◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: ボールの方向性



●ボールを上から抑える
●ヘッドを回転させ ロフトを閉じる

この二つには 決定的な違い があります。


多くのゴルファーは ボールをつかまえるコト、
スライスにならないコト が ボールがつかまってる
と信じて疑いません。

ヘッドの開閉 がつかまえるコト だと信じていれば、
 インパクトは
「閉じている」必要があります。
・・・言葉の通り、ヘッドの開閉 ですので
ヘッドが閉じている というコトは
『左を向いている』というコトです。

(こする つかまえる)_Moment(3)

ロフトや入射角度などにもよりますが、
アドレス時よりも
フェースが茲鮓いていないと つかまらない、
のであれば スタンスの向きと方向の関係
 は何だったのでしょう❓



その打撃法でボールを打っているゴルファーの殆どが

スタンスをクローズ、スタンスの向きをやや右に取って
ヘッドを閉じて 左に打っています。

ボールの方向性を決める要素 としては
1.からだの向き
2.フェースの向き
3.ライ角度
4.ライ角度に付帯するロフト角度
 があります。

からだの向きには左右だけでなく、
上向き、下向きも含まれ
単純に からだの回転 での 左向き5度 よりも
手を返しての 左向き5度は
左向き ソノモノによる骨盤の上向き だけでなく
手を返したことによる 肩ラインの上向き も加わるので
実際の 量も多く 複雑、組み合わせが複雑になります。


ドライバーで
フェアウェイセンター 200ヤード地点
 を狙うとします。

a5b965fdその角度が 薛茲箸發法5度ずれると
 その幅は約18ヤードずつ
左右5度のズレ の中におさめるとすると
 40ヤードの幅のフェアウェイが必要 というコトです。

時計の分・秒針の1分秒は 6度の角度です。
 つまり、12:00 (センター)を狙うとして
 11:59 と 12:01 の幅に打って 40ヤードの幅 なのです。

ドライバーであれば
方向も大切ですが、飛ばしたい と言う気持ちも
強く働きます、


11:59〜12:01 という 針の穴 とまで言いませんが

広くはない その幅に ボールを収める のに

スタンスの向きに対しての フェースの左向き度合い はどうでしょう?

手を返したことによって 肩ラインが上を向いてしまう度合い はどうでしょう?
スイングしたことによる からだのそのものの向きもあります。

つかまえるコト を フェースの開閉 にしていると
正直、これだけ無謀なコトをしているのです。
IMG_0662

ニュアンスが伝わるか どうか 分りませんが…、
ロフトの立ったクラブの方が分かり易いかも知れませんが
ボールの飛び出る方向 は
フェースの向き」 ではなく
『トップブレード』 の向き です。

ボールはフェースからではなく トップブレードから
飛び出すのです。 シャフトに沿ったように、ボールは飛び出ます。

c33a9ae1


からだの向きの変更で打てたとしても 当然、ミスは出ます。
正しくボールをつかまえるコトを覚えたとしても 数度の角度 は
どうしようもありません。
しかし、なんでもかんでも 常時、動いていて 基準点になるもの
基準になる向きすらない ヘッドの開閉
これに ショットを任せているコトが あまりに危うい と
理解していないコト が スイング改善が進まない理由
 だったりします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




例を出して考えてみましょう。


ここに
○75歳で ハンディキャップ 11 のゴルファーと
○35歳で ハンディキャップ 25 のゴルファー
 がいたとします。


巷に流れる「恐怖の呪い」通りに
「上手くなるほど 硬いシャフトを使う」にすると
40歳も年齢が上の 75歳の人の方が硬いシャフト を使うことになります。
少々 極端かも知れませんが、その「呪い」はそう言うコトです。

常識的に見繕って
75歳の人の体力 と 35歳の人の体力 を考えると
シャフトの硬さ の観点では 35歳の人の方が硬いシャフトを
使用していて 然るべき でしょう。


IMG_0361


スコアの多い、少ない ハンディの多い、少ない 
ゴルフを始めたばかり、長い経験を持っている などに関わらず

バッグに入っているクラブの 硬さ等 の流れは
統一とまでは行かないまでも 流れが有る方が良いです。
ある許容範囲の中の違い にあるに越したことはありません。



スコアのみを考える、と言う前提で
スコア が良くなってきた時、
スコア を向上させたい時、
考えなければいけないのは
『自分のスイングなどの欠点はとりあえず棚にあげ、』
☑苦手 を何か補う方が良いのか
☑逆に その苦手 を回避できる方法はないのか

というコトに為ります。
自分の頻繁に行っているコース
メンバーとなっているコースで
高い頻度で打たなければいけない距離 などを
どう攻略するのか

特に スコアが 100切り から 〜90前後 になるところ は
ドライバー と アプローチ の比重、重要度が高くなります。
460TL-3

ドライバーが苦手なのであれば
シャフトを硬くするよりも
ロフトを大きく したり、
長さを短め にしたり、
(今使ってるクラブを切っちゃ ダメですよ)
 するのも 一つのアイディア です。

それを シャフトを硬くする とか、
 ロフトを少なくする とか、
ハードルを更に上げる選択は
 どうにも トンチンカン だと思います。

アプローチなども
 正直、ロブウエッジは すべてのクラブの中で
一番 リスクの高いクラブです。
アプローチを苦手にしているのであれば
 ロフトは56度まで と考えて
同じセッティング(硬さをちゃんと統一)にしたうえで
 アイアンに比べ やや柔らかめ のセッティングで
 45〜48〜52〜56度 を細かくしてみたり、
グリーン周り の チッパーやジガー なども
活用してみると 良いのではと思います。


私は古い人間ですので
 なんとなく そうなのかな と思うのですが、
車やテレビを新しく買い替える時、
 以前の車よりも高級にする。。。とか
 以前の車よりも大きくする。。。とか
なんとなく そう思い込んでいるフシ があったり、しますが
ゴルフクラブは道具 なので
スコア という 数字 を向上するには
数字(数値)を考えないで
 厳しい言葉ですが
「他人から 上手く見える」というフィルター を
外さないと 結果がついてこない と思います。

実際には 新しく購入出来たことを「羨ましく」思われても
貴方のクラブのスペックなんで 誰も気にしていません。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



初めてのゴルフショットしてから
コースデビューするまで
7番アイアンなり、5番アイアンなり、
なにがしかのアイアンが当たるようになり
ドライバーとは言わないまでも、どれかウッド、もしくはユーティリティ
ティーショットが打てるように練習します。

その上で 難関、特に現場へ行くと難関
なのが アプローチショットなのだと思います。

ゴルフをし慣れた人、ベテランにとっては
ごくごく普通のコト、普通に出来るコト が
初めてゴルフショットを覚える人にとってはとても厄介


✋これは余談ですが、あるゴルフメーカーが
大学生を対象にゴルフの印象のアンケートを取っています。
ゴルフをしない人にとって ゴルフは
時間やお金がかかる? というコトで敬遠されがち ですが
同時に、プレイをしたコトがある、コースに出たコトがある人
にとっても プレイをしたコトがあるが故、コースに出たコトがあるが故に
より一層 ゴルフを継続的な趣味にすることを避ける傾向も
強くなるデータが取れています。

それは時間も、お金も、手間(練習など)掛けた上に
自分の意志やお金でコースへ出て
諸先輩などに 冷たい意見、中傷、文句などを言われたり
そう言う扱いを受けるコトが好ましくない、楽しくない

というデータです。
✋上手くとは言わないまでも 速くプレイする
などは ゴルフをしたコトがある人の一種のエゴ です。
打つコトも大変、当たることも大変、マナーなんて
コースに出る前、考えたこともないでしょう。
その上で ゴルフ経験者のプレイ速度に合わせる
なんてのは 初心者にとっては あまりに難関。
そういう ゴルフ経験者の当たり前 が
実は ゴルフを続けていくハードルを無駄に上げている
という結果が出ているのです。
ゴルフ業界、ゴルフ協会は気付いているのでしょうか…。

20190811-OYT1I50023-1


アプローチショットですが、
アプローチショットには 大きく二つの課題があります。

❶まずは当たるコトです。

そして その上で
だいたい・・・ですが ❷狙った距離(位)を打つコト
フルショットとはまた違った難しさが含まれています。

先日も書きましたが そこで登場するのが「振り子」です。

一見すると 振り子は理にかなっている ように見えますが、
振り子の動作は かならず 作用反作用
ヘッドを下に振れば、からだの一部は上に上がり、
ヘッドを上に振れば、からだの一部は下がります。
全部が 下がり傾向、上がり傾向に統一されることがありません。
それが故に 最下点が蕁▲棔璽觴蠢阿縫坤
ダフリ、トップ、ロフトの変化、打点の高さのズレ が必ず発生するので
❶当たるコト
❷距離を打ち分けるコト
が同時に達成し辛くなります。

また 『振り子』ショットの最大の問題は
振り子に動く つまり 遠くにあるモノ(ヘッド)がたくさん動く という
とても問題の深い、間違った観念が定着する原因になります。

36682818
ゴルフのショット、特に上下にヘッドを大きく動かさない
アプローチショットでは 傾いているとは言え
水平ではないですが、横方向に動かしてボールを打ちます。
その横方向の移動量は からだの回転によるグリップの移動量 です。
ヘッドの移動量は そっくりそのまま グリップの移動量 です。
であるが故、その移動速度や移動方向が自分で管理出来るのです。
それが発展し、フルショットであっても
アプローチショット、パターストロークであっても
自分の動作速度が そのまま 距離感 になってイクモノ なのですが
振り子ショットでは グリップは動かさず ヘッドを動かす
自分は動かず、クラブを動かす 為
 動作速度=距離感 が形成されません。

フルショットも同じですが、
からだの回す速度が距離感 というのは
ゴルフの基本中の基本です。
からだを回すのは 回りくどいですが
ヘッドを移動させるためにグリップを移動させる
ヘッドを動かすのですが、ヘッドを動かす為にクラブを動かす
というコトをする為です。
ヘッドを動かす為に ヘッドを動かすと 自然に体を回すは無関係なモノ
からだを回すではない 屈曲する動作でボールを打つようになり
結果、手で振る、腕だけを振る、肩だけを動かすスイングになっていきます。

初めてゴルフショットを覚える人が
コースデビューを無難に終わらせるために覚える行為が
その後のゴルフの問題を同時に持つコト になってしまうのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



アマチュアゴルファーの願望として
飛ばしたい と共に 安定した球筋を打ちたい
と言うのがあります。


特に 右に曲がる 右回転/スライス系
左に曲がる 左回転/フック系
これを安定させたいと願っています。


今回は横回転についてお話しします。
ちょっと難しいかも知れませんが、
とても大切な事です。
 質問・コメント・相談等どんどんして下さいませ
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp




ボールの横回転を生むフェースの向きは
アドレス時の飛ばしたい方向とは直接関係にありません。


ボールのこの横回転、勿論縦回転と混じり
ボールは斜めに回転するのですが、
これには約束事があって
ヘッドの進行してきた軌道(方向) に対しての
フェースの向き によって決まってきます。


例えば アドレス時の状態、
アドレス時の飛ばしたい方向
構えた方向 に対して
フェースが右を向いていてインパクトを迎えても、
右回転・スライス回転になるとは限りません。
アドレスに対し フェースが左を向いていたとしても
左回転(フック回転)が入るとは限らないのです。

IMG_1150例えば このデータのように
アドレスの飛球線ラインよりも
5度右を向いたインパクトでも
5度インサイドから入って来れば
基本右回転は入りません。
5度インサイドから入って来ている状態で 10度右を向いていれば
右回転は入るでしょう。


正しいクラブの扱いをすれば
この関係には法則を作り出すことが出来るのです


体の回転通りに、
体の回転で直にグリップを動かしていれば
ヘッドの通ってくる軌道と
フェースの向きの関係には一定の法則が生まれます。

正しく 体の回転で動かせば
ボールから離れたところ、
体が右を向いている時間の中で
インサイドから入ってくる訳ですが
その量は人によっても癖というか、特徴があります。
(クラブの長さの使い方と関係しますが)

それにしたとしても
その人、その人で
どの位 インサイドから入ってくるかの度合いと
フェースの向きは一定になります。
5度インから入って来れば 5度前後右を向き、
傾斜など何かの理由で
 5度遅れて外から入って来ても5度前後左を向く、
多少のずれなどがあっても ある法則性が出来てきます。

腕の補足が在ったとしても、基本、体の回転でグリップを
動かして、その結果ヘッドが引きずられて来れば
そう多くの種類の状態は生まれなくなります。

軌道の変化も起きにくいですし、
ヘッドの重さによる作用反作用も一定していますから
軌道とヘッド姿勢に一定の関係が生まれやすいのです。

ですので インから入って来れば
 度合いは兎も角、絶対にフェースは右向き
(アドレスに対し)
アウトから入って来れば フェースは絶対に左向き になります。

そして その一定法則を持ったクラブの使い方をすると
ボールは概ね 軌道通りの所に飛び出します。
振った通りに ボールは飛び出る という事です。


IMG_0548IMG_0549













ところが 今流行りの
ヘッドターン、クラブを振る振り方だと
その軌道とフェースの向きに法則が生まれません。
一定の法則がないので
インサイドから入れても どスライスになったり
アウトサイドから遅れて入れても やはりスライスなったり
ボールの横回転の基準になる ヘッドの軌道すら
毎回毎回バラバラになり易い上に
それに対するフェースの向きに一定の関係が存在しないので
同じような弾道を繰り返し打つことが出来ません。
ボールの曲がりだけでなく
ヘッドを動かしている軌道と飛び出るボールの方向の
関係にも一定性が生まれません。


多くのゴルファーは
体をまず動かし、次にグリップだけを動かし
ある所からクラブを振り始めます(角角度運動)
クラブは構造上 先端に重さが集中していますから
その作用反作用によって 止めている筈のグリップが
引っ張られたり、それを相殺する為引っ張ったり
しかも クラブの重さ感は そのヘッドの姿勢や
クラブの位置・姿勢によって異なってきますから
そんな状態では 軌道そのものも
それに対するヘッド姿勢も一定の法則が作り出せません。


そして この横回転というか弾道そのものは
その入ってくるヘッドの軌道に対するフェースの向きと同じく
縦の方向に対しての ヘッドの軌道に対するロフトの作り方
とも密接に関係して、
ヘッドを振る振り方だと このヘッド軌道の入ってくる角度
そしてロフト姿勢にも一定の関係が存在しないので
横回転だけでなく、縦回転や
それに食われるボールの速度も毎回毎回マチマチに
なり易くなります。
IMG_0607IMG_0610









ボールを横回転無しで打つことは基本不可能です。

その横回転が 曲がりにつながるかどうか
曲がりとして表れるかどうか は
横回転と縦回転の割合とボールの速度によります。

打ち損じは別として
右回転であっても、左回転であっても
縦回転の 1/4程度の横回転であれば
ボールに曲がりは出てきません。

厳密な数字は ボールの速度によって違うので
何とも言えませんが、
その何とも言えない部分が
あまりに不確かな ヘッドを振る、ヘッドを返す
シャフトを振る振り方では
アマチュアの練習量、練習頻度、運動性能では
一定の球を打ち続けることは
物理的に不可能なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



球筋についてのお話 です。


スライス…とは
飛んでいる球に 蕾鹽召入っており、
弾道に右曲がりが入るコトを指します。


フック…とは
飛んでいる球に 莢鹽召入っており、
弾道に左曲がりが入りコトを指します。

✋ 余談、ですが、
ゴルフで言われる 『こすり球』 とは
蕾鹽勝船好薀ぅ垢離灰箸任呂覆
使ったクラブのロフト の想定される回転より
多くの回転 が入った球、
より寝かしたロフトで打った球のコト です。
ですので スライスだけでなく、フックであっても
こすり球は発生し、双方、飛距離の出ない球になります。


2013-05-04 10-55-44.740_Moment

多くの人は この上からの映像で
インハクトは こんな感じ・・・ 時計盤を当てはめると
12時位を考えているのでは と思います。
7375-300x225


ボールの回転 というのは
ヘッドの進行、移動に対して
◌フェースが開いていると 右回転
◌フェースが閉じていると 左回転 
が入る仕組みに成っています。

一般的には ヘッドターン、フェースターンであると7375-300x225
❶11時 ❷12時 ❸1時 の時は
ヘッドの進行に対しては 順に
❶閉じている ❷スクエア ❸開いている
になってしまいますから
❶左に引っかかって 左回転
❷真っ直ぐ飛んで 左右の回転なし(もしくは微小)
❸右に飛んで 右回転 になってしまいます。

本当は どの局面 どのインハクトタイミングであっても
出だしの球の方向が変わるだけで
球筋は変わらない
ヘッドの軌道、ヘッドの進行、ヘッドの移動に対しては
フェース、ヘッドの向きは同じな筈!
です。

そうしないと ほんのちょっとしたタイミングのズレによって起こる
インハクトタイミングのズレ ❶❷❸ によって
距離もボールの高さなどの弾道も方向も
全く異なる 3種類の球になってしまいます。


そして、実は一番問題なのは
この話になっている ヘッド軌道・・・その時間進行 『は』
正しくは からだの向き によって行われる筈 なのですが、
このイメージ写真、このイメージによる インハクト
2013-05-04 10-55-44.740_Moment7375-300x225







を 手の動きや腕の返し、もしくは肩の揺さぶり だと
イメージしているコトです。

そうなると この円弧 は
手先 と からだの向き の二種類が同時進行で
違うリズムで動くことになりますから
更に 多種類の弾道、距離、方向が生まれてしまいます。


もう一度 書きますが、
この円弧の時間進行『は』 からだの向き によって起こるモノで
腕は そのクラブヘッドの移動に対し
 同じ向き、同じ姿勢のヘッドを『維持』することが仕事
つまり 腕は 全体が動いている中で 
『動かさないように動かす』のが仕事なのです。

傾斜やタイミング、コンディションによって
いとも簡単に インハクトタイミングはズレます。
 ✋ズレるモノです。
そこまで 厳密に インハクトタイミングを作るコト は不可能です。
 そのズレがあっても
似たような弾道、似たような距離、似たような方向 に打てることが
スコアを良くしたり、距離を延ばす ことでもあります。

その科学的というほど難しくない
物理的な ボールとヘッドの関係
ボールの飛び を 勘違いしているのですから
スイングやショットが上手く行く訳もないのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


Kazuちゃんの憂鬱…の続き なのですが、
スイングにとって 非常に重要なポイント なので続けます。

多くの人が ゴルフを始めた初期段階で
地面にあるボール、足元の高さにあるボールを当てるのに苦労します

そして 結局、右利きの人が右打ちしているケースでは
器用である 右手でボールをさらうコトで解決します。

クラブを持たずにやると分かりますが、
右手でボールをさらうには 右を向いていたら ボールに届きません。
からだを開き、左を向き始めてから 右手でさらわないといけないので
この時点で、開き癖、しゃくり癖、あおり癖 が始まっているのです。


この画像をご覧ください。

スイングのよく言われる軌道に対して
アドレス時は 時計の針のような関係です。

IMG_1015_Moment文字盤3-6ji









トップの位置やダウンスイングの時点では こうです。

IMG_1015_Moment(2)文字盤3-400x392









おそらく・・・ ですが、
時計で言うと 10時とか11時を指している針を6時
スイング軌道に対して垂直っぽい関係に戻そうと考えているでしょう。

ところが スイングは
時計の針 が動いているのではなく
からだ という 時計自体が動いているのです。
時計自体が向きを変えている と考えて良いのです。

上げ下げ、については
グリップの位置がほんの少し 30センチ程度上がっただけ
クラブの形状から 自然なコッキングが発生しただけ
スイングの進行に当たる からだの回転において
クラブとからだの関係は大きく変化していない のです。
downswing
✋にもかかわらず 軌道に沿って
10時〜11時になった針を6時に戻そうとすると
ヘッドで軌道をなぞってしまうと
時計自体が上を向いてしまい、
約束の時間が6時 のはずなのに
7時の場所が最下点になってしまう のです。





IMG_1015_Moment(2)ですので
この状態、トップからでも良い です
この状態から 体を回転させ
グリップを所定の通過点まで持ってくれば
良いだけなのです。

グリップさえからだの回転に遅らせない
付いてくる、同期してくれば 元の位置に戻れます。

運動による重量の増加、 ヘッドの遅れ分だけ、
インパクトはアドレスのグリップの位置よりも左にズレる だけ。

そこへからだの回転で持ってきてあげれば良いのです。

決して スイング軌道をヘッドでなぞったり、
俗に言う シャフトを振って ボールを迎えに行ってはダメ
 なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



からだの回転でスイングの弧が造れる
からだの回転で直にクラブが動かせるようになると
トップ、ダフリに大変強くなります。
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(4)
アプローチで トップ・ダフリが減ると
だいぶ楽になり、スコアにも影響します。

アプローチではフェースターンする必要もありません。
右回転で打っても 多少ボールが高くなる程度で
その距離感に慣れてしまえばいいだけです。
段階的に 左回転にボール質を変えていくコトも
考えつつ、からだの回転でボールを打つ感覚を身につけましょう。


✋アプローチで練習してみましょう。

腕さばきで弧を作る…
やりたくはないけどフェースターンをしなくては
ならないのは 骨盤の動き、向きの変更に対し
へそから上、肩や腕を遅らせてしまうコト です
(結果 胴体をねじってしまうコト です)
普通に向きを変えると
トップからいきなり からだが開いてしまい
からだの向きにおける ダウンスイングを逸してしまう
から 肩で振らなければならなくなります。

d779f31aなので
この状態 クラブも胸も右を向いたまま
この前ナラエ状態
この前ナラエ状態の向きのまま

足だけボールに踏み込んでみる。

上半身の向き
クラブの向きを変えず
クラブで円を描かず
クラブのこの形のまま
写真のようなクラブさばきで
ボールを打ってみて下さい。

今までとはかなり違うと思います。

前ナラエの向きを変えない。

…土台である 下半身、骨盤から下は向きを変えているので
前ナラエの向きを変えない と思っても 当然 変わっています。

それに加え 上半身、腕や肩まで回転させようとすると
骨盤は逃げてしまい 開いてしまいます。

これが 最下点の位置を崩してしまい トップやダフリを誘発します



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スタンス アドレスには大切な二つのチェックポイントがあります。


これはご存知だと思いますが
❶スタンスはターゲットと平行
であって スタンスをターゲットに向けるのではありません。
疲れてきたり、急いでいたりすると
無意識にそうなりがち…ですので ご注意ください。
Desktop 2019.08.05 - 07.31.06.02_Trim_Slomo_Moment

スタンス自体をターゲットに向かって取ってしまう と
結果として 大きく右を向いて アドレスをしてしまうことになります。
ゴルフを始めたばかり の人はこれ多いです。
これで練習すると
右を向いて引っかける というのが自分のスタンダードになってしまう上
例えば 見た目上 左の足かかと付近にボールを置いているようでも
実際には ずっと外、ずっと左に置いているコトになり
当たらない、届かない ひっかけが激しくなる が故に
ボールをグッと中に入れて 構えることになります。
ここまでくると結構複雑です。
ちょっと時間かけても スタンスも向きは修正しておきたいです。




❷スタンスの向きは両かかとのラインで

多くのゴルファーは
スタンスの向きの基準をつま先 でとりますが
それはちょっとチェックし直した方が良いです。


IMG_0001

右打ちのゴルファーの場合 左足
左の足、茲侶い諒がつま先を開いてるケースが多く
その状態で 両つま先がターゲットと平行…
というコトになると
 実際にはやや右を向いて打っているコトになります。
IMG_0001 (2)


つま先の開き具合は
ある意味傾斜への対処
 にもなります。


ですので つま先基準でスタンスの向きを作ってしまうと
コースへ出た時、その傾斜、傾斜具合で
ボールの位置が動いてしまう というコトになるので
かかとでスタンスの向きを取ることに慣れましょう🎵

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



現在 アマチュアもトーナメントプロも
主に 「フェースを返す」「ヘッドを返す」「ターンさせる」
 いわゆるローテーション打法
になっています。

これは そうでない打ち方 からすると
⚠ロブショット を打つ打ち方
⚠ボールを上げる打ち方
  です。

検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment


大人になって ゴルフを始める人にとって
始めのうち、ボールを上手く打てないとしても
その打ち方は必要ありませんが、
チカラの無いジュニアがゴルフを始める となると
その打ち方 でないと ボールを浮かせられません。

ゴルフクラブの本来の使い方 である
フェースがボールを上から見て、ロフトというゴルフクラブの機能で上げる
打ち方では 彼らにはボールを浮かせられない のです。

ですので それを大人がマネをしてしまうと
地面のボールを何とか打てたとしても
✖ボールが上がり過ぎる
✖スピンが多すぎる

に行き着くのは当然の帰結

ボールを上げる打ち方〜ボールをさらう打ち方は
からだ(骨盤)が正面を向いてカラ
クラブを振りますので 必然的にアウトサイドイン軌道
 です。

スイングは本来 ボール、そして飛球線(スタンスの向き)に対し
右を向いて、正面を介し、左を向く
インサイドイン の軌道。
それに 慣性や遠心力によって 打撃後、クラブが長くなる(ように見える)
ので インサイドアウト になる仕組みなのですが
それは からだの向きに応じてクラブが動く、
からだの向きと同調して腕が、クラブが向きを変えるから です。

フェースを返す は ボールをさらう 動き になります。
ボールをさらう には 右サイド(右グリップ)が左サイドよりも
下にならないと、潜らないといけません。
その動作は 左が上がる分、同量 からだが開いてしまいます。
そして その時にはまだ ボールを打っていない・・・。


上手く打つには からだを開かなくてはならず
これでは インサイドから入れることが出来ません。
インサイドインが良い、すべて とは言いませんが
アマチュアが上達する、練習する項目として
アウトサイドインの改善が大きなテーマの一つですが、
フェースローテーションを打撃法にしている限り、
それはアウトサイドインはパックで付いてくる
アウトサイドインに振るための代表の動き なので
治すことが出来ないのです。

また 元々 ボールを上げるため、スピン量を増やすため
の打ち方ですので
飛ばすために ヘッドスピードアップしても
それに応じて 飛距離/ボールスピードが伸びず
高さやスピンばかりが増えます。
そして、その打ち方は肉体を酷使します。

PCC


ジュニアから始め やむを得ず その打ち方をしているプロ。
大体 スポーツ選手として、無理が出来ない年齢 が来ると
成績が落ちて 消えてしまう、 その打撃法を
大人(おじさん)の私たちが真似る必要は全くないのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



アプローチの為のアプローチ練習
というより ショット全体の為の練習です。

飛ばない、飛ばせられない、主な原因は振り遅れ/手遅れ です。
振りが速い、遅い とは関係ありません。
例え ヘッドスピードが速くても
振り遅れ/手遅れ では 「ヘッド」スピードを上げても
加速を強くしても ボールの回転が増えるか
弾道が高くなったりするだけで 距離につながってきません。

知識としてしっかり覚えておいて頂きたいのですが、
通称「振り遅れ」 👉「手遅れ」 は
からだの回転に対し、グリップ(特に左グリップ)が遅れていることで
ヘッドが遅れていることではありません。

逆に ヘッドは遅れさせておかなくてはダメです。

✋問題なのは グリップの遅れ! で
 ヘッドの遅れ ではありません!

201812_Moment

,修譴鯊臍按鵑縫▲廛蹇璽
みじか〜い 距離であっても
テークバックをスタートした時に、
左の側帯 と 左グリップが離れてしまう 手上げ では
その時点で 振り遅れ/手遅れは確定してしまう
 のです。


テークバック時、左腕は 左サイドとともに
からだの一部として 移動しているだけで
左腕 そのものは 殆ど何の動作、アクションもしていないのです
IMG_0272_Moment

これを 正しいゴルフ用語で 「脇が空く」 と言うのです。


⊆,法,茲あるアプローチの肩の動き・・・
 パッティングストロークなんか でもそうですが、
 何度も書いていますが、肩〜肩甲骨は 腕の一部 です。
 ✋ゴルフにおいて 肩はからだではありません。
 
 肩を動かすのであれば、間違っていますが
 腕そのもので上げてしまった方が 数段マシです。

 腕でもなく、体でもない、その中間にある
 本来のゴルフスイングの動作では 存在しない部分 を
 動かす習慣は ゴルフショットにおいて最悪な動きです。


 からだ、骨盤、胴体 が動くから 結果として肩が動くのであって
 肩だけが動く動きはゴルフスイングには存在しない、
 ゴルフクラブはそれを想定して造られていません。


IMG_0093_Moment
IMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment(3)








 ですので このように 腰から下は正面に向いたまま なのに
 腕とゴルフクラブは振り子のように動く このアプローチ は
 百害あって一利もない、飛ばない、真っ直ぐ行かない、体を痛める
 諸悪の根源とも言えるアクションなのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


ボールをつかまえる基本を覚えましょう。

oto_Moment


ボールは スピードでつかまえるモノではありません
それでは スピードのない人は掴まらなくなってしまいますし、
ハーフスピードのショットでは掴まらなくなってしまいます。
少々オーバーですが 1mのパッティングストローク で
十分ボールはつかまえることが出来ます。
スピードでの 疑似のつかまえ は
飛ばす と 方向性が相反する関係になり易いでしょう。

正しくボールをつかまえるコト の重要性は
〇少ない力でも ボールを飛ばせる のと
〇思った方向にボールが打ち易い
 のが
同時、共通して行えるコト です。



ミスさえなければ (不可能ですけれど)
お家の中でも十分出来るほどの距離で十分 (やらないでね) です。
 距離の比喩表現ですから ✋ベランダ とかもダメですよ

つかまえる とは
そのクラブのロフトなり にボールをつぶすコト です。

逆にこする とは
そのクラブのロフトより大きい形で ボールを打つコト です。

IMG_0526


スイングは からだが向きを変えるから 結果として 円弧を描き、
円弧を描くから 結果として ヘッドの軌道/道のり の方が
 グリップの軌道/道のり よりも大きくなるのです。
故に 手さばき、もしくは少ない回転であれば
 ヘッドは 上下左右、立体的に ヘッドよりも多く動くコトはありません
グリップの動いた分、グリップの移動した分 だけ
 ヘッドは動く、移動するのです。
ヘッドの重さは運動で増しますから、その分、少なく動く、移動する
 と考えて良いと思います。


✋ボールをつかまえるコトの鍵はここです✋

手先でヘッドを動かすと その持っているクラブの本当のロフトよりも
大きなロフトで打つのと同じになり、本来の距離を出すのには
より速いスピード、多い動作、が必須になります。
元々 ヘッドをたくさん動かせば
 ヘッドも、フェースもあっちこっち向き易いのです。

IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment(3)








この10年近く いろいろな人(レッスンプロも含め)の、ネット上の動画等も含め
多くのアプローチを見てきましたが、
すべて こすり打ち・・・・・・・。
こすらないでアプローチをしている人を見ることは不可能になってきています。
これでは アプローチそのものも上手くなり難いですし、
その延長線上にあるフルショットが 飛びにくい、飛ばしにくい 上に
方向性も安定し辛くなります。
距離をあきらめてくれればいいですが、そうでないと無理な動きばかりですので
からだを痛める可能性が高いです。


そんな ごく短いアプローチから つかまえるコト
『ショットの基本を考えていきましょう週間』 です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


球・球体であるボールは つかまえないと
 思う通りの距離、思う通りのショットになりません。
20090801 2009_08_30_20_03_19-80フレームショット

ゴルフショットの基本が「ボールをつかまえるコト」なのは
分かると思います。



その「ボールをつかまえるコト」は言うなれば
算数、数学における たし算〜ひき算 にあたります。
これがちゃんと出来ないと、この仕組みが理解できていないと
この後、ステップアップしていく 掛け算、割り算
小数点の計算や分数、まして関数、因数分解の理解もままなりません。
全部が身に付かず終わってしまうことになります。




ボールをつかまえる のは
フェースがボールを上から見て、イメージではありますが
地面なり、マットなりにボールを押さえつけて
クラブに付いている角度、ロフトにボールを逃がしてあげるコト
 です。


ドンピシャなつかまり はロフト0度です。
それはボールが地面に、マットに埋まるようなイメージです。
実際には、回転や打ち出し角度などの 浮力 がないと
安定して距離も出ませんので ある程度のロフト角度は必要です。
(つかまえることは手段で、目的は遠くに飛ばしたり、安定して同じ距離を
打てるショットをするため、です)
距離を打ち分けられる機能、力を距離に応じて振り分ける機能のロフト
その角度によって適度にボールは逃げます。


👉それは兎も角、つかまえる を理解して、
次のステップとして そのクラブの角度に応じた距離 や 球の飛ぶ方向
上がりや曲がり 弾道、球筋 などが作られていく訳です。

つかまえる と言う行程を踏まえた上で 距離や弾道・球筋 があるのです。


ところが 『つかまえる』 を
フェースのターン、開いたフェースを閉じるコト と誤解して始めると
いつまで経っても そのループの中をぐるぐる回ることになります。
つかまえるコトと 方向 そして距離 弾道
『間違ったつかまえはスピードが速いコトが必須条件』なので
ミスの頻度があまりにも高く、体にも負担が多いので
何万球打っても答えが出てこないのです。

20090801 2009_09_02_14_54_45-78フレームショット20090801 2009_09_02_14_54_45-89フレームショット20090801 2009_09_02_14_54_45-564フレームショット20090801 2009_09_02_14_54_45-567フレームショット







👉例えば ウエッヂ などのアプローチショット です。

ゴルフクラブの軟鉄素材のアイアン はライ角度やロフト角度
が ある程度はプラスマイナス 調整が可能です。
ただし ライ角度による方向、ロフト角度による距離 はロフトの立ったモノ
アイアンで言えば 30度以下のモノは 2度程度プラスマイナス調整しても
距離や方向の変化はほとんど訪れません。

✋そう考えると ドライバーの製品ロフトの1度の差はほとんどないと言えるかも…

ところが 45度を超える大きなロフトのクラブの場合、
1度でもライ角度、ロフト角度で 方向にも距離にも かなりはっきりと影響が出ます。
隠れて 知られずに調整しても 殆どの人がなんとなく気付く 程です。


ゴルフをやり始めて ある程度のところ
スコアで言うと 130→120→110→100 となっていくには
ドライバーショット、パター、アプローチ の習熟度次第 と言えるかもしれません。

ゴルフのステップアップとして
どこかで アプローチショットの練習 が入ってくるわけですが
アプローチにおいて肝心なのは 誰からも教われず、誰にも教えられない
アプローチショットの「距離感覚」「動作速度感覚」です。

ウエッヂを手にして、それをどのスピードで打つとどの位になるのか の基本は
そのクラブの製品ロフト、例えば55度のなら 55度位のロフトで打つコト で
1〜2度のロフトのズレなら仕方ないにしても、
打つたびに それが 51度のなってしまったり、58度のなってしまうのでは
どのスピードで打つと、どの距離になるのか把握出来ません。
打つロフトが決まっていないのに距離感覚を身に着けることは出来ないのです。

距離感の練習をしているのに、同時に「ボールのつかまえ」をしなくてはなりません。
距離感の練習をしているのに、ボールを打つコトも同時に練習しなくてはなりません。


✋また 人によっては アプローチに限り
フェースターンをせず、意図的にこすり打ち つかまえるコトをせず
つまり 大きなロフトで打ちますから
ますます インパクトロフトのズレ が球質に影響が出ます。
Highスピン、もしくは高打ち出し球は そのロフトなりの球質よりも
距離や弾道に非常に敏感で神経質なモノ です。
そして 前提条件として Highスピン、もしくは高打ち出しの球を打つのには
本来 その距離を打つよりも より速いスイング、より大きなスイングが必要です。

✊困ったことに 大きなロフトの場合、あるロフトを超えてインパクトすると
当たっているのに 打ち出しが急に低くなること(抜け球)も起こります。

反復練習とは 数を打つコトによって慣れて シンプル化、簡素化
するためのモノなのに、やればやるほど 複雑化、難易度上昇するのです。

✋忘れてはいけないのは ロフトを開いたまま打つ、フェースを開いたまま打つ
 というのは そのロフトを開いた分、同量 バンスも増えるのです。
 10度開いて打つ ということは バンスも10度増えるのです。




まさに たし算ひき算を覚えていない人が
他の人のスイング動画とかを見ながら →参考書やトラ本 をみながら
その場しのぎの因数分解するのと同じです。


フェースターンしないで打つ アプローチ
フェースターン不可欠な    ドライバー
この順番は コースでショットの基盤になる順番が一発勝負で
少なくとも14回訪れるのです。

上手にフェースターンしないでアプローチ出来た ということは
逆に言えば フェースターンが下手になったわけで
上手にフェースターンできたドライバーショット ということは
フェースターンしないで打つアプローチが下手になるコトにつながります。

その練習の 大局的な目的はいったいなんなんです??
正規のつかまえ を乗り越えた人であれば
単に数を打って 自分の動作速度とボールの速度、そして距離をつかむ だけ
半分以下、1/10程度の練習で十分でしょうし、
その距離感に 高頻度のメインテナンス練習が必要とも思えません。 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   


軽いヘッド/硬いシャフトの市販のパターを持つ人には
適用対象外の可能性があります。
L型ブリストルパター専用の打ち方…かも知れません。


まずは アドレスです。

絶対に深い前傾にしてはいけません。
ボールの上に目線が来る なんていうのは論外です

show_img

幾つか理由があります。
,修旅修┐篭枋ゴ兇高くなり、
 動き出し辛くなります。
 また、前傾が深いと疲労度によって
 その前傾の変化が生まれやすくなります。
⇔習を積むと腰痛の原因になります。
H妙な距離感を造れる 利き腕が使えません。


グリーン周りで
 パター、ピッチングウエッヂ、8番アイアン
3本を持って、アプローチをしに来た と考えて下さい。
長さによる違いはあっても、打ち方は同じですから
長さなりの構え方をして下さい。


皮肉なものですが、
ショットも同じで
前傾が深ければ深いほど
前傾を大事にしてスイング・ストロークしません。

深ければ深いほど 前傾を解いてボールは打つことになります。
これに例外は無いと言っても過言ではありません。

COSTARICATANGO10


両腕は自然に伸ばせるようにしましょう。

突っ張るでもなく、曲げるでもなく
腕が肩からぶらりと垂れ下がって
両腕が自由に使えるような構え、前傾が理想的です。

ボールは球体で、転がるのに適した形状ですが、
原則 ボールをその距離押してあげることが基本です。

パターではなく 板 を持っていて
地面ではなく、届く高さのテーブルの上のボールを
どのように打ってあげると
一番繰り返し その距離 が打てるのか 考えてみて下さい。

板の面を跳ね上げて ボールを打つのが良いでしょうか
それとも
 板でテーブル面に沿って振ってあげた方がよいでしょうか

2


そして パターには少なくとも ロフト というものが
ついていることも考えてみて下さい。

パッティング おそらく最大に打つ距離は
30〜40mでしょう。
ストロークを逸脱して 振り回さなければいけない ような
パターは 用途として機能していません。

繊細な、微妙な距離を打つのには
小さく、遅く動かしても
その距離が打てる パターが絶対必要です。


そう言う意味で オーバーに言えば
市販のパターは イップス製造機か、
もしくは 故障製造機 なのかもしれません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ビデオなどのビジュアル関係のモノが
非常に便利に使える時代になりました。


フック ひっかけ だけに限りませんが、
ゴルフスイングを箇所箇所の動作、
ビデオを撮って ある一部の静止画を切り取って
そこを改善しよう としても無駄ですし、不可能です。

動作は流れの中で決まって行きますし、
その数コマ前の肘の関係やクラブの重さのかかり方で
そのコマは決まっていくので
その前、いや、もっと前のコマを修整しないと
そのコマそのものは治っていかないモノです。

スナップショット 1 (2018-02-13 13-07)



前回の テークバックの話の中でも書きましたが、
スイングは時間帯があります。

アドレスを基準点に定めると
テークアウェイ
トップ付近
ダウンスイング
 これらは右向きの時間帯
です。

動作としては存在しませんが、箇所としての
フォロー
フィニッシュ
 は 左向きの時間帯
です。

右向きの時間帯は
体の左サイドよりも右サイドの方が高く
左向きの時間帯は
体の左サイドよりも右サイドの方が低く
 なります。

スイングは テークバック〜ダウン
フォロー、フィニッシュと区切るよりも
右サイドの高い右向きの時間 と
左サイドの高い左向きの時間
で区切った方が スイングの改善には良い と思います。

そして この話の軸になるのは
 それらは スイングの動作の中では
 横への運動・横運動が基準になっている
 回転が時間の区切りの基準になっている

ということです。





自分の意志でヘッドを返す
と言うような幼稚な動きをする場合は論外なので除外しますが、

フック・および ひっかけ というのは
主に インパクトが左向きの時間帯に掛かっている ことです。
引っ掛けはシンプルに左向きなのですが
それにフックが強く入る場合は
 インパクトがかなり深く上向きの時間に入っている
と考えられます。


スイングの時間帯は
体の横運動を基準にしていますが、
フック・引っ掛け が多い人は
横の時間帯に対し、縦の動作が多すぎて
時間が合わない というか、間に合わない
というのがケースとして少なくありません。

体の回転は 肘で管理すべき ではあります。
体の右向き 骨盤がある程度右向きを確保出来れば
胴体の動きで 縦の動作を大きく増やすことは難しいです。
ですので、アバウトに言えば
縦の動作が多いと言うコトは
体の向きを変える時間進行に対し
腕の動きが多すぎる と言うコトになります。

スナップショット 1 (2018-01-31 13-39)


体の向きの変更 の進行が10とすれば
右向きで10〜戻しで10 ですから
インパクトは 総動作量で 20前後の場所に来ます。
腕の動作が 12 あると
右向きの時間の中で12  戻しで12 となれば
24の時間にインパクトが来ますので
 24−20
4のズレ分 体が左向きの時間にインパクトが来る
コトになってしまう と言った感じです。

そして 同時に、
腕の動作が多い ということは
クラブを下に振っている と言うコトになりますから
その影響は体の回転に反映され
腕を使わない シンプルな体の回転できる円の傾き角度
よりも アップライトな体の回転にさせられてしまうでしょう。

ちょっと 実動作と言うよりもイメージの中の話
になってしまうので 分かりにくいかもしれませんが、
フック・引っ掛けは そう言う仕組みから多発します。



ですので 直近、治す方法法は三つ

.董璽バック・トップにおいて
 👉右肘が左肘よりも高い関係を強く造るコト
 👉左肘が低い位置を強調するコト

▲ぅ鵐汽ぅ匹らしっかり打つ為に
 インパクトのヘッドはかなり右向き
 ロフトではなく
 👉フェースの向きをはっきり右向き
 インパクトに入るコト

深い右向きを作って 右向きの時間を
 より長く確保するコト


と注意してみてください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチショットやパターストロークで
よく見る方法に
ショルダーストロークがある。
駄目なストロークの代表それは、ハミングバードの視点では
パターだけに限らず、ショット、要するにスイング全般に対し
諸悪の根源とも言える。



ショルダーストローク は それをする本人にとっては
ヘッドが真っ直ぐ動いているような
「錯覚」
・・・・
視覚的に真っ直ぐ動いているので
真っ直ぐ行くように
「錯覚」
してしまうのだが
決してそうではないので 実験してみた。



『フェースの面の向き』と言う言葉があるけれど
多くの人は、シャフトを軸としたヘッドの回転に
フェースの向きと
『勘違い』している人も少なくないが
ロフト角度もフェースの面の向き だし
ロフト・ライ・ヘッドの向き
それらの複合によって決まるもの。

CDのケースを使って実験してみると
良いかも知れないが
オリジナルの状態で 片側を上げて
ライ角度を一定にしておいても。。。
このように ロフト角度が変わると
全体の複合した フェース面の向きは
こんなにも変わってしまうのです。

IMG_0003
IMG_0004


例えば グリーンの花道から ピンまで10m
のアプローチをしたとしましょう

簡単に 左右に 1m〜2m前後ずれることになるだろう


002001003






概ね視覚的には真っ直ぐ動いているヘッドも
これだけの『向きの違い』を生むのである

当たり方とか打ち損じ とか
はっきりと「ミス」によって
距離や方向がぶれてしまうのは修正も可能だろうが
ミス…と呼べないこのズレを修正することは
意識としても非常に難しいだろう。

006005009







ショルダーストローク(ゆりかご)の動きは
常時、左右の肩を上下に揺さぶるので
ヘッドの高さの変化が激しい上にロフト変化が激しい

☆ロフト変化による打ちだしの方向のズレ
☆ヘッドの高さ変化
☆ロフト角度の変化


これらを同時にインパクトに揃えるのは神技に等しく
正直、毎回偶然待ちをしているようなショットに
なってしまうのは明白だ。



それと忘れてしまうガチなのは
体を固定して 肩を揺さぶっているから
ずれが少ない と勘違いしているが
肩のラインを底辺とした 逆三角形を固定して
肩を揺さぶるという事は
シャフトの延長線上・上方に頭がある ということになる。
もう一度見てほしい。
006005009






打ち終わったコマ では グリップエンドの向きは
アドレスよりもかなり右(飛球線後方)を指すような
そんな格好になる。
故に、打つ前に想像しているよりも
かなり上向きに 頭が右にずれ 上を向いてインパクトする
ことになるので、ショルダーストロークする人の
殆どのショットが ヘッドが上に動いていている時
煽り打ちでインパクトを迎えるので
必ずと言っていいほど 
歯で、トップ気味にボールを打っている・・・・

 だからインパクト音が汚いのだ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


少々大袈裟な表題になってしまいましたが、
今、現在 飛距離不足に悩んでいる人も
『飛ばし屋』とは行かないまでも
 飛んでるねー と呼ばれるようなゴルファーになれます。

なぜならば
 ほぼ全員に等しい人が こすって打っている状態  で
 その前提でのヘッドスピード勝負となっているからです。Inked2012-10-22 02.28.36 20152342_Moment(2)

こすって打たなくなれば ヘッドスピードとあまり関係なく
飛距離を伸ばす…というか 本来の距離が打てるようになります。


ボールの性能はかなり高くなりましたし、
弊社の悶絶クラブであれば
  通常のドライバーより30g以上ヘッドは重たい訳で…
実質のヘッドスピード 37ms あれば
十分 キャリーボール 200ヤード越え
ランも含めて 220〜230ヤードは打てる
 ようになります。

要は 「こすらず打てるようになれば良い」 のです。



では こすっている状態 というのは どのような状態でしょう?


一言で言えば 「ロフトが開いている状態」
 5番アイアンを持っているのに
  8番のロフトで打っているような状態です
IMG_0348 (2)_Moment
👉フェースが開いている〜右を向いている ではなく
 ロフトが開いている(大きくなっている)コト です。
*これの更に悪いパターンが
 「入射角度が必要以上に緩い」で、これが加わると
 ヘッドスピードにもよりますが、弾道の速度が遅くなりすぎたり
 ボールが上がらなくなったりします。

ロフトが開いている状態を 意図的に作る には
〇グリップがからだの右側、それよりも右にある
〇右サイドが下がっている

〇右腕が伸びていない  です。

この状態が出来てしまうと
 例え ヘッドスピードを高くしても 飛距離にはつながりません。
大袈裟に言えば ウエッヂのロブショットで、フルスイングしても
30ヤード位しか飛ばない ・・・この状態に近づいてしまうのです。

では フェースターンをして ロフトを閉じれば良いのか  …というと
このフェースターンには 方向性の悪さと
それを行うには 右サイドの下がりが必ず伴います。
仕事自体が強烈に増えますから 当然難易度も高くなります。

 ロフトを閉じきれない場合も少なくありません。
殆どがそう・・・・・・と言えるのではありませんか?

IMG_0361(3)_Moment


【解決策は?】
👉👉👉開いたモノを閉じるのではなく 始めから開かなければ良いのです。


アドレス時は ロフトは開いても、閉じてもいません。
スタートの状況が 開いているのなら 閉じる必要がありますが
それをわざわざ開いて仕事を増やし、
ダウンスイング→フォロー という
ゴルフクラブにとって
 より一層「閉じ辛い」方向への動作中に閉じよう とする
  非常に 無駄で馬鹿げた試み なのです。

色々な思い込みの絡み があるのは確か ですが、
ダウンスイング以降、フェースを閉じようとする行為は
無理と無駄の塊 とも言え、
フェースを閉じる と言う目的が成功しても
方向が狂ってしまったり、
その行為によって ダフリやトップなどのミスも多発します。
そして 体に非常に悪い…。

始めから 開かなければ閉じる必要もない のです。
無駄な動きが減りますから 当然楽になりますし、
実はこちらのほうが ヘッドスピードを高くするチャンスも大きい のです。
勿論 ロフトもかなり違います。(立ちます)
 30ヤード増える というのも決して夢ではないのです。
飛距離が伸びる・・・というより 今まで 無駄にスピンや高さなどに
化けていたエネルギーが 飛距離になり、
オリジナルの距離が取り戻せるに過ぎません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


自分のショットを コースでよりよく発揮させるため、
より安定したショットをするため、
スコア向上につなげていくため、には
「逆の球」を打たないスイング
「逆の球」が出ない、出にくいスイングを
造っていく必要があります。

IMG_0361(3)_Moment


そして この課題においても
見逃してしまう、忘れられてしまうコトは
「逆球」には 基本 3種類 があるということです。


1.右に出る球/左に出る球
2.右回転の球/左回転の球
そして
3.煽り打ち(ヘッドが上昇軌道でインパクトを迎える球)
 /通常(基本)軌道(ヘッドが下降軌道でインパクトを迎える球)

が 弾道の主3構成です。
それぞれに その度合いもあります。
これの混成要素によってショット・弾道・飛距離は決まってきます。

始めの二つは言葉の通り。。。ですが、
3つ目の 煽り軌道・通常軌道 においては
気にしている人はとても少ないです。
この二つの違いは ショットにおいては
飛距離ともつながってきますし、
弾道そのものや弾道の高さともつながってくるので
若く 有り余る体力の人には問題が少ないかも知れませんが、
飛距離不足の人にとっては 非常に重要なポイントになるのです。

IMG_0549IMG_0548


















で 一番鍵になるポイントは
この M彖任力辰蓮.悒奪謬案察俗に言うスイングプレーン と関連するのですが、
どういうヘッド軌道を作るか 例えばアウトサイドインとか…が問題なのではなく
何によってヘッド軌道が作られているか、何がヘッドを動かしているか
が 問題なのです。

ごくごく一般的な、プロも含めて9割以上の人が行っている
からだを先に回し、後から腕・・・自分では肩を回して で
スイングしている場合、スイング軌道は腕で作るコトになります。

👉からだ(腰・骨盤)を先に回して
 それを ボールと正対したところで止め(るつもり)
 肩を回す → 腕を振る / クラブを振る
 スイングであると
 ダウンスイングでは 必ず ロフトは開き
 フェースの右向きも大きくなるので
 インパクト直前/直後での フェースターンは必須になり
1.右に出る球/左に出る球
2.右回転の球/左回転の球
そして
3.煽り打ち(ヘッドが上昇軌道でインパクトを迎える球)
 /通常(基本)軌道(ヘッドが下降軌道でインパクトを迎える球)

 この3種類の要素の 逆球は
 タイミングによって どれもが出ます。
 交じり合います。
 そして それを修正するのは ほんの一瞬のタイミング
 瞬間芸でしかありません。
 また これの大きな問題は
 そのタイミングを習得するには 莫大な練習量
 タイミングを掴んでも 練習頻度と練習量で
 それを常時 維持しておかなくてはなりません。
 体の痛みに鈍感か、痛まない若さ が必要になります。
813ca594-s
 スイング軌道を からだの回転で作れると、
 からだ(骨盤・胴体)の回転そのものでクラブを動かせると、
 ヘッドの軌道がどうであっても
 フェースの向きや姿勢の変化が少ないので
 ある一定の組み合わせになります。
df713d9f-s

 あとは 右を向いているうち
 左サイドの低いうちにインパクトに入れるか どうか
 そして その度合い を掴むだけ なので
 必要な練習量も圧倒的に少なく、
 それを覚えてからの 維持・メインテナンスも要らない…
 とまでは言えなくとも、たまに運動不足解消程度の頻度で
 問題ありません。

 逆球が非常に出にくくなりますから
 スコアアップにもつながってきます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


ゴルフを始めて…進めていくにあたって
スイング・・・ あえて ボールを打つコト と呼んでみるけれど
ボールを打つコトへの意識が「間違い」が
長年 スイングを、ゴルフを、苦しめているような気がします。
mittan_Moment(7)


〇ボールを遠くに飛ばすコト と
〇思った方向に打つコト(とりあえず、真っ直ぐ打つと呼びます)
〇思った距離を打つコト
〇ボールを飛ばさないコト


これらは ほぼ均等の重み をもっています。


魅力として 遠くに飛ばすコト は強くあるとは思いますが、
これは 物理的な作用が強く、
クラブを見てみればわかりますが、
遠くに飛ばすには 「少ないロフト」「立ったロフトのクラブ」
 使えるコト がとても大きいです。

ボールはロフトが少なければ スピンや打ち出し角度が少なくなり
その分、ボール速度は上がりますが、
その「ロフト」を使える ある程度のヘッドスピードは不可欠になります。

かと言って ヘッドスピードの数値 ばかりを追いかけると
ヘッドを振るような振り方は 数値としてヘッドスピードは上がりますが、
ロフトを増やしてしまう打ち方ですので 正直、あまり意味がありません。

修正前_Moment(4)


使えるのなら 15度のクラブよりも 12度のクラブの方が飛ぶ可能性が
高くなり、更に9度のモノ方が飛ぶ可能性は高いのですが、
それを 普通に打って 宙に浮かせて置けるスピードは必須
それを無理やり 宙に浮かせるような振り方 では
製品ロフトの9度にした意味はないばかりか
他の「ボールを打つコト」に多大な問題を引き起こします。

また、ボールを狙ったところよりも
10% 右や、左に、打ってしまう、曲げてしまうコト は、
狙った距離よりも
10% 多く、もしくは 少なく打ってしまうコトと、
まったく同等な意味、重要性を持っており
どちらかさえ良ければ というのは ゴルフでは通用しません。

ドライバーショットは ティーアップしている、空中にあるボールを打つ
という大変特殊な条件で打つ きわめて特殊ショットです。
その条件でなら 無理して使える ロフト がゆえに
クラブの中で最大飛距離を得られる 訳ですが、
本来 自分にとって ほかのクラブと同じく
そのクラブ【ドライバー】の決まった距離を打つモノである ので
気持ちは分かりますが、飛べば飛ぶほど良い というモノではないのです。

そして 同時に パッティングやアプローチ、バンカーショットなどを含め
全てのことは 自分一人でこなさなければいけないのですから
それが ほかのショット、ほかのスイング、ほかのボールを打つコトに
悪影響を及ぼすようなことでは 例え 飛距離がヤード余計に飛んだとしても
総合的には大きくマイナス なのです。
IMG_0340

✊出来るだけ真っ直ぐ行かせたい
✊出来るだけ狙った距離を打ちたい
✊出来るだけ飛ばしたい
✊出来るだけミスを防ぎたい

それらは どれも等価のモノで
その折衷案として 自分の「ボールの打ち方」というのがあるのを
忘れないで欲しいのです。

そう考えると ボールを打つ方法は
ゴルフクラブ と言う非常に特殊な形状のモノ を使うわけですから
そう あれこれと色々ある訳ではないのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問を頂きましたので こちらで回答させて頂きます。

Q:プッシュを打つ、の意味は
インパクトが回転の途中にあって、
インパクトに入る時は右向きであり、
感覚的には右に振るように感じて
実際にはインパクトはまっすぐ、ということでしょうか?
飛球線方向に振ると、どうしてもいい当たりがすこしプッシュになります。
右に振るとなぜか真っ直ぐ、時にはむしろ左に出ます。
飛球線方向に振るのはヘッドを下に振ることになり、
結局身体を開いているのではないかと思っていますがあっていますか?


IMG_0226_Moment(3)


A:コメント(質問)有難うございます。

 スイングの動作は 向きを変える回転動作 になりますので
 常時 その目標と自分の体の正面の関係は動いています。
 ゼロとは言いませんが、動作が始まってからの
 方向修正はミスの原因になり易いです。

 動作中に方向を意識している時は
 まだ ボールを打っていない訳ですから
 体は右向き!は正しい状態です。
 意識した時の体の向きに「対しては」
 引っ掛かった方向に出る訳です。

 時間とともに その関係は動き続ける・変わり続けるので
 動作が始まってから 方向を意識するのは
 良いことではないと思います。

 野球の感覚に近いのかもしれませんが、
 方向を意識するあまり
 体がボールと正対して「から」
 クラブを振り始めるケースが非常に多いですが
 それでは お書きの通り、体は上向き、左向き(開いた状態)
 でボールを打つことになります。
 ひっかけやスライス(右回転)の球になり易いでしょう。
 それを更に ローテーションやフェース操作で修正すると
 より時間がかかるようになるので 複雑化が進んでしまいます。


 弾道の方向は 動作が始まる前
 スタンスとアドレスによって
 ほぼ 決まってしまいます。
 また、それによって決めるべき です。
 その方がシンプルに出来ます。 

  
IMG_0001


 スタンスの向き というのは
 その向きそのものも大切ですが、
 その向きによって 体に対しての ボールの位置が動きます。

 スタンスの向きは両かかと のライン です
 両つま先のラインではありません!

 
👉同じボールの位置 と感じても
 スタンスの右向きではボールは 体に対しては「左」
 スタンスの左向きではボールは 体に対しては「右」
 意図的にボールの位置を 右に置いたり、左に置いたり、
 するよりも遥かに、思っている以上に動いた形になります。
IMG_0001IMG_0001 (2)









 まずは 自分のスタンスの向き
 それに対するボールの位置を確定し
 傾斜やコンディションに左右されず
 似たスタンスの向き、似たボールの位置を
 自分に馴染ませることが一番の方向の安定につながると思います。

 そして これがコースでのミスショットの 最大の
 そして 殆どの原因です。

✋止まっているボールを打つのですから
 止まっている ようにセットしないと意味がありません。



 もう一歩突っ込めば
 体の向き〜スタンスと同じく
 いつ インパクトになるのか いつがインパクトなのか
 というのが 方向に影響します。
 からだの回転通りに、もしくは からだの回転で打てば
 規則性のあるタイミングでインパクト出来ますが、
 手さばきで、フェースローテーションでするとなると
 その時期は かなりズレますので
 方向性の安定のためにも からだの回転で打てるようにするのがベターです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 
ごくごく一般的な成人男性を対象に
3番ウッドを (ヘッド重量等調整し)
ドライバーと同じ長さにしたら飛ぶようになると思いますか?

.疋薀ぅ弌爾剖瓩い茲Δ糞離になる?
高くなるが距離は大きく変わらない?


ボールが上げるのが苦手な人やヘッドスピードの遅めの人 などを除き
👉答えは  です。

e00bf7e68658a3e6-s








フェースローテーション
左右のグリップの入れ替え は
そのシャフト/クラブを振る角度分
✋ロフトは増え
✋入射角度は緩くなります
フェースローテーション〜グリップを入れ替えるスイングは
ロフトの大きなクラブと長尺にして使うのと
非常に似ています。


10度のドライバーと15度の3番ウッド と例にとると
10度のドライバーで 10ヤード伸ばすのに ヘッドスピード3ms アップ で済むところ
15度の3番ウッドで 10ヤード伸ばすのには もっとヘッドスピードアップが必要となります。
  ✊振っても振っても 距離が伸びにくい方法なのです。

問題はこればかりではなく
そのクラブの扱い方は
二つの写真のグリップエンドの位置を見れば 分かりますが
それを助長するような 体の姿勢を作ります。

Mr.Kの虎の穴 シリーズを通して
ご本人が言っていたのが
今までのフェースローテーションスイングを比較すると
「変な感じのダフリが無い。
 ダイレクトにボールに当たる。
 今までのショットは ナイスショットと思っても
 比較すると いっちょ噛んだ状態(薄いダフリ)で当たる。
 必ずダフリが入っていた。」
 とのコト。

そうですね。
グリップを止め、ヘッドが追い越す623c1d572817337eb8c8724aee59aba5
左グリップの下に右グリップが入り込む動きは
重さを左サイドにかけないので、右体重を残し
振った分、体は右に傾きます。
これではスイング最下点は想定よりも右にズレやすく
体の開き、上向きを誘発するクラブ扱いです。

体を開いて 上を向いて👉左足上がり で打つのですから
振っても飛ばないだけ・・・
より振れば振るほど 左足上がりはきつく成るのですから
頑張りと距離が比例し難くなるのは当然…。
………腰にも悪そうですよねー( ゚Д゚)

まあ そうなると 弾道はスライス気味になり易いのですが
そのスライス気味なことが飛ばない直接原因 ではなく
『入射軌道とロフト姿勢が問題』なのです。

そして アプローチなどに反映する その方法は
グリップの入れ替えと言う手で作る ヘッド軌道とヘッド姿勢 が
体の姿勢とダブルで絡むので 複雑化して安定しないのです。

ヘッド軌道とヘッド姿勢を決める要素が二重にあることが問題なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ