◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 飛距離の探求



昨日の記事の続き、流れ なのですが……
http://hbs.livedoor.blog/archives/2001632.html



人によって ではありますが、
インパクト以降、フォローの取り方 も
手打ち、フェースローテーションの原因、
からだの向きの変更で打つコトの出来ない原因、
ボールを上から抑えられない原因に成り得る
 と思います。
(こすり球克服ドリル_Moment(こすり球克服ドリル_Moment(4)










インパクト以降、
実際には 動作は減速に入ります.
その結果として
ヘッドには運動の慣性が残っていますから
見た目、グリップを追い越す ような形 となりますが、
(自然に追い越してしまうのは放っておいて良い…ですが)
意識としては
グリップの方が高く、ヘッドの方が低い、
からだの回転でグリップの高さは増して行きますが、
インパクト地点にヘッドは置いてくる〜
ヘッドにかまう必要はありません。
◉グリップエンドはずっと 上向きのまま終わる
 と言う感じです。
 慣性の残っているヘッドに
 追いつかれないよう からだの回転でグリップを
 動かし続ける方が 安定性もあがりますし、
 結果として ヘッドスピードを上げる最大の方法となります。


多くのゴルファーのスイング、
特に 素振りなどを見ていると
インパクト以降で振っている ように見えるのです。



この動画 (⇑) はちょっとオーバーではありますが、
ヘッド単体を動かさない
その代わり、体の左向きでグリップの移動を意識する
素振りを強調しています。



◉ヘッドスピード・・と言う言葉がある通り、
ヘッドを速く、もしくは大きく動かすコトは大切なポイントですが、
それは グリップを移動させるコトで実行する必要 があります。
グリップを止めて ヘッドを動かすコトは
スピードは上がったとしても
 ロフトを増やす行為 や ヘッドの上下移動を激しくするコトになり
スピードは上がっても それが距離につながらない や
スピードを上げたせいで ミスショットになってしまう可能性を上げてしまいます。

ヘッドスピード…は からだの向きの変更速度 で上げるべき で
ヘッド単体で上げようとすると からだを止めねばならず
それはイコール 手打ちへの道 になってしまいます。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 "逮捕する"
ゴルフ業界での 『ぼーるをつかまえる』 の隠語ですね。


まあ… 要は『ロフトを立てればいいんです』…
このロフトを立てる を ちゃんと理解するトコロから
始めてみましょう。

良く思われている
 ロフトを立てる → ハンドファースト
は 半分合っていて、半分間違っています。
誤解を生み易い です。

このロフトを立てる、 形でなく効能としての「ロフトを立てる」 は
分解写真〜静止写真 ではなく、 連続写真〜動画 の考えが必要です。
ヘッドには ボールに対して、入ってくる方向〜角度 があります。
この場合は アウトサイドインとか、インサイドアウトとかの左右、ではなく
上下の角度 です。
IMG_0607

◯ドライバーはクラブの中では一番長いので
 その入ってくる角度(入射角度)は緩くなり、
傍目からは 掃(はら)って打っているように見えます。
◯ウエッヂはクラブの中では一番短いので
 その入ってくる角度(入射角度)はキツクなり
傍目からは 上から潰すように、よく言う「ダウンブロー」に見えますが
両者は 長さ による 円弧の大きさの違い なだけで
特別な差はありません。 技術的にやるコト ではなく
同じコトをクラブを替えるだけで行える というコトです。

厳密には クラブの長さ…というよりも
それによって 構え、前傾姿勢が違うコトとクラブの長さの複合 によって
その入射角度の差は生まれます。



ゴルフクラブは 正しく扱う前提で
上から入ってくる分 シャフトは前(飛球線方向)に傾きます。
例えば ロフト角度30度6番アイアン で
シャフトが ハンドファースト状態、
 前に10度シャフトが傾いていると
当然、地面に対してのロフトは 20度 ですが、
入ってくる軌道に対しては オリジナルの 30度 の状態です。
これが 基本となる 「ロフトの立った状態」 です。
そこからは 個人差があり、ややキツイ入射 で立った人もいれば
やや緩めの入射で ロフトの立ちもその分、緩やかな人もいます。

ココの理解が難しいのかも知れません。
【分からないコトが分らない/分かり難い のです】
e00bf7e6002





スイングは原則、からだの向きの変更 で行われ、
それには 前傾姿勢と言う条件が付帯します。

→からだの向きを変えるコトでショットする と
クラブ、ヘッドの描く円弧は その前傾姿勢分に相応し、傾いています。
と いうコトですから それで ヘッドは上から入射してくるわけです。


→ヘッドに適切(以上)な重さがあり、
シャフトに適切(以上)な柔らかさ があれば
ヘッドはそれに対し 遅れますので
放っておいても 入射は取れ、ロフトは立ちます。
重いヘッドほど、柔らかいシャフトほど
より入射をキツクし、
より見かけ上のロフトを立てることが可能ですが、
そこらへんは お好み次第 です。

「上からボールを潰す」
「ヘッドを上から入れる」

 を勘違いし
てさばきで ヘッドを、シャフトを、クラブを 下に振ってしまうと
その遅れは 無くなってしまいます。
手で円弧を作ってしまうコト によって
そのクラブの長さなり、長さに対する構えなりの入射ではなくなり
入射角度、上からヘッドが入ってくるコトを無くす動き です。
左グリップを支点に シャフトを振る、クラブを振る、ヘッドを返す
動きは フェースが上からボールを見て入ってくる動きを
横から、もしくは 下から に変えてしまう動き です。
からだの回転の移動 だけで 移動するヘッド に比べ
手先のリリースは ある段階までは ロフトを増やす動き です。
これは悪い意味のボールを上げる〜すくう動きになり
昔から ボールは手で上げるな、クラブに任せろ と言う言葉が有るのです。
IMG_0665

グリップをヘッドが追い越すと
ヘッドは左を向き始めますので
ロフト自体は立つ・・・と言うより 数値として少なくなりますが、
その度合いを比例して、からだは左向き、上向き
ヘッドも上に動き始めますから
少なくなったロフトを 左足上がりで打つ状態に近づき
 オリジナルの
「上から入ってきた分 フェースは下を向く(ロフトが立つ)」とは
全く別物になってしまいます。


ボールを逮捕するコト を実践するのは 実は簡単です。
精神的に? か、従来の自分のゴルフ理論から逸脱? 脱却し
ヘッドにかまわず、放置して置けば良いのです。
どの道 ヘッドはシャフトでグリップとつながっています から
重さ分を差し置いても
 グリップが動かした量、動かした方向に移動します。

鍵になるのは 
精神的にかどうかは分かりませんが、
 従来の自分のゴルフセオリーを捨てられるか、どうか
要は脳内革命を起こせるか、次第 です。
 技術的にも、肉体的にも作業は圧倒的に減ります。無くなります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチの練習には
スイング、ショットを改善するたくさんの要素が入っています。

まずは こちらをご覧ください
Desktop 2020.08.17 - 13.20.59.01_Moment

このデータは 使用クラブ 56度のサンドウエッジ で
 ほぼ真っ平なグリーンに向かって
30ヤード前後のアプローチをした際のモノです。

全体としては悪い結果ではないのですが、
見ての通り バックスピン/トータルスピン には
かなりの幅があります。
スピンで言うと 最大のモノ と 最小のモノ では
30%近くもの差が生まれます。

➀スピン最大のモノは 約4000回転
最高到達点(高さ)は 3ヤード
キャリーボール 21ヤード  ラン 12ヤード
➁スピン最小のモノは 2850回転
最高到達点(高さ)は 5ヤード
キャリーボール 24ヤード  ラン 6ヤード です。



アプローチの場合、
ボールが着弾する時の角度、弾着角度
弾着面の傾斜
ボールのスピード、ボールの回転数
それらの複合要素によって 止まり易い、止まり難い
が決まるので 一概にスピン量 どうのこうのではありません。
今回はその話し ではなく
これを基本に ショットを考えた時、です。

アバウト(ちょっとオーバーですが)ではありますが
➀のショットと➁のショットは こんな飛びざま になります。
iron-shot-green

同じクラブを使って
同じような感じ、同じようなヘッドスピードで打った場合
アプローチの時とは異なり、
➀のショット(赤線)の方が キャリーが多くなり
 弾着角度が急になるので 止まり易くなります。
 →最高到達点(一番高くなるところ)が弾着点に近い
➁のショット(黄線)の方が キャリーが少なくなり
 弾着角度が緩くなるので 止まり難くなります。
 →最高到達点が弾道の真ん中位になる

フルショットの場合 ボール速度があるので
スピンの多いものは 途中で浮力を得て
飛んでいる角度が上昇します。
 

アイアンで打った弾道とフェアウェイウッドで打った弾道
との違い に近いと考えて下さい。

例えば ユーティリティクラブ と フェアウェイウッド
同じロフト角度(例えば24度)だとしても
この違いはなにで生み出されるか というと
 入射してくる角度 が一番大きい です。

ロフト角度は製品の角度
その測定方法は シャフトに対して
フェース面がどの位 上を向いているか というコト ですが、
それが ボールの飛び方 にどう影響を与えるか は
ヘッドの入射してくる角度 によって 異なります。

IMG_0607

同じロフト角度 であっても
緩めな入射であれば 回転数は少なくなり、打ち出し角度は増えます。
同じロフトの UT と FW であれば FWに相当します。
きつめな入射であれば 回転数は多くなり、打ち出し角度は減ります。


その原理原則が 各番手の ロフトとクラブの長さ の関係
に相当します。

ボールを飛ばしたい …特にドライバー ですが
それを考える時、同時に
どうすると ボールを飛ばさないよう にするかではなく、
その同じ打撃方法・打ち方で制限した距離、抑えた距離を打つか
距離を管理(コントロール)するか
が ゴルフと言うゲーム性 には必要です。
距離を殺す のではなく 生かすのです

それが よりドライバーショットの距離向上につながります。





その一番の例が
56度のサンドウエッヂを長尺…例えば38インチにしたら
いったい どうなるのか?
 実際にやってみた人は少ないと思いますが、
35.5インチの筈のSW を 38インチ
2.5インチ長尺にすると ヘッドスピードは2m/s上がります。
しかし、距離は元々の長さのモノと殆ど変わらないか、
高さが増えるか、伸びても誤差範囲程度 です。

(つかまった球 VS こすった球_Moment(つかまった球 VS こすった球_Moment(2)





それは 入射角度が緩くなり、

よりインパクトロフトが増え、高さは取り易くなるが
ボール速度は上がらず、水平距離 には影響を与えない からです。
場合によっては より飛ばなくなる可能性すらあります。

本来、クラブの長さは ボールに対する
 ヘッドの進入角度、入射角度を決めるモノ ですが、
ヘッドを開き〜閉じたり するような打ち方では
 その入射角度は自在に変化してしまい、
クラブの長さ機能
(無意味化)を壊してしまいます。

トップやダフリのミス その頻度も
 長さの無意味化によって 発生する確率が増えます。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイングは
「飛ばすコト」と「飛ばさないコト」を両立させなくてはなりません




ご自分で試してみる、比較してみる と良いのですが、

.侫А璽垢魍き、閉じるコトでボールを打とうとする
▲蹈侫箸鯢せ 上から抑え込んでみる


△鉾罎戞↓,蚤任箸Δ箸垢襪
からだの周り 等の 自分の大きな動作 に加え
 どうしても インパクト付近で妙な加速 をしないと
ボールを打つコトが出来ません。

(こする つかまえる)_Moment(2)(こする つかまえる)_Moment(3)







テークアウェイで フェースを開く
ダウンスイングで フェースを閉じる は
8番アイアン位のロフト(35〜40度)のモノでも
簡単に サンドウエッジ以上のロフトになってしまいますから
インパクト付近で加速しないと
 開いたロフトによる バンス角度の増え、
 開いたロフトによる リーディングエッジの前出の増え

という 二つの障害が ボールをヒットさせません。

アプローチ…フルショットでない 距離の加減が必要なショット
にもかかわらず
 フルスピードには出来ない…けれど、
 インパクトの加速が必要になる
  という
ものすごく微妙なショットが要求される のです。





ある程度 ゴルフをされた方は分かると思いますが、
20~40ヤードほど ホンの目の前にあるような目標に対し、
フルショットではないけれど
その距離感に対し、妙なインパクト加速が有るショット…
しかも そのショットには 結構な緊張感 と
スコアに対する重要度 
が秘められています。

そして このショットには もう一つ致命的な欠陥 があり、
それは 持ってきたクラブ…アプローチですから
サンドウエッジとか、アプローチウエッジ、場合によってはロブウエッジ
だと思いますが、スイング中、ロフトを開いたり、閉じたり するので
打ってみないと 何度のロフト になるのか 正確に把握出来ず、
スピード加減が掴みきれない
 のです。


加減が必要だから… と ゆっくり振れば
ロフトが大きく開いて… ダフリ・・・トップ
の危険性が高く、かと言って 強く打てば
多くの場合、高く上がって
  強く打っているのに ショートしたりします。

それを 肘から先の 最も 筋肉の少ない、
…疲労に弱い箇所で行うのです。



スイングを造り始める時に
 フェースを開き、フェースを閉じる と言う形で
スイングを覚えると 空中に浮いたドライバーは
よほどの練習で…部活並みの練習で解決するか、
●方向や安定度をあきらめ 飛距離に特化するか、
●飛距離をあきらめ、方向と安定度を取るか、

で解決・・・この場合は妥協することになるでしょう。



そして・・・ 現場での練習が足りなくなりがちな
この 加減のいるショット(アプローチ)は
   ……何年…十何年…何十年…やっても
大きな進歩がない…のは
 物理的な、肉体的な無理 がある
    ことをトライしているからなのです。




Desktop 2020.09.03 - 15.33.57.01_Moment





初期に距離感を掴むのには それなりの反復練習が必要ですが…。

「ボールをフェースで地面に押さえ込む」つかまえを覚えれば
どのスピードであっても ロフト変化が非常に少なく、
そのスピードは 人間の「からだの向きを変える動作速度だけ」
と言う単純な仕組みにすれば、いったん覚えれば
普遍性のある、再現性の高いモノに出来る のです。

【つかまえの作法】_Moment

そして それが 『飛ばすコト』と『飛ばさないコト』の両立になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



先端に重さのある 長い棒 で
ボールに当てたい は前提条件として

 崕侏茲襪世院‘韻験囘戞張蹈侫罰囘戮筌侫А璽垢慮き」 
◆崕侏茲襪世院 ̄鵑に飛ばせる」
「出来るだけ 再現性が高い」
ぁ崕侏茲襪世院,らだへの負担、無理が無いように」

が 誰しもの願望 です。


そして 忘れられがち
…(初心者の内は気が付かない?)ですが
ショットは 飛ばすコト と 飛ばさないコト の両立、
相反しているようなことをしなくてはなりません。
多くのショットは 当てるコトを乗り越えた上で
飛ばすコトの為だけに造られていきます。

その両立には 『球体であるボールをつかまえる』
というのが 必須項目 なのです。


(アプローチ) 比較映像_Moment(4)


定義しておきますが、
つかまえる、つかまった には
条件があり、そのヘッドスピードなり、そのロフトなり に
ボールがつかまる と言うのがあります。

ですので 巷には蔓延している フェースターン、
クラブ(ロフト)を開いて、閉じて 打つ方式を採用すると
例えば ヘッドスピード 45ms の人にとっては
45msなりには つかまっていないが
40msなりには つかまっている のです。
正しく つかまえられる人が
 ヘッドスピード40msで届く距離を
フェースターンで打つ人は
こすってしまうので)
 ヘッドスピード 45msとか、43msが必要になります。

(


この時点で かなり影響するのが ゴルフクラブ です。
巷に蔓延する ゴルフクラブの多くが、ほとんどが
ヘッドが軽く、シャフトの硬いモノばかりで
特に 初めてゴルフクラブを握る状況、初めて練習場に行く状況、
初めてゴルフスイング状況の人にとっては
それは さらに激しい と言えます。
ゆくゆく(ゴルフスイング、ゴルフショット、スイング動作に慣れる)は
ヘッドスピード40msに到達する人も
始めの内は 当たらないのもアリ、かなり低めのスピードになりガチ です。
(初めてのゴルフスイングで筋肉痛になるのが良い例です)
その状態で手にしているクラブの多くが
元々 オーバースペックな上に、自分の運動性能もまだ低め ですので
言って見れば 多くの人が ダブルエックスのシャフト で
ゴルフスイングを覚え始める ようなモノ
です。

本来、長い棒の先に重さの付いた ゴルフクラブは
宿主である 自分がからだを回す なり グリップを移動させた分、
ヘッドの重量とシャフトの柔らかさ分 ヘッドは遅れ
通常にしなりが発生するモノ ですが、
オーバースペック、おそらく アイアンでしょうから
ほぼ全くシャフトのしならない ダブルエックス相当のスチールシャフト
 では その遅れ、シャフトのしなり がありません。

シャフトの本来の役割は
ヘッドのその形、重心の位置、その重さ を利用し
その重さをグリップに伝え、グリップの移動を促進・補助させる為、
グリップの移動の為のモノ ですが、
しなりもない、遅れも無い 硬いシャフトの状態では
その重さも伝わりませんし、グリップの移動も促進・補助されません。
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)

グリップが押されませんから、ボールにも届かない
実際には グリップの移動が不十分なせいで届かない のに
当たらない となれば グリップではなくヘッドのコトに注意が行きます。

これは実際、何度もテストしていますが、
ゴルフスイング、ゴルフクラブに慣れていない人に
そこそこヘッドの重たい、シャフトの柔らかいモノ を持たせると
当たり方は悪くとも 「当たるコトそのもの」には苦労しませんが

一般的に 初心者が『持たされるであろうゴルフクラブ』
この場合は スチールシャフトのアイアン になりますが、
そちらを使うと まずは「当たらないことに苦労」
「届かないことに苦労」
します。

そして 前述の通り、ヘッドがボールに当たりませんから
より一層ヘッドを動かそう とする、
つまり より一層グリップの移動をしないようにする、
になっていきます。

無意識な内に からだを止め
ヘッドを振るコト、先端を動かすコトばかりを覚えるコト になります。

それが後々、 フルショットばかりでなく
距離をコントロールしなければならない アプローチの苦労
にもつながっていきます。


【つかまえの作法】_Moment


ここで 生涯付きまとう
「球体であるボールをつかまえる」 と言う課題 が
生まれてくる訳です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


初めてゴルフをする、
ゴルフクラブを握る、
ゴルフスイングを覚え始める、
その時に持つ ゴルフクラブの影響 ってとても大きい
と思います。

今、丁度 40歳半ばの男性で
ゴルフを始められるお客様がいるので
よい参考例になると思います。

長年 かなり気合を入れてテニスをやってこられたそうで
自分の年齢的にも、仲間の年齢的にも
さすがに テニスを本格的にやるには辛くなってきて…
仕事の関係も含め ゴルフに… というコトだそうです。
本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(6)本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(5)



ボールを打つ前に
クラブを握る前に
ゴルフスイングの印象を聞くと、
やはり ゴルフ以外の一般雑誌や
ゴルフを取り上げるバラエティ番組の影響 などで
なんとなく の ゴルフスイングの見栄え とか、格好 の
イメージを持っており、
やはり 円で、ぼんやりした印象でクラブは円で振る 
という観念見たいモノは有るみたい です。

で、まず 手始めに
ゴルフクラブの構造を説明します。

ゴルフクラブはパターも含め
ルール上、14本まで携帯出来、
他のスポーツに比べ その14本を携帯するのには
クラブの中では 明確に用途の違うパターを除き
IMG_0783

◌複数種の方法を取らず 距離の差を作り出せるコト

◌その 距離差を作り出すのは ロフトと言う打撃部の角度 であるコト

◌隣同士のクラブの角度差は 3〜4度しかなく、
 その差は 時計の一分一秒の針の角度差よりも狭い というコト

◌クラブの長さ が違うのは その長さを利用し
 ヘッドスピードだけでなく 入射角度を変え、そのロフト効果をより活かすコト
◌上記に加え、長さの違いによる ヘッドスピードの違いが
 直接的に距離を生むのではなく、ロフト効果の違いが影響力大 であるコト

◌ヘッドの重さは 長さに応じて異なり、
 その破壊力は 長さ×ヘッド重量 なので
 どのクラブも 破壊力そのものに大きな差はないコト




スイングを始める前に
 これら 科学的な、物理的な話をするだけでも
これから行う スイングをどうするのかの イメージと言うか
動作観念はかなり異なってくると思います。




本番であるコースに出ると
傾斜や地面の状態、風や心理状況、スコア などによって
人生を通して 同じ状況のショットは二度とない のがゴルフです。

ほぼ全部のショットが 何らかのミスショット である、と考え
◇出来るだけミスの幅を狭くする
◇使える程度のミスでおさめる

のが ショットの向上 で
✖マンガに出てくるような スーパーショット(ナイスショット)を目指す のが
スイングの向上やショットの上達 ではないことを伝えます。

20191006_Moment(3)


動きながらのプレーではなく
個人の 【 静→動 】 の動きによって ショットを行うため
欲を含め、心理・精神状態、願望が大きく影響を及ぼすので
完璧を作るコトは出来ませんが、
出来るだけ ミスが出にくい、ミスの幅の狭いモノは造り得ますが、
それは 
基本、角度を最重要視するコト から始まります。

ゴルフスイングはルール上も
横にサイドステップ、スタンスを移動させるコトで打つコトは出来ません。
また 効率や運動速度などを考え、
スタンスを固定し、からだの向きを変え、
俗に言う からだを回して ボールを打つ形になります。

からだを回し 長い棒の先端にあるヘッドを
ボールにぶつけて、ボールを飛ばす 形式である ゴルフスイングは
一見すると 遠心力でボールを打つように見えます
https___media_gettyimages_jpg

しかい、滑り易い状況 や 傾斜 などが必ず含まれる現場で
出来るだけ 同じ角度で打てる確率 の高いショットを行うには
遠心力 という 外にはらもうとするチカラ を多少、利用したとしても、
それが 主エンジンになって ボールを打つのはありません。

補足になるますが、 スイングの回転で言われる軸運動 
クラブの先端のヘッドを振って(振り回して)打つコトではなく、
自分が動いたら、結果、ヘッドも動いた
という 似ているけれどまったく違う動作をしたコト で
生まれる用語 であって、軸そのものを意識するコトでは無いと思います。

ボールをヘッドに当てる と言う条件が絶対に含まれ
ショットとしては 最優先事項 にあたるので
計算しきれない、余計な外力に相当する遠心力
その最優先事項
(当てる)を実行するにあたり、
同じ角度で、望みの角度で、ボールを打つ の優先順位を
かなり下げてしまいます。
これが ゴルファーにとっての
  使えないミスショットになる大きな要因
 です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



『ボールをつかまえる』作法には
縦方向にも、横方向にも 円というか、曲線的な動きは
ありません。

基本、シンプルに 打面 である
フェースを 高い所からボールに押し付ける だけ です。
(あえて言うのなら 縦方向 でしょう)
【つかまえの作法】_Moment

ですので、ボールはロフトの方向に逃げる 訳 ですが、
この行為に ヘッドスピードは要りません。
(ヘッドスピード 0 って訳には行きませんが…)



フルショットやアプローチなど 距離が必要な場合、
その必要な距離分、動作の速度を上げ
グリップの移動量を調節します。

つかまえる行為と速度、距離感は
 ほぼ全く別なモノです。

ところが ヘッドを回転させ、
開いて〜閉じる と言う行程で
ボールをつかまえる と信じている限り、
インパクト付近には なんらかの 加速が必要になります。
ゆっくりな速度では ロフトが立ち切らず、ボールは回転に従い
外方向に逃げてしまうからです。

(つかまったボール  こすったボール_Moment


ですので からだの動作によるスピード調整 が機能しません。
また、ヘッドの開閉 によって ボールを打つため
インパクトロフト
入射角度
双方とも 均一、一定のモノに落ち着かず
 距離感が身に付きにくい のです。

本来、フルショットであっても、距離調節の必要なアプローチであっても
距離感の基になるのは
 動作速度 による グリップの移動速度 です。
ところが ヘッドの開閉 をするのには
 インパクト時 グリップを移動させることは出来ません。

ヘッドという 長い棒の先にある場所、
そこには 落下や遠心力による、掴みきれない不確定なスピードがあります。
その 不確定なヘッドスピードを管理する というのは
自分の一部である グリップ部に比べると 遥かに難しく なります。
 しかも、インパクトロフト〜入射角度が不安定なのですから
距離感を掴むのはとても難しいモノになります。

(つかまった球 VS こすった球_Moment(2)(つかまった球 VS こすった球_Moment






つかまえるコト = ヘッドを返して打つ 〜ヘッドの開閉
と思っているゴルファーが
ドライバーなどのショットが スライスから逃れられるようになると
必ず このアプローチの問題、壁にぶち当たります。
フルショットと違い、スピードのコントロールの必要な
 アプローチは その名の通り、速いスピードで誤魔化すことが出来ません。
何十年やっても アプローチの問題から逃れられなくなります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールを遠くに飛ばす、
ドライバーで ライバルよりも飛ばす、

というのは ゴルファーの楽しみのひとつ であり、
ゴルフの大きな魅力のひとつ です。

火薬や機械を使わず、モノ…この場合はボールですが、
それを200m近く飛ばすことの出来る遊びは
ゴルフの他 多くはありません。




長い棒状のモノを手で振って
それを実現させようとした時、手打ち〜手振りの
最大の欠点が顕著に出ます。


『フェースにボールが当たる』と言う条件の元、
ボールを飛ばす要素 は
 ◎出来得る限りの速いスピード と
 ◎そのスピードに適した インパクトロフト
 です。
 (寝ていないロフト)
スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)

総じて 速いスピード、速い動作、
ゴルフの場合は 速いヘッドスピードを望んだ時、
助走にあたる テークバックやトップは 高く(大きく)深くなりガチです。
飛ばそうとした時、トップが小さくなる人は稀だと思います。

手打ち〜手振りの場合、
からだの向きの変更〜からだの回転と円弧は
直接関係に無く、手で作る円弧 を大きくする為に使われます。

初期段階から グリップも、ヘッドも、からだの外、
テークバックの場合は からだの右外へ外しますので、
それは ロフトの開き に相当します。
ですので 大きなテークバック、大きなトップを取る程
ロフトは開き、からだから外れる量も増える訳です。

IMG_0378クラブを持って自分で試してみると分かりますが、
右を向かず、その場で クラブを上げる、ヘッドを上げる のと
フェースを空に向け、横(この場合は蕁砲謀櫃垢里
どっちが 重いか・・・・ 言うまでもありません。

片方は クラブの重さ × 長さ の長さが最小 になります。
一方 クラブを横に倒してしまう方は クラブの重さ × 長さ の
長さが最大値 になる上に
ロフトを寝かしてしまうので ヘッドの重さも最大値 になりますので
トップの位置での 切り返し の重さの 差 は
数キロになると考えられます。
IMG_0058Trim (2)_Moment(4)ararara_Moment201812_Moment(2)




大きく振りかぶっていますから ロフトも開き
クラブの重さも最大、
そのまま…ではフェースで打てませんから、
フェースを閉じなければなりませんが、
開いたフェース(ロフト)を閉じる行為を
ここから 最大、最速 で行わなければいけないのです。

ご存知のように、
ヘッドスピードが 3ms 高くなっても
ロフトが開いていれば
逆に 飛ばなくなってしまうことは体験済み だと思います。


また 同じクラブであっても
上り坂、左足上がりであれば 飛距離が通常よりも行かない
というコトもご存知だと思います。
93564c62-s

速く、大きく振ろうとするほど
ロフトは増え、クラブは重くなり、
それを 元のロフトで打たなければならないので
力んで無理します。その分は きっちり
からだが上を向くので
上手く当たったとしても 自主的な上り坂ショット になる可能性も
非常に高い訳です。

スピードが上がったとしても 大きなロフトで打ち易く、
無理する分、からだは上を向きますから、
飛ばそうとした時 ほど 球が余計に高くなったり、
スライスが強くなったりし、飛距離が伸びにくい
という 大きな欠点を発揮する訳です。

ま それを チカラ・腕力で解消する のが
楽しい というのであれば…お好きにどうぞ としか言えません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



何度か記事でも書いていますが、
ショット解析 や フィッティング などで用いられる
「ミート率」というのは
ボールの速度 を ヘッドスピードで割ったモノ です。
例えば ボールスピード60m/s  ヘッドスピード40m/s
であれば ミート率 というのは 1.5 と言う値になります。

これをミート率と言う呼称にするのが適切か、どうか、
は今回はしませんが、
ミート率を数値として 上げるのは簡単で
シャフトの硬さやヘッド重量、全ての値を同じにして
 ◯ロフト角度を少なくすれば良い のです。

つまり ドライバーショット として 飛ぶか否か は
無視すると ロフト0度や マイナスロフトのモノ が
その「ミート率」という呼称のモノの数値を最大値にする方法です。

ドライバーショット の向上というコトになれば
そのミート率と言う呼称のモノ も含め、ごく当たり前ですが、
打ち出し角度や回転数など 総合的な判断が必要になります。
IMG_0607

ボールの速度を上げるには
ヘッドの動いてきた軌跡に対し 垂直の面 で打撃するのが
一番の方法になります。
ところが、それでは ボールを浮かし続ける回転が生まれない ので
9度とか、10度という 角度を付ける訳 です。

逆を考えると
 ドライバーでは二度打ちすることはほぼ不可能ですが、
50度を超えるような 大きなロフトのクラブでは
二度打ちするコトが可能です。
それは ヘッドスピードをボールスピードに転化する
ロフトが大きく、ボールスピードよりも回転や高さにチカラが逃げ、
ヘッドスピードよりもボールスピードの遅くなる、からです。
二度打ちは ボールスピードの方が遅くならないと不可能ですから…。




ショットを考える際、
ボールをつかまえない と飛ばすことは出来ません。
ボールをつかまえる とは
その クラブの製品ロフト通り ロフト効果を寝かさず使う
そのロフトで出せるはずの ボールスピードを作り出す

というコトになります。

e00bf7e68658a3e6-s







ゴルフクラブは各番手ごとに ロフト角度と長さ が設定されており
それは かなり重要で密接な関係にあります。
使い易いから と言って
ドライバーを 40インチにしても
ボールの高さや浮力が作り出せず、結局、飛ばないモノ
になり易いですし、
飛ばすために 9番アイアンを40インチにしても
上がるばかりで 距離が伸びない可能性も否めません。

その長さ が決めるのが ヘッドの入射角度 です。
当然ですが、長いものになれば緩い入射角度になり
短いモノになればキツイ入射角度になります。

その入射角度の作り方
 その誤解というか、勘違い が
飛距離を出せないキーポイント
 になっていると思えます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Desktop 2020.07.26 - 22.28.02.01_Moment飛ばし屋の Aさんの話の続き…です。

50cmも80cmも外から振った、ような
そんな感じをトライして、
今まで陥っていた 寝ていたラインよりも
一本立ったラインと通せるようになり
当たりもだいぶ良くなってきました。

ああ この感触なら 飛びそう」 と言った反面、
力の入れドコロがない
力を入れられない・・・
 (正確には チカラを入れる暇がなく)
 いままでよりも 速くインパクトが来てしまう。」
と言う正直な感想です。


✋✋✋ココで勘違いを是正したいのですが、
ダウンスイングでの チカラ の多くは
すべて、とは言いませんが
不必要なクラブの重さ、
適切でないクラブの姿勢 
 それを耐えるチカラ によって造られています。

そして 多くの場合、
 腕でクラブの重さを動かす感触 です。

ボールを飛ばす基本は
 自分にとって出来得る範囲の
 移動(向きの変更)の速度 です。
からだの回転を主に する場合、
 チカラ が有って困らないけど 全てではない と考えて良いでしょう。

左腕を遅らせ、グリップを遅らせ
 それを腕で巻き戻す、
その動きそのものが 消失 しますから
遠回りが無くなり、インパクトが 「速く」 来ます。
ーーー落下速度が活用できる時間内 です。

インパクトは
(右打ちの人の場合)、出来るだけ左(飛球線方向)
インパクトは出来るだけ早い時間に、
というのが 飛ばしの鉄則 です。
そして その飛ばしの鉄則は
 そのままアプローチにも適用出来ます。






初めてゴルフスイング、ゴルフショットをする時、
「こんな握りで…。」
「こんな構えで…。」
「こんな風に振って 飛ばせるの?」

と感じたと思いますが、
今までと違う 動作に慣れれば、
良い意味での力の入れドコロもわかってきます。

クラブが寝たことによって
重くなったモノを動かす 「リキミ」が
ショットの満足感として 筋肉や関節の記憶として残りますが、
それは同時に からだへの負担、故障の原因に成り得ます。
そこを踏まえ、その「力感」頼りにしないで下さい。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(2)

寝かした 腕に頼る、ローテーションのスイングは
ロフトを寝かす、ロフトを戻す イコール
フェースを開く(右に向ける)、フェースを閉じる(左に向ける)
その動きは 必ず からだの姿勢、インパクト姿勢に
大きな影響を与えますので、
飛距離と安定性、ドライバーとアプローチ
 飛ばしとスコア という
 相反するかの案件を苦しめ、
絶対的な練習量が必要になりますが、
 若い時であればまだしも、そう言った練習量、頻度は
なかなか出来なくなります。
 そして 故障もまねき易い…。



今のスイング を基準に比較する場合が殆ど、な訳ですから
そこは 頑張りドコロ なんだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


よく耳にする ゴルフスイング用語、
 〜【タメをつくる】〜 についてのお話し。

タメの有るスイングとか、今のは良いタメだ、などと聞きますが、
いったい タメ って何でしょう?
おそらく 該当する漢字は 「溜め」だと思います。

この場合の タメ は 何かに対する何かの遅れ、ズレ に
相当すると思いますが、
ゴルフクラブの場合、特にシャフトに関しては
グリップに対し、ヘッドが遅れ、
それを「シャフトの弾き、もしくは、反発 によってボールを弾く」

だと思われています。

 コレ、クラブ製造、シャフト開発 の立場から言わせて頂くと
それが シャフトの仕事、役割だと「勘違い」している人が
殆どだと思うのですが、はっきり言って 間違い です。
達人のココから盗め_Moment(4)

ヘッドがグリップに対し、遅れて、それをシャフトが反発し、
ボールを弾く のには そのシャフトが弾く分、
グリップを止めなくてはイケマセン。

グリップが一定の速度、または加速状態 である限り、
シャフトがどんな硬さ〜柔らかさ であっても
シャフトがどんな高弾性であっても
ある一定のシャフトのしなりが保たれたまま、
硬さ〜柔らかさ の分、グリップとシャフトの相対関係は
永遠に続きます。

そもそも、グリップに対するヘッドの遅れ、ズレ を
✋ロフトの立ち にするのか、
✋ロフトの開き にするのか、

によっても 考え、やることは大きく異なり、

❶ロフトの立ち、であれば達人のココから盗め_Moment(2)
その、所謂、シャフトのタメ、ヘッドの遅れ を保ったまま
グリップを移動し続ける、一定の速度、もしくは加速させ
グリップを動かし続ければ良いだけ です。

❷ロフトの開き、であれば
そのままではボールは打てません。
極端に言えば、スイングの中でロフトが寝れば、
フェースでなく、ソールがボールと相対するコトになってしまいます。
ロフト、フェースを元に戻す
 開いたフェースを閉じる方向に動かさなくてはなりません。
これは 前述の通り、グリップの移動を減速、停止させねば
実現不可能な訳ですから、
タメを作ったとしても そのタメを開放、結局、元に戻さなくてはならない
しかも、その動作が人為的なモノ であるなら
タメ ソノモノの意味は全く無いばかりか、
より一層忙しく、難しくするためのモノ が タメ になる訳です。

ハンドターン (3)



❶タメ(ヘッドの遅れ)が ロフトに立ち になるのなら
あとは回転し続け、グリップを移動させるだけ。
👉これであるのなら タメ の意味は理解出来ます。

この場合のタメは
 からだの回転に対し、グリップは遅れず、
 ヘッドの重み(運動も加わった)分、ロフトが立つ ですので
ボールをより少ない動作、少なり速度、で
安定させ、繰り返しすることが可能ですので、納得ですが・・・

👉ヘッドの重さ、シャフトの柔らかさ、運動 が加われば
自動的に、オートマチックに出来るタメ を
放置したまま、運動を続ければ良いだけです。

ココを治したい❷_Moment(3)ココを治したい❷_Moment(4)






タメ(ヘッドの遅れ) ロフトの開き(フェースの開き)であるなら
インパクト付近という 一番忙しいトコロで
そのタメを「元に戻す」、より理想的な状態に戻す というコトを
飛ばすために 速い速度で行わなくてはイケナイ
どう見繕っても お得なスイングとは言えませんし、
 タメを作った意味が理解出来ません。

タメを作っても 結局、それを元にもどし、
言ってみれば、片付けを 自分の労力で何とかしなければならない。
それが タメ であるのなら 要らないでしょう。
その 元に戻す行為 が ボールの飛距離と同時に、ショットの是非
方向性や繰り返しをどんどん悪化させています。




その「スイングのタメ」、本当に要るの❓





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 



多くの人は ショットの安定は
ボールの飛び出る左右方向や曲がり ばかりを
気にしているように見えます。

しかし、ショットにとっての安定は
まず 距離が基本であって
自分の打つ番手、打つクラブのおおよその距離が
決まっているから
それに応じて 構える方向を決めたり
安全な区域を探したりする訳です。


距離を決める おおよその要素は
スピードとロフト効果 によります。

ヘッドスピードはとりあえずヘッドの移動速度
と形付けてはいますから
頭の中では ヘッドを速く動かそう
ヘッド「だけ」を速く動かそう と考えてしまいがち ですが

本来は ヘッドスピードの源は
ボディスピード〜回転の速度 です。
部位で言うのなら グリップスピード です。
乱にんぐアプローチどりる_Moment(2)

それをヘッドだけスピードアップ
と考えても ヘッドスピードなんて早々あがりませんし、
ヘッドだけを動かす打ち方は
もう一つの要素の「ロフト効果」を
スピードを上げれば上げるほど乱す要因になるので
自分のいつも通りの 運動速度 をキープする
ことの方が大切です。

また ヘッドだけを動かす動きは
動かせば動かすほど 左サイドが上がり
右サイドが下がる 煽り打ちの姿勢につながるので
目標として狙うべきものではありません。

555

そして もう一つのとても大切な要素のロフト効果 は
インパクトのロフト だけ でなく
ヘッドの入ってくる上下(高さ変化)の軌道も
ボールを飛ばすロフトの効果の一つ である
としっかり認識した方が良いです。


そう スライスなどの右回転、左回転と
上下(縦)と左右(横)が入れ替わりましたが
全く同じものです。

これも毎度のショットの出来るだけ安定させるには
グリップを動かす という事を念頭において下さい。

ヘッドばかりを動かすスイングだと
ヘッドを動かす(角角度運動)をするほど
ロフト姿勢も変わり、入射角度も常時変化します。

また この動きが良く無いのは
グリップに対し ヘッドが遅れている と認識し
ヘッドを追いつかせようとすればするほど
グリップの移動が滞り
追いつき始めると グリップが後退するような状態
になってしまうので
ロフト姿勢変化、入射角度変化がより激しくなります。

トップ・ダフリの話とつながりますが
体の回転で グリップが動いて ヘッドが入ってくれば
ヘッドは上から入ってきますので
ボールとヘッドの関係が 上下に多少ずれても
大きなショットのミスにはなりません。
IMG_0484

ところが ヘッドだけを動かして
ボールを弾くような打ち方だと
ヘッドの方が後ろ 遅れていれば良いですが
ヘッドの方が前に出るような状態に近づくと
ロフトも増え(フェースが上を向き)
と同時にヘッドも高くなり始めるので
薄く当たった時 必ずトップになります。

ヘッドが遅れている と言う感覚の持ち主の場合
ヘッドが追いつくところが ボールより手前なら
それが ダフリやトップになってしまう という事です。


体の回転によってグリップを動かす
グリップを動かすことが唯一のヘッドを動かす方法
というのが ミスの激減にもつながりますし
総じて 飛距離アップにもつながって行きます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブはものすごく良く出来ています。

先日の記事の通り、
ヘッド重量がある程度、しっかりしており
普通に振って、しっかり たわむ(しなる)硬さのシャフト であれば
運動が少ない時は
 ヘッドの位置やヘッドの姿勢、クラブの具合 が判るように
重心位置と言うモノが判別でき、
ある速度を超えると それが直線状に揃う

 二重構造をもっています。

455T-1


アドレスやテークバック、トップの位置
などでは 重心位置によって ヘッドの位置、姿勢 が判りますから
同じコト、同じ動作をする目安になります。
一旦、速い運動になると
 そのズレが解消され、握っている棒、そのもので打てばいいのです。

そう言う特性が 他のスポーツ用品には無い
 ゴルフクラブの特性、というか二面性です。

それを有効に使わない手はありません。


重心深度の深いフェアウェイウッド というのは
正しく使えば
重心が深い ⇒より重量効果が大きい
        ⇒ヘッドが前に出る /ロフトが増える
        ⇒ヘッドが前に出る /入射角度が緩くなる

これらの効果から 打ち出しが高くなり、スピンが減ります。
よって 単純には距離が出し易くなります。
しかし これを 重心を直線状に揃わない使い方 をすると
重心が深い ⇒重量効果が大きい
        ⇒より遅れる /ロフトが増える
        ⇒より遅れる /フェースが開く

で 入ってきて フェースターンすれば
重心が深い ⇒急激に、ヘッドが前に出る /フェースが閉じる
        ⇒ヘッドが跳ねあがる
になるのですから ダふるか、突然ヘッドが跳ねあがるトップ か の
非常に使い辛いキワモノになってしまいます。



ヘッドターン 〜手の返しでボールをさばく方法は
基本的に、重量が一直線上に「揃わせない」方法です。
揃う扱いでは ヘッドの重量による ヘッドの遅れは
 ロフトの立ち に出来ますが、
揃わない扱いでは 
その遅れは ロフトの開き とフェースの開き になります。

それを わざわざ作り、取り返すのは 無駄 ではないでしょうか。
研鑽を積んで 安定度を高める方法も無くはありません。
好きで行っている人は、それを目指すしかありませんが、
どちらであっても、年齢的な衰え で 成功率 が 下がる日は必ず来ます。

そうなった時、ゴルフクラブの性能を利用出来る方法
を取っているか、自分の練習量も含めた 運動性能に頼る方法 なのか
は大きな開きになると思うのです。

edd43161


 同じヘッドスピード であったとしても
腕も含めたゴルフクラブだけが動いているのと
からだ と言う重たいモノも一緒に動いているのでは
まったく 同じ なんでしょうか❓
安定度はどちらなんでしょうか❓
繰り返し易さはどちらなんでしょう❓
動いていないからだと動いている腕 その接点が痛まないのでしょうか❓

イチからゴルフを誰かに教える として
その人が腕力や体力に自信がなかった、としたら
満足感がある 手で振るスイングを教える べきでしょうか
oto_Moment

年齢を重ねると 若い時には思いもよらなかった
ボールが上がらない、ゆえに飛ばないや止まらない を体験します。
その時、ヘッドスピードを上げろ は酷です。
そうなった時、クラブに頼れるようにして置いた方が良いのではないか
と 私は思っています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ゴルフ用品業界では一般的に
分子をヘッドスピード、分母をボールのスピードに
例えば ボールスピード 60ms ヘッドスピード 40ms
1.5 のような数値を使って ミート率を 表しています。


IMG_0361(3)_Moment


そして この(上で言うと1.5と言う)数値は
ゴルフクラブのロフト角度が増えるとともに、低い数値になり
ウエッヂあたりに来ると ボールスピードの方が遅い
数値として 0.9など、1.0を下回るようになってきます。、
✋故に 二度打ちしたりする…んですね。
 どう打っても ドライバーでは二度打ちが不可能です。 

ですので ゴルフクラブを販売する場合、
よりロフトの立ったモノを打って頂ければ
数値としては 1.5を超えるよう…になっていきます。
それを ミート率 と呼んでよいのか 微妙ではあります。

同じクラブを使って計測する場合、
より オリジナルのロフト 10度なら10度と
ロフトを寝かさず インパクト出来れば
数値は増えていきます。

簡易計測器…などもあるので
この数値を気にされる方がいるの…ですが、
全面的に悪い とは言えませんが、
良い点と悪い点があります。

確かに 数値を上げるため、
今、手にしているクラブのロフトを寝かさずに打つコトは
 同じ力で遠くへ飛ばすのに有効な手段の一つ ですが、
ミート率と呼ばれる この数値を上げようとすると
煽り気味、しゃくり気味 のインパクトにして行けば
極端な言い方をすると アッパースイングにして行けば
行くほど 数値は上がり易くなる点は落とし穴になります。

460TL-2


通常、酒飲み話などでされる「ミートする」
 フェースの良いトコロ(例えば 真ん中)に当たる概念が浸透している中、
この 計測の便宜上の言葉 ミート率 は
ロフト角度〜インパクトロフト角度 を基にして いるコトは
重要なポイントだとは思います。
自分にとっての 望ましい姿勢と望ましい進入角度
これが ミートするコトで、
そして、それが安定し易いコト と言うのを心がける
数値の最高点狙いではなく、
数値の向上とともに、安定化 に利用出来るのであれば
有効な手段の一つと言えます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフのスイング用語には「ボールをつかまえる」というのがあります。
ほぼ 同じ意味合いで『ボールを潰す』
それを実現するための用語で「ボールを上から打つ」 なんてもいいますが、
それらはいったい どのような状況を表す、示すのでしょう。

打つ前の状況、アドレス時は
ボールと打撃点(物)であるヘッド〜フェースの関係は  こんな状態です。

IMG_0524


スイング、もしくは ショットは 手で振ったにしても、体で振ったにしても
ヘッド(フェース)はいったん高さを上げ、下がりながら打撃し
打ち終わると また 高さを上げていきます。

その度合い… ヘッドが上から入ってくる度合い、円弧の大きなや角度は
 ヒトによって微妙に異なりますが、原則、そのクラブの長さ、
そして その長さのよる、前傾姿勢の度合いが基準になります。

ですので 単純には シャフト(クラブ)の長いドライバーは
円弧は大きくなり、ボールに対して入ってくる上からの度合いも緩め、
シャフトの短いウエッジは円弧は小さく、ボールに入ってくる度合いもきつめ
になります。
IMG_0526

ボールは球体・・・ですので、圧力がかかった場合、
かならず 逃げ場所へと流れます。
例えば、 ボールをアドレスと同じような状態で打ってしまうと
インパクト以降、ヘッドは上に上がろうとしますので
イメージとしては ボールがフェースの下へこぼれてしまう・・・ような
形になってしまいます。

『ボールをつかまえる』は 球体、しかも ゴム質であるボール
(ボールの歪み率は 金属であるヘッドの約200倍あります)
を 下降過程でとらえると ボールは逃げる場所がないので
角度の付いたフェースの上に逃げようとしますが、逃げ切れず
 一瞬、潰れる コトを指します。

✋単純にボールを潰す と言う意味であれば、
入れ方よりも 打撃のロフトに左右されます。
入れ方が良くなくても、ロフトの立った(例えば、ドライバー)であれば
ボールは『潰し易い』のです。

ボールを下がり過程でインパクトするか、
ボールを上がり過程でインパクトするか、

同じヘッドスピード、同じクラブであっても
この二つでは まるで違った球質、弾道、距離、高さになります。
まるで違った球です。
故に 最下点 という どちらのインパクトもあり得る
イメージでボールを打つのは お薦め出来ません。

テクニックとして ハンドファースト を推奨している訳 ではありませんが、
ゴルフクラブは構造上、シャフトが前に倒れた(飛球線側)分、
地面に対するロフトは立ち(伏せられ)ます。
ゴルフクラブは構造上、ヘッドの重さ分、ヘッドは遅れるように
造られていますから、それに逆らわず、スイングすれば
放っておいても ロフトは立つ ように見えます。
実際の、そのクラブの正規な打撃ロフトは 地面に対し…ではなく
「入ってくる軌道に対して」です。

例として、5番6番(ロフト30度)のクラブを
地面と平行に、地面に対し30度、入射0度で打つのではなく
入射10度(参考例)、地面に対し20度で打つのが
そのクラブのオリジナルの弾道になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



体の向きによって
フェースの向いている 上下の向きは
同じではありません。

クラブを持っているで その上下の向き
を変えようとしなくとも
からだの回転は前傾姿勢があるため
右を向けば(右打ちの場合) 下を向き
左を向けば 上を向きます。

 そう言う意味でも前傾姿勢が残るような
 からだの回転が望ましい とも言えます。


股関節を境目に、
そこから上、特に肩や肘、手首などを
ある程度固定し、テークアウェイ…右を向くと
前傾姿勢で傾いている軌道分、
フェースは下を向きます。
この状態が 「スクエア」 と言います。

IMG_0725

ですので、上は固定、
体の向きだけ フルターン ⇒フェースは下向き
それを 元のからだの向きにするだけで
 ⇒フェースは横向き になるのです。


体の向きを変えるだけで
フェースの上下の向きは変わるのです。
勿論 自分では変えたつもりではなく
同じ感じです。
✋繰り返しますが、からだの回転には
前傾姿勢があるので
傍目には 右を向くとフェースは下向き
左を向くとフェースは上向きになります。

ですので テークアウェイの時点で
フェースが上を向いてしまう というのは
前傾姿勢を失ったからだの向きの変更、もしくは
手先でクラブを動かしている 〜クラブをひねっている
可能性があります。



確かに インパクトでは ドライバーであっても
ウエッジであっても
ボールとフェースは 横横、
ヘッドは 飛球線の後方からボールに当たり
飛球線方向に抜けていくように『見えます』

シャット、シャット と言われても
ボールの上、真上とは言わなくても
ボールの上から接していくようには見えません。

だから…と言っても
ダウンスイング、特にその後半で
下向きだったフェースを 横向きに
意識的に変えていませんか❓

それを 手先で やっていませんか❓

それを フェースターンと思っていませんか❓


回転と言う 横運動〜クラブを傾いているとは言え
横に移動させている その動きがあれば
結果、ヘッドはボールの後方、
横の関係でコンタクトするのです。
そして、同時に ボールは軌道上に存在しているのです。

斜め上のボールよりも高い所から
地面にある、もしくはティーアップされているとは言え
低い所に有るボールを打つには
フェースは下向きの状態のまま、その軌道自体、
軌道を作り出している からだの回転が有れば良いだけです。
✋✋✋スイング軌道とは
自分の周りにある 斜めに傾いた線に沿って振るコト ではなく
体をまわして その斜めの傾いた線を作るコト を指すのです。
言葉遊びのようですが、その意識の違いは小さくありません。


フルターンの場所 50分のシャフト位置から
 左上半身、左腕を遅らせず、左半身を先行させる…つもりで体を回していきます。
シャフトは 50分 ⇒ 45分 ⇒ 40分 と見た目の
角度を変えますが、体の向きを変えているだけで
特に何もしていません。
回転には シフトも伴いますので
 からだの回転よりシャフトの、時計の針だけでなく
時計自体が 左にズレます。

ce93d5f8
i320







フェースの下向きの作り出す 重さ は
それの補助になると言っても良いでしょう。

ですので シャフトが30分になるような状態
 (ボールとコンタクトするような状態)
時計自体が体の左方向、飛球線方向にずれるので
シャフトの角度、時計の針自体が35分を指した当たり が
インパクトになる訳です。
早い(速いではなく)時期にインパクトを作れる仕組みです。

時計の針は
50分〜35分の位置になったのですが、
ここでは 前述のように からだの向きの変更をしただけです。
下向きだったフェースも
特に何もせずとも やや横向きに変わっています。
ヘッドは その重さ分だけ 遅れますので
 それが 更なるロフトの立ち、
下向きの時間の持続につながるのです。
それを つかまえる と言います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


『道具』でドライバーショットをより飛ばす方法は

.悒奪疋好圈璽匹鮠紊欧
⇔ったロフトを使う
5綣舛鯤僂┐
ぅ悒奪表杜未鮟鼎する


この4種類しか考えられません

5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7


.悒奪疋好圈璽匹鮠紊欧


肉体改造をしてヘッドスピードを上げる
というのは不可能ではありませんが、
現実的ではアリマセン。
確かに、誰もがドライバーの飛距離は欲しいですが
特に欲しがっているのは
ある程度の年齢の人、そして体力に自信のない人です。
その方々に対し、身体能力を高めろ
というのは少々的外れな気がします。

長尺にしてヘッドスピードを上げる というのは
具体的ですし、不可能ではありません。
ただし 1インチ長くなって
 増えるヘッドスピードは1㎳強
 2インチで 3msはちょっと苦しい…です。

長尺にするため、ヘッドを軽くして長尺にしたら
単に「ヘッドスピードの数値だけ上がる」になって
長尺にした本当の意味が出てきません。


👉そう言う意味では 同じ効果のある
 重たいヘッドい鮖箸κが現実的です。

 実際にテストしましたが、
 同じ条件で ヘッド重量が20g増えても
 ヘッドスピードは変わりません。
 と、同時にヘッド重量が20g減っても
 ヘッドスピードが速くはなりません。

 ヘッドスピードを 3ms 上げるのは
 相当の訓練・鍛錬が必要ですが、
 ヘッド重量20gアップはそれと同じ効果
 を持っています。

スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)


⇔ったロフトを使う

立ったロフトを使うのにも幾つか条件があります。
今、使っている ロフトよりも立ったロフトを使える
というのには まずヘッドスピードが足らない可能性が出てきます。

また 弾道というのは 分子/分母の関係で
横の回転/縦の回転 になります。

👉ロフトが立つと 縦の回転が減り
横の回転の変化に、大変敏感になりますから
安定したミートというのが必要になります。

と同時に 概ね正しくゴルフクラブが使える
 と言う条件では 1度程度のロフト変化では
殆ど飛距離は変わりません。 誤差程度です。
最大/最高飛距離が数ヤード伸びる可能性はあります
逆に ミスに厳しくなる分、
平均飛距離は必ず落ちることになるでしょう。

はっきり「ロフトのせいで!」飛距離が変わるには
3度程度のロフトが必要です。
1度ロフトを立てても大きくは変わりません。

rad-04


5綣舛鯤僂┐

今回はスイングの話…ではなく 道具において
なので この場合は こすり球やスライスなどが
防止できる・・・と言う意味合いです。
これは「ドライバーにおいては」有効でしょう。
ただし 道具の機能において
余りに大袈裟なスペックな 同じく大きな副作用があります。
そこらへんにご注意ください。


✊また 今言われている
「高打ち出し 低スピン」ですが、
平均的な男性ゴルファーが平均的なドライバーショットを
打った場合のデータは

.棔璽襪梁任舛世軍囘戞。隠古
 ボールの速度     55ms
 ボールの回転   3000cpm です。

少々の改善をして 飛距離を伸ばすことは可能ですが、
それも 10ヤード伸びるに至るか どうか です。

そのショットを打っている人が

▲棔璽襪梁任舛世軍囘戞。横掬
 ボールの速度     60ms
 ボールの回転   1500cpm

に変える みたいな感じですが、
同じ人が『高打ち出し/低スピン』にするには
 始めの例よりも
10度近く「煽り打ち」しなくてはなりません。

しかも 低スピン 2000cpm回転以下で
ボールを打って飛ばすには 
 ボールスピードアップが絶対不可欠な条件です。

10度近くも煽り打って、
安定したミート率も必要で
伸びるのが たかだか 10ヤード程度です。

31954726


そんなものを狙うなら
始めの.轡腑奪箸髻,發辰噺率よく
良いロフト姿勢で打つ方が圧倒的に現実的です。
おそらく こちらの方が飛距離は伸びそうですし、
まず 体によく、平均飛距離を保てる可能性が高いです。


煽り打って 打ちだし角度は高く保ち
低スピンで飛ばす 基本は 2000cpm 以下の球を
打つコトです。
2000cpm以下の球で浮力を失わないには
ボールスピード60ms 以上は不可欠です。

安定して ボールスピード60msを
平均して維持するのには
ヘッドスピード40msでは足りません。
かなり ナイスショットの部類で 42msギリギリ です。
ボールスピードを余裕で確保するのには
 45msは必要です。

これはかなり実測ベースですので、
厳しい言い方ですが、多くの人のヘッドスピード(告知)は
願望も含めた最高値です。
日本の男性ゴルファーの
 平均ヘッドスピードは 40msに達していないと思います。
 45msというと 自称300ヤードの人たちのモノです。

そのヘッドスピード・ボールスピードに達しない人にとって
「高打ち出し・低スピン」はより飛ばない
より安定しないショットを打つことになるばかりか
無理な煽り打ちが伴うので 非常に腰に負担がかかります。
それでもトライするのは個人の自由ですが、
腕力がなくて ヘッドスピードが上げられない方が
腰が痛くてゴルフが出来ないより良いと思いますよ…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



多くのゴルファーは
胴体の下部、腰付近を回し、
『のちに』 胴体上部、肩付近を回す
二重のからだの回転を使って ボールを打っています。
二度手間と言う奴ですね。

大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(4)









この打撃では 腰が先行する分、必ず開いてしまい
本来、からだの回転でコト足りる クラブのターン を
インパクト付近で 手の返し で行わなくてはならなくなります。
まあ 良くも悪くも典型的なアマチュアゴルファーの打撃ではあります。

この打撃のデメリットは
●先行した腰や首などに多大な負担がかかる
●ひじや手首、特に左ひじを痛めるケースが多い
●突っ込んだ状態でインパクトするので
 利き腕の右腕のパワーが使い難い
・・・『右腕で打ってはダメ』なんて言われます。
●突っ込んだ状態で打つので 遅いスピードのショット
 アプローチの成功率が上がらない
 経験を経ても向上し難い
●スピードの高くなる 作業時間の少ない
 インパクト付近で 小さな筋肉を使っての作業が増えるため
 疲労やコンディションに左右されやすい
・・・ラウンドの後半もたない
●遅いスピードのショット、アプローチなどで
 動作のスピードと関係なく
 解放した、放っぽリ投げたような状態のクラブ、ヘッドで
 ボールを打つため、ヘッドスピードの管理が出来ない

などなど 従来は
こちらがアマチュアのスイングで
それを離脱し、からだの回転で直にクラブをコントロールするように
目指すのが ゴルフスイングにおいての「上達」でした…

ま、それはもう昔話となりましたが、さておき
殆ど無い メリットは
✖ものすごく練習は必要ですが、
 あるヘッドスピード以上 おそらく48ms~50msを超える場合、
 煽り打ちが「高打ち出し〜低スピン」を生むので
 飛距離が稼げる  ☑その分、体への負担は強烈ですが…

この一点に尽きるかな と思います。

先日 「こうちゃんの憂鬱」で書きましたが
http://hbs.livedoor.blog/archives/1996219.html
ダウンスイングに入る際、
腰に対し、肩を遅らせる「リキミ感」「いきみ感」が
そのまま スイングの感じ としてなついてしまうため
このスイング改善できるか、どうか は
技術的な問題よりも 意識も問題の方が多いかな と感じます。

こうちゃんの憂鬱_Moment(3)こうちゃんの憂鬱_Moment(5)こうちゃんの憂鬱_Moment(4)









クラブという観点で見ると
この部分が 大きな『分かれ目』、分岐点と言えます。

打撃の準備としてのトップ、
クラブの重さは スイング動作の中で
小さく筋力〜弱い利き腕でない 左腕にかかっています。
左肩、左サイドから生えている左腕、
自然な形では 左サイドが移動すれば、この場合は回転ですが、
当然 その分左腕も付いていくものですが、
クラブや腕の重さ分、その左腕そのものも遅れがち です。

クラブや腕の重さの力を借り
その重さを使って 左グリップを『落とせば』
からだの回転に 先回りするようなルートを通って
結果、からだの回転通りに
からだの向きの変更に同期して、目標通過点に行けますが、
切り返しのその一瞬に その隙を逃してしまえば
今度は クラブの重さ、腕の重さ、ヘッドの重心位置は
左腕、左グリップをより からだの回転から遅らせる要因
そして そのほか さまざまな好ましくない姿勢を生み出します。


『その一瞬』
というと 非常に刹那な時間に思えますが、
スイングの時間進行は からだの向き、からだの周り方次第 です。
つまり 自分次第 というコト。
ドリル、として
✋左腕、左グリップがクラブや腕の重さで落ちる
それを一瞬にするか、どうか は
からだの進行が待ってあげれば ものすごい長い一瞬とすることが出来ます。
ダウンスイングで急ぎたい気持ちは分かりますが、
グリップが遅れてしまえば、その『急ぎ』〜からだの回転も
打つコトには直接関与しない、気持ちだけのものになってしまいます。

こうちゃんの憂鬱_Moment

その感覚を掴んでしまえば
「ええええ なんで こうしなかったんだろう…。」
というほど より簡単になると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



❶まず ファーストステップ として
 右を向いた状態をロック!
 先に
 クラブや腕の重さで 左上腕を『落とす』 から始まる訳です。

謎のストーカースイング_Moment謎のストーカースイング_Moment(2)






クラブや腕の重さで 左上腕/茱哀螢奪廚落ちる
ボールを打つための 望ましい方向に重さが掛かる
トップの位置
テークバックの取り方 は
必要になりますから
どう重さが、どの方向に重さが掛かると良いのか
自分なりの工夫は必要でしょう。



球数 をそこそこ打っても
なかなか タイミングが「先に腕が落ちる」に馴染めません。
それは何故か・・・  次のステップです。


❷左上腕が先に落ちる(イメージ)
どの方向に行くのか、どの方向に進むのか、
行く方向と経路が
今までとは異なるのです


フェースターン〜手でクラブを振る人は
ヘッドをターンさせるため、その時間を稼ぐため
長い経路、膨らんだ経路をとります。

ヘッドターンするには 右手が左手に追いつく必要があります。
故に 左グリップの経路を膨らませ、長く取り
その時間を与える訳です。 

ミスターKの法則1_MomentミスターKの法則1_Moment(2)










インパクトするための 通過点(目標点)は
もっともっと 直線的なモノです。
後から付いてくる からだの回転に横軸、
グリップを落とすコトによる縦軸、
それが同時進行していくのです。
腕を円に描く というのは
 からだの仕事を奪ってしまっている とも言えます。


スイングをこのように アドレスの正面から撮影すると
兎角 スイング軌道を考えて 丸く動かしガチ ですが
スイング軌道は 土星の環 のようなモノ です。
ある方向から見れば円ですが、ある方向から見れば線 です。

スイング軌道は 向きの変更によって 円を描きますので
上(本当は斜め上)から見た時 円になりますが、
正面からの画像では 限りなく直線に近い
円と言っても直線に近いような ふくらみのあるライン程度 です。

からだと左腕の関係を見る👀 と分かるのですが、
左の写真では まだ正面を向いていくからだの回転が使えます から
腕自体 円を描く必要がありません。
右の写真では からだの回転 右向きから正面向き の
使える時間は終わってしまっていますから 腕で円を描く必要が生まれます。



だから ❶の
先に クラブや腕の重さで 左上腕を落とす
つまり からだの回転に同期させる『慣れ』
 が必要なのです。

動かし始めるタイミングは早いけれど
左腕を単独で動かす量は少ない、無いと言ってよいほど少ないのです。
まあ 殆どの場合、それは右手で行われていますけれど…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


さて シャットフェースの話(実はスクエア) から一歩進みましょう。
http://hbs.livedoor.blog/archives/1995782.html


昨日の話の流れで、なんなんですが
クラブを手で振っている人にとって『は』
少々オーバーな 意図的 シャットフェースの意識が無いと
正しい『スクエアフェース』には行き着きません。


✊体を先に回し グリップを遅らせるシリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(3)

というのは フェースターンするための序章
  【オープンフェースだから】  です。


ボールはスイング軌道の上にあります。
☑その スイング軌道をフェースで撫でる
スイング軌道に沿って フェースを動かす

軌道上にあるボールを打つには
スイング軌道に対し 直角な『スクエアフェース』が必要です。

故に フェースターンする のです。


❶だから まず ファーストステップ として
 右を向いた状態をロック!
 先に
 クラブや腕の重さで 左上腕を
『落とす』 
から始まる訳です。

グリップを遅らせる は
からだの回転に対し、
😿左腕を置き去りにするコト から始まります。

ここで 意識的なシャットフェースを組み合わさらない と
ボールに辿り着きません。

オープンフェース
ダウンスイングのヘッドの軌道を
フェースで舐めるように『降ろして』しまうと
このままでは ソールでボールを打つコトになります。

😿フェースでソールを打つ
 の真意はとても重要なんです。


✋多くのゴルファーは
 フェースターンは ヘッドを左右に回転させる と信じています。
 右を向いたフェースを左に向ける と信じています。

ところが 
●遅らせたグリップ〜先行させたからだの回転
●ダウンスイングのヘッド軌道をフェースで舐めてくる
そのまま行くと ソールで打つコトになる の意味は
✖フェースの向き ではなく ロフトだというコト
(ロフトを90度以上に寝かしている と言う意味だ!というコト)
 その認識がとても重要です。

ですから 先に左上腕を クラブと腕の重さで『落とす』
から始めてみましょう。
プラス 正規のロフト 『シャットフェース』の意識も伴って‼


左腕がクラブの重さで先に落とす
は最終的にはからだの回転と同期させる ためのモノです。
今までは からだに対し 左腕を遅らせていた のを
当たり前としてしたのを是正させる、修正するためのモノ。
同期するようになると
からだの姿勢/向き なりなシャットフェースも
自然に出来るようになって来ます。 

S20180921_Moment(2)


今までとは 順番が魔反対 になります。
当然、タイミング、今までのタイミングは無効 です。
新しい タイミングやリズムに慣れる必要が生まれます。
 😡ここがひとつ あきらめてしまう関所 になりますね

弊社には ミスターKの法則 というのがあります。
揶揄している訳ではなく
 ミスターKは弊社創業からのお付き合いで
 その愛嬌のあるキャラクターは弊社のアイドルでもあります。
 スイング改造にとても興味がある風なのですが、
 
 (まぁ 私をかまってくれているんだと思いますけど)
 自分のスイングは変えたい VS タイミングは頑なに維持する、
 という家訓を守っているので スイングが変わることはありません。
ご注意を(^_-)-☆


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ