◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: ミスの軽減


店長「実際に ボールを『転がして』みると分かるんですが、
 直線的にクラブを移動させる方は
 その移動の速度が距離感です。
〇ハンドターン18s
 一方、グリップ軸にクラブを回転させる方は
 どうしても インパクト、直前直後に
 ヘッドを回転させる為…なのか 変な加速が追加される
 フェースが開いているから 本能的に反応しちゃうのかも
 知れませんけれど。。。
 ですので そこまで動かしてきた速度と
 最後に変な加速が入るので
 運動のスピード感が一定し難い
 距離感とヘッドスピードの一致が難しい と感じるんですね。」

質問「確かに…。 やってみると分かります。」

店長「そして なんと言っても
 手前をダフる、歯に当たる と言うミスの頻度が高い、
 まあ 弧が下に膨らむコトになる のですから
 仕方ないと言えば仕方ないんですけど、
 ソレが故に その追加加速が強くなり易い。
 地面の上 という2次元上で
 下に膨らむ3次元を処理するとなると
 実は 複雑な工程があるんだと思います。」

質問「言われてみると そうですねー。」

店長「それが ほどほど高さを取るアプローチだとしても
 基本は 全番手、パターのストロークと似た感じ
 打ち出すボールの速度と運動量なり、ヘッドスピードなりを
 一致させるコトが 距離感の刷り込み だと思うんです。

 ですので 管理しきれない インパクト加速があり
 それには ミスの可能性も含まれる、
 そういう クラブさばきは避けるべき、
 運動神経というか、運動性能に自信のある年齢の時はいいですけど
 やっぱり 歳を取ってくるとソコ、難しいと思うんです。」

質問「ミスの可能性が高く、距離感も掴みにくい
 良いトコロはないんですね・・・。


 で、ヘッドを振っていないけど 飛ぶんですか❓

店長「気持ちは分かります。
 インパクト直前で ブンっとヘッドを振った方が、
 ヘッドの加速をリリースした方が 『飛ぶ気』はしますよね。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s
 動画のショットを見比べて
 出球、ボールの飛び出し方が異なりますよね。」

質問「ですねー。」

店長「クラブを、ヘッドを回転させる方は
 ポコンと上に飛び出す感じ ですが、
 クラブを引き摺る方は 前に飛び出す感じ になりますよね。」

質問「はい。」

店長「これが こすっているか、つかまっているか、
 の違いになります。 結構、重要なポイント
 です。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)











 ヘッドスピードには大きな違いはありませんが、
 回転させる方は どうしても緩い角度で入って来て
 進入時のロフトは多め
になります。
 球体のボールがフェース上部に逃げる感じになります。
 それに比べると クラブを引き摺る方は
 同じクラブなんですけど 締まった(少ない)ロフト で
 やや上目から入って来ます
ので
 球体の逃げ場が少ないので 前に逃げる
 ヘッドスピードに違いが無いのなら
 飛距離、出せる距離の差は明白なんじゃないですかね。

 『振った』気分は兎も角、
 ヘッドを振る方が 5msも速く振れるのなら…
 ですけれど。

 で、アプローチに関して言えば
 ヘッドを振る、クラブを振るスイングの方が
 同じ距離を打つんでも、大きなスイング、速いスイングが
 必要になる、というコトになります。
 それも ミスの確率を上げちゃう
 んじゃないですかね。」

質問「アプローチが上手く成らないトコロは
 そういうコトなんですね。」


店長「そう言う可能性は否めないですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ボールが上がらない、スピンが足らない、
 浮力が足りない のベースには
 『振り遅れ』が隠れている可能性があります。」

質問「振り遅れ…。」

店長「ゴルフクラブは長い棒で 先端にヘッドと言う
 重さが付いていますから、グリップに対してヘッドは遅れます。
 それは OK✊ です。
 そう言う構造ですから。

 その遅れは ロフトの立ちに転用するコトが可能です。

 ですので 遅れを取り戻す のではなく
 遅れたまま打ってしまえば良いだけです。
 それが世に言う ハンドファースト ですね。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s
 クラブには勢いが付いていますから
 打った後、インパクト後、その遅れは戻ったように、
 場合によっては ヘッドが追い抜くこともあるでしょう。
 しかし、そこが 打撃のメインではなく、
 オマケとは言いませんが、からだを傷めない為にも
 事後処理としてはアリ です。


 しかし、動きの原動力である からだの向きに対し、
 腕までも…多少は良いと思うんですけど
 大きく遅れてしまうと からだに対して腕が…
 腕に対してクラブが … 二重の遅れになっちゃいます。

 これでは クラブは開く、フェースもロフトも開きますから
 インパクトで待って ヘッドに追いつかせないと
 スライスやこすった当たりで あまりに飛ばない。。。
会田20210701_Moment
 多くの場合、〇インパクトで待つ
 〇ボールをカラダの正面で待つ
 〇ヘッドがグリップを追い越す
 の
 基準点になるのは 右打ちの人の場合、左ひじ、左上腕です。
 
 そこが止まってしまう。。。
 
 この場合は『意志を持って止めている』んですが、
 これによって 肘から先が跳ねあがってしまう、
 ボールの上がらない仕組みはこんな感じですが、
 ココのヘッドの疾走感 良く言う『ヘッドが走る』『クラブが走る』
 ロースピン・浮力不足を生んでしまっています。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

 現在ではなく、自分の過去のショットやスイングの歴史が
 そうさせている可能性がある訳ですね。」

質問「どうすれば…」

店長「ドライバーでは辛いでしょうから
 アプローチとか、短い距離のショット で
 からだを廻したときに
 左上腕、左ひじが上がる 回転の仕方、
 からだの回転と腕の関係を造りたい です。

 『脇が空く』とか考えずに
 左上腕があがる、肘が高くなる、
 そう言うフォローを心がけて下さい。


 振り遅れ…多少は良いですけど、
 からだの回転に対して 腕が大きく遅れてしまうと
 左上腕は上げられません。
 上げたら ボールが打てない です。

 腕を先に降ろせ とは言いませんが、
 どういう風な からだと腕の関係を造ると
 からだの向き通りに 腕が大きく遅れないか、、、

 全員ではなく、ヒトによって ですけれど
 トップ、切り返し、ダウンスイング初動で
 腕、特に左腕上腕(右打ち)ですけれど
 『下げる』『降ろす』ではなく、
 初っ端から『上げる』と考えても良いかも…です。」
【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)
質問「ええええ!
 ソレで打てる、当たるんですか❓」


店長「全員じゃないでしょうけど、
 当たる、普通に打てると思いますよ。

 上げようとすると からだの回転に伴って、
 一旦、下げる方向に動かないと 上げられないですから。

 腕を振る、というより からだの回転で
 どう腕を移動させるか と考えては欲しいですけれど。
 ✋腕の話しをすると 腕自身をどう動かす にばかり
 アタマ・考えが行き易いので注意が必要です
。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「地面を引き摺ってアプローチする
 この話が長くなっちゃって申し訳ないんですけど、
 勘違いして頂きたくないのは
 ×地面を引き摺るように 緩い角度で、
 ボールに対して 地面と平行に ヘッドを入れてこい、とか
 抜き方の面で言うと、×アッパー気味に抜く、とか
 そういうコトではありません。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s
 グリップを移動させた分しか、ヘッドを動かさない、
 距離感の基本はそこですよ、 というコトと
 ヘッドが、フェースが上を向いていくような抜き方は
 ミスの原因にも、距離のバラつきにもなるので
 ヘッドが高くなっていく にしても
 出来るだけ インパクトのままのようなロフト姿勢で
 抜いていくイメージを持つと良いですよ、
 というコトです。」

質問「自分でやってみると
 パッティングに応用して 自宅の絨毯とか、マットの上で
 地面の上を引き摺って パッティング・ドリル するのは
 結構、革命的な感じがするんですが…。」


店長「ナイスなご指摘ですね✋

 パットが得意でない、好きでない方は
 地面の上で ヘッドを引きずって パッティングする は
 ものすごく違和感あるんじゃないですかね😬

 距離感は勿論ですが、打つコトそのものが出来ない、
 えらくやり難い と感じるんじゃないか と思うんですが、
 このドリルの意味・意義として 100点満点✊✊✊ です。」

質問「ヘッドを引き摺ってパッティングするのには
 パターですけど トップの位置で出来ているような
 ヘッドとグリップの位置関係をそのまま維持して
 ハンドファースト気味にインパクトしないと…、
 ヘッドの方をグリップよりも前に出そうとすると
 ヘッドが地面に突っかかってしまいます。」

20231180m0
店長「それを 自分のパッティングでやっている、
 ってことになりますよね。 
 その言葉の通り、ヘッドを前にしようとする は
 ロフト姿勢を変化させるコト になりますし、
 ヘッドが地面に突っかかる は ヘッド自体が低くなる、
 下がるってコトになりますから
 ボールとのコンタクト点がフェース上部になってしまったり、
 ロフト・フェースが上を向くから歯が当たってしまったり、
 地面の上でヘッドを引き摺る に比べると
 ボールとの接触の仕方にバリエーションが多過ぎます。
〇からだの回転〜ク
 これでは 安定した『打ちたい距離』になり難いですし、
 良く言う 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出しても
 真っ直ぐ転がり難くなっちゃいます。

 パッティングへの効果はかなり大きい、
 本当の意味での距離感が理解出来るんじゃないでしょうか❓
 名手とまではイカナクても、パッティング嫌いは解消出来る
 非常に簡単にドリルなんじゃないですかね。」

質問「そんな感じがしますね。」

店長「違和感があるのは仕方無いかも知れませんが、
 地面の上でヘッドを引き摺ると
 パッティングの場合は からだの回転は無いですけど、
 グリップの移動速度=ヘッドの移動速度
 強いては地面の動作(運動)速度 と
 ヒトツの動作、ひとつの速度 です。
((パッティングストローク - frame at 0m27s
 ところが どこかの時点で ヘッドを前に出そうとすると、
 この場合は 地面があってヘッドが突っかかっちゃうんですが、
 その全体の速度 よりも 速い 別の運動が必要になります。
 コレって どちらが距離感、速度感、運動速度なのか…。
 距離感として動作速度が馴染みにくい と思います。
  
 それが改善、掴めるだけでも パッティング、
 特に 安定した距離感 と言う意味では良くなると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「どのような感じで アプローチを磨いていけば
 良いのでしょうか❓」


店長「アプローチに限らず、ショット全般に渡りますが、
 ヘッドを動かさず、いや…動かすには動かすんですが、
 グリップを移動させ、ボールを打つ感覚を
 『理解』して頂きたいです。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment

 グリップを動かして…ヘッドを動かして
 ボールを打つ って ごくごく当たり前のコト ですが、
 ココの部分を『理解』するのは結構、難しい んですね。」

質問「はい 分かります。」

店長「コレって からだの回転でボールを打つ って
 言うのにつながってくるんだと思うんですが

 そうですね。

 まずは テークアウェイして、トップの位置…
 そのアプローチをするのに適切な大きさであろうトップの位置で
 一旦、地面にヘッドを落として
 からだの向きを変え、それによって グリップを移動させ、
 ヘッドは常時、地面を引きずったまま
 一度も 空中に浮かせずに ボールを打って貰いたい

 この場合は 当てて貰いたい程度のチカラ加減ですが…。」


質問「!!!!!!」

店長「ショットの練習と言うよりも
 感覚と言うか、ショットの原点を理解して頂くドリルになると思いますが、
 
 からだの回転、向きの変更でグリップを動かす、

 ヘッドはシャフトでグリップをつながっていますから
 グリップが動いた分は 当然、ヘッドも動きますが、
 グリップの移動した量、方向 ともに
 グリップの移動次第 です。

 家の中でやるのであれば
 打つ距離、この場合はボールを転がす(移動させる)距離 は
 1mでも、2mでも、5mでも良いと思います。
 ガラスを割ったり、壁に穴を開けたり そう言うのを避けると
 打てる距離は 良いトコロ 5m位が限界じゃないでしょうか。
〇からだの回転〜
 1mと5m その距離感の違いは
 からだの向きを変える速度です。

 からだの向きを変える速度を変えると
 グリップの移動速度が変わり
 これまた当然ですが、ヘッドの移動速度も変わります。

 テークアウェイの大きさも変わるとは思いますが、
 そこが距離の違いの目安 ではなく、
 その距離を打つ為に必要な からだの向きの速度
 それを造るのに必要な 大きさになる と考えた方が良いです。」

質問「あああ なるほど。」

店長「ヘッドは地面に引きずったままで
 常時、地面にあり、空中に浮く、上がるコトはありません

 ですので 引きずられた分、
 ロフトも立つ形〜ハンドファーストになりますが、
 その具合は ある程度一定に成り、
 そのまま アプローチ・ショット・スイングの終わりまで行きます。
〇からだの回転〜ク
 多くの人は 短い距離のショット とは言え
 インパクト直前で ヘッドを動かしたくなる と思いますが、
 地面を引きずったまま なので
 それ以上 ヘッドを下に送りこむことが出来ません。

 『打てない⁈』『当てられない⁈』
 感じるかも知れませんね。」

質問「感じます。」

店長「ソコがポイントになるかも、知れません。

 インパクト直前で ムズムズ と ヘッドを動かしたくなる、
 私の目では 弾いて打ちたくなる に見えるんですが、
 ヘッドを動かしたくなっても 地面にツッカエている、
 ヘッドが動かせない・・・・
 ですので もっと廻って、左を向いて
 『グリップを移動させて』👉👉ヘッドを移動させる
 その感覚を掴んで欲しい です。

 おそらく、ですが、これがアプローチの、
 そして ショットの原点になると思います。

 この感覚が『理解出来れば
 からだの向きを変える、からだを廻す、コトと
 クラブを振るコト、ヘッドが移動するコト が
 つながってくる、その結びつきが理解出来てくる
 のじゃないでしょうか❓」

店長「また コレには
 ヘッドスピード は からだの回す速度、
 アプローチであれば からだの回す速度が距離感である、
 と共に 飛ばしたい、ヘッドスピードを上げたい は
 からだの向きを変える速度を上げる
 という 至極、普通なコトですが、
 ソレに繋がっていくと思います。」

店長「ヘッドを引き摺って動かしますので
 トップからインパクトまでの ヘッドの軌道・軌跡が
 今まで考えていたものと かなり異なります。
 おそらく 小さな円、自分寄りの軌道、より直線
 になると思います。
 しかし、この動かし方 であれば
 周り方 さえ掴めば その軌道は必ず『いつも同じ』
 周り方、ボールの置き位置 なども
 とても参考になると思いますよ。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「これは また寄り道な話なんですけれど
 もし ご来店される機会や
 そう言う計測器がある場面に遭遇したら
 ドライバーばっかり ガンガン打つのではなく
 アプローチショットの計測もして頂きたいんですね。
85584b3f-s
 自分が〇〇ヤード打つのに
 どんな回転、球筋になっているのか、
 例えば ですけれど 50ヤード位のショット打つのに
 PW-PS(AW)-SWと 3種類のロフトのクラブ
 45.50.55度のロフトのクラブで打つと
 55度のロフトが一番俗に言う『スピン』
 回転数が多い んじゃないか と思っていると思うんですが、
 決してそんなことは無いんです。
 スイングのタイプにもよりますけれど
 SW.55度のクラブが一番回転数が少ない場合もあります。

 中途な距離のショットの場合、
 特殊なコトをせず、普通に打って 一番 回転数が高くなる、
 回転数が多くなる 番手が一番安全 です。


 ボールのスピン数は シャフトの硬さにかなり影響されます。
 ウエッジをバラバラはクラブ、バラバラな硬さで
 使っている人を良く見かけますけれど、
 その中で 自分的にはエース✊ と思っているクラブには
 なにかしらの 秘密、なにかしらの 理由が
 必ず有ったりします。
  だいたいの場合 シャフトの柔らかさ だったり…します。

 そう言うのを確かめるのが 弾道計測器の一番の使い方
 と言っても良いですね。
iron-shot-green
 多くの方が スピンを掛ける と思っているショットの多くは
 コト『回転数』という事に関して
 数値をしては少なくなる打ち方をしているケースが少なくありません。
 アタックアングルを緩くすると
 打ち出しは上がりますが、スピンは減ります。
 ボールが止まるか、止まらないか はスピンの影響と同様に
 地面への着地角度にも依存します。
 当たり前ですが、より垂直に着弾する方が
 ボールは止まり易くなる訳ですが
 弾道が釣り鐘型のようになり(高さの頂点が真ん中位)易い
 緩い入射は ボールは止まり難くなります。

 
 ご来店の際は是非、お声がけください🎵」


店長「で、二つ目の問題ですけれど、
▲灰譴鰐渭澄ゝ離感ともつながってくるんですが、
 シャフトを振る、ヘッドを下に振る、リリースする、アプローチは
 前述の通り、からだの回転だけで動かすものと比べると
 ボールへの入射、アタックアングルが緩くなりガチ です。
 それはイコール 最下点をボールよりも手前にするだけ でなく
 ロフトも付ける、フェースを早い段階で上向き にしますので
 ロフトを増や
飛び出し角度14
した分、バンス角度も増えます。


 最下点が手前、バンスも増える ですので
 ダフリの可能性だけでなく、
 その度合い によっては トップの可能性も 当然、上がります。

 アプローチショットにおいては 多少のダフリ は
 問題ないですけれど、そのダフリ度合いもある程度一定で無いと
 扱い辛くなりますし、
 ダウンスイング途中での 振り加減、リリース加減によって
 それは変化するんですが、そのリリースには
 微妙に『反射』、『瞬時の反応』のようなモノも含まれているので
 傾斜などの足場の状況によっても
 その強さや速さが変わってしまうので厄介です。」

質問「アマチュアゴルファーのアプローチの良い意味で無い
 集大成みたいな感じですね。」


店長「そう思います。

 プロゴルファーを見ると分かるんですけれど
 ソコに関しては きっちり 常用しているアプローチと
 危険覚悟で仕方なくする アプローチを分けています。
 基本、球質がかなり違いますからね。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(4)
 バンカー越えのフワっとさせるアプローチとか、
 こういう風にも打てますよ、ってのはあるんですけれど
 それは ショーというか、興行的な部分が多分に含まれていて
 アマチュアがそれに感化されて真似てしまっても
 悪影響以外ほとんど良い点はないですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スコアの伸び悩みに苦しんでいます。
 安定して 100を切る方法はないの でしょうか❓」


店長「うわぁ ソレですか❓
 
 やっぱり アプローチショット になるんじゃないでしょうか
(クラブの、シャフトの廻し方の違い_Moment
質問「やっぱり ソコ…ですか…。」

店長「そこそこのドライバーショット というのも
 有るとは思うんですが、『安定して』となると
 アプローチショットの確立の方が柱になり得る と思います。」

質問「カギになるのはなんでしょうか❓」

店長「そうですね。
 二度打ちならぬ、『二度振りしないコト
 『二度振りしないアプローチ、ショットを覚えるコト』でしょうか。」

質問「❓❓❓ 二度振り❓」

店長「はい。
 別な言い方では 二重加速しない と言えば良いでしょうか。」

質問「どういうコトです?」

店長「まあ いつもの話しに行き着いちゃうんですけど
 アプローチに限らず、ショット全般って
 からだを廻して、向きを変えて グリップを動かす、
 ヘッドってシャフトでつながっているので
 そのグリップの動いた分、ヘッドも動く
 っていうのが 基本、基礎になります。
 ですので アプローチで言うトコロの距離感って
 『自分が向きを変える、回転する速度』が距離感です。

 スイングの大きさ、テークアウェイ・トップの大きさで
 表される場合もありますけれど、
 それは テニスや野球などのボールスポーツと同じで
 『出したい速度にとって 必要な助走分』と考える方が良いですね。

 それに慣れている人はそれでも良いですけれど、
 あまり トップの位置で限定しない方が良いかも、です。
 そこは 感覚的な部分でいいんじゃないでしょうかね。」

質問「なるほど。」

店長「問題なのは スイングの途中、
 まあ ダウンスイング中、インパクト辺りで
 シャフトを振ったり、ヘッドを振ったり、
 からだの回転とは 別な もう一個のエンジンが入った時 です。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)





 そう言う特殊な場面、それが必要な場面が無いとは言いませんが、
 それは特殊な場面で 危険度が高い、 だけど
 他に選択肢がない と言う場面ですので
 あえて それを常用のアプローチにする必要はありません。

 からだの回転による 自然な流れ、加速は良いですけど、
 クラブをリリースしたり、下に振ったり、
 からだの回転とは異なる 主に腕ですけど、別の動力が入った時、
 運動のスピード感と距離感が別なモノになり易い です。

 アプローチをあまり得意でない と言う人は
 かなり この二重加速、二度振り している人が多い気がします。


質問「。。。。。。。。」


店長「二度振り まあ 手打ちと言っても良いかもですけど
 このアプローチショットには 致命的な欠陥が二つ あります。

 コレって 早期に、ゴルフを始めた早い段階に解決しておかないと
 20年も30年も そのアプローチのお陰で
 スコアとして 100は切れるようになっても
 スコアの伸び、歩留まりを 自分で作ってしまうコトになります。

 先ほども言いましたが、アプローチとして
 そう言うショットが無い訳では無いですけれど、
 プロがやるような 色々なアプローチの真似 なんかをすると
 ソレに陥り易いですけれど、
 二度振りは多岐に渡り 悪影響は大きい、
 ショット全般もそうなりガチ で
 ゴルフ全体を左右するモノになります。
 ですので 色々なアプローチが出来るコト よりも
 正統な、ショットの流れにつながる ヒトツのアプローチを
 出来る方が長期的には断然、有利だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



よくある 弾道解析機
お店にあるものや携帯のモノなどで使われる
「ミート率」とは
 分子:ボール速度/分母:ヘッド速度
 を数値にしたモノ。
スナップショット 1 (2013-10-12 12-11)
ボールの速度は
ロフト角度が少ないほど高くなる。
まあ 繰り返せる や 安定して
となると その限界値は人それぞれになるのですが、
見ている限り ドライバーに限らず
そのクラブのロフトなりに
 理想的なボール速度を出せている人
 はほとんどおらず
多くの人が その手にしているクラブのロフトより
相当大きなロフトで打っている
 ような状況。

例えて言うのならば
 8番アイアン(ロフト35度強)でロブショットのように打てば
 フルショットでも 80ヤード(ロフト50度相当)しか飛ばない
 そんな 無駄な ロフトの扱い方 をしている というコト。

ロブショットだから
上手に出来れば出来るほど 飛ばない
そして スピードを上げても 逆に より飛ばなくなったり、
より上がらなくなったりもする。

ゴルフをほどほどやっている人ならば分かると思うけれど
グリーン周りのアプローチで ロブショットを選択する というコトは
それ以外の選択肢がなく イチかバチか
最大の危険度があるショットをする というコト。


おそらく ハーフショット以下のショット
特にグリーン周り程度の距離のアプローチとフルショットは別物
 と考える人が多いんだろう。
アプローチは飛ばさなくていい
フルショットは飛ばす
その方法が違うコトに問題があるんだけどねー。
同じショットで 番手(ロフト)と自分が距離管理をする
というのが シンプルな方法だと思いますよ。

そこで 
〇飛ばすコト 
〇方向を安定させるコト
〇繰り返し易くなるコト

これを同時に成り立たせるために
7番アイアンなどのショートアプローチで
如何に 遅く、小さな、少ない動きで
最大のボール速度を生み出すか 考えて頂きたい🙄
ECDi9XSUwAEgjre



はっきり言えば それがドライバーであっても
全番手 ロブショットを打とうとしている ように見える。
それが ヘッドターン・フェースローテーションの行き着くところ。
IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment(3)









それは このような グリップを支点、肩や首を支点とした
振り子のような動きで生み出せると思いますか?

これで その手にしているクラブのロフト角度 通りの 弾道や距離になると
思いますか?

このクラブの扱い方 では
 番手ごとにロフト角度に種類がある意味がないのではないですか?

どう思いますか?

この画像を真似るのに使う体の部位は からだ ではなく
肩や手という腕だけではありませんか?

この練習では インパクトは体を止めて
肩周り、腕周りだけ 動かすコトを覚えるのではありませんか?





昔から ボールを上げるのはクラブに任せろ! ロフトに任せろ!
自分でボールを上げようとするな と言われますけれど
このショットが悪い意味でのその典型です。

そして 困ったことに 多くのゴルファーがこのショットを採用し、
レッスンプロの多くがこのショットを教えます。



アプローチの中では特殊な難しいショット なのですが
練習頻度や量によっては なんとかなるでしょう。
しかし このショットの練習は「そのアプローチ」のミスの確率は下げたとしても、
同時進行に ショット全般を「わざと飛ばさない」の練度も上げます。
効率よく、繰り返し、遠くに飛ばす練習 の 真反対の行為 です。


ショートアプローチは フルショットのインパクト付近を抽出した
非常に重要なポイント

理想論で言えば そのアプローチという スコアに直結する練習は
同時にフルショットの練度、飛距離を伸ばす練度を上げる べき モノです。
sibunoap
理屈が分かれば直ぐに出来る とは言いませんが、
この間違った ことボールを楽に遠くに飛ばす という行為とは真逆な
イメージをしっかり是正する というのは ボールを数多く打つ より
ずっとずっとずっと重要な気がします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチ
そのもの も参考になるかも知れませんが
そのアプローチが
ドライバーやショットの飛ばしの基本
になります。

人気のある二人を比較してみましょう。

https___media_gettyimages_jpgsibunoap









この二つのアプローチは 対極にある二つ と言えます。

タイガーの方は意図的に
入射を解き 緩い入射からスピンが少なく 打ち出しの高い球
を選んでいます。
落下面の傾斜、落下地の地面の方さなど 場面にもよりますが
プロとしての一つの選択です。

片や 渋野選手は ごく普通に
ショットの延長線上のまま アプローチしています。
このアプローチが彼女の強さの要因であり
彼女の飛距離の秘密でもあります。

アマチュアは 総じて
タイガー方のアプローチが スタンダードのアプローチ
になっていますが、
それが実は アプローチの確率の悪さ
ひいては ショットの距離不足の原因になっています。


誤った思い込み・・・だと思いますが、
このアプローチはタイガーにとっても
仕方のない選択、特殊な選択と言って良く
出来れば選びたくない選択肢の一つです。
経験もあり、練習も豊富ですので
普通にこなして……特に難しく見えずに打ちますが、
アマチュアの場合、出来ればやらない
アプローチの選択肢に入れておかない方が良いショットです。

そして このウエッヂを使ったアプローチで
ボールの底をこするような ショットが
自分にとってのアプローチに基本になっていると
ショット全般 飛距離に苦労することになります。

https___media_gettyimages_jpg20190811-OYT1I50023-1







二つを比較すると ヘッドの位置、振り加減とボールの位置
が異なっているのが分かるかと思います。
タイガーの方は もうスイングが終わっている状態ですが
ボールは高さは取れていますが、遠くに行っておらず
一方、渋野のショットは 高さは低めですが、その分、前に行っています。
見ての通り、静止画ですが ボールスピードの違いは明らか です。


スピンの量を増やし、高さを取り、ボールスピードが抑える
には 緩い入射が必要です。
逆に スピンの量を落とし、高さを抑え、ボールスピードを上げるには
そのクラブなりの キツイ入射が必要です。

そして 緩い入射は イコール 開いたロフト
きつい入射は 閉じたロフト です


そして タイガーのショットは ボールの高さ、着弾の角度で止める球で
渋野のショットはスピンで止める球、もしくは 使うクラブによっては
意図的に足(ラン)を出すためのショットです。


アマチュアにとってのアプローチは
圧倒的に渋野の方が参考になります。
一球一球の切り替えはアマチュアにとっては苦手、するべきではなく
そのショットが次のショットに繋がり
似たようなショットで全部を収める 方が
乱れが少なくなるうえ、飛距離のロスが少ないです。

タイガーのショットは一球一球の繰り替えが必要で
このアプローチの後、ドライバーとなると
まるで別なコトをしなくてはなりません。
アマチュア向きではない というコトです。

練習場に行きますと このタイガーのアプローチ ばかりを
目にしますが、アプローチショットは全てのショットの中で
一番練習場と異なります。
異なる傾斜状況、ライ状況、動きの速さで解決できないショット
アプローチ中で 一番難易度の高い選択を
練習場で身に付けても 十中八九役に立ちません。
圧倒的に失敗の確率方が高く、それはすぐにスコアに直結します。

sibunoap20190811-OYT1I50023-1









プロのショットは速いですから
スローにしてもなかなか見切ることは出来ない かも知れませんが、
渋野のアプローチは 飛ばしのヒントが詰まっていますから
是非 参考にしてみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 今年も宜しくお願い致します🐇

新年の営業は 1/5(木)午前11時〜 です。
営業時間 11:00〜19:00水曜定休₎



今日のお題は 意外に忘れられてる(知られていない?) と思われる
スイング全般に対しても 結構、大切なコト。

ゴルフのスイング
その構えの アドレスには
一般的に『ディッシュアングル』呼ばれるモノがあります。
  …今のスイング論では、あまり使われる言葉(死語?)ではないのかも…。

それは かまえた時、
この場合、分かり易いので 左腕 としますが、
その左腕を シャフト(クラブ) は 一直線 の関係ではなく
スープ皿の底のような 薄〜い角度が付いています。
2020-07-28_18-05-56_Moment2020-07-28_18-05-56_Moment(2)








その角度は アバウト で 特に何度 なんてのは
 気にする必要はありませんが、
その角度は存在する のは重要です。

ゴルフスイングのややこしい トコロ ではありますが、20090801 2009_08_24_23_31_25-253フレームショット
アドレスには 前傾姿勢(骨盤と大腿骨の前に倒れる角度差)があるので
グリップとヘッドの関係で、ヘッドの方が低い位置がありますが、
実際には グリップとヘッドの上下関係は
左腕とクラブの角度 があるので
 ヘッドの方が 紂,砲△襪里任后

腕を地面と平行まで上げた時、
その角度 によって
 ヘッドの方がグリップよりも上、高い位置になります。
アドレスは、 その腕を下げ、前傾しているので
 感覚的にはヘッドの方が 隋,砲覆襪世院,任后


🏴🏴🏴10ヤードや20ヤード、グリーン周りのアプローチ
などをする場合、グリップもヘッドも上げず、
からだの回転だけ で打つような場面が訪れます。
 (もしくは 刷毛塗で)

そう言った場面で陥り易いのが、
  ヘッドを下げてしまうコト です。

分かり易いので からだの回転を主に で考えてみると
打ちたい分、からだは右を向きます。
これは からだの回転を股関節を境に正しくするのも
肩周りだけでする時も 基本は一緒 です。

前傾姿勢があるので 動かしてはいない、上げてはいなくても
グリップの位置は アドレスよりも 若干、ほんの少しですが、高くなります。
2020-07-28_18-05-56_Moment(4)2020-07-28_18-05-56_Moment(3)








にもかかわらず ヘッドを下げてしまう…。
✋アドレス時は
クラブの重さ、ヘッドの重さを 地面に預けていますが、
グリップが高くなる → ヘッドが地面から離れる
その分、アドレス時には無かった クラブ、ヘッドの重さが
 腕にかかります。
●手で振ってはイケナイ
●クラブを持ちあげてはイケナイ

そんなイメージがあるので
 その重さ分、ヘッドが下方向に取り残されてしまう という
アプローチをとても良く見かけるのです。

上げた訳ではないですが、
比較して頂くと分かりますが、
アドレス時の「ディッシュアングル」を維持すると
アプローチのテークアウェイやトップ時では
グリップとヘッドの上下関係はこんな感じになります。
2020-07-28_18-05-56_Moment(2)2020-07-28_18-05-56_Moment(4)







ところが ヘッドを下げてしまう、
ヘッドの重さが掛かった分、ヘッドを下に置き去り にしてしまうと
2020-07-28_18-05-56_Moment(2)2020-07-28_18-05-56_Moment(3)








こうなってしまう訳です。

これはアドレス時、ディッシュアングルが無い状態と同じ。
2020-07-28_18-05-56_Moment2020-07-28_18-05-56_Moment(3)








さて、問題はこれから起こります。
ダウンスイング〜インパクト に入ろうとすると
からだを正面、ボールの方に向け戻す、
回転し戻す(からだの向きを変更し戻し)ますから
グリップの位置は 下げてはいなくとも 低くなります。
そうなると ヘッドはアドレス時よりも下がってしまっていますから
選択は二つ。
●からだ等を起こし、ヘッドの高さvs地面の関係に合わせ
グリップの位置を アドレス時よりも高めの位置にする
●ダウンスイング〜インパクトに合わせ ヘッドを元に位置にあげる

コレ、レッスンなども含め 誰も提唱しません。

おそらく 殆どの方が
無意識での調整を行っていると思われます。

グリーン周りのアプローチなど
本当に目の前、足で蹴っても、手で放っても…なんとかなる距離
にもかかわらず、トップしたり、ざっくりしたり、
主に ヘッドの上下の問題が多いと思うのですが、
こんなトコロに ミスの原因が隠れている のです。

アドレス時、地面に預けたクラブ、ヘッドの重さ、
それを 上げる訳ではありませんが、「持たない」と
当然、その重さ、そして多少ですが運動分、
ヘッドは下方向に取り残され、下がってしまいます。

自分のアプローチ、ちょっと注意してみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これ アプローチだけでなく
フルショットにもよく見かけるパターンで
スイングチェックしている時はいいのですが、
しばらく放っておいて、球数を打つと表れる症状です。


まず 定義しておきますが、
振り遅れ とは
からだの向きを変える行為、からだの回転に対し
グリップが右
(右打ちの人)に遅れてしまうことで
ヘッドが遅れるコト
 ではありません。

ヘッドはそのものの重さ、そして長さ、
それに加わる移動(運動)の速度によって
動けば動くほど重くなりますので
その重さは 放っておいて
 それをロフトの立ちに変えればいいだけ のコト。

逆に ヘッドを無理に遅れさせないようにすると
グリップの移動を制限、止めなければならなくなり
からだの回転からグリップが遅れてしまいます。


ヘッドの重さを放っておけ
とは言っても あまりに、必要以上に重くなるような
使い方では それもグリップに制約をかけます。
✋クラブと仲良くできれば
 そのヘッドの重さが
 その重心位置構造が
 そのシャフトの柔らかさが

グリップの移動を助けます。

それが出来るようになれば
より重たいヘッド、モーメントの高いヘッド、
シャフトの柔らかさが スイングを助けます。





で 話は元に戻しますが、
アプローチ、そして フルショットに時によく見かける
振り遅れを作る テークバック、上げ方 です。
(実験に協力して頂いたので 上げる方は少し大げさですが…)


❶アドレス時、多くの方が
ヘッドを地面に置いて、重さを委ねています。

❷テークバック開始・・・・・・・・動作が始まると
グリップは高くなりますが、ヘッドを放っておいています。

✋アドレス時のディッシュアングルを維持するには
釣り上げる訳ではないですが、
すこし 上げる意識がないとヘッドは落ちてしまいます。

❸アプローチの場合
グリップとヘッドの相関関係において
アドレス時よりも ヘッドが下がってしまった為、
このまま 打ったのでは 手前をダふります。
よって アプローチとは言え存在する ダウンスイング
インパクトまでの間に ヘッドを逆に上げる必要が生まれ
その無駄な調整により ミスが生まれ易くなります。


❸フルショットの場合
一旦、グリップに対し、下がったヘッドを上げるため
無駄なコッキング、ヘッドを上げる行為が
テークバックの後半に入ってしまうため
切り返しが遅れ 振り遅れにつながります。

😨フルショットの場合、 この動作によって からだが反らされ、起こされ
その動作の修復のため より遅れるケースも見られます。
起き上がりコブシ症候群になります。

また グリップとヘッドの上下の位置関係を維持したモノ
(重さが掛かるなりにあげる〜同じ姿勢を維持するために動かす)
をしたものと、しないもの(一旦、ヘッドを下げてしまう)とでは
ヘッドの通るルートが異なり、
一旦、下げてしまったルートの方が大きな弧 〜長いクラブ に
なるので それも振り遅れ や アウトサイドイン を生む原因に成り得ます。

ヘッドの高さに注目_Moment


アプローチであっても フルショットであっても地面に置いたヘッド、
ここから テークバック初動をする場合、
コッキング、釣り上げる必要は一切ありませんが、
動き始めた時、すこし持ち上げる位の意識がないと
ヘッドは下がり、
その後 それを修正する動作が 幾つも入る可能性があります。

小さな問題ですが、実はあとあといろいろ響くので
注意が必要です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「肩を廻す、であっても
 骨盤を廻す、であっても
 手で上げちゃうのを除いて、
 右打ちで言うと右を向く、テークアウェイでは 
 前傾姿勢があるので 右を向くと
 からだの右サイドの方が左サイドより高くなります。

 手で上げる場合は、
 確かに 前傾の『姿勢』は維持されていますが、
 からだの回転を使えていないので 形だけのモノで
 スイングで言うスイングの『斜め』になる軌跡、軌道は
 前傾姿勢のせいで 斜めになるのではなく
 斜めに振っている、手を使っているに過ぎません。

 それはさておき、右を向きますと
 姿勢としては 傾いた状態なので
 アドレス時の フェースのスクエアとは異なり
 傾いた分、フェースが下を向いた
 良く言われる シャットな(に見える)状態になります。
〇秀二 - frame at 0m0s
 実際に手先でシャットにしている訳では無く、
 繰り返しになっちゃいますが、
 前傾姿勢分、フェースが下に向くだけ なので
 必要以上に 手さばきでシャットにしてしまうと
 シャフトがクロスしてしまったり、
 結果、としては不十分な右向きになってしまったり、します。」

質問「なるほど。」

店長「ヘッドの重量の中心点、ヘッドの実質的な重さは
 シャフトよりも 右打ちの場合、右にあります。
 傾き通りの 見た目シャットで上げても
 (体の右向きで✋って意味ですけど)
 結局は地面にスクエアになるような、そんな感じなんですけれど
〇肩を廻せ
 テークアウェイの初動から パカッと開いて
 フェースを上向けてしまうと クラブも重くなります。
 力みの原因になったりしますし、
 重さが背後にかかるので からだがボール側に倒れたり、
 ヘッドの遅れが フェースの開きソノモノになっちゃいます。

 テークアウェイの時って、
 左手って言えば良いのか、左腕の意識って強いじゃないですか❓」

質問「そうですね。」
〇肩を廻せ_Moment
店長「先日 左腕は『からだ』だよ って言いましたけど、
 テークアウェイ、特にその初動での
 左腕は 右半身で動かす ってイメージを持つと良いかも、です。

 スライスの根本 は この
 右向き不足って言うか、
 円は描くけど 円不足(ドル高)がとっても多いんですね🙄

 左腕ってチカラ弱いのに
 その左腕ばっかり で 長い棒の重たいモノ動かしたら
 遅れさせて、フェース開いて、
 からだを止めて その反動で振りだすしか ないです。

 スライスか、引っかけか そのどちらかになっちゃいます。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「今はスライスには悩んでいないけど
 逆に引っかけやフックに悩んでいる人、
 ある意味、初心者を脱したゴルファーと言ったトコロだと思いますが、
 元、源は スライスの場合も少なくないと思います。」

 質問「あああああ。」

店長「繰り返しになりますが、
 ボールが曲がる のは
 インサイドアウトやアウトサイドインなどの軌道の種類にかかわらず
 自分の『その』軌道に対する、フェースの向き です。
FinfaZ7UAAAnu8v
 フェースターンをしている人であっても、
 そうでない人であっても それは全く同じ、 ですが
 スライスから始まった人 の場合の多くが、
 ヘッドが遅れるコト が フェースの開き になり、
 👉そのヘッドの遅れを 取り戻したコト で
 今度は 👉引っかけやフックに悩むコト になります。

 ドライバーで言えば
 平均的なヘッドスピード 38㎳前後 であったとしても
 時速に換算すると 140h前後、
 インパクト時の ボールとヘッドの接触時間は 1/2500秒以下
 0.0004秒 ゼロコンマゼロゼロゼロ4秒しか 無く
 その瞬間の 軌道に対するフェースの向き によって
 ボールの回転、曲がり、曲がる量、は決まります。
outin (2)_Trim_Moment(3)
 フェースターンで 引っかけやフックになってしまっている場合、
 スライスにならない範囲で フェースターンを微調整する必要があり
 それは もう 自分自身以外如何ともしがたい領域です。
 フェースターンは フェースの向きの変化と
 それに対する軌道も同時に変化するので
 アドバイスのしようが無いと言ってよい代物です。

 ですので 根本的な部分を少し改善しても良いのでは…
 と思うことも多く、それは先日の話しのように
 フェースローテーションをする ダウンスイング以前の
 俗に言う『上げ方』如何なんじゃないかと思います。」

質問「遅れが開きにならないような『上げ方』と言う話し…ですね。」

店長「はい。

 遅れが開きになってしまう『上げ方』の多くは
 部位で言うと 左腕、左ひじの運動量・移動量が
 右腕・右ひじよりも多く、
 …ソコに行き着いてしまうのか…と言われてしまうので言い難いですが、
 度合いはあっても 手で上げてしまっている感が強い です。
201808_Slomo_Moment〇右向け右?










 これはダウンスイングであっても、テークアウェイであっても
 同じで、スイング中を通して すべてに言えるコト ですが、
 ゴルフスイングの話しで言われる
 左腕と言うのは『からだ』のコトを指します。」


質問「!!!!!!!」


店長「テークアウェイで左肩を入れろ、 は
 単純には右を向け と言っているに過ぎないのですが、
 ソコを履き違えて 左腕だけを動かしてしまって。。。
 その結果、フェースが上向き、開いてしまっています。

 それを閉じるには 左手を右手が追い越さなければいけない
 のですが、テークアウェイの時点で 左手の方が多く動いていますので
 追い越すのも大変…。
〇肩を廻せ_Moment2〇右向け右








 フェースターンするのが悪い とは言いませんが、
 なら フェースターンがし易い、大人しく少ないフェースターンで済む、
 そう言うテークアウェイを造れば良いのに、
 激しく強いフェースターンが必要な準備をしちゃってる、
 って思うんですよね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「アタックアングルは ドライバーなどで
 ボールを効率よく飛ばす と言うコトに関しても
 大事な要素の一つなんですけれど
 👉アプローチショットの反復性、再現性に
 置いても とても大切な要素です。」

質問「うわ…苦手です😵」

店長「こちらの表をご覧ください。 
fd1ebad8
 ピンまで70y
 1パット圏内とされる 5m位に着いたモノ ですが
 色々な種類の球筋を打って貰っているので
 見ての通り、回転数は最小のモノと最大のモノでは
 3倍以上の開きがあります。
 打ち出し角度も 15度以上の開きがあります。」

質問「随分違いますねー。」

店長「横回転としては 左回転中心ですが、
 この 球の種類は入射角度の差、アタックアングルの差
 によって生まれます。

 高めの球を打つのには
 速めのヘッドスピードが必要になりますし、
 低めの球であれば 高めの球に比べると
 遅めのヘッドスピードでこと足ります。

 どれが良い悪い ではなく
 アタックアングル〜入射角度が一定とは言わないまでも
 似たような感じにならないと
 似たようなスイングスピード感(距離感)やスイングの大きさ
 であっても 似たような距離(結果)にならない、、、
 ココの部分が アプローチの距離感習得の大きな部分 だと思います。」

質問「なるほど。」

店長「アタックアングル〜入射角度 と言う言葉を使うと
 ついつい ヘッドがボールに対して、地面に対して
 どの角度で入ってくるか…
 『ヘッド』のコトばかりを考えてしまいガチ ですが、
 実は アタックアングル〜入射角度を左右する
 最大の要素は ソレではありません。」

質問「えええええ」

店長「アタックアングルを左右する最大の要素は
 インパクト時のからだの姿勢 です。

 クラブを長くしてしまうと その重さ・遠心力によって
 必要以上に 右打ちであれば左が上がり、
 その結果、より一層の 緩いアタックアングルになる。

 逆に クラブを引きずる、出来るだけ長くならないようにすれば
 その負荷は少ない上に、早いタイミングでインパクトに到達出来るので
 緩いアタックアングルにならない。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 どちらが✋✋ と言えば、
 振ってみないと 遠心力などの影響や負荷がかかるか、それがどの位か、
 うかがい知れない クラブを長くしてしまう振り方の方が
 再現性は低くなります。

 また クラブを長くしてしまうスイングの場合、
 手前をダふり易かったりするので
 途中、再加速  インパクト手前で 更なる加速、
 二重加速が必要になりますので
 スイングの大きさとヘッドスピードに規則性を
 持ちにくくなります


 アプローチに悩むアマチュアゴルファーが
 アプローチショットの距離感を掴みきれない原因は
 主に『クラブの長さの造り方』と思われています。
 …自分で長さを造ってしまう と言う意味です。

〇コレも補足になりますが、
 からだの姿勢がアタックアングルに影響が大きい、から
 と言って 踏ん張って からだを止める、姿勢を維持する、
 と言う意味では無いので 誤解されませんように😬
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転で グリップを移動させ
 クラブを、ヘッドを引きずってくるように 振る。
 あたかも ボールの内側、自分側を空振りというか
 すり抜けるように振るコトになるんですが、
 からだを廻すと クラブや腕には遠心力がかかります。
445
 この表現で伝わるか微妙ですが、
 その遠心力を グリップからヘッドの方向 に掛けたのでは
 スイングの主導権は 遠心力に取られてしまいます。

 クラブの構造を考えると
 ヘッドやクラブの重さ、シャフトのしなりなどを利用して
 重さを ヘッドからグリップ方向に使ってあげると
 グリップに遠心力が掛かりますので 腕は伸ばされる、
 腕の生えている肩からグリップは離れようとします。

 それを利用して ボールに届かせてあげればよい、
 自分で無理に伸ばそうとする必要は無く、
 拒否しなければ 積極的に伸ばそうとしなくても
 グリップは肩から離れ、ダウンスイング時
 回転自体も伴って グリップの位置は低くなって行きます。

 前傾姿勢を取っていますので
 その懐の中で腕を伸ばせれば、腕の重さは負担になり難いですし、
 逆にその重さによって 前傾も維持し易い、
 結構、良いコト尽くめ なんですよ。」

質問「なるほど。」

店長「本題とは離れるんですけど、
 手で振ってしまう人は そもそも テークアウェイで
 まるきし 右を向いていない、
 厳しいですけど 右を向いた振り をしているだけ です。
((((((((_Moment
 ですので からだの回転が「発動」してませんので
 円ソノモノの意味も、前傾姿勢の意味も失ってる。
 始めっから 意味のない 真似事の前傾姿勢なんですから
 伸び上がる=失ってるのではなく 始めっから中身がない前傾
 なだけなんですね…。」

質問「厳しい〜。」

店長「それと アウトサイドイン とか インサイドアウトとか
 スイング軌道論 は 実際には
 どこが、どの地点が スイングの一番膨らんだ部分になるか という
 ダフリやトップ、のスイングの最下点 と共通する課題 で………」

質問「あああ 言われてみればそうですね。」

店長「ダフり の例が一番分かり易い と思うんですが、
 例えば ダフリって ボールの手前をダフるコトはあっても
 ボールの先、飛球線側をダフる って聞かない、じゃないですか❓」
 (それって ターフを取る って言うのかな❓)

質問「そりゃ そうですよね。」

店長「ソレって ボールに対し、地面に対し
 ヘッドが届き過ぎている、長くなり過ぎている ではなく
 クラブ、グリップの横方向に動きが足りない、
 進行が滞っているコトが
 主たる原因なんです。」

質問「ダふっていることの解決は 遠近ではなく
 左右(前進不足)であると❓」


店長「即解決って訳になるかどうかは別として
 ヘッドの遠近とか、スイング軌道で言うと もっとインとか
 ヘッド軌道、クラブ使いの方に神経が強く行ってしまう は
 ヘッドをどう動かすか につながり
 それの カードの裏は グリップを止める なんです。
 それは 傷口を広げるか、問題が転移する になり易い…。
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m30s
 アウトサイドインは 早くにクラブが長くなってしまう、
 軌道が膨らんでしまうコト が多いんですけれど
 それを 膨らまないようにする ではなく
 膨らむ場所を もっと前にする の方が
 傷口を広げるになり難いんです。

〇ヘッドでは無く グリップの移動がゴルフスイング、
〇からだの廻しは グリップを移動させる為

 という 一番の鍵になる原則から離れてはイケナイ のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【報告】直近のラウンドですが,

OUTはそこそこでしたが、

INOB2発ありながら ☆☆という驚きのスコアでした。

パー6つにボギー1つ、OBパーとOBバーディが1つずつでした。

パット数は143つのパーは寄せワンです。 

Desktop 2022.10.18 - 23.18.35.01_Moment(3)


クラブを変えるまでは100前後をうろついてたのが嘘のようです。


スコアはアプローチとパットで決まるとの

格言を地でいくラウンドで、

重ヘッド柔らかシャフトの恩恵を大いに実感しています。


安定性に関しては、

直近のラウンドではティーショットで

OB4つも叩くなど、左右によくぶれます。

アイアンもぶれますが、今の技量では許容範囲だと思ってます。


〇ドライバーの安定性が当面の課題で、

とりあえず、アドレスでまっすぐ向いているか、

体重が前がかりになってないかを注意してます。


スムーズにスイング出来る時はいい弾道の球が出るのですが、

スイング中に違和感を感じる時には誤魔化して打っている感じです。


OBの時は、誤魔化しきれずにでることもありますが、

違和感なく大曲がりすることがよくあります。

油断して昔のクセが出てるんだろうと思ってますが、厄介です。

 
店主:楽しんでおられるようで幸いです。

ショット動画見させて頂きました。
勿論、ミスなども有ると思うのですが、
弾道質などは かなり良いモノなのでは無いでしょうか❓
飛距離についても 人間の欲は底がありませんから
なんとも言いようがありませんが、
ナカナカなのではないでしょうか❓

スイングのアドバイス…と言うよりも
ショットの安定感に関するアドバイスになります。

frame at 0m44s
動画を見て頂くと分かるかも知れませんが、
 アドレス時とインパクト時で
頭の位置が アタマ一個分ズレます。
✋頭を動かさないように『振る』なんて考えないで下さい。
問題はソコじゃないです。

インパクト時の状態であっても
前傾(股関節部)は十分残っています。
問題アリマセン。
左へのミスの傾向を見ていると
スイング空間の狭さ〜詰まり を感じられます。
frame at 1m10sframe at 1m4s







おそらく 問題なのは
スイング、動作中の問題というよりも
アドレスの方にあると思います。
 
〇ボールと自分との間合い、距離 と
〇アドレスの取り方
 なんだと思います。

ボールとの間合いを少し変えてみるだけで
頭のズレはかなり収まると思います。
長物のミスもかなり減らせられると思います。



インパクト時の姿勢をベースにして
アドレスをもっと体を起こすよう
 ハンドアップ気味に 起き気味に構えられるように
 するのが 長中期的な課題ではないでしょうか❓

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スタンスの向きって 長年の懸案事項だったんです。
 なんだか 胸のツカエが取れたようです。」


店長「^^ よかったですね。

 それは それで慣れるというか
 自分なりの 目標に真っ直ぐ立つ、構える を構築し、
 馴染ましていきましょう。
201902_078_00
 ……と ですね、
 コレも 繰り返していますけれど…。」

質問「まだ なんか 有るんですか😵😵😵」

店長「はいはい。

スタンスの向きの改善は良いことですが、

スタンスの向きに応じての『ボール位置』 は

 もしかすると スイング改造よりも 遥かに❓
 ミスの削減に効果高い かも知れませんよ


 スタンスの向き は 改善されても
 コースへ行けば 自分の球筋や傾向、コースのレイアウト
 などによって 右や左を向かなくてはならない、
 というか 練習場以外で『真っ直ぐ』構えるコトは無い、
 とも言えるんじゃないです❓」

質問「練習場のように マットだったり、
 なにか 構えの目安になるモノってないですし、
 すごく 惑わされます。」


店長「そう ワザと設計しているトコロもありますから…。

 向きを変える時の 基本 は
 ボールを支点として 自分が位置を回転、
 飛球線に対して 前に出る / 後ろに下がるコト
 です。
0e4d08811

 その場で スタンスの向きだけ変えるのは厳禁
 と言っても良いでしょう。

 注意すべきは ボールの位置 です。

👉右を向きますと
 ボールの位置が 右打ちであれば 左に
👉左を向きますと
 ボールの位置が 右、中に入り易くなります。


 嬉しくないパターンなのですが、
 ティーグラウンドに立つ、ティーアップする、
 引っかけが出ると まずい位置に 池とか、OBとか有り
 なんとな〜く 右めを向く。
 その位置のまま 右を向けば
 ボールは外、前、左に位置するコトになるので
 結果、引っかけが出る。 元の木阿弥…。

 スライスが出そう、なんとな〜く 左めにスタンスを取る、
 ボールが中に入ってしまったので
 結局、スライスが、プッシュスライスが出る。

 とても 良くある元の木阿弥パターンだと思います。」

質問「ティーグラウンドの向きや風景などによって
 どうしても そうなっちゃうコトありますよね。」


店長「コレも 練習場やお家での訓練次第 です。
 ティーグラウンドだけでなく、バンカーなどでもそうですが、
 スタンスの向きを少し変える場合、
 左を向く場合、自分が後ろに下がる形になり、
 右を向く場合、自分が前に出る形になります

〇からだ - frame at 0m0s(片手での素振り と クラブの格納_Momen(片手での素振り と クラブの格納_Moment









 練習場で マットに真っ直ぐではなく、
 斜めに向いた時、右・左によって
 向き辛い方が有ると思うんですが、
 そこは 数をこなして 慣れて行くコトです。

 決して その場でスタンスの向きを変えないコト
 これで ミスショットは確定と言って良いんです。

 スタンスの向きを変える場合、一度 仕切り直しを✋」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「アドレスの向き、スタンスの向きに付いて
 疑問に感じるコト があるんですけれど…」


店長「はい。」

質問「フェースの目標とスタンスの向きは
 電車の線路のように平行で、
 どこまで言っても
『交わらない』モノなのと言われていますが
 実際、この絵を見ると 交わってるように見えます。」

yjimage
店長「あああ そう言う風に見えますよね。」

質問「番手にもよるけれど、
 ボールの置くところとスタンスの離れ、距離は1mほど で
 線路のような感覚だと
 目標、仮に ピンフラッグだとすると
 私は右打ちですが、ピンの1m茲北槁犬鮗茲襪
 右を向いているような気がしてなりません。」


店長「そうですね。
 これは その方の感覚や距離、番手、
 そして 利き目などによっても異なりますけれど
 例えば この風景があったとしましょう。
5830811
 センターラインを フェースの目標と考え
 1m横、右打ちの場合は向かって左に立ちます。
 アドレスを取り、センターラインに平行??
 遠くの1mズレたところを目標に構えると…
 こんな感じ です。」

質問「合っているような、合っていないような…。」

店長「ですねぇ…。
 では コチラはどうです❓」
583081
質問「こちらの方が 平行に立てている気がします。」

店長「多少、やりすぎではあるんですが、私もそう思います。
 まあ 目の構造というか、
 遠近による錯視のような状態なのだと思うのですが、
 この誤解と言えば良いのか、感覚のズレが
 多くのゴルファーを右に向かせているのでは無いか
 と思うのです。

 練習場ですが コレはどうでしょう❓
2019-12-13
 マットに対し 真っ直ぐ打ち出す目標 としましょう。
 おそらく…ですが、練習場の左右の外枠を見ると
 形状として 長方形に近い練習場に見られます。
 というコトは 自分の打ち出す方向と外枠は平行に近い筈…ですが、
 人間の目にはそう見えません。
golf-2158897_1280
 上の練習場では自分のスタンス目線、こちらはボール目線になりますが
 赤い丸を目標にしていると

 1mズレた ◆,妨かってスタンスを取れば良いのか
 それとも なんとなく ですけれど
 図面的に、ではなく 感覚的に、なんですけれど
 だいたい ですが、 ,妨かって スタンスを取る感じ。」

質問「真っ直ぐは  ,糞いします。」

店長「正解です。

 平行に立つ『感覚』って
 100m先、150m先の 1mズレたところに目標を取る
 のではなく、
 その距離に応じた 視覚として大きくズレたトコロに
 目標を取り、
 再度、フェースのターゲットラインと平行に立てているか、
 を確認する。
 それを刷り込んでいくコトなんじゃないですかね。」

質問「なるほど、参考になります。」

店長「例えば 練習場で
 マット通り、マットに沿って ドライバーを打つ とします。
 ボールとスタンスが1m離れているから
 奥のネットのターゲットの1m横をスタンスの向かう先としたら
 右打ちであれば 右を向いているコトになります。
201902_078_00

 奥のネットまで 150m位あるんでしょうかね。
 『自分がこの風景の中で マットの向き通り 立っている』
 と想像してみて下さい。
 自分の向かう先は フェースの向いているであろうポイントよりも
 10mも、20mも茵横にズレているように見えるんですが
 それで正解です。

 そう言う意味でも ゴルフ練習場はよい訓練の場だと思います。」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「バンカー脱出の ヒント 何かありますか❓」

店長「そうですね、
 年齢やパワーなどにかかわらず 右を見ても、左を見ても
 スチールシャフト全盛の時代ですので
 バンカーを苦労する人は増えているみたいです。」

質問「スチールシャフトがいけない、のですか❓」
9c1bf9e713cb5207be57e13907b1d2d885600572_large
店長「いえいえ、シャフトの素材による性質に
 特に スチールもグラファイト(カーボン)もありません。
 
 ただ、意外かも知れませんが、
 スチールシャフトの方が『弱い』ので 安全上、硬さ が無いと
 壊れてしまうので、グラファイトのソレに比べると
 シャフトは『硬い』ですね。」

質問「かなり違うのですか❓」

店長「双方、機種や銘柄によって 差がありますが、
 まあ 平均的なトコロで言うと
 サンドウエッジでは スチールシャフトが 硬さ 330cpm以上
 グラファイトシャフトの方が 硬さ 270cpm位
 じゃあないですかね。

 硬いシャフトを、足場の安定しない砂地 で使うと
 どうしても 手で上げがち です。
😵バンカーショットのイメージがソレに拍車をかけるんですが。

 何度も言ってきていますが、
 サンドウエッジは 上げる、高さを取るコトは得意 ですが、
 前に進むのが苦手 です。
 ですので ウエッジは番手の中で一番短く、
 上から打て✊ と言う意味では無く
 長さなりに 入射角度、アタックアングル が生まれます
125788
😢ところが・・・・
 多くの方は バンカーショット で
 サンドウエッジを使っているにもかかわらず
 上げようとする意識が強い。

 開いて上げて振ろうとすると
 入射角度はかなり 緩く、
 入射(上からの角度)が無くなってしまう場合 があります。

 これでは その場で上がるだけで、
 バンカーから出る距離が稼げません。

 また、上げようとする カット打ちのようなショットは
 高さを出す、打ち出し角度を上げる、スピンを増やす、 ので
 その距離、その打ちたい距離、打たなければいけない距離、
 バンカーから出るだけの距離 を打つのに
 そうしないモノと比べると 強く、
 大きく振らなければなりませんので
 非常に 危険度もあがります。

✋開いて 緩い入射角度、そして大きなロフト
 これが組み合わさると
 ボールに打撃力、破壊力が伝わり難い上に
 バンスの強いクラブを『開いて』緩く入れているので
 ボールに到達する前に
 地面との接触が強くなり
 ヘッドが減速してしまい、高さも出ない…。
  …俗に言う 抜けの悪い状態になってしまいます。」

質問「解決方法は無いのですか❓」

店長「手前味噌ではありますが、
 万人向け なのは 👉ヘッドを重くする でしょうね。
✊これは かなり効果があります。

シャフトを柔らかくする もあります。
 入射角度が取り易くなるんですが、
 開いて 緩い入射で入れる方 の場合、
 それを助長してしまう可能性があるので
 ケースバイケース です。
79457
 バンカーが苦手だから と
 より大きなロフト 👉58度とか、60度を選択される方
 がいらっしゃいますが、正直、良いことは少ない です。

 大きなロフトは より力と技術が必要になります。

 バンカーショットのコトを考えると
 ロフト角度は 最大で 56度
 55度でも、54度でも良いと思います。


 ですので 場合によっては
 ロフト角度の少ない PS や AW の方が
 (欲を言えば 52〜53度 がいいですね)
 良い場合も少なく無いかと思います。
 
 少なくとも 58度や60度のウエッジよりも
 脱出は簡単だと思います
✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ピンと来ないかも知れませんが、
 スイングには加速は勿論、あるんですけど
 一定の加速であって
 途中から ターボのように二重加速的なモノではありません
。」

質問「それは からだの回転と手打ちの違い、
 でもあるんですか❓」


店長「はい。
 からだの回転の場合、
 字面通り、からだの向きを変える速度が唯一の動力であり、
 加速も その回転速度次第 です。

 到達する速度
 例えば 時速40キロとか
 時速100キロ とかに対しての 均等な加速であって
 途中から 急加速をする、ようなことは
 からだの回転では難しいです。

 ですので アプローチの場合、
 自分の 廻る速度がダイレクトに ヘッドスピードであり、
 その調節が そのまま距離感 です。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 クラブ(手)を振らず クラブの姿勢、クラブの状態 は
 ほぼ 固定したまま、 からだの向きでクラブターンしますので
〇持ったクラブのロフト
〇持ったクラブの長さ
◎そして、自分の廻る速度 が距離を決める
 のです。

 一方、クラブを振る 手打ちの場合、
 クラブを振りますから 持ったロフトが打撃の
 インパクトロフトに反映され辛いですし、
 同時に、そのクラブ通りのアタックアングルになり難い
 もう、この時点で 同じ球、同じ距離を打てる可能性が
 からだの回転での打撃よりも低い、ですが、
葛谷2022816_Moment
 更に インパクト直前に、からだの回転が減速、停止 して
 その反動? 勢いで クラブをリリース、
 フリーにしてしまうので 速度も管理し辛い、
 三重苦 な訳です。


 ですので からだの向きでグリップを移動させ、
 その距離分、その稼働時間分、だけ ヘッドも動かす、
 引きずるかのように動かせれば
 少なくとも アプローチショットはかなり改善されます。」

質問「ものすごい意識改革が必要なのですね。」

店長「ソレはそう思います。
 今まで 手で振っていた、クラブをリリースし、
 クラブに残っている慣性 のようなモノで打っていた方が
 ヘッドを動かさない、シャフトを振らない は
 感覚として ボールが打てない と感じるでしょう。

 自分にとっての 打撃のエース、切り札 が使えないのです。

 リズム感も大きく変わるでしょうし、
 トライされた方、乗り越えた方 は
 からだに比べ、敏感、感受性の強い 腕・手で
 クラブを振る、ボールを打つ の充実感が
 からだの回転で打つ場合、何もない、まったく無い ですから
 掴みドコロもない のかも知れない。。。
 その位 違うのです。」

質問「ひええええええ」

店長「ですので 右打ちの方は左打ち、
 左打ちの方は右打ち、
 今日から 逆になる、位の気持ちで無いと乗り越えられない、
 位 意識、感覚、思い込みの差は激しい です。


 それともう一点、難所があるんですが、
 当初のテーマに沿うモノなんですけど、
 手打ちの方は 肩を廻す と 肩甲骨を動かす
 の違いが つかめていない方は多いですし、
 プロであっても 疲れてきたり、緊張感が高まってくると
 そのミスを犯してしまうほど 陥り易い部分 です。
〇肩を廻せ_Moment
 胴体を捻るタイプの 肩の廻し は
 疲労や緊張、からだがこわばってくると
 かなりの頑張りが必要で、
 そもそも 手で上げてしまうケースも多いうえ、
 胴体を捩じる(肩を廻す)促進・誘因として
 肩甲骨を動かす、腕やクラブを横に振る、
 をしてしまいガチ なので
 ソコに注意が必要です。

 そういうコトもありますし、
 どうせ 清水の舞台から飛び降りる位のつもり で
 手打ちを卒業しようとするのですから
 からだの回転も 股関節を境目として骨盤タイプ、
✅捻転タイプでは無く、
✅回転タイプに移行するのも良いかと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「腕を横に振って テークアウェイを取る、
 自分では肩を廻していると思っている そのテークアウェイは
 自分的には 『うんと頑張って 左肩を入れている(筈)
 なのに… 👉実質的にからだは正面を向いたまま』

 と言うケースも少なくありません。
〇肩を廻せ
 本来 肩周りで行うにしても
 弊社が推奨している骨盤で行うにしても
 👉右を向いていれば
 少なくとも 向いていないよりは
 インパクトまでに 時間と空間を確保出来ます

 右を向けている に比べると
 疑似右向き、腕を横に振ったテークアウェイは
 右向き & 右向きの戻し の
 ダウンスイングの時間と空間を確保出来ません

 トップの時点で 本当のからだは
 ボールと正対してしまっているのですから…。

 また 右を向いていれば、
 肩なり、骨盤で行えるはずの 右向きの戻し
 と言う動きが クラブの移動に加わりますが、
 当然、それもありません。
(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment
 ここから 普通に振りだしたら…
 切り返して ダウンスイングに入ったら
 実質、右を向いていないトコロ から始めるのですから
 外から振ってくる、
 イワユル アウトサイドイン
 になり易いですよね❓」

質問「・・・・・・」


店長「意地悪な話になってしまいますが、
 テークアウェイを深く取ろうとすればするほど
 アウトサイドインになってしまう。
 しっかり 自分なりではあっても 右を向こうとすれば
 するほど アウトサイドイン になってしまう。

 で、スライスが多くなってしまうと…。」

質問「外から振ってる。
 もっと インサイドから振れ って言われたり…。」


店長「ですよねー。

 スイングのインサイドからって
 別な側面もあって、それは別な機会にお話ししますが、
 テークアウェイで右を向くから
 クラブの通り道や腕の通り道が出来て、
 右向き〜右向きの戻りが 自然なインサイドから を
 生み出すのですが・・・・・・・。
〇肩を廻せ_Moment

 その空間も無しに インサイドから振れ って
 言われたら クラブを倒して、フェースを開いて
 ヘッドを遅らせてくるようにしか 振れません。」

質問「スライスは解消出来たとしても
 より複雑な泥沼に…と言う感じです。」


店長「はい。
 シンプルに 打撃する準備ミス から始まっているのに
 出た球、打った球 と ものすごく根拠のない対処
 によって 長年苦しみ、また からだを傷めたりします。



 例えば ソコから派生する問題ですが

 からだの回転でクラブを動かす と比較した場合、
 右を向き、クラブや腕は半ばロックしたまま
 からだを回転させる『だけ』が基本イメージですが、
中村2022612_Moment
 実質的に、右を向けていないと
 それを 腕の振りでやらなければなりません。

 からだの回転であれば、腕やクラブの長さは
 短いまま、無理に伸ばさなくても ボールには当たりますが、
〇開いている〜だから閉じろ
〇アウトサイドインだ、もっとインから(もっと寝かせ、開け)

 では ヘッドターンは必須になり、
 クラブは構造上、腕やクラブの長さが長くなった状態でしか
 ヘッドターン、フェースターンをするコト が出来ない
 ので
 止まっているからだに対し、
 アドレス時よりも長い腕/クラブ になれば
 伸び上がって 空間を作らないと 腕やクラブを通せません。
会田20210701_Moment(2)

 伸び上がりの原因も 右向きの質 にあったりするのは
 決して少なくない のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「バンカーショットの極意ってあるんですか❓」

店長「ふふふ、
 そんなモノがあったら 一週間で億万長者ですよ。
 私も欲しいです。

 でもね、バンカーショットの逆極意
 つまり ダメな方ですね。
 コレはあります。

 とっても簡単です。
 そして かなり多くの人がやってる。
 バンカーが苦手、得意じゃない人は
 だいたいの場合、それに該当します。」

質問「!!!!!!!!
 逆極意! って ダメ極意ですよね。
 それって極意では無いですけど
 最低、それを避けて置けば 危険は回避し易い
 と言う意味ですよね❓」


店長「まあ そうですね。

 専門分野ですので ゴルフクラブでお話しします。」

質問「ソールの形状ですか❓
 似てますけれど バンスの角度❓」


店長「う〜ん いずれも補助的には重要じゃあない、
 とは言えませんけど、バンカーを苦手としている人って
 バンカーに良さそうなウエッジ使ってるじゃないですか…。」

質問「そう言われれば そうですね。」

店長「重いヘッドの方が断然簡単、
 軽いヘッドのウエッジも難儀する ってのは
 お約束なのはお約束なんですが
 決定的なモノが あるんです。

 多分、世界中 どこへ行っても
 長いシャフトのサンドウエッジってないじゃないですか⁈

 色々変わったゴルフクラブって あるのに
 長い私の記憶にも思い当たるモノがない。」
79457

質問「無いでしょうねぇ。」

店長「ドライバーの長さ はやり過ぎですけれど
 6番アイアンとかの長さなら 物的には非現実的ではないです、が
 バンカーはかなり、ものすごく難しくなります。


 〇質問なんですが、
 10ヤードの距離を転がすの と
 10ヤードの距離をキャリーさせる のって
 どちらが力が要ると思います❓」

質問「10ヤード キャリーさせる方です。」

店長「そうですよねぇ。
 同じ距離を打つのに 高さ を加えると
 倍々に チカラが必要になって来ます。
 ショットで言うと ヘッドスピードってコトになりますよね。

 加減が必要なアプローチの中でも
 ある程度の距離を打つのには
 スイングって大きくなって行くじゃないですか⁈

 同じくらい、例えばサンドウエッジを使うにしても
 10ヤードを殆ど上げないで転がす のと
 10ヤードの距離をキャリーさせるのでは
 後者の キャリーさせる方がスピードが必要になるので
 スイングにスピードが必要で
 スイング自体を大きくなって行きます。

 足場の緩い 砂場 では 危険度が増しますよね。」

質問「そうですねー。」

店長「長さなりにヘッド重量を整えた サンドウエッジ二つ
 普通のウエッジの長さ と
 6番アイアンの長さ を考えてみると分かるんですけど
 二つは 短い方が35in 長い方が37in だとします。
 2インチですから 5センチの長さの差 です。

 ウエッジでは無い、ドライバーとかでは
 多くの人は この長さの差が
 ヘッドスピードの差を造り 『飛ぶ』
 と思っているトコロから 壮絶な苦労、
 スイングの迷路が始まるんです。」

質問「!!!!!!!」

店長「35inのヘッド重量は 300g
 37インチのヘッド重量は 270g
 ですので ヘッドスピードが3㎳ 変わらないと
 37インチの方が破壊力が上にならない、
 実際、2インチの長さの差では
 ヘッドスピードは 1㎳程度しか変わりません。

 ですので 二つのウエッジの破壊力はほぼ同じ、
 もしくは 短い方が本当は破壊力はある、と考えて下さい。

 バンカーショットは ボールだけでなく
 砂、湿った砂なんかも どかさなければいけないですから
 破壊力、ヘッド重量がある方が有利です。
 しかし、この場合 2インチ長くて ヘッドスピードが高くなるので
 破壊力は同じ、似ていると仮定して下さい。
125788
 この二つのウエッジを打ってみると分かるんですが、
 二つの比較論ですけれど
〇短い方が 出球が低く ボールも速く スピンも多い
〇長い方が 出球が高く ボールは遅く スピンがとても少ない


 もっとロフトの立ったクラブ、ロフト角度40度以下位なら
 双方のスピン量の差は もっと近いんですけれど、
 サンドウエッジほどのロフトになると
 すり抜けたような球になって ボールスピードも、スピンも
 それを産みだすエネルギーが ボールに伝わりません。

 短いクラブの方がボールに対し、キツイ角度で入って来て
 当然ですが、長い方のクラブの方が緩い角度、
 傾斜や足場なんかにもよりますけれど
 場合によっては レベルとか、アッパー(しゃくり・あおり)
 の入射角度になってしまうコトも少なくありません。

 短い方のクラブの方が 高さを確保するのに工夫が必要 で
 長い方のクラブには 前に行かせるのに工夫が必要
 になります。」

質問「なるほど 分かってきた気がします。」

店長「構え方やボールの位置の問題もあるとは思いますが、
 多くの方は サンドウエッジのそのクラブの長さ よりも
 大きな弧、適切なウエッジの大きな弧にして
 入れて来ることが出来ない、ので ボールが前に進まない…

 上から入れろ、…なんて無理にする必要は無くて
 ウエッジは長くない筈 ですので、その弧の大きさで
 ボールにコンタクトしてくる程度に考えれば良いです。


 しゃくるような角度でヘッドを入れてきてしまう、
 まるで 長いサンドウエッジを使っている、ような
 使い方をしている、というコトです。」

質問「ソレって バンカーだけでなく
 アプローチなんかでも
 『上げるのはロフトに任せろ、自分で上げるな✋』
 と同じってコトですよね❓」


店長「そうです。
 入れて来る入射角度 って言うと
 なんだか難しくなりますけれど
 ウエッジならウエッジの長さなりの弧の大きさ、
 ソレでボールとコンタクトさせろ
 ウエッジよりも長いクラブの弧で入れて来るな
 ッテコトです。

 要するに クラブの長さ、
 それによって作られる スイングの弧の大きさ
 も 『ロフトの一部』です というコトなのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「若い時と違って 腕力でクラブを振る、
 ボールを飛ばすことが難しくなって来ますから、
 全部をからだの回転で と言うのは出来なくても
 割合として からだを廻すことで飛ばす を
 するための 姿勢にしたい、です。

 次にグリップ なんですけれど
 左と右のグリップが離れ気味、ルーズ気味 なんですけれど…。
〇アドレスとグリップ_Moment(3)
 ソコの部分、クラブ扱い、スイングが
 一番表れる部分です。

〇左グリップを強く握らなくてはならない
〇左グリップを支点に 右手を返す
〇強く 右手を使う

 など 幾つか理由があると思うんですが、
 スイングの 筋力の中でも 握力、特に左手の握力は
 疲労に弱く、ラウンド中、かなり極端に低下します。

 上記のような傾向が強いと
 握力が低下した左グリップは
 良く強く握ろうとする為 深くなる傾向にあります。

 アドレスの今の状態でも
 右と左のルーズさが
 腕の長さ『余りになっていると思うのですが、
 左のグリップが深くなり ルーズさ が増すと
 その腕『長さ余り』も増しますので
 ラウンド中、姿勢が変わってしまいます。
〇アドレスとグリップ_Moment(2)

 からだの中でも 上半身の上の方、
 腕の長さ余りがダイレクトに影響する箇所が
 左を向いて、そこから下に降りてくると
 左向き加減が薄くなる という
 ボールの位置やアドレスの姿勢などに狂い
 の起きやすい原因です。

 ミスショットの最大の原因 と言っても良い箇所。

 スイング、例えば ですけれど
 手打ち、ヘッドの返し打ち は
 それソノモノが悪い、問題なのではなく、
 それをする ⇒披露する ⇒握力が落ちてくる
👉左のグリップが深くなる(緩む)
👉左腕の長さ余りが起こる
👉アドレス姿勢が乱れる
👉アドレスの向きやボールの位置が狂う

 のを避けたいから 動きを治すんです。」

Aさん「なるほど!!」

店長「スイング、動作が始まってから起こるミス、
 ミス自体は減らしたいですけれど、
 まぁ それは仕方がないというか、あきらめられるけれど
 "動作を始める前"の アドレス段階でのミスの要因は
 あまりに勿体ないですし、アドレスのミス、構えのミス、
 向きのミス が 動作のミスのつながるコトも少なくありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「気温対策の為に
 全セットのヘッドに重さを掛ける としたら
 そんなに厳密にする必要はありませんが
 一般的な市販クラブの場合
 ドライバーヘッドは 200g
 サンドウエッジのヘッドは 300g
 悶絶クラブの場合
 ドライバーヘッド 250g
 サンドウエッジは 380g と言った具合に
 短くなるモノほど 重さを増やした方が良いですね。」

質問「なるほど。」

店長「コレも とても 有りがち…なんですけれど
 ドライバーからウエッジまで
 セットとして シャフトの硬さが流れていない…、
 似たような硬さで流れていない場合は
 その 鉛、増量した重さの効果もマチマチ になってしまいます。

✅シャフトの硬いモノほど 多くの重さが必要です。
 そう言う意味合いでは 全部を 『感覚的に
 同じようなヘッド感、ヘッドの効き になるよう
 重さを増量してみて、その量が多いクラブ・番手は
 セットの流れの中では 「硬い」
 少ないモノは 「柔らかい」 のは
  まず間違いないでしょう。

 そう言う意味合いからすると
 気温の変化、低温化 とは関係なく
 ヘッドを感じたい、ヘッドの重さを増やしたい、
 ヘッドを効かせたい は
 イコール シャフトが硬い と感じている は
 半分、正解だと思います。




 まあ 主に鉛を貼る対称としては
 ドライバーとウエッジ、が多いんだと思いますが、
 ウエッジに関しては より多く貼って良いと思いますよ。

 特に 市販のウエッジの場合、
 あまりに ヘッドが軽いですから
 両面テープで吹っ飛ばない範囲でかなり増量した方が
 使い勝手はかなり良くなる
と思います。

 ウッドやキャビティのアイアンに比べても
 貼る場所も沢山ありますしね😊
IMG_0077

 軽量スチールの場合、ヘッドの重量をあんまり増やすと
 シャフトが耐えらえなくなる可能性が有りますが、
 20g増やしても問題ないと思います。

 バンカーやラフから使う場合、その位増やさないと
 ボールを脱出する力が足りない気がします。」


質問「ヒトによっては ヘッドでは無く
 グリップ側に貼られる方もいらっしゃいますが、
 その効果はどんなものなのでしょう❓」


店長「クラブの単純な…そうですね、スイングウエイトで言いますと
 .櫂ぅ鵐帆やすのに ヘッド側だと2g グリップ側だと4g強 です。
 秤・天秤の支点が14インチ計と言って グリップ側にあるんですね。
 それがそのまま とは言えませんが、
 重さを増やしても グリップ側は鈍感と言えば良いのか、
 少ない重量ではあまり効果がありません。

 昨今のグリップの中には かなり軽量な物も多く、
 手元が落ち着かない、暴れる のような効果を防ぐため、
 重量を増やす場合ですが・・・
 エンドの部分、バットと言いますが、ココに装着するには
 ひと工夫必要になるので、
 グリップの口側(シャフト側・ヘッド側)ですね、
 ここに 5gとか その位の重量を貼らないと
 そのグリップの軽量感は変えられないかと思います。

 細さの問題もありますが、40gより軽いグリップは
 あまり良いことはないでしょうねぇ」


akiya20220615

質問「パターへ鉛を貼っている人も多いですねー。」

店長「パターに貼りたい気持ちは分かりますねぇ。
 徐々に、徐々にですが
 パターヘッドの重いモノも増え始めていますが、
 総体的には パターヘッドの軽いモノが多く
 ヘッドを感じにくい、タッチが出し難い、距離が伸びない、
 という 軽いヘッドを解消したい というのは
 あるとは思うんですが…。

質問「問題があるんですか❓」

店長「一般的なパターヘッドの平均重量は 320〜330g位ですね。
 スチールシャフトの硬め…パター用のシャフトですので、
 ヘッドが効いてるって感じにするには 20g、30g増量って
 感じになる、実際、その位 増量している人も沢山いますけど
 パターって 鉛の貼るトコロ 限られるじゃないですか❓」

質問「そうですね。主にソール、になりますか…。」

店長「ですよね。 マレットの異形大型タイプだと
 見た目と違って、中身スカスカみたいな軽さがあって
 それを 鉛で2,30g増量して 補正した としても
 形状が薄く出来ていて、
 元々 重心の低いマレットタイプ のソール部に
 20も30gも鉛貼ると 流石に重心下がります。

 アイアンをティーアップして
 ちょっとミスり気味で 上の方に当たると
 ちゃんと飛ばないで ポッコンと上がるような
 そんな球になったりするんですが…。
 重心の低いパターですと ポンとボールが浮いて
 ラインに乗らず、ボールも伸びない、
 鉛でヘッド重量を増量しても 良し悪し なんですよね。」
mw2021_putter_mallet_odyssey_tttwoball_std-05
質問「あああ だから マレットタイプのパターの
 宣伝にはこのアングルの写真が使われてないんですね⁈」


店長「シィ―😬
 それを言ってはイケナイ暗黙のルールなんです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



『ピン型デール9』
で ヘッド重量 520g
『L型ブリストルパター』で 470g と
平均的なパターヘッド重量の 1.6~1.7倍 有ります。
IMG_1370

こう考えてみましょう。
成人男性の平均体重は 70措 です。
1.6倍で110繊1.7倍で120 ですので
ちょっと小柄なお相撲さんサイズ、
同じ速度でぶつかられれば お相撲さんサイズの方が
当然、ダメージは大きい訳で、パッティングストロークにおいて
 同じ距離を打つのであれば 遅めの速度で十分でしょう。

遅めのヘッドスピード、となれば
小さめのストロークで済む…かも、ですので
慣れは必要であれど、当然、簡単さは増します。

IMG_1366

ヘッド重量とヘッドスピード その掛け算が
ボールを打つ「打撃力」になる訳ですが、
それが ロフトと軌道によって
 素直に距離になれば良いですが、
無駄なボールの上がり、や 回転になれば
 ヘッド重量のメリットが生きてきません。 

多くの人が 「真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す」
そればかりを気にしているように 思えるのですが、
ヘッドの移動軌道だけでなく
 ボールとヘッドがどうコンタクトするか、
 意外と無視されていますが、かなり重要です。

これは 一般的に知られていないコト ですが、
平均的な ピンタイプのパターの重心高さ は 約13mm です。
マレットタイプ…になれば それより低い可能性もあります。
『ピン型 デール9』は特出した高重心 で 重心高さ 約17mm 有ります。
・・・L型ブリストルとほぼ同等です✊

重心位置、重心高さの作用は
 運動させた時、ヘッド姿勢に働くので
重心の低いものは ロフトが増え易く、
重心の高いモノは ロフトが立ち易く、
なります。
アイアン…で、同じロフトであれば
 重心の低いモノの方が 総じて易しい…上がり易い ので
 重心の低いものは だいたいストロングロフト…です。

当たり場所と重心の関係!とは言い切れませんが、
ミドル〜ショートアイアンで ティーアップしてショットし、
 ボールがフェースの上めに当たって、上がるけど 飛ばない、
 勢いのない球になってしまう
 と言う経験を
 している方も少なくないか、と思いますが、
種明かしをすれば、当たった箇所…の問題では無く
ロフトが付いていて、それが故に 緩い入射になった為、
くぐり抜けたような、勢いの付かない球になるのですが、
パッティングにおいても それに類似した球は かなり頻繁に出ます
IMG_1389IMG_1387











ですので
 ボールの赤道部を打つ
もしくは 少しオーバーですが、
 ボールを赤道で切って、南半球にティーアップされた
 北半球だけを打つ…位のつもりで ストロークしてみて下さい。

😓パターの歯でボールの赤道付近…は多少オーバーではありますが
少なくとも 下側、南半球を打とうとすると
 ロフトも付く(リーディングエッジが前に出る)ので
 予想以上にボールの下目に当たる…それよりはマシです✋
 それでは ボールに良い回転は入りません。
IMG_1386IMG_1385









ボールとヘッド(ピン型デール9)の関係です。
10円玉6枚で1cm弱、7枚で1儷の厚さがあります。

地面に沿って 動かすよりも
1cm高いラインを通った方が
 ボールは良い転がりになり易いですし、
 故に ボールも伸びます。
 ヘッド重量が活きます
また、そういうイメージの方がロフトも立ち易く
 シャフトの柔らかさの効果も有効です。

是非 プロのトーナメント…
トーナメントの中継って パターばかりで退屈ですので
どの高さ を打っていて、
どの高さ を打っている人が ボールの転がりが良いか
確認してみて下さい。
適切な高さ(ボールとのコンタクト)では無いと
想定よりボールは伸びません……切れる…というコトです。
距離を合わそうと 強く打つと
下目 で打っていますから
ロフトが付いている👉フェースが左を向いている ので
ひっかっかる…というのがカラクリなのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



、、、と言う訳で
2種類のウエッジを持ち、バンカーのある練習場で
ボールを打って 実験してみました。

バンカーの苦手克服もあって
私にはなじみ深い場所となっています。
9c1bf9e713cb5207be57e13907b1d2d885600572_large
 *ヘッド重量  *シャフト硬さ
〇悶絶ウエッジ  370g/振動数158cpm
〇A社ウエッジ  推定300g/357cpm

 *店主:データはコチラで書き添えました


練習場のバンカーですので 砂は少な目で
水はけがあまり良くないのか 常時湿った状態です。


まずは 悶絶ウエッジ
この状態でも アウトする率は非常に高く、
コースでの結果を物語っています。

一方、悶絶ウエッジの前に使っていた機種、
バンカーやアプローチに最適と唄われたソールの
ちょっと変わった形状のウエッジ。
悶絶ウエッジで打ったその同じ感じで
打つと ボールが目の前のちょっとだけ盛り上がったあご
を越えるか、越えないかのような距離しか飛びません。
距離も高さも両方ともに半分。

悶絶ウエッジと同じ距離を打つには
かなり大きく、速く振らないといけません。
店長さんの言う通り、余り足場の良くないバンカーで
より大きく、より速く振らなければならないと
当然のように失敗度、危険度は上がります。
2
グリーンはありませんが、目の前の10ⅿ程度のトコロに
旗が立っています。
それを距離の目安として打ちますと
悶絶ウエッジの場合 寄る確率として計算する事が可能ですが
A社ウエッジの場合は 出る確率を最優先に考えなければなりません。


打ち方は自慢できるようなモノではありませんが、
打った感じで言いますと
悶絶ウエッジはヘッドがボールを追い越して、
フォローと言える箇所まで行ってくれますが、
A社ウエッジの場合、インパクトで終わってしまいます。
それが抜けが良い悪いに該当するかは分かりませんが
ドスンで終わってしまい、いつもの再現ですが、
こぶ程度に高くなった盛り土の壁に当たり
ころころと「さあ もう一度」を要求されます。

バンカーショットだけでなく通常のショットをしていても感じますが、
悶絶クラブは半ば強制的にフォロー、フィニッシュを取らされ
一般のクラブはインパクトで御仕舞い感が激しいです。
その違いがバンカーにも出ている気がします。

インパクトで終わってしまうウエッジの
ソール形状の「抜けが良い」は
いったい何の謎かけなのでしょうか。
79457


それと関連していると思いますが、
悶絶ウエッジであれば ボールを左に置くことが出来ますが、
A社ウエッジ(一般のウエッジ)では
ボールを右めに置かないと当てることが出来ません。
実はコレが大きいのだと思います。
悶絶ウエッジであれば もう一方のウエッジの
ボール位置でも出すことが出来ますが、
逆に 悶絶ウエッジのボール位置では
『届かない』とでも言えば良いのか 当てることが難しくなります。
         **ここがかなり大きなポイントでしょうね**
ロフトを開くような構えは私は出来ませんが、
このボール位置がかなり大きい感じがします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「打つための姿勢、アドレスを取る際、
 出来るだけ ボールに正対しなさい とよく言われます。

 一方、右手は左手よりも遠いトコロを握らなくてはならない。

 この二つを 成り立たせる為、
 からだをやや右に傾ける、ほんの微妙に、ですが
 傍から見たら やや 左サイド、
 本当に微妙にですが、左サイドを上げる必要があります。
3f148fe4swing102
2016y09m07d_191658711










 背骨を右に反らせる、倒す、のは
 からだへの負担が大きいですから
 骨盤自体、股関節から上の上半身そのものを
 右を低めにする感じ と言えば良いでしょうか

 割合は言えませんが、
 微妙に 右に多めに体重が乗る感じになります。

 テークアウェイの初動が取り易くなると思います。

 骨盤の傾きが無いと・・・
(アドレス
((アドレス_MomentIMG_0101








 からだが 捻じられた姿勢 で始まるコト になります。」

SGさん「自分がどうかを棚に上げますけど、
 ゴルフの年数にかかわらず
 こういう アドレスしている方、結構、見かけますよね…。」

店長「少なくないですね…。
20220708_Moment
 当たるようになり、打てるようになると
 利き腕の右手で打つ癖が 強くなったり…します。

 ダウンスイングからインパクトにかけて
 右腕に対し、左腕の長さが邪魔になり易いので
 それは よりポスチャアに反映され その捻じれは強くなります。


 また、 左右のグリップの 上下に対する密着感がない、
 左右が大きく離れてしまうと
 その離れ度合いは 当然、姿勢に影響します。

 左右のグリップが離れているコト、ソノモノも良くありませんが、
 離れる原因 がありますから
 たくさん球を打つ、ラウンドで疲れてくると
 その離れ具合は増していき、
 それも 当然、ポスチャア、アドレス姿勢に影響を与えます。

 それによって ボールの位置 なんかもズレたりします。
 
 からだの上下感 が箇所ごとに異なる、
 からだの左右の向き感 が箇所ごとに異なる、
 これが 微妙に変化してしまうのですから
 傾斜に対する反応や向きが狂うのは致し方 無いと思います。

 ベテランゴルファーにも重要ですけれど
●左右のグリップ、上下の密着感、
●そして それを違和感にしない、変化を生まないクラブ扱い、
●アドレス時の 骨盤の傾け方、
 ここら辺が改善されるだけで かなりミスは事前に改善できると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「閑話休題になってしまうかも知れませんが、
 女性の場合 ウエア というのは とても大きな要素、
 ゴルフを楽しむファクターだと思います。

 このウエアが着たいからゴルフをする✊

 と言う発想は男性には少ないかと思うのですが、
 女性には 結構、あるんじゃないかと思います。

 年齢に関係なく、普段では着れないような
 『可愛い』ウエアはかなり大量にありますので
 練習ばかりでなく、ウエアのウインドウショッピング
 も重要になるかも知れませんよ。
 オシャレ系のモノもあると思いますが、
 体育会系のモノもありますから 色々と…。

 私自身に経験は無いので、推測ではありますが、
 ウエア買っちゃったら 続けざるを得ない、辞められない
 空気になるんじゃないでしょうかね。

 練習場〜ショッピング〜練習場〜ショッピング
 みたいな テンポが必要じゃないですかね❓」

SGさん「心掛けておきます😬」

店長「グリップの話しに戻りますけれど
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)
 今回のように 目的が別にある場合、は除いて
 チカラのない方や女性も含め、
 手で振ったら クラブがすっ飛んでしまう😬
 クラブを握っている 自分自身が動くコトで
 クラブが動く、円を描く と言うのが
 握り方のほうの、グリップの話し です。

 ですので 握り方のグリップだけでもダメでしょうし、
 動かし方もダメでは クラブがすっ飛びます。

 握り方の方は 手で振る場合、
 支点になるのは 左グリップなので
 どうしても 左グリップが強く・・・ 深く・・・
 棒の全方位を丸く握るコト になりがち です。
IMG_0529IMG_0528







 女性こそ からだの回転でクラブを動かせれば
 男性に引けを取らない飛距離を備えられますので
 グリップ〜アドレス は重要になると思います。」


店長「女性に限りませんが、グリップで最優先事項になるのは
 左右のグリップがルーズにならない、密着しているコト、
 上下に離れないコト だと思います。
 上下に離れなくて『済む』グリップを、アドレスを、
 クラブ扱いを造るコト だと思います。

 左グリップを支点にしてクラブを振るスイングでは
 左グリップの握力が重要になります。
 握力はゴルフをする筋肉の中では 小さく、
 耐久力・持久力の低い箇所である為
 ホールが進む、ラウンド後半になってくると
 いつも通りのグリップ茲任六戮┐れなくなってきますので
 どんどん深く握るコトになります。
42ea91fd

 握力次第ではありますが、非常に例外は少ないです。

 左グリップが深く握るようになると、フック度合いも深くなり、
 右手の入るトコロがどんどん無くなり
 左の握り具合 だけでなく
 右と左のグリップの距離感もどんどん離れるようになります。


 左の握り具合も変わり、
 おそらく 左の手首もどんどん甲側に折れ、
 右手はどんどん遠いトコロも握るコトになる。
20160501
👉アドレスに影響が出ない訳がありません。

 グリップも、アドレスもそうですが、
 手打ちと言えば良いのか、左グリップを支点にして振る
 ゴルフスイングのタイプの最大の問題は
 手で振るその振り方ソノモノの問題では無く
 この疲労による 良くない変化がラウンド中に起こるコト
 と言って良いかも知れません。

b7055bfb2eea97122aee59c31313e223
 これはアマチュアに限らず、試合に出ているような
 プロゴルファー、女子に限らず、男子でも
 かなり頻繁に見られる ミスの主要因だと言えます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


YSさん「こんにちは。」

店長「こんにちは〜、お久しぶりです😄」

YSさん「今日はご相談が。。。
店長「あ、はい。
 まずは 打ってみましょう。

 なるほどー。

 スイング自体を 無機質 に解説すると
  切り返し から まずは からだが廻り、
 この場合は 脚、フットワークですね。
 まずは 踏み込んで
 そこから クラブを「丸く」振っている のですが、
 丸く振るコト によって
 本来の ヘッドの入ってくる軌道よりも
 見た目で言うと ボールの真後ろからやや外目
 から 入ってきているので
 ボールには右回転が入り易い と言えますね。
((スライスにさよならしよう_Moment

 一般論 ですけど
 ボールの横回転は そのヘッドの進入経路 に対し
 どの位 フェースが閉じているか、開いているか、
 その度合いで 量が決まります。」

YSさん「アウトサイドイン ってコトですか❓」

店長「まあ そうなんですけれど、
 ソコを気にしても 仕方ないんです。

 軌道とフェースの開閉具合 って
 追いかけっこのようなモノ なので
 追えば追うほど 逃げてしまいます。


 今のスイングを大きく変えず、
 イメージですが、軌道を同じのまま
 フェースの閉じを強くしようとすると
 インパクト、impact以降が
 今の軌道よりも もっと 内に切り込んでしまうので
 もっと フェースの閉じが必要になってしまう。

 かと言って 軌道をもっとインから‼ にしようとすると
 スイング中の フェースの開閉が大きい ので
 開いたまま 当たってしまう。

 前者は 左の引っかけ か 左へ出てのスライス
 後者は プッシュスライス になってしまいます。」

YSさん「ですよねぇ…。」

店長「軌道・・・の問題ですが

 今、通っている軌道自体は 特に問題が無いケースが
 非常に多いんです。
 単に クラブが長くなり過ぎる、長くなるのが速すぎる、
 円弧が大きくなり過ぎている のが原因で
 クラブ全体としての軌道は問題が無いんです。

 インサイドにする と言う意味は
 クラブの長さを抑える、
 円弧のもう少し内側、小さな円で入れる、
 と言う意味合いが強く、
 クラブ全体をもっと インから 内側から入れる、
 と言う意味では無いんです。
2021-10-23_18-02-58_Moment(2)
 インサイドアウト、アウトサイドイン の問題の多くが、
 クラブ全体の移動経路、軌道では無く
 円弧の大きさの配分、タイミングによって
 造られてしまうことが非常に多いんです


 ソコを間違ってしまうと
 クラブ全体の軌道を変えるため
(もっとインから入れる)
 もっとフェースを開いて入れたり と
 問題が別なモノにすり替わる だけ で
 スライスの問題がより解決し辛い、複雑なモノ に
 なってしまうケースが非常に多いのです。



店長「どこまで突っ込んで考えるか、やるか によるんですけど
 幾つか 頭の中を整理… ほぐしていきましょう

 幸いにも YSさんは年齢の割(正確な年齢は分かりませんが…)
 腕を振る、腕を動かす筋力、能力は強い と思いますので
 ソコを主体に考えてみたいと思います。」

YSさん「はい…。」

店長「今の時点か、過去のどこか で
 ですけれど、手を使う、手で振る、特に、右腕を伸ばす
 そういうのを 遠慮している というか、
 ちょっと 躊躇しているように見えるんですね。
 理由までは分からないんですけど…。

 が故に ダウンスイング〜インパクト が
 スムースに加速しておらず 物切れ状態
 のように見えます。
 スピードが上手く乗ってない感じ です。」

YSさん「おっかなびっくり ってトコロです。」
((スライスにさよならしよう_Moment(2)((スライスにさよならしよう_Moment(3)((スライスにさよならしよう_Moment(4)((スライスにさよならしよう_Moment(5)








店長「ボールを打つ手順を少し入れ替えてみましょう。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングで言うトコロの
 スライスとこすりには親和性がありますが、
 スライスは ヘッドの軌道とフェースの向き という
 大雑把に言えば 左右・横の関係 で
 こすりは 『上下』のヘッド軌道とロフトの向き という
 上下・縦の関係
です。

 ですので バンカーショットに限りませんが、
ロフトを開いて構える と
フェースを右に向ける は
 似ているようで まるで違うモノ なのです。

 どの位に開くと、どうなる、
 どの位 ロフトを開いた時、
 どの位の スタンスの向きになり、
 ボールの位置がここら辺 になる、
 というコトは あらかじめ 知っておかないと。。。
 勿論、個々で ですけれど、
 コースに出て いきなり トライするべき ではありません。
02_b
 普通の構え から
 自分の立ち位置、立ち場所を替えず
 『その場』で スタンスを開いてしまうと
 ボールは中に入る、右打ちであれば 右に寄る形に
 なってしまいます。
 この場合の スタンスを開く、オープンスタンスにする目的は
 ロフトを開くコト、使用するクラブの製品ロフトよりも
 大きい、増えたロフトでボールを打ちたい ですから
 右にボールを置くは それと反します。

 ロフトを開く、と フェースを右に向ける は 別なモノですが
 コト バンス角度に関しては 双方、開いた分、
 バンス角度は増えます。
 バンス角度が増えたモノを 右に置いて打つ、
 本来の打つ位置よりも手前、
 本来の打つタイミングよりも前の時期に当たる、
 のですから 跳ねたり、必要以上に地面に潜ってしまったり、
 シャンクする可能性も非常に高くなります。」

HNさん「うわ〜。」
Desktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_MomentDesktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_Moment(3)Desktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_Moment(4)









店長「ですので 練習場にバンカーがあるのでしたら
 どの位ロフトを開くのか、
 そのロフトの開き具合に対して、どんなオープン度合い
 そして その場合は どんな立ち位置、ボール位置になるのか
 『あまり過度にしない範囲で
 知っておき、慣れてから 実戦投入 するべき です。」

HNさん「なにか目安はないんですか❓」

店長「基本ベースに、ですが、
 バンカーショットの距離感 は別として、
 通常のアプローチに近い、通常のショットに近い、
 構え、ボールの位置が基本です。
 ボールの状況、グリーンとの関係、距離、あごの高さ、
 砂質、など総合的に そのショットでは対処しきれない、
 どうしても オープンロフト、オープンスタンス が必要
 となった場合 スタンス、構え、ボールの位置
 が変わりますので、
難易度は跳ね上がります
 一般的なアマチュアゴルファーにとっては
 考えるべきコトは 特殊なシチュエーション の
 成功度はどの位なのか、
 普通の構え、ボールの置き位置で 他の迂回ルートは
 可能ではないのか、 というコトだと思います。

 ボールとピンの関係に対し、
 真っ直ぐ ピンに向かう意識ばかりでは
 ダメですよー
 というコトだと思います。


 勿論、娯楽、遊びなので 挑戦するのは構わないですけれど^^

 あえて ロフトを開く、オープンスタンス にする
 に挑戦するのであれば、
 これは家で出来ますけれど、
 サンドウエッジを普通の構え、リーディングエッジをそのままに
 増やしたロフト分、上げたい高さ分、スタンスを開く、
✋その際の注意点としては
 スタンスを開いた分、自分の立ち場所は
 ボールを支点に 後ろに下がっていく というコトです。

2021-05-19_23-05-25_Moment(3)
 プラス 忘れてはいけないのは
 その開いた構え の度合い分、
 距離感の割り増しが必要になる というコトです。
 
 構えが特殊になりますので
 怖いとは思いますが、強く、もしくは 大きく振らない と
 ボールが上に逃げる分、距離が届かなくなります。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「アマチュアのバンカーショットの場合、
 打ち方、ボールのとらえ方 が 苦労や悩みの原因
 では 無い気がするんです。」

SNさん「え?! そうなんですか?!」

店長「私が、現場や練習場、あ 勿論 バンカーの、ですが…、
 見て気が限り では そう思うんです。

 例えば なんですが、
 プロの試合とかを 見ると
 多くの場面、多くの状況で
 プロは フェースを開いて構えますよね。」
244eb714












SNさん「そうですね。」

店長「〇フェースを開いて構える と
   〇フェースを右に向ける は
 似ているようで まるで異なります。

 フェースを開いて構える は
 ロフトを増やすモノ です。
 フェースを右に向ける は
 その言葉通り、フェースを右に向けます。

 前者は ロフトを増やして使うための
 ボールは普段よりも 右打ちの人であれば
 開いた分、左に置きます。
 後者は いつものボールの位置のまま、
 フェースを右に向けています。
 アマチュアのバンカーショットでは
 後者が多い、気がするんですね。

 それと 絡んで 似たようなコト なんですが、
 これも プロの試合 などでは
 スタンスを開いて、右打ちで言えば 左向きに
 ボールを置いて 構えることが多いと思うのですが、
 目標の打ち出し方向に対し、
 スタンスを開いて構える の正しい意味合いは
 ロフトを開いて構える と絡んでいるんですね。
 ですので ボールに対し、
 開いて(左を向いて)構える分、
 ボールを中心に、後ろに下がるコト になる、んですが…
 ✋…そうしないと ロフトを増やせませんから。」
Desktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_MomentDesktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_Moment(3)Desktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_Moment(4)







SNさん「アマチュア の場合、
 その場で 開いて構えている、と❓」


店長「バンカーショットの場合、
 全員がどうしているのか を見る機会が少ないので
 推測が入っているのは確か、ですが、
 バンカーショットに限らず、アプローチとか
 スタンスを開く、フェースを開く、
 そう言う場面での 対処を見る限り、  そうです。

 前日の記事の通り、
 地面が固いなど 特殊な場面を除いて
 ボールを打つコト に関しては
 こすり打ちであろうが、つかまえようが
 どちらでも OK なのが、バンカーショットです。
 確かに 力加減は特殊と言えば特殊ですが、
 それを除いて 打ち方そのモノ は『だいたい』
 で良いのです。

 ですので ショットとしての難易度は
 凄く高くはない訳です。
 にもかかわらず 苦手としている人が少なくない…。
 まあ 勿論、一般的なゴルフクラブ、
 特にウエッジ、ですね、
 あのヘッドの軽さとシャフトの硬さ では
 バンカーショットが腕力次第になるので
 難しくなる という伏線は強い のですが…。

 バンカーでのフェースを開く目的 スタンスを開く目的
 は ロフトを増やす為が主 です。
 つまり スタンスに対し ボールを左め、左め、
 に持って行きたいのですが、
 その場で フェースを右に向ける、
 その場で スタンスを開く(左に向く/右打ち)では
 その逆の ボールがどんどん中にはいります。中に入り易いです。
0e4d08811
 フェースやロフトを開く目的と離れ、
 単に状況を更に複雑にしている、難しくしている、
 と思うのです。
 クラブのせいは否めないんですが、
 バンカーショットを難しくしてしまう原因は
 打ち方よりも スタンスの取り方、フェースの開き方、
 つまりは 構え方・ボールの置き所 の方が大きいと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ