◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: アドレス

 

ゴルフの基本姿勢、構えを何故にアドレスと言うのか
実は私もわかりません。
英語では「ポスチャア」 構えとか姿勢と言う意味です。
なんだか、和製英語としても、そちらの方が
適切かとは思うのですが。。。

弊社では、ボールは左足かかと付近に置くことを
推奨しています。

IMG_0001

ボールの前面が左足のかかと線上 付近
と言う意味なのですが、
これにも条件があります。

多くのゴルファーは、アドレスを右向きに取っています。
本来、ボールのターゲット、目標方向と
人間の立ち向きは、平行な、線路のような関係です。
51

決して交わることの無い平行な関係です。
クラブヘッド、フェースが目標を向いている、というコトは
体の向き、立ちの向きは、目標よりも左を指している
というコトになる筈、なのです・・・。

ところが、多くのゴルファーは
体の向き、立ちの向きも目標に向けてしまっています。


結果としては、ターゲットも右を向いてしまうのですが
右向きのアドレスで、ボールを左足かかとに
セットするのは、体をひねって
目標方向よりもやや左に捩じって、インパクトすることに
なります。

向きをスクエアに出来ていない人の多くが
左足かかと付近にボールをセットしないのは
本能的な理由が存在するわけです。
逆を言えば、真ん中にボールを置いている多くの
ゴルファーは右を向いて、構えているとも言えます。

IMG_0001 (2)IMG_0001











つま先は開き方が人それぞれありますから、
両足のかかとが目標方向と平行になるよう努める
そこから始めるのはとても大切だと思います。

想像以上に、この向きを
正しく「スクエアに立つ」習慣付けするのは
簡単ではありません。

上手く打てないと、次第に馴染んでいる位置へと
修正していくものです。

頑張って、ここから始めてみる というのは
如何でしょう。
このアドレスの向きの「狂い」は
あと後の改善が非常に難しいので、
狂っているアドレスは、スウィング中の細かい修正が
入ることになります。

慣れるまでは、一球一球クラブを置いて確認するのも
良いかもしれません。
ちょっとスランプに陥って来たときにも
そこをチェックしてみてください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



握り・・・のグリップは
ゴルフクラブの重さをどう扱うか を表します。

重さは元々 動きたがらないモノ ですから、
ボールを出来るだけ効率よく、少ない力で飛ばすにはMVI_0873 (2)(2)_Moment(5)
動作によって 動くゴルフクラブ、その中でも
重さと長さのある 打撃部〜ヘッドを
動きに対し、自然に遅らせ それをロフトの立ち
に変えるコトが肝心です。

ロフトの立ち は結果としてハンドファーストを生みますが
ハンドファーストは
その重さの自然な遅れの表れ でもあります。
動作の技巧として 生み出すもの とは少し異なります。

当たり前で・・・すが 重さは 重力方向〜下に掛かります。
その下に掛かる重さ・・・場面としては切り返し以降
ダウンスイング辺りにある訳ですが
クラブの重さ、特にヘッドの重さを使って
グリップというか、クラブ全体を下に落としてあげるのですが
そこで グリップを落とさず、グリップを受け止めて
ヘッドだけ落としてしまったのでは その重さの力は
ボールに伝わりません。
伝わったとしても そのエネルギーは
距離に直結するボールのスピードよりも 回転になり易い性質は
クラブの構造は強く持っています。

クラブの重さ、特にヘッドの重さでで
 グリップを下げず、クラブ自体を下げずに
ヘッド自体を下げてしまう・・・ヘッドを下に振る打ち方は
アプローチでは特殊な・・・ロブショットを打つ方法です。

これを全番手で行ってしまうと
振っても振っても スピンばかり多くになり
例え ヘッドスピードを増やしても 飛距離にはなり難く
振った分 握力も必要になり
からだへの負担も増大していきます。
IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(3)








何度も書きますが、ヘッド自体を下に振る振り方では
元は 体の前傾、傾斜。。。股関節と大たい骨の角度差 に
肩・肩甲骨の揺れ〜傾きが加わってしまうので
振れば振るほど、おかしな表現ですが
ヘッドを下に振れば振るほど
結果として、上に振ることになっていきます。
 まあ それが現代のスイングですけれど…。

この振り方は 空中にあるボールを打つ ドライバーにのみ
特化したような打ち方で、それも ハイヘッドスピード と言う条件付き、
コースでの傾斜からのショットに弱くなり
フェアウェイウッドが打てなくなり(苦手になり)
アプローチも上手く成り難い というもれなく(必ず)付いてくる特典を
考えると 何のために ドライバーをそう振るのか 疑問しか残りません。

ヘッドの重さでヘッド単体を動かしても
その速度は 回転に転じてしまいます。
そのスピードを上げ ヘッドの重さに 速度を積算しても
その重さはボールにではなく、握力や体の姿勢への負担
にしかなりません。ボールを打つ強さには全くならないのです。

ヘッドを動かしてしまえば ロフトは増えます。
例え スピードが上がっても それに比例するように
ロフトも増えるのですから 距離になりませんし、
ヘッド姿勢、入射姿勢、体の姿勢も安定し辛いのですから
飛ばない、安定し辛い、ミスしやすい、繰り返しにくいに
からだへの負担も多いという 満身創痍のスイング ・・・
なぜ これを追い求めるのか・・・皆目理解出来ません。


スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)

クラブ、ヘッドの重さを使って
グリップを下げる、クラブ全体を下げる
そして スイングの機構を使って それを回転につなげる
その遅れをロフトの立ちに、
下方向の力を使って ボールを下に抑える
というのが ゴルフクラブの機能 なのですから
それを活かすためのグリップを考えるのは
練習場で 何万球もボールを打つよりも
 はるかに重要な【練習】 だと
 ハミングバードは考えています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


握り と言う意味でのグリップは
やれ フックとか、スクエア、IMG_0361_Moment
やれインターロッキングとか、ベースボール、
そういうコト が重要なのではなく

✋クラブをどう扱うのか

✋クラブと自分の関係がどういうものなのか


というコトが スタートであり、ゴールでもあります。


そして 多くの人は気付いていませんが
ラウンド中のグリップの変化が
コースでのミスの最大の原因
になったりします。

スイングに要する筋力・筋肉の中で
一番小さいのが 握力 です。
そして それは単に 弱い・小さい だけでなく
非常に 持久力の乏しい、耐久力の低い部位 です。
年齢が上がるほど それは痛感するのではないかと思います。

ですので グリップを考えるうえで
そこも忘れないで欲しいのです。


グリップを作る
グリップを変える
グリップを考える 上で
とても重要になるのは

.ラブを振り回し、その重さを
グリップ→ヘッド の方向に
つまり 遠心力に耐えるための
振り回しても 握っていられるようにするのか

▲ラブの重さを
ヘッド→グリップ の方向に使い
その重さによって 「自分が」動かされるようにするのか
クラブの重さ・不可抗力と共存するのか

と言うのに分かれると思います。

IMG_0772

,任藁イ気覆い茲Δ砲垢覦戞握るために握るグリップになりますし
△任狼佞忙っていられないので、その重さでを回転で逃がすため
 握らないために握る(???) という 真逆な関係になります。

特に グリップの場合、
クラブの重さや遠心力の負荷は 左手・左グリップという
右利き〜右打ちの人によって もっとも弱い筋力頼り になりますから
クラブを離さないように、遠心力に負けないように握るには
✊✊✊グー✊✊✊ に力いっぱい、力が入れられるように握る必要があり
それによって 右手と左手は離れたモノとなります。
そのズレは そのままアドレスに影響します。
yjimage
また 先ほども書いた通り、
ラウンド中、低下してくる 握力を補うため
左グリップは より深く握るように変化してくることが
アドレスにも影響してきます。

左グリップと右グリップが 上下に離れると
離れていないモノと比べると アドレス時でも
右が必要以上に低く、体が半分開いた(左を向いた形)になります。
そして ラウンド中、それが更に深くなるのです。

物好きな人がいれば やってみるといいのですが、
トーナメントに出ているトッププロでも かなり グリップは変化します。
そして それが 後半、アドレスのズレ、向きのズレ になり
ミスを誘発しています。
100yard1
この問題は 握力を強化する では 決して補えないのです。
握力を強化すると それに応じて よりヘッドを振り回すようになり
より大きな負担を握力に掛けることになりますから…。


その人が どうクラブを扱うのか、クラブとの関係はどうなのか、
人力によって振り回して、それを人力によってねじ伏せる のか
クラブの作り出す重さによって 自分が動かされる共存の道を選ぶのか
というのが グリップに表れる というコト です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote






からだ というのは その言葉の通り
からだです。
皆さんが動かそうとしている部分は 肩で、
それは腕の一部で体ではありません。
922a6798

ほぼ9割近いゴルファーは
腕だけでテークバックし、
そのせいで クラブが大きく開き
ロフトがどうなる、以上に 
フェースがボールに向いていないので
フェースで打つため、ヘッドターンをします。

そのヘッドターンですら、
基本は クラブを持った自分が からだを回せば済む
筈の問題です。

アドレス・・・ というのは
その構えが打撃の基準になり、
打ちたい方向によって
スタンスの向き 等が決まってきます。
ミスは致し方ないにしても
結果のズレ を 修正しながら
スイングの確率、ミスの防止、ミスのパターンなどを
掴んでいくものです。

よく言われますが
「ゴルフは 止まっているボールを打っているのに…。」
まあ 野球やテニスとの比較だと思うのですが、
皆さんは 本当に止まっているボールを打っていますか?

アドレス時、
ボールはだいたい 左股関節〜左ひざ の前辺りにあります。
スナップショット 1 (2018-02-13 13-07)

 脇道に逸れますが、
アドレスの向きの スタンスがクローズ、オープン によっても
からだに対するボールの位置がかなり大きくズレます。
その曖昧な クローズ度合いやオープン度合い によって
ボール2個程度は簡単にズレてしまいます。 これ要注意です。

アドレス時の ボールを左靴かかと/左ひざの正面 としておきましょう。
スタンスの幅によっても異なりますが、胴体にとっては左胸の前 あたりですね。

しかし 振り遅れてしまい、体が大きく開いて インパクトを迎えると
靴〜スタンスにとっては 左靴かかと ですが、
脚にとっては かなり中(右)に入ります。
右靴までズレたでしょうか・・・。
mh
そして 胴体にとっては
茲龍擦料阿砲△辰身Δ離棔璽襪
右の胸よりもさらに右になってしまいます。

この時に注意する・・・いや 注意しても無駄なんですが、
単に体が開いただけで ボールは大きく中に入る形になりますが、
これに更に 体が上を向く動作 が入ると
更に ボールは右に移動する形になります。

そして 困ったことに 手で振るスイング、フェースターンするスイングの場合
からだが開くのと
からだが上を向くのに
関連はありますが、規則性がないので
毎回 その度合い、関係はバラバラ。

つまり インパクト時のボールと自分の体との位置関係に
規則性がないのです。

✋これって ボールが動いているのと同じじゃないですか?


体の回転に同期して、体の回転で打つのであっても
タイミングのズレなどによって ボールと体の位置関係はズレますが
それはシンプルに一種類のモノで済みます。
シンプルなミスで済むので 修正が容易、
自分で気づけば ラウンド中でも修正することが可能です。

oto_Moment


振り遅れの手打ちのスイング(スイングと呼ぶのが正しいかどうかは割愛します)では
ダウンスイングと呼ばれる行為が始まるところが
一番左サイドがボールに近く
インパクトに近づくにつれ、左サイドはボールから離れていきます。(体が開く)
イコール どんどん ボールが中に入ってきます。
そこから 肩で上に振りますから
からだが上を向くので さらにボールが中に入ります。

ですので ショットのたびに ボールの位置が動いていることになります。

結果、アドレス時 左胸の前にあったボールを
体の右横 90度近くも中に入れて打つのですから
いったい ぜんたい アドレス時のスタンスの向きや
アドレス時のボールと体の位置関係には何の意味があったのか
というほどのモノです。

そうなると 深刻な問題は・・・
勿論 体のねじれによる故障は深刻ですが、
技術的な部分で深刻な問題が発生します。

 アドレスの構えや向きに重要性が薄くなるので
アドレスの意味がどんどん消失していくでしょう。
トッププロ…と呼ばれている人たちのアドレスを見ても
なんだか 奇妙なものが増えています。

昔 某大物プロが
「プロが練習するのは当たり前。
 練習して体を壊すようなスイングじゃあ
 プロとして飯が喰っていけないぞ!」と言っていたのを思い出します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



コースでよく有るのではないか と思いますが、
打とうと思っていても なんかしっくりせず
そのまま打つと 大概はミスになります。


,海慮彊は大きく三つあって
自分が打ちたい方向や球筋に対し
スタンスの向きが「正しくない」IMG_0755
おそらく 右を向いています。

しかし これは 多くの場合、
なんか しっくりこない と感じません


△修稜廟検,砲覆蠅泙垢、
これも何度も書いていますが
スタンスの向きをボールの位置
体に対する 左右のボールの位置のズレは
かなり 「しっくりこない」の原因になります。

同じようにボールを置いても
右を向いていれば ボールは体に対し左にズレますし、
左を向いていれば ボールは中に、右にズレることになります。
これは しっくり来ません。
005

スタンスの狂い は
かなり顕著にボールの位置のズレ
かなり激しくズレますから
このまま 打てば ほぼ間違いなくミスです。

特にコースでは傾斜も絡みますし、風景も絡みますから、
自分にとって 正しくスタンスを取れない、取りにくい状況
というのが 何度となく訪れるモノです。


そのスタンスのズレ は
風景や傾斜だけでなく 自分のアドレスの姿勢の狂いからも始まり
その主原因はグリップの変化です。

特に疲労が出てくる 後半に置きやすいでしょう。IMG_0819

クラブを振っている状況
フォローを振っている状況では
左をがっちり握らなくてはならなくなります。

そうなると 荵悗念っていた時と比べると
上半身・肩部分は 腰部分に比べると やや左を向き始め
体の中で 腰と肩で左右の向き
そして 上下の向きが微妙に食い違い始めます。

スタンス(靴)の向きは 感覚的に
腰! よりも 肩周りの向きに影響を受けますので
本来のスタンスよりも やや右を向いてしまい
その分、ボールは体にとって左にズレ
向きもしっくりこない、ボールの位置もしっくりこない
と言う状態が発生する訳です。


コースでは 改造中であっても
スイングのコトを意識するのはほぼ不可能に近いです。
普段の練習しているそのままを発揮するしかありません。
結果を気にするのであれば
グリップ・スタンスの向き これを良く良く注意
特にその推移、変化にご注意ください。

IMG_0772

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
  


ボールは体のセンターに置く


そんな言葉があります

その本当の意味には 言葉が欠けています


インパクト時の

です


sample 2009_09_15_19_42_40-1452フレームショット

弊社の悶絶クラブを使う限り
酷くしゃくってしまったり、
酷くあおってしまったり、
上がり際にボールを打つのでない限り
必ず ヘッドはボールに届きます。

ボールを拾う
 地面に置いてあるボールを拾う機能は
マックスで備わっていますから
自分で クラブヘッドを下に下げる行為
自分自身が下がる行為は
 一切要らない と言えるでしょう

出来れば フルショットをする限り
フェアウェイウッド〜ウエッヂまで
左の靴 と ボールの関係 は一定にして下さい
はっきりと どこ とは言えませんが
ボールの前面がかかと線上 位が基本と言えるでしょう

そこが インパクト時に 体のセンターになる場所 です

ですから 足腰に自信があったり
シフト スライド サイドステップが得意な方は
もっと 左でも良いかも知れませんし
そうでなくとも 出来るだけ 左足かかと付近
そして それを 統一させて下さい

クラブによる スタンスの差は
それを基準に 右足(靴)の位置を変えるだけです

これで ヘッドとボールのコンタクトの基準点が出来ました
番手による違いがなく 一貫したボールの位置
その基準になるのは さきの言葉
インパクト時に 体のセンターになる場所


ドライバーも含め ティーアップするモノは
その高さ分 更に左 と考えて下さい


左足かかとのボール位置 は
ゴルフのショットには非常に重要です
そこが インパクト時 体のセンターになり
概ね 体はボールに正対している
両方の腕の長さが揃っている
体のラインがターゲットに平行

結論として そこに行き着くのには
ヘッドを振る動きでは無理がありますし
ダウンスウィングで 腰を先に切る 動きでも
そこには到達出来ません
クラブを後ろに倒して 寝かせれば
必ず体を開き 右サイドが下がりますから
それも そこへ到達出来ません。

体の向きの変更
その動きを 脚さばき
左右へのサイドステップを身につけなければ
そこに行けないのです

その場所から 巻き戻して
クラブ扱い ゴルフスウィングを構築するのも
ひとつのアイディアかもしれません。

地面に置いてあるボールを打つ
そのボールの置き位置が
あなたのスイングを物語っています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフの基本姿勢、構えを何故にアドレスと言うのか
実は私もわかりません。
英語では「ポスチャア」 構えとか姿勢と言う意味です。
なんだか、和製英語としても、そちらの方が
適切かとは思うのですが。。。

弊社では、ボールは左足かかと付近に置くことを
推奨しています。

IMG_0001

ボールの前面が左足のかかと線上 付近
と言う意味なのですが、
これにも条件があります。

多くのゴルファーは、アドレスを右向きに取っています。
本来、ボールのターゲット、目標方向と
人間の立ち向きは、平行な、線路のような関係です。
51

決して交わることの無い平行な関係です。
クラブヘッド、フェースが目標を向いている、というコトは
体の向き、立ちの向きは、目標よりも左を指している
というコトになる筈、なのです・・・。

ところが、多くのゴルファーは
体の向き、立ちの向きも目標に向けてしまっています。


結果としては、ターゲットも右を向いてしまうのですが
右向きのアドレスで、ボールを左足かかとに
セットするのは、体をひねって
目標方向よりもやや左に捩じって、インパクトすることに
なります。

向きをスクエアに出来ていない人の多くが
左足かかと付近にボールをセットしないのは
本能的な理由が存在するわけです。
逆を言えば、真ん中にボールを置いている多くの
ゴルファーは右を向いて、構えているとも言えます。

IMG_0001 (2)IMG_0001








つま先は開き方が人それぞれありますから、
両足のかかとが目標方向と平行になるよう努める
そこから始めるのはとても大切だと思います。

想像以上に、この向きを
正しく「スクエアに立つ」習慣付けするのは
簡単ではありません。

上手く打てないと、次第に馴染んでいる位置へと
修正していくものです。

頑張って、ここから始めてみる というのは
如何でしょう。
このアドレスの向きの「狂い」は
あと後の改善が非常に難しいので、
狂っているアドレスは、スウィング中の細かい修正が
入ることになります。

慣れるまでは、一球一球クラブを置いて確認するのも
良いかもしれません。
ちょっとスランプに陥って来たときにも
そこをチェックしてみてください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



まずはグリップ

IMG_0772

グリップの重要なポイントは
右と左が上下に出来るだけくっ付いていることで
それをするには 茲離哀螢奪廚
指だけで握って、手のひらはグーを握らないコト。

茱哀螢奪廚グーを握ると 右グリップの入ってくるところが無くなり
左と右が離れて握らなくてはならなくなります。

左グリップが指だけで握ると
静止している時は握っていられても
いったん クラブが、自分が、動作〜移動し始めると
クラブの重さをホールドしておけないでしょう。

✋そう それが良いのです。

クラブの重さが左グリップに掛かった時、
その重さをホールドせず
その重さを受けないように どんどん左グリップを逃がすことが肝心。

そのグリップが完成するかどうかが スイング改良の一つの試金石です。

IMG_0528IMG_0529











次にアドレス
b8a80827-s
アドレスでの体の向き スタンスの向きは
つま先ではなく、かかと基準。
ほんのり左向き、オープンなスタンス(かかと)の向きがおススメです。

仮想のボールの位置は ボールの前面 が左足かかと付近。

これは特殊なショットを除き、番手や長さに関係なく一律にしましょう。


両方のグリップの重なり具合、離れ具合にもよりますが、
くっ付き気味とは言っても
右グリップの方が体から離れた位置を握りますから
それが届く分だけ 体をよじったり、ねじったりしないで
骨盤ごと、若干、右に傾きます。
左グリップだけ握り、右手はパーにしておいて
傾きとグリップの離れ具合を合わせましょう。



前傾姿勢は 気を付け の状態から 挨拶するのではなく、
頭はその位置のまま(高さは変わりますが) お尻を下げるように
股関節を折ります。〜股関節を後ろに下げる というコトかな?!
MVI_0478_Moment

そうすると 体重はかかと気味にかかりますが、
これを ひざと足首 双方を曲げることによって 土踏まず位にします。
この量ですが、前傾姿勢にもよりますが、
前傾姿勢は 有ればよいので 浅めが良いでしょう。
それに対し ひざ・・・足首の曲げは
曲げた! と呼べるほどでなく ほんのりと角度が付く程度が良いです。
特にひざは出来るだけ曲げない…曲がってない程度 ほんの少しの角度で。
足首が曲がる も少しでいいんですが、角度が付いていることはとても重要。
これが傾斜地の調整能力としてとても役に立ちます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote






からだ というのは その言葉の通り
からだです。
皆さんが動かそうとしている部分は 肩で、
それは腕の一部で体ではありません。
922a6798

ほぼ9割近いゴルファーは
腕だけでテークバックし、
そのせいで クラブが大きく開き
ロフトがどうなる、以上に 
フェースがボールに向いていないので
フェースで打つため、ヘッドターンをします。

そのヘッドターンですら、
基本は クラブを持った自分が からだを回せば済む
筈の問題です。

アドレス・・・ というのは
その構えが打撃の基準になり、
打ちたい方向によって
スタンスの向き 等が決まってきます。
ミスは致し方ないにしても
結果のズレ を 修正しながら
スイングの確率、ミスの防止、ミスのパターンなどを
掴んでいくものです。

よく言われますが
「ゴルフは 止まっているボールを打っているのに…。」
まあ 野球やテニスとの比較だと思うのですが、
皆さんは 本当に止まっているボールを打っていますか?

アドレス時、
ボールはだいたい 左股関節〜左ひざ の前辺りにあります。
スナップショット 1 (2018-02-13 13-07)

 脇道に逸れますが、
アドレスの向きの スタンスがクローズ、オープン によっても
からだに対するボールの位置がかなり大きくズレます。
その曖昧な クローズ度合いやオープン度合い によって
ボール2個程度は簡単にズレてしまいます。 これ要注意です。

アドレス時の ボールを左靴かかと/左ひざの正面 としておきましょう。
スタンスの幅によっても異なりますが、胴体にとっては左胸の前 あたりですね。

しかし 振り遅れてしまい、体が大きく開いて インパクトを迎えると
靴〜スタンスにとっては 左靴かかと ですが、
脚にとっては かなり中(右)に入ります。
右靴までズレたでしょうか・・・。
mh
そして 胴体にとっては
茲龍擦料阿砲△辰身Δ離棔璽襪
右の胸よりもさらに右になってしまいます。

この時に注意する・・・いや 注意しても無駄なんですが、
単に体が開いただけで ボールは大きく中に入る形になりますが、
これに更に 体が上を向く動作 が入ると
更に ボールは右に移動する形になります。

そして 困ったことに 手で振るスイング、フェースターンするスイングの場合
からだが開くのと
からだが上を向くのに
関連はありますが、規則性がないので
毎回 その度合い、関係はバラバラ。

つまり インパクト時のボールと自分の体との位置関係に
規則性がないのです。

✋これって ボールが動いているのと同じじゃないですか?


体の回転に同期して、体の回転で打つのであっても
タイミングのズレなどによって ボールと体の位置関係はズレますが
それはシンプルに一種類のモノで済みます。
シンプルなミスで済むので 修正が容易、
自分で気づけば ラウンド中でも修正することが可能です。

oto_Moment


振り遅れの手打ちのスイング(スイングと呼ぶのが正しいかどうかは割愛します)では
ダウンスイングと呼ばれる行為が始まるところが
一番左サイドがボールに近く
インパクトに近づくにつれ、左サイドはボールから離れていきます。(体が開く)
イコール どんどん ボールが中に入ってきます。
そこから 肩で上に振りますから
からだが上を向くので さらにボールが中に入ります。

ですので ショットのたびに ボールの位置が動いていることになります。

結果、アドレス時 左胸の前にあったボールを
体の右横 90度近くも中に入れて打つのですから
いったい ぜんたい アドレス時のスタンスの向きや
アドレス時のボールと体の位置関係には何の意味があったのか
というほどのモノです。

そうなると 深刻な問題は・・・
勿論 体のねじれによる故障は深刻ですが、
技術的な部分で深刻な問題が発生します。

 アドレスの構えや向きに重要性が薄くなるので
アドレスの意味がどんどん消失していくでしょう。
トッププロ…と呼ばれている人たちのアドレスを見ても
なんだか 奇妙なものが増えています。

昔 某大物プロが
「プロが練習するのは当たり前。
 練習して体を壊すようなスイングじゃあ
 プロとして飯が喰っていけないぞ!」と言っていたのを思い出します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


スイングプレーン理論が蔓延して以来
腕でクラブを振るために
ボールと体の間に大きなスペースを確保する
そんな構え・ポスチャーが多くなっているように思えます。

その最たる例が
アドレス時のグリップをボールの方に出す
体から大きくグリップを離して構えるモノです。

スナップショット 1 (2016-10-05 23-31)

まだ この位であれば マシな方なのかもしれませんが、
人によっては アドレス時にシャフトを腕が一直線な人もいます。



これの何が問題なのか・・・というと・・・


学生の頃、運動部でしたから
楽しかったような、辛かったような思い出で
空気椅子というのがありました。

背中を壁につけて
存在しない椅子に座るように我慢し続ける・・・
うちの学校では順番に歌を歌っていたと思います。

グループごとに分かれ
その全員が歌い終わるまで 空気椅子がもたなければ
今度は そのグループに
腕を前習えにしての空気椅子の罰ゲームが加わります。
疲れているのもありますが、腕を伸ばすと
その重さは想像以上に体にかかります。
スナップショット 1 (2016-08-25 21-40)

本来 アドレス時、
腕 左手は肩からダランと下がったあたりが理想です。
この位置であれば 放っておいても あまり負担にはなりません。

ところが このグリップの位置を ボールの方、前に出してしまうと
なにがしかの筋力で 腕を吊っていないといけません。
そうなると ラウンドが進み 体が疲れてくると
無意識に体を起こして構えたり
出している腕の量を調整したり、
人によっては前傾が深くなる人もいます。
dW l (2)_Moment(6)

これに傾斜などが絡みますから
構え方、ボールとの距離₍間合い₎が
ばらばらになる可能性が高くなります。
これでは 打つ技術と関係なく
ミスショットしてしまう原因になってしまいます。

また 腕の重さが必要以上に掛かれば
アドレスだけでなく スイング中にも
その重さを緩和するような動き
例えば 体を起こして伸び上がりながら打つ など
本能的な動きが多く入ってくるようになります。
スナップショット 3 (2018-04-02 15-14)

ボールの左右の置き位置もそうですが、
厳密!とまでいかなくとも
大体似たような位置、 その位置が崩れることによって
不本意なミスは事前に避けることが可能なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



アドレス時のセットアップ姿勢を
「ポスチャア」と呼びますが、
その殆どは グリップ〜クラブの握り方で
決まってしまいます。

swing102スナップショット 1 (2013-11-29 10-47)



左右が多く(大きく)離れるグリップと

左右が上下に一体となっているグリップでは
異なるアドレスになってしまいます。
スナップショット 1 (2012-07-27 13-10)
々、極端ではありますが
左右の離れが大きいと
上半身の上側(肩~胸ライン)と
腰ラインで 上下に違いが出来、
ポスチャアの時点からねじれた姿勢
になってしまうので 注意が必要です。

鶏と卵の関係ですが、
手で振るために、グリップを離して持っている
故に 肩だけ捻る姿勢になるのか、
アドレスの時点で捩じれて、
テークバックを手や肩だけで動かしやすい
故に 手で振るのか
どっちもどっちな気がします。

よって クラブ扱いの良し悪し
クラブの機能を活かして、ボールを打てるかどうか は
グリップとアドレスに顕著に表れます。
20160501

グリップは左右の手で全く同じところを握っていません。
前傾をしているが故に、右手の方が
若干、ひとコブシとまでは行きませんが、遠いところ
ヘッドに近い方を握っている処理はとても大切で、
からだを歪めて、右手を届かせるのではなく
骨盤ソノモノを少し右に倒して届かせます。

背骨を曲げず、骨盤ゴト ほんの少し右に傾く感じ…
ですので、6:4 とまで行かないまでも
若干、右に体重が掛かり気味の状態から始まるのです。


その傾きも含め、左右のグリップの離れ は
アドレスの歪み、そしてクラブの扱いを決めかねるシロモノです。
チェックが必要です。

スナップショット 1 (2013-01-17 23-44)

それと絡むのですが、
アドレスの立ち向き というのは
ヘッドの目標と平行な関係です。

からだの向きは何処まで行っても
ヘッドの目標、例えばピンフラッグとは
交わらない関係です。

目標と目で見ますから、無意識に
からだが目標に向いてしまい、
結果 ヘッドが右を向いている というのは
少なくありませんから、習慣付けが必要でしょう。
200px-08_tory_railtrack_ubt

また、グリップの左右を離して握るゴルファーは
腰のラインに比べ、右手を届かせようと
胴体をひねって構える分、肩のラインが開きます。
(腰に比べ体のラインが左を向いている)
その開いている肩のラインを 正規の方向、
ヘッドの目標と並行のライン に向けるので
腰から下は右を向いた形になります。

それだけでも スイングは良くなり難い
安定し辛い、体を痛めやすい状態なのに
上手く打てないやつかまらない、スライスなどの
理由でボールを中に、右に置きたがります。

からだが右を向いている状態で
ボールを左足のかかとにセットすると
実質、ボールは体のもっと左にある形になるので
多少は理解できるのですが、
からだの真ん中、真ん中よりも右 に置いている人も
少なくなく、もうその時点でひっちゃかめっちゃかです。

これ 軽く考えないでください。

元々の原因は 左右の離れたグリップ にあるのですが、
そうで無い人も当てはまる
コースでのミスの大きな要因になります。
dc9819c048f73101

通常、ラウンドが進み、疲れてくると
一番顕著に体力が落ちるのは 握力 です。
特にゴルフの場合は 左手の握力です。
(ですから左手にだけ手袋をしているのですね)
左手の握力が低下してくると 無意識に
ガバット手のひらで握るようになり
そうなると 右手の入るところが無くなるので
右手を横から握るようになり、左右が離れます。

左右が離れると、体は捩じって姿勢になり、
その捩じった姿勢の 肩をターゲットライアンに
合わせますから、下半身は右を向き始めます。

しかし、ボールの位置は今まで通り…。
002005










ボールの位置を動かして打っているのと同じで
安定しない、ミスの大きな原因なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ゴルフクラブを握る時、
初めてゴルフクラブを握る時、
利き手にあたる 右打ちの人の右手、左打ちの人の左手、
これを どのように、何のために、使うのか
 という大前提を頭に入れておいた方が良いでしょう。
IMG_0819

いざスイングになってしまうと
ゴルフスイングには前傾姿勢、
前に傾いた姿勢から動作をスタートするため
右手の方が低い位置、遠いところを握るような『錯覚』
を持ってしまうことが多いですが、
グリップの意味合いも含め
 右手の方が高いところ、ヘッドに近いところ、
 実質、自分に近いところを握っています。

インターロッキング、オーバーラッピング、ベースボール、
インターメッシュ などグリップの様式にはいろいろありますが、
左右の握力の関係や指の長さなど
 どれであっても問題ありません。
IMG_0360

鍵になるのは 左右の(上下に)重なった部分が
しっかりあることで
利き手を使って クラブを握った左手(右) を
上〜斜め上から押すことが出来る状態かどうか です。

多くのスイング、多くのグリップでは
左右が離れ気味になり、
左手を支点にして シャフトを押すためのグリップ
遠心力を生み出すためのグリップをしています。

しかし、これでは
✋遠心力を生み出すため スピードを上げる
✊その遠心力に負けないため 強く握る
と スピードを上げる、スピードを抑制する
の相反する二つのコトをしており、
年齢とともに衰えやすい利き手ではない手、
右打ちの人の左手 の握力次第 と言うコトになります。
女性にも多いグリップ、スイングのパターンです。

👹グリップの親指部分が極端に摩耗する人のパターンですね

yjimage


ゴルフクラブは正しく使うと
グリップ➟ヘッド方向への遠心力というよりは
ヘッド➟グリップ方向への圧力(重さ)がかかるように
出来ています。
そう使うことによって ヘッドの重さが回転力、
回転速度に利用でき、より楽に動作出来るようになっています。


ゴルフクラブは 長い棒の先に重さのある構造です。
それをそのまま 長さ×速度 として
遠心力に使っては 体力・筋力の無い人にはとても不利…。
本来、道具と言うのは その部分を補うモノです。

グリップから改善からスタートするのは茨の道かも知れませんが、
その左右の上下の離れ というのは
スイングの変化を如実に表します。
自分のスイングが遠心力に依存しないスイングに
変わって来れば、自然と上下はくっついてきますし、
よくあるパターンですが、
ラウンド中、後半になるに従い どんどん上下が離れていく
のはスイングの変化をはっきり表しています。
チェックポイントにも出来ますね。
IMG_0772

上下の離れは 左グリップの握り次第で決まってしまいますが、
そう言う点で見て フックグリップというのは
正しくクラブを利用するという観点では
あまり推奨出来るグリップ方式ではありません。
IMG_0819

左手にハメるグリップには
親指のアールに沿った裁断がありますが、
この裁断の縫い目がどのように見えるか
が一つの目安です。
左の親指が丸見え…なのは論外ですが、
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



握りの方のグリップは
左グリップでほとんどのことが決まってしまいます。

これも今すぐ治すー とかではなく
自分のクラブ扱いが変化〜進化していく目安として
観察し続けてください。
IMG_0772

そうですねぇ 自分の例だと
ああ こんなグリップにしたいなあ
というのは 2年位はかかります。
いつの間にか そういうグリップの出来るクラブ扱い
になったことによってグリップは変化する訳です。

左グリップの握り方…というか
理想論で言うと、小指、薬指、中指 〜この3本を主に
感情線よりも先の指部分で握りたいです。
問題なのは、ここで『指で』一度握っているのに
さらに 掌でもう一度「二度握り」していることです。
スナップショット 5 (2013-09-10 1-45)

オンプレーンスイングが主流になって
軽量スチールシャフトのアイアンばかりになって
この「汚い」握り方しか見なくなりました。。。。
この「二度握り」はカタカなのゴルフ用語では
フックグリップ…なんて呼んでいますが、
そんな格好の良いものではないです。

これも繰り返しになりますが、
二度握りしてしまうと
本来 右グリップの入ってきたいところが塞がれてしまい
右のグリップを横から、真横から入れざるをえなくなります。
左のグリップは上、斜め上から入ってきているのに
右のグリップは横から入ってくる 
そして、この状態だと必要以上に 数センチ分
右手はより遠いところ、左手を離れたところを
握らなくてはならなくなります。
もう お分かりだと思いますが
この悪の二重効果はアドレス・構えに
ダイレクトに影響します。
yjimage

左のグリップの入り方 如何によって
アドレスも決まってしまう訳です。

勿論 その左手のグリップ 二度握りには
クラブの遠心力を グリップからヘッドにかけてしまう
クラブ扱いがあるから、思いっきり握れる状態に…
という理由もありますし、
テークアウェイを左腕のローリングで
安易にヒョイっと上げるという理由もあるでしょうから
その扱いが変わってこないとグリップも変わらないはずです。


そこで 結構忘れている、気づいていない面白い知恵を。

グローブを使わず、素手で握られる方もいるとは
思うのですが、自分のグリップ(握り)に不満があるようであれば
是非 左手だけはグローブを使って見てください。

私個人の意見ですけれど、
この ゴルフ専用のグローブ って
かなり グリップすることの補助器具になっていて
昔の概念というか、ルールでは ルール違反?
というほど 便利な代物です。

革 なんて高級品を使う必要はありません。
合成皮革で十分、十二分です。

まず サイズですが・・・
許せる限り 小さなもの。
手が痛くなく、装着で破れない程度に
小さいなものをお勧めします。

私 実は手は大きいのですが
それでも サイズで言うと新品で23
使い込んだものであれば 22でも21でも行きます。

グローブをしてみるとわかると思うのですが、
グローブは掌で握るようには出来ていません。

丸く握る というよりは
手のひらは 手のひら として使うように裁断されています。

そして 少々性能の良い
指の間なんかに収縮素材が使われているものでは
指の部分は手のひら側に曲げる加圧よりも
手の甲側に反らされる加圧が掛かっている筈です。
指・・・だけでグリップするように出来ています。
スナップショット 8 (2013-09-10 1-47)

まあ そう言ったことから
二度握りやくそ握りするゴルファーの多くは
緩いサイズのグローブを使うんでしょうねー

是非 ご自分で試して見てください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



コスリ球とスライスは別なモノですが、
対策は似たようなことで可能です✊

何は何より「右向き」を増やすコト✊です
sample 091020 1-198フレームショット


そのファーストステップとして

骨盤を右に向ける
コトです。
s3

体が回転する…この言葉の「からだ」は
打ち手の胴体のコトを指します。

体を回転させることの中の
とても重要なことは
 スイング動作には「前傾姿勢」を含ませるコト です。

1-1前傾姿勢…とは 体が前に傾くコト✊ で
その前傾姿勢は 体の「前に」傾く角度で
人間の体の機構・構造の中で
 はっきりした「角度」を造れる場所は
  股関節 しかありません。

体の向きを変えながら
 その前傾姿勢を維持していくには
体重のかかっている軸足の
 骨盤と大腿骨(軸足)の角度/角度差 が必要です。

👉体重のかかっている脚は
 直立に近い形になるので 前傾姿勢を維持し易くなります。

前の記事でも書きましたが、
骨盤を回さず、上体/肩だけを捩じるテークバックでは
前傾姿勢が維持できるように『勘違い』します
インパクト時にそれを維持するのは絶対に不可能です。

321

ですので…
テークアウェイは
 ✌しっかり骨盤を右に向けるコト✌
 ✌バックルをしっかり右に向ける✌
 ✌秀二をしっかり右に向ける✌

バランスが取れる限り
 骨盤の右向きはあればあるほど良いです

多くて悪いことは何一つありません!
スイング動作の全てと言えるかもしれません。
逆を言えば、骨盤がしっかり右を向いていない というのは
ゴルフスイングと言う運動の動作になっておらず、
単なる ゴルフスイングの真似ごと をしている
 に過ぎません。
338

スイングで造られる ヘッドの通る道〜軌跡
スイングプレーンが傾いているのは前傾姿勢があるからです。
クラブを斜めに振ることではアリマセン。
前傾姿勢がある上で、体の向きが変わるから
 スイングプレーンが傾いているのです。

スイング動作を通して 前傾姿勢を維持する唯一の方法は
前傾姿勢を固定するのではなく、
骨盤の向きを変え、
正面から右、
右から正面、
正面から左、
へと 回転に伴って前傾姿勢を移すことです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


始めにゴルフをやる時に 不思議に思わないのだろうか

ボールに正対して立て!

と言われる一方で

右手は 拳 一個分 遠い所を握る

これを 普通にやろうとすると…
上半身を ちょっと捩じらなければならなくなる

上半身の上の方… 肩周りはちょっと
左を向け 左肩もちょっと ひっつれた感じになる
なんかなぁ〜〜〜 と思ったモノだ

その時に かのニクラウスが
『ヘッド ビハイド ザ ボール』
と言う言葉を 使ったのを思い出しました。

この言葉は インパクトで 頭を残せ の意味よりも
アドレス時の姿勢のコトを強く言っているのは
一般的にはあまり知られていません。

part02

背骨を 右に Cの字に反らせる 曲げる のではなく
骨盤そのものを 右に傾ける
ほのかに 右股関節に体重をのせるような
そんな感じです。

骨盤から 背骨に向けての 逆(上下)T字型
ソノモノを 少し右に傾けることになりますから
頭も 少し右にずれます。
ボールを右上方から 少々 斜に見るコトになります。

走することによって 背骨をよじらなくとも
右手のグリップが 拳一個分 遠い所を
握るコトが初めて出来る訳で
上半身は 左側の方がほのかに高くなる感じの
斜め感になる訳です。

sample 2009_09_29_23_01_02-405フレームショット

この時 左右のグリップは 出来るだけ
ヘッド〜グリップ方向に 密着していないと
左右のグリップが離れていると その分だけ
体の、骨盤の傾きを大きくしますから
自然な姿勢から 離れてしまいます。

また 当たり前といえば 当たり前ですが
腕は体の肩から生えているのですから
グリップの対して その方向から
アプローチして来るようなグリップでないと
そのグリップによって 運動中の姿勢が
決まってきてしまいます。

グリップを上から握ったり、横から握ったり
するのは お薦めできません。

グリップから直すのが難しいのは
自分の動かしたい方法 というのを
グリップは体現 というか 表しているからで
自分のグリップが 自分のスウィングなんだ
という認識は必要です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



スタンスの向きは安易に考えてはイケマセン

ミスショットのほぼ半分の原因が
 ここにあると言っても決して過言ではないでしょう。

ボールの置き位置、地面にあるボールを打つ時は
 理想的には 左靴のかかと付近です。
002

そこを基準にして
 スタンスを向きを右に取ってしまっていると
ボールの位置が左にズレてしまうのと同じです。

向きは別にして、単純にボールの位置を
 1個分右左にずらしても
ミスショットの確率が大きく上がりますが、
無意識の スタンスの向きの間違いは
ボールの位置を 数個分も簡単にずらしてしまいます。
005

効き目の問題もありますが、
近くの距離よりも 遠くの距離を打つ時ほど
目標が取りにくいのもあり右を向きがちです。

ボール・クラブヘッドの目標と
スタンスの向きの目標は平行で交わらない関係ですが、
近い時は取り易いスタンスも向きも
遠い距離を取る時には その平行な関係が災いしたりします。
yjimage

ドライバーでは ボールとスタンスの距離間は
1m強程度ですが、
例えば ヘッドがピンを向いているからと言って
その左1mを目標にしたのでは
右を向いてしまいます。
人間の目の認識上、平行な線は交わってしまうからです。

150m、200m先では
目標がピンなら その10mも20mも
スタンスは左を向いていて正解です。

平行ですが平行ではない…ということです。
IMG_0755

近いモノでは上手に構えられる(向くことが出来ても)
遠い距離になると右を向いてしまう というのは
番手やクラブ、打つ距離によってボールの置き位置が
動いてしまうというコトになり
ミスショットを誘発する非常に大きな原因になります。

ご注意ください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


スイングに悩みが発生したり、問題が起こったら
必ずここに戻ってください。

002まず ボールの位置ですが
ボールの前面が左の脚の踵付近
これが基本です。
これは持つ番手やクラブに関係なく
この位置を維持しましょう。
クラブの長さによって変わるのは
右靴、右足の位置であって
左靴とボールの関係は一定にします。


ドライバーなどティーアップしたものを打つ場合
そのティーアップ分を目安に
その量分だけさらに左に置く 感じです。


次にたぶん問題の原因…になっているのが
スタンスの向きです。
多くの人は右目が利き目です。
色々な要素が含まれますが、利き目が右の人は
放っておくと クローズスタンス になります。
構えが右向きになる という事です。
右向きのまま 左足踵にボールをセットすると
必要以上にボールは外(左)に出た形になるので
普通に振ると届かなくなるので スイングの順序や形態が
それに応じて変化してしまいます。
005

普段からそれを心がけておく必要があります。

スタンスの向きは つま先ではなく 踵ライン
両方の踵を結んだラインです。
それをクローズではなく ややオープンにして
慣れていく必要があります。
スナップショット 1 (2014-04-20 10-03)

飛球線に対し平行を時計の12時とすると
疲れてきたり、緊張したりしてくると1時位
時計の針1時間位右を向き易くなりますから
練習では 11時くらいを目安に左を向いておくことを
慣れておいた方が良いと思います。

多くの人は 両つま先で左足のつま先の方が開き目
であるので余計です。つま先で見た時にどの位オープン
左向きになるのが 正規のスクエアか把握しておく
必要があります。

とてもシンプルなことですが
スイング基盤になるものです。
体の向き、ボールの位置によってグリップも変わります。
オーソドックスですがクラブなどを置いて
十字を作って確認してみるのも良いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


素振りもし、練習場にも通い
いざ、コースに行くとなかなか上手くいかない
まぁ、だからこそゴルフが楽しいんだけれど
コースでのミスショットの原因を
7割近く削ることの出来る2点を覚えてほしい。

何度も繰り返していることではあるけど
「基本」とも呼べることなので
それがスタンダードになるまで
繰り返し意識すると、かなり効果あります。

.▲疋譽垢慮き
疲れてきたりすると注意力も散漫になったり
右利きのゴルファーの7割は右が利き目だそうで
多くの人が右を向いて構える。
002

この体の向きは
ボールの位置の直結するので
体の向きのズレはミスの直結しやすい。
001

普段から意識しておく必要はあるけれど
アドレス時の体の向きは
両足のかかとのラインが基準。
つまさきではない。
疲れてくるとつま先の開き具合や閉じ具合も
曖昧になってきがちなので
そこらへんも踏まえ、注意して貰いたい。

まあ これも定番ではあるけれど
例えば130ヤード位のショットで
グリーンの真ん中を狙っている場合は
体の向きはグリーンの左、
場合によってはグリーンの左外もあり得る。
フェースの目標ラインと体の目標ラインは
永遠に交わることのない平行関係が理想だから
その習慣もしっかり見つけ置きたい。

また疲れてきて危うくなって来たら
胸にクラブを付けて確認してみるのも手だろう。

立ち方によっては ボールの位置は一個以上
ずれてしまい、多いミスの右向きになってしまうと
ボールは必要以上に左にズレて届かない…チョロ
なんてことにもなりかねない。
d11be403

これでミスショットの要因の半分は削れる。


テークアウェイは右ひじで‼
スイング改造に挑んでいる方や
従来のスイングが抜けきれない場合、
そしてほぼ9割のゴルファーは左腕、左肩だけで
テークアウェイを取ってしまう。
左腕でテークアウェイを取ると
背中はかなり早い段階で『張り』を感じてしまう。

テークアウェイを右ひじで‼  のココロは
トップの浅さ である。


残り半分のミスショットの原因はその浅さにあるので
そこに注意して貰いたい。

左腕一本で取るスイングに
メリットは何一つない、デメリットのバーゲンセール
特に状況が変わり、疲労も伴なうコースでは特にそう。

右ひじ・右腕で始めるテークアウェイの習慣
コースでの意識を持つと
それは トップの深さ につながるので
それ以降に時間を稼げるから余裕も生まれる。
疲れてくると兎角浅く、速くなりがちなので
そこは意識しておく方が良い⦿
IMG_0378

右ひじはアドレス時 自分の背後に
ボールから離れる方向に肘鉄するような
そして普段から右ひじの動きというのを
肘の曲げ伸ばしではなく
上腕の上げ下げ のような感じで掴んでいくと
その肘さばきが≒体の周りになっていくので
意識し辛い体の周り〜向きの変更を
利き腕で作れるようになるから良いと思う。

トライしてみて欲しい♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ボールを飛ばすのには
右腕を使わなくてはいけません。


その右腕の使い方はとても重要です。
どう 右腕をつかうのか 考えてみましょう。

198Trim_Moment(2)


.ぅ鵐僖トまでに右腕を伸ばす
 アドレスの状態では 両腕は概ね伸びています。
 両方の腕が概ね伸びている、
 もしくは 左腕の方が曲がりかかっている、
 この状態が ボールと正対した時期に
 インパクトを迎えている という事です。
 インパクト時に右腕が曲がっているということは
 ➡右サイドが下がっている
 ➡左サイドが上がっている
 ➡体が開いている という事です。
dohiraki

 どの条件も 弾道を高くする〜スピンを増やす
 という そのクラブのロフトなりの距離が出難く
 そのクラブのロフトなりの高さ/スピンよりも高く多くなり
 ロスが大きくなる という事でもあります。

 そう言う意味でも 右腕の使い方 は
 ショット時の体の姿勢も作る という事です。


右腕を使わないと振り遅れる
 振り遅れ とは体の向きに対する
 インパクトの時期が間に合っていない という事です。
 左手のリードとは言われますが、
 力の弱い左手で 運動で加重されているクラブを
 素早く動かすのは不可能ですし、
 左手のみで動かせば クラブの形状の都合
 ロフトは開きやすくなり よりクラブは重く、
 しかも 右サイドに重さが加わり易くなります。
 これも 飛ばない原因です。

hiraki


ダウンスイングの初期、もしくは早めに
右腕を伸ばすのは飛ばしの条件でもあります。
右腕を伸ばすには

❶グリップを体から離さない
のはとても大切です。

シャフトを通して、クラブの重さに押されたり
遠心力や不可抗力が掛かることによって
グリップは体から離れたがります。
それを考慮して グリップ/こぶしが
体に触れるほど近いところを通すイメージが必要です。

アドレス時に左腕がダランと下がった地点
ここが基本の距離感になりますが、
そのダランと下がって腕 よりも外
体から離れたところにグリップが出ると
その重さの分、必ず体は起きてしまいます。
体が起きれば(前傾姿勢が減る/無くなる)
より グリップを体から離さなくてはイケなくなり
体の回転による スイングの軌道 を失います。

MVI_0581_Moment


右腕を伸ばす
❷右ひじの角度とコッキングの連動は駄目!
 です。
これもグリップが体から離れる
前傾姿勢を無くす の原因になりますし
右ひじのリリースとアンコッキングの連動は
グリップの移動を妨げ 結果振り遅れを生みます。

❸右ひじの角度は左上腕と左側帯の角度との連動
です。
イメージとしては トップで作った
両肘間の距離を維持するようなイメージ
になると思います。

インパクトに向かって
 両肘を絞る
 両肘間の距離を縮める
のは 結果 体の起き を生みます。

IMG_1632_Moment

✋右サイドを下げない
➡右腕を伸ばす
というイメージよりも
インパクト時に左ひじを、左腕を曲げておく
というイメージの方が
結果、右腕を伸ばし易く、右サイドが下がりにくいでしょう。

右ひじの向きを変えずに曲げ伸ばし する
 ことでもあります。


✋ 両方の腕、両方の肘共にそうですが、
 肘を曲げるイメージは 前腕を持ち上げる動きになりがち
 ですが、ゴルフのスイングで
 腕を曲げる・肘を曲げる という動作は
 両上腕の上げ下げ です。
 伸びている時以外、腕(片方)は一直線上には揃いません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ゴルフショットは
想定通りの、番手通りの距離が
頻度良く出ると ぐっと楽になります。


がゆえに 番手間、番手ごとに
特殊性が無いように
似たようなセッティングあることが重要です。
002

一番分かり易いのは
ボールの位置でしょう。


ティーアップされたものを除き
ボールの位置がその番手、その機種だけ
他と異なる場合、
まず それは全体との流れから大きく外れている という事です。


ボールの位置が違う ということは
タイミングも異なりますし、スイングの大きさだけでなく
スイングそのものも違うと考えて良いでしょう。
005

タイミングも、スイングも違う ということは
そのショットが上手く行くと
それとは異なる別なクラブは上手く打てない可能性が上がる
という事になります。


別口な話ですが
番手ごとにボールの位置を替えるのはお薦めしません。
ボールの位置関係は
番手に関係なく 左の靴との関係は一定にし
右足(靴)の位置、スタンス幅だけで替えた方が良いです。
クラブのよって違うケースでも起こりえますが
ボールの位置を替えると
同時に気付かないうちにアドレスの向きも動いてしまいます。
001

ボールを中に入れると 右を向き易く
ボールを茵奮亜砲暴个垢函〆犬鮓き易くなります。
アドレスの向き、ボールの位置 はコースで
ゴルファーがミスショットを打ってしまう原因の
7割と言っても過言ではありません。
004

シンプルに同じ位置
番手によって変えない
番手によって変えなくては上手く打てないセッティングは
出来るだけ避ける
これだけで飛躍的にコースでのミスショットは減ります。



練習場では 打ち直し が効きますが
コースでは クラブを替えてショットするのは
一度きりです。

故に セッティングというのが重要になってくるのです。

幾つかの要素が絡み合いますが
ボールを中に入れたくなる番手なり、機種は
総じて 全体のセッティングの中では
 ☞シャフトが硬め です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ