◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: ミスの軽減




10数年前から比べれば
見違えるほど いい感じになってきていますが
更なる飛躍を期待したいです。



まず 気になるのが グリップ です。
左右のグリップに一体感が薄く(上下に離れており)
それが 傾斜や疲労時、アドレスの乱れ、ボールの位置のズレ
アプローチのミスを誘発しかねません。
スイング ココを治そう❷_Moment

グリップ(握り)から治す のは いばらの道 ですので
このグリップの変化 が 自分のスイングの変化具合の目安
というコトを覚えておいてください。




“距離を伸ばし 安定度を高める という意味では
右向き 骨盤〜お腹の右向きが足りていません

ダウンスイング時の 右向きの時間、空間 共に
足りていないので クラブを通す場所がない 状態です。

右腕、右サイド、からだの動きに対し
左腕の移動が目立ちます。
左腕のからだに対する左右のズレ 動きが目立ちます。
ダウンスイング時、左腕の長さの対処に困っている…
動きすぎに困っているのですから
 出来るだけ 左腕が動かない テークバックが必要です。

✋また この手のスイングですと
疲労時、緊張時に より一層 左だけでテークバックを取り
浅めのトップ、空間時間不足のミス が起こり得ます。

素振り、アプローチ など テークバック時
左腕はあげる必要も、移動させる必要もありません。
テークバック時、左腕は単独で動かす必要はないのです。
からだの向きでしか 左腕を動かさない
からだの向き = 左腕の動き というのを意識して下さい。


それに反して 右サイドの動きが足らない です。
右手で とは言いませんが、
右サイドがもっと 後方にボールから離れる位  動いていいいと思います。
右ひじももちょっと 外に張りめ にした方が良いでしょうね。

✋グリップ自体を ボールから離し
アドレス時の背後、後方に送るような意識が良いかも しれません。


▲ぅ鵐僖ト以降、左サイドの動きが止まります
テークバック時の右向きが足らないことが主原因ではありますが、
スイングで からだをまわす というコトは
左右が同じだけ動く もしくは
ヘッドとグリップの追いかけっこ と考えて下さい。
グリップにヘッドが追い付いてしまうのは
左サイドの動きが右サイドよりも少ないから です。

右向きをもっと取る
という前提の元で
ダウンスイングで 左グリップを降ろし始めたら
後のことは なし で
一気に左を向いて、左にお腹を向けてしまいましょう




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





フルショットも含みますが アプローチ をする際
アマチュアが望む アプローチショットとは

❶まず どトップやどダフリ、シャンクなどを避け
 ほどほどに当たるコト

❷打ちたい距離がだいたい打てるコト


大きく分けて この二つ だと思います。



ショットを成否を分ける要素は

.悒奪疋好圈璽
▲蹈侫隼兩
F射角度


になる訳ですが、
からだの回転で 直にヘッドを動かす場合、
ヘッド速度は 動作速度と ほぼ一致、一律の関係です。
IMG_0736_Slomo_Moment(2)IMG_0736_Slomo_Moment(3)







『速度の確定要素』

ところが 手でクラブを振る場合、
体と呼ばれる
1.胴体〜腰回り と
2.肩周り
3.腕
4.クラブ

と 1.の胴体〜腰回り 、それを増幅?
 その速度を変換?してしまう機構が
 肩回り〜腕〜クラブ と3か所もあり
 動作の速度とヘッド速度に
 一定の関係性を保つことが出来ません。

また 腕でクラブを振る場合、
直前まで寝たロフト
 ✋寝たロフト とは その分バンスが増えるというコトです ので
ミスを避けるため
インパクト直前で 急激な加速が必要になり
それまでの事前準備、ヘッド速度を確定させるための
前準備が無意味なものになりがちです。

IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment(3)

『距離の確定要素』

もちろん ヘッド速度もそうですが、
遠くに飛ばさないショットの場合、
インパクト時のロフト姿勢、
以上にヘッドの入射角度 が距離を決める
と言っても過言ではありません。

そして 多くのアマチュアゴルファーは
 その意識が ほぼ皆無 です。

ロフト姿勢 は考えていた としても
距離は速度〜ヘッドスピード という意識ばかりで
それが どう変換され、ボールに伝わるか という意識が
完全に向け落ちています。

傾いている からだの回転 で 直にクラブを動かしてれば
ヘッドの遅れはあっても その入ってくるヘッドの、
入射角度は ある程度一定になります。
ロフト姿勢も 一定になります。
が 故に 運動の速度を調整
打ち距離に対する 運動の速度を覚えること
 アプローチへ対策です。


ところが 手で振る人の場合、
入ってくるヘッドの角度〜入射角度
そして インパクト時のヘッド姿勢
そして からだの姿勢にも規則性がないため
毎回 複雑な組み合わせによって 同じとは言え無くとも
似たような球が打ちにくい状況になります。
100球打つと100種類の弾道 のような状況です。
ですので 打つ距離に対する 動作の速度が決められず
何年やっても ベテランという年数経っても あまり成熟しないのです

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーが ヘッドスピードが速ければ飛ぶ 
 と考えています。
この話の困ったところは
「半分嘘で、半分本当」だから です。

✋全部 嘘 か、 全部 本当 なら簡単なんですけどね…。



全く同じ条件であれば
 それは ヘッドスピードが速い方が飛びますが、
ゴルフクラブの構造上、
 ヘッドスピード、先端を速く動かそう、大きく動かそう とすると
ロフトが増える、ロフトが寝る傾向が非常に強い
 のです。

ヘッドスピード 45㎳の人がピッチングウエッヂ
ヘッドスピード 37㎳の人が6番アイアン
そうほうが まともに当たる と限定したら どちらが飛ぶ でしょう?

聞くまでもないですよね。

物理的、肉体的には不可能ですが、
仮に ヘッドスピード 37㎳ の人が 45㎳ を目指そうとすると
H/S あげていけばいくほど、上げようとすればするほど
ロフトは 6番アイアン → ピッチングウエッヂ化 になり易いのです。

460TL-2


✋二つの比較になりますが、
からだの回転でクラブを振っている/動かしている人は
基本、回転速度をあげれば ヘッドスピードも順応して 上がり易い のですが
ハンドターン、フェースターンをしている人にとっての
ヘッドスピードを上げる は イコール 先端のヘッドの重さが増す為
手や腕への負担が急激に増え、ロフトが寝やすい
ヘッドの遅れ = ロフトの増え になって
ヘッドスピードを上げても
 それ以上にロフトが寝るため 距離になりません。

◎ボールが飛ばない 原因の多くは
✋ロフトが寝てしまうコト と
✋入射角度が緩くなるコト
 に加え
✋ミスが増加するので 速く振れない
が付いて回ります。

ドライバーで言うと ボールとヘッドの
接触時間は 1/2500〜1/4000秒です。
アイアンでも 1/500秒前後 だと思います。

手で振る人、フェースローテーションをする人の
インパクト直前……おそらく 1/10…もっとですね 1/50秒手前は
こんな状態なのです。

ハンドターン (2)ハンドターン (3)ハンドターン










インパクトの 1/50秒程度 直前の状態で
ボールに対し ネック部、ネックの裏、場合によってはソール
が向いていて ココから急激に 180度ターンさせるのですから
ミスは必然とも言えますし、
確率として 元のロフトよりも 大きなロフトでインパクトを迎える方が
遥かに高いと言えます。

速く振ろうとすると クラブヘッド、クラブは重くなり、
グリップも体から離れやすくなり、その分 重さが更に増すので
速く振ろうとすればするほど ボールが上がってしまう や
スライスが増えてしまう は科学的に証明されている とも言えるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイングを覚える段階で
。。。特に アプローチのような小さな、遅い動作で
覚えて貰いたいコト です。

何度も繰り返しますが、スイングは股関節を境目とした
胴体の向きを変える からだの回転による円運動が
ほぼ すべての動作の主力エンジンになります。

地面のボール、低いトコロにあるボールを
効率よく打つため、そのからだの回転には
脚(軸足)〜大腿骨と骨盤 👉股関節 に
前傾姿勢が からだの前部分に傾いた角度
が存在します。
ボールを拾う 正誤表

それによって
右を向いている時は 右サイドの方が左サイドよりも高く
左を向いている時は 左サイドの方が右サイドよりも高く
 なっています。

これは シンプルな横運動でも
準備段階のテークアウェイで ヘッドに位置エネルギー(高さ)を与え
(左から右への動作では 横に上が混じり)
切り返し〜ダウンスイング以降、進行方向にしたが加わるため
(右から左への動作には 横に下が混じり)
前述の通り 
低いトコロにあるボールを効率よく打つのにとても有効です。

打ち終わると やはり横運動に上が加わるので
ヘッドが地面と過度に衝突せず 逃げる場所が出来ます。



✋アプローチで テークアウェイを取るとIMG_1015_Moment(2)
 距離にもよりますが、ヘッドを、グリップを高くせずとも
 その前傾姿勢分 双方 地面から離れます。

✋右向き時は 右サイドの方が高いので
 前傾姿勢分・・・ほのかにですが、 
 見た目 シャット(ほのかに地面を向いている)になっているのが
 その状態での 「スクエア」 な状態です。

✋これは 股関節を境目とした 右向きをせず
 手で、肩でクラブを上げると フェースは空を向く
 フェースが開いた、ロフトが開いた状態になります。
 逆に 手先でシャットを作ったとしても
 (シャッターフェースと呼ぶそうです 
 師匠…お弟子さんたち 何もわかってないみたいですよ
 本当のシャットの意味は からだの回転と前傾にあります。
 恰好を真似ても なんの効果もないですね。

スナップショット 1 (2018-03-26 9-46)スナップショット 1 (2018-03-26 9-47)





✋スピードで解決しない、短めのアプローチの場合
 ヘッドを、グリップを高くしないので
 ヘッドの、クラブの重さによって グリップを動かす助力が薄くなります。
 そのためにも ナチュラルなシャットはミス防止のために
 とても有効です。

スナップショット 3 (2017-06-28 19-07)


始めのうちは 慣れるためにも 少々オーバーなシャット
 フェースを地面に、ボールに向けて置く位
の気持ちでも良いでしょう。

👀 また このフェースの向き、フェースの上下の向きで
  テークアウェイを手で行っていないか の確認にもなります。
  自分のスイングは 自分の目で確認が取りにくいですから
  数少ない 自己チェックのポイントにもなり得ます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これも本当によく見る、
ゴルフをやり始めた人だけでなく
ベテランや自称上級者の方にもとても多いです。

アプローチに限りません、
フルショットでも全く同じです。


✋アドレス時 腕は肩からダランと垂れたような状態です。
長い距離でない グリーン周りからのような距離であれば、
からだの回転だけ 程度で打つ方が安定します。

ですので グリップも からだの回転 + 傾き分 程度
あげる程度で 特に意識的に高くはしません。
20191128 kazu migi-try_Moment(2)
アプローチもフルショットも
このアングルから撮影することが
多いかと・・・思いますが、
アプローチに限らず
フルショットであっても
グリップ、グリップエンドは体から離れるコト
アドレスよりも 遠くなることはありません。

フルショットとは言わないまでも
ある程度の距離のアプローチになれば
無意識でも 右ひじは曲がります 👉短くなります から20190902_Slomo_Slomo_Slomo_Moment
その分 グリップはからだに近づくはず です。 

特に スピードでミスを誤魔化せない アプローチでは
時間が合いにくくなる 無駄なヘッドの動きや
必要の無い動作は 出来るだけ しない方が確実です。

からだの向きで テークバックを取る というコトは
お腹、おへそが右を向くというコト
『左腕をローリング、左腕で押すコト』ではありません。


からだの回転でなく 左腕の押し、左腕のローリングで
テークバックを取ると 離れたグリップの引きつけ(近づけ)
ローリングの戻し という ミスになるべく動作が必要になります。
行きと帰りで 何種類もの事故の原因 になる動作が入るのです。


ここの部分は地味な動作ですが
ミスを回避するため ミスの確率を下げるために
とても大切な部分です。
 ボールを打たずに 地味ですが、初期動作として
 シャドースイングで十分身に付けることが可能です。

✋ミスショットをし易くなるか どうかは この初期動作で決まる
とも言えます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



初めてのゴルフショットを覚える
アプローチを覚える
ビギナーだけでなく 「これも」ベテランさんにも
とても良く見られる ケース
そして ミスショットの原因になります。

田中どら_Moment(4)

グリーン周りなど そう大きくないアプローチ
グリップもヘッドも大きく上げないケース で
主に からだの回転で打つような場合

  「ヘッドを下げてはイケマセン!」


edd43161どういう意味か というと
アプローチであって「も」
スイングには前傾姿勢があります。

ですので ヘッドを上げなくても
グリップを高くしなくても
その前傾姿勢分、グリップの位置も、ヘッドの位置も
アドレスより高い位置、地面から離れた位置になるモノです。

89aa44d5スナップショット 3 (2017-06-28 19-07)








スイングには前傾姿勢があるので
錯覚しがち ですが、
ヘッドはグリップよりも高い位置にあるのです。

ですので からだの回転だけで右を向き
意識として ヘッドを高くしてなくても
見た目 グリップよりも低い位置にヘッドは行きません。
どの場面であっても ヘッドはグリップよりも高い位置にあるモノ です。

ヘッドを動かすな とは言っても
全部のモノが 前傾姿勢によって 高さを変えている
高くなっているのに ヘッドが下がってしまうと
ボールを打つのには 「ヘッドを上げなくてはならなく」なります。
元の位置に戻すには 上げる行為が必要になります。
89aa44d5
✋ヘッドが下がってしまっているので
 このままでは ダふり ます。

この位の距離のアプローチでは スピードで誤魔化せません。



ヘッドを下げた意識がないので
本能的に からだが起き、上を向いて
空間を確保しようとするので からだは急ぎますし、
上を向きますので ダふったり トップの原因になります。

✊本来、イメージしている動作に
無意識な 補正、補助の動きが加わってしまうので
動作速度=距離感 が壊れてしまいます。


また 動画などで再生しても 目では分かり難いですが、
俗に言う ギッタンバッコンの動きが入りますので
入射が緩くなり ボールが高くなったり 球速が緩くなって
ショートする原因に成り得ます。

このミスは プロのトーナメントでも結構見られます。
・・・グリーン周りから チャックリ するケース ですね。



✌手で上げる人は まず この現象に陥ります。
アプローチだけでなく フルショットでも
一旦 ヘッドをデッドゾーン(下がる領域)に入れてしまうので
その分、どこかで ヘッドを高くする動作が
スイングの中に入り込みます。

からだの回転だけ で打つとは言っても
地面に預けてある アドレスと違い
からだの右向き分、前傾姿勢分
グリップも、ヘッドも高くなります(上げている訳ではなくとも)
速くはなくとも 運動が加わります…
アドレスよりも ヘッド、クラブは重くなりますので
ヘッドを吊っている感覚がないと
放っておくと ヘッドは下がってしまいがち です。

「あげる」訳ではありませんが、
基になっている グリップとヘッドの上下関係を維持 するには
すこし ヘッドを高くする「ような」感覚が必要です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



初めてのゴルフショットしてから
コースデビューするまで
7番アイアンなり、5番アイアンなり、
なにがしかのアイアンが当たるようになり
ドライバーとは言わないまでも、どれかウッド、もしくはユーティリティ
ティーショットが打てるように練習します。

その上で 難関、特に現場へ行くと難関
なのが アプローチショットなのだと思います。

ゴルフをし慣れた人、ベテランにとっては
ごくごく普通のコト、普通に出来るコト が
初めてゴルフショットを覚える人にとってはとても厄介


✋これは余談ですが、あるゴルフメーカーが
大学生を対象にゴルフの印象のアンケートを取っています。
ゴルフをしない人にとって ゴルフは
時間やお金がかかる? というコトで敬遠されがち ですが
同時に、プレイをしたコトがある、コースに出たコトがある人
にとっても プレイをしたコトがあるが故、コースに出たコトがあるが故に
より一層 ゴルフを継続的な趣味にすることを避ける傾向も
強くなるデータが取れています。

それは時間も、お金も、手間(練習など)掛けた上に
自分の意志やお金でコースへ出て
諸先輩などに 冷たい意見、中傷、文句などを言われたり
そう言う扱いを受けるコトが好ましくない、楽しくない

というデータです。
✋上手くとは言わないまでも 速くプレイする
などは ゴルフをしたコトがある人の一種のエゴ です。
打つコトも大変、当たることも大変、マナーなんて
コースに出る前、考えたこともないでしょう。
その上で ゴルフ経験者のプレイ速度に合わせる
なんてのは 初心者にとっては あまりに難関。
そういう ゴルフ経験者の当たり前 が
実は ゴルフを続けていくハードルを無駄に上げている
という結果が出ているのです。
ゴルフ業界、ゴルフ協会は気付いているのでしょうか…。

20190811-OYT1I50023-1


アプローチショットですが、
アプローチショットには 大きく二つの課題があります。

❶まずは当たるコトです。

そして その上で
だいたい・・・ですが ❷狙った距離(位)を打つコト
フルショットとはまた違った難しさが含まれています。

先日も書きましたが そこで登場するのが「振り子」です。

一見すると 振り子は理にかなっている ように見えますが、
振り子の動作は かならず 作用反作用
ヘッドを下に振れば、からだの一部は上に上がり、
ヘッドを上に振れば、からだの一部は下がります。
全部が 下がり傾向、上がり傾向に統一されることがありません。
それが故に 最下点が蕁▲棔璽觴蠢阿縫坤
ダフリ、トップ、ロフトの変化、打点の高さのズレ が必ず発生するので
❶当たるコト
❷距離を打ち分けるコト
が同時に達成し辛くなります。

また 『振り子』ショットの最大の問題は
振り子に動く つまり 遠くにあるモノ(ヘッド)がたくさん動く という
とても問題の深い、間違った観念が定着する原因になります。

36682818
ゴルフのショット、特に上下にヘッドを大きく動かさない
アプローチショットでは 傾いているとは言え
水平ではないですが、横方向に動かしてボールを打ちます。
その横方向の移動量は からだの回転によるグリップの移動量 です。
ヘッドの移動量は そっくりそのまま グリップの移動量 です。
であるが故、その移動速度や移動方向が自分で管理出来るのです。
それが発展し、フルショットであっても
アプローチショット、パターストロークであっても
自分の動作速度が そのまま 距離感 になってイクモノ なのですが
振り子ショットでは グリップは動かさず ヘッドを動かす
自分は動かず、クラブを動かす 為
 動作速度=距離感 が形成されません。

フルショットも同じですが、
からだの回す速度が距離感 というのは
ゴルフの基本中の基本です。
からだを回すのは 回りくどいですが
ヘッドを移動させるためにグリップを移動させる
ヘッドを動かすのですが、ヘッドを動かす為にクラブを動かす
というコトをする為です。
ヘッドを動かす為に ヘッドを動かすと 自然に体を回すは無関係なモノ
からだを回すではない 屈曲する動作でボールを打つようになり
結果、手で振る、腕だけを振る、肩だけを動かすスイングになっていきます。

初めてゴルフショットを覚える人が
コースデビューを無難に終わらせるために覚える行為が
その後のゴルフの問題を同時に持つコト になってしまうのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



アドレス姿勢(ポスチャア)…に行く前に
まず セットするボールの置き位置
についてのお話をします。

yjimage


この ボールの置き位置
正確な確率は分かりませんが、
ハミングバードが見る限り
アマチュアのコースでのミスショットの
半分以上、おそらく7割に届くような 原因が
ボールの置き位置に秘めています。

それはどういうことか というと
アドレスでの向き、とも関連しますが、
コースへ出ると 傾斜があります。
その傾斜も 左靴、右靴、ボール、で
三者三様であったりします。
向きと絡み合って、ボールの置き位置が一定しない
毎回バラバラ
その置き位置では打つ前から失敗が確定…
のようなことが 本当に頻繁に発生します。
005

と同時に 練習場の悪い癖、というか
知らず知らずの習慣なのですが、
日本の練習場はとてもよく出来ています。
そう、どこの練習場であっても
ほとんどすべてのものが 規格サイズ がゆえに
知らず知らずのうちに その距離感
例えば ボールとの距離 などを
その サイズに依存しているケースが多いです。
直線が多いので アドレスなどの向きも
それに委ねているケースも少なくないのです。

一度 練習場で、打たなくてよいのですが
自分の立っているマットの上にボールを置き、
マットなどの向いている方向とは
全然異なる 曖昧な方向
35度左向きとか 23度右向きとか
適当な方向を向いて セットアップしてみて下さい。

おそらく 方向、ボールの左右位置、ボールとの距離感
これらも なんとなく違和感 というか
落ち着かない感じになると思います。


そうなった時 持っているクラブ を地面に
自分のアドレスした 両足のかかとに沿って置き
もう一本のクラブで そのかかと線のクラブと垂直に
ボールに対し 置いてみて下さい。
002

まあ 十中八九、自分の望んでいる向きよりも右を向き
マットに対し左向きの目標方向であれば右寄り、
マットに対し右向きの目標方向であれば左寄り、
いつも 理想的に構える状態よりもボールの位置が
ズレている筈です。

ボールとの距離感も一定しないかもしれません。
向きによって ボールとの距離感もズレる可能性が
あるでしょう。



アドレスの重要点の一つに
目標とする方向と平行に構える。
フェースの目標と交わらないように平行に構える。
と言うのがありますが、
家でセットアップの練習をしたりする場合、
なにかに平行や垂直に構えず
中途半端に斜に構えてみる練習をするのも
コースでの無用な、無駄なミスショットを減らす
かなり大きな一手になります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



多くの人はスライス。。。ではなく
ドローボール、ハイドロー(高め)の球を望んでいるでしょう。

アドレスのターゲットラインよりも
やや右目に出て 左に戻ってくる球筋 ですね。

スライスはある意味 初心者の代名詞 のようなモノで
それが ドローに替わるのが 『上手くなるコト』の証、あかし
と信じている筋があります。


7375-300x225
前日の話の延長線上、ですが
フェースターンをしている人に聞きたいのですが
こういうイメージの中で
❶❷❸のタイミングズレと弾道をどうするつもりなのでしょうか
フェースターンをしている限り、
❸のタイミングでインハクトに入ってしまえば
右目に出て、右回転のボールになってしまいます。

左回転を入れるには 12時以降、❷のホイント以降に
インハクトが来ないと ドローボール? になりません。


本来は この時計の進行、スイングの軌道の基になるのは
体の向き・・・なのですが、
とりあえず 手で振って作るとしても
❷以降のタイミングでは どうしても 体を開かざるを得ない
と思うのですが、いかがでしょう?

体を開いて フェースを返すことが ドローボールなのでしょうか

ほんのちょっとしたタイミングのズレによって
全く逆の 蕁船好薀ぅ垢硫鹽召入ってしまう場合もある
ドライバ〜ショットであれば 1/3000秒 と言う刹那の時間に
それを整えるコトが出来るのしょうか


手で振ったにしても、からだの回転で振ったにしても
これには左右だけでなく 上下の軌道も絡んできます。
12時以前のインパクトは下降状態
12時以降のインパクトは上昇状態
12時を境に 本当に全く違う球筋になるのです。

それがある一点、12時を境目…だと
シンデレラのかぼちゃの馬車の話のようです

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチ
そのもの も参考になるかも知れませんが
そのアプローチが
ドライバーやショットの飛ばしの基本
になります。

人気のある二人を比較してみましょう。

https___media_gettyimages_jpgsibunoap











この二つのアプローチは 対極にある二つ と言えます。

タイガーの方は意図的に
入射を解き 緩い入射からスピンが少なく 打ち出しの高い球
を選んでいます。
落下面の傾斜、落下地の地面の方さなど 場面にもよりますが
プロとしての一つの選択です。

片や 渋野選手は ごく普通に
ショットの延長線上のまま アプローチしています。
このアプローチが彼女の強さの要因であり
彼女の飛距離の秘密でもあります。

アマチュアは 総じて
タイガー方のアプローチが スタンダードのアプローチ
になっていますが、
それが実は アプローチの確率の悪さ
ひいては ショットの距離不足の原因になっています。


誤った思い込み・・・だと思いますが、
このアプローチはタイガーにとっても
仕方のない選択、特殊な選択と言って良く
出来れば選びたくない選択肢の一つです。
経験もあり、練習も豊富ですので
普通にこなして……特に難しく見えずに打ちますが、
アマチュアの場合、出来ればやらない
アプローチの選択肢に入れておかない方が良いショットです。

そして このウエッヂを使ったアプローチで
ボールの底をこするような ショットが
自分にとってのアプローチに基本になっていると
ショット全般 飛距離に苦労することになります。


https___media_gettyimages_jpg20190811-OYT1I50023-1










二つを比較すると ヘッドの位置、振り加減とボールの位置
が異なっているのが分かるかと思います。
タイガーの方は もうスイングが終わっている状態ですが
ボールは高さは取れていますが、遠くに行っておらず
一方、渋野のショットは 高さは低めですが、その分、前に行っています。
見ての通り、静止画ですが ボールスピードの違いは明らか です。


スピンの量を増やし、高さを取り、ボールスピードが抑える
には 緩い入射が必要です。
逆に スピンの量を落とし、高さを抑え、ボールスピードを上げるには
そのクラブなりの キツイ入射が必要です。

そして 緩い入射は イコール 開いたロフト
きつい入射は 閉じたロフト です


そして タイガーのショットは ボールの高さ、着弾の角度で止める球で
渋野のショットはスピンで止める球、もしくは 使うクラブによっては
意図的に足(ラン)を出すためのショットです。


アマチュアにとってのアプローチは
圧倒的に渋野の方が参考になります。
一球一球の切り替えはアマチュアにとっては苦手、するべきではなく
そのショットが次のショットに繋がり
似たようなショットで全部を収める 方が
乱れが少なくなるうえ、飛距離のロスが少ないです。

タイガーのショットは一球一球の繰り替えが必要で
このアプローチの後、ドライバーとなると
まるで別なコトをしなくてはなりません。
アマチュア向きではない というコトです。

練習場に行きますと このタイガーのアプローチ ばかりを
目にしますが、アプローチショットは全てのショットの中で
一番練習場と異なります。
異なる傾斜状況、ライ状況、動きの速さで解決できないショット
アプローチ中で 一番難易度の高い選択を
練習場で身に付けても 十中八九役に立ちません。
圧倒的に失敗の確率方が高く、それはすぐにスコアに直結します。

sibunoap20190811-OYT1I50023-1











プロのショットは速いですから
スローにしてもなかなか見切ることは出来ない かも知れませんが、
渋野のアプローチは 飛ばしのヒントが詰まっていますから
是非 参考にしてみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これは非現実的な話で
実際には不可能な話です。


二つのグリップをご覧ください

36ed9c1642ea91fd







少々極端ですが
二つのグリップの 左右の手首の位置の違い、ズレ に注目


多くの人がスイング、インパクトにおいて
上下の位置関係として
左グリップの上にあった右グリップを
左グリップの下に潜り込ませる

フェースローテーション グリップの入れ替えを敢行しますが
左右の手首の位置が近く ズレの差が少なければ
それは両方の手首だけで処理しきれます。

ところが その同じ行為をしても
左右の手首の位置が離れている、ズレが大きいと
その行為はからだの姿勢にまで大きく影響し
ヘッドを下に振る動きに加え、からだ、右の肩も下に潜り込み
ますので Wにヘッドが下がり、Wにロフトが増えます。

IMG_0706_Moment(3)IMG_0706_Moment(2)










手首の位置が近ければ
手首が軸点となり 手のひらをひらひらと振るように
動かすコトが可能ですが、
手首の位置が大きくズレていると
その動きは 台形の横軸が左右に傾くような動きになり
腕全体、からだの姿勢まで一緒に動かすコトになるのです。

ですので 手首をスナップしてインパクトする人も
左右の手首の位置は近い方、ズレが少ない方が良いのです…
その方が ヘッドの下降上昇もシンプルに済み、
ロフトの増え方も同じくシンプルに済みます。
また そのスナップの動きにからだの同調が必要ない、
その動きは手首で処理しきれるので からだの姿勢が崩れにくくなります。

✋ヘッドは下げているのに からだは上向き
というのは トップダフリにおいても調整が難しいです。




しかし 冒頭に書いた通り
スナップする人は左手を強く握る必要が出てくるため
右グリップが入り込む場所がなく
どうしても 左右が離れてしまうので
理論上は可能でも 実際には不可能です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



からだの回転でスイングの弧が造れる
からだの回転で直にクラブが動かせるようになると
トップ、ダフリに大変強くなります。
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(4)
アプローチで トップ・ダフリが減ると
だいぶ楽になり、スコアにも影響します。

アプローチではフェースターンする必要もありません。
右回転で打っても 多少ボールが高くなる程度で
その距離感に慣れてしまえばいいだけです。
段階的に 左回転にボール質を変えていくコトも
考えつつ、からだの回転でボールを打つ感覚を身につけましょう。


✋アプローチで練習してみましょう。

腕さばきで弧を作る…
やりたくはないけどフェースターンをしなくては
ならないのは 骨盤の動き、向きの変更に対し
へそから上、肩や腕を遅らせてしまうコト です
(結果 胴体をねじってしまうコト です)
普通に向きを変えると
トップからいきなり からだが開いてしまい
からだの向きにおける ダウンスイングを逸してしまう
から 肩で振らなければならなくなります。

d779f31aなので
この状態 クラブも胸も右を向いたまま
この前ナラエ状態
この前ナラエ状態の向きのまま

足だけボールに踏み込んでみる。

上半身の向き
クラブの向きを変えず
クラブで円を描かず
クラブのこの形のまま
写真のようなクラブさばきで
ボールを打ってみて下さい。

今までとはかなり違うと思います。

前ナラエの向きを変えない。

…土台である 下半身、骨盤から下は向きを変えているので
前ナラエの向きを変えない と思っても 当然 変わっています。

それに加え 上半身、腕や肩まで回転させようとすると
骨盤は逃げてしまい 開いてしまいます。

これが 最下点の位置を崩してしまい トップやダフリを誘発します



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



またもや ダフリ・トップの話 です。

sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット


スイング、ショットは アドレスの状態で
個人差はあるとは言え からだの幅のどこか…
人によっては左足かかとだったり、真ん中だったり
大雑把に言えば からだの前にボールがあります。
そして クラブを無視して考えても
両方の手は結んだ状態 左右の手のひらを合わせたような
片方の手によって 片方の手が拘束されて状態が
ゴルフスイングです。


ハミングバードでもよく口にしますが、
『インパクトはからだの正面あたりで‼」と言われます。
これは勿論 スイングにからだの回転を止めて
正面を向いた状態を固定して 振れ と言う意味ではなく
理想として からだは常時向きを変えている、
この中で「タイミング」として 
【からだとはこの場合、骨盤の事を指しますが】
からだとボールが正対した辺り で
インパクトを迎えたい というコトです。

それは
sample 2009_09_19_23_41_53-257フレームショット
 何故か というと
前述の通り、片方の腕は片方の腕で拘束されており
それは分かる通り 長さによる拘束です。
からだが正面ではなく 違う方向を向いた状態
良くあるパターン、ほとんどのパターンでは
インパクト時、骨盤は真左を向いていると
当然 両方の腕の長さが釣り合わず
左腕の生えた左肩はボールから遠く
右腕の生えた右肩はボールに近い状況から
左腕はめいっぱい伸ばし
右腕はそれに合わせた短さ でないと
その拘束は解かれてしまい、ボールが打てません。

左腕を届かせるには
腰、骨盤は開くけれど左肩を上げなくてはならず
それと同等に右肩は下げなくてはなりません。

左右の腕の長さの関係はアドレスと異なり
左右の肩のアドレス時の平行感はなく
スイングの中に 上下、縦を司る 部位が
二つも三つも存在することになります。

hirakidohiraki












また からだの厚みはからだの横幅の1/3〜半分です
からだの正面でインパクトが取れれば
線でボールを捕えるような格好になりますが
左を向いて となると 点でとらえる形になり
正面を基盤にしているのが 左向き 右腰横
で打つのですから 当然 最下点は蕁Ω緤にズレます。

腕の長さは合わない
肩のラインは左が上がりっぱなし
正面で構えていたものを右腰横で打つのですから
逆に トップしたり ダふったりしない方がすごい と言うか
言葉にしてみると 曲打ち としか言いようがないです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ダフリ トップ

この二つのミスの絶対的な解決方法はありませんが
かなりの確率、限りなく撲滅に近い処方箋は「あります
ありますが 根本的な、基礎の部分からスイング創りを
やり直す可能性もあるので 全員向き ということでは
ないでしょう。

であったとしても そのヒントになる部分を二つ

123



❶ダフリもトップも
 基本 ヘッドの登り過程に起こるモノ です。
 ヘッドの下り過程にインパクトがあれば
 なくなる とまで言えなくとも
 結果として それは大きなミス
 自分自身は気付いても、他人には分からない程度
 で済むようになります。

 アプローチなどでもそうなのですが、
 ボールは球体です。
 上から見えている分 縦の方向の厚みもあります。
 当たり前ですが、
 ボールの大きさのコイン ではありません。

 ボールは球体ですし、非常に歪み率が高いので
 圧力がかかると 逃げ道を探して
 逃げられる方に移ります。
 それがフェースであり、ロフトです。

 ヘッドが下がっている過程で
 ソールではなく、フェースがボールに向いていれば
 ボールにとって 一番の逃げ口はロフトになります。
 ですので 下がっている過程であれば
 フェースの全面を デカラケットとして使えます。
IMG_0607

 ダフリに関しても かなりのズレは許容されます。

 ところが、上がり行程にインパクトがあると
 どの場合のおいても 一点しかナイスポイントはないため
 大きなミスにつながってしまいます。



❷スイングの弧をからだの回転で作れるか どうか です
 こちらはスイングの基礎の部分ですので
 出来ない人も多いかも知れません。
 
 スイングの弧を腕さばき、手の返し等で作ってしまう場合
 その動きは人間のからだの構造上 ダブルで
 手でクラブを下げようとすると
 腕の動きはクラブヘッドを下げますが
 からだはその反対で上を向きます。
 上を向きながら クラブを下に振る
 上下の動きが 相反しながら打つコトになるので
 頃良いポイントは非常に狭くなります。
93564c62-s

 そして からだが上を向く (左肩が上がる) は
 それを同じ分 からだは開きます。
 それが故に アドレスの時よりも スイングの最下点
 スイングの真ん中 下りと登りの折り返し点は
 右にズレてしまいますので それがトップとダフリの双方の原因です。
 下げ具合、下げるスピード、コースであれば傾斜
 などによっても それは異なるため
 正直、ノンプレッシャーの平らな場所で打つ練習場での成果は
 コースで殆ど役に立ちません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スライスする とか
ダふってしまう
飛距離が伸びない
ショットが安定しない
などなど ショット、スイングを改善したい
というのは 誰もが思っていることでしょう。

根本的、抜本的にスイングを治したい
と思っている人もいれば
チョちょっと 今週末だけ上手く行けば
と思っている人もいます。

ゴルフはそれぞれの楽しみ方はあるので
どちらでも良いと思いますけど
お腹が痛いのに絆創膏を使っても意味ないですし
骨折したのに胃腸薬を呑んでもダメでしょう。

そう言う意味で
知識としてある程度正しい対処方法
を知っておく必要があると思います

IMG_0736_Slomo_Moment(3)


❶ダフリ

スイングのボトム がボールの手前になるのがダフリ です

✘ボールに届きすぎている

これ 大きな間違いで
ボールに届きすぎている ⇒ 届かない程度に変える
では 全く問題は解決されず
その練習をしている練習場でだけしか使えない処方箋です。

イメージとしては スイングの円弧の上下 を変える
最下点の低くなる度合いも少なくする
というのは 大きな間違え で
円弧の上下の問題ではなく 円弧の左右 の問題です

つまり 最下点が右打ちの人の右 手前にあることの方が問題で
スイングの弧をもっと左にずらさないとイケナイ
というコトに気づかないと 頻度を減らす 確率を上げる
には結びついてきません。
IMG_0699_Slomo (3)_Moment(2)IMG_0699_Slomo (3)_Moment(3)IMG_0699_Slomo (3)_Moment(4)








❷トップ

これもダフリと同じです。

届いていない と考えている限り
その頻度も確率も良くなりません。

トップは ヘッドが下がっている過程での薄い当たり では
発生しません。
ボールは球体で フェースには逃げる場所であるロフト
があるので ヘッドが下がっている時であれば
球体であるボールはロフトに逃げようとします。

ヘッドが上がり過程で起こるミス が トップです。

そして その両方の元、源
根本的な問題 というコトになると
そのスイングの弧 を何で作っているか
ということになります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



まず 結論から言います。
『ゴルフクラブの機能を有効に使い、
 からだを痛めず 楽に打ちたい、
 楽に飛ばしたい
 出来るだけメインテナンスとしての練習はせず
 ミスの確率も下げたい と考えるならダメ、
     ダメダメ です。』


逆に言えば ゴルフはクラブでなく腕、
体力が衰え、練習量や頻度が衰えても
クラブに助けてもらいたいとは思わない
多少 体を痛めても気にしない
と考えるのなら お好きにどうぞ です。

4-lg


10フィンガーグリップの決定的にダメなのは
アドレスがダメダメ だからです。

通常の インターロックもオーバーラップ に比べると
10フィンガーは 右手(右打ち)が遠くを握るコト になり
左グリップの接点と右グリップの接点の差が大きくなります。
その差がそのまま 姿勢になります。
IMG_0706_Moment(3)IMG_0706_Moment(2)









無責任なアドバイザーが 10フィンガーは飛ぶ と言います。
それは フェースローテーションがし易い から と思いますが、
科学的に考えて フェースローテーションはヘッドという
角度を回転させて打つコトが基本 ですので
◎方向性を犠牲にするか
◎偶然を待つか
◎神業のタイミングを練習量によって掴むか

どの道 腕力次第の 方向性、安定性の高い打撃ではありません。



それに加え、このショット法では
左グリップの握力 が 鍵になります。
どこかの記事で書きましたが、
気付きにくく、持久力の低い、左手握力が低下すると
握りが深くなり、左右のグリップの離れ、接点差が大きくなり
やはり 気づかないうちに アドレス姿勢が崩れます。

^力が落ち
∈献哀螢奪廚深くなり
左右のグリップが離れる
ぅ▲疋譽校兩が崩れる、ねじれる


自分でやってみるとわかりますが
両方のグリップの接点が離れる ⇒右グリップが遠くを握る
と 上半身を捩じらないと ボールに正対できなくなります。
failgrip

✋腰 スタンスにターゲットを合わせると 肩ラインは左上方を向き
 肩ラインにターゲットを合わせると 腰ラインは右下方を向く
 アドレス時のねじれが発生します。

1.まず これによって アドレスがしっくり来なくなります。
 ラウンド中に起こる アドレスのしっくり来ない原因のほとんどはこれです。

2.どちら(肩かスタンスか)をターゲットライン合わせるか にもよりますが、
 それによって 通常のボールの位置と異なる位置になります。
 これも アドレスのしっくり来なさの原因、ミスの原因 です

3.アドレスがしっくり来ないと、不必要なアドレスの長さや早さになります
 ミスの原因、うっかりの原因になります

4.握力が落ち、左グリップが深くなり、左右のグリップが離れる、
 アドレスが捩じれる、こうなった時の多くの場合
 スタンスとターゲットに合わせ、上半身を開く(左に向けます)ので
 テークバックに入り難くなります。
 アドレスの間合いもいつもと異なり、肩が左に開いた状態からの
 テークバックですので 当然、リズム、テークバックは速くなります
 ミスはほぼ確定です

5.握力の低下の起こり易い 暑い寒い、雨、風、
 自分のからだも含め コンディション悪い時に大きく崩れやすい原因です



元々 飛距離一発目的のグリップ、
元々 安定性の低いグリップ の上に
ラウンド中の変化も激しいのですから
ごくたまに出る飛距離が増える半面、
平均飛距離は激落ち、スコア向上には役立たないグリップです。

10フィンガーに限りませんが、グリップが醜い(左右が離れている)
ゴルファーのミスショットのものすごく大きな原因なのです。
優勝争いをしているプロも全く同じなのです。
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ヘッドの入射角度 と言う言葉、
どう言うものかは理解できると思いますが、
ゴルフ、スイングの用語としてあまり使われていません。
その言葉そのものに 「?」 ピンとこない方もいらっしゃいます。
006

入射角度は
その言葉の通り ヘッドの高さ を単位に
どの位の高さから ボールに向かって入ってくるか
 です。

ですので 45インチのドライバーと
35インチのウエッヂでは 長いドライバーの方が
水平に近い緩い角度からの入射、進入になり
短いウエッヂは逸れに比べ、急激な角度からの進入になります。

☆この入射角度は本来、
そのクラブの長さそのもの、ではなく
そのクラブの長さによっての前傾角度によって生まれますが、
今回はそこのところは割愛します

同じようなヘッドスピード、年齢、体格の人が 同じクラブ を打っても
距離や高さ、スピンなど 違いが生まれるのは
この入射角度が個別に異なる、個性があるからです。


✋地面に対するインパクト時のヘッド姿勢は同じ と仮定すると
緩い角度  で入射すると 飛び出る弾道は高くなり、スピンは少なめなります
キツイ角度 で入射すると 飛び出る弾道は低くなり、スピンは多めになります


ゴルフクラブはその使用されるロフト角度 によって
適合長さがあります。
長さがあり ヘッドスピードが上がるとは言え ロフトのキツイ(立った)モノは
ヘッドスピード要因だけでなく、その長さによって ロフトを援助している と言った具合です。

考え方を変えれば 入射角度もロフトの一要素、両方でロフト と言えるかも知れません。

仮の話では インパクトロフトを固定していましたが
緩い角度で入射する時は インパクトロフト姿勢そのものも大きくなり易く
キツイ角度で入射する時は インパクトロフトそのものも小さく(ロフトが立つ)なり易く

思っている以上に その差は大きいモノ です。

そして、あまり誰も言いませんが
ゴルフクラブの構造上、角度は複合体であるが故に
ロフトが変わってしまうと ボールの飛び出る方向
フェースの向きも変わってしまうので
平面的な見方だけで ボールの方向 は決まりません。
距離や弾道ばかりでなく、方向安定に関しても
似たような入射角度、似たようなインパクトロフト というのは重要です。



打つ時にミスってしまうのは仕方ありませんが、
事前に球筋、それを司る大きな要素、入射角度とインパクトロフト姿勢、
繰り返しますが、これを司るのは
そのクラブの長さ による前傾姿勢 です。
前傾姿勢が司るから 多少のミス、ブレがあっても
その幅は許容範囲で済むのが 本来のゴルフスイング理論 なのですが・・・
ダウンスイングを腕の振り で行ってしまうと
入射角度と前傾姿勢には 関連性が無くなってしまいます。

例えば 限りなくマシンのように からだの回転で打てる人がいたとしても
左足上がりでは 入射角度は若干緩くなってしまい
通常よりも 打ち出し角度は高く、スピンは少なめになります。
左足下がりでは 入射角度は若干きつく成り
通常よりも 打ち出し角度は低く、スピンは多くなります。

からだの回転で打つ と言う前提の上 でです。

これを 手で振ってしまうと
クラブや腕の遠心力が からだの回転で打つ以上に多くなるので
その左足上がり加減、左足下がり加減が更に増す ような
からだの姿勢になり その違いは更に多くなり
ダフリやトップなどのミスに到達するまでになってしまいます。

平地でボールを打っていても
ダウンスイングで まだまだボールに当たっていないのにS20190309-2_Moment
右足(右打ちの人)のかかとが上がっている人を見かけます。
もしかしたら 少なく無いかも知れません。
評論と言う形で言わせてもらうと
右足のかかとが浮いていることは問題ではなく
無意識の内に右足のかかとが浮いてしまう原因 が問題です。
そうなってしまうダウンスイング、インパクトへの進入では
入射角度=前傾姿勢、前傾姿勢と入射角度に関連性が無く
手の振り加減によって 入射角度が生まれてしまうので
そのバラつきは 前傾姿勢=入射角度 の人よりも
遥かに大きなものになってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


プロもそうかもしれませんが、
アマチュアゴルファーにとって
最大の痛手のミスショットは
おそらく トップとダフリ でしょう。

手品のように瞬時に治る 訳ではありませんが、
これを大幅に軽減する方法があります。

006

まずは トップとダフリのメカニズムを知りましょう。

多くの人は
✋トップは届かない
✋ダフリは届きすぎ
 と考えている節がありますが
 
【それは間違いです】
IMG_0068

まず トップですが、ボールは球体です。
球体は圧力がかかった時、圧力の逃げ場所を探します。
よほど 薄い当たりでない限り、
クラブフェースにはロフトと言う逃げ場があるので
大丈夫です。
つまり トップはフェースでなく
歯(リーディングエッジ)やソールで打ってしまうことを
指します。

トップのミスになるのは
ヘッドが下がり軌道でなく、上がり軌道で
インパクトしていることを表しています


下がり軌道であれば、1〜2センチ程度の薄い当たり
(ボールの半径分程度)であれば
ボールはフェースに逃げてきますが、
上がり軌道であると 1センチのズレは
そのまま 歯で打つことになり
フェースに乗らず、こぼれてしまう形になります。



DSC01373-1

今度はダフリですが、
届きすぎている と考えている人も
その届きすぎている場所が ボールやボールより先にあれば
ショットとしてのダフリにはなりません。
届きすぎている場所が
ボールより手前にあることが問題なんです。

kinugasa_End_Sa

トップもダフリもそうですが、
届かない・届きすぎの問題であれば
打ち手にとって 奥行きの問題になります。
1センチ奥なのか(遠い)
1センチ自分寄りなのか(近い

は 人間の両目の構成は左右に位置しているので
非常に難しく、特に動きながらでは
それを視覚的に把握して調整することは不可能とも言えます。

ですので トップもダフリも
もし 届いていない・届きすぎている としても
それを ショットとしてのミスにしないようにするには
奥行きの問題ではなく
左右の問題なんだと把握して貰いたいのです。

届いていないとしても
スイングのボトム、ヘッドの最下点がボールより先にあれば
ショットとしてのミスにならず、ボールはフェースに乗ります。

同じく、届きすぎているとしても
それがボールよりも先にあれば 通常のショットと
何ら変わりはありません。
u=380704500,3118260285&gp=0

届かない・届きすぎをテーマにすると
1センチ程度の奥行きのズレで どちらも発生しますが、
左右の問題にするならば、そのズレは
通常のショットの範疇内です。

別な言い方をすれば
インパクトはヘッドが下がり行程で造れれば
 トップとダフリのミスは大幅に軽減できる

というコトになります。

それがし易いスイングになれば
トップとダフリの確率はかなり飛躍的に減る のです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



まず 知っている人には無用ですが、
ゴルフのスタンス、スタンスの向きは
目標方向、ターゲット に 平行に
 電車の線路のように どこまでも交わらず、平行です。
a0042e90869424d8e720ae8d95b891cd8d7070cd

自分のスタンスを 目標、
例えば ドライバーで言うとフェアウェイの目標点や
グリーン上のピンであったり 目標に向けてはいけません。
ボールと当たるヘッドは 自分のスタンスと平行
というのが 基準になりますので
それでは ヘッド〜ボールは目標よりも右を向いてしまいます。

打つ距離などによっても異なりますが、
アイアンでグリーンをセンターを狙う場合など
自分のからだやスタンスは グリーンの左端であったり、
場合によっては グリーンの左外を向いてる場合もあります。



次にスタンス、
ボールの飛ばしたい方向を決める スタンス
足、というか 靴の向き ですが、


この基準になるのは 両足のかかと です。

003

多くの人が 右打ちの場合
 左足、左靴 の方を多めに開き、
 右足、右靴 の方が少なめです。


この状況の中で つま先がターゲットに向いていると
本当のスタンスは右を向いていることになり
希望の目標方向にボールを飛ばすには
「ひっかけ」を覚えなくてはならなくなります。

また 薄く右を向いていると
感覚的においている ボールの位置が中(右)に
感じてしまうので、前(左)に置きがちです。

これに グリップ・・・左グリップのガブリと深く握りしめてしまう
状態が絡むと 肩は茵.好織鵐垢廊蕁,より強くなります。
001

スタンスはボールの左右に対する置き位置と密接に関係があるので
グリップによって肩は茵.好織鵐垢隆霆爐鬚弔淦茵▲好織鵐垢廊
によって ボールの置き位置があやふやになり易く
それはミスショットの誘発します。

✋正直 コースでのショットのミスの半分はコレ だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


問い合わせが多かったので
もうすこし突っ込んでお話しします。

昔から
 ✋「ボールは自分で上げるな!」
 ✋「クラブ(ロフト)に任せろ!」

と聞きますが、
多くのゴルファー、プロでもそうですが、
無意識なのだとは思いますが、
自分でボールを上げようとしています。
8a862ab6

これはどういうことか というと
もしもアイアンのロフトが絶壁 0度
後々の説明のために付け加えると
このクラブのバンス角度 0度
フェースとソールが直角
フェースがシャフトと平行

の実験的なクラブがあったとします。
20090801 2009_08_30_20_03_19-80フレームショット

ロフト0度のクラブで
ヘッドが ちゃんと体の回転で上から入ってきた時
そのヘッドの入ってきた角度分だけ、ロフトはマイナス に
なります。
実際のクラブでは
 その製品のロフト角度に入射角度がマイナスされるのが
平らな地面とインパクト時のロフト
 の関係です。
20090801 2009_08_30_23_19_09-646フレームショット

ゴルフ用語では これを「ハンドファースト」と呼んでいますが
小手先にて グリップが左にズレたのでは無く
体が回ったこと、向きを変えていく過程で
アドレス時に比べ、体が左に
ズレた結果 によるものです。

ここで ❓ と思う人がいると思うのですが、
手を返す ヘッドを返す スイングをしようとする限り
ヘッドがグリップを追い越す
もしくは 同列になっているところがインパクトで
形としての ハンドファーストは永久に訪れないことに
なります。
BlogPaint

このインパクトを造ろうとする過程
前段階で、ヘッドとグリップは
ヘッドの方をたくさん動かすことになりますから
インパクト以前の段階で
ロフトは入射角度以上に増えますし、
入射角度そのものも
ちゃんと体で動かしてくるのに比べると
緩いものになります。

まあ メカニカルにはイメージし難いかと思いますが、
要するに まるでダメだ! ということです。

手さばきでヘッドを振って
大きなロフトを造り、緩い入射角度にして
上を向いて 上に振りぬく・・・
それでは飛ばないから フェースを左に向ける…


失敗の可能性、ミスの可能性を飛躍的に増やし
その上 複雑で無意味な
テクニック」です。
これを スイングの技術と呼ぶのならば
そんな技術は要らないと思います。

000009



先の ロフト0度 バンス角度0度
フェース面とソール面 直角のヘッド のイメージで
少なくとも トップを半減、消失させる方法は
上がり軌道になった時にも
視覚的ヘッドがスクープソールになっていることです。
上がり軌道になっている時に
バンス角度が付いているのがトップの原因です。
20090801 2009_09_02_15_09_49-1007フレームショット

分かりにくいからもしれませんが
ゴルフクラブを 体の回転でグリップを動かし
その分、ヘッドも動く。

体の回転でグリップが移動する

移動して行く進行方向の左サイドが低いうちにインパクトに入る。

これが守られれば
ヘッドの移動してくる 入ってくる(入射角度)分、ロフトは立ち
そして同等にソールはスクープ(視覚的)になります。
20090801 2009_09_02_15_09_49-62フレームショット

例えば バンス角度5度のクラブを
入射角度5度で入れて来れば、視覚上インパクトの時のバンスは
地面と平行になっているという事です。
バンス角度0度のモノを入射角度5度で入れて来れば
地面との関係はスクープ5度になっているのです。
番外論ですが、その入射角度が自分のアイアンや
ウエッヂのバンス角度選定の条件…が本当の話なんです。
今風なウエッヂ、今風なバンスの無いウエッヂは
バンスをちゃんと使えず 寝かして入れてくることの証です。


トップのミスは ソールで打ってしまうミスです。

クラブの扱いが間違っていて
ソールの地面との関係がバンス状態になっていれば
ソールはボールを向いていますが、
ソールがスクープ状態になっていれば
ソールはボールに向いていません。

そういうことなんです。
20090801 2009_09_02_19_13_32-588フレームショット

ですので、打った後
ヘッドは上がり軌道になって行きますが、
上がり軌道になっても まだ スクープになっているように
扱っていないと トップのミスは増大します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ