◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: ミスの軽減


問い合わせが多かったので
もうすこし突っ込んでお話しします。

昔から
 ✋「ボールは自分で上げるな!」
 ✋「クラブ(ロフト)に任せろ!」

と聞きますが、
多くのゴルファー、プロでもそうですが、
無意識なのだとは思いますが、
自分でボールを上げようとしています。
8a862ab6

これはどういうことか というと
もしもアイアンのロフトが絶壁 0度
後々の説明のために付け加えると
このクラブのバンス角度 0度
フェースとソールが直角
フェースがシャフトと平行

の実験的なクラブがあったとします。
20090801 2009_08_30_20_03_19-80フレームショット

ロフト0度のクラブで
ヘッドが ちゃんと体の回転で上から入ってきた時
そのヘッドの入ってきた角度分だけ、ロフトはマイナス に
なります。
実際のクラブでは
 その製品のロフト角度に入射角度がマイナスされるのが
平らな地面とインパクト時のロフト
 の関係です。
20090801 2009_08_30_23_19_09-646フレームショット

ゴルフ用語では これを「ハンドファースト」と呼んでいますが
小手先にて グリップが左にズレたのでは無く
体が回ったこと、向きを変えていく過程で
アドレス時に比べ、体が左に
ズレた結果 によるものです。

ここで ❓ と思う人がいると思うのですが、
手を返す ヘッドを返す スイングをしようとする限り
ヘッドがグリップを追い越す
もしくは 同列になっているところがインパクトで
形としての ハンドファーストは永久に訪れないことに
なります。
BlogPaint

このインパクトを造ろうとする過程
前段階で、ヘッドとグリップは
ヘッドの方をたくさん動かすことになりますから
インパクト以前の段階で
ロフトは入射角度以上に増えますし、
入射角度そのものも
ちゃんと体で動かしてくるのに比べると
緩いものになります。

まあ メカニカルにはイメージし難いかと思いますが、
要するに まるでダメだ! ということです。

手さばきでヘッドを振って
大きなロフトを造り、緩い入射角度にして
上を向いて 上に振りぬく・・・
それでは飛ばないから フェースを左に向ける…


失敗の可能性、ミスの可能性を飛躍的に増やし
その上 複雑で無意味な
テクニック」です。
これを スイングの技術と呼ぶのならば
そんな技術は要らないと思います。

000009



先の ロフト0度 バンス角度0度
フェース面とソール面 直角のヘッド のイメージで
少なくとも トップを半減、消失させる方法は
上がり軌道になった時にも
視覚的ヘッドがスクープソールになっていることです。
上がり軌道になっている時に
バンス角度が付いているのがトップの原因です。
20090801 2009_09_02_15_09_49-1007フレームショット

分かりにくいからもしれませんが
ゴルフクラブを 体の回転でグリップを動かし
その分、ヘッドも動く。

体の回転でグリップが移動する

移動して行く進行方向の左サイドが低いうちにインパクトに入る。

これが守られれば
ヘッドの移動してくる 入ってくる(入射角度)分、ロフトは立ち
そして同等にソールはスクープ(視覚的)になります。
20090801 2009_09_02_15_09_49-62フレームショット

例えば バンス角度5度のクラブを
入射角度5度で入れて来れば、視覚上インパクトの時のバンスは
地面と平行になっているという事です。
バンス角度0度のモノを入射角度5度で入れて来れば
地面との関係はスクープ5度になっているのです。
番外論ですが、その入射角度が自分のアイアンや
ウエッヂのバンス角度選定の条件…が本当の話なんです。
今風なウエッヂ、今風なバンスの無いウエッヂは
バンスをちゃんと使えず 寝かして入れてくることの証です。


トップのミスは ソールで打ってしまうミスです。

クラブの扱いが間違っていて
ソールの地面との関係がバンス状態になっていれば
ソールはボールを向いていますが、
ソールがスクープ状態になっていれば
ソールはボールに向いていません。

そういうことなんです。
20090801 2009_09_02_19_13_32-588フレームショット

ですので、打った後
ヘッドは上がり軌道になって行きますが、
上がり軌道になっても まだ スクープになっているように
扱っていないと トップのミスは増大します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


外国のスイング論まで逐一調べていないので
それが世界中なのか、日本だけなのか分かりませんが
✊当たり前 ですが、
スイングは立体の3次元の動作です。
スイング軌道は立体です。


にもかかわらず 平面上、横
よく言われる インサイドアウト とか アウトサイドイン など
横面に関するコトばかり です。

でも、実際には 飛距離に影響したり
飛ぶ飛ばないに限らず、打つ距離の安定につながったり
アマチュアにとって 最大の悩み トップやダフリ などは
縦の問題なのです。

田中どら_Moment


例えば 自分で下方向にクラブを動かしている
特に 手でクラブを下に振っているのに
その振っている自分の姿勢が 上向きになっていたら
(左サイドが高く、右サイドが低い状態)
ボールにとっては 上から打たれたコトにならないのです。
(左足上がりで打っているのと同じですね)

『ボールにどういう影響があるか』
が最も重要なコトであって
自分の動作や恰好がどうであるか は
副次的なものでしかありません。
✋こういう風にボールに影響を与えたいから
 こういう動作、こういう姿勢が必要なんだ、というコトです。

スナップショット 10 (2017-04-20 16-39)


例えば・・・ ですが、
ちょっとややこしいのですが、
ゴルフクラブの構造は
ボールと接触する ヘッドのロフト角度 だけでなく
ヘッドがどのような上下角度で入ってくるか も
ロフトの要素の一つ です。
そして、それは 人間がどう振るか どうクラブを扱うか以前に
そのクラブを構えた時の 前傾姿勢で決まる
と言う前提の上で クラブは作られます。

ですので ロフトの立ったクラブは
ある程度の長さが必要になりますし、
逆にロフトの寝たクラブを長くしても
その意味はありません。
ロフト角度とロフトなりの長さ というのはある程度パックになっています。

その大前提は 前傾姿勢、長さなりの構え にあるのです。

それを 手で振って 好きなような角度から入れてくるのであれば
長さだけでなく、ロフトの意味、番手による長さの違いも
消失してしまいます。
(最近では 全番手同じ長さのアイアンがあるとか…ないとか)


また、前傾姿勢の角度
というのが ヘッドを入れてくる角度、
即ち、ロフトの一部である と言う考えが
コースに出た時 傾斜によって どんな球
どんな高さや回転が掛かるか の源 になるのです。


アマチュアであれば ミスが出るのは当然です。
殆どのショットがミスになるのは 仕方ない というか
それはそれで楽しいのですが、
打つ前から どんな球が出るか分からない打撃法 では
練習ソノモノ の意味すらなくなってしまいます。

スイングプレーン論を唱える人は
そこがまるで分っていない様な気がします。

手でクラブを振るのであれば検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment
数を打って自分なりに覚えるしかなく
それは 刹那な時間の瞬間芸ですので
教わることも 教えることも出来ませんから
根気があるか、暇があるか、他にすることが無いか
その時点で スイングがゴルフをする人を選んでしまっています。
 当然 ゴルフをする人、始める人、続ける人は
そのスイング、そしてそのスイングを強要するクラブやレッスンに
ふるいに掛けられてしまいます。

手でクラブを振る限り
ある程度、打てるようになっても
練習量、練習頻度は絶対条件になりますが
動きに無理があるので それをすると必ず体を痛めます。
前門の虎、後門の狼なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




動画、映像を見ていて 気が付いた方もいるかも知れませんが、
からだの回転で左腕を動かしていく方は
ダウンスイングで 体全体、顔や頭も低くなっていきます
✋沈んでる訳…ではなく、右向きや前傾姿勢の分、
薄っすらと高くなった顔、頭の位置が元に戻っていくのです。

IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_MomentIMG_0682_Slomo_Slomo_Moment






一方、ゾウの鼻-スイングの方は
ダウンスイングが進む程、頭は上がっていき、
からだが起きてしまいます。
👉左腕一本で クラブを振る、遠心力を造る から
その重さに対する反発や相殺の動きなのか
はたまた 腕とクラブが一直線上に長くなることによる
空間創りの為の反応なのかは微妙です。

当然ゾウの鼻スイングでは
ディッシュアングルは維持できず、体も起きます。
(前傾姿勢も消えます)

IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(2)IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(4)






ですので ディッシュアングルや前傾姿勢の起き(消え)
それに悩んでいる人が そこを治そうとしても
その元になる原因 ⇒ゾウの鼻スイングのイメージが残る限り
治したい けれど 治したら打てない の迷路にハマります。

そういう意味では
今 なぜか 巷で話題になっている「地面反力」
簡単に説明すると、インパクト時 地面を蹴って
からだを上に、 というのは
手打ち、手振り、ゾウの鼻スイングの成れの果て というか
✖より速く振って出来る遠心力を相殺する
✖より速く振って 長くなるクラブの通すスペースを造る

という 間違った基本を誤魔化すための意味不明なテクニック
というコトになりそうです。


スイングの練習をしていても
からだを左に向ける習慣が乏しく
逆に からだを止めないと打てない習慣が身に付いている人の多くは
ダウンスイングの初期はなんとかなっても
インパクト付近に行くにしたがって 左サイドの動きを止め
左サイドを硬直させ、左腕を伸ばす「条件反射」的に動きが顔を出します。

✋上から打つ
✋左サイドの方が低い内に
✋それに伴う ロフトの立ち

は左グリップ、左サイドがボールを追い抜いて置かないと
それを作るコトが出来ません。
自分にとって 左サイドを硬直させないと当たらない という「条件反射」を
乗り越えないとイケナイのではないか、と思います。

IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(3)IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(5)






ゾウの鼻スイング をすると
クラブを振った達成感は強く残ります。
からだで動かすと、腕は仕事をしていない 未達成感が強くなりますが、
シャフトを振って、ヘッドで円弧を造るスイングは
基本「ロブショット」を打つためのモノ とも言え、
振った割に それが飛距離になりません。
よって もっと速く、もっと強く振る と言うループにはまります。
ヘッドは複雑な回転 ヘッドターンをするコトになりますから
安定度、成功確率は大変低く
思った通りの球、思った通りの距離が出せないがため
結局、振る速度を制限するスイングになるのですから
シャフトを振って、ヘッドで円弧を造るスイング から
勇気をもって離脱する必要があるのです。

ショット、ボールとヘッド、ボールとフェースの衝突に
根本的な矛盾が内包、というか
その矛盾がメインテーマのようなスイングなのですから
そこから離脱するには 流行り言葉ですが、
確固たる「意識革命」しかないのでは、と思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 
からだの回転 や 体重移動 も
意識して修繕しなければいけない状態
だとしたら、
そこではなく 別な部分に問題があると思います。

スナップショット 1 (2017-01-13 12-27)スナップショット 4 (2017-01-13 12-29)







望ましいからだの回転の仕方 は
多少 覚える必要はあると思いますが、
それには体重移動が自動的に付いてくるので
体重移動を治そう には なにかしら
別の理由(手遅れ等)があるとある筈です。


特に からだの回転と体重移動 の関係が
分かれたモノである場合、
からだの回転そのもの訓練をしても
体重移動そのものの訓練をしても
訓練として からだに馴染むことはありません。



からだは知っての通り
おおよそ 背骨を軸として
重い体の部分は背中側よりも それよりも腹、
前側に有ります。
その体が向きを変えるのですから
放っておけば 右を向けば右に
左を向けば左に体重は乗ります。

1-1


それが上手く行ってない
右向き 藺僚
左向き 菎僚
それが上手く行ってない場合、
問題はそこにありません。



例えば この例でお話しましょう。
この動画 の角度では分かり難い ですが、
スイングを治すのに 非常に分かり易いサンプル なので解説します。

この時点 での スイング修正のテーマは
振り遅れ・手遅れの改善です。
振り遅れ、手遅れの主原因は
ダウンスイングでの グリップに比べての ヘッドの道のりの「長さ」
ヘッドの通る軌跡が長過ぎる、遠回りしすぎる コトです。

それを修善しました。

それ以外のコトは 殆ど何も考えていません。



完成…とは言えませんが
 比較して頂くと分かりますが、
ダウンスイング 道のりが長過ぎる方は
 クラブがからだの背後 から降りてきますが
(これを通称 寝かしている と言います)
修正後のスイングは からだの幅の中から降りてきます。

ダウンスイングの道のりが長い方は
意図せず ローテーションが必要になってしまうので
打った後、急激にヘッドが内側に切り込みます。
修善後のモノは ボールよりも外に出るほど
軌跡が変わりましたし、手さばきそのものに無意識ですが
フェースローテーションが消えてしまっています。

✋そこまでは 意図通り、
 この回の集中ポイントですから ナイスな変化 ですが、
 それに大きなおまけがやってきます。



フェースローテーションのある 振り遅れのスイングでは
体重移動 ⇒ 右向きの解け(回転) という
かなり明確な順序が存在しました が
修善後のスイングでは
右向きの解け = 体重移動 が合体した形 になっています。

スナップショット 8 (2017-04-20 16-36)冷静に考えれば 当たり前 なのですが、
遠回りして 振り遅れている 状態では
振り遅れていないモノに比べ 腕も体も重くなります。
それを 引っ張ってこようとすれば
 左への体重移動 後、 からだの回転(右向きの解け)になり、
結果として、 その順序では
右向きの解け は そのまま からだの解き になってしまいます。

からだを開いてインパクトするか
からだを止めて ローテーションするか
いずれかの選択しか残らなくなります。


体重移動とからだの回転が別物のスイングをしている場合、
かならず 別な もっと基礎、基本に近い部分 のイメージに
齟齬というか、誤解があると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


重要なポイントですが、
ちゃんと意味を掴まないと
スイングの迷路のぐるぐる回りが
頻繁に起こってしまいます。

意味が分かれば
例え、練習に頻繁に行かなくとも、
ラウンド中にスイングに迷いが出た時など
対処の仕方が分かるのではないかと思います。



✋アドレス 〜テークバック〜トップ
 この流れの中での 右打ちの人の右向き
 は とても大切ですが、
 その大切なモノは
 右向きの量 ではなく
 右向きの質
 です。
       ⇒からだの回転の役割、意味

20190525gc5_Moment(2)20190525gc5_Moment(3)20190525gc5_Moment











✊確かに 質は悪くとも
 テークバック〜トップ時に ある程度の右向きの量を確保すれば
 ダウンスイング〜インパクトまでの「時間と空間」を稼げるので
 応急処置的には大変有効デス✋

video_Moment(4)


 ゴルフクラブ は 長さ(シャフト)があり
 一方の端に重さが集中した形状で、
 打ち手は重さのないその反対端を持って使います。
 そして 打撃部には 距離や回転、上下左右の方向を司る角度
 というのが番手ごとに存在し、
 それを出来るだけ安定させて使うことが理想です。

 故に 出来るだけ毎回同じようにしたい、扱いたいのですが
 なかなか上手く行かないのが ゴルフの面白く、難しいトコロです。

 スイング動作は どの道 からだ、
 良い悪いは別にして、人によって そのからだがどの部位なのかに
 差が有ったとしても、 その体を回してボールを打ちます。


✋からだの回転の質
 テークバック時の右向きの質   とは
 からだの回転する、向きを変える速度や量 ではなく
 そのからだの回転、向きを変えるコトが
 ダイレクトにクラブを動かすコト、
 からだの回転がクラブの移動と直結しているか
 どうか です。

MVI_0873 (2)(2)_MomentMVI_0873 (2)(2)_Moment(5)












 からだの回転とクラブの移動が直結していれば
 テークバック時 右向きの量を増やせば
 だいたいのことは解決しますが、
 からだの回転とクラブの移動が直結しない
 腕で振るスイングにとって、からだの回転の量は
 円の量、円を増やしているだけに過ぎず
 増やしても その手遅れ量の関係は何も変わらないですから
 からだの回転に大きな意味を持ちません。
 (手で180度 からだの回転で90度 合計270度 みたいな感じで)
 結局、意図的、意図的でないにかかわらず
 インパクト付近を手でさばいている、
 手を返している、フェースローテーションしているのならば
 右向きにはあまり大きな意味がないので
 無意識のうちに、いつの間にか 右向きの量が減ってきます。

 どの場面においても スイングは
 望ましいアクションも、望んでいないアクションも
 必要なコト以外は数球で淘汰、自然に消えていきます。


 からだの回転がクラブの移動が直結していなくとも
 スピードを上げるために 助走路としての右向き は
 まあ 正確には右向きではなく、テークバックに似たねじり ですが… 
 ▼量が少ない
 ▼腕力が低下する
 ▼握力が低下する
 ▼アドレス・ボールの位置が悪い

 等の幾つかの要素が重なってくると ミスが多発し
 それを 本質 である 👉からだの回転で直接クラブを移動させる
 という修繕ではなく、もっと強く、速く 手を返すとか
 テークバックでのクラブの捻じり方を変えるとか(例えばシャッターフェースとか)
 ダウンスイングでよりインサイド、聞こえはいいですが、より寝かす
 とかで 応急処置をすると より問題は複雑化し、深みにはまっていきます。

PCC

 手で振りたくない、ヘッドを返したくない、フェースローテーションしたくない、
 人であっても、テークバック〜ダウンスイング等で
 グリップよりもヘッドを多く動かしている人は
 好き嫌いに関わらず ヘッドを返さなければいけないので
 ラウンド中、自然と必要性の低い右向きはどんどん浅くなっていきます。
 スイング動作中に修正の効く許容範囲を超えると
 大きなミスが出だし、そこで右向きを増やしても
 単に円弧が大きくなるだけですから 問題は解決しません。
 


意識や素振り、練習等で
右向きの質、からだの回転の質、意味 というのを
掴むことが 本質としてとても大切です。

からだの回転がダイレクトにクラブの移動につながる
コトが 頭でも、体でも理解出来れば
からだの回転 の 部位として どこがからだなのか も
身に付くようになりますし、
フルショット、ハーフショット、コントロールショット
そのスピードコントロールを どこでするのかも
分かってきますから、アプローチも良くなってきます。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


しつこいけれどご容赦ください。



.哀螢奪廚鬚らだの回転で移動させ、ボールを打つコト

そうではない例、
ヘッドを動かすコトでボールを打つ
と比較してみよう。


例えば 昨今重要なテーマになっている
「上からボールをつぶす」
「ボールを上から打つ」
「フェース面で上からボールを見せ入れる」


これを ヘッドを動かして打つ で行うと
ほぼ必ず グリップが最下点に来て「から」
ボールを打つコトになる。


正しいインパクトタイミング 箇所 に
グリップが入ってきてから ボールを打とうとすれば
からだは止めないと当たらない、
それ以降は 下半身は止めて 肩で
俗に言う 両腕で作る逆三角形だけを動かして打とうとする
そうなれば ヘッドがボールを上から見て入る 時期は
過ぎてしまってるので 横から入る形
フルショットになれば 上がり過程で入るコトになる。
MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(4)MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(5)





ヘッドを動かすコトでボールを打とうとする人には
〇右向きは重要ではない
〇骨盤・胴体・「からだ」の右向きに必要性がない

単なる勢いをつけるための助走路でしかないから・・・


例えば フルショットではあるけれど
mhまだ ボールを打っていない このタイミングで
全てのモノが 上向きになっている これが 典型例。

ヘッドは位置は"高いから低いになった"けれど
ここまで すべてのモノが上向き では
正しいロフトでボールをつかまえることは出来ない。


からだの回転は既に終着点まで来ているから
ここからは 振る勢いと 止めるからだ との喧嘩
これを オジサンが真似れば その勢いにもよるけれど
数球から数十球で からだは痛めてしまう。
大きなロフトで緩いスピン、速く振らなくてはいけないけど
その勢いに相反して からだは止めなくてはいけない
という矛盾は永遠に続く。


余計な話ではあるけれど、
筋肉が無く、関節の可動範囲の大きいジュニアから
ゴルフショットの数字 ココで言うとヘッドスピードとスピン量
だけを追いかけて 飛ばしにかけてきた選手は
スピンを減らして ボールスピードを上げるため
全て このあおりの手打ちに行き着いてしまうけれど
これが 成人して どれだけ パットやアプローチ
最終的には 選手寿命に影響するか
本人もそこまで考えていないし、周りの大人も見えていない。
子供の時に 何万というショットで覚えたら
もう怖くて変えられないだろうしね・・・・・・・。
プロフェッショナルになりきれていない と私は感じる。



ヘッドを動かす人にとって
からだの回転と前傾姿勢は 意味を持っていないので
右向きの量も必要ないし、
右を向いている時に 右サイド、例えば右ひじ の方が
左サイドよりも高くなっているのも全く関係ない。
20170920_matsuyama-650x435

グリップも左手の甲を空に向ける為
右手と左手が離れた握りになるので余計だが
からだの正しい回転と前傾姿勢そのものの意味が
単なる 上手く見せるための恰好 でしかなく
動作の中での意味をなしていないので
例外なくアドレスが汚い。



逆を言えば、ヘッドを動かしてボールを打つ人にとって
右向きの量、右向きの質(ちゃんと骨盤から右を向く)
右ひじをやや高めに外に張る(フライングエルボー)も
単なる 格好の真似 でしかないので
絶対に身に付くことも、意味を持つ動作になることもない。
まして アドレスや前傾、グリップですら
ヘッドを動かす前提であれば 大きな意味を持っていないので
自分なりの よくいう自己流になるのは仕方ないだろう。
そこを治したところで ヘッドを動かしてボールを打つ限り
数分で元の自己流に戻るだけ。


職業上、年がら年中 インパクトの音を聞いているけれど
ボールを上からつぶして打つ音 と
下からしゃくって、もしくは煽って打つ音 は
天と地以上の違いで、それに加え
下からしゃくって打つ、煽って打つ人のアイアンショットは
インパクト音の前に 地面にヘッドが触れる音が入るので
非常に汚く、濁る。
私より前の世代であれば いっちょ噛み と笑われたけれど
最近では レッスンプロ、トーナメントプロであっても
 それが普通なので
何も言うこともないし、そんな音聞きたくもない。
だから 悪い見本としてみることはあっても
通常放送のトーナメント見るなら 音は消します。(見ないけどね)



言葉で説明するのも非常に難しく
どの道 ヘッドでボールを打つ に変わりないし
ヘッドスピードが速い = 飛距離が出やすい というのも
嘘ではないから、このニュアンスの掴めない人に理解してもらうのは
とてもとても難しいけれど、
スイングの問題、飛距離の問題、スコアの伸び悩み、体の故障
このすべてが ヘッドを振る、グリップを動かすのではなくヘッドを動かす、
シャフトを振る、 この一点から始まる と言って良いと思う。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフスイングのマジック・・・ トリックとも言えますが、
『前傾姿勢』のある からだの向き が変わるコトにあります。

クラブは 手の上 で持っていますから
本当は 手よりもクラブ、
グリップよりもヘッドの方が相関関係では
上の位置にあるのですが

 
✋✋手の下→ 座頭市とか忍者の持ち方 です
アドレス時は 前傾姿勢(前屈)し、腕を降ろしているため
グリップの位置を下げているため、
 ヘッドの方がグリップよりも下がっているように感じます。

lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショットlesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット







手を動かさず、グリップも上げず、右でも、左でも向くと
前傾姿勢があるため ヘッドの方がグリップよりも高くなったように
感じますが、グリップが高くなっただけで
その相関関係は変わっていないのです。
 文章にすると ややこしい ですね。


今回は手をあまり使わない アプローチ相当の距離ですが、
これがフルショットであっても それは同じ。
👉テークバック、トップとは グリップの位置が高くなっただけで
ヘッドの位置を高く、ましてや グリップとヘッドの相関関係、
上下関係を入れ替えた、逆転させた訳
ではないのです。
IMG_0321_Moment(2)

左右に付いても同じです。
アイアンが分かり易いですが、
アドレス時、ほんの少し 微妙にですが、ハンドファースト気味 に構えますよね
自分の体に対し、グリップが微妙に左、ヘッドが微妙に右 にありますが、
右を向くと それが強調された感じがしますが、
この左右、横方向の相関関係も変わっていないのです。

スイングの手の仕事は からだに対し
 グリップを遅れさせないようにする補助行為
もありますが、
同時に ヘッドでは無く、グリップの高さを上げている行為がポイントです。
✊ヘッドは元々 グリップよりも高い位置関係にあるので
 ヘッドを上げる必要はないのです。グリップを必要なだけ高くすれば良いだけ。


ですので
このアプローチ相当の距離を打つ際、
切り返し、トップの位置から
ヘッドを下げたり、ボールの方にヘッドを出したり してはいけない、
する必要が無いのです。
グリップエンドを ボールを打てる 打ち抜ける
通過点に その姿勢のまま 送り込むだけ
 です。

✋なにせ 準備行為のテークバックでそれをしていないのですから。

mhヘッドを下げたり、ボールの方にヘッドを出してしまうと
準備行為でそれをしていないので、違う動きをしないと
ボールに当たりません。
それのなれの果てがこのインパクト姿勢なのです。
これだと アドレスの体の向きはいったい何のため?
というコトになりかねません・・・。


ダウンスイングは 重さを利用できますから
行きで 重さを重力に逆らって高くした行為よりも
することが少な目、やや割安で動かせるはず なのに
ダウンスイング方がたくさん、しかも素早く動かしていませんか?


✋トップで出来た そのクラブの姿勢のまま
単に グリップ〜グリップエンドを動かすだけ です。
ヘッドを出したり、ヘッドを下げたり しません。
グリップは ヘッドよりも左にあり、
ヘッドよりも低い位置にある その相関関係のまま です。

ショットはこれで終わり です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



今回はアプローチ…のようなショットの練習です。
ですが、そのまんま アプローチでも良い です。


テークバック(初動)のチェックポイント

 〃垢なりの 『シャットフェース』 が出来るコト 

アプローチでやや開いて構えて始める場合、であっても
いざ スイングが始まったら フェースの向き、ロフト具合 というのは
一切 いじっては駄目です。
アプローチで言うと
〇距離なりの 動作スピード があって
〇打つロフトがある程度、確定

されているから 距離感が身に付くのであって
それを同時に動かしていたら 距離感を覚えられません。

スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)


足回り、お尻周りを使って 胴体を右に向けますから
腕作業によって クラブは起き(自分に向かって起きてくる)はすれど
左右方向には動かしません。
よって 前傾姿勢分、右サイドの方が左サイドより高くなりますので
その分の シャットフェースが出来ます。
 👉練習では意識的にシャットを強くしても良いと思います。

これはアプローチの上げるショットやバンカーでも全く一緒です✋

✋アドレスの状態を基本に
 そこから グリップだけ 斜め上方に移動すれば
 フェースは閉じる方に動くはず… です。
 グリップ以上にヘッドを動かすから フェースが開く のです。


◆ ̄Δ悗瞭阿になるので 右半身主導で!

特にグリップは蕕主に『持つ』ことで
左グリップはその手伝い、支えはしますが、左グリップ、左腕がクラブを
率先的に動かすコトの無いように注意が必要です。

回転運動はからだ…足やお尻などの 自分のターンテーブルがしてくれます。
右半身の動きを止めないよう、右ひじをやや外目に張っておきましょう。

スナップショット 11 (2013-06-03 19-47)


1Δ劼犬鯆イ襪海箸如.ラブを起こしますが、起こすことがポイントではありません。
 スイングでは からだの向きの変更 という 回転運動があるので
 結果、として外周に位置するヘッドは道のりが長く、多く動きがちです。
 
 からだの回転に対し、必要以上に道のりが長くなると
 その時間とクラブの重さ(クラブが長い)によって
 ヘッドだけでなく(ヘッドはOK)、グリップが遅れがちになります。
 それでは 正規のロフトでボールを打てません。

 右腕を曲げることによって クラブを起こし
 外周を小さなモノ、重さとして働くクラブの長さを短くしましょう。
 グリップが遅れにくく、ズレにくくなります。

 これは アプローチなど中途な量の回転の時、
 その量とテンポに合わせた分量で✋ ですので
 ある程度の 反復練習は必要になります。
スナップショット 3 (2013-12-05 18-39)

✋肘を曲げても 傾きなりのシャットは維持しましょう。

クラブが捩じられる、フェースが開く、ロフトが付く は
両方の肘の高さ関係によるものです。
✊そして その両肘の高さ関係は
 次の動作の体の姿勢を作ってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ある程度、ゴルフを始め
ドライバーを主にショットがだいたい出来るようになると
スコア向上、進化の鍵はアプローチにあったりします。
sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット

そのアプローチの進化は……ですが、
実は 10ヤードとか30ヤードの小さなショットに限らず
ショットそのものを飛躍的に向上させることなります。
そして、その考えは飛ばすドライバーだけでなく
パッティングにも影響して来ますから
とても重要です。

遠くへ飛ばすショットでも
1mを転がすショットでも
距離を出す基本は
『ボールの速度を作り出すこと』です。
20090801 2009_09_02_17_46_27-180フレームショット

パターでは「転がり」という回転を想起させる言葉を
使いますが、転がることが重要なのではなく
その打ちたい距離を得るための
 ボールの速度をつくることが肝心です。

ボールの速度を作り出す のは
ボールを弾く のではなく ボールを押すこと です。
パターと違い通常のショットの場合、
ゴルフクラブには『ロフトという角度』があります。
クラブを丸く振ってしまうと
ヘッドの通る軌道が小さなものになり
そのロフト角度以上に ボールには回転を与えることになります。
ボールの速度とロフトの関係は
単純にロフト効果が少ないほど速くなり
 例えば 10度のロフト効果であれば
 ボールの速度は ヘッドスピードの1.5倍です。
 ところが ロフト効果が55度以上になれば
 ヘッドスピードよりもボールスピードの方が遅くなり
 そのエネルギーは回転に化けてしまいます。

ウエッヂなどの 元々ロフトの大きなクラブは
インパクト時のロフト姿勢や円弧などによって
大きくボールスピードがぶれやすいものです。
20090801 2009_09_02_19_13_32-583フレームショット20090801 2009_09_02_19_13_32-586フレームショット20090801 2009_09_02_19_13_32-588フレームショット












ですので 弾くような打ち方は
ボールスピードも、回転数も変化が激しく
距離を掴みにくいですから
ボールはちゃんと押してあげなくてはイケマセン。

上げるとか、回転をかけるは 製品のロフトに
任せなくてはイケマセン。

よくスイング論で 円弧を大きくしなさい と言いますが
その意味は ヘッドを自分から遠いところを通す
という意味ではありません。
円弧の半径を小さなものにしない、
元々の長さ ☞背骨からヘッドまでの距離が半径
で使いなさい という意味です。
IMG_0607

スイング時のロフト というのは
クラブの移動する弧に対してのものです。
ですので ヘッドが下降時は その下降に対する角度を
製品ロフトのする…下降角度分立っている ということです。
下降時だけでなく
打ち終わってからの上昇時も
その上昇角度にロフトを保つ ことはとても重要で
しゃくる ショットというのは
その上昇角度よりもロフトが上を向いてしまうことです。
打ち終わってからも 地面に向けておく…というのはムリですが
その位のつもりの方が ボールが押せると思います。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

   
こすり球/抜き球になる原因 の多くは
技術的な部分ではなく、思い込みによるものです。



スイングは円で振る
それ自体は間違っていませんが
『結果』として 体が回るから円になるのであって、
手先や腕でクラブヘッドに円を描かせるのではありません。
言葉としては
 スイングは円に「なる」が正しいのかもしれません。

手先で円を描いてしまう原因になるのは
体が回っているのに 腕やクラブを取り残してしまい
体が回ることによって「結果」描かれる円の時期を
逸してしまっているから
あとから「帳尻」を合わせるため 手先で振っているのです。


電車に乗って目的地に進んでいるのに
最後の駅の手前で途中下車してしまい、
そこを間に合わせるため 自走してる、走っているに過ぎません。



体が回り始めたら・・・をする前に
体を回しても、腕を残してしまう習慣があるのですから
体を回すより先に
左ひじや左上腕を先に動かしてみましょう。


その左ひじの後追いをするようなタイミングで
足さばきで胴体を回す・・・ と考えるよりも
左ひじが行くので 仕方なく体が追っかける
体を回そう という意識を少々希薄にし
左の肘さばきとクラブの重さによって
自然に体が向きを変えていく
 という感じになって行くと良いですね。

一般的な クラブを振るスイングでは
「ボールに届かないから クラブヘッドを振って
 腕とクラブを長くする」という感覚だと思いますが、
クラブは構造上、ヘッドの方がグリップよりも低くなると
定位置/地面にあるボールを打つ為に
グリップを上方に引っ張り上げなくてはなりません。
002001









意識はしなくとも、この時点では 水平方向/横方向への
回転と言う大きな動きの中にあるのですが、
グリップを引っ張り上げなくては ダフル という状況が
訪れれば グリップの位置移動は止まり
そこで回転も止まり始めます。
体も上向きになり始めますから
「届かないスパイラル」に陥ってしまいます。



届かない と感じたら
ヘッドではなくグリップをどんどん動かすのです。
届かない と感じたら
ヘッドではなくグリップをどんどん下げるのです。




ダフリの原因もトップの原因も
こすり球や抜き球の原因も
技術的には グリップの横移動が足らないのです。
ヘッドばかりに意識が行くことも問題です。


体の向きと前傾姿勢の関係から
ダウンスイング〜インパクトの期間は
左サイドの方が低くなっています。
ですので、この期間では シャット
(フェースが地面を向いた状態)になっていますし、
そのシャット加減は逆に左サイドの低さを維持させます。
ですので、少々オーバーに フェースが地面を向いている位
オーバーにしてみると良いと思います。
413
445










ここからが問題ですが、
多くの人は スイングを円で振る・・・
と思っていますから
ここから クラブを振りに行きますが
分かりにくいかもしれませんが、
この行為そのものが打撃で、
この行為のあとに打撃があるのではありません。




この利き手、右手首のスナップをロックするドリルで
体の回転と腕の同調
利き腕の伸ばし、左ひじのリードを覚えてみましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ