◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ:刷毛塗りドリル > ゴルフ脳内革命


Nさん「こんにちは〜。」

店長「こんにちは。」

Nさん「今日は ボールをつかまえる というのを
 教えて貰いに来ました。」

店長「😵😵😵 …ボールをつかまえる……ですね。
2021-05-19_23-05-25_Moment
そうですねぇ…ゴルフショットの中で
一番 漠然としていて… かつ 一番大切な…
そして 伝えるのが一番難解な奴 かも知れません。」

 Nさん「そう思います。
 言葉ではなんとなく 分かるんですが、
 どうしたら良いのか…。なんかピンと来ないんです。」


店長「分かります。 伝える方も『コレさえ守れば✊』ってのが
 無いような、非常に伝えにくいですねー。

 ボールをつかまえる さえ 理解してしまえば
 スイングは それをする為の作業に過ぎません。
 つかまえるを知れば それをする為の
 テークアウェイ、トップになりますし、
 自ずと アドレスやグリップも決まって来ます。

 正しいつかまえ をするのに
 手でやっても、からだでやっても 良いんですけど
 再現性〜繰り返せるコト、 そして
 距離に対する労力ってコトを考えると
 からだの回転でする方が効率は良いでしょうね。

 

 まあ 少なくともですね。
 ボールを横ビンタするように扱っても
 ボールはつかまりません。
(こする つかまえる)_Moment(こする つかまえる)_Moment(3)
 多くの…ゴルファーは
 横ビンタ方式でボールをさばいていますが…、
 例えば ヘッドスピード40㎳が横ビンタ式でボールを打つ、
 横ビンタ式って言うのは
 開いていたフェース、そして ロフトを閉じて、
 ヘッドの開閉でボールをさばくことを指しますが、
 そうやって打つと 36㎳の人が
 (ヘッドスピードの数値は仮の想定のモノ、です)
 ちゃんと捕まえて打つ相当の 距離は出せますけれど
 40㎳で出るはずの距離は出せませんし、
 弾道、球筋が全く異なります。
 言葉は悪いですが、弾道も汚いですし、
 打音も硬い、硬質な ゴム質のボールを打ってる音はしません。


 そもそも ですけれど
 つかまった球と フック・スライスに関連性はありません。
 つかまったスライスも有れば
 つかまっていないフックも有ります。」

Nさん「もうこの時点で 頭がショート・漏電します。」

店長「でしょうねぇ…😌😌😌

 もう少し、火花が出るまで続けますけど
 ボールをつかまえる は ほぼイコールで
〇ボールを上から打つ
〇ボールをつぶす
 と同意語です。
〇ハンドファーストに とも関連性が深いですし、
 からだの回転で打つ ともつながって来ます。

 この言葉達から想像がつくのが
 ボールに対して ヘッドの上下の動き、
 もしくは 高さの変化によって ボールをつかまえる、
 ヘッドの左右の回転 を想起させる言葉は
 全く入っていないんですね。

 また つかまえる・つぶす・打つ対象は
 〇・丸・球・球体のボールです。
 そして つかまえる・つぶす・打つ道具は
 フェースと言う 平面上の板 ですので
 アイアンショットの方が分かり易いと思いますが
 フェースと言う板と地面で挟んでしまう と言えば良いのか、
 横ビンタ式では無く 縦ビンタすると言えば良いのか…。」

Nさん「縦ビンタ❓」

店長「ボールだけをこそぎ取るようにする訳じゃないですけど
 フェースを下向きにしたまま 腕もクラブも固定、
 からだの向きを変えるだけ が
 一番シンプルな方法と思います。
(こする つかまえる_Moment(3)(こする つかまえる_Moment(2)
 ボールの下側に、
 ボールの底にクラブを入れる感じ、ではなく
 フェースでボールの上側、
 南極ではなく、北極をさらっていく感じ…

 これも伝わり難い…ですかね。」

Nさん「具体的にお願いします✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Yさん「ボールって 右手で打つ感触はないんですか❓」

店長「感触…ですので 人によって異なりますから
 どれが正解は無いとは思いますけど、
 意図的に 手で振ってみる、
 具体的に言えば ローテーション(ヘッドの返し)を
 主体にボールを打ってみる のと
 からだの回転主体に打ってみる を比べてみると
 確かに ヘッドの返し フェースターンをして打っているモノは
 右手でボールをとらえる感触はありますね。
 一方、からだの回転で打つ方は
 打つ前に じんわり右手は使いますけれど、
 ことインパクト付近、そして それ以降では
 右手の感触は殆ど何もない、
 感触だけでなく、作業感が無くなる感じがします。
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m41s
 切り返しから 徐々に右手で助けていく、
 とは言っても やはり
 からだの向きで左腕が動いてくれないと何も始まらないのですが
 そこで 右手を使う って意識しちゃうと
 からだの回転が止まる、おろそかになっちゃうかもしれません。

 手で振る方の右手の使い方は
 溜めて、溜めて、一気にビュンみたいな
 短時間に 強い使い方をしている気がします。
 一方、からだの回転の補助 としての右手は
 動作はしますけれど 役割としては
 羊飼いの牧羊犬みたいな感じですので
 少しづつ ゆっくりな感じがしています。
 右手を使う と言っても
 切り返しから ビュンと使う訳ではありません。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s
 やはり 両手を離しての素振り での
 右手使い、からだの向きの関係 を
 刷り込ませるのが良いドリルになると思います。

 手で振る場合、右手のリリースで
 クラブをビュッと振るコトでスピードを上げる
 んだと思うんですけれど、
 からだの回転の場合、 その回転の速度 が
 スピードですので かなり 感覚も違うのかも知れません。」
IMG_0294_Moment(4)IMG_0294_Moment(5)IMG_0294_Moment(6)
Yさん「両手離しの素振りは テークバックもやり難い ですね。」

店長「😄😄😄 両手離しの素振りの場合、
 ダウンスイングだけでなく
 テークアウェイにも 違いがあると思うんですね。
 一般的には テークアウェイは
 左肩を入れる ⇒ 左腕、左手をたくさん動かす
 だと思うんですけれど
 両手離しの場合、左手・左腕は殆ど動かせない、
 からだの向きが…この場合は右(右打ち)向きが無いと
 進行方向である 右手が使えちゃいますから
 右向き分、もしかしたら それ以下しか左手は動かせない。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

 ココにも 手で振るの と からだで振る 違いが
 出てくるんだと思うんですね。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ドライバーもそうなんですけれど
IMG_0524アイアンのライ角度調整の依頼って結構あるんですね。」

質問「はい。」

店長「シャフトの硬さ〜柔らかさが適切で
 ヘッドの重量もある程度しっかりしている、

 そして、フェースローテーションせずに
 インパクト時、ちゃんと 重心の位置が
 棒、シャフトの延長線上に垂れ込む
 ように使っている人の場合、
 ソールの傷跡の箇所、トゥ〜ヒール方向 と
 フェース面上の打痕、トゥ〜ヒール方向 が
 合うんですね。
 揃っているというか…。
IMG_3232
 ソールの傷跡が トゥ側に寄っている、集まっている時、
 フェース面のボールの跡も トゥ側に多い、
 ですので コト当たりや方向性に関しては
 ライ角度の調整が有効なんです。
IMG_3235
 ところが フェースを回転させて使う、
 意識はしていないとは思いますけれど、
 重心位置が棒・シャフトの延長線上に来ない、
 重心距離〜重心位置のズレをそのままで
 ボールを打つ人の場合、
 ソールの傷跡とフェース面上のボールの跡が
 全然揃っていないんですね。
 多いのは真逆な跡、
 ソールはヒールに傷跡が集まっているのに
 フェースはトゥ寄りにボールの跡が多い、
 または その反対か。

001この場合だと 当たりや方向性を
ライ調整ではどうにも出来ないんです。

そう言うタイプの方は総じて ヘッドが垂れてくれない、
硬いシャフトを使っているので
そうなり易いのも確か、なんですけれど…。


 今のクラブは ヘッドの慣性モーメントが高いですから
 フェース面上のどこに当たっても
 方向性や距離の増減の差は少ないですけれど、
 その慣性モーメントも 重心位置が
 棒・シャフトの延長線上に揃った時、
 ミスに対する寛容性を発揮します

 数値として 3000g/2 などと表記されますけれど
 この数値が大きい程 ミスに対する寛容性が高い
 ヘッドの推進力が強い なんですけど
 その数値は 重量点が揃った時 のモノで
 ヘッドを回転させて、重量点をずらして使う場合、
 ヘッドの動かし難さ、回転し難さ、使い辛さ
に変わってしまいます。

 この50年の ゴルフクラブ・クラブヘッドの進化は
 その慣性モーメント と ボールの上げ易さ 
です。
 ボールの上げ易さ は どこかの記事 で書いていますけど
 ヘッドの大型化、重心の低さ、深さによって
 入射角度を緩くして 打ち出しを取らさせる、
 (打ち出し角度が取れる ではなく 取らさせてる)
 重心の低さ、深さが ボールを上げているのではなく、
 重心が低い、深いと ボールに対する
 ヘッドの入射角度を緩くさせている、
 ある意味 疑似的な『長尺化』しているコトが
 一番のポイントなんですけれど、
 フェースローテーションをする、
 重量点を揃えない人は元々 入射が緩いんですね。
016
 入射って緩くなり過ぎちゃうと
 ボールの飛び出る角度が増えますけど
 スピンはどんどん減って来ちゃいます。
 若くて ボールスピード、ヘッドスピードがある内はいいですけど
 怪しい領域に入って来ちゃうと
 飛び出る角度は良いんだけど
 スピンが少ないから 浮力が維持出来なくて
 失速って言えば良いのか、
 理想的な最高到達点まで行き切らなくなっちゃいます。

 それ、ある年齢、50歳を越えてくると
 ボールスピード、ヘッドスピードが怪しい領域に
 遅かれ早かれ 必ず入ります。

 ボールが上がり難くなる、上がらない、
 ショートアイアンだけでなく
 ウエッジ、アプローチショットでも ボールが止まらない、
 そうなる日が来ます。
      ……来ないといいですけど🙄

 本来、クラブのスペック、その向上、進化は
 私たちのお助けスペック である筈なんですけど
 それが『正しく』使われていないと
 身体能力でカバー出来なくなった時、
 その向上、進化が逆に働いちゃうんです。

 重心位置にしても然り、
 慣性モーメントにしても然り、
 典型的…象徴的なんですけれど
 シャフトの柔らかさにしても然り です。
 しなったシャフトが しなり戻って ボールを弾く…
 シャフトが『仕事』してくれる と思ってる。
 そうじゃないです。
 シャフトが柔らかいと 自分が『起こす』『しちゃう』
 『なっちゃう』コトが 変化を生んでるんです。
 対ボールに対しては 重心位置は何もしてくれません。
 重心位置は 打つ人に働きかけているんです。
 自分の動きや動かし方の『変化』を誘発してるんです。
 クラブの機能の殆どが ボールにではなく
 打ち手・自分に作用しているんです。
classic_club_display_pic5
 技術的な部分よりも
 おぼろげに思っている クラブの使い方、
 クラブの機能の『間違った思い込み』から始まっている
 可能性が非常に高いんです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スライスを打っている自分には
 スイングの溜め はあまり良くない…ですか❓」


店長「基本はそうなります。

 しかし、卵が先か、鶏が先か、 で
〇ヘッドを返す為に 開いて上げているのか、
〇開いて上げちゃうから ヘッドを返す、

 まあ手先で ヘッド、クラブをボールの方に出しちゃうコト
 を指す訳ですけれど
 その人なりの スイングの溜め(ヘッドの遅れ)を造って
 それを取り戻す(もとに戻す) が
 スイングそのもの になっている人も少なくない です。」
202252_Moment
質問「その口…ですね。」

店長「スイングの溜め 〜ヘッドの遅れ を
 フェースやロフトの開き にしないようにする には
 右打ちの場合…ですが、
 ダウンスイングで からだの回転に対し、
 先行する 左腕を伴わせる、
 左腕を動かす為に からだは回す、
 と考えるのが良いのです。
 
〇左腕が遅れる
〇左腕がからだの回転に伴わない
〇左腕が下がらない 
 …ければ
 スイングの溜め/ヘッドの遅れ はフェース・ロフトの開き
 になりますから
 そこから 時間をさかのぼって考えて
△左腕先行
△左腕だけが上がる
△からだの右向きが無い
 は
 スイングの溜め/ヘッドの遅れ で
 フェース・ロフトを開くために テークアウェイ取っている、
 と言えます。
 
 テークアウェイ、もしくはスイングの初動 の時点で
 ヘッドを返すコト、ヘッドをボールの方に出すコト、
 究極には 手でクラブを振ってしまうコト を
 余儀なくされている と言って良いかも知れません。」

質問「どう治したら良いでしょうか❓」

店長「まずは 自分のスイングの動画 とかを
 一度見てみて下さい。
((((((((_Moment
 テークアウェイで からだの向きに対して
 左腕がたくさん動いている、たくさん上がっている、
 左腕だけでテークアウェイを取っている、

 であれば そのタイプです。

 徐々に✋で良いと思いますが、
 左腕を上げるのを辞める ではなく
 左腕『だけで』上げるのを辞める に行くのが
 良いでしょう。

 左腕が、特に左ひじの移動量に合わせて
 右ひじも移動していれば、動いていれば
 クラブ・フェースは開かない、開き難くなりますから
 まずは 右ひじを外めに張ってみる(クランチ)、とか
 右ひじをやや高くしてみる、とか
 左ひじが移動した分、動いた分、
 動かすコトから トライしてみて下さい。


 そして 出来れば
 右ひじ、右サイド主体で テークアウェイを取る。
 右サイドを動かさず、それを基準に
 左サイド〜左肩を入れる というケースも
 少なくないかと思いますので
 右サイド・右ひじを主体にテークアウェイする。

✋その際、ですけれど
 テークアウェイを取る方向は
 アドレス時の右 ではなく
 アドレス時の背後、
 ゴールとなるのは トップの位置の方向ですので
 右サイドは背後方向に動かす感じです。
〇From USA?だっけ - frame at 0m39s
 右サイドを背後に動かすのと
 左肩を アドレス時の右に動かすのは
 似ているようで 方向が90度違います。
 スイングが 回転と馴染まないのは
 その可能性があるのかな、と思います。

 左肩を入れる と考えている人は
 その『方向』を間違ているので
 手振り・振り遅れ になり可能性があります。

質問「あああああ」

店長「あと最後にですけど
 技術的な部分の問題よりも 勘違いや思い違い
 自分本位な勝手な解釈によって スイングは造られることが
 少なくありません。
 技術的なミスは 思い込み によって造られています。

 まずは 頭で理解するコト、
 思い込みから解放されるコト、
 クラブの円を描くのは
 からだの向きで十分✊
 クラブ、もしくはヘッドターン は
 からだの回転でコト足りる✊
 表面的な知識ではなくて
 頭の奥の 芯の深い部分まで
 ちゃんと認識できないと その初歩的な部分が
 変わってこないのではないか
と思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「よく言うのですが、
 スイングはアプローチショットで治しましょう、と。
 アプローチショットなり、ハーフショットの
 インパクト付近の動きって
 ショットの インパクトの部分を抽出している ので
 そこが鍵になる訳です。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
 アプローチ、例えば 15ヤード位のランニングアプローチ
 の動きは まさにインパクト部分の抽出されたモノで
 ここに その方のスイングがほぼすべて表れます。

 ちょっと 横道に逸れてしまうかも…ですが、
 よく言う 振り子のアプローチのイメージは
 『遅れてきたヘッドが グリップを追い越して 先に行く』
 その動きが 手打ちを誘発してしまいます。

 動画や画像など スイングを2次元の平面上で見るから
 そう『見える』のであって
 特殊なショットを除き、アプローチのような
 勢いのないショットで ヘッドがグリップを追い越すことは
 フィニッシュ〜最後まで起こりません。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)
 フルショットの場合は、インパクト後
 スイングを終わらせるために 人間の動作、
 特に回転は減速に入るので、その際、運動慣性の残っている
 ヘッドがグリップを追い越すのは
 からだの保護のために必要です。
 しかし、それが『打つコト』そのもの ではなく
 むしろ オマケ に近いモノです。

 よくある素振りの 悪い導き ですけれど
 インパクト以降 ビュッと ソコで音をさせる。
 ソコの速度が速いと良い・・・・
 ウソじゃあないんですけど、
 それは そこまでの回転の速度が速かったから
 クラブの慣性も速いので そうなるんです。
 似ているようですが、そこで
 何かを止め、その慣性を使って ソコをビュッと振る、
 のとは違うんです。

 そういうコトをひっくるめていくと
 イメージと言うか、思い込みみたいなモノが
 スイングと言うか、クラブ扱いをかなりの部分
 形成してしまっているのは間違いありません。


 手で振っていた、フェースターンしていた のを
 からだの回転でソレをする、に移行するのは
 その どこにも特殊な、そして『新たな』技術は無いんです。
 ほとんどのコトが知っているコト、既に出来るコト、
 で構成されているんですけど
 結局のトコロ、覚えの良い腕の動かしで クラブを振りたくなる、
 言葉としては全く反対なんですけど、
 手抜きというか、億劫だから小さく近いモノで動かす、が手打ち であって
 その手抜きを覚えちゃうと 真面目に丁寧にからだを動かす、
 からだのターンって なかなかイケナイ と言う
 実生活の縮図みたいな部分はあるのかもしれないですね。

 分かっちゃいるけど からだの向きや高さを変えず
 手を伸ばしたり、手先で何かしようとして ぎっくり腰になるのと
 ちょっと似ているかも知れませんね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「
これから 書くことは あまり書きたくないんです。 
 動画を使っても、例え レッスンを直にしたとしても
 非常に伝わり難いコトを 言葉を使って…となると
 かなりの確率で伝えられない とは思うのですが…。


 まあ トライしてみます。」

質問「お願いします。」

店長「まあ 俗に言う『手打ち』が からだの回転に変わった人、
 一旦、覚えかかったんだけど 結局、『手打ち』に戻ってしまう人、
 色々やったけれど 『手打ち』から抜け出せない人、
 色々な方がいらっしゃいます。
 それぞれが悩みつつ、楽しんでいると良いのですが、
 なんとなく ですけれど 一番違いが感じられるのが

 『リリース』だと思うんですね。」

質問「リリース❓」

店長「時機で言いますと
 ダウンスイングの中頃からインパクトにかけて、
 動作で言いますと
 テークアウェイ、トップで
 右打ちの人であれば 短くした右腕を
 伸ばしていく行為(理想は伸ばされていく行為)です。
(イメージスイン
 人によっては 切り返しから リリース、
 クラブを解いちゃう人もいますけど
 だいたいのケースは ダウンスイングの中頃~インパクト直前です。


 ここが 手打ちになるリリース と
 からだの回転で打てるリリース を造り出す、
 別れてしまうんだと思います。


 で、実際には からだの回転で打てている人 であっても
 からだの向きを変える って
 からだと言う大きなモノを 動かすので
 疲れてきたり、面倒くさくなってくると
 横着してしまう、と言うのか 手打ちになるリリースになってしまう、
 と言うケースも多々、多々 あります。

 なんか 今日、上手く行かないな って言うのは
 だいたい ソレ だったりします。」

質問「具体的にはどんな違い なんですか❓」
(イメージスイン
店長「画像のココ からですね。
(イメージスイング
 右腕を伸ばすコトによって
 ヘッドをボールの方に出してしまうか、出さないか、
 の違いです。」

質問「…出さないと 当たらない・打てない んじゃないです❓」

店長「はい、出します…出ますけれど
 それは からだの向きの仕事 であって
 腕のリリースの仕事 ではありません
。」

質問「!!!!!!!」

店長「ソコを 腕を伸ばすことで
 ヘッドをグリップよりもボールの方に出してしまう、
 円を描く行為をしてしまうと
 からだの回転の仕事を奪ってしまいます


 からだの回転が要らなくなっちゃうんですね。

 逆に 腕のリリースで円を描いていますから
 更に からだの回転で円を描くと 二重の円に成っちゃいますから
 思う通りの当たり方がし辛くなるので、
 多くの場合、左サイドの壁 と思って 左側が止まってしまいます。

 スイングの伸び上がりの多くは その止まってしまう左サイド
 に対し 押してくる右側の圧力を 上に逃がしているに過ぎません。

 そこで 腕を伸ばして 円を描くのも
 からだの向きを変えて 円を描くのも
 どちらも回転ではありますけれど
 腕を伸ばして 円を描く場合、止まるという逆の動作もあります。
 フェースの向きやロフトが その円具合で
 どんどん変わりますから、からだの向きで行うのに比べ
 断然、安定度・再現性は下がります。
会田20210701_Moment(2)
 ダウンスイングの中頃 までは だいたい OK の人であっても
 インパクト直前の このリリースがある限り、
 絶対に 手打ちから逃れられない

  打てなくなっちゃいますからね。

 からだの回転で行っている人であっても
 ゴルフクラブって 長い棒で先が重たい構造ですので
 1cmでも ヘッドをボールの方に出してしまうと
 その運動は増幅していくばかりで
 下手に からだの回転もしている習慣があるので
 二重の回転になってしまいますから 当たらなくなります。」

質問「衝撃的…です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これ アプローチだけでなく
フルショットにもよく見かけるパターンで
スイングチェックしている時はいいのですが、
しばらく放っておいて、球数を打つと表れる症状です。


まず 定義しておきますが、
振り遅れ とは
からだの向きを変える行為、からだの回転に対し
グリップが右
(右打ちの人)に遅れてしまうことで
ヘッドが遅れるコト
 ではありません。

ヘッドはそのものの重さ、そして長さ、
それに加わる移動(運動)の速度によって
動けば動くほど重くなりますので
その重さは 放っておいて
 それをロフトの立ちに変えればいいだけ のコト。

逆に ヘッドを無理に遅れさせないようにすると
グリップの移動を制限、止めなければならなくなり
からだの回転からグリップが遅れてしまいます。


ヘッドの重さを放っておけ
とは言っても あまりに、必要以上に重くなるような
使い方では それもグリップに制約をかけます。
✋クラブと仲良くできれば
 そのヘッドの重さが
 その重心位置構造が
 そのシャフトの柔らかさが

グリップの移動を助けます。

それが出来るようになれば
より重たいヘッド、モーメントの高いヘッド、
シャフトの柔らかさが スイングを助けます。





で 話は元に戻しますが、
アプローチ、そして フルショットに時によく見かける
振り遅れを作る テークバック、上げ方 です。
(実験に協力して頂いたので 上げる方は少し大げさですが…)


❶アドレス時、多くの方が
ヘッドを地面に置いて、重さを委ねています。

❷テークバック開始・・・・・・・・動作が始まると
グリップは高くなりますが、ヘッドを放っておいています。

✋アドレス時のディッシュアングルを維持するには
釣り上げる訳ではないですが、
すこし 上げる意識がないとヘッドは落ちてしまいます。

❸アプローチの場合
グリップとヘッドの相関関係において
アドレス時よりも ヘッドが下がってしまった為、
このまま 打ったのでは 手前をダふります。
よって アプローチとは言え存在する ダウンスイング
インパクトまでの間に ヘッドを逆に上げる必要が生まれ
その無駄な調整により ミスが生まれ易くなります。


❸フルショットの場合
一旦、グリップに対し、下がったヘッドを上げるため
無駄なコッキング、ヘッドを上げる行為が
テークバックの後半に入ってしまうため
切り返しが遅れ 振り遅れにつながります。

😨フルショットの場合、 この動作によって からだが反らされ、起こされ
その動作の修復のため より遅れるケースも見られます。
起き上がりコブシ症候群になります。

また グリップとヘッドの上下の位置関係を維持したモノ
(重さが掛かるなりにあげる〜同じ姿勢を維持するために動かす)
をしたものと、しないもの(一旦、ヘッドを下げてしまう)とでは
ヘッドの通るルートが異なり、
一旦、下げてしまったルートの方が大きな弧 〜長いクラブ に
なるので それも振り遅れ や アウトサイドイン を生む原因に成り得ます。

ヘッドの高さに注目_Moment


アプローチであっても フルショットであっても地面に置いたヘッド、
ここから テークバック初動をする場合、
コッキング、釣り上げる必要は一切ありませんが、
動き始めた時、すこし持ち上げる位の意識がないと
ヘッドは下がり、
その後 それを修正する動作が 幾つも入る可能性があります。

小さな問題ですが、実はあとあといろいろ響くので
注意が必要です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「イ海譴辰董.好ぅ鵐阿亡慙△靴突茲舛磴Δ鵑任垢、
 良く言われる スイングの溜め って
 あっさり言ってしまえば ヘッドの遅れのコトなんですね。
JCorda - frame at 0m55s
 からだの回転でグリップを移動させて、
 ヘッドを引きずってくれば ヘッドのその重さと
 シャフトのたわみ によって 自然に発生するモノ
 です。

 硬いシャフトだと それが存在させ難い、
 なので それを自分の技術として造らなくてはならない、
 それが シャフトをしならせて〜しなり戻す だったり
 するんですけれど、普通に備わっているなら そのまま使えば良い。

 そして ショット自体は ヘッドは遅れっ放しのまま 行います。
 それが ハンドファースト につながるんですが、
 シャフトをしならせて〜しなり戻す では
 ハンドファーストでインパクトを迎えられません。
 ハンドファースト だと しなり戻りませんから。
 硬いシャフトだと その矛盾とずっと付き合っていかなくてはイケナイ。
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment
 ヘッドは遅れっ放し だと
 その遅れはロフトの立ち であり、
 スイングの弧を小さくするコト、つまり上から打つコト でもあるので
 良く言われている スイングの技術的なコトは
 クラブの機能として持っている んです。

 硬いシャフトの場合、スイングの溜めがクラブに薄いから
 自分で作らなくちゃならない、
 で、ゴルフクラブの構造上、それを意図的に造ると
 その場合の ヘッドの遅れはヘッドの開き、フェースの開きになっちゃう、
 硬いシャフトを使う人にとっては
 ヘッドの遅れはショットの天敵 で、
 柔らかいシャフトを使う人にとっては
 ヘッドの遅れは つかまえや飛距離の源ですから、味方、
 魔反対な関係になっちゃうんですね。

 それを捨てて 自分でやるか、クラブにやって貰うか、
 好みと言えば好みなのかも ですけど、
 クラブを設計し、製作している立場からすると
 自分でやる方を選ばれる方はもの好きだなぁ と思いますよ。」 

質問「どのシャフトの硬さを使うか で
 スイングに対する考え方も変わってくるんですね❓」


店長「そうですね、少々 大袈裟に言えば
 クラブを買う、買い替えるって スイングを買ってるんですね。

➅コレもそうなんですけれど
 柔らかいシャフトを 開かずに まあ多少は良いですけど
 ガバっと 開かずにテークアウェイ、上げれば
 切り返し時、切り返し以降 シャフトによって
 グリップが打撃方向に押されます

 グリップが下げられる、下げる方向に促されます。
((フットワーク4
 一方、硬いシャフトは思いっきり 開いて上げるコトになりガチ
 なので その開きによって グリップが引っ張られます。
 また フェースが上を向く形になるので
 グリップには下げる力が働かない、上がる方向に掛かる、
 コレも まるで反対な関係なんですね。

 それは物理的な現象なんで、
 運動性能の高い人や腕力のある人であれば
 その能力によって それを補正、修正可能です。
スナップショット 1 (2015-07-03 15-51)
 多分、一番の違いになると思うんですけど、
 柔らかいシャフトを使っている人は
 なんとなく 
 シャフトの役割は『グリップを動かす、移動させるコト』
 って思えるんですけど
 硬いシャフトは 基本、自分の運動中心、運動本位なので
 シャフトの役割は『ヘッドを動かすモノ』って思いガチ、
 その感覚の違いはかなり大きいし、
 ゆくゆく どんなスイングに辿り着いていくかは真っ二つ です。

 良い悪い、正しい間違ってるではないですけれど
 スイングの原点は グリップを動かすコト なので
 シャフトの役割も ふんわりとそれに追随する と考えるか、
 そうでないか、クラブを利用して楽して動こう と考えるか、
 クラブを自分のチカラや技で好きなように動かすか、
 考える方向性が真逆なんです。
 それって とても大きいと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「そう言う使い方もあるの❓
  …まあ 世の中色々あるからね〜 
 って言う典型例が
 シャフトをしならせて〜しなり戻して使う です。
457d8efa
 好き好きではありますけれど、
 コレって ゴルフクラブの機能をかなりの部分、殺してしまう
 エンジン付きのクルマなのに 自分で漕いでいる 程
 アマチュアゴルファーにとっては 損な使い方
 です。」

質問「そうなんです❓」

店長「はい。
 ゴルフショットを安定させるコト や
 繰り返し易いスイングを覚えるコト の
 何倍も大変な方法論… ソレに意識の有る方は
 なんだか 苦労好きと言うか、
 まあ そう言う楽しみ方もあるんだなぁ と感心するほどです。

△舛腓辰範辰歪垢
(いつものコトですが)ですが…
 
 ヘッドが軽いって言うのもあるかも、なんですけれど
 シャフトをしならせて〜しなり戻して使う って
 重いヘッド + 柔らかいシャフト では難しいです。
 額面通り 先端のヘッドは重いですし、
 シャフトは柔らかいですから たわむ(しなる)量も大きく、
 それを復元(しなり戻す)には 手間も時間もかかります。

 元来、物理的な約束事も含め
 打撃って 自分がクラブを握り、からだの向きを変えて
 その握りの部分、グリップを動かす。

 すると ヘッドはシャフトでつながっているので
 そのヘッドの重さや運動で加わる重さ分、遅れて、
 そのグリップの移動の付いていきます。
 まあ 引きずられるってコトになりますね。
 ヘッドの遅れ とも言えます。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 ソコで起こる シャフトのたわみ(しなり)  と
 シャフトをしならせて〜しなり戻して とは
 言葉としては同じ、たわみ(しなり)ですが
 その中身はまるで異なります。

 グリップを動かして、ヘッドを引きずる、
 遅れさせたまま使う場合、シャフトにはトルクが掛かりません。
 シャフトの回転されるような 捻じれが掛かり難い状態です。
 単に ヘッドの重み(運動も加え)分、遅れて付いてくる だけ です。

 一方、シャフトを意図的にしならせ、しなり戻す方は
 打撃に関して しなり戻す方が重要になります。
 クラブの先端にあるヘッドは その棒(シャフト)の延長線上に
 重さ(重心点)がないので その動かし方では
 シャフトはかなり捻じられることになります。
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m31s
 ヘッドの慣性モーメントというのがあるのですが、
 これは ヘッドのスウィートスポットの広さというか、
 ミスへの寛容性や打撃効率の良さ(ボールへのエネルギー伝達)の良さ
 を表すものを数値化したモノ です。
 
 モノは遠心力が掛かった時、
 その重量が揃おうとする法則があるので
 ヘッドを回転させず、シャフトを捻じらず使った場合、
 ヘッド自体は遅れて突いて来ますが、
 ほぼ 自動的にシャフトなり、グリップなりの延長線上に
 ヘッドの重心点が来ますので
 慣性モーメントの効果は発揮されます。
EG05_04
 ところが シャフトをしならせて〜しなり戻して使う場合、
 シャフトにはトルクが掛かってしまい、
 ヘッドが シャフトを軸に回転する事が必要になるので
 ヘッドの重量点とシャフトが直線状で揃うことは無く、
 単純に重心距離分、それ以上、ズレた関係 が維持されてしまいます。
 当然そうなると 慣性モーメントと言う機能は発揮されません。

 慣性モーメントはゴルフクラブの歴史上、
 ゴルフクラブの進化 ソノモノを表すと言っても過言ではないモノ。
 ゴルフクラブの『簡単さ』を表す数値と言えます。
 ドライバーにしても、アイアンにしても、
 この50年での進化は 慣性モーメントの進化 です。
 にもかかわらず シャフトをしならせて〜しなり戻して使ってしまうと
 それを利用出来ないばかりか、逆に 数値の高い、
 本来 易しさの数値が高い程 扱い辛いモノになってしまう。

 ゴルフクラブに助けて貰いたい、ミスを救って貰いたい
 と思っている人にとっては ものすごく大きな違いです。
 これから ゴルフスイングを覚えようとしている人 にとって
 どっちの道へ進んだら良いか は一目瞭然だと思うんです。

 それが 選ぶクラブ、シャフトのよって 分かれてしまう、
 と言って良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「で、ココからが スイング軌道の『罠』なんです。」

質問「え?! どういうコトです❓」

店長「クラブやヘッドの通る道筋、通り道が 軌道 なんですが、
 本来 その軌道は 自分がどういう風に
 からだを廻しているか によって形成されるモノ、
 アウトサイドインが良いか、悪いかは別にして
 アウトサイドインを修正したいのであれば
 からだの廻し方を修正する筈なのに、
 そこには至らず、からだの回転とは分離した
 腕やクラブで『道のり・道筋』だけを変更する
 手打ち〜手振りの入り口になります。」
スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)
質問「言われてみれば そうですね。」


店長「本来の仕組み、順序であれば
 主にダウンスイングになりますが、
 からだの廻し方はどうなのか❓
 その廻し方において
 トップの位置で クラブがどこにあって、
 どんな姿勢から始まると どういう風になるか、
 つまり からだの廻し方以外、
 腕やクラブは動かさないコト、動かない時の姿勢
 などが問題になるはずなのですが、
 実際には その反対の『クラブの動かし方』
 『腕の動かし方』という非常に難解な部分に
 取り組むコトになるのです。」

質問「あああ 確かに 動かし方 になっちゃいますね。」

 
店長「ましてや、スイング軌道の元 が
 クラブをいつのタイミングで長くするか、
 どこで遠くまで届かせるか なんて発想は少ないのですから。」

質問「無いッスね。。。

店長「どのクラブでもそうですが、
 トップの位置から 地面を引きずってくるように動かすのが
 からだの回転で動かせる 最大の量であり、道筋です。


 移動の動力がそれしか無い✊ のですから。

 それよりも 大きな弧、長い道のり になると
 別な動力源、この場合は 手・腕 になりますが、必要になり
 それは からだを止め、からだと切り離して動かさないと
 使えないのですから どうしても 手打ちの道 に進むコトになります。


 からだの向きで引きずってくるように クラブを動かせば
 最終的には スイングは円を描きますが、
 クラブはスライドして動くように ヘッド姿勢、
 この場合ロフトやフェースの向き、ヘッドの進入角度などは
 円を描いても その変化は緩やか になります。
001002







 ゴルフ用語で言うと 『大きな円を描く』 は
 そういうことを指します。
 スイングアークを大きくする とも言われますが
 本当に 円を大きく、ヘッドが遠くに届くように振る
  と言う意味では無いですが、誤解されガチ です。」

質問「大きな円で振る ってそう言う意味なんですね。

店長「そうですね、誤解されガチ です。
 おそらく それを言葉にしてアドバイスしている人も
 理解していないケースが多いんじゃないですか⁈


 一方、引きずって動かすよりも 大きな円、長い道のりになると
 クラブヘッドは重心が 握る棒の先、延長線上に無いので
 多くの場合、開いたり、閉じたりが伴ってしまいます。
 そして ヘッド自体を動かせば 手が止まる、
 からだの回転と切り離されているコトが問題になる のではなく、
 円が小さく、ヘッド姿勢の変化が激しくなる の方が問題になってくる、
 そして 無限回廊なので 何十年やっても答えは見つからない・・・
 ですね。

ヘッドが開いている とした ヘッドを閉じなくてはならない
ヘッドを閉じる〜動かすと グリップの進行が滞って
インパクトポイント〜スイングの最下点が手前になる
その 繰り返しになります。
スライスを防ごうとするとダフリ、
ダフリを防ごうとするとトップかスライス って奴ですね。
故に 地面から打つショットではボールがどんどん中に入って来て
 左寄りで打つドライバーが苦手になる
ターンがし難いフェアウェイウッドを中寄りのボールで打つのですから
上手く行かないのは必然と言えるんです。
445413







  ヘッドを動かす、ヘッドの方をたくさん動かす は
 円が クラブの長さ、それが半径になるので
 円が小さくなる そういうことを指すのですが、
 速く振りたい、大きく振りたい、大きな弧にしたい と
 真逆な ヘッドを振ってクラブの半径で振る を
 同時に実施しようとするのですから 難しいです。

 そして そのどこにも 円の源である からだの回転は
 入ってこない 
のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 〇〇お客さま投稿〇〇
〆廼瓩離屮蹈阿念貳峪温佑砲覆辰燭里蓮

「ヘッド/クラブをひきずる」の一連の回です。

〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment

ブログは過去のものと同様のテーマを、

視点を変えながら考察していくというものが多いのですが、

この一連の回は特にそうでした。

どうも私が勘違いしていたか、

あるいは曲解していたのか、

クラブを身体正面に維持させないといけない

=クラブが遅れぬよう一生懸命グリップ、

クラブを身体の左へ左へ送ることと思っていて、

これが結果的にクラブを縦に振っていたこと

繋がっていたように思いました。

貴方にはどう見える❓_Moment(4)

最後の言葉「割り切って一気にからだを左に向けるんです。

からだを開く。それがからだの回転です。

は目から鱗でした。

やったらダフらない、右にすっぽ抜けるわけでもない。

ラウンド中は昔の記憶と習慣が顔をだすので、

全てのショットでできないことが目下の悩みですが。



 

ヘッドを引きずって回る動画、とてもわかりやすかったです!

ヒントを頂き練習器具で確認した動きと組み合わせてみました。

 いきなりやっても、童と処のメイクラブの様なぎこちなさ、、、

 一つ「コ、コレはもしや!?」というのが感じられました。

Desktop 2022.11.06 - 17.11.14.01_Moment

 トップから落とし始めは急発進急加速するとドダフリ多発。

(多分腕が先行しちゃうのでしょうか?)

反対に、落とし始めをふんわり始めて体重移動と回転で加速すると

結果的にHBSクラブ特有のロフトが立って入射して

しっかりボールを潰した感触。

(コレがワンモーター感覚なのかな?)

 

 週末は先輩達のスイング動画のリズムに着目して学びたいと思います。

ヒントブログ、いつも感謝です

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「グリップエンドを上に向ける、は
 からだの回転という 横移動を利用して
 グリップを下がる、
 言葉のイメージとしては グリップが低くなる
 と言う延長線で行われます。

 要するに クラブの構造、重さを利用して
 横移動に 自由落下では無いですけれど
 落下を組み合わせるような感じ なんですね。

 ですが、コレソノモノには 
 大きな横移動がありませんから、
 どんどん向きを変え続けないと ボールに当たらない…。

〇グリップエンドを向きを

 支部長はそこら辺は大丈夫だと思うんですけど
 ソコに到達するのって 結構な意識改革が必要です。


 クラブを持って こんな素振りをしてみて下さい。
 動画の通り、からだを廻す ではなく、
 足、靴の踏み変え で向きを変えます。

 トップの位置から グリップは落下させますが、
 ヘッドを動かすと ボールのトコロに辿り着けません。
 ヘッドを動かすと からだが回れなくなるから です。
〇グリップエンドを向きをどこへ - f

 前傾姿勢が無い ので
 本当にボールを当てるには ちょっと 下に振る
 が入っちゃうので 素振り が良いです。

 ヘッド単体は動かさない、グリップは移動する、
 ですと ヘッドの方が進行方向後ろ、後になります。
 色んな意味でハンドファースト って奴ですね。

 そうすると 落ちようとするヘッドの重さが
 グリップを進行方向に押します。
 コレって 重い方がその力が強いですし、
 シャフトの柔らかさがあると 押すチカラ、
 押す速度も速いです。

 この場合、前傾姿勢はないので 仮想の、なんですが、
 アドレス時の 左腋の下辺りを通過ポイントと考え
 グリップエンドを上に向けるつもりで
 打ち終える、素振りをしてみて下さい。

 グリップが下がる、落ちる、
 ハンドファースト…からだの向きで移動するんですが、
 それによって グリップが横に押される感覚、
 そう言うのが掴めたら OK です。
 あまり コレに固執すると 下に振る癖、
 それによって からだが止まる癖なんかが付いちゃう人
 出てくるので ご注意を。


 で 支部長の話しに戻るんですけど、
 グリップエンドは上に向けて抜くイメージ で
 そして からだの回転はグリップを移動させるためのモノ
 という前提の上で 

 切り返し は
  もう『一気に左向いてください
  
ガバッっと
  手なんか動かす暇 無いです。

 外から入っちゃう とか、
 アウトサイドイン になっちゃうとか、
 ロフトが とか、
 全部 忘れて 思いっきり 左向いてください

 繰り返しますけど
 からだの向きは グリップを移動させるためのモノ で
 左を向いて『から』 ナンカする ではなく
 左を向くコトが『打つコト』です。



 あと ですね、
 コレは別な記事で書こうと思っていますけれど
 (書いても良いのかしら プロ❓)
 橋爪プロの神レッスンの中で出てきます。 コレ

✋インパクトポイントはココ です。
Desktop 2022.11.06 - 17.11.14.01_Moment

 からだの正面で打つ には イメージ として
 ココをインパクトポイント にしないと出来ません。

 見た目の からだの正面、
 イメージの中にある インパクトポイント よりも
 50儖漫“球線側にありますよね。 もっとかな❓

 ココがイメージできるだけ でも
 アプローチは抜群に良くなると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

店長「地面に置いたヘッド、絨毯の上を引き摺ったヘッド、
 これは2次元の、平面上の話し ですが、
 これを3次元、立体のスイングに当てはめても
 基本、ゴルフクラブの『自然な』動きは同じです。


 コレを例に 考えてみましょう。
〇からだの回転_Moment〇からだの回転_Moment(2)















 クラブ、シャフトと体の向きの関係です。
 トップの位置では 双方ともにだいたい同じ関係、角度、ですが、
 仮想のインパクトに向けて
 上:の写真は その角度が開いていきます。
 下:の写真は 同じ角度のまま です。


 運動が加わると ヘッド・クラブは重くなりますから
 むしろ 角度は詰まってくる、
 からだのラインに対し、クラブはより一層くっ付いてくる可能性が
 有ると思うのですが……。


 コレ、実験した時、
 上:1/4円を描く
 下:引き摺る

 を意識しただけで、それ以外はまったくの無意識なのですが、
 からだの回転が かなり違いますね。

 クラブの重さ、ヘッドの重さを無視して
 1/4円を描こうとする、クラブの長さを維持するようにする と
 先端部をたくさん動かさなくてなりません。
 非常に『意識的』『作為的』に、ですね。
  …信じている人にとっては…無意識の意識 と言えば良いんでしょうか…

 …そうすると 自然とからだの回転を抑える、
😊からだの向きを変える、回転って
 箇所は兎も角、どこか『自分の方に軸があって』
 この場合は 半時計周りをする訳ですが、
 先端で 1/4円描かせる、ヘッドをたくさん動かそうとする、
 をやると 軸を進行方向に対し後ろ(蕁砲砲困蕕靴
 回転そのものの移動量を減らしている、
 まるで 『ヘッド側に軸があって』
 それを支点に 自分が回転している感じに思えました。

 クラブ、ヘッドの重さが掛かる状態 であるのに
 円を描こうとすると 私は右打ちですが、
 どうしても 右手がボール側や下側、
 左手よりも前に出なければならないので
 そう言う感覚になるんだと思います。


 スイングで言うトコロの
 ボールを打つ、打ちに行く、打ち終わる、
 コレを からだの回転で行うと
 その流れの中で 自然と 打撃方向、飛球方向へと
 体重移動って訳ではないですけれど
 右打ちなら 左へ左へ、と行く。

😓ところが ヘッドに円を描かせる、ヘッドをたくさん動かそう
 とすればするほど 体重は後ろ、右に右に行く、
 まあ ヘッドを前に出すのですからそうせざるを得ない、でしょうね。」

質問「犬が尾を振るか、
 尾が犬を振るか、って感じですか。」


店長「そうなりますね。

 『ボールを打つため、ヘッドを動かす。』
 そのために からだの向きを変え グリップを動かす、
 ヘッドはシャフトでつながっているので
 グリップの動いた分、ヘッドも動き、
 からだの向きを『回転』させているので
 クラブに掛かる重さの分、差し引いて
 『クラブそのもののターンは 緩やかになる。』
 ヘッドの重さや長さ、運動による積算などにより
 半分位しか動いてくれない、
 動力が尽きてしまう…  …と理解しているか


 自分が180度ターンすると
 クラブ『も』当然180度ターンするモノ✊
 と信じている、深くは考えたコトないけれど
 そうであろう と思い込んでいるのなら
 
 " 手打ち って ちゃんと 自分の思い通りのプラン "
 な可能性は結構あると思います。

 からだの向きで足りない分、
 からだの回転の動力は尽きちゃう訳ですか
 あとは手で振る〜補うしかないのですから。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



GW
以来のラウンド報告…パート

358101-1

 1か月の練習成果を試すべく行って参りました。

スコアは〇〇で GWがスライス多発で△△でしたから概ね満足。

 

 ドライバー14回中13回成功!

大満足!

欲を言えばもう少し飛ばしたくなりました。

 

後半ふくらはぎが疲れたころ

完全振り遅れの盛大なスライスOB

それ以外はラクに安心してフェアウェイに打てました!

 

スプリットハンドをショット前に繰り返したり

右手の追い越し禁止を心に刻んでからは

ドライバーに限らずものすごく楽になりました。

 

やる事(やって良い事?)が限られるのでスイングがシンプルに。

 

IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(4)

 ウッドもユーティリティもアイアンも

GW前とは別物て楽チンなのに飛んでました。

アプローチも失敗も多いけどなかなか良いのも出たので満足。

 

パターはヘタクソ全開でした。

(店主:デール9の方が良かったかしら…)

パーは1つ、パーチャンスをパターで逃したのが3つ。

あと、上級者のパター距離ミスを初めて誘発しました。

 私のパターの後で78メートルの6割しか打ててませんでした。

「あれ?距離感がおかしいな?」とつぶやいて首を捻ってました。

 後半8ホール目で11打の大叩きも有りましたが、

ものすごく面白かったです。

 

距離ピッタリの方向間違えたショットが、

アイアン、アプローチ、パターで普段より多めに出たのも

非常に楽しかったです。

来週のラウンドも楽しみたいと思います

 


 

ラウンド報告 パート

達人のココから盗め_Moment(5)

 前週ラウンドして全く練習せずにゴルフ宅急便にて発送。

スコアは〇〇で大歓喜。

 ドライバーは右に軽度スライス多発(OBは無し)

 ウッド、UT、アイアンはそれぞれ見せ場も有り。

 

どのクラブも引っ掛けがなくなりましたので、

クラブをかき入れる手首の悪さが無くなった気がします。

 

パターは相変わらずヘタクソ^_^

9番とPWのランニングアプローチでスコア的に助けられました。

引っ掛けずにゆっくり素直にピンに一直線で大活躍。

山梨のゴルフ場が砲台グリーンばかりで

こぼれ球処理でお世話になりました。

 キャディさんに「あの距離、9番ランニングで乗るとは思いませんでした」

びっくりしていただきました。 大変楽しいラウンドでした。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ゴルフクラブの見た目 からすると
 棒・シャフト・握る部分とヘッドの打点にズレがあるので
 そのズレを計算したくなります。
005
 そもそも そのズレは必要なんですか❓」

店長「はい。絶対に✋です。」

質問「それは 何故❓なのです❓」

店長「基本的には安全性の問題です。

 過去に 何度も何度も デンデン太鼓のような
 重心距離の無い 長いテニスラケットような
 握りの先に打点のあるドライバーは売りに出されました。

a00002064791ルールには抵触していません。

ですが、本当に短い期間で 販売中止、
場合によっては 全品回収というコトも起こったそうです。

 重心位置が握りの延長線上に無い、
 重心距離があり、L型の形状をしていれば
 ヘッドがどちらを向いているか、どうなっているか、
 感覚的に判別するコトが可能です。
 『トゥダウン』現象が起こって 運動中、
 握りの延長線上にヘッドの重さが揃おうとする働きが
 有ったとしても その具合を感知するコトが出来ます。

 ところが 重心距離の無い、
 ヘッドの重心位置が握りの延長線上に無い と
 ヘッドがどこを向いていても
 その差を感知するコトが出来ません。

 フェースの向き、ロフトの向き だけでなく
 ヘッドの角の部分 や アイアンであればバックフェースが
 ボールの方に向いていても その差は感覚としては
 掴めません。
 練習場で ヘッドの角にボールが当たり、
 前の打席の人 や 
 自分にすらボールが飛んでくる可能性があります。


 それを防ごうとする だけでなく
 似たような距離や弾道を打つのには
 ものすごく強く握らねばならず
 結果としては 全然飛ばないクラブになってしまいます。
 握力の無い方や女性、子供では
 かなり辛い、扱い切れないモノになるそうです。

 また、ロフトの立ったクラブであれば 大丈夫なのですが、
 ロフトの大きなクラブ に 重心位置ズレ がないと
 自分にボールが飛んでくる可能性があります。
 
 ヘッドの位置や姿勢の把握が出来、
 何種類ものロフトとの組み合わせ、
 そして 安全性 の為、重心位置ズレは必須なのです。」

質問「ああああ なるほど、なるほど。」

店長「そして 適切な柔らかさのシャフトであれば
 止まっている時、遅い速度の時は
 ヘッドの位置や姿勢を把握出来、
 運動が激しくなると そのズレが解消される
 とても便利な 二重構造を持っているのです。」

質問「シャフトが硬く無ければ✋ ですね。」

店長「はい。
 
 ゴルフクラブの設計は
 その 重心位置のズレ が そのクラブの特性 です。
005

 フェアウェイウッドの箱形状がアイアンの板形状よりも
 ボールが上げ易い、浮かせ易い ----は
 その形状が 重心の深さを生み出していることから生まれます。
 重心が深い は 運動させると
 ヘッドが前に出ようとする働きを生むため、
 入射角度が緩くなり(👈主にはコチラです)
 ロフトが付きます。

  しかし 硬いシャフトを 無理やり
 ライ方向に トゥアップ〜トゥダウンさせて、
 言い方を替えれば シャフトをしならせて〜しなり戻して
 使ったのでは その働きが発揮されない、か、
 急激に ヘッドが跳ねあがるようになってしまいます。
 そう使ったのでは 本来、味方の筈の重心深度が
 使い難さの元になってしまいます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Kさん「こんにちは〜。」

店長「お久しぶりです。」

Kさん「ちょっと悩んでいまして
 相談に乗って貰おうかと。。。」


店長「はいはい、どうぞどうぞ。」

Kさん「実はですね、申し上げ難いんですが
 前に造って頂いたもの・・・
 10年位まででしたかね。。。
 最近、話題になっている 別の市販のドライバーに買い替えたら
 一時、距離は出たんですが、
IMG_0321_Moment(2)しばらくしたら 今まで出なかったようなミスが増え、
テークバック、テークバックをどうしたらいいか
分からなくなってしまい、
イップス になりそうなんです。
 テークアウェイの上げ方 を 教えて欲しいのですが…。」


店長「世の中に とっても多い悩みのパターン、
 罠にはまっちゃったわけですね。」

Kさん「はい・・・。」
スイングサンプル_Moment(2)

店長「10年も経ちますか…。
 それは兎も角、
 以前 お作りさせて頂いた ドライバーのスペックは
 44.5インチ ヘッド重量220g  硬さ171cpm と言うモノで
 現在、お使いの『市販』のドライバー は
 ヘッド重量は正確には分かりませんが、総重量とスイングウエイトから
 推測しますが、
 46インチ ヘッド重量185g 硬さ235cpm です。」

Kさん「だいぶ スペック違いますね。」

店長「そうですね。
 一番の違いは 長さと軽さ感 だと思います。
 今回 悩まれている点から考えると
 その二点が一番大きく影響していると思います。」

Kさん「スイングが良くないから…ですかね。」


店長「いやいや、ご自身で自分の振り方に不満がある
 のは ある種の向上心ですから 良いと思いますけど、
 スイングが良い悪いではなく、一つの分類として
 客観的に 自分のスイング、クラブ、悩み を見つめないと
 近視眼的な観察では答えを導き難くなります。

 Kさんのスイングは どちらかと言うと
 手で振る、ローテーションのあるスイングです。
 からだの回転 の円弧 に沿って、
 クラブを横に振るタイプ ですので
 弊社の重いヘッド、柔らかいシャフト から
 軽いヘッド、硬いシャフト に移行すると
 いっとき 強く、速く振れるようになるのは 分かります。

 ただ 軽いヘッド、硬いシャフト、しかも 長いモノ
 となると 飛ばすには そのまんま 振るスピード、
 ヘッドを動かす速度が重要になります から
 どうしても 大きな、しかも 速いテークアウェイになりがち…。

 ですので オーバースイングになってしまう、
 なんてことも副作用で付いて来ます。」

Kさん「はい・・・ そのまんま です。」
down under_Moment(2)

店長「これ パターで実験すると面白い んですけど
 弊社の重いヘッドの柔らかいシャフトのパター と
 とびっきり 軽いヘッドの硬いシャフトのパター を用意して
 それぞれ 5球交互に打ってみる を繰り返すと
 全員じゃないですけど、かなり多くの方が
 軽いヘッドの 硬いシャフトのパター の
 テークアウェイ、テークバックの初動、
 動き出し、一番始めのスタートが切り難く、
 場合によっては 半イップスみたいになるのです。

 やってみて下さい。」

Kさん「ああああ 動いてしまえば ヘッドが軽い方が
 動かし易いですが、スタートはすごくし難いですね。」


店長「そうですね。
 ヘッドが軽い、シャフトが硬い 方が
 ヘッドが軽いんだから 動かし易い と思いガチ ですが、
 逆に ヘッドが軽いので ヘッドだけを動かし易い、
 手でヒョイッと動かし易い ですよね。
 逆に ヘッドの重い、シャフトの柔らかいモノは
 グリップを動かす、正式には グリップを移動させないと
 ヘッドが動いてくれません。手でヒョイッと動かし難い・・・。
201812_Moment(2)

 単にヘッドを動かす だけであれば 前者、
 ヘッドが軽く、シャフトが硬いモノの方が簡単ですが、
 それを そのまま 手で動かすと
 想定とは違うトコロに上がってしまう・・・
 
video_Moment

 そりゃ そうですよね、
 本来で言えば からだが向きを変え、グリップが動き、
 ヘッドが動く モノ を
 手先、右手左手の入れ替えとか、ひねり とかで動かせば
 外目 というか、脹らみ目に動いたり、
 必要以上にインに動いたり、
 想定と違うように動いちゃいますし、
 テークアウェイの初動は目に見えてしまいますから
 気にするな と言っても難しい・・・。

 イップスって そこら辺から始まる訳です。」
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「重さ3舛△襯丱薀鵐好棔璽襪鮖箸辰
 疑似的なゴルフスイング、からだの回転をすると
 そのボール自身の重さ や 運動で加わる重さ
 によって 腕は伸ばされようとします。
 腕の付け根 である 肩から離れようとする訳ですが…。」

質問「これが スイングにおける遠心力
 というコトになるのですね。」


店長「そう思います。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment

 ヘッドに遠心力をかけて・・・大きく振る
 みたいなニュアンスで遠心力を考えているゴルファーも多いかと
 思うのですが、腕の重みもクラブの重みも
 クラブ・ヘッドにではなく 自分のグリップ部に
 かけるのは ニュアンスも含め、かなり差があると思います。

 その際、ですが、腕は伸ばされることを拒否しない
 程度の感覚で 自身で無理に伸ばそう、伸ばそう としない方が
 良いかも知れません。

 腕の仕事 は
 その掛かる重さ、不可抗力、遠心力 を利用して
 フェースを下向きにするよう 伸ば『される』コト

 だと思います。」

質問「左手は打つボールに近い方、
 右手は自分に近い方 というコトになりますよね。」


店長「はい。
 最終的に クラブがターンをするのは
 からだが向きを変える、左を向くからで
 それは からだの向き、
 アマチュアの我々であれば 脚に任せた方が
 楽だと思います。」

質問「クラブに遠心力を掛ける という想い違いが
 色々なミスを誘発しているのでしょうか❓」


店長「それは大いにあると思います。
(jc(jc5










 ボールをつかまえる のは
 フェース、ヘッドの向きを閉じるコト
 などの 誤った情報もそれを後押しすると思いますし、
 打つボールでは無く、クラブを投げる、
 目標方向に投げる と言う漠然とした思い込み が
 本当は 左手の方が打つボール側 なのに
 右手がボール側 という 自然な流れではあり得ない
 無理やりな姿勢を造り出そう とする訳です。」

質問「確かに つかまえ、脱スライス を
 フェースの向きで考えていると
 左手の方がボールに近い は
 まるで行きつかない発想になりますよね。」


店長「そう思います。

 両肘とグリップで作る よく言われる腕の三角形、
 その下側と言うか、裏側をボール、目標方向に向けたまま
 では フェースは絶対 左は向きませんから
 スライスしか出ない印象は強いでしょうね。
(jc6(jc4(JC7










 逆に その上側、表側をボール、目標方向に向ける
 の動きは からだの回転でするのなら
 早い段階で からだを左に向けなくてはいけませんし、
 それを避ければ 左の壁 と称して
 左サイドを止めて 腕のターンだけで振らなければなりません。

 根源とまでは言えないかも知れませんが、
 諸悪はここら辺から始まっている と思うのです。」

質問「でも 多くの人はその部分には気付いておらず
 全然違う、見当違いな 見た目の改修ばかり に走る のですね。」


店長「ですね。。。
 クラブの機能を考えると
 それを無視した、独自の方法な 手打ち になる訳ですが、
 それでもボールが打てるようになった努力と時間
 の結晶である、伸び上がりであったり、手の返し…
 気に入らない部分があったとしても
 それを治すとボールは打てない、強く打てない、
 今まで通りに打つと なんだか 良い動きに見えない、
 という 出口の無い矛盾にハマる のです。
 悩んでいなければ、からだを傷めていなければ
 それは それで楽しいですけどね😄😄😄」

質問「からだの回転 と 手打ち の話し だったと思うのですが、
 結果として 本当の意味のインサイドから と
 アウトサイドイン というコトになるんじゃありません❓」


店長「私はそう思っています。
〇フェースを閉じる、
〇右手と左手の関係を反転させる、
〇クラブの遠心力で飛ばす、

 そう信じている人がボールを打つと
 インパクトでからだを止めても、開いても、
 どうしても それらをするには 意図的な振り遅れ、
 からだの向きを先行して動かして、
 空間が出来てから 腕を振らざるを得ません。

 そういう『順序』である限り、外からクラブは入って、
 内に切り込むような形にならざるを得ない…。
 軌道は結果論ですし、副産物に近いんですが、
 軌道が悪いんじゃないんですが 『軌道を治そうとする』
 悪い言い方ですけれど、はしか にかかって
 肌に発疹が出来るのと同じで、それを治しても仕方ない、
 元を絶たなきゃ、元を治さなきゃいけないのに
 その結果論である 軌道を治そうとすれば、より深みにはまる、
 そういうコトなんだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


TSさん「私も今の今まで、ゴルフ歴の殆どを
 つかまる=フック
 つかまらない=スライス
 理想的な弾道 ドロー=つかまっている

 と思っていました。」

店長「ゴルフクラブはその機能を果たすと
 左回転、つまり フック回転が入るので
 理想的な弾道がドローなのは 👍👍👍です。
 
 しかし、
 つかまる は フェースを閉じるでも 開くでもなく
 ロフト、入射の軌道との関係もありますが、
 ロフトの造り方で決まる は 納得して頂けます❓」

TSさん「はい! まだ 出来ないのですが。。。」
(こする つかまえる_Moment(2)

店長「では 先に進めます。
 『ボールの掴まりの原理』が 理解出来ていないと
 スイングの改造 なんて
 取り組んでも 効果が非常に薄い のです。」


店長「つかまる=フック つまらない=スライス
 理屈を超越した理論なのですが、
 大抵の場合、フェースの開閉 と 軌道論、
 開いている、閉じている、
 アウトサイドイン、インサイドアウト

 そこに進むコトになるのですが、
 これにも 大きな罠が待っています。
 この罠は 生涯迷宮 です。」

TSさん「えええええええええええ。」

店長「同じことが
 つかまえ=縦のフェース/ロフト にも言えます。

 例えば…です。
 今の使っているクラブをいじらず 変えない、
 その対象になる クラブ番手 もそのまま、
 その状態で
 自分の理想の弾道にするには スピンが多過ぎる→
 3500回転 なのを 2500回転 にしたい……とします。

 ちょっと 頭が混乱するかもしれませんが…。 

 ロフトは 立てようとすると 実効果として
 クラブが短くなるので
 入ってくる入射がきつくなります。
 故に ハンドファーストを強くしても
 打ち出し角度は低くなる(変わる)可能性はありますが、
 入射も変わってしまうので スピンが減るとは限りません。
 インパクトロフト=スピン効果 を変えようとすると
 同時に スイングの縦軌道も変わってしまいます。
【イメージ】倉本昌弘 スイング集_Moment

 フェースローテーションを多くしている人、
 打撃=ヘッドの回転の人の場合、
 軌道だけを変えようとしても
 インパクトロフトやフェースの向きも変わってしまうので
 答えを見つけられません。
 ま…だから 硬い(使えない)シャフトを使って
 ボールへの打撃効果を薄める…と言う手立てを取るのですが…。

 クラブの横軌道の アウトサイドイン、インサイドアウト
 にも同じことが言えるのですが、
 スライス〜アウトサイドイン〜開いている の発想を
 ドロー〜インサイドアウト〜閉じている にしようとして
 ヘッドを閉じると 軌道も変わってしまいます。
1ff0dce21f52b653








 理屈上は アウトに出すには フェースを開いた方が
 アウトに出し易く、フェースは閉じようとすると
 軌道はインに切り込み易くなります。

と…ここまでの話しがスイング改造として
 ダメなスイングの治し方の典型例 なのです。


TSさん「!!!!! なにが悪いのか 分かりません。」

店長「言葉で説明して分かって頂けるか、分かりませんが、
 トップオブスイングから インパクトまで 平均して0.2秒、
 ヘッドスピードは時速にすると 120繊弊人男性)を越えます。

 ヘッドの軌道、上下の入射角度 であって
 左右のアウトサイドイン、インサイドアウト であっても
 途中で ロフト、フェースの向き どちらであっても
 変えようとすると 『必ず』軌道とヘッド姿勢は同時に動きます

 スライスだから、フックだから、
 つかまりすぎでスピン不足もしくは過多、
 つかまらな過ぎでスピン過多もしくは不足
 であったとしても
 軌道を固定して ヘッド姿勢を変える と言う発想ではなく
 動いている中で ヘッド姿勢を変えようとしています。

 もう コレにトライすること自体
 手打ち 手振り への道まっしぐら なのです。

(ダウンスイング比較 きっと参考になると思います_Moment

 手打ち、手振り である限り、
 ロフトであっても、フェース向きであっても
 変更すると 軌道にも 大きく影響が出るので
 改造にトライする前とは
 違うゴールに行き着くコトになりますし、
 
 その 0.2秒の 時速120キロ超 の ヘッドコントロールは
 自分ですらままならないですし、誰にも、誰からも
 教わるコトも 教えることも出来ない 秘技 なのです。

 部活特訓並みの練習、練習頻度、
 例え 体得したとしても、それを維持する為の
 メインテナンス練習、頻度が必須になります。
 普通のアマチュアにとって 良いゴールとは言えません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



先ずはコレをご覧ください



どう見えますでしょうか❓
だいぶ太ったねー😢
何キロ あるんだい❓

 いやいやいや✋ そっちではなくて✋
段階で話しますと
このショットのイメージ
このショットをするための 概念と感覚 は

➀出来るだけヘッドの重さにとらわれず
 からだの向きでグリップを移動させるコトに
 専念します
➁ボールと自分との間、その空間を
 自分に平行に、
 グリップエンドが飛球線方向を向いたまま
 通り抜けるようにイメージ
します。

⚠アドレス時、のように
 自分に直角な、
 グリップエンドが自分の方を向かないよう
 トップの位置で向いている グリップエンドのまま
 自分の前の空間を通すイメージです。
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(2)

これをソックリそのまま 真似ると
 上手く行かない方、
 大ダフリやシャンク、てんぷらになる人も多いと思います。
それでも効果は少なくありません。

一歩進んで
ヘッドの姿勢、フェースの向きやロフトを
 手先で作っている、
インパクト前後にフェースローテーションをして
 それらを整えている のが元の打ち方 と前提し
〇ダウンスイングで グリップが移動すると
 その移動によって フェースが開いていく、
 シャフトが寝ていく のを その逆の
🔴グリップが移動していくと 一層、
 フェースが下を向いていくように心がけます。

スナップロックとつながる部分です。
 
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment

 腕で意識してすることはそれだけ です。

とりあえず シャンクしようが、チョロになろうが、
自分とボールとの空間を 縦抜き
 グリップエンドが飛球線方向(アバウトでOK)向いたまま、
 トップの位置のグリップエンドの向きのまま、
 通過させるコト
 を最優先とします。



使っているのは サンドウエッジです。
当たりの是非は無視していますが、
距離のイメージとしては
 50〜60ヤード位、6.7分程度の感じです。

もう一度 見て下さい。

特にすごく特徴のあるスイング ではありませんし、
 ごくごく普通のショットに見えませんか❓
漠然…と見た時、なんか 奇妙な動き、スイングに見えます❓
 これが「ボディターンだ‼」なんて決して言えませんが
手打ちに属する感じには見えないと思います。

 
どうです❓❓

とは言うものの
手を全く使ってないのか❓
手を全く使って見えないか❓

と言うと、手が主になって打っているようには見えない…かも
ですが、確かに 手は動いています
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(3)

やってる本人は 腕は完全ロック とは言えないモノの
積極的に手で打つ のと 完全ロックの間の
やや完全ロック寄り で
手として意識しているのは
からだの回転で、腕の付け根、グリップが移動させられた時、
 その動力で フェースがボールに向くコト(特に上下の向き)だけ
自分でヘッドを出そうとか、
シャフトを振ろう、ボールに当てよう、届かそう
     と言う意識 は まるでありません。

どちらかと言うと 受け身、  当たるんかい? 届くかなー?
 車で言うと 腕はギア のようなモノで
 車では それは回転数の変換ですが、
 この場合は フェースの上下の向き です。
エンジンの回転と言う動力 に相当する
からだの回転と言う動力 に対し
腕はギアとして 当てる為、打つ為、飛ばす為、
フェースの面の向きを下向きになるよう にする、
これが腕の仕事 でした。
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(4)
ここが 「クラブ、シャフト、ヘッドを振ってはイケナイ」
の スタートライン・体験版になるのではないか と思います。

これ 腕で打つ充実感(多くの方の大好きなモノ)を除けば
そのまま フルショットの距離 に移行出来ます。
で、「こすって スライス気味の方」であれば
このショットの方が 遥かに飛びますし、弾道も綺麗な筈 です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



よくある話だと思いますが、
例えば スイング改造のゴール(目標) が
●体の正面でボールをとらえる、
●伸び上がらないでボールを打つ、
●体を開かないでボールを打つ、
●ディッシュアングルを保つ、
●インサイドアウトに振る、
 のいずれかだったとします。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment

それらは全て 技術的な改善 が要らない
 とまでは言えませんが、
少々大袈裟には、技術的な改善がほぼ無くても
 ゴールには行き着ける、
逆に「
技術的な改善だけ」では絶対に行き着けない

  と考えて良いと思います。




⇩⇩⇩ 以下 あるお客様から頂いたメールです
       ;ご本人の許可を得てメールより抜粋



「スイングが完成したとは到底、言えませんが、 
スイング改造に着手し始めた頃と比べると
だいぶ マシになってきたと感じます。
(こすり球克服ドリル_Moment(2)

幾つかの段階を経てくると
実感するのは『スイングの改造』は技術的なものではなく
おっしゃる通り、過去の自分のゴルフ歴の中で
形成された「思い込み」や漠然とした「スイングの概念」
の書き換え、上書きがどこまで進んだか

 というコトに尽きると思います。

手打ち から からだの回転(まだまだ完成には程遠いですが)
に近づいてい来ると、まず、感じる(大変強く)のが
「インパクトまでの時間の早さ」
別な言い方の方が分かり易いかも知れませんが、
「インパクトまでの時間の無さ」 です。

ダウンスイングが始まってからインパクトまで
腕をこうしよう、
スイング軌道はココを通そう など
そんな事をする時間がありません。
まったくありません。
そもそも ダウンスイング という期間 がない感じです。
切り返した途端、インパクト‼ に近い感じです。
何かをする時間がありません。

今までは切り返してから
ダウンスイングでこうしよう、
足はこう、
手はこう、
クラブ(ヘッド)はここを通そう
ヘッドの姿勢はこう、

そんな事を考えていましたが、
それが出来る、それをしようとする事自体が
手打ちなんだ
 と気づかされました。

素振りや練習していない時は
体の使い方は考えたりしますが、
からだの回転で徐々にボールが打てるようになると
インパクトまで、だけでなく、
スイング動作そのものの時間が短いので
いざ ショットとなったら
考える事、考えられる事は フェースの下向き、
フェースをボールに向けるコト(上下関係)だけ
と言っても、言い過ぎではないかと思います。」

 ★ー☆―★―☆




(店主)スイングはからだの回転を主にして行っているので
ごく当たり前に行えば
からだの回転通り…なら 必ずインサイド から入りますし
トップとインパクトの関係から考えれば
当然、上から ヘッドは入ります。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(片手での素振り と クラブの格納_Moment(4)






それが アウトサイド から入ったり
下からしゃくる 煽るように入ったり する
という事は 何らかの理由で
約束の場所(ボール)に 遅刻 しているのです。



その最たる例が(コレも何度も書いていますが)
腕とクラブに長さがあり、
その先端に重さの付いた構造 がゴルフクラブ です。

手であっても、からだの回転であったとしても
自分がグリップを 180度向きを変えても
ヘッドに重さが有る分、シャフトは180度回転しません。
運動分、重さ分 180度よりもかなり少な目
おそらく 90~120度程度 しか角度運動しません。
それが 万物の物理法則 です。

8658a3e6-se00bf7e6






それを 自分が180度回転したら
クラブも180度回転する としてしまうと
90~120度の回転運動と、当然、別な動き になります。
このような 角度運動が途中で変わる場合、
 多くの場合は 棒の途中にトルク(別なチカラ)が掛かる訳ですが
棒は必ず支点ズレ を起こします。
グリップの移動~向きの変更/回転に対し
 本来は その重さ分(長さや運動も積算で加え)
角度運動は少なくなる場合は
人間の動作の軸 が形成されますが、
途中で 棒(この場合はクラブやシャフト) にトルクがかかり
別な角度運動が発生すると
人間の軸は そのトルクとほぼ反対の方向にズレ
スイングの場合、向きと前傾姿勢があるので 少し立体的にズレます。
 軸が右に倒れ、軸自体も右にズレます。

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)
←間違いの元

ですので 振り始めた、トップの位置 で
想定していた 最下点 は 右にズレ
しゃくり軌道やあおり軌道 になる訳です。
想定した最下点よりも 先 でインパクトする、
という事は アウトサイドから入る に相当します。

さて これを治すにはどうしたらよいでしょう?

☑右にズレるコトを想定してボールを置く
まあ これもあるでしょう。
☑ヘッド軌道だけをインサイドに変える
別な更に深刻で、複雑な問題にすり替え となります。
☑変えない
無難です。ただし、コースでの実際のショットでは
ダフリ、トップの頻度は高いですし、
距離が出にくく、飛ばそうとした時、弾道が高くなり、
上手く当たっても 引っかけの恐怖はつきまといます。

物理法則を無視し
無理やり ゴルフのスイングの定義に当てはめれば
苦労するのは本人以外何物でもなく、
そこには きちんとした対処法は存在し得ません。

当り前 と思っているコトがスイングを苦しめるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ダウンスイングから 右打ちでの
 右腕を伸ばす、長くするポイント なのですが、
 実際には 遠心力によるモノも含まれている ので
 伸ばすんだ! と言う実感は薄いのですが…。」
Mさん「遠心力はソコで使われるのですね❓」
店長「そうですね、ボールを打つ前の段階で
 リリースをして クラブを長くしてしまうと
 ヘッドに遠心力が強くかかります。
 出来れば クラブの重さも利用しつつ、
 グリップに遠心力を掛けたいのです。
 そうすることによって
 腕の付け根である肩から グリップは離れようとします。
 似ているのですが、時機 の違い
 と言っても良いかも知れません。

 その遠心力の利用の仕方 にもつながる と思いますが、
 手さばきによる クラブターン、クラブリリースを
 している方は 右打ちで言う右手、右腕、を
 左グリップよりも外に出そうとするのではないでしょうか
❓」
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

Mさん「フェースターンをしようとしている訳ですから
 当然、そうするつもり…ですが。」

店長「右腕を伸ばすコトによって
 左グリップが自分の方に寄る、
 右グリップの方がボール側というか、
 円の外側に行く動きは
 左グリップの進行を止めてしまいます。

 これでは あまりに早い段階で
 クラブが長くなり過ぎ、
 必要以上の遠心力がかかってしまいますから
 グリップが浮いたり、いろいろな障害が生まれます。

 右手で押す というのは正しくない表現ですが、
 右腕が伸びる のであれば
 右グリップの方が自分側、
 左グリップを円の外に(押す)ような関係性

 良いと思います。」

Mさん「右グリップが自分側、左グリップがボール側…
 ボールが打てなそう。。。空振りしそうですけど…。」

店長「ですよね。
 ですので カラダの向きを変える必要が生まれますし、
 押す というのは正しい表現ではないですが、
 左グリップを円の外に向かって押す から
 左サイドが逃げていく、回転してい
のです。

 左グリップを自分の方寄せてしまう 押し は
 左グリップの移動を強制的に止めてしまう為 👉手振り
 左サイドが逃げられません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ハンドファーストという作法と リリースが
 相反する関係で有った訳ですよね。」

Mさん「まさにその通りです。
 右腕を伸ばす リリースをすると
 ハンドファーストでなくなってしまう…。
 今までは、ハンドファーストはリリースする『前段階』という
  位置付けでした。」
Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_MomentDesktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(2)Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(3)Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(4)






店長「リリースする。
 右腕を伸ばすと クラブが回転し、
 ヘッドがグリップを追い越す、
 そのフェースローテーションが 打撃であり、
 ボールの掴まえ、だったんですよね⁈」
Mさん「そうです。」
店長「一般的には。。。リリースする 目的の一つは
 クラブターン、フェースターンだと思うのですが…。
 それは カラダの向きで完遂出来ます。
 基本、そちらが本筋です✋
 ハンドリリースでのフェースターンは
 カラダの向きの代替え行為と考えて良いと思います。」
Mさん「! そうですね。」

店長「ですので 曲げた、短くした右手(右打ち)
 それを伸ばす、長くする、元の長さに戻す行為
 というのが スイング、打撃の種類を分けます。
 よく有る
〇右腕を伸ばし リリースすることによって
 ハンドファーストを解消する 👉ヘッドの返し
 ヘッドがグリップを追い抜くためにするリリース
👉この場合は、それをするのに 左サイド、左グリップ、からだの
 回転が止まるため、その代替えにハンドリリースする
…これを総称して 手打ち、
ハンドリリースと呼びます。

 もう一方 が
〇ハンドファーストを維持する為の リリースです。
 カラダの向きに対し、クラブを持った腕は
 クラブ、腕自身、運動によって増す重さによって遅れガチ、
 ですが、それをサポートするため 腕を伸ばし
 ヘッドではなく、グリップを押し、
 結果、からだの向きに同調して…
 傍から見ると 手は使っていないように見えるリリース
…こちらを総称して、
からだの回転とか、ボディターン、
 ボディリリース
と呼びます。


 ハンドリリースをして 手のさばき、右腕の伸ばしで
 ハンドファーストを解消、ヘッドをターンさせてしまうと
 それをするのにからだの回転からクラブを切り離す のも相まって
 からだの回転でクラブがターンをする仕事を奪ってしまいます。
 一方、ハンドファーストを維持する為のリリースは
 それソノモノでは クラブターンは行われていませんから
 カラダの向きの変更は必須になる、
 スイング動作は どこをとっても 必要なコトしかしませんし、
 不要、役に立っていない、機能の無いモノは省かれます。」

Mさん「ハンドファーストを維持する為のリリース…なんですね。」
店長「その通りです。
 ただし そのリリース「だけ」ではボールは打てません。
 ですので カラダの向きの変更が必要になります、、、
 主としてのからだの回転があり、
 それに補足して ハンドファーストを維持するリリースがあります。
(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(2)








 ハンドリリースでクラブをターンさせる場合、
 それだけで ボールは打ててしまいます。
 からだの回転は主として必要ではないのです。
 そこが 主に 手打ちとからだの回転の違い です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


IMG_0727
やや死語となりつつありますが、ゴルフショットには
ボールをつぶす とか
ボールを上から打つ という言葉があります。

アドレスに対し、
『どの位、ロフトを立てれば良いのか❓』
 と考えてしまいますが、
『技術として ハンドファーストが必要なのか❓』
その答えは 難しくありません。

ナンでもカンでも ロフトを立てれば良いのか、というと
そう言う訳ではありません。

そのクラブの ロフト、番手なりに立てれば良いだけ です。

例えば 30度のロフトクラブが 3種あるとします。
この位のロフト、だと フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン
 を3種類ある可能性がありますが、
 それぞれが 長さが異なり、
 それによって 入ってくる入射角度が異なってきますので
 『そのクラブなり』にロフトを立てる の答えは異なってきます。

df713d9f-s◉アイアンが一番短い…でしょうから
入ってくる角度はキツクなり その分、
地面に対する クラブ姿勢(ロフト)を立つ形になります。


例えば アイアンは10度の入射角度(仮の数字です)
ユーティリティは 5度の入射角度
フェアウェイウッドが 0度の入射角度 だとすると
それぞれの クラブ姿勢(ロフト)の立ち具合は
アイアン 20度、 ユーティリティ 25度、
フェアウェイウッド 30度 と言う具合です。
IMG_0659
ボールは球体なので
フェースを使って 地面に向かって
強烈に大袈裟ですが 
☝このようにしてあげる☝ のが
イメージとしての 「つかまえ」ですが
✋ゴルフクラブはよく出来ており、
ヘッドに適切以上な重さがあり 〜軽くない
シャフトに適切以上な柔らかさ 〜硬くない

 があれば、ヘッドの遅れによって
 そのクラブの入射角度なりの、ロフト姿勢、つかまり は
 ある程度『自動的』に造られます。拒否さえしなければ、です。
逆に言えば ヘッドが軽く、シャフトが硬いと
その オートマチックな機能は存在しない と言ってよいでしょう。
IMG_0662

このようにするのは 大袈裟過ぎますが、
これを見ての通り、ヘッドではなく、グリップを下げるコトが
その原理原則になります。

ややこしい ですが、
◉グリップが下がることによって
 ヘッドが下がるのと
◉ヘッドを下げる は異なります。

002e00bf7e6





自分の 作法 によって
ヘッドを下げてしまうと
ゴルフクラブの 自動的なつかまり機能 を
拒絶するコトになってしまいます。

また、そうしないと打てないクラブは
 自分にとって ハード、オーバースペックである
と考えて良いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店主「出来れば…からだの向き通りに、と
 言いたいトコロですが、とりあえず
 グリップを止めない、グリップの高さを変える、
 インパクト前後、インパクト以降
 グリップの移動を加速させるような気持で
 打ってみて下さい。

 練習場で!ですが、レンヂボールは 薄〜くですが
 右に飛び出し易いので 無理に引っ張り込まず
 プッシュ目に打つよう 心がけて下さい。」
(手打ち 手振りのパターン_Moment(2)
Yさん「打ち出し角度 変わるねー。」

店主「慣れや度合いにもよりますが、
 3〜4度 打ち出し角度が増えれば
 キャリーボールも増しますし、
 その打ち出し角度になれば アッパー度合いも減るので
 スピンも少しですが 増えますね。」
Yさん「ヘッドスピードは変わっていない のに
 距離が10〜15ヤード違うようになるね。」

店主「そうですね。
 推進力、浮力、仰角、を煮詰めれば
 その位の距離を増やすことは可能です。」

Yさん「気を付けることはナニかなぁ❓」
店主「徐々に、何か月か、何年か かけて
 フェースターンをクラブターンに
 ハンドリリースをボディリリースにして行きたいですから
 やはり テークアウェイで
 ヘッドを返さなくても良い、
ように あげる習慣を
 心がけた方が良いですね。」
((((((((_Moment

Yさん「テークアウェイなの❓」
店主「そうです。
 テークアウェイで 大きく開いて上げてしまえば
 そのままでは プッシュスライスになっちゃうので
 仕方なく フェースターンが必要になる。
 フェースターンをするには カラダや左サイドを止めて
 グリップの移動を制限するから
 ヘッドが跳ねあがり、スピン不足の失速になっちゃう、
 そういう ストーリー
 です。」 

Yさん「飛ばしたい…から
 こう カラダをギリギリ―って捻じる願望
 どうしてもあるんだよねー。」

店主「気持ちは分かるんですが、
 開いて上げる傾向の強い人は
 腕だけで上げる
 肩だけ回す、からだを捻じる、

 と 年齢を取るとし辛くなるコトばかり で
 カラダを廻そうとしても 恐怖心も伴いますし
 腰痛など、故障気味の人も少なくない。
 2021-02-13_22-10-57_Moment(3)2021-02-13_22-10-57_Moment(2)






 テークアウェイって そりゃ 打撃の準備ですけど
 からだの向き、クラブの向きを変えるコト で
 ゴムのようにカラダを捻じるためのモノ ではありませ
ん。
 向きを変えるんです。」
Yさん「なんだか 飛ばなそうな気分になるね。」
店主「クラブを腕でターンさせるコトも
 からだゴト ターンさせるコトも 
 クラブをターンさせることに違いはないのですから
 飛ばしたいのなら からだの向きを変える速度をあげる、
 からだの向きを変える「阻害要素」
 速くからだの向きを変える「さまたげ」を
 考えた方が 我々の年齢には建設的と思います。」

Yさん「。。。。。。。。」
店主「どの道 今の手の返し、ヘッドターンでは
 低い引っかけフックになって 飛ばない のですから
 やるしかないですよー。
 そういう意味でも ゴルフはメンタルのスポーツ っての
 よく分かりますねー。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Yさん「では ナニからすればいい❓」

店主「スイング意識を変えましょう✊
 ちょっと 素振り してみて下さい。」

店主「あああ その素振りじゃ まずいよね。」
Yさん「普通な素振りの気がするけど…。」
店主「良い悪いを別にして、アマチュアゴルファーの
 非常に平均的な素振り…だとは思うけれど
 フェースターンによって つかまえるとボールが浮かない、
 キツイ引っかけになる、
 つかまえないと弱い球で飛ばない、と言う悩み

 に対しては、とても マズイね。」

a5b965fd店主「ココに時計があります。 
時計の 6時→12時の方向にアドレス
していると想定して下さい。
インパクトは 3時少し前とか、なんだけど
ソコの話しは今回は割愛して、
 インパクト以降、フォロー、フィニッシュ、
 時計で言うと 3時→2時→1時→12時
 って クラブを『振り』ますよね。
 ソコの意識改善は絶対必要と思います。」

【Point】打撃の オマケ は オマケ です : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

Yさん「どこが悪いの❓」
店主「本当であれば インパクトを3時と仮定すると
 自分自身が12時の方を向くから
 クラブ、シャフトの針も12時を向くのであって
 自分は3時を向いたまま、
 クラブ、シャフトの針 だけ 12時を向けてしまうと
ゝ案擦小さい 👉半径がクラブの長さ
△故に インに切り込みが大きい 👉出球の方向
➂ロフトの閉じ方が激しい
➃腰や手首に負担が大きい
    になっちゃう。」
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)
Yさん「言われてみると そうだねぇ。」
店主「特に 軌道の小ささは 方向だけでなく
 ヘッドの上がり、高くなる度合いも激しい、急激なので
 ロフト効果がなく、アッパーが強くなり過ぎる

 今の失速状態の原因はココが大きい。」

Yさん「でも、フォローを出す、
 フォローを大きくしろ
、って言うよね⁈」

店主「その勘違いは大きい、ネ。
 フォローを大きくする って言葉は
 からだの向きで左 12時を向こう と言う意味で
 からだゴト クラブを12時に向けることを指すんです。
 そうすると クラブと腕の長さの半径になって
 『結果』として 大きなフォローに見える
 一方、フォローを意図的に出そうとして
 ヘッド、クラブだけ 振ろうとすると
 からだの回転、もしくは 左サイドが止まっているから
 その半径は クラブの長さになって
 カラダに巻きつくような フォロー、フィニッシュになっちゃう。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment
 からだゴト 左を向けば
 ロフトは大きく変わってないでしょ❓
 同じような 手の位置でも
 ヘッドの高さも全然違うよね❓」

Yさん「インパクト以後、ビュンとクラブを振った方が
 フォローが大きくなるのかと思ってた。」

店主「自分が止まって、ヘッド、クラブを速く動かすから
 その対比から そう感じるんだろうけれど、
 実際には 一番小さなフォローの出し方 になっちゃうし、
 今の悩み、のダイレクトな原因の一つ、だね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「柔らかいシャフトのクラブでは
 遅れを捻じれ、開きにしない方が良い、とのコトですが、
 柔らかいシャフトのクラブを
 フェースローテーション、開いて閉じて打つ のもアリですか❓」

店主「どの位の柔らかさ にもよるとは思いますが、
 そういう使い方をされている方もいらっしゃいます。
 柔らかいシャフトは 自分が急加速しよう と思っても
 柔らかいが故に その反応にワンテンポ、間があります。
 ですので スイングのどこかで 急加速の少ない、
 そういうテンポ感が必要かも知れません。」

質問「数値でこの位ならば、と言葉にするのは難しい、かも
 知れませんが、どの位の数値(振動数)まで なら
 そういう打ち方でもイケますか❓」

店主「あくまでも一般論、平均値的な話で
 ある程度 高性能なシャフトは必要かもしれませんが、
 45インチ基準で 200cpm位までは
 ごくごく普通に 使っていけると思います。
 逆に言えば、噛み合わせる アイアンは棚に上げて、
 スイングの話しも棚に上げて
 単に ドライバー単体の話し であれば
 一般成人男性だと 使えるのであれば 180cpm辺りが
 一番飛んで、からだにやさしく、
 しかも 使い込んでいくと 自然に
 滑らかな、よどみのないスイングになるんじゃないでしょうか?

 ハミングバード的には 成人男性の本当の意味の
 R(レギュラー)シャフトは 180cpmだと思います。」
【SYB EG-05】 プロによる試打_Moment

質問「そういう意味では アイアン の方に
 問題が大きい訳ですね。」

店主「そういうコトになりますね。
 ドライバーでスイングを造る、固める と言う人は
 多くないでしょうから
 180cpmを ドライバーのR(レギュラー)とすると
 それと同じ感じで振れる、打てる5番アイアンは
 200cpm弱位ですから 一般的なゴルファーが
 使っている 5番アイアンは それより100cpm硬い訳です。」

質問「しならないから しならせて振る、
 しならせるから フェースが開く、
 フェースが開くから 閉じる必要が生まれる、
 そのクラブの使い方をアイアンで覚え、
 ドライバーで苦労するコトになる、
 この流れは必然、というコトですね。」

店主「ドライバーは 空中のボールを打つので
 まだ ナントか誤魔化しようがあるんですけど、
 自分が使うべきアイアンよりも 100cpm硬い…
 そのウエッジは ゴルフをかなり難しくしますね。」
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

質問「うわぁぁ ホント、ソレ 思います。」
店主「硬いシャフトのクラブ(ウエッジ)での
 アプローチは 本当に悲です。
 プロのように 並大抵でない反復練習をしない限り、
 なんとかなる…のは バンカーからの脱出…位で
 ごく普通のアプローチに 10年、20年 苦労するコトになります。
 シャフトが硬いから ダメ なのではなく、
 硬いシャフトを使う振り方が アプローチを苦しめる訳です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先ずはコチラをご覧ください。


実験的に少々、オーバーにはやって頂いています。

ダウンスイングで
腕はカラダから生えているので
腕自身をはっきりと動作させるには
カラダを止めないとイケマセン。
等速であるのなら まだしも
カラダの動き、この場合は回転、向きの変更ですね、
これが加速中であれば
 腕自身は はっきりと動作出来ません。

ですので ダウンスイングの始まり、
切り返しは 少々、オーバーでも
先に グリップを下げる、
一区切り 付けて
そこから 廻る、向きを変える、
 という ドリル をしてみて下さい。

下げる慣性 と 回転の下へのふくらみ が
 合算するので 若干、しゃくり打ち、ダフリ に
 なるのはご勘弁ください。

ドリル、というか 確かめ算的なモノになるのですが
自分がいったい、切り返しから『どうしよう』
 としているのか、
テークアウェイでなにがしか で 上げた、
 もしくは 高くしたグリップの低さを確保するのに
 どんなことを❓
 いつ❓ ❓しているのか
((切り返し 廻るの❓ 下げるの❓_Moment(3)

廻り始めるの と 腕を動かす、
 この場合は下げるが主、ですが、
「自分が」どちらの順序で行っているのか
確認するのは良いコトだ、と思います。
((切り返し 廻るの❓ 下げるの❓_Moment(2)

先にも書きましたが、
腕の生えているからだの回転が
本格化すると 腕は動かせなくなってしまいます。
故に スイング動作としてまとめると
どちらがどちら とははっきり見えませんが、
意識としては グリップを下げる(下げ始める)
その後 カラダの向きを変え始める というか
グリップの縦軌道を造るため、向きを変える
 というイメージを持つドリルになると思います。




本年もありがとうございました。
良い年をお迎えください 店主
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


◌クラブターンを手でするか、
◌カラダの向きでするか、

 は白黒はっきり分かれているゴルファーもいますが、
 それが少々、曖昧なゴルファーもいます。
(ダウンスイング比較 きっと参考になると思います_Moment
(ダウンスイング比較 きっと参考になると思います_Moment
(ダウンスイング比較 きっと参考になると思います_Moment
例えば 手でする人を単位 10 とし、
 からだの向きの人を 0 と仮定します。

だいたい…の長年の感覚で言うと
手でターンしている 10.9.8. の人はとても多いです。 
逆に からだの向きでターンしている 0.1.2.3. の人はとても少ないです。
結構、混んでいる練習場で 2〜3人いるか、いないか、です。
その中間層にいる 4.5.6.7.の人も 手ではっきり振っちゃう10.9.8.
と同じくらいにいます。
実は… 困るのは この中間層のスイング持ち なんです。

10.9.8.の人は 自分独自のタイミング を
固着させるのに 万を超える練習、
そして そのタイミングを崩さない為の 頻繁な練習頻度、
 それが 必要なコトを理解しています。
(271_Moment左の壁…と信じている 左サイドの止め場所、止め具合、
フェースターンの量とタイミング
ものすごく短い時間 およそ 0.2秒の中で
 コレを行う訳ですが…

筋トレもしてたり。。。 でも、腰痛持ち多いでしょうね。


その困る…中間層…
 は からだのターンもするけれど、手で振る割合もある、
 その時、その時によって その割合は結構ズレます。

何故 困るか… と言うと
 昨日の記事で書きました が
手で振るスイングは
 スイングに軸、左右対称な軸運動が無く、
 左サイドを動かすか、
 右サイドを動かすか、
 左サイドと右サイドを別々に動かします。

 左右を均等に使いません。

腕で言うのなら、左手で上げて(テークアウェイを取り)
ダウンでからだを半分廻して、
 打ち準備が出来たら、左サイドを止め
 右腕でクラブ振ります(ターンさせます)。

👉からだの回転でターンする人 にとって の
 テークアウェイ…右向きは
 限度はありますけれど、深ければ深い方が良い、
 右向きの量が多くて悪いことは少ない、です。
…で、す、が、
手でクラブをターンさせる人 にとって
 【ゴルフスイング】 20210701_Moment
テークアウェイ… は右向き(体の向き)ではなく、

 左手の振る、右に送る量 です。

✋これが多いと 帰りに左手を戻す量が当然増え、
 右手が追い越せなくなっちゃう ので
 からだの回転でターンする人の万能薬 の
 『右を向け、右向きの量を増やせ』
 つまり、テークアウェイの量、深さ ですが、
 それは 手でターンする人 にとっては
 薬になり得ない のです。
タイミングやリズム感も大きく変わりますし…
行き、だけでなく 帰りも 運動量が増えるので
実は 深いテークアウェイ、トップが良い!
 とは言い切れないのです。

中間層の人が からだの回転でターンをしている割合を
多くしている時は その薬は効きますが、
ナニカの拍子に 手でターンしている割合が増すと、
その薬は、逆に 毒 になったりする訳です。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

ダウンスイング以降の「からだを廻せ、左を向け」
も同じです。
からだの回転でターンしている割合の多い時は
それは 問題の解決になったりしますが、
手で振る割合が増してくると、
逆に それが問題の原因になったりします。

そして その中間層の少なくないゴルファーは
 手で振るコト が良くない と認識を持ち、
 からだの回転で打つのが良いんじゃないか❓と微妙に感じています…。


割合としてメジャーな その中間層のゴルファーが
雑誌やユーチューブ動画を見て
「お! 分かった 海岸だ!」
トコロが 一晩寝ると 「アレレレレ…❓❓❓」
の秘密だったりします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずは コチラをご覧ください。

ご本人いわく

『インパクト以降 左上腕を上げるのは 間に合わないので、
「切り返し時から 左肩を上げる」で やってみました。

グリップの下がりは早く、
左腕の浮は抑えられた ダウンスイングには なって来た様な!!^_^?』


✋そう思います

3年前の…映像と比較するのはナンですが、
ダウンスイング後半、インパクト直前の
リリース、腕さばき、フェースターンが無くなった、、、
と言えば良いのか、その作業をする時間が消えています。
◌腕がからだの近くを通る
 つまり グリップ移動の道のりが短いが故に
 インパクトまでの時間が短い というコトですね

((支部長の進化_Moment
仰る通り、
切り返し、ダウンのスタートを
◌左肩を上に動かす「感じ
◌回転は横ではなく縦に廻す「感じ

あくまでもイメージなので
結果としてはそうなりませんが、

 それを意識するコトによって
左腕の下がり、からだの回転と同調した低さが増し、
インパクトポイントが早く、
遠回りせずにやって来ています。

✋インパクトが直ぐに「来ちゃう」から
 フェースターンする余裕、間合いが取れない
 というのが正解なのかも知れません。

🚀🚀かなりの変化、進化だと思います。


あえて 言うのであれば
フェースターンの名残があり、
インパクト直前、インパクト…付近で
下、腰回りが止まって、
へそから上、胸から上 だけが回っている ので
薄く カラダが伸びる気配がしています。
 支部長のコト ですから ミスにはならないと思いますが、
 腰を痛める可能性があります。

((支部長の進化_Moment(2)

そこは慣れ、ではありますが、
スイングでの回転は グリップの移動距離、移動速度
を稼ぐためのモノ

あくまでもイメージですが
 やや(左)上方にグリップエンドを抜く感じ のため
(グリップエンドは空に向けたまま)
カラダの左向きも遠慮せず、してしまう、
左肩をあげたら、もう一気に左を向いてしまいましょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ターゲットゲームであるというコト
動作の源は円運動、向きを変えるコト であるコト

ゴルフショットには 右曲がりや左曲がり という
コントロールというか、ある程度抑制の必要なボールの回転
がありますから それらを考えると
からだの回転、向きを変えることは
 
クラブを丸く振る、ヘッドで円を描くコト ではなく
 ヘッドの移動の源になる
 グリップの移動距離を稼ぐためのモノ
 である
 と考えるのが 一番素直な答え だと思います。

◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(4)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(5)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(6)










ゴルフクラブの構造は
 先端の異様に偏重し重さがかかっていますが、
 その重さであるヘッドは
 自分側に鎌首ももたげています。

テークアウェイ、トップで
 俗に言われる 腕をたたむ、
 クラブヘッドまでの距離を短くすると
 重さは軽くなります。

ダウンスイング以降、円運動をして
 ヘッドに遠心力がかかり、外に膨らもうとして
 円が大きくなりかかっても
 ヘッドは自分側に鎌首をもたげているので
 あるところまでは 長くなろうとしません。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

円運動、は 前傾姿勢はありますが、
基本的には横移動、横への運動です。
しかし、前傾姿勢の有る円運動
 そしてクラブの構造を利用すると
 アドレス時の前傾姿勢以上に
 グリップの移動円はアップライト、上下の移動に変わり
 クラブが短くなっていることも伴い
 より直線に近いルートを取るコトが可能です。

それでも ヘッドの重さはありますが、
 横運動である円運動を 縦に変換してあげると
 勿論、ヘッドは遅れますが、
 その遅れを 縦の遅れ 〜ロフトの立ち にしてあげるコトが
 可能になります。
◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(7)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(8)










グリップの移動はより直線に近いモノ
 それによって ヘッドの描く円弧も緩く、
 直線とは言えませんが、緩い円弧になります。
ターゲットスポーツ向きだと思いませんか❓

✋もしかすると スイングの円弧を大きく の真意は
 コレ なのかも知れません。
 円弧の半径を大きくする、
 クラブを長く使う、 には弊害が多過ぎます。
 おそらく 解決には より大きな力が必要です。
 結果、としては似たモノになりますが、
 よりグリップを直線に近いモノに動かす
 👉出来るだけ 目標、ターゲットラインに沿った
 からだの向きで グリップの移動距離を稼ぐ
 が 最終的に 円弧を大きくする なのかも知れません。

円運動で そのまま 円、前傾姿勢が有るとは言え
 その円弧をなぞって 横に遅らせてしまえば
 遠心力は より円弧を膨らませようとしますし、
 クラブヘッドが鎌首をもたげている効果は負荷になってしまいます。
 その遅れは フェースの開き にしかならず、
 インパクト前に 基点になる左サイドを止めて
 フェースの向き、ロフトの向きを戻す必要が生まれます。
 ヘッドを速く動かそう とすればするほど
 そのヘッドは重くなり、ヘッドターンにはより力が必要になります。
 多くのアマチュアの悩みじゃありませんか❓

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ