◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: 飛距離の探求



まず 定義として
からだの正面 というのは "胸" ではなく
『骨盤』なんだ ということです。

からだを捩じって 骨盤は開いているけれど
無理やり 胸がボールと正対している、
この状況では 両腕は自然な「元の長さ」に出来ません。
✌インパクト時に右腕が短くなっている というのは
イコール ロフトが開いている です。


hiraki


飛距離が出ない は
◎ヘッドスピードが足らない
◎ボールスピードが上がらない
 👉ロフトが開いている
 👉入射が緩い

      から 始まります

同じ条件であれば ヘッドスピードが速いのは有利です。
有利ですが、ヘッドスピードとボディスピードが一致、伴わない
ただ 単に数値としてのヘッドスピードはあまり意味がありません。
無理して出す こすり球になる ヘッドスピード42ms よりも
ちゃんと捕まえる 37ms の方が距離は出ます。

また その方が繰り返し易く、ラウンドを通して続けることが可能です。



ヘッドはその重さによって 遅れさせるべき です。
それを ロフトの立ち にすれば良いだけ です。
問題なのは 手/グリップが遅れて
 からだの幅からズレてしまうコトです。


18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n


飛ばすコト、というよりも 飛ばないコトを避ける意識 でしょう。





グリップを体の幅から外さない(ずらさない)注意点


IMG703

.董璽バックの時点で グリップを体から外す(ズラす)のは✖

 グリップを何で動かすか によります。

 ◎脚(お尻も含め) からだの向きで動かすか
 ◎肩回り だけで動かすか

 ダウンスイングのズレ よりも テークバック時でのずれの方が
 ロフトの開き効果、入射の緩さ加減に大きな影響があります。
 往復・・・ですからね。


IMG_0665_Slomo_Moment(3)

▲瀬Ε鵐好ぅ鵐阿如,らだの回転に肩周り、腕周りを置き去り✖

 打撃は からだの回転、脚(お尻も含めた)がパワーの源です
 からだを回すなら 全部動かす必要があります。

 置き去りの習慣が付いている人にとっては
 腕を先に動かす …位の意識で やっと同調します。

 先行してシフト〜体重移動する人は
 そのシフト〜体重移動に回転を合わせ技にしてみましょう。
 置き去りの人 はこのパターンが非常に多いです。

✋インパクトで体を止めて置く  ・・・よく言われる茲諒
 なんてことは実際には出来ず、先行した下半身(骨盤)は
 肩が回る分 開きます。
 その分、右サイドはツッコミ 下がり  〜〜空間が減り
 右腕が伸ばせなくなってしまいます。

 左ひじ、左上腕 を先行させる
 その意識で やっと同調します。

✋スイングに、行きであっても、帰りであっても
 意識して肩周りは「一切」使いません。
✋スイング動作 で意識的に使うのは四肢(上腕/大腿)で
 胴体はまるで使わない(意識して使わない) ものです。
 胴体は自然に生まれる 歪みや捻じれなどのクッションとして
 利用しないと 体を痛めてしまいます。

IMG_0148_Moment

左手を下げる もしくは 右手で左手を押す補助を
 トップの位置付近では インパクト方向に向けて
 大変 都合の良い グリップ関係になっています。
 左グリップの上に右のグリップが被っているからです。
 からだの回転に伴って 左上腕なり、左ひじが動くのが理想 ですが、
 せっかく 右グリップが左グリップを インパクト方向に押すのに
 都合の良い状態なのですから その補助を。
 からだから離れない限り 積極的に それを行うも ◎ です


✊理想的には トップの位置で クラブの重さ が
 グリップをインパクト方向に押すような姿勢/位置になっていると良いですね 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ゴルフクラブ、特にクラブヘッドは構造上
左回転を入れた方が 飛距離は伸びる構造になっています。



間違えやすい部分、というか まぎらわしい部分ではありますが、
アドレスのフェースの向きを基準に

〇フェースが左を向いている(目標に対し)
〇フェースが右を向いている




〇ロフトがたっている
〇ロフトは寝ている(増える)



は 別なモノ、違うモノですが、


〇フェースが左を向いている と 〇ロフトが立っている
〇フェースが右を向いている と 〇ロフトが寝ている
 は

とても親和性が高い というか 似ている関係にあります。



ボールの飛び方、飛びざま というコトになると

〇フェースが左を向いている は ボールが左に飛び
〇フェースが右に向いている は ボールが飛ぶ


と飛ぶ方向を決めるモノで 基本、距離とは関係がありません。

一方 ロフトに関しては
〇ロフトが立っている は 弾道が低くなり
〇ロフトが寝ている は 弾道が高くなり

ボールの回転数も絡んできますが、
ボールを飛ばしたい のには 度合いはありますが、ロフトが立っている状態
で ボールと接触した方が飛距離は出し易い 訳で
飛ばすコト を望む人が狙わなければならない 道の一つ です。


IMG_0496


また ゴルフと言うゲームは
飛距離を伸ばす、飛ばしたい という願望とともに
狙い通り、もしくは 真っ直ぐ打つ 方向も重要になってくるので
双方を出来るだけ両立させる 道も考えなければなりません。

ヘッドをターンさせて 〇フェースを左に向け 〇ロフトを立てる
で 左回転、フック・ドローを狙う場合
その対になる 上手く行かなかった時の弾道は
上手く行ったときに 
方向/左 弾道/低め 回転/左 に対し
方向/右 弾道/高め 回転/右
 という距離も含めて
何もかもが 真逆な弾道になり易く
これでは イチかバチか になってしまいます。

距離や方向を両立させ 左回転、フック・ドローを狙うのには
その対になる 弾道が 右へのプッシュ になるようにしなくていけません。
IMG_0549

本来の左回転は
ボールの飛び出る方向に対し
俗に言う インサイドからアウト にヘッドが通過する
ことによって ヘッドを回転させるのではなく 
ヘッドはそのまま スクエア(軌道に対し)を維持して
            左回転を造りだす
 ものです。

それでなければ 繰り返し 似た球が打ち続けられる確率が保てません。

そして それは パッティングストロークで覚えるのが
一番速いと思います。

フェースターンで 左回転を入れる とすると
開いたものを閉じる ことが 基本動作 ですので
開いたモノを閉じている過程は 元のロフトよりも大きく
スクエアでは足りず、閉じた状態の度合いが強ければ
左に飛び出て 左に曲がる 使えない球になってしまうので
どうしても 両方の球の出やすいきわどいタイミングが必要になります。

よって ヘッドを一切回転させず
ヘッドの入射分、緩い角度であっても やや上から入ってくる分
ロフトを立て、ヘッドを斜めにスライドさせ
ボールに左回転を入れるパッティングストローク が
ショットの基本になってきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ゴルファーのほぼ全員が
「飛ばしたい」と思っているのは確かでしょう。


〇体が頑丈
〇痛みに鈍感
〇体力・筋力が有り余っている
〇力技、体力勝負が好き

 な人はそれを信じて突き進めば良いですが、
 多くの人は 上の4項目が得意ではありません。
 どちらかと言うと苦手です。

image1

そこでルールの範囲でインチキ(楽)して
飛ばすには 技術よりも より良い知恵 が必要です。


飛ばせる と 飛ばない は
色々なコトが真反対の関係にあります。

クラブにしても然り、スイングにしても然り です。


道具の面から考えると
 シャフトが柔らかくなると よりスライスが強くなり
 弾道が高くなる クラブの扱いをしている人は
 非常に無駄が多いですが、スピードに頼るしかありません。


 👉ヘッドの重さも然り です。

 よりシャフトが柔らかくなり、よりヘッドが重くなると
 より弾道が低くなり、よりフックになり易くなる 打撃法でないと
 飛距離を伸ばしたくても 伸ばせません。


 よりシャフトが柔らかく、よりヘッドが重くなると
 より弾道が高くなり、よりスライスが強くなる人にとっては
 ゴルフクラブの機能にあまり頼ることが出来ません。
 言葉は悪いですが、その手の方は
 クラブは何を使っても大きな変化はありません。
 ロフトですらあまり大きな意味を持ちません。
 体力勝負するしかないのです。
 

✋ヘッドは遅らせて使うものです。
 (グリップは遅らせません)
 ヘッドが遅れた時、遅れれば遅れるほど ロフトが立ち
 フックが強くならないと
 スピードを上げた時に、それに準じて 距離が伸びません。

 ヘッドが遅れた時、スライスになり、弾道も高くなると
 スピードを上げた時、増やしたとき、
 距離でないモノばかりが増え 距離が伸びません。
 そして これは同時に 真っ直ぐ行かせる、
 望みの方向に生かせる能力も失います。

✊ヘッドを遅らせて  →シャフトをしならせて
 ヘッドを返す     →シャフトをしなり戻す行為 は
 この行為、特にヘッドを返す〜シャフトをしなり戻す行為 は
 グリップを止めないと、グリップの移動を落とす、抑制しないと
 達成することが出来ません。
 この動作は ヘッドスピードを上げる行為と
 グリップスピードを落とし、ボディスピードを落とす という
 全く相反する行為を同時しなければならず、
 自分で思い描いているスピードアップが望めません。
IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(5)



 自分の思っている通りにスピードをアップさせ
 そのあがったスピードが リニアに距離に反映させるには
 ヘッドは捨て置かなくてはならないのです。

 ヘッドの遅れを捨て置き その遅れをロフトの立ち に出来るか
 ヘッドの遅れがロフトの開きになり それを取り戻して
 距離を高さやスピンに化けさせるかは 自分の考え方次第なのです。
IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(4)

 ヘッドの遅れを取りもどす行為は 直にロフトではありませんが、
 イコール ロフトを増やす →自分の立っている場所を左足上がり
 登り坂にしていくのと同じですから
 上手に出来るほど 距離になり難くなるのです。


 体力に依存せず、クラブの性能をより利用出来、
 飛ばそうと思って 振った時にちゃんと距離になる
 そういうスイングは そう多く種類はありません。
 そこを理解しないと どうクラブを動かしたらいいか
 それをするには どう自分が動いたらいいか
 おおよそ ですが 見えてくるのではないかと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



いつからなんだろう、
「クラブを寝かすな」
「シャフトを寝かすな」
と言う言葉が死語になってしまったようだ。

当時(20年くらい前まで) はスイングにとって、
クラブの扱いにとって とても重い、意味のある言葉で
私自身 昔も今もとても気にしている。

最近は映像も使い易く、動画もゴルファーになじみ深くなったが
自分のスイング、他人のスイングのチェックポイントとして
かなり重要な点だと思うのだけれど…。
20190411_Moment

どんなものが寝ていて
どんなものが寝ていないのか
というと
前傾姿勢に対し、
いや 単純に概ね平らなトコロで打つと仮定して、地面に対し
どの位、クラブ・シャフトが倒れているのか
というのが比較ポイントで

✋寝ている組は
IMG703
IMG702IMG701












✋寝てない組は
IMG704IMG705IMG700














う〜〜ん
最近は シャフトが寝ていて
地面と平行 はあり得ないけど
前傾姿勢に直角に沿って、前傾姿勢に直角の角度まで
クラブ・シャフトを倒すのが 普通になっているらしい けれど
▼『ヘッドのどの部分で打つつもりなんだろう・・・』
▼『フェースで打つコトが前提なの?』
▼『ボールの飛ぶ方向、ボールのあがる角度なんか
 クラブ、番手によって結構微妙、微細な差だけど
 それはどうでもいいのかな?』
と感じてしまいます。
IMG702

ハミングバードの悶絶クラブは
想定外のヘッドの重さと想定外のシャフトの柔らかさ ではあるのですが、
それで無くても 長い棒の先に重さの付いた構造の
ゴルフクラブをこんなに倒してしまっては
ダウンスイングに入るのに クラブが重くて 力む でしょうし、
必然的に右サイドが下がり易くなってしまう けれど
それはテクニックと筋力で抑え込むんだろうか?

『飛ばない』『もっと飛ばしたい』
『方向が安定しない』『狙った方に行かせたい』
と嘆くゴルファーが多いのに
本来フェースが向くはずのトコロに ソールがある程、クラブがひねられた状況、
ロフトで言えば 複雑にナン十度も開かれた状況、
「飛ばしたい」と嘆いている人が なぜ 飛ばしにくい ロフトを開いた状況 を
準備行為で作るんだろ・・・
「真っ直ぐ行かせたい」「安定させたい」人が
トップなり、ダウンスイングの初期で
打つ場所 〜フェース が
打つモノ 〜ボール をまるで見てなくて、
フェース、ボール、打ちたい方向 と
まるでつながりのない この形が 本当に良い! と信じられるの?

飛ばすために! と信じていた としても、
多くの人は 弾道が低くて困ってはいないのだから
この方法では 元のロフトになる確率よりも
圧倒的 多めのロフトで当たる可能性が高いけれど
飛距離や確率よりも スイングの恰好の方が大切・・・なのかしらね。

IMG703


スイングは円運動と言われるけれど
それは からだの向きを変えるから であって
フェースを回す、シャフトを捩じる、は
その円とは全く別の、まったく違う大きさの、まったく違う弧の
円をたくさん作ったら やさしく なる筈はないのだけれど。。。
いったい 何個の、何種類の円を造ったら気が済むんでしょうかね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



製品上のロフト角度は
シャフト軸を基準としたフェースの角度です。
455T-5-1
ドライバーの場合 空中のボールを打ちますから
ソールの形状はロフトに大きな影響を与えませんが、
フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン、ウエッヂ などには
ソールにバンス角度 というのがあるので
正しくクラブを使えるのであれば
バンス角度の数値の大きなモノほど ロフトが立ち易く、寝にくくなります。

理屈上は そうなのですが
なかなか そのロフト を上手に、ちゃんとロフトなりに使うのは難しく
製品ロフト と 実際のインパクトロフト には
かなり大きな開きがあります。
一生懸命振ってるけれど 飛ぶ・飛ばないの差は
ロフトの使い方の差次第
です。



私は国外でゴルフを覚えていますので
日本に戻った時の その差にショックを受けたのですが、
国外では かなり初期の段階で
ロフトをより少なく使うことが ショットの基本と教わります。
ところが 日本の場合、なぜか なぜなのか
ロフトを開いて、ロフトを閉じる フェースローテーション という
どう考えても 腕力が必要な、
欧米人よりも華奢、非力な日本人には不得手な筈の打撃法が主流でした。
上手…ちょっと神業に近いのですが、上手に出来れば
飛距離の差はありませんが、それに要する労力や技術、
タイミングの微妙さは雲泥の差、まったく別なモノと言えるほど差が有り
体力に自信のない、練習を頻繁に出来ない 日本のゴルファーには
最も適していない方法と感じています。
(女性にとっては害でしかないかも…)



多くの人は インパクトの実質ロフト イコール ヘッド、フェース、
打撃部分に意識が行きガチですが、
実は フェースよりも大きくロフトを形成してしまうものがあります。



✋例えば、30度のロフト差は 5番アイアンとサンドウエッヂのロフト差です。

実際 ヘッド、フェースで ロフトを30度開いて当てる のも
ロフトを30度閉じて当てるのも 非常に困難ですが、
からだの姿勢においては
莨紊り/左サイド上がり イコール ロフトの増え
莢爾り/左サイド下がり イコール ロフトの減り
で 30度の実質ロフトを増やすのも 減らすのも ごく簡単、
練習場に行けば こと増やす例は 飽きてしまうほど見ることが可能です。

あまり腕周りの動きで考えるのは良くありませんが、
ロフトが増える〜ロフトが寝る というのは
左右の腕の長さで 右腕の方が長くなった「ような」状態

ロフトが減る〜ロフトが立つ のは
左右の腕の長さで 左腕の方が長くなった「ような」状態
 です。

それは即ち
ロフトが増える⇒右腕の方が長い⇒右サイドが低い
ロフトが立つ⇒左腕の方が長い⇒左サイドが低い

と イコール ではないですが、似たような状態 と言えるので
手先、フェースで ロフトを2度寝かす は
それに からだの姿勢が必ず加わるので 倍の4度増やすのと同じ
と考えて間違いないと思います。

体の回転を止めることにつながるので
意識して からだの正面で打つコトはお勧めしませんが、
からだの正面で打つ 意識と言うのは
左サイドが低い内、左サイドが高くなる前に打つ
その高さ関係と言うのとかなり密接です。

右を向いている時間は
右の方が高くなっているのもありますが、
右サイドの方がボールより遠い状態です。
つまり 右腕が短く、左腕が長い状態
👉ロフトが立てられる時間帯
です。

出来るだけ 右サイドと高くする〜しっかり右を向く
出来るだけ 右サイドが高い時間を確保する
左サイドが高くなる「前に」打ってしまう
 ✖からだの回転を止めるコト なし で。
というのが からだの正面で打つ につながっていきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



こと飛ばすことに関しては

.蹈侫箸締められるか
▲椒妊スピードに対して それ相応なヘッドスピードになるか


その二つが大きい。


私たち オジサンおばさんゴルファーにとって
ボディスピードを上げる のはほぼ不可能に近い。
無理してボディスピードを上げても
 コースでラウンドとなると 平均値は落ちてしまう。

しかし 希望があるのは
多くのゴルファーは そのボディスピードなりの
ヘッドスピードが出せていない。

例えば 10のボディスピードで
クラブの重さ増量の負荷が多すぎれば 
13しかヘッドスピードが上げられないけれど、
その負荷を逆に動作の助力にすれば
18までヘッドスピードを上げられる そういうコト。
そして その負荷を助力に出来れば
10だったボディスピードも 無理なく 
無意識な内に 11.12位まで上がるのだ

そして それは ロフトの使い方とリンクしているので
その差は大きくなる。

具体的には
7年の歳月

左の状態ではロフトも開いているので
ヘッドはシャフトよりも後ろ(右)にあるので
ヘッドは重い。
ロフトが開く というコトは
体に対しクラブは右にあり
体から離れているから それも重い。

人間の運動性能が同じで からだを動かせる速度が同じ と仮定すると
当然 茲両態の方が重いクラブを振るコトになるので
それはヘッドスピードにはつながらない。

と、同時に その重いモノを動かそうとすればするほど
ここからでは どんどん 体の左サイドがあがり
体も開くので、スピードを上げれば上げるほど ロフトが開く・・・
という飛ばない迷路にはまり込んでしまう。


右の状態であれば
クラブは体の幅の中にあるから
クラブ、ヘッドの重さがシャフトを通じて
グリップを押すので その重さがヘッドスピード
そしてその源であるボディスピードの助力に使える。

左の状態であれば 手(グリップ)が遅れているので
ヘッドが遅れれば よりロフトが開き
右の状態であれば 手がからだの前にあるので
ヘッドが遅れれば よりロフトが締まる

ちょっとシャフトがボケているので
正確にはわからないけれど
二つの写真では フェースの向き 👉ロフト は
アイアンで言うと 3〜4番手以上 違うのだから
当然 飛ぶ距離が異なる上に
動かせるスピードが異なってくるのだから
当然 飛距離は段違い。

そして その決定的な違いは
左腕、左手、茱哀螢奪廚琉銘屐,澄
左の写真では 左腕はトップの位置から殆ど変わっていないが
右の写真では からだが向きを変えた分、
体重が左に移った分、相応の左腕(特に上腕)の下がり が大きいです。

からだの右向き ⇒ 正面向き
この時間進行通りにインパクト出来れば
それによって クラブ、そしてヘッドの高さも下げられますが、
この時期を逸してしまうと
キャスト_大_Moment(2)キャスト_大_Moment自分のリリースで
ヘッドを下に振らなければならず
それはロフトそのものを増やす動き
とともに
体も莨紊りを生み
ダブルでロフトを増やします。
✋それは からだの回転、左サイドの動きに
伴わない 左腕(特に上腕)の連動性の無さ の後始末 なのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



【ウエッヂのバンス角度は何のため?】 と言う質問を頂きました。

バンス角度は ウエッヂだけでなく
全てのクラブに備わっています。
そして そのバンス角度は それぞれのクラブによって
アイアンであれば番手によって異なっています。
アイアンの機種、であれば バンス角度の違い
 番手による推移、変化も その機種の特色の一つ です。
そこが一つのヒント、回答でもあります。

bounce

アイアンであれば 5番アイアンにもバンス角度は存在します。

そして それはウエッヂや9番アイアンよりも 数値は少な目
バンス角度は少なめです。 3〜5度位でしょうか
そして ロフトが多くなるほど、ではなく
 クラブが短くなるほど バンス角度は増えていきます。
5番〜5度  ウエッヂ〜14度 と言った具合です。

クラブが短くなるほど スイングの弧 は小さくなり
それによって ヘッドの入射角度はキツク成ります。
それゆえ バンス角度の数値は大きくなるのです。


ウエッヂ単体で言うと
.丱鵐抗囘戮梁腓なものほど ボールは飛びます。
アバウト ではありますが、
 ロフト角度 − バンス角度 がそのウエッヂの実質ロフト
と考えても良いのですが、全体のクラブに比べ
ウエッヂが飛ばない人程 そのバンス角度が上手く使えず
数値の大きなバンスは邪魔になってしまうケースが多いでしょう。

IMG_0684


▲Ε┘奪促轡腑奪箸竜離感を安定させるにも
バンス角度はとても有効です

✋インパクト前後にロフトが寝やすい大きなロフトのウエッヂは
バンスがあり、それが地面と干渉するが故に
 ロフトが寝るコトをバンスが制限します。

これはウエッヂに限らず すべての番手に共通ですが
飛距離、打ち距離が一定になり易い というのが
バンス角、バンスの一番の役割 と言えると思います。


そう言った意味合いで そのバンス、バンス角度、ソールの特色
それらを有効に活用するには からだの回転通り、
からだの回転でクラブを動かして来るのが大切です。

IMG_0610IMG_0607










これを手で丸く振ってしまうと
そのクラブの長さによって作られるはずの弧、その大きさ、その角度が
意味をなさなくなってしまいます。
手で振れば振る程 本来 からだの回転で入れてくるより
緩い角度で入射するようになります。
緩い角度で入射する というコトは イコール
大きなロフト 〜ロフトを寝かして入れてくるコトになるので
実質バンス角度は増え、打つ前に地面に干渉しやすくなります。
これが トップやダフリ の正体です。

打ち出し角度が増え、スピンも増える
よほど強く打たない限り、これでは スピンは効きません。
また 必要以上に緩くヘッドを入れてくると
ヘッドスピードが上がっても 高く、スピンが増えるばかり ですので
それ相応の距離になり難くなります。
飛ばない人の典型 とも言えます。

IMG_0627


クラブを設計する際、
ウエッヂはバンス角度、ソールを大きくし過ぎると
重心が低く、深くなり易いので 苦労のタネ でもあります。
ロフトの大きなクラブは 上げることに苦労はないですから
重心が低く、深くなり過ぎる必要は全くありません。
逆に 低く 深くなると ボールが飛びにくくなるので
そこのデザイン、重量配分が腕の見せ所でもあります。

重心が低く、深くなるように使うと ロフトの大きなモノは飛ばない
というコトでもありますね。



ああああ バンカー の話 を期待されていたかもしれませんが、
バンカーでの バンスの役割は おまけ 程度のモノです。
バンカーが苦手な人は バンスが有ったから、
バンス角度が大きかったから と言って それは役に立ちません。
まあ 悶絶クラブであれば 考えることはありませんが、
シャフトの硬さは兎も角、ヘッド重量を増やせば
必要十分なヘッド重量さえあれば バンカーの悩みの殆どは解消すると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




動画、映像を見ていて 気が付いた方もいるかも知れませんが、
からだの回転で左腕を動かしていく方は
ダウンスイングで 体全体、顔や頭も低くなっていきます
✋沈んでる訳…ではなく、右向きや前傾姿勢の分、
薄っすらと高くなった顔、頭の位置が元に戻っていくのです。

IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_MomentIMG_0682_Slomo_Slomo_Moment






一方、ゾウの鼻-スイングの方は
ダウンスイングが進む程、頭は上がっていき、
からだが起きてしまいます。
👉左腕一本で クラブを振る、遠心力を造る から
その重さに対する反発や相殺の動きなのか
はたまた 腕とクラブが一直線上に長くなることによる
空間創りの為の反応なのかは微妙です。

当然ゾウの鼻スイングでは
ディッシュアングルは維持できず、体も起きます。
(前傾姿勢も消えます)

IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(2)IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(4)






ですので ディッシュアングルや前傾姿勢の起き(消え)
それに悩んでいる人が そこを治そうとしても
その元になる原因 ⇒ゾウの鼻スイングのイメージが残る限り
治したい けれど 治したら打てない の迷路にハマります。

そういう意味では
今 なぜか 巷で話題になっている「地面反力」
簡単に説明すると、インパクト時 地面を蹴って
からだを上に、 というのは
手打ち、手振り、ゾウの鼻スイングの成れの果て というか
✖より速く振って出来る遠心力を相殺する
✖より速く振って 長くなるクラブの通すスペースを造る

という 間違った基本を誤魔化すための意味不明なテクニック
というコトになりそうです。


スイングの練習をしていても
からだを左に向ける習慣が乏しく
逆に からだを止めないと打てない習慣が身に付いている人の多くは
ダウンスイングの初期はなんとかなっても
インパクト付近に行くにしたがって 左サイドの動きを止め
左サイドを硬直させ、左腕を伸ばす「条件反射」的に動きが顔を出します。

✋上から打つ
✋左サイドの方が低い内に
✋それに伴う ロフトの立ち

は左グリップ、左サイドがボールを追い抜いて置かないと
それを作るコトが出来ません。
自分にとって 左サイドを硬直させないと当たらない という「条件反射」を
乗り越えないとイケナイのではないか、と思います。

IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(3)IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(5)






ゾウの鼻スイング をすると
クラブを振った達成感は強く残ります。
からだで動かすと、腕は仕事をしていない 未達成感が強くなりますが、
シャフトを振って、ヘッドで円弧を造るスイングは
基本「ロブショット」を打つためのモノ とも言え、
振った割に それが飛距離になりません。
よって もっと速く、もっと強く振る と言うループにはまります。
ヘッドは複雑な回転 ヘッドターンをするコトになりますから
安定度、成功確率は大変低く
思った通りの球、思った通りの距離が出せないがため
結局、振る速度を制限するスイングになるのですから
シャフトを振って、ヘッドで円弧を造るスイング から
勇気をもって離脱する必要があるのです。

ショット、ボールとヘッド、ボールとフェースの衝突に
根本的な矛盾が内包、というか
その矛盾がメインテーマのようなスイングなのですから
そこから離脱するには 流行り言葉ですが、
確固たる「意識革命」しかないのでは、と思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 
 ほぼ全員に近いゴルファー は
クラブは振るモノ、シャフトは振るモノ、ヘッドは振るモノ
 だと信じて止みません。

しかし、クラブを振る の本当の意味は
クラブを半径にして 円を描くものなのか、
自分とクラブの関係はほぼ固定し、自分が向きを変えるモノなのか
その「思い込み」を一度検証して欲しいのです。

✋自分で自分を検証してみて欲しい。
練習場やお庭、広いトコロで
片手・左手だけでスイング・素振り をして貰いたい。



おそらく こうやって振っているんだと思う。

打った後、クルンとクラブを回転させるのが特徴。

からだに対して 左腕をゾウさんの鼻のような使う。


 実証してみました。
素振りにおいて その腕の振りだけを意識してみると…。
それ以外のトコロは何も意識していないけれど
 👇 写真 菎
IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment






IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(2)IMG_0682_Slomo_Slomo_Moment(4)






IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(3)IMG_0682_Slomo_Slomo_Moment






IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(4)IMG_0682_Slomo_Slomo_Moment(2)






IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(5)IMG_0682_Slomo_Slomo_Moment(3)






トップの切り返しから
俗に言う タメ という クラブの寝かしを行い、
からだに対し、左腕を遅らせています。

一方 寝かせない方は
からだの回転と左腕の進行が同期し、
〇ヘッドの遅れが ロフトの立ちに
左腕をゾウさんの鼻にするほうは
✖ヘッドも、グリップも遅れ、ヘッドの遅れがロフトの開きに
なっています。
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(5)



どこかで見たことのある光景ですよね   👉


ゾウさんの鼻スイングをする場合、
クラブを寝かせ、体に対し左腕を遅らせ、
インパクト付近で体をとめ、その反動で
左腕を振ります。

素振りの中で色々試してみると
 なんとなく気付くことがあります。
dishangleアドレス時、シャフト・クラブと左腕には
ディッシュアングル、角度が付いています。

しかし、クラブを『ぶるん』と振るとなると
クラブ自身の重さ、それに加え運動による遠心力の増大から
どこかでおそらく 最大速度、最大加速時に
腕とクラブが一直線
つまり 始めの状態よりも 長いモノになります。

そうなると アドレスの自分とボールの空間では
その長さを通すことが出来ませんから、クラブを遅らせ
からだを開き、長くなったクラブを通せる空間を確保してから
振りだす
 ことになります。
クラブや腕を振るには からだが止まっていないと出来ませんから
先にからだを開き、エンドが来てからの方が それも都合が良いのでしょう。


長くなったクラブで そのまま振ったのでは
地面をぶっ叩いたり、痛い思いをしてしまう本能的な動作
とも言えるので 馴染みやすいのかもしれません。


弊社は 打席部、作業部が入り口よりも 90センチ 低くなっている
二層構造です。 ですので 上の段の境に立って
ボールの置き場所 を下の層、つまり空間を置いておくと
からだを開いて 振れる空間を作ってから 振りだすのではなく
いきなり その空間にクラブを振る感じに出来ます。
✋そうなると ゾウさんの鼻スイングは、ショットの本来の目的、
『ボールを打つコトの為にクラブを振る』ではなく
『クラブを振るコトを主目的に、ついでにボールを打つ』
なってしまいかねません。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



✋自分の身体能力、体力、持久力、
ゴルフに費やせる時間とお金
そして 故障や痛み
それを考慮したうえで
楽に遠くに飛ばして、スコアも良くする
また 美しい弾道を打てるかどうか
 ✋見極めるのは ココが肝心

◎◎ダウンの早い段階でフェースがボールを向くか
◎◎右腕を伸ばしていくことでグリップがからだと平行方向に逃げるか

 (左サイド、左グリップが止まらず からだに平行に右腕によって
 押される? 支えられる? 分 横移動するかどうか です)


これをするのに どんな動作をするかは自由です。
ハミングバードが提唱するのは
それが一番し易くなるであろうおススメに過ぎません。
  まあ そんなに選択の余地は無いんですがね・・・・・・。




mz-slow_Momentトップの形、
右向きは申し分ないです

顔も動かして 右向きを意識しているので
右向きはとっても良いです。

また からだの向き、傾き、
腕とクラブの関係から
このヘッドの高さは
ヘッドを振らずに、腕で高くせず、
グリップだけを上げていますから
ほぼ欠点のない とても良いトップです。

よく勉強されていらっしゃいます。

mz-slow_Moment(2)切り返し始めたところです。

トップの位置に比べ クラブが倒れました。

動作で言うと
◎からだの右向きの解け、
◎右ひじのさがり、   に対し 
✖左腕が下がっていない
✖からだの回転に対し左腕の移動が同期、追随していない

 →これは あとあと響いてきます。

mz-slow_Moment(3)ダウンスイングの中盤に差し掛かりました。

左腕が移動、動き、下がり始めたので
フェースがボールに向き始めました。
とても良い兆候です。

しかしこの時点で
全体の流れに対し、グリップの低さが足りていません
(高いというコトです)

このグリップの高さが次の問題を生みます。

mz-slow_Moment(4)からだの回転
グリップの移動
グリップの下がり
ほぼ 同期して動いています。

ロフトの締まった状態でとても良好。

このまま ランディング〜着陸して欲しいのですが
やっぱり グリップの高さが気になります。

あのトップがあるのですから
このまま 着陸してください。


mz-slow_Moment(5)がーーーん((+_+))

折角立ち始めたロフトが
 ここで一気に寝てしまいました…

やはりグリップの高さが足らない
✖インパクトで左サイドを止める以前の習慣
✖蚣咾鮨ばすことで この場合は上下にですが
からだから グリップを離す
✖左グリップの下に右グリップを入れる(入れ替える)

これのお陰で ほぼ すべてが台無し です。

これでは このクラブのロフトなり
 ヘッドスピードなり には飛ばず
ボールが高い か スピンが多い
引っかけやスライスが出易くなってしまいます。

腕の曲げ伸ばしは どちらの腕にしても
曲がるコトによって 自分の胸に近づきますが
一旦曲げたら その距離を変えず
伸ばしていく腕から 曲げていく腕の側に押していく だけで
からだからの距離は変えず からだに沿って平行移動するだけです。


曲げ伸ばしによって 近づけと離し では
単なるキャストになって ロフトはだだ開きになります。


mz-slow_Moment(4)mz-slow_Moment(5)
左の写真の時間に戻って
右腕をボールの方に伸ばすのではなく
左グリップと飛球線、
もしくはやや右向きが残ってますから
飛球線よりも右に押す
からだの回転にグリップを追随させるために
伸ばすのです。

また 別な視点から見ると
右手が伸びたのに 負けないだけの
左グリップの横移動
左サイドの回転・横移動があればいいのです。

ここで左サイドを止める、または突っ張る習慣は
腕を伸ばす(キャスト) からだを起こす とパックになって行われます。

近、よく耳にする 地面反力は
キャストとパックで行われるもので
言い難いですけど ものすごく格好悪い、反面教師の代表です。
腕を伸ばし 腕とクラブを最長の長さにして 通すための
ボールと地面の空間を 創造しているに過ぎません。

左サイドを絞る 左腕を突っ張る 左サイドを止める
今までの習慣があるのかもしれませんが
この時点での課題は ダウンスイング初期の左腕の下がり、
からだの回転に対する追随、同期生 が足りない為 に
最後で届かせる行為として キャスト している可能性が否めません。

現に 左腕が同期して動き、下がり始めると ロフトは締まった のです。


◎速めにフェースをボールに向け(左腕の下がり、回転に対する追随)
◎インパクト直前の 右腕の伸ばしを 横に対するグリップの押し込み
◎右に追いつかれない左サイドの回転による 左グリップの逃げ

✋これには 左サイドの回転の方向 向きも同時に替えないとイケナイですが
それが出来れば 寝たロフトが立ったロフト
この場合は2〜3番手に相当しますから
その分距離は増え、安定度も同時に上がります。

あのトップ、あの右向きがあるのですから
それを活かさないのは勿体ないです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ