◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: スイング改良


ショットにおいて
グリップを支点とし、
もしくはクラブの長さのどこかに支点をつくり、
グリップの動きと異なり ヘッドを動かしたり
グリップの移動を止めて ヘッドを動かすコトの
不安定度、危険度をよく理解してほしい。
IMG_0148_Moment

理屈においても、物理的にも
ゴルフクラブは打ち手のなにがしかの動きによって
グリップが動くから ヘッドが動くように出来ている。

それは 移動の総量においても
速度においても
方向においても ほぼ等しいモノで、

それによって 動作でヘッド速度を管理したり
ヘッドの動く方向を管理して
ショットやスイングを修繕したり、改良したりするのに
非常に適している。

グリップを支点として
もしくは クラブの長さのどこかに支点を作って
ヘッドを動かしてしまうと
特に 移動の方向において
グリップとヘッドが 真反対、逆に方向に動く瞬間が
一番重要な インパクト付近に発生し易くなってしまう。
IMG_0451_Slomo_Moment(3)IMG_0451_Slomo_Moment(2)






ドライバーやウッドで、長めのクラブであれば
そのヘッドの移動速度は 時速100キロを超えるような環境で
ヘッドとグリップが反対方向に動くようであれば
その修正は 瞬間芸、神業に近くなってしまう。
これでは その打ち方の修正は本人しか出来ないし、
例え 良いショットを打てたとしても、それを継続する「コツ」というものが
はっきりと存在しない あまりにタイミングに依存する芸当になってしまう。

ゴルフにとって 「ショット」はそのすべてではなく
ゲームを進めていく上での 単なる手段に過ぎないのに
それを タイミングだけに依存するのは あまりに危ういと思う。


グリップの移動で
そのヘッドの移動の速度
そのヘッドの移動の方向
そのヘッドの移動の総量
それを管理していくことが ショットの確実性を高める 最大で
唯一の方法と言えるだろう。
IMG_0175(2)_Moment

クラブは運動をさせれば そこに属する重さは重さを増すので
スイングをすれば ヘッドは遅れる
それはそのまま放置し
如何に 体の向きの変更に「グリップ部」が遅れず
体の幅の中に収めておくか が スイングのほぼ全部と言えるだろう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ことさら スイングプレーンを重要視するつもりもないし
そのヘッドの軌道は「お好み」でいいと思うけれど

インサイドアウト の意味を今一度考えてほしい。

・・・ちょっと 内容は難しい…ですが・・・

images


これはなぜか・・・というと
この インサイドアウト には
からだの回転と言う意味が多分に含まれているから
 です。



多くの人は テークバックで右を向きません。
手で トップの位置…らしい所にクラブを持って行くだけです。
にもかかわらず 左は向きます。

インサイドアウト のインサイドは
アドレス時の飛球線に対しての意味合い ですが、
インサイドは ボールよりも自分側
インサイドの量が多ければ ボールからより離れていく
と言う意味も含まれています。

一般論のスイング軌道で『インサイドアウト』は
ボールから自分側に ボールから離れていくところから始まり
ボールに近づいて インパクトを迎え 打ち終わると
ボールよりも自分の反対側に また ボールから離れていく
というコトを指しているのですが、
それが 今の主流のスイングの回転と噛み合っていません。

右を向いていませんから
そこから 回転すると 自分は ボールから離れていくことになります。
多くのスイング動画をご覧になれば
かなりはっきりと見受けられますが、
自称「上手」と言っている人やプロのスイングであっても
ダウンスイング、インパクト以前に
ヘッドはボールに近づいているのに
グリップはボールから離れていく
ヘッドはインサイドからボールに向かっているのに
グリップはボールからインサイドに切り込んでいる
そんな クラブ使いをものすごく多く、
逆に言うと そうでないスイングを見つけるのが大変難しいほど
見ることが出来ます。
IMG_0451_Slomo_Moment(3)IMG_0451_Slomo_Moment(2)






そのクラブさばきでは クラブのどこかに支点を作って
テコのように クラブ/シャフト/棒を素早く反転させることが出来るので
加速感が味わえます。
しかし それに伴うからだの回転は
正面の存在しない 動作が始まるとすぐに左向き になってしまいます。

グリップの自分の方、インサイドに引き入れることによって
無自覚的に 体の向きが左に向くコト・・・
それは ある意味、
グリップを引き入れる空間を作っている
グリップを避けている反射行為で
動作としての からだの回転 ではありません。


からだの回転があるから グリップが移動し、そして ヘッドも移動する
であれば
からだの回転によって 体自体もボールに近づき、グリップもボールに近づく
そして ヘッドも・・・ それが 本当の意味での インサイドアウト です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



先日の投稿記事  byよっちゃん に書いてありますが、
http://hbs.livedoor.blog/archives/1978540.html
多くの方が悩まれるスイングの課題、問題 なのですが、
文面で説明するのは難しいのですが

スイング・・・以前に ボールをどうさばくか

動作や技術を全部無視して
『ゴルフクラブを持って
 ゴルフスイングのコトは全部無視して、気にせず
 ボールを打って!』

・・・インパクト前後 20センチ位…合計50儖未
ヘッドとボールのコンタクト観というか
    そこらへんが根本になっています。

IMG_0451_Slomo_Moment(3)IMG_0451_Slomo_Moment(2)







このボールさばきは
スイングや距離などで悩んでいる人のほとんど
ゴルファーの半数以上が そのボールさばき、クラブさばき です。
最近では富に悪い意味で「流行っています」



そのクラブさばき、ボールさばき であれば

👉絶対に 体は開きます。
 開かないと ボールは打てません。
 閉じたら ボールが打てません。

👉手打になります
 手打ちでないと ボールは打てません。
 体でクラブを動かしたら ボールが打てません。

👉ハンドファーストには出来ません。
 ハンドファーストでは ボールは打てません。
 故に ヘッドターン以外 ロフトは締められません。
 緩くなったロフトの分、スピードが必要です。

👉インパクト直前で急加速が必須です。
 等速でクラブを動かして ボールを打つコトが出来ません。
   ・・・・・・ランニングアプローチは怖いですね・・・・・・

👉体重を左に移せません。
 体重を左に乗せたら ボールに当たりません。

👉テークバックは 体を回せません。
 肩や腕だけで上げる方法の方が打ち易いです。
 故に 肩・肩甲骨を回す、胴体・上半身を捻る〜胴捻転の病になります。

👉インパクトで左肩はかなりあがり、右肩は下がります。
 そうしないと ボールが打てないから です。


キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)





✋このボールさばき、クラブさばきでは
 スピードを抑えたアプローチやランニングは苦手になります。
 速くヘッドを動かせる 上げる・・・アプローチはロブショットが中心になります。
 ヘッドを速く動かすコトしか出来なくなります。

✋胴捻転を起こすので 腰や脚と肩の回転角度が異なるので
 地面から打つ長物、傾斜のショットが苦手になります。

✋力がないと バンカーショットが飛ばせられないショットなので
 非力な方や女性にとって バンカーはかなりの危険地帯になります。
 距離のあるバンカーは刻みが必須になります。

✋アドレスは必然的に 右向き。
 ややひっかけで打つ感じになりますから
 12時を目標とすると、2時を向いて立ち、10時に向かって振るような
 『非常にタイミングにシビアな曲芸打ち』になりますから
 自分以外 それを修正、改善する手がありません。



✊自分のやっているコトが理解出来れば 治ります。

✊逆に その肝心かなめな部分が変わらない限り、
 局所、局所のポジションや姿勢などを治しても
 それは単なる「飾り」や「その場の真似」に終わります。

 そこの部分が変わらない限り、どんなレッスンもテクニックも
 何回やろうとも、何時間費やそうとも、何球打とうとも身に付きません。
 まあ。。。レッスンとしては商売になるのかも…ですけどね。


sample2018 (2)_Moment(2)


 👉レッスンは常時受け付けております
  ご連絡下さい  046-804-1480
  
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


これは本当に不思議に思う・・・というか
なんと言って良いのか・・・・・・・・・・・・・

ゴルフのスイングを教えている人に
アンケートを取りたい位…です。


スナップショット 5 (2011-12-20 21-57)



ゴルフショットの目的は

〇狙った方向に
〇狙った距離を
〇狙った弾道で


出来れば
〇少ない力で効率よく飛ばし
かつ
〇体を痛めず 出来るだけ繰り返し易い
〇出来るだけミスの出にくいように・・・

だと思うのです。

これは万国共通と思うのです。


よって 極端に言えば
その姿、格好、サマ 俗に言うスイングの見た目
つまり形や型 など どうでも良い訳で
似たようなモノ ・・・ゴルフクラブやボール を
似たようなモノ ・・・人間の構造 が
扱っているから 最終的に似たようなサマになるにだけ です。
IMG_0040


狙った方向 狙った距離
 は 運動の速度にも左右される部分もありますが、

どんなヘッドの姿勢 と
どんなヘッドの軌跡 によって作られる のですが、
打つボールは球体 360度の丸 
打つ場所は ほぼ平面の板状 
(ウッドの場合 少しだけ湾曲していますが
 ボールの球筋や方向に大きな影響はありません)なのですから

狙った方向 狙った距離 を両立するには
そんなにたくさん方法は無いはずです。


.悒奪匹魏鹽召気擦董.棔璽襪鯊任鎚が
👉真っ直ぐ行き易いのか
ヘッドを回転させて ボールを打つ方が
👉同じ距離を打ち易いのか

それとも
▲悒奪匹禄侏茲襪世渦鹽召気擦覆い蚤任鎚が
👉真っ直ぐ行き易いのか
ヘッドを出来るだけ回転させないで打つ方が
👉同じ距離を打ち易いのか


と言う問題の答えはどうでしょう?


おそらく 全員とは言わないまでも
過半数以上 △世隼廚Δ鵑任垢諭

で。。。スイング論の多くが △帽圓着かないのは
【遠くに飛ばしたい】
つまり △任榔鵑に飛ばせない・・・ と「感じる」んだと思いますが、
では
もし ,△茲蠅
ヘッドを回転させる もしくは ヘッドがグリップを追い越す 方が
ヘッドを回転させない もしくは ヘッドはグリップを追い越さない よりも飛ぶ
と仮定しましょう。

しかし ヘッドを回転させる方法やヘッドがグリップを追い越す方法は
そのヘッドの姿勢やヘッドの軌道が 回転のタイミングなどによって
安定し辛く、飛ぶ時も飛ばない時も出やすい のですから
これは 本当にショットに有効な「飛ばし」なんでしょうか?

スナップショット 1 (2012-10-26 2-44)


.悒奪匹魏鹽召気擦董.棔璽襪鯊任鎚が
👉真っ直ぐ行き易いのか
ヘッドを回転させて ボールを打つ方が
👉同じ距離を打ち易いのか

それとも
▲悒奪匹禄侏茲襪世渦鹽召気擦覆い蚤任鎚が
👉真っ直ぐ行き易いのか
ヘッドを出来るだけ回転させないで打つ方が
👉同じ距離を打ち易いのか


,鉢△任蓮.好ぅ鵐阿噺世ζ虻鄰
,諒が色々とやることが多く、忙しいのは
想像出来ると思うのですが、
それならば △諒法で遠くに飛ばすコト 方が
アマチュアには適切な「ショット」とは考えないのでしょうか?



また 飛ばす というのは
ドライバーショット に限定されているのではないですか?

勿論 飛ばしたい気持ちは痛いほど分かりますが、
 ドライバーショットにおいても
(単に ロフトの関係上、一番距離の得られるクラブですが)
その距離が 220ヤードを平均値としても
240ヤード飛ぶ時も、200ヤードしか飛ばない時もあるのと
毎回220ヤード前後 なのでは どちらが
ゴルフと言うゲームにおいて「有利」なのでしょうか?

ヘッドを回転させて打つ、ヘッドがグリップを追い越して打つ
は ロフトも変わりますし、ヘッドの入射軌道も色々になり易く
距離だけでなく、方向や球筋の変化も 一期一会 になり易い
・・・・それもゴルフ・・・ではありますが、
容易さ は そのまま 体の故障 にもつながりますし
容易さ は 点数を競う という ゴルフのゲームの本質にもつながります。

飛ばすな ではありません。
〇同じ距離を打てる
〇同じ方向に打てる
〇同じ弾道を打てる
は ショットの本質。。。目指すべきもの なのではないのでしょうか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

   

とても頑張っておられるのですが
後顧の憂いの為にあえて 助言をさせて頂きます。


mittan_Momentmittan_Moment(2)mittan_Moment(3)






この時点で既に「手遅れ」状態に入っています。

今までのスイングのタイミング というのが
あるのはわかるのですが、
その主な原因 というのは テークバック時の後半
最終段階で ライ方向にコッキングをされているので
その慣性がクラブに残ります。



体は回り始めても クラブにはその慣性が残るのが
手が遅れてしまう最大の原因と思われます。

トップの位置の所定のゴールの場所に
もう少し ストレートに 迂回せず ダイレクトに
廻りながら 高くする 癖をつけることが
同時 ダウンスイングの 同時進行の癖 になります。

スイングは からだの回転が横
腕さばきが縦 と分割する感覚ではなく
体の傾きによる斜めの軌道を
腕で よりアップライトに変えているだけです。
傾きの量を増やしているだけで
 腕も体も同じ方向の作業のしているのです。


シャフトのしならせ方があまり良くない・・・
これでは後半疲れてきたときに
疲れてくるのは 基本クラブに近い握力や前腕なので
そのシャフトのしならせ方に勝てなくなってしまいます。

mittan_Moment(4)mittan_Moment(5)mittan_Moment(7)






また握力や前腕の疲れは ラウンド中、関知し難いモノです。


グリップ 手が浮かされやすい シャフトのしならせ方ですので
後半にフェアウェイウッド等 ミスになり易いと思います。

右を向いているうち、右向きの空間がある間に
焦らず クラブの重みを上手に利用して
グリップを下げてしまうことを覚えた方がずっと楽になります。

mittan_Moment(7)mittan_Moment(8)mittan_Moment(9)






スペースが狭くなってから 非常に急いで降ろされています。

急激に降ろされている反動で左サイドが浮きがちですが
ここは ものすごく頑張って耐えていらっしゃいます。
ですが、、、 体や腰には負担がかかりますから



運動の激しくなる インパクト付近で体を止めなくてはならないのですから
その同じことを ダウンスイングで 先にやってしまえば・・・
 と言葉で言うのは簡単ですが
順序を変えられれば もっと格段に楽になると思います。

右を向いている内に 向きはロックしたまま グリップを下げる
と同時に
からだの回転でボールを下に抑える
この二つの併用で 順序を改善してみて下さい。




右向きの内にグリップを動かすには
大きなメリットがあります。

,泙此.ラブの重さの助力が使えます。

体の向きと前傾があるので
 縦と横が混じります。(斜め)
 近道〜抜け道 とも言えます。

 この時期を逸すると 縦 に動かし
 横に動かす という 迂回したさばきになり
 時間も労力も要します。

1Ωきの時に グリップを下げられれば
 クラブや腕の重さが 左足方向に掛かるので
 からだの回転もスムースにし易くなります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
    【投稿記事です】


改造計画
技術、その前に・・・現状を丸裸にしてくれ気づかせてくれる

ねじれた脳をほどいてくれる

脳ミソ筋肉な状態を弛緩してくれるお店に行ってまいりました(^^)
IMG_0401 (2)_MomentIMG_0398 (2)_Moment











こちらにとっては非常に有意義な時間で、
参考になるかどうかはわかりませんが、
順次ご報告させていただきます。

おかしな部分は訂正が入ると思いますので。

後になってしまいましたが、
こちらの事情で入るのが遅くなりご迷惑をおかけしました事をお詫び申し上げます。

・脳ミソ筋肉な状態とは
尋常ではない球数による反復練習(訓練)により、
へんてこりんな動きが条件反射となってしまっている。

変な表現ですが、
反復練習によってまがいなりに打てる(打ててしまう)わたしは
形、型を聞けば、すぐ変わると思っていました。
それで当たると自分では出来たとなります。
聞いたことを体に命令する能力マネは非常に上手なわけです。

文字どおりマネですので
本物には一生なりえないわけで、
そのまま見ただけ、聞いただけでは
無理なことを気づかせてもらえました。

・この日の流れ現状そのままの状態で動画撮影
変更内容を実技を含め、講習
その後再度動画撮影その様は見てのとおりですが、
時間にして1時間ほどこの短時間でのアフター動画の変化に驚きました!

何が驚くって、見た目に変化しているところが
全く違う部分の意識で変わっていたこと

このような変化を生みだせるのは日本でここだけでしょう!

まさにおそるべしです!!

(さらに驚く動画があるとか、ないとか)

帰りの車中では
当然のごとくその出来事が頭の中をぐるぐるよぎります。
そこで行き着くのが、
自分なりに解釈するというと言葉はきれいなように感じますが、
単に都合がいいようにしているだけだったなあということでした。

しかし今後、人間にとって美しい動きを
クラブが受ける重力利用で身につけることが出来れば、
ゴルフを通じてまた新しい道が開けると確信しています。

IMG_0339


備忘録    ☆よっちゃんメモ

・グリップは指に引っかかるだけ

・四肢の使い方 まずは太ももを使ってきちんと右を向く

・クラブの重さで右ひじを伸ばす 
 その際、右掌が地面を向く(フェースが地面)右掌で左掌を押す

・そこから左肘が曲がってグリップが出される
 左わき腹(左肘とわき腹の間)方向

・動きを止めなければ腕と同調した体が左足重心で正面になり

・さらに止めなければ、インパクトが通過点となり左回転によるフォローとなる



万歳!!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ヘッドを動かしたい(グリップの移動ではなく シャフトの振りで)
と言う気持ちはわからないではないけれど
それは そのままロフトを増やすことにもなり
重さとの戦いになるから 筋力勝負になる。

そこは 乗り越えてほしいトコロ ですね。

スナップショット 1 (2017-01-13 12-27)スナップショット 4 (2017-01-13 12-29)スナップショット 6 (2017-01-13 12-29)








ヘッドはグリップとシャフトでつながっているのだから
腕の補助も使い、からだの回転で
グリップをどんどん動かす
 ヘッドを動かしたければ 量も、速度も、方向も 👉グリップを動かす

グリップを動かすコトを主にすれば
前傾も保ち易く
からだの回転も促進されやすい
並行して 傾きを維持したままの回転が出来やすい
重さと闘えば、重さは回転に対し 錨の効果になってしまうが
重さを放っておけば その重さの落下が回転に使い易い
ゴルフクラブは構造上、そうなっている。

問題は 概念というか、思い込み、気持ちのみ。

技術的には 重さにも逆らわないし
その重さが補助になってくれるのだから
かなり 楽になる。



足し算 引き算をしよう
 今までと違う 動きを考えた時
 ✋右ひじの動きを増やしたとき
 ゴルフのスイングはトップオブスイングにしても
 インパクトにしても だいたい 所定の場所
 だいたい決まった場所ですから
 なにかが増える ということは その分何かが減ります。
 ✊右ひじの張り、曲げた分の高さ を取った時
 その分 左腕の動作量も減るのです。 
e8e506c0-s

 特に今まで体験したことのない
 からだの回転で直にクラブが移動させた時、
 その分、腕でクラブを移動させる量は大幅に減るのです。
 今まで 充実感いっぱいだった 重さをブン回す感じが
 からだの回転に取られてしまう感じは
 なかなか馴染めないのかもしれません。
 特にからだの回転の場合、
 今までの腕の 縦横の仕事をほとんどとってしまう
 大変有能な社員ですので・・・。

  重さに逆らい強引に腕で動かしたのを
 腕よりも遥かに筋力のある体幹が
 より軽い状態でクラブを動かす と言う認識が必要です。

 双方 増える増える では ボールは打てません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

   

これは本当に「気持ち」的には難しいのかも知れません。
なかなか乗り越えられないモノ なのかもしれません。


IMG_0321_MomentIMG_0321_Moment(4)






.哀螢奪廚琉榮阿ヘッドの移動
  →クラブのヘッドは捨て置く


弊社のシャフトは市販のシャフトの比べ「ぐにゃぐにゃ」と
言われるほど 柔らかい ですが、
それでも ヘッドはシャフトでつながっています。
(比較 ドライバー 振動数250pm / 120cpm)

ヘッドが抜けたり、シャフトが折れたりしません。

ましてや 殆どの人は カチカチの硬さのシャフトで
ゴルフを覚えているはず です。

シャフトでヘッドはグリップとつながっているのですから
ヘッドを動かそうとしなくても グリップさえ動かせば ヘッドは動くのです。

 

このスイングは
 ヘッドは動かすモノ
 ヘッドを動かすためにグリップはどこかで止める

と言う意思が見られます。

牽引する車 の話であれば
 前の車が動けば 後ろの車も動きます。

このクラブの扱いでは
 勢いをつけて置き いざ ボールを打つ時
 前の車が動きを辞め、その勢い(反動や慣性)を使って
 後ろの車を動かしている そういう動かし方 です。


こちらは素振りではありますが
〇グリップを動かし続けるコト が ヘッドを動かすコト
と言う動きです。

正しく ゴルフクラブの機能を使い、
 からだの回転通りにクラブを動かし行くには
 こちらにしないといけないのですが、
「ヘッドを動かさないとボールは打てない、
 ボールはヘッドで打つのだから…」

と言う基本になる意識がある限り
 この動きには絶対に到達出来ません。

ゴルフクラブは 1mもの長い棒の先に重さがあります。
そして それだけではなく
 長いが故に 自分やグリップよりもヘッドの方が移動速度が速くなります。
それは 重さをどんどん増やしますから
 物理的には どんどん 動きたがらなく なっていくのにも関わらず
△同一円上をヘッドが動く
△クラブの長さ通りに円を描く

をつくろうとすれば、どこかでグリップの移動を辞め
ヘッドを「意図的に」多く動かさなければならなくなります。

その動かし方が
 👉ヘッドを多く動かしているのに
  その行為は同時にロフトを増やす動きになるから
  振っても飛ばない
 👉遠くへ飛ばすスイングとアプローチなどの
  遠くに飛ばさないスイングに共通点を作れない
 👉グリップの移動そのもの ではなく
  グリップのこねくり によって ボールを打つので
  距離や姿勢などの安定を生めない

になるのです。

ビデオ_Moment


✋腕の補助も入りますが、体の向きの変更でグリップを動かし、
 その運動によって 更に増えた重さ分 留まろうとするヘッドは
 そのまま捨て置き、
 ヘッドはどの道 シャフトによってつながっているのですから
 その重さに抵抗せず、グリップを動かし続ける


  というのがゴルフスイングです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

   

ゴルフスイングを直したい
と言う気持ちは誰しも …全員とは言いませんが
ゴルファーの約束とも言える「標語」になっています。

メリークリスマス☆…クリスマス・・・ ですが
サンタさんの頼んでも 良いスイングは届けてくれない
とのコト…です。


飛距離アップ
安定性アップ

と言う点においては 「正しく」スイングを良くすることは
非常に効果があります。

✋何より 正しいスイングは体を壊しません。

が、
そのスイングを その動作の真意、目的を考えず
形や型だけを真似ては
身に付くことはありません。
それが どんなタイプのスイングであっても…です。
 そのまんま 型をマネするに過ぎません。
うわべだけ、格好だけのスイングは
 その人の動作に刷り込まれることはありません。

ハミングバードの唱えていることは 昔から言われている
ごくごく普通の、ごく常識的なことなのですから
それも致し方ないとは思いますが、
唱えている人が その動作、その型の真意を理解されず
形ばかりを教えてしまう
例が少なくない ようで
それは ちょっと害がありますね。
意味の分からない型は覚えてもコースでは使えません。
練習場キング を目指すなら別ですが…。


スイングにおける 動作 は
例え それがグリップの恰好・型にしても
アドレス にしても 必ず 理由・・・意図があります。

何かの目的、何かの理由があって
それを行うために 結果として その型 になるのです。

ですので その目的、意図が変わっていないのに
型だけを変えても 身には付きません。
コースで発揮されることはありません。

なぜならば ショットは 意志を持った人間が行う からです。


参考例をあげましょう。
二つの動画をご覧ください。
片方はショットではなく、素振りの段階ですが、
この二つの時間差は『1時間程度』です。



評論・結果論だけあげれば
左のショット の方は
振り遅れ〜手遅れのカット打ち 
体を開いて 手でクラブを振る、俗に言うアウトサイドイン です。
一見 迫力はありますが、
振れば振るほど
 👉ロフトが増えるか、
 👉軌道が上向きになるか
 👉フェースが開くので 高い球になるか
ですから、飛距離にもなり難く、安定性も欠きます。

練習量や運動神経でカバーする人はこれでもスコアにはなります。
インパクトはこの形、グリップや体の姿勢はこんな感じ
『自分独特のインパクト』を練習で会得した人は
往々にして どう振っても結果は変わらない と心の底で思っているので
スイングそのものをなめているケースが少なくありません。

一方 右の素振り ですが、
この変化、差異は 形の猿真似 では絶対にたどり着けません。
スイング軌道は大幅に違いますし
ヘッド姿勢もこちらの方が締まったロフトでインパクトできるので
安定して 飛距離を稼げます。

動作の意味 動作の目的 が分かれば
この素振りは 打撃とつながっていけます。

何を意識すると この変化が起こるのか

IMG_0398 (2)_MomentIMG_0401 (2)_Moment













実は トップの形の差異 については
何も言ってないに等しい状態なのに
トップの形でもこんな差が発生しています。
 いったい それはなぜ、何によって起こったのでしょうか

 (明日に続く)   
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



これも確認ため 訂正 しておきましょう。


振り遅れ 振り遅れ と連呼してしまっているので
振り遅れを取り戻そう 取り戻そうとしていますが、

実は『振り遅れは問題ない』のです。

問題なのは 手遅れ なのです。
時間 と言う意味の 手遅れ ではなく
体の部位の『手』が遅れている と言う意味です。

2013-04-06 12-19-18.455_Moment2013-1







ゴルフクラブは 先端に重さのある長い道具です。
非常にシンプルに考えれば
 打ち手がなにがしかの動作をすると
 グリップが動いて、結果 ヘッドが動きます。
 そして そのヘッドにはボールをどかすための特出した重さがある
 のですから、運動が加わった分 ヘッドは遅れます。
 インパクトに向けて 動作も早く成ってくのですから
 どんどん 遅れます。

 遅れていいんです!   ヘッドは。

 その遅れがあるから クラブやヘッドは近回りし
 インサイドから入ってこれます。

 その遅れを 『フェースの下向き/ロフトの立ち』 に変えれば済むのです。

 幸い スイングには傾き、前傾姿勢があるので
 アバウトですが、ダウンスイング→インパクト直前あたりまで
 左サイドの方が低く
 両方のグリップで言うと 茱哀螢奪廚諒が低くなり易い 状態。


ところが 手遅れは
体に対し 骨盤や太ももに対し
グリップが右にズレ過ぎてしまうと
腕はねじられ 茱哀螢奪廚諒が高くなってしまいます。
これでは ソールがボールに向きます。

down_swing
左グリップの方が高く 右グリップが低い状態では
それに沿った 体の姿勢になっていきます。
俗に言う 突っ込み とか、 右サイドの下がり、体の開き です。
 

 だから ローテーション ヘッドの返し という
 同じ球を二度と打てない様な打ち方の練習に
 ゴルフ人生を生涯かけるコトになるのです。

ヘッドなんて放っておけばいいんです。

グリップを動かせば つながっているんですから
絶対にヘッドも動きます。


問題なのは 手が遅れないコト。

手が遅れてしまっては すべてが台無し。
手が遅れないよう アドレスもグリップもテークバックも
出来るだけ 対処しておかなくてはならないのです。

からだの回転で ヘッドの重さを引っ張る クラブを引っ張る
その挙句の果てに体を止め クラブを返す

 なんてのは 愚の骨頂で
頭の悪い人に任せておきましょう。

ゴルフは大人の遊びです。
知恵を使えば そこの部分は もっと楽が出来るんです。

そのための「悶絶クラブ」でもあります。





手遅れ=振り遅れ ではありません。
ゴルフショットは 意図的に振り遅れて打ちます。
ゴルフクラブは どう考えても、逆立ちしても
主たるエンジンの体の動きより遅れるに決まっています。
これが体を追い越すなんて おサルさんに申し訳ないですが
おサルさん以下の発想です。
そして はっきり言っておきますが、
手遅れを取り戻そうとする動き は
イコール カット打ち こすり打ち アウトサイドイン そのものです。
振り遅れを取り戻そう としないと ボールは打てませんが、
ボールを打つと 必ず カット打ち、こすり打ち、アウトサイドイン、
その振り方のナイスショット、正しい弾道は
 弱弱しい スピンの多い、風に弱い、右曲がりの球 です。
そのスイングに対しては それが正解。

それ以外の弾道を望むのは酷です。

まあ 右サイドが下がり、体が開くので
ダフリやトップ、チョロやシャンクのミスは仕方ない かも ですが
左曲りの… ドローボールを打とう…なんて
不可能とは言いませんが 空を飛ぼうとしているのに等しいトライ
と言えるんですが、まあ 一生かけてトライしてみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
 
スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)


ヘッドを振らない?
引き摺る様に引っ張ってるのとも違うのですよね?


A:よく考えて頂きたいのです、
 ゴルフクラブの形状と遠心力の関係です。
 遠心力はそのものが「外へ外へと膨らもうとするチカラです」
 その力は 重さ(長さ×重さ) × 運動速度分です。
 トップオブスイングからインパクトに欠けては
 右打ちの人であれば  右・外・下方
 その方向は これからボールを打つその方向とも
 打ちたいボールの方向とも異なります。
 それを増やすと 打ち易いでしょうか?
 振り易いでしょうか?

 植えられてしまった観念を妄信していませんか?

 ゴルフのスイングは遠心力を使わない とは言いませんが、
 ボールをより強い力で叩いたり、
 結果、クラブ(グリップ)を速く動かそうとした時の
 負荷や抵抗にしかなりません。

 当たり前ですが、クラブは重力によって落下する以外
 自分では『一切動きません』から
 自分が運動をして、グリップを動かして、ヘッドを動かすのです。

 故におっしゃられる通り 引っ張るとも微妙に違う気がしますが、
 引きずるような ヘッドは「捨て置いて」グリップ遅れないように
 グリップが出来るだけ左サイドにあるように クラブを引きずる と良いです。

 そのうえで クラブは構造上、
 ヘッドと言う特出した重さが グリップより高い所にある時は
 その重さを使って グリップを動かすコトが可能です。
 それは有効に使いたいモノです。
 ヘッドの形状がありますから
 クラブの位置やヘッドの姿勢によって
 どの方向にグリップが押されるとより「楽になる」のか
 考えてみましょう(^_-)-☆



修正後_Moment修正前_Moment










クラブを持って無いつもりで
シャドウスイングのような感じでしょうか?

A:成人男性のドライバーショットで
 ヘッドに掛かるボールの圧は 800舛髪曚┐泙后
 ヘビー級のボクサーのパンチよりすごいのです。
 その重さが掛かりますから、さすがに 素振り(シャドースイング)よりも
 大変ではありますが、
 コト 素振りにおいては
 クラブを持っていない 素手状態よりも
 クラブを持っている方が 動作は楽です。
 クラブの重さと言う「助力」が使えますから^^

 クラブを持った素振りの方が上手くいかない と言うのは
 運動中、どこかの時点で クラブの重さと自分の動かしていきたい方向に
 ギャップが生じている というコトです。
 👉それは それを感じた時の 前のコマ(場面)で
 クラブの位置やヘッドの姿勢などが あまり芳しくない というコトを示唆しています。


スナップショット 17 (2013-06-03 19-49)


ヘッドを顔の正面から動かさない様に体を回すのでしょうか?

A:顔の正面 というよりも
 特に『常時、グリップは体の左サイドの置いておく』感じです。

 スライスも、ひっかけも、チョロも、ダフリも、トップも、
 グリップが体に対し 右にズレてしまう→手遅れ
 コトが大きな原因です。
 殆どそれがすべてと言っても過言ではないほどです。

 まあ ボールを見続けるより
 はるかに 体をきっちり、骨盤、胴体をきっちり右に向けることの方が
 大事なので、 ヘッドを見続けながら 素振り、練習を見てみるのは
 とても良いかも知れません。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
 

茵Ыだ妓
蕁Ыだ義


二つのスイングを画像にして抽出
修正後_Moment修正前_Moment









修正後_Moment(3)修正前_Moment(3)










修正後_Moment(4)修正前_Moment(4)









✋修正前のショットは
振り遅れ の 典型的な アウトサイドイン
室内で打っていてもわかる あきらかな 弱いハイボール
✋修正後のショットは
まだ不安定とは言え 捕まりの良い ローボール
トップの位置の深さというか ちゃんとの右向きはものすごく大きな違い

ボールを上から抑える 等
幾つかの注意点はあったけれど
〇どうしても 腕から先にさげられない
〇ダウンで グリップが体から離れてしまう

などを考慮し、打撃のイメージを変えて貰いました。


IMG_0324

アドレス時、ボールは体の正面、左太もも前辺りにあります。

右を向いた時、
実際に打つボールは その姿勢の莢にある関係ですが、
仮想のボール として
右を向いた時…でも
自分の左太もも前 あたりをイメージし
そのボールを 下/地面に対し 振り始め
振り始めたら 体を回す〜体を解放する
 にしてみると


修正後_Moment修正前_Momentまず
明らかに 右向きが変わりました。

二つを見比べると
イメージとしての
目標、打とうとしている
ボールの位置が異なります。

似て非なる状態です。


修正後_Moment(3)修正前_Moment(3) 右を向いている時の
左太もも前 あたりのボールを
下に打つ のと
 右を向いている時の
実際のボールを打つに行くのでは
手順が異なります。

似たような体の向き に対し
グリップの下がり具合が異なります
修正前では振り遅れ
外から振るほかない タイミングですね。


修正後_Moment(4)修正前_Moment(4)
そして 結果 この通りです。

イメージの変更 なので
誰にでも当てはまる訳ではないですが

打とうとするボールの位置
の変更は
スイングの手順だけでなく
スイングを大きく変えてしまうモノ です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5


IMG_2813Trim(3)_Momentスイング動作中での
グリップエンドの位置の基準というのは
上半身でなく 足・太もも  と考えると良いでしょう。

アドレス時は グリップエンドの位置はおおむね
 センターよりもやや茵∈限世發發料亜∈犬Δ舛發睚佞蠅砲△蠅泙后

テークバック〜トップに行くと
傾きの関係もあるので 大きく動いてはいないのですが
その位置関係は…   グリップエンドは右太もも前に少しズレます。

骨盤を回さず、上半身の上でだけ 、73d28d33
肩だけ や 左腕だけでテークバックしてしまうと
その右へのズレは 後々修復不可能な量になってしまいます。

振り遅れ、 手遅れ とは
ボールを上から抑えて打つタイミングを逃す ほど
グリップエンドの位置が右にあることで
スイングの正規のタイミングは
 左太ももがボールを追い抜いた その瞬間 です。



体の左サイドが低く、まだ右を向いたまま が
 インパクト直前の状態・・・。



イメージ・・・ですが、
それを行うには グリップエンドは左太もも
それは実現するには 太ももよりも 更に
にないといけないのです。

ですから 自ずと 動かしていく順番も決まってきます。



ショットは クラブがただ落下する通りに打つ だけ。
IMG_0226_Moment(2)

打ち手のすることは トップの位置その場所のままだと
ボールの位置にヘッドが行きませんから
.ラブの重さ
∈絃縅咾寮莵圓靴唇榮
B里硫鹽
で ボールの位置にヘッドが落ちるように仕向けるコト と
フェースを下に向けるコト だけ です。

そして それが行えるようになってきたら
それを崩さない範囲 動作のスピードを加えてあげるだけ です。



根本的に
 ロフトを開いて、下からしゃくるように打つ のは
番手に関係なくロブショットを打っているようなモノ・・・
それを正規のロフトで当てられれば
インパクトの通過スピードは
今までより格段に低くても飛ばせるのです。
video after_Momentvideo before_Moment
そして そのボールさばきは飛ばすショットだけでなく
アプローチやパッティングにもそのまま使えます。

手のさばきも助力として使いますが、
原則、からだの回転でグリップが動いた分、ヘッドが動く
そのヘッドスピードが 飛距離管理の元です。
    (パターは 腕だけのさばき(除く肩)で良い)







 振り遅れている
からだの回転の一番美味しい時期
・・・ボールの正対している時期 を逃しているコトで
本来は その行為そのものが打撃 なのですから
その時期を逃せば 何か別の
スイング言う 手でヘッドを返して、ローテーションして
代替え行為をしなくてはなりません。

ですので 厳しく言えば
代替え行為を練習して練度を上げても
意味がないのです。

体が正面を向いていく過程で
その前後でボールが打てれば
勿論、体をボールと正対したところで止めて置いて
と言う意味でなく、その行為そのもので打てれば
高い所から低い所への動作の中ですから
色々なモノ、クラブや腕などの重さも使えます

ロフトも締まった状態になり易いです。

体がボールに対し 一番近づいていく中で打ちますから
よく言われるところ「体重が乗る」と言う動きでもあります。

その時期を逃せば 体はボールから離れながら打つのです。
それでは 力が伝わりにくいでしょう。
MVI_0873 (2)(2)_MomentMVI_0873 (2)(2)_Moment(5)













色々なコトを体がしてくれますから
自分の意識として 小さな「何か」はほとんど要らなくなります。

腰を痛めている とするのなら
前傾姿勢自体も 腰には良くはないかも…ですが
それは一瞬で終わります。
離れながら その時期を逸して打つのなると
造語・・・ですが 前傾ではなく、側傾を耐えていなくてはなりません。mh
でないと ボールに届きませんからね。
これは腰に負担が大きすぎます。

✋インパクトで地面を蹴る・・・なんて もう幼稚過ぎて
 言葉なありません。
インパクトでは 地面と掴むんです。

地面反力・・・なんて口にしている人の顔が見てみたいですね・・・
恥ずかしくないのかな・・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


不思議なモノです。
最近 頑張ってるクンとともに頑張ってる・・・Mr.K
長いお付き合いなのですが、
 弊社がまだ ケンズチャンプと言うシャフトを扱っていた頃、
 フジクラのブラックスピーダー468 よりも前。。。ですから
 (スピーダーの数字の末尾は年式を表します)
 1998年よりも前ですので 20年以上前 です。

あの頃に 45インチ、同じヘッド、同じ重量、同じロフトで
 振動数  230cpm から  270cpm まで 揃えて
色々打ってもらったんですが、その当時
どれを振ってもあまり変わらない、 どれも同じ感じ、だと言い
試打会に来ていたほかの人を驚かせていました。
・・・振り回していましたから
  よりヘッドの軽く感じる硬いシャフトの方が楽だったかも知れません。

ところが 最近
 シャフトの硬さにうるさいんです。


弊社の試し打ちクラブには
ご自身(Mr.K)のクラブよりも柔らかいシャフトのモノがあります。
IMG_0226_Moment(4)
それを打つと
「こっちの方が 押されて インパクトが来るのが早い」
「自分のクラブの方が インパクトタイミングが遅い」
「硬いシャフトの方が 来ない!」

と のたまわるのです。




私個人の感想なのですが、
あれほど スイングに変化のなかった Mr.K に
変化が訪れたのは ある話 からだったと思います。

元々 こすり打ちで スライス気味 のMr.K
運動神経も良いですし、非常に練習熱心ですから
そのこすり球のアプローチ    ふわっとした球はものすごく上手(過去形)。
その代わり 全番手、ロブショット状態ですから
風にも弱いですし、曲がらないけど飛ばない。。。というか
曲がるのが目立つほど飛ばない。
若かりし頃は ヘリコプターのホバリング状態のショットでしたね。

よく お店に来て、得意のアプローチをしていたのですが、
その こすり球〜ロブショットの インパクト音を聞いていて
私が 「不快」 といつもつぶやいていると
どうやったら こすらないようになるのか教えて と言われ
問いただしました。
IMG_0226_Moment(2)

当時、Mr.Kもご多分に漏れず
こすり球 = カット打ち = アウトサイドイン
みたいなイメージを持っていましたので
こすり球の原理・・・ アウトサイドインとかと関係なく
ヘッドの高さの変化、上下の軌道とロフトのコトを説明し
アウトサイドイン は ヘッドの軌道だけど
ヘッドをどう動かすか ではなく、
自分の体の向き が主にそれを決めるモノ
ヘッドの軌道は その体の向きの時間区分次第、
小手先で ヘッド軌道を作っても 根本は解決しないよ
と説明をしました。
・・・・・・・・・軌道・道ではなく 時間だよ・・・・・・・・・・・・


そこから 変わってきた のだと感じます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5

覚えていますか
始めて練習場でボールを打とうとした時。
HBS 005

空振り、
空振りに近いトップか
どダフリ です ね

特に空振りです。

さて どうやって空振りしないよう
ボールにヘッドが届くよう 調整しましたか?

もしくは 初めて連れていく友達やガールフレンド、お孫さんは
いったい どうやって ボールにヘッドを届かせるでしょう?

キャスティング、肩の揺さぶり・・・

スナップショット 1 (2013-04-13 23-00)スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)








・・・右手・右腕でボールを探る、拾う動きです。


kumasan201810 (2)_Momentkumasan201810 (2)_Moment(2)ここから始まるのです。

まあ 初めての時点で
体でクラブを動かさず 腕で動かしているのですから
元に戻すためには そうならざるを得ませんが…。

この時点で 
それから続く何十年モノ ゴルフスイングは始まります。


そして そこそこ当たる確率が上がり始め、
ボールが飛んだり、上がったりし始めると
体を回す とか 回せ とか始まる訳ですが
スタンスはボールに向けたまま
となると 体ではなく 肩部分を回すコトになる、
というのが大部分の人のスイングの基礎なのだと思います。


始めの一歩の大ミス なのだと思います。


始めの ボールを腕さばき、肩さばきで拾う・当てる
と言う動きに 見てくれだけのからだの回転
しかも それは 体ではなく 腕と肩の捻転 という
自分の為 と言うよりも
 見ている人を納得させるための飾りの動作 です。
あたかも 体を回しているように見せているだけの動き です。

この時点 で 既に大きなミスを
非常に重要な分岐路を数度も
間違った方向に進んでいるのです。


これが 多くの人のゴルフスイングの始まり です。


 これはボタンの掛け違え 以前に
服を上下左右さかさま 裏返しに着てるのに
ちゃんと見せようとしている その努力を続けている
と私は感じています。



✋クラブは からだの回転(体の向きの変更)で動かし
からだの回転で届かせます。
oto_Moment

スタンス・靴はボールに向いたまま
体の向きを変えるので 胴体の向きを変えるのと
靴を概ねスタンス通りにしておく の 分かれ目は股関節になります。

ロフト云々、シャフトの使い方云々、以前に
初歩としての 『どうやって ボールに届かせるか ボールに当てるか』
その時点で間違えているのです。

ですので 二つの行き着く先はかなり違うモノになります。
その・・・原点を変えられるかどうか 
原点からやり直せるかどうかが スイング造り なのだと思います。

間違っている原点を どんなにいじくりまわしても
複雑化が進むだけで答えは見えてきません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
   

Mr.Kのお話・・・ ですが、御年70歳
ハミングバードのお客様の中では最も長いお付き合いのおひとり であり、
最も スイングを治して頂けない… スイングを良くすることに興味はあるものの
スコアへのこだわりが人一倍強い方でしたので
スイングは治させて貰えない、瞬時に元に戻す 代表 な方でした。



比較してご覧ください。

この二つのスイングの時間差は3週間 です。


元に戻してしまう…か まだ少々不安なところはあるのですが、
若輩な私が言うのもなんですが、見守っていきたい・・・と思っています。
          
あと何人か 気にかかる人はいるんですがね・・・。

IMG_0226_Moment(2)IMG_0058Trim (2)_Moment(4)








佐世保に旅立ってしまう ZTさんコト/秀二の宿主くんが
同行してですが、練習場も行って頂きました。

弾道はぐんと低くなり、今までのフニャーんとした右回転系のボール
ではなく、ライナーの左回転系のボール、距離もかなりいい感じ^^



✋注意点として
ボールを横から弾くのではなく 上から抑える(地面に押し付ける)
☑インパクト(ボールさばき)の確認
☑体を回す の からだ はどこにあたるのか
☑体を回す ことと クラブがリンクして動くコト
☑右向きを出来るだけ多くすることによって
 ダウンスイング⇒インパクトまでの時間を確保
左グリップの改善〜改良
☑左グリップの改善による両グリップの密着


キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)



← この時と比べると


IMG_0226_MomentIMG_0226_Moment(3)IMG_0226_Moment(2)









私が言うのもなんですが、かなり良くなってきていると思います。

まだ 切り返し時に 左腕・左上腕が先に動き、体が後から追いかける点に
改善の余地があると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


8658a3e6-s

多くの人が信じて疑わない
フェースの返し、ヘッドの返し
要らないピザは遅効性ですが
かなり根深くスイングの災厄を生みます。




飛距離が思ったように出なかったり
スライスしてしまったり
むやみにボールが高くなってしまったり
それは ヘッドの返しが上手くいかなかった
もしくは ヘッドの返しが足りなかった、間に合わなかった
と信じています。

kumasan201810 (2)_Momentkumasan201810 (2)_Moment(2)この 要らないピザを頼む行為
具体的には
×ヘッドを返す、
×グリップを入れ替える
×シャフトを振る
 は
そのまま 
●ロフトを増やす動きであり
●体を開く行為であり
●右サイドを下げる動き
 そのものになります。

そして その行為が
多くの人の ゴルフショット、ゴルフスイング そのもの
ボールをさばく動き そのものになっています。


それを辞めろ というのは
ショットをするな、ボールを打つな と同意語に
なっているのですから 治る筈もないでしょう。

ダウンスイングはもとより、テークバックにおいても
アドレスやグリップにおいても
『その行為をするため』のモノになっている訳ですから
それが消えない限り、どこをどういじっても
 必ず 必ず そこに戻ります。
キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)





勿論 そのフェースローテーション〜グリップの入れ替え で
ボールを打ち、飛ばし、スコアを良くすることも可能ですが、
非常に難易度の高い「曲打ち」がゆえに絶対量の練習、練習頻度が必須です。

クラブを下げながら からだは上げる
からだを開きながら フェースは閉じる
クラブを動かしながら からだは止める
右手を動かしながら 左は止める
腰は回しながら 肩は止める
 等の
逆の動き・相反する動きをせざるを得ないため
難易度だけでなく、体への負担も非常に高く
そのうえ 球数、練習頻度が必要なのですから
マッチョな考えでない限り とても薦められるものではありません。



IMG_0175(2)_Moment

まあ 一番直結な方法は
フェースを返す、グリップを入れ替える打撃では
上手く打てないクラブを使うことでしょう。
逆に言えば そのような打ち方をせざるを得ないクラブと
お別れすることだと思います


勿論 それだけでは半分しか満たされません。
残りは クラブというモノの構造
からだが回転して打つ という組み合わせを
しっかり頭で把握する必要があります。


技術 動作 運動 と言う部分で言うのならば
ほんの短い 数m打つ ランニングアプローチ
で それが出来るようにならないと
絶対に フルスイングでそれをすることは出来ません。
フルスイングの改造はフルスイングでは絶対出来ません。
数mを思ったようにコントロールできないショットでは
150m 200mをコントロールすることなど出来ないのはわかると思います。
IMG_0148_Moment

ゴルフのショットは 1mも一打 200mも同じ一打カウント、等価の重さです。
飛ばすコトはものすごく大事ですが、
距離をコントロールするショットとフルショットが
違う概念では 自分なりのゴルフスイング・ゴルフショットで
体の故障や無駄な練習量を費やさず
満足いくことは出来ないと思います。

永遠に偶然を追いかけることになるだけです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



こすり打ち、キャスティング、振り遅れ、手打ち
 の原因は技術的なことではありません。

正しくボールを打つ
ボールをつぶす
ボールを上から打つ
ボールをインサイドから打つ


技術的には 殆どのゴルファー
初めての人を除き ほぼ全員が既に持っています。

kumasan201810 (2)_Momentkumasan201810 (2)_Moment(2)
でも 出来ないのは
ボールをこう打つ という「思い込み」が間違っている、
勘違いしている からで その誤解を解いてあげる
ことは 一番大きなスイング改造の山場、ハードルとも言えます。



そして その誤解が、間違った思い込みが
テークバックの取り方を決定してしまい
アドレスやグリップなども 受動的に決める ことになります。


 ボールを上から打つ とはどういう事なのか? 理解する

何度も何度も書いていますが
ボールを上から打つ は
フェース面で ボールを地面(マット)に抑えるコト
 です。oto_Moment
✋塊としてのヘッドでボールをマットに抑えるコトではありません。
 それは ソールでボールを打つこと につながります。

傍から見て
ボールとヘッドが横から当たる のは
からだが回転してボールを打つ
 から です。
✋違う言い方をすれば
 ボールを打つ! その時期に体がまわる というコトです。



スイングの形・型・恰好 を無視して
ボールをフェース面で地面に押さえ込む には
 ハンドファーストが必要です。
MVI_0873 (2)(2)_Moment(5)

ゴルフクラブは1m位の長い棒の先に
 総重量の7割近くが集中して装備されています。
人間が その接点になるグリップを移動させるから
結果としてヘッドも移動する訳ですが、
グリップを動かしても ヘッド部はその重さの分動きたがりません。
そして 大きな移動が始まれば、その移動の速度や長さなどによって
その重さは 当然掛け算で増えていきますから
基点になるグリップに比べ
 ヘッド部が遅れるのは当然で
それは自然なモノの流れですから 放っておけばいいのです


その自然な遅れを フェースの下向きになるように
仕向けてあげれば良いだけ です。

✊ボールを『フェース面』で下に押さえ込む
そして
✋ボールに横から当たるのはからだの回転
というコトになれば
どの手順でダウンスイングを始めればよいのか
既に答えがそこにあります。

からだの回転を先にして
グリップを引っ張れば
ヘッド部は遅れようとしますが、その遅れは
フェースの上向きを作ることになり
グリップ部の低さを作ることの抵抗になります。

上向きになったフェースではボールを打てませんから鼓笛隊 モデルケース-158フレームショット
ダウンスイングのどこかで グリップの移動を辞め
ヘッドを動かさざるを得なくなります。
これではからだの回転とヘッドの移動が関係のないモノになり、
ボールをさばく インパクトは手でフェースに当てる対処が必要になり
手でボールを打たざるを得なくなります。

☑フェースでボールを地面に抑える
☑横から当たるのはからだの回転

というのを 本当に理解していれば
出来る出来ないは別にしても スイングの手順が見えてきます。


✋これは ダウンスイングの話 ではなく
テークバックを作るための話です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 

 Mr.Kとは長い付き合いです。
30年近くになるでしょうか。
お客様の中で数少ない一緒にゴルフをしたことがある方です。

スコア。。。という面に関しては とてもお上手な方で、
お近くにお住いの為、頻繁にお店には顔を出されるのですが
なかなか こすり キャスティング が治りません。 
スコアに影響することを恐れてか? 今までは治す気も強くはなかったようです。

 ところが 何を思ったのか? 何が有ったのか?
突然 スイング改造・・・
もしかしたら初めてのスイング改造に挑まれるコトになりました。


元々 こすり球、キャスティングの代表的なスイングの持ち主
多くのアマチュアの典型のようなスイングの持ち主ですが
非常に熱心な練習量、練習頻度によって
見事な こすり打ちでにフワッとしたアプローチが上手 です?でした。
キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)





振り遅れのスイングは
一定の入射角度になり難く
一定のロフトでインパクトもし辛く
ヘッドの高さ がどこで低くなるのか も一定になり難い ので
練習の頻度、数が必要になります。
スイングのメインテナンスは必須 です。
人それぞれですが、年齢なども含め
どこかでなかなか練習頻度が取れなくなったりして
ご多分に漏れず、MR.Kも
今までの ショットの精度、アプローチの精度が保てなくなったのが
スイング改造に踏み出した理由だそうです。

と同時に 振っても振っても思っているほど飛ばない のは
30年来の悩み でしたから それも同時に と 始まりました。



,泙困蓮.董璽バックの しっかりした体の回し、
 その「からだ」とはどこなのか理解する。


多くのゴルファー もしかしたほとんど全員 と言えるかもしれませんが、
からだを回す や からだを使う 、からだの回転で打つ
というコトは「言葉としては」理解していても
その からだ というのが 一体どこなのか 把握していないケースが多いです。

肩をまわす コトが体を回すコト
は 合っているようで、間違っていて
骨盤、股関節の上の胴体が回るから
その上に乗っかっている肩が回るのであって、
多くのゴルファーがやっている
単に肩を回すや左肩を入れる のは
肩甲骨を動かして、腕を動かしているに過ぎません。
まるで 体が動いていない のです。

まずは頭で理解してください!
☑体をまわす 骨盤を回す 股関節が分かれ目
☑肩甲骨は稼働させない


IMG_0058Trim (2)_MomentIMG_0211_Moment







IMG_0058Trim (2)_Moment(2)IMG_0211_Moment(2)








◆´,汎韻鍵嫐9腓い任垢、
 テークアウェイの初期に グリップエンドをからだから離さない!


テークバックはでは いつ、や度合いは兎も角
 どの道 右ひじは曲がり、短くなります。
ですので グリップエンドが体に近づくことはあっても
 離れることは物理的にも異質です。

スマホなど画像を確認しやすくなった現在、
ここの分を気にしてみているゴルファーは少ない気がします。

☑テークアウェイの初期に グリップからだから離れた時点で
 手で振るしかなくなりますので要注意です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

1
 
ゴルフクラブの、特にヘッドの重さは
想像をしているよりもはるかに重いモノです。
e00bf7e6

シャフトと言う長さがあることも加え
運動をすることによって
長さも、運動(速度)も 重さに対して足し算ではなく
 掛け算として作用します。

特にクラブは 先端であるヘッドとグリップでは
極端に重さの配分が違うので
理想的には グリップの方が高くなり、ヘッドの方が低い時
意図的に小さな筋肉、手や腕で動かさない と考えるべきです。

相対関係として低い所にあるボールを打つ
ボールをどかす、さばく… インパクト前後は
出来るだけ 体が向きを変えることで行いたいのです。
8658a3e6-s

多くのゴルファー、ほぼ全員と言ってよいゴルファーは
そのボールをさばく部分を 手で
左右のグリップの上下の入れ替え でボールに届かせています。

これは 力のない人の飛ばない理由になるばかりか
チカラのある人にとっても「恐い」球が出る主原因になります。
また インパクト付近、ボールに手で届かせる、
キャスティングをスイングから排除しないと
スイング創りの基礎が このキャスティングをするためのモノ
になってしまう参考例をお見せ致します。

仮名くまさん のスイングの全体像はとてもいい感じですが、
一番肝心の ボールさばきの部分の手さばきが やはりとても怖い状態です。

俗に言う インサイドアウト・・・ヘッドがボールの手前(自分側)から入ってきていますが
グリップを見て頂くと インパクト直前から ボールから離れていく
グリップは アウトサイドイン の状態です。
kumasan201810 (2)_Moment(2)kumasan201810 (2)_Moment
















また キャスティングをするお陰で グリップの進行が急激に変化
かなり複雑な経路で動いています。

グリップとヘッドは勿論連動して動いていはいますが、
これをするために この期間中は体が止まります。

インパクトをキャスティングでする というコトがショットの前提になっているので
それをするためのテークバックになっているのも気になります。

フェースローテーションはヘッドの左右の回転
それを抑制すれば大丈夫、と思いがちですが
グリップを上下に入れ替えることが 本当の意味でのフェースローテーションです。
このフェースローテーション 本名:キャスティング  がある限り、
上から入れようとすればするほど 煽り打ちになり
インサイドから入れようとすればするほど インに切り込み体は上を向きます。

トップやダフリなどの 代表的なミスだけでなく
そこそこ ボールをとらえられる人にとっては
引っかけ・不必要な左回転・フェアウェイウッドのミス
ある特定の傾斜地を苦手 とする
と言うのが かなりの頻度で付きまとうことになります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ