◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 体のメカニズム


店長「ハンドファースト、こすり打ちに関連する
 興味深い話し で

 私自身もちょっと衝撃を受けた話し です。
 ちょっと 話し長いですけれど…。」
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)

HNさん「はい…。」

店長「長くお付き合いしているお客様に
 仮称 KKさん と言う方がいらっしゃいます。

 もう25年を超えるお付き合いになるでしょうか。

 その方は 弊社のお客様の中では
 一番大きい、マッチョな方、
 体つきで言えば ビースト、怪物、怪獣 ですね。

 25年以上前ですけれど
 ヘッドスピード大会をやって
 周りの人が ヘッドスピードの為、だけに
 48インチとか使っていた時に
 一人だけ 45インチで挑戦していた人で …
 ヘッドスピードは 60㎳を超えた 唯一の方です。」

HNさん「😬 😬 😬 😬 😬 😬」

店長「もう完全なる規格外で
 ハミングバードは店風  が
 チカラの無い、道具で何とかしたい という
 お客様が圧倒的ですから、
 場違い感すらあるほど 凄かった んですね。

 で、まぁ それだけ 運動能力ありますし、
 練習量も豊富、スタミナも桁外れ、 なんで
 スイングについては あまり触れなかった、んですね。
 スイングは独特…ですけれど
 教科書的では無い ですけれど、身体能力と努力で
 距離もスコアもすごかった んじゃないですか❓」

HNさん「クラブは❓」

店長「超ヘッドの重い、かなり柔らかいシャフト ですよ。
 シャフトの柔らかさは お客様の中でもかなり です。
 重くて 柔らかいのじゃないと嫌 なんだそうです。

 特にレッスンを受ける訳でもないですし、
 クラブも 8年とか、10年に一度
 より重く、より柔らかく してますが、
 特に悶絶もしないので 頻繁にはいらっしゃいません。

 ところが 何年か振りに
 たまたま ですけれど、待ち合わせの時間まで
 時間があったそうなんで 遊びに来てくれたんです。

 そして 打ったら・・・・・・・・。

 年齢は 70ちょい前…ですけれど、
 仕事も現役で からだをバリバリ動かしている方 ですから
 まあ。。。変わらないんだろうなぁ と思っていたら・・・

 なんと、なんと、
 年齢の行った人にアリがちな
 『ぶっつけ打ち』

 フォローの出ない、フィニッシュまで行けない、
 インパクトで終わっちゃうスイングですね、
 ソレになってたんですよ。
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(3)
もう ビックリ😲😲
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(4)
 あの KKさんが! ってね。」

HNさん「シニア、グランドシニアの方に多いですよね。」

店長「そうですねー。かなりの比率だと思います。

 で、かなり距離も落ちて、球も行かない、
 スコアも落ちた、
 まあ 若かりし頃は 怪獣だったでしょうから
 比較対象が あまりに…ではありますが、
 悩んでいらっしゃる…。

 ゴルフが楽しくない、、、と。」


店長「でね、 "イヤー KKさんは 5000ccの車
 私たちは 良いトコロ 1300佞亮屐
 基礎が違うので 言わなかったんですが…
 その『こすり打ち』… ヘッドを前に出す打ち方
 変えないと KKさんですら そうなるんですね。"
 って言ったら

 半分、笑ってですが、
 『どうして教えてくれなかったんだよー』って。
 "いやいや 若かったときは困って無かったでしょう⁈
 少しはハンディ無いと ね" って。

 グリップをヘッドが追い越す、
 グリップよりも 多くヘッドを動かす、
 ヘッドを返す打ち方は
 その行為をするには グリップを止める必要があります。
 グリップを止める ッテコトはカラダを止めるコト です。

 本能的にも 飛ばそうとしたら
 ヘッドをたくさん、速く動かしたくなるじゃないですか、
 それをするには からだを止めないとイケナイ訳で
 ですので ぶっつけ打ち にならざるを得ないのですよ。

 あの KKさん、25年前は ヘッドスピード60㎳を出せた
 怪獣のようなからだをした人が ぶっつけ打ち に
 なっちゃうんです。
 こりゃ 普通の人だったら、かなり早い段階で
 ソコに行き着いちゃうなぁ って思った訳です。」

HNさん「。。。。。。。。」

店長「手を返す、ヘッドがグリップを追い越す、
 しならせたシャフトをしなり戻す って
 打っている人は ぶっつけ打ち に辿り着きます。
 腰を傷めたり、どこかを傷めると
 かなり 早い年齢 でソコに行き着きます。

 ですので 若いうちは出来ますけれど、
 ソレを避けたければ 手さばき中心の
 ハンドファーストに苦労する打ち方 とは
 お別れした方が良い、移行した方が良い のです。

 ハンドファーストが打撃ソノモノなんですから。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレはあくまでも 理想論 ですので、
 それぞれの方は 無理のない範囲で考えて下さい。

 また その作り方の 原則はお話ししますので
 しっかり 最後までお聞き(読み)下さい。」

Nさん「はい。」


店長「右打ちの テークアウェイ、右向き が、
 十分成されているか どうか の可否は
 右向きの軸足 の 股関節の状態 で決まります。

 股関節は アドレスの状態で
 前傾姿勢 という
 骨盤と大腿骨の 前傾差 がある訳ですが
 それが 右向き …まあ トップの状態 であっても
 ある程度残っているか、
 右の股関節がつぶされた状態であるか、どうか、
 で決まって来ます。」

Nさん「ああああああ」

店長「今の Nさんの状態では
 幾つかの要因、
〇からだの向き自体が不十分であるコト
〇右サイドの動きが不十分であるコト
〇左腕が動き過ぎてしまっているコト などから
 右の股関節が伸ばされてしまっています。」
青木2022826_Moment

Nさん「ですね…。」

店長「ココって 打撃のパワーの源 になりますので
 とても 勿体ない、
 パワーが溜まっていない状態 です。」

Nさん「😢😢😢」


店長「特に テークアウェイを左腕主体で動かし、
 からだが前に倒れ気味、
 ボールに近づき気味の方は注意すべき、と思います。
((フットワーク (2)((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment










 で この際、なんですが、
 素振りなどで脚や右サイドの動き で
 その つぶれた 右股関節 を造っても、
 クラブを持って スイングしたら
 そう言う風にならない、上手く行かない、
 は 良くアリガチ だと思うんですね。


 パワーの溜まる 右股関節 を造るのは
 当然、足の補助、動きも必要なんですが、
 右の股関節がつぶれるか どうか は
 へそから上、特に腕とクラブの重さ が
 右の股関節に掛かったか どうか で決まります。

 右打ちの人が テークアウェイ、トップ で
 体重が右に乗る からと言って
 アドレス時の 前・飛球線方向〜後ろ に
 動こうとすると
 右向き時の 股関節は アドレス時の背後 に
 逃げてしまうので
 右股関節には重さが関わず つぶすことが出来ません。
青木2022826_Moment

 結果、として 右体重にするには
 背後に逃げていく 股関節の方に
 重さのある 上半身、腕やクラブを移動させる のです。
 
 ですので テークアウェイは 右ひじとか、
 右半身主体で動いてください、と言うのです。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「Nさんとは直接関係ないですけれど
 からだの回転について 考えるべきトコロ、
 特に ある程度の年齢のアマチュアは考えるべき
 トコロがあると思うのです。」 

Nさん「どんなトコロですか❓」


店長「一般的に からだを廻す は
 肩を廻す
 と考えられているかと思います。」

Nさん「はい。」

店長「私は ソレには反対✊ なんです。」

Nさん「え?!」

店長「プロなども含めて 腰に対して胴体をひねる、
 俗に言われる 肩を廻す のは間違っていません。

 ところが ある程度の年齢…そうですね、
 運動不足気味であれば 45歳位が境になるでしょうか
 その位になると 肩を廻そうとするが余り、
 腕の重さ、慣性を付けて
 腕を左右に振るのと 混然一体 になりガチ です。
((((((((_Moment
 我々の年齢(50代)、そして それ以上であれば
 からだの中に 普段、ほとんど使わない筋肉が彼方此方あり、
 非常にからだが固くなり、ちょっとした動きでも
 痛みや恐怖心が伴ってきたり します。

 胴体を捩じっても 何の不安も痛みも無ければ
 特に問題はないのですが、本能的に忌避感の出易い箇所
 ですので、肩を廻そうとすると
 結果、腕を振るコトになります。

スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)クラブを 両手 でもって居ますので、
腕を振ってしまうと、右向きでは右腕が、
左向きでは左腕が余り易いですから
どうしても クラブを捻じる、フェースを開いたり、
閉じたりをせざる得ません。

 肩を廻すコト 自体は間違い とは言えないのですが、
 結局、腕を振るコトにつながり易い、
 イエ、多くのアマチュアの 肩の回し は
 単なる腕の振り になってしまっています。
(…特に現場、コースでは ほぼ ソレ だと言えます。)
✋腕を振った結果、胴体が捩じられたのではなく
 腕と肩甲骨(腕の一部とも言えます)が動いただけで
 からだは廻っていない(と等しい)になるのです。

 打つために からだの向きを変えても
 クラブが開いてしまえば
 向きを変えていない、手だけで動かしたのと等しい
 というコトになってしまいます。

 ややっこしいですけれど、
 医学的にどうかは分かりませんが、
 肩甲骨は 胴体の中にありますが、
 機能としては 腕と言って良い部分
 肩甲骨を動かす は からだを廻す
 ではないのですが、
 『肩を廻そう』とするゴルファーの多くが
 からだでは無い 肩甲骨の動き、可動域 を
 からだの回転 と誤認し、
 その張りを目安 としています。


 胴体、からだの向きが変わったから
 肩甲骨、腕の付け根の位置が変わるのと
 肩甲骨の可動域をカラダの向き とするのは
 似て非なるモノです。
 
52442_360240

 そこは からだでは無いのに、です。
 ですので この時点で 手打ちは確定 なのです。
 
 からだ!と 誤認している
 腕と肩甲骨を動かそうとすれば するほど
 手打ちは深まっていく という
 大変シリアスなのに、結果はギャグ なのです。

 故に ハミングバードでは
 胴体、骨盤の向きを変える、
 その境目は 股関節で と提唱しています。

Nさん「なるほど。」

店長「で Nさんの話しになるのですが、
 その 股関節、
 テークアウェイの右向きの場合、
 軸足に成る 右股関節 が不十分な状態です。
 俗に言う ハマっていない状態 になっています。」

Nさん「あああああ」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「右手の伸ばし(右打ち)、リリース について
 はどうでしょうか❓」
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

店長「バランスボールを持ったまま、
 トップの位置から からだを廻す と
 ボールソノモノ の重さ と運動によって
 ボールは下に下がろう、落ちよう とします。

 腕の作業は それを ゴルフで言うトコロの
 フェースの下向きに変えてやれば良いだけで
 からだは廻っていても それはグリップの移動が成されているだけで
 ダウンスイング〜インパクト程度の 回転では
 グリップとヘッドの位置関係が『反転する』ほど移動していませんから
 二重で からだの仕事を奪わなくて良いのです。

 結果、重さと遠心力が掛かって
 右腕(右打ち)は伸ばされてしまいますが、
👉それは拒否しない、
👉そして 下向きに誘導する
 となると
 左手は円の外を通って、
 しかも その先、上に逃げて行かないと
 フェースの下向きは誘導されません。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment

 ダウンスイング、切り返しの左腕の下がり は
 主に からだの向きで行います。
 苦手な人は 少し 左腕の下がり先行で
 からだの回転に同期させるようにしても良いと思いますが、
 自分で下げる積極性は 特にありません。
 むしろ 重要なのは インパクト以降の左腕の上がり、
 左上腕の上がり、上下関係と言う意味での左脇の空き に
 なると思います。
((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)

✋ココが上に逃げてくれないと
 ヘッド軌道が内に切り込んでしまいますから
 へっそ姿勢やヘッド軌道の安定性を欠きますし、
 場合によっては 内に切り込み過ぎ、
 その結果、軌道に対し 開いた状態のヘッドが作られ
 アウトサイドイン や フェースの開き という
 変な スイング理論に埋没してしまう
 可能性が秘めているので
ボールをつかまえる、
ボールをつぶす、
上から打つ、
ロフトを締める、
 と言う点において インパクト、インパクト以降の
 左上腕の上への動きはとても大切なのです。
flat-spot-hand-path2 (1)

 コレ 誤解を招くので あまり言いたくないのですが、
 歴代のトッププロの ヘッド軌道 と
 グリップ軌道のデータの平均値を取ると
 俗に言われる ダウンブローは
 薄〜く ですが
 グリップが上昇しかかったトコロにインパクトがある
 と言うのが有るのです。
 ✋ドライバーショット って訳じゃあないですよ。
 その方が インパクト姿勢が安定し、
 インパクトをゾーンで長く取れる というコトなのです。

 くれぐれも煽って振ろう
 上を向いて振ろう と言う意味ではないですよ😵
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「からだの回転について、ですが、
 テークアウェイを取る時、どこを、どうすれば良いのでしょうか❓」

店長「感覚的な部分もありますし、
 今まで培ってきたスイングの感じとの差異 もありますけれど、
 ✊ボールを打つため クラブをターンさせたい為、
 それを持っている 自分が右を向く のが目的です。
((((((((_Moment

 よく有りがちな 左肩を入れて、
 左サイドを動かして、 は忘れた方が良いと思います
。」

質問「右への体重移動もありますよね❓」
店長「あります…ありますが
 カラダが右を向いた『から』、体重が右に乗った✋に過ぎませんので
 アドレス時の 右左〜飛球線方向 の左右は
 意識しない方が良いかも知れません。

 腰や背骨、からだの負担を出来るだけ掛けないように
 右を向くには
 この動作の進行方向の前側に当たる/右サイドを動かす、
 右肩でも良いですが、右サイドを背後、
 後方に引く? 逃がす? 移動させる?

 どの用語が適切かは微妙ですけれど、
 左サイドになにがしか で 押す よりも
 右サイドのなにがしか で 『背後に引く』
 感覚の方が良いと思います。」

質問「右サイドを背後に引くんですね⁈」
店長「その方が良いと思います。
 カラダはつながっていますから
 右サイドが背後に逃がす、移動させると
 結果、としては左サイドも右に移動する、
 用語的に 左肩が入る になりますので似ていますが、
 左サイドで押す、左サイドを入れる を
 強く意識してしまうと、運動の前側に当たる
 右サイドが動かず、渋滞してしまい、
 ボール側に前傾が深まってしまう、ねじれたお辞儀
 になってしまったり、
 特に手で振る人にはお薦め出来ないですね。

 コレ、テークアウェイに限らず、ダウンスイングでも
 そうなんですけれど、手で上げてしまう
 手で振ってしまう って
 前側のからだやグリップ、腕が止まる、
 止まるからクラブやヘッドを振れるので
 前輪駆動の意識を強く持って良いと思います。


店長「ですので 右ひじを背後に引く、外に張る、
 は 右ひじソノモノを外に張るコトが重要なのではなく
 右サイドを背後に移動させるコトが主の目的です。

 右ひじがからだを動かす と言う訳では無いかも知れませんが、
 右サイドが背後に逃げるよう 誘導する目的が強いです。

質問「あああ なるほど。」

店長「別の記事 でも書いていますが、
 スイングの回転には 前傾角度が伴っていますが、
 ちゃんと カラダの向きを変えることが最優先で
 それによって 軸がある回転 になる訳ですが、
 それに前傾角度がある方が良いですけれど、
 それを意識し過ぎて 回転が妨げられるのであれば
 前傾角度がなくなっても カラダの向きを変える方を
 優先して欲しいと思います。

 ですので 前傾が深くなって、ボールに近づいてしまう
 テークアウェイ、トップを取っていた人にとって
 右サイドを動かす って言うのは
 ボールから離れるような…、
 カラダを起きるような…、
 そう言う感じになると思いますので
 そこは慣れてもらうしかないでしょうね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「からだを廻す のは
 具体的にはどこを廻す と良いのですか❓」


店長「…いつも通りですが、
 ちょっと長い前置き になってしまいますが、
 男子プロ、特に欧米選手の 真似 をする事に
 良いことは多く…ほとんどありません。
 場合によっては 害悪の方が多い場合もあります。
 勿論 昔からある 普遍的な部分は 良いとは思いますが、
 私たち アマチュアとは ドライバーで言えば
 100ヤードも 150ヤードも距離が違うのです。
 2倍とは言いませんが 1.5倍は飛ばすヘッドスピード
 ヘッドスピード 55㎳ の異世界のテクニックを
 40ms行くか、どうかの私たちが活用しきれません。

 想像出来るとは思いますが、
 今より 100ヤード、150ヤード飛ぶとしたら
 コースはもっともっと狭くなるわけですよね。
 ですので 主に そちらの技術が主になります。
 なんと言えば良いのでしょうか
 F1ドライバーのドライブ技術 を 日常の運転に
 活用しても あまり意味が無いのと似ている と言えば良いのか…。

 そして 彼らは 私たちの息子娘、孫 の年齢ですので
 カラダもしなやかですし、限界値もかなり違います。
 私たちと違って 選手である限り、からだのメインテナンスにも
 時間もお金もたっぷり使います。唯一の資本ですので…。
 そこは考慮して置いた方が良い…が話の始まりになります。」

質問「それはそうですね。」

店長「それを踏まえた上で、
 ごくごく普通のオジサンおばさんゴルファーが
 からだを廻す、向きを変える その主な部分は
 骨盤を含めた背中、胴体になる訳ですが
 背骨は上から 頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個、仙骨、尾骨
 で構成されますが、
✋よく言われる 腰を廻す の近くにある
 腰椎5個は 5個の合計でも 5度も捻ることが出来ません。
 
Spinal_column_curvature-ja.svg

 背骨で考えると 捻じるコトが出来る。。。
 あんまり お薦めは出来ませんが、あえて 言えば 胸椎
 で行うことは可能ですが、
 それは むしろ ひねられて『しまう』と言う程度で
 背骨、胴体を捩じろうとしている場合の多くが、
 背骨ではない、肩甲骨を動かしているケースが殆どです。
((((((((_Moment

 腰痛などの カラダの故障、痛みのコトを考えると
 カラダの向きを変える カラダを回す は
 捻じられる部分を胴体ソノモノにするのではなく、
 胴体は向きを変えるけれど、ねじられる部分は
 股関節 にするべき
 だと思います。」

質問「股関節 なんですか❓」

店長「そうです。肩甲骨を主に 胴体を捩じれば
 主に胸椎ではありますが、元々 ひねる と言う動作を
 あまり得意としていない 背骨が捩じられますので
 カラダへの負担、や無意識な恐怖から
 早くなってしまったり、浅くなってしまうコトも多いです。
 年齢を取って、距離が落ちてしまう原因 の一つに
 長年の腰痛などから 中断期間 が生まれ、
 復帰しても 怖くて 廻せない、捻じれない、になる訳です。
 やはり 本能的に 背骨が捩じられるのは怖いと思います。


 肩甲骨の可動域を増やす という話題が
 スイングの話しの中に 出てきたり もしますが、
 おそらく…ですけれど、可動域を増やしことによって
 背骨に対しての 捻じり、負担を減らす
 というのが 一番大きい のではないかと思います。
338321720240




 股関節は ざっくり言えば ボールジョイントのような構造
 を持っていますので 捻じられることに問題は有りません。
 動かせていれば 捻じる事に違和感が少ない箇所ですので
 加齢による 回転不足に陥り難い 方法・箇所です。

 ですので 飛ばす と言うトレーニングは勿論ですが、
 歩く、大股で歩く、太もも、ひざを上げる など
  股関節廻りのお尻や背中、
 大腿などの筋肉を動かす訓練が有効か
と思います。

 飛ばすことに 背中も含め、脚力という
 かなり大きな筋肉を使えるのです。
 使っていなかった人にとっては かなりのチャンスかと思いますね。
IMG_2813Trim(2)_Moment(2)
 からだ 👉胴体 になる訳ですが、
 それ自体を捻じる、ひねる、ではなく
 股関節を境とした 胴体ゴト 廻す は
 似ていますが、かなり違うと思いますし、
 筋力、体力の無い、運動不足ガチなアマチュアの必須動作 であり、
 ゴルフのせいで カラダを傷めるコトを避ける作法
 だと 私は思います✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



922a6798ショルダーストロークは
前傾姿勢の深さにもよりますが、
回転にするにはかなり深くの前傾が必要で
練習を多くとる方には腰痛の原因になりがちで
アマチュアの場合、中途な前傾で
回転では無く
背骨のドコカノ軸点、
おそらく ここら辺だと思うのですが 
ココを軸点に からだの回転では無く
シーソーのように 左右の肩を上下させる
コトが ストロークのエンジン・原動力になっています。
👉深くして回転にするか
👉浅くして肩の上下にするか
 どちらにも一長一短あるような気がします。

一方、弊社の提唱する 刷毛塗の場合、
人によって ですが 左腕で動かす場合もあれば、
右腕の曲げ伸ばしで打つ場合もありますが、
どちらにしても 意図的、積極的には
肩、からだ、胸は動かしません。
((パッティングストローク 比較映像_Moment

意識としては止めておく位の感じです。


今のストローク
(真ん中の映像)
刷毛塗ではなく、単に肘を曲げた状態での
 ショルダーストローク になっており、
腕が短くなっている分だけで
前傾が深くなり 苦しくなる、辛くなる可能性があるのと
ショルダーストロークと混じった形で
左ひじを引く状態ですので
〇ヘッド軌道が内に切り込むか →引っかけ
〇ヘッド軌道が急激に上がる →ボールの回転が悪い、トップ気味

 ですので 安定し難くなっています。

✋浅い前傾のショルダーストロークは回転ではありません。
悪い言い方をすれば
 肩のギッタンバッコン、バッタンギッコン
左右の肩の上下動です。


〇刷毛塗の発想は ロフト姿勢の維持、
 ヘッド軌道の直線化(出来る限り円を描かない)
 にありますので、
 例えば 右腕の曲げ伸ばし を動力源にストロークする場合、
 右ひじの伸ばし と 左手首の平側への折れ は
 パックになっていると考えて良く、
 右ひじを伸ばしたら 左サイド自体が内に切り込むのとは違います。
 動画の二つのストロークを比べてみて下さい。

動力源を 腕(左腕でも、右腕でも)に馴染めない、
 というコトもあると思います。
そうでしたら 基本、ショルダーストロークで
インパクト、インパクト以降での 左手首の平側への折れ だけを
取り入れるだけでも より良いボールの転がりを作るコトが可能です。

それは ショット・通常のスイングとも関係があると思いますが、
インパクト前後で 左上腕が締まる、左腕が絞られてしまう習慣が
ネックになる可能性があります。
スイング用語では 脇が空く になるのかも知れませんが、
左上腕が逃げないと、軌道を内に切り込むコトになるか、
左手首が平側ではなく、甲側に折れてしまい
 ヘッドを跳ね上げてしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフスイングを覚える過程やスイングを良くしよう
 とする過程において 最大の罠 があるんです。」

Tさん「ええええええ‼ なんナンです❓ 教えて下さい!」

店長「はい。
 一言で言えば 
深いトップ
 です。」
ヘッドを振るか〜振らないか(参考映像)_Moment【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment池田康二202520_Moment






Tさん「えええええ‼ 深いトップは良いコトですよね❓」

店長「一般的には そう言われますよね。
 決して 浅いトップが良い と言う意味ではありませんが
 内容が伴わないと、もしくは
 形だけ深くしても 害悪の方が多い と言う意味です。
 テークアウェイ、トップが なんのため
 なにを準備しているのか理解しておく方が良いと思います。

 あくまでも 余談 ですが、
 昔から トップが浅めのプロ、浅く見えるプロ は
 結構いると思います。
 で、どちらか と言うと
 深い、深すぎる、
 悪いとは言いませんがオーバースイング気味の人 の方が
 アマチュアらしいというか、多いと思いません❓」
Tさん「そう言われると…確かに、そうですね。
 オーバースイングのプロって 多くない気がします。
 コンパクトなトップやスイングの方が格好いいです。」

店長「ですね。
 プロっぽいって ややコンパクト目なスイングが多いですよね。

 ただし これも 真似るのはどうか と思います。
 何事においても プロゴルファーの動きが
 そのまま私たちに参考になる とは限りません。」
Tさん「タイガーウッズとか、プロの真似したいですよね。」
店長「すっごく分かります。憧れもありますから。
 参考になる部分も沢山あるとは思います。
  ただ からだの廻し方については
 私たちにとって 息子や娘、孫の年代の、
 さらにスポーツ選手の動きが そのまま でいいか、
 取り入れて良いか というと 正直、怪しいです。
 
 多くのプロ選手は 腰のラインはそのまま で
 肩ラインの向きを変え、胴体を捩じります。
 捻じるコトが出来る年齢、からだ なんですね。
 そこは 私たち とは大きく違うと思います。
4bcbe6f4BlogPaint






 私たちにとっては それはストレッチ体操 であって
 その動きそのもので チカラを生み出し、素早く動くのは
 危険と言えば良いのか、あまりお薦めは出来ません。」
Tさん「朝一番のストレッチでやりますよね。」
店長「はい。ソコがポイント です。
 基本、胴体を捩じる行為 というのは
 からだを傷める恐れがあるので 忌避感が強いモノ、
 訓練したり、筋肉で守ったり、慣れるから出来るモノ
 ですので 特に何もしなければ そう深く
 カラダを捻じる事は出来ません。
 出来ないから、
 痛め無いようにするために ストレッチする 訳です。
 胴体をねじる のであれば 硬いのが普通 なのです。」

Tさん「でも 朝一番、クラブを何本か持って
 そう言う素振りというか、準備体操してますよね〜。」

店長「ソコ ですね。
 肩を廻せ とか、
 テークアウェイで 左肩を入れろ とか、
 肩で向きを造り、胴体を捻ることを薦められますが、
 胴体を捩じるコトの是非は棚に上げたとしても、
 ちょっとややこしいですが
〇肩を廻し、からだの向きを変え、
 グリップを移動させ、その結果、ヘッドも移動する のと
〇ヘッドを、クラブをたくさん 速く動かして その重さ、
 その勢いで 胴体をひねる は似ているようで 全く異なります。

 私は 脚で骨盤、胴体を動かす方を薦めていますが、
 それを別として
 肩 を廻して胴体を捻る場合、
 我々 運動不足、身体能力低下気味のオジサンおばさんにとっては
 肩を廻し、胴体を捻る行為は恐怖感、忌避感のある動き、
 それを深くしようとした場合、
 クラブやヘッドの重さ、腕の重さ、
 運動の慣性などの勢いとか、反動で
 それをするようにすると思いません❓」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

Tさん「!!! ‥です。
 まさに ティーグラウンドで見るやつ、です。」

店長「ですので 本来は
 それが肩であっても、骨盤であっても、
 からだの向きが変わるから クラブ、ヘッドの位置も動く
 が
 クラブを動かすコト で カラダの向きを変える に
 ひっくり返ってしまう。
 目的と手段が逆転してしまう。

 トップを深くする、からだを廻す量を増やす が
 良い方には働かなくなるわけです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ちょっと ややこしい話し なのですが、
 本当は手で上げている にしても、からだで、にしても
 テークアウェイ、トップで
 カラダを回している、ねじっている、右を向いている
 その指標というのが 各人あると思うのです。
 廻れてるー とか
 ああ 廻れてな〜い 
とか を感じ取れる箇所って
 有ると思うんですね。」
Tさん「あるとおもいますねー。
 ダメ なのかも知れないけれど
 私の場合は やっぱり 背中の捻じれ具合 かな。」
((((((((_Moment
店長「そうですね、かなり多くの方が Tさんと同じく
 背中の捻じれ具合 …厳密な箇所 で言うと
 背骨に対する肩甲骨、
 腰付近に対する肩周り、の向き差、捻じれ差

 その複合がよく言う「
捻転」だと思うのですが、
 本来の『からだ』の回転では
 股関節廻りのしぼり と言えば良いのか、
 捻じれ と言えばよいのか、
 兎も角、背中はほぼ使いません。
 ですので 双方、目一杯 廻った時の
 苦しさはだいぶ異なります。
 楽なのが良いのか分かりませんが
 股関節の方が断然、楽です。」

Tさん「そうなんですね。」
店長「胴体を捻る、は人体の構造的にあまり良くありませんし、
que-1286095282プロレス技のコブラツイスト? 卍固め? みたいなものですが
若い時は 遊びで軽くされても大丈夫 ですが、
歳を取ると 軽くされるのも怖い になるので
どうしても 右向きが浅くなりがち、
早め、浅めのところで 限界が来てしまうと思います。」
Tさん「からだが硬い、硬くなった になる訳ですね。」
店長「だと思います。拒否感が強くなるのは
 主に本能的な防御感覚だと思います。

 股関節の場合、拒否感覚は薄く、
 慣れてしまえば どんどん深く出来ますし、
 これは昔から思っているのですが、
 股関節を使う習慣をつけると、普段の歩きや運動でも
 脚、大腿を動かすようになり易いので
 転びにくくなったり、腰痛予防にもなると思います。」
Tさん「歳取ると 歩幅が狭くなると言いますもんね。」
店長「はい、間違いないのでは無いでしょうか。」
2021-12-06_22-21-54_Moment

Tさん「店長の場合はどうなんです?
店長「私ですか? あくまでも個々人としての感覚ですが、
 右ひじと左足を連携させて
 右向き と言う意味では 主に左足の押し
 になるのだと思いますが
 その押される力を 右ひじで背後に 回転に誘導する
 と言った感じでしょうか。
 その上で 右向き度合いは やはり 右の
 右股関節の締まり というか、絞り ですね。」
Tさん「左足で なにを押すのですか?」
店長「左足で 左の股関節を右に押します。
 右の足は軸とするので 受け止めますが、
 右に押される力を 右ひじのガイドで背後に回転に
 誘導する感じです。

 背中を捻じる習慣が強い方は
 加齢とともに 悪い意味で劇的に 右向きが浅くなり、
 それに伴い距離も出し難く、タイミングも早いうえ、
 タイミングそのものも取り難くなります。
 股関節を使えている人は 加齢しても
 あまり大きく変化が無い と言う意味で
 一気に、は難しいとは思いますが、徐々に
 捻じる場所、使う場所を下げていくことを
 お薦めします。
1212-1IMG702

 プロ、特に男性プロのからだ と
 我々 アマチュアのおじさんのからだ は
 全くの別物 と考えた方が良く、
 正直、彼ら(プロ)のからだの廻し方を真似ても
 ほぼ 参考にならず、害になる可能性の方が高い
 と言っても過言では無いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「誤解をしている部分があると思うんですが…。」
質問「はい。」
店長「ディッシュアングル は
 本来、手首の角度 ではないんです 。」
IMG_0013_Moment

質問「ええええ そうなんですか❓」
店長「ハイ。スイング動作中、
 ライ角度方向、トゥアップ、トゥダウン方向を
 手首なんて言う ゴルフスイングにかかわる
 一番小さな箇所で支えるなんて 現実的に不可能です。」

質問「言われてみれば 確かに…。」
店長「インパクト時はディッシュアングルを保て!
 と言われますが、ダウンスイング〜インパクト時には
 腕やクラブも長くなり、運動も速まります。
 重さや遠心力が加わりますから、手首で言うと
 コッキングというのに該当するでしょうか、
 それで支えられる重さの限界を楽に超えます。」
IMG_1304IMG_1303









質問「そうでしょうねぇ。」

店長「前回の記事 の通り、
〇悗畔森圓飽る
∋悗某眥召飽る
👉〇悗畔森圓飽るは 比喩ですが、
 まあ そこで 斜め、平行気味に握るのですが、
 そう握れば それが ディッシュアングル です。
👉∋悗反眥召飽って 手首の角度を保つコト
 ではありません。 出来ませんから…。」

店長「あともう一つ。」
質問「はい。」
店長「その 腕とクラブの角度、ですが、
 腕の延長線上は 概ね 中指 です。
✋多くの方は △了悗反眥召飽って
 腕の延長を 人差し指 にしてしまっています。
 これでは 手首や肘を傷めてしまいます。

 ディッシュアングルは 握り が作っているので
 ブラブラ って訳では無いですが
 手首の… 特にコッキングの方のアングルは無視して良いのです。

 ダウンスイング以降、ヘッドの重さによって
 ヘッドは グリップの移動に比べ 遅れます。

 その遅れ を ロフトの立ち、フェースの下向き、
 にすれば 放っておいて良い訳で
 遅れっ放しのまま、ボールは打ちます。
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)






 ですので トップの位置で出来るかもしれない、
 トゥアップ気味、ヒトによってはコッキング は
 スナップ、右手が甲側に折れる スナッピング に
 変わる
ので、それは放っておきます。

 一般的に考えられている ディッシュアングル は
 そのクラブの仕組みの自然な流れで出来る スナッピング
 と ,了悗吠森垉ぬ(斜めな)握り によって
 作られるので 技術としての手首の技 ではないのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「これは 覚えて置いた方がお得情報、ですが、
 練習場で 数十球、百球超の球を打つと
 どこかで なんだか上手く当たらなくなる、
 気持ちよく つかまらなくなる、
 打てば打つほど 悪くなる、

 そういう経験があると思います。」
質問「あります。あります。結構、しょっちゅうです。」
小堀20213_Moment

店長「そういう時は グリップを確認してください
 多くの場合、自分のいつもの…グリップよりも
 左グリップが深く、強く握るようになっており、
 場合によっては 左手首が甲側に折れ、
 それによって 左右のグリップの密着感がなくなっています。
 左右のグリップの握る距離が長くなっていますから
 当然、アドレスがズレ、乱れ、
 ボールに対するセットアップのズレ、置き位置
 そう言うモノが崩れてしまいます。
 それが ミスショットの始まり なのです。

質問「グリップ変化を意識しておく、観察しておく のですね。」
店長「ハイ。
スイングの変化、クラブ扱いの変化は
 必ず グリップに出てきます。

 多くのことは 無意識ではあっても、必ず 必然 なので
 左グリップをより強く握っている というコトは
 よりクラブの重さ、主に遠心力を左グリップに掛けている、
 左グリップを深く握らないと ボールが打てない から、です。
◉テークアウェイが開き気味になった…
◉切り返し、ダウンスイングで左サイドが動かなくなった…

 本来はしていない 無駄なフェースローテーションが多く、
 強くかかった結果、左グリップが深くせざるを得ないのです。」
IMG_1306IMG_1298







スナップショット 10 (2013-09-10 1-48)
質問「そういう変化が訪れたら 練習を辞める、とか

 または そうなる原因を解決する、とか
 多分、コースでも起こり得るコトなので
 そうならないように 修正した方が良さそうですね。」

店長「往々にして…ですが、やはり強く振りたい、
 飛ばしたい ドライバーを打った後、
 そういう風に変化していることが多いですね。
 ヘッドは遅れっ放しのまま 打つ のが基本ですが、
 その遅れが 開き になっていたら
 それを「返さなくて」打てません。

 遅れの量 もありますが、遅れの質 の変化を修正するなり、
 確認しておく と言うのは実戦でも役に立ちます。」
質問「プロがよく トーナメントの練習場で アドレスなどを
 チェックして貰っていたり しますが、
 スイング動作が グリップやアドレスに表れてくる
 そういうのを チェックしていたり するのですね。」

店長「そうですね。
 純粋にアドレスの方向、向き と言うのは狂いやすいので
 それをチェックしている と言うのもあると思いますが、
 多くの人は クラブの動かし方の変化が
 グリップやアドレスに表れる のを知っています。
 故に 昔から ゴルフスイングはグリップに始まり、
 グリップに終わる とか言われる訳です。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店主「あああ その体力で、そのスピードで 
 その【シャフトの硬さ】を使ったら
 そう振らざるを得ないよなぁ…そうなっちゃうよなぁ…。
 結構、深刻な腰痛に悩んでいるのに…
 そのシャフトの硬さ、にこだわる理由があるのかしら…、と。」
100yard1
質問「僕が実際にそうでした。」

店主「そうでしたねぇ、懐かしい話ですけど。」

質問「会社の先輩に練習に連れて行って貰って
 教えて貰って、クラブのおフルまでお世話になりました。
 そこからゴルフが始まりました。」

店主「とても 良くある話な気がします。」

質問「そうでしょうね。
 元々 体育会系と程遠い僕と体育会系まっしぐらの先輩。
 自然とハードなクラブへ進むコトに。」

店主「年代的にもそうなのかも…知れませんね。」
high-buildding-in-nyc-16

質問「確かに。先輩の当時は 部活必修という学校も
 結構あったと思いますし、就職もガッチリスポーツしてきた人に
 道が多くありましたからね。
 スコアがよくなり 100がちらほら切れるようになると、
 お決まりの S-、X-シャフト。」

店主「アレ 不思議ですよね。
 ヘッドスピードや体力に応じて R→S→X なら
 まだ 理解出来るんですが、
 スコアが良くなってくると そう進むのって…
 今をもって 理解出来ません。」

質問「日本独特の 見栄みたいなトコロ なんでしょうか⁈」
店主「ホント、分かりません。」

質問「肘が痛くなったのから始まって
 しまいに 腰が痛くなり、子供のコトとかあって 
 ゴルフから遠ざかり、久々の再開で
 倉庫から出してきたクラブのグリップを変えようと思って
 立ち寄ったお店が ハミングさん。」

店主「運が悪い😵」

質問「あははは。
 とは言え、今もゴルフが出来るのは
 シャフトを柔らかくしたから で
 硬いシャフトのまま だったら ゴルフは辞めている可能性高いです。」

店主「弊社のお客様には そう言う方、非常に多いです。
 あれも買った、コレも買った、あそこにスイングも習いに行った、
 整体も行った、ゴルフ辞めようかな、
 とりあえず 騙されたと思って 行ってみるか…
 みたいな形で訪問される方、とても多いと思います。」

店主「硬いシャフトだと どうしても
 シャフトをしならせないと使えない、
 地面にあるボールに届かせるには しならせて/しなり戻さない と
 ボールに届かなかったりする訳で、
 で シャフトをしならせる/しなり戻す って
 言葉で言うのは簡単ですが、
 クラブの 両端を別々に動かす訳ですから、
 それをするのに 腕や肩は動かして、それ以外は止めて
 みたいな 腰に負担のある動きをせざる得ない。
 腰痛持ちの人 と 硬いシャフトの関係
 論文が掛けそうなほど 推挙に暇がないです。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スイングでの回転を考える時、
 何に意識をした方が良いでしょうか❓」

店主「回転は 動く箇所 と 動かない箇所 があります。
 コト 回転を考えるのであれば
 何が土台、動かない、動かさない箇所になるか、
 だと思います。」
((((((((_Moment

店主「安定している、繰り返せる、そして 飛ばせる
 誰もが望む部分ですが、
 それを出来るだけ 両立する と…
 クラブの先端の重い構造、偏った重さのヘッド、
 方向や距離、弾道を司るのがフェースの上下左右の角度
 を融合するには

 ]/肩
 胴体 胸/腰
 足首 靴/足首より上
 股関節 太もも/骨盤より上
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)







 ,痢.ラダは動かさず 肩、肩甲骨から先の腕だけ振る
 は出来るだけ避けた方が良いです。
 ,両豺腓蓮‘阿さない土台になるのが カラダで、
 クラブをターン(回転)させるのが 腕廻りのチカラ です。
 他の回転(ターン)に比べ、クラブの先端、そしてフェースを
 回転させる量が多いですし、
 クラブのターンそのものも腕でしなければならず
 技術的にも難易度が高いですし、
 労力が腕力依存になりガチ です。
 言葉は悪いですが、腕力の有る若者だけが出来る、
 と言ってよいかも知れません。」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)






「△硫鹽召両豺隋胴体を捻る、
 動かさないのが腰、骨盤で、動かすのが胸から上、
 コレも若い時、可能ですが、ある程度の歳になると
 カラダを捻じるのを 本能的に拒否するようになります。
 ラウンド中だけでなく、スイングそのものの傾向が
 歳とともに ,飽椶螳廚い里如
 気付いたら その作用点を少し下げ、股関節に移す、
 もしくは 作用点を股関節気味 にする方が、
 年齢や体力の低下による影響が防げます。」
202176_Moment
「➂の回転は大きな問題は少ないですが、
 右向きの時の右足、左向きの時の左足 という
 回転の軸 ではない、用語としての軸足 と言えば良いのか
 カラダを支える足、動作を支える足(立ち足)が造り難い、
 と言う欠点があります。
 他の言葉にすると 体重移動が苦手 です。
 傾斜地のショットが苦手であったり、
 立ち足が無いので バランスが悪く(不安定になり易く)
 それが故に 飛ばせない(飛ばないではなく)
 速く動くことが出来ない というのがあるので
 この回転➂も同じく 作用点を上に上げ、股関節、
 もしくは作用点を股関節気味にした方が良いと思います。」

質問「➃の股関節、もしくは股関節気味にするのに
 メリットが多そうですね。」

店主「そうですね。
 まず、やはり 運動する部分が お尻、脚、背中、腹
 と大きな筋肉が集まっている部分なので
 強い運動が可能です。
 また、ゴルフ程度の運動であれば 故障を引き起こし難く、
 加齢などによる運動性低下も一番緩やか です。
 動作としても 股関節を作用点にする 回転 の場合、
 動かさないのが 右を向く時の右足(右大腿)
 それに対し、動かすのが それ以外、
 左を向く時の左足(左大腿)、
 それに対し、動かすのが それ以外、 と
 向きによって 動かさないモノが移るのですが、
 人間が普段している動作と同じ使い方です。」

質問「特殊な動きでは無いというコトですね。」
店主「慣れてくれれば 歩行 に近い作用点です。
 からだの廻りの低下 も緩やかですし、
 立ち足を変わるコトが
 そのまま、ゴルフ用語の体重移動になります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「冒頭のタイトルからして もう意味不明、ですね。
 回転なのに…軸が無いとは…。」

店主「確かに。
 正確に言うのならば 自分では「カラダ」の回転と
 信じている クラブ扱い は
 単に 腕で振っているだけ で
 回転ではあった、としても
 「カラダ」の回転ではない、というコトです。」

質問「ソコ とても 興味ありますね。
 スイングの基礎に当たりますよね。」

店主「そうですね。」

店主「ゴルフクラブは 極端に先端が重く、
 打撃部であるヘッドも前後左右上下対称ではありません。
 ウッド系ヘッドであれば 右打ちの人で アドレス時、
 自分にとっての右側にはっきりと重さがかかる構造です。」
質問「スライスになりそう…🙄…です。」
411BK-5
店主「😵😵😵
 軸の有るスイング とは 前にお話しをしたように
 背骨だとか、からだの厚みの真ん中とか、
 背骨に沿った 外側…アドレスの斜めに沿った柱に
 背中を付けている感じ とか、
 いろいろありますが、どれでも良いと思います。
 回転・・・なので その芯になるようなモノが
 存在すれば それで良いと思います。

 
 その軸が傾いているのですが
 安定性・再現性を考えれば その傾きが変わらない、
 まあ トップは兎も角、ダウンスイングで
 その軸が起きる、コトはあっても、深くなることはないですが、
 それで あっても 軸がある方が良いです。
 カラダに優しい回転をしていれば その傾きは落ち着きます。」

質問「今更…ではありますが、スイングには軸があった方が
 良いんですよね❓❓❓」

店主「無くても 安定して、遠くに飛ぶのなら
 何も言うことはありませんが、ゴルフの一般認識として は
 軸の無いスイングを薦めるコトは出来ません。」
質問「ですよね。」
店主「なぜ 軸があった方が良いか、
 なぜ 軸の有る回転が良いか、

 というと クラブの構造と関係があります。
 前述のように、クラブは上下左右前後非対称で、
 偏重した構造になっているので
 飛ばす、真っ直ぐ行かせる、安定する、繰り返す、
 を実践するには その構造を捻って
 ショットで言うと 開いたり、閉じたりして
 使うのに適していない
 というコトです。
2021-02-13_22-10-57_Moment(3)2021-02-13_22-10-57_Moment(2)







 右打ちで説明すると、
 その作用点が 胴体を捻る、股関節、足首 の
 いずれで有ったとしても、からだの向きを変える
 で あれば どの場面においても
 左右の腕の長さは概ね同じ、制約はかかりませんが、
 腕でクラブを回転させると
 テークアウェイ、トップ、ダウンスイング、
 クラブがからだの右側にある場合、
 左腕が伸びきった状態で、右腕が縮んだ状態が
 と言う制約が「必ず」かかります。
 世の中では 右腕のたたみ、なんて言いますが、
 右腕を短くしないと 左手が届かなくなる、に過ぎません
 テークアウェイを その手だけと言うのは
 クラブの構造上、先端が重いクラブの構造、
 握っている棒よりも右に重さが有るヘッドの構造 に任せると
 自動的に出来てしまうほど 簡単です。」
hijinuke1 (1)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)







質問「もしかすると だから その上げ方、そのスイングに
 行き着いてしまうとか❓」

店主「ものすごく あり得ます。
 少なくない人が そのクラブに重さに任せた上げ方 を
 ヘッドの重さを使う、と勘違いしていたり、
 インに引け、丸く振る、開いて上げて/閉じて降ろせ とか
 それを肯定しているような ゴルフ用語 たくさんありますからね。
 テークアウェイのスピードが速い と言う特徴があります。

店主「困るのは 切り返し てから なんです。」
質問「それは 何故です❓」
店主「テークアウェイ、クラブの重さに任せれば
 行きはヨイヨイ、動きの先導さんになってくれますが、
 帰りは その重さが負荷、
 思いっきり 言うコトを聞かない大型犬
 になってしまいます。」

質問「ああぁぁ なんか スライスのイメージですね。」
店主「そうですね。
 手で上げる というコトは
 フェースを開いて上げていますから
 開いていないよりも よりクラブは重くなっていますし、
 ダウンスイング で まず 動かしたい
 進行方向にあたる左サイド、左腕、
 にとって 一番クラブの重くなるトップが出来ています。
 どんどん 右サイドに重さがかかって行きますから
 元の長さに戻したい 右腕は縮められたまま です。
2021-01-29_16-53-52_Moment(5)

 フェースのターンをするには
 右腕を伸ばさなくてはなりませんが
 回転を続ける限り、右腕は伸ばせませんので
 「茲諒鼻廚箸言われる ナニカ で
 回転を止めなくてはなりません。
 また 右腕を伸ばすタイミングが かなり遅くなるので、
 からだがボールに近づいてしまっていますから
 伸び上がりながら クラブを振る空間を確保する必要もあるので
 回転…だとしたら その傾きも途中で変えることになります。


質問「なんだか 軸がある・無し 以前な気もします。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


もし 切り返しから
 右左、どちらかサイドを「先に」動かす としたら
4289f9fa-s✋右 は 想像がつかない のではないか、と思います。
右を先に動かす としたら
こう 右側がもぐってしまう
 ような感じになると思います。 

しかし、左側を先に動かすイメージは
 多くのゴルファーにとって なんとなく馴染んでいる
のではないでしょうか。
右側を置いて来るような感じで
カラダを開く、胸を開く ような感じになるでしょうか。
特に 左足先行型の人に多い気がします。
スナップショット 7 (2017-04-20 16-36)スナップショット 8 (2017-04-20 16-36)スナップショット 9 (2017-04-20 16-38)スナップショット 10 (2017-04-20 16-39)







左が先行する間は 右は動かさない、
カラダが開く、胸が開いた後、右腕、右サイドを使い、
胸を閉じる ような感じ成るのでしょう。
ソコに 動作の順序が存在する訳です。

右腕、右サイドを先行させるイメージは
 ナカナカし難いとは思いますが、
右が潜る感じにつながって行くと思いますが、
それは 茵∈献汽ぅ匹動いていないので
前がつかえている 当然の帰結です。
グリップは両手で持っているのですから
右腕を伸ばす、右腕で叩く としたら
 左腕(左サイド)も動いていてくれないと
行き場所を失うのです。

最終的な行き着く先、としては
 両サイドは同時に動いていくのですが、
右腕を伸ばすコトが打撃の主力 としている人は
 逃げる左グリップ、左肩、左サイド に対し
切り返しから まず 右腕を伸ばし始める
 そういうドリルをして
右左の同時進行の感覚、
 つまりは からだの向き通りに移動していく感覚を
 掴んでも良いかも知れません。

からだの回転で打撃するコト は
 手を使わないコトではなく、
カラダの向きで出来ることはカラダに
 腕ですることは腕で と分担制になるだけ です。
あえて 言うのならば 左右の腕が どちらかに偏らず
 動いて…振られていれば それはカラダとの分業に相当するので、
 両腕の適切な振り方 で覚えた方が より分かり易いかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイング、ショットを改善、または構築していく上で
 解決したい 大きな幾つかの事柄 について… です。


一つ目は お約束の「振り子」について、です。
 私はこの「振り子」について は
 雑誌やレッスン書、レッスンプロなども含め
 情報を提供する側、教える側、ゴルフ業界全体の
 長年の怠慢の蓄積
 と言う点で 忸怩たる思いを拭いきれません。

 まず コチラをご覧ください。

Jose Maria Orazaval選手です(1994.1999年マスターズ優勝)

なんとなく の流れ で見ていると
 背骨を軸として 先端のヘッドを振っている「振り子」
  に見えるかも知れませんが、
 実際には カラダ(肩)を廻しているだけです。
 打ち終わった後も カメラアングルのせいで
 ヘッドが前に出た 👉グリップを追い越した「ように」見えますが、
 切り返してから ヘッドとグリップ、クラブと腕の関係は
 ほぼ変わらず、
 トップの位置から 固定された腕とクラブはそのまま で
 からだの向きを変えているだけ とも言えます。

このアプローチは ロフト、長さ以上に
 特殊なスピンなどをかけていない、
 そのまま 大きく❓ 高く❓
 準備としての トップの位置がなれば
 普通のショットの 切り取り とも言える
 それこそ 絵にかいたような「アプローチショット」です。


何度も、何度も、何度も書いていますが、
スイングは傍目からは ヘッドで円を描いている「ように」見えますが、
それは 横移動を 回転で行っており、
 ヘッドが外周に位置しているから そう見えるのであって、
似てはいますが、
 カラダが向きを変えたから 👉結果として円に見える のであり、
 円を描くことを最優先に 動作しているのではありません。

確かに なんとなく思い込んでいる、
「円を描く」、「ヘッドを丸く振る」
もう少し発展させると
「そのクラブ、ロフトなりの弾道を打つのには クラブの働きはどうなのか❓」
「ボールをつかまえて打つのには どうすれば良いのか❓」
「ボールを上から打つ とは どういうことなのか❓」
それらを説明するのには面倒が伴う……かも知れませんが、
実際には スイングの多くは
 それぞれの人が 個人個人で ボールを打ちながら
 作り上げていくもので
 その基礎になる メカニズムの部分、
 スイングの基礎知識となる部分、を基に
 動作を作り上げていきます。

ですので 肩をどう動かすや腰をどう動かす、肘は❓ 膝は❓
という具体的な部分よりも 遥かに重要になってくる部分 なのです。

 カラダが回る、からだの向きを変えるから
 結果、として 円を描いて見える
 その円弧 と ロフト&フェースの上下左右の向き が
 距離や高さ、弾道を決めるコト になるので
 出来るだけ その円弧 や ロフト&フェースの上下左右の向き が
 毎回 同じようにしておく方法 が
 長い年月のゴルフライフを 楽にします。

ですので 車の免許 と同じで
 多少、退屈ではあっても 座学みたいな部分が
 どうしても 初期に時間を取る のです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Rさんとの一夜限りの関係(怪しい…)シリーズ
 に幾つか質問があったので お答えします。 

Q:スイングは縦振りが良いのですか、横振りが良いのですか❓
A:解答の難しい質問です。
  最終的な答えは どちらでも良い です。
  今回のお話しは 手打ち/手振りは嫌なので
  もう少し からだの回転と連動した振り にしたい
  と言う前提で、腕/手/クラブと体の回転をリンクさせるには
  回転のエネルギー、クラブの重さを活用し
  グリップを縦移動、上下変化させよう・・・
 の結果
  グリップの移動が「今までよりも」縦めに動くので
  縦振りを推奨しているようですが、決してそうではありません。
  話の趣旨は スイング軌道の変更ではなく、
  腕と体の向きの連動の術 です。
リリース の勘違い❓_Moment(3)軌道変化はその副産物に過ぎません。
Rさんの例で言うと 今までは横振りに近いのは確かですが、
あまりにフラットな振りなので、
結果、としてはアレは立ちますが
でも 平均的な 良く言われる縦振りよりはフラットなモノ
に収まると思います。

Q:寝かして振るよりも 外から引っ掻いてくる方が良いでしょうか❓
A:手で振っていた人が よりからだの回転とリンクするクラブ扱い
  に移行するには 一旦、外から掻いてくる感覚 で
◌グリップがボールの方に出ない、
◌カラダの近くを通る、
◌より縦移動、高さ変化の有るグリップ移動、

  の感覚を掴む のは 次の段階に進むには良いと思います。
  前の質問に似てしまいますが、手でフェースターンを
  インパクト間際に行うと かなりの横振り系になりますから
  ダウンスイングの時計の針の話しで言うと
  11時を12時、1時のイメージに変えると
  ⇒外から引っ掻いてくる になる訳ですが、
  グリップの縦移動が増えてくる、
  グリップが下がるようになってくる、が伴いますので
  結果、『外から』引っ掻いてくる は
     『上から』引っ掻いてくる に代わります。

  ソコが目的の一つでもあります。
2021-12-06_22-21-54_Moment(2)2021-12-06_22-21-54_Moment(3)







✋フェースターンのせいで 左サイドが止まり
 左グリップの上への抜けがない(止まる)例
腰などからだを傷めやすく
距離をセーブせざるを得なくなります。

Q:グリップの縦移動を増やすには 切り返しで
  左肩を上げる、肩を縦回転させるイメージが良いですか❓

A:そう思います。
  切り返しで 左肩を上げる は
  ダウンでの左腕の下がり、グリップの降り
 になりますし、
  肩を縦に回転させよう としても
  結果は横要素の強い、前傾通りの回転になります。
  肩を縦に回転させる感じ は
  インパクトをからだの正面で、とか
  カラダを開かないように、とか
  左肩をあげない、などの作用によって
  インパクト前後で 左サイドが止まるコトをさせず、
  最後まで、スムースに、左を向かせる為のモノ
 です。
((JMさんのゴルフスイング 2021.10._Moment

✋平均的なゴルフスイングのトップ の位置では
 クラブの重さは主に左腕に掛かっています。
 どの道 その左腕を下げるのであれば
 その重さは活用した方が お得 で
 グリップの方が ヘッドよりも低い位置関係であれば
 クラブ・ヘッドの重さが下に掛かる は
 左腕・左グリップが下がる & 横に逃げる(押される)
 が伴います。
 そのタイミングに重さを活用できれば
 からだの回転と左腕はリンクし易い訳です。
 逆に ヘッドの方がグリップより低くなった状態では
 その重さは 錨のように グリップ、左腕の移動を止めようとします。


ソコをどうしても 腕力で打ちたい方(Ⓡさん)は
気合で頑張ってください^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールを飛ばすには…
 そりゃ ヘッドスピードは高い方が良いけれど
✋ちゃんと捕まえた上で 
 体力なり、年齢なりに効率よく 安定したヘッドスピード
✋捕まっていないので
 体力、年齢を超越した ヘッドスピード願望
 って書いたら、当然、誰もが前者だろうけれど……

 蔑章討硫菫)では
 初速は遅め、ボールの打ち出し角度は高く、スピンは少な目
◆平燭鹵罎硫菫)では
 初速は速め、ボールの打ち出し角度は低く、スピンは多め
この両者、では 同じヘッドスピードで通常のショットをすれば
△諒が 圧倒的な『平均』飛距離 になります。
,諒は 基本「こすり打ち」なので
 飛距離も、方向も安定し辛い のですが、
△糧距離の源は ロフト使いとからだの回転 なので
 これ以上! 最高の! ココ一番! って訳には行かず、
 逆に ,蕨嗄詫蠅蠅覆里如.悒奪疋好圈璽俵気貌信しがち です。


アマチュアゴルファーの場合、
 飛距離は勿論ですが、方向や曲がり とともに
 ダフリ/トップのミスが生涯付いて回る訳ですが、
 手振りになってしまう クラブ使い では
 それが ある意味 科学的に保障されています。
 勿論、悪い意味です。


ダフリ、および トップ を 誤解されている方が
 多いですが、正しい意味での
 ダフリ ⇒ 届き過ぎ
 トップ ⇒ 届かな過ぎ

 のミスは非常に希少で、
 主に インパクト と 最下点のズレ が原因です。
202189_Moment
アドレス時に こう構えた としても、
インパクト、インパクトに向けて
カラダが過度に上を向く(莨紊り、蕾爾り)
になれば グリップは後ろ(右)に下がります
最下点がボールの手前になり
 ダフリ/トップ/チョロが誘発されます。

からだの回転とクラブの移動が直にリンクしていれば
対策もシンプルに出来ますし、
セットアップ時のボールの位置などで
 概ね ショットの是非は決まります。
(勿論 それでもミスは出ます)

しかし、からだの回転とは 別に クラブを回転させる場合、
困ったことに そうする人は
 何故か 「スイングは遠心力だ」と信じている人が多いので、
その遠心力によって 膨らもうとする ヘッド、クラブ
 それのお陰で 最下点がボールの手前になり易く
 また、その遠心力のせいで
 左サイドも上がり易いので 成功率は激減します。

何かが成功すると、
何がが失敗するメカニズムが出来てしまっています。
   ヘッドスピードが上がる(遠心力が増す)
   👉最下点が手前になる / 左が上がる
そうクラブを動かしたら 最下点はボールの手前になり易い、
 というのは クラブと体の構造から悪い意味で合理的なのです。


これが一番発揮される(悪い意味で)が
 フェアウェイウッド で
 地面から打つショットの中で 一番速いスピードが欲しいクラブ
 ですが、
 一番 バンスの張った、ソールの大きなクラブ です。
411BK-5-1

 …速く振ろうとする のは主に腕力(利き腕)で
  クラブを回転にさせる為に 止まるカラダ&動くクラブ
  その中間に来る、左腕(右打ち)の肘や手首(中間管理職)を
  痛めないのか 心配です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの向きの変更に対し
重くなっていく腕やクラブ
それに影響されず
コンスタントに からだの向きの替えられる方法は
写真を対比 しますが 右ではなく 茲硫菫です。

IMG_0838_Moment
MVI_0878(2)_Moment(3)




IMG_0838_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(4)




IMG_0838_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(5)





IMG_0838_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)





IMG_0838_Moment(6)MVI_0878(2)_Moment(7)





これをスイングの中で行う とすると
からだが向きを変えていく
それに対して 腕やクラブに重さが掛かり
グリップが遅れようとしますから
それを腕でサポートする。

ヘッドは重力によって落ちていこう としますが
それと グリップの移動の追いかけっこです。
ヘッドが着地するところを
グリップの移動によって ボール地点に持ってくる


スイングを覚える初めの段階で
この 追いかけっこ を覚えて欲しいモノです。


フルスイングとして考えても
左への動き、反時計回りの動き
打撃の始まる トップオブスイングを基準に
胸 と シャフトの角度
胸 と シャフトの関係は
速度が増すほど くっ付いていく モノ
 です。


からだの回転とクラブの関係
この始めの一歩が理解できると
右手の使い方 使うタイミング
おそらく グリップの関係にも影響が出ます。

私個人からすると 結果としてなってしまう
フォロー以降の減速によって起こってしまうのは
仕方ないにしても
右グリップが左グリップの下に入ったり
追い越したり する行為 って考えられないモノなのです。
MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)



多くの人がここでボールを打っていますが
からだの向き・・・からすると
ここは打ち終わっている時期で
スイングの動作・・・としては存在しない部分・・・
ここが打撃のメイン になっているのですから
何とも言えない…何と言って良いか分かりません。
IMG_0838_Moment(4)IMG_0838_Moment(6)





自分は右から左に180度向きを変える
クラブは イメージ上90度しか回転しない

自分もクラブも180度回転する
では
ものすごく大きな違いが生まれ
それがゴルフを苦しめます。

それは 肩 です。

ゴルフスイングにおいての肩は
機能としては腕の一部ですが、
ある場所は胴体の中です。


からだの回転でボールを打つ
からだの回転でスイング軌道を造る
において
肩は スイング軌道の動作として
考えない部分、存在しない部位です。
M2019810L!_Moment(3)M2019810L!_Moment(4)







一般論において
肩を回せ とか
厳密に言うと 腕で動かせ
胴体をねじれ というコトですが
からだの回転でボールをちゃんと打つ
というコトにおいては
胴体は一つのパーツとして ねじれを造らないように
胴体〜骨盤に対し グリップを遅れないようにして
胴体を一つのパーツをして使うので
動作としての 肩周りの動きは存在しません。

クラブや腕が移動で重くなる
それを無視して クラブも180度ターンさせようとすると
グリップが遅れてしまい
それを取り戻すために
胴体を止め 肩だけを動かす時間が生まれますので
スイングの中に『存在しないはず』の部位、
存在しないはずの動作が生まれてしまい
多くのスイングを見ている限り
その『存在しない亡霊がスイングの要』になっているのが
非常に厄介なのです。
20191006_Moment(4)20191006_Moment(5)20191006_Moment(6)










『存在しない筈の亡霊がスイングの要』の為
そこを修繕する、ではなく
そっくりそのまま 除去しなければならない
というコトに至り難くなるからです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前にも似たような内容で記事を書いていますが、
ゴルフを始める人、続ける人、
上手くなりたいと思う人、
からだを傷めたくないと思う人
にとっては 非常に切実な重要なテーマです。 

一軸打法とか、二軸打法とか、
ボディターンとか、4ステップ理論、
コンバインドなにがし とか、
スタック&ティルト とか、
下回りスイングとか、シャローウイングとか
この手は 好み や スイングのタイプ、
選べるゴルフスイングと言う楽しみもありますから
 流派ということで良いと思うんですけど
『振り子』『振り子のアプローチ』だけ は
ゴルフ界から根絶するべき だと思うんです。

やりません(冗談です)けど
議員になって、法改正や条例作りたい 位ですwwww



余りに基礎的なので 呆れてしまうほど
かも知れませんが、
スイング、ショットは
前傾姿勢(大腿骨と骨盤の角度差)という傾きがあり
それを基点に からだの向きを変えるコトで
クラブを動かして ボールを打ちます。

ですので 傾きが無ければ
からだの向きをどちらに変えても
右/左 のどちらかが 低くなったり、高くなったりしません。
2021-04-11_22-32-44_Moment(5)2021-04-11_22-32-44_Moment(7)









傾きがあるから
右を向けば 左の方が低く、右の方が高くなり
左を向けば 左の方が高く、右の方が低くなります。
これには
右向きの時には 右が奥(高い方)へ行く
左向きの時には 左が奥(高い方)へ行く
という 奥行きが付いてきます。
✋ここが 写真や動画の平面上のトリック(罠)です
2021-04-11_22-32-44_Moment(10)2021-04-11_22-32-44_Moment(11)









ですので
スティービーワンダーのように
肩を揺さぶっている訳ではありません。

アプローチの距離感を覚える って言うのは
正直、経験則、反復しかありません。
これは 野球でもサッカーでもバスケでも
ボールを使う限りはみな同じです。
投げ方、打ち方の基本 はあっても
 その距離感は自分で掴むしかありません。

それを無理にマニュアル化するため
 スイングの基本中の基本を歪ませる のは
 絶対、賛成出来ません。


スイングの回転 は
 その動作の中で一番大きなモノです。
ほぼ すべてのモノが その大きな流れ に沿って
移動することになる訳ですが、
『振り子』の動きは
本来のからだの回転、
それが胴体であっても、肩であっても
その回転とは 全く異なる方向に進むコトになり
元になる からだの回転も歪めてしまいます、
イエ 壊してしまうと言って良いでしょう。

アプローチで その「振り子」を採用すれば
かなりの確率で スイングにも影響します。

カラダへの負担も多いだけでなく
どんなに練習しても アプローチの達人 に あるコトは出来ません。
距離感も身に付かない と断言出来るほどです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーは
『体を廻す、からだの向きを変える』
その箇所を  としています。


ハミングバードはそれに賛同しません
 特に腰痛持ちのゴルファーは迅速な変更をお薦めします✋


仮に からだの回転を肩 としましょう。
先日の記事、「開いて上げて、閉じて降ろす」
スイングは 「開いて閉じる」を実践されている方に大変多い事例です。
👉肩を廻す とは
 肩や胸のラインの向きを変えるコト、

結果、としては胴体を捩じる(骨盤と胸の向き差、脊椎を捻る)
ことになりますが、そこはさておき、
ちゃんと 「肩」を廻しているのなら 問題ありません
(大変少数)
多くの人は 腕を振っているだけ
(ほぼ全員に近い) です。
radio

身体の構造上、ラヂオ体操のように
73d28d33腕を左右に振れば、肩甲骨も動き、
一見すると 肩が回っている『ように見えます』が、
🔴肩が回ることによって 腕が向きを変わる のと
🔴腕を振って、肩が向きが変わっているように「見える」では
 全く異なります。


🚀実験してみると分かります。

両手のひらを合わせ、両腕の長さを変えないよう(肘を曲げない)
肩〜胸の向きを変える のが 肩を廻す です。
 かなり 早い段階で 体に負担がかかりますよね。
多くの人は 腕の長さの調整、
 テークアウェイ時は右腕を短くし、左腕を長くし、
 まるで 肩を向きを変えたような位置に 両手のひら(グリップ)
 持って行きます。
その時の 手のひらの向き を見てみて下さい。
必ず、右の手のひらが上、左手の甲が上 を向いた、
 右ひじで言うと 地面を指した位置 になります。
(22171_Moment動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment







本当に 肩で廻れば(苦しいのは苦しいですが)
 両腕の長さは概ね、都合が付いていますから
 前傾姿勢通り やや下向き になる筈 ですが、
肩で廻る真似 を手さばきだけで行うと
 クラブで言えば 開いたような、
 フェースが上を向いた形 
になるのです。
IMG703
クラブは一度捩じられてしまうと
 扱いはどんどん大変になっていきます。



また、肩で廻ろうとしても 身体的に苦しいのは否めませんから、
緊張感の伴う、疲労も付いてくる 現場/コースでは
結局、手で動かし始めるコト、両腕の長さ調節だけで
 テークアウェイもどき、トップの位置もどき、右向きもどき
  を取るコトは間違いありません。
かなりの確率でしょう。

グリップの位置が トップの場所に行ったとしても
 右向き不足…に陥る、深く捩じれば捻じるほど あとあと大変です。
コースで言うトコロの 右向き不足、捻転不足
(この言葉自体アウトな気がします)
 はある意味 必然で起こるのです。

年齢を重ねてくると からだを捻じる事
(腕作業でのテークアウェイ)
 本能的な恐怖が伴いますので、絶対に浅くなり、
 それが早打ちやタイミングミスにつながる例を
 皆さんも沢山目にしている事でしょう。

(271_Moment

ですので 開いて閉じる が先なのか、
体の回転は 肩を廻す を信じているコトが先なのか、
どちらにしても ゴルフを始める、スイングを覚える
早い段階で 迷路への道へと足を踏み入れることになります。

それに比べると身体的に負担の少ない、
苦しくないとはいいませんが、胴体をひねるよりも
お尻・太もも周り の向きを変える方が断然楽です。
ですので 慣れてしまえば 変化が少なく、
 クラブを捻り難い 胴体ゴト向きを変える方をお薦めしています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


全員に有効と言うわけではないでしょうし、
フェースローテーションで上手く行っている人には
 あまり有用ではないでしょう。

単に カラダでクラブをターンさせる→ボディ・リリース
手でクラブをターンさせる→ハンド・リリース
の違いを説明してるに過ぎません。 

手を返す、ヘッドを返す〜フェースローテーション
これ等をしたくない と思っている人に向け、
 実は 手を返す動きは こういうイメージから始まったり、しますよ
と言う話し、です

Logi Capture 2021.07.23 - 19.35.03.01_Moment質問がありましたが、
両腕とからだ(胸)で作る三角形の「表窓」「裏窓」
こんな感じ。

【写真上】打ち手の自分から見える その枠を「表窓」
【写真下】下側から、肘側から見える その枠を「裏窓」
と仮称しています。

実験を手伝って頂きました。
🔴ダウンスイングから 裏窓を飛球線に向けたまま
カラダの向きで クラブをターンさせる と
🔴今まで通り、です

やや緩めの速度ですので、本格的なスピードになれば
もう少し紛らわしく、なるとは思います。

今まで通り であっても
ご本人は極力フェースターンを避け、
からだの回転で とは思っていましたが、
裏窓を向け続けたまま インパクトに入る
(それ以降のリリース、慣性のフリーはOK)
 あくまでもインパクトまでのイメージですが、
抜け方に大きな違いが出ます。
【ハンドターン〜手の返しの正体_Moment

蛇足…ではありますが、
スライスを避けるため、フェースターンをすれば
フェースターンをしないよりも 軌道はより一層インに切り込みます。
すると その軌道に対しての右回転をさせないフェースは
想定よりも多く必要になり、多くフェースターンすれば
またまた さらに軌道はインに切り込む という
逃げ続けるゴールになってしまいます。

右回転/左回転 と ボールをつかまえる は
全くではありませんが 別物 と言う認識が無いことから
その「スイング迷路」は始まるのでしょう。 

【ハンドターン〜手の返しの正体_Moment(2)


カラダの正面で、とか、
アドレスの腕の姿勢、、、
 三角形をボールに向ける と言う意識が残っている と
どこかで 左サイド、 左肩なり、左グリップの減速、停止、
 の動きが入ってしまいます。

結果論、ではありますが、
 手の返し、ヘッドの返しをするには
 回転軸になる 左サイドのどこか が減速しないと出来ませんから
 無意識化 で その動きが入る訳です。
一般論では それを「左サイドの壁」などと呼んだりしますし、
 おそらく…ではありますが、多くの人は
 左サイド、左腕と左サイドの絞り、硬直 みたいなもの【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)
 『インパクトの感触』として掴んでいるのだと思います。

また シャフトの走り なんて言葉は
 その動作を暗に促している気もします。


腕と胸で作る三角形を ボールにどう向けるか と言うイメージですが、
インパクトで ボールと三角形を相対させる…には
 ヘッドの重さ 〜クラブの長さ、運動による積算 が邪魔になり、
 放っておけば ヘッド分は遅れ、度合いにもよりますが、
 それに引きずられ 肘や腕の付け根 も遅れます。

よく言われる インパクトを待つ〜遅れを取り戻す もありますが、
ヘッドの返し や 手の返し をするのには
回転の先頭である 左サイドがどんどん行ってしまったのでは
追いつくことが難しくなります。
原則、手の返しはどこかで 左サイドの移動が止まる のですから
回転する主体が 左サイドではなく 右サイドになりガチ
  なのも 比較動画を見ると分かります。

本来は 『からだ』の回転は からだの芯(幅の真ん中あたり)
 箇所としては 曖昧で構わないと思いますが、
 よく言われる 軸に対して 左右が似たような風に動くから
 「軸がある」 と言われるわけですが、
 手の返しを打撃の主にする人の場合、
 左サイドよりも 右サイド方が積極的、能動的に動いており、
あえて言うのなら 左サイドを軸にして
 右サイドを動かしているようにも見えます

そういう意味合いでは 左サイド主体、
  左サイドだけでまわる位のつもりで 左右対称なのかもしれません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Rさん 劇的な変化❓の果て…の末、どうなったのでしょうか…

 既に2か月以上経っていますから
魔法は解けてしまっている…かも知れませんが、
ご本人の長年の懸念であった
「からだ(腰)の開き」
「からだの正面で打て」
「インパクト時のグリップの浮き」

は それらを一切意識しないことで 『一旦』解決しました。

スイングを考える時、
非常に混乱し易いのですが、
正規な 向きの変更の中 では
当り前 なのですが、からだの正面は常時、変化します。

ややこしいのですが、 カラダの正面で打つ  は
インパクトが からだの正面で迎えるコト ではなく、
カラダの向き、回転を主にクラブを動かす と
『結果、として からだの正面で打つコトになる』
 のが正解です。

あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(3)✋左右の腕の長さ、その関係を出来るだけ変えず
ボールを打とうとすれば
からだの向きがボールと対峙したトコロが
インパクトになるのは理解できると思います。

ソコを履き違えている人が少なくなく、
 それによって ボールと体が対峙したトコロで
 からだの回転を止め
、気持ちの中 だけになるのですが、
 アドレスの体の向きとボールの関係を維持し、
 その時間を長く取るコトによって それを達成しようとした挙句、
 ボールを手振りで打ってしまう人が大変多いです。

【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(2)【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment







 それに付随して、例えば フォローを出す、
 フォローを大きく取る
 も
 止まったからだの回転に対し、
 クラブの慣性を利用しつつ、右腕を伸ばす と
 イメージしている人が多いと思うのですが、
✊正しくは カラダが左を向くコトによって
 左腕が 飛球線方向(それに平行)に出る
 です。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

☀カラダの開き は
 からだの回転、ボールと対峙でそれを止め、
 ソコから腕、クラブを振るのですから
 その分、その時間差分、からだは開きます。
✊正しくは からだの開くことが打つコト
 インパクトは からだの開き始めに訪れますから
 からだを廻すことが ダイレクトに打つコトに繋がっていない
 それが課題な筈です。

☀インパクト時の 望まないグリップの浮き、
 ディッシュアングルの消失、前傾姿勢の消失
 は
 からだの向きが主体で腕を振っている のではなく
 腕の振りが主体で からだの向きが変わっているから
 左肩が上に逃げている結果 で
 スイングの主を からだの回転に移行しない限り、
 左サイドの浮き を無理やり抑えるのは 故障の原因になります。
似ている➁


一番根っこにある原因、を把握しないで
結果論として、動作の見た目を治す は
スイングやショットのより複雑化になりますし、
カラダへの負担も増えます、危険です
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


自分のスイングの動画や画像を
後から見てみると 結構、苦々しいモノ です。

その一つが フォロー、インパクト以降の箇所
だったりするのですが、 ここが結構、難敵です。

例えば この二人のプロ
良い、悪いの問題ではありませんが 
フェースローテーションの強い
 ブルックス・タイプがフォローを大きくしようとすると
 グリップを体から離そうとすればするほど
 ヘッドは上に、横に、動こうとして
 結果、クラブや腕はカラダに巻きついてしまい、
 思っている以上に フォローは大きくなりません。
 フェースローテーションタイプの人の
 フォローを大きくする方法は
 クラブ、腕、ヘッドの慣性をフリーにするのを
 出来るだけ遅らせる、インパクト間際まで
 耐えるコト…になりますが、
 そうすると 一般的にはスライスの危険性が増します。
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(2)











 フォローを手で出そうとすればするほど
 カラダは上を向き、前にではなく、
 上に手が、ヘッドが出てしまうでしょう。
 (これはアプローチでも同じ)

一方、からだのターン主体の アン・ヴァン・ダムタイプ
 であれば、放っておいても フォローは出ます。
 リリースをしない場合でも、リリースをする場合でも
 その大きさはあまり変わりない と言って良いでしょう。

つまり フォローが出ない、望み通りの大きさになっていない
 のは 手振り しているから、が模範解答であって、
 それを無理やり グリップを体から離したり、
 スイングの軌道を大きくしようと…トライするほど
 結果は残念… 見た目だけにこだわれば 良い球は打てず、
 良い球を打とうとすれば、いつも通りのフォローになります。

運動の慣性、遠心力の左右されやすい場所なので
 自分の意志で何とかしようとしても かなり無理があります。
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(3)

フォローが大きいのが良いか どうかは 好みではありますが、
そのクラブ、その打つ距離なりの 大きさがあった方が
球筋を左右する 基礎になるヘッドの通り道は安定し易いですし、
小さい、ということは 変化が激しい というコトにつながります。

フォローなんて結果論でしか過ぎないので
 ちゃんとスイングを創っていけば 意図しなくても
 ある程度、大きなモノになりますが、
 あえて言うのなら フォローの大きさは
 左グリップのが主体、
 つまり ダウンスイングを左サイド主導で行っていない、
 右サイド主体でからだの向きを変えていると
 左グリップはカラダにくっ付いたまま、
 フェースローテーションによって より閉じ込められてしまいます。

✋この左グリップの出方 は
 意外にも 小さなショット、アプローチの安定性、
 ミスの軽減を非常に左右します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

通信講座ですね


おそらく、察しの良いKさんは
最近の記事を見て 気付いている と思うのですが、
当面のポイントとなるのが
🔴フェース面を円の外に向けたまま インパクトへ
だと思います。



トップで、ダウンスイングで、インパクトで
どこかの箇所をどう動かす…どう動かしたい…どう治す
それらは今は捨て置きましょう。

これは練習場ですが、
ボールを地面から、マットからこそぎとろう
円の中に掻き込もう
 ロフトを増やす形でボールを拾おう
 とするボールさばきが垣間見えます。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)

🔴立ったロフト→戻す→寝たロフト
こういう経緯で ボールをさばく のではなく
時計で表すのなら トップやダウンスイングで
スナップさばきやヘッドの重み(〜遅れ)によって
時計文字盤アドレス基準 6時の針が7時になる感じです。
時計の針を振る、回転させるのではなく
時計自体を廻す 👉体の向きを変える
トップからダウンスイングで作られた7時の針
それを固定して カラダの向きで ボールをさばいてください


アドレス時の 時計の針6時(アバウトですが…)
比べると 時計の針7時
(これもアバウトですが…)では
例えば 自分の鼻からヘッドまでの距離が短くなっています。
それでは届きません。

ですので 左へのシフト
 時計の絵で言うと 右方向、3時方向への時計自体のスライド
が必須(からだの回すのにも必須です)になります。

シフトは シフトしてから廻る
(見かけ上はそう見えたりします)
     と言う順序が在るのでは無く
カラダの向きの変更、からだの廻りと混じりあったモノ です。

足を主として 左サイドを積極的に動かしましょう。
カラダが開くのを恐れず
 途中で止まることなく 一気に向きを変える

それをするには 莠澗 が必要になりますので
 ある程度のシフト意識は必要ですが、自然と混ざり合います。

軸足は トップの位置からダウンスイング中に
右から左へと移行するのですが、
股関節の離れ分、どちらにも乗っていない曖昧な時間が存在します。
ですので その時間に、シフトしていく方向と別なチカラ、
外的要因、この場合は腕とクラブですが、
それを動かすと妙な遠心力や重さが掛かり
左に移行するのを本能的に中断するモノです。
ですので 少なくともグリップエンドがボールを超えるまで
(その時には概ね 左シフトは出来ているか、出来掛かっています)
腕、クラブは意識としては固定、
 ロックの状態を保ってください


グリップ、グリップエンドがボールを超えたら
クラブの慣性、腕の慣性もリリースして良いと思います。
 ✊短いクラブはリリースは要りません。

✋ここの注意点ですが(特にRさん 傾注❕
 からだを止めて 腕・クラブの慣性をリリースするのではなく
 あくまでも からだの回転の流れの中 です。
 曖昧な言葉ですが、打ってから放り投げる 位の感じです。

 からだの回転が止まってしまうリリースは✖ ですし
 リリースする為のからだの回転はもっと✖ です。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)






✋リリースが打撃のチカラ ではなく、
 スイングを、クラブに備わった慣性を収束させる為のモノ
 軌道の急激な変化をやや抑えるためのモノ です。
 くれぐれも リリースを打撃のエネルギーと捉えないで下さい。Rさん❕

打った後のリリース によって
自然とフォローは出ていきます。
おそらく そこも懸念材料だったと思うのですが、
打つまでは トップで出来た腕とクラブの関係はロック、
打ってからは リリース可、の状態がフォローを生みます。
小堀2020_Moment(6)小堀2020_Moment(4)小堀2020_Moment(5)







その際…ですが、
腕を無理に降ろしたり、振った訳 ではありませんが、
からだの回転によって 移動した左グリップ
回転の軌道に沿って、高いトコロから低いトコロへ
移動させられて ボールを打った 
と思います。
ですので それを継続、
止まることなく、左を向いていく力を使って
同じ流れ、そこまでの流れ通り、そこまでの移動通り、
左グリップを高いトコロ に移動 させてください。

フォローを出そうとして からだを止める
左グリップを移動を止める
(まぁ、ボールを円の中に掻き込むさばきでは
 フォローが出る要素は無いのですが)
が逆に クラブや腕を体に巻きつかせ
 フォローを出させません。
からだの回転で移動させることは絶対 ですが、
その流れを止めず、高いトコロから低いトコロへ来たなら
その流れで高いトコロへ抜く 
のがポイントです。

とは言え まず フェースの外向きのまま
からだの回転で から 始めて下さい✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



✋動画の番号順に書いています。
 動画は素振りです。
 比較対象として
 からだの回転で直にクラブを動かす
 を乗せていますので ご覧ください。



―蕕瓩謄乾襯侫ラブを握る、
 もしくは振る 方にとって
ゴルフクラブは 長い棒状の物体 です。
普段の生活習慣などから
 手さばきで棒を振る と言う感覚が体現されるのは
ごく自然、なのかもしれません。
(手打ち 手振りのパターン_Moment

ゴルフをやってみよう と言う時点で
視覚的にもゴルフスイングのイメージや
それなりの ゴルフ用語、スイング用語などは
インプットされている可能性も高いですから
やはり 円 を作る と言うイメージがあるでしょう。

体を廻す と言うのはイメージで来ても
体を廻すと 当人の視覚的には
 ボールから一旦離れたり、近づいたり
 するので
「当たりそうもない」と思いがち ですし、
棒状の物体でボールを打つ となると
手さばき 手(腕)でやり繰りするのが
スタート になることが多いでしょう。


多くの方は
 コレでボールが当たる、打てる、前に飛ぶ
 となると ゴルフ、ゴルフの練習が楽しくなるわけです。
👏 👏 👏 👏 嬉しいですね。

 もっと上手く打ちたい、真っ直ぐ飛ばしたい、
 もっと飛ばしたい、コースにも…出てみたい

など 欲というか 向上心が湧く訳ですが
そうなると 本を読む、雑誌を見る、ネットで調べる、
写真や動画を見る、誰かに教わる、レッスンを受ける、
と スイングやショットに関する なにがしかの情報を
仕入れることになります。

ココで二つに別れる のではないかと思います。

➋ ,亮蠖兇蝓+ 肩の回転、もしくは からだの回転

 多くのボールを打撃するスポーツでは
 手振り、手打ち と言う言葉には
 あまり 良いイメージが付いていません。
 どちらかと言えば やらない方が良いコトに属します。

 ですので ,亮蠅気个に からだの回転
 もしくは 肩の回転(胴体の捻じり)を加えます。
 △肩の回転、導体の捻じり は
 手さばきの延長に属しますので ほとんどがそちらになります。


 ´△匹舛蕕任△辰討
 クラブを捩じる、ひねる、
 動かしている限り、常時、ヘッドが回転しているコトが
 (常時、フェースの向き、ロフト角度が変化している)
 後々の苦労を生んでいきます。
(手打ち 手振りのパターン_Moment(4)

 おそらく 始めは 
 そこそこのスピードが出せるなら 右に出てのハイボール、スライス
 遅い速度であれば 上がらない 飛ばない 遅い弾道です。

 ゴルフクラブはほかの打撃系のスポーツと道具と異なり、
 距離や高さ、方向などを決める大きな要素
 ロフト、ライ、フェースなどの角度が備わっています。
 また 打撃部のヘッドの重心が
 持っている棒の延長に無く、ズレているコトも有り、
 クラブを捩じるコトの苦労は 生涯付いて回ります。 

肩をまわして、胴体をひねっていても
「からだ」を全く使っていない訳 ではないので
手打ち、手振り と言う認識はありません。


人体の構造において 積極的に、胴体を捩じるのは
あまり 推奨出来ることの出来ない、無理な動きです。
「歳をとって からだがまわらない(胴体が捩じれない)」
は からだが固い のではなく 正常な反応です。
胴体を捩じるために 勢い付け として 左腕を振る、
ヘッドや腕の重さを利用する は必要悪になります。
それも 肩を入れる/左肩を入れる と言うゴルフ用語
によって 正当性をもったりします。


また、これは人によって
その順序は異なりますが、
「スイング、ショットは遠心力で飛ばす」
と言う言葉も なんとなく 自分のスイングの正当性
になっていたりします。


  〜〜つづく
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





手だけで振る、打つ(手振り/手打ち)よりは
 ⇒ からだの向き通り(からだに回転) 打った方が
支えるモノが大きい、モーメントが高い です。
飛距離はイコール
 打撃時の衝突するチカラ ですので
高いモーメントで打った方が飛距離も期待出来ます。

手で打つ イコール 手でクラブ(フェース)を返す です。
ヘッドを返す行為は 意図的な場合もありますが、
基本、打ち遅れたコトによる
からだの向きで行うコトの代用行為です。

小さな手、腕周りの筋肉で
それをするよりも大きな筋肉で行う方が

当然、反復性は高い です。
フェースを返さず からだの向きでターンさせた方が
当然、同じヘッドの状態でインパクトを迎える可能性は
高くなります
大森2019_Slomo_Moment大森2019_Slomo_Moment(2)










スイングを覚え、始めから手で振ろう
 と思っている人は多くない…でしょう。
少なくとも レッスンや雑誌などで
 スイングの話を聞いたり、読んだりした方は
出来れば からだで、からだの回転で、
「それ 手打ちだよ」と言われて
良い気分になることは多くないかと思います。

自分では からだで打っている と思っている人も
多いと思うのですが、
結果、打ち遅れてしまう。。。その差 は
 何か というと

 左腕の長さの消し方・処理の仕方 だと思います。 

多くの方は ダウンスイングで
左腕が余る、と言えば良いのか
左腕が邪魔 と感じている❓
もしくは
感じたことがあるのでは ないでしょうか❓

20200621 編集済み_Moment(7)


左の腕の肘を曲げて 短くしましょう
と言う話ではなく、
スイングのメカニズムには
 前傾姿勢と言うのがあるので
実質、左腕の長さを消すことが可能 なのです。

腕の長さは 80cm〜約1ⅿ弱 です。
片腕の重さは 約5繊8キロ位 でしょうか

同じ腕を伸ばした状態であっても
肩からダランと下げている 通常の状態は
 当然、重さの負担は少なく
前ナラエ では その長さ×重さ がかかります。
学生の頃の部活でやりましたね^^

スイングでは 特に打撃に向かう
トップ⇒ダウンスイング では
左腕を単独で横に動かす、
左腕だけでクラブを振る、ボールを強く打つコトは
  ほぼ不可能 です。
左腕は からだとの リンクマン、
もしくは からだの一部 と考えた方が良いですね。

よく右腕で叩く と言いますが、
基本、右腕の役割は
 そのからだとのリンクマンである 左腕の助け
腕の自重やクラブの重さによって
 からだに対し、遅れそうになる左腕を支えるのが主です。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)

例えば 野球でボールを投げる(右投げ)時、
多くの人は 左腕を含めた 左サイドを先に動かし、
後に 右サイド、右腕を振る のだと思いますが、
ゴルフの場合は
その左サイドを動かすコト、
カラダとつながっている、からだとのリンクマンである
左腕が移動するコト ソノモノが打撃です。
⇒左腕が動き(からだが回る) その後、打ちのではないです。

左腕が動いた後で 右腕が動くのではなく
からだ で打つ、からだの回転 で打つのですから
カラダとのリンクマンである左腕を
 サポートしながら 同時に打ちます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テークアウェイにおいて
肩が回る、両肩のラインが右を向く のは
肩が乗っかっている骨盤、胴体が右を向く 
からであって、胴体を捩じって
腰に対して肩/胸を捻っているのではありません。
2021-01-29_16-53-52_Moment(3)2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(5)2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(4)









何故 胴体/骨盤ごと 右を向く方が良いのか、
お薦めするのか と言うと
ゴルフクラブは両腕で持っています、
胴体ゴト廻ることによって 腕の付け根、
腕の生えている肩部が移動した方が
☑両腕の長さがズレにくく
☑姿勢が上向きになり難く
☑肩ラインと腰ラインに回転角度差が付き難く

なります。

俗に言う からだが開く状態、
 が良くないよー、望ましくないよー
 は
ゴルフスイングにおいての からだが開く姿勢は
同時に
ハンドターン◉右サイドが低く〜ボールに近づき
◉左サイドが高く〜ボールから離れている為、

左腕は伸びた状態、右腕が曲がった状態になり易く、
それは ロフトやフェースの開き につながります。

両方の手でクラブを握っているので
姿勢 によって 腕の長さに制約がかかります。
ですので 肩ラインと腰ラインを別々に回すと
廻る方向、周り方が別々になってしまい、
概ね平らなトコロから打ったとしても
 動作の中に 自分独自の傾斜を持つようなコトになってしまいます。
アプローチのミスの多くは
 肩と腰のラインズレ によって生まれたりします。



インパクトは体の正面で と言われますが、
決して勘違いしてはいけないのは
 ボールとからだ、胸・へそ・腰
これが正対した状態で我慢する、のではなく
その状態で我慢して「待つ」、のではなく、

1.ゴルフクラブは両腕で持っており
2.カラダが回転して ボールを打つのですから
3.インパクトは概ね からだの正面
 ボールと胴体が正対した「タイミング/時期」になる
のが ざっくりした理屈 です。

キャスティングする しない ◎ヘッドの入れ方_Moment(2)


BlogPaint多くのゴルファーは
 テークアウェイの初動 肩をまわす、左肩を入れる
 と言葉では言いつつ、
⇒ 左腕でクラブを横に押します


からだの回転でグリップが移動する のではなく
左肩を含めた 左腕がグリップを動かす
通称「手上げ」は動画等を撮ると分かるのですが、
よほど イン側に引かない限り
 アドレスよりも グリップが体から離れます。
真っ直ぐ引こう としている人ほど それは顕著です。

いったん からだから離れたクラブを 引き寄せる
 〜体に近づける
 という 余計な動きが 慣性の多くかかった居る
 テークアウェイ後半・終盤に行われるので
 スイングが無駄に大きくなり易く、
 オーバースイング や シャフトクロス
 左への逆ピボット(左への体重の揺り返し)などを
 生んでしまいます。


 全く意識していない動作なので
 何かの修正、改善に その部分が出てきません。




それら 腕の動きを からだ、胴体、骨盤 に
 変えてみましょう (続く)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



手打ちを嫌う人にとって
最大の障壁、スイング改善の難関は
ボールを打つための準備、
 テークアウェイやトップに行くまで
『自分では手で上げている、
 手で打つための準備 をしている自覚』

が無いコトでしょう。

例えば 実験的に、アドレスから
体は回さず、意図的に手だけで動かして!
とお願いをすると、まず 100%に近い人は
手だけ なのに クラブが横に移動します。
体の向きは変えていないのに
 クラブ、ヘッドが軌道を描きます。
IMG_0058Trim (2)_Moment(3)








体をねじって…
細かく解説すれば
胴体を捩じり、骨盤を含む、へそから下 と
へそから上の肩、腕を別々に回転させる、
場合によっては 骨盤をずっとボールに向けて、
肩だけを廻すことを
 「からだの回転で打っている」 

と言う認識にあるのですが…。
。。。体を使っている、胴体を使っている
のは嘘ではないので…その認識を改めるのは難しいですね。

一番の問題は
胴体ゴトではなく、腰とは別に肩をまわしているコト
によって ロフトやフェース面が常時、向きを変え続け
開いたロフトや下がった右サイド の状態で
インパクトを迎える可能性が
 からだの回転で直にクラブを動かしているコトよりも
遥かに多いことで、
そのロフトの開きやフェースの開きを解消するのに
肩周りも含めた、腕力頼りになってしまうコト でしょう。

✋簡単に言えば 
フェースローテーションが必須になります。

そして コレも長年ゴルフをやっている人に多いパターン
になるのですが、結果、として フェーすローテーションが
必要なコトが、逆に フェースローテーションをする為の
動きに刷り込まれやすいのが スイングの迷路 です。

足もそうですが、からだの回転、向きの変更も
フェースローテーションを成功させる為の
前準備にしかならず、
長丁場になり易いゴルフと言うゲームにとって
再現性を 腕周りの小さな筋肉頼み と言う点が
部活でゴルフをしないような年齢の人には不向き である
と言うコトです。


IMG_0226_Moment(2)IMG_0058Trim (2)_Moment(4)





それが胴体ゴト(骨盤と肩を一緒に)であっても
それが胴体捻じり(骨盤は回さず 肩だけ回す)であっても
右向きは 浅いよりも深い 方がベター であって
胴体を捩じる、肩だけ回す 方が
 人間の構造を無理 があるが故
(からだの構造上、胴体を捩じるのは良くない)
その捻じる量は 痛み、無理として 肉体的に認識が掴み易い
部分にもあります。
屈伸運動や前屈運動に似てますね。

骨盤ごと、胴体を捩じらず 右を向く方が
圧倒的、からだには楽、無理がありません。
体はその機能を持っていますので…。
逆 が故に 「からだを廻した」と言う
 実感に乏しい
 というコトです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイングにおいて
体の回転 と言う言葉を安易に、
そして 非常に頻繁に使用しますが、
その からだの回転 の 『からだ』
一体 どこを指すのでしょう

(インから振るのがすべて!じゃない_Moment小堀2020_Moment2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(4)スイング ココを治そう❶_Moment









これ 実はとっても大きなテーマ
なんですが、取り上げられることはありません。

ゴルフスイング、ショットは 作法 ではありませんので
見た目、格好、姿、
 他人に見られる、もしくは 動画として自分で見る
そこが 美しいかどうか、格好が良いか どうか は
個人の視点、目線、感覚によって異なります。
一般的なスイングを見慣れた方 にとって
 ハミングバードがアップしている動画 は
 奇妙なスイング…なのかも知れません。


その見た目、他人の評価 は どうでも良いのですが、
ゴルフショットは ゴルフクラブ という
 ドライバーから パターまで
必ず ロフト角度の違うクラブを用います。
その ロフト角度が 飛距離という
 ショットにおいて とても重要な基礎であり、
 方向や高さにも関係してきます。

そのゴルフクラブを 両手 で持っているのが
 スイングの種類に関係なく 共通している項目 です。

ですので その両手の長さの状態
 例えば、右打ちの人が
左腕は伸びているが、右腕は非常に短くなったインパクト
 では ロフトは本来のモノよりも 寝ている可能性が高いです。

その腕の生えている部分腕の付け根 である 肩 は
機能としては腕の一部ですが、位置としては
体の中に含まれているので
からだの回し、そのからだはどこまでなのか
 はロフトの造り方を大きく左右します。
ハンドターンリリース について (2)_Slomo_Moment










大きな問題になるのは
 おそらく 下半身 の切れ目、境目 なのだと思います。
ゴルフ と関係なく
 世間一般で 悪い意味でつかわれる 下半身 は
 足も含む、へそよりも下の部分です。

「あの人は 下半身がだらしない。。。」
  (どうゆう意味?)
 とは言われたくないですね。
そういう意味あいの 下半身 です。

しかし、コト ゴルフスイングにおいて
実際には 下半身 と言うモノは存在せず、
足と体のキレ目は 股関節 です。
へそ 辺りには 何かの境目はないのです。

一般的な その下半身 は
足も含めた へそから下の部分 ですが、
多くのゴルファーは それをそのまま
 ゴルフ動作にも使用し、
足と骨盤を一緒に動かす習慣が強いです。
その境目は へそ〜胸下 あたりになり、
それより上 が からだ ということになります。
大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)大森201904_Moment(4)










両腕の長さ の均等性 を考えると
ゴルフスイングにおいての
からだは 両肩から股関節を境目 の骨盤まで です。
それ以外の部分は 四肢 ということになります。

からだの回転において
当然、脚は使われるわけですが、
脚は からだを指させる為の 軸足 を作るため のモノで
からだの回転、体の向きを変えるコトに直接的には関与しません。
しかし、下半身(足を含め、へそから下の部分)で
廻ろうとすれば 足と骨盤は一緒に動いてしまいますから
当然、その対語に当たるdownswing
 上半身 は残り、
 後から へそから上で廻り直す 必要が出てきます。
これを ねじり〜捻転 と言います。

この捻じりには へそから上の重さが腰にかかり易く、
(スイングの場合は 主に 右腰になります)
骨盤と肩の回転にも角度差が起こり易く、
体への負担も多くなりますし、
ロフト と言う面で考えると
 上向きの姿勢も含め、ロフトを多くし易く
結局のトコロ、それまでの動き はあまり関係なく、
△無理な姿勢でからだを止めて置けるか
△そして 腕力で強く、速く、ヘッドが返せるか
そこだけにショットの是非、飛距離の是非 が
掛かってくるスイングになる訳です。

その始まり になるのが
下半身の切れ目 はどこか❓
からだはどこからどこまで❓ 
なのだと感じます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ