◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: クラブの基本構造・メカニズム


まずは ご使用のお客様のレポートを…

昨日ラウンドしてきまして

練習グリーンから感触がよかったのですが

コースではかなり良く、カラーからも非常に構えやすく

チップインバーディーも2度

グリーン上でもロングパットの距離感もまずまず

(この辺りは腕前が悪いのですが・・・)

ミドルパットも思った距離感で打て

ショートパットは一度も外さないで

上り下り横からといったラインも全体に非常によく

いつも行くゴルフ仲間からはパッティングが別人になったと

笑われるくらいでした

苦手意識の塊でストレスであったパッティングが楽しくなってきて
スコアも〇〇とよかったのでとてもいいパターをありがとうございました
と嬉しくなりご報告までに(笑)



 😊 😊 😊 😊


パッティングには こんなデータもあります。

PGAプロのストロークを調査、すると
平均して 3.5度の入射角度
 上から ってことですね、
 
✋これはあくまでも参考データ…ですが、
 入射角度3.5度は LPGA選手の 7番ウッド の
 入射角度に相当します。
IMG_1386

あくまでも平均値、ですが
 パター、用具の方ですね の
👉平均的なロフト が 4度 
 合点がいく部分が多いです。

4度のロフト角度が備わっているパターを
 4度弱の入射角度(進入角度)で使う
 というコトは 実インパクト時は
 おおよそ 0度のロフトで打つコト になります。


先日の 転がり の話しの延長で
 打つ距離 に対して 出来るだけ少ない回転で済む
 転がりが ボールの減速が緩く、
 芝や傾斜などの影響も薄く、
 思った通りのラインに乗り易い

と言う話を合致していると思います。


弊社の ブリストルパター や デール9を使ったお客様の感想に
〇今までよりも ラインが、ボールの転がりが
 より直線的になる、曲がりが少ない、
〇出球のボールが速くないのに 遠くに到達する
 ゆっくり転がるのに カップまで届く

と言うのが少なくないのですが、
まさに 良い転がり を体験されているのだと思います。
L型ブリストルパター_Moment(2)

シャフトの柔らかさ は ヘッドの入射角度を作りだしますので
シャフトをしなり戻して弾く ではなく
しなり戻る前に当てる、しなり戻りが起こらないように動かす、
のが 良いかと思います。

逆に パターの転がりが 伸びない、減速する、
カップ際で曲がりが大きい で悩む方は
出来るだけ 重めのヘッド、柔らかめのシャフト、
重心が高め、浅め のモノ に換えてみるといいのでは❓
IMG_1425

流行り…の 大きなサイズのマレットパターは
 重心が深くなっているので
 フォローが出易い 👉ヘッドが前に出易い
 のが 売り です✋✋✋ それが故に
 ヘッドの入射角度が緩く、ロフトが付いてしまう、
 アッパー気味に入ってしまう、
 歯気味で打ってしまう、
 コトになり易いですから ご注意を😵

 慣性モーメント…ミスヒットに対する耐性は
 ヘッド重量が軽いので 見た目ほどありません。
 メーカーも重いヘッドが良い。。。
 と言うのは知っていますから ヘッドは増量傾向にあります。
 現在の市販パターは 350g 位まで増えてきています。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ライ角度やロフト角度など
調整やフィッティングの仕事がたびたびあります。
005
ボールがつかまらないや
左に引っかかる など症状は色々だと思いますが、
軟鉄のアイアンだから 物理的には調整は簡単です。
1セット 調整だけなら30分もかかりません。

ですが、その症状がライ角度やロフト角度のせい
とは限りません。


ご依頼の際は
✋スイングや総合的なクラブ診断は抜きに
 単に ライ角度・ロフト角度を指定して下さるか
✋スイングも含め、クラブ診断をして
 その症状を取り去る原因を見つける方がよいか
正直におっしゃって下さると助かります。



ご本人が上手く打ててない なんて言いません。
私達は アマチュア…言葉悪く言えば 素人ですから、
上手く打てないのはある意味、当然。

そうでなく、
『つかまらない』
『ひっかかる』
『ボールが上がりすぎる』
『ボールが上がらない』

などの原因は もう少し複合的な要素で生まれます。
IMG_NEW
スイング、クラブの扱い方との兼ね合いもありますが、
ライ角度やロフト角度は
『使う方の体力』や
『装着されているシャフトの硬さ』
『ヘッドの重さ』
と『ロフト角度やライ角度』

の兼ね合いになります。
   特に シャフトの硬さは一番比重が重いですね…。

ライ角度の調整が有効な場合は
ソールの傷の位置 (ヒール〜トゥ方向) と
フェース面上のボール痕(ヒール〜トゥ方向) が
一致している場合のみです。
001
ソールの傷は トゥ側にあるのに
フェース面上の打点(打痕)がヒールにある場合など
ライ角度を プラスマイナス2度調整しても
ほぼ何も効果はありません。

また ライ角度はロフトの立ったモノに対しては
あまり出球の左右方向への影響は大きくなく
30度よりも立ったロフトの場合、
2度程度の変化では 方向を左右しません。
45度よりも寝た、大きなロフトの場合
ライ角度の方向への影響はかなり大きいです。

で、困ったことに市販のアイアンセットは
全体の中で ウエッヂのシャフトが硬めのことが多く
シャフトの硬さの流れ、セットとしての流れが
崩れていることがとても多いことです。

doraiba
ライ角度は使う方のヘッドスピードと
シャフトの硬さに非常に左右されます。

硬いシャフトを使う場合は
 やや寝た…数値の小さいモノでも使えますが
柔らかめのシャフトを使う場合は
 やや立ち目、アップライトな方が使い勝手は良いです。

ですが、ライ角度は使ううちに
そのライ角度に応じて 無意識に、そこそこ時間をかけて
ボールとの距離を変えたり
構え方が変えてしまう、変わってしまうこともあるので
フラットにすれば、アップライトにすれば
万事解決するモノでもありません。


と 同時に
 硬いシャフトを自分からしならせて使うように成れば
 また話は変わってきます。
やはり 使うのは人間なんだ というコトです。


また ロフトに関しては
ボールを立てる調整に関しては
ロフトを立てると それと同量バンス角度が減ります。
ロフトを寝かして打つ傾向のある方や
煽り打ちが多い方などは
数値としてのロフトが立っても
 実質使用ロフトは変わらなくなるので
調整の意味はありません。

ロフトに関しても、ライに関しても
まあ、例外がない と言って良いほど
調整が必要な方は キツイスペック
要するに 硬くて使いきれていないシャフトを使っています。

厳しい言い方ですが、ライ角度には疑問を抱くのに
シャフトの硬さには疑問を抱かない というコトの方が
問題を深くすると「わたしは」感じます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「弾道の高さ を考える時に
 知っておかなくてはいけないコトがあります。
 これを理解していないと 高さ・低さ で悩みが発生した時、
 対処の方法を間違ってしまうコトがあります。」

質問「なんでしょう❓」

店長「ドライバーからサンドウエッジまで
 そのクラブで到達できる距離のマックスを打った場合、
 フルショットと言えば良いでしょうか、
 ドライバーからサンドウエッジまで
 実は どのクラブも到達する高さ『最高到達点』は
 同じ
なんです。」
スナップショット 1 (2013-10-12 12-11)
質問「ええええ! なんか意外です。」

店長「ですよねー。
 なんかイメージからすると それぞれ違いそうな
 そんなイメージがありますよね。

 ✋ただし その最高到達点には違いがあります。

 当然、番手によって飛ぶ距離は異なりますが、
 その届く距離を 数値の100 とした場合、
〇クラブの長さの長いモノほど 最高到達点は手前
 まあ 真ん中位 50〜60 ってトコロでしょうか
〇クラブの長さの短いモノほど 最高到達点は奥、
 ボールが着地するポイントの方 100に近いトコロ
 80〜90の箇所が一番高いトコロになります。
iron-shot-green

 ドライバーはおわん型の弾道
 アイアン・ウエッジは直角三角形の定規って感じの弾道になります。
 ゴルフクラブの よく考えられた部分 ですね。

 ボールの最高到達点はどの番手も同じ ですが、
 その箇所・割合は クラブの長さ、言うなれば
 ヘッドの入ってくるアタックアングル・入射角度によって異なって来ます


 もし 良ければ、練習場で時間がある時に
 アイアンを 8番.9番.PW.SW と順に打って頂きたいのです。
 PWとSWはほぼ同じ長さですが、
 番手が下がって来て 長さが短くなった時の
 最高到達点の割合具合 を見て欲しいのです。
 当然、一番長さの短い PW・SWは
 高くなるのが一番奥、着弾点の近く になる筈なのですが
 ドライバーなどのアッパーが過ぎてしまって
 ボールの浮力が足らないタイプの方は
 ウエッジでも ドライバーの縮小版のような弾道、
 高くなるトコロが 真ん中位 になっている可能性があります。

 ですので その最高到達点・一番高くなるトコロを奥になるよう
 練習して頂き、そのフィーリングでドライバーを
 打って貰いたいのです。

 練習場の球ですので スピンの維持時間はやや短めになってしまいますが
 その練習を経て 打つドライバーは弾道が違うと思います。
ph01_15

 良く言われる 「上から打て」 そんな意識ではなく
 そのクラブの長さなり、長さの違いなり 打って頂いた方が
 クラブの機能は利用し易いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 店長「ヘッドがインパクトの形 のまま
 高さが高くなる(上がる)、のと
 フェース・ロフトがどんどん上を向いていく、
 のでは 全く球質が異なります。

 これはアプローチに限らず
 ドライバーショットも含めた通常のショット
 にも適用されます。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)
 まあ からだの向きが変わりますから
 いんぱくとのそのまんま って訳には行きませんが、
 写真で見ると シャフトの残像
 ヘッドの方がたくさん動いている(写真‐上)
 シャフトの運動角度が大きい方が
 フェースが上を向いている量が大きくなります。

 写真-上 と 写真‐下 の違い(比較)は
 紊和任曾个軍囘戮凌値は大きい(高い)ですが
 回転・スピンの量は少ない、
 腓和任曾个靴粒囘戮歪磴い任垢、スピン量は多い、
 紊郎嚢眦達点に早く行きつきますが、浮力が続かない、
 腓郎嚢眦達点に行き着くのは ずっと奥になります。

 先日の記事 でも書きましたが、
 アプローチの場合ですが、
 紊涼篤擦蓮|綯討垢觝櫃粒囘戮緩く、
 ボールの回転数も少ないですから 止まりません。
 だら〜 っと転がる感じです。
 腓涼篤擦蓮|鰐未肪綯導囘戮キツイ(垂直により近い)のと
 ボールの回転数も多いですから 止まり易い。
〇からだの回転〜ク
 アプローチショット に限りませんが、
 ボールが止まらない〜止めたい、スピンを効かせたい、
 と言う場合、ロフトを開いて
 ヘッドを緩く入れる そんなショットをされている方が
 多く見られますが、基本、逆効果です。

 これは ドライバーショットも含めた通常のショットでも同じで
 打った後に ヘッドの高さが上がる のは
 問題ないですが、そのあがり方 と言えば良いのか、
 フェース・ロフトがどんどん上を向いていくように上げると
 ボールは『ちゃんと』上がりません。
 出球は高いですが、それに気づかず
 上がらない…上がらない…と思って
 より一層 ヘッドを上げる、フェースを上に向ける と
 逆にどんどん浮力を失ってしまいます。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s
 インパクト後のヘッドの抜き方、と言う点では
 ヘッドを返すような、フェースローテーションをして
 ヘッドを走らせるような抜き方では このような症状に陥り易く
 ボールが上がらない とか、 ボールが止まらない に
 なり易いのです。

 ですので 地面を引き摺って来て
 ボールをどかせた後、ヘッドをどう抜くか と言うドリルは
 アプローチやパッティングだけでなく
 ショット全般にも有効だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブの単純な仕組みを覚えましょう。


ドライバーからパターに至るまで
各番手には ロフト角度 があり
そのロフト角度に応じた長さ があり
そして その長さに応じたヘッドの重さ があります。
 この順序がとても大切です。



nyuusyゴルフクラブは、製品としてロフト角度を計測するのに
シャフトを地面と垂直にしていますから
使い方を錯覚してしまいがちですが
インパクトは このような状態で迎えるのではありません。

これでは このクラブの本来の
打ち出し角度よりも高く飛び出てしまい
スピンも本来の回転よりも少なくなり
ボールスピードも上がりません。

余りあるヘッドスピードでしたらまだいいですが、
この使い方で ごくごく普通のヘッドスピードではボールは飛びません。


ゴルフクラブはそのロフト角度を活かすための 長さ があり
その長さに応じたスイングの弧の大きさ
すなわち 降下してくる角度(別名:入射角度)
があります。
555

ロフトの大きなものは 短い ですから
その降下角度はキツク
ロフトの小さなもの、立っているものは 長いですから
その降下角度は緩くなります。

だから 単純に ロフト角度30度の5番アイアンが
15度の入射・降下角度で入ってくると
15度の打ち出し角度になる ということです。

個人差はありますが、当然 クラブの長さに応じての
降下角度があり、 その降下角度に対する
ロフトが本来のロフト角度です。
この状態で インパクトを迎えられるのが
そのクラブのオリジナルの ロフト効果であり、長さ効果 です。
IMG_0727

画像はちょっとオーバーではありますが、
そして その降下角度分、入射角度分
シャフトは前に傾いて入ってきます。
入射角度に垂直に位置するのがシャフトの姿勢です。

先ほどの5番アイアンの例であれば
15度シャフトが前に傾く ということになります。




wedge-bounce

ウエッヂなどは バンス角度と言って
ソールの後方が地面に張り出しているのですが
この降下してくる角度があるので そのバンス角度が活きるのです。



002

ゴルフクラブをこのように使っては
そのクラブ、その番手の長さによる降下₍入射₎角度も
ボールに対するロフト角度も本来のモノになりませんし、
タイミングによって
入射角度とロフト効果がバラついてしまい
そのクラブ、その番手 の安定した弾道になりません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


一般的によく使われる
『ヘッドが走る〜シャフトが走る』というのは
グリップの移動量よりもヘッドの移動量が多く、
かつ 速くヘッドが移動することを指すのだと思います。
IMG_0776

気が付かないからも知れませんが、
別なゴルフ用語で、このことを
「ヘッドターン、ヘッドを返す」
「ヘッドを開いて入れて、閉じて出す」
とも言います。
ほぼ 全く同じ行為を指しています。


クラブの構造や機能を知ると
この行為の怪しさ、ダメさ加減が理解できるんじゃないでしょうか

打ち手の差を除き、
ヘッドとボールの接触によって ボール/弾道には
✊左右の角度
✊上下の角度
✊ボールの回転
✊ボールの速度
が生まれる訳ですが、
ロフト角度・ライ角度で考えると
この二つの角度は非常に密接に混じり合ったものです。

上記のクラブの入れ方ですと
打つ前に クラブはロフトも向きも開いていますから
この状態でインパクトが来れば
・・高く
・・回転数も多く
・・右に飛び出て
・・右に曲がります。

典型的なコスリスライスです。
会田20210701_Moment(2)
これをヘッドターン・ヘッドを先に生かせると 今度は
・・低く
・・回転数も多く
・・左に飛び出て
・・左に曲がります

通称、引っ掛けフック、 ほぼ 真反対の弾道になる訳です。

ヘッドターンはクラブの構造上
✋ロフト角度 大きい➟小さい
✋ライ角度  多い➟少ない➟多い
✋フェースの向き ➟

と同時に変化していきます。

ヘッドがグリップを追い越したのに右を向いているのは
構造上かなり難しく、逆にその使い方では
ヘッドが後ろにある時左を向けたらボールに当たりません。

ですので シャフトのしなり・しなり戻りには
必ず シャフトを軸とした回転が伴ってしまいます。

それにクラブ姿勢やヘッド姿勢に影響を大きく受ける
ヘッド軌道も絡むので
全てのコトが揃うのは天文学的確率です。
そして 似た球を繰り返すのは もう奇跡の産物です。
005
ドライバーであれば ヘッドスピードに自信がなくとも
ヘッドとボールの接触する時間は 1/3000秒
この真ん中の状態が運よくインパクトに来るでしょうか?

何を言いたいか というと
シャフトを開発する、製造する という観点で
上記の使い方「ヘッドを走らせる〜シャフトを走らせる」
のを強化していくと
一か八かで飛ぶけど、弾道は異様に安定しない
と言うシャフトを造ることになります。
手元を強く、太く、硬くし、動きにくいようにし、
シャフトには 歪み耐性の高い、復元耐性の高い繊維を
中から先に斜めに入れることになるでしょう。
手元が硬く、先端部が緩めの 高弾性のシャフト
ですので 全体的にはとても硬めのシャフトに仕上がります。

また ヘッドを走らせるために、グリップの移動量や
グリップの移動速度を制限することは
即ち ヘッドスピードの制限に成りかねませんから
単に 打ち手の『ヘッドが走った』という欲求満たすだけの
シャフトのなる可能性も否めません。

ゴルフクラブは ごくごく当たり前ですが
グリップが動けば(移動すれば)
ヘッドも動きます(移動します)
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m30s
✌グリップが動くことによって ヘッドが動けば
 ヘッドの姿勢変化もかなり抑制できます。
 同じ姿勢のまま移動することが可能です。

✌かつ グリップの移動速度や移動ルート によって
 ヘッドの移動速度や移動ルートも変えやすいですから
 距離の管理/調整、弾道の修正/改良が
 行いやすくなります。

✌ヘッドを振って、シャフトを走らせる打撃は
 飛ばすコトと安定させるコト/真っ直ぐ行かせるコト
 が 相反する関係になりますが、
 グリップを動かして ヘッドを動かす打撃
 それがイコールの関係にし易いです。

ヘッドとグリップの位置関係を
上下に反転させることを考えれば
クラブはどう扱う方がよりベターなのか
シャフトはどう扱う方がよりベターなのか
答えは見つかってくると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフスイングを見ていると
ゴルフクラブという長さがある「棒状の物体」
どう使おうとしているのか がとても気になります。
IMG_0339

シャフトの使い方・・・と言うよりも
長いモノ…『棒状の物体』の方が的確です。


ゴルフに限って言えば
「棒状の物体」「長さのあるモノ」の使い方は二つです。

〇1.棒状の物体のどこかに支点を造り
 端と端、両端を反対に、反転させて使う

〇2.棒状。。。シャフトによって 端と端はつながっているので
 両端を同じ方向に移動させて使う



例で言うと 何かの理由によって(例えば毒とか、放射線とか)
何かの操作、作業を壁越し、別の部屋で行った場合(遠隔操作)で
作業箇所と操作箇所が棒でつながっているとします
(ずいぶん旧式な発想ですけどね…)

1.は 壁と支点にして 棒をてこのように使いますから
 作業させる箇所(ヘッド)の移動は
 操作する箇所(グリップ)を 上下左右反対に動かします

2.は 操作する箇所(グリップ)と作業する箇所は
 立体的に全く同じに動かします

images

✋おそらくですが 細かい作業や正確な作業などは
 後者の△任覆い肇瀬瓩世隼廚い泙后
 詳しくはないですが 例えば 手術…とか
 ,両豺腓蓮々咾辰櫃ず邏箸任藁匹い隼廚い泙垢
 角度というモノがある ゴルフクラブには適切でない様な気がします。
 ロボットアームなどを使う場合、反転させて作業はあり得ないでしょう。


意図的に ,鬚靴討い訖佑呂い覆いも知れませんが、
「ヘッドを」「ヘッドを」「ヘッドを」動かそうとする意識の強い人は
結果として その使い方に行き着いてしまうと思います。
8658a3e6-s

クラブヘッドは ゴルフクラブ全体の6割以上の重さが集中しており
それに長さ、そして移動速度が加わります。
動かせば 動かすほど 先端は重くなるのですから
そこ(ヘッド)を動かす意識の強い人は結果として
その増えていく重さによって、自分が動くことになってしまうと思います。
👉自分が軸でクラブヘッドを動かすのではなく
 クラブヘッドが軸になって 自分の位置が回転するような状態

犬が尻尾を振っているか、尻尾が犬を振っているか というコトですね。

重くなる先端を無理やり動かそうとすれば
自分が その先端を軸に回るしかありません。
ダウンスイングでいきなり からだを開いてしまったり
インパクトで 開ききった体を更に動かすため伸び上がったり は
それによる反応なのだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 今年も宜しくお願い致します🐇

新年の営業は 本日 1/5(木)午前11時〜 です。


営業時間 11:00〜19:00(水曜定休₎





ウエッヂ…サンドウエッヂのバンス角度やバンスソールに

なったのは 1930年頃です。


ウォルター・ヘーゲンがやり始め

ジーンサラゼンが量産型で使い始めました。

 

スタートはバンカーなどの地面潜り込まないようにするため

でしたが、 このバンスソールやバンス角度のせいで

安定した飛距離が打ち易くなったこと が

定着した原因です。

 

飛ばすものではないウエッヂですが

安定した距離が出ないと困りますし、

ピンと来ないかも知れませんが

飛ばないウエッヂは安定度が低いのです。


そのメカニズムは非常に簡単で、

飛ぶウエッヂは 
小さなスイング
遅いスイングでも

希望の距離を打ち易いですが、

飛ばないウエッヂは 
大きなスイング
速いスイングが

必要になりますから、安定度は当然低くなります。

 

その目安になるのがバンス角度・バンスソールです。

少々、単純ですが

機能としての ウエッヂのロフト角度機能は

(ロフト角度)−(バンス角度)  です。

つまり

 ロフト55度 バンス角度 6度(49) のウエッヂは

 ロフト58度 バンス角度12度(46) のウエッヂよりも

飛距離が出にくいのです。


バンス角度やバンスソールの役割ですが

どの道、地面と接触するウエッヂショットは

そ機能によって インパクト姿勢に補正をかけますから

均一なショットがし易くなるのです。

IMG_0610

バンス角度を選ぶ 一つの目安は
ウエッヂのヘッドの入射角度です。
バンス角度 14度であれば、
入射角度  14度以上 にすると
地面に対しては平行な0度なバンスになる訳ですが、
入射角度が それよりも緩いと
バンスは地面方向に張り出した形になり
ボールを打ち前に突っかかり易くなります。

ですので アイアンだけでなく
フェアウェイウッドも、
そのクラブの長さに応じたバンス角度になり
長いものほど 少ないバンス角度の数値になります。

本来、ヘッドの地面に対する入射角度は
体の前傾姿勢によって もたらされます。
全体の円弧が それこそ「円」になるのは
どこかの軸点があって、からだが向きを変えるからです。
補助や誘導することはあっても
手や腕が その「円」そのものを造ることではありません。
ですので 入射角度 ☞上から打つ
は 手や腕でヘッド〜クラブを下に振ることではありません。
単に 体の回転通りに、
引き摺ってクラブを移動させれば 良いだけです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 今年も宜しくお願い致します🐇

新年の営業は 1/5(木)午前11時〜 です。
営業時間 11:00〜19:00 (水曜定休₎


一般的には、グリップを支点にヘッドを動かす
ヘッドを振る、シャフト(ヘッド)を返す というのが、
ゴルファーのスイング、クラブ扱いの概念で、
縦横、どの方向で有っても、
上げる&下げる
しならせる&しなり戻す、開く&閉じる

という、行きと帰りの2アクションが基本なんだと
思います。(それが間違いなんだけど…)

スイングを改造、改良しようとした時に、
その行きと帰りの二つの動作の
多くの場合、帰りを直すことに焦点が置かれるのでしょう。
はっきり言えば、スイングを改良していくのに
動作を二つにするのではなく、一つにする など、
動作を減らして簡素化していかない限り、
我々は日々、年齢を重ねていく訳ですから
うまく行かなくなります。
スナップショット 2 (2013-04-08 23-48)

ましてや、帰りを改善する場合は
急ぐ、速くする、増やす、間に合わす
など、その二つの動作ですら、うまく行かないのに
さらに、自分に動作を要求することになるのですから
根本的には解決することが出来なくて当然、
と言えるでしょう。


今のスイングをよくする場合、
せめて、帰り(戻り)ではなく、
その戻りを簡易にするための、
『行き』⇒テークバック に注意を
払うべきです。

帰りは スピードが増すのも有り、重力や遠心力など
その名の通り、「不可抗力」が増大しまうから
修正するのは容易ではありません。
繰り返せる「同じ修正」はさらに難しくなります。

スイングもミスは、9割を超えるほどの原因は
体の向きの変更で動かすべきクラブを
腕さばきで行っていることに有る
 ので
言うならば、腕の運動量が体の運動量と
合っていない状態なのだから、
それを後程、小さな筋肉である、
クラブの負荷がダイレクトにかかりやすい
腕で修正すること自体、間違いなのだ。

だから、何度も言うけど
本来は、動き自体を減らす、無くしていくこと
が最終的な目標なんだけれど、
とりあえずは、行き(てーくばっく)を
体の向きで、体の運動量を増やし
腕の運動量、腕でクラブを移動させる量を
減らすところに注視しなければならない。
5eff72cc-s

ゴルフクラブ は長い棒の先に重さが集中して
その打撃部分であるヘッドはとっても歪な形をしている。
重さも左に動かす時と、右に動かす時、
上に動かす時と、下に動かす時で
同じような感じには全くならないのだから、
これを自分で「操ろう」とすること自体
無理があるし、この概念に過ちの根源がある。

先端に重さが集中していることや
その姿勢や位置によって、重さのかかり方が違うところは
ちゃんと扱うと、自分の方がその重さや方向によって
上手に打たされてしまうように出来ているので
クラブを操る その思い込みから疑っていって欲しい。
25926758

だから 是非 一度試して貰いたいのは
クラブ。。。L型ブリストルパターを持っていれば
そのパターが一番分かりやすいんだけど、
トップの位置、姿勢を作った場合、
自分の作る「その姿勢や位置」が
自分そのものやグリップの位置を
次にどの方向に行かせたがっているか
どんな重さが掛かっているか 感じて欲しい。
そして、逆に、自分、もしくは自分のグリップを
次にどこに持っていきたいのか と共通するのは
どのトップのクラブ位置やクラブ姿勢なのか
探ってみる方が、練習場でたくさんボールを打って
出る球(弾道)で、スイングの良しあしを決めるより
数倍、数十倍、実りのある練習だと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングの切り返し後、トップオブスイング以降
 ダウンスイングにおいて スライスをどうにかしよう😬
 というのは あまり実効性がありません。」

質問「!!!」

店長「スライス、右回転は 
 インサイドアウトとか、アウトサイドインとか
 軌道のタイプにかかわらず『その
軌道に対して
 フェースが(右打ちの場合)右を向いているか、
 左を向いているか、
になる訳ですが、
 フェースターンをすると 軌道そのものがどんどん
 内に、内に逃げていく傾向が強く、
 フェースターンをすればするほど フェースの左向きの量
 必要になる と言う問題点がありますし、
 フェースの向きの変動、
 それに伴う 軌道の変化も激しいので
 打球の方向性の不安定さ
 が付いて回ります。
会田20210701_Moment(2)
 ダウンスイング以降 ヘッドが遅れるのを
 取り返そうとすると 問題は別なモノにすり替わります。」

質問「飛ばそうとすると スライスと背中合わせ、
 真っ直ぐ行かせようとすると 飛距離はあきらめる、
 なんだか お約束のパターンですね。」


店長「メカニズムとして そうならざるを得ません。

 ですので スライスの実効的改善方法は
 『開いてテークアウェイを取らない』
 『出来るだけ 開きの量が少ないトップ(始まり)を造る』
 ダウンスイング以前の 事前準備
 と言う点がポイントになると思います。

 行き テークアウェイで開きの量
 〜フェースの上向きを抑えておく、減らしておけば
 遅れが発生しても なんとかなる で済むかもですが、
 始めから バックり開いて始まって(切り返し)しまうと
 たっぷりで、大急ぎのフェースターンが必要になってしまいます。」

質問「開かないで上げる・テークアウェイを取る って
 具体的にはどういうコトになるんでしょうか❓」


店長「両方の肘の高さ関係に着目下さい。
((フットワーク_Moment(2)
 右打ちの場合であれば、左ひじが右ひじよりも
 うんと高くなれば クラブは捻じられ、フェースは上を向きます。
 ですので 右ひじの高さ、高くすれば良いってモノじゃないですが 
 クラブが捩じられない、フェースが上を向かないような
 右ひじの高さの取り方は必要✊というコトになります。

 スライスで悩まれているとすれば
 それでなくとも ヘッドの遅れ は望んでいないのに
 左ひじが高く…とは その分、左腕も沢山移動しているので
 ヘッドだけでなく、腕自体も遅れてしまっているので
 ヘッドを返すにしても、その前に 腕の遅れを戻さないと
 ヘッドが返せないですから 更に手間も時間もかかります。
R (1)
 テークアウェイで 右にハンドルを切るように
 左手、左腕ばかりを動かしてしまうような やり方は
 スライス製造法みたいなモノです。」

質問「疲れて来て、ヒョイッと 手だけで上げちゃうような
 ラウンド後半で起こりがちなパターン って奴ですね。」


店長「はい。その通りです。
〇肩を廻せ_Moment2〇肩を廻せ_Moment(2)〇肩を廻せ







 普段から 左手だけ、左腕だけを動かす、上げる ような
 テークアウェイ、特に初動を取っている方は
 疲れてくると それは強くなってくる…
 すると フェースの上向きが増すので
 遅れによる フェースの開きが大きくなります。
 ラウンド後半の スライスやそれを防ぐための引っかけ は
 そう言うモノから生まれますね。」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「長尺が飛ぶのは
 その長さによる ヘッドスピード だ✊
 と思うことが多いですが。。。」


店長「全部が間違っているとは言い切れませんが、
 強い、長いとヘッドスピードが速くなる信仰 は
 クラブを長く使う、必要以上に円弧を大きく、
 『早くに』円弧を大きくしてしまう
 と言う発想に流れがち です。
会田20210701_Moment(2)

 それが、どんな問題を生み出すか 幾つか挙げてみましょう。」

質問「はい。」

店長「ドライバーでは無く、アイアンの話しになりますが

〇よく アイアンの番手が変わっても距離に差が出ない、
 どのクラブを打っても 距離が変わらない

 と言う話を聞きます。 

 ヘッドスピードが速い方が その距離差は出易い、
 ヘッドスピードが速くないと 距離差が出難いのは確か、なんですが、
 からだを180度ターンさせると
 クラブも その長さの半径の半円を描く、180度ターンする、
 と思っている人は 必要以上に円が大きく、
 しかも 早い段階で円が大きくなります。

 スイングの円が大きくなってしまうと
 ボールに対し 入ってくる角度の差が
 長さが違う番手でも乏しくなり、
 似たようなモノ、似たような角度 アタックアングル に
 なってしまいます。
((((ハンドポジション_Moment

 アイアンの 5番6番7番8番、
 5番と8番では 長さが1.5インチ→4センチ弱あるのですが、
 早めにクラブを長くしてしまう振り方、ターン系の振り方では
 ヘッドスピードが速ければ その差は出ますが、
 平均的なモノでは 同じような入り方になってしまい
 番手の差が ロフト角度の差だけになってしまいます。
 それでは 番手間の差が出にくくなってしまいます。

 ロフト角度と長さの関係は
 アイアンの ロフトの立ったモノ 例えば5番アイアンは
 当たり前ですが ロフトが立っているので
 ボールを前に行かせるのは得意ですが、高さを取るのが苦手 です。
 故に クラブが長くなり、アタックアングルが緩くなり、
 🥎の打ち出しが取れ、ロフトの立ったモノの苦手を助けます。
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m30s
 ロフトの寝たモノ、例えば ウエッジ は
 これも当たり前ですが、ロフトがたくさん付いているの
 ボールを上に行かせるのは得意ですが、前に行かせるのは苦手です。
 故に クラブが短くなり、アタックアングルが取れ、
 🥎の打ち出しを押さえ、ボールを前に行かせるのです。

 そのどちらもが その番手、
 そのロフト角度を有効に利用するには
 その『長さなり』のアタックアングルが必要です。

 蛇足ですが、ウエッジのバンスも同じ役割 で
 ウエッジのバンスは ボールを上げることを助けるのではなく、
 ボールを前に行かせることを助け、前に行くのが苦手な
 大きなロフトのクラブを活かしているのです。
 ですので バンカーの苦手な方が 58度や60度のロフトを
 選ぶのは 非常に痛い選択 です。
 バンカーが苦手であれば、逆に サンドウエッジでは無く
 PS,AW,と使った方が 成功率は高いかも知れません。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「バンカーショットの続き、になるんですけど
 上げるコト って 
 よく言う フェースを開く、ロフトを付ける、
 って言いますけれど、
 ロフト角度って言うのは
 長さに支えられているんです。

 55度のウエッジに対し、
 その1/5以下のロフトの ドライバーを使えるのは
 長さ による 円弧の大きさ、
 ボールに対するコンタクトの角度、入射角度がよるモノ です。

 例えば…ですけれど
 8度のロフト 絶壁ですよね。
 コレって ヘッドスピードがありさえすれば 使える、
 と思います❓」

質問「使えないんですか❓」


店長「マッチョな ドライバーで47ms位あれば
 場合によっては 可能性はあるでしょう。
 じゃあ 50msオーバー(52〜53㎳) の人が
 8度のドライバー を 40インチで
 おそらく 45inで50msあれば
 40inでヘッドスピードとしては47㎳ は 有ると思いますが
 使えると思います❓
Desktop 2022.02.13 - 21.34.58.01_Moment(2)
 否、ヘッドスピードが47㎳あったとしても
 40inで飛び出る 打ち出し角度 に対しては浮力、
 ボールを空・空中に留めておく回転が維持出来ません。
 😢使えないんです。

 長さ が造り出す ヘッドスピードも要素としては重要ですが、
 全くもって同じくらい重要なのが
 その長さ による 弧、 スイングの大きさ ナンです。
 それが 生み出す 入射角度 は
 ボールを上げる、浮かす、飛ばす にとって
 ロフト角度の一部、半分とも言えます。」

質問「ショットもそうなんでしょうけれど
 アプローチの際、どんな弧の大きさ、
 ヘッドの入れ方、入射角度が良いのでしょうか❓」


店長「弧の大きさや入射の角度には個性もありますから
 数値としての角度にはこだわらなくて良いと思います。
 ヘッドの重さやシャフトの柔らかさにもよりますけれど
 自分が素振りで からだを廻す、
 からだを廻すことはグリップを動かす、
 別な言い方をすれば 左腕を動かすためのモノですので、
 それによって ヘッド、クラブは引きずられる。
 クラブやグリップには遠心力が掛かりますので
 自然な形で腕は伸ばされるようとする、
 それで ボールとヘッドがコンタクト出来る、
 そう言う角度が 実現できる、繰り返せる自分の入射角度

 だと思います。


 質問なんですけれど
 例えば ドライバーで
 腕とクラブの角度差、ディッシュアングルも無くして
 最大の長さ にして
 アドレスからテークアウェイ、ダウンスイング、
 それを ずっと保とうとするとどうなると思います。」
((スライスにさよならしよう_Moment(4)
質問「振られちゃいそうですね。」

店長「そうですね。
 最大の弧、一番遠いトコロのヘッドに掛かるであろう
 運動の遠心力によって
 速度をあげ始めた時、その方向に自分が、
 回転軸が 引っ張られてしまいます。

 危ないですから 実験は禁物ですが、
 それをやろうとすると 手前を大ダフリ か 空振り になります。
 ヘッドは 必ず ボールよりも 自分に近い方 を
 抜けることになってしまいます。」

質問「ソレって 〇〇〇サイド〇〇 の正体❓」


店長「ああああ それは別な機会に…。

 これは アプローチショットやバンカーショットにも
 言えるコトでして、、、
 分かり易いから バンカーショットが良いでしょうか。

 普通のショットでも同じことが言えますが、
 バンカーショットは『上から打つ』のが良い
 とよく言われるのですが、
 意図的に クラブを、ヘッドを、上から下に振ると
 多くの場合、クラブが必要以上に長くなってしまい、
 その重さによって からだが上を向いてしまいます。
 自分は下に振っているのに
 自分の立っている土台が上を向いちゃう…

 みたいな感じで 『結果としては』緩い入射角度、
 場合によっては 上からではなく、しゃくってしまいます。
9c1bf9e713cb5207be57e13907b1d2d885600572_large
 バンカーショットはダふって打つ とも言われますが、
 これも 間違いとは言い切れないんですが、
 本来の意味は 最下点をやや手前目にする、とか
 いつもよりも 深めに入れる と言う意味なんですが、
 ダふって打つ をそのままアマチュアが体現してしまうと
 やはり 早い段階でクラブが長くなり(アーリーエクステンション)
 入射が緩くなって ボールが前に飛びません。

 インサイドアウトとか、アウトサイドイン、フェースが開くとか、
 左右〜横の動きにこだわる方が多いと思うんですが、
 まあ 打ち手の視覚、目に見えやすい と言うのはありますが、
 飛ばす、安定させる、繰り返す を実現するのに
 縦の、ヘッドの入り方はとても重要なので
 そちらに重きを置いて クラブの動かす方 を考える方が
 より効率的だと思います。」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフクラブの、特にですが
 ヘッドの慣性モーメントと言う言葉をご存知ですか❓」

質問「なんとなく…ですが…。」

店長「一般的には 回転をする・させるモノ の
 周り易さ、廻り難さ を示すモノで
 数値としては 大きくなる程、廻り難くなる、
 姿勢を変え難い、動き難い と考えて良いと思います。
005
 ゴルフクラブのヘッドで 言えば
 ヘッドとボールの当たり所 に左右されずボールが飛ぶ、
 飛ぶ効率 打撃のエネルギーを飛距離に換えやすい
 と考えて良いと思います。

 まあ もう少し アバウトに言えば
 芯が広い と考えても良いかと思います。

 30年前のドライバーに比べると
 同じメタル素材であったとしても
 当時のモノは 170ccですので、
 今のユーティリティクラブ位のヘッドです😬
 今は その3倍の上限460cc、
 慣性モーメントも4倍近く 高くなっています。
 それだけ 当たり所に左右されず ボールが飛ぶので
 安心して振れる、だから 飛ばせるようになった、
 また ボールの推進力へのエネルギー変換効率も良くなった、
 と 単純ですが、考えて間違いはありません。
metal
 慣性モーメント は 3000とか数値で表されますが、
 数値の大きなモノほど その能力が高い と言えます。

 ヘッドの構造や大きさなどもそうですが、
 ヘッドの重さ も それを構成する大きな要素ですので
 ヘッドが重くなれば 必然的にその数値も上がります。」

質問「スウィートスポットが大きい って奴ですね。」

店長「そうなりますね。
 ですので ヘッドの重いモノは
 当たりズレ、当たり損じに強くなります。

 また ドライバー含めた、ウッド系だけでなく
 アイアンも含めたクラブ全般、一般的なクラブヘッドの慣性モーメントは
 ヘッドのフェース上、トゥ〜ヒール方向、横方向のモノを指しますが、
 そちらは 主にヘッドの構造、大きさによって作り出されますが、
 ヘッドの重量の場合、ヘッドのソール〜クラウン
 フェース上の上下方向の当たりのズレにも強くなります。」

質問「ああああ なるほど。
 だから 悶絶クラブはラフで打っても
 距離が極端に落ちにくい となる訳ですね。」


店長「そうですね。
 それと共に ヘッドの質量が大きいので
 運動を持続して行こうとする能力が高くなります。
 ですので ラフやバンカーなど ボール以外の質量が
 ヘッドの進行の妨げになる場合も ソレに屈し難くなります。

 最近だと、女性や非力な方でも
 スチールシャフト以外の選択が乏しい です。
 スチールシャフトが素材として どう ではありませんが、
 特に軽量スチールになると 強度が落ちますので
 より軽いヘッドが使われる可能性が高くなります。
 
 ヘッドに重量が少ないと インパクトを超えて
 ヘッドが推進する、打ち抜く力がヘッドに乏しくなるので
 昔よりも一層、ラフやバンカーで苦しむのでは と危惧しています。」

質問「力のない人には不利なんですね。」

店長「そうですね。
 チカラの無い人がバンカーショットをする場合ですが、
 軽いヘッド、硬いシャフトの組み合わせ、
 ロフトも大きめ(58度とか…)、 その上で
 バンスもあまり張ってない(バンス角度が少ない)
 ウエッジでバンカーショットなんて
 😬ナンの拷問だよ😬
 とさえ思います。
79457
 最近、設定されているルールの多くは
 一見すると 色々な点で スピードの速い人、チカラのある人
 を規制の対象にしている『ように見えます』が、実は
 より一層 速い人、チカラのある人とそうでない人の格差が
 広がるモノばかりですので
 そこは 重いヘッドやシャフトを柔らかくするコトで
 それを補うのが良い
と思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレって 一番始めに言うべき なのかも知れませんが

 Ы世蕕いシャフトはカラダに優しい です。 

 複合的な要素が絡み合うので コレ ってのはないですけど
 弊社に訪れる多くのお客様は 腰や肘、首などに故障や痛みを
 抱えていて 過去、レッスンやクラブなどいろいろなコトをしたけれど
 解決せず、弊社に辿り着いた というのがあります。

 悶絶クラブとか呼ばれていますけれど、
 からだの故障を誘発する要素は非常に少ない、
 故障や痛みでゴルフ辞めようか と思っていた人にも
 十年単位で楽しんで使って頂いています。
中村2022612_Moment
 まあ 一つの要素 としては
 硬いシャフトって その使い方も有って
 地面にある、低いトコロにあるボールに届き難い、
 ダウンスイングで下方向に誘導され難い ってのが有ると思います。
 ですので 硬いシャフトを使っている人の殆ど、
 全員と言える人が アイアンのボールはかなり中
 右打ちで言うと 真ん中より右に置いている人も多い。

 そのボールの位置が ドライバーショットの嚙み合い の悪さ
 を生むんですけれど、仕方ないのでしょう。


 ここって重要な要素は別にあって
 届き難いですから 上下方向、高さ低さ方向の問題
 って考えガチなんですけれど
 本当の原因は 前後方向、
 この場合は飛球線方向〜飛球線反対方向にあるんですね。

 トップもダフリもチョロも 上下方向に届いていない、届き過ぎ
 って思ってしまうんですけれど
 本当は 右打ちの人で言えば インパクトポイントでの
 グリップが飛球線方向、左に誘導されていないんです。
 そこがポイントです。
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(4)
 本当の解決は横方向、左右方向なのに
 上下方向の問題として考えちゃうんですから 解決しません。


 それの延長線上なんですけれど
 インパクトって ヘッドの上下軌道の最下点、
 もしくは 最下点の一歩手前って 考えると思いますが、
 そこって グリップの上り際、上がり始めの部分なんです。
 グリップが上がり始める、からだが左を向き始めるってコトなんですが
 硬いシャフトを使っている多くの人は
 ヘッドの最下点は グリップも最下点 と思いガチ です。
 ですので インパクトでグリップを止めちゃう。
 それは 気付いていないですけれど からだの回転、特に左サイドですが、
 からだの回転を止めちゃう、もしくは腕から先をからだの回転から
 切り離しちゃうことになるんですね。

 ヘッドを回転させる、クラブの長さを一番長くする、
 それと グリップの最下点って『悪い意味で』合致するので
 からだの回転とクラブの関係が上手く行かなくなる、
 というか それが良い関係なっちゃったら 上手く打てません。

 グリップの前進を止めちゃうんですから
 そりゃ ボールに届きません。
 ですので ボールは中に置かざるを得ない。
IMG_1487
 本当の動力源である からだの回転を一番クラブが速くなるトコロで
 止めて、切り離して、となれば からだ自体も痛みますし、
 打撃の衝撃も含め、肘から先の動作が多くなりますから
 腕、肘、手首なんかは 当然痛みます。

 そのまま 回転してグリップを動かしちゃえばいいのに…。

 …でも そうはいかない、スライスになっちゃいますからね…。」

質問「コレって 全部つながっているように感じるんですが…。

店長「はい。そうなりますよね、
 多くの人が スイング、打撃ってこう言うモノ って
 思い込んでるコトの その多くは
 硬いシャフトを『無理して』使う技術であって
 自分は動力源だけど やって貰えることはクラブにして貰う
 では 全くもって無い んです。

 で、その思い込みも 使っている、もしくは 使ってきた
 自分がスイングを覚える時に持っていたクラブの シャフトの硬さ
 で決まってくるんです。
((アドレス_Moment
 ですので 言いたくはないですけれど
 自分の子供にゴルフをさせる、あわよくば プロに。。。
 子供の身長に合わせて お父さんのクラブをぶった切って渡す😬😬😬
 と どういう風になるか、どんなスイングになるか、
 スイングをどう言うモノとして、
 ゴルフクラブをどういう風なモノと考えるか
 決まっちゃうんですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「まあ あと単純にはですね、

➂シャフトが柔らかい方がクラブの位置とか、
 ヘッドの姿勢とか、そう言うのが感じ易い、感知し易い です。
c1fa68b7-s
 トップの位置で クラブがどうなっているのか とか
 目で確認し辛いですし、
 ビデオとかで見ても、現場ではどうにもなりませんが、
 感覚で把握出来るのは大きいです。

 ヘッド重量の重い軽いもあるにはありますが、
 まったく 同じヘッド、同じ重さ、同じ長さ であっても
 振動数250cpm と 150cpm のモノでは
 250→150cpm の順番で打つと
 まるで ヘッドの重量が倍になったように感じるでしょうし、
 その逆の 150→250cpm の順で打つと
 ヘッドが付いていないのか と
 テークアウェイの途中で辞めてしまう方も大勢います。

 パターなんかでも そうなんですけれど
 ヘッドの重さが把握し難い、軽いヘッドや硬いシャフトでは
 静から動へ移る始めの瞬間、初動が取り難い です。
 柔らかいシャフトや重いヘッドではイップスにならない
 んじゃないかな と思っています。」

質問「確かに L型ブリストルとか、デール9の後で
 市販の普通のパターを借りると
 どう動かして良いか、その動かし始めに戸惑い、躊躇が起こりますね。」


店長「確信はないんですけど、
 コトの順序で考えると テークアウェイの初動であっても
 グリップが動くから ヘッドが動くんですが、
 軽いヘッドや硬いシャフトでヘッドが感じにくい と
 ヘッドを動かしたくなるのかも知れません。
 でも グリップが動いていないから その先が続かない。。。
 まあ ショットであれば 勢いがあるから良いですけど
 パッティングだと
 そのヘッドの軌跡、移動経路も視覚的に確認 出来ちゃいます。
IMG_0536
 グリップが動いて、ヘッドが動くのと
 ヘッドだけが動くのでは経路が違い、多くの場合、
 理想的な経路よりも外、アウトめに膨らんで動きますから
 動きがゆっくりが故に 気になっちゃう…。
 そこらへんが イップスの始まりだったり するんでしょう。」


店長「い泙◆〇たような話しではあるんですが、
 柔らかいシャフトのクラブの方が クラブそのものにリズム、
 運動があるのでタイミングがあります。それを感じ易い。
 ですので 同じテンポ、リズムで振り易いと思います。
 硬いシャフトのクラブのは クラブそのものにリズムが薄い、
 それに比べると 反復性に優れている と思います。

 これもちょっと嫌味なんですけど
 ですので 本当は同じ硬さ感、のクラブがバッグに入って無いと
 クラブによって テンポがバラバラになってしまう筈…なんですけれど
 平気なんですかね。」

質問「それ よく分かります。
 自分は元々 フェアウェイウッドが苦手で、嫌いでした。
 でも 調べてみたら それは『流れに外れる』硬いシャフトだった、
 柔らかさの流れを揃えたら 得意ではないですけど
 ごく普通に打てるようになって 苦手ではなくなった。
 本当 それは実感します。」


店長「はい。フェアウェイウッドって 交換頻度と言えば良いのか、
 あまり頻繁に使わないので クラブの購入の一番最後に廻されガチ です。
 ドライバーも含め、アイアンも昔に比べ、
 だいぶ 柔らかくなってきていますから、
 フェアウェイウッドだけが 昔の硬さのまま、置き去り って
 日本中のゴルファーの8割がそうなんじゃないですかね。」

質問「それ 当たり ですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「そう言う使い方もあるの❓
  …まあ 世の中色々あるからね〜 
 って言う典型例が
 シャフトをしならせて〜しなり戻して使う です。
457d8efa
 好き好きではありますけれど、
 コレって ゴルフクラブの機能をかなりの部分、殺してしまう
 エンジン付きのクルマなのに 自分で漕いでいる 程
 アマチュアゴルファーにとっては 損な使い方
 です。」

質問「そうなんです❓」

店長「はい。
 ゴルフショットを安定させるコト や
 繰り返し易いスイングを覚えるコト の
 何倍も大変な方法論… ソレに意識の有る方は
 なんだか 苦労好きと言うか、
 まあ そう言う楽しみ方もあるんだなぁ と感心するほどです。

△舛腓辰範辰歪垢
(いつものコトですが)ですが…
 
 ヘッドが軽いって言うのもあるかも、なんですけれど
 シャフトをしならせて〜しなり戻して使う って
 重いヘッド + 柔らかいシャフト では難しいです。
 額面通り 先端のヘッドは重いですし、
 シャフトは柔らかいですから たわむ(しなる)量も大きく、
 それを復元(しなり戻す)には 手間も時間もかかります。

 元来、物理的な約束事も含め
 打撃って 自分がクラブを握り、からだの向きを変えて
 その握りの部分、グリップを動かす。

 すると ヘッドはシャフトでつながっているので
 そのヘッドの重さや運動で加わる重さ分、遅れて、
 そのグリップの移動の付いていきます。
 まあ 引きずられるってコトになりますね。
 ヘッドの遅れ とも言えます。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 ソコで起こる シャフトのたわみ(しなり)  と
 シャフトをしならせて〜しなり戻して とは
 言葉としては同じ、たわみ(しなり)ですが
 その中身はまるで異なります。

 グリップを動かして、ヘッドを引きずる、
 遅れさせたまま使う場合、シャフトにはトルクが掛かりません。
 シャフトの回転されるような 捻じれが掛かり難い状態です。
 単に ヘッドの重み(運動も加え)分、遅れて付いてくる だけ です。

 一方、シャフトを意図的にしならせ、しなり戻す方は
 打撃に関して しなり戻す方が重要になります。
 クラブの先端にあるヘッドは その棒(シャフト)の延長線上に
 重さ(重心点)がないので その動かし方では
 シャフトはかなり捻じられることになります。
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m31s
 ヘッドの慣性モーメントというのがあるのですが、
 これは ヘッドのスウィートスポットの広さというか、
 ミスへの寛容性や打撃効率の良さ(ボールへのエネルギー伝達)の良さ
 を表すものを数値化したモノ です。
 
 モノは遠心力が掛かった時、
 その重量が揃おうとする法則があるので
 ヘッドを回転させず、シャフトを捻じらず使った場合、
 ヘッド自体は遅れて突いて来ますが、
 ほぼ 自動的にシャフトなり、グリップなりの延長線上に
 ヘッドの重心点が来ますので
 慣性モーメントの効果は発揮されます。
EG05_04
 ところが シャフトをしならせて〜しなり戻して使う場合、
 シャフトにはトルクが掛かってしまい、
 ヘッドが シャフトを軸に回転する事が必要になるので
 ヘッドの重量点とシャフトが直線状で揃うことは無く、
 単純に重心距離分、それ以上、ズレた関係 が維持されてしまいます。
 当然そうなると 慣性モーメントと言う機能は発揮されません。

 慣性モーメントはゴルフクラブの歴史上、
 ゴルフクラブの進化 ソノモノを表すと言っても過言ではないモノ。
 ゴルフクラブの『簡単さ』を表す数値と言えます。
 ドライバーにしても、アイアンにしても、
 この50年での進化は 慣性モーメントの進化 です。
 にもかかわらず シャフトをしならせて〜しなり戻して使ってしまうと
 それを利用出来ないばかりか、逆に 数値の高い、
 本来 易しさの数値が高い程 扱い辛いモノになってしまう。

 ゴルフクラブに助けて貰いたい、ミスを救って貰いたい
 と思っている人にとっては ものすごく大きな違いです。
 これから ゴルフスイングを覚えようとしている人 にとって
 どっちの道へ進んだら良いか は一目瞭然だと思うんです。

 それが 選ぶクラブ、シャフトのよって 分かれてしまう、
 と言って良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ハミングさんは 重いヘッド、柔らかいシャフトを
 メインとしていらっしゃいますが、その利点を教えて下さい。」


店長「はい。まず、柔らかいシャフトの話しからします。

^譴通椶離櫂ぅ鵐箸箸垢襪
 一般的なクラブ、市販のクラブでは
 シャフトの硬さのバリエーションが乏しすぎます。

 L.R.SR.S.X と言ったトコロで
 それもまた機種やメーカーによって基準はマチマチです。

 また 硬い方から言うと X.S.SR.R.
 日本語英語にすると エクストラスティッフ、スティッフ(硬い)
 レギュラー、そしてその間 と シャフトの硬度を示しているのに
 次に来るのがレディース 性別って変じゃありません❓」

質問「確かにね〜。」
IMG_0077
店長「レギュラーの男性って そのレギュラーって どの体力、
 どの年齢の人が対象なんです❓

 そして そのレギュラーの男性と女性の間 って
 アマチュアゴルファーの『体力的』『年齢的』には
 実は一番の ボリュームゾーンだ と思うんですけど
 そこには シャフトの種類が存在していないのも なんだかな…
 って感じです。

 例えば ですけれど ドライバーで言うと
 弊社では 45in換算で 150cpmのモノが多いですが、
 市販のシャフト Rが230cpm SRが235cpm Sが240cpm
 弊社基準で言うと どれも硬い、その硬さの5cpm は製品誤差
 と言ってしまっていも良い程の 差しかありません。
 実際、ヘッドスピード45㎳を超えるようなお客様でも
 快適に 振動数150cpm以下のドライバーを使って頂いていますが、
 その方に 230.235.240cpmのドライバーを打って頂いても
 どれも硬過ぎて 判別はかなり難しいと思います。

 そう考えると 多くの方にとって シャフトの硬さの差って
 『硬過ぎて』判別不可能なんじゃないかって 思える時が多いです。
 ゴルフバックの中に 全然違う 別々な硬さのモノが混載、
 ひっちゃか、メッチャかに入っている😬😬
 硬さの違いが判別出来ていれば そうはならないんじゃ…
 そう思う事例を 非常に頻繁に目にします。
 硬さの統一感が流れている そう言うセットを持っている人を
 見たことがありません。
 おそらくいないんじゃないです❓」

質問「いない…かも知れませんね。」

店長「それって ものすごく『無力感』を感じるんですよ。

 一見、シャフトの硬さにコダワリと言うか、
 何かの理由で選んでいる筈なのに、
 バッグの中にある シャフトの硬さはてんでバラバラ…、
 結果、としては シャフトの硬さの意義 は非常に希薄。
 それが 凄くイヤなんです。

 結局のトコロ、シャフトの硬さなんかどうでもいい❓

 クラブの機能が「発揮されていない
 動かないモノ、動かせられないモノ を使っている可能性は
 否めないと思うんですね。

 故に 良い意味でも、悪い意味でも影響のある
 ちゃんと シャフトの動く、稼働する硬さ(柔らかさ)を
 主力商品にしています。」

質問「なるほど、です。」
IMG_0084

店長「で、話を元に戻しますが、
 仮に ドライバーで シャフトの硬さ以外はみな同じ状態、
 150cpm 200cpm 250cpm の3本を打って
 同じフィーリング、同じタイミング、同じ弾道になるのか❓
 振った感じはどうなのか❓
 自分のスイングをそのまま としたら
 どれが一番振り易い、動き易いのか❓
 一番距離が出るのはどれなのか❓

 この3本を打って 違いが感じられない… と言う人はいます。
 ちょっと信じ難いのですが、少数ですが、存在します。
 しかし それもゴルフですし、そう言うのもOKでしょう。
 でも 多くの方は 振り難い、打ち易い、飛ぶ・飛ばない なども
 含め なんらかの、かなり大きな差、違いを感じます。

 そして その硬さ・柔らかさはタイミングなども含め
 スイングにかなり大きな影響を及ぼします。
 コレを振るにはこう、コレを振るにはこう・・・と。

 クラブ、シャフトの硬さが スイングにこんなに影響がある✊
 場合によっては 出来ていくだろうスイングが変わってしまう、
 そういう多大な影響力を クラブ・シャフトの硬さ(柔らかさ)は
 持っています。

 実際、スイングのレッスン等 全く無しであっても
 ちゃんとした 動くシャフトを使うと 数か月で
 アドレスやグリップ、スイングは目に見えて変わって来ます。
〇肩を廻せ_Moment

 クラブ、特にシャフトの硬さ・柔らかさは
 弾道だけでなく、スイングの動きにも大きな影響があるんですが、
 スイングやクラブ、ゴルフそのものの考え方、とらえ方にも
 かなり影響を及ぼすんです。

 まずは シャフトにはこんなに硬さの違いがあるよ
適切なシャフトの柔らかさを選ぶのは良い先生に巡り合うのと似ていますよ
 というコトを知って貰いたいの です。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スイングで言われる 『腕と体で作る三角形』
 その三角形を保ちましょう みたいに言われますけれど
 ソレについて 教えて下さい。」

MVI_0873 (2)(2)_Moment(5)
店長「はい。

 このゴルフ用語、格言も
 使う人によって かなり都合よく独り歩きしてしまっている、
 と感じます。

 アドレスの時、普通に構えていると
 自分の胸、両腕で 三角形、概ねですけれど二等辺三角形に
 なっているじゃないですか❓」

質問「そうですね。」

店長「この形を維持しなさい✊では無いんです。

 答えから 先に言うと
 『からだの向き(回転)でボールを打ちなさい😵』
 と言っているだけで 腕を伸ばして〜 とか
 無理に三角形を維持して〜 ではありません。」

質問「そうなんですか❓」

店長「そうですね。
 それを維持しようとすると
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)



 こういうイメージ行き着き易いじゃないですか❓」

質問「確かに。」

店長「コレを実現するには
 どこかでからだを止めて 腕やクラブだけを振る
 手打ちの入り口に片足突っ込むことになります。

 しつこいですけれど
 棒の先に重さが有って それに運動が加わるので
 ヘッドは自分の向き、角度運動に対して
 その重さ分 遅れっ放し、になります。
 これは 誰彼問わず 絶対の法則 です。

 でも 腕と体で作る三角形を維持しようとすると
 その法則を無視して 自分の動作でそれを造ることになります。

 腕の三角形、二等辺三角形を保って
 の意味は 腕でクラブを振らず、
 からだの向きで振れば 左右の腕の長さに制約が掛かりません。
 一方、手さばきでクラブを振ると
 右打ちの場合、テークアウェイ〜ダウンスイング側、
 まあ 右側ですね、ソコにクラブが有る時は
 右腕は短くしないと 左手が届きません。
 フォロー〜フィニッシュ側だと 左腕を短くしないと
 今度は右手が届きません。
 それって 結果として ですが、
 三角形は歪んでいるコト、捩じられているコトになります。

 クラブ、ヘッドが重くなる分、
 それは そのまま にして、
 それを 強制的に直さないで
 それを ひきずったまま 振れば
 結果として 腕には長さの制約がかからないので
 三角形が維持される という手品のタネ なんです。
遅れていいのよ
 スイング中ずっと同じ三角形を保つ を実行する、
 これは機械なら可能ですけれど
 人間には不可能です。

 真意が掴めないと より複雑になっちゃう典型的な例ですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「アタックアングル〜入射角度、
 それと クラブの長さの造り方…
 それらを考えているとですね…、
 私 ふと疑問に思ったんですが、スイング軌道の
 インサイドアウトとか、アウトサイドイン って
 ソコがポイントなんじゃないか と思ったんですが…。」


店長「うわ… そこですか。
 ソコに気付いちゃったんですね。
 その話は 頭がこんがらがり易いので 避けたいんですけどね…。」

質問「はい。
 ボールを打たない 素振り で仮定すると
 クラブの長さを短いまま で振ると 円は小さい、
 アドレスの状態やクラブを最大の長さ、
 遠くまで届かせる状態にすると 円は大きい、

(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment
 元になる スイング軌道は 全く同じ🔥 だった、としても
 その長さの造り方って言うか
 いつ長くして、いつまで短いまま でいるか
 によって インサイドアウトも アウトサイドイン も
 まぁ 見た目のスイング軌道ですけれど
 如何様にも出来るんじゃないか と思うんです。」


店長「正解。その通りだと思います。
 インサイドアウト、アウトサイドインの理論が
 ゴルフ界に入ってきたのは おそらく50〜60年位前だと思うんですね。

 おそらく なんですけれど
 仰る通り、クラブの長さの造り方、
 いつ長くするか、いつまで短さをキープするか、いつリリースするか、
 そういうコトを言いたかったんじゃないか
 と思うんですが、
 そこは ちょっと伝えにくい、伝わり難いニュアンスが
 多分に含まれているので もっと簡易に
 軌道論に変化してしまったんだと思うんです。」

質問「確かにややこしいですもんね。 

 コレって 全く同じ軌道を描いても
 長さの取り方が違えば、インサイドアウト、アウトサイドイン
 どちらも作れてしまうので
 元、ベースは合っているのに
 軌道の方を変えてしまう、ベースを変えてしまう
 という道に発展してしまわないですか❓」


店長「そうですね。
 世の中にある スイング軌道論は殆どがその道 です。

 正当な路線 では
 良く言われる 溜め…クラブが短くなった状態 が
 長くなっていく過程 で インパクトを迎える、
 それが インサイドアウト です


 アウトサイドイン とは
 早い段階で クラブが長くなってしまったコト で
 仰る通り ベースになる軌道は同じ です。
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m30s
 ただ 話しの根底には
 からだの向きで グリップを移動させ
 クラブやヘッドを引きずって動かす があるんですが、
 そのひきずる って言うのも
 等速で移動させていたり、加速状態で可能なことで
 スイングを終わらせるとなると
 打った後、減速に入りますから
 グリップが運動の慣性の残るヘッドに
 追いつかれてしまう可能性があります。
 勿論、それは打撃の終わらせ方、ショットのオマケ の部分で
 けがをしない為には重要ですけれど
 打撃ソノモノではありません。

 短くして使っていたクラブが
 インパクト後 ヘッドがグリップを追い越したり、
 遠心力でヘッドが大きく膨らんだりしようとする、から
 クラブが長くなるので インサイドアウト になりますが、
 実情は からだの向き通りの インサイドイン です。
 無理やりインから入れたり、アウトから入れたり
 作為的にするには からだの回転と切り離すコトになるので
 その スイング軌道の発想そのものがとても危険 なんです。
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m31s

 そのクラブの長さの造り方 を 無視?なのか、
 すっ飛ばしてしまって
 単に軌道の インから、アウトから、 を
 上手く行っていない原因として 修正、
  …この場合は アウトから の方でしょうね、

 ベースは正しかった軌道を変えるコトになる、
 つまり からだの回転では無く、
 腕先、手先での修正になる というコトになります。」

質問「つまり 手打ちになる というコトですか❓」

店長「ややこしいですけれど
 軌道そのものは合っている(クラブ扱いは合っている)、
 しかし、長さを出しちゃうタイミングが早い から
 アウトから入って見える😬 を インから に修正すると
 どうしても 必要以上なフェースの開閉 が付いて来ます。
 それでも ちゃんとボールを打つには
 手で ヘッドターンをしなければならなくなる ので
 からだの回転では立ち行かなくなります。

 まあ 分かり難い、伝わり難い部分の代表 なのですが
 クラブの長さの『造り方』はとても重要な部分、
 飛ばすコトや確実性 と密接な関係にあるんですけれど
 そこが スイング用語の中から
 ぽっかりと欠落してしまっている んですよね・・・。

 スイングの溜め とか、リリースとか、
 受け入れやすいイメージだけが先行している気がします。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 このブログに関連する中でよく使われる言葉です。

辞書を引いてみると

 アラガエナイチカラ、逆らえない力 を指します

この言葉は 保険用語や法律用語 不動産用語に中にも
頻繁に登場します。

そして この言葉の反対と言う意味では無く 対になる言葉が

 「仕方がなかった」
というのがあります。

車の運転中に頻繁に起こる事ですが
車がカーブに差し掛かります
その車の性能、路面状況、タイヤの性能や状態によって
車は道なりに走ろうとするスピードに対し
外に飛び出ようとする力が働きます

 どのスピードか は 各シチュエーションによって異なると思いますが
必ず タイヤの向いている角度よりも ややずれたアングルに
車は進むのでしょう。 
 確かこれをスリップアングル と呼んでいたと思います


自分の動かした物、自分自身にも 動かした方向やスピード、強さに対し
必ず 自分の意に反するような力が掛かる訳です。

ですから 車の場合 その総合的な性能を超えてしまった場合
外に飛び出るような事故になってしまったりするのです
    🚙🚗 {運 転 は 気 を 付 け て}

それと同じで ゴルフクラブにも
動かしていない時は 長さ×重さ だけで済んでいますが
動かしている時には それにスピードの二乗倍 以上の力が
かなり複雑に掛かります。

ゴルフクラブを スウィングと言う中で動かせば
クラブ全体には 外に膨らもうとする力や 下に落ちようとする力
クラブヘッドにも 独自にその力が加わり
動かしている最中 ずっと複雑に力が掛かります。

良い練習方法とは言えませんが
人のいない 広い所で クラブを離す スウィング中に放り投げる
指示をされると 意外や意外 初めて行う人は
自分の意図に反した あらぬ方向にクラブを放り投げてしまうモノです
会田20210701_Moment(2)
☆ボールを打つ
☆クラブを振る
  この行為には 重力が存在している限り
  絶対に いろいろな重力 遠心力 等 不可抗力が存在します
  殆どの場合 その不可抗力に動かさせられている と言っても
  言いすぎではありません。

ある程度 その不可抗力を計算に入れて 上手く打とうとしても
その不可抗力は 全部を計算式に出来ないほど複雑で
特にヘッドを振ろうとしている
シャフトを振ろうとしている  
 ヘッドターンをしようとしている人の

不可抗力は 無限のバリエーションを持っていると言って良いでしょう

  それを味方に付けるか あくまでも人力によってそれに抗うか
    そのどちらかだと思うのです

ゴルフクラブの場合 かなり立体的に動きますし
かなり動かすものは偏芯・偏重した物体です


道具…辞書から抜粋してきました

(1)物を作り出すため、あるいは仕事をはかどらせるため、
  また生活の便のために用いる器具の総称。
(2)他の目的のための手段・方法として利用される物や人。
(3)仏道修行に用いる用具。僧の必需品や修法に用いる器具


ゴルフの場合 当然 (1)が正しい筈です
 人間の体だけでは あんなに遠くへ あんなに正確には
 ボールを飛ばすことが出来ませんから…


しかし 道具を持った方が難しくなってしまうのは
  (3)の回答です。
本来は 人間が楽をしたい 作業効率を上げたい 為に存在する
筈の「道具」が人間を苦しめる  
 本末転倒……この言葉、まさにこの為にあるような気がします

人間が1000回も10000回も繰り返し 出来ない動作
答えの出ない動作   ゴルフショット以外に何かあります?
そろそろ その行為 動作 
 そのモノの目標が間違っている って気付いても良い頃? じゃありませんかね


 〇楽する為 〇効率を上げる為
こんな便利な世の中になったのに
道具を持った方が上手く出来ない
こんなコンピューターが進んだのに
基本設計 基本構造は変わらず
原点の形はあまり変化のない ゴルフクラブ
   
 それに「理由」が隠されているって思いません?
 それを無視し 体の動かし方ばかり考えていても
 こんなにやっても こんな人数でトライしても
 こんな長い歴史を過ごしても答え見つからなかったんです

 自分の側から クラブを見るのではなく
 クラブの側から 自分を見る時が来たのではないでしょうか
                 (2009年7月当ブログより転載)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「からだの回転で グリップを動かし
 クラブ、ヘッドは引きずる と言う概念で
 ゴルフスイング全般を見ると
 今まで 見えていたものと全然別なモノが、
 別なモノに見えて来ました。」

店長「うんうん。そうでしょ⁈ そうでしょ。
 シャフトを振らない、クラブは振らない、
 でピンと来なかった人も クラブ(ヘッド)は引きずって
 でなんとなく掴めた人も多いんじゃないかな❓」

質問「はい。トレビノ先生のコレなんか 正にソノモノずばり で
 地面で引きずっていたのを 立体、空中ですると
 こんな風になるよ と 言っているかの如し でした。」
店長「スイングの発想 常識 が変わると
 スイングの『見え方』も変わって来ます。

 ブルース(高橋)プロのコレも同じだよね。
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)







 からだの向きで グリップを引きずる から
 ヘッドは長さや運動の速度も加え、その重さ分 遅れる、
 それが 世に言う『溜め』になる。

 フェース、ヘッド姿勢の造り方 にもよるけれど
 高橋プロの写真で言うと
 ヘッドが重さで落ちようとする その力も
 グリップを押すチカラとして使えるので
 ソコを解いちゃったら あとは「チカラ技」で
 打つしかなくなっちゃう。」

質問「グリップを手で進行方向に押す のではなく
 からだの向きで移動させる、
 引っ張る訳では無いのかもしれないけれど
 からだの向きで移動させる というのはポイントなのですね。」

店長「はい✊✊✊
 だから 一気にからだを左に向ける、
 からだを開く感じになる、
 しっかり 最後まで左を向く、
 その速度〜左を向く速度 が 結果、あくまでも結果
 ヘッドスピードになるんであって
 字面では似ているけれど 『ヘッド』スピードを上げる を
 その言葉通り 『ヘッド』で行うのとは全く違う。」

質問「ソコが理解できると大きいですね。」

店長「はい。
 今更 だけど ヘッドはグリップを追い越さない、
 いえ 正しく 追い越せない んですね。
 動力は グリップを移動させるからだの向き なんですから。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 ヘッドを引きずる のと
 ヘッドがグリップを追い越す
 この二つでは インパクト付近のロフトも異なりますし、
 当然、ヘッドのアタックアングル(入射角度)も異なります。
 後者の方が ロフトは増え易い ですし、
 反復性 と言う点で非常に問題があります。
 アタックアングルも緩くなります。

 ロフト姿勢、アタックアングルも一定に成り易いので
 あとは、通常のショット もそうですが、
 アプローチショットの距離感は からだの回す速度感なのです。
〇アプローチは早い段階でかなり良くなると思いますよ。

 ヘッドがグリップを追い越す って
 単に ヘッドの遅れ、溜め、
 その差が フェースの開き になっているから
 打つ為、当てる為に補正を欠けている に過ぎない
 と言えなくもない。
 フェースやロフトの開きが問題なんです。」

質問「上げ方に課題がある というコトですか❓」

店長「それもありますが、
 発想が 木乃伊取りが木乃伊になるのスイングタイプなので…。
 巻き戻して考えると ヘッドがグリップを追い越す為に
 上げている可能性も否めない ので
 その『呪い』から自分を解放しないと難しいかも…です。」

質問「最近のプロで お薦めな人はいますか❓」

店長「そうですね、引きずる動きが見やすいのは
 ネリーコルダ選手じゃないですか❓

 インパクト時、左ひじが曲がっている、
 伸びてないのは特徴的。
 真似は出来ませんけれど その象徴ですね。
 妹の彼女の方がサイボーグチックというか 機械的。
 ちょっと硬質な感じで
 姉さんの ジェシカコルダ選手の方が 人間ぽい感じがします。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「バンカー脱出の ヒント 何かありますか❓」

店長「そうですね、
 年齢やパワーなどにかかわらず 右を見ても、左を見ても
 スチールシャフト全盛の時代ですので
 バンカーを苦労する人は増えているみたいです。」

質問「スチールシャフトがいけない、のですか❓」
9c1bf9e713cb5207be57e13907b1d2d885600572_large
店長「いえいえ、シャフトの素材による性質に
 特に スチールもグラファイト(カーボン)もありません。
 
 ただ、意外かも知れませんが、
 スチールシャフトの方が『弱い』ので 安全上、硬さ が無いと
 壊れてしまうので、グラファイトのソレに比べると
 シャフトは『硬い』ですね。」

質問「かなり違うのですか❓」

店長「双方、機種や銘柄によって 差がありますが、
 まあ 平均的なトコロで言うと
 サンドウエッジでは スチールシャフトが 硬さ 330cpm以上
 グラファイトシャフトの方が 硬さ 270cpm位
 じゃあないですかね。

 硬いシャフトを、足場の安定しない砂地 で使うと
 どうしても 手で上げがち です。
😵バンカーショットのイメージがソレに拍車をかけるんですが。

 何度も言ってきていますが、
 サンドウエッジは 上げる、高さを取るコトは得意 ですが、
 前に進むのが苦手 です。
 ですので ウエッジは番手の中で一番短く、
 上から打て✊ と言う意味では無く
 長さなりに 入射角度、アタックアングル が生まれます
125788
😢ところが・・・・
 多くの方は バンカーショット で
 サンドウエッジを使っているにもかかわらず
 上げようとする意識が強い。

 開いて上げて振ろうとすると
 入射角度はかなり 緩く、
 入射(上からの角度)が無くなってしまう場合 があります。

 これでは その場で上がるだけで、
 バンカーから出る距離が稼げません。

 また、上げようとする カット打ちのようなショットは
 高さを出す、打ち出し角度を上げる、スピンを増やす、 ので
 その距離、その打ちたい距離、打たなければいけない距離、
 バンカーから出るだけの距離 を打つのに
 そうしないモノと比べると 強く、
 大きく振らなければなりませんので
 非常に 危険度もあがります。

✋開いて 緩い入射角度、そして大きなロフト
 これが組み合わさると
 ボールに打撃力、破壊力が伝わり難い上に
 バンスの強いクラブを『開いて』緩く入れているので
 ボールに到達する前に
 地面との接触が強くなり
 ヘッドが減速してしまい、高さも出ない…。
  …俗に言う 抜けの悪い状態になってしまいます。」

質問「解決方法は無いのですか❓」

店長「手前味噌ではありますが、
 万人向け なのは 👉ヘッドを重くする でしょうね。
✊これは かなり効果があります。

シャフトを柔らかくする もあります。
 入射角度が取り易くなるんですが、
 開いて 緩い入射で入れる方 の場合、
 それを助長してしまう可能性があるので
 ケースバイケース です。
79457
 バンカーが苦手だから と
 より大きなロフト 👉58度とか、60度を選択される方
 がいらっしゃいますが、正直、良いことは少ない です。

 大きなロフトは より力と技術が必要になります。

 バンカーショットのコトを考えると
 ロフト角度は 最大で 56度
 55度でも、54度でも良いと思います。


 ですので 場合によっては
 ロフト角度の少ない PS や AW の方が
 (欲を言えば 52〜53度 がいいですね)
 良い場合も少なく無いかと思います。
 
 少なくとも 58度や60度のウエッジよりも
 脱出は簡単だと思います
✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「インパクト時に沈み込め、とは言いませんけれど
 からだが伸び上がる、ましてや 蹴りあがれ なんて
 空中にボールの有るドライバーならまだいいですけど
 平らなトコロではない ナガモノ、
 フェアウェイウッドとかユーティリティでは
 上手く当たる率 下がりそうですよね❓」

質問「正にそうだと思います。」

店長「とは言うモノの
 そう言う場面で そんなコト考えていられない です。

 そもそも 起き上がりとか、伸び上がり は
 ボールと自分との間合い、そして クラブの長さ、
 この場合は 腕も含めたクラブの長さ
 そう言うモノを瞬時に計算した 反射的に動き だったり、
 長くなって重くなったものを やはり からだが無意識に
 処理している可能性は非常に高い のですから
〇からだの回転_Moment(2)
 スイング中に掛かっちゃう そう言った不可抗力 などを
 悪く使うんじゃなく、良い方に使う習慣
を付けて置けば
 インパクト付近での 伸び上がり、起き上がり も 防ぎ易い、 
 いつの間にか 消せるかも知れません。」

質問「確かに 先端を振ろうとすれば 腕がボールの方に出て、
 腕とクラブを長くしちゃうと 起き上がらざるを得ない、ですね。」


店長「ソレを逆に
 腕に掛かるであろう遠心力が
 前傾姿勢の中、懐の中であれば
 その 前傾姿勢を保たせる にするのに使う。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 ナガモノも含めて 地面にあるボールを打つのに
 とても良いと思います。



 まあ それの副産物 なんですけど。。。」

質問「なんです?なんです?」

店長「ディッシュアングル ってあるじゃないですか❓」 

質問「はい、はい。」
アドレス7
店長「スイング中、動作中 意識しておく必要は無いですから
 まあ アドレス時のモノ と考えて良いんですが、
👉アドレスした時、左腕とクラブを一直線にするのではなく
 まあ 角度としては薄くて、何度!ってモノでは無く
 ある程度の角度差 があれば 良いってシロモノですけれど。。。

 からだの向きを変えるコトでグリップを移動させる、
 ヘッドはグリップを動かした分 引きずるような意識で動かせば

 そのディッシュアングルは 当然、スナップアングル

 アドレス時のソレは クラブのライ角度方向、
 手で言うと 手が親指側、小指側に付くような
 コッキングの角度 その方向のモノ だった訳ですけれど
 それが 『引きずる』コトによって
 手首の横方向、手のひらが甲側に折れる、平側に折れる、
 そう言う方向にすり替わります

 当然、引きずる側ですので
 (右打ち)
 左手であれば平側に、右手であれば平側に折れる、ような
 意識はしてませんけれど そう言う風になります。

 ハンドファースト維持にもつながりますけれど
 その ディッシュアングルがスナップアングルにすり替わる のが
 ややこしいですけれど
 実質的な ディッシュアングルの維持につながる のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


👉ユーティリティ・チッパーご使用の3人の方の感想です

 ロフト選択は 30.34.38.42度
 38.42度が多くなりそうです。
H370_lineup

 長さは
〇ユーティリティとしても使えます
〇パター感覚のアプローチショットで使う

 などを考慮し 35.5〜37.5in から選択。

 パターと同じ 33.34in では
 ライ角度の問題からお薦めではありません。

 また 立って構えられたほうが緊張感が出にくく
 良いのでは…と思います。

✋思ったより 転がらない〜止まってしまう そうなので
 距離感は 少し練習で掴んで頂いた方が良さそうです。



.蹈侫42度 長さ36.5in

 元々 グリーン周りのアプローチが得意ではないそうで、
 ロフト42度の UTチッパーを造りました。

 ランニングアプローチのイメージ だったそうですが、
 思ったより「止まってしまう」そうです。

 スピンが効く とかではないそうですが、
 パター(ブリストルパター)に近い距離感だそうです。

 距離感に慣れると 非常に便利だ、そうで
 この10年のベストスコア更新✊出来たそうです。

 ユーティリティとしては使わなかったそうです。


▲蹈侫38度 長さ37in

 まさに ユーティリティ・チッパーとして
 両刀使いを考慮して 作りました。

 ユーティリティとしては
 アイアンで言うと 6〜7番アイアンの距離を
 かなりのハイボールで打てるそうです。
 😬始めは テンプラ かと思ったそうです。

 👉アイアンの出番がなくなってしまう…とのコト。

 チッパーとしては やはりグリーン周りのランニングを
 主体に使われたそうです。
 前の方,汎韻犬 思ったより「止まってしまう」
 そうなので、始めは距離感が掴めず ショート気味でしたが
 2ラウンド目から 距離感にも慣れ、

 パター感覚で使うと ミスはかなり出にくい とのコト。

 使用前は「転がして…」と言うイメージだったそうですが
 意外に アプローチショットらしい そうです。


 あごの無い バンカーからも使用。
 ケースによるそうですが、サンドウエッジより楽✊
2388c2a5

➂ロフト42度 長さ37in

 ホームコースのグリーン周りに薄い芝の場所が多く
 ソコからのアプローチに悩まされていたようで
 やはり グリーン周り対策に製作。

 上の方々と同じく 思ったより「行かない」
 距離感が掴めれば 大変、便利。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングの勘違いのヒトツに
 よく素振りとかで ビュンと音をさせるのあるじゃないですか❓
 その音をどこでさせるとか…。」

質問「はいはい、ありますよね。
 飛ばす為、ヘッドスピードを上げる為、
 こう その音がするよう、するよう 振るような素振り。」


店長「素振り するコトは悪くは無いです。
 ショットをする為の、その使う筋肉とか、関節を動かしていく
 そういう訓練と言うか、慣れは必要だとは思いますけど……。

 スイングって ボールを打ったら、
 終わんなきゃいけないじゃないですか。

 いつまでも コマみたいにくるくる回っているモノじゃありません。」

質問「そりゃ そうですね。」


店長「打った後、動作は減速〜停止して行きますけど
 動いていたクラブやヘッド、特にヘッドですね、
 それには運動の慣性が残っていますから
 その時点で 自分の手、グリップを追い越したりします。
 クラブをフリーにすると言えば良いのか、
 リリースすると言えば良いのか…
 それは 無理に止めるモノじゃなくて
 放っておけばよい訳ですが。。。

 それは ショットのオマケ みたいな部分で
 ソレが 打撃の主エンジン では無いです。
 ソコって 結構 勘違いしてるんじゃないですかね。」

質問「あ。。。あるかも知れません。」

店長「ドライバーショットの場合、
 ボールの位置も やや左めが多いですから
 微妙に そのリリースポイントが始まるトコロ、
 クラブをフリーにするトコロがインパクトに近いですけど
 それは からだを廻してきたことで
 グリップを移動させてきたコトの顛末というか、
 延長であって それが打撃のメインキャストではありません。
VTS02 2022_Moment(3)
 でも 素振りとかで、
 ヘッドを『速く、速く、振ろう』『ビュッと音をさせよう』
 みたいな意識が根付いていると それが打撃ソノモノ に
 なっちゃうんじゃないかな って。」

質問「自分も含めて そう言う素振りしてますよね。」

店長「はいはい。
 ショットは全般的に
 からだの向きでグリップを動かし、
 シャフトでつながっているヘッドを引きずる。

 ドライバークラスになると 長さもありますし、
 先端の速度も上がりますから、
 その運動の慣性を無理に止めると逆に危ない、
 手首とか、からだを傷めてしまう可能性があるので
 打った後、それは行かせる、フリーにする、
 その程度の差であって、原則は同じだと思います。
会田20210701_Moment(2)

 見た目、そのタイミングがインパクトに掛かって見えるので
 その クラブを、ヘッドを放り投げるような
 フリーにして打つのが『ショット』と思い違いしているような
 そんな気がします。

 遠くへ飛ばしたい、
 速く振りたい は
  先端を 速く振るコト、動かそうとするコト ではなく
 似ているように思えるかも知れませんが
 自分自身が速く周るコト です。」
貴方にはどう見える❓_Moment貴方にはどう見える❓_Moment(4)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「バンカーショットの極意ってあるんですか❓」

店長「ふふふ、
 そんなモノがあったら 一週間で億万長者ですよ。
 私も欲しいです。

 でもね、バンカーショットの逆極意
 つまり ダメな方ですね。
 コレはあります。

 とっても簡単です。
 そして かなり多くの人がやってる。
 バンカーが苦手、得意じゃない人は
 だいたいの場合、それに該当します。」

質問「!!!!!!!!
 逆極意! って ダメ極意ですよね。
 それって極意では無いですけど
 最低、それを避けて置けば 危険は回避し易い
 と言う意味ですよね❓」


店長「まあ そうですね。

 専門分野ですので ゴルフクラブでお話しします。」

質問「ソールの形状ですか❓
 似てますけれど バンスの角度❓」


店長「う〜ん いずれも補助的には重要じゃあない、
 とは言えませんけど、バンカーを苦手としている人って
 バンカーに良さそうなウエッジ使ってるじゃないですか…。」

質問「そう言われれば そうですね。」

店長「重いヘッドの方が断然簡単、
 軽いヘッドのウエッジも難儀する ってのは
 お約束なのはお約束なんですが
 決定的なモノが あるんです。

 多分、世界中 どこへ行っても
 長いシャフトのサンドウエッジってないじゃないですか⁈

 色々変わったゴルフクラブって あるのに
 長い私の記憶にも思い当たるモノがない。」
79457

質問「無いでしょうねぇ。」

店長「ドライバーの長さ はやり過ぎですけれど
 6番アイアンとかの長さなら 物的には非現実的ではないです、が
 バンカーはかなり、ものすごく難しくなります。


 〇質問なんですが、
 10ヤードの距離を転がすの と
 10ヤードの距離をキャリーさせる のって
 どちらが力が要ると思います❓」

質問「10ヤード キャリーさせる方です。」

店長「そうですよねぇ。
 同じ距離を打つのに 高さ を加えると
 倍々に チカラが必要になって来ます。
 ショットで言うと ヘッドスピードってコトになりますよね。

 加減が必要なアプローチの中でも
 ある程度の距離を打つのには
 スイングって大きくなって行くじゃないですか⁈

 同じくらい、例えばサンドウエッジを使うにしても
 10ヤードを殆ど上げないで転がす のと
 10ヤードの距離をキャリーさせるのでは
 後者の キャリーさせる方がスピードが必要になるので
 スイングにスピードが必要で
 スイング自体を大きくなって行きます。

 足場の緩い 砂場 では 危険度が増しますよね。」

質問「そうですねー。」

店長「長さなりにヘッド重量を整えた サンドウエッジ二つ
 普通のウエッジの長さ と
 6番アイアンの長さ を考えてみると分かるんですけど
 二つは 短い方が35in 長い方が37in だとします。
 2インチですから 5センチの長さの差 です。

 ウエッジでは無い、ドライバーとかでは
 多くの人は この長さの差が
 ヘッドスピードの差を造り 『飛ぶ』
 と思っているトコロから 壮絶な苦労、
 スイングの迷路が始まるんです。」

質問「!!!!!!!」

店長「35inのヘッド重量は 300g
 37インチのヘッド重量は 270g
 ですので ヘッドスピードが3㎳ 変わらないと
 37インチの方が破壊力が上にならない、
 実際、2インチの長さの差では
 ヘッドスピードは 1㎳程度しか変わりません。

 ですので 二つのウエッジの破壊力はほぼ同じ、
 もしくは 短い方が本当は破壊力はある、と考えて下さい。

 バンカーショットは ボールだけでなく
 砂、湿った砂なんかも どかさなければいけないですから
 破壊力、ヘッド重量がある方が有利です。
 しかし、この場合 2インチ長くて ヘッドスピードが高くなるので
 破壊力は同じ、似ていると仮定して下さい。
125788
 この二つのウエッジを打ってみると分かるんですが、
 二つの比較論ですけれど
〇短い方が 出球が低く ボールも速く スピンも多い
〇長い方が 出球が高く ボールは遅く スピンがとても少ない


 もっとロフトの立ったクラブ、ロフト角度40度以下位なら
 双方のスピン量の差は もっと近いんですけれど、
 サンドウエッジほどのロフトになると
 すり抜けたような球になって ボールスピードも、スピンも
 それを産みだすエネルギーが ボールに伝わりません。

 短いクラブの方がボールに対し、キツイ角度で入って来て
 当然ですが、長い方のクラブの方が緩い角度、
 傾斜や足場なんかにもよりますけれど
 場合によっては レベルとか、アッパー(しゃくり・あおり)
 の入射角度になってしまうコトも少なくありません。

 短い方のクラブの方が 高さを確保するのに工夫が必要 で
 長い方のクラブには 前に行かせるのに工夫が必要
 になります。」

質問「なるほど 分かってきた気がします。」

店長「構え方やボールの位置の問題もあるとは思いますが、
 多くの方は サンドウエッジのそのクラブの長さ よりも
 大きな弧、適切なウエッジの大きな弧にして
 入れて来ることが出来ない、ので ボールが前に進まない…

 上から入れろ、…なんて無理にする必要は無くて
 ウエッジは長くない筈 ですので、その弧の大きさで
 ボールにコンタクトしてくる程度に考えれば良いです。


 しゃくるような角度でヘッドを入れてきてしまう、
 まるで 長いサンドウエッジを使っている、ような
 使い方をしている、というコトです。」

質問「ソレって バンカーだけでなく
 アプローチなんかでも
 『上げるのはロフトに任せろ、自分で上げるな✋』
 と同じってコトですよね❓」


店長「そうです。
 入れて来る入射角度 って言うと
 なんだか難しくなりますけれど
 ウエッジならウエッジの長さなりの弧の大きさ、
 ソレでボールとコンタクトさせろ
 ウエッジよりも長いクラブの弧で入れて来るな
 ッテコトです。

 要するに クラブの長さ、
 それによって作られる スイングの弧の大きさ
 も 『ロフトの一部』です というコトなのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイング論の話しで
 インサイドアウトとか、アウトサイドインとか
 左右のコトを話題…気にする人が多いですけれど
 縦の方、入射、仰射、アタックアングルを話題にする人は少ないですね。」
中村2022612_Moment
質問「アッパーブローとか、ダウンブローとか、ですか❓」

店長「いやいや、ゴルフスイングは特別なコトをしなければ
 どれも 長さに応じて それが変化するだけで
 短ければ ダウンブローに該当しますし、
 クラブが長くなってくれば それは緩くなり、レベルブロー
 に見えるようになり、
 ドライバーは ティーアップして、その分、
 若干、左め(右打ち)にボールを置くので
 アッパーブローになりますから
 意図的に ダウンやレベルにする必要はありません。

 そうですね、
 分かり易いサンプルになるので
 ヘッド重量を長さなりに整えた 同じ長さのアイアン と
 通常のアイアン
 で比較して考えると良いかも知れません。
IMG_0082
通常のアイアンは
ロフトが少ないモノが長く、
ロフトが大きくなると短くなります。
ロフトの少ないモノが緩い角度で入射して
ロフトの大きいモノがキツイ角度で入射する
 というコトです。

一方 デシャンボー方式のアイアンは
ロフト角度、番手がどれであっても
入射角度は変りません。

 その二つがどのような違いになるか というと
 通常のモノは 番手で距離が違うだけで
 ボールの飛ぶさま は 同じ、
 ボールの一番高くなるトコロは割合として同じです。
 参考例 なのですが 100y打つとして 80y辺りが
 一番高くなるトコロで
 それはシンプルに 50yなら 40y辺り
 150yであれば 120y辺り です。

 ところが デシャンボー方式のアイアン では
 一番ロフトの立った 上のアイアンを基準とすると
 ロフトが増える(寝る)に従って
 通常のアイアンと比べると
 より緩い入射で入ってくることになり
 ロフトが増えるのに
 より打ち出し角度が取れるようになるので
 弾道の頂点、一番高くなるトコロの割合が
 どんどん手前に来るようになります。
 
 ロフトは増えていますが、入射は緩くなりますので
 実際のロフトで掛かる筈の スピン量よりも
 少ないスピン量になります。 …ボールは高いんですが…。
iron-shot-green
 多分…ですけれど、自分で体験したコトがないので
 (デシャンボーのヘッドスピードを)
 推測に過ぎませんけれど、スピンが多くかかり過ぎるので
 距離コントロールが難しい というのも
 長さを揃えた原因かも知れませんね。


 ウエッジに成るほど ボールの頂点は手前に
 150yでは 120y が頂点なのが
 100yでは 70y、 50y では 25y と言う風に
 なりますので ボールが地面に着弾する時の角度、
 着弾角度と言えば良いのか分かりませんが、
 その角度が 通常のアイアンよりも緩くなります。
 そして スピンの総量も少ない、
 コレって まさに アマチュアがスピンが効かない、
 スピン制動が効かない、その正体だと思います。」

質問「ウエッジであれば その短さ通りに入射させるより緩い、
 長いクラブで入れてきたような角度になる、というコトですね。」


店長「その通りです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「もしかしたら…なんですけれど
 ヘッドの入れ方、入射角度とクラブの長さの関係は
 以前、自分もそうだったんですけれど…
 ドライバーよりも スプーン(3番ウッド)の方が飛ぶ?
 と関係あり なんですか❓」


店長「はい。関係ありあり✊ だと思います。

 ロフトや長さ、ヘッドスピードによっても
 その数値はひとそれぞれだとは思いますけれど
 例えば…ですが、45インチのドライバーで
 入射角度、計測器なんかだと アタックアングル って
 呼ばれたりもしますけれど
 その数値の理想値が アッパー2度前後だとします。
ドライバー入射角度
 それが 4度も5度モノ アッパーになってしまうと
 打ち出される角度は高いけれど
 ボールスピードもあがり切らず
 ぽわッとした 上がる球になり ボールが伸びない…
 アッパーになると 実質ロフトは減るので 
 数値としてスピンの総量は減りますから、吹け上がる、
 ようなことにはなりませんが
 🥎の打ち出しが高いので その低スピンもあまり意味が無く
 飛行する持続するチカラというよりは
 より高さを生み出してしまうような
 ヘリコプターのホバリングみたいになってしまう。
Desktop 2022.10.18 - 23.18.35.01_Moment(3)
 そういうタイプの方が ドライバーよりも2インチ短い
 スプーンを持つと その短くなった分、
 入射角度、アタックアングルがキツクなり、
 この場合は アッパー度合いが適切なモノになり
 スプーンだから ロフト角度としてはドライバーよりもあるのに
 アッパー効果が ロフトを殺し、スピンも適切、
 15度のロフトの43インチのスプーン が まるで
 10度のロフトの45inのドライバーで打ったような
 入射・インパクト姿勢に非常に近いモノになるので
 スプーンの方が飛ぶ…  もしくは あんまり変わりがない、
 と言うのはそう言う仕組みなんですね。
ドライバーの入射角度114

 とは言っても そう言う状態の人、
 ショット全般に あおり打ち、しゃくり打ち、すくい打ちが強い方は
 スプーンを地面から打つと アッパーでは打てませんから
 ダフリやトップ、チョロのミスになり、
 ティーアップしたのと同じような球は望めません。」

質問「クッ! まるで 見られていたような・。・・」

店長「ですので 飛距離に悩んでいる方 は
 長尺よりも むしろ 若干、短めにした方が
 飛ぶケースは とっても多いんです。



✅飛距離に苦しんでいる方の多くが
 スライスにも悩まれていたり。。。

 そうなると インパクト時、フェースが開いている →
 フェースを閉じる、ヘッドターン、フェースターンは
 クラブが最大の長さ、一番大きな弧にならないと
 最大の弧に近づけないとし難いモノ です。
(アプローチ) 比較映像_Moment(4)
 ヘッドを返そうとすればするほど
 ボールに当たる前の 早い段階で 弧が膨らむ、

 大きくなるので 当たり終わると直ぐにヘッドが上昇軌道になる

 弧が大きい は 道のりが長い、
 イコール 時間がかかる訳ですから
 インパクトのタイミングが あと になり易い

 ドライバーによる アッパー度が強くなり易い のです。

 意図的にアッパーにする は
 あまり良いことではありませんが、
 ティーアップ分、ボールを左(右打ち)に置く分、
 薄い『適切な度合い』のアッパーに自然な形でなる、
 というのが ロフトの少ないドライバーの理想的な打撃 です。
 しかし、ヘッドスピードがプロのように高くない、
 若い人のように速くない 我々には
 その度合いも ほんの少し アッパー2度前後の狭い幅で
 それ以上 アッパーが強くなって 良いことは殆どありません。
((スライスにさよならしよう_Moment会田20210701_Moment(2)









 飛ばす為に ヘッドを返す(スライスを予防する)
 それが故に ボールへの進入が良いモノにならない、
 ボールを打つかなり手前で 最大の弧の大きさになってしまう…
     (ヘッドを返そうとするとそうせざるを得ない…)
 という 前門の虎後門の狼状態 になるのです。

 スイングの インサイドアウトとかアウトサイドイン
 スイング軌道の左右方向ばかりを気に取られていると
 実は ショットにとって 最も大切な ヘッドの入れ方
 入射角度(アタックアングル)が急所になってしまうのです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ドライバーを長尺にする場合、
 〇長尺にする事によって 若干のH/Sが上がる
 〇長尺にする事によって 入射が緩くなる

  → 後者は ボールの打ち出し角度が上がります。
 ザックリ言って この二つの効果で
 より少ないロフトで、少ないスピン量でも
 使える人に効果が高い、
 元々、ヘッドスピードの高い人の方に効果が出易い傾向が
 強いと言ってよいでしょうね。
Desktop 2022.02.13 - 21.34.58.01_Moment(2)
 アマチュア、ヘッドスピードが40ms前後、
 そして未満の人にとっては
 ロフトをこれ以上少なくするのは 危険、
 安定性や方向性に不安が付きまといますので
 あまりお薦め出来ません。

 アマチュアの場合、
 例えば 45inのドライバー、
 それを ヘッドスピード40msで使う、
 理想的な条件で 入れて来る入射角度よりも
 緩い入射角度で入れてきている人の方が多いので、
 ショット全般を すくい打ち気味で行っている人が多いので、
 
 ダウンブロー → レベル → アッパー
 意図的では無いけれど
 ドライバーはティーアップして打ちますので
 その分、アッパーになってしまっている、
 過度にアッパーになっている人も少なくないです。
Desktop 2022.10.18 - 23.18.35.01_Moment(3)
 それを 長尺にして、更なる緩い入射、
 この場合は アッパーがより強くなる可能性があります。
 アイアンのダウンブロー と同じように
 ドライバーのアッパーブロー にも良い具合、
 加減がありますから あまり それが強くなり過ぎると
 打ち出しの高さは出るけれど
 スピンの量が減り、同時にボールスピードも乗らない、
 上がるけど ポッコンと飛ばない可能性が出てきます。
 それは特に 高くないヘッドスピード帯、
 40ms前後、それ未満の人に出易いです。」

質問「長尺で良い想いが無いのは そういうコトですか…。」

店長「長いので扱いにくい、ってもあるとは思いますが、
 あるある ですね。

 また 長尺になると しゃふとのしなり が増える、
 本当は ヘッド重量が長さ分、減っているので
 変わりはないんですけど、思い込みと言うか、
 気分的に シャフトがたくさんしなる、柔らかくなる、
 と信じている人も少なくない、と思います。

 ✋ で、しなりが増えるから シャフトを硬めにする、
 と言う人も居たりして…。
 そうなると より入射が緩く…アッパー気味が強く
 なる可能性もあるので 上手く行かないでしょうね。

(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)
 また これは全員じゃないですけれど
 長尺だから ヘッドスピードが上がって飛ぶ
 長尺だから 遠心力が上がって飛ぶ

 そう言う意識の強い方は
 モノが 長くなるんだから ヘッドスピードが上がる、
 遠心力が増す ので
 振り は今まで通りで良い筈なのに
 自分が より頑張ってしまうケースが少なくない、
 と思うんですね。
 が 故に スタミナがもたなかったり・・・・
 これも 長尺あるある だと思います。」

質問「ソレ 分かるなぁ…。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ