◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: 体のメカニズム


スイングにおいて
基本、もしくは 初期の思い込み っていうのは
長いコト残っていると思います。

スイング軌道の話しもそうなのですが
インサイドアウト とか アウトサイドイン などの
平面上の 横 のコトは気にするけれど
ヘッド軌道の縦のコトは無視されている に等しい状態です。


そんな中、とても大切なコト があります。
ゴルフをする 殆どの人が気にしていますが
おそらく 勘違いしている と思います。




それは

「インパクトは体の正面で!」
「ボールと正対した時がインパクトの理想」
です。
36682818

からだの正面で・・・
つまり からだの向き が大切だと信じていますが
実際には からだの「向き」ではなく
同じコトなのかも知れませんが
「両方の肩が均衡、同じ高さの時 インパクトを迎える」
が 追うべき、目標とするべきモノ なのです。

どちらも インパクトでからだを止めて 正面を
同じコトかも知れませんが、両方の硬さを同じ高さにキープ
するのではなく、そう言う時間、そう言う通り道の中でのインパクト 
と言う意味です。

からだの向きを正面で
ボールを体の正面、つまり「向き」を主眼において
スイングをするのと
両肩の高さ を考えてスイングをするのでは
ずいぶんと取り組み方が違うと思います。

(比較)左手ドリル_Moment(2)(比較)左手ドリル_Moment(3)













両方の肩の高さ というコトになり
その正面でからだを止める と言うのは除外すると
インパクトまでは 左サイドの方が低い
左サイドが低い時間帯に ボールのアプローチする
というのがダウンスイング
になりますが、
からだの向き で考えると どうやって我慢して
ボールと正対している時間を維持〜止めるか というコトに
なりがちだと思います。

パッティングやアプローチの基本は距離感
どの位の ロフトのクラブをどの加減で打つと この距離になる
その からだの姿勢(莨紊り、蘊紊り)も含めて
出来るだけ似たようなロフト条件で打つコト によって
距離感が掴めるのです。

そこ 意識して素振りや練習をしてみて下さい🙋


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




http://hbs.livedoor.blog/archives/1988983.html

ところが 手で振ってしまう人は

本来 腕クラブは固定されている部分で
腕でクラブを振る と言う行為が
ショットのメインステージの為、

腕 🔀 からだ と言う手順が まるで反対に見えます。
足・腰から動かして 正面を向いてカラ 腕でクラブを
 振っているように見えます。
✋意識としては 同じ手順で動かしてるん・・・ですけどね

snap-lock_MomentIMG_0919_Slomo (3)_Moment





snap-lock_Moment(2)IMG_0919_Slomo (3)_Moment(2)





snap-lock_Moment(3)IMG_0919_Slomo (3)_Moment(4)






ニワトリと卵の関係なので
どちらがどちらとは断言し難いのですが、
最後 3枚目の画像の 腕とクラブの関係で
腕の仕事は 本当はオシマイです。

スナップショット 4 (2013-06-22 2-38)この形を基本に
これ以上
 クラブも ヘッドも
腕で下には動かしません。

ナント表現すれば
伝わるのか難しいトコロですが
スイングの円の 下半分の領域には
クラブは入れない・・・ 特に腕作業では入れないのです。

snap-lock_Moment(3)IMG_0919_Slomo (3)_Moment(3)





snap-lock_Moment(4)IMG_0919_Slomo (3)_Moment(4)





snap-lock_Moment(5)IMG_0919_Slomo (3)_Moment(5)






あとは体の回すだけ なのですが、
腕で振るスイングの場合
ここから 右腕の伸ばしで クラブを下に振る
この行為が スイングのメインイベント なので
そこを辞めることが出来ません。

そんなメインイベント 始めから存在しないのです。

ヘッドを上下の動かすコトが
スイングの最も大きな意味 なので
からだの回転と言う 本来 横への移動が出来ず
横移動がない分 ボールに届かないので
余計 ヘッドを振る事になり
ボールを後ろから見る 結果 上を向いて
登り坂に対して打つコトになる訳です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの向きの変更に対し
重くなっていく腕やクラブ
それに影響されず
コンスタントに からだの向きの替えられる方法は
写真を対比 しますが 右ではなく 茲硫菫です。

IMG_0838_Moment
MVI_0878(2)_Moment(3)





IMG_0838_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(4)





IMG_0838_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(5)






IMG_0838_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)







IMG_0838_Moment(6)MVI_0878(2)_Moment(7)







これをスイングの中で行う とすると
からだが向きを変えていく
それに対して 腕やクラブに重さが掛かり
グリップが遅れようとしますから
それを腕でサポートする。

ヘッドは重力によって落ちていこう としますが
それと グリップの移動の追いかけっこです。
ヘッドが着地するところを
グリップの移動によって ボール地点に持ってくる


スイングを覚える初めの段階で
この 追いかけっこ を覚えて欲しいモノです。





フルスイングとして考えても
左への動き、反時計回りの動き
打撃の始まる トップオブスイングを基準に
胸 と シャフトの角度
胸 と シャフトの関係は
速度が増すほど くっ付いていく モノ
 です。


からだの回転とクラブの関係
この始めの一歩が理解できると
右手の使い方 使うタイミング
おそらく グリップの関係にも影響が出ます。

私個人からすると 結果としてなってしまう
フォロー以降の減速によって起こってしまうのは
仕方ないにしても
右グリップが左グリップの下に入ったり
追い越したり する行為 って考えられないモノなのです。

MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)



多くの人がここでボールを打っていますが
からだの向き・・・からすると
ここは打ち終わっている時期で
スイングの動作・・・としては存在しない部分・・・
ここが打撃のメイン になっているのですから
何とも言えない…何と言って良いか分かりません。


IMG_0838_Moment(4)IMG_0838_Moment(6)






自分は右から左に180度向きを変える
クラブは イメージ上90度しか回転しない

自分もクラブも180度回転する
では
ものすごく大きな違いが生まれ
それがゴルフを苦しめます。

それは 肩 です。

ゴルフスイングにおいての肩は
機能としては腕の一部ですが、
ある場所は胴体の中です。


からだの回転でボールを打つ
からだの回転でスイング軌道を造る
において
肩は スイング軌道の動作として
考えない部分、存在しない部位です。

M2019810L!_Moment(3)M2019810L!_Moment(4)








一般論において
肩を回せ とか
厳密に言うと 腕で動かせ
胴体をねじれ というコトですが
からだの回転でボールをちゃんと打つ
というコトにおいては
胴体は一つのパーツとして ねじれを造らないように
胴体〜骨盤に対し グリップを遅れないようにして
胴体を一つのパーツをして使うので
動作としての 肩周りの動きは存在しません。

クラブや腕が移動で重くなる
それを無視して クラブも180度ターンさせようとすると
グリップが遅れてしまい
それを取り戻すために
胴体を止め 肩だけを動かす時間が生まれますので
スイングの中に『存在しないはず』の部位、
存在しないはずの動作が生まれてしまい
多くのスイングを見ている限り
その『存在しない亡霊がスイングの要』になっているのが
非常に厄介なのです。

20191006_Moment(4)20191006_Moment(5)20191006_Moment(6)











『存在しない筈の亡霊がスイングの要』の為
そこを修繕する、ではなく
そっくりそのまま 除去しなければならない
というコトに至り難くなるからです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




Q:しっかり右向き(骨盤)を取るメリットはなんですか

❶骨盤ごと右を向くのと
❷骨盤と回さず 胴体だけ捻るのと

最大の違い、メリットはなにか というと

20191006_Moment20191006_Moment(3)












❷骨盤を回さず 胴体だけ捩じると
アドレスに比べ からだはボールに近づきます。

え?!と思われる方も多いかも知れませんが
よほど 器用に足で調整しない限り
プロであっても 多くが ボールに近づきます。
20190526gc55_Moment20190526gc55_Moment(2)











背骨には横に回転するための関節はありませんから
からだをよじらねばならず
手で からだの右に移したクラブの重さや腕の重さの関係上
ボールよりにからだを近づけないとバランスが取れない
というコトもあります。

これを練習で調整すると
テークバックの間に ボールに近づいたり、離れたり
ダウンスイング中、近づいたり、離れたり
と忙しい動きになる人もいますね

多くの人がテークバック〜トップでボールに近づきます。
ダウンスイング〜インパクト〜フォロー は
スイングの中では 遠心力も働き
クラブが一番長くなるような時間帯です。
狭いスペースでは振り回せませんから
空間を作るように ボールに離れながら
からだを開く、もしくは上を向くようにして振る事になります。

200811__Moment(2)200811__Moment(3)











❶骨盤ごと、体を右に向けると
からだや顔などは ボールからいったん離れるような形
になりますので、ダウンスイングではボールに近づいていくような
そんな感じになります。❷に比べシンプルな動きで済みます。

ダウンスイングでボールから離れていく というコトは
外から振ってくる
からだを開きながら、上を向きながら振る事になりますから
最大の重量物である 自分自身が
ボールから離れながら打つのですから
ボールを飛ばすには効率がよくありません。

順序 とすると
➀偽装の右向き
➁トップからいきなり 左向き
になりますので 右向きの戻りの時間
つまり インサイドから打つ、上から打つ 時間が
存在しません。


一方、ボールに近づきながら打つ というコトになれば
野球などの用語で言う 体重を乗せて打つ形になります。
右向きを多く取れば取る程
インサイドから打てる可能性、上から打てる可能性
が高くなるのですから
同じヘッドスピードであっても 飛ばせるチャンスは格段に高くなります。

視線、顔の向きの問題もあるかも・・・しれません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スナップショット 1 (2016-12-24 3-12)スイングのトップを
だいだいここらへんの位置と
仮定しましょう。

形を作れ と言う意味ではありません。
クラブをどう移動させるか
 と言うイメージの問題です。






94dff231前傾姿勢は消えちゃいましたが
トップの位置から
この位置に来るまで
ややグリップの位置が下がり
単に体の向きが変わっただけです

上の写真から下の写真まで
下に対しても、横に対しても
クラブの反転、ヘッド、シャフトを
腕で動かす動きはほぼ全くないのがわかりますか?

そして 下の写真はほぼインパクト位置 ですが
意図的ではありますが 左サイドの方がやや低い状態です。

前日も書きましたが クラブを下に振るには
左グリップよりも右グリップを
左グリップよりも外回りに
下にたくさん動かさなくてはなりません。

スナップショット 1 (2016-12-24 3-12)94dff231








この二つの動作の中に それを入れたら
左の写真で その左サイドがどうなるか想像が付きますか?
頭の位置はどうなるでしょう?
インパクト時は 軸足は完全ではないですが
 理想的には左脚です。
そして 前傾姿勢とは その軸脚(左)の
 大腿骨と骨盤の角度差です。
下に振る動きをしたら その前傾姿勢は消えませんか?
623c1d572817337eb8c8724aee59aba5
 左サイドは上がり、右サイドは下がり
 その姿勢の延長線上、頭は右にズレます。
 体そのものが右に傾くような姿勢になります。
 伸びあがるような左サイドになりますから
 当然 前傾姿勢はなくなります。



この写真から見ると
ヘッドの位置 そして ロフトに対し
出球が高いですよね?

4f49c81dこれは この肩のライン分
左足上がりで打っている状況
スイング軌道が上昇軌道の中での
ロフト効果と言う意味です。

データを取れば、おそらく製品ロフトに対しては
スピン量は少なく、打ちだしが高いでしょう。


そして 潰された右腰に体重がかかり
顔は体に対し思いっきり右を向いていますから
腰〜肘〜首に負担が大きく、痛める箇所となっています。


☆ここで忘れないで欲しいのは
 ゴルフスイングは構造上
 体が上を向いてしまう量は
 体が開いてしまう量とほぼ同量になってしまうということです。

 つまり 意図していなくても
 体を開けば上を向き
 体が上を向けば体は開きます。

 ここで 上を向くことを抑制したり
 体が開くことを抑制、修正しても
 意味ない、単に体を痛めるように仕向けているだけで
 根本の問題は解決しない ということです。




今度はこちらをご覧ください
0e363453-s
トップの位置は
右ひじが曲がり クラブが起きているので
目には一見すると
クラブが上下に反転して見えますが
グリップとヘッドの位置関係は
ボールを打っていく方向に対し
グリップの方が前にあり
ヘッドの方が後ろにあります。

写真の角度 方向が違うので
ちょっと想像力を働かせて頂くことになりますが、
0e363453-sスナップショット 6 (2017-01-13 12-29)









この二つの時間変遷で
グリップとヘッドの位置関係は
飛球線方向に対し グリップの方が飛球線に出ていて
それに対し ヘッドの方が後ろにあります。

体の向きは変わりましたが
グリップの位置が下がっただけで
体に対しては大きく動いていませんし、
前述の通り、グリップとヘッド位置関係は
反転せずに 飛球線方向にスライドした状態です。

想像力が必要ですが
双方を上から見たとして
ヘッドの移動量とグリップの移動量を比べて下さい。
大きな違いはありませんよね?

もし インパクトに向けて
ヘッドを下に振る
 ➟右グリップを左グリップよりも多く下に動かすと
インパクトはどうなるでしょう?

前と同じで体が右に傾きますよね?
意識してハンドファーストを作っていたら
左サイドが上がるので 届かなくなります。
おそらくハンドファーストを放棄して ヘッドを振るでしょう。
0e363453-s
スナップショット 6 (2017-01-13 12-29)
また 何か他のテクニックで
ハンドファーストを維持し
かつボールに届いた としても
体に対しては
ハンドファーストになりますが、体そのものが上を向いている分
ロフトは上を向くでしょう。
ヘッドの下降期にインパクトを迎えるのはかなり難しい…。
スナップショット 3 (2013-11-13 6-42)スナップショット 5 (2013-11-13 6-42)






スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)これも同じです。
クラブは向きが変わる
と言う中で 飛球線方向に
スライドしたに過ぎません。

もし この動きの中で ヘッドをボールの方に出す動きを
入れるとどうなるでしょう?
ヘッドをボールの方に出す動きは
左グリップに対し 外回りに右グリップをボールの方に
出す動きです。
60a4c063-s93564c62-s
その動きを入れれば
 右グリップを動かした分
左サイドは開きます。

その開きの量は 左サイドの上がりの量と同期します。


ロフトが立たない、
左サイドが上がる、
右サイドが下がる、
ダフル、トップする、
と言うメカニズムが見えてきましたか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



またもや ダフリ・トップの話 です。

sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット


スイング、ショットは アドレスの状態で
個人差はあるとは言え からだの幅のどこか…
人によっては左足かかとだったり、真ん中だったり
大雑把に言えば からだの前にボールがあります。
そして クラブを無視して考えても
両方の手は結んだ状態 左右の手のひらを合わせたような
片方の手によって 片方の手が拘束されて状態が
ゴルフスイングです。


ハミングバードでもよく口にしますが、
『インパクトはからだの正面あたりで‼」と言われます。
これは勿論 スイングにからだの回転を止めて
正面を向いた状態を固定して 振れ と言う意味ではなく
理想として からだは常時向きを変えている、
この中で「タイミング」として 
【からだとはこの場合、骨盤の事を指しますが】
からだとボールが正対した辺り で
インパクトを迎えたい というコトです。

それは
sample 2009_09_19_23_41_53-257フレームショット
 何故か というと
前述の通り、片方の腕は片方の腕で拘束されており
それは分かる通り 長さによる拘束です。
からだが正面ではなく 違う方向を向いた状態
良くあるパターン、ほとんどのパターンでは
インパクト時、骨盤は真左を向いていると
当然 両方の腕の長さが釣り合わず
左腕の生えた左肩はボールから遠く
右腕の生えた右肩はボールに近い状況から
左腕はめいっぱい伸ばし
右腕はそれに合わせた短さ でないと
その拘束は解かれてしまい、ボールが打てません。

左腕を届かせるには
腰、骨盤は開くけれど左肩を上げなくてはならず
それと同等に右肩は下げなくてはなりません。

左右の腕の長さの関係はアドレスと異なり
左右の肩のアドレス時の平行感はなく
スイングの中に 上下、縦を司る 部位が
二つも三つも存在することになります。

hirakidohiraki












また からだの厚みはからだの横幅の1/3〜半分です
からだの正面でインパクトが取れれば
線でボールを捕えるような格好になりますが
左を向いて となると 点でとらえる形になり
正面を基盤にしているのが 左向き 右腰横
で打つのですから 当然 最下点は蕁Ω緤にズレます。

腕の長さは合わない
肩のラインは左が上がりっぱなし
正面で構えていたものを右腰横で打つのですから
逆に トップしたり ダふったりしない方がすごい と言うか
言葉にしてみると 曲打ち としか言いようがないです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スウェイ

おそらく英語では SWAY でしょう
意味は  ○○○を前後、もしくは左右に揺さぶる(揺すぶる)
      ○○○を振り動かす、体を揺さぶる(揺すぶる)
 です。

IMG_2813-0001-1

私個人としては
 その言葉に 一番相当する動きは
 『頭は動いていないけれど 腰だけが左右に動いている状態』
 だと思います。


運動をする軸に相当する部分は背骨 辺り です。
頭 で言えば 背骨の延長線上は後頭部に近く
真ん中としたとしても 顔はその厚み分、前に出ています。

スイングには前傾姿勢がありますから
右を向いていても、左を向いていても
微妙には 胸、上半身は下を向いています。
どの角度から見るか、にもよりますが
からだの向きを変えれば 顔面 はその厚み分
向き通り かなり大きく動きます。


逆に動かない ということは
そこが軸なのか、軸上にあるのか というコトになります。
はたまた 全く別な動作〜回転運動でないか というコトになります。

ツッコミを入れるようで心苦しいですが、
ボールを使うスポーツの場合、
上手くできない、上手く打てないと ボールを見ていない
ボールから目を離すな みたいなものが常套句のようになっており
それ以外 突っ込む部分 が見つけられない時、
実は スイングがちゃんと見えていない時に 使う言葉
と言って良く、 その言葉を言われたら
『では どうするのがいいのか 理屈で説明して貰ってください』 
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment

からだには厚みがありますし、
足は軸に当たる背骨の真下に分岐点がありません。
足の生えている股関節は
骨盤上で 微妙に左右に離れています。
1-1
運動はどちらかの足の重さが掛かっていないと
バランスを取り辛く 危険になりますから
からだの厚み分、股関節の離れ分の左右移動が必要になります。

逆に 頭がその場
からだの真ん中にある状態で
左右の足に体重移動するのは
どうするのか 教えてもらいたい です。
✋ それを SWAY と呼ぶのではないでしょうか?

頭が真ん中(骨盤に対し)に ある状態 で
右や左に 下半身だけ動かす と言う動作には
前傾姿勢の放棄、のけ反りが必要になるですが
それは 本当にスイングに必要な動作なのでしょうか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーの悩みでもあり
上手く理解できていない部分でもあるのが
『体の回転と体重移動』の関係です。

人間の体のつくりを正しく使って
体の向きを変えると
骨盤、そして大腿骨
俗にいう『股関節』を使って動作することになります。
d11be403

その動作軸になるのは 背骨になる訳で
その背骨に対し 人間の重たい部分は
前方〜前側に位置しています。


ですので、背骨を軸として
胴体が右を向けば
右足の上にその重さはかかり
左を向けば左足にかかるように出来ています。

よって 完全なるイコールとは言わないまでも
体の回転と体重移動は同じもの
一体のものなのです。

(正しい)体の回転だけ出来て、体重移動が伴わない
ということは 通常ではありえないのです。

何度も書いていますが
肩甲骨を含めた 肩の部分(肩回り)は
体ではありません。
位置として体の本体に接続していますが
これは体とは分離した「腕の一部なのです」
images20150404163453

人間の歩く動作が代表ですが
肩を捻ろうとすると、下半身は逆に動こうとします。
双方が同じ方向に動こうとすると 肩は動かせません。




ですので 体の回転は出来るけれど
体重移動がうまくいかない というのは
体ではなく、肩を含めた腕だけでスイングしようと
しているに過ぎないので
体・胴体は一つの塊として
もっともっと足を活用して、
骨盤ごと上に乗っかったものを動かす感覚が必要です。
52442_360240

その際に目につくのが
テークアウェイの際(進行方向 左から右)
右へと動く必要があるのですが、
その進行方向側にある 右半身 右上半身が動かず
そこに左半身や左腕だけを押し込もうとしている様子です。
d11be403-s

本来は 双方が仲良く動くもの…ですが
あえて言うのならば 左半身が右へ押すから(黄色)
右半身が後方に逃げるのです。
右のお尻が後方に逃げなくては回転になりません。

その動きがみられません。

右半身を動かすことに違和感の強い人は
その逆に 右ひじを後ろに肘鉄するように
右上半身を後方に引くから
左上半身が右に引かれる と考えて下さい。

スナップショット 2 (2016-11-15 22-12)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)









右が軸足になるのですが、
軸足は全く動かないもの ではなく
重さのかかる脚 という意味です。

私個人の感覚では
向きを変える というよりも
なんとなくですが 位置関係を入れ替える というか
右のお尻のあった場所、右の股関節のあった場所を
左のお尻や股関節に明け渡す ような
そんな感覚があります。


テークアウェイだけでなく
ダウンスイングもそうですが
進行していく左右方向
その前側の半身が、
前側の肘が先導して動いていかないと
体はきれいに向きを変えてくれません。


テークアウェイの時は 右半身〜右ひじ
ダウンスイングの時は 左半身〜左ひじ
これが先行して動き、
反対サイド、残りの半身を動かしてあげることが肝心で
決して 進行していくサイドの半身で
回転を作って行かないことです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフスイングに置いての
からだの部位 「脇」
わきの下ではなく、
からだの側帯 脇 です。

・・・ちょっと脇によって の脇
 端っことかの意味ですね。


Jack's Basic theory_MomentJack's Basic theory_Moment(2)














ゴルフスイングは
ややズレているとは言え
両手・両グリップは同じようなトコロを握って・・・
ある意味、拘束されています。

そのグリップが からだの幅の中にあることを基準に
右打ちの人で グリップがからだの右側 にあれば
右に重さがかかりやすく、右サイドが下がり
フェースは空を向きやすくなります。

トップからダウンスイング以降
反時計周りの、左への動き になるので
兎角 ヘッドは勿論、グリップも重さのせいで遅れやすく、
からだの右にズレやすくなります。

ヘッドの遅れ からだの右へのズレは
ロフトの立ちに出来ますから 問題ないですが、
グリップの右へのズレは
同じ長さの腕 で持っている関係から
右サイドが下がってしまう という
スイング動作にとって あまり嬉しくない状況になります。
down under_Moment

ヘッドには機種によって差はあっても
30〜40mmからの重心のズレ、重心距離があり
奥行きのないアイアンでも 重心の深さ もありますので
フェースが開く、ロフトが開けば
より左に行くこと、反時計回りをすることを嫌がる
つまり より重くなってしまいます。

動作の、移動の速度があがれば
それだけで 運動の二乗倍 重さが増えます。

この重さは打撃力 ではなく
打ち手の負荷になるだけ ですので
それを更に増える状態は嬉しくありません。


video_Moment(4)ヘッドの遅れ、右へのズレは程度は別として
ロフトの立ちに出来ますから OK ですが、
グリップの遅れ、右へのズレは出来れば避けたいです。

ですので せめて テークバックは
脇を離れる、体の側帯から左腕が離れる
からだの菎β咾魍ける のは出来るだけ避けましょう。

どの道 ダウンスイングでは重さで
左腕は遅れがちになります。
左グリップのダウンでの自然な遅れは
どうにもなりません。その量を最小限に留めるので一杯です。


始めから 脇が空いて(左腕が左側帯を基準にからだの右にズレるコト)
グリップがからだの右に大きく外れているのと
からだの幅にあるのとでは
そこからの、ダウンスイングでの遅れにも大きく差が有り、
脇が空き、グリップが右にズレているモノの方が
倍遅れる、遅れやすい です。

グリップが右に遅れれば
当然ですが、からだの回転で打てる時期を逸しますので
ダウンスイング以降、インパクト付近での瞬間芸は必須。

スイングをシンプル化、単純化するためにも
テークバックで 脇、左側帯を開けないコトが望ましいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


例えば ダウンスウィングで
ヘッドを振ってしまう動き

この動きは ヘッドがグリップよりも動いている
グリップが止まっているから 出来る のです。

確かに ヘッドには落下したいチカラ が働いています。

クラブの 鎌首を自分の方にもたげた姿勢
を考えれば その ヘッドが落下したいチカラは
クラブ自身を下に下げたい になっておかしくない
のですが、多くのゴルファーは グリップに掛かる
負荷を筋力や握力でねじ伏せて、グリップを
止めてしまい ヘッドの重さで ヘッドを動かして
しまいます。

BlogPaint

勿論 それを「しなければ ボールに当らない」
なにかの 事前な動きがあるのも確かですが
どちらにしても ゴルフクラブのような重量を
使って何かする物体を動かせば なにがしかの
逆らえない力が 働きます。

クラブはその動かし方によって
長さなどを変え、結果として 重さ
打つ人に対する負荷 を変化させます。

そして 忘れがち ですが
その負荷には 必ず ベクトル 方向
伴ってきます。


これから ボールを打つ
そして 動作として 左を向く とか
左に体重を移したい のに
クラブを 右脚の前で、体の右側で
重く、もしくは 長くしてしまったら
いったいどうなるのでしょう。。。

ダウンスウィングで クラブを円に
腕周りで振ってしまうと
創られる遠心力は 右下方
ボールを打つのとは おおよそ 反対の
負荷になります。

クラブが右脚の前で 外に 下に
重くなったら。。。
ボールを目標の方向に打つ のには。。。

そうですね
その掛かる重さと方向の
真反対の力で相殺するしか
方法はないでしょう。

ですから クラブを右側で円に振る
(腕を使って ヘッドを振る)
その行為をしてしまうゴルファーは
その時点で 体も開いて
左上方にクラブを引きつける動きで
そのクラブの作り出す不可抗力を
相殺する動きを 必ず します。

ee213269f2e5a758

02

そう考えると すこし それにヒントが
あると言うコトです。

自分の特徴的な あまり芳しくない動きは
その 
真反対の負荷を相殺する動き
と考えれば クラブの作り出す
その時のその方向への「不可抗力」を
消してあげれば それは自然に消える可能性も
秘めているということです。

そして もう一歩進んで考えれば
左に行きたければ
左に行かなければならない
クラブ姿勢 を作り出していけば
自分で意識しなくても 自然に
必然的に左へ行くことになる
と言うコトです。

今の クラブの姿勢 クラブの位置が
次のアクションの殆どを決めてしまう
と言うコトですから
感触と共に、想像力、推察力 というのは
必要になるでしょう。

こうなってると 次は こうなって
 という 展開力が スウィングを創っていく
と言えるのかも知れません。

そうなると トップから始めろ とも
トップで一度止まりなさい とも
言いませんが バックスウィング
テークアウェイ〜テークバックの
勢いをつけるような動き
 は
クラブを ボールを打つ方向とは
反対方向に重く しかも ずれを
大きく作る動きになるのですから
せめて そこだけでも 改善して頂く のは
如何でしょうか。。。。。。。。。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ