◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 体のメカニズム


動作として スイングをとらえる場合、
主に動かすのは 『 四肢 』 が良いと思います。
a9e5d2f8c2f4df25aaade23ead72aee2
腕で言えば 肘から肩までの上腕
脚で言えば 膝かた股関節まの大腿


左右合計ですと 4か所 になると思います。

自分の意志で積極的に動かすのは その『四肢

股関節から腕の生えている肩までの胴体部分は
それに対し 防衛本能が強く働く場所 になりますので
自然に任せ、胴体内を積極的に動かさない方が良いでしょう。

Ⓡさんの動きを見ていると
『肩を廻そう』と言う動きが
機能として腕の一部である肩部 ではなく
肩の生えた 両肩のライン・胴体部分
 を横に廻そう〜向きを変えよう とする

そう言う風に見えます。

足との連携』にはなりますが、
肩部は 肩の位置している胴体上部ではなく
機能として腕の方の 肩部 を
右打ちであれば 左肩ですね、 これを
水平ではなく 上げる✋下げるじゃなく上げる です。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
 😧😧ダウンスイング、切り返しの初っ端から❓

😃😃そう。

そこで 肩部〜腕の付け根 を上げると 上腕は下がります。
下がる と言えば良いのか、低くなると言えば良いのか…

上腕を、肘を、上腕を下げる でも良いと思います。
その人、その人による感覚の違いもありますから。

その動きを 必ず 脚と連動させるよう トライしてみて下さい。
そこは そう簡単ではないかも、ですが。


胴体側、両肩を結んだ胴体の上部 ではなく
肩を上に 『縦に』回転させようとした方が
足での 骨盤上部〜胴体の回転との連携が良くなります。
あきひこ先生1あきひこ先生







腕の一部である肩部を『縦に』回しても
結果、として 水平に廻って「見える」でしょう。
腕の、肘の、グリップの下がり(低くなる)は
良くなりますので 無駄なフェースターンも減る、無くなる
可能性も高いと思うんです。


大きなからだ全体、
骨盤から上の向きを変えるのは 脚の仕事です。

肩を、腕の一部としての肩部を『縦に』動かすのは
その 向きの変化に対し、胴体の上部の遅れを作らず
それを負荷にしないため、同期させる為のモノ で
回転そのものの 主力エンジン にしない方が良いと思います。

からだの向きで グリップが移動して、
重さの有るヘッドを引き摺る のと同じように
脚を使った からだの向きを変える動きには
股関節から離れたところが 重さによる 遅れ になりガチ、
ですが、クラブは両手で持っていますので
必要以上の遅れは クラブを捻じる姿勢、開く姿勢に
つながってしまうので それを造らない為の
同時進行の 肩部の縦の動き です。
スイング集 PATTY1 - frame at 0m12s
ですので 肩部の動きと脚の動きの 連携は不可欠になります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


どれが Ⓡさんにヒントになり得るかは分かりませんが
とりあえず 実験してみました。 

Ⓡさんのダウンスイング 腕の振り出し
からだの回転での 腕の動かし方はとても気になります。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
からだの回転は 言葉遊び じゃありませんが、
からだの回転の為に体を廻している、向きを変えてる訳じゃない。

ボールを打つ為、ヘッドを動かす為、クラブを動かす為、
そのクラブを振る為に からだを廻してるんですが…
じゃあ そのクラブを持った腕って
からだの回転で どう『振れば…』『動かせば』良いんでしょう❓

真水平、真垂直 なんてことはないけれど
すこし 極端にやってみると…

前傾姿勢をちょっと除外して
からだの回転、水平に向きを右/左と変える
その 回転通りに 腕を、クラブを移動させてみます。

その動きの基本『源動力(回転)に対する ひきずり』で。

からだの回転に似た水平っぽく 腕やクラブを動かすと
からだの向きでは クラブが『ターン』しきれません。
グリップやヘッドの移動する距離が長く、
からだの回転で動かせるグリップの移動量だと
ヘッドがターンしきれない。
右打ちで言うと ヘッドやフェースが左を向ききりません。
2023-09-16_20-27-14 - frame at 0m59s2023-09-16_20-27-14 - frame at 1m0s







そして コレは 遅いスイング演技でのコト で
ボールを打つほどの スピードに上げると
遠心力がかかり グリップやヘッドがより大きく膨らもうとする、
より長い道のりを取るようになるので 尚更、でしょう。


また、からだの回転通りの方向に、この場合は 水平に、
クラブや腕を移動、もしくは振ろうとすると
ヘッドの重さ、その『そこに留まろう』とする重さが
よりヘッドを遅らせ、水平に動かしているので
ヘッドの開き、フェースの開きになってしまいます。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m40s
〇これでは どこかの時点で 想定外の
かなり強い『フェースのターン』が必要になり
それには からだの回転の停止、
左サイドの止まり が
不可欠になります。

そして、この 水平な腕の振り、クラブの振り には
下、地面にあるボールに届かせる、下への動きが少な過ぎます。
スピードを上げれば グリップも、ヘッドも、
浮こうとするでしょうから 余計です。
Ⓡさんの あの急激な下降はココに有りそうですし、
少し真似をして 打ってみると 非常にボールに届き難い。
ヘッドの遅れ〜シャフトのしなり が
 そのまま クラブの短さ になっているのもあります。

〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m5sが、故にⓇさんが 
グリップをスプリット気味の
ベースボールグリップにしているのは
そのグリップが先で、
スイングがこうなった のではなく、
スイングが先で、
届かせる為 右手をヘッドに近い方に
と言う風に考えられます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


久しぶりの Ⓡさん登場ですが…

なんだか 夏休みの宿題 やり残している感じがしますね。 
既に行かれたか、どうかは伺っていないですが
あきひこ先生のトコロに行かれたかも、なので
今は こうではないかも…ですが…。

🙄🙄🙄動画からご覧ください。



,泙此^貳峪呂瓩北椶砲弔点が
 なぜ『ベースボールグリップにしたのか』です。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m5s
 グリップを離す〜スプリットグリップに近い形になっていますが
 おそらく…なんですが、
 右で叩くのが大好きなⓇさんは
 それによって 左グリップが先に行く んじゃないか
 という願望の元、かな って思うんですが、
 それは ものすごく裏目に出ていて
 右での叩き、右腕の伸ばしが強すぎて
 今まで以上に 左腕の『浮き』が顕著になり、
 スローだと分かると思いますが、
 インパクト前、ダウンスイングの後半に
 極端に、そして急激に グリップ軌道が変わっています。

 それが故に インパクト以降が
 インに切り込み過ぎていますし
 急激なグリップの下がりは
 それを補うための 急激な伸び、
 空間の確保が必要になり
 かなり しゃくり気味の入り になってしまっています。

 今の状態では ボールが浮き難い だけでなく
 空中にあるボールを打つドライバーは良いかも、ですが、
 地面から 長物を打つのはかなり苦労する

 と共に 急激なグリップの下がり、その空間の確保 は
 急いで 直ぐにくぐり抜けなくてはならない ですから
 フルスピードで駆け抜けるショットは良いかも、ですが
 距離調節の必要な アプローチが上手く行き難い
 と思います。

 アドレスにも悪影響が大きいですし、
 ベースボールグリップ、ドリルなら兎も角、
 スプリットになるようなグリップは 即刻、中止✊
 する方が良いと思います。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
▲哀螢奪廚留洞舛ない とは言えませんが、
 二人の ダウンスイング初期での
 左腕の下がり方 は かなり極端に違います。

 Ⓡさんで無い方の方(仮称Aさん)は
 現在、ダウンスイングの初期、切り返しで
 左肩を縦に『上げる』… 下げるでは無く上げる で
 両腕を自然に低くする 〜下げると言うより下がる
 を スイングに馴染ませている途中なので
 余計にその差は大きく見えるのでしょう。

 肩周りは 縦に動かす意識を強く持って貰っています。

 Ⓡさんの場合、ダウンスイングで
 腕が下がる気配が薄く、
 からだの回転で 腕をそれと同方向、
 ヨコに、ボール方向に引っ張ってしまっているので
 インパクト直前で
 急激に下がる、右腕の伸ばしで
 左グリップを押さえ込んでいる ようにも見えます。
OIP

 バケツの水撒き の話し で言うと
 水を撒き散らかそう、広い範囲に水を撒こう、
 から始まって、途中、突然、目標に対し
 この場合は ボールの飛ばす方向では無く
 ボールに向かって 目標を取るような動きになって見えます。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m152023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s





2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m9s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m92023-07-30_23-02-59 - frame at 0m





 背筋が強いのは伺えるのですが、
 早めに グリップが、もしくは腕が低くなる動作に
 変えないと 痛めるトコロが出てしまうと思います。
 怖くて真似られないです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「肩は縦に廻した方が良いんですか❓」

店主「実際にトライして見ると 分かると思いますが、
 トップオブスイング、切り返しから
 肩を『縦』に廻そうとしても
 『縦に』廻っては見えません。

 一方、『肩を』横に廻そうとすると
 人間のからだには 確固たる肩を横に動かす機構が
 ありませんから 脚廻りを使って骨盤なり、
 胴体をねじって上半身を動かそうとする一部になります。
 土台たる足場、骨盤が動いていたら、
 順番として 肩を廻すのは後になる、
 骨盤の動きがおさまってからになるのは
 仕方がないコトです。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m39s〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4






 それを避けるため 肩は縦に ってことだと思います。」

質問「なるほど。」

店主「肩を縦に廻せ というのは
 腕をおろせ、グリップを下げろ、
 からだの回転より『意識の中では』腕を動かせ、

 と言っているのと 同意語だと思うんですね。

 腰や骨盤を廻すのも良いけど
 腕の生えてる 肩周り〜腕を『遅らせるな』
 真意なんだと思います。
会田20210701 - frame at 0m15s
 それを言う人の感覚や感性の違いなんだと…。

 肩を縦✋の意識ですと
 切り返しから 肩は下、下方、低い方 ではなく
 いきなり と言う感じになります。
 肩…腕の付け根として肩が上方に逃げれば
 腕としては、
 ま この場合は主に右打ちの左腕を指しますけど、
 グリップの位置は低くなりますし、
 そう言う慣性や重さも加わってくるので
 腕自身は下がる

 そういうコトを言ってるんだと思います。

 ドライバーのように からだが起きていて
 前傾の少ないモノではなく ウエッジとか
 短めのアイアンで その感覚と掴み、
 脚廻りの骨盤の動きに遅れない、
 意識としては 先に肩回り、腕が動く
 そう言うのに慣れるのは重要だと思うんですね。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m152023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s






 右打ちで 右腕を伸ばすことでヘッドを振ったり、
 クラブを下に振って ボールを打つ、
 と抱き合わせにそれをやれば
 痛い程『ダフる』コトになりますから
 どっちを辞めるんだ ッテコトになるでしょう。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「リキミを生まない為にも
 切り返し や ダウンスイングは
 肩を落としてしまって良いんです。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40
 無理に 両方の肩を高く保つ必要はなく
 右打ちで言えば 右肩を高く保つ必要もない。
 右肩は低くなってしまって良いんです。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4
 廻ってしまえば…
 左を向いてしまえば良いんで
 それは 肩ではなく、脚の役割で
 肩で 水平に廻ろう とすると
 腕遅れを生んで、りきむコトになり易い。」

質問「なるほど。」

店長「肩を落としてあげる、
 きっかけはクラブの重さでもいいですし
 自分の動作意志でもいいですが、
 右肩を下げる、
 左肩を上げる、 が上腕を下げる、

 近道を通る〜近回りする、
 からだの回転に同期する
 につながると思います。

 そう言う意味では
 あきひこ先生のレッスンの中で
 テークアウェイで ちゃんと右肩を上げておく、

 下げられなくなりますからね、
 左肩が上がって 上下にかぶるようにしない、
 って結構、頻繁に出てくるテーマですね。

 ダウンスイングで 肩を落とす、上腕を下げる、
 クラブ(グリップ)を低くするには
 右打ちで右肩が高くなっていないと難しい…。
 
 軸ブレして 前に倒れちゃうのは拙いですけど
 右ひじが外に張る、高くなる、
 右肩の高さを造る のはとても大切と思います。
〇肩を廻せ_Moment2〇肩を廻せ総じて テークアウェイでは
『左肩を入れろ』
『左サイドで』って言うのが多くて
間違って意味での『腋をしめろ』〜腋の下を空けない
ってのがあって
こういう右肩が下がり気味で
 左肩が上がり気味の姿勢を造ってしまう場合が多い
 と思うんですけど、コレだと クラブは下がり難く、
 からだの回転に追随しにくい。

 根本に 肩を水平に回そう が有るとは思うんですが、
 肩って 思ったよりも 縦に動かす 感じなので
 肩が縦に動かせる姿勢を造っておいた方がよいですね。
スイング集 PATTY1 - frame at 0m12s
 テークアウェイでも肩を水平に回す ではなく
 水平な動作を造るのは 脚 で
 上げる、高くする量は好き好きだと思いますが、
 そっちの役割は 機能として腕の肩の仕事です。
 ソコ、混同しちゃうとやり難いですよね。」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック






店長「悩み多きゴルファーを見てきた感想からすると

 かなり多い割合で
 『肩を水平に回そう』とするのが
 スイングの『りきみ』の原因なんじゃないか、と思うんですね。」


OIP
質問「!!!!!!」

店長「切り返しからダウンスイング
 肩って意識したら

 どうでしょう、
 両肩を結ぶ胴体部、
 背中の上の方 や 胸を意識するでしょうか❓

 それとも 本当は腕の一部の
 尖った先端部にあたる 肩を意識するでしょうか❓」

質問「肩…でしょうね。」
あきひこ先生1あきひこ先生







店長「ですよね。
 
 トップの位置や切り返し時には
 クラブを高くしていたり、
 腕も上げていたり、しますから
 その付け根の 肩には 重さが掛かっています。

 当たり前ですけれど 重さって
 重力方向に働いているます。
 それを下げないよう 平行に、水平に回転させようとしたら
 その重さに逆らわなくてはなりません。

 両肩を結び肩ラインが
 最終的には 水平っぽく廻っているのは
 それの乗っかっている 骨盤が水平っぽく向きを変えている ので
 そこで 肩にかかっている『重さ』に逆らって
 肩部を意識的に水平に廻ろうとしたら、
 腕は下がらない、クラブは降りない、
 肩は水平に廻るけど、からだ全体がギッタンバッコン
 って結果になり易いと思うんですね。
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5
 重さが縦にかかっている上に
 回転などの動作も入っていますから
 ソレはかなりの重さになると思います。
 その重さに逆らったら リキマざるを得ませんし、
 リキミって動作としては『止まり』ですから
 腕遅れになります、ならざるを得ない。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40
 脚をつかって 直ぐに左を向く んですけど
 肩にかかる重さ通りに
 肩は動かせばいいんじゃないですか❓

 積極的に 肩周りを動かす事はないかも、ですが
 肩は重さに任せて落としてしまう、
 縦に行かしてしまって良いんじゃないです❓

 ソコ、逆らっても良いことは少ないと思います。」

質問「なーるほどー。」

店長「肩って 腕なんだけど
 からだ、胴体の中に属しているってのが
 話をややこしくしていると思うんですね。
スイング集 PATTY1 - frame at 0m12s
 胴体、骨盤が横に動けば
 その上に乗ってる 肩部もそう動きます。
 だからって 重さに逆らう必要は無いと思います。
 その方が 近回りもし易いし、
 重さの負荷も少ない、止まりも少なくなるから
 より素早く左を向けます。

 グリップを下げるとか、左上腕を下げる、
 肘を動かすって 肩を重さ通りに落とす
 と
 考えて良いんじゃないでしょうか❓」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「仮想インパクトのクラブの位置、
 グリップの位置が アドレスと比べ
 少々オーバーですけれど 1m
 とします。
2021-12-06_22-21-54_Moment(4)
ソコに行くには
かなりの近道 が必要です。

からだのものすごく近くを通すのですが
 それだけでは不十分で
 『ちゃんと』右を向いて
 それを通せる空間が確保されている必要があります。
 2021-12-06_22-21-54_Moment(2)
空間のために ゴルフスイングには
前傾姿勢がある と考えても良いです。

 手だけで上げてしまっている、
 テークアウェイを取ってしまっていると
 始めから 通り道、近道と言えば良いのか、
 グリップエンドを通す空間~近道が存在しません。

 ダウンスイングで 腰だけが先に回ってしまうと
 やはり その空間が塞がれてしまいます。
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5
 からだの回転で 腕を、クラブを横に振ってしまうと
 道のりが長過ぎて 時間が足らず、そこへ到達出来ませんし、
 腕やクラブを横に移動させたコトによって
 腰だけを回したのと同じ状態になり
 グリップエンドを入れる、通す空間が無くなってしまいます。

 『間髪入れず』左を向くのに追随と言うか、
 遅れさせたくないですから
 右向き、そして 前傾姿勢で出来る軒下
 の近道を利用いしたいトコロ です。

 右向きが造らない
 前傾姿勢を利用しないは
 クラブの機能の利用を放棄しているのと同じ です。


 今まで 腰を先に廻し、
 後から手で振っていた人、
 フェースローテーション、手の返し、
 それを打撃のメインにしていた人が
 からだの回転に移行できた🌸 とすると
 トップからインパクトまでの 感覚的な時間は1/5位な感じ、
 今までの打撃は 3倍も.5倍も長い時間をかけて
 インパクトに来ていた感じがすると思います。

 からだの回転で✋
 トップの位置から一気に、間髪入れず、
 からだ全体を左に、飛球線方向に向ける、が実現すると 
 トップからインパクトまで
 本当に時間がありません。

 手を返す、フェースをターンさせる、
 インから入れるとか、アウトから入れるとか、
 何もする暇が『まったく』ありません。

 自分でボールを打った実感が湧かない程、短い時間です。

 兎も角、時間がありません。

 速く周りたい、ヘッドスピードを上げたい
 のですから当然なんですが…、
 目標とする インパクトの通過点、
 アドレスよりも 1mも茵△發靴は前のグリップエンドの位置
 に行くには 重力のチカラも手伝って貰うべきでしょう。
 そこへ行くような、行き易い重さのかかる
 トップの場所なり、位置を造るのが
💮💮💮です。
 
 その通る経路は
 トップの位置〜アドレス時の左「腋の下」あたり、
 アドレス時の左腕とからだの間 位 です。
 アドレス時の左腕よりも かなり自分寄り です。
 おそらく ですが、
 その通り道を体感したことのない方にとって
 強烈に『自分側』に近い です。
 右向きが無い、足りないと 存在しない空間でもあります。

 グリップの移動 という事であれば
 非常に小さな半径の弧 という事になりますが、
 からだの回転が主エンジンになりますから
 結果、として 円軌道〜曲線ですが、
 意識としては その目標地点まで
 直線でグリップエンドを移動させる方が良いでしょう。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「おそらく ですけれど
 からだの動かし方やクラブの使い方など
 前情報なしに 初めての人に
 ゴルフクラブでボールを打って貰う と
 ボールとヘッドを当てたいですから
 からだの向きは勿論、グリップも出来るだけ
 たくさん動かさず、『小手先で』
 ヘッドを送ろうとすると思います。

〇ヘッドには遠心力が掛かる
〇スイングは丸く振る
〇(打った後?)ヘッドがグリップを追い越す
 などなど
 それを肯定するかのような ゴルフ用語が巷には溢れていますので
 その動きを成熟させていくのが
 ゴルフスイングの進化になって行く可能性があります。」

質問「結構・・・ 少なくないと思います。」

店長「だと思うんですね。
 腕の三角形を保ったまま…とか
 アプローチで言えば 『振り子のアプローチ』の延長線上で
 ショット・フルショットに至ってしまう例も多いと思います。
〇長崎支部 昼連物語 - frame at 0m4s
 ただ ある時点に来ると
〇からだの回転で✊・・・ とか
〇インパクトはハンドファースト✊・・・ とか
 それと相反する用語も耳にするようになりますから
 そこら辺に葛藤するんじゃないか、とも思いますね。

 からだの回転の伴わない』ヘッドを前に出す 動きでは
 小手先でのグリップを押し出し、の結果、どうしても
 左手を右手が追い越す、
 右手が左手の前、そして腓棒り込む形になりますから
 その反射、反応として 回転とは異なる
 左腰を引く形にもなりますし、
 ボールを打つ為、ヘッドを前に出す には
 ヘッドファースト、グリップレイト にさぜるを得ません。

 ここら辺が成熟、確定していくと
 からだの回転の動きとクラブの動きが分離、乖離してしまい
 良く耳にする からだの回転でボールを打つ …が
 謎のワード、理解不能な用語になってしまったりする訳です。」

質問「ですです。」

店長「ココでヒトツ 実験して頂きたい、ドリル…、
 ドリルとは言っても とても簡単で
 頭が整理されていれば 直ぐに出来るドリルなのですが、
 以前 パッティングストロークの話し でもしましたが
 クラブで 『テークアウェイを取らず』
 アドレスのまま、 ソコからボールを打って頂きます。
〇支部 昼連物語
 前提として テークアウェイがありませんので
 助走、勢いが無いですから 番手にかからわず
 ボールは前に数メートル、いいトコロ 10mも行かない程度
 ゆる〜く前進〜〜〜転がるだけです。
 ロフトのあるクラブであっても ボールは殆ど『浮かない』
 単に前に数メートル転がる…程度 になります。

.▲疋譽垢ら
 実際のスイングでは ヘッドは遅れてきます。
 その遅れはそのまま、遅れっ放しのまま、ボールは打ちますので
 ハンドファースト、少しグリップだけ進ませます。

▲▲疋譽垢任垢里如.悒奪票体はボールの直ぐ後ろにありますが、
 そこから 『からだの回転の伴わない』
 『回転とは異なる肩部分も含まれた腕、小手先の動き』
 『右手の押し出し』などで ヘッドを出そうとすると
 地面が干渉して ヘッドが動かせません。
20231180m420231180m8






➂ですので そのハンドファーストは維持したまま、固定したまま、
 グリップを動かすのが目的ですが、からだを左に向けて下さい。
 グリップが移動した分、ヘッドが動きますので
 フェースとボールが接触し、
 ボールがゆっくりですが、前に転がります。

 テークアウェイがありませんが、
 プロがアイアンでターフを取るような動き は
 ココから生まれたりします。

 また、ヘッド単体を下にも、上にも振っていない、振らない、
 そう言う実感も湧くかもしれませんし、

 からだの回転の役割を理解出来るかも知れません。

〇からだの回転〜
 また よく言われる
 『自分でボールをあげようとするな✋』
 このドリルでは 使っているクラブにロフトが有ろうが、無かろうが、
 勢いも助走もありませんので ボールは浮きません。
 『からだの回転の伴わない 小手先でのヘッドの押し出し』では
 (ロフトのあるクラブの場合)ボールがぴょこんと浮くと思うのですが
 それはダメなのです。
 インパクトまでに助走がある、
 ヘッドが落ちてくる、
 ヘッドの進入に高さが伴っている、 から
 ボールが浮く、ロフトが活きる、
 厳密に言うと
 ゴルフクラブの長さが造るアタックアングル(入射角度)
 そして ヘッドの重さも含めた勢い があるから
 フェースの上にボールが乗る、ロフトが活きる のであって
 テークアウェイの無い、勢い・助走の無いこの場合、
 ボールは浮かず、前に転がるだけ が基本です。
345251407_2010008172692761_8058080070139781244_n (1)
 まあ ドリルと呼ぶほどのモノではありませんが

 一度 体感して頂くと良いかと思います。」

質問「やってみます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



✅もっこ〇君の脱「右を向いている内に」

〇熊モッコ

ブログ後にまだ打ってはいませんが

内容を読んで頭の中で整理が出来つつあり、

感覚でも徐々にイメージ変化が動き出しつつある感じがしています。

上体の捻れないとまあシンプル化しますね。そのイメージは湧いてきました。

〇もっこす君の練習 - frame at 0m42〇もっこす君の練習 - frame at 0m43s









正直、現在のスイングの形からは肩と下半身が同調すると、

グリップやヘッドの落ちが遅い可能性があり、

最初は余計にスライスが強まる感覚は、

イメージ上ではどうしてもまだ残ってしまいます。

ドリルをやって、そのイメージ払しょくへ進撃します!


✅もっこ〇君のあなたのからだはどれですか❓

〇1769ps(p)

あおむけに寝て、立て膝、の状態で、

足、腰(骨盤)、肩の連動を確認したりしてます。

 

膝を左右に倒す:腰も肩もついて来ない。

(骨盤)を左右に倒す(尻を回す) (足裏の補助は入る)

:膝も肩もついて来る。

肩を左右に倒す

:肩を倒そうとするだけでなかなか大変。

腰も足もついて来ない。

足裏で蹴って左右に倒す:腰も肩もスライドはすれども、回りはしない。

 

結果として(以下立って確認)

回転方向(の先頭)にある尻の重量を使い(右回りは右尻、左回りは左尻)

(骨盤)を回すのが一番簡単そう?ではあります。

 

尻を回せ、ですね(笑)


✅もっこ〇君のからだが開いてる❓

〇熊モッコ

捩じるから遅れる。 なるほど

〇もっこす君の練習 - frame at 0m42s

 そうだ、すべて捩じっていたのかも!

 頭の感覚も捻じらず、どう体に伝えるか、

そうすれば打撃インパクトも伝導インパクトも直ぐなんでしょうね。


✅もっこ〇君の途中下車

〇ハミングバード教団長崎支部

昨日 「一気に左を向く」で 打ちっ放し 練習へ。

クラブは 7W

 

最初は 十分に届かず トップ。

トップと言えども フェース下部には 当たっている。

 

「一気に左を向く」が 未だ不完全なのか

 と思いながら 打ち続けていると 当たる様になり

狙い点へ向かって 飛び始め、徐々に いい感じ。

 

飛び方が これまでと 変わった様です。

 

Dr に 持ち替え。

 

明らかに 飛び方が変わっています。1番手ほど 飛んでいます。

 

悶絶度を増した PS SW アプローチショットも

かなり いい感じで 今までとは違っている様な・・・

 今週のラウンドで早速 トライします。

 

なお、グリップの進め方 を ある程度習得しておいた方が良いと

 思った次第です。早く回る為にも、ゆっくり回る為にも。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック







上から見たこのアングル
V字を維持してみよう 上編_Moment
トップの位置で形成される
 👉右前腕とクラブ(シャフト)の角度
厳密には 校ではないですが、
 このV字を維持したまま、打ってみましょう。

ウエッヂショットで 30〜40ヤードの距離位でしょうか
V字を維持してみよう_Moment
ショットのドリルにもなりますし
アプローチの改善にもなります。


V字を維持することによって
クラブと腕の長さが短いままです
(からだとヘッドまでの距離)

ボールでヘッドを探らず
からだの回転、左サイドの移動を持続しないと
ボールには届きません。
からだの回転で打つための周り方のドリルになります。

校を維持し、その頂点であるグリップを
いつも 回転の先頭 に置いておく感じです。
フェース面の作り方 というか
ボールへのアプローチ(進入)の仕方 を
 考えないと シャンクの佃煮になっちゃいます。
 ロフト(フェース)の開き癖も治せるかも・・・。

✋特に インパクト直前のリリースでボールを打つ人は
 ●からだの回転の仕方(左サイドを止めない)
 ●ロフトを開いて入れない

を同時に達成するための良いドリルになると思います。

アプローチにおいて
インパクト前後での 急なロフトの変化がなく
一定のロフト
一定の入射

になり易いです。
距離感は 自分の回る速度次第。
とても良い練習になると思いますよ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転で打つに移行するにあたって
 幾つか 注意点があります。

 スイングは円弧になるんですが、
 ヘッド部分は その外周にあたる部分なので
 ヘッドを多く
動かすのか』と言うと 答えは NO です。


 テークアウェイ時に
 ヘッドを多く動かす は イコール
 フェースを開くコトにつながりますので
 後々 それの修正 を「手でしなくてならなくなる」ので
 手打ちに逆戻りします。
会田20210701_Moment
 円弧と考えずに
 からだの向きで移動するグリップの その移動量、
 そして ヘッドの移動量をよく考えておく必要があります。
 基本は ヘッドの移動量はグリップの移動量とイコールです。


 また テークアウェイ時の体重移動ですが、
 肩で廻る・胴体をひねる と
 骨盤で廻る では若干異なりますが、
 右を向く は 時間によって
 自分にとっての右の方向が変わって行く
 と言うのを念頭においてください。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment



 アドレス時の右は 自分にとっての右 ですが、
 テークアウェイのゴールの右 は
 アドレス時で言う背後 になります。
 ボールから離れていく方向ですね。

 ボールから離れろ とは言いませんが、
 テークアウェイ、トップの位置で
 少なくとも ボールに近づく というのは
 正しく 右向きが取れていない のと同じです。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment
 コレも 比喩表現で 実際にしろ と言う意味ではありませんが、
 ドライバーのインパクト時の衝撃、重さは
 成人男性のソレ では 1トン近くになります。
 ボールに離れながら ソレを受けるのと
 ボールに近づきながら ソレを受けるのでは
 受け止められるチカラも相当違うように感じます。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment
 ボールからいったん離れて
 近づきながら インパクトを迎えるのと
 ボールにいったん近づき
 離れながら インパクトを迎えるのでは
 どちらが強く受け止められるかは かなり違うと思います。

 沈み込みながらインパクト とまでは思いませんが、
 テークアウェイでいったん離れたように見える状態から
 ダウンスイングで 元の距離間に戻る のが
 そう見えるのは すごく自然なコトだ と思います。


 最近では 伸び上がりながら… 地面を蹴って…
 地面反力なんて言葉がレッスン界では聞かれたりしますが、
 そう言う打ち方も有るとは思いますが、
 50歳を超えるようなアマチュアが参考に出来る部分は
 多くないと思います。
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(3)

 また、ドライバーは ティーアップしていますから
 その分、インパクトポイントが左(右打ち)、
 地面のボールを打つよりも 時期が後、遅い のです。
 つまり その分、左を向き始めている、向き掛かっている
 タイミングに属するのですから
 結果、あくまでも結果としてですが アッパー気味になります。
 それを理解しておく必要があるかと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 店長「多くのパターンでは
 『肩を廻せ』 を大きく勘違いし、
 腕を振っているパターンから始まります。

 ザクッと言って 今、突然、練習場に行って見渡すと
 大袈裟には 半分を超えるようなアマチュアゴルファーは
 この ,離僖拭璽鵑任后

 始めから 勘違いをしてしまう人も居ますし、
 肩を廻すの場合、胴体をひねる と言う
 歳を取ると恐怖や痛みの伴う動きになり易いので
 徐々にそれになって今う人もいます。

 まあ このケース(動画)のスイングで言えば
 まるで 右向き(右打ち)がありません。
 右の腕を短くすることで
 テークアウェイのような位置にクラブがを来ていますが、
 クラブを自分の方に引き寄せただけ になっています。

 ボールを打つ、
 元に戻すには
 短くなった右腕を伸ばす必要があるんですが、
 ゴルフクラブって 長い棒で、先に重さが付いてますから
 実質的な右向きも無いまま、
 それを行えば 外から引っ掻くように
 フェースが開いた状況で、緩い角度で入れて来る他
 ボールを打つ方法がありません。
20210701 (2) - frame at 0m24s
 このままでは こすったスライスです。
 強いフェースターンが必要 なので
 インパクト前に 左サイド、左上腕を止めて
 先端を強く振る必要がありますので
 腰や左ひじ、手首などに負担が強いられます。
 つまり 歳を取ると『怖いスイング』なのです。

 次に からだを廻す というコトを付け加えたパターンです。

 で、からだを廻した方が良い と
 次のステップに進んだ時、壁にぶつかるのです。

 小手先に打つコトが可能、
 もしくは 距離の要らないアイアンでは
 手さばきだけでどうにかなる❓ 可能性がありますが、
 やはり『距離の欲しい』ドライバーや長物では
 からだの廻りが無いと辛くなる…

 そうなった時、その小手先のスイングに
 からだの向きを加える と
 より苦労するコトになります。

 そして コレは練習、練習場では出来るけれど
 本番、コースでは出来ない典型例になり易い です。

 幾つか先に記事で書きます(重要かも😊)が、
 この時点で『覚えてしまっているコト』
 手打ち⇒からだの回転 に移行するのに
 大きな妨げになります。 今は書きませんが…。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ボールが上がらない原因は
 あおり打ちというか、
 ヘッド軌道の問題なのですね。」
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment
店長「そうですね。

勿論 きつ過ぎるロフトやシャフトの『硬さ』などの
物質的な要素はありますが
ボールのとらえ方にも要因がある場合もあります。


 ボールの上がり、スピン量共に
 ヘッドスピードと…比例とまでは言いませんが、
 関係しています。
 確かに ドライバーヘッド、
 最近のモノは かなりスピン抑制傾向が強い ですが、
 一般的なロフト 10〜10.5〜11度辺りであれば
 ヘッドスピードが 33msを下回らない限り、
 問題は無いと思います。


 インサイドアウトとか、アウトサイドインとか、
 左右の軌道ではなく(関係はしていますが…)
 入射角度・アタックアングル などの
 上下の軌道が問題です。


 ちょっと前置きになっちゃいますが…、
 これは 決して あおって、上に振れ と言う意味で無く
 単なる知識、あくまでも知識として知っておいて欲しいのですが、
 ドライバーに限らず、特殊なショットを除く
 ほとんどの普通のショットは
 ヘッドの軌道ではなく
 『グリップの軌道』ですが、
 上り際👆、グリップが高くなり始めたトコロ
 で
 左を向き始めたトコロで インパクトを迎えます。」
flat-spot-hand-path2 (1)
質問「え?! そうなんですか?!
 グリップも、ヘッドも 下がり軌道なんだと思っていました。」

店長「ですよね。
 決して 上に向かって あおって振れ
 と言う意味ではありませんが、
 普通のショットであれば
 ヘッドは下がっている が
 グリップは上がっている、
 動作としての上げている ではなく
 高くなり始めている箇所 が 👉インパクトポイント
 です。
 からだの向きが左を向き始めたトコロ と言う意味ですね。

 ドライバーショットは 地面からボールを打ちませんから
 やや特殊なケースと考えて良いのですが、
 ティーアップした 空中に浮いたボールを
 ティーアップした分、通常のショットよりも やや左、
 ほんの一瞬の違いですが、ほんの少し遅いタイミングで
 インパクトします。
 
 故にグリップも 高くなり始めていますが、
 ヘッドも高くなり始めています。

 あくまでも『結果として、ですが』
 アッパー軌道になります。

 逆に 通常のショット、
 これはフェアウェイウッドも含まれます。
 クラブの長さによって その度合いは違いますが、
 ヘッドは下がり過程、
 グリップは上がり過程、
 この時期、この区間がインパクトです。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(3)
 順序で言うと
 トップの位置、切り返してから
.哀螢奪廖Σ爾り過程〜ヘッド・下がり過程
▲哀螢奪廖上がり過程〜ヘッド・下がり過程
➂グリップ・上がり過程〜ヘッド・上がり過程

 と言った具合です。
 通常のショットでは △龍茣屐時間がインパクト
 ティーアップしたドライバーショットでは
 ➂の はいりクチ 辺りがインパクトになります。

✅からだの向きと傾き(前傾姿勢)によるモノで
 決して、手で下に振れ、上に振れ と言う意味ではありません。
✅ヘッドだ✊ グリップだ✊ と言う話になると
 手をどう動かす、手でどう動かす、
 って意識が強くなってしまいますから注意が必要です。


 ちょっと長い前置きになっちゃいましたね🤒🤒」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


大人の学びなおしゴルフ教室
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフスイングでの打撃において
 スライスに悩まれる方 ばかり じゃないですけれど
 基本的な 思い違い をしている可能性もあります。」

質問「なんです?」

店長「ボールの高さ、ボールの位置ですね。

 まあ からだの回転を使えているか
 そうでないか、によって かなり大きく異なりますけれど

 原則として、ですが、
 ゴルフスイングって 前傾姿勢 があるじゃないか❓」

質問「維持できるか、出来ないか にもよりますけれど
 ありますねー。」


店長「その維持できるか、出来ないか も
 思い違いから始まっている可能性があります。

 フェアウェイウッドやアイアンなど
 地面にあるボールを打つ と言う前提で
 ボールの位置って 地面、
 からだで言うと 靴の底と同じ高さにあるじゃないですか。」

質問「はい。地面ですねー。」

店長「じゃあ 逆に 強烈な つま先上りの斜面 で
 クラブを少し短く持って フルショットも出来ないような高さ
 そうですね 腰位の高さにボールがある状態 って
 前傾姿勢ってどうします❓」
lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット
質問「直立に近くなるんじゃないです⁈」

店長「でしょうね。普通に振るコトに出来る つま先上りなら
 前傾姿勢は造ると思うんですけど
 野球のティーバッティングするような高さにボールがあったら
 フルショットではなく リカバリーっぽくなりますけれど
 前傾姿勢は『要らない』可能性がありますよね。

 そこが前傾姿勢のヒントです。
lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット
 直立状態では 地面に高さ、靴の底に位置するボールも
 前傾姿勢を取れば 『上半身』にとっては
 へそとまでは言いませんが、腰とか、秀二の高さ にあります。

 写真でイタズラしてみましたが
BlogPaintlesson 2009_10_31






 腰の高さにあるボールを 写真そのものを傾けて
 通常のアドレスに近いモノと同じような状態にしています。

 つまり からだの回転(前傾姿勢付きの)を利用すれば
 必要以上に下に振らなくとも
 低いトコロ、地面の高さにあるようなボールも届くコト、
 打つコトが出来るのです。

 『ボールはソコに無いよ』って奴です。

 前傾姿勢を利用して 腰なり、秀二の高さにあるボールを打つのと
 靴の底の高さ(低さ)にあるボールを打つのでは
 当然、靴の底の低さにあるボールを打つのには
 たくさんの道のり、そして それに伴う時間を要します。
(比較)左手ドリル_Moment(7)(比較)左手ドリル_Moment(5)
 靴の低さにまでヘッドを振るから
 前傾を失ってしまう と言う逆説もありますけど
 腕、クラブは半固定で ただ からだを廻すのと
 クラブ、特にヘッドを振って 下に届かせる では
 かなりの違いになります。

 ヘッドを下に振っている間は
 カラダは止まって 待っていなければなりません。
 スライスや引っかけに悩む人の言葉に
 『ヘッドが来ない』『ヘッドが遅れる』 は
 ここら辺だったりするかも知れません。」



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「まずは コチラをご覧ください。」

質問「おおおおお 豪華なキャスト ですね。」

店長「ですね。出演順に
 #タイガー・ウッズ
 #コリン・モリカワ
 #スコッティ・シェファー
 #ロリ―・マキロイ
 #スティーブ・フリートウッド 
ですね。

 映像を見ると どの着ぐるみマスコットも
 顔が大きく動いています。
 シェファー選手 フリートウッド選手の右向きは
 かなり大きいですね。
〇顔ってこんなに動くじゃん - frame at 0m43s〇顔ってこんなに動くじゃん - frame at 1m12s








 顔・視線自体が着ぐるみ頭部もかなり右を向いているんですね。

 ですが・・・
 私、んんン十年前、学生時代 着ぐるみのバイトを
 かなりした経験があるんですが、
 この手の着ぐるみって 顔が頭部の着ぐるみの中空の中に
 あって 頭部の着ぐるみは頭や顔には触れていないような
 そんな状態なんですね。

 一日で 5キロ痩せられる程、暑いんですけどね。

 で 頭部はからだの着ぐるみの上に乗っかっているので
 くっ付いてはいないんですけど、
 ソコソコ 重さがありますから
 からだの着ぐるみが動くと一緒に動きます。
 からだを右に向ける、
 選手によっては 肩を廻す人も居れば、腰を廻す人も居るし、
 足で右向きを造る人もいる。

 からだは右に向けているんですけど
 実は 顔は 左を向く んです。」

質問「。。。。。そう言われれば そうですね。」

店長「テークアウェイ・テークバックの(カラダの)右向きって
 実は 顔を左に向けるコト なんですね。」
◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(1)
質問「ああああ だからなんですね…。」

店長「❓❓❓」

質問「私 サンデードライバーなんで
 毎週は車には乗らないんですが、
 この間、ちょっと難しいバックでの車庫入れをしたら
 昔に比べると 後ろが振り向き難くて
 凄い苦労したんです。

 からだが硬くなった というか…。」


店長「ああああ 分かります、分かります。
 普段、あまり使っていない
 細かい筋肉が硬くなっているんですね。

 首回りや肩回り、胴体なんかも
 やっぱり 硬くなるから
 からだ自体を廻して 右を向けるコトもそうですが、
 それに伴って ジャイロのように
 顔、首をひねって 左を向くコトも硬くなるので
 右向きがより浅くなるのです。
〇顔ってこんなに動くじゃん - frame at 0m19s

 だから 意外かも知れないですけど
 ゴルフの練習とか、スイングとかで
 首を傷めてしまう人も結構いるんです。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ピンと来ないかも知れませんが、
 スイングには加速は勿論、あるんですけど
 一定の加速であって
 途中から ターボのように二重加速的なモノではありません
。」

質問「それは からだの回転と手打ちの違い、
 でもあるんですか❓」


店長「はい。
 からだの回転の場合、
 字面通り、からだの向きを変える速度が唯一の動力であり、
 加速も その回転速度次第 です。

 到達する速度
 例えば 時速40キロとか
 時速100キロ とかに対しての 均等な加速であって
 途中から 急加速をする、ようなことは
 からだの回転では難しいです。

 ですので アプローチの場合、
 自分の 廻る速度がダイレクトに ヘッドスピードであり、
 その調節が そのまま距離感 です。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 クラブ(手)を振らず クラブの姿勢、クラブの状態 は
 ほぼ 固定したまま、 からだの向きでクラブターンしますので
〇持ったクラブのロフト
〇持ったクラブの長さ
◎そして、自分の廻る速度 が距離を決める
 のです。

 一方、クラブを振る 手打ちの場合、
 クラブを振りますから 持ったロフトが打撃の
 インパクトロフトに反映され辛いですし、
 同時に、そのクラブ通りのアタックアングルになり難い
 もう、この時点で 同じ球、同じ距離を打てる可能性が
 からだの回転での打撃よりも低い、ですが、
葛谷2022816_Moment
 更に インパクト直前に、からだの回転が減速、停止 して
 その反動? 勢いで クラブをリリース、
 フリーにしてしまうので 速度も管理し辛い、
 三重苦 な訳です。


 ですので からだの向きでグリップを移動させ、
 その距離分、その稼働時間分、だけ ヘッドも動かす、
 引きずるかのように動かせれば
 少なくとも アプローチショットはかなり改善されます。」

質問「ものすごい意識改革が必要なのですね。」

店長「ソレはそう思います。
 今まで 手で振っていた、クラブをリリースし、
 クラブに残っている慣性 のようなモノで打っていた方が
 ヘッドを動かさない、シャフトを振らない は
 感覚として ボールが打てない と感じるでしょう。

 自分にとっての 打撃のエース、切り札 が使えないのです。

 リズム感も大きく変わるでしょうし、
 トライされた方、乗り越えた方 は
 からだに比べ、敏感、感受性の強い 腕・手で
 クラブを振る、ボールを打つ の充実感が
 からだの回転で打つ場合、何もない、まったく無い ですから
 掴みドコロもない のかも知れない。。。
 その位 違うのです。」

質問「ひええええええ」

店長「ですので 右打ちの方は左打ち、
 左打ちの方は右打ち、
 今日から 逆になる、位の気持ちで無いと乗り越えられない、
 位 意識、感覚、思い込みの差は激しい です。


 それともう一点、難所があるんですが、
 当初のテーマに沿うモノなんですけど、
 手打ちの方は 肩を廻す と 肩甲骨を動かす
 の違いが つかめていない方は多いですし、
 プロであっても 疲れてきたり、緊張感が高まってくると
 そのミスを犯してしまうほど 陥り易い部分 です。
〇肩を廻せ_Moment
 胴体を捻るタイプの 肩の廻し は
 疲労や緊張、からだがこわばってくると
 かなりの頑張りが必要で、
 そもそも 手で上げてしまうケースも多いうえ、
 胴体を捩じる(肩を廻す)促進・誘因として
 肩甲骨を動かす、腕やクラブを横に振る、
 をしてしまいガチ なので
 ソコに注意が必要です。

 そういうコトもありますし、
 どうせ 清水の舞台から飛び降りる位のつもり で
 手打ちを卒業しようとするのですから
 からだの回転も 股関節を境目として骨盤タイプ、
✅捻転タイプでは無く、
✅回転タイプに移行するのも良いかと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「テークアウェイを取る、右を向く、
 トップと呼ばれる場所に グリップ、もしくは クラブを送る

 その横方向の動き(右向き/右打ち) の要素 は

々盤・腰・お尻の動き
肩の動き〜胴体の捻転
➂腕の横への振り


 この3つで構成され
 右向きを どれかの単独の要素で行われる方も居れば
 二つ、もしくは三つの要素のハイブリッドな方も居ます。
〇肩を廻せ_Moment
 古くから多くの選手やアマチュアを見ていると
 右向きの要素、その構成を
 ,旅盤周りが多い方ほど 加齢によるスイング変化が
 少なくて済みます。


 ,鮗臑里砲靴討い討癲.好ぅ鵐案虻遒涼罎任
 胴体は薄っすらと捻じられてしまいますので
  △發靴は,鉢△離魯ぅ屮螢奪匹
 回転の割合が 盜盤の方が多ければ腰痛などの
 問題は少なく出来るとは思います。

 回転の要素が からだの箇所で言うと 上部、
 クラブに近くなる方ほど 動き自体に始めから無理があるので
 年齢を取ってくると テークアウェイは浅くなっていく傾向が
 非常に強くなります。

 私たちアマチュアゴルファーの参考になるか、どうかは
 微妙ですが、タイガーウッズ選手は
 若いころは ➂の複合が主体のからだの廻し でしたが
 年齢を重ね そのからだの廻しを 胴体の捻じり主体ではありますが
 ´◆‘溝里稜韻犬+股関節 にシフトしてきています。

 女性の場合は 男性とは股関節の特徴が異なりますので
 ほとんどお手本になるような選手は´△離魯ぅ屮螢奪匹任后
((((((((_Moment

 テークアウェイ〜右向きを どの箇所で行うか は
 スイングのリズムやタイミングにも大きく関係するので
 ハイ! 今日からコレ! って訳には行かないとは思いますが、
 回転の箇所を徐々に下に落としていく、
 クラブから離していく、遠くしていく のが
 実は 最大のスイング改良につながるのでは無いか と 思います。」

質問「…そうですね。
 歳を取ってくるほど 腰回りに不安というか、
 痛みではないですけれど その一歩手前の疲労
 を感じることが増えていますから からだの捻じるのが
 怖くなり 浅くなる…のでしょうね。」


店長「そう思います。
 それを 腕の振り で無理やり、
 胴体を捩じる(廻す)為、勢い付けのように 腕を振ると
〇フェースを開く
〇クラブが横にズレる 

 という 後処理が大変な、より深い問題が生まれます ので
 出来れば避けたい のです。

 私が二つ目の理由で
 「肩を廻せ、左肩を入れろ」を反対するのは
 年齢がいってくると 腰回りに不安を持つ人が増えます。
 正規な「肩を廻す」は
 胴体を捻り、腰にも負担をかけますから
 出来れば避けた方が良いですし、
 負担、不安があるが故に
 腕の横振り、胴体のひねり のハイブリッドが
 どんどんと 腕の横振りにシフトしてしまい
 胴体の捻じり が薄れる傾向が強いから、です。

質問「ゴルフのスイングにとっては悪そう、ですが、
 からだのコトを考えると 仕方ないでしょうね。」

店長「確かに そうですね。

 腕の横振りは 右を向いているように「見える」であって
 右向き不足は増していきますので、
✋胴体をもっと捻じれ では無く
✋捻じる場所を 骨盤廻りに、下に下げろ、

 が良いと思うんですね。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「で 肩を廻せ、左肩を入れろ の話しに戻りますが
 ハミングバードでは 肩を廻せでは無く、
 骨盤、腰、お尻を廻すことを推奨しています。
 からだを廻すことは肩を廻すコト という
 考え自体は間違っているとは思っていませんが

 私は 二つの理由 から 
 『肩を廻せ』アマチュアゴルファーに奨めるのには反対です。


質問「ええええ それは何故ですか❓」 

店長「まず 第一に、
 肩を廻す、
 からだの回転は肩を廻すコト だと思っていると

 間違いを引き起こし易
のです。
 非常に簡単に。
 そして その間違いは色々な問題、悩みを引き起こします。
 ゴルフショットの悩みのかなりの部分は
 それが引き起こしていると言っても過言ではありません。

 また スタートとして 間違っていなくとも
 肩を『もっと』回そうとする過程の中で
 気付かない内に 間違ってしまい易い
のです。」

〇肩を廻せ_Moment
質問「えええええええええええええええええ」

店長「具体的に言うと 推奨はしませんが、
 
 肩を廻す と言うのは

 クラブを持った腕は動かさず、両腕の長さを変えず
 その腕の付け根である 肩まわりの胸
 胴体の上の部分を動かす〜胴体を捻って
 テークアウェイであれば
 右(右打ち)を向けるコト であって
 腕を右に振る・ずらすコト ではありません。

〇肩を廻せ〇肩を廻せ_Moment(2)〇肩を廻せ_Moment2









 その間違ってしまっている人は

 両腕を横に振るコトによって
 肩を廻したら 行くであろう辺りに
 クラブやグリップを持って行っているだけで
 ほとんど 肩は廻っていません。
 
 動いているのは 肩甲骨は含めた腕だけで

 胸はそれに引っ張られた分だけで
 ほぼ 正面を向いたまま です。

 見た目、肩が回って見える、右を向いて見えるのは
 そう言う腕の関係になったら 少し肩が動いて見えるだけ。
 
〇肩を廻せ_Moment2

 肩甲骨が動いているだけで
 肩の位置している 胸廻り
 胴体が捩じられていない…。
 つまり 
からだは廻っていない。」

⁑ボールをよく見ろ あたまを動かすな
 というのも その要因であるかもしれません。

簡単な チェック方法があります。

 二つの目の問題があるので
 その出来具合はその方の運動性能次第ですが、
 本当に肩を廻す、クラブを持った腕の付け根帯 を
 右に向けていたら 両方の腕は何もしていない ですから
 自分でトップの位置と思われる位置に到達しても
 両方の腕の長さはほぼ同じ、
 どちらかの腕を・・・この場合は 右打ちの右腕ですが
 短くしないと 左腕、左手が届かなくなるコトあり得ません

 よく言われる 両腕で作る三角形を維持してテークアウェイを
 と言うのは…これも勘違いしている人が多いですが、
 手順として そうやってから 今度はクラブを上げる ではなく
 両方の腕の長さがほとんど変わらない状態、
 つまり 腕でテークアウェイを取らず、
 ちゃんと肩を含む胸帯を廻しなさい と言っているだけです。

 肩を廻している『つもり』で 腕だけを横に振っている人は
 必ず 左腕を伸ばして、右腕は短くしています。
 右腕を短くしないと 左腕が届かないから…ですが。
👉この『上げ方』では 必ず クラブは開きます
 ですので 後々 閉じなければならない という
 これも別な意味の アマチュアの永遠のテーマ がやってきます。
〇肩を廻せ

 そして「閉じる」は高速、加速状態での動作なので
 修正の難易度はさらに高く、

 また 閉じなければ当たらない、打てない、飛ばない、
 前提条件の 開いている を無視して 別なポイントで
 問題を解決するコトになります。」

質問「うううう 耳が痛い…。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「本日のテーマは アマチュアにとって
 結構 重要な課題、ヒトにとっては永遠のテーマ
 のような課題です。」

質問「なんです?なんです?」

店長「
肩をまわせ、左肩を入れろ です。」
((((((((_Moment
質問「ああああ 確かに。確かに。」

店長「…その前に ちょっと長くなりますが、
 大事な前提条件なので 先に説明します。

 これは今回のスイングの話しに限らず
 すべての動作に絡む かなり重要な問題です。


 ゴルフのショット、スイングって
 自分の意志での動き だけで構成されている訳では
 ありません。

 自分以外にも ゴルフクラブと言うモノがあり
 そいつは 1mの長い棒で
 その先に鉄の塊、重さが付いていて、
 その先端部、ヘッドですね

 そこには 球の飛びや方向、曲がりなどを司る
 ロフトやライ、フェースなどの角度が付いています。

 ドライバーであれば ボールを打つため
 時速150キロに近い速度で移動しますから
 ソコで生まれる 重さ、遠心力などの『不可抗力』
 想像以上に 打ち手に、打ち手の動きに影響を及ぼします。
 大袈裟に言えば
 『その不可抗力がスイングを造ってしまっている』
 と言っても良い程です。
 
〇もっと飛ばしたい
〇もっと安定させたい
〇スライスを治したい

 など それぞれの方に、それぞれの悩みや課題 が
 有ったりして、具体的には
 スイングのココの部分、あそこの箇所を修正したい
 というのがあったりしますが、
 その 自分では治したい、変えたい、覚えたい
 と思っている動きの多く、
 まあ、特に芳しくない動きの多くが となりますが
 それに『ならざるを得ない』状態や環境
 『そうならざるを得ない』不可抗力が掛かっている
 ので必然 は言い過ぎかもしれませんが、
 仕方なくそうなってしまっている ケースが多いです。」
〇肩を廻せ_Moment
店長「例えば、実験でやってみると良いですけれど、
 アドレスします。
 前傾姿勢を解いて、直立姿勢にします。
 クラブが地面と平行になるように構えます。
 その位置に 高〜い ティアップした仮想のボールを置きます。
lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット
 その構えから始め、その腕の長さ、クラブの長さも変えず
 腕とクラブはロック、動かさない状態で
 からだの向き、向きソノモノでも 骨盤でも良いですが
 右を向いて、元に戻って、左を向きます。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(2)
ゆっくりした動作 でやれば
アドレス付近、仮想のボールの位置辺りが
ヘッドの一番膨らんだトコロになります。
ヘッドと仮想のボールは当たるでしょう。

肘を曲げたり、手首も使いません。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment
向きを変えるスピードを徐々に速くしていく…

当然、腕にも、クラブにも遠心力と言う重さ
『不可抗力』が速度に応じて 倍々に掛かっていきます。

そうすると 速度の上がり、速度の乗る、
 この場合は 言葉に相応しませんが、
 ダウンスイングの中頃、後半で
 遅い速度で通っていたヘッドの軌跡、軌道よりも
 ヘッドが膨らんでしまいます。

 しかし、ボールは当てたい、打ちたい…
 このままの軌道では ヘッドでは無く、
 シャフトがボールに当たってしまう可能性もある…。
 …となると 回転の支点を後ろ(右打ちなら蕁砲砲困蕕靴
 軌道をインに修正して
 結果、としては アウトサイドインの軌道に
 『振らざるをえなく』なる、なります、必ず。
 ボールに当てたいのであれば。
lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット
 この動作を他人が見ている場合、
 お前は軸がぶれるから 上手く打てない、
 アウトサイドインになるから飛ばないんだ、スライスなんだ、
 と言う助言があるかもしれませんが、
 自分以外の 不可抗力 が かかった状態で
 ボールを当てるには 軸をぶらして アウトサイドインで
 打たざるを無いので
 『動作視点だけ』で
 動きを修正するのは不可能なのです。

 自分が受ける『不可抗力』によって
 理想的な動作にならざるを得ない
 クラブの姿勢、クラブの位置 などを修正することも
 改善の条件に加えない限りは
 問題がどんどんすり替わって 複雑になるだけ、です。

 しかし、多くの人は クラブの作り出す重さ を
 完全に無視して
 自分の自由意思で無理やり動作を構築しようとします。

 そして 断念するか、前提条件として無理があるので
 その歪みは自分の肉体が受けるコトになって
 からだを傷めるのです。

 ですので その自分の動きにかなり影響を与える重さ、
 不可抗力を管理とまでは行きませんが、
 どこにあるのか、どんななっているのか、
 それが分かり難い、把握し難い 硬いシャフトや軽いヘッドで
 スイングを覚える、治す、変える、良くするを
 重いヘッド、柔らかいシャフトの 重さが把握し易い
 クラブで実施する方が 到達し易い と思います。
 まあ 手前味噌かも知れませんが…。

 すいません。前置きの話しで終わってしまったので また明日😵」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ま 始めはゴルフって楽しい!と思って貰いたいですから
 ティーアップしたボールを適当に『ぽこんぽこん打つ』でも
 良いとは思うのですが。。。😊😊😊

driving range

 。。。。。先に進みます。

 アドレス、その構えって どうスイングするか、
 を左右してしまう重要なモノで
 『その構えでは 手で振るしかないでしょ⁈』
 ってのもある訳です。

 この時点で 説明する必要は無いとは思いますが、
 実際には 傾斜地で打つコトが多い訳ですし、
 地面もぬかるんでいたり、滑ったりする訳で
 女性や力の無い人が 腕力重視になるような
 アドレスになるのは出来るだけ避けたい、ですね。」

SGさん「どんなふうにするのが良いですか?」

アドレス3アドレス❷








店長「アドレスは
✅出来るだけ立って構える が良いと思います。

 前傾姿勢は 股関節…大腿骨と骨盤の
 言葉の通り 前への傾きの角度差 のコトですが、
 『有りさえすれば』良いんです。

 ですので 出来るだけ 多くの重さが
 靴の上で済むようなモノが良いと思います。」

SGさん「メモメモ…。」

店長「前傾姿勢は起き気味、立ち気味とは言っても
 女性でありガチ なのですが、
 膝を曲げ過ぎたり、座ってしまうような脚は
 出来るだけ避けたいトコロです。
IMG_0094
 スタンスの幅が決まり、直立の状態から
 その状態で 会釈する、股関節を折る、のではなく
 あたまの位置は変えず、お尻をほんの少し後ろに下げる
 感じが良いのではないでしょうか❓
IMG_0095
 直立 から ダイレクトに会釈してしまうと
 かなり 前目、ボール側に重さが掛かる 前のめり気味
 になるので 大きな筋肉をその姿勢維持に使われてしまいます。

 直立から あたまの位置はそのまま、後ろにお尻がでる。
 膝の曲がりも『有れば』良いので 真っ直ぐではないけれど
 『曲がってる』ほどでもない
 限りなく真っ直ぐに近いブルーって感じです。
 前傾も『有れば良い』 膝の曲がりも『有れば良い』です。
アドレス1

 よく アスリートチックに 腰が反った(窪んだ)スタイル
 もありますが、それもちょっとやり過ぎ、
 猫背は腰に負担がかかりますから その中間って感じですね。
 ある程度は 姿勢が良い目の方が負担は少ないです。」

SGさん「始めの内は アドレスだけでも筋肉痛になりますもんね。」


店長「そう思います。

 ちょっと脇道に逸れますが…
 最近、スイングの話しで ハンドアップが良いか、
 ハンドダウンが良いか 
と言う話がありますけれど
 コレも アドレス姿勢から派生する話しでして…。

 前のめり気味 になれば
 渋野日向子ちゃんみたいな ハンドダウンになり易いですし、
 下半身、足ですね、これが座ってしまうような姿勢になれば
 ハンドアップ気味にならざるを得ません。
 その逆、前のめりが強いのにハンドアップ
(空気イス?)
 座るような姿勢なのにハンドダウン
(酔っぱらいの立ち〇ョン)
 では双方無理があります。
IMG_0094
 絶対にどちら とは言い切れませんけれど、
 ハンドダウン気味のアドレスは 体力、筋力、自分の運動性能に
 自信がある人で無いと苦しいと思います。

 座ってしまうようなアドレス は その姿勢自体は安定していますが
 運動をするには難しいので
 ハンドアップ と ハンドダウン
 その中間、ややハンドアップ寄り になるようなトコロが
 筋力に自信のない方、腕力に自信のない方には 良いかと思います。」

SGさん「ああぁぁ なるほど。」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ハンドファースト、こすり打ちに関連する
 興味深い話し で

 私自身もちょっと衝撃を受けた話し です。
 ちょっと 話し長いですけれど…。」
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)

HNさん「はい…。」

店長「長くお付き合いしているお客様に
 仮称 KKさん と言う方がいらっしゃいます。

 もう25年を超えるお付き合いになるでしょうか。

 その方は 弊社のお客様の中では
 一番大きい、マッチョな方、
 体つきで言えば ビースト、怪物、怪獣 ですね。

 25年以上前ですけれど
 ヘッドスピード大会をやって
 周りの人が ヘッドスピードの為、だけに
 48インチとか使っていた時に
 一人だけ 45インチで挑戦していた人で …
 ヘッドスピードは 60㎳を超えた 唯一の方です。」

HNさん「😬 😬 😬 😬 😬 😬」

店長「もう完全なる規格外で
 ハミングバードは店風  が
 チカラの無い、道具で何とかしたい という
 お客様が圧倒的ですから、
 場違い感すらあるほど 凄かった んですね。

 で、まぁ それだけ 運動能力ありますし、
 練習量も豊富、スタミナも桁外れ、 なんで
 スイングについては あまり触れなかった、んですね。
 スイングは独特…ですけれど
 教科書的では無い ですけれど、身体能力と努力で
 距離もスコアもすごかった んじゃないですか❓」

HNさん「クラブは❓」

店長「超ヘッドの重い、かなり柔らかいシャフト ですよ。
 シャフトの柔らかさは お客様の中でもかなり です。
 重くて 柔らかいのじゃないと嫌 なんだそうです。

 特にレッスンを受ける訳でもないですし、
 クラブも 8年とか、10年に一度
 より重く、より柔らかく してますが、
 特に悶絶もしないので 頻繁にはいらっしゃいません。

 ところが 何年か振りに
 たまたま ですけれど、待ち合わせの時間まで
 時間があったそうなんで 遊びに来てくれたんです。

 そして 打ったら・・・・・・・・。

 年齢は 70ちょい前…ですけれど、
 仕事も現役で からだをバリバリ動かしている方 ですから
 まあ。。。変わらないんだろうなぁ と思っていたら・・・

 なんと、なんと、
 年齢の行った人にアリがちな
 『ぶっつけ打ち』

 フォローの出ない、フィニッシュまで行けない、
 インパクトで終わっちゃうスイングですね、
 ソレになってたんですよ。
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(3)
もう ビックリ😲😲
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(4)
 あの KKさんが! ってね。」

HNさん「シニア、グランドシニアの方に多いですよね。」

店長「そうですねー。かなりの比率だと思います。

 で、かなり距離も落ちて、球も行かない、
 スコアも落ちた、
 まあ 若かりし頃は 怪獣だったでしょうから
 比較対象が あまりに…ではありますが、
 悩んでいらっしゃる…。

 ゴルフが楽しくない、、、と。」


店長「でね、 "イヤー KKさんは 5000ccの車
 私たちは 良いトコロ 1300佞亮屐
 基礎が違うので 言わなかったんですが…
 その『こすり打ち』… ヘッドを前に出す打ち方
 変えないと KKさんですら そうなるんですね。"
 って言ったら

 半分、笑ってですが、
 『どうして教えてくれなかったんだよー』って。
 "いやいや 若かったときは困って無かったでしょう⁈
 少しはハンディ無いと ね" って。

 グリップをヘッドが追い越す、
 グリップよりも 多くヘッドを動かす、
 ヘッドを返す打ち方は
 その行為をするには グリップを止める必要があります。
 グリップを止める ッテコトはカラダを止めるコト です。

 本能的にも 飛ばそうとしたら
 ヘッドをたくさん、速く動かしたくなるじゃないですか、
 それをするには からだを止めないとイケナイ訳で
 ですので ぶっつけ打ち にならざるを得ないのですよ。

 あの KKさん、25年前は ヘッドスピード60㎳を出せた
 怪獣のようなからだをした人が ぶっつけ打ち に
 なっちゃうんです。
 こりゃ 普通の人だったら、かなり早い段階で
 ソコに行き着いちゃうなぁ って思った訳です。」

HNさん「。。。。。。。。」

店長「手を返す、ヘッドがグリップを追い越す、
 しならせたシャフトをしなり戻す って
 打っている人は ぶっつけ打ち に辿り着きます。
 腰を傷めたり、どこかを傷めると
 かなり 早い年齢 でソコに行き着きます。

 ですので 若いうちは出来ますけれど、
 ソレを避けたければ 手さばき中心の
 ハンドファーストに苦労する打ち方 とは
 お別れした方が良い、移行した方が良い のです。

 ハンドファーストが打撃ソノモノなんですから。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレはあくまでも 理想論 ですので、
 それぞれの方は 無理のない範囲で考えて下さい。

 また その作り方の 原則はお話ししますので
 しっかり 最後までお聞き(読み)下さい。」

Nさん「はい。」


店長「右打ちの テークアウェイ、右向き が、
 十分成されているか どうか の可否は
 右向きの軸足 の 股関節の状態 で決まります。

 股関節は アドレスの状態で
 前傾姿勢 という
 骨盤と大腿骨の 前傾差 がある訳ですが
 それが 右向き …まあ トップの状態 であっても
 ある程度残っているか、
 右の股関節がつぶされた状態であるか、どうか、
 で決まって来ます。」

Nさん「ああああああ」

店長「今の Nさんの状態では
 幾つかの要因、
〇からだの向き自体が不十分であるコト
〇右サイドの動きが不十分であるコト
〇左腕が動き過ぎてしまっているコト などから
 右の股関節が伸ばされてしまっています。」
青木2022826_Moment

Nさん「ですね…。」

店長「ココって 打撃のパワーの源 になりますので
 とても 勿体ない、
 パワーが溜まっていない状態 です。」

Nさん「😢😢😢」


店長「特に テークアウェイを左腕主体で動かし、
 からだが前に倒れ気味、
 ボールに近づき気味の方は注意すべき、と思います。
((フットワーク (2)((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment










 で この際、なんですが、
 素振りなどで脚や右サイドの動き で
 その つぶれた 右股関節 を造っても、
 クラブを持って スイングしたら
 そう言う風にならない、上手く行かない、
 は 良くアリガチ だと思うんですね。


 パワーの溜まる 右股関節 を造るのは
 当然、足の補助、動きも必要なんですが、
 右の股関節がつぶれるか どうか は
 へそから上、特に腕とクラブの重さ が
 右の股関節に掛かったか どうか で決まります。

 右打ちの人が テークアウェイ、トップ で
 体重が右に乗る からと言って
 アドレス時の 前・飛球線方向〜後ろ に
 動こうとすると
 右向き時の 股関節は アドレス時の背後 に
 逃げてしまうので
 右股関節には重さが関わず つぶすことが出来ません。
青木2022826_Moment

 結果、として 右体重にするには
 背後に逃げていく 股関節の方に
 重さのある 上半身、腕やクラブを移動させる のです。
 
 ですので テークアウェイは 右ひじとか、
 右半身主体で動いてください、と言うのです。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「Nさんとは直接関係ないですけれど
 からだの回転について 考えるべきトコロ、
 特に ある程度の年齢のアマチュアは考えるべき
 トコロがあると思うのです。」 

Nさん「どんなトコロですか❓」


店長「一般的に からだを廻す は
 肩を廻す
 と考えられているかと思います。」

Nさん「はい。」

店長「私は ソレには反対✊ なんです。」

Nさん「え?!」

店長「プロなども含めて 腰に対して胴体をひねる、
 俗に言われる 肩を廻す のは間違っていません。

 ところが ある程度の年齢…そうですね、
 運動不足気味であれば 45歳位が境になるでしょうか
 その位になると 肩を廻そうとするが余り、
 腕の重さ、慣性を付けて
 腕を左右に振るのと 混然一体 になりガチ です。
((((((((_Moment
 我々の年齢(50代)、そして それ以上であれば
 からだの中に 普段、ほとんど使わない筋肉が彼方此方あり、
 非常にからだが固くなり、ちょっとした動きでも
 痛みや恐怖心が伴ってきたり します。

 胴体を捩じっても 何の不安も痛みも無ければ
 特に問題はないのですが、本能的に忌避感の出易い箇所
 ですので、肩を廻そうとすると
 結果、腕を振るコトになります。

スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)クラブを 両手 でもって居ますので、
腕を振ってしまうと、右向きでは右腕が、
左向きでは左腕が余り易いですから
どうしても クラブを捻じる、フェースを開いたり、
閉じたりをせざる得ません。

 肩を廻すコト 自体は間違い とは言えないのですが、
 結局、腕を振るコトにつながり易い、
 イエ、多くのアマチュアの 肩の回し は
 単なる腕の振り になってしまっています。
(…特に現場、コースでは ほぼ ソレ だと言えます。)
✋腕を振った結果、胴体が捩じられたのではなく
 腕と肩甲骨(腕の一部とも言えます)が動いただけで
 からだは廻っていない(と等しい)になるのです。

 打つために からだの向きを変えても
 クラブが開いてしまえば
 向きを変えていない、手だけで動かしたのと等しい
 というコトになってしまいます。

 ややっこしいですけれど、
 医学的にどうかは分かりませんが、
 肩甲骨は 胴体の中にありますが、
 機能としては 腕と言って良い部分
 肩甲骨を動かす は からだを廻す
 ではないのですが、
 『肩を廻そう』とするゴルファーの多くが
 からだでは無い 肩甲骨の動き、可動域 を
 からだの回転 と誤認し、
 その張りを目安 としています。


 胴体、からだの向きが変わったから
 肩甲骨、腕の付け根の位置が変わるのと
 肩甲骨の可動域をカラダの向き とするのは
 似て非なるモノです。
 
52442_360240

 そこは からだでは無いのに、です。
 ですので この時点で 手打ちは確定 なのです。
 
 からだ!と 誤認している
 腕と肩甲骨を動かそうとすれば するほど
 手打ちは深まっていく という
 大変シリアスなのに、結果はギャグ なのです。

 故に ハミングバードでは
 胴体、骨盤の向きを変える、
 その境目は 股関節で と提唱しています。

Nさん「なるほど。」

店長「で Nさんの話しになるのですが、
 その 股関節、
 テークアウェイの右向きの場合、
 軸足に成る 右股関節 が不十分な状態です。
 俗に言う ハマっていない状態 になっています。」

Nさん「あああああ」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「右手の伸ばし(右打ち)、リリース について
 はどうでしょうか❓」
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

店長「バランスボールを持ったまま、
 トップの位置から からだを廻す と
 ボールソノモノ の重さ と運動によって
 ボールは下に下がろう、落ちよう とします。

 腕の作業は それを ゴルフで言うトコロの
 フェースの下向きに変えてやれば良いだけで
 からだは廻っていても それはグリップの移動が成されているだけで
 ダウンスイング〜インパクト程度の 回転では
 グリップとヘッドの位置関係が『反転する』ほど移動していませんから
 二重で からだの仕事を奪わなくて良いのです。

 結果、重さと遠心力が掛かって
 右腕(右打ち)は伸ばされてしまいますが、
👉それは拒否しない、
👉そして 下向きに誘導する
 となると
 左手は円の外を通って、
 しかも その先、上に逃げて行かないと
 フェースの下向きは誘導されません。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment

 ダウンスイング、切り返しの左腕の下がり は
 主に からだの向きで行います。
 苦手な人は 少し 左腕の下がり先行で
 からだの回転に同期させるようにしても良いと思いますが、
 自分で下げる積極性は 特にありません。
 むしろ 重要なのは インパクト以降の左腕の上がり、
 左上腕の上がり、上下関係と言う意味での左脇の空き に
 なると思います。
((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)

✋ココが上に逃げてくれないと
 ヘッド軌道が内に切り込んでしまいますから
 へっそ姿勢やヘッド軌道の安定性を欠きますし、
 場合によっては 内に切り込み過ぎ、
 その結果、軌道に対し 開いた状態のヘッドが作られ
 アウトサイドイン や フェースの開き という
 変な スイング理論に埋没してしまう
 可能性が秘めているので
ボールをつかまえる、
ボールをつぶす、
上から打つ、
ロフトを締める、
 と言う点において インパクト、インパクト以降の
 左上腕の上への動きはとても大切なのです。
flat-spot-hand-path2 (1)

 コレ 誤解を招くので あまり言いたくないのですが、
 歴代のトッププロの ヘッド軌道 と
 グリップ軌道のデータの平均値を取ると
 俗に言われる ダウンブローは
 薄〜く ですが
 グリップが上昇しかかったトコロにインパクトがある
 と言うのが有るのです。
 ✋ドライバーショット って訳じゃあないですよ。
 その方が インパクト姿勢が安定し、
 インパクトをゾーンで長く取れる というコトなのです。

 くれぐれも煽って振ろう
 上を向いて振ろう と言う意味ではないですよ😵
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「からだの回転について、ですが、
 テークアウェイを取る時、どこを、どうすれば良いのでしょうか❓」

店長「感覚的な部分もありますし、
 今まで培ってきたスイングの感じとの差異 もありますけれど、
 ✊ボールを打つため クラブをターンさせたい為、
 それを持っている 自分が右を向く のが目的です。
((((((((_Moment

 よく有りがちな 左肩を入れて、
 左サイドを動かして、 は忘れた方が良いと思います
。」

質問「右への体重移動もありますよね❓」
店長「あります…ありますが
 カラダが右を向いた『から』、体重が右に乗った✋に過ぎませんので
 アドレス時の 右左〜飛球線方向 の左右は
 意識しない方が良いかも知れません。

 腰や背骨、からだの負担を出来るだけ掛けないように
 右を向くには
 この動作の進行方向の前側に当たる/右サイドを動かす、
 右肩でも良いですが、右サイドを背後、
 後方に引く? 逃がす? 移動させる?

 どの用語が適切かは微妙ですけれど、
 左サイドになにがしか で 押す よりも
 右サイドのなにがしか で 『背後に引く』
 感覚の方が良いと思います。」

質問「右サイドを背後に引くんですね⁈」
店長「その方が良いと思います。
 カラダはつながっていますから
 右サイドが背後に逃がす、移動させると
 結果、としては左サイドも右に移動する、
 用語的に 左肩が入る になりますので似ていますが、
 左サイドで押す、左サイドを入れる を
 強く意識してしまうと、運動の前側に当たる
 右サイドが動かず、渋滞してしまい、
 ボール側に前傾が深まってしまう、ねじれたお辞儀
 になってしまったり、
 特に手で振る人にはお薦め出来ないですね。

 コレ、テークアウェイに限らず、ダウンスイングでも
 そうなんですけれど、手で上げてしまう
 手で振ってしまう って
 前側のからだやグリップ、腕が止まる、
 止まるからクラブやヘッドを振れるので
 前輪駆動の意識を強く持って良いと思います。


店長「ですので 右ひじを背後に引く、外に張る、
 は 右ひじソノモノを外に張るコトが重要なのではなく
 右サイドを背後に移動させるコトが主の目的です。

 右ひじがからだを動かす と言う訳では無いかも知れませんが、
 右サイドが背後に逃げるよう 誘導する目的が強いです。

質問「あああ なるほど。」

店長「別の記事 でも書いていますが、
 スイングの回転には 前傾角度が伴っていますが、
 ちゃんと カラダの向きを変えることが最優先で
 それによって 軸がある回転 になる訳ですが、
 それに前傾角度がある方が良いですけれど、
 それを意識し過ぎて 回転が妨げられるのであれば
 前傾角度がなくなっても カラダの向きを変える方を
 優先して欲しいと思います。

 ですので 前傾が深くなって、ボールに近づいてしまう
 テークアウェイ、トップを取っていた人にとって
 右サイドを動かす って言うのは
 ボールから離れるような…、
 カラダを起きるような…、
 そう言う感じになると思いますので
 そこは慣れてもらうしかないでしょうね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「からだを廻す のは
 具体的にはどこを廻す と良いのですか❓」


店長「…いつも通りですが、
 ちょっと長い前置き になってしまいますが、
 男子プロ、特に欧米選手の 真似 をする事に
 良いことは多く…ほとんどありません。
 場合によっては 害悪の方が多い場合もあります。
 勿論 昔からある 普遍的な部分は 良いとは思いますが、
 私たち アマチュアとは ドライバーで言えば
 100ヤードも 150ヤードも距離が違うのです。
 2倍とは言いませんが 1.5倍は飛ばすヘッドスピード
 ヘッドスピード 55㎳ の異世界のテクニックを
 40ms行くか、どうかの私たちが活用しきれません。

 想像出来るとは思いますが、
 今より 100ヤード、150ヤード飛ぶとしたら
 コースはもっともっと狭くなるわけですよね。
 ですので 主に そちらの技術が主になります。
 なんと言えば良いのでしょうか
 F1ドライバーのドライブ技術 を 日常の運転に
 活用しても あまり意味が無いのと似ている と言えば良いのか…。

 そして 彼らは 私たちの息子娘、孫 の年齢ですので
 カラダもしなやかですし、限界値もかなり違います。
 私たちと違って 選手である限り、からだのメインテナンスにも
 時間もお金もたっぷり使います。唯一の資本ですので…。
 そこは考慮して置いた方が良い…が話の始まりになります。」

質問「それはそうですね。」

店長「それを踏まえた上で、
 ごくごく普通のオジサンおばさんゴルファーが
 からだを廻す、向きを変える その主な部分は
 骨盤を含めた背中、胴体になる訳ですが
 背骨は上から 頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個、仙骨、尾骨
 で構成されますが、
✋よく言われる 腰を廻す の近くにある
 腰椎5個は 5個の合計でも 5度も捻ることが出来ません。
 
Spinal_column_curvature-ja.svg

 背骨で考えると 捻じるコトが出来る。。。
 あんまり お薦めは出来ませんが、あえて 言えば 胸椎
 で行うことは可能ですが、
 それは むしろ ひねられて『しまう』と言う程度で
 背骨、胴体を捩じろうとしている場合の多くが、
 背骨ではない、肩甲骨を動かしているケースが殆どです。
((((((((_Moment

 腰痛などの カラダの故障、痛みのコトを考えると
 カラダの向きを変える カラダを回す は
 捻じられる部分を胴体ソノモノにするのではなく、
 胴体は向きを変えるけれど、ねじられる部分は
 股関節 にするべき
 だと思います。」

質問「股関節 なんですか❓」

店長「そうです。肩甲骨を主に 胴体を捩じれば
 主に胸椎ではありますが、元々 ひねる と言う動作を
 あまり得意としていない 背骨が捩じられますので
 カラダへの負担、や無意識な恐怖から
 早くなってしまったり、浅くなってしまうコトも多いです。
 年齢を取って、距離が落ちてしまう原因 の一つに
 長年の腰痛などから 中断期間 が生まれ、
 復帰しても 怖くて 廻せない、捻じれない、になる訳です。
 やはり 本能的に 背骨が捩じられるのは怖いと思います。


 肩甲骨の可動域を増やす という話題が
 スイングの話しの中に 出てきたり もしますが、
 おそらく…ですけれど、可動域を増やしことによって
 背骨に対しての 捻じり、負担を減らす
 というのが 一番大きい のではないかと思います。
338321720240




 股関節は ざっくり言えば ボールジョイントのような構造
 を持っていますので 捻じられることに問題は有りません。
 動かせていれば 捻じる事に違和感が少ない箇所ですので
 加齢による 回転不足に陥り難い 方法・箇所です。

 ですので 飛ばす と言うトレーニングは勿論ですが、
 歩く、大股で歩く、太もも、ひざを上げる など
  股関節廻りのお尻や背中、
 大腿などの筋肉を動かす訓練が有効か
と思います。

 飛ばすことに 背中も含め、脚力という
 かなり大きな筋肉を使えるのです。
 使っていなかった人にとっては かなりのチャンスかと思いますね。
IMG_2813Trim(2)_Moment(2)
 からだ 👉胴体 になる訳ですが、
 それ自体を捻じる、ひねる、ではなく
 股関節を境とした 胴体ゴト 廻す は
 似ていますが、かなり違うと思いますし、
 筋力、体力の無い、運動不足ガチなアマチュアの必須動作 であり、
 ゴルフのせいで カラダを傷めるコトを避ける作法
 だと 私は思います✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



922a6798ショルダーストロークは
前傾姿勢の深さにもよりますが、
回転にするにはかなり深くの前傾が必要で
練習を多くとる方には腰痛の原因になりがちで
アマチュアの場合、中途な前傾で
回転では無く
背骨のドコカノ軸点、
おそらく ここら辺だと思うのですが 
ココを軸点に からだの回転では無く
シーソーのように 左右の肩を上下させる
コトが ストロークのエンジン・原動力になっています。
👉深くして回転にするか
👉浅くして肩の上下にするか
 どちらにも一長一短あるような気がします。

一方、弊社の提唱する 刷毛塗の場合、
人によって ですが 左腕で動かす場合もあれば、
右腕の曲げ伸ばしで打つ場合もありますが、
どちらにしても 意図的、積極的には
肩、からだ、胸は動かしません。
((パッティングストローク 比較映像_Moment

意識としては止めておく位の感じです。


今のストローク
(真ん中の映像)
刷毛塗ではなく、単に肘を曲げた状態での
 ショルダーストローク になっており、
腕が短くなっている分だけで
前傾が深くなり 苦しくなる、辛くなる可能性があるのと
ショルダーストロークと混じった形で
左ひじを引く状態ですので
〇ヘッド軌道が内に切り込むか →引っかけ
〇ヘッド軌道が急激に上がる →ボールの回転が悪い、トップ気味

 ですので 安定し難くなっています。

✋浅い前傾のショルダーストロークは回転ではありません。
悪い言い方をすれば
 肩のギッタンバッコン、バッタンギッコン
左右の肩の上下動です。


〇刷毛塗の発想は ロフト姿勢の維持、
 ヘッド軌道の直線化(出来る限り円を描かない)
 にありますので、
 例えば 右腕の曲げ伸ばし を動力源にストロークする場合、
 右ひじの伸ばし と 左手首の平側への折れ は
 パックになっていると考えて良く、
 右ひじを伸ばしたら 左サイド自体が内に切り込むのとは違います。
 動画の二つのストロークを比べてみて下さい。

動力源を 腕(左腕でも、右腕でも)に馴染めない、
 というコトもあると思います。
そうでしたら 基本、ショルダーストロークで
インパクト、インパクト以降での 左手首の平側への折れ だけを
取り入れるだけでも より良いボールの転がりを作るコトが可能です。

それは ショット・通常のスイングとも関係があると思いますが、
インパクト前後で 左上腕が締まる、左腕が絞られてしまう習慣が
ネックになる可能性があります。
スイング用語では 脇が空く になるのかも知れませんが、
左上腕が逃げないと、軌道を内に切り込むコトになるか、
左手首が平側ではなく、甲側に折れてしまい
 ヘッドを跳ね上げてしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフスイングを覚える過程やスイングを良くしよう
 とする過程において 最大の罠 があるんです。」

Tさん「ええええええ‼ なんナンです❓ 教えて下さい!」

店長「はい。
 一言で言えば 
深いトップ
 です。」
ヘッドを振るか〜振らないか(参考映像)_Moment【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment池田康二202520_Moment






Tさん「えええええ‼ 深いトップは良いコトですよね❓」

店長「一般的には そう言われますよね。
 決して 浅いトップが良い と言う意味ではありませんが
 内容が伴わないと、もしくは
 形だけ深くしても 害悪の方が多い と言う意味です。
 テークアウェイ、トップが なんのため
 なにを準備しているのか理解しておく方が良いと思います。

 あくまでも 余談 ですが、
 昔から トップが浅めのプロ、浅く見えるプロ は
 結構いると思います。
 で、どちらか と言うと
 深い、深すぎる、
 悪いとは言いませんがオーバースイング気味の人 の方が
 アマチュアらしいというか、多いと思いません❓」
Tさん「そう言われると…確かに、そうですね。
 オーバースイングのプロって 多くない気がします。
 コンパクトなトップやスイングの方が格好いいです。」

店長「ですね。
 プロっぽいって ややコンパクト目なスイングが多いですよね。

 ただし これも 真似るのはどうか と思います。
 何事においても プロゴルファーの動きが
 そのまま私たちに参考になる とは限りません。」
Tさん「タイガーウッズとか、プロの真似したいですよね。」
店長「すっごく分かります。憧れもありますから。
 参考になる部分も沢山あるとは思います。
  ただ からだの廻し方については
 私たちにとって 息子や娘、孫の年代の、
 さらにスポーツ選手の動きが そのまま でいいか、
 取り入れて良いか というと 正直、怪しいです。
 
 多くのプロ選手は 腰のラインはそのまま で
 肩ラインの向きを変え、胴体を捩じります。
 捻じるコトが出来る年齢、からだ なんですね。
 そこは 私たち とは大きく違うと思います。
4bcbe6f4BlogPaint






 私たちにとっては それはストレッチ体操 であって
 その動きそのもので チカラを生み出し、素早く動くのは
 危険と言えば良いのか、あまりお薦めは出来ません。」
Tさん「朝一番のストレッチでやりますよね。」
店長「はい。ソコがポイント です。
 基本、胴体を捩じる行為 というのは
 からだを傷める恐れがあるので 忌避感が強いモノ、
 訓練したり、筋肉で守ったり、慣れるから出来るモノ
 ですので 特に何もしなければ そう深く
 カラダを捻じる事は出来ません。
 出来ないから、
 痛め無いようにするために ストレッチする 訳です。
 胴体をねじる のであれば 硬いのが普通 なのです。」

Tさん「でも 朝一番、クラブを何本か持って
 そう言う素振りというか、準備体操してますよね〜。」

店長「ソコ ですね。
 肩を廻せ とか、
 テークアウェイで 左肩を入れろ とか、
 肩で向きを造り、胴体を捻ることを薦められますが、
 胴体を捩じるコトの是非は棚に上げたとしても、
 ちょっとややこしいですが
〇肩を廻し、からだの向きを変え、
 グリップを移動させ、その結果、ヘッドも移動する のと
〇ヘッドを、クラブをたくさん 速く動かして その重さ、
 その勢いで 胴体をひねる は似ているようで 全く異なります。

 私は 脚で骨盤、胴体を動かす方を薦めていますが、
 それを別として
 肩 を廻して胴体を捻る場合、
 我々 運動不足、身体能力低下気味のオジサンおばさんにとっては
 肩を廻し、胴体を捻る行為は恐怖感、忌避感のある動き、
 それを深くしようとした場合、
 クラブやヘッドの重さ、腕の重さ、
 運動の慣性などの勢いとか、反動で
 それをするようにすると思いません❓」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

Tさん「!!! ‥です。
 まさに ティーグラウンドで見るやつ、です。」

店長「ですので 本来は
 それが肩であっても、骨盤であっても、
 からだの向きが変わるから クラブ、ヘッドの位置も動く
 が
 クラブを動かすコト で カラダの向きを変える に
 ひっくり返ってしまう。
 目的と手段が逆転してしまう。

 トップを深くする、からだを廻す量を増やす が
 良い方には働かなくなるわけです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ