◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: スイング改良


インパクト、ショットは『からだの正面で』
と言う言葉がよく言われますが、
その真意は その瞬間を「からだの正面に合わせる」、
「ボールと体が正対した時間を維持する」

のではなく、からだの正面、
 その向きを変えることが打つコト
 である と言う意味です。

からだ、その向きを変えることが打つコト であるのなら
逆に からだの正面以外でインパクトを迎えるコト は
出来ない訳です。




そういう意味合いでも
打撃、ショットの準備たる テークアウェイ、
右向きの仕方、本当の意味での右向きの量 は
とても大切になり、
『質としての 右向きが足らないこと』
現場、コースでの右向きにつながる とも言えます。
(271_Moment(22171_Moment







ハミングバードでは、ある程度の年齢の方や腰痛の恐れが
ある方には 肩を廻す〜胴体をひねる のではなく
股関節を境とした、骨盤より上の「胴体そのもの」の
向きを変えることをお薦めしています
 が、
からだが頑丈であったり、年齢が若い人であれば
「肩をまわす」のも有り……だとは思います。

正しく 肩を廻す は
前ナラエをした状態で 胴体をひねり
その両腕の長さ関係が 大きく変わらず
腕が動くのではなく、
右を向いたり、左を向いたり する事になる訳ですが、
それは 疲れてきたとき、
 手だけが動く可能性が高くなる
というコトを十分に考慮しておくべきでしょう。
コース終盤でのミスの大いなる原因となります。
(手打ち 手振りのパターン_Moment

また 肩を廻す、にせよ、胴体ゴト向きを変えるにせよ、
手がテークアウェイを取っていた方が
改変する場合、肩、もしくは胴体を右に向ける、
と同時に、腕で横に振って(動かして)いたのを減らす、
 もしくは無くさない
 と
単に テークアウェイが大きく、トップの位置が深くなり、
今まで以上の振り遅れやタイミングのズレが起こり易く、なります。

回転する速度は 飛距離に繋がってはいますが、
ロフトが寝てしまえば その速度は距離ではなく
ボールの回転や高さになるばかりで、
からだの幅からクラブが大きくずれれば フェースも開くコト
になり、結果として 閉じるために からだを止める必要が生まれ、
肩であっても、胴体であっても からだを廻した意味を失います。
動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment(2)動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment(3)










肩であっても、胴体であっても
同期して 右向き、テークアウェイを取る訓練は
小さなアプローチから始まる、と言って良く、
ハーフショット 程度のアプローチでも
 しっかりとした右向きを作るコトが
コースでの右向き不足解消の最も効果的な道です。

右向き不足の解消は
肩や胴体を右に向けるコト ではなく、
如何に 左腕が右に入らないか、
前ナラエの位置から 体の中に入らないか、
左腕がアドレスの位置から横へ大きく移動しないか、
肩や胴体の運動量を増やすコトではなく、
左腕の運動量を減らすコト と考えて良いでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


傍から見える スイングの円弧は
『クラブを持った 自分が向きを変えるから』描かれます。
     クラブを手で動かして 円を描くのはいろいろと良くないですよ…。

と、ここまでは理屈上、多くの人が理解するコトが出来ますが、
ここから の誤解?と言えば良いのか、
 重さの扱い方、重さの扱い方を無視してしまう、
 勝手な解釈が
 長年ゴルフスイングを悩ませる元になります。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)




確かに からだの向き通り
 トップの位置の右向きから〜打ち終わる左向きまで
 からだの向きは 180度前後ターン します。

その180度の体のターン 👉 クラブのターンにおいては
 重さの無い、先端に重さのない棒を振った場合 です。
しかし、実際には 想像以上の重さが加わるの です。

重さ、それに長さ、そして運動(速度)が加わるのと
 その重さは 重さ×長さ×速度の二乗 分 増します。
ですので 最終的には
 移動距離は グリップの移動分とイコールに近いですが、
 ターンの角度としては からだの向き180度前後に対し、
 クラブ/シャフトは 90〜120度程度しか角度を変えられません
。 
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
それが スイングで言われる インサイドアウト に繋がるのです。

変なモノで クラブ、シャフト、ヘッドを振らないコトが
 からだの向きを変え、自然な重さに任せておけば
 インサイドアウト になっていくのです。
クラブを振って出来る軌道の答えがクラブを振らないコト…
🔴まるで クイズの引っかけ問題のような感じです

からだの回転が180度 👉だから クラブも180度ターンする、
 となると 本来、重さで 120/180位しか 動けない筈の
 クラブ、シャフト、ヘッド部を 60~90度 手で動かさなければならず
 それをするには からだを止めなくてはなりません。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)

実際には インサイドアウトでも、アウトサイドイン、でも
 体に負担なく、繰り返しできれば問題ないのですが、
 スイング軌道の原動力は からだの向き です。
にもかかわらず スイング軌道を補正、修正する際、
 多くの人は からだを止め、手さばき でそれを行います
練習場で ダウンスイングの途中、丁度、半分位の位置で
 からだを止め、手で軌道をなぞっている人を多く見かける
 と思いますが、その補正や修正は 
✋率先的に手でクラブを動かす練習
✋からだの回転からクラブの動きを切り離す練習
です。


🔴軌道を補正、修正する意図は多くは
 ➀スライスを減らす、無くす のと
 ➁安定して似たような球を打つコト の2つでしょう。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

➀スライスは 右に曲がるから困っている のではなく
 それに伴って 距離が出ない、打撃力が
 スピンや高さに化けてしまうから修正したい訳で、
 それであれば 問題はロフト です。
 距離さえ満足であれば 多少、右に曲がっても気にしない筈 です。
➁安定度を増す には 軌道もそうですが、
 ヘッド姿勢、自分の姿勢 の激しい変化を無くすコト、
 繰り返せるようにするには 緩やかな変化にするコト で
 それには 手先でクラブを動かさないコト なのですから
 やりたいコト と やろうとしているコト が噛み合っていません。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイングの 楽しくも難しいトコロは
算数のように コレ! と言う絶対値がある訳でなく
国語の感想文に近いモノ だから なのだと思います。
【つかまえの作法】_Moment

とは言うモノの…
 ゴルフクラブ という特殊な構造なモノを使って
 球体であるボールを打つ
のには
ある程度、ここら辺 と言う答え はあります。

多くの人が のちのち、スイングやショットに苦しむ原因であり、
飛距離の伸び悩みや慢性的なスライスに悩まされるコトの原因、
全員…とは言えませんが、スイングに悩んでいる人の多くが…
もしかしたら、殆どの人が。。。
 『球体をつかまえるコトの勘違い』 から始まっています。

おそらく 一般的なゴルフの世界(ここが特殊ってコト❓)では
ボールを『つかまえる』のには(右打ちと仮定し)
 フェースが開いている(右を向いている)状態から
 フェースを閉じる(左を向いている)状態にするコト

が必要だと思われています。
(こする つかまえる)_Moment(2)(こする つかまえる)_Moment(3)







実際には ヘッド、ゴルフクラブの構造上、
 ヘッドの左右(開き閉じ)の回転 には
 ロフトの増減 が付いてきて
赤点ギリギリの、合否の判別の難しい回答ですが
 ロフトの閉じ というのが つかまり に関係して来ます。

ヘッド、で言うところの 左右の…横の問題 ではなく
上下と言えば良いのか、縦の問題なのです。
フェースの向きの問題ではなく ロフトの向きの問題である
 というコトです。
✋✋✋ソコの勘違いが一点目です




✋✋✋二点目の問題は
 開いたフェースを閉じる
と言う行為をするには
 グリップよりもヘッドをたくさん動かさなくてはなりません。

スイングは カラダ、もしくはどこかに軸点を置いて
体の向きを変える、傍から見ると「円のように」クラブやヘッドを
動かすため、結果として、その外周に当たるヘッド部は
沢山❓ 多く❓ 動いているように見えますが、
軸運動、角度運動と言う意味では グリップもヘッドもからだも
同じ分量しか動いていませんが
「開いたフェースを閉じて👉ボールをつかまえる」信者の方には
その ヘッド方がたくさん動く、動かすべき と別解釈します。
⛳確かに…開いたヘッドを閉じるには必要ですからねぇ…
 スイングは、当然、ヘッドを振るモノ、クラブを振るモノ、
 と言う答えに行き着く訳です。


特にこの二点目、ヘッドの方をたくさん動かす が
テークアウェイにおいても、ダウンスイングにおいても
アプローチであっても、パッティングストロークであっても、
色濃く出るというか、ヘッドの方を如何にたくさん速く動かすか、
が ゴルフスイングに成っていく訳です。

ヘッドをたくさん動かす、グリップよりもたくさん動かす、
ヘッドやクラブは振るモノ を実行するには、
からだの回転と腕、もしくはクラブを切り離さくては実行できませんので
必然的に 手振り、手打ちの要素が強くなっていくのです。

👉ですので ボールをつかまえるコトを
フェースの閉じ〜開き と言う概念が取り払われない限り、
手振り、手打ちからは逃れられません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずは コチラの動画からご覧ください。
   
あくまでもイメージ ではあるけれど、
多くの人はアドレスと同じように(左折注意_Mo
⚠左手の甲(右手のひら)は飛球線
⚠左手のひら(右手の甲)は飛球線後方

を向いているイメージがあるのではないでしょうか❓

ゴルフスイングはご存知の通り、
自分がなにがしかの動作をして
長い棒の先にあるヘッドを動かし、ボールを打ちます。
長さに当たるシャフトと重さに当たるヘッドは
運動によって その重さを増やし、
運動の原動力である 自分の動きに対しては
当然、遅れます。
(jC0
個人差はあれど トップの位置に該当する箇所では
左手のひら は 微妙に…ですが
ボールと反対方向〜〜飛球線(自分の方)の間を向いています。

そこから からだの向きの変更〜回転に対し、
徐々に、ヘッドやクラブは遅れていくのですが、
そのリンクになっている手や手首は
スイングに使う主な関節や筋肉の中で
 最も小さな箇所と言える部位です。

仮にトップの位置で ほのかに左手のひら
 飛球線を向いた感じ
 としましょう。
そこから 動き出して(回転を始め)
 左手のひらを飛球線と反対
 左手の甲を飛球線に向ける
 には
どこかで 左サイドを止め
左腕をロールさせなければならなくなります。

手首自身で行うには あまりに負荷が大き過ぎます。
(jc5(jc4(jc6










左手の甲を飛球線に向ける

もしくは ボールに向ける

 意識がからだの回転を止め、腕のロールを生みます。
左手の甲を飛球線に向けるイメージが
 腕と体を切り離してしまいます。

少々、大袈裟ですが、左手のひらを
飛球線に向けたままのイメージで 打とうとして下さい。
体を廻し続けないと ボールを打つコトが出来ません。
左の手のひらを飛球線に向けるイメージが
最終的に フェースを下に向けさせます。
(jc(jc3(jc2









慣性の強い フルショットでは
リリース、慣性をフリーにする時期がやや早めになるので
見た目、そうは行きませんが、
アプローチなどのショットでは
本当に 左手のひらを飛球線に向けたイメージのまま
ボールを打つコトが可能です。

✋スライスに苦しんでいる人はイヤでしょうねー💦

これはドリル ではなく、
フルショットもそうですが、小さなアプローチ、
パッティングストロークの感じに非常に有効なイメージです。
ショットの『ハンドファースト』はそういうイメージから生まれます。
今週末 やってみてね♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


長崎支部長の フェースターンの名残 は
アマチュアレベルであれば 気にする必要の無い程度…ですが、
(フェースターンをしよう!としているのではなく
 リリースのタイミングがやや早いだけ…)
こちら Kさん、Rさんの場合、
今すぐ、ではありませんが、ゆくゆく減らした方が
いろいろと向上すると思います。

🔴Kさんのフルショット…に関しては 今の状態、であっても
以前よりはかなり良くなっています から
直ぐに大幅な改善 と言う訳でなく
意識だけして 徐々に、徐々に、いつの間にか、と言う感じです。


多くのアマチュアゴルファーを見ていて
一番強く感じる点が
 ある程度、強く❓ 速く❓振るショットは良いのですが、
 それが アプローチショットにつながっていかない、
 フルショットのボールさばきが
 アプローチのボールさばきとして適切でないコト
 です。 
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(6)【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(7)






フェースターンが含まれるショットの場合、
そのフェースターンそのもの によって
インパクト時、ボールと衝突する時の
 ロフトやフェースの向き、ヘッドの高さ が不安定です。
加えて フェースターンをするのに
 一次動作として、先に体の向きを変え、
 そのからだの向きの変更(左サイド)を止め
 その反動で 腕やクラブを振る という二次動作 が必要で、
 二次動作は一次動作よりも 一層の加速が入りますから、
 運動のスピードが複数あり、距離感と馴染みません。
 二重の意味で 距離感を形成するのは困難、
 平均的なアマチュアがアプローチに苦労する決定的な理由
です。


アプローチだけでなく
 インパクト、ボールさばき において
 左サイドが止まってしまい
 手でクラブを振ってしまう…
 無意識な、条件反射になってしまっているような状態を
 改善する方法〜意識があります。

また 意識はしていないですが、
 インパクト付近で左サイドを止め
 無意識なフェースターンをする為のダウンスイングの手順や
 それをするための トップ、切り返し、テークアウェイ
 それらをひっくるめて 改善する方法〜意識があります。

からだの回転、からだの回転 と言われ続けていますが、
それを意識して無理やり行う のではなく
からだの回転をしないと打つコトが出来ないのが正解です。
それにつながっていく 決定打 に成り得るを思います。


 参考にして下さい (続きます)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



そこそこメジャーなスイングの悩み に
「オーバースイング」 があります。

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

このケース も
「オーバースイング」になってしまう原因
「オーバースイング」したくなる原因 を
突き止めず 形だけ「小さく」しても
タイミングが取れなかったり…
現場に行けば いつも通りに戻ってしまったり…
ということになりガチでしょう。

技術的に、手順的に、「オーバースイング」になる要因は
それぞれ あると思いますが、
かなりの割合で 根っこ にあるのは
腕の上げ下げ や 腕の振り具合、腕の力具合 が
 打撃の強さ である で根付いているコト だと思います。
スナップショット 1 (2016-12-24 3-12)

フェースローテーションを含め
 腕を使う強さが 打撃の強さ と染みついている人
にとって その勢い付け となる
切り返しでの 腕のヒッチ は 打撃の必須アイテム でしょう。
(上がった腕を 切り返しでもう一度引き上げる行為)

また からだの回転を 腕を振るための予備動作(勢い付け)
としている方は オーバースイングになりガチ です。

ですので それぞれ 元になる原因を解決せず
形だけ 「オーバースイング」撲滅 にトライしても
かなりの確率で 挫折することになり易いでしょう。

なんとなく 歴代のいろいろなプロのスイングを
思い返してみると
からだの回転で クラブを動かしている、
ヘッドを振らない、シャフトを振らない プロには
コンパクトなトップの人が多い気がしますよね❓



フォロー側は 慣性、勢いがあるので致し方ありませんが、
もしも スイングをゼロ、白紙の状態から作るのであれば
スイングに 意識的、積極的な腕の上下 は殆ど要りません。
自然な形で からだの回転で上がり、
からだの回転で下がる 程度で十分です。

今や からだの正面 と言う定義も
胴体を捩じるのが主流になりつつあるので
非常に曖昧な表現になりますが、
からだ、この場合は骨盤やへそ を前と定義し
その幅の中にグリップを置いて置き、
からだそのものの向きを変える、
クラブ単体を動かそうとしない
と言うのが 基本になる訳 ですが、
そのベースの考え方 は
 弾道を決める、距離を決める要素である
🔴ヘッドの上下左右の入射角度(軌道)と
🔴ロフトの向き、フェースの向き を
複雑に混合させない、狂いの幅を狭くする
 と言う確率論から来ます。

距離の元になる 運動の速度 は
 からだの向きを変える速度 です。
b6066d09

なんだか 理屈っぽくなる訳 ですが、
そこまで思い至らないと
「オーバースイング」ですら 解決しないのです。

たまたま リゾート地で撮って貰った
自分のスイング映像で 見た目が格好悪いから、と
オーバースイングを修正しよう 程度 では
治ることはないのです。
    治す必要がないのですから…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


頭の作業って言っても
頭をこう動かす とか そういうのではなく
頭の中、の作業ですよ、って意味です。
◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

何度も言うようで申し訳ないのですが、
🔴ボールを円の中に掻き込む
🔴フェースを自分に向けようとする
🔴本来は打った後の処理であるリリースを打撃のエンジン にする 
その意識を 本当に、本当に、本当に、本当に、本当に、本当に、
変えようとしない限り、自分がちゃんと どっちに属しているのか、
理解しない限り、どんな技術的なやり方も馴染むことは出来ません。
【イメージ】倉本昌弘 スイング集_Moment2021-05-19_23-05-25_Moment








世の中にある スイング論の多く、7割方、
🔴フェースは円の外に向けたまま
🔴ボールを円の外に弾き出す
🔴腕とクラブはほぼロックしたまま、からだの回転で打つコト
を前提にして 語られています。

2021-05-19_23-05-25_Moment(3)残りのモノは、その逆に ボールを円の中に掻き込む
フェースを自分の方に向ける方法でなんとかする、ですが、
こちらは かなり身体能力頼り なので
これもまた 難儀なのです。 

当り前に出来る人、例えばプロにとっては
カラダの向きを変えれば その上に乗っている肩も
一緒に動いている、回ったように見える訳ですが、
カラダを廻して、肩を移動させることが当たり前である人、
例えばプロにとっては
ボールを円の中に掻き込むように打つ、
カラダを廻して肩を動かすのではなく、
腕を動かすから 腕の付け根の肩の位置が動く
方が動いているように見える、その違いは理解出来ません。
腕を動かせば 当然、腕の付け根も動きます。
それが 廻っているように見える というか、
その違いを体験も勉強もしてきていないのです。
 だから プロに成れたのです。

全く違った概念、メカニズムで 打っている、振っている のに
姿、形だけを真似ようとするのは 無理ですし、無駄です。

リリースは手首の解放ではありません_Moment

からだの回転で直にボールを打つ、
そういうスイングにするべきだ、それが正義だ、なんて決して思いませんが、
腰はこうする とか、肩をこうする などの技術論は 
打撃の思い込みの根本的な必然が違うので ほぼ何も役に立たない
というコトは理解して頂きたいです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイングの特性上、  意図的にフォローを出す  グリップを飛球線の方に出す というのは 右打ちの人の場合、右手を伸ばすコトになりますので その結果、左腕は不自然にたたまれ、 写真や動画で 妙に縮こまったフォローの腕(左腕)を  目にすることになる訳です。 意図的にするのは ✖ ですが あえて 言語化するのであれば フォローを出す は からだの向きを変え続け  左腕が飛球線の方に伸びた、伸ばしたではなく  不可抗力によって伸ばされた というコトを指すのでしょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


自分のスイングの動画や画像を
後から見てみると 結構、苦々しいモノ です。

その一つが フォロー、インパクト以降の箇所
だったりするのですが、 ここが結構、難敵です。

例えば この二人のプロ
良い、悪いの問題ではありませんが 
フェースローテーションの強い
 ブルックス・タイプがフォローを大きくしようとすると
 グリップを体から離そうとすればするほど
 ヘッドは上に、横に、動こうとして
 結果、クラブや腕はカラダに巻きついてしまい、
 思っている以上に フォローは大きくなりません。
 フェースローテーションタイプの人の
 フォローを大きくする方法は
 クラブ、腕、ヘッドの慣性をフリーにするのを
 出来るだけ遅らせる、インパクト間際まで
 耐えるコト…になりますが、
 そうすると 一般的にはスライスの危険性が増します。
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(2)











 フォローを手で出そうとすればするほど
 カラダは上を向き、前にではなく、
 上に手が、ヘッドが出てしまうでしょう。
 (これはアプローチでも同じ)

一方、からだのターン主体の アン・ヴァン・ダムタイプ
 であれば、放っておいても フォローは出ます。
 リリースをしない場合でも、リリースをする場合でも
 その大きさはあまり変わりない と言って良いでしょう。

つまり フォローが出ない、望み通りの大きさになっていない
 のは 手振り しているから、が模範解答であって、
 それを無理やり グリップを体から離したり、
 スイングの軌道を大きくしようと…トライするほど
 結果は残念… 見た目だけにこだわれば 良い球は打てず、
 良い球を打とうとすれば、いつも通りのフォローになります。

運動の慣性、遠心力の左右されやすい場所なので
 自分の意志で何とかしようとしても かなり無理があります。
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(3)

フォローが大きいのが良いか どうかは 好みではありますが、
そのクラブ、その打つ距離なりの 大きさがあった方が
球筋を左右する 基礎になるヘッドの通り道は安定し易いですし、
小さい、ということは 変化が激しい というコトにつながります。

フォローなんて結果論でしか過ぎないので
 ちゃんとスイングを創っていけば 意図しなくても
 ある程度、大きなモノになりますが、
 あえて言うのなら フォローの大きさは
 左グリップのが主体、
 つまり ダウンスイングを左サイド主導で行っていない、
 右サイド主体でからだの向きを変えていると
 左グリップはカラダにくっ付いたまま、
 フェースローテーションによって より閉じ込められてしまいます。

✋この左グリップの出方 は
 意外にも 小さなショット、アプローチの安定性、
 ミスの軽減を非常に左右します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


cap02肩を回す でも良いんですが
その肩を回す を根本的に狂わせてしまうのが
「振り子」のイメージです。

このようなアプローチを
平面上に映像化するとこんな感じになる訳ですが
スナップショット 1 (2014-01-20 18-21)からだの傾きに対し カラダ(肩)が回った、
向きを変えたので テークアウェイでは
右肩は後ろに下がり、
前傾姿勢があるので 位置として
アドレス時よりも高くなったに過ぎません。
カラダを、肩を上下に揺さぶったのではありません。

前傾姿勢がなければ 肩の高さは
その向きの大小有っても 変わることはありません。
そして、前傾姿勢は股関節に位置しています。
肩ではありません。

多くの方は この 肩の動き を
 間違えて使ってしまっています。
そういう意味では 肩で廻って 胴体を捩じるより
胴体丸ごと 向きを変えた方がシンプルだと思います。

肩は 他の関節(蝶番)に比べると
 ボールジョイントに近いので可動域がかなり立体です。
ですので 横の動きと縦の動きが混じり易いモノ です。

テークアウェイでもそうですが、
それは フォロー側にも出ます。

是非、実験して頂きたいのですが、
ウエッジを手にし、20ヤードのアプローチを
胴体の回転 と 肩の回転 で
いつもより ほんの少しだけ
フォローでグリップが飛球線方向に出るよう 
 打ち比べてみて下さい。
【スイングの終わらせ方_Moment

胴体ゴト グリップが移動する方 と
肩の回転で グリップを前に出すのでは
同じ力加減、同じ感じなのに 球種が異なります。

総じて 胴体ゴト、グリップが移動した方が
グリップは飛球線に出易い、多くの出る のですが
肩の回転で グリップを飛球線に出そうとすると
自分では前に出したつもりでも
グリップは高さを増す、高くなるので
 ボールは緩く、高く出易くなります。
✋回転したつもりでも 単に肩が上下に動いただけ
 になってしまうから、です。
入射が緩くなり、ロフトが増えるため、
バンスも張り易く、ダフリ・トップの原因になります。
また 回転を肩で行う、を強くしようとしたり、
グリップを手で押す、出そうとすると
より カラダが上を向くため、最下点は想定よりも
手前になるのも また、ミスの原因です。

特に、その肩の回転 と思っているモノが
 左右の腕の入れ替えだったり、腕の振りが主体のモノ
であると、余計に 横の回転ではなく、縦の揺さぶりが混じります。

ものすごく紛らわしい(JAROに報告)ですが、
🔴腕を振るコトで肩を回す のと
🔴肩を回したから 腕が移動するのは 別なモノで、
振り子の動きは それを間違えやすくし易いので
本国会で全面禁止案を提出したい位です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昨日の記事の続き…になるのかも…知れません。

(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(6)

スイングを考えると
テークアウェイで 多くは無くとも
グリップの高さを高くし、
ダウンスイングでは そのグリップの高さを
低くする のはだいたい 万人に共通ですね。

感覚的には 『左腕』もしくは『左グリップ』を上げる、高くする、
それを下げる、低くする に近いかも知れません。
多くの人が共通するスイング認識です

では…
インパクト以降はどうでしょう❓

上げて、下がった 左グリップ は
下がった そのままの「低さ」を維持して置く方が良いでしょうか

それとも 上げて、下がった 流れで
 自然な形で 左グリップは「上がって行った方が良い」でしょうか


✋インパクト は 出来るだけ最大速度
 出来るだけ 最大加速
 出来るだけ 大きなモーメント を考えると
 インパクトで何かを止めず 流れのまま の後者が良いと思います。




✋✋✋今回のテーマはそこではありません。



インパクト以降 フォロー側では
移動してきた左グリップの流れのまま
下がってきたなら その流れで 高くなる方が
よりスムースに、体のどこかに負担を掛けず
インパクトを加速、や 最大速度 を維持し易くなりますし、
その上がり下がりの具合、などがショットの向上性や安定性などを
探る、測る目安にも成り得ます。

ですから 上がる下がる、そして上がる
その流れの中でボールを打つ。
インパクト以降は 左グリップは止まらず、
動かし続けた方が良い とは思いますが、
その インパクト以降 左グリップが上がる/上げるコト
 それ ソノモノは 打撃ではありません。 
インパクトで 左グリップの動きを止め、
 左グリップの低さを維持してもボールは打てます。

(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)

手の返し、や フェースローテーション、
そして シャフトのしなり戻し に関しても
 非常に似たことが言えます。

それらは多くの場合、
ロフト、フェースを円の外に向け
肩などからだの回転で円を描く の延長線上にあるモノ で
ドライバーなど遠距離、速いスピードで打つ場合、
スイングを終了させるのに 致し方なく 付いて来ます。

トップの位置、切り返しから
グリップファースト、ハンドファーストで
インパクトに入って、それ以降 からだの動きや手の動きは
終了に向けて 減速しますが、
そのグリップファースト、ハンドファーストを
最後、終了まで維持するのは 危険です。
腕などを傷める可能性があります。
インパクトして 動作の減速に入っても
そこまでの慣性、勢いはクラブには残っており、
結果、からだや手を追い越すような形は
スイングを終了させる為には不可欠になります。 
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment

    ですが…


その ヘッドターンやハンドターン、
一見すると フェースローテーションやシャフトのしなり戻し
に見えるモノ が 打撃の主要部分ではありません。


ですから その行為の目立つスイングであっても
そのリリースポイントは
 グリップがかなりボールを追い越したポイント
ボールを円の外に弾き出す その感じの延長線上(副産物)にあり
 その手さばきはスイングの主要エンジンではありません。

リリースポイント とは
腕も含めた クラブの慣性をフリーにするポイント
のコトを指します。
その『リリースするコト』
 ヘッドターン、ハンドターン、フェースローテーション、シャフトのしなり戻し
に該当するのだと思うのですが
ロフト/フェースを円の外に向けて
 円の外にボールを弾き出す延長線上であれば
『リリースするコト』は全く問題ありません。
全く問題ありませんが、
 リリースするコト が打撃ではなく
 ロフトを円の外に向けておくコトが 打撃の主エンジンです。
つまり 手の返しやフェースローテーションは
 有っても良いし、無くても良いですが
有ったとしても 打撃のオマケ、スイングの終わらせ方 に該当するもので
そこを打撃の主要部分だと思っている限り
スイングの迷路から出てくることは出来ません。

😓😓ソコを履き違えている人が多過ぎる…気がします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 まずは 動画をご覧ください。

茵.献隋璽瀬鵐好圈璽港手
蕁ー磴日の尾崎正司(将司)選手です

等速で見ていると とても 似ているスイング…ですが、
スローな再現で見て頂けると
スピース選手は 腕、グリップをからだの回転、
 左サイドの動きで 高さを下げている
のに対し、
(からだの回転と腕の高さ移動がつながっている)
尾崎選手は 腕自身で グリップの位置を下げよう としています。

その結果…として ですが
スピース選手は からだの回転が腕の移動そのものですので
 インパクト前後から フォローに向けて
 動きに「余り」が出ませんが、
尾崎選手は 意図しない 左肩の上方への逃げ(詰まり)が
 起こってしまい、ここでからだの回転を止める羽目に陥り、
 からだの回転と腕の振りが分離してしまっています。

 ややこしい言い方になりますが、
 トップで出来た グリップの高さ を下げるのに
 グリップ自身を『腕で』下げる意識が強すぎると
 こういうからだの反応に陥りガチです。
似ている1

 ゴルフの試合中継などで言う
 「あああ からだの回転が止まりましたね〜」
 この尾崎選手のような状態を指します。
 腕でグリップを下に振る分、
 その支点のような左肩は上に逃げます。
 持続的に肩を廻せば ボールに届かなくなってしまうので
 ボールを打つ間際で 肩の移動を止める必要が生まれます。
 ☆意識ではなく反射に近いとは思いますが…。

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

肩・体を廻した、からだの向きを変えた結果
 グリップの位置が下がった のと
腕自身でグリップを下げた のとの違いは
ボールと頭の位置関係にも出てきます。
よくいう「ヘッド、ビハインドザ🥎」ですね〜。

似ている➁

また ゴルフの、スイング用語で使われる 『脇があきましたね〜』
 はこのダウンスイングの左脇腹 の様子を指します。

【ここがポイント】
このように 外から見える サマ を変える、真似ても
中身を理解していないと その真似たサマ の後に問題が生じます。
技術よりも イメージや概念の変更の方が スイングは変り易い と思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


これは Kさんに限らず、
多くのアマチュアにとって、かなり大きなテーマだと思います。
✋殆ど 話題にはなりません けどね。


先ずはコチラをご覧ください。

LPGA のメジャーチャンピオン Hyo Joo Kim選手です。
 今どき ちょっと珍しい 少しオーソドックスな
 アマチュアのお手本のようなスイングです。
 非常に滑らかで 美しいリズム感です。

このショットは 確かにウエッジでのフルショットに近い
コントロールショットではありますが、
インパクト以降 のクラブの行かせ方、
スイングの終わらせ方
 にご注目下さい。

多くのアマチュアは インパクト以降、
グリップ、特に左グリップを支点に
人によっては縦に、人によっては横(斜め)に
⛳クラブを回転させるモノ
⛳風を切るようにびゅっと振るモノ
フォローを出す というか
インパクト以降、手もクラブも伸ばし、
出来るだけ 円弧を大きく取ろう…としていると言えば良いのか
 そう思っている人が多いと思うのですが、
本来のショットは
(パンチショットと言う意味でなく)
 インパクト付近で終わり です。
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)


ドライバーなどの クラブの慣性が強い時、
それを逃すため、インパクト以降
 クラブを行かせ、まるで回転させるように終わらせますが、
 その行為は打撃のあと、スイングの終わらせ方、のコトで
 それで打つ訳ではありません。
 それが打撃、ボールさばきではありません

ポイント になるのは
体を廻し、インパクトでからだを止めず
左、アドレスを基準にすると ボールから離れていく方に、
トップの位置からインパクトまで グリップが入ってきたように
(その反対の道に)グリップを逃がしていくコト
         グリップを移動させ続けるコトです。
安定した、確実なショットを打つため
 インパクト以降のヘッドの軌道は意識しているでしょうが、
 インパクトまでの軌道の その続き でしかなく、
 ヘッドの向きや姿勢、軌道を持続的に、
 軌道の流れ、変化を起こさないため
 継続的にからだの向きを変え、グリップを動かしています。


✋トーナメントなどの解説で 「からだが止まりましたね
 は 概ね、この動きのコトを指します。

(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment

比較した映像を見て頂くと
 ▽インパクト以降、ヘッドを前に出すスイング
 (からだを止め、ヘッド〜腕を振るスイング) と
 ▽持続的にからだの向きを変え、グリップを移動させるスイング 
では
🔴ダウンスイング時の左サイドの廻り方(左肩の詰まり方)
🔴インパクト付近の肩ライン、右サイドの下がり方
🔴自然な形での左への体重移動 など

全く意識していないのですが かなりの違いがあります。

Kさんのスイングでも
インパクト以降 無意識だと思うのですが、
昔の名残りで からだを止め ヘッドを送る動きと
体を左に向けて グリップを動かそうとする動きが
混載しているように思えます。

『インパクト‼』と言う意識を一旦捨て、
➀トップで作る スナップロック(ハンドファースト)を維持したまま
➁ドンと左を向き
➂グリップを左斜め上方(アドレス基準でボールから離れていく方)に
『主にからだの回転主体で』動かしてみて下さい。
ぢ里開くのも恐れず 左を向いてしまって下さい。
  ✋その目的はグリップを移動させるコト です、忘れずに。

始めは上手く行かない と思いますし、
当たり始めても 怖くて 距離が落ちるかも知れませんが…。
確信は無いのですが、
➀トップの位置で 腕とクラブはロック
➁その時点で スナップロック
(ハンドファースト)を作り
➂あまり 体重移動を意識せず
い△箸呂らだの向きの変更で グリップを動かし続ける

コレが馴染んでくると トップの高さ の問題も
直ぐ!にではないとは思いますが、解決する気がします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


KOちゃんの憂鬱 前編で解決した?かも知れませんが、
からだの回転で、ロックした腕とクラブを通せる経路、道を
なんとなく掴むと スイングスピードもあがりますし、
ショットの安定性、特にアプローチはかなり良くなりますので
あまり焦らず また動画で送って頂いたりしながら
のんびり 掴んで行ってください、必ず役に立ちます。

始めは ウエッジのハーフショット 30〜40ヤード位から
始めると とっつき易いと思います。
 


動画にも起こしますが、
ロックした腕とクラブを からだの回転で
横に動かそうとしている と言うか
本当に移動させようとしています。
✋回転で グリップに遠心力を掛ける と言っても
 インパクト付近で 腕が伸びるようにかける? かかる感じで
 回転の外方向にグリップが膨らんでしまう様に掛けては
 打撃に別な作業が必要になってしまいます。


からだの回転で移動させるコト自体間違い
 では断じてありませんが、
からだの回転の移動で ロックした腕とクラブ、
特にグリップに 低さ方向。。。懐の中へ
すこし縦めに移動させないと 体が浮きます。

なんと言えば良いのか
トップの位置で 出来た両腕の三角 ありますよね。
その空間というか 一番外枠がそのトップ時の三角 で
カラダの向きを変える&シフト(必須) で
両腕、クラブがその 外枠の中を通るような感じです。

そこを通ると
 今までよりも遥かに早くタイミングにインパクトが来るので
 ダウンスイング〜インパクト〜フォローを含め
 何か別のコトをする余裕はほぼ何もありません。
 いつの間にか打つ感じに等しいです。

トップで出来た腕とクラブの形
 その形のまま 打つ感じに近いですね。
リリースは手首の解放ではありません_Moment(2)


手でやる訳でも、手で誘導する訳でもありませんが、
トップの位置で からだは固定し、刷毛塗で
インパクトに入る感じと似ています。

決して 手でやる訳ではありません。あくまでもからだの回転です

また からだの回転で行う感じは
決して そうする訳 ではないですが、
トップの位置で右を向いたまま、右にお辞儀をした時、
腕やクラブ、グリップが行く先に似ています。
(決して 本当にお辞儀したりはしませんように)


びったり この経路 と言うわけではなく
おおまかにその経路に入れば 思ったより遊びはありますが、
腕でやることは何もありませんし、
からだの回転も今までより負担なく、スムースになるので
感触として掴みドコロが無いのが難点と言えば難点です。

からだの回転で 腕、グリップを移動させるコトを掴めると
一つの動きで ボールを打つコトが可能になり、
アプローチなどの 加速の強くないショットは
カラダの向き加減(速度)で距離調整が可能になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 硬いシャフト、軽いヘッドの弊害 の一つとも言えるかな…



ボールのさばき のイメージに革命を起こしましょう

(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)2021-05-19_23-05-25_Moment(3)
クラブと腕が この写真のアングルで
くの字(右打ち)…ヘッドの方がグリップより先にある状況
 でボールをさばいてしまうと
手さばきで 円を描くことになります。
つまり からだの仕事を奪ってしまっている のです。

小さなアプローチでも
 手っ取り早く 手でヘッドを出してしまう、
 手さばきで円を描く習慣を付けてしまう と
 その時点で からだの仕事が無くなってしまいます。

また、当り前 ですが
 からだは 上下左右つながっています。
(Rさん 大変身か?_Moment

 トップの位置やダウンスイング初期では
 横の進行に対し グリップの方が先行しています。
 ヘッドの重さ もあって ヘッドの方が「遅れて」います。
 それを ヘッドの方を前に出す、グリップを追い越す とか
 ヘッドを下に送る、下げる は
 概ね 右手、右腕の仕事です。
 その場面で "意図的" に右手、右腕を使うと
  必ず、左肩は上にあがります。
 それは同時に からだの開き や 右サイドの下がり です。
 
 🔴標語のような、よくあるゴルファーの悩みばかり です…が
 自分でそうなるよう仕向けているのです。

 からだの向きを変える という至極、普通の動作 を
 手で代替えしてる、仕事を奪っている のですから
 当然、複雑な、奇妙な動きになるのは当然✋
 それを まるで からだの回転で行っている ように
 見せかける のが 一般的なスイング改良 です。
 始めから無理がある代替え行為なのに 元と同じように
 動こうとするなんて 正直、意味不明、意図不明になりますよね

2021-05-19_23-05-25_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment

腕とクラブの関係 逆くの字
(右打ちのこのアングルで)
 でボールをとらえるのが ショットの基本 です。
逆くの字 『だけ』では ボールが打てません
 
だから からだを回す のです。
 逆くの字 ハミングバードで言うところのスナップロック
 一般的には ハンドファースト と呼ばれていますが、
 それ「だけ」では ボールが打てない
 その『もどかしさ』を頭と気持ちで乗り越えられない(Rさん!)
 からだの回転で打つコトは身に付いていきません。


例えば ハンドファースト ですが、
手で振る、ヘッドを返すのを打撃の主にしたら
ハンド(グリップ)ファーストにしたら 単に開いたまま打つだけ です。
ヘッドファーストにしないと 打てないのに
ハンド(グリップ)ファーストにしよう、 なんて 不可能じゃないですか❓

あくまでもイメージですが、
 ボールはフェースによって円の外に弾き出す のです。
【イメージ】倉本昌弘 スイング集_Moment

遠心力、遠心力と言う言葉をよく耳にしますが、
 そうであるのなら より一層 外に弾き出さないと✋
 …円の中に掻き込んだら 遠心力は使えません。




🔴多くの人は 既に素振りの "時点" で 手で円を描いています。
 ボールをさばくところを 何で回しているか
 映像でも自分の素振りでもご確認ください✋
 
こういう素振りが『悪い』とは言いませんが、
 スイングの後半に シャフト、クラブをブン と振る
 
そこが『打撃』ではありません❕❕❕
 打撃の後の慣性の部分、動作の終末への部分 です。
 ✋ものすごく大きく、ものすごく多い勘違いです。
 
 からだの向きを変え(回転させ)
 その後 クラブを振る
 そのブン❕ と振る部分を打撃にしてしまうと
 手で振る、手でさばくための素振りになってしまいます。

 確かに からだの向きを変えていますから
 ▽からだは使っている
 ▽からだの回転で と言う意識になりガチ ですが、
 これは 手で打つため、手を振るために
 向きを変え、空間を作ったに過ぎず、
 手で振るために からだを廻しただけ です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングを良くし、ゴルフを向上させたい
という想いは誰しもがもっていますか
全体(マクロ)と箇所(ミクロ)を絡めてつなげて
スイングを改造、改良する人は多くないのではないかと思います。


昨今、昔で言えば 禁忌、
昭和の私からすると あり得ない スイング改造が
ごく一部の人で話題になっています。




名称はそれぞれありますが、
(シャローイングとか、下回り系スイングと呼ばれている…らしい)
トップの位置、ダウンスイングを意図的に寝かるせるモノ です。
20090801 2009_08_31_23_13_36-320フレームショット

まあ 少し前で言うと スタック&ティルトとか
普遍的ではないので、一過性のモノでしかないとは思いますが…。


ダウンスイングで まるで 手が下げられない人
にとっては なにがしかの助け になるかも知れませんが、
ゴルフのマクロ を考えると疑問符しか付きません。

当ブログでもたびたび登場する Rさん ら の悩み は
「ダウンスイングでシャフトを寝かしてしまうコト」ですが
その 始まり を推察、想像してみましょう。

古くから ゴルファーには
「インサイドアウト教」という 邪教が根強く広がっています。
日本人の杓子定規な生真面目さが それを強くはびこらせている
のだと思いますが、私個人はそんなのどうでも良いと思っています。

若い人は知らないと思いますが、
伝説的なのCプロ と言う方がいらっしゃいます。
今も存命です(おそらく80歳は超えています)
ダウンブロー、ドローボールで有名な方で
マスターズも何度も出場されています。

Cプロのショットは
アドレスのターゲットライン に対しては
少し左出て 左に曲がる球です。
杓子定規的に、厳密に言えば ひっかけ です。
しかし Cプロは その方向、その曲がりの度合い が
非常に精密で活躍しました。

アドレスのターゲットライン に対し、
どの方向であっても 似たような方向、弾道の球が
一定の割合、高い割合で出るのなら
それが 自分の球、弾道です。
それを把握し、コースを攻略すれば良いだけで
アドレスのターゲットラインにボールを飛ばす必要性はありません。
飛ぶ方向、行く方向の目安 でしかないのです。

それと同じで
アドレスのターゲットラインに対し、
内側のインであっても、
外側のアウトであっても、
自分にとって 繰り返すことがし易く、
かつ 方向や距離が満足できる軌道であれば
それが なんであっても 問題ありません。
誰かの目ために ゴルフしている訳ではないのですから。
ohigas217

そして 極めつけ は
「インサイドアウト教 信者」の絶対の教え
「インサイドアウト」

からだの回転で クラブが動くから
 結果として発生するモノ
 です。
例え 軌道がインサイドアウト であっても
 手でそれを作るのなら そこから学ぶモノはない というコトです。


ボールを打たない、加速をしない と言う条件では
ゆっくりのからだの回転通り であれば
 インサイドイン
 になるのですが、
ボールを打つ、加速が入る、
それによって ヘッドは重くなり、
主動力のからだの回転に対しては遅れ、
打つ前はたたまれた状態が多く、
打ってからは遠心力によって
 長くなったような状態が多いから に過ぎません。

ですので あえて言うのなら
「インサイドアウト」になっていないのは
からだの回転とクラブの、ヘッドの軌道が
正しくリンクしていない
から、
簡単に言えば
からだの回転で打っていない から です。

多くの人の目指している
『インサイドアウト』教は
「手打ち」を別な呼び方しているだけ、です。

軌道が治れば、見てくれだけのアウトサイドイン
が治れば 解決するのではありません。

からだの回転とはあまり関係なく、
アウトサイドイン だった軌道を
インサイドから にする のは
単に シャフトの寝かし、フェースの開き、
ロフトの開き です。
ですので それそのまま では ボールは打てませんし、
飛びませんし、スライスやシャンクも出ますから
見てくれだけの 実質シャフトを寝かしただけの
「偽装」インサイドアウト には
 必ず フェースの返し、ヘッドローテーションが必要です。
 その二つはパックになっている と言って良いでしょう。


アウトサイドから入れていた、としても
現代のクラブやボールは
 そう大きくスライスしなくなりましたし、
スピン抑制効果も高いです。
それを 更なる寝かし で
 より強いローテーションが必要な
 偽装インサイドアウトにするのか…

ホント どうしてそこまで
中身の無い、見てくれだけの「インサイドアウト教」
に陥るのか、理解不能です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


今後 おそらく スマホの普及や
 パット見の有効性や印象から
ゴルフの狭い世界ではありますが、
 流行るかもしれないモノ、
モーションキャプチャーを利用したスイングの映像解析 は
 より一層 ゴルファーを悩ませるコト になります。
モーションキャプチャー
スマホなどのアプリを利用して
誰かにレッスンを受けなくても
『手軽❓ 気軽❓』にスイングを治せる と
これなら 一見すると 分かり易いかも❓ と
 思いがち ですよね…。

例えば 健康診断 をして
やれ血糖値だとか、血圧だとか、
自分の年齢、性別の理想値 があったりしますよね。
自分の数値と見比べ ココは良くない、ここは良い
 健康維持や病状改善のために利用する訳ですが、
生活習慣や食習慣などの要素によって
 その数値が生まれてしまっている場合、
それを改善しなくてはなりません。
病気に関連すると 無理やり、
 薬で数値をいじる と言う方法もあります。


円弧5


では スイングに当てはめた時 どうなるでしょう❓

自分の動きは
自分のしたいコト や してきたコト
使っているクラブ によって
 必然 として形成されています。

ココを治したい としても
その自分の気に入らない部分、箇所も
それをしないとイケナイ、それをしないと打てない から
やっているのですから
見た目だけの為に治したら 打てなく、
 当たらなくなってしまいます。

病気の治療 と同じで、
何故 そうなっているのか
何故 そうせざるを得ないのか
何をしたいのか を無視し
形だけ作っても 身に付けるのは難しい・・・。
結果、を無視して 何万回も素振りして
ロボットのようにしないと無理かも、です。

コメントも頂いたので2021-04-17_15
 例に挙げさせて頂きますが
この場合のテーマ
『右手首のスナップロック』です。

右手首のスナップロック とは
スイング中 右の手首が甲側に折れた状態 のコトを指し、
理想的には その状態を維持したまま 打てる、
もしくは
グリップエンドがボールを追い抜く、
インパクト直前まで それ「らしい」モノを維持する
というコト なのですが、
質問者さん は勘違いをしている?可能性があり
今の取り組み方では 何万球打っても
問題を解決するのは難しそうです。


このテーマに対して
必要なのは ✖右手の手首をロックして置くコト
✖右手首のスナップロックを維持して置くコトではなく、
右手の手首をロックして置いても
 打つコトの出来る それ以外の環境
 なのです。

確かに ある程度(そんなに大きくはないですが)
右の手首を解かない意識は必要ですが、
運動した腕やクラブの重みをいつも ソコ で
支える、保持しておくのは 無理があります。

それ以上に
✋クラブをリリースするのは ボールより先(インパクトより後)
✋右手の手首を解いた状態の 肩からヘッドまでの距離
 と比べ、ホールドしたまま当てるには 距離が短くなる
 その距離感でも届く 右の手首以外、
 特に左サイド、からだの周り方 がポイント
✋右手首をホールドする意識 であるのなら
 ずっとホールドする ではなく、
 ホールドして置ける(肉体的に、頻度的に)時間内に
 意識して置ける内、時間内に打ってしまう
 打てるタイミング、ルート、順序 というコト 
になります。

つまり 右の手首をホールドして置くコト ではなく、
右の手首をホールドして当たるコト がポイントです。


モーションキャプチャーで
 理想的な動き が把握出来たとしても
自分自身が なぜ❓ どうして❓
 その動きになってしまっているのか 理解出来ない と
治す方法が見つからず、
ただ単に 動きを真似るだけ になってしまいます。

ゴルフショット、ゴルフスイングは
 より遠くに、より確実に 前に進んでいくための手段で
距離や方向、スコアの為にあるだけで
スイングの品評会ではありません。
そこは点数に加算、減算されません。

ただ 単に似たような構造のゴルフクラブを
似たような構造の人間が振る 効率を突き詰めていくと
だいたい 似たような動きになるに過ぎません。



そういう意味合いからも
ごく最近の シャロー型スイングは
子供の頃にゴルフを始め
長く、重い、ゴルフスイングを
引っ張る動きから 寝かして見えるような
下半身の沈み込み、しゃがみ
もしくは
寝かし気味のスイングの成れの果て 
と考えて良いと思います。
それを真似る必要性が
全く見えない と言うか
もっと スイングの内面、本質を見抜く
能力を上げるべきだと思います。
良いスイング動作の一番のポイントは
フルショットの動きが 通常のアプローチや
パターにつながっていく動き で
普遍的な動き であるべき です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


これはアプローチに限らず
ショット全般なのですが、
右手首(右打ち)のスナップはロックしたまま
打ってみましょう。

まずは グリーン周りのアプローチ の距離からスタート。

10ヤード、20ヤード、30ヤード、50ヤード
と伸ばせるようになると良いですね。

2021-04-17_152021-04-17_15-32-27_Moment(2)






右手首 をロックしたまま打つ
ということは
右手首を伸ばし、アドレスのような状態の戻す
よりも クラブと腕は短くなっています。

ですので
ショットであれば
体重移動なり、
からだを廻して

ボールに近づく… と言うよりも
今までよりも かなり前さばき(飛球線方向)でボールを捉えないと
ボールには届きません。

インパクト前後でからだの回転を止め
ボールを打とうとしても 届きません。
アプローチでは 距離加減 もあるとは思いますが、
その距離分、しっかり左を向かないと届きませんよ。


手首を解き ボールを打つ のと比べると
上から入れるような感じが強くなるかも知れません。
逆に 手首を解かず ボールを打つ を体験すると
手首を解いて打つのは しゃくっているような
 バンカーでボールの下の砂ゴト 運ぶような
そういう感じに思えてくるか、と思います。

また からださばき であれば
手首を解く場合、解かないのと比べると
右サイドが潜り易く、左サイドが上がり易い…、
小さなアプローチでの 薄め(トップ)、厚め(ダフリ)
 のミスの原因に成り得ます。

そこは 手首を解き ヘッドを前に出すのではなく
手首は解かず からだを廻す、左を向く のです。
その方が 左右の肩のラインの挙動も少なく、
 当たりが安定し易くなります。

2021-04-17_15-32-27_Moment(4)2021-04-17_15-32-27_Moment(3)






アプローチによっては バンカーや深いラフなど
意図的に 手首を解く場合もない、とは言えませんが、
ショットとしては 特殊 に属する方法で
普通のショットも含め、
ボールを打つ『までは』
 手首のスナップは解かない と考えて良いと思います。

🔴手首を解く  打ち出しは高め/スピンは少なめ
 距離感が掴みにくく、少々ダフリ気味
 寄せる、近づける よりも その場を脱出するコト優先
 プロでは 意図的にそう打つコトを『ポッコンショット』と呼んだりする
🔴手首をロック(通常モード)
 比較すると 打ち出しは低め/スピンは多め
 からだの向きの変更通りのヘッドスピードのなり、
 ヘッドの入射角度、ロフトの挙動が穏やかで
 慣れれば 距離感が掴み易く 寄せる、近づける時の通常モード
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アマチュアゴルファーのとってのショットの鍵、
ゴルフスイングの重要な課題
とも言えるのが
『ヘッドの遅れ』です。

ゴルファーの多くが、ほとんど?が
良くも悪くも この「ヘッドの遅れ」と闘っています。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(5)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)




遅れ という言葉が使われていますから
その遅れの基準にあるモノは
おそらく グリップエンド、
もしくは 運動の源(からだの向きの変更)の
どちらか と考えて良いのでしょう。
同時に ゴルフスイングにおいての「遅れ」
と言う言葉の意味には あまり歓迎すべきモノではない、
どちらかと言えば
「忌むべきモノ」のニュアンスも含まれていそうです。


ゴルフクラブは構造上
◉長い棒状のモノ
◉先端に重さが多く存在
◉打撃部がその棒からズレている

ということから クラブの本体を移動させるモノ
それが手さばきであっても、からだの向きの変更であっても
その基準からは 構造 プラス 運動の速度分、
遅れ は 物理的現象、スイングにおいての自然現象です。
2020-11-26_20-10-22_Moment(2)

忌むべきモノ とされるのは
その遅れが
◉フェースの開き、ロフトの開き

になるからですが、
その遅れは 構造上、フェースの閉じ にはなりませんが
◉ロフトの閉じ にする事は可能、
ヘッドの遅れは
.侫А璽/ロフトの開き
▲蹈侫箸諒弔

のいずれかにしかなりません。

ヘッドスピードが遅い場合、
ロフトの開き、フェースの開きが
そのまま ハイボール、または スライスに直結
するとは限りませんが、
一般的に
「ヘッドの遅れ」を気にする、口にする ゴルファーは
ボールの高さ、スピンの多さ、ボールの右回転、スライス
を気にしているコトが多い、
つまり 遅れが ,痢.侫А璽垢粒き/ロフトの開き
になっているのです。

遅れが ,痢.侫А璽垢粒き/ロフトの開き になっている場合の
打撃対象方法(事後処理)は
❶そのまま打つ か
❷遅れである フェースの開き/ロフトの開き を
『人為的に』 閉じる 動きが
世で言われる フェースターン、ヘッドターン、手の返し
フェースローテーション です。 
大森2019_Slomo_Moment大森2019_Slomo_Moment(2)











ヘッドの遅れ は物理現象、
ゴルフスイングにおいての自然現象 ですので
それを元から無くすことはほぼ不可能ですが、
◉遅れ(開き)たモノを 人為的に閉じる か
◉遅れ(ロフトの閉じ)を そのまま打つ か


どちらが ゴルフの永遠のテーマである
☑遠くに飛ばす
☑再現性、確率
☑方向安定性、

を確立として 持っているかは明白な訳です。

一般的に忌み嫌われる ヘッドの遅れ は
やり方によっては ロフトの立ち に出来る
というコトです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだ、胴体、
股関節を境目に 上半身を右に向ける のに比べ、
左腕だけ 左肩だけでテークアウェイする、
胴体を捩じって右向きを作ろうとすると、

カラダが前、ボール側に倒れる、
  ボールに近づく感じがします。


⇒からだ、胴体ゴト 右を向くと 
その反対で ボールから離れる、
アドレス時の背後方向に
 ボールから離れる感じがします から
それは慣れて頂くしかないでしょう。


視線を動かす、顔を動かす、
実際のショットでするか どうかは 好き好きですが、
少なくとも 素振りやイメージでは
顔ごと 右を向いて
その距離感を掴んだ方が良いかもしれません。


ボールから目を離せ とは言いませんが、
ボールを直視し過ぎると
 本能的に 目とボールの距離を保とうとします。
からだの回転、向きの変更は
背骨、もしくは 背骨の外が 回転軸になり、
目は顔の全面にありますから、
顔の奥行き(厚み?)分
 ボールから離れる位が正解です。

テークアウェイで
前に倒れ気味、ボールに近づく感じになると
バランス的にも 不安定です。
右向き時 の 軸足は 右足 になるのですから
どっかり 右の脚に乗ってしまうような感じ
 の 位置感が欲しいトコロです。 

Jさんも、Kさんも
 もう少し ボールから離れるからだの姿勢が欲しいですね
J 2021_Moment
小堀2020_Moment








素振りで顔を動かす とともに
感覚的に鋭敏な 右ひじ を使って
右ひじをどの方向に、どの位、
移動させるルト 安定した姿勢、
右腕と左腕の移動量が似たような場所になるのか
掴んでいくと良いと思います。

良質な右向きは 量 ではありません。
だいたい 90度位が望ましい訳ですが、
胴体を捩じると それは苦しい(不可能?)、
股関節を使えば 90度右向きを作るのは
 肉体的には不可能ではなく、
勿論 慣れ もありますが、
 年齢に関係なく 可能だと思います。
90度 胴体の右向き を作れれば
それ以上 100度 110度の必要はありません。
2021-02-13_22-10-57_Moment(3)
逆に 90度行かなくても
 ダウンスイングで左腕が余らないコト の
方が重要です。




❶ダウンスイングで左腕が余らない
 左腕、左肩 左サイドの移動量、動作量が
 右腕、右肩 右サイドの移動量、動作量と
 似たような、同じような感じがポイント。

➋ダウンスイングで 左腕を余らせない ために
 クラブの重さが 左上腕を下げさせる ように
 かかるようにしたい です。

❸おそらく 今までより
 ボールから離れていく(アドレス時の背後方向に)
 感じになるので
 素振りで 顔、視線を動かし
 その感覚に慣れましょう。

❹❸と同じですが、
 右ひじを使って、どの方向に、どれくらい
 右ひじを引くか、動かすか
 調整しましょう。

 右ひじはやや外目、やや高め に移動させますが、
 右ひじが曲がった分、
 左上腕を横に振るのではなく
 左腕を右に引き付けるのではなく
 前ナラエの方向に上げます

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



毎年恒例…なのですが
Ⓙさんのビデオレターから
 映像を作成しました。
ご覧ください。



全体的には滑らかな
 良いスイング だと思いますが、
他の方の教材にもなりますので
 改善点を指摘したいと思います。



大きくは 右向きの質を変えたい、と思います。
骨盤の右向きが足らず、
 画像では見えにくいですが、胴体の捻じりが
少なからず 入っています。
骨盤の右向きが足らない為、
 腕での円弧が多く、
双方の影響によって、
自分とボールとの空間を無意識に調整している為、
必要の無い下半身の反応、調整があります。

若林純一 2021_Moment(2)左向きも同じですが、右向きも
俗に言う 回転差(捻転差と言う言葉はあえて避けます)
は 足、この場合は太もも と
骨盤の 向き差 です。
Ⓙさんの場合、太もも、
特に テークアウェイの場合、軸足になる右太ももと
胴体(骨盤)その境目である 股関節 が
向き差の境目になっていません。
おそらく その向き差は へそと胸の間の胴体
になっていると思われます。

が 故に テークアウェイで ボールに近づき、
それでは クラブを振る空間が足りませんから
ダウンスイングでは離れていく 空間調整 が見られます。

この手の空間調整は フェアウェイウッドのなどの
長物を地面から打つ場合や
フルショットを傾斜から打つ場合に
ミスを誘発し易いので、右向きの質の改善は有効です。
特に前方からの映像が分かり易い、と思います。

✋手さばきが多くなると
インパクト時、入射が緩めになり過ぎ、
ロフトが開く傾向が強くなるので
弾道が高く過ぎになるコトが多くなり
距離を無駄にしてしまう可能性があります。


また、今はまだ年齢的にも良く振れますから良いですが、
年齢があがり、振れる能力が落ちた時に、
逆にボールが抜け気味になり、浮かせられなくなり
飛距離がガクンと落ちる可能性もあります。


右向きの仕方、右向きの質 は
一度覚えれば そんなに難しくありません。

また 練習場とコース、ラウンド中でも
暑い、寒い、より緊張する場面では
胴体の、骨盤の右向きは不足しがちで
その補いとして 手が多く動く習慣は
歴史上、全てのゴルファーの共通の部分です。
若林純一 2021_Moment

ですので 練習やトライでは
必要以上に大きく 骨盤の右向きの習慣 に
慣れるようにしてみましょう。
骨盤には限界がありますが、
その限界までやってみる位が良いでしょう。
股関節は慣れていけば より深く動くようになります。
毎日、毎週の習慣付け になります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 こちらの動画で
スイング軌道(プレーン)とフェースの関係を取り扱っています。

 

おそらく、ですが、
スイング軌道 クラブの動かす面
 を 何かの面に沿って ということを薦めているのではなく、
一つのシンプルな軌道面
 同じ平面上を動かしたいのなら
 フェースローテーションすると出来ませんよー\(^o^)/
フェース面は動かす面にいつも垂直な意識ですよー\(^o^)/

なのだと思います。


いつも不思議に思うのですが、
◉スイング、クラブを動かす面を
 シンプルな同一面にする  のと
◉フェースローテーション は
全く相容れない

 機械やロボットでの発想で、
本能的に 自分のからだを守ろうとする意識の強い
「ヒト」には 不可能に近い、曲芸を作る考え です。

同一面上で動くには
ヘッドだけでなく、グリップも
その同一面にいないとなりません。
動いて来る軌道に対し
 常時、フェースが直角 の意識であれば
グリップが動かせば ヘッドは長さの違い分だけ
同じ同一面状の外側 を移動しますが、
ココにフェースローテーションを入れると
 その度合いに応じて グリップの進行が滞ります。
また、同時に ヘッドやクラブの重さのかかり方
 も変わってくる、変化してくるので
常識的 に考えれば スイング軌道は
 フェースローテーションに応じて
 中へ中へ と切り込んできます。
同時に グリップの進行が滞るので
 始めに造り始めた円に比べると
 フェースローテーション進行後の円は小さくなります。


グリップが進行し続け、
その方向が変わらず ヘッドだけ回転する、
人間がする限り 不可能ではありませんが、
結果と同一面にするには ヘッドとグリップは
別々な面を動かしている意識でないと到達出来ません。
人間の動作の無理や道理を無視した
 ロボット・機械であれば可能な理論 です。


…故に最近、人間の動きとして奇妙なスイングが
 横行している とも考えられます。
 この オンプレーンスイング は
 果たして 効率よく遠くに飛ばすコト や
 再現性の高いコト よりも
 単に 見てくれ、見栄え を作っているだけ
 に思えて仕方ありません。
 どの道、その面をなぞる となると
 手てクラブを振るしか方法がありませんから
 それを追いかけるなら 手打ちは容認、
 からだで振りたいのなら 軌道面なんて言うのは
 無視してかかるべき かも知れません。



スイング軌道論が オンプレーン論が
 ゴルフクラブの構造を考慮に入れた場合、
「ヒト」にとって 良いか悪いか は
もう 好みの問題でしかありません。

クラブを同一面上に動かしたいのであれば
 フェースローテーションをゼロに近づけなければなりませんし、
逆にフェースローテーションをしたいのであれば
 オンプレーンにすることはあきらめるべきでしょう。


まあ 立体的な上に、時間の進行が絡んでくる
 ややこしい発想ですので、
アウトサイドイン、インサイドアウト 位に留めておく方が
 良いのかも知れませんね(。◕ˇдˇ​◕。)/
2020-12-09_21-08-58_Moment

そもそも… シャフトを立てて 上げる場合、
グリップとヘッドが同一面 と言う発想自体、
全く別なモノ、なんです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


コレについても
ゴルフをスタートした時点で、
軽いヘッド、軽く感じるヘッド(硬いシャフト)
硬いシャフト
 から 始まるコトが往々にしてあります。
(つかまった球 VS こすった球_Moment(2)

多くの場合、そのクラブが 普通の成人男性向け
であったとしても、始めの内は それ相応な速度で動かすコトが
出来ませんから それはより顕著になったりします。

重めのヘッドや柔らかめのシャフトを打った直後、
かなりの差のある 軽めのヘッドか、硬めのシャフト で打つと
『届かない』 と強く感じられます。


今回は クラブの話し ではありません。
😢トップ 〜届かない
😢ダフリ 〜届き過ぎ

は その言葉のニュアンスから
ボールとヘッドの高さのズレ 上下のズレ 
 もしくは 左右のズレによる 最下点のズレ

 (主に この左右のズレの方ですが…)
 なのですが〜〜〜◉◉◉


✋こんな勘違い をしていませんか❓
✋こんな勘違い をしてきていませんか❓

特に ゴルフ開始初期、キツイクラブを使って
 届かなかった、トップした経験、
それを届かせるようにした イメージが スイングを形成している…
そんな可能性があります。

トップとダフリの『勘違い』_Moment
トップのミスは このように
ヘッドがボールの赤道より上に入ってしまい、
フェースではなく ソールで打ってしまう ような状態 で
(結果、としては 角である歯が当たる)
スイングが安定しない や ミスしてしまった、など
ヘッド、ではなく グリップの位置、もしくは通過ライン の
 上下の高さ、もしくは最下点を形成する左右のズレ
が 物理原因
 です。
トップとダフリの『勘違い』_Moment(2)

ですので グリップ(エンド)の位置 の
 上下のズレ、左右のズレ を調整すれば ミスは薄くなる、
もしくは ミスでなくなります。

ボールは球体ですので
ボールと地面の隙間 にヘッド(歯)を入れる のではなく
赤道と地面との間(約2cmの空間)に歯を入れられるよう、
次のショット、または練習で
グリップの 上下、もしくは 左右の調整/修正をすれば良いのです。

トップとダフリの『勘違い』_Moment(3)

ところが
 届かない からと言って、ヘッドでボールを探る、
 地面にあるボールを拾うような 動かし
 に変えてしまうケースが
 かなり見られます。

傍目から見ると 確かに ヘッドの軌跡、ヘッドの進行は
 円を描いています。
最下点 と言う言葉の通り、下がってきたヘッドは
 どこかで一番低くなり、すぐにまた上がっていきます。

✋その円弧は からだが向きを変えるから 生まれるモノで
 そこでヘッドを、クラブを、シャフトを振ってしまう、
 からだの回転でなく、クラブで円弧を描いてしまう と
 俗に言う
 手打ちの始まり になります。


何らかの理由で 届かずにトップしてしまったショットが
頻繁に訪れる場合、
通過するヘッドの位置を調整するため
グリップの通過ラインや通過点を
 からだの回転ともども 修正するコト がミスの修正で
届かないから と言って からだの回転と切り離し
 ヘッドを手で円弧を描いてしまえば
全く別なモノになってしまいます。

001002








からだの回転で行っていれば、流れの中で
グリップが移動し、下がっていけば、ヘッドも下がります。
グリップが移動し、上がっていけば ヘッドも上がります。
そのグリップの 通過ポイント、通過方法、通過タイミング
それらを修正するのが スイングの改善 な筈 ですが、
そこで ヘッドを、シャフトを、クラブを 振ってしまうと
グリップの移動とヘッドの移動、
からだの回転とヘッドの回転、
それぞれに規則性がなくなってしまいます。

スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)
また からだの回転での円弧 ではなく
シャフト・クラブを振ってしまう 打撃では
ヘッドを下げれば、その構造から
クラブ自体をそのまま 移動させるよりも
クラブを振った方向に より重さが掛かります。
ですので ボールを拾おうとした、届かせようとした
 そのクラブの動きが必要以上に
グリップやヘッド、打ち手である自分自身すらも
下がってしまい 届かせようとしたが故に
届き過ぎてしまった も大いにあり得る訳です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ヘッドは下に振らなくてもボールは届きます。(アプローチ) 比較映像_Moment(3)

えええええぇぇぇぇ って思う人もいるかも、ですが
スイング円弧、
 そうですね、ダウンスイング後半 となると
 チョット厚切りケーキ程度 60度とか 多くて90度の角度
 のその部分ですけれど 
まあ その角度とは関係なく
円弧は
 クラブを持った自分が向きを変えるから造られる ので
そこを手で振ったら  そのまんま手打ち  です。


右打ちの人の右腕、
利き手である右手を使いたい気持ちは分かりますが、
右手の役割は
 ✖左グリップを支点として シャフトを動かすコト
  ヘッドを動かすコト   ではなく
からだの回転に 重さによって遅れがちな
 グリップを遅れさせないようにサポートするコト
 です。

✋その言葉の通り
 左グリップを支点! としてしまえば
 グリップの移動、進行は止まっちゃいますから
 速度は(気分を除いて)上がりませんし、
 左グリップの進行が からだの回転から遅れる、とか
 からだの回転から離脱しちゃったら ロフトも開いちゃいます。
down_swing
まあ こうなっちゃったら
もうからだの回転は終わっちゃってますから
手で円弧を、
手でヘッドを下に振るしか打つ手がないですけどね…。


よほどの腕力があるのなら良いですけど
そうでないのなら ロフトも増え、スピードも落ちちゃいます
 から 出来れば その右手の使い方 をして欲しいモノです。

ボールを拾う

コレ 飛ばし とも関係しますけど
アプローチの距離感とも関係します。
ボールをさばく このあたりの円弧を
手で作ってしまったら
ヘッドスピードの管理が非常に難しくなります。

2020-12-09_21-08-58_Momentこの状態から
からだの向きの変更だけで打つ
 位のつもりで、
トップの位置で腕周りは
 ロックする位のつもりで、
緩いショット、またはアプローチ
 してみて下さい。

これのポイントは
どう からだを回すと、どのようにからだの向きを変えると
ボールに当たるのか、
手でボールを探りに行かずに
 腕はロックしたまま で どう言う回転だと
 ボールに届くのか 考えてみるコトになります。


手でクラブを振って
手でヘッドを下に振って 届かせていたのとは
違う感じの(実際の大きく違う) からだの回転
と言うのを掴むことが出来るかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



「ヘッドの返し」
「フェースターン」
「開いて入れて、閉じて出す」
「ヘッドがグリップを追い抜く」
「シャフトの走り」

まあ ホント いろいろな該当用語がある訳ですが、
 フェースターンを採用される方、
それを覚えている過程で
一つの 問題;壁 にぶつかります。
2020-11-26_20-10-22_Moment(4)

フェースターンは 少々嫌味な言い方ですが、
物理法則を無視し、重さを力でねじ伏せる方法です。
飛ばそうと思い、
 速く振ろうとすれば振るほど
その対象物である クラブは重く、よりロフトも開き
 より激しい 速い 急激なフェースターンが必要
 になります。

フェースターンはその言葉の通り、
 開いたフェース、開いたロフト を
インパクト直前に急激に「閉じる」「回転させる」動きです。
つまり 茱哀螢奪廚諒がボールに近く、薀哀螢奪廚諒がボールに遠い
この状態を 逆転、
薀哀螢奪廚諒がボールに近い状態を作り出さなくてはなりません。
20200621 編集済み_Moment(7)20200621 編集済み_Moment(8)20200621 編集済み_Moment(2)20200621 編集済み_Moment(4)










自分では「フェースの閉じ」の為にしている動きは
同時に 肩…からだを開かせます。
右サイド 右肩がボールに近づき
左サイド 左肩がボールから離れる
その動き をしている訳です。
ですので そのウサギと亀の追いかけっこに苦しみます。

フェースターンをしようとすればするほど
体が開き、フェースターンが完遂されません。

とは言うモノの、右手の方がボールに近づかないと
フェースは開いたまま、ロフトは開いたまま
 です。
 →本来…からだの向きで解決する んですがね…

大森 スイング変遷_Moment(6)大森 スイング変遷_Moment(8)











『左の壁‼』
その意識が出てくると フェースターン打法
手打ちもかなり深まってきている と言う証。

多くの人は ここで左サイドがボールから離れるのを
横方向ではなく 上方向に逃がし
ピョコンと伸び上がる動きをするようになります。
大森201904_Moment大森201904_Moment(4)










見た目には気に入らなくとも
この動きは フェースターンを完遂するための
事後処理なので 元を絶たない限り、無くなることはありません。
逆に 伸び上がらないと フェースターンが完遂しないか
空間が狭くて ダふってしまうでしょう。

✋今、流行りの地面反力打法も 結局はコレです。

横方向に左サイドが離れるか
縦方向に左肩を抜くか
いずれにしても フェースターンと体の開き
は 一つの、一体の動作 なのです。
体の痛みや故障を考えるのなら
横方向に左サイドを離してしまう、
からだを開いてしまう方が、幾分良いかと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイング/ショットは クラブを振るモノ と
 大きな誤解をして 殆どのゴルファーは
スイングを覚えたり、練習したりしています。



歪な、偏重した ゴルフクラブを使って
遠くに、的確に、繰り返せるショット を445TL-4
するには そのゴルフクラブ単体を動かさず
自分とゴルフクラブの相関関係は変えず
自分が動くコトで達成する「べき」でしょう。
クラブヘッドに備わる ロフト 
 隣同士の番手の差は たった 3〜4度しかないのですし、
ドライバーを選ぶのでも
 1度の差を気にしたりするのですから…。




クラブ(単体)を動かすのではなく
それを持った自分が動く
→自分が動く〜向きを変えるコトによって
 スイングは円弧を描く 訳ですが、
それをクラブを振るモノ と信じ切って
スイングを始めてしまえば
 テークアウェイの初期、初動で
ボタンの掛け違いをしてしまいます。

アドレスの状態 から
自分が右を向く(股関節から上の胴体)
(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment(3)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)





高さは変わったとしても
自分とクラブ
自分とグリップ
自分とヘッドの相関関係は 大きくかわっていません。


(例えば 右向きを90度…と仮定すると)
自分が右向きをすれば それを達成できますが、
クラブは振るモノ  と信じていれば
そこで 本来、存在しない筈の円  
 余計な90度。。。行き帰り、終わりまで考えると
 余計な270度 を作るコトになります。
漆原_Moment
2020-10-19_21-38-40_Moment(3)2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(5)











よく からだの回転に移行し始めると
『振った気がしない』を言われますが、
「そりゃ クラブは振らないんですから
 その満足感は満たせません、無いモノは無いです」

としか言いようがないですね。
先に重さの付いた棒を270度振り回していた のを
一切合切辞めれば そりゃ 労力も充実感なくなるでしょう




まあ 日頃から運動不足気味 なので
たくさん運動したくなる気持ちは分からないではないですが
その 余計な90度、スイング全体では余計な270度
が ドンドンスイングを難しくしていきます。
(まあ それも楽しいのかも…知れませんが…)

体の対して クラブを(右打ちの人であれば)
ヘッドを体の幅の右外 に送る(外す)ということは
クラブを捩じる → クラブを右に倒すコトになります。
ボールに対して フェースが向いていたものを
ソールにする と言う動きですから
そのまま では ソールで打つコトになりますので、
元に戻す。。。 それが フェースローテーション です。

スイング ココを治そう❶_Moment葛谷 2017-2020_Moment(2)シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)








始めから フェースローテーション なんて言う
ややこしいことを望んでしている人は少ないでしょうから
「クラブを振るモノ」
という 固定概念が生み出す 派生効果。。。
その おまけ が 
生涯を通してスイングを悩ます一番の問題 になるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 
クラブの機能を活用する基本は
偏重した クラブそのものの姿勢
偏重した ヘッドそのものの姿勢
 を
 激しく変化させないコトです。

「それじゃあ 飛ばないじゃん」
  って言われるでしょう。
いやいや
 スイングの基本は
体の向きを変える…回転するコトで
 グリップを、クラブを動かすコト
 です。
簡単に言えば 回転の速度 です。
 クラブヘッドを振る速度 とは意味が違います。
(アプローチ) 比較映像_Moment(3)

その回転・・・体の向きの変更は
 基本姿勢である 前傾姿勢 が伴います。
⁂前傾姿勢…骨盤と大腿骨の前に傾いた角度差
ですので スイング軌道は 斜めに傾いている のです。

形式的に言えば グリップの高さは
最大に右を向いた状態
最大に左を向いた状態 が一番高く
ボールと正対している状態 が一番低く
向きと高さは共通のモノ 
とも言えます。


【つかまえの作法】_Moment

ボールを上から打て
ボールをつぶせ
  と言いますが、
(無理に意識する必要はありませんが…)
それは 右向きから正面向き
 の時間にボールに入ってくるからであって
『上から打つために 下に振る』コトでも
『上から打つために ヘッドを下げる』コトでもなく、
逆にそれをすれば するほど
 からだは上を向いてしまい 最下点は蕁扮β任繊砲縫坤譴泙后

多くの人が試していそう…ですね。


からだの回転
体とクラブの相対関係を維持し
からだの回転で(グリップを移動させ)直にボールを打つ
からだの回転で円を描く のと
からだではなく クラブを振って円を描く のでは
決定的に差が出る部分があります。

片方は 円が一つ
もう一方は 円が二つ以上 たくさんあります。

●からだの回転
●手の振り
●ヘッドの返し
 などなど
それらの円は相互に干渉しあうので
なにか一つを調整/修正すると
 その調整/修正は 別な円に影響を及ぼし
それが円が故に 同じ方向ではなく
左右の変更が 上下に影響を及ぼしたり
その逆になったりします。

V字を維持してみよう 上編_Moment(2)最たる例が インサイドアウト アウトサイドイン
などの軌道です。
からだの回転で直にクラブを動かす(相関関係は変えず)は
体の周り方を覚える〜変えれば
どちらもすぐに行え、
 軌道以外は大きな変化を生みません。



ところが 手で円を描く、クラブを振って円を描く場合、
アウトサイドインをインサイドアウト に変えようとすると
よりロフトを寝かすコトになり その後の修正回復が必要 で
寝かす〜閉じる の時間が多くかかるようになる為、
 体の開き(左右)だけでなく
  それに伴う 左右のからだの上下の向きが付いてきます。
(インパクトタイミングがより遅くなる為、
 からだの開き、体の上向きの度合いが激しくなります。)
箱根細工のように ココを押すと アソコが出て
アソコを押すと また別のトコロが飛び出る のようになる訳です。


スイングの見た目 をとやかく言うのは
なんなんですが、ちょっと独特な動き、タイミング の人
は そういう 修正の連続 という事なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



【言語化するのはとても難しい…ですけど】
これはあくまでもイメージというか、
打撃の概念 に近いモノ だから
全員に適応するか、どうかは分かりませんが
スイングを造る、スイングを変える において
打つボールの「場所」「位置」
 そのイメージも影響するかもしれません。


リリース〜刷毛塗_Moment

 当たり前…ですが、
アドレスをした時、そのポスチャア(姿勢)に対し
「打つ」ボールは からだの前、からだの正面にあります。
そして 見た目(あくまでも傍目に…ですが)には
ヘッドは地面と平行に ボールと横の関係で衝突します。

0e363453ボールはよく言われる スイングの軌道上、
ヘッドの軌跡上に あります。

こう見ると スイングの軌道は
平面上の円軌道に見えますが、
そのスイング軌道の土台は
からだの向きの変更と前傾姿勢 によって
傾いた立体的な軌道です。
(アプローチ) 比較映像_Moment(3)

ですので テークアウェイ時の
その進行方向には 上(高さ) が伴いますし
ダウンスイングでは 下(低さ)
インパクト以降では また上 が伴います。
正直、横になるのは 一回だけ。。。
 それもゼロに等しい、ほんの一瞬です。

その 進行方向が横 になる一瞬が
 スイング軌道、ヘッド軌道 では最下点に当たる訳…ですが、
ソコを「インパクト」に設定、イメージしておくと
ホンの一瞬のズレ…
ドライバーであれば
ボールとヘッドの接触時間は 1/2500秒以下 です

によって 下軌道の場合も、上の軌道の場合も発生するので
逆球の出る確率も高く、
距離や方向の安定が出し難く おススメ出来ません。
ゴルフショットは ミスの連続 ですので、
想定できるミス、使えるミス にしておく必要が高く、
両方が出る選択ではなく、ミスしても片側しかない方が
ミスをしたとしても計算が立ち易くなります。

まあ それは兎も角、
理論上、理想的には トップの位置からインパクトまでは
俗に言われる「ダウン」スイングは その言葉の通り、
低さの伴う 下への進行方向に当たります。
 そして それは 手でクラブを、手でヘッドを下に振るコト
 が創るのではなく、からだの向きの変更と前傾姿勢 の
 組み合わせによって、 進行方向である左サイドが
 右サイドよりも低い時間 というのが創っています。

スイングは総じて
 意志 ⇒ 実行  にタイムラグ が発生するため
下を打とう を行おうとすると
  結果、横、もしくは上 に振るコトに
横に打とう を行おうとすると 
  結果、上に振るコト に、

からだのメカニズムやクラブの仕組み、偏重性から
非常に上を向き易く、下の時間の確保が難しい です。


BlogPaint そ こ で   あくまでもイメージですが
トップの位置で このボールを打つイメージ
 本当に存在する 自分のからだに対し 左外にある
 このボールを 『横』 に打つイメージではなく
この位置 のボールを打とうとすると
まず からだの姿勢をボールに向けて  。。。から
クラブを振り始めますので
結果、上に向かって振るコト になりがち です。

ターゲットとしてのボール
トップの位置、右を向いた時の
左股関節の前あたり、茲○○ま の前にあるボールを
(ボールの位置はぼやッとしたもので良いと思います)
下に、
地面に 
向かって打つ
 イメージで
軽いショットなり、素振りなりをしてみて下さい。

そこからダウンを始めて
ボールを打つ時間の間に からだは向きを変えるので
実際のボールを横向きに打つ 感じ になります。



✋✋✋ココでのポイントは二つ です。

1.からだが捩じられると 斜めの軌道の意味を失います。
 しっかりと骨盤が右を向く、 胴体がひねられないコト

2.ボールを 下方向に、地面に向かって打つ のです、
 ソールでなく、フェースで打たないと 当たりませんよ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ミスを減らす、安定感を増す、
距離を伸ばす、弾道を良くする など
ショットやスイングを改善する と言う点において
根源的な「勘違い」や「誤った思い込み」 の
影響は 技術的なモノ を遥かに上回ります。
正直に言えば スイング改造は
 からだの動かし方の問題よりも
 頭の中にある情報の誤った解釈を修正するだけ
とも言えます。



Rさん との会話の中でも出てきたのですが、
『体の正面で打ちたい』と思っている  のなら
体の正面にクラブを固定して置いて、
クラブは動かさず(クラブと体の関係は変えず)、からだを回せば
良い球になるか、どうかは別として 課題はこなせます。

それをクラブを振って、
⇒からだに対して クラブを動かして
タイミングや技術、通り道などで
体の正面、からだがボールと正対したタイミングに
 インパクトを作る のとでは 全く意味が異なり、
本当は必要の無い技術を一生懸命練習することになります。
まだ 完成!とは言えませんが、
多少なりとも からだの回転で打てるようになった Rさん
今までよりも 腕の振りで打てるようになった Rさん
「こんなにもクラブを動かさないんだぁ…」 って
いやいやいや からだの回転で打つ、
体の正面でボールをとらえる って そういうことでしょ!
体に対してクラブを動かさず からだの向きで円弧描くんだから
そうなるに決まってますよ…



これは一つの参考例…ですが、
グリーン周りなどの短めのアプローチを
振り子のアプローチで行っているゴルファー が
「ダフリやトップのミスを無くしたい…」と願う場合、
あなたを迷宮へと誘う『振り子のアプローチ』_Moment1あなたを迷宮へと誘う『振り子のアプローチ』_Moment







そのミスの確率が高い、
特に現場で、傾斜が絡んだ時などに
ダフリやトップのミスが出がち…な訳ですが
その理由は
☑振り子の動作が故に
 回転式のアプローチよりも ヘッドの上りが急激
☑振り子の動作が故に
 軸がその重さによって振られるので
 俗に言う最下点が右にズレがち 
   なので
根源的には 「振り子のアプローチ」そのものの誤解 が
 一番の修正ポイントは筈、です。
(東西アプローチ対決_Moment(東西アプローチ対決_Moment(2)






スイングは向きを変えるから そう見えがち なのであって
実際に 大元の「からだとクラブ」の相関関係は変わらず
自分が向きを変えているだけ な筈なのに・・・
からだの回転 と言いつつ、からだは固定して
肩と腕で作る三角形を揺さぶって からだをきしませている、
回転ではなく 肩を上下に揺さぶっている、
肩と腕の三角形を動かす事が「からだの回転?」

その手の誤解を解くことが 一番の処方箋 です・・・・が
ダフリやトップが多いから
◌左肩が上がるのを抑制したり
◌右肩が下がるのを抑制したり
◌イマイチ どれがそうなのか分かりませんが 茲諒匹魄媼韻靴燭
◌軸ブレ 軸の倒れが起こるからミスるので それを制御したり
 と
どれもこれもが その「振り子のアクション」ソノモノを
 否定する動きで 修正しようとしています。
良い悪いは別として
 肩と腕で作る三角形を 肩を上下に揺さぶって
 振り子をしなければ ボールが打てないのに
 肩を揺さぶっている訳ですから
 左肩が上がったり、右肩が下がったり
 その三角形を振り子にした分、軸点に相当する頭が傾きますから
 それらは動き ソノモノ・・・なのに
 それを抑制したら どう動いて良いのやら…。



とは言うモノの
多くのゴルファーは そこまで根源的な修正は求めておらず
チョちょっと のアドバイスで改善することを望んでいる のも確かで
そういうトコロ… 全国のレッスンプロの方々は
 どう対処しているのか、アンケートを取ってみたいモノ…です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



練習場ではちょっと勿体ない…かも知れませんから
片手での素振り、をしてみましょう。

どちらの手でも構いません。

スイングの円弧は
からだの向きの変更とつながっています。
腕の振り ではありません。
その 円弧、曲線 に腕が一切携らないか と言うと
まったく と言うわけには行きませんが、
基本、腕使いで円弧を描くことはありません。

どちらの手でもそうなのですが、
多くの誤った その片手での振りは
ボールの有る インパクト付近、以降で
左サイドの回転を止め 腕で円を描くコト です。

腕を振って 円を描くのには
グリップに対し、ヘッドが追い付かなければ
実行できないのですが、
実際のショットでは 速く、強く、振れば
(動けば…が正しいですが)
振るほど ヘッドは重くなり、グリップに対し、遅れ易くなります。
まして これはドリルですが、片手です。
持っているのも やっとな程 なのです。
(片手での素振り と クラブの格納_Moment

素振りでのイメージは
アドレス時 からだとシャフトは垂直(約90度) な関係ですが、
トップの位置へ行くと
右打ちの人であれば やや右に近づきます。
角度 としては そうですね 60度位の関係になります。
ダウンスイングを始めると
 その角度は より狭くなり、
インパクトから フィニッシュにかけて
 その角度は 0度、胸やからだと平行になります。
(片手での素振り と クラブの格納_Moment(2)(片手での素振り と クラブの格納_Moment(3)






(片手での素振り と クラブの格納_Moment(4)(片手での素振り と クラブの格納_Moment(5)(片手での素振り と クラブの格納_Moment(6)






多くの人は その角度を 逆の角度
右サイドとシャフトの関係であれば
本来 どんどん それは近づき、最後はくっ付く のですが、
それ(角度)をどんどん開いて
 最後は左サイドとくっつけようとしています。
・・・・・・物理的には不可能です。

そこで登場するのが、どこかの時点で
左サイドの動きを止めてしまうコト。
そうすれば 支点になる左グリップの移動は止まり
ヘッドはグリップに追いつき 追い越します。


フィニッシュ以降 如何に腕とクラブを収納するか、が
からだの回転の速度の鍵になり、
そこで 左サイドを止め、腕を振って円を描くのは
スイングらしく 繕っているだけ です、よ。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ