◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: スコアメイク


以下は
 あるシャフトメーカーが工房向けにだけ公表しているデータ です 

 察札轡礇侫函50g -246cpm
◆察札轡礇侫函60g -254cpm
〇〇シャフト 70g -259cpm


 同じ長さ45インチ、同じヘッド(重量)によって計測されています。
 それぞれの シャフトのⓇシャフト の数値 です。

 この3本のシャフトは 基本的に同じ銘柄(ブランド)
 おそらく…ですが、表面の色柄も統一されたモノ と思われます。

332179721_1344744456096842_1394330782508529762_n

✅ことグラファイトシャフトを造る場合、
 それがウッド用であっても、アイアン用であっても
 繊維を巻く、シートを巻く、その金型
 芯金の形状が シャフトの特性に影響を与える、
 芯金の形状でシャフトの性格が決まるとも言えます。

 どこをどういう風に太くする、
 どのサイズにする、
 太さ、細さの推移をどこに、どのような具合にする、
 で シャフトの特性、性質はかなり大きく変わります。

 その基本シャフト、その芯金が有ったうえで
 シャフトの硬さ(L.A.R.S.X…)の場合は
 使う繊維の量、繊維の弾性(強度)を変え、
 シャフトの重量(50.60.70g)を変える場合は、
 芯金の形状性質はあまり変えず、細いモノ(縮小)を用意し
 巻ける繊維の量を増やす と言う形を多く取ります。

 芯金の形状、形状の推移を大きく変えてしまうと
 繊維を変えるよりも シャフトの特性の変化には
 非常に大きく影響を及ぼす為、
 同じ銘柄のシャフトである限りは 同じ芯金、
 または 似た形状の芯金を使います。

332484291_873455530430060_8730494155856601148_n

 現在、クラブメーカーもシャフトメーカーも
 同じブランドのシャフトの
 ドライバー版、フェアウェイウッド版、ユーティリティ版、
 アイアン版、ウエッジ版 などを
 【重量を揃えて造るケース】がかなり多い
 と思うのですが、それにはとても、とても注意が必要です。


 例えば 65g-45inのドライバーシャフトを基本とした場合、
 そのシャフトを 42inのFWにすると
 ドライバーよりも 3インチ 余計に切るコトになり、
 シャフト単品の重量は 1インチ辺り約1.5gになるので
 5g軽い 実装で60g軽いシャフト という事になります。

 多くの方が 短くなるFWやウエッジには
 短くなっても 同じ重さ、もしくは より重いシャフト
 が 良いのでは…🙄🙄🙄🙄 と考える方が
 かなりの割合いらっしゃるのでは…と思うのですが、

 逆の計算になりますが、
 42inで 実装が同じ65gのシャフトを造るには
 45in換算で 70gのシャフトを造る必要が生まれます。
 シャフトの場合、重さを増やすには
 それがグラファイトであっても、スチールであっても
 シャフトの素材、繊維の量に比例する形になりますので
 65gのしゃふとよりも 70gのシャフトは
 5g分繊維や素材が『必ず』増えます。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m56s
 その5g分は 重さだけでなく、
 重さ分、強度、即ち 硬さも増す ので
 同じ銘柄のシャフトで 重量が増えた場合、
 察札轡礇侫函50g -246cpm
◆察札轡礇侫函60g -254cpm
〇〇シャフト 70g -262cpm

 必ず 硬いシャフトに仕上がることになります。
〇この場合⇑ では 10g増えたシャフトは
 同じⓇシャフト表記であっても
 数値上 1フレックス硬いモノに仕上がっています。


 シャフトは ウッドの場合 1m近い長さです。
 その1mの棒が 5g軽いの と 5g重い、
 大きな違いではない…
 人によって 感じられるかどうか微妙な違いと思いますが、
 それによって 変わる硬さ、硬くなってしまうシャフト
 その影響はとても大きいと思います。

 ご自分で想像してみて下さい。
 傾斜の少ない 概ね平らのトコロから打つドライバー、
 ラフや場合によっては ドライバーをチョロしてしまい
 方向的には真ん中なのにフェアウェイに届いていない
 ラフから打つ状況と心理状態、、、
 多くの方が ナン%とは言えませんが、
 フェアウェイウッドの方がドライバーよりも
 強く、速く振るコトが難しい…のではと想像しますが、
 そのフェアウェイウッドのシャフトが
 たった 5g軽くなることを嫌がった雰囲気 によって
 ドライバーよりも 硬くなっている のです。

DRIYbXDU8AEUY3o
 これはウエッジでも言えます。
 普通のアイアンに比べると
 フルショット、速いスピードを使うコトの少ない、
 加減の必要な場面で
 なんの実証も無い 『重いシャフトの方が良い』という
 雰囲気によって 重くなり、
 その大きな副作用によって 硬くなっています。

それって 本当に使い易いんです❓ 🙄🙄🙄🙄



私は 重さって 過去に実験したことがあるんですが、
シャフトが重い/軽い
ヘッドが重い/軽い
シャフトが硬い/柔らかい
などなど 実は人によって『重いと感じる』のは
かなりバラバラ、ほぼ統一性がありません。
ましてや、5g位のシャフトの重さは
1mの棒全寸に分かれてしまうので、
局所的な ヘッドの5g違いほど差が出ず
殆どの人が実感するコトが出来ません。

経験的になんですが、シャフトの重さは
ラウンドを通しての 疲労感の差 程度の差で
シャフトが重いから ラフに強い とか、
バンカーに強い は 一種の都市伝説に近く、
それ(重さの増量)によって シャフトが硬くなってしまう、
デメリットを乗り越えるほどの メリットは無い、と断言できます。
(軽量スチールは その軽量さ ではなく 軽量になったことで 重いモノより柔らかくなった のが
 支持される最も大きなポイントと思います。重いモノは硬い、軽いモノは柔らかい のです。)



どうしても ドライバーの50gシャフトに対し
フェアウェイウッドのシャフトの方を重くした方が良い、と信じているのなら
(個人的には 同じ感覚、同じタイミングになり易い
 同じシャフト、同量のシャフトを推奨します)
重くする方のシャフトを その度合いにもよりますが、1フレックス落とす
ウエッジのシャフトの方を 1フレックス落とす 〜柔らかくする 方が
使い勝手は、断然良くなると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ショットも同じですが、パターストロークの基本は
ボールという重量物を
自分の望む通りの方向や距離に
 移動させてあげること
』です。
特に距離が重要です。
IMG_0619
ボールというのが球体であるがゆえに
 回転という転がりが発生するのであって
その転がり/回転にばかり意識を持って行ってはいけません。

よって
パターヘッドを真っ直ぐ動かす というのは
打ち手の目線から見て
ヘッドが真っ直ぐ動くことを優先させるのではなく、
やや上から下方向の斜め直線になりますが
パターヘッドが 地面に対して概ね平行に
同じ姿勢のまま インパクトを迎えられる区域と作ること です。
003

打ち手の目線で
ボールの打ち出す方向ばかりを気にして
パターヘッドを真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出した としても
そのストロークでは
ヘッドが上下に円を描いてしまうため

 ☆インパクトロフトが均一性が生まれません
 ☆ヘッドとボールの当たり所が毎回上下にズレます
 ☆必要以上の回転がかかるため ブレーキがかかりやすくなります


一般的なショルダーストロークがこれに該当するのですが
この打撃方法では 基本 ショート します。
ショットもそうですが、ショットもパッティングも
方向は距離と一体のものです。
その方向に打ち出すのには 打つ距離が設定されており
それよりも 毎度 ショート
 しかも そのショート具合が毎回バラバラ なのでは
思った方向に打てたとしても、
その方向の意味はなくなってしまいます。
006009








人間ですから ミス、ミスヒットは生まれますが
始めから 距離が安定しない方法、打撃法を採用しては
方向の概念もおかしくなり
 距離と方向ともにガタガタに狂ってしまいます。
adc717b3-s

確かに 昨今の見た目は大きいが 中身はスカスカの
軽いヘッドを使うと 弾いて打ちたくなる気持ちは分かりますが、
しっかり重たいヘッドのパター(L型ブリストルとか)を
使っているのなら まずは安定したロフト
安定したヘッドの高さ変化を追い求めるべきです。

その上で動作論として どうすればいいのか
という事になると
刷毛塗…を誤解している方もいるとは思いますが、
体重移動を主にして打たない方が良いと思います。
体重移動は 体の構造上
体の身の部分が背骨を軸として向きを変えた時に
発生する、体の回転の派生効果 と言うか
体の回転そのものともいえる行為です。

パターには体の回転は必要が無いので
体の回転の無い 体重移動だけ という行為は
スイングを行う時に
体の回転 と 体重移動 が分離した別なモノ
になる可能性があります。

ですので ショットへの悪影響を考え
体重移動でするべきではありません。


では どうするか?

ショットの中である部分だけを抽出して
行うことをお勧めします。

ここは かなり色々な波及効果が期待できます。
スナップショット 2 (2013-03-12 19-01)
まず グリップです。
グリップは構えた時、左右の手が上下に重なっています。
野球のタイカップグリップのように離れて持ってはいません。
ここがまずポイントです。
つまり 利き腕である右手は
クラブを持った左手を横から押す形になっている訳です。
スナップショット 5 (2013-04-13 23-01)スナップショット 6 (2013-04-13 23-01)








グリップの移動量 = ヘッドの移動量
これを心がければ
距離感のコントロール(管理)がずっと楽になります。

それは直線の移動スピードで済むからです。

多くの人が苦労するのは
肩を揺さぶるとか 『振り子』のストロークは
グリップの移動量 移動方向や移動速度 ではなく
『シャフトの角速度』
シャフトの角度が変える速度で距離感をコントロール
しようとするから難しいのです。
と 同時に シャフトの角速度運動は
その角度とイコール分 ロフト角度も変化するので
出る球が ロフトによって微妙に異なります。

角速度 → ボールの直線移動速度
角速度運動 → ロフトの変化

5322-21-2015-1

という二重の曲芸で
パッティングをコントロールしようとしているのですから
そりゃあ イップスになります。
運動のベクトルが似ていない と言うだけで
難しいのに、 それに円運動を加えるのですから
殆ど奇術に近い方法なのです。

✌ 自分の目にだけ ヘッドが直線に動いているので
 錯覚してしまいますが、そのパターヘッドを真っ直ぐ
 動かすのに 円運動を取り入れてしまったのでは
 本末転倒だと…気づくといいのですが…。


スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 2 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)
出来るだけ 肩を揺さぶらず
腕〜上腕をフリーにして
利き肘の曲げで  クラブを持った左手を引いて
利き肘の伸ばしで クラブを持った左手を押してあげる
というのが ずっとずっと簡単です。

ヘッドを動かそうとせず
グリップが動いたから その分ヘッドが動いた
という形を グリップというもので具現化しているのです。

刷毛塗の腕の部分だけを抽出する形ですが
このストロークだと
まず パターヘッドを動かす方向と
自分が動作する方向が一致していますので
(グリップを動かす方向)
本当の意味での 『方向性』を自分で管理できます。
  同じ方向に動くからです。

そして グリップを動かす速度がイコールヘッドの動く速度です。

ロフトやパターヘッドの上下変化がとても少ないので
慣れてくれば そのグリップ速度がそのまま
距離感として身に付きやすくなる訳です。


振り子に振って 円の角度速度を距離感として
身に着けるよりも格段に簡単に思えるでしょ?

c534b357


市販のパターだと辛いでしょうね(*_*;
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ブリストルパターを使っているので
 距離感、タッチに不安は無いのですが、
 真っ直ぐ というより
 自分の想い描いたラインと言うか
 出球を出したい、ラインに乗せるには
 どうしたら良いのでしょうか
❓」

IMG_1414
店長「パターのスイング、パッティングストロークを
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出しても
 フェースが上を向いてしまえば
 若干、度合いとしては薄いだけで
  フェースを左に向けたのと変わりありません。

L型ブリストルパター_Moment(2)

 自分の思っている方向に出したい、
 思い描いたラインに乗せるには
 右打ちの人であれば
 左ひじを アバウト その方向に抜く、出す、のが
 良い
と思いますよ。
((パッティングストローク 比較映像_Moment(4)(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(2)








 ヘッドの「上がり」、
 フェースの上向きも抑えられますから
 ボールとのコンタクトも よりソリッドになります

 フォローを出す、
 フォローを長く取って 真っ直ぐ行かせようとしても
 ヘッドの上がり、高さが急に上がってしまえば
 フォローを出す本当の意味合いが薄れます。
Desktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m9sDesktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m10s







 コレは パッティングストロークに限らず、
 ショット全般に言えると思うのですが、
 悩んでいる人の多くが
 左ひじが止まってしまっている。
 パターの場合だと それによってグリップが止まって
 引っ掻いてしまったり、
 薄い当たりになってしまったり…。

 フォローを出すには
 左ひじの移動を止めない。

 アバウト 打ち出したい方向に 左ひじを出してあげる
 パターの場合は からだの回転は薄い、
 無いに等しいですから
 その代わりに 左上腕、左ひじを動かして
 ヘッドでは無く、パターを動かしてあげる。
((パッティングストローク 比較映像_Moment
 そうすると 今までよりも
 低く長いフォローが出て
 自分のイメージしているラインに出し易くなると思います。」

質問「やってみます🤩」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「昔から言い続けているのですが、
 振り子のパターストロークやアプローチは
スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)
 ヘッド『単体』を先に出し易い、
 インパクトで左サイドや左グリップが止まる習慣が付き易いので
 それで悩みの無い人を除けば
 変えてしまうか、マイナーチェンジをした方が良いと思います。

6e87384eパッティングで使用するパターは
元々 少ないロフト 2〜5度程度のロフトです。
ですので 普通のクラブと異なり、
ちょっとしたロフトでも大きな変化になってしまいますし、
振り子のストロークは その名前の通り、
 ロフトの変化だけでなく、ヘッドの高さ変化も激しいです。

 弊社で推奨している『刷毛塗ストローク』の場合、
 完全に肩が動かない訳ではないですが、
 右腕の人であれば 右腕がグリップ移動のエンジンになります。

 右腕が伸びたら、その分、
 左ひじが逃げる、
((パッティングストローク 比較映像_Moment(4)








 もしくは 甲側に折れていた左手首が手のひらが折れていく。
 フェース面、ロフトをジャイロのように使う感じです。
(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(2)








 これは 振り子のストロークにも応用可能 です。

 フェース、ロフトが似た方向も向き続け易いですし、
 コレは インパクト前後で左サイド、左グリップが止まる
 アプローチやショットへのドリルにもなります。
スナップショット 1 (2013-04-13 23-00)スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)





スナップショット 1 (2013-04-13 23-00)スナップショット 4 (2013-04-13 23-00)






 シャフト・クラブの角度の変化が少ないですよね⁈」

質問「ですね。」

店長「パッティングにおいて
 かなり長い距離を、強く打つ場合に
 ヘッド「だけ」を送る 弾くようなストロークでは
 当たりも安定し辛いですから
 ボールを「打ちたい距離分」だけ 押す
 運ぶストロークに変えて行ける

 ロングパットで 超オーバーや超ショートを防げると思います。
Desktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m9sDesktop 2023.06.19 - 21.18.50.01 - frame at 0m10s







 振り子のパッティングストロークやアプローチは
 ものすごく 通常のショットに悪い影響を及ぼします。
 概ね その動きがショットの基礎になる。

 パッティングストロークは ショットの基礎なので
 通常のショットにおいても
 『こすり打ち』防止のとても良いドリルになると思いますよ。
 必ず ショットに良い影響を与えます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Iさん「こんにちは〜。」

店長「こんにちは。今日はどうしました❓」
IMG_0520
Iさん「パッティングにちょっと悩んでいて…
 なにか よいアドバイスありませんか❓」

店長「パッティングね〜。
 ミドル(距離)パットがダメなんですか
 それとも ショートパットでしょうか❓」

Iさん「ショートパットでしょうかね〜。
 パッティング全体ではあるんですけれど…
 ラウンドのパット数が 40切らないんです…。」


店長「ああああ・・・。
 良くある話し なんですけれど
 ショットの精度が少し良くなってくると
 以前は乗らなかったトコロで
 乗るようになって、ロングパットから始まるので
 数値としての パット数は増えちゃうモノなんですけど…。」

Iさん「それはあるかも…しれません。」

店長「そう言う意味では
 やっぱり 距離感が重要になるんだと思います。

 ちなみに… グリップ、用品の方のパターグリップでは無く
 握り方の方のグリップはどう握ってます❓」

Iさん「普通の… 他のクラブと同じ握り方✊です。」

店長「パターの握り方は コレ✋ じゃないとダメ  って
 言うのはないんですけど
 距離感を良くしてしたいのなら
 『逆オーバーラッピング』 なんて 試してみても
 いいんじゃないですかね⁈」

気気鵝峙侫ーバーラッピング❓」
2023-05-12_20-11-17 - frame at 0m27s2023-05-12_20-11-17 - frame at 0m52s






店長「ええ。
 アイアンとか 普通のクラブを握るのは
 オーバーラップでも、インターロックでも
 まず 左手を握ってから  次に右手
 左手の外側、上に右手がかぶるじゃないですか?」

気気鵝屬修任垢諭」

店長「逆オーバーラッピングは その言葉の通り、
 右手を先に握ってから
 その上から、外側の左手が乗っかる、逆順序の握り です。

 普通のグリップですと
 左手がたくさん クラブに触れていますが、
 逆オーバーラップ だと
 右手がたくさん クラブに触れている。

 おそらく…ですけれど
 フルショットのような 強いショットには適さない、
 んじゃないか、と思うんですが、
 利き手の『タッチ』が重要な場合は
 とても有効だと思うんですね。
2023-05-12_20-11-17 - frame at 1m44s2023-05-12_20-11-17 - frame at 1m53s







 また 通常のグリップに比べ、
 右と左の密着感、上下の密着感が非常に高いので
 不必要に前傾が深くなり難いです。
 前傾が深すぎると緊張感が高まり易いですから…。

 あとは ショートパットなんか でもあると思うんですが、
 右手で打った場合、手首が折れて
 引っかかってしまうような時、
 両グリップの密着感が高いので
 それを防ぎ易い効果もあります。」
2023-05-12_20-49-13 - frame at 0m34s
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「もうお気づきの方も居ると思うのですが…」

質問「?????」

店長「アマチュアのゴルファーの かなりの割合の方が
 つま先基準なのか、スライス防止の為なのか、
 クローズスタンスに構えている人が多い…と。」

質問「はい。」

店長「クローズスタンスは オープンスタンスやスクエア と
 比較すると ボールの位置 としては
 やや外目、右打ちで言えば 左に置かれている…と。」
001
質問「はい。」

店長「そして、総じて ですけれど
 本番…コースへ行くと ボールは近づく、
 中に入ってくる のが 
 ミスの原因に、主要因になり得る…と。」

質問「はい。」

店長「ですので ココにアプローチをミスする、
 アプローチが得意でない 原因があったりするんです。
 シャンクなんか 特にその顕著な例だと思うんですけど …。」

質問「!!!!!!」

店長「スタンスの向きって言うのは
 自分に対しての ボールの置き位置を変えない✊とすると
 向きを変えると ボールを中心に、右打ちですけれど
 右を向くと 自分が前に、
 左を向くと 自分が後ろに下がる のと似ています。

 その場で 開いたり(右を向いたり)
 その場で 閉じていては
 ボールの位置が 想定以上に動いてしまいます。
002
 普段、クローズスタンスに慣れている人が
 アプローチの時だけ オープンに構える って言うのを
 よく見かけるのですが、
 もし、その場でオープンに構えてしまったら
 ボールは かなり中に入ってしまいます。
 オープンに構えることに慣れていないですから
 適切なボールの位置が掴めないですしね。

 その場でオープンにしただけでも
 ボールの位置は かなり ボールは中に入るのに
 アプローチだから…って
 意識的に より中、より右に置く場合も…。
 場合によっては からだよりも右にボールがある、
 そんなことも起こりうるわけですよ。
 慣れてませんから…。
2023-04-19_19-14-152023-04-19_19-14-47











 まあ シャンク出易いでしょうね…。」

質問「!!!!  確かに…。」

店長「気温が下がってくると シャンクは出易いですけど、
 それは 寒くなって より近づいている、
 ボールを中に置いている可能性って高いと思います。
 統計を取った訳では無いので、断言出来ませんけれど
 かなり高い割合で コレがシャンクの大きな原因じゃないですかね。

 そう言う意味では 余程 特殊なショットを除いて
 アプローチのスタンスもいつも通り の方が
 いいんじゃないですかね❓

 勿論、練習による慣れで解決は出来ると思いますけど。

 振り加減にもよりますけれど
 シフトが少ない分、若干、中に入る程度、
 ボールの位置のみを変える位が妥当だと思います。

 
 同時に 二つのコト、スタンスの向きとボールの位置 は
 傾斜や状況がいつも違うコースで
 より複雑にしちゃうんじゃないですかね。

 
 また、ほどほど 上げる、高さを取るアプローチ、
 強く打たないけど、一応ショットのようにする のであれば
 尚更 ボールを中に、右に置く必要は無いと思います。
004
 アプローチの構え を見ていると
 これから どんなショットを望んでいるのか
 判別できない場合がとても多いと感じます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「次に…ですね、
 アマチュアの場合 このパターンが一番多い と思うんですが…


 先日の記事の通り
 スタンスの向きを つまさき基準 にしている人が非常に多いです。
スクリーンショット 2023-04-17 145020
 その上で 左のつま先をやや開き気味 にしていたり、
 微妙にスライス防止を意識していたり、
 過去にスライス対策を強く意識した時期がある、とか
 スタンスの向き と言えば良いのか、
 ややクローズに構えている人がとても多いと思います。

 また、全員では無いですけれど
 フェースローテーション、
 ヘッドターン、ヘッドの返しをしている人も
 クローズ気味に構えている人が多い。


 コースに行くと ボールが近くなる、
 だいたいのパターン 間合いが近くなるというよりも
 ボールが中に入るですね。
 右打ちの人であれば 右寄りになってくる。

 コレ 堂々巡りみたいなんですけど
 クローズに構えている人が
 ボールを中に入れると
 右を向く度合い、クローズになる度合いが
 増していくんですね。
 感覚的なモノかも知れません。

 また、スタンスの向きは変らず
 上半身だけ 右向きが強くなったりする。
 ややこしいですよね。

 アドレスの向きが怪しくなる、
 ボールの位置も怪しい、
 上半身だけ さらに捻じれているかも…。

 こんな状況で 良いショットが出るのは奇跡、
 とも言える訳で
 だいたい 多くの方がここから崩れていく手順 って感じです。」

質問「うわ〜。」

店長「ちょっと分かり難いかも知れませんが、
 スクエアに構えた状態に比べ
 (…別にスクエアに構えなさい って言ってるんではないですけど)
 同じボールの位置だった場合、
 ボールが 右打ちの人であれば 左に置かれている状態に
 なり易いのがクローズです。
003001
 フェースローテーションをする人にとって
 ヘッドを返す時間や空間が欲しいですし、
 ややひっかけ のような状態で
 イメージの『真っ直ぐ方向・目標方向』が出易いので
 都合がいいんですね。

 クローズにスタンスを取っている人は
 疲れたり、緊張したり すると
 ボールが中に入ったり、
 クローズ度合いが強くなり易かったり
 より右を向き易くなっちゃうんですね。

 そう言うタイプの方にとって
 ボールが中に入る、
 右向きが強くなる
って
 どう言うコトか というと
 切り返してから ボールとコンタクトするまでの
 時間と空間が少なくなっちゃう。。。
 フェースローテーション、ヘッドの返しをしている人
 にとっては
 それをするだけの時間や空間が足らなくなったら………
 まあ お約束のスライス、
 プッシュスライスになっちゃう んです。
スクリーンショット 2023-04-17 151306
 そのショットが特段 悪いスイングだから…🙄
 では無くて、
 ショットをする条件が悪かった から
 ミス、大きなミスになったんですけど
 だいたいの人が スイングが原因…って思っちゃう…
 骨折を治すのに 耳鼻科を行くような……
 になって よりこんがらがっちゃう んですね。」

質問「。。。。。。。。。。」

店長「まあ 練習場を見てると
 殆ど…全員と言っても良いかな。
スクリーンショット 2023-04-17 220839
 市販のクラブの場合、
 例外は殆どないでしょう、
 そこそこ 今どきのゴルフクラブであれば
 相対比較ですけど、ドライバーは柔らかくて
 アイアンはかなり硬い

 それに応じて ドライバーは普通の位置に
 ボールを置いているけれど、
 アイアンはそれに比べ かなり中、右ですね、
 真ん中よりも右に置いている人もいます。

 じゃあ コースへ出るとどうなるか、
 って言うと、
 ドライバーのボールの置き位置に引っ張られて
 左、外寄りになって行くか って言うと
 それは まあ あり得ません。
 段々と アイアンの置き位置に引っ張られ
 ドライバーやウッド系も 中に入っていきます。
 
 左、外にボールを置くって
 遠くなりますから 不安になり易いので
 どうしても 安心感のある 中、右になっちゃう。

 普段、同じクラブを続けて打つ、
 一球ごとでクラブを替える習慣がないですから、余計ね。」

質問「そりゃあ ミス出ますわね。」

店長「はい。厳しい言い方になりますけれど
 ミスが出て『当然』の環境を 事前に、
 そして 自分自身で造っちゃってるんですからね。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「用品としての パターの命は
 引き易さ、動かし『出し』易さ だと思います。

 思いっきり手前味噌なんですけれど 
 L型ブリストルパターは かなり多くの方の
 パッティングが嫌い、苦手を解消した と思います。

 引き続き、手前味噌ですけれど
 ブリストルパターではイップスには成れない んです。」

質問「分かる気がします。」

店長「弊社のパター二種は あ、スピンオフ版もありますけれど
 ヘッド重量が強烈に重たい。 480gと520gです。」
IMG_1364
質問「ですね。」

店長「コレって 一般的な320gとか、330gのヘッド重量のパターと
 交互に打ち比べてみると 初めて分かるんですが、

 重いヘッドのパターだと
 グリップ』を動かそうとします
 ヘッドを直接ではなく、グリップを動かす、移動させるコトで
 特に、初動をスタートさせようとします。

 ところが…🙄🙄🙄
 軽いヘッドのパターは グリップを動かし難い。
 ヘッドが軽いから、ま、比較論ですけど、
 ヘッドが動いちゃうのか、動かしたくなっちゃうのか、
 兎も角、グリップが動かせないんですよ。
 打ち比べるとよく分かりますよ😵😵

 パターの苦手…とか、イップスって 実はソコなんです。

 ショットもそうですけれど、
 人間が関与しているのは グリップ です。
 手であっても、からだであっても
 グリップを動かさなきゃ始まらない
 でも パッティング不調や不振になると
 『兎も角、ヘッドを動かさなきゃ』って思うのに
 肝心のグリップが動かないので ヘッドが動かない、
 ヘッドだけ ぴょっと動かすと 良い感じのラインに乗らない。

 それが ブリストルパターは無いんです。
 ✊絶対 グリップが動きます。

 そして 視覚的にヘッドをどっちへ動かすか、
 かなりはっきりしたガイドが入ってます。
 迷わず 引ける んですね。
2595cdb2
 パッティングって 勢いで何とかする って言うのが
 通用しません。
 速さで解決できない。
 どんなストロークにしても 自分自身はジッとしています。

 感覚的なモノの割合が殆ど です。

 ですので あたかも 自分が機械、
 パッティングマシーンになって
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す みたいなデザインは
 ヘッドの軽さも伴って
 一番大切な『感覚』を捨てなくちゃならない。

スナップショット 3 (2016-11-24 20-31)
あのグリーン上で 突然、『ロボットになれ』って
パターに言われるんですよ。

335400739_612216804055650_6789749583327675101_n
 いつまで経っても パター苦手は解消しない です。


 良いパターって あんまり何も考えず
 ストロークも自分の繰り返せる 好きなような動かし方で
 子供みたいに ポンッ って打つのが一番良いと思います。

 よっぽど ポテトチップみたいなグリーンでない限り
 ラインなんて 自分で造れる みたいな感じで
 良いと思うんですね。
 距離が合って 寄ればいいんですから

 そう言うのを具現化したのが ブリストルパターで、
 ハミングバードなりに
 ピン型を極力シンプルに、迷いを生ませない
 そうアレンジしたのがデール9 です。

 ですので今度は 半マレットとL型のハイブリッド、
 その ハミングバードなりの完成型を目指しています。
IMG_0511IMG_0507






 特に マレットは欠点いっぱいなので
 自分なりに考えた その修正された 理想的なモノを
 造りたいと思っています。」

質問「楽しみです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「あくまでもイメージではあるんですが、
 フェースの穏やかな縦の回転の中で
 ボールをとらえていく感じ。
 
 この動画からご覧ください。

 ,了点では アドレス通り、
 からだの前、グリップ通りにヘッドがありますが
 △砲覆襪函.悒奪匹遅れ…
 これは悶絶クラブ、シャフトがしなってくれるクラブだと
 普通にしていると起こることなので
 『背屈』などの手首で特に操作するモノではありません。
 ヘッドが遅れると フェースは円の外を向きます。
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m9s
 クラブですと 番手、ロフトによって
 イメージが付き難いかもしれないので
 シャフトの角度 と言ったら良いでしょうか。

 右打ちの この角度から見た場合ですが、
 アバウトですけど
 円の左側、インパクトよりも前の状態では
 当然、フェースは円の外を向いています。
 円の左側で フェースが円の中を向くのは無理があります。
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m28s
 円の右側、インパクト以降になれば
 人間の動きは減速・停止に向かいますので
 フェースが円の中を向くコトもあるでしょう。
 しかし、アプローチのような
 スピード・勢いのないショット・スイングであれば
 終始、フェースが円の外を向いたまま、
 ヘッドが遅れ、ロフトが立った状態のまま、になるコトも
 少なくありません。

 練習と言う意味ではコチラが良いでしょう。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m16sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m11sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s







 動画の後半で
 ヘッドが遅れ・ロフトが立ったまま、
 その状態を維持したまま、向きを変えて振るのと
 途中から ヘッドを出し、
 ロフトの立ちを戻してしまう振り方 の比較をしています。

 アプローチで悩んでいる人、
 アプローチだけでなくショットで悩んでいる人の多くが
 ヘッドを出してしまう方だと思います。

 二つは当然、ヘッドの入り方も違います。
 ロフトを立てたまま、からだの向きで入れば
 ヘッドの入射角度はキツクなります。
 インパクト以前で ロフトの立ち、ヘッドの遅れ、
 よく言われる 溜めを解いてしまう(アーリーエクステンション)
 クラブの使い方では ヘッドの入射は緩くなります。

 今どき シャロースイング と言って
 入射を緩くする振り方がもてはやされていますが、
 元々 入射が緩い多くのアマチュアには
 それを より緩く入射するコトになるので
 害はあっても 良いコトは多くありません。
 入射がちゃんと取れる人に有効な方法です。


 二つのスイングを比較すると
 当たり前…なんですが、
 クラブを出してしまう、解いてしまう方は
 からだの回転が止まります。
 左向きがしっかり取れていない形になります。
 アマチュアの多くは
 この左サイドの絞りと言えば良いのか、
 左腕が突っ張って感じがインパクトの感触
 なのかも知れません。
 それは 単に左サイドが止まって衝突する感じなんですが…。
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m41s
 また、クラブをロックする方は
 自然な形で 左に体重が移ります。
 まぁ 回転が止まらず 左を向くからなんですが…。
 クラブを出してしまう方は それをする為、仕方ないのですが
 からだの回転が止まり、体重が右に残ったまま、になります。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スコアの伸び悩みに苦しんでいるのですが
 なにか 良い手立てはありませんか❓」


店長「漠然としていますが、
 やはり アプローチ なんじゃあないですかね⁈」

質問「やはり そこですか…。」

店長「一般的な 100を切る、90を切る、
 安定して90台で廻る 
 そこら辺が目標ですと やっぱり
 アプローチとパッティングの比重が大きいと思うんですね。」

質問「そうですよねー。」


店長「スコアがすべてでは無いですけど
 やっぱり 点数付いちゃうと ストレスになりますからね。」

質問「どうすれば良いんです❓」

店長「アプローチ…
 まずは グリーン周り から考えてみましょう。

 ショットをロフトの大きなクラブでする となると
 ロフトの少ないクラブでする よりも
 ふり幅、スイング自体が大きく、速くなります。
 ですので
.僖拭爾六箸┐覆い里❓
8番・9番・PWは使えないのか❓
➂PS、SWを使う場合、やむなし
 他に選択肢がない と言う思考順序を持っていた方が良いと思います。

 アプローチは なんでもかんでも PS、SW というのは
 あまり スコアには良い影響はないですね。

 W…ウエッジですが、Wの付いたクラブは
 それ以外に選択がないから使う と考えて下さい。

 8番、9番辺りの転がし
 まあ すこし宙を浮くパッティングみたいなモノですが、
 50ヤードで となるとちょっと大変ですけれど
 グリーン周り、
 パターで打っても距離感の掴める範囲であれば
 振り上げて振り下ろす みたいなスイングの大きさになりませんし、
 転がし であれば 当たりのミスの 影響を受けにくいので
 そのショットのミスによる 大叩きにはなり難い と思います。


 あと 考え方 ですけれど、
 バンカー越えとか、傾斜に止まったボールとか、
 そう簡単では無いシチュエーションでは
 次のショット、パッティングのコトを 考え過ぎないコトも大切です。
 『ああ アソコに乗ったら下りのパッティングだ。』 とか
 そんなコトを考えて コース攻略が出来るのなら
 そこからアプローチはしない筈…なのですから
 まずは 確実に乗せる、近づける、寄せる、
 そして 『ちゃんと当たる』 を優先して下さい。


 そして これはスイング造りにも発展しますが
 30ヤード以上 ある程度 ボールを『打つ』場合、
 特殊な場面を除いて ボールをこすらない
 ボールをしっかりとらえる打ち方をマスターしたい✊ですね。」

質問「そこ…ですよね…。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「まず コチラの動画からご覧ください。

 薄い紫がかった画像での
 テークアウェイをご覧ください。

 テークアウェイには 確かに右向きがあります。
 からだも右を向いている。

 しかし、
 その右向きに 意味と言えば良いのか、
 役割がありません。
 言葉悪く言えば ただ右を向いているだけ。

 右を向くコトで クラブが動かなければ、
 クラブを動かす為に右を向く 筈なのに
 ただ 形として右を向いただけ…。

 動きに役割が無ければ 無意識の中では、
 また 疲れた時、当然 その動きは省かれます。


 要は 『からだの向きが無ければ 打てない から
 からだを回転させる、向きを変える』
 のであって
 スイングっぽい形に見せるための
 アリバイ右向き、アリバイ回転 は 意味を成しません。

 これはダウンスイングでも同じです。

 左を向くコト が 打つコト に成っておらず
 腕を振る為、その位置を確保する為の回転では
 手打ちの位置を造る為や
 その勢いを増す為 だけの 回転ですので
 本来の意味の 『からだの回転で打つ』に成れない
 と言うか、始めからゴールが違う気がします。

 からだの向きを変える
 その向きを変えることでボールを打つ

  には ちょっと発想の転換が必要です。

酒巻202301 - frame at 0m54s

 なんと言えば良いのでしょうか、
 例えば バスケットやサッカーで
 動いている味方にパスをする場合と
 止まっている味方にパスをする場合のような…。
 動いている味方であれば
 パスを出すタイミングやそのパスの速度・距離、
 その選手の走る方向やスピードに応じて
 未来の流れを予測して行動しなくてはなりません。

 からだの向きを変える は
 どんどん方向が変わって行きます。
 例えば アドレスでの左右は そのまま左右ですが、
 からだの向きが変わる時間を加えると
 アドレス時の 右 は
 テークアウェイ時では 背後、
 ボールから離れていく方向になります。

 からだの回転は
 その向きの変化を使って グリップを移動させ、
 その結果、ヘッドを移動させ、ボールを打つコトが目的です。

 ですので テークアウェイでは
 右を向くコトで
 グリップを右に動かすのではなく、
 時間進行を考慮して、
 グリップを ややこしいですが、アドレス時での背後、
 ボールから離れていく方向に動かすコト が目的です。
〇からだの回転〜

 アドレス時の右 に動かすコトではありません。

 ココの部分、動きが小さくなるアプローチなどで
 間違えている人が多いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「実際に ボールを『転がして』みると分かるんですが、
 直線的にクラブを移動させる方は
 その移動の速度が距離感です。
〇ハンドターン18s
 一方、グリップ軸にクラブを回転させる方は
 どうしても インパクト、直前直後に
 ヘッドを回転させる為…なのか 変な加速が追加される
 フェースが開いているから 本能的に反応しちゃうのかも
 知れませんけれど。。。
 ですので そこまで動かしてきた速度と
 最後に変な加速が入るので
 運動のスピード感が一定し難い
 距離感とヘッドスピードの一致が難しい と感じるんですね。」

質問「確かに…。 やってみると分かります。」

店長「そして なんと言っても
 手前をダフる、歯に当たる と言うミスの頻度が高い、
 まあ 弧が下に膨らむコトになる のですから
 仕方ないと言えば仕方ないんですけど、
 ソレが故に その追加加速が強くなり易い。
 地面の上 という2次元上で
 下に膨らむ3次元を処理するとなると
 実は 複雑な工程があるんだと思います。」

質問「言われてみると そうですねー。」

店長「それが ほどほど高さを取るアプローチだとしても
 基本は 全番手、パターのストロークと似た感じ
 打ち出すボールの速度と運動量なり、ヘッドスピードなりを
 一致させるコトが 距離感の刷り込み だと思うんです。

 ですので 管理しきれない インパクト加速があり
 それには ミスの可能性も含まれる、
 そういう クラブさばきは避けるべき、
 運動神経というか、運動性能に自信のある年齢の時はいいですけど
 やっぱり 歳を取ってくるとソコ、難しいと思うんです。」

質問「ミスの可能性が高く、距離感も掴みにくい
 良いトコロはないんですね・・・。


 で、ヘッドを振っていないけど 飛ぶんですか❓

店長「気持ちは分かります。
 インパクト直前で ブンっとヘッドを振った方が、
 ヘッドの加速をリリースした方が 『飛ぶ気』はしますよね。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s
 動画のショットを見比べて
 出球、ボールの飛び出し方が異なりますよね。」

質問「ですねー。」

店長「クラブを、ヘッドを回転させる方は
 ポコンと上に飛び出す感じ ですが、
 クラブを引き摺る方は 前に飛び出す感じ になりますよね。」

質問「はい。」

店長「これが こすっているか、つかまっているか、
 の違いになります。 結構、重要なポイント
 です。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)











 ヘッドスピードには大きな違いはありませんが、
 回転させる方は どうしても緩い角度で入って来て
 進入時のロフトは多め
になります。
 球体のボールがフェース上部に逃げる感じになります。
 それに比べると クラブを引き摺る方は
 同じクラブなんですけど 締まった(少ない)ロフト で
 やや上目から入って来ます
ので
 球体の逃げ場が少ないので 前に逃げる
 ヘッドスピードに違いが無いのなら
 飛距離、出せる距離の差は明白なんじゃないですかね。

 『振った』気分は兎も角、
 ヘッドを振る方が 5msも速く振れるのなら…
 ですけれど。

 で、アプローチに関して言えば
 ヘッドを振る、クラブを振るスイングの方が
 同じ距離を打つんでも、大きなスイング、速いスイングが
 必要になる、というコトになります。
 それも ミスの確率を上げちゃう
 んじゃないですかね。」

質問「アプローチが上手く成らないトコロは
 そういうコトなんですね。」


店長「そう言う可能性は否めないですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




質問「今日は どうしても手打ちを治したくて 練習に来ました。」

店長「いらっしゃい。
 そりゃ また どうして❓ ですか。」

質問「歳を取って 飛ばなくなってきた、だけじゃなくて
 球筋もより安定しなくなってきたし
 アプローチも一向に良くならず、スコアもどんどん悪くなる、
 ここらへんで 心機一転して やらないと…と思って。」


店長「あああああ
 そうですね。 手打ち・フェースローテーションで打つのには
 どうしても 腕力が必要です。
 スピード、飛距離じゃなくて
 同じことを繰り返せるのも やっぱり腕力次第ですので
 若い人、チカラのある人専用の打ち方 と言っても良いですね。」

質問「そうですよね。」

店長「深いテーマなので いつものコトですが、話は長くなります。
 飛距離 の話しは後回しにして
 手打ちって スピードで誤魔化せない アプローチショットに
 どうしても顕著に出てしまうんですね。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s

 ドライバーがOBしないって言うのもありますけど、
 やっぱり アプローチはスコアに直結しますから
 出来れば早い内、…年齢ってことですね、 
 手打ち からは脱却、卒業した方が良いです。」

質問「はい。」

店長「どうして 手打ちになっちゃうのか の話しは
 のち(別記事)ほどしますけれど
 まず 手打ちがどうしてアプローチに適さない のか
 どうして 上手く行く確率が上がり難い のか
 を説明します。

 地面に置いたボールを
 ヘッドを地面から上げないで、地面をこするように打つ
 と言う条件で
〇ヘッド・クラブを回転する打ち方 と
〇ヘッドを引き摺る グリップを動かして
 ヘッド姿勢・クラブ姿勢を変えない打ち方 を 比較します。

 まあ 答えは明白ですけどね。

 ショットって 力加減・ヘッドスピードが同じでも
 ものすごく色んな球が出ちゃいます。
 アプローチで使うのは だいたいのケース
 ロフトの大きいクラブ、そして 長さの短いクラブ なので
 より それは激しい、
 より 色んな球が出易いんですね。

 そう言った意味でも ロフトの立った
 例えばパター(ロフト3.4度)であったり
 7番アイアンであったり、8番アイアンで 打てるのなら
 そちらを使った方が ミスの幅というか、ミスの種類は少ないです。
〇ハンドターン16s
〇シャフトやヘッドを回転する打ち方
 もしくは ヘッド軌道の円弧が小さくなり易い打ち方 ですと
 当たり前ですけれど 色々なヘッド姿勢、フェースの向きだけでなく
 ロフトの角度も 色々な状態で当たる可能性があります。
〇ハンドターン17s
〇一方、クラブ姿勢を変えず、ヘッドを引き摺る
 そう言う打ち方ですと インパクトのポイントが
 前後に何センチかズレた としても
 姿勢が大きく変わっていませんから 差が出にくい

 何センチは行けるかも ですが
 私たちは機械ではないので 何ミリはズレます。
 そうなった時、ヘッドを回転、クラブを回転させる方は
 そのズレがそのまま 弾道・球筋の違いに表れます。
〇ハンドターン18s
 そして その弾道や球筋の違いは 距離の差・距離の違い にも
 なってしまうので 同じヘッドスピードで打っている『つもり』
 だとしても 何ミリの違いで距離が変わってしまいます。
 からだの感覚として 距離感が刷り込まれ難い んですね。

 前者は弧、円ですが、後者は直線的です。
 これは 地面の上でヘッドを這わせる の2次元の話しですが、
 ショットは当然 立体、3次元ですので
 その円弧、脹らみは 上にも、下にも増えます。
 ですので 手打ち・フェースローテーション、
 円弧の小さくなる振り方の方が
 ダふったり、トップしたりの可能性も高くなります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「これは また寄り道な話なんですけれど
 もし ご来店される機会や
 そう言う計測器がある場面に遭遇したら
 ドライバーばっかり ガンガン打つのではなく
 アプローチショットの計測もして頂きたいんですね。
85584b3f-s
 自分が〇〇ヤード打つのに
 どんな回転、球筋になっているのか、
 例えば ですけれど 50ヤード位のショット打つのに
 PW-PS(AW)-SWと 3種類のロフトのクラブ
 45.50.55度のロフトのクラブで打つと
 55度のロフトが一番俗に言う『スピン』
 回転数が多い んじゃないか と思っていると思うんですが、
 決してそんなことは無いんです。
 スイングのタイプにもよりますけれど
 SW.55度のクラブが一番回転数が少ない場合もあります。

 中途な距離のショットの場合、
 特殊なコトをせず、普通に打って 一番 回転数が高くなる、
 回転数が多くなる 番手が一番安全 です。


 ボールのスピン数は シャフトの硬さにかなり影響されます。
 ウエッジをバラバラはクラブ、バラバラな硬さで
 使っている人を良く見かけますけれど、
 その中で 自分的にはエース✊ と思っているクラブには
 なにかしらの 秘密、なにかしらの 理由が
 必ず有ったりします。
  だいたいの場合 シャフトの柔らかさ だったり…します。

 そう言うのを確かめるのが 弾道計測器の一番の使い方
 と言っても良いですね。
iron-shot-green
 多くの方が スピンを掛ける と思っているショットの多くは
 コト『回転数』という事に関して
 数値をしては少なくなる打ち方をしているケースが少なくありません。
 アタックアングルを緩くすると
 打ち出しは上がりますが、スピンは減ります。
 ボールが止まるか、止まらないか はスピンの影響と同様に
 地面への着地角度にも依存します。
 当たり前ですが、より垂直に着弾する方が
 ボールは止まり易くなる訳ですが
 弾道が釣り鐘型のようになり(高さの頂点が真ん中位)易い
 緩い入射は ボールは止まり難くなります。

 
 ご来店の際は是非、お声がけください🎵」


店長「で、二つ目の問題ですけれど、
▲灰譴鰐渭澄ゝ離感ともつながってくるんですが、
 シャフトを振る、ヘッドを下に振る、リリースする、アプローチは
 前述の通り、からだの回転だけで動かすものと比べると
 ボールへの入射、アタックアングルが緩くなりガチ です。
 それはイコール 最下点をボールよりも手前にするだけ でなく
 ロフトも付ける、フェースを早い段階で上向き にしますので
 ロフトを増や
飛び出し角度14
した分、バンス角度も増えます。


 最下点が手前、バンスも増える ですので
 ダフリの可能性だけでなく、
 その度合い によっては トップの可能性も 当然、上がります。

 アプローチショットにおいては 多少のダフリ は
 問題ないですけれど、そのダフリ度合いもある程度一定で無いと
 扱い辛くなりますし、
 ダウンスイング途中での 振り加減、リリース加減によって
 それは変化するんですが、そのリリースには
 微妙に『反射』、『瞬時の反応』のようなモノも含まれているので
 傾斜などの足場の状況によっても
 その強さや速さが変わってしまうので厄介です。」

質問「アマチュアゴルファーのアプローチの良い意味で無い
 集大成みたいな感じですね。」


店長「そう思います。

 プロゴルファーを見ると分かるんですけれど
 ソコに関しては きっちり 常用しているアプローチと
 危険覚悟で仕方なくする アプローチを分けています。
 基本、球質がかなり違いますからね。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(4)
 バンカー越えのフワっとさせるアプローチとか、
 こういう風にも打てますよ、ってのはあるんですけれど
 それは ショーというか、興行的な部分が多分に含まれていて
 アマチュアがそれに感化されて真似てしまっても
 悪影響以外ほとんど良い点はないですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「これはアプローチで無く ショットですが、
 典型的な『二度振り』のイメージです。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)





‘鹽擔兇蠅量簑蠅琉譴弔
 『距離感を定着させ難いコト』です。

 ダウンスイングの中途で クラブを下に振るコト、
 腕さばきによって クラブをリリースします。

 それは イコール からだの回転とヘッドスピードを分離、
 からだの回転を止めて 発射台のようにしてしまうので
 からだの回転=大きな動作が距離感(ヘッドスピード)では無くなります。

 総じて 二度振り・二段振り の場合、
 ヘッド軌道の最下点が 手前気味、ダフリ気味になり易く、
 元々 二重に加速させるコト になるのですが
 必要以上の更なるスピードアップ が起こり易くなります。」

質問「ありがち…。」

店長「そうですね、締まりかかった電車のドア に飛び乗る
 みたいなタイミング感になるので ミスを誘発し易い でしょう。

 元々 中途な距離の距離感と言うのは 簡単じゃありません。
 感覚的な部分が少なくないので 慣れや経験も必要です。
 その上で インパクト直前に 更なる加速・別な加速
 この場合ですと まず ,らだの回転 ⊆,離螢蝓璽后
 そして ➂最後の補正加速 の3重加速、が入りますから
 当然、難易度はあがる。

 また その加速によって
 最下点を更に手前にズレ易くなります。
Desktop 2023.01.13 - 12.48.08.01 - frame at 0m7s
 距離感 と言う点で言うと
 例えば 30ヤードや40ヤード.50ヤード となると
 チョンと当てて とは行かず、中途半端に打たないとイケナイですが、
 弾道測定器で計ると分かるんですけれど
 同じクラブ、同じロフト、似たような距離感で打っている筈…
 にもかかわらず ボールの回転数は1500〜5000回転と
 おそらくショットの中でも 一番幅が生まれ易く、
 『入り方・アタックアングル』『インパクトロフト』によって
 距離は勿論ですが、弾道質も全然変わります。

 ヘッドを振って、シャフトを振って、クラブをリリースして
 インパクトに入ってくる というコトは
 緩めの入射角度になり易い んですが、
 緩めの入射角度は 幅広い種類、多岐に渡る弾道を生み易く
 強く打っているのに ショートしてしまったり、
 高さは出ているのに スピンがかからなかったり、
 正直 その差はあまりに紙一重 で 言葉で表しようがありません。

 ですので 振った感じ、打った感じと『距離』がリンクし辛く、
 経験、球数、練習量にかかわらず 長年、距離感が染み込みにくい。。。
 おそらく ですけれど スコアメイクにとっては
 一番の致命的な部分になるんじゃないでしょうか。」

質問「。。。。。。」

店長「コレも番目の問題と重複するのですが
 リリースタイプのショットの場合、
 そのリリースは 反射的な加速になりガチ で
 それが故に 傾斜や足場などに左右され易く、
 加速が増す、もしくは減速が入る というのが
 インパクト直前にやって来ます。
 これは 当の本人にも打ってみないと分からない
 ので困ります。

 ボールを上げる というのは ボールを飛ばす
 飛距離を稼ぐ と非常に似ている点があり、
 気持ち と言う面では インパクト付近で強く、
 更なる加速が必要になると思い込み易い
 です。

 勿論、その距離を打つのには ある程度の高さは必要です。
 必要ですが、距離は横への移動 ですので、
 よほど 障害物があって、それを高さで回避する必要がなければ
 その距離を打つのに 必要最低限な高さ、
 距離に対するオマケとでも考えれば良いのですが、
 アプローチ=高さを取る と言う観念が強い?のか、
 それが 故にリリースも含め、二重加速、二度振りが生まれる。
 その観念が その 根原因 かも知れません。

 ボールの距離を移動させる、
 これはアプローチだけでなく ショットの飛距離アップにも
 つながっていくのですが、
 地面に置いてあるボールを
 『地面を引き摺るクラブ』で当て、
 その距離分、打つ★★ 当てる★★ が原点です。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment

 ボールを上げる、浮かす は ヘッドのロフトや
 そのクラブの長さが造るアタックアングル、
 長さが生み出すヘッドスピード が主に負担というか、
 役割なので 当の本人はする必要が無い、
 「ボールを上げるのは クラブに任せろ」と昔から言われますが、
 根本的にボールを上げなくちゃ(飛ばさなくちゃ) と言う意識から
 生まれているような気がしてなりません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スコアの伸び悩みに苦しんでいます。
 安定して 100を切る方法はないの でしょうか❓」


店長「うわぁ ソレですか❓
 
 やっぱり アプローチショット になるんじゃないでしょうか
(クラブの、シャフトの廻し方の違い_Moment
質問「やっぱり ソコ…ですか…。」

店長「そこそこのドライバーショット というのも
 有るとは思うんですが、『安定して』となると
 アプローチショットの確立の方が柱になり得る と思います。」

質問「カギになるのはなんでしょうか❓」

店長「そうですね。
 二度打ちならぬ、『二度振りしないコト
 『二度振りしないアプローチ、ショットを覚えるコト』でしょうか。」

質問「❓❓❓ 二度振り❓」

店長「はい。
 別な言い方では 二重加速しない と言えば良いでしょうか。」

質問「どういうコトです?」

店長「まあ いつもの話しに行き着いちゃうんですけど
 アプローチに限らず、ショット全般って
 からだを廻して、向きを変えて グリップを動かす、
 ヘッドってシャフトでつながっているので
 そのグリップの動いた分、ヘッドも動く
 っていうのが 基本、基礎になります。
 ですので アプローチで言うトコロの距離感って
 『自分が向きを変える、回転する速度』が距離感です。

 スイングの大きさ、テークアウェイ・トップの大きさで
 表される場合もありますけれど、
 それは テニスや野球などのボールスポーツと同じで
 『出したい速度にとって 必要な助走分』と考える方が良いですね。

 それに慣れている人はそれでも良いですけれど、
 あまり トップの位置で限定しない方が良いかも、です。
 そこは 感覚的な部分でいいんじゃないでしょうかね。」

質問「なるほど。」

店長「問題なのは スイングの途中、
 まあ ダウンスイング中、インパクト辺りで
 シャフトを振ったり、ヘッドを振ったり、
 からだの回転とは 別な もう一個のエンジンが入った時 です。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)





 そう言う特殊な場面、それが必要な場面が無いとは言いませんが、
 それは特殊な場面で 危険度が高い、 だけど
 他に選択肢がない と言う場面ですので
 あえて それを常用のアプローチにする必要はありません。

 からだの回転による 自然な流れ、加速は良いですけど、
 クラブをリリースしたり、下に振ったり、
 からだの回転とは異なる 主に腕ですけど、別の動力が入った時、
 運動のスピード感と距離感が別なモノになり易い です。

 アプローチをあまり得意でない と言う人は
 かなり この二重加速、二度振り している人が多い気がします。


質問「。。。。。。。。」


店長「二度振り まあ 手打ちと言っても良いかもですけど
 このアプローチショットには 致命的な欠陥が二つ あります。

 コレって 早期に、ゴルフを始めた早い段階に解決しておかないと
 20年も30年も そのアプローチのお陰で
 スコアとして 100は切れるようになっても
 スコアの伸び、歩留まりを 自分で作ってしまうコトになります。

 先ほども言いましたが、アプローチとして
 そう言うショットが無い訳では無いですけれど、
 プロがやるような 色々なアプローチの真似 なんかをすると
 ソレに陥り易いですけれど、
 二度振りは多岐に渡り 悪影響は大きい、
 ショット全般もそうなりガチ で
 ゴルフ全体を左右するモノになります。
 ですので 色々なアプローチが出来るコト よりも
 正統な、ショットの流れにつながる ヒトツのアプローチを
 出来る方が長期的には断然、有利だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



『ピン型デール9』
で ヘッド重量 520g
『L型ブリストルパター』で 470g と
平均的なパターヘッド重量の 1.6~1.7倍 有ります。
IMG_1370

こう考えてみましょう。
成人男性の平均体重は 70措 です。
1.6倍で110繊1.7倍で120 ですので
ちょっと小柄なお相撲さんサイズ、
同じ速度でぶつかられれば お相撲さんサイズの方が
当然、ダメージは大きい訳で、パッティングストロークにおいて
 同じ距離を打つのであれば 遅めの速度で十分でしょう。

遅めのヘッドスピード、となれば
小さめのストロークで済む…かも、ですので
慣れは必要であれど、当然、簡単さは増します。

IMG_1366

ヘッド重量とヘッドスピード その掛け算が
ボールを打つ「打撃力」になる訳ですが、
それが ロフトと軌道によって
 素直に距離になれば良いですが、
無駄なボールの上がり、や 回転になれば
 ヘッド重量のメリットが生きてきません。 

多くの人が 「真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す」
そればかりを気にしているように 思えるのですが、
ヘッドの移動軌道だけでなく
 ボールとヘッドがどうコンタクトするか、
 意外と無視されていますが、かなり重要です。

これは 一般的に知られていないコト ですが、
平均的な ピンタイプのパターの重心高さ は 約13mm です。
マレットタイプ…になれば それより低い可能性もあります。
『ピン型 デール9』は特出した高重心 で 重心高さ 約17mm 有ります。
・・・L型ブリストルとほぼ同等です✊

重心位置、重心高さの作用は
 運動させた時、ヘッド姿勢に働くので
重心の低いものは ロフトが増え易く、
重心の高いモノは ロフトが立ち易く、
なります。
アイアン…で、同じロフトであれば
 重心の低いモノの方が 総じて易しい…上がり易い ので
 重心の低いものは だいたいストロングロフト…です。

当たり場所と重心の関係!とは言い切れませんが、
ミドル〜ショートアイアンで ティーアップしてショットし、
 ボールがフェースの上めに当たって、上がるけど 飛ばない、
 勢いのない球になってしまう
 と言う経験を
 している方も少なくないか、と思いますが、
種明かしをすれば、当たった箇所…の問題では無く
ロフトが付いていて、それが故に 緩い入射になった為、
くぐり抜けたような、勢いの付かない球になるのですが、
パッティングにおいても それに類似した球は かなり頻繁に出ます
IMG_1389IMG_1387











ですので
 ボールの赤道部を打つ
もしくは 少しオーバーですが、
 ボールを赤道で切って、南半球にティーアップされた
 北半球だけを打つ…位のつもりで ストロークしてみて下さい。

😓パターの歯でボールの赤道付近…は多少オーバーではありますが
少なくとも 下側、南半球を打とうとすると
 ロフトも付く(リーディングエッジが前に出る)ので
 予想以上にボールの下目に当たる…それよりはマシです✋
 それでは ボールに良い回転は入りません。
IMG_1386IMG_1385









ボールとヘッド(ピン型デール9)の関係です。
10円玉6枚で1cm弱、7枚で1儷の厚さがあります。

地面に沿って 動かすよりも
1cm高いラインを通った方が
 ボールは良い転がりになり易いですし、
 故に ボールも伸びます。
 ヘッド重量が活きます
また、そういうイメージの方がロフトも立ち易く
 シャフトの柔らかさの効果も有効です。

是非 プロのトーナメント…
トーナメントの中継って パターばかりで退屈ですので
どの高さ を打っていて、
どの高さ を打っている人が ボールの転がりが良いか
確認してみて下さい。
適切な高さ(ボールとのコンタクト)では無いと
想定よりボールは伸びません……切れる…というコトです。
距離を合わそうと 強く打つと
下目 で打っていますから
ロフトが付いている👉フェースが左を向いている ので
ひっかっかる…というのがカラクリなのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



作って頂いた悶絶セットを使いまして
半年が過ぎましたのでご報告させて頂きます。

私のゴルフ歴は35年以上になるのですが、
なんと言いましても「バンカーショットが苦手」に
絶えず苦しめられてきました。
125788

幼少の頃 砂遊びを十分させて貰えなかったのかどうかは
もう記憶には残っておりませんが、ゴルフ場に行きますと
「砂遊びの迷人」になってしまいます。

バンカーに入りますと一度では出ず 大たたき、
その影響からなのかショットもより崩れ乱れ
バンカーに入るか入らないかが
スコアの決め手になってしまうほどです。でした。 

そんなゴルフを数十年して参りましたので
バンカー下手の自分にすっかり慣れ
悶絶クラブに辿り着いたのは
年齢による飛距離不足を補う事が一番の要因でした。


そして、デビューラウンド。
本日も初っ端からバンカーへご入場です。
しかも その日のラウンドは前日に雨で
少なめの重たい砂と苦手なシチュエーション、、、。
「ああ、今日一日が気分が重くなると嫌だな、、、」と思いつつ、
悶絶ウエッジを持ってバンカーショット!
03_b
「あれ??? 出た…みたい」

いつもですと力加減に関係なく、高さと距離が出きらず
バンカー内に着弾するのですが、
なぜか、乗ってしまいました。

その日は都合、3度グリーンサイドのバンカーから
バンカーショットをしましたが、すべて 出ました。
一度はパーではありませんが、ワンパットで納まる奇跡。
そのお陰か、スコアも近年ではベストに近いものになりました。

次のラウンドでは4度のバンカーショットで
いずれも脱出成功。
バンカー内での打ち直しは一度もありませんでした。

「きっと 自分のバンカーショットの上手く打てるようになったんだ。」
と思い その次のラウンドでは
過去に使っていた旧サンドウエッジをエクストラで入れて
そちらで バンカーショットを実践してみると
過去の記憶が蘇ってきたように バンカー内に着弾。
その日は 二度のバンカーショットでしたが
いずれも 旧サンドウエッジで撃沈しました。

バンカー下手克服の為、リンクスのオールドマスターから始まり、
本間、クリーブランド、フォーティーンのMT28、ドルフィン等々
数々のサンドウエッジを渡り歩いてきましたが、
どれも何の成果も出ず、悶絶ウエッジに辿り着いています。

その後、数ラウンド 悶絶ウエッジでバンカーを行いましたが、
自分の狙い過ぎ、欲深によるミスを除いて
すべて成功。
なんと言えば良いのか、今まで抜けなかったヘッドが抜けて
上手にボールをさらってくれるようになりました。

構え方とか 振り方とか 上げ方とか、ボールの位置とか
そう言うのに気を使わなくても ボールは出ます。

79457

ヘッドの重さなのか、シャフトの柔らかさなのか、その両方なのか、
悶絶ウエッジは 確かに「サンド」ウエッジでした。

(店主:悶絶ウエッジはバンス角度も大きめ、ソールも大きめです😊)

バンカーで打ち直す あの残念な気分が無いだけで
こんなにも楽なのか、
バンカーが障害となるようなショットでも
前ほど気にせず打てるようになったので よりストレスなく
ゴルフが出来るのはとても楽しいです。


今までは目標にバンカーから出る事だけを念頭に
バンカーショットして来ましたが、
次の目標はバンカーの距離感、力加減です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


現場、コースでは ゴルフクラブ、
バッグに入っている パターを除く全てのクラブは
「任意」に一球一球持ち替えて
 交互交互に打つコトになります。

Image20201006185024 (002)


ドライバーのOB打ち直しやアプローチの大きなミス以外
同じクラブを二球連続に打つコトは殆どありません。

そう言う意味で すべてのクラブはある一定の流れ、
似たようなタイミングや感じで打てる共有の流れ、
が出来ているコトがとても大切です。
IMG_0361


一般的に 自分のいつも使っている(例えばドライバー)硬さ
よりも 柔らかいモノ(振動数㉚cpm低いモノ)を打てば
正しくクラブが使えれば フック
手で振るタイプの人では スライスが出たり、てんぷらが出たりします。
✋シャフトが柔らかくなると スライスが出る と信じている人が大半ですが、
シャフトの使い方によっては その逆のケースもあります。
また、傾向として スライスが多く、頻繁に出れば
ゴルファーは当然、反応(予防)しますから
  その逆の ひっかけ になったりもします。

30cpm硬さの違う、柔らかいモノ、硬いモノ
それをミスっても、ミスらなくても、
一球交互交互に打てば、前に打ったクラブの影響は当然、出ます。

IMG_0590

お店で試し打ち をして頂く場合、
通常 お使いのモノよりも 硬いシャフト のクラブ
を打って頂くと… おそらく無意識だとは思いますが、
10球位で自然とボールは中、右打ちの人では右目 に
ズレていきます。
柔らかいシャフトではその反対です。
スイングのコトを意識しなくとも
軽めのヘッド重量や硬めのシャフトを打つと
トップの位置は深くなりますし、リズムも速くなります。



市販のクラブで 何気なくセットを揃えると

ドライバー  セットの中で一番柔らかい
ウッド  ドライバーより硬く アイアンより柔らかい
ユーティリティ  ウッドより硬く アイアンより柔らかい
アイアン フレックスで言うと 3〜4フレックス分 ドライバーより硬い
ウエッジ アイアンより硬く セットの中で一番硬い


と言う組み合わせ になります。

これは 困ったこと
 同じメーカーの 同じ機種(ブランド)
 そして 表記上、同じ硬さ(例えば SR)で
 揃えても こういうセッティング になってしまいます。


このセットでコースに行きますと…

展開として
短いサービスホールで
1.ドライバーが当たる
2.ウエッジの距離が残る
この状況では ウエッジのトップや引っかけの可能性は非常に高く
折角の サービスミドルが サービスミドルになりません。

硬いシャフトですので、どうしても強く振り気味
 になりますので なかなか距離感が上手く行きません。

漆畑2018_Moment

ロングホールでは
1.ドライバーが当たったと仮定し
2.フェアウェイやユーティリティを打つ場面では
 地面から打つクラブが ドライバーよりも硬いので
 ダフリやトップのミス どスライスの可能性も低くありません。
 頭を叩いて チョロトップ なんて言うのは
 その方のスイングのミス…よりも
 その構成・セッティングによって もたらされる
 と言って 良いと思います。

アプローチショット
 練習場でマットから打つような状況が
 一番無いのが コースでのアプローチショット です。
 芝に浮いている、沈んでいる、
 傾斜も色々…
 シャフトの硬さ は
 低いトコロにある ボールの拾いやすさ、拾い難さ、
 に直結します。

2021-04-07_06-01-34_Moment(3)

 アプローチショットで
 一番 多いのは トップとダフリ…
 そう考えると ほとんどが その硬さから
 生まれている のです。

✋✋✋バッグに入ったクラブの中で
 一番硬い のが
 フルショットの使用頻度の少ない ウエッジ 
 では ミスが出る、 ミスの頻度が高い、
 距離が合わない は 必然 なのです。


✋絶対に! 全員が! こうなる‼ と言うわけではありませんが、
100人のゴルファーが実験をすると
おそらく こういう平均値 になると思います。

理想的には
 ドライバー フェアウェイウッド ユーティリティ アイアン
これらが 長さの変化の中で
似たような 重さ感、硬さ感、
目を瞑って クラブを渡されたら
どれだか 判別し辛い ようなセッティング、
フルショットの少ない ウエッジが
 その流れよりも ほのかに柔らかい(重く感じる)
そんな 流れが良いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフコースが グリーンの速さ を測るのに
 基準となるモノがあります。

スティンプメーター と言いますが
😵😵😵USGA製のものは 45,000円もするんですね…。
真ん中が窪んだレールのようになっています。
41S3R4grxLL._AC_41hplhPcZaL._AC_






ボールを乗せておく 窪みがあって
レールそのものを 20度の角度に傾けると
窪みからボールが外れ、レールを転がり始めます。
 その転がり具合 を(1ft=30.48cm)
 10フィート(3m)とか、20フィート(6ⅿ)とフィートで表します。
518kvcNzpSL._AC_

 一般的な営業コースで 8〜9フィート位です。
 速いと言われる オーガスタは 12〜13フィート
 日本の男子ツアーも殆ど同じ、です。



 パッティング・転がり についての研究 があります。

スティンプメーターで 一般営業の8フィート(2m40)で
 カップに向かって ボールを転がします。
 10球転がすと そのラインは 実は1種類 ではなく、
 10種類ではありませんが、数種類になります。
Desktop 2022.05.08 - 06.28.43.01_Moment
 多くの人は 力加減を別にすれば
 『そのライン』は一種類…と思いガチ、ですが、
 研究では そう言う答えになりません。

 2m40を転がるのに スティンプメーターでは

 ボールは13〜15回転するコトがわかりました。
 ボールの外周は 約15cmですので
 全部を接地して転がるとすると 16回転する筈ですが、
 滑っている、スキッドしている箇所がある
 というコトになります。


 ボールがずっと接地している訳では無く、
 空中を滑っている時間もあるので
 接地(接触)している箇所が 各各 微妙にずれる為、
 本当に微妙ですが ラインがズレることになる訳です。
 接触した箇所の芝の状態によって
 ボール速度や回転そのものにも影響がある というコトです。


今度は実際に 全く同じライン、同じ距離を
IMG_0030_Moment(2)スティンプメーターではなく ヒト に
パッティングさせ カップインも含め
2m40センチのワングリップ圏内で測定すると
平均で12回転半でワングリップ距離まで到達しました。
(勿論 これは芝質、傾斜、などによって異なるとは思います)
 最大の人で14回転、最小で11回転でした。
 回転する数の多い人ほど
 通る道、ボールの軌跡の種類は多くなり、ショートし易く、
(ショートしているのに 回転は多いのです…)
 それよりも 少ない回転でカップ距離に到達できる人ほど
 ボールの軌跡の種類は少なくなります。
IMG_1422
 この距離の
 パッティングタッチを数値化することは難しいですが
 回転の数が多くなるストロークをしている程、
 パターの初速(飛び出し速度)が速い、 👉減速が強い
 になります。

まあ 当たり前 と言えば 当たり前 なのですが、
 ボールと地面、芝との接触の機会 や
 総接触面積が増えるほど その影響を受け易い
 距離と言う意味でも ショートし易くなるでしょう。

✋ちなみに…ですが、スティンプメーターよりも
 人間が打った方が ボールの回転する数は少なくなります。
 スティンプメーターの方が 転がりが悪い… のでしょう


✅良い転がりのボール とは
 適度にスキッド(滑り)し、
 打つ距離に対し、必要最低限の回転で届くコト、
 その言葉の通り 滑らかに転がるボール
 と言う答えに辿り着いた訳です。


 と同時に 自分の打つラインを読んだ としても
 距離感も含め 自分のタッチに均一性がないと
 ライン通りになることはない というコトで
 パッティングストロークにおいて 多くの人が強く意識している
 『真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す』 は
 無意味では無いですが、一つの要素に過ぎない
 というコトも分かりました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Jさん「では パターには どんなグリップ(握り)が
 良いのでしょうか❓」


店長「パターグリップでは メジャーですから
 既にされている方も多いと思うのですが
 逆オーバーラップ が良いのではないでしょうか❓」
(((逆オーバーラップ_Moment(3)

Jさん「どんな 握り です❓」

店長「通常のクラブのグリップでは
 まず 左手が握り、右手を重ね
 右小指を絡めるとか、乗せるとか だと思うのですが、
 逆オーバーラップでは 先に右手を握ります。
 あとから 左手を握るのですが、
 菴雄垢兄悗世韻髻 ̄手の上に乗せる 場合もあれば、
 私は ずっと(もう30年以上でしょうか)
 菴雄垢兄悗斑羯悗瞭麕椶髻 ̄手の上に乗せています。 
 一本だけをシングルクロス、
 2本のせる場合をダブルクロス、と呼ばれています。

 重ね具合は人それぞれで良いと思います。」

Jさん「逆オーバーラップの利点はナンでしょうか❓」
(((逆オーバーラップ_Moment(2)

店長「左右のグリップが上下に密着します。
 左の手首 と 右の手首 の位置が近くなりますので
 双方の手首で相互抑止が効くようになるので
 手首の不必要な折れを防止し易く、
 パッティングストロークの最大の課題である
 左サイド、左腕、左手の止まり を防止し易いと思います。

 右利きの右打ちの人であれば
 利き手である 右手が主体の握りになるので
 違和感は少ないんじゃないでしょうか。

 右手で打つ のが良いかはなんとも言えませんが、
 手ではたきたくとも もう一方の左手首が直ぐ近くあるので
 抑止が効きます。
 クラブを持った 左手を押す 感じが
 もっとも出易いグリップだと思います。
1-6-scaled

 パットの練習をする 方が良い とは思いますけど、
 腰も痛いし、パターマットでは退屈 と言うのは本音でしょう。
 そう言う意味では 握る習慣を付けさえすれば…
 だけですが、実はかなりパッティングには効果があると思います。

 プロによっては グリーン周りのランニングとか
 逆オーバーラップで打つ人も結構いたり、しますよ。」

Jさん「試してみます。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「手首で弾くタイプのパッティングは
 門外漢なので なにも解説できませんけれど、
 弊社推奨の刷毛塗 であっても
 ごく一般的な ショルダーストローク
 であっても パターが得意、好きか、
 苦手、嫌いか の分かれ目 は
 まさに スイングの悩みと同じなんですが、
 左手の止まり にある と思います。

Jさん「左手の止まり ですか❓」
店長「はい。ショルダーストローク、振り子でもそうですが
 分かり易いので 右腕の伸ばしの『押す』で考えてみましょう。

 本来、パターは転がす のでなく
 ボールを移動、水平移動させるコトなので
 球体のボールを弾いて打つ必要はありません。
 パターヘッドで押せば良い訳ですね。

 ですので
〇パターを持った 左手を右手の伸ばしで押したい、
〇もしくは 左腕の移動が主エンジンでパターを動かしたい、

 やや 斜め上気味から 直線で押す形 になるのですが、
IMG_0031_Moment

 右手の動作に対し、左腕、左手が止まってしまうと
 右手の押しやショルダーの動きが
 クラブを持った左手を動かすのではなく
 クラブを動かす事になり、
 ヘッドが急上昇、場合によっては左に切り込む、
 ヘッドの弧が縦にあがってしまいます。

 ショルダーストローク、振り子の場合、
 とても良くあるコト、プロの試合でも見かけますが、
 ショルダーストロークそのものでボールを打つ終わらず、
 結局、手首の返し、跳ねで打ってしまう、
 手首の跳ねを使う時には
 左サイドは『既に』ボールから遠ざかっているので
 止めておかないと 届かなくなってしまう
 自分では ショルダーストロークしているつもり なのに
 結局は手さばきでうつ典型的な例です。
IMG_0030_Moment(2)
 それでは ボールが跳ねてしまったり、
 良い回転にならないばかりか
 狙ったラインにも乗りません。

 とは言うモノの プロのように
 パターの練習を毎日30分以上なんて やると
 我々では 直ぐに腰など壊れてしまう…
 👉プロの故障もココが原因多い程ですから。

 ですので グリップで治しましょう。

Jさん「パターのグリップ(握り)ですか❓」

店長「はい。
 通常のショットに比べ、運動と言うほどの行為
 ではないので 違和感も少なく、
 グリップだけを慣れるのは比較的、楽かと思います。」

Jさん「クロスハンドグリップですか❓」

店長「いえ、クロスハンドグリップでは
 どこで距離感を作るか、にやはり練習が必要ですので
 今となって クロスハンド に変えるのは
 かなり無理がありますから 除外します。
(((逆オーバーラップ_Moment

 おそらく…ですが、
 多くの方は 普通のクラブを持つ握り、グリップのまま
 パターを持っている と思うのですが、
 その握りが パッティングをかなり大きく左右する、
 と言っても過言では無いと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「パッティングストロークの話しに戻りますが、
 パッティングストロークにおいて
 一番避けたいインパクトは
 アッパーに打つ、煽り打つ、歯で打つ、
 です。
IMG_1386
 パッティングストロークを弾道計測器 で
 計測しながら行うと
 普通に打つ、
 まあ 当たり前ですが、フェースで打つ に比べると
 歯気味、アッパー気味に歯で打つと
 ボールのスピン量が いきなり5倍〜10倍増えます。

 その弾道は 初速は速いのですが、
 見た目にも 急速にボールスピードが落ち、
 初速に反して ボールが行かない、
 世に言う 伸びない球筋、転がりになります。
IMG_0031_Moment
 この写真は トーナメント中のプロのモノ です。
 この選手は かなりアッパー気味にストロークしています。
 が故に、歯気味でインパクトに入ってしまい
 ボールが伸びず、苦労していました。
IMG_0030_Moment(2)

 パッティングは オーバースピンだ、
 と言われますが、それはその通り…なのですが
 それは空中を飛ばず、地面を転がる、から であって
 オーバースピンをかけて 打つモノ ではありません。
 氷の上でパットをすれば スピン量は多くありません。
 当然ですが、同じチカラ加減で打っても
 氷の上を転がるのに比べ
 通常の芝の上を転がると ボールは遠くに辿り着きません。
 摩擦 があるから です。

 順回転、オーバースピンはかかっていますが
 その距離に対し、適正なモノに比べ、
 より多くの回転が伴っていると その分、
 芝との接触面積も接触機会も増える訳ですから
 ボールにブレーキがかかってしまいます。

 ボールの外周は 約15cm ですが、
 150cm以上移動する のに 10回転未満の回転 が
 パターにとっての 良い回転 であって
 150cm移動するのに 15回転も回転させるには
 余計なチカラ加減が必要になりますし、
 接触機会が増えますから 芝目の影響も大きくなります。

 芝の状態によって 距離感も影響を受け易いですし、
 ラインも大きめに取らざるを得なくなります。

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

 アマチュアだけでなく、プロにとっても
 ボールを煽り気味に打たない、ちゃんとフェースで打つ
 は あまり意識されていませんが、かなり重要、
 特にアマチュアゴルファーのパッティングの生命線、
 パターが得意と苦手の分かれ目になるポイント
です。

 昔から フォローで 
 『パターヘッドを 低く長く出せ』と言われますが、
 その意味はココにあるのです。
 乱暴な言い方になりますが、
 アッパー気味に、あおり気味にストロークするのであれば
 フォローが無い方がマシかもしれません。

golfutikata233真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ振る
ばかりを気にする傾向が強いですが、
ストロークをする時の自分の目から見た真っ直ぐ よりも
((パッティングストローク_Moment(2)

このアングルから見る 真っ直ぐの方が
総合的なパッティングストロークとしては重要です

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「あからさまに パッティングストロークの話しから
 脱線していますが、スイング形成や改善において
 役に立つ方もいらっしゃるかと思うので 続けますね。」

Jさん「どうぞ お願いします。」

店長「もう一つ 曲げ伸ばし ではないのですが
 腕の使い方 で 勘違いされている方がいるか と思うのですが
 ゴルフスイングにおいての
 腕の役割、使い方は 主に 外転内転 であって
 水平外転、水平内転 では無く、
 簡単に言えば 縦方向の動き であって
 水平方向の動き では無いというコトです。」
img_c4bf33269c653e2c391c91f59097083193630
img_6e18083bc9f67fca18a980bbb4a977f0126425

 店長「完全に、とは言い切れませんが
 縦外転 をそのまましたのでは 円が膨らみ
 無用な負荷、動作の邪魔が入ってしまうので
 肘を曲げ、腕を短くしているだけであって
 腕を水平方向に回転させているのではありません。」
Jさん「うわ…。」

店長「スイングの話しになって恐縮ですが、
 プロは若いから、訓練しているから カラダを捻じる、
 肩を廻して 腕を動かしているケースが多い、 のですが、
 その腕やクラブの動きではなく 見た目を真似、
 肩を廻す ではなく 腕を水平外転させて
 テークアウェイをしている人が ほとんど、
 全員と言っても良い程 多いです。

 アマチュアにとって 胴体を捩じる は
 故障が伴い易く、疲労に反応し易い動きです。
 肩を廻すよりは 骨盤の回す方が
 明らかに安全です。

✋百歩譲って、肩をまわせる(肉体的に可能)であって
 特に悩んでいないのなら なにも言うことはないですが、
 
肩を廻すのでなく 腕の水平外転〜水平内転 で
 似たような動きを真似ているケース
が多いですが、
 これを 世間様では「手振り・手打ち」と呼んでおり
 もっと肩を廻せ は
☑今以上に深く「肩を廻せ・胴体を捩じれ」と言っているのではなく
 腕の水平外転で 疑似肩の廻りをするな
 というコトを言っているのです。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)






Jさん「。。。。。。私のコト…かと思いました。」
店長「アマチュアゴルファーの基準値と言っても良いかも知れません。
 あまり良い意味ではないですけど…。
 私たち オジサンおばさんゴルファーにとって
 胴体をねじるのは危ない、壊れやすいのに
 さらにそれを 肩ではなく、腕だけで行っている
 二重のミス・過失 と言って良いですね。
((((((((_Moment

 腕を水平に外転(テークアウェイ) 内転(ダウンスイング以降)
 であれば 円弧はその腕の動きでまかないきれます。
 からだの回転はオマケ程度になりますし、
 ゴルフの性質上、水平外転、水平内転には
 腕の捻じりも必要になります。
 これがヘッドの返し、フェースローテーション で
 ソコが問題なのではなく、それが必要になるコトが問題なので
〇胴体は捻る、腕は捻る、この複雑さを解決出来るのか、
〇捻じる捻じるの複合によって カラダを傷めるのが早いか、

 と言えば 圧倒的に後者だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「パッティングストロークのように力任せというか、
 思いっきり打たなくても良い、
 そして タッチ、と言えば良いのか、
 距離加減が必要なショット、ストロークの場合、
 右利きであれば 右腕
 左利きであれば 左腕 で それを行うコトを
 好むゴルファーの少なくありません。

 ごくごく一般的な ショルダーストローク、
 振り子式の場合、部位で言うと
 広背筋や僧帽筋などの どちらかと言うと
 力強い動作を行うのを得意とした筋肉 で
 微妙な距離感を会得するには かなりの修練が必要で
 パッティングの性質上、どうしてもかがんだ姿勢で
 それを行うコトになるので
 我々の年齢だと それを会得するだけの練習をしきれない、
 そういうこともあります。

 ですので 距離感を右腕感で出してしまおう、
 と言う点も 刷毛塗には内包しています。
IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(5)IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(6)





 刷毛塗は その右腕、両方の腕さばきを動力にして
 と言う人も居ますが、私はそうですが…、
 振り子、ショルダーストロークにおいても
 その動力を 腕で より効率よく、適切にさばく、
 と言う方法としても応用は可能です。
 ただ その場合は、あくまでも腕は 動力をさばく、
 車で言うと ギアやデフのような存在で
 エンジンでは無いと理解していないと 複合してしまい
 距離感が刷り込まれ難くなるので注意が必要です。

 ショルダーストロークの場合、
 その動作 ソノモノを打撃・動作のエンジン、にして
 それソノモノで打ってしまわないとイケナイです。
 動作はショルダーストローク、
 でも結局、打つのは手首の弾き…というゴルファーが
 パッティングの悩みを抱えている、のは少なくありません。

✋決して勧めている訳でもありませんし、
 ショット全般への影響もあるので ノーマルグリップが良いですが
 〇参考までに・・・
 刷毛塗 は パターにおけるクロスハンドグリップと似ています。
2db0fa4d0048a05a80f05f59fe59de94c925bc75_xlarge
 クロスハンドグリップの発想、その着眼点は
 動力が腕であっても、振り子で有っても どちらでも良いですが、
 仮に 右腕の伸ばし、右手の押し だとしましょう。
 通常のグリップ だと 悪い例で、しかも 大半のパターンですが、
 右手が押すと クラブを持った左手が支点になり、
 グリップエンドが軸点に ヘッドが縦回転する ような動き
になります。
 カラダの箇所で言うと 左手の甲が甲側に折れる形、
 動作で言うと 手首のスナップで弾くような そんな打撃です。
 その形は グリップ〜握りの方にも表れたりします。

 ところが クロスハンドグリップで持っていると
 右手が押した時、クラブが押されるのではなく
 クラブを持った左手が押される形、

 左手首の軸運動が発生し辛いので
 インパクト前後でノ ヘッドの跳ね上がり、
 軌道やロフトの変化が大幅に抑制出来る、
 ヘッドの高低、上下移動を抑制出来る と言う大きな利点があります。

 それを ノーマルグリップで行うのが
 刷毛塗 と考えて良いと思います。


 ストローク、動作として 表れるのが
 インパクト、インパクト後の 左腕と左脇の関係でしょうか?

 右手が押す、とすると
 その押しで クラブが押され 左グリップ軸のクラブ回転をしてしまう場合、
 左手首は甲側に折れていく ので
 左腕はより左脇に近づく、締まる感じになりますが、
 刷毛塗、クロスハンドの場合、押されたモノが
 クラブを持った左腕ゴト 押される ので
 左腕はカラダから離れます。
 そこは 見た目の違い でしょうか。

 パッティングストロークだけでなく ショットでもそうですが
 インパクト、インパクト前後で
 スイング・ストローク動作の先頭に位置する左腕、
 左グリップが止まる それを避けるコト が
 インパクト安定、ミスショット減少につながります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Jさん「ハミングバードさんでは
 パッティングや短いアプローチなどで
 刷毛塗 と呼ばれるストローク方法を
 提唱されていますが それは どんなモノなのですか、
 教えて下さい。」


店長「弊社で扱っているアイアンやパターは
 ヘッド重量が超重タイプなので
 小さな、遅めのストロークやスイングでも
 距離を打つコトが可能です。
IMG_1414
 市販のモノも重めのヘッドが増えてきましたが、
 一般的には 300〜320g と言ったトコロですので
 L型「ブリストル」ですと 60%増しの 480g
 ピン型「デール9」では 70%増しの 520g
です。

 それを活用して より安定した軌道、
 安定したインパクトを造れるようにしたモノが
 刷毛塗という ストローク方法です。
IMG_1364

 パターに限らず、クラブ全般通して ですが
 ゴルフクラブの打撃部であるヘッド、フェースには
 ロフト角度 と言うモノがあります。
 ゴルフクラブとゴルフショットの関係では
 ロフト角度、その姿勢が一定していると
 それをほぼ同様に ヘッドの入ってくる進入角度、
 入射角度やヘッドの道のりも一定したモノになります。

 逆に言えば、ロフト角度、ヘッド姿勢の変化が激しいと
 それに比例する形で ヘッドの軌道、入射角度もキツイモノ、
 変化の激しい、小さな弧の軌道になります。

 振り子式の場合、グリップに比べ ヘッドの角度運動が
 多くなりガチ、グリップの移動が抑制されがち です。
001002







 刷毛塗の発想は そのロフト角度・進入角度を極力変えない、一定にする
 スイングであれば 円弧はからだの向き、骨盤の向きに任せ、
 両手でさばける範囲 〜体の幅分 は
 クラブはスライドさせ、円弧を描かない、
 手で円弧を描かない
 トコロから始まります。」

Jさん「では 刷毛塗はショットにも応用可能、というコトですね。」
店長「はい。可能です。
 ですが、今回は パッティングストロークと
 ほんの短い距離の グリーン周り、位の距離のアプローチを中心に
 留めておきます。

 
 今までのお話しと重複する部分が多々ありますが、
 私の見る限り、多くのゴルファーのパッティング苦手、下手、
 実はパッティングに限らず、ショット全般なのですが
golfutikata233
 この写真の通り、真っ直ぐ振る、真っ直ぐ打つ、
 コトにこだわり過ぎて
 もう一つの真っ直ぐを無視してしまっているコトに起因している
 と思っています。
 
 ヘッドには ライ角度とロフト角度が複合してあるため、
 ヘッドのそのものが左右方向に向き(回転)を変えていなくても
 右打ちの場合ですが
 ロフト角度が増えれば、実フェースは左を向きますし、
 ロフト角度が振れば、実フェースは右を向きます。

 振り子式のストローク、ショット は
 支点を固定できる機械であれば 良いかも知れませんが、
 それを実行するのは ヒト だというコトを忘れています。
((パッティングストローク_Moment((パッティングストローク_Moment(2)










 ロフト、フェースの向きなどを勘案し
 振り子の場合、ヘッドの最下点であたれば 良いのですが、
 人間が振り子式を実践した場合、
 支点になる箇所や頭なども 振り子運動する可能性が高く、
 多くの人が ヘッドが上がっている時にインパクトし、
 それはイコール ヘッドが高くなっている
  =フェースが左を向いている
 最下点よりもヘッドの位置が上がっているトコロでインパクト
 する事になるので トップ気味に『歯で』打っている
 というコトに気付いていません。
006
 打撃は立体なので このアングル(👆👆👆)
 で ボールとヘッドがどうコンタクトしているのか
 というコトを 無視してしまっています。

 実は 実フェースの向きは変っているのに
 ヘッドが真っ直ぐ動くコトばかりに意識を使い過ぎ、
 ヘッドを真っ直ぐ動かすコト自体は悪いコトではありませんが、
 打撃は立体というコトを忘れ、
 上から見た平面的な、その形ばかりにとらわれてしまうのは
 パッティングストロークだけでなく、ショット全般も
 陥り易い ゴルフショットの落とし穴 だと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「今日はどうしました❓」
Jさん「最近、パッティングに悩んでいます。
 ちょっと見て貰えます?」
店長「どぞどぞ」
Jさん「引っ掛かりが多くて パット数が40近くに
 なってしまいます。」

((パッティングストローク_Moment(3)

店長「質問、なのですが、
 やはり 真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す って
 意識は持たれています❓」
Jさん「強く、ではないですが、あると思います。」
店長「真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す の理由というか、
 意義と言えば良いのか、真意はなんでしょうか❓」
Jさん「構え に対して 真っ直ぐ転がす、真っ直ぐ出す
 というコトだと思うのですが…。」

店長「ほとんどの人がそう答える、模範解答だとは思いますが
 悩んでいる人にとっては 良い回答とは言えないかも知れません。」
Jさん「どういうコト ですか❓」
店長「自分の構え、スタンス、アドレスの方向 に
 対し 平行なストローク、直角なインパクト を造っても
 ヘッドには ロフト角度とライ角度 があり
 ストロークも立体、3次元ですので
  平面感覚・2次元感覚では捉えにくいモノです。
IMG_0003IMG_0004







 厳密には直角なインパクトになり難いですし、
 アドレスに平行なストローク を意識し過ぎると
 距離感を喪失し易くなります。
 勿論、悩んでいないのなら別に良いのですが…。

 パッティングストロークの場合、
 まず なにより優先されるのは 距離感 です。
 すべてのアクションは 距離感を阻害しないように考える
 と言うのがとても大切です。」

Jさん「言われてみると。。。
 距離感よりも 方向、真っ直ぐ打つコトを強く意識している
 ような気がします。」

店長「距離が合っている限り、大きなミスは出難いですし、
 いずれ 入りだす と言えば良いのか、
 総合的なパット数は必ず減ります。
 一方、方向、特にアドレスに対し「真っ直ぐ打つ」
 を強く意識している方が パットミスも減らず、
 パット数に変化は生まれにくい でしょう。

 距離感 には幾つかポイントがあります。
 
 カラダに一定の距離感を染み込ませる には
〇いつも似たような ロフト
〇似たような軌道、(ヘッドの上下移動、高さ変化)
 で打つ習慣をつけるコト。


 アドレスに対し 「真っ直ぐ打つ」
「真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す」を意識し過ぎると
 ヘッド軌道が アッパーでインパクトを迎えやすく、
 場合によっては 歯で打つようなストロークも起きます。
 軌道も含めて インパクトロフトが暴れると
 距離と力加減、運動加減が結びつき難くなります。
((パッティングストローク_Moment((パッティングストローク_Moment(2)










 多くのアマチュアのインパクトを見ていると
 真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す を最優先に考えているが故に
 ヘッドの下側、ボールの上側 を打っているケースが多く、
 インパクトの音が悪い、
 パターで言う トップで打っている人が少なくありません。

 ですので 最近は多くないですが、
 ソフトな打感を謳った フェース面に異素材、ソフトな素材が
 入っているモノがありますが、その手のストロークをしている人
 にとって そのインサートを外して打ってしまうので
 意味が無かったりするのです。

 パッティング用語で フォローを低く、長く出す
 と言うのがありますが、
 フォローを低くする の意味合いは
 インパクトロフトのブレ を極力抑える
 と言う意味で
 飛球線方向に真っ直ぐ出す は副産物でしかありません。」 


「方向について。。。。 これは余談ですが
 例えば 私、の場合ですので お薦めしている訳ではないですが
 私は ショルダーストロークでは無く、
〇ヘッドの上下動を出来る限り 抑えたい
〇同じロフトでインパクトしたい
  ので
 弊社で言うトコロの 刷毛塗のストローク をしていますが、
 スタンスに対し 真っ直ぐ打つのではなく、
 微妙にですが、右めに打つようにしています。
 ほんの少し、アウトサイドインと言えば良いでしょうか…。

 真っ直ぐのラインだとして、
 真ん中、時計の針で言う6時から入れる というよりも
 5時、5時半から入れる位のイメージを持っています。

 例えば クローズで やや左に出すも アリ ですし、
 私のように オープン気味で やや右にアリ だと思います。
 真っ直ぐ打つ は 自分のスタンスに対し 直角・真っ直ぐ
 ではなく、自分なりの一定の方向 と考えた方が
 自分への圧力も少なくなると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



PGAが公表している パッティングのデータ です
 ‥‥フィート表示ですが アバウト30(30.48)とします

1feet-30僉99.96%
2feet-60僉99%
3feet-90僉96%
4feet-120  88%
 (1m20僉
    
 …99.96% は 一万回に4回失敗する というコトです。
 …88% は 100回に12回外している というコトになります。
IMG_1422
続けてみましょう

5feet-150(1ⅿ50) 77%
  ...100回に23回外す
6feet-180(1m80cm) 66%
  ...100回に34回外す
7feet-210(2m10cm) 58%
  ...100回に42回外す
8feet-240(2m40cm) 50%
  …半分の確率
9feet-270cm(2m70cm) 45%
10feet-3m(300cm)   40%

一般的に ワンピンと呼ばれる 旗の長さは
コースによって差がありますが 2m13僉^幣紊任后
ですので 試合中…ではありますが、
 だいたい .團鵑竜離から入る確率は 半分強、
おそらく 想像より低いのではないでしょうか😊

ちなみに…ですが 2019年のデータ ですが、
あのタイガーウッズ選手の 2m40cmから
 沈める確率は 44% でした。
IMG_1386

そして それ以上の距離・・・
 多分 アマチュアの我々が注目するポイント になると思うのですが

15feet-457(4m57cm) 23%
  ...100回に77回外す
20feet-6m(609cm)   15%
  ...100回に85回外す
30feet-914(9m14cm) 7%
  ...100回に93回外す

試合中とは言え PGAのプロのパッティングで
4m50 の距離は 4回に一回は入らないのです。
それが 6ⅿを超えると ほぼ入らない、
 野球で言えば 下位打線の確率 
9mになると もう偶然レベルの確率 なのです。

これを見ると どうパッティングして良いか、
どういう選択、狙いにするのが 良いのか、
見えてくるのではないでしょうか❓
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Aさん「こんにちは〜。
 今日はアプローチを教えて貰いに来ましたー。」

店長「こんにちはー。はい、承知いたしました。 
 では PS か SWで 打ってみて下さい。」
(クラブの、シャフトの廻し方の違い_Moment

店長「どういうイメージで アプローチショット、
 スイングをしてますか❓」
Aさん「アプローチが上手く行かず ユーチューブなどを見て
 振り子のイメージを勉強しています。」

店長「。。。そうですか。
 アプローチショット そうですね 30.40ヤードのショットを
 打つには ある意味、無限な球筋、
 大きく曲がる訳では無いですが、左右のスピンを除いても
 無限な種類の球筋があるんですね。」

Aさん「へ、そうなんですか⁈」
店長「例えば ですが
 ボールの高さを出すには アバウト ですが
.好團鵑脳紊欧
打ち出し角度で上げる

 の二種類にありますが
 組み合わせる訳では無いですが、その間も無限にあります。
 プロの試合 になれば この間も含め
 ´◆△修靴董,修隆屬髻‐況に応じて
 使い分けなければいけませんが

 基本は  ,任后

 △梁任曾个軍囘戮脳紊欧襦,
 どちらかというと 緊急措置 に近い立場 で
 それをしなければならない 時のモノになります。」

Aさん「.好團鵑脳紊欧襪鵑任垢諭」
店長「はい。その,離好團鵑脳紊欧襪
 ごくごく普通なショットの延長線上、基礎とも言えます。」

Aさん「どんな違いがあるんですか❓」
店長「打ち方も含め ,離好團鵑脳紊欧襦,
 ハンドファーストと言えば良いのでしょうか、
 腕とクラブの角度が保たれた、
 クラブ(腕も含め)が短くなった状態で
 ボールとコンタクトします。
 物理的には △鉾罎戞
 少し ヘッドの入ってくる角度が上気味になり、
 その分 ロフトが立っているような状況 です。」
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

Aさん「普通のショットに近い のですね。」
店長「そうですね。
 それに比べ △梁任曾个軍囘戮脳紊欧襦,
 ,里修譴茲蠅癲ヾ砲て射角度で入ってきます。
 故に その緩い入射角度分 ロフトも大きいです。

 ふたつの弾道を比べると
 ,呂笋篦磴瓩涼篤擦如.棔璽訛度もやや速め、スピンが多め です。
 △蝋發瓩涼篤擦如.棔璽訛度も遅く、スピンは少な目 です。

 これをショットで形容すると、,呂舛磴鵑犯瑤个垢燭瓩涼篤
 △呂茲言う フワッとした ロブショットなどのような
 『飛ばさないための弾道』です。」

Aさん「振り子のアプローチは どちらになるんでしょうか❓
店長「ハンドファーストというか
 腕とクラブの長さ にもよりますが、
 概ね △紡阿靴泙后

 アプローチも含め、基礎的なショットは
 からだの向きの変更によって 円を描きます。
 円の半径になる 腕とくらぶの長さは
 動作中に ヘッドの重さ、シャフトのしなり などによって
 ヘッドの遅れになり、それが 円の半径を短くします。
 ,離ぅ瓠璽犬任垢諭

 ところが 振り子のアプローチは
 円を描く動作 に 軸運動がないので
 動作によって ヘッドやクラブが重くなった時、
 どうしても 円の最下点が後ろ(ボールより手前)
 右打ちの人であれば 右にズレがち です。
 つまり 入射が緩くなり、場合によっては
 しゃくるようなショットになり易い、のです。」
Aさん「ああああ よく起こります。」
店長「グリーン周りの 10とか20ヤード位のショットでは
 そう大きな差にはなりませんが、
 すこし スピードを必要とするショットになると
 それにより ヘッドやクラブが重くなるので
 より 最下点が後ろに下がり、
 スピードを上げているのに 前に飛ばない、
 重くなった分、ダフリや跳ねトップになる、
 が,茲蠅癲‖燭なります。」
【廻りながら 下に抑える❓感じ_Moment(2)

Aさん「見ていたんですか❓」
店長「物理現象なので 逃げられないのです。
 これが また 困るのですが、
 振り子ショットを バンカーで行う と
 バンカーは 通常のアプローチよりも
 大きく、強く、早く振りますので
 最下点が手前になり過ぎ、しゃくるコトになり、
 上がるけど、前に飛ばない、
 当たったけど また、同じバンカーに落ちる、
 なんてことが起こりガチ
 なんです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スコアメイク…にはドライバーもそうですが、
ウエッジも含めた ショートアイアンのミス…
引っかけショットも響いてきます。

引っかけ…が出た場合
 多くの人は 「ライ角❓」と思いガチ、ですが
 その傾向の強いクラブは
 だいたい シャフトが硬い、
 その硬さに対し ヘッド重量が足りない が主です。

002

市販の平均的なクラブセットを抱え Sさんが来店されました。

Sさん「アイアンが引っかかるんだよね。
 見て貰えないかな❓」

店長「ハイ。 どんな感じですか?」
Sさん「7番位まではいいんだけど
 8番アイアン位から下が引っかかるんだよね。」

店長「そうなんですね。」
Sさん「ライ角度、で治せるのかな❓」
店長「場合によりますね。
 ソールの傷、打痕 見せて下さい。」
IMG_0486







店長「うーーーーーーーーん。」
Sさん「どうなの❓」
店長「ソールの傷、フェース面の打痕 などが
 ヒールに寄っていれば ライ角度で対処出来ますが、
 そうでもないんですよね…。
 ちょっと 打って貰えます❓」
001

店長「うーーーーーーん。
 基本的には シャフトの硬さが かなりキツイ
 問題の大きなポイント ではあるのですが…
 それは後回し…にしましょう。」

店長「余り知られていませんが、
 機種によって その値はマチマチ ではありますが、
 平均すると……ですね、
 アイアンの重心角度 というのは
 5番アイアンが10度位なんですが
 ピッチングウエッジ は 17、18度の増えるんです。
 その下のウエッジは 更に大きいモノも多いです。
 そして これはロフトと言うモノの構造上、
 致し方ない部分で 似たような形状、
 セットの流れである限り、改善不可能な部分なんです。
 
 シャフトが硬い場合に起きがち なんですが
 ライ角度で対応出来るのは 1度程度…
 重心角度= フェースの向きの1度は
 ライ角度よりも 出球の方向にダイレクトに働きますので…。」

Sさん「それって どう作用するの❓」 
店長「シャフトの硬さ から始まっているのですが、
 ヘッドを、クラブをフリーにして ボールを打つ、
 ヘッドを返す、世で言われる フェースローテーション
 でボールをさばく場合、その重心角度 というのが
 かなり 顕著に顔を出します。
 極端に言えば ウエッジを 7〜8度
 左を向けて構えているのと似ています。」

Sさん「つまり 5番アイアンと同じように振ると
 ピッチングウエッジでは 7〜8度 左を向く❓ と。」

店長「ロフトが絡むので 一概に7.8度とは言えませんが、
 その通りです。
 ですので 改善方法 とすると
【打ち方】であれば ヘッド、クラブをフリーにしないようにする
【クラブ】であれば 出来れば下に振らなくても 打てる、
 届くような シャフトの硬さ にする、
【応急処置】であれば とりあえず、
 ちょっと面倒ですが、番手が下に行くに従って
 そのヘッド重量の増加、に応じて 鉛を貼り、
 👉重心角度の作用を抑える
 👉ヘッドの遅れを増やす

 方向に持っていくのが 良いかな と思います。」

Sさん「どの位の量になるの❓」
店長「う〜〜ん、根本的な シャフトかなり硬いですので
 数g 2gとか、3gでは 効き目は無いでしょうから…
 ウエッジで 10gとか 20gでもいいかな と思いますね。」
Sさん「かなりの量だね。」
店長「ですねー。
 両面テープで支え切れるギリギリ になりますので
 脱脂して、温かい室内で張った方が良いですね。」
Sさん「どの辺りに貼ると良い❓」
店長「量にも寄りますが、
 作用として 重心角度を減らしたい のと
 ヘッドの重さ として より効率よく
 👉出来るだけ少なく 効果を出したいので
 シャフトから出来るだけ離れた トゥ側の前の方、
 打つのに支障のないトコロでしょうね。」

店長「ただ 忘れないで頂きたいのは
 そう打たないと打てない、当たらない、
 そう言う硬さ や その硬さに対してのヘッドの重さの足りなさ

 が原因なので、リシャフトとか、
 クラブは変えた方がベターです。」
Sさん「検討します。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ