◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: クラブの基本構造・メカニズム


ショットの練習やスイングを良くしていくのは
主に アイアンを使うことが多いでしょう。
IMG_0628

ゴルフクラブは ショットするコト、使い手にスイングさせるコト、
に特化した構造で、それは重さによって使い手に伝えます。
そういう意味では 悶絶クラブは有無を言わせぬモノがあるかもしれません。

現在は軽量スチール全盛の時代、
猫も杓子も「俺にもスチール使えるかも⁈」の時代ですので
非常に軽い(5番で240g弱)
重心距離の短い(35mm前後)小振りなモノばかり で
それに しならせることの難しい
     硬さのシャフト(振動数280cpm強)が装着
されていますから
ヘッドがどこにあった、どこを向いているのか
ほぼ 全く把握出来ません。

ヘッドの重さによって クラブが動かされる
ヘッドの重さによって グリップが押される

というコトを体験?、体感することはかなり難しく
ハナから ヘッドは振り回すモノだと思い込んでしまいがち です。

✋大人のクラブを短く切って使っているジュニア が典型的で
 気が遠くなるほどの反復練習で『型』でスイングを作れる年齢や
 練習量が有れば良い?かも? しれませんが
 そうはいかない大人にはとても辛い、苦しい気がします。

ヘッド が重さである というコトの認識できない、
へっどは 単なる打撃物と言う認識のクラブ では
速く振るほか 手立てがありませんから
勢いをつけるためか テークバックも異様に速く
リズム感・・・というよりは 肉体の限界の動作速度を強要されるような…
ヘッドの位置も把握できませんし 勢いも付いているので
深い オーバースイングチックなモノも多くなるでしょう。

悶絶クラブであれば
市販のヘッドよりも80g〜30%も重く
それが振動数半分(140cpm)位のシャフトに付いているのですから
嫌でも ヘッドを感じさせられます。

ヘッドって「重さ」なんだな〜 と言う認識にならざるを得ません。

自分の体の向きに対して クラブの位置がどうなのか
クラブの姿勢や位置によって どんな風に重さがかかるのか
スイング中に その重さが 重くなったり、軽くなったり
一体 どこで重くなるのか ということが逐一体に伝わってきます。

からだ、骨盤、胴体の向きでクラブを動かさないで
手だけでクラブを動かすのが 非常に億劫に 重たく感じるでしょう。
4bcbe6f4

手だけでクラブを動かせば テークバックでクラブはねじられます。
シャフトは横に倒れ、ヘッドは体の幅から外れ、フェースは開きます。
打ち手にとって クラブが一番重く感じる状態 です。

そう考えると ヘッドの重さの感じにくい 軽い/硬い クラブだからこそ
そういうスイングは作られていくのでは? と考えたくなるほど、です。

トップの位置の把握がし易く
そこから どのクラブの姿勢、ヘッドの姿勢だと
👉次の場所に行き易いのか
からだが突っ込んだり、右サイドが下がったり、
からだが開いてしまうのは
👉どんなクラブ姿勢、ヘッド姿勢が誘発しているのか

非常に分かり易いはずです。

スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)

ヘッドが軽かろうか、シャフトが硬かろうか、
ショットは 打ち手とクラブの唯一の接点であるグリップを
どう動かすか、どのスピードで動かすか、どこへ動かすか
で決まってくるわけで
ヘッドを振れば、シャフトの角角度運動をすることは
イコール グリップを止めるコト、グリップの移動を妨げるコト
になるのですから、ショットの反復性が掴みにくくなります。
故に 速く早く振ることが必要な オーバースペックのクラブで
スイングを覚えると スピード調整の必要なアプローチが
生涯苦手となるのです。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



この10年でゴルフを始めた人にとっては
今 これが「普通」と思われているスイング論は
フェアウェイウッドを上手に打たせない
ティーアップされていること(空中にボールがある)
を例外と考えると、長いクラブが上手にこなせない
モノばかりです。

フェアウェイウッドを上手に使えるか、どうか
というのが スイングの成熟度の目安にもなるのです。

002

スイング軌道は
基本姿勢として前傾(骨盤と大腿骨の角度差)があるので
斜めに傾いた円弧 になりますが、
基本は 体に対する横の運動、向きを変える回転運動 です。

よって アイアンなどの短いクラブは上から
ドライバーや長いクラブは払って打って
というのは 前傾姿勢による軌道の傾きが
傍から見るとそう見せているだけで
どちらも 基本は水平方向/横方向の動きが中心です。(傾きはあれど)

411-5-1


✋フェアウェイウッドを上手く打たせない物理的な理由は
アイアンに比べると ソールの奥行きがあることです。

クラブを正しく体で動かしていれば
その奥行きは逆に ヘッド姿勢の補正に使え
非常に便利なものではあるのですが
手さばきに使うと そのソールの奥行きは
ヘッドの跳ね(地面との接触)になってしまい
結果、トップやダフリを多発する要因になってしまいます。

また フェアウェイウッドはアイアンに比べ
ヘッド重量が軽いので、ヘッドの慣性モーメント、
運動モーメントが低く、外的な圧力、要因を受けた時
ヘッド姿勢や運動に影響を受けやすい というのもあります
加齢などによる運動性能の低下 は
飛距離よりも先に弾道の高さに出やすいものです。
これは ラウンド中の疲労 とも似た関係にあります。
それを補うには フェアウェイウッドのように
打ちだしは高く取れ、飛距離も稼げ易い性質のクラブを
仲よくすることで、女性や高齢な方がスコアを崩さないようにするには
とても重要なポイントです。

411BK-6


✋ドライバーを含めた ウッド系は
アイアンに比べるとシャフトが長く
イメージとして 大きな円弧になるでしょう。
トップの位置が高くなるような印象がある分、
ダウンスイングでは下に振る必要が感じられると思いますが
そこがミスの原因です。

体で振るにしても、手で振るにしても
基礎になるのは 傾いてはいますが、
横に動くことによって造られる円弧です。

それに対し 縦の動きを大きく入れてしまうことは
円弧そのものの方向を狂わせ
横広であった円弧は 縦広のような形になってしまうので
クラブの最下点は想定よりも右にずれます。
最下点がボールより手前になってしまいます。

スイングを大きく変えるのは一朝一夕という訳には
行きませんが、フェアウェイウッドと仲良くするためにも
二つの事を実践してみて下さい。




.董璽アウェイでは出来る限りの右向きを造る

👉これは肩を回すことではなく 腰・骨盤を右に向けることを
 指します。
 腰・骨盤を出来るだけ多く 右に向けると
 ダウンスイングで時間が稼げますから
 体の正面とクラブの最下点のズレを少なく修正できます。
 ラウンド中、とても有効な手段だと思います。



⊆蠅気个はあくまでも
 スイング軌道に沿って 斜め と言うか
 横に押してあげることです。



👉クラブを下に、
 クラブを縦に振れば
 スイングの円弧とは泣き別れの関係を造りますから
 結果、最下点はボールの手前にズレ
 体も過度に上を向き
 ダフリ、トップ、上手く当たっても弱い球になります。

 どの道 利き腕でボールを打つのですから
 スイング軌道に沿って 横にクラブを押してあげて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



まず 定義として
インサイドから打つとは…  から。

ゴルフスイングで言う 
インサイドから打つ は
スイング動作進行の時間
が基準になります。

アドレスした時のターゲットラインの
内側から入りさえすれば インサイド というものではありません。

それには インサイドから打つメリット というのものを
理解する必要があります。
桑田晃_Moment
ひとつは ゴルフクラブ・クラブヘッドの特性として
正しく使えば ボールには左回転が入り易い というのがあります。
左回転の球をうまく使うには
ボールを飛球線よりもやや右目に出しておくのが有効です。
左回転がかかりすぎても 目標から離れにくくなるからです。
そのためには スイングの進行方向を
ボールより自分寄りの内側から入れたいところです。

MVI_0842(3)(2)(2)_Moment(4)MRa_Moment(4)












体の向きによるインサイドでなく
腕さばきによる疑似インサイドでは
軌道はインサイドから入っても
フェースの開き、ロフトの開きになってしまうので
左回転が入りづらく、
右に出す意味を消失する可能性が高くなります。
そこに ローテーションを入れると
今度は ヘッド軌道が安定せず
ボールの出球方向・左右の回転に規則性が生まれなくなります。


次に、スイング動作の進行は
体の向き、胴体の向き、骨盤の向き が基準です。
スイングに 前傾姿勢がありますので
右を向いているうちは 進行方向が低い が入ります。
進行方向が低いですから
ゴルフクラブの重さ、ヘッドの重さ、腕の重さ、体の重さ
 などが利用できます。
それがスピードの多少のスピードの助力にもなるでしょうし、
少なくとも スピードの妨げにはなり難くなります。
IMG_2813Trim(2)_Moment(9)

右向き〜進行方向が低い の時間を失ってしまうと
すべてのモノを横に動かさなくてはならず
重さはすべて負荷、動作スピードの妨げになります。

ボールを飛ばすには 強い力で!という意味ではありませんが、
ボールを叩く必要がありますが、
下に向かっているときであれば 筋力に頼らずとも叩きやすいですが、
その時期を失い、クラブを横に動かす時間帯に叩こうとすると
それは筋力が絶対条件になります。



ボールをインサイドから打つ には
二つの条件を満たす必要があります。

インサイドから打つ のは時間次第ですから
まず 右向きを出来るだけ作り
時間を確保しておく必要があります。
20170920_matsuyama-650x435これではインサイドから打つ時間が無さ過ぎます。

前傾姿勢との絡みですから
骨盤がしっかり右を向いていなくてはイケマセン。

次に ダウンスイングでの グリップの移動ライン
ヘッドの移動ラインが 出来るだけ短距離、短時間で
その時間内で済むようにしておく必要があります。

体を回してから クラブを振る
ヘッドローテーションする時間など 全くありません。

ヘッドローテーションをする ということは既に
インサイドから打つ時間を逸している意味でもあり、
よほど 腕力に自信がない限り その方法は
ボールと飛ばすだけでなく クラブの重さとも戦いになります。


右向きはたくさんあるに越しませんが、
そうであっても ダウンスイングの道のりが長すぎる…
グリップやヘッドが体から離れすぎれば
その時間内で収まりません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



概ね どの機種もセット間のロフト差は3〜5度です。
元々の距離によっても異なりますが、
一般的に番手間の距離差は 10〜15ヤード前後でしょう。

ところが クラブを手で振る、クラブ扱いの悪い人に限って
6番アイアンで150ヤード打っているのに
サンドウエッヂは60ヤード

と言うのは少なくありません。
元々のヘッドスピードに関係しますが、
6番が飛び過ぎているのか、
はたまた ウエッヂが飛ばな過ぎるのか
そのメカニズムのお話しです。


IMG_0777


ゴルフクラブの基本的なメカニズムの話…ですが、
意外に忘れられているか、無視されています。

ゴルフクラブには
 番手ごとの長さ と言うのが存在します。

その長さによって、ヘッドスピードも異なりますが、
ボールの番手間の距離差は
✋長さによるヘッドスピード差で
✋長さによる入射角度も含めたロフト効果
 
で構成されます。

ゴルフクラブのちょっと分かりにくい、
理解し難く部分ではありますが、
どれにしても 必ず複合な要素が絡んできます。

長さ もそのひとつです。

クラブの長さが変わると
勿論ヘッドスピードも変わるのですが、
長いモノほど破壊力の一部であるヘッド重量は
長さに反比例し軽くなるので、
ヘッドスピードが主となって
 距離差が生まれる訳ではありません。



"5度の絶壁ロフト" のクラブで想定してみましょう。
ボールは当たり前ですが 地面を転がっていくよりも
空中を飛んだ方が「摩擦抵抗」が少なくなります。
ロフトの立ったものほど、当たり前ですが、
空中にボールが飛び出しにくくなります。
そこを補うのが 長さによって作り出される
ヘッドの入射角度
 なのです。

仮想のロフト5度のクラブで
長い40インチのもの と 短い35インチのものでは
ヘッドの入ってくる入射角度が異なり、
40インチのクラブの方が緩い入射角度になります。

ロフトの効果 というのは
 ヘッドの重さとヘッドの運動速度
 のエネルギー(破壊力)を
‖任曾个軍囘
▲棔璽襪硫鹽
ボールの速度

の3要素に分散させます。

ロフト角度の大きいものほど
´△多くなり、その分が減っていきます。
そして ボールの打ちだし角度というのは
計測上は地面との関係になりますが、
 ヘッドの入射角度に対するヘッド姿勢・ロフト姿勢
 で決定するモノです。
IMG_0607

単純な数値で言うと
ロフト5度のクラブであれば
ヘッドの入ってくる角度〜入射角度が5度 だとすると
ロフト角度の作用はその入射角度に作用しますから
 5−5 地面と平行に0度の角度で飛び出します。
入射角度が10度あれば マイナス5度の方向に飛び出ます。
逆に入射角度が0度であれば 5度の角度で飛び出ます。

ロフト角度が少ないほど スピン数は減ります。
それに反比例しボールの速度が増えるので
 飛距離を増やすのには好都合ですが
それが空中を浮遊しなければ ボールは飛びません。

ロフトの少なさを使って 距離を増やしていくための
唯一の欠点・・・空中にボールが飛び出しにくい と言う部分を
 クラブの長さで補っているのです。
長さを同じモノ にしてロフトを変えるだけよりも
入射角度を変える クラブの長さの変化 が伴なう方が
よりはっきりした距離差を造り易いのです。



IMG_0491


そこで問題になってくるのが
元々の製品としてのクラブの長さを
ちゃんと反映するスイング、クラブの扱いになっているか

どうか です。

IMG_8497

クラブの長さとヘッドの入射角度の関係は
ダイレクトにクラブの長さ・・・と言うよりも
そのクラブによって作り出される「前傾姿勢」が重要です。

.ラブの長さそのもの円弧の大きさ
∩扱校兩による入射角度

 これが二重の入射角度決定要素です。


体の回転でクラブを動かすと
入射角度は 前傾姿勢の角度に準じます。
つまりクラブの長さに準ずると言うコトです。


ところが 手で円弧を描いてしまうゴルファーの場合、
その振り加減や振り方によって
長さと関係ない入射角度になるのと同時に、
その振り加減や振り方に影響を受ける体の姿勢の変化の
二重要素が入射角度を決定します。
93564c62-s

クラブの構造上、同じクラブを持って
より緩い入射角度で入れてくる と言うコトは
そのクラブを長いクラブとして扱っているのと同じです。
故に 重さが掛かり易く それに伴い右が下がり、
左が上がりますから より緩い入射角度になり易い姿勢
になってしまうと言うコトになります。

👉褒められたことではありませんが、
 ヘッドスピードのそこそこある人にとっては
 これが上の番手の距離を稼ぐ要素になっています。

 逆に体力のない人にとっては
 より長いクラブ程、負荷がかかり易くなりますから
 より飛ばない理由になります。

アイアン等の番手間の距離差がはっきりしない方の場合、
元々 隣の番手の長さ0.5インチによるヘッドスピードの違いは
無いに等しく、誤差以下 です。
そこに加え 手で振ってしまい
長さ通りの入射角度にならないので
番手が違っても 違う球質の同じ距離の球 に
なってしまうのです。



また これが理解出来てくると
傾斜地による 距離や球質の理解も
深まってくると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ゴルフスイングを見ていると
ゴルフクラブという長さがある「棒状の物体」
どう使おうとしているのか がとても気になります。
IMG_0339

シャフトの使い方・・・と言うよりも
長いモノ…『棒状の物体』の方が的確です。



ゴルフに限って言えば
「棒状の物体」「長さのあるモノ」の使い方は二つです。

〇1.棒状の物体のどこかに支点を造り
 端と端、両端を反対に、反転させて使う

〇2.棒状。。。シャフトによって 端と端はつながっているので
 両端を同じ方向に移動させて使う




例で言うと 何かの理由によって(例えば毒とか、放射線とか)
何かの操作、作業を壁越し、別の部屋で行った場合(遠隔操作)で
作業箇所と操作箇所が棒でつながっているとします
(ずいぶん旧式な発想ですけどね…)

1.は 壁と支点にして 棒をてこのように使いますから
 作業させる箇所(ヘッド)の移動は
 操作する箇所(グリップ)を 上下左右反対に動かします

2.は 操作する箇所(グリップ)と作業する箇所は
 立体的に全く同じに動かします

images

✋おそらくですが 細かい作業や正確な作業などは
 後者の△任覆い肇瀬瓩世隼廚い泙后
 詳しくはないですが 例えば 手術…とか
 ,両豺腓蓮々咾辰櫃ず邏箸任藁匹い隼廚い泙垢
 角度というモノがある ゴルフクラブには適切でない様な気がします。
 ロボットアームなどを使う場合、反転させて作業はあり得ないでしょう。


意図的に ,鬚靴討い訖佑呂い覆いも知れませんが、
「ヘッドを」「ヘッドを」「ヘッドを」動かそうとする意識の強い人は
結果として その使い方に行き着いてしまうと思います。
8658a3e6-s

クラブヘッドは ゴルフクラブ全体の6割以上の重さが集中しており
それに長さ、そして移動速度が加わります。
動かせば 動かすほど 先端は重くなるのですから
そこ(ヘッド)を動かす意識の強い人は結果として
その増えていく重さによって、自分が動くことになってしまうと思います。
👉自分が軸でクラブヘッドを動かすのではなく
 クラブヘッドが軸になって 自分の位置が回転するような状態

犬が尻尾を振っているか、尻尾が犬を振っているか というコトですね。

重くなる先端を無理やり動かそうとすれば
自分が その先端を軸に回るしかありません。
ダウンスイングでいきなり からだを開いてしまったり
インパクトで 開ききった体を更に動かすため伸び上がったり は
それによる反応なのだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote





スイングは 体の向きを変えるので
傍からは 円を描いて見える。


アプローチなどでも 錯覚、もしくは誤ってしまうことがあるが
テークバックで 右を向いたから
ヘッドがインサイド、内に入って、ボールから離れる

腕使い、腕さばきも入るけれど
このヘッドがインサイドに入るとか、ボールから離れる のは
基本「体が右を向いたから
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)
アプローチであっても、フルショットであっても
だいたいのケース、トップの位置では
 グリップの方がボールの方に有って
 ヘッドの方がグリップよりも離れた(アドレスの背後側に)

位置にあるけれど、それを意識して、意図的に作ったモノでは無いだろう。


にもかかわらず ダウンスイングで
グリップよりもヘッドをボールの方に出してしまうと
からだの回転と腕さばきの 双方で円を作ってしまうので
ヘッドがボールに「届きすぎてしまう
down_swing

・・・となると 体が引いて、左サイドを引いて
その距離感を調整しなければならなくなるし
それは 概ね 反射的な作用によるところ。


意識して ヘッドの方をボールから離したわけでもないのに
帰りで ヘッドをグリップよりもボールに出せば
始めの姿勢とは違う姿勢にならざるを得ない。

down under_Momentdown under_Moment(3)down under_Moment(4)









〇からだの回転でボールを打ちたい
〇体を止めることなく、体の正面でボールをとらえたい

と思うのならば
ダウンスイングで グリップよりもヘッドをボールの方に出してはいけない
届かないかも・・・位で丁度良いのだ。
201903_Moment

実際にボールを打たないスローモーションで
テークバックの初期動作をしてみるとわかる。
体を右に向けようとした結果、ヘッドがボールから離れたのであって
離したのではない。 
インパクト時を からだの回転でしたい と思うのなら
グリップよりもヘッドの方が離れているくらいで良いのだ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


多くのアマチュアゴルファーは、アウトサイドインであったり
スイングの円弧、今風に言うとスイングプレーン
と言うものにこだわっています。

👉実はこの円弧は
 『スイングの基本姿勢に前傾姿勢というのがあり、
動作として体の向きを変えるから生まれる』
 のです。
スナップショット 6 (2013-06-22 0-33)

始めはボールに対し 正面を向いており
右を向いて、ボールと正対するところを経由して・・・左を向く、
から 結果として 傍からは円を描いて見えます。
つまり ゴルフクラブ自体を動かしているのではなく
ゴルフクラブを持った自分が動いており
自分とクラブの関係は大きく動いていない。。。
周りの風景と自分が大きく関係を変えているのです。


IMG_0321_MomentIMG_0321_Moment(4)IMG_0321_Moment(8)







ところが多くのアマチュアゴルファーは
その円弧を自分の腕捌き、クラブ操作で描いてしまいます。
それが正しいと信じているのです。
アマチュアゴルファーがスイングを研究していく過程で
目にする写真や動画から そんな答えに行きつくのだと思います。

クラブを振ってしまう
ヘッドを振ってしまう
腕捌きでの円弧〜スイングプレーンは
ボールを飛ばさない秘密がたくさん隠れています✋




ゴルフクラブの距離というのは「ロフト角度」
インパクト時のロフト角度 によって決まります。
このインパクト時のロフト角度とは 
実はクラブヘッドの製品のロフト はほんの一部で
ヘッドの入ってくる角度(入射角度)や
体の姿勢 左右の方の高さ関係などで構成されます。
多くのゴルファーは
目に見えるインパクト時のヘッド姿勢ばかりを
気にして、手先でロフトを造ろうとしてしまいますが、
それよりもずっとインパクト時の体の姿勢の方が
影響として大きい訳です。

41cce488-s
こんな姿勢でインパクトに入っては
30度のクラブもウエッヂになってしまいます。
しかも この姿勢では入射角度も緩くなり
打ち出しが高く、スピンの多い球になり
ボールの速度が上がらず、エネルギーが距離になりません。



クラブを振れば振るほど
自分ではボールを打撃するエネルギーを増やしたつもりの
その遠心力が、体の姿勢を左側上がりを造り
しかもその遠心力と握力との戦いになります。

困ったことに振れば振るほど その度合いは大きくなりますから
振っても振っても距離は増えない という事です。

極端な比較であれば
12度のクラブを平らな所から打つヘッドスピード35msの人に
10度の製品ロフトのクラブを25度にして打ってしまい、
なおかつ20度も左足上がりのようなインパクト姿勢で打つ
ヘッドスピード45ms
の人が飛距離で負けてしまう可能性が
少なくない訳です。
クラブを振って実質ロフトも増やし
左足上がりから打つのと同じ状況を造りだしている人が
飛ばないからと言って、ロフトを1度減らしても
殆どさは生まれないでしょう。
製品ロフトの1度の差ではそれを到底埋めつくせません。

クラブを振って、ヘッドを振って
スイングプレーンとやらにこだわるゴルファーは
ヘッドスピードにもこだわる訳ですが
その打撃方法では振れば振るほど労力との対比で
飛距離が落ちるとも言えるのです。
スナップショット 5 (2013-05-13 20-43)
で、やっぱり一事が万事なのですが、
クラブを腕で振り回すゴルフをすれば
◆振り回しやすい軽いヘッドのクラブを選び
(クラブに破壊力のないもの)
◆振り回しやすそうだからと細いグリップのクラブを選び
(握力に対し、細いほどチカラが必要です)
◆振り回しやすいから軽く感じるシャフト
(つまりスイングの役立つ柔らかさでないこと)



クラブの個性というか、機能を目いっぱい薄めたものを選び
その上で クラブヘッドの機能として大切な個々のロフト角度まで
自分で造りだして打ってしまう訳ですから、
それであれば クラブなんてどれを使っても一緒です。
最後は「ゴルフは腕だよ」
って話になる訳ですが、
それじゃあ あまりに悲しくないでしょうかねぇ…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



5番アイアンを例にしてみましょう。

〇小ぶりなヘッドの軟鉄アイアン
重心距離     36mm前後
ヘッド重量    240g
シャフトの硬さ  280cpm

ここら辺が 現在の、この数年の、平均的な市販スペックです。

約20年前…ゼクシオ、エスヤード、キャラウエイ全盛時代から比べると
ヘッドも小ぶりになり、ヘッドも軽くなっていますね。
重心距離も短くなり ヘッドも軽くなっている上にシャフトも硬いので
その当時から見れば 現在のほとんどモデルがハードタイプ
俗に言うプロモデルです。    ま、それは兎も角・・・

482780_170286899788602_2041560344_n


ここに 2種類の5番アイアンを用意します。
ヘッド、長さ、ロフトなどは同じ。
違うのは「シャフトの硬さ」だけ
 /尭或250cpm -🄬相当の硬さ 
 ⊃尭或280cpm -Ⓧ相当の硬さ です。


,凌尭或250のモノを常用していたとしましょう。
△凌尭或280のモノを打つコトになり、多少練習したとすると
 どうでしょう、双方 同じボールの位置で打つでしょうか?

スイングのタイプや癖、好き嫌いなどにもよりますが
私 個人であれば 硬い△離ラブは届きにくくなるので
若干 ボールを中に、右に寄せると思います。


逆に △凌尭或280のモノを常用し、,吠僂┐燭箸垢襪
やはり ボールの置き位置はどちらかに動かすと思います。

…まあ 正直言って 5番アイアン(38インチ) 振動数280cpm
今でこそ 多くの人が手にしているスペックですが、

このスペックは強烈に硬く、打ち手の無理振りは強要させますが、
クラブによる何かの恩恵やヘルプは皆無の 超オーバースペック
 です。
このクラブで 地面からのボールを打つとすると
左足かかとにボールを置いたのでは空振り必須
アドレス時の真ん中においても 届くか、当たるか、怪しいほどで
練習場で回りを見渡すと
 右の膝の前や右のかかとに置いている人もいるほどで
これは ある意味、非常に正常な反応、対応と言えるでしょう。

自分のドライバーショット時のボールの置き位置と比べ
 中に入っている分
、シャフトがキツイ…オーバースペックである
と 判断できますね。




,凌尭或250cpm のモノと
△凌尭或280cpm のモノ    同じタイミングで振れそうですか?
△諒が速く?早く?なりそうではありませんか?


ボールの置き位置の違い
タイミングの取り方の違い

これが もろに結果に出る訳です。

この,鉢△離ラブが無自覚にバックに中に入っており
それを 一球交互、もしくはランダムに使えば
一体 自分自身のミスなのか、クラブのミスなのか
分からなくなってしまいますよね・・・


✋バックの中にそれを混載させている自分のミス…ですけどね✋


スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)


また これもよくあるパターンなのですが、
売れないアイアンの単価、セット単価を下げるためが主目的の
「軽量スチール」シャフト・・・
そのセット単価を更に下げるため、セットが6本セット、
もしくは5本セットと言うのも多く、ウエッヂは別売り です。
そして ウエッヂを買うのに
そのセット、アイアンの「硬さ構成」を無視し、ブランドで買ってしまうパターン・・・

ウエッヂ専用シャフト・・・なんて 付いてたりすると ✊余計そそられたり・・・
👉総じて ウエッヂ専用シャフトは重さを増やしているので
 硬さが増しているケースが大半で、フルショットする頻度の少ないウエッヂの方が
 アイアンセットよりも硬い・・・ なんて・・・アプローチのミスの元になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


シャフトの硬さ を表す一つの指標として
 振動数・・・ というモノがあります。

これはシャフトを運動させたとき、
一分間にどのように「振れる」か、何回「振れる」か
と測って、数値にします。   ・・・cpm  →cycle per minutes

数値に大きなものほど ゴルフクラブのシャフトでは硬い とされ
数値に小さいものほど ゴルフクラブのシャフトでは柔らかい とされます。

460TL-1


45インチ、平均的なヘッド重量 195g  
 スイングウエイト D-00前後を基準に
メーカーや機種によって 幅はかなりありますが
30年前より 「ドライバー」に関しては平均値は下がり

 Rシャフト は 235cpm  辺り と考えてよいでしょう。


これを基準にすると
 〇245cpm は S
 〇255cpm は X
 〇265cpm は XX

にあたります。

ですので リシャフトをした場合
多くの後発・スポーツタイプのシャフトの数値は高いですから
その機種非常で Rシャフトであっても 265cpmを超えるモノも有り
オリジナルのモノから比べると  XXシャフトの替えたのと同じ です。
                    ✋そこ ご注意を。




さて ここ それぞれで想像。。。考えてほしいのですが
同じヘッド(重さ)、同じ機種、同じロフト、同じ長さ で
R -235cpm と XX -265cpm  の2本を用意して
一球交互交互に打った時、
前に打ったクラブ(硬さ)の影響で良くも悪くも出ます。
ですので 似たような球は続けて打つのは大変難しいのは
理解できるかと思います。

R -235cpm をほどほど上手く打てれば 次の
XX-265cpm は硬いですから、トップしたり、引っかけたり
 届きそうもないと判断され 突っ込んでてんぷらしたり・・・・ 逆に
XX-265cpm をほどほど上手く打てれば 次の
R -235cpm は柔らかいですから、ダふったり、てんぷらしたり
 となりそうなことは想像出来るかと思います。



ドライバー 45インチ を 235cpm で使っている時
それに相当する 38インチの5番アイアンは
ウッドのシャフト径 先端8.4ミリ   アイアンのシャフト径 先端9.3ミリ
を考慮に入れたとしても  250cpm 前後 です。


シャフトの性格や機種にもよりますが、この位の硬さでは
だいたい 半インチは 4〜8cpm程度の差 です。

45インチ 235cpm のドライバーに関しては
38インチ 250cpm が大体の基準で
アイアンが260cpm では S  270cpmでは X
というコトになります。

video-1531996834(2)_Moment


ドライバーの 硬さの違う二機種を交互に打つと発生することが
やはり ドライバーとアイアンの関係にも発生します。


現状で ドライバーはユーザーに飛ばさせるために 柔らかくなりましたが
アイアンは逆に、単価を抑えるコトが主と思えますが 硬くなっています。
軽量スチールでは柔らかくしても 強度の問題から 下げられる数値は限られています。
R表記のモノを選んでも 5番アイアンで 280cpm位は普通に来ます。
ドライバー R-235cpm を基準にすると XXXに相当する硬さ です。
まあ ここまで硬くなってしまえば もうみんな同じとも言えますけれど
 この違い、この硬さの違いを コースでは交互交互
一球ごとに打っているのですから 上手く行かない可能性は…想像通りです。


ドライバーは上手く行っていないのは
 アイアンやウエッヂのせい というのはとても少なくない可能性 なのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


まあ 正直 どんなゴルフをしても
ゴルフは楽しいですから それぞれの方が
それぞれの楽しみ方をするのは良いと思います。

ただ ことゴルフスイングを良くする というのには
ゴルフクラブの機能や構造を無視する訳には行きません。


偏った重さの配分や上下前後左右対称性のないゴルフクラブ
それを上手に扱い、その機能を活用するには
ある程度の基礎知識が必要です。


2017-06-13 19-07-51


スイングは 基礎的には横移動の運動 です。
傾きを無視すれば、地面に平行に横に動かしているに過ぎません。
極端には横にステップして移動させる と考えてみてください。
しかし それでは人間の能力的に
出せる運動速度に限界があり、たくさん飛ばないので
その場に立ち、体を回す ことで、その運動速度を稼ぎました。

ここでよく考えて欲しいのは
ゴルフクラブは 長さと言う点においても、
ヘッドと言う局所においても とても偏重した構造
です。
偏重したものを丸く扱う 円で振る というのは
その偏重をさらに強く、増すことになり、
長さであれば その先端部への遠心力、
ヘッドであれば 重心の位置の残ろうとするチカラ、
(重心位置がそこに留まろうとする力がフェースを開きます)
が増すばかりです。

向きを変える、体を回転させる行為は
横移動の亜種 ですので
横移動 と言うコトに主眼を置いて
その偏重した構造を上手く使っていく必要があります。

ですので、クラブを丸く振って
ヘッドというモノをターンさせる
 👉シャフト軸にヘッドのトゥ〜ヒール(重心距離)をターンさせる
  というのは 愚の骨頂 というか
  その偏重性を強める行為です。
というのは 最終的には運動能力と練習量・頻度で
解決するのですから 体育会系なノリ です。
言葉は悪いですが、上手く出来なければ 下手
上手く出来て当たり前 のような風潮が強いですが、
自分の頭で考えれば、始めから無駄な目標なのです。
全部 脳みそ筋肉で解決するのですから…。

よって、ヘッドの軽さ
ヘッドを軽く感じるシャフトの硬さ
というのを好むようになるのだと思います。

クラブを丸く振れば ヘッドと言う打撃部分は
より一層留まろうとし、体の右サイド、
右サイドへとズレていきます。
フェースはどんどん開いていきます。

加えて 「ヘッドの重さを使え」 というのを
 👉手を抜いて クラブを動かす
と勝手に解釈している多くのゴルファーは
キッカケだけ 少し体の回転で与えてあげ
グリップを止めることによって
ヘッドに残った運動慣性で クラブを上げる、テークバックする、
と言う手抜きな準備を造るようになります。
プロもそうですが、アマチャアゴルファーの7割を超えるような
人がこの「ヘッドの重さの使い方」を妄信しています。

スナップショット 3 (2017-01-23 17-38)


体の向き というのは
前傾姿勢がある 股関節〜骨盤 が礎になりますが、
手だけでクラブを動かしていますので、体は捩じられ、
高さ と言う点に於いてだけ
ヘッドはトップの位置に行きましたが、
だいたいのケース 横にクラブを倒して
グリップの高さ、クラブの高さを取っただけ なので
クラブの重さによる 下に落ちる効果 というのを
ダウンスイングで受けることが出来ません。
✋本当はその重さによる落下効果が打撃の補助にも
 安定性の元、再現性の元、になるのですが、
 そこはガン無視です。


骨盤の正面、骨盤の幅にあるから
元のロフトで打撃できるのですが、
それよりも右にズラしてしまったものは
元のロフトよりも大きなロフトになり
フェースも右を向いているので 飛びません。
例えていうのなら ヘッドスピードが50msあっても
200ヤード飛ぶかどうか と言う球になります。

ですので フェースターン が必要になるのです。

しかし 前述のように
クラブと言う長さに対し、偏重したモノを丸く振り
ヘッドと言う面の長さに対し、偏重したモノを回転させる
と言う二重の行為は 当然打ち手に影響
打ち手の姿勢やヘッドの軌道の影響を与え
それは ボールを! ボールを目標方向へ!
と言う本能的な目的があるので、それを踏まえた上で
反射的に人間が動作を補うことになります。

その量や振り加減、フェースターンの始める時期や
その軌道、その軌道の大きさや速さ によって
影響は毎回毎回違い、二度と同じ状況はありません。
それを 反射 で補うのですから
いったい 何のために練習しているんでしょうか…。

反射行為を衰えさせないため というのには納得です。

スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)


アウトサイドイン…は本当の意味では
単なる振り遅れで
単なる手振りに過ぎず
それを補うために「フェースターン」「フェースローテーション」
というのは 更なるアウトサイドインを生み、
それそのものが「手打ち」なのですから
何を目標に… どこへ行きたいのか 私には分かりません。

そして それは非常に残念ですが、
人間の反射、運動性能次第なので
誰にも助けて貰えず、クラブの恩恵もなにひとつなく

(ゴルフクラブの機能が濃ければ濃いほどマイナスに働きます)
単に 自分の身体能力で解決するしかない道 です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ