◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: スイング改良



スイングは大まかに大別して
〇インパクト以降 体の回せないスイング
〇インパクト以降 体の回せるスイング

があります。

mh
前者はこのように
インパクト時には からだ、この場合は腰が
終着点に達してしまっていますので
以降は 腕を振るしかありません。

このスイングの難点は 非常に体に厳しいコト ですが
ショットとしても スイングの上下左右のボトムをインパクトに当てるため
紙一重の差で 方向も球質も高さや距離も かなり狂います。
よって 気の遠くなるほどの練習、メインテナンスとしての練習が必須です。
体の厳しいスイングが練習が必須 というところが
プロとして長く保てない原因 と見てよいでしょう。

このスイングでは インパクト、およびインパクト以降
体を回したくとも 既に終着点に達してしまっているので回せません。

ゴルフスイングの特性上、インパクトが上がり軌道になりやすいのは否めず
ティーアップしているドライバーではマシですが、
その犠牲にフェアウェイウッドやアプローチ、バンカーに多大な影響
良くない影響が少なくありません。

また、インパクトは ボールの重さとの対決 なのですが
インパクト時、動いているのが クラブと腕位ですから
ショットのモーメントが低く、より速く振ることが要求されます。

なぜ このようなスイングが主流になってしまったのか
ヘッドをターンさせようとするからか
ヘッド、先端をたくさん振ることが飛ぶ と信じているからか



一方、インパクト以降も体の回せるスイングは
下がり軌道、インサイドの軌道の終わりに近いところに
インパクトがあるので 弾道に逆球の出にくい特性を持っています。

スイングにリリース。。スナップの解けが発生するのも
体が止まるからです。


体を切って 先に終着点に到達していないスイングであるなら
インパクト そして それ以降も体を止めないことです。

どの方向に どのように回るか 考えてみましょう。
クラブや腕の重さも考慮に入れないと 思ったようには回れません。

クラブが重い と感じた時、
体は必ず 自分の思惑とは反対の方向に動こうとします。

✋ヘッドを振りたければ その分体を回して グリップを動かしましょう
 グリップを移動させ続ければ かなりのミスは回避できます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ショットにおいて
グリップを支点とし、
もしくはクラブの長さのどこかに支点をつくり、
グリップの動きと異なり ヘッドを動かしたり
グリップの移動を止めて ヘッドを動かすコトの
不安定度、危険度をよく理解してほしい。
IMG_0148_Moment

理屈においても、物理的にも
ゴルフクラブは打ち手のなにがしかの動きによって
グリップが動くから ヘッドが動くように出来ている。

それは 移動の総量においても
速度においても
方向においても ほぼ等しいモノで、

それによって 動作でヘッド速度を管理したり
ヘッドの動く方向を管理して
ショットやスイングを修繕したり、改良したりするのに
非常に適している。

グリップを支点として
もしくは クラブの長さのどこかに支点を作って
ヘッドを動かしてしまうと
特に 移動の方向において
グリップとヘッドが 真反対、逆に方向に動く瞬間が
一番重要な インパクト付近に発生し易くなってしまう。
IMG_0451_Slomo_Moment(3)IMG_0451_Slomo_Moment(2)






ドライバーやウッドで、長めのクラブであれば
そのヘッドの移動速度は 時速100キロを超えるような環境で
ヘッドとグリップが反対方向に動くようであれば
その修正は 瞬間芸、神業に近くなってしまう。
これでは その打ち方の修正は本人しか出来ないし、
例え 良いショットを打てたとしても、それを継続する「コツ」というものが
はっきりと存在しない あまりにタイミングに依存する芸当になってしまう。

ゴルフにとって 「ショット」はそのすべてではなく
ゲームを進めていく上での 単なる手段に過ぎないのに
それを タイミングだけに依存するのは あまりに危ういと思う。


グリップの移動で
そのヘッドの移動の速度
そのヘッドの移動の方向
そのヘッドの移動の総量
それを管理していくことが ショットの確実性を高める 最大で
唯一の方法と言えるだろう。
IMG_0175(2)_Moment

クラブは運動をさせれば そこに属する重さは重さを増すので
スイングをすれば ヘッドは遅れる
それはそのまま放置し
如何に 体の向きの変更に「グリップ部」が遅れず
体の幅の中に収めておくか が スイングのほぼ全部と言えるだろう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ことさら スイングプレーンを重要視するつもりもないし
そのヘッドの軌道は「お好み」でいいと思うけれど

インサイドアウト の意味を今一度考えてほしい。

・・・ちょっと 内容は難しい…ですが・・・

images


これはなぜか・・・というと
この インサイドアウト には
からだの回転と言う意味が多分に含まれているから
 です。



多くの人は テークバックで右を向きません。
手で トップの位置…らしい所にクラブを持って行くだけです。
にもかかわらず 左は向きます。

インサイドアウト のインサイドは
アドレス時の飛球線に対しての意味合い ですが、
インサイドは ボールよりも自分側
インサイドの量が多ければ ボールからより離れていく
と言う意味も含まれています。

一般論のスイング軌道で『インサイドアウト』は
ボールから自分側に ボールから離れていくところから始まり
ボールに近づいて インパクトを迎え 打ち終わると
ボールよりも自分の反対側に また ボールから離れていく
というコトを指しているのですが、
それが 今の主流のスイングの回転と噛み合っていません。

右を向いていませんから
そこから 回転すると 自分は ボールから離れていくことになります。
多くのスイング動画をご覧になれば
かなりはっきりと見受けられますが、
自称「上手」と言っている人やプロのスイングであっても
ダウンスイング、インパクト以前に
ヘッドはボールに近づいているのに
グリップはボールから離れていく
ヘッドはインサイドからボールに向かっているのに
グリップはボールからインサイドに切り込んでいる
そんな クラブ使いをものすごく多く、
逆に言うと そうでないスイングを見つけるのが大変難しいほど
見ることが出来ます。
IMG_0451_Slomo_Moment(3)IMG_0451_Slomo_Moment(2)






そのクラブさばきでは クラブのどこかに支点を作って
テコのように クラブ/シャフト/棒を素早く反転させることが出来るので
加速感が味わえます。
しかし それに伴うからだの回転は
正面の存在しない 動作が始まるとすぐに左向き になってしまいます。

グリップの自分の方、インサイドに引き入れることによって
無自覚的に 体の向きが左に向くコト・・・
それは ある意味、
グリップを引き入れる空間を作っている
グリップを避けている反射行為で
動作としての からだの回転 ではありません。


からだの回転があるから グリップが移動し、そして ヘッドも移動する
であれば
からだの回転によって 体自体もボールに近づき、グリップもボールに近づく
そして ヘッドも・・・ それが 本当の意味での インサイドアウト です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



先日の投稿記事  byよっちゃん に書いてありますが、
http://hbs.livedoor.blog/archives/1978540.html
多くの方が悩まれるスイングの課題、問題 なのですが、
文面で説明するのは難しいのですが

スイング・・・以前に ボールをどうさばくか

動作や技術を全部無視して
『ゴルフクラブを持って
 ゴルフスイングのコトは全部無視して、気にせず
 ボールを打って!』

・・・インパクト前後 20センチ位…合計50儖未
ヘッドとボールのコンタクト観というか
    そこらへんが根本になっています。

IMG_0451_Slomo_Moment(3)IMG_0451_Slomo_Moment(2)







このボールさばきは
スイングや距離などで悩んでいる人のほとんど
ゴルファーの半数以上が そのボールさばき、クラブさばき です。
最近では富に悪い意味で「流行っています」



そのクラブさばき、ボールさばき であれば

👉絶対に 体は開きます。
 開かないと ボールは打てません。
 閉じたら ボールが打てません。

👉手打になります
 手打ちでないと ボールは打てません。
 体でクラブを動かしたら ボールが打てません。

👉ハンドファーストには出来ません。
 ハンドファーストでは ボールは打てません。
 故に ヘッドターン以外 ロフトは締められません。
 緩くなったロフトの分、スピードが必要です。

👉インパクト直前で急加速が必須です。
 等速でクラブを動かして ボールを打つコトが出来ません。
   ・・・・・・ランニングアプローチは怖いですね・・・・・・

👉体重を左に移せません。
 体重を左に乗せたら ボールに当たりません。

👉テークバックは 体を回せません。
 肩や腕だけで上げる方法の方が打ち易いです。
 故に 肩・肩甲骨を回す、胴体・上半身を捻る〜胴捻転の病になります。

👉インパクトで左肩はかなりあがり、右肩は下がります。
 そうしないと ボールが打てないから です。


キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)





✋このボールさばき、クラブさばきでは
 スピードを抑えたアプローチやランニングは苦手になります。
 速くヘッドを動かせる 上げる・・・アプローチはロブショットが中心になります。
 ヘッドを速く動かすコトしか出来なくなります。

✋胴捻転を起こすので 腰や脚と肩の回転角度が異なるので
 地面から打つ長物、傾斜のショットが苦手になります。

✋力がないと バンカーショットが飛ばせられないショットなので
 非力な方や女性にとって バンカーはかなりの危険地帯になります。
 距離のあるバンカーは刻みが必須になります。

✋アドレスは必然的に 右向き。
 ややひっかけで打つ感じになりますから
 12時を目標とすると、2時を向いて立ち、10時に向かって振るような
 『非常にタイミングにシビアな曲芸打ち』になりますから
 自分以外 それを修正、改善する手がありません。



✊自分のやっているコトが理解出来れば 治ります。

✊逆に その肝心かなめな部分が変わらない限り、
 局所、局所のポジションや姿勢などを治しても
 それは単なる「飾り」や「その場の真似」に終わります。

 そこの部分が変わらない限り、どんなレッスンもテクニックも
 何回やろうとも、何時間費やそうとも、何球打とうとも身に付きません。
 まあ。。。レッスンとしては商売になるのかも…ですけどね。


sample2018 (2)_Moment(2)


 👉レッスンは常時受け付けております
  ご連絡下さい  046-804-1480
  
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


これは本当に不思議に思う・・・というか
なんと言って良いのか・・・・・・・・・・・・・

ゴルフのスイングを教えている人に
アンケートを取りたい位…です。


スナップショット 5 (2011-12-20 21-57)



ゴルフショットの目的は

〇狙った方向に
〇狙った距離を
〇狙った弾道で


出来れば
〇少ない力で効率よく飛ばし
かつ
〇体を痛めず 出来るだけ繰り返し易い
〇出来るだけミスの出にくいように・・・

だと思うのです。

これは万国共通と思うのです。


よって 極端に言えば
その姿、格好、サマ 俗に言うスイングの見た目
つまり形や型 など どうでも良い訳で
似たようなモノ ・・・ゴルフクラブやボール を
似たようなモノ ・・・人間の構造 が
扱っているから 最終的に似たようなサマになるにだけ です。
IMG_0040


狙った方向 狙った距離
 は 運動の速度にも左右される部分もありますが、

どんなヘッドの姿勢 と
どんなヘッドの軌跡 によって作られる のですが、
打つボールは球体 360度の丸 
打つ場所は ほぼ平面の板状 
(ウッドの場合 少しだけ湾曲していますが
 ボールの球筋や方向に大きな影響はありません)なのですから

狙った方向 狙った距離 を両立するには
そんなにたくさん方法は無いはずです。


.悒奪匹魏鹽召気擦董.棔璽襪鯊任鎚が
👉真っ直ぐ行き易いのか
ヘッドを回転させて ボールを打つ方が
👉同じ距離を打ち易いのか

それとも
▲悒奪匹禄侏茲襪世渦鹽召気擦覆い蚤任鎚が
👉真っ直ぐ行き易いのか
ヘッドを出来るだけ回転させないで打つ方が
👉同じ距離を打ち易いのか


と言う問題の答えはどうでしょう?


おそらく 全員とは言わないまでも
過半数以上 △世隼廚Δ鵑任垢諭

で。。。スイング論の多くが △帽圓着かないのは
【遠くに飛ばしたい】
つまり △任榔鵑に飛ばせない・・・ と「感じる」んだと思いますが、
では
もし ,△茲蠅
ヘッドを回転させる もしくは ヘッドがグリップを追い越す 方が
ヘッドを回転させない もしくは ヘッドはグリップを追い越さない よりも飛ぶ
と仮定しましょう。

しかし ヘッドを回転させる方法やヘッドがグリップを追い越す方法は
そのヘッドの姿勢やヘッドの軌道が 回転のタイミングなどによって
安定し辛く、飛ぶ時も飛ばない時も出やすい のですから
これは 本当にショットに有効な「飛ばし」なんでしょうか?

スナップショット 1 (2012-10-26 2-44)


.悒奪匹魏鹽召気擦董.棔璽襪鯊任鎚が
👉真っ直ぐ行き易いのか
ヘッドを回転させて ボールを打つ方が
👉同じ距離を打ち易いのか

それとも
▲悒奪匹禄侏茲襪世渦鹽召気擦覆い蚤任鎚が
👉真っ直ぐ行き易いのか
ヘッドを出来るだけ回転させないで打つ方が
👉同じ距離を打ち易いのか


,鉢△任蓮.好ぅ鵐阿噺世ζ虻鄰
,諒が色々とやることが多く、忙しいのは
想像出来ると思うのですが、
それならば △諒法で遠くに飛ばすコト 方が
アマチュアには適切な「ショット」とは考えないのでしょうか?



また 飛ばす というのは
ドライバーショット に限定されているのではないですか?

勿論 飛ばしたい気持ちは痛いほど分かりますが、
 ドライバーショットにおいても
(単に ロフトの関係上、一番距離の得られるクラブですが)
その距離が 220ヤードを平均値としても
240ヤード飛ぶ時も、200ヤードしか飛ばない時もあるのと
毎回220ヤード前後 なのでは どちらが
ゴルフと言うゲームにおいて「有利」なのでしょうか?

ヘッドを回転させて打つ、ヘッドがグリップを追い越して打つ
は ロフトも変わりますし、ヘッドの入射軌道も色々になり易く
距離だけでなく、方向や球筋の変化も 一期一会 になり易い
・・・・それもゴルフ・・・ではありますが、
容易さ は そのまま 体の故障 にもつながりますし
容易さ は 点数を競う という ゴルフのゲームの本質にもつながります。

飛ばすな ではありません。
〇同じ距離を打てる
〇同じ方向に打てる
〇同じ弾道を打てる
は ショットの本質。。。目指すべきもの なのではないのでしょうか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

   

とても頑張っておられるのですが
後顧の憂いの為にあえて 助言をさせて頂きます。


mittan_Momentmittan_Moment(2)mittan_Moment(3)






この時点で既に「手遅れ」状態に入っています。

今までのスイングのタイミング というのが
あるのはわかるのですが、
その主な原因 というのは テークバック時の後半
最終段階で ライ方向にコッキングをされているので
その慣性がクラブに残ります。



体は回り始めても クラブにはその慣性が残るのが
手が遅れてしまう最大の原因と思われます。

トップの位置の所定のゴールの場所に
もう少し ストレートに 迂回せず ダイレクトに
廻りながら 高くする 癖をつけることが
同時 ダウンスイングの 同時進行の癖 になります。

スイングは からだの回転が横
腕さばきが縦 と分割する感覚ではなく
体の傾きによる斜めの軌道を
腕で よりアップライトに変えているだけです。
傾きの量を増やしているだけで
 腕も体も同じ方向の作業のしているのです。


シャフトのしならせ方があまり良くない・・・
これでは後半疲れてきたときに
疲れてくるのは 基本クラブに近い握力や前腕なので
そのシャフトのしならせ方に勝てなくなってしまいます。

mittan_Moment(4)mittan_Moment(5)mittan_Moment(7)






また握力や前腕の疲れは ラウンド中、関知し難いモノです。


グリップ 手が浮かされやすい シャフトのしならせ方ですので
後半にフェアウェイウッド等 ミスになり易いと思います。

右を向いているうち、右向きの空間がある間に
焦らず クラブの重みを上手に利用して
グリップを下げてしまうことを覚えた方がずっと楽になります。

mittan_Moment(7)mittan_Moment(8)mittan_Moment(9)






スペースが狭くなってから 非常に急いで降ろされています。

急激に降ろされている反動で左サイドが浮きがちですが
ここは ものすごく頑張って耐えていらっしゃいます。
ですが、、、 体や腰には負担がかかりますから



運動の激しくなる インパクト付近で体を止めなくてはならないのですから
その同じことを ダウンスイングで 先にやってしまえば・・・
 と言葉で言うのは簡単ですが
順序を変えられれば もっと格段に楽になると思います。

右を向いている内に 向きはロックしたまま グリップを下げる
と同時に
からだの回転でボールを下に抑える
この二つの併用で 順序を改善してみて下さい。




右向きの内にグリップを動かすには
大きなメリットがあります。

,泙此.ラブの重さの助力が使えます。

体の向きと前傾があるので
 縦と横が混じります。(斜め)
 近道〜抜け道 とも言えます。

 この時期を逸すると 縦 に動かし
 横に動かす という 迂回したさばきになり
 時間も労力も要します。

1Ωきの時に グリップを下げられれば
 クラブや腕の重さが 左足方向に掛かるので
 からだの回転もスムースにし易くなります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
    【投稿記事です】


改造計画
技術、その前に・・・現状を丸裸にしてくれ気づかせてくれる

ねじれた脳をほどいてくれる

脳ミソ筋肉な状態を弛緩してくれるお店に行ってまいりました(^^)
IMG_0401 (2)_MomentIMG_0398 (2)_Moment











こちらにとっては非常に有意義な時間で、
参考になるかどうかはわかりませんが、
順次ご報告させていただきます。

おかしな部分は訂正が入ると思いますので。

後になってしまいましたが、
こちらの事情で入るのが遅くなりご迷惑をおかけしました事をお詫び申し上げます。

・脳ミソ筋肉な状態とは
尋常ではない球数による反復練習(訓練)により、
へんてこりんな動きが条件反射となってしまっている。

変な表現ですが、
反復練習によってまがいなりに打てる(打ててしまう)わたしは
形、型を聞けば、すぐ変わると思っていました。
それで当たると自分では出来たとなります。
聞いたことを体に命令する能力マネは非常に上手なわけです。

文字どおりマネですので
本物には一生なりえないわけで、
そのまま見ただけ、聞いただけでは
無理なことを気づかせてもらえました。

・この日の流れ現状そのままの状態で動画撮影
変更内容を実技を含め、講習
その後再度動画撮影その様は見てのとおりですが、
時間にして1時間ほどこの短時間でのアフター動画の変化に驚きました!

何が驚くって、見た目に変化しているところが
全く違う部分の意識で変わっていたこと

このような変化を生みだせるのは日本でここだけでしょう!

まさにおそるべしです!!

(さらに驚く動画があるとか、ないとか)

帰りの車中では
当然のごとくその出来事が頭の中をぐるぐるよぎります。
そこで行き着くのが、
自分なりに解釈するというと言葉はきれいなように感じますが、
単に都合がいいようにしているだけだったなあということでした。

しかし今後、人間にとって美しい動きを
クラブが受ける重力利用で身につけることが出来れば、
ゴルフを通じてまた新しい道が開けると確信しています。

IMG_0339


備忘録    ☆よっちゃんメモ

・グリップは指に引っかかるだけ

・四肢の使い方 まずは太ももを使ってきちんと右を向く

・クラブの重さで右ひじを伸ばす 
 その際、右掌が地面を向く(フェースが地面)右掌で左掌を押す

・そこから左肘が曲がってグリップが出される
 左わき腹(左肘とわき腹の間)方向

・動きを止めなければ腕と同調した体が左足重心で正面になり

・さらに止めなければ、インパクトが通過点となり左回転によるフォローとなる



万歳!!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ヘッドを動かしたい(グリップの移動ではなく シャフトの振りで)
と言う気持ちはわからないではないけれど
それは そのままロフトを増やすことにもなり
重さとの戦いになるから 筋力勝負になる。

そこは 乗り越えてほしいトコロ ですね。

スナップショット 1 (2017-01-13 12-27)スナップショット 4 (2017-01-13 12-29)スナップショット 6 (2017-01-13 12-29)








ヘッドはグリップとシャフトでつながっているのだから
腕の補助も使い、からだの回転で
グリップをどんどん動かす
 ヘッドを動かしたければ 量も、速度も、方向も 👉グリップを動かす

グリップを動かすコトを主にすれば
前傾も保ち易く
からだの回転も促進されやすい
並行して 傾きを維持したままの回転が出来やすい
重さと闘えば、重さは回転に対し 錨の効果になってしまうが
重さを放っておけば その重さの落下が回転に使い易い
ゴルフクラブは構造上、そうなっている。

問題は 概念というか、思い込み、気持ちのみ。

技術的には 重さにも逆らわないし
その重さが補助になってくれるのだから
かなり 楽になる。



足し算 引き算をしよう
 今までと違う 動きを考えた時
 ✋右ひじの動きを増やしたとき
 ゴルフのスイングはトップオブスイングにしても
 インパクトにしても だいたい 所定の場所
 だいたい決まった場所ですから
 なにかが増える ということは その分何かが減ります。
 ✊右ひじの張り、曲げた分の高さ を取った時
 その分 左腕の動作量も減るのです。 
e8e506c0-s

 特に今まで体験したことのない
 からだの回転で直にクラブが移動させた時、
 その分、腕でクラブを移動させる量は大幅に減るのです。
 今まで 充実感いっぱいだった 重さをブン回す感じが
 からだの回転に取られてしまう感じは
 なかなか馴染めないのかもしれません。
 特にからだの回転の場合、
 今までの腕の 縦横の仕事をほとんどとってしまう
 大変有能な社員ですので・・・。

  重さに逆らい強引に腕で動かしたのを
 腕よりも遥かに筋力のある体幹が
 より軽い状態でクラブを動かす と言う認識が必要です。

 双方 増える増える では ボールは打てません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

   

これは本当に「気持ち」的には難しいのかも知れません。
なかなか乗り越えられないモノ なのかもしれません。


IMG_0321_MomentIMG_0321_Moment(4)






.哀螢奪廚琉榮阿ヘッドの移動
  →クラブのヘッドは捨て置く


弊社のシャフトは市販のシャフトの比べ「ぐにゃぐにゃ」と
言われるほど 柔らかい ですが、
それでも ヘッドはシャフトでつながっています。
(比較 ドライバー 振動数250pm / 120cpm)

ヘッドが抜けたり、シャフトが折れたりしません。

ましてや 殆どの人は カチカチの硬さのシャフトで
ゴルフを覚えているはず です。

シャフトでヘッドはグリップとつながっているのですから
ヘッドを動かそうとしなくても グリップさえ動かせば ヘッドは動くのです。

 

このスイングは
 ヘッドは動かすモノ
 ヘッドを動かすためにグリップはどこかで止める

と言う意思が見られます。

牽引する車 の話であれば
 前の車が動けば 後ろの車も動きます。

このクラブの扱いでは
 勢いをつけて置き いざ ボールを打つ時
 前の車が動きを辞め、その勢い(反動や慣性)を使って
 後ろの車を動かしている そういう動かし方 です。


こちらは素振りではありますが
〇グリップを動かし続けるコト が ヘッドを動かすコト
と言う動きです。

正しく ゴルフクラブの機能を使い、
 からだの回転通りにクラブを動かし行くには
 こちらにしないといけないのですが、
「ヘッドを動かさないとボールは打てない、
 ボールはヘッドで打つのだから…」

と言う基本になる意識がある限り
 この動きには絶対に到達出来ません。

ゴルフクラブは 1mもの長い棒の先に重さがあります。
そして それだけではなく
 長いが故に 自分やグリップよりもヘッドの方が移動速度が速くなります。
それは 重さをどんどん増やしますから
 物理的には どんどん 動きたがらなく なっていくのにも関わらず
△同一円上をヘッドが動く
△クラブの長さ通りに円を描く

をつくろうとすれば、どこかでグリップの移動を辞め
ヘッドを「意図的に」多く動かさなければならなくなります。

その動かし方が
 👉ヘッドを多く動かしているのに
  その行為は同時にロフトを増やす動きになるから
  振っても飛ばない
 👉遠くへ飛ばすスイングとアプローチなどの
  遠くに飛ばさないスイングに共通点を作れない
 👉グリップの移動そのもの ではなく
  グリップのこねくり によって ボールを打つので
  距離や姿勢などの安定を生めない

になるのです。

ビデオ_Moment


✋腕の補助も入りますが、体の向きの変更でグリップを動かし、
 その運動によって 更に増えた重さ分 留まろうとするヘッドは
 そのまま捨て置き、
 ヘッドはどの道 シャフトによってつながっているのですから
 その重さに抵抗せず、グリップを動かし続ける


  というのがゴルフスイングです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

   

ゴルフスイングを直したい
と言う気持ちは誰しも …全員とは言いませんが
ゴルファーの約束とも言える「標語」になっています。

メリークリスマス☆…クリスマス・・・ ですが
サンタさんの頼んでも 良いスイングは届けてくれない
とのコト…です。


飛距離アップ
安定性アップ

と言う点においては 「正しく」スイングを良くすることは
非常に効果があります。

✋何より 正しいスイングは体を壊しません。

が、
そのスイングを その動作の真意、目的を考えず
形や型だけを真似ては
身に付くことはありません。
それが どんなタイプのスイングであっても…です。
 そのまんま 型をマネするに過ぎません。
うわべだけ、格好だけのスイングは
 その人の動作に刷り込まれることはありません。

ハミングバードの唱えていることは 昔から言われている
ごくごく普通の、ごく常識的なことなのですから
それも致し方ないとは思いますが、
唱えている人が その動作、その型の真意を理解されず
形ばかりを教えてしまう
例が少なくない ようで
それは ちょっと害がありますね。
意味の分からない型は覚えてもコースでは使えません。
練習場キング を目指すなら別ですが…。


スイングにおける 動作 は
例え それがグリップの恰好・型にしても
アドレス にしても 必ず 理由・・・意図があります。

何かの目的、何かの理由があって
それを行うために 結果として その型 になるのです。

ですので その目的、意図が変わっていないのに
型だけを変えても 身には付きません。
コースで発揮されることはありません。

なぜならば ショットは 意志を持った人間が行う からです。


参考例をあげましょう。
二つの動画をご覧ください。
片方はショットではなく、素振りの段階ですが、
この二つの時間差は『1時間程度』です。



評論・結果論だけあげれば
左のショット の方は
振り遅れ〜手遅れのカット打ち 
体を開いて 手でクラブを振る、俗に言うアウトサイドイン です。
一見 迫力はありますが、
振れば振るほど
 👉ロフトが増えるか、
 👉軌道が上向きになるか
 👉フェースが開くので 高い球になるか
ですから、飛距離にもなり難く、安定性も欠きます。

練習量や運動神経でカバーする人はこれでもスコアにはなります。
インパクトはこの形、グリップや体の姿勢はこんな感じ
『自分独特のインパクト』を練習で会得した人は
往々にして どう振っても結果は変わらない と心の底で思っているので
スイングそのものをなめているケースが少なくありません。

一方 右の素振り ですが、
この変化、差異は 形の猿真似 では絶対にたどり着けません。
スイング軌道は大幅に違いますし
ヘッド姿勢もこちらの方が締まったロフトでインパクトできるので
安定して 飛距離を稼げます。

動作の意味 動作の目的 が分かれば
この素振りは 打撃とつながっていけます。

何を意識すると この変化が起こるのか

IMG_0398 (2)_MomentIMG_0401 (2)_Moment













実は トップの形の差異 については
何も言ってないに等しい状態なのに
トップの形でもこんな差が発生しています。
 いったい それはなぜ、何によって起こったのでしょうか

 (明日に続く)   
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ