◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: ミスの軽減


店長「お父さんのけんたろうが上手に打てている
 とは言いませんし、言えませんが、
 太朗くんのこのクラブ扱いでは
 かなり 外から、びっくりするほど外から
 ヘッドが入ってきてしまいますので
 10球中8球は どどどどどスライス、
 2球は ひっかけフック、
 めっちゃ飛ぶんですけど そういう確率になります。

 コレで 本格的にゴルフを進めていくと、
 どこかの時点で
 「スライスするのは 外から入ってきているから」
 「インサイドアウトに振れ」
 「もっとインから入れろ」

 となる訳ですが…

 クラブを横に動かそう、横に振ろう、
 とする からだの廻し方、
 横にクラブを動かそうとする からだの廻し方 が
 『結果』として アウトサイドイン を生んでいる、
 そこに ヘッドの軌道だけを インサイド にしたら
 より クラブが開き、 より クラブが重くなります。
からだの廻し方〇親子対決 - frame at 0m33s
 治さなければイケナイのは
 ヘッドの軌道 では無く、
 どの方向に クラブを移動させるか、
 クラブの移動方向を変える からだの廻し方 です。

 いま、現在は 横に振ろう としてしまっている ので
 右肩が ボールの方へガブるような周り方
 になっていますが、
 それを…誤解を生み易いですが、
 右肩をその場で低く、あえて下げるとは言いませんが、
 『グリップをフトコロの中に落とす、低くする』
 からだの廻し方 です。
〇リリースの違い 三角形の向き - frame at 0m53s

 手で、腕で、手作業でグリップを下げる のではなく
 からだの回転で 懐の中にグリップが低くなる
 からだの回転方法、方向に変えないと…
 太朗くんの回転方法、方向を変えずに
 そのまま進んでしまうと
 スイングはどんどん複雑になって行きます。
 何かをすると何かが必要になり、
 その何かをすると更に何かが必要…
 そのツケはからだの無理、故障に直結します。 」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「この話題はドライバーに限らず
 ゴルフクラブでのショット全般に関係するんですけど
 この観点からも ヘッドを振らない と言うか
 手で振らない、その割合を減らすコトは大切だと思うんです。」


質問「大事なコト…なんです❓」

店長「と思うんですけどね…。
445TL-2
 ゴルフクラブ、クラブヘッドって
 野球のバットやテニスのラケットみたいに
 打点がシャフトの延長線上にないじゃないですか
 打点ソノモノではないですけれど
 重心位置(ヘッドの重量の中心点)って言うのがあって
 フェース面状であれば 重心距離と呼べば良いのか
 その重心、打点 と 握っている棒のズレ を
 どう処理しているのか❓❓ って思うんです。


 静止状態はズレていますけれど
 シャフトが柔らかければ
 クラブが運動状態になれば 自然に揃います。
 遠心力の掛かる点と打点が揃っていた方が
 力学的に チカラは逃げにくいと思います。
 ズレたままでは 打撃時にヘッドやクラブに回転(ヨジレテ)して
 チカラが逃げてしまうと思うんです。
 俗に言う トルクの掛かった状態 って奴ですね。

 ですので 悶絶クラブは捻じって使わないように
 シャフトを振らない、ヘッドを振らない よう 薦めています。」

質問「確かに 握っている棒、そのもので
 ボールを打つ方が、数センチ ずらして 打つよりも簡単、
 って思えますよね。」
EG05_041
店長「はい。クラブや機種、番手によって そのズレが
 3センチだったり、4センチだったりするのですから
 その調節をしなくていい に越したことは無いと思います。

 ボールの大きさ(直径)って 42.6个任靴隋
 1cm(10弌砲困譴燭蕁〃觜渋腓なミスになります。

 クラブを替える度に コッチは32弌◆帖.灰奪舛44
 なんて 無理だと思うんですよね。
445TL-4
 ヘッドのソノモノの構造として
 重心がズレていないと 番手ごとのロフトが設定出来る、

 クラブの場所やヘッドの姿勢なんかが把握し易い、
 ゴルフと言うスポーツ、娯楽の安全面を考えても
 重心位置〜ズレは『絶対に』必要なんですが、
 ボールとの激突時は 出来れば無い方が良い✋
 柔らかいシャフト…と言うと誤解を生み易いですが、
 ちゃんと運動する硬さ、動く柔らかさを使うと
 その 二重構造 というか、
 二面性を両立出来るんですが、
 硬いシャフトだと そのズレはずっと維持されてしまう。。。

 それって どうやって解決してるんでしょう❓
 ものすごく 謎 です😵

 おそらく 多くの方、もしくは その手の知識がうっすらと有る方は
 その トゥダウンと言う現象は 悪 と言う認識なんだと思うのですが
 じゃあ その重心位置とシャフトのズレ
 機種によるその違いをどうされているのか、
 どう処理するのか 公表して貰いたいのですよ。」


質問「友達に無理やり 硬いシャフトを打たされる と
 始めの数発 シャンクが出るのは ソレ が原因ですか⁈」

店長「はい。柔らかければ インパクト付近では
 シャフト、グリップ、棒の延長線上に 重心位置が来ますから
 棒そのもので打つ感覚で良いんですけど、
 硬いシャフトで  それやったら そこは棒、
 ヘッドで言えば ネック部になりますから シャンクですね。
IMG_0103
 この問題はもう少し複雑で、
 実はアマチュアゴルファーを悩ませている課題だと思うのですが、

 一般的なゴルファーの場合、
△大きなヘッド(重心距離の長い)のドライバー は
  シャフトが柔らかくて(アイアンに比べると) 👉振動数230cpm
△小さなヘッド(重心距離の短い)のアイアンは
  シャフトが硬い(ドライバーに比べると) 👉振動数300cpm

✅シャフトが硬い 重心距離が残るクラブは
 運動させると フェースが開くので フェースターン必須
 な 打撃方法になると思うのですが、
 その打撃方法で ドライバー(重心距離大/シャフト柔)を打つと
 ハイ-プッシュ-スライス になると思うんですけど…。

✅逆に ドライバーを基準にして スイングを造ると
 まあ十分な柔らかさはないですけど それでも
 シャフトの延長線上近くに 重心来るスイングになりますが、
 それで アイアン打つと シャフト硬いですから シャンクです。

✋平均的なゴルファーですと
 ボールの置き位置は アイアンはうんと中、
 ドライバーは左かかととか かなり外ですので
 インパクトタイミングがかなり奥、後になりますから
 ハイプッシュスライスの逆球、ひっかけ フック に
 なっちゃうんじゃないですかね❓

 どう考えても 同じスイング、同じスイングタイミングで
 双方を同じように打つのは不可能に近い芸当です。

 スイングの練習って 主にアイアンでされるコトが多い
 でしょうから、ドライバーに持ち替えても
 上手く当たるのに 数球かかるんじゃないです❓

 コースで どっちかは良いけど、どっちかはダメ🙄
 😵ドライバー、アイアン が 両方 良い😊 って
 日はなかなか来ない、年に一度 とか なるのは
 仕方が無いと思うんですよね。
 気付かない内に 自分自身でそう仕向けている のですから…。

 そう考えると ゴルフの技量として
 メカニズムをちゃんと考えて ゴルフクラブ
 特に セットのシャフトの硬さの流れを把握する、
 そういう ゴルフクラブをセットして選ぶ は
 大変 大きな ゴルフの技術、技量の一部だと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「クラブヘッドの中でも
 ドライバーヘッドの この30年での進化は
 とても 革新的、驚くほどの進化です。

 その最大のポイントは
 ハミングバードの記事ではたびたび登場しますが、
  『慣性モーメント』 です。」

質問「慣性モーメント❓」

店長「はい。

 慣性モーメント にも幾つかあります。

 ヘッドの場合は 縦のもありますけれど
 数値としてよく登場するのは
 ヘッドの横の慣性モーメント です。

445TL-2
〇30年前のドライバーの体積は 200cc
 慣性モーメントは 2500gcm2前後
〇20年前のドライバーの体積は 370cc
 慣性モーメントは 3600g2
〇現代主流のドライバーの体積は 460cc
 慣性モーメントは 4750g2

 30年前のモーメントとは おおよそ倍違います。」

質問「倍はかなりの違いですね。」

店長「はい。ものすごい違いです。

 では、慣性モーメントは何に働くか というと
 主に二つ。

〇ヒトツは スウィートエリアの拡大 ですね。
 俗にいう 芯、良い当たりの場所が 非常に拡大した。
 50円玉のサイズが 500円玉になった、そんな感じです。

 この数値は厳密にはヘッドの左右の慣性モーメントですので
 左右方向に ものすごく広がった。
 打点が左右のズレても 弾道や距離がブレにくくなった。
 ミスに強くなった と言って良いでしょうね。
460TL-2
〇そして、もうヒトツ。コチラはあまり意識されていないのですが
 慣性モーメントの役割としては コチラの方が強い、のですが
 運動性、エネルギーの伝達性です。

同じ姿勢を維持しようとするチカラ
✅同じ運動を持続しようとするチカラ
✅相手、この場合はボールですが、その力を伝達するチカラ

 と言えば良いでしょうか❓

 ですので 20年前、30年前に比べ
 かなりミスヒットに強くなり、
 ヘッドの持っている破壊力をボールに伝えやすくなった。
 と同時に
 『ヘッドがその運動や姿勢を維持し易くなった。』
 特に この部分は
 ゴルフクラブを、クラブヘッドをどう扱うのか、
 どう動かしたらよいのか、 を示唆している部分でもあり、

 出来るだけ ヘッドは 緩やかに、穏やかに、
 👉そうし難い機能が増している訳ですから
 ヘッドの急激な回転などを与えない。
455T-2
 ぶっつけ打ちの元になる 手打ちや手振り は
 意図的かどうかは別にして
 ヘッドを回転させる、先端を激しく動かすクラブ扱い ですが、
 この30年のドライバーヘッドの進化は
 それを嫌がる、それと対極にある機能と言って良く
 ヘッドの回転を嫌う機能が増しているのに
 それを無理やりするのは 上手く行き難い原因になります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「はい。

 ボールに右回転が入る と言う意味のスライスではなく
 打ち損じ と言うか、初心者のボール と言う意味での
 スライスは 副作用に過ぎません。


 ドライバーが
 打撃力をボール速度に転化し易いのは
 ロフトが小さい から です。
 決して クラブが長く、
 それによって ヘッドスピードが数値として高い
 が
 主人公ではないのですが・・・
rad-04
 飛ばない〜飛ばせない は ロフトを増えるように、
 その番手の製品ロフトで得られるロフト効果、
 よりも 大きなロフトにして打ってしまうコト で
 クラブヘッドの形状上、それには
 フェースの開き(左右方向)も伴ってしまいます。
 ロフトが増えてしまう(ロフト効果が増えてします)の
 副作用としてのスライスに 囚われる…コト
 無意味な『
スライスへのこだわり』が始まります。

(22171_Moment
 ゴルフクラブは非常に勘違いされ易い その見た目 から
 本来 やらなければいけない 課題
〇ロフトを増やさない
 元のロフト通りに ボールをヒットする ではなく
〇フェースを開かない
 ヘッドの向きを 元の状態にして ボールをヒットする
 にすり替わってしまい
 その副作用を 永遠に追いかけることになりガチ です。


 ココからの部分が うっすらとでも
 イメージできると ドライバーショットだけでなく
 ショット全般が良くなる可能性があるのですが

ショットは クラブを引き摺って動かす のが基本です
 その意味は どの場面であっても 立体的な軌道 に
 対しては クラブ姿勢・ヘッド姿勢はほぼ同じ状態 です。
 立体的な軌道 クラブ全体が移動しているだけ です。
2023-12-28_23-05-51
2023-12-28_23-05-1
〇ところが フェースの向き のコトを考えると
 先端を動かす、ヘッドを引き摺って動かさないが故に
 クラブの軌道とヘッド姿勢が
 常時、ランダムに、とても複雑に変化します。
 ヘッド姿勢は軌道にも影響されますし、
 軌道はヘッド姿勢の変化にも影響されます。

✋写真を見ると分かると思いますが、
 ヘッドを引き摺って移動させる は
 フェース姿勢を変えるは アドレスやボールの位置等
 動作の事前準備で変更可能
 シンプルにスイング軌道は 同じ状態まま
 その位置をずらす程度 です。
e00bf7e68658a3e6-s






😢ところが ヘッドを動かす、ターンさせる側は
 軌道を変える・ヘッド姿勢を変える いずれも動作が始まってから、
 しかも ショットの佳境に近い部分で
 それは双方ともに 相互に影響しあってしまう為、
 無限の組み合わせが発生してしまいます。
 同じことを繰り返すのが難しい、
 上手く行っても すべて動作中のなにか である為
 それを繰り返す目安がありません。


 クラブが長く
 スライスだけでなく
 先端部 ヘッドスピード と言うのも気になりますので
 より ソレに拍車がかかっていくのですが、

 ゴルフショットは
〇クラブを単体で動かさず それを持った自分が動く
 ではなく
〇クラブの先端部を『速く』動かす
 と言うモノにハードランディングしてしまう・・・😵😵
会田20210701_Moment
 ドライバーがスライスする
 から始まる ドライバーだけでなく
 ショット全般が クラブの扱い方が全然別なモノ
 別な世界  パラレルワールドをさまよい続けるコトになる訳です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



『ピン型デール9』
で ヘッド重量 520g
『L型ブリストルパター』で 470g と
平均的なパターヘッド重量の 1.6~1.7倍 有ります。
IMG_1370

こう考えてみましょう。
成人男性の平均体重は 70措 です。
1.6倍で110繊1.7倍で120 ですので
ちょっと小柄なお相撲さんサイズ、
同じ速度でぶつかられれば お相撲さんサイズの方が
当然、ダメージは大きい訳で、パッティングストロークにおいて
 同じ距離を打つのであれば 遅めの速度で十分でしょう。

遅めのヘッドスピード、となれば
小さめのストロークで済む…かも、ですので
慣れは必要であれど、当然、簡単さは増します。

IMG_1366

ヘッド重量とヘッドスピード その掛け算が
ボールを打つ「打撃力」になる訳ですが、
それが ロフトと軌道によって
 素直に距離になれば良いですが、
無駄なボールの上がり、や 回転になれば
 ヘッド重量のメリットが生きてきません。 

多くの人が 「真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す」
そればかりを気にしているように 思えるのですが、
ヘッドの移動軌道だけでなく
 ボールとヘッドがどうコンタクトするか、
 意外と無視されていますが、かなり重要です。

これは 一般的に知られていないコト ですが、
平均的な ピンタイプのパターの重心高さ は 約13mm です。
マレットタイプ…になれば それより低い可能性もあります。
『ピン型 デール9』は特出した高重心 で 重心高さ 約17mm 有ります。
・・・L型ブリストルとほぼ同等です✊

重心位置、重心高さの作用は
 運動させた時、ヘッド姿勢に働くので
重心の低いものは ロフトが増え易く、
重心の高いモノは ロフトが立ち易く、
なります。
アイアン…で、同じロフトであれば
 重心の低いモノの方が 総じて易しい…上がり易い ので
 重心の低いものは だいたいストロングロフト…です。

当たり場所と重心の関係!とは言い切れませんが、
ミドル〜ショートアイアンで ティーアップしてショットし、
 ボールがフェースの上めに当たって、上がるけど 飛ばない、
 勢いのない球になってしまう
 と言う経験を
 している方も少なくないか、と思いますが、
種明かしをすれば、当たった箇所…の問題では無く
ロフトが付いていて、それが故に 緩い入射になった為、
くぐり抜けたような、勢いの付かない球になるのですが、
パッティングにおいても それに類似した球は かなり頻繁に出ます
IMG_1389IMG_1387











ですので
 ボールの赤道部を打つ
もしくは 少しオーバーですが、
 ボールを赤道で切って、南半球にティーアップされた
 北半球だけを打つ…位のつもりで ストロークしてみて下さい。

😓パターの歯でボールの赤道付近…は多少オーバーではありますが
少なくとも 下側、南半球を打とうとすると
 ロフトも付く(リーディングエッジが前に出る)ので
 予想以上にボールの下目に当たる…それよりはマシです✋
 それでは ボールに良い回転は入りません。
IMG_1386IMG_1385









ボールとヘッド(ピン型デール9)の関係です。
10円玉6枚で1cm弱、7枚で1儷の厚さがあります。

地面に沿って 動かすよりも
1cm高いラインを通った方が
 ボールは良い転がりになり易いですし、
 故に ボールも伸びます。
 ヘッド重量が活きます
また、そういうイメージの方がロフトも立ち易く
 シャフトの柔らかさの効果も有効です。

是非 プロのトーナメント…
トーナメントの中継って パターばかりで退屈ですので
どの高さ を打っていて、
どの高さ を打っている人が ボールの転がりが良いか
確認してみて下さい。
適切な高さ(ボールとのコンタクト)では無いと
想定よりボールは伸びません……切れる…というコトです。
距離を合わそうと 強く打つと
下目 で打っていますから
ロフトが付いている👉フェースが左を向いている ので
ひっかっかる…というのがカラクリなのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「もうお気づきの方も居ると思うのですが…」

質問「?????」

店長「アマチュアのゴルファーの かなりの割合の方が
 つま先基準なのか、スライス防止の為なのか、
 クローズスタンスに構えている人が多い…と。」

質問「はい。」

店長「クローズスタンスは オープンスタンスやスクエア と
 比較すると ボールの位置 としては
 やや外目、右打ちで言えば 左に置かれている…と。」
001
質問「はい。」

店長「そして、総じて ですけれど
 本番…コースへ行くと ボールは近づく、
 中に入ってくる のが 
 ミスの原因に、主要因になり得る…と。」

質問「はい。」

店長「ですので ココにアプローチをミスする、
 アプローチが得意でない 原因があったりするんです。
 シャンクなんか 特にその顕著な例だと思うんですけど …。」

質問「!!!!!!」

店長「スタンスの向きって言うのは
 自分に対しての ボールの置き位置を変えない✊とすると
 向きを変えると ボールを中心に、右打ちですけれど
 右を向くと 自分が前に、
 左を向くと 自分が後ろに下がる のと似ています。

 その場で 開いたり(右を向いたり)
 その場で 閉じていては
 ボールの位置が 想定以上に動いてしまいます。
002
 普段、クローズスタンスに慣れている人が
 アプローチの時だけ オープンに構える って言うのを
 よく見かけるのですが、
 もし、その場でオープンに構えてしまったら
 ボールは かなり中に入ってしまいます。
 オープンに構えることに慣れていないですから
 適切なボールの位置が掴めないですしね。

 その場でオープンにしただけでも
 ボールの位置は かなり ボールは中に入るのに
 アプローチだから…って
 意識的に より中、より右に置く場合も…。
 場合によっては からだよりも右にボールがある、
 そんなことも起こりうるわけですよ。
 慣れてませんから…。
2023-04-19_19-14-152023-04-19_19-14-47











 まあ シャンク出易いでしょうね…。」

質問「!!!!  確かに…。」

店長「気温が下がってくると シャンクは出易いですけど、
 それは 寒くなって より近づいている、
 ボールを中に置いている可能性って高いと思います。
 統計を取った訳では無いので、断言出来ませんけれど
 かなり高い割合で コレがシャンクの大きな原因じゃないですかね。

 そう言う意味では 余程 特殊なショットを除いて
 アプローチのスタンスもいつも通り の方が
 いいんじゃないですかね❓

 勿論、練習による慣れで解決は出来ると思いますけど。

 振り加減にもよりますけれど
 シフトが少ない分、若干、中に入る程度、
 ボールの位置のみを変える位が妥当だと思います。

 
 同時に 二つのコト、スタンスの向きとボールの位置 は
 傾斜や状況がいつも違うコースで
 より複雑にしちゃうんじゃないですかね。

 
 また、ほどほど 上げる、高さを取るアプローチ、
 強く打たないけど、一応ショットのようにする のであれば
 尚更 ボールを中に、右に置く必要は無いと思います。
004
 アプローチの構え を見ていると
 これから どんなショットを望んでいるのか
 判別できない場合がとても多いと感じます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




店長「練習場で スイング・ショットの練習するのは
 とても良いコト、大切です。
 ボールを扱うスポーツですので 球慣れしておく必要もあります。

 ですが、コト『コースでのミスを減らす』においては
 この アドレス・スタンスの向きとボールの位置感覚の把握、
 の練習はとても役に立ちます。

 日本の練習場の場合、
 打席が真っ直ぐ、四角で構成されていることが多く、
 だいたいが コレに沿って 真っ直ぐ立ってる。
スクリーンショット 2023-04-17 151306
 30度右を向いたり、
 20度左を向いたり、
 練習場の打席に対して 斜めに構えると
『特に』どちらかの向きに 違和感を覚えるのか、
 自分はどっちを向くのが苦手なのか、
 斜めに構えた時、ボールの位置はどうなのか、
 真っ直ぐ構えた時と同じような セットアップ を
 出来ているのか
 確かめるのもまた『練習』です。

 そう言う意味でも
 特にアイアンにおいて、ですが、
 ウエッジなどでの特殊なショットを除いて
 全番手 似たボールの置き位置 で打つコトを推奨しています。
 右打ちの人であれば まぁ、だいたい 左のかかと付近、
 ボールの前つらが左のかかと付近 です。
003
 それでなくとも 向きやコースでの傾斜、付近の視覚情報、
 それらによって 狂い易い 向きやボールの置き位置なのに
 番手によって 少しづつ ボールの位置を変える、
 パターンとしては 短くなってくると より中になる、
 は その狂い、ズレを生み易くなりますから
 ある一定の『いつも通り』は持っていた方が良いと思います。」

質問「ドライバーはどこら辺 ですか❓」

店長「フェアウェイウッドを打つ場所、
 まあ アイアンと似た位置が良いですが、
 それを基準に ティーアップ分だけ 前、右打ちであれば左 に
 置く感じになります。

 ドライバーも いつも打席に真っ直ぐ立つのではなく
 少し右、少し左 を目標を変えて
 どっちの向きが 構え辛いのか、
 その向きの時、いつも通りのボールの位置なのか、
 確認しておいた方が役に立つと思います。

 コースで なんかアドレスがしっくり来ない、
 構え辛いな… 
は 多くの場合、
 このスタンスの向きとボールの位置関係が歪んでいる、
 ですので どちらの向きがそうなり易いのか、
 それを把握しておくのは有効と思います。」

質問「なるほど」

店長「そして、今まで つま先基準であった スタンスの向きを
 かかと基準の 理想的にはアバウト スクエアな形に
 修正していく方が ズレが少なくなる、
 いつもと違う時に 判別し易くなる ので
 その修正もお薦めです。
005
 まあ スタンスの向き に関しては
 無意識に行き着いたというパターンが多いと思いますが、
 必ず 理由があって その向き 概ねクローズになっているので
 クラブの使い方やボールのとらえ方が変わってこないと
 クローズが辞められない可能性もあるので
 改善はゆっくりに、と考えた方が良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「クラブやヘッドを上げないで
 からだの右向き(右打ち)を作ってみる。
2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m16s
 右サイドが高くなる、、、大袈裟には上げるに近いかな
 そう言う姿勢を作ると
 フェースはかなり下向きになると思います。」

質問「はい。」 

店長「それとは反対に
 フェースを上に向くよう にしてみる、
 
 フェースが下向きになるようにすると
 ヘッドの重心位置の関係から
 クラブの重さは 左グリップを前に押す、
 進行方向に押すような やや下向きのチカラが掛かります。
2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m23s
 一方、フェースを上向きにした状態では
 ヘッドの重さがより強く掛かった感じがして
 グリップを上に動かそう、移動を妨げるような重さの
 掛かり方になります。」

質問「コレは 切り返し時のリキミに繋がりそうですね❓」

店長「そう思います。
 望んでいない重さの掛かり方になりますから
 力まざるを得ない になってしまいます。
2023-11-24_20-15-45 - frame at 1m1s
 手を捻じったり、細工をして下向きを造るのはダメですが、
 テークアウェイのからだの動かし方で
 フェースの下向きを作れば
 そのまま からだの向きを変えれば ボールを当てられますが、
 フェースの上向きを作ってしまうと
 そのままでは ソールがボールに対峙するコトになるので
 からだの回転 そして その加減 に加え
 フェースがボールと対峙する作業 が必要になりますから
 やはり 難易度はグッと上がってしまいます。

 その上で グリップが先に進みたがらない重さ
 が掛かる訳ですから 当然、失敗の確率が上がる。
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m18s
 クラブやヘッドを上げてる訳じゃないですけど
 この「上げ方」の感覚を掴む のは
 通常のショットにとっても、アプローチにとっても
 とても役に立つと思うんですね。

 ボールを転がす、グリーン周りのランニングアプローチとか
 あまり得意でない方などは
 この感覚を掴むだけでも かなり異なると思います。」

質問「そう感じます。」

店長「そして 慣れてきたら
 この延長線上で 打つ距離を増やしていく。
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m52s2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m52







 グリップの進みを促す位置に
 クラブを持ってこないと ヘッドが落ちちゃいますから
 腕を上げるとか、ヘッドを上げる、とかではなく
 からだの向きで ヘッドが引き摺れるよう
 引きずってボールを打てるよう そう言う位置を探る。
 そう言う感じになって行くと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「内容が重複しちゃいますけれど

 シャフトが走る
 ヘッドが走る って言うのも

 ズリズリ遊びで
 所定の位置までグリップを移動させ
 ソコで止め、その反動、
 この場合はしなったシャフトの反動・復元で
 ボールを弾く

 とつながっているんですね。」

質問「確かに。」

店長「ゴルフでボールをそうやって打つ
 と 思っている人はものすごく多い と思います。

 そうじゃぁ無い人を見つけるのが大変な位。」

質問「います❓」

店長「いるとは思います。多くは無いですが…。

 繰り返しで申し訳ないですけれど
 クラブも どこかが止まって
 打撃部であるヘッドのみが動くよりも
 クラブ全体が動いた方が
 打撃時のボールの重みに負けない強さを生み出し易い。

 これはスイングも同じで
 自分は止まって、クラブだけ動くよりも
 よりモーメントの高い、自分ごと
 より大きな、より重いモノが動いた方が
 強い力に負けない。強い力を生みだせる。


 そして 自分で実験してみるとより分かり易いですけど 
 ズリズリ遊びで
 打ちたい方向と平行に
 グリップを引き摺って ヘッドとボールを接触させれば
 ボールは思った方向に出し易い ですが、
 グリップの位置は半ば固定して
 ヘッドに円を描かせて ボールを当てると
 そう簡単には思った方向に行ってくれないし、
 固定したグリップの位置も 慣性や不可抗力によって
 微妙に動かされるので
 ボールに当たるヘッド/フェースの場所も
 結構、ズレる。
〇ハンドターン16s〇ハンドターン17s〇ハンドターン18s





 ゴルフクラブ、打撃部の構造で言うと
 遅れはフェースの下向き、ロフトの立ち に出来ますが、
 グリップを固定して、ヘッドに円弧を描かせると
 フェースは開き、ロフトも開きますし、
 それを閉じるには その運動とは別な
 シャフトを廻す 〜ヘッドに円を描かせるのとは別の
 ヘッドを回転させる と言う行為が必要になる。
 難易度が段違いです。

 ロフトも開いて当たる可能性が、
 少なくとも ロフトが立って当てられる、
 ズリズリ とは ロフト姿勢が違いますから
 当たっても 距離より回転になってしまい易い。
酒巻202301 - frame at 0m54s
 そう言うのをひっくるめると
 クラブの扱い、ゴルフクラブを使って
 ボールを打つ方法に 選択の余地はないような
 そんな気がするんですけれど。。。」

質問「実際は その反対😵」

店長「ですね。 やっぱり スイングの見た目 に
 影響を受けて その格好、形の真似 から
 学習してしまうのが多い んでしょうね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「左肩を上げる & お腹を左に向ける
 から切り返しを始めると
 思っている以上に 早く インパクトが来ます。
2023-11-03_16-49-20 - frame at 0m0s2023-11-03_16-49-20 - frame at 0m0







 回り道をしている余裕はありませんので
 腕での何かのアクションをする暇がありません。

 腕でのアクションと言うのは
 右打ちの人は右腕が利き腕と言うケースが多く、
 その曲がった利き腕を伸ばす
 と言ったことになりますが、
 早い段階で それを行ってしまうと
 想像通り ヘッドの振り→手打ち の流れになってしまいます。
大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(4)






 イメージで腕とクラブはロックしているけど
 からだの回転による遠心力などによって
 それが自然に、少しずつ 解かれてしまうのは
 構わないと思いますが、
 トップの位置で出来ているような
 クラブが起きて、短くなって
 腕の中にある重さが
 キャストするように 腕の外に出てしまうと
 からだの回転で移動するグリップ
 それによって 引きずられるヘッド のラインより
 多い道のりになって クラブが寝てしまう、
 フェースが開いてしまう、
 からだの回転との関係が途切れる、
 そう言う流れになってしまいます。

 ソコから紐解くと
 トップの位置、テークアウェイの取り方は
 徐々に答えが見えてくると思うんですね。

]咾涼罅⇔章咾涼罎縫ラブの重さがあるコト。
▲瀬Ε鵐好ぅ鵐阿悩幻を上げた時、
 お腹を左に向けた時、
 無意識でも 左グリップが打てる『低さ』まで下がる
 そういう重さが左グリップに掛かっているコト。
切り返しの初動に 左肩が上げられる トップの姿勢、
 テークアウェイの取り方をしているコト。


 ここら辺は 手打ち派の方が慣れて行くのには
 勢いをつけて 切り返すのを辞めるために
 トップの位置、静止したトップの位置から
 軽く流す程度で 打ってみる というのは
 結構、有効だと思います。

 あくまでもイメージですが、
 トップで出来た 腕の中側に有るクラブ、
 利き腕のリリースのされていないクラブが
 ボールが打てる 低さまで 下がり、
 かつ それが体の回転主導 となると
 左肩を上げ、おなかを左に向ける
 が一番良いと思います。
Desktop 2022.11.06 - 17.11.14.01_Moment
 そうなると ボールを打てる低さ、
 グリップエンドはボールを越えますから
 ここからは 腕のリリースが入っても
 からだの回転とクラブが途切れることが少なく、
 問題が少なくなります。
 よほど 速い速度で振らない限り、
 通常のアイアンショット程度であれば
 そのリリース要らないと言えば 要らないですけどね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「自分なりのインパクト って
 どういう印象、イメージですか❓」

質問「アドレスと同じ ではないですけれど
 クラブが こういう感じ❓ で当たる感じですかね…。」

F5sjEuZbUAACM4a
店長「地面を引き摺ったヘッドで
 ボールとヘッドをコンタクトさせる場合
 を想定して頂くと良いと思いますけど、

 当たり前ですけれど
 ボールとヘッドをコンタクトさせるには
 ああ グリップはここら辺を通過しないといけないな
 ってのは あると思います。

 どういう道のりで ってのもありますね。

 スイングで言うトコロのトップから
 腕やクラブを積極的に動かすと… 特にこの場合はヘッドですね。
 理想的には固定、半固定ですけれど
 トップの位置から ヘッドを動かせば
 その動かしたことによって グリップを移動させたい道のりも
 ボールを当てるのに 通過させるポイントも
 必ず 影響を受けます。

 引きずる場合は グリップですが、
 スイング動作でも同じで
 グリップを引き摺った分、 以上に ヘッドを動かすには
 絶対に グリップ自身の進行の低下、移動不足が起こります。
 ですので ショットでの ダフリ は
 絶対に ボールの手前で
 ボールの先をダふることは 余程、特殊なことをするか、
 思いっきり それを意識しない と中々出来ません。

 遠くへ飛ばす、
 思った通りの方向へ飛ばす、
 似たような弾道にする、
 そして それを繰り返す、
 それらを出来るだけ同時に達成するには
  ボールとヘッドをコンタクトさせる為の
 グリップの通過ポイント、
 前後の道のり それを意識するべきで
 その通過ポイントの時には
 グリップがどうなっているのか、
 思った通りのポイント、道のり を作るには
 出来るだけ 多くのモノを動かさない、
 からだの向きだけが変わるとか、
 大きいモノがひと塊で動くけれど
 細かいモノがたくさん動かせば
Q2023918Q20239180Q20239181






 その影響は 必ず グリップに至るので
 思い描いたポイントを通過できない、
 思い描いた移動ラインから外れてしまう のです。

 クラブ全体の姿勢は多少あるかも ですけど
 ヘッドがどういう風に って考えると
 多くのケース、グリップの移動は滞り
 インパクトと思っている時に 望んでいるグリップの
 到達地点に辿り着けません。

 ヘッドの最下点が手前に…
 ロフトも増えている、 というコトになります。


 私の個人的な感覚ではあるんで
 参考になるかは分かりませんが、
 切り返し、ダウンスイングが始まってから
 ボールを打ち終わる、フォロー辺りまで
 クラブの重さ、ヘッドの重さって 全く感じない です。
 無い に等しい感じ
です。」

質問「無いんですか❓」

店長「
無い ですね
334151fd
 振り返ってみれば インパクト時、
 まあ 正直にどの辺りかは よく分からないんですが、
 ボールを受けた その重さは余韻みたいな感じで
 存在はしていますけれど
 ヘッドの重さは 弊社の悶絶クラブの重たさ でも
 感覚的には ほぼ 『無い』 ですね。
 
 切り返しから 重くなるとか は全く無く、
 ダウンでは クラブの重さは 消えてしまっている… ような感じ。
 トップの位置でのクラブの重さのまま、
 なんだとは思うんですけれど
 ボールを当たり終え、フォロー辺りで
 その重さが 忽然と 戻って来る… そんな感じ です。」

質問「😶 😶 😶」

店長「上手く動かせていない時、
 上手に動かせていない時 は  あります。

 切り返し〜ダウンスイング〜フォロー の中で
 ヘッドを感じる、ヘッドの重さを感じるのって
 グリップの移動分以上にヘッドが動いている、
 ヘッド姿勢が ボールを打てる状態で無い、
 と言う時に やって来ます。

 インパクトも ココ と言うのは無いです。
 ここら辺、通過する ここら辺かな 位のかなりアバウトな、
 点、ポイントとしても
 スイングの中での タイミングとしても
 インパクトはココ✊
 というのは感じませんし、分かりません。
 意識したことも無いです。」

質問「そ、そうなんですか❓
 インパクトはココ、クラブはこんな感じ って
 言うのは 結構、はっきりあります。」

3
店長「感覚的なコトなので 是非は無いんですけれど
 それって やっぱり グリップの移動に対し、
 ヘッドの方がたくさん動いている、
 ヘッド、クラブの重さを『動かしている』から
 ヘッド、クラブを『動かそう』としているから
 のような気がしてならないんですが…。」

質問「そうなんだと思います。」

店長「なので シャフトの剛性や材質、耐久性の問題で
 実現は出来ない、実行はしないと思いますけど
 昔、北の某所で誰かが言っていたと思うんですが
 1キロのヘッドでも 普通に打つコトは可能だと思います。

 そう言う意味合いでも
 ヘッドの重さ って言うか
 ヘッドの重さを使え って
 真逆なんじゃないかな
 って思うんですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレはアプローチに限らず ショット全般に渡って
 そうなんですけれど…

 多くのショットやアプローチって
 教室で座学して習う って言うよりも
 動画とか、写真を見て 真似る って部分が
 結構、多いと思うんですね。」

質問「そうでしょうね。
 かく言う自分もそうです。」


店長「アプローチの場合、『振り子』もその一つだと思うんですが
 誰かにそう言われた訳でなく
 なんとなく そうなんだ と思っていることが
 結構、ショット、アプローチに影響を及ぼしていると思います。」

質問「どんなコトです❓」

店長「ショットには 芯って言うか、軸って言うか、
 回転運動をする 支点・支柱ってあるもんだ、
 動作をする時に それを意識しているかは分かりませんが、
 回転運動なんだから 軸がぶれないのは大切 って位には
 思っているじゃないですか⁈」

質問「そうですね。」

店長「それは間違っていないですけれど、
 アプローチした時、ショットした時、
 その自分自身の運動の軸と クラブの支点 は同じじゃないです。」

質問「❓❓❓」

店長「まず 第一に
 しつこい話しになっちゃいますけれど
 クラブって棒状になっていて、その先に重さが付いてます。」

質問「はい。」

店長「重さは 動きたくない、そこに留まりたいチカラ ですので
 からだの回転であっても、手で振るんであっても
2023-11-07_21-12-37 - frame at 0m17s2023-11-07_21-12-37 - frame at 0m18s2023-11-07_21-12-37 - frame at 0m19




 グリップを動かしても、その重さが掛かる分、
 ヘッドは居残りしながら、後ろ髪をひかれながら 付いて来ます。」

質問「はい。」

店長「アドレス時に 画像などの二次元では
 クラブの延長線上、グリップエンドの向いている向きは
 自分を、
 自分の運動する軸や支点・支柱を向いていますが
 運動をし始めると
 特に、切り返し以降、
 ヘッドがその重さで遅れて来る分、
 自分の運動の軸や支点・支柱よりも
 右打ちの人であれば 左を向くような、
 自分の左隣 の どの辺り とは指示は出来ませんが、
 左を差し続けます。 」
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m33s(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m34(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m34s

店長「ところが このアングルから見た場合、
 あるトコロに行くと…
 フォロー側で からだが左を向くと
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m35s
 自分の方をグリップエンドが向く、
 クラブの延長線上が自分を向く、
 場合によっては 運動の軸や支柱と同じ方を
 向いて「見える」アングルが出てきます。」

質問「! ! ! ! !」

店長「コレを見てしまい、アドレス、切り返し を
 つなげて連想してしまうと
 グリップエンド、クラブは ずっと
 自分の方を向いている、
〇長崎支部 昼連物語 - frame at 0m4s
 場合によっては 自分の回転運動の軸点、支点と向いたまま、
 クラブヘッドの重さの常識を度外視して
 振り子運動しているように 錯覚してしまう場合が
 生まれている、錯覚している人が結構、いるかも❓
 って思います。」

質問「はい。今では理解していますが、
 以前は そういうイメージでした。」


店長「スイングが進行して行くと
 シャフトの角度がどんどん 自分向きに
 変わってくるように『見える』のは
 シャフトの角度が回転したのではなく
 自分の向きが変わって
 撮影している視点・角度が変わったからで
 時計の針のように
 グリップエンド・クラブの延長線上が
 針の真ん中=自分 では無いのです✊


コレって この映像を見て貰うと分かりますが、
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ
 茲痢悗海粒囘戮らの』写真では
 グリップエンドは自分を向いていますが
 蕕痢悗海舛蕕粒囘戮らの』写真では
 左を向いているので グリップエンドの向きは
 自分のからだよりも左を向いていることが分かります。

 ヘッドは自然にしていれば
 運動の速度やヘッドの重さ分、遅れるモノ ですが、
 それを 遅れない というコトになると
 自分でもやってみると分かると思いますが、
 なんらかの 細工 が、
 スイング中 必要のない『余計な』アクション
 が必要になってしまいます。

 速度が速く、その速度で誤魔化せる
 ショットの場合は 推奨はしませんが、ナンとかなりますが、
 速度が緩く、ボールがフェースの乗らないアプローチでは
 その『余計なアクション』は そのままミスの原因、
 また 繰り返しを困難にさせる要因になります。

 そこのトコロ、実は誰かも教わっていないのに
 なんとなく ぼや〜ん とそう思っている人も居ると思いますが、
 それが ミスの原因になっている可能性が低くないです。

 ヘッドは遅れるモノ、
 シャフト・クラブの向き、グリップエンドは
 自分を指すことは 運動を始める前だけで
 いざ 運動が始まると グリップエンドは一度も自分も向きません。
 自分よりも 左を差し続けているモノ とご理解下さい。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「おそらく ですけれど
 このボール付近の
 円弧で言うと 多少、大袈裟ですけれど
3
 下半分の円、
 ボール側への横半分の円、
 この領域にクラブを入れてしまうか、
 意識して入れてしまうか、どうか😶

 勿論、からだの回転と連携していれば
 傍目からは 入るんですけれど、
 入れるの と 入っちゃう のは
 ゴルフスイングの場合、かなり大きな違いです。」
会田20210701 - frame at 0m15s会田20210701 - frame at 0m16s







質問「分かってくると なんだか恐ろしい と言うか、
 入れてはいけない領域があって
 そこに 自分で、手さばきで入れてしまう人は
 その 存在しない筈の領域のコトばかりを
 過去の自分も含めて、ですが、考えてしまうような気がします。」


店長「そうですね。
 まるで 幽霊のような話です

 関連する 似ている話があります😿
 ヘッドの重さばかりじゃありませんが、
 重さは『そこに留まろうとするチカラ』
 目方、数量の1舛箸200gとかは
 そこに 留まろう とするエネルギーの単位 です。

 ところが ヘッドは速く、たくさん動かすモノ
 と考えると 途端に その真逆、
 自然の摂理に逆らって動かそう とするのですから
 そこばかりを考えるようになる、のは仕方ない
 んじゃないですかね。」

質問「むむむむむ…ですね。」
Q2023918Q20239180Q20239181






店長「😌 ソコがゴルフの面白さ でもありますから
 その ショットの、スイングの根幹になる部分の仕組みは
 知らない方が良いのかも知れませんね。

 ボールを打つ付近で
 クラブを自分の垂直、アドレスの方に戻す方が
 動作の技術としても明らかに難しい、
 スイングの中で一番速い動きの時間帯の中で
 1/1000秒単位で ミリ単位の動きをするコトになります。
 
 コレは 重要なポイントなので
 ゴルフをやる際も覚えておくと良いのですが、
 ゴルフはミスが連続するゲーム、
 ほぼ すべてがミスで構成されるゲームです。
 その行為ソノモノの難易度が高いのも良くありませんが、
 その修正、改善方法に規則性がないのは
 そのゲーム性にとっては 致命的 なのです。

 話がしつこくて申し訳ないのですが、
 グリップを引き摺って その分だけ、リニアにヘッドを動かすのなら
 グリップの通り道、行き先、その速度 も
 規則性の伴う修正が可能です。
 曲がりを治したいのなら グリップの進み道を基準に
 それに対し、フェースの開き加減、閉じ加減を調整…
 というよりは セットアップの時点で変えて置けば良い だけです。
〇見かた18s〇見かた21s









 始めの一歩を理解してしまえば、身に着けてしまえば
 修正には規則があり、それはちゃんと反映されますので
 自分自身、誰に頼らなくても修正が可能ですが、
 ヘッドを積極的に動かしてしまう、
 グリップの移動で、では無く、ヘッドを単独で動かしてしまう場合、
 そこに規則の有る修正は有りませんし、
 それがどう反映するかは やってみないと分かりません。

 大袈裟言えば 毎回、イチかバチか のショットに挑戦する
 に等しいのですが… それもまた楽しいですから
 それがゴルフじゃない、スイングじゃあ無い、間違ってる
 とは思いません。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「時系列の流れを少し変え
 ボールのさばき方、
 クラブと言うモノを使って どうボールをさばく
 のかを追いかけてみたいと思います。
スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)
多くの悩めるゴルファーのイメージは
インパクトは アドレスの再現 です。

 つまり ボールと自分に対して
 このような形、
 ボールと自分との間に対して
 飛球線に約 垂直、
 自分とボールを結ぶ線に似た姿勢に
 クラブを戻そうとする意識が有ると思います。

 これは平面上の水平方向、横の動きだけでなく
 からだの正面から見た時の
 上下方向、高さ方向にも言える動きで
 また、元の話しに戻ってしまうのですが、
 ダウンスイングと言う時間の中で
 ダウンスイングと言うアクションをして
 水平方向の横の動きも
 垂直方向の縦・上下の動きも
 アドレスの形に戻そう とする意識です。

 ソレを 90° 変えます。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)
 自分とボールとの空間を
 飛球線、アドレス方向に向かって垂直にするのではなく
 平行にして グリップエンドを抜きます(移動させます)。

 これは アドレス時のからだの正面から見た
 上下方向、高さ方向でも同じで
 シャフト・クラブは 地面と水平な角度 のまま
 それ以上 下の角度に クラブを、ヘッドを入れない
 が限界ラインとして下さい。
3
 ショットは 最後までグリップの移動通りの
 ヘッドの移動でも 打つコトが可能です。
 ヘッドを行かせない で 打つコトも可能です。
 ただし ある程度の速度や距離を越えると
 それを無理やり止めるのは からだに負担が大きいですから
 打った後、インパクト付近で
 それを『許容』するのは有りです。
 インパクト以降、スイングを終えるまで
 自分の動作は減速〜停止に向かいますが
 ヘッドには 運動慣性が残ってしまいますし、
 遠心力も加わってしまいます。
 そのヘッドに残って勢いを
 グリップの逃がし、移動でおさめられる範囲を越えたら
 ヘッドはフリーにしても良いと思いますが、
 それは あくまでも打撃のおまけ、
 からだへの負担の軽減、バッファー的な要素なので
 それを 打撃行為ソノモノにする意識は
 今までの 動かす、止める、反動系の手打ち、
 ヘッドを丸く振るに回帰してしまうので非常に危険です。

 前置きが長くなりましたが、
 アドレスに対し、シャフトが垂直、
 飛球線に対し シャフトが垂直となるのは
 ヘッドの移動をグリップと同期させ、
 ヘッドをフリーにしない とすると
 インパクトではなく フォローのここら辺、
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)




 あたかも ボールの位置に 柱、棒、ポールを立てて
 そのポールを叩かないように 内側を振る感じに似ています。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック






店長「悩み多きゴルファーを見てきた感想からすると

 かなり多い割合で
 『肩を水平に回そう』とするのが
 スイングの『りきみ』の原因なんじゃないか、と思うんですね。」


OIP
質問「!!!!!!」

店長「切り返しからダウンスイング
 肩って意識したら

 どうでしょう、
 両肩を結ぶ胴体部、
 背中の上の方 や 胸を意識するでしょうか❓

 それとも 本当は腕の一部の
 尖った先端部にあたる 肩を意識するでしょうか❓」

質問「肩…でしょうね。」
あきひこ先生1あきひこ先生







店長「ですよね。
 
 トップの位置や切り返し時には
 クラブを高くしていたり、
 腕も上げていたり、しますから
 その付け根の 肩には 重さが掛かっています。

 当たり前ですけれど 重さって
 重力方向に働いているます。
 それを下げないよう 平行に、水平に回転させようとしたら
 その重さに逆らわなくてはなりません。

 両肩を結び肩ラインが
 最終的には 水平っぽく廻っているのは
 それの乗っかっている 骨盤が水平っぽく向きを変えている ので
 そこで 肩にかかっている『重さ』に逆らって
 肩部を意識的に水平に廻ろうとしたら、
 腕は下がらない、クラブは降りない、
 肩は水平に廻るけど、からだ全体がギッタンバッコン
 って結果になり易いと思うんですね。
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5
 重さが縦にかかっている上に
 回転などの動作も入っていますから
 ソレはかなりの重さになると思います。
 その重さに逆らったら リキマざるを得ませんし、
 リキミって動作としては『止まり』ですから
 腕遅れになります、ならざるを得ない。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40
 脚をつかって 直ぐに左を向く んですけど
 肩にかかる重さ通りに
 肩は動かせばいいんじゃないですか❓

 積極的に 肩周りを動かす事はないかも、ですが
 肩は重さに任せて落としてしまう、
 縦に行かしてしまって良いんじゃないです❓

 ソコ、逆らっても良いことは少ないと思います。」

質問「なーるほどー。」

店長「肩って 腕なんだけど
 からだ、胴体の中に属しているってのが
 話をややこしくしていると思うんですね。
スイング集 PATTY1 - frame at 0m12s
 胴体、骨盤が横に動けば
 その上に乗ってる 肩部もそう動きます。
 だからって 重さに逆らう必要は無いと思います。
 その方が 近回りもし易いし、
 重さの負荷も少ない、止まりも少なくなるから
 より素早く左を向けます。

 グリップを下げるとか、左上腕を下げる、
 肘を動かすって 肩を重さ通りに落とす
 と
 考えて良いんじゃないでしょうか❓」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「そして ゴルファーの大好きなテーマ
 
遠心力 に関してなんですが…。」

質問「好きですよね〜。
 酒飲み話では必ずと言ってよい程、出てきます。」


店長「ですね〜。 

 遠心力は スイング動作のような 支点・軸運動である時、
 速度など運動も含め 重さによって
 モノが外にはらもう、円が膨らもうとするチカラ 
です。

 ですので 速度が増せば 遠心力を増しますが、
 その逆の 遠心力が増すから と言って
 速度が増す訳ではありません

〇見かた116〇見かた117









 そして 遠心力は 外にはらもう、スイングで言えば
 クラブや腕、軸部分に当たる体まで 外に膨らもう、
 外に引っ張られる チカラ になりますので
 その方向・ベクトルはボールを『飛ばしたい方向』とは異なります。
 
 遠心力が増すと その力の総体は増える可能性が有りますが、
 それは ボールにある方向 や ボールを打ちたい方向とは
 異なるが故に スイングの速度、
 こと ボールを打つ為、
 目標の方向にボールを飛ばす為の ヘッドスピードにとっては
 ブレーキにもなり得る というコトですね。

 ボールを打つ、遠くに飛ばす、
 狙っている方向に打つ ではなく
 『クラブを遠くに放り投げる』と言う意味では
 遠心力を増やした方が より遠くに投げられますが、
 遠心力の掛かるゴルフクラブ で ボールを打つ、
 遠くに飛ばす、狙っている方向に打つ となると
 遠心力は 利用するチカラのヒトツ ではありますが、
 上手に 利用しないと 邪魔、
 ヘッドスピードを上げるための障害、負荷にもなります。

 スイングは 結果、円動作、クラブやヘッドが円を描くので
 一見、遠心力と『密接な』関係にあるように 錯覚している人が
 少なくないですが、打撃に『主たる』エネルギーでは無い
 と考えた方が良いと思います。

 腕の長さがあり、クラブも短くはないですから
 なんとなく ヘッドに遠心力を掛けた方が良いような気になります。

 がしかし、この支点運動、軸運動 では
 その言葉の通り、支点、芯や軸があり、
 それは 機械で固定されたモノでは無く、
 非常に不安定な 傾斜のある、平らでは無い、
 滑り易いような場所 で 人間
 が行います。

 必要以上に 遠心力を掛ければ、
 当然、支点、軸、自分そのものが
 その遠心力の掛かる方向に引っ張られてしまいます。

 止まっている 通過したいボール地点をコンスタントにとらえるには
 それと同じ量の求心力(支点の方に引くチカラ)
 そして 遠心力を打ち消す、相殺する方向の求心力が必要になり、
 ボールを上手く打つ、繰り返し打つ為の難易度を上げてしまいます。
スクリーンショット 2023-08-09 230456
 傾斜のある池のふちやバンカーのふち で
 距離を欲張って 打った後に 池やバンカーに落ちてしまう
 なんてのは その一つの例だったり…します。

 ゴルフスイングで 腰を痛めてしまう原因のヒトツかもしれません。」

質問「じゃあ どのように遠心力を造る、
 利用すればよいのですか❓」

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「多くの人は 硬いシャフトと軽いヘッド しか 知らないですから、 
 シャフトが硬いと ボールに届き難い、
 ボールを拾い難い、
というコトを想起したコトがありません。」
2021-04-17_15-32-27_Moment(2)

質問「それはそうでしょうねー。
 一般的には シャフトを柔らかくするのを
 Ⓢ-振動数300cpm から ⓈⓇ-290cpmにする、(アイアンの場合)
 と思っていますもんね。」

店長「ですよね。
 まさか 振動数170cpmとか180cpm……200cpm以下に
 振動数を 100も落とすとは思っていませんし、
 体験したこともないでしょう。
 振動数 180cpmから見て 290cpmも300cpm も
 どちらも 激硬で 差がないですからね。」

質問「使ってみて 初めて分かる というか、感じると思います。
 友達の新しく買った市販クラブを『打ってみて
 って言われて 届かせるまでに苦労しますもん。」


店長「十分な シャフトの柔らかさ があれば

 ボールに届くのに ほぼ全く苦労しない というか
 届き過ぎてしまう位 です。

 ですので ショットの技術として、

 届かせる と言うモノが全く必要ありません。」

質問「確かに、放っておけば届き過ぎる位ですね。」


店長「放っておいても シャフトがしなる、

 現象で言えば ヘッドが遅れる =ハンドファーストになる、
 ヘッドが遅れた状態でも届く ので
 そのヘッドの遅れを ヘッドの開きにするのか、
 ロフトの立ち にするのか、
 という 次のステップに進める筈… なのですが、


 スイングの迷路の始まり になり易いのは

✅届かない となると ボールの置き位置を中に入れる😵
✅届かせる為に クラブを下に振る😵

 クラブを下に振る は
 イコール グリップの前進を妨げる ので
 よりボールを中に入れなくてはならなくなる
 届かせる 為の壁 が出来てしまいます。」

質問「届かない、当たらなかったら 色んな意味で
 前に進めないですからね。」

店長「はい。
 ヘッドの遅れは良くないモノ と言う思い込み
 しかし ハンドファーストは良いモノ という
 解決不能な課題/タスクが残り続けるコトになります。

 また 動く…しなる…適度に柔らかいシャフトが
 作り出す グリップの押し は
ヘッドを下に落とす では無く、
グリップを前に押すコトを
打ち手に伝えます


 スイングは傾きの中で進行して行くので
 スイング動作の前 には 下も含まれていますから
 前に進めば ヘッド だけでなく
 グリップ、つまりクラブゴト 低くなって行く訳です。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
 ココが実は大きなポイント、分かれ道 になるのですが
 『届かせるのは 下、下への移動 上下の問題 ではなく
 運動の 進行方向の前後、前へ で解決するモノ』 です。

 届かない 硬いシャフトであれば
 下への意識が強くなってしまい、
 ヘッドを下に振れば よりグリップは前に進めなくなる、
 前(動作方向) に対して 下 という
  立体的に90度
 全然、方向の違う問題に取り組まなくてはなりません。

 ショットを良くしていくのに 解決しなければいけないコトが
 全く異なってくるのです。」

質問「ものすごく影響大きいんじゃないですか❓

店長「そう思います。

 よく言われる 手打ち とか、手振り とか、
 の始まりが 実はスイング技術、動作の問題では無く
 シャフトの硬さ から始まっている なんて
 誰も言いませんし、思いもしないですから。

 一見、当り前のように思えますが
 低いトコロにある、地面にあるボールを
 打つ(当てる)のに 下に振る が
 スイングの基礎になってしまいます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
店長「アプローチの問題は
 
硬いシャフトで下に振るスイングが基本 であると
 どうしても
〇寝たロフト 緩い入射〜横から入る、下から入る
 になるので バンスが張り、地面と干渉し易くなります。
 ミスが表に出ず、ボールを拾う、フェースに乗せる には
 スピードが必要になるので
 インパクト直前で 妙な加速が必須必要 になります。
(キャスト_Moment
 その加速があるので 全体の動作速度と距離感がつながらず
 ゴルフ歴が長くなっても 距離感が刷り込まれ難い。


✋コレ 少なくないと思います。




 遠心力が強くなる 下に振るショットでは
 ロフトが付き易く、入射が緩くなり易い ので
 ボールは上がるけど、前に進みにくい…
 必要な距離打を打つには 強めのインパクトが必要になり、
 速く、もしくは 大きく振らなければならない…
36682818

 ラフや 特にバンカーですけれど
 ボールだけでなく 砂や芝など別なモノも打たなければならず、
 速く、大きく振って…
 しかも 極上に軽いヘッドが付いているウエッジ。
 女性は 足元の緩いバンカーは苦手になり易い、
 嫌いになり易いでしょうね。
 正直、残酷 と言うほどに。」


質問「そう言うのって レッスンプロはアドバイスしないんですか?」


店長「難しいトコロです。
 教科書通りに教えれば ボールに届かない、
 しかし、クラブが関係していますよ とは言い難い…。

 クラブについては 質問されれば答えるのでしょうが、
 どういう経緯で そのクラブを手にしているかは
 人それぞれ事情がありますので そこは不文律というか、
 積極的には触れない部分でしょう。

 ゴルフを続けて頂く、楽しんで頂く、
 辞めないで頂く と言う点においては
 かなり 重要な問題 だとは思うんですけどねー。



店長「今回のこの女性に限りませんが、
 硬いシャフト、軽いヘッドのクラブで
 ゴルフを覚えた人は 歴にかかわらず、
 そのスコアにかかわらず アプローチが危ない人が
 ものすごい多い気がします。
 悪い言い方ですけれど 練習場でアプローチだけを見ていると
 100を切れる人、いないんじゃないか❓とすら思います。

 多くのゴルファーは硬いシャフト好き…硬いシャフト自慢気味、ですので
 日本人ゴルファーの 7割近くが この硬いシャフトが起因した
 アプローチシンドローム なんじゃないか 感じます。




 多くの人は 柔らかいシャフト、重たいヘッドって
 ブランブランしているから 距離感出し難い、
 フルショットには飛びそうで 適している けれど
 加減するアプローチ向き じゃ無い んじゃないか?!
 って思う、言うんですよ。
 打ち比べたコト 無いにもかかわらず。」
ECDi9XSUwAEgjre

質問「私もやらされましたけれど
 柔らかいシャフト、重いヘッドのクラブと
 硬い(スチール)シャフトと軽いヘッド
 打ち比べてみると 勝負になっていない。
 仰られる通り、フルショットするのなら
 まだ何とかなるんですが、
 硬いシャフト、軽いヘッドではフルショット以外の
 加減の必要なショット、距離では

 ミスが多過ぎて、距離感どころじゃない、
 柔らかいモノの方が 断然 距離感形成は楽です。」

20190811-OYT1I50023-1

店長「だから 短い距離でもフルショットをする、
 ロブショットに行き着いたりするんですよね…。
 
 フルショットで使うコトの少ないウエッジ ほど
 硬いシャフトを使われているんですよね、実際は。

 硬いシャフトで軽いヘッドのウエッジを
 ロブショット 開いて〜緩く入れるんですから
 PSやアプローチウエッジでも ロブウエッジとして使うのに
 ロブウエッジを入れるって・・・とても、不思議です。
 いったい 何度のロフトで打とうとしているんでしょうか?
   バンス角度が嫌なんですかね〜。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Sさん「こんにちは〜。」

店長「こんにちは〜。 今日はどうしました❓」

Sさん「悶絶クラブにも慣れて来て
 ドライバーなどの長物は距離も伸びて良いのですが、
 アイアン・ウエッジなどの 短いアイアン系の球が
 抜けているというか、飛距離が伸びない感じで…。」


店長「なるほどー。
 ちょっと クラブ 見せて下さい。

 あああ 仰る通り、抜けている、くぐっている感じですね。

 打ってみましょう😊

 …なるほど。」

Sさん「治りそうですか❓」

店長「大丈夫と思いますよ。

 今回は スイングの動き ではなく、
 もちょっと 基礎的なモノの改善にトライしてみましょう。
アドレス1IMG_0095IMG_0094








 まずは 構え/アドレス、ポスチャアから😌

 まあ 私たちの年齢もありますから
✅前傾はもっともっと浅く取るようにすると良いと思います。

 前傾姿勢は 厳密には 骨盤と大腿骨、お尻と太もも の
 前に倒れた角度の差ですけれど
 全くないモノを180度とすると 少々、大袈裟ですが
 179度、1度でもあれば良いんです。
 まあ 179度だと 間違うと起きちゃいますから
 5度でも、10度でも維持し易い、継続し易い角度で
 その角度が『有れば』良いので 浅くするよう
 心がけて下さい。

✅その前傾姿勢…なんですけれど
 なんと言えば良いのか、前傾姿勢を取ってから
 両腕を垂らす そんな順序が良いと思うんですけど
 Sさんの構えだと 先に腕とからだの関係が有って
 その後、前傾をしているような…。
 ようするに フトコロの中に腕が入り込んでしまってるんです。
 2023-06-24_11-24-372023-06-24_11-22-47












 ハンドアップとか、ハンドダウンとか そういうのではなく
 一応、強いハンドダウン気味ではあるんですが、
 グリップの位置は 前傾姿勢を取って
 それから ダランと腕を垂らす、
 その位置よりも 両手の合流点としては ボール側、
 ボールの方に近い方で両手が合流した方が良いのですが・・・
 今は それが 自分に近い方が合流点になってしまっているので
 フトコロの中に グリップが有り、
 ソレが故に より 前傾が深くなってしまっているような
 そんな感じになっています。

 基本、8番アイアンより短いようなクラブ、ウエッジとかって
 結構な傾斜地から使うことが多いじゃないですか?」

Sさん「ですねー。」

店長「懐の中に手があって 前傾が深いと
 体のバランスを取る意味もあって
 その前傾を解きながら、からだを起こしながら、
 ボールを打つコトが多くなってしまうと思うんですね。
 人間の防衛本能的にもそうじゃないかな、と。」

Sさん「振り始めて 前傾が『より深くなる』よりは
 間違いなく 起き易いでしょうね。」


店長「そうなると 無駄にクラブや手って
 下に振っちゃう
と思うんですよね。
 『気を付け』するみたいに。
frame at 0m44s
 それが 無駄にクラブを振っちゃう、
 ヘッドが抜けちゃう、くぐっちゃう原因のヒトツ
 になっているんじゃないかな って思うんです。


 とは言うものの・・・
 正直、動きで治す方が難しいけど簡単、
 アドレスなどで治すのは単純だけど難しい、

 かも知れませんけどね😧」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「テークアウェイを取らないドリルでは
 ,泙此.哀螢奪廚前に出て ハンドファーストを造る
 ここから 始まる訳ですが…。」


店長「そうですね。良い着眼点です。
 アプローチに限らず、通常のショットでもそうですが
 それが トップオブスイングでの切り返し と
 考えて良いと思います。

 このドリルに テークアウェイを加えた…ならば
 切り返し時に ヘッドの自然な居残りが出来る
 無理な動きで ヘッドレイトを造るのはダメですが、

 自分は進む〜向きを変える、
 👉ほんのちょっと ヘッドは居残る、
 そう言う感じです。

 特に悶絶クラブでは そのヘッドの居残りは
 非常に分かり易い、はっきり表れます。
 非常に大きな特徴、メリットと言えます。
 ココは市販の硬いシャフトは不利でしょうね。
   … まあ…  それはさておき・・・


 それを 右手で『咥えてたまま』
 👉あとは向きを変える。
 そんな感じですね。
〇左向け左 - frame at 0m2s
 アプローチに限らず、ショット全般において
 トップオブスイング〜切り返しは
 からだにとっては 打つ為の助走の入り、ですが、
 腕にとっては インパクトの形 と考えて良いと思います。」

質問「ボールの位置が…。」

店長「そうですね。
 アドレス時に比べると
 ハンドファーストになって 腕とクラブが
 く の字になっている分、短くなり
 普通のボールの位置だと 届かない…。

 ボールの位置を やや右寄りにする、
 というよりも
 通常のショットのボールと自分の関係は変えず
 自分が その場で オープンスタンス、
 左向きにスタンスを変え、
 ボールと自分との位置関係を変えてあげる
 結果として 中めに入れてあげる・・・
 そんな感じが良いと思います。
2023-04-19_19-14-152023-04-19_19-14-47










 アプローチの場合では
 やや オープンスタンスを取る、
オープンスタンスを利用して ボールを中めに寄せる

 テークアウェイ始動時のクラブを動かす方向が
 限定され易いので 決まった動かしになり易い という
 ポイントも付いてきます。


 その量、度合いは打ちながら、練習しながら
 覚えていくコトに
なるとは思いますが…。」

 質問「今までの 振り子式、
 ヘッドを前に出すモノに比べると
 断然、ボールの出る方向が安定します。」

〇支部 昼連物語
店長「ですです。断然、違います。
 からだの回転でグリップが移動し、
 それによって 動いたヘッドの方向にボールは出ます。
 振り子式だと ロフトの変化、立体的なフェース面の変化が
 激しい分、ボールはばらけます。


 そうですね。ここでもう一つ覚えて頂きたい のは
 アプローチでは 運動が少ない、遅いですので
 シャフトへのヘッドの重さの負荷が少なく、
 トゥダウンの量が多くありません。

 ロフトの立ったクラブでは問題ないですが
 ロフト45度を超えるような ピッチングウエッジ以下のクラブは
 ロフトとライ角度の複合体であるフェースが
 トゥダウンが少ないので左を向き易い

 思っている以上に 左に飛び出し易い ですので
〇『立体的な』フェース面を 目標に向けておく
 👉リーディングエッジで言えば やや開いておく方が
 良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「この動きって
 からだの回転の動き と 振り子 の動きの対比
 に近いと思います。
〇支部 昼連物語
 多分…ご本人はそう言う認識は一切無い と思いますけど。

 ヘッドを出す、ために
 グリップを止めてしまうと
 ヘッドは急激に上がり
 フェースが自分の方を向いてしまう。
 全体像で言うと
 ボールの底を
『こする』ような形になります。

 特殊なショットを除き、
 このアプローチでは うまく『さらえれば』
 ボールの出球は高いですけれど
 スピンは入りません(少ない)。

 距離も飛びませんから
 上がったけれど バンカーは越えなかった…
 みたいなショットになったりします。

 また 動画の通り、
 奇妙なからだの反応、反射に近いでしょうね、
 左右のからだが もぐる〜逃げる を瞬間的に行うので
 ダフリ、トップ、チョロ など
 アプローチの典型的なミスになります。
で…どうするか と言うと
 グリップが止まる のが問題なんですけれど
 グリップだけを前に出しても 根本的な解決にはなりません。

 からだが廻ることによって
 グリップが出る、フォローが大きくなるは良いコトですが
 からだの回転が伴わない、左向きが無い場合、
 どちらが鶏で、どちらが卵かわかりませんが、
 グリップを出す、フォローを大きく取る、 と
 ヘッドを返す、フェースローテーションをする は
 悪い意味でつながっているとも言えます。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment
 からだが回って、左を向いて、
 その結果、グリップが移動する。
 インパクト以降 ヘッドは高くなりますが、
 からだの向きを変えて置けば
 グリップの高さが大きく変化しなくても
 ヘッド・グリップを含め クラブ全体が上がります。
20231180m220231180m420231180m8






 ショットにつなげるとするのならば
 からだの回転に伴い、左ひじ・左上腕を上げる意識があれば
 ヘッドの上がり、ロフトの変化も穏やかになりますので
 こすり難くなりますし、ミスも減らせます。 

 インパクト以降の左向き、
 それに伴う 左腕・左グリップの移動を意識すれば
 👉右向きも取るようになり易い。

 フォローを出すスクリーンショット 2023-03-09 202834
 フォローを大きくする
 そう言う意識のある、もしくは過去にあった人で👉
 
左右のグリップが離れている👉
 そう言うグリップの人は要注意です👉

 からだの回転無しで
 フォローでヘッドを出そう、
 ヘッドを走らせよう、なんて思っていると
 右サイドのもぐり が
 自然にグリップに表れてきます。

 ✋今一度 チェックをしてみましょう。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「今日は ショット全般に言えるのですが
 特に アプローチ・パターの改善 に効果のある
 ドリルをしてみましょう。」

質問「はい😌」

店長「ショットで言うトコロの
 手で振っちゃうか、からだの回転で打てるか、
 その瀬戸際は インパクト、インパクト以降で
 グリップ、左グリップ・左手、左サイドが止まるか否か、
 で決まってしまいます。」

質問「😧😧😧😧😧」

店長「まあ インパクトで左サイド、グリップが止まる、
 厳密には『止める』ためのスイングを造っているので
 握り(グリップ)やアドレス、テークアウェイの取り方も
 同じとは言えないですけれど、
 からだの回転で打つコトの出来る人であっても
 何かの理由で グリップを止めてしまう、
 そのショットだけ 手で振ってしまう と言うのは
 往々にして起こり得るコトです。

 まずは コチラからご覧ください。」

店長「
昼連を始めるまでの ショットの練習なのか、
 アプローチの練習なのかは定かではないですが、
 始めの2ショットをご覧ください。

 おそらく…ですが、練習場でもそうですが、
 コースのアプローチで 本当によく見る
 ごくごく普通な感じ、だと思うんですね。」

質問「ですね😌」

店長「ショットで言うトコロの
〇フォローを出す…とか、
〇ヘッドを出す…とか、 今風な言葉ですと
〇ラインを出す…とか、
 また 別な意味合いもありますけれど
〇インパクト付近で『ヘッドが走らせる』なんて
 言葉から導き出される可能性は低くない、ですね。
〇長崎支部 昼連物語 - frame at 0m4s
 グリップを止めて、ヘッドをヒョイと出す、
 そのために 左腕も左サイドも止まる。

 止まったグリップに対し、ヘッドを出しますから
 出たヘッドは かなりの急上昇します。

 それに応じてか、からだ、右サイドも潜るような感じになり
 左腰を引くような…言葉は悪いですが、
 へっぴり腰になるような感じです。
 …ヘッドが急に上昇すれば 右サイドがもぐるので
 仕方がないんですけどね。」

質問「どうしたら良いんですか❓」

店長「難しくないですよ。
 自分が どういう風にヘッドを出したいのか、
 フォローでヘッドを出すコト自体は決して悪いことではない、
 ですけれど ヘッド『だけ』を出しては
 かなり激しいミスの原因にもなりますし、
 アプローチであれば ヘッドがくぐってしまって
 だるま落としみたいな結果にもなり得ます。

 出したいヘッド 出したい方向、動かしたい方向 に
 ヘッドが行くように からだの向き で
 グリップを動かせば良いんです。
〇支部 昼連物語

 また 人によって ですけれど
 グリップを動かす と言うよりも
 右打ちの人の場合、
 『左ひじ、左上腕を動かす』と考えても良いです。
 グリップを出す のも 小手先で可能ですので
 からだごと グリップを移動させるように
 左ひじを動かしておく
 と言うのも良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「具体的にはどのようにするのが良いのでしょう❓」

店長「起こりガチ なんですけれど
 自分の動き(ストローク)にばかり囚われて
 物理的な事象を忘れてしまう
 という事があります。
IMG_0505ボールを打つ
ボールを転がす
それを安定させるには
ボールのどこを打つか

チャンと見定めないとイケナイですね。
 単純に 水平方向に打つのであれば
 ボールの一番 後方に膨らんだ部分を打ちたい。
 赤道と言えば良いのでしょうか。

 パッティングはオーバースピンをかける と言って
 赤道よりも下側の 南半球を打ってしまっては
 今度はパターフェースの当たり場所も
 ばらついてしまいます。

 実質的なイメージとしては
 北回帰線とまでは言いませんが、
 赤道よりも微妙に上側辺りを
 微妙に斜め下、水平よりもやや下向きに打つイメージで

 結果、ちょうど 赤道 と言う感じです。
IMG_0501
 弊社のブリストルやデール9でなく
 一般的なパターを使うゴルファーですと
 最近の主流は 重心が深く、低いマレットが多い。
 この手は ヘッドが前に、前に行こうとする誘導性が強く、
 また ヘッドの厚み(高さ)が無いので
 ヘッドの下側で ボールの下側を打ちガチ になります。
IMG_0502
 距離にもよりますが、
 ミドルレンヂ 3〜7m位の距離ですと
 普通のパッティングでは
 ボールの回転は 200〜500…数百回転/分ですが、
 パターの『歯』がボールに触れてしまうと 〜トップ気味
 パターの『歯』は角ですので
 急激に 回転が増えて 打つ距離にかかわらず
 数千回転/分に 回転は5倍にも、10倍にも増えてしまいます。
IMG_0507
 この回転の増加は 車で言えばホイルスピンのような状態で
 急激なボールの減速を呼んでしまい
 ボールが伸びなくなる、急ブレーキがかかる、
 ですので パターでは最も注意が必要な部分 です。
スクリーンショット 2023-06-18 232553
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す よりも
 遥かに  『転がり』 に影響のある部分です。
 ボールにも芯があり、ソコを打ってあげる
 結構、重要なポイントのヒトツ だと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「次に ですけれど
 真っ直ぐ打つコト
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出すコト
 によって 距離感を損なってしまう のであれば
 無視して良い
と思います。」

質問「😧えええええ😧

店長「えええええ😧😧

 だって ですよ、
 仮にショットだとしたら
 100ヤードのショートホールで
 グリーンの廻りが池の アイランドグリーンがあるとして
 だいたい そっちの方に打つコト も必要ですけれど
 約100ヤード って距離感も必要じゃないですか❓
495554f989b4c0e70bd6715283bad2bf-1200x800
 真っ直ぐ打っても 距離が合っていなければ
 短くても 長くても 池ポチャ
 勿論 アバウトでそっちの方向ってのも必要ですけれど
 どっちかと言えば 距離が合っている方が
 成功するチャンスは高いと思いません❓

 逆に距離が合っていれば
 ものすごく アバウト ですけれど
 グリーンの幅に行き易いのでは❓」

質問「そう言われれば…ですね。」

店長「今度ね、プロのトーナメント見て下さい。
 パター、パッティングの参考と言う意味では
 試合中継は グリーン上ばかりですから😌😌

 入る時は当然、距離感が合っている のですが
 外しちゃうのは
 ラインのミス、真っ直ぐ打てなかったミス、
 ではなく 距離感のミスです。

 距離感が合っていないコト が ミスを引き出します。

 距離『感覚』が合っていれば
 パターで悩みは深くなりません。
 道具・パターとしても
 入るパターなんてのは 存在しないですから
 距離感覚が身につき易い、
 距離が狂い難いパターが最優先です。

IMG_0619
 距離が合っていないから
 強いタッチになって 引っかけたり、押し出したり
 そう言うミスの方が圧倒的に多い。

 距離が合ってさえいれば どこかで入ります。
golfutikata233 もうね 真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す なんてのは
 一切 捨ててもいい位🤩
 自分の感覚的に
 打とうと思っている距離を打つ・打てる、
 そう言う感覚や練習の方が遥かに
 総パッティング数は減ります。 

 プロが器具を使って真っすぐ引く、真っ直ぐ出す、
 の練習をしていますけど
 それでも 入らないのは
 距離感が合っていないコトの方が 断然多いです。

 距離感が合っていれば 必ず入りだすモノです。
((パッティングストローク_Moment(2)
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出せても
 距離が合っていなければ 入りません。
 で チカラを緩めたり、強く入れたりすれば
 必ず そのストロークも狂いだしますし、
 そのホールは兎も角、次のホール、その日のラウンドに
 必ず なにがしかの影響が出ます。

 それは パットだけじゃ済まないケースも多い。

 ですので
 パッティングの肝は距離感 です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





店長「今更 なんですけれど
 ゴルフレッスン、ゴルフ用語で
 『肩をまわせ、肩を廻せ』と言われますけれど
 ニュアンスが伝わるか 若干、心配なんですが、
 我々のような アマチュアのオジサンおばさんゴルファーは
 若いプロのように
 肩を廻すコト だけでボールを打てるほど
 からだにチカラ、バネもないですし、
 それを真似ちゃうと からだを傷めたりもします。
202302241
 肩は機能としては腕の一部ですけれど
 位置としてはカラダに取り込まれています。
 ですので からだを廻す に
 肩を除外してはイケナイというか、
 からだと肩を別々にしては無駄が多いですし、
 故障の原因にもなり得ます。
 どの道、足腰をつかって
 骨盤を回しているので
 それと一緒に 肩も動かしておきましょうね。

 肩と腰・骨盤は別々に
 2回も からだを廻す必要はありませんよ。

 足腰・骨盤を廻したら
 肩部分も動かしておかないと
 肩から生えている 腕が進みませんよ。
 って意味なんです。

 肩で回れ✊
 からだの回転は 肩を廻すコト じゃないですよ。
 肩
『も』一緒に回しておかないと
 回転が二度手間になっちゃいますよ✊ ッテコトなんです。 

 Mさんの場合、たぶん、Mさんだけでなく
 かなり多くの悩めるゴルファーの場合、
 あとから リリースするから
 足腰・骨盤に対し、わざと 肩を遅らせて
 二度手間の回転になる訳なんですけれど、
 足腰・骨盤を先に廻し、後から肩だけ回す のを
 一般的には『手打ち』って言うのです。
〇もっこす君の練習 - frame at 0m42s〇もっこす君の練習 - frame at 0m43s









 自分では 肩を廻している✋ は イコール
 からだを廻して、からだを使って 振っている/打っている から
 正しい と信じていますけれど
 足腰・骨盤に対して 遅れた方の廻しは
 クラブが捩じられ ヘッド・フェースの開きが伴いますから
 どうしても クラブを回転、
 左右の腕の長さの逆転・入れ替えが必要になります。
 それを『手打ち』って言うんですね。」


 Mさんの打撃の 心臓部分は
 ダウンスイング後半の 腕のリリース、
 短くなった右腕を伸ばすコトなので
 どうしても肩の回転を遅らせます。

 足腰・骨盤は先に回っているので
 間合いが詰まった状態で 腕やクラブをリリース、
 長くするので 伸び上がりという間合い調整が必要になる。

 ですので フェースを下に向けて
 ソコからスタートする このドリルでは
 一気に左を向く は
 足腰・骨盤だけでなく 肩も回しとけ✊
 肩も『一緒に』左を向けろ✊  ッテコトです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Mさん「スイング映像送りました。
 なにか 改善点ありますか❓」


店長「そうですね〜。
 ご本人がソレを悩んでいるか、はわかりませんが、
 とても目につく部分で
 多くの人は ソレ を治すのに間違った道に
 余計な道に侵入してしまうので そのお話し、から。」

Mさん「あい。」 

店長「YOUTUBEにスイング動画アップし始めたなぁ〜
 と思って、数か月前から 毎回スイングを見ていたんですが
 気になっていた、気になっている点があります。
 とっても目につくんですね。

 まずは 動画を見て頂きましょう。

 スイング全般からすると
 ぴょこんと伸び上がるのが目につきます。

 頭や目線が トップオブスイングからインパクトにかけて
 5僂ら10兌紂々發なるんですね。
 コレって 傾斜地でフルショットしたり
 アプローチに苦労するんじゃないか と思うんです。
〇もっこす君の練習 - frame at 0m55s〇もっこす君の練習 - frame at 0m56s











 上手に当たっているのなら
 頭を動かすな✊ とは言いません。
 ただ 伸び上がり を治したい と思っているゴルファー向けに
 その原因と間違った対処法の話しです。

 伸び上がり、頭が高くなるのを
 単純に 伸び上がらないようにしよう、
 頭を動かさないようにしよう、
 という対処、治療は『間違い
です。

 まどろっこしいかも知れませんが
 誰もが 伸び上がりながら打とう、
 頭を動かしながら打とう、としている訳では無く
 『ソレ』が必要だから必然でしている、ので
 もしも 原因を根治せず、伸び上がらないように、
 頭の高さを変えないようにしたら、
 別のコト…
 例えば もっとヘッドターンを強くする とか
 右サイドをさげる とか
 より悪い方、より複雑、深入りしてしまう方に
 行ってしまったり、
 場合によっては 首や腰を痛めてしまう場合も
 決して少なくありません。
 また 伸び上がらない為に 無駄に深い前傾になったり
 より根深い問題にすり替わってしまうかも…です。


 また この伸び上がり、頭の上がり、の加減、量は
 振り加減に比例します。
 同じクラブ、アプローチショットであったら
 70ヤード打つのと、40ヤード打つのとでは
 この伸び上がり加減も変わるので
 ミスの原因になり易い と思います。
〇もっこす君の練習 - frame at 0m19s〇もっこす君の練習 - frame at 0m43s









 まあ Mさんの場合、急激な伸び上がりは
 微妙にインパクト以降ですので 問題はないのかも知れませんが、
 伸び上がりの原因が… おそらくですけれど、
 最大の悩みにつながる箇所なんじゃないでしょうか❓」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック







上から見たこのアングル
V字を維持してみよう 上編_Moment
トップの位置で形成される
 👉右前腕とクラブ(シャフト)の角度
厳密には 校ではないですが、
 このV字を維持したまま、打ってみましょう。

ウエッヂショットで 30〜40ヤードの距離位でしょうか
V字を維持してみよう_Moment
ショットのドリルにもなりますし
アプローチの改善にもなります。


V字を維持することによって
クラブと腕の長さが短いままです
(からだとヘッドまでの距離)

ボールでヘッドを探らず
からだの回転、左サイドの移動を持続しないと
ボールには届きません。
からだの回転で打つための周り方のドリルになります。

校を維持し、その頂点であるグリップを
いつも 回転の先頭 に置いておく感じです。
フェース面の作り方 というか
ボールへのアプローチ(進入)の仕方 を
 考えないと シャンクの佃煮になっちゃいます。
 ロフト(フェース)の開き癖も治せるかも・・・。

✋特に インパクト直前のリリースでボールを打つ人は
 ●からだの回転の仕方(左サイドを止めない)
 ●ロフトを開いて入れない

を同時に達成するための良いドリルになると思います。

アプローチにおいて
インパクト前後での 急なロフトの変化がなく
一定のロフト
一定の入射

になり易いです。
距離感は 自分の回る速度次第。
とても良い練習になると思いますよ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブの一般的な用語ですが
IMG_0591
ウッドでも フェース面側の角(エッジ)-赤線
 をリーディングエッジ
その反対にある奥側の角(エッジ)-黄色戦
 をトレーリングエッヂ
 またはバンス(バウンス)と呼びます。

そして このリーディング〜トレーリングエッヂの幅
 を バンス幅 と呼びます。

リーディングエッヂの中央部が
前(飛球線方向)に出っ張っている(膨らんでいる)モノや
バンスの形状、バンスの幅などは
使い勝手や好みなどもあり
各社、各種色々あって
 その中から選んでいく訳です。

wedge-bounceと同時に
このように
リーディングエッヂよりも
トレーリングエッヂの方が
低くなっている、下方に出っ張っている
その角度を バンス角度 と呼び、
機種によってはバンス角度があるモノ
(バンスソールと呼びます)

トレーリングエッヂの方が高くなっている
バンス角度のないモノ(スクープソールと呼びます)
など 色々です。

勿論 これはウッドなどにもあり
それをどう選んでいくかも ゴルフの楽しみであり、
『ゴルフの技術の一部』と呼んでいいでしょう。

4656cec4アイアンで言うと
3番や5番アイアンにも バンス角度は存在し
その角度は 3〜5度
ウエッヂのバンス角度は 12〜14度位ですので
番手がウエッヂになって行くに従って
徐々に増えていくような形状が一般的です。
写真のモノはアイアンヘッド単体を
地面に置いていますので、ネック部分が前に傾いている分
バンス角度があるという事ですね。

ティーアップして打つショットを除き
ウッドであっても アイアンであっても
地面にあるボールを打つ多くの場合
何らかの形で ヘッドは地面と接触します。
バンスは この接触の度合いを制限し、
かつ ヘッドの姿勢をある一定のモノに整える
修正してしまう機能をもっていますので
上手に使うと ミスショットに寛容な
安定したショットが打てるようになりますから
是非、是非、活用すると良いですし
その活用の仕方がスイングのヒントにも成るでしょう。


バンスの角度は
あれば あるほど 距離がしっかり出やすいウエッヂに
なって… ウエッヂショットは飛ばすものではない
と思うでしょうが、思った距離をある程度しっかり打てた時
ちゃんとその距離飛ぶことが重要で
よくある バンスの少ない サンドウエッヂで8度とか
アプローチ(PS)ウエッヂで6度なんていうタイプは
飛ばない・飛ばさないウエッヂで
ちょっとすると聞こえは良いですが、
必要な距離を打つのに、強く、速く打たなくてはならず
余程練習豊富な人以外危険な安全度の低いウエッヂになります。

アプローチ/PS で 最低10度…本当は12度がいいですね
サンドであれば バンカー専用なら16度以上
アプローチショットと兼用であっても 14度は
あっていいと思います。

バンス角度はある程度しっかりあった方が
絶対に距離の安定 ミスの寛容性が高くなります。


IMG_0496

バンス角度の目安 というか より良い使い方 は
ソールが地面と平行になる形が
理想的なインパクトのClub姿勢です。

バンス姿勢は ロフトを寝かせれば増える訳で
振り子の使い方をすれば
それだけ バンス角は可変に邪魔になる訳です。
bd169146-s

バンス角度・ソールを有効に利用するには
そのバンス角度 シャフトが前に傾いている分の角度で
支点運動・各角度運動を出来るだけしないよう
出来るだけ少なくして 体の回転で
クラブをスライドさせて入れてくるように
心がけて下さい。


adc717b3-s
肩であろうが てさきであろうが
ヘッドを振って ロフト姿勢を変えてしまうような
そんな振り方では バンスは要らないものになってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スタンスの向きの傾向とボールの位置 の
 スピンオフみたいな話し なんですけれど

 バンカーショット です。」
016
質問「バンカーショット❓」

店長「そう。
 多くの人が 通常のショットはやや右向き、
 クローズスタンスで構えていることが多い、
 と言いました。」

質問「はい。」

店長「ところが バンカーショットは
 なんだかよく分からないけれど
 オープンスタンスに構える のが良い… らしい
 と思っている人も多い。

 そう言うもんだ。。。と。」

質問「思ってます。」

店長「バンカーショットで
 オープンスタンスに構える理由は
 ロフトを開くため、開く場合です。
2023-04-19_19-14-47
 オープンに構えて
 スタンスに対して、打てる範囲で
 出来るだけ 左(右打ちの場合)に置いて
 ロフトを開くんですけれど
 ある種、特殊なショットと考えて良いです。

 許されるのなら しない方が良い。」

質問「しない方がいいんですか❓」

店長「普段のショットをクローズに構えている人は
 オープンスタンスが苦手です。
 
 オープンスタンスにすると
 スクエアと比べ ボールは中に入ります。

 バンカーでのオープンスタンスは
 ボールを左に置くため なのに
 ボールの位置は特に変えずに
 スタンスだけをオープンに、
 そして フェースもオープンに、
 狭くて 近い ボールの位置になっちゃいます。

 球筋で言うと
 オープンに構え、ロフトを開くため ボールを左に置く、
 は 入射を緩くして 打ち出しを取る為で、
 スピンはかかり難いけど フワッと 上に行き易い。

 ところが 慣れてないオープンスタンスのため、
 ボールの位置は中に入っちゃってる…、
 それでなくとも オープンだと中に入るのに…。
〇からだ - frame at 0m0s
 ボールは近く、空間は狭い 、
 キツイ入射になって ヘッドが抜けないから
 トップ気味になったり、跳ねてホームランしたり、
 あんまり良いコトは起こりません。

 特殊な条件で無ければ
 普通のスタンスで いつも通り打った方が、
 バンカーと意識しないで 打った方が
 成功率は高いと思うんですよね。」

質問「ええええええ」

店長「バンカーに限りませんけれど、
 スタンスの向きとボールの位置は
 ショットの是非の生命線です。
201902_078_00
 練習場で マットや線などの直線、四角で
 数を打っていればいるほど
 そのズレは ミスになって顕著に表れます。

 アプローチショットを含め バンカー内でのシャンクも
 かなりの可能性、それが要因だったりします。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「もうお気づきの方も居ると思うのですが…」

質問「?????」

店長「アマチュアのゴルファーの かなりの割合の方が
 つま先基準なのか、スライス防止の為なのか、
 クローズスタンスに構えている人が多い…と。」

質問「はい。」

店長「クローズスタンスは オープンスタンスやスクエア と
 比較すると ボールの位置 としては
 やや外目、右打ちで言えば 左に置かれている…と。」
001
質問「はい。」

店長「そして、総じて ですけれど
 本番…コースへ行くと ボールは近づく、
 中に入ってくる のが 
 ミスの原因に、主要因になり得る…と。」

質問「はい。」

店長「ですので ココにアプローチをミスする、
 アプローチが得意でない 原因があったりするんです。
 シャンクなんか 特にその顕著な例だと思うんですけど …。」

質問「!!!!!!」

店長「スタンスの向きって言うのは
 自分に対しての ボールの置き位置を変えない✊とすると
 向きを変えると ボールを中心に、右打ちですけれど
 右を向くと 自分が前に、
 左を向くと 自分が後ろに下がる のと似ています。

 その場で 開いたり(右を向いたり)
 その場で 閉じていては
 ボールの位置が 想定以上に動いてしまいます。
002
 普段、クローズスタンスに慣れている人が
 アプローチの時だけ オープンに構える って言うのを
 よく見かけるのですが、
 もし、その場でオープンに構えてしまったら
 ボールは かなり中に入ってしまいます。
 オープンに構えることに慣れていないですから
 適切なボールの位置が掴めないですしね。

 その場でオープンにしただけでも
 ボールの位置は かなり ボールは中に入るのに
 アプローチだから…って
 意識的に より中、より右に置く場合も…。
 場合によっては からだよりも右にボールがある、
 そんなことも起こりうるわけですよ。
 慣れてませんから…。
2023-04-19_19-14-152023-04-19_19-14-47











 まあ シャンク出易いでしょうね…。」

質問「!!!!  確かに…。」

店長「気温が下がってくると シャンクは出易いですけど、
 それは 寒くなって より近づいている、
 ボールを中に置いている可能性って高いと思います。
 統計を取った訳では無いので、断言出来ませんけれど
 かなり高い割合で コレがシャンクの大きな原因じゃないですかね。

 そう言う意味では 余程 特殊なショットを除いて
 アプローチのスタンスもいつも通り の方が
 いいんじゃないですかね❓

 勿論、練習による慣れで解決は出来ると思いますけど。

 振り加減にもよりますけれど
 シフトが少ない分、若干、中に入る程度、
 ボールの位置のみを変える位が妥当だと思います。

 
 同時に 二つのコト、スタンスの向きとボールの位置 は
 傾斜や状況がいつも違うコースで
 より複雑にしちゃうんじゃないですかね。

 
 また、ほどほど 上げる、高さを取るアプローチ、
 強く打たないけど、一応ショットのようにする のであれば
 尚更 ボールを中に、右に置く必要は無いと思います。
004
 アプローチの構え を見ていると
 これから どんなショットを望んでいるのか
 判別できない場合がとても多いと感じます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ