◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: ボールの方向性



からだの回転でスイングの弧が造れる
からだの回転で直にクラブが動かせるようになると
トップ、ダフリに大変強くなります。
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(4)
アプローチで トップ・ダフリが減ると
だいぶ楽になり、スコアにも影響します。

アプローチではフェースターンする必要もありません。
右回転で打っても 多少ボールが高くなる程度で
その距離感に慣れてしまえばいいだけです。
段階的に 左回転にボール質を変えていくコトも
考えつつ、からだの回転でボールを打つ感覚を身につけましょう。


✋アプローチで練習してみましょう。

腕さばきで弧を作る…
やりたくはないけどフェースターンをしなくては
ならないのは 骨盤の動き、向きの変更に対し
へそから上、肩や腕を遅らせてしまうコト です
(結果 胴体をねじってしまうコト です)
普通に向きを変えると
トップからいきなり からだが開いてしまい
からだの向きにおける ダウンスイングを逸してしまう
から 肩で振らなければならなくなります。

d779f31aなので
この状態 クラブも胸も右を向いたまま
この前ナラエ状態
この前ナラエ状態の向きのまま

足だけボールに踏み込んでみる。

上半身の向き
クラブの向きを変えず
クラブで円を描かず
クラブのこの形のまま
写真のようなクラブさばきで
ボールを打ってみて下さい。

今までとはかなり違うと思います。

前ナラエの向きを変えない。

…土台である 下半身、骨盤から下は向きを変えているので
前ナラエの向きを変えない と思っても 当然 変わっています。

それに加え 上半身、腕や肩まで回転させようとすると
骨盤は逃げてしまい 開いてしまいます。

これが 最下点の位置を崩してしまい トップやダフリを誘発します



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



スタンス アドレスには大切な二つのチェックポイントがあります。


これはご存知だと思いますが
❶スタンスはターゲットと平行
であって スタンスをターゲットに向けるのではありません。
疲れてきたり、急いでいたりすると
無意識にそうなりがち…ですので ご注意ください。
Desktop 2019.08.05 - 07.31.06.02_Trim_Slomo_Moment

スタンス自体をターゲットに向かって取ってしまう と
結果として 大きく右を向いて アドレスをしてしまうことになります。
ゴルフを始めたばかり の人はこれ多いです。
これで練習すると
右を向いて引っかける というのが自分のスタンダードになってしまう上
例えば 見た目上 左の足かかと付近にボールを置いているようでも
実際には ずっと外、ずっと左に置いているコトになり
当たらない、届かない ひっかけが激しくなる が故に
ボールをグッと中に入れて 構えることになります。
ここまでくると結構複雑です。
ちょっと時間かけても スタンスも向きは修正しておきたいです。




❷スタンスの向きは両かかとのラインで

多くのゴルファーは
スタンスの向きの基準をつま先 でとりますが
それはちょっとチェックし直した方が良いです。


IMG_0001

右打ちのゴルファーの場合 左足
左の足、茲侶い諒がつま先を開いてるケースが多く
その状態で 両つま先がターゲットと平行…
というコトになると
 実際にはやや右を向いて打っているコトになります。
IMG_0001 (2)


つま先の開き具合は
ある意味傾斜への対処
 にもなります。


ですので つま先基準でスタンスの向きを作ってしまうと
コースへ出た時、その傾斜、傾斜具合で
ボールの位置が動いてしまう というコトになるので
かかとでスタンスの向きを取ることに慣れましょう🎵

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



現在 アマチュアもトーナメントプロも
主に 「フェースを返す」「ヘッドを返す」「ターンさせる」
 いわゆるローテーション打法
になっています。

これは そうでない打ち方 からすると
⚠ロブショット を打つ打ち方
⚠ボールを上げる打ち方
  です。

検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment


大人になって ゴルフを始める人にとって
始めのうち、ボールを上手く打てないとしても
その打ち方は必要ありませんが、
チカラの無いジュニアがゴルフを始める となると
その打ち方 でないと ボールを浮かせられません。

ゴルフクラブの本来の使い方 である
フェースがボールを上から見て、ロフトというゴルフクラブの機能で上げる
打ち方では 彼らにはボールを浮かせられない のです。

ですので それを大人がマネをしてしまうと
地面のボールを何とか打てたとしても
✖ボールが上がり過ぎる
✖スピンが多すぎる

に行き着くのは当然の帰結

ボールを上げる打ち方〜ボールをさらう打ち方は
からだ(骨盤)が正面を向いてカラ
クラブを振りますので 必然的にアウトサイドイン軌道
 です。

スイングは本来 ボール、そして飛球線(スタンスの向き)に対し
右を向いて、正面を介し、左を向く
インサイドイン の軌道。
それに 慣性や遠心力によって 打撃後、クラブが長くなる(ように見える)
ので インサイドアウト になる仕組みなのですが
それは からだの向きに応じてクラブが動く、
からだの向きと同調して腕が、クラブが向きを変えるから です。

フェースを返す は ボールをさらう 動き になります。
ボールをさらう には 右サイド(右グリップ)が左サイドよりも
下にならないと、潜らないといけません。
その動作は 左が上がる分、同量 からだが開いてしまいます。
そして その時にはまだ ボールを打っていない・・・。


上手く打つには からだを開かなくてはならず
これでは インサイドから入れることが出来ません。
インサイドインが良い、すべて とは言いませんが
アマチュアが上達する、練習する項目として
アウトサイドインの改善が大きなテーマの一つですが、
フェースローテーションを打撃法にしている限り、
それはアウトサイドインはパックで付いてくる
アウトサイドインに振るための代表の動き なので
治すことが出来ないのです。

また 元々 ボールを上げるため、スピン量を増やすため
の打ち方ですので
飛ばすために ヘッドスピードアップしても
それに応じて 飛距離/ボールスピードが伸びず
高さやスピンばかりが増えます。
そして、その打ち方は肉体を酷使します。

PCC


ジュニアから始め やむを得ず その打ち方をしているプロ。
大体 スポーツ選手として、無理が出来ない年齢 が来ると
成績が落ちて 消えてしまう、 その打撃法を
大人(おじさん)の私たちが真似る必要は全くないのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



アプローチの為のアプローチ練習
というより ショット全体の為の練習です。

飛ばない、飛ばせられない、主な原因は振り遅れ/手遅れ です。
振りが速い、遅い とは関係ありません。
例え ヘッドスピードが速くても
振り遅れ/手遅れ では 「ヘッド」スピードを上げても
加速を強くしても ボールの回転が増えるか
弾道が高くなったりするだけで 距離につながってきません。

知識としてしっかり覚えておいて頂きたいのですが、
通称「振り遅れ」 👉「手遅れ」 は
からだの回転に対し、グリップ(特に左グリップ)が遅れていることで
ヘッドが遅れていることではありません。

逆に ヘッドは遅れさせておかなくてはダメです。

✋問題なのは グリップの遅れ! で
 ヘッドの遅れ ではありません!

201812_Moment

,修譴鯊臍按鵑縫▲廛蹇璽
みじか〜い 距離であっても
テークバックをスタートした時に、
左の側帯 と 左グリップが離れてしまう 手上げ では
その時点で 振り遅れ/手遅れは確定してしまう
 のです。


テークバック時、左腕は 左サイドとともに
からだの一部として 移動しているだけで
左腕 そのものは 殆ど何の動作、アクションもしていないのです
IMG_0272_Moment

これを 正しいゴルフ用語で 「脇が空く」 と言うのです。


⊆,法,茲あるアプローチの肩の動き・・・
 パッティングストロークなんか でもそうですが、
 何度も書いていますが、肩〜肩甲骨は 腕の一部 です。
 ✋ゴルフにおいて 肩はからだではありません。
 
 肩を動かすのであれば、間違っていますが
 腕そのもので上げてしまった方が 数段マシです。

 腕でもなく、体でもない、その中間にある
 本来のゴルフスイングの動作では 存在しない部分 を
 動かす習慣は ゴルフショットにおいて最悪な動きです。


 からだ、骨盤、胴体 が動くから 結果として肩が動くのであって
 肩だけが動く動きはゴルフスイングには存在しない、
 ゴルフクラブはそれを想定して造られていません。


IMG_0093_Moment
IMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment(3)








 ですので このように 腰から下は正面に向いたまま なのに
 腕とゴルフクラブは振り子のように動く このアプローチ は
 百害あって一利もない、飛ばない、真っ直ぐ行かない、体を痛める
 諸悪の根源とも言えるアクションなのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5


ボールをつかまえる基本を覚えましょう。

oto_Moment


ボールは スピードでつかまえるモノではありません
それでは スピードのない人は掴まらなくなってしまいますし、
ハーフスピードのショットでは掴まらなくなってしまいます。
少々オーバーですが 1mのパッティングストローク で
十分ボールはつかまえることが出来ます。
スピードでの 疑似のつかまえ は
飛ばす と 方向性が相反する関係になり易いでしょう。

正しくボールをつかまえるコト の重要性は
〇少ない力でも ボールを飛ばせる のと
〇思った方向にボールが打ち易い
 のが
同時、共通して行えるコト です。



ミスさえなければ (不可能ですけれど)
お家の中でも十分出来るほどの距離で十分 (やらないでね) です。
 距離の比喩表現ですから ✋ベランダ とかもダメですよ

つかまえる とは
そのクラブのロフトなり にボールをつぶすコト です。

逆にこする とは
そのクラブのロフトより大きい形で ボールを打つコト です。

IMG_0526


スイングは からだが向きを変えるから 結果として 円弧を描き、
円弧を描くから 結果として ヘッドの軌道/道のり の方が
 グリップの軌道/道のり よりも大きくなるのです。
故に 手さばき、もしくは少ない回転であれば
 ヘッドは 上下左右、立体的に ヘッドよりも多く動くコトはありません
グリップの動いた分、グリップの移動した分 だけ
 ヘッドは動く、移動するのです。
ヘッドの重さは運動で増しますから、その分、少なく動く、移動する
 と考えて良いと思います。


✋ボールをつかまえるコトの鍵はここです✋

手先でヘッドを動かすと その持っているクラブの本当のロフトよりも
大きなロフトで打つのと同じになり、本来の距離を出すのには
より速いスピード、多い動作、が必須になります。
元々 ヘッドをたくさん動かせば
 ヘッドも、フェースもあっちこっち向き易いのです。

IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment(3)








この10年近く いろいろな人(レッスンプロも含め)の、ネット上の動画等も含め
多くのアプローチを見てきましたが、
すべて こすり打ち・・・・・・・。
こすらないでアプローチをしている人を見ることは不可能になってきています。
これでは アプローチそのものも上手くなり難いですし、
その延長線上にあるフルショットが 飛びにくい、飛ばしにくい 上に
方向性も安定し辛くなります。
距離をあきらめてくれればいいですが、そうでないと無理な動きばかりですので
からだを痛める可能性が高いです。


そんな ごく短いアプローチから つかまえるコト
『ショットの基本を考えていきましょう週間』 です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


球・球体であるボールは つかまえないと
 思う通りの距離、思う通りのショットになりません。
20090801 2009_08_30_20_03_19-80フレームショット

ゴルフショットの基本が「ボールをつかまえるコト」なのは
分かると思います。



その「ボールをつかまえるコト」は言うなれば
算数、数学における たし算〜ひき算 にあたります。
これがちゃんと出来ないと、この仕組みが理解できていないと
この後、ステップアップしていく 掛け算、割り算
小数点の計算や分数、まして関数、因数分解の理解もままなりません。
全部が身に付かず終わってしまうことになります。




ボールをつかまえる のは
フェースがボールを上から見て、イメージではありますが
地面なり、マットなりにボールを押さえつけて
クラブに付いている角度、ロフトにボールを逃がしてあげるコト
 です。


ドンピシャなつかまり はロフト0度です。
それはボールが地面に、マットに埋まるようなイメージです。
実際には、回転や打ち出し角度などの 浮力 がないと
安定して距離も出ませんので ある程度のロフト角度は必要です。
(つかまえることは手段で、目的は遠くに飛ばしたり、安定して同じ距離を
打てるショットをするため、です)
距離を打ち分けられる機能、力を距離に応じて振り分ける機能のロフト
その角度によって適度にボールは逃げます。


👉それは兎も角、つかまえる を理解して、
次のステップとして そのクラブの角度に応じた距離 や 球の飛ぶ方向
上がりや曲がり 弾道、球筋 などが作られていく訳です。

つかまえる と言う行程を踏まえた上で 距離や弾道・球筋 があるのです。


ところが 『つかまえる』 を
フェースのターン、開いたフェースを閉じるコト と誤解して始めると
いつまで経っても そのループの中をぐるぐる回ることになります。
つかまえるコトと 方向 そして距離 弾道
『間違ったつかまえはスピードが速いコトが必須条件』なので
ミスの頻度があまりにも高く、体にも負担が多いので
何万球打っても答えが出てこないのです。

20090801 2009_09_02_14_54_45-78フレームショット20090801 2009_09_02_14_54_45-89フレームショット20090801 2009_09_02_14_54_45-564フレームショット20090801 2009_09_02_14_54_45-567フレームショット







👉例えば ウエッヂ などのアプローチショット です。

ゴルフクラブの軟鉄素材のアイアン はライ角度やロフト角度
が ある程度はプラスマイナス 調整が可能です。
ただし ライ角度による方向、ロフト角度による距離 はロフトの立ったモノ
アイアンで言えば 30度以下のモノは 2度程度プラスマイナス調整しても
距離や方向の変化はほとんど訪れません。

✋そう考えると ドライバーの製品ロフトの1度の差はほとんどないと言えるかも…

ところが 45度を超える大きなロフトのクラブの場合、
1度でもライ角度、ロフト角度で 方向にも距離にも かなりはっきりと影響が出ます。
隠れて 知られずに調整しても 殆どの人がなんとなく気付く 程です。


ゴルフをやり始めて ある程度のところ
スコアで言うと 130→120→110→100 となっていくには
ドライバーショット、パター、アプローチ の習熟度次第 と言えるかもしれません。

ゴルフのステップアップとして
どこかで アプローチショットの練習 が入ってくるわけですが
アプローチにおいて肝心なのは 誰からも教われず、誰にも教えられない
アプローチショットの「距離感覚」「動作速度感覚」です。

ウエッヂを手にして、それをどのスピードで打つとどの位になるのか の基本は
そのクラブの製品ロフト、例えば55度のなら 55度位のロフトで打つコト で
1〜2度のロフトのズレなら仕方ないにしても、
打つたびに それが 51度のなってしまったり、58度のなってしまうのでは
どのスピードで打つと、どの距離になるのか把握出来ません。
打つロフトが決まっていないのに距離感覚を身に着けることは出来ないのです。

距離感の練習をしているのに、同時に「ボールのつかまえ」をしなくてはなりません。
距離感の練習をしているのに、ボールを打つコトも同時に練習しなくてはなりません。


✋また 人によっては アプローチに限り
フェースターンをせず、意図的にこすり打ち つかまえるコトをせず
つまり 大きなロフトで打ちますから
ますます インパクトロフトのズレ が球質に影響が出ます。
Highスピン、もしくは高打ち出し球は そのロフトなりの球質よりも
距離や弾道に非常に敏感で神経質なモノ です。
そして 前提条件として Highスピン、もしくは高打ち出しの球を打つのには
本来 その距離を打つよりも より速いスイング、より大きなスイングが必要です。

✊困ったことに 大きなロフトの場合、あるロフトを超えてインパクトすると
当たっているのに 打ち出しが急に低くなること(抜け球)も起こります。

反復練習とは 数を打つコトによって慣れて シンプル化、簡素化
するためのモノなのに、やればやるほど 複雑化、難易度上昇するのです。

✋忘れてはいけないのは ロフトを開いたまま打つ、フェースを開いたまま打つ
 というのは そのロフトを開いた分、同量 バンスも増えるのです。
 10度開いて打つ ということは バンスも10度増えるのです。




まさに たし算ひき算を覚えていない人が
他の人のスイング動画とかを見ながら →参考書やトラ本 をみながら
その場しのぎの因数分解するのと同じです。


フェースターンしないで打つ アプローチ
フェースターン不可欠な    ドライバー
この順番は コースでショットの基盤になる順番が一発勝負で
少なくとも14回訪れるのです。

上手にフェースターンしないでアプローチ出来た ということは
逆に言えば フェースターンが下手になったわけで
上手にフェースターンできたドライバーショット ということは
フェースターンしないで打つアプローチが下手になるコトにつながります。

その練習の 大局的な目的はいったいなんなんです??
正規のつかまえ を乗り越えた人であれば
単に数を打って 自分の動作速度とボールの速度、そして距離をつかむ だけ
半分以下、1/10程度の練習で十分でしょうし、
その距離感に 高頻度のメインテナンス練習が必要とも思えません。 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

   


軽いヘッド/硬いシャフトの市販のパターを持つ人には
適用対象外の可能性があります。
L型ブリストルパター専用の打ち方…かも知れません。


まずは アドレスです。

絶対に深い前傾にしてはいけません。
ボールの上に目線が来る なんていうのは論外です

show_img

幾つか理由があります。
,修旅修┐篭枋ゴ兇高くなり、
 動き出し辛くなります。
 また、前傾が深いと疲労度によって
 その前傾の変化が生まれやすくなります。
⇔習を積むと腰痛の原因になります。
H妙な距離感を造れる 利き腕が使えません。


グリーン周りで
 パター、ピッチングウエッヂ、8番アイアン
3本を持って、アプローチをしに来た と考えて下さい。
長さによる違いはあっても、打ち方は同じですから
長さなりの構え方をして下さい。


皮肉なものですが、
ショットも同じで
前傾が深ければ深いほど
前傾を大事にしてスイング・ストロークしません。

深ければ深いほど 前傾を解いてボールは打つことになります。
これに例外は無いと言っても過言ではありません。

COSTARICATANGO10


両腕は自然に伸ばせるようにしましょう。

突っ張るでもなく、曲げるでもなく
腕が肩からぶらりと垂れ下がって
両腕が自由に使えるような構え、前傾が理想的です。

ボールは球体で、転がるのに適した形状ですが、
原則 ボールをその距離押してあげることが基本です。

パターではなく 板 を持っていて
地面ではなく、届く高さのテーブルの上のボールを
どのように打ってあげると
一番繰り返し その距離 が打てるのか 考えてみて下さい。

板の面を跳ね上げて ボールを打つのが良いでしょうか
それとも
 板でテーブル面に沿って振ってあげた方がよいでしょうか

2


そして パターには少なくとも ロフト というものが
ついていることも考えてみて下さい。

パッティング おそらく最大に打つ距離は
30〜40mでしょう。
ストロークを逸脱して 振り回さなければいけない ような
パターは 用途として機能していません。

繊細な、微妙な距離を打つのには
小さく、遅く動かしても
その距離が打てる パターが絶対必要です。


そう言う意味で オーバーに言えば
市販のパターは イップス製造機か、
もしくは 故障製造機 なのかもしれません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ビデオなどのビジュアル関係のモノが
非常に便利に使える時代になりました。


フック ひっかけ だけに限りませんが、
ゴルフスイングを箇所箇所の動作、
ビデオを撮って ある一部の静止画を切り取って
そこを改善しよう としても無駄ですし、不可能です。

動作は流れの中で決まって行きますし、
その数コマ前の肘の関係やクラブの重さのかかり方で
そのコマは決まっていくので
その前、いや、もっと前のコマを修整しないと
そのコマそのものは治っていかないモノです。

スナップショット 1 (2018-02-13 13-07)



前回の テークバックの話の中でも書きましたが、
スイングは時間帯があります。

アドレスを基準点に定めると
テークアウェイ
トップ付近
ダウンスイング
 これらは右向きの時間帯
です。

動作としては存在しませんが、箇所としての
フォロー
フィニッシュ
 は 左向きの時間帯
です。

右向きの時間帯は
体の左サイドよりも右サイドの方が高く
左向きの時間帯は
体の左サイドよりも右サイドの方が低く
 なります。

スイングは テークバック〜ダウン
フォロー、フィニッシュと区切るよりも
右サイドの高い右向きの時間 と
左サイドの高い左向きの時間
で区切った方が スイングの改善には良い と思います。

そして この話の軸になるのは
 それらは スイングの動作の中では
 横への運動・横運動が基準になっている
 回転が時間の区切りの基準になっている

ということです。





自分の意志でヘッドを返す
と言うような幼稚な動きをする場合は論外なので除外しますが、

フック・および ひっかけ というのは
主に インパクトが左向きの時間帯に掛かっている ことです。
引っ掛けはシンプルに左向きなのですが
それにフックが強く入る場合は
 インパクトがかなり深く上向きの時間に入っている
と考えられます。


スイングの時間帯は
体の横運動を基準にしていますが、
フック・引っ掛け が多い人は
横の時間帯に対し、縦の動作が多すぎて
時間が合わない というか、間に合わない
というのがケースとして少なくありません。

体の回転は 肘で管理すべき ではあります。
体の右向き 骨盤がある程度右向きを確保出来れば
胴体の動きで 縦の動作を大きく増やすことは難しいです。
ですので、アバウトに言えば
縦の動作が多いと言うコトは
体の向きを変える時間進行に対し
腕の動きが多すぎる と言うコトになります。

スナップショット 1 (2018-01-31 13-39)


体の向きの変更 の進行が10とすれば
右向きで10〜戻しで10 ですから
インパクトは 総動作量で 20前後の場所に来ます。
腕の動作が 12 あると
右向きの時間の中で12  戻しで12 となれば
24の時間にインパクトが来ますので
 24−20
4のズレ分 体が左向きの時間にインパクトが来る
コトになってしまう と言った感じです。

そして 同時に、
腕の動作が多い ということは
クラブを下に振っている と言うコトになりますから
その影響は体の回転に反映され
腕を使わない シンプルな体の回転できる円の傾き角度
よりも アップライトな体の回転にさせられてしまうでしょう。

ちょっと 実動作と言うよりもイメージの中の話
になってしまうので 分かりにくいかもしれませんが、
フック・引っ掛けは そう言う仕組みから多発します。



ですので 直近、治す方法法は三つ

.董璽バック・トップにおいて
 👉右肘が左肘よりも高い関係を強く造るコト
 👉左肘が低い位置を強調するコト

▲ぅ鵐汽ぅ匹らしっかり打つ為に
 インパクトのヘッドはかなり右向き
 ロフトではなく
 👉フェースの向きをはっきり右向き
 インパクトに入るコト

深い右向きを作って 右向きの時間を
 より長く確保するコト


と注意してみてください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


アプローチショットやパターストロークで
よく見る方法に
ショルダーストロークがある。
駄目なストロークの代表それは、ハミングバードの視点では
パターだけに限らず、ショット、要するにスイング全般に対し
諸悪の根源とも言える。



ショルダーストローク は それをする本人にとっては
ヘッドが真っ直ぐ動いているような
「錯覚」
・・・・
視覚的に真っ直ぐ動いているので
真っ直ぐ行くように
「錯覚」
してしまうのだが
決してそうではないので 実験してみた。



『フェースの面の向き』と言う言葉があるけれど
多くの人は、シャフトを軸としたヘッドの回転に
フェースの向きと
『勘違い』している人も少なくないが
ロフト角度もフェースの面の向き だし
ロフト・ライ・ヘッドの向き
それらの複合によって決まるもの。

CDのケースを使って実験してみると
良いかも知れないが
オリジナルの状態で 片側を上げて
ライ角度を一定にしておいても。。。
このように ロフト角度が変わると
全体の複合した フェース面の向きは
こんなにも変わってしまうのです。

IMG_0003
IMG_0004


例えば グリーンの花道から ピンまで10m
のアプローチをしたとしましょう

簡単に 左右に 1m〜2m前後ずれることになるだろう


002001003






概ね視覚的には真っ直ぐ動いているヘッドも
これだけの『向きの違い』を生むのである

当たり方とか打ち損じ とか
はっきりと「ミス」によって
距離や方向がぶれてしまうのは修正も可能だろうが
ミス…と呼べないこのズレを修正することは
意識としても非常に難しいだろう。

006005009







ショルダーストローク(ゆりかご)の動きは
常時、左右の肩を上下に揺さぶるので
ヘッドの高さの変化が激しい上にロフト変化が激しい

☆ロフト変化による打ちだしの方向のズレ
☆ヘッドの高さ変化
☆ロフト角度の変化


これらを同時にインパクトに揃えるのは神技に等しく
正直、毎回偶然待ちをしているようなショットに
なってしまうのは明白だ。



それと忘れてしまうガチなのは
体を固定して 肩を揺さぶっているから
ずれが少ない と勘違いしているが
肩のラインを底辺とした 逆三角形を固定して
肩を揺さぶるという事は
シャフトの延長線上・上方に頭がある ということになる。
もう一度見てほしい。
006005009






打ち終わったコマ では グリップエンドの向きは
アドレスよりもかなり右(飛球線後方)を指すような
そんな格好になる。
故に、打つ前に想像しているよりも
かなり上向きに 頭が右にずれ 上を向いてインパクトする
ことになるので、ショルダーストロークする人の
殆どのショットが ヘッドが上に動いていている時
煽り打ちでインパクトを迎えるので
必ずと言っていいほど 
歯で、トップ気味にボールを打っている・・・・

 だからインパクト音が汚いのだ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


少々大袈裟な表題になってしまいましたが、
今、現在 飛距離不足に悩んでいる人も
『飛ばし屋』とは行かないまでも
 飛んでるねー と呼ばれるようなゴルファーになれます。

なぜならば
 ほぼ全員に等しい人が こすって打っている状態  で
 その前提でのヘッドスピード勝負となっているからです。Inked2012-10-22 02.28.36 20152342_Moment(2)

こすって打たなくなれば ヘッドスピードとあまり関係なく
飛距離を伸ばす…というか 本来の距離が打てるようになります。


ボールの性能はかなり高くなりましたし、
弊社の悶絶クラブであれば
  通常のドライバーより30g以上ヘッドは重たい訳で…
実質のヘッドスピード 37ms あれば
十分 キャリーボール 200ヤード越え
ランも含めて 220〜230ヤードは打てる
 ようになります。

要は 「こすらず打てるようになれば良い」 のです。



では こすっている状態 というのは どのような状態でしょう?


一言で言えば 「ロフトが開いている状態」
 5番アイアンを持っているのに
  8番のロフトで打っているような状態です
IMG_0348 (2)_Moment
👉フェースが開いている〜右を向いている ではなく
 ロフトが開いている(大きくなっている)コト です。
*これの更に悪いパターンが
 「入射角度が必要以上に緩い」で、これが加わると
 ヘッドスピードにもよりますが、弾道の速度が遅くなりすぎたり
 ボールが上がらなくなったりします。

ロフトが開いている状態を 意図的に作る には
〇グリップがからだの右側、それよりも右にある
〇右サイドが下がっている

〇右腕が伸びていない  です。

この状態が出来てしまうと
 例え ヘッドスピードを高くしても 飛距離にはつながりません。
大袈裟に言えば ウエッヂのロブショットで、フルスイングしても
30ヤード位しか飛ばない ・・・この状態に近づいてしまうのです。

では フェースターンをして ロフトを閉じれば良いのか  …というと
このフェースターンには 方向性の悪さと
それを行うには 右サイドの下がりが必ず伴います。
仕事自体が強烈に増えますから 当然難易度も高くなります。

 ロフトを閉じきれない場合も少なくありません。
殆どがそう・・・・・・と言えるのではありませんか?

IMG_0361(3)_Moment


【解決策は?】
👉👉👉開いたモノを閉じるのではなく 始めから開かなければ良いのです。


アドレス時は ロフトは開いても、閉じてもいません。
スタートの状況が 開いているのなら 閉じる必要がありますが
それをわざわざ開いて仕事を増やし、
ダウンスイング→フォロー という
ゴルフクラブにとって
 より一層「閉じ辛い」方向への動作中に閉じよう とする
  非常に 無駄で馬鹿げた試み なのです。

色々な思い込みの絡み があるのは確か ですが、
ダウンスイング以降、フェースを閉じようとする行為は
無理と無駄の塊 とも言え、
フェースを閉じる と言う目的が成功しても
方向が狂ってしまったり、
その行為によって ダフリやトップなどのミスも多発します。
そして 体に非常に悪い…。

始めから 開かなければ閉じる必要もない のです。
無駄な動きが減りますから 当然楽になりますし、
実はこちらのほうが ヘッドスピードを高くするチャンスも大きい のです。
勿論 ロフトもかなり違います。(立ちます)
 30ヤード増える というのも決して夢ではないのです。
飛距離が伸びる・・・というより 今まで 無駄にスピンや高さなどに
化けていたエネルギーが 飛距離になり、
オリジナルの距離が取り戻せるに過ぎません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ