◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: ゴルフ脳内革命

 

みなさん ご存知の・・・
長崎の教団支部長・・・
なのですが 



この部分が最もすごい・・・というか
ここが出来れば 他に問題があったとしても
 『だいたいなんとかなる』 と言う部分
ここは是非真似て頂きたい と言う部分は20191006_Moment(3)

 『十分な右向き』 です

ご本人が研究熱心なのもありますが
この数年は テークアウェイの取り方ばかり
注意されていたようです。

その結果・・・ なのか
左がアドレス  右がインパクト です。

20191006_Moment20191006_Moment(6)












特に意識はしていなかったのかも…ですが。



テークアウェイで 意識されている部分は

20191006_Moment20191006_Moment(2)20191006_Moment(3)











目線を切るコト
顔も胸、胴体の向きとともに右を向くコト
 です。

それは長年意識し、身につけられた「右向き」は
ゴルフスイングにとって最大の武器です。
これを上回る武器はない と言っても過言ではありません。

ダウンぐスイングでは からだの回転に対し
左グリップの下がりは遅れ気味 なのですが
テークアウェイで作った「右向きの時間と空間」のお陰で
十分間に合う、補正出来てしまっています。

20191006_Moment(4)20191006_Moment(5)20191006_Moment(7)










この右向きの時間と空間があれば
インサイドから打てる機会
上から打てる機会 は十分すぎるほどあり
上から打てますから 自分の体力&ヘッド重量分の
最大の飛距離を得ることが出来ます。


目線を切って 顔の右向き という
慣れや精神的の部分を除けば
難易度の低いスイングテクニックで
最大のスイング、ショット益が得られます


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




ボールをインサイドから打つ
これから インサイドから、上から打つ 場合
忘れてしまいがち なのが
その場面は 右を向いている
骨盤から上が(厳密にする必要はありませんが)
ボールに対し90度
飛球線に対しては180度
背を向けている状況
 なのです。
IMG_0736_Slomo_Moment(2)

からだはバランスを取る本能を持っていますから
右を向いて、右にある大きな体重を
左足に移してあげると
向きを戻し、左向きを始めます。

よって からだを回すコト ソノモノが打撃
というよりも 左に移っていくことが打撃
体重移動が打撃
 と言えなくもないのです。

それも忘れがち ですが
右を向いた状況 というのは
アドレスに比べると ボールから離れた状況で
右を向いた時の 右から左 の位置関係は
ボールに近づいていく方向 です。

IMG_0770_Slomo_MomentIMG_0770_Slomo_Moment(2)






右を向いている時
ボールに近づいていく方向に
体重移動してあげるコト
 が打撃になります。

アドレス時の 飛球線後方から飛球線へ
と言う方向の体重移動ではないのです。


ボール方向に体重移動するコト ソノモノが打つコト

体重移動して『から』打つのでは
ボールから離れながら打つことになるので
チカラも伝わり難く、ロフトも寝やすくなりますから
よほど余ったヘッドスピードが有る人以外は効率が悪いです。
IMG_0770_Slomo_MomentIMG_0770_Slomo_Moment(5)








インサイド方打つ とは
離れた方向からボールに近づいていく方向のコトを指します
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


〇堡里離ラブ(5番アイアン)
 ヘッド重量240g シャフトの硬さ280cpm

▲悒奪匹里潴綫
 ヘッド重量320g シャフトの硬さ260cpm
シャフトのみ悶絶
 ヘッド重量240g 
シャフトの硬さ180cpm

IMG_0736_Slomo_Moment(2)


ヘッド重量240g シャフトの硬さ280cpm
のクラブでゴルフを始める、スイングを覚える
と ボールを拾う能力、ボールを飛ばす能力の低さから
如何にヘッドを速く振るスイング
シャフトを振るスイングを覚えざるを得ません。

その方が スイングを変えずに すぐに打てるのは
ヘッド重量320g シャフトの硬さ260cpm
ヘッド重量240g 
シャフトの硬さ180cpm

どちらかと言うと です。
振動数 180cpmは少し激しいかも知れませんが
振動数 220cpmであれば 大丈夫でしょう。

シャフトが柔らかいコトによって ボールを拾う能力があがり
かつ 速く動かすコトへ負担になりません。
例えば オーバースイングに悩む方や
リズムが速い人にはとても良い 改良要素になると思います。

シャフトの硬さが 180cpm以下まで落ちてくると
ヘッド、シャフトを振るスイングにとっては
シャフトのしなり〜しなり戻り の量が多すぎて
タイミングが取れず、ど開きでのインパクト、ダフリになります。
まあ 数を打てば慣れてくると思います。
シャフトの働き 👉シャフトはヘッドを振るモノ ヘッドを動かすモノ
から 👉シャフトはグリップを動かすモノ に改心
したいと思うのならば この位の硬さにトライしても面白い でしょう。

IMG_0699_Slomo (3)_Moment(6)


◎振動数220cpmであっても、180cpmであっても
ウエッヂだけ スチール(振動数280cpm)のモノにする
なんて言うのは 愚の骨頂です。
シャフトの強度の関係からスチールシャフトでは
シャフトを柔らかくすることは不可能です。
故に柔らかいシャフトはグラファイトでないと実現出来ません。
なんとなく漠然としたイメージでは
シャフトの質量が重い スチールの方が 距離を望まないウエッヂには
よさそうに思うかも知れませんが、
シャフトの命は「硬さ」です。
✋過去に実験をしたことがありますが、
アイアンを全番手 バラバラの硬さ にするのと
アイアンを全番手 バラバラの重さ(シャフト) にするのでは
圧倒的に シャフトの硬さがバラつく方がミスが多発します。
硬さが統一されている方が ミスが少なく
ミスが出たとしても そのミスは一定のパターンで収まります。

DRIYbXDU8AEUY3o


スイングを確認したい
スイングを治してみたい 人は
ウエッヂだけ 振動数220cpm とか 180cpm にしてみると
面白いかも知れません。
✊使い始めの頃は 今までできなかったような
 『ロブショット』が打てるでしょう。
 サンドウエッヂのヘッドをロフトもそのままで
 ドンと柔らかいシャフトにするだけで
 びっくりするような「ロブショット」が打てると思いますよ。
     …練習場で真上の蛍光灯割らないようにね
✊柔らかいシャフトで 普通にランニングとか
 中〜低弾道のアプローチが打てるようになると
 スピンのかかり方が 断然、変わると思います。

✋インパクトの姿勢 ではなく
 インパクト以前の ヘッドの入ってくる上下の軌道
 が 弾道やスピンを創り出す というコトが見えてくると思います。

8658a3e6-s
e00bf7e6








ゴルフクラブは アイアンだけでなく
ドライバー、ウッド、ユーティリティ で構成されます。

.悒奪表杜240g シャフトの硬さ280cpm
のクラブでスイングを覚えた人は
基本、アイアンをダふって打つコトが殆どです。
シャフトを柔らかくすると それを改善していけるようになりますが
それに応じて ウッドのシャフトも柔らかくすると
空中のボールを打つドライバーは
ダふって補正をかけられませんから
アイアンに比べ うんと苦労することになります。

アイアンにはほとんどの場合 小ぶりなヘッドが付いています。
ところが ウッドは重心距離も長く 重心深度が深い
という 全く別な代物です。
ヘッドを振って、シャフトを振って クラブを使う人にとっては
アイアンとは異なり、元々得意としている人は多くないでしょう。
シャフトが柔らかくなると その重心距離の長さ、重心深度の深さ、が
より シャフトのしなりを増やし、シャフトのしなり戻しの抵抗になります。
てんぷら・・・に近いほどの どどどプッシュスライスの佃煮 に
なるんじゃないでしょうかね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフを向上させていく
良くしていくのは まず「考え方」から始めると
良いと思います。

練習場での練習も正にその通りで
「考え方」のミス。。。誤解のせいで
長い時間、長い年数苦しむことになると思います。
スナップショット 2 (2013-04-08 23-48)

何度か書きましたが、
Ⓐミスの少ないショット
Ⓑ安定したショット
Ⓒ繰り返せるショット
 は
‖腓なスイングよりも 小さなスイング
速いスイングよりも 遅いスイング
B山の動きよりも 少ない動き

の方が、当然有利です。

アプローチでも説明しましたが、
例を挙げれば、花道から30ヤードのショットは
8番アイアンで転がす方が
サンドウエッヂで上げるショットを選択するより
はるかに安全な上、やさしく
たとえミスが出たとしても痛手には なりにくい のです。


多くの人の練習場での振る舞いと見ていると
最大の距離を
最速のスイングで
最大のスイングで
最高の動き
 を求めていますが、
何10球も打てる練習場では可能かもしれませんが、
そのクラブで、その距離で、その場面で
1球しか打つことの出来ない「現場」では
その練習は活かされてきません。

飛ばすことは勿論重要ですが、
自分の飛距離の 最高飛距離ではなく平均飛距離
最高スピードではなく、巡行スピードで
ショット出来るようになる方が遥かに有用です。

さきほどの
Ⓐミスの少ないショット
Ⓑ安定したショット
Ⓒ繰り返せるショット
 は
‖腓なスイングよりも 小さなスイング
速いスイングよりも 遅いスイング
B山の動きよりも 少ない動き


このトライで問題になるのは
小さなスイング、遅いスイング、少ない動きで
必要な、望みの距離が打てるか どうか
という事になる訳ですが、
そこで 頭を切り替えてみて下さい。
スナップショット 3 (2013-04-13 23-00)スナップショット 4 (2013-04-13 23-00)







単にその距離を打つのであれば
転がしていけば 少ないエネルギーで
その距離を打つことが出来ます。
しかし、ある程度の長さ、遠さになると
その転がしは斜面の影響や転がり抵抗によって
安定した距離、一定した距離になりにくくなります。

低い弾道が良い! とは言いませんが、
その距離を打つのに必要な高さを探ってあげる
 ☞最低限はこの高さ
 ☞安定した距離を打てるのはこの高さ

というのを見つけてあげる方が
最高の弾道で、最高の高さで、その距離を打つ練習よりも
遥かにゴルフには役に立ちます。

そして この練習は安定度 を主目的、
繰り返せることが主目的にしていますが、
同時に 距離の作り方、伸ばし方 も身に着けることになり、
方向と距離は一体のものであると理解するようになります。


安定的に その距離を打てる最低限の高さを探れば
従来のエネルギーをそのまま使えば
今までよりも もっと距離を増やせるヒントが見つかる筈 です。

エネルギーを増やして、スピードを上げて
ましてや フェースターン なんて言う
左右の方向も、上下の方向も打ってみないと定まらない
非常に曲芸的な打撃では 永遠に答えは見えてきません。
スピードを上げるために軽いヘッドにする…
 何のためのスピードなのか考えてみる必要があります。

002


まあ これはゴルフクラブにも当てはまる話で
最低限のエネルギーしか持たない 超軽量の市販のヘッド
打ち手の動作を何も助けない 硬い市販のシャフト
その代わり 打ち手が最大限の動き、最速の動きをするか

大きなエネルギーを持つ重たいヘッド
使い方によりますが、打つ手の動作を助ける柔らかいシャフト

それを使って 最低限の動作や速度で打った方が
ゴルフは楽になると思いますけどね・・・・。
d779f31a

そして 悶絶クラブに替えた際の
頭の切り替えも…こういう事なのです。
軽いヘッド、硬いシャフトを最大限の速度、スイングでしていた、
それを そのまま 重いヘッド、柔らかいシャフトに
当てはめても クラブを喧嘩するだけですよ。
それをしなくてもいいためのものなんですから…。
そのうえで クラブと話し合いながら
その運動性能やスピードを距離に転化させていくのは
それを切り替えた後の話です。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


今は便利になったもので
椅子に座っていても 毎日毎日
沢山のスイング動画を見ることが出来ます。
IMG701


そのほとんどのスイングが
出来れば避けたい、嫌いな「アウトサイドイン」「カット打ち」
になるべくの ショットであり、スイングです。
上手くない、下手だ と言う意味ではありません。
「アウトサイドイン」になる為のスイングを意図的に作っています
「アウトサイドイン」をワザとしているのです。


IMG703


✋大前提 として 言っておきたいのですが
アウトサイドイン が悪い 訳ではありません。
当たり前ですが ボールは無機質 です。
これから打つ人が どのクラブを持って、
どの方向を向いて どうやって打つか
全く関知しませんし、忖度も、祈りも通じません。
ましてや ゴルフクラブで打たれるかどうかもわかりません。

単なる物理的な衝突、加重・加圧によって のみ
飛んだり、上がったり、曲がったり するのです。

ですので 良く言う アウトサイドインは
打つ人の構え、スタンスの向き に対して
どう振ったか の形容詞ですが、
ボールにとっては 打つ人のスタンスやアドレスの向きなど
うかがい知れぬ、まったく関係ないモノ で
打つ人の勝手な「アウトサイドイン」 は
ボールにとっては その方向に打たれた、振られた に過ぎません。


確かに傍から見れば かまえた向きよりも ややひっかけ気味に振った、
打った ように見えますが、ボールにはそれが真っ直ぐ(目標方向)なのです。

  ✋ わかります?
    実はこのポイント、とっても重要だと思います。
    その本質が分からないと
    治せるものも治せなくなってしまいます。


ですので 自分の構えに対する アウトサイドイン という
ボールから見た物理現象を無視した エゴイズムの強い考え方 では
問題は解決しません。
IMG702

自分の都合、自分の構えに対して やや外から
スタンスの向きに対して やや左に振られた
俗称「アウトサイドイン」の問題は
その軌道にあるのではなく
構えに対し アウトサイドイン に振ると
1.インパクト時、体が開いた状態
 👉左サイドはボールから遠く、右サイドがボールに近い
 つまり ロフトを開いた状態で当たり易くなる
2.インパクト時 からだが開いた状態
 👉左サイドが高く、右サイドが低い
 つまり 左足上がりの状態と似た状態

この二つが同時に起こるので 飛距離不足の問題や
ダフリやトップのミスが増える問題が生まれるのです。

ですので 飛距離不足に悩んでおらず、ミスも多くないのなら
別に気にせず、ややひっかけ を持ち球にして置けば良いのです。


その物理現象を無視し
「アウトサイドイン」という ボールを考えず
自分のエゴ だけで 軌道を「インサイドアウト」に治そうとすると
ゴルフ人生を通して 悩み続けることになります。

Desktop 2019.08.05 - 07.31.06.02_Trim_Slomo_Moment(2)

普通にしていれば ややスライス気味の球になるか
ひっかけが このスイングにとっての正解の球・弾道
このスイングにとってのナイスショットです。



インサイドアウト とは
からだの向き通りに動かす
手さばきではクラブを動かさず ショットする、

そして クラブはテークバック側では 短くなっており
フォロー側では長くなるサマ から そう見えるだけであって
クラブを手さばき(シャフトの角角度運動)で動かしている限り
絶対に、未来永劫 正しい意味でのインサイドアウト にはならないのです


だから 言葉にされる
「アウトサイドイン」はダメだよ
「インサイドアウト」にしましょう

というのは その軌道を治せ と言う意味ではなく
クラブの移動を 手でなく からだで行いましょう
というのが真意なのです。



 ですので ここの部分を履き違えてしまうと
 覚える必要の無い無駄な動作で補正を繰り返すことになるのです。
 その補正動作は 本来 ゴルフスイングには全く必要の無い
 無駄な動作!であり、体を痛める動作! です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



スイングプレーン論、スイング軌道論 が
大切そうに見えるけれど、ややこしいのは
スイング軌道が 斜めに傾いているから でしょう。

ああああ スイングの始まりには
前傾姿勢があるから・・・・  ・・・それはそうなんですが
一般的に浸透している スイング軌道 は
その前傾姿勢の角度とは異なる 別な角度を持っています
20190411_Moment

傾いた姿勢で行う スイング動作、
その傾きとは異なる、
『別な傾き という二通りの傾きがある』こと、
その二つの傾きにあまり共通が無いことが
そのスイング軌道論をややこしく、
なんだか大事なモノなのに、
 納得して頭に入り難い原因だと思います。

また スイング軌道論を難しくしている別な原因に
その軌道をヘッドの軌道と履き違えてしまい
傾きに沿って ヘッドを動かす
 という
なんだかちょっと詐欺っぽい理論が横行しているコトもあるでしょう。

ヘッドを動かさなければいけない
「アドレス時」の前傾姿勢に沿って ヘッドを動かすには
それを体!ではなく、手で動かして
「アドレス時」の前傾姿勢に沿った傾き軌道は
いったいなんだったか になってしまいます。20170920_matsuyama-650x435

右の写真のような状態になってしまう⇒⇒と
一体何を基準に なぜ そこなのか
どの スイング軌道が正解なのか
 実は打っている本人にもわからない状態に陥ります。
グリップは高く上げたけれど、クラブは寝かしてしまっていて
ヘッドを上げたのか、下げたのか
高くしたけれど 下げた状態 と言う奇奇怪怪になりますから、
これを論理と言えるのかどうか 非常に怪しい状態です。



また、その論理を追いかけている人は例外なく、
インパクト時 前傾姿勢が消え、
最近では からだを右に傾ける 側屈 という造語や
挙句の果てには オーバーですが、ジャンプしながら打て
という その軌道の傾きの元・源はいったい何だったのか と言う状態です。
これでは 信じていいのか、疑うべきなのか、
なんだか もやもやしたまま スイングを考えることになります。

mh


スイングに悩まず どんな理論も知らずに打てちゃう
に越したことは有りません。
スイングのどこかの部分(時期)を切り取った クラブの位置や
からだの姿勢など気にしたくて気にしている人は少数です。
元々 ゴルフのスイングの理論なんて言うのは
上手く行かない、悩んでいる人やこれからゴルフを覚えた人が
より簡単に、より無理をしないで スイングを覚えるための
虎本的、あんちょこ的なモノなのですから、
あまりにはっきりとした矛盾と内包していては
本末転倒も甚だしいと思うのです。



で ハミングバードのスイング軌道論の基礎は

アドレス時の前傾姿勢通り のモノ です。20190411_Moment(2)

△修靴董,修譴鰺効活用するため、
 個人個人が把握しやすくするため
 それ通りに からだの向きを変えるモノ です。

 前傾姿勢とは 骨盤と大腿骨の からだの前面に対する傾き差
 ですので、胴体を捻ったり、足首で回ってしまっては
 容易にその前傾角度を失ってしまいますので
 俗に言う 股関節 で体の向きを変えるべき でしょう。

ゴルフクラブには 弾道の飛距離もそうですが、
 弾道の上下左右、それに伴う回転やボールのスピードなどを
 生み出す、司る 角度(ロフト・ライ・フェース角度) というモノがあり、
 それは立体で相互に絡み合うので
 出来るだけ その角度の維持したまま、
 ショットにミスは必ず伴うので 出来るだけ 似たようなショットを
 生み易いよう、大きく その角度の動かさないように使う

ぅラブは グリップを上げれば ヘッドも上がる構造 です。
 スイング用語 で言うと コッキング、
 クラブで言うところのライ方向に クラブを動かす必要はありません

 クラブヘッドは自分の方に鎌首を垂れたような形状をしていますから
 あまり強く握らない限り、放っておいても コッキングの動作は入ります。
   〇それを避ける、それをしないスイングであっても全く問題ありません。
 上記の通り、それを大きく変えるコトは
 方向だけでなく、距離にも影響が大きいですし、
 よほどの怪力の持ち主を除いて、その方向に多く動かす人に
 飛ばし屋は多くありません。
 グリップを高くすれば、ヘッドを上げる必要は一切ありません。
 自然に上がる程度で十分です。

 ✋どちらかというと 飛ばない人の典型的な動き とも言えます。


                   ぁ,法,弔鼎  (また明日)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


個人的な感想。。。なのですが、
多くのゴルファー、教えている人も含め
スイング軌道の概念を間違えている
と思います。

確かに ショットが飛んだり、曲がったり、
上手く当たったりするのには
スイング軌道 ⇒ ヘッド軌道 というのは
関係・影響が有りますが、
では スイングの軌道が
〇地面に対し 傾いているのはなぜ?
〇スイングの軌道を比較すると
 クラブの長いドライバーは
 クラブの短いウエッヂに比べ
 フラットになるのはなぜ?

と言う点に言及していません。
スナップショット 1 (2013-02-08 20-14)

スイングの軌道 が傾いているのは
分かるとは思いますが
スイングを始める姿勢に からだに対し前に傾いている、
骨盤と大腿骨のところ、股関節に前傾角度が存在するから
 です。
長さによる違いは その長さによって
前傾姿勢の浅さ、深さが異なり
クラブの長いドライバーは前傾角度が浅くなるから フラット気味に
クラブの短いウエッヂは前傾角度が深くなるから アップライト気味になります。

ここまではなんとなく理解できますよね。

しかし 今のスイング軌道論、俗に言うスイングプレーン論は
スイング軌道とヘッド軌道をごちゃまぜにしてしまっています。


スイングの軌道は 前傾姿勢を元 とする
 『グリップの軌道』です。
ヘッドの軌道とは異なります。


それをごちゃまぜにして
スイング軌道の上に ヘッド軌道を重ねてしまう と
それは 前傾姿勢とは関係なく
手さばきで それを造らなければならなくなり
軌道が傾いている元になる前傾姿勢とは関係のないモノに
行き着いてしまいます。

PCC例の通り 少々極端なパターンですが、
確かに前傾姿勢はありますが、
この状態では クラブはからだの右外 にあります。
からだは固定したまま、
腕を使ってクラブを横に倒さなければ(シャフトを捩じる)
この場所にクラブを持ってくることが出来ません。

ここから打撃するのには 前傾姿勢を今風な言葉で言うと
側屈、側傾姿勢に替えなければなりません。

この姿勢を維持して 打撃するのは不可能、
からだが壊れてしまいます。



スイングの始まり、アドレスではlesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショットlesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット
前に傾いていますから錯覚してしまいがち、ですが、
前傾姿勢と除けば ヘッドはグリップよりも高い位置
グリップはヘッドよりも低い位置にあるのです。

ですので そのまま腕は固定で
右を向けば ボールを打つ、打たないに関係なく
グリップの通る軌跡と ヘッドの通る軌跡は重なりません。
ヘッドの方が上になる軌跡が描かれます。

にもかかわらず コレでは⇒img_849654_25726387_0
ヘッドを下げてしまった形、
クラブ(シャフト)を捩じってしまった形になってしまいます。

スイング動作は 元々、傾いて
目標方向に横を向いて という 方向の難しいところから
スタートするにもかかわらず
縦横がごちゃごちゃとなり、動作に丸く振る動きを多用してしまう
勘違いを生むのが 現代の「でたらめスイングプレーン論」なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



アマチュアにとって、スライスやフック、引っかけやプッシュよりも
トップしたり、ダふったり、フェース、もしくはヘッドとボールの
上下のズレ、ミスがショットの是非にとって一番影響が大きいと思います。

アドレスで ヘッドをボールの後ろ、
別な見方をすれば ボールの高さにヘッドをセットアップしているのに
インパクト付近の ゴルフスイングの中では最高速度の短い時間の
クラブの長さ(肩からヘッドまでの距離)がアドレスと異なり、
それを伸び上がり、体の開きで調整しなければいけない動作は
アマチュアが目指さなければならないスイングとして
根本的な欠陥があまりに有り過ぎます。
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment

スイングは若干傾いた体の姿勢(前傾姿勢)で
シンプルに縦、横だけではなく
斜めの流れの中で 左右ばかりでなく、上下の角度まで
 ある程度の幅の中で納めたい というのが目標です。

ミスは仕方ない・・・・・・・とは言うものの
そのミスがあまりに運動神経というか、運動性能
瞬時の反応によって決まるようなショットでは
ごくごく限られた運動性能と頻繁な練習の出来る人のモノ
だけとなるような気がしてなりません。

私で言えば、目からボールまで アイアンショットであっても
1m20センチから30センチ離れています。
静止状態であっても辛いのに
運動中に 1センチ2センチの差、
その距離感・奥行きを把握するのはほぼ不可能に近いでしょう。

IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(3)IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(4)







そう言うコトが起こり得ない、必要の無いスイングを造っておく
コトの方が重要な気がします。

左手一本の素振り、
実際にボールを打つ必要はほぼありません。
ゾウさんの鼻スイングで 左手一本で打てることは
逆にアマチュアを苦しめるばかりで
百害、千害、万害あって一利もありません。
左手一本の素振り、
左手でクラブを振る、ブルんと左腕とクラブを振るのではなく
からだの回転で左腕を移動させるスイングは
アマチュアのゴルフを大きく変える一手に成り得ます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 
最近のインパクトとフォローの関係を見てみましょ
hirakiyjimage4NR1MAL3dohiraki
…異様に
打ちだし
角度
高い
ですね…。





100yard1yjimage0IQ6BINQ
スナップショット 1 (2017-05-16 22-34)










注目して頂きたいのは
双方の体の向いている方向です。

インパクト ⇔ フォロー と
体の向きそのものは変化していません。

それに比べると ゴルフクラブの動きは大きく
シャフトは180度ターンし
フェースの向きは90度ターン という
異様に変化の激しい状態です。

体は動いていないのに
クラブばかりが激しく動いている というか
体を止める(終わらせる)反動で
クラブを動かしているのでこうなるのですが…。

体への負担が異様に激しいのもありますが、
このクラブの扱いでは
ミスが起こった時、上手く行ったときに
修正、反復するチャンスがありません。
体の動きに対して クラブをフリーにしてしまっていますから
練習の量によってのみ可能な 偶然待ちの
スイングになってしまいます。

まあ こう言った体への負担の激しいスイングは
若い人にお任せしませう。


IMG_0659


ロフトを立て、上から打ち、ボールをつぶした上で
体を痛めにくく、繰り返し易い、修正しやすい
スイングを造るために スイングをこう変えていきましょう。


概ねスイングは
インパクトからフォロー〜フィニッシュまで
アドレスの前傾姿勢を基準とした その傾きよりも
ややアップライトな面をクラブが移動して行きます。
スナップショット 1 (2016-12-24 3-12)

多くのゴルファーは
レッスンプロのレベルの人でも
そのスイングなり、クラブ、ヘッドの軌道を
手を止めて クラブが動くことで作ろうとしますが、
それは失敗します。
作用・反作用を忘れています。

素振りやシャドースイングで
インパクトからフォローまでのヘッドの動きを
グリップの移動で作りませう。

クラブの長さ(外周分)の差で
ヘッドの方が沢山動くかも知れませんが、
基本 グリップの動く量、動く速度、動く方向なりに
ヘッドが動くようにしませう。

ヘッド、シャフトをフリーにしては行けませぬ。

MVI_0670Trim(2)_MomentMVI_0670Trim(2)_Moment(2)MVI_0670Trim(2)_Moment(3)











MVI_0670Trim(2)_Moment(4)MVI_0670Trim(2)_Moment(5)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


やや死語となりつつありますが、ゴルフショットには
ボールをつぶす とか
ボールを上から打つ という言葉があります。

これをトライしてみようとする人は
ある矛盾というか、不可思議にぶつかります。
IMG_0665

ゴルフボールは球体です。
そして 打撃部分であるクラブヘッドには
角度(ロフト)が存在します。

一般的な感覚で
ヘッドを上から入れれば入れるほど
ボールをつぶそうとすればするほど
その破壊力・打撃力は 回転(スピン)になるばかりで
球の強さや飛距離にはならず
スライスに悩んでいる人ではさらにスライスが増えるばかりです。

上から入れれば入れるほど 潰れないのです。

☞それでは回転ばかり増えるので
 結果として 上に煽り振るようになったのが
 今のスイングです。


002
しかし スイングは視覚的に
ヘッドを上に上げ、下に降ろし、上に振りあげる
上➟下➟上
にヘッドを動かしているように思えますから
それをしなければなりません。
トップの位置で高い場所にあるヘッドで
地面にあるボールを打つのには ヘッドを上下に
動かさないと、クラブヘッドを下に振らないと
届かない気がしますよねー💦



体の回転があるので
結果的にはこうなりませんが、
本来、打ち手が抱かなければならない
インパクトのイメージは
コチラです。
IMG_0660
実際には不可能ですが
グリップが地面に付くほど
上からフェース面で 地面なり、
練習場であるのなら マットなりに
ボールを押さえつけるイメージです。
IMG_0661

このようなイメージでクラブを使わないと
ロフト角度の意味が出てきません。
アイアンの番手間のロフトの角度は 3〜4度
時計の針の一分、一秒の差より小さいのです。
腕さばき、クラブさばきで円を描く、上下に振ってしまうと
その角度はほぼ全く意味をなさなくなり
番手を変えても距離が変わらない という現象に陥ります。

ある基準を設定し ヘッドの重量やヘッドスピードを
増やして行っても、増えるのは距離ではなく
高さやスピンです。
エネルギーは球体という特性上 回転に逃げやすいのです。


IMG_0659

ロフトがゼロ度なら ボールは地面に埋まるだけです。
ところが ロフト というスキマ(逃げ) があると
球体は与えられたエネルギーをその隙間に逃がそうとします。


しかし ここに一つ問題があります。
確かにスイングの中で本当に
クラブ・グリップを地面に押さえつけることは出来ませんが
このように クラブでボールを下から押さえると
進行方向の先に地面があるから
そこで 止まってしまいますよね
行き止まり、先が無いように見えますよね

見えてきましたか?

そうです。
だから体の回転があり
そのクラブヘッドが 上下に動いて見えるのは
その体の回転によるものなのです。

e00bf7e6

打った後 左を向いていくから
クラブ、そしてクラブヘッド自体は高くなって行くので
そこで行き止まらないのです。





ゴルフスイングはとてもよく出来ています。
ゴルフクラブはそれによく適している というか
そのゴルフクラブの機能を如何に活用するか がスイングです。
IMG_0610IMG_0607








長い棒の先に重さがあるのは
運動の速度、運動性能を重視しなくてもいいように
主の破壊力を重さによって作っています。
そして、運動性能に頼らずとも
番手によって距離が打ち分けやすいように考えられています。

長い棒の先に重さのあるものを
振ってしまうと 無駄な、打撃するのに、スイングするのに
全く無駄な遠心力が出来てしまい
スイングの労力のほとんどをそれに取られてしまいます。
しかも 打ち分けるために存在するロフト角度の意味も
失ってしまいます。


一見すると 
自分が動かず、クラブ自体が動いて見えますが
クラブの機能を考えると
自分が動いて、クラブ自体は動いていないのです




              ・・・続く
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ