◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 飛距離アップ


質問「フォロー側はどうですか❓」

店長「形として気にする必要はないですが、
 フォローが出る、大きくなる、は
 インパクトのヘッド姿勢、フェース姿勢の変化の少なさ
 につながるので重要です。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s
 スライスを怖がる人は フェースターン、ヘッドターン
 したいのはよく分かりますが、
 直ぐにでは無くても その『ターン』は
 からだが左を向くコトで可能ですので
 インパクト付近での 右手の伸ばしで
 フェースターン、ヘッドターンは出来るだけ避けたい です。」

質問「そこがあると 結局は、ハンドターンする為の準備で
 からだの向きが機能を持てない ッテコトですよね❓」

店長「その通りですね。

 フォローを出したい、大きくしたい のであれば
 出来るだけ 早い段階で
 右打ちであるのならば、左上腕を高くする、
 ヘッドを高くする、グリップを高くする、は
 結果としてのモノですので、
 左上腕を高くし、グリップがあがり、ヘッドが高くなる…
 これによって フォローが出てくるんですね。
〇見かた山下
 からだが左を向いて ヘッドターンが成されるのと同じです。


 トップから、切り返しから 一気に左を向く訳ですが、
 右打ちであれば 左上腕を行かせる、肩を落とす、は
 少々、オーバーではありますけれど
 いきなり 左上腕を上げる と考えても良いです。
 向きに寄りますが、左上腕の下げるは そのまま上げる、
 動作として『上げ・下げ』をしている訳ではありません。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4
 結果としては 左上腕は下がって『見えます』が
 一気に左を向くコトを考えると
 いきなり『上げる』でもいいかも知れません。
 下げる〜上げるという二段階の動作が
 実は腕遅れを生み出している場合もあるでしょう。

 ヒトによって、ですが、
 トップから 左上腕を下げる ではなく
 左上腕を上げると考えた方が からだの回転に
 腕遅れが起こらない場合もあると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「手遅れが起こる その修正として
 からだの回転が腕やクラブを引っ張るではなく、
 上腕・肘の動きの先導で 追いかけでからだを廻す、
 そういう『考え』も一つの対策だと思います。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4





 上腕・肘が下がって逃げてくれれば
 良いんで 感覚としては 右打ちの場合、
 クラブの重さを利用しても良いですし
 左上腕、左ひじが先に落ちる感じが掴めると
 良いと思うんですね。」

質問「腕の振る方向もあります❓」

店長「有るとは思います。

 ラヂオ体操の時のように
 からだのひねり、回転で
 腕をブランブランと横に振るのではなく
OIP
 あくまでもイメージではありますけど
tdftp17空手の押忍のように
右を向いている時(右打ち)に
自分の背面に対し、肘を引くような感じ
早い段階で 左上腕、左腕の逃げ道を作ってあげる
感じも有効かと思います。

 背面に、その方向が重要と言うよりも
 右を向いている時、その時期がポイントだと思うんですね。
 からだが腕を引っ張って クラブを振る では
 決して 自分の背面に肘を送る にはならないですから。

 別の記事で書きましたけど
 ココで 脇が締まる感じ
 力んで 左サイドを締める のとは違うんですが、
 前傾した 左の軒先に早めに落としてあげると
 クラブや腕の重さを負担にせずに、ショット出来ると思います。


 あとはですね。
 からだの回転 って 人間のからだの部位で言うと
 股関節が作用点になるんで
 脚廻り
、ヒトによっては膝だったりもするでしょうけれど を使って
 大腿骨の向きを変える、秀二の向きを変える動きなので
 前傾はあれども 横、水平に近い動作になるんですが、
 腕周りに関しては 思っているよりも
 かなり縦、垂直に近い感じなんですね。

 で、肩は場所としては 胴体に属してますけど
 機能としては腕になりますので
 肩はもっと縦に逃がす感じで良いと思います。

 ですので ダウンスイングで
 右打ちの人であれば 右肩が低くなる、下がるのを
 恐れてはいけないと思います。
 勿論、どの度合いは有るとは思いますが。
 
 その逆を言えば、ダウンスイングで 左肩部は上がっていく、
 それによって 左上腕は下がる訳ですから。

 左上腕が下がる、左ひじが下がるから
 左肩部が上がるのか、その逆なのか は
 それぞれの人の感じ方によって違うとは思いますが、
 自分で積極的に動かす って感じでは無いかも知れませんが、
 ややこしいですけど
 両肩をつないだ胴体側の肩ライン、胸ラインではなく
 機能としての腕の肩は
 思っているよりも ギッタンバッコン、バッタンギッコン、
 の上下に逃げが有ってよいと思います。
 度合いはありますけど。 
〇空中(立体)ズリズリ - frame at 0m35s
 全員に有効か、と言われれば そうでないかも知れませんが
 切り返しからの腕遅れが発生することを避けられるなら
 腕の一部としての肩のギッタンバッコン、縦逃げ を
 気にする必要は無いと思います。

 その方が 肩周りと腰回りが同期し易い人も
 多いんじゃないかと思います。

 その方が からだ・股関節廻りの横回転に対して
 早い段階で 腕が下がり、
 ふところ、前傾の中に腕が入って来易くなるので
 腕やクラブの重さが負荷、邪魔になり難いと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「明日の朝、
 日本のあちこちで バケツで水を撒いているゴルファー
 がいるのかも❓」


店長「あははは🤩
 暑いですから、打ち水も良いですよね。

 それって 真面目に実践して頂けると
 遠心力の使い方の違いも感じることが出来るかも、です。」

質問「遠心力❓」

店長「からだの回転通り
 近場に 水を撒き散らす場合、
 どちらかと言うと ですが、
 腕を振るとか、からだを廻すとか で
 水(ヘッド重量)そのものに遠心力をかけて 撒く気がするんですが、
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m9s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m92023-07-30_23-02-59 - frame at 0m





 一方、遠くに撒く場合、
 水に遠心力がかけると 遠くに届かせられないですから
 バケツや持ち手(グリップ)に遠心力を掛けて
 水の質量、質量がソコ〜バケツの底に留まるよう
 バケツの底に水を張り付かせて移動させる。
 水そのものには大きく遠心力をかけません。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m152023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s





 その感覚って スイング、からだの回転での
 クラブヘッドの質量、重心を置き去りにして
 引きずって動かすか、
 ヘッドのそのモノに遠心力を掛けて
 クラブをほっぽり投げるように使うか、
 その二つにとても似ていると思うんですね。」

質問「ああああああ」 


店長「トップの位置から 一気に左を向く、
 をトライしてみて
 引っかけ、かも知れないし、
 スライスかも知れないですけど
 やってみて感じるのは
 トップの位置から インパクト、ボールに当たるまで
 殆ど『時間が無い』と思うんですね。
 本当に 直ぐに来てしまう。

 振り返ってみれば
 確かに 時間の区分 として
 ダウンスイングって言うのはあるんですけれど
 『アクション』としては ダウンスイングは無いかも❓
 って感じると思うんですね。」

質問「あぁ 確かに。」

店長「逆に今までは ソコが十分にあったし、
 その存在しない筈の時間が 自分の打撃の肝だった…🙄
 
 トップの位置から 間髪入れず左を向く、
 それで引っかけ が出たとしても、
 スライス が出たとしても、
 それを修正するような 時間は
 今までとは異なり、ほとんど無いと思います。

 どうするか❓

 まずは 右向き〜テークアウェイを考え、
 自分にとって 十分な右向き、
 時間と空間が確保出来ているのか❓

 右向きの確保 と共に
 どういう 左向きを造るのか
 周り方は 廻るコトそのものが重要なのではなく
 ボールを打ち為にする行為ですので
 クラブや腕をどう動かす 周り方、廻し方 が良いのか❓

((((((((_Moment
 トップの位置での クラブのからだに対する位置、
 クラブの姿勢、腕とクラブの関係が
 インパクト時、打撃に直結する、
 トップの位置関係が そのまま インパクト、
 クラブと腕は殆ど動かず、
 回転の遠心力によって 伸ばされた腕 程度ですので
 どういうインパクトを造りたいのか は
 トップの位置ソノモノと 考えても良いと思います。


 手で振ってしまう、フェースローテーション、
 ヘッドの返しでインパクトを造るのって
 冷静に、客観的に考えてみると
 そのワンショットに全力投球する 系のショットであって
 ゴルフのゲーム性は 再現性・復元性・反復性 が
 重要ですので あまり適していません。


 ボールを打つコトは 左を向くコト だけ と
 シンプルで繰り返し易い動作が基本にして
 望む弾道の修正は その事前準備で決めていく。
((切り返し 廻るの❓ 下げるの❓_Moment(3)
 腕力のある人や運動性能の高い人を除き、
 トップの位置から 一気に、間髪入れず 左を向く、
 は必ず 飛距離アップの基 になります。
 回転速度、動作時間の短縮、ヘッドスピードアップ に
 必ずつながります。
 トライして見ると 如何に からだの回転と
 クラブやヘッドの移動につながりが無かった かも
 実感できる人も少なくないと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「仮想インパクトのクラブの位置、
 グリップの位置が アドレスと比べ
 少々オーバーですけれど 1m
 とします。
2021-12-06_22-21-54_Moment(4)
ソコに行くには
かなりの近道 が必要です。

からだのものすごく近くを通すのですが
 それだけでは不十分で
 『ちゃんと』右を向いて
 それを通せる空間が確保されている必要があります。
 2021-12-06_22-21-54_Moment(2)
空間のために ゴルフスイングには
前傾姿勢がある と考えても良いです。

 手だけで上げてしまっている、
 テークアウェイを取ってしまっていると
 始めから 通り道、近道と言えば良いのか、
 グリップエンドを通す空間~近道が存在しません。

 ダウンスイングで 腰だけが先に回ってしまうと
 やはり その空間が塞がれてしまいます。
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5
 からだの回転で 腕を、クラブを横に振ってしまうと
 道のりが長過ぎて 時間が足らず、そこへ到達出来ませんし、
 腕やクラブを横に移動させたコトによって
 腰だけを回したのと同じ状態になり
 グリップエンドを入れる、通す空間が無くなってしまいます。

 『間髪入れず』左を向くのに追随と言うか、
 遅れさせたくないですから
 右向き、そして 前傾姿勢で出来る軒下
 の近道を利用いしたいトコロ です。

 右向きが造らない
 前傾姿勢を利用しないは
 クラブの機能の利用を放棄しているのと同じ です。


 今まで 腰を先に廻し、
 後から手で振っていた人、
 フェースローテーション、手の返し、
 それを打撃のメインにしていた人が
 からだの回転に移行できた🌸 とすると
 トップからインパクトまでの 感覚的な時間は1/5位な感じ、
 今までの打撃は 3倍も.5倍も長い時間をかけて
 インパクトに来ていた感じがすると思います。

 からだの回転で✋
 トップの位置から一気に、間髪入れず、
 からだ全体を左に、飛球線方向に向ける、が実現すると 
 トップからインパクトまで
 本当に時間がありません。

 手を返す、フェースをターンさせる、
 インから入れるとか、アウトから入れるとか、
 何もする暇が『まったく』ありません。

 自分でボールを打った実感が湧かない程、短い時間です。

 兎も角、時間がありません。

 速く周りたい、ヘッドスピードを上げたい
 のですから当然なんですが…、
 目標とする インパクトの通過点、
 アドレスよりも 1mも茵△發靴は前のグリップエンドの位置
 に行くには 重力のチカラも手伝って貰うべきでしょう。
 そこへ行くような、行き易い重さのかかる
 トップの場所なり、位置を造るのが
💮💮💮です。
 
 その通る経路は
 トップの位置〜アドレス時の左「腋の下」あたり、
 アドレス時の左腕とからだの間 位 です。
 アドレス時の左腕よりも かなり自分寄り です。
 おそらく ですが、
 その通り道を体感したことのない方にとって
 強烈に『自分側』に近い です。
 右向きが無い、足りないと 存在しない空間でもあります。

 グリップの移動 という事であれば
 非常に小さな半径の弧 という事になりますが、
 からだの回転が主エンジンになりますから
 結果、として 円軌道〜曲線ですが、
 意識としては その目標地点まで
 直線でグリップエンドを移動させる方が良いでしょう。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   

それでは 実践的に見ていきましょう


片方は素振り…ですが 二つを比較してみていきましょう






これはどうして貰ったか というと
ボールを打つ 当てる から 頭を切り離し
クラブを持ち 右を向いた状態で 背面
背中側に万歳するつもり
 で振って貰いました。


この数日の記事の中でも書きましたが
肩は機能としては腕の一部ですが
場所としては 胴体に含まれています。
腕を使えば 自然に胴体は動き
腕や腕自身も含め、クラブと言う重さに拘束されています。

ですので 丸っきり反対の順序

足腰〜正面〜腕肩 ではなく

クラブが落ちる〜グリップが下がる〜腕が降りる
向きはそのまま 背面に万歳

と言うイメージを持ってもらいました。


実際には 人間の腕の構造、体の構造上
背面に万歳することは不可能です。

意識はしていませんが 腕が降り始めると
クラブの重さに押され グリップ、両手の合流点が左に逃げますので
徐々に向きも変わっていきます。

背面で万歳のつもり…でも
結果としては 正面で万歳し直すコトになる 位の『順序』で


初めて からだの回転とクラブの移動、グリップの移動は同期するのです。

是非 背面に万歳するようなタイミングで
そのイメージで素振りをしてみて下さい。



だいぶ雰囲気は変わりましたよね?

今までの力み感や力感がないので
動作 としてはイマイチ掴み辛いと思います。
よりどころが無いですからね・・・

M20191011-1_Moment(2)M20191011-1_Moment(5)スイングのポイントは
この一番重要な箇所を
からだの回転で出来るか どうか
なのです。
これでは 殆どからだの回転は
クラブの動きに使えておらず
単に 発射の土台になっているに過ぎません。

ここでこのような腕 肩の捻じり戻し
でボールを打っていると
打った実感はあるかも知れませんが、
フェースの向き、ロフト、ヘッドの高さ が
毎回毎回変化が激しすぎの上、からだの負担が大きい
しかも 一生懸命ヘッドを動かし、ヘッドスピードを上げても
ボールの高さやスピンに化けやすい打ち方なので とても損なのです。

素振りではそこそこ出来ても
実際にボールを打つと インパクト付近でからだを止め
左サイドを絞る動きが強くなってしまいます。



背後から見ると 左ひじが抜ける動きになるのは
インパクト前後でからだの回転が止まっているからで
ここをからだの回転で打てるようになると
自然と打球方向に両腕は伸びるようになります。

そのイメージ造り と言う点で
グリップと言うのは 常時動いています。
🌟この場合のグリップは茱哀螢奪廚任垢
  …左サイドの動き…と言う意味でもありますね


からだの向き は ターンテーブル のようなモノで
実感し難い部分はありますが、
上下 左グリップの高さ変化については
常時 高さは変化するものです。

トップの位置からの下げるは
重さ、クラブの重さ優先でさせる
きっかけとして クラブの重さを利用する方が良いですが、
下げたら 間断なく 左グリップの高さを上げて下さい

意識は右を向いたまま・・・・・・・位で丁度良いでしょう。

絶対に 同じ高さ、特に低いトコロで
その高さをキープしてはイケマセン。
ボールを飛ばすには 左グリップの移動速度が重要です。

左グリップの上下移動は絶対に止めてはイケマセン。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「飛ばす為には 右打ちの人の場合、
 素早く左を向くコト、
 それがヘッドスピードを上げる鍵 ですが、
 これも繰り返しになっちゃいますけれど
 からだの回転の為にからだの回転がある訳じゃないです。
 グリップを移動させる為、
 素早くグリップを移動させる為に『回転』します。
スクリーンショット 2023-08-06 230743
 グリップを移動させずに
 からだを廻しても クラブは移動してない、移動が遅い、
 左を向いてもまだボールを打っていない、ですから
 そのからだの回転、向きの変更が『打撃にならない。』
 これでは本末転倒です。」

質問「ありがち・・・😵」

店長「はい。グリップを素早く、クラブを素早く移動させないと
 当たり前ですけど ヘッドスピードが高くなりません。

 特に 中高年のゴルファーにとって
 からだの向きを変える その習慣付けを繰り返ししていないと
 本能的な恐怖から どんどん からだが回らなくなります。
 腕力頼りであったとしても
 腕で振る、その勢いに負けないよう体を止める、
 は 相反した 二つの動きですので
 強く、もしくは 速く振れば からだに負担がかかる、
 からだが動いちゃえば 強く、速く腕を使えない、
 という 肉体的な縛り になってしまいます。

 腕力、チカラソノモノよりも 腕周りの持久力は
 かなり衰えやすいので からだの向きの変更が打撃ソノモノ
 になる訓練をしておいた方が あとあとまで楽しめます。

 早い段階で 腕やクラブが長くなってしまうと
 からだの回転では グリップ、クラブが動かし切れなくなってしまう。
スクリーンショット 2023-05-08 003101アドレス時のスタンスのラインとボールを結ぶ線、
まあ 単純に考えると アドレス時のクラブの位置、
ハミングバードでは それを「ブレイクライン」と呼んでいますが、
そのブレイクラインを グリップだけでなく、
クラブ全体が越えるまでは 出来るだけ 短くクラブを使う

 からだを速く廻すため、
 素早く左を向くため、
 早い段階でクラブや腕を長くしない、
 長さは重さに転化し易いですので
 早く重くしてしまうと 必要以上の遅れが生まれてしまいます。

 そう言った意味合いも含め、
 ソレを縦振り と呼ぶのか、どうかは分かりませんが、
 からだの回転で 腕をより縦回転に移動させる方が良いと思います。
〇初めての玄関からの『こんにちわ』 - fr(ヘッド1






 縦気味に 上下に動かす感じであれば
 腕やクラブが長くなっても 重さのかかる長さ になり難く、
 フトコロの中を通せますので 腕が伸びたとしても
 重さとしても長さにはなり難い。

 前傾姿勢という 軒下の空間を通してあげる。
 からだの回転速度を落とさない、ヘッドスピードを落とさない、
 ノウハウと言っても良いかも知れません。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s







 前傾姿勢の軒下を通してあげれば
 自分に重さが掛かったとしても
 前傾姿勢が維持され易い方に重さがかかります。

 逆に クラブ、グリップを横に移動させてしまうと
 その重さにカラダは起こされてしまいます。
 からだの回転の進行に 下へ の要素が減ってしまうので
 どこかで下に振らなくてはいけなくなり
 からだの回転とは別な動作が必要になっちゃいます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ボールを上手く当てる、スライス、アウトサイドイン…
 ヘッドスピードを上げる というのは
 確かに 計測の都合上、先端部のヘッドの移動速度を測る
 が故に ソコを そこ(だけ)を速く動かしたくなる。」

質問「スイングの弧を大きくしたくなる、ってもありますかね❓」

店長「あるでしょうね。

 しかし、ヘッドスピードの源である
 からだの向きの速度、右打ちであれば
 如何に右向きから左向きの速度アップ、時間短縮、
 と言う意味合いで考えると
 腕やクラブは出来るだけ短く使った方が、
 …長くなる は 重くなる と近似値ですので
 素早く周るコト、素早く左が向き易い でしょう。
会田20210701 - frame at 0m16s
 俗に言われる アーリーリリースやアーリーエクステンション
 早い段階で クラブの長さを長くしてしまうのは
 回転と言う運動にとっては 錨をおろしてしまう、
 途中でブレーキを踏んでしまうのと同じ です。

 また 左を向くコト が イコール ボールを打つコト
 を忘れてしまい易い と言うか、
 早い段階で クラブの長さを長くしてしまうと、
 ヘッドの通る道のりが長くなり過ぎるので
 左を向いても まだ ボールを打っていない、
 振り遅れと呼べが良いのか、打ち遅れと呼べが良いのか
 わかりませんが ソレも起こり易くなります。

 ある程度 長くゴルフに触れているゴルファーは
 「左サイドの壁」とか、
 「からだを開かない」とか、
 スイング用語の中から 何かしら 見つけて来てしまうので
 結局、からだの回転が止まって
 手でクラブを振るようになってしまったり…。」

質問「有りがち だと思います。」

店長「ね。多いと思うんですね。

 中高年のオジサンおばさんゴルファーにとって
 左を向くコト イコール ボールを打つコト は
 ものすごく大事、ココが鍵 
と言える部分で
スクリーンショット 2023-08-06 230743
 からだを廻すことは大切 と言っても
 それがイコール ボールを打つコトで無い、
 悪く言えば 他人にゴルフスイングっぽく見える、
 お飾りの「からだの回転」に役割を与える のが
 最大の ヘッドスピードアップ につながってくる
 と思います。とりあえず 意識だけ でもね。

 上手く当てたい、スライスさせたくない、
 そう言う気持ちは痛い程分かるんですが、
 左を向く イコール ボールを打つコト、
 素早く 左を向くコト  そこ有りき で
 打撃は考えて欲しいんです。

 左を向くコト、からだを廻すコト、を
 邪魔してしまうような、
 からだをどこかで止めるような『クラブ扱い』は
 体自身にも危ないですし、
 スイングにとって悪いコトと判断して 良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「最近、距離が落ちてきてぇ…。」

店長「夏バテってのもあるんじゃないです❓」

質問「まぁ、それも無きにしもあらず…だけど。」

店長「ちょっと打ってみましょう。
スクリーンショット 2023-08-06 230743
 なるほど。なるほど。

 確かにね、ボールをどう捉えるか、
 ボールをちゃんとつかまえるか、
 って 大事は大事ですけれど…。」

質問「けれど…❓」

店長「なぁ〜んだ って思われるでしょうけれど

 やっぱり 飛ばすには ヘッドスピードが必要 です。」

質問「ヘッドスピードをあげろ…ってコト❓」

店長「字面で言えば そうなりますけれど
 ヘッドスピードの出し方 間違えてる気がします。

 今更…ですけれど、言葉で言えば ヘッドスピード って
 クラブの先端、ヘッドの移動する速度 なんですけれど
 でも それって 先端部を速く振る、速く移動させる、
 ッテコトじゃないです
。 意味不明…かも、ですが。

 ヘッドスピードを上げる ッテコトは
 先っちょを速く振るコト ではなくて、

 速く周るコト✊
 右打ちの人であれば
 トップの位置から 左を向く速度✊
 出来るだけ短い時間で 左を向ききるコト✊
 です。

 確かに 車で言えば
 やれ ギア比とか、ボディの軽量化とか、空力とか、
 決まっちゃってる エネルギーを最大限、速度に変換する、
 ロスを無くす 等 は大切ではありますけれど、
 やはり 副次的な要素が強いです。

 基本は 最大出力を上げる、排気量を増やす、
 気筒数を増やす、そして 回転数を上げる だと思います。

 特に私たちの年齢で言うと
 速く左を向く、向きを変える速度を上げておく、
 直ぐに左を向く習慣を付けておかない と
 インパクトでスイング動作が終わってしまう
 『ぶっつけ打ち』が目の前に迫っています。


 ボールをつかまえる、上手にとらえるは大切ですけど
 そればかり考えて、最大出力である 自分の回転を抑えてばかりいると
 どんどん 回転する速度が上げられなくなります。


 ヘッドスピードは その回転速度の産物 で
 なんと言ったら良いのでしょうか、
 グリップ速度とか、回転速度だと 単位が小さくて
 差も出にくいですし、あまりに地味になっちゃうので
 一番数字の大きくなる 外周部のヘッドスピードを
 採用しているに過ぎません。
 おそらく 一番 計測し易いでしょうしね。

 でも 元になるのは 自分の回転速度、
 左を向く、左を向ききる速度、時間です。

 よくある話しなんですが、
,犬磴◆〇廚い辰り 速く、早く左を向く
⊂綣蠅当たらない、スライスする
➂上手く当てようとする
げ鹽沼度が落ちる なんですよね。
((スライスにさよならしよう_Moment(5)
 フェースが開いてる とか、
 アウトサイドインだ とか、
 先端をどう動かすか に意識が行くと
 かならず 回転するという行為そのものが鈍ります。


 手打ちになるのも その一例の可能性も高いです。
 からだが左を向いたら
 本当は もう 当たっちゃってる んですね。
 にもかかわらず まだ ボールを打ってない
 そりゃ カラダの仕事終わっちゃってますから
 別の動作で打たなきゃ 前に進めませんから 致し方無く…。
会田20210701 - frame at 0m15s会田20210701 - frame at 0m18s







 からだが開いてる、腰が開いている なんてのは
 それで打ってないから そう言われる訳で
 それを 開かないようにしよう は対処方法が間違ってます
 からだが開くことが打つコト なんです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



パッティングストロークで
自分の狙いの距離を打つのには
絶対条件として
『いつも似たようなロフト(クラブ姿勢)』
インパクトを迎えたいですね。
特にパターの場合、製品としてのロフトが3〜5度と少ないので
 3度増えただけで元のロフトの80〜100%増し になります。
通常のショットと違い スピードで誤魔化せないのと
元のロフトが立っているが故に ストロークの仕方によっては
何処に当たるか…ヘッドの上下位置によっても
距離に大きな違いが出てしまいます。
006009







いつも似たようなロフトでボールを打てる
 という前提の上で
運動・動作の速度(スピード)によって
初めて「距離感」が染み込まれていく
 ので
打つたびに ロフトの変化も大きく
パターフェースの当たり所もぶれてしまい易いストロークでは
距離感が「その場その場」の偶然待ち になってしまうので
なかなか身に付かず、安定しません。


その典型例になるのが
4c9a0689世間で浸透しているショルダーストロークで、
ヘッドが上下に大きく弧を描きます。

打ち手である自分の目からは
ボールの飛球線方向に対して 真っ直ぐ動いて見える
そのストロークを妄信的に行っているゴルファーが多いですね。
私の経験的にも、他のスポーツの参考例と比較しても
5センチ〜30mのような わりに繊細な距離感…動作を
肩を揺さぶる という最も距離感を産み出しにくい
鈍感で、微妙な違いを出しにくい部位で生み出す…
こんなストロークを推奨する人の運動感覚を疑います。
プロの試合では80センチのパットに
ん千万掛かる、将来が掛かる場合もある訳で
それを最も距離感…スピードなのか、運動の大きさなのか
どちらにしても表現しにくい部分で行って
苦労しない訳がありません。
78センチでも カップに入らなければ85センチでも
ダメなのですから… そんなものを
肩の揺さぶりで緊張感の中、出来る?と信じる
その神経を疑いますね。
しかも、この振り子のストロークは
不必要なボールの回転を産み出す、上下に弾く打撃なので
ボールの初速は速くとも、すぐに減速が始まり
ボールのスピード感とストロークのヘッドのスピード感に
つながりが乏しい方法です。

006
パッティングもショットも
思いの方向に打つ ことは第一優先事項ではなく
思いの距離を打つ という事に重きを置いてください。

その上では 
小さなストロークで
ゆっくりしたストロークで
十分な距離が打ててしまう
『進化版L型ブリストルパター』は
最も同じ距離を打ち続け易いパターの代表です。


しかも 『ピン型デール9』『進化版L型ブリストルパター』の
他では真似の出来ない部分は
ボールの転がり始めの速度とパターヘッドの動かす速度に
差が少ないため、ボールの転がるであろうスピードを
想起出来れば、簡単に距離感を再現出来ます。
IMG_1362
という事で
肩のストロークではなく
右ひじを曲げ、右ひじを伸ばす と言う感覚で
ボールを押して頂きたいのですが
その時のポイントになるのは
右手で押してあげるのは グリップ〜シャフト ではなく
左手だ‼ ということです。

右手を進行方向に、ボールを押してあげるように伸ばす
と言う感じで、左手(グリップを持った左手)を押してあげ
ストローク中にシャフトと地面の角度が変わらない
トップで出来たシャフト角度を維持したまま
ボールを打つ抜く〜押してあげる ということです。
スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 2 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)
写真はパターではありませんが
ショルダーストロークや右手でシャフトを押してしまうと
(左手グリップを軸にクラブを押してしまう)
こんなにもシャフト角度は動きます。
このシャフト角度分だけ、ロフトも変わっている 

ということです。
この上下の弧の描き方では
 ボールとフェースとの接触点もかなり不安定なので
自分では振り加減なり、力加減で「距離感」は出していても
自分では一定のスピードで打っていたとしても
ロフトが毎回バラバラ・打点もバラバラ になるので
同じ距離感が「偶然」か、
血のにじむような練習量、でしか生み出せません。

オジサンゴルファーが 姿勢の苦しいパッティングストロークに
そんな時間費やせば 腰痛になるのは保証します。
スナップショット 8 (2013-06-09 14-54)スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)スナップショット 12 (2013-06-09 14-55)





右手を使って 左手(グリップ)動かす
シャフトの角度は出来るだけ変えない
というのがパットだけでなく、ショットも基本です。
IMG_0379IMG_0378IMG_0375





これによって ロフトが安定しやすく
ヘッドの高さ変化も抑えられ
振り子でこすって打つに比べると締まったロフトで
ボールを打てるようになるので
同じ条件であれば当然飛びます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「水を張ったバケツ
 それで水を撒く場合の 水とバケツ、
 そして遠心力の関係は クラブヘッドの
 重心位置の関係にとても似ていると思います。

 水をまき散らす場合、
 横に水を撒く感じになる訳ですが、
 遠心力で水を撒きますので
 クラブで言うと シャフトをしならせて、しなり戻して・・・
 ショットのインパクト以降は 重心である水が
 自分を追い抜くことになります。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m9s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m







 一方、ある一方向に、そして出来るだけ遠くに、となると
 遠心力に対し、水は出来るだけ遅れたまま
 バケツの底に張り付けたまま(遅れたまま)を維持しますので
 自分のアクションを重心が追い抜くことはありません。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s







 重心が遅れ、追いつき、追い抜く は
 スイングで言うトコロの 手の返し と言うか、
 ヘッドターンに相当するのでしょう。 

 前傾姿勢のコトはとりあえず除外して、
 からだの回転に沿って 遠心力でクラブを振る、
 ヘッドと言う重量物に遠心力を掛け ボールを打つ のと
 からだの回転は 向きを変える円運動ですが、
 それを 打ちたい方向への直線的な慣性 に変え
 ボールを打つのか
 では
 ボールの飛ぶ方向も、かかるボールの回転、その量も
 かなり違うモノ、異質なモノになる と思えます。」

質問「横振り、縦振り の違いですか❓」

店長「正直 横振りの定義、縦振りの定義 が分かり難い、
 曖昧と言うか、ヒトによって異なりますので
 一概に そうです、とは言えませんが、
 ニュアンスは似ているかも知れません。

 からだの回転を使って
 クラブを持った腕をどう振るか、
 からだの回転通りの円にするのか、〜横の円にするか、
 ボールを打ちたい方向に沿った 縦の円にするのか、

 後者の方が 安定して 似たボールを打ち易い と思います。
〇見かた128〇見かた130









 バケツで水を撒くのと似ていて
 水を撒き散らす場合、
 水の重さが自分の動きを追い越して撒くコト になりますから
 スイングでのからだの回転は 運動の勢い付けで、
 リリースの際には からだの回転を止める動き が
 入ってしまうと思います。
 それを左サイドの壁と勘違いされている方も多いか、と。

 また、その動きを 前傾姿勢の有るゴルフスイングで行うと
 腕やクラブの重さが 遠心力で外に引っ張られるので
 必然として からだが起きる、前傾姿勢を失う、
 今風な動きですと 地面反力で伸び上がる、
 というのも 自動的に付いてきてしまうと思います。

 ゴルフのスイングでは 上手く行かない、悩むと
 兎角 からだの回転、からだの回転と言う言葉が出てきますが、
 そのからだの回転で 腕をからだの回転通りに
 横に振ってしまう と
 ゴルフクラブの 長いトコロに打点があり、
 その打撃部分であるヘッド、フェースには重心と言う
 棒の延長線上に無いズレがある為、
 遅れが開きになり、それだけでは ちゃんとボールが打てない。
 ダフリ、トップ、シャンク、スライス、
 それらを解消するために 最終的に
 手で修正、手で打つコトに行き着く
のでしょう。

 からだの回転で 腕を縦に移動させる、
 腕を縦に振る は 誤解を生み易い ですけれど
 動き で考えるのではなく
 ボールを出来るだけ 思った方向に
  思ったように飛ばしたいのですから
 打つ方向に沿って クラブも、腕も 移動させるって
 ごく 普通なアイディア だと思うんですね。
 その方が 上手く行きそうじゃないですか❓
5d625fee




 また、この部分も面白い研究テーマなのですが、
 コト パッティングやアプローチになると
 からだの回転、おそらく それは肩周りだけを指す動き
 だと思うんですけれど
 からだの回転そのものも縦回転、
 それに合わせて 腕の振り、クラブの移動も縦移動、
 になって 本来の回転とは全くの別物になってしまう。
 この延長線上で 普通のショットは難しいですが、
 なぜ パターやアプローチだけ 横に振ろうとしないのか
 にも ヒントが隠されているのだと思うんですね。

 からだの回転で バケツを立体的にどう振るのか、
607a83e4-s

 それは 大きなヒントになると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「今更 ですけれど
 ゴルフスイングって
 ゴルフクラブを動かして ボールを打つ為のモノ です。

 まぁ そりゃそうですよね🤩

 クラブを、そして そのクラブを持った腕を
 動かさなくちゃ ボールは打てない…けれど
 ゴルフクラブ、ボールを打つ打撃部のヘッドは
 ロフト角度、ライ角度、フェース角度などの
 立体的な複合体 で
 ウッドでもアイアンでも 番手間の差は
 ロフト角度で言うと 3〜4°
 長さで言うと 半インチ、1.25僉,任后
ドライバー入射角度
 ロフト角度も当然ですけれど
 その長さによる、その長さの違いによる
 ヘッドの進入角度、アタックアングルも
 ボールの飛距離や球筋に ロフト角度と同じ割合で作用する。

 似たような球、
 似たような距離、
 似たような球筋、
 遠くに飛ばすことも勿論、大事ですけれど、
 おおよそ 計算できる、出来れば確率が高く、
 繰り返せるようにする…願望、希望も含まれますけど
 それを目指すのが ゴルフと言うゲーム性にマッチします。

 そうするなら 動かすクラブ、動かす…まあ 移動ですけど
 それは からだとの相対関係を概ね固定して
 からだごと 腕を、そして クラブ、
 この場合はグリップですけど
 動かす、移動させた方が そのゴルフとのゲーム性に沿う。

〇見かた128〇見かた130










 手で クラブをリリース、大きく動かしてしまうと
 当たるも八卦、当たらぬも八卦 っぽい感じですので
 ゴルフとのゲーム性とは相性が悪い。

 本当は 動かさない、動かしていないモノを
 動かして真似をする では
 答えが存在しない、答えは幽霊なのですから
 何年、何十年やっても 答えは見つからないです、ね。



 スイングの溜め😵 とか
 切り返しはクラブを(ホントはヘッドを)残して😵 とか
 なんだか
 
からだを廻しても 腕を置いてくる
 そして、後から 腕で振る、ような
 スイングになり易い言葉がたくさんあります。 
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5s2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5







 腕の残し癖の強い方は
 あきひこ先生が言う通り、
 グリップ、腕から先に動かす位でないと
 からだの向き通りには動かないでしょう。

 アニカソレンスタムのスイングでは
 先に 左腕がさがっている ようにも見えます。

 からだの正面からの画像では
 切り返しでの 左股関節と左上腕の連動 にも
 着目して貰いたいです。
 まあ クラブを持った腕を動かすコトが
 からだの向きを変える目的ですので
 当然✊と言えば当然、なのですが、コレがなかなか…。


 世の中には 『下半身リード』なんて言葉もありますけど
 そりゃ 脚を使わないと からだの向きは変えられないですけれど
 『リード』とは 導いている、誘導している であって
 先に行く とは言い切れません。
 クラブヘッドには重さがあって
 グリップを動かしても 重さ分、動こうとしないので
 遅れてくるように見える と同じく
 腕やクラブにも重さがあるので それを動かそうとした
 下半身に対し、遅れて『
見える』のであって
 遅らそうとしたわけではない のです。

〇見かた116〇見かた117










 からだを廻す目的が
 クラブを持った 腕を移動させるコト なんですから
 下半身リード(この場合は先行)で 先に足だけ動いて
 後から 腕を振れ でも 本末転倒なんですね。
 からだの回転、からだの廻し、向きの変更は
 からだの回転の為にやっている訳じゃないですからね。
 


 ソレに関連して…ですが、
 トップ〜切り返し から 腕もクラブも半ば固定して、
 特に クラブは固定したまま、
 動き、運動によって ヘッドは重くなりますので
 引きずるような、ゴルフ用語的には置き去りにして
 インパクトへと入って来ますので

 トップの位置、形って
 それを前提にした、
 インパクトをどう迎えるか
 インパクトの形 と言っても良い程で…。

 …気のせい、とは思うのですが、
 トップの形 を 型 として意識している人が
 とても多いと思うんですね。」

Sさん「あるある…です。」

店長「トップで どの位置、
 腕とクラブの関係、
 腕とからだの関係、 どの状態だったら
 からだを廻すだけで 望みのインパクトに出来るのか 
 どういうインパクトにしたいのか、
 それを 形 にするのが トップの位置 と
 考えて良いと思います。

 腕の残し癖の強い人は
 先に 左上腕、グリップを動かしておく 位は
 必要と思いますけれど
 基本的に ですが、
 腕にとっては
 『ダウンスイング は アクション ではない』
 『ダウンスイング には アクションは無い』

 と考えても良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイング、アドレスで言うトコロの
 ディッシュアングルってのがありますけれど
 どう考えているんです❓」

Sさん「ディッシュアングルって
 アドレスとかでの、腕とクラブの角度差ですよね。」

店長「そです。
 浅いスープ皿の底の角度みたいな奴ですね。」

Sさん「キャスティング…解かないように…
 左手首の角度をキープ…ですか❓」


店長「えええええ😧
 スイング動作中に 右打ちの人であれば
 一番弱いであろう 左手首の角度を維持ですか❓
 それは不可能でしょう✋」

Sさん「え〜〜 違うんです❓」

店長「違います。

 ディッシュアングルは
 クラブを握る際、グリップする際の
 シャフト・クラブと手のひらの交差する角度
です。

 ゴルフクラブは 実際には不可能ですが、
 手のひらと直角の関係では無く
 手のひらと平行な関係の方が 機能としては発揮され易い です。 
IMG_1304IMG_1303
 これも 前傾姿勢と同じで
 平行では無く 角度があれば良いので
 握る関係 となると こういう感じです。
IMG_1306IMG_1305
 クラブを 手のひらと直角に近い関係 で握ってしまうと
 グリップの位置がからだに近くなり易い です。

 ディッシュアングルは そのグリップ、
 クラブと手のひらの関係ですので
 アドレス時にはもう既に確定しているので
 スイングの動作 の中で意識する必要はありません。


 巡り巡って、ですけれど
 クラブを振ってしまう、解いてしまうコトになるのは
 深い前傾の、懐にグリップを入れてしまうコトが
 始まりですけれど、そのきっかけになっているのが
 グリップ、 手のひらとクラブの関係にありそう…ですね。」
2023-06-24_11-24-372023-06-24_11-22-47












Sさん「手のひらに直角では無く、
 平行に近いように握ると チカラが入らない んじゃありません❓」


店長「はい。それが正解です。」

Sさん「え?!

店長「グリップに力が入れられない。
 強く握れない から グリップの位置が
 どんどん逃げるんです。

 強く握る、強く握れる って言うのは
 どこかで グリップを止めて
 クラブを、シャフトを、ヘッドを振る 為の対処
 の可能性が高いです。

 グリップを支点にして クラブを廻す、振るには
 ガッチリ 握らなくちゃなりませんからね😌

 スイング中に、グリップをどこかで止めるか、
 移動させ続けるか が 握り に表れるのだと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テニスとか、バトミントンとか、卓球もそうでしょうか
正式な称号は分からないのですが、とりあえずドロップショット
というのがありますよね?!
ネット際にポトッと落とす奴です。

スナップショット 7 (2013-07-04 23-37)スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)






スナップショット 9 (2013-07-04 23-38)スナップショット 10 (2013-07-04 23-38)






こんな風にラケットを使うイメージですよね?!

動かし来る面をフェースでなでるように
クラブを扱うと、そのドロップショットになる訳です。

で、ドロップショットって
スピードを速くすると、それは距離になりますか?

なりませんよねぇ

より強くドロップショットになって、
テニスであったら、バウンドして、もう一度
自分のコートに返ってくるかも…

そう、こうやってフェースを使っている限り
どんなにスピードを上げても、スピンが増えるだけ
ボールには推進力も付きませんから
ボールは高くも上がりません。

へっど、フェースを動かすイメージはこちら
スナップショット 11 (2013-07-04 23-39)スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)






スナップショット 13 (2013-07-04 23-39)スナップショット 14 (2013-07-04 23-39)






とりあえず ロフトは0度と仮定して
クラブを扱うことが肝心です。
ロフトはクラブの仕事。
自分でロフトを作ってしまっては
クラブの意味、番手の意味がありません。

ふたつを並べて比べてみましょう。
スナップショット 7 (2013-07-04 23-37)スナップショット 11 (2013-07-04 23-39)






スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)






スナップショット 9 (2013-07-04 23-38)スナップショット 13 (2013-07-04 23-39)






スナップショット 10 (2013-07-04 23-38)スナップショット 14 (2013-07-04 23-39)






この使い方をすると、肘の使い方にも違いが出ます。
ロフトを開く使い方では、肘を伸ばすと
クラブが自分から離れる⇒クラブが長くなります。
クラブは長くなるとより重くなりますから
より遠回りして、より遅れて、より開きます。

またスタートの状況で、ロフトを開いてしまえば
テークバックやトップの位置でロフトを開いてしまえば
クラブは閉じている状態よりも重くなります。

重くなって、遠回りするんですから
インパクトは体の正面で合流。。。なんて不可能です。

重くなって、遅れるクラブ…
肘よりも手の部分が遅れてきます。
重くなったクラブによって、右サイドは下がりますから…
開いているロフト、下がった右サイド…
飛ぶ理由が見つからない。。。

前述の通り、スピードを上げたとしても
ドロップショットはドロップショット・・・
スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)






クラブヘッドで言うと
だいたいのクラブは この画像で中指の付け根辺りに『重心』
があるんですね。
開いて フェースを軌道に沿って入れる方は
 重心が後ろにあるので 自分の想定よりも
より開き、より緩い入射 になる。
一方、ソールで軌道をなぞるモノは
重心が上から被る形になるので
 より閉じ、よりキツイ入射になる。
スイングで 真ん中がないのは こういう事…だったりします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



Yさん「飛ばし方、飛ばせるようになるには
 どうしていったら良いんでしょうか❓」

IMG_0535
店長「そうですねぇ、
 前の記事にも書きましたが、
 まず イメージとして
 ボールの上っ面をさらう ようなイメージが欲しいですね。」

Yさん「卓球のスマッシュとか、
 テニスのグランドストロークのような…?」


店長「はい。そう思います。
 ゴルフクラブには ロフト角度があるので
 実際には ボールの下方を打つコトになるのですが、
 ロフトの無い ロフト0度 マイナスロフトでもいいですね、
 そう言うモノで ボールの頂点を触って
 ボールを転がしてあげるような そんな感じです。
 こする んですけど
 逆回転・バックスピンを加えるのではなく
 順回転を加えるようなイメージです。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m16sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s







 そのボールの飛ばし方 は
 イコール ショットの安定度とつながっていきます。


 別な側面ですけれど
 飛ばすにはヘッドスピードを上げる、
 それは嘘では無いんですけれど
 ゴルフショットで言うと そのヘッドスピードに該当する
 ヘッド部は動きの先端であり、外周部です。

 ソコを速くする、それは間違いでは無いですけれど
 ソコを速くしようとするあまり
 例えば…ですけれど
 タオルとか、ヒモとかを持って
 先端にこぶを造ったり、何かをしばったり して
(からだの回転と腕、そしてクラブ - frame at 0m17s
 その 先端部をブンブン振る のは
 正直、スイングの練習としては ✖✖✖ です。

 運動不足解消などの為に 単に運動として考えれば
 良い悪いはないですけれど
 コト 本当のゴルフショットに応用、
 真面目なスイングの練習 と考えると
 良いことはありません。

 当たり前ですけれど、ゴルフクラブって
 ロフトやフェースの向きなど 打撃部分があり、
 そして、その対象となるボールがある。
 それに加え、実際、それをやる場では
 打つべき方向、方面が合って
 打撃部がボールとどのようなコンタクトするか、によって
 左右だけでなく、上下の方向やボールの回転 などが 決まりますので
 そのタオルをブンブン振るような 練習は
 ヘッド・フェースがどのようにボールとコンタクトするか
 無視する事になりますし、
 速く振ろうとすればするほど
 からだを止める必要が出てきます。
 絵にかいたような 手打ちの練習とも言えます。

 距離は、飛び出る上下の角度、ボールの回転、
 自分のヘッドスピードに応じた ボールの速度 などがあって
 それぞれに 適切な、アバウトですが理想的な組み合わせがあります。
 自分のヘッドスピードが高くなれば
 作り出せるボールのスピードも上げられますので
 遠くに飛ばせるようになりますけれど、
 繰り返し 自分が出来るショット、その可能性の高さ
 を考えると 先端を たくさん・速く動かす のではなく
 腕やクラブ、特にクラブは 出来るだけ固定、
 それを持った自分の廻る、向きを変える速度を上げる、
 ✋結局はヘッドスピードじゃん‼  って
 言われるかもしれませんけれど、
 繰り返しできる、
 疲れていても出来る、
 体力低下しても出来る

 を前提にすると まどろっこしいですが、
 先端を『たくさん』『速く』動かすのではなく、
 そこは固定、
 それを持った自分が廻る、その速度を上げる、
 に切り替えていかないと 飛ばせるショット、
 飛ばせるスイングの実現は難しい です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「常時じゃないんですけど
 飛ばしを意識しちゃうと 右腕が強過ぎちゃうというか
 手で叩いちゃうんですが どうしたら良いでしょう❓」

スナップショット 7 (2013-05-14 4-36)スナップショット 5 (2013-05-14 4-35)





店長「質問有難うございます。
 おそらく よくある質問、よく有る悩みだと思います。

 右手で叩くコトは悪いコトでは無いと思います。

 正しく 右手で叩く であればOK✊ですが

 この場合は 手で振ってしまう、
 フェースローテーションが入ってしまう、強くなってしまう
 コトを指すのだと思います。
〇こういうイメージもありかも? - frame at 0m8s
 その環境下では 必要だからやったコト で
 右手で叩かないようにする とか
 からだを開かないようにする とか
 伸び上がらないようにする では解決せず、
 問題が別にすり替わるだけで
 複雑になって行く可能性があります。

 概ね…ですけれど
 どの問題も その望んでいな行為、作法を
 『する時間と空間がある』というコトに注目して下さい。

 この場合、右手で叩いてしまう は
 右手で叩く時間がある というコトです。
 右手を使う時間、より前に
 ボールに当たってしまえば 使う時間がない訳ですよね🙄
〇From USA?だっけ - frame at 0m44s
 ✋左手の、左腕の進行が滞っている可能性が高い ですね。
 それは テークアウェイで 左手、左腕の方が
 右手、右腕よりも多く動いている可能性もあるでしょう。
 その場合は 右ひじの外の張り クランチを確認ください🤓

 スイング動作の中で
 両方の肘 まではからだと考えて下さい。
 からだの水先案内人と言えるでしょうか✊
 手や腕は 肘から先、前腕を指すと考えて下さい。
 テークアウェイで右ひじが締まっている、
 下を向いている は 右サイドが動いていない、
 左腕を含めた、左サイドばかりが動いている可能性があるでしょう。

 ダウンスイング以降では
 だいたいの場合、切り返しの初動だと思いますが、
 からだの向きに対し、
 左ひじ、左上腕が取り残されている可能性があります。
 からだの向きで 左ひじ、左上腕を動かす と言う意識では無く
 左ひじ、左上腕の動きで からだの向きを誘導する
 勿論、意識ですけれど、そう考えてみて下さい。

 また、これは個別なケースによって異なるとは思いますが、
 ダウンスイング、切り返し から
 左腕を下げる、ではなく
 切り返しからいきなり  左上腕を上げる
 と言う意識の方が 滞りは少なくなる場合がありますので
 試してみ下さい。
(イメージスイング
 あと 基本的な概念は忘れられてしまい易い ですが、
 からだを廻す、向きを変えるのは
 クラブを持った左手、左グリップを動かす為で
 (勿論 ボールを打つ為ですが)
 からだを廻すコトそのものは手段でしかありません。
 クラブを持った左手、左グリップを動かさないのであれば
 からだの回転は『飾り』、
 ゴルフスイングらしく見せるための真似ゴト でしか
 なくなってしまいます。
 そうなると からだの回転に意義がなくなるので
 おざなりのテークアウェイ、右向き、に
 なっていくのが 一般的な流れです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「クラブヘッドには重心位置ってあるじゃないですか❓
 これの機能、効能などを教えて下さい。」


店長「はい。
 ゴルフクラブは 他の打撃、ボールを打つスポーツの用具としては
 少々 異質で 打撃点が握る棒の延長線上に無い
 ズレた構造、L型の形をしています。
445TL-3
 重心位置とは ヘッドの重量の中心点 で
 ウッドの箱型形状であっても
 アイアンの板型形状であっても
 この重心位置が 各機種の個性、特徴とも言えます。」

質問「ズレた位置にある、そのL型形状だから
 ボールを打つ 他のスポーツ用品と使い方は異なるんでしょうか❓」


店長「微妙です。
 
 シャフトの硬さ(柔らかさ)、そして使い方にもよりますけれど
 適切な柔らかさのシャフト、適度なヘッド重量がありますから
 いざ ボールを当てる時には それが揃う、
 つまり 握っている棒の延長線上で打つコトも可能です。
Image20201006185024 (002)
 要は 打つ方、使う方がどう考えているか によると思います。

 一般的な用語で言いますと
 重心位置 の中でも
 『重心距離』とはフェース面上での計測になりますが、
 シャフトの軸、シャフトから重心位置がどれだけ離れているか、
 を数値で表し、平均的ではありますが、
 ウッドですと40弌4センチ位
 アイアンですと35弌3.5センチ位離れています。」

質問「ウッドの方が長いんですか❓」
IMG_NEW
店長「理想と言えば、クラブが長く重く感じ易いウッドの方が
 アイアンの重心距離よりも 若干短い 位が使い易いです。
 ドライバーは販売の回転・サイクルが良いけれど、
 アイアンは売れない が引き起こした
 売る側の都合による問題 と言えるでしょうね。
 
 とは言え、人間の感覚的な問題でもあるので
 ヘッドの重量、クラブの重量、シャフトの重量、シャフトの硬さ
 などで 調整は可能と思います。 

 一般的な総評ですけれど、
 重心距離が長い方が ヘッドの廻りが緩やか、距離は出る、
 安定性が高い、
 重心距離が短い方が ヘッドを回し易い、コントロールできる、
 と言われていますが… そう概ねどこのメーカーのカタログ にも
 書かれていますけれど、 半分嘘で、半分本当です。

 重心距離に関して 根本的に ヘッドは回して使うモノ
 みたいな示唆が内包されているのですが、
 実際には 廻さずに使う人も居れば、廻して使う人も居ます。

 
 重心位置が長い、数値の大きいモノの方が距離が出るのは
 実質のクラブが長くなる、ヘッド重量が重くなるのと同じ、
 というコトです。

 ヘッドは回転させて、フェースターンをさせて使うモノ
 だと限定すれば 重心距離の長いモノ の方が
 フェースターンは緩やか、遅くなりますから
 飛距離は出難くなると思うんですが
 ソコに疑問を感じる人は少ないようです。」

質問「そう言われれば そうですねぇ…。」

店長「私としては、ハミングバードとしては
 ゴルフショットに、ゴルフスイングに
 クラブターンはあっても、フェースターンは要らない、
 ほぼ一切必要ない と思っていますが、
 そうでない方へのアドバイスですが…。

002
 👉勘違いしがちな部分が多いですけれど
 ヘッドを廻して使いたい人は 廻し易い重心距離の短いモノ、
 ヘッドを廻さずに使いたい人は 廻し難い重心距離の長いモノ、
 と使った方が良い⁈ と思っていると思いますが、
 実際には反対、逆です。

 ヘッドを廻して使う人 にとって 小回りの利き易い重心距離は
 微妙なズレが生まれ易く 同じ球が打ちにくくなります。
 小回りの利かない、ヘッドターンの融通が利かない 重心距離の方が
 一定したヘッドターンになり易いです。

 一方、ヘッドターンをしないで打つ人は
 シャフトの硬さ にもよりますけれど
 握る棒の延長線上に重心位置が来る、
 握る棒と打撃点が揃うので
 重心距離の差が 球筋に出にくい傾向にあります。
 重心距離が長い は ヘッドが若干ですが重い と同じですので
 シャフトの運動量が若干増える程度です。

 重心距離の短い、小回りの利き易いモノ でも
 ヘッドを廻さないので 関係ありません。
 どちらでも問題ないと言えます。

 そう言った傾向から ヘッドターンをしない人は
 硬くないシャフト、垂れるシャフト、
 ちゃんと 棒と打撃点が揃うような 柔らかさのシャフトを
 使い傾向が強いとも言えます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スイングのテークアウェイ、トップでの
 右向きが足りない、上手く出来ません。
 どのようにすれば良いでしょうか❓」


店長「ありがとうございます。
 大変良い、そして かなり多くの方の共通する悩み
 なんだと思います。

 右向き は
 スイングの最大のエネルギー源
と言えるほど、です。
 十分な右向きは 七難隠す と言われますから
 何度とか角度は気にせず、
 自分に出来る、タイミングの取れる、
 そして 繰り返せる 右向きを覚えたいモノです。
2021-04-11_22-32-44_Moment(5)
 本当の、十分な右向き が深くて、たくさんあって
 困ることはありません。
 オーバースイングとは意味が異なります。


 改善策として色んなアプローチ(方法)があるとは思います。
 人それぞれなんだとは思いますが、
 素振りで出来ても、練習場で出来ても…
 というコトが少なくないのでは、とも思います。

 原理主義的(あくまでも)に言えば
 右向きの意味、意義と言うか、
 からだを廻すコト、右を向けるコト が
 打撃・ショットにとっての『必須』であれば
 当然ですが、せざるを得ません。

👉からだを廻すことが 打撃ソノモノであれば
 右を向かなければ、ボールが打てない、強く打てない、
 になりますから 嫌でも『右向き』をするようになります。

 言ってしまえば
 右向きが不十分、上手く行かない、
 でも ボールは打てている、故に
 『特に必要が無いので』右向きが少ない、しない です。
✅実験してみると良いですけれど
 からだの向きをほぼ全く変えずに
 アドレスの向きのまま、
  😵からだは固定したままボールが打てちゃうのか? か、
 そして その打撃は自分の普段のスイングと
 どれだけ似ているか、乖離しているのか でしょうね。」

質問「打てちゃいます…。」

店長「ですよね。
 右向き『だけ』と言うよりも
 からだの向きを変えることが打撃との直接関係に乏しい
 クラブが円を描くのですが、それとからだの向きが関連していない…
 必然性…と言う意味で 極めて薄いので
 なかなか刷り込まれないのだと思います。
 原理主義的…にはですね。
池田康二202520_Moment
 ソコの部分をある程度理解するコトが大切ですが、
 動きや形 結果論的ですが、
 そこからも改善、突破口はあると思います。」

質問「おおおお。」

店長「まずは 自分がどんな 回転をしているのか❓
 を見極めないといけないと思います。
 
 ものすごく大雑把ですが
 ]咾世韻撚鵑辰討い
 胴体を捩じって 肩 ではなく 肩部・胸部を回している
 ➂主に足をつかって 胴体、骨盤から上を回している

 だいたい 回転のタイプは3つ
 ,脇匹鵑濃のごとく ですが
 △廊,畔9腓薫廚、疲れてきたりすると
 その割合が,諒に寄ります。
 ➂も△畔9腓薫廚い任垢、私たちの年齢(50歳オーバー)では
 比較的 安定し易い傾向にあります。
((((((((_Moment
 処方箋として
 ,両豺隋▲淵鵑良塋悗盍兇犬討い覆い里任△譴
 何もアドバイスはありませんが、
 改善したい、治したいのであれば
 処方箋レベルではなく、手術をする位のつもりでいて下さい。

 △両豺隋↓ 弔猟磴😵に流れやすいので
 の要素を取り入れて 補助を入れた方が良いと思います。
 疲れてきた時に 肩部・胸部ではなく
 肩(ソレは腕の一部)を廻してしまい易い、
 回り難くなった時に 腕やクラブの重さ、その勢いで
 からだを捻じる傾向がありますから
 ソコを の脚に移してあげるのが良いと思います。
(_Moment
 若い人は別ですが、アマチュアにとって
 理想的なからだの廻しです。
 多少、胴体をひねる△混じって良いと思いますけど
 基本は脚に頼れますので、一番 長持ちします。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:「ヘッド/クラブをひきずる」の件

 自分の中では、かなり意識改革は進んでいると思うのですが、
 実際に動画で見てみると、驚くほど変わっていないのに愕然とします。

 

 自分的には、ダウンでヘッド/クラブは既に遅れているのだから、
 そのままグリップは動かさず向きを変更、
 インパクト位置はグリップがブレイクラインを越えた先、
 と考えながらやってます。

〇From USA?だっけ - frame at 0m30s
 しかし実際にはインパクト前にグリップはスローダウン(止まる寸前?)、
 インパクト前からヘッドはグリップを追い越しにかかっている、
 インパクト直後はヘッドが追い越して完全に振ってしまっている という状態。

 
 打ってるときには、意識は相当変えてるつもりですし、
 打ってる球もけっこう良い感じなのですが、
 意識と実際の動きのギャップが理解できないのです。

 
 とくに、グリップが止まってくる感じをどう変えていけばいいのか、
 アドバイスいただけると助かります。


店長:お元気にやっていらっしゃいますか❓

 結果も悪くない… 全体像としては決して悪くは無いと思います。
 仰る通り、ダウンスイングの始まり、
 切り返し後、からだの向き、回転に対し、
 特に、ですが、左肩〜左腕の付け根の『横移動』に対し
 本来、その対象 である筈の 左グリップがソコに残ってしまっている、
 留まってしまっているコトが
 結果として ヘッドを、シャフト・クラブを
 ボールの方に手で出す"形”を誘発していると思います。

 おそらく…ですが、それによって
 ヘッドの入射角度が緩めになってしまっていますので
 現在はややフック回転気味で ソコソコ飛距離も出ている…
 のですが、年齢が進むと それはボールの高さ不足、
 キャリー不足による飛距離低下を招きますし、
 飛ばす、ドローボールの延長線上で ドロップや縦チーピン
 などを生んでしまい易くなるので
 ゆっくりとで良いと思いますが、
 お望みの通り、そのクラブなり〜長さなりの『望ましい入射』
 もう少し 上から打てる と良いですね。
〇From USA?だっけ - frame at 0m39s〇From USA?だっけ - frame at 0m44s〇From USA?だっけ - frame at 0m44






 手で振りたい、ヘッドを返したい、
 フェースローテーションをしたい、 と微塵も考えていないのは
 とてもよく分かります。

 ですが、切り返しから どうしても
 変な『居残り』がある、ソコを治したい✊
 こういう場合、その部分、その箇所を治すのは得策ではありません。
 別な箇所、別な時期の別なコトを触った時、
 いつの間にか ソレが薄れている、無くなっている、
 というのが良いと思います。

 今回のテーマは
 インパクトを含め、インパクト以降に
 左腕、特に左上腕ですね、
 コレが『上げられるか』
 両腕じゃないですけど、万歳出来るか、どうか です。
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)




 フルスケールのスイングの
 1/2スピード位の練習で良いと思います。
 ゆっくりしたフルスケールのスイングですね。
 そこから始めてみましょう。

 左脇を締める〜締めている と言う感覚が感じられたら
 前に進めます。

 からだの回転通り、回転に追随して 腕が動いていないと
 『居残り』があると 左腕は上げられません。
 あくまでも イメージですが、
 切り返したら 直ぐ 左腕を下げる ではなく 上げてみて下さい😵

 あきひこ先生の進める このドリルも
 とても有効だと思います。

 一般論とは違うかも…知れませんが、
 インパクト・インパクト以降 左脇を締めるのを『こすり』
 左脇(腋❓)を開けるのを『つかまえ』と呼んだりします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Desktop 2023.02.07 - 10.40.44.01 - frame at 0m21s
店長「腕を伸ばした時、その最終形態として
 ヘッドですね、フェースがどうなるのか❓
 というのもしっかりイメージした方が良いでしょうね。」

質問「おおお。」

店長「実験してみると良いかもですけれど、
 からだを廻さず、アドレスの向きのまま
 手さばきだけで クラブを上げる〜テークアウェイを取ります。
 この時、右打ちの人であれば 右腕・右ひじを曲げて
 右腕を短くするようにして クラブを上げると思います。

 そして、ダウンスイング〜インパクトになりますけれど
 今度は 右腕を伸ばすようにして
 まあ だいたいのケース、腕やクラブを下げてくる、
 低くしてくる、と思いますけれど
 右腕を伸ばした時、アドレスと同じような腕の長さに戻った時、
 フェースって どこ向いてます❓」

質問「アドレスと同じように、ボールと言うか、
 飛球線…ボールが飛ぶ方向ですかね❓」


店長「剣道をちゃんとやっている人に怒られてしまうかも…だけど
 剣道の『面ッ!』とか、スイカ割りみたいな…、
 腕を伸ばした時、ソールが地面を向いている状態…ですよね❓」
スナップショット 4 (2014-03-04 10-52)スナップショット 3 (2014-03-04 10-52)スナップショット 2 (2014-03-04 10-51)スナップショット 1 (2014-03-04 10-51)


質問「そ。。。。そんな感じですね。」

店長「コレって からだの回転と同時進行で行ったら
 ボールって 打てると思います❓
 ボールを地面に埋めるのなら コレで正解だと思いますけど…。」

質問「ソールに当たっちゃいそうですね。」

店長「はい。 本当にこのまま ボールを地面に埋めるように
 リリースをしてきたら からだを廻していた…としても
 この後 もうひと手間、もう一作業が必要になりますし、
スナップショット 9 (2013-06-02 23-18)スナップショット 10 (2013-06-02 23-19)スナップショット 11 (2013-06-02 23-19)




 一般的には 伸ばしている最中に 回転〜横の動きが入るので
 先端に重さのある棒の構造や
 フェースの重心がズレている構造から
 フェースがいったん 空を向いて〜上を向いて、それを閉じる、
 フェースを地面に向ける、その回転を腕の伸ばしでやると思うんですね。」

質問「ですね。」

店長「この時点で インパクト前後の
 からだの向きの変更、回転の仕事・役割を奪ってしまっています。

 それを 再現性良く、的確に行うには
 からだの回転は二重の回転になっちゃいますから
 練習を繰り返すほど 止まって来ちゃうと思うんですね。
 
 こういう感じでしょうね。
スナップショット 4 (2013-06-02 23-16)スナップショット 5 (2013-06-02 23-16)スナップショット 6 (2013-06-02 23-17)




 あるトコロで 左の壁 と思っている 左サイドを止めて
 それを軸というか、支点に
 右腕を伸ばして クラブをターンさせる。。。

 この行為の習熟度を上げるのは
 からだの回転を止めるタイミングとリリースの関係性の確立
 になっちゃいます。

 即ち からだの回転で打つコトの放棄 です。
 上手く打てるほど 手打ちになって行く と言う仕組みです。

 まあ ゴルフスイングにはこういう流派もありますからね…。」

質問「が〜〜〜ん。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転で打つに移行するにあたって
 幾つか 注意点があります。

 スイングは円弧になるんですが、
 ヘッド部分は その外周にあたる部分なので
 ヘッドを多く
動かすのか』と言うと 答えは NO です。


 テークアウェイ時に
 ヘッドを多く動かす は イコール
 フェースを開くコトにつながりますので
 後々 それの修正 を「手でしなくてならなくなる」ので
 手打ちに逆戻りします。
会田20210701_Moment
 円弧と考えずに
 からだの向きで移動するグリップの その移動量、
 そして ヘッドの移動量をよく考えておく必要があります。
 基本は ヘッドの移動量はグリップの移動量とイコールです。


 また テークアウェイ時の体重移動ですが、
 肩で廻る・胴体をひねる と
 骨盤で廻る では若干異なりますが、
 右を向く は 時間によって
 自分にとっての右の方向が変わって行く
 と言うのを念頭においてください。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment



 アドレス時の右は 自分にとっての右 ですが、
 テークアウェイのゴールの右 は
 アドレス時で言う背後 になります。
 ボールから離れていく方向ですね。

 ボールから離れろ とは言いませんが、
 テークアウェイ、トップの位置で
 少なくとも ボールに近づく というのは
 正しく 右向きが取れていない のと同じです。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment
 コレも 比喩表現で 実際にしろ と言う意味ではありませんが、
 ドライバーのインパクト時の衝撃、重さは
 成人男性のソレ では 1トン近くになります。
 ボールに離れながら ソレを受けるのと
 ボールに近づきながら ソレを受けるのでは
 受け止められるチカラも相当違うように感じます。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment
 ボールからいったん離れて
 近づきながら インパクトを迎えるのと
 ボールにいったん近づき
 離れながら インパクトを迎えるのでは
 どちらが強く受け止められるかは かなり違うと思います。

 沈み込みながらインパクト とまでは思いませんが、
 テークアウェイでいったん離れたように見える状態から
 ダウンスイングで 元の距離間に戻る のが
 そう見えるのは すごく自然なコトだ と思います。


 最近では 伸び上がりながら… 地面を蹴って…
 地面反力なんて言葉がレッスン界では聞かれたりしますが、
 そう言う打ち方も有るとは思いますが、
 50歳を超えるようなアマチュアが参考に出来る部分は
 多くないと思います。
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(3)

 また、ドライバーは ティーアップしていますから
 その分、インパクトポイントが左(右打ち)、
 地面のボールを打つよりも 時期が後、遅い のです。
 つまり その分、左を向き始めている、向き掛かっている
 タイミングに属するのですから
 結果、あくまでも結果としてですが アッパー気味になります。
 それを理解しておく必要があるかと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「まあ ここまでは
 手でクラブを振ってきての 良くない点を挙げたんですが…。」

質問「そうそう、それは身をもって分かります。
 で、どうしたら 手で振らなく成れる んです。」

〇肩を廻せ_Moment
店長「幾つか理由は考えられます。
 そして それらは絡み合っていたりするのですが、
 順をおって 考えてみましょう。

質問「はい。」

店長「まず 初歩的なパターンの  ,任垢韻譴
 手で円弧を造らない、先端を振らない、
 👉円弧はカラダに任せる
 一応のゴールは からだの回転で振るってコトなんですが…

 これはとても良くあるケースです。
 まずは コチラをご覧ください。 

 
 お二方とも とても よくあるケースです。

 このお二人は 骨盤で回るというタイプでは無く
 肩を廻す が からだを廻す と思っていらっしゃる。
 ……それは兎も角、
 ダウンスイング以降は分かり難いですが、
 テークアウェイをご覧ください。
 腕を振っているだけで からだ自体を右に向けていない。
201808_Slomo_Moment〇肩を廻せ_Moment2〇肩を廻せ_Moment(2)〇肩を廻せ







 ココ ものすごく錯覚している人がいますけれど
 肩の含まれている 胸が右を向くから
 右向きが生まれる んであって
 肩・肩甲骨・腕を振るんではありません。

 この画像の4方ともに ほぼ右向きがありません。
 胴体がねじれている というよりも 歪んでいる…だけ。
 ココから クラブを振りだしたら…… ご想像の通りです。


 肩で廻る というのは 胴体をひねるコトです。
 腕を左右に振るコトではありません。
 ココは早く脱しないと…
 コレが習慣付いてしまうのは とても拙いです。


 クラブを振ると 円が描かれる、
 ココは良いです。
 しかし ソレは 肩・胴体が捩じられるんであっても
 骨盤が向きを変えるんであっても
 どちらであっても クラブを持った肩部分が
 右を向いたり、左を向いたり するんであって
 それ無しで 円弧を造ろうとすると
 クラブを握った 左右の手の 長さを変えて
 腕さばきでその代用をしなくてはなりません。

 しつこいですけれど ゴルフクラブは
 1mの長さがあって その先端に重さが付いています。
 ですので 運動させますと 色々な負荷が生まれます。
 それを 腕だけでさばくコトになります。
 また 左右の長さを調整して円を描くと
 どうしても ヘッド、フェースを回転させざるを得ません。
 ゴルフクラブは 打撃部分である
 ヘッドの重量点(重心)が
 棒、握っているシャフト・グリップの延長線上になく
 重心距離であったり、重心深度というのがあります。
 ですので 行きと帰りでは 重さの掛かり方が大きく変わります。
 ドライバーで言えば
 そのズレは 40弌4センチ近くなりますので
 テークアウェイでは その重心によって
 ヘッドがたくさん動き易く、
 それは フェース・ロフトの開きになります。
 ところが、ダウンスイング以降になると
 重心が4センチずれているコトが 悪く作用し、
 より重さの掛かる、負担のある動きになります。
((スライスにさよならしよう_Moment
 ですので からだの向きを 肩であっても、骨盤であっても
 からだの向きでやっていない 腕さばきでやっている方は
 長物のクラブ や 重心位置のズレが大きい箱形のヘッド が
 苦手になるケースが多いでしょう。
 コレは 物理的に仕方無い症状なのです。

 ショット全般としては 基本としてスライス気味、
 もしくは それを封じるための引っかけ気味 の球になります。
 
 なんとも言えないのですが、ソコを克服する為に
 たくさんの練習をして 自然と目標に対して
 やや右気味に構え、薄く引っかけるコト でスライスを改善します。
会田20210701_Moment
 そして このタイプの方はドライバーを苦手とし易いですが
 同じく苦労するのがアプローチです。
 ドライバーの方はスピードで解決できる部分があるので
 まだマシですが、スピードで解決できないアプローチには
 参照:アプローチ・スコアアップの壁 手打ち脱却・卒業徹底講座➁ : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
 かなり長い年月、10〜20年単位で苦労するコトになります。」

質問「うぐぐぐ・・・🤒」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「弾道の高さ を考える時に
 知っておかなくてはいけないコトがあります。
 これを理解していないと 高さ・低さ で悩みが発生した時、
 対処の方法を間違ってしまうコトがあります。」

質問「なんでしょう❓」

店長「ドライバーからサンドウエッジまで
 そのクラブで到達できる距離のマックスを打った場合、
 フルショットと言えば良いでしょうか、
 ドライバーからサンドウエッジまで
 実は どのクラブも到達する高さ『最高到達点』は
 同じ
なんです。」
スナップショット 1 (2013-10-12 12-11)
質問「ええええ! なんか意外です。」

店長「ですよねー。
 なんかイメージからすると それぞれ違いそうな
 そんなイメージがありますよね。

 ✋ただし その最高到達点には違いがあります。

 当然、番手によって飛ぶ距離は異なりますが、
 その届く距離を 数値の100 とした場合、
〇クラブの長さの長いモノほど 最高到達点は手前
 まあ 真ん中位 50〜60 ってトコロでしょうか
〇クラブの長さの短いモノほど 最高到達点は奥、
 ボールが着地するポイントの方 100に近いトコロ
 80〜90の箇所が一番高いトコロになります。
iron-shot-green

 ドライバーはおわん型の弾道
 アイアン・ウエッジは直角三角形の定規って感じの弾道になります。
 ゴルフクラブの よく考えられた部分 ですね。

 ボールの最高到達点はどの番手も同じ ですが、
 その箇所・割合は クラブの長さ、言うなれば
 ヘッドの入ってくるアタックアングル・入射角度によって異なって来ます


 もし 良ければ、練習場で時間がある時に
 アイアンを 8番.9番.PW.SW と順に打って頂きたいのです。
 PWとSWはほぼ同じ長さですが、
 番手が下がって来て 長さが短くなった時の
 最高到達点の割合具合 を見て欲しいのです。
 当然、一番長さの短い PW・SWは
 高くなるのが一番奥、着弾点の近く になる筈なのですが
 ドライバーなどのアッパーが過ぎてしまって
 ボールの浮力が足らないタイプの方は
 ウエッジでも ドライバーの縮小版のような弾道、
 高くなるトコロが 真ん中位 になっている可能性があります。

 ですので その最高到達点・一番高くなるトコロを奥になるよう
 練習して頂き、そのフィーリングでドライバーを
 打って貰いたいのです。

 練習場の球ですので スピンの維持時間はやや短めになってしまいますが
 その練習を経て 打つドライバーは弾道が違うと思います。
ph01_15

 良く言われる 「上から打て」 そんな意識ではなく
 そのクラブの長さなり、長さの違いなり 打って頂いた方が
 クラブの機能は利用し易いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ボールが上がらない、スピンが足らない、
 浮力が足りない のベースには
 『振り遅れ』が隠れている可能性があります。」

質問「振り遅れ…。」

店長「ゴルフクラブは長い棒で 先端にヘッドと言う
 重さが付いていますから、グリップに対してヘッドは遅れます。
 それは OK✊ です。
 そう言う構造ですから。

 その遅れは ロフトの立ちに転用するコトが可能です。

 ですので 遅れを取り戻す のではなく
 遅れたまま打ってしまえば良いだけです。
 それが世に言う ハンドファースト ですね。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s
 クラブには勢いが付いていますから
 打った後、インパクト後、その遅れは戻ったように、
 場合によっては ヘッドが追い抜くこともあるでしょう。
 しかし、そこが 打撃のメインではなく、
 オマケとは言いませんが、からだを傷めない為にも
 事後処理としてはアリ です。


 しかし、動きの原動力である からだの向きに対し、
 腕までも…多少は良いと思うんですけど
 大きく遅れてしまうと からだに対して腕が…
 腕に対してクラブが … 二重の遅れになっちゃいます。

 これでは クラブは開く、フェースもロフトも開きますから
 インパクトで待って ヘッドに追いつかせないと
 スライスやこすった当たりで あまりに飛ばない。。。
会田20210701_Moment
 多くの場合、〇インパクトで待つ
 〇ボールをカラダの正面で待つ
 〇ヘッドがグリップを追い越す
 の
 基準点になるのは 右打ちの人の場合、左ひじ、左上腕です。
 
 そこが止まってしまう。。。
 
 この場合は『意志を持って止めている』んですが、
 これによって 肘から先が跳ねあがってしまう、
 ボールの上がらない仕組みはこんな感じですが、
 ココのヘッドの疾走感 良く言う『ヘッドが走る』『クラブが走る』
 ロースピン・浮力不足を生んでしまっています。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

 現在ではなく、自分の過去のショットやスイングの歴史が
 そうさせている可能性がある訳ですね。」

質問「どうすれば…」

店長「ドライバーでは辛いでしょうから
 アプローチとか、短い距離のショット で
 からだを廻したときに
 左上腕、左ひじが上がる 回転の仕方、
 からだの回転と腕の関係を造りたい です。

 『脇が空く』とか考えずに
 左上腕があがる、肘が高くなる、
 そう言うフォローを心がけて下さい。


 振り遅れ…多少は良いですけど、
 からだの回転に対して 腕が大きく遅れてしまうと
 左上腕は上げられません。
 上げたら ボールが打てない です。

 腕を先に降ろせ とは言いませんが、
 どういう風な からだと腕の関係を造ると
 からだの向き通りに 腕が大きく遅れないか、、、

 全員ではなく、ヒトによって ですけれど
 トップ、切り返し、ダウンスイング初動で
 腕、特に左腕上腕(右打ち)ですけれど
 『下げる』『降ろす』ではなく、
 初っ端から『上げる』と考えても良いかも…です。」
【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)
質問「ええええ!
 ソレで打てる、当たるんですか❓」


店長「全員じゃないでしょうけど、
 当たる、普通に打てると思いますよ。

 上げようとすると からだの回転に伴って、
 一旦、下げる方向に動かないと 上げられないですから。

 腕を振る、というより からだの回転で
 どう腕を移動させるか と考えては欲しいですけれど。
 ✋腕の話しをすると 腕自身をどう動かす にばかり
 アタマ・考えが行き易いので注意が必要です
。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「悩みがあるんです。」

店長「はい。どうしました❓」

質問「年齢のせいかも知れないのですが、
 ボールが上がらなくて困っています。」
ドライバーの入射角度114
店長「ああ ボールが上がらない のは
 意外なほど 多くの人が秘かに悩んでいます。

 ヘッドスピードが徐々に落ちてくると
 ロフト角度、ヘッドの性能次第ではありますが、
 ボールが上げにくくなってくるのは確かです。

✋ただ ボールが上がらない には
 大きく分けて 二つあるので ご自分が
 そのどちらに属しているのか把握しないと
 より一層、ボールが上がらなくなる可能性があります。

 まずは ボールを打って、データを取りながら
 見てみましょう。」

質問「はい。」


店長「全部が全部そうだ、と言う訳じゃないんですけど
 初心者で まだボールが上手く打てない とか、
 女性で ヘッドスピードがまだ足りなくて ボールが上がらない、
 ではなく、今まで上がっていたけど、徐々に…、の場合は
 ボールが上がらない のではなく
 ボールの浮力が足らない ケースが非常に多いです。
ドライバー入射角度
 ドライバーで見て頂けますと
 打ち出しの角度 13〜18度 は確保出来ています。
 打ち出しの角度としては 十分上がっている、高い方です。
 決して 低くありません。」


質問「あ、そうなんですね。」

店長「はい。
 私たちの年齢(50歳越え)での ヘッドスピードは
 高くても40越える位、37㎳位のスピードもごく普通です。

 その私たちにとって
 打ち出しの角度が低い、足らない は
 角度で言うと 10〜11度以下 一桁になります。
 私たちのボールスピードでは 10度の打ち出しはかなりキツイ。

 理想的には 13〜15度
 真ん中をとって 14度と考えて良いと思います。」


質問「14度ね。」

店長「ええ。
 ですので 打ち出しの角度は『足りています。』
 問題なのは ボールの回転数・スピン量 です。

 ボールの回転・スピン量は 速いヘッドスピードの人にとっては
 ボールを上げる・より浮かせてしまう作用になりますが、
 私たちにとっては 高さを維持する、浮かせておくコトに作用します。

(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)
上げよう、上げよう、ボールの高さを取ろう とすると
 本能的な部分もあると思うんですが、
 インパクト以降、フォロー側で
 どうしても ヘッドを高く、早めに上げたくなります。」

質問「確かに。」

店長「ヘッドを早めに高くする、上げようとすると
 打ち出し角度は増えますが、その分 どんどん回転数は下がります。
 浮力が無く、失速してしまうのが
 高さが取れない原因 と見て良いでしょう。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment
 勿論、上がり易い ロフト角度を選ぶ は大切ですが、
 上がらない、高さが取れない から と言って
 インパクト後、フォローで ヘッドの高さを早めに取る、は
 逆効果になり易いので
 表現として正しいか、どうかは別で
 手で、手打ちをしろ と言う意味ではないですが、
 気持ち、ほんの気持ち、心の中だけでもいいですけど
 少しだけ 下に振ってあげる、ヘッドを落としてあげる
 ヘッドの高さを直ぐとる と 反対にすると
 ボールの浮き は良くなります。
 ホントにしないで 心の中で考えておく程度で良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



パッティングストロークで
自分の狙いの距離を打つのには
絶対条件として
『いつも似たようなロフト(クラブ姿勢)』
インパクトを迎えたいですね。
特にパターの場合、製品としてのロフトが3〜5度と少ないので
 3度増えただけで元のロフトの80〜100%増し になります。
通常のショットと違い スピードで誤魔化せないのと
元のロフトが立っているが故に ストロークの仕方によっては
何処に当たるか…ヘッドの上下位置によっても
距離に大きな違いが出てしまいます。
006009







いつも似たようなロフトでボールを打てる
 という前提の上で
運動・動作の速度(スピード)によって
初めて「距離感」が染み込まれていく
 ので
打つたびに ロフトの変化も大きく
パターフェースの当たり所もぶれてしまい易いストロークでは
距離感が「その場その場」の偶然待ち になってしまうので
なかなか身に付かず、安定しません。


その典型例になるのが
4c9a0689世間で浸透しているショルダーストロークで、
ヘッドが上下に大きく弧を描きます。

打ち手である自分の目からは
ボールの飛球線方向に対して 真っ直ぐ動いて見える
そのストロークを妄信的に行っているゴルファーが多いですね。
私の経験的にも、他のスポーツの参考例と比較しても
5センチ〜30mのような わりに繊細な距離感…動作を
肩を揺さぶる という最も距離感を産み出しにくい
鈍感で、微妙な違いを出しにくい部位で生み出す…
こんなストロークを推奨する人の運動感覚を疑います。
プロの試合では80センチのパットに
ん千万掛かる、将来が掛かる場合もある訳で
それを最も距離感…スピードなのか、運動の大きさなのか
どちらにしても表現しにくい部分で行って
苦労しない訳がありません。
78センチでも カップに入らなければ85センチでも
ダメなのですから… そんなものを
肩の揺さぶりで緊張感の中、出来る?と信じる
その神経を疑いますね。
しかも、この振り子のストロークは
不必要なボールの回転を産み出す、上下に弾く打撃なので
ボールの初速は速くとも、すぐに減速が始まり
ボールのスピード感とストロークのヘッドのスピード感に
つながりが乏しい方法です。

006
パッティングもショットも
思いの方向に打つ ことは第一優先事項ではなく
思いの距離を打つ という事に重きを置いてください。

その上では 
小さなストロークで
ゆっくりしたストロークで
十分な距離が打ててしまう
『進化版L型ブリストルパター』は
最も同じ距離を打ち続け易いパターの代表です。


しかも 『ピン型デール9』『進化版L型ブリストルパター』の
他では真似の出来ない部分は
ボールの転がり始めの速度とパターヘッドの動かす速度に
差が少ないため、ボールの転がるであろうスピードを
想起出来れば、簡単に距離感を再現出来ます。
IMG_1362
という事で
肩のストロークではなく
右ひじを曲げ、右ひじを伸ばす と言う感覚で
ボールを押して頂きたいのですが
その時のポイントになるのは
右手で押してあげるのは グリップ〜シャフト ではなく
左手だ‼ ということです。

右手を進行方向に、ボールを押してあげるように伸ばす
と言う感じで、左手(グリップを持った左手)を押してあげ
ストローク中にシャフトと地面の角度が変わらない
トップで出来たシャフト角度を維持したまま
ボールを打つ抜く〜押してあげる ということです。
スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 2 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)
写真はパターではありませんが
ショルダーストロークや右手でシャフトを押してしまうと
(左手グリップを軸にクラブを押してしまう)
こんなにもシャフト角度は動きます。
このシャフト角度分だけ、ロフトも変わっている 

ということです。
この上下の弧の描き方では
 ボールとフェースとの接触点もかなり不安定なので
自分では振り加減なり、力加減で「距離感」は出していても
自分では一定のスピードで打っていたとしても
ロフトが毎回バラバラ・打点もバラバラ になるので
同じ距離感が「偶然」か、
血のにじむような練習量、でしか生み出せません。

オジサンゴルファーが 姿勢の苦しいパッティングストロークに
そんな時間費やせば 腰痛になるのは保証します。
スナップショット 8 (2013-06-09 14-54)スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)スナップショット 12 (2013-06-09 14-55)





右手を使って 左手(グリップ)動かす
シャフトの角度は出来るだけ変えない
というのがパットだけでなく、ショットも基本です。
IMG_0379IMG_0378IMG_0375





これによって ロフトが安定しやすく
ヘッドの高さ変化も抑えられ
振り子でこすって打つに比べると締まったロフトで
ボールを打てるようになるので
同じ条件であれば当然飛びます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


これは 飛ばす、ドライバーショットでも同じですが
ゴルフを良くするには
 その距離、望むその距離を打つ能力を高めるコト です。

どちらもどちらですが、
多くのゴルファーは方向ばかりを重視してきた傾向が強いので
ある種 方向の方が二の次 と考えてよいでしょう。

フルショットにもつながりますから
重要視 しなくてはいけないのは
 ヘッドのロフト姿勢
 ヘッドの入射姿勢₍角度₎ を一定にする
変化を多く作らない コトで
この条件は ヘッドの方が多く動かない
グリップの動いた量分 ヘッドを動かすコト
 です。

images

グリップの動いた速度通り、 ヘッドを動かすコト
自分のからだを廻す速度が 距離感 というコトになります。

肩を揺さぶったり、ヘッドばかりを動かすような振り方では
一定の動作速度を身に着けても
 ロフト姿勢が一定にならず
 ヘッドの入射角度が一定にならず

一定の距離を打ち続けることはかなり難しい
アプローチであれば 腰痛を覚悟するほどの練習量がないと
それを習得し、かつ持続するのは不可能です。

グリップを 兎も角 動かす。

ヘッドを動かしたい、思い描いた道のり、軌跡
それを なぞれるよう グリップを動かすのです。


それを感覚的に覚えると
アプローチの距離感は飛躍的に良くなります。
と同時に グリップの移動でヘッドの移動を管理、
ヘッド姿勢も管理しますから
ダフリやトップなどの痛手を負うミスも激減します。

手先で円弧を描かなく、
特に上下、ヘッドの高さの変化を生み出す円弧を
描かなくなりますから アプローチで痛い ダフリ・トップもミスから
解放されると言っても良いほど です。

スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)

習慣づけ していくには
よほどの短い距離で無い限り
テークアウェイでは しっかり骨盤・体は右に向けましょう。
フルターンしても良いくらい。

フルターンしておけば
上から打てる時間は確保しやすくなるので
よりダフリ・トップは軽減します。

上げる量 で管理してはお薦めしません。

打ちたい距離に対し
なんとなくで良いですから ボールの速度をイメージし
そのボールの速度になるような グリップの移動を作ります。
スイングの大きさは限定せず
そのグリップの移動速度が作れる量 を感覚的に。

距離感はボールの速度感であり
グリップの移動速度感です。
その感覚はなかなか間違いません。



練習やドリルでは
上げる時も下げる時も
ヘッドは忘れ、無視し(ゆるゆるしない範囲で)
グリップの移動だけを心掛け
ボールの速度とグリップの移動速度の関係を構築しましょう。
df713d9f-s
グリップの移動はからだの向きで行います。
無理に腕を下げたりしようとしない方が良いでしょう。
からだの向きでのグリップの移動を決して止めない、
からだの向きによる自然な加速は別として
腕がかかわる 更なる加速は厳禁です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


一般的によく使われる
『ヘッドが走る〜シャフトが走る』というのは
グリップの移動量よりもヘッドの移動量が多く、
かつ 速くヘッドが移動することを指すのだと思います。
IMG_0776

気が付かないからも知れませんが、
別なゴルフ用語で、このことを
「ヘッドターン、ヘッドを返す」
「ヘッドを開いて入れて、閉じて出す」
とも言います。
ほぼ 全く同じ行為を指しています。


クラブの構造や機能を知ると
この行為の怪しさ、ダメさ加減が理解できるんじゃないでしょうか

打ち手の差を除き、
ヘッドとボールの接触によって ボール/弾道には
✊左右の角度
✊上下の角度
✊ボールの回転
✊ボールの速度
が生まれる訳ですが、
ロフト角度・ライ角度で考えると
この二つの角度は非常に密接に混じり合ったものです。

上記のクラブの入れ方ですと
打つ前に クラブはロフトも向きも開いていますから
この状態でインパクトが来れば
・・高く
・・回転数も多く
・・右に飛び出て
・・右に曲がります。

典型的なコスリスライスです。
会田20210701_Moment(2)
これをヘッドターン・ヘッドを先に生かせると 今度は
・・低く
・・回転数も多く
・・左に飛び出て
・・左に曲がります

通称、引っ掛けフック、 ほぼ 真反対の弾道になる訳です。

ヘッドターンはクラブの構造上
✋ロフト角度 大きい➟小さい
✋ライ角度  多い➟少ない➟多い
✋フェースの向き ➟

と同時に変化していきます。

ヘッドがグリップを追い越したのに右を向いているのは
構造上かなり難しく、逆にその使い方では
ヘッドが後ろにある時左を向けたらボールに当たりません。

ですので シャフトのしなり・しなり戻りには
必ず シャフトを軸とした回転が伴ってしまいます。

それにクラブ姿勢やヘッド姿勢に影響を大きく受ける
ヘッド軌道も絡むので
全てのコトが揃うのは天文学的確率です。
そして 似た球を繰り返すのは もう奇跡の産物です。
005
ドライバーであれば ヘッドスピードに自信がなくとも
ヘッドとボールの接触する時間は 1/3000秒
この真ん中の状態が運よくインパクトに来るでしょうか?

何を言いたいか というと
シャフトを開発する、製造する という観点で
上記の使い方「ヘッドを走らせる〜シャフトを走らせる」
のを強化していくと
一か八かで飛ぶけど、弾道は異様に安定しない
と言うシャフトを造ることになります。
手元を強く、太く、硬くし、動きにくいようにし、
シャフトには 歪み耐性の高い、復元耐性の高い繊維を
中から先に斜めに入れることになるでしょう。
手元が硬く、先端部が緩めの 高弾性のシャフト
ですので 全体的にはとても硬めのシャフトに仕上がります。

また ヘッドを走らせるために、グリップの移動量や
グリップの移動速度を制限することは
即ち ヘッドスピードの制限に成りかねませんから
単に 打ち手の『ヘッドが走った』という欲求満たすだけの
シャフトのなる可能性も否めません。

ゴルフクラブは ごくごく当たり前ですが
グリップが動けば(移動すれば)
ヘッドも動きます(移動します)
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m30s
✌グリップが動くことによって ヘッドが動けば
 ヘッドの姿勢変化もかなり抑制できます。
 同じ姿勢のまま移動することが可能です。

✌かつ グリップの移動速度や移動ルート によって
 ヘッドの移動速度や移動ルートも変えやすいですから
 距離の管理/調整、弾道の修正/改良が
 行いやすくなります。

✌ヘッドを振って、シャフトを走らせる打撃は
 飛ばすコトと安定させるコト/真っ直ぐ行かせるコト
 が 相反する関係になりますが、
 グリップを動かして ヘッドを動かす打撃
 それがイコールの関係にし易いです。

ヘッドとグリップの位置関係を
上下に反転させることを考えれば
クラブはどう扱う方がよりベターなのか
シャフトはどう扱う方がよりベターなのか
答えは見つかってくると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



よくある 弾道解析機
お店にあるものや携帯のモノなどで使われる
「ミート率」とは
 分子:ボール速度/分母:ヘッド速度
 を数値にしたモノ。
スナップショット 1 (2013-10-12 12-11)
ボールの速度は
ロフト角度が少ないほど高くなる。
まあ 繰り返せる や 安定して
となると その限界値は人それぞれになるのですが、
見ている限り ドライバーに限らず
そのクラブのロフトなりに
 理想的なボール速度を出せている人
 はほとんどおらず
多くの人が その手にしているクラブのロフトより
相当大きなロフトで打っている
 ような状況。

例えて言うのならば
 8番アイアン(ロフト35度強)でロブショットのように打てば
 フルショットでも 80ヤード(ロフト50度相当)しか飛ばない
 そんな 無駄な ロフトの扱い方 をしている というコト。

ロブショットだから
上手に出来れば出来るほど 飛ばない
そして スピードを上げても 逆に より飛ばなくなったり、
より上がらなくなったりもする。

ゴルフをほどほどやっている人ならば分かると思うけれど
グリーン周りのアプローチで ロブショットを選択する というコトは
それ以外の選択肢がなく イチかバチか
最大の危険度があるショットをする というコト。


おそらく ハーフショット以下のショット
特にグリーン周り程度の距離のアプローチとフルショットは別物
 と考える人が多いんだろう。
アプローチは飛ばさなくていい
フルショットは飛ばす
その方法が違うコトに問題があるんだけどねー。
同じショットで 番手(ロフト)と自分が距離管理をする
というのが シンプルな方法だと思いますよ。

そこで 
〇飛ばすコト 
〇方向を安定させるコト
〇繰り返し易くなるコト

これを同時に成り立たせるために
7番アイアンなどのショートアプローチで
如何に 遅く、小さな、少ない動きで
最大のボール速度を生み出すか 考えて頂きたい🙄
ECDi9XSUwAEgjre



はっきり言えば それがドライバーであっても
全番手 ロブショットを打とうとしている ように見える。
それが ヘッドターン・フェースローテーションの行き着くところ。
IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment(3)









それは このような グリップを支点、肩や首を支点とした
振り子のような動きで生み出せると思いますか?

これで その手にしているクラブのロフト角度 通りの 弾道や距離になると
思いますか?

このクラブの扱い方 では
 番手ごとにロフト角度に種類がある意味がないのではないですか?

どう思いますか?

この画像を真似るのに使う体の部位は からだ ではなく
肩や手という腕だけではありませんか?

この練習では インパクトは体を止めて
肩周り、腕周りだけ 動かすコトを覚えるのではありませんか?





昔から ボールを上げるのはクラブに任せろ! ロフトに任せろ!
自分でボールを上げようとするな と言われますけれど
このショットが悪い意味でのその典型です。

そして 困ったことに 多くのゴルファーがこのショットを採用し、
レッスンプロの多くがこのショットを教えます。



アプローチの中では特殊な難しいショット なのですが
練習頻度や量によっては なんとかなるでしょう。
しかし このショットの練習は「そのアプローチ」のミスの確率は下げたとしても、
同時進行に ショット全般を「わざと飛ばさない」の練度も上げます。
効率よく、繰り返し、遠くに飛ばす練習 の 真反対の行為 です。


ショートアプローチは フルショットのインパクト付近を抽出した
非常に重要なポイント

理想論で言えば そのアプローチという スコアに直結する練習は
同時にフルショットの練度、飛距離を伸ばす練度を上げる べき モノです。
sibunoap
理屈が分かれば直ぐに出来る とは言いませんが、
この間違った ことボールを楽に遠くに飛ばす という行為とは真逆な
イメージをしっかり是正する というのは ボールを数多く打つ より
ずっとずっとずっと重要な気がします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチ
そのもの も参考になるかも知れませんが
そのアプローチが
ドライバーやショットの飛ばしの基本
になります。

人気のある二人を比較してみましょう。

https___media_gettyimages_jpgsibunoap









この二つのアプローチは 対極にある二つ と言えます。

タイガーの方は意図的に
入射を解き 緩い入射からスピンが少なく 打ち出しの高い球
を選んでいます。
落下面の傾斜、落下地の地面の方さなど 場面にもよりますが
プロとしての一つの選択です。

片や 渋野選手は ごく普通に
ショットの延長線上のまま アプローチしています。
このアプローチが彼女の強さの要因であり
彼女の飛距離の秘密でもあります。

アマチュアは 総じて
タイガー方のアプローチが スタンダードのアプローチ
になっていますが、
それが実は アプローチの確率の悪さ
ひいては ショットの距離不足の原因になっています。


誤った思い込み・・・だと思いますが、
このアプローチはタイガーにとっても
仕方のない選択、特殊な選択と言って良く
出来れば選びたくない選択肢の一つです。
経験もあり、練習も豊富ですので
普通にこなして……特に難しく見えずに打ちますが、
アマチュアの場合、出来ればやらない
アプローチの選択肢に入れておかない方が良いショットです。

そして このウエッヂを使ったアプローチで
ボールの底をこするような ショットが
自分にとってのアプローチに基本になっていると
ショット全般 飛距離に苦労することになります。

https___media_gettyimages_jpg20190811-OYT1I50023-1







二つを比較すると ヘッドの位置、振り加減とボールの位置
が異なっているのが分かるかと思います。
タイガーの方は もうスイングが終わっている状態ですが
ボールは高さは取れていますが、遠くに行っておらず
一方、渋野のショットは 高さは低めですが、その分、前に行っています。
見ての通り、静止画ですが ボールスピードの違いは明らか です。


スピンの量を増やし、高さを取り、ボールスピードが抑える
には 緩い入射が必要です。
逆に スピンの量を落とし、高さを抑え、ボールスピードを上げるには
そのクラブなりの キツイ入射が必要です。

そして 緩い入射は イコール 開いたロフト
きつい入射は 閉じたロフト です


そして タイガーのショットは ボールの高さ、着弾の角度で止める球で
渋野のショットはスピンで止める球、もしくは 使うクラブによっては
意図的に足(ラン)を出すためのショットです。


アマチュアにとってのアプローチは
圧倒的に渋野の方が参考になります。
一球一球の切り替えはアマチュアにとっては苦手、するべきではなく
そのショットが次のショットに繋がり
似たようなショットで全部を収める 方が
乱れが少なくなるうえ、飛距離のロスが少ないです。

タイガーのショットは一球一球の繰り替えが必要で
このアプローチの後、ドライバーとなると
まるで別なコトをしなくてはなりません。
アマチュア向きではない というコトです。

練習場に行きますと このタイガーのアプローチ ばかりを
目にしますが、アプローチショットは全てのショットの中で
一番練習場と異なります。
異なる傾斜状況、ライ状況、動きの速さで解決できないショット
アプローチ中で 一番難易度の高い選択を
練習場で身に付けても 十中八九役に立ちません。
圧倒的に失敗の確率方が高く、それはすぐにスコアに直結します。

sibunoap20190811-OYT1I50023-1









プロのショットは速いですから
スローにしてもなかなか見切ることは出来ない かも知れませんが、
渋野のアプローチは 飛ばしのヒントが詰まっていますから
是非 参考にしてみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ