◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: 飛距離の探求

004

よく シャフトをしならせて しなり戻す
➡しなり戻す が クラブの動き と思っている人も多いが
それは打ち手が 
グリップの移動を
シャフトの反動に負けずに 止める
 という
クラブではなく 打ち手の動作 であり
クラブの運動とは異なる。

ゴルフクラブによる打ち手に対する作用はあるが、
ゴルフクラブを動かすのは
それを持った打ち手が動作して
「グリップを」移動させるから
結果、ゴルフクラブ、
ゴルフクラブヘッドが移動するのだ。
ゴルフクラブの、クラブヘッドの
最大の移動源、運動源は打ち手の体の回転である。
多少のひじなどの腕の作用による補助的な
移動・運動はあっても
少々 大袈裟には体の回転が
唯一の移動・運動源
なのだ。
考えてみれば 当たり前である。


実は結構大切な部分ではあるのだけれど
とても意識している人が少ないように思えるのは
ゴルフクラブの「グリップ」部はスイング中
逆方向への動きから正方向への動きに切り替わる
切り返しの箇所を除いて
スイングが終わるまで決して止まることはない
ということ。

そして グリップが止まるということは
体の回転も止まるということ。

最大のクラブの移動・運動源である
体の動きを止めてしまうことは
ボールを飛ばしたくない と宣言しているのと同じ。

ダウンスイングからフォロー
特にインパクト付近は
理想的には最大の移動スピードを確保したい!
そこを無理に加速する必要は
スイングに一切ないのだが
緩やかな加速の過程のなか
最大の移動スピードを確保したい箇所である。
にもかかわらず
多くのゴルファーは そこで
グリップの移動を止めてしまう。
体の回転を辞めてしまう。
006

厳密には クラブの移動は傾きはあるとは言っても
体の向きを変えるから 結果として円を描くとしても
あくまでも 水平方向への横移動である。
それを 縦方向〜上方向の動きに急激に変え
水平移動を止めてしまう例も少なくない。

そう 目の前のスイング意識としては
グリップを止めない
切り返し以外は グリップの移動を決して止めない
スイングを作らなくてはいけない。

決して突飛なことではなく
考えて見れば当たり前のことだけれど
意識している人は少ないだろう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ボールは打撃された時、その破壊力/打撃力は
音や温度などを除けば 単純に
 ✊速度
 ✊回転
 ✊方向
(主に打ちだし角度)
に分散します。
007

クラブの長さも含めた ロフト角度の効果は
その分散の割合を変化させるものです。
ロフトの効果、ロフト角度そのものが大きくなったり…
になれば その割合は 回転/方向に強くなり
ボールの移動速度は落ちます。

意外に勘違いされがちですが、
クラブが長くなって ヘッドスピードが上がった方が
創り出される 打撃力(破壊力)は劇的に増える 訳ではなく
クラブは長くなる程 破壊力の一部であるヘッド重量が
軽くなるため、一番長いドライバーも一番短いウエッヂも
その破壊力の差に長さ程、ヘッドスピード程の違いはありません。

もう一つ 勘違いされがちですが、
ゴルフクラブの長さは
ヘッドスピードを上げるため だけではなく
その使うロフトを活かすため という方が主眼で
その長さによって作り出される入射角度が重要です。

長さが長くなると 入射角度が緩くなり、
打ちだし角度を取り易く、その分回転量が減る
と考えて間違いないでしょう。
例えば ロフト20度位のものであれば
長いモノは 打ちだしが高く・スピンは少な目
短いモノは 打ちがしが低く・スピンは多め
といった感じです。




そこで ちょっと想像力を働かし
『ロフト1度と79度のクラブ』を考えてみましょう。
おそらく ここが飛ばない理由に結び付くでしょう。

ゴルフクラブの正しい使い方は…
別な言い方をすれば ロフトの正しい使い方は
ゴルフクラブを動かさず
ゴルフクラブを持った自分が動くこと です。
つまり どのタイミングであっても
 ロフト姿勢はいつも同じ ということになります。
スナップショット 3 (2017-06-28 19-07)スナップショット 6 (2017-06-28 19-07)






自分が移動してグリップが動く動かし方であれば
「ロフト1度のクラブ」は
入射角度マイナス一度の角度で飛び出ます。
長さにもよりますが、それはマイナス方向ですから
すぐに着弾し、一度分のスピン量が入っています。
スナップショット 2 (2013-03-29 22-26)

逆に グリップを支点にヘッドを振る ような
シャフトの『角-角度運動』をさせるような動かし方 では
この ロフト1度のクラブでも
緩い入射角度、場合によっては
ヘッドの上り傾向でインパクトしている可能性もあるので
正しく扱ったものに比べ、ボールは少し上がります。
しかし スピンはほぼゼロに近く
ぽっこんと飛び出て、ボールの推進力は上に逃げてますので
正しく扱ったものに比べると
転がりの量・移動の量そのものが少ないですね。
スナップショット 3 (2013-03-29 22-28)

ロフト79度のクラブの場合
正しく入れて来れば その長さによる
入射角度マイナス79度分の打ちだし角度・回転は
確保できます。
ヘッドを振っている角角度のものは
殆ど前に飛ばす、ほぼ真上上がります。
それに比べると 前に進むでしょうね。
ヘッドの厚み(板厚)が無ければ
くぐり抜け〜だるま落としも十分あり得ます。
ここで バンスの角度や幅などの
効果が発揮されたりもするんですが…。
IMG_0627
ヘッドを振る スイングで79度のロフトはまず使えません。
ロフトが65度を超えると打ちことはかなり難しいでしょう。
その手のスイングの持ち主がロブウエッヂを持っているのは
ブラックジョークかとおもってしまいます…。



本来、ゴルフクラブは
その長さによって入射角度と打ちだしの基本角度
そのロフト角度によってスピン量と打ちだし角度
が設定されている モノ なのですが、
自分で好き勝手に軌道を造るスイングでは
色々な打ちだし角度やスピン量が生まれてしまうばかりか
正しい距離を生み出すことも出来なくなってしまいます。


ここが 多くの人の悩む「飛ばない」理由なのでは
無いかと考えます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


飛ばす のにも からだの回転は重要になります。

からだの回転で 速く振る とか 強く振る と言う意味ではなく
手でクラブを動かしてしまうと、手でテークバックを取ってしまうと
右サイドも下がり、体も開き、ロフト自体も寝ます。
ボールを効率よく飛ばせない条件が多く集まります。

からだの向きでテークバックを取るよう心がけましょう。


‖里良位として 覚えていく方法としては
右ひじを外目に張り、肘と足の連動で
からだ、骨盤、秀二を右に向ける ことです。

多くの人は 左肩を入れるとか
左腕、左肩廻りばかりを意識してテークバックを始めますが、
左腕、左肩を使うと 早期に背中の筋膜が張り
元々手だけ、肩だけ、肩甲骨周りだけ でとっているテークバックの上に
更に 浅くなり、タイミングも早くなります。
スイングサンプル_Momentスイングサンプル_Moment(2)スイングサンプル_Moment(3)











上半身との連動は必要ですが、
 か ら だ の向きを変えるというのは
からだ、胴体、上半身 という 数十キロのモノの向きを変えるのですから
ある意味、大きな動作です。
その仕事は 脚、特に太ももまわり、お尻やひざなども含め脚の仕事です。

上半身との連動を考えるうえでも
肘と足の連携を意識しましょう。

素振りでの練習としては
クラブ、グリップではなく クラブの真ん中あたりを
右手一本で持ち、アドレス時の左手は
その場所に置き去りにして、放置して行います。
右ひじの動きと足の動作の連携、連動
左手を使ってテークバックを取らない というのを
練習してみましょう。
スナップショット 1 (2016-11-15 22-12)スナップショット 2 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)









⊆蟒腓箸靴導个┐詈法ですが、
手で上げるテークバックの場合、
本来、からだの回転によって クラブは横に移動するのですが
それを手で取ってしまい、テークバックの後半に
上げる行為を入れる例が多く見られます。

実際には体は回していませんが、 回って「から」上げる という手順です。
それを逆にします。

上げてから「回る」
スナップショット 1 (2015-04-02 2-01)スナップショット 2 (2015-04-02 2-01)スナップショット 3 (2015-04-02 2-01)










手でクラブをライ方向に立ち上げる というのは
最終的には ダメな行為 なのですが、
クラブを横に捻るよりは 格段にマシ です。

クラブを横に動かさない その習慣づけを
素振りで良いですから してみましょう。
上げるのも
クラブを横に一切動かさず、その場で真上に
自分の顔なり、右頬なりに向かって クラブを立ち上げ
その後に右を向く。

腕でクラブを横に動かさなければ
他の何かで 横に動かさなくてはならなくなります。
その習慣とつけなくてはイケマセン。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


多くのゴルファーが
スイングの最初の一歩
アドレスからクラブが50册阿(移動する)ところで
「飛ばすコト」「効率よく飛ばすコト」を放棄してしまっています。
    ……全員…と呼べるほど…です。

スイングサンプル_Momentスイングサンプル_Moment(2)スイングサンプル_Moment(3)










スイングは 傍から見ると
円弧を描きますが、
それは傾いた姿勢〜前傾姿勢(大たい骨と骨盤の角度差)
の打ち手が 体の向きを変える(回転) からです。

クラブ自体が動いているのではなく
クラブを握っている 打ち手が傾きのある向きの変更(回転)を
するから です。
ararara_MomentIMG_0302_Moment








その円弧を描くクラブを 体の向き ではなく
腕(肩周りを含め)で行ってしまえば
ロフトは開きますし、
ヘッドは大きく体より右に外れ、グリップも右に外れ ます。

からだを右に向けないので
傾きと回転の作用による
右を向いた時、右サイドが左サイドよりも高い 効果も生まれず、
からだの右に外れた クラブやグリップのお陰で
クラブの重さは重くなり、右が下がり易い状況はこの時点で生まれます。

ヘッド、グリップともに アドレス時 体の幅、体のセンター(やや左寄り)にあったものが
右にズレていますから もとに戻そうとすれば 時間を要します。
ロフトは目一杯開いているのですから もとに戻そうとすれば やはり時間を要します。

右に倒れ 長くなったクラブは 重いですから
動かすのは容易ではありません。

時間が掛かれば掛かるほど
クラブが重く成れば成るほど
からだの正面でボールをとらえるチャンスは失い
それよりも遅れれば どんどん 体は開き、右は下がる時間になり
ボールを飛ばすチャンスは失われてしまいます。



飛ばない理由を簡単に言えば
ヘッドスピードが足らないとか、力がない ではなく
振り遅れ〜手遅れ
 です。

手遅れとは 体の幅の中にグリップがない 👉右にズレている ことで
これはそのまま ロフトの開いた状態を指します。

そこが問題 なのにもかかわらず
スイングのスタートの時点、
スイングを初めて、ほんの 0.5秒も立たないトコロで
自分から 手遅れの状況、
それ以降 より一層手遅れになり易い状況を作っているのです。
IMG_0058Trim (2)_Moment(2)IMG_0058Trim (2)_Moment(3)







スイングを治す、変える と言う点において
一番自分の意志そのもので 変えることの出来る部分 です。

それ以降は 不可抗力などによって 自分の意志 ではどうにもならない
トコロが少なくないです。
そこが変えられないのに それ以降は無理です。
それを自覚して頂かないといけないでしょうね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



飛ばし屋 になるには
飛ばし屋に成れない要因を無くす というか
飛ばし屋に成れない状況を把握する と良いでしょう。

〇グリップがからだの右側、それよりも右にある
〇右サイドが下がっている
〇右腕が伸びていない

特に始めにある
〇グリップがからだの右側、それよりも右にあるararara_Moment
と言う状態は
グリップがからだの右側、ヘッドはもっと右
つまり ロフトはダダ開きの状態です。
本来は 横を向いているはずのフェースが
空を向いているのですから 90度以上
フェースが向くべきところを ソールが向いているのです。

当然、クラブや腕の重さは からだの右側に集中しますから
ダウンスイング という
正しい状態の右向き… ですから
 左サイドの方が低く、右サイドの方が高いので
 多少 補正が入りますが、
テークバックを 手のロール 手だけで行った場合
からだはおおむね正面を向いたところから
ダウンスイングはスタートしますので
動きが始まった途端、右サイドは下がります。

右サイドと左サイドの上下関係は
 そのまま 体の開きにつながります。
BlogPaint

右サイドが下がり、そして ボールの方に出ようとしますから
(俗に言う 突っ込んだ状態)
右腕を伸ばしたくても伸ばす空間、距離がありません。
👉これで「飛ばせ」は無理があります。

例え フェースローテーションをして
ロフトが立ったとしても、右サイドが下がっている分、
より多くの ロフトの閉じが必要になり
余分な量のローテーションが必須になりますから
ひっかけ、もしくはひっかけフックと紙一重でしょう。


ですので テークバックを手で上げる というのは
「飛ばし屋にならない(なれない)為!」の絶対条件とも言えます。

また テークバックを手で上げる、手のロールで
トップの位置へクラブを送る場合、
そのクラブの長さや重心距離、重心深度などが
動かす量、テンポ、速度に大きく影響を及ぼすため
ドライバーやフェアウェイウッドなど
長めの大きなヘッドのクラブが苦手になりがちです。

飛ばしたいが故に 長尺、今で言うと 46インチ以上にして
上手く行かないのは当然、と言えば当然。

よりフェースが開き、よりグリップが右にズレ
より右サイドが下がり、突っ込むことになりますから
ソールに奥行きのあるフェアウェイウッドで
地面にあるボールを打て!
 というのは拷問に近いかも知れません。

〇ボールは弾くモノ
〇ヘッドは速く、たくさん動かすモノ
〇ヘッドの返しで打つモノ
と信じている限り、これを脱することは難しいかも知れませんが、
スイングは、ショットは、
クラブを動かすモノではなく
 クラブを持った自分が動くモノです。

クラブは自分に対しては動かさない
 自分が向きを変えるから 円弧を描くのです。

そうでないと スイングの中に何種類もの円弧を作らなければならなくり
その難易度は跳ね上がってしまいますし、
前述の通り、飛ばし屋に成る条件が全く見当たらないゴルファーになってしまいます。

正直 自称ヘッドスピード50ms 300ヤードを豪語するこすり屋さんは
こすらないで打つ 38msのヘッドスピードの人に負ける可能性はかなり高く
一発勝負でなく、ラウンドでの平均値ではまず勝てないでしょう。
スイングサンプル_Momentスイングサンプル_Moment(2)スイングサンプル_Moment(3)
飛ばない人になりたければ
どうぞ 手のロール、
左手だけで行うテークバックをどうぞ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


少々大袈裟な表題になってしまいましたが、
今、現在 飛距離不足に悩んでいる人も
『飛ばし屋』とは行かないまでも
 飛んでるねー と呼ばれるようなゴルファーになれます。

なぜならば
 ほぼ全員に等しい人が こすって打っている状態  で
 その前提でのヘッドスピード勝負となっているからです。Inked2012-10-22 02.28.36 20152342_Moment(2)

こすって打たなくなれば ヘッドスピードとあまり関係なく
飛距離を伸ばす…というか 本来の距離が打てるようになります。


ボールの性能はかなり高くなりましたし、
弊社の悶絶クラブであれば
  通常のドライバーより30g以上ヘッドは重たい訳で…
実質のヘッドスピード 37ms あれば
十分 キャリーボール 200ヤード越え
ランも含めて 220〜230ヤードは打てる
 ようになります。

要は 「こすらず打てるようになれば良い」 のです。



では こすっている状態 というのは どのような状態でしょう?


一言で言えば 「ロフトが開いている状態」
 5番アイアンを持っているのに
  8番のロフトで打っているような状態です
IMG_0348 (2)_Moment
👉フェースが開いている〜右を向いている ではなく
 ロフトが開いている(大きくなっている)コト です。
*これの更に悪いパターンが
 「入射角度が必要以上に緩い」で、これが加わると
 ヘッドスピードにもよりますが、弾道の速度が遅くなりすぎたり
 ボールが上がらなくなったりします。

ロフトが開いている状態を 意図的に作る には
〇グリップがからだの右側、それよりも右にある
〇右サイドが下がっている

〇右腕が伸びていない  です。

この状態が出来てしまうと
 例え ヘッドスピードを高くしても 飛距離にはつながりません。
大袈裟に言えば ウエッヂのロブショットで、フルスイングしても
30ヤード位しか飛ばない ・・・この状態に近づいてしまうのです。

では フェースターンをして ロフトを閉じれば良いのか  …というと
このフェースターンには 方向性の悪さと
それを行うには 右サイドの下がりが必ず伴います。
仕事自体が強烈に増えますから 当然難易度も高くなります。

 ロフトを閉じきれない場合も少なくありません。
殆どがそう・・・・・・と言えるのではありませんか?

IMG_0361(3)_Moment


【解決策は?】
👉👉👉開いたモノを閉じるのではなく 始めから開かなければ良いのです。


アドレス時は ロフトは開いても、閉じてもいません。
スタートの状況が 開いているのなら 閉じる必要がありますが
それをわざわざ開いて仕事を増やし、
ダウンスイング→フォロー という
ゴルフクラブにとって
 より一層「閉じ辛い」方向への動作中に閉じよう とする
  非常に 無駄で馬鹿げた試み なのです。

色々な思い込みの絡み があるのは確か ですが、
ダウンスイング以降、フェースを閉じようとする行為は
無理と無駄の塊 とも言え、
フェースを閉じる と言う目的が成功しても
方向が狂ってしまったり、
その行為によって ダフリやトップなどのミスも多発します。
そして 体に非常に悪い…。

始めから 開かなければ閉じる必要もない のです。
無駄な動きが減りますから 当然楽になりますし、
実はこちらのほうが ヘッドスピードを高くするチャンスも大きい のです。
勿論 ロフトもかなり違います。(立ちます)
 30ヤード増える というのも決して夢ではないのです。
飛距離が伸びる・・・というより 今まで 無駄にスピンや高さなどに
化けていたエネルギーが 飛距離になり、
オリジナルの距離が取り戻せるに過ぎません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


自分のショットを コースでよりよく発揮させるため、
より安定したショットをするため、
スコア向上につなげていくため、には
「逆の球」を打たないスイング
「逆の球」が出ない、出にくいスイングを
造っていく必要があります。

IMG_0361(3)_Moment


そして この課題においても
見逃してしまう、忘れられてしまうコトは
「逆球」には 基本 3種類 があるということです。


1.右に出る球/左に出る球
2.右回転の球/左回転の球
そして
3.煽り打ち(ヘッドが上昇軌道でインパクトを迎える球)
 /通常(基本)軌道(ヘッドが下降軌道でインパクトを迎える球)

が 弾道の主3構成です。
それぞれに その度合いもあります。
これの混成要素によってショット・弾道・飛距離は決まってきます。

始めの二つは言葉の通り。。。ですが、
3つ目の 煽り軌道・通常軌道 においては
気にしている人はとても少ないです。
この二つの違いは ショットにおいては
飛距離ともつながってきますし、
弾道そのものや弾道の高さともつながってくるので
若く 有り余る体力の人には問題が少ないかも知れませんが、
飛距離不足の人にとっては 非常に重要なポイントになるのです。

IMG_0549IMG_0548


















で 一番鍵になるポイントは
この M彖任力辰蓮.悒奪謬案察俗に言うスイングプレーン と関連するのですが、
どういうヘッド軌道を作るか 例えばアウトサイドインとか…が問題なのではなく
何によってヘッド軌道が作られているか、何がヘッドを動かしているか
が 問題なのです。

ごくごく一般的な、プロも含めて9割以上の人が行っている
からだを先に回し、後から腕・・・自分では肩を回して で
スイングしている場合、スイング軌道は腕で作るコトになります。

👉からだ(腰・骨盤)を先に回して
 それを ボールと正対したところで止め(るつもり)
 肩を回す → 腕を振る / クラブを振る
 スイングであると
 ダウンスイングでは 必ず ロフトは開き
 フェースの右向きも大きくなるので
 インパクト直前/直後での フェースターンは必須になり
1.右に出る球/左に出る球
2.右回転の球/左回転の球
そして
3.煽り打ち(ヘッドが上昇軌道でインパクトを迎える球)
 /通常(基本)軌道(ヘッドが下降軌道でインパクトを迎える球)

 この3種類の要素の 逆球は
 タイミングによって どれもが出ます。
 交じり合います。
 そして それを修正するのは ほんの一瞬のタイミング
 瞬間芸でしかありません。
 また これの大きな問題は
 そのタイミングを習得するには 莫大な練習量
 タイミングを掴んでも 練習頻度と練習量で
 それを常時 維持しておかなくてはなりません。
 体の痛みに鈍感か、痛まない若さ が必要になります。
813ca594-s
 スイング軌道を からだの回転で作れると、
 からだ(骨盤・胴体)の回転そのものでクラブを動かせると、
 ヘッドの軌道がどうであっても
 フェースの向きや姿勢の変化が少ないので
 ある一定の組み合わせになります。
df713d9f-s

 あとは 右を向いているうち
 左サイドの低いうちにインパクトに入れるか どうか
 そして その度合い を掴むだけ なので
 必要な練習量も圧倒的に少なく、
 それを覚えてからの 維持・メインテナンスも要らない…
 とまでは言えなくとも、たまに運動不足解消程度の頻度で
 問題ありません。

 逆球が非常に出にくくなりますから
 スコアアップにもつながってきます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 
 

IMG_0482 ゴルフクラブは
左手のグリップが骨盤に対し
右にズレれば ロフトは開き、右を向きます。
元々 左のグリップなので
アドレス時のその骨盤との位置関係よりも
左に行くことは運動の方向もあり
重さも掛かりますので、インパクトまではほぼ不可能です。




スナップショット 10 (2017-04-20 16-39)理想的には
アドレスでの骨盤と左グリップの位置関係
そこでインパクトを迎えたいモノ…ですが
前述の通り、
ダウンスイング以降の運動の進行方向に対し
クラブや腕の重さ、そしてその運動の速度分
左のグリップは遅れガチ です。
プロゴルファーも含め ほぼ全員が
左のグリップが右にズレてしまっています。
つまり 『振り遅れの状態』 です。

振り遅れの状態が出来てしまうと
最下点もボールの手前にズレ、ダフリやトップが出易く、
ロフトも開き、フェースも右を向きますから
弱いスライスはほぼ確定です。

それを取り戻すため、左グリップを止め
体の回転を止め、ヘッドだけを生かせるとしても
かなり高速の複雑な作業ですから
毎回 同じ球になる確率は振れば振るほど下がります。

左グリップが骨盤に対し右にズレてしまうと
その重さや手順から 左サイドは上がります。
平らな所で打っても 常時左足上がりの弾道です。

どんなに手でクラブを振っても
スイングのメカニズムは多少なりとも働くので
左が上がっているというコトは
体が開いている のと同意語ですから
弱弱しいコスリ球になり易いでしょう。

インパクト付近と言う高速の箇所で
無理な体の姿勢を造り、複雑な行程をするよりも
手っ取り早く 「振り遅れ」「グリップの右ズレ」
を防ぐ方法があります。


今回サンプルになって頂いた方は
その左上腕を先に動かす というのを
とても強く意識おられ、私の目でも
抜群に早めのタイミングで動かされてはいる方の一人ですが、
まだ体の回転と同期には至らず遅れてしまっています。
ご覧ください。


相当、意識されておられると思いますが、
切り返しから 左腕(上腕)が体の回転より遅れ
浮いてしまっています。
201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment(2)

そのことが ダウンスイング後半〜インパクトにかけて
シャフトを振らせ、グリップの減速を生んでいるので
弾道の安定、更なる飛距離アップの機会を失っています。

この方は まだ左上腕を動かされる意識が強いので
とても良い方ですが、
多くの方は 出だし 振り遅れるだけでなく
インパクト直前まで左上腕は微動だにしません。

この方で体と腕の同期はギリギリです。
201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment(3)

全ての方の左腕、体との同期は
まるで期待できない程遅れ、同期せず、
月曜日の朝9時の約束に 金曜日の午後表れるほど
振り遅れています。
201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment

是非 トライして頂きたいのは
トップの位置で
体の右向きはロックしたまま
まず 左腕の上腕を動かし始めて下さい。
無理はしない程度に
体の右向きはキープで、左上腕をかなりはっきりと先に!

左腕の移動が体と同期せず、遅れてしまうと
インパクト付近で必ず体は上を向きます。(左サイドが高い)
それはイコール 右サイドの下がり になりますから
良いロフトでのインパクトは不可能に近づきます。
それを 巷では「突っ込み」とも呼びますね。
mh

その体の姿勢は当然体の開きになります。
そこで開かないように体を無理やり止めるのは
非常に体に危ない動作になりますし、
その動作はより左サイドを高くしてしまいます。

左上腕が先に動き始め、左グリップが移動すれば
右手、右腕で左グリップを押して補助が可能ですし、
これが出来れば 先にあるつっかえ棒(左グリップ)が
どきますから 右手で叩けます。
MVI_0741_Moment(6)

早い時期にインパクトを迎えられるので
左サイドの低いうちに 上から、インサイドから
打つチャンスが高くなりますし、
右グリップが左グリップを下に押す関係で
使えますから 飛ばすチャンスも高くなります。


意識としては
トップの位置での グリップの位置を
一度 自分にはっきりと、自分の胸にはっきりと
近づけてから 動作を始めるような意識が良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5


ゴルフを始めて…進めていくにあたって
スイング・・・ あえて ボールを打つコト と呼んでみるけれど
ボールを打つコトへの意識が「間違い」が
長年 スイングを、ゴルフを、苦しめているような気がします。
mittan_Moment(7)


〇ボールを遠くに飛ばすコト と
〇思った方向に打つコト(とりあえず、真っ直ぐ打つと呼びます)
〇思った距離を打つコト
〇ボールを飛ばさないコト


これらは ほぼ均等の重み をもっています。


魅力として 遠くに飛ばすコト は強くあるとは思いますが、
これは 物理的な作用が強く、
クラブを見てみればわかりますが、
遠くに飛ばすには 「少ないロフト」「立ったロフトのクラブ」
 使えるコト がとても大きいです。

ボールはロフトが少なければ スピンや打ち出し角度が少なくなり
その分、ボール速度は上がりますが、
その「ロフト」を使える ある程度のヘッドスピードは不可欠になります。

かと言って ヘッドスピードの数値 ばかりを追いかけると
ヘッドを振るような振り方は 数値としてヘッドスピードは上がりますが、
ロフトを増やしてしまう打ち方ですので 正直、あまり意味がありません。

修正前_Moment(4)


使えるのなら 15度のクラブよりも 12度のクラブの方が飛ぶ可能性が
高くなり、更に9度のモノ方が飛ぶ可能性は高いのですが、
それを 普通に打って 宙に浮かせて置けるスピードは必須
それを無理やり 宙に浮かせるような振り方 では
製品ロフトの9度にした意味はないばかりか
他の「ボールを打つコト」に多大な問題を引き起こします。

また、ボールを狙ったところよりも
10% 右や、左に、打ってしまう、曲げてしまうコト は、
狙った距離よりも
10% 多く、もしくは 少なく打ってしまうコトと、
まったく同等な意味、重要性を持っており
どちらかさえ良ければ というのは ゴルフでは通用しません。

ドライバーショットは ティーアップしている、空中にあるボールを打つ
という大変特殊な条件で打つ きわめて特殊ショットです。
その条件でなら 無理して使える ロフト がゆえに
クラブの中で最大飛距離を得られる 訳ですが、
本来 自分にとって ほかのクラブと同じく
そのクラブ【ドライバー】の決まった距離を打つモノである ので
気持ちは分かりますが、飛べば飛ぶほど良い というモノではないのです。

そして 同時に パッティングやアプローチ、バンカーショットなどを含め
全てのことは 自分一人でこなさなければいけないのですから
それが ほかのショット、ほかのスイング、ほかのボールを打つコトに
悪影響を及ぼすようなことでは 例え 飛距離がヤード余計に飛んだとしても
総合的には大きくマイナス なのです。
IMG_0340

✊出来るだけ真っ直ぐ行かせたい
✊出来るだけ狙った距離を打ちたい
✊出来るだけ飛ばしたい
✊出来るだけミスを防ぎたい

それらは どれも等価のモノで
その折衷案として 自分の「ボールの打ち方」というのがあるのを
忘れないで欲しいのです。

そう考えると ボールを打つ方法は
ゴルフクラブ と言う非常に特殊な形状のモノ を使うわけですから
そう あれこれと色々ある訳ではないのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



口の悪い人・・・イエ、正直な人に
もはや 宗教がかっている とまで言われていますが
正しい クラブの扱い でボールを打つと
たいしたヘッドスピードでなくとも 満足の距離を簡単に打てます。

それを信じられず、グリップを動かさず ヘッドばかり振る人は
ヘッドスピードの数値は高くても
そのクラブなりに飛ばすことは出来ません。
キャスト_大_Moment(2)キャスト_大_Moment





数値で言うなら 正しく打てる人のヘッドスピード36ms に
ヘッドを振る、肩を揺さぶる人の 42msは 勝てない 可能性があります。
それは 36msの人が 7番アイアンで打つのに
42msの人がピッチングウエッヂで打つのと同じです。

確かに 同じ条件ならば ヘッドスピードの高い人の勝ち ではありますが、
私たちの年齢で ヘッドスピードを速くする努力 は並大抵ではありませんし、
それをラウンドを通して 18ホール維持するのは もはや不可能…と言えます。

それならば 意を決して、今までのクラブ扱いを捨て去り
より簡単に距離を稼げ、そして より安定度の高い
ごくごく当たり前の、物理法則の乗っ取った打撃に変えるコトをお勧めします。
入信???   
・・・うちは確か浄土真宗だったかな・・・???



耳タコ…ですが、ヘッドは重さの権化です。
その重さは運動によって 二乗増し していくのですから
放っておかなくては 自然に動けません。
放っておけば 自分に近づき 近回りをしてくれるのですから
遅れが最小限で済みますし、その遅れがロフトの立ち を生むのです。

また ヘッドを動かそうとしなければ
重さは 重力方向の「下」に掛かるチカラ ですが
ヘッドを動かせば その力は遠心力という 下ではない
ボールを打つのに、ボールを目標方向に打つのに邪魔な「方向」に
その負荷も二乗倍して、変化してしまいます。
その負荷に 体は当然対応します。
IMG_0148_Moment

からだは開き、左サイドは上がり、右サイドは下がり
入射も緩くなり、ロフトも増え・・・・・・・・どこを探してもよいトコロは無いんです。
まるで無いんです。
まるで わざと飛ばさないよう
まるで わざとミスが出やすいよう
まるで スコアをよくしたくないよう
クラブを振って、ボールを打とうとしているんです。
悩まれるのは当然でしょう。

ヘッドがグリップを追い越すことは
スイングにとって物理的にあり得ない現象なのです。
そして それを『意図的に実施する』ことは
即ち 上手くならないコト を示すのです。

その「思い込み」が からだの回転の 体を
全然関係のない部位に錯覚させ、正しいからだの回転 と言っても
共通の部位にならないのです。

その「思い込む」が まるでトンカチで木を切ろうとしているような
クラブの機能がまるで発揮されない使い方になってしまうのです。
これでは クラブのことをとやかく言っても無意味でしかありません。
もう喜劇を通り越して 悲劇の世界です。


ヘッドがグリップを追い越すように
肩を揺さぶって ボールを打っては
ロフトが大きくなり、入射が緩くなるので
ボールを打つ前に 必ず ソールが地面と接触します。
よって 距離制限をしたいアプローチでも
ロフトを寝かす、入射が緩いので飛ばない のも伴い
必要以上に速く振るしかなくなりますから
上手く行く可能性が非常に低いうえ、
アプローチに不必要に上げる球筋しか打てません。

そして 上手く打てれば ショートする のです。
kumasan201810 (2)_Momentkumasan201810 (2)_Moment(2)








また それに輪をかけるように ヘッドがグリップを追い越す を
思い込んでいる人の パッティングは 肩を揺さぶった
しゃくったパッティングストロークになりますから
ボールがちゃんと転がらず ショートしがちです。
ショートしたアプローチのパッティングを しっかり打てるはずもなく
目立ったミスもないのに ダボやトリの繰り返しになります。
目立ったミスに思えないから改善点も見つかりません。

ヘッドがグリップを追い越す「思い込み」は
右を向いて ひっかけて打つ ドライバーになります。
ヘッドの返しが間に合わなければ プッシュスライス
ヘッドの返しがきつすぎれば、体の開きが速すぎれば ひっかけフック です。

ヘッドがグリップを追い越すショットは
スイングの是非が 左手の握力に依存しています。
その低下はラウンド中で感知し辛く 一番変化の大きい箇所ですので
ラウンド後半 スライスかひっかけが止まらなくなります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5

なんと言ったらいいんだろ…

スイング? ショット? ゴルフ?
これって ボールを打って行う遊びだけど
「ボールを捕まえなくては始まらない」 んだよね

ボールは球体だから 捕まえて打たないと
距離も出ないし、思った方向、思った球筋にもならない。
球だから逃げちゃうんだよね・・・それを
『こする』って言うんだけど。

IMG_0361_Moment


出来るだけ楽して打って 満足いく距離を打てて
しかも 方向性もほどほど良い という両立は
ボールを捕まえてこそ、ボールを捕まえて「初めて」実現可能。

逆に言えば ボールを捕まえられない限り
距離を優先して、方向や曲がりをあきらめるか
距離をあきらめて、方向や曲がりを取るか その二択しかなく
それを乗り越えるには 部活のような練習量と
痛みの伴う動作の鈍感さ、もしくは頑丈さが必須条件。



ボールを捕まえる を
頓珍漢に理解している人が少なくない…みたいだけど

✋右を向いた、開いた フェースを 閉じるIMG_0321_Moment(5)

と理解している人は 一生かかっても答えは出ません。
その回答にゴールはありません。
好きなだけやり続けてくださいませ。

ボールを捕まえるのは 横 ではなく 縦 です。
まして ヘッドの回転(返し) なんて 頓珍漢も甚だしい限り…。
IMG_0321_Moment(7)
クラブはその長さなりの入射角度で入ってきます。
そして ロフトは その入射角度 との差異 です。

数字のイメージで言うと 0度の製品ロフトのクラブが有るとします。
そのクラブにはなにがしかの長さ があるので
その長さ分の入射角度 例えば10度の入射角度で入ってくるとすると
ボールは  0-10=(-10) マイナス10度の角度で 飛び出ます。
 この場合は 下に飛ぶってことですねー。
 これが捕まった状況です。

そして その入射角度は その長さなりに構えた前傾姿勢によって決まります。
df713d9f-s

肩や腕を振って クラブ「ヘッド」を振って
自分の好き勝手な入射角度を作るのではありません。

ヘッドを肩や手で振ると 本来の入射角度よりも必ず 緩い角度
元々 長いクラブであれば 入射角度0度や仰角 しゃくり・煽りの角度に
なる可能性も否めません。
その緩くなった…煽り であれば 下ではなく上に飛び出るでしょうし
おそらく その振り方では ロフトによるスピンも入ります。
813ca594-s

入射角度 がある ということは
必ず グリップの方が左に ヘッドの方が右に
俗に言う ハンドファースト・・・ ヘッドが遅れた状態 になります。

✊ボールを下に抑えて ロフト 以外に球体の逃げ場所を無くす

というのが ボールを捕まえる というコトで
これは 強い球が打てる と同時に
方向もかなり狭い範囲に打ち出すコトが可能です。
ボールの逃げ場所が決まっているのですから。

だから ヘッドが遅れてるから 返す とか
ヘッドターン・ヘッドローテーション なんてのは
甚だ勘違いのその間違いを間違いで隠そうとしてる というか
なんでわざわざ「飛ばなくて」「真っ直ぐ行き難い」方法を
さらに難しい動作で覚えるのか 意味不明なんですよね。

行き着くところ ボールの捕まえ方 を理解していないことが
スイングを形成していく のです。
ボールの逃げどころを ロフト以外に無くす 方法でボールを打つのか
単に ヘッドと言う打撃物をボールに衝突させるのか
その二つに別れるのだと思います。



だから・・・ふと、考えるのですが
ジュニアにゴルフをさせる場合、
10度とか 11度とかのロフトで
ボールが上がる ことが間違っていて
ライナーのゴロになるのが正しいのです。
始めの一歩の時点から こすらないとゴルフが出来ない…前に進めない
のであれば まだ ゴルフには不適切な年齢 というコトで
そこで こすっても飛ばす コトを身に着けることが
体を壊し、ダメにして、ゴルフそのもののレベルを低下させているんじゃないか と。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


長尺ドライバー
45インチを超えるようなドライバーには
殆どメリットがありません。

長さ とは ロフトとの関係のモノで
長いものほど きついロフトが使える
というところが ボールを飛ばせる のですが、

普通に打っている として
オジサンゴルファーの使えるロフトは10〜11度がよいトコロです
   つまり限界。

よく笑ってしまいます
ありあまりほどの ヘッドスピード であれば別ですが
厳しいロフトが使えている というのは
こすって打っている証でもあります。

また ヘッドスピード計測をする場合、
こすり打ちの方が インパクト時の減速が少ないので
数値は高くなりますから
ヘッドスピードが妙に高い〜数値が多い のも
こすって打っている匂いがプンプンします。

〇きついロフト
〇長いドライバー
〇軽いヘッド

こんな 3拍子揃った こすり易いドライバーはないですし
そもそも 長尺とは
ドライバーに飛ぶ「破壊力」がなく
 自分が頑張って 速く振る ためのモノ。

言い難いですけど お金を出して
自分が頑張るためのモノを買う のは なんだかな・・・です。

こすり球 スライスの佃煮生産器 になる可能性の方が
飛ぶドライバーになるよりも 遥かに遥かに高いでしょうね。

ドライバーに悩んでいる人ほど
スプーンのティーショットの方が飛んだりする訳で
45インチを限界に ロフトの多めのドライバーで
低く打てるようになる方が 飛ばし屋になれる可能性は高いのですよ。


また 長尺ドライバーか、やや単価の安いユーティリティしか売りモノがない現段階での
ゴルフ用品業界は 実は長尺ドライバーが風に弱い というのは
決して発表しません。
それは 460嫩度のヘッドの風や空気の影響よりも
圧倒的に シャフトの断面積の方が大きく 3割大きいですね・・・
風の吹いている時 とてもスイングへの影響が大きいのですよ。
内緒・・・にしたいんでしょうねー


あと長尺でやはり気になるのは
ヘッド重量の軽さのせいで 練習などの積み重ねによる
インパクトの衝撃が 手首や肘などに非常に大きいことです。
重さはイコール スイング…ヘッドの推進力になるのですが
軽いヘッドの長尺ドライバーは
自分は一生懸命振る
インパクト時のボールの重さに負けやすい
その衝撃が関節に溜まり易い・・・です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


初めてご来店になられるお客様の多くが
当ブログを読んだり…
YOUTUBEで動画を見られたり
予習をされて来られるので ゴルフ人冥利に尽きますが

『グリップを動かせ、ヘッドは捨て置け』

この部分に関しては なかなかイメージがし難いようです。

85584b3f-s1b503398-s








この部分が スイングの骨格になる部分ですので
ヘッドを振るゴルフスイング と
ヘッドを捨て置くゴルフスイング
 では
似ても似つかないモノになり、
双方を混ぜて スイングを作ることは不可能とも言えます。
〇好き嫌いを別として
この二つの判別は 自分のスイング理解度 と比例します。
〇二つのスイングはまるで、全く違うモノですが
それが似たように、もしくは同じに見えるのは
あまり芳しいことではないですね…。


根幹の部分で
ヘッドを振らない、ヘッドを捨て置く スイングでは
✋ボールに届かない
✋ボールに当たらない
✋そして 飛ばない

から 逃れられないのだと思います。

キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)

それを文章で説明するのは難解ですが、
一応知識として入れておきましょう。


.棔璽襪貌呂ない
ので ヘッドを振ってしまうと
上下方向では届いても
ヘッドを振ってしまう分、グリップの移動が滞るので
左右方向では届かなくなってしまいます。

トップするのも ダフリになるのも
ヘッドの最下点が ボールの高さに合っている だけでなく
ボールの左右方向の位置 とも相応していなくては
そのミスから逃れられません。

グリップが移動した分だけ ヘッドが移動する
(出来れば重さ分、運動が加わった分ヘッドは少なく移動する)

ヘッドの方が多く動いた分、グリップの移動は止まります。

シャフトの角角度運動が起こった時点で
グリップの移動は滞る、止まるといってもよく
それは 同時にからだの回転も止めることになるのです。

8658a3e6-s


▲棔璽襪謀たらない
ボールに届かない と同じこと なのですが、
最終局面、インパクト付近、ダウンスイング後半で
ヘッドがボールに届く、もしくは当たる というのは
からだの回転の仕事!です。

本来は そこは体が回るから 円弧 になるので
そこを 手さばきで作るとしたら 体はどうしたらよいのでしょう?
止まって待っているのでしょうか?

先に体を回して 気分だけ体を止めて
結局 手で振る、手で円弧を作る手順が『アリ』ならば
その逆の順序も『アリ』なのではありませんか?

その方が 一定の円弧、一定の入射、一定のヘッド姿勢
になるとは思いませんか?

その延長線上に
左上腕をクラブの重さで先に動かすと
重さが左足の方に掛かり、それによって右向きが解け始め
結果 シンクロしていくようにしていく方が
スイングはシンプルになるのではないでしょうか?

kumasan201810 (2)_Momentkumasan201810 (2)_Moment(2)
H瑤个覆
アマチュアの最大の悩みだったりします。
でも グリップが動いた分、ヘッドが動く
シャフトの角角度運動は
非常にリニアに ロフトを増やす動き です。
同時に入射角度も緩く、
場合によっては煽り、しゃくりを生みます。

ヘッドの方をたくさん動かす動き、シャフトの角角度運動は
打ち手の気持ちだけ 速く振っているように感じるだけで
実際にはグリップの移動が滞るので 速度は上がりません。

そして それは やればやるほどロフトが増える のですから
何のために 速く振ろうとしているのか意味消失してしまいます。

ヘッドスピード絶対教の人たちのお題目に過ぎません。


e00bf7e6

✊7番アイアンをもって 1〜2メートル打つ(転がす)だけでいいです。
ヘッドをゆるゆるに握っておく と言う意味ではありませんが、
グリップだけを動かし ヘッドは捨て置き
(シャフトでつながっている分 ヘッドは動きます)
グリップの移動速度でボールを転がしてください。
遅く 遅く 可能な限りゆっくりで構いません。
1个燭蠅箸癲.哀螢奪廚琉榮偉未茲蠅皀悒奪匹楼榮阿気擦討魯ぅ吋泪札
1个燭蠅箸癲.哀螢奪廚琉榮安度よりもヘッドは移動させてはイケマセン

ヘッドとボールを接触させたかったら、うまく接触出来なかったら、
グリップの移動方法や移動方向、目標方向を考えてみましょう。ヘッドでは無く。

体でも良いですし、腕さばきでも良いです。
兎も角 速度も ボールとの接触も すべて グリップで行ってください。

これがパッティングであり、アプローチであり、ショットの原点です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5


よくある 弾道解析機
お店にあるものや携帯のモノなどで使われる
「ミート率」とは
 分子:ボール速度/分母:ヘッド速度
 を数値にしたモノ。
スナップショット 1 (2013-10-12 12-11)

ボールの速度は
ロフト角度が少ないほど高くなる。
まあ 繰り返せる や 安定して
となると その限界値は人それぞれになるのですが、
見ている限り ドライバーに限らず
そのクラブのロフトなりに
 理想的なボール速度を出せている人
 はほとんどおらず
多くの人が その手にしているクラブのロフトより
相当大きなロフトで打っている
 ような状況。

例えて言うのならば
 8番アイアン(ロフト35度強)でロブショットのように打てば
 フルショットでも 80ヤード(ロフト50度相当)しか飛ばない
 そんな 無駄な ロフトの扱い方 をしている というコト。

ロブショットだから
上手に出来れば出来るほど 飛ばない
そして スピードを上げても 逆により飛ばなくなったり、
より上がらなくなったりもする。


ゴルフをほどほどやっている人ならば分かると思うけれど
グリーン周りのアプローチで ロブショットを選択する というコトは
それ以外の選択肢がなく イチかバチか
最大の危険度があるショットをする というコト。


おそらく ハーフショット以下のショット
特にグリーン周り程度の距離のアプローチとフルショットは別物
 と考える人が多いんだろう。
アプローチは飛ばさなくていい
フルショットは飛ばす
その方法が違うコトに問題があるんだけどねー。
同じショットで 番手(ロフト)と自分が距離管理をする
というのが シンプルな方法だと思いますよ。


そこで 
〇飛ばすコト 
〇方向を安定させるコト
〇繰り返し易くなるコト

これを同時に成り立たせるために
7番アイアンなどのショートアプローチで
如何に 遅く、小さな、少ない動きで
最大のボール速度を生み出すか 考えて貰いたい。
はっきり言えば それがドライバーであっても
全番手 ロブショットを打とうとしている ように見える。
それが ヘッドターン・フェースローテーションの行き着くところ。

IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment(3)










それは このような グリップを支点、肩や首を支点とした
振り子のような動きで生み出せると思いますか?

これで その手にしているクラブのロフト角度 通りの 弾道や距離になると
思いますか?

このクラブの扱い方 では
 番手ごとにロフト角度に種類がある意味がないのではないですか?

どう思いますか?

この画像を真似るのに使う体の部位は からだ ではなく
肩や手という腕だけではありませんか?

この練習では インパクトは体を止めて
肩周り、腕周りだけ 動かすコトを覚えるのではありませんか?





昔から ボールを上げるのはクラブに任せろ! ロフトに任せろ!
自分でボールを上げようとするな と言われますけれど
このショットが悪い意味でのその典型です。

そして 困ったことに 多くのゴルファーがこのショットを採用し、
レッスンプロの多くがこのショットを教えます。



アプローチの中では特殊な難しいショット なのですが
練習頻度や量によっては なんとかなるでしょう。
しかし このショットの練習は「そのアプローチ」のミスの確率は下げたとしても、
同時進行に ショット全般を「わざと飛ばさない」の練度も上げます。
効率よく、繰り返し、遠くに飛ばす練習 の 真反対の行為 です。


ショートアプローチは フルショットのインパクト付近を抽出した
非常に重要なポイント

理想論で言えば そのアプローチという スコアに直結する練習は
同時にフルショットの練度、飛距離を伸ばす練度を上げる べき モノです。

理屈が分かれば直ぐに出来る とは言いませんが、
この間違った ことボールを楽に遠くに飛ばす という行為とは真逆な
イメージをしっかり是正する というのは ボールを数多く打つ より
ずっとずっとずっと重要な気がします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5

ボールを遠くに飛ばす
理想的には 
出来るだけ少ない動き、
遅い動き、
小さな動き

で ボールを遠くに飛ばしたい ですね。

ドライバーで遠くにかっ飛ばす
というのは ゴルフの最大の魅力ですが、
それとともに ゴルフと言うゲームにとっては
スコア と言うのも無視できません。

前述の 小さな、遅い、少ない動き で
ボールを飛ばすは 安定して似たような球を
繰り返し打つための基礎になります。


ビデオ_Moment


ドライバーを使って ブリブリ振り回し…遠くに飛ばす練習
実はこれが一番 それを成し得ない練習になります。

確かに「正しくボールを打てる」のであれば
ヘッドスピードやヘッドの重さ、打つ人の体重なども
距離の差の元になりますが、
「正しくボールをとらえられていない」場合には
その練習は ストレス発散を除けば
ボールを繰り返し 安定して打つ コトの妨げにしかなりません。

私の目で見る限り、プロゴルファー、トーナメントプロも含め
「正しくボールをとらえられている人」はごくごく一部 希少種にあたります。video-1531996826Trim(2)_Moment
アマチュアゴルファーにいたっては いない と断言しても良いほどです。

ですので 逆に誰にでもボールを もっと飛ばせる余地、
チャンスは残っている のです。


正確には より飛ばす と言うよりも
今までで無駄にしていた距離 を取り戻す ですが
ドライバーで 20、30ヤード 取り戻すことは難しくありません。


その練習、そのドリルは ランニングアプローチにあります。
使う道具はウエッヂではなく 7番アイアン辺りが良いと思います。

打つ距離は は 20ヤード位をイメージ してください。


まずは いつも通り 7番ではなく、ウエッヂショットをしていると思い
今まで通り打ってみて下さい。

その球は 9割9分こすり球 です。

ここで 肝心になるのは ボールのスピード です。

7番アイアンのロフトは 35度弱
打たれたボールは それを打つために動かしたクラブ
それを動かしたヘッドの速度よりも やや速い 1.1〜1.2倍の
スピードになるのが正しい状態です。

そして 7番アイアンのランニングアプローチは
上げる必要のない 花道などで使われる必要ですから
距離が管理できるのであれば ライナーのゴロ で良いはずです。

ボールを上に上げれば たとえ 移動しているボールの道のりに対しては
ボールの速度が速かったとしても 実際の水平距離に対しては
ボールのスピードは上がりません。

練習場であるのなら ボールをマットに
フェース面で抑えるように打つのが 一番効率の良い方法です。
出来るだけ速いボールを 出来るだけ少ない量、遅いスピードで打つ工夫
を考えてみて下さい。
IMG_0659

それはどうすれば成されるのか
それは どういう手順だと可能 なのか
インパクトでヘッドやグリップなどを止めるパンチショットではなく
スイングの流れ、ショットの流れの中で
それはどういう風に成り立つのか

そこにショット
遠くに飛ばす と ミスなく飛ばす の
ほぼすべてのモノが詰まっています。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ロフトを寝かしてしまう
それが判りやすいので、使っていないウエッヂを
折れるぎりぎりまで曲げて、実験してみた。

同じクラブ(この場合はウエッヂ)
同じ打ち手が、ほぼ似たようなヘッドスピードで
打撃して、このような差が起こる。

スナップショット 1 (2013-03-29 22-26) スナップショット 2 (2013-03-29 22-26)






スナップショット 3 (2013-03-29 22-28) スナップショット 4 (2013-03-29 22-29)












上のショット
(振り子式遠心力打法)は こちらのように
グリップエンドを支点に、腕を使って
俗にいう「開いて、閉じる」と言う手の返しで
シャフトと言うか、クラブを振ったもの
スナップショット 1 (2013-03-29 22-59) スナップショット 2 (2013-03-29 23-00)








下のショット
(正規なショット)は、クラブ単体を動かさずに
それを持った人間の方が体の向きを変えて
クラブを動かした(移動させたもの)
スナップショット 3 (2013-03-29 23-00) スナップショット 4 (2013-03-29 23-01)








動画より抽出した静止画なので、コマ割りというか
何分の何秒(1/250秒とか)は全く同じだと思う。

スナップショット 1 (2013-03-29 22-26) スナップショット 3 (2013-03-29 22-28)










似たような場所を並べると
左は「振り子式遠心力打法」右は「正規なショット」
同じロフトである筈なのに
打ちだしの角度、ボールのスピードは明らかに違う
似たようなヘッドの場所なのにもかかわらず
振り子…の方は殆どボールは距離(水平移動をしておらず)
フェースの後ろ(フェースを転がりぬけ)から
ボールが出たような恰好になっている。

スナップショット 2 (2013-03-29 22-26) スナップショット 4 (2013-03-29 22-29)






コチラはさらに時間の進んだカット。
振り子式…の方は、やはり水平移動は殆どしておらず
このコマの中のカット、ボールのずれて見える量も少ない。

当り前けれど、「振り子式遠心力打法」は
インパクトを基点にグリップを止める形になる
シャフトのしなり方も全く異なる。

シャフトをしならせて、しなり戻して使う
ということをこのショットのことを指すのだろう。

この手の映像で、ちゃんと理解しなければいけないのは
一見すると 手を止めて、ヘッドを行かせたショットの方が
ヘッドが出ている(フォローが出ているように)見えるが
実際には、ヘッドは急激に内側に切り込んでいるだけで
ボール(飛球線後方)から見ると(同時に撮影していれば)
明らかに、正規なショットの方が
ボールと平行に、飛球線に向かってヘッドが出ている。



シャフトを走らせる とは
ヘッドを抜いて、ボールをくぐらせることを指す。
今回は、極端にロフトの大きいクラブで実験したので
ここまであからさまに差が出る訳だが、
ロフトが存在する、という意味では、11度であっても
全く同じこと。

シャフトが走る と言う本当に意味は
クラブヘッドの重さが、グリップを押して
全体のスピードを押し上げることを指す。


グリップを止め、ヘッドがグリップを追い越す
という行為は、遠心力は握力との勝負になるし
ここまで動かしてきたエネルギーを腕、特に左腕
で受け止めることになるから、体力勝負になる。
グリップを止めることによる反動でヘッドを振れば
この実験で見たとおりの結果になるのである。

ミスショットの危険を内包しながら
ボールに高さとスピンを与えるだけ。
ここまで、強烈にスピンをかけてしまうと
ボールスピードが上がらないため、
ボールの初動としての打ち出し角度は上がるが
最高到達点としての高さは稼げず
ボールスピードの遅い、パラシュートを開いた飛び
になってしまう。

スナップショット 2 (2013-03-29 22-26)











批判、ではないが、遼君のドライバーショットは
振りごたえに対しては ボールスピードが極端に遅い
撮影する角度はあるだろうけれど、
このカットでそこにボールがあるのは
どうしても このショットをドライバーでやっているように
見えてならない。
これで、飛ばしているのだから、やはりプロというか
自分の身を削ってまでやっているのは、『流石』ではあるが…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


クラブを作る側の立場 で言うと
ヘッドが重いモノの方が 遠くに飛ばしやすい ですし、
ミスにもかなり強くなります。 それは明らかです。

多くの作り手は それは「振り難く」なるからなのか、
慣例だからなのか、なぜか 制限をかけています。

よく考えてみると ゴルフクラブは元々
市販品であっても、1m前後の長さがあり
その先端に総重量の6割以上の鉄の塊 を付けているのですから
「振り易い」ものである筈がありません。
「振り易い」のではなく 「打ち易い」ように作られています
振ることを優先するのなら 先端の重量をもっともっと減らせば良いのです。

そして 先端には その弾道や距離、高さなどを司る角度というモノが存在し、
ルール上、パターを除いて13本までクラブを持って良い という意味合いは
その 弾道・高さ・距離などをクラブの角度や構造に任せ
自分は似た動き、一つの動きで済ませようという意図があります。

にもかかわらず
今のゴルフスイングの主流は
ヘッドを回転させる という
その 打撃を司るヘッドの角度をないがしろにしてまで
棒を振らせることを優先させています。

 ✋振らないと飛ばない ヘッドの軽さ だからです。



重ければ 振り難い でしょう。
だから 振ることに意識をするのではなく
「打つ」コトに意識が行きます。
どうすれば 重く感じず、楽に打つことが出来るか
自分の満足できる距離を 出来るだけ体に負担をかけず
重く感じず行うことが出来るか
「ボールをどう打つか」よりも
「ボールをどう飛ばす(移動させる)か が重要なのですから
 それが スイングの本質 だと思います。

クラブを振ることが目的のようで、
そのうえで 遠くに 真っ直ぐ は
別な競技なきがします.


ヘッドが軽い クラブは
振り易いかも知れませんが、それが故に
結果として 自分の運動性能頼み なのですから本末転倒なのです。


IMG_0058Trim (2)_Moment(4)IMG_0226_Moment(2)








正直に言えば
一般的な市販のクラブは
異様に、異常なほどに『シャフトが硬い』です。

その硬いシャフトに「軽いヘッド」が付いているのですから
自分の『好きなように』 振り回す、ブン回すコトに適しています。
逆に そのスペックでは 振り回さないと ブン回さないと飛びません。

参考:平均的市販品ドライバー 45インチ 240cpm(硬さの指標) ヘッド重量190g
    悶絶ドライバー       44インチ 150cpm         ヘッド重量240g


ヘッドには角度という 弾道・距離・方向・高さを司る機能が備わっており
それは 持つクラブの本数分 異なります。

それを基本に考えると
 シャフトはしならせて しなり戻して 使うと言うのに疑問を抱くでしょう。
その角度 と言うのを非常に不安定に使うことになるからです。

しかし ヘッドが軽く、シャフトが硬いとなると
 そうせざるを得なくなり、それをすると
出来るだけ高速でクラブを動かす という条件の上に
更に インパクトという 1/500秒以下のインパクトに
安定して 似たようなヘッド姿勢やらヘッド軌道やら
同時に遂行しなくてはならなくなります。

折角ライフルを持っているのに
それを走りながら打っているのと似ているでしょうか・・・

シャフトの役割は ヘッドの重さをグリップに伝える ことです。
それは重さそのものを伝えるだけでなく、
ヘッドには形 がありますので 方向も伝えます。
一般的に考えられている ヘッドを動かすコト がシャフトの役割でなく、
その真反対の グリップを動かすコトがシャフトの本当の役割 です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
 
ごくごく一般的な成人男性を対象に
3番ウッドを (ヘッド重量等調整し)
ドライバーと同じ長さにしたら飛ぶようになると思いますか?

.疋薀ぅ弌爾剖瓩い茲Δ糞離になる?
高くなるが距離は大きく変わらない?


ボールが上げるのが苦手な人やヘッドスピードの遅めの人 などを除き
👉答えは  です。

e00bf7e68658a3e6-s








フェースローテーション
左右のグリップの入れ替え は
そのシャフト/クラブを振る角度分
✋ロフトは増え
✋入射角度は緩くなります
フェースローテーション〜グリップを入れ替えるスイングは
ロフトの大きなクラブと長尺にして使うのと
非常に似ています。


10度のドライバーと15度の3番ウッド と例にとると
10度のドライバーで 10ヤード伸ばすのに ヘッドスピード3ms アップ で済むところ
15度の3番ウッドで 10ヤード伸ばすのには もっとヘッドスピードアップが必要となります。
  ✊振っても振っても 距離が伸びにくい方法なのです。

問題はこればかりではなく
そのクラブの扱い方は
二つの写真のグリップエンドの位置を見れば 分かりますが
それを助長するような 体の姿勢を作ります。

Mr.Kの虎の穴 シリーズを通して
ご本人が言っていたのが
今までのフェースローテーションスイングを比較すると
「変な感じのダフリが無い。
 ダイレクトにボールに当たる。
 今までのショットは ナイスショットと思っても
 比較すると いっちょ噛んだ状態(薄いダフリ)で当たる。
 必ずダフリが入っていた。」
 とのコト。

そうですね。
グリップを止め、ヘッドが追い越す623c1d572817337eb8c8724aee59aba5
左グリップの下に右グリップが入り込む動きは
重さを左サイドにかけないので、右体重を残し
振った分、体は右に傾きます。
これではスイング最下点は想定よりも右にズレやすく
体の開き、上向きを誘発するクラブ扱いです。

体を開いて 上を向いて👉左足上がり で打つのですから
振っても飛ばないだけ・・・
より振れば振るほど 左足上がりはきつく成るのですから
頑張りと距離が比例し難くなるのは当然…。
………腰にも悪そうですよねー( ゚Д゚)

まあ そうなると 弾道はスライス気味になり易いのですが
そのスライス気味なことが飛ばない直接原因 ではなく
『入射軌道とロフト姿勢が問題』なのです。

そして アプローチなどに反映する その方法は
グリップの入れ替えと言う手で作る ヘッド軌道とヘッド姿勢 が
体の姿勢とダブルで絡むので 複雑化して安定しないのです。

ヘッド軌道とヘッド姿勢を決める要素が二重にあることが問題なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
 
ショットやスイングは
パッティングやショートアプローチに表れます。

その典型的な例が
パターで言う 「ショルダーストローク」 別名“振り子” です。

ショットやアプローチでは
回転軸になるのが 茱哀螢奪廖,
パッティングでは それが
首 になるに過ぎません。

これを教えるレッスンに罪名を付けたい位です。


ショットで言うところの フェースローテーション
左右のグリップの 上下の入れ替え
 は
ヘッドだけ を見ると このようになります。
IMG_0239_Trim(2)_MomentIMG_0239_Trim(2)_Moment(2)ショット と言う動作の中では
ヘッドをたくさん動かしているので
飛ぶような気になりますが、
動かした分、
👉ロフトが増え
👉入射角度が緩く
 かなりの確率で、入射ではなく
 あおり・しゃくりになります。

そして その動作は
からだの姿勢に影響を及ぼすので
ヘッドを動かし分、
👉左サイドは上がり、蕕浪爾ります
👉その分、体も開きます

何ひとつ メリット、良い面はありません。

fc4c3bd2-s

これを拡大したのが パッティングでの
ショルダーストロークです。


理想的なヘッドのインパクト通過と比較してご覧ください
IMG_0239_Trim(2)_MomentIMG_0239_Trim(2)_Moment(3)IMG_0239_Trim(2)_Moment(2)

















無意識ではありますが、
ロフトは下向き ボールさばきはからだの回転任せ の方が
インパクトは からだに対し左寄り になります。
フェースローテーションをする方が かなり右寄り です。

ヘッドの向きから 想像を巡らせるとmh
グリップエンドの位置も相当違います。

結果として どっちが左に体重が移るか も見ての通りです。


フェースローテーション・・・グリップの入れ替えをするには
左グリップは止まっていないと出来ませんから、
結果 腰は左を向くけれど、肩ラインは止まったまま という
世にも恐ろしい、奇怪なインパクト姿勢になるのは必然 な訳です。


パッティングストロークにおいて
ショルダーでクラブを振り子のように振ると
短い距離はまだしも、ある程度の距離になると
からだの姿勢が右に倒れ、上向き、しゃくりのインパクトになりますから
ヘッド、フェースの歯がボールに当たってしまいます。
ショットの中では トップが一番回転が増えます(倍増)ので
高めに飛び出て すぐにブレーキが利く ころがり になります。

軽いヘッドの、硬いシャフトのパター だから  …そうせざるを得ない
のかも知れませんが、より飛ばないパターで より飛ばない打ち方をするのですから
例えるならば スティンプ(グリーン速度)メーター 12ms のグリーンを
自分だけ 8ms で行っているのですから
より強く、より大きく、より速く 振ることになるのです。
 上手くなりようがないですよね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



まず 徹底的に意識して貰ったのは
テークバック初期にグリップエンドをからだから離さないコト

それをするのには
手先で形を整える、なぞる、真似るのではなく
しっかり クラブの向きをからだの向きで変えるよう
意識してもらいました。

IMG_0211_MomentIMG_0058Trim (2)_Moment







IMG_0211_Moment(2)IMG_0058Trim (2)_Moment(2)








元々 こすり気味がひどく
出球が高いのが それだけでも かなり低く
ボールの音も良くなってきました。
これだけでも 違いが出てきます。




次に 右ひじを外に張り、高さをしっかりとる
右腕を曲げた分、肘を曲げた分、肘を上げる にトライ。

IMG_0211_Moment(3)IMG_0058Trim (2)_Moment(3)







IMG_0211_Moment(4)IMG_0058Trim (2)_Moment(4)








✋これにはとても抵抗があるようです(^_-)-☆
 なかなか馴染みません。
 気にしても 数球で元の高さに戻ります。


右ひじを曲げるのは
「右ひじを曲げる」コトそのものが目的ではなく、
右ひじを上げるコト 外に張ること によって
☑からだが向きをでクラブの向きがしっかり変わるコト
☑前傾姿勢なりに右サイドが高くなるコト

こちらが本命です。

加えて言うのならば
テークバックと言う 右への動きの際
 ✊右腕も含めた右サイドが主導
左サイドはあくまでも補助に使う
おそらく 今までとは反対のクラブと体の関係と作っていきたいのです。

ブログを書き始めた当初から言っていますが、
トップに向かって 右ひじを外に
肘を曲げた分、肘を高くする
 のを言い続けていますが、
これが真似であっても 出来ない限り
クラブの機能を有効に使えませんし、
からだの回転で! は願望でしかない状態です。

私がスイングを見る際、
一番注目する部分 はトップの位置 での
右ひじの位置、高さ です。
この位置、高さは如実に体でクラブを動かせているか
腕でクラブを動かしているか表し
どんな理屈を持っているかは好き好きであっても
肘が下を向いている限り
手で振るので アドバイスのしようがないのです。



Mr.Kも グリップをからだから離さない は意識できても
 クラブをからだの回転で動かせない(テークバック) ので
右ひじを外に 高めで と言うのが馴染みません。
放っておくと すぐ下がってきます。
左手でテークバックをとる癖のある人には
この右ひじの張り、高さがなかなか馴染めません。

ここには少し時間がかかりそうです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ