◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: ゴルフ脳内革命



http://hbs.livedoor.blog/archives/1977783.html


コチラの記事の続き になります。


20090801 2009_09_02_15_09_49-62フレームショット


ボールはフェース面で下・地面に抑えるイメージ
これとは少々異なってしまうのですが、

上手く クラブを扱えない方の共通点 は
やはり 『ボールを弾いて打ってしまうコト』 に思えます。


ヘッドの移動速度よりも ボールの方が速く移動するのは
ボール速度の方が速いのは
それは 単にロフト角度の作用 なのです。

おはじきを弾くように ヘッドをボールにぶつけて
弾いて打つから そうなるのではないのです。

まった 同じ方法で打っても
ロフト角度の違いから ボールの方が遅く成ったり 速く成ったり
するに過ぎません。

06


 ヘッド速度とボール速度は対比
〇ロフト 10度のクラブでは  1.4
〇ロフト 30度のクラブでは  1.2
〇ロフト 50度のクラブでは  1.0以下

この数値を 巷では「ミート率」と呼んだりしますが、
数値だけで言うと この数値が一番高くなるのは
何を隠そう ロフトの一番少ない パター なのです。

✊アプローチなどで 二度打ちの出るメカニズムは
ロフトの大きなコトによる ボール速度の遅さ に加え
ボールの移動に角度が付くので 実質水平移動が少なく
ヘッドが ボールに追いついてしまうコトにあります


ボールをヘッドで『押して』打つ のと
ボールをヘッドで『弾いて』打つ のでは
ショットの仕方が変わってきます。

ボールを押して 打とうとする場合、ボールは 質量 の塊です。
ですので それに対して 体も自然に 出来るだけ大きな重さ
大きなモーメントを使って 👉つまり体を動かしながら
グリップの移動を断続的にしながら インパクトを迎えます。

一方、ボールを弾いて打とうとする場合、
ボールは質量というよりも、その見た目の形状であったり 大きさ
であったりするのだと思います。
弾いて打ちますから からだやグリップは 基点 として
どこかで止め、その慣性や惰性で ヘッドとボールをぶつけるコトになります。

おそらく これが ヘッドがグリップを追い越す
ヘッドローテーション、フェースの返し の元 になっているもので
それらは その打ち方の「後付け」の理屈と思われます。

スイングと言う動作とクラブの構造を考えると
ショットは 放っておけば 上から打ち、インサイドから打ち
ボールには左回転が入り易くなります。 
からだを回すコト によって グリップを移動させる
その結果、ヘッドが移動してボールを打つ というコトであれば
下から打つ、アウトサイドイン は存在しません。
よって 弧の大きさ の違いや個々の人による加速タイミング
などを除けば スイング軌道の差は 身長や構え、クラブの長さの違いに過ぎず
何種類もの スイング軌道の種類は存在しえないのです。

まして インサイドアウトとアウトサイドインの共存 や
ボールを下から打つ は 理屈上あり得ないのです。

しかし ボールを弾いて打つ のであれば
必ず ショット・・・インパクトは クラブ、特にヘッドしか動いておらず
それは 基点になる止まる体やグリップによって
無限な種類の軌道を作り出すことが可能です。
だから スイング軌道論争 になったりするのです。


おそらく この非常に基礎的なイメージが破壊されない限り
技術論や理屈では スイングはまったく変化を見せないと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ショットの練習が上手く行かない人
スイングの改良が上手く行かない人
この全員ではないのですが
その人たちに共通して見受けられるのが
 『ある錯覚・勘違い・思い込み』  だと思います。
sample 2009_09_29_23_49_15-1481フレームショット

そして その錯覚 は
非常に伝えにくい・伝わりにくい と思うのですが、
『ショットはボールを弾いて打つものだと思っているコト』
『当たり前に ボールの方がヘッドの移動速度よりも速く飛ぶコト』

なのだと感じます。

それは特にアプローチやパターに顕著に出ます。


その勘違いを助長するゴルフ用語として
ショットの計測などで用いられる「ミート率」がありますが、
これは ヘッドの移動速度に対するボールの移動速度 の比です。
単純に 数値で表すと
 ヘッドの移動速度  40ms に対し
 ボールの移動速度 50ms であれば 1.25
              55ms であれば 1.375
              60ms であれば 1.5 になります。

用語として 「ミート率」と 呼ばれていますが
正直 本当の意味でのミート率とは似ても似つかず
単に インパクトの動的ロフトが立って行けば 数値は大きくなる だけに過ぎません。
ですので 使える、使えない、安心して打てる を別にすれば
少ない、立ったロフトのクラブほど このミート率と呼ばれている数値は高くなります。

IMG_0361(3)_Moment


そして このミート率と呼ばれているモノの理想的な数値は 1.4以上 と言っていますが
それも 同じく 自分にとって 動的ロフトを使える限り 少ないモノにすれば
誰もが達成できる数値です。
ここで ポイントなのが 「動的ロフト」なので
製品としての「物理固定ロフト」はそれを作り出す要素に過ぎず
その動的ロフトには インパクト時のヘッド姿勢のロフトと入射角度、ヘッド進入角度 などが
含まれますし、もちろん ヘッド重量も関係してきます。

話を元に戻しますが、
ヘッドの移動速度に対し
 ボールの移動速度の方が 約5割増し で速い
と自然に思っていると思いますが、それは間違いです。
同じクラブの扱いをしても その動的ロフトが大きくなれば
それに応じて その数値も下がり
40度を超える大きなロフトになれば
 ヘッドの移動速度を下回る数値が
出ることもあります。 典型的なのが二度打ち です。
Inked2012-10-22 02.28.36 20152342_Moment(2)
ヘッドに対し ボールの方が速い
 と思っている人が殆どだと思いますが、
それは 「ロフト角度」 と 破壊力としての「ヘッド重量」の付帯的な要素のお陰で
エネルギー不変の法則の基本では
 ボールの方が絶対的に遅い のです。

例え 製品のロフト角度が0度であっても、
ヘッドの重量がボールと同じであれば
ボールの速度はヘッドの移動速度を上回ることは不可能です。
ヘッドの重量が1キロであったとしても
動的ロフトが45度以上であれば
ボールの速度がヘッドの移動速度を上回ることは不可能です。

当たり前に、ボールの方がヘッドスピードよりも速い モノ と信じていますが、
それは スイング動作とは直接関係のない
 動的なロフト角度とヘッド重量によってもたらせるもの で
基本 ヘッドの移動速度はボールの移動速度と大きな差はないのです。
むしろ ボールの移動速度の方が遅い のです。

つまり ボールは「弾いて打つ」のではなく、
単に『質量としてどかしている
〜移動させているに過ぎない』と言うコト なのですが、

伝えにくい、伝わりにくいニュアンスなので
既にそのニュアンスが掴めている人(必要のない)には理解出来て、
そのニュアンスが必要な人には理解できない というもどかしさが付いて回ります…。


当たり前のように ボールはヘッドで弾いて打つ感覚、概念、思い込みが
結果として ヘッドがグリップを追い越すを生み
ヘッドローテーションや 手でクラブを振ることを生む のではないかと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


当たり前のコト、と言うのは思いのほか 難しいのかも知れません。

ゴルフスイング、ゴルフショットは
打ち手、人間がなにがしかの動作をして
グリップを移動させるから ヘッドが移動し
そのヘッドがボールに当たります


グリップを動かすコト、移動させることで ヘッドを動かせば
ヘッドの移動速度や移動ラインは
自分が直接携わることの出来る グリップの移動の仕方で
自分が関与することが出来ます。
ミスが出たとしても その修正は比較的簡素な修正で済みます。

キャスト_大_Moment(2)キャスト_大_Moment
しかし、多くの人は
グリップを止めるコトによって その反動というか
ヘッドに残る移動の慣性でボールを打とうとしています。
慣性…というと聞こえは良いですが、惰性 に等しいですね。
✋ヘッドを1m移動させるのに グリップは10センチも移動しません。
 インパクトをどこかのポイント ある1点 1mmの部分とすると
 その1mmのポイントを作るのに グリップはその1/10 0.1mmです。
 ここでインパクトを管理するのですか?

✊これでは ヘッドの移動速度 移動方向などが
直接携われる グリップで管理しきれず、
グリップと同じ速度、同じ方向にヘッドが動きませんので
ミスが出た時の その修正は非常に難解になります。

ボールに当たる ということでは それでもいいかも 知れませんが
グリップよりもヘッドをたくさん動かす 打撃は
たくさん動かせば動かすほど
 ✋入射角度が緩くなり、ロフトが増えます。
 より飛ばなくなるのです

だから より速く動かすので より入射角度が緩くなり、ロフトが増えます。
しまいには それによって作られる遠心力・不可抗力によって
 より入射角度が緩くなり〜もしくはしゃくり、煽り軌道になるほど
 よりロフトが増える という素敵な循環に入ります。
 ああああ これがレッスンで稼ぐ方法なのかも…。

✊ですので 皆さんが体験していると思いますが、
 比較的 ロフトの大きなクラブ 9番アインやピッチングウエッヂ
 特にウエッヂショットで、うまく打てば打つほど ショートする
 という現象が現れます。


ウエッヂで打つ ロブショットは ロブショットと呼ばれ 珍重されますが、
皆さんは 7番アイアンでも、ユーティリティクラブでも、ドライバーでも
ロブショットを打とうとしているのです。
IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(3)









知っての通り、ロブショットは 通常のアプローチよりも
圧倒的にミスの確率が高く、そのミスもかなり過激な痛手になるミスです。
ゆっくり振れば 地面につっかかり易く、
かと言って 速く振るとより難しくなりますが、速く振らざるを得ません。
・・・どう考えても、ロブショットをフェアウェイウッドで行ったら 難しそうでしょ??
  だから フェアウェイウッドが打てないんですよ。

砂の質や状況によっても異なりますが、
足場の緩い バンカーからロブショットを打とうとしたら どうなるでしょう?
チカラのない女性に可能でしょうか?

ロブショットとは そのクラブの長さとは関係なく
圧倒的に緩い入射角度で ロフトを大きくして打つショット です。
飛ばないと悩んでいる人が やるべきことではありませんし、
ミスを少なくしたい、スコアを良くしたい と思っている人が
やるべきことでもありません。
 ゴルフのルール上、禁止にしても何ら問題がなく、
逆に多くのアマチュアゴルファーが救われるのではないかと思います。

無意識の内にそうしてしまっているゴルファーが
日々、大量発生中ですが、
ゴルフは当たり前に グリップを移動させるから ヘッドも移動するんです。
 ✌シャフトでつながっているのですから


グリップを移動させることで ヘッドを移動させれば
移動の方向も、もちろん上下左右ですが、
移動の速度も グリップの移動なり です。
ところが ヘッドばかりを動かすと
その移動の方向は 場合によって、半分のケースですが反対になります。
速度に関してもそうです。
ビデオ_Moment

これでどうやって 似たような球、似たような距離 を打ち
そして ミスになってしまうコトの修正をするのでしょう?

飛ばしたくない
上手くなりたくない
ナイスショットなど単なる偶然
スコアなんかどうでもいい
を体現しているとしか思えません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ゴルファーにとってあまり耳に心地よくない用語
の代表例…なのですが、
この発端は 振り方やその軌道そのものの問題 ではなく
いつ クラブを動かすか が大きいですね。

体がボールと相対して、
体の正面がボールを通過してから
ショットしたのでは アウトサイドイン にならざるを得ません。
まあ 単に手遅れ(振り遅れ)ているだけ…なんですがね。

根本的に 右を向かない
肩だけを捻っている場合、
どんな風に頑張っても アウトサイドイン になります。

特に問題なのが ボールの手前…インパクト前の軌道 ではなく
打った後、インパクト後の軌道です。

ここに二種類に アウトサイドイン をお見せします。
IMG_0348 (2)_Moment
Inked2012-10-22 02.28.36 20152342_Moment(2)












双方 ともに 手遅れ状態で振っているのですが、
〇左は 遅れていますが ローテーションのないスイングです。
〇右は 遅れていて、ローテーションのある、ローテーションの強いスイングです。

手遅れ(振り遅れ)のスイングの
痛い所は 軌道に対し フェースが右を向いている
俗に言う 開いている状態なので
 ロフトが多くなってしまうコトです。


ですから ヘッドを返して それを取り戻したい・・・ のは分かりますが
それをすると 急激にヘッドがインに切り込むのと
からだや足の姿勢を見て頂くと分かりますが
ヘッドターンをする為に 左サイドをブロックするので
逃げ場がなく 左サイドを上に絞るような姿勢になってしまいます。
これは 必然 です。

結果、体が起きる→ライ角度を失うので
ヘッドターンをしたほど フェースは左を向かないのです。

手首や肘、腰や首にも良くありませんから
距離をあきらめて スライスで妥協するか
身を削って ヘッドを返すかどちらか
 です。

IMG_0361(3)_MomentInked2012-10-22 02.28.36 20152342_Moment(2)













〇左は手遅れのない フェースターンのないスイングです。
〇右はいわずもがな・・・

長さからすると 似たような番手の筈・・・なのですが
出球の高さもだいぶ違いますね。

ヘッドの位置や姿勢を見て貰えばわかりますが、
当然 安定性、方向性は比較になりません。

インパクトのロフトも大きく違うのですから
距離も当然差があります。

安定性、方向性、繰り返し易さ、飛距離、弾道の強さ
どれをとっても比較にならないほど違います。
しかも 体を痛めにくいのですから
選択の余地はないような…気がしてなりませんが
まあ お好きにどうぞ です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


トップの位置でシャフトがクロスしてしまうスナップショット 1 (2017-11-13 14-55)
と言う言葉があります。

(右打ちの場合)これはトップオブスイングで
シャフトの向きが飛球線よりも 右を向いてしまう というコトを指します。

多少…であれば さして問題はありませんが、
度合いがすごいと ダウンスイングで
左腕の始動が遅れ 『手遅れ』の原因になります。
ダウンスイングに入るのに
 クラブの重さがいったん左腕の動きを止めてしまうので
 「手遅れ」・・・
 インパクトで グリップ部(特に左腕)が
 体の右にズレる・外れてしまう要因になりかねません。



✋トップで 右ひじが曲がる分 上がり、
  かつ外に張りめにする
と提唱しております「鼓笛隊打法」ですが、
従来の 寝かして手で上げるスイングの方が
この改善をすると 大きくシャフトクロスが発生する場合があります。

意識して頂くことは▲櫂ぅ鵐箸△蠅泙后

1212-1ー蠱戮譴慮彊になることは未然に防ぐ

従来 体の向き、骨盤の向きを変えず
左腕なり、左肩だけで 右を向いている「フリ」をしていたのを
骨盤で右を向く と言う習慣を付けて頂くためのモノです。


クラブを所定の場所(トップオブスイング)、自分なりの想定の場所に
もっていくのに 左手だけで行っていたのを
右手「でも」行うようになりました。
仕事は『両腕で分担』して行いますので
 左腕の動きをその分抑制する必要があります。

シャフトがクロスしてしまうのは
左腕が右に押してしまう、右に移動してしまうからで、この際
✋テークバックは右手でクラブを持つ、扱う
✋テークバック時 左腕はからだ・胴体の回転以外では移動しない

 (体をまわす で 体を捩じる ではありませんよ)

👉過度のシャフトクロスが悪いのは
 クラブの重さが左腕を引き留め
 ダウンスイング→インパクト の過程で
 左腕が体から遅れてしまうコト! にあるのですから
 テークバック時に左腕の運動量・移動量を
 減らしておくことの方がより遅れは防げます
 
✊それによって 過度のシャフトクロスも防げるのですから一石二鳥
 是非 トライし、慣れてみて下さい。


スナップショット 1 (2016-11-15 22-12)スナップショット 2 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)






右手の使い方のイメージを治そう

 多くの方は
 からだの回転は斜めとは言え 横・水平 →ロフト方向10003407_290033064486765_134308500_n
 クラブの手のさばきは縦・垂直      →ライ方向
 と考えている節が強くありますが、
 ゴルフクラブは ソールでボールを打つのではありません。
 打面は横に付いているのです。
 そのイメージ 縦方向〜ライ方向にクラブをさばいたら
 そのまんま ボールをこする ように打つことになります。

 良く考えて見ればわかるのですが
 ボールを打つ方向 に対し 上から下 
 縦にクラブを入れれば ソールで打つのなら
  芯を喰いますが
 横についているフェースで打つ訳ですから
 単にスピンをかけるための打撃になってしまいます。

 言葉で説明するのは難しいですが、 
 腕の役割は 体の傾き、前傾姿勢の傾斜を
 少し急にするだけ(アップライト)で
 あくまでも その軌道上にグリップ、クラブを押す ことです。

 ライ方向にクラブを動かす というのは
 テークバック時にもよく見かけますが、
 よほどの腕力(馬鹿力)が無い限り、
 スピンが増える、ボールが高くなるばかりで 飛距離が出ません。

 👉右手は行きも帰りも ロフト方向(右の時はキャビティ方向)に動かします

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ダウンスイング〜切り返しの動きのお話し。
 ものすごく多い症例で、ここを理解できると
 かなり自分のスイングの欠点が見えてくる…んだけど
 上手に説明できたか ちと心配…です。

e968a0ac

ゴルフクラブは当たり前だけれど手で持っている。
クラブはどこかの時点で手で補助なり、
動かしてあげないと元の形に近いところには戻れない。

一般的な トップオブザスイング では
クラブの長さ →重さという意味での長さは
非常に短くなるので この時点がチャンス☆

.ラブの重さ という意味での長さとは
 例えば 1mのゴルフクラブであれば
 地面と水平な状態になっていれば
 ヘッド(クラブ)の重量 × 1m が重さになるけれど
 グリップの真上にヘッドがある場合
 ヘッド(クラブ)の重さに長さという係数がかからないので
 それそのものが重さになり、
 運動による加算を除けば、スイング中
 クラブの重さは最小の状態になる。

体を回し始めたら 腕や手はクラブを動かすことは
 全くできなくなる。
 体を回す運動分、クラブや腕の重さに加算が加わるため。
 運動による加算は 腕も含まれるので
 長さによるクラブの重さの加算以上に激しく重くなる。


123

✖⓵体を回す
✖⓶腕(手)を動かす

という手順にすると
体の回転、動作が収まる、静まる、止まる、減速する まで
手は動かすことは出来ず、トップの形のままになってしまい
体が止まる☛その反動でクラブ、手が動き始める
という手順になってしまう。

ということから
『結果』として 体の回転と同時にクラブを動かす形を
取るのには、先に腕を動かし始める必要が出てくる。


 
ここまではわかりますか?



           

ここからが問題で
トップオブザスイングで 先に手…グリップを移動させるのは
単にクラブの重さを利用しつつ
脱力する訳ではないけれど、
 そのままグリップを下げれば良いだけで
特に「筋力」に頼らなくても難しくはない。


結果として トップの位置で右肩の前(仮に)にあったグリップを
その重さも使い、ベルトの高さに落とす
どちららかという「降ろす」という自発的な行為ではなく
「落とす」に近いような行為になるのだが
多くのゴルファーは ここで大きく間違いを起こす。
プロも含め 8割以上のゴルファーがここの動きを間違っている。

ここの動きを 別な言い方、
よく耳にするゴルフ用語では
「クラブを立てて降ろす」とか
「グリップエンドを地面に突き立てて降ろす」
という言葉があるのだけれど
この本当に意味は
利き腕を伸ばしてグリップを下げる
グリップの位置と肩とを上下に離す

という意味なのである。



😱😱😱どう間違っているか というと
多くの人は ここで全く持って腕が使えず(肘が伸ばせず)
体を屈曲する
右サイドを下げる動き
 で
グリップが下に移動しているのを
腕を使ってクラブを降ろしていると錯覚している。
スナップショット 8 (2013-09-23 15-37)スナップショット 9 (2013-09-23 15-37)





この動きは 非常に重い副作用が付いていて
『自分では腕を使って グリップを降ろしている』
と思っているが、
実際には 腕、肘の曲がり具合などは
トップの位置のままで 全く動いておらず
体を横(右)に屈曲する動きをすることでグリップを低くするので
腰が左にズレ、頭が残った形で
へそから下だけ 左へシフトするような姿勢になる。
と 当時に この時点で右向きは正面向きにまで
無意識な回転をしてしまうので
スイングの中で一番重要な
✊回転によって ボールを打つ 一番のポイントを失ってしまう。



☆トップでの右向き ➟ 正面

この区間は
本来 ダウンスイングの時間と平行するもので
この右向き➡正面という過程の中で ボールをさばく。
体の前傾姿勢も伴なう回転では
この区間が「上から打つ」でもあり「インサイドから打つ」
でもあるので、その機能を使える時間を逃してはいけないのだけど
自分ではグリップを下げている動きが
👹体の向きをほどき
👹体を屈曲させ、上向きにし
👹下半身だけ左へシフト(
➟これをスウェーって言うんだけどね)
その動きによって 
スイングの一番美味しいところを失ってしまっている。
ここが「スイングの肝」
ここの区間が利用できるから、この区間にボールを打つから
体の回転と前傾姿勢の意味が出てくる んだけど、
そこの「機会」を失ってしまったら、使わなかったら
体の回転と前傾姿勢には何の意味も持たない
ただの形式的な、ゴルフらしく見える恰好なだけになってしまふ。



グリップを降ろそうとすればするほど
回転はほどけ、体は上を向き、
本当の意味でのスウェー…ヘンテコなシフトすることに
なってしまっているんだよね。

この大間違いの動きは
色々な問題を内包してて
多くの人は治そうとしているんだけど
グリップを動かす動きが
 実は体の回転や変なシフトになっている…、
体さばきそのものは意識をした動きではない
ということには気づいていないので
治し様がないんんだよ。

IMG_0363


トップの位置でグリップを落とす 下げる動きは
ほんとーーーは 脱力に近い、筋力の要らない
ほわー っとした動きなのに
この「誤った動き」は 力感一杯
 これをまさに「りきむ」というんだろーね
ー。

 理解できたかなぁ…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



スイングだけではないかも知れませんが
動作の事前イメージと言うのはとても大切で
そのイメージが間違っていると
一所懸命 間違いを覚えることになってしまいます。


2013その一例が ここなのだと思います。

アドレス時、 体の向きとクラブなり、シャフトの関係は
概ね 90度 垂直な関係です。

そのイメージをそのまま インパクトに当てはめ
その形、その関係に戻そうとする限り
ゴルフクラブは活きてきません。

何度も何度も書いていますが
👉クラブヘッドは重さの塊で
👉重さは運動が増える分、積算で重くなります
👉重いモノは動きたがりません
これは抗うことの出来ない 物理問題 です。
002ですので 体の向きを180度回転させても
ゴルフクラブ、その先端は そのクラブの長さの弧
e00bf7e6
半径を描くことは出来ません。

👈こうはなりません   こうなります👉

クラブヘッドが運動で重くなる分、
そこに留まろうとする力が働くので
その長さの作る円弧の大きさより 小さい、より自分に近い所を通ろうとします。



IMG_0324

ですので インパクトのイメージ では
自分とボールの間を
体に対し 垂直にクラブが入ってくるのではなく
体に対し 水平にクラブが抜けていくのです。


すこしグリップの方がボールに近い
平面上の ダウンスイングの進行方向通りです。
2013-04-06 12-19-18.455_Moment2013-1
これにからだの回転による 円が加わりますので、
結果 このような形になります。



インパクトで体とクラブを垂直にしようとすれば
体は開き、ボールを正面で捉える機会 を失います。
振り遅れ、手遅れになりますから 手で振らなければ
ヘッドを振らなければならなくなるのです。

それによって クラブ・ヘッドの重さで
グリップが進むことを促進してもらえます。
ヘッドをボールに出すことは
ヘッドの重さと闘うことにもなります。

これは 縦方向に対しても言えること です。



✋この点をご注意ください






〇〇後日談

今日、仕事が終わってからすぐに練習場に行ってきました。

無駄に高い球では無くなりました。

飛距離も7番で6番の距離が楽々でてました。

ボールの北極点を意識すると力強い球筋がでて自分でもびっくりです。

嬉しいかぎりです。

しかし、気を抜くとすぐに悪い癖が出てしまうのが残念。

さらに練習する意欲がでます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


振り遅れ(手遅れ)は、
厳密には ヘッドの遅れ ではなく
体に対するグリップの遅れ〜手遅れ ですが、
準備万端であっても やってきます

IMG_2813Trim(2)_Moment(2)準備万端とは
テークバック〜トップ において
ちゃんと体の向き、骨盤の向き でクラブが動き
必要十分な右向きがある
 を指します。



テークバックを手で上げる
上半身の上側〜肩だけで上げる
のは論外中の論外で、
スイング初期段階から 意図的に振り遅れを作り
その手遅れを クラブの重さ、クラブの遠心力と戦いながら
人力、筋力、腕力で 解決する方法ですので
話の外 とさせて頂きます。



準備万端の段階であっても
ダウンスイング時、
本来のそのクラブの長さの通るべき弧、道のり よりも
長い道のり、遠い所を通れば 当然 時間がかかるので
体の正面でのインパクトには間に合いません。

ちなみに インパクト前から  体の回転を止めて
ボールと体が正対している姿勢をキープ なんてのは
単なる夢物語、実際には100%
実現不可能なのですから 考えるだけ時間の無駄です。


IMG_2813Trim(2)_Moment(5)IMG_2813Trim(2)_Moment(6)






【よくある手遅れになるケース】

 ✋左腕を長く使う
 ✋グリップの通るべき道のりが長い(体から離れる)



まず 始めに 重いモノは動きたがらない
 と言う前提を忘れてはイケマセン。

ゴルフクラブ にも、腕にも重さがあり
構造上、クラブはその姿勢や運動速度によって
急激に 打ち手に重さ と言う負荷を増やす性質を持っています。

重くなったものを無理に動かそうとしない
忘れがちですが、グリップを移動させればヘッドは移動する
を念頭に置いてください。

クラブも腕も ダウンスイング以降
運動によって重くなるのですからより動きたがらず、
結果、体の近づくことになる筈 です。

にもかかわらず グリップが体から離れていこう
としているには 原因があり

,泙此\気靴けΩきをしていないコト
正しい右向き 骨盤の右向きがあれば
MVI_0873 (2)(2)_Moment
前傾姿勢によって 自分のフトコロ
前傾した分の空間が生まれます。
上半身の上側、肩だけ、腕だけを振ると
その空間が生まれず、腕を長く使う〜グリップを体から離さない と
ショットできなくなるので 必然として 振り遅れ を生みます。
正しい右向きがあれば
 その空間に腕を収納、
重さとして掛かる腕の長さを消すことが出来ます。
しかも、腕の重さによって より前傾が維持しやすくなるのですから
大前提として 正しい右向きによるその空間があるのと ないのとでは
あまりに差があるのです。




▲悒奪鼻塀鼎機砲脇阿たくない
にもかかわらず ヘッドを動かそうとすれば
遠心力によって、クラブもグリップも体から離れます
そうなれば より遠い所を通りますし、
重さとして 腕も長くなりますから
必ず 体を起こすので、よりクラブは自分から離れ
よりクラブは重くなっていきます。


IMG_2813-0001-1




ある意味 スイングは
 ✊クラブを重く使って身体能力で打つか
 ✊クラブを軽く使ってクラブの機能に頼るか
その真っ二つに分かれるのです。
 ✊クラブを重く使えば その重さに身体能力で耐えながら
 身体能力でクラブを速く振るしかありません。
 ヘッドが大きかったり、重心距離が長かったり
 ヘッドが重かったり、慣性モーメントが大きかったり
 シャフトが柔らかい ことは 単に打ち手の負担になるだけ にするか
 ✊それらの要素で打ち手の動きが促進、もしくは助力されるか
 になり その中間は存在しない と言えるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 

こすり打ち、
ニックネームで言うところ「ロブショット」ですが、
この入れ方をすると
正規のからだの回転で入れてくる
上下の手の入れ替えの存在しない入れ方に比べ
〇入射角度が緩く、下から入る形になります
〇見てくれのロフトは増えますが、スピンと言う意味でのロフト効果は減り気味になります
キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)




よって 弾道は打ち出しは高くなりますが、
 見た目のロフトほどスピン₍回転量₎は入りません。

打ち出しの角度は高くなるので
〇ボールの初速は低く
〇打ち出しは高く
〇スピンはやや少なめ
 です。

これをそのままアプローチに採用すると
 ふわっと上がりますが、スピンは効かない弾道になります。

おおお ロブショットはこう打てばいいのか と思う人もいますが、
この打撃は ショットの中では一番難易度の高い
特にスピードで誤魔化せない場面では確実にミスになる と言えるほどのモノです。

なぜならば
上下、高さにおいて左右のグリップを入れ替えます。
高かった右グリップを 茱哀螢奪廚硫爾棒り込ませますから
それをするためには からだの回転を止めておかなくてはなりません。
MRa_MomentMRa_Moment(4)












潜り込ませるために 右手を伸ばしていきますが、
その伸ばしていく左手への圧力は
 腕を通して、左肩を上に押すように掛かります
 ので
 左サイドは上がり易く、右サイドが上がり易くなります。
左サイドを上げ、右サイドを下げると ダフリやトップのミスになってしまうので
その調整はかなり微妙、繊細なモノになります。
hiraki
通常、このキャスティングをしてボールを打つ人は
この瞬間に 体の前傾を解き、上に伸び上がる動きが入りますね。

飛ばすために この伸び上がる動き 地面を蹴る動き を
 スイングの技術だ! 飛ばすためのテクだ! と言う 頓珍漢な人も
いるみたいですが、笑いものになっていますからやめた方がいいです。






この動画を見て頂いてもわかると思いますが、
持っているのは 5番アイアンですが、
出球は ウエッヂのような球になっています。
大きなロフトで 下からこするように打つのですから
打撃のエネルギーは飛ぶ力、ボールの速度になるのではなく
ボールの打ち出し角度、ボールの回転に化けてしまいます。
これでは飛びません。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5


そもそも フェースローテーションはなぜ必要…とされるのでしょう?

飛距離もそうでしょうが、大概の場合
 それをしないと フェースが開いて
〇スライス
〇飛距離減
〇無駄に高いボール
〇無駄なスピン量

IMG_0867IMG_0866









 そう フェースが開いているコトによって
起こるミス、望ましくない結果を 「閉じる」コト によって防いでいます。




では 考えてみましょう。

開いている・・・ の基準を スタンスラインや飛球線方向 として
インパクト時に それよりも開いてしまっている コトを指します。

しかし、アドレス時には開いても、閉じてもいない状態 なのに
なぜ そうなってしまうのでしょうか?



からだの回転通りにクラブが移動、動いていれば
右を向けば その基準線のスタンスラインや飛球線に対しては
一度,見た目は開くことになりますが、
また 元の向きに戻れば 開きも戻りますし、
左を向けば、その基準線に対しては 閉じる 形になる筈・・・です。

この場合は その基準線、相対する相手がスタンスラインや飛球線ですが、
自分の体に対しては開いても閉じてもいません。
からだの向きが変わっただけですから
一般的に考える からだの回転を意識すればよいだけですが、
フェースターンとは主に かいな、腕、手さばきを指します。

つまり 行き着くところ、スナップショット 1 (2018-05-19 20-35)
からだの回転ではなく、
手でクラブを開いているから、動かしているから、
手でクラブを閉じる、動かし戻す 必要が生まれるのです。



元々そこにあったモノを
そのままにしておけば 全くする必要にないコト、行為を
あたかも その行為が必須、必要かのごとき 準備であるテークバックを
することが フェースターン、フェースローテーションの始まりなのです。
行きも帰りも全く持って無駄な無意味な動きが
ものすごく高度で難易度な動き。。。
全く要らないはずの ソレ が
  スイングの全てになってしまっているのですから
愚かと言うか、ここまでくると滑稽でもあります。

MVI_0850-0001-1

からだの向きの変更であれば
腕もクラブも大きく動いていませんから、
ヘッドの角度変化も最小で抑えられます。
からだの回転と言う大きな動きを覚えれば
似たような距離、方向、弾道が打てるのに
それを 疲労に弱い、小さな筋肉の腕に任せるのですから
どう考えても 継続性は低い・・・んですが・・・

決してそんなコトは無いんですが、超穿った考えでは
からだでクラブを動かされては 簡単に覚えられてしまい レッスンが成り立たない から…
という 陰謀なのではないか( ;∀;) と 思ってしまうほど です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ショット、スイングが成功するには
何はなくとも 十分な右向き が必要です。

右向きがあれば
上から打てる = インサイドから打てる
時間も確保出来ます。

安定度、ミスの予防とともに
飛距離の源になるのが 十分な右向き です。
体を傷めず 無理もせず
距離を出すには 右向きは必須 です。

IMG_2813-0001-1


ゴルフは長い時間の中で
ごくたまに 自分のショットの時間が訪れます。
3〜4時間で18ホールを回るゲームで
自分のパッティングを含めショットは 2分程度。
最近はカートのセルフプレーも多くなりましたが、
カート無しだと 8キロくらいの距離を歩くことになります。

長い時間の中で 疲労を感じてくると
股関節から上の大きな胴体を動かさず
手だけ、特に左手だけでクラブをテークバックすることが
後半のミスショットの大きな原因になります。



そういう意味で 普段から
しっかり右向きをする ドリル 訓練 慣れはとても大切です。


IMG_2813Trim(2)_Moment(2)

どの道 ミスは出ます。
気持ちは分かりますが、ボールを見続けたとしても
そのミスを防ぐことは出来ません。
見続けてしまうことで 無意識にボールと目との距離を
一定に保とうとしてしまうのが 右向きを不足させます。

ボールから目を切ってしまうほど
顔ごと、視線ごと、右向きを作ってしまった方が
ミスは未然に防げますし、
大きな、しっかりした右向きを作る習慣が身に付きます。

リズム感も 視覚が付いて回るので、一定になり易い

顔や視線が動くので
後半のラウンドで起こりがちな
慌てたテークバックの始動も未然に防げます。
IMG_2813Trim(2)_Moment(4)

17番ホールという 疲労のピークで
ここまで右を向ける のは「流石」ですね
IMG_2813Trim(2)_MomentIMG_2813Trim(2)_Moment(2)IMG_2813Trim(2)_Moment(3)







長い時間かけて習慣化されたのだと思いますが
これはとても大きな財産だと思います。

この右向きだと スイングが不用意に速くなってしまうこと
リズムを崩すことはとても少なくなるでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


スイングの本質として
振り遅れている コトを補う
のちのち、それを手の返しで補整するスイングを目指すよりも
始めから「振り遅れ」のない、もしくは少ないスイングを
目指す方が合理的でしょうし、
からだにも負担が少ないと思います。


あるSNS(ソーシャルネットサービス)で
いろいろな方のゴルフスイングを拝見させて頂いてますが、
いまや 振り遅れのスイングが主流 のようで
それはそれで困ったコトかな と思います。

ご存じのとおり、振り遅れの基準は
インパクトタイミングが体の正面〜ボールと正対した あたり
ということで
振り遅れ とは明らかに
 それ以降、つまり 体が開く〜左を向く〜上を向く
タイミングに常時インパクトがあることを指します。
BlogPaint

ゴルフクラブは特性上
両腕の長さが釣り合った状態 で
本来の ロフト性能 を発揮しますし、
体の回転で!という名目ですが、
下がり軌道のどこかにインパクトが
あることを基準に考えられ、構成されています。

ですので 体が左を向いている…というコトは
左腕が目イッパイ長く、右腕が短い状態での
インパクトになり、ロフトもより空を向き、
ヘッドの進行も上がり過程の中に入りますから
出ているヘッドスピードが上げ底 のような
そのスピードの7割〜8割が
実際の飛距離に反映される状態、
そして この方法ですと ヘッドスピードが遅めの人には
非常に飛ばしにくい状況です。
…ある年齢になると 突然、飛距離が落ちる のはそういうコト。

スナップショット 1 (2018-04-02 15-13)スナップショット 2 (2018-04-02 15-14)スナップショット 3 (2018-04-02 15-14)









振り遅れ〜体が開かないようにするために
インパクト以降 体の回転を止めてスイングするのも
とても体に悪い、危険ですから 出来れば避けたいですし
逆に、腕を振るため 体を止め
そのために テークバックの右向きも出来るだけ『しない』
というのは 甚だ本末転倒です。


テークアウェイで しっかり胴体〜体〜骨盤 を
右に向けるのは 絶対条件
 ですが、
それ以降 体の回転に
左腕が付いて行っていない のが振り遅れの要素になります。

体の回転で! という想いはわかるのですが、
長さのある腕、長さのあるクラブ、
その先端に重さの集中した構造がゴルフクラブですから
体の回転で動かそうとすると
その運動分、腕もクラブも重くなり、遅れてしまいます。
    タコ踊りのような状態ですね…。
クラブは遅れると 腕もクラブも実質長くなる特性がありますから
その境目を超えると はっきり振り遅れるか、振り遅れないか
のいずれに分かれるほどの差で 曖昧な個所はないと考えられます。
imageCAJZ6XBVimageCAX9G566






せっかく トップオブスイングの位置で
クラブが立ち→クラブが実質短く(垂直ならば長さゼロ)
しかも グリップエンドが下を向き、
クラブの重さによって左腕・左グリップが動かしやすい
その形を作ったのですから、
体の回転!ではなく、その左グリップ、グリップエンドから動かす
つもりで ようやく 体の回転と同期する のです。

私を置いて行かないで
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 

これは断言できますが、
スイングさえ良くなればゴルフが良くなるわけでは
ありません。



ありませんが、人間は歳をとるモノで
つまり経年劣化は進むわけですから
体に優しい動き、理にかなった動き をした方が
ゴルフを良くし易いのも確かです。


また 年齢を重ね、体力〜持久力が落ちた時に
ゴルフクラブの助けを借りられるようにしておいた方が、
ゴルフクラブの機能を使えるようにしておいた方が、
楽できるのも確かです。



スイングを変えたくない人もいます。
自分のリズム、自分のテンポが大切だから…と
それにとやかく言うつもりはありません。
体を痛めず、楽しんで頂ければよいと思います。


スイングとクラブをオタクとして研究している私
からすると、多くのゴルファーのスイングは
運動性能・運動神経でカバー出来なくなる
 40代後半から50代後半で破綻をきたします。

飛ばなくなる、体を痛める、安定しなくなる、
バンカーが出なくなる、 そのあらわれ方はそれぞれですが
それには確固たる理由があります。

その例を挙げてみましょう。
例えば このスイングをご覧ください。


一見すると 全体の動きはスムースですから
良いスイングに見えますが、厳しく言えば
他人の共有できるスイングになっていません。
スナップショット 1 (2018-05-17 19-39)

一番問題なのは このインパクト直前で
10度前後のドライバーのロフトは サンドウエッヂ並
に寝た状態になっており、
ここから ほんの10数造里箸海蹐縫棔璽襪呂△蠅泙后
こんなにロフトが寝て、右を向いたフェースから
ほんの 3/5000秒先 で

✊インパクトを適切なロフト
✊インパクトで適切なヘッドの高さ(上下)
✊インパクトで適切な向き


にするのです。

この3つを 腕さばきのみ で
時間のない 高速なここで処理するのです。

この方法を 誰かに伝えることが出来るでしょうか?

この方法の 改善法を誰かに聞くことが出来るでしょうか?



正直 これをスイング技術…とは呼べないと思います。
そして とても多いゴルフスイングのパターンです。

そう この手のスイングにした場合、
誰からも、プロからですら
適切なアドバイスを貰うことは不可能で、
運動神経が落ち、運動性能が落ちたとしても
自分で切磋琢磨して この技を磨かなくてはなりません。

そして この技の難しいところは
振り遅れ が ヘッドターンで間に合った としても
やり過ぎてしまう可能性も含め
それこそ タイミングによって
ありとあらゆる球筋が
 ほんの1/2000秒単位のズレ で発生してしまうコト です。

このスイングである限り、
私からアドバイス出来ることは何もありません。
私には真似のできない、真似たくありません。

このスイングであると クラブの機能は
あればあるほど 自分の動作の阻害要素になりますので
機能の少ない… 例えば
 シャフトが硬い
 ヘッドが軽い・小さい
 慣性モーメントの小さい
 重心距離の短い
 重心深度の浅い

モノを選ばざるを得ません。


体を痛めず 頑張ってください
 と言うのが関の山です。



MVI_0796_Moment




ゴルフスイングを 理にかなった
自然なモノにする というのは
ゴルフを良くしていく「考え」の基礎になります。

振り遅れを 無理やり 小手先の「返し」で
取り戻そうとする考え方は
必ず そのスイングがゴルフそのものに反映します。
ゴルフクラブをねじ伏せようとする考えは
必ずプレイ、プレイの選択に反映します。

あるがまま とはそう言う事です。

出来るだけ /兇蠱戮譴鯊い蕕覆そ猗
△修靴董/兇蠱戮譴噺世Ε潺垢鷲ず出るんだ
そして そのミスをその場その場で修正するのではなく
  ミスが出ても 使えるミスに留めておくようしておく

という心構えが ゴルフを良くしていくんだ と思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



アマチュアがスイングを良くしたい
と考えているケースの多くが
✊飛ばない
✊安定しない

のいずれかか、その両方です。

飛ばない を主にして考えると
飛ばない原因の 99% は
体力を含めたヘッドスピードなどの不足…ではなく
振り遅れている
適正な時期(体の正面)を逸しているコト
 です。

振り遅れている と言うコトは
体が開いている~左を向いている のですから
腕の付け根(肩)の位置関係は
左はボールより遠く、右はボールよりも近い状態です。
回転の関係上、その状態では
左サイドは高く、右サイドは低くなっていますから
双方で右腕は伸ばせません。
つまり ロフトの開いた状態、多くなった状態 です。

ボールの質 としては
 打ち出しが高く(左が高く右が低い)
 スピンも多く(右腕が伸びずロフトが大きい)
 右回転が入っている(軌道に対して開いたヘッドの向き)

これが原因です。

BlogPaint


これを改善するには二つしか方法はありません。
 ̄Ωきをより多くとり 適切な時期にインパクトが
 迎えられる努力
間際で 振り遅れを修整する努力

 
➟俗に言う ヘッドターン です。

△離悒奪疋拭璽鵑任
 形式的な振り遅れは解消できる可能性は生まれますが、
 今度は
 ✋方向の右左
 ✋回転の右左
 ✋球質(打ち出し)の高低
 ✋回転の大小

 どれが出るか分からず、
 また その度合いや速度、タイミングなど
 誰からも教わることは出来ず、
 誰にも教えることも出来ない微細なモノです。

これを 本当に問題の解決 と信じている…のは
少々残念に思います。

 振り遅れは解消されても
 ヘッドターンと言う 角度のあるモノを回転させる動き
 それを 体が開いている状態で行うのですから
 倍付で安定度を失います。
 飛ばないけれど そのまま打っていた方が
 似た球は打ち続けられるはずです。


3-5→3-19_中 (7)


スイングを改善していく ということは
「自分にとって」実現可能なコト
「自分に取って」繰り返し実現できるコト、

一度出来るように成ったらメインテナンスが必要でないコト、
はとても重要です。

覚えたとしても 毎度毎度反復練習が必要で
さぼったら消えてしまうようなスイング改善は
現実的ではアリマセン。

そのためには 出来るだけ動作を減らす
やることを少なくする必要は必須なのです。

スイングは体の向きを変えるので円運動であり
テークアウェイとダウンスイングと言う
進行方向が逆転する往復運動でもあるので、
テークアウェイで行えば、必ずダウンスイングで
テークアウェイでした以上の動作が必要となります。

振り遅れの元になるのは右向き不足ですが、
その基準となるのが グリップが体の幅の中にあるか どうか で
グリップが骨盤の前(骨盤の幅)にあるか どうか で
それを崩してしまう テークアウェイ は
 ゴルフスイングの始まりとしては失格に相当するのです。
grip  posi

まず そこを改善する必要があります。

ですので これらはすべて駄目です。
4bcbe6f4
20170920_matsuyama-650x435スナップショット 1 (2017-11-13 14-55)











ここで よくあるケース ですが、
プロがこうしてる とか
その手の考えは幼すぎます。

重要なのは「自分が」出来るかどうか です。

彼らは職業でしていますし、
年齢も若く、体力もあります。

練習も日々 なん百球も欠かさず打っています。
経験年数も我々よりあるかも知れません。

その彼らの動きは参考になる部分は有っても
アマチュア、オジサンゴルファーにそのまま
適切な方法とは限りません。

スイングは夢物語で良くなることはないのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



今回の 頑張ってる君(仮称Gさん)のスイング改造の
大きな目的は 少々大袈裟ですが、
ゴルフの神髄に迫る
スイングの本質を考える
 です。
MVI_0796_Moment

ゴルフの本質、スイングの本質とは
『ゴルフはミスの連続のゲーム』 です。

スイングにおいてもそう。
スイングで完璧というのは
実際ラウンド中、コースでは不可能です。
夢物語に過ぎません。

体に無理な負担をかけない限り
距離は出来るだけ飛ばす というのは
絶対条件でありますが、
「ショットの全てはミスから構成される」
と言う考えのもとでスイングを造ります。

ハミングバードの目で言うと
多くの方のスイング、そして現代のスイング理論は
すべて 修正論 というか
全てのショットを ナイスショットにしようとしています。

振り遅れを修整は出来ても
どんな球が出るか打ってみないと分からない
というの 現代のスイング論 に思えます。
出る球の確率論は無視し
 振り遅れを修整することがスイングではない気がします。
 
非常に伝えにくい部分ではありますが、
ナイスショットを目指すのではなく
✋ミスの範囲を狭める
✋使えるミスショットを打つコトの方が
より現実的です。


スイングのミスは
体の右向き不足を始め、理由は多々ありますが、
例外なく 振り遅れ・・・
ミスでないショットの基準の
体が正面、ボールと正対している時間を基準に
それより振り遅れ…その時間を逸していることです。


そして 多くの人の 大いなる勘違い は
✌その振り遅れを取り戻そうとしている
✌その振り遅れを修整しようとしている
✌その振り遅れを取り戻すことが良いスイング

…もしくはスイングそのものだ と信じていることです。
スナップショット 2 (2018-04-02 15-14)スナップショット 3 (2018-04-02 15-14)








スイングの ミスでないショットの基準は
体の向き 正面であることです。
それは 回転と言う円の動きであるため
それを修整するには
 当然 円の動きで修正しなくてはなりません。
が 故に すべての球 が出てしまう可能性があるのです。

コースへ出れば どの道 振り遅れます。
それを修整することをスイングの主目的にするのでなく
振り遅れたとしても使えるショットを構築することです。
 使えるミス、計算の立つミス、
具体的に言えば 逆球
ある一定の球しか ミスであっても出ないように
しておくことが スイングの本質なのです。

振り遅れていることを ヘッドターン等で修正すると
.棔璽襪僚亠紂,
 右 にも、 左にも、 出る可能性があります
▲棔璽襪硫鹽勝,
 右回転 も、左回転 も 入る可能性があります
5紊寮質も
 打ち出しが高くスピンの少ない球も
 打ち出しが低くスピンの多い球も生まれる可能性があります

スナップショット 1 (2018-04-19 18-11)

👉ある程度 上手く打てた…ミスを修整出来たとしても
 これでは どの球が出るのか 打ってみないと分かりませんし
 修正の速度や量など 非常に繊細な部分で
 しかも 一番高速になる時間帯に行うので
 一定させることが非常に困難な方法です。

そうではなく
まず原点として
ミスの幅を狭めるため、修正の余地をなくすため、
ヾ霆爐砲覆襦‖里寮橘未了間を確保する
 …しっかりした右向きなど
▲ぅ鵐僖ト直前、直後での修正をしない
 …ミスになっても一定のミスになるようにする


✊ボールは正面〜右にしか出さない
✊ボールには左回転しか入れない
✊打ち出しがロフトなりの低さで スピンはロフト相応



逆球を打たないスイングを造ることが重要なのです。

ですので 考えとしてはポジティブで無いかも知れませんが、
ナイスショットを打つ為を目的とするのでなく
ミスの幅を狭くする、ミスが出ても痛手を負わない、
計算の出来るミスでゴルフを構成出来る
スイングを造ることが 若くなく、体力もなく、
練習量、練習時間も取れないアマチュアには
絶対必要なのです。

・・・多くの人がそこを勘違いしていると思いますね…


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

   

上手く行かない時、
特に飛ばない時
ヘッドを速く、たくさん動かしたくなる気持ちは
人情としては分かりますが、
スイング/ショットとしては駄目駄目です。

スナップショット 1 (2018-03-26 9-46)

先端部に当たる 重さのあるヘッド部分を
たくさん、そして速く動かそうとすればするほど
『スイングの充実感』は増しますから
飛ばせる気持ちになりますが、実際は全くの反対で
ましてや テークバックと言う行為は
ボールを飛ばす準備行為であり、
    運動〜動作方向は真反対!

ここで ヘッドの通り道を多くして
ヘッドを速く動かす なんていうのは
速く走りたいのに 岩を背負っているに等しい行為 です。

ヘッドの重さは ボールとい質量をどかす
と言うコトに特化させないといけません。
自分の動作の助力や呼び水にするのは構いませんが、
重く感じる充実感 というのは単なる自己満足に過ぎず
遠くへ飛ばすエネルギーとしては活用できません。

テークアウェイで
ヘッドに慣性が付くような動かし方は
極力さけたいモノです。

そこをまず改善してみました。


テークアウェイの時点から
その初期動作の時点から
出来るだけ ヘッドを動かさず
アドレスの時点に置き去りのようにします。

テークアウェイにおいて
ヘッドは上げようとすれば するほど上がらず
単に トップの位置が深くなり
オーバースイングに成ったり、
自分では把握できない程 ヘッドが動きすぎたりします。

ヘッドの重さを利用し
アドレス時、セットアップ時の そこに
ヘッドを置き去りにするつもりで
体の回転、腕を動かしていくと
何故か 自然とグリップとヘッドの相対関係は
上下の関係が作られます。

しかも この動作には
ヘッドに慣性が付いていないので
自分の好きな深さ、好きな場所、
ダウンスイングのし易くトコロを設定するのが楽です。

ヘッド『を』上げていませんから
ダウン…とは名付いていますが、
ダウンスイングで ヘッドを下げなくてはイケナイ
という 生き帰りで 二つの動作を丸ごと省くことが可能です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


何と言う名称なのか忘れちゃいましたが、
映画スターウオーズに出てくる
光のサーベル…みたいの、ありましたよね。
     ……ライトサーベル??
main

もし ゴルフクラブのお尻(グリップエンド)から
自分の方に向けて、ヘッドへのシャフトと反対方向に
レーザーみたいなものが出ているとしましょう。

もしくは 少々危険ですが、
細い棒をクラブに縛り付けてあるとしましょう。


アドレス時は そのレーザー(仮にレーザーと呼びます)は
自分の左サイド、へそのやや左を指していますね。

テークアウェイしていくと そのレーザーは
徐々に下向き、地面の方を向くのですが、
左右関係において、その向きは大きく変わらず
変わったとしても 自分の体の左側の体の外を指します。
スナップショット 2 (2018-01-31 14-10)

さて ここからが問題です。

クラブを両手で持ち、
そのお尻からレーザーが発光されている…
ということは このレーザーが指している方向に
頭があります。

ダウンスイングからインパクト、フォロー、
フィニッシュに至るまで
上下方向は兎も角、レーザーの指す左右方向は
トップの位置のままです。

レーザーで自分を横切る、切腹することは無いのです。

実際にクラブに棒を縛り付け
ボールを打ってみると、怖い気はしますけれど
別に特別スイングとして違いはありません。
邪魔ではありますが、ほどほどのスピード
7番アイアンで100ヤード以上は打てそうです。

レーザーが自分を横切る、切腹する、
ということは 体の向き〜体の回転と
クラブには正しい関係がない! ということになります。

手打ちは良くない、イヤだ、と言いながら
結局のところ、手でボールを打っていることになるのです。

ボールを打つ衝撃波思っているほど少なくありません。
成人男性のドライバーショットのインパクト加圧は800前幣紂
安定がし難いこともありますが、
その衝撃を手の振りでクラブを動かして対処するのでは
遠くに飛ばせません。
手首や肘も痛めます。
MVI_0741_Moment(5)MVI_0741_Moment(8)







実際に クラブに棒を据え付けるのは危険ですから
辞めておいて頂くとしても
少なくとも 素振りのイメージで
棒が自分を横切らない、切腹しない
使い方をトライしてみてください。

いままで 体を開いて止め
その反動で腕でクラブを振っていたのとは
まるで違う インパクト時のフェースの造り方 に
当然なります。

からだを左に90度…とは言わないまでも
60度も70度も開いて状態でボールを打つのと
同じ手さばきになるはずもありません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


スライスに悩む多くのゴルファーは
その原因の多くが
『アウトサイドインだから!』
と妄信していますが、
「そんなものは嘘っぱち、気にする必要なし」
の方が正解に近いでしょう。


スイングの軌道が
インサイドアウト…に見えるのは
 (ボールよりも自分側をイン、ボールの外側をアウトと定義すると)

2017-06-13 19-07-51

‖里硫鹽渉未蠅
 体の回転度同期して動いている(移動)から
 右向きから〜正面を経由して〜左向き
 その中の 概ね 正しい時期にインパクトがあれば
 現実には インサイドイン の軌道になります。

 ですので 昨今の手の振りで
 スイングの軌道を造るのは
 正しくは クラブを寝かしてヘッドターンさせる
 という 体の回転で造る軌道の疑似行為に過ぎません。
 腕の振りによって軌道を造れば
 見てくれだけのインサイドからの進入 は
 単にクラブを寝かして、ロフトを開いているだけ で
 何を満たそうとしているのか 意味が分かりません。

 偽物インサイド は
 直前までソールがボールに向いていますから
 見てくれのインサイドは出来ても
 その分、数倍難しい 一番忙しい時間帯で
 ヘッドを回転させ、適切なロフトや面の向きで打つ
 曲芸に転換されてしまうだけです。

MVI_0796_Moment

▲ぅ鵐汽ぅ匹賄討盂僉▲ぅ鵐僖ト後の
 アウトサイドに抜ける ように見えるのは
 加速によりクラブが重くなり
 テークバック〜ダウンスイング側に比べると
 クラブの長さが長くなる…ような
 そんな形になるに過ぎません。



特に問題なのは
からだ…胴体…骨盤の動きと
腕、クラブが同期しておらず
…にもかかわらず、手や腕で
クラブを寝かして、ボールの内側から
入れてこようとすることです。
スナップショット 2 (2018-04-02 15-14)

これには クラブの構造、ヘッドの構造が
密接に関係しており
ハミングバードでは
『ダウンスイングは少々オーバー気味でシャット』
フェースが地面を向いている…ことを指しますが、
その原点は
単に ダウンスイングからインパクト付近までは
からだが右を向いているからです。
✋前傾姿勢+骨盤の右向きでは
 体の左サイドの方が低く、右サイドの方が高い
 相対関係になります。
スナップショット 1 (2018-04-19 18-11)

ゴルフクラブとゴルフスイングの
とても面白い関係は
からだの回転と同期させたい を基準にすると
シャットを造ると
より左サイドが低い時間が長く取れ
シャットになります。
そう言う重さのかかり方になる
 からです。

一方、体の向きと関係なく 開いて入れてくると
オープン…空を向いたフェースの状態は
左を上に、右を下に 行かせる様な重さのかかり方
になってしまうので、
よりオープンに、より体は上向き、
より体を開くスイングになり易くなります。
BlogPaint

まぁ、元々振り遅れているのですが、
✊正面を向いて‼から 腕で振れば
 インパクトに行くまでの時間の経過で
 体の向きは開くので
 インパクトのホントに直前まで
 フェース面は空を向けていないと
 ボールを自分の方に打つ ような感じになりますから
 ショットになりません。

クラブの重さ、ヘッドの重さ
というのは単に単位としての重さ だけでなく
必ず重さの誘う方向が付いてきますから
クラブの行きたい方向に自分の動く と考えるより
自分の行きたい方向に行かされてしまうクラブ姿勢
と考えるべきでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



とても大切なコトですが、
どのようなインパクトを迎えるか
どのようなダウンスイングをするか
は トップオブスイングでの
 "クラブ姿勢" によってほとんど決まってしまいます。

✋人間の動作、恰好 を優先するのでなく
その クラブ姿勢を造る ために
動作や恰好がある と考えて方が良いでしょう。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)

それほどクラブの造り出す重さ
運動した時に生まれる不可抗力は
スイングに影響を及ぼす、
スイング動作の半分は不可抗力に作られています。

ですので、それを逆手にとって
望みの姿勢、望みの場所 に行くための
不可抗力を作り出してしまえば良いのです。

例えば ダウンスイングやインパクトで
右サイドが落ちる、潜る・・・
左サイドが上がる、体が開く・・・
が悩みだったとします。
4bcbe6f4トップオブスイングでの
クラブ姿勢がこうであれば、
必然として 重さは
からだの右サイドを下へ
からだの左サイドを上へ

と誘います。

ですので 動作としてのスイングを治すコト よりも
クラブ姿勢としての重さの造り方 を
考えるべきです。

安定したショット
より遠くへ飛ばす コトを実現するのには
本来味方であるべき
ゴルフクラブと喧嘩しては上手く行きません。

どの道、その重さには抵抗しきれないのですから
奥さんと喧嘩するよりも
奥さんと仲良くする方が良いでしょう(^^)/


トップの位置から通過点としてのインパクト まで
出来れば最短、
クラブの重さによる落下速度が
運動速度の助力となるような
トップのクラブ姿勢を模索する必要があります。
grip  posi

そして それを実現するための
テークバック、そしてアドレスやグリップ
と スイングを逆回しして考えるのも
良い手だと思います。


スイングの大きな『上手く行かない』要素 として
根本的に
✊重さは動きたがらないモノ
ということを忘れがちです。

ヘッドの重さを動かそうとすればするほど
次の動作への不可抗力は
倍々に増えていきます。
それでは 重さのために動作 することに囚われ
ボールを打つ と言うコトが二の次になってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフクラブのその機能を活かすには
 重力と喧嘩をしないコト
というのがとても大切になります。

おそらく どのスポーツや動作でも
同じだとは思いますが、特にゴルフで使うゴルフクラブの、
その打撃部分のヘッドは
機能を表す言葉"心距離"や"心深度"など
「重さ」によって多くの機能を発揮するようになっています。

重さ と仲良くするには
✋上方向への動きを出来るだけしない
✋出来るだけモノを動かさない
✋モノを動かすなら出来るだけ小さな筋肉//部位は使わない

 というのが原則になるのでしょう。
スナップショット 1 (2018-01-31 14-09)

特に魅力的な『飛ばし』に関しては
運動能力で補えるのなら、それはそれで羨ましいですが、
そうで無い場合、 
効率よく飛ばしたい、
楽して飛ばしたい、体を痛めず飛ばしたい、
道具を利用して飛ばしたい、
 のであれば
 下方向 というのが
スイングの中に存在するか、どうかが
かなり比重を占めています。

下方向・・・というと
トップの位置からインパクト 〜ダウンスイングで
クラブを下に振れば良い と思っている人が多くいますが、
 …実際に自分の目や体で確認してみると良いですが
"クラブを"下方向に 腕や肩で振ると
必ず、ほぼ間違いなく 体は上を向きます
。(左サイドはあがります
ですので 結果としては、下に振っているつもりでも
上にモノを動かすことに、それも体ではなく
肩から先の腕や手で重さを動かすことになるのです。

その上で とても重要になるのが
 「シャットフェース」です。

勘違いしてはいけないのは
シャットフェースと言うのは
 体の傾きと右向き
によって作られるモノであって
体の傾きと右向きを関係なく手先で
 フェースをシャット(下向き)にしても
なんの意味もないばかりか、
より一層動作は複雑になり、体を痛める原因になります。

体の傾きと右向きがあれば
ダウンスイング時、進行方向に当たる『左サイド』が
右サイドよりも低くなり、下に向かっての動作になります。

体が右を向くことによって ボールから遠ざかる のも
ありますが、上方向から下方向へ、遠いところから近いところへ
体…という重さの大きなもの、慣性の大きなものが
ボールに向かって、そして打撃方向に向かって動くのですから
当然 飛ばすコト に有利に働きますし、
大きな慣性のモノが動くのですから
ミスヒットにも寛容になります。


ljpoこのように手であげてしまうと
その時点で ダウンスイングの下方向を
拒否?放棄することになりますから、
本来 重力方向に動く自分の重さや
クラブの重さを 人力で造らなくては
ならなくなります。
…それが好き!!と言われたら何も言えませんが…。


飛ばない人のパターンは手先でクラブを上げます。
ダウンスイングに本当は存在する筈の
ダウン(下方向)と言うのが存在しません。
当然 クラブを開いてあげているので
クラブをより重く使い、その重さはよりクラブを引き留め
よりクラブを遅らせ、よりロフトを開かせます。

より大きなロフトで クラブを下に振るので
左サイドは上がり、右サイドは下がるので
そのクラブの本来の入射角度が緩く、もしくは
上がり軌道になるので、打ちだし角度は取れても
ボールスピードが上がりません。
ボールスピードが上がったとしても
 ボールの飛び出し角度が高いので
ボールの空中を飛ぶ道のりに対し距離が伸びません。
人によって これに右回転が加わったりしますから
より一層大変です。

スナップショット 3 (2017-01-23 17-38)


厳しい言い方をすると 飛ばしを悩んでいる人ほど
トップの位置やダウンスイングばかり気にして
テークアウェイの初期で飛ばす準備を無視する傾向があります。
自分で重くしてしまったクラブを 力づくで動かすことに
言葉は悪いですが 充実感〜快感 を感じていますから
その感覚を廃棄するのが難しいのかも知れません。


クラブを動かす充実感の無い刷毛塗に
どこまで馴染めるか というのがポイントでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ