◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: 飛距離の探求



製品上のロフト角度は
シャフト軸を基準としたフェースの角度です。
455T-5-1
ドライバーの場合 空中のボールを打ちますから
ソールの形状はロフトに大きな影響を与えませんが、
フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン、ウエッヂ などには
ソールにバンス角度 というのがあるので
正しくクラブを使えるのであれば
バンス角度の数値の大きなモノほど ロフトが立ち易く、寝にくくなります。

理屈上は そうなのですが
なかなか そのロフト を上手に、ちゃんとロフトなりに使うのは難しく
製品ロフト と 実際のインパクトロフト には
かなり大きな開きがあります。
一生懸命振ってるけれど 飛ぶ・飛ばないの差は
ロフトの使い方の差次第
です。



私は国外でゴルフを覚えていますので
日本に戻った時の その差にショックを受けたのですが、
国外では かなり初期の段階で
ロフトをより少なく使うことが ショットの基本と教わります。
ところが 日本の場合、なぜか なぜなのか
ロフトを開いて、ロフトを閉じる フェースローテーション という
どう考えても 腕力が必要な、
欧米人よりも華奢、非力な日本人には不得手な筈の打撃法が主流でした。
上手…ちょっと神業に近いのですが、上手に出来れば
飛距離の差はありませんが、それに要する労力や技術、
タイミングの微妙さは雲泥の差、まったく別なモノと言えるほど差が有り
体力に自信のない、練習を頻繁に出来ない 日本のゴルファーには
最も適していない方法と感じています。
(女性にとっては害でしかないかも…)



多くの人は インパクトの実質ロフト イコール ヘッド、フェース、
打撃部分に意識が行きガチですが、
実は フェースよりも大きくロフトを形成してしまうものがあります。



✋例えば、30度のロフト差は 5番アイアンとサンドウエッヂのロフト差です。

実際 ヘッド、フェースで ロフトを30度開いて当てる のも
ロフトを30度閉じて当てるのも 非常に困難ですが、
からだの姿勢においては
莨紊り/左サイド上がり イコール ロフトの増え
莢爾り/左サイド下がり イコール ロフトの減り
で 30度の実質ロフトを増やすのも 減らすのも ごく簡単、
練習場に行けば こと増やす例は 飽きてしまうほど見ることが可能です。

あまり腕周りの動きで考えるのは良くありませんが、
ロフトが増える〜ロフトが寝る というのは
左右の腕の長さで 右腕の方が長くなった「ような」状態

ロフトが減る〜ロフトが立つ のは
左右の腕の長さで 左腕の方が長くなった「ような」状態
 です。

それは即ち
ロフトが増える⇒右腕の方が長い⇒右サイドが低い
ロフトが立つ⇒左腕の方が長い⇒左サイドが低い

と イコール ではないですが、似たような状態 と言えるので
手先、フェースで ロフトを2度寝かす は
それに からだの姿勢が必ず加わるので 倍の4度増やすのと同じ
と考えて間違いないと思います。

体の回転を止めることにつながるので
意識して からだの正面で打つコトはお勧めしませんが、
からだの正面で打つ 意識と言うのは
左サイドが低い内、左サイドが高くなる前に打つ
その高さ関係と言うのとかなり密接です。

右を向いている時間は
右の方が高くなっているのもありますが、
右サイドの方がボールより遠い状態です。
つまり 右腕が短く、左腕が長い状態
👉ロフトが立てられる時間帯
です。

出来るだけ 右サイドと高くする〜しっかり右を向く
出来るだけ 右サイドが高い時間を確保する
左サイドが高くなる「前に」打ってしまう
 ✖からだの回転を止めるコト なし で。
というのが からだの正面で打つ につながっていきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



こと飛ばすことに関しては

.蹈侫箸締められるか
▲椒妊スピードに対して それ相応なヘッドスピードになるか


その二つが大きい。


私たち オジサンおばさんゴルファーにとって
ボディスピードを上げる のはほぼ不可能に近い。
無理してボディスピードを上げても
 コースでラウンドとなると 平均値は落ちてしまう。

しかし 希望があるのは
多くのゴルファーは そのボディスピードなりの
ヘッドスピードが出せていない。

例えば 10のボディスピードで
クラブの重さ増量の負荷が多すぎれば 
13しかヘッドスピードが上げられないけれど、
その負荷を逆に動作の助力にすれば
18までヘッドスピードを上げられる そういうコト。
そして その負荷を助力に出来れば
10だったボディスピードも 無理なく 
無意識な内に 11.12位まで上がるのだ

そして それは ロフトの使い方とリンクしているので
その差は大きくなる。

具体的には
7年の歳月

左の状態ではロフトも開いているので
ヘッドはシャフトよりも後ろ(右)にあるので
ヘッドは重い。
ロフトが開く というコトは
体に対しクラブは右にあり
体から離れているから それも重い。

人間の運動性能が同じで からだを動かせる速度が同じ と仮定すると
当然 茲両態の方が重いクラブを振るコトになるので
それはヘッドスピードにはつながらない。

と、同時に その重いモノを動かそうとすればするほど
ここからでは どんどん 体の左サイドがあがり
体も開くので、スピードを上げれば上げるほど ロフトが開く・・・
という飛ばない迷路にはまり込んでしまう。


右の状態であれば
クラブは体の幅の中にあるから
クラブ、ヘッドの重さがシャフトを通じて
グリップを押すので その重さがヘッドスピード
そしてその源であるボディスピードの助力に使える。

左の状態であれば 手(グリップ)が遅れているので
ヘッドが遅れれば よりロフトが開き
右の状態であれば 手がからだの前にあるので
ヘッドが遅れれば よりロフトが締まる

ちょっとシャフトがボケているので
正確にはわからないけれど
二つの写真では フェースの向き 👉ロフト は
アイアンで言うと 3〜4番手以上 違うのだから
当然 飛ぶ距離が異なる上に
動かせるスピードが異なってくるのだから
当然 飛距離は段違い。

そして その決定的な違いは
左腕、左手、茱哀螢奪廚琉銘屐,澄
左の写真では 左腕はトップの位置から殆ど変わっていないが
右の写真では からだが向きを変えた分、
体重が左に移った分、相応の左腕(特に上腕)の下がり が大きいです。

からだの右向き ⇒ 正面向き
この時間進行通りにインパクト出来れば
それによって クラブ、そしてヘッドの高さも下げられますが、
この時期を逸してしまうと
キャスト_大_Moment(2)キャスト_大_Moment自分のリリースで
ヘッドを下に振らなければならず
それはロフトそのものを増やす動き
とともに
体も莨紊りを生み
ダブルでロフトを増やします。
✋それは からだの回転、左サイドの動きに
伴わない 左腕(特に上腕)の連動性の無さ の後始末 なのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



【ウエッヂのバンス角度は何のため?】 と言う質問を頂きました。

バンス角度は ウエッヂだけでなく
全てのクラブに備わっています。
そして そのバンス角度は それぞれのクラブによって
アイアンであれば番手によって異なっています。
アイアンの機種、であれば バンス角度の違い
 番手による推移、変化も その機種の特色の一つ です。
そこが一つのヒント、回答でもあります。

bounce

アイアンであれば 5番アイアンにもバンス角度は存在します。

そして それはウエッヂや9番アイアンよりも 数値は少な目
バンス角度は少なめです。 3〜5度位でしょうか
そして ロフトが多くなるほど、ではなく
 クラブが短くなるほど バンス角度は増えていきます。
5番〜5度  ウエッヂ〜14度 と言った具合です。

クラブが短くなるほど スイングの弧 は小さくなり
それによって ヘッドの入射角度はキツク成ります。
それゆえ バンス角度の数値は大きくなるのです。


ウエッヂ単体で言うと
.丱鵐抗囘戮梁腓なものほど ボールは飛びます。
アバウト ではありますが、
 ロフト角度 − バンス角度 がそのウエッヂの実質ロフト
と考えても良いのですが、全体のクラブに比べ
ウエッヂが飛ばない人程 そのバンス角度が上手く使えず
数値の大きなバンスは邪魔になってしまうケースが多いでしょう。

IMG_0684


▲Ε┘奪促轡腑奪箸竜離感を安定させるにも
バンス角度はとても有効です

✋インパクト前後にロフトが寝やすい大きなロフトのウエッヂは
バンスがあり、それが地面と干渉するが故に
 ロフトが寝るコトをバンスが制限します。

これはウエッヂに限らず すべての番手に共通ですが
飛距離、打ち距離が一定になり易い というのが
バンス角、バンスの一番の役割 と言えると思います。


そう言った意味合いで そのバンス、バンス角度、ソールの特色
それらを有効に活用するには からだの回転通り、
からだの回転でクラブを動かして来るのが大切です。

IMG_0610IMG_0607










これを手で丸く振ってしまうと
そのクラブの長さによって作られるはずの弧、その大きさ、その角度が
意味をなさなくなってしまいます。
手で振れば振る程 本来 からだの回転で入れてくるより
緩い角度で入射するようになります。
緩い角度で入射する というコトは イコール
大きなロフト 〜ロフトを寝かして入れてくるコトになるので
実質バンス角度は増え、打つ前に地面に干渉しやすくなります。
これが トップやダフリ の正体です。

打ち出し角度が増え、スピンも増える
よほど強く打たない限り、これでは スピンは効きません。
また 必要以上に緩くヘッドを入れてくると
ヘッドスピードが上がっても 高く、スピンが増えるばかり ですので
それ相応の距離になり難くなります。
飛ばない人の典型 とも言えます。

IMG_0627


クラブを設計する際、
ウエッヂはバンス角度、ソールを大きくし過ぎると
重心が低く、深くなり易いので 苦労のタネ でもあります。
ロフトの大きなクラブは 上げることに苦労はないですから
重心が低く、深くなり過ぎる必要は全くありません。
逆に 低く 深くなると ボールが飛びにくくなるので
そこのデザイン、重量配分が腕の見せ所でもあります。

重心が低く、深くなるように使うと ロフトの大きなモノは飛ばない
というコトでもありますね。



ああああ バンカー の話 を期待されていたかもしれませんが、
バンカーでの バンスの役割は おまけ 程度のモノです。
バンカーが苦手な人は バンスが有ったから、
バンス角度が大きかったから と言って それは役に立ちません。
まあ 悶絶クラブであれば 考えることはありませんが、
シャフトの硬さは兎も角、ヘッド重量を増やせば
必要十分なヘッド重量さえあれば バンカーの悩みの殆どは解消すると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




動画、映像を見ていて 気が付いた方もいるかも知れませんが、
からだの回転で左腕を動かしていく方は
ダウンスイングで 体全体、顔や頭も低くなっていきます
✋沈んでる訳…ではなく、右向きや前傾姿勢の分、
薄っすらと高くなった顔、頭の位置が元に戻っていくのです。

IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_MomentIMG_0682_Slomo_Slomo_Moment






一方、ゾウの鼻-スイングの方は
ダウンスイングが進む程、頭は上がっていき、
からだが起きてしまいます。
👉左腕一本で クラブを振る、遠心力を造る から
その重さに対する反発や相殺の動きなのか
はたまた 腕とクラブが一直線上に長くなることによる
空間創りの為の反応なのかは微妙です。

当然ゾウの鼻スイングでは
ディッシュアングルは維持できず、体も起きます。
(前傾姿勢も消えます)

IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(2)IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(4)






ですので ディッシュアングルや前傾姿勢の起き(消え)
それに悩んでいる人が そこを治そうとしても
その元になる原因 ⇒ゾウの鼻スイングのイメージが残る限り
治したい けれど 治したら打てない の迷路にハマります。

そういう意味では
今 なぜか 巷で話題になっている「地面反力」
簡単に説明すると、インパクト時 地面を蹴って
からだを上に、 というのは
手打ち、手振り、ゾウの鼻スイングの成れの果て というか
✖より速く振って出来る遠心力を相殺する
✖より速く振って 長くなるクラブの通すスペースを造る

という 間違った基本を誤魔化すための意味不明なテクニック
というコトになりそうです。


スイングの練習をしていても
からだを左に向ける習慣が乏しく
逆に からだを止めないと打てない習慣が身に付いている人の多くは
ダウンスイングの初期はなんとかなっても
インパクト付近に行くにしたがって 左サイドの動きを止め
左サイドを硬直させ、左腕を伸ばす「条件反射」的に動きが顔を出します。

✋上から打つ
✋左サイドの方が低い内に
✋それに伴う ロフトの立ち

は左グリップ、左サイドがボールを追い抜いて置かないと
それを作るコトが出来ません。
自分にとって 左サイドを硬直させないと当たらない という「条件反射」を
乗り越えないとイケナイのではないか、と思います。

IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(3)IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(5)






ゾウの鼻スイング をすると
クラブを振った達成感は強く残ります。
からだで動かすと、腕は仕事をしていない 未達成感が強くなりますが、
シャフトを振って、ヘッドで円弧を造るスイングは
基本「ロブショット」を打つためのモノ とも言え、
振った割に それが飛距離になりません。
よって もっと速く、もっと強く振る と言うループにはまります。
ヘッドは複雑な回転 ヘッドターンをするコトになりますから
安定度、成功確率は大変低く
思った通りの球、思った通りの距離が出せないがため
結局、振る速度を制限するスイングになるのですから
シャフトを振って、ヘッドで円弧を造るスイング から
勇気をもって離脱する必要があるのです。

ショット、ボールとヘッド、ボールとフェースの衝突に
根本的な矛盾が内包、というか
その矛盾がメインテーマのようなスイングなのですから
そこから離脱するには 流行り言葉ですが、
確固たる「意識革命」しかないのでは、と思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 
 ほぼ全員に近いゴルファー は
クラブは振るモノ、シャフトは振るモノ、ヘッドは振るモノ
 だと信じて止みません。

しかし、クラブを振る の本当の意味は
クラブを半径にして 円を描くものなのか、
自分とクラブの関係はほぼ固定し、自分が向きを変えるモノなのか
その「思い込み」を一度検証して欲しいのです。

✋自分で自分を検証してみて欲しい。
練習場やお庭、広いトコロで
片手・左手だけでスイング・素振り をして貰いたい。



おそらく こうやって振っているんだと思う。

打った後、クルンとクラブを回転させるのが特徴。

からだに対して 左腕をゾウさんの鼻のような使う。


 実証してみました。
素振りにおいて その腕の振りだけを意識してみると…。
それ以外のトコロは何も意識していないけれど
 👇 写真 菎
IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment






IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(2)IMG_0682_Slomo_Slomo_Moment(4)






IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(3)IMG_0682_Slomo_Slomo_Moment






IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(4)IMG_0682_Slomo_Slomo_Moment(2)






IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(5)IMG_0682_Slomo_Slomo_Moment(3)






トップの切り返しから
俗に言う タメ という クラブの寝かしを行い、
からだに対し、左腕を遅らせています。

一方 寝かせない方は
からだの回転と左腕の進行が同期し、
〇ヘッドの遅れが ロフトの立ちに
左腕をゾウさんの鼻にするほうは
✖ヘッドも、グリップも遅れ、ヘッドの遅れがロフトの開きに
なっています。
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(5)



どこかで見たことのある光景ですよね   👉


ゾウさんの鼻スイングをする場合、
クラブを寝かせ、体に対し左腕を遅らせ、
インパクト付近で体をとめ、その反動で
左腕を振ります。

素振りの中で色々試してみると
 なんとなく気付くことがあります。
dishangleアドレス時、シャフト・クラブと左腕には
ディッシュアングル、角度が付いています。

しかし、クラブを『ぶるん』と振るとなると
クラブ自身の重さ、それに加え運動による遠心力の増大から
どこかでおそらく 最大速度、最大加速時に
腕とクラブが一直線
つまり 始めの状態よりも 長いモノになります。

そうなると アドレスの自分とボールの空間では
その長さを通すことが出来ませんから、クラブを遅らせ
からだを開き、長くなったクラブを通せる空間を確保してから
振りだす
 ことになります。
クラブや腕を振るには からだが止まっていないと出来ませんから
先にからだを開き、エンドが来てからの方が それも都合が良いのでしょう。


長くなったクラブで そのまま振ったのでは
地面をぶっ叩いたり、痛い思いをしてしまう本能的な動作
とも言えるので 馴染みやすいのかもしれません。


弊社は 打席部、作業部が入り口よりも 90センチ 低くなっている
二層構造です。 ですので 上の段の境に立って
ボールの置き場所 を下の層、つまり空間を置いておくと
からだを開いて 振れる空間を作ってから 振りだすのではなく
いきなり その空間にクラブを振る感じに出来ます。
✋そうなると ゾウさんの鼻スイングは、ショットの本来の目的、
『ボールを打つコトの為にクラブを振る』ではなく
『クラブを振るコトを主目的に、ついでにボールを打つ』
なってしまいかねません。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



✋自分の身体能力、体力、持久力、
ゴルフに費やせる時間とお金
そして 故障や痛み
それを考慮したうえで
楽に遠くに飛ばして、スコアも良くする
また 美しい弾道を打てるかどうか
 ✋見極めるのは ココが肝心

◎◎ダウンの早い段階でフェースがボールを向くか
◎◎右腕を伸ばしていくことでグリップがからだと平行方向に逃げるか

 (左サイド、左グリップが止まらず からだに平行に右腕によって
 押される? 支えられる? 分 横移動するかどうか です)


これをするのに どんな動作をするかは自由です。
ハミングバードが提唱するのは
それが一番し易くなるであろうおススメに過ぎません。
  まあ そんなに選択の余地は無いんですがね・・・・・・。




mz-slow_Momentトップの形、
右向きは申し分ないです

顔も動かして 右向きを意識しているので
右向きはとっても良いです。

また からだの向き、傾き、
腕とクラブの関係から
このヘッドの高さは
ヘッドを振らずに、腕で高くせず、
グリップだけを上げていますから
ほぼ欠点のない とても良いトップです。

よく勉強されていらっしゃいます。

mz-slow_Moment(2)切り返し始めたところです。

トップの位置に比べ クラブが倒れました。

動作で言うと
◎からだの右向きの解け、
◎右ひじのさがり、   に対し 
✖左腕が下がっていない
✖からだの回転に対し左腕の移動が同期、追随していない

 →これは あとあと響いてきます。

mz-slow_Moment(3)ダウンスイングの中盤に差し掛かりました。

左腕が移動、動き、下がり始めたので
フェースがボールに向き始めました。
とても良い兆候です。

しかしこの時点で
全体の流れに対し、グリップの低さが足りていません
(高いというコトです)

このグリップの高さが次の問題を生みます。

mz-slow_Moment(4)からだの回転
グリップの移動
グリップの下がり
ほぼ 同期して動いています。

ロフトの締まった状態でとても良好。

このまま ランディング〜着陸して欲しいのですが
やっぱり グリップの高さが気になります。

あのトップがあるのですから
このまま 着陸してください。


mz-slow_Moment(5)がーーーん((+_+))

折角立ち始めたロフトが
 ここで一気に寝てしまいました…

やはりグリップの高さが足らない
✖インパクトで左サイドを止める以前の習慣
✖蚣咾鮨ばすことで この場合は上下にですが
からだから グリップを離す
✖左グリップの下に右グリップを入れる(入れ替える)

これのお陰で ほぼ すべてが台無し です。

これでは このクラブのロフトなり
 ヘッドスピードなり には飛ばず
ボールが高い か スピンが多い
引っかけやスライスが出易くなってしまいます。

腕の曲げ伸ばしは どちらの腕にしても
曲がるコトによって 自分の胸に近づきますが
一旦曲げたら その距離を変えず
伸ばしていく腕から 曲げていく腕の側に押していく だけで
からだからの距離は変えず からだに沿って平行移動するだけです。


曲げ伸ばしによって 近づけと離し では
単なるキャストになって ロフトはだだ開きになります。


mz-slow_Moment(4)mz-slow_Moment(5)
左の写真の時間に戻って
右腕をボールの方に伸ばすのではなく
左グリップと飛球線、
もしくはやや右向きが残ってますから
飛球線よりも右に押す
からだの回転にグリップを追随させるために
伸ばすのです。

また 別な視点から見ると
右手が伸びたのに 負けないだけの
左グリップの横移動
左サイドの回転・横移動があればいいのです。

ここで左サイドを止める、または突っ張る習慣は
腕を伸ばす(キャスト) からだを起こす とパックになって行われます。

近、よく耳にする 地面反力は
キャストとパックで行われるもので
言い難いですけど ものすごく格好悪い、反面教師の代表です。
腕を伸ばし 腕とクラブを最長の長さにして 通すための
ボールと地面の空間を 創造しているに過ぎません。

左サイドを絞る 左腕を突っ張る 左サイドを止める
今までの習慣があるのかもしれませんが
この時点での課題は ダウンスイング初期の左腕の下がり、
からだの回転に対する追随、同期生 が足りない為 に
最後で届かせる行為として キャスト している可能性が否めません。

現に 左腕が同期して動き、下がり始めると ロフトは締まった のです。


◎速めにフェースをボールに向け(左腕の下がり、回転に対する追随)
◎インパクト直前の 右腕の伸ばしを 横に対するグリップの押し込み
◎右に追いつかれない左サイドの回転による 左グリップの逃げ

✋これには 左サイドの回転の方向 向きも同時に替えないとイケナイですが
それが出来れば 寝たロフトが立ったロフト
この場合は2〜3番手に相当しますから
その分距離は増え、安定度も同時に上がります。

あのトップ、あの右向きがあるのですから
それを活かさないのは勿体ないです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



私たちは 結構いい歳の オジサンおばさんゴルファーですし、
健康の為、体力を維持するための
  名称はそぐわないですが「体力アップ」いっぱいいっぱい、
それすらも怪しい訳で、
仕事の都合で寝不足や二日酔いでゴルフをするコトもあります。

ゴルフとは関係なく、腰痛などを慢性的に持っている人も少なくありません。



そこで 皆さんにトライして貰いたいのです。

検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(5)

上段の二人は もうこの時点で フェースがボールに向いています。

ですので 今までの動作を継続して、
 からだの回転でグリップを移動させれば ボールは打てます

ところが、下段の二人は ダウンスイングも後半に入ってきたのに
今まで通りに 動作を継続しては
 フェースでボールは打てないので
『スイングにとって 一番速度のあがる』
ダウンスイングの後半に 違う動作が必要になってきます。

しかも その動作を行うのは
  主に 腕、手、 ひじから先 になるのです。
我々の年齢では もっとも持久力・耐久力の無い部位に
動作の是非が掛かっているのです。

非常に高度な、非常に身体能力の必要な、練度次第の「技」です。


ボールを打つ直前に バタバタ しなくてはならないのですから・・・。
・・・この手のスイングを女性に教えるレッスンプロの脳みそを解剖してみたいです。



✋✋あと これも知っておいてください。

『上から打つ』 と言う言葉には
二重の意味があります。

^譴弔蓮.侫А璽垢ボールを上から見て、
進行方向である左サイドが低い、右向きの内に
インパクトに入るコトです。
(インパクトする ではなく、インパクトに入る です)

検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(2)検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(4)















△修靴討發Π譴弔蓮.肇奪廚箸い
スイングの中で 一番グリップも高く、ヘッドも高くなり、
位置エネルギーの利用できる
 〇 そこ「から」打つ
 〇 そこ「から」打ち始める
 〇 一番高い所、そこ「から」打つ

と言う意味です。

上段の二人は ダウンスイング前半の動きを継続すれば
ボールを打つコトが出来ますから、
一番高くなった トップの位置 の意味があります。

ところが、下段の二人は
ダウンスイングの前半の動きを そのまま継続しては
ボールを打てませんので、後半、
しかも かなりインパクトに近いトコロで
一番グリップが、ヘッドが高くなった というコトとは
全く別の ヘッドやシャフトの回転 と言う動作に
変えなくてはなりません。
✋つまり トップの位置、その高さの意味がほとんどなく
 下に下がってから打ち始めている、のです。
トップの位置 というのは
単に 運動の助走路を取っているに過ぎないのです。


検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(6)

また、ヘッドを回転させるのに
グリップの移動を抑制しなければならないですから
ヘッドの重さで クラブ(グリップ)を下げる、移動させる というのを
抵抗、拒否しなければ ボールが打てないのでは
ヘッドの重さを有効活用出来ません。


上から打つ というのは
必ず 是々非々 になるので、
二つの意味を同時に出来るか、出来ないか に分かれます。


ダウンスイングを一つの動きにした方が ずっと簡単ですし、
動きも、加速もスムーズに出来ます。
トップの位置 と言う高さも利用出来ますし、
それによって ヘッドの重さも利用できるのです。
難易度も低くなり、反復性も高くなります。
手首、肘、肩、腰への負担も減らせられる上に
より飛ばせるチャンスが上がるのですから
どうして トライしないのか 本当に不思議です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



グリップとアドレスの話はとても大切、
それがすべて と言えるかも知れませんが
今回は除外します。

〇ダウンスイングの頭から見てみましょう。
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(2)


















飛ばし屋の上段右氏は
からだの回転に対し 左腕の付き、追従性、同期性が非常に高く、
残りの人たちは ダウンスイング というアクションは起こしていますが
腕とクラブはその場に置き去り・・・

ダウンスイング という
準備行為の解放区間において
更に ねじっている、
からだは反時計周りの左回転を始めたのにクラブと腕は置き去り
は ダウンスイングで腕とクラブを反対に動かしたのと同じです。

これでは 先に腰がボールと正対し、
クラブを持っている腕〜胸がボールと正対した時には
腰は開かざるを得ません。

👉ロフトは開きやすい動き出しであるのに
 この順序で 右向きを解いていけば、
 左サイドは上がりますので、莨紊りの登り傾斜で打つコトになり、
 ヘッドスピードの無駄さ(空回り)は大きくなります。

検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(3)検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(4)


















上段組、下段左氏は 悶絶クラブです。
それによる恩恵は受けており
シャフトのしなり、ヘッドの重さによって グリップの下がりはとても良いです。
特に 上段右氏は 105cpm というモンスター級の硬さ によって
より内回り、自分に近いトコロの近道に押されている というのが味噌ですね。

上段左氏は ロフトも立てられ、シャフトも使えているので
テークバックの右向きの質、右向きで
もう少し足・腰回りの右向きが増えるようになると良いと思います。

下段左氏は クラブさばきは悪くないです。
唯一 フェースが下向き、
シャット というよりは
軌道上にあるボールを『フェースで』打つのですから
軌道に対し 出来るだけフェースを直角にグリップを動かせるようになると
飛躍的に飛ぶ! 上段右氏に勝てるのではないかと思います。

下段左氏は 硬いシャフト/軽いヘッドを使っているのですが
今回はそこの話は割愛します。
4人を比較すると 似たような箇所、似たようなアングルからの撮影
であるのに 下段左氏だけが 左腕の下から右ひじ、右腕が見えています。
ロフトも開いて、フェースも右向き、開いている というダブルパンチの状態です。
これでは ヘッドスピード相当の距離は出ないばかりか、
ミスの頻度、ラウンド中での大きなミスが出る確率の頻度が高く
 練習量、コース頻度の割にスコアの頭打ちがあります。
あえて言うのなら
右打ちをしている限り、
「脇が空く」というのは 左腕と左側帯の関です。
右はある意味、どうでも良いのです。
左側帯、左腕 こちらの脇が空いている限り
ボールは手さばきで打つしか方法はなく、
からだという反復性能が高く、筋力、持久力の高い部位を活かせません。

ゴルフと言うゲーム性は
最高飛距離でなく、14回のショットのトータル飛距離、
最高飛距離でなく、生涯を通しての飛距離であり、スコアです。
肉体の過渡期を折り返すより前に
手で振らないスイングに移行しないと危ないと思います。


検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(4)検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(5)


















心苦しいですが
下段右氏の状態です。
双方の写真の時点で フェースが上を向いている のに! です。
4人の中で一番 キャストが激しくなっており
そのキャストせいで グリップが減速、より一層下げられなくなっています。

ここからボールを打つのに
左サイドはもうボールと対峙してしまっていますから、
シンプルな回転では 左腕が届かなくなりので 回転停止。

グリップが下げられない分 右サイドを下げてボールに近づく
シャフト/クラブをキャストして 打つ方法が、届かせる方法がありません。

✖フェースがボールに向いていない 〜だだ開きの状態
✖キャストして さらに開く
✖右サイドが下がって左足上がりの状態


ボールが飛ばない、上がり過ぎる、スピンが多すぎる
飛ばない・ミスが増える、嬉しくない要素のバーゲンセールです。

検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(5)検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(6)
















上段左氏は アプローチ等で
グリップをもっともっと 動かす、
ダウンからインパクト以降まで
左サイドの動きで グリップを動かし
どう当てたいのか をグリップの移動量と移動方向で作るドリルをすれば
もっと飛んで、もっと確率がよくなります。
最後に左サイドを止めてしまうので そこがちょっと惜しいです。

下段左氏も同じで
概ねクラブ扱いは悪くないので
まずは フェースを早めにボールに向け、
後は 左サイドを止めず、どんどんグリップを動かしてください。
「フェースはスイング中、ずっと
 スイングが終わるまで 軌道の外を向いたまま 打つのです」

✋それを左腕を含めた 左サイドで実行してみて下さい。
今の状態であれば 一番飛ぶ人 になる可能性は
目の前にあります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 


ごくごく一般的に

シャフトの硬いモノを使ってる人ほどヘッドスピードが速く

飛距離も当然・・・、シャフトが柔らかくなってくるほど...

チカラの無い飛ばない人… と考えるモノ であるけれど


上段茵/尭或堯130cpm

   蕁/尭或堯110cpm

下段茵/尭或堯150cpm

   蕁/尭或堯260cpm位かな₍X₎

というシャフトの硬さ で

一番柔らかいシャフトを使っている上段右氏 が

一番【平均的には】飛距離が出て、実は年齢も最年長

一番硬い、別格のシャフトの硬さを使っている下段右氏が

飛ぶときは飛ぶけど
 安定しての飛距離は一番怪しく、実は年齢も若い…


シャフトの硬さ。。って、 なんだかなぁ という感じですね


検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(2)

◎上段の二人を飛ばせる組
◎下段の二人を振ってる割には飛ばない組み
 と 勝手に分けさせて貰います。





16秒位のトコロで ポーズをかけて頂くと

分かると思いますが、下段の

ヘッドスピードがあるのに、飛ばない組み と

上段の飛ぶ組では 明らかにロフトの作り方、

フェース面の作り方が違う、ほぼ反対の関係です。

ヘッドスピードが速いのに

 このロフトでは そりゃ まあね・・・。

 まあ パワーのある速く振れる若い人には

 この位のハンディがあって 実は良いのかも…(^_-)-☆

✋似たような年齢、体力の場合、
 飛距離は ヘッドスピードではなく
  どのロフトで打つか、で飛距離は決まる
 と言えます。
 製品ロフトを 8度のモノにしても
  それを寝かして打ってしまっては意味がないです。
 言い難いですが、一般男性が9度未満を使うというコトは
  寝かして打っている証…と言えるかもしれません。




ショットは当たり前 ですけれど
フェースで打たなきゃ 飛びませんし、どこに行くかも分かりません。
ヘッドの動く軌道上に ボールがある のですから
その軌道に対し だいたいですが、直角なフェースな状態
 で無いとそれは成し得ません。
そうでないのならば
 ✋ボールをヘッドのどこで打ちたいんですか?
と聞きたいです。

検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(4)

飛ばない・・・飛ばない と言っても
ヘッドスピードは高く、年齢はまだまだ現役、
チカラはあるんですけれど その割に飛ばない。。。



✊このまま打つとシャンクの場所がボールに向いています。

飛ぶ組の上段組は
ティーアップしたとはいえ 地面、下にあるボールに対し
フェースが向いている  👉ロフトが立っている
飛ばない組みの下段組は
下にあるボールに対し 👉フェースは空を向いている
この差は ロフトで言うと30度以上ですが、
  ロフト以前に フェースがボールを向いてないんです

検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(5)


インパクト・・・ ボールとフェースの衝突までの残された短い時間…
ここまでの刹那の時間に
 ◎フェース面でボールを当て
 ◎お望みのロフト付近で当て
 ◎お望みのフェースの向きで当て
 ◎出来ればフェースのよいトコロで当て

これをするのには からだではなく
 手でするほかなくなります。

✋ですので 手さばきだけで打っている ので
 それ以外の体の動きやスイング軌道 なんて
 どうでも良くなってしまいます。
ドライバーショットですから
 ヘッドスピードの速い下段組は
 インパクトでの ヘッドとボールの接触時間 は
 おそらく 1/3000秒 0.0003秒以下
 100m競争なら 髪の毛一本レベルの差の時間です。
 
その短時間に
 ソール、もしくはネックの裏側とボールは対しているのに
 フェースでボールを当て かつ 上の条件を満たす
 なんて 傍から見たら 曲芸以外の何物でもありません。

この手さばきの難点は
そこの手さばき部分以外の スイング動作 は
ほぼ全く ショットに影響がなく
 この 曲芸でのみ ショットの是非 が決まるので
誰から教わるコトも
誰に教えることも出来ず
ただ ただ ダンプカー一杯レベルの球数を打ち続けて
その曲芸の 繰り返せる感覚を磨くのみ です。

また 非常に局所的に筋力が必要な打ち方なので
加齢による衰えが激しく、
飛距離だけでなく 安定度にもそれは出ます。



どうするんでしょうかねぇ・・・?

  明日は『このスイングの問題点』がテーマです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



『ヘッドの遅れ』
なんだか悪いことのようですが
ヘッドの遅れは問題ない、
 正しく遅れさせるのであれば、それは良いコト です。



アドレス時の状態、
これをスタートとして
右向き〜テークバック ⇒ダウンスイング に入ると
ヘッドは運動による重さが加わり
からだの回転に対し 蕁扮β任舛凌佑留Α砲縫坤貉呂瓩泙后

遅れた時、
◇ロフトが立つか〜ダウンスイング時 フェースの下向き
◇ロフトが開くか〜ダウンスイングの フェースの上向き

のいずれか しかありません

20190525gc5_Momentoutin (2)_Trim_Moment(2)











ヘッドは運動によって どんどん重くなる のですから
それを活かして、ロフトを立てさえすれば
ヘッドの遅れは放置して良いのです。


腕の助力、サポートもありますが
◎からだの回転に沿って、
◎からだの回転通り、
◎からだの回転に同期して、

グリップを動かせば 
ヘッドは放置しても、自然にロフトは立つ条件は整います。

逆にヘッドを動かそうとして
グリップの移動量 よりも多く、
長い道のり、多い角度を動かせば
それによって ヘッド! ではなく
グリップ〜手 が遅れてしまいますから
ヘッドの遅れは ロフトの開き になります。

✋からだの回転での外周分は多いですが
 回転を角度運動とすると、その角度と同等『以下』 の
 ヘッドの移動量にすれば 立ちます。 



ここで勘違いしてはいけないのは
👉からだの回転に対し、
👉からだの向きに対し、
グリップ〜手が遅れてはダメです。

✖手遅れ ⇒ ヘッドの遅れ = ロフトの開き
◎手遅れ無 ⇒ ヘッドの遅れ =ロフトの立ち

になると考えて良いでしょう。

2013-04-06 12-19-18.455_Moment


テークバックの時点で
からだの回転とグリップがずれてしまう
からだの右に大きくずらしてしまう のは論外ですが、
ダウンスイングで
シンプルなヘッドの遅れを造るには
以下の注意点が必要です。

◎ヘッドの通り道を長くしない
 特に ヘッドの上下の動きに要注意です。


 ✋テークバックで グリップが高くなったから
  結果、ヘッドが高くなったのです。
  よって ダウンスイングでは グリップが下がれば良いので
  ヘッドを下げてはイケマセン。
  また、下りは重さの加わるので
  グリップを高くした分よりも 低くする方は少なくて良い、
  半分くらいでいいと思います。


images


◎体の向きに対してのグリップの位置 が肝心
 からだの回転を行うのに
 腰から下  /  腰から上   で分けて使ってしまうと
 グリップが遅れてしまうので、遅れが開きになってしまいます。

 ✋ダウンスイング〜インパクトまで
 左腕の長さを持て余してしまう というのは
 典型的なひねり 二重の回転の可能性があります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ