッドは外周部に位置しているから
 たくさんの距離を動いて 半円を描く…と妄信しています。
 まさに 妄信 です。
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(7)が、しかし、
それは単なる思い込み です。
ゴルファーの勝手な思い込みです。

 そんなコトは『物理的に』あり得ないんです。」

質問「ええええええええええええええええ」

店長「それはまるで
 空気抵抗の無い条件で
 1gの鉄の球 と 10キロの鉄の球を
 同じ高さから 同時に落としたら
 10キロの球の方が 先に地面に到達する✊
 と信じているのと同じ です。


✋じゃあ お家で、
 フローリングだとうるさいし、傷つくかも ですから
 絨毯の上でやってみましょう。

 クラブを使って 謎を解いてみましょう。

 右向き、とか 左向きは ちょっと省いて
 足、靴ゴト からだごと、右を向きます。

 地面にヘッドを置いてください。

 自分が持っているのはグリップ部 です。
 そこから 左を向く、靴ゴト、全部 左を向く。
 グリップを持っているので 右から左を向いた分
 グリップは移動し、ヘッド、クラブは引き摺られ…ます…が
images
 自分の思い描いている軌跡、道は通らず、
 クラブは半円 なんか 描かないでしょ❓」


質問「・・・・・描きません・・・・・・・。」


店長「スイングの最大の秘密 と言っても良いでしょうね。
 ゴルファーのスイングに対する 最大の誤解 とも言えます。

 自分が右向きから 左を向いて
 グリップを移動させた その量分しか ヘッドは動きません。
445
 ましてや 腕とクラブの半径分の 半円なんて…
 その半分位の 直線と円の間の
 想像よりも うんと自分に近いトコロ を引き摺られていきます。
413
 そして これは何度繰り返しても 同じような感じになります。

 円を描く 角度運動はとても少ない。
 ゆるやかに ターンはして行きますが、
 回転というよりも スライドに近い動きになります。

 右向き⇒トップの位置から インパクト〜右向きの戻し まで
 イメージの中では 90度のクラブターン
2017-06-13 19-07-51
 インパクトから この場合のフィニッシュまでの左向き、
 それで 残りの 90度のクラブターン、
 都合 180度のターンがされると 思い込んでいるけれど、
 その グリップの移動によって 引きずられるクラブは
 インパクトまで 30度位、多くて45度
 インパクトから 30度位、多くて45度
 自分が180度ターンするのに対し、
 多くても90度、少なく見積もれば60度位しかターンしていません。

 何度繰り返しても同じ です。

 その様も ヘッドが引き摺られる道のりも同じです。」

質問「。。。。。。。。。。。。。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「望ましい形でのからだの回転とは それが
〇胴体を捩じるタイプの肩の回転(捻転タイプ)であっても、
〇骨盤から 上半身ゴト右を変える回転(回転タイプ)であっても、

👉クラブと自分の関係を変えない、
👉両腕の長さに制約を受けない、
コトが
 『からだ』の回転の主目的 です。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
 クラブヘッドは ロフトやライ、フェース角度は
 相互に絡み合っていますので
 飛び出す上下方向角度(高さ)、左右方法の角度(方向)、
 ボールに加えられる回転など
 安定して、繰り返せるようにするのは簡単ではなく、
 それであるのならば
 そう言った角度を 動作中に、
 あまり(殆ど)変えず、腕やクラブを!では無く
  
クラブを持った自分自身が『ターン』しちゃいましょう
 その方が 確率として 繰り返し易いですよ✊

 なのが からだの回転 です。」

質問「確かにね…。」

店長「忘れられがちなのが
 クラブの弧の大きさ、
 ヘッドのボールに入ってくる角度、
 入射角度、アタックアングルも ロフトの一部です。

 ハンドターンの場合、
 フェースターンが必要になるコトが多いので、
 腕も含めた、ですが、
👉クラブの長さが早い段階で長くなり易く
 本来の、そのクラブ、その番手の長さ(短さ)が
 活かされるコトが少なくなります。
((((ハンドポジション_Moment
〇肩を廻せ! 左肩を入れろ の話しに戻りますが、
 腕だけを横に振る、手上げ だけでなく、
 肩を廻す為に腕を振る、クラブを振る、も
 肩は廻るんですが、
 クラブと体の関係は崩れてしまうので
 からだ(この場合は肩)を回転させる目的からは
 外れてしまいます。

腕やクラブを振って、胴体を捩じるケースでは
容易に 腕・クラブだけを振るケースにも
行き着き易いので 基本的には避けたい のです。」

質問「クラブはいつもからだの前に✋ って
 言いますよね。」


店長「はい。
 ホントに からだの正面 って訳には行かないですけど
 アバウトで からだの幅の中に って言うのは
〇ヘッド姿勢を大きく変えない
〇両方の腕の長さに制約を掛けない

 というコトだと考えて下さい。

 ですので 胴体が捩じられ、肩が回っていても
 からだの正面、からだの幅からクラブが外れてしまっている
 そういうテークアウェイ、上げ方 では
 どうしても インパクト付近でのズラシタ分の修正 が必要になり、
 それは からだの回転では補いきれません。」
((((((((_Moment

質問「からだの回転 と 手打ち/手振り との関係 にも
 つながってくるのですか❓


店長「まぁ そういうコトにもつながって来ますね。
 クラブのターンを からだの向きでするのを
 ボディターンとか、ボディリリース、
 クラブのターンを 腕や手でするのを
 ハンドターン、ハンドリリースと言います。
 
 どちらが良い悪い、正しい間違っているでは無いですが、
 よりシンプルで、体力頼りでは無いのは前者なので
 肉体に自信の無いアマチュア向き と言えるでしょうけど…。
 結果、として ハンドターンになっている人が多い、
 望んでそうしている訳では無いけれど
 スライスするとか、飛ばないとかの理由で せざるを得なくなっている、
 というのが現状だと思うんですね。」

質問「その解決法ってあるんですか❓」


店長「あります。
 肉体的な、または 技術的な問題 では無く
 『スイングってこう言うモノだろう』と言う思い込み
 が その差を生み出している と思います

 ですので その思い込み、その誤解が解ければ
 はい、すぐにパンパン打てる って訳には行きませんけど
 なんとなくの 形は直ぐに可能、
 肉体的には その方が楽な筈ですし、
 技術的には 既に持っている、知っているモノばかり、です。」


質問「ソコを! お願いします✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ごく一般的な からだの回転 は
 ほとんどの場合 肩を廻す、
 正式には 肩を廻し、胴体を捻る、
 腰の向きに対して 肩・胸ラインの『捻転差』を造る
 とされています。
 されていますが…。
((フットワーク (2)
質問「実際には 腕を横に振って
 肩〜胸ライン自体を動かしていない人も多い。」


店長「ですね。

 その上で、肩〜胸ラインを動かす、
 胴体を捻る 勢いを付ける為、腕を横に振っている、
 ハイブリッドタイプの人も多いのですが、
 そのハイブリッド捻転 は
 疲労や加齢によって 腕本位に変移するケースがとても多く
 歳をとって、肩〜胸ライン本位の『捻転』に変移するケースは
 例外と言えるほど 希少です。」
((((((((_Moment
質問「それはそうでしょうね。」

店長「骨盤、お尻、股関節へ移行する と言う話しは
 ホントは強く勧めたいんですが、ちょっと 置いておいて
 そうなると 自分ではからだを廻している『つもり』だけれど
 より一層 腕を横に振るケースが だいたいの行き着く先です。

 まあ ゴルフスイングのお決まりのアドバイスとして
 もっとからだを廻せ、右を向け、左肩を入れろ に
 なるんですけれども・・・。

 特に 左肩を入れろ は アドバイスとして
 このケースではとても悪く働き、
 本来の『捻転』、腰ラインに対して 肩ラインを廻す であっても、
 骨盤、お尻、股関節で右(右打ち)を向く であっても、
 右半身も、左半身も 均等に右を向く、均等に動く、
 右半身、右胸、右背中が向きを変えるから
 『結果として』 左半身も動き、
2021-12-06_22-21-54_Moment
 左肩が入るんです   が    
 腕を横に振る 疑似右向き、
 または ハイブリッドの疑似右向き予備軍 も
 テークアウェイをしっかり取ろうとする為、
 右向きをもっと深くしようとする為、
 左肩、左腕ばかりを入れようとして
 右肩、右半身がどんどん動かなくなります。

 結果として 努力の甲斐なく、
 トライすればするほど 右向きが浅くなってしまう
 というケースがとても多いんですね。」

質問「うううううう〜む
 『歳を取ると からだが硬くなって…廻れない』
 は年配の人の合言葉のようになっているのですが、
 その周り方 では 廻れなくて当然、
 逆に、廻れたら 怪我の恐れもあるというコトになりますね。」
〇肩を廻せ_Moment2
店長「そうだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「テークアウェイを取る、右を向く、
 トップと呼ばれる場所に グリップ、もしくは クラブを送る

 その横方向の動き(右向き/右打ち) の要素 は

々盤・腰・お尻の動き
肩の動き〜胴体の捻転
➂腕の横への振り


 この3つで構成され
 右向きを どれかの単独の要素で行われる方も居れば
 二つ、もしくは三つの要素のハイブリッドな方も居ます。
〇肩を廻せ_Moment
 古くから多くの選手やアマチュアを見ていると
 右向きの要素、その構成を
 ,旅盤周りが多い方ほど 加齢によるスイング変化が
 少なくて済みます。


 ,鮗臑里砲靴討い討癲.好ぅ鵐案虻遒涼罎任
 胴体は薄っすらと捻じられてしまいますので
  △發靴は,鉢△離魯ぅ屮螢奪匹
 回転の割合が 盜盤の方が多ければ腰痛などの
 問題は少なく出来るとは思います。

 回転の要素が からだの箇所で言うと 上部、
 クラブに近くなる方ほど 動き自体に始めから無理があるので
 年齢を取ってくると テークアウェイは浅くなっていく傾向が
 非常に強くなります。

 私たちアマチュアゴルファーの参考になるか、どうかは
 微妙ですが、タイガーウッズ選手は
 若いころは ➂の複合が主体のからだの廻し でしたが
 年齢を重ね そのからだの廻しを 胴体の捻じり主体ではありますが
 ´◆‘溝里稜韻犬+股関節 にシフトしてきています。

 女性の場合は 男性とは股関節の特徴が異なりますので
 ほとんどお手本になるような選手は´△離魯ぅ屮螢奪匹任后
((((((((_Moment

 テークアウェイ〜右向きを どの箇所で行うか は
 スイングのリズムやタイミングにも大きく関係するので
 ハイ! 今日からコレ! って訳には行かないとは思いますが、
 回転の箇所を徐々に下に落としていく、
 クラブから離していく、遠くしていく のが
 実は 最大のスイング改良につながるのでは無いか と 思います。」

質問「…そうですね。
 歳を取ってくるほど 腰回りに不安というか、
 痛みではないですけれど その一歩手前の疲労
 を感じることが増えていますから からだの捻じるのが
 怖くなり 浅くなる…のでしょうね。」


店長「そう思います。
 それを 腕の振り で無理やり、
 胴体を捩じる(廻す)為、勢い付けのように 腕を振ると
〇フェースを開く
〇クラブが横にズレる 

 という 後処理が大変な、より深い問題が生まれます ので
 出来れば避けたい のです。

 私が二つ目の理由で
 「肩を廻せ、左肩を入れろ」を反対するのは
 年齢がいってくると 腰回りに不安を持つ人が増えます。
 正規な「肩を廻す」は
 胴体を捻り、腰にも負担をかけますから
 出来れば避けた方が良いですし、
 負担、不安があるが故に
 腕の横振り、胴体のひねり のハイブリッドが
 どんどんと 腕の横振りにシフトしてしまい
 胴体の捻じり が薄れる傾向が強いから、です。

質問「ゴルフのスイングにとっては悪そう、ですが、
 からだのコトを考えると 仕方ないでしょうね。」

店長「確かに そうですね。

 腕の横振りは 右を向いているように「見える」であって
 右向き不足は増していきますので、
✋胴体をもっと捻じれ では無く
✋捻じる場所を 骨盤廻りに、下に下げろ、

 が良いと思うんですね。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

店長「ゴルフスイングの仕組みはよく出来ていて
 テークアウェイで からだを捻じらず
 腕主体で無く からだの向きを変えると
 それだけで 結構な高さにヘッドを持ってこれます。
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment(2)

 傍からの見た目 であれば、
 ただ 右を向いただけ なのに
 ヘッドとグリップの上下関係は『反転』したように見えます。」

質問「ホントですね。」

店長「確かに見た目 のヘッドは
 地面をゼロ とすると 2m近くの高さに達しますが、
 その殆どは 向きで消化出来ます。
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment(3)
 クラブヘッドが自分の方に 鎌首をもたげた形…
 L字型になっている訳ですから
 その土台が相当する 腕が高くなれば
 からだの向きの変更以上に 上がろう としますので
 それは 自然に任せればよいと思います。

 だから 上げる と言う点において
 それを 積極的にはする必要がない。

 ダウンスイングで下に振って良いことはナニもない✊ ので
 それをする為に 積極的に上げる は
 時間と労力の無駄、必ず『二度手間』が必要になります。」

質問「なるほど。」

店長「自分で素振りをしてみると分かると思うのですが、
 ダウンスイング…ボールを打つ方ですね、
 クラブを下に振るコトを打撃のメインパワーにしてしまうと
 先に ボールの位置を確保して から で無いと
 下に振って ボールに当てられません。
 動作の手順で言うと からだを先に廻して、
 ボール位置付近 で からだの動きを止め
 下に振る という 打撃の前段階で かなり複雑な手順
 が必要になります。」

質問「ダウンスイングから すぐ 下に振ると
 ボールのトコロに行き着けないですね。」

店長「ええ。
 その手順の後、ボールを打つんですが、
 ヘッドを振るので 同じヘッド姿勢や自分の姿勢、
 似たようなヘッドの進入、上下左右を含めて、ですけれど 
 ヘッドの進入にするのはやさしくない。
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment(5)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







 また 下に振ろうとすると
 どうしても グリップの移動を積極的にし難くなり、、、
 しちゃうと 下に振れなくなりますから…
 からだの向きと腕を切り離す必要が生まれちゃいます。」

質問「確かに。」

店長「そう考えると 打撃のメインパワーを
 上下にクラブを振るコト にしてしまうのは
 あまりに難易度が高いと思うんですね。

 まして グリップとヘッドの上下反転 なんて
 前傾姿勢と体の向き変更 というスイングの仕組みで
 達成できてしまうのですから。

 言葉上、テークアウェイを上げる、
 ダウンスイングを降ろす、下げる と言っていますが
 単に からだの向きを変えているだけ であって
 クラブの、特にヘッドの上げ下げ は
 積極的にはしてない のです。
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment






 テークアウェイの 上げる は
 私の感覚では クラブの短くして、
 クラブの重さを左グリップに掛ける ようにして
 からだの向きと言う動作の追従性を上げている、
 グリップが からだの向きに付いて行けるように しているだけで
 ダウンスイングで ヘッドを下げよう、
 ボールに届かせよう、と言う感覚は皆無で
 逆に 出来るだけ ヘッドを高い位置のまま インパクトを通過させよう、
 スイングの円弧の 下半分のゾーンに
 ヘッドは侵入させないような そう言う感覚はあります。」

質問「ボールを上から打て、
 ボールをつぶせ とは 反対の感覚になります❓」


店長「ボールを上から打て は
 フェースとボールとの関係 ですので
 大きな意味の打撃感覚とは あんまりつながりが無い、
 別な課題と言った感じなんですが、
 クラブを振らず フェースが下を向いていれば
 それは 結果として 達成できますから。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの向きが伴うのであれば
 積極的に 手を動かす 『手で叩く』のはアリ
 でいいんじゃないですか❓」
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

Rさん「まあ その方が馴染みが良いですし、
 満足感ありますからね…。」 


店長「手を使う 👉クラブをリリースする訳ですが、
 そのタイミングによって
 『何を』リリースするか 変わって来ます。
 何を、と言えば良いのか
 どのように クラブ・ヘッド・重さをリリースするか、
 と言えば良いのか…。」

Rさん「どういう意味です??」

店長「からだの回転であっても
 手を積極的に、主に使うであっても
 飛ばす と 安定 を 両立させるのであれば
 ロフト方向というか、
 スイングの進行方向、軌道に対して サポート、
 腕・手であれば 押して、支えてあげたい のですが、

 先に からだを廻してしまって
 あとから 手で振る になると
 クラブには 横の重さ、
 回転に対する重さが残ってしまうので
 キャスト、ライ方向に振らなければならなくなってしまいます。

 からだの回転で作るであろう 円弧 に対し、
 クラブの長さの円 を 別に作るような動き ですね。」

Rさん「クラブの 縦と横 みたいな感じですか❓」

店長「そですね。
 比較動画を見て下さい。
◎普通に打って頂いているのと
◎体重移動を積極的に行わず 右体重のまま
 手で打って頂くイメージ の二つ では
 前者 が先行して からだを廻すが故に
 クラブが寝てしまうような形、重さになり、
 のちのち キャスト、ライ方向に振らざるを得なくなります。

 そして それが故に、
 左グリップが支点になる クラブが反転する間、
 左サイドは回転、移動が出来なくなり
 詰まってしまい、上に逃げてますよね。」
(Rさん 夏の暑い日 202207_Moment(2)

Rさん「確かに…。」

店長「ですので  どうせ 手で打たないと満足出来ない
 のですから、積極的に 右に体重を乗せたまま、
 先に リリースしちゃう感覚を得て欲しいのです。」

Rさん「体重移動はしないのですか❓」

店長「体重移動は からだの向きが変わる 副作用
 に近いですから 右を向けば 右が軸足、
 左を向けば 左が軸足 になるので
 自然にしていれば 付いて来ます。

 からだの回転✋ を意識し過ぎるあまり、
 先に「踏み込んで」 は
 先に「からだを廻して」 ですので
 より 悪い形の手使い キャスティング になってしまいます。
(Rさん 夏の暑い日 202207_Moment

 キャスト の リリース…
 クラブをライ方向にリリースしては
 どんどん ロフトが増えていくコト になり
 クラブが 縦に縦に 動こうとするが故
 左サイドが止まる、伸びる、上に逃げる ですから
 良いことはありません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転で『振る』のは
 手を使わない訳ではないです。
 ややこしいですけど、主に 手で円を描かない、
 からだの回転を主で円を作るコトで
 手を使わないコトを指す訳ではありません
井上2020725_Moment

 からだの回転と同期するのなら
 形式上、からだの回転の補助になる…
 円を描くのが からだの向きが主であれば
 どんどん 手は使って良いんです。」

Rさん「からだの回転✋✋ って言われると
 手を使うのが 悪い みたいに思ってしまいますよね。」


店長「ですね。
 でも 一旦、腕さばきで クラブが短く、
 円弧で言うと 小さな円になっている訳で
 元に戻さないと 正常な円の大きさに戻せない。
 間違えてはイケナイのは 円を大きくすればするほど
 良い訳では無く、多少の許容幅はありますが、
 それを 上回る 円弧の大きさを造ってしまう と
 からだの回転では 円弧を造り切れなくなっちゃうので
 適時、適切な、 円弧の大きさ と言う意味です。」
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)







Rさん「ソコ 難しい…ですか❓」

店長「いえいえ
 難しくなってしまうのは スイングのタメ みたいなモノを
 からだの向きに対する 腕の遅れ にしてしまうからで
 クラブ、先端の重さのヘッドは遅れていいんです。
 腕まで遅れさせちゃうと
 からだは回していても 最後、打つ時、
 手で振らなければイケなくなってしまう、だけです。

 どうしても… ってところはありますが、
 手で振らないと 満足出来ない方✊
 充実感を優先させたい方✋
 ソコソコ 腕力に自信の有る方✋

 は 積極的に 手、まあ この場合は腕 というか、
 切り替えし で 腕のリリースから『始めて良いんですよ。
 
 だって 積極的に 手で打ちたいでしょ❓」

Rさん「!!!!!!!!」

店長「言葉で伝え難くはありますが、
 バランスボール(重たいモノ)を持って
 トップの位置のように 腕をたたんで
 そこから からだを廻すと、
 バランスボールの重さが増し、
 腕をたたんでいられなくなり、
 結果としては 腕、右打ちであれば右腕は伸ばされます。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment

 腕で打ちたい人、腕を強く使いたい人 は
 それを 積極的に、 先に やるのも アリ です。
 右打ちであれば 右腕の伸ばし、
 リリースですね、
 それに からだの回転が追い付かれなければ良いのです。

 スイングで言う 左腕 というのは からだの回転
 のコトを指します。

 一般論では からだの向き、回転に対しての 腕は補助、ですが、
 その反対であっても 同期していれば、
 からだの向きで 左腕が、右腕に追いつかれずに
 逃げ切ってしまえば 良いだけ のコトです。
 どちらも 追いかけっこ であるコトに変わりはないです。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 からだの回転を 主 と思っても
 腕が からだの向きについて行かず 遅れれば
 👉 結局、手で振らざるを得ない、
 プロの試合でも そんなミスは山ほどあります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Rさん「手で振らない感じを教えて貰いたいのですが…。」
会田20210701_Moment

店長「そうですねー。
 手で振っても大丈夫なのは
 やっぱり 若い時だけですからね、
 私たちの年齢だと 腕立て伏せとか、懸垂とか
 出来ても 回数とか、長時間とか もちません。
 
 歩くこと に関連する脚力は
 腕力に比べると 耐久性もありますので
 出来るだけ そちらにシフトしたいですよね。」

Rさん「はい。
 中途半端な からだの回転 って
 ヘッドを返していない分、つかまりが悪く、
 スライスになって 飛ばないので 悩みます。
 手でヘッドを返せば 飛ぶのですが、
 持続性は乏しいですし…。」


店長「あと 最近のゴルフクラブ、
 そして ボールは 低スピン嗜好が強いですので
 ロフトも減ってしまう ヘッドターン は
 飛距離につながり難いですし、
 昔のスライスと同じように 大きなミスになります。」
Rさん バルブは開ける方向にお願いします_Moment

Rさん「ほんと…ソレ…。」

店長「悶絶クラブ使用者は 耳タコ かも知れませんが、
 まずは 基礎概念として
 『ヘッドはグリップを追い越さない』という
 意識はとても大切だと思います。」

Rさん「最近、分かり始めてきました。」

店長「スイング動作って
 当然、終わらなければなりません。
 回転するにしても 永遠にくるくる回る訳にはいかない、
 ですので スイングの終了に伴って
 動作の減速、停止、するんですが、
 その際に、速度の上がっていた クラブ、そしてヘッドには
 まだ 運動の慣性が付いていますから、
 結果、グリップ を追い越すコト になるんですが、
 そこは 『打った後』の話し で
 それは 『打つコト』そのもの ではないんですね。」

Rさん「はい…。」

店長「ですので 打った後、打った間際 で
 ヘッドが先にいく  のは構いません。
 無理に止めると 手首や肘を傷める可能性があるので
 そこは 自然に流してしまうべきでしょう。

 蛇足ですけど、硬いシャフトだったり
 軽いヘッドだったり すると
 フォローが出ない、フィニッシュに行き着かない、
 って言うのがありますけれど、
 悶絶クラブですと それは無い、
 良くても 悪くても 無理やり フィニッシュに行かされます。
 それを止めたら 痛めちゃいます。

 笑い話ですが、実際、過去に
 それをデモンストレーションしようとして
 痛めた方がいらっしゃいます。


 ですので 『ヘッドを走らせよう』
 なんて言葉に踊らされないようにしないとイケマセン。」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「平らなトコロから打つばかりでないのが
 現場でのゴルフですから
 しっかり 体重を乗せて打っていける、というのは
 それなりの工夫が必要だと思います。」

Kさん「そうですねぇ…。」


店長「私たちの年齢…オーバー50 では
 肩を入れて…胴体を捩じって を行おうとすると
 左腕、左肩 ばかりを入れようとしてしまいます。

 腰や首などへの負担もありますし、

 左腕 で右へクラブを押すと
 両腕も含め クラブが右に倒れます。
 スイング用語的には クラブが寝る と言うんですが、
 そうなると 必要以上に重さが
 からだの背後に行ってしまうため、
 アドレス基準で 前後(ボールの方〜背後)の
 重量配分を前めにせざるを得なくなります。

 コチラの写真をご覧ください。」
((フットワーク((フットワーク (2)((フットワーク_Moment(2)((フットワーク3










店長「4人とも だいたい ですけれど
 トップの位置での クラブの位置は同じ感じ なんですが
 左右の 股関節の位置関係が かなり違う。

 前半の二人は
 アドレス時の飛球線方向 に
 左右の股関節が残った感じ になっていますが、
 後半の二人は

 『右向き』基準の股関節になっている。

 箇所 として 似たような位置から
 クラブを振ってくるのなら
 小さな箇所、弱い箇所、
 この場合は 左腕、左肩を指しますが、
 それをたくさん動かす前者 と
 大きな箇所、強い箇所、
 この場合は 股関節廻りですね、
 それを少なく動かす後者 では
 再現性がかなり違いますし、
 故障をする可能性もかなり違うと思います。
((フットワーク4

 テークアウェイは 前輪駆動、右サイドで
 と言いましたが、右ひじの使い方は
 この 『右を向いた時、
 左右の股関節 も 右を向く、
 それを誘導する為、前傾姿勢に沿って
 (前傾姿勢に対し直角…斜めになりますね)
 右ひじを引いていく』

 この股関節の関係を作るための手伝い と
 考えて良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングにおいてのからだの回転は
どの道、クラブを持ってる 腕を振る、腕を動かすコトに
なるのは確かです。
そうしないと ボールが強く打てません。

Rさんのスイングを見ていると
余りに忠実に からだの回転で腕を振る、動かしているが故に、
腕やクラブに対し遠心力がかかり
腕がからだから離れる、浮いてしまっている ように思えます。 

【Rさん 20210604】_Moment前傾姿勢がありますので
普通にからだの向きを入れ替えると
この矢印の方向に 外力はかかります。
最終的には 腕の付け根と遠心力は
揃おう、同じ高さになろうとするので
回転で腕を振れば振るほど
グリップは上がろうとする
👉その結果、からだは起きることになります。

【Rさん 20210604】_Moment遠心力がかかって
クラブを持った腕が
その付け根から離れようとする
と言う方向を 遠心力方向 ではなく
この方向【腕の付け根→重力方向】

にしてあげた方が 打撃には便利です。
体が起こさせる 遠心力がかからず
逆に 前傾が維持されるような力に変わります。

ですので あくまでも イメージ
クラブ無しの素振りやクラブ有りの素振りで
ちょっと トライして頂きたいのは こんな感じです。
2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(2)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(3)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(4)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(5)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(6)





➀右を向いたまま、
 腕をその重さで落とす
 腕を下へ振るのでは その自重で落とす 感じ。
➁落ちたモノには慣性が付きますから
 いずれ 上がってきますが、
 それを 左向きでキャッチ、合流する感じ。


 ✋腕を落とすが先です。


回転のチカラを使って
 腕を、グリップを縦に動かす感じ が掴めると良いと思います。
実際のスイングには クラブの遠心力も加わりますので
結果は 腕を横に振るの中間に収まるのだと思いますが、
回転で腕を縦に振る(振らないけど…)その感じ と
 腕の動きだし と からだの向き の動作始まり を
 掴んでみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「テークアウェイの種類を大別したのですが、
〆枯咫∈幻だけの動き
肩を廻したつもりが腕の振りだけのモノ
➂肩を廻す/胴体をひねる
➃お尻・骨盤を廻す
ヂ 足首を捻じるモノ
 なんとなく 分かると思うのですが、
 上から順に クラブに近いトコロ、
 からだの部位で言っても 下に行くほど低いトコロ
 でからだの向きを変えよう と分かれていますよね。
IMG_0772
 ➂も含め、´△肇ラブに近い、
 腕が中心でからだの向きを変える方
 そのやり方と グリップは結構、密接な関係にあります。」

Kさん「痛いトコロを突かれますね…。」

店長「フックグリップが悪い と言う訳では無いですが、
 手、この場合は 左腕主体でテークバックに入る方
 は フックグリップがかなり強く、
 左の手首がかなり甲側に折れているケースが多いんですね。

 ➂→□,函,茲蟶枯喙臑療戮高くなるに連れ
 左右のグリップのルーズさも強い、
 左右のグリップが離れているってことですね。

 コレ その本人、当人に聞いても 無自覚で
 そう言うグリップに行き着いてしまっているでしょうから
 答えられない可能性が高いんですけど、
 ボールを打つコトよりも
 「テークアウェイを ヒョイッと 左腕の動きで行う」
 それをし易いための『グリップ』に思えるんです。
b7055bfb2eea97122aee59c31313e223
 フックグリップがフェースターンし易い というのは
 言葉ではよく耳にするんですけど、
 フックグリップのアマチュアの多くは
 左右がルーズ、離れています。
 
 フェースターンをする事を主眼に グリップを造るのなら
 フックグリップは良いですが、左右が密着している方が
 フェースターンを無駄なく 素早くし易い、
 離れている方が 色々不都合が生まれ易い と思うんですね。

 にもかかわらず ルーズな人が多い…。

 そう考えると 帰り(ダウンスイング)の方がメインじゃなくて
 テークアウェイのし易さ から グリップが造られちゃう
 じゃあ無いのかと思うんです。

 検証のしようが無いんですけど、
 外れてはいない気がします。」

Kさん「自覚はないですけど、
 グリップを指摘されて、スクエア気味、
 左右を密着させると 打つコトもそうですけど
 テークアウェイの初期が始動し辛い というのはあります。」


店長「ですよねー。
 テークアウェイの基礎的なチェックとしては
 シャフトが概ね 地面と平行になった時、
 フェースがシャット、 自分の前傾と同じ感じの下向き
 ってのがありますけど
 それって ´△虜枯咾世韻如.董璽アウェイを取っちゃう、
 グリップがルーズ目な人は 出来ないと思うんですよね。
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

 ですので テークアウェイの修正、訓練は
 その基礎的なチェックと グリップとの兼ね合い、
 同時進行になると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転、テークアウェイでの右向き を
 大別すると

〆枯咫∈幻だけの動き
肩を廻したつもりが腕の振りだけのモノ
➂肩を廻す/胴体をひねる
➃お尻・骨盤を廻す
ヂ 足首を捻じるモノ


に分かれると思います。」

Kさん「ひとつひとつ 解説お願いします。」

店長「はい。
  回転と言う言葉はほぼ該当しませんが、
 意外に多く…肌感覚的には2割弱のゴルファーがコレでしょうか…
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)




 流石にこれはダメダメですので改善したい。

 多くの右打ちの方は 右腕が利き手になると思うのですが、
 手で打つコトの良し悪しは別として
 左右の腕の動きの量が かけ離れているので
 右腕で叩きたくとも 空間も時間も足らなくなり
 強く打とうとすればするほど ミスになってしまい易い、
 また その分 左ひじや手首への負担が大きいですから
 出来れば お別れしましょう。
(271_Moment

 これは非常に多数派、 与党 と言った感じ。
 気持ちでは肩を廻しているつもり なのですが
 単に腕を振っている だけ。
 本人の自覚は無いと思いますが、肩の向きと
 腕の動きは別なモノになっているので
 よりからだを、肩を廻しても 良いことは生まれません。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

 字面では分かり難いとは思いますが、
◉肩を廻すと 腕も動く と
◉腕を振ると 肩も引っ張られ 向きを変える

 似て非なるモノですので、その自覚から始まる必要があると思います。

 の肩を廻す、胴体を捩じる ですが、
 プロの多くはココにいます。半分強と言ったところでしょうか。
 しかし✋✋✋これをアマチュアにお薦めはしません。
 学生時代や若い頃、「ラヂオ体操第一」なんて
 ちんたら お遊戯かよ と舐めていたかも ですが、
 歳取ってからやると 最後まで休まず出来るか微妙。。。
 だったりするのです。
スイング集 Patty_Moment

 その位 年齢によって運動性能は変りますので
 若い スポーツ選手の出来る当り前が 我々の当たり前に
 なり得ず、やっているつもりが
 結局に 肩を廻す で無く、腕を振る
 に陥っている と気づいていないのは自分だけ です。

 続けるのであれば ヨガやストレッチ、
 慢性の運動不足にならないよう注意が必要です。

 また 腰痛が伴うようになってきたら
 い悗琉楾圓鬚薦めします。
田中どら_Moment(5)
  一般的なアマチュアゴルファーの平均年齢 58歳
 50代から上の年齢や運動不足気味、からだの硬い方は
 骨盤を動かす、回る、回らないの境目を股関節にする
 をお薦めしますが、最小野党に相当するでしょう。
 不器用な部分なので 慣れるのには苦労するかも ですが、
 一度覚えると 不器用な部分だけに変わり難い、忘れにくい、
 非常に基礎的な動きになるので お薦めです。
133



 これも意外に多い 2割弱の人が該当するでしょう。
 『からだ』の向きを変える と言う意味では
 間違っていないのですが、
 まわす部分が多過ぎの上に それを支える足首は
 大きな筋肉ではありませんので、
 傾斜があったり、ぬかるんでいたり、歩いて疲労、
 などによる影響が大きいと思います。
 
141

 からだの向きを変える、からだを廻す は
 廻す部分と廻さない部分があり、
 イ両豺腓蓮廻す部分は足首より上、
 廻さない部分は靴
 になるのですが、
 それを(右打ちであれば)回す部分はお尻、
 廻さない部分は 右太ももなり、右ひざ

 に移せるようになると より安定が高くなります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ショットのミスにつながる テークアウェイのミス
 その多くは 左腕の運動量と右腕の移動量のミスマッチ です。
 からだの向き、ソノモノでテークアウェイを取れていれば
 左右の移動量の差は殆ど無い…筈 ですが、
 多くの方が 左腕の動きが多くなっている。。。」
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

Kさん「ダウンスイングで 左腕の長さ の解消 に
 苦労する訳ですね。」


店長「そうですね、
 ダウンスイングで フェースローテーションする人にとって
 左腕の長さが長い、左腕が邪魔 というのが
 ミスの原因になったりしています。
スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)

 ダウンスイングにとって
 運動の一番先頭であるべき、左腕の
 切り返しの動きだし遅れ も少なくないです。」

Kさん「質の良い 右向きが欲しいのですね、」

店長「はい。
 一般的に テークアウェイ、テークバックは『上げる』
 ダウンスイングは『降ろす』と呼ばれますが、
 それは 前傾姿勢のある基礎姿勢が向きを変える為、
 グリップ、クラブの高さが 高くなったり、低くなったり、
 そう見えるからであって
 左グリップを 「上げる」必要性は無いと思います。
 からだが ちゃんと 右を向けるのであれば
 それで高くなる量で十分です。」

Kさん「左手は上げる必要がない…と。」


店長「そう思います。
 左腕単独の動き、ソノモノが要らないと思います
スナップショット 2 (2016-06-27 23-07)

 ゴルフスイングの用語 で言うと
 右打ちにとっての左腕は からだの回転のコトを指
  と言っても過言ではありません。
 左腕を移動させる は からだを廻すコト です。


 ですので テークアウェイでも
 からだの向きと左腕は固定された関係 と考えて良く、
 右腕が曲がり、短くなった分 クラブが起こされる、
 その分、少し上がる、上がった 程度で十分だと思います。
 量で言うと この程度です。
スナップショット 2 (2014-03-04 10-51)スナップショット 3 (2014-03-04 10-52)スナップショット 4 (2014-03-04 10-52)


 当たり前の話し なのですが、
 テークアウェイは ボールを打つための準備、前動作です。
 からだの回転を主にするのであれば 右向き、
 手で振るのであれば 利き腕である右腕の動作、
 それが 打つための前動作 として 必要になる訳ですが、
 左手、左サイドでボールを打つ つもり が
 強くないのに 左手、左サイドばかり 動かすのは
 ナンセンスだと思うのですね。」

Kさん「確かにね…。
 そう言われると 手で振るにしても
 左腕や左サイドが邪魔になるのは仕方ないですね。」


店長「理想的には ヘッド姿勢、フェースの開閉という
 手間が不必要になるので からだの向き主体にしたいですが、
 そうでなかったとしても
 利き腕の右腕が使える準備、
 振りかぶる動きを主体にしても良いのでは、
 と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングの主導権を 遠心力に取られてしまいます : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)


JMさん「なかなか上手く行きませんが、
 トライしようとすると
 左サイドが止まる感じがわかりますねー。」

(からだの回転と腕・クラブ_Moment2022-06-17_13-39-40_Moment








店長「そうですか。
 通常、その左サイドの絞り とか、締まり、は
 左サイドの壁 と言われ、やるべきコト✋とされていますからね。
 良い、悪い ではありませんが、
 中高年ゴルファーにとっては 危険度の高い方法です。
 痛めやすいですね。」

JMさん「感覚的な感じではあるんですが、
 腕を伸ばす
👉円弧が大きくなる
👉それを回転、左向き(右打ち)で逃がす
 そんな感じになるんでしょうか❓」


店長「そう思います。
 止めるコト、受け止めるのではなく
 回転で流す方が安全だと思います。

JMさん「なるほど。 こうすると
 クラブに掛かる遠心力は 大きく増しません から
 グリップもガチッと握らないで大丈夫 になりますね。」

20220708_Moment

店長「ソコ 重要だと思います。
 やはり 硬いシャフト、硬いシャフトの方がヘッドが感じにくい、
 ヘッドが効いてないように感じますし、
 付いているヘッドも軽いですから
 どうしても 遠心力を強めて 棒を振ろうとする感覚が
 強いんだと思います。
 そう言う意味でも シャフトが柔らかい 👉ヘッドが効いている
 ヘッド自身も重量がある、悶絶クラブ向けの方法だと思います。」



JMさん「やってみると かなり タイミングが違う、
 まるで 違うタイミング感ですね。」


店長「でしょう〜ね〜。
 一般的なスイングイメージでは
〇廻ってから リリース
 廻るのが先で その後、腕を伸ばし クラブを振る感じ
 になると思いますが、
 このイメージでは
 クラブを放る訳ではありませんが、
〇腕を伸ばすのが先気味、その後、本格的な回転
 そんな感じで 真反対の順序 と思います。

(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 これも習慣化されてしまっていると思いますが
 インパクトって 手をひっくり返す、
 腕とグリップで作る三角形の 下側が向いていたのを
 上側に入れ替える動きをしていた のを
 下側、裏側を向けっ放しのまま 廻る、
 この感覚を覚えられると
 ドライバーのような強振するようなショット と
 速度を制限したアプローチショット に共通感を
 持てるようになると思います。
((リリースの違い フォローの違い_Moment(2)









 また、切り返し、ダウンスイングの初動で
 手を降ろす、グリップを下げる、
 この感覚、そのものはとても大切だと思うのですが、
 それが 既に出来る、掴めているのであれば
 グリップが下がるように からだを廻す、
 に留意した方が インパクト前後で 空間が詰まらず、
 手の入れ替え無しでボールをつかまえるコトに
 移っていき易いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「お店にあるバランスボールは
 3舛硲記舛瞭鷦鑪爐あるんですけど、5舛諒を使うと
 運動が加わって その重さは 実質十数キロ
 になると思うんですね。」

質問「大変そうです。」

店長「よく言う 遠心力を掛けると
 トップ付近で曲がっていた 右腕(右打ち)は
 伸ばされてしまう のですが、
 それを 意図的に伸ばそう、
 もしくは 右手の方を打つボールの方に出そう、
 バランスボールを反転させてしまう、と
 その重さ によって グリップそのものが自分から離れます。
 ゴルフのスイングで言うと グリップが浮く って奴ですね。
 二重に遠心力掛けちゃってるから仕方ないです。

 腕とクラブも必要以上に長くなっちゃってますから
 からだも伸び上がらざるを得ません。
(jc(jc4










 両肘とグリップで作る三角形の
 クラブのある上側、表側 と クラブの無い下側、裏側、
 裏側、下側を目標、ボールに向けたまま
 からだの廻してくれば そのからだを廻すコト
 ソノモノが打撃 になりますが、
 上側、表側 を向けるとなると
 一度 どこかでからだを止めるとか
 左を向いてしまうとか しないと それは出来ません。

 からだの伸び上がる って動きは
 そう言うモノの 本能的な処理 と言って良いのでは
 無いかと思います。
 単に『伸び上がらないようにしよう』では
 まず 解決しないでしょう。」
(からだの回転と腕、そしてクラブ_Moment

質問「トップで作った 右手/左手の相関関係を替えず
 そのまま インパクトに入る・・・と?」

店長「そうです。
 左手の方が打つボールに近い方、
 腕の三角形は裏側を目標に向けたまま、
 もし 重たいボール、クラブの代替品ですが、
 それをリリース、放る のであれば
 下、斜め下 の方向になると思います。

 コレ 実際に試す と分かるんですが、
 バランスボール 重たいボールを
 ターゲットに投げる となると
 そのタイミングが命 になります。
 ですので 速度をあげると
 こんな単純な動作でも 同じことをしにくい、
 同じタイミングでボールをリリースできないので
 投げる方向、投げる角度 もマチマチになります。
 スピードを上げれば 上げるほど
 リリースのタイミングが難しくなり
 上げるスピード、どこかで止まる、
 と言う矛盾する動きが必要になってくる。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 ところが ボールを自分のフトコロ、
 下に放つ、手放す
 とするとなると
 その重さに逆らう必要がありませんので
 タイミングはあまり重要でなく、
 似た動作を繰り返し易くなります。
 結構、違います。
 裏投げとでも呼べば良いのか分かりませんが
 ボールの手放し方がだいぶ違うと思います😵

(からだの回転と腕・クラブ_Moment2022-06-27_12-09-57_Moment(3)








 そう言う感覚を既にお持ちの方もいらっしゃるでしょうし、
 全員の有効か は分かりませんが、
〇クラブを放つ
〇クラブを『目標方向に』投げる
〇からだの回転を使って 腕・クラブを振る
〇重さの定義に逆らい この場合はボールですが、
 クラブを反転させる

 というイメージを なんとなく抱いている方には
 かなり有効なドリル、イメージになり得ると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ココで ヒトツ
 誤解を解いておきたいのですが。。。」

質問「どんな❓ です。」

店長「今回の試み は
 重いボールを使って
 からだの回転 と 腕やクラブとの融合 の実験で
 そのボールを放つ のですが、
 ゴルフで言うトコロの アドレスに対するターゲット
 目標方向ですね、
 ソコに向かって ボール(クラブ)を投げる必要はないのです、
 ゴルフスイングにおいて、
ですが。

 ゴルフショットは
 ゴルフクラブを使って ボールを打ち
 遠く や 目標の方向に移動させて 遊ぶ のですから
 ゴルフクラブを目標の方向に投げる遊びではありません

 ゴルフクラブには ロフトやライ角度などの角度 や
 重心のズレ、クラブの長さ など
 複合する 方向を変換する機能が付いています。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment

 ですので もし ゴルフクラブを投げる
 この場合は 重いボールをリリースする としても
 それはアドレスの目標方向と同じ とは限らない と言うか、
 同じでは 
ゴルフクラブの機能の意味が出ない のです
。」

質問「あ、なるほど。」

店主「なんか 今回のドリルの経緯ですと
 引っかけ問題みたいな感じになっちゃって申し訳ないんですが、
 からだの回転で 重さの掛かっている腕をどう動かすか、
 がテーマで ボールに掛かる重さを離す だけならまだしも
 『クラブを目標方向に解き放つ』必要は一切ない訳です
2022-06-27_12-09-57_Moment(3)
それは 誰からも教わっていませんし、
そんなコトは話題にもなりませんが、
ゴルフクラブを目標に飛ばす遊びではない
 のは明白です。


 映像をみてもらうと分かるかと思うのですが、
 ボール、ゴルフで言うとゴルフクラブに相当するんですが
 そのボールを 目標方向に投げようとすると
 どうしても からだが左を向いて『から』にならざるを得ず
 放つタイミングが遅れてしまいます、遅らせざるを得ない のです。
 シンプルにからだの回転で解き放つと 右にすっ飛んでしまいます。
 それはソレで正解ではあるんですが、
 誰からも教わっていないですけど、
 遠心力 って言葉と直結した 打つボールでは無く
 握っているゴルフクラブのリリースを意識すると
 からだの回転がおさまってからの 手の振り で 
 打たざるを得ない…、
 ですので 実は ほとんどの方が
 自分の思った通り、思い描いた通りに動かしていて
 
その結果が 手振りになってしまっている『だけなのです。

 そう言う意味では この動作に伴う
▽手(グリップ)が浮く
▽からだが起き上がる
▽からだが開いてしまう

 などの 色々と気に入らない「動き」は 必然なので
 改造、改善しようと思っても ママならない のは
 致し方ない と言って良いでしょう。



✅✅✅次に、ですが、
 からだの回転 に伴って
 腕もクラブも動こうとしますが、
 重さ と言うのが付いて回りますので
 無機質である クラブは動きたくない
 と言うのが大原則です。

 それは 単に移動だけでなく、向きや姿勢も変わろうとしない
 のですが、打ち手が向きを変えることによって
 強制的に グリップ部は移動させられます。
2022-06-27_12-09-57_Moment
ですので トップの位置では

画像上、右側 左グリップが打つボール側
右グリップがボールから離れた側 にありますが、
その関係は 打つ付近、
からだが左を向き始めるまで 変わらない のです。

 この場合で言う 重いボール、バランスは その左右を
 決して 自分では反転しようとしません。
 重さが掛かる分、維持しようとするのです。


 ゴルフのスイングで言うと 両腕でアドレスをして
 両肘とグリップ部で構成される 三角形 には
 クラブを握っている上側 と クラブの無い下側
 の表裏みたいなモノがあると思うのですが、
 あくまでもイメージではありますが、
 ボールを打つまで 打ち終わるまで
 その三角形の下側、クラブの無い側、裏側と言えば良いのか
 そちらを向けっぱなしのまま
 インパクトに入るので 良いのです。

 バランスボール の話し で言えば
 ボールを持った左手 その左手の方が
 自分より遠い、ゴルフで打つボールの方 で
 右手は自分に近い側 のまま
 インパクトに入れば良いのです。


 多くの人が それをインパクトまでに逆転させようとする
 反転させようとしている…、
 手の返しとか、ヘッドターンとか では無くて
 なんとなく 本能的にそうしようとしている人が多い気がします。

(からだの回転と腕・クラブ_Moment(2)

 そう言う動きを取り入れるのですが、
 ゴルフは ゴルフクラブを目標に放り投げる遊び
 では無いのですから もし放り投げる としても
 それは 打撃目標とは異なる方向なんだ というコトです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ