◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: 体のメカニズム


なんとなく思うのですが、
例えば
「シャフトをしならせて しなり戻して打つ」とか、
ここ最近、続いている ダウンスイングでの左腕の取り残し とか
よく有る例では テークバックで左腕だけで動かす とか
   ・・・そのての始まり・・・ って
もしかしたら スイングは雑巾というか
ゴムのように巻き、それを巻き戻す感覚〜イメージ
 
なのでしょうか



そう考えると 動きの辻褄が合う ような気がするのです。

からだ と無理にひねり
それを巻き戻す のって 辛いので  …実感も残り易い
「あああ もう歳だから からだが回らない」
  なんて よく耳にしますよね〜💦


【重要】 からだの廻し方、からだの使い方
と言うのに 決定的な大前提 があります。


ゴルフスイングにおいて からだを回す
正しくは からだ…股関節から上の胴体 の向きを変える ですが、
これは ボールを打つため、ショットのための
手段であって 目的ではありません。
少ないチカラで効率良く、安定して繰り返すための
手段に過ぎません。

ボールを打つためのクラブは 両手で持っており、
その打撃部には 上下左右、距離や方向、高さなどを
司る角度が付いています。

手さばき だけで ボールを打つ というコトは
両手の長さをそれぞれ変える、
左右の腕の長さを調整して 打撃するコト になるので
効率とその角度の安定を作り難くなります。
勿論、動かしているモーメント重量も
からだと腕 ではあまりに違いがあります。

からだの廻し方 の前提条件は
腕の長さ調整をしなくて 済むコト です。
望ましい 両腕の長さが造れるコト です。
その為の 腕の付け根の位置が必要、
 それが ある意味 正しいからだの廻し方の根幹 です✋

望ましいインパクト付近 とは
両方の腕が似たような長さ
 アドレス時に類似したような 腕の長さを造れる
そう言う意味で インパクトは
 ボールと対峙した、からだの正面で と言われるのです。
置き去り君_Moment

からだの回すコト、
からだを使うコト、 が主目的ではありませんし、
両方の望ましい腕の長さを形成できる を無視し
単に ボールと対峙した、からだの正面で、を作っても
意味がありません。

問題なのは どのような腕の長さを作るか
   腕の付け根の位置
 なのです。
練習場にて 比較動画_Moment

そういう意味合い でも
「からだをゴムのようにねじり、そのねじり戻す」ように
からだを回す というのは 両方の腕の長さ のコトを
無視した 単に自己満足的なからだの使い方 の
イメージなので 肯定出来ないのです。

からだの多くの筋肉や関節も
からだひねるように動作するようには出来ていません。
故障の原因にも成り得る、というコトです。

シャフトをしならせて しなり戻して使う
なんて言うのは その最たる例のような気がします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


そう、背骨を軸として
右向きを作ると言うことは
自分の体の厚み〜身の部分を右脚の上に乗せる
のですから、アドレスに比べると離れて恐い感じ
に思えるのかも知れません

スナップショット 1 (2012-11-04 15-41)
スナップショット 6 (2012-10-29 20-10)

特に右の利き目のヒトはちょっと恐いのかも…

そうですね、ボールから目を離す(距離)のは
如何でしょうか???

体の向き、シャフトの向きと共に
顔も右を向けてみましょう!

クラブを振らないので、遠心力やローテーション作用
によって、不用意にクラブが遠くなったり、
近くなったり、軌道は手先では無く、
大きな体の回転でのみ行われますから
ボールを見ていなくとも、問題は全くありません。

ボールを見続ける事になんの問題も無いのですけど、
ボールからの距離感にはちょっと障害になる
可能性も否めません。

ボールを凝視してしまうと、
運動中、ボールと目 との距離感を一定に
しようとする習性?感覚?が人間にはあります。

本来、テークバック時は 顔は左を向く
と言うのはあったにしても、アドレス時よりも
体全体も右に少々ずれ、体全体は右を向いていくので
ボールと目との距離は顔も厚み分弱 離れるモノ

それを一定にしてしまうと
顔を軸とした、変な向きの変更になってしまいます。

左腕一本で上げるから、その作用・反作用
遠心力や重さなどの不可抗力によって
そうなってしまうのか、はたまたボールと目との
距離を保とうとすることによって
そうなってしまうのかは、それぞれだと思うのですが
その慣れ親しんだ、間違いの元、である
テークバックによって、全ての事が台無しに
なってしまう前に、そこ 頑張って改善しましょう。

こうちゃんの憂鬱_Moment(2)


感覚的には、非常に大きな違いです。
違和感バリバリだと思うのです。
今まで、背中を含め、関節や筋肉など各所にきしみ、
痛みや張りがあったモノが
ほぼ全くなくなって、気合が入り難くなります。
充実感も殆ど有りません。
右のお尻、太ももあたりに筋肉の張りがある
その程度で終了です。

正直、左腕一本、左肩を動かすことが
テークバックだと思っていたヒトは
上手く打つまでに相当の苦労、練習を積んできた
でしょうから、それを破壊、削除するのは
心理的にも簡単ではないと思いますし、
自分のテークバックやトップの目安としている
背中の張り なんかも無くなってしまうので
不安になり易いとは思うのですが、
ここ 大きな境目 です。

レッツ トライ!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ダウンスイングの周り方 で
とても気になるのが 『腰を切る』 パターンです。
ハンドターン


理想的な形で言うと
トップの位置では右を向いていますから
 厳密さは要りませんが、3:7 とか 2:8 の割合で
右に乗っている訳です。

ボールを打つ
ボールを打った後、右向きと同じような形で左を向くには
軸足だった右足を 左足に変えなければなりません。

かと言って
その体重移動(シフト)を先行して行おうとして
腰から左に移ると
へそから上の肩、腕、クラブの重さが右に残るので
右が必要以上に下がって、左が上がってしまうので
揺り返してしまい、結果として 左には乗れません。



動作中に意識することは難しいですが、
素振りやシャドースイングでは
左股関節を境に、脚とからだを切り離して欲しいのです
俗に言う 「股関節を使う」って奴 です。

多くのパターンでは
ダウンスイング初期に、腰を切ってしまい
(それを切り返しと思っている人が多いと思います)
足と腰が一緒に動いて ひねられているのは足首と胴体
股関節が稼働していない
という状態に為ってしまっています。

結果論、ですが、からだが正面を経て
左を向いていく、それに体重移動が伴うには
足を使って向きを変えながら、
左下半身に、左上半身、特に左腕が付いて行かないと
重さが左にずれず、左軸足が出来ません。

ミスターKの法則1_Moment(2)

切り返しで 腰を切ってしまうと
腰に対し、左腕が重さとして 残ってしまうので
正面を抜きに、正面をすっ飛ばして
腰を開くコトに為ってしまいます。
つまり 機会の損失 です。

✊ダウンスイングで腰を切って入ってしまうと
右向きが解けていき、正面〜ボールと正対する機会がない
もしくは、あまりに短く、それを利用する機会がないから
手で振っているのか
それとも 手で振るためにそうしているのか
 私には後者に感じますけどね・・・。


重心のかかり方 (3)

✋そう言う意味でも
骨盤の右向きは その機会を増やすという意味でとても重要です。
骨盤を右に向けず、胴体をひねると
切り返しで いきなり体を開き易くなります。
また、胴体だけ捻る というコトは
クラブを開いて、倒すコトに為るので その重さを使って
ダウンスイング入れません。
その重さを使って 左に移る というのも難しくなります。
骨盤が右を向けば、体の両サイド、
右に比べ、左が低くなりますから、左に移り易くなります。




そこでドリルです。

素振りで良いです。ウエッヂか、
イケる人はL型ブリストルパターを使いましょう。

げ!
 ✋超重です。

しっかりした 右向きを作り
ヘッドは上げず、グリップだけ やや高めにします。

そこから 左に軸足を作る と言う目的 を含みつつ、
左腕、左肩、左上半身 だけ 先に、
いや そこだけを動かします。
からだは右を、トップのまま の つもり de!

トップの位置から 左腕を使って
 胸を開いていくような感じです。

どのタイミングで、からだと左腕のどの関係性で
左腕を動かすと 正面を向きながら
左に移っていけるのか・・・

逆に どのタイミングだと、からだと左腕のどの関係性だと
腰が引けて、からだが開いてしまうのか
それを確認しつつ やってみて下さい。

如何にいままで ダウンスイングで
左上半身、左腕を置き去りにしているか
判ると良いですけど・・・🐰
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


『道具』でドライバーショットをより飛ばす方法は

.悒奪疋好圈璽匹鮠紊欧
⇔ったロフトを使う
5綣舛鯤僂┐
ぅ悒奪表杜未鮟鼎する


この4種類しか考えられません

5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7


.悒奪疋好圈璽匹鮠紊欧


肉体改造をしてヘッドスピードを上げる
というのは不可能ではありませんが、
現実的ではアリマセン。
確かに、誰もがドライバーの飛距離は欲しいですが
特に欲しがっているのは
ある程度の年齢の人、そして体力に自信のない人です。
その方々に対し、身体能力を高めろ
というのは少々的外れな気がします。

長尺にしてヘッドスピードを上げる というのは
具体的ですし、不可能ではありません。
ただし 1インチ長くなって
 増えるヘッドスピードは1㎳強
 2インチで 3msはちょっと苦しい…です。

長尺にするため、ヘッドを軽くして長尺にしたら
単に「ヘッドスピードの数値だけ上がる」になって
長尺にした本当の意味が出てきません。


👉そう言う意味では 同じ効果のある
 重たいヘッドい鮖箸κが現実的です。

 実際にテストしましたが、
 同じ条件で ヘッド重量が20g増えても
 ヘッドスピードは変わりません。
 と、同時にヘッド重量が20g減っても
 ヘッドスピードが速くはなりません。

 ヘッドスピードを 3ms 上げるのは
 相当の訓練・鍛錬が必要ですが、
 ヘッド重量20gアップはそれと同じ効果
 を持っています。

スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)


⇔ったロフトを使う

立ったロフトを使うのにも幾つか条件があります。
今、使っている ロフトよりも立ったロフトを使える
というのには まずヘッドスピードが足らない可能性が出てきます。

また 弾道というのは 分子/分母の関係で
横の回転/縦の回転 になります。

👉ロフトが立つと 縦の回転が減り
横の回転の変化に、大変敏感になりますから
安定したミートというのが必要になります。

と同時に 概ね正しくゴルフクラブが使える
 と言う条件では 1度程度のロフト変化では
殆ど飛距離は変わりません。 誤差程度です。
最大/最高飛距離が数ヤード伸びる可能性はあります
逆に ミスに厳しくなる分、
平均飛距離は必ず落ちることになるでしょう。

はっきり「ロフトのせいで!」飛距離が変わるには
3度程度のロフトが必要です。
1度ロフトを立てても大きくは変わりません。

rad-04


5綣舛鯤僂┐

今回はスイングの話…ではなく 道具において
なので この場合は こすり球やスライスなどが
防止できる・・・と言う意味合いです。
これは「ドライバーにおいては」有効でしょう。
ただし 道具の機能において
余りに大袈裟なスペックな 同じく大きな副作用があります。
そこらへんにご注意ください。


✊また 今言われている
「高打ち出し 低スピン」ですが、
平均的な男性ゴルファーが平均的なドライバーショットを
打った場合のデータは

.棔璽襪梁任舛世軍囘戞。隠古
 ボールの速度     55ms
 ボールの回転   3000cpm です。

少々の改善をして 飛距離を伸ばすことは可能ですが、
それも 10ヤード伸びるに至るか どうか です。

そのショットを打っている人が

▲棔璽襪梁任舛世軍囘戞。横掬
 ボールの速度     60ms
 ボールの回転   1500cpm

に変える みたいな感じですが、
同じ人が『高打ち出し/低スピン』にするには
 始めの例よりも
10度近く「煽り打ち」しなくてはなりません。

しかも 低スピン 2000cpm回転以下で
ボールを打って飛ばすには 
 ボールスピードアップが絶対不可欠な条件です。

10度近くも煽り打って、
安定したミート率も必要で
伸びるのが たかだか 10ヤード程度です。

31954726


そんなものを狙うなら
始めの.轡腑奪箸髻,發辰噺率よく
良いロフト姿勢で打つ方が圧倒的に現実的です。
おそらく こちらの方が飛距離は伸びそうですし、
まず 体によく、平均飛距離を保てる可能性が高いです。


煽り打って 打ちだし角度は高く保ち
低スピンで飛ばす 基本は 2000cpm 以下の球を
打つコトです。
2000cpm以下の球で浮力を失わないには
ボールスピード60ms 以上は不可欠です。

安定して ボールスピード60msを
平均して維持するのには
ヘッドスピード40msでは足りません。
かなり ナイスショットの部類で 42msギリギリ です。
ボールスピードを余裕で確保するのには
 45msは必要です。

これはかなり実測ベースですので、
厳しい言い方ですが、多くの人のヘッドスピード(告知)は
願望も含めた最高値です。
日本の男性ゴルファーの
 平均ヘッドスピードは 40msに達していないと思います。
 45msというと 自称300ヤードの人たちのモノです。

そのヘッドスピード・ボールスピードに達しない人にとって
「高打ち出し・低スピン」はより飛ばない
より安定しないショットを打つことになるばかりか
無理な煽り打ちが伴うので 非常に腰に負担がかかります。
それでもトライするのは個人の自由ですが、
腕力がなくて ヘッドスピードが上げられない方が
腰が痛くてゴルフが出来ないより良いと思いますよ…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



実際にからだの回転で打つ
 というのをやってみましょう。

こうちゃんの憂鬱_Momentこうちゃんの憂鬱_Moment(5)こうちゃんの憂鬱_Moment(4)











手さばき、はんどリリース で打つ場合、
この場面から 概ねからだの回転、特に左サイドの動きを止め
右腕を伸ばし、ボールに届かせるわけです。

つまり その動きには
からだ・・・足腰と腕に動作順序があるのです。
からだが先に動き、当たる場所を確保してから
腕でクラブを振る。
最終、ボールとヘッドが当たるコト を
 手さばき、右腕伸ばしに頼るのです。 


からだの回転で打つのは
まさに その反対の順序 と言った感じです。
ここが掴みにくいのだと思います。

乱にんぐアプローチどりる_Moment ゆっくりした、分割した動きで考えると
先に クラブの重さも利用し、手を落とします。(下げます)
俗に言う ハーフダウン
ココの位置に来たら 手の仕事は終わりです
手で振った時に比べ
フェースは少々極端に下向きを作ってみましょう。


打った以降、逃げ道やからだの回転と同化するための処置
はありますが、腕〜手の仕事はココでおしまい です。
からだの回転で 左グリップを抜いていく
 グリップエンドを抜いていくような感じになります。

あとはからだの回転に任せます。
手で振っていた時と同様、
その時は手で探っていた、手の使い方具合で
当たり具合を調整していたと思いますが、
今度の当たり具合は 回転具合を調整してみて下さい。

実際には そのハーフダウン の後、
インパクトがあるのではなく
グリップが落ち始めたら 体もまわるので
その ハーフダウンのトコロ が インパクトになります。
✋ハーフダウン以降、以後、その後 インパクトがあるのではありません


この順序とともに 感覚として
腕で振る場合、
先に 半身(左半身)を動かし
インパクトのトコロは 右半身を動かす・・・
からだを左右に分割する動きになります。

 それは テークアウェイにも反映されます。
乱にんぐアプローチどりる_Moment(2)

からだの回転でボールを直接打つ場合、
からだを左右に分割して使うことはありません。

1ユニットで振る とも言いますが、
からだの左右を交互に使うようなことはありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ドリルも兼ねて、ですが、
アプローチショットのポイントは
●動作を複雑にしないコト です

あそこでこうやり、ここでこうやる
今はこうして、後からこうする みたいに
 幾つかの動作の複合にしないコト です。

乱にんぐアプローチどりる_Moment乱にんぐアプローチどりる_Moment(2)





アプローチも一種類
あとは クラブとセットアップだけを変える
程度の シンプルなモノにした方が良いでしょうね



小さなショットやゆっくりしたショット
加速をあまり入れないショットは
 「足」 「脚」 が得意とするトコロです。



全体に シャット
 フェース面をやや地面向きを意識して
あとは 脚を動かすだけ でショット、アプローチする癖
を付けましょう。

ミスを回避するという目的もありますが、
小さなショット、短い距離であっても
トップオブスイングでセットした
 👉腕とクラブは そのまま固定。


足を動かす事で打ってみましょう。
達人のココから盗め_Moment(5)

腕の補足もゼロとは言いませんが、
ボールをさばく〜インパクトのトコロは
ほぼ全く腕・・・肘も手首も使わない と考えて下さい。



アプローチであれば
 ボールをやや中寄りにおいて ランニング
 やや開き目に左めにおいて ピッチエンドラン

アドレスによるセッティングの違いだけで
 基本は全部 足さばきでのショットになります。

よく「ひざの送りが…。」なんてセリフを聞きますが、
アプローチ、ショットを上体、特に肩でやっている証
とも言えます。

例え 上げる必要のあるショット であっても
肩を使った揺さぶりは ミスを誘発します。

✋ウエッヂの重心(重量の中心点) は
 ヘッドの中にありません。
 ロフトのせいで
 フェース面、ボールの当たるフェース面よりも
 前にあるのです。
001

ですので 感触としてのヘッドは
 実際の位置よりも 前にあるように感じます。
 感触として ですが、実際のイメージが一瞬遅れる感じ…です。
ボールを上げようとした時、ダふり易くなるのは それも原因です。
腕や肩など ゴルフクラブに近いトコロで動かそうとすると
 その動いた ゴルフクラブの重さに反応してしまいます。


セットアップを除き
上げるショットであっても 普通に足を使うことをお薦めします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ドリルとしても
グリーン周りのランニングアプローチ
ウエッヂを使っての ピッチエンドラン

ゴルフショット、ゴルフスイングの基本になるドリル・ショット
ここから始めてみましょう。

乱にんぐアプローチどりる_Moment乱にんぐアプローチどりる_Moment(2)







例えば お家で ゴルフボールではなく、新聞紙を丸めたモノや
ピンポン玉、プラスチック、スポンジのボールを当てる
(打っても危険でないモノね) と仮定し
まずは ヘッドのその重さを無視する、
自分のからだの周りで グリップを動かすコト
で アプローチ〜ドリルをしてみましょう。
 主な動きは フットワーク です。

ヘッドを引きずってくる感じ ですね。

からだの向きで グリップを動かし
 ヘッドをコントロールすると
狭いエリア、フォローが大きく取れない空間であっても
 からだの向きでコントロール出来るので
強さは兎も角 打つコトが可能です。
達人のココから盗め_Moment(2)達人のココから盗め_Moment(4)






✋スイングを終わるまで 体を回します。
打つ距離、その度合いにもよりますが、
小さなショットとは言え、ちゃんと左を向きます。
ヘッドがグリップを追い越すことは無く、
距離に関係なく、トップオブスイングでの
 ヘッドとグリップの相対関係は最後までずっと同じです。




今度は ハミングバードでは出来れば「避けましょう」
ヘッドを振るショットです。
俗に言う「振り子のアプローチ」

 インパクト、もしくはインパクト直前直後で
ヘッドがグリップを追い越し、ヘッドの方が先に出ます。
✊ミスになった場合、
 大抵、「しゃくってるよ」と言われるアプローチ、ドリル です。

振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)




まず これは 狭い、限定的な空間、
特にフォローの出しにくい空間
 ボールを打つと 必ずどこかにクラブが当たってしまいます。
自分の動作 イコール ヘッドの動作 ではなく
 小さいショットであっても、ヘッドを放り投げる
ヘッドの進行を解放するように打つので 当たってしまうのです。

二つを行うと
後者の「振り子のアプローチ」が
回転と言っても、からだ・・・ではなく
肩の回転と言うのに気付くかも知れません。
(回転。。。というが 上下の揺さぶりに近い…でしょうか)



前者の からだの回転でグリップを動かし、ヘッドを引きずる
後者の 肩の揺さぶりで ヘッドを出す

前者のショットに比べ、後者のショットは
ロフトが大きくなり、入射が緩くなります。
弾道としては 前者に比べ
「打ち出し角度が高くなり」
「スピンの量が減ります」

フワッと上がりますが、落ちても惰性で転がる量は多め です。

同じヘッドスピード、距離感で打った場合、
後者の方が キャリーボール、総飛距離共に短めで
後者のアプローチで打つ場合は 数割増しの距離感が必要です。
ココを治したい❷_Moment(4)

👉振り子のショット と言うわけではありませんが、
アプローチにおいて 後者のショットが「無い」か
と言えば、場面によっては 行う場合もあるにはありますが、
ショット全般に対する「芳しくない」影響があるのも確か、です。


また 後者のショットを
より開いたロフト、緩い入射角度 で入れると
ボールが低く飛び出て、スピンがかかり易い球になりますが、
アマチュアレベルの練習量、頻度では あまりに危険です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




上から見たこのアングル
V字を維持してみよう 上編_Moment

トップの位置で形成される
 👉右前腕とクラブ(シャフト)の角度
厳密には 校ではないですが、
 このV字を維持したまま、打ってみましょう。

ウエッヂショットで 30〜40ヤードの距離位でしょうか

V字を維持してみよう_Moment


ショットのドリルにもなりますし
アプローチの改善にもなります。


V字を維持することによって
クラブと腕の長さが短いままです
(からだとヘッドまでの距離)

ボールでヘッドを探らず
からだの回転、左サイドの移動を持続しないと
ボールには届きません。
からだの回転で打つための周り方のドリルになります。


校を維持し、その頂点であるグリップを
いつも 回転の先頭 に置いておく感じです。
フェース面の作り方 というか
ボールへのアプローチ(進入)の仕方 を
 考えないと シャンクの佃煮になっちゃいます。
 ロフト(フェース)の開き癖も治せるかも・・・。

✋特に インパクト直前のリリースでボールを打つ人は
 ●からだの回転の仕方(左サイドを止めない)
 ●ロフトを開いて入れない

を同時に達成するための良いドリルになると思います。



アプローチにおいて
インパクト前後での 急なロフトの変化がなく
一定のロフト
一定の入射

になり易いです。
距離感は 自分の回る速度次第。
とても良い練習になると思いますよ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



先日のヘッドスピード記事は
実は前振り で 本題はこちら デス✋

◎ヘッドスピードはまだまだ上げられる
http://hbs.livedoor.blog/archives/1995218.html

◎まだまだヘッドスピードは上げられる
http://hbs.livedoor.blog/archives/1995244.html


今更 オジサンおばさんゴルファー が
からだを痛めるほど ギンギン速く振りましょう は
ハミングバードのコンセプトとは真逆です。

なぞかけ になるとは思いますが
ヘッドスピードは ヘッドのみ を速く動かそうとした時、
 より一層 上がらなくなります。

何度も書いていますが、ヘッドは重さです。
それは長さによっても、移動/運動によって
乗算、掛け算で増えていき
その重さの方向は スイングの進行方向
ボールへの方向、ボールを飛ばしたい方向とは
真逆とまでは言いませんが、大きく異なっています。
スイング動作にとっての 負荷 です。


その負荷を逆に利用すれば
思ってもいないほど スピードは上がります。
動作としては テクニックとは呼べない程
単純な方法があるのです。




✊ここで被験者になって頂きました。

お約束の「頑張ってるクン」です。
本人には 今回のテーマに沿ったある課題 が課せられています。
ヘッドスピード、飛距離とは全く別、脈略がみえない筈です。

その課題は おそらく本人にとって
😬ボールに当たらないんじゃないか〜 うお 空振り!
ボールに当たったとしても
😵まともに当たらないんじゃないか
ましてや
😨到底、飛ぶ とは思えない
😡こんなのゴルフスイングじゃねぇ
😡スコアや飛距離を無視するなら出来るが ゴルフにならん!

    と思える課題だったと思います。
おそらく そう思ったと思います。

その課題にたどり着くまでに
口酸っぱくなるほど 耳タコになるほど
✋ヘッドは遅れるモノ 放っておけ かまうな
✋からだは止めない 
✋一気に左を向け、左サイドは止めない、

✋左足を踏み込むコト、そのものがインパクト
✋左足のアクションの後、インパクトがあるのは振り遅れ

と 念仏だか、お題目だかを唱え続けて 今日まで来ました。

まだ振り遅れが解消されない、
無駄なキャスティング〜手首のリリースがある
このままでは こすり球に永久就職するコトになりそうなので
最終手段(まだまだ行けますけどね) として
今回の課題がありました。


これ 別なヒト数人でも試しましたが
やはり 始めの数球はボールに届きません。
達人のココから盗め_Moment

例の 「ここがインパクトだよ!」 以降の行為で
ボールを打っている人にとって
からだを回して から、クラブを振る
最後の最後で ヘッドを出すので
からだが、左サイドが上や開きによって
ボールから離れてしまっているので 届かない のです。
その位置関係が常態化しているので…届かない のです。

ですので 当たらずとも
「そのまま からだの回る方向なり、方法を調整し
 ボールに当たるように」
「インパクトで左サイドがボールに一番近づくように」 
「決して その課題を放棄しないように」
  と告げます。

✋多くの自主トレ組はココで断念するのでしょう。

そりゃ 空振りしたり、先っちょに当たったり
ボールに届かなくて空振りやミスすれば
それはダメだと判定されますよね フフフフフフ。
 宇◯宮の🅾さんもきっとそうだよね・・・。

今回の課題は
腕のクラブさばきに関する
腕さばきそのものとは異なりますが、
それに類似する課題なので
それを意識しても、その腕の生えているからだの位置や姿勢
タイミングなど 調整、双方、同時に進行しないと
ボールには当たりません。

ですので 数球のミス、当たり損ねは無視 です。

腕使いはシンプルで、動作全体でもシンプルですので
当たるようになるのは ほんの数球、10球もかかりません。
例外なく すべての人が当たり始めます。


この課題を乗り越えれば
 『こするコト』が出来ません。
アプローチとドライバーに明確なつながりがもてます。



被験者の「頑張ってるクン」は
以前までは 37~39㎳をさまよう状態でしたが
おそらく 42㎳は超えている、
正確には 越えさせられている 状態だと思いますし、
まだまだ超荒っぽいので まだ伸ばせると思います。
映像を見るとよく判りますが、
飛ばす とか、ヘッドスピードを上げよう なんてのは
微塵も意識しておらず、何か(アレです)にとりつかれたように
ヘッドスピードが上がってしまっています。
ちょっとびっくりしていますよね。
✋フィニッシュの位置がまるで異なるのが特徴です
 
とは言っても 本人も試験段階なので
すぐに「また」「良からぬ」余計なコトをして
魔法が解け、カエルにに戻るかも知れません。

✊これはその方の体力や運動性能に関係なく
要領を覚えれば コンスタントに 不可抗力的に
ヘッドスピードは上がります。約束出来る代物です。
こすり球から解消できて ヘッドスピードも無理せず
(動作としての体力とは関係なく)
(覚える過程には努力?…意識改革は要りますよ)
上がりますので、出来ると飛躍的に距離増大の可能性と
アプローチの距離感覚の再構築は必要になります。


😵もしかすると 飛距離ソノモノ よりも
 スコアに対する意識の強い人が

種明かしは ☎☎☎046-804-1480、出来ればご来店ください。
もしかしたら この点について セミナーを開くかも…知れません。

⁂ハミングバードのお客様以外には伝えるつもりはありませんのであしからず
 乗り越えられないのは ドライバーショットよりアプローチの方かも知れません😬


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


もう これ大袈裟には
ゴルフ業界が行う
 アマチュアゴルファーへの嫌がらせなんじゃないか
 ゴルフ業界全体に対する自傷行為なんじゃないか と思うのです。

よくよく 初心者の女性とかに
☑ショットはこうだよ
☑アプローチはこうだよ って
教えているレッスンを見かけます。
「振り子のアプローチ」 検索、ググると
 約300万件出てきます。  😿 吐きそうです。
本当は あっちらこっちらから ブログとか
ユーチューブなどの動画を引っ張って来たいのですが
大人げないので辞めておきます。

✋✋後から文句もすごそうですしね




😬 振り子のアプローチ ですね 😬



これって 何度も言いますが、
本来のゴルフスイングには存在しない、要らない動作 で
その動きは ゴルフクラブの機能を殺します。

達人リートレビノとは全く違う動き ですよね。
この「振り子のアプローチ」 
もしくは ゴルフスイングの基礎として教える振り子の動き 
◎達人の言う からだ 👉胴体〜上半身 と
◎振り子の動きの からだ 👉肩
ゴルフの初期の段階で覚える、覚えたとしたら
長年に渡り 肩を動かす、肩をまわす、胴体を捩じるコト
を からだを使っている と覚えるようになります。

これはゴルフにとって致命的な問題です✋

😵😵😵御口直しにどうぞ






ゴルフクラブもそうですが、
スイングのメカニズムも 角度 の道具、機能です。


スイング動作にとって
"そのクラブの長さ分の前傾姿勢"という角度があります。
これはイコール ヘッドの入ってくる、入射角度の基盤です。
そして その前傾姿勢は
大腿骨と骨盤、股関節のからだの前」に傾いている角度です。

からだ、骨盤より上、胴体 ではなく
肩を揺らしてしまえば
本来の前傾姿勢よりもアップライトな角度に動くことになり、
それによって 本来の前傾姿勢は大きく影響を受けてしまいます。
消えてしまう とも言えます。

肩や肩甲骨は機能として 
腕とからだのつなぎ役 ではありますが、
スイング動作にとって 確固たる動作はなく
どちらかというと 体を痛めない為にある干渉地域、遊び です。
 それを積極的に使わせるなんて・・・

振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)





肩でクラブを揺さぶる
まあ ヘッドを動かしたい気持ちは分かりますが、
そうすると そのまんま ロフトも増えます、変わります。
肩の揺さぶりに 影響受けて 前傾も変わり 無くなったりもしますので
入射角度や最下点もかなり動きます。
最下点の位置ズレもそうですが、
ヘッドの高さ変化も激しいですから
このアプローチで始めた人は 終生、アプローチに苦労し易いでしょう。

また ヘッドスピードの高い人や力のある人を除き
ロフトを開き、緩い入射でボールを打つと
アプローチの場合、低いヘッドスピードではボールが抜け
飛距離が得られません。
よって 必要以上に速く、強く、大きく振る事になりますから
今度はミスの危険性が上がります。


その延長線上で フルショットになった時、
やはり同じく ヘッドスピードが低めだと
ボールが上がり切らず 伸びません。
女性やシニア、若年層には
 まるで 「ゴルフは貴方に合っていないよ」 と言う球を
打たせるための レッスン です。
頑張って続けても スコアの歩留まりや飛距離不足が
 常時、付きまとうので
ゴルフを辞める原因に十分成り得るレッスンなのです。
加齢による スコアの落ち、飛距離不足の原因もソレ です。

その延長線上で
からだをまわす を 肩をまわす と教えるので
前傾姿勢の からだの前 の部分が
どこかよく判りませんから 前傾姿勢は
ゴルフのアドレス時だけの 意味不明なモノに成り下がります。

今は 側屈とか、側傾とか、地面反力とか
正に 本来、ゴルフスイングに存在しない、要らない動作を説明するために
要らない言葉が生み出されている訳です。

この 始めの一歩 の
ショットの土台、ボールさばきの部分
そこだけを抽出すれば アプローチになる部分
ここをシンプルに、明解に   そして 「正しく」 教えて欲しいです。

ゴルフスイングにとって ここが すべて なのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テークバックの右向きは 肩と骨盤の一体化、
骨盤と腕の関係の同期
グリップの位置、ヘッドの位置などが同期していれば
その角度・量は大きな問題ではないと思います。
✋90度で無くても、ある程度の量があれば大丈夫でしょう。

とは言え 理解し難いので 90度 としておきましょう。




【からだ(左腰)が開いてしまう、逃げてしまう原因考察】

❶クラブの開きと重さで 必然で開く

右向き(テークバック)の時点で
 既に ヘッドだけでなく、グリップまでも 自分の右側
自分のからだの幅 の右寄り ではなく
自分のからだの幅の外、右にズレてしまった時点で
「振り遅れ」「手遅れ」
は確実です。

スイング ココを治そう❶_Momentシリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)200811__Moment(3)







👉ヘッド自身は その重さから
からだの回転に対しての 遅れ は
ロフトの立ち にすることも可能ですが、
テークバックの時点で 手で動かしてしまう限り
もろ開き状態になってしまっているから
このまま 開いたままではフェースでボールは打てません。
ヘッドを回転させなくては打てません。

このテークバック 上げ方 では
フェースを開く のと、クラブを寝かしてしまう ので
ヘッドの重さも、クラブの長さ も 最大の、
正しく上げるモノの何倍もの負荷になります。
✋それを ダウンスイング以降戻すのです……
力むのも致し方ないでしょうね…

2013-04-30 10-21-17.464__Moment2013-04-30 10-21-17.464__Mome





ヘッドをたくさん、そして速く動かさないといけないですから
からだの回転の軸は
からだのセンターに置くのではなく
右端を軸に 左サイドを素早く たくさん動かさぜるを得ない
のではないでしょうか


❷からだの回転とは一つのユニットではなく
 ゴムのように順次動いていくと考えているケース


こう考えている人は少なくないのではないでしょうか
からだをひねり 足…下半身のリードだ! から順に
上の方がひねり戻り 最後にクラブ、ヘッドをリリースする。

MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(3)MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(4)MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(5)






肩を振るために 腰をボールに向け
そこから 肩を振りますから 当然腰は止まっている訳には行かず
腰は開き…肩までそれにつられると ボールに届かないので
横移動を抑え 肩は上に逃げる・・・
そう言う感じでしょう。

この場合、よく見られるケースは
足と腰を分けて使うことが出来ず(股関節が使えない)
足と腰ゴト 回ってしまうケースですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


私個人の、他の方のスイングを見させてもらう場合の
一つの判断基準に
◎左腰がアドレスよりも後ろに引ける前にインパクトがあるか
◎左腰がアドレスよりもう後ろのひけてからインパクトがあるか

があります。

良い悪いは別にして
飛球線ではなく、自分のアドレス姿勢に対し
インサイドアウトであるか
アウトサイドインであるか
は そこが分かれ目 です。

からだ全体が インパクトに向けて動くか
ボールを打つ行為に対し からだが逃げてしまうか
用語的には 腰が引ける 腰が入ってない というのでしょうが、
野球やテニスなどのボールスポーツの用語 で
ボールに体重を乗せる なんて言うのも
おそらく それに近いと思います。 

ハンドターン


原因の一つ として考えられるのが
やはり 振り遅れ なのだと思います。
そうする(腰を引く)つもりはないけれど
なにがしかの理由、例えば 腰と腕/肩の二重回転
で 腰が引けるタイミングにインパクトが来る。


また 重さの原理から
ダウンスイングは この画像で見ると反時計まわり の
右から左への運動になりますから
腕やクラブヘッドの重さがその反対の負荷、不可抗力を造ります。
特にゴルフの場合、打点、打撃物であるヘッドは
重さが集中した部位であるとともに、打撃点でもあるので
重さが増して行く、増えていく部位を速くたくさん動かしたい
動かそうとする本能や欲求が強く働くので
動作として 左腰を含めた、左サイドをたくさん、多く、長い道のりを動かそう
としてしまうのでは…とも考えられます。
重さのかかり方と回転の関係 - コピー

✋弊社で言うところの ヘッドを振るな クラブを振るな
 ヘッドの重さは放っておいて、利用はするけど
 グリップを動かして ボールを打ちましょう…というコトです。



スイングを覚える、ショットを覚える初めの段階で
どうしても 腕さばきによって クラブを振ってしまい
ボールを打つコトを覚えるので
その動作をする為、もしくは 振るための空間を作るため
左サイドを大きく動かし、左腰を引いて
それを成している可能性も否めません。
シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(6)

腕で振るには、
腰ではなく肩を回してボールを打つのには、
 腰の止まりが必要不可欠 です。
それを 左サイドの壁 と認識している人もいるでしょう。
腰の止まりの反動 を利用して 腕を振る、肩を回す
というのは 二つの動作、動作として確固たる順序がありますから
自分の打つ動作 ボールを打てる動作 ソノモノが振り遅れソノモノ
ですし、その順序であれば 腰を引かざるを得ません。

スイングのリズム感として そう覚えていますし、
動作順序としても覚えていますから 厄介ですね。



このダウンスイングの動作、左腰の動きは
スイングの中では 非常に高速で、
動く量も素晴らしく大きい訳でもなく
短時間で出来てしまう箇所ですし
無意識に、からだの防衛本能などで動いている可能性も否めないので
フルショットの中で 簡単に修正できないでしょう。

ですので ランニングアプローチで
トップオブスイングから
左サイドが、左足が踏み込む
 それそのものをインパクトに出来る習慣
左サイド、左足が踏み込んで『から』、踏み込んだ『のち』
 腕を振る、肩を回している という認識
が必要になるような気がします。

お尻なども含め、脚の動作が腰・胴体の向きを変え
その胴体には 腕も含まれる
つまり 『胴体の向きの変更にはグリップの移動も含まれる』
この感覚を掴む必要があると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




✊からだを回すことで直にクラブを動かしたい
✊出来れば フェースターンはしたくない


そう考えている人は少なくありません。

若いうちはまだ良いですが
ある程度の年齢になってくると 腕力、握力共に落ちますから
腕でクラブを速く動かすコトが難しくなります。
手で振る事に伴う 瞬時のからだの補正能力が落ちます。
からだの回転で直にクラブを動かした方が
安定性も損ないませんし、クラブの機能も使える……
 にもかかわらず どうしても手で振ってしまう……どうしてでしょう?


ここにひとつ その参考例があります✋



一般的なスイング論に毒されている人はどうだかわかりませんが、
少なくとも弊社のお客様の場合の

✋からだの回転 をまったくしない
✋打つコトにからだの回転は使わない
✋手だけで振る
 と思っている訳ではなく

からだの回転で直に振ろうと思っているけれど
「結果として」 フェースターンやキャスティングをして「しまって」います。

その特徴・・・結果として手で振るスイング、
フェースターン/キャスティングをしてしまうスイングの特徴は
からだの回転が
 腰(骨盤)周り と 肩周り

二重の回転を持っているところにあります。 

テークバックもそれを基にしている のですが、
特徴的な動作として
まず 肩周りを残し、腰を動かして
その後、肩周りを動かすコト・・・それがフェースターンであり
手で打ってしまうこと になるのです。


本来の、正しい意味での からだの正面 は、
ボールと正対するタイミングは、
厳密ではなくとも 骨盤がボールと正対する時機、
からだの正面は 骨盤の前 です。
この 前 は 前傾姿勢の 前 でもあります。


その骨盤の動作 に対し
肩回り、腕周りを遅らせたのち
肩を回してボールを打つ というコトは
本来のタイミングより あと/後 になります。
これが 振り遅れ です。

そのボールさばきが馴染んでいますから
意図的に 腕も含めた肩周りを遅らせる というのもありますが、
グリップやヘッドの通る経路を 遠回り
長い道のりにすれば 『その遅れて 手で振るタイミング』
形成することが出来ます。

ダウンスイング〜左上腕_Momentダウンスイング〜左上腕_Moment(2)ダウンスイング〜左上腕_Moment(3)







後ろ ダウンスイングが大きくなって
前 フォローが小さくなってしまうのは そのせいですし、
それによって 左ひじが抜けてしまう のです。

骨盤がボールを向いていく
 右向きから正面の 1/4円をみすみす逃してしまうのですから
骨盤の動きを見逃してしまうのですから
その代わりを 手でしなくてはならない のです。

短い距離のアプローチなどで
肩を揺さぶって ボールを打つ習慣も
肩と腰の 二重回転 を作り出す大きな要素です。


downswing見ての通り 腰と肩の回転を分けてしまうと
このように ダウンスイングで左腕が胸に張り付きます

自分のスイングを動画などで見る場合、
ダウンスイングの初期に
 アドレス、トップ に比べ 左腕がからだに張り付く
のが 手で振るスイングの特徴的な場面です。


俗に言う ワンピースのスイングと
そうでないスイングは ここに秘密があるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングの多くは イメージ・思い込み によって
作られることが少なくありません。

よく有る例ですが
✋インパクトを体の正面で!
✋ボールとからだが正対した時、インパクトを迎えたい。

nojk_Moment

そして 画像などで そのような場面を見かけると
その「恰好」を意識、インパクトの「恰好」を意識するようになりますが、
それは大きな過ちにつながります。

からだが回っている、向きが変わっている
その時間の流れの中で インパクトがそのタイミングに訪れるコト
が重要なのであって
ボールとからだが正対したところで『止める』ような
恰好が問題なのではありません。

その例で言うと 多くの人が インパクトでは両腕が伸びた状態
特に 左腕がピンと張った状態 出迎えるモノ という
誰からも言われたコトの無い 『動作の関所』 を作ってしまっています。




ミスターKの場合も その匂いがします。

過去の練習の中で(良くあるパターンですが)
スライスが出たり、引っかけが出たり
からだが開いているコトが良くない…
インパクトは体の正面で…
みたいな意識が働き 無理に左腕の姿勢、左サイドの姿勢で
インパクトを記憶している可能性があります。

ですので 私からは
「インパクトも含め それ以降で
 出来るだけ早めに 左上腕を上に逃がしましょう」

もしくは
「インパクトで左腕は曲がっている…位で」
というアドバイスをしています。

今も消え切ってはいませんが
スイングに フェースターンが強く残っており
それを実行する為
 ダウンスイング〜トップ〜テークアウェイ を通して
左腕の移動量・動作量 > 右腕の移動量・動作量
を作ろうとしている気配が見られます。

フェースターンは 左右のグリップの追いかけっこ で
右グリップが左グリップを追い越さないと達成できませんから
左グリップにはたくさん動いておいて
 追いつく余地を作る必要 があります。

それが 左だけであげるテークバックを無意識に生み出している
可能性が否めないのです。

葛谷 2017-2020_Moment

今回の課題は 
「✊インパクト以降 早めに左上腕を上に抜こう」
であって、テークバックでは無いのですが
このような変化が生まれている訳です。

現在、決して飛ばない方ではないのですが、
もっと「飛ばしたい」 望みを達成するには
インパクトで 左腕や左サイドが待っていて
それを フェースターンで追い抜く
 では
からだが上を向いてしまい ボールのスピードが伸びません。
葛谷 2017-2020_Moment(2)

ごく一般的、平均的な体力、ヘッドスピードの人にとって
上を向いて 「高打ち出し/低スピン」 を狙っても
逆に ボールが浮ききらず失速する可能性 だけでなく
地面からボールを打つショットへの悪影響が多すぎるので
トライすべきではなく
持っているゴルフクラブなりの入射とロフトでとらえる方法の方が
ドライバーからアプローチ、バンカーショットまでのつながりが良くなり
相互に良い影響が生まれます。


飛距離アップのために 考える事は
左腕・左サイドが余らない準備を作り出すコト
左サイドを止めず 全体の動作をスピードアップする方法
だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



そして 冬が終わりそう。。。
春の声が聞こえそうになると毎年恒例
ミスターKのスイング改造が始まります。

もう30年位やっているような気がします。


スイングのチェックポイント、改善点 においては
後日 また記載しますが
 今回は別な視点で👀





左の残像付き映像が  2017年のモノ
 ◎こちらはフェアウェイウッド

右のややスローな映像が 2020年のモノ です。
 ◎こちらはドライバーです



ミスターKのゴルフスイングの
特徴的な動き、個性的な動きは
テークバックで 左手だけで上げ ←これは平均的
それによって 多くの人は 前に、ボールの方に
からだが倒れます。
普通はそのまま 打つのですが
ミスターKは テークバック終盤で
その前への傾きを修正してしまうのです。

偶然にも 残像付きの映像には
メガネのフレームの残像によって それが見て取れます。

この部分 本人 気にしていなかったのか、気付いていなかったのか
私、店主とその件について 会話したことはありません。

元々 レッスンなどを他で受けた経験は多くないとは思いますが、
場合によっては 「頭を動かしすぎ」とか
「軸がぶれている」とか言われ、修正の対象になるほど
目に見える はっきりした 独特の動作 です。

その動作、修正する動作 自体は
天性の勘なのか、練習による自然に身に付いたものなのか
意図的なのか はわかりません。聞く気もありません。

ところが 2020年のスイングでは
その動作が消えてしまっています。
葛谷 2017-2020_Moment(3)

それを主の目的に スイングのアドバイスをした覚えはありません。

✋単に 左手でクラブを上げない
 もっと 右手/右腕主導でテークバックを取るコト
✋テークバック初動でグリップを体から離さないコト
✋出来るだけ、胴体を捩じらず
 しっかり骨盤、秀二を右に向けるコト


この3点を 口酸っぱく言い続けてきました。



傍目から見ると トップの頭/顔の位置も変わり
ボールの見え方 も違っているでしょうから
なにがしかの 感触の違いがあるのでは? と思いますが、
おそらく ご本人は このテークバック後半の体の起こし、
頭の移動が修正されたコトは気付いていない…かも知れません。

この角度から映像では読み取れませんが、
元々 逆ピボットが強いタイプのスイングで(2017以前)
そこは気にしていたとは思いますが、
それも解消されている と思われます。


❶手だけで上げる
❷その動作の副作用として からだが前に倒れる
❸体を起こす(それが逆ピボットを生む)

❶の修正を抜きに ❷❸は抹消できません。
手だけであげれば からだは前に倒れますし
ミスターKの場合は その倒れた体を起こす動作があり
それが 逆ピボットを生んでいたので
手だけ上げるコトを辞めない限り、
最低でも後の❷❸の動作をしなくてよい程度まで
減らさない限り ❷❸の動作は本能として
スイングの条件反射として刷り込まれてしまっています。



映像などを見る機会が増え
自分の目につく、好ましくない動作
その好ましくない動作は
 まず間違いなく『必然!』 で行われています。

手を返したくないのに 返してしまっているのは
本来 からだの回転で行えるモノを行っていない代替え行為ですから
しないとボールが打てません。
この場合(ミスターK)も、からだを使わず
左手だけでテークバックを取ってしまうと
からだが前に倒れてしまうので バランスを取るためや
傾斜地でも安定してボールを打つため 必然で 起こしていた 訳です。


他にも からだが突っ込んでしまったり、開いたり
右サイドが潜ってしまうような 目につく動きの 殆どは
それをしないと 打つコトが出来ないから 仕方なく行われている ので
その動作を「抹消」することは出来ません。

そこ以外の他を変えず そこだけの動作修正は
 その動作が 遠くへ飛ばすとか、繰り返し似た球を打つための
 必然の動きになってしまっているので、無理…なのです。
大きく寝坊したのに 急ぐな、走るな と言われるようなモノ です。

特に ダウンスイングのような スピードが付く動き、
また 全体が動いているような時は 動作としての修正がとても難しい
正直、不可能なミッションと言えるのです。

自分の気に入らない、好ましくない動作 は
それを治すのではなく、
それを要らない環境、つまり そこ以外を修正しないと
傷口に直に薬を塗ろうとしても治ることはないのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



からだの回転がスイングの時間を決めます

2013-04-30 10-21-17.464__Momentからだの回転でクラブを『直に』動かせれば
✋からだの向きを変えるコト のみが
 スイングの円弧を作る元 に出来れば
ヘッドが低くなる/高くなる と
円軌道としてのインサイド〜アウトサイド は
一致したモノに出来ます。


7375-300x225
少々 単純化して説明します。

スイングを上から見た状況で
打ちたい方向を 
← 時計の針で言うと 3時から9時 としましょう

アドレス時、骨盤、胴体は 12時を向いています。

テークバックをすると
トップの位置では 骨盤は だいたいですが 3時位を向きます。
多くて悪いことは少ないですが、
必要最低限(2時以上…かな)あれば
 その量(向きの量) ソノモノは さして問題ではありません。

からだの右向きを解き
概ね 12時を骨盤を向いた時 が
インパクトです。
からだの軸イメージ

✋実際には 骨盤は12時を向いていますが
時計そのものが 左(9時方向)にズレ
シャフト(クラブ)はヘッドの重みで
12時ではなく、1時〜1時半を向いた状態です。


左へのズレも伴いますが
概ね 12時を迎えても インパクトが来ない
ボールと正対した時間を過ぎても
インパクトが来なければ
◎からだの回転動作を止めて それを待つか
◎ボールに届いていない分 手さばきで行うか

そのいずれかが必要になります。

別の言い方をすれば
概ね 骨盤の向きの12時を迎えても
ボールをさばける グリップポイントに達していなければ
ヘッドでボールを拾いに行かなければなりません。

それが 振り遅れ/手遅れ です。


左へのズレ は有ったしても 
骨盤の向きが概ね12時を迎えた時に
インパクトが訪れれば ボールを上から打つコトになりますし
ボールをインサイドから打つコトにもなります。

しかし その機会を逸してしまえば
それ以降は アウトサイドから打つか
更に複雑にして ヘッドターンと言う もう一つの円を作り出すか
いずれかになるのです。




bbd8de35-s


インパクトの悪癖は

❶からだの向きの 12時 ボールと概ね正対した時期 に
 グリップが既定のポイント 
(⁑ボールに当たる場所) に達しない
 ⁑ヘッドの重み分 シャフトが12時を向かないコトを含め


が殆どです。
67d2f002-s

考えられる原因のひとつ として
イメージ、概念として
☑からだが正面を向く = シャフトも12時を向く
と思い込んでいるコトもあるでしょう。

✋本来は ヘッドの重みで シャフトの動きは
AZEJ5123_Moment(4)
からだの回転以上にはなりません
大幅に少ない動きしかしません。
にもかかわらず シャフトまでも12時とするには
からだを 時計で言うと 11時、10時まで回さないと
その機会は訪れません。


☑準備としてのテークアウェイに からだ、骨盤の向きが無く
 肩や手さばきだけで シャフトを振る、クラブを動かす

というのも それに該当します。

からだの回転でクラブが動く の
代替え行為で 腕のかいな 腕の返しで 円を描くと
残念ですが、人間の防御機能が働き
骨盤は止まっていられませんから 同じ状態になります。



7375-300x225もう一度説明します

スイングを上から見た状況で
打ちたい方向を 
← 時計の針で言うと 3時から9時 としましょう

アドレス時、骨盤、胴体は
12時を向いています。

テークバックをすると
トップの位置では 骨盤は だいたいですが 3時位を向きます。

これは平面図(上からのイメージ)ですが、
腕の役割は グリップを高くするコト だけです。
☑ シャフトは縦にも 横にも大きくは動かしていません。
からだの回転には前傾姿勢(股関節の角度)が伴うので
右を向けば グリップの位置、クラブは高くなりますし
それに グリップの高さ補助 が加わるので
グリップも、ヘッドも ボールを打つための高さとしては十分です。

IMG_0699_Slomo (3)_Moment(2)
にもかかわらず ダウンスイングで
シャフトを縦に、クラブを下に振ろうとすれば
行き(テークアウェイ)で行っていない行為 になりますから
当然 経路は増えてしまいます。
からだの向きが 12時を向いた時には 間に合わない …
物理的に 間に合わさない為に動かした と言えるのです。


行き(テークアウェイ)で行っていない行為を
ダウンスイングにしてしまいますから
同じところに返ってくるのは不可能です。
違う場所に着地するための動き とも言えます。



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


これはとても大切な部分で
しかも 今は死語と言うか、
弊社のお客様位しか 通じない
意味不明な内容になるかも知れません。

ハミングバードからすると
ゴルフスイングの話し、スイングを覚えたいとか
スイングを良くしたい、飛ばしたい、安定させたい
という まあ普遍的なゴルフの悩みや希望を語るのに
この部分を除外して話をしても 逆に意味がないかと
強く思うのですが…。


IMG_1015_Moment


ゴルフのスイングは 傍目から見て 円を描きます。
意識として円運動をしているか、どうかは
その人その人の感覚なので何とも言えませんが、
その円は 傾いており
打つ人とボールの相対関係を基準とすると
_爾蠅了間
登りの時間

グリップなり、ヘッドなりが
_執澆靴討い觧間と
⊂緇困靴討い觧間
 に分かれます。

ですので ボールを上から打て とか
ボールを潰せ
 というのは
✋技術的な問題ではなく
✋時間の問題、 『いつ』の問題 になる訳です。

その時間を決める・分ける のが
  からだの回転 です。

自分で実際の行ってみると 分かると思いますが、
股関節を分かれ目 として 骨盤を、お尻を、胴体を
上半身を大きく捩じらず 右を向いたり、左を向いたり すると
その 下がりの時間は
クラブを含め からだの殆どが下への時間 になり
登りの時間は 殆どのモノが上への時間になります。
故に 上から打つ というのも
その時間次第です。

からだの回転で行っている場合、俗に言われる
❶テークアウェイは 右向き(右回転) 登りの時間
❷ダウンスイングは 右向きの戻り(左回転) 下がりの時間
❸インパクト以降 フォロースイングは 左向き(左回転) 登りの時間
 と
単純に 3つの時間に分かれます。
ですので 理想的なインパクトは
だいたい ❷の終わりの時間から ❸の始まりの時間にあれば
良い訳です。


否定的な話ばかりで申し訳ないですが、IMG_0872
腕でクラブを振ると、腕でその円弧を作ると
ヘッドを下げている時間は
からだが上を向いてしまい
下げる量と上を向く量のひき算になってしまい
ボールを上から打てるかは それ次第
からだが上を向く量がうわ待ってしまえばIMG_0873
煽り打ち、しゃくり打ち になり
ヘッドを下げている時間が上回れば
上から打てる(ロフトは開きますが…)になってしまい
明確な 違いが造り切れません。

手で振る場合、
◎テークバックと呼ばれる部分は
クラブヘッドは上げますが、からだは正面を向いたまま
◎ダウンスイング ヘッドを下げますが、
からだ〜腰や胴体は止まっているままに入られず
左を向き始め、上を向き始めます。
◎フォローに至れば 両方が揃いますが、
ほとんどの場合、からだは止まり切ったところまで至っているので
ヘッドの上がり方がかなり急激になります。





そして それに 多くの人の大好きな
インサイドから アウトサイドから が絡んできます。

からだの回転でスイングを行う場合、
◎インへ時間
❶テークアウェイは 右向き(右回転) 登りの時間

◎インからの時間
❷ダウンスイングは 右向きの戻り(左回転) 下がりの時間

◎インへの時間
❸インパクト以降 フォロースイングは 左向き(左回転) 登りの時間
 と

スイングの理想的なインパクトの入り方、入る時間
❷の終わりごろの時間にインパクトが来れば
上から打つ と インサイドから打つ は同意語 になります。

downswing
ところが 腕でクラブを振ると
ダウンスイングは ヘッドは下には振る事は出来ても
からだは 左を向き始めますから
自然な流れから行けば 外からしか振れません。
形式上、他人の目からインサイドから入れるのには
ロフトを寝かさざるを得ません。down_swing
上から打つコト と インサイドを打つコトが同時に達成し難い
形式上では それを達成するには ロフトを大きく寝かす という
難題が付いて回るのです。

✋ロフトの話が出ましたが
からだの回転でボールを打つ場合、
どの場面であっても からだに対してはロフトは大きく変わりませんが、
腕で振ると ロフトは180度以上変化している最中のどこかに
インパクトが来ることになる訳です。





もろもろ のことも含め
よく使われる スイング軌道 や ヘッドの軌跡の
上から とか、 インサイドから、 というのが
からだの回転によって 時間が区切られる と
考えるのではなく 単なる技術論だとしたら
魂入れずに仏を作る みたいな気がしてなりません。

ドローボールが打ちたい、スライスを治したい、
もっとボールを飛ばしたい を
偶然、もしくは たまに出来れば それで良い という
スイング理論で大丈夫なんでしょうか・・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スイングをよくする →正しくする

ことは 飛距離も伸ばし、方向安定性も生む
のは分かっているとは思いますが

全員に聞いてみることは不可能だけれど
肌の感覚で言うと
「その動作、その格好、その型が何の意味があるのか?
 何をするためにその格好、その型にするのか?」

というのは 殆ど考えていない と思うのです。

暗黙の了解的に
 そうすると 上手くいく、そうすると 上手く打てる…だろう
程度なのだと思います。
mittan_Moment


しかし ゴルフは人間が行い、
殆どの動作には 意志、理由が伴います。
今のスイングの恰好、スイングの『さま』は
グリップにしても、アドレスにしても、
テークバックの上げ方にしても
今までのショットの積み重ねの中で
自分の一番したいコト →インパクトでどうボールをさばくか
の影響をものすごく大きく受けています。
それがすべてと言ってもよいほど。
それが結果 悪い動きだったとしても
 その肝心かなめの 自分のやりたいコト の呪縛から離脱 しない限り
型を真似ても 飾りをつけているに過ぎません。

例えば インパクトを手の返しでさばきたい 限り
必ず ダウンスイングで ライ方向にリリースしますから
その準備として テークバック時 ライ方向にクラブを起こします。
右ひじを張って トップを作る 形を追いかけても
そこに 自分の本当にやりたいコト ライ方向にクラブを上下させる
が根付いている限り シャフトクロスに陥ったりします。
右ひじを外に張り、曲げた分上げる というのは
からだの回転でボールをさばくため 
 の手段であり目的ではないのですが
その肝心な部分(手の返しでボールをさばく)が今まで通りであれば、
余計なアクションが増えたに過ぎません。
IMG_0398 (2)_Moment

 
また、ローテーション、手の返しでボールをさばくには
左グリップが支点になる必要がありますから
左グリップが クラブの重さ、クラブの回転を支えるほど
握っておかなければならず ここは変えられない・・・
変えたら クラブがすっ飛ぶか
ローテーションが出来ません。

ですので グリップを一時的に変えてみても
数球、ほんの2.3球打てば元に戻りますし、
コースで疲労の影響を色濃く受けやすい握力は
どんどん 茲離哀螢奪廚鮨爾握るようになります。

👉それによって 気づかぬ内に 茲鉢薀哀螢奪廚虜垢離れ
アドレスが狂ってくるコト〜ボールの置き位置がずれているコトが
 ラウンド後半に出るミスショットの
非常に大きな原因だったりもするのですが…。


ボールをからだの回転で打つメリット
と言うのを信じていない可能性も否めません。
手でローテーションした方が
 クラブを振った実感・充実感も伴いますし
過去の記憶の「飛んだ」とも結びついています。
体を痛め無さそうなのも
安定度も高そうなのも なんとなく想像がついても
飛ばない ・・・ 叩けない ・・・ 打撃の実感がない ・・・
打つ͡コトソノモノを自分で行いたい ・・・
あたりの 非常にベーシックな欲求が満たせない のもあるかもしれません。



はっきり言えば
そこそこゴルフを年数やっている人であれば
正しくクラブを使う というコトに関して
覚えなければいけない、あたらしい技術は何一つありません。
既に その技術・体さばき はもっています。
しかし なにぶん、意志や欲求のある人間が行う ので
その 頭の中 というか、 
 考えや思い込みが それを妨げているにすぎないのです。

スイング動作の意味が見えて、
それを満たしたい という欲求さえ身に付けば
素振りであれば 数球でスイングは変わります。
実際、軽く打つ程度なら 1時間で動作ははっきり変わります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


体を支え その軸となる背骨
人間の内臓など 重みの部分は
それよりも前にある訳です。
  太めの私はかなり前に重さありますね・・・

osteologia



そして 上半身という重さの中心を支える脚
それの付け根は 背骨よりも各各左右に離れている
その構造が 体を回す動作の基準になります。

軸とか、支柱とか と考えると「全く微動だにしない」 
そう言ったイメージを持ちやすいけれど
実際のスイングでは その軸になる背骨も動いているから
軸は自分の体の中にある というよりも
背中の外にある柱、傾いた柱 と考えた方が
スイングはしやすい と思います。

からだをまわす というのを骨盤で!
骨盤から上の胴体を回す というのは
この骨の構造を見ると分かりやすいと思いますが、
脚は背骨の延長線上 とはずれた位置にあります。
股関節から上の胴体を回す に対し
土台になる 大たい骨から下があるのですね。

そして 見ての通り
股関節から上に 体を回す 機能は存在しません。
多くの人が行っている 体をまわす行為に似たモノ
は 体をねじっている・・・と言うよりも よじっている ので
横の動きではなく ねじれなので
水平に体が回るというよりも
どちらかの側帯が縮む という 縦の動きが多く混じります。

漠然とした表現ですが、
体をよじっている回り方は
大きな体 であるはずの欧米の選手が
トップでは小さな人になっているように思えます。
骨盤を回さず、腰から上を右に向けるのには
からだを縮めるように動かさないといけないでしょう。
それを整えるのに 無意識ですが、意図的に前傾を解いて
からだを起こしているケースも少なくありません。

からだをまわす という大原則を正しく しない限り
 動作としてのスイングを覚えてもあまり意味は無いのです。
それによって 空間や位置が全く違うのですから。

12_2_0
人間の動き・・・には見えないです…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずは 動画をご覧ください。




ショットを意識した ごく普通のアプローチ(ランニング主体の)
だと思われます。

フェースのシャット具合など
全体としては とても良いと思います。


が!
ここはフルショットの流れにもつながるポイント
がありますので、修正したいところです。



多くの人がこの 目には小さな そして重要なミスをしています。
この動きは アプローチだけでなく ショットに
多大な影響を与えますので 認識し、修正にトライしてください。


✋問題はテークアウェイの取り方にあります。

スローがかかる 8秒以降の動画をご確認ください。

Desktop 2020.01.24 - 23.30.23.01_Slomo_MomentDesktop 2020.01.24 - 23.30.23.01_Slomo_Moment(2)Desktop 2020.01.24 - 23.30.23.01_Slomo_Moment(3)










おそらく ご自分では 手で動かしているつもり はないか
と思いますが、初動は兎も角、ある程度 クラブが動くと
骨盤、特に注目して頂きたいのは お腹の向き
 お腹の右向きはかなり早い段階で止まります


お腹(胴体)自体の右向きが足らないが故に
クラブが十分に インサイドに移動しきっていません。


❶早い段階から、肩で動いてしまっているが故に
からだがボールの方に倒れることになり
ダウンスイングでは体を起こさなくては成らなくなります。


❷中途な 胴体〜お腹の向きに対し
クラブは 打つために十分な位置
そこから 切り返しますから
インパクトでは からだが上向き姿勢(左向き)になり
理想的なこのショットに対しては 入射角度が緩めになります。


からだの向きで 上向き
からだを起こすことで 上向き
の二つが重なりますから
これをアプローチショットとしてみると
ミス として ダフリ気味
弾道としては ちょっと緩めに 高い球になり、
スピンは効き辛くなります。

スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)Desktop 2020.01.24 - 23.30.23.01_Slomo_Moment(3)









この延長線上にフルショットがあると
骨盤の向きに対し お腹 肩 グリップ ヘッド
先端に行くほど 円で出来る以上の移動量の差が生まれるので
どうしても インパクト付近での 取返し が必要になります。

自分では フェースローテーション、ヘッドの返しを
している意識がない 筈なのに
ビデオで撮影し、スローにしてみると
思っている以上の ヘッドの返し をしている原因の多くは
準備 としての テークアウェイの中に隠れています。


スイングを覚える初期の段階で
ここを修正せず そのまま進めば
十分に 右を向いていないのに
トップの位置が出来、
それを 普通に振れば、俗に言うアウトサイドイン
緩めの、高めの、場合によってはスライス になります。

それを 誰かのアドバイスやビデオで反省によって
インサイドからの軌道に修正すると
より 寝かして 開いたダウンスイングになり
より一層の フェースローテーションが必要になる
というのが 多くの人の陥るパターンなのです。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ