◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 飛距離アップ


店長「まあ ここまでは
 手でクラブを振ってきての 良くない点を挙げたんですが…。」

質問「そうそう、それは身をもって分かります。
 で、どうしたら 手で振らなく成れる んです。」

〇肩を廻せ_Moment
店長「幾つか理由は考えられます。
 そして それらは絡み合っていたりするのですが、
 順をおって 考えてみましょう。

質問「はい。」

店長「まず 初歩的なパターンの  ,任垢韻譴
 手で円弧を造らない、先端を振らない、
 👉円弧はカラダに任せる
 一応のゴールは からだの回転で振るってコトなんですが…

 これはとても良くあるケースです。
 まずは コチラをご覧ください。 

 
 お二方とも とても よくあるケースです。

 このお二人は 骨盤で回るというタイプでは無く
 肩を廻す が からだを廻す と思っていらっしゃる。
 ……それは兎も角、
 ダウンスイング以降は分かり難いですが、
 テークアウェイをご覧ください。
 腕を振っているだけで からだ自体を右に向けていない。
201808_Slomo_Moment〇肩を廻せ_Moment2〇肩を廻せ_Moment(2)〇肩を廻せ







 ココ ものすごく錯覚している人がいますけれど
 肩の含まれている 胸が右を向くから
 右向きが生まれる んであって
 肩・肩甲骨・腕を振るんではありません。

 この画像の4方ともに ほぼ右向きがありません。
 胴体がねじれている というよりも 歪んでいる…だけ。
 ココから クラブを振りだしたら…… ご想像の通りです。


 肩で廻る というのは 胴体をひねるコトです。
 腕を左右に振るコトではありません。
 ココは早く脱しないと…
 コレが習慣付いてしまうのは とても拙いです。


 クラブを振ると 円が描かれる、
 ココは良いです。
 しかし ソレは 肩・胴体が捩じられるんであっても
 骨盤が向きを変えるんであっても
 どちらであっても クラブを持った肩部分が
 右を向いたり、左を向いたり するんであって
 それ無しで 円弧を造ろうとすると
 クラブを握った 左右の手の 長さを変えて
 腕さばきでその代用をしなくてはなりません。

 しつこいですけれど ゴルフクラブは
 1mの長さがあって その先端に重さが付いています。
 ですので 運動させますと 色々な負荷が生まれます。
 それを 腕だけでさばくコトになります。
 また 左右の長さを調整して円を描くと
 どうしても ヘッド、フェースを回転させざるを得ません。
 ゴルフクラブは 打撃部分である
 ヘッドの重量点(重心)が
 棒、握っているシャフト・グリップの延長線上になく
 重心距離であったり、重心深度というのがあります。
 ですので 行きと帰りでは 重さの掛かり方が大きく変わります。
 ドライバーで言えば
 そのズレは 40弌4センチ近くなりますので
 テークアウェイでは その重心によって
 ヘッドがたくさん動き易く、
 それは フェース・ロフトの開きになります。
 ところが、ダウンスイング以降になると
 重心が4センチずれているコトが 悪く作用し、
 より重さの掛かる、負担のある動きになります。
((スライスにさよならしよう_Moment
 ですので からだの向きを 肩であっても、骨盤であっても
 からだの向きでやっていない 腕さばきでやっている方は
 長物のクラブ や 重心位置のズレが大きい箱形のヘッド が
 苦手になるケースが多いでしょう。
 コレは 物理的に仕方無い症状なのです。

 ショット全般としては 基本としてスライス気味、
 もしくは それを封じるための引っかけ気味 の球になります。
 
 なんとも言えないのですが、ソコを克服する為に
 たくさんの練習をして 自然と目標に対して
 やや右気味に構え、薄く引っかけるコト でスライスを改善します。
会田20210701_Moment
 そして このタイプの方はドライバーを苦手とし易いですが
 同じく苦労するのがアプローチです。
 ドライバーの方はスピードで解決できる部分があるので
 まだマシですが、スピードで解決できないアプローチには
 参照:アプローチ・スコアアップの壁 手打ち脱却・卒業徹底講座➁ : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
 かなり長い年月、10〜20年単位で苦労するコトになります。」

質問「うぐぐぐ・・・🤒」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「弾道の高さ を考える時に
 知っておかなくてはいけないコトがあります。
 これを理解していないと 高さ・低さ で悩みが発生した時、
 対処の方法を間違ってしまうコトがあります。」

質問「なんでしょう❓」

店長「ドライバーからサンドウエッジまで
 そのクラブで到達できる距離のマックスを打った場合、
 フルショットと言えば良いでしょうか、
 ドライバーからサンドウエッジまで
 実は どのクラブも到達する高さ『最高到達点』は
 同じ
なんです。」
スナップショット 1 (2013-10-12 12-11)
質問「ええええ! なんか意外です。」

店長「ですよねー。
 なんかイメージからすると それぞれ違いそうな
 そんなイメージがありますよね。

 ✋ただし その最高到達点には違いがあります。

 当然、番手によって飛ぶ距離は異なりますが、
 その届く距離を 数値の100 とした場合、
〇クラブの長さの長いモノほど 最高到達点は手前
 まあ 真ん中位 50〜60 ってトコロでしょうか
〇クラブの長さの短いモノほど 最高到達点は奥、
 ボールが着地するポイントの方 100に近いトコロ
 80〜90の箇所が一番高いトコロになります。
iron-shot-green

 ドライバーはおわん型の弾道
 アイアン・ウエッジは直角三角形の定規って感じの弾道になります。
 ゴルフクラブの よく考えられた部分 ですね。

 ボールの最高到達点はどの番手も同じ ですが、
 その箇所・割合は クラブの長さ、言うなれば
 ヘッドの入ってくるアタックアングル・入射角度によって異なって来ます


 もし 良ければ、練習場で時間がある時に
 アイアンを 8番.9番.PW.SW と順に打って頂きたいのです。
 PWとSWはほぼ同じ長さですが、
 番手が下がって来て 長さが短くなった時の
 最高到達点の割合具合 を見て欲しいのです。
 当然、一番長さの短い PW・SWは
 高くなるのが一番奥、着弾点の近く になる筈なのですが
 ドライバーなどのアッパーが過ぎてしまって
 ボールの浮力が足らないタイプの方は
 ウエッジでも ドライバーの縮小版のような弾道、
 高くなるトコロが 真ん中位 になっている可能性があります。

 ですので その最高到達点・一番高くなるトコロを奥になるよう
 練習して頂き、そのフィーリングでドライバーを
 打って貰いたいのです。

 練習場の球ですので スピンの維持時間はやや短めになってしまいますが
 その練習を経て 打つドライバーは弾道が違うと思います。
ph01_15

 良く言われる 「上から打て」 そんな意識ではなく
 そのクラブの長さなり、長さの違いなり 打って頂いた方が
 クラブの機能は利用し易いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ボールが上がらない、スピンが足らない、
 浮力が足りない のベースには
 『振り遅れ』が隠れている可能性があります。」

質問「振り遅れ…。」

店長「ゴルフクラブは長い棒で 先端にヘッドと言う
 重さが付いていますから、グリップに対してヘッドは遅れます。
 それは OK✊ です。
 そう言う構造ですから。

 その遅れは ロフトの立ちに転用するコトが可能です。

 ですので 遅れを取り戻す のではなく
 遅れたまま打ってしまえば良いだけです。
 それが世に言う ハンドファースト ですね。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s
 クラブには勢いが付いていますから
 打った後、インパクト後、その遅れは戻ったように、
 場合によっては ヘッドが追い抜くこともあるでしょう。
 しかし、そこが 打撃のメインではなく、
 オマケとは言いませんが、からだを傷めない為にも
 事後処理としてはアリ です。


 しかし、動きの原動力である からだの向きに対し、
 腕までも…多少は良いと思うんですけど
 大きく遅れてしまうと からだに対して腕が…
 腕に対してクラブが … 二重の遅れになっちゃいます。

 これでは クラブは開く、フェースもロフトも開きますから
 インパクトで待って ヘッドに追いつかせないと
 スライスやこすった当たりで あまりに飛ばない。。。
会田20210701_Moment
 多くの場合、〇インパクトで待つ
 〇ボールをカラダの正面で待つ
 〇ヘッドがグリップを追い越す
 の
 基準点になるのは 右打ちの人の場合、左ひじ、左上腕です。
 
 そこが止まってしまう。。。
 
 この場合は『意志を持って止めている』んですが、
 これによって 肘から先が跳ねあがってしまう、
 ボールの上がらない仕組みはこんな感じですが、
 ココのヘッドの疾走感 良く言う『ヘッドが走る』『クラブが走る』
 ロースピン・浮力不足を生んでしまっています。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

 現在ではなく、自分の過去のショットやスイングの歴史が
 そうさせている可能性がある訳ですね。」

質問「どうすれば…」

店長「ドライバーでは辛いでしょうから
 アプローチとか、短い距離のショット で
 からだを廻したときに
 左上腕、左ひじが上がる 回転の仕方、
 からだの回転と腕の関係を造りたい です。

 『脇が空く』とか考えずに
 左上腕があがる、肘が高くなる、
 そう言うフォローを心がけて下さい。


 振り遅れ…多少は良いですけど、
 からだの回転に対して 腕が大きく遅れてしまうと
 左上腕は上げられません。
 上げたら ボールが打てない です。

 腕を先に降ろせ とは言いませんが、
 どういう風な からだと腕の関係を造ると
 からだの向き通りに 腕が大きく遅れないか、、、

 全員ではなく、ヒトによって ですけれど
 トップ、切り返し、ダウンスイング初動で
 腕、特に左腕上腕(右打ち)ですけれど
 『下げる』『降ろす』ではなく、
 初っ端から『上げる』と考えても良いかも…です。」
【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)
質問「ええええ!
 ソレで打てる、当たるんですか❓」


店長「全員じゃないでしょうけど、
 当たる、普通に打てると思いますよ。

 上げようとすると からだの回転に伴って、
 一旦、下げる方向に動かないと 上げられないですから。

 腕を振る、というより からだの回転で
 どう腕を移動させるか と考えては欲しいですけれど。
 ✋腕の話しをすると 腕自身をどう動かす にばかり
 アタマ・考えが行き易いので注意が必要です
。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「悩みがあるんです。」

店長「はい。どうしました❓」

質問「年齢のせいかも知れないのですが、
 ボールが上がらなくて困っています。」
ドライバーの入射角度114
店長「ああ ボールが上がらない のは
 意外なほど 多くの人が秘かに悩んでいます。

 ヘッドスピードが徐々に落ちてくると
 ロフト角度、ヘッドの性能次第ではありますが、
 ボールが上げにくくなってくるのは確かです。

✋ただ ボールが上がらない には
 大きく分けて 二つあるので ご自分が
 そのどちらに属しているのか把握しないと
 より一層、ボールが上がらなくなる可能性があります。

 まずは ボールを打って、データを取りながら
 見てみましょう。」

質問「はい。」


店長「全部が全部そうだ、と言う訳じゃないんですけど
 初心者で まだボールが上手く打てない とか、
 女性で ヘッドスピードがまだ足りなくて ボールが上がらない、
 ではなく、今まで上がっていたけど、徐々に…、の場合は
 ボールが上がらない のではなく
 ボールの浮力が足らない ケースが非常に多いです。
ドライバー入射角度
 ドライバーで見て頂けますと
 打ち出しの角度 13〜18度 は確保出来ています。
 打ち出しの角度としては 十分上がっている、高い方です。
 決して 低くありません。」


質問「あ、そうなんですね。」

店長「はい。
 私たちの年齢(50歳越え)での ヘッドスピードは
 高くても40越える位、37㎳位のスピードもごく普通です。

 その私たちにとって
 打ち出しの角度が低い、足らない は
 角度で言うと 10〜11度以下 一桁になります。
 私たちのボールスピードでは 10度の打ち出しはかなりキツイ。

 理想的には 13〜15度
 真ん中をとって 14度と考えて良いと思います。」


質問「14度ね。」

店長「ええ。
 ですので 打ち出しの角度は『足りています。』
 問題なのは ボールの回転数・スピン量 です。

 ボールの回転・スピン量は 速いヘッドスピードの人にとっては
 ボールを上げる・より浮かせてしまう作用になりますが、
 私たちにとっては 高さを維持する、浮かせておくコトに作用します。

(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)
上げよう、上げよう、ボールの高さを取ろう とすると
 本能的な部分もあると思うんですが、
 インパクト以降、フォロー側で
 どうしても ヘッドを高く、早めに上げたくなります。」

質問「確かに。」

店長「ヘッドを早めに高くする、上げようとすると
 打ち出し角度は増えますが、その分 どんどん回転数は下がります。
 浮力が無く、失速してしまうのが
 高さが取れない原因 と見て良いでしょう。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment
 勿論、上がり易い ロフト角度を選ぶ は大切ですが、
 上がらない、高さが取れない から と言って
 インパクト後、フォローで ヘッドの高さを早めに取る、は
 逆効果になり易いので
 表現として正しいか、どうかは別で
 手で、手打ちをしろ と言う意味ではないですが、
 気持ち、ほんの気持ち、心の中だけでもいいですけど
 少しだけ 下に振ってあげる、ヘッドを落としてあげる
 ヘッドの高さを直ぐとる と 反対にすると
 ボールの浮き は良くなります。
 ホントにしないで 心の中で考えておく程度で良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



パッティングストロークで
自分の狙いの距離を打つのには
絶対条件として
『いつも似たようなロフト(クラブ姿勢)』
インパクトを迎えたいですね。
特にパターの場合、製品としてのロフトが3〜5度と少ないので
 3度増えただけで元のロフトの80〜100%増し になります。
通常のショットと違い スピードで誤魔化せないのと
元のロフトが立っているが故に ストロークの仕方によっては
何処に当たるか…ヘッドの上下位置によっても
距離に大きな違いが出てしまいます。
006009







いつも似たようなロフトでボールを打てる
 という前提の上で
運動・動作の速度(スピード)によって
初めて「距離感」が染み込まれていく
 ので
打つたびに ロフトの変化も大きく
パターフェースの当たり所もぶれてしまい易いストロークでは
距離感が「その場その場」の偶然待ち になってしまうので
なかなか身に付かず、安定しません。


その典型例になるのが
4c9a0689世間で浸透しているショルダーストロークで、
ヘッドが上下に大きく弧を描きます。

打ち手である自分の目からは
ボールの飛球線方向に対して 真っ直ぐ動いて見える
そのストロークを妄信的に行っているゴルファーが多いですね。
私の経験的にも、他のスポーツの参考例と比較しても
5センチ〜30mのような わりに繊細な距離感…動作を
肩を揺さぶる という最も距離感を産み出しにくい
鈍感で、微妙な違いを出しにくい部位で生み出す…
こんなストロークを推奨する人の運動感覚を疑います。
プロの試合では80センチのパットに
ん千万掛かる、将来が掛かる場合もある訳で
それを最も距離感…スピードなのか、運動の大きさなのか
どちらにしても表現しにくい部分で行って
苦労しない訳がありません。
78センチでも カップに入らなければ85センチでも
ダメなのですから… そんなものを
肩の揺さぶりで緊張感の中、出来る?と信じる
その神経を疑いますね。
しかも、この振り子のストロークは
不必要なボールの回転を産み出す、上下に弾く打撃なので
ボールの初速は速くとも、すぐに減速が始まり
ボールのスピード感とストロークのヘッドのスピード感に
つながりが乏しい方法です。

006
パッティングもショットも
思いの方向に打つ ことは第一優先事項ではなく
思いの距離を打つ という事に重きを置いてください。

その上では 
小さなストロークで
ゆっくりしたストロークで
十分な距離が打ててしまう
『進化版L型ブリストルパター』は
最も同じ距離を打ち続け易いパターの代表です。


しかも 『ピン型デール9』『進化版L型ブリストルパター』の
他では真似の出来ない部分は
ボールの転がり始めの速度とパターヘッドの動かす速度に
差が少ないため、ボールの転がるであろうスピードを
想起出来れば、簡単に距離感を再現出来ます。
IMG_1362
という事で
肩のストロークではなく
右ひじを曲げ、右ひじを伸ばす と言う感覚で
ボールを押して頂きたいのですが
その時のポイントになるのは
右手で押してあげるのは グリップ〜シャフト ではなく
左手だ‼ ということです。

右手を進行方向に、ボールを押してあげるように伸ばす
と言う感じで、左手(グリップを持った左手)を押してあげ
ストローク中にシャフトと地面の角度が変わらない
トップで出来たシャフト角度を維持したまま
ボールを打つ抜く〜押してあげる ということです。
スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 2 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)
写真はパターではありませんが
ショルダーストロークや右手でシャフトを押してしまうと
(左手グリップを軸にクラブを押してしまう)
こんなにもシャフト角度は動きます。
このシャフト角度分だけ、ロフトも変わっている 

ということです。
この上下の弧の描き方では
 ボールとフェースとの接触点もかなり不安定なので
自分では振り加減なり、力加減で「距離感」は出していても
自分では一定のスピードで打っていたとしても
ロフトが毎回バラバラ・打点もバラバラ になるので
同じ距離感が「偶然」か、
血のにじむような練習量、でしか生み出せません。

オジサンゴルファーが 姿勢の苦しいパッティングストロークに
そんな時間費やせば 腰痛になるのは保証します。
スナップショット 8 (2013-06-09 14-54)スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)スナップショット 12 (2013-06-09 14-55)





右手を使って 左手(グリップ)動かす
シャフトの角度は出来るだけ変えない
というのがパットだけでなく、ショットも基本です。
IMG_0379IMG_0378IMG_0375





これによって ロフトが安定しやすく
ヘッドの高さ変化も抑えられ
振り子でこすって打つに比べると締まったロフトで
ボールを打てるようになるので
同じ条件であれば当然飛びます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


これは 飛ばす、ドライバーショットでも同じですが
ゴルフを良くするには
 その距離、望むその距離を打つ能力を高めるコト です。

どちらもどちらですが、
多くのゴルファーは方向ばかりを重視してきた傾向が強いので
ある種 方向の方が二の次 と考えてよいでしょう。

フルショットにもつながりますから
重要視 しなくてはいけないのは
 ヘッドのロフト姿勢
 ヘッドの入射姿勢₍角度₎ を一定にする
変化を多く作らない コトで
この条件は ヘッドの方が多く動かない
グリップの動いた量分 ヘッドを動かすコト
 です。

images

グリップの動いた速度通り、 ヘッドを動かすコト
自分のからだを廻す速度が 距離感 というコトになります。

肩を揺さぶったり、ヘッドばかりを動かすような振り方では
一定の動作速度を身に着けても
 ロフト姿勢が一定にならず
 ヘッドの入射角度が一定にならず

一定の距離を打ち続けることはかなり難しい
アプローチであれば 腰痛を覚悟するほどの練習量がないと
それを習得し、かつ持続するのは不可能です。

グリップを 兎も角 動かす。

ヘッドを動かしたい、思い描いた道のり、軌跡
それを なぞれるよう グリップを動かすのです。


それを感覚的に覚えると
アプローチの距離感は飛躍的に良くなります。
と同時に グリップの移動でヘッドの移動を管理、
ヘッド姿勢も管理しますから
ダフリやトップなどの痛手を負うミスも激減します。

手先で円弧を描かなく、
特に上下、ヘッドの高さの変化を生み出す円弧を
描かなくなりますから アプローチで痛い ダフリ・トップもミスから
解放されると言っても良いほど です。

スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)

習慣づけ していくには
よほどの短い距離で無い限り
テークアウェイでは しっかり骨盤・体は右に向けましょう。
フルターンしても良いくらい。

フルターンしておけば
上から打てる時間は確保しやすくなるので
よりダフリ・トップは軽減します。

上げる量 で管理してはお薦めしません。

打ちたい距離に対し
なんとなくで良いですから ボールの速度をイメージし
そのボールの速度になるような グリップの移動を作ります。
スイングの大きさは限定せず
そのグリップの移動速度が作れる量 を感覚的に。

距離感はボールの速度感であり
グリップの移動速度感です。
その感覚はなかなか間違いません。



練習やドリルでは
上げる時も下げる時も
ヘッドは忘れ、無視し(ゆるゆるしない範囲で)
グリップの移動だけを心掛け
ボールの速度とグリップの移動速度の関係を構築しましょう。
df713d9f-s
グリップの移動はからだの向きで行います。
無理に腕を下げたりしようとしない方が良いでしょう。
からだの向きでのグリップの移動を決して止めない、
からだの向きによる自然な加速は別として
腕がかかわる 更なる加速は厳禁です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


一般的によく使われる
『ヘッドが走る〜シャフトが走る』というのは
グリップの移動量よりもヘッドの移動量が多く、
かつ 速くヘッドが移動することを指すのだと思います。
IMG_0776

気が付かないからも知れませんが、
別なゴルフ用語で、このことを
「ヘッドターン、ヘッドを返す」
「ヘッドを開いて入れて、閉じて出す」
とも言います。
ほぼ 全く同じ行為を指しています。


クラブの構造や機能を知ると
この行為の怪しさ、ダメさ加減が理解できるんじゃないでしょうか

打ち手の差を除き、
ヘッドとボールの接触によって ボール/弾道には
✊左右の角度
✊上下の角度
✊ボールの回転
✊ボールの速度
が生まれる訳ですが、
ロフト角度・ライ角度で考えると
この二つの角度は非常に密接に混じり合ったものです。

上記のクラブの入れ方ですと
打つ前に クラブはロフトも向きも開いていますから
この状態でインパクトが来れば
・・高く
・・回転数も多く
・・右に飛び出て
・・右に曲がります。

典型的なコスリスライスです。
会田20210701_Moment(2)
これをヘッドターン・ヘッドを先に生かせると 今度は
・・低く
・・回転数も多く
・・左に飛び出て
・・左に曲がります

通称、引っ掛けフック、 ほぼ 真反対の弾道になる訳です。

ヘッドターンはクラブの構造上
✋ロフト角度 大きい➟小さい
✋ライ角度  多い➟少ない➟多い
✋フェースの向き ➟

と同時に変化していきます。

ヘッドがグリップを追い越したのに右を向いているのは
構造上かなり難しく、逆にその使い方では
ヘッドが後ろにある時左を向けたらボールに当たりません。

ですので シャフトのしなり・しなり戻りには
必ず シャフトを軸とした回転が伴ってしまいます。

それにクラブ姿勢やヘッド姿勢に影響を大きく受ける
ヘッド軌道も絡むので
全てのコトが揃うのは天文学的確率です。
そして 似た球を繰り返すのは もう奇跡の産物です。
005
ドライバーであれば ヘッドスピードに自信がなくとも
ヘッドとボールの接触する時間は 1/3000秒
この真ん中の状態が運よくインパクトに来るでしょうか?

何を言いたいか というと
シャフトを開発する、製造する という観点で
上記の使い方「ヘッドを走らせる〜シャフトを走らせる」
のを強化していくと
一か八かで飛ぶけど、弾道は異様に安定しない
と言うシャフトを造ることになります。
手元を強く、太く、硬くし、動きにくいようにし、
シャフトには 歪み耐性の高い、復元耐性の高い繊維を
中から先に斜めに入れることになるでしょう。
手元が硬く、先端部が緩めの 高弾性のシャフト
ですので 全体的にはとても硬めのシャフトに仕上がります。

また ヘッドを走らせるために、グリップの移動量や
グリップの移動速度を制限することは
即ち ヘッドスピードの制限に成りかねませんから
単に 打ち手の『ヘッドが走った』という欲求満たすだけの
シャフトのなる可能性も否めません。

ゴルフクラブは ごくごく当たり前ですが
グリップが動けば(移動すれば)
ヘッドも動きます(移動します)
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m30s
✌グリップが動くことによって ヘッドが動けば
 ヘッドの姿勢変化もかなり抑制できます。
 同じ姿勢のまま移動することが可能です。

✌かつ グリップの移動速度や移動ルート によって
 ヘッドの移動速度や移動ルートも変えやすいですから
 距離の管理/調整、弾道の修正/改良が
 行いやすくなります。

✌ヘッドを振って、シャフトを走らせる打撃は
 飛ばすコトと安定させるコト/真っ直ぐ行かせるコト
 が 相反する関係になりますが、
 グリップを動かして ヘッドを動かす打撃
 それがイコールの関係にし易いです。

ヘッドとグリップの位置関係を
上下に反転させることを考えれば
クラブはどう扱う方がよりベターなのか
シャフトはどう扱う方がよりベターなのか
答えは見つかってくると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



よくある 弾道解析機
お店にあるものや携帯のモノなどで使われる
「ミート率」とは
 分子:ボール速度/分母:ヘッド速度
 を数値にしたモノ。
スナップショット 1 (2013-10-12 12-11)
ボールの速度は
ロフト角度が少ないほど高くなる。
まあ 繰り返せる や 安定して
となると その限界値は人それぞれになるのですが、
見ている限り ドライバーに限らず
そのクラブのロフトなりに
 理想的なボール速度を出せている人
 はほとんどおらず
多くの人が その手にしているクラブのロフトより
相当大きなロフトで打っている
 ような状況。

例えて言うのならば
 8番アイアン(ロフト35度強)でロブショットのように打てば
 フルショットでも 80ヤード(ロフト50度相当)しか飛ばない
 そんな 無駄な ロフトの扱い方 をしている というコト。

ロブショットだから
上手に出来れば出来るほど 飛ばない
そして スピードを上げても 逆に より飛ばなくなったり、
より上がらなくなったりもする。

ゴルフをほどほどやっている人ならば分かると思うけれど
グリーン周りのアプローチで ロブショットを選択する というコトは
それ以外の選択肢がなく イチかバチか
最大の危険度があるショットをする というコト。


おそらく ハーフショット以下のショット
特にグリーン周り程度の距離のアプローチとフルショットは別物
 と考える人が多いんだろう。
アプローチは飛ばさなくていい
フルショットは飛ばす
その方法が違うコトに問題があるんだけどねー。
同じショットで 番手(ロフト)と自分が距離管理をする
というのが シンプルな方法だと思いますよ。

そこで 
〇飛ばすコト 
〇方向を安定させるコト
〇繰り返し易くなるコト

これを同時に成り立たせるために
7番アイアンなどのショートアプローチで
如何に 遅く、小さな、少ない動きで
最大のボール速度を生み出すか 考えて頂きたい🙄
ECDi9XSUwAEgjre



はっきり言えば それがドライバーであっても
全番手 ロブショットを打とうとしている ように見える。
それが ヘッドターン・フェースローテーションの行き着くところ。
IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment(3)









それは このような グリップを支点、肩や首を支点とした
振り子のような動きで生み出せると思いますか?

これで その手にしているクラブのロフト角度 通りの 弾道や距離になると
思いますか?

このクラブの扱い方 では
 番手ごとにロフト角度に種類がある意味がないのではないですか?

どう思いますか?

この画像を真似るのに使う体の部位は からだ ではなく
肩や手という腕だけではありませんか?

この練習では インパクトは体を止めて
肩周り、腕周りだけ 動かすコトを覚えるのではありませんか?





昔から ボールを上げるのはクラブに任せろ! ロフトに任せろ!
自分でボールを上げようとするな と言われますけれど
このショットが悪い意味でのその典型です。

そして 困ったことに 多くのゴルファーがこのショットを採用し、
レッスンプロの多くがこのショットを教えます。



アプローチの中では特殊な難しいショット なのですが
練習頻度や量によっては なんとかなるでしょう。
しかし このショットの練習は「そのアプローチ」のミスの確率は下げたとしても、
同時進行に ショット全般を「わざと飛ばさない」の練度も上げます。
効率よく、繰り返し、遠くに飛ばす練習 の 真反対の行為 です。


ショートアプローチは フルショットのインパクト付近を抽出した
非常に重要なポイント

理想論で言えば そのアプローチという スコアに直結する練習は
同時にフルショットの練度、飛距離を伸ばす練度を上げる べき モノです。
sibunoap
理屈が分かれば直ぐに出来る とは言いませんが、
この間違った ことボールを楽に遠くに飛ばす という行為とは真逆な
イメージをしっかり是正する というのは ボールを数多く打つ より
ずっとずっとずっと重要な気がします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチ
そのもの も参考になるかも知れませんが
そのアプローチが
ドライバーやショットの飛ばしの基本
になります。

人気のある二人を比較してみましょう。

https___media_gettyimages_jpgsibunoap









この二つのアプローチは 対極にある二つ と言えます。

タイガーの方は意図的に
入射を解き 緩い入射からスピンが少なく 打ち出しの高い球
を選んでいます。
落下面の傾斜、落下地の地面の方さなど 場面にもよりますが
プロとしての一つの選択です。

片や 渋野選手は ごく普通に
ショットの延長線上のまま アプローチしています。
このアプローチが彼女の強さの要因であり
彼女の飛距離の秘密でもあります。

アマチュアは 総じて
タイガー方のアプローチが スタンダードのアプローチ
になっていますが、
それが実は アプローチの確率の悪さ
ひいては ショットの距離不足の原因になっています。


誤った思い込み・・・だと思いますが、
このアプローチはタイガーにとっても
仕方のない選択、特殊な選択と言って良く
出来れば選びたくない選択肢の一つです。
経験もあり、練習も豊富ですので
普通にこなして……特に難しく見えずに打ちますが、
アマチュアの場合、出来ればやらない
アプローチの選択肢に入れておかない方が良いショットです。

そして このウエッヂを使ったアプローチで
ボールの底をこするような ショットが
自分にとってのアプローチに基本になっていると
ショット全般 飛距離に苦労することになります。

https___media_gettyimages_jpg20190811-OYT1I50023-1







二つを比較すると ヘッドの位置、振り加減とボールの位置
が異なっているのが分かるかと思います。
タイガーの方は もうスイングが終わっている状態ですが
ボールは高さは取れていますが、遠くに行っておらず
一方、渋野のショットは 高さは低めですが、その分、前に行っています。
見ての通り、静止画ですが ボールスピードの違いは明らか です。


スピンの量を増やし、高さを取り、ボールスピードが抑える
には 緩い入射が必要です。
逆に スピンの量を落とし、高さを抑え、ボールスピードを上げるには
そのクラブなりの キツイ入射が必要です。

そして 緩い入射は イコール 開いたロフト
きつい入射は 閉じたロフト です


そして タイガーのショットは ボールの高さ、着弾の角度で止める球で
渋野のショットはスピンで止める球、もしくは 使うクラブによっては
意図的に足(ラン)を出すためのショットです。


アマチュアにとってのアプローチは
圧倒的に渋野の方が参考になります。
一球一球の切り替えはアマチュアにとっては苦手、するべきではなく
そのショットが次のショットに繋がり
似たようなショットで全部を収める 方が
乱れが少なくなるうえ、飛距離のロスが少ないです。

タイガーのショットは一球一球の繰り替えが必要で
このアプローチの後、ドライバーとなると
まるで別なコトをしなくてはなりません。
アマチュア向きではない というコトです。

練習場に行きますと このタイガーのアプローチ ばかりを
目にしますが、アプローチショットは全てのショットの中で
一番練習場と異なります。
異なる傾斜状況、ライ状況、動きの速さで解決できないショット
アプローチ中で 一番難易度の高い選択を
練習場で身に付けても 十中八九役に立ちません。
圧倒的に失敗の確率方が高く、それはすぐにスコアに直結します。

sibunoap20190811-OYT1I50023-1









プロのショットは速いですから
スローにしてもなかなか見切ることは出来ない かも知れませんが、
渋野のアプローチは 飛ばしのヒントが詰まっていますから
是非 参考にしてみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スイングは 上げて降ろすだけ みたいなニュアンスも
 誤解を生み易いんですかね❓」
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(2)
店長「あり得ますね。

 からだを廻すことは分かっているけれど
 視覚として 地面にあるボールを
 トップの位置ですと 2mの高さから…
 となると 下に振りたくなるのは一般的 でしょうね。

 下に振るとなると
 早い段階で 右手のグリップが左手よりも外周、
 大きな円を描くコトになります。
 そうじゃないと 届かないですからね。
 そして それをするには からだの回転から
 腕とクラブを切り離して…
 カラダは待っていないとイケナイですね。
大森20211028_Moment

 そうなると 持っているクラブのその番手、
 そのクラブの長さよりも 緩い入射角度になる、
 場合によっては しゃくり、あおり、上がり軌道になったり…。

 下に振る方、右手グリップの軌道が大きくなってしまう方
 の軌道、ボールへのアタックアングルは
 番手による長さの違いが殆どないんですね。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)






 余談になりますけれど、
 これもまた それを助長する、誤解を生み易いワードですけど
 『上から打つ』
 は 動作の技 として見られますけれど
 砕けた言い方をすれば、『その番手長さ通りの入射にしろ』
 と言っているに過ぎません。 」

質問「あああ そうなんですね。」

店長「ですです。技術と言えば技術なのかも知れませんけど、
 6番アイアンとピッチングでは 長さが5センチも違うので
 その長さ通りの入射にするのは
 ものすごく難しい訳では無いと思います。

 話は元に戻りますが、
 下に振ってしまうケースでは
 イコール スライス ではないですけれど
 番手なりの入射が取れず 番手なりのスピンが得られない
 『こすり球』になってしまいます。
 スライスが大きく曲がってしまうのは 飛距離ロスですが、
 スライスの方の距離不足は だいたいのケース
 こちらの副作用?の方が大きいんですね。」

質問「開いている方 閉じなくては…にすると
 余計 軌道が大きく、右グリップの軌道が外周に
 なる必要がありますよね…。」

93e9da7e-s6423ac38-s81b16761-s




店長「ソコ難しい問題ですね。

 多くの方は 練習の中で得る経験則で
 若干、右を向いて ややひっかけを打つ
 結構、ややこしいトコロにソフトランディングしてます。

 スライス イコール 手打ち ではありませんけれど
 からだの回転が使えて 右回転の方は
 そう大きくも曲がり難いですし、
 飛距離も体力、ヘッドスピードなり が多いです。
 手で振ってのスライスの場合、
 スライスの問題そのものよりも
 それに伴う こすり打ち が更なる飛距離ロスを生みます。
会田20210701_Moment

 下に振る となると
 からだを先に正面で止めて 待っていなければならず、
 それによる 腰や肘などへの負担は大きいのは確かです。

 どこまで治すか、改善するか、は
 その方の気持ち次第と言ったトコロになるのでしょうか。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「今はスライスには悩んでいないけど
 逆に引っかけやフックに悩んでいる人、
 ある意味、初心者を脱したゴルファーと言ったトコロだと思いますが、
 元、源は スライスの場合も少なくないと思います。」

 質問「あああああ。」

店長「繰り返しになりますが、
 ボールが曲がる のは
 インサイドアウトやアウトサイドインなどの軌道の種類にかかわらず
 自分の『その』軌道に対する、フェースの向き です。
FinfaZ7UAAAnu8v
 フェースターンをしている人であっても、
 そうでない人であっても それは全く同じ、 ですが
 スライスから始まった人 の場合の多くが、
 ヘッドが遅れるコト が フェースの開き になり、
 👉そのヘッドの遅れを 取り戻したコト で
 今度は 👉引っかけやフックに悩むコト になります。

 ドライバーで言えば
 平均的なヘッドスピード 38㎳前後 であったとしても
 時速に換算すると 140h前後、
 インパクト時の ボールとヘッドの接触時間は 1/2500秒以下
 0.0004秒 ゼロコンマゼロゼロゼロ4秒しか 無く
 その瞬間の 軌道に対するフェースの向き によって
 ボールの回転、曲がり、曲がる量、は決まります。
outin (2)_Trim_Moment(3)
 フェースターンで 引っかけやフックになってしまっている場合、
 スライスにならない範囲で フェースターンを微調整する必要があり
 それは もう 自分自身以外如何ともしがたい領域です。
 フェースターンは フェースの向きの変化と
 それに対する軌道も同時に変化するので
 アドバイスのしようが無いと言ってよい代物です。

 ですので 根本的な部分を少し改善しても良いのでは…
 と思うことも多く、それは先日の話しのように
 フェースローテーションをする ダウンスイング以前の
 俗に言う『上げ方』如何なんじゃないかと思います。」

質問「遅れが開きにならないような『上げ方』と言う話し…ですね。」

店長「はい。

 遅れが開きになってしまう『上げ方』の多くは
 部位で言うと 左腕、左ひじの運動量・移動量が
 右腕・右ひじよりも多く、
 …ソコに行き着いてしまうのか…と言われてしまうので言い難いですが、
 度合いはあっても 手で上げてしまっている感が強い です。
201808_Slomo_Moment〇右向け右?










 これはダウンスイングであっても、テークアウェイであっても
 同じで、スイング中を通して すべてに言えるコト ですが、
 ゴルフスイングの話しで言われる
 左腕と言うのは『からだ』のコトを指します。」


質問「!!!!!!!」


店長「テークアウェイで左肩を入れろ、 は
 単純には右を向け と言っているに過ぎないのですが、
 ソコを履き違えて 左腕だけを動かしてしまって。。。
 その結果、フェースが上向き、開いてしまっています。

 それを閉じるには 左手を右手が追い越さなければいけない
 のですが、テークアウェイの時点で 左手の方が多く動いていますので
 追い越すのも大変…。
〇肩を廻せ_Moment2〇右向け右








 フェースターンするのが悪い とは言いませんが、
 なら フェースターンがし易い、大人しく少ないフェースターンで済む、
 そう言うテークアウェイを造れば良いのに、
 激しく強いフェースターンが必要な準備をしちゃってる、
 って思うんですよね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「主にドライバーですけれど
 お約束の スライス に苦しんでいるんですが、
 どうしたら良いでしょう❓」

店長「😊😊😊風邪に効く薬はありませんよ😊😊😊 
 ま それは冗談として、スライスは
 右に曲がってしまうコト、飛距離を損なってしまうコト が
 困るんですが、より困るのは その風邪と同じく
 
こじらせ易いコトなんですよね。」

質問「😬どき!😬」

店長「からだを開くから スライスする、
 振り遅れるから スライスする、
 スライスとからだの動きに 処方箋になるような
 これだ✊✊のような モノはありません。

 からだを開いていも フックも打てますし、
 振り遅れて 引っかけも打てます。
会田20210701_Moment(2)
 科学的とまで言いませんが、物理的には
 その動いている軌道に対して フェースの向きが開いているコト
 ただ それだけ です。

 そして その量がソコソコ多いコト ですね。」

質問「アウトサイドインとか、インサイドアウトとか
 その軌道が原因とも言われますが…。」

店長「絶対に違う とは言い切れないんですけど、
 アウトサイドインでもフックは打てますし、
 インサイドアウトから出るスライスの方が強烈だったり、します。

 繰り返しますが、
 アウトサイドインであろうが、インサイドアウトであろうが、
 その動いている軌道に対して フェースの向きが開いているコト
 軌道は その方向に振っている に過ぎません
1f52b6531ff0dce2







 ただし…ですね、これはヘッドを返す、
 フェースローテーション型のスイングの場合ですけれど
 インサイドアウトに比べ、アウトサイドインの方が
 より フェースの向きが閉じていないと…
 その軌道分ですけれど、閉じていないといけないので
 より強い フェースターンは必要になる、
 が故に アウトサイドインの方がスライスの率は 高くなる、
 と考えても良いんですが…。」

質問「あああ なるほど。」

店長「それと 実は忘れられがち、無視されガチ なんですが、
 ゴルフクラブの、クラブヘッドの構造上、
 フェースが開いている と ロフトが大きくなっている(開いている)
 は イコールとまでは行かないですけれど
 非常に近い関係なので、スライスに悩む人は
 曲がりは勿論なんですけれど、そのロフトが開いていることによる
 距離ロスの方が重たい
かも知れません。」

質問「それの対処法は無いんですか❓」

店長「う〜ん、あえて言えば ですね…」

質問「…あえて 言って下さい。」

店長「スライスに悩まれる方の全員じゃないですけど
 かなり多くの方が お望みのインパクトタイミングに
 ヘッドが来ない。。。
 ヘッドが遅れる。。。

 それが スライスにーーー と思っているフシが有ると思うんですが、
 そこがポイントかも知れません。」

質問「ヘッドが来ないとスライスになりますねー。」
達人のココから盗め_Moment(2)
店長「何度も言ってるコトなんですけれど
 クラブヘッドには重さがあって、
 シャフトにはしなり・たわみがありますし、
 根本的な構造が長い棒、そしてヘッドはその先にあります。
 それを『自分が』動かすんですから

 ヘッドは遅れて当然、遅れるモノです。

 そして 遅れっ放しのまま、ボールは打ちます。

 それが事象として ハンドファーストだったりします。

 ですので グリップ、もしくは自分のからだの向きに対し、
 ヘッドは長さや自身の重さ、運動分の加算なども加え
 その重さ分 遅れる のを
 フェースの開き/ロフトの開き  にするか
 ロフトの閉じ、

 もう少し具体的に言うと
 時分に対し、ヘッドは遅れた時に
 フェースが上を向いているか、下を向いているか、

 で その遅れは全く反対のモノ になります。
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(6)
 下を向いていれば、そのままの進行で ボールは打てますが、
 上を向いていると スライス、くぐりぬけ、
 もしくは 上を向いているって フェース・打撃面がボールに
 向いていないですから、打撃面がボールに向くように
 下向きに変える という もうひと手間 必要になります。

 ですので 遅れをフェースの下向きに出来る人は
 そのままで打てますので 遅れを敵対視しませんが、
 遅れを上向きにしてしまう人にとっては
 遅れは『ナイスショットの天敵』になり得ますので
 遅れを嫌うことになります。
 そこからの ゴルフライフ、スイングライフはだいぶ違いますよね。
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment
 遅れがどうなるのか、どういう遅れを造るのか
 がスライス解決の一番のポイントだと思うんですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「今日はハーフショット、アプローチの
 練習に来ました。」


店長「はい。 まずはこちらの動画からご覧ください。」


 アプローチ や ハーフスイング において
 終わり、フィニッシュは
 こういう風なイメージがとても多いと思います。
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)



 インパクトはアドレスの場所、に戻る
 と言うイメージなんじゃないでしょうか❓」

質問「ですね。」

店長「ソレを実現するには
 ココをインパクトのイメージとして
 持っていないと 出来ないのです。
Desktop 2022.11.06 - 17.11.14.01_Moment
 
.悒奪匹瞭擦里蠅篭疇擦鯆未

 スイングって 円を描く というのは 間違いではないですが、
ヘッドの実移動量 と言えば良いのか クラブの運動の角度 は
 = からだの向きの変更角度 -(マイナス) 運動での積算も含めたヘッドの重さ

 です。

 構えた時のヘッドの長さ、と言えば良いのか
 ヘッドの位置する外周と言えば良いのか、
 その半径の弧をなぞってしまったのでは
 ヘッド、クラブが運動で重くなる分も含め 道のりが長過ぎ、
 からだの向きで移動させられる 
  グリップの移動量を超えてしまう為、どこかで
 グリップの移動なり、からだの回転を止めて、
 クラブを』『ヘッドを』振るコトになってしまう、
 
手打ちの始まり です。」

店長「アプローチショットなどで
 この写真より もう少しからだを廻す、左を向ける、
 そして それを アドレス時の正面から写真を撮ると
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
 ヘッドがグリップを追い抜いた『ように』見えるのですが、
 それは からだが左を向いたから であって
 ヘッドとグリップの関係性は変わっていないのです。」
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment
質問「二つは大きく違いますね。」

店長「そして この二つの違いが
 ショットの最大の差
 打撃の原動力を何にするか の 分かれ道 になります。

 プロゴルファーのように 飛距離も飛ぶけれど、
 アプローチも上手 なのと
 飛ばせるけど曲がる、安定しない、
 アプローチはイマイチ なのは この差 と言っても過言ではありません。

 軽いアプローチショットを
 からだの回転で グリップを移動させ
 ヘッドは意識的には動かさず、そのグリップの移動に任せて
 ヘッドを引きずる、
 そうやって 少し打って貰いたいのです。

MVI_0878(2)_Moment(5),亮命
そして インパクトポジションは
アドレスのこのポジションでは無く
Desktop 2022.11.06 - 17.11.14.01_Moment△亮命
からだをしっかり 左に向けた
このポジション、
おそらく 多くの人が
インパクトポジションを,亮命
だと思っていると思うのですが
 それよりも 50儖盟安Α∋間で言うと『もっと奥』
 飛球線側のグリップ位置が インパクトポジションのイメージ です。

 そうやって 打ってみると 自分が今ままで
〇如何に左を向いていないか、
〇からだを止めているか、
〇左サイドを止めているか、
〇ヘッドを振ってしまっているか、
〇クラブと体の一体感が無いか、
  を実感し易い と思いますし、
 『引きずる』がからだに根付いてくると
 ショット全般 飛距離も、再現性も、球質も
 かなり大きく変わってくると思います。

 脳内革命になりますが… レッツ トライ✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〇国赴任してから半年以上経ちました。

〇国でもブログはほとんど毎日拝見しています。

毎度毎度本当に参考になり感謝しています。

240781176_4377812485599164_8218599256180757912_n

赴任直前に仕立ててもらったEZ05他について

感想などを少ししたためたいと思います。


シャフト含め慣らしが必要とのアドバイスでしたので、

しばらくの間は初期セッティングのまま過ごしました。

振りごたえの軽さはすぐに解消し、RAD04と変わらぬ感じ。

左へのミスを嫌い、少し極端に変えたいと思い

LOW2へ変更。かなり安定感増しました。

EZ055


その後、セッティングはいじっていませんが、

ラウンド重ねて思うことは

〇飛ぶというより安定感大

〇平均飛距離は確実に上がっている

〇よほどのミスショットでない限り距離を失うことがない

と、非常に信頼感の高いギアだと思います。



ところで、先週末より 〇地名〇 は真冬の寒さになり、

最低気温が氷点下、

ラウンド中も5度以下 という過酷な状況でプレイをしたのですが、

興味深い現象にあいました。

一般的に気温の下降により飛距離が落ちていくはずですが、

EZ05含め全体的にその落ち幅が少ない。

アイアンでも1クラブ違うかどうか。


ティーショットでは、同組のプレイヤが軒並み飛距離を落とす中で、

明らかに落ち幅が少ない。

普段一緒に回り、夏場のドライバーでいえば

20-30ヤードおいて行かれる人たちと同じ距離が安定的に出る。

クラブセットのヘッドスピード依存度が低く、

しっかりボールを潰して打てれば、

距離は変わらないということの証左なのでしょうか。

池田康二202520_Moment池田康二202520_Moment(2)






股関節で回り、身体のひねりや、

腕の力に頼らない打ち方も助けになってると思いますが…

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

質問「コレって 手打ちとか、からだの回転 以上に
 ゴルフクラブの使い方 として決定的な違い
 なるんじゃないんですか❓」

店長「はい。 そう思います。

 よく有るパターンだと思うんですが、
 パワーの無い、ヘッドスピードの出せない方が
 ウッドでも、アイアンでも 距離も弾道も差が出ない、
 どの番手を打っても同じ、似てしまう があったりしますよね❓」

質問「あるある、です。」

店長「ちょっと 話には段階があるので ややこしい ですが、
 『からだの向きを変えて、グリップを移動させて、
 その結果、引きずられたヘッド』
に比べると
 『始めから 円を描こうとした、インパクトまでに
 1/4円、90度の円を描こうとしたモノ』
は道のりが長くなります。
 まあ 時間もかかるし、リキミも入り易い。
〇からだの回転_Moment〇からだの回転_Moment(2)














 からだの向きに比べ、道のりが長く、時間が掛かれば
 クラブはフェースが大きく開くか、大きく閉じるか
 どちらかにしかなりません。

 そして フェースターンが必要になると
 フェースターン、ヘッドターンは 腕もクラブも
 最大の長さ、一番長くなった状態でしか行えない。

 最下点がボールより手前になり易いですし、
 あおり打ち、しゃくり打ちにもなり易い。
 👉本来の そのクラブ、その番手で入ってくる筈の
 アタックアングルよりもかなり緩い角度 になってしまいます。

 ゴルフクラブにとっての かなり比率の大きな機能
 そのクラブの 長さが使えなくなって しまいます。


 ゴルフクラブの機能というのは
 例えば5番アイアン ロフトが立っていますね。
 ですので 前に行かせるのは得意ですが、
 浮力や高さを取るのは苦手なんですね。
 ですので クラブが長く、アタックアングルが緩い。

 逆に ウエッジは ロフトが寝ているので
 浮力や高さを取るのが得意ですが、
 前に行かせるのは苦手です。
 ですので クラブが短く、アタックアングルがキツイ。

 このどれもが ドライバーの長さ、
 そのアタックアングルと差がない、
 場合によっては 最下点がボールより手前 の
 しゃくり打ち、あおり打ち、上り際のショットになったのでは
 そのクラブの ロフトと長さの機能が上手く発揮されず、
 5番アイアンは浮ききらず、
 ウエッジは前に行かない、ロフトが寝ているので
 打撃力がボールに伝わらない可能性もある。

 ショットが 単なるヘッドとボールの激突 であれば
 長さと当たるヘッドの重さは 似たように造られているので
 球質としての差が出ない と言う結末になります。」

質問「長さの変化による ヘッドスピードの差 の方が
 意識としては強い と思います。」


店長「ですよね…。

 長さが違うとヘッドスピードが変わる、
 は 嘘じゃない から困ると言うか、騙されちゃうんですけど
 クラブの機能を考えると
 『本質はソコじゃない』んです。

 その番手、そのクラブの機能を活かすには
 各番手に長さの違いが出る アタックアングル
 にする必要があって、
 それを造るには ヘッドと言う重さを引きずって
 無理に長さを造り出さないようにしない とダメなんです。」

質問「長いとヘッドスピードが速い。。。
 が故に 出来るだけ長く使おうとする傾向 はあると思います。」


店長「ヘッドスピード信仰が強いと その罠にはまりますよね。

 でも その動作の進行には 遠心力と言う
 速く動かすほど 負荷になるモノを増やすだけ になるので
 腕力で動かせない限りは 思ったようには 速く振れない。

 また それはソレを支える左グリップの握力次第 になるので
 ラウンド中、グリップの握りの変化、それに伴うアドレスの変化
 などが ミスの原因、誘発要素になり易い…。
(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment

 それなら クラブの長さを無理に長くしないで
 負荷にしないで、早く、速く 廻ってしまう方が
 ヘッドスピードは上がるんです。

 そして それなら 疲労に弱いアマチュアが
 ラウンドでのスピードの減衰も 抑えられます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





ハミングさんに辿り着く前は
どちらかと言うとヘッドスピード信者だったと言ってよいと思います。
あっちのお店、こっちのお店、
あのドライバー、このドライバー、
あのシャフト、このシャフト、 
行けるところで試打会があれば イソイソと出かけていました。
video_Slomo_Moment
何年かは46インチを使っていました。
ルールが出来るまではそれ以上の長さを試したこともあります。
特にスライスに苦しんでいると言うわけではありませんでしたが
自分なりに良い当たりをした筈の時、ボールが伸びません。
過去の弾道計測では弾道はやや高め、スピンもやや多めは
ドライバーの毎度毎度のデフォルト状態でした


ハミングさんのお邪魔をして
46インチA社のドライバーと
試打にある 
SYBのEG-05 を打ち比べしてみました。
EG-05の試打クラブは44.25インチとの事で
自分のものと比べるとおおよそ2インチも短尺。
240781176_4377812485599164_8218599256180757912_n

にも拘らず ボールスピードは殆ど同じ。
2インチの差はなんだったんでしょう。

今まではボールが高い、上がり過ぎる、スピンが多い、などで
ロフト9度を使っていましたが、
コチラの試打クラブは 10.5度。

計測では打ち出しの角度も、スピンも9度のモノより少なく、
ほとんど同じボールスピードなのに
ハッキリと距離の差が出る。
私のドライバー選びの旅は一体何だったのでしょう。

シャフトの硬さが少し硬かったのは感じていました。
でも、シャフトの硬さを落とすとスライスになるか、
よりボールが上がって飛ばなかったので
硬いシャフトを選択せざるを得なかったのは正直な所ですが
まさか シャフトの硬さ(振動数?)を100も落とすのが
正解とは思いも付きませんでした。
(こんな硬さ(柔らかさ)あったんだ、と思いました)
Desktop 2022.10.18 - 23.18.35.01_Moment(3)
飛距離が出ないのはヘッドスピード不足だから
👉長くしてヘッドスピードを稼いで
上がって距離が出ないのは
👉ロフトを減らして高さを抑える

多分ですが、典型的なアマチュアゴルファーの歩む道を
まい進してきたのだと思い至りました。

〇長ければ良いわけでも
〇硬ければ良いわけでも
〇少なければ(ロフト)が良いわけでもないのだ

と言う結論に至ったのでした。


、、、、、後日談ですが
44.5インチのEG-05、硬さ155cpm、ロフト角度10.5 を
作って頂き、数度コースで使いました。

飛距離は一番当たらなかった時で 今までの最大距離
平均で言うと10〜15y、最大では25y違います。
スライスは皆無です。(結構驚き)
弾道は低い訳ではないですが、今までよりも確実にランが出る球です。
最後のひと伸びが違う感じです。

その距離差よりも 短いからなのか、柔らかいからなのか、
疲労感が全く違う、疲労感が無いと言えば良いのか、
ラウンド後半になるほどその差は感じます。
最大飛距離が出たのも17番Hです。
 (店主 良かったですね😊)

私だけなのかも知れませんが、一般的なドライバー選び、
その方法論の出鱈目さを痛感致しました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「もしかしたら…なんですけれど
 ヘッドの入れ方、入射角度とクラブの長さの関係は
 以前、自分もそうだったんですけれど…
 ドライバーよりも スプーン(3番ウッド)の方が飛ぶ?
 と関係あり なんですか❓」


店長「はい。関係ありあり✊ だと思います。

 ロフトや長さ、ヘッドスピードによっても
 その数値はひとそれぞれだとは思いますけれど
 例えば…ですが、45インチのドライバーで
 入射角度、計測器なんかだと アタックアングル って
 呼ばれたりもしますけれど
 その数値の理想値が アッパー2度前後だとします。
ドライバー入射角度
 それが 4度も5度モノ アッパーになってしまうと
 打ち出される角度は高いけれど
 ボールスピードもあがり切らず
 ぽわッとした 上がる球になり ボールが伸びない…
 アッパーになると 実質ロフトは減るので 
 数値としてスピンの総量は減りますから、吹け上がる、
 ようなことにはなりませんが
 🥎の打ち出しが高いので その低スピンもあまり意味が無く
 飛行する持続するチカラというよりは
 より高さを生み出してしまうような
 ヘリコプターのホバリングみたいになってしまう。
Desktop 2022.10.18 - 23.18.35.01_Moment(3)
 そういうタイプの方が ドライバーよりも2インチ短い
 スプーンを持つと その短くなった分、
 入射角度、アタックアングルがキツクなり、
 この場合は アッパー度合いが適切なモノになり
 スプーンだから ロフト角度としてはドライバーよりもあるのに
 アッパー効果が ロフトを殺し、スピンも適切、
 15度のロフトの43インチのスプーン が まるで
 10度のロフトの45inのドライバーで打ったような
 入射・インパクト姿勢に非常に近いモノになるので
 スプーンの方が飛ぶ…  もしくは あんまり変わりがない、
 と言うのはそう言う仕組みなんですね。
ドライバーの入射角度114

 とは言っても そう言う状態の人、
 ショット全般に あおり打ち、しゃくり打ち、すくい打ちが強い方は
 スプーンを地面から打つと アッパーでは打てませんから
 ダフリやトップ、チョロのミスになり、
 ティーアップしたのと同じような球は望めません。」

質問「クッ! まるで 見られていたような・。・・」

店長「ですので 飛距離に悩んでいる方 は
 長尺よりも むしろ 若干、短めにした方が
 飛ぶケースは とっても多いんです。



✅飛距離に苦しんでいる方の多くが
 スライスにも悩まれていたり。。。

 そうなると インパクト時、フェースが開いている →
 フェースを閉じる、ヘッドターン、フェースターンは
 クラブが最大の長さ、一番大きな弧にならないと
 最大の弧に近づけないとし難いモノ です。
(アプローチ) 比較映像_Moment(4)
 ヘッドを返そうとすればするほど
 ボールに当たる前の 早い段階で 弧が膨らむ、

 大きくなるので 当たり終わると直ぐにヘッドが上昇軌道になる

 弧が大きい は 道のりが長い、
 イコール 時間がかかる訳ですから
 インパクトのタイミングが あと になり易い

 ドライバーによる アッパー度が強くなり易い のです。

 意図的にアッパーにする は
 あまり良いことではありませんが、
 ティーアップ分、ボールを左(右打ち)に置く分、
 薄い『適切な度合い』のアッパーに自然な形でなる、
 というのが ロフトの少ないドライバーの理想的な打撃 です。
 しかし、ヘッドスピードがプロのように高くない、
 若い人のように速くない 我々には
 その度合いも ほんの少し アッパー2度前後の狭い幅で
 それ以上 アッパーが強くなって 良いことは殆どありません。
((スライスにさよならしよう_Moment会田20210701_Moment(2)









 飛ばす為に ヘッドを返す(スライスを予防する)
 それが故に ボールへの進入が良いモノにならない、
 ボールを打つかなり手前で 最大の弧の大きさになってしまう…
     (ヘッドを返そうとするとそうせざるを得ない…)
 という 前門の虎後門の狼状態 になるのです。

 スイングの インサイドアウトとかアウトサイドイン
 スイング軌道の左右方向ばかりを気に取られていると
 実は ショットにとって 最も大切な ヘッドの入れ方
 入射角度(アタックアングル)が急所になってしまうのです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ドライバーを長尺にする場合、
 〇長尺にする事によって 若干のH/Sが上がる
 〇長尺にする事によって 入射が緩くなる

  → 後者は ボールの打ち出し角度が上がります。
 ザックリ言って この二つの効果で
 より少ないロフトで、少ないスピン量でも
 使える人に効果が高い、
 元々、ヘッドスピードの高い人の方に効果が出易い傾向が
 強いと言ってよいでしょうね。
Desktop 2022.02.13 - 21.34.58.01_Moment(2)
 アマチュア、ヘッドスピードが40ms前後、
 そして未満の人にとっては
 ロフトをこれ以上少なくするのは 危険、
 安定性や方向性に不安が付きまといますので
 あまりお薦め出来ません。

 アマチュアの場合、
 例えば 45inのドライバー、
 それを ヘッドスピード40msで使う、
 理想的な条件で 入れて来る入射角度よりも
 緩い入射角度で入れてきている人の方が多いので、
 ショット全般を すくい打ち気味で行っている人が多いので、
 
 ダウンブロー → レベル → アッパー
 意図的では無いけれど
 ドライバーはティーアップして打ちますので
 その分、アッパーになってしまっている、
 過度にアッパーになっている人も少なくないです。
Desktop 2022.10.18 - 23.18.35.01_Moment(3)
 それを 長尺にして、更なる緩い入射、
 この場合は アッパーがより強くなる可能性があります。
 アイアンのダウンブロー と同じように
 ドライバーのアッパーブロー にも良い具合、
 加減がありますから あまり それが強くなり過ぎると
 打ち出しの高さは出るけれど
 スピンの量が減り、同時にボールスピードも乗らない、
 上がるけど ポッコンと飛ばない可能性が出てきます。
 それは特に 高くないヘッドスピード帯、
 40ms前後、それ未満の人に出易いです。」

質問「長尺で良い想いが無いのは そういうコトですか…。」

店長「長いので扱いにくい、ってもあるとは思いますが、
 あるある ですね。

 また 長尺になると しゃふとのしなり が増える、
 本当は ヘッド重量が長さ分、減っているので
 変わりはないんですけど、思い込みと言うか、
 気分的に シャフトがたくさんしなる、柔らかくなる、
 と信じている人も少なくない、と思います。

 ✋ で、しなりが増えるから シャフトを硬めにする、
 と言う人も居たりして…。
 そうなると より入射が緩く…アッパー気味が強く
 なる可能性もあるので 上手く行かないでしょうね。

(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)
 また これは全員じゃないですけれど
 長尺だから ヘッドスピードが上がって飛ぶ
 長尺だから 遠心力が上がって飛ぶ

 そう言う意識の強い方は
 モノが 長くなるんだから ヘッドスピードが上がる、
 遠心力が増す ので
 振り は今まで通りで良い筈なのに
 自分が より頑張ってしまうケースが少なくない、
 と思うんですね。
 が 故に スタミナがもたなかったり・・・・
 これも 長尺あるある だと思います。」

質問「ソレ 分かるなぁ…。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「こんにちは〜。」

店長「こんにちは〜。
 今日はどうしました❓」

質問「距離をもっと伸ばしたいんです。
 ドライバーをもっと飛ばしたいんですけど
  
長尺にする のはどうでしょう❓」

店長「微妙です。
 長尺にすると 何が飛距離を伸ばさせる と思います❓」

質問「ヘッドスピード。。。遠心力。。。ですか❓」

店長「うーーむ
 アバウトなデータですけれど
 45インチのドライバーを 46インチにして
 増えるヘッドスピードは 1㎳以下、だいたい 0.7㎳ です。
 数値として 確かに増えてはいるんですが
 計測誤差の範囲とも言えます。
240781176_4377812485599164_8218599256180757912_n
 また 一般論ですけれど、
 45インチを46インチにするには
 ヘッド重量を 12g前後 軽くします。

 45in. ヘッド重量196g ヘッドスピード40.0㎳
 46in. 
ヘッド重量185g ヘッドスピード40.7㎳


 この二つを比較して ホントに遠心力って増えていそうですか❓
 ヘッドスピードアップが飛距離に影響しそうですか❓」


質問「あんまり変わらなそうですね…。」

店長「飛ばす源 が 遠心力
 という ほとんど嘘 がスイングに与える影響はすごく大きいです。」

質問「。。。。。」

店長「全然 違うけど、似ている話なんですが、

05ED6092-D645-4C48-A3BB-28B38653F97C知っての通り お店に大きな水槽がありますが、
みなさんが 熱帯魚、金魚とかメダカを買う時、
空気の出る よく言う ブクブク を入れたりしますよね。
まあ 濾過器 って言われるんですが。。。
あれ って どういう仕組みだと思います❓」

質問「魚の糞とか、汚れを濾しているんですか❓」

店長「それもあるにはあるんですが
 濾過器を付けさえすれば、ブクブクを入れさえすれば
 大丈夫って訳じゃないです。

 見たことがあるか、どうか分かりませんが、
 水槽の上に乗っけるタイプのろ過機とかで
 お化粧に使うようなマットの大きいやつ、ウールのマット
 ブクブクのタイプだと 中に入っている白いやつですね。」

質問「はいはい。」

店長「あれって 両方ともですけれど、
 確かに 物理的に糞とか、汚れとかを濾し取るってのも
 ない訳では無いんですけれど
 メインな機能としては バクテリア がそのマットに住み着いて
 水の中の汚れ、魚にとっては一番危ない アンモニア とかを
 生物分解する為のモノなんですね。 

 だから 新品の状態で ポンと水槽に入れても
 まだ そのマットにバクテリアが居ない、十分に居ないので
 本当の意味での 濾過としては機能しないんです。

 時間が必要なんです。

 濾過器さえ付ければ 大丈夫✊ では無いんです。
 ソコを理解していると居ないでは大きな差になります。


 それと 遠心力=飛びのエネルギー は似ています。

 長尺にする 一番のポイントは
 短い長さでは 使えない ロフト角度、
 少ない角度のロフトを使えるコト です。

 それによって 少ないスピン量でも使える、
 それが 飛距離アップにつながる のです。
 長くなって 少しではありますが、へッドスピードが増える や
 長くなって 入射が緩くなる が
 少ないロフトも使えるようにするためのモノです。
 長くなるコトによる スピードのアップや遠心力の増大
(しないけど)
 が 飛距離を伸ばす 直接の要素ではないんです。


 ソコが理解出来ていないと 基本、機能させられない可能性があります。」
((スライスにさよならしよう_Moment
質問「長さに関しての誤解ですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「こんにちは〜
 だいぶ気温が下がって来ましたので
 鉛…重さの張り方を教わりに来ました。」


店長「こんにちはー。
 鉛を張る 👉重さを増やす は
 自分で出来る 割に簡単ですが、
 効果のあるチューニングになると思います。」
125788
質問「やっぱり 秋〜冬になって
 気温が下がってくると 鉛を張る の効果も
 出てくるのですか❓」


店長「そうですね。
 夏に比べれば ゴルフをする時に着る服も増えますし、
 気温が下がれば からだの動きも鈍くなるでしょうから
 それを補うには ヘッドの重さを増やす は
 効果的だと思います。」

質問「効果 から教えて貰えますか❓」

店長「はい。
 今あるクラブの状態で
 シャフトを替える訳でもない場合、
 ヘッドの重量をこの場合は加算ですが、
 増えるから と言って シャフトの硬さに変化は起きませんが、
 増やすことによって ヘッドの入ってくるサマ、
 入ってくるタイミングが変わります。
((鉛
 その人、その人のクラブ扱いによって違いがありますし、
 使っているクラブのシャフトの硬さ や ヘッドの重さ
 なども違いますから、どの位の量を増やせば・・・
 は一概には言い切れませんが、
 ヘッドの重量を増やすコトによって
 ヘッドがより小さな弧で
 正確な言い方ではありませんが、より上から入って来易く
 なる場合があります。

 重さが増すので トップが深くなったり、
 インパクトまでの時間が変わったりしますので
 タイミングも 微妙ですが変化します。

 ヘッドがより小さな弧、上から入ってくる コトによって
 スピン不足気味の方 や スライスを減衰させる効果
 も期待できます。」

質問「量はどの位で、どんなトコロに張れば良いですか❓」

店長「現在のゴルフクラブは ヘッドの慣性モーメントが高いので
 5g程度の重さをどこかに加えても
 ヘッドの重心位置などに影響はありません。

 ヒール側に貼るとドローになるとか、
 トゥ側に貼るとフェードになるとか、
 重量移動機能の付いたヘッドに そういう印があったりしますが、
 ミスリードを生みますよね。


 同じ重さであっても シャフトからの距離、位置によって
 その効果の度合いが変化する、
 それによって スライスが少なくなったり・・・
 そういうコトになるのだと思います。


 鉛は主に両面テープで固定しますが、
 冬は張り付き難いですし、
 あまりに重い量、多い量ですと 鉛そのものが飛んでしまうので
 出来るだけ最小限、
 それを シャフトから出来るだけ離れたトコロに張るのが 〇 です。

 貼る際は理想的には脱脂、
 マニキュアの除光液とか、ランプ用の白ガソリン とかで油分を取り除いて、
 この季節、屋外で張る場合は 少し温めた状態にしておいた方が
 付きは良いと思います。」

質問「ヒール側に 5g貼るのではなく、
 トゥ側に2g貼るのが良いと❓」


店長「はい。
 剥がれたら意味が無いですし、ラウンド中に取れてしまったら
 厳密にはルール違反になりますので
 両面テープで耐えられる範囲の量、というコトになるでしょう。

 前述の通り、重さとして ヘッドの重心や特性を変えるのではなく
 負荷として シャフトの動きやタイミングを変えるのが
 主の目的ですので 少ない量で効果が大きな張り方 が有効です。

 重さの 実質的な効果重量 は
 重さ × シャフトとの距離
 と考えて良いと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「悩んでいる人も少なくないと思いますが、
 スイング中に起こる 
『りきみ』 も
 トゥアップ、トゥダウンと非常に密接な関係にあります。」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

質問「うわ😵😵😵 そうなんですか⁈」

店長「リキミ に悩まれている方の多くが
 テークアウェイで ライ方向、トゥアップ方向に
 強く上げることを テークアウェイ、上げる、

 考えているのではないでしょうか。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)
トゥアップさせて トゥダウンさせようとすると
クラブは早い段階で長くなってしまいます。

本来、クラブやヘッドの重さは
切り返しやダウンスイングで
クラブ自体を、グリップを進行方向に押す手伝いをするモノ
、です。

 ところが  トゥアップ、トゥダウンそのものも
 グリップの移動を止め、ヘッドを多く、または速く動かす
 動作から生まれます。
 また、クラブの長さが早い段階で長くなる、
 俗に言う キャスティング、アーリーリリース、
 その双方ともに 本来のモノ と比べると
 ヘッドの重さ(含む 長さ)を より重く使うコトに
 なってしまいますので 当然、イキム、りきむコトを
 生み出してしまいます。」

質問「。。。そう言うメカニズムなのですね。」

店長「単純に言えば リキミ とは
 自分の動き に 反する重さ
 自分の動き と 異なる方向への重さ
 から 生み出されます。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)
トゥアップして、トゥダウンすれば
ヘッドは外に膨らもうとする、
プラス クラブが長くなる訳ですから
重さも増え、方向もスイングの進行方向とは異なります。

(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)『リキム』のは必然と言えるでしょう。

トゥダウン は 良くないモノ、
と考えられている方がいらっしゃいますが、
ゴルフクラブの『機能としての』トゥダウンが悪いのではなく
トゥダウンをさせるような『使い方』が拙い のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「あらかじめ言っておきますが、
 フェースターン、手の返し、ローテーションを
 推奨するつもりはありません

 一時を除けば 長いゴルフ人生で苦労が多くなりますから。
BAUoIFgCcAA1GTf

 とは言うモノの、今の今までそう打ってきたのに
 はい 今日変わりましょう✋って訳には行かないので
 知恵として知っておいて貰いたい だけです。

 スライスに悩む、困っている人の多くが
 『フェースターン』『ヘッドの返し』の仕損じ です。」

YSさん「そうですね…。」

店長「以前も説明しましたが、
 ゴルフクラブは その構造上、
 フェースターン 開いた・右を向いたフェースを
 閉じよう・左に向けようとするほど
 …その フェースターンを主に ハンドターンにする場合ですが…
 ヘッドの軌跡は 内側に切れようとします。

 軌跡が内側に入り込めば、想定より
 フェースの閉じは強くしなければならない、
 という 追いかけっこ
 になります。
IMG_0491
 スライスが出てしまう…と
 もっとフェースターンを… と思いがちですが、
 始めの発想に戻って
 フェースを閉じたい 『開いている』フェースを
 閉じなければならない から始まっている
のですから
 閉じるコト を 考えるのではなく
 開かないコト、開かないは無理であっても
 開く量を抑えるコト、に意識を持って行くのが良いでしょう。」

YSさん「なるほど。」

店長「閉じなければならない量は
 必ず 開いている量に応じています。
((((((((_Moment

 ラウンド中、疲労してくると
 クラブに近いトコロ・からだの部位、
 特に 左腕だけでテークアウェイを取ろう、
 クラブを動かそうとすることが増えます。

 そうなると フェースの開く量は増え
 閉じきれない、と言う状態になり易いです。
 
 ダウンスイング〜インパクトは 高速ですし、
 やらなければいけないコトが一杯ですから
 『閉じるコト』で解決するのではなく
 『開く量』を抑制、少なくする方が
 とりあえずの解決方法としては 良いと思います。」

YSさん「何処を気にすれば良いのですか❓」
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment

店長「ラウンドで✋ は難しいですが、
 普段の練習で クラブを(右打ち)右に倒す量を減らす、
 からだの幅の中 と言う意識は少々オーバーですが、
 背後にヘッドを行かせる量、
 クラブも倒す量を出来るだけ抑える、

 というのが有効だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「画像、動画で解説すると、ですね、
 ダウンスイングで 手を振る為に、ではありますが、
 先に からだを廻し、ボールの打てる位置で
 からだの回転を止め、そこからクラブを振る、
 こういう手順になっていますよね❓」 

YSさん「言われてみれば そうですね。」

店長「ダウンスイングの手順が
 からだの回転、 そして クラブの振り です。

 からだの回転は 右を向いて、そして左を向きますから、
 アバウトですが 180度 クラブをターンさせられます。
 勿論、手の返しでも 180度ターンさせられますが、
 ヒトツの180度、ヒトツのターンで十分ボールは打てます。

 ヘッドターンは 軌道に対し、
 フェースを右に向いた(右打ち)、開いた状態にならないよう
 フェース、ヘッドを回転させるのが目的ですが、
 ヘッドのターンを激しくすると、その分、
 ヘッドの軌道が内に入り込み、
 開いた状態、閉じた状態の基準になる軌道が
 どんどん逃げてしまいます。
((スライスにさよならしよう_Moment(2)((スライスにさよならしよう_Moment(3)((スライスにさよならしよう_Moment(4)








 ハンドターンに頼っていますと
 ラウンドの後半の疲労やコンディションの悪い時、
 スライスが出たり、やり過ぎて引っかけフックになり易く
 なりますので、
 『実験的に✋』で構いませんから
 切り返したら、先に と言えば良いのか、
 直ぐに ターンを先にしてしまって欲しいのです。

 順序で言うのなら からだの回転、そして ハンドターン ではなく
 ハンドターン、そして からだの回転 です。」

YSさん「トップの位置で すぐに✊ ッテコトですよね❓」

店長「そです。右を向いているトップの状態で
 まずは 腕を振る、と言えば良いのか、クラブを手で振るんです。」

YS「ボールに届かなそうですが…。」

店長「ボールに届かなそう・・・・ 確かにその通りですね。
 その届かなそう な箇所で クラブを振ってしまって欲しいんです。
 実験的に でもありますので、空振りでも、当たり損ねでも
 良いのですが、とりあえず まずは クラブを振る。

 きっと 届かないでしょうから、
 その手順は変えずに のちほど、と言えば良いのか、
 あとから遅れて からだの向きを変える、
 その加減と時期で ボールに届くように調整していく。」

YSさん「この手順にするメリットはなんです❓」

店長「理想的には クラブターンをハンドターンでは無く、
 ボディターン、からだの向きにしたいのですが、
 今すぐ! というのは簡単ではありません。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment

 とりあえず ですね、インパクト付近で
 ハンドターンが入っているにしても
 そこに からだの向きが加わっていれば
 ヘッドの内に切り込む量を抑えられる分、
 フェースの閉じの必要量も減りますし、
 ターンそのものも 手と体で分配できますので
 疲労、耐久性に劣る 手・腕の負担を軽減させられます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


YSさん「こんにちは。」

店長「こんにちは〜、お久しぶりです😄」

YSさん「今日はご相談が。。。
店長「あ、はい。
 まずは 打ってみましょう。

 なるほどー。

 スイング自体を 無機質 に解説すると
  切り返し から まずは からだが廻り、
 この場合は 脚、フットワークですね。
 まずは 踏み込んで
 そこから クラブを「丸く」振っている のですが、
 丸く振るコト によって
 本来の ヘッドの入ってくる軌道よりも
 見た目で言うと ボールの真後ろからやや外目
 から 入ってきているので
 ボールには右回転が入り易い と言えますね。
((スライスにさよならしよう_Moment

 一般論 ですけど
 ボールの横回転は そのヘッドの進入経路 に対し
 どの位 フェースが閉じているか、開いているか、
 その度合いで 量が決まります。」

YSさん「アウトサイドイン ってコトですか❓」

店長「まあ そうなんですけれど、
 ソコを気にしても 仕方ないんです。

 軌道とフェースの開閉具合 って
 追いかけっこのようなモノ なので
 追えば追うほど 逃げてしまいます。


 今のスイングを大きく変えず、
 イメージですが、軌道を同じのまま
 フェースの閉じを強くしようとすると
 インパクト、impact以降が
 今の軌道よりも もっと 内に切り込んでしまうので
 もっと フェースの閉じが必要になってしまう。

 かと言って 軌道をもっとインから‼ にしようとすると
 スイング中の フェースの開閉が大きい ので
 開いたまま 当たってしまう。

 前者は 左の引っかけ か 左へ出てのスライス
 後者は プッシュスライス になってしまいます。」

YSさん「ですよねぇ…。」

店長「軌道・・・の問題ですが

 今、通っている軌道自体は 特に問題が無いケースが
 非常に多いんです。
 単に クラブが長くなり過ぎる、長くなるのが速すぎる、
 円弧が大きくなり過ぎている のが原因で
 クラブ全体としての軌道は問題が無いんです。

 インサイドにする と言う意味は
 クラブの長さを抑える、
 円弧のもう少し内側、小さな円で入れる、
 と言う意味合いが強く、
 クラブ全体をもっと インから 内側から入れる、
 と言う意味では無いんです。
2021-10-23_18-02-58_Moment(2)
 インサイドアウト、アウトサイドイン の問題の多くが、
 クラブ全体の移動経路、軌道では無く
 円弧の大きさの配分、タイミングによって
 造られてしまうことが非常に多いんです


 ソコを間違ってしまうと
 クラブ全体の軌道を変えるため
(もっとインから入れる)
 もっとフェースを開いて入れたり と
 問題が別なモノにすり替わる だけ で
 スライスの問題がより解決し辛い、複雑なモノ に
 なってしまうケースが非常に多いのです。



店長「どこまで突っ込んで考えるか、やるか によるんですけど
 幾つか 頭の中を整理… ほぐしていきましょう

 幸いにも YSさんは年齢の割(正確な年齢は分かりませんが…)
 腕を振る、腕を動かす筋力、能力は強い と思いますので
 ソコを主体に考えてみたいと思います。」

YSさん「はい…。」

店長「今の時点か、過去のどこか で
 ですけれど、手を使う、手で振る、特に、右腕を伸ばす
 そういうのを 遠慮している というか、
 ちょっと 躊躇しているように見えるんですね。
 理由までは分からないんですけど…。

 が故に ダウンスイング〜インパクト が
 スムースに加速しておらず 物切れ状態
 のように見えます。
 スピードが上手く乗ってない感じ です。」

YSさん「おっかなびっくり ってトコロです。」
((スライスにさよならしよう_Moment(2)((スライスにさよならしよう_Moment(3)((スライスにさよならしよう_Moment(4)((スライスにさよならしよう_Moment(5)








店長「ボールを打つ手順を少し入れ替えてみましょう。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

店長「ゴルフスイングの仕組みはよく出来ていて
 テークアウェイで からだを捻じらず
 腕主体で無く からだの向きを変えると
 それだけで 結構な高さにヘッドを持ってこれます。
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment(2)

 傍からの見た目 であれば、
 ただ 右を向いただけ なのに
 ヘッドとグリップの上下関係は『反転』したように見えます。」

質問「ホントですね。」

店長「確かに見た目 のヘッドは
 地面をゼロ とすると 2m近くの高さに達しますが、
 その殆どは 向きで消化出来ます。
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment(3)
 クラブヘッドが自分の方に 鎌首をもたげた形…
 L字型になっている訳ですから
 その土台が相当する 腕が高くなれば
 からだの向きの変更以上に 上がろう としますので
 それは 自然に任せればよいと思います。

 だから 上げる と言う点において
 それを 積極的にはする必要がない。

 ダウンスイングで下に振って良いことはナニもない✊ ので
 それをする為に 積極的に上げる は
 時間と労力の無駄、必ず『二度手間』が必要になります。」

質問「なるほど。」

店長「自分で素振りをしてみると分かると思うのですが、
 ダウンスイング…ボールを打つ方ですね、
 クラブを下に振るコトを打撃のメインパワーにしてしまうと
 先に ボールの位置を確保して から で無いと
 下に振って ボールに当てられません。
 動作の手順で言うと からだを先に廻して、
 ボール位置付近 で からだの動きを止め
 下に振る という 打撃の前段階で かなり複雑な手順
 が必要になります。」

質問「ダウンスイングから すぐ 下に振ると
 ボールのトコロに行き着けないですね。」

店長「ええ。
 その手順の後、ボールを打つんですが、
 ヘッドを振るので 同じヘッド姿勢や自分の姿勢、
 似たようなヘッドの進入、上下左右を含めて、ですけれど 
 ヘッドの進入にするのはやさしくない。
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment(5)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







 また 下に振ろうとすると
 どうしても グリップの移動を積極的にし難くなり、、、
 しちゃうと 下に振れなくなりますから…
 からだの向きと腕を切り離す必要が生まれちゃいます。」

質問「確かに。」

店長「そう考えると 打撃のメインパワーを
 上下にクラブを振るコト にしてしまうのは
 あまりに難易度が高いと思うんですね。

 まして グリップとヘッドの上下反転 なんて
 前傾姿勢と体の向き変更 というスイングの仕組みで
 達成できてしまうのですから。

 言葉上、テークアウェイを上げる、
 ダウンスイングを降ろす、下げる と言っていますが
 単に からだの向きを変えているだけ であって
 クラブの、特にヘッドの上げ下げ は
 積極的にはしてない のです。
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment






 テークアウェイの 上げる は
 私の感覚では クラブの短くして、
 クラブの重さを左グリップに掛ける ようにして
 からだの向きと言う動作の追従性を上げている、
 グリップが からだの向きに付いて行けるように しているだけで
 ダウンスイングで ヘッドを下げよう、
 ボールに届かせよう、と言う感覚は皆無で
 逆に 出来るだけ ヘッドを高い位置のまま インパクトを通過させよう、
 スイングの円弧の 下半分のゾーンに
 ヘッドは侵入させないような そう言う感覚はあります。」

質問「ボールを上から打て、
 ボールをつぶせ とは 反対の感覚になります❓」


店長「ボールを上から打て は
 フェースとボールとの関係 ですので
 大きな意味の打撃感覚とは あんまりつながりが無い、
 別な課題と言った感じなんですが、
 クラブを振らず フェースが下を向いていれば
 それは 結果として 達成できますから。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


HNさん「こんにちはー。」

店長「こんにちはー。」

HNさん「今日は ショット、スイングの悩みで
 長年、解決しない ハンドファースト が出来ない
 を 相談しに来ました。」

(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

店長「アマチュアの悩みでは 結構、多いんじゃないですかね❓」

HNさん「でしょうねー。」

店長「ハンドファースト については
 幾つかの誤解、勘違い があると思います。
 ハンドファーストそのものと言うよりも
 その勘違いがゴルファーを苦しめている と思います。

HNさん「! え😵😵😵 そうなんですか⁈」 

店長「まず ハンドファースト というのは
 なにかの前段階では無い というコト です。」

HNさん「❓❓❓❓」

店長「どういうコトか と言うと
 まず ハンドファーストの対語 としては ヘッドファースト
 が有ると思うんですが、
〇ヘッドファーストの前段階、として
 ハンドファーストが
有ると思っている  別な言い方をすると
〇ヘッドがグリップを追い越す前の状態 を
 ハンドファーストな状態
 と思っている
 のではないです❓


(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(2)







 実際に ハンドファーストを実現しよう としたら
 スイングは テークアウェイの初動が始まって
 少なくとも ボールを打ち終わるまで
 イメージでは 動作が終わるまで
 常時、ずっと ハンドファーストのまま、
 言い換えれば ハンドファーストが打撃そのもの、とも言えます。

 ハンドファーストが出来ない、苦手 な人は
 ボールを打つ前の段階で ハンドファーストの位置 があり、
 ハンドファーストからヘッドファーストに移り変わるトコロ が
 ボールとらえ、impactと思っている のではないでしょうか❓」

HNさん「ソレは少なからず あります。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)








店長「ハンドファーストからヘッドファーストに移り変わる、
 これは フェースローテーション、ヘッドの返し、
 手の返し シャフトをしならせて〜しなり戻す
 等と言いかえるコトも可能ですが、
 そう言うタイプの打撃の方に
 例え、形として ハンドファーストも造ったとしても
 良い結果は得られ難い です。」

HNさん「え❓ ナンデです❓」 

店長「フェースローテーション は
 開いてフェース(右打ちで言えば 右を向いたフェース)を
 閉じる(左に向ける)コト だと思うんですが、
 ハンドファースト・・・・グリップ部、グリップ部が
 ボールを追い抜いた、手を返すでは 
 フェースターンが間に合いません。

 ハンドファーストは フェースを右に向ける動き です。
 最終的に フェースを左に(右打ちの場合ですが)
 向けたいのに 右向きの時間を長くなるコトになる
 ハンドファーストは その後のやりたいコトを相反します。」

IMG_0090
HNさん「 😬 😬 😬 」

店長「実際、実験してみると分かりますが、
 アイアンであれば リーディングエッジを固定し、
 グリップをハンドファースト側(飛球線方向)に倒すと
 フェースはどんどん右(右打ち)を向いていきます。

 逆に グリップをヘッドファースト側(後方)に倒していくと
 フェースはどんどん左を向いていきます。
IMG_0091IMG_0092











 その量は ロフト角度にもよりますが、
 5.6.7番辺りのアイアンであれば
 アバウトですが、こぶし一個ほど
 グリップエンドが左(ハンドファースト側)にズレると
 フェースは 5度前後 右を向くコト
 になり、
 ヘッドターンの本来の目的の ヘッドを閉じる が
 し難くなって行くので、場合によってはスライス に
 なってしまう可能性も増えていきます。」

HNさん「…つまり ヘッドを返す、フェースローテーションを
 打撃の主体にしている人は ハンドファーストは出来ない…
 両立は難しい…と。」


店長「出来ない とは言いません。
 ハンドファーストで右を向いた分、
 フェースそのものを左に向ければ良いのですから…。」

HNさん「なんだか 複雑ですねー。」


店長「はい。良い悪い、合ってる間違ってる、の問題では無く
 打撃として 流派が違う と考えて良く、
 ヘッドを返すコト、
 開いて閉じるコト で ボールを打とうとしている人 に
 とって ハンドファーストは
 スイングの覚えるべき、習得するべき要素ではない

 というコトです。」

HNさん「聞くまでもないんですが。。。
 どっちがお薦めですか❓」


店長「😄 😄 😄 
 このお話しには続きがあるので
 是非、明日をお楽しみにして下さい。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こすり と スライス はイコールじゃあないけれど
 非常に 近縁種、血がつながった関係
 のメカニズムがあるんですね。」

受講生「。。。。。。。。。」

店長「動画 を見て頂くと
 こすりショットの場合、
 からだの回転に準じた 円弧 の他に
 インパクトの前、直前に 腕さばきの
 リリースによって クラブ半径の別な円弧
 を描くのが分かりますよね。」
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(2)








受講生「はい・・・。」

店長「つかまえるショットに比べると
 どうしても 遠回り する分、
 外から入ってくることになります。

 こすりショット の場合、
 スイング全般に この腕でのリリース が
 打撃の要 になるので
 テークアウェイも よく考えると意味不明なんですが、
 閉じるために 開いて上げたり、
 下に振る為に、強く上にコッキングしたり と
 腕で クラブに円を描かせる前準備が多いです。

 そうなると それをしないで(クラブに円を描かせる手さばき)
 インパクトに入れば ロフトも、フェースも開いていますし、
 かと言って インパクト直前に 円を描いてしまうと
 そうでないモノよりも 軌道が膨らんだ、
 俗に言う アウトサイドから軌道になります。
1f52b6531ff0dce2







 ボールの横回転は ヘッドの進行軌道に対する
 フェースの向き なので
 同じフェースの向きであれば 軌道が外から、脹らんだモノ、
 になれば 尚更、フェースを閉じない(左に向ける)と
 スライス回転はキツク成ります。

 が! しかし
 フェースターンをすると
 軌道は急激に インに切り込むので
 さらなる フェースの左向きが必要になる😢
 という 無限地獄に陥る訳です。

 からだが開いてから 左に振る形になるので
 閉じるコトが間に合えば 左への引っかけフック、
 閉じることが間に合わなければ 右へのこすりスライス、
 その間にしか 使える球 がない・・・

 上に・・・。」

受講生「まだ あるんですか?」

店長「説明した通り、横回転は
 ヘッドの進行軌道に対する  フェースの向き なのですが、
 フェースの向きは立体 で ロフト角度とライ角度、
 そして フェースの向きの混合、複合なので
 毎回 微妙に変わってしまう 軌道 に対して
 同じような球を繰り返すには 相当、神経を使った
 同じ組み合わせを造る という職人芸が必要になります。
OIP

 若い人は良いかも知れませんが、
 フェースターンをするには からだのどこかを止める必要があり、
 非常にからだ、腰や肘、手首や首などに負担がかかりますが、
 その職人芸を掴むには 相当の練習量が必要な上、
 掴んでからも メインテナンスの練習が必要になります。
 これで 故障しない方が 凄いって言うか、
 私の年齢(50歳代以上)では 維持しきれない可能性が高いのです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイング集 Patty_Moment

店長「まずは コチラのデータ(ドライバー)をご覧ください。」

店長「クラブスピードとの表記が ヘッドスピードですので
 ごくごく 平均的なアマチュア成人男性 のモノです。」

質問者「非常に 良いデータに見えますね。」
IMG_0152

店長「はい。そう思います。
 ドライバーショットのデータです。
 ミート率 とありますが、
 ボールスピード を クラブ(ヘッド)スピード で
 割ったモノです。

 基本、ロフト角度に応じたモノです。

 ドライバーのロフト 9.10.11度辺りのモノで
 1.5前後、1.5を超えるようなモノであれば
 とても 上質です。
 
 ショット数は 4ショットですが
 ボールスピード、クラブスピード共に 似ていますから
 ミート率という 本当の意味で言うと
 ミート性能も非常に高いと思います。


 サイドスピン 横回転の数値が測られていない のに
 ボールの曲がり(…おそらく キャリーサイドの項目)が
 出ているのは クラブパス(インパクト前後の軌道)に対し
 フェイスパストゥ の角度で算出(計算)されていると
 思われますが、現在のドライバーヘッドのモーメントなどから
 ここまで曲がる サイドスピンは掛かっていないと思います。
✋✋✋弊社の測定器は サイドスピン測定します
ドライバー入射角度
 とても良いデータ ではあるのですが、
 非常に 安定したミート性能がありますので
 もう少し スピン量(縦スピン)を絞っても良いかも 知れません。
😢計測器によって 少し差があるかと思うのですが、
 実際よりも スピン量が多く出ている気がするのですが…。

 もし 本当に このスピン量であるのならば
 お使いになられているのは ネック調整機能(カチャカチャ)が
 あるタイプの SYB EZ-05改 ですので
 0.5° ロフトは絞っても良いかも… 知れません。
 SYB EZ-05改 は ロフトを絞ると 同時に
 ライ角度なり、フェース角度なり もマイナスの方に移行しますので
 同時に良い効果がある、と思いますが、
 あくまでも この計測データが実際のモノ通り であれば✋ です。
176337466_4001659399881143_1271330495810331566_n

 打ち出し角度は良好 です。
 私の知っている 計測主 の ショット では
 実際のスピンは 2,500cpmですので
 14〜16度の打ち出し角度は理想的な打ち出し角度です。

 その点からも スピン量と合致してないような気がします。

 …もしかすると ですが、計測に使われた トラックマン は
 ドップラー効果を『主に』使ったタイプですので、
 縦スピンも 入射角度とロフトから算出している可能性があります。
IMG_0152
 このスピン量から推測、もしくは 算出されたことを考えると
 アタックアングル(入射角度) のプラス数値は
 入射角度、アッパーではない気がします。
 …アタックアングルの増加とスピン量推移が
  つながっているように見えます。

 意図的に アッパーで打つのは ✖ 推奨出来ませんが
 更なる飛距離を狙うのであれば
 ティーの高さ と ボールの位置 を少し調整し
 ボールを左に置き
 意図しない 自然な アッパー 0〜3°
✅平均で マイナス 1度位(アッパー)が良いと思います。
 この計測値では マイナス? になる位置にして、
 ピークハイト(最高到達点)をもう少し稼ぎたいトコロです。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こすり打ちって
 インパクト直前になって
 ヘッドを返す、フェースローテーションなども含まれますけど
 ヘッド、シャフトを振る 行為が入ります。
 こすり自体は ボールの底を打つようなショットを
 指しますが、
 その行為って からだが止まらないと出来ません。
 支点になる 左グリップがどんどん先に逃げちゃったら
 ヘッド(右グリップ)が追い付けませんからね。

 止まるのは からだの「回転」、「向き」なので
 ヘッドを下に振った分、からだは上向き、
 右打ちの人で言えば 左サイドが上がります。

(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)








 よく言う からだがインパクトを待った後、
 インパクトと同時に 伸び上がる というか
 クラブを振る分、上に向いていきます。

 
 つかまえるショットに比べると
 インパクト付近で急激にヘッドを振るコトになるので
 そのヘッドの軌道に 姿勢が影響を強く受けます。
 二重振り子 みたいな状態になる訳です。


 現代のクラブって
 非常に低重心設計になっていて
 打ち出しは取り易いですけど スピンは少ない、
 全番手 飛距離重視設計になっています。

 流れ としては ヘッドも、クラブ全体も
 ヘッドの低重心化、長尺化、シャフトの軟化
 入射角度を緩くする方向、緩くする方向に動いています。
 
 シャフトは 20年前と比べると 20cpm以上、
 ▲侫譽奪ス、フレックス分 柔らかくなっています。
 20年前の レディースが 今の R ですね。



✊こすり打ちを推奨するつもりは
 サラサラ、全くありませんけれど
 言葉の印象と全く反対で ふたつの比較で
 
インパクト時のロフトがほぼ同じなら、の話しですが、
 こすり打ちは スピンが少なく、
 つかまえは スピン量が多い。


 地面から打つショット、
 特にアイアンでは良いのですが、
 ウッド、ドライバーなど 長い距離を打つ場合、
 スピン量が多い、多過ぎは 
 飛距離のさまたげ になり易いです。

 ですので 打つ人は特に変えなくても
 ティーアップ それによるボールの置き位置 
 そして クラブの構造(ヘッドや長さなど)によって
 半こすり… 微妙にこすりの効果を入れてあげる
 のが ドライバー ですね。

 この場合は アッパー というコトになります。

 それも 適切に ですが…。

 やり過ぎは 逆効果、
 意図的にアッパーに打つようにすると、
 ティーアップしない
 地面から打つクラブが てんでダメになる、
 では 意味が無いので、
 スイング自体は基本、変えない、
 ティーアップ と それに伴ったボールの置き位置 で行う
 あとは クラブの基本性能に任せる
 というのが理想です。

 シャフトが柔らかくなっている、クラブが長い、
 って言うのは 入射を緩め、
 適度なアッパーを造るので スピンが少なくても
 ボールが浮かせられる。


 まあ これって
 やっぱり ボールの高さに不安の無い、
 つかまえる人の方が効果は大きい んですけど
(力の無いアマチュアより プロに恩恵が大きい)
 この 低重心化が進んだヘッド、長尺、シャフトの軟化、
 3要素が含まれた ドライバー を
 こすり打ち してしまうと
 アッパーの軌道がきつくなり過ぎて
 スピンが足らない、初速が出ない、 で
 ボールが浮かない とか、伸びない になり易いんですね。

 軟化したシャフトの使い方 としては
 一番悪いパターンなんです。


 こすり打ちって言葉ではボールを上げ易そう なんですが、
 ボールって 打ち出しの角度とスピンの相互関係によって
 上がる、浮く、高くなる なんですね。
 こすり打ち って インパクト直前に クラブを下に振る、
 その動きを指す訳ですけど
 その行為って からだが止まらないと出来ない。
 止まるのは からだの「回転」、「向き」なので
 ヘッドを下に振った分、からだは上向き、
 右打ちの人で言えば 左サイドが上がります。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)
 クラブの効果のアッパーと
 地面が 左足上がりになっていく のが合体したようなモノで
 故に アッパーがきつくなり過ぎちゃう。

 柔らかいシャフトで それをインパクト直前に行うと
 硬いシャフトで同じことを行うよりも 急激に長さが伸びます。
 今風な言葉で言えば 地面反力、
 左サイドが伸び上がるような 姿勢にならざる得ない・・・
(ハンドリリースサンプル集_Moment(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)







 ・・・・だからって 硬いシャフトを使うと
 ティーアップした状態では届きますけど
 地面のボールが上手く打てない、
 緩いスピードで振った時、上手く行かない、
 になっちゃうので・・・
 やっぱり こすり打ち、すくい打ちは改善するのが
 ベターって回答に辿り着いちゃうんですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ボールは球体ですので
 圧力がかかると 逃げるところを探します。
 それを防いで 圧力をボールの移動速度(初速)
 ボールの回転、飛び出しの角度に変え
 それぞれのロフトなりの距離
にしたいのが
 ショットであり、その方法がスイングです。
IMG_0662
極端ではありますが、
ボールを『とらえる』『つかまえるとは
このようなイメージが基礎です。
(こする つかまえる_Moment(2)
 クラブの長さ にもよりますが、
 その長さ分 ヘッドはボールの上から入って来ます。
 例えば ロフト25度位(9番相当)のウッドの場合、
 だいたい 5度位の入射角度で入って来ます。
 impact時のヘッド姿勢は 地面基準で20度…それ以下
 になっているのが そのクラブなりの「つかまった」状態です。
813ca594-sdf713d9f-s





 逆に こすった状態とは
 入射角度が減り、地面基準のロフト姿勢も
 大きくなっています。
IMG_0489ウッドやアイアンなど機種に限らず
ある程度 少ないロフト 40度位ですかね、
それが ちゃんと 入射角度が取れて
ボールにコンタクトすると、
ボールはつぶれ フェース面を滑りません。

 練習場のボールでは確認するのが難しいですが、
 ボールの打痕、ディンプルのあるような打痕になり、
 ボールが縦に滑るような跡は残りません。
IMG_048645度を超えるようなロフトのクラブになると
ちゃんと クラブを動かせたとしても
一般論で言う「つかまった球」にするのは難しく、
そのロフトなりにはつかまってはいるのですが
ボールの跡も 縦に逃げるような状態になります。

 同じクラブを 同じヘッドスピードで打っても
✅つかまったボールは
 ボール初速は速く、スピンは多め、打ち出しは低くなります。
✅逆に こすられたボールは
 ボール初速は遅く、スピンは少な目、打ち出しは高くなります。


 ここまではわかります?」

受講生「はい。なんとか。」

店長「ショットにとっても、スイングにとっても
 とても大切な部分です。
 
 ただ ゴルフのちょっと困ったトコロ、
 嫌らしいトコロ があるのですが…。


受講生「?????」


店長「例えば つかまった球、つかまりすぎた球は
 こすった球 に比べると ボール初速は速い のですが、
 スピン量は多く、ドライバーショットのような
 元々 ロースピンであるコトが特徴のショットでは
 距離を損してしまうので 適度にこすられた弾道になるよう
 クラブとして進化しています


 また 楽しんで行うアマチュアのゴルフには
 必要だとは思いませんが、
 アプローチなどでは その状況によって
 わざと『こすった球』や『中途にこすった球』を
 打つ場合 があります。
フェースローテーションのないゴルフスイング_Moment(6)

 ドライバーショットはティーアップをしますから
 その分、ボールを左(右打ち)に置き、入射角度がなくなるようにし
 必要以上の つかまりを防止しています。

 アイアンの方が ボールは中め ですよね?」

受講生「若干ですが ハイ。」

店長「プロのように 一打にお金や名誉が掛かっている場合には
 アプローチなどでは つかまえ と こすり を
 選択して、使い分けるのですが、
 アマチュアには 基本、必要が無いと思います。

 ドライバーは ティーアップ と ヘッドの重心構造
 によって 自動的に つかまりを調整してくれますから
 自分でする必要はありません。 無視してください。

 アマチュアは ドライバーからウエッジショットまで
 つかまえるコトを重視した方が良いと思います。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ