◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: クラブの基本構造・メカニズム



ボールをつかまえる
 というコトを 履き違えて覚えてしまうと
ゴルフは大変。


【つかまえの作法】_Moment


ローテーション ヘッドを返すショットも
多くの人は 開いた(右を向いたフェース) を
閉じる(左に向ける) と大いなる勘違い をしている人が
ほとんどだけど 基本はロフトを閉じている コト、
ロフトを閉じようとしているコト
 自体、本質は同じ。


でも 言葉の通り、
 開いて →開いていないモノを開いて
 閉じる →開いているモノを閉じる

と言う行為は その性質上もとても複雑で
副作用も非常に多い。

約束の時間に 約束の場所
それを決めているのに
不安になっているからと うろうろと探し回るようなモノで
その約束の時間と場所を信じて
そこにいるのが 最善と考えて良いと思う。

V字を維持してみよう 上編_MomentV字を維持してみよう_Moment






振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)





からだを回す
それに応じて 重さは遅れる というコトであれば
右打ち として
重さがあり、長さもある ヘッドは
右向き→左向き に対して
 からだの右に残ります。留まるとも言える。
からだの向きを変える から それが円を描く訳で
開いて閉じる というコトは
その遅れである ヘッドを
重さの法則に反して からだの右から左に移し替えないと
打つコトが出来ないのですから
からだの回転とクラブを切り離さないと出来ないのは
どう考えても明白なのです。



ヘッドも、クラブも、まして腕ですら
重さがあって、長さもあって、
運動が加わると その重さは積算で増すから
遅れようとするのは ごく自然なコト であって
その 物理的に、自然法則で発生する「遅れ」
そのまま 利用する方が 再現性は当然高くなる。

自然法則に乗っ取って、
そのまま「遅れ」を "ロフトの立ち" に変える方が
からだには断然楽だし、
アプローチなどの 距離を調整するショットにも
非常に簡単に応用できる。

フェースローテーション、手やヘッドの返し は
その 遅れを取り戻そう とする行為に当たり
それは クラブやシャフトの使い方・選び方にもつながっていきます。
遅れを放置し ロフトの立ち にするのと
遅れを取り戻すコト を前提にしたのでは
選ぶシャフトの硬さも異なってくると思います。
遅れを放置するのなら シャフトはある程度、柔らかい方がいいし、
逆に その遅れを取り戻すなら
シャフトの硬さに応じて、その量、行き帰りの作業、作業時間の長くなる
柔らかいシャフトは当然、選ばれない。

達人のココから盗め_Moment(5)


からだの回転 その動作速度が
 イコール ヘッドスピード になるのか
ヘッドを振ってボールを打つ では
 からだの動作速度と関係なく 腕先のヘッドの振り感
 を 距離感にするのか
その差になると思うのです。

また ヘッドを振る ローテーションでのショットは
 からだの姿勢も含め ロフト効果、ロフトの変化が激しく、
からだの大きな動作速度とあまり繋がりの無い
 ヘッドスピード調整が当然 より微妙になります。


正しいショット とは言えませんが、
 ロブショットを打つ時の感覚に近く、
大きく 速く振らなければいけないのに 飛ばしてはイケナイ
そんなに振っているのに 飛ばさない(飛ばせない
というのが 通常のショット になるのは
ちょっと 辛いんじゃない と思う訳です。


確かに アプローチなどのショットには
 その「わざと飛ばさない方法」を駆使しなければいけない場面
もあるにはあるけれど、それを通常のショットに使うには
あまりに複雑で 再現性が低すぎる としか言えない。
言葉遊びの様に感じるかも…だけれど
「飛ばさない」と「飛ばせない」は一文字違いだが
大きな違いになると思うな…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【質問を頂きました】

Q:迷ったショットがあります。
『グリーン周りのバンカーです。』

距離感をどう考えれば良いのでしょうか?

10y飛ばしたかったら30y飛ばす感じで打てばよいと

初心者の頃教えてもらったものが頭の片隅に残っていますが、

いつもエクスプロージョンのバンカー距離感は何が正しいか悩みます。

クラブも今回新調したので、益々どう考えれば良いかわかりません。

IMG_0002

A:質問、ありがとうございます。
距離感…をどう答えて良いか 難しいトコロ…ですが、
一般的には 芝の上のショットに比べ
ソールが滑らず、潜り込み易い状況ですので
お薦めしている訳、ではありませんが、
ややダフリ気味のショット と考えて良いと思います。

ただ バンカーの場合、
◌砂の種類
◌砂の状態 …湿り気など
◌ライ…ボールの状態
によっても異なりますので、経験値が必要にはなりますが、
通常の「芝」の上、よりも どう入射させるのか、
どういうロフトで入れてくるのか に左右されます。
現実的!な話で言うと、
バンカーショットの一番の問題は『足場』の悪さ で
それが故に 手で振ってしまう率が高くなりますので
緩めの入射、開き目のロフト になり易い
というコトを考えますと 3倍!とは言えませんが
打撃力が高さやスピンに逃げる分、倍位の…
やはり 通常の「芝」の上
よりも 強めの距離感、長めの距離感 になるのは
致し方ないトコロ だと思います。

☆決してお薦めはしませんが、ロブショットの距離感
に似ているのかもしれません


悶絶クラブ のウエッジ、
サンドウエッジのヘッド重量は
HBS-10改ですと 360g強
HBS-16ですと 385g強
 あります。
一般的な スチールシャフト仕様のヘッド重量は
 300g前後 になりますから 30%増しの重さ があります。
どうしても 慣れ は必要になりますから
どの位…とは申し上げにくいですが、
その足場ゆえに 通常のショットよりも
やや緩めの入射、やや開き目のロフト になり易いですので
(ヘッドを振るショットになり易い…)
ヘッド重量は重くとも 同じような距離感で
距離ではなく 高さ や スピン になり易いので
問題ないのでは…と考えています。
iron-shot-green

***注意事項 ですが、
バンカーショットは 決してインパクト で止めず
特殊な状況を除き、必ず 振り抜く、
振り抜く と言う言葉ですと 強いインパクト、
速いヘッドスピード のイメージがありますが、
インパクトで終わらせない という意味合い です。

重いヘッド&柔らかいシャフト のウエッジの方が
軽いヘッド&硬いシャフト のクラブよりも
オートマチックに フォロー…振り抜きが出易いので
脚力の無い、握力の無い方(女性など) には
非常に適しているかと思います。




蛇足…にはなりますが、
通常のショットの距離感 は
ヘッドを振らない、からだの回転なり で打つ方は
ボールのスピード と 回転の速度 とのリンクです。
別な言い方であれば グリップの移動速度 とも言えます。
ヘッドの振る人は
動作速度とヘッドスピードに直接リンクが無く
 その人、その人によって異なります。
足場のせいで ヘッドを振るショットになり易い のですが、
バンカーとは関係なく、
同じ距離を打つのに ヘッドを振るショットの方が
速いヘッドスピードが必要になる というコトでもあります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




SNS、ネットの時代です。

世の中にはいろんな人がいます。

例えば、リシャフト…
ドライバーのリシャフトをする人 は
勿論、メーカーや機種で選ぶこともしますが、
シャフトの硬さ では
●同じ硬さを選ぶ人もいれば、
●今までより 硬いシャフトを選ぶ人、
●今までより 柔らかいシャフトを選ぶ人 

 割合は別として 3種類の人がいます。

割合としては 硬いシャフト
特に わざわざ リシャフトする場合、
 より硬いシャフトにする人が多い、とは思いますが、
さて SNS上で
 リシャフトしたことを写真付きで 告知する「ような」人は
 その どれが一番多いと思いますか❓
フェースローテーションのないゴルフスイング_Moment(6)

何らかの理由で 今までよりも柔らかいシャフト を
リシャフトした人が 写真付きで SNS上で告知する でしょうか…。

また、どうですか と質問されたら
俺には使いこなせないよ
「○○社のなんとかってシャフト
(自分のシャフト)は全然ダメ」 と言うでしょうか❓

ヘッドスピードはどの位ですか と聞かれたら
背伸びした数字を言わないのでしょうか❓

と、同時に リシャフトをしよう と思っている人が
それを参考にしないのでしょうか❓
硬いシャフトがリシャフトされるコトに影響しているのでは…❓

ネットの上の ヤフオクもメルカリ、
 ネットオークション系や中古の個人売買市場は
硬いシャフトの墓場状態 です。


厳しく言えば ヘッドスピード1割増し が
SNSゴルファーの現状。。。ですし、
例え そのスピードが出た としても
 車で言うところの 最高速度で、巡航速度 ではありません。
コースへ出たら くたびれもしますし、
 疲れた時に助けて貰いたい のなら
若干、柔らかめの方が圧倒的に楽です。
硬いシャフトは 肘や手首、
場合によっては 首や腰 などにもキマス ので
くれぐれもお大事に。

004

現実、20年前に比べ ドライバー…だけ ですが、
硬さの基準は かなり大幅に下がっています。
現状の Xシャフトは モノによっては
 20年前のRシャフトよりも柔らかい…なんてのはザラにあります。
現代の硬い…シャフトとは言っても
 ドライバーに 振動数300cpmオーバー のシャフトを
 指す人は プロでもそう居ないでしょう。

アマチュアの場合、硬いシャフトが必要
(本当に怪力、超Highヘッドスピードの人を除き)
と言う方の多くは 必ず ロフトもプロ並み、
場合によっては プロ以上にきついモノを使う例が多いでしょう。
つまり ロフトを開いて こすっている というコトです。
そこから 考えると 柔らかいシャフトで
 がっちり つかまえると スピン過多 になってしまうので
つかまえきれず こぼれる 硬さが 必要、
フェースにのせきれない、つかまえきれない硬さが 必要、
 というのがプロとしての 私の意見です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



個人的な意見…ですけれど、手打ちと言うか
フェースローテーション してボールを打つコトの
一番良くない点〜嫌いな点は
その フェースローテーションという瞬間芸に
「つかまえるコト」
「方向」
「球質」
「ボールを飛ばすコト」などなど
全部が "ごちゃまぜ" になって 入っているコト です。

ごちゃまぜになっているが故に
弾道は良いのに、方向が悪い、
それ以外は良いのに つかまりが悪い など起こり
それらの 個々の課題を修善する術がなく
毎回毎回 ルーレットを回している ような打撃法だから、です


そういう意味合いでは
手打ちから脱却できない人は
ボールを「つかまえるコト」がどういうことかわかっていない
のではないかと思います。




ショットの基本であり、スタートは
球体であるボールを 『どう つかまえるか❓』
です。

そのつかまえ方は
方向やスライス・フック などとは全くの別モノ、
別作業です。

ですので
つかまっているスライス(右回転) もあれば
つかまっていないフック(左回転) もあり得ます。
つかまりと方向、つかまりと左右の回転は
まった別物、ほぼ無関係なモノです。
つかまっている、つかまえる そこが基本にあり、その上で
弾道の左右の回転、高さ、など個性があるのです。




そのつかまえるが
ゴルフクラブの構造の基礎 にもなっています。

元々 ロフトが立っており
こと「つかまえる」コトが得意なドライバーは長く
ロフトが寝ていて
「つかまえる」コトが難しいウエッヂは短く なっています。

クラブの長さは ボールに対しての
 ヘッドの入射角度、…原則は高い所から入ってくる角度
が 決定〜管理するモノです。

「つかまえる」コトが得意なドライバーは
つかまるが故、回転量や出球の角度が低くなるので
クラブを長くし 打ち出し角度を確保しているのです。
逆に つかまえるコトが苦手なウエッヂは
極力、ロスがロフト角度以上にならないよう
クラブを短くし、最低限のつかまりを確保しているのです。


つかまりの基礎、基準を考える時、
ロフトはないモノ、ロフトは 0度 だと考えてみて下さい

ロフトの0度のクラブ
基本 ボールスピードは物理最大 になると考えて下さい。
ボールには回転は殆ど入らず、
クラブの長さにもよりますが、打ち出し角度はマイナス に
なる可能性もあります。
そこに ロフトが加わってくると 1.2.3度…
とロフトが増えてくると ボールの速度にほとんどが転化されてしまう
打撃エネルギーは 回転〜打ち出し角度に分散していき、
当然、その分 ボール速度は落ちていきます。
→それを利用して 距離の打ち分けをクラブにやらせている訳です。

ロフト角度は 番手による距離差を確保するための
製品上の 意図的なつかまりロス製造機能 です。
中途な、距離調整の必要な場合を除き(特殊なケース)
  それは クラブに任せるモノ です。

これが理解できると スイングだけでなく、
クラブの使い方 なども大きく変わる筈 です。



よって ロフト角度の大きな、開いたモノ は
つかまりに対するロス、設計上、意図的なロスを大きく
取っているので スピンや高さが増え、距離が飛ばないのです。




手打ち にスイングが固まっていく工程は 大雑把ですが
多くの方は ゴルフスイングのイメージ を真似、
からだを動かさず 腕の入れ替え、腕の振りで
クラブを「丸く振ります」

(こする つかまえる)_Moment0.空振りも含め、当たらない
→1.当たり始める
→2.スライスが出る
 手で振っている限り、テークアウェイは開く コトになるので
 当然、インパクトまでは開いて入って来ます
3.スライスを無くすのに、手を返す
 フェースを閉じないと スライスは消えません。
(こする つかまえる)_Moment(3) この時点で
つかまる→フック(ドロー)
つかまらない→スライス(フェード)
と言う観念が固定化される・・・
 のではないかと思うのです。

ですので
つかまっている = フック(ドロー)
つかまっていない = スライス
と言う流れになるのだと思います。


もう一度書きますが、
つかまっているスライス(右回転) もあれば
つかまっていないフック(左回転) もあり得ます。
つかまりと方向、つかまりと左右の回転は
まった別物、ほぼ無関係なモノです。
つかまっている、つかまえる そこが基本にあり、その上で
弾道の左右の回転、高さ、など個性があるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



手打ち 手振りな人の
 典型的なパターンに
手だけで上げる テークアウェイが あります。

73d28d33


…概ね ゴルフの回転は
「捻転」 と思っている、のだと思います。

→ それを 向きの変更、シンプルな回転 にしたいです。


今 現在、捻転をして ゴルフが上手く行っている人、
 からだのどこにも支障をきたしていない人、
「どうぞお好きに」と思いますが、
私たちは もう学生や20代、30代のからだではありません。

私自身も撮影の際、トライしてみましたが、
からだを捻じり慣れていないコトもあり、
上手く捩じれない だけでなく、
からだが壊れるコトを恐れ、
勢いをつけてねじるコトが出来ません…。



ゴルフクラブは両手で握っています。
それは スイング動作の絶対的な「制約」です。
途中で握り直したり、片手を離したり するコトが
出来ないのです。
hijinuke1 (1)自分でやると分かると思いますが、
胴体を捻ると
左右の腕の上下関係が決まってしまいます。
右を向こうとすると
 左腕が右腕にかぶり
左を向こうとすると
 右腕が左腕にかぶります。
ararara_Moment

ですので 否応もなく テークアウェイ は
このような形になります。
この時点で ボールに対しては
ソールが向いている状態ですので、
フェースで打つのには ヘッドを回転させなくては
行けなくなります。 フェースターン必須。
201812_Moment(2)





飛ばすコトには
 ある程度のスピードと正しいロフト が必要です。
このトップの時点で
 例え 10度のロフトのドライバーであっても
 90度以上ロフトが寝た状態になりますから
 元に戻さねばならず、
 可能性として オリジナルの状態よりも多いロフト で
 インパクトする可能性の方が遥かに高いのです。
 
そして フェースターンは
 ロフトだけでなく、フェースの向きも同時に変わるため
 飛ばす為のロフト でインパクトした場合、
 今度は 左に行く可能性が遥かに高くなります。

時速130キロ以上の速度で動かすフェースで
1/2500秒以下の インパクトで
それを毎回揃えるのに 適した方法…
そして それを実行できる自分のポテンシャルでしょうか? 


胴体を捻じっていく行為は
 本来 横の向きの変更の筈が、
捻じる程に「からだの上向き」も加わってきます。

それでなくとも 捻じる行為は
両腕の長さを揃えるのに苦労します。
それに加え からだの側帯 が
  上下に伸びたり縮んだりするのです。


とても 飛ばし と 方向  その確率
 そして その反復性が高い方法とは思えず、
さらに 体に優しい方法とは 思えないのですが…
どうでしょうか?

どう考えても ショットの精度の下げ、
反復性を落とし、故障の原因になる 捻転、
腸ねん転 は 悪いイメージがあると思いますが、
これも まさしく 胴捻転 と呼ぶに相応しいでしょう。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




手打ち 手振り、
手で振りたくないのに 結果として 手打ち
手でクラブを振るコトを誘発してしまう「思い込み」 があります。


その一つ、非常に大きな要因に、
何度も、何度も書いていますが、
 『ヘッド』…先端部は振るモノ と信じているコト、
もしくは 言葉では分かっていても
 自分で実際には実践しないコト 〜信じていないコト です。

V字を維持してみよう 上編_MomentV字を維持してみよう_Moment





ゴルフのスイングは
 基本、横…傾きは有ったとしても 水平方向への移動 で
ボールを打ちます。
横ステップ でボールを打ったのでは
 多くの飛距離が得られないコト、
 コースには傾斜などがあり、実現が難しいコト

などによって からだの向きを変える ・・・回転する動き が
利用されています。

向きを変える…回転する動きであり
 ヘッド部は その外周部分にあるため
 たくさん動いて見えますが、
 実際には からだの向きを変えた角度、
 からだの向きを変えて移動したグリップの移動角度分、
 以上に移動する、角度運動することはありません。



ココに二重の意味での 手振りの素
料理で言うところの だし のようなモノが潜んでおり、
まず 第一に

 ‖里向きを変える〜回転する コト によって
 クラブ(シャフト)が向きを変えるので
 それ以上の クラブの角度運動は一切ありません。

 クラブの打撃部には 方向や高さ、距離などを決める
 角度が付いており、
 シャフトの角度を一度替えるだけで
 それらは 複合して変化してしまいます。

 飛距離と方向、そして反復性を望むのであれば
 シャフトを振る、クラブを振る、ヘッドを振る
 というのを 減らす のではなく、
 無くすコトを徹底して意識するべきと思います。 


 ヘッド部には特出した重さが備わっています。
 そして、それには長さ、運動した時の速度 が加わり
 それは乗算、掛け算で増して行きます。

 手で振るであったとしても
 からだの向きの変更で移動させる であったとしても
 グリップエンド部を移動させた角度運動よりも
 ヘッド部は 少ない角度運動 しかしません。

 例えば トップの位置からフォローまで
 180度 右から左に向きを変えたとします。
 グリップエンド部は概ね 180度角度運動をしますが、
 ヘッド部は
 180度 − 重さ分(自信の重さ×長さ×速さ)
 何度とは言えませんが、かなり少なく『しか』
 移動  「 出 来 ま せ ん 」
 移動しません ではなく、 移動できません。
 これは 地球上での物理原則 です。

 自分がからだの向きの変え「たりして」
 180度移動させた グリップエンド部よりも
 ヘッド部を同じ量、もしくは多く動かそう とするには
 ヘッド部を動かす よりも グリップエンド部の移動 を
 止めないことには達成できません。
 それは からだの回転の抑制にもなります。

 つまり グリップエンド部をヘッドを同じ量、
 それ以上 角度運動させる コト 自体
 手で振るコト ソノモノにつながるのです。


 それは横方向だけでなく、縦方向の動きでも同じ です。
V字を維持してみよう 縦編_MomentV字を維持してみよう 縦編_Moment(2)





 そして ゴルフクラブは長さ があり、
 先端に重さがあるので、大袈裟には角度として1度でも
 その動きを始めてしまったら 止めることが出来ません。
 
 ですので 少なくとも意識、としては
 そのシャフトの角度運動を減らす ではなく
 無くす 意識がないと いつまで経っても
 手打ち からは卒業出来ないのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールを遠くに飛ばす、
ドライバーで ライバルよりも飛ばす、

というのは ゴルファーの楽しみのひとつ であり、
ゴルフの大きな魅力のひとつ です。

火薬や機械を使わず、モノ…この場合はボールですが、
それを200m近く飛ばすことの出来る遊びは
ゴルフの他 多くはありません。




長い棒状のモノを手で振って
それを実現させようとした時、手打ち〜手振りの
最大の欠点が顕著に出ます。


『フェースにボールが当たる』と言う条件の元、
ボールを飛ばす要素 は
 ◎出来得る限りの速いスピード と
 ◎そのスピードに適した インパクトロフト
 です。
 (寝ていないロフト)
スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)

総じて 速いスピード、速い動作、
ゴルフの場合は 速いヘッドスピードを望んだ時、
助走にあたる テークバックやトップは 高く(大きく)深くなりガチです。
飛ばそうとした時、トップが小さくなる人は稀だと思います。

手打ち〜手振りの場合、
からだの向きの変更〜からだの回転と円弧は
直接関係に無く、手で作る円弧 を大きくする為に使われます。

初期段階から グリップも、ヘッドも、からだの外、
テークバックの場合は からだの右外へ外しますので、
それは ロフトの開き に相当します。
ですので 大きなテークバック、大きなトップを取る程
ロフトは開き、からだから外れる量も増える訳です。

IMG_0378クラブを持って自分で試してみると分かりますが、
右を向かず、その場で クラブを上げる、ヘッドを上げる のと
フェースを空に向け、横(この場合は蕁砲謀櫃垢里
どっちが 重いか・・・・ 言うまでもありません。

片方は クラブの重さ × 長さ の長さが最小 になります。
一方 クラブを横に倒してしまう方は クラブの重さ × 長さ の
長さが最大値 になる上に
ロフトを寝かしてしまうので ヘッドの重さも最大値 になりますので
トップの位置での 切り返し の重さの 差 は
数キロになると考えられます。
IMG_0058Trim (2)_Moment(4)ararara_Moment201812_Moment(2)




大きく振りかぶっていますから ロフトも開き
クラブの重さも最大、
そのまま…ではフェースで打てませんから、
フェースを閉じなければなりませんが、
開いたフェース(ロフト)を閉じる行為を
ここから 最大、最速 で行わなければいけないのです。

ご存知のように、
ヘッドスピードが 3ms 高くなっても
ロフトが開いていれば
逆に 飛ばなくなってしまうことは体験済み だと思います。


また 同じクラブであっても
上り坂、左足上がりであれば 飛距離が通常よりも行かない
というコトもご存知だと思います。
93564c62-s

速く、大きく振ろうとするほど
ロフトは増え、クラブは重くなり、
それを 元のロフトで打たなければならないので
力んで無理します。その分は きっちり
からだが上を向くので
上手く当たったとしても 自主的な上り坂ショット になる可能性も
非常に高い訳です。

スピードが上がったとしても 大きなロフトで打ち易く、
無理する分、からだは上を向きますから、
飛ばそうとした時 ほど 球が余計に高くなったり、
スライスが強くなったりし、飛距離が伸びにくい
という 大きな欠点を発揮する訳です。

ま それを チカラ・腕力で解消する のが
楽しい というのであれば…お好きにどうぞ としか言えません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



何度か記事でも書いていますが、
ショット解析 や フィッティング などで用いられる
「ミート率」というのは
ボールの速度 を ヘッドスピードで割ったモノ です。
例えば ボールスピード60m/s  ヘッドスピード40m/s
であれば ミート率 というのは 1.5 と言う値になります。

これをミート率と言う呼称にするのが適切か、どうか、
は今回はしませんが、
ミート率を数値として 上げるのは簡単で
シャフトの硬さやヘッド重量、全ての値を同じにして
 ◯ロフト角度を少なくすれば良い のです。

つまり ドライバーショット として 飛ぶか否か は
無視すると ロフト0度や マイナスロフトのモノ が
その「ミート率」という呼称のモノの数値を最大値にする方法です。

ドライバーショット の向上というコトになれば
そのミート率と言う呼称のモノ も含め、ごく当たり前ですが、
打ち出し角度や回転数など 総合的な判断が必要になります。
IMG_0607

ボールの速度を上げるには
ヘッドの動いてきた軌跡に対し 垂直の面 で打撃するのが
一番の方法になります。
ところが、それでは ボールを浮かし続ける回転が生まれない ので
9度とか、10度という 角度を付ける訳 です。

逆を考えると
 ドライバーでは二度打ちすることはほぼ不可能ですが、
50度を超えるような 大きなロフトのクラブでは
二度打ちするコトが可能です。
それは ヘッドスピードをボールスピードに転化する
ロフトが大きく、ボールスピードよりも回転や高さにチカラが逃げ、
ヘッドスピードよりもボールスピードの遅くなる、からです。
二度打ちは ボールスピードの方が遅くならないと不可能ですから…。




ショットを考える際、
ボールをつかまえない と飛ばすことは出来ません。
ボールをつかまえる とは
その クラブの製品ロフト通り ロフト効果を寝かさず使う
そのロフトで出せるはずの ボールスピードを作り出す

というコトになります。

e00bf7e68658a3e6-s







ゴルフクラブは各番手ごとに ロフト角度と長さ が設定されており
それは かなり重要で密接な関係にあります。
使い易いから と言って
ドライバーを 40インチにしても
ボールの高さや浮力が作り出せず、結局、飛ばないモノ
になり易いですし、
飛ばすために 9番アイアンを40インチにしても
上がるばかりで 距離が伸びない可能性も否めません。

その長さ が決めるのが ヘッドの入射角度 です。
当然ですが、長いものになれば緩い入射角度になり
短いモノになればキツイ入射角度になります。

その入射角度の作り方
 その誤解というか、勘違い が
飛距離を出せないキーポイント
 になっていると思えます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



突然 やってくる 『シャンク』・・・・・・困ったモノです。

コースで出ると 予防策が見つからず
縮こまってしまい 
シャンクを出さないようにした動きが、
 より「シャンク」を生んでしまったり…

BlogPaint


クラブ屋さんの目で言うと
『シャンクというのトップの亜種』 です。
そして それは ロフトが寝ている時に出やすく、
ロフトが寝る状況 というのは
スイングの動作の進行、からだの向きに対して
より遅い「タイミング」でのインパクトから生まれ易いモノ です。
(スイングスピードを速くする、遅くする 速度ではなく、時期を指しています)

具体的には
 インパクトが からだの右にズレるほど
 シャンクは起こり易い というコト
 です。

まあ 確かに ボールの位置やボールとの間合い によって
スイングに関係なく シャンクが出る のは出ますが、
より ロフトを寝かす、ロフトが寝ている時間の長いタイプの
スイングの方が 頻度はかなり多くなります。



IMG_0068SNSなどを見ていると
「どうしたらよいですかねー」みたいな質問に
「からだが突っ込むから」
「からだがボールに近づくから」
こんな回答がたくさん見られます。


とても真面目に質問して、やはり真面目に答えられているので
微笑ましく 見ているだけ ですが、
間違いではないですが、回答にもなっていない のです。
風邪を引いた時に、鼻水が出たり、咳が出たりしますが、
鼻水を止めたり、咳を止めたり すれば
即ち 風邪が治るのか と言うと そうも行きません。
それは 症状に過ぎないから です。

シャンクの主な原因というか、
その症状を見ても
「からだが突っ込む」とか
「からだがボールに近づく」
 は確かにあります。

その からだ と言うのはいったい どこを指しているのでしょうか
大きく分けると 左サイド(左半身) と 右サイド(右半身)
がある訳ですが、 左半身がボールに近づき過ぎ…
左半身が突っ込む というのは
正直、あまり聞いたコト がありません。

【 突っ込む、近づく 】 というのは 右サイド というコトになります

手で打つにしても、からだの回転で打つ にしても
どこかの時点で 右サイドはボールと近づきます。
それは 本来、左を向いた状態…… 打ち終わった後の筈 です。

つまり シャンクは からだの回転、からだの向きの変更
という動作の進行に対し、
インパクト、打つ時期が 「 遅い 」コトによって 生まれます。
(ヘッドスピードが速い・遅いの遅いではなく 時期が遅い の意)
ee213269f2e5a758

ここがスイングの意地悪なトコロ なのですが、
で、あれば ヘッドをどんどん出して 振り遅れ ないように・・・
と思うと、それと同調して からだは向きを変えてしまうので
その振り遅れは解消されません。
腕の長さは 決まっていますから
右腕を伸ばして ヘッドを出そうとすれば
その右腕を伸ばした分、左腕を格納、どかさねばならず
それは体を開く、左向きを早めますので
右サイドがボールと近づくのがより強くなるから、です。

この症状は手で振っている人、
フェースターンで振っている人に より強く 出ます


からだの回転で直にグリップを動かして 打っていても
シャンクは撲滅しきれませんが、より少なくなるのは確か です。

手で振るよりも ロフトを寝かさない、寝かす時間が短い から です。


また 自分ではインサイドと思っている
クラブを寝かすタイプのスイングの人は
(インサイドではなく からだの右外にクラブがあるので
 より 右がボールに近づいたタイミングにインパクトが来ます)

シャンクとナイスショットは紙一重なので
一度出ると コースでの修正には難儀するコトになります。
方向とかを考えると 実現は不可能…かも知れませんが、
グッと 自分のイメージの 外から、アウトサイドから
振ってくるようにすると とりあえずは解消し易くなります。


寝かし癖の強い人は
概ね 硬いシャフト、オーバースペックな硬さ で
スイングを覚えているコトが非常に多いので
そこは要注意ですが、だからと言って
それを 柔らかめのシャフト にすると
寝かし度合いが減ってくる
(いずれ減ってきます)までは
柔らかい分、より シャフトが寝る〜ロフトが開く ので
シャンク連発なんてコトにもなります。
それと同じコトが 季節の変わり目
 10月末〜12月あたりにも 良く起こります。
一番手 飛ばなくなるような そんな気温の変化の時期 です。

シャンクの改善、撲滅とは言わないまでも
頻度をグッと減らすには、実は付け焼刃とは行かず、
根本的な クラブ扱いを変えなければならない のです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


昨日の記事の派生話です。


アドレス時、ディッシュアングルが有り
(左腕とクラブ・シャフトの角度差)
前傾姿勢があるので、構えていると
ヘッドの方が見た目や感覚的には、下にありますが、
グリップとヘッドの関係は『常時』ヘッドの方が上に位置しているのです。
2020-07-28_18-05-56_Moment(2)

大きく振らない、短いのアプローチをする際、
からだをまわして、前傾姿勢分、
少し高くなるグリップに対し、
ヘッドを下に置き去りにするコト の弊害 を書きましたが、
これは フルショット でも別な形で起こります。


特に 肩だけを回すとか、左肩を入れるとか、
腕だけでクラブを上げる傾向の強い人に 多く発生します。
上記、
●肩ライン(上半身上部)だけを回す 〜それをからだを回すと信じている
●強い意識で 左肩を入れる 習慣がある
●腕のローリング テークバックを始めると左手甲が上を向き始める

そう言う方は要注意です。
スイング ココを治そう❶_Moment

昨日の記事で、
アドレス時、地面に置いているヘッド、
テークアウェイが始まり、グリップが高くなり始めると
そのヘッドは宙に浮き、その分、いきなり、ヘッドの重さがかかります。
その重さ分、ヘッドを下に置き去りにしてしまうコトは
かなり頻繁に起こり得るミスの始まりで
それにより いろいろなミスが発生します。

それと同じように、
ヘッドのローリングの多い人(上記3案件)は
ヘッドの回転によって、重心位置がより落ちやすい方に
下がり易い位置に動くため よりヘッドが重くなります。

「上げりゃあ いいじゃん」

それはそうなのですが、
テークアウェイも後半になってくると
からだの回転の慣性が増してくるので
トップの位置に近づく時間で 上げれば上げるほど
余計に上がってしまう、想定以上に行ってしまう量が増えます。

トップの深さやオーバースイングに悩んでいる人の典型パターンです。
テークアウェイ初期段階でのヘッドの上げ残し やヘッドの回転によって、
本来の上げる量よりも多くの量を上げる必要があり
それは テークアウェイの後半・終盤になりやすくなります。

そうなると 想定以上の量、ヘッドが上がってしまったり、
それによって 想定以上のトップの深さになってしまったり
困ったコトに その場合、より多く動くのは からだ ではなく
クラブや腕です。

また、これも多いパターンなのですが、
テークアウェイの初期、
もしかしたら、当人は自覚がないかも知れませんが
クラブを動かす為、まず、からだ、もしくは肩をまわし、
その反動、勢いを使って、腕、クラブと言う順序で上げていきます。

なんと言ったらよいのか、
 ●ヘッドの重さを使え とか
 ●手で上げるな とか
 ●からだ(この場合の多くは肩ラインだけ ですが)を廻せ
 とか
それらの言葉の寄せ鍋でそうなるのかも知れません。

からだ(肩)〜腕〜クラブ、その順番で上げていくと
順次、その前のモノが止まっていくので より簡単に上がりますから
そういう覚え方をしてしまうのかも知れません。
そのやり方でも 多くは ヘッドの上げ残し が含まれます。

絶対に 深いトップ、上がり過ぎのヘッド、オーバースイング、
シャフトの必要以上のクロス という
ダウンスイング以降、振り遅れ、手遅れの原因に成り得ます。

オーバースイングなどの 原因は
上げ過ぎ ではなく 初期段階での上げな過ぎ だと思います。

手首でヒョイッと早めにあげろ と言う意味ではありませんが、
少なくとも テークバックの初期段階で
からだの回転(前傾姿勢)も含め
グリップの高くなった分、グリップを高くした分 は
ヘッドも高くしておかないと
最終的に、トップの位置直前で 上げる必要が生まれ、
その段階で上げると 必ず想定以上 上がる、行ってしまうコトになります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



現在の流通している平均的ドライバー

 体積は 445cc
 重心距離は 40mm
 慣性モーメントは 4500gcm2 
をゆうに超えます。

460TL-3


●体積は そのままヘッドの大きさ です。
●重心距離は ヘッドの重量の中心点がシャフトからどれだけ離れているか です。
●慣性モーメントは ヘッドの重量の中心点(重心)を軸に
  どれだけ回り難いか、その姿勢を維持しようとするか、
  ヘッドの運動を持続させようか
 を表す数値です。

>慣性モーメントは数値が大きくなるほど、ミスヒットに寛容になります。
 間接的ではありますが、ボールにエネルギーを伝える効率性
 と言っても過言ではありません。

体積や慣性モーメントにルールの制限が加わってから
その変化は緩やかになりました(この10年)が、
 年前(2000年発売)のドライバーの
 平均体積は 292cc
 重心距離は 35.3mm
 慣性モーメントは 3125gcm2


 年前(2005年発売)のドライバーの
 平均体積は 413cc
 重心距離は 37.9mm
 慣性モーメントは 3900gcm2
 です。

 体積    445cc   413    292     
 重心距離 40mm    37.9   35.3   
 慣性MO 4500gcm2  3900   3125  


58b52cea014c8e392700135f_20170228165522

20年で体積は 1.5倍
重心距離は 15%増し
慣性モーメントも 約1.5倍 です。

特に慣性モーメントが一番大きく影響を与えます。
(ゴルフクラブの進化 ソノモノ とも言えます)
✋あまり正しい表現ではないですが、宣伝文句的には
 20年前のドライバーに比べ
 スウィートエリアが 50%近く広がった というか
 ミスヒットに対する耐性が 50%上がった というか
 ヘッドがその姿勢や運動を維持するチカラが 50%増した
と言えば良いのか、『数値上』簡単になったのは確か なです。


同時に、体積も増え、重心もシャフトから離れ
ヘッドが回転し辛くなっている というのは明白です。

それを活かすのには どうすれば良いのか、
 どう使えば良いのか 〜どう振れば良いのか、
 説明の余地がないほどの変化だと思います。



また、こちらも重要な要素ですが、20年前に比べ
 市販ドライバーに使われるシャフトの硬さも20〜30cpm 落ちています。
今、現在の S-シャフトは
 20年前の R-シャフトより格段に柔らかくなって
 います



ドライバー だけ を考えてみると
 自称飛ばし屋 と言う人で Xシャフトを使っていても
 20年前の Rシャフト並み 位のモノもたくさんアリ、
 それで 重心距離の長いシャロータイプの
 慣性モーメントも高いヘッドを振っている訳ですから
 ヘッドを返す、とか ローテーション なんかは
 論外・・・になる筈 なのですが…。


IMG_0340


困った点、困ってしまう原因は
 このドライバーヘッドの推移、変化、
 ドライバーに装着されるシャフトの推移、変化 に比べ
アイアンヘッドは この20年で小振り化(軟鉄ヘッドの流通)
 慣性モーメントの低下、重心距離、重心深度の低下
 シャフトの硬度上昇(軽量スチールシャフトの普及化) と
全く相反する、真逆の 退化 を遂げたコトです。

(売れない…って怖いですね〜)


一般の流通している市販品の
ドライバーとアイアンがどんどん離れたモノになっている現状なのです。


IMG_0591


ここまで ヘッド、シャフト共に 特性が離れてしまうと
アイアンで作ったスイング、クラブ扱い では ドライバーは打ちにくく、
ドライバー用のスイングではアイアンは扱い辛くなります。
ボールの位置も共通…と言うわけには行かないほどの差です。
一体全体 どこに向かおうとしているのか予測が付かない程です。


スイング理論においても
従来の 小振りなヘッド/硬いシャフトのモノを振る振り方 と
大きなヘッド/柔らかいシャフトのモノを振る振り方 が
混在している状態に 「当然」なりますから
ゴルフクラブだけでなく、スイング論の見極めも必要になる時代です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールをつぶす
 魅惑的な言葉ですよねー
スナップショット 1 (2012-10-26 2-44)

この言葉は一般的にはアイアンで使われますねー
それは当たり前なのですが
実はロフトが立っていれば 絶対につぶれるから です。
ロフトが10度や11度のクラブ(…ドライバー)であれば
フェース面のボールの打痕は
ディンプルが綺麗に付いているはずで
このロフトでも こすっているのは かなりまずいです。

逆に ロフトが40度超えるようなものは
球体であるボールが逃げる 坂 がありすぎて
よほど 意図的にしない限り 捕まえるのは難しいです。
アイアンの番手でいうと 8番と9番の境目の位の感じでしょうか。

そして もう一つ この言葉には齟齬がありますが
つぶれる こする とスライス・フックは
直接関係にはありません。
つぶす というのは ロフトという坂に対し
逃がさない ということであって
こするから イコール スライス という訳でもなく
アマチュアの多くのヘッドを振る振り方では
そうなり易い というだけのことです。

やはり ゴルフショットはミドル…
 5.6.7.8.9 辺りのアイアンショットに醍醐味が
あるとも言え、ここら辺のアイアンで確実に
ボールをつぶして打ちたいです。

ボールは球体…ですので、坂、逃げ道があれば
必ずそちらに逃げます。
アイアンだから上から
ウッドだから横から『はらって』打つ なんていうのは
そのクラブそのものの長さが異なるために
単に「そう」見えるだけであって
基本はどちらも全く同じです。
bd169146-s

あくまでも イメージの問題ですが
ボールを フェース面と地面(もしくはマット) で
「挟み込み」ようにすると
ボールはロフトの坂に逃げ
それがロフトの距離を制限するロス率になるわけです。
スナップショット 7 (2013-07-04 23-37)スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)スナップショット 9 (2013-07-04 23-38)







ハミングバードでいうところの
ヘッドを振る、腕先にクラブを振る、
振り子のようにクラブを扱う という打撃方法は
ボールの下、底をなでるように振る
典型的な「こすり打ち」
これでは基本スピードを上げても
こすり打ちからは永遠に逃れられないのです。

シャットにしたフェースのまま
体の回転でボールを
ボールの上っ面をさらっていくようなイメージが
必要になります。

あまりメジャーなゴルフ用語ではありませんが、
アイアンのトップブレードでボールを打つ みたいな
言葉がありますけれど、これは
フェースと地面ではさんだボールが
トップブレードから飛び出る という意味なのです。

球体のボールをつぶすには
曲線や円を描くイメージではなく
直線にクラブ、クラブヘッドを動かす
クラブそのものを直線的にスライドさせるイメージは
とても大切だと思います。
スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)スナップショット 13 (2013-07-04 23-39)スナップショット 14 (2013-07-04 23-39)







そうですね(写真は手でですけど…)
例えば 足(靴)でボールを蹴るとすると
つま先で横からボールを弾いたのでは
ゴルフクラブの特性は発揮できません。
ゴルフクラブは各番手ごとに ロフト角度というものがあり
それによって 打撃の破壊力を 回転と角度に振り分け
距離を意図的に「ロス」させる働きがあります。
足でボールを蹴るとするならば
ボールの真上から ボールの半分ぐらいを
ぐっと踏みつける ような そんなイメージで
ボールを打たないといけないということです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




昨日の記事を強く「感じる」のは
前提条件 として

「ボールを叩く、強く打つ には
 ヘッドを振らなければならない」


と言う感覚が結果、として抜けない
自覚は無いけれど そうしている人

というのはあるんですけれど…
(自覚がないのが一番厄介でしょうね…)
(技術ではなく 感覚やからだの記憶、思い込み の部分なので
 解消するためのヒントは 自分自身の体の中にしかありません)

胴体そのものを 自意識として 「まわそう」
としているスイングでは
必ず インパクト付近で
自分とボールとの距離感 の 修正 が
かなり強く入って スイング動作 として
とても目につくトコロ にあるのです。


実例をあげましょう。

20200621 編集済み_Moment(6)20200621 編集済み_Moment(7)20200621 編集済み_Moment(8)









拡大度合いが同じではないのですが、
これは フルショット ではなく
フルショットを行うための ドリル で
おそらく 打つ距離、狙いの距離は無視している筈 です。
腰を悪くするといけないので
この手のドリルは長めのクラブですることを推奨していますから
6番アイアンで 結果、としては 50ヤードとか80ヤード
どっちでもいい距離を打つ
まあ ボールとフェースが当たれば良い 程度に考えている
と思います。

にもかかわらず
必ず ダウンスイング後半、
インパクト直前で からだの起こし、
上に蹴る とまで行かない ですが、
上下方向に 空間を確保する ような動きが入ります。
動画、動いている映像 で見ると
インパクト直前、インパクト前後に
ピョコンと伸び上がるような動きが入る訳 ですね。

手で振る、フェースローテーション をする人の
例外の少ない 典型的な動き で、
最近では そうやっても 遠くにボールを打てちゃう人が
『地面反力』なんて めっちゃ不快な造語 で
アマチュアゴルファーを◯◯しているケースも見られます。



フルショットを打つ 時の順次解説 をしていくと

1.ダウンスイングの初動
 多くの人が からだを 左肩(胴体内部の感じ)
 胴体の左上隅で回そうとし始めます。
 
2.左上腕の付け根は動かそうとしますが
 付け根だけ動かし、左腕(上腕)は置き去り にします。
✋ 人に寄っては ここがポイント かも知れません。

3.左腕が取り残されてしまえば
 腕やクラブの重さが蕕忙弔襪里
 右軸になって 左サイドだけが開きます。

4.すでに からだの向きは ボールを通り過ぎていますから
 それで移動する筈の 腕やクラブは
 その 機能を使う時期を逸しています

5.そこから からだの向きの変更の代わりの仕事 を
 フェースローテーションでするのですが
 取り残された 腕やクラブの重さのお陰で
 想定よりも 右サイドは下がっています。

6.フェースローテーションや腕の返し、フェースの返しは
 利き手、利き腕を伸ばさないと 行えませんが
 下がった右サイドの空間では
 それを行うための十分な空間が得られません。
 特に 下方向に振るのは必須条件になるので
 左右よりも 上下方向の空間が必要 です。

7.右腕を使おうとしているので より一層右サイドは動きますが、
 それを左サイドを連動させると
 既にボールから離れている 左サイドが更に離れるため
 空振りしてしまいます。

8.左サイドの横移動を 縦移動に変え ボールを打ちます。
 左サイドを横には動かさず、上に逃がして空間を作ります。
 (これを巷では 左サイドの壁 と誤解しています)

9.左サイドの横移動は止まるので それをきっかけにヘッドを返す
 ヘッドでグリップを追い抜きます。
 故に インパクト時の左サイドと左腕の締まり は
 多くの人のインパクトの動作記憶 だと思います。


これが一般的な、結構、普遍的なゴルフスイング です。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(5)




ここの中には 多くのアマチュアの よく耳にする「悩み」が
含まれています。
そのまんま…ですが
「インパクト時の伸び上がり」
「ディッシュアングルの欠如」
「よく判らない 左サイドの壁」
「左への体重移動の欠如」
「からだの開き」
「左わき/左腕の締まり」

と同時に
このスイングには 左サイドを上に逃がし、
横移動を止めるコトによる 左サイドと左腕の締まり
によって 首を痛めたり、左ひじを痛めたり、
体重の逃がしどころが無く、
 潰れた右サイド、右腰 の痛み など
アマチュアの多くの 体の故障 は
この動きによって 生み出されています。

ユーチューブなどの動画を
 スローで 上記解説通りに見てみると
かなり多くのゴルファーが、プロも含めて 当てはまる
と思いますよ。

良い悪い の問題ではなく、
オジサンおばさんゴルファーが率先して目指すべき動作
では 無いというだけのコトで
好きでやっている人に どうのこうの
言うつもり もありません。
『お好きにどうぞ』

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



シャフトの使い方・・・
 って話になる訳ですが、
通常、お店で売っているようなシャフトは
よほどの マッチョな人でない限り
 その性能を発揮させることは不可能です。

硬すぎます。
まるまる 硬すぎ です

日本の男性の平均ゴルファーの年齢は
 約64歳
おそらく ヘッドスピードの実測は
 40ms行くか 行かないか
って トコロだと思います。
V字を維持してみよう_Moment


その 平均値の方で
 シャフトの性能が使用可能な 硬さ は
 45インチ で 振動数 180〜190cpm以下
   ってトコロだと思います。

その硬さ、
ドライバーだけでなく セットの流れ
セット全体も それに応じた硬さ のシャフト を使っていれば
放っておいても スイングにあまり悩まず
からだの故障を恐れるコト なく 楽しくゴルフが出来ると思います。

不可能ではありますが、そのシャフトの硬さ
 45インチ で 振動数 180〜190cpm以下
が 本当に使われていたら
 レッスンプロの大半 は失業することになる かな とも思います。
 
運動不足解消やストレス発散のための
打ちっ放し・・・練習場は必要かも知れませんが
スイングの練習をする為の 練習場は要らなくなるかな と思います。


しかし 現実は 45インチ 240cpm 位・・・
理想値の 50cpm以上 5フレックス分も硬いシャフト です。
理想値のモノをR とすると R.SR.S.SX.X...
Xのシャフトを無理やり 使っている というコトになります。

それを 軽いヘッド で打っているんですから
自分が頑張って ヘッドを振り回さなきゃ そりゃ 飛びませんよね・・・。

置き去り君_Moment


放っておいても たわむシャフトであれば
逆に たわませないようにボールを打つようになり易い
 と思いません?
たわませなければ 自然なヘッドの遅れで
 ロフトは立ち、ボールを上から打てることも覚えやすい・・・

しならないシャフトをしならせる?

言葉は悪いかも知れませんが、
ゴルフクラブの形状、
そして そこにある角度 と言う存在を考えたら
頭 大丈夫? って聞きたくなります。

そもそも ですよ
ゴルフクラブは L型の形状のモノで ボールを打つんです。
そんなの 回転させたら
 おんなじ球 打てないじゃないですか?

飛ばすことは大切です。
男性? 男の子にとっては ゴルフの命題 と言っても良い位。
でも その形状のモノ(L型の形状)を
 回転させて たまに出る ショット が 狙うべき距離ですか?

スコアがすべて、 とは決して言いませんが、
ゴルフの「ゲーム性」を考えたら
安定して 計算の立つ、可能性として高い方法を模索 するのが
目指すべき上達目標 じゃあ ないんでしょうか?

ヘッドを回転させて たまたま 偶然出る 飛ぶショット
その偶然の確率を上げるコトを目指すのか、
確率として 一番同じ球が出易い方法の
その距離を伸ばす練習をするべきなのか、
ゴルフクラブの形状特性と角度のコトを考えれば
 正直、選択の余地は無いと思うんですがね…。

しならない硬いシャフトを無理やりしならせて
 それをしなり戻す、言い換えれば 元に戻して打つ
   って ホント 大丈夫?  って思うんですね。
だって・・・
練習して、努力して も 得られる結果は
 『元に戻す』 なんですよ。

放っておいても しなるシャフト を 
 逆にしならせないように使う方が 安定すると思いません?
それの距離を伸ばすコト を考えた方が
 安定と距離 双方得られる可能性が
少ない労力なり、少ない努力で得られる …かも
って発想は湧いてこないんですかね〜。

硬くて使えないシャフトを無理やりしならせて
元々のシャフトと全然違う使い方 を論じても・・・
 なんだかなぁ と感じます。

シャフトとヘッド、ゴルフクラブの形状から考えても
ボールとスイングの関係から考えても
ショットは 人間の動作 と クラブの多少の助け で
 グリップを移動させることによって生まれます。
シャフトも ヘッドの形状が作り出す 重さ感 などで
 グリップの移動の促進、移動方向の誘導
というのが 最も大きな仕事 です。
mv

シャフトをしならせて しなり戻して 弾いて打つ
意図的にしならせないと 打てないクラブの行き着く先 には
 クラブの移動と人間の動作 に直接的なつながりがなく
 人間は単なる発射台、土台 でしかなく
   如何に 止まっていられるか が勝負になる。
つまり 人間の動作と何の関係もない
 あの スイングマシーン ヒッティングマシーン があるだけ です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのアマチュアゴルファーは
  ゴルフクラブのコトについても 殆ど知りません。


ごく一部、
%として数えることの出来ない程度の「ゴルフクラブ好き」を除き
自分の使っているクラブのシャフトの硬さ も知らない、
もしくは興味のない人が大多数、ほとんどと言えます。

良くあるパターンで
シャフトには工業規格の安全性を記したマーク
(セーフティグッズ)マークが付いていて
それを見て シャフトの硬度 は  だと思っている人もかなり居ます。

また メーカーや機種を問わず
シャフトがS表示なら共通して 「同じ硬さ」と信じていますし、
手に負えない
 日本のゴルファー共通のBGM(バックグラウンドミュージック) として
✋ゴルフが上手になる 👉シャフトを硬くする
✋上手くなるほど硬いシャフトを使う

という カルト宗教の教え を秘かに信じています。
(弊社のソレ の方が遥かに害が無いと思います)

まあ アマチュアゴルファー、趣味や娯楽で
ゴルフを楽しんでいるのですから 
そのシャフトの硬さ信者論は害があるから 少々、頭痛がしますが、
ゴルフクラブのコトに詳しくないのは普通でしょう。

006


ただし 最低限の知識 として
知っておいて頂きたい、
普及? 啓蒙? するにはかなり無理があるかも 知れないのですが
知っておいて頂きたいコト があります。


通常で言うと 要らない・必要の無い情報ばかり を集め
ゴルフクラブに関する シンプルで もっともな情報は
殆どしらないまま ゴルフクラブと付き合うコト になってしまっています。



✋✋✋それは 良くも悪くも

「スイングはゴルフクラブから影響を受けていく」
「ゴルフクラブによってスイングは造られてしまう」


というコトです。


弊社は ものすごく柔らかいシャフト、重いヘッドを専門
としていますが、ポジショントークとして それをお薦めしたい
というコトではなく、
使っているクラブ、使ってきたクラブ によって
 スイングは ある程度、否、ある程度以上 作られます。

先日体験した フィッティングの話し です。

1.新しく フルセットを購入されました。
2.硬さを揃えるため 表記上、 Sシャフトの硬さに統一しました
3.内情では 軽量スチールのアイアンが遥かに硬く
 ドライバーのソレと比べ 4〜5フレックス 硬い状態 です。
 (ドライバーをRとすると アイアンはX、もしくはXXの状態です)
4.セットの中では フェアウェイウッドが一番柔らかく、
 2本あるユーティリティ 同じメーカー、同じ機種、
 同じシャフトの硬度表記にもかかわらず 硬さ に差があります。

ラウンドも数をこなし
「スコアも良くなってきたので 次のクラブのシャフトは硬くする」
という 例のカルト宗教の教え に沿い
新しいクラブは 表記上 硬めに設定しましたが、
それは ✋番手によってかなりのばらつき がありますし、
機種によっては 実質、シャフトが柔らかくなったモノ すらあります。

まず こうなると
ヘッドの大きな、シャフトの長い ドライバーを苦しみます。
何故なら 練習場での練習、
アプローチも含め 7割以上のショットは
X,XX相当のシャフトの硬さのアイアンで行うから です。

練習量や頻度、期間によっても異なりますが、
アイアンとドライバー
(シャフトの硬さの違い)では ボールの置き位置、
 左足寄り、右足寄り 加減は大きく異なってきます。
👉ドライバーが左足寄り 👉アイアンが右足寄り
✊多少、であれば いいですが、
その差が大きくなれば、同じタイミング、同じ感じ、
同じスイングでは対応しきれなくなりますから
ゴルフをするのに 2種類のスイングが必要になってきます。

さらに問題になるのは・・・
 セット中で ダントツに柔らかいフェアウェイウッド です。
シャフトの硬さから 考えると 左足より にボールを置きたい
ところ……ではあるのですが、
根本的に オーバースペックのクラブを
フェースターンで打つコトを目標に 練習してきている人
にとっては ヘッドに奥行きのある(重心深度方向)のある
フェアウェイウッドを 左足寄りのボール位置で打つ
というのは ダフリ、ダフリトップ、チョロを誘発する原因になります。
0e4d0881

フェースターンでスイングすることを基本 とする人
にとっては シャフトの柔らかさ は
インパクト時のヘッドの来なさ加減を増やすコトになります。
しならせる〜しなる量が増える は
クラブが短くなる というコト です。
しなり戻す は クラブの長さが増える というコトです。
ドライバーは まだ 空中のボールを打つので
それを許容する空間がありますが、
地面にあるボールで それを行うとなると
 地面がそれを邪魔します。



・・・と言う話 なのですが、
この体験を経て、お金や時間をかけて
レッスンを受ける以上の「秘かな教え」がからだに染み込まれます。

それは スイングの技術以前の
もっと根本的なショットにおける概念のようなモノ で
知識と実体験を持って 時間をかけて払拭しなければならないほど
深く、おそらく生涯のゴルフを通して 解消できない感覚でしょう。

練習場で数多く打つ XX相当の硬さ のシャフトのアイアン
を打つのには 速いリズムの無茶振りが必要 です。
当然、それが自分のリズム、テンポの基本 になります。
「ゆっくり振れ」
「ゆったり振りたい」

と思っても、そう打ったら 当たらないのですから。

しかし、ドライバーをそれと同じように振れば
 硬さが異なりますから 上手く行きません。
ですので アイアンのショットが良くなってきても
 自分のスイングの自信 にはつながり難くなる訳 です。
また 年齢や練習頻度 にもよりますが、
その硬さ(XX相当)のオーバースペッククラブを
打ちこなすには かなりの練習量、定期的な頻度 が必要で
それは 肘や手首、腰などに相当な負担を生みます。
 それも ショットの自信を失わせていく要因です。


ドライバーにおいては
違うテンポや間の取り方 など 工夫が必要ですので、
スコアを重視するのなら 飛ばしはあきらめ
ただ 当てるだけの ドライバーショットを作るしかない訳 です。
4〜5フレックスも柔らかい ドライバーに照準を合わせると
アイアンが打てなくなってしまい…、
練習場で打つ 大半のショットが気持ちよく 無くなりますので…。

フェアウェイウッドに至っては
「俺はフェアウェイウッド苦手!なんだ」
という 苦手意識が払しょくできず、
生涯 付きまとうコトに為り、
次のセットを買い替える時は
ヘッドに奥行きの有る フェアウェイウッドは除き
ユーティリティで固める セットの可能性も匂います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転通り、
からだが向きを変えたコトで グリップが移動する、
正しくは グリップを移動させるため、からだの向きを変えるコト ですが、
兎も角 からだとの位置関係を大きく変えず グリップ、
特に左グリップを移動させた時、
ヘッドの重さ、しゃふとのたわみ、運動による加算 等で
ヘッド自体はグリップの進行に対し、遅れます。

その遅れ は ロフトの立ち になるのですが、
(厳密には ロフトの立ち というよりも
 それを引き起こす グリップ部の先行 と言うべきかもしれません)
同時に クラブの円運動によって遠心力も生まれ、
遠心力のかかる方向に対し、ヘッドの重量点が揃う、
ゴルフ業界では「悪い意味」で使われている トゥダウン が起こります。

このトゥダウンの現象は
例え からだの向きの変更が速くても、ヘッドスピードが速くても
シャフトの柔らかさにかかわらず その量は一定、
シャフト軸に対する ヘッド重量点の位置ズレ分しか発生しません。
IMG_8497

この写真は アマチュアのゴルフファー…
しかも コースでのドライバーショットとしては奇跡に近い映像で、
こうなったことが奇跡というのではなく
こうなるようなスイングを造っていったことが奇跡と言う意味です。
左の写真がアドレスで
右の写真が実際のインパクト時、
シャフト軸とヘッドのおおよその重量点のズレ分しか
シャフトはたわんでいない という とてつもない映像 です。
しかも このショットに使われている ドライバーのシャフトの硬さは
振動数表示では 100cpm強 と
一般的なドライバーの(250cpm) 半分以下 の 柔らかさ で
手でシャフトを曲げると
まさかの ヘッドとグリップがくっ付いてしまうほど
ひものような柔らかさのモノです。
打っている距離も アマチュアの ドライバーショットの平均値としては
かなりのモノです! 


ゴルフのショットをするのには不適切ですが、
シャフト軸の延長線上に 重心点があるクラブ構造では
これまた シャフトの柔らかさに関係なく トゥダウンは一切発生しません。
ですので そのトゥダウン方向へのシャフトのたわみ量は
シャフトの硬さ・柔らかさ ではなく、シャフト軸とヘッドの重心点のズレ量分
によって 生まれる と言えます。

クラブヘッドには「慣性モーメント」と言う用語があります。
これも 何度も書いていますが、
その慣性モーメントの数値の基準は
ヘッドの重量点を軸とした ヘッドの運動性 です。
数値が高いほど 運動性が低く、
ヘッド自身の姿勢維持、
移動の運動の持続 が強くなります。
少し簡単に説明すると 安定度、ミスに対する寛容性、
ボールと言う重さを打ち抜く力が高くなる というコト です。

しかし、この慣性モーメントは
クラブにかかる遠心力とヘッドの重量点が揃った時、
発揮される「クラブの効能」で
絶対の その一致、一列化しない
させようとしない ヘッドを返す スイングにとっては
ヘッドを振るようなスイングにとっては
数値が高くなるほど 単に 振り難い になるだけ…。
薄べったい シャローなウッド系や
重心距離の長さ、重心距離の深さ、
シンプルにヘッド大きいモノが 振り難い、振り遅れる
というのは 慣性モーメントが高くなり易いヘッドだから です。

31954726


若い人はピンとこないかと思いますが、
昔 35年位までまでは ウッド と言えば
 その言葉の通り、木製  でした。
その頃のヘッドで 慣性モーメントは 1500〜1700 程度
今のドライバーの平均値で 4500
ヘッド重量の重い弊社のモノでは 5000 をゆうに超えます。
数値で言えば 3倍以上になったわけです。

ゴルフ業界の販促用語で言えば
木製ヘッドよりも 3倍も 芯が広くなったわけですから
断然、ミスヒットにも寛容ですし、
ボールに対する エネルギーの伝達効率も高くなります。

正しく 使えば・・・ ですが・・・

ヘッドを返すような使い方をする人 にとっては
他の要因、総合的な要因から
 木製ウッドとは比較しようもないですが、
3倍もヘッドが返し辛く、回転させ辛くなっているのですから
もういい加減、指向を転換しても良いのでは と思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


初めて悶絶クラブを手にすると、
初めて悶絶クラブで打つと、
恐らく全員が驚くことになると思います。
IMG_0361

多くの人が
 ご自分の基準 ☞ 柔らかい
 ご自分の基準 ☞ ヘッドの重たい
は 10%程度
硬さの目安である振動数が
 
280cpm ☞ 250cpm
軽量スチール装着の5番アイアンのヘッド重量
 
240g   ☞ 265cpm
位だと想像されていると思います。

ところが 悶絶クラブはスペック(仕様)によっては
 280cpm ☞ 140cpm
 240g   ☞ 300g

になってしまうのですから
想像以上の「すごさ?」に驚くことになるでしょう。

シャフトが柔らかくて、ヘッドが重いと
自分の動きによってクラブはそれを倍化するような
そんな感じです。

特にヘッドを振りまわして
クラブの機能を無視し、自分の技巧によって
ボールを打っていた人には
その柔らかさによって、その重さによって
それが封じられてしまうでしょうから
ちょっと大変かもしれません。

自分が腕さばきで クラブを動かしていると
柔らかい&重いの複合体は
自分の手さばきへの反応が鈍く、動かし辛く
思った通りになってくれません。

こんな質問頂きました。
「試し打ちのクラブを打ちました。
 テークバック(ストローク)の初期に
 ヘッドの重さを‼感じてしまいます。」
これは違和感…と言う意味だと思いますが、
このご自分の言葉に、ご自分のショット(テークバック)や
ストロークの謎というか、問題が隠れています。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)

ゴルフクラブは
自分が動くと、それが持たれているグリップ部が動くので
当然、その分ヘッドも動きます。
クラブヘッドが重くても、シャフトが柔らかくても
軽いものや硬いものから比較しても
重くなって、動かし辛いのは
「クラブ」であって、ヘッドでは無い筈です。

ヘッドが重い…ということは
ヘッドを動かそうとしている ということです。

グリップを動かして、その分ヘッドを動かすのと
ヘッドだけを動かすのでは
ゴルフクラブの ロフトやヘッド姿勢、クラブ姿勢の
変化が激しく(多く)なり、
 その分安定したショットやストロークの可能性が下がり
ゴルフに良い影響を与えません。

どんなクラブであっても
シャフトには 硬さや柔らかさ 軟度が存在し、
ヘッドには 軽さ重さはあっても 集中した重量は存在します。
重くて振りにくいから それを無くす(減らす) という発想は
クラブは一切頼らず 自分で打つという事です。
クラブの機能は無視したい、邪魔されたくない という事です。

少し言葉は悪いかもしれませんが、
そう思うのなら、ファッション以外で
クラブを買い替える理由はありません。
    多くの人がそうですけどね…。
スナップショット 2 (2014-03-03 22-28)

ゴルフクラブには先人たちの数百年蓄積された知恵が
集まっており、私個人も悔しいのですが
その知恵を上回るようなものを考えつきません😱




 ✌ ✌ ✌ ✌ ✌

悶絶クラブは ものすごくハッキリ主張をするクラブです
扱い方でダメなモノはダメ とはっきり言います。
当たり前と言えばそうですが、その典型例が「重さ」です。
今までは気にしなかったかも知れませんが、
これからは「重さ」を敏感に感じてみて下さい。

✊その重さが「いつ」生まれるのか?
✊その重さは「どの」方向に発生するのか?


そして その重さは
✊自分の動作をしていきたい方向との関係はどうか?
✊打つボールの方向との関係はどうか?

ゴルフクラブ全体の重量配分や
クラブヘッド、クラブの形は 
打ち手が打ち易いよう、
繰り返し打てるよう、
少ない力でボールを飛ばせるよう、
体を痛めなくても練習できるように

考えられて作られています。
9df38f18

スイング中に重さを感じる ということは
その自分にかかる 重さの時期や方向が
自分の次に「行きたい方向」に対し負荷、邪魔になっている
という事です。

クラブのその重さに促進され 動作が出来、
ボールを打て、振ることが出来れば
クラブの重さは感じません。
 ☞特に切り返しからダウン〜フォローまで

テークアウェイは重力に逆らう動きなので
多くはありませんがなにがしかの重さが掛かります。
それであっても
その方向は望ましい方向でしょうか?
テークアウェイは
トップの位置からボールを打っているための準備です。
動作そのものも
ボールの飛球方向とは概ね逆方向に動き
巻き戻しのようなモノですから
その逆方向への重さの増幅は
ボールを打つ方向にとっては不必要、最低限でいい筈です。

そういうのも とても参考になると思います。

恐らく 現在活躍するトッププロも含め、
レッスンプロですら、雑誌やテレビ、誰かの言葉
によって 漠然と、ぼんやりと
『スイングってこういうもの』
『ダウンスイングってこうやる』
『ボールってこう打つ』
と言う程度だと思います。

ゴルフクラブとスイングの関係なんて
考えている人は殆ど居ません。

でも、ゴルフは「自分」の個人プレイで
現場に出ると 頼りになるのは
自分自身とゴルフクラブだけ です。

そのゴルフクラブに
使い方を教わり、使い方を考え
その機能を利用する方がずっと楽しいと思います。

ゴルフクラブはホントにすごいです!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


シャフトの重量バランス(バランスポイント
 -バランスの取れるポイント(箇所)
は ゴルフクラブのカタログ では まず、絶対、
場合によってはシャフトメーカーのカタログ であっても
 表に出てくることはありません。
ゴルフ雑誌のゴルフクラブやシャフトの特集であっても
 ほとんど 取り上げられるコトも無いでしょう。


シャフトを選ぶ際のポイントとして
 まずは 硬さ(絶対条件‼)
 そして 重量 
  …とは思うのですが……。

他にも、 やれ キックポイントとかトルクとか ありますが、
この表に出てこない バランスポイント というのが
シャフトの 良い意味でも、悪い意味でも
 最大の特色 〜機種による違い になるのでは… と思います。

表に出て来ないので とても厄介 です。

製造業者である 私 であっても
 各メーカーの、各機種の バランスポイントは
実物を手に取り 各パーツの重量を調べたり、
 測らないと分からないケースが少なくありません。

✋正確に測るには クラブとして組み立てられていない
 シャフト単体の状態 が必要です。

重心のかかり方 (2)


シャフトは ご存知の通り
 先端が細く、手元(グリップ側)が太くなっています。

サイズ(代表的なモノの外径) で言うと
●ウッドの場合 先端が 8.5mm  グリップエンドが15.0mm
●アイアンの場合
 グラファイト素材    9.4mm  グリップエンドが15.0mm
 スチール素材     9.0mm  グリップエンドが15.0mm


✌✌✌細い部分である先端の強度を補強する為、
グラファイト素材の場合は 先端に弾性の高い(強い)素材を足し増し、
スチール素材の場合は 金属素材の厚みで補強、
 少々オーバーではありますが、外径(見た目)と反対に
 内側は逆テーパー
(スチールシャフト)になっているような状態です。

蛇足ではありますが、
スチールシャフトの方が補強し難いにもかかわらず
グラファイトの外径より細いのは ある理由による形状の違い です。
その形状〜外径が固定化、される頃は接着剤の素材が良くなかったため、
接着され難いスチールシャフトは
 先端部をテーパー化して、接着面積を稼いでいます。
(グラファイト素材のそれは ほとんど パラレル です)
接着材の質、向上がなされている為、
 現在ではほとんど意味を成しませんが…。

故に バランスポイントは スチールの方がグッと先端寄りで
(先端を0、エンド〜グリップ側を100とすると)
グラファイトシャフトの平均的なBP 52~54 に対し
スチールシャフトのそれは 48位になっており、
同じ長さ/同じヘッド重量 のクラブを組んだ場合、
 数値上 グラファイトシャフトの方が スイングウエイトは大きく出ます。
 その差は10〜15g分位 あります。

昔からよく言われる 「グラファイトの方が飛ぶ」 のは
シャフトの素材のせいではなく、
👉重いヘッドが装着されているから なのです。


ですので 市販のユーティリティなど、
市販状態でグラファイト素材のシャフトが付いているモノを
スチールシャフトに変更する場合、
 同じ長さでは作れないことが殆どです。
(スイングウエイトなどを無視する場合は可能です)
59010005_1

ウッドなどをスチール化する場合
 数値上、同じバランスポイントにすると仮定すると
グラファイト ⇒ 45インチのモノ
スチール化 ⇒ 43.5〜43.75 まで 短くなります。

これも蛇足ですが、
数値上のスイングウエイト(C-8とかD-0)は
シャフトの重さではなく、シャフトのバランスポイントの方が
圧倒的に効く、作用します。
同じシャフトのBP、 同じヘッド重量、 同じ長さ であれば
シャフトの重さを 40g ⇒ 80g 倍、3倍にしても
スイングウエイトは 全く同じ です。
ですので スイングウエイト は その言葉の意味とは異なり、 
 人間の感じ方 を表しているモノ では無い というコトです。


従来は スチールシャフトとグラファイトシャフトでは
明確なバランスポイントの違い、暗黙の基準 が有ったので
良かったのですが、最近では
アイアンはスチールシャフトがデフォルト(基準)状態の為、
グラファイトのウッドシャフトも BPをスチールに合わせているモノ
も多数😨出現し、ひっちゃかめっちゃか状態です。

いろいろとバリエーションが増えるのは良いと思いますが、
グリップの重量にもバリエーションがあり、
シャフトの硬さやキックポイントにも明確な基準がないのに
表に出てこないBPにも 種類 が多いのは大変困ります


どんな風に困るか というと
❶バランスポイントが先端寄り 〜軽いヘッド装着 のモノに
  軽いグリップを付けたモノ
❷バランスポイントが手元寄り 〜重いヘッド装着 のモノに
  重いグリップが付いたモノ

この二つが 数値上、スイングウエイト 場合があるのです。
本当の意味の、実質的な意味のバランスは全く異なる!のに、です

シャフトが同じ重量であれば 総重量で判別するコトが可能ですが、
重いヘッド/グリップ - 軽いヘッド/グリップ、
 その差分、シャフトが重かった場合(総重量が同じ)では
まったく 異なる作りのクラブなのに 判別が不可能 になる訳です。

また このケースで シャフトの長さは同じ、
シャフトの硬さ 〜振動数上数値が同じ であると
 軽いヘッド装着のクラブの方が 実質、シャフトは柔らかい のですが、
それは 長さは分かるにしても、
 おおよそのヘッド重量が分らないと判別不可能です。


同じバックに入る
●ドライバー
●フェアウェイウッド
●ユーティリティ
●アイアン
●ウエッジ
これらの中に 上記の ❶と❷が混載されている可能性があっても
その数値が読み取れなくなります。
IMG_0591

スイングウエイトの数値は同じでも
実質、ヘッド重量が10g差があったら どうでしょう?
 同じ感じに振れるでしょう?
10g は 数値としては小さいように感じますが、
長い棒の先端、一番移動量の多い先端部分の10gの違いは
かなり大きいです。
一般的に 売られている 後付けの 鉛-2枚分の違い です。

1回打って 鉛を10g貼り、次は剥がして
を交互にやったら どっちが良いのか、悪いのか
スイングが悪いのか、タイミングが悪いのか
どっちが合ってるのか 訳分からなくなると思いませんか?

キックポイントなど曖昧な違い
総じて しなりの少ない硬いシャフトを使っている人が
圧倒的に多い この状態では
その 10g分、ヘッド重量が異なってしまう
バランスポイントの方が ショットにもスイングにも大きく作用します。
しかも それが あまり話題、
 クラブ選びの基準にもなっていないのです。


なんだかなぁ。。。 って思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



現代のドライバーは ネックにスリーブが付いていて、
簡単にシャフトが付け替えられるものが多くなりました。

それを使って、実験を兼ねてやっている人 がいるので
注意、もしくは警告も兼ねて 書いておきます。

ti-a2


ヘッドには体積や慣性モーメントなどの ルールの制限が増え、
ほぼがんじがらめの状態です。

よって 飛ばすコト をクラブに求めるのは
長さ と シャフトの柔らかさ 位になっているのが実情、
結果、46インチ前後が平均的なドライバー となっています。

45インチでも「扱い易い」とは言い切れず
46インチと言う長さは 我々、日本人には
ちょっと持て余す長さ と言えるかもしれません。

だからと言って 無闇に短くするのは危険 です。

本来 同じヘッド〜同じシャフトを使っても

 46インチ ヘッド重量 185g
 45インチ ヘッド重量 197g
 44インチ ヘッド重量 209g
 43インチ ヘッド重量 221g


大さっぱですが、長さに応じて ヘッド重量 1インチに付き12g が増えて
初めて 長さの違うだけの 同じ流れのクラブ と言えます。

厳密に言えば、長さが変わると
それに適応したロフトも‥‥ と言う部分は割愛します。

455T-5-1


46インチ時の ヘッド重量をそのままで
長さを 1インチ、2インチと短くすると
長さだけでなく、シャフトの運動量も激減します。
(基本、硬さは同じ…ですが、シャフトに対する負荷が激減します)

スイングウエイト…がクラブのバランスを表す適切なモノ…
かどうかの議論はさておき、1インチ減ると 約12g分 6ポイント
D-0 46インチだったくらぶが C-4 45インチ にまで落ちます。

これで打ってみると どうなるか というと
特にヘッドローテーション、手でクラブを振る人にとって
いきなり その負荷が 静止状態で12g
ヘッドスピードによって異なりますが、運動時の負荷が何キロ分か
減りますので、慣れてしまうまで、速く振れるようになります。
 (ものすごく 一時 ですが…)

その重さ、になれてしまうと 元のヘッドスピードに戻りますが、
問題なのは 衝撃 です。

重さ というのは 慣性モーメント、
運動を持続するチカラ を持っています。
その 慣性モーメントが下がると
インパクトの時の ボール荷重に対して、
下がるヘッドスピードが増し、
 言うなれば 急激にヘッドが止まり易くなります。
この際に受ける衝撃は クラブに近い 弱い関節に響き
その人の体力 にもよりますが、手首や肘 を痛める可能性が
かなり高くなります。


半インチでも怖いのに、ヘッドスピードの数値や計測器の数値を
追いかけたために 数か月後 腱鞘炎になる ・・・・
おそらく 日本中にそれに該当する人がいるのでは、と思います。

また このようなケースで往々にして起こるコト ですが、
短くしたことによって 当然 ヘッドの入射角度やインパクトのロフト姿勢
なども変わり、長さを変えたことによって、長さ が主要因ではなく
自分の理想的な 入射角度とインパクトのロフト姿勢 が
合致したことが 数値として距離の伸びた可能性 も否めません。
 この手のケースでは おそらく こちらが大半 かと思います。
✋しゃくり打ち している人はこれにハマり易いので注意✋

460TL-4


なにより ヘッド重量を調整せず、長さを落とし
それによって 一時的にヘッドスピードが上がったり、
計測器の数値が上がっても、それは ほんの一時的なモノ
の可能性は非常に高く、
それの副作用である、ヘッドの軽いモノを速く動かす癖 が助長され、
地面からのショットがダメになったり、
アプローチがダメになったり

最終的に ひじや手首などを痛める デメリットの方が
あとあと、遥かに痛く、重く のしかかります。

☑ご注意ください

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブはものすごく良く出来ています。

先日の記事の通り、
ヘッド重量がある程度、しっかりしており
普通に振って、しっかり たわむ(しなる)硬さのシャフト であれば
運動が少ない時は
 ヘッドの位置やヘッドの姿勢、クラブの具合 が判るように
重心位置と言うモノが判別でき、
ある速度を超えると それが直線状に揃う

 二重構造をもっています。

455T-1


アドレスやテークバック、トップの位置
などでは 重心位置によって ヘッドの位置、姿勢 が判りますから
同じコト、同じ動作をする目安になります。
一旦、速い運動になると
 そのズレが解消され、握っている棒、そのもので打てばいいのです。

そう言う特性が 他のスポーツ用品には無い
 ゴルフクラブの特性、というか二面性です。

それを有効に使わない手はありません。


重心深度の深いフェアウェイウッド というのは
正しく使えば
重心が深い ⇒より重量効果が大きい
        ⇒ヘッドが前に出る /ロフトが増える
        ⇒ヘッドが前に出る /入射角度が緩くなる

これらの効果から 打ち出しが高くなり、スピンが減ります。
よって 単純には距離が出し易くなります。
しかし これを 重心を直線状に揃わない使い方 をすると
重心が深い ⇒重量効果が大きい
        ⇒より遅れる /ロフトが増える
        ⇒より遅れる /フェースが開く

で 入ってきて フェースターンすれば
重心が深い ⇒急激に、ヘッドが前に出る /フェースが閉じる
        ⇒ヘッドが跳ねあがる
になるのですから ダふるか、突然ヘッドが跳ねあがるトップ か の
非常に使い辛いキワモノになってしまいます。



ヘッドターン 〜手の返しでボールをさばく方法は
基本的に、重量が一直線上に「揃わせない」方法です。
揃う扱いでは ヘッドの重量による ヘッドの遅れは
 ロフトの立ち に出来ますが、
揃わない扱いでは 
その遅れは ロフトの開き とフェースの開き になります。

それを わざわざ作り、取り返すのは 無駄 ではないでしょうか。
研鑽を積んで 安定度を高める方法も無くはありません。
好きで行っている人は、それを目指すしかありませんが、
どちらであっても、年齢的な衰え で 成功率 が 下がる日は必ず来ます。

そうなった時、ゴルフクラブの性能を利用出来る方法
を取っているか、自分の練習量も含めた 運動性能に頼る方法 なのか
は大きな開きになると思うのです。

edd43161


 同じヘッドスピード であったとしても
腕も含めたゴルフクラブだけが動いているのと
からだ と言う重たいモノも一緒に動いているのでは
まったく 同じ なんでしょうか❓
安定度はどちらなんでしょうか❓
繰り返し易さはどちらなんでしょう❓
動いていないからだと動いている腕 その接点が痛まないのでしょうか❓

イチからゴルフを誰かに教える として
その人が腕力や体力に自信がなかった、としたら
満足感がある 手で振るスイングを教える べきでしょうか
oto_Moment

年齢を重ねると 若い時には思いもよらなかった
ボールが上がらない、ゆえに飛ばないや止まらない を体験します。
その時、ヘッドスピードを上げろ は酷です。
そうなった時、クラブに頼れるようにして置いた方が良いのではないか
と 私は思っています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ