◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

タグ:お得な知識

 突然 こんなテーマですが
外国生活がある程度長いと 日本のように 整備された道路事情も
限りなく新車状態の車も 壊れにくい日本車もあまりありません。

ボンネットやフェンダーの無い車など 至る所にあり
 高速道路にバーストしたタイヤやバンパーが落ちているのも日常の光景です。

kenin-ropeそんな 諸外国で暮らすと 車の故障によって 牽引ロープで故障車を長い時間引くことにも 上手くなったりします。

ゴルフのクラブ扱いもそれに近いのではないでしょうか
通常の道路では 引かれる後ろの車にもドライバーは乗るのですが
アメリカの草レースには 後ろの車にドライバーのいない 
 ちょっと クレイジーな レースもあったりします

 そのレースの 優勝やタイムの基準になるのは
  そのドライバーのいない「後ろの空の車」なのです。

前の車のドライバーは 後ろの車がカーブで膨らむことも踏まえ
 不可抗力と闘いながら 味方にしながら 運転するのです。


殆んどのゴルファーが 自分の動かす腕やクラブの作る 「不可抗力」
これを計算に入れずに クラブのない上体の動きやスローな素振り の
動きをそのまま 通常のショットで再現しようとします。

 その牽引レースを想像すれば 分るのですが カーブで
 前の車と同じラインを後ろの車が通るのは あるスピードだけです
 遅ければ 内回りするでしょうし 速ければ外回りするでしょう。

ですから 動かす そのスピードに応じて
 後ろの車を理想的なコーナリングさせるのには
  前の車は 決して 単独でそのカーブを曲がる
   「理想的なラインやコーナリング」をしない! のです。


体や腕とクラブが 時間的な同軸線上であるのは良いのですが
 動きそのものも 長い 短い 遠い 近い の中で 同軸線上で
  動こうとしては 後ろの車はオーバーラン してしまい
   挙句 スピンをしてしまう事になるのではないでしょうか。

それから 考えると 遠い 近い の中で
 ヘッドとグリップ部は 同じ動きの延長線上ではないのではないでしょうか
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

類似項目ですが
多くのアマチュアがなんとなくしか理解していない

03_bバンスの使い方 バンカーショット

質問:::私がゴルフを始めた頃のアイアンはソールが角ばっていて、四角い?
ミズノプロ ms-1 みたいなモデルが多かったです

マルマンソール! なんてのも出てきましたが、今みたいに スクープソール? ソールの前後がカーブで丸みがついているものは少なかったです

バンスの本来の意味 役割?使い方?とあわせて、なぜ丸くなっていったのか ご見解をお願いします

バンスの認識は、スイング改造にも役立つような気がします私を含め多くのアマチュアが、誤解している気もしています

なぜウェッジの方が大きいのかしっかり答えられるゴルファーは少ないと思います




  バンスには幾つかの役割があります
        意外に見落とされがちのは ヘッド重量だったりします
       ウエッヂは 通常のアイアンのように 低重心や深い重心というのは困ります
      双方ともに ロフトを増やす働きがあるので 元々 ロフトの大きなクラブには
     必要のない事です
    一般的には 高重心 浅い重心を作る為にも ネックを長くしたり
   色々な工夫が行われていますが クラブの中で 一番ヘッド重量の必要なウエッヂには
  重量を増やす為に 厚い 大きなソール周りが必要不可欠です。

ヘッド全体を大きくすれば良いのですが ロフトが寝て フェースが上を向いている為
それでなくとも ヘッドが大きく見えますから 重量配分をソールに依存しなければなりません


sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショットロフトの大きなクラブ ウエッヂには大きな短所があります。
ひとつは その大きなロフトが クラブを難しくします  ロフトが大きいと言う事は
進行方向に対する投影面積が小さく 人間には大きなフェース面であっても
ボールにとっては小さな打面なのです。
ロフトというのは大きくなってくるほど 一度が効いてきます
距離を高さやスピンに変換し わざと飛ばさない為のモノなのですが
インパクトロフトが45度を超えるあたりから そのロス率は顕著にでます

 ロフト調整をする場合 5番や6番あたりでは ロフトを一度変えても
  殆んど距離の増減はありません
   ところが45度以上のクラブは 1度のロフトの増減がそのまま距離につながり
    2度変えたことによって 5ヤード以上変化してしまう事も少なくありません。

要するに ウエッヂはインパクトロフトの変化によって 大きく距離が変化してしまう
 ある意味 非常に難易度の高いクラブなのです。

  150ヤード打つのであれば プラスマイナス5ヤードなんて
   ナイスショットの範囲内 なのですが
  30〜40ヤードのショットの プラマイ5ヤードは重大なミス になってしまいます。

そのロフトの安定を促すのが バンスのひとつの大きな役割です

ブログの中で一貫して書き続けている事ですが
 ヘッドを振る ヘッドを振り子のようにして使う人にとっては
  このロフトの修正機能としてのバンスは全く役に立ちません
   役に立たないどころか 上手く当たる事の弊害にしかなりません。


sample 2009_09_29_23_49_15-964フレームショット重心位置とバンスの位置関係と言ったらよいでしょうか それともハンドファーストと言ったら良いでしょうか   バンス 接地時に バンスよりも重心位置が 進行方向側に有ると ハンドファーストの状態でバンスが接地すると クラブフェースを進行方向に押す ロフトを起こすような動きになります
それにより ロフトを元の状態に修正する機能です。
 本来 バンスの大きなウエッヂの方が飛ぶ のです

20090801 2009_09_02_14_54_45-567フレームショットその反対にヘッドを振る ヘッドが手を追い越すような動きで打とうとすると バンスが地面を設置した際 ヘッドを上に持ち上げようとします ダフッているのにトップしてしまうミスになります。

近年 日本のウエッヂのバンスが 「ローバンス」化してしまうのはここら辺に問題がありそうです。

35cb88f77052c597adb8-Lジーンサラゼンが発明するヒントになったのは 翼 そのモノではなく
その翼が 飛行機の胴体とすこし違う角度になっていることなのです。
胴体に対し やや上向きの翼が 飛行時や離着陸時に姿勢を安定させる という発想なのです




もう一つ   ウエッヂ ロフトの大きなクラブの欠点は
 フェース面とソールで作る角度が非常に 鋭角な上に
 クラブの中では短いシャフト…スウィングの弧が小さく 
 入射角度も鋭角になってしまう事で 
 リーディングエッヂが地面を接触した際に 刺さってしまいやすい傾向にあります。

それをガイドのように刺さらない様に 抜いて上がるのがバンスの役割の一つです



ですから バンスの大きな役割
 ☆インパクト前の ロフト 姿勢の修正
     ☆インパクト後の 地面に刺さってしまうのを防止する
 があるのです。


バンスには バンス幅 バンス角度 形状など色々ありますが
 正しくクラブを使える ヘッドを振らない人には 大きなバンス角度
  しっかりとスライド出来 インパクトを長く取れるひとには更に幅広のバンス
   ウエッヂの距離が飛ばない悩みの人には やはり 大きなバンス角度
     を お薦めします続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
 コースを設計する時 一番気をつけるのはじゃなくて水だ
この水の逃がし方によって 後々メインテナンスの費用は大きく異なる。

コース全体を見てみよう。
アメリカと違い、日本は雨が多い
ティーグラウンドからグリーンまで同じ高さにするのは問題がある。
人の往来の多いところは芝や地面が傷みやすく、窪みも出来やすい。
そこに水が集まるようにすると メインテナンスに人もお金も掛かる
通常 V字型 ティーとグリーンが高い設計が基本形。

例えばティーグラウンド
原則的には平らだ。 水平という意味ではなくフラットだ という意味で。
ここはコースの中でも 人の往来が多いし 滞在時間も長い。
地面や芝も傷みやすい代表的な場所である。
背に山を背負っていれば 左下がり
後ろが抜けていれば 右下がりだ
リゾートコースや首都圏にあるコースは進行を重んじるので スライスが出にくいようにアレンジされている。
水が溜まりやすい場所であるから割にはっきりと傾斜が付けてある。

例えば フェアウェイ200ヤード地点。
ここも人が集まりやすい
排水溝 マンホールを探してみよう
そこが一番低い場所である。
進行方向 マンホールよりも先にあるバンカーは左上がりになる
手前にあるバンカーは左下がりになる
左下がりのフェアウェイバンカーは古いコースほどアゴが高い
またバンカーは 右が手前 左が先 というのも基本形だ

セカンドから打ち下ろしのホール
打つ前に グリーン手前にマンホールがあるか 確認してみよう。
グリーン手前にマンホールがあれば グリーンは受けている。
たぶん グリーン手前は水が溜まりやすくなるので 芝が痛み ベアグランドになっているかもしれない… ショートしない番手を持とう
手前にマンホールもなく、芝が綺麗な場合、グリーンは奥に下っているか 多分速めだ。 短めの番手で攻めてみよう。

また散水栓は必ず高い位置にある。
グリーン近辺でその位置に注意すると攻略し易い場合が多い

参考になったかな
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ