◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: ゴルフ脳内革命



スチールシャフトが良い悪い ではありません。

ゴルフクラブのシャフトにとって単なる素材にしか過ぎず、
良いでも、悪いでもありません。

シャフトの素材を「スチール」にした場合、
その特性は 強度の高いモノが安価で、
しかも 均一性が高く量産できる という一点でしょう。
故に 弱点は 柔らかさ を作るコトが難しい と言う部分です。

その「スチール」シャフトで作る 硬さ に問題が
個々人に対し、問題がないのなら 言うコトは何もありません。




フェースターンやローテーション、ヘッドを返す、
ヘッドがグリップを追い越す など
色んな呼ばれ方をする その根強い 打撃法 では
「柔らかいシャフト は遅れる」
「インパクトを待たねばならない」
と言います。

そこ 疑問に思うことがある のです。
ほぼ 例外なく アマチュアゴルファーが持つセットのシャフトは
☑シャフトの長い・ヘッドの大きい ドライバーやウッドが柔らかく
☑シャフトの短い・ヘッドの小さな アイアンやウエッジが硬め

状態です。
その硬さの差は ウッドがR--アール アイアンがX-エックス
位の開きがあります。
その差は ほぼ ボールの置き位置(左右)に出てきます。
硬さが開いていれば ボールの置き位置は 離れていきます。

67d2f002-sbbd8de35-s








そこで質問(疑問)なのです。

☑シャフトの長い・ヘッドの大きい ドライバーやウッドが柔らかめ
☑シャフトの短い・ヘッドの小さな アイアンやウエッジが硬め

な訳ですから アイアンに比べ、ドライバーの方が
インパクトでヘッドが遅れる、来ない・・・ 
      というコトになる筈 なのですが、

総じて ドライバーはうんと左めに置き、アイアンは右め、
真ん中よりも…… アイアンでは右足よりに置く人 
      
が多いと思うのですが、
インパクトまでにヘッドが遅れ、来ない筈のドライバーを
左に置いたら より一層来ない、待つ時間が長くなりませんか❓

 タイミングで言えば 逆になると思うのですが・・・

ティーアップなどをすることを踏まえても
 言っていることとやっているコトが一致しません。


逆に その(右め)ボール位置でドライバー打つのは 不可能 というか…
  どう考えても打ち辛くなるのは理解できますが、
なんだか 変ですよね。
同じボールの位置 で打っている方が
 双方の練習にとって プラスになると思うのですが…。

シャフトの硬さの関係によって
☑シャフトの長い・ヘッドの大きい ドライバーやウッドを茲瓩縫札奪
☑シャフトの短い・ヘッドの小さな アイアンやウエッジを蕕瓩縫札奪

した場合、ご自分でやってみると分かりますが、
自分の普段置いているボールの位置 よりも
右めにセットした場合、 特殊なショットを打つコトを除外すれば
自分とボールの距離感が 狭め、窮屈、近く感じられる でしょう。

逆に 左めにセットした場合、自分とボールの距離感が
遠く〜離れているように感じる
 のではないでしょうか❓

普段の練習は 主に 右側のボールを置かなくてはならないアイアン
✋✋✋左に置くと 届かなくなるから が一番の原因でしょう…。
それで 自分のスイングの基礎は造られていきます。
0e4d08811

球数 で言えば たまに打つ ドライバーを
 30cmもアイアンの置き位置よりも 左に置いた場合、
なんとなく 遠く感じられる訳 です。

そう感じた時、
○果たして 右めを向いた形のクローズスタンス になり易い か
○はたまた 左めを向いた形のオープンスタンス になり易い か

だいたい想像がつきますよね

遠く感じているのに ボールに離れるような感じを生み易い
オープンスタンス になることは現実的ではありません。
まして 練習場や鳥かごのように 線などの目安がない
コース・・・ になれば 自然とそうなり易い でしょう……

ですので アイアンに比べ うんと左足寄りに置くドライバーを
無意識で、なんとなく構えた時、疲れてきた時、
うんとクローズスタンスだったり、右を向いて構えている可能性…
それって 結構あるんじゃないか と思うのです。
 シャフトの硬さの差、
それによって造られる ボールの位置の違いが

  ミスショットの遠因 だったり する訳です。
0e4d0881

それは スイングが悪い から…
 上手ではないから… ミスになったのでしょうか?



✋✋✋知らない内、気付かない内 によって
スイングそのものやタイミング、ボールの位置 まで
クラブによって決められてしまっている、
それも含めて スイング だ! と呼ぶのなら
・・・スイングなのですが、
本来、アマチュアゴルファー エンドユーザー・購買者 としての
ゴルファーが知っておくべき ゴルフクラブの選び方 の基礎情報…
スイングやアドレス、ボールの位置やタイミングなどは
クラブから受ける影響は少なくない を無視して
あまりに安易なうわべな情報に踊らされている かも知れません



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのアマチュアゴルファーは
  ゴルフクラブのコトについても 殆ど知りません。


ごく一部、
%として数えることの出来ない程度の「ゴルフクラブ好き」を除き
自分の使っているクラブのシャフトの硬さ も知らない、
もしくは興味のない人が大多数、ほとんどと言えます。

良くあるパターンで
シャフトには工業規格の安全性を記したマーク
(セーフティグッズ)マークが付いていて
それを見て シャフトの硬度 は  だと思っている人もかなり居ます。

また メーカーや機種を問わず
シャフトがS表示なら共通して 「同じ硬さ」と信じていますし、
手に負えない
 日本のゴルファー共通のBGM(バックグラウンドミュージック) として
✋ゴルフが上手になる 👉シャフトを硬くする
✋上手くなるほど硬いシャフトを使う

という カルト宗教の教え を秘かに信じています。
(弊社のソレ の方が遥かに害が無いと思います)

まあ アマチュアゴルファー、趣味や娯楽で
ゴルフを楽しんでいるのですから 
そのシャフトの硬さ信者論は害があるから 少々、頭痛がしますが、
ゴルフクラブのコトに詳しくないのは普通でしょう。

006


ただし 最低限の知識 として
知っておいて頂きたい、
普及? 啓蒙? するにはかなり無理があるかも 知れないのですが
知っておいて頂きたいコト があります。


通常で言うと 要らない・必要の無い情報ばかり を集め
ゴルフクラブに関する シンプルで もっともな情報は
殆どしらないまま ゴルフクラブと付き合うコト になってしまっています。



✋✋✋それは 良くも悪くも

「スイングはゴルフクラブから影響を受けていく」
「ゴルフクラブによってスイングは造られてしまう」


というコトです。


弊社は ものすごく柔らかいシャフト、重いヘッドを専門
としていますが、ポジショントークとして それをお薦めしたい
というコトではなく、
使っているクラブ、使ってきたクラブ によって
 スイングは ある程度、否、ある程度以上 作られます。

先日体験した フィッティングの話し です。

1.新しく フルセットを購入されました。
2.硬さを揃えるため 表記上、 Sシャフトの硬さに統一しました
3.内情では 軽量スチールのアイアンが遥かに硬く
 ドライバーのソレと比べ 4〜5フレックス 硬い状態 です。
 (ドライバーをRとすると アイアンはX、もしくはXXの状態です)
4.セットの中では フェアウェイウッドが一番柔らかく、
 2本あるユーティリティ 同じメーカー、同じ機種、
 同じシャフトの硬度表記にもかかわらず 硬さ に差があります。

ラウンドも数をこなし
「スコアも良くなってきたので 次のクラブのシャフトは硬くする」
という 例のカルト宗教の教え に沿い
新しいクラブは 表記上 硬めに設定しましたが、
それは ✋番手によってかなりのばらつき がありますし、
機種によっては 実質、シャフトが柔らかくなったモノ すらあります。

まず こうなると
ヘッドの大きな、シャフトの長い ドライバーを苦しみます。
何故なら 練習場での練習、
アプローチも含め 7割以上のショットは
X,XX相当のシャフトの硬さのアイアンで行うから です。

練習量や頻度、期間によっても異なりますが、
アイアンとドライバー
(シャフトの硬さの違い)では ボールの置き位置、
 左足寄り、右足寄り 加減は大きく異なってきます。
👉ドライバーが左足寄り 👉アイアンが右足寄り
✊多少、であれば いいですが、
その差が大きくなれば、同じタイミング、同じ感じ、
同じスイングでは対応しきれなくなりますから
ゴルフをするのに 2種類のスイングが必要になってきます。

さらに問題になるのは・・・
 セット中で ダントツに柔らかいフェアウェイウッド です。
シャフトの硬さから 考えると 左足より にボールを置きたい
ところ……ではあるのですが、
根本的に オーバースペックのクラブを
フェースターンで打つコトを目標に 練習してきている人
にとっては ヘッドに奥行きのある(重心深度方向)のある
フェアウェイウッドを 左足寄りのボール位置で打つ
というのは ダフリ、ダフリトップ、チョロを誘発する原因になります。
0e4d0881

フェースターンでスイングすることを基本 とする人
にとっては シャフトの柔らかさ は
インパクト時のヘッドの来なさ加減を増やすコトになります。
しならせる〜しなる量が増える は
クラブが短くなる というコト です。
しなり戻す は クラブの長さが増える というコトです。
ドライバーは まだ 空中のボールを打つので
それを許容する空間がありますが、
地面にあるボールで それを行うとなると
 地面がそれを邪魔します。



・・・と言う話 なのですが、
この体験を経て、お金や時間をかけて
レッスンを受ける以上の「秘かな教え」がからだに染み込まれます。

それは スイングの技術以前の
もっと根本的なショットにおける概念のようなモノ で
知識と実体験を持って 時間をかけて払拭しなければならないほど
深く、おそらく生涯のゴルフを通して 解消できない感覚でしょう。

練習場で数多く打つ XX相当の硬さ のシャフトのアイアン
を打つのには 速いリズムの無茶振りが必要 です。
当然、それが自分のリズム、テンポの基本 になります。
「ゆっくり振れ」
「ゆったり振りたい」

と思っても、そう打ったら 当たらないのですから。

しかし、ドライバーをそれと同じように振れば
 硬さが異なりますから 上手く行きません。
ですので アイアンのショットが良くなってきても
 自分のスイングの自信 にはつながり難くなる訳 です。
また 年齢や練習頻度 にもよりますが、
その硬さ(XX相当)のオーバースペッククラブを
打ちこなすには かなりの練習量、定期的な頻度 が必要で
それは 肘や手首、腰などに相当な負担を生みます。
 それも ショットの自信を失わせていく要因です。


ドライバーにおいては
違うテンポや間の取り方 など 工夫が必要ですので、
スコアを重視するのなら 飛ばしはあきらめ
ただ 当てるだけの ドライバーショットを作るしかない訳 です。
4〜5フレックスも柔らかい ドライバーに照準を合わせると
アイアンが打てなくなってしまい…、
練習場で打つ 大半のショットが気持ちよく 無くなりますので…。

フェアウェイウッドに至っては
「俺はフェアウェイウッド苦手!なんだ」
という 苦手意識が払しょくできず、
生涯 付きまとうコトに為り、
次のセットを買い替える時は
ヘッドに奥行きの有る フェアウェイウッドは除き
ユーティリティで固める セットの可能性も匂います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ほぼ全員のゴルファーが
"無理"をしないと シャフトがしならない、
動かないシャフト
を使っています。

【シャフトはしならせて しなり戻して使え…】
どこから その都市伝説が生まれたのか、は不明ですが
シャフトはしならせずに使うモノ です。

50msを楽々超えるような プロたちの動画や写真を見て
それを真似しても意味ないでしょうね。

彼らもシャフトをしならせようとしている訳ではなく
彼らの運動速度だと  単に
「運動で増えたヘッドの重さ分、シャフトがたわんでいる」
に過ぎません。

しなり


厳しい言い方、かも知れませんが、
常識的に考えて ゴルフクラブのような L字型の形状のモノを
しならせようとしたら、たわませようとしたら
ヘッドは回ってしまう〜シャフトは捩じられてしまいます。


クラブの進行方向にもよりますが、
右打ちの人が テークバック方向で"意図的に"しならせれば
フェースは閉じますし、ロフトも締まります。
逆に ダウンスイング以降の方向で"意図的に"しならせれば
フェースは開きますし、ロフトも開きます。
棒とヘッドの重量の中心点の位置関係
重心位置という 棒から離れたところに重量点があることを
考えられば 当たり前 だと思うのですが…。

他のスポーツに比べ、ボールのサイズも小さく
打点であるフェース部も決して大きくありません。
地面にあるボールを打つのには 最大限のサイズになっており
これ以上、ボールも打点も大きくはならないでしょう。

そして、これも何度も書いていますが、
ゴルフクラブの打撃部のフェースには
方向や高さ、距離などを決定づける 角度が付いています。

シャフトを『意図的に』『わざと』しならせる ということは
シャフトをねじる 即ち、ヘッドを回転させる というコト です。
rad-04-driver

とともに 方向や高さ、距離などを決定づける要素 として
円弧の大きさ、ヘッドの軌跡、ヘッドの入射角度 も
フェース面のロフトなどの角度と同様に重要です。

シャフトがしなる というコトは クラブが短くなる
というコトに為ります。
そのまま 使えば それはある程度、一定になりますが、
それを しなり戻す 〜回転戻し をして使う というコトは
その度合いやスピードによって
クラブの長さ 円弧の大きさ、ヘッドの軌跡、ヘッドの入射角度
が かなり激しく変化するコト につながります。

自分の運動性能にとって
年齢なり、体力なりの運動性能にとって
適度にしなる、要するに柔らかめ のシャフトであれば
シャフトが硬くさえなければ
放っておいても シャフトはしなります。
運動を加えれば 更にしなります。

 ですので 放っておくのが一番! なのです。

それは シャフトの役割、俗に言う シャフトの仕事 で
人為的な、作為的な動作は必要ないのです。

あえて言うのなら 自分の運動性能にとって
『しならない硬さ』は選ばない
人為的にしならせて、しなり戻すような使い方が
必要となる『シャフトの硬さは選ばない』 と言うところが
選択のテクニックと言うトコロでしょう。

ゴルフクラブの形状、ヘッドの構造や角度の存在…
それらを踏まえた上でも
 多くのゴルファーは硬いシャフトを選ぶコトが多く、
何故か、それを誇らしげにして・・・。
で、結局、それを使う上で 『意図的に』しならせて使う・・・
なんだか 私には意味不明です。

弊社のような 放っておいても グニャグニャ系のシャフトは
逆に「しならせない」ように使うのが
ゴルフクラブによるスイングのレッスンでもあります。
video (2)(2)_Moment(2)

大丈夫かな と思うのは
練習用の柔らかいシャフトで練習して
実際に自分の使うシャフトは硬い・・・、
当然、柔らかいシャフトとは しなり方、しなり加減が異なる訳で
それはイコール 使用中の長さの変化でもあります。
柔らかいシャフトで その長さの変化を練習しても
それが 自分の使うクラブには適応しない、というか
タイミングも、打点も、振り加減も異なるでしょうから
役に立たない可能性の方が
逆に、悪くなってしまう可能性すら あると思いますね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前半はこちら
👉http://hbs.livedoor.blog/archives/1998277.html




・・・・
『難所について』

左ヒジ、左上腕を先に動かすと、ヘッドが落ちます。
落ちないために逆らえないのに左手で頑張ったりします。
落ちるヘッドを間に合わせるために、カラダを速く回して、
結局開いて打つ、結果は引っかけかチョロ、悶絶する打球になります。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment

これを解決するために、落ちないうちにと、
速く動かしてみたり、外へ膨らましてみたり、いろいろやりました。


【初動】なんとなく解決している今の感じは、左ヒジを動かすことによって、
グリップが引っ張られる感じが生じる程度、生じるように動かす感じです。
グリップが引っ張られる程度で、
左が先行したグリップファーストが出来ているので、
右でフリップ、スナップしないでついて行けばよいです。

ついていけば、右のスナップロックと左の逆スナップが深まっていきます。


【右手】左肘を動かすのに、
左腕で重さを支えているとかなり動かしにくいです。
なので、クラブは右手で重さを支えています。


【グリップを落とす方向】

グリップはカラダの左側に持って行くのでなく、
動かしている両ヒザの間に落としていきます。
トップでは右寄りにありますので、
腕を伸ばしきったところで股の中心やや左側を目指して落としていきます。


グリップを左へ移動させるのはカラダの回転に任せます。
カラダの回転にグリップをついていかせるために、
左ヒジは先行している必要があります。
少し動かした左ヒジは、結構行ってくれます。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment

【腕の振り方】

現在の感覚を書きます。

普通にグリップした両手の関係で、だらっと下ろし、
カラダの向きを変えず、ヘッドを右へ振って、左手のひらがカラダを向き、
右手のひらが正面を向くようにします。

この状態だと、左ヒジは、左のほうを指し、
右肘はカラダの後ろを指しているはずです。
そうなってなかったらそうしてください。
👉これをポーズ1とします。

そこから、右肘をヒジの後ろ向き方向を保って
カラダに沿って曲げてください。左腕は右腕の動きに従ってください。

左ヒジの向きは最初の方向を保って、曲げてください。
みぞおちくらいの高さでいいです。

そこからまた伸ばしていくと、少しカラダから離れるようになります
(こういう表現が店長ブログでも出てきますが、
律儀にキッチリやらず、そうなるかなーという程度に
やったほうが悩まないで済みます。)

この動きが現在腕を振っている感じです。
👉この動きをダウン1とします。


ポーズ1にヘッドを起こす&右を向くが加わってトップ、
ダウン1をやりながら、当たるように脚を動かして、
グリップがヒザの周りを回って打っているという感じです。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(2)

腕で左右に動かそうとすると、
カラダの回転と重さがかかる位置を合わせるのが
なかなか上手くいかないので、
あきらめてカラダの中心に置いておこう、という感じがあります。



・・・以上、ご参考になるところがあれば幸いです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



クラブを振るのと
クラブを持った自分が回るのと
意味合いの違い、
そのイメージを実践した時の違い
なんとなく…でもご理解頂いたでしょうか❓

弊社のクラブヘッド重量、
シャフトの柔らかさによるオートマチック性は
利用出来れば かなり強力な味方です。

動きの少ない、動きの遅い L型ブリストルパターで
体験済みだと思います。


時計の話 が分かり易いのでは、と思うのですが、
スイングの円運動、円軌道は
時計の針を 0分(12時)から逆回りですが、
50分〜40分。。。と振るのではなく
時計の針自体 0分(12時)を向けたまま、
時計自身である自分が向きを変えるだけ なのです。

スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)






時計の針、である クラブ〜シャフトを同じ角度分だけ振ると
不可抗力、遠心力などのその影響
時計自身も回転してしまうので
大きなロフト、緩い入射になり、
ミスになったり、飛距離を損するコトに為ってしまうのです。

自分自身が行っているとは言え、からだの回転で
やってくれることは スイング動作の中では ものすごく多いです。
大きな移動は全部、担当してくれるのですから…。
しかも 自分自身と言う
スイング動作の中では最大のモーメントが動くので
分母が大きいですから クラブからの不可抗力の影響も少ない。
クラブ自身を単独で動かしていませんから
クラブ、ヘッドの重心位置やシャフトの機能なども
利用出来るようになります。
クラブを単独で動かしている限り、重心位置であったり、
ヘッドの慣性モーメント、シャフトの役割は
その機能を半減…いや それ以下になってしまいますから
最後は 打ち手の運動性能頼み(体のキレなどの若さ)になってしまいます。


クラブを振ってしまう、
それによって 望み通りに回るコトが出来ない大きな要因は
技術的なコト というよりも
雰囲気 に近いような、なんとなくのイメージが元 だと思います。
俗に言われる スイングのテクニック、技術 は
それに伴う クラブや腕などの重さの影響、不可抗力を
処理、相殺していることを指すモノばかりです。

腕を使って クラブは出さない(ボールの方へ)
腕を使って ヘッドはグリップよりも下げない
この腕使いが からだの回転を造るのです。

トライしてしばらくは当たらない のはある意味、当然。
からだの回転の仕事を取ってしまった 腕の仕事 を辞め
からだのその仕事を預けるのですから
同時に二つの修正をするのです。

腕を使って、クラブは出さない、ヘッドは下げない
それで どう回転ると ボールに届くのか、ボールに当たるのか
そこに行き着いて 初めて 両立する土台が出来るのです。

ボールを打つため
遠くに飛ばす為
そして、それを持続して行うため
スイングのトップの位置 での腕の役割 というのは
そこで終了と考えて良いと思います。

そこである程度固定した、小さな筋肉である腕
それを 回転でボールにぶつける と言う感じです。
012

クラブの機能、ヘッドやシャフトはグリップの移動を助けるコト
遠心力によって 自分から離れようとする不可抗力
それらが 腕の付け根である 肩からグリップを、クラブを離していく
と考えると良いと思います。
その不可抗力の基になる からだの回転の仕事
『向きの変更』まで 腕でやらせてしまっては 仕事の多過ぎ・・・。
 ブラックなスイング になってしまいますよ、今どき。

それでは コンディション不良や天候急変、
ラウンドの後半など 疲労が伴う時、持続できません。
ゴルフは基本、長丁場な遊び、なのですから。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これ アプローチだけでなく
フルショットにもよく見かけるパターンで
スイングチェックしている時はいいのですが、
しばらく放っておいて、球数を打つと表れる症状です。


まず 定義しておきますが、
振り遅れ とは
からだの向きを変える行為、からだの回転に対し
グリップが右
(右打ちの人)に遅れてしまうことで
ヘッドが遅れるコト
 ではありません。

ヘッドはそのものの重さ、そして長さ、
それに加わる移動(運動)の速度によって
動けば動くほど重くなりますので
その重さは 放っておいて
 それをロフトの立ちに変えればいいだけ のコト。

逆に ヘッドを無理に遅れさせないようにすると
グリップの移動を制限、止めなければならなくなり
からだの回転からグリップが遅れてしまいます。


ヘッドの重さを放っておけ
とは言っても あまりに、必要以上に重くなるような
使い方では それもグリップに制約をかけます。
✋クラブと仲良くできれば
 そのヘッドの重さが
 その重心位置構造が
 そのシャフトの柔らかさが

グリップの移動を助けます。

それが出来るようになれば
より重たいヘッド、モーメントの高いヘッド、
シャフトの柔らかさが スイングを助けます。





で 話は元に戻しますが、
アプローチ、そして フルショットに時によく見かける
振り遅れを作る テークバック、上げ方 です。
(実験に協力して頂いたので 上げる方は少し大げさですが…)


❶アドレス時、多くの方が
ヘッドを地面に置いて、重さを委ねています。

❷テークバック開始・・・・・・・・動作が始まると
グリップは高くなりますが、ヘッドを放っておいています。

✋アドレス時のディッシュアングルを維持するには
釣り上げる訳ではないですが、
すこし 上げる意識がないとヘッドは落ちてしまいます。

❸アプローチの場合
グリップとヘッドの相関関係において
アドレス時よりも ヘッドが下がってしまった為、
このまま 打ったのでは 手前をダふります。
よって アプローチとは言え存在する ダウンスイング
インパクトまでの間に ヘッドを逆に上げる必要が生まれ
その無駄な調整により ミスが生まれ易くなります。


❸フルショットの場合
一旦、グリップに対し、下がったヘッドを上げるため
無駄なコッキング、ヘッドを上げる行為が
テークバックの後半に入ってしまうため
切り返しが遅れ 振り遅れにつながります。

😨フルショットの場合、 この動作によって からだが反らされ、起こされ
その動作の修復のため より遅れるケースも見られます。
起き上がりコブシ症候群になります。

また グリップとヘッドの上下の位置関係を維持したモノ
(重さが掛かるなりにあげる〜同じ姿勢を維持するために動かす)
をしたものと、しないもの(一旦、ヘッドを下げてしまう)とでは
ヘッドの通るルートが異なり、
一旦、下げてしまったルートの方が大きな弧 〜長いクラブ に
なるので それも振り遅れ や アウトサイドイン を生む原因に成り得ます。

ヘッドの高さに注目_Moment


アプローチであっても フルショットであっても地面に置いたヘッド、
ここから テークバック初動をする場合、
コッキング、釣り上げる必要は一切ありませんが、
動き始めた時、すこし持ち上げる位の意識がないと
ヘッドは下がり、
その後 それを修正する動作が 幾つも入る可能性があります。

小さな問題ですが、実はあとあといろいろ響くので
注意が必要です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
スイングを見る限り、
望んでいない、そして 無駄なリリース
右腕を伸ばすコトによって シャフトを下に振る
(映像ではそこを強調しています)
その動きがあるため
インパクトタイミングが遅すぎて
からだが開こうとする〜カット軌道
からだが上を向こうとする
タイミングにインパクトが掛かっており
また 困ったコトに…ベテランのなせる技か
からだが開く、からだが上を向く をすると
ボールに届かなくなるので
左サイドを止めてしまい、クラブを振る空間が失せ(足りなく)
ダふる・・・というか 詰まったインパクトになってしまっています。



意識として ロフトを立てようとしているのも
理解出来るのですが、問題はそこではなく
もっとベーシックなトコロにあります。

ショットのタイミングも大きく変わるので
 きっと悩み深き箇所だとは思いますが
手打ちから脱却する良い機会だと思います✊

ここの部分、スイングの根幹に関わる部分で
技術の問題ではなく、意識とか、
今までのスイングの思い込みをドカンと
 変える必要があるかと思います。

タイミングは正直大きく変わるので
 それに慣れる必要がありますが、
技術的に 新たなコト、知らなかったコト
などは一切要らないと思います。

真似てみました。


こちらの映像をご覧ください。




月並みな言葉、
スイング用語としては非常に陳腐な言葉ですが
左手のリード というのがあります。

ほぼ全員のアマチュアゴルファー
最近では多くのプロゴルファーも
この言葉の本意、真意が理解できず
誤解というか、まったく間違った解釈をしています。

✋これを誤解しないで頂きたいのは
 
☑左手がリードをして、その後、右手で叩く


イエ、この場合は

☑左手がリードをして、そののち 打つ

では ありません! 間違いです!


左腕〜左手は からだとクラブをつなげる腕であり、手です。
動作 という意味で
からだ ソノモノ と考えても良いと思います。

言葉で言うと
からだを右に向け 正面を向く
その行為そのものが打撃で
正面を向いて「から」打つ
 のではないのです。


どう意識したか というと
✋真似た方は からだの回転に対し左腕を遅らせる。
✋一方は からだの回転に左腕を付かせる。

この違いです。
「からだの回転で!」VS「ハンドターン」_Moment(2)「からだの回転で!」VS「ハンドターン」_Moment「からだの回転で!」VS「ハンドターン」_Moment(3)








最終的なインパクト直前のリリースは
遅らせた方は もうからだの回転は終わっているので
からだの回転はボールを超えてしまったので使えませんから
無意識で その分 行っています。


✋左グリップの通るルート
そして からだの回し方、回す方向 なども
今までとはかなり異なる可能性があります。
からだの回転 脚なり、腰なり、
お腹を意識した方が良いかも知れませんが、
それに左腕を遅らせない、付かせる と
インパクトは想像以上に早いタイミングで来ます。



素振りで良いですから こちらの
左腕だけのスイングドリルをしてみて下さい






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ハミングバードでは
ダウンスイングの初期、初動で
左腕上腕、もしくは左ひじからだの動作
を薦めます。

それは ダウンスイングに
脚、腰を回すのに 肩を遅れさせずに
胴体と腕クラブを 一つのユニットとし
回転を二重にしないトコロ にポイントを置くためです。


脚、腰に対し 肩を遅れさせてしまうと
本来の 右向き→正面 という
円構造のクラブ軌道の 右斜め上から 左斜め下 という
(からだの位置関係で言うと 右肩から左ふともも)
1/4円のクラブの移動、クラブの下がり を
からだの回転を使わず、手ですることになるため
☑ロフトが開き(大きく)易く
☑入射軌道が緩くなり易く
☑動作が圧倒的に増える
  からです。

トップオブスイングの位置では
からだに対し 横(右胸から左胸)の移動の中にも
前傾姿勢によって 縦(高さ)が混じるので
骨盤がボールと正対してから動かすよりも
クラブやヘッド、腕の重さが利用/活用出来る筈です。

腰に対し、肩を遅らせて
骨盤が正面を向いてから動かすと
重さが落ちる というのを ボールに対して使いにくいですし
そのタイミングで 重さが落ちるをボールに使うと
その分、からだが上を向きやすくなるので
飛距離という面や、確実性という面で良い点はありません。


今回のこのケースでも
少々、極端に 左上腕から先に‼
ダウンスイングを始めて貰いました。

おそらく 本人にとっては 違和感バリバリの
逆に手打ちのイメージがあるかも知れませんが
実際に 映像を見ると 明らかな違いが
時間進行と 腰の向き
腰と肩の関係
に見て取れます。

それだけ いままで 脚/腰に対し
意図的に肩や腕を遅らせ ボールを打っていたのです。

タカちゃんの野望11_Moment

スイング中、左腕上腕に意識が強く行くので
へそから下の下半身は無意識だと思うのですが、
ずいぶん 開きが収まっていますし
『左上腕から始動』を意識しただけで
左上半身の 回っていく方向もずいぶん変化したと思います。

若い時や、若い人のように
腕で振っても高速に動かせる腕力や握力がある
のであれば お好きにどうぞ ですが、
体力的に、また加齢による変化によって
その「染みついた遅らせ」は飛距離を落とす日が来ます。
そして その落ち方はかなり顕著です。

物理的にみると インパクト直前でわざと ロフトを増やし
入射を緩くし・・・
それは ヘッド、クラブを下に振る事によって発生するのですが、
その分、自分は伸び上がるとか、からだを開くのですから
当然 ミスも増えますし、傾斜やクラブによる得手不得手も強くなります。
飛ばない、飛ばさない、上にミスも増える 動きを
自分から ワザとしているのですから
逆に言うと 改善は難しくない。。。
この短時間で こう変わる訳ですから技術的な問題というよりも
やはり ショットはこう打つ! という意識の問題の方が強くように思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


共通用語がない…


ゴルフスイングの話やアドバイスをする時、
実は大変困るのが
『用語が相互に同じものを指してない』場合なのです。

どういうことか というと
車がカーブを曲がるのに
『ブレーキを踏んで スピードを落として』
『ハンドルを切って カーブを曲がって』
と言えば、まあ、免許を持っている人には
概ね通じる用語の羅列です。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)

ところが
ある人にとって ハンドルをブレーキと誤認識、
ブレーキをハンドルを誤認識 して
覚えていたら、意味不明な会話になるでしょうし、
そこに「アクセル」まで入って
3つ言葉がローテションしてズレていたら
まったくもって 意味不明で
何も伝わらないですよね?
考えているだけで混乱しそうです。


ゴルフ用語では
それが日常的に、普通に起こっていて
9割とまでは行きませんが、8割を超えるようなゴルファー
残念ですがレッスンプロなども含め
起こっており、それがゴルフスイングの会話やアドバイス
動作の誤解を生むきっかけになっています。



それはなにか! と言うと
ゴルフで言う  とは
「肩関節を含めた腕」の事です。
ゴルフで言う  とは
「股関節から上の胴体の事です。
images20150404163453

そして その腕と体をつなぐのが
肩甲骨にあたるわけですが、
肩甲骨の役割はその部位の通り
腕と体のつなぎ役であり、クッションでもあります。
どちらに属するか は微妙な存在であるのは確か…ですが、
腕である! とも断言できませんし
体である! とも断言できないものです。

ところが 多くのゴルファーは
体を回す ゴルフスイングを
腕でもなく、体でもなく 肩甲骨を動かし
それを体を回していると認識し、
ダウンスイングで腕を動かす(例えば伸ばそう)を
肩甲骨を揺り動かして 腕を動かしていると
錯覚しています。
都合の良い時に 肩甲骨を体と分類し、
また、別な都合の時にそれを腕と認識、分類しています。

4bcbe6f4テークアウェイでの肩甲骨の動かし は
自分ではそれを体と認識しているので
腕で上げるな に該当しないからOK!
 みたいな節が強く、
ダウンスイングでは 腕で動かさないようにみたいな観念から
肩甲骨をを縦に揺さぶって体で!
みたいことをするから 回転の方向が横から縦 に
変化してしまうのです。
この写真では 左の肩甲骨を動かしていて
それによって背中の筋肉なり、筋膜が張る ことを
体を回していると錯覚しているに過ぎません。
体自体は耐えること以外 動作としては何も行っていません。


564dfb4d


典型的な例が
パッティングでの ショルダーストローク で
このストロークは
体も動かしていませんし、腕も動かしていません。
はっきりと どちらにも属し、属さない
肩甲骨を動かしているに過ぎません。

私感ではありますが、
肩甲骨を動かす僧帽筋や広背筋等は
負荷に耐えることや強く何かを動かすことには
長けていると思うのですが
1mと1m30造鯊任訴けるような微妙なことは
あまり得意としていないと思います。


腕を動かす というのは
肩関節を稼働させることで
体を動かす というのは
股関節を稼働させることです。

とても単純な話ですが
これを実行しているゴルファーを見るのは
年末ジャンボの一等にあたるような確率です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーは考えていない
気付いていないことですが、
スイングの概要は『クラブから』しか学べません。
d779f31a

その多くが ゴルフを始めた時のモノか、
ゴルフに熱中して夢中になっている時に使っていたモノ、
それらがゴルフスイングの基礎を造ると言って
間違いないでしょう。

例えば のはなしですが、
これは本人に確認はしていませんので推測に過ぎませんが
横峯さくらちゃんのスイングは
あきらかに 幼少の頃…小学校かそれ以前の体験でしょうね。
お父さんの使わなくなったクラブを
その時の身長に合わせ、切って使って
 スイングを覚えたのでしょう。
ジュニアゴルファーには多いパターンだと思います。


男性用のクラブを 小学生のサイズに切って使えば
元々男性のクラブですから 小学生の女子にはきついですが、
硬くて、ヘッドも感じにくい 長い棒 です。
シャフトが適切な硬さでヘッドの重さも感じられれば
あそこまで深いトップを造れば 
ひっくり返ってしまいますから
抑制されている筈です。

悶絶クラブを作り、
お客様にご提供させて頂いて
長い時間 お客様のスイングの変化を見ていると
例外なく お客様のスイング というか
『トップ位置はコンパクト』になってきます。
そこの部分は何もアドバイスしなくても
自然と、必要以上に深かったトップは
削り取られていくのだと思います。

硬いシャフトに慣れた方は
当然 硬いシャフトをしならせて しなり戻す
ことをスイングだと錯覚していますし、
ヘッドを返すスイングをしたい人にとっては
どちらが鶏で、どちらがタマゴかは人それぞれですが
アップライトな、小振りなヘッドを好むようになります。


小振りな 重心距離が短い クラブは
商品として 硬いシャフトが入っているケースが多く、
それに伴いヘッドも軽いですから
本能的に 速く振ることで打撃のエネルギーを作り出そう
としているのだと思います。

速く振ること自体に
良い悪いはありませんが、
その手のクラブを、その手のスイングでショットする人は
テークアウェイのリズム感も異様に速く
閉まりかけた電車の扉に間に合わせるか のように
急いでスイングしますから、
ミスのやり直せる練習場では良いのですが
コースへ行くと苦しむと思います。
maxresdefault

技術論 ということでなく
基礎論 として
ゴルフショットをやさしくするのは
,垢襪海箸鮓困蕕
△垢訛度を遅くする
スイングを必要最小限の大きさにする

という事だと思います。
グリーン周りの アプローチで
ウエッヂで無理に高い弾道を選ばず
8番アイアンで転がすのと同じです。

以上の3項目で
問題になるのは
することを減らし、する速度を遅くして
スイングをコンパクトにしても
望む距離が打てるか どうか であって
スイングは ヘッドスピードの数値なんてのは
ゴルフそのものに何にも関係ない訳ですし、
スロープレーは問題ですが
自分の番の、自分のスイングに
そんなに慌てて スイングする必要もありません。

することを増やして
する速度を上げて
スイングを大きくする

というのは一見すると良さそうに見えますが、
勿論、飛距離は重要ですが
ゴルフショットの場合、逆にいくらでも飛んでよい
という場面の方が 割合としては圧倒的に少なく
ショットの条件として
打つ距離があらかじめ決まっているケースの方が多い
という ゴルフのゲーム特性を考えると
それをしなくても 望みの距離を打てるクラブを選び
スイングを覚える というアイディアも
ゴルフを上達するための腕前の一つを考えられます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これからゴルフを覚える人 にとっては
この アプローチショット、ランニングアプローチ が
長いゴルフ人生の スイングの礎になる部分です。
遅れていいのよ

一度ゴルフスイングを覚えてしまった人も
ここの部分から やり直すのが一番堅いかも 知れません。

ゴルフのスイングは 回転動作が入るが故に
また ゴルフクラブに絶妙な長さがあるが故に
左〜右 上〜下 が いつも反対に動きやすい特性をもっています。

グリップ移動の意識が薄く ヘッドを動かす 状態では
ヘッドを下げると からだは必ず上を(上がる)向きます
ヘッドをインから ボールの方へ出そうとすると からだは引きます。
✋からだの回転でのグリップの移動の感覚があると
ヘッドの下がりは グリップの下がり 体も上を向きにくく
ヘッドをボールに近づける行為は 同時にグリップも体もボールに
近づける行為になり、ミスを修正するのが容易になります。


アプローチ、ランニングアプローチの段階で
まず からだでグリップを動かし その結果、ヘッドも移動する という感覚、
ゴルフの基礎中の基礎を 馴染ませてあげることはとても大切です。

フルショットのイメージの中に
ゴムをひねって その復元、で ビュッとボールを打つ、クラブを振る
という感覚があるのかも知れませんが、
その意識は ゴルフショットに非常に悪い影響を与えます。

軸意識もあるのかも知れませんが、
テークバックは 動かない右サイドに対し、
左サイドや左腕を入れるのではありません。

その苦しくなったゴムの復元(反動)でボールを打つのではありません。

胴体で言えば 左サイドを動かせば右サイドも同じ分動くのが軸意識です。
動かない・・・をあえて 探すとすれば 股関節よりも下の脚(軸足)でしょう。

✋軸足感覚をしっかり持たないと
 殆どを傾斜地から打つ ゴルフショットは安定しません。




❶テークバックは 左から右への動作(上から見た時、時計回り)
 右足が軸足になりますが、股関節から上の右足を除き
 右サイドを動かすコトをお薦めします
 その主なエンジンは 左足になるかも知れません。
 決して 左上半身ではありません。
IMG_0294_Moment(2)

 右サイドを右に動かすのではなく
 右サイドを後ろにどかす
S20180921_Moment

❷肩を(単独で)動かさないことを覚えましょう。
 胴体を 肩とからだの二分割にしないコト
 肩をひねる動きが入ると その修正に苦労します。
 ゴルフクラブには 角度が付いていますので
 肩を胴体と違う動きをすると 角度が動きます。


✋多くの人は 肩を動かす〜胴体を動かす
 というのを からだを回す行為 と 超勘違いをしています。

 ゴルフの動作においては 肩は 「腕」の 一部です。
 胴体ではありません。 
からだ動いてないでしょう ⇩
IMG_0272_Moment

 自分では体を一生懸命回している と思っている行為が
 思いっきり 腕を動かしているだけ!
 「もっと ちゃんと からだを回して!」と
 他人から言われても どうしようもない というか
 指している部分が違う、行為が違うのですから
 共通なスイングの会話に成り得ません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これもよくあるケースで
始めて間もない人だけでなく
ベテランゴルファーでも そう思い込んでいる、
間違ったまま 修正しているケース は多々あります。



◌ダフリ 〜厚く当たってしまう
◌トップ 〜薄く当たってしまう 

ヘッドの 上下、縦方向の 一番のふくらみ〜最下点 が
ボールを拾う 正誤表
ダフリ 👉ボールより低くなってしまう
トップ 👉ボールより高くなってしまう

と思い込んでいるフシがあります。

そう言うケースがない とは言いませんが、
とても少なく 非常に稀なケースです。

厳密に言えば ボールは球体で、
フェースは線ではなく面ですので
厚く当たる イコール ダフリ
薄く当たる イコール トップ にはなりません。
厚く当たる は 厚く当たる ですし
薄く当たる は 薄く当たる です。

それがミスになるのは
最下点が上下しているのではなく
最下点が 右にズレている のです。

ボールを拾う

ダフリもトップも 同じ状態
✋最下点が上下にではなく、右にズレているコト によって 発生します。

それが理解されていないと
その修正、ミスの回避 は 更に間違いを重ねるコトになります。

どちらのミスも 正解〜修正意識としては
インパクトのグリップの位置を 「もっと茲法廖〇って来たい…のです。
ところが 最下点が 低すぎる〜高すぎる 意識 は
グリップの左右の位置は変わらず 高さを変える という
「インパクトではグリップの位置が止まる」 という
更なる間違い、重大な間違いを植え付けます。

それが 手でクラブを振る につながっていくのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ボールを打つ為、セットアップする構えを
アドレス(ポスチャア)と呼びますが、
その中でも大切な一つに
 ボールの置き位置 があります。

005


幾つかあるレッスンの中には
番手などによって ボールを位置を変える 
と言うのがありますが、
それは 位置把握のしやすい、目安になるものの多い
練習場でなら良いかも知れませんが、
傾斜や景色が毎回変わり、疲労によって変化の起こりやすい
コースでの方法論として適切ではありません。

ショットは兎角ミスが付きまといます。
ほぼ、全部のショットがミス と言っても過言でない程
ミスはついて回ります。
そのミスの確率を下げ、ミスの幅を狭くするためにも
ボールの位置は固定した方が良いと思います。

その基準になるのは左の靴です。
002

ボールの前面が左のかかとになる位の位置
クラブの長さや番手が変わっても 置く位置は同じ。
変わるのは 右靴の位置 → スタンスの幅 だけ
と言う方がより簡単になると思います


このボールの位置は
 インパクト時に体のセンターがここになる
 インパクト時、体は左の脚が軸足になる

という事を作っていきますから、
現在、ボールの位置が右に寄っている場合、
ボールの位置を治すとなかなか上手く行かなくても
その位置を習慣づけることによって
体の回転、体重移動、アドレス姿勢が
改善されますので、続けて下さい。
スイングの改良の非常に大きなポイントです。

体の回転は背骨が軸になる動きです。
人間の体は 厚み に対し
重さは背骨よりも前(胸)側に位置するので
背骨を軸に右を向けば、その重みは右足の上
左を向けば、左の足の上に乗ってきます。
体の回転と体重移動は同意語に近い
密接した関係です。
003

ボールの置く位置が
自分のインパクト時の 体の位置、姿勢を決めます。
8a862ab6

アドレス時の真ん中や
それよりも右にボールを置く ということは
体重移動を放棄する
 →背骨を軸とした回転運動を放棄する
という事になりますから、
慣れるまで上手く行かなくてもあきらめず続けて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


この20年を超えて スイング論の主流は
『オンプレーンスイング』ですね。

まあ その前も インサイドアウトであったり
アウトサイドインであったり スイング軌道論は存在しました。

down_swing


そして その俗称『オンプレーン症候群』は思っている以上に深刻です。
早く気づいて欲しいです。

『オンプレーン症候群』である限り
どんな教本、レッスン、アドバイスも単なる情報でしかなく
自分の身に刷り込まれることはありません。


ゴルフのショットは
試合や大会などでなくとも コースで実践されます。

スイングの型もそうですが、
スイングの型は 効率よく、かつ 繰り返し易いショットを生むための
「手段」であり、目的ではありません。
自分にとって 効率よく、かつ 繰り返し易いショットをする為の
「型」でしかありません。

コースでは 型などは ショットをする前の意識、
その意識として優先順位は 下から数えた方が早いほど。
風や傾斜、ライであったり、距離や風景であったり
その日の体調やスコアなどの方が 圧倒的に意識の上にあります。

ましてや スイング軌道なんて
ビデオや画像上の 線 でしかないような
コースではまったく存在もしない、
意識もしていないようなモノを
練習で追いかけても 何ら実践される筈もありません。

特に オンプレーンスイング の「オン」の表す
スイング軌道に沿って ヘッドを動かすコト、
それソノモノが正しいかどうかは、人の考えによると思いますが
(ハミングバードでは無意味、と思っていますが、それはさておき)
スイング軌道に沿って ヘッドを動かすことが主目的になり
本来の意味であるはずの
 スイング軌道を 「からだの回転で」「からだで」 作るのか
どうかは 意識の外になってしまっています。

問題なのは スイング軌道に沿って振る事ではなく
スイング軌道を 「からだで」「からだの回転で」 作るコト な筈です。

スイング軌道に沿う 「オン」という意識がある限り、
どうしても それを実現し易い 手回り、腕周り、腕さばきで
オンにしようとする 正解をなぞる癖がつきます。

それでは 最も意識し辛い 軌道などを
コースで実現できる筈がないのです。
練習のための練習、
何かの「おまじない」の為の練習にしか過ぎない と言えます。

IMG_0743


その考え、スイングの基盤になる考え方は
無意識な内に刷り込まれ、
例えば ボールを上から打つ、ロフトを立てる など
自分の身に刷り込まれるためには
それを どう 「体で」「からだの回転で」しなければならない のに
 ボールを上から打つ、ロフトを立てる という目的になってしまい
クラブの姿勢や手さばきばかりを追いかけることになって、
結果、見てくれや恰好ばかりを追う末路に行き着きます。

それはまるで自分ではなく
他人の目を満足させるための 練習、訓練になってしまいますから
想像出来る通り、自分の「身に」は刷り込まれず
コースで実践することは難しくなるのです。

「からだの回転」で、「からだ」で
言葉の通り 身に刷り込まれなくてはいけないのですから
回転が無しではボールが当たらない、打てない
前提でなければいけないのです。
「当たる」コトが先にあって
その後 からだの回転を考えても、それは中身のない、
形だけの、誰かの目を満足させるための「からだの回転」の真似事
なのですから 身に付くはずがありません。



まずは、その「オンプレーン症候群」のスイング捉え方から
離脱するコト、その呪縛から逃れるコトをお薦めします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

みなさん ご存知の・・・
長崎の教団支部長・・・
なのですが 



この部分が最もすごい・・・というか
ここが出来れば 他に問題があったとしても
 『だいたいなんとかなる』 と言う部分
ここは是非真似て頂きたい と言う部分は20191006_Moment(3)

 『十分な右向き』 です

ご本人が研究熱心なのもありますが
この数年は テークアウェイの取り方ばかり
注意されていたようです。

その結果・・・ なのか
左がアドレス  右がインパクト です。

20191006_Moment20191006_Moment(6)












特に意識はしていなかったのかも…ですが。



テークアウェイで 意識されている部分は

20191006_Moment20191006_Moment(2)20191006_Moment(3)











目線を切るコト
顔も胸、胴体の向きとともに右を向くコト
 です。

それは長年意識し、身につけられた「右向き」は
ゴルフスイングにとって最大の武器です。
これを上回る武器はない と言っても過言ではありません。

ダウンぐスイングでは からだの回転に対し
左グリップの下がりは遅れ気味 なのですが
テークアウェイで作った「右向きの時間と空間」のお陰で
十分間に合う、補正出来てしまっています。

20191006_Moment(4)20191006_Moment(5)20191006_Moment(7)










この右向きの時間と空間があれば
インサイドから打てる機会
上から打てる機会 は十分すぎるほどあり
上から打てますから 自分の体力&ヘッド重量分の
最大の飛距離を得ることが出来ます。


目線を切って 顔の右向き という
慣れや精神的の部分を除けば
難易度の低いスイングテクニックで
最大のスイング、ショット益が得られます


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ボールをインサイドから打つ
これから インサイドから、上から打つ 場合
忘れてしまいがち なのが
その場面は 右を向いている
骨盤から上が(厳密にする必要はありませんが)
ボールに対し90度
飛球線に対しては180度
背を向けている状況
 なのです。
IMG_0736_Slomo_Moment(2)

からだはバランスを取る本能を持っていますから
右を向いて、右にある大きな体重を
左足に移してあげると
向きを戻し、左向きを始めます。

よって からだを回すコト ソノモノが打撃
というよりも 左に移っていくことが打撃
体重移動が打撃
 と言えなくもないのです。

それも忘れがち ですが
右を向いた状況 というのは
アドレスに比べると ボールから離れた状況で
右を向いた時の 右から左 の位置関係は
ボールに近づいていく方向 です。

IMG_0770_Slomo_MomentIMG_0770_Slomo_Moment(2)






右を向いている時
ボールに近づいていく方向に
体重移動してあげるコト
 が打撃になります。

アドレス時の 飛球線後方から飛球線へ
と言う方向の体重移動ではないのです。


ボール方向に体重移動するコト ソノモノが打つコト

体重移動して『から』打つのでは
ボールから離れながら打つことになるので
チカラも伝わり難く、ロフトも寝やすくなりますから
よほど余ったヘッドスピードが有る人以外は効率が悪いです。
IMG_0770_Slomo_MomentIMG_0770_Slomo_Moment(5)








インサイド方打つ とは
離れた方向からボールに近づいていく方向のコトを指します
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〇堡里離ラブ(5番アイアン)
 ヘッド重量240g シャフトの硬さ280cpm

▲悒奪匹里潴綫
 ヘッド重量320g シャフトの硬さ260cpm
シャフトのみ悶絶
 ヘッド重量240g 
シャフトの硬さ180cpm

IMG_0736_Slomo_Moment(2)


ヘッド重量240g シャフトの硬さ280cpm
のクラブでゴルフを始める、スイングを覚える
と ボールを拾う能力、ボールを飛ばす能力の低さから
如何にヘッドを速く振るスイング
シャフトを振るスイングを覚えざるを得ません。

その方が スイングを変えずに すぐに打てるのは
ヘッド重量320g シャフトの硬さ260cpm
ヘッド重量240g 
シャフトの硬さ180cpm

どちらかと言うと です。
振動数 180cpmは少し激しいかも知れませんが
振動数 220cpmであれば 大丈夫でしょう。

シャフトが柔らかいコトによって ボールを拾う能力があがり
かつ 速く動かすコトへ負担になりません。
例えば オーバースイングに悩む方や
リズムが速い人にはとても良い 改良要素になると思います。

シャフトの硬さが 180cpm以下まで落ちてくると
ヘッド、シャフトを振るスイングにとっては
シャフトのしなり〜しなり戻り の量が多すぎて
タイミングが取れず、ど開きでのインパクト、ダフリになります。
まあ 数を打てば慣れてくると思います。
シャフトの働き 👉シャフトはヘッドを振るモノ ヘッドを動かすモノ
から 👉シャフトはグリップを動かすモノ に改心
したいと思うのならば この位の硬さにトライしても面白い でしょう。

IMG_0699_Slomo (3)_Moment(6)


◎振動数220cpmであっても、180cpmであっても
ウエッヂだけ スチール(振動数280cpm)のモノにする
なんて言うのは 愚の骨頂です。
シャフトの強度の関係からスチールシャフトでは
シャフトを柔らかくすることは不可能です。
故に柔らかいシャフトはグラファイトでないと実現出来ません。
なんとなく漠然としたイメージでは
シャフトの質量が重い スチールの方が 距離を望まないウエッヂには
よさそうに思うかも知れませんが、
シャフトの命は「硬さ」です。
✋過去に実験をしたことがありますが、
アイアンを全番手 バラバラの硬さ にするのと
アイアンを全番手 バラバラの重さ(シャフト) にするのでは
圧倒的に シャフトの硬さがバラつく方がミスが多発します。
硬さが統一されている方が ミスが少なく
ミスが出たとしても そのミスは一定のパターンで収まります。

DRIYbXDU8AEUY3o


スイングを確認したい
スイングを治してみたい 人は
ウエッヂだけ 振動数220cpm とか 180cpm にしてみると
面白いかも知れません。
✊使い始めの頃は 今までできなかったような
 『ロブショット』が打てるでしょう。
 サンドウエッヂのヘッドをロフトもそのままで
 ドンと柔らかいシャフトにするだけで
 びっくりするような「ロブショット」が打てると思いますよ。
     …練習場で真上の蛍光灯割らないようにね
✊柔らかいシャフトで 普通にランニングとか
 中〜低弾道のアプローチが打てるようになると
 スピンのかかり方が 断然、変わると思います。

✋インパクトの姿勢 ではなく
 インパクト以前の ヘッドの入ってくる上下の軌道
 が 弾道やスピンを創り出す というコトが見えてくると思います。

8658a3e6-s
e00bf7e6








ゴルフクラブは アイアンだけでなく
ドライバー、ウッド、ユーティリティ で構成されます。

.悒奪表杜240g シャフトの硬さ280cpm
のクラブでスイングを覚えた人は
基本、アイアンをダふって打つコトが殆どです。
シャフトを柔らかくすると それを改善していけるようになりますが
それに応じて ウッドのシャフトも柔らかくすると
空中のボールを打つドライバーは
ダふって補正をかけられませんから
アイアンに比べ うんと苦労することになります。

アイアンにはほとんどの場合 小ぶりなヘッドが付いています。
ところが ウッドは重心距離も長く 重心深度が深い
という 全く別な代物です。
ヘッドを振って、シャフトを振って クラブを使う人にとっては
アイアンとは異なり、元々得意としている人は多くないでしょう。
シャフトが柔らかくなると その重心距離の長さ、重心深度の深さ、が
より シャフトのしなりを増やし、シャフトのしなり戻しの抵抗になります。
てんぷら・・・に近いほどの どどどプッシュスライスの佃煮 に
なるんじゃないでしょうかね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフを向上させていく
良くしていくのは まず「考え方」から始めると
良いと思います。

練習場での練習も正にその通りで
「考え方」のミス。。。誤解のせいで
長い時間、長い年数苦しむことになると思います。
スナップショット 2 (2013-04-08 23-48)

何度か書きましたが、
Ⓐミスの少ないショット
Ⓑ安定したショット
Ⓒ繰り返せるショット
 は
‖腓なスイングよりも 小さなスイング
速いスイングよりも 遅いスイング
B山の動きよりも 少ない動き

の方が、当然有利です。

アプローチでも説明しましたが、
例を挙げれば、花道から30ヤードのショットは
8番アイアンで転がす方が
サンドウエッヂで上げるショットを選択するより
はるかに安全な上、やさしく
たとえミスが出たとしても痛手には なりにくい のです。


多くの人の練習場での振る舞いと見ていると
最大の距離を
最速のスイングで
最大のスイングで
最高の動き
 を求めていますが、
何10球も打てる練習場では可能かもしれませんが、
そのクラブで、その距離で、その場面で
1球しか打つことの出来ない「現場」では
その練習は活かされてきません。

飛ばすことは勿論重要ですが、
自分の飛距離の 最高飛距離ではなく平均飛距離
最高スピードではなく、巡行スピードで
ショット出来るようになる方が遥かに有用です。

さきほどの
Ⓐミスの少ないショット
Ⓑ安定したショット
Ⓒ繰り返せるショット
 は
‖腓なスイングよりも 小さなスイング
速いスイングよりも 遅いスイング
B山の動きよりも 少ない動き


このトライで問題になるのは
小さなスイング、遅いスイング、少ない動きで
必要な、望みの距離が打てるか どうか
という事になる訳ですが、
そこで 頭を切り替えてみて下さい。
スナップショット 3 (2013-04-13 23-00)スナップショット 4 (2013-04-13 23-00)







単にその距離を打つのであれば
転がしていけば 少ないエネルギーで
その距離を打つことが出来ます。
しかし、ある程度の長さ、遠さになると
その転がしは斜面の影響や転がり抵抗によって
安定した距離、一定した距離になりにくくなります。

低い弾道が良い! とは言いませんが、
その距離を打つのに必要な高さを探ってあげる
 ☞最低限はこの高さ
 ☞安定した距離を打てるのはこの高さ

というのを見つけてあげる方が
最高の弾道で、最高の高さで、その距離を打つ練習よりも
遥かにゴルフには役に立ちます。

そして この練習は安定度 を主目的、
繰り返せることが主目的にしていますが、
同時に 距離の作り方、伸ばし方 も身に着けることになり、
方向と距離は一体のものであると理解するようになります。


安定的に その距離を打てる最低限の高さを探れば
従来のエネルギーをそのまま使えば
今までよりも もっと距離を増やせるヒントが見つかる筈 です。

エネルギーを増やして、スピードを上げて
ましてや フェースターン なんて言う
左右の方向も、上下の方向も打ってみないと定まらない
非常に曲芸的な打撃では 永遠に答えは見えてきません。
スピードを上げるために軽いヘッドにする…
 何のためのスピードなのか考えてみる必要があります。

002


まあ これはゴルフクラブにも当てはまる話で
最低限のエネルギーしか持たない 超軽量の市販のヘッド
打ち手の動作を何も助けない 硬い市販のシャフト
その代わり 打ち手が最大限の動き、最速の動きをするか

大きなエネルギーを持つ重たいヘッド
使い方によりますが、打つ手の動作を助ける柔らかいシャフト

それを使って 最低限の動作や速度で打った方が
ゴルフは楽になると思いますけどね・・・・。
d779f31a

そして 悶絶クラブに替えた際の
頭の切り替えも…こういう事なのです。
軽いヘッド、硬いシャフトを最大限の速度、スイングでしていた、
それを そのまま 重いヘッド、柔らかいシャフトに
当てはめても クラブを喧嘩するだけですよ。
それをしなくてもいいためのものなんですから…。
そのうえで クラブと話し合いながら
その運動性能やスピードを距離に転化させていくのは
それを切り替えた後の話です。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


今は便利になったもので
椅子に座っていても 毎日毎日
沢山のスイング動画を見ることが出来ます。
IMG701


そのほとんどのスイングが
出来れば避けたい、嫌いな「アウトサイドイン」「カット打ち」
になるべくの ショットであり、スイングです。
上手くない、下手だ と言う意味ではありません。
「アウトサイドイン」になる為のスイングを意図的に作っています
「アウトサイドイン」をワザとしているのです。


IMG703


✋大前提 として 言っておきたいのですが
アウトサイドイン が悪い 訳ではありません。
当たり前ですが ボールは無機質 です。
これから打つ人が どのクラブを持って、
どの方向を向いて どうやって打つか
全く関知しませんし、忖度も、祈りも通じません。
ましてや ゴルフクラブで打たれるかどうかもわかりません。

単なる物理的な衝突、加重・加圧によって のみ
飛んだり、上がったり、曲がったり するのです。

ですので 良く言う アウトサイドインは
打つ人の構え、スタンスの向き に対して
どう振ったか の形容詞ですが、
ボールにとっては 打つ人のスタンスやアドレスの向きなど
うかがい知れぬ、まったく関係ないモノ で
打つ人の勝手な「アウトサイドイン」 は
ボールにとっては その方向に打たれた、振られた に過ぎません。


確かに傍から見れば かまえた向きよりも ややひっかけ気味に振った、
打った ように見えますが、ボールにはそれが真っ直ぐ(目標方向)なのです。

  ✋ わかります?
    実はこのポイント、とっても重要だと思います。
    その本質が分からないと
    治せるものも治せなくなってしまいます。


ですので 自分の構えに対する アウトサイドイン という
ボールから見た物理現象を無視した エゴイズムの強い考え方 では
問題は解決しません。
IMG702

自分の都合、自分の構えに対して やや外から
スタンスの向きに対して やや左に振られた
俗称「アウトサイドイン」の問題は
その軌道にあるのではなく
構えに対し アウトサイドイン に振ると
1.インパクト時、体が開いた状態
 👉左サイドはボールから遠く、右サイドがボールに近い
 つまり ロフトを開いた状態で当たり易くなる
2.インパクト時 からだが開いた状態
 👉左サイドが高く、右サイドが低い
 つまり 左足上がりの状態と似た状態

この二つが同時に起こるので 飛距離不足の問題や
ダフリやトップのミスが増える問題が生まれるのです。

ですので 飛距離不足に悩んでおらず、ミスも多くないのなら
別に気にせず、ややひっかけ を持ち球にして置けば良いのです。


その物理現象を無視し
「アウトサイドイン」という ボールを考えず
自分のエゴ だけで 軌道を「インサイドアウト」に治そうとすると
ゴルフ人生を通して 悩み続けることになります。

Desktop 2019.08.05 - 07.31.06.02_Trim_Slomo_Moment(2)

普通にしていれば ややスライス気味の球になるか
ひっかけが このスイングにとっての正解の球・弾道
このスイングにとってのナイスショットです。



インサイドアウト とは
からだの向き通りに動かす
手さばきではクラブを動かさず ショットする、

そして クラブはテークバック側では 短くなっており
フォロー側では長くなるサマ から そう見えるだけであって
クラブを手さばき(シャフトの角角度運動)で動かしている限り
絶対に、未来永劫 正しい意味でのインサイドアウト にはならないのです


だから 言葉にされる
「アウトサイドイン」はダメだよ
「インサイドアウト」にしましょう

というのは その軌道を治せ と言う意味ではなく
クラブの移動を 手でなく からだで行いましょう
というのが真意なのです。



 ですので ここの部分を履き違えてしまうと
 覚える必要の無い無駄な動作で補正を繰り返すことになるのです。
 その補正動作は 本来 ゴルフスイングには全く必要の無い
 無駄な動作!であり、体を痛める動作! です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイングプレーン論、スイング軌道論 が
大切そうに見えるけれど、ややこしいのは
スイング軌道が 斜めに傾いているから でしょう。

ああああ スイングの始まりには
前傾姿勢があるから・・・・  ・・・それはそうなんですが
一般的に浸透している スイング軌道 は
その前傾姿勢の角度とは異なる 別な角度を持っています
20190411_Moment

傾いた姿勢で行う スイング動作、
その傾きとは異なる、
『別な傾き という二通りの傾きがある』こと、
その二つの傾きにあまり共通が無いことが
そのスイング軌道論をややこしく、
なんだか大事なモノなのに、
 納得して頭に入り難い原因だと思います。

また スイング軌道論を難しくしている別な原因に
その軌道をヘッドの軌道と履き違えてしまい
傾きに沿って ヘッドを動かす
 という
なんだかちょっと詐欺っぽい理論が横行しているコトもあるでしょう。

ヘッドを動かさなければいけない
「アドレス時」の前傾姿勢に沿って ヘッドを動かすには
それを体!ではなく、手で動かして
「アドレス時」の前傾姿勢に沿った傾き軌道は
いったいなんだったか になってしまいます。20170920_matsuyama-650x435

右の写真のような状態になってしまう⇒⇒と
一体何を基準に なぜ そこなのか
どの スイング軌道が正解なのか
 実は打っている本人にもわからない状態に陥ります。
グリップは高く上げたけれど、クラブは寝かしてしまっていて
ヘッドを上げたのか、下げたのか
高くしたけれど 下げた状態 と言う奇奇怪怪になりますから、
これを論理と言えるのかどうか 非常に怪しい状態です。



また、その論理を追いかけている人は例外なく、
インパクト時 前傾姿勢が消え、
最近では からだを右に傾ける 側屈 という造語や
挙句の果てには オーバーですが、ジャンプしながら打て
という その軌道の傾きの元・源はいったい何だったのか と言う状態です。
これでは 信じていいのか、疑うべきなのか、
なんだか もやもやしたまま スイングを考えることになります。

mh


スイングに悩まず どんな理論も知らずに打てちゃう
に越したことは有りません。
スイングのどこかの部分(時期)を切り取った クラブの位置や
からだの姿勢など気にしたくて気にしている人は少数です。
元々 ゴルフのスイングの理論なんて言うのは
上手く行かない、悩んでいる人やこれからゴルフを覚えた人が
より簡単に、より無理をしないで スイングを覚えるための
虎本的、あんちょこ的なモノなのですから、
あまりにはっきりとした矛盾と内包していては
本末転倒も甚だしいと思うのです。



で ハミングバードのスイング軌道論の基礎は

アドレス時の前傾姿勢通り のモノ です。20190411_Moment(2)

△修靴董,修譴鰺効活用するため、
 個人個人が把握しやすくするため
 それ通りに からだの向きを変えるモノ です。

 前傾姿勢とは 骨盤と大腿骨の からだの前面に対する傾き差
 ですので、胴体を捻ったり、足首で回ってしまっては
 容易にその前傾角度を失ってしまいますので
 俗に言う 股関節 で体の向きを変えるべき でしょう。

ゴルフクラブには 弾道の飛距離もそうですが、
 弾道の上下左右、それに伴う回転やボールのスピードなどを
 生み出す、司る 角度(ロフト・ライ・フェース角度) というモノがあり、
 それは立体で相互に絡み合うので
 出来るだけ その角度の維持したまま、
 ショットにミスは必ず伴うので 出来るだけ 似たようなショットを
 生み易いよう、大きく その角度の動かさないように使う

ぅラブは グリップを上げれば ヘッドも上がる構造 です。
 スイング用語 で言うと コッキング、
 クラブで言うところのライ方向に クラブを動かす必要はありません

 クラブヘッドは自分の方に鎌首を垂れたような形状をしていますから
 あまり強く握らない限り、放っておいても コッキングの動作は入ります。
   〇それを避ける、それをしないスイングであっても全く問題ありません。
 上記の通り、それを大きく変えるコトは
 方向だけでなく、距離にも影響が大きいですし、
 よほどの怪力の持ち主を除いて、その方向に多く動かす人に
 飛ばし屋は多くありません。
 グリップを高くすれば、ヘッドを上げる必要は一切ありません。
 自然に上がる程度で十分です。

 ✋どちらかというと 飛ばない人の典型的な動き とも言えます。


                   ぁ,法,弔鼎  (また明日)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ