◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: スイングプレーン



ボールを打つ場合、
なにがしかの 横移動が無いと打つコトは出来ず
●体を回せば フェースターンは要らず
●フェースターンをするのなら 体を止めなくてはならない


総じて 早期に体を開いてしまうことがスライスにつながったり
ある程度、打てるようになると 茲琉っかけを怖がったりすることが
トップオブスイング以降、ダウンスイング以降の左向きに制限をかけたりする。
ゴルフスイングに慣れた人ほど 陥りやすい かな…。


要らないフェースターンは
動作・・・としては
テークバックで曲げた右腕を伸ばす行為 に対し
左グリップの移動 が十分でないと起こってしまう。


スイングのスピードが乗ってくると
クラブの重さを主に支える左腕は からだの回転以外で
移動させるのは難しい。

ダウンスイング初期であれば 左腕も単独で動かせる
その慣性も利用しつつ、からだの回転は止めるコト なく
からだの正面でインパクト、ボールと相対したところでインパクト
も意識しないで 打つところは一気に左を向いてしまおう

いきなり コースで‼ はなかなかできないけれど
練習では 左を向くコト 骨盤を左に向けるコトに
躊躇しないでやってみて欲しい。


✋スライスが嫌だから からだの開きを避けるのか
✋引っかけが嫌だから 体の左向きを戸惑うのか
✋インパクトは体の正面でを意識しすぎるのか

ダウンスイング後半、インパクト直前、手前位から
からだの向きを固定してしまう弊害は結構根深い。

からだの回転 〜 体重シフト の感覚が掴めなくなるね

(比較)左手ドリル_Moment


👉体が止まれば 左グリップの移動も止まり
 意識していないが フェースターンが実行されてしまう
 それによって 腕クラブが一直線になり その長さを確保
 するのに 左サイドは高く跳ね上げないといけなくなるよ

(比較)左手ドリル_Moment(5)(比較)左手ドリル_Moment(4)














👉腰は止めて からだの回転は肩 と言う習慣が付き易く なる
 コレ、とても重要、というか問題

⇒この習慣が定着すると テークバックの取り方
 グリップやアドレスにまで波及、悪影響します。


👉体を正面で止め、結果 上向きになって出すヘッド、
 動かすグリップのからだとの相関関係が変わってしまう
 体を止めた状態での 出す方向と明らかに異なるよね

実はここが アウトサイドイン とか インサイドアウト とかと
深く関係しているでしょうね。

体を止めていたら 自分のからだよりも左に振らないとイケナイけれど
体を回していたら 逆に 自分のからだより右に振らないと
同じようなトコロは通らないよね


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




http://hbs.livedoor.blog/archives/1988983.html

ところが 手で振ってしまう人は

本来 腕クラブは固定されている部分で
腕でクラブを振る と言う行為が
ショットのメインステージの為、

腕 🔀 からだ と言う手順が まるで反対に見えます。
足・腰から動かして 正面を向いてカラ 腕でクラブを
 振っているように見えます。
✋意識としては 同じ手順で動かしてるん・・・ですけどね

snap-lock_MomentIMG_0919_Slomo (3)_Moment





snap-lock_Moment(2)IMG_0919_Slomo (3)_Moment(2)





snap-lock_Moment(3)IMG_0919_Slomo (3)_Moment(4)






ニワトリと卵の関係なので
どちらがどちらとは断言し難いのですが、
最後 3枚目の画像の 腕とクラブの関係で
腕の仕事は 本当はオシマイです。

スナップショット 4 (2013-06-22 2-38)この形を基本に
これ以上
 クラブも ヘッドも
腕で下には動かしません。

ナント表現すれば
伝わるのか難しいトコロですが
スイングの円の 下半分の領域には
クラブは入れない・・・ 特に腕作業では入れないのです。

snap-lock_Moment(3)IMG_0919_Slomo (3)_Moment(3)





snap-lock_Moment(4)IMG_0919_Slomo (3)_Moment(4)





snap-lock_Moment(5)IMG_0919_Slomo (3)_Moment(5)






あとは体の回すだけ なのですが、
腕で振るスイングの場合
ここから 右腕の伸ばしで クラブを下に振る
この行為が スイングのメインイベント なので
そこを辞めることが出来ません。

そんなメインイベント 始めから存在しないのです。

ヘッドを上下の動かすコトが
スイングの最も大きな意味 なので
からだの回転と言う 本来 横への移動が出来ず
横移動がない分 ボールに届かないので
余計 ヘッドを振る事になり
ボールを後ろから見る 結果 上を向いて
登り坂に対して打つコトになる訳です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ダフリ トップ

この二つのミスの絶対的な解決方法はありませんが
かなりの確率、限りなく撲滅に近い処方箋は「あります
ありますが 根本的な、基礎の部分からスイング創りを
やり直す可能性もあるので 全員向き ということでは
ないでしょう。

であったとしても そのヒントになる部分を二つ

123



❶ダフリもトップも
 基本 ヘッドの登り過程に起こるモノ です。
 ヘッドの下り過程にインパクトがあれば
 なくなる とまで言えなくとも
 結果として それは大きなミス
 自分自身は気付いても、他人には分からない程度
 で済むようになります。

 アプローチなどでもそうなのですが、
 ボールは球体です。
 上から見えている分 縦の方向の厚みもあります。
 当たり前ですが、
 ボールの大きさのコイン ではありません。

 ボールは球体ですし、非常に歪み率が高いので
 圧力がかかると 逃げ道を探して
 逃げられる方に移ります。
 それがフェースであり、ロフトです。

 ヘッドが下がっている過程で
 ソールではなく、フェースがボールに向いていれば
 ボールにとって 一番の逃げ口はロフトになります。
 ですので 下がっている過程であれば
 フェースの全面を デカラケットとして使えます。
IMG_0607

 ダフリに関しても かなりのズレは許容されます。

 ところが、上がり行程にインパクトがあると
 どの場合のおいても 一点しかナイスポイントはないため
 大きなミスにつながってしまいます。



❷スイングの弧をからだの回転で作れるか どうか です
 こちらはスイングの基礎の部分ですので
 出来ない人も多いかも知れません。
 
 スイングの弧を腕さばき、手の返し等で作ってしまう場合
 その動きは人間のからだの構造上 ダブルで
 手でクラブを下げようとすると
 腕の動きはクラブヘッドを下げますが
 からだはその反対で上を向きます。
 上を向きながら クラブを下に振る
 上下の動きが 相反しながら打つコトになるので
 頃良いポイントは非常に狭くなります。
93564c62-s

 そして からだが上を向く (左肩が上がる) は
 それを同じ分 からだは開きます。
 それが故に アドレスの時よりも スイングの最下点
 スイングの真ん中 下りと登りの折り返し点は
 右にズレてしまいますので それがトップとダフリの双方の原因です。
 下げ具合、下げるスピード、コースであれば傾斜
 などによっても それは異なるため
 正直、ノンプレッシャーの平らな場所で打つ練習場での成果は
 コースで殆ど役に立ちません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ボールをインサイドから打つ
これから インサイドから、上から打つ 場合
忘れてしまいがち なのが
その場面は 右を向いている
骨盤から上が(厳密にする必要はありませんが)
ボールに対し90度
飛球線に対しては180度
背を向けている状況
 なのです。
IMG_0736_Slomo_Moment(2)

からだはバランスを取る本能を持っていますから
右を向いて、右にある大きな体重を
左足に移してあげると
向きを戻し、左向きを始めます。

よって からだを回すコト ソノモノが打撃
というよりも 左に移っていくことが打撃
体重移動が打撃
 と言えなくもないのです。

それも忘れがち ですが
右を向いた状況 というのは
アドレスに比べると ボールから離れた状況で
右を向いた時の 右から左 の位置関係は
ボールに近づいていく方向 です。

IMG_0770_Slomo_MomentIMG_0770_Slomo_Moment(2)






右を向いている時
ボールに近づいていく方向に
体重移動してあげるコト
 が打撃になります。

アドレス時の 飛球線後方から飛球線へ
と言う方向の体重移動ではないのです。


ボール方向に体重移動するコト ソノモノが打つコト

体重移動して『から』打つのでは
ボールから離れながら打つことになるので
チカラも伝わり難く、ロフトも寝やすくなりますから
よほど余ったヘッドスピードが有る人以外は効率が悪いです。
IMG_0770_Slomo_MomentIMG_0770_Slomo_Moment(5)








インサイド方打つ とは
離れた方向からボールに近づいていく方向のコトを指します
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ヘッドの入射角度 と言う言葉、
どう言うものかは理解できると思いますが、
ゴルフ、スイングの用語としてあまり使われていません。
その言葉そのものに 「?」 ピンとこない方もいらっしゃいます。
006

入射角度は
その言葉の通り ヘッドの高さ を単位に
どの位の高さから ボールに向かって入ってくるか
 です。

ですので 45インチのドライバーと
35インチのウエッヂでは 長いドライバーの方が
水平に近い緩い角度からの入射、進入になり
短いウエッヂは逸れに比べ、急激な角度からの進入になります。

☆この入射角度は本来、
そのクラブの長さそのもの、ではなく
そのクラブの長さによっての前傾角度によって生まれますが、
今回はそこのところは割愛します

同じようなヘッドスピード、年齢、体格の人が 同じクラブ を打っても
距離や高さ、スピンなど 違いが生まれるのは
この入射角度が個別に異なる、個性があるからです。


✋地面に対するインパクト時のヘッド姿勢は同じ と仮定すると
緩い角度  で入射すると 飛び出る弾道は高くなり、スピンは少なめなります
キツイ角度 で入射すると 飛び出る弾道は低くなり、スピンは多めになります


ゴルフクラブはその使用されるロフト角度 によって
適合長さがあります。
長さがあり ヘッドスピードが上がるとは言え ロフトのキツイ(立った)モノは
ヘッドスピード要因だけでなく、その長さによって ロフトを援助している と言った具合です。

考え方を変えれば 入射角度もロフトの一要素、両方でロフト と言えるかも知れません。

仮の話では インパクトロフトを固定していましたが
緩い角度で入射する時は インパクトロフト姿勢そのものも大きくなり易く
キツイ角度で入射する時は インパクトロフトそのものも小さく(ロフトが立つ)なり易く

思っている以上に その差は大きいモノ です。

そして、あまり誰も言いませんが
ゴルフクラブの構造上、角度は複合体であるが故に
ロフトが変わってしまうと ボールの飛び出る方向
フェースの向きも変わってしまうので
平面的な見方だけで ボールの方向 は決まりません。
距離や弾道ばかりでなく、方向安定に関しても
似たような入射角度、似たようなインパクトロフト というのは重要です。



打つ時にミスってしまうのは仕方ありませんが、
事前に球筋、それを司る大きな要素、入射角度とインパクトロフト姿勢、
繰り返しますが、これを司るのは
そのクラブの長さ による前傾姿勢 です。
前傾姿勢が司るから 多少のミス、ブレがあっても
その幅は許容範囲で済むのが 本来のゴルフスイング理論 なのですが・・・
ダウンスイングを腕の振り で行ってしまうと
入射角度と前傾姿勢には 関連性が無くなってしまいます。

例えば 限りなくマシンのように からだの回転で打てる人がいたとしても
左足上がりでは 入射角度は若干緩くなってしまい
通常よりも 打ち出し角度は高く、スピンは少なめになります。
左足下がりでは 入射角度は若干きつく成り
通常よりも 打ち出し角度は低く、スピンは多くなります。

からだの回転で打つ と言う前提の上 でです。

これを 手で振ってしまうと
クラブや腕の遠心力が からだの回転で打つ以上に多くなるので
その左足上がり加減、左足下がり加減が更に増す ような
からだの姿勢になり その違いは更に多くなり
ダフリやトップなどのミスに到達するまでになってしまいます。

平地でボールを打っていても
ダウンスイングで まだまだボールに当たっていないのにS20190309-2_Moment
右足(右打ちの人)のかかとが上がっている人を見かけます。
もしかしたら 少なく無いかも知れません。
評論と言う形で言わせてもらうと
右足のかかとが浮いていることは問題ではなく
無意識の内に右足のかかとが浮いてしまう原因 が問題です。
そうなってしまうダウンスイング、インパクトへの進入では
入射角度=前傾姿勢、前傾姿勢と入射角度に関連性が無く
手の振り加減によって 入射角度が生まれてしまうので
そのバラつきは 前傾姿勢=入射角度 の人よりも
遥かに大きなものになってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


プロもそうかもしれませんが、
アマチュアゴルファーにとって
最大の痛手のミスショットは
おそらく トップとダフリ でしょう。

手品のように瞬時に治る 訳ではありませんが、
これを大幅に軽減する方法があります。

006

まずは トップとダフリのメカニズムを知りましょう。

多くの人は
✋トップは届かない
✋ダフリは届きすぎ
 と考えている節がありますが
 
【それは間違いです】
IMG_0068

まず トップですが、ボールは球体です。
球体は圧力がかかった時、圧力の逃げ場所を探します。
よほど 薄い当たりでない限り、
クラブフェースにはロフトと言う逃げ場があるので
大丈夫です。
つまり トップはフェースでなく
歯(リーディングエッジ)やソールで打ってしまうことを
指します。

トップのミスになるのは
ヘッドが下がり軌道でなく、上がり軌道で
インパクトしていることを表しています


下がり軌道であれば、1〜2センチ程度の薄い当たり
(ボールの半径分程度)であれば
ボールはフェースに逃げてきますが、
上がり軌道であると 1センチのズレは
そのまま 歯で打つことになり
フェースに乗らず、こぼれてしまう形になります。



DSC01373-1

今度はダフリですが、
届きすぎている と考えている人も
その届きすぎている場所が ボールやボールより先にあれば
ショットとしてのダフリにはなりません。
届きすぎている場所が
ボールより手前にあることが問題なんです。

kinugasa_End_Sa

トップもダフリもそうですが、
届かない・届きすぎの問題であれば
打ち手にとって 奥行きの問題になります。
1センチ奥なのか(遠い)
1センチ自分寄りなのか(近い

は 人間の両目の構成は左右に位置しているので
非常に難しく、特に動きながらでは
それを視覚的に把握して調整することは不可能とも言えます。

ですので トップもダフリも
もし 届いていない・届きすぎている としても
それを ショットとしてのミスにしないようにするには
奥行きの問題ではなく
左右の問題なんだと把握して貰いたいのです。

届いていないとしても
スイングのボトム、ヘッドの最下点がボールより先にあれば
ショットとしてのミスにならず、ボールはフェースに乗ります。

同じく、届きすぎているとしても
それがボールよりも先にあれば 通常のショットと
何ら変わりはありません。
u=380704500,3118260285&gp=0

届かない・届きすぎをテーマにすると
1センチ程度の奥行きのズレで どちらも発生しますが、
左右の問題にするならば、そのズレは
通常のショットの範疇内です。

別な言い方をすれば
インパクトはヘッドが下がり行程で造れれば
 トップとダフリのミスは大幅に軽減できる

というコトになります。

それがし易いスイングになれば
トップとダフリの確率はかなり飛躍的に減る のです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


今は便利になったもので
椅子に座っていても 毎日毎日
沢山のスイング動画を見ることが出来ます。
IMG701


そのほとんどのスイングが
出来れば避けたい、嫌いな「アウトサイドイン」「カット打ち」
になるべくの ショットであり、スイングです。
上手くない、下手だ と言う意味ではありません。
「アウトサイドイン」になる為のスイングを意図的に作っています
「アウトサイドイン」をワザとしているのです。


IMG703


✋大前提 として 言っておきたいのですが
アウトサイドイン が悪い 訳ではありません。
当たり前ですが ボールは無機質 です。
これから打つ人が どのクラブを持って、
どの方向を向いて どうやって打つか
全く関知しませんし、忖度も、祈りも通じません。
ましてや ゴルフクラブで打たれるかどうかもわかりません。

単なる物理的な衝突、加重・加圧によって のみ
飛んだり、上がったり、曲がったり するのです。

ですので 良く言う アウトサイドインは
打つ人の構え、スタンスの向き に対して
どう振ったか の形容詞ですが、
ボールにとっては 打つ人のスタンスやアドレスの向きなど
うかがい知れぬ、まったく関係ないモノ で
打つ人の勝手な「アウトサイドイン」 は
ボールにとっては その方向に打たれた、振られた に過ぎません。


確かに傍から見れば かまえた向きよりも ややひっかけ気味に振った、
打った ように見えますが、ボールにはそれが真っ直ぐ(目標方向)なのです。

  ✋ わかります?
    実はこのポイント、とっても重要だと思います。
    その本質が分からないと
    治せるものも治せなくなってしまいます。


ですので 自分の構えに対する アウトサイドイン という
ボールから見た物理現象を無視した エゴイズムの強い考え方 では
問題は解決しません。
IMG702

自分の都合、自分の構えに対して やや外から
スタンスの向きに対して やや左に振られた
俗称「アウトサイドイン」の問題は
その軌道にあるのではなく
構えに対し アウトサイドイン に振ると
1.インパクト時、体が開いた状態
 👉左サイドはボールから遠く、右サイドがボールに近い
 つまり ロフトを開いた状態で当たり易くなる
2.インパクト時 からだが開いた状態
 👉左サイドが高く、右サイドが低い
 つまり 左足上がりの状態と似た状態

この二つが同時に起こるので 飛距離不足の問題や
ダフリやトップのミスが増える問題が生まれるのです。

ですので 飛距離不足に悩んでおらず、ミスも多くないのなら
別に気にせず、ややひっかけ を持ち球にして置けば良いのです。


その物理現象を無視し
「アウトサイドイン」という ボールを考えず
自分のエゴ だけで 軌道を「インサイドアウト」に治そうとすると
ゴルフ人生を通して 悩み続けることになります。

Desktop 2019.08.05 - 07.31.06.02_Trim_Slomo_Moment(2)

普通にしていれば ややスライス気味の球になるか
ひっかけが このスイングにとっての正解の球・弾道
このスイングにとってのナイスショットです。



インサイドアウト とは
からだの向き通りに動かす
手さばきではクラブを動かさず ショットする、

そして クラブはテークバック側では 短くなっており
フォロー側では長くなるサマ から そう見えるだけであって
クラブを手さばき(シャフトの角角度運動)で動かしている限り
絶対に、未来永劫 正しい意味でのインサイドアウト にはならないのです


だから 言葉にされる
「アウトサイドイン」はダメだよ
「インサイドアウト」にしましょう

というのは その軌道を治せ と言う意味ではなく
クラブの移動を 手でなく からだで行いましょう
というのが真意なのです。



 ですので ここの部分を履き違えてしまうと
 覚える必要の無い無駄な動作で補正を繰り返すことになるのです。
 その補正動作は 本来 ゴルフスイングには全く必要の無い
 無駄な動作!であり、体を痛める動作! です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



アウトサイドイン から振ることを
とっても気にしている人がいるみたい…ですが

downswing 👈 これが 典型的な アウトサイドイン です。

視覚的、技術的に言えば
アウトサイドイン とは
グリップ位置が からだから大幅に右にはずれ(遅れ)
結果。。。として ロフトが開いて当たってしまう
コトが 飛距離が伸びない原因ですが、
アウトサイドイン という
スイング中、打ち手、当の本人には把握できず、
周りの人から 外から振って見える
その ヘッドの軌道(アウトサイドイン)が問題なのではありません

振り遅れているお陰で
自分のからだが開いてしまい、
例え、その体の開きを一生懸命我慢、止めたとしても
開く分、どんどん 左サイドが上がってしまうコト
つまり 左足上がりの傾斜から打っているのと同じ に
なることが 飛距離に影響があるのです。


それを 当の本人には自覚し難い 軌道
アウトサイドイン を 他人の目を満足させるため
もしくは 見てくれだけ インサイドアウト にしようとしても
その振り遅れの状態 〜体の姿勢 に対し
インから入れてきても それは単にクラブが寝た だけであって
より一層 ロフトが開きます。

クラブが捩じられ ロフトが寝た、フェースが開いただけ です。

ゴルフクラブの構造上、クラブが寝てしまうと
よりからだの右側に重さが掛かるようになりますから
より からだが開き易く、左サイドが上がり易くなり
左足上がりの傾斜は強くなってしまいます。


常人でないスピードでフェースターンを続けれられる能力や筋力
そして それをした時に、首や腰、肘などの負担を無視して
左サイドを止めて置ける忍耐と痛みへの耐性 が無い限り
普通の、ごく普通の人には決して勧められない打撃法です。

グリップの遅れ、手遅れの問題はとりあえず後々の課題として
アウトサイドインは そのまま アウトサイドイン で
ややひっかけ気味に打ってしまう方が良いです。
201903_Moment(2)

無理にクラブを捩じって、より複雑な打撃に逃げるよりは
見てくれ通り ターンするにしても ひっかけてしまった方が
体への負担も少なく、繰り返し易い でしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイングを理解する上での
スイング軌跡、軌道 の基本は


〜扱校兩に対する軌道である というコト

∩扱校兩とは股関節の角度である というコト

よって 腕を振ったり、胴体を捩じるようなモノは
 前傾姿勢、そしてそれに対する軌道を壊してしまうのでお勧めしない



逆に言えば、腕を振ったり、胴体を捩じる人にとって
スイング軌道論は害悪でしかない!とも言えます。


その基本に乗っとって振るには
 クラブは縦に振ってはダメ
 です。

腕も含めたゴルフクラブの重さは
動作が始まれば 数キロ、場合によっては十数キロの負荷
になりますので、クラブを縦に振れば
必ず 前傾姿勢を失い、軌道の基本軸を失います。
葛谷Slomo_Moment

今のスイングは 腕を90度捩じって、クラブを90度倒して
腕とクラブの関係では縦(ライ、トゥ〜ヒール方向)
体にとっては横 という 
クラブヘッドの角度が大切!というのを
めちゃめちゃの破壊するスイング法。
とてもじゃないけれど「理論」と呼べるものではありません。

スイングにとって
縦の動作はほとんどなく
上下 高さを高くするの主なモノはやはり回転で
低くするのもやはり回転です。

その中で あえて言うのならば
左グリップが 上げる下げる ではなく、
言葉遊びに近いですが グリップを高くしたり、低くしたり
しているだけで グリップの高さを変え
スイング軌道自体を上下させているに過ぎません。
✋上げる方は重力に逆らいますので
 意識をして グリップ自体をほどほど高くしたい ですが
 (胸や肩での高さで十分、十二分ですね)
✊下げる方は クラブを捩じらなければ
 腕やクラブの重さが左腕、左ひじ、茱哀螢奪廚魏爾欧詈向に
 かかりますので ニュアンスは難しいですが
 その拘束を解いてあげれば、緩めてあげれば
 脱力してあげれば 元の低さに戻ろうとします。
 スタートとしては それで十分でしょう。


🔥そこで 問題になるのが 右手 右腕の
 クラブとの関係です。
 右手は 高さが変化する軌道 に対し
 それをある程度考慮に入れながら
 からだに平行、胸に平行、軌跡通りに
 横に押してあげる ⇒正しくは支えてあげる の方が近いと思います。
 さして 力は要らないでしょう。
  (普通 で考えれば 女性の腕力でも十分です。)
 なのですが、ポイントになるのは
 それが有効に機能、活用されるのは
 右を向いていて その軌道が下向き の時 です。
IMG_0582_Moment

 からだが正面を向いてから、
 もしくは インパクトに程近い時期に 右腕を使ってしまうと
 感覚としては チカラ強い かもしれませんが、
 その時期、その時の姿勢状態では
 右腕を伸ばす はイコール 右サイドを下げる
 コトになり そのパワーやスピードは 高さと回転にしかなりません。
 
 また その行為は インパクト以降の 左向き を
 骨盤でなく 肩で行う癖、習慣を付けてしまうので
 それを辞める のではなく
 それ(右腕を伸ばす)を行う時期を変えるようにしなくてはイケマセン。

 トップの時期初期から ゆっくり緩やかに
 早く(速くではなく) 緩やかに 行う必要があります。
 蕕亮蠅里劼蕁∈玄蠅旅辰 でフェースなのですから。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


外国のスイング論まで逐一調べていないので
それが世界中なのか、日本だけなのか分かりませんが
✊当たり前 ですが、
スイングは立体の3次元の動作です。
スイング軌道は立体です。


にもかかわらず 平面上、横
よく言われる インサイドアウト とか アウトサイドイン など
横面に関するコトばかり です。

でも、実際には 飛距離に影響したり
飛ぶ飛ばないに限らず、打つ距離の安定につながったり
アマチュアにとって 最大の悩み トップやダフリ などは
縦の問題なのです。

田中どら_Moment


例えば 自分で下方向にクラブを動かしている
特に 手でクラブを下に振っているのに
その振っている自分の姿勢が 上向きになっていたら
(左サイドが高く、右サイドが低い状態)
ボールにとっては 上から打たれたコトにならないのです。
(左足上がりで打っているのと同じですね)

『ボールにどういう影響があるか』
が最も重要なコトであって
自分の動作や恰好がどうであるか は
副次的なものでしかありません。
✋こういう風にボールに影響を与えたいから
 こういう動作、こういう姿勢が必要なんだ、というコトです。

スナップショット 10 (2017-04-20 16-39)


例えば・・・ ですが、
ちょっとややこしいのですが、
ゴルフクラブの構造は
ボールと接触する ヘッドのロフト角度 だけでなく
ヘッドがどのような上下角度で入ってくるか も
ロフトの要素の一つ です。
そして、それは 人間がどう振るか どうクラブを扱うか以前に
そのクラブを構えた時の 前傾姿勢で決まる
と言う前提の上で クラブは作られます。

ですので ロフトの立ったクラブは
ある程度の長さが必要になりますし、
逆にロフトの寝たクラブを長くしても
その意味はありません。
ロフト角度とロフトなりの長さ というのはある程度パックになっています。

その大前提は 前傾姿勢、長さなりの構え にあるのです。

それを 手で振って 好きなような角度から入れてくるのであれば
長さだけでなく、ロフトの意味、番手による長さの違いも
消失してしまいます。
(最近では 全番手同じ長さのアイアンがあるとか…ないとか)


また、前傾姿勢の角度
というのが ヘッドを入れてくる角度、
即ち、ロフトの一部である と言う考えが
コースに出た時 傾斜によって どんな球
どんな高さや回転が掛かるか の源 になるのです。


アマチュアであれば ミスが出るのは当然です。
殆どのショットがミスになるのは 仕方ない というか
それはそれで楽しいのですが、
打つ前から どんな球が出るか分からない打撃法 では
練習ソノモノ の意味すらなくなってしまいます。

スイングプレーン論を唱える人は
そこがまるで分っていない様な気がします。

手でクラブを振るのであれば検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment
数を打って自分なりに覚えるしかなく
それは 刹那な時間の瞬間芸ですので
教わることも 教えることも出来ませんから
根気があるか、暇があるか、他にすることが無いか
その時点で スイングがゴルフをする人を選んでしまっています。
 当然 ゴルフをする人、始める人、続ける人は
そのスイング、そしてそのスイングを強要するクラブやレッスンに
ふるいに掛けられてしまいます。

手でクラブを振る限り
ある程度、打てるようになっても
練習量、練習頻度は絶対条件になりますが
動きに無理があるので それをすると必ず体を痛めます。
前門の虎、後門の狼なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ