◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: ヘッドの重さの働き


ゴルフクラブはその構造上、
スイングの動作中 その重さは数キロ〜十数キロ にもなります。
クラブを放り投げる訳にはイキマセンが、
その重さと年がら年中戦っていては
風や傾斜の伴う 実践のコースでは上手く行きません。

その重さを味方にするのと、その重さと闘うのでは
かなりの違いになるでしょう。

lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショットlesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット







スイングは 前傾して始める ので
グリップとヘッドの関係で ヘッドの方が下に感じますが、
実際には グリップ方がヘッドよりも高い位置関係にあり、
テークアウェイしていくと その位置関係が強調されるに過ぎません。
決して 腕の作業によって
ヘッドとグリップの上下関係が反転するのではありません。
BlogPaintlesson 2009_10_31







傍目に 上下が反転して見えるのは
体が回転するからであって 腕の作業ではないのです。

ダウンスイングであっても

ヘッドの方が グリップよりも低い「位置関係」にはしないのです。

グリップの方が低く ヘッドの方が高い 相対関係である
スナップショット 4 (2013-10-05 11-49)スナップショット 1 (2013-10-05 12-08)
トップオブスイングで クラブを離すと
当然! ヘッドでは無く グリップの方が地面に先に到達します。
何度やっても! どこでやっても! です。
ヘッドの方が先に地面に達することはありえません。

傍目に ヘッドとグリップの上下関係が反転して見えるのは
体が回転するからであって、腕の作業ではない
 のです。

ヘッドの重さを使って グリップを下げてあげれば クラブ全体が下がり易く
かつ ダウンスイングの動作の進行もスムーズになりますが、
ヘッドの重さを使って ヘッド自身を下げようとすると
それ以外の動きは 止める必要が生まれてしまいますし
無駄に下にかかる不可抗力を どこかで相殺しなくてはなりません。

折角 トップ付近で クラブ全体の重さがグリップを下方向に
打撃方向に掛かっているのですから
それを利用しない手はありません。
その方が 「断然!」 楽ちん です。

スイングのメカニズムを理解しておく必要もありますが、
クラブと、重さと格闘するスイングでは
現場、コースへ出た時 の精度、再現性に大きな差が生まれてしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5


〇体を回せばよい
〇からだの回転でクラブを動かせばよい

これでは中身が伴いません。

私はやったことありませんが
仮想通貨やFX やれば儲かる と同じ。

MVI_0873 (2)(2)_Moment


からだの回転でボールを打つのには

体が右向き ここから始まり
正面を向いていく過程の中で
✊ボールの遠くから近くへ(インサイド)
✊高い所から低い所へ(上から)

この時期を利用するためのモノです。



ですので この時期が存在しないとか
この時期を逃してしまって 体を回すことを考えても意味はありません。


最近の主流の
テークバックでは体は正面を向いたまま
しかし、ダウンからは腰(胴体/からだ)を回すは
体はボールから離れていき
体は上を向いていく(下から上へ)の時期になりますから
手で、腕で クラブを振らざるを得ません
そうしなければ 空振り です。


クラブの重さを使いますが
腕の補助で グリップが体から遅れてしまうのであれば
結局 腕で振らなければならなくなりますから
体の回す動作速度は 思っているよりも ゆっくり です。



体がボールに近づくコト
動作が上から下に向かっているコト

この時期を逃さないコトです。

ダウンスイングで 体を先に回し。。。。。
となると もうこの時点でその時期を失います。
好き嫌いに関わらず 腕の振りでボールを打つことになります。

からだの回転で打つ! とはそういうコトです。


✋そう考えていくとIMG_0361_Moment
 ゴルフクラブは 長さがあり、その先端に重さが付いています。
 移動・・・運動させれば その重さは積算で増えます。
 そして それを持っている、支えている腕は
 当然ですが、体、体幹にある筋肉より小さな 力弱い筋力です。

 ですので からだの回転で からだの回転に遅れず 同期して打つ とは
 先に 腕を動かしおく、体を右向きを止めたまま
 グリップを先に送っておく 位で無いと 同時にはなりません。

 せっかく クラブの重さがグリップに掛かっていて
 その重さも使い グリップを先に目的の通過地点に送れるのに
 先に体を回してしまうと その機会を失います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



進化版L型ブリストルパター…ですが

最大の特徴は やはり『ヘッド重量』でしょう。
 進化版は 480g あります。


現代の多くの人が手にしているパターヘッドの重量は
  300g〜320g


1.5倍の重さがあります。

749d4652-s


場合によっては パターそのもの、
パター全部の総重量よりも このブリストルパターのヘッドの方が重い
と言う場合も少なくありません。

その恩恵ははかり知れません。

✊重さばかりでなく色々と恩恵有ります。
このパターを少なくない人が手にしたら
 ルールの規制がかかる可能性が否めないほどです。


笑い話…ですが5fa5ce37
キャディさんの付くコースでは
キャディさんに グリップから渡さないようにしてください。
かなりの確率で落とします。
ヘッドから渡してあげてください。


‐さな・ゆっくりしたストロークでボールが飛びます。
 今までのタッチでは グリーンから出てしまうほど です。
 小さな ゆっくりしたストロークの方がミスが減るのは
 …分かりますよね。

 飛びますが 下りや速いグリーンにも異様に強いです。
 このパターに得手不得手は無いかも知れません。
 正直、ほぼインチキです。

 ✋ルールに反している部分は何一つありません。
 というか ルールがこれを想定してないよう…ですね。

d4a3aa3c


▲棔璽襪療召りが全く異なります。
 遅く転がりますが遠くまで転がります。
 👉同伴競技者の距離感が狂います

 この地面に沿って舐めるような『転がり』
 このパター以外で実現することは不可能かもしれません。

 ✋また 異様に直進性が良いので
 今までの曲がり幅半分以下
 ショートパッティングなら ほぼカップの中で良いでしょう。
 曲がらないパター…想像できないでしょうね

29_20070717161259


絶対にイップスになりません。
 多くの人は考えたこともなかったと思いますが
 パターだけでなく、ショットも 当たり前なのですが
 グリップを動かさないと ヘッドが動きません。

 ヘッドが軽いパターに比べ
 格段にグリップの初動、動き出しがし易く
 逆に比較すると最も分かり易い部分と言えます。

 軽い一般的なパターであると
 ヘッドが軽いので ヘッドは動かせますが、グリップが動かせません。
 ここがイップスの始まりです。



しいになれない形状をしています。
 正直 超〜〜オーソドックスな形状で
 このパターの形を「嫌い!」と言う人はそうそう居ないと思います。

 全く癖がなく、とても引きやすいヘッド形状をしています。

 ✊最近のガンダムチックな奇妙奇天烈なモノになれた人には
 逆に違和感があるかも・・・ですが、
 その意味不明な機能もどきの形状は
 引くこと、動かすコトのガイドには微塵もならず
 逆に動かす方向や指針がまるでないのです。

77b63111


ゥ好肇蹇璽を教えてくれます。
 装着されているシャフトは
 一般的にパターのシャフトの 1/3位の硬さ です。
 振動数で言うと 350cpm → 140cpm

 切り返してくると シャフトがグリップを軽ーく押すので
 本当にパターが簡単になります。

 ✋ヘッド重量が、 そしてシャフトがグリップを押してくれるという
 今までに体験したことのないショット・ストロークを味わえま(^_-)-☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ミステリーのドライバー 2機種の比較です。

CF-455 はセミシャローの安定度指向
PROTO はややディープタイプの飛距離指向 のヘッドですね

455T-1460TL-1莢菫 CF-455

蕾菫 PROTO 460








455T-4460TL-4双方 体積は 460cc

ロフト構成は
 9〜12度までの0.5度刻みです

同じロフトであっても特性上
CF-455 の方が上がり易く
PROTO460 の方が上がり難い ので
CF-455 はややきつめのロフトを選んでもOK
PROTO460 はやや大きめを選ぶと良いと思います。


455T-3460TL-3この2画像が
性格を如実に表していますね
同じ体積でも
フェースの厚み(高さ)が
CF-455 は 52ミリ
 〇重心高 28/24
PROTO460 58ミリ
 〇重心高 32/26

455T-2460TL-2
見ての通り
CF-455 の重心距離は 40mm
PROTO460 のそれは 37mm
性格の比較であれば
CF-455 は左に行き難く
PROTO460 は右に行き難い
それに応じて ライ角度は 60/59度

455T-5-1460TL-5-1

上がり易さの指標である
重心深度も
CF-455 は 38mm
PROTO460 36mm
重心角度は
双方ともに 21度 です。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ダウンスイング〜切り返しの動きのお話し。
 ものすごく多い症例で、ここを理解できると
 かなり自分のスイングの欠点が見えてくる…んだけど
 上手に説明できたか ちと心配…です。

e968a0ac

ゴルフクラブは当たり前だけれど手で持っている。
クラブはどこかの時点で手で補助なり、
動かしてあげないと元の形に近いところには戻れない。

一般的な トップオブザスイング では
クラブの長さ →重さという意味での長さは
非常に短くなるので この時点がチャンス☆

.ラブの重さ という意味での長さとは
 例えば 1mのゴルフクラブであれば
 地面と水平な状態になっていれば
 ヘッド(クラブ)の重量 × 1m が重さになるけれど
 グリップの真上にヘッドがある場合
 ヘッド(クラブ)の重さに長さという係数がかからないので
 それそのものが重さになり、
 運動による加算を除けば、スイング中
 クラブの重さは最小の状態になる。

体を回し始めたら 腕や手はクラブを動かすことは
 全くできなくなる。
 体を回す運動分、クラブや腕の重さに加算が加わるため。
 運動による加算は 腕も含まれるので
 長さによるクラブの重さの加算以上に激しく重くなる。


123

✖⓵体を回す
✖⓶腕(手)を動かす

という手順にすると
体の回転、動作が収まる、静まる、止まる、減速する まで
手は動かすことは出来ず、トップの形のままになってしまい
体が止まる☛その反動でクラブ、手が動き始める
という手順になってしまう。

ということから
『結果』として 体の回転と同時にクラブを動かす形を
取るのには、先に腕を動かし始める必要が出てくる。


 
ここまではわかりますか?



           

ここからが問題で
トップオブザスイングで 先に手…グリップを移動させるのは
単にクラブの重さを利用しつつ
脱力する訳ではないけれど、
 そのままグリップを下げれば良いだけで
特に「筋力」に頼らなくても難しくはない。


結果として トップの位置で右肩の前(仮に)にあったグリップを
その重さも使い、ベルトの高さに落とす
どちららかという「降ろす」という自発的な行為ではなく
「落とす」に近いような行為になるのだが
多くのゴルファーは ここで大きく間違いを起こす。
プロも含め 8割以上のゴルファーがここの動きを間違っている。

ここの動きを 別な言い方、
よく耳にするゴルフ用語では
「クラブを立てて降ろす」とか
「グリップエンドを地面に突き立てて降ろす」
という言葉があるのだけれど
この本当に意味は
利き腕を伸ばしてグリップを下げる
グリップの位置と肩とを上下に離す

という意味なのである。



😱😱😱どう間違っているか というと
多くの人は ここで全く持って腕が使えず(肘が伸ばせず)
体を屈曲する
右サイドを下げる動き
 で
グリップが下に移動しているのを
腕を使ってクラブを降ろしていると錯覚している。
スナップショット 8 (2013-09-23 15-37)スナップショット 9 (2013-09-23 15-37)





この動きは 非常に重い副作用が付いていて
『自分では腕を使って グリップを降ろしている』
と思っているが、
実際には 腕、肘の曲がり具合などは
トップの位置のままで 全く動いておらず
体を横(右)に屈曲する動きをすることでグリップを低くするので
腰が左にズレ、頭が残った形で
へそから下だけ 左へシフトするような姿勢になる。
と 当時に この時点で右向きは正面向きにまで
無意識な回転をしてしまうので
スイングの中で一番重要な
✊回転によって ボールを打つ 一番のポイントを失ってしまう。



☆トップでの右向き ➟ 正面

この区間は
本来 ダウンスイングの時間と平行するもので
この右向き➡正面という過程の中で ボールをさばく。
体の前傾姿勢も伴なう回転では
この区間が「上から打つ」でもあり「インサイドから打つ」
でもあるので、その機能を使える時間を逃してはいけないのだけど
自分ではグリップを下げている動きが
👹体の向きをほどき
👹体を屈曲させ、上向きにし
👹下半身だけ左へシフト(
➟これをスウェーって言うんだけどね)
その動きによって 
スイングの一番美味しいところを失ってしまっている。
ここが「スイングの肝」
ここの区間が利用できるから、この区間にボールを打つから
体の回転と前傾姿勢の意味が出てくる んだけど、
そこの「機会」を失ってしまったら、使わなかったら
体の回転と前傾姿勢には何の意味も持たない
ただの形式的な、ゴルフらしく見える恰好なだけになってしまふ。



グリップを降ろそうとすればするほど
回転はほどけ、体は上を向き、
本当の意味でのスウェー…ヘンテコなシフトすることに
なってしまっているんだよね。

この大間違いの動きは
色々な問題を内包してて
多くの人は治そうとしているんだけど
グリップを動かす動きが
 実は体の回転や変なシフトになっている…、
体さばきそのものは意識をした動きではない
ということには気づいていないので
治し様がないんんだよ。

IMG_0363


トップの位置でグリップを落とす 下げる動きは
ほんとーーーは 脱力に近い、筋力の要らない
ほわー っとした動きなのに
この「誤った動き」は 力感一杯
 これをまさに「りきむ」というんだろーね
ー。

 理解できたかなぁ…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

   
イメージ、頭の中の問題ではありますが、
スイング動作は そのイメージを具現化させよう とする行為ですので
小さくない問題です。

8658a3e6-s👈ボールをこう打つイメージでは
 グリップエンドの移動がかなり遅くなります。
 ヘッドを振る〜シャフトの角角度運動をするには
 グリップ所定/想定の場所に入ってから振る
 グリップエンドの移動、 ヘッドの移動 と言う
 二重動作になります。

e00bf7e6
👈一方 こちらのイメージ
 グリップが所定の場所に入るコトそのものが打撃です。

 グリップエンドの移動は上に比べると早く 多いです。
 グリップエンドの下がる量も多いです。


アプローチをする場合 距離コントロールをする場合でも002
イメージ,痢.悒奪匹鮨兇襯好ぅ鵐阿任
グリップエンドの移動は制限が必要になりますから
体の大きな動作とヘッドの移動動作につながりが薄く
しかも見ての通り ロフトの姿勢変化、ヘッドの入射の変化が
激しいため  一定の球が打ちにくくなります。

e00bf7e6
こちらは グリップエンドを動かす動きそのものが
ヘッドの移動になりますから
体の動きが スピードコントロール です。
ロフト姿勢、入射も格段に一定にし易い



この二つのイメージを頭に入れて 二つのスイングをご覧ください。


右のハナちゃん(修正前) のスイングは
明らかに グリップを所定の場所にいれて「から」クラブを振る スイングです。
体の正面=ボールと正対する は タイミング的に グリップが所定の場所に入る時!
そこから 振ったのでは 振った分、振り遅れ 体は開き
結果、外から入ることになりますから、フェースもロフトも開きます。

グリップを所定の場所に入れるコト そのものが打撃なのと
グリップを所定の場所に入れてからクラブを振る のでは
当然 それに伴う右腕の伸ばす時期も異なってきます。

右を向いて グリップが下がっている時期に右腕を伸ばすか
正面を向いて グリップが下がってから右腕を伸ばすか
そこを見ても スイングのイメージが見えてきます。


やはり 一番気にするべき点は
ダウンスイング時の 茱哀螢奪廖淵哀螢奪廛┘鵐鼻砲
✋動かすタイミング
✋動く道のり
 
です。

所定の場所にグリップエンドが入ってからクラブを振る には
左グリップが先走られたら 追いつきません。
左グリップの切り返しが遅くなり
追いつくために長い道のり、遠回りをさせなくてはなりません。
スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)スナップショット 2 (2017-10-23 20-11) - コピー (2)










体の正面に間に合うショットにするには
グリップが所定の場所に行ったとき そのものをショットにする
タイミングが必要で、これは『かなり早い時期に』インパクトが 来ます。
おそらく 今までの 1/3位しか 時間がありません。
長い棒 1mの棒に回転をさせないのですから当然ですが…。

茱哀螢奪廚下がっている過程にインパクトが来ます。
ですので 今までよりも 自分に近く(ものすごく近くを通ります)
かなり早い段階で 茱哀螢奪廚下がります。

これによって 左腕が前傾姿勢の中に入り
前傾が保たれ ボールに届くのです・・・。
👉これが前傾を保たせる唯一の方法なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



スイングだけではないかも知れませんが
動作の事前イメージと言うのはとても大切で
そのイメージが間違っていると
一所懸命 間違いを覚えることになってしまいます。


2013その一例が ここなのだと思います。

アドレス時、 体の向きとクラブなり、シャフトの関係は
概ね 90度 垂直な関係です。

そのイメージをそのまま インパクトに当てはめ
その形、その関係に戻そうとする限り
ゴルフクラブは活きてきません。

何度も何度も書いていますが
👉クラブヘッドは重さの塊で
👉重さは運動が増える分、積算で重くなります
👉重いモノは動きたがりません
これは抗うことの出来ない 物理問題 です。
002ですので 体の向きを180度回転させても
ゴルフクラブ、その先端は そのクラブの長さの弧
e00bf7e6
半径を描くことは出来ません。

👈こうはなりません   こうなります👉

クラブヘッドが運動で重くなる分、
そこに留まろうとする力が働くので
その長さの作る円弧の大きさより 小さい、より自分に近い所を通ろうとします。



IMG_0324

ですので インパクトのイメージ では
自分とボールの間を
体に対し 垂直にクラブが入ってくるのではなく
体に対し 水平にクラブが抜けていくのです。


すこしグリップの方がボールに近い
平面上の ダウンスイングの進行方向通りです。
2013-04-06 12-19-18.455_Moment2013-1
これにからだの回転による 円が加わりますので、
結果 このような形になります。



インパクトで体とクラブを垂直にしようとすれば
体は開き、ボールを正面で捉える機会 を失います。
振り遅れ、手遅れになりますから 手で振らなければ
ヘッドを振らなければならなくなるのです。

それによって クラブ・ヘッドの重さで
グリップが進むことを促進してもらえます。
ヘッドをボールに出すことは
ヘッドの重さと闘うことにもなります。

これは 縦方向に対しても言えること です。



✋この点をご注意ください






〇〇後日談

今日、仕事が終わってからすぐに練習場に行ってきました。

無駄に高い球では無くなりました。

飛距離も7番で6番の距離が楽々でてました。

ボールの北極点を意識すると力強い球筋がでて自分でもびっくりです。

嬉しいかぎりです。

しかし、気を抜くとすぐに悪い癖が出てしまうのが残念。

さらに練習する意欲がでます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



手でスイング軌道を作って打っている人が
からだの回転で となると

腕の使い方 と 体の使い方 の

双方を変える必要が生まれます。


『からだの回転』2013-04-30 10-21-17.464_Moment
インサイドから入れる場合、
この矢印の方向(ボールに対し)
感覚的には ダウンスイングからインパクトまで
ずっと グリップの方がボールに近く、ヘッドの方が遠い
・・・・それではボールに届かない・・・・と思うかも、ですが
体が回る、体が向きを変えるから
結果として ヘッドの方がボールに近づく、出るのです。

手さばきでヘッドを出さず、
からだの回転もなければ ボールには届きません。



ここで 『手さばき』
グリップよりもヘッドを出してしまう、ボールの方へ出してしまうと
その分、体は開いてしまうので
その時点で インサイドから打つ機会を失います。
また ヘッドを動かすのには グリップを止めねばならず
そのために 先に体を回して スタンバイしておく必要が生まれます。

✋手さばきでヘッドをボールの方に出す行為は
 そのまま 振り遅れ〜アウトサイドインを生みます

双方でやり方も違いますが、手順も違うのです。
使い方/手順 片方だけ治しても当たらない だけ…



切り返しから ヘッドの仕事、ヘッドの役割は
その重さによって グリップを打つ方に、下に、斜め下に
「押す」「誘導する」コト です。

✋ヘッドの重さでヘッドを動かしてはダメです。

IMG_0294_Moment(4)IMG_0294_Moment(5)IMG_0294_Moment(6)












グリップを、クラブ全体を動かしておくことに使う、
ヘッドの重さは使うので ヘッド自体は上下左右前後
その場所に捨て置く、置き去りにする感じです。


グリップよりも ヘッドの方が遠く、インサイドにありますから
右向き〜正面向きの動作が残っていないと
ボールには当たりません。

グリップが動き出すよりも先に 体が正面を向いてしまうと
そこから先の体のアクションは
ボールから離れていくアクションですから
もう体を利用することが出来ません。 


クラブの重さで グリップが押され
クラブが右から左に・・・
自然な回転も伴い、体重も左に移っていこうとします。

この ほぼ無意識な動作が 右向き→正面 の回転 で
気合を入れて 乾坤一擲「体を回す」のは
単なる空回りになるだけですよー。

クラブや腕の重さがかかって 自然に左に移る
 無意識の体重移動 が 打つまでの体の回転 です。

クラブヘッドはグリップよりも高い位置にあるからこそ働くのです。
クラブヘッドを動かしたら それが出来なくなります。



ヘッドは捨て置け
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


振り遅れ(手遅れ)は、
厳密には ヘッドの遅れ ではなく
体に対するグリップの遅れ〜手遅れ ですが、
準備万端であっても やってきます

IMG_2813Trim(2)_Moment(2)準備万端とは
テークバック〜トップ において
ちゃんと体の向き、骨盤の向き でクラブが動き
必要十分な右向きがある
 を指します。



テークバックを手で上げる
上半身の上側〜肩だけで上げる
のは論外中の論外で、
スイング初期段階から 意図的に振り遅れを作り
その手遅れを クラブの重さ、クラブの遠心力と戦いながら
人力、筋力、腕力で 解決する方法ですので
話の外 とさせて頂きます。



準備万端の段階であっても
ダウンスイング時、
本来のそのクラブの長さの通るべき弧、道のり よりも
長い道のり、遠い所を通れば 当然 時間がかかるので
体の正面でのインパクトには間に合いません。

ちなみに インパクト前から  体の回転を止めて
ボールと体が正対している姿勢をキープ なんてのは
単なる夢物語、実際には100%
実現不可能なのですから 考えるだけ時間の無駄です。


IMG_2813Trim(2)_Moment(5)IMG_2813Trim(2)_Moment(6)






【よくある手遅れになるケース】

 ✋左腕を長く使う
 ✋グリップの通るべき道のりが長い(体から離れる)



まず 始めに 重いモノは動きたがらない
 と言う前提を忘れてはイケマセン。

ゴルフクラブ にも、腕にも重さがあり
構造上、クラブはその姿勢や運動速度によって
急激に 打ち手に重さ と言う負荷を増やす性質を持っています。

重くなったものを無理に動かそうとしない
忘れがちですが、グリップを移動させればヘッドは移動する
を念頭に置いてください。

クラブも腕も ダウンスイング以降
運動によって重くなるのですからより動きたがらず、
結果、体の近づくことになる筈 です。

にもかかわらず グリップが体から離れていこう
としているには 原因があり

,泙此\気靴けΩきをしていないコト
正しい右向き 骨盤の右向きがあれば
MVI_0873 (2)(2)_Moment
前傾姿勢によって 自分のフトコロ
前傾した分の空間が生まれます。
上半身の上側、肩だけ、腕だけを振ると
その空間が生まれず、腕を長く使う〜グリップを体から離さない と
ショットできなくなるので 必然として 振り遅れ を生みます。
正しい右向きがあれば
 その空間に腕を収納、
重さとして掛かる腕の長さを消すことが出来ます。
しかも、腕の重さによって より前傾が維持しやすくなるのですから
大前提として 正しい右向きによるその空間があるのと ないのとでは
あまりに差があるのです。




▲悒奪鼻塀鼎機砲脇阿たくない
にもかかわらず ヘッドを動かそうとすれば
遠心力によって、クラブもグリップも体から離れます
そうなれば より遠い所を通りますし、
重さとして 腕も長くなりますから
必ず 体を起こすので、よりクラブは自分から離れ
よりクラブは重くなっていきます。


IMG_2813-0001-1




ある意味 スイングは
 ✊クラブを重く使って身体能力で打つか
 ✊クラブを軽く使ってクラブの機能に頼るか
その真っ二つに分かれるのです。
 ✊クラブを重く使えば その重さに身体能力で耐えながら
 身体能力でクラブを速く振るしかありません。
 ヘッドが大きかったり、重心距離が長かったり
 ヘッドが重かったり、慣性モーメントが大きかったり
 シャフトが柔らかい ことは 単に打ち手の負担になるだけ にするか
 ✊それらの要素で打ち手の動きが促進、もしくは助力されるか
 になり その中間は存在しない と言えるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


クラブは その時期、その姿勢によって 重さ を変えます。
そして その重さは指向性を持っています。

例えば 長さ です。

シャフトが地面と平行になっていれば
 単純ですが クラブヘッドの重さ × クラブの長さ です。

シャフトが地面と垂直になっていれば
 クラブの長さはゼロ ですから  ヘッドの重さ(厳密にはクラブの重さ) です。

これに運動が加わっていれば
 その移動速度分 が 掛け算 として付いてきます。



クラブの姿勢 と 体の向きは密接な関係にあり、

.瀬Ε鵐好ぅ鵐阿料鞍MVI_0873 (2)(2)_Moment
 体が右向きの時間 では
 体の左サイドが低い
 グリップの方が低い
 クラブの長さも(重さと言う意味で)短い
 クラブの運動速度も緩い



▲瀬Ε鵐好ぅ鵐阿慮緘MVI_0873 (2)(2)_Moment(4)
 ヘッドの方が低い
 クラブの長さも(重さと言う意味で)長い
 それに運動の掛け算
が加わっています。

´△波罎戮襪函
明らかに 同じ重さのモノではなく
△諒が重い状態のクラブになっています。

,了であれば
自分の位置でクラブを移動させることも可能ですが
△砲覆辰討靴泙Δ函ゝ佞
クラブの重さやその指向性に自分が動かされるようになってしまいます。
ですので △左サイドが低い状態 とは一概に言えないのです。

ボールを打つ と言う条件で言えば
,両態であれば
クラブの重さは これから動かしたい方向 インパクトの方向
インパクト付近のグリップの通過地点 に良い意味で作用しますが、
△両態であれば
クラブの重さは グリップからヘッド方向の延長線上に遠心力 として働き
その方向は まだボールを打つ手前 の段階であれば
これから 行かせたいグリップの通過方向とは 90度以上異なるモノ、
クラブの移動速度に対し妨げとして働きます。


そう考えると
やはり クラブを自分の位置で動かそう とする機会(チャンス)は
,離瀬Ε鵐好ぅ鵐袷鞍
 体が右を向いている時
 グリップの方が低い時 にしかないのです。
MVI_0873 (2)(2)_Moment(3)

そこを逃してしまうと
 右向き&前傾姿勢の
 進行方向にあたる左サイドが低い も失ってしまい
 それと同量、体も開きますから
 一気に ヘッドの方が下がってしまい
スイング動作を自分の意志 で行うのではなく
クラブの重さへの 悪い意味の対処 でしか作れなくなってしまいます。


クラブは その姿勢と位置 によって重さと重さの指向性を持ちます。
それは 体の向き&前傾姿勢 の時間区分と密接な関係にあります。
概ね 自分の思ったようにクラブを扱いたいのであれば
その関係性を頭の中でイメージしなくてはイケマセン。

その時期を間違わなければ
クラブの重さや重さの指向性は
ボールを繰り返し、効率よく、かつ人間の労力少なめ に行えます。


その重さの使い方は 誰も手助けのいない
コースでの実戦で 非常に大きな、そして唯一の手助けとなるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ