◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: ミスの軽減


店長「硬いシャフト(オーバースペック)を使うと 届かない
👉ハンドファーストの誘導されないので 手で振る
👉そうなると ロフトが大きくなります、入射が緩くなります
👉バンスが張るので 加速している中で 更なる加速 が無いと
 ソールが地面と干渉し易くなる


 別な言い方をすると バンスの強く張ったロブウエッジ で
 打つイメージをすると良いかもしれません。
 故に バンス角度の少ないモノを好む…と言うのも
 有るのかも知れません。」


質問「難しそうですね。」
wedge-bounce

店長「アプローチショットの中では ダントツに難しい です。
 トップやダフリ、ラフでは潜り抜け など
 大変痛いミスも出易いですし…。

 運動中に ヘッド、クラブだけ 別な加速が必要になるので
 距離感が掴みにくい、、、

 そして ○○○。」

質問「まだ あるんですか⁈」

店長「ヘッドを振るので ロフト変化
 それに伴う 軌道変化があるので
 上手く打てても 同じ弾道になる確率が異様に低い。

 クラブを下に振る って
 腕とクラブだけの問題で、
 からだの回転からは分離するので
 ヘッドは下に下げてるのに
 カラダは上に向いている(左が高い)になり易い。
 下げてるのか、上げてるのか、判別が難しい。
(クラブの、シャフトの廻し方の違い_Moment

 ヘッドが下がってる分量が多ければ
 緩いとは言え 入射 になりますが、
 左が上がってる分量が多ければ
 最下点越え  で インパクトすることも
 往々にして起こります。

 全体として ロフト開き目、緩めの入射ではありますが、
 ヘッドを振っているので ボールに影響を及ぼす
 ロフト『も』変わっていますが、
 下がり過程であれば 打ち出しは低め、スピンは多め、
 上がり過程になれば 打ち出しは多め、スピンは少なめ、

 ほんの一瞬 コンマ0.01秒のインパクトのズレで
 弾道も距離も 全然違う球になり易い・・・し・・・。」

質問「!!! まだ あるんですか!」

店長「腕とクラブの弧、と カラダの向きが ズレているので
 打つ場所の傾斜に非常に影響を受け易いんです。

 通常、登り斜面、左が上がっている状況 では
 ロフトが多めになり、入射が緩くなり易い んですが、
 それがより強調されやすいので
 ダフリ と トップ の率がかなりあがります。
 下りの斜面でも やはり強調されます。
IMG_1487

 元々 硬いシャフトを使っている人は
 通常のショットであっても ボールを中に置いて
 真ん中付近で打っている人が多いので…、
 ボールの位置を中に入れる って言うのは
 傾斜などの打ちにくい状況での保険 というか、
 安全対策みたいなモノ なんですが、
 中に、右打ちの人であれば右に っていうのも
 限界がありますから その保険が効きません。」

質問「良いところ無いじゃないですか。

店長「ありませんよ。まったくありません。

 女性であれば 男性用のウエッジでゴルフ教えられたり、
 子供であれば お父さんのクラブをぶった切って使わされたり、
 そう振るしか 選択の余地、
 ボールを拾う、地面のボールと打つ方法が無いに等しい んですから…。
 多くのケースは ノーチョイス なんです。

 ソコから派生した のが 振り子のアプローチ なんだと思います。
 ふり幅と距離を決めて、人間の感性抜き で
 機械的に動作を覚えるみたいな方法ですよね、
 
 距離感 って 感、勘なので
 本来は人間のナチュラルな感覚に寄り添ったモノな筈なのに
 人間を助ける機能の無い クラブでするのには
 感覚を無くし、ロボットのように動く か
 血の滲むような努力で乗り越える か
(だから カラダが壊れちゃうんだと思います)
 それしかないんだと思います。


😵それでも 上手に出来る人はいるので
 お薦めすることは出来ませんが、
 人間って すごいなぁ……
 理屈じゃないんだな、って思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「 動く(柔らかい)シャフト と
 動かない(硬い)シャフト で
 極めつけの違い が 慣性モーメント なんだと思います。」
ドライバー入射角度yoko

質問「一般的には 慣性モーメントの数値が
 大きい程やさしい、芯が広い
 と言う刷り込まれ方 ですが…。」


店長「広義としては 正解です
 慣性モーメント
 実際には ヘッドのトゥヒール方向に対しての効果ですが、
 ヘッドの重量点を軸とした
 ヘッドの運動性 と言ってよいでしょう。

 数値が高いと 実は「運動性が低い
 要約すると 運動性が低いので ボールがヘッドのトゥヒール方向
 多少 ズレたところに当たっても
 ヘッドに回転する、フェースの向きを変えるような運動が
 『起こり難い』コト を指します。
445

 それは打撃時の問題ですが、
 ヘッド・クラブそのものの移動 に関しても
 数値の大きいモノほど、動き出すのにエネルギーは必要ですが
 一度運動が始まると 運動の持続性が高く、
 姿勢が保たれ易い、打ち抜き易い のですが、
 どちらも 棒の延長線上に 重量の中心点(重心位置)が揃う、
 重心位置の運動性
 を指しているので
 硬いシャフトで😵 棒の延長線上と重心が揃わない場合、
 単に ヘッドの回転し辛さ、取り回しの悪さ、
 大きな車で 細かい狭い道を走るようなモノになってしまいます。

 慣性モーメントは ヘッドの重心点を軸として
 軸運動を表す数値ですので
 ソコが軸になって無いと意味を成しません。
 ヘッドローテーションが必要なシャフトの硬さやクラブ、
 スイングの場合 軸点がヘッドの重量点ではなく
 シャフトになりますので その数値は補助や恩恵では無く
 邪魔なモノ、害悪にまでなり得ます。」

質問「手で振る、ハンドリリースをする人に取って
 慣性モーメントの大きなモノは フェースローテーションそのものが
 し辛い✋と理解して正解でしょうか?」

ヘッドはグリップを追い越しません!_Moment(2)

店長「はい、その通りです。
 ヘッドのデザイン として 慣性モーメントを高める には
〇ヘッドを大きくする
〇シャロー形状にする
〇ヘッド重量を重くする
 ですので
 どれもが フェースローテーション派には不向きです。

 ですが、慣性モーメントも 重心の深さ も
 クラブヘッドの『進化』の歴史ソノモノと言って良いですから、
 当然 これからもその部分は進む可能性があります。
 その恩恵が受けにくくなる クラブセッティング(シャフトの硬さ)
 その恩恵が受けにくくなるスイング…クラブ扱い は
 基本、出来るだけ避けるべき だと思います。」

質問「シャフトが硬いと クラブの運動とヘッドの重量点の一致
 が行われ難いので その恩恵が受けにくい というコトですね。」

店長「はい、その通りです。

 そういうコトも含め シャフトの硬さを吟味する。
 シャフトの『銘柄』を選ぶのも 楽しみのヒトツではあるのですが、
 硬いシャフト、動かないシャフトでは
 シャフトの特性も発揮され難いですから
 シャフト選び の 意味がなくなってしまいます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「あと…ですね、
 シャフトの硬さ と スイングについて
 スイングと言うよりも クラブの扱い に近いかも知れませんが
 とても 気になるコトがあるんです。

 と言っても コレについては
 きっと 誰も答えてくれない というか、
 考えてないコトだと思うんです。」

質問「大事なコト…なんです❓」

店長「と思うんですけどね…。
Image20201006185024 (002)

 ゴルフクラブ、クラブヘッドって
 野球のバットやテニスのラケットみたいに
 打点がシャフトの延長線上にないじゃないですか
 打点ソノモノではないですけれど
 重心位置(ヘッドの重量の中心点)って言うのがあって
 フェース面状であれば 重心距離と呼べば良いのか
 その重心、打点 と 握っている棒のズレ を
 どう処理しているのか❓❓ って思うんです。


 静止状態はズレていますけれど
 シャフトが柔らかければ
 クラブが運動状態になれば 自然に揃います。
 遠心力の掛かる点と打点が揃っていた方が
 力学的に チカラは逃げにくいと思います。
 ズレたままでは 打撃時にヘッドやクラブに回転(ヨジレテ)して
 チカラが逃げてしまうと思うんです。
 俗に言う トルクの掛かった状態 って奴ですね。

 ですので 悶絶クラブは捻じって使わないように
 シャフトを振らない、ヘッドを振らない よう 薦めています。」

質問「確かに 握っている棒、そのもので
 ボールを打つ方が、数センチ ずらして 打つよりも簡単、
 って思えますよね。」
IMG_8497

店長「はい。クラブや機種、番手によって そのズレが
 3センチだったり、4センチだったりするのですから
 その調節をしなくていい に越したことは無いと思います。

 ボールの大きさ(直径)って 42.6个任靴隋
 1cm(10弌砲困譴燭蕁〃觜渋腓なミスになります。

 クラブを替える度に コレは 35弌◆.灰譴蓮43
 なんて 無理だと思うんですよね。
445TL-4

 ヘッドのソノモノの構造として
 重心がズレていないと 番手ごとのロフトが設定出来る、

 クラブの場所やヘッドの姿勢なんかが把握し易い、
 ゴルフと言うスポーツ、娯楽の安全面を考えても
 重心位置〜ズレは『絶対に』必要なんですが、
 ボールとの激突時は 出来れば無い方が良い✋
 柔らかいシャフト…と言うと誤解を生み易いですが、
 ちゃんと運動する硬さ、動く柔らかさを使うと
 その 二重構造 というか、
 二面性を両立出来るんですが、
 硬いシャフトだと そのズレはずっと維持されてしまう。。。

 それって どうやって解決してるんでしょう❓
 ものすごく 謎 です😵

 おそらく 多くの方、もしくは その手の知識がうっすらと有る方は
 その トゥダウンと言う現象は 悪 と言う認識なんだと思うのですが
 じゃあ その重心位置とシャフトのズレ
 機種によるその違いをどうされているのか、
 どう処理するのか 公表して貰いたいのですよ。」


質問「友達に無理やり 硬いシャフトを打たされる と
 始めの数発 シャンクが出るのは ソレ が原因ですか⁈」

店長「はい。柔らかければ インパクト付近では
 シャフト、グリップ、棒の延長線上に 重心位置が来ますから
 棒そのもので打つ感覚で良いんですけど、
 硬いシャフトで  それやったら そこは棒、
 ヘッドで言えば ネック部になりますから シャンクですね。
IMG_0612

 この問題はもう少し複雑で、
 実はアマチュアゴルファーを悩ませている課題だと思うのですが、

 一般的なゴルファーの場合、
△大きなヘッド(重心距離の長い)のドライバー は
  シャフトが柔らかくて(アイアンに比べると) 👉振動数230cpm
△小さなヘッド(重心距離の短い)のアイアンは
  シャフトが硬い(ドライバーに比べると) 👉振動数300cpm

✅シャフトが硬い 重心距離が残るクラブは
 運動させると フェースが開くので フェースターン必須
 な 打撃方法になると思うのですが、
 その打撃方法で ドライバー(重心距離大/シャフト柔)を打つと
 ハイ-プッシュ-スライス になると思うんですけど…。

✅逆に ドライバーを基準にして スイングを造ると
 まあ十分な柔らかさはないですけど それでも
 シャフトの延長線上近くに 重心来るスイングになりますが、
 それで アイアン打つと シャフト硬いですから シャンクです。


✋平均的なゴルファーですと
 ボールの置き位置は アイアンはうんと中、
 ドライバーは左かかととか かなり外ですので
 インパクトタイミングがかなり奥、後になりますから
 ハイプッシュスライスの逆球、ひっかけ フック に
 なっちゃうんじゃないですかね❓
(((((_Moment

 どう考えても 同じスイング、同じスイングタイミングで
 双方を同じように打つのは不可能に近い芸当です。

 スイングの練習って 主にアイアンでされるコトが多い
 でしょうから、ドライバーに持ち替えても
 上手く当たるのに 数球かかるんじゃないです❓


 コースで どっちかは良いけど、どっちかはダメ🙄
 😵ドライバー、アイアン が 両方 良い😊 って
 日はなかなか来ない、年に一度 とか なるのは
 仕方が無いと思うんですよね。
 気付かない内に 自分自身でそう仕向けている のですから…。

 そう考えると ゴルフの技量として
 メカニズムをちゃんと考えて ゴルフクラブ
 特に セットのシャフトの硬さの流れを把握する、
 そういう ゴルフクラブをセットして選ぶ は
 大変 大きな ゴルフの技術、技量の一部だと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
店長「アプローチの問題は
 
硬いシャフトで下に振るスイングが基本 であると
 どうしても
〇寝たロフト 緩い入射〜横から入る、下から入る
 になるので バンスが張り、地面と干渉し易くなります。
 ミスが表に出ず、ボールを拾う、フェースに乗せる には
 スピードが必要になるので
 インパクト直前で 妙な加速が必須必要 になります。
(キャスト_Moment
 その加速があるので 全体の動作速度と距離感がつながらず
 ゴルフ歴が長くなっても 距離感が刷り込まれ難い。


✋コレ 少なくないと思います。




 遠心力が強くなる 下に振るショットでは
 ロフトが付き易く、入射が緩くなり易い ので
 ボールは上がるけど、前に進みにくい…
 必要な距離打を打つには 強めのインパクトが必要になり、
 速く、もしくは 大きく振らなければならない…
36682818

 ラフや 特にバンカーですけれど
 ボールだけでなく 砂や芝など別なモノも打たなければならず、
 速く、大きく振って…
 しかも 極上に軽いヘッドが付いているウエッジ。
 女性は 足元の緩いバンカーは苦手になり易い、
 嫌いになり易いでしょうね。
 正直、残酷 と言うほどに。」


質問「そう言うのって レッスンプロはアドバイスしないんですか?」


店長「難しいトコロです。
 教科書通りに教えれば ボールに届かない、
 しかし、クラブが関係していますよ とは言い難い…。

 クラブについては 質問されれば答えるのでしょうが、
 どういう経緯で そのクラブを手にしているかは
 人それぞれ事情がありますので そこは不文律というか、
 積極的には触れない部分でしょう。

 ゴルフを続けて頂く、楽しんで頂く、
 辞めないで頂く と言う点においては
 かなり 重要な問題 だとは思うんですけどねー。



店長「今回のこの女性に限りませんが、
 硬いシャフト、軽いヘッドのクラブで
 ゴルフを覚えた人は 歴にかかわらず、
 そのスコアにかかわらず アプローチが危ない人が
 ものすごい多い気がします。
 悪い言い方ですけれど 練習場でアプローチだけを見ていると
 100を切れる人、いないんじゃないか❓とすら思います。

 多くのゴルファーは硬いシャフト好き…硬いシャフト自慢気味、ですので
 日本人ゴルファーの 7割近くが この硬いシャフトが起因した
 アプローチシンドローム なんじゃないか 感じます。




 多くの人は 柔らかいシャフト、重たいヘッドって
 ブランブランしているから 距離感出し難い、
 フルショットには飛びそうで 適している けれど
 加減するアプローチ向き じゃ無い んじゃないか?!
 って思う、言うんですよ。
 打ち比べたコト 無いにもかかわらず。」
ECDi9XSUwAEgjre

質問「私もやらされましたけれど
 柔らかいシャフト、重いヘッドのクラブと
 硬い(スチール)シャフトと軽いヘッド
 打ち比べてみると 勝負になっていない。
 仰られる通り、フルショットするのなら
 まだ何とかなるんですが、
 硬いシャフト、軽いヘッドではフルショット以外の
 加減の必要なショット、距離では

 ミスが多過ぎて、距離感どころじゃない、
 柔らかいモノの方が 断然 距離感形成は楽です。」
20190811-OYT1I50023-1

店長「だから 短い距離でもフルショットをする、
 ロブショットに行き着いたりするんですよね…。
 
 フルショットで使うコトの少ないウエッジ ほど
 硬いシャフトを使われているんですよね、実際は。

 硬いシャフトで軽いヘッドのウエッジを
 ロブショット 開いて〜緩く入れるんですから
 PSやアプローチウエッジでも ロブウエッジとして使うのに
 ロブウエッジを入れるって・・・とても、不思議です。
 いったい 何度のロフトで打とうとしているんでしょうか?
   バンス角度が嫌なんですかね〜。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「多くの人は 硬いシャフトと軽いヘッド しか 知らないですから、 
 シャフトが硬いと ボールに届き難い、
 ボールを拾い難い、
というコトを想起したコトがありません。」
2021-04-17_15-32-27_Moment(2)

質問「それはそうでしょうねー。
 一般的には シャフトを柔らかくするのを
 Ⓢ-振動数300cpm から ⓈⓇ-290cpmにする、(アイアンの場合)
 と思っていますもんね。」

店長「ですよね。
 まさか 振動数170cpmとか180cpm……200cpm以下に
 振動数を 100も落とすとは思っていませんし、
 体験したこともないでしょう。
 振動数 180cpmから見て 290cpmも300cpm も
 どちらも 激硬で 差がないですからね。」
質問「使ってみて 初めて分かる というか、感じると思います。
 友達の新しく買った市販クラブを『打ってみて
 って言われて 届かせるまでに苦労しますもん。」

店長「十分な シャフトの柔らかさ があれば
 ボールに届くのに ほぼ全く苦労しない というか
 届き過ぎてしまう位 です。
 ですので ショットの技術として、
 届かせる と言うモノが全く必要ありません。」
質問「確かに、放っておけば届き過ぎる位ですね。」
店長「放っておいても シャフトがしなる、
 現象で言えば ヘッドが遅れる =ハンドファーストになる、
 ヘッドが遅れた状態でも届く ので
 そのヘッドの遅れを ヘッドの開きにするのか、
 ロフトの立ち にするのか、
 という 次のステップに進める筈… なのですが、

 届かない となると ボールの置き位置を中に入れる、

 届かせる為に クラブを下に振る、
 クラブを下に振る は イコール グリップの前進を妨げるので
 よりボールを中に入れなくてはならなくなる
 届かせる 為の壁が出来てしまいます。」

質問「届かない、当たらなかったら 色んな意味で
 前に進めないですからね。」

店長「はい。
 ヘッドの遅れは良くないモノ と言う思い込み
 しかし ハンドファーストは良いモノ という
 解決不能な課題/タスクが残り続けるコトになります。

 また 動く…しなる…適度に柔らかいシャフトが
 作り出す グリップの押し は
 ヘッドを下に落とす では無く、
 グリップを前に押すコトを打ち手に伝えます。

 スイングは傾きの中で進行して行くので
 スイング動作の前 には 下も含まれていますから
 前に進めば ヘッド だけでなく
 グリップ、つまりクラブゴト 低くなって行く訳です。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment

 届かせるのは 下、下への移動 上下の問題 ではなく
 運動の進行方向の前後、前へ で解決するモノ なのですが、
 届かない 硬いシャフトであれば
 下への意識が強くなってしまい、
 ヘッドを下に振れば よりグリップは前に進めなくなる、
 前(動作方向) に対して 下 という
  立体的に90度
 全然、方向の違う問題に取り組まなくてはなりません。

 ショットを良くしていくのに 解決しなければいけないコトが
 全く異なってくるのです。」

質問「ものすごく影響大きいんじゃないですか❓

店長「そう思います。

 よく言われる 手打ち とか、手振り とか、
 の始まりが 実はスイング技術、動作の問題では無く
 シャフトの硬さ から始まっている なんて
 誰も言いませんし、思いもしないですから。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフコースが グリーンの速さ を測るのに
 基準となるモノがあります。

スティンプメーター と言いますが
😵😵😵USGA製のものは 45,000円もするんですね…。
真ん中が窪んだレールのようになっています。
41S3R4grxLL._AC_41hplhPcZaL._AC_






ボールを乗せておく 窪みがあって
レールそのものを 20度の角度に傾けると
窪みからボールが外れ、レールを転がり始めます。
 その転がり具合 を(1ft=30.48cm)
 10フィート(3m)とか、20フィート(6ⅿ)とフィートで表します。
518kvcNzpSL._AC_

 一般的な営業コースで 8〜9フィート位です。
 速いと言われる オーガスタは 12〜13フィート
 日本の男子ツアーも殆ど同じ、です。



 パッティング・転がり についての研究 があります。

スティンプメーターで 一般営業の8フィート(2m40)で
 カップに向かって ボールを転がします。
 10球転がすと そのラインは 実は1種類 ではなく、
 10種類ではありませんが、数種類になります。
Desktop 2022.05.08 - 06.28.43.01_Moment
 多くの人は 力加減を別にすれば
 『そのライン』は一種類…と思いガチ、ですが、
 研究では そう言う答えになりません。

 2m40を転がるのに スティンプメーターでは

 ボールは13〜15回転するコトがわかりました。
 ボールの外周は 約15cmですので
 全部を接地して転がるとすると 16回転する筈ですが、
 滑っている、スキッドしている箇所がある
 というコトになります。


 ボールがずっと接地している訳では無く、
 空中を滑っている時間もあるので
 接地(接触)している箇所が 各各 微妙にずれる為、
 本当に微妙ですが ラインがズレることになる訳です。
 接触した箇所の芝の状態によって
 ボール速度や回転そのものにも影響がある というコトです。


今度は実際に 全く同じライン、同じ距離を
IMG_0030_Moment(2)スティンプメーターではなく ヒト に
パッティングさせ カップインも含め
2m40センチのワングリップ圏内で測定すると
平均で12回転半でワングリップ距離まで到達しました。
(勿論 これは芝質、傾斜、などによって異なるとは思います)
 最大の人で14回転、最小で11回転でした。
 回転する数の多い人ほど
 通る道、ボールの軌跡の種類は多くなり、ショートし易く、
(ショートしているのに 回転は多いのです…)
 それよりも 少ない回転でカップ距離に到達できる人ほど
 ボールの軌跡の種類は少なくなります。
IMG_1422
 この距離の
 パッティングタッチを数値化することは難しいですが
 回転の数が多くなるストロークをしている程、
 パターの初速(飛び出し速度)が速い、 👉減速が強い
 になります。

まあ 当たり前 と言えば 当たり前 なのですが、
 ボールと地面、芝との接触の機会 や
 総接触面積が増えるほど その影響を受け易い
 距離と言う意味でも ショートし易くなるでしょう。

✋ちなみに…ですが、スティンプメーターよりも
 人間が打った方が ボールの回転する数は少なくなります。
 スティンプメーターの方が 転がりが悪い… のでしょう


✅良い転がりのボール とは
 適度にスキッド(滑り)し、
 打つ距離に対し、必要最低限の回転で届くコト、
 その言葉の通り 滑らかに転がるボール
 と言う答えに辿り着いた訳です。


 と同時に 自分の打つラインを読んだ としても
 距離感も含め 自分のタッチに均一性がないと
 ライン通りになることはない というコトで
 パッティングストロークにおいて 多くの人が強く意識している
 『真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す』 は
 無意味では無いですが、一つの要素に過ぎない
 というコトも分かりました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングで、特にアプローチで
うまくいかない、
ダフル、
トップする、
ミスになる、
 大きな原因 は知識で解決出来ます。
607a83e4-s

アプローチにも種類がありますが、
グリーン周り位の距離から
番手にもよりますが、50ヤード位まででしょうか
この知識はとても有効です。

そして この知識は勿論フルショットにも
とても有効…というか ホントは『当たり前』
なのですが、多くの人は誤解?、錯覚して理解しています。



何度も何度も書きますが、
スイングは 最終的には円弧 を描きます。
その円弧に騙されてはいけません。

ゴルフクラブは機械仕掛けではありません。
弊社の取り扱う 柔らかいシャフト であったとしても
ダウンスイングで 多少グリップは押されますが、
ことヘッドに関しては自発的に動くことはありません。
よく言われる ヘッドが走る というのは
 手を、グリップの移動を止めたから
 その反動でヘッドが動いた『だけ』であって
 それは シャフトの働き ではありません。
クラブ扱いの基本中の基本は
持っている、打つ人が
なにがしかの運動/動作で
グリップを動かした分 その移動量分
ヘッドが動くのであって
グリップの移動量を ヘッドが上回ることは
意図的にしない限り 絶対にないのです。

円弧 と言う意味ではグリップに対し
外周に当たるヘッドは、大きく移動したように
感じますが、このショットを
真上から俯瞰して見ていると
考えてみてください。
グリップの移動量に対し
ヘッドの移動量はさして変わりがありません。
201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment(3)












スイングは体が回転するので
結果として 円弧を描き
それによって その外周に当たるヘッドの方が
最終的には 長い道のりを描きますが、
コト移動量そのものに対しては
グリップの移動量=ヘッドの移動量 です。



アプローチの方が分かり易いでしょうか
ここを スタート地点 します。
スナップショット 3 (2017-01-13 12-28)
〇ここは通過点ですが、仮にゴールとします。
スナップショット 6 (2017-01-13 12-29)
二つの写真を比較してみると
スタートのグリップの位置とゴールの位置
スタートのヘッドの位置とゴールの位置
双方の 移動量にさほど違いが無いのがわかるかと
思います。
腕さばき、作業として グリップの移動を多少
強調していますが、からだの向き、
特に左サイドの移動をしているに過ぎません。

何を言いたいか というと
グリップの移動分 以上に ヘッドを動かすような
持っているクラブの長さを最大(外周)とした
円弧に
『動かす』ショットでは
そのヘッドの通る道のりが長すぎ、時間がかかり、
『スイング時間』の中で
からだの正面に相当する時間に間に合わない
 のです。
MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment
MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(3)
MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(4)
アプローチ、ですので リリースはしていませんが、
ハンドファーストのまま カラダの向きで打つに比べ、
クラブ姿勢をアドレスに戻す では
ご覧のように 無駄な下への円弧 の分相当、
自分の左サイドは上にひっつれた状態になります。
それを制限しないと ボールに当たりませんから
左サイドを止める習慣が付いたりします。
インパクト前後での 各所の調整が必要になる のです。

トップ姿勢を造り、それを概ね固定し
体の向き、特に左サイドを止めない、左サイド主体の
向きの変更でボールを打つ、
フェースの面はどの方向に向けるのか、
グリップはどの方向の移動するのか、
そう言う学習は必要になりますが、
クラブ姿勢をアドレスに戻すに比べ
インパクトでの調整は必要ありません。

本当のアプローチになった際、
どちらが ミスを誘発するか、
実体験して頂ければ 分かるかと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Tさん「スイングを良くしたい と言う方は
 多いと思うのですが、どういう風にしたら良いか
 というのは分からないです。」

店長「多いですね。逆に、今現在の自分のゴルフスイングに
 満足というか、自分のスイングは満点だ、と思っている人は
 とても少ないと思います。」
Tさん「ですよね。どんな点に悩まれている方が多いですか。」
店長「順番は微妙ではありますが、やはり^未狼離、
 △和里猟砲漾➂はスコア、➃はスライス予防、

 ってところ ではないでしょうか。」
((((((((_Moment

Tさん「具体的にはどんなトコロ ですか❓」
店長「手打ち、ボディターンと言ったトコロに
 意識が強いのかな と感じます。」
Tさん「手打ちって やはり ダメなんですか❓」
店長「率先的に 手打ちを習う はお薦めしませんが、
 ダメ では無いと思います。
 但し書き は付きますけれど…。」
Tさん「どんなトコロですか❓」
店長「有りがちなパターンですが、
 手でボールをさばく となると
 飛距離を優先させると 方向や曲がりが上手く行かず、
 方向や曲がりを優先させると 距離が出ない、
 ゴルフクラブの構造上、  フェースターンが強くなると
 それは致し方の無いトコロだと思います。
 それが問題だとは思いません。

 むしろ 問題なのは 続に言う「手打ち」
 フェースターンの打撃 は ラウンド中、
 準備であるための、打撃の助走路、テークアウェイ、
 トップの位置が浅くなり易く、それがミスや距離不足、
 右向き不足が慢性化し易い部分 があります。

 例外が無い とは言えないですけれど、
 疲れてきたり、意識が他のことに行っていたりすると
 大きな筋肉で動かす必要のある 脚やお尻 は動かし難くなります。
 ゴルフで言えば、クラブを、ヘッドを動かして、
 フェースがボールに当たりさえすれば
 スイングとは言えなくとも ボールは打つコトが出来るので
 クラブに近いトコロ、近いトコロ(人間の部位)で
 動かしガチ になります。

 テークアウェイを 手、手首、肘、腕 で動かす『割合』
 が多くなるわけです。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

 ゴルフはスイングの品評会ではないので
 スイングの形はどうでも良いと言えば どうでも良いですが、
 真っ直ぐ、遠くへ、など いろいろなコトを両立して
 ボールを打つには クラブを捻じらない方が良いので、
 手で打つ にしても、フェースローテーションは入ってしまう
 にしても クラブのターンを手でする割合は
 出来るだけ抑えておく、少ない割合にしておく方が、
 ラウンド途中で乱れたり、
 加齢による不調や乱調、距離不足、が起こり難く
 また 乱れたりした時の復元の可能にし易くなります。

 例えば ですが、
 クラブのターンを 全部からだで行う を 10
 全部 手で行う を 0 と仮定します。
 練習では10だったとしても
 コースに行けば その割合は ┐砲覆蝓
 疲れてくると Г砲覆襦
 それが ゴルフスイング です。
 プロでも 概ね そんなモノです。
(回転とフットワーク_Moment(3)

 深ければ 良い と言う訳では無いですが、
 ですので 練習で 少しオーバーワークな 12
 にしておけば コースでは 10 になりますし、
 疲れや緊張による低下が入っても 9.8.
 で済みますので いつも通りのタイミング、
 いつも通りの作法、いつも通りのボールの位置やアドレス
 で 対応が出来る  …ようにするか、

 練習で10 コースで─“茲譴襪鉢
 それを把握しておくか そのいずれか だと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Aさん「アプローチショットを攻略していく、
 のには どうしたら良いのでしょうか❓」

店長「そうですね、アプローチショットは
 通常のショットの インパクト付近を抽出したような
 モノですから ココに練習を割くと
 ショットも良くなって行きます。
 が、かがんでいる姿勢が結構辛いですから、
 かがみ具合、前傾姿勢を深くしない、浅い前傾姿勢を作る。
 ショット全般に対し、前傾姿勢を出来るだけ浅く取る、
(前傾角度とは 骨盤と大腿骨のボール側への倒れ角度の差)
 前傾角度は『有れば良いので』
 出来るだけ 浅く取る習慣をつけるのが良いと思います。」
【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)

Aさん「アプローチだと深くなりガチ ですよね。」
店長「多いと思います。
 アプローチは平らな場所 で無いコトが多いですから
 深い前傾姿勢だと、その姿勢を維持するため
 手で動かす や 早く終わらせる になりガチ ですので
 良いことは多くないと思います。

 次に 30ヤードでも構いませんが、
 50ヤードはどんなモノなのか 練習すると良いと思います。

Aさん「50ヤードを練習しろ ッテコトですか❓」
店長「微妙にニュアンスは違います。
 練習はするに越したことはありませんが、
 そうではなく 50ヤードを知るコト です。」
Aさん「どんな風に❓」
店長「練習場では 1階2階もあるコトですし、
 ボールも違います。
 50ヤードの目印やグリーンも ある打席からであって
 自分の打席からだと 結構プラスマイナスあります。

 そういう時にこそ 弾道計測器を活用して下さい。

 自分のボールで 無風状態で
 50ヤードのピンに向かって打つ。

 20球 ワンピン ツーピン に寄った球をデータ化して
 サンドウエッジだと アバウト50ヤード打つのは
 一体 キャリーで何ヤードなのか❓
 アプローチウエッジ(PS)だと どうなのか❓
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(4)

 逆に 50ヤードキャリーで打つと
 どの位 ランがあり、総飛距離になるのか❓
 一体 ヘッドスピードはどの位なのか❓

 例えば サンドウエッジのフルショットの
 ヘッドスピードに対し 50ヤードはどんなヘッドスピードなのか、
 30ヤードはどうなるのか、
 感覚ではなく データ化して 距離を知っておく のも
 以降の練習に役に立つと思いますよ。

 漠然と ピンまで50ヤードと言っても
 その内訳って 把握していない方が多いと思うので
 ですので 弾道計測器を使って
 本当に 50ヤードの距離感を体感する
 そして それをデータで把握する のって
 現場での 安心感にもつながります。

 勿論、アバウトで良いのですが、
 アバウト過ぎない程度に掴んでおいた方が良いでしょう。

 弊社にも 弾道計測器ありますから、遠慮なく活用して下さい。
 弊社のお客様は無料で、球数制限もありません。」

Aさん「弾道計測器だと
 ドライバー、ドライバーでなりがちですが、
 そういう使い方もあるのですね。」

Desktop 2022.01.25 - 11.24.14.01_Moment(2)

店長「飛距離は魅力ありますから 分かりますが
 アプローチに使う方が 本当の使い方 と言えるかもしれません。

 また 5mのアゲインスト だとどうなるのか❓
 フォローや横風だと どういう影響を受けるのか、
 というのも 知るコトが可能です。

 この練習のみ で ガツンとスコアが良くなったお客様
 結構、いますよ。」

Aさん「マジ?ですか。」
店長「はい。 ドライバーの練習も大切ですけど
 ことスコアに関しては コチラの練習の方が
 効果も早いですし、はっきりと出ます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Aさん「ユーチューブの動画を見ても
 実際の練習場でのレッスンでも 振り子式のアプローチ
 とても "普及" しているように思えますが…。」

店長「ですねー。
 コレ とても 不思議なんですが、、、
 レッスンをされる方も カラダを回転させる、
 それが 肩であっても、腰であっても、股関節、足であっても
 見た目が『振り子』に見えるのであって
 首や背中を支点にして 左右を上げたり、下げたり する
 振り子運動で無いのは判ると思うのですが。。。」

Aさん「確かにそう見えますよね。」
店長「見た目、とか 恰好はどうでも良いと思うのですが、
 パッティングの振り子もお薦めはしませんが、
 やはり パッティングの延長でアプローチやショットも
 と言うトコロから入るんでしょうかね…。
 パターのような、ホントにちょっとだけ打つ の距離であれば
 差は出難いですが、
 それが ある程度の距離 30ヤードとかになると、
 振り子式のデメリット、ダメな点と言えば良いのか、
 ミスになる確率、上手く行かない確率が高い、
 教える立場の人であれば…判ると思うですけど…。」

Aさん「練習場で、女性を、集団で
 振り子させている光景をよく見る気がするんですが…。」

店長「う〜〜〜〜〜む……ですね。
 凄く短い距離の場合に限りますが、
 からだの回転、向きを変えて
 上手にボールを当てる、打つ は
 確かに 振り子よりも 初期ハードルは高いかも知れませんが、
 振り子のまま、それを大きくして アプローチにしてしまうと
 生涯、アプローチが苦手とか、嫌いとか、
 ソコから逃れられなくなり易いですし、
 振り子式 は ある年齢になると 腰痛が怖くなりますから
 一番始めの導入 のトコロを除き、
 良いトコロ、メリットは殆どないんです。」
607a83e4-s

スナップショット 1 (2013-04-13 23-00)スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)




Aさん「。。。。。。。
 アプローチに限らず、ショットとかスイングは
 形から入るトコロが多いのかも知れませんね。」

店長「ありますね。

 振り子式ショット(アプローチ)の欠点の一つに
 同じ距離を打つのに 強めに打たなければならない
 というのがあります。
 打ち上げのライ から打つのと似たような距離感になります。
 にもかかわらず 距離を増やすのに
 運動の速度やヘッドスピードを上げると
 距離にならず、抜けるような球になり易く、
 スピンの量も増えにくい、
 振り感と距離のつながりが悪くなります。」
Aさん「アマチュアのスピンが効かない、というのは
 これが多いのですか❓」

店長「そう思います。
564dfb4d o0361056812059034776







 次に 振り子式は 通常の回転、ではないので
 振り幅が大きくなると からだの傾きが増え、
 最下点が手前にズレやすくなります。

 ボールの位置で対処するしかないですが、
 ダフリ、トップ、が出易い方法と言えるでしょうね。」
Aさん「良いトコロないじゃないですか…。」
店長「あえて言えば 初心者に教え易い、
 見た目から納得して貰い易い点のみ、だけ でしょうか。」
Aさん「。。。。。。。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Mさん「こんにちは〜。」
店長「こんにちは〜。
Mさん「ちょっとご相談がありまして
 はるばる〇〇県からやって参りました。」

店長「うわ〜 ありがとうございます。 
 で、なにか困っているコトでもあるのですか❓」
Mさん「はい。 ゴルフは若い時からやっていて
 かれこれ 30年近くになると思うのですが、
 ここ数年、色々あって ゴルフから離れていまして…。」

店長「ああ よくありますよね。」
Mさん「で、数年振りに復帰して
 セットを丸ごと 買い替えたのですが…。」

店長「合わない…、硬い のですね。」
Mさん「やはり…そういうコトになりますか。。。」
店長「ちょっと クラブ見せて貰って良いですか❓」
Mさん「はい、お願いします。」
IMG_0361
クラブはまあ ごく一般的な。。。
◉ドライバー
 某人気メーカーに 結構ハードな人気シャフト
 シャフトの硬さは 表記-SR 振動数/240cpm
◉アイアン お約束の 某軽量シャフト
 シャフトの硬さは 表記-S 振動数/300cpm-#5

Mさん「中断する前は ソコソコ飛んでいて
 月例などにも参加していたのですが、
 復帰してからは 飛距離はガタ落ちの上、
 スライスばかりが出てしまいます。

 持病の腰痛もかなり激しくなって来て…。」
店長「ですか…。 まずはアイアンから …
 打ってみて下さい。」
Mさん「はい。よろしくお願いします。」

店長「。。。。 典型的なオーバースペック です…。
 ドライバーの スライス、飛距離不足は
 ドライバー そのモノ と言うよりも
 ドライバーを使う環境、 この場合は
 アイアンのせい と考えて 間違いないと思います。」
Mさん「アイアン❓ なんですか。」
店長「はい。
 見させて頂いた限り、
 アイアンの ボールの置き位置が真ん中、
 もしかすると 真ん中よりも右めに置いていますよね❓」
Mさん「ですね。」
店長「ボールって 右(右打ち)、中目に入れると
 からだの向きって どっちを向き易くなる と思います❓

Mさん「自然な形では、ボールを右に置くと
 右の方が向き易いと思います。」

店長「その通りですね。
 では ドライバー打ってみて下さい。」

店長「ドライバーは アイアンとは異なり
 ボールは左目、左足のかかと 位の感じ? です。」
Mさん「はい。左足かかと にしています。」
店長「では、こちらをご覧ください。」
IMG_1487
店長「この ボールの置き位置 は
 ドライバーショットを打つのには かなり中です。

 左足のかかと を基準にすると
 ボール 3個から4個分 中(右)です。

 スライスが出ている原因の一つになっています。

 クラブ全体のセッティング のシャフトの硬度を落として
 行くことが鍵 になるとは思いますが、
 実は問題なのは このボールの位置 が
 左足かかと に感じてしまっているコトだと思います。


 ゴルフの練習、スイングの練習は
 ドライバーと言うよりも、主にアイアンですると思います。
 復帰された時もそうだったと思います。」
Mさん「そうですね。ドライバーも打ちますが、
 スイングの練習と言うよりも ドライバーの確かめ算的な感じ
 と言えば良いでしょうか。」

店長「おそらく 元々、硬めのシャフトを使ってこられた、
 のだと思いますが、中断期間があったコト によって
 より シャフトが硬くなってしまった と考えて良いでしょう。
 硬いシャフトって ロフトが立ち難いですし、
 低いトコロにあるボールが拾い難い ですから
 ボールを左に置くのは しんどい です。
 ですので 長い時間をかけて ボールをつかまえる、拾う ため
 徐々にボールが中に入ってきた 顛末なんだと思いますが、
 それが 徐々であるが故に、上半身が右向き気味、
 捻じれた形 が 自分の当たり前になってしまったので
 この画像のボールの位置が 左足かかと と感じるんだと思います。」
Mさん「あああああああ」
店長「右を向いて その向きに対しては ひっかけ気味に打たないと
 スライスになってしまいます。
 フェースターンを以前よりも強くする必要が生まれますから
 左の壁❓ グリップをその分、止めないとターンしませんので
 腰への負担は当然、増えます。」
Mさん「シャフトを柔らかくすれば解決しますか?」
店長「必須だと思いますが、すぐには答えは出ない と思います。
 シャフトが適正、もしくは 柔らかくなれば
 特にアイアン…ですけれど、
 左足かかと付近でも 十分、届きますし、
 十分、つかまるようになります。

 ですが、慣れてしまった 上半身の右捻じり が
 左足かかとの位置が遠い、からだの外にあるように感じてしまうので
 放っておけば ボールの位置が中に入ります。
005

 実際の位置、靴に対する左足のかかとの位置は
 やや右向きの捻じれた 上半身にとっては
 からだの外、左外に位置しています。

 フェースターンが強くなってしまった現状で
 ヘッドの効いた、柔らかいシャフト を
 ボールの位置 中で打てば シャンク、
 もしくは 抜けたようなだらしないスライス になりますので、
 始めは 悶絶する と思います。
 変な言い方ですが 左足かかとに置くボールが
 左足かかと って 感じられるまでの時間、
 立ち足、靴 に対して 上半身、からだ全体が
 同じ向きになる までの時間はかかると思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スコアメイク…にはドライバーもそうですが、
ウエッジも含めた ショートアイアンのミス…
引っかけショットも響いてきます。

引っかけ…が出た場合
 多くの人は 「ライ角❓」と思いガチ、ですが
 その傾向の強いクラブは
 だいたい シャフトが硬い、
 その硬さに対し ヘッド重量が足りない が主です。

002

市販の平均的なクラブセットを抱え Sさんが来店されました。

Sさん「アイアンが引っかかるんだよね。
 見て貰えないかな❓」

店長「ハイ。 どんな感じですか?」
Sさん「7番位まではいいんだけど
 8番アイアン位から下が引っかかるんだよね。」

店長「そうなんですね。」
Sさん「ライ角度、で治せるのかな❓」
店長「場合によりますね。
 ソールの傷、打痕 見せて下さい。」
IMG_0486







店長「うーーーーーーーーん。」
Sさん「どうなの❓」
店長「ソールの傷、フェース面の打痕 などが
 ヒールに寄っていれば ライ角度で対処出来ますが、
 そうでもないんですよね…。
 ちょっと 打って貰えます❓」
001

店長「うーーーーーーん。
 基本的には シャフトの硬さが かなりキツイ
 問題の大きなポイント ではあるのですが…
 それは後回し…にしましょう。」

店長「余り知られていませんが、
 機種によって その値はマチマチ ではありますが、
 平均すると……ですね、
 アイアンの重心角度 というのは
 5番アイアンが10度位なんですが
 ピッチングウエッジ は 17、18度の増えるんです。
 その下のウエッジは 更に大きいモノも多いです。
 そして これはロフトと言うモノの構造上、
 致し方ない部分で 似たような形状、
 セットの流れである限り、改善不可能な部分なんです。
 
 シャフトが硬い場合に起きがち なんですが
 ライ角度で対応出来るのは 1度程度…
 重心角度= フェースの向きの1度は
 ライ角度よりも 出球の方向にダイレクトに働きますので…。」

Sさん「それって どう作用するの❓」 
店長「シャフトの硬さ から始まっているのですが、
 ヘッドを、クラブをフリーにして ボールを打つ、
 ヘッドを返す、世で言われる フェースローテーション
 でボールをさばく場合、その重心角度 というのが
 かなり 顕著に顔を出します。
 極端に言えば ウエッジを 7〜8度
 左を向けて構えているのと似ています。」

Sさん「つまり 5番アイアンと同じように振ると
 ピッチングウエッジでは 7〜8度 左を向く❓ と。」

店長「ロフトが絡むので 一概に7.8度とは言えませんが、
 その通りです。
 ですので 改善方法 とすると
【打ち方】であれば ヘッド、クラブをフリーにしないようにする
【クラブ】であれば 出来れば下に振らなくても 打てる、
 届くような シャフトの硬さ にする、
【応急処置】であれば とりあえず、
 ちょっと面倒ですが、番手が下に行くに従って
 そのヘッド重量の増加、に応じて 鉛を貼り、
 👉重心角度の作用を抑える
 👉ヘッドの遅れを増やす

 方向に持っていくのが 良いかな と思います。」

Sさん「どの位の量になるの❓」
店長「う〜〜ん、根本的な シャフトかなり硬いですので
 数g 2gとか、3gでは 効き目は無いでしょうから…
 ウエッジで 10gとか 20gでもいいかな と思いますね。」
Sさん「かなりの量だね。」
店長「ですねー。
 両面テープで支え切れるギリギリ になりますので
 脱脂して、温かい室内で張った方が良いですね。」
Sさん「どの辺りに貼ると良い❓」
店長「量にも寄りますが、
 作用として 重心角度を減らしたい のと
 ヘッドの重さ として より効率よく
 👉出来るだけ少なく 効果を出したいので
 シャフトから出来るだけ離れた トゥ側の前の方、
 打つのに支障のないトコロでしょうね。」

店長「ただ 忘れないで頂きたいのは
 そう打たないと打てない、当たらない、
 そう言う硬さ や その硬さに対してのヘッドの重さの足りなさ

 が原因なので、リシャフトとか、
 クラブは変えた方がベターです。」
Sさん「検討します。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「練習場で周りを見渡すと
 ドライバーは左足かかと、
 アイアンは真ん中、
 ウエッジは 右足寄り、と
 種類によって かボールの置き位置を
 大幅に変えている人が多いですが、
 これも シャフトの硬さ の影響でしょうか❓」

店主「特別に意図がある練習をしている場合もあると思いますが、
 概ね シャフトの硬さと比例している というか、
 シャフトの硬さに応じて ボールの位置は変ります。」
27157136_1465536103569591_817080633_n

質問「ドライバーとアイアンでは打ち方が違う、
 と考えている人も多いようですが、
 それも シャフトの硬さ の影響でしょうか?」

店主「それも大きいと思いますが、
 ドライバーとアイアンの重心距離、重心位置の格差は
 年々増している、どんどん異質になりつつあります。」

質問「打ち方を変えた方が良いのでしょうか❓」
店主「ひとつのスイングでも苦労するのに
 ふたつ…なんて 大変過ぎます。
 シャフトの硬さ/柔らかさ が
 共通している、同じような流れの中にあれば
 少なくとも リズムやタイミングは同じようなモノ
 に出来る
と思います。
 シャフトの硬さがバラバラ で それに応じて
 リズムやタイミングまで変えるのは難し過ぎます。」

IMG_0685

質問「クラブの流れ…の中で
 アプローチに使うウエッジはどうしたら良いのでしょう❓」

店主「ウッドからの流れ、アイアンの流れ、通り、
 ヘッドが若干、重めの分、数値(振動数)は
 低めの方が使いやすいと思います。」
質問「柔らかめ。。。というコトでしょうか❓」
店主「そうですね。流れから外れない程度、に。
 フルショットをする事の少ないウエッジが
 アイアンの流れ より 硬い って やはり変です。
 通常のショットのように、勢い で!
 って言うがし難いですから、ヘッドは重め、
 シャフトは柔らかめ の方が スイングの始動がし易い
 と思います。」
質問「そうなんですか?」
店主「ヘッドの重さ が同じであっても、
 シャフトが柔らかい方が ヘッドが効いて『感じます』。
 アプローチであっても、パッティングストロークであっても、
 また、通常のショット であっても
 ヘッドが軽い、シャフトが硬くヘッドが軽く感じる、
 方が動かし易い👉と思いガチ ですが、
 実は ヘッドが重い、
 シャフトが柔らかく👉ヘッドが重く感じる クラブの方が
 格段に動き出しが圧倒的に楽です。

 逆に言えば、ヘッドが軽い、
 シャフトが硬く、ヘッドが軽く感じるクラブは 始動がし辛く、
 イップス って言葉がありますが、
 おそらく ヘッドが軽い/軽く感じる クラブ を
 緊張した場面で使用すると 起こる と思います。」

質問「おおおお パターやアプローチのような
 勢いのない動きだと 余計、その可能性は高そうですね。」

店主「ハイ✋
 柔らかいシャフトの利点の一つ に
◉スイングの始動がし易い
◉イップスになり難い
 がありますね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Desktop 2022.01.23 - 16.05.22.01_Moment

店主「
実際には フルショット と言う言葉は
 曖昧な定義ではあるのですが、
 出来るだけ ショットはフルショットに近い方が安全、と
 昔から言われています。
 グリーン周りのショットですと
 ある程度の加減が必要。。。なのですが、
 落としどころが近ければ近い程、
 更なる加減、場合によっては躊躇やビビりが入り易い、
 しかし、近い落としどころというコトは
 その落としどころは ある程度、厳密さが必要で、
 ショット自体もミスに寛容でなくなります。
 5m先の 30僂留澆縫棔璽襪鰺遒箸后
 なんて練習は 大体の人がしたことが無いのです。」
J氏「無いッス、ね。」

店主「ですので フルショット とは言いませんが、
 出来るだけ 着弾点が遠い、
 ピンキャリーが一番安全なショットになりがち で
 そのショットは ミスに寛容な上に、
 打てれば まず 止まります。 」
J氏「中途半端なショットを ビビッて打つ、
 当たりもイマイチ が故に
 スピンが効かない ッテコトですね。」

店主「そうです。
 落としどころ、距離、方向、
 状況を見る、掴むコトは重要ではありますが、
 自分がショットするのに ビビるような状況を
 自ら作ってしまっては 当たりも悪くなり、
 強く打っていないから スピンもかからない。
 アマチュアが スピンで止まらない、スピンが効かない
 は技術的な問題では無く、自ら作り出す状況、
 環境の方が圧倒的に大きいと思います。」
Desktop 2022.01.23 - 16.05.22.01_Moment
店主「実際に 比較してみましょう。
 例えば この状況、
 ミドルホールで 池越えのセカンド、もしくはサードショット、
 池を避けたいから 結果、少し大きくなり
 左奥へこぼれてしまいました。
 アプローチショットは カート道越えの47ヤード、
 ピンは自分の位置より 低い位置にあり、
 グリーン面は池に向けて やや下りの面 です。」
J氏「今までの狙いならば、グリーンのカラー もしくは
 その手前の地点に着弾 20ヤード強位の位置ですね、
 そこから グリーンの傾斜に沿って 転がって行く…。」

店主「ラフからのショットで 位置的におそらく逆目のライ です。
 20ヤードなんて 微妙な当たりのショットを
 その狙いに落とす なんて 神業…
 遊びか、優勝争いでない限り プロもやりません。
 非常にビビり易く、ミスに不寛容な距離ですので
 手前のラフで止まる もあるし、
 トップして 奥の池の可能性も十分あります。」

実際、何度かやってみると 想像通りの結果に…。

店主「では 傾斜も考慮して、ピンの左気味に
 45ヤードのキャリーボールを打ってみましょう。
 バンカーショットと同じ と考えて良いでしょう。」
J氏「ああああ」

完璧 なショットは出ませんが、
どれもが だいたい 満足いく結末 になります。

店主「30ヤードを超えるキャリーのショットは
 非常にアバウトで大丈夫です。
 当たって 上がりさえすれば 落ち場所が
 理想と違っても 結果に差がありません。」
J氏「OKな距離には着きませんが、
 もしかしたら 1パットで済むかも と言う領域に
 止まるコトが非常に多いです。」

店主「でしょ?!
 多くの人は ゴルフが上手になると、
 スイングが、ショットが良くなると スコアが上がる、
 そう考えているフシが強いのですが、
 間違ってはいないのですが、あまりに直線的過ぎです。
 技術的な問題と言うよりも それの発揮のさせ方
 の問題の方が スコアとつながっている
のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店主「アプローチショットは ピンキャリーが原則
  そうなると 練習場で 感覚的に
 30ヤードって どういう感じ。。。なのか
 50ヤードって どういう感じ…なのか
 重要になってくるので、練習に意味が伴ってきます。
 上手く成るために 
夏休みの漢字の書き取り のような
 アプローチの練習をするコトが無くなります。」
J氏「確かに、そういう感覚で練習していたかも…知れません。」
Desktop 2022.01.23 - 16.05.22.01_Moment

店主「また ウエッヂを使うショットは
 上手に打てても ソールは地面と接触します。
 ですので ボールをヒットする感じ、振るスピードではなく
 ソールで地面を叩く、触れる、そういう感じが距離感と考えて
 良いと思います。
 クリーンに打とう なんて する必要は一切ありません。」
J氏「そうなんですね。」

店主「実際には アプローチに限りませんが、
 残りの距離をきっちり打つ、
 細かい状況を無理に詰め込まず、
 打つ状況で 自分をより追い込まない、
 より シンプルな条件で 自分を打たせる

 というのが ミスを出にくくさせる第一条件です。
 そこらへんが プロの真似をし過ぎ というか、
 漫画の読み過ぎ であったりするかもしれません。

 また、そのショットの次のショットも
 当然、自分が打つのですから
 自分が よりショックを受ける、しょんぼりする、
 そんな状況に自分を追い込まないよう
 より精神的に楽な、シンプルな状況を考える、
 というのは ゴルフの流れを作るのではとても大切です。」
Desktop 2022.01.21 - 17.27.59.01_Moment
店主「例えば こんな状況、
 バンカーショット 残り20ヤード強、
 ボールは若干の左足さがり、
 こんな状況で 目の前のバンカーを越えた
 すぐのところに落とそう とすれば
 上手く打てば打つほど 前のあごにひっかかり、
 もう一度バンカーです。」
J氏「すごく やりそう…です。」
店主「20ヤード のピンキャリーのショット、
 ミスしてホームランとかも当然ありますが、
 優勝争いをするような 狙い(落としどころ)をして
 目の前のあごにひっかかって バンカー…
 おそらく そのバンカーショットも出るだけ、になりがち で
 そして ダボやトリ、ダブルスコア、
 正直、ドライバーでOBを打ってしまうよりも
 あとあと 精神的なダメージはボディブローのように
 効いてきます。
 ここは 余程の確信が無い限り、
 100% 狙いはピンキャリーのバンカーショット です。」
J氏「プロが確信を持っているのは
 これに似た状況を実際に練習しているから
、な訳ですね。」

店主「その通りです。
 アマチュアがプロの真似をして良いのは
 練習が 現場と酷似している ドライバー位なモノ、です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

Desktop 2022.01.23 - 23.06.47.02_Moment
店主「このシチュエーション
 ピンまでは 33ヤード
 もし バンカーを越えた 直ぐのトコロ(赤丸)に落とすとしたら
 20ヤード前後キャリーさせて 残りは転がり。」
J氏「いつも そういう狙いをしています。」

店主「本当のグリーン周り グリーンにかかっているトコロ からは
 ランニングや転がしを推奨していますけど
 この場面ではそれは出来ない。
 となると アプローチの狙いの基本中の基本 は
✋✋✋ピン・キャリー を打つコト。


J氏「ええええ?! そうなんですかぁ」

店主「そうですね。
 だって アプローチの練習 って
 20ヤードキャリーさせて 10ヤード転がす なんて
 練習って…毎回してます❓」

J氏「ほとんど してないですね。」

店主「ですよね。30ヤードのショットは練習したコト
 有ると思うんです。 ですので 練習場でしている通り、
 30ヤードのショットを打てば良いんです。
 練習場で したコトもないシチュエーションを
 現場でぶっつけ本番でやるんです。
 打つ前から 結果、想像出来ますよね…。」

J氏「ですねぇ。。。そう言われれば ホントにそうです。」

店主「今、手にしているのは PS(AW)やSWですので
 上手に当たれば 想定より 微妙にショートし易いので
 きっちり ピンキャリーをイメージして打つ方が良いです。
 そして そのボールは 結構、止まります。
 それに比べ、上手く行った、としても20ヤードキャリーの
 アプローチは まず、スピンが効くコトはありません。」

J氏(実際に行いながら)「確かに…上手く行っても止まりませんね。」

店主「プロの場合、この練習も 飽きるほどしています。
 ですので 練習通りに その狙い通りにしたり しますが、
 アマチュアの場合、そういう狙いで練習していません。
 聞いたコトはないですが、小学生の夏休みの漢字の書き取り のように
 なんとなく やっていれば 上手く成る…程度の意識で
 アプローチの練習をしている気がします。」

J氏「本当にそうですねぇw」

店主「練習場でアプローチの練習をしても、
 現場に行くと そのアプローチの練習を活かさない、
 その練習が活かされないので
 練習場でのアプローチに身が入らない と言う悪循環になります。」

Desktop 2022.01.23 - 23.06.47.02_Moment
店主「20ヤード先に この円の中にボールを打つ、
 なんて練習もしていませんし、
 20ヤードのショットはヘッドスピードがありませんから
 数ミリの当たりの差が そのまま 弾道に出ます。

 バンカー越え なんて ショットの多くは
 ライも逆目、芝付きが悪いケースも少なくありません。
 ヘッドの入り に厳密さが必要で
 ヘッドの抜けも良くない状況です。


 バンカーを越えた すぐのトコロ・・・
 この狙い場所 だと キャリーボールの位置が
 前後左右 30僂困譴燭世韻如…砲ぅ潺垢吠僂錣蠅泙后

 加減しながら…ビビッて打つような
 ゆっくりのこのショットの 難易度はとても高いです。


 バンカーに入ってしまうことも往々にしてあると思います。
 30ヤード、35ヤード打てば ヘッドスピードは速いので
 数ミリ程度のズレは スピードが吸収してくれます、から
 余程、のミスでない限り、だいたい OKです。」

J氏「バンカー…あります、あります。」

店主「勿論、その狙いを練習しており、
 ソコソコの成功率に自信があるのなら 良いです。
 
 ピンキャリー 30ヤード前後のショットを打つのであれば

 前後左右に1m 半径2mの円の中であれば
 正直、どこに落ちても 結果は大きく差が出ませんが、
 目の前のバンカー越え狙いでは 半径50儖焚爾留澆涼譱世
 なのですから 難易度が高過ぎます。」

店主「アプローチの基本は ピンキャリー です
 そうして置けば 次のパッティングのラインや距離感も
 参考になる情報が得られます。」

店主「また バンカー越え の厳しい狙い、
 往々にして ミスって バンカーに入ってしまう…のですが、
 そうなると 持っているクラブがPS で SWに変えたい…けど
 カートやキャディさんが近くにいないから そのまま、とか
 落ち込んで、投げやりになってしまう、とか
 中途半端な判断で打ってしまったり、とか
 上手く行かないよう 自分を誘導してしまう可能性が高まります。」

J氏「うわ…見られているようです。」
店主「ですので アプローチは どの場面であっても
 まずは ピンキャリーが基本。
 他に選択肢が有った場合、
 自分のコンディション や 状況、成功率、
 次に起こりうるコト などを照らし合わせて
 ちゃんと『判断』する必要があります。
 『判断』をしないなら ピンキャリーが原則 です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


あるお客様(仮称 J氏)との会話です。
多分…多くのゴルファーに役立つお話し になると思います。
お楽しみ、下さい。


弊社のお客様の中では 飛ばし屋に分類されるJ氏
悩みがある、とのコトです。

J氏「この間、ゴルフを一緒に回った
 スコアの良い人から 君はもうドライバーとか、
 フルショットの練習はいいから、アプローチ練習してきなさい、
 って 言われちゃいましたよ。」

店主「あら、スコア伸び悩んでるの❓」
質問「スコア自体は気にしてないんですけど
 アプローチって失敗すると ストレス溜まりますから
 もう少し アプローチ上手くやりたいんです。
 どうしたら良いすか?」

店主「うわぁ、すごく漠然としているけど
 もしかすると……だけど…  アプローチが下手、なのではなく
 アプローチのアプローチが下手なのかも・よ」

質問「❓❓❓ えぇ⁈ どういうコトですか❓」
店主「じゃあ まず シュミレーションゴルフで
 アプローチやってみましょう。」
Desktop 2022.01.23 - 22.52.43.01_Moment

店主「場面は ショートホール。
 小川越えのティーショットは 少し引っかけになり、
 小川は超えましたが、バンカーも超えました。
 バンカー越えの 33ヤードのショットです。」
J氏「うわぁ 苦手です…。」

ショットをして頂くと ミス、は仕方無いんですが、
妙な躊躇が見られます。
店主「30〜35ヤードのショットだから
 ほどほど 打つ筈なんだけど、
 …こう…なんと言えば良いのか 躊躇と言うのか
 ビビりがあるように見えるんだけど、何故かなぁ?」
J氏「だって ほら バンカーを越えたギリギリを…。」
店主「え え え え え え😵
 ど、どこ 狙ってるの❓」
Desktop 2022.01.23 - 23.06.47.02_Moment
J氏「こんな感じのトコロにキャリーを…。
 グリーン自体は右に傾斜しているから
 ソコに落として あとは自然な傾斜で近づく を想定してます。」

店主「あらぁぁ… そんな難しいトコロを。
 マンガみたいな狙いだよね。
 プロであっても 優勝争いをしている、とか
 予選通過ライン ギリギリ でホールが残り少ない、とか
 平均値で言えば その狙いはしない、かもよ。」

J氏「え?! そうなんですか❓」

店主「うん。そこを狙わない、
 特に アマチュアは その狙いをしない方が良い には
 結構、明確な理由があるんだけど、ね。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店主「骨盤と足の造りは 男性と女性には違いがあるので
 足、足首、股関節を作用点として
 からだの向きを変えるのに 女性はあまり違和感を持ちません。」
質問「股関節の造りが違うんですね。」
Rサンのスイング奮闘記➁_MomentM20191011suburi_Moment








店主「そうですね。
 ところが 股関節を使い慣れている人は別として
 男性ゴルファーの多くは 腕だけ、もしくは胴体を捻る、
 上半身型の回転が多く、骨盤と言う部位に関しては
 向きを変えるよりも、むしろ 廻さない意識が強い
ので
 回転の作用点を 股関節や足首に変えるのに違和感を持つ、
 や 骨盤の向き と言う感覚が薄いケースが多いです。」
5399116133106141






質問「言われてみると そうかも知れません。」
店主「ですので 少々、品が無いかも知れませんが、
 あそこ、弊社で言うトコロの 秀二の向きを意識してみる、
 と言うのは意外に効果があります。」
質問「秀二さん、ですね、」
店主「そうです、若い時、暴れん坊だった秀二さん、です。」

店主「回転のまとめ、になりますが、
 回転、からだの回転 というコトになると
 意図的に 腕だけで廻るを望んでいる人は少ないですが、
 若いプロがやっているような、胴体を捻る、
 そう廻っていると信じている 多くの人 が
 腕だけを振って クラブを動かしています

((((((((_Moment

店主「腕でクラブを動かしているコト自体は是非も無いのですが、
 腕でクラブを動かしている、もしくは 胴体を捻って
 カラダを廻している回転は
 疲れや加齢による運動性能低下 などに弱く、
 だんだん 回転量や回転力がかなり顕著に衰える、変化します。

 ラウンド中、テークアウェイが浅くなり
 タイミングが早くなる… そして、それがミスにつながる、
 カラダの構造上、胴体を捻る というのには
 無理があり、限界があるので そのミスは誰のせいでもなく
 必然でやってくる訳です。」

質問「手で振って 良いインパクトを造るのには
 腕の筋肉によるフェースターンという
 普段でも難易度が高いのに、疲れている時に
 上手くそれを操作するのは さらに難易度上がるのですね。」

店主「そうです。 そうしないで良い 回転、
 「からだ」の回転気味 にしておく方が色々な意味で安全です。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)スナップショット 1 (2013-11-19 11-20)










質問「歳を取ってくると その行為自体が辛くなるので 
 回転する箇所を 股関節や足首、股関節気味の足首 に
 移しておいた方が、長く、傷めず、ゴルフを楽しめる、と。」

店主「ハイ✋股関節よりも下を作用点として 向きを変えれば
 俗に言う、からだが硬くなっても 回転力、回転量を失わず
 飛距離と安定性を両立しやすく なると思います。」

「回転の作用点を変えるには 慣れが必要なのは確か、ですが、
 視線、視界ゴト 右を向いてしまう、
 ボールから目線を切る、や
 ボールを直視、凝視しない と言うのも一つのポイントですし、
 からだの向き は 秀二さんの向き
 というのも 回転を股関節を境にした、上と下 に
 分けるポイントだったりします。」 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「軸の無い回転 と言う話、から始まっているのですが、
 からだの無い、からだは回さない「カラダ」の回転 なんですね…。」

店主「少なくないと思います。

 腕/肩
 胴体 胸/腰
 足首 靴/足首より上
 股関節 太もも/骨盤より上

ゴルフスイングにおける「からだの回転」と思われているモノは
主に複合した 回転で
それを行っている人の割合の一番少ないのが 股関節➃、
殆どいない と言って良いかも知れません。
次に 手で振りますが、回転要素に足、足首が入る ➂複合タイプ
コチラも そう多くはありません。
次に 本当に腕だけ、肩だけ動かして
 カラダは回さないタイプの 」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)
質問「アマチュアには ,離織ぅ廚一番多いんじゃないですか❓」
店主「腕力の有るアメリカでは そうだと思いますが
 真面目で、練習熱心な日本のゴルファーは
 △離織ぅ廚圧倒的に一番多い、、、と思います。
 △離織ぅ廚離好ぅ鵐阿蓮非常に大きな欠点、
 アマチュア…にとって、ですが 非常に問題があります。」

質問「プロはだいだい △離織ぅ廚覆鵑任垢茲❓」
店主「そうですね、多いですね。
 ただ プロの△離織ぅ廚函.▲泪船絅△劉△離織ぅ廚楼曚覆蠅泙后
 まぁ プロが後半や優勝争いで「やっちゃった」時は
 アマチュアの△離織ぅ廚砲覆辰燭蠅靴討泙垢韻鼻△諭」

質問「どこがどう違うんですか❓」
店主「そうですね、基本、△離織ぅ廚
 腰、骨盤に対し、胸のラインの向きを変える捻転型です。
 捻転 というのは 例えは変ですが、
 からだを捻る、自分でコブラツイストをかけている訳で
 動き自体にかなり無理があります。

 プロは 長年やってきた そのスイングで、
 生業としてやっていくために、
 疲れたり、緊張したり、良くない場面になった時 でも
 ちゃんと捻転出来るよう 練習に取り組みますが、
 アマチュアの場合、スイング造り は考えますが、
 それが 疲れたり、体調不良だったり、
 メンタルダメージがあったり した時に どうなる、
 自分のやろうとしている そのスイング、動きが
 出来るのか、どうか とは考えていません。」

質問「ああぁぁ 分かる気がします。」
店主「スイング動作は 疲れて来ても、
 体調やメンタルが悪くなって来ても、
 ボールは打たなければなりませんから、
 ボールと当たるフェース、ボールと当たるヘッド、
 それの付いたクラブ、それに近いトコロで動かそうとします。
 疲れてくるほど 動作箇所はクラブに近づいていくのです。
 ですので 練習場や体調の良い時は
 胴体を捩じっていたのに、悪くなってくると
 胴体ではなく、肩、つまり腕で動かすようになります。」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

質問「うわぁ なんか 凄くアリガチです。」
店主「そうですね。
 基本的に からだの回転 と 『肩』の廻し
 と言う言葉で スイング造りをしている のですが、
 胴体の上部、胸が向きを変えるから 肩が廻る訳 で
 「肩」が単独で向きを変えている、訳ではありません。
 体力に自信の無い、運動不足ガチ なアマチュアの
 1番ホールから 18番ホールまで の動画を取ると分かりますが、
 ホールが進む程に 胴体ではなく 肩だけ回す、
 つまり 腕だけ 振るようになるわけです。
 それも 困ったことに 徐々に、 です。」
((((((((_Moment

質問「ラウンド中に スイングが変わっていく、のですね。」
店主「そうです。スイングが「変わる」なら まだ対処はあるのですが、
 徐々に「変わっていく」は 本人にも対処の方法がありません。
 △瞭溝里鯒韻襦捻転型のスイングを目指している
 アマチュアの ほぼ全員 と呼べるほどの高い割合で
✋,吠兪する△稜嬰招拭
実は,福’嬰彰望型 です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スコアを良くしたいとは誰もが思うでしょう。
スコアに対する アプローチとパットの比重はかなりのモノで、
アプローチが上手く行けば かなりスコア向上に貢献します。

とは言うものの…
そんな事は百も二百も承知…ですけれど
いざ 練習場に行けば ドライバーショットなどフルショット、
ストレス解消傾向の強いショットになりガチ
(😓)です。
(クラブの、シャフトの廻し方の違い_Moment

そこで 現場、コースで
非常にスコア向上に寄与する「基本の考え方」
お伝えします。 役に立つ、と思いますので
頭の片隅に締まっておいて下さい。

アプローチの基本は
 「なにもしないコト」です。
 アプローチはしますから 何もしない は大袈裟ですが、
 「特別なコトはしない」が正しいかもしれません。
✋ロフトを開かない・閉じない
✋構えを変えない
✋ボールの位置を変えない
✋タイミングを変えない
✋スイングを変えない



具体的 には ですが、
 ショットの基本を覚えるのに
 ランニングアプローチ は重要ですが、
 現場で 出来れば 「ランニングアプローチ然」としたコト
 はしてはいけません(え?!)

通常、自分がしている 20ヤードなり、30ヤードの
 アプローチ? ショットがあるとします。
 そのショットをウエッジでする、
 それを 8番アイアンなり 9番アイアンにすれば
 結果、として ランニングアプローチになる訳です

 ドリルとして ランニングアプローチはとても大切ですが、
 いざ コースでは
 パター、パッティングアプローチのように
 少しだけ飛んで(宙に浮いて)転がせる番手を選ぶ、だけ。

その反対で
 上げるショット、少し 高さを要するショット、
 コチラは 基礎的に 転がすコト よりも
 難易度が「かなり」高いのが大前提です。
 ですので クラブのオリジナルな製品ロフトに任せる
 一番大きなロフトのクラブ サンドウエッジ を
 持てば  その球になる訳です。
✋特に 距離を調整しなければイケナイ場合 と 
上げる、高い球を打つ、 は非常に相性が悪く、
ミスの可能性が 転がし に比べると
10倍にも、20倍にも『確実に』なります。
意図的に上げるショット は出来るだけ回避して下さい。

 比較すると 9番アイアンよりも
 サンドウエッジやPS,アプローチウエッジは
 ボールが高くなりますから それで十分です。
 特別に何か意識する必要はありません。


これは バンカーショットも同じです。
 上げるショットと共通なのですが、
 よく見かける 上げるために 『開く』 は
 正しくはロフトを開くコト で
 (ヘッドを前に出す、ハンドファーストの反対にするコト)
 フェースを右に向けるコト とは
 (クラブを捻じる、右に向ける)
 根本的に 全然、まったく異なります  が
 多くのアマチュアは ソコを履き違えています。
 『開く』構えを造った時、
 ロフトではなく、フェースの向きを開いているだけ。


IMG_0515IMG_0517






バンカーにおいて メンタル面で重圧が高いか、どうか は
得手不得手 や 状況によって 異なると思いますが、
距離の無い、加減な必要なショット、
 しかも 高く とは言わないまでも
 ある程度の高さを取らなければいけないショット、
 ソレを砂場から行う訳で、
 いつも通りの構え、いつも通りのボールの位置、
 いつも通りの振り ですら 100%の保証はありません。
 その上で 構えも変える、ボールの位置も変える、
 なんてすれば ミスの可能性は倍々に「確実に」増えます。

本来は不要ですが…ロフトを開く をしようとしているのに
 ヘッド、フェースを右に向けている間違い があり、
いつも通りと違うボールの位置 になるのですから
打つ前 から ミスの可能性はかなり高い のは
冷静に考えれば 理解できると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


どうしても ドライバーショットが苦手…💦
 と言うゴルファーは少なからずいらっしゃいます。

ドライバーを難しくしているのは
 その主な原因は 『ロフト角度』 です。

そして ロフト角度はゴルフの性質上、
 どうしても クラブの長さと連携している為
 小さな(立った)ロフトのモノは クラブが長く
 大きな(寝た)ロフトのモノは クラブが短く
 なっています。 
240781176_4377812485599164_8218599256180757912_n

ロフトが少ないと 基本 スピン量が減ります。
ボールの曲がりのメカニズムは
 横スピン / 縦スピン の関係で作られるので
 分母である 縦スピンの値の少なさは
 横スピンの少しの変化も弾道に表してしまいます。
 …ミスに対する寛容性が低い、というコトですね。
また、その少ないロフトを使えるようにする為、
 クラブを長くする訳ですが
 スイングの安定しないアマチュアにとっては
 長さは いろいろな入り方を、多種多様な入り方を
 生んでしまう のです。



小さな(立った)ロフトでは 打ち出し角度は低くなり
 そして それに伴うボールの回転が少なくなります
それを クラブの長さによって 入射角度を緩め、
 場合によってはアッパー軌道
(意識的にはすべきではありません)
 で 少ない回転、浮遊力でも大丈夫なように
 打ち出し角度を確保している のです。
ヘッドスピードは 1インチ程度の長さの変化では👉誤差程度…
 同じクラブで上手く振れた時とうまく振れてない時の違い『以下』
 ですので、ソコを間違えては イケナイ というコトです。

使う上でも 長尺=ヘッドスピードが上がる それを意識していると
 よりヘッドスピードを上げよう としガチ ですが
 長尺クラブの効果は その入射角度にある ので
 ヘッドスピードも同じ…と言えば同じですが、
 道具のすることに任せてしまいましょう。
ドライバーの入射角度114


元々 低め、スピン少な目 の方や
身長や構え方、また 心理的な部分でも長尺は…
と言う方も少なくないかと思います。
✋長尺は風に弱い😿
 風が吹くとスイングし辛い欠点はどうにも出来ません✋

そう言う方は
 44インチ前後の長さ が良いかも知れません。

🤗1インチ、2.5センチの変化ですが、心理的にも振り易さ、
  扱いやすさは段違い です。


当然、短くする分のヘッド重量は確保する は絶対条件、
 振り難いから そのまま クラブをぶった切るはダメダメですが、
その際、自分の普段使っている ロフト角度を
 0.5でも、1度でも多めのモノを使うことをお薦め します。
 10.0→10.5 10.0→11.0 

◉安定度、フェアウェイキープ率、ミスの寛容度がかなり違います。
 もしかすると ココ一発の最高飛距離はやや劣る かも知れませんが、
 確実に平均飛距離は 45インチを使っていた時より高く なります。


その上で…人間は贅沢ですので その上を望むようになったら
 高くなった、もしくは スピン過多になった 弾道、
 それによって 飛距離を若干損している分を
 低くする、もしくは スピンを少なくする練習は
 ドライバーだけでなく、通常のショット、アプローチにまで
 非常に良い効果をもたらしますので、絶賛おススメです。



そう考えると 長尺にして、ロフトを減らして
 と言う逆のパターンは 上手く使うのに
 ボールを高くする、スピンを増やす という
 ショット全般に対し、悪い効果の方が多い練習に取り組むコト
 になり易い というコトですね…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ピン型『デール9』(520g)
進化版L型ブリストルパター(480g) と
一般的な市販のパター(300g強)  の
最大の違いは ヘッド重量 です。
010

パターは飛ばさない道具
 と認識されているゴルファーは少なくありませんが、
少ない力で飛ぶのなら
✌小さなストローク、
✌ゆっくりしたストローク、
✌小さなストローク幅

十分な距離を打てる方が より簡単 です。
IMG_1362

軽いヘッド・硬いシャフトの市販のパターで
弾いて打ってしまうのは 仕方ないかも知れませんが、
ピン型『デール9』・L型ブリストルパターの持つ その打撃力・破壊力を
弾いて 無駄なスピンにしてしまっては勿体無いです。


パターストロークは
ボールが地面を転がって進むので
ショットと異なり 順回転・オーバースピンになりますが、
パターにおいての 良い転がり とは
オーバースピンが沢山かかることではなく
逆に 同じ距離を進むのなら 少ない回転 の方が
地面との接触も少なく、
よりブレーキが掛かり難い上
芝目などの影響も少なくなります。
(曲がりにくい・直進性が高い ということです)

多い回転になると ブレーキも掛かり易く
芝目の影響も受けやすくなりますから、
意図的に オーバースピンをかけるような弾くストロークは
実は サイドブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいるように
良いことは何一つありません。

ボールは自重により 始め少し沈んでいますから
そのくぼみから 飛ばしてあげてから 転がり始める方がよく
いきなり オーバースピンをかけてしまうのは
くぼみの壁に当たり、エネルギーをロスする上に
跳ねてスタートするのでラインに乗りにくくなります。

パターにおいて 一番悪いパターンは
歯で打ってしまう事で
特に
ロフトが、フェース面がどんどん上に向きながら
加えて、ヘッドも上昇、上り傾向が絡むと
歯がボールに入ってしまいます。
006009







距離にもよりますが、
パターでの自然なボールの回転数は 数百回転 なのですが、
歯が入ってしまうと 途端に5倍〜10倍の 2000〜4000回転
が初期に入ってしまいます。
お分かりになるとは思いますが、
同じ打撃力で 500回転で済む回転数が2000回転(4倍)
になるということは それだけ推進力を取られてしまうだけでなく
その回転数の増幅が当然地面との摩擦として働きます。
出だしはピュッと早く出ても、すぐに減速して伸びない ばかりか
摩擦として芝目を多く受けてしまいますから
その回転力が曲がりをさらに増やしてしまい
切れが大きくなってしまうのです。

デール9、L型ブリストルの良さを引き出すのには
単に ヘッド・フェースでボールを押してあげれば
いいのですが、逆に弾いてしまうと
破壊力があるために 逆効果になってしまう場合も…。

ショルダーストロークはパターだけでなく
ゴルフショット(ストローク)にとって
良いことは何一つないのですが、それはさておき
自分のストロークをガラスや鏡で見て頂きたい。

注目するのは 自分の動きではなく
パターの動きです。
特にヘッドではなく、シャフトに注目して貰いたいのです。

パターストロークは
ショルダーを使った 振り子で振らなくとも
多少ヘッドは上下に動きます。
理想的には やや高い位置から低い位置に
高低差という意味では斜め直線に動きたいのですが、
そうも行きません。
高いところから 低いところ
 そして打ち終わると 高いところへと移動します。
009
インパクトもそうですが、
それ以降(フォロー)に対し
シャフトが ロフトを増やさず
シャフトの角度、姿勢がそのまま
ボールを打つ抜いてあげる という事が重要です。


同じような位置で、同じようなヘッドの高さでも
シャフトの角度によって
これだけ フェースの姿勢は違うのです。

そして これは必ず撃つ方の人間の姿勢にも影響します。
特に 肩の振り子で振る人にとっては
このシャフトの延長線上に頭があるわけで、
ヘッドが前に出るストロークでは
撃つ人の頭は右にズレ易く
 その分、最下点は右にずれます。
より一層 歯で打つ確率が高くなるわけです。

意識がヘッドに行ってしまいがちですが、
人間が操作できるのは グリップの動かし方 ですから
同時にシャフト姿勢の意識も持って貰えると
デール9,L型ブリストルパターはあなたのパッティングを
インチキのように向上させます。保証します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


『ロフト角度、ライ角度、フェース角度を調整できる
 
スリーブ付き ドライバー を使っています。
 練習場球、コース球で相当数の球数を打って試してみたのですが、
 マイナス1度、プラス1度にしても
 体感できるほどの違いが出ず、差が無い気がします。
 
何故 なのでしょうか❓』 
EZ05
【店主】毎日、メールやお電話でたくさんの質問を受けますが、
上の内容に類似した質問も多数あります。

現在、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティまで
ネック部のスリーブの調整によって 事後、
ロフトやライ角度を調整出来るものが増えています。
2021-03-19_16-46-28_Moment
ロフト角度で言うと 1度ロフト角度が変わると
ボールの打ち出し角度だけでなく
スピン量も同時に 変わる
ため
角度の数値としては 「1度」ですが、
弾道質はかなり変わると考えて良いと思います。

が しかし…。。。
フェースローテーションの多いスイングであると
ロフト姿勢、ヘッドの進入角度 が
 かなり大きく動いている 中にインパクトが訪れます。
ひとりひとり 異なりますから 正確に何度 とは言えませんが
フェースローテーションの無い、もしくは少ない
スイングに比べると 30度近く 動いている 中にある
インパクトなので 1度、2度の差が出にくい…
つまり スイングタイプが ヘッドの返し、フェースローテーション
 である、
というのが答えなのだと思います。

そうですね
トランポリンの高さを 5センチ変える とします。
その上を歩いているだけ と
その上で飛び跳ねている
 では
トランポリンの土台の 5センチの高さ差を体感し難い
その差がわかりにくい に近いと思います。
(フェースローテーション なし〜あり_Moment
弊社でも良くあるコト なのですが、
ヘッドを重くして、柔らかいシャフトにする、
フェースローテーションスイングでは
重い、柔らかい は ヘッドの遅れ → ヘッドの開き
になりますから、上手く当たらないやスライスから始まるのですが、
いままで 遅れるのが悪いコト、遅れるのを取り戻す から
遅れを 開きではなく、ロフトの立ち、フェースの下向き に
変えられると 今まで その調整(スリーブ)カチャカチャ で
差が分かり難かったのが かなりはっきりと差が出るようになる、のです。

言ってしまえば フェースローテーションとは
自分なりのタイミングで ロフトを造っている、
製品ロフトとは直接関係ない 任意のロフトで打っていたのを
製品のロフトで打てるようになる というコトでしょうか。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


少し 見方を変えてみましょう。

 現在の状態はいったい どういう状態なのか❓
 人間の動作を除いた、クラブの観点で見てみましょう。 

今の状態 ですと
 持っているクラブの長さ 通り
  の入射角度よりも 緩め で
 その入射角度 においての
  理想的な ロフト角度 よりも 緩め(開き目) です。

そうなると どんな球になるのか、どうなるのか
 というと 弾道もやや緩め で 中弾道、
 落ち際でやや失速気味(スピン不足) になる のですが、
 空中のボールを打つドライバーはまだ良い方で
 緩めの入射、そして 開き目のロフト で
 ダふらずに クリアに打つには ややひっかける必要が生まれます。

バンカーやアプローチなどでは
 想定の距離よりも飛ばず、常時、強めに打たなければならなくなり
 (困ったことにスピンの効きは悪いです)
 その習慣が よりショット全般の引っかけ
 もしくは チーピン、ダッグフック を生む可能性があります。
((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment(2)

また、その入れ方、さばき方は
 左ひじに負担がかかり易く、そこはちょっと心配です。

で… それを解決するのは 動作の修正 ではない気が強くします。
 勿論、理解してからの 練習は必要ですが…。



▲董璽アウェイを取る目的
 あまりに当たり前過ぎて、あまり、語られない部分
 ではあるのですが、意外に重要な部分です。

 アプローチ以上、ある程度の距離を打つのに
 テークアウェイは必要でしょう。必要です。

 しかし、短いアプローチと同じように
 腕もクラブもアドレスの長さのまま 右を向くだけ
 腕やクラブを突っ張らかったまま
 腕やクラブを伸ばし切ったまま
 トップを取る人は
 ほぼ 皆無 です。

 それが手首〜コッキングで行われるのか
 右ひじを曲げるのか、腕をバンザイするのか、
 肩で廻るのか、腕だけで上げるのか、からだゴト右を向くのか、
 それはそれぞれ あると思いますが、
 なにがしか の形で 自分からヘッドのまでの距離を近く、
 無理やり 言葉を変えると クラブを短くする「ような
 ヘッドの方を高くする「ような動作 をします。
 これにも ほとんど例外がありません。
((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment

 右を向くのを 腕だけでするのか、肩を廻すのか、
 からだゴト なのか それも それぞれありますが、
 ともかく 右の向く「ような」動作が入ります。

👉クラブを短くするコト
👉ヘッドを高くするコト
👉右を向くコト


  この それぞれの目的はなんでしょうか❓
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールを飛ばすには…
 そりゃ ヘッドスピードは高い方が良いけれど
✋ちゃんと捕まえた上で 
 体力なり、年齢なりに効率よく 安定したヘッドスピード
✋捕まっていないので
 体力、年齢を超越した ヘッドスピード願望
 って書いたら、当然、誰もが前者だろうけれど……

 蔑章討硫菫)では
 初速は遅め、ボールの打ち出し角度は高く、スピンは少な目
◆平燭鹵罎硫菫)では
 初速は速め、ボールの打ち出し角度は低く、スピンは多め
この両者、では 同じヘッドスピードで通常のショットをすれば
△諒が 圧倒的な『平均』飛距離 になります。
,諒は 基本「こすり打ち」なので
 飛距離も、方向も安定し辛い のですが、
△糧距離の源は ロフト使いとからだの回転 なので
 これ以上! 最高の! ココ一番! って訳には行かず、
 逆に ,蕨嗄詫蠅蠅覆里如.悒奪疋好圈璽俵気貌信しがち です。


アマチュアゴルファーの場合、
 飛距離は勿論ですが、方向や曲がり とともに
 ダフリ/トップのミスが生涯付いて回る訳ですが、
 手振りになってしまう クラブ使い では
 それが ある意味 科学的に保障されています。
 勿論、悪い意味です。


ダフリ、および トップ を 誤解されている方が
 多いですが、正しい意味での
 ダフリ ⇒ 届き過ぎ
 トップ ⇒ 届かな過ぎ

 のミスは非常に希少で、
 主に インパクト と 最下点のズレ が原因です。
202189_Moment
アドレス時に こう構えた としても、
インパクト、インパクトに向けて
カラダが過度に上を向く(莨紊り、蕾爾り)
になれば グリップは後ろ(右)に下がります
最下点がボールの手前になり
 ダフリ/トップ/チョロが誘発されます。

からだの回転とクラブの移動が直にリンクしていれば
対策もシンプルに出来ますし、
セットアップ時のボールの位置などで
 概ね ショットの是非は決まります。
(勿論 それでもミスは出ます)

しかし、からだの回転とは 別に クラブを回転させる場合、
困ったことに そうする人は
 何故か 「スイングは遠心力だ」と信じている人が多いので、
その遠心力によって 膨らもうとする ヘッド、クラブ
 それのお陰で 最下点がボールの手前になり易く
 また、その遠心力のせいで
 左サイドも上がり易いので 成功率は激減します。

何かが成功すると、
何がが失敗するメカニズムが出来てしまっています。
   ヘッドスピードが上がる(遠心力が増す)
   👉最下点が手前になる / 左が上がる
そうクラブを動かしたら 最下点はボールの手前になり易い、
 というのは クラブと体の構造から悪い意味で合理的なのです。


これが一番発揮される(悪い意味で)が
 フェアウェイウッド で
 地面から打つショットの中で 一番速いスピードが欲しいクラブ
 ですが、
 一番 バンスの張った、ソールの大きなクラブ です。
411BK-5-1

 …速く振ろうとする のは主に腕力(利き腕)で
  クラブを回転にさせる為に 止まるカラダ&動くクラブ
  その中間に来る、左腕(右打ち)の肘や手首(中間管理職)を
  痛めないのか 心配です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングは 傍目(はため)からは 確かに円を描いて見えます。

 クラブも 何かの軸を支点に 円弧を描くように見えるのですが、
 そのエンジンは からだの向きの変更 という
 少し傾きはありますが、横回転、横運動によって為されます。
主に、ですが その横運動には傾きが含まれている というのが
 クラブが、ヘッドが、高くなったり、低くなったりする要素
 なのですが…。
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(3)

🔴高くなった トップでのヘッドの位置、
🔴地面に置いてあるボール、
🔴そして、スイングの円

 この3つの要素、によって
 クラブの縦回転させたくなる気持ち、イメージが
 多くの人に スイングの良くない基礎になっています。


高いトコロにあるヘッドで
 地面にあるボールを打つ…拾う を
 主な目的として スイングを行う、クラブを動かすと
 クラブを縦に回転させなくてはイケナイ のですが、
 腕を上下に動かす必要が生まれます。

はっきりと 腕を上下に動かす、
 クラブを縦に回転させる為に 腕を動かす には
 カラダを止める必要が生まれますので
 手で振るコト になります。

また、これは伏線になるのですが、
 フェースで地面にあるボールを拾う には
 ヘッドがグリップを追い越す が付いて来ます。
と、同時に からだの回転から切り離した
 クラブの回転 では、ヘッドの遅れは即ち
 フェースの開きになります。

ですので ヘッドの返し、ヘッドの閉じ、フェースターンは
 その初期のボール打ち(アプローチ程度の) のまま
 ショットをすると 弱いスライスになる から
 生み出されるのでしょう。

  👉ここで クラブも絡んできます。

 ヘッドの遅れ ⇒ 悪 と言う存在になりますので
 ヘッドの返し易い、もしくは 遅れの少ない
 軽いヘッド、硬いシャフト 選ばれやすく
 柔らかいシャフトは ヘッドが遅れる(フェースの開き)
 という 刷り込みが始まる、のです。
(クラブの、シャフトの廻し方の違い_Moment
ゴルフ用語で言う キャストの差 になりますが、
(両脇画像)ちょうど この辺り、この若干、手前から
 クラブを縦回転させ(ヘッドを解き)ます。
(真ん中画像)クラブは下に解かず、からだの向き で
 ヘッドの位置が低くなります。
(こする つかまえる_Moment(2)(こする つかまえる_Moment(3)







クラブの縦回転(手打ち/手振り)には大きな欠点があります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


コチラ ご覧ください。 

(両脇の画像)地面にあるボールを拾う
高いトコロに上げたヘッドで、フェースで、
ボールをこう打ちたくなる、拾いたくなる、
気持ちは分からないではないのですが…。

ゴルフクラブのメカニズムを理解した上で
 ボールを打つのと
とりあえず 分かんないけど、真似て当ててみる、
 打ってみる の違いとも言えます。


アプローチやバンカーショット では
意図的に こう打つ「場合」もない訳ではないので
余計 ややこしい んですけれど…。


 あ🙄 前提として、画像の違いが判るのかしら❓
 というのはありますね。


(両脇の画像)ある点(支点)を軸に
ずっと フェース(ロフト)を同じ状態で
ウエッジなどの大きなロフトのクラブであれば
フェースを支点に向けたまま
 クラブを縦に回転させる   
そんな感じです。
全体の動きの中で
 グリップの動き(移動)に比べ、ヘッドの移動が明らかに多く、
 「回転運動」とは言え、同角度運動とは言えない、
 軸点になるのが よりクラブ(グリップ)に近い、感じになります。
映像にはカラダは映っていませんが、
 このクラブの動き、ですと からだの動きとクラブの動きが
 つながらない、リンクしません。
 止まったからだ に対する クラブの回転 と言ったトコロ。

 早い段階で 縦方向にクラブが長くなる(ように見える)のですが、
 スイング用語 では それを キャスト と言います。
(クラブの、シャフトの廻し方の違い_Moment

(真ん中の画像)比較すると 両脇の画像に比べ
 ロフトの立ち、フェースの上下の向きが異なります。
 全体の移動の中で
 クラブ自体が「スライド」している感じです。
 からだの回転とクラブの動きがリンクしています。


距離の短いアプローチ、とは言え (両脇の画像)では
 ショットの基本、からは外れてしまいます。
 コレをそのまま 大きな動き、速い動き、
 高いトップへ移行し、通常のショットにしたのでは
 あとあと 悩みは深くなるのは保証出来るほど。 

どんな球になるか…比較対象になりますが
(両脇の画像)では
 初速は遅め、ボールの打ち出し角度は高く、スピンは少な目、です
(真ん中の画像)では
 初速は速め、ボールの打ち出し角度は低く、スピンは多め、です。

 アプローチのような 遅めのスピードで打つ場合、
 (両脇の画像)では スピンの効き は良くありません。
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment
実は 非常に多い、アマチュアゴルファーの…
 ショットの悩みの半分は ココに隠れているような…
 そんな気がします。

スイングは 傍目(はため)からは 確かに円を描いて見えます。
 クラブも 何かの軸を支点に 円弧を描くように見えるのですが、
 そのエンジンは からだの向きの変更 という
 少し傾きはありますが、横回転、横運動によって為されます。
🔴高くなった トップでのヘッドの位置、
🔴地面に置いてあるボール、
🔴そして、スイングは円、丸く振る、

 この3つの要素、によって
 クラブの縦回転させたくなる気持ち、イメージが
 多くの人にスイングの スタート地点良い見本ではないになっています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くの人は クラブの構成
 ドライバー、フェアウェイウッド何本、その番手・ロフト構成、
 ユーティリティ何本、その番手・ロフト構成
 アイアンが何番から何本
 ウエッジの本数、そのロフト構成

これを 
クラブのセッティング と呼んでいます❓よね。
IMG_0103


ソレ はクラブセッティングを始める上での構成であって
 ✋セッティング とはそう言うモノではないのです。


何度も書いていますが、
現場、コースでは 多くの場合、自分の思った通りに行かず、
どんな順序で 何を打つか、計画通りにはなりません。

ミドルホールだから と言って
 ドライバー → 8番アイアン → パター
と計画していても、時として
 ドライバー → フェアウェイウッド →
 ピッチングウエッジ → サンドウエッジ → パター
こんな順序と回数になってしまうコトも往々にして起こります。

例えば PTを除く 13本の構成が
 1W、3W、5W
 #3UT、#4UT、
 #5〜PW、PS、SW
良くあるパターン…だと思いますが、こうだとします。

1Wを打った後で 8番アイアンを打つとして
その二つの 硬さや重さ、振った感じやタイミングが同じ、
とまでは行かなくとも 似ている、近い、流れの中、
 で『なかったら』どうします❓  どうなります❓

ミドルホールで ティーショット、ドライバーをチョロとか、

 テンプラしたとします。
  ボールはフェアウェイまで届かず、まだ ラフの中…。
 自分だけカートに乗れず、3Wを持って ボールに向かいますが、
 その平常心で打ちにくい、イヤな気分でボールを打つであろう
 そのシチュエーションで 3Wが硬め だったり どうでしょう❓
HBS 001
やや打ち下ろしのショートホール、
 ちょっと風が強くて、フェアウェイウッドで打つか、
 ユーティリティで打つか、迷っています。
 その二つが 異なるフィーリング、硬さ、タイミングだったら
 ミスの原因にもなるし、スイングの迷いの原因にもなりますよね。

残念…ですが、同じ時期に、同じメーカーの、同じ銘柄(機種)で揃えても
その 正しい意味での「クラブ・セッティング」は
まず 結構バラバラで、許容範囲に収まっているモノを
見つけるのは かなり奇蹟に近い確率 です。

 ええええ! これ 同じ機種、同じ銘柄なの❓❓❓
 なんてモノを イヤと言うほど見てきています。

IMG_0103


非常によくあるパターンなのですが、
 同じメイカーの、同じ機種のドライバーとフェアウェイウッド
 フェアウェイウッドの方が硬かったりします(殆ど場合そうです)
 空中のボールを打つ ドライバーにはやや許容範囲がありますが、
 地面から 長いクラブであるフェアウェイウッドを使う、
 そのシチュエーションであれば …ズレているのなら
 ほんのちょっと「柔らかい」方が 断然、安全です。
 しかし、多くのパターンは反対に フェアウェイウッドの方が硬い…。
 フェアウェイウッドのミスは大叩きの原因になりガチです。
 そうなると 上手くいかなかった記憶が蓄積したり、します。

 少なくない人が フェアウェイウッドを苦手とする、
 あんまり好きではない ・・・そんな原因がソコかも知れないのです。

アイアン、スチールシャフト装着のクラブは必ず、と言ってよい程、
 下の番手、ウエッジに行くほど シャフトの硬さが増してきます
 名目上、同じ硬さ「表示」であるにもかかわらず…です。
 ウエッジや下の番手は やや緩く振ったり、
 距離調整が必要な場面があるのですから、
 もし ズレている、ブレている としたら
 これも ほんのちょっと「柔らかい」方が、断然、使い勝手は良いです。
 しかし、実際には その反対。
 …フルショットでないアプローチのミスが出易い状態、なのです。
 
 飛ばし屋さんの場合、短めのミドル…であれば
 ドライバーが当たると、ウエッジの出番だったりしますが
 一般的な市販クラブで「構成」されたセット(と呼べない気がしますが)では
 空中にあるボールを打つドライバーが一番柔らかく、
 加減が必要なウエッジが一番硬く、その差は 5フレックス以上、
 レディースのドライバーを打った後で、Xシャフトのウエッジを打つ、
 そんな感じになるのです。   上手くいくんですかね❓
IMG_0590

クラブ・セッティングとは バッグの中に構成されるすべてのクラブが
同じ! とまで行かなくても、似ている、近い、同じ流れ、にする
揃えるコトを クラブ-セッティング と呼びます。

車で言えば 4輪のサイズがあり、少なくとも その空気圧が同じ、か
似たようなモノで無いと ハンドルが取られたり
不用意にスリップしたり するのと同じです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


パッティングを行う際、
 多くの人は 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す
という 自分/打ち手の目線から
 ヘッドが真っ直ぐ動くコトに重きを置いているように 感じます。
IMG_1359
勿論 それも悪いコト ではありませんが、
ゴルフクラブは パターだけでなく
ロフト角度とライ角度 そして 動く軌跡、道
によって 打撃配分が構成されています。

真っ直ぐ引き、真っ直ぐ出す の真意は
 思った『方向』にボールを出したい のだと思います。
その気持ちは尊重しますが、
 真っ直ぐ出せる 立体的構成も考えるべきですし、
 真っ直ぐ出せても 距離が合わない や
 当たりが安定しないでは 本末転倒 です。
((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment(2)






((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment(4)((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment(3)






立体的な フェース面は ロフト角度とライ角度
 そして その振り具合(軌道)で構成されるため、
ヘッド自体を回転させなくとも ロフト面が強く上を向けば
 右打ちの人であれば フェースは左を向き
ロフト面が強く、下を向けば フェースは右を向きます。

自分からの見た目で ヘッドが概ね真っ直ぐ動いていても
その弧が上下方向(この場合は下方向)に膨らんでいる場合
ヘッドを回転させている のと大差はありません。

自分の見た目で 『ヘッドを』真っ直ぐ動かす意識よりも
上下方向、地面に対し、平行と言う訳には行きませんが、
出来る限り 直線、 出来る限り曲線を描かせないように
やや上から下への…地面と平行に近いような直線で動かす
そういう意味での 真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す
を お薦めします。
((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment(6)((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment(5)





((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment(7)((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment(8)




自分の見た目では ヘッドが真っ直ぐ動く
でも ヘッドの高さ変化も激しく、
ロフト変化も激しいと 見ての通り
  実質のフェースの向きの変化も大きいですし、
ボールとのコンタクトの仕方、当たり具合、
インパクト時のロフト、ロフト効果もまちまちになり易く
正しい意味での ヘッドの真っ直ぐ(直線で)動かすのに比べると
デメリットばかりで メリットが殆どありません。

ショットの場合、ヘッドの移動が膨らむ、曲線になるのは
からだの向きを変えるから…です。
パッティングストロークの場合、
余程の距離でない限り、からだの向きは変りませんから、
完全なる直線とは言わずとも、
 出来るだけ 膨らまさない方が いろいろ良いことが増えます。


パッティングストロークはスコアの直結します。
とともに スコアの大半を占めます。
その一打、そのパットが入らずとも
 安定したパッティングが出来るか、そうでないか
の差は ココが反映すると言っても過言ではありません。


真っ直ぐ動かす の意味を履き間違えないように✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



『ピン型デール9』
で ヘッド重量 520g
『L型ブリストルパター』で 470g と
平均的なパターヘッド重量の 1.6~1.7倍 有ります。
IMG_1370

こう考えてみましょう。
成人男性の平均体重は 70措 です。
1.6倍で110繊1.7倍で120 ですので
ちょっと小柄なお相撲さんサイズ、
同じ速度でぶつかられれば お相撲さんサイズの方が
当然、ダメージは大きい訳で、パッティングストロークにおいて
 同じ距離を打つのであれば 遅めの速度で十分でしょう。

遅めのヘッドスピード、となれば
小さめのストロークで済む…かも、ですので
慣れは必要であれど、当然、簡単さは増します。

IMG_1366

ヘッド重量とヘッドスピード その掛け算が
ボールを打つ「打撃力」になる訳ですが、
それが ロフトと軌道によって
 素直に距離になれば良いですが、
無駄なボールの上がり、や 回転になれば
 ヘッド重量のメリットが生きてきません。 

多くの人が 「真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す」
そればかりを気にしているように 思えるのですが、
ヘッドの移動軌道だけでなく
 ボールとヘッドがどうコンタクトするか、
 意外と無視されていますが、かなり重要です。

これは 一般的に知られていないコト ですが、
平均的な ピンタイプのパターの重心高さ は 約13mm です。
マレットタイプ…になれば それより低い可能性もあります。
『ピン型 デール9』は特出した高重心 で 重心高さ 約17mm 有ります。
・・・L型ブリストルとほぼ同等です✊

重心位置、重心高さの作用は
 運動させた時、ヘッド姿勢に働くので
重心の低いものは ロフトが増え易く、
重心の高いモノは ロフトが立ち易く、
なります。
アイアン…で、同じロフトであれば
 重心の低いモノの方が 総じて易しい…上がり易い ので
 重心の低いものは だいたいストロングロフト…です。

当たり場所と重心の関係!とは言い切れませんが、
ミドル〜ショートアイアンで ティーアップしてショットし、
 ボールがフェースの上めに当たって、上がるけど 飛ばない、
 勢いのない球になってしまう
 と言う経験を
 している方も少なくないか、と思いますが、
種明かしをすれば、当たった箇所…の問題では無く
ロフトが付いていて、それが故に 緩い入射になった為、
くぐり抜けたような、勢いの付かない球になるのですが、
パッティングにおいても それに類似した球は かなり頻繁に出ます
IMG_1389IMG_1387











ですので
 ボールの赤道部を打つ
もしくは 少しオーバーですが、
 ボールを赤道で切って、南半球にティーアップされた
 北半球だけを打つ…位のつもりで ストロークしてみて下さい。

😓パターの歯でボールの赤道付近…は多少オーバーではありますが
少なくとも 下側、南半球を打とうとすると
 ロフトも付く(リーディングエッジが前に出る)ので
 予想以上にボールの下目に当たる…それよりはマシです✋
 それでは ボールに良い回転は入りません。
IMG_1386IMG_1385









ボールとヘッド(ピン型デール9)の関係です。
10円玉6枚で1cm弱、7枚で1儷の厚さがあります。

地面に沿って 動かすよりも
1cm高いラインを通った方が
 ボールは良い転がりになり易いですし、
 故に ボールも伸びます。
 ヘッド重量が活きます
また、そういうイメージの方がロフトも立ち易く
 シャフトの柔らかさの効果も有効です。

是非 プロのトーナメント…
トーナメントの中継って パターばかりで退屈ですので
どの高さ を打っていて、
どの高さ を打っている人が ボールの転がりが良いか
確認してみて下さい。
適切な高さ(ボールとのコンタクト)では無いと
想定よりボールは伸びません……切れる…というコトです。
距離を合わそうと 強く打つと
下目 で打っていますから
ロフトが付いている👉フェースが左を向いている ので
ひっかっかる…というのがカラクリなのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ