◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: スイング改良

3


手振り(フェースローテーション)をする、と
ゴルフクラブの機能の中の重要な
  『角度』 と 方向 を考えてみましょう。

video_Moment(4)


平均的な日本のゴルファーのヘッドスピードは約 37ms です。
 時速に換算すると 130/h強 です。

当たり方…にもよりますが、この場合での
 ヘッド(フェース)とボールの接触時間は 約1/3000秒
 ……0.0003秒です

フェアウェイセンター 200ヤード地点 を狙うとします。

その角度が 薛茲箸發法5度ずれると
 その幅は約18ヤードずつ
左右5度のズレ の中におさめるとすると
 40ヤードの幅のフェアウェイが必要 というコトです。

ご存知とは思いますが、時計の分・秒針の1分秒は 6度の角度です。
つまり、12:00 を狙うとして
 11:59 と 12:01 の幅に打って 40ヤードの幅 なのです。
a5b965fd

100ヤードでの 1度のズレは 約1.7ヤード
200ヤードでの 1度のズレは 約3.5ヤード
 です。
(覚えておきましょう)

100ヤードでの 5度のズレは 約9ヤード
200ヤードでの 5度のズレは 約18ヤード

1度は 時計の分秒針 1分1秒の 1/6
 殆どズレがない というコトです。


0.0003秒のインパクトに フェース面の向きズレを
 右左 ±5度におさめる
そう考えると フェースローテーション するコトが
 どんなに無謀 なことなのか分るかと思います。

そして コースは 真っ直ぐ 長方形なホール と言う訳でありませんから
狭い場所、広い場所、高くなっている場所、低くなっている場所
というのが当然存在します。

手振りのフェースローテーション は
 フェースの回転 という 方向だけでなく
 ロフトも同時に変化する打撃です。
方向だけならいざ知らず そこに距離や当たり まで付いて回る訳
ですから、方向は合っても 距離が合わず ラフに行ってしまったり
距離は有っても 方向が合わず というのが当然起こり得ます。


本来、ゴルフクラブの構造は
 方向は方向、距離は距離
例えて言うのなら ロフト角度はロフト角度ですし、
ライ角度やフェースの向きはそれとは別なモノです。
それをごちゃまぜに使ってしまったら
 修繕するのがあまりに難しくなってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



長い棒状のモノ、その先端に打撃部分がある
それを振り回して ボールに当てる 動きから
ゴルフスイングらしきモノがスタートする
というのが 多くのゴルファーの始まり でしょう。

これの一番大きな欠点は
『何もかもがごちゃまぜ』になってしまうコトだと思います。

20200621 編集済み_Moment(4)







ゴルフショットには
◎ボールとヘッド(フェース)を当てる
◎ボールをあげる〜空中を浮遊させる
◎そのクラブ(番手)なりに飛ばす
◎飛距離ソノモノを伸ばす
◎打ちたい方向・打ち出したい方向
◎右回転/左回転などの球筋
◎それらの反復性 
  などがあります。

両腕のさばきをつかって 棒を振って、ヘッドをボールにぶつける
「手打ち」と呼ばれる その打撃では
それらが 全くごちゃごちゃの状態の中にあります。


代表的な例が スタンスとボールの飛ぶ方向 です。
本来、ミスや多少のズレ は有ったとしても
スタンスを取った時に 既にボールの飛ばしたい方向 は決まるモノ。
大きなミスがない限り スタンスの方向にボールは飛び出すモノ です。
達人のココから盗め_Moment(3)

しかし 両腕のさばきを使って 棒を振る打撃では
ボールの飛ぶ方向を決める フェースを
準備である テークアウェイの時点で 「打ち出したい方向」とは
全く関係の無い方向  ・・・・例えば空(上方向)に向けてしまい
いざ 打撃となる ダウンスイング〜インパクト となれば
それを 元に戻さなくてはならず 開いて閉じる のなら
その 開いて◎閉じる その丁度真ん中でインパクト、
そして そのインパクトが からだの正面 と
方向を決める要素 が その数百分の1秒 の動作で決まる
打ってみないと方向がわからない で始まるのです。

それは そのクラブ、その番手なりの「飛ばしたい距離」においても
同じです。
準備である テークアウェイの時点で
ロフトをダダ開き にしてしまい、それを戻して使う
「当たり具合」「方向」「飛距離」のルーレットをごちゃまぜにまわして
インパクトを迎えるようなモノ です。


スタンスを取った方向の意味はいったい何だったのでしょう?
手にしたクラブ(番手)のロフト角度の意味はいったい何だったのでしょう?


ゴルフ の良いトコロでもあり、難しいトコロ でもある のが
100ヤードの距離を打つのに
PWで打つコトも出来ますし、7番アイアンで打つコトも可能です。
5番アイアンで打つコトも出来ます。
そして 推奨は出来ませんが、7番アイアンを本来のロフトではなく
  寝かしたロフトで打つコトも可能です。
そう言う選択の中から 状況に応じて 最適な
一番簡単な方法を選んでいく のも ゴルフの上達過程の一つ です。

7番アイアンで、打ち加減なり、ロフトを寝かしたり 調整をして
100ヤードを打つよりも
普通に PWで100ヤード打つ方が 簡単なのは分ると思いますが、
ロフト であれば、そのオリジナルの製品ロフトを
そのまま 使う方が なにか加減を加えるよりも 当然成功率は上がります。
ココを治したい❷_Moment(4)

SWの、まぁ…普通の飛距離が70ヤードであるのなら
中途な45ヤードを打つよりは 70ヤード前後を打つ方が
成功率は高そうな…気がするのは分かると思いますが、
それと基本は一緒です。 

スイング、と言う動作が始まったら
その動作の中で 何かの加減が必要な状況を作れば
その成功率はどんどん、加速度的に下がります。

それで無くとも 傾斜、風、スコア、心理状況などに
かなり影響を受けるのが ゴルフショットなのですから
番手を決め、スタンスを取って かまえたら ただ打つ
シンプルなゴルフにしていく方が ずっと簡単になります。
   それでも ミスは出るのですから…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


今回は特に辛辣かも…。



 ゴルフスイングはその名の通り、
ゴルフクラブと言う道具を使って打ちます。

そして そのゴルフクラブには
距離や弾道、高さなどを決めるロフト角度など
いろいろな機能が付いており、
それを活かして、それを利用して
ボールを打つのを
『ゴルフ』スイング と呼ぶのだと思います。

ゴルフというゲームは 飛びと安定性、反復性という
一見 相反するようなテーマがワンショット毎に必要となります。
そして 飛ばすのも飛ばすのも 等価です。
どちらか欠けても芳しくありません。
サッカーで言うと フォワードもキーパーも
野球で言うと ピッチャーもホームランバッターもバントも
全部 自分でしなければなりません。
それを補うための それを楽にするための ゴルフクラブ です。
各番手ごとに 距離や高さ などを作るための角度
と言うモノがあり、その差は数度 しかない訳です。
1ⅿ近い長さで 先端の重さが有り その角度が重要なモノを
回転させるように、クラブ本体、フェースを回転させるように使えば
その機能はまったくもって活きないのです 
からだの向きが変わる〜
 既にそれで回転 していますから それで十分 
その上、どうしてクラブを、ヘッドを回転するコトから
頭を切り離しましょう。




これって
➀初めてゴルフをする人が
見よう見まねで 長いモノを振っている
棒状の長いモノを振りまわしている

➁先っちょ(ヘッド)をボールに当てようとする

✋この時点で 道具の機能 は
 長さがある というコト
 先端に打撃部分がある というコト
 以外、動作を作るうえで考慮されていません。

➂ゴルフらしい動きに似せる

➃画像や動画を見て スイングらしいモノ にする

➄からだを使え と言われるから からだを回すが

 長物を振っているコトをベースに その量を増やしてるに過ぎず
 からだ自体は打つコトにはあまり関係がない
radio

✋腕でクラブを振り回す量を増やす為 からだを回している
 ✋腕でクラブを振り回すための土台 としてのからだ
  でしかありません。

この状態で ボールとフェースがコンタクトすれば
右回転 か ひっかけ にしかなりません。
ココで出る 右曲がり の球 を
 スライス と読んでいますが、
厳密には「当たり損ね」でしかなく
精度を上げていっても 
このスイングもどき では
 引っかけを自分の球にするしかありません。

先に重さの付いた 長いモノを振り回して ボールを打つので
結果、その重さに振り回されることになり、
想定以上の
捻じり・ひねり・遠心力などの不可抗力が生まれ
上手く当てるための その不可抗力分の
『止まり』が必要で
からだを痛める元凶になります。

 
この精度を上げていくコト、この動きがスムースになるコト
それが 皆さんの目指したいゴルフスイング…ですか❓
そろそろ ここから卒業しませんか❓

    ・・・卒業へのステップ 始めます
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

(アプローチ) 比較映像_Moment(3)

➀出来るだけ手首は解かず
からだの向きの変更で入れる

➁ダウンスイングの後半、インパクト(ボール)までの軌道 を
キャスト 手首の解きで入れる


➀と➁を比べると
打ち出し角度 に関しては   ➁>➀
ボールの回転量 に関しては ➀>➁
になります。

フルショットであるのなら
ボールの速度 に関しては ➀>➁  です。

アプローチやバンカーショットの場合は、
意図的に 手首を解いてしまうコト もありますが、
ショットとの繋がりを考えると 特殊なケース と
判断しておいた方が良いでしょう。

二つの弾道の違いは
iron-shot-green
こうなる訳ですが、
アプローチにおいては
➀からだの回転で入れる方が ボールへの入射角度がキツクなり
 ロフトは締まった状態になりますから キャリー少な目・ラン多め
 地面への着弾角度も緩いので スピン等で止めることは難しくなります。
➁手首の解き で入れる方は ボールへの入射角度は緩く
 ロフトは開いた状態になるので キャリー多め・ラン少な目
 地面への着弾角度がキツクなり、スピンは少なめでも止まり易くなります。


Desktop 2020.08.17 - 13.20.59.01_Moment


これが そのまま フルショット〜通常のショット になると
➀ボールへの入射角度がキツめ(正規のロフト作用)
 スピンが多めになるため 途中から浮力が付き、弾道が浮きます。
➁ボールの入射角度が緩く、スピンが少な目 の為
 打ち出しは高くなりますが、推進力・浮力共に少なめの為、
 ポテッと落ちる球になりがち です。
 👉典型的な飛ばない弾道 と言えます
大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)kumasan201810 (2)_Momentkumasan201810 (2)_Moment(2)






キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(3)







アプローチやバンカーでもそうですが、
インパクトまでの軌道を 手首の解き(キャスト)で入れる…と
その手首の解き とともに、 左右の肩の動きが『必ず』ついて回り
◎入射が緩くなる
◎ロフトが増える とともに
◎左足上がり のような状態
 が 付いてきます。

度合いにもよりますが、速いスピードで振ったとしても
だるま落とし のようなコトも起こり得る訳です。

フルショットにおいて この手首の解き(キャスト) には
必ず 必要以上の肩のギッタンバッコン
 が付いて回るので
球は上がるけど、伸びない、飛ばない、ランがない、
加齢で、スピードが落ちてくると
 …今度は 球が上がらない原因にもなります

これは「肩の揺さぶり」による
 教える側が からだで と言っている
 そのからだと呼んでいる肩を揺さぶる のは
手首を解いてしまうのと同じになります。

手首の解き〜フェースローテーション は
肩の揺さぶり インパクト時の上向きを作るので
ドライバーショットの 意図的なアッパーブロー
を生み出しますが、それが有効なのは
ヘッドスピードの非常に高い人 であり、
有効ではあっても 体の故障のリスクは
かなり高くなるので アマチュアが目指すべきモノ
とは思えません。


もう一度書きますが、
アプローチやバンカーショットにおいて
こういう 手首の解き(キャスト)する球が
必要な場面が無いとは言いません・・・・・・が
それをそのまま ショットの転用するのは 飛ばない原因 や
腰や肩、肘などを痛める原因にもなるので
一度 チェックしてみる必要があります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



両手離し〜スプリットドリルの意図の一つに
スイングの源である、誤解を生み易い言葉ですが
『回転力』の育成、『回転力』の増強 があります。

https://youtu.be/fsCzN9IKH9E

ボールを飛ばすのは
ヘッドスピード と言われますが、
それは確か に 「ヘッド」スピード ですが
その クラブヘッド にばかり意識が行くが故に
手さばきで、クラブに近い部位で
 ヘッドばかりを振ってしまう弊害 があります。

クラブに近い部位〜手や腕で ヘッドスピードを上げる
 は イコール
◔からだの回転を止める
◔左サイドの進行を止める

に つながります。

その動きは 労力 というか、充実感が伴うので
そこに行き着き易い のですが、
ヘッドスピードを上げるために
 そのヘッドから出来るだけ離れた 足まわりや
 (上半身の協力を得た脚)
腹筋や背筋などをつかって 向きを変えるチカラ で
ヘッドスピードをあげたい
回転力を付けたい
 のです。

ここも誤解、勘違いし易いトコロなのですが、
回転力も
 速く、スピードを上げる と言う意識よりも
👉素早く回る
👉素早く回りきる
👉出来るだけ短時間で回りきる
 意識の方が有効です。

そう言った意味合いで
小手先で クラブをターンさせるのではなく
文字通り、からだの回転 ぼでいた〜ん で
クラブを 素早く向き変え するためのドリル
と考えて良いと思います。

(両手離(両手離し(両手離し(




多くの方が無意識に行っていますが、
フェースターン、ローテーションというのは
クラブを横に回転させる だけでなく
クラブを縦に回転させる のも含まれています。
その行為 には 左グリップの減速、しいては
左サイドの進行の減速が伴い
からだを止めて 右手で叩く と言う習慣が
刷り込まれています。


右腕で叩くコトは決して悪いコトではありませんが、
それに 左サイドの進行を止める が加わると
右腕で叩く、それを受け止める左サイドのどこか に
故障を生んだり、
その姿勢によって(上を向く姿勢)
右腰を痛めたりする原因になりますから
やはり 自然に 大きなもの(からだ)が動くチカラ を
打撃エネルギーの源 にする方がベターでしょう。

(両手離(両手離し(両手離し(




腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment1腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment2




スプリットドリルは
右腕を伸ばす その動きを
左腕が下がる〜間髪入れず、上げる によって
回転に逃がします。

インパクト以降、意識としては インパクト以前に
左上腕が上に逃げ、
からだから離れるコト によって
チカラの逃げ先が出来、
 それを回転力に付与するコトが出来ます。

ドリルをして頂くと分かるかも知れませんが、
右腕を伸ばす、
それによって左グリップが前方の押され、
それを止めず、常時、その力を
高さ方向(時によっては隋∋によっては紂
に逃がすコト によって
いつの間にか からだの向きを変える
意識をしなくても 向きを変えられる感じ
を掴んで頂けると幸いです。


別な側面では
 今までよりも 叩けるスイングにする事も可能です。



自分の実感〜経験則 からすると
加齢による 腕の、腕力の劣化 は 他の部位よりも
激しく劣化するように感じます。

ボールを飛ばすのも
弾道の高さを生むのも
ランを生むのも
ショットの安定度、繰り返し性 も
回転力〜向きを変えるチカラ が基本になり
腕でのアクションは極力 おまけ程度に考えた方が
未来の苦しみは少なくなると思います。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   

 


あれ? これって
あの例の「達人リートレビノ」の雰囲気と似てるかも…、
って感じたら かなりいい線 行ってます。




当たらない、打てない、
こんなのゴルフスイングじゃない、
そう感じる人もいらっしゃるでしょう。

しかし、この素振り を通して
 ❷点 気付いて頂きたいのです。
 
➀.自分のスイングは インパクト前後、そして以降で
 左を向けていない〜左半身が止まる

➁.もしかすると
 フェースローテーションよりも
 ヘッドとグリップの上下反転 という
 意識がぬぐえない



➀.は既に何度も説明しているので
 簡単にしておきます。
 フェースローテーションをするには
 支点が止まらないと出来ません。
 多くの場合が 左グリップ です。

 運動の中で 左グリップを止めるには
 左半身の移動も止めなくてはなりませんし、
 左腕が硬直するような動き が必要で、
 それが インパクトの目安、目標地点であり
 目標動作 になっていませんか❓


➁.は頭の体操 です。
上の➂っの動画には すべて
 ヘッドとグリップの上下反転は存在しません。

ややこしいですが
 腕さばきでの ヘッドとグリップの上下反転はなく、
 前傾姿勢とからだの回転 によって
 ●テークアウェイ~トップ~ダウン前半 で
 ヘッドの方が「位置関係」として高くなり、
 ●ダウンスイング後半~インパクト~フォロー前半
 ヘッドの方が「位置関係」として低くなり
 ●フォロー以降
 ヘッドの方が「位置関係」として高くなっているだけ。


腕とクラブの関係では
 常時、スイングを通して ヘッドの方が高い のです。

ですので、両手を離した素振り であっても
 それをスイング化したものであっても
フォローでは 左上腕をあげ、左グリップが上げますが
 ヘッドは放置、低いままにしておきます。

✋そこを反転させれば 左上腕は上げられませんし、
 判定と言う行為は 支点である 左グリップの移動を止めます。


その2点を気付いて頂いた だけで
 この両手離しの素振りの意味は十分あります。
それだけでも スイングにはとっても有用です。


では、その2点を着目し、ショットを見てみましょう。
 


このスイングにインパクト前後で
 左サイド、左グリップの止まる気配がありません。
よく言われる
「フォローは低く、出来るだけ長く出す」は
左サイド、左グリップが止まったら 実現出来ません。

真っ直ぐ行かせる、
繰り返し似た球を打てる、
条件とも言えます。


このスイングに 腕さばきで
グリップとヘッドの高さ関係を反転させる動き は
テークアウェイにも、ダウンスイングにもありません。

スイング軌道という
前傾姿勢   …股関節を境に 骨盤と大腿骨の 前への傾斜『差』
によって 傾いた、 その軌道 に沿って
かかる重さや不可抗力は考慮に入れている と思いますが、
その軌道通り、手は押しているだけ、です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


丹念にレッスンを受けて スイングを造る人も例外
と言う人数です。
おおかた アバウトに 雑誌やネットで
その格好を刷り込み、なんとな〜く
出た球を見ながら スイングを形成していく訳です。

つまり スイングにとっての先生 であり
生涯のアドバイザーは
自分の持っているクラブで打つ
 ○練習場で出る「弾道」 というコトに為ります。

こうちゃんの憂鬱_Moment(2)

先日の記事の続き… で言うと
知らないで使っている 練習場で大半の数を打つ
アイアンのシャフトが オーバースペックな相当硬いシャフト
 だとしましょう。 
実際にそうです✊

今や 安く売るため、安く買うため、 と
「硬いシャフト、スチールシャフトを使うほど上手」
という カルト宗教の教え を頑なに信じる日本のゴルファーの
ほぼ 全員が その手のスペック です。

硬いシャフトのアイアン には
ものすごく軽く、小振り
重心距離の短い「軟鉄のアイアンヘッド」が装着されています。
硬いシャフト、軽いヘッド のクラブ で
それ相応の距離、それ相応の高さ の球 を打つには
ある程度、速いヘッドスピードが必要 になるので
速いテンポ、速いリズム になり易くなります。

硬いシャフト、軽いヘッド のクラブは双方の相乗効果 もあり
テークバックが速く、早いリズムで 深く なり易い傾向 にあります。

よほど 機械的にスイングを造らない限り
(ジュニアが造っていくような 型を、数で、覚えるパターンです)
弾道を見ながら スイングの是非を構築していくと
速いテークバックの、深いトップの位置が形成されていきます。

雑誌などで かいつまんでみた スイング論 などでは
「からだをまわせ」
「左肩を入れろ」

などありますから 当然、それは助長されていく訳 です。

例外もある とは思いますが、
どうでしょう?
練習場で 自分の周りのゴルファーを見回してみて下さい。
大半が その通り ではありませんか?

これって その言葉の通り
「ゴルフクラブから レッスンを受けている」 のです。

大枚叩いて購入した 自分のゴルフクラブを使って
良い球、良い距離を打ちたい と思うのは
当たり前の感覚で 『自分のクラブを使って どう打つか」
という スイング創りの前提論は 絶対論 なのです


090804_01


🚀🚀🚀それは アプローチにも悪い意味で発揮されます。
軽いヘッド、硬いシャフトのクラブで
ボールを打つには 速いスピードが必要です。
しかし 距離の加減 が要になる アプローチとは
半ば 相反する関係です。
本来、速度を遅くしても ヘッドの重量や
シャフトのたわみ〜ヘッドの遅れ などによって
ボールは飛び、ボールは浮き、ボールは拾えます。
✋しかし 硬いシャフトによって培われた
ヘッドを返す打撃では
👉練習場で言えば ボールとマットの間、
👉コースで言えば ボールと芝の間、
に ヘッドを滑り込ませなければなりません。

地面にあるボールを拾う ように打つ その打ち方は
イコール ロフトを寝かせて打つ、
クラブを薄べったくして その隙間に入れる その打ち方では
速い通過、急いでインパクトを終わらせないと
だふったり トップは当然、付いて回ります。

✋ご存知‼ とは思うのですが、
ロフト「角度」を寝かす というコトは
イコール 同じ分量 バンス「角度」を増やす というコトで
入射を緩く取り ロフトを増やせば
ヘッドとボールが接触する前に
バンス部(ソール)が地面と 『必ず』 接触します。
形式上、ナイスショットもどき …特に練習場に置いて
そのナイスショットは 絶対にダふったショット
 俗に言う 「いっちょ噛み」 の状態になります。

そのショットをしている多くのゴルファーは
自覚は無いかも知れませんが、
ロフトを増やして 上げ目、高めのボールを打つ場合、
遅い速度、インパクト付近で時間を喰えば
トップかダフリになってしまうので
インパクト付近の加速、
 もしくは全体に速めのスイングは絶対に必要です。

しかし アプローチショットの距離加減は
ヘッドスピードであったり、動作速度 します。
そのアクセル加減で、スピード加減 で距離を調節するモノです。

インパクト付近の加速、
 もしくは全体に速めのスイングが必要な アプローチ の
距離加減は ヘッドスピードや動作速度 『加減』 なのです。

言うなれば 古〜〜いスポーツカー のような扱いの難しい、
回転数が低すぎると ノッキングやエンストを起こしてしまう、
高回転を得意とする車で 枠のない狭い橋 を渡るような
曲がり角ばかりの狭い道を走るような そんな感覚 に近い のです。


コト この手の問題になると
厳しい言い方ですが、
余計な知識は満載なのに
肝心な知識が空白な状態であると
アプローチの練習を色々な形でするコトになります。

正しい クラブ扱いでは ヘッドは永遠にグリップを追い越しません。
しかし 使っているクラブ、使ってきたクラブによっては
ヘッドがグリップを追い越さないと ボールは飛ばず、
地面にあるボールは拾えず、スライスしか出なくなったりします。

問題なのは
ショット全体を ヘッドターンしないと打てない様な、
ヘッドを返さないと捕まらない様な シャフトの硬さ や
強く打たないと飛ばない ヘッドの軽さ によって
無自覚に作られてしまったコトがベースに合って、
そこから先 部位と言う意味ではない 小手先の技術で
対応するコトが 問題をより深みに追い込んでしまう
 というコトに 
殆ど誰も、ゴルフの業界にいる人間ですら
気付いていないことが 一番の問題 だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 


 常日頃、口にしていますが、
ゴルフスイングを覚えたり、治したり、するには
小さなアプローチ、短い距離の練習 の方が
より効果的です。

クラブヘッドを振ってしまう方、
フェースローテーションの多い方、
手でクラブを振ってしまう方、 は
PWで 20ヤード転がすようなショットですら
いや スピードで誤魔化すコトに出来ないショットですので
余計、顕著に表れます。

まずはコチラからご覧ください。



アプローチ…と言うよりも
 フルショット/スイングのタメのドリルと思うのですが、
トップオブスイングの切り返しから、
からだの進行に対し、左腕、グリップを遅らせ
クラブを寝かしています。


分解写真/連続写真にすると、それはより鮮明に…
20200621 編集済み_Moment(2)20200621 編集済み_Moment(3)20200621 編集済み_Moment(5)








小手先だけ…ではありませんが、
典型的な「フェースローテーション」の形

胸から上、肩周りしか動いていない状況です。
逆に 手首周りの動き を抑えているので
 ロブショットを打つための練習…になっています。

✋正しいロブショットはこうは打ちませんが…。

ダウンスイングにおいて
◯からだの進行に対し 左腕、グリップを遅らせ
クラブが寝るから フェースローテーションをしなければならないのか
◯フェースローテーションをしたいから
わざと 左腕、グリップを遅らせ クラブを寝かす…のか

どっちなのか、というと後者のような気がします。

ですので この延長線上でフルショットに入れば
よりローテーションは激しくなるだけ、
小手先の操作を制御しているので
ロフトを寝かして だるま落とし というか
潜り抜けて打つような そんな打ち方になってしまいます。

小さなショット、アプローチで
切り返しから
からだの進行に左腕、グリップを遅れさせず、
からだの進行が 打撃行為ソノモノ をドリルし、
その感覚を慣れさせないとイケナイ と思います。
20200621 編集済み_Moment(6)20200621 編集済み_Moment(7)20200621 編集済み_Moment(8)







20200621 編集済み_Moment(2)20200621 編集済み_Moment(3)20200621 編集済み_Moment(5)









クラブに近い 小さな筋肉である手先を激しく使うコト、
フェースローテーションをしないと強く叩けないコト、

それが飛ばす感覚という呪い で自身を縛ってはイケマセン。

切り返しでの力感というか
左サイドの重さ感というか
そういうのも 動作の充実感やダウンスイング始動の目安
になっているかも知れないし、
自分にとっては 当たり前 と思っている
フェースの返し って・・・・・・・・ 要らないのにね〜。



✊✊✊また よ〜〜く 動画を見ると
からだの回転 にかなり問題あります。
それは クラブを寝かし 右サイドに多すぎる重さをかけてしまうせいで、
からだが からだの真ん中を中心に左右均等に
俗に言う 軸運動にならず、
左半身が先に動き、のちに右半身が動く と言う回転に
なってしまっています。

✋これは回転だけ で治すコトは出来ません。
回転に対し、左腕を動かさず、重さを右半身に
残してしまうことが主原因です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフを始めたばかり…その時期、
【スライス】が多発しますから、その気持ちは分かるんですが…

しかし  ボールをつかまえる は スライスの反意語、
とは全く異なります。




スライスは右回転、フックは左回転 の入った球
つかまる/つかまらない とは異なり
つかまったスライス/つかまらないフック と言うのも実際に存在します。

具体的に言うと
スライス/フックは 飛球線とは関係なく
その成り立ちは ヘッドの通ってきた道、
その順路に対しての フェースの左右の向き です。
順路というか、軌跡〜軌道というか
その順路に対し、必要以上にフェースが右向きであれば
ボールには右回転が入り、
その順路に対し、必要以上にフェースが左向きであれば
そのボールには左回転が入ります。

一方、ボールがつかまる/つかまらない は
その上下、縦バージョンです。
ヘッドの上下、高さの移動(変化)
ボールに対しての入射、着地経路 に対し
ロフトが開いていれば つかまった とは言いませんし、
ロフトが閉じていれば つかまった と言います。
555

具体的に言えば (数値は参考例です)
30度のロフトのクラブ が
10度の入射角度で入ってくる とします。
その時の ロフト姿勢が
地面に対しては 20度 (30-10)
入射線に対して 30度
入射角度分以上 立っている状態を つかまる状態 と言います。


確かに ゴルフクラブの打撃部、ヘッドやフェースの形状では
フェースの右向き と ロフトの開き 
フェースの左向き と ロフトの閉じ 
👉👉フェースの向き と ロフトの関係 は 似ている というか
つながったモノ と言えるかも知れませんか、
☑どうスイングするか
☑どうクラブを扱うか(動かすか) 
においては
キッチリを分かれて考えるべきモノ です。


つかまる/つかまらない はヘッドの道のり に対する
上下の問題ですから、ボールの方向性 とは直接関係にありません。
つかまった 右回転 もあれば、つかまった 左回転 のボールもあり得ます。

ところが フェースの左右の回転 には
ボールの左右の回転とともに ボールの飛び出し方向 も絡んできます。
思った方向に行かない〜真っ直ぐ行かない から
✋飛ばしたくても飛ばせない
✋飛ばそうとすると フェースの返しが間に合わず 大きくスライスする
✋つかまえようとすると 大きく左にひっかかる

が行き着く先は かなり飛ばしを妥協した着地点 です。

フェースターン、ヘッドの返しは
握力やよりクラブに近い、手首や腕など
 からだのとっては小さな筋力頼り です。
年齢の影響を大きく受けますし、
 ラウンド中の持久力にも大きく左右されます。

スライスの反意語が つかまえる と言う意識である限りは
自分でつかまった と思う球は 実際には「ひっかけ」です。
主に ドライバーで行っている その フェースターン は
地面から打つフェアウェイウッドやアプローチなどを
 苦労させる原因になっています。
少なくとも フェースの左右の向き と つかまえる は
 関係ない、直接関係にない というコトを理解しないと
必ず そこに引き戻るコト になってしまいます。
IMG_0517

アドレスでは フェースは上下左右 開いても閉じてもいない
スクエア と言うか、 ニュートラル の状態にあるのです。
✋そのまま であれば 閉じる必要はありません。
フェース もしくは ロフト その双方を
【閉じなければいけない】
【閉じ加減が問題】
【閉じられないから失敗】

と考えるのではなく
【閉じなくてはいけない原因】
【閉じなくても良い打撃】

と考えるべきです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



昨日の話…そして時計の話しを流用し、
その差は ものすごく大きいコトを
説明します。
この話には伏線がたくさんあり、
 無意識にそのミスを犯しているので
頭の体操 と思ってお付き合いください🐰



時計の針、と言うニュアンスで話を進めますが、
そのニュアンスも誤解を生みだします。
スイングはどちらかというと
 時計の針を動かす事、
 0分(12時)を向いたクラブやシャフト を
 30分なり 35分に向けて打つ と言うのでは
やはり 自分の中心において
 クラブを振ってしまうイメージ、
軌道 と言うモノに対して クラブでなぞる
と言うイメージが付いて回ります。

体を回す、体の向きを変える
 というコトが重要になるゴルフスイング動作では
本当にしなければいけないコト と
イメージするその行為 にギャップを作らない為には
シャフトを 0分から 50分〜40分 と回す のではなく
0分を向いたまま の状態で
体を回し 時計自体を動かす 時計を回転させる
そのイメージの方が正解に近いと思います。
時計の針は 0分を向いたまま
時計がまわり 0分のまま インパクトを迎える。
その際、時計のボトムは55分になっている と言う感じです。

時計の針を 振るのと
時計自体を回転させるのでは
本当の動作 と言う意味では 大きな違いがあります。

V字を維持してみよう 上編_Moment(2)V字を維持してみよう 上編_Moment









スイング動作の実態は立体ですし、
体重移動などの横移動を入りますし、
場合によっては 後ろ(背後方向)に引いてしまうコト
も大いにあり得ます。
土台である 自分が動かず クラブだけ、
腕も含めたクラブだけを振るのと
自分自体が動くのでは
クラブ(腕も含めた)の作り出す遠心力などの不可抗力
の影響度が全く異なります。
モーメントの高い自分が動いている中での
腕やクラブの不可抗力は 分母が大きいので
影響を受け辛い と言えますが、
自分が動かず 腕とクラブだけを振る というのは
動かないコトが基本にあるので、その不可抗力を
どこかで処理、相殺しておく必要が生まれます。

ですので 便宜上、時計の針(分針)で説明は続けますが、
そのイメージ、軌道に沿って シャフトを振るのではなく
シャフトは動かさず、体を回し、体の向きを変えて
軌道自体を作り出す というコトをご理解下さい。




話しを本題に戻します、
☑この時計の針の進行に伴うフェースの上下の向きを
自分で、手先で横向きにしよう とすると
☑もしくは その時計の針の進行そのものを手先で変えよう
別な言い方で言うと ヘッドを、クラブを下に振ろうとすると
ほぼ 全く逆の現象が発生します。

からだの回転 以外の行為で ヘッドを動かす
ヘッドを移動させようとするには
からだの回転を止めなくてはなりません。
からだの回転で 時計の針を
50分から35分 時計の針の角度で90度
見た感じを変更するのと
その90度を手で作るのでは全く異なってしまいます。

先ほども書きましたが、
からだの回転で行うと その運動そのものに
からだに対しては 右から左
 ボール(打撃)方向 飛球線方向 への
慣性がかかるので、時計、自分自身が左へズレます。
続に言う 体重移動です。
この半分、もしかしたら それ以上は意志ではなく
重さや慣性によるもの 無意識に近いモノ です。
あえて言うのなら それを拒絶しない と言う意志があるコト位。
しかし 手先で その角度を変えようとすると
クラブヘッドの作る遠心力に抗う必要が生まれます。
その遠心力通りにしたら 地面を打ったり
ボールの先を空振りになるからです。
体全体が動いている 内のクラブの作る不可抗力 と
体を止めて 腕とクラブを振っている不可抗力の差は
とても大きいモノです。
ボールとヘッドをヒットさせようとすると
自分自身、時計自身を後ろに引かなくてはなりません。
スイングで言うと、右に、うしろ(かかと側)に
 体を引かなくてはなりません。

達人のココから盗め_Moment(3)達人のココから盗め_Moment(2)







よって からだの回転による ズレで
 35分インパクトを迎えられる状態と
自分自身、時計自身が上を向いてしまって
 自分にとっては 35分の位置にクラブが有るのに
その軌道は上向きに入ってしまって
実質25分の角度でインパクトを迎えてしまっている。


素振りで自分でやってみて下さい。
クラブを動かさず 腕を使わず
体の向きの変更だけで
ヘッドをボール付近に持ってくるのと
途中から クラブ、ヘッドを下に振るのでは
インパクト時の からだの下向き加減、上向き加減が
全く違うのです。

右向きからインパクト付近
というと 結果として体の向きは90度近く回転したコト
になるのですが、
その動きを クラブを下に振るコト で代用してしまうと
腕でクラブを90度振る に加え
その遠心力を相殺するため や
その動きにつられ 体も回ることから
インパクト時は からだは120度位向きを変えた
かなり 上向きの状態になります。
✋開いているつもりはないのに…です。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



さて 左腕一本でのダウンスイングドリルの続き です。


トップの位置で
クラブはどういう重さを形成していますか?

ゴルフクラブはどこに落ちたがっていますか

それは当然、
テークバックの取り方やトップの位置 によっても異なってきます。
逆に考えていけば、
それを念頭に置いて、逆回しで
テークアウェイやトップを造っていく と考えるのも一考です。


今回は特に
からだの回転はロックして、
右サイドはそこに置いておいて、
左腕、補助として左サイドだけで
ダウンスイング、インパクト近くまで行く 感じです。


後追いの形で からだの回転が入らない と
 ボールには届きません✋✋✋



理想的には
 そのクラブが落ちていく方向 が
左腕、そして左半身が ボールに近づいていく
立体的に ボールに近づいていく方向であるコト
 です。
IMG_0682_Slomo_Slomo_MomentIMG_0682_Slomo_Slomo_Moment(4)IMG_0682_Slomo_Slomo_Moment(3)





IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(2)IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(3)IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(4)







ヘッドの重さで 👉ヘッドを動かす のでは
グリップが動かせなくなってしまいますから
 インパクトポイントは 右過ぎます。
これでは からだの回転が無くても
 右にズレたグリップ分、シャフトを振らないとボールは打てません。

ヘッドの重さで 👉グリップを、つまりクラブを動かさないと
左半身がボールに近づいていくような
 ダウン〜インパクトは作れません。


からだの回転で、直にボールを打つ を念頭に置くと
グリップエンドは 相当 ボールを追い抜いた箇所(通過点)に
なる感じです。
少々、極端ですが、今までの手打ちを相殺するコトを考えると
アドレスよりも 40cmは近くは左 をイメージした方が良いです。

昨日、クラブの長さ と言う話をしましたが、
クラブは構造上、
単純な位置関係として、グリップよりもヘッドの方が下になると
グリップの移動、進行は妨げられます

つまり、インパクトを迎える前に
グリップの方が下、低い位置の関係の内に
その アドレスよりも40cm以上 左(あくまでもイメージですが)
に辿り着きたい、 そこを通過したいのです。


クラブ(特にヘッド)の重さでグリップを動かします。
この場合は 左腕、特に左上腕 を落とします。
左サイドも動くコトになるでしょう。
あるトコロまで行くと ヘッドも低くなり始めますから
 そこが回転のポイント、回転を解放するポイントです。

✋✋✋ 「周り方」と題して言いますが、
その重さ通りに踏み込んでいく の方が近いかも知れません。


そして ヘッドに追いつかれないよう
持続的に 今度は回転でグリップを移動させます。
回転は 左に踏み込んでいく と言う行為の延長 にあるので
止めさえしなければ、 そのまま左を向きます。

あまり 左を向く と言うのを意識せず、
☑グリップの移動を止めない と
☑左への踏み込み の
延長線上と考えて下さい。



 それに関連する記事が一つ 閑話休題 と言う形で入りますが、 
  (1個置いて)次は なぜからだが開いてしまうか の本命 です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブは 長い棒の先の鉄の塊、
重さの塊 👉ヘッドが付いた構造です。

市販の軽いヘッド
シャフトが硬いので ものすごく感じにくいヘッド
であっても 全体/総重量の6割以上モノ 重さが
その長い棒の先端に付いているのです。

これに使う人の多少の腕の長さ分、
そして 運動による 掛け算での重さも加わります。



それを踏まえた上で質問です。

😨ゴルフクラブを持って 右90度を向きます。
 テークバックですね
正面を介して、左90度を向きます。
⇒都合、180度向きを変えたとします。

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)



先に重さの付いていない ただの棒であれば
自分の180度向きを変えると 棒もほぼ180度向きを変えるでしょう。


【質問1】では 先端に重さが付いたら どうなるでしょう。

自分が180度向きを変えたら
❶重さが付いていても クラブも180度向きを変える
❷重さが付いているから クラブは180度以上向きは変える
❸重さが付いている分 クラブは180度未満向きを変える


ゴルフスイングにおける「自分の当たり前」で考えず
物理的な法則として考えてみて下さい。



【質問2】では ステップアップして
先端に 200g / 2kg / 20kg の3種類の重さを増やした場合
自分が向きを変えると
❶重さに関係なく からだの向き分と同じ(同じ)
❷重さが増える分 180度以上に増えていく(増える)
❸重さが増えた分 180度未満は強まっていく(減る)



✋✋✋皆さんが考える ゴルフスイングの当たり前 を無視すれば
当然 重さが増す分、自分の動きよりも 先端の移動量
この場合は 角度運動は「減ります」
これは 全世界、地球上で共通の物理法則です。


スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)





では 更にステップアップして
繰り返しますが、ゴルフクラブの構造は
先端に重さの付いた長い棒 です。
これに 運動が加わりますから
持ち手に加わる その重さは 数キロ
場合によって 10キロを超える可能性 もあります。

物理的法則で 打ち手が右から左へと 半円180度向きを変えた時、
運動も加わった その重さ分、クラブ/シャフトの回転(ターン)は
180度未満、速度や場合によって前後しますが 90~120度位になります。


✌一応、補足しておきますが、インパクト以降
運動は減速しますので、その結果、重さ(ヘッド)にかかる慣性から
からだの回転やグリップに追いつき、時として追い越す可能性も
無いとは言えませんが、それは 打った以降のコト で
そこは スイングの意識としては おまけ の部分です。


スイングする、クラブを動かす、扱うイメージとして
重さ分、クラブの方が、特にヘッド部やシャフトはターンしない
重さ分、ターンが少ない と考えれば
自分のからだの回転は 正しく180度ターン出来るでしょう。

達人のココから盗め_Moment(5)

しかし、始めから 重さが付いていようがいまいが、
運動によって 重さが増えようが増えまいが、
●自分がターンした分 と同じ分だけ クラブもターンする
●もしくは ヘッドがグリップを追い越す 👉 クラブの方が多くターンする

と思っていると
上記の からだの回転、体のターンとは同じには出来ません。



自分が180度ターンするコト と
クラブが180度ターンするコト は
似て非なる、まったく違う回転になる と理解していないと
からだの回転を用いて、ダイレクトにボールを打つスイングは作れないのです。

ややこしく感じるかも知れませんが、
とても重要なコトなのです。
私、個人が見てきた ほぼすべての人は
悩みの有るゴルファーのすべてが そこを大いなる勘違いしています。

✌繰り返しますが、
打った後、からだの回転は減速に入ります。
その際、ヘッドやクラブに残った慣性が
からだの回転やグリップに追いつき、追い越す可能性はあります。
しかし、それは打った後のコトで
そのおまけである 追いつき、追い越す行為が打つコトそのもの
打撃だと信じている限り、振り遅れの、手打ちをするしかないのです。

振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)




ここの部分が理解出来ていないと
からだの回転でボールを打つコトは不可能です。
目指しているモノが違います。


からだの回転でボールを打つ というコトは
そのクラブの構造、運動によって増す重さ分、
からだの回転に対し 遅れるヘッド(遅れないグリップ)を使って
ロフトを立て、ボールを上から抑えるコト で、
その遅れを取り戻したり、弾いたり(シャフトを返して)して打つコト はスナップショット 1 (2018-05-19 20-35)
どこかでからだの回転を止め、手で振るしか成せない打撃です。 

ゴルフスイングを壊すイメージです ⇒
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフスイングを難しくする、
ショットの安定感を欠く、
飛距離を損じる、
コトを生む からだの捻じれ が
その人によっては スイングそのもの な場合が多いです。

如何に からだ・胴体・上半身をねじらせると
その後のスイングに多大な二度手間が発生するか 書きましたが、
テークバックの時点でそれを改善する気のない人が少なくありません。

葛谷 2017-2020_Moment(2)

どちらか…と言うと、そのねじれ
テークバックにおいても そのどこかが止まる その反動で振る とか
クラブやシャフトは 90度や180度ターンするモノ
という前提で スイングするための準備動作 なのでしょう。


ハミングバードでは ヘッドを動かすな と言いますが、
それは 『ヘッドを!まったくそこから動かさない 微動だにしない』
     という意味ではなく
✋グリップの移動分から
  ヘッドの本来の重さ & 長さにより増す分 & 移動により増す分 
   差し引いて動かさないは動かさない
✋体の向きの変更で を除き シャフトの角角度運動をさせない

具体的にはクラブの長さ、ヘッドの重さ、使う速度によって異なりますが
 ✊重さ分、グリップよりは移動しない
というコトを指します。

その前提の元、出来るだけ二度手間をしないように
腰・骨盤の向きを変えたら 肩を遅れさせず
上半身、胴体を一つのユニットとして動かす意識
 を持つ、
今まで 恒常的にそれを遅れさせ 胴体を捩じっていた人 にとっては
腕やグリップ、クラブなどを先に動かす
ような感覚が必要になるでしょう。


✋また ねじれ を意識する人
振り遅れを取り戻す を意識する人の多くが
スイング、ショット、打撃は遠心力を使う と信じている傾向が強いですが、
遠心力は その重さや速度に応じて
 外に外に、軸点よりも外に飛び出そう とする力 です。

にもかかわらず インパクト直前に
フェースを自分の方に向けて ロフトを増やすように
ボールをこそぐように しゃくるように 打ってしまったのでは
ボールは円弧の中に飛び出してしまい
遠心力が距離に対しては無意味なモノになってしまいます。
感覚的、イメージの問題ですが
ロフトの関係なく フェースは常時
 スイングの弧の外側に向いているモノ
 です。
円弧の中に向けてしまったのでは その遠心力は
距離ではなく、高さや回転にしかなりません。
スイング ココを治そう❸_Moment(5)

ここのところとても不思議です。
遠心力を口にする人は 例外なく
ボールを円弧 の中に打とうとするんですよね…。😵


スイング中、特にダウンスイングでの
『力み』 に関しても その体の捻じれ が密接に関係します。
運動や移動には当然ですが その指向性・方向性が伴います。
『力み』 必然ではない力加減とは
自分の動きたい、動かしたい方向に対し
想定以上の重さが掛かった時に 自然な反応として生まれる訳です。
よって それを解決するのは
✋力まないコト ではなく
力まなくて済む、重さの作り方、クラブであったり
重さ 👉負荷となり得るからだの捻じれを軽減・消去するコト です。

スイングにとって 力みの元となる
その 指向性、方向性の悪い、異なる重さ
その最大なモノは 実は自分のからだ なのです。
当たり前と言えば 当たり前…ですが・・・
❶腰にとって肩、
❷肩にとって腕、
❸腕にとってグリップ、

を遅らせれば 当然負荷になり、姿勢にも影響しますし、
当然 次の動作にも影響します。

また 困ったコトに 先に行けば行くほど
負荷になる重さは数値としては減っても
それを動かす部位、筋肉が小さくなっていくので
リキミは解消し辛く、遅れソノモノも解消し辛くなります。

重心のかかり方 (2)


タイミングなども含め、ダウンスイングで ハイ すぐに解消
はやさしくないかも知れませんが、少なくとも
準備としてテークバックで 捻じれを最大限に減らす
そして 無くす という努力は必要かと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


このスイング、いえ素振りやワッグルの
一番罪深いところは
ダウンスイングの行程を

❶からだを回す もしくは シフト
❷腕のリリースでクラブを下に振る



はっきりと順序の有る

 からだ → 腕   の 2行程 にしているコトです。

ここには
スイングを 『二行程』 にしてしまう  という問題と
その順序を からだ→腕(肩)にしてしまう という大きな問題が
 含まれています。


 


今回の被験者の方は 勘が良いのか
運動センスなのか テークバックにはあまり影響が出ていませんが、
通常、ほとんどの人は
この からだ → 腕 というダウンスイングの順序ある2工程に沿って
 からだ → 腕(肩)〜クラブ という 二行程で
そして 順序の有るテークバック を構築してしまいます。

✋典型的な参考例はこちら




からだ を回す、もしくはシフトしてから
クラブを腕のリリースによって下にさばく
この順序にすると
腕のリリース(右腕の伸ばし)をするには
からだを止めなくてはなりません。

先にからだを回して 腕をリリースし
下にクラブを振れば
上下方向に 腕クラブの長さ + 遠心力 分
その空間が必要で
止まった体は 上に伸び上がるか、からだを開くコト
によって 空間を創出するコトになる

✋おそらく アマチュアのショットの悩み、スイングの悩みが
凝縮した状態です。

ココを治したい❷_Moment(3)ココを治したい❷_Moment(4)


このショットの難点は
遅い運動スピードと速い運動スピードで
からだと腕/クラブ にはかかる負荷の差が大きいコトで
◎からだは 元々の重さが重く(割合としての変化が少ない)、
運動半径が小さく(運動の中心に近い) そして支える筋肉は大きい

◎腕/クラブは 元々の重さが軽く(割合としての変化が大きい)、
運動半径が大きく(外周に近く) それを支える筋肉が小さい

ので 運動速度によっての差が大きくなります。
アプローチショットとフルショットは別なモノ になり易いのです。

また フルショットをした際、
からだを先に動かし、後から肩・腕・クラブ を動かす為
からだを動かし始めた時 それらを置き去りにする
その「いきみ」がスイングだと認識されやすいですね。

その「いきみ」がダウンスイングのきっかけになり易い ので
一旦 ショット動作として定着すると その感覚が抜けにくい
 というのもあります。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイング中、ゴルフクラブの実質的な長さ
というのがあります。
97b3a9ad

ゴルフクラブの物質的な長さは
ドライバーでヘッドのも含めると 約120
ウエッヂで90造任后

それがトップの位置に来ると
  長さが消える、ゼロになる訳です。
dW l (2)_Moment

ここの使い方がクラブの使い方の鍵になるでしょう。

長さは イコール重さ です。

打ち手が受ける クラブの重さは
👉ヘッドの重さ × 長さ × 移動速度の二乗
長さゼロ と 長さ100臓,任
かなり異なります。

しかも その重さは ボールへの方向でもなく、
ボールを打ちだす方向でもなく、
クラブの長さ方向に対するモノで
ボールを打つことにもボールを飛ばすにも
負荷・邪魔としてかかる訳です。

皮肉なことに ボールを飛ばすために
長く使うと速度が上がる意識が強いと思いますが、
それは同時に 速度を上げるのに妨げとなる負荷を
増やす行為でもあるのです。

感覚として掴みにくいかも知れませんが、
ゴルフクラブの長さ…というのは
ヘッドスピードを変えるためが主目的ではありません。
その長さによって アドレス姿勢を変え、
入射角度を変えることによって
使えるロフトを変えられることが主眼で
ヘッドスピードの変化は付加的な要素に近いです。
hiraki

長さを増やそうとしてスイングすると
自分には労力・負荷が増すので
実感として 飛ばせるように感じるだけに過ぎません。

ゴルフクラブの長さがゼロに近くなり、
クラブ全体の重さがグリップに掛かったところで
その重さも利用し グリップが体の回転に遅れないよう
先に先に グリップエンドを動かしていく
ということが、結果 運動の速度にもつながって行きます。
スナップショット 1 (2013-06-12 22-56)
この姿勢を見れば理解しやすいかも知れませんが、
利き手に当たる右腕は曲がっています。
そして、左グリップの上に乗っかっているのです。
右腕を伸ばせば そのまま 左グリップを運動方向へ押す
それに クラブの重さが助力として働くのです。

左上腕や左ひじの逃げもポイントになりますが、
この時期が右腕の使いどころです。
この時期を失えば
 体の回転にグリップの移動が取り残され、
右腕の使えば クラブや腕の長さ…
 体からクラブやグリップが離れる方向に動かすことになり
重さが増すだけ(より一層取り残されます)
になってしまいます。
スナップショット 3 (2013-06-02 23-15)スナップショット 4 (2013-06-02 23-16)

取り残されたクラブの重さは
右半身にかかりますから
右半身はどんどん下がり、
例え腕力で 腕を伸ばせたとしても
どんどん左足上がりの状況を生み出す だけです。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
スイングを見る限り、
望んでいない、そして 無駄なリリース
右腕を伸ばすコトによって シャフトを下に振る
(映像ではそこを強調しています)
その動きがあるため
インパクトタイミングが遅すぎて
からだが開こうとする〜カット軌道
からだが上を向こうとする
タイミングにインパクトが掛かっており
また 困ったコトに…ベテランのなせる技か
からだが開く、からだが上を向く をすると
ボールに届かなくなるので
左サイドを止めてしまい、クラブを振る空間が失せ(足りなく)
ダふる・・・というか 詰まったインパクトになってしまっています。



意識として ロフトを立てようとしているのも
理解出来るのですが、問題はそこではなく
もっとベーシックなトコロにあります。

ショットのタイミングも大きく変わるので
 きっと悩み深き箇所だとは思いますが
手打ちから脱却する良い機会だと思います✊

ここの部分、スイングの根幹に関わる部分で
技術の問題ではなく、意識とか、
今までのスイングの思い込みをドカンと
 変える必要があるかと思います。

タイミングは正直大きく変わるので
 それに慣れる必要がありますが、
技術的に 新たなコト、知らなかったコト
などは一切要らないと思います。

真似てみました。


こちらの映像をご覧ください。




月並みな言葉、
スイング用語としては非常に陳腐な言葉ですが
左手のリード というのがあります。

ほぼ全員のアマチュアゴルファー
最近では多くのプロゴルファーも
この言葉の本意、真意が理解できず
誤解というか、まったく間違った解釈をしています。

✋これを誤解しないで頂きたいのは
 
☑左手がリードをして、その後、右手で叩く


イエ、この場合は

☑左手がリードをして、そののち 打つ

では ありません! 間違いです!


左腕〜左手は からだとクラブをつなげる腕であり、手です。
動作 という意味で
からだ ソノモノ と考えても良いと思います。

言葉で言うと
からだを右に向け 正面を向く
その行為そのものが打撃で
正面を向いて「から」打つ
 のではないのです。


どう意識したか というと
✋真似た方は からだの回転に対し左腕を遅らせる。
✋一方は からだの回転に左腕を付かせる。

この違いです。
「からだの回転で!」VS「ハンドターン」_Moment(2)「からだの回転で!」VS「ハンドターン」_Moment「からだの回転で!」VS「ハンドターン」_Moment(3)








最終的なインパクト直前のリリースは
遅らせた方は もうからだの回転は終わっているので
からだの回転はボールを超えてしまったので使えませんから
無意識で その分 行っています。


✋左グリップの通るルート
そして からだの回し方、回す方向 なども
今までとはかなり異なる可能性があります。
からだの回転 脚なり、腰なり、
お腹を意識した方が良いかも知れませんが、
それに左腕を遅らせない、付かせる と
インパクトは想像以上に早いタイミングで来ます。



素振りで良いですから こちらの
左腕だけのスイングドリルをしてみて下さい






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


共通用語がない…


ゴルフスイングの話やアドバイスをする時、
実は大変困るのが
『用語が相互に同じものを指してない』場合なのです。

どういうことか というと
車がカーブを曲がるのに
『ブレーキを踏んで スピードを落として』
『ハンドルを切って カーブを曲がって』
と言えば、まあ、免許を持っている人には
概ね通じる用語の羅列です。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)

ところが
ある人にとって ハンドルをブレーキと誤認識、
ブレーキをハンドルを誤認識 して
覚えていたら、意味不明な会話になるでしょうし、
そこに「アクセル」まで入って
3つ言葉がローテションしてズレていたら
まったくもって 意味不明で
何も伝わらないですよね?
考えているだけで混乱しそうです。


ゴルフ用語では
それが日常的に、普通に起こっていて
9割とまでは行きませんが、8割を超えるようなゴルファー
残念ですがレッスンプロなども含め
起こっており、それがゴルフスイングの会話やアドバイス
動作の誤解を生むきっかけになっています。



それはなにか! と言うと
ゴルフで言う  とは
「肩関節を含めた腕」の事です。
ゴルフで言う  とは
「股関節から上の胴体の事です。
images20150404163453

そして その腕と体をつなぐのが
肩甲骨にあたるわけですが、
肩甲骨の役割はその部位の通り
腕と体のつなぎ役であり、クッションでもあります。
どちらに属するか は微妙な存在であるのは確か…ですが、
腕である! とも断言できませんし
体である! とも断言できないものです。

ところが 多くのゴルファーは
体を回す ゴルフスイングを
腕でもなく、体でもなく 肩甲骨を動かし
それを体を回していると認識し、
ダウンスイングで腕を動かす(例えば伸ばそう)を
肩甲骨を揺り動かして 腕を動かしていると
錯覚しています。
都合の良い時に 肩甲骨を体と分類し、
また、別な都合の時にそれを腕と認識、分類しています。

4bcbe6f4テークアウェイでの肩甲骨の動かし は
自分ではそれを体と認識しているので
腕で上げるな に該当しないからOK!
 みたいな節が強く、
ダウンスイングでは 腕で動かさないようにみたいな観念から
肩甲骨をを縦に揺さぶって体で!
みたいことをするから 回転の方向が横から縦 に
変化してしまうのです。
この写真では 左の肩甲骨を動かしていて
それによって背中の筋肉なり、筋膜が張る ことを
体を回していると錯覚しているに過ぎません。
体自体は耐えること以外 動作としては何も行っていません。


564dfb4d


典型的な例が
パッティングでの ショルダーストローク で
このストロークは
体も動かしていませんし、腕も動かしていません。
はっきりと どちらにも属し、属さない
肩甲骨を動かしているに過ぎません。

私感ではありますが、
肩甲骨を動かす僧帽筋や広背筋等は
負荷に耐えることや強く何かを動かすことには
長けていると思うのですが
1mと1m30造鯊任訴けるような微妙なことは
あまり得意としていないと思います。


腕を動かす というのは
肩関節を稼働させることで
体を動かす というのは
股関節を稼働させることです。

とても単純な話ですが
これを実行しているゴルファーを見るのは
年末ジャンボの一等にあたるような確率です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

スイングを治そう とする場合の着眼点 について…です。




良くある話・・・ですが、
フェアウェイウッドでチョロしてしまったり、
アプローチでざっくりやトップをしたり・・・
先輩や自称上級者の方や
ビデオで自分を見た場合
スイング中、特にその 『伸び上がりが原因?』 と
思うことがあり それに着手することがあります。

このビデオでは ちょうど白いベルトをしてくれているので
とても分かり易いですね。

かなりの量 伸び上がり が見て取れますが、
そこを治すのには そこを治してはいけない のです。

フェアウェイウッドでチョロをしてしまった原因は
確かに 伸び上がり かも知れませんが、
伸び上がらなくてはイケナイ
伸び上がらなくては打てない その元を絶たないと
その問題は根絶しません。



✋伸び上がりが必要な…その原因は まず
 からだの回転が「間違っている」コト が考えられます。

 からだ、胴体をひねり
 具体的に言うと 骨盤/お尻/腰 と 肩/腕周り
 これを別々な形の回転 二重な回転
 もしくは 世間様でいわれる からだを捩じる 捻転 をしていると
 絞ったゴムが解放されるように
 縦に伸びる〜長くなるように 『伸び上がる訳』です。

 ですので 映像を見ても
 からだの回転の解放 と 伸び上がりが
 本当に ねじって縮めたゴムのような関係 に見えます。

✌これは蛇足…かもしれませんが、
 ねじってひねられた体を開放する
 その勢いが からだの回転
 もしくは打撃の原動力と思っているフシがあるかも…ですが、
 からだの回転は そういう ひねられたモノを「開放」するもの・・・ ではなく
 ダウンスイングであっても あくまでも動作として向きを変えるモノ です✌


たかちゃんビフォー_Moment(2)たかちゃんビフォー_Moment(3)











✋次に考えられるのが
 ショット、インパクトの意識の間違え です。

 まあ この二つは絡み合っているので
 どちらがどちら とは言えませんが
 もう一度ビデオ を見て頂くと分かるかも…ですが、
 ショットの準備としてのテークアウェイにおいて
 ヘッドの高さは
 ◎傾いた回転で右を向いた分
 ◎グリップの高さが上がった分

 主にこの二つによって 作られています。

 つまり 元に戻すには
 ◎右を向いた分を正面に戻る
 ◎グリップを高くした分、低くする… 
のですが、
 行き(テークバック)は重力に逆らった上
 帰り(ダウンスイング)は重力通りの下 ですので
 重力に逆らった上への動きよりも少ない量、少ない勢いで
 十分 元の高さ、この場合は低さですが に辿り着けるはず…ですが
 スイングを見ると 強く打ちたい、遠くに飛ばしたい気持ちは
 十分理解出来ますが、必要以上にヘッドを下に振ろう としています。

 必要以上に、ヘッドを下に振れば その先には地面があります。
 ヘッドを、クラブを振ろうとすれば 遠心力がかかり
 クラブは体から離れようとします。
 そうなれば 地面をたたかない為にも
 長いクラブを振る空間を作るためにも
 伸び上がって 振る空間を作る、
 地面をたたかないよう、回避する必要があります。


✊✊✊からだの回転方法の間違えと
 ボールのとらえ方の間違え は
 双方、 ニワトリと卵の関係なので どちらが先かは分かりませんが、
 まずは からだをひねらない
 腰が回れば、肩も回る、
 骨盤の向き通りに腕も付いてくるという感覚が必要になるかと思います。



そこの部分を治さず、ただ単に伸び上がりを回避すると
自分のクラブを振る空間が少なすぎて
 加速したくても出来なくなってしまいます。
空間を作る努力をするか、空間が無くても強くボールを打てる努力をするか
 そこを間違えて スイング改善するのは悪手です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   

これは本当に「気持ち」的には難しいのかも知れません。
なかなか乗り越えられないモノ なのかもしれません。


IMG_0321_MomentIMG_0321_Moment(4)






.哀螢奪廚琉榮阿ヘッドの移動
  →クラブのヘッドは捨て置く


弊社のシャフトは市販のシャフトの比べ「ぐにゃぐにゃ」と
言われるほど 柔らかい ですが、
それでも ヘッドはシャフトでつながっています。
(比較 ドライバー 振動数250pm / 120cpm)

ヘッドが抜けたり、シャフトが折れたりしません。

ましてや 殆どの人は カチカチの硬さのシャフトで
ゴルフを覚えているはず です。

シャフトでヘッドはグリップとつながっているのですから
ヘッドを動かそうとしなくても グリップさえ動かせば ヘッドは動くのです。

 

このスイングは
 ヘッドは動かすモノ
 ヘッドを動かすためにグリップはどこかで止める

と言う意思が見られます。

牽引する車 の話であれば
 前の車が動けば 後ろの車も動きます。

このクラブの扱いでは
 勢いをつけて置き いざ ボールを打つ時
 前の車が動きを辞め、その勢い(反動や慣性)を使って
 後ろの車を動かしている そういう動かし方 です。


こちらは素振りではありますが
〇グリップを動かし続けるコト が ヘッドを動かすコト
と言う動きです。

正しく ゴルフクラブの機能を使い、
 からだの回転通りにクラブを動かし行くには
 こちらにしないといけないのですが、
「ヘッドを動かさないとボールは打てない、
 ボールはヘッドで打つのだから…」

と言う基本になる意識がある限り
 この動きには絶対に到達出来ません。

ゴルフクラブは 1mもの長い棒の先に重さがあります。
そして それだけではなく
 長いが故に 自分やグリップよりもヘッドの方が移動速度が速くなります。
それは 重さをどんどん増やしますから
 物理的には どんどん 動きたがらなく なっていくのにも関わらず
△同一円上をヘッドが動く
△クラブの長さ通りに円を描く

をつくろうとすれば、どこかでグリップの移動を辞め
ヘッドを「意図的に」多く動かさなければならなくなります。

その動かし方が
 👉ヘッドを多く動かしているのに
  その行為は同時にロフトを増やす動きになるから
  振っても飛ばない
 👉遠くへ飛ばすスイングとアプローチなどの
  遠くに飛ばさないスイングに共通点を作れない
 👉グリップの移動そのもの ではなく
  グリップのこねくり によって ボールを打つので
  距離や姿勢などの安定を生めない

になるのです。

ビデオ_Moment


✋腕の補助も入りますが、体の向きの変更でグリップを動かし、
 その運動によって 更に増えた重さ分 留まろうとするヘッドは
 そのまま捨て置き、
 ヘッドはどの道 シャフトによってつながっているのですから
 その重さに抵抗せず、グリップを動かし続ける


  というのがゴルフスイングです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スイングをよくする →正しくする

ことは 飛距離も伸ばし、方向安定性も生む
のは分かっているとは思いますが

全員に聞いてみることは不可能だけれど
肌の感覚で言うと
「その動作、その格好、その型が何の意味があるのか?
 何をするためにその格好、その型にするのか?」

というのは 殆ど考えていない と思うのです。

暗黙の了解的に
 そうすると 上手くいく、そうすると 上手く打てる…だろう
程度なのだと思います。
mittan_Moment


しかし ゴルフは人間が行い、
殆どの動作には 意志、理由が伴います。
今のスイングの恰好、スイングの『さま』は
グリップにしても、アドレスにしても、
テークバックの上げ方にしても
今までのショットの積み重ねの中で
自分の一番したいコト →インパクトでどうボールをさばくか
の影響をものすごく大きく受けています。
それがすべてと言ってもよいほど。
それが結果 悪い動きだったとしても
 その肝心かなめの 自分のやりたいコト の呪縛から離脱 しない限り
型を真似ても 飾りをつけているに過ぎません。

例えば インパクトを手の返しでさばきたい 限り
必ず ダウンスイングで ライ方向にリリースしますから
その準備として テークバック時 ライ方向にクラブを起こします。
右ひじを張って トップを作る 形を追いかけても
そこに 自分の本当にやりたいコト ライ方向にクラブを上下させる
が根付いている限り シャフトクロスに陥ったりします。
右ひじを外に張り、曲げた分上げる というのは
からだの回転でボールをさばくため 
 の手段であり目的ではないのですが
その肝心な部分(手の返しでボールをさばく)が今まで通りであれば、
余計なアクションが増えたに過ぎません。
IMG_0398 (2)_Moment

 
また、ローテーション、手の返しでボールをさばくには
左グリップが支点になる必要がありますから
左グリップが クラブの重さ、クラブの回転を支えるほど
握っておかなければならず ここは変えられない・・・
変えたら クラブがすっ飛ぶか
ローテーションが出来ません。

ですので グリップを一時的に変えてみても
数球、ほんの2.3球打てば元に戻りますし、
コースで疲労の影響を色濃く受けやすい握力は
どんどん 茲離哀螢奪廚鮨爾握るようになります。

👉それによって 気づかぬ内に 茲鉢薀哀螢奪廚虜垢離れ
アドレスが狂ってくるコト〜ボールの置き位置がずれているコトが
 ラウンド後半に出るミスショットの
非常に大きな原因だったりもするのですが…。


ボールをからだの回転で打つメリット
と言うのを信じていない可能性も否めません。
手でローテーションした方が
 クラブを振った実感・充実感も伴いますし
過去の記憶の「飛んだ」とも結びついています。
体を痛め無さそうなのも
安定度も高そうなのも なんとなく想像がついても
飛ばない ・・・ 叩けない ・・・ 打撃の実感がない ・・・
打つ͡コトソノモノを自分で行いたい ・・・
あたりの 非常にベーシックな欲求が満たせない のもあるかもしれません。



はっきり言えば
そこそこゴルフを年数やっている人であれば
正しくクラブを使う というコトに関して
覚えなければいけない、あたらしい技術は何一つありません。
既に その技術・体さばき はもっています。
しかし なにぶん、意志や欲求のある人間が行う ので
その 頭の中 というか、 
 考えや思い込みが それを妨げているにすぎないのです。

スイング動作の意味が見えて、
それを満たしたい という欲求さえ身に付けば
素振りであれば 数球でスイングは変わります。
実際、軽く打つ程度なら 1時間で動作ははっきり変わります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ