◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: クラブの基本構造・メカニズム


ドライバーを飛ばして頂くため、
 年々 シャフトの硬さ(数値上)は柔らかくなり、
 今や 20年前のレディースの硬さがRシャフト の時代です。
 👉今の Xシャフトは20年前のRより柔らかい のです。
【SYB EG-05】 プロによる試打_Moment
 タイムマシーンがあって、現代のハードヒッターが
 自分のドライバーを持って 20年前にタイムスリップしたら
 「えええ なんで こんな柔らかいの使ってるの❓」
 って 言われてしまうほど 変わってきています。


良くあるパターン…だと思うのですが、
 ドライバーは飛ばしたい、から 最先端の新しいモノ、
 しかし、ウエッジは重い方が良い❓から スチールシャフトの…
 昔から ずっと使っているモノ。
 ふたつの硬さの違いは かなり大きい
 それで困っていなければ……良いのですが…。

ものすごく言葉は悪いんですが、
 ある硬さを超えると 全部「ノー感じ」になりますので
 そこで 統一させている人も少なくありません。
フィーリングやタイミングをを重視するのには
コストがかかりますから…。
 でも、その「ノー感じ」な硬さ
  手首や肘、腰など関節を傷める原因となります✋
【ゴルフスイング】 20210701_Moment
 アプローチの苦しみ… は終わることはないでしょうし…。
 段々と気温が下がってきていますので
 硬いシャフト(スチール)&軽いヘッド使用者 には
 アプローチのシャンクのシーズン突入
 です。



【正しい意味での『クラブ・セッティング』】

正しい意味での クラブ・セッティング は
ゴルフバッグの中の すべてのクラブが 同じ流れの中、
同じ!とは言えなくても、似たような、許容範囲にあるコトを指します。
  ✋皆が「なかよし」ってコトです

 例えば 今日はちょっと『引っかかる日』だとすると
 どのクラブを打っても 似たように引っかかる、そんな感じ、です。

ですので 自分のゴルフバッグの中のクラブを
 ミスしても、ミスしなくても 一球ずつ 交互交互
 コースと同じように ランダムに打ってみて下さい。

特に シャフトの硬さ/柔らかさ の大きなズレ は
顕著にミスを誘発します。 

正しい意味での クラブ・セッティングの顕著な反例が
 試打会や試打クラブを打って 「おお 良いぞ」となり
 購入して、いざ 自分の『ゴルフバッグに入れる』
 「あれ・・・ なんだかなぁ🤒」 って奴です。

 そのドライバーだけを打っていれば
 そのドライバーを上手く打たせる環境
 自分のスイングやタイミング、 とそのドライバーだけ です。
池田康二202520_Moment

 ところが、自分のバッグに入れると
 それ以外のクラブを打つスイングやタイミング が
 そのドライバーを使う環境になります ので
 その環境が ドライバーを上手く打たせない のです。
 練習場で、打つクラブを変えた すぐは上手くいかず、
 なん球か打ち続けると やっと当たる…
 まさに クラブ・セッティングの「悪い意味」での見本です。

新しく 何かのクラブ、例えばユーティリティをバッグに追加して、
新しいクラブですから それを一生懸命練習すると。。。
なんだか アイアンが上手く行かなくなり始めたり…。
ドライバーが当たらなくなったり…。

正しい意味での「クラブ・セッティング」を無視してしまい
クラブ構成を クラブセッティングだと思っていると
陥り易い「悩み」です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


重心距離の長いヘッド というのは
重量の中心がシャフトから離れている というコトで
アバウトではありますが、
重いヘッドと近似値、と考えて良いと思います。


コト、アイアンにおいては
柔らかいシャフト&重いヘッドが重なる、と
フェースローテーションをスイングの軸にしている人には
どダフリやスライス、シャンクの佃煮、
抜け球(上がり切らない緩い球)のオンパレード
 になりますので
しばらく まともな球が出ません。

コメントにも頂きましたが、
柔らかいシャフトや重いヘッドの効果を
数度の練習で実感するのは難しいです。
目の前の結果に「へこみます」からね…。
001002







フェースローテーションにとって
ヘッドの遅れ は フェースの開き になる、というコトですが、
アイアンよりも重心が長く、
一般的にはアイアンよりも かなりシャフトの柔らかいドライバーは
 一体 どうやって打っているのか 不思議に思う部分ではあります。
 空中のボールを …アイアンなら引っ掻き
 しゃくり上げるから 可能なのでしょうか…。


ですので 少なくとも アイアンを重め のヘッド、
ドライバーに合わせ 硬さを整えてあげる と
結果は 買い替えたアイアンに、ではなく
 ドライバーに出てきたりもするのです。


そうなると ラウンド中の疲労による変化 や
 連日のゴルフで そのドライバーのシャフトの硬さも
 辛くなってきたり と 自分の体力とシャフトスペックの関係に
 目が行くようになって来たりもします。

フェースローテーション(ヘッドターン)が悪だとは思いませんが、
せめて ヘッドの遅れ = ロフトの立ち という
ヘッドの回転を横、シャフト軸ではなく、
 縦の自分軸 にする習慣が付くと
 ドライバー〜アイアン、そしてアプローチに
 スイングの共通する流れが出来るようになってくるのですが…。

Kさんは その実例と言えるかも知れません。

そうなると 柔らかいシャフト&ヘッドの重さ による
ヘッドの遅れ は ロフトの立ち になり易い ので
遅れ→スライス ではなく フックになったりもします。

超キツイスペックのアイアン、
本来の体力で考えれば きついけど、アイアンよりも柔らかいドライバー、
この構成では 曲がりの出にくいアイアンは ボールを中に置いて
 曲がらない範囲でこすり打ち、
ドライバーは 引っかけの方向に振る、
 スライスにならない 巻き込んだ振り方、
これが 適正スペックになってくれば、
 自分軸で振れるようになるので ずっと 美しい弾道が得られますが、
 そこは クラブとの二人三脚なのです。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフは昔から おとなの遊び と言われますが、
 それはどういうことなのか❓ のお話しです。

クラブのメカニズムを考えるコトは
 スイングのコトを考えるにつながっていく…のです。
 多くのことが『直接的』ではありません。
820_13

✋キャビティバックのアイアンヘッドと
 マッスル(ブレード)バックのアイアンヘッドのお話しから
 してみましょう。

一般的には 😜概ね「見た目」からですけれど
✊キャビティはやさしく、初心者向け、
(穴あき、虫歯のコトも英語でそう言います)
マッスルバックは難しく、上級者やパワーヒッター向け
 と言われますが、ある一点を除いては間違い、ほぼ間違いです。
 マッスルバックの方が重心が高い… それはもう風評被害レベルです。
IMG_0491

✋あらかじめ 言っておきますが、
 マッスルバックを推奨しているのでは 決してありません。
 むしろ その逆 です。



ざっくり アイアンヘッド、アイアンにとってのやさしさ は
 今も、昔も 「ボールの上がり易さ」が典型例 です。
【ボールを上がり易くする要素】
.轡礇侫箸硬さ/柔らかさ
 ボールを上がり易く する項目 として
 圧倒的にナンバーワン なのは シャフトの硬さ/柔らかさ です。
 はっきり言って ロフト角度や重心の位置を機能させるか、
 それとも その機能をぶち壊してしまうか は
 適切なシャフトの柔らかさ、オーバースペックでないシャフトの硬さ
 を使っているかどうかで決まります。

➁ロフト角度
 重心の低い、深いモノ は かなりロフトが立っています。
 クラブ自体が長め だったりすることもあります。
 今どきで言うと 飛び系 のアイアン なんて呼ばれます。
 (7番が24度のロフト🤒なんて言うのもあります…)
 クラブとして、セッティングとして ではなく
 アイアンヘッド単体としての ボールを上げる と言う項目では
 ロフト角度が一番「上げ易さ」に影響を及ぼしますが、
 アイアンは セット です。
 ロフト角度23度とか24度の5番や6番もありますが
 ロフト角度36度の8番 や 44度のPW もあるので
 上がり易い角度の番手 が 上がり易い構造 では使い難くなる上に
 ストロングロフトが故に、使用頻度の高いゾーンの
 ロフト角度の番手差が広くなってしまいます。
 番手間の距離差や欲しい距離のロフトが無かったりします。
IMG_0727
 5番アイアン、6番アイアンが上がり易く、距離も出る
 その魅力は分かります。分かりますが、
 使う頻度の低い その距離ゾーンを重視したが故に、
 130〜80ヤードの使用頻度の高いゾーンのクラブが
 本数減るのが やさしい のでしょうか❓ 初心者向けでしょうか❓
 野球で言うトコロの 外野を5人で守って
 内野が2人 みたいな配分になっていませんか❓
 どっちが本当に『やさしい』のか断定し難い ですよね…。

➂重心の低さ、深さ(重心高/重心深度)

 まず、正しい意味での『重心の位置の違い、そのメカニズム』を
 認識して下さい。
 そのコトは即ち、クラブ扱い、スイングにつながってきます。

 重心が低い、深い とボールが上がり易い
 ごくごく一般論で、それは概ね、正解です。
 ですが、それはどんな作用なのか、と言う点においては
 アマチュアゴルファーのほぼ全員、
 業界の人ですら誤解しているフシがあります。

 多くの人は 低い重心、深い重心、
 その重心ソノモノが『直接的に』ボールに作用している、
 インパクトのその瞬間を切り取った状態の
 静止状態で 重心がボールに作用している と思っていますが、
 間違い です。


 正しくは 重心の位置が打ち手に作用して
 ボールが上がり易く、ロフトが付くように『促している』に過ぎません。

IMG_0610

 重心が低い、もしくは重心が深い と
 使う人が 適切なシャフトの柔らかさ/硬さを使っているが合体すると
 ヘッドの構造上、ヘッドが前に出ようとします。
 ロフトが付こう、入射が緩くなろう とする訳です。
  ですので 例え、重心が低く、重心が深くとも
  使うシャフトの硬さが「動かない」では
  その機能は使われないばかりか、
  多くの場合、スイングの邪魔になる可能性が高い、です

 
 重心が深い 効能は アイアンヘッドとユーティリティ、
 フェアウェイウッドの性能の違い を表しています。

 横道に逸れますが、
 一般的な市販のクラブセットを使っているゴルファーの
 大部分が フェアウェイウッドのシャフトの硬さには鈍感ですし、
 買い替え頻度 と言う意味でも かなり低いのがFWです。
 昨今、ドライバーのシャフトは「飛ばさせる」ため
 かなり柔らかくなりましたが、
 それに比べると FWのシャフトは かなり硬め です。

 アイアンよりも、ユーティリティよりも
 重心が深いコトが FWの FWたる所以なのですが、
 シャフトの硬さ故に その効能が活かされないのが現状です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アイアンをデザインする場合、
(ヘッド重量に制限の有る限り、のみ
 一般的には マッスルバックはスチールシャフトに組まれるため
 軽い #5で240g前後が上限になります)

マッスルバックは鉄の塊 ですので
 その重量をどう落とすか、どこを削るか
 を意識します。
逆に、キャビティバックの場合は
 アイアンとして 性能特性を出すためのモノ ですので
 重心を考え、どこに肉付けするのか
 を意識します。
001

マッスルバックのアイアンは
 鉄の塊ですので、大きさ、高さ、厚み どれをとっても
 大きく、厚く、高くすることが出来ないが故に、
 総じて 重心は意外にも低め です。
 ただ 重心の深さは キャビティの平均値6mm前後に比べ
 3mm以下(半分位)
ですので 
 上がり易いとは言えませんが、それが故に
 ストロングロフトになっていないものが殆ど です。

そういう意味で キャビティの方が上がり易いのか、
 マッスルバックの方が上がり易いのか、一概には言えません。

10〜15年ほど前から ゴルフクラブ全般が売れなくなり、
 その流れもあり、予算を抑えられる スチールシャフトが
 アイアンシャフトの主流となりました。
 それに伴い、30年前、40年前のデザインとあまり差のない
 重心の短く、重心の浅い、マッスルバックが復活しました。

それが スイングの流れ にも影響を与え、
 一時は 旧世代のモノ、するべきでないモノ であった
 フェースローテーション、ヘッドターン が復活してきた
 と言う経緯です。
5904-0091_4

ここで問題になるのが ドライバーとの相性 です。
 マッスルバックに限りませんが、アイアンはスチールが主流です。
 そして、ドライバーは「飛距離追及」の為、
 シャフトの硬さはかなり落ちてきています
 ドライバーの平均的な重心距離は 40mm前後、
 そのシャフトの硬さは SR で 230〜240cp前後 です。
 一方、マッスルバックの平均的な重心距離は 35mm前後
 そのシャフトの硬さは SR で 300cpm前後、
 ふたつの関係は 正直… 最悪です。

ヘッドの大きな(重心距離の長い)ドライバーには
 アイアンに比べると かなり柔らかいシャフトが装着されていますから、
 ヘッドを細かく動かさず 俗に言う ボディターンで
 するコトを望まれる、そう使わないと苦労するスペックですが、
 逆に シャフトの硬い 小振りなヘッド装着のマッスルバックアイアンは
 フェースローテーションを強要されます。
445TL-2

コース、現場では それを交互交互に使うことになる訳で、
●チカラの有る、ヘッドスピードをあげられる人はドライバーに悩み、
●チカラの無い、ヘッドスピードが上げられない人はアイアンに悩みコトになります。

 
 そして 共通して、アプローチで苦しむことになるのです。

そういう意味では ドライバー、アイアンのシャフトの硬さ を
 出来るだけ揃える、似たような感じ…にした上で
 (同じようなボールの位置で使えるか が目安になります)
 (長さにもよりますが ドライバー +20cpm → アイアン)
 似た感じで振り易い キャビティの方がベターだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:ゴルフを始めたばかりで、 
 先輩のおさがりを使っていますが、
 自分でクラブを『買ってみよう』と思っています。
 アイアンの キャビティとマッスルバック には
 どんな違いがあるのでしょうか❓
 初心者ですのでキャビティの方が良いのでしょうか ❓
 教えて下さい。

IMG_0624

キャビティ形状のアイアンとマッスルバック形状のアイアン
どちらがやさしいか❓
  その答えは一番最後にします。

まずは キャビティアイアン からお話ししましょう。

キャビティは英語で穴あき、虫歯のコトもそう呼びます。
キャビティアイアンのメリット は
‖膩織悒奪匹離疋薀ぅ弌爾汎韻犬茲Δ
 重量を周辺に配分するコトによって
 同じ重量でも 重量効果が高い(重くしたのと同じ)コトで
 打撃力が増し、距離が出し易くなります。

➁,隼ていますが、重量を周辺に配分するコトによって
 慣性モーメントを上がり、運動の持続性、
 姿勢の維持性能が高くなり、距離を出し易く、
 ミスヒットに寛容になります。

➂重心配分に自由度が高いので
 重心距離を長くしたり、重心を低くしたり、
 ㊕にマッスルバックに比べ、重心を深くし易く、
 ボールを上げ易くします。


と 良いトコロばかり。。。に感じますが、
 設計思想はその通り、良いトコロが多いのですが、
 実際に製品にすると 実はそうでもないのです。

❶マッスルバックに比べ、見てくれも大きくし易いので
 アイアンですが、やや長尺気味も多く、
 また 購入対象者が女性や高齢者など 非力な方が多いので
 それに合わせて 軽量ヘッドになっていることが多い・・・
❷慣性モーメントの主要素は『ヘッドの重み』です。
 ❶に絡み ヘッドが軽量になっていることが多いので、
 実は見てくれ…ほど 慣性モーメントが高くないものが
 多いのです。
キャロウェイビックばーさ
 例:古いアイアンですが、見てくれは巨大で
 奥行きもある キャビティ の代表例のような形状なのですが、
 慣性モーメントは 異様に低く(数値 1700g2) 
 当時の平均値/2500g2 より遥かに低かった…。
❸重心が深く、上がり易い分、
 ストロングロフト のモノが多く、
 飛距離性能は高くなりますが、その分、
 番手が長距離型に集まり、使用頻度の高いロフト帯に
 番手が少なくなる、番手間の距離差が開き易くなる欠点があります。


キャビティアイアンとマッスルバックのアイアンの
最大の違いは 重心距離
(シャフトから重心までの長さ)です。
キャビティの方が大型 → 重心距離が長く、
大型のドライバーのソレに近い、
5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7 理想的には ドライバーよりもクラブの短いアイアンの方が
 重心距離は長い方が良いのですが、
 現代には そういうドライバーとアイアンの関係は
 皆無に近いので、少なくとも 似ている重心距離の関係 の方が
 双方に互換性が高くなる、ここが最大のメリットと思います


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


「△△社の◌◌シャフトのS に換えた
 SRは…シャフトの戻りが遅い気がする…。」

(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment

シャフトが速いとか、遅いとか、戻りとか、戻らないとか
これまた、良く聞く言葉ですよね 😜
ネット上(SNS)では挨拶と化している程に…。

ゴルフクラブをどう使おうが、何を選ぼうが
その方、その方の自由ですし、
その選択の自由さ がゴルフの楽しみの一つ ではあるので、
ご本人に意見をするつもりは全くありませんが、
ゴルフクラブの基本性能を利用する、と言う観点においては
 正直、あまり芳しい状態ではありません。

単に言葉であるのですが、
日本古来の言葉でいうと「言霊」であって
そのイメージが その方のゴルフスイングを表している と
言えるでしょう。

✋シャフトの戻りが遅い
コレ まず 比較対象がある というコトですよね❓
シャフトって グリップ(バット)とヘッド(ティップ)で構成されるので
ニュアンスからすると グリップに対して、ヘッドが遅い・・・
そういうことになります。

本来、ゴルフスイングは
グリップ、打ち手との連結部を動かした分「だけ」
ヘッドが動く、移動する ので
その動きが 向きを変える〜回転 で実行されます故に
その外周に当たる ヘッド部の方がたくさん動いて「見える」
角度としての運動は同じ であるモノ です。
動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment(2)

✋シャフトの戻りが遅い →ヘッドが返ってこない
ということは 自発的に ヘッドの方をたくさん動かしている
というコトで 行き(テークアウェイ)であっても
帰り(ダウンスイング)であっても
ヘッドの方が 「角度運動」としてたくさん移動している には
体を止めて 手作業で行わなくてはならなくなります。
 物理法則なので、これに例外はありません。

ヘッドの方を 角度運動として たくさん動かすと
打撃部のゴルフヘッドは 角度の集合体 なので
上下の上がりや方向、ボールに加える上下左右のスピン が
毎回、同じように当たる確率は 格段に下がります。

✋シャフトの戻りが遅い
というコトは 遅れたヘッドを基準値になるグリップに対し、
戻してくる というコトですから
スイング用語である ハンドファーストにしない
ヘッドファーストにしようとしている
  と言うニュアンスが含まれています。

ハンドファースト は グリップ部分を前に出すコト ではなく
ヘッドの『遅れ』によって
 上から入射してくる分、シャフトが前に倒れる「事象」を指す訳ですが、
ハナから ヘッドの重さ〜シャフトのしなりを利用しない
 と言っているのと同じです。

✋シャフトの戻りが遅い
Ⓢシャフトでは柔らかい…ってことでしょうか
じゃあ Ⓧにするのですか…
それって 戻りが遅い が 速い に変わるのではなく
手で ヘッドをたくさん動かしても そのズレ幅が少なくなる
手で ヘッドを余計に動かしても お釣りが来ない
戻す量が減るだけ だけであって…
戻りの遅い、速い とは違うと思いますけど…。
私には 単に 速く先端(ヘッド)を自分で振りたい、
振り回したい、シャフトがしなると その振りまわす分、作業が多くなる、
戻す時間 グリップも体も止めて置けない よりも
しなり幅が大きいと 振り回し切れない と言っているように聞こえます。


👉2021-05-19_23-05-25_Moment理想論 ではありますけれど、
 ヘッドの重さ、シャフトのしなりによって
 先に進むように誘発された グリップが
 ドンドン先に行き、ヘッドの遅れがロフトの立ちになり
 ✋ヘッドが上から入る分=ロフトが立つ
 インパクトを迎える のと2021-05-19_23-05-25_Moment(3)
 ヘッドの遅れを取り戻す分、グリップがどこかで待っている
 その分 ロフトが増え易いインパクト、
 どっちが 早い時期にインパクトが来ると思います❓

✋ボールを上から打つ
 ハンドファースト
 ロフトを立てる
 体重移動
 と 多くの部分で矛盾するのではないですか❓
 その整合性って、一生解決しないんじゃないです❓

 🤒大丈夫ですか❓

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ある実例…からです。

遠方のお客様で 来店は出来ない、とのコト。

55歳を超え、距離が徐々に落ちてきて…
距離が落ちるとともに スコアの頭打ちも…。
だんだん 練習に時間を割くのも飽いてきている、だそうで…
 🤒…う〜む わかる気がします。
IMG_0784















現在、お使いなスペックは お決まりの
 ドライバー 250cpm越え  SかSR以上…
 アイアン#5 300cpm越え  スチールシャフト


弊社の悶絶スペック(5番アイアン) で
 160〜170cpm
 190〜200cpm
 ➂220〜230cpm

をピックアップしてみましたが、
スイングのアドバイスも出来ない遠方ですし
スイング改良にもあまり興味が無いよう、ですので
,禄外に、➁と➂のスペックの試打を送ります。

ヘッド重量(一般的な5番アイアンは250g弱)は
➁ 200cpm には 280g と弊社規格ではやや軽め
➂ 230cpm には 300g と弊社の標準重量




試打を送ると 間髪入れず
「楽しい」
「練習場でボールを打つのがこんなに楽しいとは思わなかった」
「ボールって こうやってつかまえるのか、分かった気がする」
「今までの 20年がなんだったのか…」

と連絡を頂き、即、製作開始。
IMG_0590

アイアンの試打のデータを元に
 試打クラブよりも ほんの少し柔らかめ 👈ここポイント
 のアイアンセット から スタート🚀

試打クラブが良かった、でも、購入したモノ、現物が…
 あのフィーリングにならない… 試打クラブの方が良かった…
 は ほぼ例外なく 硬さ の問題が原因です。
 購入されるモノが、現物が ほんの少し
 振動数で言うと 2〜5cpm
 硬さで言うと 1/4〜1/2フレックス 柔らかめ が正解。
 逆に『ほんの少し』でも硬いと 新品というコトもあり、
 良いフィーリングになることは ほとんどありませ



慣らし運転終了後、連絡を頂き、
距離も若い時より伸び、最大飛距離が出るようになった🤗
それよりも 弾道が全く違う
練習しても 節々(関節)が痛くなくなった、楽しい、と。

その代わり、ラウンドでは
ドライバーが酷いことになり 散々だった…と
早速、そのスペックの応じた ドライバーを受注させて頂きました。

スペックとしては
445TL-2 ☆ドライバー 44.5インチ相当
 ヘッド重量220g
 振動数  215cpm
 ☆アイアン 5番37.75インチ
 ヘッド重量300g
 振動数  230cpm

と言ったところで
おそらくですが 60歳前の成人男性でも
(日本のゴルファーの平均年齢よりも 少し下 です)
かなり パワフルな肉体派のお客様 と思えます。
平均的な 体力、運動性能よりも 上 で このスペック です。

いつの間にか…は除き、スイングを大きく改造しない、
と言う前提ではありますが、
多くの方は この方、よりもパワーが無い状態で
遥かに 厳しいスペックを「無理に」使っている のが現状でしょう。

この方のスイングも 半年〜1年と使えば
自然に 無理のないものへと 変わっていくのは明白。


現代のゴルフクラブの基本性能は スペックが適正でさえあれば、
放っておけば 上がり、そこそこ飛び
放っておいても ボールはつかまるモノ です

オーバースペックなのですから、当然、基本性能は発揮されず、
「あがらない、飛ばない、つかまらないモノ」3拍子揃ったスペックを
 無理やり振り回す で解決する が
ゴルフスイング形成の基準になっていませんか❓
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

  • (長崎通信)支部員のクラブに対する悩みは、皆無です。
    従って、基本 初期投資のみ。
    周囲は 悩んでおられる 。
  • 14本のクラブの統一感に対する疑念と、
  • 自分に合っているのかに 悩んでおられ、
  • 新製品や中古品の 衝動買いにも似た様な行動に
  • 時間とお金を使っておられます。
  • 楽しんでおられるなら よか と思っておりますが、
  • そうは見えない方が多いです。
    BDNy9S3CYAAO44N

    (店主)
    本当にそうですね。

    現状のゴルフクラブの 変化/進化は歪な方向に進んでいます。
    この部分が 現在のゴルフクラブの最大の問題点 です。

    👉ドライバーは飛ばない 
    と売れませんので
    シャフトがどんどん柔らかくなっています。
    2021年現在の 一般的なSRシャフト は
    20年前の レディース相当 です。


    👉一方、アイアンは一本売りが基本ではないので
    セットを #6〜PW 5本にしたり、と
    『低予算でないと』売れません…。
    基本、硬いシャフトではほぼ商品の違いによる性能差
    は出ないので ブランドと価格のみが『セールスポイント状態』

    "その結果のスチールシャフト装着" であって
    スチールシャフトが良いから、ではない
    安かれ、悪かれの売り手都合が続いています。


    本来、コース、現場では
    一球交互交互に打つ ドライバーとアイアン が
     
    振動数230cpm-ドライバー と 320cpm-アイアン の差…。
    必ず ミスが出る、
    ミスが出るように誘発されるスペックの差
     です。

    そのミスが出ないようにするため 練習の数、頻度を増やすと
    『当然』ボールの置き位置(右打ち)が
    ドライバーは茵👉左かかと前位
    アイアンはは罅👉人によっては真ん中よりも右
    へ行き着くことになり、そのボールの場所の違い から
    結局、同じスイング、同じタイミングでは当たらない、
    コースの傾斜や景色で ボールの位置のズレのよるミス…
    それもまた 当然の帰結 です。
    002
    230cpm-ドライバー 320cpm-アイアン
    市販のごく一般的な組み合わせ だと
    パワーのある人はドライバーに悩み
    パワーの無い人はアイアンに悩みます


    スイングの問題があっても、無くても、
    空中にあるボールを打つドライバーは
    250cpm を 220cpm に変更しても、その逆の
    220cpm を 250cpm に変更しても、
    ある程度 慣れてしまえば なんとかなりますが、
    地面にあるボールを打つ アイアンは そうは行きません。

    320cpmを 300cpm にしても
    まだまだ はるかに硬く、代り映えがしません。
    280cpm でも まだまだまだ 硬く
    それ以下に 落とすには スチールでは難しい…。
    それを『クラブで解決』しようとすると
     いきなり 倍、倍以上 単価が上がる

    おそらく ゴルフクラブの最大の問題はココ なのでしょう。

    カーボンシャフト(グラファイトシャフト) は
    スチールシャフト とは 発想が全く別です。
    シャフトを歪ませない、変形させないコトが
     基本思想なスチールシャフト
    シャフトを歪ませる、変形させるコトが前提で
     その復元や力の逃がしを考えているカーボン
    前者が強度発想 で 後者は剛性発想 です。
    まあ 言ってしまえば 前者は旧世代の産物…。
    ですので 300cpmのスチールシャフトの相当するのは
    250cpm それ以下のカーボンシャフト装着品、
    220cpmの硬さのドライバーに適したアイアンの硬さは
    230〜235cpm-5番アイアン相当 です。

    そんなモノは 市販のクラブには存在しません。

    在ったとしても 超高額か、
    超軽量ヘッドの付いた 後期高齢者仕様、
    一般的な アイアン購入者の頭の外の商品です。

    IMG_0591


    アイアンに硬さにドライバーを合わせると
    体を傷めることになり、
    ドライバーの硬さにアイアンを合わせようとしても
    市販にはそういう系列のアイアンは存在していない。

    使う予算を抑えるため
    中古市場で売ったり、買ったり しても
    名称と色柄が変わる、毛色が変わるだけで
    その構図の中から抜け出せないのですから
    本来、クラブの買い替え、それに伴う迷い
    も ゴルフの楽しみ だった筈なんですが…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q;軟鉄ヘッドにスチール(硬さはR)のアイアンを使っていたのですが、
C社のアイアン
カーボン・硬さはR)に変えたところ、
うまく当たらなくなってしまいました。
軽すぎて手打ちになってるような気がします。
ウェッジがダイナミックゴールドS200で、こちらはうまく打てるので、
同じシャフトのアイアンセットに変えようかと思ったのですが、
年齢も50歳超えて100切りできていない人が使うシャフトじゃない
と周りの人から言われます。
どうしたらよいでしょうか

482780_170286899788602_2041560344_n


店主:一概には言えない部分がたくさんあります。

 市販のアイアンヘッドとは言え ヘッド重量には幅があり、

 5番アイアンでも 235gのモノもあれば
 258gのモノもあります。(その差約20g以上
 これに重心位置(重量の中心点)特性もあり、
 重心がシャフトから離れているモノほど
 同じ重量でも 重く感じ易い のです。
 …以前に お使いであった 軟鉄のヘッドが重い可能性もあります。

先端部(ヘッド)局所的に20gに重たいアイアンが重いのか
1mの長さに分散した20g重たいシャフトが重く感じるのか
 どっち だと思いますか❓
IMG_0624
 また ゴルフ産業が右肩上がりの時代は

 各メーカーも良心的で カーボンシャフトのアイアンには
 その重量配分特性(強度の必要な先端部を過度に重くする必要が無い)から
 重いヘッドをカーボン専用で作っていましたが、
 今は業界全体が上級者用のダウンヒル張りに右肩下がり、
 スチール用、カーボン用とヘッドが判れていません。
    例:スチール用 235g カーボン用 255g
 スチール用しか造られておらず、それがそのままカーボンにも装着されます。
 カーボンのアイアンを選ばれるお客様は総じて(予算の都合)
 高齢のため、軽めのヘッド(振り易い)を好まれるので
 軽いヘッド重量、軽いスイングウエイト(バランス)設計です。

 また シャフトの特性としては
 スチールは総じて 動きは遅いですが、動きは少なく
 カーボンは 動きは速いですが、動きは大きく なりがち です。
 Rシャフトとは言っても 各社、各機種によって
 全く異なり、Sとか、Rとか その分け方が
 正直、まったく無意味なモノ と言っても決して過言ではありません。
 その双方の硬さ も 重さ感に大きく影響を与えます。
IMG_0628

 カーボンシャフトはスチールに比べ コストがかかるので
 よりコストのかかる柔らかいモノ(安全性を考慮し)は
 大手メーカーは採用しませんので
 カーボンにしたから と言って 柔らかい=楽 とは限りません。

 振動数という シャフトの硬さを測る、目安になるモノが
 ありますが、(シャフト以外を同条件とすると)
 スチールで 300cpm(数値の大きいものほど硬い)に相当する
 カーボンは 250〜260cpm位(復元が速いので硬く感じる)
 ですので 単に数値比較をしても 判断が出来ません。
 (シャフトの性格によって多少異なります)

◌軽いヘッドの付いた 復元の早いカーボン
◌重いヘッドの付いた 復元の遅いスチール


 重い、軽い と「感じる」のは複合した要素が絡みます。
 ヒトによっては シャフトが硬いと軽い と感じる人もいれば
 シャフトが柔らかいと重いと感じる人、
 (どういう 振り方をしているか によります)
 ご本人も合わせ、ある程度のデータ比較をして見ないと
 一概に カーボンは軽い、スチールは重い、
 の判断は時期尚早の可能性があります。
IMG_0504

 カーボンの良さを考える
 スチールに比べ 先端を補強しないで済むので
 重いヘッドを装着するコトが可能です。
 また、アイアンであっても ヘッドの大きな
 キャビティの深い モーメントが大きい、
 上がり易い、ミスに強いものとの相性も良いです。
 シャフトによる ヘッド重量差異の観点からも
 ウッド、アイアン共に カーボン揃いの方が
 (絶対条件として 硬さが共通している)
 双方に 良い効果が出易い ですので
 易しくしたい と言う意識であれば
 カーボンシャフトをお薦めします…が
 硬さを選び、ドライバーと合わせる
 カーボン…となると 初期コストがかかるのは否めず、
 おそらく その観点、予算の都合上👉スチールのアイアン
 と言うのが 正直なところ、最大の要因だと・・・。
 自分に適応した、ウッドとも仲の良い
 ヘッド重量のしっかりした カーボンのアイアン
 となると 決して安くなく、
 その反対の 昨今のドライバーとは相性最悪(硬さが違い過ぎる)
 ヘッド重量の軽い、小振りな スチールシャフト装着アイアン
 捨て値💸で 硬いシャフトの墓場👉中古ショップにあります。
IMG_0491

 予算の問題を度外視するのであれば
 シャフトの素材 ではなく
 自分の体力の応じた「ヘッド重量」
 自分の振り方に適応した「硬さ」「柔らかさ」
 ドライバー、ウッドと相性の良い「硬さ」
 特に シャフトの重さよりも シャフトの硬さ
そして セット全体の流れ に重点を置いて
 クラブを選ばれることを強くお勧めします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


「最近、アイアンが飛ばなくなってね…」
『カーボンシャフトにすればいいじゃん』
ある年齢の ゴルファー同士の、
 よく耳にするような会話ですよね🤒

昔話をしましょう。u=2368701261,1095988984&gp=0そうですね 45年位前でしょうか
その頃の主流は ウッド、俗に言う パーシモン です。
まあ 柿の木だけでなく、オークとか いろいろ有ったのですが
総称で パーシモン です。

 メタル が登場したのが「1979」です。
今ほど 科学が進んでいませんから
素材として ヘッドの素材がメタルになっただけ で
 形を似せただけ のモデル…です。
41MVBbP5K-L__SL500_AA300_
metal


⛳どうなった…と思います❓



例外…はあったかもしれませんが、
『もう 兎に角 飛ばないんです。』
『全然 飛ばない』

その上に すぐにぶっ壊れます

科学的には 実のつまった木材(空間はほとんどありません)から
中空の金属になったので 当時の技術では強度が保てない…
直ぐもげてしまうネック廻りに厚みを増やしたので
重心距離が一気に10mm、1cmも短くなった
(ヘッドもかなり小さくなりました)のですから
重量効果が薄くなった上に
当時のボール、糸巻との相性が最悪で
インピーダンス(歪み特性)が違い過ぎて、
  打撃力がみんな スピンに化けてしまう…。
 打っても 打っても ただ上がるだけ・・・。

パーシモン〜糸巻 は インピーダンスが近く、
超ロースピン。。。

当時のパーシモンヘッドはSLE〜反発係数が高く、
 在のルールで行くと ほぼ すべて が 不適合。
 反発係数 0.9 を楽々超えるモノも少なくない時代。

そこから 一気に 超低反発の ハイスピンになったのですから
 パーシモンを打っていた人は興味はあるだけで、手を出さない…。
パーシモン当時は 11度、や 一般アマチュアだと 12度
 を使っていてもおかしくない時代で
使用後に調整出来るので ロフト角度 と言う概念 が
 一般的では無かった時代です。
✋スピンのお化け のメタルヘッドを
 パーシモンのロフト角度で作ったのですから
 そりゃ あがるだけ になりますよね。
005

ですので
👉糸巻がツーピースに、
👉ロフトが メタル用のロフトに、
👉メタル素材の特性を機能的にして、
👉シャフトの性能も 柔らかくて強いモノが出てくる まで
ドライバーヘッドの主流になるには 10年以上の歳月を要しました。

その メタルヘッドが 金属素材の特性を活かし
 主流になってくるのは チタンヘッドが登場してから
 です。

余談ですが その頃には カーボン製ヘッドが主流になるかも…
と言う流れもありましたが、メタルの打音に駆逐されます。
また プラスチック製のヘッドや紙(合紙)のヘッドも生まれましたが
消えていきました

それと同じことが メタル(ステンレス)から チタンヘッド
への移行の時にも起こりました。
製品として 日本に登場したのは ミズノのチタン(1990)だったと思います。
これも パーシモン→メタル と同じで
単に素材を チタンにしただけ。。。
ヘッドも小さく、ネックも長く、チタン素材の特性はまだ出ていません。
チタンで作れた! というコトがスゴイ と言う時代。
価格も高かったこともあって、その価格の方が話題になった程度です。
img_1990_left02
これも チタンという 強度の高い、軽い素材を活かせる
デザイン、重量配分が出てくるまで(1993)は  飛ぶ
というコトは一切言われませんでした。
大きさ的には 今のフェアウェイウッドどころか
ユーティリティのサイズと言って良く
そう考えると 現在のドライバーショットはかなり簡単になった
と言えるのではないでしょうか



前置きが長くなってしまいましたが
カーボンシャフトとスチールシャフトの差は 強度と設計自由度 です。
男心をくすぐるのかも知れませんが、
 強度は断然 カーボンが強く
故に スチールでは カーボン並みの軽量にするコトは出来ません。
 厳密には強度、というよりも
 立体成型の剛性 と言えば良いのか
 歪ませないコトを前提に考えてあるスチール と
 歪みことを前提に その復元と力の逃がし方を考えたカーボンの
 発想の違い と言えば良いのでしょうか
🤒

誤解を生むかもしれませんが、
 カーボンの方が歪みに対し、復元性能が速く、
 歪みを感じさせない性質を持っています。
 (人には感じ取れないほどの速度で復元する)

ですので 同じ質量、同じ硬さ(振動数)であれば
 カーボンの方が断然、硬い…強い です。
振動数300cpm のスチール に 相当するカーボンは
振動数250cpm 位の差があるんじゃないでしょうか❓

カーボンの特性は
 設計自由度があり、
 負担のかかる 先端の細い部分を
 重くしなくても 剛性を維持出来るコト です。
故に 良心的なメーカーの アイアンであれば
 カーボン用のヘッドは スチールのソレ に比べると
 15〜20g 重いヘッドが装着できるうえに
 長さも半インチ長め にする事が可能です。
 これが カーボンの方が『飛ぶ』と言われる所以です。

また シャフトを柔らかくしても 剛性が保て、
シャフトが柔らかいと ロフトが立ち易い、
正確には ロフトを『立たせ』易い・・・
 カーボンシャフトそのものの作用 ではなく
 カーボンシャフトを採用した場合、
🔴ヘッドが重く(慣性モーメントの高いヘッドが装着出来る)
🔴クラブも長く、(ストロングロフトのクラブが使える)
🔴その上、打ち手をハンドファーストで打たせる硬さ(柔らかさ)

 に出来ることが セールスポイント で

シャフト素材を 単に スチールからカーボン(グラファイト)
 に換えただけ では
パーシモン時代のメタルへの移行
メタル時代のチタンへの移行 と
 まるで同じことになるだけ………です。

まあ…単純に言い切りたい って気持ちは分からないではないんですがね…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




なんだか オーダーメイドショップ、
 ゴルフショップらしい記事で驚かれる…かも なんですが、
このドライバー(SYB EG-05】 と 弊社オリジナルシャフト
  の組み合わせはホント、スゴイかも です。

ヘッドスピード 33ms位から 50msの幅であれば
 ほぼ全域カバー 出来ます。
ロフトは 基礎ロフト9度〜12度まであります。

…柔らかいシャフトを専門 としていますので
 50msを超えるようなお客様、テスターがいない、
 いないと言えるほど 少ないので
 50ms以上の方にどうなのか、不明状態です。(テスター募集) 
EG05_021

まず驚くのが その『距離性能』です
 例えば ヘッドスピード37ms であれば
 ボール速度、打ち出し角度、回転
 それぞれの組み合わせがベストな状態にならないと
 スロットマシンであれば 3個のドラムが揃わないと
 物理的最大飛距離 230ヤードには到達せず、
 平均的なアマチュアゴルファーの
 正しい意味でのミート率では その頻度は非常に稀。
 忘れた頃に出る奇蹟の一発 な筈で、
 それを出すために日々、スイング改良など練習が必要なのですが、
 このヘッドとシャフトの組み合わせ では
 全部、とは言えませんが、
 平均的なミート能力のゴルファーであれば
 かなり高い頻度で 最大飛距離230ヤードをマーク出来
 かつ 平均飛距離と最大飛距離の差が少ない のです。

 従来のドライバーであれば 考えられません。

✋これに匹敵するのは ミステリーCF-445位…ですが、
 CF-445は 右曲がり系には不向き とタイプがハッキリしています。
EG05_05

非常にスライス、右への飛び出しに強い
 右曲がりが少なく、その手のミスが出ると
 素直に高いボールになる で済んでいます。

左への打ち出し、左回転〜莇覆りの球が
 必ず 低スピン大になり 大曲り、痛手になる前に
 着弾、落下して 大きなミスになりません

 スイングのタイプにかかわらず
 右は高い球、左は低い球 でおさまっています。

 故に スライス気味の人の方がより効果は大きいですが、
 あまり 弾道質には向き不向きがありません…。
 とても不思議です。

強烈なスピン抑制
 大きなロフトを選んでも カチャカチャによる調整もありますが、
 距離を損なうようなハイスピンや超高弾道にならず
 あまりヘッドスピードとロフト角度の組み合わせに関係なく
 総じて 中弾道の球になっています。

⓹弾道質は やや左回転系、左曲がり が多いです。
 弾道の好みを除けば
  スイングタイプによる向き不向きがありません
EG05_04

このドライバーをより活かす には…
左回転、左曲がり、引っかけが多い方は
 イメージよりも多めの基礎ロフトを選択

 カチャカチャでロフトを絞ってください
 カチャカチャのロフトの絞りには
 フェース角度の開き、ライ角度の開きが付いてきます。
右回転、右曲がり、右打ちだしの多い方は
 イメージよりも少なめの基礎ロフトを選択

 カチャカチャによってロフトを増やしてください
 カチャカチャによるロフトの増やしには
 フェース角度の閉じ、ライ角度の閉じが付いてきます。
このドライバーのスペックを活かせる
 他のクラブ〜セットが有る方が良いでしょう

 現場、コースでは それぞれのクラブは一球のみ
 交互交互、ランダムに使います。
 バックに入ったゴルフクラブが 流れの中、
 同じ、もしくは似たようなタイミング、フィーリング
 であるコトは このドライバーに限らず重要
です。
 一般的な ドライバーのSRシャフト よりも
 100cpm🙀柔らかい…のですから
 これを 280cpmを超えるようなアイアンの中に入れても
 活きない ばかり か、双方を殺し合ってしまう可能性があります。
 一度に、いっぺんに、とは言いませんが、
 少しずつでも揃えて このドライバーを活かせるスペックの流れ
 にするとより良く、より楽しめると思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_0590
仮にゴルフ歴20年以上、60歳前後の男性で
 身長170cm、体重70キロ、
 ごくごく一般的な体格、体力とします。

おそらく 一般的なクラブのスペック…ですと
 ドライバーは 45インチ相当 で 硬さSR
 振動数表記ですと 250cpm弱 位でしょう。
 アイアンは スチールの代表格、ダイナミックゴールド
 ですと まあ S200とかですので
 振動数表記ですと 320cpm -5番アイアン相当 です。

👉日本のゴルファーの8割を超える男性は
 こんなスペックを使っていると思います

このスペックを使っている限り、
 正直言って 何を使っても 大きな差はないでしょう。
 硬いとか、そういう以前の問題です。
 はっきり言って 超オーバースペック…
 50ccのバイクのエンジンで ダンプカーを動かそうとしている
 と言って差し支えないと思います。

IMG_0361



⚠⚠⚠そう言う方が…さすがに体力の低下を感じて…
あるいは、何年かぶりでゴルフを再開する…等で


✋ドライバーで 250 → 220〜230cpm
✋5アイアンで 320 → 280cpm 位ですね。
 NS950 の R とか、
 フジクラで言うと MCI70/80 S とか…ですね。
  …50ccのエンジンで トラック…位になった感じですね

ドライバーは 多少…ですが 良くなると思いますが、

以前のスペックは 両方とも 棒 だったのですが、
スペックダウンしたコトによって
 ドライバーにフィーリングが出てくる、しなりが出てきますから
 アイアンシャフトとの差が強く感じるようになります。

また 悪いことに最近のアイアンは 小振り気味
 重心距離が短めのモノが非常に多くなったので
 柔らかくなったドライバーは大型化 重心距離が長く
 まだまだ硬いままのアイアンは 重心距離が短く
 その差を大きく感じるようになって…
 上手くいかずに 元に戻す、 や 交互に使う・・
 などのパターンにハマる訳です。
 
ゴルフ歴20年以上、60歳前後の男性で
 身長170cm、体重70キロ、ごくごく一般的な体格、体力の方が
 特にスイングの是非を問わず
 「気持ちよく」「楽しく」ゴルフをする、ショットする
 アイアンのスペックは (5番アイアン相当で)
 最低でも 220~230cpm以下 です。

ですので 以前よりも落とした(320→280)とは言え
 本来、気持ちよくショットするスペック(振動数230)よりも
 また 50cpm以上 硬いのですから まだまだまだ "棒" です。
 比べる対象が ちょっと しなるようになったので
 アイアンは問題山積み、特にアプローチに悩むでしょうね…。

 双方のボールの置き位置に悩むんじゃないかしら・・・
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment

ドライバーは 使える領域に入ってきていますので
以前より飛ぶ?可能性が高いですが、
上手くいかないアイアンを たくさん練習すればするほど
 徐々に、徐々に ドライバーも真っ直ぐ行く頻度が下がってきます。



予言師ではありませんが、
 加齢による スペックダウン「した筈」の成れの果て
は 非常に陥り易いクラブ選びのミス です。 ご注意を…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバーショットは
空中にあるボールを打つので
フェースの高さに対しては どこにでも当たる…
当たる可能性がありますが、
地面にあるボールを打つ場合は、
 その『ロフト』によって 当たる「べき」高さは変化します。
2021-04-07_06-05-21_Moment
アイアンが判り易い、ですが、
一番ロフトの立った、 5番か、6番アイアン と
ロフトの寝ている ウエッジを 比べると
ロフトの立っているモノは 上の方にボールの跡が残り、
ロフトの寝ているモノは 下の方にボールの跡が残ります。
2021-04-07_06-01-34_Moment(2)

『ロフトを意図的に立てて』ウエッジを打ったとしても
その分、ヘッドは上から入るので かなり 下の方、
 スコアライン 下から1本目〜3本目 辺りに跡が付くモノ、です。
ところが…
練習場で皆さんのウエッジを見せて貰うと
 打痕、ボールの跡は かなり 上の方に
 スコアラインで言うと 3本目〜6本目 に
 かなり 縦にこすった、滑った跡で 残っています。
 ダフリ気味 に、こすっている・・・というコトですね。
 
ショットマーカーなどを貼って 練習をしている人も多いですが、
ボールの跡、打痕の見方を トゥ〜ヒール方向ばかり気にして
ちゃんと ロフトの使い方、ヘッドの入れ方
 の参考にしていない場合が多いような気がします。

昨日の記事で パッティングストロークでの
  ボールの打つべき目標の箇所 を書きましたが、
これは パットに限らず、ショットも同じです。
IMG_1385

よく言われる 『ボールを上から打つ』を意図していたら
 ボールは球体、ヘッドは上から入る、
 そして その上から入る分、ロフトは立っているので
 打つべき…コンタクトすべき ボールは当然、上側
 (本当に上〜北半球 と言う意味ではないですけどね)

フェースを下向き気味に固定して
からだの向きで 円を描く…のであれば
イメージとしては フェースでボールの北半球をさらう
  ……そういう感じです。

ヘッドは上から入れるのに、
 ボールの下側、ボールの底を打とうとしたら
 ロフトは開き目 & 上り際で打つコト になり、
 パッティングであれば ポッコン と言う当たりになってしまいます。

パッティングストロークにおいて
 実際に 南半球にティーアップされた北半球を打つ、訳では無いですが、
 少なくとも ボールの赤道帯に当てるつもり でないと
 フェースで ボールを縦に拾う感じ(それを少々薄めた感じ)
 になってしまい、ヘッドの下の方に当たりますが、
 ロフトも多く、入射も上がり気味になってしまい、
 ボールがロフトに乗らず、フェースに乗らず、
 こぼれるような球になってしまいます。

ボールの伸びない、初速は速いけれど、減速の強い、
目や傾斜に弱い 望ましくない「転がり」になってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ピン型『デール9』をデザインするにあたり
一般的な クランクネックよりも
テークバックの動かし易さ、引き易さ、
構えた時のすっきりした感じ、を考え
スラントネックを採用しました。
IMG_1364


ピン型『デール9』、L型ブリストルパター双方ですが、
一般的なパターヘッド重量の 
1.6倍~1.7倍あります
ルールに抵触していない、そのインチキ加減は
 ヘッド重量とシャフトの柔らかさによる
 ボールの伸び〜ボールの転がり です。

ヘッド重量とシャフトの柔らかさ が無いと
 生み出すコトの難しい 独特の ボールの転がりを持っています。


小さな・ゆっくりしたストロークでも
ボールには良い転がりが入り易く
意外かも知れませんが、下りや速いグリーンに
大きく効果を発揮します。

パッティングの最優先事項は
自分の思っている距離、望んでいる距離を打つコト
です。

それを実現するには、パッティングだけに限らず
ショットも同じですが
逆球が出ないようなストローク・ショットをすることです。

パッティングもショットもミスは出ます。
ミスが出るからこそ 逆球が出ないようにしておく必要が
あります。


一般的に逆球 というと
左右方向の 右/左
ボールの曲がりの スライス/フック
思われがちですが
パッティングストローク・ショットともに
最優先事項の 逆球は

上がり過程 で打つか
下がり過程 で打つか 
です。


逆球の球筋を相互の比較論で言うと
上がり過程 でボールを打つと
打ち出しは高めになり スピンは少なくなり
下がり過程 でボールを打つと
打ち出しは低めになり スピンは多くなります。


この二つは全く別な球筋。
ゴルフクラブは空中にあるドライバーを除き
全てのクラブで 下がり過程でボールを打つコトを基準に
設計・意図されています。

ショットで言うと 手にしている番手・クラブ の
出るべく球とは全く異なる 違う番手での球筋になります。

パターの場合でも
上がり際で打つと
 リーディングエッジがボールに当たることになり
トップボールと同じ球になる可能性も高く
トップボールは全ショットの中で最大のスピンが入りますので
ブレーキがかかり易くなります。
L型ブリストルパター_Moment(3)L型ブリストルパター_Moment(4)L型ブリストルパター_Moment






硬質なインパクト音がして
ボールの伸びがなく、カップ際でブレーキがかかるのは
こんな理由があるのです。
振り子で振らないと飛ばない 市販のパターをお使いの方には
申し訳ないですが、それではパター苦手から脱せマセン。

ヘッド重量のしっかりした
ピン型デール9、L型ブリストルパター
をより活かしていくには
イメージと言うか 視覚的に
トップブレードでボールを打ってしまう
そんな感じで使うと
 上がり際で打つコトをかなり抑制出来ます。
IMG_1366

手前味噌ではありますが、魔法のような転がりを
実現するには 是非やってみてください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


そもそも  「開いて、閉じる」  。。。と
一体、誰が言い出したのか、わかりませんが、
その人を ムチ打ちの刑にしたい位、です。

スイングの基礎動作は からだの向き です。

それが肩であっても、腰(お尻)であっても、足であっても
体の向きが変わる。。。俗に言う からだの回転が始まり、です。

アドレス から始まり、
テークアウェイをすると
フェースは 飛球線に対し、右を向きます。

フェースは右を向きますが、
フェースを開いたわけ では ありません。
体の向きを主体としていれば、
 フェースの向きは変っても、ロフトは開きません。
動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment(2)









クラブを、ヘッドを回転させて
 ロフトも開き、フェースも右を向ける には
クラブ、フェースが捩じられる動きが加わるので
 根本的な違いがあります。

『飛球線とフェースの向き』に焦点を当てれば、確かに
⚠テークアウェイで、フェースの向きは右を向き、
⚠ダウンスイングで元に戻り始め、
⚠インパクト付近では アドレスの状態
 (これをスクエアと呼ぶのかは疑問ですが)
⚠インパクト以降、フォロー側では
 フェースの向きは左を向きますが、
これは単に、単にクラブを持った打ち手の向きが変わっただけ、
 であって、フェースが回転したのでも、クラブが回転したのでも
 ありません。

これのどこが 「開いて上げて 閉じて降ろす」につながっていくのか、
皆目見当が付きません。
一般的に 手打ちよりも良いであろう、とされている
体の向きの変更の基礎的な部分です。

これを 本当に 開いて上げて、閉じて降ろす を実行しようとすると
からだの回転、からだの向きと関係なく、
両方の腕のロール によって行うコトになりますから
この時点で 手振り と からだの回転に 真っ二つに分かれます。


🔴からだの回転で テークアウェイを取った場合、
 飛球線に対し、フェースは右を向いていますが、
 フェース も ロフト も大きく変化しておらず、
 からだの向きも戻せば アドレスに近い状態でボールに当たります。

🔴一方、手のロールで テークアウェイの真似をした場合、
 飛球線に対し、フェースが開いているだけでなく
 フェース も ロフト も開いており、
 切り返し という 動作方向の逆転の際、
 クラブが一番重たい状態になります。
 体を右に向けた訳では無いので、
 ソコから体を廻すと アドレスの状態から動き始めるのですから、
 どんどん体が左を向いてしまい、
 フェースの右向き、ロフトの開きも増える一方です。
 ココから先は お決まりのパターンで
 どこかで グリップの移動を止め
 ヘッドを、フェースを回転させる必要が生まれてきます。



テークアウェイ で 飛球線に対し、フェースが右を向く のと
ヘッドを、フェースを開くのでは 天と地ほど差がある訳で
大きく左カーブしている道路で
 道に沿って 車の向きは随時、変って行きますが、
側面が上を向いたり、車体の底が上を向いたりはしません。
常時、道路に車体の底が向いて、タイヤで接地しています。
 それと同じです。

正直、テークアウェイを開いて上げて… の方を
ゴルフスイング…の分類の一つ と考えて良いのか悩むトコロですが、
とりあえず どちらのスイングの方が簡素化されているか、
複雑化されているか、難易度が高いか は 一目瞭然の差だと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


現在、絶好調? と言う風の噂も聞きますが、
更なる向上を目指して…と言う点で、何点か…。


➀おそらく フットワークを気にして そうなった…
 というコトだと思いますので、
 気のせい、今は仕方ない、でしたら無視してください。

 フットワークを使おう、足を使おう
 と言う意識からか アドレス時に、以前よりも
 膝の曲がり、足首の曲がりが深くなり、
 それによって 少し体が起き気味で
 グリップが自分に近くなった気がします。
 (グリップの位置を変えろ と言う意味ではありません)

 前傾姿勢も、ひざの曲がりも「有れば良い」ので
 出来るだけ少なく取った方が『楽』です。

 また、別件ではありますが、
 出来るだけ少なく曲げる…… 曲げる というよりも
 曲がり始め、 真っ直ぐではないだけ位 が適当で 
 ひざの曲がり は 足首の曲がり と同期させる、
 足首も少し、ほんの少しだけ 曲げる、
 どちらかと言うと 前に倒れる〜前傾姿勢のヘルプ ではなく
 その場に沈む の方が膝や足首の用途としては良いと思います。
 (ほんと ほんの少しでいいのですが)
 
➁ ➀の課題はおまけ と言うか、おそらく
 フットワークのドリルが終われば 自然に修正される と思いますが
 コチラは かなり前からの ご本人も気にされている課題
 かと思います。
 
 スイングの中に フェースターンの名残があり
 インパクト付近〜以後 で左グリップの滞りが見えます。
 インパクト、インパクト以降の
 クラブや腕の慣性をフリーにするリリースは
 全く問題がないのですが、
 そのリリースが少しだけ早いと思います。

 コレによって 何が起こるか というと
 まず 一つは腰痛です。
 腰の回転の 後 で 肩を廻しますので
 左側帯が伸び、右側帯が縮んだ状態が長く続き
 右腰回りに負担がかかる可能性があります。

 また 激しいフェースローテーションは
 
茲里劼個 の原因になります。
 伸ばそうとする右腕に対し、止めようとする左腕、
 左ひじを支点に腕がロールするコトで起こる訳…ですが、
 フェースローテーションの激しい打法は
 安定し難いですので…練習量、頻度が必要です。
◔練習量、頻度を減らして 安静にするか、
◔落ちていく腕力を考慮して、フェースローテーションを辞めるか、

 早い段階での決断が必要です。



 ほんの少し…ですが、
 無意識なローテーションが早めに入っているため
 ダウンスイングの弧が 下に膨らみ
 想定よりも 薄い(ユルイ)入射角度になり、
 打ち出しは取れますが、スピン量が確保し難くなります。
 👉フェアウェイウッドなどに影響が出ます。
 ヘッドスピードのある若い時には問題が表に出にくいですが、
 加齢や疲れなどが出てくると 球の浮き、高さが落ち
 飛距離が落ちやすく、ボールも止まりません。

 また、入射が想定よりも緩くなりますので
 アプローチなどで噛み易くなり、
 ライの影響を受け易くなります。
 ショットがほんの少し微妙にショート気味になり
 パッティングに負担を掛けやすくなります。
👉実は日本のプロが海外に行くと悩む
 一番のテーマ、と言っても過言ではありません。


 欲しくないフェースターンを解決する方法がありますので…
 是非 トライして頂きたい✋
  ・・・・続きます
(ちょっと前置き入れますけど)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



簡単に ボディ・リリースとハンド・リリース の
違いを説明しておきましょう。 

まあ 一般的には ボディターンとハンドターンですが
『リリース』と言う言葉の方がイメージが掴み易い気がします。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(2)
少々、大袈裟に言うと ボディ・リリースにおいて
スイング中に発生した 遠心力などのクラブの重さなど不可抗力を
フリーにする『リリース』はしない、意図的にはしません。
ドライバーショットなど 大きな不可抗力が生まれてしまう場合は
それを保持し続けるのは 危険、
 手首や左腕、首などを傷める可能性があるので
クラブの重さをフリーにする『リリース』はありますが、
それが ボールを打つ主のチカラ ではありません。

👉ここの部分 では 見た目は似ている と言えるでしょう。

一方 ハンド・リリースの場合、
ボディリリースの 不可抗力が大きい場合を似ていますが、
コチラは そのクラブの重さをフリーにして
 よく言われる「クラブを走らせるコト」が打撃の主エンジンです。
ソコの部分が 最大の違い と言えます。

【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)

素振り…ではありますが、
ふたつをやってみて 違いを見てみると
✋やはり 切り返し以降、ダウンスイングからの からだの向きの変更は
あくまでも見た目 ですが、
ボディ・リリースは左半身主体
ハンド・リリースは右半身主体

  ハンドリリースの場合、スイングの中途、ダウンスイング後半で
左肩の回転方向が 横ではなく、縦気味に変わり、
クラブを走らせるための支点、
 左グリップの横移動が減衰させているようです。
(見た目 としては 右サイドのもぐりに見えます)

✋また 考えてみれば 当たり前ですが、
ハンド・リリースの場合、
ヘッドを走らせる、グリップを追い越させる為に
 ヘッドのリリース、下への解放も早め・多めになります。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(2)【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(3)





✋リリースを司る 右腕の伸ばし の役割も
 ボディ・リリースの場合は グリップの横〜下移動の補助
 ハンド・リリースの場合は グリップに対するヘッドの『出し』

 と異なって見え、目的の異なるリリースではあっても
 不可抗力の大きなドライバーなどは
 似たり寄ったり になったりしても、
 不可抗力の小さなショット、アプローチなどでの
 ヘッドの出し方の違いに影響すると考えられます。

この二つ では
ボディリリースでは リリースが無い・遅い
ハンド・リリースでは リリースがある・早い ですので

➀は入射角度がキツめ 打ち出しは低め
➁は入射角度がゆるめ 打ち出しは高め

➀はロフトは見た目は立ち気味(地面に対する)ですが
 入射角度に対しては多めになりますので スピンは多め
➁はロフトは見た目(地面に対して)は寝気味 ですが
 入射角度が緩くなる分 スピンは少なめ

だけでなく 最下点も
 ハンドリリースの方が中め、右めになると考えられます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



そこそこメジャーなスイングの悩み に
「オーバースイング」 があります。

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

このケース も
「オーバースイング」になってしまう原因
「オーバースイング」したくなる原因 を
突き止めず 形だけ「小さく」しても
タイミングが取れなかったり…
現場に行けば いつも通りに戻ってしまったり…
ということになりガチでしょう。

技術的に、手順的に、「オーバースイング」になる要因は
それぞれ あると思いますが、
かなりの割合で 根っこ にあるのは
腕の上げ下げ や 腕の振り具合、腕の力具合 が
 打撃の強さ である で根付いているコト だと思います。
スナップショット 1 (2016-12-24 3-12)

フェースローテーションを含め
 腕を使う強さが 打撃の強さ と染みついている人
にとって その勢い付け となる
切り返しでの 腕のヒッチ は 打撃の必須アイテム でしょう。
(上がった腕を 切り返しでもう一度引き上げる行為)

また からだの回転を 腕を振るための予備動作(勢い付け)
としている方は オーバースイングになりガチ です。

ですので それぞれ 元になる原因を解決せず
形だけ 「オーバースイング」撲滅 にトライしても
かなりの確率で 挫折することになり易いでしょう。

なんとなく 歴代のいろいろなプロのスイングを
思い返してみると
からだの回転で クラブを動かしている、
ヘッドを振らない、シャフトを振らない プロには
コンパクトなトップの人が多い気がしますよね❓



フォロー側は 慣性、勢いがあるので致し方ありませんが、
もしも スイングをゼロ、白紙の状態から作るのであれば
スイングに 意識的、積極的な腕の上下 は殆ど要りません。
自然な形で からだの回転で上がり、
からだの回転で下がる 程度で十分です。

今や からだの正面 と言う定義も
胴体を捩じるのが主流になりつつあるので
非常に曖昧な表現になりますが、
からだ、この場合は骨盤やへそ を前と定義し
その幅の中にグリップを置いて置き、
からだそのものの向きを変える、
クラブ単体を動かそうとしない
と言うのが 基本になる訳 ですが、
そのベースの考え方 は
 弾道を決める、距離を決める要素である
🔴ヘッドの上下左右の入射角度(軌道)と
🔴ロフトの向き、フェースの向き を
複雑に混合させない、狂いの幅を狭くする
 と言う確率論から来ます。

距離の元になる 運動の速度 は
 からだの向きを変える速度 です。
b6066d09

なんだか 理屈っぽくなる訳 ですが、
そこまで思い至らないと
「オーバースイング」ですら 解決しないのです。

たまたま リゾート地で撮って貰った
自分のスイング映像で 見た目が格好悪いから、と
オーバースイングを修正しよう 程度 では
治ることはないのです。
    治す必要がないのですから…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


弊社で販売している SYB EG-05改 もそうですが、
つかまりの良い…スライス殺し系のドライバー、
そして 現代のドライバーの特徴の『スピン抑制型』には
『より一層』飛距離アップを狙うコツ があります。
EG05_03
◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

特に気を付けて頂きたいのは
 ゴルフ練習場で 簡易測定器 を使っている方です。
簡易測定器は ドップラー効果を使って
 弾道を計測しています。
多くの方が ヘッドスピードだけでなく
ボールスピード、それのミックスの「ミート率」を
大変強く気にかけているようですが……、
 この計測器では 縦であっても、横であっても
 スピン量を測るコトは出来ません。

✋ボールスピード は
 単純には 12度のロフトのドライバーよりも11度
 10度のロフトのドライバーよりも 9度のロフトのドライバー
 で打った方が 数値 は高くなります
✋多くの方が気に掛ける 「ミート率」の数値は
 分子:ボールスピード / 分母:ヘッドスピード になります。
 例えばですが、ヘッドスピード40ms、ボールスピード60ms
 であれば 数値としてのミート率は 1.5 になる訳です。

スピン量を加味しない 弾道計測機の場合、
 ボールスピード「のみ」が距離の元になるデータです。
遅い…よりも 速い方が良いのは嘘ではありませんが、
ボールスピードを上げようとして
 ヘッドターンを強くし、よりインパクトロフトを閉じて
 少なくしてしまうと 数値としてのボールスピードは上がりますが、
 打ち出し角度も低くなり過ぎ
 相応の浮力を生む スピン量も低くなり過ぎて失速…

『実際の』ドライバーショットとしては飛ばないモノ になってしまいます。
練習場専用の、架空のドライバーショットを作るコトになってしまいます。
ドライバー入射角度

ボールの速度、打ち出しの角度、スピン量
各各 この数値がベストだよ‼ というのは無いようなモノで
それぞれの組み合わせによって
その人その人の打ち易い、繰り返し易い組み合わせによって
 飛距離更新はなされるのですが、
最近の スピン抑制がとても強く、
SYB  EG-05 のように スライス殺し傾向の強いモノ では
ボールスピードやミート率の数値ばかりをおいかけるあまり、
打ち出しが低すぎ、やスピン不足のため失速のケースが少なくありません。



a5b965fd現場で、コースで 本当の飛距離アップを狙う‼
コースで実現可能な、再現可能な飛距離アップを狙う‼

のであれば  すこし プッシュ気味
練習場では ややプッシュスライス気味 
 位の意識で打ってみましょう。
🔴方向とすると 12時半〜1時位の感じです。

ヘッドの返し、フェースローテーション、を意識するよりは
インパクト付近が忙しくなく
 割合簡単に 「押し出す」 感覚は掴み易いと思います。

また 手ごね、手打ちで疑似的に造る インサイドからの入り、
 では 強烈なスライス になってしまうので
スイングの修正の練習としても大変、有効です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


頭の作業って言っても
頭をこう動かす とか そういうのではなく
頭の中、の作業ですよ、って意味です。
◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

何度も言うようで申し訳ないのですが、
🔴ボールを円の中に掻き込む
🔴フェースを自分に向けようとする
🔴本来は打った後の処理であるリリースを打撃のエンジン にする 
その意識を 本当に、本当に、本当に、本当に、本当に、本当に、
変えようとしない限り、自分がちゃんと どっちに属しているのか、
理解しない限り、どんな技術的なやり方も馴染むことは出来ません。
【イメージ】倉本昌弘 スイング集_Moment2021-05-19_23-05-25_Moment








世の中にある スイング論の多く、7割方、
🔴フェースは円の外に向けたまま
🔴ボールを円の外に弾き出す
🔴腕とクラブはほぼロックしたまま、からだの回転で打つコト
を前提にして 語られています。

2021-05-19_23-05-25_Moment(3)残りのモノは、その逆に ボールを円の中に掻き込む
フェースを自分の方に向ける方法でなんとかする、ですが、
こちらは かなり身体能力頼り なので
これもまた 難儀なのです。 

当り前に出来る人、例えばプロにとっては
カラダの向きを変えれば その上に乗っている肩も
一緒に動いている、回ったように見える訳ですが、
カラダを廻して、肩を移動させることが当たり前である人、
例えばプロにとっては
ボールを円の中に掻き込むように打つ、
カラダを廻して肩を動かすのではなく、
腕を動かすから 腕の付け根の肩の位置が動く
方が動いているように見える、その違いは理解出来ません。
腕を動かせば 当然、腕の付け根も動きます。
それが 廻っているように見える というか、
その違いを体験も勉強もしてきていないのです。
 だから プロに成れたのです。

全く違った概念、メカニズムで 打っている、振っている のに
姿、形だけを真似ようとするのは 無理ですし、無駄です。

リリースは手首の解放ではありません_Moment

からだの回転で直にボールを打つ、
そういうスイングにするべきだ、それが正義だ、なんて決して思いませんが、
腰はこうする とか、肩をこうする などの技術論は 
打撃の思い込みの根本的な必然が違うので ほぼ何も役に立たない
というコトは理解して頂きたいです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


リリースの負のスパイラル に陥るパターンは
 ⚠硬くしならないシャフト
 ⚠その上、軽いヘッド
(シャフトが硬いことによってヘッドをより感じにくい)
から始まるコトが少なくありません。





意図的に行う必要は『一切ありませんが』
シャフトは しなる=短くなる と
 元の形、元の長さに戻ろう(しなり戻り)とします。

また シャフトのしなり しなり戻り は
 ゴルフスイングは 横の運動、横移動が
 主となるため、その時機、ヘッドやクラブの位置や姿勢
 によって その復元の『作用』も異なって来ます。

ダウンスイング時、
 フェースが上を向いている(開いている)、
 フェースの上を向いている時間が長いと、
 そのしなりもどり →元の長さへの復元 には
 クラブの重さのかかり方と同じく、
 グリップエンドをやや上方向に押す作用がかかります。
逆に フェースが下を向いていると
 クラブの重さのかかり方と同じく、
 グリップエンドをやや下方向の押す作用がかかります。
2021-07-03_01-20-29_Moment(2)

硬いシャフト、オーバースペックなクラブを使っている人は
全員が該当するとは言いませんが、多分に
➀テークアウェイでシャフトをしならせる
 はフェースを開く、ロフトを開く に該当。
➁ダウンスイングに入ってから ダウンスイングの前半も
 よりしならせる時間帯 に。
動作で言うところの 下半身は回転するけれど、
上半身は残す。。。胴体を更にひねる…そんな感じになります。
➁"ダウンスイング前半 でシャフトをよりしならせる は
 テークアウェイ以上に ヘッドを開き、フェースの上向きを強めます。
➂そのまま…では フェースでボールが打てません、から
 ダウンスイング後半のどこかで…
 インパクトの直前に 『グリップの移動を止め』
 ヘッドの回転、シャフトのしなり戻し が必要になります…
い修海妊轡礇侫箸鬚靴覆蠅發匹垢
 シャフトの復元の作用は グリップを上に押す方向に働き易く
 左脇を絞って 左肩の上りを抑えつつ
 右サイドを潜り込ませる ような動きがどうしても付きまといます
⓹地面反力 のような 上への蹴り は
 そんな動作の成れの果てと言えるかも知れません。
 もぐりながら 上に振る そんな過程で
 インパクトに入りますので
 最高でインパクトが最下点、
 当然、ボールから先のターフなんて…不可能です。
➅また、グリップの移動を止めるので
 回転や腕の振り という横移動を拒否することになり
 ボールは中寄り、右寄りで無いと届かなくなります。

🤒シャフトの復元(しなりもどり)、
 長さの復元によるグリップの押され、
 それによる 早めの時期にインパクトが訪れる を
 体験するコトが出来ず、
 グリップを止める が打撃の肝 ですので
 シャフトの復元〜元の長さに戻る
 ヘッド/グリップを双方を動かす効果を殺してしまいます。

 そういうスイング感覚であると
 大きなシャフトのしなり になる 柔らかいシャフトは
 しなり戻し するのに時間が掛かり、
 間に合わず 開いたまま当たるか
 左サイドが上がる方(右サイドが下がる)に強く作用するため
 好まれることはないでしょう。

逆に 適正な硬さ、もしくは柔らかめなシャフトを使っている
または そのようなクラブでスイングを覚えた人が
全員 そうなるとは言えませんが、
しなり易いシャフトは 意図的にしならせようとはしないモノです。
意図的にしならせると
ヘッドの重量点はシャフトの延長線上に無いが故に
ヘッドの回転(開き/閉じ)やそれによるグリップへの作用や
クラブの重さ感の変化、その重さ感のベクトルの変化など
あまり良いことが無いことを知ります。

柔らかいシャフトのクラブを
たくさんしならせて たくさんしなり戻して打つと
飛ぶんじゃないの❓ と思われる方も居ると思いますが、
たくさんしならせて たくさんしなり戻す というコトは
同時に それを産みだす グリップの移動の止まり が
必要になります。
グリップを止めて シャフトのしなりの反動で打つ方が飛ぶのか、
グリップを止めずに その流れのままヘッドを移動させた方が飛ぶのか、
安定して✋ 繰り返す✋ というコトを条件に加えると
どちらが良いかはお分かりになられると思います。
(TOMOクンの修正前-修正後_Moment

また シャフトのしなり、しなり戻り の効果は
ない訳では無いですが、その長さの復元 を
グリップの押し、移動の手伝い にするには
ダウンスイングの早い段階での フェースの下向きが必須条件で
フェースが上向きである限り、ボールを打つための
押し、移動の手伝いの妨げにはなっても 手伝いにはなりません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

久しぶりのゴルフショップらしい
ブログ記事です♪
◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

橋爪晃彦プロ
に手伝って頂きました。
 ありがとうございました🤗

主な目的は プロのような速いヘッドスピードであっても
 ボールが吹け上がらず 噂通り飛ぶのか
 です。
EG05_03
テストに使った SYB EG-05 は
 ロフト角度-11度 ライ角度-59度 フェース角度-0度
 👉カチャカチャによる仕様変更無し

 ドライバーのスペックは
🔴ヘッド重量  237g
🔴クラブ長さ  44.25inカット
🔴シャフト硬さ 145cpm

            …245cpmじゃないよー

ヘッドスピードを 46〜47ms位 に抑えて頂いています。
  ⚠動画は 305ヤードを記録したモノ です。

元々の球質もありますが、
目一杯ヘッドスピード上げて頂いても
吹き上がらず傾向の球は皆無で、左回転が強くなる程度…
👉テストドライバーの振動数は 145cpmでしたが、
127cpmのモノは フックが強過ぎて距離は伸びませんでした。

今回の計測で 最高飛距離 322ヤード...だったかな

🏆コレはそのまま 当ショップの最高飛距離記録となります。
 ✋✋挑戦者乞う✋✋

スイングや球質にもよりますが、
このスペックであれば ヘッドスピード46msあれば
300ヤード超を狙えます。
まあ なんという時代でしょう🙀🙀🙀
【SYB EG-05】 プロによる試打_Moment

本来 46msと言うヘッドスピードで
300ヤードを超すには
ボール初速、打ち出し角度、スピン量
それぞれが ほぼ最高のデータ
それがほぼ完璧に噛み合わないと出ない
奇蹟の一発、人生最高の唯一無二の一発 になる筈…だったのですが、
SYB EG-05 と 弊社オリジナルのニューシャフトの組み合わせ
かなり高い頻度で それが可能です。

特に、右回転気味、スライス気味、右への打ち出し
 でミスや悩みの多いタイプの方に最適
✋逆の ひっかけ、左回転、フックの方は
 非常にスピン抑制の強い ミステリーCF-455 がお薦めです

作った自分が言うのもなんですが…ホント、すごい時代になったモノです。


…ちなみに…ではありますが、

別な日、別な方で 同じスペックのSYB EG-05 で
ヘッドスピード41ms超 で 260ヤード超 を、
弊社ブログやYOUTUBEでも
 常連さんの自称:慢性飛ばない病 MR.K も
ヘッドスピード36ms強 で 220ヤード越えを、

それぞれ、かなり高い頻度で記録しています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
本当はあまり 公にはしたくない内容です…。



コチラを先に書く…べきだった のかも知れませんが、
ショットの基本は正に これらの写真に  に集約されています。
【つかまえの作法】_Momente00bf7e6IMG_0660
現実的ではありませんが、イメージとして
少々極端にすると こんな感じです。
IMG_0662
 IMG_0659





これ等が ゴルフスイング、ゴルフショットを結びついて行かない
おそらく 結びつかない のではと思いますが、
その原因は スイングの円弧、スイングの軌道を
クラブを振って作る〜回転させて造るイメージを持っている
からです。

言葉で、そのニュアンス伝えるのは本当に難しい のですが、
スイングのクラブを動きを時計の針、自分を時計自身と仮定し、
述べさせて頂くと…
文字盤3-6ji➀アドレス時はこのような状態です。
➁テークアウェイを取ると
時計の針が10〜11〜12時 と廻り
➂ダウンスイングではそれが戻ってきて
ぅぅ鵐僖ト以降 6〜4〜2時 となっていく
時計の針/クラブが回転して円弧を作るイメージではないでしょうか❓
そうであれば 当然
(クラブ扱いのイメージの比較_Moment
インパクトイメージがこうなる に結びつきません。
クラブが縦、もしくは横や斜めに回転するモノ
 と思い込んでいるからです。
文字盤3-400x392クラブ扱い、スイングの原点は
時計の針 が 回転するのではなく
時計の針と時計は常時、固定 で
自分自身である 時計そのものが回転する
 
それが からだの回転 です。

ですので あくまでもイメージですが、
フェースと地面(マット)でボールを挟む、
フェースでボールを地面におさえる…は誤解を生みそうなので
クラブと自分は固定、自分が向きを変えて、
その横移動する 下向きのフェース
 によって
球体であるボールの順回転させる…か、
地面にあるボールを からだの回転でさらう、突っかける
そんなイメージだと この画像とスイングが結びつく…でしょうか
IMG_0662
インパクト、もしくはインパクト以降の
クラブの慣性(勢い)の少ない アプローチなどのショット
であれば その状態を維持するイメージのまま
フィニッシュまで到達出来ます。

このイメージが「パンチショット」のイメージ…
 であれば、からだの回転で打つ には辿り着けません。

クラブや腕は固定、
カラダの向きの変更のみで クラブ、ヘッドを移動させる
クラブの慣性が強くなるショットでは
インパクト、もしくはインパクト以降は、その慣性をフリーにする
(ここで初めてクラブは回転しますが、打った後の処理にすぎません)
そのイメージが馴染んでくると
 つかまえる は自動的に付いてきますし、
 インパクトでの打撃ロフト、ヘッドの進入角度は一定し易く、
 距離、安定性、再現性を同時に実現する可能性がグンとあがります。


特にアプローチはそのイメージが確立できれば
血のにじむような練習無しで アプローチ嫌い
から脱出が可能ですが…、
世の「
アプローチ嫌い〜苦手」は
 ほぼ、例外なく 
ラブ自身が回転するイメージ
 スイング、ショットを形成
しています。



この動画はそのイメージで
クラブや腕は固定、からだの回転でボールをさらう
を強調しているドリルです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

これは弊社の 重いヘッド、柔らかいシャフト に限らず、
本当は すべてのクラブに共通する おさえるべきポイントです。

多くの場合、
(コレには軽いヘッド、硬いシャフトを使っている人、いた人、
その手のクラブでゴルフスイングを覚えた人も含まれますが…)
それらのクラブのお陰で スイングが造られてしまった だけでなく、
刷り込まれた 誤ったスイングの認識、クラブの認識
現在のスイングに色濃く  スイングに影を落としています。
そういう意味では 技術的な問題や肉体的、身体能力の問題ではなく、
頭の中の ゴルフショットの打撃のイメージや概念、認識の変更が
 スイング改良、改造そのもの です




シャフトは意図的・作為的にはしならせない
 長さ、があり、先端に特出した重さ(ヘッド)の備わった
 ゴルフクラブは 当然、運動させれば その重さは運動の二乗倍増えます。
 その重さの分、ヘッドが遅れるのは仕方ありません。
 その分以上『意図的に』シャフトをしならせないコト。

自然なヘッドの遅れ は放っておく
 それを取り返そうとしないコト、放っておくコト。

ヘッドの遅れを『ロフトの立ち』になるように仕向ける
 ➀➁の流れですが、放っておく ヘッドの遅れ を
 ロフトの立ち、フェースの下向きになるよう仕向ける。 
IMG_0526

👉まず、第一に、テークアウェイにおいて
 それが小さなショット であっても
 クラブを捩じらない=フェースを開かない
 具体的には、テークアウェイを肩で行っても、腰で行っても、
 脚で行っても そのいずれや複合で構いませんが、
 両腕の長さの調整、てさばきで上げないようにするコト。
 この時点で シャフトを捻じってしまう、フェースを開いてしまう
IMG_0058Trim (2)_Moment(3)ararara_Moment【ゴルフスイング】 20210701_Moment





 インパクトに向けてのヘッドの遅れは
 更なるフェースの開き や ロフトの開き、トゥアップ になってしまい
 もうひと手間掛けないと ボールを打つコト、ボールを飛ばすコト、
 狙った方向に、狙った距離を打つコトが出来ません
し、
 そのひと手間は テークアウェイで手でヘッドをあげた、高くしたのと
 同じように 手でヘッドをボールに当てるコトになるので、
 フェースにボールが当たっても、その番手、ロフトなりの距離が出にくく、
 安定した距離、安定した方向を得るには
 本来要らない筈の無駄な練習量が必要になります。

ココの部分は、実はとても重要で
 手で円弧を描く その両腕の使い方 は
 肩を廻しているのではなく、腕を横に振った
 副産物で からだなり、肩の向きが変わっただけ です。
 言葉として伝わり難いかも知れませんが、
 カラダや肩が向きを変えた(体の回転)ことによって
 腕の付け根である肩が動いたから、腕が「振られたように見える
 のとは似ていますが、月とスッポン以上に違います。
 小さなショット から始まる 自分だけ肩を廻した「つもり」
 からだの回転を使った「つもり」 は 後々
 ほぼすべてのスイングの悩みの根源、毒の沼になります。

 また 上記のインパクト前の打撃の余計な『ひと手間』 
 グリップの移動を止め、左右の腕の長さ変更やスナップの解きに
 よって行われるが為、クラブやヘッドの移動とからだの回転が分離します。
 それも相まって 本来の意味のからだの回転とは全く異なった、
 見てくれだけ似ている「からだの回転」を覚えることになります。

👉小さなショットであれば、ヘッドを下げない のと同じく
 からだの向きの変更と前傾姿勢があるので
 向きを変えるだけで ヘッドの高さは十分 取れます。
 位置エネルギー上昇と言う意味の 上げる手作業は要りません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


こすり打ちや手打ちの発見にもつながりますので
是非 遊んでみて下さい。


手にはウエッジが良いと思います。 
30ヤード位、"当てただけ"では届かない距離が良いです。

➀まずは
 三角形(の頂点)を体の向き通り
 180度回転するもの
 インパクトまでに 頂点がボールを指し、
 フォローでは ターゲット方向を向く
 そういうイメージで打ってみます。
 特に インパクト、インパクトへの三角形の向き を
 意識してみて下さい
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)

➁次に三角形の向き、その頂点を向き を
 トップ時、切り返し時の 右向き(打ち出す方向と反対)
 を維持したまま、
 カラダは向きを変えますが、
 腕の付け根(肩)だけ移動させ
 三角形の「向き」は置き去りにします。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment
当たらなそう❓…届かなそう❓…と思いますが
意外に当たるモノ、打てるものです。
フォロー、フィニッシュでは
カラダは左(打ち出す方向)を向きますが、
その時、やっと 三角形はボールの方向を向く
そういう感じ… になります。

✋✋✋では 今一度 ➀ の
 からだの向き通りに三角形の向きを変える
 を行ってみると・・・
 からだを『二回』回さなければいけないコトに気付くと思います。
⚠一度目は 足なり、腰なり、からだ全体
⚠二度目は 肩だけ、もしくは腕の振り

 この 二回の回転の後者が打撃に相当し、
 この回転、この振りは 上への振り(しゃくり、煽り)になり
 ボールをこする原因に成り得ますし、
 自分では 肩を廻しているつもり ですが、
 実際には 腕を振っているだけに なりがち です。
【スイングの終わらせ方_Moment(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment(5)







腕も含めて、ですが、
クラブはその重量、目方以上に長さもあり、
移動しますので 体感重量は増えます。
自分の動作に対し、どんどん重さを増しますので
自分の向き通りには動きません。
それを「向き通り」に動かそう とすると
カラダの向き よりも そちらが「主目的」になります。

重さで からだの向き通りに動かない 三角形
で どう打つか に頭(考え)は辿り着かない のです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングを覚えていく過程で
どこかで教わるか、意識するようになるのが
グリップと左右の肩、腕で作る「三角形」
もしくは ヘッドから左右の肩までの「三角形」だと思うのですが・・・。
その「三角形」を維持しよう…とか…
その形を崩さないように…」とか…
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)

おそらく 多くの方が
アドレスで形成された 両腕と胸で出来る三角形
この三角形は からだの向き通りに 動いていく
右を向けば 三角形の頂点も右向き
左を向けば 三角形の頂点も左向き

と思っているのではないかと思います。
…なんだか 当たり前の話しのよう……ですよね。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)






✋しかし、です✋  その三角形が腕で形成するモノ、
ヘッドと左右の肩で形成するモノ であったとしても
その先っちょ(頂点)に位置する ヘッドやクラブは
運動によって 重さが増す 速度の二乗に比例して重くなる のです。
まったく 重さの無い、重さの増えない 三角形であれば
からだの向き通りに 三角形、その頂点も向きを変えるでしょう。
しかし 重さが増すコトを考慮に入れ、
 遠くに飛ばす、方向や安定度…確実に当てる、を考えると
「三角形を維持する」の意味はちょっと異なるのではないでしょうか❓

  言葉で説明するとややこしいのですが…
重さの増す、重さの有る頂点の付いた三角形の向きを変える と
重さの増さない、重さの無い三角形の向きを変える のでは
当然✋ですが 同じ動きにはなりません。


 これもまた トンチ のような話し…ですが
『重さの無い三角形をからだの向き通りにする意識』
『重さの増す、重さの有る頂点の付いた三角形を動かしたら』
自分の回転の軸 がブレる、軸の無い動き
重さに振り回される動きになるのは当然なのではないでしょうか


👉軸の有る動き とは どこかの箇所を指すのではなく
 運動の「芯」の有る動きなのか、どうかを指している、と思います。



三角形の頂点、三角形の向きを 180度反転させようとする、
そして その頂点は動きとともに 重さが増せば
自分自身が 軸の有る「向きを変更」をするコトよりも
三角形の向きを変える動きに主体が変わります。


 では どう意識したら 良いのでしょうか❓ 
     ・・・つづく

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



445TL-1445TL-2445TL-4










「ボールのつかまりが圧倒的に良くなりました。
スピーダーは油断するとすっぽ抜けることがありましたが、
安心感が違います。気を抜いて振っても真っ直ぐ飛んでいきます。

 

弾道が前より低くなりました。

低くと申しても、より適正な高さになったとおもいます。
シャフト変更により、そうなるだろうと期待していたので、
たいへん嬉しいことです。距離も少し出ていると思います。

 

ブログを拝見して日々研究しておりますが、
そのうち方になるように、クラブが仕向けてくれている感じがします。
回転でしか打てないですよね。

 

L型パターとの相性の良さを感じるようになりました。
パッティングもショットも一緒なんだと感じております。」

追記:コースで打ってきました。

フェアウェイを外したのは2回、ストレートから、少しドロー系。
低スピンでよく伸びています。epic speedよりも良いですね。
こちらのシャフトのほうが、断然、相性が良いです!


445TL-6_00【店主】

🚀ドライバーヘッド ミステリー445
  ロフト角度  10.5度
  ヘッド重量  235.8g  に
🚀フジクラシャフト SPD474 EVO6
  44.25インチ /  振動数 208cpm を
🚀ハミングバードオリジナルシャフト 55g/Tq5.3kg/MID
  43.5インチ / 振動数 156cpm の変更致しました。

『ミステリー445』 は 左曲がり、引っかけに強いヘッドで

非常にスピン抑制が強く、弾道の落ち着き易いヘッドです。
▽44.25インチ 208cpm を
▽43.50インチ 156cpm に
「長さが落ち」「柔らかさが増す」
ダブルの効果で 高さ、もしくは スピン不足を心配しておりましたが、
大丈夫で ちょっとホッとしました😊



ハミングバードオリジナルシャフト 55g は
 220〜235g を 43.5〜44.5 位で使うと
 非常に使い易く、スイングの誘導性能と距離、安定性を
 兼ね備えたシャフトです。(collarは明るめのガンメタリック)

確かに、クラブは短い方が扱いは断然、楽ですが、
 ヘッドのスピン性能とロフト角度 
 自分の持ち球特性 との兼ね合いでお決めください。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


長いゴルフ人生の殆どを「飛距離不足」に悩んできました。
幾千のコンペの「ドラコン」も
参加の皆さんがフェアウェイを外してくれた時"のみ"
頂けた、と言う記憶です。

還暦もトウノ昔に過ぎ、飛距離不足だけでなく
球の高さも落ち始め、スコアメイクにも苦労し始めたました。

店主に相談したトコロ、良さそうなドライバーヘッドあるよ、
とのコトで、早速、試打に。

EG05_021

データを取りながら、シャフト、そしてヘッドの調整を繰り返し
従来のドライバーとの比較で
15ヤードアップのデータを得たところで 製作依頼。

スライスとまでは行かないまでも 右回転の多い私用に
ヘッドはやや軽めで、長さはやや長めの 44.75in 仕様
(ヘッド重量 225g)
硬さは従来のモノから やや落とし 146cpm
初期設定10.5度を 👉+1の 11.5度
フェース角度 👉+1、
ライ角度を 👉+1.5 60.5度に振った 左回転仕様だそうです。

いつもよりも早めに仕上がって来ましたので
早速、連続ホームコースでデビューです。
EG05_04


本当にスライスらしいモノが出ません。全く出ません。
機械はありませんから、数値は分かりませんが、
右に行こう、右に曲がろう と言う気配が
全くなく、右の怖い私には最高です
おっかなびっくりですが、ドローボールも出ます。


ミスで左に大きく引っかけた時は
想像より早く着地してくれるので痛手になりません。


ロフト、長さ共に少し増やしましたので
出球の高さ、弾道の高さにも安心感があります。

それ故か キャリーボールも 10y 前後伸び
飛距離測定器で 4ラウンド平均23y 飛んでいます。

このドライバーの特徴、と聞いていましたが
なにより ランが断然、増え かなり飛距離は伸びました。
元々 スライス系の弾道でランを損していただけでなく
スピン抑制のお陰なのか 落ちる場所によっては
30〜40yランがあり
 入る筈の無いバンカーやラフに入ります。
EG05_05

ここまで ドライバーが飛ぶと かなり楽です。
使用の 4ラウンドの記録を残していますが
セカンド以降のショットが 毎回 2〜3番手異なり、
丁度 FWとアイアンの間の距離が増え、打つクラブが無い時も。
(今 流行りのUTが必要になるのかも知れません)

距離とその弾道に慣れてきたのもありますが
この2ラウンドでは
フェアウェイヒット率も 8%増えました。

そのお陰か セカンドショットがグリーン止まらない
という目下の課題もあまり表に出ず、
4ラウンド使いましたが、
60歳を越えてからの、ベストを二度更新
EZ055

若い方がいるので ドラコンを取れる とは言えませんが、
その若い方へのプレッシャーになるのは間違いありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


✋ドライバーが他のクラブよりも
 飛ぶ可能性があるのは
空中にあるボールを打つ と言うのもありますが、
より少ないロフトを使うことが出来るから』 です。
長さが長いから ヘッドスピードが高い、は嘘ではないですが、 
1インチ程度延長では ヘッドスピードに変化は起こりません

 例えば 全米プロを優勝した ミケルソン選手は
 47.5インチを使用しているそうですが
 おそらく 9度以下等(従来のモノより少ないロフト) を
 使用する「為」長尺にした可能性があります


ウッドの場合 1インチ長さを変えるのに
概ね12g程度のヘッド重量の変化があります。
45インチ 200g と同じバランス数値(スイングウエイト)の
46インチ を作るには 188g前後にヘッドをダウンウエイト
する必要があり、ヘッドスピードなどを含めた打撃力、破壊力には
全くと言ってよい程 変わりはないのです。

ドライバーの入射角度114


✋いまよりも 長尺にした場合、
さらなる 少ないロフト にする事が出来るのなら
飛距離を伸ばせる可能性はあります。



ただ そこには 少々疑義があり
驚くようなヘッドスピードがないのに
 少なめのロフトを使っている(使えている)は
元々 こすって(開いて)ボールを打っている可能性が高く、
さらなる長尺にするコトによってより開き易くなったり、
入射角度がより緩くなって
弾道が高く、スピンが増える…
 その結果、飛距離が上がらない、場合によっては落ちる可能性
もあります。


長尺にする際、知っておいた方が良いことが幾つかあります。

➀まず ヘッド重量が下がるので
 インパクトの衝撃を下げる機能が低下します。
 (ヘッド重量はインパクトの衝撃を吸収する緩衝材でもあります₎
 ですので 手首や肘 など クラブに近いトコロの部位に
 今まで以上の衝撃を受けることになります。

➁メーカーはあまり公表しませんが、
 実は44インチ位を境に ヘッドの投影面積よりも
 シャフトの投影面積の方が増え始めます。
 実害としては 風の吹く中で振り難くなる、
 風の影響をもろに受け易くなります。
 
EG05_04

 ヘッド重量が減るコトもありますが、
 飛ばすには その長さを利用した速いヘッドスピードで
 少なめのロフトを使える が長尺クラブの利点です。

 「長さとヘッドスピード」と言う観点で見ると、
 クラブのお陰で飛ぶ というよりは

 自分の頑張りで飛ばす と言う側面が匂わないでもない…。
 風の影響も同じで、ソコも使う方の体力に結構、依存しています。


短尺にするのが良い とは言いませんが、
安定して楽して飛ばす方法はほかにも幾つかあります。
『スピン抑制の手がある』のなら ほのかに短めの方が
 断然、扱いに負担は少ない です。

 ヘッドスピードが上がるらしい… という程度の理由…
その実態を考えると
あまり 短絡的に長尺…というのはお薦めしかねます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 プロが全員そうしてる訳ではありませんが、
とりあえず
正規にボールをつかまえるショットを「プロショット」
アマが全員そうしている訳ではありませんが、
ボールがつかまえられず こすり打つショット/スイングを
とりあえず 名称の定義付け として「アマショット」
とさせてください。

ロフト、フェースを円の外に向けたまま
 からだの向きを変えて打つショット、「プロショット」、
地面からボールを打つ場合、
 その最下点は ボールよりもやや先にあります。
Moriya Jutanugarn 右打ちと左打ち比較

一方、 ロフト、フェースを円の中に向けるよう
 地面にあるボールをこそぎ取るように打つ「アマショット」では
 ボールの位置がほぼ最下点 に位置します。
 多くのアマチュアゴルファーが…特にアプローチでは
 そういうイメージを持っているように「見えます

 

プロショットの場合、
 インパクト位置が 1冂度前後しても
 ヘッドが下がり過程であることは変りませんが
アマショットの場合、
 インパクトの位置が 1僂眩宛紊砲困譴討靴泙Δ
 ミスにならなくても 上がり軌道になる可能性も秘めています。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)













ボールの飛びさまや弾道、距離は
 ヘッドの上下の軌道、それに対するロフト姿勢 で決まります。
プロショットの場合、
 クラブの長さ によって あらかじめ入射角度は
 決まっていると考えて良く、
 例えば 入射10度 それに対して40度のロフト
 この状態が維持されたまま、インパクトを迎えるので
 ズレがあっても 大きな違いは出ません。
 この場合、回転/打ち出し角度に作用するロフト角度は40度
 打ち出し角度に作用するのは
  ハンドファーストの度合い マイナス入射角10→ 30度以下です

IMG_0777IMG_0776





ところが アマショット、振り子のショットの場合、
 ヘッドの上下の軌跡 と ロフトの関係は、固定とは言わないまでも
 固まった状態に近いですが、
 常時、そのヘッド軌跡は変化している(円を描いている)
 からだの向きで移動しているのに比べると
 激しく変化しているので
 インパクトポイントのズレで 球筋だけでなく 距離も変わります。
 例えば 入射角度10度 40度ロフトだったものが
 すぐに 入射角度5度 → 入射角度0度 →仰射角度5度
 それに加え インパクトに向け ハンドファーストは解かれる ので
 変化が大きく 奥に成る(後になるほど)ほど 回転数は減り、
 打ち出し角度は高くなっていきます。  

 ですので 球筋だけでなく、距離や高さなども
 ほんのちょっとのズレによって ばらついた球になります。

 そして インパクト付近の弧が小さく、弧がきつく成りますので
 ちょっとしたインパクトタイミングのズレが👉ミスに直結します。
 また これも多くあるケースだと思うのですが、
 プロショットをする人の多くが ほぼ固定位置でボールを打ちますが、
 アマショットをする人は クラブによってかなり激しくボール置き位置を
 変える傾向が強く、コースではソレは一定になり難いので
 ショットの安定しない要因に成り得ます。

勿論、運動神経や練習量でそれを乗り越えるコトは可能ですが、
可能ですが、シンプルにモノを考えていくと
多くのアマチュアのショットの安定しない科学的なメカニズムです。

困ったコト、と言って良いかと思うのですが、
これの 治らない、治せない、治そうとしない原因に
この現象、このアマショット(こすり打ち→煽り打ち)
空中にあるボールを打つ、ドライバーショットにおいては
有効な場合があり 👉ボールの位置、ティーアップによって
自然にアッパー軌道でインパクトを迎えるモノを
445TL-5-1意図的に アッパーを強める距離を稼ぐ「アマショット」
多くの人が ソコの為に
 地面からボールを打つコトを犠牲にし
 ソコに走っているケライ が見られます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ