◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 飛距離の探求


ゴルフショットの醍醐味、である
ドライバーの悩みと言うのは尽きないモノです。
445tl

クラブ、で言えば
 ドライバー単品を悩まれる方は多いですが、
アイアンも、ですが、ウエッジの影響は
実はかなり大きい
ですね。

現在、主流になっている
 軽量ヘッド装着の軽量スチールシャフトのウエッジ
なんですが・・・
ロフトの大きなウエッジとは言え
ゴルフのショットにおいて
 ボールを上げる、高さを出す
というのは 実は一番の難題
なんです。

ロフトがあるから 上がるじゃん!
 とは言うものの、
ボールを上げる 一番の要素 はヘッドスピードです。
ところが ウエッジは加減して使うコトが多いですから
 ソコはロフトが助けてくれる 筈 なのですが、
まず ヘッドスピードの代わりになるべくの
 ヘッドの重さが軽量です。
10109_169290996560973_105906599_n

次に シャフトの硬さ の問題 です。
 シャフトは 本来、ヘッドの形状の意味 も含め
 ヘッドの重み を使って
 打ち手のグリップを先行させる為、
 グリップを押す、先送りする役割があります。
ある程度の、シャフトの柔らかさ であれば
 グリップは押されますので
 インパクトポイントは 飛球線、
 右打ちの人であれば 左に押されます。
コレ、同じヘッド、同じヘッドの重量 で
 シャフトの硬さが違う 2本のクラブを打てば
 体感出来るコト、です。

ダフリ、トップ、チョロ も概ね似た原因で起こるのですが、
多くの方は ダフリ〜トップ は
 
インパクトに対し ヘッドの上下の高さのズレ 
 ミスの原因と思っています。
しかし、実際には
 
インパクトが先にあるか、左にあるか、右にあるか、が問題で
例えば 通常打つよりも
 10cmも茲法△發靴は蕕法.棔璽襪鮹屬い浸、
届かない?届きすぎる? という事はなんとなくわかると思います。
特に 今のように 気温が低い中 プレーする場合、
 ボールの位置を置き換えている人も居る筈です。
👀右に置いて………そして低温下でプレー となると
  シャンクは付いて回るでしょうね。

硬いシャフトはグリップが押されません。
その押すネタ元のヘッド重量も 軽い ですからね…。
ですので ウエッジに限らず、
 ドライバーに比べ、アイアンは 10cmも、20cmも
 蕁中に置いて打っている訳です。
そのボールの置き位置の差が大きい程、
 そのまま 双方のシャフトの硬さの差 と言えます。
IMG_1632_Moment(2)


硬いシャフト に軽いヘッド ですと
グリップは押されませんから
 インパクトポイントはどうしても 藉鵑蠅砲覆蠅ち ですが
それでも届きませんから ヘッドを振らざるを得ません。

ヘッドを振れば、ロフトは増えますが、
入射は緩くなりますので
 上がるだけの ポッコン としたショットになります。

ヘッドスピードにもよりますが、
 初っ端が上に向かうだけの スピン少な目の緩いショットです。

 それをそのまま
 今度はシャフトの柔らかいドライバー で行えば
上手く行き難いでしょうねー。
シャフトに押されて インパクトポイントを左に!
 と言う習慣がありませんから
✊シャフトはヘッドを動かすモノ と言う観念 と
 シャフトはグリップを動かすモノ と言う観念は
 似ているようで 大きな違いです。
シャフトの柔らかさが単に ヘッドの遅れになるだけ です。
 ロフトの立ったドライバーで ポッコンショット を
 打つコトになってしまいます。
 機能上、ボールの上がらなさ が距離につながるドライバーを
 ボールが上がる打ち方 で行ってしまえば
 打ち出しが高いだけでなく
 今度はスピードもあるので スピン過多 にもなりかねません。
 また ヘッドスピードの速くない方にとっては
 そのショットは
 ボールに打撃のエネルギーが伝わらず ←こすってしまうので
 逆に上がり切らず 伸びきらない球になったり、します。
5a0eeaec

😢また シャフトを振ろうとすれば
 遅れ は ロフトだけでなく、フェースの開き にも
 なりますから スライス〜こすり球になってしまう・・・
 のは ウエッジ、もしくはアイアンショットから来ている可能性
 は決して低くないと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【注意喚起】

ハミングバード及び店主:野澤亨名 の
Desktop 2021.01.05 - 20.29.56.01_Moment
フェイスブックのアカウントが
乗っ取られてしまい個別宛のメッセージを連発されています

✋おそらく 新手の詐欺(オレオレ詐欺的なモノ)
:::パスワードが変更されてしまい
   インが出来ず 詳細は確認出来ませんが…。
現在 対処中ですので しばらくの間、
弊社、もしくは 私からのフェイスブック の
メッセージ等 応答しないよう お願いいたします。



カラー変更3 (002)

よくあるスイングの悩み で
トップの位置で シャフトが「クロス」してしまう… とか
オーバースイングになってしまう… というのがあります。
横峯さくら
度合いはありますが、
タイミング良く打てていて 球筋や飛距離に問題がないなら
個人の味 の一部として 考えて良いと思います。

シャフトクロス、オーバースイングともに
トップの位置から切り返しの初期に
一度シャフトを寝かして ロフトを開く姿勢にしないと
ダウンスイングに移行出来ない と言う点で
問題を含んでいる場合があります。

オーバースイングもそうですが、
1.骨盤〜体も良く周っているうえに
2.テークアウェイ時での 左腕の横振り 
  胴体の捻じりと腕〜肩の横振り
ダブルで入るのが原因だったりします。

飛ばしたい気持ちは痛い程わかりますが、
速いヘッドスピードで 強く叩いても
当然ですが、ロフトが開いていれば
ボールは球体 であるが故に
 チカラの逃げる方向へと必ず逃げますので
それ相応の距離になりません。
飛ばしたい のなら
 最優先に ロフトを無駄に大きくする動作は避ける
と言う前提の上でないと
スピードを上げても 徒労に終わってしまいます。


BlogPaint腕を横に振る
からだも回す、または捻じる
この動作の生まれる一つの要因として
兎にも角にも 速く、強く振るコトが最優先 で
どういうロフトで打つのか
そのクラブ、その手にしたクラブのロフトなりに打つ
というコトを置き去りにしてしまっているように感じます。

また ヘッドの重さを使う
 と言う言葉がありますが、
それを独自の解釈をし、
きっかけとして からだは使いますが、
そのヘッドの重さに勢いを付ける為で
クラブを「振って」上げてしまう場合もあります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ヘッドは下に振らなくてもボールは届きます。(アプローチ) 比較映像_Moment(3)

えええええぇぇぇぇ って思う人もいるかも、ですが
スイング円弧、
 そうですね、ダウンスイング後半 となると
 チョット厚切りケーキ程度 60度とか 多くて90度の角度
 のその部分ですけれど 
まあ その角度とは関係なく
円弧は
 クラブを持った自分が向きを変えるから造られる ので
そこを手で振ったら  そのまんま手打ち  です。


右打ちの人の右腕、
利き手である右手を使いたい気持ちは分かりますが、
右手の役割は
 ✖左グリップを支点として シャフトを動かすコト
  ヘッドを動かすコト   ではなく
からだの回転に 重さによって遅れがちな
 グリップを遅れさせないようにサポートするコト
 です。

✋その言葉の通り
 左グリップを支点! としてしまえば
 グリップの移動、進行は止まっちゃいますから
 速度は(気分を除いて)上がりませんし、
 左グリップの進行が からだの回転から遅れる、とか
 からだの回転から離脱しちゃったら ロフトも開いちゃいます。
down_swing
まあ こうなっちゃったら
もうからだの回転は終わっちゃってますから
手で円弧を、
手でヘッドを下に振るしか打つ手がないですけどね…。


よほどの腕力があるのなら良いですけど
そうでないのなら ロフトも増え、スピードも落ちちゃいます
 から 出来れば その右手の使い方 をして欲しいモノです。

ボールを拾う

コレ 飛ばし とも関係しますけど
アプローチの距離感とも関係します。
ボールをさばく このあたりの円弧を
手で作ってしまったら
ヘッドスピードの管理が非常に難しくなります。

2020-12-09_21-08-58_Momentこの状態から
からだの向きの変更だけで打つ
 位のつもりで、
トップの位置で腕周りは
 ロックする位のつもりで、
緩いショット、またはアプローチ
 してみて下さい。

これのポイントは
どう からだを回すと、どのようにからだの向きを変えると
ボールに当たるのか、
手でボールを探りに行かずに
 腕はロックしたまま で どう言う回転だと
 ボールに届くのか 考えてみるコトになります。


手でクラブを振って
手でヘッドを下に振って 届かせていたのとは
違う感じの(実際の大きく違う) からだの回転
と言うのを掴むことが出来るかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブのヘッド、
フェアウェイウッドを含めた
地面からボールを打つクラブの場合、
🔴ロフト角度
🔴ヘッド自身の上がり易さ
🔴ソールの構造

と言うのは非常に密接な関係にあります。
445TL-5-1

ロフト角度は読んで字のごとし
ヘッドの形状などに関係なく
シャフト(の軸線)とフェースの上を向く度合い
を角度で示しています。

上がり易いクラブの代表例で
重心が低い、重心が深い というのは
多くの人は その重心位置が
魔法のような働きを持って
 インパクト時にボールに何かを与える
というか、インパクト時に影響を及ぼす
と考えていますが、ゼロとは言いませんが、
その働きの割合で行くと ごく微小
 ない と考えても問題ありません。


重心が低い、重心が深い は
 クラブとシャフトの働きから
☑フェースが前に出て
 インパクトロフトが増えやすい
☑緩い入射角度になり易い

という、インパクトそのもの ではなく
インパクト以前、インパクトより前の
クラブの働きによるモノ です。


ですので ソール形状としては
あまり バンスソール
 …フェースに比べ 後方が下に張り出したモノ
では扱い辛くなるので、
総じて ウッドの場合は スクープソール
アイアンの場合は、バンス角度をごく小さなモノに抑えたり、
 ソールの幅を狭くしたり、ソールに工夫があります。

411BK-5-1


フェアウェイウッドやユーティリティの場合、
極端にロフトの立ったモノ は殆ど無く
一定のロフトと番手の関係なので、
 『シャフトの硬さ』にもよるのですが、
自分のソールの傷跡を見て、
 ヘッドの形状、ソール形状を選んだ方が良いでしょう。
ソール後方に傷の多い方は
 スクープ気味のソール、
 多少 ロフトは立ち目のモノでも大丈夫です。

自分のソールの傷を良く把握しておくと
お使いの フェアウェイウッドやユーティリティ の
ソールの形状、バンス から
🔴フェアウェイからのショット向き なのか
🔴ティーショット向き なのか
🔴ラフ向き なのか

は ある程度判別が可能です。


ba


アイアンは ちょっと複雑 です。
何を考えているのか 理解が難しいですが、
今や 7番でロフト24度 なんてモノもあります。
  (平均値では 32度位 ですねー)
―顛瓦低く、重心が深いモノは上がり易い ですので
ストロングロフト傾向が強く、
ソール形状は バンス角度抑え気味
 もしくは バンスが狭めや段になっていたりします。


数値で言うと その境目は
 重心高 で 19
 重心深度で  6
 ロフトで言うと 6番27度 位でしょうか

一方、重心が高い、もしくは普通、
重心が深い、もしくは普通 のアイアンヘッドは
上がり易くはないですから ロフトも普通程度 です。

ですので ソール幅を取ったり、バンス角度をキツクしています。

正直 上がり易くクラブのストロングロフト
 上がり難い(普通)のクラブの普通ロフト
どっちが飛ぶか というより 弾道の違い
と考えた方が良いでしょう。

´二つのアイアンで言うと
,和任曾个靴高く、スピンは少なめ
 通常 アイアンですと 落下地点に近いトコロが
 一番高い(最高到達点)になりますが、
 ウッドに近い 真ん中が高いような緩めの弾道になります。
△和任曾个靴歪磴瓠▲好團鵑和燭瓠,任后

最近では 軽量スチールシャフトの主流化 によって
軟鉄の ブレード(マッスルバック)タイプのアイアンを
使う人も増えていますが、
マッスルバックタイプのアイアンは
 キャビティバックのアイアンに比べ
重心を低く、深くすることが難しく、
それをするには 全体を小振りにするしかありません。
◌高めの重心、深めの重心 にするか
◌重心を低くする為 ミスに強くない小振りなアイアンにするか
基本、この 二つに一つの方法です。

軟鉄で中空 なんて 構造的には可能ですが、
軟鉄の弱さで 中空にしてしまうと
ただ 中空になっているだけのアイアンになるだけで
真の意味の 低重心化、深重心化するのには
 ヘッド重量が少なすぎて 自由度が取れません。
✋特に 中空の欲しい番手は軽いですから。。。


一般的に あまり小振りだとヘッドの個性が出ないので
ほどほどの大きさのマッスルバック にすると
決して 低重心、深重心と言うわけには行かず、
 その上、重量の縛りがあるので ヘッドの厚み
を確保するコトが出来ないので、
ソールで飛ばさせる という事が難しくなります。
これに 軽量シャフト 〜硬い
 軽量シャフト用のヘッド 〜軽い

が加わりますので
上がり難いアイアンを無理してあげる か
止まらない、上がり切らない球を打つ か
アイアン全般で抜けたような球を打つ か

という アマチュアのお助けクラブ とは
ほど遠いモノになってしまいます。

bounce

兎も角 クラブの性格は
 ソール形状によく出ますので 観察してみて下さい。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


○○は旦那の場合も、旗の場合も、
最近の流行りでは フラグの場合もあります。



手打ちか、からだの回転で打つか、
 は重要なポイントではありません。
腰や手首、肘などを傷めないのであれば
 どちらが! とは言いません。
どちらであっても
 より少ない労力で遠くに飛ばし、
 アプローチ、パターまで苦労しない
そういう風にするのには
 やはり 
ロフトの造り方 (ロフトの立て方)
      が一番のポイント です。


BlogPaintBlogPaint








右の写真と左写真は 同じクラブ、同じ番手 です。
キャビティ部分に色を付けているので 分かり易いと思いますが、
片方は6番アイアン位、片方はピッチングウエッジよりも寝た状態 です。
その差は 20度以上 あります。

BlogPaintすごく意地悪な言い方なのですが
こういう入れ方 をするのであれば
ドライバーのロフト
9度も10度も11度も差がないような…
1〜2度程度の差に意味が出ないような…
どれであっても
自分でロフトを作ってしまうのですから
選ぶ意味があまり無いような気がします。




 💮 💮 💮 おさらい になりますが
ロフトを立てる とは
正式には その製品ロフト通り に打つ と言う意味で
技術的に 無理やりハンドファーストにしたり、
両手をねじって シャット、フェースを下向きにするコト
ではありません。
ゴルフクラブは 手で振ったとしても、からだの回転で動かしたとしても
斜めに傾いた軌道、軌跡なので
555
ヘッドはボールに対し、そのクラブの長さ分の軌跡で
上方から行ってきます。

ですので ドライバーは長いので円弧は大きく、
入射は緩やかで、傍目からは掃いて振るように見え、
ウエッジは短いので円弧は小さく、
入射はキツクなり、傍目からは上から打ち込むように見えますが、
それは スイングとクラブの特性 によるもので
技術的な差は アドレスの前傾姿勢程度 です。

IMG_0725IMG_0724








理想的な そのクラブを活かしたインパクトロフトは
入ってきた道、上方から入ってきたその角度に対して
元のロフト通り 
にすることで、
それによって その番手、ロフトの弾道・距離が得られます。
それが 傍目にハンドファーストに見えたり、するだけです。

445

そのハンドファーストも
手であっても、からだの回転であっても
動かせるのはグリップだけなので、
移動させられるのはグリップだけなので、
ヘッドはその重さ、運動と長さによって加わる重さの分
その同軸線上の角度運動よりも 遅れる自然現象 に過ぎません。
技術的と、無理に言うのならば
 その自然に逆らわない と言う点において
、でしょう。

自然現象に乗っ取っていれば
それに逆らうよりも 遥かに繰り返すコトが容易になりますし、
同じコトをするにしても 労力は少なく済みます。
ゴルフショットの場合は それは距離にも、スコアにもなります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


全てのクラブ には
バンス、バンス角度 なるモノが存在します


英語でいうと バウンス
 跳ねる とか、弾む という意味合いです。
多くのイメージでは バンカーでの跳ね として
捉えられているトコロが強いですが
実は ショット全般に
ショットを支える、ロフト角度を支える
 大きな意味を持っています。


それも スイングを考える一つの目安 になります。

wedge-bounce


よく知られているモノは ウエッジのバンス角度 ですが、
ドライバーやフェアウェイウッド、ユーティリティ にも
 その角度はあります。

一応 ですが
000009 リーディングエッジ(フェース側)の基準に
 後方が低くなっているモノを 「バンスソール」 絵図
 後方が高くなっているモノを 「スクープソール」 絵図
と呼んでいますが、 ドライバーやフェアウェイウッドの場合
スクープソールのモノも見られますが、
 コト アイアンに関しては ほぼ全機種 「バンスソール」
つまり 名称で言うバンス部(ソール後方)が
 リーディングエッジよりも 低く、下に張り出しています。


そのバンス 下への張り出し方は 番手により異なり、
5番アイアン を 5度 に仮に設定すると
6番で6度、7番で7度。。。。。PWで10度 と
 同じ角度ではなく、番手順に角度は増えてきます。

特にバンカーで使われる SWはその数値が大きく
一般的な市販品では 10〜14度位
 弊社のHBS-10では16度、HBS-16では14度になっています。

バンカーで使われるコトもありますが、
ウエッジが アイアンの中で 数値的にバンス角度が大きい、
そして 番手により バンス角度が推移していく、
その理由は クラブの長さ にあります。

クラブが長くなると
 スイングの円弧は大きくなります。
ボールに対して入ってくる角度も緩くなります。
一方、クラブが短くなると
 スイングの円弧は小さくなり
ボールに対して入ってくる角度もきつく成ります。

IMG_0496

そのクラブの製品ロフト通りに打つには
 その入射角度通り の インパクト姿勢 となりますから
△5番アイアン(バンス角度5度仮定)と
△ウエッジ (バンス角度14度仮定)
 で比較してみると
グリップが前に倒れている度合い(見た目のハンドファースト)
は ウエッジの方が多くなる、約10度分 シャフトが前に倒れている

 と言う風になります。


ウッド など箱形状のヘッドに比べると
実は 特徴の出し難い アイアンの場合、
このバンス角度も含めた ソールの形状が
その性能を大きく左右します。



ロフト角度は バンス角度など ソール形状とは関係なく
シャフトに対する角度を計測するのが常、ですが、
バンス角度が強いモノほど ボールが低くなり易く、
ヘッド特性や機種のロフト角度との絡みにもよりますが、
数値としてロフトの立っているアイアンは バンス角度は抑えめ、
上がり易い性格のアイアンはソールが幅広いか、
バンス角度が張っている傾向が多いです。
445TL-5-1

フェアウェイウッドなどは ヘッド性能もありますが、
そのロフト角度との絡みも考え、
ショットの是非(ミス)への影響が大きいので注意が必要です。
寝かし気味に入れる傾向の強い方、
フェアウェイウッドのダフリ、トップ、チョロ の多い方は
ソール後方、バンス部の逃げ、ラウンドがキツク
スクープ気味になっているモノの方が無難でしょう。


IMG_0610IMG_0607







ウエッジになると ウッドやアイアンに比べ
更に 機種によるヘッド性能の差が出にくいので
『ソール形状やバンス角度』が
 ヘッド特性ソノモノと言っても過言ではありません。

ロフト角度 や シャフトの長さ、硬さ、ヘッド重量 など同じにして
バンス角度だけを 0度のモノと 14度のモノ で比べると
最大飛距離も 平均飛距離も どれも 14度の方が上になります。
 つまり 飛ばなくなってしまいます。
また バンス角度の大きな役割として
 地面に接触した際の ロフト角度の確保 というのがありますが、
その後ろ支えのないモノは 抜けた球にもなり易く、
自分自身の、スイングの再現性、安定性が低いと
 そのまま反映されます。


平均的なウエッジのバンス角度 12~14度
ということは インパクトの望ましいヘッド姿勢は
その分 グリップが前、シャフトが前に倒れている
地面に対して バンス角度が ゼロ度 になる
という事を指します。
 それが メーカー、デザイナー の想定しているインパクト です。

IMG_0727

こすり打ち の場合、
そのバンス角度分 シャフトを前に倒して使わず
アドレス通りのインパクト を想定して使いますので
バンス角度分 12~14度も ソールが下に張り出す形になります。
wedge-bounce

バンカーでは良いかも知れませんが、
普通のライ からボールを打つ際、
ボールとフェースがコンタクトする前に ソールが地面と接触してしまいます。

レッスンなどでよく見かける
振り子式のアプローチ。。。 これって マットから打つ専用 の方法
に見えてしまうのは 私だけでしょうか
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


こすってしまう、こすり打ち

(イメージ)そのクラブのロフト以上に
ボールがフェース面の縦方向に逃げるコトを指します。
 ウエッジの溝がスピンを‼  みたいなイメージですね

545503_169291013227638_259257507_n


(意味その1)
持っているそのクラブの製品ロフト以上の
回転や高さ に打撃力が化けてしまい
ボールが労力なりに飛ばないコトを指す

(症状)
若い時、良く体が動いている時は
高めの弾道の右回転のスライス系の球
目指しているのは 開いたフェースを返した左回転系の球
「ドローボール」と言う言葉に過剰に反応。


バンカーショットは得意とは言えないが、出すのは大丈夫。
アプローチ全般は上げる球が多く、
 上手く打てた時ほど ショートする傾向強し。
ヘッドに奥行きの有るフェアウェイウッドは苦手な為
ユーティリティを多用傾向にある。
ヘッドの遅れは ロフトの開き につながるので
 遅れが発生し難い 硬めのシャフト を使うが
その反面、シャフトをしならせて しなり戻して使う
若い内、だけかもしれませんが、
弾の高さには自信があるのでロフトもきつめ です。


(状況)インパクトロフトが見た目 寝ている
と言うのもありますが、
そのクラブの長さで入ってくるヘッドの経路(入射角度)
が 緩すぎる 
と言うのもあります。
その双方が絡む のが平均値です。

(意味その2)女性やヘッドスピード低め のゴルファーが
ロフト自体を寝かせ、緩い入射角度で入れる であると
ボールの飛びだし速度 だけでなく
回転や高さも十分に得られず 上がらず、飛ばない球
になるコトも少なくありません。
 👉だるま落としのような抜けた球になる




(経緯:その例)全員が当てはまる とは限りませんが、
多くの 初練習場の、初ショット、初スイング の人 は
ショットそのものが怖いですから
◉ボールに当たるかな
◉地面打つかも
◉空振りするかも
◉周りの人にボール当てないかな
◉クラブ放り投げないかな

緩ーいショットで 5番や7番アイアンから始める のですが、
ご自分でやってみるとわかりますが、
平均的なアマチュア男性ゴルファーの (130ヤード打つとして)
 7番アイアンのヘッドスピードは 25ms以上 です。
ヘッドスピード 25ms出せるようになるには
ある程度の慣れ(経験) や 筋肉、動作の馴染み が必要です。

初めて だと ヘッドスピード 15~20ms 
  …20msいかないかな〜
15ms で 7番アイアンを打つと
ある程度 ちゃんと当たっても ボールは上がりません。
ゴロに近い・・・ ほぼゴロでしょう。
20ms で いいところ ライナー性になる位で
 自分は兎も角、経験者を満足させる 球の高さにはなりません。

5番アイアンでやったら もっと悲惨。

かと言って PWから始める人は少ない気がします。

その時点で ボールを浮かせる、上げるコト
当てるコトの次に、ボールを上げるコト から始まるのです。
それ 即ち こすり打ちへの道の本道 です。 

8658a3e6-s


(進展)
その打ち方 で そのまま進むと
一般的な成人男性ゴルファーの場合、
ハイボールのスライス が持ち球になります。

こすり打ち ⇒ すくい打ち なのですが、
これは 重さの仕組みを理解すれば 解消し易くなります。
例えば
 軸点を作り
 30mのヒモで車をつなげた としましょう。
 そうすると 車は進むと
 軸点を中心に 30mの半径の円を描きます。
 その車に 10ⅿの長さ のヒモ
 でもう一台車を付けますが、こちらは自走しません。
 引っ張れば動きますが、フリーの状態です。
 30mと10mですから 合計40mの長さになりますが、
 自走しない 牽引されている車の描く円は
 よほどの速度にならない限り
 半径40mよりも かなり内側を通ります。
 スタートし始めたところは特にです。

 牽引されている側の車がそれより前に出るには
 引いている車が 急にコースを変えるか、減速するか、
 どちらにしても 引いている車は軸ブレ、軸ズレを起こします。


1b503398-s85584b3f-s






上げる すくい打ち のイメージは
グリップよりもヘッドを前(進行方向)に出そう
と言うイメージですが、
それが 一番やり難い場面で行うのです。
それを実行するには 軸点を動かさなくてはなりません。
スイングの動き で言うと
 からだを開く とか 明治の大砲のように
 回転軸を進行方向後ろ(右打ちの人の蕁砲砲困蕕耕ですから
今出ている 弾道 「ハイボールスライス」
と絡むと 本当の原因は それと90度異なるロフトなのに、
スイング軌道のアウトサイドイン が
原因・・・ に陥り、スイング迷路は深まっていく訳です。


ボールに当てないと始まらない のは確か ですが、
ボールをちゃんと捕まえる
動作に馴染みが出て 運動速度があげられると
 初めて それらしい高さに ボールを浮かせられる
と言う手順でスイングは覚えてイクモノです。
(こすり球克服ドリル_Moment(2)

当てる ⇒ 上げる ⇒ 飛ばす
 は ロフトの正しい使い方の反対の道、
極端に言えば、 ロブショットから覚えて
それを基礎に ボールを飛ばそう とするのには無理があります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブは運動をする自分、
それとつながっているグリップに対し
 ヘッド部分が極端に重くなっています。
約1ⅿの長さの棒 の両端
グリップ側は50g / ヘッド側は200gオーバーです。

5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7

そして ヘッドの構造、特徴である
 重量位置〜重心位置 は
その棒であるシャフト・グリップ線上に対し
 重心距離と呼びますが、L字型に
ドライバーであれば 4cm近くズレています



スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)
また アイアンであれば 数ミリなので
 気にする必要はありませんが、
ウッド ユーティリティクラブ
 特に奥行きの大きなモノになれば 3cm以上
重心深度と言って 奥にもずれています。




ゴルフクラブそのものは 「落ちる」以外
勝手に動くことは無く
打ち手である 自分の動作によって
グリップが移動するコト が 唯一の運動の動力源になります。

やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)






そのグリップの移動に対し、
ヘッドはその重さもあり、運動も加わり
必ず「遅れる」、ズレる と言ってよいです。
それを避けるコトはかなり困難です。

重心位置の関係から
グリップの移動が横〜水平方向が主になれば
グリップに対するヘッドの遅れは
 フェース、そして ロフトの開き になり

これが ゴルファーを苦しめる訳ですが、
グリップの移動が 縦〜上下方向が主になると
グリップに対するヘッドの遅れは
 フェースは閉じませんが、ロフトを立てます。

(少ないながらも 横移動があるので フェースは閉じません)

遅れが 横のフェース開き になるか、
縦のロフトの閉じ になるか は
グリップの移動の仕方次第 というコトになります。


達人のココから盗め_Moment(3)達人のココから盗め_Moment(4)







さあ ここからが 知恵の使いどころ になるのですが、
だから と言って
 腕でグリップを、クラブを縦 に振ろうとすれば
 腕の付け根は その時間の間に 回転の横移動で
 水平に進行して行ってしまいますから、
 結果、ロフトは立たず、フェースの開き になってしまいます。

過去の多くの 寿命の長いプロ のスイングを見ると
 からだの回転
これは主に 横方向の動作ですが、
そのからだの回転で 如何にグリップの上下を生むか
グリップの大きな横移動をせず、狭い幅の中で
 グリップの高さを変えているか
横運動を 縦運動にしている ように見えます。

腕を振る 訳ではないかも知れませんが、
からだに対し どう腕を振るか
からだの回転で どう腕を振るか が
腕と体、クラブと体の融合のヒントになると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブは非常に偏重(偏った重さのかかり方)
それも
●クラブ全体の端(グリップ)と端(ヘッド)の重さの偏重
●ヘッドの重さは/右打 に偏重

しているため
 スクエアの状態から
フェースを閉じる方 自分から見てヘッドを反時計回り
フェースを開く方 自分から見てヘッドを時計回り
 では 労力、必要なチカラが違います。
445

その偏重性から 開く方は簡単ですが、
閉じる方はより多くの労力が必要
スイングの回転 テークアウェイは時計回り
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)打つ方には反時計周りも 加わるので
開く方はきっかけを与える、
ホールドしているクラブを開放すれば自動的に開きますが
閉じる方は 常時、閉じる作業が必要です。
動作、移動の加速性も加わるので 途中で辞めれば
 また開き直してしまいます。


アドレス時には閉じても、開いてもいない ものを開き
ダウンスイングと言う反時計回りの動作の中で
棒の先端に位置するヘッドも反時計回りに回転させる
 というのは 物理的に大変困難で
それ自身の成功も難しいのに、
更にそれに それが同じロフトや向きにインパクトを…
となれば 奇跡のようなタイミングが必要となります。
 
始めから 閉じても開いてもいない のですから
そのまま使えばよい訳です。

スイングの円弧を
クラブ自身を動かさず 自分が向きをかえれば
ヘッドは閉じも、開きもしませんが
自分は正面を向いたまま、クラブで円弧を書けば
両手で握っている構造上、クラブは必ずシャフトの軸回転
ヘッドは回転してしまいます。
2020-10-19_21-38-40_Moment(3)2020-10-19_21-38-40_Moment445TL-6_00











本来の からだの向きで円弧を描く、
クラブは動かさず 自分が動いて円弧を書けば
閉じても、開いてもいないヘッドは
その重さ(運動も加わった)により 回転に遅れ始め
 遅れ → ロフトの立ちに変えるコト も可能ですが、
開いてしまったフェースは その偏重性から
 遅れれば遅れるほど フェース、ロフトは開きます

これ以上 飛ばしたくない
飛ばしを少し犠牲にして 安定性を
と言う方が わざと開くのは理解出来るのですが、
5ヤードでも距離を伸ばしたい と思っているゴルファーが
ロフトを開く → 距離をロスする
その要因になるモノを 一つでも入れるのは
 得策では無いと思います。

ゴルフクラブの構造上、
☑閉じているモノを 開いて使う のは
 ある種、手を抜けば 簡単に出来ますが、
☑開いているモノを 閉じて使うのは
 労力も必要な上に、厳密性も必要で 再現性は下がります。 
より飛ばなくなる要因、安定しなくなる要因 に加え
 元々 物理的な法則に逆らうので
 その無理は体に生じます。
そういうことを踏まえた上で やるのは
 もう好みの問題でしかないので、是非はありません。

2020-10-19_21-38-40_Moment(6)


開いたものを閉じて使う と言う作業 ソノモノを無くす方が
上手に開いて閉じて打つ よりも「技術的」に簡単、
ミスの頻度を減らせる可能性上がると思いません??


クラブ自身を回転させる
ヘッドを回転させる
には からだの回転の減速か、停止、
体の部位で言うと 左サイドか、左グリップの減速、停止が
必要です。
☑断続的にからだの向きを変える方が速度があげられるか、
☑からだの回転は止め、
 クラブを、ヘッドを回転させる方が速度が上がるか


そして それを厳密的に言えば
 からだの向きを変える筋肉や関節などの部位
クラブやヘッドを回転させる為に使う筋肉や関節などの部位
どちらが 18Hを通して 同じように繰り返しても
 疲労やメンタルの影響を受けにくいか も考えるべきです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


初めてゴルフクラブを握る人 を除き
一度 ゴルフショットを覚えてしまった人が
「正しいロフトの造り方」 〜つかまえの作法
を習得するのに 技術的に一番難しいトコロ は
 間違いなく
『ゴルフクラブ自身を動かさない』
『ゴルフクラブ自身を振らない』 コトが出来ない、
それで ボールを飛ばすことが出来ることが信じられないコト
だと思います。

わざと 技術的に、と言う言葉を使いましたが、
新たな技術を習得 と言われれば
今まで出来なかった、知らなかった 作法 を 新たに加える
と思いがち です。

そこに
『ゴルフクラブを動かさない』
『ゴルフクラブを振らない』
という、既存でやっていたコト、
今までのゴルフショットにおいて
肝心かなめ の部分をしない、削除して。。。で
「どうやって打つの?」
「どうやって飛ばすの?」
というコトになり、ソコの半信半疑のループから抜け出せない
がとても多いパターンです。


video_Moment2video_Momentvideo_Moment1video_Moment3







ですので ソコは

理屈、メカニズム の面で
「正しい(インパクト)ロフトの造り方 」
頭と体の一致が必要になります。
👉ロフトのメカニズムを頭で理解するコトがポイント というコトです。


多くのゴルファー(プロも含めて、ですが)
ゴルフ雑誌やレッスン書などは
フェースの右向き左向き、アウトサイドインやインサイドアウト
など 横横の動き に 毒されています。
ロフトの造り方も含め、どの入射角度で入れるのか、
どうヘッドは上下に高さを変化するのか、させるのか
と言う 縦縦の動き は 正直、空白の状態です。

ヘッドで言えば
ロフトの造り方 と フェースの向け方 は
つながっているので どっちが一方だけ とはいきませんが、
フェースの多少の右向きや左向き、
正規な意味でのインアウトの軌道 は
遠くに飛ばす
安定して飛ばす
には 大きな意味をもちません。
飛ばすコトと安定させることを兼務するには
どういう軌道を作るか、どう入れるか より
軌道も姿勢も変化なく、変化少なく、
どんな軌道であっても似たような、同じ軌道、
 同じ姿勢で入れるコトを考えるべきです。

(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)








見た目のからだの動き を主にスイングを変えようとすると
それはやり直しの効く『練習場専用』のスイングになるだけで
「ロフトの造り方」を理解しているか、いないか が
実戦で役立つ 唯一の『飛ばし方、そして再現性』だと思います。

そして。。。それが
打撃部分で、重量物、棒の先にあるヘッドを動かさない
ヘッドの重さに構わない なのですから
心情的により難しい のだと思います。


安定して ロフトを立てる〜正規のロフトで打つ は
クラブを動かすのではなく
クラブを持った自分が動く のです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブに教わる のが早いのは確か、ですが
基礎知識として、あくまでも イメージ として
どう しなると有効なのか
どう しなると良くないのか

たとえ (推奨しませんが) しならせて しなり戻して打つ 
 にしても、有効なしならせ方をしておかないと
クラブ、ヘッドやシャフトは機能しません。




▲良くあるパターンは。。。。。。

ph01_15ボールとヘッド、
ボールとフェースの関係は
こういう関係です。
おそらく ゴルファーの大半、ほとんどの人は
横ビンタを食らわせるように
しならせ、しなり戻して叩く と思っていますが、
 シャフトは「意図的に」しならせるモノ
 と思っているフシがありますね。


その一方で
テークアウェイやトップ、ダウンスイングでは
シャフトをトゥ〜ヒール方向(→コッキング方向)
しならせてしまっています。

2020-11-26_20-10-22_Moment(3)2020-11-26_20-10-22_Moment(4)









シャフトはトゥ〜ヒール方向、
この方向にしならせると 
例え からだの回転やグリップを止めて
シャフトをしなり戻したとしても
フェースが閉じる方や フェースがボールの方(下)を向く
方向にはしなり戻らず
重心位置をより下に潜り込ませるような
 しなり戻り方をします。
✋このシャフトのしなり戻りではフェースは閉じません

ですので 推奨はしませんが、
シャフトをしならせ〜しなり戻して打つ と考えていても
トゥ~ヒール方向にしならせたのでは
その しなり&しなりもどし の動き(クラブやシャフト)が
打撃には至りません。
✋この ライ方向のしなり〜しなりもどし だけで
 打撃を迎えると ボールの底をフェースでこする だけ
 になってしまいます。

⇒そののち、その行為の後 捻じれたシャフトを捻じり戻す
クラブ自体を回転させる 別な動き が 打撃には必要になります

445


推奨はしませんが、例え シャフトをしならせ、しなり戻して打つ
シャフトを使って ヘッドで弾いてボールを打つ にしても
クラブであれば フェース〜バックフェース(ロフト方向)に
しならせないと その運動が打撃につながりません。

2020-11-26_20-10-22_Moment2020-11-26_20-10-22_Moment(2)









そして この二つ
 トゥ~ヒール方向(ライ方向)
 フェース〜バックフェース(ロフト方向)
   アイアンで言えば フェース〜キャビティ方向でしょうか
の しならせ方 の大きな違いは
 ライ方向は グリップに対し、ヘッドを上下に動かす
 つまり シャフトをしならせようとする意志が働くか
 ロフト方向の動きは グリップ自体の高さは変えても
 グリップとヘッドの相対関係は殆ど変えず、
 シャフトをしならせようとはしません。
 単に自然な遅れ が しなり になるだけで
 その遅れのまま 打撃を迎えるのが基本です。

シャフトは 先端にある重さ(へっど)のせいで
しなりますが、意図的にしならせて使うのは
 機能として良いアイディアではありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


練習場などで 個々の方が
簡易式、ハンディ弾道計測機 などを使って
スピンを測ったり、ヘッドスピードを測ったりと…
それはそれで楽しいと思いますが、
その中で気になるのが
 一般的に 
『ミート率』 と呼ばれている項目です。
BAUoIFgCcAA1GTf

その言葉が正しいのか、正しくないのか は
本当に微妙な感じで。。。
  🔴
少し 注意が必要な項目 と言えます。🔴


その数値は
分母が ヘッドスピード
分子が ボールスピード で数値化されます。
例で言うと
☑ボールスピード55ms / ヘッドスピード40ms 
  ⇒ 1.375 

☑ボールスピード60ms / ヘッドスピード42ms
  ⇒ 1.428

 と言う数値で表示されます。


主にドライバーショットで意識されますが、
 一般的には そのミート率 と名付けられた数値 は
 ⇒1.500 に近い数値か、それ以上が望ましい と
言われていますが、正直、なんとも言えません( ;∀;) 



ボールスピードはロフトと密接な関係にあり
ドライバーから順に ウッド、ユーティリティ、アイアン
ウエッジと打って行けば 同じ人が打っていても
その数値は どんどん下がってきます。
ドライバーで 1.4を超えていた としても
ウエッジまで行けば 1.0 を下回る数値が出たりします。
かと言って 本当の意味でのミート率が 変わった訳ではありません✋

ドライバーにおいては、飛距離や弾道を無視するのなら
ロフト0度やマイナスのロフトで打てば
 その数値は 高くなり、数値として
 おそらく 1.60を超えるでしょう。

002


ロフトを開かないで
そのゴルフクラブの『ロフト通り』に打つ
 と言う意味では
ミート率と言う言葉は間違ってはいませんが
漠然と 良い当たりかどうか を表す数値であるか、どうか は
本当に微妙です。

例えば…です、
ヘッドスピード 35ms 40ms 45ms
 の似たような技量の3人がいたとします。

45msの人は 一番立ったロフト、
 例えば 9度のドライバーが使える可能性が高い です。
35msの人は 一番寝た、大きなロフト
 例えば 11度のドライバーになる可能性が高いでしょう。
そうなると ミート率は 一番立ったロフト を使える人が
一番高くなる可能性
引いては 速いヘッドスピードの人が高くなる可能性があります。

本当のミート率という意味合いでは
 ロフトを寝かさず そのロフトなりに打つコト
 自分のヘッドスピードなりに 安定して打つコト
 自分のヘッドスピードに適したロフトを使うコト

の方が ミート率の語彙は相応しい と思うのですが、
正しい意味合いを理解していない状態で
単に数値として ミート率を追いかけると
 無理に立ったロフトのクラブを 開いて使う
と言う方に誘導されがちです。

ヘッドスピード 35msの人が
無理やり 9度のロフトのドライバーを使うことが
良いことがどうか。。。。。。
数値は高くならないけれど 11度のドライバーを
 ちゃんと そのロフトなりに打つコトが良いのか、
本来は上がらず、失速しがちな 9度のドライバーを
 無理やり 開いて打つコトを覚える のが良いのか…

後々の弊害、
地面からボールを打つウッドやアイアン、
アプローチなどにショット全般に多大な影響を与えるでしょう。
✊日本のゴルファーは 数値 好きですから
「ミート率」と呼ばれる その数値が
自分のやっていることを間違った形で
  裏付けてしまう可能性があります。
445TL-2

そう考えると この数値を一概に 『ミート率』
 と呼んでしまうには 問題があるような気がします。


昨今は カチャカチャ装備 のドライバーが多く
⇒ネック調整で ロフト角度やフェースアングル をいじれる
それと 簡易計測器 を組み合わせた場合、
ロフトを開いて こすって打つ 設定
ロフトを開いて こすって打たないと上がらないロフト設定
に辿り着いてしまう匂いがプンプンします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 " この道に進んでからTVのゴルフ中継を全く見なくなりましたが、
秋のオーガスタに惹かれて久しぶりにマスターズを見ました。

出場選手のショットのイメージが、
上から被せたフェースが、
体の回転によって遅れながら立ち上がっていく過程で
球をとらえているように(地中に打とうとしているように)見えます。
手を返してる選手などいないことがわかります。
前に店長から映像の見たいところだけ見ようとすると言われましたが、
見え方が以前と違っています。"



コメントに頂いた通り、
距離とスコアの両立が必要なプロ
そして 何年も、十何年も続けなければいけない職業ゴルファー で
アマチュアによく見られる
地面に置いてあるボールをこそぎとるような
(フェース面を常時、円の中心、自分の方に向ける)
前に飛ばすのではなく、ボールを浮かせることに注力
したような打ち方をする人は 殆どいません。
大森2019_Slomo_Moment大森2019_Slomo_Moment(2)








ただ アプローチなど、一部特殊な弾道などが必要な場合、
そういう フェース使い、クラブ使い をするケースもあります。
しかし なんと呼べば良いのか分かりませんが、
仮の このヘッドファースト、フェースを中に向けるアプローチは
成功率の低さ に加え、
距離のロスが非常に激しく、距離感が掴みにくいコトから
振り幅や振り速度、振る大きさと距離が噛み合い難く
試合の中で イチかバチか の挑戦になりますし、
多くの場合は 上手く当たっても かなりショートします。
ボールを拾うボールを拾う 正誤表








蛇足ではありますが、
フェースを中に向けるような
ヘッドファースト、ボールをこそぎ取るような打ち方 は
当然、インパクトロフトが増えます。
イコール バンス角度 も増える訳です。
また ヘッドファースト にしますから
体も右に残り 上を向くコトになるでしょうから、
ボールを打つ前に クラブが地面に尻もち する可能性が高い。
速い速度で振れば 少々ダふっても なんとかなりますが、
アプローチなどの 距離調整、速度調整が必要な場合、
とても困るコト になる訳です。
速く振らないと 地面につっかかる、
そこで よりロフトを寝かし、距離を高さに変え
なんとかする訳ですが、距離を高さやスピンに変える というのは
ほんのちょっと 0.何ミリ 0.0何秒のズレで
その配分は大きく変わってしまいますので
いつまで経っても 距離感が掴めない というコトに陥る訳です。


それを フルショットに採用しているのです…。
(つかまった球 VS こすった球_Moment(つかまった球 VS こすった球_Moment(2)





マスターズに出ているような選手に比べると
年齢も親子ほど離れている アマチュアゴルファー は
女性なども含め 体力も無く、練習量も少ない …
にもかかわらず ヘッドスピードが無いですから
ボールを上げるコト に苦労する
地面にあるボールを浮かせるコト に苦労する
痛し痒し…ですが、そこから始まるんだと思います。

ネットの中のアマチュアのアプローチ 投稿動画 などを見ると
「悩んでます‥」
と言う方の多くが その フェース面の使い方、
ボールを浮かせようとする、ボールを拾おうとする、 です。
(こする つかまえる)_Moment(2)(こする つかまえる)_Moment(3)







昔から
「ボールはクラブが上げる」
「自分でボールを上げるな」と言われますが、
ボールが上げにくい が故に
クラブにはロフト角度があり、
それが故に 棒の延長線上に打点がなく
重心距離というオフセットがあるのです。

ボールをしゃくる、フェースを円の中心、自分の方に向ける
フェースの使い方では ロフトを自分で作ってしまうので
角度の違う番手が有る必要が無くなってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


×腕で振る
×手を返す 
×肩の周りがからだの回転

で行っていた方が
『リアル からだの回転』
に移行するのに ちょっと頭の整理 が必要です。


足さばき を使って
 骨盤ごと 胴体の向きを変える のです。

それは もう アドレスからテークアウェイの初期段階
から 発生します。

無理な胴体のひねり、
腰はボールに向けて置いて 肩だけ回す…
エクソシスト(古い…)じゃないんですから
端からその無理な動作 は
リキミ行為ソノモノですし、
仕方ないですが、リズムも速くなります。

AZEJ5123_Moment


じゃあ なぜ そうするのか❓

 って 答えは簡単ですよね。

からだをゴム のように捩じらせて
そのねじり戻しで ボールを飛ばす
って 根本的な打撃概念、イメージがあるから です。


で ゴムだとしましょう。
ゴムって 捻じれると 短くなりません?
んで 元に戻ると 元の長さになりますよね。
 短くなって 元に戻る(長くなる)んですよね。
✋インパクトの伸び上がり って それソノモノ じゃぁありません❔

51yc2qL+ZTL__SY355_ゴムだとしましょう。
捻じると 全体が捩じれますよね?
固定されている、に近い部分は 足の裏、靴 です。
そのねじれ を開放したら、
 どこから 戻るんですか❓
からだで言うと 肩周り です❓

固定されている部分に近いトコロ から 戻るんですよね❓
    小学生でも答えられそうですね。。。

で、腰はボールに向いたまま・・・ な訳ないでしょう。
壊れてしまいますよ、からだ。

からだは開いて、左サイドがあがり、右サイドが下がり、
右サイドとボールの距離は アドレスより近づきます。
ロフトが閉じている、からだが下を向いている、
フェースが開いていない で インパクトを迎えられそう です❓
土台、ロフトが閉じている、からだが下を向いている
フェースが開いていない時間、そのものが無いんじゃないですか❓


捻じって 捻じり戻す
その勢いでボールを遠くに飛ばす・・・
その気持ちは痛い程判ります、判りますが、
それが 開いたロフト、開いたフェース
アドレス時の構え(関係)とは 全く違うボールとの相関関係で
ミスなく 遠くに飛ぶ 打撃概念 とはとても思えません、
 からだを傷めようとする行為 をしてまでも。


言葉 では ダウンスイング と呼んでいますが、
からだは開き、自分自身は上を向いている のに
下に振るって とっても効率良さそうですよねー。
それって 実際、下に振ってるの? 上に振ってるの?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


『スラ〜〜イス』
ゴルフを始めたばかりの人や
伸び盛りの人にとっては かなり重大な問題、
多くのゴルファーを長年苦しめる 忌まわしき弾道…

克服したい大きな課題…になりますね。

ゴルフクラブは構造的には…「普通」に使うと
 ボールに左回転が入るよう出来ています。 
ですので 少々、シビアな言い方 をすると
右回転の入った弾道・ボールが
 イコール スライス ではなく、
多くの右曲がりの弾道は、打ち損ね、打ち損じ、当たり損ね
 であって、スライス にまで至っていないかも知れません。

まあ、それはさておき…

スライス があまり好まれない、
忌み嫌われる理由は
 スライスは フェースの開き による右曲がり よりも
ゴルフクラブ(特にクラブヘッド)の構造上、
 ロフトの増え による 距離ロス 
 物理的には 打撃エネルギーがボール速度ではなく、
 回転や高さに逃げ…
 が付いて回ります。
ハンドターン

ですので、チカラの有る、元気のある若い人の場合、
 スライスが低い弾道で右に曲がることは少なく、
高い、前に伸びず 上、もしくは横に伸びるスライス で
飛距離が出ない という悩みに直面するのでしょう。

IMG_0549IMG_0548








スライス 右回転の入る弾道は
☑物理的には ヘッドの進行方向に対し
フェースが開いている、ロフトが開いているコトによって
発生します。
よく スライス = アウトサイドイン の信じている人、
オウムのように アドバイスとしてそれを繰り返す人、
がいますが インやアウト などの 軌道そのもの
人による軌道の違い と 右回転(スライス)/左回転(フック)
は ほぼ "全く関係ありません"。

☑インサイドアウト であろうが、アウトサイドイン であろうが
その進行しているヘッドの方向に対し
閉じていれば 左回転が入りますし、
開いていれば 右回転が入る『だけ』です。

 正しくインから入れてくるのなら
 飛球線に対して かなりフェースが開いていても
 右に飛び出た 左回転の球 になるだけ です。
 逆に 手で開いて上げる人が
 形式上のインサイド、
 まるで他人に見せるため、だけのインサイド
 では よりフェースやロフトが開くので
 相当 激しいフェースターンが必要になります。


ですので オウムのようなアドバイスを信じて
ヘッドの姿勢を変えずに
アウトサイドイン を インサイドアウト にしても
右回転は全く変わらず、
からだの回転と関係なく、無理に軌道だけを
インサイドに変える というのは クラブを寝かす
→よりロフトを開く、よりフェースを右に向ける(右打ち)
になりますので、より強い右回転が入る可能性も否めません。
93564c62-s

次に 
軌道に対し、フェースの向きが開いている(右打ちの蕁
から というのは確かにそうですが、
それを ヘッドのターン…手の返しで
フェースの向きを閉じれば…
 と 考えがち…なのですが、
ゴルフクラブのイジワルな構造(本当は便利な構造) は
ヘッドを返せば返すほど、
右回転/左回転 の 基準になる軌道が
 内に切り込むが故に より一層の
閉じ
が必要になります。


スライスを防ぐために フェースの閉じ を積極的に行い
スライスと反対の フックボール
 巷ではドローボール と呼ばれる
「上手く見える」弾道を
 願望しているゴルファーが非常に多いと思うのですが…
スライスが出るかも…と言う前提の上での
フックボールは アドレスの向き、狙いドコロ、距離感、
ランの出具合 があまりにも違い過ぎます。
ガラガラポン で出る球が良い当たりだったのに
狙いが全然違うが為にOB というのは勿体ない です。

手の返しによる フェースの閉じ は
ラウンドの疲労 に 大きく左右されます。


その打撃方法は同じく アプローチにも反映されます。
アプローチはスピードで解決し難いので
 ガラガラポンで出るミスはフルショットよりも
 はっきりと出ます!


IMG_0607IMG_0610







また、ショットの場合 フェースの向きや弾道のミス
は ショットの方向や曲がり の繋がりますが、
ロフトの開き の場合、距離や方向だけでなく、
バンスの張り、リーディングエッジの出
ヘッドの縦軌道、横軌道の最下点、最ふくらみ点のズレ 
など
『より手痛いミス』につながり易くなります。

wedge-bounce




☆☆☆どうせ スライスを撲滅したい と 考えるのなら
こう考えてみては如何でしょう
 ☆☆☆

アドレス時、特別な場合を除いて
 フェースやロフトを開いて構えるコトはありません。
まして ドライバーではほとんど皆無です。

にもかかわらず どこかで『
開く』『開いてしまう』から
閉じる必要性」が生まれるのです。

アドレスで開いていないモノを 開いてしまう
 と言う箇所は 修正も容易で、動作で管理しきれます。

一方、閉じる行為の箇所はスイング動作の中では
 一番高速な 動作把握、姿勢把握の最も し難い時期
 に当たります。
見方によっては 問題を先送りし、より難易度を上げている
とも言えます。

閉じる必要性の生まれない スライス防止 の方が
 いろいろと確率が高く、再現性が高くなるのでは ないでしょうか❓

✋それによって アプローチショットの向上も望めます。





それと もう一つ
 スライスの「本当の問題」は
 
フェースの開き、ではなく ロフトの開き です。
(飛距離ロスと右回転に直接関係はありません)

→フックボールの方が 飛距離が出易いのは

 スライスのソレ と比べ ロフトが締まっているからのみ です。
(飛距離の伸びと 薛莢鹽召歪樟楷愀犬砲△蠅泙擦鵝

→ロフトの開き の問題を解決せず
 距離を延ばすのに ヘッドスピードに走る…と
 スピードは上がったのに 高さ や スピン ばかりが増え
 より曲がりが大きくなったり、大きなミスになったり…
 ヘッドスピード と 飛距離 のつながりが無くなってしまいます。



スライスの発生原因については

 先ほど書きましたが、
ヘッドの進行は 二次元の平面上を動く のではなく555
 立体に動く訳です。

トップ、や切り返しの箇所から

 インパクトに至るまで
ヘッドは 斜め下へと進行して行きます。

 ですので、水平軌道に対し、フェースを開かない
だけでなく、
 垂直とまでは言えませんが、縦方向の移動 に対しても
 フェース、この場合はロフトも開かない
 というのを 忘れては スライスの一番の問題は解決しません



多くのレッスンでは 横方向の開き ばかりを問題にしていますが
ゴルフショットの最大の魅力である 飛距離 に対して
ダイレクトに効くのは 縦方向のロフトの閉じ
(正確には開かない)です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


プロや誰かのスイングを見て
何かの参考にする際、誰もがそうですけれど
「自分の気にしている、見たい部分」に目が行きます。

ヒトは見たいモノを見てしまうモノ、なのでしょう。

それは仕方ありません。
この動画を見ても 刷毛塗(肘さばき〜腕さばき) で
ボールを打っているように見えてしまう…でしょう。
でも、実際には 刷毛塗は からだの回転を促したり、
その方向を定めるだけで 直接、右肘さばきではボールを打つ、
と言う感覚や意識は全くありません。
 
 …でも そこが見たいんですよね…。


ハミングバードの唱える「刷毛塗」という『腕使い』
これは 両方の肘を外目に逃がし、
クラブを角度運動させず、からだと垂直にスライドさせる
と言うモノですが、
この 基本概念 は あくまでも

✋✋✋からだの回転を促す、助けるモノ 方向を定めるモノ です 。


確かに パッティングストロークや小さなアプローチでは
この刷毛塗だけでボールを打つ〜小さく移動させるコト は
可能ですが、ある程度の強さでボールを打つ場合、
刷毛塗は からだの回転の補助であり
打撃の主エンジンは からだの向きの変更 という
足腰あたりの大きな筋肉を使う
 ゆったりした大きな動作
 です。

手で振っていた、ローテーションをしていた
悪く言えば、手でこねていた方の場合、
腕というか、肩周りに力感 が 打撃の感覚 というか
その力感が『強く打つ』『強く叩く』 筋肉記憶 のようなモノで
その 昔、付き合っていた 別れたのか曖昧な状態の彼女(彼氏)の
思い出 からなかなか離れてくれません。
大森2019_Slomo_Moment大森2019_Slomo_Moment(2)









インパクト、ボールさばきをする事を
刷毛塗主体で行ってしまうと
腰は横(水平)、肩は縦(垂直でないけど)
腰回りを肩周りが別々な方向に動くコト になり
結果、別な形の手打ちになってしまうだけ です。

感覚を言葉で表現するのは難しいですが、
例えば 右を向いて〜左に向きを変える と言う動作 に対し
刷毛塗も 同時進行というか
どこかで それを強調して行うのではなく
右向き(スタートー0) 左向き(フィニッシュ-100)
の進行と同じ割合で 動作を強調せず、全般に渡って薄めた動作
で行っていく必要があります。

おそらく…なのですが、
俗に言う……からだの回転で打つ 方が 難しく、
本格的で、アスリートチック と思っている人が多いと思うのですが
手で振る、フェースターン、ヘッドターン、手でこねる で
ボールを 『遠くに、確率性/再現性高く』打つ方
 が遥かに難しく、
要らない技術と言うのを除けば 圧倒的に高度な技術 です。

コメントの中で
腕にもエンジンが必要なのか、とありましたが、
今まで からだ・胴体・骨盤・腰 に対して
フェースターンをするために遅らせて 肩周りの力感を出していた人
にとって、先に腕を送れ、は
その感覚を相殺する為のモノで、
遅らせているのが当たり前 だったのを
先に動かす「位」でないと 同期しない(肩と腰が一つで動かない)
という意味合いですが…。
腕や肩を全く(自分の意志で)動かさない とは言いませんが、
それは 足腰を使った 骨盤〜胴体〜からだ の移動なり に
同期させるため のモノであって
どこかで 腕だけを強く使う とか、
自分では体だと信じている 「肩回り」を強く動かす というのは
元来、スイング動作の中には存在しません。

からだの向きの変更に 「同期させる為」「遅れさせない為」
腕や肩も稼働させてはいますが、
慣れてくれば それは からだ の動作と一体なので
特に意識は必要が無くなります。

ヘッド遅れ〜グリップ遅れさせず_Moment


動画を見ていて 感じる のですが、
刷毛塗の感覚 クラブを体に対し、出来るだけ垂直に
クラブに角度運動をさせず スライドさせて使おう 
 とする意識は見て取れるのですが、
足による骨盤・お尻の向きの変更、
それが その後の肩をまわす、腕を使う、刷毛塗する為の
場所や位置の確保になっており、二重に回転があります。
これでは 今までと違う形の手打ちになってしまうだけです

トップの位置から グリップは
体の中(体の左サイド)に、
ボールの方に出してはイケマセン。
ボールの方にグリップを出すのは
からだの向きの変更の仕事 なので
似ていますが そこには注意が必要です。



腕は使わない は理解できても、
やはり 🔴足を使った骨盤の動作(向きの変更)と
肩周りの向きの変更が 別なモノ 別なタイミング、
🔴からだの向きは ボールを打つための準備 に過ぎず
ボールを打つのは 肩の回転、
従来の「当たり前」の発想から抜けられないと
からだの向きの変更で直にクラブを移動させ ボールを打つ
と言う言葉ですら 意味を成しません。


手打ち は出来るだけ避けたい
で思っていても からだの回転が肩の回転
足腰の動きと肩が 別な時期に動く となると
結果、手打ちをするコトになってしまいます。

キーポイントはそこらへん なのだと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



昨日の記事の続き、流れ なのですが……
http://hbs.livedoor.blog/archives/2001632.html



人によって ではありますが、
インパクト以降、フォローの取り方 も
手打ち、フェースローテーションの原因、
からだの向きの変更で打つコトの出来ない原因、
ボールを上から抑えられない原因に成り得る
 と思います。
(こすり球克服ドリル_Moment(こすり球克服ドリル_Moment(4)










インパクト以降、
実際には 動作は減速に入ります.
その結果として
ヘッドには運動の慣性が残っていますから
見た目、グリップを追い越す ような形 となりますが、
(自然に追い越してしまうのは放っておいて良い…ですが)
意識としては
グリップの方が高く、ヘッドの方が低い、
からだの回転でグリップの高さは増して行きますが、
インパクト地点にヘッドは置いてくる〜
ヘッドにかまう必要はありません。
◉グリップエンドはずっと 上向きのまま終わる
 と言う感じです。
 慣性の残っているヘッドに
 追いつかれないよう からだの回転でグリップを
 動かし続ける方が 安定性もあがりますし、
 結果として ヘッドスピードを上げる最大の方法となります。


多くのゴルファーのスイング、
特に 素振りなどを見ていると
インパクト以降で振っている ように見えるのです。



この動画 (⇑) はちょっとオーバーではありますが、
ヘッド単体を動かさない
その代わり、体の左向きでグリップの移動を意識する
素振りを強調しています。



◉ヘッドスピード・・と言う言葉がある通り、
ヘッドを速く、もしくは大きく動かすコトは大切なポイントですが、
それは グリップを移動させるコトで実行する必要 があります。
グリップを止めて ヘッドを動かすコトは
スピードは上がったとしても
 ロフトを増やす行為 や ヘッドの上下移動を激しくするコトになり
スピードは上がっても それが距離につながらない や
スピードを上げたせいで ミスショットになってしまう可能性を上げてしまいます。

ヘッドスピード…は からだの向きの変更速度 で上げるべき で
ヘッド単体で上げようとすると からだを止めねばならず
それはイコール 手打ちへの道 になってしまいます。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 "逮捕する"
ゴルフ業界での 『ぼーるをつかまえる』 の隠語ですね。


まあ… 要は『ロフトを立てればいいんです』…
このロフトを立てる を ちゃんと理解するトコロから
始めてみましょう。

良く思われている
 ロフトを立てる → ハンドファースト
は 半分合っていて、半分間違っています。
誤解を生み易い です。

このロフトを立てる、 形でなく効能としての「ロフトを立てる」 は
分解写真〜静止写真 ではなく、 連続写真〜動画 の考えが必要です。
ヘッドには ボールに対して、入ってくる方向〜角度 があります。
この場合は アウトサイドインとか、インサイドアウトとかの左右、ではなく
上下の角度 です。
IMG_0607

◯ドライバーはクラブの中では一番長いので
 その入ってくる角度(入射角度)は緩くなり、
傍目からは 掃(はら)って打っているように見えます。
◯ウエッヂはクラブの中では一番短いので
 その入ってくる角度(入射角度)はキツクなり
傍目からは 上から潰すように、よく言う「ダウンブロー」に見えますが
両者は 長さ による 円弧の大きさの違い なだけで
特別な差はありません。 技術的にやるコト ではなく
同じコトをクラブを替えるだけで行える というコトです。

厳密には クラブの長さ…というよりも
それによって 構え、前傾姿勢が違うコトとクラブの長さの複合 によって
その入射角度の差は生まれます。



ゴルフクラブは 正しく扱う前提で
上から入ってくる分 シャフトは前(飛球線方向)に傾きます。
例えば ロフト角度30度6番アイアン で
シャフトが ハンドファースト状態、
 前に10度シャフトが傾いていると
当然、地面に対してのロフトは 20度 ですが、
入ってくる軌道に対しては オリジナルの 30度 の状態です。
これが 基本となる 「ロフトの立った状態」 です。
そこからは 個人差があり、ややキツイ入射 で立った人もいれば
やや緩めの入射で ロフトの立ちもその分、緩やかな人もいます。

ココの理解が難しいのかも知れません。
【分からないコトが分らない/分かり難い のです】
e00bf7e6002





スイングは原則、からだの向きの変更 で行われ、
それには 前傾姿勢と言う条件が付帯します。

→からだの向きを変えるコトでショットする と
クラブ、ヘッドの描く円弧は その前傾姿勢分に相応し、傾いています。
と いうコトですから それで ヘッドは上から入射してくるわけです。


→ヘッドに適切(以上)な重さがあり、
シャフトに適切(以上)な柔らかさ があれば
ヘッドはそれに対し 遅れますので
放っておいても 入射は取れ、ロフトは立ちます。
重いヘッドほど、柔らかいシャフトほど
より入射をキツクし、
より見かけ上のロフトを立てることが可能ですが、
そこらへんは お好み次第 です。

「上からボールを潰す」
「ヘッドを上から入れる」

 を勘違いし
てさばきで ヘッドを、シャフトを、クラブを 下に振ってしまうと
その遅れは 無くなってしまいます。
手で円弧を作ってしまうコト によって
そのクラブの長さなり、長さに対する構えなりの入射ではなくなり
入射角度、上からヘッドが入ってくるコトを無くす動き です。
左グリップを支点に シャフトを振る、クラブを振る、ヘッドを返す
動きは フェースが上からボールを見て入ってくる動きを
横から、もしくは 下から に変えてしまう動き です。
からだの回転の移動 だけで 移動するヘッド に比べ
手先のリリースは ある段階までは ロフトを増やす動き です。
これは悪い意味のボールを上げる〜すくう動きになり
昔から ボールは手で上げるな、クラブに任せろ と言う言葉が有るのです。
IMG_0665

グリップをヘッドが追い越すと
ヘッドは左を向き始めますので
ロフト自体は立つ・・・と言うより 数値として少なくなりますが、
その度合いを比例して、からだは左向き、上向き
ヘッドも上に動き始めますから
少なくなったロフトを 左足上がりで打つ状態に近づき
 オリジナルの
「上から入ってきた分 フェースは下を向く(ロフトが立つ)」とは
全く別物になってしまいます。


ボールを逮捕するコト を実践するのは 実は簡単です。
精神的に? か、従来の自分のゴルフ理論から逸脱? 脱却し
ヘッドにかまわず、放置して置けば良いのです。
どの道 ヘッドはシャフトでグリップとつながっています から
重さ分を差し置いても
 グリップが動かした量、動かした方向に移動します。

鍵になるのは 
精神的にかどうかは分かりませんが、
 従来の自分のゴルフセオリーを捨てられるか、どうか
要は脳内革命を起こせるか、次第 です。
 技術的にも、肉体的にも作業は圧倒的に減ります。無くなります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチの練習には
スイング、ショットを改善するたくさんの要素が入っています。

まずは こちらをご覧ください
Desktop 2020.08.17 - 13.20.59.01_Moment

このデータは 使用クラブ 56度のサンドウエッジ で
 ほぼ真っ平なグリーンに向かって
30ヤード前後のアプローチをした際のモノです。

全体としては悪い結果ではないのですが、
見ての通り バックスピン/トータルスピン には
かなりの幅があります。
スピンで言うと 最大のモノ と 最小のモノ では
30%近くもの差が生まれます。

➀スピン最大のモノは 約4000回転
最高到達点(高さ)は 3ヤード
キャリーボール 21ヤード  ラン 12ヤード
➁スピン最小のモノは 2850回転
最高到達点(高さ)は 5ヤード
キャリーボール 24ヤード  ラン 6ヤード です。



アプローチの場合、
ボールが着弾する時の角度、弾着角度
弾着面の傾斜
ボールのスピード、ボールの回転数
それらの複合要素によって 止まり易い、止まり難い
が決まるので 一概にスピン量 どうのこうのではありません。
今回はその話し ではなく
これを基本に ショットを考えた時、です。

アバウト(ちょっとオーバーですが)ではありますが
➀のショットと➁のショットは こんな飛びざま になります。
iron-shot-green

同じクラブを使って
同じような感じ、同じようなヘッドスピードで打った場合
アプローチの時とは異なり、
➀のショット(赤線)の方が キャリーが多くなり
 弾着角度が急になるので 止まり易くなります。
 →最高到達点(一番高くなるところ)が弾着点に近い
➁のショット(黄線)の方が キャリーが少なくなり
 弾着角度が緩くなるので 止まり難くなります。
 →最高到達点が弾道の真ん中位になる

フルショットの場合 ボール速度があるので
スピンの多いものは 途中で浮力を得て
飛んでいる角度が上昇します。
 

アイアンで打った弾道とフェアウェイウッドで打った弾道
との違い に近いと考えて下さい。

例えば ユーティリティクラブ と フェアウェイウッド
同じロフト角度(例えば24度)だとしても
この違いはなにで生み出されるか というと
 入射してくる角度 が一番大きい です。

ロフト角度は製品の角度
その測定方法は シャフトに対して
フェース面がどの位 上を向いているか というコト ですが、
それが ボールの飛び方 にどう影響を与えるか は
ヘッドの入射してくる角度 によって 異なります。

IMG_0607

同じロフト角度 であっても
緩めな入射であれば 回転数は少なくなり、打ち出し角度は増えます。
同じロフトの UT と FW であれば FWに相当します。
きつめな入射であれば 回転数は多くなり、打ち出し角度は減ります。


その原理原則が 各番手の ロフトとクラブの長さ の関係
に相当します。

ボールを飛ばしたい …特にドライバー ですが
それを考える時、同時に
どうすると ボールを飛ばさないよう にするかではなく、
その同じ打撃方法・打ち方で制限した距離、抑えた距離を打つか
距離を管理(コントロール)するか
が ゴルフと言うゲーム性 には必要です。
距離を殺す のではなく 生かすのです

それが よりドライバーショットの距離向上につながります。





その一番の例が
56度のサンドウエッヂを長尺…例えば38インチにしたら
いったい どうなるのか?
 実際にやってみた人は少ないと思いますが、
35.5インチの筈のSW を 38インチ
2.5インチ長尺にすると ヘッドスピードは2m/s上がります。
しかし、距離は元々の長さのモノと殆ど変わらないか、
高さが増えるか、伸びても誤差範囲程度 です。

(つかまった球 VS こすった球_Moment(つかまった球 VS こすった球_Moment(2)





それは 入射角度が緩くなり、

よりインパクトロフトが増え、高さは取り易くなるが
ボール速度は上がらず、水平距離 には影響を与えない からです。
場合によっては より飛ばなくなる可能性すらあります。

本来、クラブの長さは ボールに対する
 ヘッドの進入角度、入射角度を決めるモノ ですが、
ヘッドを開き〜閉じたり するような打ち方では
 その入射角度は自在に変化してしまい、
クラブの長さ機能
(無意味化)を壊してしまいます。

トップやダフリのミス その頻度も
 長さの無意味化によって 発生する確率が増えます。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイングは
「飛ばすコト」と「飛ばさないコト」を両立させなくてはなりません




ご自分で試してみる、比較してみる と良いのですが、

.侫А璽垢魍き、閉じるコトでボールを打とうとする
▲蹈侫箸鯢せ 上から抑え込んでみる


△鉾罎戞↓,蚤任箸Δ箸垢襪
からだの周り 等の 自分の大きな動作 に加え
 どうしても インパクト付近で妙な加速 をしないと
ボールを打つコトが出来ません。

(こする つかまえる)_Moment(2)(こする つかまえる)_Moment(3)







テークアウェイで フェースを開く
ダウンスイングで フェースを閉じる は
8番アイアン位のロフト(35〜40度)のモノでも
簡単に サンドウエッジ以上のロフトになってしまいますから
インパクト付近で加速しないと
 開いたロフトによる バンス角度の増え、
 開いたロフトによる リーディングエッジの前出の増え

という 二つの障害が ボールをヒットさせません。

アプローチ…フルショットでない 距離の加減が必要なショット
にもかかわらず
 フルスピードには出来ない…けれど、
 インパクトの加速が必要になる
  という
ものすごく微妙なショットが要求される のです。





ある程度 ゴルフをされた方は分かると思いますが、
20~40ヤードほど ホンの目の前にあるような目標に対し、
フルショットではないけれど
その距離感に対し、妙なインパクト加速が有るショット…
しかも そのショットには 結構な緊張感 と
スコアに対する重要度 
が秘められています。

そして このショットには もう一つ致命的な欠陥 があり、
それは 持ってきたクラブ…アプローチですから
サンドウエッジとか、アプローチウエッジ、場合によってはロブウエッジ
だと思いますが、スイング中、ロフトを開いたり、閉じたり するので
打ってみないと 何度のロフト になるのか 正確に把握出来ず、
スピード加減が掴みきれない
 のです。


加減が必要だから… と ゆっくり振れば
ロフトが大きく開いて… ダフリ・・・トップ
の危険性が高く、かと言って 強く打てば
多くの場合、高く上がって
  強く打っているのに ショートしたりします。

それを 肘から先の 最も 筋肉の少ない、
…疲労に弱い箇所で行うのです。



スイングを造り始める時に
 フェースを開き、フェースを閉じる と言う形で
スイングを覚えると 空中に浮いたドライバーは
よほどの練習で…部活並みの練習で解決するか、
●方向や安定度をあきらめ 飛距離に特化するか、
●飛距離をあきらめ、方向と安定度を取るか、

で解決・・・この場合は妥協することになるでしょう。



そして・・・ 現場での練習が足りなくなりがちな
この 加減のいるショット(アプローチ)は
   ……何年…十何年…何十年…やっても
大きな進歩がない…のは
 物理的な、肉体的な無理 がある
    ことをトライしているからなのです。




Desktop 2020.09.03 - 15.33.57.01_Moment





初期に距離感を掴むのには それなりの反復練習が必要ですが…。

「ボールをフェースで地面に押さえ込む」つかまえを覚えれば
どのスピードであっても ロフト変化が非常に少なく、
そのスピードは 人間の「からだの向きを変える動作速度だけ」
と言う単純な仕組みにすれば、いったん覚えれば
普遍性のある、再現性の高いモノに出来る のです。

【つかまえの作法】_Moment

そして それが 『飛ばすコト』と『飛ばさないコト』の両立になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ