◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: ゴルフ脳内革命



ミスを減らす、安定感を増す、
距離を伸ばす、弾道を良くする など
ショットやスイングを改善する と言う点において
根源的な「勘違い」や「誤った思い込み」 の
影響は 技術的なモノ を遥かに上回ります。
正直に言えば スイング改造は
 からだの動かし方の問題よりも
 頭の中にある情報の誤った解釈を修正するだけ
とも言えます。



Rさん との会話の中でも出てきたのですが、
『体の正面で打ちたい』と思っている  のなら
体の正面にクラブを固定して置いて、
クラブは動かさず(クラブと体の関係は変えず)、からだを回せば
良い球になるか、どうかは別として 課題はこなせます。

それをクラブを振って、
⇒からだに対して クラブを動かして
タイミングや技術、通り道などで
体の正面、からだがボールと正対したタイミングに
 インパクトを作る のとでは 全く意味が異なり、
本当は必要の無い技術を一生懸命練習することになります。
まだ 完成!とは言えませんが、
多少なりとも からだの回転で打てるようになった Rさん
今までよりも 腕の振りで打てるようになった Rさん
「こんなにもクラブを動かさないんだぁ…」 って
いやいやいや からだの回転で打つ、
体の正面でボールをとらえる って そういうことでしょ!
体に対してクラブを動かさず からだの向きで円弧描くんだから
そうなるに決まってますよ…



これは一つの参考例…ですが、
グリーン周りなどの短めのアプローチを
振り子のアプローチで行っているゴルファー が
「ダフリやトップのミスを無くしたい…」と願う場合、
あなたを迷宮へと誘う『振り子のアプローチ』_Moment1あなたを迷宮へと誘う『振り子のアプローチ』_Moment







そのミスの確率が高い、
特に現場で、傾斜が絡んだ時などに
ダフリやトップのミスが出がち…な訳ですが
その理由は
☑振り子の動作が故に
 回転式のアプローチよりも ヘッドの上りが急激
☑振り子の動作が故に
 軸がその重さによって振られるので
 俗に言う最下点が右にズレがち 
   なので
根源的には 「振り子のアプローチ」そのものの誤解 が
 一番の修正ポイントは筈、です。
(東西アプローチ対決_Moment(東西アプローチ対決_Moment(2)






スイングは向きを変えるから そう見えがち なのであって
実際に 大元の「からだとクラブ」の相関関係は変わらず
自分が向きを変えているだけ な筈なのに・・・
からだの回転 と言いつつ、からだは固定して
肩と腕で作る三角形を揺さぶって からだをきしませている、
回転ではなく 肩を上下に揺さぶっている、
肩と腕の三角形を動かす事が「からだの回転?」

その手の誤解を解くことが 一番の処方箋 です・・・・が
ダフリやトップが多いから
◌左肩が上がるのを抑制したり
◌右肩が下がるのを抑制したり
◌イマイチ どれがそうなのか分かりませんが 茲諒匹魄媼韻靴燭
◌軸ブレ 軸の倒れが起こるからミスるので それを制御したり
 と
どれもこれもが その「振り子のアクション」ソノモノを
 否定する動きで 修正しようとしています。
良い悪いは別として
 肩と腕で作る三角形を 肩を上下に揺さぶって
 振り子をしなければ ボールが打てないのに
 肩を揺さぶっている訳ですから
 左肩が上がったり、右肩が下がったり
 その三角形を振り子にした分、軸点に相当する頭が傾きますから
 それらは動き ソノモノ・・・なのに
 それを抑制したら どう動いて良いのやら…。



とは言うモノの
多くのゴルファーは そこまで根源的な修正は求めておらず
チョちょっと のアドバイスで改善することを望んでいる のも確かで
そういうトコロ… 全国のレッスンプロの方々は
 どう対処しているのか、アンケートを取ってみたいモノ…です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールから目を離すな

 と言いますよね。 

これって 一見すると
 ずっとボールを見て置け って意味に
捉えられますが、真実は違います。

からだの回転で直にボールを打つ人
(胴体をひねらない、肩と骨盤を一体に回す人)
にとっては
見ていても 見ていなくても 大きな差はありません。

実際、テークアウェイ時は
視線誘導して置き 顔や視線ソノモノを
右に向けた方が 右向きがし易くなります。
ボールを見ておく、 もしくは
ボールを視界の中に留めておく
と言う意味で からだの回転で直にボールを打つ人
(胴体をひねらない、肩と骨盤を一体に回す人)
にとって ボールを見ておく、視界に入れておく
と言う意味の ボールから目を離すな です。
  どっちでもいいですけどね…。
20191006_Moment20191006_Moment(3)







ところが 捻転派、胴体をひねる人 にとっては
ボールから目を離すな は その言葉の通り
ボールと目との距離感が重要になります。
前の記事 の通り、
捻転、そしてその解放 で打つと
からだは一度縮み、元の長さに戻ります。
伸び上がりながら、からだを開きながら
ボールから離れながら の打撃になります。
その最たる例、が 「地面反力」 だったりします。
(地面反力 = 地面を上に蹴るチカラ)

ですので ボールと目との距離を維持して置かないと
上手く打てない…維持して置いても難しいと思いますけど
その言う意味合いなので 中身は異なります。

目と言う左右にある構造上、
動作中に 奥行きの何センチの差 は
見ていても 把握出来ないでしょうし、
把握出来ても その修正、間に合わないでしょうから
なんか もっと 深い意味あるのか 考えますけど
どれもこれもが 実効性の無い、自分の為 というよりも
人に見せるためのスイング、教えてくれる人を納得させる為の
ハードル に近いので 答えは出てきません…。

ararara_MomentIMG_0302_Moment








からだで直に回る、
胴体をひねらない に移行したい人の
始めの難関は
テークアウェイで からだ、そして視線が
いったん ボールから離れる、この場合は距離、
いったん ボールから遠くなるコト なので
そこは素振り などで 視線誘導し、
その距離感を認識、掴んでいた方がいいかも、知れません。

テークアウェイは確かに ボールを打つための準備行為 ですが、
動作の勢いをつけるための モノでは無いので
ボールを打つための準備ですが、
その場所(トップ)に行くための 助走路 に近いので
スピードも不必要ですし、
まして 息を止めるような勢いは全く必要ありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ちょうど4年前に
育児を優先するためにゴルフを休眠しました。


ひょんなことからラウンドの予定が入ったので事前練習レポです。

 

約1年前からフリーウェイトの筋トレ
(バーベルに円盤状の重りをつけるトレーニング)を始めました。

筋トレにおけるBIG3種目、
デッドリフト5RM140kg
スクワット1RM130kg、
ベンチプレス1RM100kg
(1RMRM換算表で1回だけ上げられる最大重量、5RMなら5回)
などなど筋力アップして
全てのバランスが崩れたのでおさらいからじっくりと取り組みました。

 

グリップ・ボール位置から
再度考えつつ50球ほどウォーミングアップ。

良い球も悪い球も安定せずに出ます。

 

どこからか声が聞こえて来ます。

「クラブに逆らってはいけません、クラブの声を聴くのです」
はい、そうでした。

 

このあたりでYouTubeにて
ハミングお兄さん達
(店主:オジサンたち)の動画視聴タイム。

とても勉強になります。

スタンス、広角打法

体重移動、軸足に乗る

初動の目線移動

鼓笛隊

刷毛塗り

じっくりと240球ほど打って、
なんとなく思い出してきました。


Image20201006185024 (002)

 

自分の感覚では

「かつてのゴルフスイングとは全く異質な、
グリップエンドを目標に突き刺す様な感じ」が感触としてはしっくり来ます。
※その時はアイアンで何球打っても同じ弾道で同じ着弾。


体重移動と回旋の連続の中で
外から見るとちゃんとスイングになるけれど、
先輩方のスイングを真似して打とうとしても
別のスイングになるという感じでしょうか?


やっていることと結果がこんなに違うのは異次元で有り、
魔術で有り、大混乱です。


しかし、組んで頂いてから
何年もたつのにいつでも新鮮な気づきが有るので素敵な相棒です。


もう少し筋トレと練習しつつ、うれしはずかしの本番レポもしていきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


手打ち にしたくて してる人 は
多くないか と思うのです…が
そこに行き着くまでの経緯 には
なにか 大きな誤解や勘違い、覚え違い
  が幾つか あるような気がします。



✋アドレスのクラブ姿勢 と インパクトのクラブ姿勢✋
【静的スクエア と 動的スクエア は 似ているけれど 大きく異なります】

これは結構大きいかも知れませんし
 代表的な覚え違い です。

教えている人も ココを良く掴めず
単に動作として教え易い と言う理由だけで
誤ったコトを教えている人も見かけます。

独学の人にも 誤解されている人 多いと思います。


今回のこの件 に関しては
飛ばし〜こすり〜つかまえ が深く関与しますので
主に ロフト姿勢 です。

造語ですが、ゴルフクラブにはIMG_0524
静的(止まっている時の)スクエア と
動的(動いている時の)スクエア があります。
 …代表的な静的スクエアは アドレス とお考え下さい。
…理解出来れば 二つは同じモノ ですが、
誤り として ショットのインパクトは
静的(止まっている時の)スクエアに戻すモノ と思っている⁈


参考例 ですが、
30度のロフトのクラブ
 FWでも、UTでも、アイアンでもなんでも良いのですが、
その30度のクラブ の そのロフト効果 には
0度(絶壁)でなく、30度フェースが倒れているというコト とともに
そのクラブなりの 長さ によって
入ってくるヘッドの角度の作用 の二つの複合要素 です。

奥行きの有るウッドと平べったいアイアン では
ヘッドの機能〜特性が異なりますので、
上がり易い構造 + ロフトの少ない FW には長さが必要ですし、
上がり難い構造 + ロフトの多い アイアン には長さは要りません。
df713d9f-s

長さ があると ヘッドの入ってくる角度は緩くなり
打ち出し角度は取り易くなりますが、スピン量は減り気味になります
逆に 長さが無いと ヘッドの入ってくる角度はキツクなり
打ち出し角度は取り難くなりますが、スピン量は増え気味になります。
・・・その入射「角度」も含まれますが、
動的スクエア とは
入ってきた角度に対しての フェースの倒れ具合 です。

簡単な数値の例 で言うと 10度上から入ってくる30度のロフトのクラブは
見た目、地面に対しては20度の形を取るコトが 動的スクエア
そのクラブなりのスクエア な状態 です。

☆FW・UT・IRON など
シャフト(クラブ)の長さによって 入ってくる角度は異なりますので
インパクト付近のヘッド姿勢は同じにはなりません。

動的スクエアは アドレス時の静的スクエア に比べると
大雑把に言えば
シャフトが飛球線方向 右打ちの人 で言えば
 茲坊垢い進 ロフトが立った形 になります。
これが そのクラブの 機能としての スクエア な状態です。


どの位 左に傾くか(右打ちの人) は
 そのクラブの長さ、長さなりの入射角度、
 長さなりの前傾姿勢で決まってきます。
ヘッドを振る行為 は その入射角度も
長さ ではなく 自分で決めてしまうので
クラブの機能が活用出来ません。

IMG_0727

先ほどの 30度のクラブ で考えると
本来は 茵僻球線)に10度傾いて 地面に対しては20度になる筈の
クラブを アドレスの状態に戻そうとすると
10度分 シャフトを、
 ヘッドを振るコト【ヘッドを出してしまう】 になります。
その10度分は スピン量 → 打ち出しの高さ に変わり
ボールスピードが下がってしまう原因にもなります。
そして ここで忘れられがち なのは
 ゴルフクラブ は そのグリップエンドが指す向き 指す場所
に 自分のからだ はあります。


IMG_0777IMG_0776

前者:
茵僻球線)に10度傾いて 地面に対しては20度になる状態 では

シャフトは 左に傾いていますが

後者:10度分 ヘッドを振ってしまう動き の場合
シャフトは 右に傾く過程 の中で インパクトを迎えるので
後者の方が からだは右に残る・傾きます。
◌上に振ってしまう 〜しゃくり打ち・煽り打ち
◌スイングの最下点が右にズレる可能性

が生まれるのです。



弾道 で言うと
空中に 静的スクエア(アドレス状態)で固定したクラブに
ボールをぶつけてみる のに近いです。

動的にスクエアな状態 では
地面と平行にボールをぶつけてみる(飛球線方向から) と
 そのボールはロフトなりに上向きに跳ね返ります。
アドレスの状態に戻そうとしたインパクトは
 やや下向きからボールをぶつけた状態で
 もっと上向きに跳ね返り、ボールの速度も緩くなる…。
そんな違いと思って良いと思います。



初歩的な勘違い ではありますが、
左右にヘッドが開く そちらの方向のスクエア は
よく話題に上る訳ですが、
ロフト、つかまり、こすり に関連する縦方向の
ロフトのスクエア というのは 無視されがち なので
知っているコト とは思いますが、書いてみました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


フォローの出し方の藜蝓Ν蚣咾離ぅ瓠璽検扮β任舛凌諭砲
莠蝓左腕のソレと比較すると、より顕著に表れます。




からだの向きの変更で クラブは移動した方がいいですよ、
の理由については もう何度も書いていますので
別な機会(今回は割愛します) にしますが
手で振るにしても
 どこかの時点で からだを回し、
腕自体でなくとも 腕の付け根 である 肩は移動させます。


ですので その動力源
(初期だけでしょうけど)は からだ です。

右打ちの人が 切り返し 以降、V字を維持してみよう 上編_Moment(2)
ダウンスイング〜インパクト〜フォロー
右から左、
スイングを上から見た時の 反時計周りの移動、運動 に対し
右手は最-後方に位置します。

そして このイメージでは
右手一本でクラブを持っていますので
そこに クラブと言う 先端に重さの特化した
長さの有る棒という「負荷」を持っています。

ですので、動力源のからだの向きの変更、簡単には移動
に対し、思いっきり 遅れて然るべし という位置と負荷です。

実際の 両手でのスイングの中 では
主な重さは 左腕、そして 左半身にかかっていますので
右手の役割は クラブを倒さないコト の方が大きくなりますが・・・・。
それは兎も角、
多くの人は インパクト以降、フォロー箇所において
腕とクラブが一直線に並ぶような イメージを持っています
(フォローの取り方・出し方 右手編_Moment

「フォローを出そう」
「腕を伸ばそう」
「真っ直ぐ飛ばそう」

などの意識の表れ、だと思うのですが、
よくよく考えると 一番後方にある 重さを持った右手 が
からだを追い越すことは 物理的にも、肉体的にも
(位置として からだの右から左に横切る)
かなり無理がある と言うか、
『運動の主動力源である
 からだの向きの変更が止まってくれない限り』

それは 不可能 です。

つまり そのイメージが
✋✋✋からだの回転を止めてしまう
✋✋からだの回転と腕を分離させてしまう
✋腕で振ってしまう

要因になりかねない…… なっている人も少なくない でしょう。

インパクトは 誰もが 最大の加速状態 もしくは
最大速の状態を望んでいます。
アドレス時 には 手首の縦(ライ方向)の角度  …ディッシュアングルを維持し
それ以降 無くそう・・・一直線にしよう‼
 なんて都合の良いことが出来るはずもありません。


アドレス時は ディッシュアングルがあるお陰で
腕の付け根、である肩からヘッドまでの距離が
当然、腕とクラブが一直線の状態よりも 短く して構えていますが、
それを 一直線 にして、長くしてしまえば
それを通せるだけの空間が「多く」必要になりますので
伸び上がるコト になるのは 必然 と言えます。


インパクト付近で ディッシュアングル なんて言う
手首の角度を 「維持しろ」 なんて できる筈 もなく、
(スイング動作の中での最も小さな筋肉箇所 であるのと
 ライ方向、縦方向 の手首のコッキングは 実際には手首の角度
 ではなく 腕の橈骨と尺骨の長さ調整・位置調整している動きです)
実は フォロー側のイメージ によって それは
いつの間にか存在していた 
無意識に維持されていた と言うモノ 
とも言えます。

実際には 意識しなくて構いませんが、
手首の縦方向のコックアングルが維持されるコト ではなく
手首の横方向の左手首が手のひら側に折れている
その折れ具合が残っている「間に」 → インパクトが終わる
が ディッシュアングルを維持させる方法 です。
(意識してやると 痛める可能性があるので 知識として留め
 トライはしないで下さい)


まあ もっと 安易な間違い を修正しましょう。
画像をご覧ください。
見る角度 によっては
 腕とクラブが一直線 になって見えますが
見る角度 によっては
 腕とクラブには角度 が残っています。

(フォローの取り方・出し方 右手編_Moment(3)

理由は省きますが、からだの向きの変更を
最初から最後まで クラブの、特にグリップ移動の
動力源にした方が 飛距離と安定性、そして再現性
飛距離を出すショットとアプローチの共通性、同一性が創れます。
(フォローの取り方・出し方 右手編_Moment

腕とクラブを一直線にするイメージが良いのか
それとも 何らかの形で 腕とクラブには
『常時』 なにがしかの角度が有った方が良いのか

動画の見方から変えてみましょう。
それ 結構 大切 です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



昨日の記事の続き、流れ なのですが……
http://hbs.livedoor.blog/archives/2001632.html



人によって ではありますが、
インパクト以降、フォローの取り方 も
手打ち、フェースローテーションの原因、
からだの向きの変更で打つコトの出来ない原因、
ボールを上から抑えられない原因に成り得る
 と思います。
(こすり球克服ドリル_Moment(こすり球克服ドリル_Moment(4)










インパクト以降、
実際には 動作は減速に入ります.
その結果として
ヘッドには運動の慣性が残っていますから
見た目、グリップを追い越す ような形 となりますが、
(自然に追い越してしまうのは放っておいて良い…ですが)
意識としては
グリップの方が高く、ヘッドの方が低い、
からだの回転でグリップの高さは増して行きますが、
インパクト地点にヘッドは置いてくる〜
ヘッドにかまう必要はありません。
◉グリップエンドはずっと 上向きのまま終わる
 と言う感じです。
 慣性の残っているヘッドに
 追いつかれないよう からだの回転でグリップを
 動かし続ける方が 安定性もあがりますし、
 結果として ヘッドスピードを上げる最大の方法となります。


多くのゴルファーのスイング、
特に 素振りなどを見ていると
インパクト以降で振っている ように見えるのです。



この動画 (⇑) はちょっとオーバーではありますが、
ヘッド単体を動かさない
その代わり、体の左向きでグリップの移動を意識する
素振りを強調しています。



◉ヘッドスピード・・と言う言葉がある通り、
ヘッドを速く、もしくは大きく動かすコトは大切なポイントですが、
それは グリップを移動させるコトで実行する必要 があります。
グリップを止めて ヘッドを動かすコトは
スピードは上がったとしても
 ロフトを増やす行為 や ヘッドの上下移動を激しくするコトになり
スピードは上がっても それが距離につながらない や
スピードを上げたせいで ミスショットになってしまう可能性を上げてしまいます。

ヘッドスピード…は からだの向きの変更速度 で上げるべき で
ヘッド単体で上げようとすると からだを止めねばならず
それはイコール 手打ちへの道 になってしまいます。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 "逮捕する"
ゴルフ業界での 『ぼーるをつかまえる』 の隠語ですね。


まあ… 要は『ロフトを立てればいいんです』…
このロフトを立てる を ちゃんと理解するトコロから
始めてみましょう。

良く思われている
 ロフトを立てる → ハンドファースト
は 半分合っていて、半分間違っています。
誤解を生み易い です。

このロフトを立てる、 形でなく効能としての「ロフトを立てる」 は
分解写真〜静止写真 ではなく、 連続写真〜動画 の考えが必要です。
ヘッドには ボールに対して、入ってくる方向〜角度 があります。
この場合は アウトサイドインとか、インサイドアウトとかの左右、ではなく
上下の角度 です。
IMG_0607

◯ドライバーはクラブの中では一番長いので
 その入ってくる角度(入射角度)は緩くなり、
傍目からは 掃(はら)って打っているように見えます。
◯ウエッヂはクラブの中では一番短いので
 その入ってくる角度(入射角度)はキツクなり
傍目からは 上から潰すように、よく言う「ダウンブロー」に見えますが
両者は 長さ による 円弧の大きさの違い なだけで
特別な差はありません。 技術的にやるコト ではなく
同じコトをクラブを替えるだけで行える というコトです。

厳密には クラブの長さ…というよりも
それによって 構え、前傾姿勢が違うコトとクラブの長さの複合 によって
その入射角度の差は生まれます。



ゴルフクラブは 正しく扱う前提で
上から入ってくる分 シャフトは前(飛球線方向)に傾きます。
例えば ロフト角度30度6番アイアン で
シャフトが ハンドファースト状態、
 前に10度シャフトが傾いていると
当然、地面に対してのロフトは 20度 ですが、
入ってくる軌道に対しては オリジナルの 30度 の状態です。
これが 基本となる 「ロフトの立った状態」 です。
そこからは 個人差があり、ややキツイ入射 で立った人もいれば
やや緩めの入射で ロフトの立ちもその分、緩やかな人もいます。

ココの理解が難しいのかも知れません。
【分からないコトが分らない/分かり難い のです】
e00bf7e6002





スイングは原則、からだの向きの変更 で行われ、
それには 前傾姿勢と言う条件が付帯します。

→からだの向きを変えるコトでショットする と
クラブ、ヘッドの描く円弧は その前傾姿勢分に相応し、傾いています。
と いうコトですから それで ヘッドは上から入射してくるわけです。


→ヘッドに適切(以上)な重さがあり、
シャフトに適切(以上)な柔らかさ があれば
ヘッドはそれに対し 遅れますので
放っておいても 入射は取れ、ロフトは立ちます。
重いヘッドほど、柔らかいシャフトほど
より入射をキツクし、
より見かけ上のロフトを立てることが可能ですが、
そこらへんは お好み次第 です。

「上からボールを潰す」
「ヘッドを上から入れる」

 を勘違いし
てさばきで ヘッドを、シャフトを、クラブを 下に振ってしまうと
その遅れは 無くなってしまいます。
手で円弧を作ってしまうコト によって
そのクラブの長さなり、長さに対する構えなりの入射ではなくなり
入射角度、上からヘッドが入ってくるコトを無くす動き です。
左グリップを支点に シャフトを振る、クラブを振る、ヘッドを返す
動きは フェースが上からボールを見て入ってくる動きを
横から、もしくは 下から に変えてしまう動き です。
からだの回転の移動 だけで 移動するヘッド に比べ
手先のリリースは ある段階までは ロフトを増やす動き です。
これは悪い意味のボールを上げる〜すくう動きになり
昔から ボールは手で上げるな、クラブに任せろ と言う言葉が有るのです。
IMG_0665

グリップをヘッドが追い越すと
ヘッドは左を向き始めますので
ロフト自体は立つ・・・と言うより 数値として少なくなりますが、
その度合いを比例して、からだは左向き、上向き
ヘッドも上に動き始めますから
少なくなったロフトを 左足上がりで打つ状態に近づき
 オリジナルの
「上から入ってきた分 フェースは下を向く(ロフトが立つ)」とは
全く別物になってしまいます。


ボールを逮捕するコト を実践するのは 実は簡単です。
精神的に? か、従来の自分のゴルフ理論から逸脱? 脱却し
ヘッドにかまわず、放置して置けば良いのです。
どの道 ヘッドはシャフトでグリップとつながっています から
重さ分を差し置いても
 グリップが動かした量、動かした方向に移動します。

鍵になるのは 
精神的にかどうかは分かりませんが、
 従来の自分のゴルフセオリーを捨てられるか、どうか
要は脳内革命を起こせるか、次第 です。
 技術的にも、肉体的にも作業は圧倒的に減ります。無くなります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ボールをつかまえる
 というコトを 履き違えて覚えてしまうと
ゴルフは大変。


【つかまえの作法】_Moment


ローテーション ヘッドを返すショットも
多くの人は 開いた(右を向いたフェース) を
閉じる(左に向ける) と大いなる勘違い をしている人が
ほとんどだけど 基本はロフトを閉じている コト、
ロフトを閉じようとしているコト
 自体、本質は同じ。


でも 言葉の通り、
 開いて →開いていないモノを開いて
 閉じる →開いているモノを閉じる

と言う行為は その性質上もとても複雑で
副作用も非常に多い。

約束の時間に 約束の場所
それを決めているのに
不安になっているからと うろうろと探し回るようなモノで
その約束の時間と場所を信じて
そこにいるのが 最善と考えて良いと思う。

V字を維持してみよう 上編_MomentV字を維持してみよう_Moment






振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)





からだを回す
それに応じて 重さは遅れる というコトであれば
右打ち として
重さがあり、長さもある ヘッドは
右向き→左向き に対して
 からだの右に残ります。留まるとも言える。
からだの向きを変える から それが円を描く訳で
開いて閉じる というコトは
その遅れである ヘッドを
重さの法則に反して からだの右から左に移し替えないと
打つコトが出来ないのですから
からだの回転とクラブを切り離さないと出来ないのは
どう考えても明白なのです。



ヘッドも、クラブも、まして腕ですら
重さがあって、長さもあって、
運動が加わると その重さは積算で増すから
遅れようとするのは ごく自然なコト であって
その 物理的に、自然法則で発生する「遅れ」
そのまま 利用する方が 再現性は当然高くなる。

自然法則に乗っ取って、
そのまま「遅れ」を "ロフトの立ち" に変える方が
からだには断然楽だし、
アプローチなどの 距離を調整するショットにも
非常に簡単に応用できる。

フェースローテーション、手やヘッドの返し は
その 遅れを取り戻そう とする行為に当たり
それは クラブやシャフトの使い方・選び方にもつながっていきます。
遅れを放置し ロフトの立ち にするのと
遅れを取り戻すコト を前提にしたのでは
選ぶシャフトの硬さも異なってくると思います。
遅れを放置するのなら シャフトはある程度、柔らかい方がいいし、
逆に その遅れを取り戻すなら
シャフトの硬さに応じて、その量、行き帰りの作業、作業時間の長くなる
柔らかいシャフトは当然、選ばれない。

達人のココから盗め_Moment(5)


からだの回転 その動作速度が
 イコール ヘッドスピード になるのか
ヘッドを振ってボールを打つ では
 からだの動作速度と関係なく 腕先のヘッドの振り感
 を 距離感にするのか
その差になると思うのです。

また ヘッドを振る ローテーションでのショットは
 からだの姿勢も含め ロフト効果、ロフトの変化が激しく、
からだの大きな動作速度とあまり繋がりの無い
 ヘッドスピード調整が当然 より微妙になります。


正しいショット とは言えませんが、
 ロブショットを打つ時の感覚に近く、
大きく 速く振らなければいけないのに 飛ばしてはイケナイ
そんなに振っているのに 飛ばさない(飛ばせない
というのが 通常のショット になるのは
ちょっと 辛いんじゃない と思う訳です。


確かに アプローチなどのショットには
 その「わざと飛ばさない方法」を駆使しなければいけない場面
もあるにはあるけれど、それを通常のショットに使うには
あまりに複雑で 再現性が低すぎる としか言えない。
言葉遊びの様に感じるかも…だけれど
「飛ばさない」と「飛ばせない」は一文字違いだが
大きな違いになると思うな…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



手痛いミスショットをした とします。
その原因は
クラブ選択を間違えた のもミスですし、
スタンスの向きを間違えた 、
風の判断や距離の判断を見誤ったのもミスです。
ショットを上手くできなかった ミスも
物理的、機械的に間違えたのか
集中出来ていなかったのか
欲をかいていたのか
商談が上手く行かなかったのか
奥さんに浮気がばれてしまったのか
それらも ひっくるめて のミス です。


野球やテニスで 練習では打てるけど 本番では打てない
と言うのもありますし、
接触型の対人スポーツ のサッカーやラグビーなどでは
より その差は大きい と思います。

サッカーで言う 技術、テクニックとは
ボールをける、止める、運ぶなどの個々の技術 で
それを試合の中で「実行する」技術、
相手があり、欲や感情が強く影響する場で「発揮」するのは スキル と呼ばれ、
諸々の理由・事情はあるので 一概には言い切れませんが、
日本のサッカーテクニックは 世界水準 であるが
日本のサッカースキルは まだかなり課題がある と言われている、そうです。


アマチュアゴルファーの 生涯ショット数の9割以上 は 練習場で行われる、
と言うデータがあります。
アライメント

ゴルフにとっての 技術論は まさにその「練習場」での技術 であって
現場へ出た時に それが「発揮」されるためのモノ
 になっていないと思います。

現場へ出た時に 発揮される スキル には
コースの読み方 や 自分の状態も含めた状況判断、確率
自分の感情、欲求、その対応に仕方 や 自信 も含まれ、
スイング動作としての技術は その一部分に過ぎません。
確かに 練習場で数多く、頻度多く、球を打つコトは
 現場での自信につながりますが、
現場で より「ミスの幅の狭い」「ミスの幅の狭くする」
「使えるミスの確率アップ」「使えないミスの確率ダウン」

を目指した 技術論、テクニック ではなく、
まるで 練習場の為の練習のような
「実戦で発揮できそうもないナイスショット」を追い求める技術論
を追いかけている傾向を非常に強く感じます。

昔、名古屋グランパス(サッカー)の監督をしていた著名なヴェンゲル監督は
「日本人選手のボールテクニックは非常に高く、世界でも有数だ。
しかし、シュートも含め 接触があると その技術レベルの落ち幅が大きすぎる。
それが 世界との差のように思える。」と言っていました。
日本のゴルフテクニック論も、それに非常に似ていると思います。

ゴルフでは 相手という対人はいません。
ボールも止まっており 毎回、ペナルティキックやフリーキックのような
静止したボールから始まるセットプレー状態 です。
が故に 余計、自分の思惑や欲望が入り易く、
それが、ある意味、自分の頭や心の内の接触プレー、対人プレーに
成り得る訳です。
(アプローチ) 比較映像_Moment(3)

フェースを開いて閉じるショット は
インパクトのその瞬間の状態にかかっています。
使えないミスが出た時も、使えるミス(ナイスショット)が出た時も
再現するための 材料、修正するための 要素が
あまりに瞬間の、あまりに複合要素な為
言語化するコトが出来ません。
言語化出来ないので 再現性はいつまでも 良くなりません。
まさに 練習場の為の技術論 と言って良いと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



「球体であるボールをつかまえる」方法の違い

●フェースローテーション
 開いて閉じて ボールを打つ方法

●フェースの下向きを作って 地面に押さえ込む方法
この二つの違いは大きく、まったく違うモノ
これを基にした スイングは 全く異なるスイング になる
と考えて良いと思います。

c33a9ae1


私個人の目 からすると
どんなに スムースなスイングをしていても
フェースローテーション、開いて閉じてボールを打っている人の
スイングは 単にゴルフらしい形を繕っているだけ、形を真似ているだけ、
型だけで見ても その多くがトップとフィニッシュの型だけを作っており、
その間は そのトップとフィニッシュの間としてつながりがなく、
どうして その形になるのか
どうして その形が良いのか

が まるで見えてきません。とても奇妙です。

ゴルフを覚えたての人が 見よう見真似で
ゴルフクラブと言う 長い棒を振り回している のに熟練し、
ゴルフスイングらしく 見えるようにしているだけに 感じます。



スイングの悩みの殆ど、と言っても良いほど
「フェースの下向きを作って 地面に押さえ込む方法」から見ると
ほぼすべて要らないコトで悩んでいる、苦しんでいる と言えます。


この例えは 今風な話では無いかとは思いますが、
こんな違いです。

昨今では 車を持たない、運転免許を持たない方も増えています。
運転も自動運転技術が盛んに研究されている時代です。
昔の車は エンジンをかけるのに チョーク(死語)を使ったり、
マニュアルミッションのギアを変えるのに、
 回転数を合わせないと入り難かったりしました。
そう言う車を今も好きな人はいるでしょうし、
 車でレースをしたりするのが好きな人もいますが、
大抵 の人にとっては 車は単なる移動手段です。
車の運転そのものより、モノや人を運んだり
 車で「何を」しに行くか、「何を」するか、「何処」へ行くか の方が
重要と言うか、それが車の役割なんじゃないかと思います。
ですので 車でレースをして速く走るテクニックは
 知っていても損はないし、役立つコトもあると思いますが、
普通に車を使うのであれば 知らなくても問題ありません。
カウンターを当てる、逆ハンドルを切る、なんて言うのは
雪道などには応用されますが、それを避ける、そうならないようにする、
そうなりそうな時には乗らない 方が一般的 だと思います。

ハードな、オーバースペックな(軽いヘッド/硬いシャフト)のクラブは
昔の いろいろと神経を使う車に似ています。
自分の体力、年齢に応じた(重めのヘッド/柔らかめのシャフト)は
ごく普通の今どきのオートマチックな車 です。
車好きにとっては ナンバーの付いたゴーカート と思われるかも知れませんが、
ゴルフにとって 打つコト、ショットは 車で言う移動『手段』であって
ゲームそのものをする『手段』に過ぎません。

その上で
一般に車を使うのに まるで レースをするようなテクニックを追いかけ
それを神経を使う車、しかも それをねじ伏せるような使い方 をしているのが
今どきの フェースを開いて、閉じる打ち方 に感じます。

なぜ 必要もない、目的に即していない 無駄な技術を追いかけ
それを 神経を使うクラブで、機能を無理やりねじ伏せて使おう とするのか
なぜ そんなに難しく ボールを打とうとするのか……  謎です。




一度 正規なつかまえ方 を知ってしまえば
生涯を通して、スライスに悩むこともありませんし、
逆に 適度な範疇であれば スライスでも気にする事はないでしょう。

フェースを開いて、閉じて使う というコトは
かなり色々なモノ(特に角度)が常時、変化しているので
弾道の高さだけを治したり、
弾道の曲がりだけを治したり、
弾道の方向だけを治したり、
箱根細工のように 何かを治そうとすると 別なモノが壊れます。

(こする つかまえる)_Moment(2)
ヘッドをturnさせる というコトは
ロフトが変化し、ヘッドの向きが変化し、ヘッドの高さが変化し、
それらの複合した影響で自分の姿勢も変わります。


勿論 正規なつかまりであっても ミスは生じますが、
その度合いや、確率、修正方法の複雑さが格段に異なります。

(こする つかまえる)_Moment(3)


確かに 長年の経験から
フェースを開いて閉じる と言う打ち方でも
ある程度のゴルフは出来るでしょうし、
痛みや故障の問題が耐えられれば
続けていくことも可能だとは思いますが、
一旦、悩みが深くなったら その解決方法は
タイミングがすべて、
瞬間芸の中でのコトなので 自分自身でしか解決出来ません。
そして その反復性はものすごく低い と言わざるを得ません。

痛みや故障が耐えられなくなったら 逃げる道は多くありません。


是非 意を決し、
ゴルフショットにとっての
本当の始めの一歩 の
つかまえ」を理解し、正規な「つかまえ」にトライしてみて下さい。
そこが ゴルフショットのすべて と言っても 決して過言ではないのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



●ボールを上から抑える
●ヘッドを回転させ ロフトを閉じる

この二つには 決定的な違い があります。


多くのゴルファーは ボールをつかまえるコト、
スライスにならないコト が ボールがつかまってる
と信じて疑いません。

ヘッドの開閉 がつかまえるコト だと信じていれば、
 インパクトは
「閉じている」必要があります。
・・・言葉の通り、ヘッドの開閉 ですので
ヘッドが閉じている というコトは
『左を向いている』というコトです。

(こする つかまえる)_Moment(3)

ロフトや入射角度などにもよりますが、
アドレス時よりも
フェースが茲鮓いていないと つかまらない、
のであれば スタンスの向きと方向の関係
 は何だったのでしょう❓



その打撃法でボールを打っているゴルファーの殆どが

スタンスをクローズ、スタンスの向きをやや右に取って
ヘッドを閉じて 左に打っています。

ボールの方向性を決める要素 としては
1.からだの向き
2.フェースの向き
3.ライ角度
4.ライ角度に付帯するロフト角度
 があります。

からだの向きには左右だけでなく、
上向き、下向きも含まれ
単純に からだの回転 での 左向き5度 よりも
手を返しての 左向き5度は
左向き ソノモノによる骨盤の上向き だけでなく
手を返したことによる 肩ラインの上向き も加わるので
実際の 量も多く 複雑、組み合わせが複雑になります。


ドライバーで
フェアウェイセンター 200ヤード地点
 を狙うとします。

a5b965fdその角度が 薛茲箸發法5度ずれると
 その幅は約18ヤードずつ
左右5度のズレ の中におさめるとすると
 40ヤードの幅のフェアウェイが必要 というコトです。

時計の分・秒針の1分秒は 6度の角度です。
 つまり、12:00 (センター)を狙うとして
 11:59 と 12:01 の幅に打って 40ヤードの幅 なのです。

ドライバーであれば
方向も大切ですが、飛ばしたい と言う気持ちも
強く働きます、


11:59〜12:01 という 針の穴 とまで言いませんが

広くはない その幅に ボールを収める のに

スタンスの向きに対しての フェースの左向き度合い はどうでしょう?

手を返したことによって 肩ラインが上を向いてしまう度合い はどうでしょう?
スイングしたことによる からだのそのものの向きもあります。

つかまえるコト を フェースの開閉 にしていると
正直、これだけ無謀なコトをしているのです。
IMG_0662

ニュアンスが伝わるか どうか 分りませんが…、
ロフトの立ったクラブの方が分かり易いかも知れませんが
ボールの飛び出る方向 は
フェースの向き」 ではなく
『トップブレード』 の向き です。

ボールはフェースからではなく トップブレードから
飛び出すのです。 シャフトに沿ったように、ボールは飛び出ます。

c33a9ae1


からだの向きの変更で打てたとしても 当然、ミスは出ます。
正しくボールをつかまえるコトを覚えたとしても 数度の角度 は
どうしようもありません。
しかし、なんでもかんでも 常時、動いていて 基準点になるもの
基準になる向きすらない ヘッドの開閉
これに ショットを任せているコトが あまりに危うい と
理解していないコト が スイング改善が進まない理由
 だったりします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



「手で打つのは辞めたい」
「手打ちは良くない」

そう分っていても 辞めにくい、卒業できない…、
そのポイントはなにか? と考えた時、
二つのポイントがあると思います。
それは 別々にあるのではなく、ほぼ同時に存在するモノで
まずは 腕とからだの仕事量 から始まる…のではないかと思います。




❶手で振るスイングから
からだの向きの変更へと移行する際、
からだの向きに かなり多くの作業を委譲するコト になります。

クラブ、もしくは グリップを移動させ
結果、として、ヘッドも移動させ ボールを打つ訳ですが、
それを からだの向きの変更で主に行う場合、
その縦横の移動量の大半は ……ほぼ全部に近いような量
を からだの向きの変更 に移譲します。


腕やクラブ、そして 遠心力なども含めた重さを
腕のさばきで処理していた訳ですが
その重さの実感 が 即ち スイングの実感
筋肉の記憶 になっているので
それの大半、割合としてはっきりと何割とは言い切れませんが、
7割以上の作業を 委譲、からだに任せるコトになるので
今まで 手で振っていたのと比べると
その やるせなさ と言うか、物足りなさ は
確かにあるかと思います。


出来るようになってくると
「なんだか 振った気がしない」
「力の入れドコロがない」
 などの声を良く聞きますが、
からだを傷めないで 飛ばす というのは
そう言うモノです。


大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)大森201904_Moment(4)





具体的な例 で言うと
手を返す と言う動作も かなりやりがい、
動作の実感がある、悪い意味で 筋肉や関節に
その感触を記憶させやすい動作 ですが、
その一つの例として
多くの方は インパクトの場所 というのを
左腕と左サイドのしぼり というか、
左脇を締める感覚で覚えている・
・・ のかな とも感じます。
down_swing

その 左脇の締まり は
からだの向きの変更で主にクラブを動かすコト を行う目で見ると
からだの回転と腕の仕事を切り離す、
左脇の締まりは、からだの回転を一時的に止めないと発生しない動きです。

 蛇足…ですが、
 両手離し(スプリットハンド)ドリルにおいて
 フェースローテーションから離れられない人は
 インパクト前後、フォローで
 左脇が開けられない
 左上腕が上げられない
 というのが 多いと思います。
 そこ だけでは不十分ですが、(→つかまえ方シリーズへ)
 少なくとも フェースローテーションを無くし
 からだの向きの変更でボールを打つ には
 左脇のしまり、左腕のしぼり と真反対に相当する
 左脇を開ける
 左上腕を上げる
(意識としてインパクト以前に!)
 が出来るよう 素振りをしてみて下さい。


そう言う箇所箇所の 筋肉の記憶 というのが
なかなか 外せない と言うのもあると思います。


クランチ…右ひじを外に張って
クラブを寝かせないで テークアウェイ の形 を作る人も
切り返しやダウンスイングになると
やっぱり クラブを寝かせて・・・ というのは
手の返しでクラブを振る動作や
クラブを寝かす重さ感 という スイングの実感 を
やっぱり頼っているのでしょう。

そこは ボールのとらえ方 というのから
 考え直してみるべきでしょうね。 (記事にします)


❷こちらは補足に近いのですが、
 からだの回転で 腕を動かし、クラブを動かす
 そう考えている人は
 からだの回転で 腕やクラブを引っ張ろう、
 引き摺ろうとしているのではないか と思います。

 正解は 腕の動き クラブの送り で
 からだの向きを変えるのであって
 反対、と思って間違いないと思います。


 動作の感覚が魔反対で
 からだの回転で腕やクラブを引っ張る のではなく
 腕やクラブの重さで からだの向きを変える のです。

 ボールのとらえ方、ボールをとらえる感覚を
 変える必要があるかも…ですけど…。

BlogPaint
 からだの回転で腕やクラブを引っ張る ・・・
 からだの回転で打ちたい から そうする… と

 腕やクラブを引っ張ることは可能ですが、
 その展開では フェースはボールを向かず
 ソールがボールに向いてしまいます。
 それでは ボールを打てませんから
 インパクト間際で ボールにフェースを… という
 本末転倒 になってしまいますよ。

 ボールのとらえ方 ・・・ ですね、
 記事にしますので 少々、お待ちください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


一般で語られる『スイング軌道』の話しは
アウトサイドイン vs インサイドアウト の
スライス対策の話、
か、
(アプローチ) 比較映像_Moment(4)

前傾姿勢を基準としている筈の
スイングの弧、スイングの軌道の傾きを
ただ 手で振るコトで造る
根拠不明な 『オンプレーン』の話し

(オンプレーン=前傾姿勢に沿って クラブを動かすコト)

前者の スライス/フックは
ヘッドの軌道とフェースの面の関係 によって発生しますから
スイング軌道だけで解決するモノ でもありませんし、
からだの回転と関係ない
 手だけで振る インサイド(入りの方のインサイド) は
多くの場合、クラブを寝かしている 〜フェースを開いている ので
より問題を深めてしまう可能性も出てきます。
出の方の アウトサイド は
フェースターンをしたら アウトサイド には出せませんし、
フェースターンをしなかったら ロフトは開いたまま
 です。

アマチュアの多くの方の
『飛ばし』と『安定性』・『反復性』の両立の課題は
ロフト・・・フェースの縦の問題と軌道の関係が主です。


大雑把に言えば 『ロフトの立て方・作り方』 です。
これと フック・スライスは直接関係になく、
→ロフトが立てられれば フックでも、スライスでも、
 大きな距離の差はありません。

アマチュアの多くの方の ゴルフショットの考えが
フェースの開き を ロフトの開き と考えず、
フェースの閉じる と ロフトの閉じ と考えず、

わざわざ ロフト(フェース)を開き、
インサイドと言って それを更に増やし、
それを閉じるコト の物理原理を掴んでない コトに
問題があると考えられます。
(特に…当ブログを読んでいない方に多いのが歯がゆいトコロですが…)
フェースローテーションのないゴルフスイング_Moment(4)

兎も角 アプローチの為 もありますが、
ドリルにもなるので
小さなアプローチを練習する際、
右の手首のスナップ  …藜蠎鵑平側に折れた状態
これを維持したまま ボールを打って頂きたい
 のです。

コメントにもありましたが、
実際には 少〜し そのスナップが解かれた状態で
ボールを打つコトにはなるのですが、

理想というか、目標としては フルスナップを一切解かず
ボールを打つコトを覚えない限り、
右腕で叩く コト も
からだの向きの変更 で打つコト も 叶わず
手打ちをし続けるコトになります。
oto_Moment

スナップが解かれれば
 その90度反対にある筈の ディッシュアングルも消えます
スナップが解かれれば
 その分、左サイド、左肩も上がります。
 ボールを離れながら打つコト になります。


右手でクラブを持った左グリップ、
その左サイド、左腕、左上腕の逃がし方 を覚えないと
右腕で叩けるスイングにつながりません。
右腕を伸ばした時、そのカウンターパートになる
左腕を体から離さないと 腕とからだ につながりがもてません。



多くの方が アプローチであっても
ショットであっても 右のスナップアングルを解いて
キャストでボールに届かせています。
→それを スナップアングルをロックしたまま 入れれば
 ヘッドと腕の長さは
 当たり前…ですが、その分、短くなります。
それは からだの回転の方向や方法などを変えて
 届かせてあげる、ように変更しないと届きません。

✋スナップアングルを保持する から すぐ打てるわけではありません。
MVI_0873 (2)(2)_Moment(5)

キャストして打っている人が それにトライすれば
始めのうちは 届かないショットが続く筈 です。
そこで からだの向きの変更、からだの向きの変更の時期ややり方、
からだの向きの変更の方向 などを変えていく必要が生まれます。

アドレスの時には ディッシュアングルのある 腕とクラブの長さ で
間隔を取っているのに、キャストして それらを解いて当たっている
のですから、その長さを維持したら 当然、そこだけの変更で
当たる筈がありません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチだけでなく、通常のショットもそうですが、
俗に言う スイングの軌道・軌跡
現代風な言葉で言えば スイングアークやスイングプレーン、
多くの人は
『どういう スイング軌道を作るのがいいか❔』
を重点的に気にしていますが、
『何で その 弧 は作られるのか❓』
『どの動作、どのアクションによって その弧が描かれるか❓』

というのは 割と無視されています。
(アプローチ) 比較映像_Moment(4)

アマチュアのスイング創り、ナイスショットの確率アップ、反復性、
 においては 「どんなスイング軌道を作るか?」 より、後者の
『どの動作、どのアクションによって その弧が描かれるか❓』
とても重要な気がします。

V字を維持してみよう_Moment
また、アマチュアに限らず、
スイング軌道、スイングプレーンと言えば
「インサイドアウト」「アウトサイドイン」などの
上から見た 左右の軌道 を主に話題、課題としている面が
多いですが、
アマチュアにとって 飛ばす と 反復性 を
考えると どのような上下角度、今風に言えば
シャロー(緩い入射角度)で入れるのか、スティープ(キツイ入射角度)で入れるのか
その上下角度 を意識するコトの方が重要……
入れる角度を気にする事よりも それが何によって造られるか の方が
遥かに重要だと考えられます。



◎話が出たので
 シャロー(緩い入射角度)で入れるのか
 スティープ(キツイ入射角度)で入れるのか

の違いをアプローチで考えてみます。

このデータは 56度サンドウエッヂを使い
平坦なグリーンに 高低差の殆ど無い30ヤードの
アプローチをした時のモノ です。
Desktop 2020.08.17 - 13.20.59.01_Moment
同じクラブで 30ヤード前後を打っても
入れてくる 上下の角度〜入射角度 によって
これだけの違いが出ます。

紂打ち出し角度 30.5度
 :最高到達点 3ヤード
 :総スピン量 4015回転
 :キャリー 21ヤード
 ;ラン 12ヤード
 :総飛距離 33ヤード

隋打ち出し角度 36.7度
 :最高到達点 5ヤード
 :総スピン量 2850回転
 :キャリー 24ヤード
 ;ラン 6ヤード
 :総飛距離 30ヤード

iron-shot-green

かなり球質が異なります。
アバウト
(少々強調されています)…ですが、イメージを絵にすると
こんな感じになります。

これは中途な距離のアプローチなので
ボール速度が高くないので 途中から浮力が付いて
ボールが浮く、ボールの飛び出し角度が変わる
というコトは有りませんが、フルショット とすると
紂狙崟、隋漸線 のような弾道になります。

多くの方のイメージでは
赤線がプロっぽくて 難しそうですが、
(途中 飛び出しの角度が変わるのはスピードが有る場合で
 ここまで オーバーなモノにはなりませんが…)
赤線のショットの方が シンプルな動作で実現可能です。
(アプローチ) 比較映像_Moment(3)

当然、この赤線の弾道と生み出す方法 と
黄線の弾道を生み出す方法の中間、混在 もありますが、
理想として 赤線を生み出す方法 に出来るだけ近いモノ
(赤線寄り)を考えた方が ドライバーからアプローチ まで
飛距離とミスの寛容性、反復性を兼ね備えたものが
実現し易くなります。   

まずは アプローチから説明していきましょう    …続く

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



飛ばす と 安定したショット
を両立する上で、少々、科学的に考えてみましょう。

ボールとヘッドのコンタクト には
 オリジナルのロフト に対し
●立った状態
●寝た状態

 ざっくり分けて 二つの状態があります。

と同時に、ヘッドの入射角度 には
●鋭角に上から
●鈍角に上から
●下から(あおり、しゃくり)

 ざっくり分けて 3種類がある訳ですが、

特殊なショットを除き、
『ロフトの寝た状態』 と 『下から煽る、しゃくる』 は
前者は論外、
後者は 空中の浮いたボールはまだ良くとも、
地面にあるボールを打つには適しませんから、
これも理想としては 除外しなければなりません。

ドライバーは空中に浮いたボールだから…
 と言う理由で 意図的な煽り打ち、その練習は
地面にあるボールを打つショットを苦手にさせてしまう可能性が高く、
双方の練習がお互いに良い作用を生みにくくなります。

BlogPaintBlogPaint








ショットの少し複雑なトコロは
●出来るだけ ロフトを立てる〜ロフトを開きたくない と
 ヘッドの入射角度が鋭角 は親和性が高く、
●ロフトを寝かせる と 鈍角な入射角度 は
 親和性が高い
 というコト です。

前者は アイアン等には良いですが、
 ウッド、特に現代のドライバー においては
 打ち出しが低く、スピンが多めになるので 不利 です。
しかし、鈍角な入射角度は 道のりが長くなりがちで
 ロフトが寝やすい可能性があります。



理想論 ではありますが、
『出来るだけ寝てない(立った)ロフト で
緩めの入射角度(鈍角)』
 で ヒットするコトが
空中のボール〜地面のボール
フルショット〜ハーフショット〜アプローチショット
共通して 飛距離と安定性の両立を生む のです。

ここが ゴルフショットの難しいトコロ です。

からだの動き、スイングやフォームなどが先にありき ではなく
「ロフトを立てる〜〜緩めの入射角度…それでも上から」 という
物理的目標 を 達成する為に
どうゴルフクラブを動かせばよいか 考えた方が建設的でしょう。


その上で 掴み辛いのが入射角度 です。
入射角度を作る要素は数種、
●スイングの弧の大きさ(大きければ良い訳ではない)
●手先
●からだの回転(主に腰回り〜足回り)
●左右の肩の関係

とありますが それらが相互に干渉しあっているので
実動作としては とても掴みにくい のですが、
入射角度…ヘッドのボールに対し 入ってくる角度
飛行機の着陸する角度に相当する訳ですが、
そちらで考えるよりも
飛行機で言うと 離陸する角度 離陸するサマ で
考えた方が分かり易い、というか
実現し易いのではないかと思います。
123

スイングの弧 自体は大きければ良い 訳ではなりませんが、
打った後の弧は 大きさよりも
 そのあがり方(上昇の仕方) がポイントになると思います。
急激に上がる弧 は
緩すぎる入射角度、きつすぎる入射角度、煽り打ち
等を起こし易いですが、

緩やかに 大きな弧で上昇していく のには
スイングの七癖を隠す
 と言う作用もあります。


世間で言われる スイングの遠心力 もここに活用出来ます。

スイング用語にも昔から
「前(フォロー)を大きく取る」
「左側で振る」 
なんてのもあります。

ココが面白いトコロですが、
そこで両手を伸ばしたから 弧が大きくなる とは限りません。
逆に グリップを早めに高く取る意識の方が 弧は大きくなるのです。
インパクト〜インパクト以降 で
左サイド、左腕がからだにくっついてしまう、絞られてしまう 場合、
弧は小さくなり、その上昇も急激になりガチ です。
多くの場合、肩のライン、腰のライン 共に上向きが強くなるから、です。
個人的には その 左サイドのしぼり を改善できる、
改善するための、それ以前の動きを作る のが
 結果として スイングの改善、飛ばしと安定性の両立 になる
のでは と考えています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この画像は 切り返しの直後 です。
2013-04-30 10-21-17.464__Moment


この時の 自分の胸の面 と シャフトの関係 
 ・・・この場合は 90度弱位(角度は重要ではありません)でしょうか


それがスイングが進行していくと
 その角度は ドンドン詰まっていきます。

図2 (002)


2013-04-30 10-21-17.465_Moment

時間は進行していきますが
その角度は変わらず、単に体の向きが変わっていくだけ
シャフトと胸(シャフトより右側/後ろ側)の角度は
逆に スイングの時間進行が進むにつれ 重さ分、狭くなっていきます。


2013-04-30 10-21-17.466_Moment

インパクトに入っていく場面ですが、
胸の面とシャフトの角度(相互関係)は依然変わりません

トップの位置では 90度に近かった その角度は
 45度…のような、60度…のような
ヘッドの重さ分 詰まっていくのです。

2013-04-06 12-19-18.455_Moment2013-1







角度が何度・・・というのは曖昧で良いのですが
この 50〜60度位の角度は
 ボールを打つまではだいたい誰もかれも同じになる筈です。


20161215_Slomo_Moment


そして・・・ フィニッシュ になれば
胸とシャフトは平行に、
角度で言えば 0度の関係になってしまう、のです。



ネットやスマホによって より視覚情報を手に入れる機会
は増えていますが、
その資格情報も正しく読み解かないと
変な思い込みを刷り込んでしまいます。

達人のココから盗め_Moment(4)この角度から
スイングを見た時、
確かに ヘッドはグリップよりも
 進行方向(右)側にあります。



達人のココから盗め_Moment(2)しかし、これはヘッドがグリップを追い抜いた、
のではなく、からだの向きが変わったから!です。

実際には グリップとヘッドの関係は
この状態と同じです。


達人のココから盗め_Moment(5)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013-04-06 12-19-18.455_Moment



諸悪の根源は
「ヘッドを振る」感覚が抜けない というか
その自覚がないコト、なのかな とも思います。

そこが理解出来ると
ほとんどのコトが氷解する、と言えば良いのか
そこが理解して貰えない痛いトコロ と言えるでしょうか…。



私、個人は
スイングを円運動とは思っていません。

傾いた・・・ それも希薄な感覚ですが、
あくまでも「横移動」「横運動」だと思っています。


ゴルフのルール、を度外視し、
少ない〜短い距離〜数メートルの距離 を打つのであれば
クラブを持って 向きも変えず、からだも回転させず
左右にステップして、
左右にステップを踏みかえて ボールを当てる でしょう。

しかし それでは距離が打てない、
もっと高速に動作するため
横移動、横運動の亜種、変型版 として
からだの向きの変更がある
  と考えています。

からだの回転 による 円有りき とは考えていません。
高速の横移動を実現するために
 結果として、傍目から 円を描いている程度 です。

円を描く にしても
横移動する にしても
棒の先端に重さ のあるモノを動かす とすると
☑その重さ分、
☑その長さ分、
☑運動の速度分

 先端部は 動きたがりません。

例えば…ですが、
 横移動 としましょう。
✋根元である グリップが1ⅿ移動した とします。
 先端部の重さ、そして長さ、そしてその移動速度 で
 積算される先端の実質量分、
 先端であるヘッド部は 90cm とか 80cm
 重さによっては それ以下 しか動きません。

これを 円動作 に置き換えてみると
 からだの向きの変更 によって
 グリップ部が 90度 の角度運動 したとしましょう。
👉先端に重さが有る分、その実重量分
 先端部の ヘッドは 85度とか 75度しか
 移動できない という この地球上にいる限り、
 ゴルフだけを、例外にするコトが出来ない、物理現象 があります。


横移動に比べ、円の角角度運動は
 その棒状のモノの長さに相当する分、
外周に当たるので 多く動かせる というのが
ゴルフスイングを横移動のステップ打法 ではなく
からだの回転による 円移動 にさせた のでしょう。


それであっても
 決して 重さ分、モノは動きたがらない と言う法則は
 誰であっても 逃れることは出来ません。
images

高さ〜上下動 の割愛して 考え、
テークアウェイをして
 アドレスから 棒(クラブ)を90度右に向け準備をします。
そこから 基点部分である グリップを90度角度運動させた時、
ヘッド部分、そして ゴルフクラブは
『絶対に』 90度 角度運動しません。
重さの分、そこは 90度未満
 速度や長さ、ヘッドの重さ にもよりますが、
半分とは言いませんが 60~70度の角度運動 だと思います。


 それが 絶対に逃れることの出来ない  モノ の大原則 です。

端から グリップをからだ、であっても、手であっても、
肩であっても 90度 角度運動させた時、
横移動に例えるなら 90cm移動させたとき、
ヘッド、シャフト、クラブも 90度 角度運動する
横移動で言うなら 90cm移動する、
と考えるのなら
 それとは違う動きが必要になります。

角度で言うのなら 30(90-60)度から20(90-70)度
横移動で言うのなら 同じく 20〜30cm
物理法則を無視して 「余計」に動かさなくてはならない ので
元に 円運動、
横移動であっても 平行移動 が 実現できなくなります。

スイングで言うところの 『軸ブレ』『支点・基点ブレ』を起こす
というコト ですが、
それは 自分の思い描いてる通りの動作 なので
ヘッドを動かすのなら 軸ブレは同時に付いてくる のです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スチールシャフトが良い悪い ではありません。

ゴルフクラブのシャフトにとって単なる素材にしか過ぎず、
良いでも、悪いでもありません。

シャフトの素材を「スチール」にした場合、
その特性は 強度の高いモノが安価で、
しかも 均一性が高く量産できる という一点でしょう。
故に 弱点は 柔らかさ を作るコトが難しい と言う部分です。

その「スチール」シャフトで作る 硬さ に問題が
個々人に対し、問題がないのなら 言うコトは何もありません。




フェースターンやローテーション、ヘッドを返す、
ヘッドがグリップを追い越す など
色んな呼ばれ方をする その根強い 打撃法 では
「柔らかいシャフト は遅れる」
「インパクトを待たねばならない」
と言います。

そこ 疑問に思うことがある のです。
ほぼ 例外なく アマチュアゴルファーが持つセットのシャフトは
☑シャフトの長い・ヘッドの大きい ドライバーやウッドが柔らかく
☑シャフトの短い・ヘッドの小さな アイアンやウエッジが硬め

状態です。
その硬さの差は ウッドがR--アール アイアンがX-エックス
位の開きがあります。
その差は ほぼ ボールの置き位置(左右)に出てきます。
硬さが開いていれば ボールの置き位置は 離れていきます。

67d2f002-sbbd8de35-s








そこで質問(疑問)なのです。

☑シャフトの長い・ヘッドの大きい ドライバーやウッドが柔らかめ
☑シャフトの短い・ヘッドの小さな アイアンやウエッジが硬め

な訳ですから アイアンに比べ、ドライバーの方が
インパクトでヘッドが遅れる、来ない・・・ 
      というコトになる筈 なのですが、

総じて ドライバーはうんと左めに置き、アイアンは右め、
真ん中よりも…… アイアンでは右足よりに置く人 
      
が多いと思うのですが、
インパクトまでにヘッドが遅れ、来ない筈のドライバーを
左に置いたら より一層来ない、待つ時間が長くなりませんか❓

 タイミングで言えば 逆になると思うのですが・・・

ティーアップなどをすることを踏まえても
 言っていることとやっているコトが一致しません。


逆に その(右め)ボール位置でドライバー打つのは 不可能 というか…
  どう考えても打ち辛くなるのは理解できますが、
なんだか 変ですよね。
同じボールの位置 で打っている方が
 双方の練習にとって プラスになると思うのですが…。

シャフトの硬さの関係によって
☑シャフトの長い・ヘッドの大きい ドライバーやウッドを茲瓩縫札奪
☑シャフトの短い・ヘッドの小さな アイアンやウエッジを蕕瓩縫札奪

した場合、ご自分でやってみると分かりますが、
自分の普段置いているボールの位置 よりも
右めにセットした場合、 特殊なショットを打つコトを除外すれば
自分とボールの距離感が 狭め、窮屈、近く感じられる でしょう。

逆に 左めにセットした場合、自分とボールの距離感が
遠く〜離れているように感じる
 のではないでしょうか❓

普段の練習は 主に 右側のボールを置かなくてはならないアイアン
✋✋✋左に置くと 届かなくなるから が一番の原因でしょう…。
それで 自分のスイングの基礎は造られていきます。
0e4d08811

球数 で言えば たまに打つ ドライバーを
 30cmもアイアンの置き位置よりも 左に置いた場合、
なんとなく 遠く感じられる訳 です。

そう感じた時、
○果たして 右めを向いた形のクローズスタンス になり易い か
○はたまた 左めを向いた形のオープンスタンス になり易い か

だいたい想像がつきますよね

遠く感じているのに ボールに離れるような感じを生み易い
オープンスタンス になることは現実的ではありません。
まして 練習場や鳥かごのように 線などの目安がない
コース・・・ になれば 自然とそうなり易い でしょう……

ですので アイアンに比べ うんと左足寄りに置くドライバーを
無意識で、なんとなく構えた時、疲れてきた時、
うんとクローズスタンスだったり、右を向いて構えている可能性…
それって 結構あるんじゃないか と思うのです。
 シャフトの硬さの差、
それによって造られる ボールの位置の違いが

  ミスショットの遠因 だったり する訳です。
0e4d0881

それは スイングが悪い から…
 上手ではないから… ミスになったのでしょうか?



✋✋✋知らない内、気付かない内 によって
スイングそのものやタイミング、ボールの位置 まで
クラブによって決められてしまっている、
それも含めて スイング だ! と呼ぶのなら
・・・スイングなのですが、
本来、アマチュアゴルファー エンドユーザー・購買者 としての
ゴルファーが知っておくべき ゴルフクラブの選び方 の基礎情報…
スイングやアドレス、ボールの位置やタイミングなどは
クラブから受ける影響は少なくない を無視して
あまりに安易なうわべな情報に踊らされている かも知れません



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのアマチュアゴルファーは
  ゴルフクラブのコトについても 殆ど知りません。


ごく一部、
%として数えることの出来ない程度の「ゴルフクラブ好き」を除き
自分の使っているクラブのシャフトの硬さ も知らない、
もしくは興味のない人が大多数、ほとんどと言えます。

良くあるパターンで
シャフトには工業規格の安全性を記したマーク
(セーフティグッズ)マークが付いていて
それを見て シャフトの硬度 は  だと思っている人もかなり居ます。

また メーカーや機種を問わず
シャフトがS表示なら共通して 「同じ硬さ」と信じていますし、
手に負えない
 日本のゴルファー共通のBGM(バックグラウンドミュージック) として
✋ゴルフが上手になる 👉シャフトを硬くする
✋上手くなるほど硬いシャフトを使う

という カルト宗教の教え を秘かに信じています。
(弊社のソレ の方が遥かに害が無いと思います)

まあ アマチュアゴルファー、趣味や娯楽で
ゴルフを楽しんでいるのですから 
そのシャフトの硬さ信者論は害があるから 少々、頭痛がしますが、
ゴルフクラブのコトに詳しくないのは普通でしょう。

006


ただし 最低限の知識 として
知っておいて頂きたい、
普及? 啓蒙? するにはかなり無理があるかも 知れないのですが
知っておいて頂きたいコト があります。


通常で言うと 要らない・必要の無い情報ばかり を集め
ゴルフクラブに関する シンプルで もっともな情報は
殆どしらないまま ゴルフクラブと付き合うコト になってしまっています。



✋✋✋それは 良くも悪くも

「スイングはゴルフクラブから影響を受けていく」
「ゴルフクラブによってスイングは造られてしまう」


というコトです。


弊社は ものすごく柔らかいシャフト、重いヘッドを専門
としていますが、ポジショントークとして それをお薦めしたい
というコトではなく、
使っているクラブ、使ってきたクラブ によって
 スイングは ある程度、否、ある程度以上 作られます。

先日体験した フィッティングの話し です。

1.新しく フルセットを購入されました。
2.硬さを揃えるため 表記上、 Sシャフトの硬さに統一しました
3.内情では 軽量スチールのアイアンが遥かに硬く
 ドライバーのソレと比べ 4〜5フレックス 硬い状態 です。
 (ドライバーをRとすると アイアンはX、もしくはXXの状態です)
4.セットの中では フェアウェイウッドが一番柔らかく、
 2本あるユーティリティ 同じメーカー、同じ機種、
 同じシャフトの硬度表記にもかかわらず 硬さ に差があります。

ラウンドも数をこなし
「スコアも良くなってきたので 次のクラブのシャフトは硬くする」
という 例のカルト宗教の教え に沿い
新しいクラブは 表記上 硬めに設定しましたが、
それは ✋番手によってかなりのばらつき がありますし、
機種によっては 実質、シャフトが柔らかくなったモノ すらあります。

まず こうなると
ヘッドの大きな、シャフトの長い ドライバーを苦しみます。
何故なら 練習場での練習、
アプローチも含め 7割以上のショットは
X,XX相当のシャフトの硬さのアイアンで行うから です。

練習量や頻度、期間によっても異なりますが、
アイアンとドライバー
(シャフトの硬さの違い)では ボールの置き位置、
 左足寄り、右足寄り 加減は大きく異なってきます。
👉ドライバーが左足寄り 👉アイアンが右足寄り
✊多少、であれば いいですが、
その差が大きくなれば、同じタイミング、同じ感じ、
同じスイングでは対応しきれなくなりますから
ゴルフをするのに 2種類のスイングが必要になってきます。

さらに問題になるのは・・・
 セット中で ダントツに柔らかいフェアウェイウッド です。
シャフトの硬さから 考えると 左足より にボールを置きたい
ところ……ではあるのですが、
根本的に オーバースペックのクラブを
フェースターンで打つコトを目標に 練習してきている人
にとっては ヘッドに奥行きのある(重心深度方向)のある
フェアウェイウッドを 左足寄りのボール位置で打つ
というのは ダフリ、ダフリトップ、チョロを誘発する原因になります。
0e4d0881

フェースターンでスイングすることを基本 とする人
にとっては シャフトの柔らかさ は
インパクト時のヘッドの来なさ加減を増やすコトになります。
しならせる〜しなる量が増える は
クラブが短くなる というコト です。
しなり戻す は クラブの長さが増える というコトです。
ドライバーは まだ 空中のボールを打つので
それを許容する空間がありますが、
地面にあるボールで それを行うとなると
 地面がそれを邪魔します。



・・・と言う話 なのですが、
この体験を経て、お金や時間をかけて
レッスンを受ける以上の「秘かな教え」がからだに染み込まれます。

それは スイングの技術以前の
もっと根本的なショットにおける概念のようなモノ で
知識と実体験を持って 時間をかけて払拭しなければならないほど
深く、おそらく生涯のゴルフを通して 解消できない感覚でしょう。

練習場で数多く打つ XX相当の硬さ のシャフトのアイアン
を打つのには 速いリズムの無茶振りが必要 です。
当然、それが自分のリズム、テンポの基本 になります。
「ゆっくり振れ」
「ゆったり振りたい」

と思っても、そう打ったら 当たらないのですから。

しかし、ドライバーをそれと同じように振れば
 硬さが異なりますから 上手く行きません。
ですので アイアンのショットが良くなってきても
 自分のスイングの自信 にはつながり難くなる訳 です。
また 年齢や練習頻度 にもよりますが、
その硬さ(XX相当)のオーバースペッククラブを
打ちこなすには かなりの練習量、定期的な頻度 が必要で
それは 肘や手首、腰などに相当な負担を生みます。
 それも ショットの自信を失わせていく要因です。


ドライバーにおいては
違うテンポや間の取り方 など 工夫が必要ですので、
スコアを重視するのなら 飛ばしはあきらめ
ただ 当てるだけの ドライバーショットを作るしかない訳 です。
4〜5フレックスも柔らかい ドライバーに照準を合わせると
アイアンが打てなくなってしまい…、
練習場で打つ 大半のショットが気持ちよく 無くなりますので…。

フェアウェイウッドに至っては
「俺はフェアウェイウッド苦手!なんだ」
という 苦手意識が払しょくできず、
生涯 付きまとうコトに為り、
次のセットを買い替える時は
ヘッドに奥行きの有る フェアウェイウッドは除き
ユーティリティで固める セットの可能性も匂います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ほぼ全員のゴルファーが
"無理"をしないと シャフトがしならない、
動かないシャフト
を使っています。

【シャフトはしならせて しなり戻して使え…】
どこから その都市伝説が生まれたのか、は不明ですが
シャフトはしならせずに使うモノ です。

50msを楽々超えるような プロたちの動画や写真を見て
それを真似しても意味ないでしょうね。

彼らもシャフトをしならせようとしている訳ではなく
彼らの運動速度だと  単に
「運動で増えたヘッドの重さ分、シャフトがたわんでいる」
に過ぎません。

しなり


厳しい言い方、かも知れませんが、
常識的に考えて ゴルフクラブのような L字型の形状のモノを
しならせようとしたら、たわませようとしたら
ヘッドは回ってしまう〜シャフトは捩じられてしまいます。


クラブの進行方向にもよりますが、
右打ちの人が テークバック方向で"意図的に"しならせれば
フェースは閉じますし、ロフトも締まります。
逆に ダウンスイング以降の方向で"意図的に"しならせれば
フェースは開きますし、ロフトも開きます。
棒とヘッドの重量の中心点の位置関係
重心位置という 棒から離れたところに重量点があることを
考えられば 当たり前 だと思うのですが…。

他のスポーツに比べ、ボールのサイズも小さく
打点であるフェース部も決して大きくありません。
地面にあるボールを打つのには 最大限のサイズになっており
これ以上、ボールも打点も大きくはならないでしょう。

そして、これも何度も書いていますが、
ゴルフクラブの打撃部のフェースには
方向や高さ、距離などを決定づける 角度が付いています。

シャフトを『意図的に』『わざと』しならせる ということは
シャフトをねじる 即ち、ヘッドを回転させる というコト です。
rad-04-driver

とともに 方向や高さ、距離などを決定づける要素 として
円弧の大きさ、ヘッドの軌跡、ヘッドの入射角度 も
フェース面のロフトなどの角度と同様に重要です。

シャフトがしなる というコトは クラブが短くなる
というコトに為ります。
そのまま 使えば それはある程度、一定になりますが、
それを しなり戻す 〜回転戻し をして使う というコトは
その度合いやスピードによって
クラブの長さ 円弧の大きさ、ヘッドの軌跡、ヘッドの入射角度
が かなり激しく変化するコト につながります。

自分の運動性能にとって
年齢なり、体力なりの運動性能にとって
適度にしなる、要するに柔らかめ のシャフトであれば
シャフトが硬くさえなければ
放っておいても シャフトはしなります。
運動を加えれば 更にしなります。

 ですので 放っておくのが一番! なのです。

それは シャフトの役割、俗に言う シャフトの仕事 で
人為的な、作為的な動作は必要ないのです。

あえて言うのなら 自分の運動性能にとって
『しならない硬さ』は選ばない
人為的にしならせて、しなり戻すような使い方が
必要となる『シャフトの硬さは選ばない』 と言うところが
選択のテクニックと言うトコロでしょう。

ゴルフクラブの形状、ヘッドの構造や角度の存在…
それらを踏まえた上でも
 多くのゴルファーは硬いシャフトを選ぶコトが多く、
何故か、それを誇らしげにして・・・。
で、結局、それを使う上で 『意図的に』しならせて使う・・・
なんだか 私には意味不明です。

弊社のような 放っておいても グニャグニャ系のシャフトは
逆に「しならせない」ように使うのが
ゴルフクラブによるスイングのレッスンでもあります。
video (2)(2)_Moment(2)

大丈夫かな と思うのは
練習用の柔らかいシャフトで練習して
実際に自分の使うシャフトは硬い・・・、
当然、柔らかいシャフトとは しなり方、しなり加減が異なる訳で
それはイコール 使用中の長さの変化でもあります。
柔らかいシャフトで その長さの変化を練習しても
それが 自分の使うクラブには適応しない、というか
タイミングも、打点も、振り加減も異なるでしょうから
役に立たない可能性の方が
逆に、悪くなってしまう可能性すら あると思いますね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ