◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: ヘッドの重さの働き


店長「今は 訓練中ではありますけれど
 このお二人は その部分をトライされています。」



店長「昔から言ってはいるんですけれど
 右打ちですが 右腕を伸ばす、まあ 伸ばされるが理想ですが、
 左手を押す というか、
 腕が短くなっていると グリップの通る軌道は小さいですよね❓
 ✋ヘッドの軌道じゃないですよ。
 その軌道を 出来るだけ大きくする為、
 そして からだの回転の流れ(時間進行)から外れない為、
 右手を使っている のであって

 右手を伸ばすことで クラブを押してしまう、
 シャフトを廻してしまう、ヘッドを振ってしまう、
 まあ そうなると『ガチッとグリップした左手』が支点となって
 右腕のさばきだけでクラブを回転させるコト になってしまうので
 スイングの中の 回転 は それで終わり、
 からだの回転は スイングっぽく見せるための飾り
 になってしまいます。

 からだの回転に 動作としての役割が薄い ですので
 疲れてきたり、面倒になって来たりすると
 省かれてしまうのは当然ですし、
 打つコトの主エンジンじゃあないですから
 スイングとして身につかないのも 致し方ないですね。」

質問「・・・・ なるほど・・・・。」

店長「アバウトですけれど このポジジョンのまま
2021-12-13_17-06-22 - frame at 0m(イメージスイング
(イメージスイン







 からだを廻していく、
 腕は自然に伸びて グリップの描く弧が大きくなる、
 となると
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)インパクト前のクラブは
引きずるような、ヘッドは重たいですからね、
引きずられるような スライドして
インパクトに入ってくるわけです。

 それに比べると 右腕を伸ばすことで
413ヘッドをボールの方に出してしまう方は
クラブ半径の円を描いてしまうので
スライドして入ってくるモノに比べると
大きな弧。。。。 外から入ってくるコトになります。

 👉コレを 本来の意味での
 『アウトサイドから〜外から入ってくる』と言います。


 ですので ハンドリリースで 円弧を描いてしまう、
 その軌道そのものが 見た目として
 インから入ってこようが、そのまんま アウトから入ってこようが
 ハンドリリースで インパクト前に円弧を描いてしまうモノ
 それを 『アウトサイドから』 と言うんです。
445
 繰り返しになりますが、ハンドリリースで
 円弧を描いてしまっているモノを
 見た目、軌道として ボールの手前(自分側)から入れて来ても
 基本的な 問題の解決にはならないのです。」

質問「見た目の軌道じゃあ ないんですね?」


店長「はい。

 別な要素も入り込んでくるのですが、
 スライドして、引きずって からだの向きで入ってくる方は
 その言葉の通り からだの向きで入って来ますが、
 途中から 腕さばきで クラブを、ヘッドを、ボールの方に
 出してしまう ハンドリリースは前者に比べると
 その時機、タイミングが遅くなります。
 ハンドリリースはその特性上、からだの向き、リリースと
 順序が必要になるから、です。
 故に 全体の見た目としても
 『アウトサイドから』『アウトサイドイン』になり易いですが、
 本質的な問題としては
 その見た目の軌道は その方法に振った✋に過ぎず
 問題なのは 不要な『膨らみ』を造ってしまうコトです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフクラブの、特にですが
 ヘッドの慣性モーメントと言う言葉をご存知ですか❓」

質問「なんとなく…ですが…。」

店長「一般的には 回転をする・させるモノ の
 周り易さ、廻り難さ を示すモノで
 数値としては 大きくなる程、廻り難くなる、
 姿勢を変え難い、動き難い と考えて良いと思います。
005
 ゴルフクラブのヘッドで 言えば
 ヘッドとボールの当たり所 に左右されずボールが飛ぶ、
 飛ぶ効率 打撃のエネルギーを飛距離に換えやすい
 と考えて良いと思います。

 まあ もう少し アバウトに言えば
 芯が広い と考えても良いかと思います。

 30年前のドライバーに比べると
 同じメタル素材であったとしても
 当時のモノは 170ccですので、
 今のユーティリティクラブ位のヘッドです😬
 今は その3倍の上限460cc、
 慣性モーメントも4倍近く 高くなっています。
 それだけ 当たり所に左右されず ボールが飛ぶので
 安心して振れる、だから 飛ばせるようになった、
 また ボールの推進力へのエネルギー変換効率も良くなった、
 と 単純ですが、考えて間違いはありません。
metal
 慣性モーメント は 3000とか数値で表されますが、
 数値の大きなモノほど その能力が高い と言えます。

 ヘッドの構造や大きさなどもそうですが、
 ヘッドの重さ も それを構成する大きな要素ですので
 ヘッドが重くなれば 必然的にその数値も上がります。」

質問「スウィートスポットが大きい って奴ですね。」

店長「そうなりますね。
 ですので ヘッドの重いモノは
 当たりズレ、当たり損じに強くなります。

 また ドライバー含めた、ウッド系だけでなく
 アイアンも含めたクラブ全般、一般的なクラブヘッドの慣性モーメントは
 ヘッドのフェース上、トゥ〜ヒール方向、横方向のモノを指しますが、
 そちらは 主にヘッドの構造、大きさによって作り出されますが、
 ヘッドの重量の場合、ヘッドのソール〜クラウン
 フェース上の上下方向の当たりのズレにも強くなります。」

質問「ああああ なるほど。
 だから 悶絶クラブはラフで打っても
 距離が極端に落ちにくい となる訳ですね。」


店長「そうですね。
 それと共に ヘッドの質量が大きいので
 運動を持続して行こうとする能力が高くなります。
 ですので ラフやバンカーなど ボール以外の質量が
 ヘッドの進行の妨げになる場合も ソレに屈し難くなります。

 最近だと、女性や非力な方でも
 スチールシャフト以外の選択が乏しい です。
 スチールシャフトが素材として どう ではありませんが、
 特に軽量スチールになると 強度が落ちますので
 より軽いヘッドが使われる可能性が高くなります。
 
 ヘッドに重量が少ないと インパクトを超えて
 ヘッドが推進する、打ち抜く力がヘッドに乏しくなるので
 昔よりも一層、ラフやバンカーで苦しむのでは と危惧しています。」

質問「力のない人には不利なんですね。」

店長「そうですね。
 チカラの無い人がバンカーショットをする場合ですが、
 軽いヘッド、硬いシャフトの組み合わせ、
 ロフトも大きめ(58度とか…)、 その上で
 バンスもあまり張ってない(バンス角度が少ない)
 ウエッジでバンカーショットなんて
 😬ナンの拷問だよ😬
 とさえ思います。
79457
 最近、設定されているルールの多くは
 一見すると 色々な点で スピードの速い人、チカラのある人
 を規制の対象にしている『ように見えます』が、実は
 より一層 速い人、チカラのある人とそうでない人の格差が
 広がるモノばかりですので
 そこは 重いヘッドやシャフトを柔らかくするコトで
 それを補うのが良い
と思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 このブログに関連する中でよく使われる言葉です。

辞書を引いてみると

 アラガエナイチカラ、逆らえない力 を指します

この言葉は 保険用語や法律用語 不動産用語に中にも
頻繁に登場します。

そして この言葉の反対と言う意味では無く 対になる言葉が

 「仕方がなかった」
というのがあります。

車の運転中に頻繁に起こる事ですが
車がカーブに差し掛かります
その車の性能、路面状況、タイヤの性能や状態によって
車は道なりに走ろうとするスピードに対し
外に飛び出ようとする力が働きます

 どのスピードか は 各シチュエーションによって異なると思いますが
必ず タイヤの向いている角度よりも ややずれたアングルに
車は進むのでしょう。 
 確かこれをスリップアングル と呼んでいたと思います


自分の動かした物、自分自身にも 動かした方向やスピード、強さに対し
必ず 自分の意に反するような力が掛かる訳です。

ですから 車の場合 その総合的な性能を超えてしまった場合
外に飛び出るような事故になってしまったりするのです
    🚙🚗 {運 転 は 気 を 付 け て}

それと同じで ゴルフクラブにも
動かしていない時は 長さ×重さ だけで済んでいますが
動かしている時には それにスピードの二乗倍 以上の力が
かなり複雑に掛かります。

ゴルフクラブを スウィングと言う中で動かせば
クラブ全体には 外に膨らもうとする力や 下に落ちようとする力
クラブヘッドにも 独自にその力が加わり
動かしている最中 ずっと複雑に力が掛かります。

良い練習方法とは言えませんが
人のいない 広い所で クラブを離す スウィング中に放り投げる
指示をされると 意外や意外 初めて行う人は
自分の意図に反した あらぬ方向にクラブを放り投げてしまうモノです
会田20210701_Moment(2)
☆ボールを打つ
☆クラブを振る
  この行為には 重力が存在している限り
  絶対に いろいろな重力 遠心力 等 不可抗力が存在します
  殆どの場合 その不可抗力に動かさせられている と言っても
  言いすぎではありません。

ある程度 その不可抗力を計算に入れて 上手く打とうとしても
その不可抗力は 全部を計算式に出来ないほど複雑で
特にヘッドを振ろうとしている
シャフトを振ろうとしている  
 ヘッドターンをしようとしている人の

不可抗力は 無限のバリエーションを持っていると言って良いでしょう

  それを味方に付けるか あくまでも人力によってそれに抗うか
    そのどちらかだと思うのです

ゴルフクラブの場合 かなり立体的に動きますし
かなり動かすものは偏芯・偏重した物体です


道具…辞書から抜粋してきました

(1)物を作り出すため、あるいは仕事をはかどらせるため、
  また生活の便のために用いる器具の総称。
(2)他の目的のための手段・方法として利用される物や人。
(3)仏道修行に用いる用具。僧の必需品や修法に用いる器具


ゴルフの場合 当然 (1)が正しい筈です
 人間の体だけでは あんなに遠くへ あんなに正確には
 ボールを飛ばすことが出来ませんから…


しかし 道具を持った方が難しくなってしまうのは
  (3)の回答です。
本来は 人間が楽をしたい 作業効率を上げたい 為に存在する
筈の「道具」が人間を苦しめる  
 本末転倒……この言葉、まさにこの為にあるような気がします

人間が1000回も10000回も繰り返し 出来ない動作
答えの出ない動作   ゴルフショット以外に何かあります?
そろそろ その行為 動作 
 そのモノの目標が間違っている って気付いても良い頃? じゃありませんかね


 〇楽する為 〇効率を上げる為
こんな便利な世の中になったのに
道具を持った方が上手く出来ない
こんなコンピューターが進んだのに
基本設計 基本構造は変わらず
原点の形はあまり変化のない ゴルフクラブ
   
 それに「理由」が隠されているって思いません?
 それを無視し 体の動かし方ばかり考えていても
 こんなにやっても こんな人数でトライしても
 こんな長い歴史を過ごしても答え見つからなかったんです

 自分の側から クラブを見るのではなく
 クラブの側から 自分を見る時が来たのではないでしょうか
                 (2009年7月当ブログより転載)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「絨毯の上で ヘッドを引き摺る、
 からだの向きを変え、グリップを移動させ
 その移動した分で ヘッドを移動せる、
 その感覚を経た上 実際にボールを打ってみる。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 アプローチとは言えないまでも
 練習のウォーミングアップとして 感覚を掴んでみる、
 それは 手打ちからからだの回転への移行として
 地味かもしれないけれど
 かなり効果のあるドリルになると思います。」

質問「はい。」

店長「そのドリル(アプローチショットですが…)の参考に有るのが
 コチラの動画になると思います。

 おそらく。。。ですが、
 多くの方は。。。ですね、
 テークアウェイで90度右を向けた 9時を向けた時計文字盤
 クラブを 90度戻そう、6時にしようと思っている、
 フルではないけれど クラブをターンさせる、
 それが インパクトだ と思っているんじゃないか
 と思うんです。
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(2)
 でも グリップを動かして、ヘッドを引き摺る 感覚では
 インパクト付近は グリップをからだの平行に
 打つ方向にグリップエンドを向けたまま 引きずる感覚なんです。

 イメージ・意識は『9時のまま引きずる』んですけど
 からだの回転が入って来ますから
 ボールへの到達時点で 8時とか、7時半とか。。。
 7時までは行か(さ)ない感じですね。

 トップの位置での クラブを
 その姿勢のまま、そのシャフトの向きのまま、
 からだを廻して グリップを引き摺り
 クラブ自体を移動させる・・・。」

質問「スライドさせるような感覚 ですね。」

店長「はい。
 実際には 動力がからだの回転、回転なので
 薄っすらとは クラブにも回転は入ります。
 クラブ、ヘッドの重さ、運動での加算 が入りますから
 ヘッドは留まろうとしますので
 からだの向きに対し 半分位の回転でしょう。」

質問「コレで 当たるんですね❓」

店長「当たる と言うか、打てます。
〇距離感としての 管理出来る速度
〇多少のズレがあっても 均一な打撃ロフト、ヘッド姿勢
〇ヘッドのアタックアングル
 これらを考慮すると コチラが『正当なアプローチショット』です。」

質問「ものすごく奇妙な感覚です。」

店長「だと思います。
 今まであった 何か肝心なモノが無い、欠けている、
 なのにボールに当たる、ボールを打てる、
 そう言う感覚なのでは無いかと思います。

 今までの感じでは アドレスを基準点として
 ソコに戻る、ソコがインパクトの合流点なのだ、と思うんですが、
 からだを廻して グリップを引きずるので
 ボールとコンタクトする合流点は ソレ よりも もっと後です。」

〇からだの回転_Moment(2)

質問「そうなんですね😊」

店長「少し ソレに慣れたら、
 回転の 横のクラブの動き だけでなく
 縦のクラブの動きにも意識して
 同じように クラブを引き摺る、
 ヘッドをボールに縦の感覚で『届かせようとしない』、
 ボールに正対、垂直になるようにしない、
 グリップエンドを打つ方向に向けまま
 ボールと自分の間を擦り抜けさせる、
 そう言う感覚だと思います。」
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment
質問「当たるんですね…。」

店長「この 奇妙な感覚に慣れるコト が
 からだの回転への入り口 と考えて良いと思います。
 コレに慣れないと その先『ショット』につながって行かないです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 コース・現場での撮影ですので
 練習の成果は出ていると思います。
 かなり 良い感じなんじゃないです❓
VTS02 2022_Moment
 おそらく ある程度は満足されているのではないか、と思います。

 コースで 腕・クラブを捻じらず
 足さばき、下半身・骨盤主体で右を向く習慣を付ける、
 始めからそうであるのなら別ですが、
 左腕中心、肩周り中心で右を向いていたのを
 そちらに変えるのは かなり大変です。
 ご本人には伺っていないので推測に過ぎませんが、
 腕や肩中心の右向きから 骨盤を右に向ける意識
 に変えた方が、疲労による変化は少なくなりますし、
 フェースを下向きにするチャンスが高くなりますから
 飛距離アップ、そして その反復性も高くなると思います。
 

 これからの練習、ゴルフのコトを考え
 あえてアドバイスさせて頂くのであれば
 (無理に大きく変える必要性は感じませんが…)
 テークアウェイ時、左腕の動きが少し多く、
 それに応じ 右向き具合、
 骨盤、股関節の右向き、右股関節締まり が減り
 切り返しにタイミングが取り難そうな感じが見えます。
 若干、ヘッドが下から入る、
 スイングの弧の大きくなるのが早い、
 が見られる『場合があるので』

 テークアウェイの右向きの作り方

👉クラブを移動の原動力の割合を
もう少しだけ からだの向きに移管 して良い気がします

 を次のテーマにされると良いと思います。
 股関節の右向きを増やす分、左腕の動きを減らす と言った感じ。
VTS02 2022_Moment(2)
 テークアウェイは 上げる、
 グリップを高くする、と言うよりは
 あくまでもイメージですが、
 フェース面を円の外周に向ける
 程度で良いかな、と思います。

 イメージではありますが、
 左脚を使い 左股関節を右に寄せ
 左股関節が寄せられたので
 右股関節は 右上半身、右ひじなどの誘導に従い、
 後方、背後に逃げる
 と言った感じです。
 イメージですので、大袈裟にやる必要はありませんが、
 右股関節上で 両股関節面が右を向く と言ったトコロです。
 主に足使い になると思います。
 脚の動きを変えると ソコで間が取れるので
 切り返しのタイミングを取り易くなると思います。

(からだの回転と腕、そしてクラブ_Moment

 アドレスももう少し 棒立ち気味
 ハンドアップ気味 でも良いかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「
インサイドアウトとか、アウトサイドインのような
 平面的な軌道の話し になっちゃうのですが…。
1f52b653
 例えば、ですが
 このデータは LPGA選手の統計データ(ドライバー)で
 94選手の平均値で ボールの内側4度位の角度 で
 ヘッドを入れて来る、とあります。
 数字遊び になってしまうのですが、
 アドレス状態の 立体的なスクエアを0度 とすると
 4度内側より入ってきているので
 4度フェースが右を向いていても 右回転は入りません。
 ヘッドスピードなど他の要因にもよりますが、
 5度程度であれば 右を向いていても 回転は入りますが、
 『右に曲がる』には至らないと思います。

 しかし、飛球線に対して 真っ直ぐ後ろから
 ヘッドが入ってくるとしたら
 上記の状態よりも 5度前後 は閉じていないと
 右回転は入ってしまいます。
 その軌道で 5度フェースが右を向いていれば
 回転だけでなく、弾道も右に曲がると思います。」
マイナス8マイナス15



YSさん「軌道通り ッテコトですよね❓」

店長「軌道をことさら 気にする必要は無いと思うのですが、
 ボールが曲がる、ボールに横回転が入る シンプルな仕組み
 はそう言うことです。

 フェースターンを打撃のメインパワーにすると
 フェースを閉じようとすると 軌道は内回り、
 中に切り込もうとしてしまいます。

 ヘッドを閉じようとすると 軌道が内に入ってしまう…
 よく言う アウトサイドイン として
 内に5度入り込もうとする軌道では
 LPGAの平均値で考えると 10度もフェースを
 左に向けないといけなくなります。
1ff0dce2

 本来であれば ヘッドの軌道 と フェースの向き は
 全く別ものとは言えないまでも
 関連しているに過ぎず 別なモノと考えて良く、
 自分の軌道はいつも だいたい似た軌道、
 それに対し フェースを調整・修正する、
 …そのような状態にしておくのが理想です。

 両方が常時、動いてしまうような状態では
 不規則に移動するゴールに対し、作戦を立てるようなモノですから
 当然、難易度は増します。」

YSさん「となると やはり 手の返しは避けるべき、と…。」

店長「まあ、そうなりますよね…。
 また フェースを開いて上げてしまう、
 大きくフェースの開いてトップの位置 では
 そうでないモノと比べると ヘッドの重さがかなり増えます。

 少々、大雑把ですが、開いていなければ
〇ヘッドの重さ × 長さ × 運動
 というコトになりますが、
 開いた状態になると
〇重心距離〜重心深度の複合距離 × ヘッドの重さ × 長さ × 運動
 と 基礎になるヘッドの重さの数値が増してしまいます。
 残りの数値は掛け算ですので 二つはかなりの差になります。」

YSさん「リキミ を生んでしまうんですね?」

店長「そうですね。

 実験されると 分かります。
 5gの鉛をヘッドに張る際、
 ネック部分に張るのと、
 シャフトから一番離れたトコロに張るのでは、
 まるで 重さ感が異なり、シャフトに対する影響も違います。
 タイミングも異なりますし、違うスイングになってしまう可能性も
 無いとは言い切れません。その位、二つは異なります。
006
 ウッド、ドライバーは特に重心の深さ(深度)があります。
 アイアンに比べると 10倍近く深いトコロに重心が在り、
 それによって 重心距離(フェース面上の重心位置)よりも
 もっとシャフトから重さが離れています。
 ですので 開いて上げてしまっている人は
 アイアンとウッド、特にドライバーのヘッドは
 その重量の数値よりも 重くして使うコトになってしまい、
  同じように インパクトには入れなくなってしまいます。」

YSさん「故に そう言うスイングの方は
 軽いヘッド、硬いシャフトを好まれる、のでしょうか?」


店長「ソレは間違いないと思いますが…、
 実際には ドライバーヘッドはどんどん大型化して、
 シャフトもどんどん柔らかくなり、
 アイアンヘッドは小型化、軽量化され、
 シャフトの硬さは昔と大きく変わりありません。
 二つの差はどんどん離れて行っています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

最大の特徴は やはり『ヘッド重量』でしょう。
 ピン型『デール9』は520g
 L型『ブリストル』は480gあります。
IMG_1366c42c12f0










現代の多くの人が手にしている
市販のパターヘッド重量は 290〜320g

 👉大袈裟には半分?と言う重量
 👉場合によっては パターそのもの、
 パターの総重量よりも
 デール9やブリストルパターのヘッドの方が重い
 と言う場合も少なくありません。

その恩恵ははかり知れません。

✊重さばかりでなく色々と恩恵有ります。
このパターを少なくない人が手にしたら
 ルールの規制がかかる可能性が否めないほどです。
✋デール9、ブリストル ともに
 キャディさんや誰かに手渡す場合、
 必ず ヘッドから渡してあげて下さい。
 グリップから渡すと かなりの確率で落としてしまいます。
IMG_1365

‐さな・ゆっくりしたストロークでボールが飛びます
 今までのタッチでは グリーンから出てしまうほど です。
 小さな ゆっくりしたストロークの方がミスが減るのは
 …分かりますよね。

 飛びますが 下りや速いグリーンにも異様に強いです。
 このパターに得手不得手は無いかも知れません。
 正直、ほぼインチキです。

 ✋ルールに反している部分は何一つありません。
 というか ルールがこれを想定してないよう…ですね。
IMG_1370

▲棔璽襪療召りが全く異なります
 遅く転がりますが遠くまで転がります。
 👉同伴競技者の距離感が狂います

 この地面に沿って舐めるような『転がり』
 このパター以外で実現することは不可能かもしれません。

 ✋また 異様に直進性が良いので
 今までの曲がり幅半分以下
 ショートパッティングなら ほぼカップの中で良いでしょう。
 曲がらないパター…想像できないでしょうね


イップスになりません(なれません)
 多くの人は考えたこともなかったと思いますが
 パターだけでなく、ショットも 当たり前なのですが
 グリップを動かさないと ヘッドが動きません。

 ヘッドが軽いパターに比べ
 格段にグリップの初動、動き出しがし易く
 逆に比較すると最も分かり易い部分と言えます。

 軽い一般的なパターであると
 ヘッドが軽いので ヘッドは動かせますが、グリップが動かせません。
 ここがイップスの始まりです。

しいになれない形状をしています
 正直 超〜〜オーソドックスな形状で
 このパターの形を「嫌い!」と言う人はそうそう居ないと思います。
 流行に全く左右されず 生涯使うことが可能です

 全く癖がなく、とても引きやすいヘッド形状をしています。

 ✊最近のガンダムチックな奇妙奇天烈なモノになれた人には
 逆に違和感があるかも・・・ですが、
 その意味不明な機能もどきの形状は
 引くこと、動かすコトのガイドには微塵もならず
 逆に動かす方向や指針がまるでないのです。
IMG_1364004











ゥ好肇蹇璽を教えてくれます
 装着されるシャフト(お薦め)は
 一般的にパターのシャフトの 半分の硬さ です。
 振動数で言うと 350cpm → 170〜140cpm

 テークバックの始動がし易く ←市販品に一番欠けている部分です
 切り返してくると シャフトがグリップを軽ーく押すので
 本当にパターが簡単になります。

 ✋ヘッド重量が、 そしてシャフトがグリップを押してくれるという
 今までに体験したことのないショット・ストロークを味わえます(^_-)-☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ハンドファーストが上手く出来ない… は
 インパクトでスイングが終わってしまうような
 未来の『ぶっつけ打ち』につながっていく可能性は
 非常に濃い、と言えます。」

HNさん「そうならないように…回避したいですよね。」

店長「そう思います。
 ハンドファーストの話しと関係するのですけれど
 その発端は フェースを開いてしまう上げ方 に
 起因します。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)





 KKさんの話し で言うと
 以前のテークアウェイ、トップでは
 もっと 右ひじ(右打ち)が外目に張って
 両腕の中に クラブを立てめに上げてたんですね。

 たまに 来店された時、
 少しずつ 右ひじが絞られ始めて・・・
 以前より 大きくフェースが開かれている。

 多少は良いと思うんですけど、
 クラブ自体を 背後に倒すのはまだしも、
 フェースの開き、クラブの開きが大きくなれば
 どうしても それを元に戻す必要が生まれます。」

HNさん「ですよね。」

店長「スイングで言うトコロの
 アーリーリリースとか、アーリーエクステンションとか、
 ダウンスイングにおいて
 右腕を伸ばすことで 左手に対し クラブを振る、と言う行為は
 まあ リリースとも呼ばれてますけど、
 リリースするには 支点の左グリップが止まらない と
 出来ないですから、イコール からだの回転の止まり
 になるんですね。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)







 事前… テークアウェイやトップ、ダウンスイングで
 フェースを開いていなければ
 その戻しは 特に必要ありませんから
 ハンドファーストに移行できる可能性はありますけれど
 大きく開いていれば そのままでは
 フェースでボールが打てません。
 フェースの閉じ加減が足りなければ スライスにも
 なっちゃいますから、

 そのリリースが ショットの生命線。

 からだの止まり、もしかしたら人によっては
 そのからだの止まりを『左サイドの壁』と言う認識
 の場合もあると思うんですけど、
 止まらなければ リリースが出来ない、甘くなりますから、
 当たりも悪いでしょう。

 クラブを開いて上げる、別な言い方ですと
 手で上げる、左腕だけ動かしてあげる テークアウェイ は
 からだ自体を廻さない…
 肩だけ回す…
 腕だけ動かす… というように
 上半身/胴体をひねる動きが強くなりますから
 年齢が行ってくると かなり苦しくなり、
 どんどん本来の右向きが浅くなり、手だけになります。
 ならざるを得ない。 

 そうなってくると 『ぶっつけ打ち』に到達するコトに…。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







HNさん「その KKさんはどうされたんですか❓」


店長「まずは こすり打ち と つかまえ の違いを説明して
 いま 行っている 肩も含めた、腕でのターンを全部無くし、
 トップで作った 腕とクラブはロック、
 あとは からだの向きに委ねる(ゆだねる)
 右腕が伸びるのは 回転の遠心力であって、
 無理してい 腕とクラブをロックして 届かない分 だけ
 伸ばされればよい というか
 それも 受動的に、からだの回転という
 ヒトツのモーターで行うように考える。


 まあ 直ぐに全部はつながってこない と思いますけど
 一応 説明だけして、
 まずは 開いて上げないコトを重視しましょう、 と。」

HNさん「打撃の主として、腕のリリースで円を描かない、
 描いてはいけない ではなく、
 描かなくても当たる と言う道でしょうか。」


店長「そう思います。
 ハンドファーストの話し であれば
 ハンドファーストのまま 打ち終えても
 ボールに届く、当たる、打てるコトでしょうね。
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(3)〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(4)







 それらのコトが 掴めてくると
 色々な部分が つながってくる、
 本当の意味で理解出来てくるんだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【質問】
 ゴルフをやって 20年以上になりますが、
 フェアウェイウッドが苦手です。
 何か良い、ベターな解決方法はあるでしょうか❓


  前半はコチラ 👉フェアウェイウッドの苦手を解消【道具編】 前編 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)



【店長】
 入射が緩くなる効果が ダブル✊✊

 しかし、ヘッド、ソールの奥行きが深い、あるので
 ソールが尻もちをついてしまう・・・
 トップしたり、、、ダフったり、、、
 ダフってるのにチョロしたり、、、
 そういう当たりミスが多いと思います。
BlogPaint

 ちょっと余談…ですが、
 こちらは LPGA全選手のデータ です。
 一般的には 『アイアンは上からダウンブロー、
 フェアウェイウッドやウッドはハラって打つ、レベルブロー』

 と言われていますが、プロのデータは真反対です。
クラブ別スペック
 長さの長い 5番ウッド が -3.0
  …上から  入射角度3度 に対し
 長さの短い 5番アイアン が -1.9
  …上からではありますが、入射角度が緩くなっています。


 フェアウェイウッドを攻略にヒントは
  『入射角度』にあり



 そ・こ・で・・・
((((ハンドポジション_Moment

 #3ウッドよりも #5ウッドの方が
 上手く当たる、ミスの確率も少ない、
 場合によっては 距離も変わらない、…もしくは 飛ぶ
 なんて経験をされた方も居ると思うんですが、
 (シャフトの硬さが違う とかそういう話は抜きにして)
 その原因は ロフト角度 ではなく、長さ だったり、します。
 勿論、ロフトの立ったモノ、長いモノ の方が
 精神的にプレッシャーがある というのはありますけれど…。

 長い方が振り難い、それはそうなんですが、
 長い方が 入射が緩くなり易く、
 短い方が 入射取り易い。

 それは とても 当たり具合を左右 します。
 フェアウェイの問題は 曲がりや方向 よりも
 当たり具合の方が大きいですからね…。


 ですので 次にクラブを買おうかな、造ろうかな、
 と言う場合、
 例えば 17度か、18度とか、精神的にもこれなら上げられるだろ…
 と言うロフトのクラブを
 通常の43インチではなく、42インチとか、
 勿論、その長さなりのヘッド重量は必須ですけれど
 41.5インチにして使う というのは アリ だと思います。

 41.5インチの 18度 と
 41インチの 22度 とか
 40.5インチの 25度 とか
 フェアウェイウッドとしては ショートウッドですので
 非常に 安心感、期待感の強いモノになるんじゃないですかね。

 根本的には こすり打ち、すくい打ちは解消したいですけど
 とりあえず 当面の 穴になる距離を 確実に埋める
 当たり具合の確実性を上げる
 と言う意味では ウッドの長さ(短さ)、
 これなら 打てるぞ って 長さ(短さ)を採用してみるのは
 良いアイディアだと思います。

✋勿論、その長さなりの ヘッド重量は必須 絶対です✋

8a862ab6

 また、ドライバーに比べ、
 ほんの少し、微妙に 柔らかい設定 の方が
 フェアウェイウッドは楽です。 微妙に…ですよ。
 フェアウェイウッドのように 地面から打つ長いクラブ、
 しかも ドライバーと違って 傾斜とかライが選べません。
 シャフトが硬いと 強く振らなければならなくなり、
 テークアウェイも速くなりガチ・・・。

✅テークアウェイで フェースを開いたら、大きく開いたら、
 ボールを打つのに ヘッドターンは必須になる訳で
 それは イコール すくい(こすり)打ち 入射を緩くしてしまいます。

 .ラブの長さ、⊇顛瓦凌爾
 それを更に ➂緩い入射で入れたら トリプル です。
 ソールが尻もちをする可能性は低くない と思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「
つかまえるコト と こするコト
 それは ロフト と ヘッド(クラブ)の進行
 の 縦の関係 から造られます。
逮捕術 2022夏_Moment

 ふたつの 最大の違い は
 つかまえる には グリップとヘッドの移動量がイコール、
 グリップが動いた分、ヘッドが動くコト✊ で
 こする は ヘッドの方が多く動きます。
e00bf7e6002





 動画で比較すると
 グリップが動いた分、リニアにヘッド、クラブも動き、
 こする方の絵では ヘッドがフリーに動く瞬間が

 発生します。」


受講生「確かにねぇ…。」

店長「勘違いしている方が多いと思うのですが、
 つかまり の良いショットは 飛距離に有利、
 なのではなく、安定性、再現性に有利 なのです。

 これまた ゴルフクラブのややこしさ、意地悪さ ですが、
 こするショットは イコール スライス ではないですが、
 スライスになり易いので 飛距離ダウンにつながり『易い』ですが、
 つかまる イコール フック ではなく、
 確かに こする+スライス気味 よりも
 飛距離は出るかも知れませんが、
 『そちらが 主 ではないのです。』

 自分の グリップの動き に
 ヘッドの動きも、そして 速度も リニア に動くので
 管理、コントロールするコト や 修正するコトが
 フリーに動かしてしまうよりも 遥かに容易です。

 また ヘッドをフリーに動かしてしまうと
 そのヘッドの作り出す 遠心力や重さ、
 そして 長さなどの変化などがありますから
 グリップの位置やからだの姿勢 が影響を受け易く、
 ヘッド姿勢やヘッド軌道が同じになり難いのです。

 つかまえるコト が 飛ばすコト は
 間違いでは無いですけれど、
 そっちが 主ではない、
 『安定度、再現度を兼ね備えた 飛ばし』
 だと理解していないと 結局、
 飛ばす雰囲気に負けて ヘッドをフリーに、
 ヘッドを振ってしまうことになりかねません。」

受講生「ソレ、すごい分かります。」

店長「過去に それに類似した記事を書いた気がしますが、
 打った後、スイングを終了させるため、
 動作の減速に入るのですが、
 その時に、ヘッドには運動の慣性が残っているので
 打ち終わった後、フリーに動く瞬間はあります。
 ✊怪我をしない為に そこはフリーにすべき ですが、
 その ヘッドがブルン とフリーに動く瞬間 が
 ボールを打つコトではありません。

 ソコを誤解している人が多いです。」




店長「実はこのデータが物語っているのですが・・・。」

受講生「これは なんのデータですか?」
クラブ別スペック
店長「2019年位だったかと思いますが、
 トーナメント出場中の ほぼ全員の女子プロのショットを
 平均化したデータです。

 ここで 注目して頂きたいのが
 データとして 左から2番目の アタックアングル
 つまり ボールに対するヘッドの入射角度 の数値(角度)ですね。

 アイアンなどの 半インチの長さの違いが
 しっかり と 入射角度に表れています。

 ボールをこする クラブ扱いですと
 倶楽部に関係なく、入射角度は自分で作る形になってしまいます。

 アイアンなどの 半インチの長さの違いが
 しっかり と 入射角度に表れています。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スイングでよく言う リキミ みたいなモノも
 関係があるんでしょうか❓」

店長「有ると思います。

 リキミ の多くの場合、
 自分で作り出してしまう、増やしてしまう、
 クラブ、ヘッドの過度な重さが原因 であったりします。

〇ヘッドを振る、ローテーションする為に
 フェースを開いてテークアウェイを取れば、
 フェースを開いて上げていないの比べ、
 当然、ヘッドは重く感じます。
((((((((_Moment
〇クラブ、ヘッドを積極的に動かさず 自分自身が右を向く
 これが テークアウェイ、スイングの原則ですが、
 そうでなく クラブを、ヘッドを動かしてしまえば
 当然、よりクラブは重くなってしまいますし、
 そう言う場合、肩周りか、腕でクラブを動かしている、
 支えている訳ですから ソコに重さが掛かる、
 つまり 力む訳です。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)








 インパクトへ入ってくるのに
 肘とグリップ出来ている三角形 の 下側、裏側と言えば良いのか
 そちらが ボールなり、目標を向いている、
 でも、からだの向きが変わるから ボールは打てる訳で…

 その三角形を 腕で表向き にしてしまうと
 クラブのターンは『二重』になってしまいますよね。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(からだの回転と腕・クラブ_Moment(2)








 打つまでの ヘッドの軌道も必要以上に大きくなりますし、
 クラブヘッドに遠心力もかけている。

 例えば ですけれど
 インパクトで伸び上がる は聞いたコトありますけど
 インパクトで縮み込む と言う悩みはあまり聞いたコトありません。

 手が浮く 〜ディッシュアングルが無くなる  もありますが、
 インパクトで手(グリップ)が沈む悩みも聞いたコトありません。
 スイングの種別に関係なく
 ダフル と言えば ボールの手前 で
 ボールの先をダフル人は 見たコト無いんじゃないです❓
(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)
 つまり どれもこれも 必要以上に
 スイングパス(軌道)が膨らみ過ぎていて
 遠心力がかかり過ぎている
 『遠心力への対処』『求心力な動作ばかり』 ですよね❓


 クラブと腕で グリップが先頭になった『V字型』で動いているのと
 クラブと腕が ひとつの直線に近い長さで動いているのでは
 当然、打ち手に 掛かる重みも かなり違いますから
 どちらが『力む』コトになるかは 明白 だと思います。」

質問「ですよねー。」

店長「まったく腕を使わない訳じゃぁないですけど
〇からだの向き主体で クラブをターンさせるのと
〇曲がった腕を伸ばすコトを主体で クラブをターンさせるのでは
 それは後者の方が リキミが『必要』になります。
 前者の方が からだの近くをグリップが通ります。
 後者は どうしても『伸ばす』動作が明確に存在するので
 伸ばせる姿勢になるのに 切り返してから『一呼吸』以上必要で
 グリップはカラダから離れて行こうとします。
 より クラブが遠くを通り易いので 力みますよね。


 そもそも…ですけれど
 テークアウェイの段階において
 腕のリリースによる打撃が主になるように
 クラブを開いたり、寝かしたり した時点で
 からだの向き主体で はかなり無理があります。

 裏投げ って呼んでますけど、
 こういう感じが掴めてくると
 テークアウェイも、アドレスやグリップも
 意識的でなくとも 変わってしまう可能性は高いですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

最大の特徴は やはり『ヘッド重量』でしょう。
 ピン型『デール9』は520g
 L型『ブリストル』は480gあります。
IMG_1366c42c12f0










現代の多くの人が手にしている
市販のパターヘッド重量は 290〜320g

 👉大袈裟には半分?と言う重量
 👉場合によっては パターそのもの、
 パターの総重量よりも
 デール9やブリストルパターのヘッドの方が重い
 と言う場合も少なくありません。

その恩恵ははかり知れません。

✊重さばかりでなく色々と恩恵有ります。
このパターを少なくない人が手にしたら
 ルールの規制がかかる可能性が否めないほどです。
✋デール9、ブリストル ともに
 キャディさんや誰かに手渡す場合、
 必ず ヘッドから渡してあげて下さい。
 グリップから渡すと かなりの確率で落としてしまいます。
IMG_1365

‐さな・ゆっくりしたストロークでボールが飛びます
 今までのタッチでは グリーンから出てしまうほど です。
 小さな ゆっくりしたストロークの方がミスが減るのは
 …分かりますよね。

 飛びますが 下りや速いグリーンにも異様に強いです。
 このパターに得手不得手は無いかも知れません。
 正直、ほぼインチキです。

 ✋ルールに反している部分は何一つありません。
 というか ルールがこれを想定してないよう…ですね。
IMG_1370

▲棔璽襪療召りが全く異なります
 遅く転がりますが遠くまで転がります。
 👉同伴競技者の距離感が狂います

 この地面に沿って舐めるような『転がり』
 このパター以外で実現することは不可能かもしれません。

 ✋また 異様に直進性が良いので
 今までの曲がり幅半分以下
 ショートパッティングなら ほぼカップの中で良いでしょう。
 曲がらないパター…想像できないでしょうね


イップスになりません(なれません)
 多くの人は考えたこともなかったと思いますが
 パターだけでなく、ショットも 当たり前なのですが
 グリップを動かさないと ヘッドが動きません。

 ヘッドが軽いパターに比べ
 格段にグリップの初動、動き出しがし易く
 逆に比較すると最も分かり易い部分と言えます。

 軽い一般的なパターであると
 ヘッドが軽いので ヘッドは動かせますが、グリップが動かせません。
 ここがイップスの始まりです。

しいになれない形状をしています
 正直 超〜〜オーソドックスな形状で
 このパターの形を「嫌い!」と言う人はそうそう居ないと思います。
 流行に全く左右されず 生涯使うことが可能です

 全く癖がなく、とても引きやすいヘッド形状をしています。

 ✊最近のガンダムチックな奇妙奇天烈なモノになれた人には
 逆に違和感があるかも・・・ですが、
 その意味不明な機能もどきの形状は
 引くこと、動かすコトのガイドには微塵もならず
 逆に動かす方向や指針がまるでないのです。
IMG_1364004











ゥ好肇蹇璽を教えてくれます
 装着されるシャフト(お薦め)は
 一般的にパターのシャフトの 半分の硬さ です。
 振動数で言うと 350cpm → 170〜140cpm

 テークバックの始動がし易く ←市販品に一番欠けている部分です
 切り返してくると シャフトがグリップを軽ーく押すので
 本当にパターが簡単になります。

 ✋ヘッド重量が、 そしてシャフトがグリップを押してくれるという
 今までに体験したことのないショット・ストロークを味わえます(^_-)-☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テークアウェイ、トップの右向き
俗っぽく言うと 回転が足らない って言うのがありますが
 深ければ良いってもんじゃないけれど
 自分で出来るなりの深さがあった方がよりベターでしょう。
池田康二202520_Moment((((((((_Moment









テークアウェイの右向きの深さは
 スイングの七難を隠す とまで思います。

素振りや練習場に比べ コース、現場では
 その右向きの7割にまで減少する と考えた方が良く
 特に 胴体を捩じっている人には それは顕著です。

ショットだけに限りません
 アプローチやパターなどもそうですが、
 緊張や興奮が伴ったり、
 疲労が溜まってくると
 ゴルフクラブを出来るだけ それに近いトコロで動かそう
 とする 怠けグセ は誰もが持っています。
 
 素振りや練習場に比べ コース、現場では
 その右向きの7割にまで減少する と考えた方が良く
 特に 胴体を捩じっている人には それは顕著です。
 胴体が捩じられる分が
 よりクラブに近い手先や腕を振るコトになり易いモノです。


ハミングバードでは 胴体を出来るだけ捩じらず
 骨盤が右を向くコトを推奨していますが、
 意外なトコロに 右向き不足 は隠れています。 

フラットなスイング軌道が悪い とは決して言いませんが、
フラット気味の軌道のタイプ、
フェースを開いて上げるタイプ、のスイングでは
トップ付近で、 クラブが大きく右(右打ち)にズレます。
勢いが付いているケースも多く、その重さは結構なモノ…
2021-02-13_22-10-57_Moment(2)2021-02-13_22-10-57_Moment(3)M2019810L!_Moment(6)20191006_Moment(3)







👉バランスを取る為なのか、本能的なモノなのか、
 は人によって異なるとは思いますが、
 それが故に カラダが前に倒れてしまう、
 ボール側に寄ってしまうケースが少なくありません。
(回転とフットワーク_Moment(3)

テークアウェイ、トップでの右向き は
骨盤と大腿(右)との向き差 ですが、
カラダが前に倒れる〜屈曲してしまう感じ は
向き差を作る苦しさ?と似ている為、
本当の向き差が浅くなってしまう可能性があります。
スイング ココを治そう❶_Momentシリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)202176_Moment







十分な右向きが取れず、代わりに屈曲してしまうと
ダウンスイング、インパクト時に起き上がりながら打つコトになり易く、
ダウンスイングでの 腕の、クラブの通す空間を作れません。

起き上がるコトによって したくないのに
下にクラブを振るコトになり、手打ちになってしまう…
実は その背景には 右向きの取り方、
トップ付近でのクラブ・『重さ』の位置が起因している
可能性は結構高いかも知れません。

トップ付近で クラブの重さ、腕の重さがどう掛かっているのか
一度 チェックしてみても良いのではないか、と思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


悶絶クラブと呼ばれる弊社のクラブのヘッド重量は重い
アイアン(5番)で言うと
 一般的なスチールシャフト装着のモノが 240g前後
 弊社の悶絶アイアンのソレは 320gを楽々超えるので
 30%以上増しと言ったトコロ
58b52cea014c8e392700135f_20170228165522

とは言うモノの 3倍になった訳では無く
市販のモノでも 重量はある、ない訳では無い。

では そのヘッド重量はどう使う、どう利用したら
良いのだろう。
重いヘッド、重くなったヘッドはどう活用したら良いのだろうか…。


シャフト使い にもつながってしまう話なんだけれど
当然と言えば 当然なんだけれど
 ヘッドは自分ではボールを打ってくれない、
 自分では動かないと言ってもいいかもしれない、
あえて 言うとすれば 位置エネルギー〜高さを与えた時、
地面に向かって 落ちようとはするけれど、
ボールを打つのには少なくとも 横移動が必要で
その横移動にとって 重さは負荷 でしかない。
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)






シャフトがしなって、しなり戻る と言う反発で
あたかも ヘッドがボールを『打ってくれる』
勘違いしている人がいる?かも知れないけれど、
それには その反発を受け止め
グリップの移動を止める と言う人為的行為が必須で、
ヘッドがボールを自発的にボールを打ってくれている
のとは異なる。

ヘッドの重さの使い方 だけに限らないけれど、
例えば トップしたり、スライスしたり、シャンクしたり、
それは 確かに ヘッドとボールの衝突の結果 だから
ヘッドの位置や姿勢、通り道を修正したくなる、
その気持ちは痛い程判るけれど、
クラブが移動している原動力は
 手打ちであれ、からだの回転であれ
打ち手である自分が運動しているからで
 少々、まどろっこしいかも知れないけれど、
その運動によって クラブとの接点であるグリップが移動したから
ヘッドが移動したのであって
ヘッド単体を動かす事は出来ない。

ナニカのミスを修正したいのであれば
トップしないように ヘッド単体を修正するのではなく
トップしないようヘッド姿勢やヘッド軌道になるよう、
グリップを動かすしか方法は無い。

だって 動かすのは自分の運動で のみ可能なのだから。
2021-12-06_22-21-54_Moment2021-12-06_22-21-54_Moment(2)






そう考えていくと
ヘッドの重さで動かすべきモノは
グリップであって、
ヘッドの重さでヘッドを動かしては
本来、動かすはずの自分の運動とヘッドの移動が分断
されてしまう。
2021-12-06_22-21-54_Moment(3)2021-12-06_22-21-54_Moment(4)







ショットにとっての 遅れ で
ヘッドの遅れは ロフトの立ちに変換可能なので
その遅れは 遅らせたまま 打撃するモノ だけれど
グリップの遅れは ロフトの開き フェースの開きに
なってしまうので 都合が悪い
それを ヘッド重さで補助する、結構 大きな比重で
それを使って グリップの遅れを抑制するコトが出来る
確かに ボールをどかす と言う意味での
 ヘッドの重さの役割は最大のモノ ではあるけれど
コト それを使う打ち手にとっては
 その重さ で グリップ=クラブを動かす
 というのが 最善の利用方法。

 
 ✋ちなみに この文章の
 グリップは左手
 ヘッドは右手
 と変換しても
 その重さの利用と言う点で活用可能です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

最大の特徴は やはり『ヘッド重量』でしょう。
 ピン型『デール9』は520g
 L型『ブリストル』は480gあります。
IMG_1366c42c12f0










現代の多くの人が手にしている
市販のパターヘッド重量は 290〜320g

 👉大袈裟には半分?と言う重量
 👉場合によっては パターそのもの、
 パターの総重量よりも
 デール9やブリストルパターのヘッドの方が重い
 と言う場合も少なくありません。

その恩恵ははかり知れません。

✊重さばかりでなく色々と恩恵有ります。
このパターを少なくない人が手にしたら
 ルールの規制がかかる可能性が否めないほどです。
✋デール9、ブリストル ともに
 キャディさんや誰かに手渡す場合、
 必ず ヘッドから渡してあげて下さい。
 グリップから渡すと かなりの確率で落としてしまいます。
IMG_1365

‐さな・ゆっくりしたストロークでボールが飛びます
 今までのタッチでは グリーンから出てしまうほど です。
 小さな ゆっくりしたストロークの方がミスが減るのは
 …分かりますよね。

 飛びますが 下りや速いグリーンにも異様に強いです。
 このパターに得手不得手は無いかも知れません。
 正直、ほぼインチキです。

 ✋ルールに反している部分は何一つありません。
 というか ルールがこれを想定してないよう…ですね。
IMG_1370

▲棔璽襪療召りが全く異なります
 遅く転がりますが遠くまで転がります。
 👉同伴競技者の距離感が狂います

 この地面に沿って舐めるような『転がり』
 このパター以外で実現することは不可能かもしれません。

 ✋また 異様に直進性が良いので
 今までの曲がり幅半分以下
 ショートパッティングなら ほぼカップの中で良いでしょう。
 曲がらないパター…想像できないでしょうね


イップスになりません(なれません)
 多くの人は考えたこともなかったと思いますが
 パターだけでなく、ショットも 当たり前なのですが
 グリップを動かさないと ヘッドが動きません。

 ヘッドが軽いパターに比べ
 格段にグリップの初動、動き出しがし易く
 逆に比較すると最も分かり易い部分と言えます。

 軽い一般的なパターであると
 ヘッドが軽いので ヘッドは動かせますが、グリップが動かせません。
 ここがイップスの始まりです。

しいになれない形状をしています
 正直 超〜〜オーソドックスな形状で
 このパターの形を「嫌い!」と言う人はそうそう居ないと思います。
 流行に全く左右されず 生涯使うことが可能です

 全く癖がなく、とても引きやすいヘッド形状をしています。

 ✊最近のガンダムチックな奇妙奇天烈なモノになれた人には
 逆に違和感があるかも・・・ですが、
 その意味不明な機能もどきの形状は
 引くこと、動かすコトのガイドには微塵もならず
 逆に動かす方向や指針がまるでないのです。
IMG_1364004











ゥ好肇蹇璽を教えてくれます
 装着されるシャフト(お薦め)は
 一般的にパターのシャフトの 半分の硬さ です。
 振動数で言うと 350cpm → 170〜140cpm

 テークバックの始動がし易く ←市販品に一番欠けている部分です
 切り返してくると シャフトがグリップを軽ーく押すので
 本当にパターが簡単になります。

 ✋ヘッド重量が、 そしてシャフトがグリップを押してくれるという
 今までに体験したことのないショット・ストロークを味わえます(^_-)-☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


IMG_1399IMG_1398









ウエッジつながりでもう一つ…。

最近はあまりありません。
弊社だけ、かも知れませんが、
なんとなく……ですが、他のお店でも
少なくなっている気がします。
市販のウエッジのバンス角度が総体的に減っている、
と言う可能性も否めませんが……作業としては死語になりつつあります。
 正直、禁忌なチューニングの一つ とも言えます。
2021-04-07_06-01-34_Moment

Hさん「アプローチしてて 抜けが悪いんだよね。」
店長「そうなんです??」
Hさん「バンス/ソールを削って欲しいんだよね。」
店長「削るのは簡単ですが、盛るのはものすごく大変ですから
 二度と元に戻りませんよ。
 
やってもいいですけど 失うモノも多いですよ。」

Hさん「どゆこと❓」
店長「通常、打ちながら バンスの当たり所を削っていくんですが、
 経験上、その量は 5gでは全く足りず、
 10g、20g…それ以上に削るコトも往々にしてあります。
 平均的な市販のウエッジのヘッド重量は 290g前後ですので
 5〜7%もヘッド重量が減っちゃいますけど、大丈夫です❓
 よく言われる スイングウエイト で言うと
 D-4 が C-9 になるような そんな感じです。
 当然、それに伴って シャフトの硬さもあがりますよ。」

Hさん「そうなの?! そんなに削るの❓」
店長「そうですね、バンスの角度を変える、
 主にヒール側にはなりますが、ソールを落とす、
 元の形状を変えないといけない訳ですから。」

Hさん「。。。。。。。。。」

店長「そもそも…なんですけど
 ウエッジやアイアンの 抜けが良い、悪い って
 バンスの形状やバンス角度 が原因でないコトが少なくない
…ですけど。
 見た感じ、ものすごく バンスの張ったウエッジにも
 見えませんし、抜けの悪い の原因は別にあるんじゃないです❓」
Hさん「そうなの❓」
店長「その可能性も高い、と思います。
 その状態で 二度と元に戻らない バンス、ソールの削りは
 正直、おススメ出来ません。
wedge-bounce飛び出し角度14









 また、ウエッジショットの多くは
 ソールが地面と接触しながら ボールとコンタクトするんですが、
 その際、バンス、バンス角度が少ないと
 ロフトが寝る傾向になり、飛距離がかなり落ちます
 単純計算で ロフト55度 バンス15度なら 40度の実ロフト
 そのバンスを10度にすると 実ロフトが45度になる計算です。
 バンスが上手く使えていると
 ある程度バンスがあった方が 飛距離を出せるだけでなく
 同じ距離が打ち易い、姿勢がズレている時でも
 元の角度に修正補正する機能が活きます
。」

Hさん「そうなのかぁ…。」
店長「なんと言ったら良いか、ですが、
 抜けが悪い原因は
◉シャフトが硬過ぎ がとても多く、
(もしくは その硬さに対し、ヘッドが軽すぎて)
✋ハンドファーストの誘導が少ない
✋ヘッドを下に振らないと届かない、

 それが故に 動作中のバンスが増える 
 が 多い気がします。
 重いヘッド、硬くないシャフトを使っている人に
 ウエッジショットで 抜けが悪い 悩みの人は
 圧倒的に少ない と思います。」
002001







店長「シャフトを換えろ とは言いませんが、
 実験的に、ですが、ソールを削る のとは
 全く真逆な ヘッドに10g位、鉛を貼って
◉インパクトへの入りを変える、
◉タイミングを変える、
◉ハンドファーストになる誘導性に変えて

 一回、使ってみたら どうです❓
 削るのとは反対に、気に入らなくても
 直ぐに元に戻せますから😊」

Hさん「そだね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ボールを遠くに飛ばす
しかも、
 ✋出来るだけ楽に(体に無理せず)
 ✋似たような距離/弾道で
 ✋繰り返せること

を実現化したい
 誰もが願っていることですね

その上で 道具、そしてその重さが
どんな風に役に立つのか 考えてみましょう。

まず ゴルフクラブの構造を確認してみます。
metal
おじさんゴルファー向け
市販のクラブ
(参考*45インチのドライバー)で考えても
重量配分的には
 ヘッド  190g  63%
 シャフト  50g  16%
 グリップ  40g  13%
 総重量 約300g
こんな感じです。

ヘッドが軽い 市販のクラブであっても
先端部、1m10造遼世寮茲法。僑亜鵑鯆兇┐訶瓦硫
が付いている訳です。

ボールを飛ばすのには
確かに ヘッドスピードは関係します。
『ただしく打てる』という前提の上では
ヘッドスピードが 1msの伸びると
約3〜5ヤード距離が増えます。

しかし、多くの方が体験されていると
思うのですが、例えば自分自身であっても
チョロとか天ぷらを除いて
当たり方や弾道によって かなり距離に差があるでしょう。
まして ほかの人となると
自分よりも 「ヘッドスピード」は高くないのに
似たような 「ヘッドスピード」であるのに
飛距離に明らかな差が出たりしますよね。
まあ その答えはロフトの作り方 なのですが
今回はその話は割愛します。

先ほどのクラブの重量配分 を考慮し
ゴルフクラブは 運動すると当然その重さを増します。
人間の受けるモーメントで言うと、単純には
 ヘッド重量 ×
 長さ(含む腕) ×運動速度
移動速度が増すほど ゴルフクラブは重くなります。

5322-21-2015-1一般的なゴルファーが考える
グリップを支点とした
ヘッドを振る動き。
クラブ/シャフトの角速度ばかりを
増やそうとすると
その延長線上の方向へと
どんどん重さが増していきます。
この図のようなイメージでスイングを考えている人は
こういう実験は 支点になる部分が「完全固定」されており
スイングではそれは絶対に不可能 なんだ ということを
ぽっかりと忘れてしまっています。



言葉として「ヘッドスピード」と呼んでいますが
正しくは 
グリップの、
クラブ全体の移動速度

が速くすることを目標にしないイケマセン。




「ヘッド」の速度ばかりを上げようとすると
前述の通り、速度と重さは密接な関係で
ヘッドを振る振り方では
ヘッドを振りたい方向とは全く異なる
90度以上違う方向への重さが増えるばかりで
それは、まるで スピードを上げたい車が
アクセルを踏みながら、
それと同等(同量)のサイドブレーキを
踏んでいるのに近い行為なのです。



そこで今一度 トップオブスイングを見てみましょう。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)ce17f420











このポジション と インパクト時のグリップの位置 を
結んだときに、さてさて
どちらがクラブやクラブヘッドの重さが利用できて
どちらがクラブやクラブヘッドの重さが邪魔

になるでしょうか?
スナップショット 1 (2015-09-05 1-32)

クラブを垂直に立てなければいけない
という訳ではありませんが、
トップでのクラブは ゴルフスイングの中(動作の中)でも
一番軽くなる瞬間で
それは 重さに対する
 クラブの長さが ゼロに等しい状態になる訳で
 クラブ(およびヘッド)の重さ × クラブの長さ
ここが一番クラブを動かしやすい筈なのです。
414

重力・・・という下方向への動きに対し
クラブの重さも利用して 下げて行けるのですから
運動性能に対し なにがしかのプラスアルファー が
生まれる筈です。

 それこそが ヘッドスピードアップにつながるわけです。

そうやって考えてあげると
まあ なんとゴルフクラブの形や重量配分は
見事な構成と言うか 構造に感心することしきり です。


クラブやクラブヘッドの重さを
スピードアップのエンジンと言うか、助力にするか、
それとも筋力でその重さをねじ伏せる 邪魔者にするか、は
おそらく スイングの技術的な部分ではなく
発想によって 分かれるのだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

とても大切なコトですが、
どのようなインパクトを迎えるか
どのようなダウンスイングをするか
は トップオブスイングでの
 "クラブ姿勢" によってほとんど決まってしまいます。

✋人間の動作、恰好 を優先するのでなく
その クラブ姿勢を造る ために
動作や恰好がある と考えて方が良いでしょう。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)

それほどクラブの造り出す重さ
運動した時に生まれる不可抗力は
スイングに影響を及ぼす、
スイング動作の半分は不可抗力に作られています。

ですので、それを逆手にとって
望みの姿勢、望みの場所 に行くための
不可抗力を作り出してしまえば良いのです。

例えば ダウンスイングやインパクトで
右サイドが落ちる、潜る・・・
左サイドが上がる、体が開く・・・
が悩みだったとします。
4bcbe6f4トップオブスイングでの
クラブ姿勢がこうであれば、
必然として 重さは
からだの右サイドを下へ
からだの左サイドを上へ

と誘います。

ですので 動作としてのスイングを治すコト よりも
クラブ姿勢としての重さの造り方 を
考えるべきです。

安定したショット
より遠くへ飛ばす コトを実現するのには
本来味方であるべき
ゴルフクラブと喧嘩しては上手く行きません。

どの道、その重さには抵抗しきれないのですから
奥さんと喧嘩するよりも
奥さんと仲良くする方が良いでしょう(^^)/


トップの位置から通過点としてのインパクト まで
出来れば最短、
クラブの重さによる落下速度が
運動速度の助力となるような
トップのクラブ姿勢を模索する必要があります。
grip  posi

そして それを実現するための
テークバック、そしてアドレスやグリップ
と スイングを逆回しして考えるのも
良い手だと思います。


スイングの大きな『上手く行かない』要素 として
根本的に
✊重さは動きたがらないモノ
ということを忘れがちです。

ヘッドの重さを動かそうとすればするほど
次の動作への不可抗力は
倍々に増えていきます。
それでは 重さのために動作 することに囚われ
ボールを打つ と言うコトが二の次になってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


重さを使え
 と昔からよく言われます。
重さを感じろ  とも言われます。

それは、決して重さを増やして使え と言う意味ではありません。
【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)








スイング動作 には
 次に行くべきところ、行きたいトコロ、
 だいたい…ですが、行く方向、行きたい場所
 があります。
クラブやヘッドの重さを使って
 次に ソコに行かなければならない、
 次に ソコに行かざるを得ない
そんな 重さの出来る位置や姿勢を作ってあげると
  無重力とは言えませんが、
 その重さは増えず、強く感じることはありません。
逆に、重さを強く感じる、重さが増える、
 というのは 自分の行きたいトコロ、行きたい方向と
 クラブの行きたがっている方向にズレがある

 重さが負荷になってしまっている
 というコトなのです。

ですので からだの回転、向きの変更と言う
 概ね横移動の作用 と クラブの機能を使って
 グリップの移動を出来るだけ 縦に変換してあげると
 トップの位置からインパクトまでは
 その重さ感はほぼ無変化、
 感覚的には重さを感じるコトが出来ない というか
 時間が短いですから 重さを感じる暇も多くありません。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)

もしかしたら…ですが、
 ダウンスイングでクラブの重さを強く感じる、
 ダウンスイングのどこかの箇所でクラブが重くなる、 は
 からだのどこかが 止まっている、止めている、
 もしくは その重さを受け止めようとしている箇所がある、
 (まあ その場合、左サイドか、左グリップの可能性は高いです)
 どこかが止まっているから それを感じる、
 それを感じる暇があるのかも知れません。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(4)【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(6)






インパクト、インパクト以降
 クラブが長くなるコト、
 勿論 運動速度も高いことも含め、
 初めて 遠心力の影響を大きく受ける箇所に来ますが、
 それも受け止めず、(受け止めちゃダメ)
 それを受けないように どんどん
  左上腕、左グリップを上げ続ける 👉回り続ける
  逃がし続ける 追いつかれないようにする

 が大きな、長く低い(へっどの)フォローを生みます ので
 その力も 重いヘッド、慣性モーメントの高いモノ、
 柔らかいシャフトの方が強くなります
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

最大の特徴は やはり『ヘッド重量』でしょう。
 ピン型『デール9』は520g
 L型『ブリストル』は480gあります。
IMG_1366c42c12f0










現代の多くの人が手にしている
市販のパターヘッド重量は 290〜320g

 👉大袈裟には半分?と言う重量
 👉場合によっては パターそのもの、
 パターの総重量よりも
 デール9やブリストルパターのヘッドの方が重い
 と言う場合も少なくありません。

その恩恵ははかり知れません。

✊重さばかりでなく色々と恩恵有ります。
このパターを少なくない人が手にしたら
 ルールの規制がかかる可能性が否めないほどです。
✋デール9、ブリストル ともに
 キャディさんや誰かに手渡す場合、
 必ず ヘッドから渡してあげて下さい。
 グリップから渡すと かなりの確率で落としてしまいます。
IMG_1365

‐さな・ゆっくりしたストロークでボールが飛びます
 今までのタッチでは グリーンから出てしまうほど です。
 小さな ゆっくりしたストロークの方がミスが減るのは
 …分かりますよね。

 飛びますが 下りや速いグリーンにも異様に強いです。
 このパターに得手不得手は無いかも知れません。
 正直、ほぼインチキです。

 ✋ルールに反している部分は何一つありません。
 というか ルールがこれを想定してないよう…ですね。
IMG_1370
▲棔璽襪療召りが全く異なります
 遅く転がりますが遠くまで転がります。
 👉同伴競技者の距離感が狂います

 この地面に沿って舐めるような『転がり』
 このパター以外で実現することは不可能かもしれません。

 ✋また 異様に直進性が良いので
 今までの曲がり幅半分以下
 ショートパッティングなら ほぼカップの中で良いでしょう。
 曲がらないパター…想像できないでしょうね


イップスになりません(なれません)
 多くの人は考えたこともなかったと思いますが
 パターだけでなく、ショットも 当たり前なのですが
 グリップを動かさないと ヘッドが動きません。

 ヘッドが軽いパターに比べ
 格段にグリップの初動、動き出しがし易く
 逆に比較すると最も分かり易い部分と言えます。

 軽い一般的なパターであると
 ヘッドが軽いので ヘッドは動かせますが、グリップが動かせません。
 ここがイップスの始まりです。

しいになれない形状をしています
 正直 超〜〜オーソドックスな形状で
 このパターの形を「嫌い!」と言う人はそうそう居ないと思います。
 流行に全く左右されず 生涯使うことが可能です

 全く癖がなく、とても引きやすいヘッド形状をしています。

 ✊最近のガンダムチックな奇妙奇天烈なモノになれた人には
 逆に違和感があるかも・・・ですが、
 その意味不明な機能もどきの形状は
 引くこと、動かすコトのガイドには微塵もならず
 逆に動かす方向や指針がまるでないのです。
IMG_1364004










ゥ好肇蹇璽を教えてくれます
 装着されるシャフト(お薦め)は
 一般的にパターのシャフトの 半分の硬さ です。
 振動数で言うと 350cpm → 170〜140cpm

 テークバックの始動がし易く ←市販品に一番欠けている部分です
 切り返してくると シャフトがグリップを軽ーく押すので
 本当にパターが簡単になります。

 ✋ヘッド重量が、 そしてシャフトがグリップを押してくれるという
 今までに体験したことのないショット・ストロークを味わえます(^_-)-☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

最大の特徴は やはり『ヘッド重量』でしょう。
 ピン型『デール9』は520g
 L型『ブリストル』は480gあります。
IMG_1366c42c12f0










現代の多くの人が手にしている
市販のパターヘッド重量は 290〜320g

 👉大袈裟には半分?と言う重量
 👉場合によっては パターそのもの、
 パターの総重量よりも
 デール9やブリストルパターのヘッドの方が重い
 と言う場合も少なくありません。

その恩恵ははかり知れません。

✊重さばかりでなく色々と恩恵有ります。
このパターを少なくない人が手にしたら
 ルールの規制がかかる可能性が否めないほどです。
✋デール9、ブリストル ともに
 キャディさんや誰かに手渡す場合、
 必ず ヘッドから渡してあげて下さい。
 グリップから渡すと かなりの確率で落としてしまいます。
IMG_1365

‐さな・ゆっくりしたストロークでボールが飛びます
 今までのタッチでは グリーンから出てしまうほど です。
 小さな ゆっくりしたストロークの方がミスが減るのは
 …分かりますよね。

 飛びますが 下りや速いグリーンにも異様に強いです。
 このパターに得手不得手は無いかも知れません。
 正直、ほぼインチキです。

 ✋ルールに反している部分は何一つありません。
 というか ルールがこれを想定してないよう…ですね。
IMG_1370


▲棔璽襪療召りが全く異なります
 遅く転がりますが遠くまで転がります。
 👉同伴競技者の距離感が狂います

 この地面に沿って舐めるような『転がり』
 このパター以外で実現することは不可能かもしれません。

 ✋また 異様に直進性が良いので
 今までの曲がり幅半分以下
 ショートパッティングなら ほぼカップの中で良いでしょう。
 曲がらないパター…想像できないでしょうね



イップスになりません
(なれません)

 多くの人は考えたこともなかったと思いますが
 パターだけでなく、ショットも 当たり前なのですが
 グリップを動かさないと ヘッドが動きません。

 ヘッドが軽いパターに比べ
 格段にグリップの初動、動き出しがし易く
 逆に比較すると最も分かり易い部分と言えます。

 軽い一般的なパターであると
 ヘッドが軽いので ヘッドは動かせますが、グリップが動かせません。
 ここがイップスの始まりです。

しいになれない形状をしています
 正直 超〜〜オーソドックスな形状で
 このパターの形を「嫌い!」と言う人はそうそう居ないと思います。
 流行に全く左右されず 生涯使うことが可能です

 全く癖がなく、とても引きやすいヘッド形状をしています。

 ✊最近のガンダムチックな奇妙奇天烈なモノになれた人には
 逆に違和感があるかも・・・ですが、
 その意味不明な機能もどきの形状は
 引くこと、動かすコトのガイドには微塵もならず
 逆に動かす方向や指針がまるでないのです。
IMG_1364004












ゥ好肇蹇璽を教えてくれます
 装着されるシャフト(お薦め)は
 一般的にパターのシャフトの 半分の硬さ です。
 振動数で言うと 350cpm → 170〜140cpm

 テークバックの始動がし易く ←市販品に一番欠けている部分です
 切り返してくると シャフトがグリップを軽ーく押すので
 本当にパターが簡単になります。

 ✋ヘッド重量が、 そしてシャフトがグリップを押してくれるという
 今までに体験したことのないショット・ストロークを味わえます(^_-)-☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック






進化版L型ブリストルパター…ですが

最大の特徴は やはり『ヘッド重量』でしょう。
 進化版は480gあります。

現代の多くの人が手にしている
パターヘッドの重量は  290g〜320g

 👉1.5倍の重さがあります。
749d4652-s

場合によっては パターそのもの、
パター全部の総重量よりも このブリストルパターのヘッドの方が重い
と言う場合も少なくありません。

その恩恵ははかり知れません。

✊重さばかりでなく色々と恩恵有ります。
このパターを少なくない人が手にしたら
 ルールの規制がかかる可能性が否めないほどです。


笑い話…ですが5fa5ce37
キャディさんの付くコースでは
キャディさんに グリップから渡さないようにしてください。
かなりの確率で落とします。
ヘッドから渡してあげてください。


‐さな・ゆっくりしたストロークでボールが飛びます。
 今までのタッチでは グリーンから出てしまうほど です。
 小さな ゆっくりしたストロークの方がミスが減るのは
 …分かりますよね。

 飛びますが 下りや速いグリーンにも異様に強いです。
 このパターに得手不得手は無いかも知れません。
 正直、ほぼインチキです。

 ✋ルールに反している部分は何一つありません。
 というか ルールがこれを想定してないよう…ですね。

d4a3aa3c


▲棔璽襪療召りが全く異なります。
 遅く転がりますが遠くまで転がります。
 👉同伴競技者の距離感が狂います

 この地面に沿って舐めるような『転がり』
 このパター以外で実現することは不可能かもしれません。

 ✋また 異様に直進性が良いので
 今までの曲がり幅半分以下
 ショートパッティングなら ほぼカップの中で良いでしょう。
 曲がらないパター…想像できないでしょうね

絶対にイップスになりません。(なれません)
 多くの人は考えたこともなかったと思いますが
 パターだけでなく、ショットも 当たり前なのですが
 グリップを動かさないと ヘッドが動きません。

 ヘッドが軽いパターに比べ
 格段にグリップの初動、動き出しがし易く
 逆に比較すると最も分かり易い部分と言えます。

 軽い一般的なパターであると
 ヘッドが軽いので ヘッドは動かせますが、グリップが動かせません。
 ここがイップスの始まりです。

しいになれない形状をしています。
 正直 超〜〜オーソドックスな形状で
 このパターの形を「嫌い!」と言う人はそうそう居ないと思います。
 流行に全く左右されず 生涯使うことが可能です

 全く癖がなく、とても引きやすいヘッド形状をしています。

 ✊最近のガンダムチックな奇妙奇天烈なモノになれた人には
 逆に違和感があるかも・・・ですが、
 その意味不明な機能もどきの形状は
 引くこと、動かすコトのガイドには微塵もならず
 逆に動かす方向や指針がまるでないのです。

77b63111


ゥ好肇蹇璽を教えてくれます。
 装着されるシャフト(お薦め)は
 一般的にパターのシャフトの 1/2〜1/3位の硬さ です。
 振動数で言うと 350cpm → 170〜140cpm

 テークバックの始動がし易く ←市販品に欠けています
 切り返してくると シャフトがグリップを軽ーく押すので
 本当にパターが簡単になります。

 ✋ヘッド重量が、 そしてシャフトがグリップを押してくれるという
 今までに体験したことのないショット・ストロークを味わえま(^_-)-☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 なんという年なんでしょうね…
 マスターズ女子アマで 🏆日本人優勝
 マスターズで 🏆日本人優勝
 全米女子オープンで 🏆日本人同士のプレーオフ
 日本 ⛳ゴルフ元年と言えば良いのか
 まだ半分ですが、すごい一年ですねー👏👏




お二人のLPGAプロのスイングを見て下さい。
 

先に出てくるのは カナダのブルック・ヘンダーソン(23歳)
 ツアー10勝、メジャー1勝
後に出てくるのは オランダのアン・ヴァン・ダム(25際)
 ツアー参戦2年目ですが、飛距離ランクは1位(290YD)です。

メジャーチャンピオンのブルックの方が
 フェースローテーション強め
 ヘッド、クラブをフリーにするリリースのタイミングが
 かなり早め、 手打ち派、ねじり派 と言えます。

良い悪いではなく アマチュアの参考に出来る部分として
 ダウンスイングの左肩 の動き方がかなり異なる二人です。
ブルックの方が詰まった感じの左肩になります。
女子の場合なのか、最近の流行りなのか、は別として
 腰を先に回して、意図的か、自然な遅れなのか、
 後から肩を回す形になりますが、
 アンは肩を回して グリップを動かしますが、
 ブルックは腕の入れ替えで肩を動かす派 ですので
 先頭にある 左肩が詰まり気味 になります。

この 動き の部分は 結果論 でしかなく、
インパクトさばき、ボールさばきを
✋からだの向きで行うか
✋クラブの返し
(左右の腕の入れ替え)で行うか
の違いがパフォーマンスに表れている、だけで
ソコを見誤ると スイング造りに苦労します。

 おそらく…テークアウェイの取り方も
 その インパクトさばき、ボールさばきの違い
 
左右の腕を入れ替えるため のその準備、
 ソレを『作るため』『するため』のモノ ですので…、
 インパクトさばきを変えずに テークアウェイをいじるのは
 形、見た目の真似 に過ぎず、
 馴染まないのではないかと思います。


その結果、世の中で言われたりしている
地面反力(足の上への蹴り)が現れたり…する訳ですが、
それは 動きではなく、反射に近い処理 です。
クラブを振る空間を確保する、もしくは
遠心力に対抗するための反応 に近いでしょう。
それを 技術として取り入れるのは あまり意味がないような…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(4)

『アプローチでも、パターストロークでも
 アドレス状態から テークバックを一切取らず
 ボールを打つ、転がしたら
 どんな感じになりますか❓』 









 おそらく…ほとんどの方が こうするのではないかと思います。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)
グリップの位置を殆ど動かさず、ヘッドだけを送る・・・。

正解は ✖(駄目駄目) です
 👉正解は 記事の最後に記載 します

アプローチそのもの…にはなりませんが、
仮にそれをアプローチにしたら
アドレスをスタート、最下点として、
動かした分ヘッドは上昇、ロフトは増え続ける形になるので
大きなロフトのウエッジの場合、
最悪、ボールだけその場に残る ようなことも発生します。
つまり 振り加減、力加減、速度加減と距離がつながらない
という 打撃イメージ です。

ロフトの小さな パターであっても それは同じ です。
ウエッジに比べれば ロフトが小さい分、
ロス率は減りますが 振り加減、力加減、速度加減と
距離がつながりません。
パターの場合、軽いヘッド、硬いシャフトも相まって
必要以上のストロークの大きさ、速さが求められるコトになります。


ショット、であっても、アプローチ、であっても
カラダが向きを変えるから 自分以外の人 には
ヘッドが円を描くのであって、
そのからだの向きに傾きが加わっているので
クラブの動きが 一見すると『振り子』に見える錯覚が
起こりますが、(振り子要素は一切ありません)
ショット(含むアプローチ)の場合、
 振り子 とは根本的に 仕組みが異なります。

『振り子』であると
ゴルフスイングや
パターストロークと異なり
固定する為の糸などの結び目、
支点、軸点が存在します。
ココが移動したり、
動いてしまっては振り子に成り得ません。

振り子それよりも
スイング、アプローチ、パターストローク
と『振り子』が決定的に異なるのは
 この図で言うと 蕕ら
アドレスからテークバックの方へ動かすコト、
その量やその力そのモノが
その逆の方向、図で言う 茲ら蕁,慳瓩好船ラ
になります。
動き出してから 更なる 虔向への力を加えるコト は有りません。

では ショット、ストロークはどうでしょう❓
⚠テークバック を取るだけで 切り返し以降
 打撃方向、ボール方向へと力を加えませんか❓
⚠テークバックを取ったチカラ、取った大きさ の
 揺り返しだけで 打つと どうなるでしょう❓
⚠支点になるグリップの位置は移動させませんか❓

ボールを打つ、のに
打撃方向 上の図で言うと 茲ら蕕悗
グリップを、クラブを、自分自身を動かそうと力を加えます よね⁈

逆に、その動きを機械、道具としての 振り子 に加えたら
振り子として機能するでしょうか? 答えは✖ です。
全くもって 振り子 になりません。

振り子ですので からだの向きの変更によって
「振り子っぽく」動いたクラブやヘッドは
図で言うと 一番左 👉トップの位置に到達した後、
振り子で言うと 移動しない筈のグリップを
打撃方向、ボール方向に動かすコト で
先端の動きを加速させようとします。
先端に付いた重さ、クラブで言うところのヘッドの重さ分、
ヘッドはグリップの移動に対し、遅れを持ちながらも
付いていこうとします。シャフトでつながっていますからね^^ 


飛び出し角度14

★★★ですので 始めの
テークバック無しでのショット、ストロークイメージの回答は
➀腕さばき、もしくはからだの動き
(シフトや向きの変更)によって
 グリップがボールを少し追い越す
(ヘッドが重さで遅れる分)
のちに 腕さばき、もしくはからだの向きの変更で
 ヘッドが移動し、ボールを打つ(当てる) です。
という二段階の動きが正解です。
トップとダフリの『勘違い』_Moment(2)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 こちらの動画で
スイング軌道(プレーン)とフェースの関係を取り扱っています。

 

おそらく、ですが、
スイング軌道 クラブの動かす面
 を 何かの面に沿って ということを薦めているのではなく、
一つのシンプルな軌道面
 同じ平面上を動かしたいのなら
 フェースローテーションすると出来ませんよー\(^o^)/
フェース面は動かす面にいつも垂直な意識ですよー\(^o^)/

なのだと思います。


いつも不思議に思うのですが、
◉スイング、クラブを動かす面を
 シンプルな同一面にする  のと
◉フェースローテーション は
全く相容れない

 機械やロボットでの発想で、
本能的に 自分のからだを守ろうとする意識の強い
「ヒト」には 不可能に近い、曲芸を作る考え です。

同一面上で動くには
ヘッドだけでなく、グリップも
その同一面にいないとなりません。
動いて来る軌道に対し
 常時、フェースが直角 の意識であれば
グリップが動かせば ヘッドは長さの違い分だけ
同じ同一面状の外側 を移動しますが、
ココにフェースローテーションを入れると
 その度合いに応じて グリップの進行が滞ります。
また、同時に ヘッドやクラブの重さのかかり方
 も変わってくる、変化してくるので
常識的 に考えれば スイング軌道は
 フェースローテーションに応じて
 中へ中へ と切り込んできます。
同時に グリップの進行が滞るので
 始めに造り始めた円に比べると
 フェースローテーション進行後の円は小さくなります。


グリップが進行し続け、
その方向が変わらず ヘッドだけ回転する、
人間がする限り 不可能ではありませんが、
結果と同一面にするには ヘッドとグリップは
別々な面を動かしている意識でないと到達出来ません。
人間の動作の無理や道理を無視した
 ロボット・機械であれば可能な理論 です。


…故に最近、人間の動きとして奇妙なスイングが
 横行している とも考えられます。
 この オンプレーンスイング は
 果たして 効率よく遠くに飛ばすコト や
 再現性の高いコト よりも
 単に 見てくれ、見栄え を作っているだけ
 に思えて仕方ありません。
 どの道、その面をなぞる となると
 手てクラブを振るしか方法がありませんから
 それを追いかけるなら 手打ちは容認、
 からだで振りたいのなら 軌道面なんて言うのは
 無視してかかるべき かも知れません。



スイング軌道論が オンプレーン論が
 ゴルフクラブの構造を考慮に入れた場合、
「ヒト」にとって 良いか悪いか は
もう 好みの問題でしかありません。

クラブを同一面上に動かしたいのであれば
 フェースローテーションをゼロに近づけなければなりませんし、
逆にフェースローテーションをしたいのであれば
 オンプレーンにすることはあきらめるべきでしょう。


まあ 立体的な上に、時間の進行が絡んでくる
 ややこしい発想ですので、
アウトサイドイン、インサイドアウト 位に留めておく方が
 良いのかも知れませんね(。◕ˇдˇ​◕。)/
2020-12-09_21-08-58_Moment

そもそも… シャフトを立てて 上げる場合、
グリップとヘッドが同一面 と言う発想自体、
全く別なモノ、なんです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフショットで
普通に考えれば
アドレス、インパクトのヘッドの位置 は
トップの位置よりも 低い位置にありますから、
その一番高い所から 低くなってきて
地面、もしくは地面付近にあるボールを打つのですから
上から打つ」なんて言葉は使われません。
誰が打ってもそうなる訳ですから…。
トップとダフリの『勘違い』_Moment(2)

ところが 本当の意味での
「上から打つ」を実行できている人は
とてもわずかで
その言葉に応じた 別な言葉で言えば
横から打つ」もしくは「下から打つ(しゃくる)」の
人が殆どです。
 

まず 
』から打つ の
本当に意味(古来からの意味)は
ヘッドが高い所から低いトコロに入ってきて打つ
風景に対する 上下 と言う意味ではなく、
からだの動きの中で
【右打ちの人】のダウンスイング→インパクト の期間
進行方向前部、前衛部に当たる
 左サイドが右サイドよりも 低い時期に
 インパクトに入る コト 
(インパクトする ではありません)
自分のからだに対して、もしくは からだの姿勢 を指します。
2020-10-19_21-38-40_Moment(2)

よって インパクトよりもはるか前に
からだが開いてしまう →左サイドがあがる ではなく
インパクトを体の正面、
 アソコ、腰、へそ、胸 の前でとらえる というコトです。


誤解を生むとイケマセンが、
インパクトを体の正面で は
からだの開きを我慢して、正面で頑張る と言う意味ではなく
自然な流れの中で ボールとからだ アソコ、腰、へそ、胸
が正対した時、インパクトになる、
向きが変わる流れの中で、正対するコト 自体が打つコト‼ です。
video_Momentvideo_Moment2video_Moment3







そして 上から打つ と言う言葉には 別な伏線があり、
トップ付近で
グリップも、ヘッドも おおよそ 一番高い位置
になりますが、
『ソコ』から打ち始めなさい ということもあります。
一番高い所「から」打ち始めなさい というコトですね。
多くの人は 一旦、どこかに下げ
そこから打ち始めるケースが多いです。
✋からだの回転、向きの変更と
 腕の上がり下がりが リンクしておらず、
 からだが回り始めて、
 インパクト付近で からだが止まってから
 腕を振り始める。
(訳) からだの回転は脚を含めた腰の回転で
 腰はボールと正対するトコロで止め、
 その反動も使いつつ、残りのからだと考えている
 肩周りを回転させる と言う二重の回転です。


これでは ヘッドやグリップを 一番高い所にした意味が
存分に発揮されず、位置エネルギーが十分使えません。


また 上から打つ の意味の中には
 スイングはかがんで構えているので誤解し易いですが、
ヘッドは始めからグリップよりも高いトコロ にあります。
テークアウェイを取り、グリップの位置自体が高くなったので
より ヘッドの高さが強調されただけで
グリップに対し、ヘッドを高低させた訳ではありません。
スイング ココを治そう❶_Moment

それは兎も角、
そのヘッドの方がグリップよりも高い位置にある、コト を
利用した方が ヘッドの重さや長さ というクラブの機能を
より発揮させ易い
と思うのですが、
近年では こういう そのヘッドが高くなった、
ヘッドがグリップよりも高い位置にある というのを
発揮させたく無い?
 と言うトップやテークアウェイの取り方も
往々にして見かけます。
謎のストーカースイング_Moment

重力を味方にせず、
クラブを横にだけ振ろう とすれが
ヘッドの重さやクラブの長さは
たんなる 負荷 でしかありません。


クラブやヘッドには 「重」心位置や「重」心高さなど
重さが基礎になるモノがたくさんあります。
どんなに軽い市販のヘッドであっても
そこに 特出した重さ は存在する訳で
単純な「重さ」が利用出来ないのに
それ以外の クラブの機能を使えるとは
とても思えないのですが…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブはその構造上、
スイングの動作中 その重さは数キロ〜十数キロ にもなります。
クラブを放り投げる訳にはイキマセンが、
その重さと年がら年中戦っていては
風や傾斜の伴う 実践のコースでは上手く行きません。

その重さを味方にするのと、その重さと闘うのでは
かなりの違いになるでしょう。

lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショットlesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット







スイングは 前傾して始める ので
グリップとヘッドの関係で ヘッドの方が下に感じますが、
実際には グリップ方がヘッドよりも高い位置関係にあり、
テークアウェイしていくと その位置関係が強調されるに過ぎません。
決して 腕の作業によって
ヘッドとグリップの上下関係が反転するのではありません。
BlogPaintlesson 2009_10_31







傍目に 上下が反転して見えるのは
体が回転するからであって 腕の作業ではないのです。

ダウンスイングであっても

ヘッドの方が グリップよりも低い「位置関係」にはしないのです。

グリップの方が低く ヘッドの方が高い 相対関係である
スナップショット 4 (2013-10-05 11-49)スナップショット 1 (2013-10-05 12-08)
トップオブスイングで クラブを離すと
当然! ヘッドでは無く グリップの方が地面に先に到達します。
何度やっても! どこでやっても! です。
ヘッドの方が先に地面に達することはありえません。

傍目に ヘッドとグリップの上下関係が反転して見えるのは
体が回転するからであって、腕の作業ではない
 のです。

ヘッドの重さを使って グリップを下げてあげれば クラブ全体が下がり易く
かつ ダウンスイングの動作の進行もスムーズになりますが、
ヘッドの重さを使って ヘッド自身を下げようとすると
それ以外の動きは 止める必要が生まれてしまいますし
無駄に下にかかる不可抗力を どこかで相殺しなくてはなりません。

折角 トップ付近で クラブ全体の重さがグリップを下方向に
打撃方向に掛かっているのですから
それを利用しない手はありません。
その方が 「断然!」 楽ちん です。

スイングのメカニズムを理解しておく必要もありますが、
クラブと、重さと格闘するスイングでは
現場、コースへ出た時 の精度、再現性に大きな差が生まれてしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



445TL-5-1機種などによって異なり、
多少の違いはありますが、
ゴルフクラブのヘッドの重量は
だいたい こんなトコロにあります。
 
握っている棒〜シャフトから
トゥヒール方向に 3cmから4cm
奥(重心深度)に3cm半 程度です。

445TL-4
テニスのラケットや野球のバットのように
棒(シャフト)の延長線上に打点、
この場合は重量の中心点(重心)が無い理由は
第一に 安全上の問題にあり、
重心位置が棒からズレているコトによって
向きや角度など 打面の状態を把握、感知
するコトが出来るコト です。

第二に 各クラブ、番手によって
ロフト角度 に種類を持たせるコト によって
力量や技量などで 大きな距離調節をせずとも
ゴルフを楽しむコト が出来るコトです。
重心位置(シャフト軸から打点がズレているコト)がないと
大きなロフトのクラブは 距離だけでなく、どこに飛ぶか分かりません。


しかし この重心位置、
シャフト軸から打点がズレているコト
ヘッドの重量点がシャフト軸からズレているコト が
同時に、ゴルファーを悩ませる訳…なのですが…。

このヘッド重量のの有効な使い方 が
 イコール シャフトの使い方であり
 『 からだの回転 』  になってきます。



実は アドレスの基本姿勢 の中に答えは隠れています。
-
股関節を境に 胴体をひねらず 右を向くと井上2020725_Moment
『前傾姿勢分』
左サイドは右サイドよりも低い位置関係 になります。
ヘッドの高さは変わっても 打面であるフェースは
 下・・・ボールの方を向いている状態です。


ところが からだ・胴体をねじって漆原_Moment
主に左肩や左腕の伸ばし のような形で
テークアウェイを取ると
アドレス時にあった前傾姿勢の利点が
「左サイドの方が右サイドよりも低い」
   が消えてしまいます。

テークアウェイやトップの位置での
両肘の位置関係〜上下関係を見て下さい。

このまま からだの向きを 右向き〜理想、正面を介し、左向き
にしたとすると
「からだの回転」で右向きを作っているケースでは
ヘッドがその重さによって 遅れた としても
それは ロフトの立ち〜下向き にするコトが可能ですが、
「手で上げてしまった場合」
×重心位置が右に倒れてしまっており ヘッドがより重い
×それによって シャフトがねじられてしまっている

455T-1などもあり、ヘッドが遅れれば 遅れるほど
 クラブは開くコト
 シャフトはひねられるコト になります。
この場合は フェースの開きやロフトの開き を超え
フェースがボールに向いていない になってしまいます。
体を回転させればさせるほど →ボールを打てない
になってしまう訳です。

ですので 「ヘッドが遅れているのと 待つ」 や
「ヘッドを返して その遅れを取り戻す」 になるのです。

その言葉を訳すと
「体を回転させたけど 打つために止める」
「からだの回転で遅れたモノを 手さばきで取り戻す」
 です。


体を回転させれば 重量物であるヘッドは 「普通に」遅れます。
その遅れが ロフトの立ち とは言わなくても
☑フェースがボールを向いている状況
☑ボールを打てる状況
 の中にあれば
からだの回転 のまま ボールを打つコトが可能です。
そうした方が 下方向にかかる「重さ」にチカラ が
利用出来ます。

多くのゴルファーは 手で振りたくない
手打ちは辞めたい と言いつつ、
からだの回転では打てない 準備 をしてしまっています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


自分の頭の中に思い描いているイメージ
 スイング、スイング動作、軌道などなど と
実際にビデオなど 映像を取って
 振り返ってみるのとでは かなりの違いがあります。
思っている通りの動いているケースはとても少ない… ですよね
葛谷 2017-2020_Moment(2)

その多くは 想定されていない重さ、不可抗力がかかり
それを調整、修正、相殺していると予想されます。

打ちたいモノ →ボール
打ちたい箇所 
→ヘッド・フェース
打ちたい方向 / 打ちたくない方向
打ちたい高さや弾道 
と言う前提条件があるうえで
動作が始まってから それを阻害するような重さがかかれば
当然、それを修正する能力が人間にはあります。
 ♠ ♠ 特に切り返し以降、ダウンスイング中に
不用意な重さがかかれば ボールに当たりません。
それを修正・調整しない訳にはいきません。


その中でも 長さと運動が加わり
 重さの増え方が大きく、
そしてハッキリ確定できない
 腕とクラブの重さは スイング動作を決めてしまう、
スイングの全体像を決めてしまう、
と言っても 言い過ぎではありません。




♠重さに支配されないために…

2020-10-19_21-38-40_Moment(3)(インから振るのがすべて!じゃない_Moment








右向きの質
『体をまわす』『体の向きを変える』
『カラダをねじる』
の決定的な違いは
体の捻じると本来、前傾姿勢によって
生まれるはずの『フトコロ』の空間が無くなるか、
維持出来るか の違いが大きいでしょう。

その
『フトコロ』の空間は
重さとしての腕の長さを消す、消せる
最大のポイント、空間 で
ソコが有るのと無い、とでは大違いだ。

その
『フトコロ』を使うことが
インサイドから振る コトで
フトコロの無い、見た目のだけの インサイドは
腕とクラブの重さも非常に重く、
ロフトもフェースも寝るので 
さらに重くなります。

クラブが長くなり 重くなれば
遠心力も必要以上にかかりますので
前傾を保つことは難しくなります。
当然、ディッシュアングルも解けます。
力むな と言うのは酷で
その後の仕事が増えるばかりです…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 

この度お世話になりました
L型ブリストルパターの感想と1つ質問をさせて頂きます。

010

この1週間でパターマットでの自主練は毎日、
コースは3ラウンドしました。


ラウンドのパット数は26回、30回、28回と安定し、
何より3パットがまだ一度も出ていないのは嬉しい限りです。


質問としましては「ロングパット時の距離感の出し方」です。


「自分の動作でグリップを動かすスピードが
そのままヘッドが動くスピードになるように」
を実践すると
中・短距離ではいいのですが、
ロングパットだからとグリップを速く動かした時には
シャフトが柔らかいだけに切り返しで大きく撓って
パターヘッドが一瞬ついて来なくなりますよね。
(感じ方によりますがヘッドの挙動が暴れるような感じ)

 

パターでもこの遅れたヘッドは「無視」して
グリップを動かし続けるのが正解と言うことなのでしょうか?


切り返しで手に感じる違和感が
今迄に無いものなので混乱しています。

それに遅れてきたヘッドは逆撓りによって
今度はフォロー側で大きくグリップを追い越していくようで、
これで繊細な距離感が出せるように練習せよということなのか?

 

今のところこの辺りがよく分かりません。

ご教授下さい、お願いします。



パターストロークにおいての『シャフトのしなり』についての

お問い合わせ でございますが、

パッティングだけに限らず

シャフトのしなりは

グリップの移動量 と ヘッド移動量 の差 によって発生します。

ショットのスイングでも同じ で

体の向きの変更によって移動する グリップの移動 が

ヘッドの移動量、 それは回転になりますので

外周に当たる ヘッドの方が移動の量は多くなりますが、

同軸線上、角度運動としては同じ が 大まかな原則です。

 
8658a3e6-se00bf7e6





 

弊社では グリップの移動速度 を 出来るだけ

イコール ヘッドの移動速度 と推奨しておりますが、

シャフトのしなりの最大値 は

グリップを止めた時、移動を辞めた時、

今回の場合は 行き帰りに相当する切り返し の部分 になる訳ですが…

車のバックしてからの発進 と同じ なのでは…と思います。

 

テークバック そして トップの位置 は

インパクト、つまり打撃に必要な速度 を得るためのモノで

速度が必要だから トップとして大きく(深く)なります。

ストロークのリズム感としては 良くない ですが

理屈上は トップを止まった状態から始めても良い訳 です。

つまり 切り返しの強さ まだ逆方向に動いているヘッドに対し

グリップを順方向に動かすコトは 反動になりますが、

打つチカラ にはならないのでは…と思います。

 

パターストロークは肩を揺り動かさず

シャフトを出来るだけ スライドさせて使うコトをお薦めしておりますが、

大きなストロークになると 振り子の反動 で打つのが

顕著に表れてしまうのではないか と思われます。

遅れた状態を維持したまま インパクトに入るイメージです。

遅れを取り戻せば ロフトは上の向きますので

 パッティングストロークに限らず 良いことは多くありません。

 

フォローでも ヘッドが大きくグリップを追い越す

のでは ヘッドが必要以上に上に動き

当たりも悪くなりますし、ロフトも増え ボールが跳ねやすくなります。

 


ブリストルパターは

通常のパターの 1.3倍のヘッド重量を持ち

シャフトの柔らかさ から ロフトも締まり気味 になりますので

距離感に慣れれば もっと おとなしい、ゆっくりのストロークで

お望みのロングパットの距離が打てるようになると思います。

 その 従来の振り子式?のストロークも自然に改善されていくと思われます。



これはあくまでもイメージなんですが…
パッティングストロークだけに限りませんが、
インパクトの強さ 叩く強さ = 距離感 なのかなぁ とも思います。
反動をつけて 重さと言うヘッドをボールにぶつけて
 「弾いて打つ」
と言うイメージがあるのかも、と思います。
打撃の強さ が この場合の距離感 ではなく
ボール速度をどう産み出すか
 それを産むための パッティングストローク だと思います。
ボールと言う質量を押す
 が正確なイメージとは言いませんが、
ロングパットであっても 弾いてしまっては
 距離があっても 方向などブレ易くなりますので
ヘッドの重量とヘッドの速度によって
 その速度をボールに受け渡す
 に近いかも知れません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ