◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: ヘッドの重さの働き



文面で説明するのはとても難しいですが、
全員とは言いませんが、かなりのゴルファーの
からだの回転 間違ってます。
・・・というか 動作としての回転になっていません。

ararara_MomentOKII 2010_06_12_11_44_30_(4)(2)_Moment(2)








それ からだの回転 とは言えません。

からだの回転は
背骨を軸として、からだ の向きを変えるのです。
からだは 痩せている人であっても
成人男性であれば 30舛40舛癲,△襪里任后
その重さ となると 軸足があって、 支える脚がないと
言葉通りですが、支え切れません。

言葉で言うのであれば、その重さのある「からだ」を
例えば 左に向ける となると 左足が軸にならないと
体の向きを変えた・・・というコトにはなりません。
IMG_0401 (2)_Moment

体重が右に乗っていて 体の向きを変える動きは
✋体を引いた のであって
動作として 回転をしたのではありません。

今の多くのスイングは
右を向いている時にダウンに入り、
おおよそ・・・ですが 正面を向いた時がインパクト、
(右向き〜正面 までの期間がダウンスイング)
ではなく、 グリップを途中から自分側の内に引き込むことによって
正面向きをすっ飛ばして いきなり左を向くことによって
シャフトターン、クラブターン を行う方法なので
体が左向きの状態になっても
体を引いているので 体重を右に乗せることが出来ません。
キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)





グリップがインに引き込まれているのに
ヘッドはインから出てくる というコトになりますから
グリップは アウトサイドイン で
ヘッドが インサイドアウト という
なにが なにやら わからない打撃です。


インパクトは重さとの勝負です。
ヘッドも、グリップも、そして体も
遠いところから(インサイドから)
上から
ボールに近いトコロへ、低い所に
移動している過程で インパクトを迎えるから
重さに強くできるのです。
IMG_0148_Moment

ヘッドだけがボールに近づき
それ以外のモノが ボールから離れていくのでは
打撃の「モーメント」が低すぎます。

せめて アプローチのような ゆっくりした動きの中で
体も、グリップも、ヘッドも、
高いころから低いトコロ
遠い(インサイド)ところから近いトコロ に
移動している中で インパクトを迎えるようにしてみましょう。

通常、打撃のあるスポーツでは
これを「体重を乗せる打撃」と呼びます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフクラブの重さ〜ヘッドの重さ は
方向として グリップからヘッド方向 にかかるモノ
と考えて 造られていません。

グリップからヘッド方向 の重さでは
『ボール打つコト』
『ボールをある方向に飛ばすコト』よりも
クラブを飛ばさないコト、放り投げないコト に
意識が必要になります。

グリップからヘッド方向 への重さのかかり方 では
ボールを打つために動かしていく行動・動作の邪魔、阻害要素になりますし
より強い握力や腕力が必要になります。
折角、多くの人が楽しませる為に道具があるのですから
それでは本末転倒になってしまいます。

IMG_0294_Moment(5)


ヘッドの重さ は  ヘッドからグリップ方向、
つまり 重さを使って グリップを動かすためのモノ です。


そして それは同時に「いつ」と言うのも指しています



重さ というのはその言葉の通り、重力方向に掛かるチカラ です。
グリップからヘッド方向に その重さを使うとなると
グリップよりもヘッドの方が低い時間に それを利用することになりますが、
逆に、ヘッドからグリップ方向 であれば
グリップの方が低い時間帯のその重さを使うことになります。


✋ヘッドを動かしても 結果グリップ、クラブは動きますが
その動かされる方向は 
ボールを打つための方向でも
ボールを望みの方向に打つための方向 とも大きく異なります。
✊グリップを動かすから、その結果、ヘッドもクラブも動くのです。

IMG_0148_Moment


ですので ボールを打つ が含まれる時間帯
ダウンスイングからインパクト直後 まで
その重さによって グリップが「いつ」「どの方向」に動かされるか は
脳みそ筋肉、筋力で勝負したくないゴルファーにとっては
とても重要な ショットの要素 なのです。

そのための テークバックであり、トップの位置 なのです。

クラブ…
〇ヘッドの重さによって グリップがどの方向に動かされるか
〇自分は グリップをどの方向に動かしたいのか

  いつ 動かしたいのか
この二つのすり合わせはとても大切です。
そのための重さであり、そのためのヘッドの重心点なのです。

そして 忘れてはいけないのは
ゴルフクラブ、ヘッドを一番大きく、多く動かすのは
体が 右向きから左向きに向きを変える回転 です。
その回転には 当然 各時間においての 進行方向 があります。
グリップに掛かる重さ と それがリンクしていないと
体とクラブは別々の方向に進むことになってしまいます。
ゴルフの場合、その道具の構造上、
それが 手遅れ、こすり球、ミス、スライス になるのです。

出来るだけ 同じことを 筋力に頼らず 繰り返すため
自分の動作方向、自分の希望方向 と クラブの重さの方向、
グリップに掛かる重さの方向は 似たモノにしておくべき でしょう。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


オンプレーンスイングやヘッドターン理論は
根本的に、ヘッドの重心位置 の働きを無視する
スイングで それらのスイングを所望する人にとっては
ヘッド重量と同じく、重心距離は出来るだけ短く
重心深度は出来るだけ浅く、限りなくゼロに近くなる方が
スイングがしやすくなる。
スイングサンプル_Momentスイングサンプル_Moment(2)








重心距離が長くなる、重心が深くなる、
慣性モーメントが高くなるほど
ヘッドが重いのと同じ効果 になり、
ゴルフクラブの構造上 重心点 は
ヘッドの右に位置するため
深いモノ、長いモノ ほど
進行方向が右になる テークバック時は
ヘッドが開き易く、ヘッド単体が動きやすくなります。
右へはヘッドターンがしやすくなる
右へは手で上げ易くなる 訳です。

スイングの動画などを見ると
アドレス時に比べ、テークバックし同時に
グリップがからだから離れる、膨らむ のは
その典型的な例で
また その膨らむことを利用して
それ以降もより一層 開き、手で上げる傾向が強くなります。
IMG_0058Trim (2)_MomentIMG_0058Trim (2)_Moment(2)






体で上げようが、手で上げようが
テークバックは本来 インサイドに、ボールから離れる方に
全てのモノが動く・・・筈なのですが
そういった理論はどうでも良いようです。

グリップがからだから外れ、フェースが空を向くような状態…では
クラブとして 最大に重くなります。

そして 
クラブの構造上、重心点は右に位置するので
ダウンスイング、テークバックの反対で 
左に移動しなければならない時間に入りますが、
ヘッドはそこに残り易く、より開き易く、重くなります。
👉最大に重くなったクラブ、最大に重くなったヘッド
ここから ヘッドターン、シャフトターンをしたい筈・・・なのに
一番し難い状況から始めることになりますので
当然、時間もかかりますし、筋力も必要、スピードも必要になります。

テークバック時に ひょいと楽をして、手であげる 楽を選んでいるのに
ことショットにおいては 重要なダウンスイングで
それにより より大変になるのですから 頭がよいのか悪いのか・・・

特にこのスイング、クラブ扱いでは
重心距離の長い、重心の深いウッド系ヘッドは
アイアンとは同じように扱うことが出来なくなります。
IMG_0624

また 空中のボールを打つドライバーはマシ な方で
地面のボールを撃たなければならないフェアウェイウッドは
壊滅的・・・と言えるかもしれません。

最大に重くなってしまったクラブ、ヘッドを
進行方向〜左 のダウンスイングで より時間をかけて
インパクトに向かうのですから 当然のように
重さは多く、長く 右サイドにかかります。
右サイドが下がってしまうのは必定で
その下がりはイコール 左サイドの下がり、体の開きとなりますから
想像通りのミスを誘発しやすくなります。

特に昨今では 軽量スチールシャフトの影響で
アイアンはどんどん小振り化 =ヘッドは軽く、重心距離は短く
重心深度は浅くなっているので
ウッドとの差は年々開いていきます。
✋スイングの練習は主にアイアンですることが多いのですが、
 それは同時にウッドが苦手になる、もしくは一球一球交互に打つ
 コースでミスを生むための練習、セッティングとも言えます。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



アドレスから始まり、テークアウェイ
そして トップオブスイング がありますが、
このトップの位置で
最も重要なモノは「重さのかかり方」です。
スナップショット 2 (2018-01-31 14-10)

腕も含め クラブの重さというモノは
馬鹿に出来るような軽さではありません。
腕もクラブも長さ というモノが付いて回りますし
それに運動が加わります。

特に トップの位置、もしくは 切り返し の部分では
その字のごとく、運動方向が逆転、反対になるのですから
「重さ」は重要になります。

とかく トップの位置 でのクラブの場所や姿勢
恰好などを気にされる方が少なくありませんが、
1212-1トップの位置は ダウンスイングに入るため
よりよいインパクトが迎えられるための準備であり
通過点でしかありません。
👈これでは 右サイドは下がり
クラブは寝るように重さがかかりますから
チカラで解決するしかなくなります。



ダウンスイングに入り易い 重さのかかり方
自分が望む グリップの行く場所に より容易く行き易いような
重さのかかり方・・・・・・・それが重要になってきます。


スイングの悩みの中で「リキミ」というのが
よく出てきますが、その「リキミ」は
望まないから、力まないようにすれば解決するものではなく
力まなくてはならない状況に陥るから
必然として「リキミ」が生まれるのです。

必要以上に クラブや腕が重くなったり
自分の行きたい方向、クラブを行かせたい方向と
大きく異なる方向にクラブの重さが掛かっていれば
力まざるを得ません。
望む、望まないにかかわらず 力まなくてはなりません。

ゴルフクラブには長さがあり
その先端に重さが集中していますから
体や腕の動きに対し、ヘッド部は遅れるのが普通です。
ところが グリップ部まで 体から遅れてしまうと
体の幅の中から外れてしまうと その重さは極端に増えてしまいます。

グリップ部が遅れないように
グリップの行かせたい場所を先読みし
それに生かせる重さのかかり方を
体の姿勢、それに対するクラブの位置や姿勢で
造るのが トップの位置を形成する基本 です。

IMG_0013_Moment(2)

特に 茲離哀螢奪廚
ダウンスイング以降においては
進行方向の一番前に位置する部位です。
その上 右腕・右手に比べ 総じて左側の方がチカラがありません。
それを クラブの重さで補うか
はたまた クラブの重さでその負担を増やすか は
ダブルカウントで大きな差になります。

ダウンスイングからインパクト通過点に対し
どの方向に、どこに茱哀螢奪廚鮃圓せたいのか
それが トップオブスイングの場所を造る最大の材料 なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 

からだの回転でクラブを動かそう
 と思っているうえで 決定的な失敗 につながるのは
 クラブが円を描く/反転する と考えているコトです
もしくは クラブが反転、180度ターンする と考えているコトです。

このイメージを持っているコト
 ☟ が原因です。

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)






どう言うことか というと
その動きを クラブ無しで再現するのは難しくないでしょう。
ところが それをクラブを持ってすると クラブの重さ によって変化が現れます。
変化 ではなく、もちろん違いがある! のですが…。

クラブ無しでも 腕をぶらぶら からだの回転で振ろうとすると
腕は運動とその重さ分留まり、からだが先に回って
からだが止まり始めてから はじめて 腕が動き出す ようになるでしょう。
それと同じです。

スナップショット 1 (2018-05-19 20-35)

👈このスイングイメージでは永遠に手振りから脱しません


からだの回転を正しく実行するには
クラブの重さ、運動で増えるクラブの重さ を
一切 無視・・・捨て置く必要があります。

✋特に長い棒の先端に重さのあるその形状は
その重さがあるので 『無視』→動かそうとしない をしっかり行わないと、
からだの回転 ではなく、
クラブの回転ばかりを意識することになり
クラブの重さによって 逆にからだの回転が阻害されます。


特にダウンスイングでの話になりますが、
からだが動き始めると、クラブ、特にヘッドの重さが増えます。
その重さはそこに留まろうとするチカラです。
ですので クラブはより自分に近い方に
巻きつくような形になっていくでしょう。

そして そのまま 左向き まで行うと
自分の体は 180度ターンしても
シャフトのターンは90度程度で終わります。
スナップショット 1 (2015-10-15 19-52)スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)










ゆるゆるクラブをさせてやってみてもいいかも…です。

ボールを打つ というコトを考えず、クラブを持って素振り。

ダウンスイングで 体の回転に対し
クラブヘッドは置き去り、無視しておくと
すんなりをからだは ボールと正対する正面を経て
左向きになります。

一方 クラブ、シャフトで円を描くこと
クラブ、シャフトを180度ターンさせる
ヘッドを動かそうとすると さっきの腕振りと同じタイミング
正面を向けず、いきなり左向きになり
からだが止まる・体の動きがおさまり始めてから
腕やクラブを振ることになる(振り遅れ) のを感じると思います。

クラブヘッドの重さは放っておけ です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



http://hbs.livedoor.blog/archives/1977783.html


コチラの記事の続き になります。


20090801 2009_09_02_15_09_49-62フレームショット


ボールはフェース面で下・地面に抑えるイメージ
これとは少々異なってしまうのですが、

上手く クラブを扱えない方の共通点 は
やはり 『ボールを弾いて打ってしまうコト』 に思えます。


ヘッドの移動速度よりも ボールの方が速く移動するのは
ボール速度の方が速いのは
それは 単にロフト角度の作用 なのです。

おはじきを弾くように ヘッドをボールにぶつけて
弾いて打つから そうなるのではないのです。

まった 同じ方法で打っても
ロフト角度の違いから ボールの方が遅く成ったり 速く成ったり
するに過ぎません。

06


 ヘッド速度とボール速度は対比
〇ロフト 10度のクラブでは  1.4
〇ロフト 30度のクラブでは  1.2
〇ロフト 50度のクラブでは  1.0以下

この数値を 巷では「ミート率」と呼んだりしますが、
数値だけで言うと この数値が一番高くなるのは
何を隠そう ロフトの一番少ない パター なのです。

✊アプローチなどで 二度打ちの出るメカニズムは
ロフトの大きなコトによる ボール速度の遅さ に加え
ボールの移動に角度が付くので 実質水平移動が少なく
ヘッドが ボールに追いついてしまうコトにあります


ボールをヘッドで『押して』打つ のと
ボールをヘッドで『弾いて』打つ のでは
ショットの仕方が変わってきます。

ボールを押して 打とうとする場合、ボールは 質量 の塊です。
ですので それに対して 体も自然に 出来るだけ大きな重さ
大きなモーメントを使って 👉つまり体を動かしながら
グリップの移動を断続的にしながら インパクトを迎えます。

一方、ボールを弾いて打とうとする場合、
ボールは質量というよりも、その見た目の形状であったり 大きさ
であったりするのだと思います。
弾いて打ちますから からだやグリップは 基点 として
どこかで止め、その慣性や惰性で ヘッドとボールをぶつけるコトになります。

おそらく これが ヘッドがグリップを追い越す
ヘッドローテーション、フェースの返し の元 になっているもので
それらは その打ち方の「後付け」の理屈と思われます。

スイングと言う動作とクラブの構造を考えると
ショットは 放っておけば 上から打ち、インサイドから打ち
ボールには左回転が入り易くなります。 
からだを回すコト によって グリップを移動させる
その結果、ヘッドが移動してボールを打つ というコトであれば
下から打つ、アウトサイドイン は存在しません。
よって 弧の大きさ の違いや個々の人による加速タイミング
などを除けば スイング軌道の差は 身長や構え、クラブの長さの違いに過ぎず
何種類もの スイング軌道の種類は存在しえないのです。

まして インサイドアウトとアウトサイドインの共存 や
ボールを下から打つ は 理屈上あり得ないのです。

しかし ボールを弾いて打つ のであれば
必ず ショット・・・インパクトは クラブ、特にヘッドしか動いておらず
それは 基点になる止まる体やグリップによって
無限な種類の軌道を作り出すことが可能です。
だから スイング軌道論争 になったりするのです。


おそらく この非常に基礎的なイメージが破壊されない限り
技術論や理屈では スイングはまったく変化を見せないと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5


去年春頃から スイング改造 に熱心に取り組まれ
来店されるお客様が大変増えております。
     
 (  生徒さん募集中 です!  )

IMG_0321_Moment

スイングを出来るだけシンプルに
モノの通り、重さの約束 に従う クラブの機能を活かした
クラブの構造通りのスイングをしようとすればするほど
重いヘッド、柔らかいシャフトは効果を示します。

重いヘッドの方が 指示、
重さそのものや その指向性・方向性がはっきりしています。
肝心のダウンスイングで 
どの方向に
なにを 「いつ」 動かすのか・・・動かされるのか・・・

というのが 重いヘッド程分かり易いですし、
なにより インパクトに奥歯を噛みしめるような強さが要りません。

その境目は 5番アイアンで300g位になるでしょうか・・・
現在の 悶絶クラブの5番アイアンは 320g超
市販の 〇〇クラブの5番アイアンは 240g弱

 ✋これの驚くトコロは 80gも軽いヘッドの方に
  倍も硬いシャフトが装着されているコト…なんですよねー
  逆なら・・・まだしも・・・。 果たして どちらがハード!なんでしょうね?!


現在の 悶絶クラブの5番アイアンは 160cpm
市販の 〇〇クラブの5番アイアンは 280cpm




✊体験しないと分かりませんが、ほんと皆さん
あの市販のまるで
「無いか」のようなヘッド重量で
本当にご苦労様 というか
飛ばないのに苦労しないのか 謎 です。

あの、まるで「無いか」のようなヘッド重量では、チカラのない方、女性などは
バンカーやラフで苦労するのは 至極当然 なんですけど…
   ( 一一) まあ 内緒にしておきましょう。

総じて 一般論ですけどIMG_0361_Moment
重い方が振り難い と思われているかも…ですが、
決してそんなことはなく、逆に 軽くてどうやってるのか 不思議です。
扱いが悪ければ 重さは抵抗ですが、
その抵抗は スイングの目安になりますから 良い先生です。
扱い慣れてくれば、 その重さはガイドさんですので
振り易いですし、打ち易いんですけど、、、まあ…手前みそですかね…。


レッスンしていて感じるんですが
結局は その方、その方は、コースに行けば
ゴルフクラブ以外、味方はなく、独りで戦わなくてはいけないので
如何に ゴルフクラブ と言う味方を作っておくか というコト
なんだと思います。

ヘッドが高く グリップが低い状況を作り
その重さを使って グリップを動かすコトでヘッドを動かす
というコトが「見えてくる」と クラブの使い方
スイングの仕方も変わってきます。

ヘッド自身を動かして ボールを打つ
その感覚が残っている限り、正直、何万球ボールを打っても
結局 そこから逃れません。
亮君などのしている打撃は
基本的に 人力によって ヘッドを如何に振り回すか で
練習量、筋力、体力なども含め アマチュアオジサン向きではないですね。
また ヘッド自身を動かして
 ヘッドでボールをさばく、ボールを探る と言うスイングでは
からだの回転が どうしても 腰回りと肩回りの 二重構造 になります。
現在の巷のレッスンでは それすらも放棄して
 肩の回転だけが からだの回転 という エクソシスト製造講座 になり果ててます。

images


グリップをどう動かすか
それには シャフトの柔らかさはとても良い協力者 であり、
先導者でもあります。
スイングの改良に苦労している人でも
ワンランク以上 柔らかいモノを渡すと より簡単に出来るようになる というか
手間を省ける 感じがしますね。
 勿論、自分の運動性能でも可能です。
ワンランク柔らかくなると 握りこぶし一個分余計に
    グリップが左に、下に押される感じ ですね。


スイングとゴルフクラブ
そして ゴルフと言うゲーム はよく出来ていてvideo-1531996834(2)_Moment
ゴルフクラブを その機能なり、その構造なり に
逆らわらずに使えば、実戦に強く成っていけます。
環境の変化や難しい状況の対処も良くなっていきます。
構造に逆らい、機能を使わずに 傲慢にスイングすれば
コースの環境、自然状況とも真っ向から反発して戦うコトになりますから
それは 体力次第 年齢次第の 子供のゴルフ です。
もっと みなさん 大人のゴルフをしましょ^^

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフクラブはその構造上、
スイングの動作中 その重さは数キロ〜十数キロ にもなります。
クラブを放り投げる訳にはイキマセンが、
その重さと年がら年中戦っていては
風や傾斜の伴う 実践のコースでは上手く行きません。

その重さを味方にするのと、その重さと闘うのでは
かなりの違いになるでしょう。

lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショットlesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット







スイングは 前傾して始める ので
グリップとヘッドの関係で ヘッドの方が下に感じますが、
実際には グリップ方がヘッドよりも高い位置関係にあり、
テークアウェイしていくと その位置関係が強調されるに過ぎません。
決して 腕の作業によって
ヘッドとグリップの上下関係が反転するのではありません。
BlogPaintlesson 2009_10_31







傍目に 上下が反転して見えるのは
体が回転するからであって 腕の作業ではないのです。

ダウンスイングであっても

ヘッドの方が グリップよりも低い「位置関係」にはしないのです。

グリップの方が低く ヘッドの方が高い 相対関係である
スナップショット 4 (2013-10-05 11-49)スナップショット 1 (2013-10-05 12-08)
トップオブスイングで クラブを離すと
当然! ヘッドでは無く グリップの方が地面に先に到達します。
何度やっても! どこでやっても! です。
ヘッドの方が先に地面に達することはありえません。

傍目に ヘッドとグリップの上下関係が反転して見えるのは
体が回転するからであって、腕の作業ではない
 のです。

ヘッドの重さを使って グリップを下げてあげれば クラブ全体が下がり易く
かつ ダウンスイングの動作の進行もスムーズになりますが、
ヘッドの重さを使って ヘッド自身を下げようとすると
それ以外の動きは 止める必要が生まれてしまいますし
無駄に下にかかる不可抗力を どこかで相殺しなくてはなりません。

折角 トップ付近で クラブ全体の重さがグリップを下方向に
打撃方向に掛かっているのですから
それを利用しない手はありません。
その方が 「断然!」 楽ちん です。

スイングのメカニズムを理解しておく必要もありますが、
クラブと、重さと格闘するスイングでは
現場、コースへ出た時 の精度、再現性に大きな差が生まれてしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5


〇体を回せばよい
〇からだの回転でクラブを動かせばよい

これでは中身が伴いません。

私はやったことありませんが
仮想通貨やFX やれば儲かる と同じ。

MVI_0873 (2)(2)_Moment


からだの回転でボールを打つのには

体が右向き ここから始まり
正面を向いていく過程の中で
✊ボールの遠くから近くへ(インサイド)
✊高い所から低い所へ(上から)

この時期を利用するためのモノです。



ですので この時期が存在しないとか
この時期を逃してしまって 体を回すことを考えても意味はありません。


最近の主流の
テークバックでは体は正面を向いたまま
しかし、ダウンからは腰(胴体/からだ)を回すは
体はボールから離れていき
体は上を向いていく(下から上へ)の時期になりますから
手で、腕で クラブを振らざるを得ません
そうしなければ 空振り です。


クラブの重さを使いますが
腕の補助で グリップが体から遅れてしまうのであれば
結局 腕で振らなければならなくなりますから
体の回す動作速度は 思っているよりも ゆっくり です。



体がボールに近づくコト
動作が上から下に向かっているコト

この時期を逃さないコトです。

ダウンスイングで 体を先に回し。。。。。
となると もうこの時点でその時期を失います。
好き嫌いに関わらず 腕の振りでボールを打つことになります。

からだの回転で打つ! とはそういうコトです。


✋そう考えていくとIMG_0361_Moment
 ゴルフクラブは 長さがあり、その先端に重さが付いています。
 移動・・・運動させれば その重さは積算で増えます。
 そして それを持っている、支えている腕は
 当然ですが、体、体幹にある筋肉より小さな 力弱い筋力です。

 ですので からだの回転で からだの回転に遅れず 同期して打つ とは
 先に 腕を動かしおく、体を右向きを止めたまま
 グリップを先に送っておく 位で無いと 同時にはなりません。

 せっかく クラブの重さがグリップに掛かっていて
 その重さも使い グリップを先に目的の通過地点に送れるのに
 先に体を回してしまうと その機会を失います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



進化版L型ブリストルパター…ですが

最大の特徴は やはり『ヘッド重量』でしょう。
 進化版は 480g あります。


現代の多くの人が手にしているパターヘッドの重量は
  300g〜320g


1.5倍の重さがあります。

749d4652-s


場合によっては パターそのもの、
パター全部の総重量よりも このブリストルパターのヘッドの方が重い
と言う場合も少なくありません。

その恩恵ははかり知れません。

✊重さばかりでなく色々と恩恵有ります。
このパターを少なくない人が手にしたら
 ルールの規制がかかる可能性が否めないほどです。


笑い話…ですが5fa5ce37
キャディさんの付くコースでは
キャディさんに グリップから渡さないようにしてください。
かなりの確率で落とします。
ヘッドから渡してあげてください。


‐さな・ゆっくりしたストロークでボールが飛びます。
 今までのタッチでは グリーンから出てしまうほど です。
 小さな ゆっくりしたストロークの方がミスが減るのは
 …分かりますよね。

 飛びますが 下りや速いグリーンにも異様に強いです。
 このパターに得手不得手は無いかも知れません。
 正直、ほぼインチキです。

 ✋ルールに反している部分は何一つありません。
 というか ルールがこれを想定してないよう…ですね。

d4a3aa3c


▲棔璽襪療召りが全く異なります。
 遅く転がりますが遠くまで転がります。
 👉同伴競技者の距離感が狂います

 この地面に沿って舐めるような『転がり』
 このパター以外で実現することは不可能かもしれません。

 ✋また 異様に直進性が良いので
 今までの曲がり幅半分以下
 ショートパッティングなら ほぼカップの中で良いでしょう。
 曲がらないパター…想像できないでしょうね

29_20070717161259


絶対にイップスになりません。
 多くの人は考えたこともなかったと思いますが
 パターだけでなく、ショットも 当たり前なのですが
 グリップを動かさないと ヘッドが動きません。

 ヘッドが軽いパターに比べ
 格段にグリップの初動、動き出しがし易く
 逆に比較すると最も分かり易い部分と言えます。

 軽い一般的なパターであると
 ヘッドが軽いので ヘッドは動かせますが、グリップが動かせません。
 ここがイップスの始まりです。



しいになれない形状をしています。
 正直 超〜〜オーソドックスな形状で
 このパターの形を「嫌い!」と言う人はそうそう居ないと思います。

 全く癖がなく、とても引きやすいヘッド形状をしています。

 ✊最近のガンダムチックな奇妙奇天烈なモノになれた人には
 逆に違和感があるかも・・・ですが、
 その意味不明な機能もどきの形状は
 引くこと、動かすコトのガイドには微塵もならず
 逆に動かす方向や指針がまるでないのです。

77b63111


ゥ好肇蹇璽を教えてくれます。
 装着されているシャフトは
 一般的にパターのシャフトの 1/3位の硬さ です。
 振動数で言うと 350cpm → 140cpm

 切り返してくると シャフトがグリップを軽ーく押すので
 本当にパターが簡単になります。

 ✋ヘッド重量が、 そしてシャフトがグリップを押してくれるという
 今までに体験したことのないショット・ストロークを味わえま(^_-)-☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ