◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: ヘッドの重さの働き



テスト ご協力ありがとうございました。
幾つか 文字化けを起こしておりました…
解消方法…わからないんですけどね🙀



素振りでも、スイングでも 重さを感じて振りなさい
というのがあるのですが、
大いなる勘違いを起こしやすいので その点をちょっと✋

IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(2)


何度も書いていますが、
スイング中の遠心力 というのは
クラブで言うと グリップからヘッド方向に
外へ外へと膨らもうとするチカラです。

手にも、クラブのグリップにも油をたっぷり付けて
素振りをしたら 練習場なら
テークバックで後ろにすっ飛ぶか
ダウンスイングなら前の打席の人に飛んで行ったり
インパクトまで耐えられても 自分から遠ざかる方向に
飛ぶわけですよね。

当たり前ですが ゴルフクラブは
 先端、遠いところに重さの付いた長い棒 です。
わざと重さを感じようとした時、
遠心力を作ってしまったのでは
単なる握力との戦いですし、
遠心力はスイングの進行の方向、ベクトルに対しては
常に 90度違う方向にかかります。

IMG702


まず 重さを感じて欲しい と 同時に考えて欲しいのは
 これから動いていきたい方向
 これから動かしていきたい方向
ベクトルです。
重さは自分に都合の良いベクトルに使わないと
単なる重さ、負荷、邪魔になってしまいます。

テークアウェイでは重力に逆らいますから
利用するという意味とは遠いかも知れませんが
これからショットに入る、トップや切り返し
ここが「望む場所」に行かないと 芳しくありません。

スイングで言うところの「力む」なんていうのは
想定以上に クラブが重くなる
・・・つまり 自分のこれから動きたい、動かしたい方向と
その重さの方向にギャップがあるから
「りきまざる」を得ないから 力むのであって
安直に「力むな」って言われても 無責任です。
力まないと打てないから力んでいるんですから…。

そのクラブの重さの方向と自分の運動の方向
それが出来るだけに通っていた方がベターな訳です。

ですので 重力に逆らうテークアウェイでは
どの道重い、重力に逆らってる訳ですから
その重さを感じ取り
🔴グリップとヘッドの位置関係
🔴フェースの向き
を確認するのに 重さを使うと良いでしょう。

ここでダメダメ なのは
テークバックで重さを使うから と言って
動き出しのきっかけだけ作って
遠心力で手抜きをして クラブを上げるのは最悪です。
当たり前ですが、無造作にクラブの遠心力に任せると
クラブには『不必要な』遠心力が発生します。
重くなります。
IMG703

そうなると 人間はグリップをしっかり握って
位置を固定するようになるので
どんどんヘッドだけが動き、しまいには
クラブが倒れ(寝てしまい) 振り遅れ、手遅れのスタンバイ
になってしまいます。

トップ・切り返し というボールを打つのに大切なポイント
を創り出すために テークバックは取るのであって
動きの勢い を創り出すのは避けましょう。
IMG705

トップ・切り返しでは
クラブの重さが より自分の動きたい方向
動かしたい方向にマッチしている位置取り、姿勢
が欲しいです。
IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(3)

ということは・・・です、
自分の動きたい方向、動かした方向と
クラブの重さのかかる方向 がマッチしていれば
クラブの重さ感は「無い」ということ。
クラブは軽く感じる、まるで無いように感じる

というコトなのです。



クラブの重さを感じろ といって
本当にクラブが重くなるようにスイングしたら
その重さは そのまんま スイングの負荷 スイングの抵抗 です。
重さを利用して 自分がその重さで
より動きやすい、そういう重さの使い方をすれば
重さは感じない、   そこ、勘違いしていませんか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


アドレス 分かり易いのがドライバーですが、
ヘッドを地面に置かず、空中に浮かせると
握っているシャフト(グリップ)よりも
ヘッドの重心は 重心深度の深さ(奥行)分、
3センチから4センチ
 右にあります。
006

放っておくと ヘッド、クラブは回転してしまいます。

そう言う意味では
アイアンに比べ、重心深度の深いウッドの方が
からだではなく、手で上げてしまい易いので
注意が必要です。


きっかけとして すこしグリップを動かすと
ヘッドには慣性がつきます。
その慣性は ヘッドを回転させ
フェースが空を向いていくように回転させ
同時に グリップを右に引っ張るとともに
 グリップの高さを促します。
✋これ一見すると 物理というか、理にかなったように
思えますが、ショットの場合、その反対の方向
ダウンスイング⇒インパクト⇒フォロー
の方が断然重要で、テークバックはそれをする為の準備行為なのです。

その方法はスイング論、クラブの扱いではなく
単なる物ぐさ、手抜きにすぎません🤢
imgs

その準備行為で楽をする、手抜きをする為のクラブの扱い方は
当然、反対方向に動く ダウンスイングをやり辛くさせます。


言ってしまえば ダウンスイング以降の
ヘッドターンも テークバックでの手抜きの修正、補正、
取り戻し に過ぎません。



ではどうするか というと
ご自分でも実験してもらいたいのですが、
基本、体の向きで動かすグリップ、シャフト、よりも重心をボール側、
テークバックの進行方向の右側、やや右側に残しておく

コトが肝心です。   👉つまりシャットということですね。

これを 手さばきだけで行おうとしても
かならず 重心による回転が起こってしまい
重心がシャフトをまたいで右に行ってしまいます。


そう言う意味では からだで右を向く
からだでテークバックを取る 目安
特にコースでの素振りとしては良いと思います。

c1fa68b7-s

テークバックで 重心をボール側に残してあげるのと
手でヘッドを回転させてあげるのでは
切り返し付近での重さ感が大きく異なります。
慣れてくると 次の動作
 ダウンスイングのし易さは段違いですので
感じてみて下さい


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


スイング中、体の向きの移り変わりと
腕(胸)の向きは別物、
特にダウンスイングでは
シフトにより骨盤の向きがボールに正対していこうとしても
腕(胸)周りは 右向きのまま! と言う記事を書きました。
http://hbs.livedoor.blog/archives/1986808.html


ダウンスイング中、インパクトのかなり前で
右かかと(右打ち)が上がってしまう というのは
腕周りを回転ようとして掛かる遠心力に
引っ張られて起こるコトです。
IMG_0736_Slomo_Moment(3)

平地で右足かかとが上がるよう であると
左足上がり、左足下がりでのそれは 更に大きくなり易く
ダフリやトップのミスに届く可能性が上がります。

また 元々クラブが長く、ヘッドの入射が緩め、
そして ヘッドに奥行きのあるフェアウェイウッド が
苦手となり易いパターンです。


スイングは円運動ですが、
重さ に対して 円運動は悪いことが多いです。
円運動というより 円移動 なのですが、
重さのつながっている場所、スイングで言えば
腕〜クラブの 円移動との繋がりは 肩/腕の生えているトコロ
そこは円移動によって「移動しますが」
重さはあくまでも 重力に引かれつつ、直線で動かす感覚が必要です。

骨盤を基準に 足回りを使って
どの道 その上に乗っているモノは 向きを変えます。
放っておいても 土台が向きを変えているのですから
向きは変わってしまいます。
S20190309-2_Moment

トップの位置で 上半身上部、肩周りは
その向きのままで ヒールがボールを向いたまま
ヒールが飛球線を向いたまま
からだの回転で 腕の付け根は移動する
シャンクになりそー みたいな感覚であっても
土台である骨盤は向きを変えますから
フェースがボールを向きます、大丈夫です。

例え シャンクであったとしても
トライしてみると実感すると思いますが、
インパクトのタイミングが明らかに今までよりも早い
ダウンスイングの時間が短いと思います。

👉今までは 下半身リードで
下半身がボールと正対して「から」
クラブを振り始めていた訳ですが、
胸廻り、腕周りは右向きのまま
下半身をボールを正対させようとすると
下半身がボールと正対した時がおおむねインパクト になります。
それ以降 が要らなくなります。

その感覚とシャンクであっても掴めれば
あとは フェースを下に、ボールに向ければ良いだけ です。
いままでは 左サイドが上がりながら のタイミングで
無理やりシャットを作ろうとしていた? かも知れませんが、
このトライであれば 左サイドがまだ下がろうとしている
左サイドが低い時間帯でインパクトに入れますので
従来よりもずっと簡単に「シャット」が作れます。

腕やクラブの重さで落ちる
それを 骨盤の回転で 腕の付け根だけ移動させればよいので
脱力 とまで言えないかも知れませんが、
従来よりも遥かに腕力の要らないショットが可能になります。



✊これを覚えられると
 傾斜地からのショットの確率がグン と上がり
 苦手?だったかもしれない フェアウェイウッドが打てるように
 なりますから ずいぶんゴルフが変わると思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



最近 『片手打ち』『片手での素振り』をよく見かけるのですが、
これ まさに からだの回転と腕・クラブの重さの関係
の代表例です。

クラブは重さが長い棒の先に付いており
その重さ(ヘッド)の重さの中心点は
握っている棒(シャフト/グリップ)からズレたところにあります。
ボールを打つ場合は勿論、素振りであっても
その重さを片手で支えるのは少々無理があります。
Desktop 2019.08.05 - 07.31.06.02_Trim_Slomo_Moment

ハミングバードが提唱している
トップの位置から からだは回転していくけれど
クラブを持った腕周り、胸廻りは
トップの位置の右向きのまま
その重さで落としていく とすると
クラブ、腕は 真っ直ぐに伸びた 最大の長さになりません。
俗に言う「ディッシュアングル」が保たれた状態、
というか そのことに関しては無意識のまま でも
結果として それは維持されます。
からだの回転、向きの変更に対して
腕の付け根だけが移動していくこと を
意識していれば ディッシュアングルは保たれます。

✋腕の作業は 重さで落としていく
 腕の付け根はからだの回転で移動していく
 その中で フェースをボールに向けるよう仕向けるだけです。

IMG_0666_Slomo_MomentIMG_0666_Slomo_Moment(3)IMG_0666_Slomo_Moment(4)






ところが からだの向き通りに
イメージで言えば
前ナラエの向きゴト、腕〜胸の向きを変えようとすると
遠心力が働き、ボールを打つ前に
左腕とクラブは一直線になろうとします。

アドレス時は ディッシュアングルのある状態
ディッシュアングルのある 腕とクラブの長さ です。
それが 一直線の長さに、つまり長くなるのです。
となると アドレス時の姿勢では
ボールと自分の距離が狭く、空間が足りなくなってしまい
ボールが打てません。

遠心力が働くコトもあり、 からだを開いたり
左サイドを伸ばしたりして 空間
長く伸びたその長さ を通せる空間を作り出します。

ですので からだを開いて
アウトサイドインに振らざるを得ません。

   …これ ナンの練習になるのですか

検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment


腕やクラブの重さ
そして クラブヘッドのあの形の理由 は
その重さによって 腕やクラブを動かす、動かすコトの補助 で
腕力で振り回すコト ではありません。

クラブは先端に重さが集中している訳で
手元から先端にかけて 運動で重さをかければ
当然 体から離れようとします。
そうなれば 始めの重さ以上に 力が必要になります。
それでは より力のない人や女性には不利です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



市販のクラブを使っている方の
 ゴルフスイングを見ると 経験や上手い下手など ひっくるめて
軽いヘッド・硬いシャフト を使って
ゴルフスイングを覚えた特徴
 が出ています。

これは後々 クラブを替え、スイングを変えようとした時
とても色濃く残ります。




ハミングバードでは
 クラブを振るな、シャフトを振るな と言いますが、
原則論(当たり前)として
 ゴルフスイングは 打ち手である人間が動くから、
 グリップが動き、その結果、ヘッドが動きます。

 その時、長い棒の先に重さのあるヘッド部分は
 グリップの移動量/運動量よりも
 その重さ分、運動によって増えた重さ分も含め 少なくなります。
 からだとグリップ描く円、その同軸線上にあるのではなく
 重さ分、それよりも少なく 運動量に応じて遅れてくる ということです。

 ✋ヘッドの付いていないゴルフクラブ。。。
 グリップとシャフトだけのモノと振るのと同じように
 ヘッド(重さ)の付いたゴルフクラブを動かすコトは出来ません。
 (なぞなぞのようですが分かりますか?)
 打ち手/振り手の動きが同じなら、ヘッドの作る弧は異なります。
 例えば 打ち手が向きを180度変えても
 ヘッドに重さが付いている分、シャフト自体は
 90度〜120度程度しか回転しません。


MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(7)






 ✌その逆に
 ヘッドの付いていないゴルフクラブとヘッド(重さ)の付いているゴルフクラブ
 を 同じような弧を描いて動かしたとしたら
 打ち手/振りての動きは異なるモノになります。




自分が動くことによって グリップが動いて、ヘッドの重さ分をマイナスし
ヘッドが動く のと 自分側に重心のあるスイング と呼びます。
ヘッドの重さ分、運動で増える重さ を無視して
自分の動きと同じ分だけ ヘッドが弧を描くスイングを
ヘッド側に重心のあるスイング、ヘッドを振るスイング と呼びます。



前置きは長くなりましたが、
軽いヘッド、硬いシャフトでゴルフを始めた方、スイングを覚えた方は
ゴルフクラブに ボールを飛ばすエネルギー、ボールを上げるエネルギー が
少ないので どうしても 「いかに速く動かすか」が必要になります。
故に そう振ることがし易いこともあり
ヘッドを振りまわす、シャフトを振りまわすスイングになってしまいます。

ですので 俗に言うカット打ち、アウトサイドイン とは
別にスイング軌道として 外から、アウトサイドインに振ろう としてる訳
ではなく、イメージとして 自分を軸、中心点 とした
円弧をヘッドで描こうとしている
👉実際には ヘッドの重さ、その重さが運動によって増える分の負荷だけ
自分が引っ張られてしまい(スイングの重心点がヘッドの方に寄るので)
アウトサイドイン になるに過ぎません。

IMG_0058Trim (2)_Moment(4)








そう言う意味では
チカラの無い方や女性が 弊社の悶絶変態クラブを持つと
その重さ、運動で増える重さを
無理やり振ることが出来ず
無意識の内に 自分軸の、重さを放っておくスイングを自然に身に付けます。
どこまで とは言えませんが
単にゴルフを楽しみたい、コースに行ける程度打てれば良い
その位であれば、初めてクラブを手にする力の無い方、女性 が
弊社のクラブを持てば その日の内に打てるようになります。
始めの数点アドバイスをすれば おそらく生涯ゴルフレッスン要らず
と言っても過言ではありません。


問題なのは 本来動かすと重くなるヘッド
それを力で無理やり 円弧を描かせることが出来る人、
チカラで封じてしまうコトの出来る人 です。

それを治していくためのステップを
 クラブの変化とともにお話しましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


『シャットフェース』 とは
体が右を向いている期間、区間
(テークバック初期〜インパクト直前)
フェース面が下向き
 垂直の状態よりも地面向きの事を指します

スナップショット 4 (2013-12-05 18-39)

この対語になるのが オープンフェース で
体が右を向いている期間、区間で
フェース面が上向き、空を向いている事です。

スイングには前傾姿勢があるので
体が右を向いている期間、区間では
体の左サイドの方が右サイドよりも高い位置関係にあり
その分シャットになるのが自然(スクエア)です。

2010111116444243889

テークバックの初期の段階で
そのフェース面の向きが上(空)向きになるということは
クラブを体の回転でなく
手さばき、手を捻る動き(右にハンドルを切る動き)によって
動かしている…という証でもあるので改善が必要です




体が右を向いている期間、
少々オーバー気味にシャットを維持することは
前傾姿勢維持にもつながり、
特に切り返しからインパクトまでの期間では
左サイドを低くしておく時間を長くし
左への体重移動のし易さ、如いては
背骨を軸とした体に易しい回転がし易くなります。
スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)

そもそも 体=骨盤が右を向いていないと
テークバック~トップ~切り返し~ダウン~インパクト直前
この期間にシャットフェースを形成することが難しくなります。

ダウンスイングでシャットフェースが形成されていると
ヘッドの重さによって グリップ~クラブが進行方向に押され
より早い』時期にインパクトを迎えられます。
オープンフェースでは インパクトしても飛びませんし、
場合によってはフェースでボールが打てません。
よって ダウンスイング~インパクトの間のどこかで
グリップの移動を止め シャフトターン・ヘッドターンを
しなければならず その時間の進行分だけ
体が下向きの期間を失います。
スナップショット 3 (2013-11-13 6-42)

あまり大きく腕を使わない
ランニングアプローチの練習などで
シャットを造り、
そのグリップエンドの向きのまま(のイメージ)で
体の回転でボールの上っ面をさらう
というドリルはとても有効だと思います。

swing102

シャットフェースを維持する というのは
自分の握り、「グリップ形成」にもとても大切です。
体が右を向いている期間、
右グリップは左グリップの斜め上に存在し、
ダウンスイングにおいては 利き腕の右グリップが
クラブを持った左グリップをボール方向に押せる位置関係です。
シャットフェースを維持することを考えていくと
その「押し」によって双方のグリップの密着感が上がります。
42ea91fd

オープンフェースを造るグリップは
双方のグリップがテコの支点関係になるため
必ず離れがちになります。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


かつてはフライングエルボーと呼びましたが
最近では『脇を絞めて』みたいな言われ方なのだと思います。

硬いシャフトで軽いヘッドのぶんぶん振り回すためのゴルフクラブ
であれば、テークアウェイ時に左腕で押して、右ひじを体に
付けて横に動かし、帰りはその逆をする
という方法になる訳ですが、
それはまさに「手でクラブを振る」という事を示唆しています。
このアクションにはどこにも体の動きが付いてこないので
結果、前傾姿勢もアドレス(ポスチャア)も
どうでもよくなるという訳です。
スナップショット 2 (2016-06-27 23-07)

クラブの最も大きな機能 ヘッドの重さ
打撃に対するエネルギーとしての重さと
自分の動きに対しての助力としての重さ
これを使うのには
長い棒の先にあるその重さを
ぶんぶんと手で遠心力を作るとか、増やすために
使ったのでは意味がありません。

まずはそのために
体の向きを変える上半身に対し
その運動の方向を頭に入れながら
その「重さ」をスタンバイさせておかなくてはなりません。

テークアウェイとは右へと動く動作ですが、
その目的はその後の左へ動く為にあります。
ですので、多少は右にズレたとしても
その重さが 左へ動きの負荷になってしまえば
意味のないものになります。

よって 右腋を絞めた 左腕だけでのテークアウェイには
百害…いえ 億害あって一利なく
どの面においてもクラブの機能を利用できず
力づくでゴルフショットをするはめになります。
0-0763-1388

自分の胸に対し、右を向いていたとしても
その両肘の高さが胸と平行になるように
傾きと右向きの関係から
外からの見た目は右ひじの方がやや高い位が
次の動作への移動がしやすく理想です。

過去の選手などもそうですが
ジャックニクラウスにしても、ジャンボ尾崎にしても
アニカソレンスタムにしても
強く、そして故障の少ない選手はみなこの形です。

少なくとも重いヘッド、柔らかいシャフトを上手く使うのには
この右ひじ フライングエルボーは絶対条件です。
オーバーにする位で丁度です♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ボールを遠くに飛ばす
しかも、
 ✋出来るだけ楽に(体に無理せず)
 ✋似たような距離/弾道で
 ✋繰り返せること

を実現化したい
 誰もが願っていることですね

その上で 道具、そしてその重さが
どんな風に役に立つのか 考えてみましょう。

まず ゴルフクラブの構造を確認してみます。
metal
おじさんゴルファー向け
市販のクラブ
(参考*45インチのドライバー)で考えても
重量配分的には
 ヘッド  190g  63%
 シャフト  50g  16%
 グリップ  40g  13%
 総重量 約300g
こんな感じです。

ヘッドが軽い 市販のクラブであっても
先端部、1m10造遼世寮茲法。僑亜鵑鯆兇┐訶瓦硫
が付いている訳です。

ボールを飛ばすのには
確かに ヘッドスピードは関係します。
『ただしく打てる』という前提の上では
ヘッドスピードが 1msの伸びると
約3〜5ヤード距離が増えます。

しかし、多くの方が体験されていると
思うのですが、例えば自分自身であっても
チョロとか天ぷらを除いて
当たり方や弾道によって かなり距離に差があるでしょう。
まして ほかの人となると
自分よりも 「ヘッドスピード」は高くないのに
似たような 「ヘッドスピード」であるのに
飛距離に明らかな差が出たりしますよね。
まあ その答えはロフトの作り方 なのですが
今回はその話は割愛します。

先ほどのクラブの重量配分 を考慮し
ゴルフクラブは 運動すると当然その重さを増します。
人間の受けるモーメントで言うと、単純には
 ヘッド重量 ×
 長さ(含む腕) ×運動速度
移動速度が増すほど ゴルフクラブは重くなります。

5322-21-2015-1一般的なゴルファーが考える
グリップを支点とした
ヘッドを振る動き。
クラブ/シャフトの角速度ばかりを
増やそうとすると
その延長線上の方向へと
どんどん重さが増していきます。
この図のようなイメージでスイングを考えている人は
こういう実験は 支点になる部分が「完全固定」されており
スイングではそれは絶対に不可能 なんだ ということを
ぽっかりと忘れてしまっています。



言葉として「ヘッドスピード」と呼んでいますが
正しくは 
グリップの、
クラブ全体の移動速度

が速くすることを目標にしないイケマセン。




「ヘッド」の速度ばかりを上げようとすると
前述の通り、速度と重さは密接な関係で
ヘッドを振る振り方では
ヘッドを振りたい方向とは全く異なる
90度以上違う方向への重さが増えるばかりで
それは、まるで スピードを上げたい車が
アクセルを踏みながら、
それと同等(同量)のサイドブレーキを
踏んでいるのに近い行為なのです。



そこで今一度 トップオブスイングを見てみましょう。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)ce17f420











このポジション と インパクト時のグリップの位置 を
結んだときに、さてさて
どちらがクラブやクラブヘッドの重さが利用できて
どちらがクラブやクラブヘッドの重さが邪魔

になるでしょうか?
スナップショット 1 (2015-09-05 1-32)

クラブを垂直に立てなければいけない
という訳ではありませんが、
トップでのクラブは ゴルフスイングの中(動作の中)でも
一番軽くなる瞬間で
それは 重さに対する
 クラブの長さが ゼロに等しい状態になる訳で
 クラブ(およびヘッド)の重さ × クラブの長さ
ここが一番クラブを動かしやすい筈なのです。
414

重力・・・という下方向への動きに対し
クラブの重さも利用して 下げて行けるのですから
運動性能に対し なにがしかのプラスアルファー が
生まれる筈です。

 それこそが ヘッドスピードアップにつながるわけです。

そうやって考えてあげると
まあ なんとゴルフクラブの形や重量配分は
見事な構成と言うか 構造に感心することしきり です。


クラブやクラブヘッドの重さを
スピードアップのエンジンと言うか、助力にするか、
それとも筋力でその重さをねじ伏せる 邪魔者にするか、は
おそらく スイングの技術的な部分ではなく
発想によって 分かれるのだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフクラブはその構造上、
スイングの動作中 その重さは数キロ〜十数キロ にもなります。
クラブを放り投げる訳にはイキマセンが、
その重さと年がら年中戦っていては
風や傾斜の伴う 実践のコースでは上手く行きません。

その重さを味方にするのと、その重さと闘うのでは
かなりの違いになるでしょう。

lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショットlesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット







スイングは 前傾して始める ので
グリップとヘッドの関係で ヘッドの方が下に感じますが、
実際には グリップ方がヘッドよりも高い位置関係にあり、
テークアウェイしていくと その位置関係が強調されるに過ぎません。
決して 腕の作業によって
ヘッドとグリップの上下関係が反転するのではありません。
BlogPaintlesson 2009_10_31







傍目に 上下が反転して見えるのは
体が回転するからであって 腕の作業ではないのです。

ダウンスイングであっても

ヘッドの方が グリップよりも低い「位置関係」にはしないのです。

グリップの方が低く ヘッドの方が高い 相対関係である
スナップショット 4 (2013-10-05 11-49)スナップショット 1 (2013-10-05 12-08)
トップオブスイングで クラブを離すと
当然! ヘッドでは無く グリップの方が地面に先に到達します。
何度やっても! どこでやっても! です。
ヘッドの方が先に地面に達することはありえません。

傍目に ヘッドとグリップの上下関係が反転して見えるのは
体が回転するからであって、腕の作業ではない
 のです。

ヘッドの重さを使って グリップを下げてあげれば クラブ全体が下がり易く
かつ ダウンスイングの動作の進行もスムーズになりますが、
ヘッドの重さを使って ヘッド自身を下げようとすると
それ以外の動きは 止める必要が生まれてしまいますし
無駄に下にかかる不可抗力を どこかで相殺しなくてはなりません。

折角 トップ付近で クラブ全体の重さがグリップを下方向に
打撃方向に掛かっているのですから
それを利用しない手はありません。
その方が 「断然!」 楽ちん です。

スイングのメカニズムを理解しておく必要もありますが、
クラブと、重さと格闘するスイングでは
現場、コースへ出た時 の精度、再現性に大きな差が生まれてしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



表題にも書きましたが、
左右双方 グリップ全体も、アドレス姿勢も
そしてスイング・クラブ扱いそのものも
左手グリップ1個で決まってしまいます。


IMG_0528IMG_0529
クラブと人間の関係では
右手グリップの方が上 ☞ ヘッドに近い方を握りますが
地面からの高さと言う意味では
 左手の方が上で、右手の方が下、
右手の方が遠いところを握ります。

そのズレが、離れは、骨盤ソノモノが微妙に
右に傾くことで済まされる程度にしないと
歪んだ形でアドレスをすることになります。

yjimage

よく グリップは「握手をするように」と言う言葉で
表されたりしますが、
それは当然 左グリップにおいても同じで、
左手のグリップを拳骨にしてしまうと
右手のグリップが同じ形で入ってくるスペースが
左のげんこつ(親指の部分)によって 塞がれてしまいます。
スナップショット 4 (2013-09-10 1-45)

あたりまえですが 腕は肩から生えていますが、
肩から真っ直ぐグリップに入ってくるライン、三角形が
歪まないことは重要です。

スナップショット 5 (2013-09-10 1-45)斜め上から入ってくる筈の薀哀螢奪廚
横から入ってくることになり、
必要以上に 右サイドの低さが必要になってしまいます。






IMG_0533IMG_0532
そして、左手が握手する形、
第三関節を曲げず、手のひらを造ることによって
右手の手のひらと左手の平が相対する合掌の形が
形成できます。
拳骨を造ってしまうと 手のひらそのものが
なくなってしまいます。


そして ここで最大の疑問が生まれる筈です。
『そんな握りでは握っていられない!』

そう そこがポイントなんです。

その浅い、頼りない、チカラのは要らない 左手のグリップ
それでは クラブを支えていられない
だから そのグリップが重さを支えきれず
移動し続けて、逃げるのです。


左手のグリップが クラブの重さ
運動したクラブの重さを支えていられる と言うコトは
スイングのどこかの時点で
左手の移動が止まり、その重さを受け止める
と言うコトが条件になります。
 そうするためのグリップと言うコトです。

その重さを支えきれない、持っていられないグリップを
造ることが スイング変えていく
非常に高いハードルですが、一番最短の道でもあります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ