◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:からだの回し方


✊ボールを飛ばしたい
✊安定して飛ばしたい
✊狙った方向に打ちたい

 と言うゴルフのターゲット性 と
◉スイングは円運動
◉クラブは先が重たく 長い棒
◉ヘッドには 方向や距離を確定する角度が付いている

 を合わせて考えると
動作としての円運動は
 クラブ、ヘッドを『円運動させる』のが主目的 としている❓
 それに疑問を抱きませんか❓

飛びざまは 右曲がりであったり、左曲がり であったりしますが、
   …そもそも 上下、縦の飛球線は放物線
狙い 打つ場所と止まる場所の関係は直線…なのです。

ゴルフスイングを観察すると
 タイプはあれど、なんとなく腑に落ちる、
 チカラで解決していない いいなと感じるスイング は
 ゴルフクラブとの接点である グリップは
 かなり 狭い幅の中でしか動かしていません。

あえて言うのなら トップの位置 右を向いた時の
 からだの幅
 の範囲です。

グリップの移動動作 で言うと
 からだの向きでの分を差し引くと
 トップの位置で 右の胸の前に在ったモノ(右打ち)が
 左の胸の前に移る(移るか、移すか)程度ですので、
 距離にして 30〜40センチ程度です。
◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(1)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(2)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(3)









カラダの向きを変える、その円運動の目的が
 ヘッドで円を描くコト、クラブを丸く振るコト であったなら
 遠心力がかかり、円弧が大きくなりガチ ですので
 クラブが重くなり、右に在ったモノが左に移るコト は
 考えにくいのです。

スイングの原動力、クラブを動かす動力が円運動という
 からだの向きを変えるコトである コトを考えると
 ある程度の幅になるのは仕方ない ですが
 この狭い幅に収まる、
 からだの回転で グリップの描く弧は
 思っている以上に小さい、狭い幅、からだに近い、
 別な言い方をすれば アップライトな弧 である
 (グリップを上下に動かす とは少し違うかも)
 と考えると円運動の目的が見えてきます。

   それでは Asta manana✋✋✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


全員に有効と言うわけではないでしょうし、
フェースローテーションで上手く行っている人には
 あまり有用ではないでしょう。

単に カラダでクラブをターンさせる→ボディ・リリース
手でクラブをターンさせる→ハンド・リリース
の違いを説明してるに過ぎません。 

手を返す、ヘッドを返す〜フェースローテーション
これ等をしたくない と思っている人に向け、
 実は 手を返す動きは こういうイメージから始まったり、しますよ
と言う話し、です

Logi Capture 2021.07.23 - 19.35.03.01_Moment質問がありましたが、
両腕とからだ(胸)で作る三角形の「表窓」「裏窓」
こんな感じ。

【写真上】打ち手の自分から見える その枠を「表窓」
【写真下】下側から、肘側から見える その枠を「裏窓」
と仮称しています。

実験を手伝って頂きました。
🔴ダウンスイングから 裏窓を飛球線に向けたまま
カラダの向きで クラブをターンさせる と
🔴今まで通り、です

やや緩めの速度ですので、本格的なスピードになれば
もう少し紛らわしく、なるとは思います。

今まで通り であっても
ご本人は極力フェースターンを避け、
からだの回転で とは思っていましたが、
裏窓を向け続けたまま インパクトに入る
(それ以降のリリース、慣性のフリーはOK)
 あくまでもインパクトまでのイメージですが、
抜け方に大きな違いが出ます。
【ハンドターン〜手の返しの正体_Moment

蛇足…ではありますが、
スライスを避けるため、フェースターンをすれば
フェースターンをしないよりも 軌道はより一層インに切り込みます。
すると その軌道に対しての右回転をさせないフェースは
想定よりも多く必要になり、多くフェースターンすれば
またまた さらに軌道はインに切り込む という
逃げ続けるゴールになってしまいます。

右回転/左回転 と ボールをつかまえる は
全くではありませんが 別物 と言う認識が無いことから
その「スイング迷路」は始まるのでしょう。 

【ハンドターン〜手の返しの正体_Moment(2)


カラダの正面で、とか、
アドレスの腕の姿勢、、、
 三角形をボールに向ける と言う意識が残っている と
どこかで 左サイド、 左肩なり、左グリップの減速、停止、
 の動きが入ってしまいます。

結果論、ではありますが、
 手の返し、ヘッドの返しをするには
 回転軸になる 左サイドのどこか が減速しないと出来ませんから
 無意識化 で その動きが入る訳です。
一般論では それを「左サイドの壁」などと呼んだりしますし、
 おそらく…ではありますが、多くの人は
 左サイド、左腕と左サイドの絞り、硬直 みたいなもの【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)
 『インパクトの感触』として掴んでいるのだと思います。

また シャフトの走り なんて言葉は
 その動作を暗に促している気もします。


腕と胸で作る三角形を ボールにどう向けるか と言うイメージですが、
インパクトで ボールと三角形を相対させる…には
 ヘッドの重さ 〜クラブの長さ、運動による積算 が邪魔になり、
 放っておけば ヘッド分は遅れ、度合いにもよりますが、
 それに引きずられ 肘や腕の付け根 も遅れます。

よく言われる インパクトを待つ〜遅れを取り戻す もありますが、
ヘッドの返し や 手の返し をするのには
回転の先頭である 左サイドがどんどん行ってしまったのでは
追いつくことが難しくなります。
原則、手の返しはどこかで 左サイドの移動が止まる のですから
回転する主体が 左サイドではなく 右サイドになりガチ
  なのも 比較動画を見ると分かります。

本来は 『からだ』の回転は からだの芯(幅の真ん中あたり)
 箇所としては 曖昧で構わないと思いますが、
 よく言われる 軸に対して 左右が似たような風に動くから
 「軸がある」 と言われるわけですが、
 手の返しを打撃の主にする人の場合、
 左サイドよりも 右サイド方が積極的、能動的に動いており、
あえて言うのなら 左サイドを軸にして
 右サイドを動かしているようにも見えます

そういう意味合いでは 左サイド主体、
  左サイドだけでまわる位のつもりで 左右対称なのかもしれません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転の為に からだを回転させている訳ではありませんww

腕を移動させ、グリップを移動させ、
 その駆動で、リニアにヘッドを動かしたい のです。

頭の中では分かっていても
 実際、振ってみる、打ってみると
 そのからだの向きの変更に
 リニアに 腕、グリップ、ヘッドが付いて行かず、
 結局、ボールさばきのトコロは手で振ってしまう…
 『あと振り』になってしまうのが 手打ち です。

👉そういう意味では
 からだの回転を意識すればするほど
 手振りや手打ちが深まってしまう可能性があるのです。


(左折注意_Moからだの回転…その意識を からだを輪切り にして
 肩や腰、と考えるのではなく
 左右に分けて と言う題材がありました。

✋テークアウェイ、トップまでは
 右への進行ですので 右半身
✋切り返し、ダウンスイング、フィニッシュまでは
 左への進行ですので 左半身
それを 主エンジンとして動かしましょう と言う話です。

あと振り(手振り)を避けるため
 意識として ですが、
その半身 右半身/左半身 には 『肘までの 上腕が含まれる』 
【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)









ですので テークアウェイでは
 右半身に 右上腕〜右ひじ含まれますので
 ソコがどんどん動く、
切り返し、ダウンスイング以降では
 左半身に 左上腕〜左ひじ含まれますので
 ソコをどんどん動かす、ソコが向きの変更の主体 です。

特に切り返し、ダウンスイング、では
 腕やクラブの重さは増し易く、
たたんで行こうとするテークアウェイとは異なります。

 あくまでも意識…としてですが
左上腕、左ひじ先行…する位で丁度、だと思います。 

その時の注意点…ですが、
よく言われる 茲離蝓璽鼻∈姑梢箸離蝓璽鼻,
それを先行して その後に打撃があるのではなく✋
左は先導者ではなく、主体で
その 茲離蝓璽鼻
この場合は 左上腕なり、左ひじの動きが
そのまんま 打撃 だというコトです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Rさん 劇的な変化❓の果て…の末、どうなったのでしょうか…

 既に2か月以上経っていますから
魔法は解けてしまっている…かも知れませんが、
ご本人の長年の懸念であった
「からだ(腰)の開き」
「からだの正面で打て」
「インパクト時のグリップの浮き」

は それらを一切意識しないことで 『一旦』解決しました。

スイングを考える時、
非常に混乱し易いのですが、
正規な 向きの変更の中 では
当り前 なのですが、からだの正面は常時、変化します。

ややこしいのですが、 カラダの正面で打つ  は
インパクトが からだの正面で迎えるコト ではなく、
カラダの向き、回転を主にクラブを動かす と
『結果、として からだの正面で打つコトになる』
 のが正解です。

あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(3)✋左右の腕の長さ、その関係を出来るだけ変えず
ボールを打とうとすれば
からだの向きがボールと対峙したトコロが
インパクトになるのは理解できると思います。

ソコを履き違えている人が少なくなく、
 それによって ボールと体が対峙したトコロで
 からだの回転を止め
、気持ちの中 だけになるのですが、
 アドレスの体の向きとボールの関係を維持し、
 その時間を長く取るコトによって それを達成しようとした挙句、
 ボールを手振りで打ってしまう人が大変多いです。

【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(2)【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment







 それに付随して、例えば フォローを出す、
 フォローを大きく取る
 も
 止まったからだの回転に対し、
 クラブの慣性を利用しつつ、右腕を伸ばす と
 イメージしている人が多いと思うのですが、
✊正しくは カラダが左を向くコトによって
 左腕が 飛球線方向(それに平行)に出る
 です。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

☀カラダの開き は
 からだの回転、ボールと対峙でそれを止め、
 ソコから腕、クラブを振るのですから
 その分、その時間差分、からだは開きます。
✊正しくは からだの開くことが打つコト
 インパクトは からだの開き始めに訪れますから
 からだを廻すことが ダイレクトに打つコトに繋がっていない
 それが課題な筈です。

☀インパクト時の 望まないグリップの浮き、
 ディッシュアングルの消失、前傾姿勢の消失
 は
 からだの向きが主体で腕を振っている のではなく
 腕の振りが主体で からだの向きが変わっているから
 左肩が上に逃げている結果 で
 スイングの主を からだの回転に移行しない限り、
 左サイドの浮き を無理やり抑えるのは 故障の原因になります。
似ている➁


一番根っこにある原因、を把握しないで
結果論として、動作の見た目を治す は
スイングやショットのより複雑化になりますし、
カラダへの負担も増えます、危険です
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


下記口座」もお店としては嬉しいんですけどね😜 


ゴルフのスイングの話し では
切っても切れない、除外するコトの出来ない
からだの回転の話し です。

「からだの回転で」…のニュアンスですが、
もう念仏というか、商売している人にとっての税金…
みたいな ちょっと煩わしいニュアンス を含んでいますよね🤒
とりあえず 知ったかぶり❓ 上級者のフリ❓には
「お前は手で振っている、からだの回転で振れ」
って言うのが一番手っ取り早い、んでしょうけれど、
その言葉を使っている人も 
それがなんなのか掴めていない 場合が少なくない と思います。

【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment


➀先ずは それが何なのか から始めましょう。

 ヘッドにはロフトやライ、フェースの向きなどの
 ボールを飛ばしたり、狙い通りの方向に打ったりする為の
 鍵になる『角度』が備わっています。

 どの角度を、どのようにボールに当てるか によって
 ヘッドスピードなりに飛ぶか、
 構えた方向に飛ぶか、
 真っ直ぐ行くか、曲がってしまうか 決まってしまいます。

 そのゴルフクラブは 両手で握っており、
 打撃部であるヘッドではなく、
 棒の反対側のグリップを握っているので、
 左右の手の長さ具合 や その腕の付け根の高さや位置 に
 よって 弾道、距離などを決まってしまいます。

 繰り返す〜再現性、安定性と
 ゴルフショットの最大の魅力 飛距離
 その両立には 出来るだけ複雑にしないで
 動かす、意識しなければいけない箇所を減らす方がベター
 というのが 「からだの回転で」 の始まりです。
似ている➁

 ですので からだの回転は「からだの回転」が目的ではなく、
 ヘッドの付いたグリップを移動させるコト、
 それを安定して、効率よく移動させるのが目的なのを履き違えないように
 する必要があります。



支部長のコメントにもありましたが、
最近の 職業ゴルファーの主流は
「腕を振り、それに合わせてからだの向きを変える」です。
これで 安定して、再現性もあり、飛ばせるのなら
別に意見するコトはありませんが、
アマチュアゴルファーの基礎的な身体能力や練習量、
そして クラブの基礎構造を考えると
✋クラブを持った腕
✋その腕の付け根を 左右丸ごと
✋カラダの向きで変えた方がベター
 と言うだけのコトです。


 からだの回転を意識し過ぎて
 ヘッドの付いたグリップ
 そして それを持っている腕
 その付け根を左右丸ごと動かす
 と言う目的を忘れてしまって、
 カラダばかり回してしまっては意味がありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



動画に中にみられる 動作 は
 多くのゴルファーに見られる 典型的なパターン です。

そのスイングが過去に構築された ポイントは
 大きく 二つ あると思えます。
二つは絡み合ってますけど…。

・・・中らずと雖も遠からず な歴史を追っかけてみます。




からだの回し方 …どうやって回すの❓
 スイングは ひねり、捻じり、捻転差
 からだをゴムのように使い、ねじり、ねじり戻して
 ボールを強く打つ。


こう思っているゴルファーは…少なくない
おそらく・・・ですが、プロ、インストラクターも含めて…ですけれど
日本のゴルファーの8割を超えるような人が 確信は無いまでも
薄っすらとそう信じている、もしくはイメージしている と思います。


シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)【捻じる】
ゴムのように からだを捻じって使う
となると その基礎、固定されたスタンス から
出来るだけ離れた箇所、からだの部位で言うと
肩や腕、勢いをつけるため ヘッドから…
動かして 捻じりを多く、強くねじり戻るよう
動かし始める と思います。
葛谷 2017-2020_Moment(2)


テークアウェイの初動から 勢いを付ける
テークアウェイがかなり素早い
 典型的な ゴムを捻じる感覚と思います。

*Rさんの場合、その部分はその後の動きに対し、
有効性はありませんが、形式上、改善されています。




【捻じり戻す】
ゴムを捻じり戻す は 開放する に近い動きですので、
自発的な切り返し というより
ゴムがちぎれない範囲で捻じり 限界が来たら…
それを元に戻すとなります。
 ですので 飛距離/飛ばす は
 もしかすると 自分の自発的運動・自発的運動速度 ではなく
 捻じりの限界量、ぜんまいの巻き で決める意識かもしれません。

固定された靴・足・スタンスに近いトコロから順次、
部位で言うと 膝 → 股関節(腰)→肩→腕→クラブ
と言う順番に戻していく、
ゴムの反発というか 反動に近い動きなので
あまり自発的にどうしよう と言う部分はありません。
 …切り返しは下半身のリード…とか
 …左足のリードで なんて ピンと来ますよね。

これだけでは "まだ" ボールは打てません。


なぜならば 捻じり戻しの順番 によって
クラブを持った 両腕の長さが程よく整った、
都合のついた時期には 左腰が大きく開き、
ボールから非常に離れた遠いところに
 行こうとするからです。
 スライス? 「からだが開いているからだよ」と。

(左腰を止めているのが判ります?)

M2019810L!_Moment(2)M2019810L!_Moment(3)M2019810L!_Moment(4)








✋スイングの覚える段階 は
 ある意味、誰もが スイングやクラブに関する情報に
 飢えており、その時に入ってくる情報の有効なモノ
 は 自分のスイングの「標語」として
 心の玄関に飾られます。


 「からだを使え‼」
 「からだを回せ‼」
 「手で振るな‼」

 そして
 『インパクトはからだの正面で‼』
 『左サイドの壁』

 言葉としては間違ってはいませんが、
 それらを総合して
 インパクトでは腰の向きを ボールと正対する辺りで止め
 左腰がボールから離れないよう固定する

(からだを腰・骨盤と肩に分ける のが左サイドの壁とは言いません)
  …ボールに当たり始めます。 が…まだ、スライスになり易いですね。

 左サイドが「壁」として止まり、
 左グリップ、左腕が硬直が一つの目安になり、
 それを追い越す 薀哀螢奪廚 フェースターン であり、
 手の返し、ヘッドがグリップを追い越す になってきます。
 それで スライスが少なくなり、たまに フックしたり
 (夢のドローボールですね)
 おおぉぉ〜 上達したんだ〜!になる訳 です。

厳密に言えば その時出ていた 右回転の球は
 スライスではなく 打ち損ね、当たり損ね であって
それを スライスと呼んだら、スライスが可哀そう です。
そして 自分ではフック、ドローボールと思っている…ソレは
 単なる「引っかけ」であって
ゴルフ用語の意味が崩壊しています。


(動画内では 0:25以降)
大森 スイング変遷_Moment(5)大森 スイング変遷_Moment(6)大森 スイング変遷_Moment(8)










捻じられた胴体 それだけでもキツイ のに、それを解放し
今度は インパクト直前に 左半身や左腕を硬直させ
止めなくてはならないのですから…
 私から見ると拷問かと…
テークアウェイでねじるため 左半身〜左腕を強く使い
開放して、それを受け止める左半身〜左腕 の硬直、
無理した正面がある間に 今度は藜蠅巴, のですから
正しく体を使ったら 『なんの感触もない』 と感じるでしょうね…。



 からだの捻じる、ゴムのように使う 大きな欠点 は
この回し方は 回る速度、正確には回り戻す(打つ方)の速度を
自分で管理出来ません。
動作、この場合は 回り戻し は
ひねったモノ(自分の胴体)の開放 なので
その速度を管理するコトが出来ません。
何でもかんでも 思いっきり打つための動作 と言えます。

そして からだの回転 と呼ばれるモノが
箇所ではなく ゴムなので 全体 ですので
その部位 によって その回転の方向・角度が異なり
入射角度やそれに対するロフト、スイングの最下点 が安定し辛く、
それを安定させるための 練習量・訓練量が半端なく
元々 からだに負担のある方法なので 痛める可能性が非常に高い です。
(からだが強烈に頑丈、もしくは痛みに耐性のある方向き)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ