◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: スイングプレーン



「球体であるボールをつかまえる」方法の違い

●フェースローテーション
 開いて閉じて ボールを打つ方法

●フェースの下向きを作って 地面に押さえ込む方法
この二つの違いは大きく、まったく違うモノ
これを基にした スイングは 全く異なるスイング になる
と考えて良いと思います。

c33a9ae1


私個人の目 からすると
どんなに スムースなスイングをしていても
フェースローテーション、開いて閉じてボールを打っている人の
スイングは 単にゴルフらしい形を繕っているだけ、形を真似ているだけ、
型だけで見ても その多くがトップとフィニッシュの型だけを作っており、
その間は そのトップとフィニッシュの間としてつながりがなく、
どうして その形になるのか
どうして その形が良いのか

が まるで見えてきません。とても奇妙です。

ゴルフを覚えたての人が 見よう見真似で
ゴルフクラブと言う 長い棒を振り回している のに熟練し、
ゴルフスイングらしく 見えるようにしているだけに 感じます。



スイングの悩みの殆ど、と言っても良いほど
「フェースの下向きを作って 地面に押さえ込む方法」から見ると
ほぼすべて要らないコトで悩んでいる、苦しんでいる と言えます。


この例えは 今風な話では無いかとは思いますが、
こんな違いです。

昨今では 車を持たない、運転免許を持たない方も増えています。
運転も自動運転技術が盛んに研究されている時代です。
昔の車は エンジンをかけるのに チョーク(死語)を使ったり、
マニュアルミッションのギアを変えるのに、
 回転数を合わせないと入り難かったりしました。
そう言う車を今も好きな人はいるでしょうし、
 車でレースをしたりするのが好きな人もいますが、
大抵 の人にとっては 車は単なる移動手段です。
車の運転そのものより、モノや人を運んだり
 車で「何を」しに行くか、「何を」するか、「何処」へ行くか の方が
重要と言うか、それが車の役割なんじゃないかと思います。
ですので 車でレースをして速く走るテクニックは
 知っていても損はないし、役立つコトもあると思いますが、
普通に車を使うのであれば 知らなくても問題ありません。
カウンターを当てる、逆ハンドルを切る、なんて言うのは
雪道などには応用されますが、それを避ける、そうならないようにする、
そうなりそうな時には乗らない 方が一般的 だと思います。

ハードな、オーバースペックな(軽いヘッド/硬いシャフト)のクラブは
昔の いろいろと神経を使う車に似ています。
自分の体力、年齢に応じた(重めのヘッド/柔らかめのシャフト)は
ごく普通の今どきのオートマチックな車 です。
車好きにとっては ナンバーの付いたゴーカート と思われるかも知れませんが、
ゴルフにとって 打つコト、ショットは 車で言う移動『手段』であって
ゲームそのものをする『手段』に過ぎません。

その上で
一般に車を使うのに まるで レースをするようなテクニックを追いかけ
それを神経を使う車、しかも それをねじ伏せるような使い方 をしているのが
今どきの フェースを開いて、閉じる打ち方 に感じます。

なぜ 必要もない、目的に即していない 無駄な技術を追いかけ
それを 神経を使うクラブで、機能を無理やりねじ伏せて使おう とするのか
なぜ そんなに難しく ボールを打とうとするのか……  謎です。




一度 正規なつかまえ方 を知ってしまえば
生涯を通して、スライスに悩むこともありませんし、
逆に 適度な範疇であれば スライスでも気にする事はないでしょう。

フェースを開いて、閉じて使う というコトは
かなり色々なモノ(特に角度)が常時、変化しているので
弾道の高さだけを治したり、
弾道の曲がりだけを治したり、
弾道の方向だけを治したり、
箱根細工のように 何かを治そうとすると 別なモノが壊れます。

(こする つかまえる)_Moment(2)
ヘッドをturnさせる というコトは
ロフトが変化し、ヘッドの向きが変化し、ヘッドの高さが変化し、
それらの複合した影響で自分の姿勢も変わります。


勿論 正規なつかまりであっても ミスは生じますが、
その度合いや、確率、修正方法の複雑さが格段に異なります。

(こする つかまえる)_Moment(3)


確かに 長年の経験から
フェースを開いて閉じる と言う打ち方でも
ある程度のゴルフは出来るでしょうし、
痛みや故障の問題が耐えられれば
続けていくことも可能だとは思いますが、
一旦、悩みが深くなったら その解決方法は
タイミングがすべて、
瞬間芸の中でのコトなので 自分自身でしか解決出来ません。
そして その反復性はものすごく低い と言わざるを得ません。

痛みや故障が耐えられなくなったら 逃げる道は多くありません。


是非 意を決し、
ゴルフショットにとっての
本当の始めの一歩 の
つかまえ」を理解し、正規な「つかまえ」にトライしてみて下さい。
そこが ゴルフショットのすべて と言っても 決して過言ではないのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

「球体であるボールをつかまえる」 
別の見方をすると
 ボールのつぶれ量 とも言えます。
 (インパクトのロフト効果 と 速度 で潰れる量は決まります)
【つかまえの作法】_Moment

道具としての ボールのルール も
15度未満のクラブの反発係数も
 この ボールのつぶれ量が基準 になっています。



◔ボールのつぶし方 には
 何種類か方法〜亜種というか代替え行為があります。


まあ こう考えて下さい。
FWでも、UTでも、アイアンでもなんでもいいですが
ロフト20度のクラブがあります。
それを ヘッドスピード40msの人が
正しく打つ「ボールをつかまえて打った時」の
 ボールのつぶれる量 があるとします。

これを ヘッドスピードの速い人 が打つと より潰れます。
ロフトの立ったモノ、ロフトの立つような打ち方 をすると より潰れます。


Desktop 2020.09.03 - 15.33.57.01_Moment


❶ヘッドスピードでつぶす
 
 ヘッドスピードが速い というのも
 ボールをつぶせる要因(つかまえるの代替え)の一つ です。

 ですので 実質、ヘッドスピード 48msを超えるような人が打つと
 ロフトを開いても 40msの人が潰せる量より多くなります。
 (ヘッドスピード48msを基準とすると こすって いますが、
  ヘッドスピード40ms基準では つかまっている…ように見えます)


 とても変わった…アマチュアが真似したら とてもじゃないけど
 真っ直ぐも行かないし、飛びそうもないとらえ方 をしているのに
 飛距離も出るし、安定もする(練習量如何ではありますが)
 のは ヘッドスピードという
  ボールを潰し易い「ジョーカー札をもっているから、です。

 ですので プロのスイングを 高ヘッドスピードという
 ボールをつかまえる「ジョーカー札」を持っていないアマチュアが
 参考にはしても、真似しても 良い結果が得られにくいのです。



❷ よりロフトを立ててしまう。

単純には ロフトの立ったクラブの方が ボールをつぶせます。

 ロフト20度のクラブをよりロフトを立て インパクトロフト を
 ロフト18度にすれば、ヘッドスピードが40msに行かなくても
 ヘッドスピード40msの人と同等につぶせます。

飛ばす と言う点においては アマチュアがトライしても良い
方法ではありますが、過度に行うと 副作用が伴います。
bd169146-s

よりロフトを立てる というコトは よりボール速度を上げる というコトになりますが、
同時に ボールの回転を減らす / ボールの出球も低くなる も発生します。
ボールの速度が上がっても 飛行を維持する回転が足らなくなったり
出球の低さ故に 浮遊し難くなったり
その方の ヘッドスピードによって起こります。

また ボールの曲がりは 
 分母/ ボールの縦回転  分子/ ボールの横回転 により
発生しますので、より横回転の量にはシビアになり
曲がるボールが出やすくなります。
 
正規な インパクトロフトは
 ヘッドが「上から」入射してきた角度分
 ロフトが立てば、クラブが捩じられず、ヘッドが遅れれば
 良いだけ です。
「正規なつかまえ方」を行うなら 放っておいても付いてきます。
飛距離の為、それ以上ロフトを立てるか、どうか は
 その方のお好み次第です。




また、立てるインパクトロフト には とても注意が必要です。

インパクトロフトは アウトサイドインとかインサイドアウト とか
横軌道に対する フェースの向きと同じく、
上がり軌道、下がり軌道 に対する ロフト姿勢 があります。
IMG_0496

静止状態で 20度の姿勢を元に
 ↓ 下り軌道5度で インパクトするよりも
 ↑ 登り軌道5度で インパクトした方が
 スピン量やボール速度などは 登り軌道5度の方が
 実質ロフト15度となり 数値が変わります。

しかし この登り軌道(アッパー軌道)は
ティーアップしたドライバーでは なんとかなっても
地面に置いてあるボールを打ちのには 不適切
 です。
ティーアップしたドライバーにとって
かすかな登り軌道は ロフト効果が減りますので
飛距離が出易い という 腐りかけの果物状態 ですが、
非常に毒、副作用も多く持っています。

マッチョな飛距離競争になっている プロの世界 では
メッチャ速いヘッドスピードの上に 劇薬のアッパー で
「高打ち出し〜低スピン」競争になっています。
飛ばすプロのドライバーのスピン量は
  既に 1000rpmを下回る勢い です。
彼らのヘッドスピードで言うと
 限りなく インパクトロフト0度 に近い世界に突入しています。
もう 既にアマチュアの参考にする領域を遥かに超えています。
IMG_0610

ドライバーのアッパーブロー、地面から打つショットのダウンブローもどき…。
ボールの位置を変えて 対処する と言う方が多いですが、
練習、コースの頻度も少ない アマチュアにとって
とてもお薦めできる方法とは言えません。

また 意図的なアッパー軌道は 腰や首などの負担多く
筋トレやからだのケアの少ないアマチュアには適切ではないと思います。





❸ロフトを立ててしまう の亜種

 これが一番多いですが、ヘッドの回転で
 フェースを閉じて ロフトを立てて ボールをつかまえてしまう
 と言う方法です。

 アマチュアにとって標準となっていますが、
 かなり多くの難点 があります。

●それを行っている人の多く、おそらくほとんど人は
 つかまえるコト = スライスでない
 つかまらない = スライス

 と思っています。

IMG_0517IMG_0516




 そして 真実はロフトの効果 なのですが、
 フェースの開き/閉じ フェースの右向き/左むき 
 それをしていると妄信しています。
 その行為(フェースローテーション/ヘッドの返し)は
 ロフトの開き/閉じ フェースの右/左むき
 それに伴う 軌道の変化 や ヘッドの高低変化 が
 シンプルな「つかまえ」よりも格段に多いので
 本当の目的を知らず 言葉は悪いですが、
 真似としてやっていますから
 問題が発生した時、対処の方法が見つかりません


●ヘッドの開閉は 手さばきでしか出来ない
 が故に ヘッドの開閉がし易いグリップ になり、
 それはアドレス姿勢に影響を及ぼします。
 アドレスの向き、スタンスと
 ボールの飛び出しが直接関係にないので
 ショットにおいての アドレスやグリップの比重が軽くなり
 雑なアドレスやグリップになりがち です。


●ご存知の通り、ゴルフクラブは
 先端に重さの付いた 長い棒 です。

 ヘッドの開閉は かならず 先端をたくさん動かす
 クラブ・シャフトの角角度運動になります。
002

 先端に重さの付いた 長い棒 を 角度運動すると
 自分の想定よりも 先端はたくさん動きますし、
 一度 その動きを始めてしまったら 止めることは難儀です。

 同じタイミング、同じ動きにするのはかなり低い確率になります。




まあ どれもこれも
 正規のつかまえる 以外は 副作用が強く、
つかまえられるようになっても それを遥かにしのぐ難問が
延々と続くことになり、その副作用対策に
スイング改造人生を費やすコトになるコト 請け合いです。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


一般で語られる『スイング軌道』の話しは
アウトサイドイン vs インサイドアウト の
スライス対策の話、
か、
(アプローチ) 比較映像_Moment(4)

前傾姿勢を基準としている筈の
スイングの弧、スイングの軌道の傾きを
ただ 手で振るコトで造る
根拠不明な 『オンプレーン』の話し

(オンプレーン=前傾姿勢に沿って クラブを動かすコト)

前者の スライス/フックは
ヘッドの軌道とフェースの面の関係 によって発生しますから
スイング軌道だけで解決するモノ でもありませんし、
からだの回転と関係ない
 手だけで振る インサイド(入りの方のインサイド) は
多くの場合、クラブを寝かしている 〜フェースを開いている ので
より問題を深めてしまう可能性も出てきます。
出の方の アウトサイド は
フェースターンをしたら アウトサイド には出せませんし、
フェースターンをしなかったら ロフトは開いたまま
 です。

アマチュアの多くの方の
『飛ばし』と『安定性』・『反復性』の両立の課題は
ロフト・・・フェースの縦の問題と軌道の関係が主です。


大雑把に言えば 『ロフトの立て方・作り方』 です。
これと フック・スライスは直接関係になく、
→ロフトが立てられれば フックでも、スライスでも、
 大きな距離の差はありません。

アマチュアの多くの方の ゴルフショットの考えが
フェースの開き を ロフトの開き と考えず、
フェースの閉じる と ロフトの閉じ と考えず、

わざわざ ロフト(フェース)を開き、
インサイドと言って それを更に増やし、
それを閉じるコト の物理原理を掴んでない コトに
問題があると考えられます。
(特に…当ブログを読んでいない方に多いのが歯がゆいトコロですが…)
フェースローテーションのないゴルフスイング_Moment(4)

兎も角 アプローチの為 もありますが、
ドリルにもなるので
小さなアプローチを練習する際、
右の手首のスナップ  …藜蠎鵑平側に折れた状態
これを維持したまま ボールを打って頂きたい
 のです。

コメントにもありましたが、
実際には 少〜し そのスナップが解かれた状態で
ボールを打つコトにはなるのですが、

理想というか、目標としては フルスナップを一切解かず
ボールを打つコトを覚えない限り、
右腕で叩く コト も
からだの向きの変更 で打つコト も 叶わず
手打ちをし続けるコトになります。
oto_Moment

スナップが解かれれば
 その90度反対にある筈の ディッシュアングルも消えます
スナップが解かれれば
 その分、左サイド、左肩も上がります。
 ボールを離れながら打つコト になります。


右手でクラブを持った左グリップ、
その左サイド、左腕、左上腕の逃がし方 を覚えないと
右腕で叩けるスイングにつながりません。
右腕を伸ばした時、そのカウンターパートになる
左腕を体から離さないと 腕とからだ につながりがもてません。



多くの方が アプローチであっても
ショットであっても 右のスナップアングルを解いて
キャストでボールに届かせています。
→それを スナップアングルをロックしたまま 入れれば
 ヘッドと腕の長さは
 当たり前…ですが、その分、短くなります。
それは からだの回転の方向や方法などを変えて
 届かせてあげる、ように変更しないと届きません。

✋スナップアングルを保持する から すぐ打てるわけではありません。
MVI_0873 (2)(2)_Moment(5)

キャストして打っている人が それにトライすれば
始めのうちは 届かないショットが続く筈 です。
そこで からだの向きの変更、からだの向きの変更の時期ややり方、
からだの向きの変更の方向 などを変えていく必要が生まれます。

アドレスの時には ディッシュアングルのある 腕とクラブの長さ で
間隔を取っているのに、キャストして それらを解いて当たっている
のですから、その長さを維持したら 当然、そこだけの変更で
当たる筈がありません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

(アプローチ) 比較映像_Moment(3)

➀出来るだけ手首は解かず
からだの向きの変更で入れる

➁ダウンスイングの後半、インパクト(ボール)までの軌道 を
キャスト 手首の解きで入れる


➀と➁を比べると
打ち出し角度 に関しては   ➁>➀
ボールの回転量 に関しては ➀>➁
になります。

フルショットであるのなら
ボールの速度 に関しては ➀>➁  です。

アプローチやバンカーショットの場合は、
意図的に 手首を解いてしまうコト もありますが、
ショットとの繋がりを考えると 特殊なケース と
判断しておいた方が良いでしょう。

二つの弾道の違いは
iron-shot-green
こうなる訳ですが、
アプローチにおいては
➀からだの回転で入れる方が ボールへの入射角度がキツクなり
 ロフトは締まった状態になりますから キャリー少な目・ラン多め
 地面への着弾角度も緩いので スピン等で止めることは難しくなります。
➁手首の解き で入れる方は ボールへの入射角度は緩く
 ロフトは開いた状態になるので キャリー多め・ラン少な目
 地面への着弾角度がキツクなり、スピンは少なめでも止まり易くなります。


Desktop 2020.08.17 - 13.20.59.01_Moment


これが そのまま フルショット〜通常のショット になると
➀ボールへの入射角度がキツめ(正規のロフト作用)
 スピンが多めになるため 途中から浮力が付き、弾道が浮きます。
➁ボールの入射角度が緩く、スピンが少な目 の為
 打ち出しは高くなりますが、推進力・浮力共に少なめの為、
 ポテッと落ちる球になりがち です。
 👉典型的な飛ばない弾道 と言えます
大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)kumasan201810 (2)_Momentkumasan201810 (2)_Moment(2)






キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(3)







アプローチやバンカーでもそうですが、
インパクトまでの軌道を 手首の解き(キャスト)で入れる…と
その手首の解き とともに、 左右の肩の動きが『必ず』ついて回り
◎入射が緩くなる
◎ロフトが増える とともに
◎左足上がり のような状態
 が 付いてきます。

度合いにもよりますが、速いスピードで振ったとしても
だるま落とし のようなコトも起こり得る訳です。

フルショットにおいて この手首の解き(キャスト) には
必ず 必要以上の肩のギッタンバッコン
 が付いて回るので
球は上がるけど、伸びない、飛ばない、ランがない、
加齢で、スピードが落ちてくると
 …今度は 球が上がらない原因にもなります

これは「肩の揺さぶり」による
 教える側が からだで と言っている
 そのからだと呼んでいる肩を揺さぶる のは
手首を解いてしまうのと同じになります。

手首の解き〜フェースローテーション は
肩の揺さぶり インパクト時の上向きを作るので
ドライバーショットの 意図的なアッパーブロー
を生み出しますが、それが有効なのは
ヘッドスピードの非常に高い人 であり、
有効ではあっても 体の故障のリスクは
かなり高くなるので アマチュアが目指すべきモノ
とは思えません。


もう一度書きますが、
アプローチやバンカーショットにおいて
こういう 手首の解き(キャスト)する球が
必要な場面が無いとは言いません・・・・・・が
それをそのまま ショットの転用するのは 飛ばない原因 や
腰や肩、肘などを痛める原因にもなるので
一度 チェックしてみる必要があります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチだけでなく、通常のショットもそうですが、
俗に言う スイングの軌道・軌跡
現代風な言葉で言えば スイングアークやスイングプレーン、
多くの人は
『どういう スイング軌道を作るのがいいか❔』
を重点的に気にしていますが、
『何で その 弧 は作られるのか❓』
『どの動作、どのアクションによって その弧が描かれるか❓』

というのは 割と無視されています。
(アプローチ) 比較映像_Moment(4)

アマチュアのスイング創り、ナイスショットの確率アップ、反復性、
 においては 「どんなスイング軌道を作るか?」 より、後者の
『どの動作、どのアクションによって その弧が描かれるか❓』
とても重要な気がします。

V字を維持してみよう_Moment
また、アマチュアに限らず、
スイング軌道、スイングプレーンと言えば
「インサイドアウト」「アウトサイドイン」などの
上から見た 左右の軌道 を主に話題、課題としている面が
多いですが、
アマチュアにとって 飛ばす と 反復性 を
考えると どのような上下角度、今風に言えば
シャロー(緩い入射角度)で入れるのか、スティープ(キツイ入射角度)で入れるのか
その上下角度 を意識するコトの方が重要……
入れる角度を気にする事よりも それが何によって造られるか の方が
遥かに重要だと考えられます。



◎話が出たので
 シャロー(緩い入射角度)で入れるのか
 スティープ(キツイ入射角度)で入れるのか

の違いをアプローチで考えてみます。

このデータは 56度サンドウエッヂを使い
平坦なグリーンに 高低差の殆ど無い30ヤードの
アプローチをした時のモノ です。
Desktop 2020.08.17 - 13.20.59.01_Moment
同じクラブで 30ヤード前後を打っても
入れてくる 上下の角度〜入射角度 によって
これだけの違いが出ます。

紂打ち出し角度 30.5度
 :最高到達点 3ヤード
 :総スピン量 4015回転
 :キャリー 21ヤード
 ;ラン 12ヤード
 :総飛距離 33ヤード

隋打ち出し角度 36.7度
 :最高到達点 5ヤード
 :総スピン量 2850回転
 :キャリー 24ヤード
 ;ラン 6ヤード
 :総飛距離 30ヤード

iron-shot-green

かなり球質が異なります。
アバウト
(少々強調されています)…ですが、イメージを絵にすると
こんな感じになります。

これは中途な距離のアプローチなので
ボール速度が高くないので 途中から浮力が付いて
ボールが浮く、ボールの飛び出し角度が変わる
というコトは有りませんが、フルショット とすると
紂狙崟、隋漸線 のような弾道になります。

多くの方のイメージでは
赤線がプロっぽくて 難しそうですが、
(途中 飛び出しの角度が変わるのはスピードが有る場合で
 ここまで オーバーなモノにはなりませんが…)
赤線のショットの方が シンプルな動作で実現可能です。
(アプローチ) 比較映像_Moment(3)

当然、この赤線の弾道と生み出す方法 と
黄線の弾道を生み出す方法の中間、混在 もありますが、
理想として 赤線を生み出す方法 に出来るだけ近いモノ
(赤線寄り)を考えた方が ドライバーからアプローチ まで
飛距離とミスの寛容性、反復性を兼ね備えたものが
実現し易くなります。   

まずは アプローチから説明していきましょう    …続く

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



飛ばす と 安定したショット
を両立する上で、少々、科学的に考えてみましょう。

ボールとヘッドのコンタクト には
 オリジナルのロフト に対し
●立った状態
●寝た状態

 ざっくり分けて 二つの状態があります。

と同時に、ヘッドの入射角度 には
●鋭角に上から
●鈍角に上から
●下から(あおり、しゃくり)

 ざっくり分けて 3種類がある訳ですが、

特殊なショットを除き、
『ロフトの寝た状態』 と 『下から煽る、しゃくる』 は
前者は論外、
後者は 空中の浮いたボールはまだ良くとも、
地面にあるボールを打つには適しませんから、
これも理想としては 除外しなければなりません。

ドライバーは空中に浮いたボールだから…
 と言う理由で 意図的な煽り打ち、その練習は
地面にあるボールを打つショットを苦手にさせてしまう可能性が高く、
双方の練習がお互いに良い作用を生みにくくなります。

BlogPaintBlogPaint








ショットの少し複雑なトコロは
●出来るだけ ロフトを立てる〜ロフトを開きたくない と
 ヘッドの入射角度が鋭角 は親和性が高く、
●ロフトを寝かせる と 鈍角な入射角度 は
 親和性が高い
 というコト です。

前者は アイアン等には良いですが、
 ウッド、特に現代のドライバー においては
 打ち出しが低く、スピンが多めになるので 不利 です。
しかし、鈍角な入射角度は 道のりが長くなりがちで
 ロフトが寝やすい可能性があります。



理想論 ではありますが、
『出来るだけ寝てない(立った)ロフト で
緩めの入射角度(鈍角)』
 で ヒットするコトが
空中のボール〜地面のボール
フルショット〜ハーフショット〜アプローチショット
共通して 飛距離と安定性の両立を生む のです。

ここが ゴルフショットの難しいトコロ です。

からだの動き、スイングやフォームなどが先にありき ではなく
「ロフトを立てる〜〜緩めの入射角度…それでも上から」 という
物理的目標 を 達成する為に
どうゴルフクラブを動かせばよいか 考えた方が建設的でしょう。


その上で 掴み辛いのが入射角度 です。
入射角度を作る要素は数種、
●スイングの弧の大きさ(大きければ良い訳ではない)
●手先
●からだの回転(主に腰回り〜足回り)
●左右の肩の関係

とありますが それらが相互に干渉しあっているので
実動作としては とても掴みにくい のですが、
入射角度…ヘッドのボールに対し 入ってくる角度
飛行機の着陸する角度に相当する訳ですが、
そちらで考えるよりも
飛行機で言うと 離陸する角度 離陸するサマ で
考えた方が分かり易い、というか
実現し易いのではないかと思います。
123

スイングの弧 自体は大きければ良い 訳ではなりませんが、
打った後の弧は 大きさよりも
 そのあがり方(上昇の仕方) がポイントになると思います。
急激に上がる弧 は
緩すぎる入射角度、きつすぎる入射角度、煽り打ち
等を起こし易いですが、

緩やかに 大きな弧で上昇していく のには
スイングの七癖を隠す
 と言う作用もあります。


世間で言われる スイングの遠心力 もここに活用出来ます。

スイング用語にも昔から
「前(フォロー)を大きく取る」
「左側で振る」 
なんてのもあります。

ココが面白いトコロですが、
そこで両手を伸ばしたから 弧が大きくなる とは限りません。
逆に グリップを早めに高く取る意識の方が 弧は大きくなるのです。
インパクト〜インパクト以降 で
左サイド、左腕がからだにくっついてしまう、絞られてしまう 場合、
弧は小さくなり、その上昇も急激になりガチ です。
多くの場合、肩のライン、腰のライン 共に上向きが強くなるから、です。
個人的には その 左サイドのしぼり を改善できる、
改善するための、それ以前の動きを作る のが
 結果として スイングの改善、飛ばしと安定性の両立 になる
のでは と考えています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

(自分なりに)アウトサイドから振ってみたよ

 実験したつもりはないのですが、
実際にそれを行った例です。

被験者は 飛ばし屋のAさん です。


Aさんは 最近 飛ばなくなっていて悩んでいました。
弾道、持ち球は フック〜ドロー なのですが、
 お約束の飛ばないドロー → こすりフック です。


●からだの幅の中から
●飛球線に対し ボールの内側(自分側)


これを 正規の「インサイドから と呼びます。


●からだの幅の外(右側)から
●飛球線に対し ボールの内側(自分側)


✋インサイドから! を意識する人の多くがコレ です
 俗称 偽のインサイド です。
 🏴俗に言う オンプレーンスイング信仰者はだいたい
 この偽インサイドの罠にはまり、
 ショットやスイングを良くするための材料、情報、手段 で
 ある筈の スイング軌道 に縛られ、
 その後に訪れる フェースターンの作用、副作用 に
 生涯、苦しむことになるのです。
 スピードや腕力のあるうちはまだいいです…。
 また、空中のボールを打つドライバーはまだいいんですが…。
 アプローチやフェアウェイウッドに大きな問題を抱えたまま、
 スピードなどの 身体能力でそれがカバー出来なくなると
 距離が出なくなり、高さも取れなくなり、
 アプローチ、フェアウェイウッドの問題は以前のまま…。
 というコトは少なくないパターンだと思います。


からだの幅の外(右側)から 入れる 
 〜クラブを寝かす   というコトは
 👉ロフトを開く  というコトでもありますし
ボールに対しての入射が緩くなる コトにもなります。
置き去りくん1_Moment

元々のパワーやスピードにもよりますが、
そこそこスピードのある人にとっては
打ち出しの高い、スピンも多くなる球 になりますし、
スピードに自信の無い人にとっては
緩く飛び出て だらしなく、上がり切らず 飛ぶ
(飛びにくい)球 になります。

ドライバーはまだ 打つボールが空中に浮いていますが、
地面のボールを、
ヘッドに奥行きのある フェアウェイウッド で打つのを
苦手としている人の 典型的なパターンです。

また、ロフトを寝かして、緩い入射角度 で入れてくるので
アプローチが 高い球、上げる球 と トップ/ダフリ の
頻度がなかなか好転しないパターンもこれに当てはまります。




こする こすらない は
スライス、フックに関係なく、ロフトですので
こすり球には フックもスライスもあります。

クラブ〜ヘッドの構造上、方向の開くとロフトの開く は
親和性が強いので、主にスライス になり易いですが、
こすりフックも少なくない割合で悩んでいる人がいます✋



そこで‼
Aさんにとっては グンと アウト から
寝ていたラインを起こし、正規のインサイド(からだの幅の中)
から 入れてくるように アドバイス・・・。

正直、ものすごく嫌がっていましたね。
拒否反応に近い位…。泣いてました…。


自分にとっての 当たり前…。
インサイドが 実はただ寝て、手で振るコトになっている のを
からだの回転に預けるため 今までよりも外から
トップの位置から 「上から掻いてくる」 位にしましょうーーーと。


目一杯、出来得る限り 外から…
 と言って、
動くのは 10cm位の量 です。
通過ラインで言うと 一本変わる 位 でしょうか。


Desktop 2020.07.26 - 22.28.02.01_Momentおそらく 本人は 50cmも80cmも
 外から振った「つもり」で 結果は10cm弱、
しかし その10cm寝ずに入ったラインが
 インパクトポイントを これほどずらします。

寝たライン と 「寝が少ないライン
当然、寝たラインの方が道のりが長く、
 時間がかかります。
また、寝ることによって よりクラブは重くなり
 動かし辛くなりますから 速度も上がりません。

インパクトロフトも増え、入射も緩くなるので、
Aさんのケースでは 弾道も高く、ランもない状況・・・。
時間がかかり、クラブの重さ感も増していますから
苦労して一生懸命動かそうとした「徒労」の記憶が残るだけ、です。
それが 飛ばしの充実感 と呼べるのか どうか…。

それでも かなり からだの回転通り、
腕を取り残さず 動かせるようになりました。
計測…はしてませんが、
あきらかに弾道は下がり、球の飛び出しの感じもよくなり
ご本人曰く
「久しく こういう当たりはなかった…です。」とのコト。

おそらく…ですけれど、
こんな 外から…、アウトから振ったら
ボールに当たらない、空振り、
ヘッドの先っちょ とかに当たっちゃう…
そんな風に思っていたのではないか、と思います。



寝かせて、遅らせて振る弊害は
からだの痛み、故障を生みますが、
弾道や距離としては
 やはり飛距離を伸ばすための構成になりにくく、
かつ 短い距離のアプローチに安定性を欠くコト です。

飛距離とスコア 双方ともに
問題を生み易くなります。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



インサイドから振るのがすべて、ではない、
の関連のお話し…続きですが、

そもそも クラブやヘッドの移動の
一番の元は からだの回転、向きの変更
です。


ですので 良くある レッスン画像で
橋爪晃彦_Moment
このような アドレスの状態に対し、
どのラインが良いか、どのラインにするか
というのが あるのですが、
それに 本当に意味があるのか 強く疑念があります。


当たり前…ですが、
そのライン〜軌道〜軌跡は
クラブやヘッドが移動するから生まれる ので、
その移動の源、元を無視
そのライン形成だけしても 意味がない
気がします。

(本日のサンプル)

ことスイング形成、特に手で振るのを出来るだけ避け、
からだの回転で直に動かしたい と望む方 にとっての
インサイド の 『イン』 の意味は
アドレスした時の ボールよりも自分側 の意味ではなく
 【からだの幅の中】 のコト
なんじゃないのか と思うのです。

逆に アウトサイド の 『アウト』 の意味は
 【からだの外】 というコト

なのかも知れない…と思う訳です。

(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(2)
それを前提に考えてみると
よほど フラットな 手だけで上げたスイングを除けば
ダウンスイングに入った時、
クラブ、ヘッドは からだの幅の中を通過 するべき
なのではないか
 と思うのです。


(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(4)からだの向きは変えたのに
クラブの移動、ヘッドの移動 が伴わない
というコトは
スイングの大前提として
手でしか振らない、手でしか振れない、
軌道を手で作っている というコトになります

(軌道・軌跡 = 移動)

軌道を手で作るとなると
軌道とともに ヘッド姿勢やロフト変化が激しすぎて
その種類は 殆ど無限に存在し、
クラブの長さの作り方も人それぞれになるので
誰のことも参考に出来ず、誰にも教えられなくなります。


参考になるか、どうかは分かりませんが、
スイングを観察する際、
その軌道が 肩ごしから来るのか、肩なのか、
非常に少ないですが首から来るのか
そこを見ています。

肩よりも外 から入ってきた場合、
クラブの機能を十分に使えません。
(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(4)

からだの幅の中を イン
からだの幅の外を アウト

と規定した場合、 その外は
ややこしいですが、ボールの内側 からヘッドが入ってきた、
としても 本当の意味のインサイド ではなく
からだの右、外側 から入ってきた と見ています。

そして これは残念ですが、
多くの方は 素振り の時点で
手で振るコト、手で軌道を作るコト、
手でクラブやヘッドを移動させることを前提としています。



(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(2)(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(3)






先日の記事で書いたように、
ワッグルしたり、素振りしたり するよりも
実際の打撃は クラブやヘッド、腕などの重みの積算
によって 遅れますから
想定している軌跡よりも必ず倒れます
それを加味した上で、
からだの幅の中から クラブを出す、
からだの幅の中を クラブを通すには

どうしたら良いのか、考えてみて下さい。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


闇雲に振り回せ と言う意味ではありませんが、
『飛ばす』『飛ばしたい』
と言う満足度、快感は
ゴルフスイング、ゴルフショットにとっては
とても重要です。

video_Slomo_Moment


細かいコトを除き
🚀 飛ばすのには 同時に満たすべくの
    …二つの前提 🚀 があります。

❶速度、速度の源
 自分にとっての 出来るだけ 速く、
 正しくは【素早く】向きを変えるコト 

➋距離にする弾道の構成
 出来るだけ 適切な

 ざっくり言えば 立ったロフト
 寝ていないロフト で衝突するコト



からだの回転で直にクラブを動かして打てない方の場合、
❶のスピード。。。がそのまんま ヘッドスピード
間違って"は"いないですけれど
 ヘッドを速く、ヘッドを、ヘッドを、ヘッド
 と言う意識が高いのだと思われます。

想像出来ると思いますが、
ハンドターン、ローテーションが多く、もしくは激しく
するのには その支点になる左グリップの移動は自粛です。
グリップがいつまで経っても移動を続けていると
ハンドターン、フェースターン、
 ローテーションするコトが出来ません。

どこかで止める、もしくははっきりとした減速が必要になります。

また ゴルフスイングは
確かに回転する動き、になる訳ですが、
そこで発生する『遠心力』 外に膨らもうとするチカラは
その回転の進行を大きく妨げます。
👉回転に対する⚓、ブレーキになります

アプローチ…などの『振り子』の概念も同じですが、
振り子は それを支える支点 が機械的に固定されているコト
で成り立つ動きです。

スイングが振り子だとは 到底思えないのですが、
それを別としても、足腰に自信の無い、私たち中年壮年ゴルファーが
傾斜があり、滑り易い現場で 支点を維持できる筈もありません。

強い遠心力も作り、かつ、支点も固定出来たら、
毎ショット、毎ショット、骨折か、肉離れ、捻挫
 ぎっきり腰…をしているかも知れません。


ショットはインパクト以降、の
正面から左向きが正しくないと
運動の処理、運動の逃げ道が出来ず 危険です。
インパクト以降に無意識の遠心力、
無作為の遠心力が出来る程度で丁度良いので、
インパクト以前の遠心力は正直、害にしかなり得ません。


大森201904_Moment(2)

ヘッドスピードを上げたい と言う意識とともに
ショットは それが例え、ドライバーであっても
高い所から低いトコロに落ちていく力も利用します。
言葉で言えば 上から打つ 訳ですが
上から・・・地面付近にあるボールを打つ
そして 高い所から打つ それを利用するには
打撃面である フェースがどうなっているか
 どこを向いているか、ボールを向いているか
 によります。


…アドレスと同じように 横を向いていれば
上から打つ状況では
 ボールに対し、打撃面であるフェースは相対していません。
これでは フェースでは撃てません。

本来、ヘッドスピードは
如何に 邪魔されず、クラブの重さなどを利用して
素早く、無駄なく 回るコト
で得るのですが、
頭の中は ヘッド‼ ヘッド‼ ヘッドスピード‼
そればかりで ヘッドを動かさないと飛ばない という
(半分合っていて、半分間違っている)
その思いに取りつかれてしまうと
それは同時に、フェースを上から打てる状況を生み出さず
ロフトを開いて ボールの底をこすり打つ
飛ばない道へと進むので
 よりヘッドばかりを動かすヘッドスピード信仰にハマる のです。


テークアウェイでもそうですが、
多くの人が 切り返し、ダウンで クラブを寝かせます。
それは いったい どうして そうするのか?

 切り返し以降、どういう手順であれ、
 からだの向きを変える、からだを回す にもかかわらず
 その進行と真反対の クラブの寝かす 動き をする
 というコトは、グリップやヘッドを置き去り にする
 だけでなく、意志を持って、 からだの回転と
 反対方向にヘッドやグリップを動かしているのと同じです。
 タイミングとして これからボールを打ちに行こう!
 と言う時期で、ヘッドを逆に動かしているのです。

 意図的にやっている その理由が理解出来ないと
 その理由が 効果の無い、無駄の多い、
 望ましくない動き だと理解できるコトが先決だと思います。
ハンドターン

 そこで寝かしてしまって
 そのまま打ったら ソールでボールを打つか
 ボールの底を寝たロフトでこすり打つ だけです。
 条件反射のように そうしてしまいたい理由はなんなのか
 その寝かし がある限り、
 ローテーションでしかボールを打つコトが出来ません。
 
トップと呼ばれる一番高い位置から
『フェースで』ボールを打とうとしていない…のです。
●ボールを高い所から打つ
●クラブが一番高いポジションから そこから打つ
これを総じて 上から打つ
 と言います。

何故 そうしたいのか?
少なくとも そこが自分で把握出来ないと
 からだの回転で直にクラブを動かすコト
のきっかけがつかめないのでは無いかと思います。

からだの回転で直に打つ というコトは
スイング時間軸、式次第である
 からだの向きの『時間通り』に進む というコトです。
トップという高い位置、そこから打ち始める
というコトは インパクトに行くに従って
フェースはボールに向かう というコトそのもの です。
そこで フェースをボールではないトコロ…
更に寝かしてしまったのでは
それを取り戻す『別な時間』が必要になります。
その別な時間 が フェースローテーション、ヘッドの返し です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013-04-06 12-19-18.455_Moment



諸悪の根源は
「ヘッドを振る」感覚が抜けない というか
その自覚がないコト、なのかな とも思います。

そこが理解出来ると
ほとんどのコトが氷解する、と言えば良いのか
そこが理解して貰えない痛いトコロ と言えるでしょうか…。



私、個人は
スイングを円運動とは思っていません。

傾いた・・・ それも希薄な感覚ですが、
あくまでも「横移動」「横運動」だと思っています。


ゴルフのルール、を度外視し、
少ない〜短い距離〜数メートルの距離 を打つのであれば
クラブを持って 向きも変えず、からだも回転させず
左右にステップして、
左右にステップを踏みかえて ボールを当てる でしょう。

しかし それでは距離が打てない、
もっと高速に動作するため
横移動、横運動の亜種、変型版 として
からだの向きの変更がある
  と考えています。

からだの回転 による 円有りき とは考えていません。
高速の横移動を実現するために
 結果として、傍目から 円を描いている程度 です。

円を描く にしても
横移動する にしても
棒の先端に重さ のあるモノを動かす とすると
☑その重さ分、
☑その長さ分、
☑運動の速度分

 先端部は 動きたがりません。

例えば…ですが、
 横移動 としましょう。
✋根元である グリップが1ⅿ移動した とします。
 先端部の重さ、そして長さ、そしてその移動速度 で
 積算される先端の実質量分、
 先端であるヘッド部は 90cm とか 80cm
 重さによっては それ以下 しか動きません。

これを 円動作 に置き換えてみると
 からだの向きの変更 によって
 グリップ部が 90度 の角度運動 したとしましょう。
👉先端に重さが有る分、その実重量分
 先端部の ヘッドは 85度とか 75度しか
 移動できない という この地球上にいる限り、
 ゴルフだけを、例外にするコトが出来ない、物理現象 があります。


横移動に比べ、円の角角度運動は
 その棒状のモノの長さに相当する分、
外周に当たるので 多く動かせる というのが
ゴルフスイングを横移動のステップ打法 ではなく
からだの回転による 円移動 にさせた のでしょう。


それであっても
 決して 重さ分、モノは動きたがらない と言う法則は
 誰であっても 逃れることは出来ません。
images

高さ〜上下動 の割愛して 考え、
テークアウェイをして
 アドレスから 棒(クラブ)を90度右に向け準備をします。
そこから 基点部分である グリップを90度角度運動させた時、
ヘッド部分、そして ゴルフクラブは
『絶対に』 90度 角度運動しません。
重さの分、そこは 90度未満
 速度や長さ、ヘッドの重さ にもよりますが、
半分とは言いませんが 60~70度の角度運動 だと思います。


 それが 絶対に逃れることの出来ない  モノ の大原則 です。

端から グリップをからだ、であっても、手であっても、
肩であっても 90度 角度運動させた時、
横移動に例えるなら 90cm移動させたとき、
ヘッド、シャフト、クラブも 90度 角度運動する
横移動で言うなら 90cm移動する、
と考えるのなら
 それとは違う動きが必要になります。

角度で言うのなら 30(90-60)度から20(90-70)度
横移動で言うのなら 同じく 20〜30cm
物理法則を無視して 「余計」に動かさなくてはならない ので
元に 円運動、
横移動であっても 平行移動 が 実現できなくなります。

スイングで言うところの 『軸ブレ』『支点・基点ブレ』を起こす
というコト ですが、
それは 自分の思い描いてる通りの動作 なので
ヘッドを動かすのなら 軸ブレは同時に付いてくる のです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スライスボール
球に右回転がかかり、弾道が右に曲がるコト
注)やや左目に出て ターゲットラインをまたぎ
 薄く右に曲がるボールを フェイドボールと呼ぶ…らしい

スライスボールの痛いトコロは
ゴルフクラブ、クラブヘッドの構造上、
必ずと言ってよいほど スライスする分、
同時にロフトが開き、入射角度が緩くなる
という特性が「もれなく
」付いてくるところです。
注)が故に スライスに悩む人は多くは同時に飛距離不足に悩んでいます。
 しかし、その実態は フェイスが開く は右を向くコト ではなく
 ロフトが開いているコト の方の核心的な問題なのです。

IMG_0517


ボールの曲がり という点においては
ボールの縦の回転 が分母になり
ボールの横の回転
この場合は右回転ですね
こちら 分子になるので
 👉例えば 750(横回転)/ 4000rpm(縦回転)

ロフトが開き、分母の数値が大きくなり
右回転がかかっても 高く上がるだけ とか
推進力が落ちるだけで 曲がり にならなかったり
微妙な違いが球筋に出にくい
・・・ある意味、管理し易い という
無理やりですが、利点もない訳ではありません。

物理的、科学的には
スライスボールは
ヘッドの動いてきた軌道に対し
ほぼ垂直をスクエア とすると
それよりも開いた分 ギャップとして回転
 がかかります。

IMG_0548IMG_0549
ですので 上の写真のように アドレス、その飛球線に対しスクエアではなく
フェースは 左、もしくは右を向いていても
ヘッドの動いてきた軌道に対し、スクエアであれば
フック回転/スライス回転共に入らず、軌道通りに真っ直ぐ飛び出ます。


多くの人が考える かまえた時の飛球線に対し
どう ヘッドが入ってきて、どうヘッドが抜けていくか
と スライスには相対関係はなく、 どの軌道であっても、
ヘッドの軌道だけで言えば インサイドアウト であっても
スライス/蕾鹽召脇りますし
アウトサイドインであっても フック/莢鹽召脇ります。

総体的…にですが、
インサイドアウトから生まれる右回転の方が
アウトサイドインから生まれる右回転よりも
激しい スライスになり易く、
左回転においても インサイドから入れるモノより
アウトサイドから入れたモノの方が激しいモノになり易いのです。

スイングの軌道とスライス/フックなどのボールの横回転
その二つの関係には 絶対的な法則 はないのです。


飛球線の方向と全く関係なく
ヘッドの進んできた道 に対して
フェースの向き(立体的なモノではありますが)
この二つの関係のみが 横回転を生み出す のです。



そもそも・・・ですが、
スイングはボールに正対した状態から始まり
右を向いて、ボールに正対するところを通過し
左を向いて 打つ行為/動作ですから
毎度毎度飽きるほど書いて申し訳ないですが、
からだの動作で直接クラブを動かしていれば
  インサイドイン にしかなりませんし

傍から見て それがインサイドアウト に見えるのは
遠心力などの外的要素によって
打った後以降の方が クラブが長くなる(ヘッドが打ち手から離れる)
 に過ぎません。
20161215Trim(2)(2)(2)_Moment(2)

逆に言えば…少々、厳しいですが、
アウトサイドイン で打てている、ボールに当たっている というコトは
からだ・・・ ではなく、手で振っている
ので
手でクラブを振る限り、アウトサイドインだろうが、インサイドアウトだろうが
アウトサイドインで左回転も右回転も
インサイドアウトで左回転も右回転も
何でも打つコトが出来てしまいますから
そこから アウトサイドインというヘッドの軌道を
インサイドインに改正しても、なんの問題も解決しないばかりか
より複雑に、より多岐に渡り 問題が増えていくだけ なのです。

アウトサイドイン・・・ そして、スライス
そのアウトサイドインを解決するのは
軌道を違うモノにすることではなく、
自分の動作の何でその軌道を作っているか を違うモノに
しなくてはいけない という認識がない限り
問題を解決し、やり方をよりシンプル化することは出来ません。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1

質問を頂きました

『ゴルフスイングはこのように円を描いてボールを打つのに
2017-06-13 19-07-51
何故 人によって、 もしくは
自分でも 時によって アウトサイドインになったり
インサイドになったり するのでしょうか…?』
 
と。


単純なようで 深い、多くのゴルファーが何十年も悩んでいる部分、ですね」

アドレスの飛球線を基準に
自分側のインサイド、外側のアウトサイド というコト
と考えて良いと思いますが、
円軌道で打つ限り 外から入ってくるのは 「ありえない?」
ように感じますよね。

縦、上下の軌道もそうですが
内側から入ってくる度合いや大きさが
個々によって 差が有るのが
それぞれの方の弾道の差になります。

でも 飛球線より 外・・・から入ってくるのは。。。???

単純な発想で解決できます。
 2013-05-04 10-55-44.740_Moment基準はアドレスのこの状態ですね20191229

でも実際のボールを打つ時
インパクト時は こうなっている→
というコトです。

この傾きの角度は 15度! ですから
この位 簡単に 左を向いた状態でインパクトしてしまいます。
通常、この程度では済まないですよね。

アドレス時 ボールは 左ひざの前とか、左太もも 🈲◌まdownswing
の前だったりする訳ですが、
左にからだを開いて「打てる」というコトは
ボールを中(右)にずらして打っている というコトになります。

からだが開いて打つ というコトは
腕の長さが合わず 左は伸ばしっぱなし、右は縮め気味
 になりますから ロフトは開きます。

飛距離に悩む人にとって
ヘッドが右を向いている コト が問題なのではなく
それに伴って ロフトが開いているコト が問題なのです。


外から入ってくれば来るほど
その軌道に対しての スクエアは 左向きのフェース
になりますから 左に向けなければ いけない量 が増えます。
これが フェースターン、手の返しの実態 ですね。。。

飛距離に悩んでいる人ほど
クラブヘッドの重さが一番重くなる インパクト付近で
いそがしく ヘッドを動かさなければいけない という
罰則が待っています。

IMG_0549IMG_0548









からだの回転通りに打っていれば
ボールとからだが正対した時、ボールに当たってしまいますが、
ボールがからだに対し右にズレているのに
まだ当たっていない これを言葉通り「振り遅れ」と呼びが故に
多くの人は 振り遅れないように その基準値、
時間進行の基になる 体を止めて 追いつかせようとする訳です。

ドンドン深みにはまる というか、無理を無理で補おうとするのですから
ドンドン難しくなりますね。

ダウンスイングで クラブは長さもあり、重さの塊が先端に付いているので
遅れようとしますが、遅れは同時に 回転軸である自分への近づき も
産み出しますから。。。(自分に長い棒が絡みつくようなイメージです)
からだの回転で 「グリップを」 動かそうとしている限り
 アウトサイド から入ることはあり得ないのですが、
逆に言うと アウトサイドから入ってくるのは
からだの回転で 「ヘッドを」動かそうとしているか
始めから 手だけで円弧を作ろうとしているか
 のどちらかしかないのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 まだまだ出来た、出来るとは言えないのですが、
体の回転でボールを打つ感じ、を掴めて来ていると思います。

 大きな違いはやはり距離、距離感です。
飛ぶ!!というよりも楽に、今までの振り感の半分位で
同じ距離が打てる、という感じです。

リリース について (2)_Slomo_Moment

やり始めた当初、店主の言う通り
腕を振りたくてウズウズしている自分が判りました。
飛ばそうとすると、腕を振るため、腕を振るための空間を作るため
わざわざ、意図的に体の回転から遅らせて、上に向いて振っていたのが

今ではよく判ります。
腕を振らないと"飛ばないのではないか"という呪いから
抜けるのに 数年は要したような気がします。

あの腕を振る力感、
インパクト付近で左腕をロック、絞る力感、
は確かに今までの自分の打撃感ソノモノだったと思います。



まだまだ中途半端だとは思いますが、
自分にとっての大きな転換期、構造改革は
ボールを横から打つ、ではなく、上から打つが理解出来たこと、
フェースとボールは横の関係ではなく、上下の関係と理解出来たこと、
頭の中だけでなく、感覚的にも体験できた、から始まります。
言葉では分かっていても、どうしてもスイング軌道に沿って
ヘッドを振らないとボールに当たらない、前に飛ばない

今、振り返れば妄信から抜け出るのに本当に大変でした。

その感覚は 本当に90度フェースの向きが異なり
飛ぶ飛ばない、真っ直ぐ行く、曲がる以前に
当たらない恐怖から逃れられないのがあったかも知れません。


店主に言われた通り、
刷毛塗の意識が強すぎで、
インパクトを刷毛塗で造ろうとしてしまう感覚を
体の回転に載せるためのスイッチに変え
あとは エイっ! と体を左まで回してしまう、
インパクトのからだの正面は結果、だと分かっていても
インパクトでからだを止めてしまう、
左腕を絞ってしまう、のは今では判ります。

 店主:刷毛塗は 腕とクラブ、腕とからだの関係を掴むドリルで
 腕で動かせるのは たかだかコブシ1個〜2個程度で
 その「主目的」は グリップをからだの回転に同期させる、遅らせない、
 からだの回転の流れに載せるためのモノで
 それ ソノモノで打つコトではありません。
 刷毛塗の意識は大切ですが、強すぎると 肩の揺さぶりが
 からだの回転を奪ってしまいます!


フェースを下に向けたまま、体を回してしまっても
(フェースを下に向けたまま・・・・・体を回さないと当たりません
 逆に フェースを横に向けると・・・体を止めないと当たりません)

地面にあるボールが当たるのが判ると
あとはそう難しくありませんでした。
始めのうちは、なぜ 当たるのか よく判りませんでしたが、
今ではそれが当たり前に、別な当たり前が出来たようです。

片手スイングドリル 右手編_Moment(2)

この振り方を覚えると クラブの長さによる違い、
ドライバーとアイアンの違いが少なくなり、
今まで苦手だった長物が普通に振れるようになりました。
また この中に殆どのゴルフの悩みが内包されているようで
非常に多岐に渡り、楽になったと感じています。

ヘッドスピードはボディスピードと教わりましたが、
今までのヘッドスピードを上げ方は
単なるホイルスピン(自己満足)
と判るようになりました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ボールを打つ場合、
なにがしかの 横移動が無いと打つコトは出来ず
●体を回せば フェースターンは要らず
●フェースターンをするのなら 体を止めなくてはならない


総じて 早期に体を開いてしまうことがスライスにつながったり
ある程度、打てるようになると 茲琉っかけを怖がったりすることが
トップオブスイング以降、ダウンスイング以降の左向きに制限をかけたりする。
ゴルフスイングに慣れた人ほど 陥りやすい かな…。


要らないフェースターンは
動作・・・としては
テークバックで曲げた右腕を伸ばす行為 に対し
左グリップの移動 が十分でないと起こってしまう。


スイングのスピードが乗ってくると
クラブの重さを主に支える左腕は からだの回転以外で
移動させるのは難しい。

ダウンスイング初期であれば 左腕も単独で動かせる
その慣性も利用しつつ、からだの回転は止めるコト なく
からだの正面でインパクト、ボールと相対したところでインパクト
も意識しないで 打つところは一気に左を向いてしまおう

いきなり コースで‼ はなかなかできないけれど
練習では 左を向くコト 骨盤を左に向けるコトに
躊躇しないでやってみて欲しい。


✋スライスが嫌だから からだの開きを避けるのか
✋引っかけが嫌だから 体の左向きを戸惑うのか
✋インパクトは体の正面でを意識しすぎるのか

ダウンスイング後半、インパクト直前、手前位から
からだの向きを固定してしまう弊害は結構根深い。

からだの回転 〜 体重シフト の感覚が掴めなくなるね

(比較)左手ドリル_Moment


👉体が止まれば 左グリップの移動も止まり
 意識していないが フェースターンが実行されてしまう
 それによって 腕クラブが一直線になり その長さを確保
 するのに 左サイドは高く跳ね上げないといけなくなるよ

(比較)左手ドリル_Moment(5)(比較)左手ドリル_Moment(4)














👉腰は止めて からだの回転は肩 と言う習慣が付き易く なる
 コレ、とても重要、というか問題

⇒この習慣が定着すると テークバックの取り方
 グリップやアドレスにまで波及、悪影響します。


👉体を正面で止め、結果 上向きになって出すヘッド、
 動かすグリップのからだとの相関関係が変わってしまう
 体を止めた状態での 出す方向と明らかに異なるよね

実はここが アウトサイドイン とか インサイドアウト とかと
深く関係しているでしょうね。

体を止めていたら 自分のからだよりも左に振らないとイケナイけれど
体を回していたら 逆に 自分のからだより右に振らないと
同じようなトコロは通らないよね


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




http://hbs.livedoor.blog/archives/1988983.html

ところが 手で振ってしまう人は

本来 腕クラブは固定されている部分で
腕でクラブを振る と言う行為が
ショットのメインステージの為、

腕 🔀 からだ と言う手順が まるで反対に見えます。
足・腰から動かして 正面を向いてカラ 腕でクラブを
 振っているように見えます。
✋意識としては 同じ手順で動かしてるん・・・ですけどね

snap-lock_MomentIMG_0919_Slomo (3)_Moment





snap-lock_Moment(2)IMG_0919_Slomo (3)_Moment(2)





snap-lock_Moment(3)IMG_0919_Slomo (3)_Moment(4)






ニワトリと卵の関係なので
どちらがどちらとは断言し難いのですが、
最後 3枚目の画像の 腕とクラブの関係で
腕の仕事は 本当はオシマイです。

スナップショット 4 (2013-06-22 2-38)この形を基本に
これ以上
 クラブも ヘッドも
腕で下には動かしません。

ナント表現すれば
伝わるのか難しいトコロですが
スイングの円の 下半分の領域には
クラブは入れない・・・ 特に腕作業では入れないのです。

snap-lock_Moment(3)IMG_0919_Slomo (3)_Moment(3)





snap-lock_Moment(4)IMG_0919_Slomo (3)_Moment(4)





snap-lock_Moment(5)IMG_0919_Slomo (3)_Moment(5)






あとは体の回すだけ なのですが、
腕で振るスイングの場合
ここから 右腕の伸ばしで クラブを下に振る
この行為が スイングのメインイベント なので
そこを辞めることが出来ません。

そんなメインイベント 始めから存在しないのです。

ヘッドを上下の動かすコトが
スイングの最も大きな意味 なので
からだの回転と言う 本来 横への移動が出来ず
横移動がない分 ボールに届かないので
余計 ヘッドを振る事になり
ボールを後ろから見る 結果 上を向いて
登り坂に対して打つコトになる訳です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ダフリ トップ

この二つのミスの絶対的な解決方法はありませんが
かなりの確率、限りなく撲滅に近い処方箋は「あります
ありますが 根本的な、基礎の部分からスイング創りを
やり直す可能性もあるので 全員向き ということでは
ないでしょう。

であったとしても そのヒントになる部分を二つ

123



❶ダフリもトップも
 基本 ヘッドの登り過程に起こるモノ です。
 ヘッドの下り過程にインパクトがあれば
 なくなる とまで言えなくとも
 結果として それは大きなミス
 自分自身は気付いても、他人には分からない程度
 で済むようになります。

 アプローチなどでもそうなのですが、
 ボールは球体です。
 上から見えている分 縦の方向の厚みもあります。
 当たり前ですが、
 ボールの大きさのコイン ではありません。

 ボールは球体ですし、非常に歪み率が高いので
 圧力がかかると 逃げ道を探して
 逃げられる方に移ります。
 それがフェースであり、ロフトです。

 ヘッドが下がっている過程で
 ソールではなく、フェースがボールに向いていれば
 ボールにとって 一番の逃げ口はロフトになります。
 ですので 下がっている過程であれば
 フェースの全面を デカラケットとして使えます。
IMG_0607

 ダフリに関しても かなりのズレは許容されます。

 ところが、上がり行程にインパクトがあると
 どの場合のおいても 一点しかナイスポイントはないため
 大きなミスにつながってしまいます。



❷スイングの弧をからだの回転で作れるか どうか です
 こちらはスイングの基礎の部分ですので
 出来ない人も多いかも知れません。
 
 スイングの弧を腕さばき、手の返し等で作ってしまう場合
 その動きは人間のからだの構造上 ダブルで
 手でクラブを下げようとすると
 腕の動きはクラブヘッドを下げますが
 からだはその反対で上を向きます。
 上を向きながら クラブを下に振る
 上下の動きが 相反しながら打つコトになるので
 頃良いポイントは非常に狭くなります。
93564c62-s

 そして からだが上を向く (左肩が上がる) は
 それを同じ分 からだは開きます。
 それが故に アドレスの時よりも スイングの最下点
 スイングの真ん中 下りと登りの折り返し点は
 右にズレてしまいますので それがトップとダフリの双方の原因です。
 下げ具合、下げるスピード、コースであれば傾斜
 などによっても それは異なるため
 正直、ノンプレッシャーの平らな場所で打つ練習場での成果は
 コースで殆ど役に立ちません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ボールをインサイドから打つ
これから インサイドから、上から打つ 場合
忘れてしまいがち なのが
その場面は 右を向いている
骨盤から上が(厳密にする必要はありませんが)
ボールに対し90度
飛球線に対しては180度
背を向けている状況
 なのです。
IMG_0736_Slomo_Moment(2)

からだはバランスを取る本能を持っていますから
右を向いて、右にある大きな体重を
左足に移してあげると
向きを戻し、左向きを始めます。

よって からだを回すコト ソノモノが打撃
というよりも 左に移っていくことが打撃
体重移動が打撃
 と言えなくもないのです。

それも忘れがち ですが
右を向いた状況 というのは
アドレスに比べると ボールから離れた状況で
右を向いた時の 右から左 の位置関係は
ボールに近づいていく方向 です。

IMG_0770_Slomo_MomentIMG_0770_Slomo_Moment(2)






右を向いている時
ボールに近づいていく方向に
体重移動してあげるコト
 が打撃になります。

アドレス時の 飛球線後方から飛球線へ
と言う方向の体重移動ではないのです。


ボール方向に体重移動するコト ソノモノが打つコト

体重移動して『から』打つのでは
ボールから離れながら打つことになるので
チカラも伝わり難く、ロフトも寝やすくなりますから
よほど余ったヘッドスピードが有る人以外は効率が悪いです。
IMG_0770_Slomo_MomentIMG_0770_Slomo_Moment(5)








インサイド方打つ とは
離れた方向からボールに近づいていく方向のコトを指します
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ヘッドの入射角度 と言う言葉、
どう言うものかは理解できると思いますが、
ゴルフ、スイングの用語としてあまり使われていません。
その言葉そのものに 「?」 ピンとこない方もいらっしゃいます。
006

入射角度は
その言葉の通り ヘッドの高さ を単位に
どの位の高さから ボールに向かって入ってくるか
 です。

ですので 45インチのドライバーと
35インチのウエッヂでは 長いドライバーの方が
水平に近い緩い角度からの入射、進入になり
短いウエッヂは逸れに比べ、急激な角度からの進入になります。

☆この入射角度は本来、
そのクラブの長さそのもの、ではなく
そのクラブの長さによっての前傾角度によって生まれますが、
今回はそこのところは割愛します

同じようなヘッドスピード、年齢、体格の人が 同じクラブ を打っても
距離や高さ、スピンなど 違いが生まれるのは
この入射角度が個別に異なる、個性があるからです。


✋地面に対するインパクト時のヘッド姿勢は同じ と仮定すると
緩い角度  で入射すると 飛び出る弾道は高くなり、スピンは少なめなります
キツイ角度 で入射すると 飛び出る弾道は低くなり、スピンは多めになります


ゴルフクラブはその使用されるロフト角度 によって
適合長さがあります。
長さがあり ヘッドスピードが上がるとは言え ロフトのキツイ(立った)モノは
ヘッドスピード要因だけでなく、その長さによって ロフトを援助している と言った具合です。

考え方を変えれば 入射角度もロフトの一要素、両方でロフト と言えるかも知れません。

仮の話では インパクトロフトを固定していましたが
緩い角度で入射する時は インパクトロフト姿勢そのものも大きくなり易く
キツイ角度で入射する時は インパクトロフトそのものも小さく(ロフトが立つ)なり易く

思っている以上に その差は大きいモノ です。

そして、あまり誰も言いませんが
ゴルフクラブの構造上、角度は複合体であるが故に
ロフトが変わってしまうと ボールの飛び出る方向
フェースの向きも変わってしまうので
平面的な見方だけで ボールの方向 は決まりません。
距離や弾道ばかりでなく、方向安定に関しても
似たような入射角度、似たようなインパクトロフト というのは重要です。



打つ時にミスってしまうのは仕方ありませんが、
事前に球筋、それを司る大きな要素、入射角度とインパクトロフト姿勢、
繰り返しますが、これを司るのは
そのクラブの長さ による前傾姿勢 です。
前傾姿勢が司るから 多少のミス、ブレがあっても
その幅は許容範囲で済むのが 本来のゴルフスイング理論 なのですが・・・
ダウンスイングを腕の振り で行ってしまうと
入射角度と前傾姿勢には 関連性が無くなってしまいます。

例えば 限りなくマシンのように からだの回転で打てる人がいたとしても
左足上がりでは 入射角度は若干緩くなってしまい
通常よりも 打ち出し角度は高く、スピンは少なめになります。
左足下がりでは 入射角度は若干きつく成り
通常よりも 打ち出し角度は低く、スピンは多くなります。

からだの回転で打つ と言う前提の上 でです。

これを 手で振ってしまうと
クラブや腕の遠心力が からだの回転で打つ以上に多くなるので
その左足上がり加減、左足下がり加減が更に増す ような
からだの姿勢になり その違いは更に多くなり
ダフリやトップなどのミスに到達するまでになってしまいます。

平地でボールを打っていても
ダウンスイングで まだまだボールに当たっていないのにS20190309-2_Moment
右足(右打ちの人)のかかとが上がっている人を見かけます。
もしかしたら 少なく無いかも知れません。
評論と言う形で言わせてもらうと
右足のかかとが浮いていることは問題ではなく
無意識の内に右足のかかとが浮いてしまう原因 が問題です。
そうなってしまうダウンスイング、インパクトへの進入では
入射角度=前傾姿勢、前傾姿勢と入射角度に関連性が無く
手の振り加減によって 入射角度が生まれてしまうので
そのバラつきは 前傾姿勢=入射角度 の人よりも
遥かに大きなものになってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


プロもそうかもしれませんが、
アマチュアゴルファーにとって
最大の痛手のミスショットは
おそらく トップとダフリ でしょう。

手品のように瞬時に治る 訳ではありませんが、
これを大幅に軽減する方法があります。

006

まずは トップとダフリのメカニズムを知りましょう。

多くの人は
✋トップは届かない
✋ダフリは届きすぎ
 と考えている節がありますが
 
【それは間違いです】
IMG_0068

まず トップですが、ボールは球体です。
球体は圧力がかかった時、圧力の逃げ場所を探します。
よほど 薄い当たりでない限り、
クラブフェースにはロフトと言う逃げ場があるので
大丈夫です。
つまり トップはフェースでなく
歯(リーディングエッジ)やソールで打ってしまうことを
指します。

トップのミスになるのは
ヘッドが下がり軌道でなく、上がり軌道で
インパクトしていることを表しています


下がり軌道であれば、1〜2センチ程度の薄い当たり
(ボールの半径分程度)であれば
ボールはフェースに逃げてきますが、
上がり軌道であると 1センチのズレは
そのまま 歯で打つことになり
フェースに乗らず、こぼれてしまう形になります。



DSC01373-1

今度はダフリですが、
届きすぎている と考えている人も
その届きすぎている場所が ボールやボールより先にあれば
ショットとしてのダフリにはなりません。
届きすぎている場所が
ボールより手前にあることが問題なんです。

kinugasa_End_Sa

トップもダフリもそうですが、
届かない・届きすぎの問題であれば
打ち手にとって 奥行きの問題になります。
1センチ奥なのか(遠い)
1センチ自分寄りなのか(近い

は 人間の両目の構成は左右に位置しているので
非常に難しく、特に動きながらでは
それを視覚的に把握して調整することは不可能とも言えます。

ですので トップもダフリも
もし 届いていない・届きすぎている としても
それを ショットとしてのミスにしないようにするには
奥行きの問題ではなく
左右の問題なんだと把握して貰いたいのです。

届いていないとしても
スイングのボトム、ヘッドの最下点がボールより先にあれば
ショットとしてのミスにならず、ボールはフェースに乗ります。

同じく、届きすぎているとしても
それがボールよりも先にあれば 通常のショットと
何ら変わりはありません。
u=380704500,3118260285&gp=0

届かない・届きすぎをテーマにすると
1センチ程度の奥行きのズレで どちらも発生しますが、
左右の問題にするならば、そのズレは
通常のショットの範疇内です。

別な言い方をすれば
インパクトはヘッドが下がり行程で造れれば
 トップとダフリのミスは大幅に軽減できる

というコトになります。

それがし易いスイングになれば
トップとダフリの確率はかなり飛躍的に減る のです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


今は便利になったもので
椅子に座っていても 毎日毎日
沢山のスイング動画を見ることが出来ます。
IMG701


そのほとんどのスイングが
出来れば避けたい、嫌いな「アウトサイドイン」「カット打ち」
になるべくの ショットであり、スイングです。
上手くない、下手だ と言う意味ではありません。
「アウトサイドイン」になる為のスイングを意図的に作っています
「アウトサイドイン」をワザとしているのです。


IMG703


✋大前提 として 言っておきたいのですが
アウトサイドイン が悪い 訳ではありません。
当たり前ですが ボールは無機質 です。
これから打つ人が どのクラブを持って、
どの方向を向いて どうやって打つか
全く関知しませんし、忖度も、祈りも通じません。
ましてや ゴルフクラブで打たれるかどうかもわかりません。

単なる物理的な衝突、加重・加圧によって のみ
飛んだり、上がったり、曲がったり するのです。

ですので 良く言う アウトサイドインは
打つ人の構え、スタンスの向き に対して
どう振ったか の形容詞ですが、
ボールにとっては 打つ人のスタンスやアドレスの向きなど
うかがい知れぬ、まったく関係ないモノ で
打つ人の勝手な「アウトサイドイン」 は
ボールにとっては その方向に打たれた、振られた に過ぎません。


確かに傍から見れば かまえた向きよりも ややひっかけ気味に振った、
打った ように見えますが、ボールにはそれが真っ直ぐ(目標方向)なのです。

  ✋ わかります?
    実はこのポイント、とっても重要だと思います。
    その本質が分からないと
    治せるものも治せなくなってしまいます。


ですので 自分の構えに対する アウトサイドイン という
ボールから見た物理現象を無視した エゴイズムの強い考え方 では
問題は解決しません。
IMG702

自分の都合、自分の構えに対して やや外から
スタンスの向きに対して やや左に振られた
俗称「アウトサイドイン」の問題は
その軌道にあるのではなく
構えに対し アウトサイドイン に振ると
1.インパクト時、体が開いた状態
 👉左サイドはボールから遠く、右サイドがボールに近い
 つまり ロフトを開いた状態で当たり易くなる
2.インパクト時 からだが開いた状態
 👉左サイドが高く、右サイドが低い
 つまり 左足上がりの状態と似た状態

この二つが同時に起こるので 飛距離不足の問題や
ダフリやトップのミスが増える問題が生まれるのです。

ですので 飛距離不足に悩んでおらず、ミスも多くないのなら
別に気にせず、ややひっかけ を持ち球にして置けば良いのです。


その物理現象を無視し
「アウトサイドイン」という ボールを考えず
自分のエゴ だけで 軌道を「インサイドアウト」に治そうとすると
ゴルフ人生を通して 悩み続けることになります。

Desktop 2019.08.05 - 07.31.06.02_Trim_Slomo_Moment(2)

普通にしていれば ややスライス気味の球になるか
ひっかけが このスイングにとっての正解の球・弾道
このスイングにとってのナイスショットです。



インサイドアウト とは
からだの向き通りに動かす
手さばきではクラブを動かさず ショットする、

そして クラブはテークバック側では 短くなっており
フォロー側では長くなるサマ から そう見えるだけであって
クラブを手さばき(シャフトの角角度運動)で動かしている限り
絶対に、未来永劫 正しい意味でのインサイドアウト にはならないのです


だから 言葉にされる
「アウトサイドイン」はダメだよ
「インサイドアウト」にしましょう

というのは その軌道を治せ と言う意味ではなく
クラブの移動を 手でなく からだで行いましょう
というのが真意なのです。



 ですので ここの部分を履き違えてしまうと
 覚える必要の無い無駄な動作で補正を繰り返すことになるのです。
 その補正動作は 本来 ゴルフスイングには全く必要の無い
 無駄な動作!であり、体を痛める動作! です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ