◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: ゴルフ脳内革命



スイングプレーン論、スイング軌道論 が
大切そうに見えるけれど、ややこしいのは
スイング軌道が 斜めに傾いているから でしょう。

ああああ スイングの始まりには
前傾姿勢があるから・・・・  ・・・それはそうなんですが
一般的に浸透している スイング軌道 は
その前傾姿勢の角度とは異なる 別な角度を持っています
20190411_Moment

傾いた姿勢で行う スイング動作、
その傾きとは異なる、
『別な傾き という二通りの傾きがある』こと、
その二つの傾きにあまり共通が無いことが
そのスイング軌道論をややこしく、
なんだか大事なモノなのに、
 納得して頭に入り難い原因だと思います。

また スイング軌道論を難しくしている別な原因に
その軌道をヘッドの軌道と履き違えてしまい
傾きに沿って ヘッドを動かす
 という
なんだかちょっと詐欺っぽい理論が横行しているコトもあるでしょう。

ヘッドを動かさなければいけない
「アドレス時」の前傾姿勢に沿って ヘッドを動かすには
それを体!ではなく、手で動かして
「アドレス時」の前傾姿勢に沿った傾き軌道は
いったいなんだったか になってしまいます。20170920_matsuyama-650x435

右の写真のような状態になってしまう⇒⇒と
一体何を基準に なぜ そこなのか
どの スイング軌道が正解なのか
 実は打っている本人にもわからない状態に陥ります。
グリップは高く上げたけれど、クラブは寝かしてしまっていて
ヘッドを上げたのか、下げたのか
高くしたけれど 下げた状態 と言う奇奇怪怪になりますから、
これを論理と言えるのかどうか 非常に怪しい状態です。



また、その論理を追いかけている人は例外なく、
インパクト時 前傾姿勢が消え、
最近では からだを右に傾ける 側屈 という造語や
挙句の果てには オーバーですが、ジャンプしながら打て
という その軌道の傾きの元・源はいったい何だったのか と言う状態です。
これでは 信じていいのか、疑うべきなのか、
なんだか もやもやしたまま スイングを考えることになります。

mh


スイングに悩まず どんな理論も知らずに打てちゃう
に越したことは有りません。
スイングのどこかの部分(時期)を切り取った クラブの位置や
からだの姿勢など気にしたくて気にしている人は少数です。
元々 ゴルフのスイングの理論なんて言うのは
上手く行かない、悩んでいる人やこれからゴルフを覚えた人が
より簡単に、より無理をしないで スイングを覚えるための
虎本的、あんちょこ的なモノなのですから、
あまりにはっきりとした矛盾と内包していては
本末転倒も甚だしいと思うのです。



で ハミングバードのスイング軌道論の基礎は

アドレス時の前傾姿勢通り のモノ です。20190411_Moment(2)

△修靴董,修譴鰺効活用するため、
 個人個人が把握しやすくするため
 それ通りに からだの向きを変えるモノ です。

 前傾姿勢とは 骨盤と大腿骨の からだの前面に対する傾き差
 ですので、胴体を捻ったり、足首で回ってしまっては
 容易にその前傾角度を失ってしまいますので
 俗に言う 股関節 で体の向きを変えるべき でしょう。

ゴルフクラブには 弾道の飛距離もそうですが、
 弾道の上下左右、それに伴う回転やボールのスピードなどを
 生み出す、司る 角度(ロフト・ライ・フェース角度) というモノがあり、
 それは立体で相互に絡み合うので
 出来るだけ その角度の維持したまま、
 ショットにミスは必ず伴うので 出来るだけ 似たようなショットを
 生み易いよう、大きく その角度の動かさないように使う

ぅラブは グリップを上げれば ヘッドも上がる構造 です。
 スイング用語 で言うと コッキング、
 クラブで言うところのライ方向に クラブを動かす必要はありません

 クラブヘッドは自分の方に鎌首を垂れたような形状をしていますから
 あまり強く握らない限り、放っておいても コッキングの動作は入ります。
   〇それを避ける、それをしないスイングであっても全く問題ありません。
 上記の通り、それを大きく変えるコトは
 方向だけでなく、距離にも影響が大きいですし、
 よほどの怪力の持ち主を除いて、その方向に多く動かす人に
 飛ばし屋は多くありません。
 グリップを高くすれば、ヘッドを上げる必要は一切ありません。
 自然に上がる程度で十分です。

 ✋どちらかというと 飛ばない人の典型的な動き とも言えます。


                   ぁ,法,弔鼎  (また明日)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


個人的な感想。。。なのですが、
多くのゴルファー、教えている人も含め
スイング軌道の概念を間違えている
と思います。

確かに ショットが飛んだり、曲がったり、
上手く当たったりするのには
スイング軌道 ⇒ ヘッド軌道 というのは
関係・影響が有りますが、
では スイングの軌道が
〇地面に対し 傾いているのはなぜ?
〇スイングの軌道を比較すると
 クラブの長いドライバーは
 クラブの短いウエッヂに比べ
 フラットになるのはなぜ?

と言う点に言及していません。
スナップショット 1 (2013-02-08 20-14)

スイングの軌道 が傾いているのは
分かるとは思いますが
スイングを始める姿勢に からだに対し前に傾いている、
骨盤と大腿骨のところ、股関節に前傾角度が存在するから
 です。
長さによる違いは その長さによって
前傾姿勢の浅さ、深さが異なり
クラブの長いドライバーは前傾角度が浅くなるから フラット気味に
クラブの短いウエッヂは前傾角度が深くなるから アップライト気味になります。

ここまではなんとなく理解できますよね。

しかし 今のスイング軌道論、俗に言うスイングプレーン論は
スイング軌道とヘッド軌道をごちゃまぜにしてしまっています。


スイングの軌道は 前傾姿勢を元 とする
 『グリップの軌道』です。
ヘッドの軌道とは異なります。


それをごちゃまぜにして
スイング軌道の上に ヘッド軌道を重ねてしまう と
それは 前傾姿勢とは関係なく
手さばきで それを造らなければならなくなり
軌道が傾いている元になる前傾姿勢とは関係のないモノに
行き着いてしまいます。

PCC例の通り 少々極端なパターンですが、
確かに前傾姿勢はありますが、
この状態では クラブはからだの右外 にあります。
からだは固定したまま、
腕を使ってクラブを横に倒さなければ(シャフトを捩じる)
この場所にクラブを持ってくることが出来ません。

ここから打撃するのには 前傾姿勢を今風な言葉で言うと
側屈、側傾姿勢に替えなければなりません。

この姿勢を維持して 打撃するのは不可能、
からだが壊れてしまいます。



スイングの始まり、アドレスではlesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショットlesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット
前に傾いていますから錯覚してしまいがち、ですが、
前傾姿勢と除けば ヘッドはグリップよりも高い位置
グリップはヘッドよりも低い位置にあるのです。

ですので そのまま腕は固定で
右を向けば ボールを打つ、打たないに関係なく
グリップの通る軌跡と ヘッドの通る軌跡は重なりません。
ヘッドの方が上になる軌跡が描かれます。

にもかかわらず コレでは⇒img_849654_25726387_0
ヘッドを下げてしまった形、
クラブ(シャフト)を捩じってしまった形になってしまいます。

スイング動作は 元々、傾いて
目標方向に横を向いて という 方向の難しいところから
スタートするにもかかわらず
縦横がごちゃごちゃとなり、動作に丸く振る動きを多用してしまう
勘違いを生むのが 現代の「でたらめスイングプレーン論」なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



アマチュアにとって、スライスやフック、引っかけやプッシュよりも
トップしたり、ダふったり、フェース、もしくはヘッドとボールの
上下のズレ、ミスがショットの是非にとって一番影響が大きいと思います。

アドレスで ヘッドをボールの後ろ、
別な見方をすれば ボールの高さにヘッドをセットアップしているのに
インパクト付近の ゴルフスイングの中では最高速度の短い時間の
クラブの長さ(肩からヘッドまでの距離)がアドレスと異なり、
それを伸び上がり、体の開きで調整しなければいけない動作は
アマチュアが目指さなければならないスイングとして
根本的な欠陥があまりに有り過ぎます。
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment

スイングは若干傾いた体の姿勢(前傾姿勢)で
シンプルに縦、横だけではなく
斜めの流れの中で 左右ばかりでなく、上下の角度まで
 ある程度の幅の中で納めたい というのが目標です。

ミスは仕方ない・・・・・・・とは言うものの
そのミスがあまりに運動神経というか、運動性能
瞬時の反応によって決まるようなショットでは
ごくごく限られた運動性能と頻繁な練習の出来る人のモノ
だけとなるような気がしてなりません。

私で言えば、目からボールまで アイアンショットであっても
1m20センチから30センチ離れています。
静止状態であっても辛いのに
運動中に 1センチ2センチの差、
その距離感・奥行きを把握するのはほぼ不可能に近いでしょう。

IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(3)IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(4)







そう言うコトが起こり得ない、必要の無いスイングを造っておく
コトの方が重要な気がします。

左手一本の素振り、
実際にボールを打つ必要はほぼありません。
ゾウさんの鼻スイングで 左手一本で打てることは
逆にアマチュアを苦しめるばかりで
百害、千害、万害あって一利もありません。
左手一本の素振り、
左手でクラブを振る、ブルんと左腕とクラブを振るのではなく
からだの回転で左腕を移動させるスイングは
アマチュアのゴルフを大きく変える一手に成り得ます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 
最近のインパクトとフォローの関係を見てみましょ
hirakiyjimage4NR1MAL3dohiraki
…異様に
打ちだし
角度
高い
ですね…。





100yard1yjimage0IQ6BINQ
スナップショット 1 (2017-05-16 22-34)










注目して頂きたいのは
双方の体の向いている方向です。

インパクト ⇔ フォロー と
体の向きそのものは変化していません。

それに比べると ゴルフクラブの動きは大きく
シャフトは180度ターンし
フェースの向きは90度ターン という
異様に変化の激しい状態です。

体は動いていないのに
クラブばかりが激しく動いている というか
体を止める(終わらせる)反動で
クラブを動かしているのでこうなるのですが…。

体への負担が異様に激しいのもありますが、
このクラブの扱いでは
ミスが起こった時、上手く行ったときに
修正、反復するチャンスがありません。
体の動きに対して クラブをフリーにしてしまっていますから
練習の量によってのみ可能な 偶然待ちの
スイングになってしまいます。

まあ こう言った体への負担の激しいスイングは
若い人にお任せしませう。


IMG_0659


ロフトを立て、上から打ち、ボールをつぶした上で
体を痛めにくく、繰り返し易い、修正しやすい
スイングを造るために スイングをこう変えていきましょう。


概ねスイングは
インパクトからフォロー〜フィニッシュまで
アドレスの前傾姿勢を基準とした その傾きよりも
ややアップライトな面をクラブが移動して行きます。
スナップショット 1 (2016-12-24 3-12)

多くのゴルファーは
レッスンプロのレベルの人でも
そのスイングなり、クラブ、ヘッドの軌道を
手を止めて クラブが動くことで作ろうとしますが、
それは失敗します。
作用・反作用を忘れています。

素振りやシャドースイングで
インパクトからフォローまでのヘッドの動きを
グリップの移動で作りませう。

クラブの長さ(外周分)の差で
ヘッドの方が沢山動くかも知れませんが、
基本 グリップの動く量、動く速度、動く方向なりに
ヘッドが動くようにしませう。

ヘッド、シャフトをフリーにしては行けませぬ。

MVI_0670Trim(2)_MomentMVI_0670Trim(2)_Moment(2)MVI_0670Trim(2)_Moment(3)











MVI_0670Trim(2)_Moment(4)MVI_0670Trim(2)_Moment(5)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


やや死語となりつつありますが、ゴルフショットには
ボールをつぶす とか
ボールを上から打つ という言葉があります。

これをトライしてみようとする人は
ある矛盾というか、不可思議にぶつかります。
IMG_0665

ゴルフボールは球体です。
そして 打撃部分であるクラブヘッドには
角度(ロフト)が存在します。

一般的な感覚で
ヘッドを上から入れれば入れるほど
ボールをつぶそうとすればするほど
その破壊力・打撃力は 回転(スピン)になるばかりで
球の強さや飛距離にはならず
スライスに悩んでいる人ではさらにスライスが増えるばかりです。

上から入れれば入れるほど 潰れないのです。

☞それでは回転ばかり増えるので
 結果として 上に煽り振るようになったのが
 今のスイングです。


002
しかし スイングは視覚的に
ヘッドを上に上げ、下に降ろし、上に振りあげる
上➟下➟上
にヘッドを動かしているように思えますから
それをしなければなりません。
トップの位置で高い場所にあるヘッドで
地面にあるボールを打つのには ヘッドを上下に
動かさないと、クラブヘッドを下に振らないと
届かない気がしますよねー💦



体の回転があるので
結果的にはこうなりませんが、
本来、打ち手が抱かなければならない
インパクトのイメージは
コチラです。
IMG_0660
実際には不可能ですが
グリップが地面に付くほど
上からフェース面で 地面なり、
練習場であるのなら マットなりに
ボールを押さえつけるイメージです。
IMG_0661

このようなイメージでクラブを使わないと
ロフト角度の意味が出てきません。
アイアンの番手間のロフトの角度は 3〜4度
時計の針の一分、一秒の差より小さいのです。
腕さばき、クラブさばきで円を描く、上下に振ってしまうと
その角度はほぼ全く意味をなさなくなり
番手を変えても距離が変わらない という現象に陥ります。

ある基準を設定し ヘッドの重量やヘッドスピードを
増やして行っても、増えるのは距離ではなく
高さやスピンです。
エネルギーは球体という特性上 回転に逃げやすいのです。


IMG_0659

ロフトがゼロ度なら ボールは地面に埋まるだけです。
ところが ロフト というスキマ(逃げ) があると
球体は与えられたエネルギーをその隙間に逃がそうとします。


しかし ここに一つ問題があります。
確かにスイングの中で本当に
クラブ・グリップを地面に押さえつけることは出来ませんが
このように クラブでボールを下から押さえると
進行方向の先に地面があるから
そこで 止まってしまいますよね
行き止まり、先が無いように見えますよね

見えてきましたか?

そうです。
だから体の回転があり
そのクラブヘッドが 上下に動いて見えるのは
その体の回転によるものなのです。

e00bf7e6

打った後 左を向いていくから
クラブ、そしてクラブヘッド自体は高くなって行くので
そこで行き止まらないのです。





ゴルフスイングはとてもよく出来ています。
ゴルフクラブはそれによく適している というか
そのゴルフクラブの機能を如何に活用するか がスイングです。
IMG_0610IMG_0607








長い棒の先に重さがあるのは
運動の速度、運動性能を重視しなくてもいいように
主の破壊力を重さによって作っています。
そして、運動性能に頼らずとも
番手によって距離が打ち分けやすいように考えられています。

長い棒の先に重さのあるものを
振ってしまうと 無駄な、打撃するのに、スイングするのに
全く無駄な遠心力が出来てしまい
スイングの労力のほとんどをそれに取られてしまいます。
しかも 打ち分けるために存在するロフト角度の意味も
失ってしまいます。


一見すると 
自分が動かず、クラブ自体が動いて見えますが
クラブの機能を考えると
自分が動いて、クラブ自体は動いていないのです




              ・・・続く
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


これは悶絶クラブだから…という訳ではなく
ゴルフクラブの使い方で
『根本的に間違えてしまう』ところは
ヘッドを動かしてボールを打とう
としてしまうことです!

これはどういうことか…と言うと
当たり前ですが、悶絶クラブであっても
そうでない市販のクラブであっても
ゴルフクラブは グリップとヘッドは一体!
つながっているものです。

多くのゴルファーは
グリップを動かすことで直接ボールを打つのでなく
〇ヘッドのみを動かすことで
〇グリップを動かして、その後ヘッドを動かすことで
グリップをどう動かすか?でヘッドを動かすのではなく
グリップを止めて、ヘッドを動かす ことで
ボールを打とうとしてしまっています。
o0361056812059034776

シンプルに考えれば
ヘッドの重さがどうであっても
シャフトの硬さがどうであっても
グリップを動かせば、ヘッドも動きます。
グリップを移動させれば、ヘッドも移動します。
その原理原則の元、
クラブの各機能は働くようになっていて
ヘッドの重さやシャフトの柔らかさ(硬さ)は
その助力、その動きの源にもなっています。

ところが、苦労を重ねてしまうゴルファーは
グリップの移動=ヘッドの移動 とは考えず
グリップの移動&ヘッドの移動
という二度手間をかけてしまうのです。

テークアウェイでもそうです。
まず体の動きで、…キッカケ的な感じではありますが、
グリップを動かし、次いでヘッドの動かす。
視覚的な要素から入っているから
仕方ない…と言えばそれまで‼ですが
クラブはヘッドとグリップがつながっていますから
グリップだけを動かして、あとからヘッドを動かす
(主にヘッドだけを動かす為の一連の動きですけど)
そのヘッドを動かす時にはグリップは止めておきたいが
いかんせん 長い棒の先にあるヘッドの重さというのは
運動も加わって 長さ×重さ×運動 というように
意識はしていなくとも重たいものですから
その重さにグリップも動かれてしまいます。

ヘッドを動かす時は
体もグリップも止めておきたいのに
どうしたって動かされてしまう。
運動中のクラブは
その軌道の大きさや道のり、クラブやヘッドの姿勢によって
殆ど無限と言われるほどの量や種類の
不可抗力〜重さを作り出しますから
毎回、毎回 その動かされ方は異なる。
これが ショットの繰り返せない理由やミスの原因で
あったりするのです。

.哀螢奪廚魄榮阿気擦
▲哀螢奪廚鮖澆瓩謄悒奪匹魄榮阿気擦

という2個の動作ではなく

.哀螢奪廚魄榮阿気擦襪海箸把樟椒悒奪匹魄榮阿気擦

という1個のアクションに替えない限り
ゴルフクラブの「働き」は見えてきません。

悲しいことに 今や
トッププロ?と呼ばれる人からも
重心距離をゼロにした
 シャフトの延長線上に打点があるクラブを
意識するようになってしまっています。

グリップを止めて ヘッドを動かすのには
ヘッドは軽く、シャフトは硬く、重心距離は短め(小振り)
の方が不可抗力が少ないので振り回しやすく
それの方が 量産型クラブを作るメーカーとしては
コスト意識にマッチするので
そう言うクラブばかりが巷に溢れています。
  ゴルフ熱急減、ゴルフ人口急減は無関係とは言い切れません…。


329500ce兎も角!
グリップを動かすことで直接ボールを打つ
という感覚を磨いてください。

グリップを動かし
その後 ヘッドを動かす
という意識のままでは
重いヘッドや柔らかいシャフトは邪魔はしても
なんの手助けもしません!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



Rさんもご多分に漏れず、ヘッドを振り
フェースを自分に向け続けるように
地面のボールをこそぎ取るような打ち方 でした 。
本人もそれに強く疑問?矛盾?を感じていました。

ブログ等での予習の効果か
ボールをつかまえる 👉地面にボールを押さえつける
捉え方は 思った以上にすんなりと出来ました。
これさえ 出来れば だいたい大丈夫です。

20190525gc5_Moment(2)20190525gc5_Moment(3)20190525gc5_Moment










フェースの使い方(のイメージ)を今までと 正反対にします。
このアプローチもどき、アプローチの距離を打つ、
単にボールをつかまえるトコロだけ、
これって 意外と出来ないモノ なのです。

ヘッドをボールと地面(マット)の間に入れるモノ
と条件反射のように覚えてしまっている人には
ヘッドを ボールと地面の間に入れないショット は
ボールに当たらない、打てない意識が働くんでしょうか?

それとも このような小さなショット では
腕さばき(肘さばき)が出来ず、どうしても
肩の揺さぶり、肩のゆりかごの動きでしか
ボールが捉えられないからでしょうか?


過去のブログでも書いていますが、
フルショットに関しても このさばきに
必要十分な「からだの向き」と「グリップの高さ」
を加えるだけです。
大筋 このとらえ方が 『ショットそのもの』 とも言えます。




次のドリル ですが、
フェースの使い方のイメージを大きく変えてもらいます。

〇フェースをずっと 下に向けておく
もしくは
〇フェースを円弧の外にずっと向けておく
というドリルです。
  まあ ドリルというか ショットのソノモノ ですがね…

1.右を向きます。
 フルターンです。
腕や肩のひねり、上半身の捻じりではなく
股関節から上の胴体、骨盤をしっかり右に向けましょう。

2.グリップは ある程度、お好み分、高くしてください。
ヘッドは上げなくても良い、グリップが高くなる分と
右を向く分だけで 十分、十二分 です。

3.フェースは意識的に下向きを強め、
右を向いている分(左サイドが低く、右サイドが高い)
以上に 多めに下を向けて下さい。

4.後は体を回すだけ


✋注意点としては
 フォローなり、フィニッシュの位置でも
 トップの位置と全く同じ形・姿勢のクラブ
 〇フェースが下向き
 〇グリップが飛球線側前方、ヘッドは後方

 クラブをターンさせるのではなく、
 まったく そのままの形で終わりを迎えるような
 そんなイメージです。

445413






✋自分とボールの間を
 クラブを垂直にして通すのではなく
 地面にも平行(ややグリップの方が下め)、
 飛球線にも平行(やや右向きかな)
 の形のまま 通すようなイメージです。

フェースはずっと 下向き、円の外向き です。
実際にはそうならない〜あくまでもイメージですが、
クラブの姿勢を立体的に
変えないのですから そのまま ですよね。

✊打てそうもない、当たりそうもない。。。 ですかね


本当の意味で『インサイドから打つ』
というトレーニングに最適かと思います

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


アイアンヘッドをデザインする際
『低重心化にする』ことは
アイアンヘッドをやさしいものにする の代表例です。

ボールの半径・地面からのボールのセンターは22ミリ位なので
これを基準に それ以下のモノを低重心
それ以上のモノを高重心と呼びます。


まあ 表立って低重心と呼べるのは
重心高さが20ミリ(以下)を切ったものでしょうね。

この10年でスイング論が異質な形に変わってきてしまっているので、
この低重心化というのがやさしいもの と言えるのかどうか
少々 ❓❓❓の時代になりました。
本来はゴルフクラブによって 簡単かそうでないかの目安の
代表例が「ボールを上げる能力」だったのですが
煽るスイングが主流の現在、低重心化はボールを上げることに寄与
しなくなっており、逆に失速を生み出す可能性が生まれてきています。
ユーティリティなどもそうですが、重心の高さが18ミリを下回り
それよりも低いものは 煽り打ちの人には危険です。



意外かと思いますが
ソールが厚かったり、大きくても
実は「低重心化」にはあまり関係ないのです。
ソールの奥行き(厚み)が 1mm増えても
重心は1ミリなんて全く下がりません。
機種や形状によりますが 製品誤差程度
0.5ミリ以下程度の変化しか起こりません。


特別な異形としない限り
アイアンを低重心にするのは 二つの方法 です。



.▲ぅ▲鵑旅發機幣絏縞向)を薄く(低く)する

死語になってしまいましたが、
上下に小さい(薄い?低い?)アイアンのことを
ロープロファイルのアイアンと言いますが
この形状は典型的に低重心を優先した形状です。
ロープロファイルの形状のアイアンは
総じて トゥ側も低めに取り
ヒール〜トゥ方向への末広がりが少ないアイアンになります。

一般的なアイアンの形状で
ロープロファイルの 特にトゥ側の低いアイアンヘッドは
重心距離の短い、小振りな形状になりがちで
低重心であっても 慣性モーメントの低い
ミスにシビアなアイアンになりがちです。


$_1

ふるーいアイアンですが、代表的なものは
ブローニング というのがありますね。
(知ってる人いないでしょうね)
この形状は ロープロの代表でもあり
重心距離の長さもあってとても特徴的ですね

まあ アイアンと言うよりも
L型パターに近い形状です。

通常のアイアン という形では
この手の ロープロファイルのモノは殆ど姿を消しましたが
たらこ型のユーティリティにその流れが残ってますね。




▲優奪を短くする

ソールを厚くするよりも はるか効率的に低重心になります。
003

特に近年、接着剤の性能があがり
接着面積を少なくしても安全になったのに伴い
この20年でかなり短いネックが主流です。
機種によっていろいろではありますが
古いタイプのものに比べると 30mm近く短く
30mm近い鉄の筒がなくなったのですから
低重心化するのは確かです。

一方、そのネックについて 気になるのは
最近のパターです。
パターは転がすこと、ボールを上げないで転がすことを
主目的にしていますから
低重心である理由も、深重心である理由もありません。
低重心・深重心ともにパターにとって
良い面は少なく、よりよいボールの転がりを作り辛くなります。
マレットや私の目からは異形なパターは
慣性モーメント →ミスへの寛容性 を上げる
という名目で大きくなっているものが多いですが、
ボールの良い転がりを犠牲にしている面が少なくないと思います。
ならば 高重心・浅重心で
ヘッド重量を重くすればいいのですが…
おそらく 科学的、ロボット的なデザインの方が
進化したもの、進んだものと
ユーザーは感じてしまうのでしょうね



大型キャビティがミスに寛容とは限りません

そう 低重心とは別な話題ですが
ミスへの寛容性 慣性モーメントの話をしましょう。

多くのゴルファーは
大きなヘッド=ミスヒットに強い
大型ヘッド→慣性モーメントが多い

という風に考えていますが、
実は真実ではありません。

ボールの打撃 真っ直ぐ飛ぶとか高く上がるは
物理現象であり、視覚現象からは生まれません。


ミスへの寛容性が高い というのは
アイアンに限らず、 パターやドライバーもそうですが
ヘッドの運動「持続」能力が高く
ボールに接触しても そのサマによって
運動が阻害されにくく、影響を受けにくいことを言います。
それを用語として「慣性モーメント」と言います。

つまり ゴルフクラブのフェースにどこかの芯があり
その芯にあてるとか、その芯の広さとか
フェース面上のボールの当たり所 ではないのです。

慣性モーメントは当然ヘッドの創り と ヘッド重量
そしてヘッドの移動速度の掛け合わさった総体 です。
001

大型のキャビティヘッドが慣性モーメントが高いのは
重量が周辺に配分されており その分
おおよそのボールの当たりどころに対し
重さ×距離分 重さが多くなる効果 という意味です。

ですので 機種など造りによって多少差はありますが
キャビティヘッドだから コンベンショナル(ブレード)
マッスルバックのアイアンヘッド
よりも ミスに寛容 というのは正直、真っ赤な嘘

✖230gのヘッド重量の大型キャビティアイアン よりも
◎270gのヘッド重量の小型マッスルバックのアイアン


の方が慣性モーメントは大きく、ミスに寛容 というのは
普通にあり得ます。

ただし コンベンショナルなアイアンは
買うユーザーの嗜好上、重心距離も短く
ヘッドを回転させることを念頭に使われるので
そういう使い方も含め ミスに寛容かどうかは
微妙ではあります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013-04-30 10-21-17.464_Moment
この画像は 切り返しの直後 と言う場面です。

この時の 自分の胸の面 と シャフトの関係 
 ・・・この場合は 60度位(角度は重要ではありません)でしょうか

2013-04-30 10-21-17.465_Moment

時間は進行していきますが
その角度は変わらず、単に体の向きが変わっていくだけ

2013-04-30 10-21-17.466_Moment

インパクトに入っていく場面ですが、
胸の面とシャフトの角度(相互関係)は依然変わりません。60度のまま です。

2013-04-06 12-19-18.455_Moment2013-1







角度が何度・・・というのは曖昧で良いのですが
この 60度位の角度は ボールを打つまではだいたい誰もかれも同じです。

そして 弊社では特に強く意識して貰っていますが、
先っちょ、ヘッドを円に振ろうとすると
 もしくは ヘッドがグリップを追い越すモノ と考えて振っている人も
実は 結局 この60度の角度は維持されてしまうのです。

何度も書きますが、棒状のモノの先端に重さがあるのがゴルフクラブです。
そして それは 速度の変化、速度が上がる分 積算で重くなります。
円に振ろう、ヘッドが追い越そう と考えると
その重くなるものを動かそうとするので
 結果、自分がからだを開く。。。
ヘッドに対し後ろに下がるような姿勢になってしまいます。
ヘッドが支点になって 自分が移動するような そんな姿勢になりますが、
自分とシャフトの角度は同じ なのです。

20161215Trim(2)(2)(2)_Moment(2)20161215Trim(2)(2)(2)_Moment(2)-1








ヘッドは体の向きが変わるので 結果、円を描かれますが
それに加え 更に 手回りで 円を描こうとすると
ヘッドの通る道のりが長くなり過ぎます。
それでは 予定の時間(インパクト)に間に合いません。

アプローチやスローなスイングで掴んで貰いたい ですが、
この上から見ている画像で・・・想像力を働かせて
インパクトのヘッドの位置から インパクト付近まで
最短の、直線の近道 を想定してください。
出来るだけ自分に近い、直線で、最短距離の近道

✋そして それには 同じことがグリップの移動にも言えます。
 グリップの軌跡のイメージ
 出来るだけ自分に近く、直線で、最短距離の近道
 を想定しておかないとイケマセン


アプローチなどでは グリップの移動よりもヘッドの移動の方が少ない想定
をしておかなくてはイケマセン
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



http://hbs.livedoor.blog/archives/1977783.html


コチラの記事の続き になります。


20090801 2009_09_02_15_09_49-62フレームショット


ボールはフェース面で下・地面に抑えるイメージ
これとは少々異なってしまうのですが、

上手く クラブを扱えない方の共通点 は
やはり 『ボールを弾いて打ってしまうコト』 に思えます。


ヘッドの移動速度よりも ボールの方が速く移動するのは
ボール速度の方が速いのは
それは 単にロフト角度の作用 なのです。

おはじきを弾くように ヘッドをボールにぶつけて
弾いて打つから そうなるのではないのです。

まった 同じ方法で打っても
ロフト角度の違いから ボールの方が遅く成ったり 速く成ったり
するに過ぎません。

06


 ヘッド速度とボール速度は対比
〇ロフト 10度のクラブでは  1.4
〇ロフト 30度のクラブでは  1.2
〇ロフト 50度のクラブでは  1.0以下

この数値を 巷では「ミート率」と呼んだりしますが、
数値だけで言うと この数値が一番高くなるのは
何を隠そう ロフトの一番少ない パター なのです。

✊アプローチなどで 二度打ちの出るメカニズムは
ロフトの大きなコトによる ボール速度の遅さ に加え
ボールの移動に角度が付くので 実質水平移動が少なく
ヘッドが ボールに追いついてしまうコトにあります


ボールをヘッドで『押して』打つ のと
ボールをヘッドで『弾いて』打つ のでは
ショットの仕方が変わってきます。

ボールを押して 打とうとする場合、ボールは 質量 の塊です。
ですので それに対して 体も自然に 出来るだけ大きな重さ
大きなモーメントを使って 👉つまり体を動かしながら
グリップの移動を断続的にしながら インパクトを迎えます。

一方、ボールを弾いて打とうとする場合、
ボールは質量というよりも、その見た目の形状であったり 大きさ
であったりするのだと思います。
弾いて打ちますから からだやグリップは 基点 として
どこかで止め、その慣性や惰性で ヘッドとボールをぶつけるコトになります。

おそらく これが ヘッドがグリップを追い越す
ヘッドローテーション、フェースの返し の元 になっているもので
それらは その打ち方の「後付け」の理屈と思われます。

スイングと言う動作とクラブの構造を考えると
ショットは 放っておけば 上から打ち、インサイドから打ち
ボールには左回転が入り易くなります。 
からだを回すコト によって グリップを移動させる
その結果、ヘッドが移動してボールを打つ というコトであれば
下から打つ、アウトサイドイン は存在しません。
よって 弧の大きさ の違いや個々の人による加速タイミング
などを除けば スイング軌道の差は 身長や構え、クラブの長さの違いに過ぎず
何種類もの スイング軌道の種類は存在しえないのです。

まして インサイドアウトとアウトサイドインの共存 や
ボールを下から打つ は 理屈上あり得ないのです。

しかし ボールを弾いて打つ のであれば
必ず ショット・・・インパクトは クラブ、特にヘッドしか動いておらず
それは 基点になる止まる体やグリップによって
無限な種類の軌道を作り出すことが可能です。
だから スイング軌道論争 になったりするのです。


おそらく この非常に基礎的なイメージが破壊されない限り
技術論や理屈では スイングはまったく変化を見せないと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ