◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: ヘッドの重さの働き


【質問を頂きました】

Q:迷ったショットがあります。
『グリーン周りのバンカーです。』

距離感をどう考えれば良いのでしょうか?

10y飛ばしたかったら30y飛ばす感じで打てばよいと

初心者の頃教えてもらったものが頭の片隅に残っていますが、

いつもエクスプロージョンのバンカー距離感は何が正しいか悩みます。

クラブも今回新調したので、益々どう考えれば良いかわかりません。

IMG_0002

A:質問、ありがとうございます。
距離感…をどう答えて良いか 難しいトコロ…ですが、
一般的には 芝の上のショットに比べ
ソールが滑らず、潜り込み易い状況ですので
お薦めしている訳、ではありませんが、
ややダフリ気味のショット と考えて良いと思います。

ただ バンカーの場合、
◌砂の種類
◌砂の状態 …湿り気など
◌ライ…ボールの状態
によっても異なりますので、経験値が必要にはなりますが、
通常の「芝」の上、よりも どう入射させるのか、
どういうロフトで入れてくるのか に左右されます。
現実的!な話で言うと、
バンカーショットの一番の問題は『足場』の悪さ で
それが故に 手で振ってしまう率が高くなりますので
緩めの入射、開き目のロフト になり易い
というコトを考えますと 3倍!とは言えませんが
打撃力が高さやスピンに逃げる分、倍位の…
やはり 通常の「芝」の上
よりも 強めの距離感、長めの距離感 になるのは
致し方ないトコロ だと思います。

☆決してお薦めはしませんが、ロブショットの距離感
に似ているのかもしれません


悶絶クラブ のウエッジ、
サンドウエッジのヘッド重量は
HBS-10改ですと 360g強
HBS-16ですと 385g強
 あります。
一般的な スチールシャフト仕様のヘッド重量は
 300g前後 になりますから 30%増しの重さ があります。
どうしても 慣れ は必要になりますから
どの位…とは申し上げにくいですが、
その足場ゆえに 通常のショットよりも
やや緩めの入射、やや開き目のロフト になり易いですので
(ヘッドを振るショットになり易い…)
ヘッド重量は重くとも 同じような距離感で
距離ではなく 高さ や スピン になり易いので
問題ないのでは…と考えています。
iron-shot-green

***注意事項 ですが、
バンカーショットは 決してインパクト で止めず
特殊な状況を除き、必ず 振り抜く、
振り抜く と言う言葉ですと 強いインパクト、
速いヘッドスピード のイメージがありますが、
インパクトで終わらせない という意味合い です。

重いヘッド&柔らかいシャフト のウエッジの方が
軽いヘッド&硬いシャフト のクラブよりも
オートマチックに フォロー…振り抜きが出易いので
脚力の無い、握力の無い方(女性など) には
非常に適しているかと思います。




蛇足…にはなりますが、
通常のショットの距離感 は
ヘッドを振らない、からだの回転なり で打つ方は
ボールのスピード と 回転の速度 とのリンクです。
別な言い方であれば グリップの移動速度 とも言えます。
ヘッドの振る人は
動作速度とヘッドスピードに直接リンクが無く
 その人、その人によって異なります。
足場のせいで ヘッドを振るショットになり易い のですが、
バンカーとは関係なく、
同じ距離を打つのに ヘッドを振るショットの方が
速いヘッドスピードが必要になる というコトでもあります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ほぼ全員のゴルファーが
"無理"をしないと シャフトがしならない、
動かないシャフト
を使っています。

【シャフトはしならせて しなり戻して使え…】
どこから その都市伝説が生まれたのか、は不明ですが
シャフトはしならせずに使うモノ です。

50msを楽々超えるような プロたちの動画や写真を見て
それを真似しても意味ないでしょうね。

彼らもシャフトをしならせようとしている訳ではなく
彼らの運動速度だと  単に
「運動で増えたヘッドの重さ分、シャフトがたわんでいる」
に過ぎません。

しなり


厳しい言い方、かも知れませんが、
常識的に考えて ゴルフクラブのような L字型の形状のモノを
しならせようとしたら、たわませようとしたら
ヘッドは回ってしまう〜シャフトは捩じられてしまいます。


クラブの進行方向にもよりますが、
右打ちの人が テークバック方向で"意図的に"しならせれば
フェースは閉じますし、ロフトも締まります。
逆に ダウンスイング以降の方向で"意図的に"しならせれば
フェースは開きますし、ロフトも開きます。
棒とヘッドの重量の中心点の位置関係
重心位置という 棒から離れたところに重量点があることを
考えられば 当たり前 だと思うのですが…。

他のスポーツに比べ、ボールのサイズも小さく
打点であるフェース部も決して大きくありません。
地面にあるボールを打つのには 最大限のサイズになっており
これ以上、ボールも打点も大きくはならないでしょう。

そして、これも何度も書いていますが、
ゴルフクラブの打撃部のフェースには
方向や高さ、距離などを決定づける 角度が付いています。

シャフトを『意図的に』『わざと』しならせる ということは
シャフトをねじる 即ち、ヘッドを回転させる というコト です。
rad-04-driver

とともに 方向や高さ、距離などを決定づける要素 として
円弧の大きさ、ヘッドの軌跡、ヘッドの入射角度 も
フェース面のロフトなどの角度と同様に重要です。

シャフトがしなる というコトは クラブが短くなる
というコトに為ります。
そのまま 使えば それはある程度、一定になりますが、
それを しなり戻す 〜回転戻し をして使う というコトは
その度合いやスピードによって
クラブの長さ 円弧の大きさ、ヘッドの軌跡、ヘッドの入射角度
が かなり激しく変化するコト につながります。

自分の運動性能にとって
年齢なり、体力なりの運動性能にとって
適度にしなる、要するに柔らかめ のシャフトであれば
シャフトが硬くさえなければ
放っておいても シャフトはしなります。
運動を加えれば 更にしなります。

 ですので 放っておくのが一番! なのです。

それは シャフトの役割、俗に言う シャフトの仕事 で
人為的な、作為的な動作は必要ないのです。

あえて言うのなら 自分の運動性能にとって
『しならない硬さ』は選ばない
人為的にしならせて、しなり戻すような使い方が
必要となる『シャフトの硬さは選ばない』 と言うところが
選択のテクニックと言うトコロでしょう。

ゴルフクラブの形状、ヘッドの構造や角度の存在…
それらを踏まえた上でも
 多くのゴルファーは硬いシャフトを選ぶコトが多く、
何故か、それを誇らしげにして・・・。
で、結局、それを使う上で 『意図的に』しならせて使う・・・
なんだか 私には意味不明です。

弊社のような 放っておいても グニャグニャ系のシャフトは
逆に「しならせない」ように使うのが
ゴルフクラブによるスイングのレッスンでもあります。
video (2)(2)_Moment(2)

大丈夫かな と思うのは
練習用の柔らかいシャフトで練習して
実際に自分の使うシャフトは硬い・・・、
当然、柔らかいシャフトとは しなり方、しなり加減が異なる訳で
それはイコール 使用中の長さの変化でもあります。
柔らかいシャフトで その長さの変化を練習しても
それが 自分の使うクラブには適応しない、というか
タイミングも、打点も、振り加減も異なるでしょうから
役に立たない可能性の方が
逆に、悪くなってしまう可能性すら あると思いますね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブ、特にヘッドに関するデータ、
ロフト角度、ライ角度や体積は兎も角、
もうちょっと細部にわたる 重心位置、
重心距離、重心高さ、重心深度、慣性モーメント...

に関する部分には大きな秘密 があります。


まあ、一般的には 始めに書いた
 ロフト角度、ライ角度や体積 よりも
どこどこの会社のなんとかと言う機種
そこだけで 購入される方が殆ど なんですけどね。



それは兎も角、
ボールを飛ばすには 大きな比重がかかっているのが
重心位置や慣性モーメント(含むヘッド重量)です。
58b52cea014c8e392700135f_20170228165522

これらはすべて(先日の記事に書きましたが)
スイングをして、ある一定の運動をさせた時、
重量は遠心力などによって 一直線上に揃う

と言う特性(使い方のヒント)です。


例えば…飛びや安定度の指標となる 慣性モーメント
その測定の方法でも分かります。

👉 ドライバーなどヘッドを 測定機器に載せ
 ヘッドを回転させると、基本、ヘッドは
 その重心点を軸に回転します。
 その回転し辛さ、し難さを数値として表しているのが
 慣性モーメントで、
 ヘッド重量が重ければ 回転~運動そのものがし難いですし、
 重量物が 回転軸から離れているほど
 重量の効果が大きくなりますから、やはり回転し辛くなります。

現在は、測定機器のコストが非常に高く、計算でその数値を
割り出せるので、実際に測定しているモノは少ないか、と思いますが
なにより 慣性モーメントとは
 重心位置を軸とする回転し辛さ、
逆に考えると、一定の姿勢を維持しようとするチカラ
 です。


ですので、手を返して ヘッドターンさせる際の
シャフト軸慣性モーメント ではありません。
完全にイコールではありませんが、
一般的な慣性モーメントと呼ばれるモノの数値が高いモノほど
シャフトを軸に回転させるには不向きなモノばかりです。

460TL-2


これは 重心位置の実質的効果とも似ていて、
よくある 重心位置が深いモノほどやさしい、上がりやすい
というのは、一定の運動をかけた時、
ヘッドが前にでる効果が高く、ロフトが増えるからです。
👉重心が深いので 打面であるフェースが前に出る量が多い

重心距離が長い というのは
 そのヘッド重量の重さの効果が多い と似た特性で
当然、そうなると 飛距離性能も高くなりますし、
ヘッドターンさせようとした時に、させ難くなります。


クラブヘッドのほぼすべてのほぼすべての性能は
ある一定の運動をさせた時、グリップからヘッドまでの

クラブの重量中心点が直線上に揃おうとするコト
を大前提に考えられています。

まあ 考えてみれば 当たり前のように感じますが、
L字型のゴルフクラブで そのL字の先端、
折れ曲がった先、で打撃するよりも
軸で打撃する方が 運動の伝達は良いでしょう。
故に ときおり 製品として重心距離ゼロのドライバーが
 ゴルファーを 「もしや…」 と思わせたりするのです。

IMG_8497


アプローチショットの シャンク も同じ原理です。
元々、速い運動をしませんから
 一直線上に揃い難いアプローチショット、
殆ど クラブセットの場合、ウエッヂが一番重心距離が短く、
 シャフトの動きを一番起こしにくいクラブで
より硬いシャフトを使ったり、
一直線上に揃い難いような振り方や
シャフトのしなり〜ヘッドの遅れ をあえて取り戻すように振れば
当然、その場所に 重心点ではなく シャフト が来てしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフスイングを作る、とか、治したい、と言う場合、
忘れがちになるのは
 自分のからだの重さもあるけれど
自分が動かす ゴルフクラブの静的な、そして動的な重さ
 不可抗力がかなり影響を与える
 というコトです。


スイング、ショットをし終わった後
それを写真や動画で見た場合、
その動作の半分…、半分以上・・・かも知れませんが、
その重さ、不可抗力を処理する為、消化するためのモノ
 であると考えた方が良いでしょう。

自分がしたい動作、動きたい動作 通りに
動作の結果はなりません。



スイング ココを治そう❶_Moment例えば、ですが
この画像のように
 手だけ、左腕、左肩だけでテークバックを取ったとします。

腕も含め クラブの重さは 自分の背後に
動き分、長さが増えた分 かかりますから
バランスを取るのに、体を前に倒します。
ボールに近づくような形になる訳です。

本人は 手で上げている自覚はあったとしても
前にからだを倒している、ボール側に近づいている、倒れている
つもりも自覚もありません。

クラブや腕の重さは
長さが増えたり、移動したりして
簡単に数キロ、10キロを超えるような重さになりますから
それを考慮に入れ、不必要に増やさない や
逆に その不可抗力によって
『正しく、望ましく動かされてしまう』
 と言う風に
考えて言った方が良いでしょう。
 もう、私たちにはそれをチカラ、運動性能で封じる
というのは危ない・・・故障の原因になりかねません。

その話を念頭に置いて
 本題に入りましょう。

葛谷 2017-2020_Moment(3)


私、個人として 手で振るスイングはあまり美しくない というか
動作としてだけでなく、
ゴルフクラブの基礎機能を無視しているのがとても嫌です。
そして、多くの人は やりたくないけど
結果として 手で振ってしまう コトが少なくないと思っています。

望んで ローテーションしている人は論外ですが、
望んでいないのに 手で振ってしまう場合の多くは
  単に『機会の損失』だと感じます。

この場合の機会の損失とは
折角、テークアウェイで右を向いたのに
右向きを戻す、ボールの方へ向いていく
その過程を逃している
 と言う意味です。
 
テークアウェイの時点で右を向かない
 からだ〜胴体を右に向けない・・・向かない のは
 ハナから手で振ろうという意味になりますね


今回のテーマは
 ✋ダウンスイングの周り方  です。

結構、この部分、悩んでいる人、多いと思います。
😿からだが早く開いてしまう・・・
😿右サイドが突っ込む・・・
😿体重が左に乗らない・・・ 
などなど
実は全部、同じことを指しているのですが、
それを具体的に、技術的に、
また クラブと言う観点から説明いたします。

    それでは また 明日・・・。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昨日の記事の続き…になりますが
 http://hbs.livedoor.blog/archives/1994755.html

なぜ そんなことを考えた…か というと

多くの方のスイングを見ていると
ダウンスイングで 左腰、左股関節を
アドレス時の背後、後方に引くような動き
インパクト以前に 股関節が後方に逃げてしまう姿勢

をする人がとても多く それがすごく気になるのです。





ダウンスイング初期、もしくは前半に
左股関節を後ろ(アドレス時の背後)に引いてしまう動作は
それが故に 振り遅れてしまうのか
振り遅れがあるためにそうなるか は個人差があるので
特定は出来ないのですが
見ている限り、
からだの回転に 脚が動かす腰と肩とは言いませんが腕に
回転という意味では 二重の回転 があるように見えます。

この画像の場合、左腰を引く動作があるが故に
グリップの進行が浮いてしまい
その結果、経路や行程が増え、
振り遅れが発生しているようにも思えます。

スイング軌道 と言う言葉 がありますが、ココを治したい!_Moment
そのスイング軌道とは
アドレス時、前傾した分 前に倒れた
自分の胴体、背骨に対して 垂直な運動面です。
ヘッドのスイング軌道ばかりを気にしますが、
元々は 運動を始める時の姿勢 が基準なのです。
前傾して からだの向きを変えるから
その スイング軌道とやらは 傾いた状態なのですから
多くの動作は、多くのからだの部位は
その運動面に沿った モノで あるべきです。

そう言う意味で
トップオブスイングから ダウン インパクトまでの
左腰、左股関節、左ひざの動きは
多少、高さに変化が有ったとしても
その スイング軌道上を動く方が
◎他の部位、クラブなどの余計な運動を減らせる、
◎ボールを打つエネルギーに出来る
 
と考えています。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


運動や移動をすると
重さはその分、その値を増やします。
と、同時に その重さには指向性、
重さと言うだけに 下にかかる量だけでなく
その運動と逆の方向に増えるのです。

車などに乗っている時、
急発進/急加速したり、急ブレーキをかけたり した時
乗っている人にかかる 重さ と似ています。

からだの向きを変える際、
クラブは その運動/移動分 重くなりますが
それにも指向性が伴います。

葛谷 2017-2020_Moment(2)












アドレスから テークバックで説明すると
これから 右向き/時計回りの動作 をします。
すると からだそのもの、だけでなく
クラブにも それとは反対方向に重さが増します。
(特にヘッド)

からだを捩じる(間違いですが…)、にしても
正しくからだの向きをかえる、にしても
からだの軸、からだの厚みは抜きにして
からだの真ん中 背骨とかおへそ とか
からだの中ほどの部位を使って、
からだの真ん中に近いの、軸に近い機関、筋肉などを使って、
その行為、からだの回転をする というよりも
からだの端、腰で言えば 左右の腰部分、
からだの上部で言えば、両肩 に近い
からだの端に近い部位を動かす意識があると思います。

人によっては 腕や✋ グリップ部分をたくさん動かして
からだを回す感覚 の人もあると思いますが、
間違っているかな と思いますが、最たる例です。

私個人で言えば、端ではありませんが、
左右の背中、胸骨の背中側からお尻まで を動かす感覚です。
重さのかかり方と回転の関係 - コピー

それぞれの方が どう考えているか は分かりませんが、
クラブの重さは その向きを変える動作 と
反対に重さは増します。

左右を均等に動かそうとした時、
テークバック時であれば、左サイドばかりが多く動き、
それによって 前(ボール側)にからだが倒れたり
右サイドを大きく動かす為、飛球線方向にからだが反って
逆ピボットになったり するのを
ものすごい多くの頻度で見かけますが、
もしかしたら… 重くなるクラブの方向性、指向性を
計算にいれてないのではないか…という気がするのです。

特に多い、左サイドだけを多く動かす…というのは
もしかすると 本人は 左右を均等に動かそう と思っていても
増えるクラブやからだの重さ の方向性によって
無意識の内に そうなってしまっているのではないか
と考えたりします。
葛谷 2017-2020_Moment

面白いモノ ですが、
手先、腕でクラブを動かす人は
からだからクラブやグリップが離れる、遠ざかる傾向が強いですが
初動で、手先や腕でクラブを動かさないよう意識する故に
そうなってしまうのではないか と思うのです。

テークバックおいては
そのクラブに重くなる指向性を考えると
左サイド主体で動かそうとすれば
右軸になって 左サイドばかりが大回りして動くでしょうし
右サイド主体で考えれば
右サイドは運動そのもの方向性上、大回りさせにくいですから
大きく、多く動かす為 逆ピボット(逆体重)になるでは
と思います。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



自分とボールの方向
ボールに対する遠近の位置関係で
アドレス時が一番ボール側に近い位置にグリップがあります。
d11be403-s
テークアウェイをとっても、
フォローをとっても、
動作が始まると グリップは当然
ボールから離れていく方向(自分側)に動くわけです。
体の向きを変えた分リニアに動く。

写真で言うところの横方向
ボールの飛球線と真っ直ぐ動く瞬間はないわけですよ。

ヘッド、もしくはグリップを真っ直ぐ引く…
という言葉は
自分の体、上半身、胸に対して真っ直ぐ引く
という事とともに
その土台になる 自分の体や上半身、胸は
『常時向きを変えている』
その 常時向きを変えている というところを
多くの人は欠落させてしまっていると思います。

これはアプローチであっても同じです。

体でクラブを動かす努力をするにしても
手で動かしてしまう(原則ダメですけど)にしても
必ず もっともっとインサイドにグリップを動かさないと
いけないです。

2010111116444243889体の向きは右向き
グリップは飛球線に真っ直ぐ…となると
クラブやヘッドは勿論、グリップも自分の体から
離れてしまうことになります。
←これなんかは最悪のパターン
ゴルフのスイングの場合
基礎になる運動の時間軸は
体の向き。。。なので
グリップを体から離してスイングしてしまうと
上半身の不必要なねじれの為
体の向きの変更も中途半端(浅く)になり
ヘッドの通る軌道がものすごく長くなってしまうので
減る時間軸&増える道のり
これを解消するのには「急ぎ」が必要になります。

体から離れて クラブが長くなったのと同じ状態で
それに意味不明な加速度が加わるので
クラブはめちゃめちゃ重くなるわけです。

テークアウェイの時点で
不必要にクラブが重くなれば
当然、それ以降でクラブは遅れます。(右にズレます)
ゴルフクラブにとって遅れる/右にズレる というのは
≒ ロフトを開く ということになるので
ロフトを閉じる という作業が不可欠になるのですが、
😱体の廻りは中途半端
😱ヘッドの道のりは異様に長く
😱テークアウェイ中に不必要な加速による負荷増大
ということで この時点で
上手く打てる、遠くに飛ばす
という確率はぐんと下がります。

体にもとても悪いのに
この打ち方では 練習量/練習頻度が絶対必要‼
になります。 ☞アマチュアの壁 とも言えますね。



このグリップを体の回転でインサイドに引く

という練習はアプローチにも当然有効ですし、
アプローチから始めなくてはイケナイでしょうね。
お家でのシャドースイングで
クラブを持たず、壁を目の前に
アドレス時、グリップを壁に付けて
外に上げられないよう始めてみるといいかも(^_-)-☆です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

ゴルフを始めたばかりの人の多くは
ボールに当たるようになっても スライスに苦しみます。

その頃に ゴルフの先輩やら 自称上級者たちから
「振り遅れているから スライスするんだ」とか
「アウトサイドインに振るから スライスになるんだ」
「体が開いているから スライスするんだ」

のような 言葉を貰います。

これ…結構 呪いのように長いゴルフ人生に残るのです。

その中でも 今回は 昨日の記事の延長の
「振り遅れ」についてです。

物理的なスイング事情では
スイングでの クラブの横移動に対しては
重さの増す ヘッド部分は スイングの進行に対し
普通に遅れます。 遅れるのが正解です。
遅れていいのよ

スライス。。。ボールに右回転が入るのは
ヘッドの移動してきた道に対し フェースが開いている
右を向いているからで
遅れている から スライス も
アウトサイドイン だから スライス も
からだが開いている から スライス も
テストの回答としては ◯はあげられません。
✘に限りなく近い ▲な状態・・・。

遅れ・・・は 二つの比較できるものがあるから 遅れ で
それがグリップなのか、体の進行(体の向き)なのかはっきりしませんが、
そのどちらであっても
ヘッドの進行に対し フェースが開いていなければ右回転は入りません。

遅れていても フック(左回転)を打つコトも十分可能です。

アウトサイドイン。。。
これは単に 打ち手のエゴに過ぎないのですが、
ボールに対して構えていても、
無機質なボール自身は構えや構えの向きは当然判りません。

構えに対し アウトサイドインに振っても
ボールに対しては その方向に振ったに過ぎず
それも ヘッド軌道に対して フェースが開いている(ロフトが付いている)コト
が 右回転の入る原因で ヘッド軌道そのものとは関係がありません。

からだの開き。。。に関しては言えば
言うまでもないのですが からだが開いても どんな球も出ます。
それも単に 物理的な問題で ヘッドの軌道に対し
ロフトが開いているコト/フェースが右を向いているコト が
右回転を生み出しているのです。


技術的な面で言えば
ヘッドはその重さから 当然遅れようとするのですが、
スイングは体の向きを変える 円運動 です。
体の向きを変えて グリップを動かす
そうすると シャフトでつながった ヘッドは動こうとしますが、
ヘッドそのものの重さや運動から 遅れようとするので
遅れが無い と仮定した 円周よりも
内回り、スイングの場合は 打ち手に近いトコロを付いて来よう とします。

IMG_1015_Moment2

無理にヘッドを そのヘッドの重さがない、遅れが無い とした
外周、クラブの長さ分の外周を動かそうとすることが
真の遅れ  👉👉👉 グリップの遅れ を生んでしまうのです。

グリップが遅れず ヘッドだけが遅れ
その分内回りをし、下に下がれば
その遅れはロフトの立ちに替わりますが、
ヘッドを動かそうとして、グリップをからだの回転から遅らせてしまうと
ヘッドは開きます。 これが真の遅れです。

ヘッドという長さも含んだ重さを
無理やり人力で動かすのが正解なのか
その重さを 自然の法則に則り 利用するのが正解なのか
自分の頭で考えれば答えは遠くないと思いますが…


ここは正直、技術的な面と言うよりも
スイングはこうする という思い込みが作り出した
スイングの悪しき幻想のせい だと私は思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


練習場でボールを打ちながら
スイングを作っている人にとって
動画や映像などの「トップの位置」
その格好、姿、形は参考になる…のでしょう。

video_Moment(4)mz-slow_Moment田中どら_MomentIMG700















始めから「どうするか」の目的がある場合は除き、
忘れてはいけないのは スイングは連続する動作です。
トップは ショットするための準備行為で
ダウンスイングは助走路みたいなもので
二つは当然つながった動作です。

と、同時に ご自分でスイングの動画を撮影し、見てみると
自分の思い描いている動作とかなり大きく異なる場合が
とても多いと思います。

✋それは 何度も書いていますが、
スイング動作で造られる クラブや自分の重さ
それを考慮して、人間のコンピューターが働き
補正が大きくかかっているからです。
ボールも自分の セットアップを基本に
その位置関係は固定されていますので
その制約の中で、予想外の重さが掛かれば
その重さを相殺したり、使ったりすることが
自分のオリジナルのイメージ動作に組み込まれていきます。


IMG704IMG705








それを踏まえた上で、
トップの位置は 恰好や姿、型を優先させるのではなく
クラブの重さが 次の動作…ダウンスイング、インパクト進入に
どのように働いているのか
自分の「次に」行きたい、行かせたい 場所 と
クラブの重さはどういう関係なのか というコトを考えてみましょう。

PCC例えば トップのクラブ位置が
このような状態であれば
次の動作を始める時
左腕には 上がり目の重さ がかかり
右半身全体には下がり目の重さ がかかります。

双方を組み合わせれば
早い段階で 右サイドとボール、地面との間隔は
狭くなってしまいますから、左サイドを跳ね上げながら
ボールを打たないと 地面を打つコトになってしまいます。

クラブというのは重さ ですので
その重さ をどう動かすかと その重さにどう動かされるのか
は表裏一体の関係です。 それがスイングです。

長さというモノがある ゴルフクラブという形状と
重心がズレているゴルフクラブヘッドという形状
この二つを 次の動作にどう利用すればいいのか
その形状がどんな姿勢をし、どこにあるのか
によって 自分の次の動作に与える影響は異なります。

出来るだけクラブの行きたがるところ を
自分の行かせたいところ と近づけた方が
チカラ で解決しないで済みます。
・・・・・・意図的にチカラで解決したい人は別です。 どうぞ、ご自由に。

それを無視して 自分の動きの型 ばかりをおいかけても
実際のスイング、実際のスイングには反映されません。
それは 素振り、シャドースイングでも十分養える部分です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

遠心力は その言葉の通り チカラ。。。つまり重さです。

その重さをどう利用するか、味方に出来るのか
敵にしてしまうのか によって 大きく変わってきます。


遠心力は 腕の重さも含まれますが、主に
(クラブヘッドの重さ) × (長さ/遠さ) × (移動速度) です。

これが主に腕を介し、肩部分にかかり、体の姿勢、
次のからだの姿勢にかかります。
そのクラブの長さも 肩からヘッドまでの距離と考えると良いでしょう。

飛ばそうとすれば 当然重さは増えますが、
(✋チカラには方向、ベクトルが付いて回ります)
問題なのは その重さ=遠心力が どの方向にかかるのか
というコトです。


遠くに飛ばすために ロフトを司る
インパクト時のからだの姿勢、左右の高さ は重要ですが、
それを高速運動の中で、意識的に調整するのはとても困難です。

ですので その遠心力を使って
必然的に 望ましい姿勢になるように仕向けてあげる、
遠心力に逆らって スイングする、
遠心力を消すために抵抗する よりも
遠心力に任せて 回転する速度を増す とは言えなくても
回転する速度の邪魔になるような 方向に掛けないように考えます。

インパクト時、インパクトに向けて
左太ももの前辺りに グリップが行くことで
◌姿勢を保つために 曲がっていた右腕が伸びる
◌左右の腕の長さが合っている ような状態が望ましいでしょう。

✋遠心力は かかり始めると 支点、この場合は肩ですが
そこから外に離れる力(チカラ/重さ)として掛かるのですから
遠心力が掛かることによって 腕が伸ばされ
更に 前傾姿勢が保たれるような かかり方、かかる方向
というのが自然な形で一番望ましいと言えます。


腕を伸ばすにしても 前ナラエのように 横に伸ばせば
その重さは長さ分、増します。
筋トレで ✊✋するにしても 前ナラエ でするのと
腕をだらんとしたところで ✊✋するのとでは使うチカラの量が違います。

大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(4)









スイングには前傾姿勢があるので
肩からだらんとしたところに手があれば
腕は伸びていますが、腕の長さの重さは増えません。
ところが フトコロから外れ スイングで言うと ボールの方に伸びれば
長さが表れてきて、重さが増すので、
その重さ分、体は反対の方向に 力を相殺する為 反射します。
前傾姿勢が消えやすくなるので、それはより増して行きます。


✊遠心力の基はからだの回転。
どの方向に遠心力をかけるのか
遠心力が掛かった時、グリップをどこへ行かせたいのか


S20180921_MomentS20180921_Moment(2)S20180921_Moment(3)





スイングの大きな動作、体の向きをフットワークによって変えるコトは
スイングの最も大きな動作ですが、
それを行うと モノを持たされた腕は意識的な動作がし難くなります。
逆を言えば、腕の意識的な動作をするには 体の大きな動きは
止めざるを得ません。
体を回したとき、遠心力をどの方向にかけるのか
遠心力がかかり、グリップが肩から離れようとするのをどの方向にするのか
腕を伸ばす というこういは 腕を伸ばさない という拒まない というだけで
回転によるからだの動きに任せて良いかもしれません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


久しぶりのゴルフをする場合や
ラウンド中スイングが分からなくなった時など
シンプルに考える必要が生まれます。
IMG_0932_Slomo_Moment

ゴルフのスイングには 縦の動作はない! と考えて良いでしょう。
確かに テークバックにおいて
グリップを少し高くしますが、
ボールを打たないという条件で
その上げたグリップのまま、体の向きを正面、
ボールと対峙するところまで戻してみて下さい。
グリップの高くした量は たかだか30センチ程度 です。
からだの回転〜向きの変更と前傾姿勢〜傾き
これをの方が 高さを大きく変化させていることに気づくと良いですね。

コト下げる方に関しては 重力通りになりますから
下げる と言う行為よりは 落とす、落ちる、下がる の方が適切でしょう。

ボールを飛ばすのは 水平方向 横方向に飛ばす のです。

ゴルフクラブには ロフト等機能がありますから
ボールが上がる とか 高くなる とかは
打ち手の「動作」「作業」によるものではありません。

ボールを横方向に、地面と平行に飛ばすのに
そのまま 打ち手の動作も横方向、横への動作 です。

スイングに苦しむ人の多くは
動作の中に縦の動作が多い人
クラブを縦に動かす意識の強い人
 です。

478e1dc0


トップの位置から  クラブが重力方向に落ちる
右向きのまま グリップもヘッドも下に落ちる
そのままでは ボールは打てないので
からだの回転でグリップを移動させてあげ
ヘッドの落下地点を ボール地点に合わせるそんな感じ です。

自分の意識しなければならないことは
➀からだの回転で ボールを打つためのグリップの横移動を作る
➁ボールを打つために フェースを下向きにする

それだけ です。

グリップを下げる と言う意識ではなく
重さで下がる と言う意識で十分です。 
IMG_0919_Slomo (3)_Moment(5)

そのシンプルな 横動作・・・体の向きの変更
その速度がアプローチなどの距離の感覚につながっていきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 からだを痛めるコトをいとわず
めいっぱい振って…
というコトであれば別ですが、
軽~く振っているようで効率よく飛ばすのに
最も「障害」になるのが ロフト過多 です

同じクラブであったとしても
6番アイアン(30度前後)のロフトで打っている人と
9番アイアン(40度前後)で打っている人が
同じ距離を打つのには ヘッドスピードは5ms差があります。

実際のスイングでは もっと差が付きます。


その 実質ロフトを造る 一番大きな要因は
ボールとヘッドの関係、ヘッドそのものの姿勢よりも
圧倒的に からだの姿勢 の方が大きいのです。



片手でボールを打つのドリル から考えてみます。

某自動車メーカーのサイトから拝借してきましたが

honda


こうやって振ろうとする限り
速く振る と 上を向く は
いつも一体になって動いてしまいます。

そして それは「当たり前」「必然」な訳です。

IMG_0932_Slomo_Moment
IMG_0932_Slomo_Moment(2)
IMG_0932_Slomo_Moment(3)
IMG_0932_Slomo_Moment(4)
IMG_0932_Slomo_Moment(5)
IMG_0932_Slomo_Moment(6)
IMG_0932_Slomo_Moment(7)
honda例えば つま先上りの練習をする として
ボールを 20センチティーアップする とします。

●上を空振りする
●ボールではなく ティーだけ打ってしまう

そのいずれか と言えば後者でしょう。

遠心力 と言う言葉は あまり好きではありませんが
遠心力がかかり 外に膨らもうとするチカラ
その分 からだは引いておかねばなりません。

遠心力も「重さ」であるのは同じです。
重さが外にかかる この場合であれば
ボールよりも 下のティーを打ってしまうようにかかるのを
からだは その重さと同じ分、求心力 で引く必要があります。
からだを起こす、上を向く、体を開く が必然になってしまいます。

✋それでは 常時 重さと闘うことになります。

IMG_0932_Slomo_Moment(4)


折角 前傾姿勢があるのです。
その懐の中に重さを、
好き嫌いに関わらず 発生してしまう遠心力を
自分の斜め下にかかるようにしてあげれば
無意識でも 前傾は保たれます。

重さの良い利用方法です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ヘッドスピード・・・ は

(計測するのは ヘッド部ですが、
 概念としては グリップの横移動速度を上げるコトです)


如何に スイングの進行上、その道のり〜軌道上を
速く移動するコトで

●スイングは横移動であるコトを念頭に

解決方法、向上方法は二つしかありません
まあ 私たちの年齢では❶は除外項目なので
一つしかない とお考え下さい✊


まあ スピードを上げても
ロフトが増えてしまう、上を向いてしまっては
元も子もないのは 言うまでもありません。


IMG_0699_Slomo (3)_MomentIMG_0699_Slomo (3)_Moment(4)IMG_0699_Slomo (3)_Moment(6)





❶肉体的、身体能力的に横移動を速くするコト

✋これは若者や痛みに鈍感な人
 脳みそが筋肉な人にお任せしましょう
 スポーツカーに乗って ブイブイ言わせる人向け ですね🙋

✋それをし続けるコト によって
 からだを痛めるようなことは
 私たちの年齢では出来るだけ避けたいトコロ…です

また 靴は夕方に買いましょう みたいな部分で
ゴルフは長丁場な遊びですから
ゴルフショップで『ヘッドスピードに挑戦』のノリで
最大ヘッドスピードに挑む…のではなく
数時間、雨や風の中でも持続できる
自分に維持できる「巡航速度」であると忘れないようにしましょう



横移動に邪魔なモノ、抵抗になるモノ、負荷になるモノ
 は出来るだけ排除、取り除く、もしくは作り出さないコト


からだもありますが、クラブや腕は動かすと『長さ』が伴い、
速度によっては、使い方によっては
長くなり易い特性を強くもっているので注意が必要です!

✋ゴルフクラブは その形状から
その長さ、そして 先端に重さの塊が付いているコト から
使い方を誤ると スピードを上げるのに
筋力が強く必要になってしまいます。
スピードを上げやすい、妨げにならない使い方 が
永続的に 高い、無駄のない横移動を作り出します。


ゴルフスイングとゴルフクラブの関係は
とても良くできていて、知恵を使わず
無理やり 力でねじ伏せてしまうように誤った使い方では
 打撃のエネルギーは
ヘッドスピードではなく ロフト、そして弾道の高さ に
直ぐに、そして簡単に化けてしまいます
労力ばかり使って、しかも痛めやすいのですから
ちゃんと知恵を使うようにしましょう。



そのポイントは ✌ 二つ です

➀打つ「まで」は 出来るだけクラブは長く使わないコト

スイングの弧が大きいほど飛ぶ と誤解している人が多いですが
筋力、運動性能が解決する気がないのなら
それは はっきり言って 間違い です。

クラブの長さ  👉重さとつながるクラブの長さは
重力に対し グリップの真上にヘッドがあれば 長さはゼロ
地面と平行になっているような ヘッドとグリップが同じ高さにあるような
その長さ分 上下差が内容な状態では
ヘッドの重さに「長さ」が乗算として加わります。

そして 運動が伴えば それに「速度の二乗」がまた乗算されるのです。
IMG_0699_Slomo (3)_Moment(5)

👈あれれ?





元のヘッドの重さは 数百グラム ですが
 その差は 数キロ になります。

IMG_0699_Slomo (3)_Moment(2)トップの位置 では
ヘッドの重さも含めた クラブの重さが
グリップを下方に下げる働き
として利用できる状態です。

それを利用しない手はありません。

                続く・・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




素振りでいいんですけど
是非 背面万歳振り トライしてみて下さい。



本当に出来ちゃったら 痛めるかもしれないから
おっかなびっくりお願いします。

トップの位置から 右を向いている内に
クラブの重さで グリップの下げ 👉左上腕を下げ
向きはそのまま 背後 に万歳するイメージで・・・・


M20191011suburi_Moment(5)M20191011suburi_Moment(6)M20191011suburi_Moment(7)M20191011suburi_Moment(8)












おそらく その時点でからだは自然に向きを変えます。

ここら辺までは ずっと右向きのまま トップのからだの向きのまま です。

M20191011suburi_Moment(8)M20191011suburi_Moment(9)M20191011suburi_Moment(10)M20191011suburi_Moment(11)










背面万歳 をするには
一ミリでも シャフトを振ったら シャフトを動かした瞬間
出来なくなります。

スローな状態で 体験してみると分かりますが、
左グリップ、クラブを持った左グリップを
右手で押す形 を維持していないと
からだが逃げます。 もしくは 痛めます。

右グリップが左グリップ・左手首を支点に
シャフトを押し始めた時点で からだは開き始めるので
背面に万歳するイメージは消えてしまいます。

グリップを両腕で作った 枠の中で動かさない限り
その枠の外へ出そうとした瞬間 からだは開きます。

ここのイメージはとても大切です。

始めの段階はゆっくり スローモーションで
背面万歳をイメージしましょう。

IMG_0838_MomentIMG_0838_Moment(4)IMG_0838_Moment(6)





このイメージ
ヘッドは重さとして
グリップ、莨縅咾魏爾欧 ための 重さとして
使うだけにしないとイケマセン。
溜め と言いませんが
クラブのリリースをして クラブを長くしてしまえば
その方向に重さがかかります。

『最終的に どの方向にグリップを送りたいのか
 それを考えて 切り返さないと重さは味方になりません』


MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(6)



ヘッドを振って このような円弧を描くイメージを持つと
からだは開き 背面万歳はイメージとしても
不可能になります。

この位の順序で覚えて
初めて 今までのからだを開いて 手で振る
を矯正できるのです。

実際馴染んだ状態で ボールを打ってみる
このイメージを残したままボールを打ってみる




ものすごく 右を向きっぱなし…に見えるか というと
ごくごく普通に見えるのです。

その位 いままで開いて からだのボールの通過と逃し
手で振っている というコトなのです。
それが実感できれば かなりの進歩です。

これで、このイメージでボールが打てるか というと
そうそう簡単ではないです。
多少の慣れは必要です。

ですが、これが出来ない人は
 素振りの時点で出来ないと思います。
厳しい言い方ですが、
スイングの大きな問題は からだと腕をどの順序で使うか
が問題で どう使うか は二の次です。

その時間 にからだの姿勢がどうなっているのか

M20191011suburi_Moment(7)M2019810L!_Moment(7)











それによって 腕の付け根の位置や空間が異なりますから
当然 腕の使い方も変わります。

どちらか『だけ』を治すことで改善するようならば
スイングやショットに悩んでいないでしょう。

全く反対位の動作順序にして
✋ この程度の変化なのです。


頭痛薬をちょっと飲んで 頭痛が治る程度の悩みならば
自分のスイングを良くも悪くも熟成させるしか方法はありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



テスト ご協力ありがとうございました。
幾つか 文字化けを起こしておりました…
解消方法…わからないんですけどね🙀



素振りでも、スイングでも 重さを感じて振りなさい
というのがあるのですが、
大いなる勘違いを起こしやすいので その点をちょっと✋

IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(2)


何度も書いていますが、
スイング中の遠心力 というのは
クラブで言うと グリップからヘッド方向に
外へ外へと膨らもうとするチカラです。

手にも、クラブのグリップにも油をたっぷり付けて
素振りをしたら 練習場なら
テークバックで後ろにすっ飛ぶか
ダウンスイングなら前の打席の人に飛んで行ったり
インパクトまで耐えられても 自分から遠ざかる方向に
飛ぶわけですよね。

当たり前ですが ゴルフクラブは
 先端、遠いところに重さの付いた長い棒 です。
わざと重さを感じようとした時、
遠心力を作ってしまったのでは
単なる握力との戦いですし、
遠心力はスイングの進行の方向、ベクトルに対しては
常に 90度違う方向にかかります。

IMG702


まず 重さを感じて欲しい と 同時に考えて欲しいのは
 これから動いていきたい方向
 これから動かしていきたい方向
ベクトルです。
重さは自分に都合の良いベクトルに使わないと
単なる重さ、負荷、邪魔になってしまいます。

テークアウェイでは重力に逆らいますから
利用するという意味とは遠いかも知れませんが
これからショットに入る、トップや切り返し
ここが「望む場所」に行かないと 芳しくありません。

スイングで言うところの「力む」なんていうのは
想定以上に クラブが重くなる
・・・つまり 自分のこれから動きたい、動かしたい方向と
その重さの方向にギャップがあるから
「りきまざる」を得ないから 力むのであって
安直に「力むな」って言われても 無責任です。
力まないと打てないから力んでいるんですから…。

そのクラブの重さの方向と自分の運動の方向
それが出来るだけに通っていた方がベターな訳です。

ですので 重力に逆らうテークアウェイでは
どの道重い、重力に逆らってる訳ですから
その重さを感じ取り
🔴グリップとヘッドの位置関係
🔴フェースの向き
を確認するのに 重さを使うと良いでしょう。

ここでダメダメ なのは
テークバックで重さを使うから と言って
動き出しのきっかけだけ作って
遠心力で手抜きをして クラブを上げるのは最悪です。
当たり前ですが、無造作にクラブの遠心力に任せると
クラブには『不必要な』遠心力が発生します。
重くなります。
IMG703

そうなると 人間はグリップをしっかり握って
位置を固定するようになるので
どんどんヘッドだけが動き、しまいには
クラブが倒れ(寝てしまい) 振り遅れ、手遅れのスタンバイ
になってしまいます。

トップ・切り返し というボールを打つのに大切なポイント
を創り出すために テークバックは取るのであって
動きの勢い を創り出すのは避けましょう。
IMG705

トップ・切り返しでは
クラブの重さが より自分の動きたい方向
動かしたい方向にマッチしている位置取り、姿勢
が欲しいです。
IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(3)

ということは・・・です、
自分の動きたい方向、動かした方向と
クラブの重さのかかる方向 がマッチしていれば
クラブの重さ感は「無い」ということ。
クラブは軽く感じる、まるで無いように感じる

というコトなのです。



クラブの重さを感じろ といって
本当にクラブが重くなるようにスイングしたら
その重さは そのまんま スイングの負荷 スイングの抵抗 です。
重さを利用して 自分がその重さで
より動きやすい、そういう重さの使い方をすれば
重さは感じない、   そこ、勘違いしていませんか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アドレス 分かり易いのがドライバーですが、
ヘッドを地面に置かず、空中に浮かせると
握っているシャフト(グリップ)よりも
ヘッドの重心は 重心深度の深さ(奥行)分、
3センチから4センチ
 右にあります。
006

放っておくと ヘッド、クラブは回転してしまいます。

そう言う意味では
アイアンに比べ、重心深度の深いウッドの方が
からだではなく、手で上げてしまい易いので
注意が必要です。


きっかけとして すこしグリップを動かすと
ヘッドには慣性がつきます。
その慣性は ヘッドを回転させ
フェースが空を向いていくように回転させ
同時に グリップを右に引っ張るとともに
 グリップの高さを促します。
✋これ一見すると 物理というか、理にかなったように
思えますが、ショットの場合、その反対の方向
ダウンスイング⇒インパクト⇒フォロー
の方が断然重要で、テークバックはそれをする為の準備行為なのです。

その方法はスイング論、クラブの扱いではなく
単なる物ぐさ、手抜きにすぎません🤢
imgs

その準備行為で楽をする、手抜きをする為のクラブの扱い方は
当然、反対方向に動く ダウンスイングをやり辛くさせます。


言ってしまえば ダウンスイング以降の
ヘッドターンも テークバックでの手抜きの修正、補正、
取り戻し に過ぎません。



ではどうするか というと
ご自分でも実験してもらいたいのですが、
基本、体の向きで動かすグリップ、シャフト、よりも重心をボール側、
テークバックの進行方向の右側、やや右側に残しておく

コトが肝心です。   👉つまりシャットということですね。

これを 手さばきだけで行おうとしても
かならず 重心による回転が起こってしまい
重心がシャフトをまたいで右に行ってしまいます。


そう言う意味では からだで右を向く
からだでテークバックを取る 目安
特にコースでの素振りとしては良いと思います。

c1fa68b7-s

テークバックで 重心をボール側に残してあげるのと
手でヘッドを回転させてあげるのでは
切り返し付近での重さ感が大きく異なります。
慣れてくると 次の動作
 ダウンスイングのし易さは段違いですので
感じてみて下さい


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイング中、体の向きの移り変わりと
腕(胸)の向きは別物、
特にダウンスイングでは
シフトにより骨盤の向きがボールに正対していこうとしても
腕(胸)周りは 右向きのまま! と言う記事を書きました。
http://hbs.livedoor.blog/archives/1986808.html


ダウンスイング中、インパクトのかなり前で
右かかと(右打ち)が上がってしまう というのは
腕周りを回転ようとして掛かる遠心力に
引っ張られて起こるコトです。
IMG_0736_Slomo_Moment(3)

平地で右足かかとが上がるよう であると
左足上がり、左足下がりでのそれは 更に大きくなり易く
ダフリやトップのミスに届く可能性が上がります。

また 元々クラブが長く、ヘッドの入射が緩め、
そして ヘッドに奥行きのあるフェアウェイウッド が
苦手となり易いパターンです。


スイングは円運動ですが、
重さ に対して 円運動は悪いことが多いです。
円運動というより 円移動 なのですが、
重さのつながっている場所、スイングで言えば
腕〜クラブの 円移動との繋がりは 肩/腕の生えているトコロ
そこは円移動によって「移動しますが」
重さはあくまでも 重力に引かれつつ、直線で動かす感覚が必要です。

骨盤を基準に 足回りを使って
どの道 その上に乗っているモノは 向きを変えます。
放っておいても 土台が向きを変えているのですから
向きは変わってしまいます。
S20190309-2_Moment

トップの位置で 上半身上部、肩周りは
その向きのままで ヒールがボールを向いたまま
ヒールが飛球線を向いたまま
からだの回転で 腕の付け根は移動する
シャンクになりそー みたいな感覚であっても
土台である骨盤は向きを変えますから
フェースがボールを向きます、大丈夫です。

例え シャンクであったとしても
トライしてみると実感すると思いますが、
インパクトのタイミングが明らかに今までよりも早い
ダウンスイングの時間が短いと思います。

👉今までは 下半身リードで
下半身がボールと正対して「から」
クラブを振り始めていた訳ですが、
胸廻り、腕周りは右向きのまま
下半身をボールを正対させようとすると
下半身がボールと正対した時がおおむねインパクト になります。
それ以降 が要らなくなります。

その感覚とシャンクであっても掴めれば
あとは フェースを下に、ボールに向ければ良いだけ です。
いままでは 左サイドが上がりながら のタイミングで
無理やりシャットを作ろうとしていた? かも知れませんが、
このトライであれば 左サイドがまだ下がろうとしている
左サイドが低い時間帯でインパクトに入れますので
従来よりもずっと簡単に「シャット」が作れます。

腕やクラブの重さで落ちる
それを 骨盤の回転で 腕の付け根だけ移動させればよいので
脱力 とまで言えないかも知れませんが、
従来よりも遥かに腕力の要らないショットが可能になります。



✊これを覚えられると
 傾斜地からのショットの確率がグン と上がり
 苦手?だったかもしれない フェアウェイウッドが打てるように
 なりますから ずいぶんゴルフが変わると思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



最近 『片手打ち』『片手での素振り』をよく見かけるのですが、
これ まさに からだの回転と腕・クラブの重さの関係
の代表例です。

クラブは重さが長い棒の先に付いており
その重さ(ヘッド)の重さの中心点は
握っている棒(シャフト/グリップ)からズレたところにあります。
ボールを打つ場合は勿論、素振りであっても
その重さを片手で支えるのは少々無理があります。
Desktop 2019.08.05 - 07.31.06.02_Trim_Slomo_Moment

ハミングバードが提唱している
トップの位置から からだは回転していくけれど
クラブを持った腕周り、胸廻りは
トップの位置の右向きのまま
その重さで落としていく とすると
クラブ、腕は 真っ直ぐに伸びた 最大の長さになりません。
俗に言う「ディッシュアングル」が保たれた状態、
というか そのことに関しては無意識のまま でも
結果として それは維持されます。
からだの回転、向きの変更に対して
腕の付け根だけが移動していくこと を
意識していれば ディッシュアングルは保たれます。

✋腕の作業は 重さで落としていく
 腕の付け根はからだの回転で移動していく
 その中で フェースをボールに向けるよう仕向けるだけです。

IMG_0666_Slomo_MomentIMG_0666_Slomo_Moment(3)IMG_0666_Slomo_Moment(4)






ところが からだの向き通りに
イメージで言えば
前ナラエの向きゴト、腕〜胸の向きを変えようとすると
遠心力が働き、ボールを打つ前に
左腕とクラブは一直線になろうとします。

アドレス時は ディッシュアングルのある状態
ディッシュアングルのある 腕とクラブの長さ です。
それが 一直線の長さに、つまり長くなるのです。
となると アドレス時の姿勢では
ボールと自分の距離が狭く、空間が足りなくなってしまい
ボールが打てません。

遠心力が働くコトもあり、 からだを開いたり
左サイドを伸ばしたりして 空間
長く伸びたその長さ を通せる空間を作り出します。

ですので からだを開いて
アウトサイドインに振らざるを得ません。

   …これ ナンの練習になるのですか

検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment


腕やクラブの重さ
そして クラブヘッドのあの形の理由 は
その重さによって 腕やクラブを動かす、動かすコトの補助 で
腕力で振り回すコト ではありません。

クラブは先端に重さが集中している訳で
手元から先端にかけて 運動で重さをかければ
当然 体から離れようとします。
そうなれば 始めの重さ以上に 力が必要になります。
それでは より力のない人や女性には不利です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



市販のクラブを使っている方の
 ゴルフスイングを見ると 経験や上手い下手など ひっくるめて
軽いヘッド・硬いシャフト を使って
ゴルフスイングを覚えた特徴
 が出ています。

これは後々 クラブを替え、スイングを変えようとした時
とても色濃く残ります。




ハミングバードでは
 クラブを振るな、シャフトを振るな と言いますが、
原則論(当たり前)として
 ゴルフスイングは 打ち手である人間が動くから、
 グリップが動き、その結果、ヘッドが動きます。

 その時、長い棒の先に重さのあるヘッド部分は
 グリップの移動量/運動量よりも
 その重さ分、運動によって増えた重さ分も含め 少なくなります。
 からだとグリップ描く円、その同軸線上にあるのではなく
 重さ分、それよりも少なく 運動量に応じて遅れてくる ということです。

 ✋ヘッドの付いていないゴルフクラブ。。。
 グリップとシャフトだけのモノと振るのと同じように
 ヘッド(重さ)の付いたゴルフクラブを動かすコトは出来ません。
 (なぞなぞのようですが分かりますか?)
 打ち手/振り手の動きが同じなら、ヘッドの作る弧は異なります。
 例えば 打ち手が向きを180度変えても
 ヘッドに重さが付いている分、シャフト自体は
 90度〜120度程度しか回転しません。


MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(7)






 ✌その逆に
 ヘッドの付いていないゴルフクラブとヘッド(重さ)の付いているゴルフクラブ
 を 同じような弧を描いて動かしたとしたら
 打ち手/振りての動きは異なるモノになります。




自分が動くことによって グリップが動いて、ヘッドの重さ分をマイナスし
ヘッドが動く のと 自分側に重心のあるスイング と呼びます。
ヘッドの重さ分、運動で増える重さ を無視して
自分の動きと同じ分だけ ヘッドが弧を描くスイングを
ヘッド側に重心のあるスイング、ヘッドを振るスイング と呼びます。



前置きは長くなりましたが、
軽いヘッド、硬いシャフトでゴルフを始めた方、スイングを覚えた方は
ゴルフクラブに ボールを飛ばすエネルギー、ボールを上げるエネルギー が
少ないので どうしても 「いかに速く動かすか」が必要になります。
故に そう振ることがし易いこともあり
ヘッドを振りまわす、シャフトを振りまわすスイングになってしまいます。

ですので 俗に言うカット打ち、アウトサイドイン とは
別にスイング軌道として 外から、アウトサイドインに振ろう としてる訳
ではなく、イメージとして 自分を軸、中心点 とした
円弧をヘッドで描こうとしている
👉実際には ヘッドの重さ、その重さが運動によって増える分の負荷だけ
自分が引っ張られてしまい(スイングの重心点がヘッドの方に寄るので)
アウトサイドイン になるに過ぎません。

IMG_0058Trim (2)_Moment(4)








そう言う意味では
チカラの無い方や女性が 弊社の悶絶変態クラブを持つと
その重さ、運動で増える重さを
無理やり振ることが出来ず
無意識の内に 自分軸の、重さを放っておくスイングを自然に身に付けます。
どこまで とは言えませんが
単にゴルフを楽しみたい、コースに行ける程度打てれば良い
その位であれば、初めてクラブを手にする力の無い方、女性 が
弊社のクラブを持てば その日の内に打てるようになります。
始めの数点アドバイスをすれば おそらく生涯ゴルフレッスン要らず
と言っても過言ではありません。


問題なのは 本来動かすと重くなるヘッド
それを力で無理やり 円弧を描かせることが出来る人、
チカラで封じてしまうコトの出来る人 です。

それを治していくためのステップを
 クラブの変化とともにお話しましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


『シャットフェース』 とは
体が右を向いている期間、区間
(テークバック初期〜インパクト直前)
フェース面が下向き
 垂直の状態よりも地面向きの事を指します

スナップショット 4 (2013-12-05 18-39)

この対語になるのが オープンフェース で
体が右を向いている期間、区間で
フェース面が上向き、空を向いている事です。

スイングには前傾姿勢があるので
体が右を向いている期間、区間では
体の左サイドの方が右サイドよりも高い位置関係にあり
その分シャットになるのが自然(スクエア)です。

2010111116444243889

テークバックの初期の段階で
そのフェース面の向きが上(空)向きになるということは
クラブを体の回転でなく
手さばき、手を捻る動き(右にハンドルを切る動き)によって
動かしている…という証でもあるので改善が必要です




体が右を向いている期間、
少々オーバー気味にシャットを維持することは
前傾姿勢維持にもつながり、
特に切り返しからインパクトまでの期間では
左サイドを低くしておく時間を長くし
左への体重移動のし易さ、如いては
背骨を軸とした体に易しい回転がし易くなります。
スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)

そもそも 体=骨盤が右を向いていないと
テークバック~トップ~切り返し~ダウン~インパクト直前
この期間にシャットフェースを形成することが難しくなります。

ダウンスイングでシャットフェースが形成されていると
ヘッドの重さによって グリップ~クラブが進行方向に押され
より早い』時期にインパクトを迎えられます。
オープンフェースでは インパクトしても飛びませんし、
場合によってはフェースでボールが打てません。
よって ダウンスイング~インパクトの間のどこかで
グリップの移動を止め シャフトターン・ヘッドターンを
しなければならず その時間の進行分だけ
体が下向きの期間を失います。
スナップショット 3 (2013-11-13 6-42)

あまり大きく腕を使わない
ランニングアプローチの練習などで
シャットを造り、
そのグリップエンドの向きのまま(のイメージ)で
体の回転でボールの上っ面をさらう
というドリルはとても有効だと思います。

swing102

シャットフェースを維持する というのは
自分の握り、「グリップ形成」にもとても大切です。
体が右を向いている期間、
右グリップは左グリップの斜め上に存在し、
ダウンスイングにおいては 利き腕の右グリップが
クラブを持った左グリップをボール方向に押せる位置関係です。
シャットフェースを維持することを考えていくと
その「押し」によって双方のグリップの密着感が上がります。
42ea91fd

オープンフェースを造るグリップは
双方のグリップがテコの支点関係になるため
必ず離れがちになります。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ