◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 体のメカニズム



✋動画の番号順に書いています。
 動画は素振りです。
 比較対象として
 からだの回転で直にクラブを動かす
 を乗せていますので ご覧ください。



―蕕瓩謄乾襯侫ラブを握る、
 もしくは振る 方にとって
ゴルフクラブは 長い棒状の物体 です。
普段の生活習慣などから
 手さばきで棒を振る と言う感覚が体現されるのは
ごく自然、なのかもしれません。
(手打ち 手振りのパターン_Moment

ゴルフをやってみよう と言う時点で
視覚的にもゴルフスイングのイメージや
それなりの ゴルフ用語、スイング用語などは
インプットされている可能性も高いですから
やはり 円 を作る と言うイメージがあるでしょう。

体を廻す と言うのはイメージで来ても
体を廻すと 当人の視覚的には
 ボールから一旦離れたり、近づいたり
 するので
「当たりそうもない」と思いがち ですし、
棒状の物体でボールを打つ となると
手さばき 手(腕)でやり繰りするのが
スタート になることが多いでしょう。


多くの方は
 コレでボールが当たる、打てる、前に飛ぶ
 となると ゴルフ、ゴルフの練習が楽しくなるわけです。
👏 👏 👏 👏 嬉しいですね。

 もっと上手く打ちたい、真っ直ぐ飛ばしたい、
 もっと飛ばしたい、コースにも…出てみたい

など 欲というか 向上心が湧く訳ですが
そうなると 本を読む、雑誌を見る、ネットで調べる、
写真や動画を見る、誰かに教わる、レッスンを受ける、
と スイングやショットに関する なにがしかの情報を
仕入れることになります。

ココで二つに別れる のではないかと思います。

➋ ,亮蠖兇蝓+ 肩の回転、もしくは からだの回転

 多くのボールを打撃するスポーツでは
 手振り、手打ち と言う言葉には
 あまり 良いイメージが付いていません。
 どちらかと言えば やらない方が良いコトに属します。

 ですので ,亮蠅気个に からだの回転
 もしくは 肩の回転(胴体の捻じり)を加えます。
 △肩の回転、導体の捻じり は
 手さばきの延長に属しますので ほとんどがそちらになります。


 ´△匹舛蕕任△辰討
 クラブを捩じる、ひねる、
 動かしている限り、常時、ヘッドが回転しているコトが
 (常時、フェースの向き、ロフト角度が変化している)
 後々の苦労を生んでいきます。
(手打ち 手振りのパターン_Moment(4)

 おそらく 始めは 
 そこそこのスピードが出せるなら 右に出てのハイボール、スライス
 遅い速度であれば 上がらない 飛ばない 遅い弾道です。

 ゴルフクラブはほかの打撃系のスポーツと道具と異なり、
 距離や高さ、方向などを決める大きな要素
 ロフト、ライ、フェースなどの角度が備わっています。
 また 打撃部のヘッドの重心が
 持っている棒の延長に無く、ズレているコトも有り、
 クラブを捩じるコトの苦労は 生涯付いて回ります。 

肩をまわして、胴体をひねっていても
「からだ」を全く使っていない訳 ではないので
手打ち、手振り と言う認識はありません。


人体の構造において 積極的に、胴体を捩じるのは
あまり 推奨出来ることの出来ない、無理な動きです。
「歳をとって からだがまわらない(胴体が捩じれない)」
は からだが固い のではなく 正常な反応です。
胴体を捩じるために 勢い付け として 左腕を振る、
ヘッドや腕の重さを利用する は必要悪になります。
それも 肩を入れる/左肩を入れる と言うゴルフ用語
によって 正当性をもったりします。


また、これは人によって
その順序は異なりますが、
「スイング、ショットは遠心力で飛ばす」
と言う言葉も なんとなく 自分のスイングの正当性
になっていたりします。


  〜〜つづく
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





手だけで振る、打つ(手振り/手打ち)よりは
 ⇒ からだの向き通り(からだに回転) 打った方が
支えるモノが大きい、モーメントが高い です。
飛距離はイコール
 打撃時の衝突するチカラ ですので
高いモーメントで打った方が飛距離も期待出来ます。

手で打つ イコール 手でクラブ(フェース)を返す です。
ヘッドを返す行為は 意図的な場合もありますが、
基本、打ち遅れたコトによる
からだの向きで行うコトの代用行為です。

小さな手、腕周りの筋肉で
それをするよりも大きな筋肉で行う方が

当然、反復性は高い です。
フェースを返さず からだの向きでターンさせた方が
当然、同じヘッドの状態でインパクトを迎える可能性は
高くなります
大森2019_Slomo_Moment大森2019_Slomo_Moment(2)










スイングを覚え、始めから手で振ろう
 と思っている人は多くない…でしょう。
少なくとも レッスンや雑誌などで
 スイングの話を聞いたり、読んだりした方は
出来れば からだで、からだの回転で、
「それ 手打ちだよ」と言われて
良い気分になることは多くないかと思います。

自分では からだで打っている と思っている人も
多いと思うのですが、
結果、打ち遅れてしまう。。。その差 は
 何か というと

 左腕の長さの消し方・処理の仕方 だと思います。 

多くの方は ダウンスイングで
左腕が余る、と言えば良いのか
左腕が邪魔 と感じている❓
もしくは
感じたことがあるのでは ないでしょうか❓

20200621 編集済み_Moment(7)


左の腕の肘を曲げて 短くしましょう
と言う話ではなく、
スイングのメカニズムには
 前傾姿勢と言うのがあるので
実質、左腕の長さを消すことが可能 なのです。

腕の長さは 80cm〜約1ⅿ弱 です。
片腕の重さは 約5繊8キロ位 でしょうか

同じ腕を伸ばした状態であっても
肩からダランと下げている 通常の状態は
 当然、重さの負担は少なく
前ナラエ では その長さ×重さ がかかります。
学生の頃の部活でやりましたね^^

スイングでは 特に打撃に向かう
トップ⇒ダウンスイング では
左腕を単独で横に動かす、
左腕だけでクラブを振る、ボールを強く打つコトは
  ほぼ不可能 です。
左腕は からだとの リンクマン、
もしくは からだの一部 と考えた方が良いですね。

よく右腕で叩く と言いますが、
基本、右腕の役割は
 そのからだとのリンクマンである 左腕の助け
腕の自重やクラブの重さによって
 からだに対し、遅れそうになる左腕を支えるのが主です。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)

例えば 野球でボールを投げる(右投げ)時、
多くの人は 左腕を含めた 左サイドを先に動かし、
後に 右サイド、右腕を振る のだと思いますが、
ゴルフの場合は
その左サイドを動かすコト、
カラダとつながっている、からだとのリンクマンである
左腕が移動するコト ソノモノが打撃です。
⇒左腕が動き(からだが回る) その後、打ちのではないです。

左腕が動いた後で 右腕が動くのではなく
からだ で打つ、からだの回転 で打つのですから
カラダとのリンクマンである左腕を
 サポートしながら 同時に打ちます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テークアウェイにおいて
肩が回る、両肩のラインが右を向く のは
肩が乗っかっている骨盤、胴体が右を向く 
からであって、胴体を捩じって
腰に対して肩/胸を捻っているのではありません。
2021-01-29_16-53-52_Moment(3)2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(5)2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(4)









何故 胴体/骨盤ごと 右を向く方が良いのか、
お薦めするのか と言うと
ゴルフクラブは両腕で持っています、
胴体ゴト廻ることによって 腕の付け根、
腕の生えている肩部が移動した方が
☑両腕の長さがズレにくく
☑姿勢が上向きになり難く
☑肩ラインと腰ラインに回転角度差が付き難く

なります。

俗に言う からだが開く状態、
 が良くないよー、望ましくないよー
 は
ゴルフスイングにおいての からだが開く姿勢は
同時に
ハンドターン◉右サイドが低く〜ボールに近づき
◉左サイドが高く〜ボールから離れている為、

左腕は伸びた状態、右腕が曲がった状態になり易く、
それは ロフトやフェースの開き につながります。

両方の手でクラブを握っているので
姿勢 によって 腕の長さに制約がかかります。
ですので 肩ラインと腰ラインを別々に回すと
廻る方向、周り方が別々になってしまい、
概ね平らなトコロから打ったとしても
 動作の中に 自分独自の傾斜を持つようなコトになってしまいます。
アプローチのミスの多くは
 肩と腰のラインズレ によって生まれたりします。



インパクトは体の正面で と言われますが、
決して勘違いしてはいけないのは
 ボールとからだ、胸・へそ・腰
これが正対した状態で我慢する、のではなく
その状態で我慢して「待つ」、のではなく、

1.ゴルフクラブは両腕で持っており
2.カラダが回転して ボールを打つのですから
3.インパクトは概ね からだの正面
 ボールと胴体が正対した「タイミング/時期」になる
のが ざっくりした理屈 です。

キャスティングする しない ◎ヘッドの入れ方_Moment(2)


BlogPaint多くのゴルファーは
 テークアウェイの初動 肩をまわす、左肩を入れる
 と言葉では言いつつ、
⇒ 左腕でクラブを横に押します


からだの回転でグリップが移動する のではなく
左肩を含めた 左腕がグリップを動かす
通称「手上げ」は動画等を撮ると分かるのですが、
よほど イン側に引かない限り
 アドレスよりも グリップが体から離れます。
真っ直ぐ引こう としている人ほど それは顕著です。

いったん からだから離れたクラブを 引き寄せる
 〜体に近づける
 という 余計な動きが 慣性の多くかかった居る
 テークアウェイ後半・終盤に行われるので
 スイングが無駄に大きくなり易く、
 オーバースイング や シャフトクロス
 左への逆ピボット(左への体重の揺り返し)などを
 生んでしまいます。


 全く意識していない動作なので
 何かの修正、改善に その部分が出てきません。




それら 腕の動きを からだ、胴体、骨盤 に
 変えてみましょう (続く)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



手打ちを嫌う人にとって
最大の障壁、スイング改善の難関は
ボールを打つための準備、
 テークアウェイやトップに行くまで
『自分では手で上げている、
 手で打つための準備 をしている自覚』

が無いコトでしょう。

例えば 実験的に、アドレスから
体は回さず、意図的に手だけで動かして!
とお願いをすると、まず 100%に近い人は
手だけ なのに クラブが横に移動します。
体の向きは変えていないのに
 クラブ、ヘッドが軌道を描きます。
IMG_0058Trim (2)_Moment(3)








体をねじって…
細かく解説すれば
胴体を捩じり、骨盤を含む、へそから下 と
へそから上の肩、腕を別々に回転させる、
場合によっては 骨盤をずっとボールに向けて、
肩だけを廻すことを
 「からだの回転で打っている」 

と言う認識にあるのですが…。
。。。体を使っている、胴体を使っている
のは嘘ではないので…その認識を改めるのは難しいですね。

一番の問題は
胴体ゴトではなく、腰とは別に肩をまわしているコト
によって ロフトやフェース面が常時、向きを変え続け
開いたロフトや下がった右サイド の状態で
インパクトを迎える可能性が
 からだの回転で直にクラブを動かしているコトよりも
遥かに多いことで、
そのロフトの開きやフェースの開きを解消するのに
肩周りも含めた、腕力頼りになってしまうコト でしょう。

✋簡単に言えば 
フェースローテーションが必須になります。

そして コレも長年ゴルフをやっている人に多いパターン
になるのですが、結果、として フェーすローテーションが
必要なコトが、逆に フェースローテーションをする為の
動きに刷り込まれやすいのが スイングの迷路 です。

足もそうですが、からだの回転、向きの変更も
フェースローテーションを成功させる為の
前準備にしかならず、
長丁場になり易いゴルフと言うゲームにとって
再現性を 腕周りの小さな筋肉頼み と言う点が
部活でゴルフをしないような年齢の人には不向き である
と言うコトです。


IMG_0226_Moment(2)IMG_0058Trim (2)_Moment(4)





それが胴体ゴト(骨盤と肩を一緒に)であっても
それが胴体捻じり(骨盤は回さず 肩だけ回す)であっても
右向きは 浅いよりも深い 方がベター であって
胴体を捩じる、肩だけ回す 方が
 人間の構造を無理 があるが故
(からだの構造上、胴体を捩じるのは良くない)
その捻じる量は 痛み、無理として 肉体的に認識が掴み易い
部分にもあります。
屈伸運動や前屈運動に似てますね。

骨盤ごと、胴体を捩じらず 右を向く方が
圧倒的、からだには楽、無理がありません。
体はその機能を持っていますので…。
逆 が故に 「からだを廻した」と言う
 実感に乏しい
 というコトです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイングにおいて
体の回転 と言う言葉を安易に、
そして 非常に頻繁に使用しますが、
その からだの回転 の 『からだ』
一体 どこを指すのでしょう

(インから振るのがすべて!じゃない_Moment小堀2020_Moment2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(4)スイング ココを治そう❶_Moment









これ 実はとっても大きなテーマ
なんですが、取り上げられることはありません。

ゴルフスイング、ショットは 作法 ではありませんので
見た目、格好、姿、
 他人に見られる、もしくは 動画として自分で見る
そこが 美しいかどうか、格好が良いか どうか は
個人の視点、目線、感覚によって異なります。
一般的なスイングを見慣れた方 にとって
 ハミングバードがアップしている動画 は
 奇妙なスイング…なのかも知れません。


その見た目、他人の評価 は どうでも良いのですが、
ゴルフショットは ゴルフクラブ という
 ドライバーから パターまで
必ず ロフト角度の違うクラブを用います。
その ロフト角度が 飛距離という
 ショットにおいて とても重要な基礎であり、
 方向や高さにも関係してきます。

そのゴルフクラブを 両手 で持っているのが
 スイングの種類に関係なく 共通している項目 です。

ですので その両手の長さの状態
 例えば、右打ちの人が
左腕は伸びているが、右腕は非常に短くなったインパクト
 では ロフトは本来のモノよりも 寝ている可能性が高いです。

その腕の生えている部分腕の付け根 である 肩 は
機能としては腕の一部ですが、位置としては
体の中に含まれているので
からだの回し、そのからだはどこまでなのか
 はロフトの造り方を大きく左右します。
ハンドターンリリース について (2)_Slomo_Moment










大きな問題になるのは
 おそらく 下半身 の切れ目、境目 なのだと思います。
ゴルフ と関係なく
 世間一般で 悪い意味でつかわれる 下半身 は
 足も含む、へそよりも下の部分です。

「あの人は 下半身がだらしない。。。」
  (どうゆう意味?)
 とは言われたくないですね。
そういう意味あいの 下半身 です。

しかし、コト ゴルフスイングにおいて
実際には 下半身 と言うモノは存在せず、
足と体のキレ目は 股関節 です。
へそ 辺りには 何かの境目はないのです。

一般的な その下半身 は
足も含めた へそから下の部分 ですが、
多くのゴルファーは それをそのまま
 ゴルフ動作にも使用し、
足と骨盤を一緒に動かす習慣が強いです。
その境目は へそ〜胸下 あたりになり、
それより上 が からだ ということになります。
大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)大森201904_Moment(4)










両腕の長さ の均等性 を考えると
ゴルフスイングにおいての
からだは 両肩から股関節を境目 の骨盤まで です。
それ以外の部分は 四肢 ということになります。

からだの回転において
当然、脚は使われるわけですが、
脚は からだを指させる為の 軸足 を作るため のモノで
からだの回転、体の向きを変えるコトに直接的には関与しません。
しかし、下半身(足を含め、へそから下の部分)で
廻ろうとすれば 足と骨盤は一緒に動いてしまいますから
当然、その対語に当たるdownswing
 上半身 は残り、
 後から へそから上で廻り直す 必要が出てきます。
これを ねじり〜捻転 と言います。

この捻じりには へそから上の重さが腰にかかり易く、
(スイングの場合は 主に 右腰になります)
骨盤と肩の回転にも角度差が起こり易く、
体への負担も多くなりますし、
ロフト と言う面で考えると
 上向きの姿勢も含め、ロフトを多くし易く
結局のトコロ、それまでの動き はあまり関係なく、
△無理な姿勢でからだを止めて置けるか
△そして 腕力で強く、速く、ヘッドが返せるか
そこだけにショットの是非、飛距離の是非 が
掛かってくるスイングになる訳です。

その始まり になるのが
下半身の切れ目 はどこか❓
からだはどこからどこまで❓ 
なのだと感じます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



上から打つ、
ロフトを立てる
と同時に インサイド から
と言うのを考えてみました。

2021-01-29_16-53-52_Moment(3)
トップは このような形 から 始まります。 




一般的なインサイドから打つ と言うのには
大別して 2種類あります。
video_Moment1video_Moment2
主に からだの回転 からだの向きによって
ゴルフクラブが動く というコトであれば
ごく普通にここに戻る訳です。




2021-01-29_16-53-52_Moment(4)△靴し 一般で言われる インサイドから は
からだの向きとは関係なく
単純に アドレス時のボール〜飛球線を結んだ線 よりも
内側からヘッドが来れば良い訳で
からだが正面を向いて「から
ボールと正対してから クラブを腕、肩、上半身上側 で
振るコトを指します。
へそから下の胴体とへそから下の胴体を分ける方法です。

2021-01-29_16-53-52_Moment(3)へそを基準に考えると
 ̄Δ鮓いている内に振る
 ダウンスイングに入るか
∪橘未鮓いてから
 ダウンスイングに入るか
ということになります。

✋ロフトを立てやすい
✋上から打てる
✋胴体を捩じらないので負担が少ない
✋インパクトが「早く」訪れる

と言う点から 断然  ,鬚薦めしています。

2021-01-29_16-53-52_Moment(3) それを苦手としている人が多くいます。
もう一度 この写真をご覧下さい。

グリップエンド と ヘッドの関係
であれば ヘッドの方が綢
黄色い線であれば 写真向かって藺Δ離┘螢△紡減澆靴討い泙后

テークアウェイでは
腕 や 手 は
 クラブを、グリップを高く した だけ で
多少はあっても クラブやグリップを右(写真で言うと茵
に引いたわけではありません。
意図的に クラブを横に腕で動かして引いたわけでは
テークアウェイを取ったわけではありません、
ただ 高くした、上げただけ です。
ですので 簡素化して言えば、
腕を降ろし、グリップを下げれば
元の合流点、インパクトへとたどり着けます。

おそらく ココが からだの向きを変えながら
ボールを打つ 視覚情報 と
実際にソレを行う 打ち手の感覚 の
『最大の齟齬』 なんだと思います。
トップとダフリの『勘違い』_Moment(2)◉確かに ボールとヘッド
ボールをフェースは
横の関係で衝突します。
ボールの真上から
地面に向かって の
接触ではありません 

それは からだの向き が行うコト であって
意識が行き易い 手作業は それに高さ、上下を加えただけ
にも かかわらず 手でも横から打ちたく
横から打つモノだ を思っているフシ があると思います。

      ・・・明日に続きます
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ハミングバードでは
骨盤、胴体ゴト、股関節を境目に
からだ、上半身をねじらずに
右を向くコト
をお薦めしています。

20191006_Moment(3)


 それは何故か というと
ポイントの一点には『股関節』があります。

プロがどうであるか、他人がどうであるか、に関係なく
練習量が豊富でなく、からだのメンテもし難い、
筋肉の鎧で骨や関節を守り難い
アマチュア、オジサンおばさんゴルファーの場合、
上半身をねじらず、
股関節を境目に 骨盤〜胴体ゴト 右を向いた方が
体も痛めにくい上に
スイング動作 の時間の中で
 ✋右股関節よりも 左股関節が低い時間を
 たくさん確保するコト が可能になります。


インパクト時の 前傾姿勢
➽具体的には 左股関節部での
 大腿骨と骨盤の傾き差 を
 維持したいと持っているゴルファーも多数います。
➽先日の記事でとりあげた
 ディッシュアングル (左腕とクラブの角度差)
 こちらも維持、意識しているゴルファーもたくさんいます。
✋運動が激しく、運動速度の速い
 ダウンスイング後半、インパクト前後で
 その双方を意識することは 非常に難解 です。
 不可能 と呼べるほどの領域です。
✊しかし、ねじりの少ない良質な右向き、
 胴体ゴト、骨盤の右向きが多くあれば
 その双方の問題は格段に解決し易くなります。





今更、になりますが
スイングの軌道と呼ばれるモノは斜めに傾いており、
ダウンスイングで 進行は 斜め下に向かい
フォローでは その進行は 斜め上に向かいます。
20191006_Moment(4)

出来るだけ それを からだの回転で というコトになると
その 斜め の源は 前傾姿勢
 股関節を境目にした、骨盤と大腿骨の角度差
 によるものです。

つまり 右向きのポイントは
胸とか肩が右を向く…たくさん右を向く
と言うよりも
いかに トップオブスイング以降、
切り返し、ダウンスイング以降
左股関節が右股関節よりも 低い時間を確保出来るか
左股関節の方が低いか というコトになります。
その為に 準備にあたる テークアウェイの時点で
右股関節の方が荼坿慇瓩茲蠅盥發ぞ態をつくり、
その状態がより長く維持されるように
 しておいた方がベターでしょう。


故に テークアウェイを
◔トップの形や、
◔テークアウェイの為に、
       するのではなく
ダウンスイング以降の その股関節の関係 
 それを考えて 形成すると良いと思います。

角度で言う何度 は 好き好き ですが
深い『骨盤の右向き』 
胴体の捻じりの少なさ 
 (肩周りの右向きと骨盤の右向き差の少なさ)

スイングの七癖を隠す ほど
 アマチュアにとっては 生涯の財産になります。


sample2018 (2)_Moment(2)

😢 捻転・・・ 捻じり と呼ばれる
肩と腰の向き差 ですが、
「からだがまわらない」 
とよく耳にしますが、
その部分は 意識的にねじり差を創るのは非常に難しいです。
ある意味 「まわらなくて当然」と言えば良いのか、
廻ってしまったら 痛めてしまう可能性や重大な故障
になる可能性すらあります。
からだの構造的に、
 率先的に 胴体を捩じるように出来ていませんし、
痛み が伴うので、拒否する気持ち、
怖い気持ちから逃れられないから です。
それに比べると 股関節 は可動域が格段に広く、
繰り返し慣れていけば 
 かなり 股関節の可動域は広げるコトが可能 
です。
私たちの年齢にとって 歩くコト や 姿勢やバランスを取るうえで
とても重要になる箇所で
可動域が広がることは ゴルフ以外にも大変役立ちます。




あまり 具体的な動作… の解説は好きではありませんが、
スイングではなく、下半身、足のドリル と言う意味で
 左足が 茲慮坿慇瓩
 アドレス時の飛球線反対方向、からだの右方向に
 じわ〜と押す
 ✋そして、その時、蕕慮坿慇瓩茲蠅
 左股関節の方が下になるように押す と
 右の股関節は 後方(背後)に逃げ、
 結果、として 骨盤が右を向きます。

 ダウンスイング以降は
 右足 が蹴る訳では決してありませんが、
 やはり 右の股関節を
 飛球線方向… 回転することを見越して
 それよりもやや右目のシャンク方向位に
 左股関節を上から抑えるような感じで押すと
 荼坿慇瓩郎犬侶い両紊△燭蠅泙任浪,気譴泙垢、
 それ以降は 左には行けないので
 テークアウェイと同じく 後方(背後)に逃げるような
 そんな感じで 左向き になる訳です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



握り、グリップにも関係しがち な
お話しになります。
アドレスから テークアウェイの初動、
そうですね、アドレス時の自分の見える範囲位
と考えて良いと思いますが 、
クラブヘッドのフェース とともに
自分の左手甲もずっと ボールに向けて置きたい
 です。

左手のグリップがフックが強い人には
始めから難題になりかも知れませんが…。

(復活の狼煙 3か月ぶりの練習^^_Moment


グリップの移動は
基本、からだの向きです。
が故に テークアウェイは
からだの向きと直結しますので
グリップは思っているよりも すぐにインに移動します。
これを 手さばきであげてしまうと
かなり早い段階から 左手の甲は空を向きたがります。

◉出来るだけ 早めにグリップのインへの移動
 と
◉左手の甲をボールに向けておく
 を
同時に達成するには
からだの向き、骨盤の向きによって
右を向き始める必要が生まれます。


また、これは ダウンでのインアウトの話しにも
絡んでくる部分ですが、
クラブは手よりも上に位置しています。
手の上で持っている(親指側)訳ですから
グリップの移動ラインよりも ヘッドは上を通る感じです。
(クラブ も 腕 も 振らないスイングを_Moment(2)

左手の甲を上に向けてしまうと
クラブは一度さがってしまい、
その分もあり テークアウェイ終盤、トップの位置付近で
たくさん上げなくてはならなくなりますから
動作自体も無駄が多いですし、変な加速も入りますので
制御し辛く、
シャフトクロスやオーバースイングの原因にも成り得ます。


そういう観点からすると
テークアウェイはもっと右手、右腕で行う意識
があっても良い気がします。

往々にして テークアウェイは左サイド、左腕主導と
考える人が多いようですが、
右腕の方が左腕よりも上 にある訳ですから
しっかり 右腕でクラブの重さを吊っておく
感じがあっても良いかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフ用語でよく使う  「アウトサイドイン」
ダメなスイングの表す代表的な用語 ですが、
  ・・・先日も書いていますが、
それは単に アドレス時の願望的基準値のターゲットラインがあり、
実際には体を開いて〜左に向き でインパクトを迎え、 
その意味不明な始めの基準線
の外から入ってきたように見えた に過ぎません。

20161215Trim(2)(2)(2)_Moment(2)-120161215Trim(2)(2)(2)_Moment(2)









治さなくてはいけないのは
✋体が開いた時、左を向いている時に インパクトを迎える
別な言い方をすると
✋ヘッドの時間と体の動作の時間が合っていない…
 体の時間に対し ヘッドが間に合わない原因を考える

というコトであって
ヘッドの、スイングの軌道の問題ではありません。

また 体が開くからダメ というコトで
体が開かないように『止めるコト』も問題解決になりませんし、
非常に体に危険なトライになってしまいます。


ですので ヘッドの時間と動作の時間 という点においては
何かの問題、課題はあっても
スイング軌道には問題がない可能性も少なくないのです。


体の回転通りにクラブを動かして
インパクト時が体が開いている ということは
アドレス基準線₍ターゲットライン₎に対しては外から入って見えます
でも それって スイング軌道と自分の動作の関係は合っているから、
間違っていない!からそうなるんです。
20161215Trim(2)(2)(2)_Moment(2)-1

にもかかわらず そのヘッド軌道を治してしまったら
スイング動作とヘッド軌道の関係は分離、別なものになってしまいます。

体が開いてインパクトしているにもかかわらず
アドレスのターゲットライン(単なる願望ラインに過ぎませんが)の
内側から入れてくれば フェースを開く〜ロフトを開かなくてはなりません。
スナップショット 1 (2014-02-07 18-29)

しかも その軌道を判別できるのは
ダウンスイングの後半 インパクトの間際のところですから
直前まで ロフトを開いておかなくてはならなくなります。

ええええええええ
軌道の為に プッシュどスライスやシャンク 打つんですか?

そこから急激なフェースターンをすれば
当然安定し難いショットになりますし、
フェースターン・・・ ヘッドをたくさん、かつ素早く動かすのには
グリップの減速〜停止が必要ですから
より 一層 体の回転・体の動作とヘッドの移動、
ヘッドの軌道の関係性は希薄 というか
ここまで行くと もう全くないに等しくなります。


となると その本来手段であった スイング軌道 が
スイングの目的になってしまい
大事な ショットは二の次になってしまいます。

また 体の関係とスイング軌道の関係を断ち切ってしまっているので
単なる  手打ちスイング・手振りスイング をしなくてはなりません。
2276add6


私がゴルフを覚えている頃では
絶対してはいけない、出来れば避けたい スイングの類
だったのですが・・・・ 私が古いのか・・・ 今のゴルフ業界がおかしいのか・・・


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


新年は 1月5日(火曜)より 営業致します。

 営業時間11時〜20時 (水曜定休)

golf-787826_1280


ハミングバードに来店され、
悶絶クラブ、もしくは悶絶入門クラブ を手にされる
一番多いケースは
硬いシャフト、軽いヘッドのクラブを使ったせいなのか
体のどこかを痛めているケース です。

多い箇所 で言うと
やはり 腰、肘、手首、
最近では 首 と言う箇所も加わってきました。

かなり深刻な場合もあり、
重めのヘッド、または 柔らかめのシャフト
を試して ダメなら ゴルフをあきらめざる得ない
と言う方もいらっしゃいました。

スイングが良くなる、ボールが飛ぶ、真っ直ぐ行く
というのは ご本人の何かの変更も必要になりますが、
幸いにも 体の故障に関してだけ は
悶絶系クラブはとても有能、万能とも呼べるほどです。

カラー変更3 (002)



飛距離やショットの安定
それらを悩んでいる方の大半は
呼んで良いのか微妙ですが 手振り〜手打ち です。

店主;私は 手打ちが悪いとは思っていません。
手でクラブを振っても
からだを傷めず、楽しくゴルフが出来れば
それで良いじゃん と思っています。

飛距離やショットの安定、そして体の痛みが伴う
スイングを体系化すると 手打ち なのは
クラブを捻って ロフトを上手に使い難くしている、
開いていないロフトを 開いて使おう としている、

に つながってしまう からです。

井上2020725_Moment悩んでいる方 にお勧めする第一 が
テークアウェイ時の 
『右ひじのクランチ』
右ひじをやや高め やや外目に張って
傾きの分、左よりも高い
クラブをねじらない

テークアウェイ〜トップを取るコト です。

形としての 右ひじの張り、上げ は重要ではなく
そうすることによって
からだの向きを変えざる得ない コトがポイント。

似たようなトップのクラブの位置 だとしても
肩周りだけ、腕だけで ココに持ってくることが難しい
グリップが体の幅の中から外れにくく
ロフト、フェースが開かないコトがポイントです。


漆原_Moment元々 右を向いた時、
その傾きの分 右ひじの方がやや高め
の状態を作れている人は 悶絶クラブを持っても
あまり悶絶しません。
逆に 悶絶度が高くなるケースは
左ひじの方が高く、
カラダ幅よりも大きく クラブが外れてしまっています。

重めのヘッド、柔らかめのシャフト を上手に利用する
一番のポイント と言っても良いと思います。
それは 20年前も今も変わりがありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



『からだの回しかた』
2017-06-13 19-07-51
✋どう回すのか
✋どこを回すのか

というのはかなり重要だと思います。

maenaraeヘッドの重さ と言う話はちょっと抜きにして
正面を向いた状態を基本とし、
バケツリレーのように
 右を向きバケツを貰い、
 茲鮓いて 茲凌佑謀呂后,箸靴泙靴腓Α

それをする際、
向きを変える のを基本とする訳ですが、
両腕で同じモノを持っている
両手は似たようなところを握っている
と言う条件は必ず付きます。
ゴルフクラブを持っている条件ですね。

右にあるモノを取り、左に渡す
 これを出来るのは 概ね 4か所のパーツ です。
(回転の箇所
1.腕のみ
逮捕しちゃえ のからだの回し方 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

2.肩をまわす 腕を振る
 アマチュアゴルファーに限らず 一番多いパターンです。
 繰り返し書きますが、
 肩の乗っかった上半身の向きを変えているから
 結果、として 肩ラインの向きが変わるので
 腰ライン、骨盤に対し 胴体をひねり
 腕や肩だけで 右にクラブを持ってきてしまうと
 両腕の長さの関係から どうしても クラブは捻られてしまいます。

radioハンドルを右に切るような感じですね…。

この際、左グリップ〜左腕によって
薀哀螢奪廖善ο咾呂ぶられてしまうので
(上に乗られてしまう)
右ひじは体に付いたままの 下向き
になるケースが非常に多いですね。

弊社で言うところの クランチ
 右ひじは それに比べると やや外に張り、
 からだの傾きの分 両肘の関係は 右がやや高め
形、型にこだわる必要はありませんが、
この両肘の高さ関係、やや外に張り目の右ひじ というのが
右向きを体で行えているか の目安になります。
葛谷 2017-2020_Moment(2)


肩をまわす とともに
左肩を入れる、左腕の伸ばす 意識 は
ともすると 右半身を軸に 左上半身だけを動かす
コトにつながりかねません。

テークアウェイ、トップでは
クラブは右に持ってくるけど、右向きは造るけど、
出来るだけ ロフトも、フェースも 開かないでいたいです。


✋打撃の力の源 である 回転と言う移動力
 その移動によって ヘッドは、その重さ、
 運動の加わってその重さによって
 回転より 遅れていきます。
 そのグリップに対するヘッドの遅れ
 を 横の遅れ にしてしまうと
 ゴルフクラブはその構造上、『開き』になってしまいますが、
 縦の遅れ、上下の遅れ にしてあげれば
 ロフトは 上下に進行する分、立ちます。

ですので からだの回転 からだの向きの変更以外 の
 グリップやヘッドの 横ずれ、横移動 は 最小限に抑えたいのです。
  


開かない上げ方 の ヒント は
 テークアウェイ初期、初っ端の動き で
グリップを動かそうとしない
グリップを単独で動かそうとしない
グリップを引こう(押そう)としない コト です。

紛らわしいですが、
 からだの向きが変わる方 グリップが移動するのであって
 グリップを単独で動かそうとすると
 その時点で からだから 肩回りは分離してしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ボールをこすらないで つかまえて打ちたい(こすり球克服ドリル_Moment(2)

ゴルフクラブは両手で持っている限り
その両手、それぞれの長さの関係
そして腕の付け根、腕の生えているトコロの
 上下左右の位置関係  によって
こすり易いか、つかまえ易いか

 だいたい決まってくる。

Desktop 2020.09.03 - 15.33.57.01_Moment


ダウンスイングで、インパクトまでに
 右腕を伸ばせー‼ という
意識が良いとは言い切れませんが、
左腕に対し、右腕の長さが極端に短ければ
どうしても ロフトは開き、フェースも開きます。
それと同じ、と言えば同じ、
どちらが鶏で、どちらが卵かはスナップショット 3 (2013-06-02 23-15)
 打ち手によって異なりますが、
右サイドが下がる、ボールに近づき過ぎる、
左サイドが上がる、ボールから離れすぎる、

という 左右の 腕の付け根の状態は
やはり 右腕が伸びる機会や空間がなく
ロフトは開き、フェースも開きますし、
からだの姿勢が 上向き(左サイドと右サイドの高さ関係)
であれば、箇所としてのインパクトのロフトは良くても
登り斜面でボールを打つような球になってしまい、
やっぱり効率が悪いでしょう。


そういう意味でも
『からだの回し方』
スナップショット 13 (2013-06-03 19-48)

✋どう回すのか
✋どこを回すのか


というのはかなり重要だと思います。

2017-06-13 19-07-51

ヘッドの重さ と言う話はちょっと抜きにして
正面を向いた状態を基本とし、
バケツリレーのように
 右を向きバケツを貰い、
 茲鮓いて 茲凌佑謀呂后,箸靴泙靴腓Α

それをする際、
向きを変える のを基本とする訳ですが、
両腕で同じモノを持っている
両手は似たようなところを握っている
と言う条件は必ず付きます。
ゴルフクラブを持っている条件ですね。

右にあるモノを取り、左に渡す
 これを出来るのは 概ね 4か所のパーツ です。
(回転の箇所


1.腕だけ
 これは 同じモノを、そして似たような箇所を握る
 と言う条件が満たせません。
 右向きの場合、薀哀螢奪廾銘/右手に対し
 左手、左腕の長さが足りません。
 一番悪い例ですが、さすがにこれは不可能です。


2.肩、そして腕だけ
 腕だけでしようとしても
 腕は肩甲骨まで 一緒に動きますので、52442_360240
 結果、肩だけが向きを変えます。
 ゴルフスイング全般の中で一番多く、
 覚えるべき動作としては
 一番性質の悪いパターンです。

 基礎的にゴルフスイングの場合、
 何度も書いていますが、
 股関節を境目として 胴体が向きを変えるから
 その上に乗っている 肩も向きを変えるのです。

 肩の向き「だけ」を変えようとすれば
 両手で同じモノを持っている
 両手が似たような箇所を握っている
 というコトが実行できず、
 腕も捩じらなくてはならなくなります。


 また、肩だけをねじって 偽装右向き を作ったとしても
 帰り、戻りはどうしているのでしょうか❓

 そう意識しているのか分かりませんが、
 肩だけを回して テークアウェイ したのに
 ダウンスイング、 帰りは 腰から始めたりしますよね。
 
 そうしたら からだ開きません❓
 右サイドがボールの方に出ちゃいません❓
 左サイドが打つ前にボールから離れちゃいますよね…。

 胴体を捩じって クラブも捻じって
 からだにはかなりの負担がかかる上に
 その動きには クラブも捻じる が伴います。
 力感は強いから 飛ぶ と思うかも知れませんが、
 飛ばす と 再現性
 飛ばす と 安定性
 の両立が 簡単に出来るでしょうか❓

 ゴルフクラブのように 構造も 使用意図も
 角度が重要な 割と角角したモノ です。
 それを使う自分も捻じれて クラブも捻じって。。。
 その練習量、自分の運動性能で可能でしょうか❓

 より簡単な方法を考えてみましょう。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


する必要の無いフェースターン
副作用の多いフェースターン
これを避ける 言葉で言えば簡単な方法 は
する必要がないのですから
 「フェースを開かないコト」 です

聞いてますか?Rさん! 聞いてますか?Rさん! 聞いてますか? Rさん!


アドレスの時点では
 フェースは開いても 閉じてもいません。

からだの向き
 ハミングバードで言う 正規の右向き であれば
クラブ単体は動いておらず
 それを持った 自分が右を向いている だけ です。


これは普遍的に覚えて頂きたいですが、
ダウンスイング ⇒ インパクト での2020-12-09_21-08-58_Moment
🔴フェースの下向き
🔴上に位置するフェースが 上からボールを見る

この関係性は、
「小手先で作るモノ」 ではなく、
前傾姿勢の含まれた右向き時、
 左サイドの方が右サイドよりも引く位置関係
によって 作り出されます。



とは言っても そうすぐに 出来るわけではないので
 フェースを開かないようにする 幾つかの点を…。





.董璽アウェイででは ヘッド単体を上げないコト!
   (だからって ヘッドを下げてはダメよ)
 トゥ〜ヒール方向 ライ方向にヘッドをあげる
 と思っている人がおおいですが、
 そのアクションは クラブの構造上、
 茱哀螢奪廚鮃發、薀哀螢奪廚鯆磴する事とつながり易く
 フェースを開く、ロフトを開く ソノモノになり易い です。

 テークアウェイでは 量はお好み ですが、
 両腕がほぼ均一に上がっているだけで クラブ単体はあがっていません。
 両腕がほぼ均一に動いたことで グリップが高くなっただけで
 ヘッドをあげたりしません。

▲肇奪廚琉銘屐,硫菫ですが、
小堀2020_Moment
前にも書きましたが、
あくまでもイメージですが。
この位置、この姿勢で
この赤いボールを フェース で
地面に向かって打つ 感じから
ダウンスイングを始めるコト

ターゲットとしてのボールボールは軌道上 にある訳ですから
そのイメージのまま 動き始めれば
結果、ボールを横に、飛球線の方に打つコトになります。

出来るだけ 早い段階で フェースを下向き
もしくは
 ダウンスイングでわざわざ より一層開くコト のないよう
イメージつくりをする必要があるかな と思います。


おまけ;ものすごーくお薦め はしませんが
video_Moment(やらなくていいなら それに越したことはありませんが)
 この角度 において ちょっとだけ
 フェースをこっちに向ける「感じ」
 
左手の甲がこっちを向いている感じ…
 やりすぎはダメですよ。

これの方が フェースでボールを下に…
フェースの下向きが創り易い…かも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 では Kさんのスイングを見てみましょう。



先日の記事 でも書きましたが、
☑からだの回し方
を胴体を出来るだけ捻らず
股関節を境目に、胴体を右に向ける
というコトは意識されていると思います。
小堀2020_Moment

ココで(Kさんとは関係なく)全般的な注意点、なのですが、
胴体 をひねるか どうか は
左腕の使い方 次第 とも言えます。
200811__Moment(3)
よく言われる テークアウェイで肩(茵砲鯑れる のでは
胴体は捻られてしまいます。

股関節を境目に 骨盤「を」しっかり右向きに造っても
腕さばきは今までの通りならば
胴体の捻じられた 骨盤も右向きの 深いトップ になるだけで
骨盤に対し、肩がひねられている
 その相対関係に変化は起こりません。

股関節を境目に 骨盤「を」しっかり右向き
 にシフトする場合、
肩回り、腕さばき、左腕で クラブを
からだの右に送る 動きを減らす、無くす

 👉その仕事は骨盤の右向きがしてくれます



小堀2020_Moment(2)小堀2020_Moment(3)小堀2020_Moment(4)小堀2020_Moment(5)










Kさんのスイングの問題点、
これって 全国のゴルファーの半分 の人の、
って言えるくらいの メジャーな課題 だと思いますが、
フェースを開いて 切り返し ダウンスイングに入るので
どうしても フェースターンが必要になってしまう

と言うトコロです。

意図している とは思えませんが
テークアウェイからの人もいますが、
特にダウンスイング〜インパクトまでの
ヘッドの通り道のり、軌跡、俗に言うヘッド軌道 を
フェースが舐めてきてしまう、
 軌道にフェースが平行な状態で インパクトまで来てしまう、
 本当に直前まで平行な状態 で来てしまえば
当然 そのままでは だるま落とし というか
ボールとマットの間もヘッドがくぐり抜けるような感じになってしまいます。


(タイガーウッズ_Moment(2)

軌跡に対し ずっと 垂直なヘッド は無理ですが、
出来るだけ早い段階で 軌跡に垂直な状態が来ることが望ましく
そうでないと フェースでボールが打てない…
そのクラブの適切なロフトでボールが打撃出来ません。


この状態のまま ボールにヘッドをぶつければ
ボールにコンタクトする面は ソール です。
このままでは ボールは打てません。
故に フェースをボールに向ける必要が生まれますが、
🔴腰よりも肩、
🔴肩よりも腕、
🔴腕よりもクラブ、
🔴グリップよりもヘッド
より先端に近いモノを「多く」動かそうとするには
土台を止めざるを得ません。

スイングの中で いったん
フェースターンが必要な状態を作ってしまうと
からだの回転とクラブの移動を分断せざるを得ず
からだを止めて 腕を振る〜ヘッドを返す
手打ちにならざるを得ない というコトです。


小堀2020_Moment小堀2020_Moment(5)









ですので 割とダイナミックなトップまでの動作
 に比べ、ダウンスイングでは からだの回転を止めるコト
それを前提に動いているので からだの大きな動作は非常に消極的、
おそらく 茲諒鼻弔發笋辰箸靴討呂辰り分からないモノ
にも影響を受け、からだの回転を止め
 その反動、その慣性で腕やクラブを振っている・・・
 (腕やクラブを送っている に近いかな)で ボールを打っています。



手打ち が悪い訳ではありませんが、
🔴ミスの頻度が高い
🔴ロフトが多めでインパクトする確率が圧倒的に高い
🔴が故に 同じ距離を飛ばすにも より多くのヘッドスピードが必要
🔴止める反動で振るので からだに無理が生まれ 故障し易い
などが 考えられます。
それを気にしない人、痛みに強い人、痛みが好きな人向き とも言えます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールから目を離すな

 と言いますよね。 

これって 一見すると
 ずっとボールを見て置け って意味に
捉えられますが、真実は違います。

からだの回転で直にボールを打つ人
(胴体をひねらない、肩と骨盤を一体に回す人)
にとっては
見ていても 見ていなくても 大きな差はありません。

実際、テークアウェイ時は
視線誘導して置き 顔や視線ソノモノを
右に向けた方が 右向きがし易くなります。
ボールを見ておく、 もしくは
ボールを視界の中に留めておく
と言う意味で からだの回転で直にボールを打つ人
(胴体をひねらない、肩と骨盤を一体に回す人)
にとって ボールを見ておく、視界に入れておく
と言う意味の ボールから目を離すな です。
  どっちでもいいですけどね…。
20191006_Moment20191006_Moment(3)







ところが 捻転派、胴体をひねる人 にとっては
ボールから目を離すな は その言葉の通り
ボールと目との距離感が重要になります。
前の記事 の通り、
捻転、そしてその解放 で打つと
からだは一度縮み、元の長さに戻ります。
伸び上がりながら、からだを開きながら
ボールから離れながら の打撃になります。
その最たる例、が 「地面反力」 だったりします。
(地面反力 = 地面を上に蹴るチカラ)

ですので ボールと目との距離を維持して置かないと
上手く打てない…維持して置いても難しいと思いますけど
その言う意味合いなので 中身は異なります。

目と言う左右にある構造上、
動作中に 奥行きの何センチの差 は
見ていても 把握出来ないでしょうし、
把握出来ても その修正、間に合わないでしょうから
なんか もっと 深い意味あるのか 考えますけど
どれもこれもが 実効性の無い、自分の為 というよりも
人に見せるためのスイング、教えてくれる人を納得させる為の
ハードル に近いので 答えは出てきません…。

ararara_MomentIMG_0302_Moment








からだで直に回る、
胴体をひねらない に移行したい人の
始めの難関は
テークアウェイで からだ、そして視線が
いったん ボールから離れる、この場合は距離、
いったん ボールから遠くなるコト なので
そこは素振り などで 視線誘導し、
その距離感を認識、掴んでいた方がいいかも、知れません。

テークアウェイは確かに ボールを打つための準備行為 ですが、
動作の勢いをつけるための モノでは無いので
ボールを打つための準備ですが、
その場所(トップ)に行くための 助走路 に近いので
スピードも不必要ですし、
まして 息を止めるような勢いは全く必要ありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 
×腕で振る
×手を返す 
×肩の周りがからだの回転

で行っていた方が
『リアル からだの回転de』謎のストーカースイング_Moment
に移行するのに ちょっと頭の整理 が必要です。


足さばき を使って
 骨盤ごと 胴体の向きを変える のです。

それは もう アドレスからテークアウェイの初期段階
から 発生します。

足を使って、
骨盤ごと 右を向く…
これって ボールを打たない のなら 誰でも出来ますよね。

でも、多くの人が
腰は動かさず、その腰に対し
クラブと言う長さや重さ、
腕と言う長さや重さ を使って
 無理やり 胴体をひねります。
スイング ココを治そう❶_Moment
先日の記事、でも書きましたが、
クラブを持たず、準備運動として
からだを捻るのなら まだマシですけれど、
1mの棒、その先に 数百gとは言え重さの付いた棒を持って
それと同じ行為 をしたら
からだが力んで、制限をかけておかないと
からだを傷めてしまいます。
  勢いや慣性も付きますんで…。

ですので、テークアウェイの初動 から
 如何にも 勢いをつけるような速度で始める人
結構、見かけますよね…。
 「もっと ゆっくり上げたい」と願うんでしょうけれど
それって 無理やり からだを捻じろうとしてるんですから
無理なんですよ、勢い必要だからやってるんです。

で、胴体をひねって 肩は右向いて、腰は
葛谷 2017-2020_Moment(2)
ボールに向いたまま、
この行為そのものが無理な行為 なんで
この行為そのものが 「リキミ-そのもの」なので
「スイングから リキミ を排除したい」 と言う願望は
イコール テークアウェイを取らない、右を向かない になるので
それも 全く無理難題、端から理論破綻してるんです。



トップの位置付近で
右ひじを下に向ける…からだのくっつける
フライングエルボーのように
 クランチして、右ひじを外め、高めにするのを
 嫌う傾向がありますけれど、
胴体をひねっている限り、右ひじを下に
 下に向けてる訳では無くて。。。
右腕をめいっぱい短く使わないと 左手が届かない、
それが形として 右ひじを下に向けているだけ なのです。
ですので 右ひじを下に向けている人、向けていた人は
トップの位置や切り返しで
残念ですが、「リキミ」は外せない のです。
重心のかかり方 (3)

故に 股関節から、胴体をひねらないようにしたい
の第一歩は 右ひじをやや高めに、やや外目にする
から 始まったりするのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



×腕で振る
×手を返す 
×肩の周りがからだの回転

で行っていた方が
『リアル からだの回転』
に移行するのに ちょっと頭の整理 が必要です。

大森201904_Moment大森201904_Moment(4)









足さばき を使って
 骨盤ごと 胴体の向きを変える のです。

ですので 肩の回転は要らなく なります。


全く脱力と言うわけではありません。
からだを意図的にひねるコトは推奨しませんが、
からだを傷めない為に 胴体にはひねり という「遊び」
というか、緩衝になる部分と言うか、行為はあります。
ですので 骨盤の回転に対し、
本当に脱力、ダラダラにすれば
クラブや腕、肩周りの重さによって
肩部分はひねり遅れてしまいます。

その遅れが発生しない程度、には 使うは使います。


ハミングバードでは よく
「ダウンスイングでは先に左腕、腕を使え」と言っていますが、
これも 今まで「意識的、無意識に限らず」
肩周りを胴体〜骨盤に比べ、遅らせてきた人にとって
「先に」 腕…実は肩 を動かしておく 位 でないと
同時進行にはならないか
ら です。
(比較)左手ドリル_Moment(7)

腰は正面に向けたまま、
へそ 辺りを境に 肩周り、上半身上部 だけ を回転
捻転なんて言葉も使われますが、
肩だけを回してきた人で
世界中、過去も振り返り、トッププロも含め
インパクトに 骨盤・腰が ボールと正対している人を
見たことがありません。
(頑張って止めて置け と言う意味ではないですよ)
今では 誰もが インパクト時、
飛球線後方から お尻が丸見え状態 です。
AZEJ5123_Moment(4)

ダウンスイングの始まり、切り返し において
腰は動かさず 肩だけ回す
なんてコト 出来ると信じている方がスゴイ です。
動いていないのは 地面を捉えている足の裏 だけ
なのですから 当然、腰の方が先に回り、
腰が行き着くところまで行ってから 肩が回る
なんて言うのは 人間の構造上、当然 です。


多分…ですけど
からだで回す 胴体をひねらず回す
にすると 打った感じがない…力感が出ない
と多くの方が言いますけれど、
それは 腕 よりも 肩周り、背中廻りのリキミ感
を感じられないことによる 拒否感 なんだと思います。
それって 「リキミ」 ソノモノ なんですけどね…。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)






胴体をひねったら 筋肉で抑えて 制限をかけないと
からだを痛めます。
✋そりゃ そうでしょう。
 リキミは ある種の 恐怖感 です。
それが 要らない んです…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだを回す
正しくは
 からだ「で」まわす になると思いますが、
 からだの向きを変えるコト で
 直にクラブを動かし、ボールを打ってみる

というのは
オジサンおばさんゴルファーには
からだを傷めず、安定して 継続して
 ボールを飛ばすコトが可能になる方法です。

その幾つかの理由は
 クラブは両手で持っており
左右、双方の腕の長さの違い(曲がっている、伸びている…)によって
 ロフトやフェースの向きが変わってしまいます。
からだを捻らず、胴体を捩じらず ショットした方が
 双方の腕の長さの都合が付き易くなります。 
44_1_0p

胴体の向きが変わるコト が 打つコト になれば
胴体をひねって、腰に対して、肩をまわすに比べると格段に
「微妙」なタイミング が少なくなります。



ある程度の年齢のゴルファーにとっては
 腰は痛めたくない、怖い箇所 です。
胴体をひねる というのは それそのものが怖い行為 ですので
「歳とったから からだが回せない」
は ある種、防衛本能としては当然なのです。

ラウンド中 多くのショットミスの原因は
 右向き不足ではなく 右向き不良 から起こります。
 捻転不足 ではありません
疲れてくれば 捻転という 危険な行為を
本能的に回避しようとするのは 自然な反応なのです。


それに比べ、股関節(そこにはその機能が在ります)が
向きを変える/変えない の境目 になれば
ひねる機能の無い胴体よりも 格段に回せるようになります。


imageCAX9G566胴体をひねる動きは
自分では 固定して 動かさないようにしているつもり の
胴体のへそから下…ゴルフで言われる下半身 は
ひねる動き に 当然、大きく影響を受け
無自覚に動いてしまいます。
テークアウェイ時、肩だけ、上半身上部だけ を右向き
にしようとすると からだはボールの方に倒れる(前に出る)ので
体重を右に乗せることが出来ません。
imageCAJZ6XBVダウンスイング時には 下半身は正面、ボールに向けたまま
肩だけを回そう と言う幻想は肉体的には不可能で、
腕を振るためか、かなり早めに体を開き、
インパクト付近では 両股関節は横並び、
飛球線に対しては 垂直 の関係に位置してしまうので
左右のどちらかに 体重移動… というコトが不可能になります。

それに比べ、からだを一体に向きを変える回転は
足の踏み込み と非常に似た動き
になりますので、からだの向きの変更と体重移動は
イコール と呼べるほど 共通する動作ですので
からだの回転と体重移動 どちらかが上手く行かない…
と言う悩みからは解放されます。


200811__Moment(3)腕で振っていた
からだを捻じっていた
と言う行為に慣れていた方が
年齢とともに 辛くなってきた…から
からだを一体に、股関節を境目にからだを回す
に移行したい と言う方は 少なくありません。

その移行の一番の障害になるのは
打った感じ 振った感じ の 力感の消失 です。
 …北関東の方で唸っている人がいるような いないような…

インパクトへの位置取りとして ボールと正対した骨盤、
その後に 肩をまわし、腕を振り、クラブを返す
→これを 一つにまとめ 足を使った、
 勿論 多少なりの上半身や肩周りの補助も入りますが、
一体に胴体、上半身を動かすコト そのもので打つ とすると
手の返しで打っていた のと
 同じチカラ、同じ労力感が 腕や肩周り に残るでしょうか?

ある訳ありませんよね。

比較対象としては 適切ではないかも知れませんが、
足で走れば 50m走れます(ホント?)し、タイムも測れる…かも
逆立ちが出来るとして、逆立ちで50m走 行けそうですが、
無理ですよねー… もうこの歳だと 逆立ちも無理です。

腕や肩周りの労力感 は ほぼ全部失います。
それが嫌なら からだの回転で打つ はあきらめた方が良い程です。

腕と腰回り、骨盤周りの筋力の差は
大人と子供以上に差が有る気がします。
大人がその子供の仕事を ある意味「奪ってしまう」のですから
子供…である 腕に「仕事感」がないのは
想像難しく…ないのではないでしょうか…。

(あくまでも 私の雑感ですが…)
肩回り、腕周りでクラブを動かす方が、
 強く、そして「速く」動かせる 大いなる錯覚、
誤解をしていると思います。
 そして それは その労力 で 記憶させているような
その 筋肉の記憶 という タチの悪い昔の彼女(彼氏)の記憶
を断ち切れないでいる って感じなんでしょうね。
M20191011suburi_Moment

今まで 打撃そのもの だった
 右手で叩く感 肩を強く回す感 
 右肩甲骨周りの力感 は全てなくなります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



『ボールを体の正面でとらえる』 がキーワード
になって 多くのゴルファーはからだの回転を
構成〜構築、イメージしています。




一番多く、
年齢によってはからだを壊してしまう典型的な例は
コレ
imageCAX9G566

回すのは肩だけ/腰はいつもボールを見てる…つもり
 ひねるのは胴体
(からだはゴムか、雑巾か…)
 肩だけを回し 腰/骨盤はいつもボールを見てる
(ありえません)
 …マシーンじゃないんですから 無理無理無理
スナップショット 2 (2012-11-04 10-59)スナップショット 2 (2012-11-04 11-08)スナップショット 4 (2012-11-04 11-08)




 テークアウェイ で 腰は正面に残し、
 肩・胸・腕(含むクラブ)だけを 右に向ける

「確実にボールを当てるには
 腰は常時、ボールを向いている方が良い」

 という おまじない …実は呪い
 (おまじないだけで試験に合格出来たら世話ないです…)

 腰/骨盤をボールに向け、ダウンスイングを始めます。
 腰は動かしていないつもり でも
 スイングは 腕やクラブの元々の重さ、長さ、運動 が加われば
 積算で重くなり 300g余のクラブはすぐに
 何キロ のモノになり、それには遠心力が加わります。

 ダウンスイングで やや下方外方向に 遠心力も含め
 不可抗力がかかりますので、定点にあるボールを打つのには
 それを相殺する動き(からだを開く、引く)が必要になりますし、
 元々、腰/骨盤は固定、肩胸腕だけ回すなんて "不可能" です。

 故に テークアウェイ初期(始めの30僉法,砲いて
 勢いをつけて上げたくなるのは 仕方ないでしょうね…。
…だって 本来「痛み」のある動作ですので、勢い付けないと
 始められないですよー  
ええええ〜い! って。

 からだはだだ開き、開き=左サイドの上がり・右サイドの下がり
 になる訳ですから そりゃ こすり(ロフトの開いた)スライス
 から始めるのは もう定番、お約束。

 その右向き、左向き で
 胸肩腕の回転に 腰/骨盤は回さず ずっとボールに向けたまま、
 実質、不可能な、危険な動作 の その腰/骨盤 の固定度
 と その開いたロフトとフェースの閉じ具合 が
 上達の証し って なんの我慢比べ ですか?

 まあ 確かに、フェースを閉じるには
 左サイド、左グリップが止まらないと
 ヘッドがグリップを追い越しませんから そうなんですが…。


からだは一体、胸も肩も腰も一つの胴体
 その『正面自体の向きを変える』
 ひねる ひねらないの境目は股関節
 速く動けるか、強く打てるか は さておいて
 右向きは本当に右向き
 左向きは本当に左向き
スナップショット 2 (2012-11-04 11-40)スナップショット 2 (2012-11-04 11-46)スナップショット 4 (2012-11-04 11-44)





 アドレス時はボールと正対していますが
 トップ時では ボールは左腰の横 にあり
 フィニッシュ時では ボール(もうそこにありませんが)右腰の横
 にあるという感覚です。

…腰痛もち、腰が怖い…ぎっくり腰気味の人がやるべき です。

 こう動くと インパクトは自然に ボールと正対した時、トコロ
 になると思いませんか?
コレが「ボールを体の正面でとらえろ」の真意です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



からだの回転で! 
 と呪文のように唱えてしまうのが いけない のかも知れませんが、
毎回、事細かに説明をする訳にも行かないので
改めて 書いておきたいと思います。
(言葉で説明するのはちょっと難解ですが…)



からだの向きの変更で ショットを行いたい の本意は
→ボールを打つために グリップを移動させるコト
video_Momentvideo_Moment1video_Moment2video_Moment3







その上で それでに飛距離、正確性、再現性を加えるには
骨盤と肩の傾き差、向き差…

 骨盤と肩のズレを出来るだけ無くすコト
もっと 具体的に言えば 
 左肩が上に逃げる「前」に 打ってしまうコト です。

そして 左肩が上に逃げるような『叩き方』を採用しないコト です😵



ショットは 気持ち〜イメージとしては 右を向いている内に
とは思っていても 右を向いている間に打つコトは現実的に不可能です。
ですので そのタイミングは
ボールと正対している 正面を向いているあたり から
左を向き始め の間にあると考えられます。

左を向き始めていますから 徐々に 左足上がり の状況
 になりつつあります。
(正面を維持していろ、正面で我慢しろ と言う意味では決してありません)
(左サイドが上に逃げるコトを抑制する のではなく
 それが訪れる「前に」打ってしまいましょう と言う意味です)


置き去りくん1_Moment


アマチュアゴルファーの 距離の悩みの多くが
ロフトを寝かして振る
諸所の誤解から 遠回りして打つ などありますが、
飛ばない要因、割合としてかなり大きく占める要因に
必要以上の 「左足上がり」 の状況(ライ)ー打ち上げショット を
 『自分で生み出してしまっているコト』 にあります。



両手離しのショットドリル とすると
多くの方は 動画 のように
左グリップを支点に その外側を右手を通します
  →シャフトやクラブ、ヘッドをturnさせようとします。
左グリップを支点に シャフトを回転させる といった感じ です。


左グリップを支点 とし、その場で固定して
クラブを右手で回転させようとしますが、
『打ち手は機械ではありませんので その望みは叶えられません。』
人間は本能的に自分のからだを守ろうとしますが故に…。

両方の腕の長さはほぼ同じ です。

両手離しドリル では、その離れが多くなっているせいもありますが、
それは より顕著に出ます。
シャフトやクラブを回転運動させるために
右手を左手よりも 遠く出せば
左手の長さが邪魔になります
元は 同じ長さ なのですから…。

✋ゴルフスイング中、特にダウンスイング〜フォローで
 左腕の長さを邪魔に感じている人は少なくない。。。
 のではないかと思います。


ですので 右手が遠くに出た分、
左肩を上に逃がし、左腕の長さを消化、相殺しようとします。
つまり…
 右手で叩こうとするほど、
 右手でクラブを回そう、ヘッドをturnさせようとすればするほど
からだは上を向く、 →登り軌道で打つコトになります。

言葉では分かりにくい かも知れませんが、downswing
ヘッドターンして打とうとする人の 外せない特徴は
左肩は位置として ボールと正対する位置にありますが、
その高さは 長さを消化しようとする分、かなり 高くなり
その結果、からだ全体は 上を向き、開き気味 になります。
 困ったコトに それは殆ど無自覚です、反射反応によって起こりますから…。

これは ミスショット だけでなく
 からだへの負担、故障の原因としても非常に大きいです。
ボールを見ろ、顔を残せ と言われたりしますが、
この 左肩の上逃げ 傾向の強い人が
それを意識すると 首を傷めたりします。

また 空中にあるボールを打つ、ドライバーショットだとしても
よく言われるアッパー での
 「高打ち出し〜低スピン」が有効なのは
かなり 高いヘッドスピードにおいて『だけ』 です。
   それも かなり からだへの負担を覚悟 の上で、です…
・・・・・・・数値で言うと 実質のヘッドスピードが 45ms・・・
を超えるようなモノでないと 逆に距離のロスは大きくなります。


じゃあ アッパーでなくレベルなのか、それとダウンブローなのか
と言われると
そう言うモノ ではなく
からだの向きを
 肩ラインと腰ラインに同じような方向、傾きにして  変えるコト
そこに尽きる と思います。

一生懸命 振って 飛ばしたいのに
振れば振るほど 上り坂で振るコトになる のは非効率的ですし、
からだにとっても とっても苦しい姿勢を要求されます。
オジサンおばさんゴルファーにはかなりの辛さ になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ