◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: スイング改良


店長「スイング造りで結構、怖い部分ですけど

 ハンドファーストを間違えてはイケナイ   …です。」

質問「 ウッ…。 」
F5sjEuZbUAACM4a
店長「ズリズリドリル
 ドリルと言えない ズリズリ遊びで
 グリップを引き摺って ヘッドを動かす
 スイング動作と全く関係ない、
 歩いてグリップを引き摺って貰う
  をやって貰っても
 思いの他、多くの人が
 シンプルに グリップを移動させて
 移動させ続けた その過程でヘッドとボールを
 コンタクトさせる というコトが出来ず、
 👉ボールを打つ って行為を意識し過ぎるから なのか
 そのボールを打つ為の 任意のポイント に
 グリップを動かし、そこで止めて、
 その反動も利用しながら ヘッドでボールを当てる
 と言う、似ているけれど 全然、違う 打撃感覚を
 持っています。 

 それと同じ、
 打撃の手順がそう言う感覚なのだと思います。」

質問「分かります…😌。」

店長「手の返し、ヘッドターンやフェースローテーション と
 ハンドファースト というのは
 実際には 流派の違う、対極に近い、別なモノ。

 二つを共存させるのは易しくないです。

 ズリズリ遊びと同じ感覚なんだと思いますが、
 ハンドファーストの位置、
 ボールより前、飛球線側の 自分なりの仮想ポイントに
 まず グリップを先に入れ、
 ソコから クラブのリリースで ボールを打つ。
 左手、右手 って手順ですね。
〇ハンドターン16s〇ハンドターン17s〇ハンドターン18s





 それがかなり多くの人の
 ハンドファーストを取り入れた 自分の打ち方
 だと思います。

 そのままを表した言葉は
 しならせたシャフトをしなり戻す とか、
 遅れたヘッドを待つ とか、
 場合によっては 左サイドの壁も該当するかもしれません。

 しかし ハンドファーストの意味は
 そのまんま 引きずる ですけれど
 ボールは ヘッドの重さ によって 遅れて来る分、
 そのまんま 打ち抜く、打ち終わる で
 決して その遅れを取り戻すコト ではありません。」

質問「そこが理解出来ないと 永遠の謎というか、
 なんか自分のショット、スイングとの矛盾は解消されない のですね❓」


店長「恰好だけのハンドファーストを取り入れても
 その本質が見えていないと
 良いことは起こり難いと思います。
20210701 (2) - frame at 0m24s
 スイングの打撃、インパクト以降の
 動作の終わり、終末に向けて 減速し始める
 フォロー以降は 運動慣性の残っているヘッドに
 グリップや自分が追い越されることは有りますし、
 それを無理やり止める必要はないですけれど
 それは 打撃ソノモノよりも惰性、おまけに近い部分です。

 ハンドファーストの原理は
 ハンドファーストを『形として』一度作り、
 その遅れを取り戻す、ヘッドファーストにする
 前準備ではなく、
 ショットは ハンドファースト状態のまま、打ち終えるコトで
 二つは 似ているようで かなり違います。
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m41s
 ココの部分に 多くのゴルファーは惑わされていますし、
 正しい理解が成されないまま
 恰好、形だけ追い求めてしまうのは
 ダウンスイング後半、インパクト付近の
 その煩雑な 忙しい作業は
 一番大事な からだの回転を置き去り、
 かなりのケース 止めるコト につなげてしまうので
 思っている以上に 深刻なのです。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「是非 質問をして下さい😃」

質問「え?」

店長「それじゃあ ボールに届かない、
 当たらないんじゃないですか❓ って」

質問「 それじゃあ ボールに届かない、
 当たらないんじゃないですか❓ 」


店長「あははは。ご協力ありがとうございます。

 その通りですね🤩

 だから からだの回転、向きが必要 なんです。

 もしも ボールと自分の空間に
 自分に対して 垂直なクラブにして
 ボールに届かしてしまうイメージを持っていると
 概ね その動作は手によって行われてしまいます。

 イコール からだの回転の役割は要らない✊ に
 なってしまいます。 自ら です


 地面の上で ヘッドをひきずる でも書きましたが、
 スイング動作に当てはめると
 からだの向きを替えて グリップを移動させた分、
 量も、速度も、方向も
 そのからだの向きを替えて 移動したグリップ次第、です。

 このインパクトイメージでは
 ヘッドを、シャフトを
 水平方向にも、垂直方向にも ボールに届かせてしまうと
 からだの回転でグリップが動き、
 そのグリップの移動にリニアにヘッドも移動する、
 と言う行動原則が壊れてしまい、
 腕に、ヘッドに勢いを加えるための
 単なるきっかけというか、反動造りの動きが
 からだの回転になってしまいます。

 上下左右の立体で ボールに届かない、
 からだと水平な グリップエンドの抜き が
 感覚的に自分がしなければいけないコト です。
d2e15590-s
 また この際、自分の目から
 ボールとヘッドの接触は
 フェースではなく、トップブレード のような
 コンタクトの仕方。
 クラブのL字型の 短い辺の上部で
 ボールをさらっていくような、そんなイメージです。
IMG_0659IMG_0660





 このイメージで初めて
 そのクラブのロフト通りの
 ボールのつかまり が実現可能です。
002
クラブを、ヘッドを振って
円弧を描くイメージだと
そのロフトに 大袈裟ですが
90度ロフトが増える
 30度のロフトのクラブが 120度になる感じです。

 ヘッドを振っている、
 自分とボールとの空間を
 からだに垂直なクラブのイメージがある時は
 クラブを振る分の空間が必要ですから
 ボールとの距離感は遠めのコトが多いので
 ボール位置、ボールとの距離感に修正が必要な場合も
 少なくはありませんが、
 自分のからだと平行、
3
 ボールの位置に ポールを立てたと見立てて
 振るイメージでも
 意外や意外、ボールには当たるモノ です。

 地面の上でヘッドをひきずる イメージで
 グリップの移動 イコール ヘッドの移動、
 動く、止める、反動 と言う動かしから離別出来ていると
 ココはすんなり入り易い と思いますし、
 ココがすんなり入れると 後々 スムースな変化になると
 期待できます。  がんばれ🤩」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングの、今回で言うと
 トップの位置やテークアウェイの取り方の、
 その多くが 初めてゴルフをする で無い限り、
 技術的な側面では無く
 『実は単なる思い違い
 『勝手な思い込み』等を
 解除してあげる作業の方が多いです。」

質問「😬 😬 😬 😬 😬」

店長「例えば… ですけれど
 ゴルフスイングには からだの回転〜向きの変更と
 前傾姿勢 の組み合わせ があります。

 ざっくりした説明で言うと
 その からだの回転と前傾姿勢が『有れば
 クラブを上げたり、下げたり する必要性は無い😶
 "無い" は多少、語弊があるかも知れませんが、
 上げたり、下げたり しなくても ボールは打てます。」

質問「😳 😳 😳」

店長「右を向けば 高くなります。
 左を向けば 高くなります。
 その間には 低くなる箇所があります。
 それで こと足りる可能性は十分あるので
 ことさら クラブを、グリップを、特にヘッド
 上げたり、下げたり する必要はありません✊
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m39s
 テークアウェイで 右を向いたから
 グリップの位置が『高く』なりました。
 ものすごく 腕を上げたわけではありません。

 ココ の部分 多くのパラドックスが生まれちゃうんですが、
 テークアウェイは 和訳で 「上げる」 と言いますが、
 ボールを打つ感覚や その見た目 から
 ヘッドを上げたくなります

 右打ちの人であれば
 右腕をたたむ、左腕を伸ばす、そんなアクションで
 ヘッドはたくさん動き、上がった感じ😃 になりますが、
 始めに戻りますが、からだの向きと前傾がある『から
 特に何もしなくても ヘッドも、クラブも高くなるのに
〇肩を廻せ_Moment2201808_Slomo_MomentQ2023918







 結果として ヘッドの弧は斜めの円弧になるのに、
 それを 上げるという行為(腕さばき)で
 からだの向きを奪ってしまったので
 何もかにもが台無し
 になってしまう訳です。

 上げることが悪いコト ではないですけれど
 からだの向きを奪ってしまうのであれば 本末転倒。

 からだの右向きを取ってしまうのであれば
 ヘッドを、クラブを 意図的に『上げる』必要はありません。


質問「😶 😶 😶」

店長「上げたら 下げなくてはいけませんから
 どうしても スイング全般で 腕の曲げ伸ばしで
 円を描いてしまう動き になってしまう。
Q20239180Q20239181







 テークアウェイは『上げる』『高くする』と思い込んでる
 から『始まってしまっている可能性』が非常にあるのです。

 そう信じている人に ヘッドを振るな と言っても
 スイングの根幹を奪ってしまうので無理、
 その思い込みが変わらない限り ヘッドを振る打撃になります。

 ココはまるで 一休さんの問答 みたいになる訳ですが、
 その腕の曲げ伸ばし、両腕の長さの入れ替えで
 ヘッドを振る動きが その人の打撃のカギ であり、スピードの源です。
 それをしちゃダメ✋ 辞めましょう✋ と言ったら
 打てない、もしくは 強く(速く)振れない と言うでしょう。
 …Ⓡさん

 腕とからだの役割がほぼ逆転するので
 どうしていいかも分かりません。

 コレも 原点に立ち返るコトになるのですが、
 その腕の曲げ伸ばし、両腕の長さの入れ替え で
 ヘッドを振る、ヘッドで円を描く スイングの弧 は
334151fd
 元来、からだの向きが変わるから で
 そして それが 斜めの弧 になるのは 前傾姿勢があるから
 ですので、その速度を速くすれば良い だけ です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ここまで 飛距離アップのカギは
 〇からだの回転でクラブを動かせるようになる
 〇トップから『一気に』左を向く(右打ち)

 それで ヘッドスピードを上げる、
 からだの回転がイコールヘッドスピード
 それを常態化、習慣化する と言う話し なんですが、
202011201
かなりの割合の人が
ここで ぐるぐる迷路に入り込み ます。」

質問「ぐぐぐぐぐぐ。」

店長「ソレをトライすると
 とりあえず ドライバーでは無く、アイアンであっても
 どどどスライス、右に出て、右に曲がる、
 人によっては高いだけの球、
 ロフトの開きが大きい人であれば 上がらず遅い球、
 まったく 飛距離につながって来ません。 
at 0m8s
 結果論、物理的状況で言えば
 フェースが開いている、
 ロフトが開いている、から
 です。

 チャート式にすると
.侫А璽垢開いている
□優侫А璽垢鯤弔犬
➂⇒それには 手の返し が必要
あ夕蠅諒屬靴蓮,らだの止まり、 もしくは
  からだの回転からの腕、クラブの分離 が必要
ア夕蠅膿兇襯好ぅ鵐阿定着する
➅⇒ある年齢に来ると 手で満足な加速が出来なくなる


 
この多くの➅が
 硬くてしならないシャフトを使っていた、
 ソレでスイングを覚えた から  ソコに行き着いてしまう。。。😵
 そして、手でヘッドを返す には
 返し易いクラブ 〜ヘッドが軽い 〜しなりが少ない というのがあります。
 ➅の状態になった時、ヘッドが軽い、シャフトが硬い、
 要するに クラブの機能の希薄なモノの使い方、
 もうちょっとはっきり言うと クラブでは無く
 自分の好きなように手で動かす のがその人の打撃なので
 それを邪魔される重さや柔らかさは苦手、
 当然、クラブに頼れない、助けて貰えない訳です。

 ソコの話しは大切ですが、また別な機会にしましょう。」

質問「お願いします。」

店長「スライス って 多くのゴルファーにとって
 かなりの『トラウマ』だと思うんですね。

 ソコを克服できるか、どうか が
 脱初心者の最大の証しと思っている人も多いと思います。

 で そのチャートの´◆,麓造蝋腓辰討襪鵑任后」

質問「え?」

店長「スライスする。
.侫А璽后▲蹈侫箸開いている
▲悒奪匹亙弔犬茲Δ箸垢襦J弔犬襦

 これは 合ってるんです。」
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5ss
質問「え?」

店長「ヘッドを閉じるの を
 左を向くコトですれば良い
 だけです。

 まあ 正確に言えば フェースの向きを閉じるんでなく、
 ヘッドを返すんでなく
 クラブそのもの向きを閉じる、と言うかターンさせる
 んですけどね。
 始めの発想が フェースを閉じるのか
 クラブそのものを閉じるのか の違いです。」

質問「!!!!!!!!」

店長「だから ハンドターンなのか
 ボディターン なのか
 ヘッドを返すのか、クラブそのものを返すのか、
 ヘッドを、クラブを手でターンさせるのか
 からだでさせるのか、って言ってるじゃないですか🤩

 からだを左むけることが クラブ(ヘッド)ターン です

 からだが左を向くコトと 結びついていないのが
 ハンドターン 〜フェースターン です。

 左を一気に向く ⇒ スライス は
 からだが左を向く と クラブが結びついていない だけ。


 どの道、ヘッドを返すなら
 左を向く と クラブターンを同じモノにすれば 良いだけ です。
 透明人間が行う ターン は
 その円弧の大きさや質は異なれど
 ターンする事に違いはありません。

 大好きなクラブターン、左に振るのを
 からだの向きに預ければ良いだけ です。


 ソコをカラダのターンから切り離して
 ハンドターン、手の返しで フェースなり、ヘッドなり、
 クラブターンする、それでスライスを防いでしまうと
 それをする為の準備として
〇より開く、より開いて進入してくる癖、
〇からだの向き と 腕やクラブを切り離してしまう癖、
〇からだの向き (腰から下)と
 自分では肩だと思っている 腕周り、クラブ廻りの動きを
 別なタイミングで行う癖、

 が常態化してしまいます。

 からだの向き通り、
 左を向くコトが クラブターン。

 それで 思いっきり 引っかければ良い んです。
 それで からだの向きとクラブターンがつながる。
 『フェースターン』しなくても 左さえ向けば
 スライスしないコトが体感できる。

 その後に、その次のステップとして 方向の修正。
 だって 始めた当初は 飛距離アップが優先目標。
 そして その伏線として
 からだの向きとヘッドの移動のつながり。
 それが 優先課題だったのですから
 ソレが『出来たら』『馴染んで来たら』
 次のステップ 打ち出しの方向
です。

 引っかけないような 進入軌道の修正、
 アドレスの狙い通りへの出球への軌道修正、
 ロフトが開かず(コレ大事)⇔インから入ってくる軌道修正
 からだの回転で 腕やクラブの移動を横移動では無く、
 高さ変化の移動に修正、すれば良いのです。

 からだの左向きとクラブのターンが結びついていない
 から スライスする。
スクリーンショット 2023-04-23 202551
 今までのハンドターンをするための 開いて入れる習慣が
 残っているから スライスする のであって
 ソコで その結びつき
 からだの回転とクラブの移動の結びつきのトライ を辞めたら
 今まで通り に戻るだけ です。

 そのアウトサイドインが
 本当の『正しい意味』のアウトサイドイン で
 今までの 軌道 は
 手先で造っているだけの
 軌道 なのに からだの回転とは関係のない
 小手先の まがい物の『軌道』だった
 というコトです。

 この段階を踏まず、何もかにもいっぺんに、
 が 始める時の優先目的を失ってしまう 最大の原因、
 スイング改造が投げ出されてしまう 最大の原因 です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ヘッドの重さは 直ぐに慣れてしまいます。
 ですので ちょっと重いかな 位を選ぶと良いと思います。
 
 ヘッドの効いた ヘッドの重さのあるクラブ と言うと
 鉛をちょっと張った程度のモノ をイメージするでしょうから
 ヘッド重量が 20gも 30gも重いモノ を
 多くの方は振ったコト、使ったコトがありません。

 直ぐに慣れてしまうのですが、
 重いモノの方が クラブの位置、ヘッドの位置、
 今のヘッドの姿勢 も非常に把握し易い、
 スイングのリズムやテンポも掴み易いというか、
 安定し易いです。
 
31954726

 で…どの程度の重さを選べは良いか、のお話しですが
 今は アイアンで 話をしていますが
 ドライバーも含めた クラブの全体像 で
 考えてみるのが良いです。」

質問「…と 言いますと❓」

店長「ヒトによって ドライバーが好き、得意、苦手
 と色々いらっしゃると思いますが、
 その アイアンのヘッド重量 が
 そのまま流れて ドライバーのヘッド重量につながっていきます。

 使うドライバーのロフト角度、長さ、タイプ などを
 考慮して ドライバーの振りきれる、扱い切れる重さ
 を選定した方が良いですね。

 今 弊社では ドライバーの扱いやすさ も考え
 長くとも  45インチ
 平均して 44.5インチ と言ったトコロ です。
 300g 7番アイアンですと ドライバーは 215g前後
 (45インチでは一般的には 190g) と言った感じ。

 長さにもよりますが、
 ドライバーのこのヘッド重量位を境に
 ヘッドローテーションの強い人だと苦しむ かも知れません。」

質問「では この位の重量までだと
 あまり スイングに関係なく 楽しめるのですね。」


店主「そう思います。
 正直、シニアや女性でも 軽くても ここら辺の重量が最低線
 じゃあ ないのかな と思います。

 最低でも この位の重さを使わないと
 今度はウエッジ、アプローチで困ると思います。
 ラフ、バンカーなど ボール以外の質量をどかす能力が低いです。
 それを腕力で解決って訳にも行きませんし、
 アプローチの距離感、距離加減は重量の有るモノが断然、有利です。」

IMG_0496


質問「シャフトの硬さ についてはどうですか❓」

店主「それぞれの方で 痛み の発生原因はさまざま と思いますが、
 ヘッドの軽さ、クラブの軽すぎとともに
 『シャフトの硬さ』 がかなり大きく起因していると思います。

 ドライバーに比べ 打つ頻度を多い、
 特に練習場でよく使われる アイアンの
 その スチールシャフト の 硬さ が問題です。
 ドライバーのシャフトは話題になるコトが少なくありませんが、
 アイアンのシャフト。。。特に『その硬さ』が話題になることは
 多くありません。
 ものすごい 硬い基準の中の Xとか、Sとか の差で
 まるで 血液型占い の如し 分け方 だと感じます。

 
 余談ですが、スチール のその素材がダメなのではありません。
 スチールでは 柔らかくするのに限界(予算的) があります。

 また グラファイトは織物 であるため、立体剛性が非常に高く
 復元性能に優れる為、シャフトの硬さを表す振動数で
 同じ数値であれば グラファイトの方が遥かに堅牢です。
 ですので 良くあるパターン なのですが、
 歳とったから スチールからグラファイトへ 移行して
 よりシャフトが強くなっている、硬くなっている、
 と言うケースは少なくありませんので
 そこは よく精査が必要です。

✋ゴルフ用品業界の困ったトコロ なんですが、
 歳をとって とか、女性だから とか で
 グラファイトを使って頂く場合の セット方法が
 シャフトは数値として、表記として 柔らかくなっているけれど
 ついでに 振り易かろう、軽かろう で
 分からないでは無いんですが
 ヘッドまで 軽量、超軽量にしてしまうんですね。
 

 シャフトが柔らかくなったとしても
 ソレに負荷として 動かす元になる ヘッドが軽くなったら
 シャフトを柔らかくした意味が発揮されません。
 ただ 軽い 振り回す為のクラブになるだけ です。
 で 軽いモノは衝撃減衰能力が低く、振り回すから
 肘を傷めたり、腰を傷めたりで 嫌われちゃうんですよね…
 グラファイトシャフトのアイアンって。



 スチールシャフト、その硬さについての話しに戻りますが、

.ぅ鵐僖トの衝撃の減衰性が非常に薄い
 一般的には スチールシャフト に比べ グラファイトシャフトの
 衝撃減衰性は2倍 と言われていますけれど、
 コレはおそらく 素材による基準の硬さの差 が大きいと思います。
 グラファイトよりも スチールの方が 倍近い衝撃を受ける、
 のは シャフトが硬く 減衰率が低いから でしょう。


硬いシャフトは 腕〜肘や手首の作業が多い。
 硬いシャフトですと グリップが押される と言う体験が出来ません。
 シャフトの使い方 として 真反対な使い方 を覚えることが
 多いのでは😵 と思います。
 ある程度 柔らかいシャフトですと
 グリップがシャフトのしなり や クラブの重さに押され、
 グリップが運動方向に対し、押され
 カラダの向き、その運動と分離し難いです。
 硬いシャフトですと、そもそも グリップを基点にして
 ヘッドやクラブを振る動きが多くなりますので
 腕周りがカラダと分離し易くなり、
 小さい箇所、弱い箇所である 肘や手首を傷める原因になります。」
002001







質問「一般的に どこを痛めるのでしょうか❓」

店主「一番多く耳にするのは 右打ちの人であれば 左ひじ
 ではないかと思います。

 フェースターン、ヘッドの返し をする人 にとって
 それをするため 止まる箇所が必要で
 それが 左前腕になります。
 左ひじを回転させるようなコトになり、傷める訳です。
 硬いシャフトだと 必要なテク なんだと思います。」

質問「冬場になると 肘にサポーターを付けている方
 多く見かけます。」


店主「ですよね…。

 現在のゴルフクラブ事情全般で
 ドライバーを含めたウッド系 と
 スチールシャフトが装着されたアイアン では
 あまりにギャップが大き過ぎます。
 年々 その関係は離れていく ような気がします。
 アイアンが硬すぎる のです。

 ドライバーの飛距離、ドライバーショットの楽しみは
 ゴルフの醍醐味 のヒトツ なのですから
 ドライバーを より良く、楽しく使える 環境 として
 アイアンの シャフトの硬さを考えるべき だと思います。

 クラブをセットとして シャフトの硬さの流れ
 を作るのが アマチュアのゴルフの秘訣 なんだと思います。」

質問「アマチュアでも関係あるんですか❓」

店主「アマチュア だからこそ です。
 プロは お金を貰って クラブを使っています。
 選ぶ基準が その契約金や条件 かどうかは
 人に寄りますが、アマチュアとは正反対の関係です。

 アマチュアは 練習量も圧倒的に少ないですし、
 練習場に行かない と言うゴルファーも沢山います。

 クラブの特性、シャフトの硬さに応じて
 ボールの位置やタイミングやスイングを替えたり するのは
 アマチュアにはあまりに 大変です。

 車で言えば マニュアル、ギア付きの時代ではないのですから
 距離に応じて 何も考えず 振る、打つ、
 と言うクラブセッティングに対して
 シャフトの硬さの流れは絶大な影響です。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「今日は ショット全般に言えるのですが
 特に アプローチ・パターの改善 に効果のある
 ドリルをしてみましょう。」

質問「はい😌」

店長「ショットで言うトコロの
 手で振っちゃうか、からだの回転で打てるか、
 その瀬戸際は インパクト、インパクト以降で
 グリップ、左グリップ・左手、左サイドが止まるか否か、
 で決まってしまいます。」

質問「😧😧😧😧😧」

店長「まあ インパクトで左サイド、グリップが止まる、
 厳密には『止める』ためのスイングを造っているので
 握り(グリップ)やアドレス、テークアウェイの取り方も
 同じとは言えないですけれど、
 からだの回転で打つコトの出来る人であっても
 何かの理由で グリップを止めてしまう、
 そのショットだけ 手で振ってしまう と言うのは
 往々にして起こり得るコトです。

 まずは コチラからご覧ください。」

店長「
昼連を始めるまでの ショットの練習なのか、
 アプローチの練習なのかは定かではないですが、
 始めの2ショットをご覧ください。

 おそらく…ですが、練習場でもそうですが、
 コースのアプローチで 本当によく見る
 ごくごく普通な感じ、だと思うんですね。」

質問「ですね😌」

店長「ショットで言うトコロの
〇フォローを出す…とか、
〇ヘッドを出す…とか、 今風な言葉ですと
〇ラインを出す…とか、
 また 別な意味合いもありますけれど
〇インパクト付近で『ヘッドが走らせる』なんて
 言葉から導き出される可能性は低くない、ですね。
〇長崎支部 昼連物語 - frame at 0m4s
 グリップを止めて、ヘッドをヒョイと出す、
 そのために 左腕も左サイドも止まる。

 止まったグリップに対し、ヘッドを出しますから
 出たヘッドは かなりの急上昇します。

 それに応じてか、からだ、右サイドも潜るような感じになり
 左腰を引くような…言葉は悪いですが、
 へっぴり腰になるような感じです。
 …ヘッドが急に上昇すれば 右サイドがもぐるので
 仕方がないんですけどね。」

質問「どうしたら良いんですか❓」

店長「難しくないですよ。
 自分が どういう風にヘッドを出したいのか、
 フォローでヘッドを出すコト自体は決して悪いことではない、
 ですけれど ヘッド『だけ』を出しては
 かなり激しいミスの原因にもなりますし、
 アプローチであれば ヘッドがくぐってしまって
 だるま落としみたいな結果にもなり得ます。

 出したいヘッド 出したい方向、動かしたい方向 に
 ヘッドが行くように からだの向き で
 グリップを動かせば良いんです。
〇支部 昼連物語

 また 人によって ですけれど
 グリップを動かす と言うよりも
 右打ちの人の場合、
 『左ひじ、左上腕を動かす』と考えても良いです。
 グリップを出す のも 小手先で可能ですので
 からだごと グリップを移動させるように
 左ひじを動かしておく
 と言うのも良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



〇もっこす君の練習 - frame at 0m19s〇もっこす君の練習 - frame at 0m43s










〇もっこ〇君 『伸びたり縮んだり』

〇熊もっこ

色々やり過ぎなのか、

なかなか上手くいかんとですね。

謎が深まっていますが、謎解きも趣味になりそうな年ですが。。

                       

別の角度から自分なりに、、、

右向きの方法を自分が間違っていること、な

んとなく感じているところです。

また、下ろそうとすると余計な動きと間の両方が出来ますね。

振り払って、その間を無くすのか、間が無くなるとどうなるのか、実験みるばい。


ハミングバード教団長崎支部

えぇ〜〜〜

「右向いているうちに」にじゃ なかとですか?

 

実際は そう言う状態にはなりませんが、

この気持ちを持ち合わせた時の方が 上手く打てる場合が多いです



〇もっこ〇君のリリース

〇1769ps(p)p?

いわゆるナンバ歩きで暮らしてます(なんのこっちゃ?)

右足が前に出るときには右尻、右背、右手(場所は体側)も同時に前、下に出ます。

左も同様。

 

これを背中、尻、後ろ太もも、でやります。

 

前腿は使いません。

 

慣性で?多分普通の歩き方と大きく変わっては見えないはず、と思われます。

足、尻、背、手の重さは常に下に向き、安定しています。

 

感覚としては、体を揺すって、
両足でスライド移動しているような感覚かも。

(ナンバ歩きを止まって高速で行うと
ヒクソン・グレイシーの練習の動きになります。)


対して、一般的な歩き方は、右足が前に出るときは、左手が前に出ます。

骨盤の向きは左右動かず、前に向いたまま。

右足、左手の重心は上に上がり、安定しないようです。

片足で立って、しかも重心が上にあることが多く、安定しないように思われます。


一般的な歩き方の

右足が前に出るとき、を、

スイング時に

体が左を向くときと捉えると、

その際に左手は、上に流れ、
左足は踏み蹴る形になると思われます。


右手は後ろ、下に流れ、
左手と右手の距離は大きく開くことになります。

クラブを持っているとすると、
クラブは寝る方向、そして右方向に進みそうです。

 

ナンバ歩きの

右足が前に出るとき、を、

スイング時に

体が左を向くときと捉えると、

その際の左手は左体側にあり、足、尻、肩と共に

左および下、つまりインパクト方向に向かっていることになるようです。

右手は右体側にあり、左手と右手の距離は体側分、ということになります。

クラブを持っているとすると、クラブは、左に進みそうです。

 

と、左向きを歩き方(似て非なる大きな違い) との関係で考察してみました(笑)。

 

これで若干前傾し、

テイクアウェイ時に、左足さばき、右尻さばきで
フェイスを下に向けられれば(右背肘高く左低い)、他は何もしなくても良いのかも?


〇ハミングバード教団長崎支部

おぉー

このドリル 今でもやっております。

バンカーは この感覚で打てます。出ます。
これに グリップを最初に移動させて・・・ を合体させて。

 

悩める支部員も このドリルのみで 毎日 コソ練中。

〇本日のゴルフショット 20230601 - frame at 0m2s
〇もっこ〇君の脱「右を向いている内に」

〇熊モッコ

正直、現在のスイングの形からは肩と下半身が同調すると、

グリップやヘッドの落ちが遅い可能性があり、

最初は余計にスライスが強まる感覚は、

イメージ上ではどうしてもまだ残ってしまいます。

ドリルをやって、そのイメージ払しょくへ進撃します! 

〇左向け左 - frame at 0m2s

ブログ後にまだ打ってはいませんが、

内容を読んで頭の中で整理が出来つつあり、

感覚でも徐々にイメージ変化が動き出しつつある感じがしています。

上体の捻れないとまあシンプル化しますね。

そのイメージは湧いてきました


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「説明は後に廻します。明日か、明後日の記事で😊



 まずは コレをやって下さい。 

 テークアウェイを取って
 腕が地面と平行になる位、だいたいで良いですよ。
 からだはきっちり右向きを取ります。
2023-06-01_15-15-06 - frame at 0m3s〇本日のゴルフショット 20230601 - frame at 0m2s







 ほのかーに右腕は曲がる位の位置でしょうか。
〇左向け左 - frame at 0m2s
✅Point-1
 フェースはやや下向き
 地面にまで向く必要はありませんが、
 下向きになりかかっている姿勢を作って下さい。」

Mさん「はい。」

店長「そしたら
 その位置から 一気に左を向きます。

 スイングには時間帯として
.董璽アウェイの 行きの右向き、
∪擇衒屬薫聞漾▲瀬Ε鵐好ぅ鵐阿痢ゝ△蠅留Ωき、
➂フォロー、インパクト後の 左向き と
 ざっくりですが 3つの時間帯がありますが、
 
 その姿勢を仮の 今のトップ とすると
 時間進行で言えば ,鉢△龍になります が
 意識としては △鬚垢暖瑤个靴
 一気に ➂ の 左向き✊
 お腹を、秀二を 飛球線に向けて下さい。
 すぐに✊  一気に✊ です。」

Mさん「当たりません。」

店長「今は良いんです。

 からだの向きを変える は
 グリップを、腕を移動させる為です。
 ボールを打つクラブを持ってますからね😌
  それを忘れずに😶😶

 からだを廻すと 腕やクラブには移動速度分、
 負荷や遠心力が掛かります。
 ですので 曲げた右腕を曲げたままにしておくのは
 ちょっと辛いので
 上手く当たる、当たらない は別として
 腕は その付け根である部分から離れて行こう とします。
 伸ばされる ッテコト ですね。

 それに抵抗する必要はありません。

 回転に伴って 自然に伸びる、伸ばされるようにして下さい。」

Mさん「はい。」

店長「トップ時 フェースは下向き、
 スイング円弧に対して外向き にしている、
 もしくは しかかっていますから
 腕の仕事は 伸ばすコト ではなく、
 伸ばされても その下向きを維持しておくコト です。」

Mさん「ああああ 当たり始めました。」

店長「腕のリリースを意識的にしようとすると
 どうしても からだを止めないと出来ません。
 ですので からだの回転で 受動的にする にするのが
 からだの回転との同期です。
 似ているんですけど 全然、違うんです
〇もっこす君の練習 - frame at 0m42s〇もっこす君の練習 - frame at 0m42









 トップの位置から ガバッと左を向くだけ。

 ダウンスイングと呼ばれる時間、
 帰りの右向きの時間、には何もしない に等しい。

 動作 として ダウンスイングはない 感じ

 ガバッと左を向くだけ

Mさん「はい。」

店長「からだの回転で打つスタートラインに立った状態です。
 ダウンスイングに何か出来る ッテコトは
 逆に からだの回転を止めて 腕の作業をしている と
 考えて良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Mさん「スイング映像送りました。
 なにか 改善点ありますか❓」


店長「そうですね〜。
 ご本人がソレを悩んでいるか、はわかりませんが、
 とても目につく部分で
 多くの人は ソレ を治すのに間違った道に
 余計な道に侵入してしまうので そのお話し、から。」

Mさん「あい。」 

店長「YOUTUBEにスイング動画アップし始めたなぁ〜
 と思って、数か月前から 毎回スイングを見ていたんですが
 気になっていた、気になっている点があります。
 とっても目につくんですね。

 まずは 動画を見て頂きましょう。

 スイング全般からすると
 ぴょこんと伸び上がるのが目につきます。

 頭や目線が トップオブスイングからインパクトにかけて
 5僂ら10兌紂々發なるんですね。
 コレって 傾斜地でフルショットしたり
 アプローチに苦労するんじゃないか と思うんです。
〇もっこす君の練習 - frame at 0m55s〇もっこす君の練習 - frame at 0m56s











 上手に当たっているのなら
 頭を動かすな✊ とは言いません。
 ただ 伸び上がり を治したい と思っているゴルファー向けに
 その原因と間違った対処法の話しです。

 伸び上がり、頭が高くなるのを
 単純に 伸び上がらないようにしよう、
 頭を動かさないようにしよう、
 という対処、治療は『間違い
です。

 まどろっこしいかも知れませんが
 誰もが 伸び上がりながら打とう、
 頭を動かしながら打とう、としている訳では無く
 『ソレ』が必要だから必然でしている、ので
 もしも 原因を根治せず、伸び上がらないように、
 頭の高さを変えないようにしたら、
 別のコト…
 例えば もっとヘッドターンを強くする とか
 右サイドをさげる とか
 より悪い方、より複雑、深入りしてしまう方に
 行ってしまったり、
 場合によっては 首や腰を痛めてしまう場合も
 決して少なくありません。
 また 伸び上がらない為に 無駄に深い前傾になったり
 より根深い問題にすり替わってしまうかも…です。


 また この伸び上がり、頭の上がり、の加減、量は
 振り加減に比例します。
 同じクラブ、アプローチショットであったら
 70ヤード打つのと、40ヤード打つのとでは
 この伸び上がり加減も変わるので
 ミスの原因になり易い と思います。
〇もっこす君の練習 - frame at 0m19s〇もっこす君の練習 - frame at 0m43s









 まあ Mさんの場合、急激な伸び上がりは
 微妙にインパクト以降ですので 問題はないのかも知れませんが、
 伸び上がりの原因が… おそらくですけれど、
 最大の悩みにつながる箇所なんじゃないでしょうか❓」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「もう ボールを打つコトに慣れてしまっていると
 そのタイミングの違いに戸惑う と思います。

 始めから 左腕の延長線上に出す となると
 まずは からだを廻し、
 正面を向いてカラ 腕を振る。
(ヘッドは振らな2(ヘッドは振らな1











 右腕の延長線上に出すイメージだと
 それが腕ソノモノであっても 肩周りやからだであっても同時、
 重さが掛かる分 腕側が先に動くような順序じゃないと
 ボールは打てない。

 順序が反対になります。

 すごく戸惑うと思います。 

 その代わり ですが、
 インパクト付近で からだを止める必要も、
 左サイドを止める必要もありませんし、
 ダウンスイング後半での 腕さばきもありません。

 ものすごく すっきりしたボールへの進入になります。
(ヘッド
 左腕の延長線上に出すイメージだと
 インパクト付近に近づくほど
 色々とやるコトが出来て 忙しくなる。
 ごちゃごちゃした ボールへの進入になります。
 同時に あれも これも やるのですから
 よほど 反復練習をして その動作を刷り込まないと
 上手く行きませんし、かなり複雑な動きですから
 出来るようになっても メンテナンスとして反復練習が必要。


 プロのスイングを色々見て貰うと良いんですけど
 右腕の延長線上で出すイメージの人は
 全体像も、インパクト付近もすっきりしています。
 逆に 左腕の延長線上で出すイメージの人は
 ものすごく 色々なコトをインパクト前後でする。
 プロの場合、後者はなかなか長い年月活躍出来ないのでは、
 と言う動きをします。

 実際にトライして見ると
 色々な発見があると思うんですけど
 まず ダウンスイングの手順がかなり違う。
 右を向いている内に 外から、上から掻いてくる
 そんな感じですからね😌😌

 本当に掻いちゃったら、ヘッドを振っちゃったら、
 大袈裟ですけど 自分にボールを打っちゃうコトにもなりかねない。
 フェースは自分じゃない、円の外に向けたまま、
 で無いと危険ですよ。

 今までのタイミングに比べると
 ものすごく、たぶん 半分以下、1/3分位しか
 インパクト『まで』の時間はありません。
 切り返したら 直ぐにインパクトが来ます。
 ダウンスイング って呼べるほど 時間は無いです。

 その代わり やる作業は 半分位じゃないですかね❓」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Yさん「ボールって 右手で打つ感触はないんですか❓」

店長「感触…ですので 人によって異なりますから
 どれが正解は無いとは思いますけど、
 意図的に 手で振ってみる、
 具体的に言えば ローテーション(ヘッドの返し)を
 主体にボールを打ってみる のと
 からだの回転主体に打ってみる を比べてみると
 確かに ヘッドの返し フェースターンをして打っているモノは
 右手でボールをとらえる感触はありますね。
 一方、からだの回転で打つ方は
 打つ前に じんわり右手は使いますけれど、
 ことインパクト付近、そして それ以降では
 右手の感触は殆ど何もない、
 感触だけでなく、作業感が無くなる感じがします。
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m41s
 切り返しから 徐々に右手で助けていく、
 とは言っても やはり
 からだの向きで左腕が動いてくれないと何も始まらないのですが
 そこで 右手を使う って意識しちゃうと
 からだの回転が止まる、おろそかになっちゃうかもしれません。

 手で振る方の右手の使い方は
 溜めて、溜めて、一気にビュンみたいな
 短時間に 強い使い方をしている気がします。
 一方、からだの回転の補助 としての右手は
 動作はしますけれど 役割としては
 羊飼いの牧羊犬みたいな感じですので
 少しづつ ゆっくりな感じがしています。
 右手を使う と言っても
 切り返しから ビュンと使う訳ではありません。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s
 やはり 両手を離しての素振り での
 右手使い、からだの向きの関係 を
 刷り込ませるのが良いドリルになると思います。

 手で振る場合、右手のリリースで
 クラブをビュッと振るコトでスピードを上げる
 んだと思うんですけれど、
 からだの回転の場合、 その回転の速度 が
 スピードですので かなり 感覚も違うのかも知れません。」
IMG_0294_Moment(4)IMG_0294_Moment(5)IMG_0294_Moment(6)
Yさん「両手離しの素振りは テークバックもやり難い ですね。」

店長「😄😄😄 両手離しの素振りの場合、
 ダウンスイングだけでなく
 テークアウェイにも 違いがあると思うんですね。
 一般的には テークアウェイは
 左肩を入れる ⇒ 左腕、左手をたくさん動かす
 だと思うんですけれど
 両手離しの場合、左手・左腕は殆ど動かせない、
 からだの向きが…この場合は右(右打ち)向きが無いと
 進行方向である 右手が使えちゃいますから
 右向き分、もしかしたら それ以下しか左手は動かせない。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

 ココにも 手で振るの と からだで振る 違いが
 出てくるんだと思うんですね。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Yさん「こんにちは〜🌞
 今日は ショットの、スイングのレベルアップをしたいので
 アドバイスを頂きに来ました。」


店長「いらっしゃいませ。
 では まず 打って頂きますね。

 動画取りましたので ご覧ください。

 ご自分の感想、ご自分で感じる問題点を教えて下さい。」

Yさん「なんか力強くない、手打ちって感じですね。」

店長「スイングは棚にあげて、ショットの問題点はなんですか❓」

Yさん「やはり 飛距離が足りない のと
 安定感がないコトです。」


店長「そうですか。
 私の印象は 随分、ソフト、優しく打ってるなぁ と感じます。
 おそらく…なんですが、強く振る、叩くと 曲がってしまうので
 スコア重視で 飛ばなくても真っ直ぐ、フェアウェイに、
 と言うのを心がけている、ものすごく典型的なパターンかと…。」

Yさん「ですね。」

店長「スイング、クラブの扱いで言うと
 アマチュアゴルファーの非常に多い、
 手で円を描いてしまう、
 からだの向きでは無く、右手のリリース、
 右手を伸ばすことで クラブをリリースしてしまう
 ハンドリリースです。」

Yさん「手打ちって奴ですね。」
スクリーンショット 2023-04-23 202457
店長「そうとも言いますね。
 クラブ扱いが物語っていますけれど
 ハンドリリースの為、どうしてもアーリーエクステンション、
 望むべき軌道よりも 大きな弧で入って来ますので
 インパクトへは 大きなロフト、緩い入射 になるので
 ボールも飛びませんし、
 ソレが故に アプローチにも苦労する事になります。
 バンカーの脱出には良いですけどね。
 タイミングによっては スライスの可能性も低くないので
 フェースターンが必要になりますが、
 そうすると 軌道自体も 外→内 ですので
 引っかけ方向に 左(フック)回転で飛びやすい。
 スライスもあり、それは右めで弾道が高く、
 フック、左めで弾道が低くなりますから
 かなりの広角打法になっちゃう、だから 振らないんですね。」

Yさん「そうなりますねぇ。」

店長「はい✊ 今日、ガラッと違う人✊ って訳にはいかないですけど
 ショットのメカニズムが判ってくる のと
 同時進行で 変わってくると思いますよ。」

Yさん「ホント😄ですか❓
 今まで 結構、いろいろやって来たんですが、
 あんまり はっきりとした効果がなくて…。」


店長「ショットの仕組み、スイングのメカニズムが理解出来ず、
 トップの位置はこう…
 ダウンスイングはこう… って
 恰好、見た目、姿、形を造っても
 多くは馴染まずに 真似をしたに過ぎませんから
 コース・本番では出来ませんよ。

 正直、格好、カタチなんてどうでも良いと思います。
 ボールを『ゴルフクラブ』で打つのに
 出来るだけ 効率よく、その構造を活かした使い方、
 それを 透明人間がしている と考えましょう。
スクリーンショット 2023-04-23 202551
 ざっくりとした クラブの形状や構造はほぼ同じ、
 打ち手も 手が二本とか、頭は胴体の上側にあるとか、
 目は上下で無く、左右に離れているとか、
 人が違っても ほぼ似た構造なので
 最終的には 形として似てきますけれど、
 そこは おまけ みたいなモノ と考えて下さい。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「外から入ってきているように見える軌道が
 インサイドからに変わったように見えます。」


店長「その通りですね。
 この方が、と言う意味ではありませんが
 例え 手で振っているとしても
 右向きがある程度あれば、
 無いよりも、少ないよりも
 ダウンスイング〜インパクトまでの
 クラブや腕を通す『空間』と『時間』を稼げます。

 正しい意味ではないんですけど
 一般的に言われている
 インサイドから って
 右向きがないと その空間無いですからね。

 ラウンド後半、疲れが出てくると
 ボールが飛ばなくなる、つかまりが悪くなる、
 スライスする…  からだが疲れて来て
 右向きが足らなくなる と
 この逆になる訳ですよ。」

質問「ありがち…。」

店長「練習で出来るコトの3割減がコースとも言われます。
 練習の7割位しか 右を向けない のですから
 顔を動かす、視界をコントロールする で
 『右向きの量的改善』はとても有効です。
 機能も書きましたが、リズムも早くなりにくいので
 馴染ませると とても良いと思います。

 練習で出来ても コースでは… って言われますが、
 素振りで出来なければ 練習でも出来ません。
 練習でも出来ないことを コースでやれ って言われても
 無理があるでしょ。


スクリーンショット 2023-03-12 213847


 違和感は当然あるでしょう。
 治す は 変える ですので
 違和感があることは当然です。

 治したい動き、変えたい動きって
 今までのゴルフ人生の中で
 一度もやったコトの無い動きだったりするのです。

 誰もが体験、経験があると思うのですが、
 変えた、凄く変えたつもり・・・ だったのに
 写真や動画を見ると ほとんど変化がない😵😵😵

 こんなんじゃぁボール打てないよ。
 こんなのゴルフスイングじゃない。
 って位 超大袈裟に
 この世のゴルフスイングじゃない ッテ位に
 やらないと 変わらないですよ。

 10センチ、20センチの変更意識では
 ほとんど何も変わりません。
 1m位変えたつもりで 5センチ程度変化が起こります。
スクリーンショット 2023-03-12 213807
 その位 今のスイングが馴染んじゃってるんですから
 イメージトレーニングで造り
 素振りで馴染ませ
 練習でやってみる。
 その違和感が普通に変わったら
 😵もとに戻ったら って意味じゃないですよ、
 奇妙奇天烈なその違和感も繰り返せば
 自分のモノになります。
 そうなった時、初めてコースで出来るようになる んです。

 顔、もしくは視界をコントロールするだけで
 右向きが増え、良いことが多くなる。
 やることは難しくはないですが、
 からだに刷り込ませるには 努力は必要ですが
 とても良いことの多い、デメリットの少ない改善です。
 頑張って馴染ませましょう✊✊

 初めて クラブを握った時、
 あの 奇妙なグリップ・握り方…
 もう馴染んじゃってるでしょ⁈」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ほかには テークアウェイ、右向きが出来るようになる
 なにか ヒントはありませんか❓」


店長「長崎支部長から ヒントを提供して頂いたので
 見てみましょう。😊」

 コチラが添付されていた 支部長のメモ です。

オリジナル

ダウンに入ったら 右向いているうちに勝負

トップで 視界の左端にボールが来る様に バックスイング

スクリーンショット 2023-03-12 213847

37

38

 

これほど 変わるのですねぇー!

 

は 「支部長を真似て」と言いながら
やりにくそうにトライした その時から これまでとは 違う 当たり。

音が 違っていました。

 

本人に見せると 「支部長では無い」と()

スクリーンショット 2023-03-12 213807

コソ練会場では出来ても
コースで実現するのは 時間を要しますネ

 

しかし 「恐るべし 視界のコントロール


店長「多分、視界も含めた 右向き 以外のアドバイスは
 してないと思うんですね。

 にもかかわらず 3日目?では
 スイング軌道、ヘッドの入り まで変わっています。
 無意識だと思いますけど。
 その位 右向きの質と量は重要、効果大です✋

 ゴルフのスイングでのお約束で
 ✊ボールをよく見ろ とか
 ✊頭を動かすな などありますけれど
 スイング動作の中で 頭は
 軸に匹敵する背骨の延長線上 👉後頭部辺り なんですね。

 顔って 頭の厚みがありますから
 20〜30儷瓩 その頭よりも前に出ています。

 もしも ボールを打たない、見ない で
 右を向く・左を向くを動作の主眼としていれば
 どちらも 顔はボールから離れていく のが
 普通なんです。

06ad7076-s (1)
 ボールをよく見ろ では
 間違ってはいないですけれど、
 あまりに凝視してしまうと 習慣的なのか、本能的なのか、
 ボールと目との距離を保とうとしてしまう場合も
 少なくないと思うんですね。

 スイングの種類は色々と有ったとしても
 『十分な右向きは七難隠す』と言われますので
 ボールをよく見ろ や
 頭だと思っている『』を動かさないコトで
 右向きが犠牲になってしまっている人が結構、いるんじゃないかな。」

質問「だと思いますね。」

店長「素振りや練習では 顔ごと
 クラブの移動に伴って 顔も右向ける。

 でも 実際に打つのには
 直ぐには馴染みません。 怖いでしょうし。

 ですので 視界 をコントロールする。
〇From USA?だっけ - frame at 0m39s
 アドレス時、視界の真ん中にあったボールを
 右打ちであれば 視界の左に、
 左打ちであれば 視界の右に

 テークアウェイからトップにかけて移してあげる。

 右向きの質は兎も角、
 量が増える、
 また 顔を動かす、視界を考えれば
 あわてて テークアウェイ入れなくなるので
 一定なリズムを造るのにも役立つと思います。

 からだを雑巾のように捻じって・しぼって
 『右を向け右✋』なんて訓練(拷問❓)よりも
 遥かに効果のあるドリル・トライだと思いますよ😊😊😊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブは 長い棒の先の鉄の塊、
重さの塊 👉ヘッドが付いた構造です。
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n332220353_579546073824652_4442760800244387208_n










市販の軽いヘッド
シャフトが硬いので ものすごく感じにくいヘッドであっても
 全体/総重量の6割以上モノ 重さが
その長い棒の先端に付いているのです。

これに使う人の多少の腕の長さ分、
そして 運動による 掛け算での重さも加わります。



それを踏まえた上で質問です。

😨ゴルフクラブを持って 右90度を向きます。
 テークバックですね
正面を介して、左90度を向きます。
⇒都合、180度向きを変えたとします。
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)



先に重さの付いていない ただの棒であれば
自分の180度向きを変えると 棒もほぼ180度向きを変えるでしょう。


【質問1】では 先端に重さが付いたら どうなるでしょう。

自分が180度向きを変えたら
❶重さが付いていても クラブも180度向きを変える
❷重さが付いているから クラブは180度以上向きは変える
❸重さが付いている分 クラブは180度未満向きを変える


ゴルフスイングにおける「自分の当たり前」で考えず
物理的な法則として考えてみて下さい。



【質問2】では ステップアップして
先端に 200g / 2kg / 20kg の3種類の重さを増やした場合
自分が向きを変えると
❶重さに関係なく からだの向き分と同じ(同じ)
❷重さが増える分 180度以上に増えていく(増える)
❸重さが増えた分 180度未満は強まっていく(減る)



✋✋✋皆さんが考える ゴルフスイングの当たり前 を無視すれば
当然 重さが増す分、自分の動きよりも 先端の移動量
この場合は 角度運動は「減ります」
これは 全世界、地球上で共通の物理法則です。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)




では 更にステップアップして
繰り返しますが、ゴルフクラブの構造は
先端に重さの付いた長い棒 です。
これに 運動が加わりますから
持ち手に加わる その重さは 数キロ
場合によって 10キロを超える可能性 もあります。

物理的法則で 打ち手が右から左へと 半円180度向きを変えた時、
運動も加わった その重さ分、クラブ/シャフトの回転(ターン)は
180度未満、速度や場合によって前後しますが 90~120度位になります。


✌一応、補足しておきますが、インパクト以降
自分(原動力)は減速し始めますので、
その結果、重さ(ヘッド)にかかる慣性から
からだの回転やグリップに追いつき、時として追い越す可能性も
無いとは言えませんが、それは 打った以降のコト で
そこは スイングの意識としては 
おまけ の部分です。

スイングする、クラブを動かす、扱うイメージとして
重さ分、クラブの方が、特にヘッド部やシャフトはターンしない
重さ分、ターンが少ない と考えれば
自分のからだの回転は 正しく180度ターン出来るでしょう。

達人のココから盗め_Moment(5)
しかし、始めから 重さが付いていようがいまいが、
運動によって 重さが増えようが増えまいが、
●自分がターンした分 と同じ分だけ クラブもターンする
●もしくは ヘッドがグリップを追い越す 👉 クラブの方が多くターンする

と思っていると
上記の からだの回転、体のターンとは同じには出来ません。



自分が180度ターンするコト と
クラブが180度ターンするコト は
似て非なる、まったく違う回転になる と理解していないと
からだの回転を用いて、ダイレクトにボールを打つスイングは作れないのです。

ややこしく感じるかも知れませんが、
とても重要なコトなのです。
私、個人が見てきた ほぼすべての人は
悩みの有るゴルファーのすべてが そこを大いなる勘違いしています。

✌繰り返しますが、
打った後、からだの回転は減速に入ります。
その際、ヘッドやクラブに残った慣性が
からだの回転やグリップに追いつき、追い越す可能性はあります。
しかし、それは打った後のコトで
そのおまけである 追いつき、追い越す行為が打つコトそのもの
打撃だと信じている限り、振り遅れの、手打ちをするしかないのです。
振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)




ここの部分が理解出来ていないと
からだの回転でボールを打つコトは不可能です。
目指しているモノが違います。


からだの回転でボールを打つ というコトは
そのクラブの構造、運動によって増す重さ分、
からだの回転に対し 遅れるヘッド(遅れないグリップ)を使って
ロフトを立て、ボールを上から抑えるコト で、
その遅れを取り戻したり、弾いたり(シャフトを返して)して打つコト はスナップショット 1 (2018-05-19 20-35)
どこかでからだの回転を止め、手で振るしか成せない打撃です。 

ゴルフスイングを壊すイメージです ⇒
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:「グリップの握り方、にスイングが表れる というか、
 スイングを治し、出来るだけヘッドを振らない、
 手振りを治して行こうとすると グリップの改造 に
 辿り着くのですが、正解でしょうか❓」


店長「はい。大正解だと思います。

 一般的に グリップと言うと
 インターロッキング、オーバーラッピング、ベースボールなどの
 大まかな握り方 と
 フック、スクエア、ウィークなど の
 その握る角度というか、関係のコトを指す、 と思うのですが、
 おそらく…ですが、質問者様の仰る『グリップの改造』
 そのどれにも属さない、
 あえて言えば フックだったのが、結果、としてですが、
 スクエアに近づく、あくまでも結果として✋
 と言ったトコロだと思います。
Desktop 2023.02.07 - 10.40.44.01 - frame at 0m21s
 グリップから造る は正しい道なのですが、
 この場合は 初めてゴルフクラブを握る、
 ゴルフを始められたばかり では その通りです。
 が、いったん 普通にゴルフが出来るようになってしまうと
 インターロック、オーバーラップ、
 フックグリップ程度の意識で グリップ(握り方)は
 その振り方というか、クラブの扱い方で
 自然と形成されてしまいます。
  ほとんどの方が 意識してないですねー。

 悩み多きアマチュアの場合、
 だいたいが フックグリップになっていくのですが、
 それと同時に どんどん 左手と右手が離れていきます。
 フックグリップが重要なのではなく、
 『左右を離したい』からフックグリップになるのです。
会田20210701_Moment(2)

 アドレスをからだの正面から見た時、
 右打ちの場合ですが、左手の親指が
 まるごと見えてしまう方も少なくありません。

 インターロック、オーバーラップ…
 今回のテーマではお好きなモノで問題ないです。
 ベースボール、10フィンガーの場合、
 その握り方が問題なのではなく、
 左手と右手の密着度を無くす、
 左右のグリップを離したい が為に行き着くグリップ
 と考えて 大方、間違いありませんので✖です。
4-lg (グリップ●
 






ハンドリリース、フェースローテーションの強い方は
 やはりフックグリップが強く、
 左右がかなりはっきり離れています。
 その方が スクエア、左右を密着させようとトライすると
 当然、上手く行きません。
 フックグリップにする ポイントは
 左グリップ(右打ち)がガッチリ・深く握るコト で
 その理由は そこが支点になって、回転するクラブを
 支えられるコト です。
 ですので スクエア、左グリップを浅く握ると
 クラブを振れなくなるので 上手く行かない、
 当たらない、飛ばない ですので 数球で『辞めます。』

 グリップはクラブの扱い方ソノモノ と言ってもよく
 ダウンスイング後半〜インパクトで
 クラブ・ヘッドをボールの方に『手さばきで』出したい、
 ヘッドを下に『手さばきで』下げたい方は
 ソレがしやすいよう、左手(右打ち)に対し、
 右手はボールの方に出すコトになります。
ダウンスイング〜左上腕_Momentダウンスイング〜左上腕_Moment(2)ダウンスイング〜左上腕_Moment(3)






 一方、からだの回転でクラブを動かしたい方は
 利き手でもあり、チカラの強い右手を使って、
 左グリップが体の向きの進み、に遅れないよう
 親指側の掌底で左手の掌底を押して 助けよう としますので
 左右の密着度が必要です。

 また クラブを振るタイプの方は
 腕も含め、クラブに遠心力を掛けてしまうので
 クラブがすっ飛ばないように その遠心力に対し、
 強く握る必要が生まれますが、
 からだの回転でクラブを動かすタイプでは
 ボールを打つまでは 腕に遠心力はかけますが、
 クラブに遠心力が掛かる量が多くない為、
 クラブがすっぽ抜けにくいので
 それほどガッチリ握る必要性がありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「振り遅れ、それに付随するんですけれど
 この二つの写真を比べて貰うと分かると思うんですけど
002001






 グリップの進み具合
 グリップの移動具合が全然違いますよね。
 短くした腕を伸ばしたコトで ヘッドを、シャフトを振るには
 グリップがあんまり進んじゃ 出来ないんですね。
 ヘッドを振るから余計、そうなるんですけど…。
413445






 そうする為に 切り返してから
 からだを廻しても 左腕を置いていきます。
 『手遅れ』ですね。
 これも意味があるんです。
 無意識だとは思うんですけど、
 ハンドリリースをするためには 必須になるんですね。

 テークアウェイやトップの位置で
 クラブを開いて、開いて上げるのも意味あるんですね。
 似た要素ですね。」

質問「なんだか 一個目のボタンの掛け違い が
 ものすごく多くの余計なコトを生んだりするんですね。」


店長「そう思います。
 技術的な要素 というよりも
 ぼんやりとした『思い込み』が色々なコトを生むんですね。」

質問「手打ちって言うか、
 スイングは円だ、とか
 開いて閉じて振る、とか
 ヘッドを返す、とか
 だいたいのことが 悪い方でつながっちゃてるんですね。」


店長「そうですね。
 やはり勇気を出して 一度トライしてみるコトです。

 右打ちの人であれば 右腕を伸ばす〜伸ばされたとしても
2021-12-13_17-06-22 - frame at 0m
2021-06-04_21-01-10 - frame at 0m15s







クラブはここまで
 グリップよりもヘッドはボールの方に出さず、
 グリップよりもヘッドは低くしない、

 ボールが当たる、打つとしたら
 そのボールは軌道上にありますから
 その軌道に対し おおむね直角な、
 全体的に 下に向いている進行方向ですので
 地面とは言いませんが、かなり 下向き〜シャットな状態です。

 遠心力で腕が伸ばされる、にしても
 解くのは腕までで クラブまでは解かない、
 それは からだの回転がやるコト です✋

 何度も言っていますが、
 このまま では ボールにヘッドが届きませんから、
 打撃付近の 肝心要なトコロは からだの向きを一気に変える。

 最終的には同時、
 当然、腕やクラブはからだの向きで移動するので
 腕自体を積極的に下げる、動かすのではないですが
 腕やクラブには重さもあり、慣性も掛かっているので
 若干、後から動き出すように『見えます👀が』
 クラブの重さを利用して 先にグリップを落とす、
 位のイメージがいいのではないでしょうか⁈

 イメージとは このポジションが出来てから
 からだの回転でインパクトに入る感じです。

 そう言う意味ではアプローチショットは
 ソコの部分ソノモノなんですね。

 トライしてみて下さい。」

質問「やってみると分かるんですが、
 今までって からだの回転は止まってたんですね。」


店長「ですね。肝心なトコロで✋ です。」

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スライスはアウトサイドインだから…
 みたいな誤解も 手打ちを誘発し易いんですか❓」 


店長「あるかも知れません。

 話は逸れちゃいますけど
 見た目のスイング軌道の意識って
 ちょっと 自意識過剰と言うか、自分本位過ぎる、と思うんですね。
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m31s
 ボールって無機質なモノですから
 どんな番手で どの方向に打たれるかは
 当然ですけれど 知りません。」

質問「確かにそうですね。」

店長「一般的に言われる アウトサイドイン とは
 構えた人の 理想的な❓ 本来の軌道よりも
 外から入ってきたんですけれど
 ボールにとっては その方向に打たれた、振られた
 に過ぎません。
 インサイドアウトも同じですね。
 ボールに判断力はありませんが、その方向に立って
 その方向に振られた と同じになります。
FinfaZ7UAAAnu8v
 一方、スライス(回転が多い)、右回転は
 軌道に対する フェースの右向き(右打ち)具合、
 左回転が フェースの左向き具合 が影響します。

 ですので 一般的なその軌道とフェースの向き具合は
 当然 組み合わせるコトが可能で
 アウトサイドインの右回転も、左回転も
 インサイドアウトの右回転も、左回転も
 双方ともに可能ですし、存在します。

 正しい形の……なんか、変な言葉になっちゃいますが、
 『アウトサイドから』は インパクト直前に
 手で弧を描いて、脹らんだ弧でボールに入ってくるコトを指し、
 クラブはロックされたまま、スライドして入ってくるのを
 『インサイドから』と言うのですが
 『アウトサイドから』はこすり球、
 『インサイドから』はつかまった球、になり易いですが、
 これにも 双方、右回転〜左回転、両方あります。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)



 ゴルフに夢中になってくると
 練習場で過ごす時間が結構、増えてくるわけですが、
 そうなると インテンショナル(意図的な)スライスやフック、
 フェードやドローを打ち分けよう、打ってみよう
 と する人も多いと思うんですが、
 仰る通り それって 手振り、
 スイング軌道、ヘッド軌道をからだの回転ではなく
 手さばきで造ろうとする習慣は付くんじゃないですかね。」

質問「スライスはどう治せばいいんですか❓」

店長「フェースを開かず、右向きをある程度取って、
 正しい意味で 『インサイドから』
 つまり ヘッドをボールの方に手で出さなければ
 クラブの構造上、ボールには左回転が入り易くなります。
 その入れ方であれば 右回転が入ったとしても
 曲がりが出るようなコトも少ないと思いますから
 正しい意味での 『インサイドから』というのを理解し、
 トライしてみることが本道じゃないですかね。

 フェースをターンさせて、開いたモノを閉じて…
 丸い球を打つのに、ヘッドやフェースをこねて
 『廻して』改善しようとしても、
 別な問題にすり替わるだけ、だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「よく言うのですが、
 スイングはアプローチショットで治しましょう、と。
 アプローチショットなり、ハーフショットの
 インパクト付近の動きって
 ショットの インパクトの部分を抽出している ので
 そこが鍵になる訳です。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
 アプローチ、例えば 15ヤード位のランニングアプローチ
 の動きは まさにインパクト部分の抽出されたモノで
 ここに その方のスイングがほぼすべて表れます。

 ちょっと 横道に逸れてしまうかも…ですが、
 よく言う 振り子のアプローチのイメージは
 『遅れてきたヘッドが グリップを追い越して 先に行く』
 その動きが 手打ちを誘発してしまいます。

 動画や画像など スイングを2次元の平面上で見るから
 そう『見える』のであって
 特殊なショットを除き、アプローチのような
 勢いのないショットで ヘッドがグリップを追い越すことは
 フィニッシュ〜最後まで起こりません。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)
 フルショットの場合は、インパクト後
 スイングを終わらせるために 人間の動作、
 特に回転は減速に入るので、その際、運動慣性の残っている
 ヘッドがグリップを追い越すのは
 からだの保護のために必要です。
 しかし、それが『打つコト』そのもの ではなく
 むしろ オマケ に近いモノです。

 よくある素振りの 悪い導き ですけれど
 インパクト以降 ビュッと ソコで音をさせる。
 ソコの速度が速いと良い・・・・
 ウソじゃあないんですけど、
 それは そこまでの回転の速度が速かったから
 クラブの慣性も速いので そうなるんです。
 似ているようですが、そこで
 何かを止め、その慣性を使って ソコをビュッと振る、
 のとは違うんです。

 そういうコトをひっくるめていくと
 イメージと言うか、思い込みみたいなモノが
 スイングと言うか、クラブ扱いをかなりの部分
 形成してしまっているのは間違いありません。


 手で振っていた、フェースターンしていた のを
 からだの回転でソレをする、に移行するのは
 その どこにも特殊な、そして『新たな』技術は無いんです。
 ほとんどのコトが知っているコト、既に出来るコト、
 で構成されているんですけど
 結局のトコロ、覚えの良い腕の動かしで クラブを振りたくなる、
 言葉としては全く反対なんですけど、
 手抜きというか、億劫だから小さく近いモノで動かす、が手打ち であって
 その手抜きを覚えちゃうと 真面目に丁寧にからだを動かす、
 からだのターンって なかなかイケナイ と言う
 実生活の縮図みたいな部分はあるのかもしれないですね。

 分かっちゃいるけど からだの向きや高さを変えず
 手を伸ばしたり、手先で何かしようとして ぎっくり腰になるのと
 ちょっと似ているかも知れませんね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「まあ ここまでは
 手でクラブを振ってきての 良くない点を挙げたんですが…。」

質問「そうそう、それは身をもって分かります。
 で、どうしたら 手で振らなく成れる んです。」

〇肩を廻せ_Moment
店長「幾つか理由は考えられます。
 そして それらは絡み合っていたりするのですが、
 順をおって 考えてみましょう。

質問「はい。」

店長「まず 初歩的なパターンの  ,任垢韻譴
 手で円弧を造らない、先端を振らない、
 👉円弧はカラダに任せる
 一応のゴールは からだの回転で振るってコトなんですが…

 これはとても良くあるケースです。
 まずは コチラをご覧ください。 

 
 お二方とも とても よくあるケースです。

 このお二人は 骨盤で回るというタイプでは無く
 肩を廻す が からだを廻す と思っていらっしゃる。
 ……それは兎も角、
 ダウンスイング以降は分かり難いですが、
 テークアウェイをご覧ください。
 腕を振っているだけで からだ自体を右に向けていない。
201808_Slomo_Moment〇肩を廻せ_Moment2〇肩を廻せ_Moment(2)〇肩を廻せ







 ココ ものすごく錯覚している人がいますけれど
 肩の含まれている 胸が右を向くから
 右向きが生まれる んであって
 肩・肩甲骨・腕を振るんではありません。

 この画像の4方ともに ほぼ右向きがありません。
 胴体がねじれている というよりも 歪んでいる…だけ。
 ココから クラブを振りだしたら…… ご想像の通りです。


 肩で廻る というのは 胴体をひねるコトです。
 腕を左右に振るコトではありません。
 ココは早く脱しないと…
 コレが習慣付いてしまうのは とても拙いです。


 クラブを振ると 円が描かれる、
 ココは良いです。
 しかし ソレは 肩・胴体が捩じられるんであっても
 骨盤が向きを変えるんであっても
 どちらであっても クラブを持った肩部分が
 右を向いたり、左を向いたり するんであって
 それ無しで 円弧を造ろうとすると
 クラブを握った 左右の手の 長さを変えて
 腕さばきでその代用をしなくてはなりません。

 しつこいですけれど ゴルフクラブは
 1mの長さがあって その先端に重さが付いています。
 ですので 運動させますと 色々な負荷が生まれます。
 それを 腕だけでさばくコトになります。
 また 左右の長さを調整して円を描くと
 どうしても ヘッド、フェースを回転させざるを得ません。
 ゴルフクラブは 打撃部分である
 ヘッドの重量点(重心)が
 棒、握っているシャフト・グリップの延長線上になく
 重心距離であったり、重心深度というのがあります。
 ですので 行きと帰りでは 重さの掛かり方が大きく変わります。
 ドライバーで言えば
 そのズレは 40弌4センチ近くなりますので
 テークアウェイでは その重心によって
 ヘッドがたくさん動き易く、
 それは フェース・ロフトの開きになります。
 ところが、ダウンスイング以降になると
 重心が4センチずれているコトが 悪く作用し、
 より重さの掛かる、負担のある動きになります。
((スライスにさよならしよう_Moment
 ですので からだの向きを 肩であっても、骨盤であっても
 からだの向きでやっていない 腕さばきでやっている方は
 長物のクラブ や 重心位置のズレが大きい箱形のヘッド が
 苦手になるケースが多いでしょう。
 コレは 物理的に仕方無い症状なのです。

 ショット全般としては 基本としてスライス気味、
 もしくは それを封じるための引っかけ気味 の球になります。
 
 なんとも言えないのですが、ソコを克服する為に
 たくさんの練習をして 自然と目標に対して
 やや右気味に構え、薄く引っかけるコト でスライスを改善します。
会田20210701_Moment
 そして このタイプの方はドライバーを苦手とし易いですが
 同じく苦労するのがアプローチです。
 ドライバーの方はスピードで解決できる部分があるので
 まだマシですが、スピードで解決できないアプローチには
 参照:アプローチ・スコアアップの壁 手打ち脱却・卒業徹底講座➁ : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
 かなり長い年月、10〜20年単位で苦労するコトになります。」

質問「うぐぐぐ・・・🤒」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




質問「今日は どうしても手打ちを治したくて 練習に来ました。」

店長「いらっしゃい。
 そりゃ また どうして❓ ですか。」

質問「歳を取って 飛ばなくなってきた、だけじゃなくて
 球筋もより安定しなくなってきたし
 アプローチも一向に良くならず、スコアもどんどん悪くなる、
 ここらへんで 心機一転して やらないと…と思って。」


店長「あああああ
 そうですね。 手打ち・フェースローテーションで打つのには
 どうしても 腕力が必要です。
 スピード、飛距離じゃなくて
 同じことを繰り返せるのも やっぱり腕力次第ですので
 若い人、チカラのある人専用の打ち方 と言っても良いですね。」

質問「そうですよね。」

店長「深いテーマなので いつものコトですが、話は長くなります。
 飛距離 の話しは後回しにして
 手打ちって スピードで誤魔化せない アプローチショットに
 どうしても顕著に出てしまうんですね。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s

 ドライバーがOBしないって言うのもありますけど、
 やっぱり アプローチはスコアに直結しますから
 出来れば早い内、…年齢ってことですね、 
 手打ち からは脱却、卒業した方が良いです。」

質問「はい。」

店長「どうして 手打ちになっちゃうのか の話しは
 のち(別記事)ほどしますけれど
 まず 手打ちがどうしてアプローチに適さない のか
 どうして 上手く行く確率が上がり難い のか
 を説明します。

 地面に置いたボールを
 ヘッドを地面から上げないで、地面をこするように打つ
 と言う条件で
〇ヘッド・クラブを回転する打ち方 と
〇ヘッドを引き摺る グリップを動かして
 ヘッド姿勢・クラブ姿勢を変えない打ち方 を 比較します。

 まあ 答えは明白ですけどね。

 ショットって 力加減・ヘッドスピードが同じでも
 ものすごく色んな球が出ちゃいます。
 アプローチで使うのは だいたいのケース
 ロフトの大きいクラブ、そして 長さの短いクラブ なので
 より それは激しい、
 より 色んな球が出易いんですね。

 そう言った意味でも ロフトの立った
 例えばパター(ロフト3.4度)であったり
 7番アイアンであったり、8番アイアンで 打てるのなら
 そちらを使った方が ミスの幅というか、ミスの種類は少ないです。
〇ハンドターン16s
〇シャフトやヘッドを回転する打ち方
 もしくは ヘッド軌道の円弧が小さくなり易い打ち方 ですと
 当たり前ですけれど 色々なヘッド姿勢、フェースの向きだけでなく
 ロフトの角度も 色々な状態で当たる可能性があります。
〇ハンドターン17s
〇一方、クラブ姿勢を変えず、ヘッドを引き摺る
 そう言う打ち方ですと インパクトのポイントが
 前後に何センチかズレた としても
 姿勢が大きく変わっていませんから 差が出にくい

 何センチは行けるかも ですが
 私たちは機械ではないので 何ミリはズレます。
 そうなった時、ヘッドを回転、クラブを回転させる方は
 そのズレがそのまま 弾道・球筋の違いに表れます。
〇ハンドターン18s
 そして その弾道や球筋の違いは 距離の差・距離の違い にも
 なってしまうので 同じヘッドスピードで打っている『つもり』
 だとしても 何ミリの違いで距離が変わってしまいます。
 からだの感覚として 距離感が刷り込まれ難い んですね。

 前者は弧、円ですが、後者は直線的です。
 これは 地面の上でヘッドを這わせる の2次元の話しですが、
 ショットは当然 立体、3次元ですので
 その円弧、脹らみは 上にも、下にも増えます。
 ですので 手打ち・フェースローテーション、
 円弧の小さくなる振り方の方が
 ダふったり、トップしたりの可能性も高くなります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


8658a3e6-s
多くの人が信じて疑わない
フェースの返し、ヘッドの返し
要らないピザは遅効性ですが
かなり根深くスイングの災厄を生みます。



飛距離が思ったように出なかったり
スライスしてしまったり
むやみにボールが高くなってしまったり
それは ヘッドの返しが上手くいかなかった
もしくは ヘッドの返しが足りなかった、間に合わなかった
と信じています。

kumasan201810 (2)_Momentkumasan201810 (2)_Moment(2)この 要らないピザを頼む行為
具体的には
×ヘッドを返す、
×グリップを入れ替える
×シャフトを振る
 は
そのまま 
●ロフトを増やす動きであり
●体を開く行為であり
●右サイドを下げる動き
 そのものになります。

そして その行為が
多くの人の ゴルフショット、ゴルフスイング そのもの
ボールをさばく動き そのものになっています。


それを辞めろ というのは
ショットをするな、ボールを打つな と同意語に
なっているのですから 治る筈もないでしょう。

ダウンスイングはもとより、テークバックにおいても
アドレスやグリップにおいても
『その行為をするため』のモノになっている訳ですから
それが消えない限り、どこをどういじっても
 必ず 必ず そこに戻ります。
キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)





勿論 そのフェースローテーション〜グリップの入れ替え で
ボールを打ち、飛ばし、スコアを良くすることも可能ですが、
非常に難易度の高い「曲打ち」がゆえに絶対量の練習、練習頻度が必須です。

クラブを下げながら からだは上げる
からだを開きながら フェースは閉じる
クラブを動かしながら からだは止める
右手を動かしながら 左は止める
腰は回しながら 肩は止める
 等の
逆の動き・相反する動きをせざるを得ないため
難易度だけでなく、体への負担も非常に高く
そのうえ 球数、練習頻度が必要なのですから
マッチョな考えでない限り とても薦められるものではありません。
IMG_0175(2)_Moment

まあ 一番直結な方法は
フェースを返す、グリップを入れ替える打撃では
上手く打てないクラブを使うことでしょう。
逆に言えば そのような打ち方をせざるを得ないクラブと
お別れすることだと思います


勿論 それだけでは半分しか満たされません。
残りは クラブというモノの構造
からだが回転して打つ という組み合わせを
しっかり頭で把握する必要があります。


技術 動作 運動 と言う部分で言うのならば
ほんの短い 数m打つ ランニングアプローチ
で それが出来るようにならないと
絶対に フルスイングでそれをすることは出来ません。
フルスイングの改造はフルスイングでは絶対出来ません。
数mを思ったようにコントロールできないショットでは
150m 200mをコントロールすることなど出来ないのはわかると思います。
IMG_0148_Moment

ゴルフのショットは 1mも一打 200mも同じ一打カウント、等価の重さです。
飛ばすコトはものすごく大事ですが、
距離をコントロールするショットとフルショットが
違う概念では 自分なりのゴルフスイング・ゴルフショットで
体の故障や無駄な練習量を費やさず
満足いくことは出来ないと思います。

永遠に偶然を追いかけることになるだけです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転のコトを『捻転』
 ねじれさせる と言う言葉を使いますが、
 若い人はまだしも 一般的なアマチュアゴルファー向けの
 スイングの回転を表現するには 良くない気がします。」

質問「捻転…。」

店長「そうですね。捻じれてからだの向きを変える というと
 背中廻り、胴回りを捻るニュアンスが非常に強いですし、
 それを促す為、重さである クラブ、
 その重さも先端が重い 振り子っぽい構造 ですので
 それを利用するのを『ヘッドの重さを利用する』
 と結びつけやすい でしょう。
99921165316




 クラブを振り、腕を振り、その勢いで
 胴体を捩じる のが 『捻転』

 誰に教わった訳でもないのに そう言う答えに
 行き着き易い んじゃないかと思うんですね。」

質問「背中、左肩廻りの張り が右向きの目安ですね。」

店長「腰に対して肩を廻す は
 若い人を除く、一般的なアマチュアゴルファー向けではないので、
 骨盤ごと右を向ける、秀二を右に向けるを前提にしますけど
田中どら_Moment(5)田中どら_Moment(4)田中どら_Moment(5)





 前傾姿勢を残す、保つ、保たせる と言うコトを
 考慮すると 背中の張りでは無く、
 右打ちの人であれば 右脚、右大腿とお尻の向き差、
 股関節廻りの張り、右のお尻の張り が目安が良いです。 

 肩や、特に腕を使って 胴体を捻っていたのを
 足を使って 骨盤の向きを変える
 捻転というのが適切な言葉とは思えませんが、
 向きを変える場所を 下に下にずらしていく方が
 疲労や年齢、体力低下には強いと思います。」

質問「秀二の向き…ですね。」
シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment








店長「はい。20代、30代の頃のタイガーは
 秀二をボールに向けたまま 胴体を捻っていましたが
 最近では 右 とまでは行ってませんが、
 右斜め45度位まで 秀二を向けるようになっています。
 彼ですら そうなのですから…。

 骨盤も右に向ける、
 からだも硬くなっているのなら 顔や視線も右に…。
 となると それをするコトの出来るアドレス
 でないと バランスが取れません。
 胴体をひねる方のアドレスは 傾向として
 前傾が深いか、ハンドダウン気味のことが多いので
 もっと起きて 前傾を浅く、棒立ち気味にして
 ハンドアップ気味に変更しないとイケナイ
 かも知れませんね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「加齢や運動不足によって
 胴体だけでなく、首回りや肩周りも硬くなるので
 右向きが不足になりガチ です。

 動画内では やはり年齢のせいなのか
 タイガーウッズ選手は素振りに留まり、
 肩周り中心で向きを変える ロリ―マキロイ選手は
 着ぐるみをとても嫌がっていますね。 」

質問「着ぐるみを着て 打つのは大変ですけど、
 普通に近い動きを出来る人も居ますね。」


店長「からだの動きって 年齢を重ねると
 薄い着ぐるみ、太ったってコトじゃないですよ、
 多分…ですけど 自分の意志で動いてくれない箇所が
 そこはかとなく増えるんじゃないですかね。」

質問「すごく分かる気がします。」

店長「ゴルフスイングでのテークアウェイ、右向きで
 首回りが硬くなる、右向きに応じた左向きがし難くなる
 と言う点においては 顔も視線も からだの向きに応じて
 右を向いてしまう のも一つの手だと思います。
(回転とフットワーク_Moment(3)

 顔ごと 右を向いてしまう は
 習慣として 直ぐに取り入れるのは難しいかも知れませんが、
 コト技術的な 右向きをしっかり確保する ていう点においては
 ものすごく有効な方法です。」

質問「顔ごと右向きをすると ボールから遠くなる、
 ボールから離れる感じがするので 慣れが必要かも…ですね。」


店長「はい。
 実際に からだの右向きの伴う 顔の左向き は
 両胸の間を向いていた顔が 左を向く分、離れます。
 右を向いたのに 顔の位置が変わらない というのは
 顔を近づけたのと同じですね。
((フットワーク (2)((フットワーク_Moment(2)((フットワーク









 そこって 初めてボールを打つ人が苦労するトコロ…
 右を向けっていうと 顔はボールから遠ざかる のに
 顔は動かすな って言われる訳なので。。。

 とは言うモノの、
 からだが硬くなる、首回りが硬くなる、
 そう感じている方にとっては
 右向き不足を解消する、段々右向きがし辛くなる
 の解消方法としては 一番有効な手立てかも知れません。
((フットワーク4

 ボールから一度 目線を切る 位のつもりで良いかも…ですし、
 テークアウェイを急がないという点においても有効…です。

 十分な右向きは 七難隠し と言いますから、
 その逆の 不十分な右向きは 色々なミスを生む、
 慣れるのはちょっと時間がかかる、かもですけれど
 とっても有効なスイングのチューンナップだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 そもそも…なんですが、
 この記事内で使われる グリップエンドを上に👆
 と言う意味は インパクト〜フォロー以降
 グリップエンドを空に向けたまま 抜く
 グリップエンドを空に向けていく というイメージの話し です。
 (なんだ そりゃ⁈ って人も居らっしゃるかとは思いますけど😓)





支部長「 切り返し時 グリップエンドを上へ  で動いた方が
 インパクト時 ヘッドが来るのを待たなくて良い 感じです。

 そして この方が ヘッドも インからアタックしています。

 中々 上手く出来ませんが…。」

店長「そうですね。。。

 多分 ですが、スイングタイプとしては

 右のスイングの方が安心感は高いような、

 違和感は少ないような気がしてはいるのですが…。


 スライスが出にくい振り感なのでは、と。

〇グリップエンドを向きを

 一方、

 グリップエンドを上に向けて抜く、あくまでもイメージですが

 そちらの方がグリップの下がりも良く、

 そのせいで 気になる部分である

 インパクト付近のグリップの浮き、

 からだからの離れ も改善され

 かなり良い状態だと思います。」

支部長「
左の方がグリップの下がりも早いです。」

〇グリップエンドを向きをどこへ - f
支部長「ご所見のとおり 右が違和感ありません。
 左は 練習場では出来ても コースは まだまだ だと思います。

 

 ただ 左で打てた時の 当たりは とても良く
 特に 距離・方向の精度が要求される アプローチでは 抜群な感じです。

 色々と やってみます。」

店長「茲離好ぅ鵐阿蓮▲ぅ鵐僖トまでの時間が微妙に短い、
 早いタイミングでのインパクトになるので
 慣れが必要になるかと思います。


 ダウンスイング時での手の下がり
 手(グリップ)の降ろしではなく、『下がり』ですね、
 奇妙なモノで ダウンスイング初っ端から
 降ろす、下げる、のではなく その真反対の
 グリップエンドを上に向けて…
 どちらかと言うと 下げず、降ろさず、 👉上げる
 に近い意識 の方が  グリップの下がりが良い😊 のです。

 それによって インパクト時の手の浮き、が改善され
 からだに近いトコロ を 通っています。
 当然、なのですが、からだに近いトコロを手が通ってますので
 ヘッド軌道もコンパクト、小さめな軌道、
 短いクラブ で インパクトに入れますので
 今までよりも アタックアングルが確保出来る。
 それが弾道の良さ、アプローチの精度につながっているのだと思います。


 また、よく見ないと判別が難しいですが
 インパクト時の伸び上がりも かなり改善され
 とても良いスイングの方向性(弾道も、ですが)、改善点だと思います。

 スイングの改良は
 今回のように 切り返し時から
 グリップエンドを上に向けて✋ のような意識で
 よりグリップ、手が下がるようになったり、
 それに伴って インパクト周辺の手の浮き や
 グリップのからだに近いトコロを通過出来るようになったり、
 インパクト前後の 伸び上がり が改善されたり と
 まったく意識していなかったポイントが
 だいたいの場合ですが、同時に複数、改善されます。

 正直、な感想ですけれど、
 なになにがダメ、何々を治したい、
 特に からだの動きを直接修正したい場合、
 その時、その箇所を治すのは有効でない場合が多いです。

 なんと言えば良いのか、ちょっと例えは悪いですが、
 背中が痛いのが胃炎だったり、
 心臓が悪かったりする のと似ています。」

店長「そして 今回、一番 変化したのは…ですね…。」

 続く・・・👋👋
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


質問「肩を廻せ、左肩を入れろ の話しからは
 少し遠ざかってしまったような気がするのですが、
 手打ちの解消はそれと関係あるのですよね❓」


店長「そう思います。
 からだの向きで移動させるゴルフクラブとの接点、
 グリップの移動では足らない、その動力だけでは
 自分のイメージしている円が造り切れない、から
 手で振る場合が多いですから
 当然、それをする為の準備もあるでしょう。
 おそらく ですが、そのイメージが解消されると
 からだの廻し方やテークアウェイの取り方にも
 影響。。。変化が出ると思います。」
〇からだの回転_Moment(2)

質問「どうしたら良いのでしょうか❓」

店長「そうですね、いきなりスイング、フルショットは
 大変ですので、短い距離のアプローチ、もしくは
 アプローチとは言わないまでも 練習を始める時の
 ウォーミングアップ だと思って やってみるのが
 良いのではないでしょうか。

 やがて それでアプローチ出来るようになり、
 その影響は 必ず、通常のショットにも出ると思います。

 アプローチって訳ではありませんが、
 ウエッジで 10〜20ヤード程度の距離で良いと思いますし、
 短いクラブでの練習は腰を痛める可能性もあるので
 使うのは 7番アイアンとか、6番アイアンでも良いと思います。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment


^媼韻垢襪里
 肩を廻す 〜胴体を捩じって でも良いですし、
 足を使って 骨盤ゴト動かしても ドラでも良いと思いますが、
 そのからだの向きによって 移動するグリップの動き、
 その動きが終わったら、ヘッドの移動も おしまい
 です。

✋肩を廻す、胴体を捩じる時の注意点 として
 ショットでもそうですが、小さなアプローチなどで
 肩は肩周り、胸や背中も含めた 胴体の上側が動く、
 胴体が捩じられるコト で 肩甲骨だけを使って、
 疑似的な 肩の廻しをしないコト です。
〇目安としては アドレス・セットアップ時の
 グリップエンドとからだの距離は 概ね〜保つ、
 テークアウェイを取って その距離が近づくコトはあっても
 遠ざかることはありません。
 グリップエンドとからだの距離が離れる は
 肩だと思っている、腕(肩甲骨も含め)を動かしているだけ
、です。
青木2022826_Moment(2)青木2022826_Moment(3)





 ボールに当てる、ボールを打つ、そして ショットの終わり
 も からだの回転による グリップの移動通り、移動次第、
 グリップの移動が終わったら、ショットも終わり、
 ヘッドがソレ以上動くコトはありません



 コレは アプローチに流用、アプローチに発展した際、
 とても 大切な部分になります。


 今まで 手打ちがショットの中に入っていると
 インパクト付近で からだの回転とは別の 手さばきの加速、
 が入っていた筈 です。
 コレは からだの回転で勢い付け した クラブの慣性に加え、
 手回り、肩周り、肘さばき などで
 クラブの速度をフリーにする、
 まるで クラブを放り投げるか のような使い方 です。

 クラブの速度をフリーにして打撃してしまうので
 その速度は 管理〜コントロール出来ません。

 加えて ロフトを開いて、緩いアタックアングル、
 場合によっては 上り際で打つコトが多いですから
 ソコを急がなくてはならない、のは分かるんですが、
 グリップの移動通り にすれば 下がり軌道の時に
 フェースが下を向いて入り易くなります から
 その 管理出来ない フリーな加速は要りません。

 からだの向きによる グリップの移動 が
 イコール ヘッドの移動の速度の管理

 つまり からだの向き加減(速度) が 距離感 になります。

 コレ 結構、大切なコトだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「望ましい形でのからだの回転とは それが
〇胴体を捩じるタイプの肩の回転(捻転タイプ)であっても、
〇骨盤から 上半身ゴト右を変える回転(回転タイプ)であっても、

👉クラブと自分の関係を変えない、
👉両腕の長さに制約を受けない、
コトが
 『からだ』の回転の主目的 です。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
 クラブヘッドは ロフトやライ、フェース角度は
 相互に絡み合っていますので
 飛び出す上下方向角度(高さ)、左右方法の角度(方向)、
 ボールに加えられる回転など
 安定して、繰り返せるようにするのは簡単ではなく、
 それであるのならば
 そう言った角度を 動作中に、
 あまり(殆ど)変えず、腕やクラブを!では無く
  
クラブを持った自分自身が『ターン』しちゃいましょう
 その方が 確率として 繰り返し易いですよ✊

 なのが からだの回転 です。」

質問「確かにね…。」

店長「忘れられがちなのが
 クラブの弧の大きさ、
 ヘッドのボールに入ってくる角度、
 入射角度、アタックアングルも ロフトの一部です。

 ハンドターンの場合、
 フェースターンが必要になるコトが多いので、
 腕も含めた、ですが、
👉クラブの長さが早い段階で長くなり易く
 本来の、そのクラブ、その番手の長さ(短さ)が
 活かされるコトが少なくなります。
((((ハンドポジション_Moment
〇肩を廻せ! 左肩を入れろ の話しに戻りますが、
 腕だけを横に振る、手上げ だけでなく、
 肩を廻す為に腕を振る、クラブを振る、も
 肩は廻るんですが、
 クラブと体の関係は崩れてしまうので
 からだ(この場合は肩)を回転させる目的からは
 外れてしまいます。

腕やクラブを振って、胴体を捩じるケースでは
容易に 腕・クラブだけを振るケースにも
行き着き易いので 基本的には避けたい のです。」

質問「クラブはいつもからだの前に✋ って
 言いますよね。」


店長「はい。
 ホントに からだの正面 って訳には行かないですけど
 アバウトで からだの幅の中に って言うのは
〇ヘッド姿勢を大きく変えない
〇両方の腕の長さに制約を掛けない

 というコトだと考えて下さい。

 ですので 胴体が捩じられ、肩が回っていても
 からだの正面、からだの幅からクラブが外れてしまっている
 そういうテークアウェイ、上げ方 では
 どうしても インパクト付近でのズラシタ分の修正 が必要になり、
 それは からだの回転では補いきれません。」
((((((((_Moment

質問「からだの回転 と 手打ち/手振り との関係 にも
 つながってくるのですか❓


店長「まぁ そういうコトにもつながって来ますね。
 クラブのターンを からだの向きでするのを
 ボディターンとか、ボディリリース、
 クラブのターンを 腕や手でするのを
 ハンドターン、ハンドリリースと言います。
 
 どちらが良い悪い、正しい間違っているでは無いですが、
 よりシンプルで、体力頼りでは無いのは前者なので
 肉体に自信の無いアマチュア向き と言えるでしょうけど…。
 結果、として ハンドターンになっている人が多い、
 望んでそうしている訳では無いけれど
 スライスするとか、飛ばないとかの理由で せざるを得なくなっている、
 というのが現状だと思うんですね。」

質問「その解決法ってあるんですか❓」


店長「あります。
 肉体的な、または 技術的な問題 では無く
 『スイングってこう言うモノだろう』と言う思い込み
 が その差を生み出している と思います

 ですので その思い込み、その誤解が解ければ
 はい、すぐにパンパン打てる って訳には行きませんけど
 なんとなくの 形は直ぐに可能、
 肉体的には その方が楽な筈ですし、
 技術的には 既に持っている、知っているモノばかり、です。」


質問「ソコを! お願いします✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ごく一般的な からだの回転 は
 ほとんどの場合 肩を廻す、
 正式には 肩を廻し、胴体を捻る、
 腰の向きに対して 肩・胸ラインの『捻転差』を造る
 とされています。
 されていますが…。
((フットワーク (2)
質問「実際には 腕を横に振って
 肩〜胸ライン自体を動かしていない人も多い。」


店長「ですね。

 その上で、肩〜胸ラインを動かす、
 胴体を捻る 勢いを付ける為、腕を横に振っている、
 ハイブリッドタイプの人も多いのですが、
 そのハイブリッド捻転 は
 疲労や加齢によって 腕本位に変移するケースがとても多く
 歳をとって、肩〜胸ライン本位の『捻転』に変移するケースは
 例外と言えるほど 希少です。」
((((((((_Moment
質問「それはそうでしょうね。」

店長「骨盤、お尻、股関節へ移行する と言う話しは
 ホントは強く勧めたいんですが、ちょっと 置いておいて
 そうなると 自分ではからだを廻している『つもり』だけれど
 より一層 腕を横に振るケースが だいたいの行き着く先です。

 まあ ゴルフスイングのお決まりのアドバイスとして
 もっとからだを廻せ、右を向け、左肩を入れろ に
 なるんですけれども・・・。

 特に 左肩を入れろ は アドバイスとして
 このケースではとても悪く働き、
 本来の『捻転』、腰ラインに対して 肩ラインを廻す であっても、
 骨盤、お尻、股関節で右(右打ち)を向く であっても、
 右半身も、左半身も 均等に右を向く、均等に動く、
 右半身、右胸、右背中が向きを変えるから
 『結果として』 左半身も動き、
2021-12-06_22-21-54_Moment
 左肩が入るんです   が    
 腕を横に振る 疑似右向き、
 または ハイブリッドの疑似右向き予備軍 も
 テークアウェイをしっかり取ろうとする為、
 右向きをもっと深くしようとする為、
 左肩、左腕ばかりを入れようとして
 右肩、右半身がどんどん動かなくなります。

 結果として 努力の甲斐なく、
 トライすればするほど 右向きが浅くなってしまう
 というケースがとても多いんですね。」

質問「うううううう〜む
 『歳を取ると からだが硬くなって…廻れない』
 は年配の人の合言葉のようになっているのですが、
 その周り方 では 廻れなくて当然、
 逆に、廻れたら 怪我の恐れもあるというコトになりますね。」
〇肩を廻せ_Moment2
店長「そうだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「Mr.Kとは ものすごく長いお付き合いでして
 お店の開店当初からのですので 30年以上、
 のお付き合いになりますけれど
 当初からの スイングのテーマ が
 この こすり打ち改善 でしたね。」
葛谷2022816_Moment

受講生「うわぁぁぁ。」


店長「ずっと ソコをテーマにお話をしてきたんですが、
 全く通じない。
 元々、飛距離は捨てて アプローチで作るスコア勝負
 みたいなタイプのゴルファーで
 こする…よく言えば ロブショットですね、
 それは 抜群に上手い、神業です。
 スコアの為の
 そのアプローチを捨てられないですから
 ショット全般も こすり打ち・・・
 飛ばないけど 曲がらない
 そう言うタイプのゴルファーです。 

 まず やっぱり こすり打ち って言うと
 イコール スライス って思っておられたので
 特にスライスがスゴイ って訳では無いので
 自身を こすり打ちだ とは認識されていない。
 手打ち なのは気にされていましたけど、
 アプローチには その手使いが必須で、
 スイングの見た目は気に入らないけど
 特に変える予定もない・・・。

 ところが 年齢とともに
 飛距離が落ちるのも結構、激しいんですけど
 アプローチ感というか、
 こすりショットって ボールの下、
 ボールと芝の間に ウエッジを抜く 感じなんですけど
 そのタッチが若い時のように上手く行かず
 スコアも少しずつ悪くなる。

 どうしたもんか と考えると
 某所(ハミングバードですね)に行くと
 こするな、こするな、つかまえろ って言われる。
 こする のと、つかまえる の差はなんだろうって…。」

受講生「それ すごい思います。」

店長「こする イコール スライス じゃあない、とすると
 一体 なんなんだろう… と。
(キャスト_Moment

 それで 今回、トライするコト になった訳なんですけど
 今の状態を続けてくれれば こすりとはお別れ 出来ますけど、
 Mr.K ご本人を言っていますけれど
 こする打ち方は
 『インパクトはココ!』って言う感じも
 『クラブを振った!』と言う感じも
 『ボールを打った!』と言う感じも
 つかまえるショットに比べると 非常に明確で
 つかまえるショットは
 『ただ からだを廻したら 打ち終わってた』という
 なんだか残念な感じ、他人事なんだ、そうです。
 『打撃!と言う実感が無い』
 覚える、からだに染み込ませる、のに
 感覚的な目安が薄いですから どうでしょうか、
 現場で 良い形の成功体験が無いと
 実感のある こすりショットに戻る のは
 簡単なんじゃないかな、とも考えています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ