◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: 体のメカニズム



スイングやショットの悩みの始まり は
やはり 体の回転不足 から始まります。

多くの方は 体の回転は肩の回転と信じています。

しかし、肩は腕の一部で
 腕と体のつなぎ手であり
体ではアリマセン。
922a6798

体(胴体)の向きが変わるから、
結果として肩のラインの向きが変わるので
動き出しが楽だからと言って
肩や腕で引っ張って 体を回そうとしても
体は回らず ねじられてしまうだけです。
198Trim_Moment

例えば やや痛み気味のみかんを
左胸ポケット(Yシャツ)に入れて
テークバックを取ったとしましょう。

体の向きが変われば
単に 右を向くだけです。
上げる動きは最終的には必要ないのですが、
単純に考える 腕の役割は上! なのですから
腕を動かしても 胸ポケットのみかんはつぶれない筈…です。
ce17f420

ところが プロも含め
多くのゴルファーのテークバックは
バッチリ みかんをつぶして
左の腕が胸についてしまうほど です。

左腕の胸との関係は
クラブを腕で動かしているか否かの目安でもあります。
少々、右にズレたとしても 胸に付くほどは動かない筈です。

198Trim_Moment(2)198Trim_Moment










自分で少々確かめて下さい。
クラブを持ち、テークバックを取った時に
ちゃんと 体の向きでしていれば
自分の目から見た 腕の枠(下に見える)の中に
両足が映るはずです。


腕だけ、肩の捻るだけでテークバックを取ると
右足しか見えません。

テークバックで苦しくなるのは右の股関節周りで
背中ではありません。

一度チェックしてみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



飛ばし屋 になるには
飛ばし屋に成れない要因を無くす というか
飛ばし屋に成れない状況を把握する と良いでしょう。

〇グリップがからだの右側、それよりも右にある
〇右サイドが下がっている
〇右腕が伸びていない

特に始めにある
〇グリップがからだの右側、それよりも右にあるararara_Moment
と言う状態は
グリップがからだの右側、ヘッドはもっと右
つまり ロフトはダダ開きの状態です。
本来は 横を向いているはずのフェースが
空を向いているのですから 90度以上
フェースが向くべきところを ソールが向いているのです。

当然、クラブや腕の重さは からだの右側に集中しますから
ダウンスイング という
正しい状態の右向き… ですから
 左サイドの方が低く、右サイドの方が高いので
 多少 補正が入りますが、
テークバックを 手のロール 手だけで行った場合
からだはおおむね正面を向いたところから
ダウンスイングはスタートしますので
動きが始まった途端、右サイドは下がります。

右サイドと左サイドの上下関係は
 そのまま 体の開きにつながります。
BlogPaint

右サイドが下がり、そして ボールの方に出ようとしますから
(俗に言う 突っ込んだ状態)
右腕を伸ばしたくても伸ばす空間、距離がありません。
👉これで「飛ばせ」は無理があります。

例え フェースローテーションをして
ロフトが立ったとしても、右サイドが下がっている分、
より多くの ロフトの閉じが必要になり
余分な量のローテーションが必須になりますから
ひっかけ、もしくはひっかけフックと紙一重でしょう。


ですので テークバックを手で上げる というのは
「飛ばし屋にならない(なれない)為!」の絶対条件とも言えます。

また テークバックを手で上げる、手のロールで
トップの位置へクラブを送る場合、
そのクラブの長さや重心距離、重心深度などが
動かす量、テンポ、速度に大きく影響を及ぼすため
ドライバーやフェアウェイウッドなど
長めの大きなヘッドのクラブが苦手になりがちです。

飛ばしたいが故に 長尺、今で言うと 46インチ以上にして
上手く行かないのは当然、と言えば当然。

よりフェースが開き、よりグリップが右にズレ
より右サイドが下がり、突っ込むことになりますから
ソールに奥行きのあるフェアウェイウッドで
地面にあるボールを打て!
 というのは拷問に近いかも知れません。

〇ボールは弾くモノ
〇ヘッドは速く、たくさん動かすモノ
〇ヘッドの返しで打つモノ
と信じている限り、これを脱することは難しいかも知れませんが、
スイングは、ショットは、
クラブを動かすモノではなく
 クラブを持った自分が動くモノです。

クラブは自分に対しては動かさない
 自分が向きを変えるから 円弧を描くのです。

そうでないと スイングの中に何種類もの円弧を作らなければならなくり
その難易度は跳ね上がってしまいますし、
前述の通り、飛ばし屋に成る条件が全く見当たらないゴルファーになってしまいます。

正直 自称ヘッドスピード50ms 300ヤードを豪語するこすり屋さんは
こすらないで打つ 38msのヘッドスピードの人に負ける可能性はかなり高く
一発勝負でなく、ラウンドでの平均値ではまず勝てないでしょう。
スイングサンプル_Momentスイングサンプル_Moment(2)スイングサンプル_Moment(3)
飛ばない人になりたければ
どうぞ 手のロール、
左手だけで行うテークバックをどうぞ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


俗に言う スイングプレーン理論、
ヘッドターン、フェースローテーションスイング
このスイングの最大の問題は
「ショットの是非は いかにインパクトで体を止めるか」
にあると思います。

ゴルフ・・・ですから
曲がったり、当たらなかったり、ミスったり は
困りますけれど 付き物 ですから
それも楽しかったりします。

しかし フェースローテーションでボールを打つ限り
上手く打つには
からだを止めて、腕だけ、肩だけで クラブを振る必要があり
その 止め具合 を
みんな 一生懸命練習している訳 です。


からだを止める は
具体的には 左サイド になる訳 ですが、
「左の壁」 なんて言葉で形容されたりもします。

多くの人は からだの回転 →横運動 をmh
縦に逃がして、左サイドを上に逃がして
横の移動を誤魔化す(止める)方法を取っていますね。
 地面反力 なんて 造語 が作られたりもしています。

私の雑感として 思う のですが
からだの回転で打っている筈・・・、つもり なのに
インパクトで体を止める って ずいぶんご都合主義だなあ
なんて 思ったりもしますけどね。


この行為は 大変危険
体の故障をもろに造ります。
左ひじ、左手首も危ないですし
肩回り、首回り、腰回りにも危険があります。
hiraki


にもかかわらず この打法で 上手に打つのには
左サイドを止める、左サイドを上に逃がす は必須 です。
上手くなるため 練習するほど 体を痛めていく のです。


また この動作は 「飛ばす」というコトに
非常に効率の悪い クラブの動かし方で
からだを止めて クラブを下に振れば振るほど
速く振れば振るほど 左サイドが上がり
からだが上を向いていきます。
上に向かって 一生懸命振る訳ですから
 振った量が 距離につながりません。

また 年齢とともに落ちていく距離を補助するのに
フェアウェイウッドとかを有効活用したい筈…なのですが
ソールの大きい、バンス方向に奥行きのあるウッドを
上向いて 上に振るのは 難しいから 仲良くできません。
バンカーもダメでしょうねー。

dohiraki

私もこの年齢になって とても感じるのですが
痛い動作を怖がってしまう、回避しようとする本能が
歳とともに強くなってきます。
本当に痛いのもあって
ある年齢になると 飛ばなくなってしまう というのは
肉体的にもそうですが、本能的な忌避行動 とも言えるので
からだを止めて打つ 限りは 仕方ないと思うのです。

頑張っても飛ばす
頑張れば頑張るほど 体を痛め・・・

上手くなるために 体にとって無理のある動作をしなくてはならない
そんな…損な打ち方を覚えるべきではないと思いますねー。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5

からだの回転 と連呼してしまうのは本当は嫌なのですが、
重要なので 耳にタコを作ってお読みください。

からだの回転で 最も避けたい ことは
からだ と言う胴体、骨盤から上の上半身、
股関節を境の上半身を からだ とするのではなく
肩、肩甲骨を揺さぶってしまうコト です。

そして これは大半の人が無自覚 です。

この 肩の揺さぶり、肩甲骨の乱用 は
その無自覚な人にとって からだの回転 なのです。


私が からだ と指すと それは股関節を境にした上半身のコト ですが、
その無自覚な人にとっては 肩甲骨周りの肩ライン なので
当然 話が食い違います。共通な認識が確立されません。
しかも…無自覚に行っているので 意味不明に陥ります。



✋その主たる 呪いから解放されないと前に進めない のです。


〇 〇 その原因の一つに
 ヘッドの重さの使い方 があります。

 耳タコで読んでもらいたいのですが、
 重さ・・・というのは そこに留まりたがる、動きたがらないエネルギー です。
 その重さの数値が エネルギーの値 です。
 弊社の悶絶クラブは強調していますが、そうではなくても
 ゴルフクラブの総重量の6割以上は
 長い棒の先に集中して 位置 しているのです。
 
 重さ だけでなく
 長さ と言う掛け算 を基礎に
 それに 運動の速さ という掛け算がさらに積算されるので
 その 重さの数値は飛躍的に高くなります。
 👉イコール よりそこに留まりたがる のです。

 ヘッドはシャフトでグリップとつながっているのですから
 からだの回転通り 腕が動き、
 その腕が握っているグリップが移動すれば
 どの道付いてきます。

 重さ…がある、そして運動により重さが増えているので
 より近道、運動の主たる 自分のからだの回転に近づいて
 近道をして ヘッドは付いてきます。
 その近道を通ることによって 体の正面、
 ボールと対峙した時にインパクトが間に合うのです。

 そして 結果は円を描く のです。

 それをハナから ヘッドは円を描くもの→描かせるモノ
 ヘッドは動かすモノ として ヘッドをたくさん動かそうとすれば
 動かすほど重いモノをよりたくさん動かすには
 グリップも体も止めねばならず、道のりも増えるため
 体の正面 という時間に間に合いません。
 だから 手を返して…という本末転倒に陥るのです。



 小さなアプローチでも
 その振り分だけ からだの回転で
 グリップを移動させることが基礎中の基礎 です。

MVI_0817Trim_Moment(7)MVI_0817Trim_Moment(5)MVI_0817Trim_Moment(6)






 『このアングル』から撮影して
 体の向きが変わるので
 結果として 打ち終わった後
 ヘッドの方がグリップよりも 蕁兵命疹紂砲僕茲泙后
 ヘッドがグリップを追い抜いたのではありません。

 もしも 体の向き通りに 自分の周りを動くカメラで撮影していれば
 グリップとヘッドの相関関係はほとんど変わっていない のです。
IMG_0093_Moment(3)IMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment










ですので こうではないのです。

 粗悪なレッスンなどでたびたび登場する
 振り子のアプローチ が典型的な地獄への入り口 ですね。

このよく考えればわかる こと
固定されたアングルでの撮影に対し、
からだの向きが変わって起こる現象を
単に マネ してしまうことが 肩の揺さぶりを招き
からだ・・・とはどこなのか 大変深刻な問題を生んでしまうのです。

MVI_0817Trim_Moment(6)MVI_0817Trim_Moment(5)MVI_0817Trim_Moment(7)




こちらが普通のショット。
そのクラブなり、そのクラブのロフトなり、そのクラブの長さなりのショットで
意図的に低い球を打とうとか そういうのではありません。
ごくごく普通のショットです。




IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment(3)こちらが特殊なんです。
これでは そのクラブよりも
 大きなロフトで
そのクラブの長さよりも
 緩い入射角度で
そのスピードで打った時、
本来飛ぶ距離よりも わざと「飛ばさない」
しかも 難易度の遥かに高いショットです。
こういうショットも「無い!」とは言いませんが、
無い方が 世のゴルファーの為 と断言できます。 要りません。

そして 恐ろしいのは このショットそのものよりも
耳タコですが、からだの回転 というは 肩の揺さぶり であり
重い・・・そこに留まる力の強い ヘッドがグリップを追い越す
という 甚だ非常識なトンでも概念を生み出します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフのスイングを誤った認識でしてしまうと
「体の故障」の元になってしまいます。


確かに 現在、流通しているゴルフクラブ
ユーザーに何をさせたいのか よく理解できない
軽く小振りなヘッド、壊れないだけの硬いシャフト
では そういう振り方や扱い方をしたくなるのは分かります。

軽いヘッド、硬いシャフト、バンスの無いウエッヂ
これでは バンカー恐怖症養成機器ですし、
見た目大きいだけの その見た目とは反比例した
軽くて大きいヘッドでは パター苦手育成機器です。

とはいうものの
やはりプレイする前の認識とか、概念は
ゴルフクラブの扱いを大きく左右しますから
ちょっとだけでも考えてみて下さい。


4c9a0689       
ゴルフクラブを上手に扱えない人が
パッティングをすると
ほぼ例外なく このようにパッティングします。
ですので 昨今パッティングスタイルは
前傾姿勢が不必要なほど深くなりつつあります。
プロでもそうです。

まず よく考えてみて下さい
前傾姿勢とは 股関節
大腿骨(太もも)と骨盤(お尻)の角度です。
前傾姿勢が深くなることは
特に良くも悪くもなく、個人差の世界ですが
前傾姿勢 というのは
スイングにおいては 今流行りの用語 プレーン
スイング軌道の『基礎』になるものです。

パッティングにおいて
骨盤を動かして打つ ということを
薦めている訳ではありませんが、
逆に 前傾姿勢はしているけれど
結局 両肩甲骨という 前傾姿勢とは関係ない部位で
ストロークするのは奇妙ではありませんか?
ましてや 肩甲骨を動かすとかなり背骨も捻られます。

90000392_1背骨には横に回るような関節は一切存在しない訳で
昔の勉強机に乗っている電気スタンドのように
背骨はひねられてしまう訳で
自分でイメージしている
背骨を軸とした軸運動は出来ないのです。
「軸運動した」気分になるだけです。

その延長線上でアプローチやショットをすれば
当然 腰回りや背骨、首には負担がかかる訳で
それでは危ないです。

スナップショット 1 (2014-01-20 18-21)これもパターストロークを略式化して
絵にしたものですが、
この動作は ギッタンバッコンの典型例で
ロフト変化の激しさや
軸が必ず右に傾くことの問題は「無視」です。

例えばこの延長線上でアプローチするとすれば
テークアウェイでは 股関節が稼働して
骨盤(胴体)が回転して


スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)右肩は背中側の後方に下がるのですが、
この角度から見ると 前傾姿勢があるので
このように見えるだけです。
体を その体の機能に乗っ取って
 前傾姿勢はあるとは言え
水平に回転させる のと
見た目を勘違いし、
体の側帯を交互につぶしギッタンバッコンにする
 のとでは大違いです。
この絵を見て このスイング(パターストローク)が
しゃくり打ち というか 煽り打ち になってしまう
という事が理解できるようになると良いと思います。

天才的な距離感の持ち主を除けば
このように ヘッドをあおって使い
毎度ロフトがばらつき、上り間際のトップ気味で
ボールを打っている(パッティング)限り
相当な練習量が必要になり、
特に前傾姿勢の深い昨今の基礎姿勢(ポスチャア)では
その練習が体を蝕んでいくのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5


今年も一年間お世話になりまして
 ありがとうございます。

来年もよろしくお願いいたします。

  〇〇新年は1月4日(金)12時より営業致します〇〇




私たちの年齢(熟年?)になってきますと
誰しもが一度は体験しているのが なにがしかの腰痛です。
普段の生活で 何かのモノを取る時、
IMG_0302_Momentararara_Moment
どれも見たような 始めの位置 からすると
自分の背後の棚か何かに乗っている棒状のもの
を取る時の姿勢・・・と考えると
どれが 腰を痛めるか はお分かりになるでしょう。
この場合 危ないのは "左腰" です。



これ。。。。。。 普段の生活で考えると・・・
物ぐさに 左手だけで取りに行った
と言えるんじゃないですか???
どの口で「体を回してる」って言えるんでしょう…。

images20150404163453
当然 ご存知…とは思いますが、
皆さんが口にしてる ゴルフ用語の
「肩を回す」
というのは
体・胴体・骨盤・上半身を回す と言う意味で
部位として 肩まわり ということで
肩甲骨を動かして 
ストレッチもどき をするのではありません。
ねじる と まわす は日本語の意味が異なりますよ。

BlogPaint準備運動としての ストレッチ ならいざ知らず
スピードや重さのかかる状態で それを意図的にするのは
どんなもんか と思います。

これは 某有名選手らの切り返しですが・・・
私の目には 人間の動きとして とても汚く
何とも言えない 見ているだけで痛みの伴う格好
にしか見えません


体は回さず〜肩甲骨(腕の一部)だけ を回して
背骨や腰を捩じるのは ひじょ〜〜〜〜に危ない上にスナップショット 1 (2017-01-21 11-26)
体を回さず 腕だけでクラブを動かせば
テークバックでは ロフトを90度以上 大きく開き
フォロー方向では その反対の 90度以上閉じる という
仮に 体を右左に 180度 回すとして
重量物である クラブの先端部を 同じく 180度
そして その先に付いている ヘッドの トゥヒール方向を 180度
と どう物理的に考えても 
 あり得ない・起こらない運動 の呪縛に捉われています。

飛ばない とか
真っ直ぐいかない 
嘆いている人が なぜ わざと
飛ばなくなる可能性の高い
真っ直ぐいかない可能性の高い

スイングを、しかも痛み付きで行うのか
私には皆目見当がつきません。



まだテークバック〜トップはスピードの速くない動き100yard1
だから まだ良いのですが
フォロー方向では 腰を先に開き
そこで止め、肩だけで振り抜こうとするのですから
若い人や痛みに鈍感な人ならいいですが、
私たちには かなり問題のある動作 です。

体をまわす のですから
その体通りに振れば 良い訳で
本来 重量物は「そこに留まりたがるモノ」
「重力方向に作用するモノ」
なのですから 大人 ならば それを上手に利用し
体を痛めず ゴルフを楽しみましょう。




                 それでは みなさま 良いお年を。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



正直、ほぼ全員とも言えるゴルファー
プロも含めてですね… からだ回せてません。

体を回す・・・ のを簡単に説明すると
✋正しい軸は背骨です。
 千歩譲って、万歩譲って 体の厚みの真ん中
(間違ってますが) だとしても
 体を回す ということは 見た目なので肩と言う表現をつかいますが、
 体の真ん中 背骨の位置から肩の先まで距離が半径になって
 左右の肩ともに 同じ量動くのを「回る」と言います。
 
 わかります?


 軸運動なので その半径分で
 
本来は 『回転』するわけです。

sample2018 (2)_Moment(2)sample2018 (2)_Moment






OKII 2010_06_12_11_44_30_(4)(2)_Moment(2)OKII 2010_06_12_11_44_30_(4)(2)_Moment






〇体を回す 👉体の向きを変える と
〇体を捩じる は全く違うモノ な上に

人間の体にとっては深刻な故障の原因 
腰痛〜背中の痛み〜首の痛み につながります。
背骨には関節がないのですから・・・( ;∀;)

多くの人がこの写真のように
テークバックでは
右半身を軸に 左手を伸ばして
左半身を右半身の横並びにしているだけです。
この違い わかりますか?

ダウンスイング→フィニィッシュ まで
今度は反対に 左半身を軸に 右手を伸ばし
右半身を左半身の横並びにしているだけで
これでは 軸のある回転運動でなく
 
   ✋それは ただの屈伸運動だけです

ゆえに最近では 前傾姿勢ではなく
側屈なんて造語も創作されたりして
 もう意味不明がそこら中泳いでしまいます。

IMG_0302_MomentIMG_0299_Moment











葛谷_(3)_Moment葛谷_(3)_Moment(2)









また テークバックで ボールの方にお辞儀し
ボールに近づき、
ダウン以降 ボールから離れるように
 起き上がるのです。
ボールから離れながら打って
 果たして飛ぶのでしょうか。。。。。。。。。。
最たる例が 打つ時、飛びあがれ とか・・・
 地面反力 って 造語も飛び出します。
ウルトラマンの怪獣の世界ですね。。。。


その えせ回転運動だと
体の捻り具合によって 左右の腕の長さが限定され
こすり打ち、カット打ち、ロフト開きになり易く
腕の返し ローテーションは必須・・・
やること盛沢山過ぎて 安定して打てません・・・。
アマチュアの選択する打撃論じゃないです!
 で 体を痛めるのですから
正直 1mmも良いところがありません。
   プロですら年数もちません。。。。。。。。。。。。。


こんなスイン愚薦める人の 脳みそ見てみたいですわ。。。
多いですけどね。。。。。。。。。。。。。。。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
006

パッティングストローク
ボールを 1m 2m 移動させる、
用語として誤解を生み易いですが ボールを転がす
は ショット、ボールを打つこと 打撃することの基礎 です。

ショットに対し 非常に悪影響があるのは
アプローチなどとも共通ですが、
「ボールを弾かない」
「ボールを弾くことで ボールをどかせない」
 
「弾く強さを距離感にしない」 コト です。
keshi
例えば 子供のころに遊んでいた
消しゴムを ボタン式のボールペンで移動させる(弾く) 遊び
を想像してみてください。

移動させたい方向通りに弾くのと
消しゴムを回転させるような位置や方向を弾く
のとでは 移動する距離が異なります。
当たり前ですが 移動する方向そのものの安定度も異なります。

ボールは球体、ヘッドの打撃面は平面 が故に
ボールの回転は付いて回りますが、
基本は ヘッドの重さ×運動の速度 という 打撃力を
推進力、造語ですが移動力に変えてあげることが最優先課題 で
ボールを回転させることは おまけ に過ぎません。


イメージではありますが、弾く強さ が 距離感 である限り
安定した距離感、ミスしない頻度 も向上し難くなります。


係数は入りますが、あくまでも
目的の距離を打つのに必要な ボールの移動速度 を
ヘッドの移動速度で作り出してあげる
 ことが
パッティングだけでなく、ショットの向上につながります。


そして パッティングや小さなアプローチで
ショットのひじょ〜〜〜に悪い基礎 を 作ってしまう大きな部分 は 
肩は、肩甲骨は からだ という
ものすごい悪い誤解です。
医学的にどう捉えるのか は別として
ことゴルフの動作に限っては
肩や肩甲骨は体ではなく、腕 です。

ゴルフの用語で言う
肩の可動域を増やそう は
腕の可動域を増やすこと で
それは主に肩関節を指し、肩甲骨の可動域ではありません。
cap02

そこそこの距離のパッティングストロークやショートアプローチでは
からだを使おうとしていなくても 結果 からだも動いてしまいます。

特にショートアプローチではスイング流れを一つの画像に
落とし込んだ時 円を描いているように見えるのですが
それは体が回転しているからであって
肩や肩甲骨を揺さぶっているのではないのです。

       cap02 ⇒ fc4c3bd2-s

もう これは本当にスイングの諸悪の根源としか言えず
これをレッスンなどで教えるのは ホントにホントに辞めてもらいたいです。



このブログで話題になっている
「要らないピザは頼まないで」 もここから始まったりします。

スイングの始まりになる
グリップは 左手の上に右手が被っているのです。
左手が下にあるのです。
グリップの位置関係の上下を入れ替えるような動きは
無用な肩、肩甲骨の動き
俗に言う ギッタンバッコン を生み出すだけ ではなく
スイング用語の根本にある
からだ と言う部位を
どこなのか分からなくさせてしまいます。

ユーチューブやSNSなどの動画 に出てくるスイングの
ほぼ全部が 肩甲骨や肩だけを動かす 手打ちスイング です。
からだを回せ と言っているレッスンプロのほぼ全員 が
腕だけを動かす オレオレ詐欺状態 です。

その始まりになるのが パッティングストロークやショートアプローチ などの
ショルダーストローク、振り子ストローク です。

まあ これもクラブ、パター…道具の影響も少なくないのでしょうねぇ・・・。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5

良く質問される項目・・・なのですが、
 「テークバック、トップの位置で
 右ひじが高いのはなぜですか?」
 「何が理由ですか?」
 「どんな効果があるのですか?」
   と 聞かれます。


どうも多くのゴルファーには
テークバック時やトップの位置で
右ひじが高いのが「好まれないの」ですが・・・
「フライングエルボー」とか名付けられてしまっていますが、
その由来である ジャックニクラウスや
右ひじの高い選手には歴代の超大物(アニカやジャンボ)が多いのですが、
なんでなんでしょうね
0-0763-1388

まず ごくごく普通に
腕(肘)を曲げる というコトを考えてみると
肘の曲げ方には主に二種類ありますね。

肘の高さを変えず その場で前腕を上げる(起こす)方法
筋トレ的には「カール」と呼ばれますが、
主に腕の中の筋肉を使うモノです。

一方、同じ肘を曲げるのに
上腕を上げることで肘を曲げる方法は
筋トレ的には「クランチ」と呼ばれますが、
主に背中、肩甲骨周りの筋肉を使います。

大きな筋肉を使って ごくごく普通に 右ひじを曲げると
右ひじの曲がった分、肘の位置は高くなります。

ごくごく普通に……です。

ゴルフスイングに当てはめてみると4bcbe6f4
多くのゴルファーは 左ひじの位置が大きく動きます。
右にもズレますが、高さもあがります。
・・・にもかかわらず 右ひじがそのままの高さ、ということになると
クラブは単に右に倒れた状況 になります。

これに大幅に利点があるのなら
それも方法として考慮に入りますが、
クラブが右に倒れれば、ダウンスイング以降の無駄な重さになります。
フェースでボールを打ちたい訳ですが、
いったん ソールがボールを見るような関係になってきます。
それを フェースに戻したうえで、
さらに 元のロフトやヘッドの向きを作る というのを
✊インパクト間際 という高速で忙しい時間に行う 
✊しかも必要以上に重くなっているクラブ(ヘッド)を! です

のですからデメリットしか見当たりません。

まあ…スイングは好み、の部分もあるのは否定できませんから
ご自由にですが、科学的にも、運動的にも何のメリットもなさそうです。


千人
次に 体の関係と右ひじの関係です。
「正しく」右を向くと
スイングの基礎姿勢には
大たい骨と骨盤の角度差…通称:前傾姿勢があるので
右を向いている時は
 右サイドの方が左サイドよりも高い位置関係になります。
✋正しく右を向くとは
前傾姿勢を考慮すると 骨盤、股関節から上の胴体が
しっかり右を向くことで
胴体を捻ることではありません。


よって 両方の肘が 同じ高さ上がったとしても
全く上がらなかった(移動・動作無し)としても
右ひじの方が「普通に」高い位置関係になります。

右ひじの方が高いのは
技巧的な部分は何一つなく、
腕の作用、働きや からだの回転との関係からすると
ごくごく普通な結果(見た目)なのですが、
それでも嫌と仰るのであれば、何も言うことはありません(^_-)-☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



スイングを突き詰めていくと
とても重要になるのは 時期 です。

➀進行方向が右 右向き 右が高い 左が低い →俗称テークバック
➁進行方向が 右向き 右が高い 左が低い →俗称ダウンスイング
➁進行方向が 左向き 右が低い 左が高い →俗称フォロー

例えば ダウンスイング と呼ばれるモノは
からだ〜骨盤〜股関節から上の胴体 が右を向いており
進行方向である 右→茵,低くなっている時期 を 指すのであって
人間のアクティブな動作を示すモノではありません。
言葉遊びになってしまいますが 進行方向の体サイド茲
dohiraki低くないのでは ダウンスイング とは呼べなくなってしまいます。

ですので テークアウェイやトップオブスイング、テークバックの時点で
からだをよじり、骨盤を右に向けていなければ
ダウンスイング と言う時期が始めから存在していないのです。


ありあまる体力、強靭な体、持て余す時間、痛みに鈍感であれば
どうスイングしても良いと思いますが、
参考例 として 例えば このインパクト を見た時に
これ以前が 通称「ダウンスイング」にあたるのでしょうが、
このインパクト姿勢から「ダウン」スイングが見当たりません。




スイングは 体の向きの変更 と言う時間が軸になって進行します。
その基盤 となっているのが 前傾姿勢
体の前側にあたる 骨盤と大たい骨の角度差//股関節の角度差 です。
前傾姿勢があるので、体の向きに応じて
左右の高さが変わっていくのが スイングのみそ です。


からだと言うかなりの質量物を上手に逃がしつつ
からだの向きを変えるには それぞれ 左右の軸足 と言うのを作らないと
前傾姿勢が 体の横、側帯の傾きになってしまい
自分の体の重さは 腰回りに負担として掛かってしまいます。

IMG_2813Trim(2)_MomentIMG_2813Trim(2)_Moment(3)IMG_2813Trim(2)_Moment(5)






だから しっかり 骨盤の向きを変える 必要があるのです。
体重移動 は ただしい体・骨盤の向きの変更を行えば
 自動的にくっ付いてきますので、格段の意識は必要ありません。

からだと同調、体でクラブが移動させられれば
クラブと体の相対関係はある種固定の状態になります。
上の写真でも クラブと自分の上下関係は変わっても
上から俯瞰した状態では からだとクラブの関係は
3枚の写真共にほぼ同じです。
スナップショット 1 (2015-10-15 19-52)スナップショット 6 (2015-10-15 19-55)スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)









骨盤を回さず、肩だけ、上半身を捩じっているのであれば
腰痛気味、腰痛の心配がある人、体重がそれなりにある方は
将来を見越して 改善をお勧めします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


素振りやアプローチの練習を見ていると
決定的にミスを生むイメージを持っている人が多く見られます。

ゴルフショットのインパクトは
当たり前ですが、ヘッドとボールの衝突です。
何度も言っていますが その衝突の運動、移動をする原動力は
体が向きを変えること、
 それによってグリップが移動するからです。

よく見るパターンは
インパクト付近(直前)でグリップが止まり
その止まった反動を使って ヘッドでボールを弾くことです。

スイングには体の向きの変更とともに
前傾姿勢というのがあり、
それがクラブヘッドの高さを大きく高くしたり、
低くしたりもします。
なかなか説明の難しいところではありますが、
グリップを止めるということは
その体の回転と前傾姿勢の恩恵から
クラブを動きを切り離し、分離するということです。

体の回転、その流れに乗っていれば
一番懸念の…地面にあるボールを打つヘッドの高さ、
それで概ね処理することが出来ますが
グリップを止めてしまうと そレを利用できないので
どこかでヘッドを低くしなければならなくなります。

例えて言うのならば 電車に乗っていれば 立っていても
目的地まで移動できますが、電車に乗らなければ
自身が自力で移動しないと目的地には到達できません。

前傾姿勢を失う原因にもなるのは
前傾姿勢をそのものを解いてしまうことでなく
体の回転 というその流れを使っていないからで
昨今のスイングは トッププロであっても
体の回転の流れそのもので打っていないので
うっていなどころか テークアウェイすら
体の回転で行っていないので、
スイングの初期の段階から 前傾姿勢を失ってしまっています。



もう一つは
やはり同じ中身であるのですが、
その反対から始まり、地面に置いてあるボールに届かせるため
どうしても ヘッドを意図的に上下に…低くしてしまうことです。
これ とても大きなポイントであり
アマチュアの多くに見られる部分なのですが

IMG_0347


アプローチのこの地点から始めましょう。
練習も含め 意図的にシャットを強くして貰っています。
もうすこしヘッドは高い方がグリップを移動させるための
重さはかかりやすいかも知れません…。
次に多くの人の素振りなどでのイメージでの写真を載せます。

IMG_0348


これ気づかない人が多いのですが、
自分で動かしたヘッドの軌道というのは
腕や肩で動かそうが、体で動かそうが
結果として このヘッドの移動の軌道が
体の回転の角度になって行きます。

体はほぼ左右対称に、均衡を保つように動きますので
ここでこれだけヘッドを下に動かした となると
その動かした分何かを上げることになります。
重さには勝てないからです。

傾きはあれど ほぼ水平運動に近い筈の回転が、
体の向きの変更が、
 こんなに上向きの回転に変わってしまうのです。
ダウンスイングの自分のヘッドの通す軌道が
 必ず 自分の回転の角度になります

IMG_0349


クラブヘッドの重さがグリップを上へと送り
前傾姿勢と失い、ディッシュアングルも失います。
その結果 こうなる訳です。
前の写真よりもグリップが高くなったのに気づきますか?
クラブの重さがそう掛かったのもありますが、
体の上向き、左サイドの上りが強くなってきたからです。

ヘッドには高さがあり、地面にあるボールに届かすのには
ヘッドを下に動かさなくてはならない
という思いが、結果、ヘッドは下がるが地面は上を向く
単に最下点が右にズレる動きに変わるだけなのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


スイングがコースで出来ない、馴染まない、
今回は特に腕の使い方、肘の使い方の話ですが、
大きな理由の一つに
型と言うと格好がいいですが、
その格好の方ばかりを気にしている点があります。

トップの位置やテークアウェイやダウンスイングの途中など
恰好、その形ばかりにとらわれ
「腕や肘に機能を持たせていない」点があります。

左腕であっても、右腕であっても
それによって どうクラブを、どうからだを動かすのか、
事前に
 その「かたち」になっていると
次の行程で それはどんな役割を果たすのか

ある程度明確になっていないで
形を追いかけてしまうと 精神的に圧の高くなるコースでは
実行することは不可能でしょう。

710dcc57


まあ なんとなく なのですが、
生真面目な日本人ゴルファーは
『スイングは体で!』と言う呪縛にとらわれ
腕を積極的に使うことを忌避しているように感じます。
でも 結局、最後のところ、インパクトで
意識はしてなくても 腕だけで、手だけでクラブを振るのですから
始めから、もっと積極的に腕を使い
腕を使うことによって体の回転と同期するように
考えを切り替えた方が良いと思いますねー。

正直 スイングの全貌が理解出来てくるまで
理解出来始めるまで
動画や画像を見ても 良いスイング、お手本にすべきスイング
と言うのを判別できないモノです。
 トーナメントプロやレッスンプロも少なくないですね…。
また スイングの全貌は からだ だけでなく
クラブの形や重さも半分ある訳で
それを交えた 人間の動作を考えないとイケマセン。
人間の動作やクラブの重さに
クラブの重さ、それを作る位置やクラブ姿勢が
人間の動作の相互作用します。
「不可抗力」とも言いますが、不可抗力は
考え方によっては うまく打たせてくれない邪魔なチカラ にもなれば
無意識にうまく打たせてくれる助力にもなり得ます。
そう考えた方が楽じゃないですか?!
クラブと戦っても絶対に勝てませんよ。

クラブを持つのは腕、
クラブとつながっているのは腕、
そして 腕とクラブには共通して 長さ というものがあります。
長さは 重さを消すことも出来ますし、簡単に重さを増やすことも可能。
その重さは その方向によっては邪魔にも 味方にもなる。
そこは からだではどうにもできないトコロかも…ですよ。

460TL-3


トカク、体の動き、動作、型 ばかり追いかけやすくなってしまいますが、
スイングは パズルに近いほど頭のゲームで
ジグソーパズルは からだ…運動性能や筋力では解決しきれませんよー。

腕に正しい役割をさせてあげると
ゴルフクラブも体もそんなに好き勝手に動かせるほど
自由度のある構造はしていませんから
結果として 似たような動きに落ち着く ということです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


体を支え その軸となる背骨
人間の内臓など 重みの部分は
それよりも前にある訳です。
  太めの私はかなり前に重さありますね・・・

osteologia


そして 上半身という重さの中心を支える脚
それの付け根は 背骨よりも各各左右に離れている
その構造が 体を回す動作の基準になります。

軸とか、支柱とか と考えると「全く微動だにしない」 
そう言ったイメージを持ちやすいけれど
実際のスイングでは その軸になる背骨も動いているから
軸は自分の体の中にある というよりも
背中の外にある柱、傾いた柱 と考えた方が
スイングはしやすい と思います。

からだをまわす というのを骨盤で!
骨盤から上の胴体を回す というのは
この骨の構造を見ると分かりやすいと思いますが、
脚は背骨の延長線上 とはずれた位置にあります。
股関節から上の胴体を回す に対し
土台になる 大たい骨から下があるのですね。

そして 見ての通り
股関節から上に 体を回す 機能は存在しません。
多くの人が行っている 体をまわす行為に似たモノ
は 体をねじっている・・・と言うよりも よじっている ので
横の動きではなく ねじれなので
水平に体が回るというよりも
どちらかの側帯が縮む という 縦の動きが多く混じります。

漠然とした表現ですが、
体をよじっている回り方は
大きな体 であるはずの欧米の選手が
トップでは小さな人になっているように思えます。
骨盤を回さず、腰から上を右に向けるのには
からだを縮めるように動かさないといけないでしょう。
それを整えるのに 無意識ですが、意図的に前傾を解いて
からだを起こしているケースも少なくありません。

からだをまわす という大原則を正しく しない限り
 動作としてのスイングを覚えてもあまり意味は無いのです。
それによって 空間や位置が全く違うのですから。

12_2_0
人間の動き・・・には見えないです…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



スイングの一番美味しい仕組み₍メカニズム₎は
『前傾姿勢と体の向きの変更の組み合わせ』 です。

MVI_0873 (2)(2)_Moment


ボールを上から打つには
骨盤の右向きが 必須 です。

腕だけ 
からだだと妄信している肩だけ で
エセ右向きをつくってしまうと
スイングの円弧を腕で作らなくてはならなくなり
長さもヘッドの重さも運動の負荷になってしまいます。

からだで行うことが出来れば
重さは動作の助力に出来ます。

ですので どんな違和感が有ったとしても
今までと大きくタイミングが変わっていたとしても
右向きはスイングの絶対条件
大袈裟に言えば 右向きが無い時点で
それは もう 『ゴルフスイング』 とは呼べないのです。



一方 スイングにはその前傾姿勢という傾きがあるお陰で
混乱を招くことが少なくありません。

股関節の傾きと骨盤の右向きが組み合わさると
テークアウェイでは 進んでいく方向はその傾きなりに高くなる…
運動のフィールドは右上がりの状態です。
243953f7

右ひじは曲がり、短くなり、たたまれる形になりますので
傾き通りの高さの変化ではそのまま
右上腕、右ひじは上がっていません。

✋右腕が曲がる…というのは
 ひじから先があがる、のではなく
 上腕が上がるのです。


その傾き以上の角度で
右ひじの高さが移行していかなくてはなりません。

逆に右ひじが下がる、
傾きなり以下の推移で動く
右ひじが下を向くような形では
その両肘の関係が 体の姿勢に直結してしまいます。

テークアウェイの時点で出来た
両肘の高さ関係によって
トップオブスイングの体の姿勢は決まってしまいます。
IMG_0872

切り返しから 右サイドが下がる 左サイドが上がる
その関係は 両肘の高さ関係 によって作られます。
そして これは 同時に 同じ分 体の開きにもなるので
ダウンスイング時の 右向き・・・
インパクトまでの右向きの時間を一気に失い
振り遅れの原因になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


スウェーの話でも書きましたが、
ゴルフスイングを覚えるのは
自分であり、私も含め
ゴルファーの多くは 体力に自信のない
運動神経、運動性能低下気味の
運動不足オジサンおばさんゴルファー です。

自分にとって 体を傷めず
効率よく、遠くに繰り返し飛ばせる動作 が
重要なのであって
ゴルファー全般の 投票で過半数を取る
ような必要性はまったくありません。
あくまでも 自分にとって です。
IMG_2813-0001-1

スイングには 体の向きの変更は不可欠で
スイングを動作 として覚えるには
その体の向きがおおむねでも 正しい位置にないと
そこから生えている腕の使い方を覚えても
 場違いな腕の使い方になるだけ です。

画像上 左右方向への顔の移動、動きを恐れるあまり
骨盤〜胴体の右向きをしなければ
そこでの腕のさばき・動きは根本として
誤った位置にあり、誤った動きです。

スナップショット 1 (2016-11-26 15-46)52442_360240これは最近よく見る
手だけで上げるテークバックですが、
左右方向と意味での
スイングはを恐れるあまり
軸である背骨、体は
ボールの方、前にスウェーしている
典型的な例で
アマチュアのオジサンおばさんゴルファーが
「やってはいけない上げ方」の代表例です。
教科書でもあれば これはしてはいけません の典型です。
まあ 参考に言えば
クラブの 空間としての位置 は悪くないのですが、
体の姿勢というか、体の位置(体との位置関係)が悪いのです。
クラブに対し ボールの方に倒れてしまい
本来のクラブとの関係が離れすぎています。

✋それもこれも まるで右向きをまるっきりしていません。
 本来 胴体〜骨盤の右向きで横移動する分を
 ほぼ全部手で横に動かしている からで
 クラブという重みが 体の右外にかかるので
 体をボールの方に倒し、自然にバランスをとっています。

 左肩 左腕で 体の右向きの動きを奪ってはいけません。


右を向き 正面を介して 左を向くから
スイングは円をつくるものですが、
準備として 右向きが無ければ
本来 円は描ききれません。

どの道 多くのゴルファーは
振り遅れ、手遅れで
ボールの位置を大きく右に動かしながら
ボールを打っているのですから
ボールを見ている必要も感じられません。
であれば 顔も視線も大きく動かし
準備としての右向きを覚えることの方が
ずっと ずっと 重要だと思います。

正しい右向き というのが
✊ボールを上から打つ
✊ボールをインサイドから打つ
✊ロフトを立てる

のすべてと言っても過言ではありません。


右向きがなければ
それらすべてを 打つ前から
事前準備の段階で失っています。

今の多くのスイング動作が
右向きが足りないのではなく
右向きがまるっきり無い のです。

右向きのまるっきり無い トップの位置から
クラブを振り始めれば
当然 時間の経過 とともに
からだは開く〜左を向きます。
これで アウトサイドインは辞めましょう と言われても困ります。
✋インサイド
✋上から
という双方が始めから存在していないのです。

右向きのまるで無い現代のスイングでは
インパクトで体は開きっぱなしになります。

右向きまるで無い現代のスイングでは
インパクトで体はしゃくり・煽りの姿勢に必ずなります。

それを無理やり止めるのは大変危険で不自然です。
yjimage4NR1MAL3hirakidohiraki











まあ・・・ これらのインパクト姿勢に
不自然さ、奇妙さを感じない時点で
スイングを理論として論ずることに値しないのですがね…。
  
私には見ているだけで痛みを感じるんですが・・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ゴルフの動作は
背骨を軸とした 胴体の向きを変える
回転の動作です。
2013-04-30 10-21-17.464_Moment

そして からだには厚み
頭の部分にも厚みがあります。
  ( ;∀;) わたしなんか 横幅より厚みの方があるくらいです…
紙ではありません。
20140624_1195723

背骨は体の厚みに対し
真ん中よりも奥
 ほぼ体の厚みの端に位置する部位です。
neck

顔・頭にとって 背骨の延長線は脳天よりも…後頭部に近い位置です。
顔はそれに対し 厚み分 前にズレています。


つまり 背骨を軸として
体の向きを変えると ボールを見ないのならば
右を向いても、左を向いても
顔の厚みが半径になるような動きになります。

右を向けば この厚み分 目の位置は
ボールから離れ、遠ざかるような動きになります。

スウェー という言葉がありますが、
この言葉は
スイング動作中に 軸となる背骨が
前後上下左右にズレるコトを指す言葉 です。

日本人は 特にこの手の言葉に縛られる傾向が強い
ような気がしてなりませんが、
スウェーを避けるあまり、
 体の回転、向きを変える動作そのものがおろそか

になってしまっては本末転倒です。
IMG_2813-0001-1

その背骨は傾いて構えて始めていますので
 連続のスイング動作を一つの画像に落とし込むと
ごくごく自然に このような 頭部や顔の動きになります。
ですので スウェーを恐れるあまり
回転運動をちゃんとできない とか
動作が中途半端になるよりも
軸が多少ぶれた としても
しっかりと回転運動を覚える方が
はるかに体には優しく、痛みを生みません。
MVI_0850-0001-1
あまり口にしたくはありませんが、
プロも含めほとんどのゴルファーの
「スイングを見る目」はくもっており
正しく見ることが出来ていないのが現状で
どのスイングが
「人間にとって、自分にとって優しい動き」 なのか という目でなく
どのスイングが
「〇〇プロの動きに近いか」「真似が出来ているか」
という エセ評論家の目になってしまっています。

スイングは
それを飯のタネにしない
オジサンおばさんゴルファーにとって
体に優しく、かつ効率的で
遠くに繰り返しボールを飛ばせる動き
 が大事であり
良いスイングです。

その目を育てろ とは言いませんが
人に評価されることばかりを気にせず
自分にとって、自分という素材にとってどうなのか
という判断はとても重要だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 
 ちょっと難しい話題かも知れませんが…。
根本的なクラブの扱い方、そしてイメージとしては
とても重要です。

トップの位置・・・から考えてみましょう。
 まずは動画からご覧ください。

骨盤がしっかり右を向いて
ある程度クラブの起きた状態、立った状態が作れれば
スイング クラブが重さ。。。という意味では一番軽くなった状態です。

そこから 腕であっても、体であっても
動作を始めれば、どの動作分、クラブの長さ姿勢も変わりますから
重さはどんどん増していきます。

計量器で測れば 重くても400gのモノが
運動や長さによって 十キロ以上にもなるのです。

例えばです
空のバケツを持っていて 移動させ あるところに置く としましょう。
移動途中に 水を増やしていけば
初期の想定の場所に置こうとしたままだと
結果、手前にバケツは降ります。
まだ 一定の水の増え方ならまだしも
急に増えたり、今回は増えなかったり すれば
目的の場所にバケツを置こうとするには当然難しくなります。
クラブも同じです。

例え その増え方が一定だったとしても
減る方ではなく 増える方に変化するのですから
クラブはより一層そこに留まろうとします。

198Trim_Moment

例えば ですが、このトップ姿勢から始めるとすると
からだとクラブ(シャフト)の関係は 垂直 90度近い関係です。
腕のさばきも手伝い、グリップを体の回転で移動させていくと
右側にくっつくように その体との角度は鋭角になっていきます。
最後は体と平行とまでいかないまでも
 それに近い所に収まります。

スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)






これが 先端に重さの付いたモノ と 体の回転の正しい関係 です。


👉グリップが体の回転から遅れないようにする方策としては
シャットフェースを作れるか・・・ というのもあります。
シャットフェース 体で言うと左サイドが低い状態・・・を作れれば
ヘッド・クラブの重くなっていくその負荷を使って
 それをグリップを押す方向に、下げる方向に使えるので
体の動作・体の回転に対し、グリップが外れにくくなります。




2017-06-13 19-07-51
ですので これが縦であっても、横であっても
このような円弧を描けるのは 先に重さのないものを動かすイメージであって
先端に重さのあるものを このように動かすには
早めに体を開いたり、グリップの移動を制限しなくては出来ないのです。

非常に大事なイメージです。
これがある意味 インサイドアウトの正体でもあります。

これが唯一 体の正面でボールを捕える
体の回転で手遅れにならない〜グリップを遅れさせない クラブの扱い です。

この扱いよりも ヘッドを縦であっても、横であっても 動かしてしまう
円弧を描いてしまう〜道のりが遠くなる・長くなると
手さばきでの円弧の作用は
 ヘッドの道のりを増やす + グリップの移動を止める
 にさらに 体も開く
  はパックの動きですから
量自体が少しであっても 振り遅れになります。
量自体が多くなると 体の回転で打てる時期を逸するので
全体と腕で振らなくてはならず、
最近では 開き直って それをスイング論と論じているケースも多々見られます。


よく見かけるスイング・・・ではyjimage0IQ6BINQ
からだとシャフトとの角度が
どんどん 左サイドにくっついていく
つまり 自分の体の向きに対し
それをクラブが追い越していく という あり得ない というか
体の運動とは関係ない動きをします。
体を止めて 手だけで振らないと それは起こり得ません。
筋力・腕力に依存するだけでなく、自然な法則に逆らうので
体も痛めやすくなります。


20161215Trim(2)(2)(2)_Moment(2)


体の回転で打ちたいのなら、
クラブの機能を利用したいのなら、
体を傷めたくないのなら、
安定と飛距離を両立させたいのなら、
こうするしかないのですが

( ;∀;) ヘッドをたくさん動かさないので 飛ばないのでは という
疑念も湧きやすいでしょうね
。 
 ・・・道具を使いますから 距離は筋肉でなく、物理で飛ばすのですがね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




巷で言われている
スイング軌道〜スイングプレーンですが
20161215Trim(2)(2)(2)_Moment

このアングル 上方からスイングを見た場合、
アドレス基準の この飛球線よりも
自分側(内側)から 入ってくるのを インサイド
反対側(外側)・・・画像で言うと上側 から入ってくるのを アウトサイド
と呼んでいますが
もう その幼稚さに気づく時期だと思います。

何度も書いていますが、
ボールは無機質です。 意思をもちません。
打ち手が 何番をもって、どの方向に打とうとしているのか
それすらも当然知りません。
このアドレスに対して 内とか、外とか の基準は
いったい ボールに対して何になるのかも意味不明  です。

トップオブスイングでは ✋この上方からの単純な二次元₍平面₎で見て
ボールに近い〜遠い 離れているという意味では
ヘッドの方が微妙にボールから離れています。
グリップの方がボールに近い状態です。

確かにボールを打つのには
その遠近 ヘッドの方がボールに近く
グリップの方がボールから遠い 状況になります。

つまり トップの状況とは反対の相関関係
トップ    グリップの方が近く ヘッドの方が遠い
インパクト グリップの方が遠く ヘッドの方が近い
相関関係が反転〜逆転する訳ですが
✋ それは体₍骨盤〜胴体₎が回る/向きを変える からです。

インサイドとかアウトサイドとか と関係なく
手で グリップよりもヘッドをボールの方へ出したり
している訳ではありません。

何もしなくても 体の向きが回る という動作が
ボールを打つことに関係していれば
その反転・逆転の関係は作れるのです。
 ほとんど無意識の…意識する必要のないコトです。

逆に 巷ではやりのインサイドとか、アウトサイドとか、
ボールに対して グリップとヘッドの遠近関係を
腕周りで 操作できるような そんなスイングは
体の回転が打つことになんの関与もしていない
単なる手さばきです。
それをすること、しようとすることによって
スイングプレーンを自分で作ろうとすることによって
打撃と体の関係は無くなってしまいます。
2017-06-13 19-07-51

ボールを打つ、打たないは別として、
クラブの実質的な長さが変わらず
体が回転すれば インサイドイン
ヘッドは飛球線(意味ないですけど)の内側から来て
内側に抜けていきます。

mh


理想論として 体がボールと正対した時 をインパクト
としている考え方ですが、
では 体が大きく開き、左を向いていた時
 それはどうなるのでしょう?

単純です。

20161215Trim(2)(2)(2)_Moment(2)20161215Trim(2)(2)(2)_Moment(2)-1











単に左を向いてインパクトしただけで
 左に向かって打ったのと
 左にターゲットを取っていたのと 同じ。

それを 自分都合で アドレス時のターゲットラインで
スイングの軌道を区分けしているに過ぎません。

言いたくないけれど アホかと思います。

二つを見比べて頂くと分かると思いますが、
正面でボールを捕える という条件でのターゲットラインを基準値にすると
左を向いてボールを打った軌道は ターゲットラインの外から入ってきますが
それは 前述の通り
左に向かって振っただけで
アウトサイドインでも、インサイドアウトでも なんでもありません。

・・・当たり前すぎて意味不明かも知れませんが、
体の正面でボールを捕えるコト は
体の回転でクラブを動かして
 ボールを打つことが大原則! 絶対条件です。

インパクト時の体の向きは無視して
スイング軌道を作るには 体の回転とは関係ない
腕さばきでスイング軌道を作るので
絶対に体の正面でインパクトは迎えられません。
 絶対に!です。

にもかかわらず ボールにとって意味不明な
アドレス時の 願望的ターゲットラインをスイング軌道の基準値にする
その感覚というか、神経が良くわかりません。
理論になってないのを解説できません。

土台 、スイング軌道理論は
体の回転でクラブを動かすコトが原則で
そのうえで スイング中の実質的な長さの作り方 を考え
クラブの長さの使い方は そのまま重さ〜負荷に直結するので
それによって 正面の約束時間に間に合わなくなったり
体の姿勢が崩れてしまって 正面でインパクトをむかえられない・・・
という 軌道を作ることがメイン目的ではなく
どうしたら ボールと正対した時に打てるか というのがメインテーマの筈です。
。。。。。。。インパクトで体を止めることでもありません


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

体の防衛本能には何人たりとも勝てません

‖里鮠紊妨かせ ロフトを開いて打つか
体を下向きにして ロフトを締めて打つか

,離好ぅ鵐阿函´△離好ぅ鵐阿虜蚤腓琉磴い
△老覯未箸靴董‖里硫鹽召修里發里打撃になるのです が
,魯哀螢奪廚鮖拇世縫悒奪匹鮨兇襪燭瓠体を止めておく必要があります。
 
 インパクトは正面で迎えたい という難問を
 ☑飛ばすために速く振る
 ☑安定して、真っ直ぐ飛ばすため、体をボールと正対したところで止めておく
 という全く相反することを同時進行でしなくてはならず
 やはり こういう難易度の高い動作は若い人のみ、こなせるものです。
oto_Moment

自分もそういう年齢ですから
体を傷めてしまう行為には
本能的にブレーキがかかり易く
痛めそうな動作はスピードが上げにくくなります。

加えて 体を止めて、クラブのみを振るので
遠心力が強くかかり 握力が必要になります。
これも 飛ばなくなる大きな要因です。

スイングというか、クラブの扱いに
遠心力がない! とは言いませんが、
遠心力が自分に対し 引っ張る〜引くチカラ というコトは
自分の動作は阻害されています。

ゴルフクラブは構造上、正しく使えば
その遠心力は押す力に出来ますので
遠心力を作っても 動作の阻害要素にならないのです。本当はね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ゴルフ用語でよく使う  「アウトサイドイン」
ダメなスイングの表す代表的な用語 ですが、
  ・・・先日も書いていますが、
それは単に アドレス時の願望的基準値のターゲットラインがあり、
実際には体を開いて〜左に向き でインパクトを迎え、 
その意味不明な始めの基準線
の外から入ってきたように見えた に過ぎません。

20161215Trim(2)(2)(2)_Moment(2)-120161215Trim(2)(2)(2)_Moment(2)









治さなくてはいけないのは
✋体が開いた時、左を向いている時に インパクトを迎える
別な言い方をすると
✋ヘッドの時間と体の動作の時間が合っていない…
 体の時間に対し ヘッドが間に合わない原因を考える

というコトであって
ヘッドの、スイングの軌道の問題ではありません。

また 体が開くからダメ というコトで
体が開かないように『止めるコト』も問題解決になりませんし、
非常に体に危険なトライになってしまいます。


ですので ヘッドの時間と動作の時間 という点においては
何かの問題、課題はあっても
スイング軌道には問題がない可能性も少なくないのです。


体の回転通りにクラブを動かして
インパクト時が体が開いている ということは
アドレス基準線₍ターゲットライン₎に対しては外から入って見えます
でも それって スイング軌道と自分の動作の関係は合っているから、
間違っていない!からそうなるんです。
20161215Trim(2)(2)(2)_Moment(2)-1

にもかかわらず そのヘッド軌道を治してしまったら
スイング動作とヘッド軌道の関係は分離、別なものになってしまいます。

体が開いてインパクトしているにもかかわらず
アドレスのターゲットライン(単なる願望ラインに過ぎませんが)の
内側から入れてくれば フェースを開く〜ロフトを開かなくてはなりません。
スナップショット 1 (2014-02-07 18-29)

しかも その軌道を判別できるのは
ダウンスイングの後半 インパクトの間際のところですから
直前まで ロフトを開いておかなくてはならなくなります。

ええええええええ
軌道の為に プッシュどスライスやシャンク 打つんですか?

そこから急激なフェースターンをすれば
当然安定し難いショットになりますし、
フェースターン・・・ ヘッドをたくさん、かつ素早く動かすのには
グリップの減速〜停止が必要ですから
より 一層 体の回転・体の動作とヘッドの移動、
ヘッドの軌道の関係性は希薄 というか
ここまで行くと もう全くないに等しくなります。


となると その本来手段であった スイング軌道 が
スイングの目的になってしまい
大事な ショットは二の次になってしまいます。

また 体の関係とスイング軌道の関係を断ち切ってしまっているので
単なる  手打ちスイング・手振りスイング をしなくてはなりません。
2276add6


私がゴルフを覚えている頃では
絶対してはいけない、出来れば避けたい スイングの類
だったのですが・・・・ 私が古いのか・・・ 今のゴルフ業界がおかしいのか・・・


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ