◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: クラブの基本構造・メカニズム


多くのアマチュアゴルファーは
  ゴルフクラブのコトについても 殆ど知りません。


ごく一部、
%として数えることの出来ない程度の「ゴルフクラブ好き」を除き
自分の使っているクラブのシャフトの硬さ も知らない、
もしくは興味のない人が大多数、ほとんどと言えます。

良くあるパターンで
シャフトには工業規格の安全性を記したマーク
(セーフティグッズ)マークが付いていて
それを見て シャフトの硬度 は  だと思っている人もかなり居ます。

また メーカーや機種を問わず
シャフトがS表示なら共通して 「同じ硬さ」と信じていますし、
手に負えない
 日本のゴルファー共通のBGM(バックグラウンドミュージック) として
✋ゴルフが上手になる 👉シャフトを硬くする
✋上手くなるほど硬いシャフトを使う

という カルト宗教の教え を秘かに信じています。
(弊社のソレ の方が遥かに害が無いと思います)

まあ アマチュアゴルファー、趣味や娯楽で
ゴルフを楽しんでいるのですから 
そのシャフトの硬さ信者論は害があるから 少々、頭痛がしますが、
ゴルフクラブのコトに詳しくないのは普通でしょう。

006


ただし 最低限の知識 として
知っておいて頂きたい、
普及? 啓蒙? するにはかなり無理があるかも 知れないのですが
知っておいて頂きたいコト があります。


通常で言うと 要らない・必要の無い情報ばかり を集め
ゴルフクラブに関する シンプルで もっともな情報は
殆どしらないまま ゴルフクラブと付き合うコト になってしまっています。



✋✋✋それは 良くも悪くも

「スイングはゴルフクラブから影響を受けていく」
「ゴルフクラブによってスイングは造られてしまう」


というコトです。


弊社は ものすごく柔らかいシャフト、重いヘッドを専門
としていますが、ポジショントークとして それをお薦めしたい
というコトではなく、
使っているクラブ、使ってきたクラブ によって
 スイングは ある程度、否、ある程度以上 作られます。

先日体験した フィッティングの話し です。

1.新しく フルセットを購入されました。
2.硬さを揃えるため 表記上、 Sシャフトの硬さに統一しました
3.内情では 軽量スチールのアイアンが遥かに硬く
 ドライバーのソレと比べ 4〜5フレックス 硬い状態 です。
 (ドライバーをRとすると アイアンはX、もしくはXXの状態です)
4.セットの中では フェアウェイウッドが一番柔らかく、
 2本あるユーティリティ 同じメーカー、同じ機種、
 同じシャフトの硬度表記にもかかわらず 硬さ に差があります。

ラウンドも数をこなし
「スコアも良くなってきたので 次のクラブのシャフトは硬くする」
という 例のカルト宗教の教え に沿い
新しいクラブは 表記上 硬めに設定しましたが、
それは ✋番手によってかなりのばらつき がありますし、
機種によっては 実質、シャフトが柔らかくなったモノ すらあります。

まず こうなると
ヘッドの大きな、シャフトの長い ドライバーを苦しみます。
何故なら 練習場での練習、
アプローチも含め 7割以上のショットは
X,XX相当のシャフトの硬さのアイアンで行うから です。

練習量や頻度、期間によっても異なりますが、
アイアンとドライバー
(シャフトの硬さの違い)では ボールの置き位置、
 左足寄り、右足寄り 加減は大きく異なってきます。
👉ドライバーが左足寄り 👉アイアンが右足寄り
✊多少、であれば いいですが、
その差が大きくなれば、同じタイミング、同じ感じ、
同じスイングでは対応しきれなくなりますから
ゴルフをするのに 2種類のスイングが必要になってきます。

さらに問題になるのは・・・
 セット中で ダントツに柔らかいフェアウェイウッド です。
シャフトの硬さから 考えると 左足より にボールを置きたい
ところ……ではあるのですが、
根本的に オーバースペックのクラブを
フェースターンで打つコトを目標に 練習してきている人
にとっては ヘッドに奥行きのある(重心深度方向)のある
フェアウェイウッドを 左足寄りのボール位置で打つ
というのは ダフリ、ダフリトップ、チョロを誘発する原因になります。
0e4d0881

フェースターンでスイングすることを基本 とする人
にとっては シャフトの柔らかさ は
インパクト時のヘッドの来なさ加減を増やすコトになります。
しならせる〜しなる量が増える は
クラブが短くなる というコト です。
しなり戻す は クラブの長さが増える というコトです。
ドライバーは まだ 空中のボールを打つので
それを許容する空間がありますが、
地面にあるボールで それを行うとなると
 地面がそれを邪魔します。



・・・と言う話 なのですが、
この体験を経て、お金や時間をかけて
レッスンを受ける以上の「秘かな教え」がからだに染み込まれます。

それは スイングの技術以前の
もっと根本的なショットにおける概念のようなモノ で
知識と実体験を持って 時間をかけて払拭しなければならないほど
深く、おそらく生涯のゴルフを通して 解消できない感覚でしょう。

練習場で数多く打つ XX相当の硬さ のシャフトのアイアン
を打つのには 速いリズムの無茶振りが必要 です。
当然、それが自分のリズム、テンポの基本 になります。
「ゆっくり振れ」
「ゆったり振りたい」

と思っても、そう打ったら 当たらないのですから。

しかし、ドライバーをそれと同じように振れば
 硬さが異なりますから 上手く行きません。
ですので アイアンのショットが良くなってきても
 自分のスイングの自信 にはつながり難くなる訳 です。
また 年齢や練習頻度 にもよりますが、
その硬さ(XX相当)のオーバースペッククラブを
打ちこなすには かなりの練習量、定期的な頻度 が必要で
それは 肘や手首、腰などに相当な負担を生みます。
 それも ショットの自信を失わせていく要因です。


ドライバーにおいては
違うテンポや間の取り方 など 工夫が必要ですので、
スコアを重視するのなら 飛ばしはあきらめ
ただ 当てるだけの ドライバーショットを作るしかない訳 です。
4〜5フレックスも柔らかい ドライバーに照準を合わせると
アイアンが打てなくなってしまい…、
練習場で打つ 大半のショットが気持ちよく 無くなりますので…。

フェアウェイウッドに至っては
「俺はフェアウェイウッド苦手!なんだ」
という 苦手意識が払しょくできず、
生涯 付きまとうコトに為り、
次のセットを買い替える時は
ヘッドに奥行きの有る フェアウェイウッドは除き
ユーティリティで固める セットの可能性も匂います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転通り、
からだが向きを変えたコトで グリップが移動する、
正しくは グリップを移動させるため、からだの向きを変えるコト ですが、
兎も角 からだとの位置関係を大きく変えず グリップ、
特に左グリップを移動させた時、
ヘッドの重さ、しゃふとのたわみ、運動による加算 等で
ヘッド自体はグリップの進行に対し、遅れます。

その遅れ は ロフトの立ち になるのですが、
(厳密には ロフトの立ち というよりも
 それを引き起こす グリップ部の先行 と言うべきかもしれません)
同時に クラブの円運動によって遠心力も生まれ、
遠心力のかかる方向に対し、ヘッドの重量点が揃う、
ゴルフ業界では「悪い意味」で使われている トゥダウン が起こります。

このトゥダウンの現象は
例え からだの向きの変更が速くても、ヘッドスピードが速くても
シャフトの柔らかさにかかわらず その量は一定、
シャフト軸に対する ヘッド重量点の位置ズレ分しか発生しません。
IMG_8497

この写真は アマチュアのゴルフファー…
しかも コースでのドライバーショットとしては奇跡に近い映像で、
こうなったことが奇跡というのではなく
こうなるようなスイングを造っていったことが奇跡と言う意味です。
左の写真がアドレスで
右の写真が実際のインパクト時、
シャフト軸とヘッドのおおよその重量点のズレ分しか
シャフトはたわんでいない という とてつもない映像 です。
しかも このショットに使われている ドライバーのシャフトの硬さは
振動数表示では 100cpm強 と
一般的なドライバーの(250cpm) 半分以下 の 柔らかさ で
手でシャフトを曲げると
まさかの ヘッドとグリップがくっ付いてしまうほど
ひものような柔らかさのモノです。
打っている距離も アマチュアの ドライバーショットの平均値としては
かなりのモノです! 


ゴルフのショットをするのには不適切ですが、
シャフト軸の延長線上に 重心点があるクラブ構造では
これまた シャフトの柔らかさに関係なく トゥダウンは一切発生しません。
ですので そのトゥダウン方向へのシャフトのたわみ量は
シャフトの硬さ・柔らかさ ではなく、シャフト軸とヘッドの重心点のズレ量分
によって 生まれる と言えます。

クラブヘッドには「慣性モーメント」と言う用語があります。
これも 何度も書いていますが、
その慣性モーメントの数値の基準は
ヘッドの重量点を軸とした ヘッドの運動性 です。
数値が高いほど 運動性が低く、
ヘッド自身の姿勢維持、
移動の運動の持続 が強くなります。
少し簡単に説明すると 安定度、ミスに対する寛容性、
ボールと言う重さを打ち抜く力が高くなる というコト です。

しかし、この慣性モーメントは
クラブにかかる遠心力とヘッドの重量点が揃った時、
発揮される「クラブの効能」で
絶対の その一致、一列化しない
させようとしない ヘッドを返す スイングにとっては
ヘッドを振るようなスイングにとっては
数値が高くなるほど 単に 振り難い になるだけ…。
薄べったい シャローなウッド系や
重心距離の長さ、重心距離の深さ、
シンプルにヘッド大きいモノが 振り難い、振り遅れる
というのは 慣性モーメントが高くなり易いヘッドだから です。

31954726


若い人はピンとこないかと思いますが、
昔 35年位までまでは ウッド と言えば
 その言葉の通り、木製  でした。
その頃のヘッドで 慣性モーメントは 1500〜1700 程度
今のドライバーの平均値で 4500
ヘッド重量の重い弊社のモノでは 5000 をゆうに超えます。
数値で言えば 3倍以上になったわけです。

ゴルフ業界の販促用語で言えば
木製ヘッドよりも 3倍も 芯が広くなったわけですから
断然、ミスヒットにも寛容ですし、
ボールに対する エネルギーの伝達効率も高くなります。

正しく 使えば・・・ ですが・・・

ヘッドを返すような使い方をする人 にとっては
他の要因、総合的な要因から
 木製ウッドとは比較しようもないですが、
3倍もヘッドが返し辛く、回転させ辛くなっているのですから
もういい加減、指向を転換しても良いのでは と思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


初めて悶絶クラブを手にすると、
初めて悶絶クラブで打つと、
恐らく全員が驚くことになると思います。
IMG_0361

多くの人が
 ご自分の基準 ☞ 柔らかい
 ご自分の基準 ☞ ヘッドの重たい
は 10%程度
硬さの目安である振動数が
 
280cpm ☞ 250cpm
軽量スチール装着の5番アイアンのヘッド重量
 
240g   ☞ 265cpm
位だと想像されていると思います。

ところが 悶絶クラブはスペック(仕様)によっては
 280cpm ☞ 140cpm
 240g   ☞ 300g

になってしまうのですから
想像以上の「すごさ?」に驚くことになるでしょう。

シャフトが柔らかくて、ヘッドが重いと
自分の動きによってクラブはそれを倍化するような
そんな感じです。

特にヘッドを振りまわして
クラブの機能を無視し、自分の技巧によって
ボールを打っていた人には
その柔らかさによって、その重さによって
それが封じられてしまうでしょうから
ちょっと大変かもしれません。

自分が腕さばきで クラブを動かしていると
柔らかい&重いの複合体は
自分の手さばきへの反応が鈍く、動かし辛く
思った通りになってくれません。

こんな質問頂きました。
「試し打ちのクラブを打ちました。
 テークバック(ストローク)の初期に
 ヘッドの重さを‼感じてしまいます。」
これは違和感…と言う意味だと思いますが、
このご自分の言葉に、ご自分のショット(テークバック)や
ストロークの謎というか、問題が隠れています。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)

ゴルフクラブは
自分が動くと、それが持たれているグリップ部が動くので
当然、その分ヘッドも動きます。
クラブヘッドが重くても、シャフトが柔らかくても
軽いものや硬いものから比較しても
重くなって、動かし辛いのは
「クラブ」であって、ヘッドでは無い筈です。

ヘッドが重い…ということは
ヘッドを動かそうとしている ということです。

グリップを動かして、その分ヘッドを動かすのと
ヘッドだけを動かすのでは
ゴルフクラブの ロフトやヘッド姿勢、クラブ姿勢の
変化が激しく(多く)なり、
 その分安定したショットやストロークの可能性が下がり
ゴルフに良い影響を与えません。

どんなクラブであっても
シャフトには 硬さや柔らかさ 軟度が存在し、
ヘッドには 軽さ重さはあっても 集中した重量は存在します。
重くて振りにくいから それを無くす(減らす) という発想は
クラブは一切頼らず 自分で打つという事です。
クラブの機能は無視したい、邪魔されたくない という事です。

少し言葉は悪いかもしれませんが、
そう思うのなら、ファッション以外で
クラブを買い替える理由はありません。
    多くの人がそうですけどね…。
スナップショット 2 (2014-03-03 22-28)

ゴルフクラブには先人たちの数百年蓄積された知恵が
集まっており、私個人も悔しいのですが
その知恵を上回るようなものを考えつきません😱




 ✌ ✌ ✌ ✌ ✌

悶絶クラブは ものすごくハッキリ主張をするクラブです
扱い方でダメなモノはダメ とはっきり言います。
当たり前と言えばそうですが、その典型例が「重さ」です。
今までは気にしなかったかも知れませんが、
これからは「重さ」を敏感に感じてみて下さい。

✊その重さが「いつ」生まれるのか?
✊その重さは「どの」方向に発生するのか?


そして その重さは
✊自分の動作をしていきたい方向との関係はどうか?
✊打つボールの方向との関係はどうか?

ゴルフクラブ全体の重量配分や
クラブヘッド、クラブの形は 
打ち手が打ち易いよう、
繰り返し打てるよう、
少ない力でボールを飛ばせるよう、
体を痛めなくても練習できるように

考えられて作られています。
9df38f18

スイング中に重さを感じる ということは
その自分にかかる 重さの時期や方向が
自分の次に「行きたい方向」に対し負荷、邪魔になっている
という事です。

クラブのその重さに促進され 動作が出来、
ボールを打て、振ることが出来れば
クラブの重さは感じません。
 ☞特に切り返しからダウン〜フォローまで

テークアウェイは重力に逆らう動きなので
多くはありませんがなにがしかの重さが掛かります。
それであっても
その方向は望ましい方向でしょうか?
テークアウェイは
トップの位置からボールを打っているための準備です。
動作そのものも
ボールの飛球方向とは概ね逆方向に動き
巻き戻しのようなモノですから
その逆方向への重さの増幅は
ボールを打つ方向にとっては不必要、最低限でいい筈です。

そういうのも とても参考になると思います。

恐らく 現在活躍するトッププロも含め、
レッスンプロですら、雑誌やテレビ、誰かの言葉
によって 漠然と、ぼんやりと
『スイングってこういうもの』
『ダウンスイングってこうやる』
『ボールってこう打つ』
と言う程度だと思います。

ゴルフクラブとスイングの関係なんて
考えている人は殆ど居ません。

でも、ゴルフは「自分」の個人プレイで
現場に出ると 頼りになるのは
自分自身とゴルフクラブだけ です。

そのゴルフクラブに
使い方を教わり、使い方を考え
その機能を利用する方がずっと楽しいと思います。

ゴルフクラブはホントにすごいです!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


シャフトの重量バランス(バランスポイント
 -バランスの取れるポイント(箇所)
は ゴルフクラブのカタログ では まず、絶対、
場合によってはシャフトメーカーのカタログ であっても
 表に出てくることはありません。
ゴルフ雑誌のゴルフクラブやシャフトの特集であっても
 ほとんど 取り上げられるコトも無いでしょう。


シャフトを選ぶ際のポイントとして
 まずは 硬さ(絶対条件‼)
 そして 重量 
  …とは思うのですが……。

他にも、 やれ キックポイントとかトルクとか ありますが、
この表に出てこない バランスポイント というのが
シャフトの 良い意味でも、悪い意味でも
 最大の特色 〜機種による違い になるのでは… と思います。

表に出て来ないので とても厄介 です。

製造業者である 私 であっても
 各メーカーの、各機種の バランスポイントは
実物を手に取り 各パーツの重量を調べたり、
 測らないと分からないケースが少なくありません。

✋正確に測るには クラブとして組み立てられていない
 シャフト単体の状態 が必要です。

重心のかかり方 (2)


シャフトは ご存知の通り
 先端が細く、手元(グリップ側)が太くなっています。

サイズ(代表的なモノの外径) で言うと
●ウッドの場合 先端が 8.5mm  グリップエンドが15.0mm
●アイアンの場合
 グラファイト素材    9.4mm  グリップエンドが15.0mm
 スチール素材     9.0mm  グリップエンドが15.0mm


✌✌✌細い部分である先端の強度を補強する為、
グラファイト素材の場合は 先端に弾性の高い(強い)素材を足し増し、
スチール素材の場合は 金属素材の厚みで補強、
 少々オーバーではありますが、外径(見た目)と反対に
 内側は逆テーパー
(スチールシャフト)になっているような状態です。

蛇足ではありますが、
スチールシャフトの方が補強し難いにもかかわらず
グラファイトの外径より細いのは ある理由による形状の違い です。
その形状〜外径が固定化、される頃は接着剤の素材が良くなかったため、
接着され難いスチールシャフトは
 先端部をテーパー化して、接着面積を稼いでいます。
(グラファイト素材のそれは ほとんど パラレル です)
接着材の質、向上がなされている為、
 現在ではほとんど意味を成しませんが…。

故に バランスポイントは スチールの方がグッと先端寄りで
(先端を0、エンド〜グリップ側を100とすると)
グラファイトシャフトの平均的なBP 52~54 に対し
スチールシャフトのそれは 48位になっており、
同じ長さ/同じヘッド重量 のクラブを組んだ場合、
 数値上 グラファイトシャフトの方が スイングウエイトは大きく出ます。
 その差は10〜15g分位 あります。

昔からよく言われる 「グラファイトの方が飛ぶ」 のは
シャフトの素材のせいではなく、
👉重いヘッドが装着されているから なのです。


ですので 市販のユーティリティなど、
市販状態でグラファイト素材のシャフトが付いているモノを
スチールシャフトに変更する場合、
 同じ長さでは作れないことが殆どです。
(スイングウエイトなどを無視する場合は可能です)
59010005_1

ウッドなどをスチール化する場合
 数値上、同じバランスポイントにすると仮定すると
グラファイト ⇒ 45インチのモノ
スチール化 ⇒ 43.5〜43.75 まで 短くなります。

これも蛇足ですが、
数値上のスイングウエイト(C-8とかD-0)は
シャフトの重さではなく、シャフトのバランスポイントの方が
圧倒的に効く、作用します。
同じシャフトのBP、 同じヘッド重量、 同じ長さ であれば
シャフトの重さを 40g ⇒ 80g 倍、3倍にしても
スイングウエイトは 全く同じ です。
ですので スイングウエイト は その言葉の意味とは異なり、 
 人間の感じ方 を表しているモノ では無い というコトです。


従来は スチールシャフトとグラファイトシャフトでは
明確なバランスポイントの違い、暗黙の基準 が有ったので
良かったのですが、最近では
アイアンはスチールシャフトがデフォルト(基準)状態の為、
グラファイトのウッドシャフトも BPをスチールに合わせているモノ
も多数😨出現し、ひっちゃかめっちゃか状態です。

いろいろとバリエーションが増えるのは良いと思いますが、
グリップの重量にもバリエーションがあり、
シャフトの硬さやキックポイントにも明確な基準がないのに
表に出てこないBPにも 種類 が多いのは大変困ります


どんな風に困るか というと
❶バランスポイントが先端寄り 〜軽いヘッド装着 のモノに
  軽いグリップを付けたモノ
❷バランスポイントが手元寄り 〜重いヘッド装着 のモノに
  重いグリップが付いたモノ

この二つが 数値上、スイングウエイト 場合があるのです。
本当の意味の、実質的な意味のバランスは全く異なる!のに、です

シャフトが同じ重量であれば 総重量で判別するコトが可能ですが、
重いヘッド/グリップ - 軽いヘッド/グリップ、
 その差分、シャフトが重かった場合(総重量が同じ)では
まったく 異なる作りのクラブなのに 判別が不可能 になる訳です。

また このケースで シャフトの長さは同じ、
シャフトの硬さ 〜振動数上数値が同じ であると
 軽いヘッド装着のクラブの方が 実質、シャフトは柔らかい のですが、
それは 長さは分かるにしても、
 おおよそのヘッド重量が分らないと判別不可能です。


同じバックに入る
●ドライバー
●フェアウェイウッド
●ユーティリティ
●アイアン
●ウエッジ
これらの中に 上記の ❶と❷が混載されている可能性があっても
その数値が読み取れなくなります。
IMG_0591

スイングウエイトの数値は同じでも
実質、ヘッド重量が10g差があったら どうでしょう?
 同じ感じに振れるでしょう?
10g は 数値としては小さいように感じますが、
長い棒の先端、一番移動量の多い先端部分の10gの違いは
かなり大きいです。
一般的に 売られている 後付けの 鉛-2枚分の違い です。

1回打って 鉛を10g貼り、次は剥がして
を交互にやったら どっちが良いのか、悪いのか
スイングが悪いのか、タイミングが悪いのか
どっちが合ってるのか 訳分からなくなると思いませんか?

キックポイントなど曖昧な違い
総じて しなりの少ない硬いシャフトを使っている人が
圧倒的に多い この状態では
その 10g分、ヘッド重量が異なってしまう
バランスポイントの方が ショットにもスイングにも大きく作用します。
しかも それが あまり話題、
 クラブ選びの基準にもなっていないのです。


なんだかなぁ。。。 って思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



現代のドライバーは ネックにスリーブが付いていて、
簡単にシャフトが付け替えられるものが多くなりました。

それを使って、実験を兼ねてやっている人 がいるので
注意、もしくは警告も兼ねて 書いておきます。

ti-a2


ヘッドには体積や慣性モーメントなどの ルールの制限が増え、
ほぼがんじがらめの状態です。

よって 飛ばすコト をクラブに求めるのは
長さ と シャフトの柔らかさ 位になっているのが実情、
結果、46インチ前後が平均的なドライバー となっています。

45インチでも「扱い易い」とは言い切れず
46インチと言う長さは 我々、日本人には
ちょっと持て余す長さ と言えるかもしれません。

だからと言って 無闇に短くするのは危険 です。

本来 同じヘッド〜同じシャフトを使っても

 46インチ ヘッド重量 185g
 45インチ ヘッド重量 197g
 44インチ ヘッド重量 209g
 43インチ ヘッド重量 221g


大さっぱですが、長さに応じて ヘッド重量 1インチに付き12g が増えて
初めて 長さの違うだけの 同じ流れのクラブ と言えます。

厳密に言えば、長さが変わると
それに適応したロフトも‥‥ と言う部分は割愛します。

455T-5-1


46インチ時の ヘッド重量をそのままで
長さを 1インチ、2インチと短くすると
長さだけでなく、シャフトの運動量も激減します。
(基本、硬さは同じ…ですが、シャフトに対する負荷が激減します)

スイングウエイト…がクラブのバランスを表す適切なモノ…
かどうかの議論はさておき、1インチ減ると 約12g分 6ポイント
D-0 46インチだったくらぶが C-4 45インチ にまで落ちます。

これで打ってみると どうなるか というと
特にヘッドローテーション、手でクラブを振る人にとって
いきなり その負荷が 静止状態で12g
ヘッドスピードによって異なりますが、運動時の負荷が何キロ分か
減りますので、慣れてしまうまで、速く振れるようになります。
 (ものすごく 一時 ですが…)

その重さ、になれてしまうと 元のヘッドスピードに戻りますが、
問題なのは 衝撃 です。

重さ というのは 慣性モーメント、
運動を持続するチカラ を持っています。
その 慣性モーメントが下がると
インパクトの時の ボール荷重に対して、
下がるヘッドスピードが増し、
 言うなれば 急激にヘッドが止まり易くなります。
この際に受ける衝撃は クラブに近い 弱い関節に響き
その人の体力 にもよりますが、手首や肘 を痛める可能性が
かなり高くなります。


半インチでも怖いのに、ヘッドスピードの数値や計測器の数値を
追いかけたために 数か月後 腱鞘炎になる ・・・・
おそらく 日本中にそれに該当する人がいるのでは、と思います。

また このようなケースで往々にして起こるコト ですが、
短くしたことによって 当然 ヘッドの入射角度やインパクトのロフト姿勢
なども変わり、長さを変えたことによって、長さ が主要因ではなく
自分の理想的な 入射角度とインパクトのロフト姿勢 が
合致したことが 数値として距離の伸びた可能性 も否めません。
 この手のケースでは おそらく こちらが大半 かと思います。
✋しゃくり打ち している人はこれにハマり易いので注意✋

460TL-4


なにより ヘッド重量を調整せず、長さを落とし
それによって 一時的にヘッドスピードが上がったり、
計測器の数値が上がっても、それは ほんの一時的なモノ
の可能性は非常に高く、
それの副作用である、ヘッドの軽いモノを速く動かす癖 が助長され、
地面からのショットがダメになったり、
アプローチがダメになったり

最終的に ひじや手首などを痛める デメリットの方が
あとあと、遥かに痛く、重く のしかかります。

☑ご注意ください

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブはものすごく良く出来ています。

先日の記事の通り、
ヘッド重量がある程度、しっかりしており
普通に振って、しっかり たわむ(しなる)硬さのシャフト であれば
運動が少ない時は
 ヘッドの位置やヘッドの姿勢、クラブの具合 が判るように
重心位置と言うモノが判別でき、
ある速度を超えると それが直線状に揃う

 二重構造をもっています。

455T-1


アドレスやテークバック、トップの位置
などでは 重心位置によって ヘッドの位置、姿勢 が判りますから
同じコト、同じ動作をする目安になります。
一旦、速い運動になると
 そのズレが解消され、握っている棒、そのもので打てばいいのです。

そう言う特性が 他のスポーツ用品には無い
 ゴルフクラブの特性、というか二面性です。

それを有効に使わない手はありません。


重心深度の深いフェアウェイウッド というのは
正しく使えば
重心が深い ⇒より重量効果が大きい
        ⇒ヘッドが前に出る /ロフトが増える
        ⇒ヘッドが前に出る /入射角度が緩くなる

これらの効果から 打ち出しが高くなり、スピンが減ります。
よって 単純には距離が出し易くなります。
しかし これを 重心を直線状に揃わない使い方 をすると
重心が深い ⇒重量効果が大きい
        ⇒より遅れる /ロフトが増える
        ⇒より遅れる /フェースが開く

で 入ってきて フェースターンすれば
重心が深い ⇒急激に、ヘッドが前に出る /フェースが閉じる
        ⇒ヘッドが跳ねあがる
になるのですから ダふるか、突然ヘッドが跳ねあがるトップ か の
非常に使い辛いキワモノになってしまいます。



ヘッドターン 〜手の返しでボールをさばく方法は
基本的に、重量が一直線上に「揃わせない」方法です。
揃う扱いでは ヘッドの重量による ヘッドの遅れは
 ロフトの立ち に出来ますが、
揃わない扱いでは 
その遅れは ロフトの開き とフェースの開き になります。

それを わざわざ作り、取り返すのは 無駄 ではないでしょうか。
研鑽を積んで 安定度を高める方法も無くはありません。
好きで行っている人は、それを目指すしかありませんが、
どちらであっても、年齢的な衰え で 成功率 が 下がる日は必ず来ます。

そうなった時、ゴルフクラブの性能を利用出来る方法
を取っているか、自分の練習量も含めた 運動性能に頼る方法 なのか
は大きな開きになると思うのです。

edd43161


 同じヘッドスピード であったとしても
腕も含めたゴルフクラブだけが動いているのと
からだ と言う重たいモノも一緒に動いているのでは
まったく 同じ なんでしょうか❓
安定度はどちらなんでしょうか❓
繰り返し易さはどちらなんでしょう❓
動いていないからだと動いている腕 その接点が痛まないのでしょうか❓

イチからゴルフを誰かに教える として
その人が腕力や体力に自信がなかった、としたら
満足感がある 手で振るスイングを教える べきでしょうか
oto_Moment

年齢を重ねると 若い時には思いもよらなかった
ボールが上がらない、ゆえに飛ばないや止まらない を体験します。
その時、ヘッドスピードを上げろ は酷です。
そうなった時、クラブに頼れるようにして置いた方が良いのではないか
と 私は思っています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブ、特にヘッドに関するデータ、
ロフト角度、ライ角度や体積は兎も角、
もうちょっと細部にわたる 重心位置、
重心距離、重心高さ、重心深度、慣性モーメント...

に関する部分には大きな秘密 があります。


まあ、一般的には 始めに書いた
 ロフト角度、ライ角度や体積 よりも
どこどこの会社のなんとかと言う機種
そこだけで 購入される方が殆ど なんですけどね。



それは兎も角、
ボールを飛ばすには 大きな比重がかかっているのが
重心位置や慣性モーメント(含むヘッド重量)です。
58b52cea014c8e392700135f_20170228165522

これらはすべて(先日の記事に書きましたが)
スイングをして、ある一定の運動をさせた時、
重量は遠心力などによって 一直線上に揃う

と言う特性(使い方のヒント)です。


例えば…飛びや安定度の指標となる 慣性モーメント
その測定の方法でも分かります。

👉 ドライバーなどヘッドを 測定機器に載せ
 ヘッドを回転させると、基本、ヘッドは
 その重心点を軸に回転します。
 その回転し辛さ、し難さを数値として表しているのが
 慣性モーメントで、
 ヘッド重量が重ければ 回転~運動そのものがし難いですし、
 重量物が 回転軸から離れているほど
 重量の効果が大きくなりますから、やはり回転し辛くなります。

現在は、測定機器のコストが非常に高く、計算でその数値を
割り出せるので、実際に測定しているモノは少ないか、と思いますが
なにより 慣性モーメントとは
 重心位置を軸とする回転し辛さ、
逆に考えると、一定の姿勢を維持しようとするチカラ
 です。


ですので、手を返して ヘッドターンさせる際の
シャフト軸慣性モーメント ではありません。
完全にイコールではありませんが、
一般的な慣性モーメントと呼ばれるモノの数値が高いモノほど
シャフトを軸に回転させるには不向きなモノばかりです。

460TL-2


これは 重心位置の実質的効果とも似ていて、
よくある 重心位置が深いモノほどやさしい、上がりやすい
というのは、一定の運動をかけた時、
ヘッドが前にでる効果が高く、ロフトが増えるからです。
👉重心が深いので 打面であるフェースが前に出る量が多い

重心距離が長い というのは
 そのヘッド重量の重さの効果が多い と似た特性で
当然、そうなると 飛距離性能も高くなりますし、
ヘッドターンさせようとした時に、させ難くなります。


クラブヘッドのほぼすべてのほぼすべての性能は
ある一定の運動をさせた時、グリップからヘッドまでの

クラブの重量中心点が直線上に揃おうとするコト
を大前提に考えられています。

まあ 考えてみれば 当たり前のように感じますが、
L字型のゴルフクラブで そのL字の先端、
折れ曲がった先、で打撃するよりも
軸で打撃する方が 運動の伝達は良いでしょう。
故に ときおり 製品として重心距離ゼロのドライバーが
 ゴルファーを 「もしや…」 と思わせたりするのです。

IMG_8497


アプローチショットの シャンク も同じ原理です。
元々、速い運動をしませんから
 一直線上に揃い難いアプローチショット、
殆ど クラブセットの場合、ウエッヂが一番重心距離が短く、
 シャフトの動きを一番起こしにくいクラブで
より硬いシャフトを使ったり、
一直線上に揃い難いような振り方や
シャフトのしなり〜ヘッドの遅れ をあえて取り戻すように振れば
当然、その場所に 重心点ではなく シャフト が来てしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブのスペックというのは
ホント〜に使う人次第なんです。

カタログの データ、数値を見ても
それが 自分にとってどうなのか の
一般論は ほぼ役に立たない と言えます。

スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)


例えば 地面からボールを打つ場合
ヘッドの重心の深さ
✋重量の中心点がフェースから離れている〜奥まっている
ヘッドが前に出る作用

 重量が一直線になろうとする作用 によって
インパクトロフトが大きくなり易い
というのが「一般的な」「カタログ記載」の認識 です、ハイ。


これ よく読むと
重量が一直線上、遠心力の上に重量が揃う効果
を発揮させないと 意味がない訳です。

つまり ヘッドを振ってしまう、ローテーションをしてしまう人
にとっては 重心の深さは
👹ヘッドの開きになってしまったり
👹最下点がボール手前になってしまったり
ミスの原因にもなります。
video_Slomo_Moment

ヘッドには入射角度 がありますけれど
ヘッドの重心位置 というのは とても大きくそれを左右するので
重心の低いモノ、重心の深いモノほど 緩く入って来易く
重心の高いモノ、重心の浅いモノほど キツク入って来易くなります。

実例であげると
フェアウェイウッドとユーティリティクラブを同じ長さ、硬さ、ヘッド重量
同じロフト、などで作ったとしても
重心の深い フェアウェイウッドの方が
入射が緩く インパクトロフトが大きくなる為 打ち出しが高く スピンは少なめ です
重心の浅い ユーティリティクラブの方が
入射がキツク インパクトロフトは小さめ、打ち出しは低く、スピンは多め(比較)
になる筈・・・ですが
重心の深い フェアウェイウッドの方が
緩い入射、大きなロフト(ヘッドが前に出る作用)があるため
ヘッドを振る人にとっては 最下点が手前になり易く
かつ ヘッドが前に出ようとする為、
フェアウェイウッドの奥行きのある形状が邪魔になり
ダふったり、ダフリトップになったりする訳です。
5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7


ここ ねー
ものすごく 問題の部分 なんです。
業界のとっての死活問題 とも言えます。

売る側や作る側 は 大前提として
クラブを捩じらず 正しく扱って ナンぼ
と言う形でしか クラブを設計したり、作ったり、宣伝しません。
ところが いまは
クラブを捩じって使うのが主流。
重心が深ければ より捩じられてしまいますし
重心が低ければ より捩じられてしまいます。

慣性モーメントが大きいのも ねじり難くなりますし、
重心距離が長いのもダメです。

クラブのスペックを先祖返りさせるしかない のです。

ヘッドをターンさせ、ヘッドを返し、腕を返し
ローテーションしてボールを打つ方法は
運動神経、運動性能、体力、そして練習量に依存します。
正直 それらがすべて。

逆にゴルフクラブは
軽いヘッド、小さいヘッド、短い重心、浅い重心、硬いシャフト
と 機能をどんどん減らした方が結果は出る状態です。

これでは スイング面においても、ゴルフクラブ面においても
ゴルフをやる人を限定してしまうのです。

ゴルフクラブ業界はもっとスイングとクラブの関係を考えないと
ゴルフ人口減少を止めるコトが出来なくなります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブを調整する際、
もしくは選んだり、区別する際、用いられる一つの項目で
ゴルフクラブを有る基準の元、はかりに載せ
平たく言えば どの位 ヘッドが重いか 測ったモノ
そして それを数値化して表したもので

一般的には C-8 シーエイト とか、D-0 ディーゼロ をいう
単位?、呼び方が使われています。
59010005_1

現在は 14インチ計という 天秤型の秤が用いられます。
単位で言うと Aから始めり B.C...と順に重くなり、
各アルファベットは 大まかに ゼロから始まり ...7.8.9.で
次のアルファベットになるという具合です。

大まかにですが 例えば D-0 と D-1 の違いは 約2g
ヘッドが重い、ヘッドが効いてると考えて良いでしょう。

『勘違いを引き出し易い要素』ですが、
コト スイングウエイト計、秤で測った数値 は
シャフトの重さに関係なく 単純なヘッドの効き です。
シャフトにはそれぞれシャフトバランスがあり、
概ね シャフト重量に関係なく、シャフトバランスは似ている為
例え シャフト重量40gであろうが、90gのシャフトであろうが
スイングウエイト…よくいうバランスの数値は同じです。


スイングウエイトは 静的なバランスであって、
スイングした時、使ってみた時の 動的なバランスでは無い

と言う問題点があります。

今、現在 その使ってみた時、振ってみた時の
動的なバランスを表す何か、指標 は存在しません。
にも拘わらず、『スイング』ウエイトと言う名称が厄介かも知れません。

スイングウエイトは その長さ に対する ヘッドの重さ を表しており、
そのクラブの全体の重さ や そのクラブのシャフトの硬さ に対しての
数値ではありません。

確かに 同じ長さ、同じヘッドの重さ
でも装着されているシャフトが40gと90gでは
使った感じ ヘッドの重さは同じには感じられないでしょう。
軽いシャフト、
 全体重量の軽いモノの方がヘッドは効いて感じるでしょう
004

同じく、同じ長さ、同じヘッドの重さ であっても
シャフトの硬さが違えば 同じようには感じられません。
シャフトの硬いモノ の方が 感触として
 ヘッドの重さは伝わりにくいため、軽く感じ易いのですが、
不思議な部分ではありますが、
 その人の振り方や過去のクラブの変遷 などによって
シャフトが硬い方が 振り感が重く感じる人
シャフトが柔らかい方が 振り感が重く感じる人
 は結構バラバラで、一概に「こうだ!」という指標は存在しません。

そう言う意味では
 ある一つのクラブをセット、組み上げる際や
セットして流れを作る際の指標として スイングウエイト は用いるコト
は出来ても、
シャフトの硬さや全体重量の違い、シャフトの重さの違い がある
別のクラブとの 直接的な比較として
 スイングウエイトは役に立っている とは言い難い部分があります。

ですので クラブを選び際、以前のクラブは D-0 だったから
 次のクラブも D-0 にするとか
シャフトの硬さや重さ、全体重量の大きく異なる際の
 スイングウエイトの統一 は正直、あまり意味も持ちません。

残念ですが、ゴルフと言う娯楽が 定着するまでに
 別の 動的バランスを測る、比べる方法が根付かなかったため
今も 静的なバランスである スイングウエイトが
 唯一の クラブのバランス となってしまっている とも言えます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



シャフトの挿し方(刺し方?)について問い合わせがありましたので
それに付いて 書いてみたいと思います。

93443


「シャフトの挿し方」と言う言葉に
 ピンとこない方も多いかと思います。
ハミングバードでは原則、やらないので
 私自身もその言葉に反応するのにちょっと時間が必要な程です。
弊社のお客様だと、私が口にしませんから、
ほとんどの方が ???? になるのでは、と思います。

単純に言えば、ヘッドにあるシャフトの入る穴 に対し、
シャフトを真っ直ぐ挿さず、ある目的の元、斜めに指し、
無理やり固定することを指します。
その為のスペーサーや治具もあります。

経験則で言うと、アイアンは軟鉄の場合、
ライ角度・ロフト角度調整がありますので、やることは皆無、
ウッドの場合、
特にドライバーやフェアウェイウッドなどの、
フックフェース、スクエアフェース、オープンフェースを
気にされる方が ごく稀に 年に一件あるか、ないかペースで
指定されるお客様がいらっしゃいます。

シャフトのサイズは
ウッドの場合、約8.5mm
アイアンの場合、約9.3mm
異種サイズはあるにはありますが、だいたいはこのサイズです。

ヘッドに開いている穴(シャフトを挿す穴)は
シャフトと完全にピッタリだと シャフトが入りませんから
気持ち大きめ(0.5〜1.0mm程度)に開いています。

その穴を少し大きくボーリングし、異物や
専用のスペーサーを入れ、固定する のが「シャフトの挿し方」です。

ロフトが分かり易いので 写真で説明すると
2020-05-23_20-48-23_Moment(3)オリジナル❶








2020-05-23_20-48-23_Momentシャフトを左から挿す❷

👉ロフト角度が増えます






2020-05-23_20-48-23_Moment(2)シャフトを右から挿す❸

👉ロフト角度が減ります






分かり易いように細い棒を使いましたが、
実際には シャフト外径とホーゼル内径(ヘッドの穴)の差は
安全上、大きく取れませんから
ここまで角度差を付けることは出来ません。
プラス2度、マイナス2度未満 になると思います。

これはライ角度、フェース角度にも応用でき、
この原理が 現在、多くのメーカーの取り入れている
可変式スリーブに使われています。
ti-a2

シャフトの挿し方…で言うと、
安全上の問題もありますが、はっきりとわかる程
ロフト角度、ライ角度、フェース角度を変えると
シャフトとヘッドの接合が 骨折したような
変なつながりに見える と思いますが・・・。
それは 可変スリーブでも同じです。
今は気にしないんですかねー、構えにくくなると思うのですが…


✋私の経験で言うと、
それをしなければならない状況は
ヘッドの ロフト角度やライ角度、フェース角度の問題ではなく
大半が シャフトの硬さが合っていない コトによって
結果が出ない です。

一番多い例で言うと、フックフェースを治したい です。
そのパターンはまず シャフトの問題だと思います。
スイングとの相性もありますが
●硬くて引っかかっているか
●柔らかくてフックしているか
というのが根本原因かな とも思います。

今は シャローフェース(薄べったいヘッド)が大半です。
シャローフェースのドライバーは重心距離が長めで
右に行く率が高くなるので、アップライトになっています。
フックフェースが強く、もしくはフックフェースに見えやすいですからね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まあ 今となっては
売れない「アイアン」の単価を下げるための方策、と呼べる
軽量スチールシャフト装着のアイアンですが…
10〜15年位前からでしょうか
アイアンは スイング破壊兵器の軽量スチール
主流になってしまいました。
(ゴルファーのとっての悲劇と言えます)
謎のストーカースイング_Moment(2)

スチールシャフトは単一素材の為
 強度を局所的に補強することが難しく
全体の太さ、金属の肉厚で強度を出しています。
軽量化は 主に手元の金属の肉厚を薄くしていますので
元々そうだった 先端重、手元軽 と言うのがより強調されています。

強度に非常に不安があるので
重いヘッドや重心距離の長い
(ヘッドが重いのと同じ)を嫌い、
避ける傾向が強いため
どうしても 軟鉄系の小ぶりなヘッドになります。

👉軟鉄ヘッドの製造コストの激減というのもありますね



しかし 相変わらず ドライバーは大型460嫣宛紊離悒奪鼻
また ネックを変更、交換できるタイプが多いため
横壁(サイド)のあるディープなタイプよりも
製造上の問題で シャローのうすべったいタイプが多くなります。
つまり 重心距離の長いタイプです。

それに小振りなアイアン、場合によっては
 マッスルバックのアイアンを使っている人も少なくありません。

平均的には ドライバー42mm
         アイアン36mm以下
(マッスルバックでは 32mm以下なんて言うのも少なくありません。)
という組み合わせです。

455T-2IMG_0499







ドライバーには 振動数240cpm のグラファイト  それに重心距離42mm
アイアンには 振動数280cpm のスチール  それに重心距離36mm


長いドライバーの方が シャフトが柔らかめ ヘッド重め 重心距離長め
短いアイアンの方が シャフト硬め ヘッド軽め 重心距離短め



最新のセットの組み合わせを使わざるを得ない 契約プロは
好き嫌いに関わらず この組み合わせでゴルフをしなくてはなりません。

ある程度 均一なスイングが出来る人であれば
☑ドライバーは普通に打てれば
 アイアンは フック気味、左に行き易く、トップし易く、タイミングが早くなりガチ
☑アイアンが普通に打てれば
 ドライバーは スライス気味、右に行き易く、ダふり易く、タイミングが遅くなりガチ

ですので
双方を使えるようにするには
 それぞれ 別なタイミングやボールの置きどころ など工夫が必要です。

そのクラブを使いこなす仕事 も契約金に含まれるプロの真似を
お金を払ってクラブを買う アマチュアがする必要はありません。

ゴルフクラブは 硬すぎても 柔らかすぎても 軽すぎても 重すぎても
全体の統一、共通性があれば 苦労はシンプルで済みますが
多種多様なものが混在するほど 複雑で、絡み合う問題が生まれてしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールをつかまえる/潰す
と言うのを間違えてしまうトコロが
 【スイング形成の分かれ目】 なのでしょう。

何度も書いていますが、
ボールをつかまえるコトは ロフト
クラブヘッドで言うと 縦 の問題です。
df713d9f-s

そして、そのボールをつかまえる/潰す 👉ロフトを立てる
とは言っても、スイングの構造上、
ヘッドが水平ではなく、やや上から入ってくる(入射角度)
その分、地面に対し ロフトを立てるだけ
縦の軌道に対しては 元のロフト通り、
軌道分、ロフトを下に向ける だけ…です。

その仕組みは ゴルフクラブの重量配分、
そして ヘッドやシャフトと言うモノの構造上、
全体の進行に対し 重さ分、ヘッドが遅れるコト によって
半ば自動的に発生、自然に発生するモノ です。

ハンドファーストにする と言う技術で作り出す
無理やり作り出すモノでは無く、
放っておけば そうなるモノ です。



それを フェース/クラブの向き 横 の問題 として
90度違うモノで 対処してしまっては
【全く異なったゴール】になってしまいます。

それが アマチュアがスイングで悩む分岐点 だと思います。

フェースの向き の開き/閉じ には
かならず ロフトがくっ付いてきており、
その、ロフトの方が ボールのつかまえ につながっているのに
それは おまけ として フェースの開き/閉じ に注視してしまう…。

スイング軌道 と言う話になっても
アウトサイドインとか、インサイドアウト
それに対する フェースの向きという横ばかりを
気にするようになってしまう。

e00bf7e68658a3e6-s








意図的な フェースの開き/閉じ は
自然に遅れるヘッド〜遅れたまま入ってくるはずのヘッド
(もしくは、重さ分自然に発生するハンドファースト)
それを解消しなくては 達成できません。
ヘッドファーストにしないと フェースを閉じるコトは不可能です。

全体の進行(からだの回転〜向きの変更)に対し、
それを追い越すには、どこかで全体の進行を緩やかにする、
もしくは止め、手さばきで グリップをヘッドが追い越す行為が必要になります。

ヘッドがグリップを追い越せば 体重は蕕忙弔蠅泙后(残り易い)
右サイドも潜りガチ になります。
腰を止め、腕、肩周りだけを回す時間が生まれるので
インパクトでは腰は大きく開きます。


スライス = 初心者 的な感覚
それが大きいのかも知れません。。。

ロフトの立ち と簡単な言葉にしてしまいますが、
上から入ってくる分、軌道通りのロフトにすれば良いだけ…、
ヘッドの遅れ分、ロフトを地面に向ければ良いだけ です。
横、左右の軌道とフェース向き とは関係ないのです。
飛距離 と言う面で言うと
ロフトが正しく使えていれば 右回転でも左回転でも
大きな差は無いのです

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフのスイング用語には「ボールをつかまえる」というのがあります。
ほぼ 同じ意味合いで『ボールを潰す』
それを実現するための用語で「ボールを上から打つ」 なんてもいいますが、
それらはいったい どのような状況を表す、示すのでしょう。

打つ前の状況、アドレス時は
ボールと打撃点(物)であるヘッド〜フェースの関係は  こんな状態です。

IMG_0524


スイング、もしくは ショットは 手で振ったにしても、体で振ったにしても
ヘッド(フェース)はいったん高さを上げ、下がりながら打撃し
打ち終わると また 高さを上げていきます。

その度合い… ヘッドが上から入ってくる度合い、円弧の大きなや角度は
 ヒトによって微妙に異なりますが、原則、そのクラブの長さ、
そして その長さのよる、前傾姿勢の度合いが基準になります。

ですので 単純には シャフト(クラブ)の長いドライバーは
円弧は大きくなり、ボールに対して入ってくる上からの度合いも緩め、
シャフトの短いウエッジは円弧は小さく、ボールに入ってくる度合いもきつめ
になります。
IMG_0526

ボールは球体・・・ですので、圧力がかかった場合、
かならず 逃げ場所へと流れます。
例えば、 ボールをアドレスと同じような状態で打ってしまうと
インパクト以降、ヘッドは上に上がろうとしますので
イメージとしては ボールがフェースの下へこぼれてしまう・・・ような
形になってしまいます。

『ボールをつかまえる』は 球体、しかも ゴム質であるボール
(ボールの歪み率は 金属であるヘッドの約200倍あります)
を 下降過程でとらえると ボールは逃げる場所がないので
角度の付いたフェースの上に逃げようとしますが、逃げ切れず
 一瞬、潰れる コトを指します。

✋単純にボールを潰す と言う意味であれば、
入れ方よりも 打撃のロフトに左右されます。
入れ方が良くなくても、ロフトの立った(例えば、ドライバー)であれば
ボールは『潰し易い』のです。

ボールを下がり過程でインパクトするか、
ボールを上がり過程でインパクトするか、

同じヘッドスピード、同じクラブであっても
この二つでは まるで違った球質、弾道、距離、高さになります。
まるで違った球です。
故に 最下点 という どちらのインパクトもあり得る
イメージでボールを打つのは お薦め出来ません。

テクニックとして ハンドファースト を推奨している訳 ではありませんが、
ゴルフクラブは構造上、シャフトが前に倒れた(飛球線側)分、
地面に対するロフトは立ち(伏せられ)ます。
ゴルフクラブは構造上、ヘッドの重さ分、ヘッドは遅れるように
造られていますから、それに逆らわず、スイングすれば
放っておいても ロフトは立つ ように見えます。
実際の、そのクラブの正規な打撃ロフトは 地面に対し…ではなく
「入ってくる軌道に対して」です。

例として、5番6番(ロフト30度)のクラブを
地面と平行に、地面に対し30度、入射0度で打つのではなく
入射10度(参考例)、地面に対し20度で打つのが
そのクラブのオリジナルの弾道になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



インテンショナル(意図的な)ショット
例えば ワザとスライスを打ったり、フックを打ったり
わざと高い球を打ったり、低い球を打ったり
そう言う球を打つべきか、覚えるべきか
 というと答えはノーです。


そう言う球を意図的に打つ というのも
ゴルフの楽しみ の一つですから
好きな方はどうぞ ですが、
技術的に覚えるべきか、と言えばノーです。

スライスがどんなメカニズム、仕組みで
発生してしまうか 知らなければ
防ぐことも出来ません。
おまじないや祈りで スライスが治ったり、出たり、
する訳ではありませんゆえ…。

アプローチにも 高い球、低い球、抜き球、ロブショット
とありますが、基本はその打つクラブのロフト角度と距離感です。
ただ そのメカニズムを知っていると
出易い球の傾向も見えるようになるので
『メカニズムとして』 知っておいて損はないでしょう。
IMG_0525

雪道で急ハンドルを切るとどうなるか、
濡れた路面で急ブレーキを踏むとどうなるのか、
そのメカニズムを知って、ついでに体験もしておくと
かなり そう言う場面を事前に防げるものです。

スライスは
✖飛球線方向に対し、フェースが開いているから 出る、とか
✖アウトサイドインだから 出る、とか
✖からだが開いているから 出る、とか

科学的ではなく、結果論的な要因で
それを解決しようとしても よりコンガラガルだけのケースが
少なくありません。

555


…意図的なフックを打つ
…意図的にロブショットを打つ
そう言う球の出る「メカニズムを知って
その手の球が出難くするようにする為」
と考えた方が良いでしょう

コースで 前に木があるから
それを迂回して、フックやスライスを打つ
というのは お薦めが出来ません。
現場でそれが出来る確率の高い人は
そこへ その球を打たないものです。
そこへ 打ってしまった人が それに「単に挑戦」
するのは 遊びの一つなので良いと思いますが、
スコアも考えているのなら
自分の「普通に出来るコト」で 対処した方がベターです。




グリーン周りのロブショットも同じです。
ショットの中では もっともリスクが高く、
成功率の低いショットの一つです。
(挑戦するのは自由です)
ロブショットの難易度が高いのは
打つ距離に対し、振るスイングの量が大きく、
そして速く振らなければいけないので
失敗した時にリスクは大きくなります。
普通に打って 必要最低限の高さの取れる番手で
出来るだけ『普通に出来るコト』 で その場面を回避、
もしくは そこから 3回でカップインさせる最善の方法を模索
する方がベターだと思います。

特殊なショットが欲しくなる
 そんな状況を生んだのは自分のミスです。
一回のミスを一回のショットでクリアにする、帳消しにする、
そんなことが出来るなら そんなところに打たないモノ です。
一回のミスを一回のショットで帳消しにする。。。ような
一打に対する精神的な、技術的な負荷をかけないように
した方が 当然、安定したゴルフになるでしょう。

なんだか 普通な、当たり前すぎる話になってしまいましたが、
難しいアプローチで 寄せてワンパット
テレビの見過ぎ、マンガの見過ぎです。
そんなことが出来るのは、プロのトーナメントで、
その週調子のよい優勝争いをしている選手だけ。
 勿論、遊びと考え、挑戦するのはOKですが…、
出来るコトを積み重ねていく のがゴルフショットの基本であり、
スイング創りの基本でもあります、
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブ診断をすると、
ものすごく よく有る例で… あまり口にはしませんが
『悩んでいるなら…辞めた方が良いのに…。』
と言うモノの 代表例があります。


それは…
ウエッヂのみを『スチールシャフト』にするコト です。


IMG_3232

気持ちは分からない訳ではありません。
●シャフトが重い方が 安定するんじゃないか…
●飛ばさないクラブだから…

おそらく そのケースの殆どがこの二点なんだと思います。

答えから言えば 

シャフトが重く なったコト で
スイングが、アプローチが、安定する なんてコトは
よほど 一方の軽い方のシャフトが 30gや、40g以下
のようなケースとの比較でない限り、
スイングに影響を与える差 ではないです。

ないですが、 気持ちの点も含め、重い方が安定する効果は
無いとは言い切れません。 その点はわかります。

ウエッヂ…アプローチショットが『飛ばさないクラブ』なのは嘘ではない…ですが、
アイアンの カーボン〜グラファイト と スチールシャフト の
距離の差は そのシャフトバランス構造 から起こる ヘッド重量の差
が始まりです。
☑強度が必要で、シャフト先端が重くなってしまい
  重いヘッド装着が難しいスチールシャフト
☑設計の自由度が高く、シャフト先端を重くせず、
  強化出来るグラファイト(カーボン)

かつては良心的なメーカーさんでは
 長さ分も含めると 大きなもので20gのヘッド重量差、
シャフトの先端径や形状にも違いがあったので
アイアンヘッドには スチールシャフト用、グラファイトシャフト用
の二種類がありました。
Desktop 2020.05.16 - 18.27.00.02_Moment

今は ゴルフクラブが売れず、
特にアイアンセットは売れませんので
シャフトのバランスも スチールであっても、グラファイトであっても
殆ど似たようなモノ シャフトの先端径や形状も同じにして
コスト半減の為、統一規格に近いモノ になっています。

ですので シャフトの重さ、シャフトの材質に関係なく
ヘッドの重量は同じ。
グラファイト(カーボン)だから 飛ぶ なんてコトは一切ありません。
都市伝説、ソノモノです。


アイアンシャフトのウエッヂだけを『スチール』にする、
その最大の問題点は シャフトの硬さ にあります。

グラファイト(カーボン)シャフトの方が
 "素材"として 柔らかい訳 ではありませんが、
使う人のニーズ、購入される対象の年齢なども鑑み、
やや硬めのスペック SRクラスで #5アイアンで260〜265cpm位
ですので バラつきがなく、流れていると仮定し
その流れのPWは285〜290cpmです。

#5−260
#6−265
#7−270
#8−275
#9−280
PW‐285cpm グラファイト(カーボン)
SW-340cpm 👈スチール


ところがここに スチールシャフト、
機種によって異なりますが、代表的なダイナミックゴールド
まあ そう言う構成を選ぶ方は
ウエッヂのシャフトにR-シャフトは採用しないから
ダイナミックゴールドのS-シャフトを採用すると
シャフトの硬さは 一気に 330〜340cpmを越えたりします。

飛ばさないクラブ、振らないクラブである ウエッヂが
いきなり 40cpm も 50cpm も硬くなるのです。
速く振って解決し難いウエッヂが硬くなる のです。


一般的に ヘッドスピードとシャフトの硬さ は関係している
と思われている訳ですが、飛ばさない〜振らないクラブ の方が
シャフトが硬いのです。  コレ、まずいでしょー。

逆に、安定しにくくなるんじゃないですか❓



で………なんですけど、(ここからが本題ですが…)
コースではですね、 その振動数340cpmを超えるウエッヂ
それを使った後は パッティングを挟んで ドライバーなのです。
ドライバーを打つ前に一回 一番硬いシャフトで練習している
とも言える状態になる訳です。

先日も書きましたが、クラブの中では売値に関係なく
ドライバーはまだ商売になる状態ですから、
売るために どんどん柔らかくしています。
46インチで SR表記、振動数220cpm、220台なんてモノも
ちらほら見かけます。
●120cpm硬い 340cpmのウエッヂを使った後で
 120cpm柔らかい 220cpmのドライバー
打ったら
成功し難いですよね。
幾らなんでも 差が大き過ぎます。
ですので、お悩みのドライバーの問題点 は
そこだったりするんですけど、
まあ そう説明しても、聞いてくれない って言うか
自分の欲しい回答ではないので 咀嚼してくれないですね。

アイアン、特にウエッヂに合わせると
ドライバーのシャフトは 280cpmを超えるモノ
220cpmを基準にすると 5フレックス xxxトリプルエックス
みたいなものになっちゃいます…
それ、幾ら何でも解決法とは呼べない、最悪の対処法になっちゃいます。
ま、でも ウチではなく(お薦めしませんので)
 他店さんでリシャフトするんでしょうね。

ま そうやって クラブセッティング と スイングはごちゃごちゃになっていく訳です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブ、打撃部分であるゴルフクラブ『ヘッド』には
ボールを遠くに、出来るだけ思った通りの方向、弾道に
繰り返し打ち易くする為、重心位置と言うのが存在します。

重心位置と言うのはどんなものか というと
それは クラブヘッドに点として存在しているのですが、
(目で見えたり、印が付いている訳ではありません)
ヘッドの重さの中心点のコトを指し、
野球のバットやテニスのラケットのように
握った棒の 延長線上に打点が存在せず、
L型にズレたところの存在するのが その特徴です。
31954726

ちょっと困った点ではありますが、
最近のゴルフクラブの傾向として、
長いドライバーなどのウッド系は そのズレが40mm
短いアイアン系のモノが 35mm と
少しですが 差が有ります。 
(逆ならより使い易いですけどね)
それを一般的には 重心位置の中でも重心距離 と呼んでいます。


感覚的には 棒そのものではなく、棒から 3cmから4cm
離れたところで打つ そう言う感じです。
(柔らかいシャフトであれば その必要ないんですけどね)

 では、その逆に その重心距離が無かったら、
棒の延長線上に打点が有ったら、どうなるのでしょう。

実はこれ、過去に試したことがあって
ゴルフクラブテスト個人史上、最高、最低の
ものすごく怖い体験をしています…
二度としません…。


重心距離がゼロ にゴルフクラブは
過去に数度、通販などで販売されているのですが…
その都度、かなり短期間に消滅しています。
 と。。。いうコトでよほどネットを探さないと現存していない と言う代物。

その重心距離がゼロのクラブ、必ずドライバーなのですが、
 ドライバーだけ‼ ってトコロにもヒントがあったりします。

まず よほど構造、形状を考え、違うモノ にしない限り、
重心距離がゼロのクラブには ライ角度 と言うモノが設定出来ません。
ロフトの立ったクラブであれば まだ良いですが、
ロフトの大きな、寝たクラブとライ角度を併用すると
二度打ちや自分に向かってボールが飛び出てくる可能性があり
上手く打てる、打てない、飛ぶ、飛ばないの前に
安全性の問題が出てきます。
 ですので 全番手にそう言う構造を採用し難いのです。
飛ばす、上げる、距離差を生む、方向 を同時に達成するには
 重心距離-構造は必須というコトなのです。
IMG_0619

また、多くの人がヘッドは回転させて打つ と言う認識を持っています。
重心距離が存在しないと、スイング中
ヘッドがどこを向いていても、どのような状態でも
感覚、感触として どうなっているのか把握するのが難しく
ヘッドを回転させるにしても、ヘッドの回転のタイミング、度合い、速度
これを一定させる目安が掴めません。
●上手くボールに当たる姿勢と
✖クラブのどこかの角がボールに向かっている、
✖フェースが自分の方を向いている、

それらの状況も 感触的な差異がないのです。
同時に、上記の安全上の問題が絡んでくるので
 直ぐに回収されてしまったモノ もありました。

IMG_8497


クラブヘッドに重心距離があるコトで
どう構え、どう振り上げ、どう振り下ろすか 把握するコトが出来る、
本当ならば、そこに 運動(移動)速度を上げた時のみ、
その重心距離が解消できる ⇒エネルギー伝達効率が良い ですから
柔らかいシャフトがベターなんですけどね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



クラブ診断をさせて頂くと
以下の場面にたびたび遭遇します。

体調不良や諸所の事情などから数年、ゴルフを中断していた…
⇒久しぶりに復帰するのにゴルフクラブを新調
⇒加齢や体力不足を考慮し
 軽くて「振り易い」だろう・・・
 カーボン(グラファイト)シャフト 👉アイアンセット を選択
👉楽にしたはず・・・なのに上手く行かない…。

多くのクラブ診断に来店される方が
復帰して、「クラブを購入」に訪れるケースが後を絶ちません。

002


普通のゴルファー(アマチュア)は
当然、ゴルフクラブのコトに詳しくありません。
自分の使っているシャフトの硬さや
ドライバーのロフト角度を知らない、もしくは覚えていない、
ケースも決して少なくありません。

シャフトの硬さがメーカーや機種、年代によっても
大きく異なっている、統一性がない のは「ほぼ全く」知られていませんが、
とりあえず、ゴルフバッグに入っている使用クラブ
10〜13本のクラブの R…とか、SR…とか、形式上の硬さの名称 が
揃っているだけでも かなりの『ゴルフクラブ通』と言える程です。


『実はそのシャフトの硬さ表記は
そのシャフトの、そのクラブの R…、SR…、S…で
全てのゴルフクラブの共通のモノ ではありませんよー。』

と言っても 意味が分からない というか、通じないケースが
大半を占めるのです。

服のサイズ と同じで
そのメーカーや機種のテイスト、年代や対象によって
おなじ Ⅿサイズと言っても 異なる のと同じ です。
と説明し、やっと日本語として認識して貰える程度です。

…昔のアシュワースのサイズ感覚で今の服のサイズを買うと
交換必須と言ったところです。




多くの方、おそらく全世界共通なんだと思いますが、
 グラファイト/カーボンシャフト > スチールシャフト
 楽ちん、もしくは飛ぶ と思い込んでいます。

まあ これは  アインやウッドに関わらず、
メタル(ステンレス)ヘッド/フェースより チタンヘッド/フェースの方が 飛ぶ
のと同じ感覚なんだと思います。

雑誌やカタログは はっきりとはそう言っていないんですが、
微妙に そのニュアンスを含んだ 扱いをしているコトが多いので
いつの間にか そう思い込んでいる のでしょう。


その答えから言えば
シャフトの素材がカーボンだから飛ぶ、もしくは楽
ヘッドやフェースの素材がチタンだから飛ぶ は 
 です。
飛距離、そして楽かどうか について
 単純な素材の差は皆無 と言って間違いないでしょう。


なので
久しぶり、数年ぶりにゴルフを再開した、
たぶん、体力は落ちている、距離は落ちている…だろうから
楽に振れるモノ というコトで
 カーボンシャフトにした…… んだと思うのですが、
それは かなりの確率で裏切られるコト が多いでしょうね。

昔のように カーボンシャフトの特性を活かした、ヘッド重量に
なっておらず、ヘッドの重量はスチールと共有です。

例え 同じようなシャフト重量であっても
カーボンは実際、スチールよりも剛性が高く、強度が高いケースが
多いですから、シャフトが硬いケースが少なくありません。

職業的な目で言えば、楽か、どうかは
シャフトの硬さだ! と断言できる程の要素ですから
素材がグラファイトだろうが、見た目がチタンだろうが
シャフトが硬くなったら 望みとは真逆な
 ハードな路線、オーバースペックな路線
になります。


HBS 005


振動数がすべて とは言いませんが、
楽をしたい、体を痛めたくない 場合、
今までのモノ
、(がどの位硬いかにもよりますが)
 よりも20cpm以上、柔らかい
 👉振動数 ●cpmの数値の小さい
そして 出来るだけセット内に
 一定の硬さの流れがあるか どうか が
使ってみて、楽で、結果も出易い 一つの指標です。

あと 多くの方が
ドライバーばかりに目が行きますが、
 理解は出来ますが…
ドライバーを生かすも、殺すも、
✋バッグ全体、他のクラブ達と
     ドライバーとの『互換性』
✋少なくとも 共通する『硬さ/柔らかさ』
✋ドライバーを上手く打たせる 硬さの流れ

にかかっている と言って間違いありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先日の記事の続き からです。


✋そこでドリルです。


素振りで良いです。ウエッヂか、
イケる人はL型ブリストルパターを使いましょう。

げ!
 ✋超重です。

しっかりした 右向きを作り
ヘッドは上げず、グリップだけ やや高めにします。

そこから 左に軸足を作る と言う目的 を含みつつ、
左腕、左肩、左上半身 だけ 先に、
いや そこだけを動かします。
からだは右を、トップのまま の つもり de!

トップの位置から 左腕を使って
 胸を開いていくような感じです


(比較)左手ドリル_Moment


ショットは当然ですが、
ボールが地面に置かれています。
空中にあるボールを打つドライバーであっても
誤差程度を除き ボール1個もずれたら 前には飛びません。

スイングの良し悪しは別にしても
ある程度のゴルフ経験があれば
ヘッドをボールに当てる 瞬間的な演算能力 があります。

変な例ですが、
からだじゅうのあちこちに糸を付け
スイング中、どこかの箇所を
 少しだけ、じわじわと その糸を引っ張られても
それに反応しつつ、ボールに当てるコト は可能でしょう。


自分のからだを含め、腕やクラブの重さ とは
動作中のその重さの変化とはそう言うモノ です。

左腕一本、多少の左サイドの補助はあっても
左腕一本でダウンスイングに入る場合
そのクラブの姿勢や位置によって
 その腕も含めた クラブの重さは急激に増えます。
L型ブリストルパターでは
 持っている(支えておく)のも難しくなるほどでしょう。

IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(2)IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(3)





✋姿勢や位置、もそうですが、
特に 腕〜クラブの長さが増えた場合 は顕著です。


からだは ボールを打つコトよりも
バランスを取るコトに優先順位がすり替わります。
・・・危ないですからね。

クラブが長くなり、長くなり過ぎ、
ヘッドが自分から遠ざかる、
からだの回転に 左腕(グリップ)が遅れる
 この場合は、左腕を圧倒的、先に動かしている筈…ですが
その重さを支えるには
 その重さと反対にからだを引かないと ボールには当たりません。
体を引く、体を開く方向と
 クラブの作る 不可抗力方向は必ず 対称(反対) になります。

downswingdown_swing









ダウンスイング という
トップの位置から
 ボールへの方向、
そして 打つ方向、
という制約に、さらにクラブの重さの制約が入るのです。

イジワルなコトに その重さのかかる方向は
打つ方向でも、ボールの方向でもなく、
また その真反対 と言うわけでもなく
その中間、90度 のような立体的な位置です。

上の二人のサンプル画像を見ても
クラブの重さの増えた方向、かかった方向と
それを逃がした方向が非常に判りますよね。


達人のコレをご覧ください。



クラブの長さ、
自分からヘッドまでの距離が変わりません。

重さが運動分以外 増えていないので
からだの回転に 不必要な負荷 がかかっていない のです。

言ってしまえば、ゴルフスイング動作の殆どに近い、多くは
どういう 重さのかけ方、クラブの重さの作り方をしたのか⁈ です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ここに 角度として同じ、
例えば ロフト25度の
 アイアン / ユーティリティ / フェアウェイウッド(以下ウッド)
が有ったとしましょう。

☑その3種を 同じヘッド重量 ⇒ 同じ長さ に設定します。
 アイアン / ユーティリティ / ウッド
の順に 重心深度は深くなっていきます。
✋重心深度
 重量の中心点(重心)がどの位
 打点であるフェースよりも奥まっているか


平均として その重心深度 は
 アイアン / ユーティリティ /ウッド の順に
 5mm / 13mm / 28mm
だいたい 倍〜倍
まあ ヘッドの形状通り と言って良いでしょう。

IMG_0524811-5-1411-5-1






重心が深くなると どのような効能があるか と言うと
インパクト時 ロフトが付き易く
かつ、入射が緩くなります。
 やさしくボールがあげられる ようになる 
✋重心深度が深いと ミスにも寛容 というのは
ロフトによるもので 直接的なモノではありません。

主なクラブの開発、設計、実験、データ取り などの多くは
マシンで行われるのですが、人間は反応し、影響を受けてしまう生き物
ですので、マシンよりも その違いに大きく反応します。
マシンですと その重心深度の差はデータ通りの弾道〜結果になるのですが
人間ですと 重心の深いモノほど
より多いロフト(ロフトを増やし)
より緩い入射角度 にしてしまいます。
 打てば 打つほど・・・ですね。


ですので よく巷では
「フェアウッドは掃くように、アイアンは上から」みたいに言われますが、
同じように打とうとしても 形状の、重心深度の効能から
放っておいても そうなってしまいます。
例え それが 3種共に 同じ長さ であったとしても、です。
人間は反応します。


この同じ長さの アイアン / ユーティリティ / ウッド を
同じ人が打つと
 順に 打ち出しが低め ⇒ 高め
     スピン多め ⇒ スピン少な目

になっていくので、ウッドの方が飛びやすい・・・のですが、
前述のように 人間は反応する生き物なので
同じ長さであっても ウッドの方が より大きなロフト、より緩い入射
で打ってしまうので、あるロフトを境に 上がるばかりで 飛ばない
というコトも大いに起こり得ます。

また これはヘッドスピードやクラブの扱い(スイング)による差もありますが、
  (😿ヘッドを振る人ほど 重心深度の効能はキツク働きます!!)
多いロフト しかし 緩すぎる入射 の為
 スピン不足で失速してしまう可能性も生まれます。


✊実際には そこに「長さ」の違いも入ってくるのです。
シャフトの、クラブの長さは ヘッドの重心位置の反応を増幅する作用を
持っていますので
シャフトが長くなるほど、この場合は ユーティリティ / ウッド
になるほど 更に ロフトは増えやすく、入射は緩くなります。

また 形状上、仕方ない というか
重心の深いモノほど ヘッドに奥行きがあり
アイアンで言うと ソール幅が広くなりますから
ロフトが増えやすい、入射が緩くなり易い
 ⇒ユーティリティ ⇒ウッド 程 ソールが地面に干渉し易くなります。


✋ですので
「アイアンは上から、ウッドは掃くように!」などと
更にその効能を強めるような使い方 をすると
その効能の要因 ヘッドの奥行き、ソール幅の広さ によって
ダフリ、トップ、チョロ のミスを誘発してしまいますので、逆に
「アイアンは掃って打つ、ウッドは上から」位の気持ちの方が良いのかも…
 🐰同じように使うことが一番ですが・・・。
353204-1

✋また これも微妙ではありますが、
弊社では どのクラブも同じようなボール位置で打つコトを推奨していますが、
多くの方は アイアン ⇒ ユーティリティ ⇒ ウッド になるほど
ボールを左(飛球線方向)に移すケライがあるようですが、
逆、とは言いませんが、重心深度の効能を考えると
ミスを回避するコト 優先するなら
・・・・・・・・気持ち ウッドの方が中寄り〜右寄り(ボール半分位?)
とまでは言いませんが、ウッドの方を左寄りにすることが良いコト とは思えません。

決して アイアンはこう、ウッドはこう、と分けて考えず
同じボール位置で 同じように扱う のが
  一番の対処方法だとは思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



全国的に 是正したいのですが、
スイングにおいて 正しい意味での
 『脇を締めろ』 とは
テークアウェイの際、右わき、右の腋の下を締めるように
右ひじを下に向けて 左手だけで上げるコト ではなく、
ダウンスイング時、
左サイドに左腕が遅れない

👉👉👉左わきを開けないコト 
を指します。



左わきを開けてしまうと
先行した 足腰 に対し、
 どこかで それを止め
その分、腕で振るコトになる
先日、記事にした スイングの二度手間 になる訳です。


脇が空いたスイングでは
手で打たざる、手打ちにせざるを得ません。
他にボールを打つ手段が残ってませんからね。
ミスターKの法則1_Moment(2)

スイングでは 兎角
弱い左腕は体に対し遅れがち になります。
利き腕である方の
 右腕はそれの補助と言っても過言ではありません。

✊少なくとも その遅れ易い左腕を
テークアウェイの時点で 体から大きくずらすような
「上げ方」は避けた方が良いでしょう。
間違った意味の 「脇を締める」の方ですね😢
スイング ココを治そう❶_Moment



素振りの時点で
ダウンスイングの からだの回転とともに遅れず 左腕が移動する。
無理に インパクトは体の正面! と
思う必要はありませんが、
からだの回転でクラブを持っている左腕が移動すれば
グリップも移動しますから
概ね からだとボールが正対した時、
 ボールを打つコト、ボールを打つタイミングになる…のですが、
その時、フェースを横向きにしているか
それとも 下に向けているか は分かれるところです。
フェースを横に向けていれば
 そこから 更にクラブを手で振ってボールを打たねばなりませんが
下に向けていれば、体の向き、
からだの回転が ヘッドの横進行を司る形になります。
ボールをとらえる感覚にも違いがあるのかも知れません。

インパクト直前にそうするには
体を止め 腕の作業が必要になりますから 結局同じ。。。



確かに 傍目から見れば、
また 総合的に考えれば
 ヘッドの横移動が ボールを打つコト になるのですが、
それは 本来、体の向きが変わるコト、
右向き〜正面/ボールへの向き〜左向き が行うコト。
自分は 地面や低い所に有るボールをさらうに
フェースは意識として かなり下を向けて置いて
 それを固定しておく 必要があるのです。
👉ドリルとして 短い距離 であれば
 下に向きに固定したフェース
それを体の回転で引きずって行けば ボールは打てます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ