◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 飛距離の探求



手前みそではありますが、
弊社の『ピン型デール9』
『進化版L型ブリストルパター』
使ってみたことのない人には
全く理解が出来ないし、実感も出来ないことですが
パッティングストロークというのは
つかってきた、もしくは使っているパターによって
決定付けられてしまうものです。

一般的な市販の
 軽いヘッドの硬いシャフトのパターでは
パッティングをするのに『強く弾いて打つ』必要があります。

単純に「飛ばないから」です。
     …宙を飛ぶではなく、距離が出ない の意味

パターそのものにボールを遠くに飛ばす
遠くに移動させるチカラ がないので
打ち手の強く打つ、もしくは速く振る
というのが 必須条件になってしまい、
それしか 知らない のですから
それが一般的なパターストロークとなっていきます。
IMG_1389


ですので 「パッティングの転がり」 の言う言葉
を ボールの回転・回転数 に結びつけてしまう
とても滑稽な道に進んでしまうのです。

言葉遊びになりますが、
パッティングにおいて
ボールの転がり とは ボールの移動 を示し
球体が面を移動するので、
結果としてボールが回転するだけで
ボールの回転は 状態や環境であって
目的ではありません。

その距離を打つのに 適切なボールの速度があり
そのボールの速度に対し 適切なボールの回転 
が存在するに過ぎず、
ボールの速度に対しての 「適切な」回転を無視し
ボールをより回転させることをパッティングと思い込んでしまうと
本末転倒も甚だしいと思います。


パッティングだけでなく、ショットもそうですが
ストロークやショットの基本は
ボールを横(水平)移動させること です。
横移動させることによってゲームを進めていくのです。

ですので 横移動させることを主眼に置くか
ボールを回転させることに主眼を置くか
では 打ち方やイメージも大きく異なってきます。
IMG_1369


ロフトとは
 そのヘッドの移動してきた道のりの対しての
 フェース面の角度差 と
 その軌道そのものの角度 の
合成されたものです。


例えば ロフト角度0度、垂直のロフトであれば
正しく振れば 浮力
(縦)スピン量はゼロに近いでしょう。
しかし、それを振り子に振ると
正しく振るよりも 必ず円弧は小さくなり
入射角度が激しく変わるので
 より色々な種類の浮力スピン量が生まてしまいます。
 スピン量の幅が広くなってしまうのです。

これでは ボールの移動距離が安定しません。
ですので 距離感も身に付きにくくなります。

ミスショットは兎も角、どのロフト作用で打つか確定しない方法は
ショットの本来の目的 横移動距離が把握し難いので
ゴルフの向上、コースの攻略にはとてもマイナスです。
010

ですので パターを上手くなって行くのは
ボールを弾いてあげ ボールの回転を増やしてあげる
ことではなく
打ちたい方向に ボールを押してあげること
そして それが可能な道具を使うこと
というのが一番簡単な上達方法
一番簡単なストロークの習得方法 だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフでは『飛んだ』方がうれしいのはウソではありません。
しかし ゲームとしては飛ばすのもゴルフですが、
同時に飛ばさないのもゴルフです。

練習過程等を除けば
40ヤードを打ちたい場面で
上手く打てたからといって70ヤード飛んでしまうのも
問題です。

自分の打ちたい距離、望んだ距離を
出来るだけ毎回打てる、出来るだけ繰り返せる
そういうストロークやショット(スイング)が
ゴルフでは一番有効なゲーム戦略になります。

それを土台に
体力に依存せず、体を痛めないという上で
飛距離の底上げを狙いたいものです

そう言う基本的な考え方の上で
パッティングストロークはショットの基礎になります。


パッティングストロークで
自分の狙いの距離を打つのには
絶対条件として
『いつも似たようなロフト(クラブ姿勢)』
インパクトを迎えたいですね。
特にパターの場合、製品としてのロフトが3〜5度と少ないので
 3度増えただけで元のロフトの80〜100%増し になります。
通常のショットと違い スピードで誤魔化せないのと
元のロフトが立っているが故に ストロークの仕方によっては
何処に当たるか…ヘッドの上下位置によっても
距離に大きな違いが出てしまいます。
006009







いつも似たようなロフトでボールを打てる
 という前提の上で
運動・動作の速度(スピード)によって
初めて「距離感」が染み込まれていく
 ので
打つたびに ロフトの変化も大きく
パターフェースの当たり所もぶれてしまい易いストロークでは
距離感が「その場その場」の偶然待ち になってしまうので
なかなか身に付かず、安定しません。


パッティングもショットも
思いの方向に打つ も大事ではありますが、
思いの距離を打つ を最優先に考えてみて下さい。

その上では 
小さなストローク、
ゆっくりしたストローク 
十分な距離が打ててしまう
『ピン型 デール9』 ヘッド重量 520g
『進化版L型ブリストルパター』 ヘッド重量 480g

最も同じ距離を打ち続け易いパターの代表です。

IMG_1365

一般的なパターヘッドの重量は300g強…
デール9で1.7倍、 ブリストルで1.6倍、
他では真似の出来ない部分は
ボールの転がり始めの速度 と パターヘッドの動かす速度に
差が少ないため、ボールの転がるであろうスピードを
想起出来れば、簡単に距離感を再現出来ます。
IMG_1366





写真はパターではありませんが
ショルダーストロークや右手でシャフトを押してしまうと
(左手グリップを軸にクラブを押してしまう)
こんなにもシャフト角度は動きます。
このシャフト角度分だけ、ロフトも変わっている 

ということです。
スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)スナップショット 2 (2013-06-09 15-03)スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)
スナップショット 8 (2013-06-09 14-54)スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)スナップショット 12 (2013-06-09 14-55)





✋この弧の描き方では
 ボールとフェースとの接触点もかなり不安定なので
 インパクトロフトも一定し辛く
 距離感を掴みにくい、だけでなく
 芝目や傾斜に影響を受け易い『転がり』になってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


弊社で販売している SYB EG-05改 もそうですが、
つかまりの良い…スライス殺し系のドライバー、
そして 現代のドライバーの特徴の『スピン抑制型』には
『より一層』飛距離アップを狙うコツ があります。
EG05_03
◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

特に気を付けて頂きたいのは
 ゴルフ練習場で 簡易測定器 を使っている方です。
簡易測定器は ドップラー効果を使って
 弾道を計測しています。
多くの方が ヘッドスピードだけでなく
ボールスピード、それのミックスの「ミート率」を
大変強く気にかけているようですが……、
 この計測器では 縦であっても、横であっても
 スピン量を測るコトは出来ません。

✋ボールスピード は
 単純には 12度のロフトのドライバーよりも11度
 10度のロフトのドライバーよりも 9度のロフトのドライバー
 で打った方が 数値 は高くなります
✋多くの方が気に掛ける 「ミート率」の数値は
 分子:ボールスピード / 分母:ヘッドスピード になります。
 例えばですが、ヘッドスピード40ms、ボールスピード60ms
 であれば 数値としてのミート率は 1.5 になる訳です。

スピン量を加味しない 弾道計測機の場合、
 ボールスピード「のみ」が距離の元になるデータです。
遅い…よりも 速い方が良いのは嘘ではありませんが、
ボールスピードを上げようとして
 ヘッドターンを強くし、よりインパクトロフトを閉じて
 少なくしてしまうと 数値としてのボールスピードは上がりますが、
 打ち出し角度も低くなり過ぎ
 相応の浮力を生む スピン量も低くなり過ぎて失速…

『実際の』ドライバーショットとしては飛ばないモノ になってしまいます。
練習場専用の、架空のドライバーショットを作るコトになってしまいます。
ドライバー入射角度

ボールの速度、打ち出しの角度、スピン量
各各 この数値がベストだよ‼ というのは無いようなモノで
それぞれの組み合わせによって
その人その人の打ち易い、繰り返し易い組み合わせによって
 飛距離更新はなされるのですが、
最近の スピン抑制がとても強く、
SYB  EG-05 のように スライス殺し傾向の強いモノ では
ボールスピードやミート率の数値ばかりをおいかけるあまり、
打ち出しが低すぎ、やスピン不足のため失速のケースが少なくありません。



a5b965fd現場で、コースで 本当の飛距離アップを狙う‼
コースで実現可能な、再現可能な飛距離アップを狙う‼

のであれば  すこし プッシュ気味
練習場では ややプッシュスライス気味 
 位の意識で打ってみましょう。
🔴方向とすると 12時半〜1時位の感じです。

ヘッドの返し、フェースローテーション、を意識するよりは
インパクト付近が忙しくなく
 割合簡単に 「押し出す」 感覚は掴み易いと思います。

また 手ごね、手打ちで疑似的に造る インサイドからの入り、
 では 強烈なスライス になってしまうので
スイングの修正の練習としても大変、有効です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

✋遠心力の罠 と関連があります 

これが「アプローチから始まる」のか、
ショットで「フォローを大きく取る」のか、
「クラブはからだの向き通り 180度ターンするモノ
 と言う思い込み」
から始まるのか は
それぞれ だと思います。


適当な距離…のアプローチで考えてみましょう。

アプローチであれば
クラブには 不可抗力、大きな遠心力は発生しません。
その距離、速度にもよりますが、
ヘッドの重さ、クラブ、シャフトを
ある程度、管理できる可能性があります。
2021-07-03_01-20-29_Moment
上の この写真を見ると
インパクト以降、フォローで
手を伸ばした、もしくは
ボールの飛ぶ方向に手を伸ばした、
 手を出した「ように」見えます…が
ふたつを比較してみて下さい。
2021-07-03_01-20-29_Moment(2)2021-07-03_01-20-29_Moment








実際には
手を出した訳でも、手を伸ばした訳でも なく
⚠カラダの向きを左にしただけ
⚠カラダを廻した、向きを変えただけ
 です。

スイングによって 発生した遠心力によって
グリップが「その方向」に引っ張られている のは
あるとは思いますが、
それを拒否していないだけで、
手を伸ばしたのでも、手を出したのでもありません

フォローを出そう、大きくしよう、
手を無理に伸ばそう、飛球線の方に出そう、

と 自分の意志でグリップを送り出してしまうには
からだの回転の止まり、向きの変更の抑止 が必要になります。
✋クラブの動きとからだの回転の切り離しが必要です。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

そうなると フェースの回転も伴ってしまう 為、
ロフト姿勢や入射角度だけでなく フェースの向きも
安定し辛くなります。

また スイングの特性上、
 意図的にフォローを出す
 グリップを飛球線の方に出す というのは
右打ちの人の場合、右手を伸ばすコトになりますので
その結果、左腕は不自然にたたまれ、
写真や動画で 妙に縮こまったフォローの腕(左腕)を
 目にすることになる訳です。
意図的にするのは  ですが
あえて 言語化するのであれば
フォローを出す は からだの向きを変え
 左腕が飛球線の方に伸びた、伸ばしたではなく
 不可抗力によって伸ばされた というコトを指すのでしょう。



実際には 振っていない腕 を
振らなければならなくなりますから
その前準備として からだの回転に対する
腕、グリップの「意図的な遅れ」が必要になります。
これがそのまま フルショットとなれば、
手を返す為に ロフトやフェースを開く、
本来の意図とは全く反対の……🙀🙀🙀
言うなれば 『スライスにならないように手を返す為に
スライスになるように ロフトやフェースを開かなくてならない』

と言う意味不明な動作を覚えることになります。
    …火を消すために 自分で放火するような…。

遠心力を含めた 不可抗力 とは
その言葉の通り、ヒトには逆らい切れないチカラ。
そして ゴルフクラブはいざ運動させる と
その不可抗力を多く生み出してしまう構造 です。
故に クラブを持っていない時 の 素振り と
クラブを持った素振り、
そして 実際の打撃が同じになり難い のです。

フォローの大きさを含め
インパクト以降、はその不可抗力が最大になる部分です。
自分でやらなくて良いコト、
それは 必ず発生する上に
逆らい切れないのですから
それに任せた方が当然、 簡単✋

確かに…フォローは 俗に言われる
「低く、長く、大きく出た(出したでは無く出た)」方が
 弾道は安定し易く、飛距離も出し易くなります。
その為に からだの向きを変え続け、
 逆らい切れない遠心力、不可抗力を利用して、
 左腕を飛球線の方に引っ張らせる、のであって、
遠心力そのモノで打とうとしたり、
遠心力の解釈を間違えてしまったり、
フォローを自分で出す、大きく取ろう としてしまうと
 自分で放火した火事に苦しむ可能性が…十分あります🥶
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブは
 長い棒の先にヘッド、打撃部 と言う重さが付いています。

ヘッドの重さは打撃時の ボールの重さ
 に負けないモノ
 ですし、
✋クラブの長さに関しては ヘッドスピードと
 そのクラブのロフト角度を有効に使うためのモノ
 が本来の構造です。
 
ミスターKの法則1_Moment

とは言うものの その見てくれ と 持った感じ では
 容易に 遠心力が生まれてしまう…そういう構造もしています。

しかし、ゴルフと言うゲームは
 ゴルフクラブ自体を放り投げる、遠くに、目標方向に投げる
 それを競うゲームではありません。
その遠心力の掛かり易い ゴルフクラブを使って
 『ボールを』遠くに、目標方向に『打つ』ゲームです


ボールを遠くに飛ばす と クラブのその構造
 が 一見すると結びついているように思えますが、
 クラブの遠心力は ボール にでは無く
 それを振る、それを持つ 『自分』に掛かっているのです。

この場合の 遠心力は クラブが外に外にはらもう
外に飛んでいこう、膨らんで行こう とする力

ダウンスイングの途中でクラブを手放し(離し)たら
 ボールの方にクラブは行ってくれません。
 おそらく 前の人の足元(練習場)に飛ぶ…でしょう。
 テークアウェイ時では後ろの自動販売機(練習場) や
 天井 に向かってクラブが飛んでいこう とします。

ボールの飛ばしたい方向 と 遠心力の掛かる方向
 ぴったり…ではありませんが 直角に近いような関係で
 感覚的には 遠心力!でボールと打ったら
 距離よりも、その角度の関係から 回転ばかりが増えそうです。

飛ばす = 遠心力 と思っていると
 なんだか それは握力勝負になりそうですし、
 より素早く、より速く、
 そして 安定して(軸のブレない回転)
 自分が回転するというコトに関しても
 少なくとも ボールに当たるまで は
 遠心力は阻害要素でしかなく、
 「出来るだけ少なめの遠心力でボールに入る」
 と思った方が良いと思います。 

S20180921_MomentS20180921_Moment(2)





あえて言うのなら スイングの中で遠心力が『使える』
『利用出来る』部分があります。
 これは活用した方が良いかも知れません✊
遠心力は 外に膨らもう、はらもう とするチカラです。
軸点より 外方向に引っ張られるちから、
 それを利用すれば、トップの位置で たたまれた 腕は
 その付け根からクラブを持った腕は離されようと…
 拒否さえしなければ、伸ばされようとします。
短くなった、たたまれた腕 が伸びるのは好都合ですし、
 その部分に関しては遠心力も
  速度の手伝いになりそうです。
腕の付け根(肩)からクラブ、グリップが離れていこうとする
 その「方向」がポイントにはなります。

👉傾きがあるとは言え 回転は限りなく横運動に近いです。
遊具それ通りに グリップに遠心力をかければ
昔存在した遊具:回旋塔や遊園地の回転されるイス
のように 横に振られ、からだから離れ それによって
カラダは起こされてしまいます
そこには工夫は必要でしょう(^_-)-☆

その方向と回転の仕方というがつながっているのだと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


細かいトコロを除けば
 🔴スイングは クラブを持った自分が向きを変える
  クラブを振りまわして 円を描くのでは無い
 🔴打った後、クラブの慣性をリリースするけど
  それが 打撃のメインエンジンでは無いですヨ
 🔴ボールはロフトで円の外に打ち出す/弾き出すんで
  円の中にかき込んでは 飛ばなくて、難しくなる

そのポイントを押さえる、のなら
 それを手でやるのもない訳では無いです。

ショットの科学 を考えると
 クラブと腕は概ね固定し、からだで廻った方がベター
なのは確か…なんですが…
【イメージ】倉本昌弘 スイング集_Moment

ある年齢
(人によってそれぞれですが)を超えると
 からだをねじるのが本能的怖くなります。
 からだが硬くなる と言ったらいいでしょうか…。
そういう意味でも 若者と呼べない年齢の私たちは
 足中心で、胴体 だけでなく
 からだ、自分自身ソノモノの向きを変えちゃった方が楽です。

手で振る、多少はいいですけど
 その量が大きくなると 胴体を捩じる必要性が強くなり
 テークアウェイの右向き、以前に
 テークアウェイそのものが取れない程 からだを捻じれなくなります。
 硬い、怖い、痛い なんです。

また 手で振るには 腰を先行して、胴体のねじれを作る
 ダウンスイングが必要になります。
 これも やはり怖い、特に速い動きが怖くなります。
 本能的に拒否するトコロがあるんだと思います。
ゴルフスイングの場合、好き嫌いに関わらず、
 ダウンスイングで胴体のねじれはあるのですが、
 それを極力減らし、無くした方が 加齢による飛距離ダウンは
 防げると思います。

距離を出す、方向を安定させる、ミスの確率を減らす、
これ等を両立するのには
特に 🔴ボールはロフトで円の外に打ち出す/弾き出すんで
  円の中にかき込んでは 飛ばなくて、難しくなる

この部分に関しては アプローチやハーフショットで
 みっちりやった方が良いと思います。
 
 ✋✋ロフトの大きいクラブの その見た目に騙されないように。
この 円の外に弾き出す、円の外に打つ 感覚が掴める
 そのものが アプローチの向上になると思います。
2021-04-17_15-32-27_Moment(2)

ゴルフクラブのロフトは 推進力、
 この場合はボールスピードになりますが、
 この推進力をロフト角度によって 意図的にロスさせています。
 打ち出し角度や回転に化けさせています。

 ロフト角度が大きくなる程、勿論 ロス率は増えるのですが、
 相手が球体であるが故に あるロフト、だいたい45度を超えると
 そのロスは角度なりに倍というより、二乗倍になるような感じです。
 例えば 40度のクラブの飛距離と 80度のロフトのクラブは
 単純に半分か というと
 ロフトが80度(超難しいですが)になると ロス率が大きすぎて
 当たっても 40度のクラブの 1/10も飛ばない可能性も出てきます。

🔴ボールはロフトで円の外に打ち出す/弾き出す
 の感覚が掴めると バンカーなどで
 逆に わざと ロス率の増える 円の中にボールを掻き込む
 そういう感じも同時に掴めてくる可能性が高いです。
 👉無理にやる必要はないですがね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


✋ドライバーが他のクラブよりも
 飛ぶ可能性があるのは
空中にあるボールを打つ と言うのもありますが、
より少ないロフトを使うことが出来るから』 です。
長さが長いから ヘッドスピードが高い、は嘘ではないですが、 
1インチ程度延長では ヘッドスピードに変化は起こりません

 例えば 全米プロを優勝した ミケルソン選手は
 47.5インチを使用しているそうですが
 おそらく 9度以下等(従来のモノより少ないロフト) を
 使用する「為」長尺にした可能性があります


ウッドの場合 1インチ長さを変えるのに
概ね12g程度のヘッド重量の変化があります。
45インチ 200g と同じバランス数値(スイングウエイト)の
46インチ を作るには 188g前後にヘッドをダウンウエイト
する必要があり、ヘッドスピードなどを含めた打撃力、破壊力には
全くと言ってよい程 変わりはないのです。

ドライバーの入射角度114


✋いまよりも 長尺にした場合、
さらなる 少ないロフト にする事が出来るのなら
飛距離を伸ばせる可能性はあります。



ただ そこには 少々疑義があり
驚くようなヘッドスピードがないのに
 少なめのロフトを使っている(使えている)は
元々 こすって(開いて)ボールを打っている可能性が高く、
さらなる長尺にするコトによってより開き易くなったり、
入射角度がより緩くなって
弾道が高く、スピンが増える…
 その結果、飛距離が上がらない、場合によっては落ちる可能性
もあります。


長尺にする際、知っておいた方が良いことが幾つかあります。

➀まず ヘッド重量が下がるので
 インパクトの衝撃を下げる機能が低下します。
 (ヘッド重量はインパクトの衝撃を吸収する緩衝材でもあります₎
 ですので 手首や肘 など クラブに近いトコロの部位に
 今まで以上の衝撃を受けることになります。

➁メーカーはあまり公表しませんが、
 実は44インチ位を境に ヘッドの投影面積よりも
 シャフトの投影面積の方が増え始めます。
 実害としては 風の吹く中で振り難くなる、
 風の影響をもろに受け易くなります。
 
EG05_04

 ヘッド重量が減るコトもありますが、
 飛ばすには その長さを利用した速いヘッドスピードで
 少なめのロフトを使える が長尺クラブの利点です。

 「長さとヘッドスピード」と言う観点で見ると、
 クラブのお陰で飛ぶ というよりは

 自分の頑張りで飛ばす と言う側面が匂わないでもない…。
 風の影響も同じで、ソコも使う方の体力に結構、依存しています。


短尺にするのが良い とは言いませんが、
安定して楽して飛ばす方法はほかにも幾つかあります。
『スピン抑制の手がある』のなら ほのかに短めの方が
 断然、扱いに負担は少ない です。

 ヘッドスピードが上がるらしい… という程度の理由…
その実態を考えると
あまり 短絡的に長尺…というのはお薦めしかねます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


よくある この手の素振り から 問題解決の糸口
を拾ってみましょう。


素振りにおいて インパクト付近やインパクト以降
ソコを ビュッと速く振るコトを意識する人 が
少なくないのではないかと思います。

勿論 ヘッドスピードを上げようとする気持ち悪いコト ではありませんが…
 勘違いしがちな部分でもあります。

幾つかの記事でも書いていますが、
そこは スイングを終息させるため
100m走で ゴールした後、止まるまでの流し
 の部分でもあります。
ソコが早くなるのは そこまでの速度の原動力
 からだの回転が速い からであって
ソコの速度はバロメータに過ぎません。

体の回転を止める(止まる)反動で
 腕やクラブをビュッと振る では
その速
度の意味が違います。


グリップに対しヘッドが、
カラダに対し、腕が、
肩に対し、腕が
ビュッと動く、というコトは
 その分、からだの回転は止まります。
✋止まらないと出来ないからね
グリップに対し、ヘッドがフリーに動く、
 その分、グリップの移動は止まります。
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)

そのヘッドの移動は
 本来、からだの回転で起こるモノ です。

✋ヘッドを走らせたい(移動させたい) のなら
 止まらず 最後まで左を向くコト です。
✋ヘッドの走る分(移動)は
 自分の向きの変更によって もたらされます。

✋カラダを止めて クラブを
 ヘッドを振る のとは異なります。


飛ばすために速く振りたい と言う欲求は正しいですが、
ヘッドスピードのあげ方、出し方、
正しい上げ方を損ねてしまうと
 『繰り返し飛ばす』『安定した球、方向』
同時に失い、からだへの負担も増大します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

『球体である ボールをつかまえる』 のが
ショットの基本中の基本❕
 ですが、
✋「ボールをつかまえる」 と
 スライス、フック は ほぼ無関係です。

 つまり 
 つかまらないフック、もしくは つかまらないスライスもあれば
 つかまったスライス もあるし つかまったフック も有ります。
ドライバー入射角度

ショットの第一歩 は
🔴まず つかまえるコト ですが、
 それに 弾道(出球)の 右/左
 回転の 右(スライス)/ 左(フック)
 出球の 高い/低い
 回転の 多い/少ない

 が混じりあいます。 当然 すべての組み合わせがあります。

クラブの構造上、
 スライス と 出球の右 出球の高い 回転の多い は
 親和性が高いですが、同一のモノではありません、
 各各にはそれぞれ それを構成する要因があります。



スイングを迷わせてしまう、間違わせてしまう 大きな原因
もしかしたら ヒトによっては諸悪の根源 になるのが
つかまって「いない」球 は
 開いたフェース(右向き)から生まれる 
と思っているコトかも知れません。
別な言い方をすると インパクト時のフェースの向き が
 つかまる、つかまらない を左右する…
 です。

👉つかまる、つかまらない の差 は
 フェースの左右、フェースの向き ではなく ロフトの造り方
 ヘッドの左右の問題 では無く、ヘッドの上下、縦の問題 です。


445TL-5-1411BK-5

10度のロフトのドライバー と
15度のロフトのスプーン で考えてみましょう。

スプーンは 5度ロフトが多い分、ドライバーよりつかまりません。
 (㊟…長さによる 入射角度のの差は割愛しています)
15度のロフトのモノは その15度のロフト効果分 つかまれば良いのです。
逆に ドライバーは 5度ロフトが多い分、スプーンよりもつかまりますが、
今度は掴まりが良すぎて ボールが上がらない、浮力が維持できない、
そうならないよう そのロフト分、長さが長くなり、
打ち出し角度が取れ、浮力が維持できるよう配慮されています。
単に つかまり と言う点だけで言うと
 ゴルフクラブの中では ドライバーが一番つかまるよう出来ており、
 ウエッジはそのロフト分、他のクラブと比べるとつかまりません。
 そして そのつかまりが悪い分は クラブが短く、
 入射がきつく成るコトで補っています。


スイングを覚える、造っていく過程で
その「つかまる」「つかまえ方」 の元 を
フェースの向き、回転、横の動き と ロフトの向き、縦の動き、
言うなれば 90度縦横を取り違えてしまうのは致命的、
全く別なモノ、互換性のない ふたつの動きに分かれてしまいます。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


既に フェースローテーションをしてボールを打っていて
それに困っていない人には何も意見はありません。
しかし、まだ そのフェースローテーションを会得していない、
なんだか それが上手く行かない、や
ゴルフを覚え始めの人は
  その道に行くのは避けられた方が良いと思います。


(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)





何故ならば
 つかまらない はイコール スライス ではありませんが、
 ボールの右回転 と ロフトが増える と フェースが右向き
 は同一のモノではありませんが、親和性が非常に高いモノです。

フェースローテーションする発想は
 『ある何かの基準点』に対し
👉フェースが開いている〜フェースが閉じる
 なのですが、その基準点になるのが
 「ヘッドの道のり、軌道」です。
とても残念なのですが、
 開いている/閉じているの基準点になる軌道は
 フェースの左右の向き、上下の向き によって
 どんどん変わっていきます。
サッカーをしていて ゴールが逃げる ようなものです。 
ドライバー入射角度yoko

スライスをしていて 「フェースが開いているからだ」
と思い フェースを閉じ始めると
軌道はどんどん インに切り込みます。
閉じ始めた時の想定した 閉じる必要量は
 かかった時間分 増えたしまいます。
その時には 軌道全体が左を向いている可能性も高く
 フェースローテーションに置いての
 スライス殺しは 真っ直ぐ飛ぶ で解決するのでなく
 ややひっかけ気味で終了することになります。
 

弾道計測機やスイング測定器で実際やってみるとわかりますが、
何かを変えようとすると
ヘッドはグリップと、からだの左右、からだの上下は
つながっているので 別なモノも必ず変化を起こします。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)

スライスを解決するのも重要だし、
ドライバーであれば飛ばすのもとっても重要ですが、
時速換算の ヘッドスピード120舛覇阿い討い襯悒奪匹
1度2度の向き、それに応じた軌道 で修正したとして
どうやって もう一度似たような球を繰り返すのでしょう❓

そして そのフェースローテーション、ヘッドの返しは
軌道ばかりでなく、自分の姿勢にも影響が出ますから
複雑さは倍々ゲームです。

難しい謎解きを解決するのが楽しい、好きであれば
それでも構わないと思いますが、
飛ばす、真っ直ぐ行かす、繰り返す、その上でスコアもある
ゴルフのゲームをするのに 喜んでお薦めできる方法ではありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



KOちゃんの憂鬱 前編 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
KOちゃんの憂鬱 後編 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

御本人談「ブログでの解説ありがとうございました。

まず解説内容の件ですが、
全くご指摘の通りで、
最近そこそこ距離は出ていて、失敗は左回転のもの、
ラウンドが深まるとテイクアウェイが浅くなって、
手で動かすことに起因する手痛いミスが発生、
…とこの点も何とかしたいと考えていました。

 池田康二202520_Moment池田康二202520_Moment(2)






さて、アドバイスを自分なりに咀嚼して昨日レンジにいってみました。

再度動画送りますが、見た目あんまり変わらないものの、
インパクト前のグリップがほんの気持ちズレが少なくなっていませんかね。

左肩から意識して動かしてるつもりです。

以前送った時以上に気持ち良く打っています。

 

後半で解説のあったグリップを通す ですが、
こちらは動画撮ってないもののアプローチで試しました。

すごく雰囲気良かったのですが、掴んだかどうかが、
よく分からないのが悩みどころです。」



【店主】
KOちゃんに ステップアップの為に
次の テーマをトライをしてみて下さい。

『体重移動を少し控えめに』
 もう十分に体重移動の感覚は染みついているので
 今度はあまり意識せず、控えめにしてみましょう。

 先ず、アドレスから その場で
 「弓を引くように」右半身を引いてみましょう。

 ✋ダウンスイング、切り返しでは
 「体重移動」を優先させず
 その場で 左サイド主体に回ってみましょう。
 体が開くのを恐れずに😊
 コチラは次のテーマと絡みます
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)







『クラブ、腕はロックのまま』
 ダウンスイングからインパクトまでに
 右腕を伸ばそうと意識せず
 トップの位置で作った 右手のスナップロック
 👉これを保持したまま
 からだの回転 打てるところにグリップを移動させる感じ
 ✋自分の意識主体で伸ばそうとすると
  スナップロック(ハンドファースト)も解け易くなりま
す。

 少なくとも グリップエンドがボールを追い越す位まで
 スナップロック、腕とクラブを半固定した状態のまま
 からだの向きを変える。
  そのためには ➀のダウンでの体重移動は意識しない
  結果として 体重移動が成される と考えて下さい。


 どう からだの向きを変える(からだを廻す)と
 ボールを打てる位置にグリップが来るのか❓
 その回転によって 自然に右腕が伸びる、
 伸ばされることは拒否はしないけれど
  廻るコトによって ナチュラルに伸ばされる感じ が良いです。
 (コレは蛇足 ですが、右腕を伸ばす感覚よりも
  左サイド主体の回転に対し、右サイドの高さの意識 が
  結果、として 右腕を伸ばします)

 右腕を伸ばすコトより スナップロックの維持の方が優先です。

 からだの向きは
 トップの位置と対になる位置まで
 グリップを『一気❓』、途中で止めるコト無く
 動かす感じに 廻ってみて下さい。

 そのグリップの位置は 思っているより 莟です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


仮にヘッドスピードは同じ 
似たような体力、練習量、練習頻度の
 👨Aさんは フェースを円の外に向けたまま打ち
 👩Bさんは フェースを円の中に向けて打つ
 いるとします。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)











ヘッドスピードが速い は
 ボールの飛び の原動力になりますが イコールではありません。
その代表例が正にコレ
 飛ばない、
 ヘッドスピードなり、ロフト角度なり に 飛距離が出ない

 それを解決する糸口 でもあると思います。

ドライバーの入射角度114
 このデータは単なるサンプルなので気にせずに】

ヘッドスピードにも左右されますが、
仮に、似たヘッドスピードの場合、ボールのスピン量 とは
 主に、動いてきた上下の軌跡 に対しての
 フェースの上下角度(ロフト)の差異 から生まれます。
スライスやフックの出る仕組みの縦版です

 地面とヘッド(ロフト)の姿勢の関係 ではありません。

ドライバーの場合、
ボールの飛び、その人にとっての飛距離アップ を考えるにあたり
打ち出しの上下角度、そして回転、ボール速度 
という 飛びのM彖任あるのですが
○○度の打ち出し角度なら、だいたい スピン量 この位
◌◌◌◌のスピン量なら この位の打ち出し角度
組み合わせ によって 望ましい数値は常時、動きます。

これは 飛ばし だけでなく 方向や距離の安定度、
反復性にもつながってきます。

ゴルフクラブは ボールを打つ、
ボールをアバウトに目標の方向に打つ 絶対条件があるため、
フェースが上向きになると 軌道も上方向に変わり易く、
フェースが下を向いていると 軌道は下方向に行き易くなります。


フェースが上向き(円の中を向こうとする) ということは
ヘッドがグリップを追い抜いていますから
フェースが円の外向きの状態
(ロフトが立った)と比べると
グリップは蕕砲△蝓△らだ自体が上向きになり易い、
打つボールの場所は決まってますから、当然 そうなります。

 👨Aさんは フェースを円の外に向けたまま打ち
 👩Bさんは フェースを円の中に向けて打つ

フェースを円の外に向けたままの Aさんと
フェースを円の中に向けてくる Bさんでは
ヘッドの上下軌道、高さの変化具合、円弧の大きさなど
かなり異なり、
Aさんの方が大きめの円弧で緩やかな変化(上下)
Bさんの方が小さめの円弧できつめの変化 になり易い
 というコトです。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)













安定して 良いドライバーショット(不満で無い距離、方向)
を打つための基準になる
打ち出しの角度 や スピン量 が
Bさんの方がバラツキが出易く、
 いろいろな組み合わせが発生しやす
いのです。

この場合は 上下方向の、ロフト面での面の 造り具合によって
上下の軌道が常時、変化してしまうため、変化が激しいため
Bさんの場合、Aさんに比べると
こう振ればこうなる、こう打てばこうなる という目安が作れず、
安定した自分のショットが創り難くなる のです。
video_Slomo_Moment
Aさんの場合、腕とクラブはトップでロックして
カラダの向きだけで クラブを動かすので
傾きがあるとは言え、クラブは横に移動させています。
ところが Bさんの場合、軌道自体は似てはいますが、
その軌道の中には からだの回転で行うAさんに比べ、
腕や手、クラブと 円弧の半径は小さくなりますし、
ヘッドを上下に動かすコト(下に膨らませる)になるのですから
当然、その分はボールスピードにならず、打ち出しの角度や
スピン量に化けやすくなります。


【Point】アッパーで打つ角度・確率は
 Bさんの方が強くなり易いので
たまーに Aさんと似た距離を打つコトは可能、
その たまに飛ぶ のが問題だったりしますが…
平均飛距離や安定度は理屈上、かなりの差に成り得ます。


練習量や運動神経でなんとかなる、のも否定はしませんが
イチから始める、将来を考えて改善するコトを考慮すると
どちらを取れば良いのか かなり明白だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
柔らかいシャフトはしなって遅れるって言う
で、硬いシャフトを結局、しならせてしなり戻す って
どういう展開だよ!
 そこから始まっている人も多い筈。


言葉で伝えるのは難しい…んですが…
振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment振り子のアプローチ_Moment(3)




この話しの始まりである
🥎こすり打ち
🥎ボールをつかまえる
 は
 イコール
🥎手で振る、手打ち、手振り
🥎 からだの回転で
 とも言えますし

ココが理解出来ると
⚠からだが開く
⚠からだが突っ込む
⚠からだが起き上がる
⚠前傾姿勢やディッシュアングルが保てない
⚠右サイドがさがる
   などなど
非常に多くの ゴルフスイング動作における
改善したい箇所は 解決する、と言えば良いのか、
「技術的な部分だけで解決しようとするのは無理、無駄だ」
 理解出来るようになります。
(つかまった球 VS こすった球_Moment(2)(つかまった球 VS こすった球_Moment





その差、その違いは何か というと
同じことを違う表現で幾つか挙げると
🔴フェースでボールの 底 を打とう とするのか
🔴フェースでボールの 上面 を打とう とするのか

🔴ボールを円弧の中に掻き入れよう とするのか
🔴ボールを円弧の外に弾き出そう とするのか

🔴インパクト付近で フェースを円弧の中に向けよう とするか
🔴インパクトまでは フェースを円弧の外に向け続けよう とするのか
を言うコトです。


動画 で表してみました。
例として 見てみて下さい。

【ケース1】では
お子さん(もしくは女性)がボールを打っています。
お子さんのチカラ、お子さんの振る速度 では
一般成人男性が使う ドライバーのロフト は絶壁(゚д゚)!
ボールを浮かせることは不可能…とは言いませんが
かなり難しいと思います。

前に進ませる とは言っても "ゴロ" では楽しくありません。
従って お子さん
(非力な女性にも言えます)にとっては
前進させるコト ではなく、
ボールを空中に浮かせるコト が 打つコト になります。
空中に浮いている球を打つドライバーだから
出来るコトではあるのですが、
アイスクリームアイスクリームスプーンで アイスをこそぎ取るように
 フェースを円弧の中に向けて、
ボールをすくい取るように打ちます。

ボールの底を打とうとしてる とも言えます。

遊び としては、それはそれで良いのですが、
コト 正しくボールを扱う、正しくクラブを扱う
教材においては 良い参考ではありません。
 👉反面教師に相当します。

この ボールのとらえ方 で
地面に置いたボールを打つ のはどうするのでしょう❓



✋大人であっても
 長い棒の先に鉄の塊の付いた棒を上手くさばけない、
 地面を打ったりするのが怖い、
 ボールを浮かせられる速度が
 まだ得られていない人は沢山います。
 小さな子供と同じ道を辿る可能性が十分あります。

ドライバーのように ロフト角度の少ない
ある程度の速度が無いと
 ボールを浮かせるコトの出来ないクラブで
フェースを常時、円弧の外に向けて振る、打つのは
ショットはそう言うモノだ と理解していないと
恐くて出来ないかも知れません。

 
ボールはロフト(クラブ)が上げる、古くから言われる言葉です。



打撃面(フェース)でボールを その円弧の外に弾き出すモノ
であって、
打撃面(フェース)でボールを 円弧の中に掻き入れるモノ
ではありません。

おそらく…ではありますが、ソコがショットの始まり で
円弧の中に掻き入れる、ボールの底を打つ そうして
ショットを覚えた人の発展形(進化版)が
 フェースローテーション になっていくのだと思います。
クラブは構造的に ロフトを増やして使う は
 フェースを開く(右打ちの人の右に向ける) と
親和性が非常に高く、同じモノ ではありませんが、
非常に似たモノ です。
445TL-2

故に 振れるよう、浮かせられる速度が得られると
△逆にボールが上がり過ぎたり、
△副産物のフェースの開きでスライスになったり、
△ソールの奥行きのあるフェアウェイウッドがずっと苦手だったり、
△アプローチでは上げるショットばかり になる…

(出すだけのバンカーは上手…かも知れませんが)
 思い当たるトコロは少なくないと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

プロゴルファーやレッスンプロ、
もしかしたら 気付いていない人もいる? かも知れないし、
気付いているけど 事情があって、
ソコは「教えちゃいけない」のかも知れない、
肝心要、スイングの分かれ目の部分があります。



このブログ内でも
良く登場する言葉ですが、
からだの回転で打つ
(ボディターンなんて呼ばれますが)
に相対して、
手で振る、手で打つ なんでのがありますが、
実は ソコ、絶対の必須条件ではありません。
正直、どっちでも良いと思いますし、
ある程度、ショットを追求していけば
 だいたい 
からだの回転で打つ を
 選ばなくてはならなくなるに過ぎません。

また 訓練やかなりの身体能力があれば
 正規につかまえる球を 手さばきで再現するコトも可能です。
 ただ やはり かなり肉体的負荷が大きくなるので
 おススメの方法では無い というだけ です。



プロが全員そうしてる訳ではありませんが、
とりあえず
正規にボールをつかまえるショットを「プロショット」
アマが全員そうしている訳ではありませんが、
ボールがつかまえられず こすり打つショット/スイングを
とりあえず 名称の定義付け として「アマショット」
とさせてください。

プロショットは
ボールをつかまえて打ちます。
アマショットは
ボールをこすって打ちます。
2021-04-07_06-01-34_Moment(4)(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)






実は この つかまえる と こする
と言う言葉と
実際にやらなくてはいけないコト、
 つかまえる時にするコト、
また、バンカーやラフなど
 こすった場合、出る球を意図的に打つコトもあるので
その、こすらなければならない時、するコト が
その言葉のニュアンス(つかまえる/こする)とは 真反対なのです。
この言葉の正反対のニュアンスが
 アマチュアをスイング迷路に誘っている可能性が否めません。



この記事(続きますが)を読み終えたら
是非、ユーチューブなど お気に入りのプロや憧れのプロ
好きなスイング、スイングタイプ など そういう目で見て頂き、
また、動画を持っていれば 自分のスイングも見てみて下さい。

それが見えてくる、理解してくると
からだの回転で打った方が それが実現し易い ですよ
と言うのも見えてきますし、
ハミングバードのブログ内で スナップロックしたまま打ちましょう、
リリースは打ってから しましょう、
と言う理由と言えば良いのか、
そうするべき そうせざるを得ない と分かると思います。



また それを裏返すと
フルショット、ハーフショット、アプローチ
ぱたーでさえも  その肝心かなめの『ボールのとらえ方』
ゴルフにおける打撃が理解出来ないと
やれ 腰はこう動かす
やれ 軸がどう だ
やれ 肘はこう使う
やれ アウトサイドインは…
  は
単なる 見てくれだけの真似事にしか過ぎなくなってしまいます。


そのメカニズムが理解出来れば
スイングの 大まかな概要、なにもかにも 氷解するように
掴めてくると思いますし、
そのメカニズムが混乱したまま、
よくある 言葉 としてのみ 記憶されれば、
今までの悩みは そのまま 未来の悩みのまま です。

コレも重要ですが、
プロやレッスンプロの言う 技術論は
ある『ボールのとらえ方』
が前提になって話されています。絶対条件です。
(にもかかわらず あまり公にはされません)
肝心要のその部分抜きで その技術論を追いかけても
絶対解けない矛盾の迷路から抜け出すことは出来ません。





技術的には そう難しいことでもないですが
アマチュアの中でそれを出来ている人は非常に少なく、
まあ、それは そのメカニズムが理解出来ていないから で
実は プロにもそれを理解出来ずに
 試合に出ている少数ですが、もいます。   つづく



現在のゴルフクラブは
 その部分を解消する要素を多々持っており、
 一つがアイアンのストロングロフト だったりしますが
こすり打ちをしていても
アマショットをしていても、練習量などの努力、
それに伴う自信 や 身体能力によって
プロショットの人と同じ土俵で戦うことは可能です。
ゴルフと言うゲーム性において
 ショット能力は重要ですが、すべてではなく
 一部の要素でしか ありませんから…。
優秀な射撃部隊がいれば 戦は有利に進め易い ですが、
それが 勝敗を決する とは限りません。
 戦略もあれば、士気や運などもある訳ですから。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転
ゴルフではヨクヨク出てくる
ある意味 大切で、 ある意味 忌まわしい言葉 です。
 ✋Rさん 復習事項ですよー


手振り、手打ちが悪い訳ではありませんが、
例え 手でクラブを振って打っている人であっても
からだ をまるで使っていない訳 ではなく
カラダの向きが変わるコトそのものが打撃になっていないだけ
なので ホント 言葉遊びみたいになってしまいます。
からだの向きの変更を考えてみよう_Moment(5)

カラダの向きを変えるコトは大切ではありますが、
カラダの向きを変えるコトそのものが目的なのではなく 
カラダの向きを変えるコト で
  グリップを動かし

そして シャフトによってつながったヘッドを動かし
ボールを打つ、その為に向きを変えています。
ですので 主に、ですが
ダウンスイングで 左半身の廻り、移動に
左腕、左グリップが付いて行かなくては
 結局、手で打たなくてはならなくなります。

ショットは概ね 両腕の長さが釣り合っていないと
カラダの姿勢が崩れたり、
弾道の上下左右の方向 上がりや左右のばらつきを
生む原因になるので
足を使って からだの向きを変えるコトをお薦めします。

肩を廻す、腰を廻す とよく言われますが、
基本は 土台である 足がからだの向きを変えているから
肩や腰も向きを変えるのであって、
カラダのねじれを作らない補正 程度の意識は
有っても良いと思いますが、箇所として
肩や腰、特に腰を主として廻るのはお薦め出来ません。

リリース の勘違い❓_Moment


カラダの向きを変える 意識のポイント なのですが、
クラブ〜腕はその関係、概ねの形は
  トップオブスイング位置でロック、
体の回転 で グリップに遠心力をかけ
 その結果、右腕が伸びていくように 考えて下さい。
向きを変える以外、自分では何もしないようにした方が良いです。

拒否はしないけれど、
自分で積極的には伸ばそうとか、動かそうとはしない方が
回転に負荷がかかりません。
右軸足から動き始まる訳ですが、
莠澗に移行できるまで
どちらにも体重が掛からないモラトリアムな時間があります。
その際に、積極的に腕を動かそうとしたり
ヘッドに遠心力が掛かると 本能的に右軸足から動けなくなります。


くれぐれも ヘッドに遠心力をかけてはイケマセン
 それでは尾に自分が振られる形になります。
 ヘッドに遠心力をかけるのは インパクト以降で…。

そういう意味では
 回転による不可抗力によって
 他力本願で 打撃部へとグリップは入っていく ので
それに都合の良い、よりそれがし易い形
 というのが トップオブスイングの位置であったり、
 姿勢である、と考えた方が良いかも知れません。
からだの向きの変更を考えてみよう_Moment(2)

回転と踏み込みにはっきりした順序は無く、
交じり合ったモノです。
✋あくまでも イメージ で良いのですが、
低めにティーアップしたボール
 その先にターフを取る イメージで
回転&踏み込み をしてみましょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


そこらへんが ゴルフがメンタルのゲーム
 と呼ばれる所以かも知れません。

飛ばしたい とか、
乗せたい とか、
寄せたい とか、
入れたい という目で見える、結果のある欲求は
向上心に転化させることが可能ですが、
力みたい、チカラを入れたい、頑張りたい
という 目に見えない、
場合によっては自分でも無意識な欲求は難物です。

小堀20213_Moment(2)


ヘッドを振ろう、クラブを振ろう
(👉からだを廻せ)
ヘッドをより速く動かそう
(👉からだを速く廻せ)
スイングの弧を大きくしよう
(👉手で振るから円弧が小さい)
これらの行為は
自分の 足とお尻によるからだの向きに対し、
より不必要な重さ(負荷)を生み出し、遅れを生み、
クラブがからだの回転の流れから離脱することになります。

本来は からだの回転で打っている筈 ですが、
それで打てる時期は過ぎ去ってしまっていたり、
寝かしたり 遅れた状態 では ボールが打てなかったり、
それらのコトをするのには からだの回転を止め、
もしくは それから離脱して 手さばきしないと
ボールが打てない、当たらない、飛ばない、
必然性から 手打ちは生まれます

🔴手で打たないと、フェースを返さないと、ヘッドを振らないと
打てない、当たらない、飛ばない から 『手を使う』
🔴手を使うためには からだを止める必要がある
という 手打ちの負のスパイラルに陥る訳です。

(リリースとからだの向きの変更_Moment(2)


足を使った骨盤に対し 肩が遅れれば
胴体の中ほど(主に背中でしょうね) が力みます。
クラブがねれば 右腕を含めた、右サイド に重さがかかり
右腕 右サイドは 力みます。
それが スイングの、打撃の実感の人は大変多く
足/お尻を使った シンプルなからだの回転で
 直にボールを打つ感覚は それをすべて取り去ってしまうので
欲求が満たされないのでしょう。
 😢そこは誰にも助けられません。


それが こすり打ちの人が つかまえ に移行する最大の障害です。
それを乗り越えられれば  技術的には難しくない、
むしろ からだの向きを変えるだけ で打つので
拍子抜けするほど する事が無くなります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【質問】
元々ドライバーは得意ではないのですが、
よく言われる「野球振り」抜けず、悩みます。
ドライバーショットの、
  なにかコツみたいなものはないでしょうか


スイング集 Patty_Moment



(。◕ˇдˇ​◕。)/
全ゴルファー共通のコツがあったら
きっと 日向子ちゃんも知りたい と思っているでしょう(^_-)-☆

ゴルファーには
 野球出身者や野球経験者が少なくないか、と思います。

野球のバッティングとゴルフスイングが
 どう違って、どう同じか はいろいろあり過ぎて
割愛させて頂きますが、決定的に違うコトがあります。
それは 技術的なコトではなく、物理的なモノ です。

👉それはヒッティングポイントの違いです。
show_img2021-04-17_15










ゴルフのヒッティングポイントは個人差はあっても
体の中、からだの幅の中です。
 野球だと体が開いている場合、
 より一層 HPは前気味になりますが、
ゴルフの場合、その逆で より中になります。
yjimage4NR1MAL3hirakidohiraki







1ⅿとは言いませんが 50センチ以上は中、
野球に例えると 差し込まれたような状態 が
 ゴルフのヒッティングポイント です。

ですので 野球のホームランバッターのように
引っ張ってホームランを打つ、
ゴルフで言うと 利き腕で叩く ような打撃では
より一層 ボールに差し込まれた状態になります。

野球でそのヒッティングポイントが該当する
となると 流し打ち に近いの…でしょうか…



ですので まずは自分のインパクト姿勢をイメージし、
その 腕とクラブの関係をトップで形成、固定(半固定)し
あとは 足を中心にからだを廻すだけ‼

足を動かして グリップを移動させるだけ、位に考えて
打ってみたら、振ってみたら 如何でしょうか❓






打った後のリリースはしてもいいと思いますが、
からだの回転に対し、腕やクラブが遅れると
からだの回転に対し、肩の廻りが遅れます。

>>からだの向きに対し 打ち遅れが発生します

その遅れを作らないようにすることが 利き腕、
腕やクラブの重さを支えているのが右手の叩き で
右打ちの人ならば 右腕、右手 で
野球のそれが そうするのかどうか、は分かりませんが、
俗に言う 利き腕で叩く、利き腕で巻き込む動きを
強調すると 差し込まれたボールの位置 なのですから
妙な姿勢でからだを開かざるを得ません。

腕で振るにしても、からだの回転で振るにしても
野球のヒッティングポイントと
ゴルフのヒッティングポイントでは
円弧にして 90度近くもズレたところ、
野球のHPの何割も、大袈裟には半分 円が少ないのです。


これは あくまでも イメージに過ぎませんが、
野球のように からだを開いてから 打つのを
 左サイドを軸点にして 右サイドを回転させる とすると
その逆の、トップの位置の右サイドを軸点にして
 左サイドを回転させる ような 感じはどうでしょう❓ 
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルファーの多くが望む
 ダウンブロー
 上から打つ
 ボールを潰す
 は
まるでギャグの様ですが
 ヘッドを下に振ったら、下に落としたら出来なくなります

そのクラブの、持っているクラブの
 ロフトなりのつかまりは難しくなります。

2021-04-17_15-32-27_Moment(2)2021-04-17_15






ゴルフクラブは知っての通り
 長い 棒 の先に 集中した重さ(ヘッド)が
付いており、運動させたクラブの重さは
ほぼ スイング動作を決めてしまう程、です。
その重さ(ヘッド)を下に振ったら
かなり早めに
からだは上を向こうとし始めます。


プロのレベルで言うと
ダフリ は厚く入ったことや
やや噛み気味になった程度で済みますが
アマチュアのレベルで言うと
ダフリは 巨大な球体・地球を打つコトで
慣れた とは言え 痛い、恐怖の対象ですので
どうしても そういう反応をせざるを得ません。
 
ヘッドを下に落とす と
結果、としては しゃくり打ち、あおり打ち に
なるのですが、
ダウンブローで得られる筈のボールのつぶれ、つかまり は
数割増しのスピードであれば 代替えが効きます

タイガーウッズの ピッチングウエッジ は
ロフト50度です。
最近の アイアンのストロングロフト化 は
ボールを上から打てないアマチュアのお助け
となっている訳です。



おそらく このボールのつかまえ は
多くの悩みの始まり になっています。


リリースは手首の解放ではありません_Moment


アプローチから、ミニショットから 始めて
馴染ませ 通常のショットに刷り込んでいく
で良いと思いますが、
スナップをロックさせ、
少なくとも グリップエンドがボールを追い越すまでは
スナップをロックさせ、
それで腕とクラブが短くなっている分、
しっかり 左にシフトして ボールに近づき
前さばきで打つ 練習をしてみましょう。

飛距離と安定
そしてスライス防止
美しい弾道
それらを解決する糸口になると思います
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


深く考えている人が少ない…のかも知れませんが…




アイアンショット だけでなく ショット全般が
➀『ハンドファーストに』
と言うのがあると思います。

クラブの長さ や ボールの置き位置によって
異なりますが、アイアンショット であれば
➁『ダウンブローで』
そして アプローチショットあたりでは…
  願わくば プロのように
➂『ターフを取る』

これらは同じような感じもしますし、
違うような、混乱してしまうような
掴みドコロのない ゴルフ用語であり、
とは言え 気にしている方も少なくないかも、です。


➀のハンドファースト
 スイングの原動力、主エンジンの体の向きの変更に対し、
 クラブやヘッドの重さ分、グリップよりもヘッドが遅れる
 ⚠自然現象⚠ であり、
 上手にボールを打つのには その遅れが
 ✖フェースやロフトの開き ではなく
 〇遅れ分、ロフトが立つような状態

 になるのが望ましい と言えます。
スナップショット 3 (2012-11-23 12-01)

 ハンドファーストは自然現象で、
 技術 と言う面で言うと
 その遅れを ロフトの立ち にするコトと言えます。

 そして それは 『どのように作るのか❓』 の前に
 『いつ❓』作る方が簡単で、
 『いつ❓』作るのが再現性があり、
 『いつ❓』作るのが番手や長さなどに左右されないか と
 考える方が良いでしょう。

からだの回転、向きの変更 によって
腕の付け根が移動し、グリップが移動する、
自発的に動かないクラブ、その中で重さの特出したヘッドは
その移動に対し、重さ分、遅れる訳ですが、
それが ロフトの立ち、フェースの下向きになるように
『仕向ける』には どうしておいた方がよいのか❓


それを決める、それを作る、それを仕込む、のは
 切り返しやダウンスイングではなく
    テークアウェイ です。
     それを忘れずに✋✋✋

 テークアウェイでなら、他の箇所で作るより
 より簡単に作るコトが可能です。

(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)(東西アプローチ対決_Moment(2)(片手での素振り と クラブの格納_Moment(3)





そして その ハンドファースト
 からだの向きの変更に対する
 クラブヘッドのグリップよりもズレ、遅れ は
 スイングが終了するまで ずっと続きます
 ハンドファーストは『人為的』に解消されることは
 スイングが終わるまで無い のです。

つまり 一度遅れが発生したヘッドが
グリップを追い越すコト、追い越す作業 は打撃終了まで
スイングが終わりかかるまで 無い というコトです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブ、クラブヘッドは
重量の中心点【重心】が
握っているグリップ、シャフトより右(右打ち)
に位置しています。 
445TL-5-1
空中に浮かした状態で
グリップを緩めると 右(右打ち)に
フェースが、ロフトが開く方に回転しようとします。
逆の左(左)に回転させるのには
重心位置が シャフト軸線を追い越すところまで
 人力 が必須になります。

そして そのヘッドの回転、フェースの回転は
グリップなり、シャフト軸なりを固定しての話しで
スイング動作中は 常時、その回転軸(シャフト)も移動し続けます。

フェースターンの最大の欠点は
フェースターンが軌道(ヘッドの進行経路)に
軌道がフェースターンに 相互影響を与える為
基準になる軌跡が常時、動き続けてしまうコトです。
シュートを打とうと思うと ゴールが動く
そんな感じです。

フェースを回転させると その具合によってyjimageLL1DHR4Z
軌道、軌跡 は影響を受け続けます。
特に、重心がシャフト軸線を超えると
軌道はいきなり 内側に切り込みます。
その結果…として、フォロースルーで地面と
平行に振っているプロの写真を見たコトがあると思います。



ボールの曲がり、もしくは横の回転は
そのヘッドの移動経路 に対する フェースの向き で
決まります。
u=341495341,3618090510&gp=0

ドローボールであれば 正式な規定はありませんが、
アドレスの目標に対し、左に曲がる分、右に出て
曲がって センターに戻ってくる と言うイメージでしょう。

フェースターンでそれを実現しようとすると
フェースが開かず、インパクトを迎える ということは
ヘッドが内に切り込み始めるポイントにインパクトが来易い為、
左に出て、左曲がる低い球になり易い欠点がある訳ですが、
度合いは兎も角 左回転、フック回転を打つのは
そんなに難しいことではありません。

時計をイメージしてください。
アドレスで 目標に概ねスクエア に構えたとします。
時間(時)ではなく 分針で話をしますが、
目標方向は 30分→0分 方向です。
ボールは針の軸点にあるとしましょう。
スイングは円のイメージが強いかと思いますが、
ボールの前後15cmを基準にすると
(インサイドアウト、アウトサイドイン などの左右の方向)
インから であっても アウトから であっても
ヘッドが入ってくるのは
 おおよそ 29分〜31分 の間 です。
ざっくり言えば ほぼ真後ろから と考えても良い程です。
インから であっても アウトから であっても
32分 28分から入ってくる人は稀、多くありません。
インから入れろ というのは
 29分-1分辺りを指します。
OIP

ウエッジなどは クラブの円弧が短いですから 円が小さく
もっとインから、もっとアウトから 入って来そうですが
アドレスに前傾が深くなり、それによって
スイングの円弧が立つ(アップライト)になるため
大きな違いはありません。

例えば ヘッドがボールに入ってくるラインが
 29分 → 1分 だとしましょう。
➀フェースの向きが 29分-1分(に垂直)であるなら
横回転はゼロ そのラインにボールが出るだけ
➁フェースの向きが 28分-2分であるなら
右回転が入り 29分-1分ラインにボールが出ます。
➁フェースの向きが 30分-0分であるなら
左回転が入り 29分-1分ラインにボールが出ます。


フェース(ヘッド)の向き で言えば こういうコト です。
 🥎フェースの向きは立体であるため
  ロフトとライアングル ヘッドの向きの複合体です

bbd8de35-s67d2f002-s






フェースターンをすると
成功、 その瞬間を逃せば
左回転の入った 左に飛び出る
 目標から離れていこうとするショットになります。
遅れれば 右回転の入った 右に飛び出る球です。

であるのなら その瞬間 の必要の無い方法
を模索するべきかと思います。
どの球 どの曲がりが出るか 打ってみないと
分からない方法は マズイですよね^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

折角、テークアウェイで、トップの位置で、
昔の言葉で言う
 「シャフトを、クラブを立ててあげた」
のに 切り返し、ダウンスイングで
シャフトを、クラブを倒してしまう、寝かせてしまう
寝かし癖 のある人は少なくない、ですね。
ダウンスイング〜左上腕_Moment

感覚的、本能的なモノなのか
テークアウェイ取った時は
横の動きはからだの向きに任せ、
腕は クラブの高さを取った「だけ」なのに
いざ、打つとなると 横にひっぱたきたくなる…
気持ちとしては 分からなくは無いですね。
大森2019_Slomo_Moment大森2019_Slomo_Moment(2)








これは全員に聞いて回った訳ではないので

半ば推測ではありますが、
寝かし癖の強い人は 過去にスライスに悩み❓
アウトサイドインを矯正した可能性があるのでしょうか。。。
インサイドからと言う言葉に過剰に反応する、
アウトサイドから振るコトにタブー感をもってる?
 ような気がしてなりません。


正面を向いてカラ 見てくれだけの インサイドから振る、
まあ 単にクラブを寝かして、手で振ってるだけ ですけど
インサイドから 振っているように「見える」は満たしても
それによって ロフトが寝る、フェースが開く、
という 次の「もっと重大な」問題が生まれます。

からだの回転に伴わない インサイド進入は
 単なる手打ち なのですから
👀 ハミングバード、としては

やる度合いは勿論ありますが、
✋右を向いている内に 外から
✋右を向いている内に アウトから

振ってしまう意識、感覚を掴むことによって
寝かし癖は徐々に修正できる! と踏んでいます。

こう 一般にイメージしている
 アウトサイドインのアウト
と言う感じではなく
2021-01-29_16-53-52_Moment(3)このラインを基準に
ヘッドを線より右上
グリップよりも
上のラインを
通すイメージです。


実際にボールを打って、当たる、当たらない は
別として、おそらく、
このラインよりも上を通すのは かなり怖い
かなり忌避感、拒絶感 が強いのではないか
と思います。

2021-01-29_16-53-52_Moment(4)
しかし、反対に考えると
このラインよりも 莢爾髻
グリップよりも ヘッドを 左下を通す というコト は
ロフトを寝かす、フェースを開く コトであり、
からだの回転で ヘッドを移動させない というコトでもあり、
良いコト ではなさそう ですが、
動作として、実際にスイングした時、
その区域を通す事には違和感は感じない
のではないかと思います。


勿論、度合いもあります。
全員に適応するか、とは言えませんが
今の からだの回転、腕の動かし が
ごっちゃになり
◉からだのへそから上を動かす、へそから下を動かす、
◉自分では腕は動かしてないけど 肩は動かす、
◉からだの回転が 腰の向きと肩の向きの二重にある
と言う問題を解決する近道でもあり
飛距離と安定という
一見すると 相反するコトを
「アマチュアの素人おじさん」
出来るだけ少ない反復練習で達成する
数少ない方法だと思います。

2021-01-29_16-53-52_Moment

右を向いている内に、
トップのからだの姿勢のまま
アウトから入れてくる、

別な言葉にすると
「上から」引っ掻いてくる ような感じ
になると思うのですが、
それを体験すると 別な道が見えてきます。

✊また ここには もう一つの課題 が

 潜んでいることもわかる かも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイング軌道の問題は
その円弧を何で作っているか にあって、
軌道の道筋が 外から、なのか、内から、なのか
は 基本 弾道の方向を左右するだけ で
直接的には球筋とは関係ありません。
直接的には飛距離とも関係ありません。

問題と言う意味では
スイング軌道が 球筋を関係している
と考える方が 問題と言えます。


球筋と関係があるのは
どの軌道であっても その軌道に対する
ヘッドの向き、ロフトの状態
 であり、
それも やはり、軌道を何で作っているのか
の問題の方が深刻です。

飛距離は インパクトロフトと軌道の関係であって、
また クラブを動かす原動力が
 何かであるか は 運動の速度そのもの
 にも影響します。

軌道は ヘッドの向きやロフトの状態にも作用し、
かつ そのヘッドの向きやロフトの状態は
 軌道そのものにも相互影響を与えるから です。
小堀2020_Moment(2)小堀2020_Moment(3)小堀2020_Moment(4)








だから 俗に言う 開いて入り易い アウトサイドイン で
フェースターンで フェースを閉じると
軌道は それを行うよりも急激にインに入り込むが故に
アウトサイドイン迷宮は深まるだけ、です。

また 軌道そのものを手で振っているのに
アウトサイドインをインサイドから、に変えたとしても
より フェースやロフトは開くので
より強い、より激しい フェースターンが必要になるので
インサイド「アウト」にするのは 曲芸と言えるほど
物理的に難しくなります。

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

軌道があり フェースターンがあり
その双方が作用しあう訳で
フェースターンをすれば、自分の思い描く軌道は変わらず
そのフェースターン具合だけを調整 と言うわけには行かず
フェースターン具合は 常時、軌道に影響を与えます。


大森 スイング変遷_Moment(5)大森 スイング変遷_Moment(6)大森 スイング変遷_Moment(8)









手で振っていても 尋常ならざる反復練習で
補うことは可能ですが、おじさんおばさんゴルファーには
それはかなり至難の業です。

ですので 
◉規則性の高い、円弧をからだの向きで作る、
◉円弧を作り出す要素を一つにする、

方法を進めているのであって
自分の運動神経や反復練習量に自信があるのであれば
どんな振り方、クラブの扱い方でも
 その動きの再現性を高めれば良いだけです。 


距離のメカニズム、球の曲がりのメカニズム を理解せず、
軌道のその道筋 と言う 亡霊のようなモノを信じて
追いかけている というのが 弾道を安定させない理由です。



からだの向きで 円弧を作るのであっても
ミスが無くなる、飛距離が伸びる と言う確約はありません。
それすらも 少なからずの反復練習が必要ですが、
その軌道に 軸が無い、 確定要素の少なすぎる
手で振る方法よりは遥かに確実性は高く、
からだの負担は遥かに少なくなる、のだけは確かです。


ゴルフは長きに渡って 楽しむ遊び なので
頻繁に細かな修正が必要になるのですが、
軌道がどこを通るかの論議を追いかけている限り
それは 蜃気楼のように 答えが見つかりません。
 ま、それも楽しいんですけどね…。

加齢とともに進む、からだの故障との競争に負けガチです。

始めはぼんやりしたモノ かも知れませんが、
どこに振るか、どこを通すか ではなく、
何が原動力でクラブが、ヘッドが移動するのか
 そこに着眼するようになる

スイング造りはかなり かなり明解になって来ます。

それには オーバースペックでないクラブも
 かなりのお手伝いになるコト でしょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフショットの醍醐味、である
ドライバーの悩みと言うのは尽きないモノです。
445tl

クラブ、で言えば
 ドライバー単品を悩まれる方は多いですが、
アイアンも、ですが、ウエッジの影響は
実はかなり大きい
ですね。

現在、主流になっている
 軽量ヘッド装着の軽量スチールシャフトのウエッジ
なんですが・・・
ロフトの大きなウエッジとは言え
ゴルフのショットにおいて
 ボールを上げる、高さを出す
というのは 実は一番の難題
なんです。

ロフトがあるから 上がるじゃん!
 とは言うものの、
ボールを上げる 一番の要素 はヘッドスピードです。
ところが ウエッジは加減して使うコトが多いですから
 ソコはロフトが助けてくれる 筈 なのですが、
まず ヘッドスピードの代わりになるべくの
 ヘッドの重さが軽量です。
10109_169290996560973_105906599_n

次に シャフトの硬さ の問題 です。
 シャフトは 本来、ヘッドの形状の意味 も含め
 ヘッドの重み を使って
 打ち手のグリップを先行させる為、
 グリップを押す、先送りする役割があります。
ある程度の、シャフトの柔らかさ であれば
 グリップは押されますので
 インパクトポイントは 飛球線、
 右打ちの人であれば 左に押されます。
コレ、同じヘッド、同じヘッドの重量 で
 シャフトの硬さが違う 2本のクラブを打てば
 体感出来るコト、です。

ダフリ、トップ、チョロ も概ね似た原因で起こるのですが、
多くの方は ダフリ〜トップ は
 
インパクトに対し ヘッドの上下の高さのズレ 
 ミスの原因と思っています。
しかし、実際には
 
インパクトが先にあるか、左にあるか、右にあるか、が問題で
例えば 通常打つよりも
 10cmも茲法△發靴は蕕法.棔璽襪鮹屬い浸、
届かない?届きすぎる? という事はなんとなくわかると思います。
特に 今のように 気温が低い中 プレーする場合、
 ボールの位置を置き換えている人も居る筈です。
👀右に置いて………そして低温下でプレー となると
  シャンクは付いて回るでしょうね。

硬いシャフトはグリップが押されません。
その押すネタ元のヘッド重量も 軽い ですからね…。
ですので ウエッジに限らず、
 ドライバーに比べ、アイアンは 10cmも、20cmも
 蕁中に置いて打っている訳です。
そのボールの置き位置の差が大きい程、
 そのまま 双方のシャフトの硬さの差 と言えます。
IMG_1632_Moment(2)


硬いシャフト に軽いヘッド ですと
グリップは押されませんから
 インパクトポイントはどうしても 藉鵑蠅砲覆蠅ち ですが
それでも届きませんから ヘッドを振らざるを得ません。

ヘッドを振れば、ロフトは増えますが、
入射は緩くなりますので
 上がるだけの ポッコン としたショットになります。

ヘッドスピードにもよりますが、
 初っ端が上に向かうだけの スピン少な目の緩いショットです。

 それをそのまま
 今度はシャフトの柔らかいドライバー で行えば
上手く行き難いでしょうねー。
シャフトに押されて インパクトポイントを左に!
 と言う習慣がありませんから
✊シャフトはヘッドを動かすモノ と言う観念 と
 シャフトはグリップを動かすモノ と言う観念は
 似ているようで 大きな違いです。
シャフトの柔らかさが単に ヘッドの遅れになるだけ です。
 ロフトの立ったドライバーで ポッコンショット を
 打つコトになってしまいます。
 機能上、ボールの上がらなさ が距離につながるドライバーを
 ボールが上がる打ち方 で行ってしまえば
 打ち出しが高いだけでなく
 今度はスピードもあるので スピン過多 にもなりかねません。
 また ヘッドスピードの速くない方にとっては
 そのショットは
 ボールに打撃のエネルギーが伝わらず ←こすってしまうので
 逆に上がり切らず 伸びきらない球になったり、します。
5a0eeaec

😢また シャフトを振ろうとすれば
 遅れ は ロフトだけでなく、フェースの開き にも
 なりますから スライス〜こすり球になってしまう・・・
 のは ウエッジ、もしくはアイアンショットから来ている可能性
 は決して低くないと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【注意喚起】

ハミングバード及び店主:野澤亨名 の
Desktop 2021.01.05 - 20.29.56.01_Moment
フェイスブックのアカウントが
乗っ取られてしまい個別宛のメッセージを連発されています

✋おそらく 新手の詐欺(オレオレ詐欺的なモノ)
:::パスワードが変更されてしまい
   インが出来ず 詳細は確認出来ませんが…。
現在 対処中ですので しばらくの間、
弊社、もしくは 私からのフェイスブック の
メッセージ等 応答しないよう お願いいたします。



カラー変更3 (002)

よくあるスイングの悩み で
トップの位置で シャフトが「クロス」してしまう… とか
オーバースイングになってしまう… というのがあります。
横峯さくら
度合いはありますが、
タイミング良く打てていて 球筋や飛距離に問題がないなら
個人の味 の一部として 考えて良いと思います。

シャフトクロス、オーバースイングともに
トップの位置から切り返しの初期に
一度シャフトを寝かして ロフトを開く姿勢にしないと
ダウンスイングに移行出来ない と言う点で
問題を含んでいる場合があります。

オーバースイングもそうですが、
1.骨盤〜体も良く周っているうえに
2.テークアウェイ時での 左腕の横振り 
  胴体の捻じりと腕〜肩の横振り
ダブルで入るのが原因だったりします。

飛ばしたい気持ちは痛い程わかりますが、
速いヘッドスピードで 強く叩いても
当然ですが、ロフトが開いていれば
ボールは球体 であるが故に
 チカラの逃げる方向へと必ず逃げますので
それ相応の距離になりません。
飛ばしたい のなら
 最優先に ロフトを無駄に大きくする動作は避ける
と言う前提の上でないと
スピードを上げても 徒労に終わってしまいます。


BlogPaint腕を横に振る
からだも回す、または捻じる
この動作の生まれる一つの要因として
兎にも角にも 速く、強く振るコトが最優先 で
どういうロフトで打つのか
そのクラブ、その手にしたクラブのロフトなりに打つ
というコトを置き去りにしてしまっているように感じます。

また ヘッドの重さを使う
 と言う言葉がありますが、
それを独自の解釈をし、
きっかけとして からだは使いますが、
そのヘッドの重さに勢いを付ける為で
クラブを「振って」上げてしまう場合もあります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ヘッドは下に振らなくてもボールは届きます。(アプローチ) 比較映像_Moment(3)

えええええぇぇぇぇ って思う人もいるかも、ですが
スイング円弧、
 そうですね、ダウンスイング後半 となると
 チョット厚切りケーキ程度 60度とか 多くて90度の角度
 のその部分ですけれど 
まあ その角度とは関係なく
円弧は
 クラブを持った自分が向きを変えるから造られる ので
そこを手で振ったら  そのまんま手打ち  です。


右打ちの人の右腕、
利き手である右手を使いたい気持ちは分かりますが、
右手の役割は
 ✖左グリップを支点として シャフトを動かすコト
  ヘッドを動かすコト   ではなく
からだの回転に 重さによって遅れがちな
 グリップを遅れさせないようにサポートするコト
 です。

✋その言葉の通り
 左グリップを支点! としてしまえば
 グリップの移動、進行は止まっちゃいますから
 速度は(気分を除いて)上がりませんし、
 左グリップの進行が からだの回転から遅れる、とか
 からだの回転から離脱しちゃったら ロフトも開いちゃいます。
down_swing
まあ こうなっちゃったら
もうからだの回転は終わっちゃってますから
手で円弧を、
手でヘッドを下に振るしか打つ手がないですけどね…。


よほどの腕力があるのなら良いですけど
そうでないのなら ロフトも増え、スピードも落ちちゃいます
 から 出来れば その右手の使い方 をして欲しいモノです。

ボールを拾う

コレ 飛ばし とも関係しますけど
アプローチの距離感とも関係します。
ボールをさばく このあたりの円弧を
手で作ってしまったら
ヘッドスピードの管理が非常に難しくなります。

2020-12-09_21-08-58_Momentこの状態から
からだの向きの変更だけで打つ
 位のつもりで、
トップの位置で腕周りは
 ロックする位のつもりで、
緩いショット、またはアプローチ
 してみて下さい。

これのポイントは
どう からだを回すと、どのようにからだの向きを変えると
ボールに当たるのか、
手でボールを探りに行かずに
 腕はロックしたまま で どう言う回転だと
 ボールに届くのか 考えてみるコトになります。


手でクラブを振って
手でヘッドを下に振って 届かせていたのとは
違う感じの(実際の大きく違う) からだの回転
と言うのを掴むことが出来るかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブのヘッド、
フェアウェイウッドを含めた
地面からボールを打つクラブの場合、
🔴ロフト角度
🔴ヘッド自身の上がり易さ
🔴ソールの構造

と言うのは非常に密接な関係にあります。
445TL-5-1

ロフト角度は読んで字のごとし
ヘッドの形状などに関係なく
シャフト(の軸線)とフェースの上を向く度合い
を角度で示しています。

上がり易いクラブの代表例で
重心が低い、重心が深い というのは
多くの人は その重心位置が
魔法のような働きを持って
 インパクト時にボールに何かを与える
というか、インパクト時に影響を及ぼす
と考えていますが、ゼロとは言いませんが、
その働きの割合で行くと ごく微小
 ない と考えても問題ありません。


重心が低い、重心が深い は
 クラブとシャフトの働きから
☑フェースが前に出て
 インパクトロフトが増えやすい
☑緩い入射角度になり易い

という、インパクトそのもの ではなく
インパクト以前、インパクトより前の
クラブの働きによるモノ です。


ですので ソール形状としては
あまり バンスソール
 …フェースに比べ 後方が下に張り出したモノ
では扱い辛くなるので、
総じて ウッドの場合は スクープソール
アイアンの場合は、バンス角度をごく小さなモノに抑えたり、
 ソールの幅を狭くしたり、ソールに工夫があります。

411BK-5-1


フェアウェイウッドやユーティリティの場合、
極端にロフトの立ったモノ は殆ど無く
一定のロフトと番手の関係なので、
 『シャフトの硬さ』にもよるのですが、
自分のソールの傷跡を見て、
 ヘッドの形状、ソール形状を選んだ方が良いでしょう。
ソール後方に傷の多い方は
 スクープ気味のソール、
 多少 ロフトは立ち目のモノでも大丈夫です。

自分のソールの傷を良く把握しておくと
お使いの フェアウェイウッドやユーティリティ の
ソールの形状、バンス から
🔴フェアウェイからのショット向き なのか
🔴ティーショット向き なのか
🔴ラフ向き なのか

は ある程度判別が可能です。


ba


アイアンは ちょっと複雑 です。
何を考えているのか 理解が難しいですが、
今や 7番でロフト24度 なんてモノもあります。
  (平均値では 32度位 ですねー)
―顛瓦低く、重心が深いモノは上がり易い ですので
ストロングロフト傾向が強く、
ソール形状は バンス角度抑え気味
 もしくは バンスが狭めや段になっていたりします。


数値で言うと その境目は
 重心高 で 19
 重心深度で  6
 ロフトで言うと 6番27度 位でしょうか

一方、重心が高い、もしくは普通、
重心が深い、もしくは普通 のアイアンヘッドは
上がり易くはないですから ロフトも普通程度 です。

ですので ソール幅を取ったり、バンス角度をキツクしています。

正直 上がり易くクラブのストロングロフト
 上がり難い(普通)のクラブの普通ロフト
どっちが飛ぶか というより 弾道の違い
と考えた方が良いでしょう。

´二つのアイアンで言うと
,和任曾个靴高く、スピンは少なめ
 通常 アイアンですと 落下地点に近いトコロが
 一番高い(最高到達点)になりますが、
 ウッドに近い 真ん中が高いような緩めの弾道になります。
△和任曾个靴歪磴瓠▲好團鵑和燭瓠,任后

最近では 軽量スチールシャフトの主流化 によって
軟鉄の ブレード(マッスルバック)タイプのアイアンを
使う人も増えていますが、
マッスルバックタイプのアイアンは
 キャビティバックのアイアンに比べ
重心を低く、深くすることが難しく、
それをするには 全体を小振りにするしかありません。
◌高めの重心、深めの重心 にするか
◌重心を低くする為 ミスに強くない小振りなアイアンにするか
基本、この 二つに一つの方法です。

軟鉄で中空 なんて 構造的には可能ですが、
軟鉄の弱さで 中空にしてしまうと
ただ 中空になっているだけのアイアンになるだけで
真の意味の 低重心化、深重心化するのには
 ヘッド重量が少なすぎて 自由度が取れません。
✋特に 中空の欲しい番手は軽いですから。。。


一般的に あまり小振りだとヘッドの個性が出ないので
ほどほどの大きさのマッスルバック にすると
決して 低重心、深重心と言うわけには行かず、
 その上、重量の縛りがあるので ヘッドの厚み
を確保するコトが出来ないので、
ソールで飛ばさせる という事が難しくなります。
これに 軽量シャフト 〜硬い
 軽量シャフト用のヘッド 〜軽い

が加わりますので
上がり難いアイアンを無理してあげる か
止まらない、上がり切らない球を打つ か
アイアン全般で抜けたような球を打つ か

という アマチュアのお助けクラブ とは
ほど遠いモノになってしまいます。

bounce

兎も角 クラブの性格は
 ソール形状によく出ますので 観察してみて下さい。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


○○は旦那の場合も、旗の場合も、
最近の流行りでは フラグの場合もあります。



手打ちか、からだの回転で打つか、
 は重要なポイントではありません。
腰や手首、肘などを傷めないのであれば
 どちらが! とは言いません。
どちらであっても
 より少ない労力で遠くに飛ばし、
 アプローチ、パターまで苦労しない
そういう風にするのには
 やはり 
ロフトの造り方 (ロフトの立て方)
      が一番のポイント です。


BlogPaintBlogPaint








右の写真と左写真は 同じクラブ、同じ番手 です。
キャビティ部分に色を付けているので 分かり易いと思いますが、
片方は6番アイアン位、片方はピッチングウエッジよりも寝た状態 です。
その差は 20度以上 あります。

BlogPaintすごく意地悪な言い方なのですが
こういう入れ方 をするのであれば
ドライバーのロフト
9度も10度も11度も差がないような…
1〜2度程度の差に意味が出ないような…
どれであっても
自分でロフトを作ってしまうのですから
選ぶ意味があまり無いような気がします。




 💮 💮 💮 おさらい になりますが
ロフトを立てる とは
正式には その製品ロフト通り に打つ と言う意味で
技術的に 無理やりハンドファーストにしたり、
両手をねじって シャット、フェースを下向きにするコト
ではありません。
ゴルフクラブは 手で振ったとしても、からだの回転で動かしたとしても
斜めに傾いた軌道、軌跡なので
555
ヘッドはボールに対し、そのクラブの長さ分の軌跡で
上方から行ってきます。

ですので ドライバーは長いので円弧は大きく、
入射は緩やかで、傍目からは掃いて振るように見え、
ウエッジは短いので円弧は小さく、
入射はキツクなり、傍目からは上から打ち込むように見えますが、
それは スイングとクラブの特性 によるもので
技術的な差は アドレスの前傾姿勢程度 です。

IMG_0725IMG_0724








理想的な そのクラブを活かしたインパクトロフトは
入ってきた道、上方から入ってきたその角度に対して
元のロフト通り 
にすることで、
それによって その番手、ロフトの弾道・距離が得られます。
それが 傍目にハンドファーストに見えたり、するだけです。

445

そのハンドファーストも
手であっても、からだの回転であっても
動かせるのはグリップだけなので、
移動させられるのはグリップだけなので、
ヘッドはその重さ、運動と長さによって加わる重さの分
その同軸線上の角度運動よりも 遅れる自然現象 に過ぎません。
技術的と、無理に言うのならば
 その自然に逆らわない と言う点において
、でしょう。

自然現象に乗っ取っていれば
それに逆らうよりも 遥かに繰り返すコトが容易になりますし、
同じコトをするにしても 労力は少なく済みます。
ゴルフショットの場合は それは距離にも、スコアにもなります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


全てのクラブ には
バンス、バンス角度 なるモノが存在します


英語でいうと バウンス
 跳ねる とか、弾む という意味合いです。
多くのイメージでは バンカーでの跳ね として
捉えられているトコロが強いですが
実は ショット全般に
ショットを支える、ロフト角度を支える
 大きな意味を持っています。


それも スイングを考える一つの目安 になります。

wedge-bounce

よく知られているモノは ウエッジのバンス角度 ですが、
ドライバーやフェアウェイウッド、ユーティリティ にも
 その角度はあります。

一応 ですが
000009 リーディングエッジ(フェース側)の基準に
 後方が低くなっているモノを 「バンスソール」 絵図
 後方が高くなっているモノを 「スクープソール」 絵図
と呼んでいますが、 ドライバーやフェアウェイウッドの場合
スクープソールのモノも見られますが、
 コト アイアンに関しては ほぼ全機種 「バンスソール」
つまり 名称で言うバンス部(ソール後方)が
 リーディングエッジよりも 低く、下に張り出しています。


そのバンス 下への張り出し方は 番手により異なり、
5番アイアン を 5度 に仮に設定すると
6番で6度、7番で7度。。。。。PWで10度 と
 同じ角度ではなく、番手順に角度は増えてきます。

特にバンカーで使われる SWはその数値が大きく
一般的な市販品では 10〜14度位
 弊社のHBS-10では16度、HBS-16では14度になっています。

バンカーで使われるコトもありますが、
ウエッジが アイアンの中で 数値的にバンス角度が大きい、
そして 番手により バンス角度が推移していく、
その理由は クラブの長さ にあります。

クラブが長くなると
 スイングの円弧は大きくなります。
ボールに対して入ってくる角度も緩くなります。
一方、クラブが短くなると
 スイングの円弧は小さくなり
ボールに対して入ってくる角度もきつく成ります。

IMG_0496

そのクラブの製品ロフト通りに打つには
 その入射角度通り の インパクト姿勢 となりますから
△5番アイアン(バンス角度5度仮定)と
△ウエッジ (バンス角度14度仮定)
 で比較してみると
グリップが前に倒れている度合い(見た目のハンドファースト)
は ウエッジの方が多くなる、約10度分 シャフトが前に倒れている

 と言う風になります。


ウッド など箱形状のヘッドに比べると
実は 特徴の出し難い アイアンの場合、
このバンス角度も含めた ソールの形状が
その性能を大きく左右します。



ロフト角度は バンス角度など ソール形状とは関係なく
シャフトに対する角度を計測するのが常、ですが、
バンス角度が強いモノほど ボールが低くなり易く、
ヘッド特性や機種のロフト角度との絡みにもよりますが、
数値としてロフトの立っているアイアンは バンス角度は抑えめ、
上がり易い性格のアイアンはソールが幅広いか、
バンス角度が張っている傾向が多いです。
445TL-5-1

フェアウェイウッドなどは ヘッド性能もありますが、
そのロフト角度との絡みも考え、
ショットの是非(ミス)への影響が大きいので注意が必要です。
寝かし気味に入れる傾向の強い方、
フェアウェイウッドのダフリ、トップ、チョロ の多い方は
ソール後方、バンス部の逃げ、ラウンドがキツク
スクープ気味になっているモノの方が無難でしょう。


IMG_0610IMG_0607







ウエッジになると ウッドやアイアンに比べ
更に 機種によるヘッド性能の差が出にくいので
『ソール形状やバンス角度』が
 ヘッド特性ソノモノと言っても過言ではありません。

ロフト角度 や シャフトの長さ、硬さ、ヘッド重量 など同じにして
バンス角度だけを 0度のモノと 14度のモノ で比べると
最大飛距離も 平均飛距離も どれも 14度の方が上になります。
 つまり 飛ばなくなってしまいます。
また バンス角度の大きな役割として
 地面に接触した際の ロフト角度の確保 というのがありますが、
その後ろ支えのないモノは 抜けた球にもなり易く、
自分自身の、スイングの再現性、安定性が低いと
 そのまま反映されます。


平均的なウエッジのバンス角度 12~14度
ということは インパクトの望ましいヘッド姿勢は
その分 グリップが前、シャフトが前に倒れている
地面に対して バンス角度が ゼロ度 になる
という事を指します。
 それが メーカー、デザイナー の想定しているインパクト です。

IMG_0727

こすり打ち の場合、
そのバンス角度分 シャフトを前に倒して使わず
アドレス通りのインパクト を想定して使いますので
バンス角度分 12~14度も ソールが下に張り出す形になります。
wedge-bounce

バンカーでは良いかも知れませんが、
普通のライ からボールを打つ際、
ボールとフェースがコンタクトする前に ソールが地面と接触してしまいます。

レッスンなどでよく見かける
振り子式のアプローチ。。。 これって マットから打つ専用 の方法
に見えてしまうのは 私だけでしょうか
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


こすってしまう、こすり打ち

(イメージ)そのクラブのロフト以上に
ボールがフェース面の縦方向に逃げるコトを指します。
 ウエッジの溝がスピンを‼  みたいなイメージですね

545503_169291013227638_259257507_n


(意味その1)
持っているそのクラブの製品ロフト以上の
回転や高さ に打撃力が化けてしまい
ボールが労力なりに飛ばないコトを指す

(症状)
若い時、良く体が動いている時は
高めの弾道の右回転のスライス系の球
目指しているのは 開いたフェースを返した左回転系の球
「ドローボール」と言う言葉に過剰に反応。


バンカーショットは得意とは言えないが、出すのは大丈夫。
アプローチ全般は上げる球が多く、
 上手く打てた時ほど ショートする傾向強し。
ヘッドに奥行きの有るフェアウェイウッドは苦手な為
ユーティリティを多用傾向にある。
ヘッドの遅れは ロフトの開き につながるので
 遅れが発生し難い 硬めのシャフト を使うが
その反面、シャフトをしならせて しなり戻して使う
若い内、だけかもしれませんが、
弾の高さには自信があるのでロフトもきつめ です。


(状況)インパクトロフトが見た目 寝ている
と言うのもありますが、
そのクラブの長さで入ってくるヘッドの経路(入射角度)
が 緩すぎる 
と言うのもあります。
その双方が絡む のが平均値です。

(意味その2)女性やヘッドスピード低め のゴルファーが
ロフト自体を寝かせ、緩い入射角度で入れる であると
ボールの飛びだし速度 だけでなく
回転や高さも十分に得られず 上がらず、飛ばない球
になるコトも少なくありません。
 👉だるま落としのような抜けた球になる




(経緯:その例)全員が当てはまる とは限りませんが、
多くの 初練習場の、初ショット、初スイング の人 は
ショットそのものが怖いですから
◉ボールに当たるかな
◉地面打つかも
◉空振りするかも
◉周りの人にボール当てないかな
◉クラブ放り投げないかな

緩ーいショットで 5番や7番アイアンから始める のですが、
ご自分でやってみるとわかりますが、
平均的なアマチュア男性ゴルファーの (130ヤード打つとして)
 7番アイアンのヘッドスピードは 25ms以上 です。
ヘッドスピード 25ms出せるようになるには
ある程度の慣れ(経験) や 筋肉、動作の馴染み が必要です。

初めて だと ヘッドスピード 15~20ms 
  …20msいかないかな〜
15ms で 7番アイアンを打つと
ある程度 ちゃんと当たっても ボールは上がりません。
ゴロに近い・・・ ほぼゴロでしょう。
20ms で いいところ ライナー性になる位で
 自分は兎も角、経験者を満足させる 球の高さにはなりません。

5番アイアンでやったら もっと悲惨。

かと言って PWから始める人は少ない気がします。

その時点で ボールを浮かせる、上げるコト
当てるコトの次に、ボールを上げるコト から始まるのです。
それ 即ち こすり打ちへの道の本道 です。 

8658a3e6-s


(進展)
その打ち方 で そのまま進むと
一般的な成人男性ゴルファーの場合、
ハイボールのスライス が持ち球になります。

こすり打ち ⇒ すくい打ち なのですが、
これは 重さの仕組みを理解すれば 解消し易くなります。
例えば
 軸点を作り
 30mのヒモで車をつなげた としましょう。
 そうすると 車は進むと
 軸点を中心に 30mの半径の円を描きます。
 その車に 10ⅿの長さ のヒモ
 でもう一台車を付けますが、こちらは自走しません。
 引っ張れば動きますが、フリーの状態です。
 30mと10mですから 合計40mの長さになりますが、
 自走しない 牽引されている車の描く円は
 よほどの速度にならない限り
 半径40mよりも かなり内側を通ります。
 スタートし始めたところは特にです。

 牽引されている側の車がそれより前に出るには
 引いている車が 急にコースを変えるか、減速するか、
 どちらにしても 引いている車は軸ブレ、軸ズレを起こします。


1b503398-s85584b3f-s






上げる すくい打ち のイメージは
グリップよりもヘッドを前(進行方向)に出そう
と言うイメージですが、
それが 一番やり難い場面で行うのです。
それを実行するには 軸点を動かさなくてはなりません。
スイングの動き で言うと
 からだを開く とか 明治の大砲のように
 回転軸を進行方向後ろ(右打ちの人の蕁砲砲困蕕耕ですから
今出ている 弾道 「ハイボールスライス」
と絡むと 本当の原因は それと90度異なるロフトなのに、
スイング軌道のアウトサイドイン が
原因・・・ に陥り、スイング迷路は深まっていく訳です。


ボールに当てないと始まらない のは確か ですが、
ボールをちゃんと捕まえる
動作に馴染みが出て 運動速度があげられると
 初めて それらしい高さに ボールを浮かせられる
と言う手順でスイングは覚えてイクモノです。
(こすり球克服ドリル_Moment(2)

当てる ⇒ 上げる ⇒ 飛ばす
 は ロフトの正しい使い方の反対の道、
極端に言えば、 ロブショットから覚えて
それを基礎に ボールを飛ばそう とするのには無理があります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブは運動をする自分、
それとつながっているグリップに対し
 ヘッド部分が極端に重くなっています。
約1ⅿの長さの棒 の両端
グリップ側は50g / ヘッド側は200gオーバーです。

5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7

そして ヘッドの構造、特徴である
 重量位置〜重心位置 は
その棒であるシャフト・グリップ線上に対し
 重心距離と呼びますが、L字型に
ドライバーであれば 4cm近くズレています



スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)
また アイアンであれば 数ミリなので
 気にする必要はありませんが、
ウッド ユーティリティクラブ
 特に奥行きの大きなモノになれば 3cm以上
重心深度と言って 奥にもずれています。




ゴルフクラブそのものは 「落ちる」以外
勝手に動くことは無く
打ち手である 自分の動作によって
グリップが移動するコト が 唯一の運動の動力源になります。

やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)






そのグリップの移動に対し、
ヘッドはその重さもあり、運動も加わり
必ず「遅れる」、ズレる と言ってよいです。
それを避けるコトはかなり困難です。

重心位置の関係から
グリップの移動が横〜水平方向が主になれば
グリップに対するヘッドの遅れは
 フェース、そして ロフトの開き になり

これが ゴルファーを苦しめる訳ですが、
グリップの移動が 縦〜上下方向が主になると
グリップに対するヘッドの遅れは
 フェースは閉じませんが、ロフトを立てます。

(少ないながらも 横移動があるので フェースは閉じません)

遅れが 横のフェース開き になるか、
縦のロフトの閉じ になるか は
グリップの移動の仕方次第 というコトになります。


達人のココから盗め_Moment(3)達人のココから盗め_Moment(4)







さあ ここからが 知恵の使いどころ になるのですが、
だから と言って
 腕でグリップを、クラブを縦 に振ろうとすれば
 腕の付け根は その時間の間に 回転の横移動で
 水平に進行して行ってしまいますから、
 結果、ロフトは立たず、フェースの開き になってしまいます。

過去の多くの 寿命の長いプロ のスイングを見ると
 からだの回転
これは主に 横方向の動作ですが、
そのからだの回転で 如何にグリップの上下を生むか
グリップの大きな横移動をせず、狭い幅の中で
 グリップの高さを変えているか
横運動を 縦運動にしている ように見えます。

腕を振る 訳ではないかも知れませんが、
からだに対し どう腕を振るか
からだの回転で どう腕を振るか が
腕と体、クラブと体の融合のヒントになると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ