◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: ミスの軽減




例を出して考えてみましょう。


ここに
○75歳で ハンディキャップ 11 のゴルファーと
○35歳で ハンディキャップ 25 のゴルファー
 がいたとします。


巷に流れる「恐怖の呪い」通りに
「上手くなるほど 硬いシャフトを使う」にすると
40歳も年齢が上の 75歳の人の方が硬いシャフト を使うことになります。
少々 極端かも知れませんが、その「呪い」はそう言うコトです。

常識的に見繕って
75歳の人の体力 と 35歳の人の体力 を考えると
シャフトの硬さ の観点では 35歳の人の方が硬いシャフトを
使用していて 然るべき でしょう。


IMG_0361


スコアの多い、少ない ハンディの多い、少ない 
ゴルフを始めたばかり、長い経験を持っている などに関わらず

バッグに入っているクラブの 硬さ等 の流れは
統一とまでは行かないまでも 流れが有る方が良いです。
ある許容範囲の中の違い にあるに越したことはありません。



スコアのみを考える、と言う前提で
スコア が良くなってきた時、
スコア を向上させたい時、
考えなければいけないのは
『自分のスイングなどの欠点はとりあえず棚にあげ、』
☑苦手 を何か補う方が良いのか
☑逆に その苦手 を回避できる方法はないのか

というコトに為ります。
自分の頻繁に行っているコース
メンバーとなっているコースで
高い頻度で打たなければいけない距離 などを
どう攻略するのか

特に スコアが 100切り から 〜90前後 になるところ は
ドライバー と アプローチ の比重、重要度が高くなります。
460TL-3

ドライバーが苦手なのであれば
シャフトを硬くするよりも
ロフトを大きく したり、
長さを短め にしたり、
(今使ってるクラブを切っちゃ ダメですよ)
 するのも 一つのアイディア です。

それを シャフトを硬くする とか、
 ロフトを少なくする とか、
ハードルを更に上げる選択は
 どうにも トンチンカン だと思います。

アプローチなども
 正直、ロブウエッジは すべてのクラブの中で
一番 リスクの高いクラブです。
アプローチを苦手にしているのであれば
 ロフトは56度まで と考えて
同じセッティング(硬さをちゃんと統一)にしたうえで
 アイアンに比べ やや柔らかめ のセッティングで
 45〜48〜52〜56度 を細かくしてみたり、
グリーン周り の チッパーやジガー なども
活用してみると 良いのではと思います。


私は古い人間ですので
 なんとなく そうなのかな と思うのですが、
車やテレビを新しく買い替える時、
 以前の車よりも高級にする。。。とか
 以前の車よりも大きくする。。。とか
なんとなく そう思い込んでいるフシ があったり、しますが
ゴルフクラブは道具 なので
スコア という 数字 を向上するには
数字(数値)を考えないで
 厳しい言葉ですが
「他人から 上手く見える」というフィルター を
外さないと 結果がついてこない と思います。

実際には 新しく購入出来たことを「羨ましく」思われても
貴方のクラブのスペックなんで 誰も気にしていません。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


よく耳にする ゴルフスイング用語、
 〜【タメをつくる】〜 についてのお話し。

タメの有るスイングとか、今のは良いタメだ、などと聞きますが、
いったい タメ って何でしょう?
おそらく 該当する漢字は 「溜め」だと思います。

この場合の タメ は 何かに対する何かの遅れ、ズレ に
相当すると思いますが、
ゴルフクラブの場合、特にシャフトに関しては
グリップに対し、ヘッドが遅れ、
それを「シャフトの弾き、もしくは、反発 によってボールを弾く」

だと思われています。

 コレ、クラブ製造、シャフト開発 の立場から言わせて頂くと
それが シャフトの仕事、役割だと「勘違い」している人が
殆どだと思うのですが、はっきり言って 間違い です。
達人のココから盗め_Moment(4)

ヘッドがグリップに対し、遅れて、それをシャフトが反発し、
ボールを弾く のには そのシャフトが弾く分、
グリップを止めなくてはイケマセン。

グリップが一定の速度、または加速状態 である限り、
シャフトがどんな硬さ〜柔らかさ であっても
シャフトがどんな高弾性であっても
ある一定のシャフトのしなりが保たれたまま、
硬さ〜柔らかさ の分、グリップとシャフトの相対関係は
永遠に続きます。

そもそも、グリップに対するヘッドの遅れ、ズレ を
✋ロフトの立ち にするのか、
✋ロフトの開き にするのか、

によっても 考え、やることは大きく異なり、

❶ロフトの立ち、であれば達人のココから盗め_Moment(2)
その、所謂、シャフトのタメ、ヘッドの遅れ を保ったまま
グリップを移動し続ける、一定の速度、もしくは加速させ
グリップを動かし続ければ良いだけ です。

❷ロフトの開き、であれば
そのままではボールは打てません。
極端に言えば、スイングの中でロフトが寝れば、
フェースでなく、ソールがボールと相対するコトになってしまいます。
ロフト、フェースを元に戻す
 開いたフェースを閉じる方向に動かさなくてはなりません。
これは 前述の通り、グリップの移動を減速、停止させねば
実現不可能な訳ですから、
タメを作ったとしても そのタメを開放、結局、元に戻さなくてはならない
しかも、その動作が人為的なモノ であるなら
タメ ソノモノの意味は全く無いばかりか、
より一層忙しく、難しくするためのモノ が タメ になる訳です。

ハンドターン (3)



❶タメ(ヘッドの遅れ)が ロフトに立ち になるのなら
あとは回転し続け、グリップを移動させるだけ。
👉これであるのなら タメ の意味は理解出来ます。

この場合のタメは
 からだの回転に対し、グリップは遅れず、
 ヘッドの重み(運動も加わった)分、ロフトが立つ ですので
ボールをより少ない動作、少なり速度、で
安定させ、繰り返しすることが可能ですので、納得ですが・・・

👉ヘッドの重さ、シャフトの柔らかさ、運動 が加われば
自動的に、オートマチックに出来るタメ を
放置したまま、運動を続ければ良いだけです。

ココを治したい❷_Moment(3)ココを治したい❷_Moment(4)






タメ(ヘッドの遅れ) ロフトの開き(フェースの開き)であるなら
インパクト付近という 一番忙しいトコロで
そのタメを「元に戻す」、より理想的な状態に戻す というコトを
飛ばすために 速い速度で行わなくてはイケナイ
どう見繕っても お得なスイングとは言えませんし、
 タメを作った意味が理解出来ません。

タメを作っても 結局、それを元にもどし、
言ってみれば、片付けを 自分の労力で何とかしなければならない。
それが タメ であるのなら 要らないでしょう。
その 元に戻す行為 が ボールの飛距離と同時に、ショットの是非
方向性や繰り返しをどんどん悪化させています。




その「スイングのタメ」、本当に要るの❓





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 



多くの人は ショットの安定は
ボールの飛び出る左右方向や曲がり ばかりを
気にしているように見えます。

しかし、ショットにとっての安定は
まず 距離が基本であって
自分の打つ番手、打つクラブのおおよその距離が
決まっているから
それに応じて 構える方向を決めたり
安全な区域を探したりする訳です。


距離を決める おおよその要素は
スピードとロフト効果 によります。

ヘッドスピードはとりあえずヘッドの移動速度
と形付けてはいますから
頭の中では ヘッドを速く動かそう
ヘッド「だけ」を速く動かそう と考えてしまいがち ですが

本来は ヘッドスピードの源は
ボディスピード〜回転の速度 です。
部位で言うのなら グリップスピード です。
乱にんぐアプローチどりる_Moment(2)

それをヘッドだけスピードアップ
と考えても ヘッドスピードなんて早々あがりませんし、
ヘッドだけを動かす打ち方は
もう一つの要素の「ロフト効果」を
スピードを上げれば上げるほど乱す要因になるので
自分のいつも通りの 運動速度 をキープする
ことの方が大切です。

また ヘッドだけを動かす動きは
動かせば動かすほど 左サイドが上がり
右サイドが下がる 煽り打ちの姿勢につながるので
目標として狙うべきものではありません。

555

そして もう一つのとても大切な要素のロフト効果 は
インパクトのロフト だけ でなく
ヘッドの入ってくる上下(高さ変化)の軌道も
ボールを飛ばすロフトの効果の一つ である
としっかり認識した方が良いです。


そう スライスなどの右回転、左回転と
上下(縦)と左右(横)が入れ替わりましたが
全く同じものです。

これも毎度のショットの出来るだけ安定させるには
グリップを動かす という事を念頭において下さい。

ヘッドばかりを動かすスイングだと
ヘッドを動かす(角角度運動)をするほど
ロフト姿勢も変わり、入射角度も常時変化します。

また この動きが良く無いのは
グリップに対し ヘッドが遅れている と認識し
ヘッドを追いつかせようとすればするほど
グリップの移動が滞り
追いつき始めると グリップが後退するような状態
になってしまうので
ロフト姿勢変化、入射角度変化がより激しくなります。

トップ・ダフリの話とつながりますが
体の回転で グリップが動いて ヘッドが入ってくれば
ヘッドは上から入ってきますので
ボールとヘッドの関係が 上下に多少ずれても
大きなショットのミスにはなりません。
IMG_0484

ところが ヘッドだけを動かして
ボールを弾くような打ち方だと
ヘッドの方が後ろ 遅れていれば良いですが
ヘッドの方が前に出るような状態に近づくと
ロフトも増え(フェースが上を向き)
と同時にヘッドも高くなり始めるので
薄く当たった時 必ずトップになります。

ヘッドが遅れている と言う感覚の持ち主の場合
ヘッドが追いつくところが ボールより手前なら
それが ダフリやトップになってしまう という事です。


体の回転によってグリップを動かす
グリップを動かすことが唯一のヘッドを動かす方法
というのが ミスの激減にもつながりますし
総じて 飛距離アップにもつながって行きます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


軽いヘッド 硬いシャフト のゴルフクラブ と
重いヘッド 柔らかいシャフト のゴルフクラブで
打ち比べると 最大の違いは
 ボールに届くか届かないか に感じます。
スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)

まあ ここがゴルフというか、ゴルフクラブの面白い
ところではあるのですが、
一見すると 重いヘッド/柔らかいシャフトのクラブの方が
シャフトが『垂れる』ような気がして
それによて 地面にあるボールに届きやすい
と認識しますが、
動くシャフトは しなっている時間が長い…です。
しなっている ということはクラブが短くなっている
ということですから、じつはそれには当たりません。

どうクラブを使うか によっても違いはありますが
本来の 
クラブの働きは
 すべてグリップに働きかけるもの
 です。

重いヘッド/柔らかいシャフトのクラブの方が
グリップの位置を押し下げ
進行方向にグリップを押す働きが強くなりますから
そういった訳で ボールに届きやすくなるわけです。

いっぽう 軽いヘッド/硬いシャフトのクラブは
その作用が少ない…ほとんどないですから
自分自身がボールに「届かせない」と行けません。
ですので 自然に右サイドが下がってくる 低くなる
スイングを覚えることになってしまいます。

そのままのスイングで 重いヘッド/柔らかいシャフトの
クラブを使うと 右サイドは下がっている
グリップは下げられる の W効果になりますから
始めはダフりの連続かも知れませんが
右サイドを下げる体の姿勢は
本来 人間にとって不自然な苦しい姿勢ですから
自然に消えていきます。
スナップショット 5 (2013-11-13 6-42)

逆に 重いヘッド/柔らかいシャフトのクラブを
使い慣れている人にとっては、その逆のクラブは
始めはトップ・チョロ連発なのですが
段々と届かせるような体の姿勢になって行きます。
行きますが、一度右サイドの高いスイングを覚えているので
その不自然な姿勢に「身の危険」を感じるのです。


軽いヘッド/硬いシャフトを使ってボールを打つ人にとっては
右サイドが下がり切るまでに ふたが閉じてしまうまでに
インパクトをすり抜けてしまわなければなりませんから
必然的に ダウンはクイックな早い速い動作にせざるをえません。
若い人には可能…かもしれませんが
おじさんには苦しいスイングになりそうですね。
4289f9fa-s

右サイドが下がる=左サイドがあがる
左サイドがあがる=体が開いている
ですので、その手のクラブを使う限り
基本 スライス系等のボールがベースになります。
ダフル に加え、体が開く というのも
同時進行で付いてきますから
急いで 急いで ヘッドをターンさせ
ひっかけを打たなければならないのです。
自分の「使える球筋」が 本来であればミスショットの
ひっかけ
 なのですから 何とも悲しい顛末です。

それに伴って
其の姿勢 右サイドが下がる姿勢が定着しますから
クラブヘッドに奥行きのある フェアウェイウッドが
苦手になります。
同時に 急いで打つ習慣が身につくので
アプローチショットも苦手になりがちです。

どんなクラブを使うか によって
そのクラブを使ってボールを打たなければいけない訳
ですから、身につくものはかなり違いが生まれる
ということでもあります。

クラブを製造販売する立場の私が言うのもなんですが。。。
軽いヘッド/硬いシャフトのクラブは
中古市場やネットオークションなどの大半を占めています。
要するに 使えないクラブの墓場 です。
よって 廉価な価格で取引されるわけですが
それがもたらすスイング、身につく体の姿勢
そして それによって痛める体
ゴルフを断念してしまうこと も付いてまわりますから
実は 高くつく ことになるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


『同じヘッドスピードや体力でもヒトによって、
 または そこそこの似たような当たりでも
 高さや距離などいろいろな球がでてしまうのは
 なぜなのですか?』 と言う質問を頂きました。


 不思議に思うのももっとも ですよねー。

 それが 球体 と言うモノを使う楽しみ とも言えますけど…。


それを何で行うか(腕さばきか、体か) という方法論は抜きにして
スイングは 傾きがあって クラブの向きを変える(クラブターン)
俗に言う スイング軌道、円を描く訳です。

スイングを時計盤と合わせてみましょう。
i320本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(6)本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(5)





分かり易いので スイングは背中側からでなく
腹、お腹側の正面から見る角度に設定し、
時計の「分針」は逆回り 55分⇒50分⇒45分⇒40分…と言う進行で。

同じヘッドスピードの人が
6番アイアン位〜ロフト30度のクラブを持ったとします。

誤解を生み易いので 言っておきますが、
腕の働きとからだの回転の『合体行為』によって
スイング、特にヘッドの軌道は生まれますので
例えば インパクトが 30分の場所 だと仮定しても
事前の意識として そう動かすモノではない というコトです。
実態で言えば 腕で 45分の位置程度 に
からだの回転が加わるので 35分あたりがインパクト位置や
インパクトのシャフト角度になる というコト です。

そこらへんは また別の機会に話をするとして、
人によって、または自分が打っても 微妙なタイミングの違いによって
●ヘッドが入ってくる角度
●ロフト姿勢
●それに伴う フェースの向き
●それにともなう微妙なヘッドスピードの差異

があります。

機械的、機械にショットさせるとすると
分かり易いので 少し大雑把にしますが、
❶30分時がインパクトであれば
 地面を対象にした インパクト時のロフトは30度です。
❷35分時がインパクトであれば 
 地面を対象にした インパクト時のロフトは25度です。

機械 なので どちらも 入ってくるヘッドの進入角度は同じ。
それでも 同じ弾道や距離にはならないでしょう。

❶の方が 初期に飛び出る角度は高め
❷の方が 初期に飛び出る角度は低め
 です。
ボールのスピン量は
❶の方が少な目 になりやすく
❷の方が多め
 になりやすいです。


 これが人間だともっと差が生まれ易くなります。


そこが円軌道の面白い というか、 怖いトコロです。
同じような作業、運動をしているつもりでも
30分の場所「までは」 下に移動させる作用 ですが
それを超えると 真反対の 上に移動させる作用 になります。

さきほどは 双方ともに 下に移動させる作用の中で
インパクトを迎えていましたが、
ボトム である 30分を境目 にすると
今度は 上に移動しているヘッドでボールを打つコト
になるので、同じ5分の違いでも 更なる差が出ます。

インパクトが遅れれば遅れるほど、
時間が掛かれば掛かるほど、
からだは上を向き、左を向いていきます。

時計自体が傾いていく・・・

 30分の位置がボトムだったのが 35分…40分がボトムに

なってしまうような症状が出てきます。
機械とは同じになりません。
ですので インパクトが 35分〜30分〜25分
と 遅れていくほど 上に動かす度合いが強くなります。
どんどん 重さが右にかかっていく というコトです。
そうなると より ロフトの作用は大きくなります。
打ち出し角度が増え、製品ロフトなりのスピンが減っていきます。

i320






27.5分の場所と32.5の場所 は
25分の場所と30分の場所 以上の差が生まれます。

そう言う意味でも
スイングのイメージを
ボトムである 30分にするのではなく
35分、もしくは40分 にしておいた方が
スイング毎のズレ、のばらつきを抑えられます。
✋どの道 微妙にはズレるのですから・・・。

また これは
同じ人の ロフトごとのショットにも出てきます。
ロフトの小さいクラブは クラブが長く
 ヘッドスピードが高くなります。
特に ドライバーはティーアップをして、その分、やや左
に置くので、35分で打つイメージで行っても
意図的ではなくとも ややアッパーの軌道に入ります。
打ち出しがやや高めで スピンが少ない弾道になりますが、
元のヘッドスピードが高いので 失速にし難いですが、
ティーアップを別として、
それと同じことを ロフトの大きな、クラブの短い
元のヘッドスピードの低いウエッジでやると
 失速する恐れがあります。
アッパー、日本語では煽り打ち とか、しゃくり打ち と
呼ばれていますが、その傾向の強い人は
ロフトの大きなクラブが飛ばないコトが多いのは
そう言う理屈 です。


✋✋✋誤解を生み易いので もう一度、言っておきますが、
腕の働きとからだの回転の『合体行為』によって
スイング、特にヘッドの軌道は生まれますので
例えば インパクトが 30分の場所 だと仮定しても
事前の意識として そう動かすモノではない というコトです。
実態で言えば 腕で 45分の位置程度 に
からだの回転が加わるので 35分あたりがインパクト位置や
インパクトのシャフト角度になる というコト です。


まあ これに今度の左右の軌道とヘッド姿勢が加わりますから
似たような弾道を打ち続け易い打撃法と
一か八か に近い打撃法 を明確に把握し
追及する方がより良いと思います。

と同時に アウトサイドインとか、インサイドアウトとか
兎角 左右のスイング軌道の話題ばかりですが、
実は こちらの方が重要・・・距離を追求したいアマチュアには
大事なのかも知れません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これって 飛距離不足に悩む人の決定打‼
残念ですが、治る方法の決定打ではなく、
飛ばない、飛ばさない決定打 だと思います。


✋テークアウェイのトコロからやりましょう。
 腕は全く 使わず、
  足さばきで 右を向きます。

アプローチの延長線、
グリップ自体の、クラブの高さも
アドレスのまま
前傾姿勢があり
(右を向いた時、右サイドの方が左サイドよりも
 その前傾分だけ高くなる)

スイングの軌道、軌跡の基準になる
 その前傾姿勢の分 右を向くと
グリップの位置も 少しだけ高くなります。

スナップショット 3 (2017-06-28 19-07)スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)








意識としてはあげませんが、
多くの人は その際、ヘッドも、グリップも下げてしまっています。
アドレス時、
ヘッドやクラブの重さを地面に預けていたのが
離れるのですから、重さが急に増えます。
その分は しっかり つる?というか
上げておかないと スイング軌道分は高くなりませんよ。
  特にヘッドね。

それはさておき、
アドレス時、ロフトは割愛し、
…この場合、ロフト0度の絶壁とイメージして置いた方が良いでしょう。
スイング軌道…まだ動かしていませんが、
シャフト(軸)とフェース〜リーディングエッジ(フェースの横)
の関係は 90度前後、
構え方やクラブの特性の除外し
概ね、直角の関係です。
スイング軌道上にあるボールを打つんですから当然ですね。

体の向きを右向きに変えていきます。
ヘッドの軌道の直角の関係は変わりません。

ただ 前傾姿勢があり、
スイング軌道の基準が 傾いている
この映像のアングル、こちらから見た目で
写真に向かって左が高く、写真に向かって右が低い
ボールに近い方が低く、遠い方が高い
この軌道に対し、ヘッドの直角は変わりません。

アドレス時、0度のロフトのクラブ(何度であっても同じですが…)
は 横を向いており
その状態では 飛球線基準で
ヘッド〜ボール〜打ち出し方向 と言う順序です。

ところが からだの回転以外 何もしていないのに
スイング軌道が傾いている(前傾姿勢)が故に
右を向いていくと フェースは下に向いていきます。
その傾きの分、なので たいした量ではありませんが、
アドレスと比較すると はっきりと 地面向き です。
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

その下向きの量は ホントにたいしたコトはありませんが
一般的な、スイングプレーン流儀の
ベルトのバックルはボールに向けたまま、
胴体をひねって、肩だけ回して取る テーク「バック」では
かなり 大きく フェースは空を向くコトに為ります。
手だけで上げる訳…ですから
車のハンドルを右に切るように
 右ひじを支点として 腕ごと、クラブを右に倒すのですから
結果、ロフトはだた開き、
 フェースのあるべきところ 向いているべきところが
 ソールになってしまうほど です。
それと比べると、それをしている人からすると
なんだか 思いっきり 閉じて、シャットにする、
 フェースを地面に向けるような感じがするほどの差異でしょう。

スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)


素振り…シャドースイングでいいのですが、
この下向きのフェースは
 からだの向きを戻せば 元のボールと横の関係、
 ヘッドの遅れ分、やや下向きは残りますが、
 フェースは横向きの戻ります


これを自分でしてしまったら…
行き やっていない 手さばきで
フェースの横向きをしてしまったら・・・・・・

ロフトはもっと増えます。
体もやや上向きになりますので
 フェースはやや上向き 👉ロフトが増える


こりゃ 飛ばない ですよね。

スイングのボトム、最下点もかならず 右にズレる・・・
アマチュアの決定的なパターンだと思います。

IMG_0491

     また 明日・・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



✋オーバースペック(きついクラブ)
 〜主にシャフトの硬い & ロフトがきつい 
と 
✋アンダースペック(楽なクラブ)
 〜主にシャフトの柔らかい & ロフトが緩い

ゴルフを覚える際、
スイングを練習する際、 どちらが良いか というと
圧倒的に後者 アンダースペックなクラブ です。
葛谷 2017-2020_Moment(2)

代表的なアンダースペックなクラブは
男性にとっての女性用クラブですが、
市販のクラブはそこに少々難点があります。
・・・シャフトは柔らかく、ロフトも大きいのですが、
 そのシャフトの柔らかさに対し、極端にヘッドが軽いので
 シャフトの柔らかさの利点が活かせません。
 ✋少なくとも 鉛など張り 粥㉚gは欲しいトコロ…です。


その理由は
 シャフトは自分のスイング、動作を補助する役割 です。
硬いシャフトでは
主に しならせて しなり戻して使う コトを覚えるのでしょうが、
よ〜〜く考えると それは シャフトの役割 ではなく
 単なる自分の動作です。
どんなシャフトでも 自分の好き勝手に使う というのでは
 シャフトの助けを得られません。
長いゴルフライフの中で どのクラブを使っても同じ・・・
 と言う言葉を頻繁に耳にしますが、
まあ 例外なく オーバースペックなクラブを使ってきた人
 の定番のセリフです。


シャフトの伝達 が ヘッドの姿勢、
重心の位置を打ち手に伝え、
その重さによって グリップを動かす、
即ち クラブ自体を動かすコトが シャフトの機能 です。
それを覚えるには アンダースペックの方が良いでしょう。
重心のかかり方 (2)

また しならせる しなり戻す と言う動作は
動作を途中で変速、動作速度を途中で変える必要が出てきます。
しならせる は 加速動作 が必要です。
しなり戻す のには 減速、もしくは静止動作 が必要で、
準備である テークバックで 加速動作 をして
ダウンスイング、インパクトにかかる後半に減速、静止動作 をするのですから
それは スイングの手順からすると 反対 になるわけです。


ヘッドの重量がある程度 しっかりしていれば
ヘッドの位置やヘッド〜フェースの向きなどによる違いも
感じられるようになり、スイングの位置や姿勢が把握し易くなります。


ゴルフの初期やスイングの覚える時期 に 硬いシャフトを手にすると
往々にして、深いトップ、オーバースイングになりガチ です。
シャフトが柔らかく、ヘッドの重量がしっかりしていれば重心のかかり方
クラブを暴れさせるような テークバックは取らない でしょうから
コンパクト目のトップの位置になるでしょう。
 交互に打った時にも その効果ははっきり表れます。





また ロフト使いについても 大きな差が生まれます。
 ボールをつかまえる というコトは 『ロフトの使い方』 を指します。
厳しいロフトのクラブを上げられるようにする訓練は
 ヘッドスピードと言う点では理解出来ますが、
それを除けば わざとつかまらないように打つ につながります。
上がり易い、大きなロフトのクラブを
 低めに打つ というのは イコール つかまえて打つ コトにつながります。
スライスに悩む人は
 柔らかいシャフトで大きなロフトのクラブ で
  低い球を打つ訓練をすれば 解消し易いでしょう。


上手になると より硬いシャフトを… というのは
慣れてきて ヘッドスピードが出せるようになった という一点においては
理解出来ますが、単に腕力勝負に挑んでいる
という認識を私は抱いています。

ああああ そもそも 今までよりも 柔らかいシャフト になると
 弾道が高くなり、スライスになるのは クラブが使えていない証、
本来は 低くなり、フック、柔らかさの度合いによっては どフックになります。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ドリルも兼ねて、ですが、
アプローチショットのポイントは
●動作を複雑にしないコト です

あそこでこうやり、ここでこうやる
今はこうして、後からこうする みたいに
 幾つかの動作の複合にしないコト です。

乱にんぐアプローチどりる_Moment乱にんぐアプローチどりる_Moment(2)





アプローチも一種類
あとは クラブとセットアップだけを変える
程度の シンプルなモノにした方が良いでしょうね



小さなショットやゆっくりしたショット
加速をあまり入れないショットは
 「足」 「脚」 が得意とするトコロです。



全体に シャット
 フェース面をやや地面向きを意識して
あとは 脚を動かすだけ でショット、アプローチする癖
を付けましょう。

ミスを回避するという目的もありますが、
小さなショット、短い距離であっても
トップオブスイングでセットした
 👉腕とクラブは そのまま固定。


足を動かす事で打ってみましょう。
達人のココから盗め_Moment(5)

腕の補足もゼロとは言いませんが、
ボールをさばく〜インパクトのトコロは
ほぼ全く腕・・・肘も手首も使わない と考えて下さい。



アプローチであれば
 ボールをやや中寄りにおいて ランニング
 やや開き目に左めにおいて ピッチエンドラン

アドレスによるセッティングの違いだけで
 基本は全部 足さばきでのショットになります。

よく「ひざの送りが…。」なんてセリフを聞きますが、
アプローチ、ショットを上体、特に肩でやっている証
とも言えます。

例え 上げる必要のあるショット であっても
肩を使った揺さぶりは ミスを誘発します。

✋ウエッヂの重心(重量の中心点) は
 ヘッドの中にありません。
 ロフトのせいで
 フェース面、ボールの当たるフェース面よりも
 前にあるのです。
001

ですので 感触としてのヘッドは
 実際の位置よりも 前にあるように感じます。
 感触として ですが、実際のイメージが一瞬遅れる感じ…です。
ボールを上げようとした時、ダふり易くなるのは それも原因です。
腕や肩など ゴルフクラブに近いトコロで動かそうとすると
 その動いた ゴルフクラブの重さに反応してしまいます。


セットアップを除き
上げるショットであっても 普通に足を使うことをお薦めします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ドリルとしても
グリーン周りのランニングアプローチ
ウエッヂを使っての ピッチエンドラン

ゴルフショット、ゴルフスイングの基本になるドリル・ショット
ここから始めてみましょう。

乱にんぐアプローチどりる_Moment乱にんぐアプローチどりる_Moment(2)







例えば お家で ゴルフボールではなく、新聞紙を丸めたモノや
ピンポン玉、プラスチック、スポンジのボールを当てる
(打っても危険でないモノね) と仮定し
まずは ヘッドのその重さを無視する、
自分のからだの周りで グリップを動かすコト
で アプローチ〜ドリルをしてみましょう。
 主な動きは フットワーク です。

ヘッドを引きずってくる感じ ですね。

からだの向きで グリップを動かし
 ヘッドをコントロールすると
狭いエリア、フォローが大きく取れない空間であっても
 からだの向きでコントロール出来るので
強さは兎も角 打つコトが可能です。
達人のココから盗め_Moment(2)達人のココから盗め_Moment(4)






✋スイングを終わるまで 体を回します。
打つ距離、その度合いにもよりますが、
小さなショットとは言え、ちゃんと左を向きます。
ヘッドがグリップを追い越すことは無く、
距離に関係なく、トップオブスイングでの
 ヘッドとグリップの相対関係は最後までずっと同じです。




今度は ハミングバードでは出来れば「避けましょう」
ヘッドを振るショットです。
俗に言う「振り子のアプローチ」

 インパクト、もしくはインパクト直前直後で
ヘッドがグリップを追い越し、ヘッドの方が先に出ます。
✊ミスになった場合、
 大抵、「しゃくってるよ」と言われるアプローチ、ドリル です。

振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)




まず これは 狭い、限定的な空間、
特にフォローの出しにくい空間
 ボールを打つと 必ずどこかにクラブが当たってしまいます。
自分の動作 イコール ヘッドの動作 ではなく
 小さいショットであっても、ヘッドを放り投げる
ヘッドの進行を解放するように打つので 当たってしまうのです。

二つを行うと
後者の「振り子のアプローチ」が
回転と言っても、からだ・・・ではなく
肩の回転と言うのに気付くかも知れません。
(回転。。。というが 上下の揺さぶりに近い…でしょうか)



前者の からだの回転でグリップを動かし、ヘッドを引きずる
後者の 肩の揺さぶりで ヘッドを出す

前者のショットに比べ、後者のショットは
ロフトが大きくなり、入射が緩くなります。
弾道としては 前者に比べ
「打ち出し角度が高くなり」
「スピンの量が減ります」

フワッと上がりますが、落ちても惰性で転がる量は多め です。

同じヘッドスピード、距離感で打った場合、
後者の方が キャリーボール、総飛距離共に短めで
後者のアプローチで打つ場合は 数割増しの距離感が必要です。
ココを治したい❷_Moment(4)

👉振り子のショット と言うわけではありませんが、
アプローチにおいて 後者のショットが「無い」か
と言えば、場面によっては 行う場合もあるにはありますが、
ショット全般に対する「芳しくない」影響があるのも確か、です。


また 後者のショットを
より開いたロフト、緩い入射角度 で入れると
ボールが低く飛び出て、スピンがかかり易い球になりますが、
アマチュアレベルの練習量、頻度では あまりに危険です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




上から見たこのアングル
V字を維持してみよう 上編_Moment

トップの位置で形成される
 👉右前腕とクラブ(シャフト)の角度
厳密には 校ではないですが、
 このV字を維持したまま、打ってみましょう。

ウエッヂショットで 30〜40ヤードの距離位でしょうか

V字を維持してみよう_Moment


ショットのドリルにもなりますし
アプローチの改善にもなります。


V字を維持することによって
クラブと腕の長さが短いままです
(からだとヘッドまでの距離)

ボールでヘッドを探らず
からだの回転、左サイドの移動を持続しないと
ボールには届きません。
からだの回転で打つための周り方のドリルになります。


校を維持し、その頂点であるグリップを
いつも 回転の先頭 に置いておく感じです。
フェース面の作り方 というか
ボールへのアプローチ(進入)の仕方 を
 考えないと シャンクの佃煮になっちゃいます。
 ロフト(フェース)の開き癖も治せるかも・・・。

✋特に インパクト直前のリリースでボールを打つ人は
 ●からだの回転の仕方(左サイドを止めない)
 ●ロフトを開いて入れない

を同時に達成するための良いドリルになると思います。



アプローチにおいて
インパクト前後での 急なロフトの変化がなく
一定のロフト
一定の入射

になり易いです。
距離感は 自分の回る速度次第。
とても良い練習になると思いますよ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



❶まず ファーストステップ として
 右を向いた状態をロック!
 先に
 クラブや腕の重さで 左上腕を『落とす』 から始まる訳です。

謎のストーカースイング_Moment謎のストーカースイング_Moment(2)






クラブや腕の重さで 左上腕/茱哀螢奪廚落ちる
ボールを打つための 望ましい方向に重さが掛かる
トップの位置
テークバックの取り方 は
必要になりますから
どう重さが、どの方向に重さが掛かると良いのか
自分なりの工夫は必要でしょう。



球数 をそこそこ打っても
なかなか タイミングが「先に腕が落ちる」に馴染めません。
それは何故か・・・  次のステップです。


❷左上腕が先に落ちる(イメージ)
どの方向に行くのか、どの方向に進むのか、
行く方向と経路が
今までとは異なるのです


フェースターン〜手でクラブを振る人は
ヘッドをターンさせるため、その時間を稼ぐため
長い経路、膨らんだ経路をとります。

ヘッドターンするには 右手が左手に追いつく必要があります。
故に 左グリップの経路を膨らませ、長く取り
その時間を与える訳です。 

ミスターKの法則1_MomentミスターKの法則1_Moment(2)










インパクトするための 通過点(目標点)は
もっともっと 直線的なモノです。
後から付いてくる からだの回転に横軸、
グリップを落とすコトによる縦軸、
それが同時進行していくのです。
腕を円に描く というのは
 からだの仕事を奪ってしまっている とも言えます。


スイングをこのように アドレスの正面から撮影すると
兎角 スイング軌道を考えて 丸く動かしガチ ですが
スイング軌道は 土星の環 のようなモノ です。
ある方向から見れば円ですが、ある方向から見れば線 です。

スイング軌道は 向きの変更によって 円を描きますので
上(本当は斜め上)から見た時 円になりますが、
正面からの画像では 限りなく直線に近い
円と言っても直線に近いような ふくらみのあるライン程度 です。

からだと左腕の関係を見る👀 と分かるのですが、
左の写真では まだ正面を向いていくからだの回転が使えます から
腕自体 円を描く必要がありません。
右の写真では からだの回転 右向きから正面向き の
使える時間は終わってしまっていますから 腕で円を描く必要が生まれます。



だから ❶の
先に クラブや腕の重さで 左上腕を落とす
つまり からだの回転に同期させる『慣れ』
 が必要なのです。

動かし始めるタイミングは早いけれど
左腕を単独で動かす量は少ない、無いと言ってよいほど少ないのです。
まあ 殆どの場合、それは右手で行われていますけれど…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


さて シャットフェースの話(実はスクエア) から一歩進みましょう。
http://hbs.livedoor.blog/archives/1995782.html


昨日の話の流れで、なんなんですが
クラブを手で振っている人にとって『は』
少々オーバーな 意図的 シャットフェースの意識が無いと
正しい『スクエアフェース』には行き着きません。


✊体を先に回し グリップを遅らせるシリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(3)

というのは フェースターンするための序章
  【オープンフェースだから】  です。


ボールはスイング軌道の上にあります。
☑その スイング軌道をフェースで撫でる
スイング軌道に沿って フェースを動かす

軌道上にあるボールを打つには
スイング軌道に対し 直角な『スクエアフェース』が必要です。

故に フェースターンする のです。


❶だから まず ファーストステップ として
 右を向いた状態をロック!
 先に
 クラブや腕の重さで 左上腕を
『落とす』 
から始まる訳です。

グリップを遅らせる は
からだの回転に対し、
😿左腕を置き去りにするコト から始まります。

ここで 意識的なシャットフェースを組み合わさらない と
ボールに辿り着きません。

オープンフェース
ダウンスイングのヘッドの軌道を
フェースで舐めるように『降ろして』しまうと
このままでは ソールでボールを打つコトになります。

😿フェースでソールを打つ
 の真意はとても重要なんです。


✋多くのゴルファーは
 フェースターンは ヘッドを左右に回転させる と信じています。
 右を向いたフェースを左に向ける と信じています。

ところが 
●遅らせたグリップ〜先行させたからだの回転
●ダウンスイングのヘッド軌道をフェースで舐めてくる
そのまま行くと ソールで打つコトになる の意味は
✖フェースの向き ではなく ロフトだというコト
(ロフトを90度以上に寝かしている と言う意味だ!というコト)
 その認識がとても重要です。

ですから 先に左上腕を クラブと腕の重さで『落とす』
から始めてみましょう。
プラス 正規のロフト 『シャットフェース』の意識も伴って‼


左腕がクラブの重さで先に落とす
は最終的にはからだの回転と同期させる ためのモノです。
今までは からだに対し 左腕を遅らせていた のを
当たり前としてしたのを是正させる、修正するためのモノ。
同期するようになると
からだの姿勢/向き なりなシャットフェースも
自然に出来るようになって来ます。 

S20180921_Moment(2)


今までとは 順番が魔反対 になります。
当然、タイミング、今までのタイミングは無効 です。
新しい タイミングやリズムに慣れる必要が生まれます。
 😡ここがひとつ あきらめてしまう関所 になりますね

弊社には ミスターKの法則 というのがあります。
揶揄している訳ではなく
 ミスターKは弊社創業からのお付き合いで
 その愛嬌のあるキャラクターは弊社のアイドルでもあります。
 スイング改造にとても興味がある風なのですが、
 
 (まぁ 私をかまってくれているんだと思いますけど)
 自分のスイングは変えたい VS タイミングは頑なに維持する、
 という家訓を守っているので スイングが変わることはありません。
ご注意を(^_-)-☆


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これ アプローチだけでなく
フルショットにもよく見かけるパターンで
スイングチェックしている時はいいのですが、
しばらく放っておいて、球数を打つと表れる症状です。


まず 定義しておきますが、
振り遅れ とは
からだの向きを変える行為、からだの回転に対し
グリップが右
(右打ちの人)に遅れてしまうことで
ヘッドが遅れるコト
 ではありません。

ヘッドはそのものの重さ、そして長さ、
それに加わる移動(運動)の速度によって
動けば動くほど重くなりますので
その重さは 放っておいて
 それをロフトの立ちに変えればいいだけ のコト。

逆に ヘッドを無理に遅れさせないようにすると
グリップの移動を制限、止めなければならなくなり
からだの回転からグリップが遅れてしまいます。


ヘッドの重さを放っておけ
とは言っても あまりに、必要以上に重くなるような
使い方では それもグリップに制約をかけます。
✋クラブと仲良くできれば
 そのヘッドの重さが
 その重心位置構造が
 そのシャフトの柔らかさが

グリップの移動を助けます。

それが出来るようになれば
より重たいヘッド、モーメントの高いヘッド、
シャフトの柔らかさが スイングを助けます。





で 話は元に戻しますが、
アプローチ、そして フルショットに時によく見かける
振り遅れを作る テークバック、上げ方 です。
(実験に協力して頂いたので 上げる方は少し大げさですが…)


❶アドレス時、多くの方が
ヘッドを地面に置いて、重さを委ねています。

❷テークバック開始・・・・・・・・動作が始まると
グリップは高くなりますが、ヘッドを放っておいています。

✋アドレス時のディッシュアングルを維持するには
釣り上げる訳ではないですが、
すこし 上げる意識がないとヘッドは落ちてしまいます。

❸アプローチの場合
グリップとヘッドの相関関係において
アドレス時よりも ヘッドが下がってしまった為、
このまま 打ったのでは 手前をダふります。
よって アプローチとは言え存在する ダウンスイング
インパクトまでの間に ヘッドを逆に上げる必要が生まれ
その無駄な調整により ミスが生まれ易くなります。


❸フルショットの場合
一旦、グリップに対し、下がったヘッドを上げるため
無駄なコッキング、ヘッドを上げる行為が
テークバックの後半に入ってしまうため
切り返しが遅れ 振り遅れにつながります。

😨フルショットの場合、 この動作によって からだが反らされ、起こされ
その動作の修復のため より遅れるケースも見られます。
起き上がりコブシ症候群になります。

また グリップとヘッドの上下の位置関係を維持したモノ
(重さが掛かるなりにあげる〜同じ姿勢を維持するために動かす)
をしたものと、しないもの(一旦、ヘッドを下げてしまう)とでは
ヘッドの通るルートが異なり、
一旦、下げてしまったルートの方が大きな弧 〜長いクラブ に
なるので それも振り遅れ や アウトサイドイン を生む原因に成り得ます。

ヘッドの高さに注目_Moment


アプローチであっても フルショットであっても地面に置いたヘッド、
ここから テークバック初動をする場合、
コッキング、釣り上げる必要は一切ありませんが、
動き始めた時、すこし持ち上げる位の意識がないと
ヘッドは下がり、
その後 それを修正する動作が 幾つも入る可能性があります。

小さな問題ですが、実はあとあといろいろ響くので
注意が必要です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


達人 リートレビノ の
「ここがインパクトだよ!」の先でボールを打つと
その先があると どうなるのか と言うと 段階があります。
達人のココから盗め_Moment

始めは単なるキャスティングです。
 だって ボールに当たらない…届かないもん。

空振り、チョロ、ダフリ、トップに苦しむ
 そりゃ そうだ。

当たると スライスか、ハイボール
 飛ばねー

フェースローテーション、ヘッドの返しの必要性
 それは必須になるよね

コースでは やっぱり スライス
 更なる練習

引っかけをドローと呼んじゃう
 その道の うーん 呼ぶべきかどうか ですが 達人
 またの名を曲芸打ちの達人
…だって 本当はからだの回転でするのを手で真似るんだから さ。


とここまでに 相当な苦労、球数が要ります。
・・・・・・数千では足らない? 万 は打つかも?

スイングに関係なく、放っておいても
ゴルフのスコア上、上級者と呼ばれる、自称する人は
それを乗り越え、その練習を継続します。 ご苦労様です。✋

練習も少な目、月一ゴルファーの場合は
 ❺コースでは やっぱり スライス
 更なる練習   ⇒ ❺〜❻の繰り返し
10年…長年、やっても 大きな変化はなかなか出ません…

同時に この 本来、スイングには存在しない、要らない部分 で
ボールを打つコト は 
低いスピードで打つ、調整したスピードで打つ
アプローチにミスの頻度、確率、確実性の低さ
 から逃れられません。
ドライバーショットをコースでスライスさせない練習の
何倍もアプローチの練習が必要になり、継続、持続は必須です。

そうでないと 飛距離だけでなく
スコアの歩留まりもかなり早くに来て、その先が見えません。


また 悲しいことに このクラブ使いだと
クラブの機能が殺されてしまうので
クラブによる違いも出にくい、場合によっては出ませんから
ネームバリューに頼るしか 選択はないのでしょうね。

クラブだけでなく、スイングにも多様性が見いだせなくて
非常に 均一な、多数決的な価値観になりがちです。



達人 リートレビノの道に進むと
それはそれで練習は必要ですが、上の ❶〜❻が全くありません。
❶始めは単なるキャスティングです。
❷空振り、チョロ、ダフリ、トップに苦しむ
❸当たると スライスか、ハイボール
❹フェースローテーション、ヘッドの返しの必要性
❺コースでは やっぱり スライス
❻引っかけをドローと呼んじゃう …ドライバーは打ててもアプローチがね…

距離に関しては クラブ次第 と言うのもありますが、
自分の体力で出せる距離は得ることが出来ますし、
俗に言う スライス系のこすり球 を打つのは困難、
よほどのの当たり損ねをしない限り、か
思いっきり意図的でない限り
 ゴルフクラブ本来の性質、左回転のボールしか打てません。

スコアを突き詰めるには
勿論コースでの慣れや練習は必要ですが、
一旦 進んでいけば 体力よる緩やかな低下を除けば
不安定であったり、出たとこ勝負 ではなくなります。

苦手なクラブが少なく からだを傷め難い・・・
おまけに 教え上手 と呼ばれる可能性もあります。

達人のココから盗め_Moment(2)達人のココから盗め_Moment(4)







ゴルフスイングを始めから覚える場合は
達人 リートレビノの真似をするだけで コト足りますが
一旦 それ以降を持ったスイングをして来て
それで一応なりともゴルフが出来る、
もしくは ちょっと腕に自信があるような場合、
条件反射的に覚えている 「あるコト」が 抜けないので
真似ても ボールは打てません。当たりません。


 

ご連絡、ご来店お待ちしております✋✋✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


日常用語では「二度手間」というのがあります。

本来、行うべき時 に その行為をしていないと
その本来 行うべき時 よりも
より多くの手間暇が掛かってしまう。

例に取れば 食後にすぐに皿を洗うのと
それを放置して 次の日に洗うのとでは
硬くなったお米とかが取れず より手間暇がかかったり…
 😿反省することしきり…です。


👉それと似たようなコトが スイングにも起こります。

ダウンスイングにおいて
振り遅れないで オンタイム
(骨盤がボールを向いた時にインパクト〜からだの回転で、回転通りに打つ)
からだの回転の時間進行通りに打つよりも
振り遅れて 打つ方が 要らない手間暇がたくさんかかります。

田中どら_Moment(5)田中どら_Moment(4)






ダウンスイングは 右斜め上から左斜め下への動作です。
からだやクラブを含め、ほとんどのものが
その方向に動作、移動している時にボールが打てれば
エネルギーの無駄も少ないですし、
仮にミスが発生しても、修正は難しくありませんが、
からだの多くの部分が ボールを打って行こう とする方向に対し
からだの一部や半分が全く異なる方向に動き始めた時、
例えば からだを開きながら打つ とか
からだが上を向きながら打つ となると
エネルギーのロスも少なくないでしょうし、
ミスが起こった時の修正は非常に複雑になります。


何が言いたいのか と言うと
胴体、上半身 を一つのユニット
腕も含めた 一つのユニットとして 動かすのと
胴体を捩じって 腰〜肩〜腕 と別々に動かすのでは
労力も修正も格段に難しくなるのです。


一つのユニットで動かせば
脚やお尻、腹筋、背筋などを使って 
骨盤を動かせば 腕や肩も向きを変えます。
それには ある程度のコツ があるとは言え
一回の動作で済みますし、前述の通り
動かす方向なども揃います。

snap-lock_Momentsnap-lock_Moment(2)snap-lock_Moment(3)snap-lock_Moment(5)





ところが からだを捩じって回す となると
骨盤・腰 を動かした時、
取り残す 上半身上部、肩や腕などは
クラブと同じように 負荷、重さとしての負担になります。
同調して、同期して動かすときには存在しない負担です。
しかも、その後、
肩や腕を回さなければならない、まさに二度手間です。


よくあるパターンですが、
体を雑巾のように、ゴムのようにねじれば
その長さというか、高さは
捩じると縮み、ねじり戻ると伸びます。
それがダウンスイングの伸び上がり だったりする訳ですが、
胴体~上半身を一つのユニットとして動かしている場合には
存在しない 長さ・高さの変化です。


スイングにおいて トップやダフリ 当たりの厚い薄い は
かなり大事な、頻繁に起こるミスなのですが、
かたや 存在しない上下動に対し、
片方は スピードなどによって可変的に加わる 生じる上下動 です。
量の問題ではなく、
片方には存在せず、片方に存在する動作 なのです。

フェアウェイウッドなどは トップやダフリ、ダフリチョロなどの
痛いミスが発生しますが、
フェアウェイウッドはフルショット、かなりのスピードで打ちます。
捻じっている限りは 捻じれば縮み、ねじり戻せば伸びます。
ダウンスイングにねじり戻せば からだは高くなるので、
その分、下に振りますが、ダふった場合、
それを どちらで どう調整すれば良いのでしょう?
その調整度合い、調整タイミング を誰かに教われるでしょうか?
そして それが疲労なども含め 持続的にコンスタントに出来るのでしょうか?


4bc4dc1974


そして…捩じる、腰と腕なり、腰と方なり、胴体を分けてスイングする場合の
最大の問題点は 重さにあるのです。

そして 本ブログを読まれている方は別として
それは 治る可能性がきわめて低い と言わざるを得ません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



からだの回転がスイングの時間を決めます

2013-04-30 10-21-17.464__Momentからだの回転でクラブを『直に』動かせれば
✋からだの向きを変えるコト のみが
 スイングの円弧を作る元 に出来れば
ヘッドが低くなる/高くなる と
円軌道としてのインサイド〜アウトサイド は
一致したモノに出来ます。


7375-300x225
少々 単純化して説明します。

スイングを上から見た状況で
打ちたい方向を 
← 時計の針で言うと 3時から9時 としましょう

アドレス時、骨盤、胴体は 12時を向いています。

テークバックをすると
トップの位置では 骨盤は だいたいですが 3時位を向きます。
多くて悪いことは少ないですが、
必要最低限(2時以上…かな)あれば
 その量(向きの量) ソノモノは さして問題ではありません。

からだの右向きを解き
概ね 12時を骨盤を向いた時 が
インパクトです。
からだの軸イメージ

✋実際には 骨盤は12時を向いていますが
時計そのものが 左(9時方向)にズレ
シャフト(クラブ)はヘッドの重みで
12時ではなく、1時〜1時半を向いた状態です。


左へのズレも伴いますが
概ね 12時を迎えても インパクトが来ない
ボールと正対した時間を過ぎても
インパクトが来なければ
◎からだの回転動作を止めて それを待つか
◎ボールに届いていない分 手さばきで行うか

そのいずれかが必要になります。

別の言い方をすれば
概ね 骨盤の向きの12時を迎えても
ボールをさばける グリップポイントに達していなければ
ヘッドでボールを拾いに行かなければなりません。

それが 振り遅れ/手遅れ です。


左へのズレ は有ったしても 
骨盤の向きが概ね12時を迎えた時に
インパクトが訪れれば ボールを上から打つコトになりますし
ボールをインサイドから打つコトにもなります。

しかし その機会を逸してしまえば
それ以降は アウトサイドから打つか
更に複雑にして ヘッドターンと言う もう一つの円を作り出すか
いずれかになるのです。




bbd8de35-s


インパクトの悪癖は

❶からだの向きの 12時 ボールと概ね正対した時期 に
 グリップが既定のポイント 
(⁑ボールに当たる場所) に達しない
 ⁑ヘッドの重み分 シャフトが12時を向かないコトを含め


が殆どです。
67d2f002-s

考えられる原因のひとつ として
イメージ、概念として
☑からだが正面を向く = シャフトも12時を向く
と思い込んでいるコトもあるでしょう。

✋本来は ヘッドの重みで シャフトの動きは
AZEJ5123_Moment(4)
からだの回転以上にはなりません
大幅に少ない動きしかしません。
にもかかわらず シャフトまでも12時とするには
からだを 時計で言うと 11時、10時まで回さないと
その機会は訪れません。


☑準備としてのテークアウェイに からだ、骨盤の向きが無く
 肩や手さばきだけで シャフトを振る、クラブを動かす

というのも それに該当します。

からだの回転でクラブが動く の
代替え行為で 腕のかいな 腕の返しで 円を描くと
残念ですが、人間の防御機能が働き
骨盤は止まっていられませんから 同じ状態になります。



7375-300x225もう一度説明します

スイングを上から見た状況で
打ちたい方向を 
← 時計の針で言うと 3時から9時 としましょう

アドレス時、骨盤、胴体は
12時を向いています。

テークバックをすると
トップの位置では 骨盤は だいたいですが 3時位を向きます。

これは平面図(上からのイメージ)ですが、
腕の役割は グリップを高くするコト だけです。
☑ シャフトは縦にも 横にも大きくは動かしていません。
からだの回転には前傾姿勢(股関節の角度)が伴うので
右を向けば グリップの位置、クラブは高くなりますし
それに グリップの高さ補助 が加わるので
グリップも、ヘッドも ボールを打つための高さとしては十分です。

IMG_0699_Slomo (3)_Moment(2)
にもかかわらず ダウンスイングで
シャフトを縦に、クラブを下に振ろうとすれば
行き(テークアウェイ)で行っていない行為 になりますから
当然 経路は増えてしまいます。
からだの向きが 12時を向いた時には 間に合わない …
物理的に 間に合わさない為に動かした と言えるのです。


行き(テークアウェイ)で行っていない行為を
ダウンスイングにしてしまいますから
同じところに返ってくるのは不可能です。
違う場所に着地するための動き とも言えます。



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




10数年前から比べれば
見違えるほど いい感じになってきていますが
更なる飛躍を期待したいです。



まず 気になるのが グリップ です。
左右のグリップに一体感が薄く(上下に離れており)
それが 傾斜や疲労時、アドレスの乱れ、ボールの位置のズレ
アプローチのミスを誘発しかねません。
スイング ココを治そう❷_Moment

グリップ(握り)から治す のは いばらの道 ですので
このグリップの変化 が 自分のスイングの変化具合の目安
というコトを覚えておいてください。




“距離を伸ばし 安定度を高める という意味では
右向き 骨盤〜お腹の右向きが足りていません

ダウンスイング時の 右向きの時間、空間 共に
足りていないので クラブを通す場所がない 状態です。

右腕、右サイド、からだの動きに対し
左腕の移動が目立ちます。
左腕のからだに対する左右のズレ 動きが目立ちます。
ダウンスイング時、左腕の長さの対処に困っている…
動きすぎに困っているのですから
 出来るだけ 左腕が動かない テークバックが必要です。

✋また この手のスイングですと
疲労時、緊張時に より一層 左だけでテークバックを取り
浅めのトップ、空間時間不足のミス が起こり得ます。

素振り、アプローチ など テークバック時
左腕はあげる必要も、移動させる必要もありません。
テークバック時、左腕は単独で動かす必要はないのです。
からだの向きでしか 左腕を動かさない
からだの向き = 左腕の動き というのを意識して下さい。


それに反して 右サイドの動きが足らない です。
右手で とは言いませんが、
右サイドがもっと 後方にボールから離れる位  動いていいいと思います。
右ひじももちょっと 外に張りめ にした方が良いでしょうね。

✋グリップ自体を ボールから離し
アドレス時の背後、後方に送るような意識が良いかも しれません。


▲ぅ鵐僖ト以降、左サイドの動きが止まります
テークバック時の右向きが足らないことが主原因ではありますが、
スイングで からだをまわす というコトは
左右が同じだけ動く もしくは
ヘッドとグリップの追いかけっこ と考えて下さい。
グリップにヘッドが追い付いてしまうのは
左サイドの動きが右サイドよりも少ないから です。

右向きをもっと取る
という前提の元で
ダウンスイングで 左グリップを降ろし始めたら
後のことは なし で
一気に左を向いて、左にお腹を向けてしまいましょう




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





フルショットも含みますが アプローチ をする際
アマチュアが望む アプローチショットとは

❶まず どトップやどダフリ、シャンクなどを避け
 ほどほどに当たるコト

❷打ちたい距離がだいたい打てるコト


大きく分けて この二つ だと思います。



ショットを成否を分ける要素は

.悒奪疋好圈璽
▲蹈侫隼兩
F射角度


になる訳ですが、
からだの回転で 直にヘッドを動かす場合、
ヘッド速度は 動作速度と ほぼ一致、一律の関係です。
IMG_0736_Slomo_Moment(2)IMG_0736_Slomo_Moment(3)







『速度の確定要素』

ところが 手でクラブを振る場合、
体と呼ばれる
1.胴体〜腰回り と
2.肩周り
3.腕
4.クラブ

と 1.の胴体〜腰回り 、それを増幅?
 その速度を変換?してしまう機構が
 肩回り〜腕〜クラブ と3か所もあり
 動作の速度とヘッド速度に
 一定の関係性を保つことが出来ません。

また 腕でクラブを振る場合、
直前まで寝たロフト
 ✋寝たロフト とは その分バンスが増えるというコトです ので
ミスを避けるため
インパクト直前で 急激な加速が必要になり
それまでの事前準備、ヘッド速度を確定させるための
前準備が無意味なものになりがちです。

IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment(3)

『距離の確定要素』

もちろん ヘッド速度もそうですが、
遠くに飛ばさないショットの場合、
インパクト時のロフト姿勢、
以上にヘッドの入射角度 が距離を決める
と言っても過言ではありません。

そして 多くのアマチュアゴルファーは
 その意識が ほぼ皆無 です。

ロフト姿勢 は考えていた としても
距離は速度〜ヘッドスピード という意識ばかりで
それが どう変換され、ボールに伝わるか という意識が
完全に向け落ちています。

傾いている からだの回転 で 直にクラブを動かしてれば
ヘッドの遅れはあっても その入ってくるヘッドの、
入射角度は ある程度一定になります。
ロフト姿勢も 一定になります。
が 故に 運動の速度を調整
打ち距離に対する 運動の速度を覚えること
 アプローチへ対策です。


ところが 手で振る人の場合、
入ってくるヘッドの角度〜入射角度
そして インパクト時のヘッド姿勢
そして からだの姿勢にも規則性がないため
毎回 複雑な組み合わせによって 同じとは言え無くとも
似たような球が打ちにくい状況になります。
100球打つと100種類の弾道 のような状況です。
ですので 打つ距離に対する 動作の速度が決められず
何年やっても ベテランという年数経っても あまり成熟しないのです

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーが ヘッドスピードが速ければ飛ぶ 
 と考えています。
この話の困ったところは
「半分嘘で、半分本当」だから です。

✋全部 嘘 か、 全部 本当 なら簡単なんですけどね…。



全く同じ条件であれば
 それは ヘッドスピードが速い方が飛びますが、
ゴルフクラブの構造上、
 ヘッドスピード、先端を速く動かそう、大きく動かそう とすると
ロフトが増える、ロフトが寝る傾向が非常に強い
 のです。

ヘッドスピード 45㎳の人がピッチングウエッヂ
ヘッドスピード 37㎳の人が6番アイアン
そうほうが まともに当たる と限定したら どちらが飛ぶ でしょう?

聞くまでもないですよね。

物理的、肉体的には不可能ですが、
仮に ヘッドスピード 37㎳ の人が 45㎳ を目指そうとすると
H/S あげていけばいくほど、上げようとすればするほど
ロフトは 6番アイアン → ピッチングウエッヂ化 になり易いのです。

460TL-2


✋二つの比較になりますが、
からだの回転でクラブを振っている/動かしている人は
基本、回転速度をあげれば ヘッドスピードも順応して 上がり易い のですが
ハンドターン、フェースターンをしている人にとっての
ヘッドスピードを上げる は イコール 先端のヘッドの重さが増す為
手や腕への負担が急激に増え、ロフトが寝やすい
ヘッドの遅れ = ロフトの増え になって
ヘッドスピードを上げても
 それ以上にロフトが寝るため 距離になりません。

◎ボールが飛ばない 原因の多くは
✋ロフトが寝てしまうコト と
✋入射角度が緩くなるコト
 に加え
✋ミスが増加するので 速く振れない
が付いて回ります。

ドライバーで言うと ボールとヘッドの
接触時間は 1/2500〜1/4000秒です。
アイアンでも 1/500秒前後 だと思います。

手で振る人、フェースローテーションをする人の
インパクト直前……おそらく 1/10…もっとですね 1/50秒手前は
こんな状態なのです。

ハンドターン (2)ハンドターン (3)ハンドターン










インパクトの 1/50秒程度 直前の状態で
ボールに対し ネック部、ネックの裏、場合によってはソール
が向いていて ココから急激に 180度ターンさせるのですから
ミスは必然とも言えますし、
確率として 元のロフトよりも 大きなロフトでインパクトを迎える方が
遥かに高いと言えます。

速く振ろうとすると クラブヘッド、クラブは重くなり、
グリップも体から離れやすくなり、その分 重さが更に増すので
速く振ろうとすればするほど ボールが上がってしまう や
スライスが増えてしまう は科学的に証明されている とも言えるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイングを覚える段階で
。。。特に アプローチのような小さな、遅い動作で
覚えて貰いたいコト です。

何度も繰り返しますが、スイングは股関節を境目とした
胴体の向きを変える からだの回転による円運動が
ほぼ すべての動作の主力エンジンになります。

地面のボール、低いトコロにあるボールを
効率よく打つため、そのからだの回転には
脚(軸足)〜大腿骨と骨盤 👉股関節 に
前傾姿勢が からだの前部分に傾いた角度
が存在します。
ボールを拾う 正誤表

それによって
右を向いている時は 右サイドの方が左サイドよりも高く
左を向いている時は 左サイドの方が右サイドよりも高く
 なっています。

これは シンプルな横運動でも
準備段階のテークアウェイで ヘッドに位置エネルギー(高さ)を与え
(左から右への動作では 横に上が混じり)
切り返し〜ダウンスイング以降、進行方向にしたが加わるため
(右から左への動作には 横に下が混じり)
前述の通り 
低いトコロにあるボールを効率よく打つのにとても有効です。

打ち終わると やはり横運動に上が加わるので
ヘッドが地面と過度に衝突せず 逃げる場所が出来ます。



✋アプローチで テークアウェイを取るとIMG_1015_Moment(2)
 距離にもよりますが、ヘッドを、グリップを高くせずとも
 その前傾姿勢分 双方 地面から離れます。

✋右向き時は 右サイドの方が高いので
 前傾姿勢分・・・ほのかにですが、 
 見た目 シャット(ほのかに地面を向いている)になっているのが
 その状態での 「スクエア」 な状態です。

✋これは 股関節を境目とした 右向きをせず
 手で、肩でクラブを上げると フェースは空を向く
 フェースが開いた、ロフトが開いた状態になります。
 逆に 手先でシャットを作ったとしても
 (シャッターフェースと呼ぶそうです 
 師匠…お弟子さんたち 何もわかってないみたいですよ
 本当のシャットの意味は からだの回転と前傾にあります。
 恰好を真似ても なんの効果もないですね。

スナップショット 1 (2018-03-26 9-46)スナップショット 1 (2018-03-26 9-47)





✋スピードで解決しない、短めのアプローチの場合
 ヘッドを、グリップを高くしないので
 ヘッドの、クラブの重さによって グリップを動かす助力が薄くなります。
 そのためにも ナチュラルなシャットはミス防止のために
 とても有効です。

スナップショット 3 (2017-06-28 19-07)


始めのうちは 慣れるためにも 少々オーバーなシャット
 フェースを地面に、ボールに向けて置く位
の気持ちでも良いでしょう。

👀 また このフェースの向き、フェースの上下の向きで
  テークアウェイを手で行っていないか の確認にもなります。
  自分のスイングは 自分の目で確認が取りにくいですから
  数少ない 自己チェックのポイントにもなり得ます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ