◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: 飛距離の探求


よく耳にする ゴルフスイング用語、
 〜【タメをつくる】〜 についてのお話し。

タメの有るスイングとか、今のは良いタメだ、などと聞きますが、
いったい タメ って何でしょう?
おそらく 該当する漢字は 「溜め」だと思います。

この場合の タメ は 何かに対する何かの遅れ、ズレ に
相当すると思いますが、
ゴルフクラブの場合、特にシャフトに関しては
グリップに対し、ヘッドが遅れ、
それを「シャフトの弾き、もしくは、反発 によってボールを弾く」

だと思われています。

 コレ、クラブ製造、シャフト開発 の立場から言わせて頂くと
それが シャフトの仕事、役割だと「勘違い」している人が
殆どだと思うのですが、はっきり言って 間違い です。
達人のココから盗め_Moment(4)

ヘッドがグリップに対し、遅れて、それをシャフトが反発し、
ボールを弾く のには そのシャフトが弾く分、
グリップを止めなくてはイケマセン。

グリップが一定の速度、または加速状態 である限り、
シャフトがどんな硬さ〜柔らかさ であっても
シャフトがどんな高弾性であっても
ある一定のシャフトのしなりが保たれたまま、
硬さ〜柔らかさ の分、グリップとシャフトの相対関係は
永遠に続きます。

そもそも、グリップに対するヘッドの遅れ、ズレ を
✋ロフトの立ち にするのか、
✋ロフトの開き にするのか、

によっても 考え、やることは大きく異なり、

❶ロフトの立ち、であれば達人のココから盗め_Moment(2)
その、所謂、シャフトのタメ、ヘッドの遅れ を保ったまま
グリップを移動し続ける、一定の速度、もしくは加速させ
グリップを動かし続ければ良いだけ です。

❷ロフトの開き、であれば
そのままではボールは打てません。
極端に言えば、スイングの中でロフトが寝れば、
フェースでなく、ソールがボールと相対するコトになってしまいます。
ロフト、フェースを元に戻す
 開いたフェースを閉じる方向に動かさなくてはなりません。
これは 前述の通り、グリップの移動を減速、停止させねば
実現不可能な訳ですから、
タメを作ったとしても そのタメを開放、結局、元に戻さなくてはならない
しかも、その動作が人為的なモノ であるなら
タメ ソノモノの意味は全く無いばかりか、
より一層忙しく、難しくするためのモノ が タメ になる訳です。

ハンドターン (3)



❶タメ(ヘッドの遅れ)が ロフトに立ち になるのなら
あとは回転し続け、グリップを移動させるだけ。
👉これであるのなら タメ の意味は理解出来ます。

この場合のタメは
 からだの回転に対し、グリップは遅れず、
 ヘッドの重み(運動も加わった)分、ロフトが立つ ですので
ボールをより少ない動作、少なり速度、で
安定させ、繰り返しすることが可能ですので、納得ですが・・・

👉ヘッドの重さ、シャフトの柔らかさ、運動 が加われば
自動的に、オートマチックに出来るタメ を
放置したまま、運動を続ければ良いだけです。

ココを治したい❷_Moment(3)ココを治したい❷_Moment(4)






タメ(ヘッドの遅れ) ロフトの開き(フェースの開き)であるなら
インパクト付近という 一番忙しいトコロで
そのタメを「元に戻す」、より理想的な状態に戻す というコトを
飛ばすために 速い速度で行わなくてはイケナイ
どう見繕っても お得なスイングとは言えませんし、
 タメを作った意味が理解出来ません。

タメを作っても 結局、それを元にもどし、
言ってみれば、片付けを 自分の労力で何とかしなければならない。
それが タメ であるのなら 要らないでしょう。
その 元に戻す行為 が ボールの飛距離と同時に、ショットの是非
方向性や繰り返しをどんどん悪化させています。




その「スイングのタメ」、本当に要るの❓





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 



多くの人は ショットの安定は
ボールの飛び出る左右方向や曲がり ばかりを
気にしているように見えます。

しかし、ショットにとっての安定は
まず 距離が基本であって
自分の打つ番手、打つクラブのおおよその距離が
決まっているから
それに応じて 構える方向を決めたり
安全な区域を探したりする訳です。


距離を決める おおよその要素は
スピードとロフト効果 によります。

ヘッドスピードはとりあえずヘッドの移動速度
と形付けてはいますから
頭の中では ヘッドを速く動かそう
ヘッド「だけ」を速く動かそう と考えてしまいがち ですが

本来は ヘッドスピードの源は
ボディスピード〜回転の速度 です。
部位で言うのなら グリップスピード です。
乱にんぐアプローチどりる_Moment(2)

それをヘッドだけスピードアップ
と考えても ヘッドスピードなんて早々あがりませんし、
ヘッドだけを動かす打ち方は
もう一つの要素の「ロフト効果」を
スピードを上げれば上げるほど乱す要因になるので
自分のいつも通りの 運動速度 をキープする
ことの方が大切です。

また ヘッドだけを動かす動きは
動かせば動かすほど 左サイドが上がり
右サイドが下がる 煽り打ちの姿勢につながるので
目標として狙うべきものではありません。

555

そして もう一つのとても大切な要素のロフト効果 は
インパクトのロフト だけ でなく
ヘッドの入ってくる上下(高さ変化)の軌道も
ボールを飛ばすロフトの効果の一つ である
としっかり認識した方が良いです。


そう スライスなどの右回転、左回転と
上下(縦)と左右(横)が入れ替わりましたが
全く同じものです。

これも毎度のショットの出来るだけ安定させるには
グリップを動かす という事を念頭において下さい。

ヘッドばかりを動かすスイングだと
ヘッドを動かす(角角度運動)をするほど
ロフト姿勢も変わり、入射角度も常時変化します。

また この動きが良く無いのは
グリップに対し ヘッドが遅れている と認識し
ヘッドを追いつかせようとすればするほど
グリップの移動が滞り
追いつき始めると グリップが後退するような状態
になってしまうので
ロフト姿勢変化、入射角度変化がより激しくなります。

トップ・ダフリの話とつながりますが
体の回転で グリップが動いて ヘッドが入ってくれば
ヘッドは上から入ってきますので
ボールとヘッドの関係が 上下に多少ずれても
大きなショットのミスにはなりません。
IMG_0484

ところが ヘッドだけを動かして
ボールを弾くような打ち方だと
ヘッドの方が後ろ 遅れていれば良いですが
ヘッドの方が前に出るような状態に近づくと
ロフトも増え(フェースが上を向き)
と同時にヘッドも高くなり始めるので
薄く当たった時 必ずトップになります。

ヘッドが遅れている と言う感覚の持ち主の場合
ヘッドが追いつくところが ボールより手前なら
それが ダフリやトップになってしまう という事です。


体の回転によってグリップを動かす
グリップを動かすことが唯一のヘッドを動かす方法
というのが ミスの激減にもつながりますし
総じて 飛距離アップにもつながって行きます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブはものすごく良く出来ています。

先日の記事の通り、
ヘッド重量がある程度、しっかりしており
普通に振って、しっかり たわむ(しなる)硬さのシャフト であれば
運動が少ない時は
 ヘッドの位置やヘッドの姿勢、クラブの具合 が判るように
重心位置と言うモノが判別でき、
ある速度を超えると それが直線状に揃う

 二重構造をもっています。

455T-1


アドレスやテークバック、トップの位置
などでは 重心位置によって ヘッドの位置、姿勢 が判りますから
同じコト、同じ動作をする目安になります。
一旦、速い運動になると
 そのズレが解消され、握っている棒、そのもので打てばいいのです。

そう言う特性が 他のスポーツ用品には無い
 ゴルフクラブの特性、というか二面性です。

それを有効に使わない手はありません。


重心深度の深いフェアウェイウッド というのは
正しく使えば
重心が深い ⇒より重量効果が大きい
        ⇒ヘッドが前に出る /ロフトが増える
        ⇒ヘッドが前に出る /入射角度が緩くなる

これらの効果から 打ち出しが高くなり、スピンが減ります。
よって 単純には距離が出し易くなります。
しかし これを 重心を直線状に揃わない使い方 をすると
重心が深い ⇒重量効果が大きい
        ⇒より遅れる /ロフトが増える
        ⇒より遅れる /フェースが開く

で 入ってきて フェースターンすれば
重心が深い ⇒急激に、ヘッドが前に出る /フェースが閉じる
        ⇒ヘッドが跳ねあがる
になるのですから ダふるか、突然ヘッドが跳ねあがるトップ か の
非常に使い辛いキワモノになってしまいます。



ヘッドターン 〜手の返しでボールをさばく方法は
基本的に、重量が一直線上に「揃わせない」方法です。
揃う扱いでは ヘッドの重量による ヘッドの遅れは
 ロフトの立ち に出来ますが、
揃わない扱いでは 
その遅れは ロフトの開き とフェースの開き になります。

それを わざわざ作り、取り返すのは 無駄 ではないでしょうか。
研鑽を積んで 安定度を高める方法も無くはありません。
好きで行っている人は、それを目指すしかありませんが、
どちらであっても、年齢的な衰え で 成功率 が 下がる日は必ず来ます。

そうなった時、ゴルフクラブの性能を利用出来る方法
を取っているか、自分の練習量も含めた 運動性能に頼る方法 なのか
は大きな開きになると思うのです。

edd43161


 同じヘッドスピード であったとしても
腕も含めたゴルフクラブだけが動いているのと
からだ と言う重たいモノも一緒に動いているのでは
まったく 同じ なんでしょうか❓
安定度はどちらなんでしょうか❓
繰り返し易さはどちらなんでしょう❓
動いていないからだと動いている腕 その接点が痛まないのでしょうか❓

イチからゴルフを誰かに教える として
その人が腕力や体力に自信がなかった、としたら
満足感がある 手で振るスイングを教える べきでしょうか
oto_Moment

年齢を重ねると 若い時には思いもよらなかった
ボールが上がらない、ゆえに飛ばないや止まらない を体験します。
その時、ヘッドスピードを上げろ は酷です。
そうなった時、クラブに頼れるようにして置いた方が良いのではないか
と 私は思っています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ゴルフ用品業界では一般的に
分子をヘッドスピード、分母をボールのスピードに
例えば ボールスピード 60ms ヘッドスピード 40ms
1.5 のような数値を使って ミート率を 表しています。


IMG_0361(3)_Moment


そして この(上で言うと1.5と言う)数値は
ゴルフクラブのロフト角度が増えるとともに、低い数値になり
ウエッヂあたりに来ると ボールスピードの方が遅い
数値として 0.9など、1.0を下回るようになってきます。、
✋故に 二度打ちしたりする…んですね。
 どう打っても ドライバーでは二度打ちが不可能です。 

ですので ゴルフクラブを販売する場合、
よりロフトの立ったモノを打って頂ければ
数値としては 1.5を超えるよう…になっていきます。
それを ミート率 と呼んでよいのか 微妙ではあります。

同じクラブを使って計測する場合、
より オリジナルのロフト 10度なら10度と
ロフトを寝かさず インパクト出来れば
数値は増えていきます。

簡易計測器…などもあるので
この数値を気にされる方がいるの…ですが、
全面的に悪い とは言えませんが、
良い点と悪い点があります。

確かに 数値を上げるため、
今、手にしているクラブのロフトを寝かさずに打つコトは
 同じ力で遠くへ飛ばすのに有効な手段の一つ ですが、
ミート率と呼ばれる この数値を上げようとすると
煽り気味、しゃくり気味 のインパクトにして行けば
極端な言い方をすると アッパースイングにして行けば
行くほど 数値は上がり易くなる点は落とし穴になります。

460TL-2


通常、酒飲み話などでされる「ミートする」
 フェースの良いトコロ(例えば 真ん中)に当たる概念が浸透している中、
この 計測の便宜上の言葉 ミート率 は
ロフト角度〜インパクトロフト角度 を基にして いるコトは
重要なポイントだとは思います。
自分にとっての 望ましい姿勢と望ましい進入角度
これが ミートするコトで、
そして、それが安定し易いコト と言うのを心がける
数値の最高点狙いではなく、
数値の向上とともに、安定化 に利用出来るのであれば
有効な手段の一つと言えます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフのスイング用語には「ボールをつかまえる」というのがあります。
ほぼ 同じ意味合いで『ボールを潰す』
それを実現するための用語で「ボールを上から打つ」 なんてもいいますが、
それらはいったい どのような状況を表す、示すのでしょう。

打つ前の状況、アドレス時は
ボールと打撃点(物)であるヘッド〜フェースの関係は  こんな状態です。

IMG_0524


スイング、もしくは ショットは 手で振ったにしても、体で振ったにしても
ヘッド(フェース)はいったん高さを上げ、下がりながら打撃し
打ち終わると また 高さを上げていきます。

その度合い… ヘッドが上から入ってくる度合い、円弧の大きなや角度は
 ヒトによって微妙に異なりますが、原則、そのクラブの長さ、
そして その長さのよる、前傾姿勢の度合いが基準になります。

ですので 単純には シャフト(クラブ)の長いドライバーは
円弧は大きくなり、ボールに対して入ってくる上からの度合いも緩め、
シャフトの短いウエッジは円弧は小さく、ボールに入ってくる度合いもきつめ
になります。
IMG_0526

ボールは球体・・・ですので、圧力がかかった場合、
かならず 逃げ場所へと流れます。
例えば、 ボールをアドレスと同じような状態で打ってしまうと
インパクト以降、ヘッドは上に上がろうとしますので
イメージとしては ボールがフェースの下へこぼれてしまう・・・ような
形になってしまいます。

『ボールをつかまえる』は 球体、しかも ゴム質であるボール
(ボールの歪み率は 金属であるヘッドの約200倍あります)
を 下降過程でとらえると ボールは逃げる場所がないので
角度の付いたフェースの上に逃げようとしますが、逃げ切れず
 一瞬、潰れる コトを指します。

✋単純にボールを潰す と言う意味であれば、
入れ方よりも 打撃のロフトに左右されます。
入れ方が良くなくても、ロフトの立った(例えば、ドライバー)であれば
ボールは『潰し易い』のです。

ボールを下がり過程でインパクトするか、
ボールを上がり過程でインパクトするか、

同じヘッドスピード、同じクラブであっても
この二つでは まるで違った球質、弾道、距離、高さになります。
まるで違った球です。
故に 最下点 という どちらのインパクトもあり得る
イメージでボールを打つのは お薦め出来ません。

テクニックとして ハンドファースト を推奨している訳 ではありませんが、
ゴルフクラブは構造上、シャフトが前に倒れた(飛球線側)分、
地面に対するロフトは立ち(伏せられ)ます。
ゴルフクラブは構造上、ヘッドの重さ分、ヘッドは遅れるように
造られていますから、それに逆らわず、スイングすれば
放っておいても ロフトは立つ ように見えます。
実際の、そのクラブの正規な打撃ロフトは 地面に対し…ではなく
「入ってくる軌道に対して」です。

例として、5番6番(ロフト30度)のクラブを
地面と平行に、地面に対し30度、入射0度で打つのではなく
入射10度(参考例)、地面に対し20度で打つのが
そのクラブのオリジナルの弾道になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



体の向きによって
フェースの向いている 上下の向きは
同じではありません。

クラブを持っているで その上下の向き
を変えようとしなくとも
からだの回転は前傾姿勢があるため
右を向けば(右打ちの場合) 下を向き
左を向けば 上を向きます。

 そう言う意味でも前傾姿勢が残るような
 からだの回転が望ましい とも言えます。


股関節を境目に、
そこから上、特に肩や肘、手首などを
ある程度固定し、テークアウェイ…右を向くと
前傾姿勢で傾いている軌道分、
フェースは下を向きます。
この状態が 「スクエア」 と言います。

IMG_0725

ですので、上は固定、
体の向きだけ フルターン ⇒フェースは下向き
それを 元のからだの向きにするだけで
 ⇒フェースは横向き になるのです。


体の向きを変えるだけで
フェースの上下の向きは変わるのです。
勿論 自分では変えたつもりではなく
同じ感じです。
✋繰り返しますが、からだの回転には
前傾姿勢があるので
傍目には 右を向くとフェースは下向き
左を向くとフェースは上向きになります。

ですので テークアウェイの時点で
フェースが上を向いてしまう というのは
前傾姿勢を失ったからだの向きの変更、もしくは
手先でクラブを動かしている 〜クラブをひねっている
可能性があります。



確かに インパクトでは ドライバーであっても
ウエッジであっても
ボールとフェースは 横横、
ヘッドは 飛球線の後方からボールに当たり
飛球線方向に抜けていくように『見えます』

シャット、シャット と言われても
ボールの上、真上とは言わなくても
ボールの上から接していくようには見えません。

だから…と言っても
ダウンスイング、特にその後半で
下向きだったフェースを 横向きに
意識的に変えていませんか❓

それを 手先で やっていませんか❓

それを フェースターンと思っていませんか❓


回転と言う 横運動〜クラブを傾いているとは言え
横に移動させている その動きがあれば
結果、ヘッドはボールの後方、
横の関係でコンタクトするのです。
そして、同時に ボールは軌道上に存在しているのです。

斜め上のボールよりも高い所から
地面にある、もしくはティーアップされているとは言え
低い所に有るボールを打つには
フェースは下向きの状態のまま、その軌道自体、
軌道を作り出している からだの回転が有れば良いだけです。
✋✋✋スイング軌道とは
自分の周りにある 斜めに傾いた線に沿って振るコト ではなく
体をまわして その斜めの傾いた線を作るコト を指すのです。
言葉遊びのようですが、その意識の違いは小さくありません。


フルターンの場所 50分のシャフト位置から
 左上半身、左腕を遅らせず、左半身を先行させる…つもりで体を回していきます。
シャフトは 50分 ⇒ 45分 ⇒ 40分 と見た目の
角度を変えますが、体の向きを変えているだけで
特に何もしていません。
回転には シフトも伴いますので
 からだの回転よりシャフトの、時計の針だけでなく
時計自体が 左にズレます。

ce93d5f8
i320







フェースの下向きの作り出す 重さ は
それの補助になると言っても良いでしょう。

ですので シャフトが30分になるような状態
 (ボールとコンタクトするような状態)
時計自体が体の左方向、飛球線方向にずれるので
シャフトの角度、時計の針自体が35分を指した当たり が
インパクトになる訳です。
早い(速いではなく)時期にインパクトを作れる仕組みです。

時計の針は
50分〜35分の位置になったのですが、
ここでは 前述のように からだの向きの変更をしただけです。
下向きだったフェースも
特に何もせずとも やや横向きに変わっています。
ヘッドは その重さ分だけ 遅れますので
 それが 更なるロフトの立ち、
下向きの時間の持続につながるのです。
それを つかまえる と言います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


『道具』でドライバーショットをより飛ばす方法は

.悒奪疋好圈璽匹鮠紊欧
⇔ったロフトを使う
5綣舛鯤僂┐
ぅ悒奪表杜未鮟鼎する


この4種類しか考えられません

5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7


.悒奪疋好圈璽匹鮠紊欧


肉体改造をしてヘッドスピードを上げる
というのは不可能ではありませんが、
現実的ではアリマセン。
確かに、誰もがドライバーの飛距離は欲しいですが
特に欲しがっているのは
ある程度の年齢の人、そして体力に自信のない人です。
その方々に対し、身体能力を高めろ
というのは少々的外れな気がします。

長尺にしてヘッドスピードを上げる というのは
具体的ですし、不可能ではありません。
ただし 1インチ長くなって
 増えるヘッドスピードは1㎳強
 2インチで 3msはちょっと苦しい…です。

長尺にするため、ヘッドを軽くして長尺にしたら
単に「ヘッドスピードの数値だけ上がる」になって
長尺にした本当の意味が出てきません。


👉そう言う意味では 同じ効果のある
 重たいヘッドい鮖箸κが現実的です。

 実際にテストしましたが、
 同じ条件で ヘッド重量が20g増えても
 ヘッドスピードは変わりません。
 と、同時にヘッド重量が20g減っても
 ヘッドスピードが速くはなりません。

 ヘッドスピードを 3ms 上げるのは
 相当の訓練・鍛錬が必要ですが、
 ヘッド重量20gアップはそれと同じ効果
 を持っています。

スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)


⇔ったロフトを使う

立ったロフトを使うのにも幾つか条件があります。
今、使っている ロフトよりも立ったロフトを使える
というのには まずヘッドスピードが足らない可能性が出てきます。

また 弾道というのは 分子/分母の関係で
横の回転/縦の回転 になります。

👉ロフトが立つと 縦の回転が減り
横の回転の変化に、大変敏感になりますから
安定したミートというのが必要になります。

と同時に 概ね正しくゴルフクラブが使える
 と言う条件では 1度程度のロフト変化では
殆ど飛距離は変わりません。 誤差程度です。
最大/最高飛距離が数ヤード伸びる可能性はあります
逆に ミスに厳しくなる分、
平均飛距離は必ず落ちることになるでしょう。

はっきり「ロフトのせいで!」飛距離が変わるには
3度程度のロフトが必要です。
1度ロフトを立てても大きくは変わりません。

rad-04


5綣舛鯤僂┐

今回はスイングの話…ではなく 道具において
なので この場合は こすり球やスライスなどが
防止できる・・・と言う意味合いです。
これは「ドライバーにおいては」有効でしょう。
ただし 道具の機能において
余りに大袈裟なスペックな 同じく大きな副作用があります。
そこらへんにご注意ください。


✊また 今言われている
「高打ち出し 低スピン」ですが、
平均的な男性ゴルファーが平均的なドライバーショットを
打った場合のデータは

.棔璽襪梁任舛世軍囘戞。隠古
 ボールの速度     55ms
 ボールの回転   3000cpm です。

少々の改善をして 飛距離を伸ばすことは可能ですが、
それも 10ヤード伸びるに至るか どうか です。

そのショットを打っている人が

▲棔璽襪梁任舛世軍囘戞。横掬
 ボールの速度     60ms
 ボールの回転   1500cpm

に変える みたいな感じですが、
同じ人が『高打ち出し/低スピン』にするには
 始めの例よりも
10度近く「煽り打ち」しなくてはなりません。

しかも 低スピン 2000cpm回転以下で
ボールを打って飛ばすには 
 ボールスピードアップが絶対不可欠な条件です。

10度近くも煽り打って、
安定したミート率も必要で
伸びるのが たかだか 10ヤード程度です。

31954726


そんなものを狙うなら
始めの.轡腑奪箸髻,發辰噺率よく
良いロフト姿勢で打つ方が圧倒的に現実的です。
おそらく こちらの方が飛距離は伸びそうですし、
まず 体によく、平均飛距離を保てる可能性が高いです。


煽り打って 打ちだし角度は高く保ち
低スピンで飛ばす 基本は 2000cpm 以下の球を
打つコトです。
2000cpm以下の球で浮力を失わないには
ボールスピード60ms 以上は不可欠です。

安定して ボールスピード60msを
平均して維持するのには
ヘッドスピード40msでは足りません。
かなり ナイスショットの部類で 42msギリギリ です。
ボールスピードを余裕で確保するのには
 45msは必要です。

これはかなり実測ベースですので、
厳しい言い方ですが、多くの人のヘッドスピード(告知)は
願望も含めた最高値です。
日本の男性ゴルファーの
 平均ヘッドスピードは 40msに達していないと思います。
 45msというと 自称300ヤードの人たちのモノです。

そのヘッドスピード・ボールスピードに達しない人にとって
「高打ち出し・低スピン」はより飛ばない
より安定しないショットを打つことになるばかりか
無理な煽り打ちが伴うので 非常に腰に負担がかかります。
それでもトライするのは個人の自由ですが、
腕力がなくて ヘッドスピードが上げられない方が
腰が痛くてゴルフが出来ないより良いと思いますよ…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



多くのゴルファーは
胴体の下部、腰付近を回し、
『のちに』 胴体上部、肩付近を回す
二重のからだの回転を使って ボールを打っています。
二度手間と言う奴ですね。

大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(4)









この打撃では 腰が先行する分、必ず開いてしまい
本来、からだの回転でコト足りる クラブのターン を
インパクト付近で 手の返し で行わなくてはならなくなります。
まあ 良くも悪くも典型的なアマチュアゴルファーの打撃ではあります。

この打撃のデメリットは
●先行した腰や首などに多大な負担がかかる
●ひじや手首、特に左ひじを痛めるケースが多い
●突っ込んだ状態でインパクトするので
 利き腕の右腕のパワーが使い難い
・・・『右腕で打ってはダメ』なんて言われます。
●突っ込んだ状態で打つので 遅いスピードのショット
 アプローチの成功率が上がらない
 経験を経ても向上し難い
●スピードの高くなる 作業時間の少ない
 インパクト付近で 小さな筋肉を使っての作業が増えるため
 疲労やコンディションに左右されやすい
・・・ラウンドの後半もたない
●遅いスピードのショット、アプローチなどで
 動作のスピードと関係なく
 解放した、放っぽリ投げたような状態のクラブ、ヘッドで
 ボールを打つため、ヘッドスピードの管理が出来ない

などなど 従来は
こちらがアマチュアのスイングで
それを離脱し、からだの回転で直にクラブをコントロールするように
目指すのが ゴルフスイングにおいての「上達」でした…

ま、それはもう昔話となりましたが、さておき
殆ど無い メリットは
✖ものすごく練習は必要ですが、
 あるヘッドスピード以上 おそらく48ms~50msを超える場合、
 煽り打ちが「高打ち出し〜低スピン」を生むので
 飛距離が稼げる  ☑その分、体への負担は強烈ですが…

この一点に尽きるかな と思います。

先日 「こうちゃんの憂鬱」で書きましたが
http://hbs.livedoor.blog/archives/1996219.html
ダウンスイングに入る際、
腰に対し、肩を遅らせる「リキミ感」「いきみ感」が
そのまま スイングの感じ としてなついてしまうため
このスイング改善できるか、どうか は
技術的な問題よりも 意識も問題の方が多いかな と感じます。

こうちゃんの憂鬱_Moment(3)こうちゃんの憂鬱_Moment(5)こうちゃんの憂鬱_Moment(4)









クラブという観点で見ると
この部分が 大きな『分かれ目』、分岐点と言えます。

打撃の準備としてのトップ、
クラブの重さは スイング動作の中で
小さく筋力〜弱い利き腕でない 左腕にかかっています。
左肩、左サイドから生えている左腕、
自然な形では 左サイドが移動すれば、この場合は回転ですが、
当然 その分左腕も付いていくものですが、
クラブや腕の重さ分、その左腕そのものも遅れがち です。

クラブや腕の重さの力を借り
その重さを使って 左グリップを『落とせば』
からだの回転に 先回りするようなルートを通って
結果、からだの回転通りに
からだの向きの変更に同期して、目標通過点に行けますが、
切り返しのその一瞬に その隙を逃してしまえば
今度は クラブの重さ、腕の重さ、ヘッドの重心位置は
左腕、左グリップをより からだの回転から遅らせる要因
そして そのほか さまざまな好ましくない姿勢を生み出します。


『その一瞬』
というと 非常に刹那な時間に思えますが、
スイングの時間進行は からだの向き、からだの周り方次第 です。
つまり 自分次第 というコト。
ドリル、として
✋左腕、左グリップがクラブや腕の重さで落ちる
それを一瞬にするか、どうか は
からだの進行が待ってあげれば ものすごい長い一瞬とすることが出来ます。
ダウンスイングで急ぎたい気持ちは分かりますが、
グリップが遅れてしまえば、その『急ぎ』〜からだの回転も
打つコトには直接関与しない、気持ちだけのものになってしまいます。

こうちゃんの憂鬱_Moment

その感覚を掴んでしまえば
「ええええ なんで こうしなかったんだろう…。」
というほど より簡単になると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



❶まず ファーストステップ として
 右を向いた状態をロック!
 先に
 クラブや腕の重さで 左上腕を『落とす』 から始まる訳です。

謎のストーカースイング_Moment謎のストーカースイング_Moment(2)






クラブや腕の重さで 左上腕/茱哀螢奪廚落ちる
ボールを打つための 望ましい方向に重さが掛かる
トップの位置
テークバックの取り方 は
必要になりますから
どう重さが、どの方向に重さが掛かると良いのか
自分なりの工夫は必要でしょう。



球数 をそこそこ打っても
なかなか タイミングが「先に腕が落ちる」に馴染めません。
それは何故か・・・  次のステップです。


❷左上腕が先に落ちる(イメージ)
どの方向に行くのか、どの方向に進むのか、
行く方向と経路が
今までとは異なるのです


フェースターン〜手でクラブを振る人は
ヘッドをターンさせるため、その時間を稼ぐため
長い経路、膨らんだ経路をとります。

ヘッドターンするには 右手が左手に追いつく必要があります。
故に 左グリップの経路を膨らませ、長く取り
その時間を与える訳です。 

ミスターKの法則1_MomentミスターKの法則1_Moment(2)










インパクトするための 通過点(目標点)は
もっともっと 直線的なモノです。
後から付いてくる からだの回転に横軸、
グリップを落とすコトによる縦軸、
それが同時進行していくのです。
腕を円に描く というのは
 からだの仕事を奪ってしまっている とも言えます。


スイングをこのように アドレスの正面から撮影すると
兎角 スイング軌道を考えて 丸く動かしガチ ですが
スイング軌道は 土星の環 のようなモノ です。
ある方向から見れば円ですが、ある方向から見れば線 です。

スイング軌道は 向きの変更によって 円を描きますので
上(本当は斜め上)から見た時 円になりますが、
正面からの画像では 限りなく直線に近い
円と言っても直線に近いような ふくらみのあるライン程度 です。

からだと左腕の関係を見る👀 と分かるのですが、
左の写真では まだ正面を向いていくからだの回転が使えます から
腕自体 円を描く必要がありません。
右の写真では からだの回転 右向きから正面向き の
使える時間は終わってしまっていますから 腕で円を描く必要が生まれます。



だから ❶の
先に クラブや腕の重さで 左上腕を落とす
つまり からだの回転に同期させる『慣れ』
 が必要なのです。

動かし始めるタイミングは早いけれど
左腕を単独で動かす量は少ない、無いと言ってよいほど少ないのです。
まあ 殆どの場合、それは右手で行われていますけれど…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


さて シャットフェースの話(実はスクエア) から一歩進みましょう。
http://hbs.livedoor.blog/archives/1995782.html


昨日の話の流れで、なんなんですが
クラブを手で振っている人にとって『は』
少々オーバーな 意図的 シャットフェースの意識が無いと
正しい『スクエアフェース』には行き着きません。


✊体を先に回し グリップを遅らせるシリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(3)

というのは フェースターンするための序章
  【オープンフェースだから】  です。


ボールはスイング軌道の上にあります。
☑その スイング軌道をフェースで撫でる
スイング軌道に沿って フェースを動かす

軌道上にあるボールを打つには
スイング軌道に対し 直角な『スクエアフェース』が必要です。

故に フェースターンする のです。


❶だから まず ファーストステップ として
 右を向いた状態をロック!
 先に
 クラブや腕の重さで 左上腕を
『落とす』 
から始まる訳です。

グリップを遅らせる は
からだの回転に対し、
😿左腕を置き去りにするコト から始まります。

ここで 意識的なシャットフェースを組み合わさらない と
ボールに辿り着きません。

オープンフェース
ダウンスイングのヘッドの軌道を
フェースで舐めるように『降ろして』しまうと
このままでは ソールでボールを打つコトになります。

😿フェースでソールを打つ
 の真意はとても重要なんです。


✋多くのゴルファーは
 フェースターンは ヘッドを左右に回転させる と信じています。
 右を向いたフェースを左に向ける と信じています。

ところが 
●遅らせたグリップ〜先行させたからだの回転
●ダウンスイングのヘッド軌道をフェースで舐めてくる
そのまま行くと ソールで打つコトになる の意味は
✖フェースの向き ではなく ロフトだというコト
(ロフトを90度以上に寝かしている と言う意味だ!というコト)
 その認識がとても重要です。

ですから 先に左上腕を クラブと腕の重さで『落とす』
から始めてみましょう。
プラス 正規のロフト 『シャットフェース』の意識も伴って‼


左腕がクラブの重さで先に落とす
は最終的にはからだの回転と同期させる ためのモノです。
今までは からだに対し 左腕を遅らせていた のを
当たり前としてしたのを是正させる、修正するためのモノ。
同期するようになると
からだの姿勢/向き なりなシャットフェースも
自然に出来るようになって来ます。 

S20180921_Moment(2)


今までとは 順番が魔反対 になります。
当然、タイミング、今までのタイミングは無効 です。
新しい タイミングやリズムに慣れる必要が生まれます。
 😡ここがひとつ あきらめてしまう関所 になりますね

弊社には ミスターKの法則 というのがあります。
揶揄している訳ではなく
 ミスターKは弊社創業からのお付き合いで
 その愛嬌のあるキャラクターは弊社のアイドルでもあります。
 スイング改造にとても興味がある風なのですが、
 
 (まぁ 私をかまってくれているんだと思いますけど)
 自分のスイングは変えたい VS タイミングは頑なに維持する、
 という家訓を守っているので スイングが変わることはありません。
ご注意を(^_-)-☆


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   

それでは 実践的に見ていきましょう


片方は素振り…ですが 二つを比較してみていきましょう






これはどうして貰ったか というと
ボールを打つ 当てる から 頭を切り離し
クラブを持ち 右を向いた状態で 背面
背中側に万歳するつもり
 で振って貰いました。


この数日の記事の中でも書きましたが
肩は機能としては腕の一部ですが
場所としては 胴体に含まれています。
腕を使えば 自然に胴体は動き
腕や腕自身も含め、クラブと言う重さに拘束されています。

ですので 丸っきり反対の順序

足腰〜正面〜腕肩 ではなく

クラブが落ちる〜グリップが下がる〜腕が降りる
向きはそのまま 背面に万歳

と言うイメージを持ってもらいました。


実際には 人間の腕の構造、体の構造上
背面に万歳することは不可能です。

意識はしていませんが 腕が降り始めると
クラブの重さに押され グリップ、両手の合流点が左に逃げますので
徐々に向きも変わっていきます。

背面で万歳のつもり…でも
結果としては 正面で万歳し直すコトになる 位の『順序』で


初めて からだの回転とクラブの移動、グリップの移動は同期するのです。

是非 背面に万歳するようなタイミングで
そのイメージで素振りをしてみて下さい。



だいぶ雰囲気は変わりましたよね?

今までの力み感や力感がないので
動作 としてはイマイチ掴み辛いと思います。
よりどころが無いですからね・・・

M20191011-1_Moment(2)M20191011-1_Moment(5)スイングのポイントは
この一番重要な箇所を
からだの回転で出来るか どうか
なのです。
これでは 殆どからだの回転は
クラブの動きに使えておらず
単に 発射の土台になっているに過ぎません。

ここでこのような腕 肩の捻じり戻し
でボールを打っていると
打った実感はあるかも知れませんが、
フェースの向き、ロフト、ヘッドの高さ が
毎回毎回変化が激しすぎの上、からだの負担が大きい
しかも 一生懸命ヘッドを動かし、ヘッドスピードを上げても
ボールの高さやスピンに化けやすい打ち方なので とても損なのです。

素振りではそこそこ出来ても
実際にボールを打つと インパクト付近でからだを止め
左サイドを絞る動きが強くなってしまいます。



背後から見ると 左ひじが抜ける動きになるのは
インパクト前後でからだの回転が止まっているからで
ここをからだの回転で打てるようになると
自然と打球方向に両腕は伸びるようになります。

そのイメージ造り と言う点で
グリップと言うのは 常時動いています。
🌟この場合のグリップは茱哀螢奪廚任垢
  …左サイドの動き…と言う意味でもありますね


からだの向き は ターンテーブル のようなモノで
実感し難い部分はありますが、
上下 左グリップの高さ変化については
常時 高さは変化するものです。

トップの位置からの下げるは
重さ、クラブの重さ優先でさせる
きっかけとして クラブの重さを利用する方が良いですが、
下げたら 間断なく 左グリップの高さを上げて下さい

意識は右を向いたまま・・・・・・・位で丁度良いでしょう。

絶対に 同じ高さ、特に低いトコロで
その高さをキープしてはイケマセン。
ボールを飛ばすには 左グリップの移動速度が重要です。

左グリップの上下移動は絶対に止めてはイケマセン。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 無理をしない範囲で
もっと飛ばしたい!
もっと安定させたい!
誰もが願うコトです。

今回は◯◯さんが ライバルに勝つ(だれ?)ため
秘密・・・もう秘密ではなくなってしまいましたが、
特訓をしました。

秘密の特訓なので
その内容については
動画からご推察下さい。




一般的な日本人ゴルファーは
ある意味 勉強熱心というか
形にこだわるところが多いため・・・なのか
兎も角 スライスを毛嫌いする傾向が強く、
カット打ちやからだを開いて打つ、
そして その原因に成り得る アウトサイドイン を気にします。

手を返して打つ ローテーションをするコト
スライスさせないコト、アウトサイドインでないコト、
それらは スイングにとって二次的、三次的な要素です。
そもそも スイングそのものが ゴルフをする為の手段 でしか過ぎません。

スコアと言う縛りがある上で
出来るだけ楽して遠くに、そして、それを繰り返し易い のであれば
それが右に曲がるスライスであろうが、フックであろうが
どっちでもいい筈・・・
そこそこ飛んで、それが繰り返し打てる
コースで楽しむために 計算できるショットになれば
それでいい筈なのですが
お作法、お点前を気にする日本人はそれではダメみたいです。

達人のココから盗め_Moment(2)


どの道 からだを回す、向きを変えるのですから
それで ゴルフクラブのターン は十分な筈なのに
手でターンさせるコトを良し とするのはなんでなんでしょうね。

からだもターンするのに
そのターンするからだから生えている腕を 更にターンさせるには
からだと腕(含むクラブ)を別々な時期に動かさなくてはなりません。
その為に 先にからだを回し、腕とクラブは置き去りにし、
 どこかのタイミングでからだを止め、腕を返す……
なんだか 本末転倒、
 手段と目的がひっくり返っている ような気がします。

手を返すために からだの回転と一緒に動かさず
置き去りにすれば 腕とクラブの重さは 回転の負荷にしかなりません。
回転しようとすればするほど、重くなってしまいます。
意図しないリキミの原因にも成り得ます。

特に 左回転 右から左への回転では
クラブは開いて、ロフトは寝てしまうので その形態、クラブ姿勢は
クラブと腕を一番重くしてしますのですが、
手を返すコトが目的なので OK みたいです。
✋裏を返せば 腕とクラブを遅らせなければ(置き去りにしなければ)
 開かないので閉じなくて良い  というコト・・・だと思うんですけどね。

からだの回転で打てば
からだの向きを変えれば 地面に、低いトコロにあるボールは
その回転の傾きによって 拾うことが出来ます。
それを腕で行うと(下に振る事になるのですが)
ヘッドの経路も大回りになりますし、
ロフトを増やし、入射を緩くするので
その行為によって 
 ヘッドスピードが数値として 5ms 速くなったとしても
その労力に対し 対費用効果は高くなく、低いほどです。

そこを一気に解決すれば
からだを回す行為 ソノモノでボールが打てる、
腕でクラブを回す必要が無くなります。
今までのスイングにとって 最大の悩みの部分(フェースの返し)
多くの人にとっての スイングの悩みそのものに近いモノ、それらが
元から消え去る訳です。

腕とクラブを置き去りにしないので
その負荷分、ヘッドスピード・・・回転速度も上がります。

ロフトも寝かしにくい(ロフトの開き=置き去り)ですし、
動作は圧倒的にシンプル (当然、それでもミスは発生しますが…)
悪いことは殆ど何もないのですが、
誰もやろうとしない ように思えます。


今回の特訓は その秘策 の部分をお伝えしました。
おそらく とても驚いた と思います。
「これで当たるんだろか…」 と
半信半疑でスタートされていましたが、
いろいろな疑問が氷解されたようで これからが楽しみ!です、ね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



先日のヘッドスピード記事は
実は前振り で 本題はこちら デス✋

◎ヘッドスピードはまだまだ上げられる
http://hbs.livedoor.blog/archives/1995218.html

◎まだまだヘッドスピードは上げられる
http://hbs.livedoor.blog/archives/1995244.html


今更 オジサンおばさんゴルファー が
からだを痛めるほど ギンギン速く振りましょう は
ハミングバードのコンセプトとは真逆です。

なぞかけ になるとは思いますが
ヘッドスピードは ヘッドのみ を速く動かそうとした時、
 より一層 上がらなくなります。

何度も書いていますが、ヘッドは重さです。
それは長さによっても、移動/運動によって
乗算、掛け算で増えていき
その重さの方向は スイングの進行方向
ボールへの方向、ボールを飛ばしたい方向とは
真逆とまでは言いませんが、大きく異なっています。
スイング動作にとっての 負荷 です。


その負荷を逆に利用すれば
思ってもいないほど スピードは上がります。
動作としては テクニックとは呼べない程
単純な方法があるのです。




✊ここで被験者になって頂きました。

お約束の「頑張ってるクン」です。
本人には 今回のテーマに沿ったある課題 が課せられています。
ヘッドスピード、飛距離とは全く別、脈略がみえない筈です。

その課題は おそらく本人にとって
😬ボールに当たらないんじゃないか〜 うお 空振り!
ボールに当たったとしても
😵まともに当たらないんじゃないか
ましてや
😨到底、飛ぶ とは思えない
😡こんなのゴルフスイングじゃねぇ
😡スコアや飛距離を無視するなら出来るが ゴルフにならん!

    と思える課題だったと思います。
おそらく そう思ったと思います。

その課題にたどり着くまでに
口酸っぱくなるほど 耳タコになるほど
✋ヘッドは遅れるモノ 放っておけ かまうな
✋からだは止めない 
✋一気に左を向け、左サイドは止めない、

✋左足を踏み込むコト、そのものがインパクト
✋左足のアクションの後、インパクトがあるのは振り遅れ

と 念仏だか、お題目だかを唱え続けて 今日まで来ました。

まだ振り遅れが解消されない、
無駄なキャスティング〜手首のリリースがある
このままでは こすり球に永久就職するコトになりそうなので
最終手段(まだまだ行けますけどね) として
今回の課題がありました。


これ 別なヒト数人でも試しましたが
やはり 始めの数球はボールに届きません。
達人のココから盗め_Moment

例の 「ここがインパクトだよ!」 以降の行為で
ボールを打っている人にとって
からだを回して から、クラブを振る
最後の最後で ヘッドを出すので
からだが、左サイドが上や開きによって
ボールから離れてしまっているので 届かない のです。
その位置関係が常態化しているので…届かない のです。

ですので 当たらずとも
「そのまま からだの回る方向なり、方法を調整し
 ボールに当たるように」
「インパクトで左サイドがボールに一番近づくように」 
「決して その課題を放棄しないように」
  と告げます。

✋多くの自主トレ組はココで断念するのでしょう。

そりゃ 空振りしたり、先っちょに当たったり
ボールに届かなくて空振りやミスすれば
それはダメだと判定されますよね フフフフフフ。
 宇◯宮の🅾さんもきっとそうだよね・・・。

今回の課題は
腕のクラブさばきに関する
腕さばきそのものとは異なりますが、
それに類似する課題なので
それを意識しても、その腕の生えているからだの位置や姿勢
タイミングなど 調整、双方、同時に進行しないと
ボールには当たりません。

ですので 数球のミス、当たり損ねは無視 です。

腕使いはシンプルで、動作全体でもシンプルですので
当たるようになるのは ほんの数球、10球もかかりません。
例外なく すべての人が当たり始めます。


この課題を乗り越えれば
 『こするコト』が出来ません。
アプローチとドライバーに明確なつながりがもてます。



被験者の「頑張ってるクン」は
以前までは 37~39㎳をさまよう状態でしたが
おそらく 42㎳は超えている、
正確には 越えさせられている 状態だと思いますし、
まだまだ超荒っぽいので まだ伸ばせると思います。
映像を見るとよく判りますが、
飛ばす とか、ヘッドスピードを上げよう なんてのは
微塵も意識しておらず、何か(アレです)にとりつかれたように
ヘッドスピードが上がってしまっています。
ちょっとびっくりしていますよね。
✋フィニッシュの位置がまるで異なるのが特徴です
 
とは言っても 本人も試験段階なので
すぐに「また」「良からぬ」余計なコトをして
魔法が解け、カエルにに戻るかも知れません。

✊これはその方の体力や運動性能に関係なく
要領を覚えれば コンスタントに 不可抗力的に
ヘッドスピードは上がります。約束出来る代物です。
こすり球から解消できて ヘッドスピードも無理せず
(動作としての体力とは関係なく)
(覚える過程には努力?…意識改革は要りますよ)
上がりますので、出来ると飛躍的に距離増大の可能性と
アプローチの距離感覚の再構築は必要になります。


😵もしかすると 飛距離ソノモノ よりも
 スコアに対する意識の強い人が

種明かしは ☎☎☎046-804-1480、出来ればご来店ください。
もしかしたら この点について セミナーを開くかも…知れません。

⁂ハミングバードのお客様以外には伝えるつもりはありませんのであしからず
 乗り越えられないのは ドライバーショットよりアプローチの方かも知れません😬


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



『ドライバーは飛ばしたい』

世界共通の願望です。

ゴルフはトータルで楽しむ、競うゲームなので
全番手が共通に飛距離が伸びるのであればOKですが、
ドライバー、空中にあるボールを飛ばすためだけに
☑地面からのボールが上手く打てなくなったり
☑アプローチが苦手、
☑バンカーが苦手になる のは考えモノです。


葛谷 2017-2020_Moment(2)

飛距離を伸ばす という点において
単純に
❶キャリーを減らす(フライハイ)
 弾道を低くする
 スピンを減らす
 打ち出し角度を減らす
❷キャリーを増やす(フライロー)
 弾道を高くする
 スピンを増やす
 打ち出し角度を上げる

があると思いますが

✋ロフトが立てられない(入射角度に対し適切でない)
✋入射角度が適切でない(ロフトに対し)
✋打撃のモーメントが低い
✋ヘッドスピードが低い

などが考えらます。

副作用の少ない形では
ロフトをより良い角度にする
✊ゴルフクラブ・製品を変える という意味ではなく
寝かしているロフトをより立てて、
自分の入射やヘッドスピードに対し適切なロフトにする
というのが一番でしょう。




✊✊✊では、問題のヘッドスピードはどうでしょう?


クラブ選びの際、お店での計測の際ありがちなパターン ですが
背伸びして、無理して 数値を上げて
現場で後半にバテてしまえば 距離だけでなく ミスも出ます。
自分の体力なりに 動作としてのスピードは
ある程度限られています。

ですが、ヘッドの、クラブの重さを
ヘッドスピードの助力に使えるとしたら どうでしょう。

一般的には ドライバー、その長さが
ヘッドスピードを作ると思いがちですが、
自分で その長さを振り回せば
その長さは、その重さは、その遠心力は
逆に ヘッドスピードの速度の阻害要因にしかなりません。

✋ヘッドはグリップに比べ
 長さも、重さもあるので 遅れます。

✋遅れを取り戻そうとすると
 土台であるグリップやからだを止めねばなりません。

✋それでは スピードそのものも上がるか 微妙ですし
 止まるのは大きなからだ
 動くのはクラブと小さな腕 ですので
 その間に来る部分、肘や肩、首や腰など
 からだを痛める原因になるでしょう。


ヘッドの重さ分、運動で重さが増える分も含め
その重さなりに ヘッドは遅れます。

重さは下に、重力にかかるチカラ ですし
遠心力は外に膨らもうとするチカラ です。

グリップとヘッドの位置関係を考えれば
双方ともに グリップを動かせるチカラ
グリップを押す、移動を手伝うチカラ として十分に使えます!
それが ゴルフクラブ本来の役割でもあります!


ヘッドスピードはまだまだ上げられる_Moment


数値で例えるならば
体力的に ヘッドスピード 38ms 出せるとします。
しかし、ヘッドを振りまわしてしまうので
 その重さによって 2ms分の損して 36msとなるか、
ヘッドの作り出す重さによって 
 グリップの移動が促進、助力され 2ms分増え 40msとなるか、
クラブの扱い方次第なのです。


歯を食いしばって クラブの重さと闘って
2ms減速してしまい 36msだったヘッドスピードが
同じチカラ感、いや そのチカラ感よりずいぶん低く 40ms が
出せてしまう クラブの使い方、重さの使い方 があるのです。

体力勝負ではなく、知恵によってスピードは上げられるのです。
鍵になるのは グリップを速く動かしてヘッドを移動させる、
ヘッドはシャフトでつながっていますから 放っておいて
兎も角 グリップの移動の速度向上 を

(対になるは ヘッドスピードなので 何でもかんでもヘッド)
考えられるかどうか・・・です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



一般的な 振り方、ヘッドスピードの上げ方は

❶まず 先にからだを回し
❷体をとめ その反動で 腕とクラブを振る


と考えられ? 実行されています。

ボールを弾く 感じでしょうか……

MVI_0873 (2)(2)_Moment(5)


{ボールを飛ばす‼} コトの想像以上の重さ〜衝撃は
成人男性のドライバーで ゆうに800舛魃曚
1トン以上の荷重がかかる場合も少なくありません。

それを 腕とクラブという少ないモーメント(重量物)で
ボールという重量物をどかすのも大変ですし、
止めたからだ、止めた回転に対し
腕やクラブを振れば 俗に言う「遠心力」がかかり
それへの対処、
腕とクラブを振るだけの空間の確保 もあります。


ですので この一般的な、まあ 間違っているのですが
振り方、ヘッドスピードの上げ方では
かなり早い段階に無理、限界が訪れます。


✋スコアのため と思いつつ、飛距離は早めに妥協するか
✋からだの痛み、故障と付き合いながら 意地になるか

のいずれかと思いますが・・・・
  まだまだ チャンス‼ はあるのです。



『ヘッド』スピード ですので
誰もが 棒の先端にある ヘッドを速く動かすモノ
・・・・・・・半分正しく、半分間違っています・・・
という 呪いに捉われていますが、
その為に 土台の自分のからだを止めたのでは本末転倒
✋遠くに飛ばすためにボールを打つ
 のが目的であって
😿ヘッドスピードの数値を上げる
 のは手段
 に過ぎないのです。

🤓プラス 私たちは大人 ですので
 体を痛めるようなコトは 避けなくてはいけません


先ほど とあるプロのスイングを見てきましたが、
プロですら ショットは
からだの回転(特に左サイド)を止めてインパクトするもの
 と思っているようでした。

からだの回転を止め その勢いで!
 その表れが
先にからだ(腰)をまわし
 あとから 腕を振る、肩を回す 訳です。

からだの回転そのものが ヘッドスピードであるのならば
からだを開いて では ボールには届かなく なる筈 なのです。
(もしくは 目いっぱいロフトを開いて打つか)

シャフトがしならせて、しなり戻す や
遅れたモノを取り戻す とか、
開いたモノを閉じる、腰を切る
なんて言うのも どこかが止まり 腕やクラブを振ってインパクト!

という 反動運動を表す言葉でもあるのです。

ヘッドスピードはまだまだ上げられる_Moment


インパクトは体の正面で! とか
左の壁! なんて言うのも
からだの回転(左サイド)を止め、インパクトさせるコト
を想起させますが、
からだの正面を造り・・・・で打つコトではなく
インパクトのタイミングが タイミングとして からだの正面✋
止まらない流れの一部であって
そこを作るコトが逆に流れを止めてしまいます……。

左向き、左サイドの動き、からだの回転を止めない
止めなくても当たる、打てる、届く、

そう言うスイングをイメージしないと
 ヘッドスピード、飛距離の頭打ちはすぐそこ です。

飛ばす は 誤った思い込み が限界を生むのです。

特に年齢的に 飛距離がじり貧になってきた場合、
そこの壁を越えないと ドンドン距離が厳しくなります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



からだの回転 というとyjimageLL1DHR4Z
からだ、胴体、上半身をねじって
腰と腕、腰と肩を別々に動かしたり
からだの回転そのものを肩の回転と認識している人
の殆ど、例外は少ないでしょうね、 が
◎スイングは丸く振るモノ
◎振り遅れは✖
◎フェースターン、ヘッドは返すモノ
◎シャフトはしならせて しなり戻して打つ


つまり からだが(人によっては肩)が
90度向きを変えたら、クラブ(ヘッド)やシャフトも90度向きを変える
同じ分量だけ回転する、移動する と信じています。

クラブの、クラブヘッドの元々も重さ や 長さによる増し
運動/移動による乗算(増し) が あっても
…… です。


でも この世の中にいる限り
重さによる法則は万人に共通 で
その重さの分、重さが増す分、その運動は減衰します。


そして からだを捩じると
腰の動作に対しては 肩より上の重さが
肩に対しては腕やクラブの重さ が同じく負荷 となるので
その不可分、運動、移動量は減るのです。

からだの回転に同期して 胴体や腕、グリップ部を動かしても
仮にですが、90度回転しても、重さ分 80度しか動かない とすると
それに加え 肩を遅らせ負荷として
腕を遅らせ負荷として、クラブを遅らせ負荷として
それを後々 より小さくなっていく筋肉で動かす のですから
非効率極まりない打撃・・・になる訳です。
重さ分10度ずつ減るとしても
90度腰を回転させ 肩で10度、腕で10度 クラブで10度 減りますから
90度腰を回転させても クラブは60度しか動きません。

更に 困ったコトに
からだを捩じって ボールを打つ人は
その遅れが「悪」と信じており、クラブ〜シャフトは90度…それ以上回転する
という前提で ショットしているので
30度足らないはずのクラブの回転を
 自分の回転方法で90度にする(クラブの回転) コトが
スイングと信じています。

ですので 左腰を引く 形になる訳 です。

😿振り遅れたくないから 振り遅れを作る という パラドックス です。

(/ω\)左腰を引かず、茲諒匹箸いμ礁椶如〆弦を止める人は
その後の回転 足りない分を回転させるため
肩をより開きます。
腰は止まっていること と 捻じったモノが上下に長くなる
という効果によって 突然 上に伸びるような、上に振るような動作…
クラブを振る、腕を振る、ローテーションする空間を作るため伸び上がる…
 ……それを、地面反力
  なんて言う『
恥ずかしい言葉😢』で表現されていたりします。

2010111116444243889


90度腰を回転させても クラブも含めた各部位の重さ分
遅れて それが60度になってしまったとしても
その足りない分、届かない分 の、
 本来の対処法 「左へのシフト」 が
左腰を引いてしまうので 使うことが出来ない というおまけ も付いてきます。


正しいからだの回転では
全くと言ってよいほど存在しない負荷
その負荷の対応に 存在しないはずの対処・対応
そして その対処・対応は 本当に短い、刹那な時間なので
誰に教えることも教わるコトも出来ない部分と言えます。
言いたくはないですが、スイングの教本、レッスンとは
負荷を作らないようにすることや
スイングをその場その場の対処や反応でしなくて良いようにすることのはずで
教えることも教わることも出来ない秘儀やタイミングを
スイング論とは言わないのでは……と思う今日この頃です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


これは 飛ばす、ドライバーショットでも同じですが
ゴルフを良くするには
 その距離、望むその距離を打つ能力を高めるコト です。

どちらもどちらですが、
多くのゴルファーは方向ばかりを重視してきた傾向が強いので
ある種 方向の方が二の次 と考えてよいでしょう。

フルショットにもつながりますから
重要視 しなくてはいけないのは
 ヘッドのロフト姿勢
 ヘッドの入射姿勢₍角度₎ を一定にする
変化を多く作らない コトで
この条件は ヘッドの方が多く動かない
グリップの動いた量 ヘッドを動かすコト
 です。
images

グリップの動いた速度通り、 ヘッドを動かすコト です。

肩を揺さぶったり、ヘッドばかりを動かすような振り方では
一定の動作速度を身に着けても
 ロフト姿勢が一定にならず
 ヘッドの入射角度が一定にならず

一定の距離を打ち続けることはかなり難しい
アプローチであれば 腰痛を覚悟するほどの練習量がないと
それを習得し、かつ持続するのは不可能です。

グリップを 兎も角 動かす。

ヘッドを動かしたい、思い描いた道のり、軌跡
それを なぞれるよう グリップを動かすのです。


それを感覚的に覚えると
アプローチの距離感は飛躍的に良くなります。
と同時に グリップの移動でヘッドの移動を管理、
ヘッド姿勢も管理しますから
ダフリやトップなどの痛手を負うミスも激減します。

手先で円弧を描かなく、
特に上下、ヘッドの高さの変化を生み出す円弧を
描かなくなりますから アプローチで痛い ダフリ・トップもミスから
解放されると言っても良いほど です。

スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)

習慣づけ していくには
よほどの短い距離で無い限り
テークアウェイでは しっかり骨盤・体は右に向けましょう。
フルターンしても良いくらい。

フルターンしておけば
上から打てる時間は確保しやすくなるので
よりダフリ・トップは軽減します。

上げる量 で管理してはイケマセン。

打ちたい距離に対し
なんとなくで良いですから ボールの速度をイメージし
そのボールの速度になるような グリップの移動を作ります。
スイングの大きさは限定せず
そのグリップの移動速度が作れる量 を感覚的に。

距離感はボールの速度感であり
グリップの移動速度感です。
その感覚はなかなか間違いません。



練習やドリルでは
上げる時も下げる時も
ヘッドは忘れ、無視し(ゆるゆるしない範囲で)
グリップの移動だけを心掛け
ボールの速度とグリップの移動速度の関係を構築しましょう。
df713d9f-s

グリップの移動を決して止めず
グリップが下がっている過程でインパクトを作りましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



せっかく右利きの人が 右打ちしているのだから
 『右手/右腕で思いっきり叩きたい』

それはもっともですね。

重心のかかり方 (2)


全員がそう思っているか、どうかは別として
右手の叩き方も覚えておいても良いとは思います。


右手で「叩きたい」というコトは
「飛ばしたい」と同意語でしょうから(そうですよね?)
(利き手でぶっ叩きたい!)
飛距離が増えないと意味がないので
右手を使ったとき
「ロフトが増えてしまい」
ボールはむやみに高くなったり、スピンばかりになったら
叩き甲斐が薄れてしまいますから
ロフトの増えない「叩き方」 右手の使い方が必要になります。



❶右手でグリップ自体を斜め下に押す
 (右手で左グリップを下に押さえつける)

まず左右のグリップの関係を見て下さい。
前傾姿勢があるので 右手は左手の下にある「感じ」がしますが、
純粋な左右グリップの関係は 右が上にあります。

テークバックが始まり トップ〜ダウン〜インパクト
この期間 では
グリップの高くしている時間、
右を向いている時間、があるので
右のグリップの方が茲離哀螢奪廚茲蠅
高くなっている時間が 割合としても圧倒的に長く
総合的な意味でも 右手が左手のグリップの下に入るのは
からだが正面を向き、それに前傾姿勢が加わるからです。

スイング ココを治そう❸_Moment(5)

ですので 腕だけで言うと
左手の下に右グリップを入れる行為は
「ロフトを増やす」行為そのものですので
右手で叩きたいのなら 避けたい ですね。

左右のグリップの位置交換
グリップを下でも、横でも 位置交換をする意識があるのなら
右手で叩く は 飛ばない、うまく当たらない の
代表的な方法になってしまいます。



❷右腕を伸ばす空間は必要です。

右手で叩くのであれば その運動の空間は必要です。
肘が下を向いてしまえば
右腕を伸ばす動きは やはり「ロフトを増やす」動きに直結します。


右ひじが下を向けば
右の手のひらは上を向いてしまいます。
その時、ボールにはソールが向いてしまいます。

スナップショット 9 (2013-06-02 23-18)

右ひじが下を向く というのは
右腕を伸ばす空間が足りない 
ってコトを指しています。

テークバック、テークバックの手順も含め
 右腕を伸ばす空間を作らないと
右腕を伸ばしても良いことはありません。
✋✋✋ 『右腕を伸ばす環境造り』 は重要です


◎右腕で叩き癖が強い にもかかわらず
✊✊✊空間が足りない というのは
アウトサイドイン ひっかき打ちの原因になってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングの多くは イメージ・思い込み によって
作られることが少なくありません。

よく有る例ですが
✋インパクトを体の正面で!
✋ボールとからだが正対した時、インパクトを迎えたい。

nojk_Moment

そして 画像などで そのような場面を見かけると
その「恰好」を意識、インパクトの「恰好」を意識するようになりますが、
それは大きな過ちにつながります。

からだが回っている、向きが変わっている
その時間の流れの中で インパクトがそのタイミングに訪れるコト
が重要なのであって
ボールとからだが正対したところで『止める』ような
恰好が問題なのではありません。

その例で言うと 多くの人が インパクトでは両腕が伸びた状態
特に 左腕がピンと張った状態 出迎えるモノ という
誰からも言われたコトの無い 『動作の関所』 を作ってしまっています。




ミスターKの場合も その匂いがします。

過去の練習の中で(良くあるパターンですが)
スライスが出たり、引っかけが出たり
からだが開いているコトが良くない…
インパクトは体の正面で…
みたいな意識が働き 無理に左腕の姿勢、左サイドの姿勢で
インパクトを記憶している可能性があります。

ですので 私からは
「インパクトも含め それ以降で
 出来るだけ早めに 左上腕を上に逃がしましょう」

もしくは
「インパクトで左腕は曲がっている…位で」
というアドバイスをしています。

今も消え切ってはいませんが
スイングに フェースターンが強く残っており
それを実行する為
 ダウンスイング〜トップ〜テークアウェイ を通して
左腕の移動量・動作量 > 右腕の移動量・動作量
を作ろうとしている気配が見られます。

フェースターンは 左右のグリップの追いかけっこ で
右グリップが左グリップを追い越さないと達成できませんから
左グリップにはたくさん動いておいて
 追いつく余地を作る必要 があります。

それが 左だけであげるテークバックを無意識に生み出している
可能性が否めないのです。

葛谷 2017-2020_Moment

今回の課題は 
「✊インパクト以降 早めに左上腕を上に抜こう」
であって、テークバックでは無いのですが
このような変化が生まれている訳です。

現在、決して飛ばない方ではないのですが、
もっと「飛ばしたい」 望みを達成するには
インパクトで 左腕や左サイドが待っていて
それを フェースターンで追い抜く
 では
からだが上を向いてしまい ボールのスピードが伸びません。
葛谷 2017-2020_Moment(2)

ごく一般的、平均的な体力、ヘッドスピードの人にとって
上を向いて 「高打ち出し/低スピン」 を狙っても
逆に ボールが浮ききらず失速する可能性 だけでなく
地面からボールを打つショットへの悪影響が多すぎるので
トライすべきではなく
持っているゴルフクラブなりの入射とロフトでとらえる方法の方が
ドライバーからアプローチ、バンカーショットまでのつながりが良くなり
相互に良い影響が生まれます。


飛距離アップのために 考える事は
左腕・左サイドが余らない準備を作り出すコト
左サイドを止めず 全体の動作をスピードアップする方法
だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




10数年前から比べれば
見違えるほど いい感じになってきていますが
更なる飛躍を期待したいです。



まず 気になるのが グリップ です。
左右のグリップに一体感が薄く(上下に離れており)
それが 傾斜や疲労時、アドレスの乱れ、ボールの位置のズレ
アプローチのミスを誘発しかねません。
スイング ココを治そう❷_Moment

グリップ(握り)から治す のは いばらの道 ですので
このグリップの変化 が 自分のスイングの変化具合の目安
というコトを覚えておいてください。




“距離を伸ばし 安定度を高める という意味では
右向き 骨盤〜お腹の右向きが足りていません

ダウンスイング時の 右向きの時間、空間 共に
足りていないので クラブを通す場所がない 状態です。

右腕、右サイド、からだの動きに対し
左腕の移動が目立ちます。
左腕のからだに対する左右のズレ 動きが目立ちます。
ダウンスイング時、左腕の長さの対処に困っている…
動きすぎに困っているのですから
 出来るだけ 左腕が動かない テークバックが必要です。

✋また この手のスイングですと
疲労時、緊張時に より一層 左だけでテークバックを取り
浅めのトップ、空間時間不足のミス が起こり得ます。

素振り、アプローチ など テークバック時
左腕はあげる必要も、移動させる必要もありません。
テークバック時、左腕は単独で動かす必要はないのです。
からだの向きでしか 左腕を動かさない
からだの向き = 左腕の動き というのを意識して下さい。


それに反して 右サイドの動きが足らない です。
右手で とは言いませんが、
右サイドがもっと 後方にボールから離れる位  動いていいいと思います。
右ひじももちょっと 外に張りめ にした方が良いでしょうね。

✋グリップ自体を ボールから離し
アドレス時の背後、後方に送るような意識が良いかも しれません。


▲ぅ鵐僖ト以降、左サイドの動きが止まります
テークバック時の右向きが足らないことが主原因ではありますが、
スイングで からだをまわす というコトは
左右が同じだけ動く もしくは
ヘッドとグリップの追いかけっこ と考えて下さい。
グリップにヘッドが追い付いてしまうのは
左サイドの動きが右サイドよりも少ないから です。

右向きをもっと取る
という前提の元で
ダウンスイングで 左グリップを降ろし始めたら
後のことは なし で
一気に左を向いて、左にお腹を向けてしまいましょう




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ