◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: ゴルフ脳内革命


今は便利になったもので
椅子に座っていても 毎日毎日
沢山のスイング動画を見ることが出来ます。
IMG701


そのほとんどのスイングが
出来れば避けたい、嫌いな「アウトサイドイン」「カット打ち」
になるべくの ショットであり、スイングです。
上手くない、下手だ と言う意味ではありません。
「アウトサイドイン」になる為のスイングを意図的に作っています
「アウトサイドイン」をワザとしているのです。


IMG703


✋大前提 として 言っておきたいのですが
アウトサイドイン が悪い 訳ではありません。
当たり前ですが ボールは無機質 です。
これから打つ人が どのクラブを持って、
どの方向を向いて どうやって打つか
全く関知しませんし、忖度も、祈りも通じません。
ましてや ゴルフクラブで打たれるかどうかもわかりません。

単なる物理的な衝突、加重・加圧によって のみ
飛んだり、上がったり、曲がったり するのです。

ですので 良く言う アウトサイドインは
打つ人の構え、スタンスの向き に対して
どう振ったか の形容詞ですが、
ボールにとっては 打つ人のスタンスやアドレスの向きなど
うかがい知れぬ、まったく関係ないモノ で
打つ人の勝手な「アウトサイドイン」 は
ボールにとっては その方向に打たれた、振られた に過ぎません。


確かに傍から見れば かまえた向きよりも ややひっかけ気味に振った、
打った ように見えますが、ボールにはそれが真っ直ぐ(目標方向)なのです。

  ✋ わかります?
    実はこのポイント、とっても重要だと思います。
    その本質が分からないと
    治せるものも治せなくなってしまいます。


ですので 自分の構えに対する アウトサイドイン という
ボールから見た物理現象を無視した エゴイズムの強い考え方 では
問題は解決しません。
IMG702

自分の都合、自分の構えに対して やや外から
スタンスの向きに対して やや左に振られた
俗称「アウトサイドイン」の問題は
その軌道にあるのではなく
構えに対し アウトサイドイン に振ると
1.インパクト時、体が開いた状態
 👉左サイドはボールから遠く、右サイドがボールに近い
 つまり ロフトを開いた状態で当たり易くなる
2.インパクト時 からだが開いた状態
 👉左サイドが高く、右サイドが低い
 つまり 左足上がりの状態と似た状態

この二つが同時に起こるので 飛距離不足の問題や
ダフリやトップのミスが増える問題が生まれるのです。

ですので 飛距離不足に悩んでおらず、ミスも多くないのなら
別に気にせず、ややひっかけ を持ち球にして置けば良いのです。


その物理現象を無視し
「アウトサイドイン」という ボールを考えず
自分のエゴ だけで 軌道を「インサイドアウト」に治そうとすると
ゴルフ人生を通して 悩み続けることになります。

Desktop 2019.08.05 - 07.31.06.02_Trim_Slomo_Moment(2)

普通にしていれば ややスライス気味の球になるか
ひっかけが このスイングにとっての正解の球・弾道
このスイングにとってのナイスショットです。



インサイドアウト とは
からだの向き通りに動かす
手さばきではクラブを動かさず ショットする、

そして クラブはテークバック側では 短くなっており
フォロー側では長くなるサマ から そう見えるだけであって
クラブを手さばき(シャフトの角角度運動)で動かしている限り
絶対に、未来永劫 正しい意味でのインサイドアウト にはならないのです


だから 言葉にされる
「アウトサイドイン」はダメだよ
「インサイドアウト」にしましょう

というのは その軌道を治せ と言う意味ではなく
クラブの移動を 手でなく からだで行いましょう
というのが真意なのです。



 ですので ここの部分を履き違えてしまうと
 覚える必要の無い無駄な動作で補正を繰り返すことになるのです。
 その補正動作は 本来 ゴルフスイングには全く必要の無い
 無駄な動作!であり、体を痛める動作! です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイングプレーン論、スイング軌道論 が
大切そうに見えるけれど、ややこしいのは
スイング軌道が 斜めに傾いているから でしょう。

ああああ スイングの始まりには
前傾姿勢があるから・・・・  ・・・それはそうなんですが
一般的に浸透している スイング軌道 は
その前傾姿勢の角度とは異なる 別な角度を持っています
20190411_Moment

傾いた姿勢で行う スイング動作、
その傾きとは異なる、
『別な傾き という二通りの傾きがある』こと、
その二つの傾きにあまり共通が無いことが
そのスイング軌道論をややこしく、
なんだか大事なモノなのに、
 納得して頭に入り難い原因だと思います。

また スイング軌道論を難しくしている別な原因に
その軌道をヘッドの軌道と履き違えてしまい
傾きに沿って ヘッドを動かす
 という
なんだかちょっと詐欺っぽい理論が横行しているコトもあるでしょう。

ヘッドを動かさなければいけない
「アドレス時」の前傾姿勢に沿って ヘッドを動かすには
それを体!ではなく、手で動かして
「アドレス時」の前傾姿勢に沿った傾き軌道は
いったいなんだったか になってしまいます。20170920_matsuyama-650x435

右の写真のような状態になってしまう⇒⇒と
一体何を基準に なぜ そこなのか
どの スイング軌道が正解なのか
 実は打っている本人にもわからない状態に陥ります。
グリップは高く上げたけれど、クラブは寝かしてしまっていて
ヘッドを上げたのか、下げたのか
高くしたけれど 下げた状態 と言う奇奇怪怪になりますから、
これを論理と言えるのかどうか 非常に怪しい状態です。



また、その論理を追いかけている人は例外なく、
インパクト時 前傾姿勢が消え、
最近では からだを右に傾ける 側屈 という造語や
挙句の果てには オーバーですが、ジャンプしながら打て
という その軌道の傾きの元・源はいったい何だったのか と言う状態です。
これでは 信じていいのか、疑うべきなのか、
なんだか もやもやしたまま スイングを考えることになります。

mh


スイングに悩まず どんな理論も知らずに打てちゃう
に越したことは有りません。
スイングのどこかの部分(時期)を切り取った クラブの位置や
からだの姿勢など気にしたくて気にしている人は少数です。
元々 ゴルフのスイングの理論なんて言うのは
上手く行かない、悩んでいる人やこれからゴルフを覚えた人が
より簡単に、より無理をしないで スイングを覚えるための
虎本的、あんちょこ的なモノなのですから、
あまりにはっきりとした矛盾と内包していては
本末転倒も甚だしいと思うのです。



で ハミングバードのスイング軌道論の基礎は

アドレス時の前傾姿勢通り のモノ です。20190411_Moment(2)

△修靴董,修譴鰺効活用するため、
 個人個人が把握しやすくするため
 それ通りに からだの向きを変えるモノ です。

 前傾姿勢とは 骨盤と大腿骨の からだの前面に対する傾き差
 ですので、胴体を捻ったり、足首で回ってしまっては
 容易にその前傾角度を失ってしまいますので
 俗に言う 股関節 で体の向きを変えるべき でしょう。

ゴルフクラブには 弾道の飛距離もそうですが、
 弾道の上下左右、それに伴う回転やボールのスピードなどを
 生み出す、司る 角度(ロフト・ライ・フェース角度) というモノがあり、
 それは立体で相互に絡み合うので
 出来るだけ その角度の維持したまま、
 ショットにミスは必ず伴うので 出来るだけ 似たようなショットを
 生み易いよう、大きく その角度の動かさないように使う

ぅラブは グリップを上げれば ヘッドも上がる構造 です。
 スイング用語 で言うと コッキング、
 クラブで言うところのライ方向に クラブを動かす必要はありません

 クラブヘッドは自分の方に鎌首を垂れたような形状をしていますから
 あまり強く握らない限り、放っておいても コッキングの動作は入ります。
   〇それを避ける、それをしないスイングであっても全く問題ありません。
 上記の通り、それを大きく変えるコトは
 方向だけでなく、距離にも影響が大きいですし、
 よほどの怪力の持ち主を除いて、その方向に多く動かす人に
 飛ばし屋は多くありません。
 グリップを高くすれば、ヘッドを上げる必要は一切ありません。
 自然に上がる程度で十分です。

 ✋どちらかというと 飛ばない人の典型的な動き とも言えます。


                   ぁ,法,弔鼎  (また明日)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


個人的な感想。。。なのですが、
多くのゴルファー、教えている人も含め
スイング軌道の概念を間違えている
と思います。

確かに ショットが飛んだり、曲がったり、
上手く当たったりするのには
スイング軌道 ⇒ ヘッド軌道 というのは
関係・影響が有りますが、
では スイングの軌道が
〇地面に対し 傾いているのはなぜ?
〇スイングの軌道を比較すると
 クラブの長いドライバーは
 クラブの短いウエッヂに比べ
 フラットになるのはなぜ?

と言う点に言及していません。
スナップショット 1 (2013-02-08 20-14)

スイングの軌道 が傾いているのは
分かるとは思いますが
スイングを始める姿勢に からだに対し前に傾いている、
骨盤と大腿骨のところ、股関節に前傾角度が存在するから
 です。
長さによる違いは その長さによって
前傾姿勢の浅さ、深さが異なり
クラブの長いドライバーは前傾角度が浅くなるから フラット気味に
クラブの短いウエッヂは前傾角度が深くなるから アップライト気味になります。

ここまではなんとなく理解できますよね。

しかし 今のスイング軌道論、俗に言うスイングプレーン論は
スイング軌道とヘッド軌道をごちゃまぜにしてしまっています。


スイングの軌道は 前傾姿勢を元 とする
 『グリップの軌道』です。
ヘッドの軌道とは異なります。


それをごちゃまぜにして
スイング軌道の上に ヘッド軌道を重ねてしまう と
それは 前傾姿勢とは関係なく
手さばきで それを造らなければならなくなり
軌道が傾いている元になる前傾姿勢とは関係のないモノに
行き着いてしまいます。

PCC例の通り 少々極端なパターンですが、
確かに前傾姿勢はありますが、
この状態では クラブはからだの右外 にあります。
からだは固定したまま、
腕を使ってクラブを横に倒さなければ(シャフトを捩じる)
この場所にクラブを持ってくることが出来ません。

ここから打撃するのには 前傾姿勢を今風な言葉で言うと
側屈、側傾姿勢に替えなければなりません。

この姿勢を維持して 打撃するのは不可能、
からだが壊れてしまいます。



スイングの始まり、アドレスではlesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショットlesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット
前に傾いていますから錯覚してしまいがち、ですが、
前傾姿勢と除けば ヘッドはグリップよりも高い位置
グリップはヘッドよりも低い位置にあるのです。

ですので そのまま腕は固定で
右を向けば ボールを打つ、打たないに関係なく
グリップの通る軌跡と ヘッドの通る軌跡は重なりません。
ヘッドの方が上になる軌跡が描かれます。

にもかかわらず コレでは⇒img_849654_25726387_0
ヘッドを下げてしまった形、
クラブ(シャフト)を捩じってしまった形になってしまいます。

スイング動作は 元々、傾いて
目標方向に横を向いて という 方向の難しいところから
スタートするにもかかわらず
縦横がごちゃごちゃとなり、動作に丸く振る動きを多用してしまう
勘違いを生むのが 現代の「でたらめスイングプレーン論」なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



アマチュアにとって、スライスやフック、引っかけやプッシュよりも
トップしたり、ダふったり、フェース、もしくはヘッドとボールの
上下のズレ、ミスがショットの是非にとって一番影響が大きいと思います。

アドレスで ヘッドをボールの後ろ、
別な見方をすれば ボールの高さにヘッドをセットアップしているのに
インパクト付近の ゴルフスイングの中では最高速度の短い時間の
クラブの長さ(肩からヘッドまでの距離)がアドレスと異なり、
それを伸び上がり、体の開きで調整しなければいけない動作は
アマチュアが目指さなければならないスイングとして
根本的な欠陥があまりに有り過ぎます。
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment

スイングは若干傾いた体の姿勢(前傾姿勢)で
シンプルに縦、横だけではなく
斜めの流れの中で 左右ばかりでなく、上下の角度まで
 ある程度の幅の中で納めたい というのが目標です。

ミスは仕方ない・・・・・・・とは言うものの
そのミスがあまりに運動神経というか、運動性能
瞬時の反応によって決まるようなショットでは
ごくごく限られた運動性能と頻繁な練習の出来る人のモノ
だけとなるような気がしてなりません。

私で言えば、目からボールまで アイアンショットであっても
1m20センチから30センチ離れています。
静止状態であっても辛いのに
運動中に 1センチ2センチの差、
その距離感・奥行きを把握するのはほぼ不可能に近いでしょう。

IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(3)IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(4)







そう言うコトが起こり得ない、必要の無いスイングを造っておく
コトの方が重要な気がします。

左手一本の素振り、
実際にボールを打つ必要はほぼありません。
ゾウさんの鼻スイングで 左手一本で打てることは
逆にアマチュアを苦しめるばかりで
百害、千害、万害あって一利もありません。
左手一本の素振り、
左手でクラブを振る、ブルんと左腕とクラブを振るのではなく
からだの回転で左腕を移動させるスイングは
アマチュアのゴルフを大きく変える一手に成り得ます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
最近のインパクトとフォローの関係を見てみましょ
hirakiyjimage4NR1MAL3dohiraki
…異様に
打ちだし
角度
高い
ですね…。





100yard1yjimage0IQ6BINQ
スナップショット 1 (2017-05-16 22-34)










注目して頂きたいのは
双方の体の向いている方向です。

インパクト ⇔ フォロー と
体の向きそのものは変化していません。

それに比べると ゴルフクラブの動きは大きく
シャフトは180度ターンし
フェースの向きは90度ターン という
異様に変化の激しい状態です。

体は動いていないのに
クラブばかりが激しく動いている というか
体を止める(終わらせる)反動で
クラブを動かしているのでこうなるのですが…。

体への負担が異様に激しいのもありますが、
このクラブの扱いでは
ミスが起こった時、上手く行ったときに
修正、反復するチャンスがありません。
体の動きに対して クラブをフリーにしてしまっていますから
練習の量によってのみ可能な 偶然待ちの
スイングになってしまいます。

まあ こう言った体への負担の激しいスイングは
若い人にお任せしませう。


IMG_0659


ロフトを立て、上から打ち、ボールをつぶした上で
体を痛めにくく、繰り返し易い、修正しやすい
スイングを造るために スイングをこう変えていきましょう。


概ねスイングは
インパクトからフォロー〜フィニッシュまで
アドレスの前傾姿勢を基準とした その傾きよりも
ややアップライトな面をクラブが移動して行きます。
スナップショット 1 (2016-12-24 3-12)

多くのゴルファーは
レッスンプロのレベルの人でも
そのスイングなり、クラブ、ヘッドの軌道を
手を止めて クラブが動くことで作ろうとしますが、
それは失敗します。
作用・反作用を忘れています。

素振りやシャドースイングで
インパクトからフォローまでのヘッドの動きを
グリップの移動で作りませう。

クラブの長さ(外周分)の差で
ヘッドの方が沢山動くかも知れませんが、
基本 グリップの動く量、動く速度、動く方向なりに
ヘッドが動くようにしませう。

ヘッド、シャフトをフリーにしては行けませぬ。

MVI_0670Trim(2)_MomentMVI_0670Trim(2)_Moment(2)MVI_0670Trim(2)_Moment(3)











MVI_0670Trim(2)_Moment(4)MVI_0670Trim(2)_Moment(5)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


やや死語となりつつありますが、ゴルフショットには
ボールをつぶす とか
ボールを上から打つ という言葉があります。

これをトライしてみようとする人は
ある矛盾というか、不可思議にぶつかります。
IMG_0665

ゴルフボールは球体です。
そして 打撃部分であるクラブヘッドには
角度(ロフト)が存在します。

一般的な感覚で
ヘッドを上から入れれば入れるほど
ボールをつぶそうとすればするほど
その破壊力・打撃力は 回転(スピン)になるばかりで
球の強さや飛距離にはならず
スライスに悩んでいる人ではさらにスライスが増えるばかりです。

上から入れれば入れるほど 潰れないのです。

☞それでは回転ばかり増えるので
 結果として 上に煽り振るようになったのが
 今のスイングです。


002
しかし スイングは視覚的に
ヘッドを上に上げ、下に降ろし、上に振りあげる
上➟下➟上
にヘッドを動かしているように思えますから
それをしなければなりません。
トップの位置で高い場所にあるヘッドで
地面にあるボールを打つのには ヘッドを上下に
動かさないと、クラブヘッドを下に振らないと
届かない気がしますよねー💦



体の回転があるので
結果的にはこうなりませんが、
本来、打ち手が抱かなければならない
インパクトのイメージは
コチラです。
IMG_0660
実際には不可能ですが
グリップが地面に付くほど
上からフェース面で 地面なり、
練習場であるのなら マットなりに
ボールを押さえつけるイメージです。
IMG_0661

このようなイメージでクラブを使わないと
ロフト角度の意味が出てきません。
アイアンの番手間のロフトの角度は 3〜4度
時計の針の一分、一秒の差より小さいのです。
腕さばき、クラブさばきで円を描く、上下に振ってしまうと
その角度はほぼ全く意味をなさなくなり
番手を変えても距離が変わらない という現象に陥ります。

ある基準を設定し ヘッドの重量やヘッドスピードを
増やして行っても、増えるのは距離ではなく
高さやスピンです。
エネルギーは球体という特性上 回転に逃げやすいのです。


IMG_0659

ロフトがゼロ度なら ボールは地面に埋まるだけです。
ところが ロフト というスキマ(逃げ) があると
球体は与えられたエネルギーをその隙間に逃がそうとします。


しかし ここに一つ問題があります。
確かにスイングの中で本当に
クラブ・グリップを地面に押さえつけることは出来ませんが
このように クラブでボールを下から押さえると
進行方向の先に地面があるから
そこで 止まってしまいますよね
行き止まり、先が無いように見えますよね

見えてきましたか?

そうです。
だから体の回転があり
そのクラブヘッドが 上下に動いて見えるのは
その体の回転によるものなのです。

e00bf7e6

打った後 左を向いていくから
クラブ、そしてクラブヘッド自体は高くなって行くので
そこで行き止まらないのです。





ゴルフスイングはとてもよく出来ています。
ゴルフクラブはそれによく適している というか
そのゴルフクラブの機能を如何に活用するか がスイングです。
IMG_0610IMG_0607








長い棒の先に重さがあるのは
運動の速度、運動性能を重視しなくてもいいように
主の破壊力を重さによって作っています。
そして、運動性能に頼らずとも
番手によって距離が打ち分けやすいように考えられています。

長い棒の先に重さのあるものを
振ってしまうと 無駄な、打撃するのに、スイングするのに
全く無駄な遠心力が出来てしまい
スイングの労力のほとんどをそれに取られてしまいます。
しかも 打ち分けるために存在するロフト角度の意味も
失ってしまいます。


一見すると 
自分が動かず、クラブ自体が動いて見えますが
クラブの機能を考えると
自分が動いて、クラブ自体は動いていないのです




              ・・・続く
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


これは悶絶クラブだから…という訳ではなく
ゴルフクラブの使い方で
『根本的に間違えてしまう』ところは
ヘッドを動かしてボールを打とう
としてしまうことです!

これはどういうことか…と言うと
当たり前ですが、悶絶クラブであっても
そうでない市販のクラブであっても
ゴルフクラブは グリップとヘッドは一体!
つながっているものです。

多くのゴルファーは
グリップを動かすことで直接ボールを打つのでなく
〇ヘッドのみを動かすことで
〇グリップを動かして、その後ヘッドを動かすことで
グリップをどう動かすか?でヘッドを動かすのではなく
グリップを止めて、ヘッドを動かす ことで
ボールを打とうとしてしまっています。
o0361056812059034776

シンプルに考えれば
ヘッドの重さがどうであっても
シャフトの硬さがどうであっても
グリップを動かせば、ヘッドも動きます。
グリップを移動させれば、ヘッドも移動します。
その原理原則の元、
クラブの各機能は働くようになっていて
ヘッドの重さやシャフトの柔らかさ(硬さ)は
その助力、その動きの源にもなっています。

ところが、苦労を重ねてしまうゴルファーは
グリップの移動=ヘッドの移動 とは考えず
グリップの移動&ヘッドの移動
という二度手間をかけてしまうのです。

テークアウェイでもそうです。
まず体の動きで、…キッカケ的な感じではありますが、
グリップを動かし、次いでヘッドの動かす。
視覚的な要素から入っているから
仕方ない…と言えばそれまで‼ですが
クラブはヘッドとグリップがつながっていますから
グリップだけを動かして、あとからヘッドを動かす
(主にヘッドだけを動かす為の一連の動きですけど)
そのヘッドを動かす時にはグリップは止めておきたいが
いかんせん 長い棒の先にあるヘッドの重さというのは
運動も加わって 長さ×重さ×運動 というように
意識はしていなくとも重たいものですから
その重さにグリップも動かれてしまいます。

ヘッドを動かす時は
体もグリップも止めておきたいのに
どうしたって動かされてしまう。
運動中のクラブは
その軌道の大きさや道のり、クラブやヘッドの姿勢によって
殆ど無限と言われるほどの量や種類の
不可抗力〜重さを作り出しますから
毎回、毎回 その動かされ方は異なる。
これが ショットの繰り返せない理由やミスの原因で
あったりするのです。

.哀螢奪廚魄榮阿気擦
▲哀螢奪廚鮖澆瓩謄悒奪匹魄榮阿気擦

という2個の動作ではなく

.哀螢奪廚魄榮阿気擦襪海箸把樟椒悒奪匹魄榮阿気擦

という1個のアクションに替えない限り
ゴルフクラブの「働き」は見えてきません。

悲しいことに 今や
トッププロ?と呼ばれる人からも
重心距離をゼロにした
 シャフトの延長線上に打点があるクラブを
意識するようになってしまっています。

グリップを止めて ヘッドを動かすのには
ヘッドは軽く、シャフトは硬く、重心距離は短め(小振り)
の方が不可抗力が少ないので振り回しやすく
それの方が 量産型クラブを作るメーカーとしては
コスト意識にマッチするので
そう言うクラブばかりが巷に溢れています。
  ゴルフ熱急減、ゴルフ人口急減は無関係とは言い切れません…。


329500ce兎も角!
グリップを動かすことで直接ボールを打つ
という感覚を磨いてください。

グリップを動かし
その後 ヘッドを動かす
という意識のままでは
重いヘッドや柔らかいシャフトは邪魔はしても
なんの手助けもしません!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



Rさんもご多分に漏れず、ヘッドを振り
フェースを自分に向け続けるように
地面のボールをこそぎ取るような打ち方 でした 。
本人もそれに強く疑問?矛盾?を感じていました。

ブログ等での予習の効果か
ボールをつかまえる 👉地面にボールを押さえつける
捉え方は 思った以上にすんなりと出来ました。
これさえ 出来れば だいたい大丈夫です。

20190525gc5_Moment(2)20190525gc5_Moment(3)20190525gc5_Moment










フェースの使い方(のイメージ)を今までと 正反対にします。
このアプローチもどき、アプローチの距離を打つ、
単にボールをつかまえるトコロだけ、
これって 意外と出来ないモノ なのです。

ヘッドをボールと地面(マット)の間に入れるモノ
と条件反射のように覚えてしまっている人には
ヘッドを ボールと地面の間に入れないショット は
ボールに当たらない、打てない意識が働くんでしょうか?

それとも このような小さなショット では
腕さばき(肘さばき)が出来ず、どうしても
肩の揺さぶり、肩のゆりかごの動きでしか
ボールが捉えられないからでしょうか?


過去のブログでも書いていますが、
フルショットに関しても このさばきに
必要十分な「からだの向き」と「グリップの高さ」
を加えるだけです。
大筋 このとらえ方が 『ショットそのもの』 とも言えます。




次のドリル ですが、
フェースの使い方のイメージを大きく変えてもらいます。

〇フェースをずっと 下に向けておく
もしくは
〇フェースを円弧の外にずっと向けておく
というドリルです。
  まあ ドリルというか ショットのソノモノ ですがね…

1.右を向きます。
 フルターンです。
腕や肩のひねり、上半身の捻じりではなく
股関節から上の胴体、骨盤をしっかり右に向けましょう。

2.グリップは ある程度、お好み分、高くしてください。
ヘッドは上げなくても良い、グリップが高くなる分と
右を向く分だけで 十分、十二分 です。

3.フェースは意識的に下向きを強め、
右を向いている分(左サイドが低く、右サイドが高い)
以上に 多めに下を向けて下さい。

4.後は体を回すだけ


✋注意点としては
 フォローなり、フィニッシュの位置でも
 トップの位置と全く同じ形・姿勢のクラブ
 〇フェースが下向き
 〇グリップが飛球線側前方、ヘッドは後方

 クラブをターンさせるのではなく、
 まったく そのままの形で終わりを迎えるような
 そんなイメージです。

445413






✋自分とボールの間を
 クラブを垂直にして通すのではなく
 地面にも平行(ややグリップの方が下め)、
 飛球線にも平行(やや右向きかな)
 の形のまま 通すようなイメージです。

フェースはずっと 下向き、円の外向き です。
実際にはそうならない〜あくまでもイメージですが、
クラブの姿勢を立体的に
変えないのですから そのまま ですよね。

✊打てそうもない、当たりそうもない。。。 ですかね


本当の意味で『インサイドから打つ』
というトレーニングに最適かと思います

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アイアンヘッドをデザインする際
『低重心化にする』ことは
アイアンヘッドをやさしいものにする の代表例です。

ボールの半径・地面からのボールのセンターは22ミリ位なので
これを基準に それ以下のモノを低重心
それ以上のモノを高重心と呼びます。


まあ 表立って低重心と呼べるのは
重心高さが20ミリ(以下)を切ったものでしょうね。

この10年でスイング論が異質な形に変わってきてしまっているので、
この低重心化というのがやさしいもの と言えるのかどうか
少々 ❓❓❓の時代になりました。
本来はゴルフクラブによって 簡単かそうでないかの目安の
代表例が「ボールを上げる能力」だったのですが
煽るスイングが主流の現在、低重心化はボールを上げることに寄与
しなくなっており、逆に失速を生み出す可能性が生まれてきています。
ユーティリティなどもそうですが、重心の高さが18ミリを下回り
それよりも低いものは 煽り打ちの人には危険です。



意外かと思いますが
ソールが厚かったり、大きくても
実は「低重心化」にはあまり関係ないのです。
ソールの奥行き(厚み)が 1mm増えても
重心は1ミリなんて全く下がりません。
機種や形状によりますが 製品誤差程度
0.5ミリ以下程度の変化しか起こりません。


特別な異形としない限り
アイアンを低重心にするのは 二つの方法 です。



.▲ぅ▲鵑旅發機幣絏縞向)を薄く(低く)する

死語になってしまいましたが、
上下に小さい(薄い?低い?)アイアンのことを
ロープロファイルのアイアンと言いますが
この形状は典型的に低重心を優先した形状です。
ロープロファイルの形状のアイアンは
総じて トゥ側も低めに取り
ヒール〜トゥ方向への末広がりが少ないアイアンになります。

一般的なアイアンの形状で
ロープロファイルの 特にトゥ側の低いアイアンヘッドは
重心距離の短い、小振りな形状になりがちで
低重心であっても 慣性モーメントの低い
ミスにシビアなアイアンになりがちです。


$_1

ふるーいアイアンですが、代表的なものは
ブローニング というのがありますね。
(知ってる人いないでしょうね)
この形状は ロープロの代表でもあり
重心距離の長さもあってとても特徴的ですね

まあ アイアンと言うよりも
L型パターに近い形状です。

通常のアイアン という形では
この手の ロープロファイルのモノは殆ど姿を消しましたが
たらこ型のユーティリティにその流れが残ってますね。




▲優奪を短くする

ソールを厚くするよりも はるか効率的に低重心になります。
003

特に近年、接着剤の性能があがり
接着面積を少なくしても安全になったのに伴い
この20年でかなり短いネックが主流です。
機種によっていろいろではありますが
古いタイプのものに比べると 30mm近く短く
30mm近い鉄の筒がなくなったのですから
低重心化するのは確かです。

一方、そのネックについて 気になるのは
最近のパターです。
パターは転がすこと、ボールを上げないで転がすことを
主目的にしていますから
低重心である理由も、深重心である理由もありません。
低重心・深重心ともにパターにとって
良い面は少なく、よりよいボールの転がりを作り辛くなります。
マレットや私の目からは異形なパターは
慣性モーメント →ミスへの寛容性 を上げる
という名目で大きくなっているものが多いですが、
ボールの良い転がりを犠牲にしている面が少なくないと思います。
ならば 高重心・浅重心で
ヘッド重量を重くすればいいのですが…
おそらく 科学的、ロボット的なデザインの方が
進化したもの、進んだものと
ユーザーは感じてしまうのでしょうね



大型キャビティがミスに寛容とは限りません

そう 低重心とは別な話題ですが
ミスへの寛容性 慣性モーメントの話をしましょう。

多くのゴルファーは
大きなヘッド=ミスヒットに強い
大型ヘッド→慣性モーメントが多い

という風に考えていますが、
実は真実ではありません。

ボールの打撃 真っ直ぐ飛ぶとか高く上がるは
物理現象であり、視覚現象からは生まれません。


ミスへの寛容性が高い というのは
アイアンに限らず、 パターやドライバーもそうですが
ヘッドの運動「持続」能力が高く
ボールに接触しても そのサマによって
運動が阻害されにくく、影響を受けにくいことを言います。
それを用語として「慣性モーメント」と言います。

つまり ゴルフクラブのフェースにどこかの芯があり
その芯にあてるとか、その芯の広さとか
フェース面上のボールの当たり所 ではないのです。

慣性モーメントは当然ヘッドの創り と ヘッド重量
そしてヘッドの移動速度の掛け合わさった総体 です。
001

大型のキャビティヘッドが慣性モーメントが高いのは
重量が周辺に配分されており その分
おおよそのボールの当たりどころに対し
重さ×距離分 重さが多くなる効果 という意味です。

ですので 機種など造りによって多少差はありますが
キャビティヘッドだから コンベンショナル(ブレード)
マッスルバックのアイアンヘッド
よりも ミスに寛容 というのは正直、真っ赤な嘘

✖230gのヘッド重量の大型キャビティアイアン よりも
◎270gのヘッド重量の小型マッスルバックのアイアン


の方が慣性モーメントは大きく、ミスに寛容 というのは
普通にあり得ます。

ただし コンベンショナルなアイアンは
買うユーザーの嗜好上、重心距離も短く
ヘッドを回転させることを念頭に使われるので
そういう使い方も含め ミスに寛容かどうかは
微妙ではあります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013-04-30 10-21-17.464_Moment
この画像は 切り返しの直後 と言う場面です。

この時の 自分の胸の面 と シャフトの関係 
 ・・・この場合は 60度位(角度は重要ではありません)でしょうか

2013-04-30 10-21-17.465_Moment

時間は進行していきますが
その角度は変わらず、単に体の向きが変わっていくだけ

2013-04-30 10-21-17.466_Moment

インパクトに入っていく場面ですが、
胸の面とシャフトの角度(相互関係)は依然変わりません。60度のまま です。

2013-04-06 12-19-18.455_Moment2013-1







角度が何度・・・というのは曖昧で良いのですが
この 60度位の角度は ボールを打つまではだいたい誰もかれも同じです。

そして 弊社では特に強く意識して貰っていますが、
先っちょ、ヘッドを円に振ろうとすると
 もしくは ヘッドがグリップを追い越すモノ と考えて振っている人も
実は 結局 この60度の角度は維持されてしまうのです。

何度も書きますが、棒状のモノの先端に重さがあるのがゴルフクラブです。
そして それは 速度の変化、速度が上がる分 積算で重くなります。
円に振ろう、ヘッドが追い越そう と考えると
その重くなるものを動かそうとするので
 結果、自分がからだを開く。。。
ヘッドに対し後ろに下がるような姿勢になってしまいます。
ヘッドが支点になって 自分が移動するような そんな姿勢になりますが、
自分とシャフトの角度は同じ なのです。

20161215Trim(2)(2)(2)_Moment(2)20161215Trim(2)(2)(2)_Moment(2)-1








ヘッドは体の向きが変わるので 結果、円を描かれますが
それに加え 更に 手回りで 円を描こうとすると
ヘッドの通る道のりが長くなり過ぎます。
それでは 予定の時間(インパクト)に間に合いません。

アプローチやスローなスイングで掴んで貰いたい ですが、
この上から見ている画像で・・・想像力を働かせて
インパクトのヘッドの位置から インパクト付近まで
最短の、直線の近道 を想定してください。
出来るだけ自分に近い、直線で、最短距離の近道

✋そして それには 同じことがグリップの移動にも言えます。
 グリップの軌跡のイメージ
 出来るだけ自分に近く、直線で、最短距離の近道
 を想定しておかないとイケマセン


アプローチなどでは グリップの移動よりもヘッドの移動の方が少ない想定
をしておかなくてはイケマセン
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



http://hbs.livedoor.blog/archives/1977783.html


コチラの記事の続き になります。


20090801 2009_09_02_15_09_49-62フレームショット


ボールはフェース面で下・地面に抑えるイメージ
これとは少々異なってしまうのですが、

上手く クラブを扱えない方の共通点 は
やはり 『ボールを弾いて打ってしまうコト』 に思えます。


ヘッドの移動速度よりも ボールの方が速く移動するのは
ボール速度の方が速いのは
それは 単にロフト角度の作用 なのです。

おはじきを弾くように ヘッドをボールにぶつけて
弾いて打つから そうなるのではないのです。

まった 同じ方法で打っても
ロフト角度の違いから ボールの方が遅く成ったり 速く成ったり
するに過ぎません。

06


 ヘッド速度とボール速度は対比
〇ロフト 10度のクラブでは  1.4
〇ロフト 30度のクラブでは  1.2
〇ロフト 50度のクラブでは  1.0以下

この数値を 巷では「ミート率」と呼んだりしますが、
数値だけで言うと この数値が一番高くなるのは
何を隠そう ロフトの一番少ない パター なのです。

✊アプローチなどで 二度打ちの出るメカニズムは
ロフトの大きなコトによる ボール速度の遅さ に加え
ボールの移動に角度が付くので 実質水平移動が少なく
ヘッドが ボールに追いついてしまうコトにあります


ボールをヘッドで『押して』打つ のと
ボールをヘッドで『弾いて』打つ のでは
ショットの仕方が変わってきます。

ボールを押して 打とうとする場合、ボールは 質量 の塊です。
ですので それに対して 体も自然に 出来るだけ大きな重さ
大きなモーメントを使って 👉つまり体を動かしながら
グリップの移動を断続的にしながら インパクトを迎えます。

一方、ボールを弾いて打とうとする場合、
ボールは質量というよりも、その見た目の形状であったり 大きさ
であったりするのだと思います。
弾いて打ちますから からだやグリップは 基点 として
どこかで止め、その慣性や惰性で ヘッドとボールをぶつけるコトになります。

おそらく これが ヘッドがグリップを追い越す
ヘッドローテーション、フェースの返し の元 になっているもので
それらは その打ち方の「後付け」の理屈と思われます。

スイングと言う動作とクラブの構造を考えると
ショットは 放っておけば 上から打ち、インサイドから打ち
ボールには左回転が入り易くなります。 
からだを回すコト によって グリップを移動させる
その結果、ヘッドが移動してボールを打つ というコトであれば
下から打つ、アウトサイドイン は存在しません。
よって 弧の大きさ の違いや個々の人による加速タイミング
などを除けば スイング軌道の差は 身長や構え、クラブの長さの違いに過ぎず
何種類もの スイング軌道の種類は存在しえないのです。

まして インサイドアウトとアウトサイドインの共存 や
ボールを下から打つ は 理屈上あり得ないのです。

しかし ボールを弾いて打つ のであれば
必ず ショット・・・インパクトは クラブ、特にヘッドしか動いておらず
それは 基点になる止まる体やグリップによって
無限な種類の軌道を作り出すことが可能です。
だから スイング軌道論争 になったりするのです。


おそらく この非常に基礎的なイメージが破壊されない限り
技術論や理屈では スイングはまったく変化を見せないと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ショットの練習が上手く行かない人
スイングの改良が上手く行かない人
この全員ではないのですが
その人たちに共通して見受けられるのが
 『ある錯覚・勘違い・思い込み』  だと思います。
sample 2009_09_29_23_49_15-1481フレームショット

そして その錯覚 は
非常に伝えにくい・伝わりにくい と思うのですが、
『ショットはボールを弾いて打つものだと思っているコト』
『当たり前に ボールの方がヘッドの移動速度よりも速く飛ぶコト』

なのだと感じます。

それは特にアプローチやパターに顕著に出ます。


その勘違いを助長するゴルフ用語として
ショットの計測などで用いられる「ミート率」がありますが、
これは ヘッドの移動速度に対するボールの移動速度 の比です。
単純に 数値で表すと
 ヘッドの移動速度  40ms に対し
 ボールの移動速度 50ms であれば 1.25
              55ms であれば 1.375
              60ms であれば 1.5 になります。

用語として 「ミート率」と 呼ばれていますが
正直 本当の意味でのミート率とは似ても似つかず
単に インパクトの動的ロフトが立って行けば 数値は大きくなる だけに過ぎません。
ですので 使える、使えない、安心して打てる を別にすれば
少ない、立ったロフトのクラブほど このミート率と呼ばれている数値は高くなります。

IMG_0361(3)_Moment


そして このミート率と呼ばれているモノの理想的な数値は 1.4以上 と言っていますが
それも 同じく 自分にとって 動的ロフトを使える限り 少ないモノにすれば
誰もが達成できる数値です。
ここで ポイントなのが 「動的ロフト」なので
製品としての「物理固定ロフト」はそれを作り出す要素に過ぎず
その動的ロフトには インパクト時のヘッド姿勢のロフトと入射角度、ヘッド進入角度 などが
含まれますし、もちろん ヘッド重量も関係してきます。

話を元に戻しますが、
ヘッドの移動速度に対し
 ボールの移動速度の方が 約5割増し で速い
と自然に思っていると思いますが、それは間違いです。
同じクラブの扱いをしても その動的ロフトが大きくなれば
それに応じて その数値も下がり
40度を超える大きなロフトになれば
 ヘッドの移動速度を下回る数値が
出ることもあります。 典型的なのが二度打ち です。
Inked2012-10-22 02.28.36 20152342_Moment(2)
ヘッドに対し ボールの方が速い
 と思っている人が殆どだと思いますが、
それは 「ロフト角度」 と 破壊力としての「ヘッド重量」の付帯的な要素のお陰で
エネルギー不変の法則の基本では
 ボールの方が絶対的に遅い のです。

例え 製品のロフト角度が0度であっても、
ヘッドの重量がボールと同じであれば
ボールの速度はヘッドの移動速度を上回ることは不可能です。
ヘッドの重量が1キロであったとしても
動的ロフトが45度以上であれば
ボールの速度がヘッドの移動速度を上回ることは不可能です。

当たり前に、ボールの方がヘッドスピードよりも速い モノ と信じていますが、
それは スイング動作とは直接関係のない
 動的なロフト角度とヘッド重量によってもたらせるもの で
基本 ヘッドの移動速度はボールの移動速度と大きな差はないのです。
むしろ ボールの移動速度の方が遅い のです。

つまり ボールは「弾いて打つ」のではなく、
単に『質量としてどかしている
〜移動させているに過ぎない』と言うコト なのですが、

伝えにくい、伝わりにくいニュアンスなので
既にそのニュアンスが掴めている人(必要のない)には理解出来て、
そのニュアンスが必要な人には理解できない というもどかしさが付いて回ります…。


当たり前のように ボールはヘッドで弾いて打つ感覚、概念、思い込みが
結果として ヘッドがグリップを追い越すを生み
ヘッドローテーションや 手でクラブを振ることを生む のではないかと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


当たり前のコト、と言うのは思いのほか 難しいのかも知れません。

ゴルフスイング、ゴルフショットは
打ち手、人間がなにがしかの動作をして
グリップを移動させるから ヘッドが移動し
そのヘッドがボールに当たります


グリップを動かすコト、移動させることで ヘッドを動かせば
ヘッドの移動速度や移動ラインは
自分が直接携わることの出来る グリップの移動の仕方で
自分が関与することが出来ます。
ミスが出たとしても その修正は比較的簡素な修正で済みます。

キャスト_大_Moment(2)キャスト_大_Moment
しかし、多くの人は
グリップを止めるコトによって その反動というか
ヘッドに残る移動の慣性でボールを打とうとしています。
慣性…というと聞こえは良いですが、惰性 に等しいですね。
✋ヘッドを1m移動させるのに グリップは10センチも移動しません。
 インパクトをどこかのポイント ある1点 1mmの部分とすると
 その1mmのポイントを作るのに グリップはその1/10 0.1mmです。
 ここでインパクトを管理するのですか?

✊これでは ヘッドの移動速度 移動方向などが
直接携われる グリップで管理しきれず、
グリップと同じ速度、同じ方向にヘッドが動きませんので
ミスが出た時の その修正は非常に難解になります。

ボールに当たる ということでは それでもいいかも 知れませんが
グリップよりもヘッドをたくさん動かす 打撃は
たくさん動かせば動かすほど
 ✋入射角度が緩くなり、ロフトが増えます。
 より飛ばなくなるのです

だから より速く動かすので より入射角度が緩くなり、ロフトが増えます。
しまいには それによって作られる遠心力・不可抗力によって
 より入射角度が緩くなり〜もしくはしゃくり、煽り軌道になるほど
 よりロフトが増える という素敵な循環に入ります。
 ああああ これがレッスンで稼ぐ方法なのかも…。

✊ですので 皆さんが体験していると思いますが、
 比較的 ロフトの大きなクラブ 9番アインやピッチングウエッヂ
 特にウエッヂショットで、うまく打てば打つほど ショートする
 という現象が現れます。


ウエッヂで打つ ロブショットは ロブショットと呼ばれ 珍重されますが、
皆さんは 7番アイアンでも、ユーティリティクラブでも、ドライバーでも
ロブショットを打とうとしているのです。
IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(3)









知っての通り、ロブショットは 通常のアプローチよりも
圧倒的にミスの確率が高く、そのミスもかなり過激な痛手になるミスです。
ゆっくり振れば 地面につっかかり易く、
かと言って 速く振るとより難しくなりますが、速く振らざるを得ません。
・・・どう考えても、ロブショットをフェアウェイウッドで行ったら 難しそうでしょ??
  だから フェアウェイウッドが打てないんですよ。

砂の質や状況によっても異なりますが、
足場の緩い バンカーからロブショットを打とうとしたら どうなるでしょう?
チカラのない女性に可能でしょうか?

ロブショットとは そのクラブの長さとは関係なく
圧倒的に緩い入射角度で ロフトを大きくして打つショット です。
飛ばないと悩んでいる人が やるべきことではありませんし、
ミスを少なくしたい、スコアを良くしたい と思っている人が
やるべきことでもありません。
 ゴルフのルール上、禁止にしても何ら問題がなく、
逆に多くのアマチュアゴルファーが救われるのではないかと思います。

無意識の内にそうしてしまっているゴルファーが
日々、大量発生中ですが、
ゴルフは当たり前に グリップを移動させるから ヘッドも移動するんです。
 ✌シャフトでつながっているのですから


グリップを移動させることで ヘッドを移動させれば
移動の方向も、もちろん上下左右ですが、
移動の速度も グリップの移動なり です。
ところが ヘッドばかりを動かすと
その移動の方向は 場合によって、半分のケースですが反対になります。
速度に関してもそうです。
ビデオ_Moment

これでどうやって 似たような球、似たような距離 を打ち
そして ミスになってしまうコトの修正をするのでしょう?

飛ばしたくない
上手くなりたくない
ナイスショットなど単なる偶然
スコアなんかどうでもいい
を体現しているとしか思えません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルファーにとってあまり耳に心地よくない用語
の代表例…なのですが、
この発端は 振り方やその軌道そのものの問題 ではなく
いつ クラブを動かすか が大きいですね。

体がボールと相対して、
体の正面がボールを通過してから
ショットしたのでは アウトサイドイン にならざるを得ません。
まあ 単に手遅れ(振り遅れ)ているだけ…なんですがね。

根本的に 右を向かない
肩だけを捻っている場合、
どんな風に頑張っても アウトサイドイン になります。

特に問題なのが ボールの手前…インパクト前の軌道 ではなく
打った後、インパクト後の軌道です。

ここに二種類に アウトサイドイン をお見せします。
IMG_0348 (2)_Moment
Inked2012-10-22 02.28.36 20152342_Moment(2)












双方 ともに 手遅れ状態で振っているのですが、
〇左は 遅れていますが ローテーションのないスイングです。
〇右は 遅れていて、ローテーションのある、ローテーションの強いスイングです。

手遅れ(振り遅れ)のスイングの
痛い所は 軌道に対し フェースが右を向いている
俗に言う 開いている状態なので
 ロフトが多くなってしまうコトです。


ですから ヘッドを返して それを取り戻したい・・・ のは分かりますが
それをすると 急激にヘッドがインに切り込むのと
からだや足の姿勢を見て頂くと分かりますが
ヘッドターンをする為に 左サイドをブロックするので
逃げ場がなく 左サイドを上に絞るような姿勢になってしまいます。
これは 必然 です。

結果、体が起きる→ライ角度を失うので
ヘッドターンをしたほど フェースは左を向かないのです。

手首や肘、腰や首にも良くありませんから
距離をあきらめて スライスで妥協するか
身を削って ヘッドを返すかどちらか
 です。

IMG_0361(3)_MomentInked2012-10-22 02.28.36 20152342_Moment(2)













〇左は手遅れのない フェースターンのないスイングです。
〇右はいわずもがな・・・

長さからすると 似たような番手の筈・・・なのですが
出球の高さもだいぶ違いますね。

ヘッドの位置や姿勢を見て貰えばわかりますが、
当然 安定性、方向性は比較になりません。

インパクトのロフトも大きく違うのですから
距離も当然差があります。

安定性、方向性、繰り返し易さ、飛距離、弾道の強さ
どれをとっても比較にならないほど違います。
しかも 体を痛めにくいのですから
選択の余地はないような…気がしてなりませんが
まあ お好きにどうぞ です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


トップの位置でシャフトがクロスしてしまうスナップショット 1 (2017-11-13 14-55)
と言う言葉があります。

(右打ちの場合)これはトップオブスイングで
シャフトの向きが飛球線よりも 右を向いてしまう というコトを指します。

多少…であれば さして問題はありませんが、
度合いがすごいと ダウンスイングで
左腕の始動が遅れ 『手遅れ』の原因になります。
ダウンスイングに入るのに
 クラブの重さがいったん左腕の動きを止めてしまうので
 「手遅れ」・・・
 インパクトで グリップ部(特に左腕)が
 体の右にズレる・外れてしまう要因になりかねません。



✋トップで 右ひじが曲がる分 上がり、
  かつ外に張りめにする
と提唱しております「鼓笛隊打法」ですが、
従来の 寝かして手で上げるスイングの方が
この改善をすると 大きくシャフトクロスが発生する場合があります。

意識して頂くことは▲櫂ぅ鵐箸△蠅泙后

1212-1ー蠱戮譴慮彊になることは未然に防ぐ

従来 体の向き、骨盤の向きを変えず
左腕なり、左肩だけで 右を向いている「フリ」をしていたのを
骨盤で右を向く と言う習慣を付けて頂くためのモノです。


クラブを所定の場所(トップオブスイング)、自分なりの想定の場所に
もっていくのに 左手だけで行っていたのを
右手「でも」行うようになりました。
仕事は『両腕で分担』して行いますので
 左腕の動きをその分抑制する必要があります。

シャフトがクロスしてしまうのは
左腕が右に押してしまう、右に移動してしまうからで、この際
✋テークバックは右手でクラブを持つ、扱う
✋テークバック時 左腕はからだ・胴体の回転以外では移動しない

 (体をまわす で 体を捩じる ではありませんよ)

👉過度のシャフトクロスが悪いのは
 クラブの重さが左腕を引き留め
 ダウンスイング→インパクト の過程で
 左腕が体から遅れてしまうコト! にあるのですから
 テークバック時に左腕の運動量・移動量を
 減らしておくことの方がより遅れは防げます
 
✊それによって 過度のシャフトクロスも防げるのですから一石二鳥
 是非 トライし、慣れてみて下さい。


スナップショット 1 (2016-11-15 22-12)スナップショット 2 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)






右手の使い方のイメージを治そう

 多くの方は
 からだの回転は斜めとは言え 横・水平 →ロフト方向10003407_290033064486765_134308500_n
 クラブの手のさばきは縦・垂直      →ライ方向
 と考えている節が強くありますが、
 ゴルフクラブは ソールでボールを打つのではありません。
 打面は横に付いているのです。
 そのイメージ 縦方向〜ライ方向にクラブをさばいたら
 そのまんま ボールをこする ように打つことになります。

 良く考えて見ればわかるのですが
 ボールを打つ方向 に対し 上から下 
 縦にクラブを入れれば ソールで打つのなら
  芯を喰いますが
 横についているフェースで打つ訳ですから
 単にスピンをかけるための打撃になってしまいます。

 言葉で説明するのは難しいですが、 
 腕の役割は 体の傾き、前傾姿勢の傾斜を
 少し急にするだけ(アップライト)で
 あくまでも その軌道上にグリップ、クラブを押す ことです。

 ライ方向にクラブを動かす というのは
 テークバック時にもよく見かけますが、
 よほどの腕力(馬鹿力)が無い限り、
 スピンが増える、ボールが高くなるばかりで 飛距離が出ません。

 👉右手は行きも帰りも ロフト方向(右の時はキャビティ方向)に動かします

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ダウンスイング〜切り返しの動きのお話し。
 ものすごく多い症例で、ここを理解できると
 かなり自分のスイングの欠点が見えてくる…んだけど
 上手に説明できたか ちと心配…です。

e968a0ac

ゴルフクラブは当たり前だけれど手で持っている。
クラブはどこかの時点で手で補助なり、
動かしてあげないと元の形に近いところには戻れない。

一般的な トップオブザスイング では
クラブの長さ →重さという意味での長さは
非常に短くなるので この時点がチャンス☆

.ラブの重さ という意味での長さとは
 例えば 1mのゴルフクラブであれば
 地面と水平な状態になっていれば
 ヘッド(クラブ)の重量 × 1m が重さになるけれど
 グリップの真上にヘッドがある場合
 ヘッド(クラブ)の重さに長さという係数がかからないので
 それそのものが重さになり、
 運動による加算を除けば、スイング中
 クラブの重さは最小の状態になる。

体を回し始めたら 腕や手はクラブを動かすことは
 全くできなくなる。
 体を回す運動分、クラブや腕の重さに加算が加わるため。
 運動による加算は 腕も含まれるので
 長さによるクラブの重さの加算以上に激しく重くなる。


123

✖⓵体を回す
✖⓶腕(手)を動かす

という手順にすると
体の回転、動作が収まる、静まる、止まる、減速する まで
手は動かすことは出来ず、トップの形のままになってしまい
体が止まる☛その反動でクラブ、手が動き始める
という手順になってしまう。

ということから
『結果』として 体の回転と同時にクラブを動かす形を
取るのには、先に腕を動かし始める必要が出てくる。


 
ここまではわかりますか?



           

ここからが問題で
トップオブザスイングで 先に手…グリップを移動させるのは
単にクラブの重さを利用しつつ
脱力する訳ではないけれど、
 そのままグリップを下げれば良いだけで
特に「筋力」に頼らなくても難しくはない。


結果として トップの位置で右肩の前(仮に)にあったグリップを
その重さも使い、ベルトの高さに落とす
どちららかという「降ろす」という自発的な行為ではなく
「落とす」に近いような行為になるのだが
多くのゴルファーは ここで大きく間違いを起こす。
プロも含め 8割以上のゴルファーがここの動きを間違っている。

ここの動きを 別な言い方、
よく耳にするゴルフ用語では
「クラブを立てて降ろす」とか
「グリップエンドを地面に突き立てて降ろす」
という言葉があるのだけれど
この本当に意味は
利き腕を伸ばしてグリップを下げる
グリップの位置と肩とを上下に離す

という意味なのである。



😱😱😱どう間違っているか というと
多くの人は ここで全く持って腕が使えず(肘が伸ばせず)
体を屈曲する
右サイドを下げる動き
 で
グリップが下に移動しているのを
腕を使ってクラブを降ろしていると錯覚している。
スナップショット 8 (2013-09-23 15-37)スナップショット 9 (2013-09-23 15-37)





この動きは 非常に重い副作用が付いていて
『自分では腕を使って グリップを降ろしている』
と思っているが、
実際には 腕、肘の曲がり具合などは
トップの位置のままで 全く動いておらず
体を横(右)に屈曲する動きをすることでグリップを低くするので
腰が左にズレ、頭が残った形で
へそから下だけ 左へシフトするような姿勢になる。
と 当時に この時点で右向きは正面向きにまで
無意識な回転をしてしまうので
スイングの中で一番重要な
✊回転によって ボールを打つ 一番のポイントを失ってしまう。



☆トップでの右向き ➟ 正面

この区間は
本来 ダウンスイングの時間と平行するもので
この右向き➡正面という過程の中で ボールをさばく。
体の前傾姿勢も伴なう回転では
この区間が「上から打つ」でもあり「インサイドから打つ」
でもあるので、その機能を使える時間を逃してはいけないのだけど
自分ではグリップを下げている動きが
👹体の向きをほどき
👹体を屈曲させ、上向きにし
👹下半身だけ左へシフト(
➟これをスウェーって言うんだけどね)
その動きによって 
スイングの一番美味しいところを失ってしまっている。
ここが「スイングの肝」
ここの区間が利用できるから、この区間にボールを打つから
体の回転と前傾姿勢の意味が出てくる んだけど、
そこの「機会」を失ってしまったら、使わなかったら
体の回転と前傾姿勢には何の意味も持たない
ただの形式的な、ゴルフらしく見える恰好なだけになってしまふ。



グリップを降ろそうとすればするほど
回転はほどけ、体は上を向き、
本当の意味でのスウェー…ヘンテコなシフトすることに
なってしまっているんだよね。

この大間違いの動きは
色々な問題を内包してて
多くの人は治そうとしているんだけど
グリップを動かす動きが
 実は体の回転や変なシフトになっている…、
体さばきそのものは意識をした動きではない
ということには気づいていないので
治し様がないんんだよ。

IMG_0363


トップの位置でグリップを落とす 下げる動きは
ほんとーーーは 脱力に近い、筋力の要らない
ほわー っとした動きなのに
この「誤った動き」は 力感一杯
 これをまさに「りきむ」というんだろーね
ー。

 理解できたかなぁ…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイングだけではないかも知れませんが
動作の事前イメージと言うのはとても大切で
そのイメージが間違っていると
一所懸命 間違いを覚えることになってしまいます。


2013その一例が ここなのだと思います。

アドレス時、 体の向きとクラブなり、シャフトの関係は
概ね 90度 垂直な関係です。

そのイメージをそのまま インパクトに当てはめ
その形、その関係に戻そうとする限り
ゴルフクラブは活きてきません。

何度も何度も書いていますが
👉クラブヘッドは重さの塊で
👉重さは運動が増える分、積算で重くなります
👉重いモノは動きたがりません
これは抗うことの出来ない 物理問題 です。
002ですので 体の向きを180度回転させても
ゴルフクラブ、その先端は そのクラブの長さの弧
e00bf7e6
半径を描くことは出来ません。

👈こうはなりません   こうなります👉

クラブヘッドが運動で重くなる分、
そこに留まろうとする力が働くので
その長さの作る円弧の大きさより 小さい、より自分に近い所を通ろうとします。



IMG_0324

ですので インパクトのイメージ では
自分とボールの間を
体に対し 垂直にクラブが入ってくるのではなく
体に対し 水平にクラブが抜けていくのです。


すこしグリップの方がボールに近い
平面上の ダウンスイングの進行方向通りです。
2013-04-06 12-19-18.455_Moment2013-1
これにからだの回転による 円が加わりますので、
結果 このような形になります。



インパクトで体とクラブを垂直にしようとすれば
体は開き、ボールを正面で捉える機会 を失います。
振り遅れ、手遅れになりますから 手で振らなければ
ヘッドを振らなければならなくなるのです。

それによって クラブ・ヘッドの重さで
グリップが進むことを促進してもらえます。
ヘッドをボールに出すことは
ヘッドの重さと闘うことにもなります。

これは 縦方向に対しても言えること です。



✋この点をご注意ください






〇〇後日談

今日、仕事が終わってからすぐに練習場に行ってきました。

無駄に高い球では無くなりました。

飛距離も7番で6番の距離が楽々でてました。

ボールの北極点を意識すると力強い球筋がでて自分でもびっくりです。

嬉しいかぎりです。

しかし、気を抜くとすぐに悪い癖が出てしまうのが残念。

さらに練習する意欲がでます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


振り遅れ(手遅れ)は、
厳密には ヘッドの遅れ ではなく
体に対するグリップの遅れ〜手遅れ ですが、
準備万端であっても やってきます

IMG_2813Trim(2)_Moment(2)準備万端とは
テークバック〜トップ において
ちゃんと体の向き、骨盤の向き でクラブが動き
必要十分な右向きがある
 を指します。



テークバックを手で上げる
上半身の上側〜肩だけで上げる
のは論外中の論外で、
スイング初期段階から 意図的に振り遅れを作り
その手遅れを クラブの重さ、クラブの遠心力と戦いながら
人力、筋力、腕力で 解決する方法ですので
話の外 とさせて頂きます。



準備万端の段階であっても
ダウンスイング時、
本来のそのクラブの長さの通るべき弧、道のり よりも
長い道のり、遠い所を通れば 当然 時間がかかるので
体の正面でのインパクトには間に合いません。

ちなみに インパクト前から  体の回転を止めて
ボールと体が正対している姿勢をキープ なんてのは
単なる夢物語、実際には100%
実現不可能なのですから 考えるだけ時間の無駄です。


IMG_2813Trim(2)_Moment(5)IMG_2813Trim(2)_Moment(6)






【よくある手遅れになるケース】

 ✋左腕を長く使う
 ✋グリップの通るべき道のりが長い(体から離れる)



まず 始めに 重いモノは動きたがらない
 と言う前提を忘れてはイケマセン。

ゴルフクラブ にも、腕にも重さがあり
構造上、クラブはその姿勢や運動速度によって
急激に 打ち手に重さ と言う負荷を増やす性質を持っています。

重くなったものを無理に動かそうとしない
忘れがちですが、グリップを移動させればヘッドは移動する
を念頭に置いてください。

クラブも腕も ダウンスイング以降
運動によって重くなるのですからより動きたがらず、
結果、体の近づくことになる筈 です。

にもかかわらず グリップが体から離れていこう
としているには 原因があり

,泙此\気靴けΩきをしていないコト
正しい右向き 骨盤の右向きがあれば
MVI_0873 (2)(2)_Moment
前傾姿勢によって 自分のフトコロ
前傾した分の空間が生まれます。
上半身の上側、肩だけ、腕だけを振ると
その空間が生まれず、腕を長く使う〜グリップを体から離さない と
ショットできなくなるので 必然として 振り遅れ を生みます。
正しい右向きがあれば
 その空間に腕を収納、
重さとして掛かる腕の長さを消すことが出来ます。
しかも、腕の重さによって より前傾が維持しやすくなるのですから
大前提として 正しい右向きによるその空間があるのと ないのとでは
あまりに差があるのです。




▲悒奪鼻塀鼎機砲脇阿たくない
にもかかわらず ヘッドを動かそうとすれば
遠心力によって、クラブもグリップも体から離れます
そうなれば より遠い所を通りますし、
重さとして 腕も長くなりますから
必ず 体を起こすので、よりクラブは自分から離れ
よりクラブは重くなっていきます。


IMG_2813-0001-1




ある意味 スイングは
 ✊クラブを重く使って身体能力で打つか
 ✊クラブを軽く使ってクラブの機能に頼るか
その真っ二つに分かれるのです。
 ✊クラブを重く使えば その重さに身体能力で耐えながら
 身体能力でクラブを速く振るしかありません。
 ヘッドが大きかったり、重心距離が長かったり
 ヘッドが重かったり、慣性モーメントが大きかったり
 シャフトが柔らかい ことは 単に打ち手の負担になるだけ にするか
 ✊それらの要素で打ち手の動きが促進、もしくは助力されるか
 になり その中間は存在しない と言えるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

こすり打ち、
ニックネームで言うところ「ロブショット」ですが、
この入れ方をすると
正規のからだの回転で入れてくる
上下の手の入れ替えの存在しない入れ方に比べ
〇入射角度が緩く、下から入る形になります
〇見てくれのロフトは増えますが、スピンと言う意味でのロフト効果は減り気味になります
キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)




よって 弾道は打ち出しは高くなりますが、
 見た目のロフトほどスピン₍回転量₎は入りません。

打ち出しの角度は高くなるので
〇ボールの初速は低く
〇打ち出しは高く
〇スピンはやや少なめ
 です。

これをそのままアプローチに採用すると
 ふわっと上がりますが、スピンは効かない弾道になります。

おおお ロブショットはこう打てばいいのか と思う人もいますが、
この打撃は ショットの中では一番難易度の高い
特にスピードで誤魔化せない場面では確実にミスになる と言えるほどのモノです。

なぜならば
上下、高さにおいて左右のグリップを入れ替えます。
高かった右グリップを 茱哀螢奪廚硫爾棒り込ませますから
それをするためには からだの回転を止めておかなくてはなりません。
MRa_MomentMRa_Moment(4)












潜り込ませるために 右手を伸ばしていきますが、
その伸ばしていく左手への圧力は
 腕を通して、左肩を上に押すように掛かります
 ので
 左サイドは上がり易く、右サイドが上がり易くなります。
左サイドを上げ、右サイドを下げると ダフリやトップのミスになってしまうので
その調整はかなり微妙、繊細なモノになります。
hiraki
通常、このキャスティングをしてボールを打つ人は
この瞬間に 体の前傾を解き、上に伸び上がる動きが入りますね。

飛ばすために この伸び上がる動き 地面を蹴る動き を
 スイングの技術だ! 飛ばすためのテクだ! と言う 頓珍漢な人も
いるみたいですが、笑いものになっていますからやめた方がいいです。






この動画を見て頂いてもわかると思いますが、
持っているのは 5番アイアンですが、
出球は ウエッヂのような球になっています。
大きなロフトで 下からこするように打つのですから
打撃のエネルギーは飛ぶ力、ボールの速度になるのではなく
ボールの打ち出し角度、ボールの回転に化けてしまいます。
これでは飛びません。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


そもそも フェースローテーションはなぜ必要…とされるのでしょう?

飛距離もそうでしょうが、大概の場合
 それをしないと フェースが開いて
〇スライス
〇飛距離減
〇無駄に高いボール
〇無駄なスピン量

IMG_0867IMG_0866









 そう フェースが開いているコトによって
起こるミス、望ましくない結果を 「閉じる」コト によって防いでいます。




では 考えてみましょう。

開いている・・・ の基準を スタンスラインや飛球線方向 として
インパクト時に それよりも開いてしまっている コトを指します。

しかし、アドレス時には開いても、閉じてもいない状態 なのに
なぜ そうなってしまうのでしょうか?



からだの回転通りにクラブが移動、動いていれば
右を向けば その基準線のスタンスラインや飛球線に対しては
一度,見た目は開くことになりますが、
また 元の向きに戻れば 開きも戻りますし、
左を向けば、その基準線に対しては 閉じる 形になる筈・・・です。

この場合は その基準線、相対する相手がスタンスラインや飛球線ですが、
自分の体に対しては開いても閉じてもいません。
からだの向きが変わっただけですから
一般的に考える からだの回転を意識すればよいだけですが、
フェースターンとは主に かいな、腕、手さばきを指します。

つまり 行き着くところ、スナップショット 1 (2018-05-19 20-35)
からだの回転ではなく、
手でクラブを開いているから、動かしているから、
手でクラブを閉じる、動かし戻す 必要が生まれるのです。



元々そこにあったモノを
そのままにしておけば 全くする必要にないコト、行為を
あたかも その行為が必須、必要かのごとき 準備であるテークバックを
することが フェースターン、フェースローテーションの始まりなのです。
行きも帰りも全く持って無駄な無意味な動きが
ものすごく高度で難易度な動き。。。
全く要らないはずの ソレ が
  スイングの全てになってしまっているのですから
愚かと言うか、ここまでくると滑稽でもあります。

MVI_0850-0001-1

からだの向きの変更であれば
腕もクラブも大きく動いていませんから、
ヘッドの角度変化も最小で抑えられます。
からだの回転と言う大きな動きを覚えれば
似たような距離、方向、弾道が打てるのに
それを 疲労に弱い、小さな筋肉の腕に任せるのですから
どう考えても 継続性は低い・・・んですが・・・

決してそんなコトは無いんですが、超穿った考えでは
からだでクラブを動かされては 簡単に覚えられてしまい レッスンが成り立たない から…
という 陰謀なのではないか( ;∀;) と 思ってしまうほど です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ