◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: アドレス


ゴルフクラブの部材としての
【グリップ】ではなく、
握り方の方のお話し…

ハミングバードの考える、グリップ(握り方)の良し悪し
というか、美しさは 
左右のグリップの密着度
言葉は奇妙ですが、左右のグリップの上下の密着感
       
  (左右の手首の高さのズレ)
にあると思っています。

スナップショット 1 (2013-09-09 13-43)スナップショット 6 (2013-09-10 1-46)








ですので、密着度があれば

それが インターロッキング、オーバーラッピング、
インターメッシュでも良いし、

ややフィンガー気味をお薦めしますが、
密着度が高いのであれば フィンガーでも、パームでも、

右手に限っては ややフックめでも、ややスライスめでも
程よければ どちらでも良いと思っています。
(✋最終的なグリップの答えは 必ず訪れます✋)
ベースボール〜テンフィンガーにおいては
その握り方が 上下の密着度を高められないグリップなので
推奨はしません。

グリップは どんなグリップをするか と言うより
左右の上下の密着度 によって アドレスもスタンスも
大きく左右されます。
元々、微妙にですが、左と右はズレたところ、
右グリップは左グリップよりも「遠く」を握ります。
その遠さが これも奇妙な言葉ですが、
出来るだけ「遠くない」遠さが理想的 です。

swing102スナップショット 1 (2013-11-29 10-47)











右グリップがややフック気味、であっても、

スライス気味、であっても 
その密着度は 左のグリップの仕方 によって
決まってしまうので、
グリップの良さ、グリップの美しさは『茲離哀螢奪彈‖茵
と言えるかもしれません。

グリップの密着度は その人がどのようにクラブを扱っているか、
☑手の返し、手や腕でクラブを振るのか
☑からだの回転でクラブを直に動かすのか
の指標であり、グリップを先に治してから、スイングを作るか、
スイングを修正しながら、その成熟度の目安として
 左右のグリップの上下の密着度を見るのか
お好みの選択…と言った感じです。


悶絶クラブでない、市販のクラブのグリップ交換もごくたまに
行いますが、その際、蕕凌道悗遼猝廚激しい方は
(シャフトが硬い〜激しくこねないとボールが打てない)
総じて、その摩耗でへこんでいる人も かなり下の方(ヘッド寄り)で
二重の意味で 「あちゃ〜」 と心の中でつぶやいています。



✋右グリップは 9割がた、左グリップ次第、
左グリップをどうするか、によって決まってしまいます。
そう言う意味では、右グリップの変更は
 左グリップ程難しくありません。

その 
左グリップを治す というのは
スイング改造の中では 非常に難易度の高いモノ です。
最大のイバラの道かも知れません。


一番多く見られるケースは 左のグリップ、茲亮蠎鵑世韻failgrip
甲側に折れており、場所として本来、右グリップが入る空間を
浸食、占拠しているケースです。
左グリップの手首が甲側に折れれば、自動的に
左のグリップは過度なフックになりますから、当然、そうなります。


そして そのグリップの理由は、
テークアウェイの初期、動き出しで、
左腕を回内(ローリング)することで始めるコト
kainaikaigai

左腕だけの動きでスイングを始めるコト で
つまり、手さばきで スイングをスタートするコト です。
これに 例外は殆ど見当たりません。

この時点、アドレスから 1秒、イエ 0.5秒もたたない初期動作で
手打ちをするコトが確定、振り遅れることが確定、
後々、クラブを寝かしたりの不必要な修正動作を除けば
 その時点で、アウトサイドインに振る事が確定しているのです。

手で上げない ようにするには
いばらの道の「左グリップの改修」が手っ取り早いです、
言葉通り、いばらの道(精神的に…ですが) ですので、
ワンポイントアドバイスを✊

テークアウェイを右手、右腕、で行って見てください。
理想を言えば、右ひじ、もしくは 右上腕の背後への移動
と 胴体の右向きをリンクさせる形 で。

そのコツは 【からだの回転よりもやや先目】 に、
☑右ひじを曲げる か
☑右上腕を上げる か
☑右ひじを背後に引く
 を行うコト。
左手は、「右手一本だと辛いから」 手伝っている程度で
左手は、クラブの移動そのものには直接関与しない感じで‼
左グリップが その右腕動作によって 動かされそう
というのは からだの向きの変更 で処理します。
スナップショット 1 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)





左腕が回内(ローリング)しなければ
左グリップの変更は 格段に容易に行えます。


そこから先、スイング出来なーい、とか

チカラが入らなーい、とか 強く振れなーい、とか
飛ばなそう、とか その手の弱音は関知しません。

一番、始めに ゴルフクラブを握った時、どうだったんですか?
としか お答えできません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 …ちょっと紛らわしいのですが、
名称としての 『シャットフェース』 とは
正規のスイング用語では 『スクエアフェース』 のコトを指します。

そのフェース面の向きは 何を対象にするか というと
あなたの構えた時の 前傾姿勢 に対してのモノです。

橋爪晃彦 (2)_Moment

その前傾姿勢に対し、体の向きを変えると
その角度に対し 直角な関係で クラブも含め
多くのモノが動きます。 (ややこしいですね)


✋その 前傾姿勢に対し直角な状態
それに対し フェースはスクエア
右を向いている時は、その前傾姿勢分、
やや下向きな状態が スクエア です。

地面に対しては シャット
 やや地面を向いている状態です。

ややこしいですが、
テークバック時、右を向いている状態で
フェースが『地面に対し』 垂直な状態 は
実は オープン(ロフト) な訳です。


巷では 手先で作る オープン/シャット の話しが
飛び交っていたりしますが、本当のトコロ、
◯手でクラブを動かす 👉👉👉オープン
◯からだの回転通りに動かす 👉👉👉シャット(に見える)

なのですから、もうごちゃごちゃの話しになってしまいます。

正規な形で、手を使うと
グリップの高さが上がったり、ヘッドも高くなったりしますが、
オープンにもシャットにもなりません。
高さが変わるだけです。

手でオープンにしたり、シャットにしたり する時点で
話は 特殊な個別なスイング に突入です。

スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)


ですので ダウンスイング時、
左サイドが低くなっていますから
その左サイドの移動なり に 同期して左腕、左グリップが
ついてくれば 見てくれのシャットフェース、
実はスクエアフェースが出来る訳です。

理論上は フォローでは
左サイドが高くなっていますから
自然な形では その傾き通り、フェースは空を向きます。
からだの回転に対し、ヘッドはその重さ通りに
遅れた状態のままですので テークバック側に比べると
その度合いは薄いですが、最終的には空を向きます。


スイングを 回転する(向きを変える)からだの向き通り に
していれば、シンプルというか やることは少なくなります。
本来、からだが向きを変えるから、その体から生えている腕が、
それを持っているクラブがターンする のですが、
体の向きの変更とは別に 腕やクラブがターンする となると
円を二重、三重と作るコトになりますから 一気に複雑化します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



最近のアドレス姿勢でとても気になることがあります。

一つは先日書いた 間違った前傾姿勢の取り方 です。
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1945017.html

yjimageLL19E073

もう一つは 年々増えつつある 現象にもなりつつある
アドレスなのですが、
それは アドレスで手をボールの方に出して構える ことです。

前傾姿勢の取り方にもよりますが、
腕は肩から、特に左手は肩からだらっと下がった
所に収めておくべきです。

意識されていませんが、
両腕は当然クラブよりもはるかに重いものです。
yjimageW5TCMT5G

特に腕をボールの方に出して構えるゴルファーの多くは
腕やクラブを振るため
その重さはかなりのモノになります。

体は当然その重さを支えようとしますから、
ラウンド中 疲れてくるとアドレス姿勢も変わってくるでしょう。

腕を出して構える ということは
運動でさらに増えるその重さを解消するため
必ずスイング中 前傾姿勢を起し、無くしてしまうことに
つながり易くなります。
IMG_0569IMG_0567




















前傾姿勢の取り方が間違っていると
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1945017.html
こうなりやすい のも確かですが、
これもラウンド中疲労に伴い変化しやすい
アドレス姿勢の代表例です。

このようなアドレス姿勢と取ってしまうと
自分とボールとの距離 が非常にあやふやなものに
なり易いですから 注意が必要です。

右手グリップは左手グリップよりも
ヘッド側…遠い方を握りますから
ボールの方に近い感じですが
左グリップは肩からだらっと下がったところで
クラブと合体することを意識してください。

体が前傾して出来た 下方の空間
この中をグリップを移動させるイメージです。
腕の重さは 長さを付けて 増やさない
というのは 動作中、姿勢を維持するためにも
とても重要なことです。


ゴルフショットは
理想的には 出来るだけ正確に、
出来るだけ繰り返せて、
出来るだけ少ない労力で
より遠くに 「ボールを打つ」 為のモノで
クラブの運動を増やし
クラブを遠くへ放り投げる その過程で
ボールを打つことではありません。
(意味わかりますか?)
スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)

私の目には 最近のスイングは
クラブをより遠くに放り投げる過程に
ボールがあって、
二次的にボールを打っているようにしか
見えません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ボールを打つ為、セットアップする構えを
アドレス(ポスチャア)と呼びますが、
その中でも大切な一つに
 ボールの置き位置 があります。

005


幾つかあるレッスンの中には
番手などによって ボールを位置を変える 
と言うのがありますが、
それは 位置把握のしやすい、目安になるものの多い
練習場でなら良いかも知れませんが、
傾斜や景色が毎回変わり、疲労によって変化の起こりやすい
コースでの方法論として適切ではありません。

ショットは兎角ミスが付きまといます。
ほぼ、全部のショットがミス と言っても過言でない程
ミスはついて回ります。
そのミスの確率を下げ、ミスの幅を狭くするためにも
ボールの位置は固定した方が良いと思います。

その基準になるのは左の靴です。
002

ボールの前面が左のかかとになる位の位置
クラブの長さや番手が変わっても 置く位置は同じ。
変わるのは 右靴の位置 → スタンスの幅 だけ
と言う方がより簡単になると思います


このボールの位置は
 インパクト時に体のセンターがここになる
 インパクト時、体は左の脚が軸足になる

という事を作っていきますから、
現在、ボールの位置が右に寄っている場合、
ボールの位置を治すとなかなか上手く行かなくても
その位置を習慣づけることによって
体の回転、体重移動、アドレス姿勢が
改善されますので、続けて下さい。
スイングの改良の非常に大きなポイントです。

体の回転は背骨が軸になる動きです。
人間の体は 厚み に対し
重さは背骨よりも前(胸)側に位置するので
背骨を軸に右を向けば、その重みは右足の上
左を向けば、左の足の上に乗ってきます。
体の回転と体重移動は同意語に近い
密接した関係です。
003

ボールの置く位置が
自分のインパクト時の 体の位置、姿勢を決めます。
8a862ab6

アドレス時の真ん中や
それよりも右にボールを置く ということは
体重移動を放棄する
 →背骨を軸とした回転運動を放棄する
という事になりますから、
慣れるまで上手く行かなくてもあきらめず続けて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



アドレス姿勢(ポスチャア)…に行く前に
まず セットするボールの置き位置
についてのお話をします。

yjimage


この ボールの置き位置
正確な確率は分かりませんが、
ハミングバードが見る限り
アマチュアのコースでのミスショットの
半分以上、おそらく7割に届くような 原因が
ボールの置き位置に秘めています。

それはどういうことか というと
アドレスでの向き、とも関連しますが、
コースへ出ると 傾斜があります。
その傾斜も 左靴、右靴、ボール、で
三者三様であったりします。
向きと絡み合って、ボールの置き位置が一定しない
毎回バラバラ
その置き位置では打つ前から失敗が確定…
のようなことが 本当に頻繁に発生します。
005

と同時に 練習場の悪い癖、というか
知らず知らずの習慣なのですが、
日本の練習場はとてもよく出来ています。
そう、どこの練習場であっても
ほとんどすべてのものが 規格サイズ がゆえに
知らず知らずのうちに その距離感
例えば ボールとの距離 などを
その サイズに依存しているケースが多いです。
直線が多いので アドレスなどの向きも
それに委ねているケースも少なくないのです。

一度 練習場で、打たなくてよいのですが
自分の立っているマットの上にボールを置き、
マットなどの向いている方向とは
全然異なる 曖昧な方向
35度左向きとか 23度右向きとか
適当な方向を向いて セットアップしてみて下さい。

おそらく 方向、ボールの左右位置、ボールとの距離感
これらも なんとなく違和感 というか
落ち着かない感じになると思います。


そうなった時 持っているクラブ を地面に
自分のアドレスした 両足のかかとに沿って置き
もう一本のクラブで そのかかと線のクラブと垂直に
ボールに対し 置いてみて下さい。
002

まあ 十中八九、自分の望んでいる向きよりも右を向き
マットに対し左向きの目標方向であれば右寄り、
マットに対し右向きの目標方向であれば左寄り、
いつも 理想的に構える状態よりもボールの位置が
ズレている筈です。

ボールとの距離感も一定しないかもしれません。
向きによって ボールとの距離感もズレる可能性が
あるでしょう。



アドレスの重要点の一つに
目標とする方向と平行に構える。
フェースの目標と交わらないように平行に構える。
と言うのがありますが、
家でセットアップの練習をしたりする場合、
なにかに平行や垂直に構えず
中途半端に斜に構えてみる練習をするのも
コースでの無用な、無駄なミスショットを減らす
かなり大きな一手になります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


0e4d0881
アドレス、ポスチャア、始める時の構えのコトを指します。


ここで大切になるのは
自分の
 『アドレスの向きに対しボールの置く位置がどこか』
というコトになります。
◌ボールの位置がどこか ではなく
 打ちたい方向に対し、自分なりにちゃんとスタンスの向きを取れるか
 常時、似たようなスタンスの向きを作れるか がポイントです。

✋スタンスの向きの作り方が
 いつも曖昧だと 結果 ボールの位置
 自分のからだに対してのボールの位置もズレます。
 ミスショットの原因の半分以上は ここで生まれます。


アドレスの向き 👉スタンスの向き ですが
200px-08_tory_railtrack_ubt
ゴルフの向き〜打ちたい方向は
ボールと相対しているクラブの向きと平行で
このヘッドとスタンスの二つの直線は
 どこまで行っても交わらない平行なモノです。
線路のレールの関係と似ています。


その際、心がけておきたい、慣れておきたい のは
スタンスの向きの基準は つまさき ではなく、『かかと』 です。

多くの右打ちゴルフファーの場合、
右足のつま先よりも 左足つま先の方を開き気味にします。
その 左右の開き具合の違うつま先を基準にせず
かかと で アドレスの向きを作る手順なり、ルーティン、慣れ
を作っておくとよいかも知れません。

つま先基準にして、いると
かかと基準にするよりも ボールは左、前にズレます。



股関節から上の「正しい」からだの回転を目指すのなら
ボールの置き位置は 左足かかと前あたり
インパクトの時のからだのセンター をお薦めします。

0e4d08811

初めてゴルフクラブを握って ボールを打つ
という過程を過ぎ、少し経つと スライスで悩むようになります。
コースへ出て スライスしても OBなどにならないようにする為
左を向いて構える場合があるかと思いますが、
左を向く時、その基準になるのはボールです。
左を向く分、自分は後ろに下がる形になるのを忘れずに。

例えば 練習場の二回打席などで
 右の方向をターゲットにすると
左足は 二階の淵 に近づいて 危険になる というコトですね。


その場で スタンスの向きだけを左に向けてしまうと
ボールが 極端に中、右に寄ったコトになり
それでは より一層スライスしてしまう可能性が上がります。

これは 後々 バンカーショットなどにも応用されますので
ボールに対しての スタンスの取り方 に慣れておきましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アドレス、構え、ポスチャアとの絡みは ありますが
グリップ、両手の握り のポイントは幾つかあります。

❶最大のポイントは
 左右のグリップが (上
下)に大きく離れないコト です。

b7055bfb2eea97122aee59c31313e22342ea91fd36ed9c16ce93d5f8








両方の手首のラインを見てみて下さい。

製品としてのグリップ(ゴムの部分)は 30センチ弱あります。
手の大きさ、手袋のサイズにもよりますが
半分くらいの 20センチの区間を持つ というか
◯左右のグリップで 出来るだけ似たところ 一か所を握る
 ✖✖左右が別々に二か所の場所を握る〜握る区画が広い

 ようにした方が良いと思います。

その手首の位置の違い、高さの違いは
そのまま アドレスの姿勢に直結します。

本来 その最低限のズレは 背骨をゆがめたり
片側の肩を前や下に落としたりするのではなく
骨盤そのものを 微妙に右に傾けて 解消します。

しかし、それにも限度があります。
左右のグリップ、手首の高さの位置のずれが大きいと
からだの部位ごとに 左右の向き加減や上下の向き加減に
歪み、違いが出来てしまい、傾斜のある場面や疲れた時など
ボールの位置がずれたり、向きがズレたり し易くなります。

両手を合掌 とまではいかなくとも
左の手のひらの下側 と 右の手のひらの上側 が
重なっているというか 『手のひら』が形成されていることは大切です。


❷握り方には インターロッキングやオーバーラッピングなどありますが、
そこはお好みで良いと思います。(ベースボールは論外な気がします…)
出来るだけ 手首から離れた指気味で握る方をお薦めしますが
それも 手のサイズやグリップサイズなどにもよります。
指側で握る というニュアンスの中で
重要なポイントは グリップ(シャフト)と手のひらの角度 です。 
IMG_1064

☆☆☆ちなみにですが 細いグリップの方が握り易い かも知れませんが、
少ない力で 強く握れるのは ふと過ぎない程度に「太め」のグリップ
握力に自信のない方は 接触面積の取れる「太めのグリップ」の方が
しっかり握れます。 (女性に細いグリップはダメ というコトです)

手のひらとグリップ(シャフト)の関係が斜め になるようにします。
手のひらとグリップが垂直な関係はダメ です。

これも アドレスに直結します。
手のひらとグリップが垂直な構えをすると
必要以上に かがみ、、、 前傾ではなく かがみが生まれ、
グリップの位置も体の中に入ったりしやすくなります。
IMG_0772

主に左手とグリップの関係になりますが、
左の親指は クラブを握る、グリップする というコトよりも
その角度を維持するためのポジションを取った方が良いと思います。

✋左の親指が グリップを握ってしまうと
 左グリップが丸くなり、握手の入ってくる場所が塞がれてしまい
 左右のグリップの密着感が薄れます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブを 初めて『握る』 と
その握りと構え(アドレス/ポスチャア)の違和感
奇妙さを多くの人が感じるコトでしょう。
そう言うモノなんだ と納得するしかないのでしょう。

ボールに真っ直ぐ、正対して構えろ、構えたい
と同時に 左右の手(握り)グリップがズレており
それによって ボールに正対して構える と
クラブを握る がなかなか馴染めません。

ここでも 股関節を境目に 骨盤から上の胴体を回すのと
へそ辺りを基準に 上半身上部、主に肩をねじるとでは違いが生まれます。


見た目には似たようであっても
正しく からだを回す(股関節が境目)場合
からだを回すことが 地面にある、低い位置にあるボールを拾うコトになりますが、
上半身上部、肩をねじる場合、左手よりも右手が下になる
という行為が 地面にある、低い位置にあるボールを拾うに直結します。

36ed9c1642ea91fd







左右のグリップの関係は
理由があってズレてはいますが、
出来るだけその関係のズレは最小限、
上下に密着したグリップが理想です、 理想ですが
まだ ゴルフショット、ゴルフクラブに慣れていない状況で
地面にある、低い位置にあるボールを拾うのは
利き手の右手がそれを出来る 上下に離れたグリップ がより簡単です。


また この後、ある程度 打てるようになると
スライスという難題が待ち受けており、
それは フェースターン、クラブの返し、腕の返し で解決…するそうです。
腕の返しは 茲離哀螢奪廚鮖拇世鳳手でする行為 ですので
左右のグリップは ズレている方がし易い 訳です。

上下にズレた、上下に離れたグリップは
当然のように アドレスの姿勢を歪めます。
ボールに正対して構えたいのに
右肩を下げ からだを歪ませて構えることに違和感、
『これはなんか変だ』という抵抗感 を持っている筈 なのですが、
腕の返し という問題を解決するために 回数で馴染ませてしまいます。

誰に言われる訳…ではないでしょうが、
アドレスの構え、その向きは ボールの飛ばしたい方向と
つながっている・・・だろうと感じている一方で、
左右の握りが離れているようにグリップすると
その構えの向きが からだの部位 肩のライン、胸のライン、
腰のライン、そしてスタンスによって異なり
左右のからだの高さの違和感も感じている 筈なのですが、
打つのには こうするしかないのか と妥協せざるを得ません。
👉そこに誰からも説明はないのです(後日説明します)



一般的にこれをリリースと呼ぶそうですが →「手の返し」 をするには
左腕、左グリップが先走りされては困ります。
4bcbe6f4インパクト前にその位置が固定出来ないといけないので
テークバックでの 左腕を胸につけるような
仮面ライダーの変身ポーズもまた肯定されてしまいます。
これを 「わきを占める」 というそうです。

◌脇は体の側帯 のコト で
◌腋は腕の下、胸側では無い筈 です

この姿勢では 蕕睿討癲∽も締まっていますが
茲力討癲↓茲嶺もがら空きなのですが
この どこが「わきが締まる」と言う言葉が適切なのでしょうか・・・。
それとも 片方の わきが締まっていれば、
もう片方はがら空きでも良いのでしょうか・・・。
👉問題は その格好ではなく、
 『この動作は次の何の目的のためにしているのか』なのではないでしょうか



✋お気づきの方もいると思うのですが

偽り は 偽り続けて 誤魔化すしかありません。

スイングの始めのステップ、始めのボタンを掛け違えているせいで
体の部位を 正しく伝えない、誤って覚える
もしくは 間違って教える/教わる というコトが続くのです…。
使わなくてはいけない部分の名づけ、名称が間違っているのですから
 動作として覚えるのはかなり無理が発生するでしょうね。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


左のグリップのおさらい ですが、
左のグリップを支点として
左の手首をグリンを回すような使い方はしない

左グリップは体とクラブのリンクが主で
スイング中、クラブとからだの関係は大きく変わらない

そして 左手の握力頼りで握るのではなく
両方の手で挟む 合掌のように支え合う
その程度の 左手で十分です。

IMG_0379IMG_0375







では 右のグリップはどうなんでしょう❓

右のグリップの役割は
ロフト方向に クラブを持った左手を押してあげる
正確に言うと
ロフト(ロフト0度のクラブと仮定しましょう)は
スイング移動面〜スイング軌道に対し
常時 90度の関係にあります。
ヘッドは重さ ですので
放っておくと グリップもその重さ(運動での積算分)
遅れようとするので それを助けるため、支えるため、
押す・・・訳ではないですが、右手の補助が必要です。

MVI_0741_Moment(6)MVI_0741_Moment(9)

ロフト方向に押す
のは 握らずに ✋のままでも出来なくはないですが
少々 不安定だから握っている・・・程度です。

その二つ 左と右のグリップの組み合わせ
その二つ 左と右のグリップの役割
を考えれば だいたい どのような握り方がいいのか
見えてくると思います。

右手を✋にしたまま 打て ではありませんが、
左手もガブッと、右手もガブっと 握っているのは
よくありません。

右手が ヘッドのロフト方向に押す
のが役割であるのなら
左手がどう握るか によって それは決まってしま
とも言えます。
お互い向き合っているのですから。

グリップの握り ではなく 部品としてのグリップは
丸い形状 丸くなっていないとルール違反です。
特に 板状のもの アドレスをした時に
12時6時の縦に板状になっているモノ は
スイングの手伝いになる という理由から
はっきりとルール違反と明言されています。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイングを作る時 スタンスの向きやアドレス(ポスチャア)は
万人が知っての通り、とても重要です。

形だけの真似をしても
自分のクラブの扱い方、動き方、スイングが今まで通り であれば
グリップもアドレスも数球で元に戻ります。

そのグリップである意味、そのアドレスである意味 は
そのまま自分のクラブの扱い方の表れ
 ですから
違和感を乗り越えて グリップやアドレスから治すか
クラブの扱いを変えて いつの間にかグリップやアドレスを治すか
は それぞれのゴルファーの選択 でしょう。

とは言え 治しましょう ではなく
グリップとはこう言うモノですよ と知っておくのも重要ですので
そのお話を…。

swing102


❶左手、茱哀螢奪
右打ちの人の話ですが、
左グリップは クラブと自分をつなぐ 最大の接点です。
その「つなぐ」というところが一番のポイントで
その「つながり」がラウンド中、変化してしまうのは困ります。

グリップが変われば 必然的にアドレスにも影響が出ますから
ラウンド中 出来るだけ 変わらない
クラブと自分との「つながり」が大切です。
スナップショット 1 (2013-11-29 11-02)
多くの人、今やほとんどの人 と言って良いかもしれない人
にとって 左グリップはスイングの支点
クラブを回転させるための軸点、回転ポイント
になっています。

クラブを回転させるための支点 が左グリップであると
当然 スイング中、クラブと自分の関係は常時動いています。
これは問題があります。
ご存知の通り ゴルフクラブは長い棒の先のヘッドという鉄の塊
『重さが先端についています』から
スイングすれば その重さは 長さ×速度 の積算で重くなります。

となると 左グリップは悪霊次第、いやいやいや 握力次第 になります。

若くて力のある人は良いかも 知れませんが、
持久力、筋持久力…金持久力のある人もいるかもですが
耐久力は落ちやすい年齢の我々、その中でも握力は最も早く落ちてしまいます。

IMG_0529IMG_0528









ラウンド中 疲労が進むと 握り具合が変わってしまっては困ります。
支点になる左手首をフリーにする為
 左グリップを クラブがすっ飛ばないようにガブッと握るのはダメです。
そのグリップでは 必ずラウンド中大きく握りが変化し
 それがアドレスを変えてしまい、後半のミスショットを誘発します。

左グリップはあくまでも 『自分とクラブのリンク役!』

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スタンス アドレスには大切な二つのチェックポイントがあります。


これはご存知だと思いますが
❶スタンスはターゲットと平行
であって スタンスをターゲットに向けるのではありません。
疲れてきたり、急いでいたりすると
無意識にそうなりがち…ですので ご注意ください。
Desktop 2019.08.05 - 07.31.06.02_Trim_Slomo_Moment

スタンス自体をターゲットに向かって取ってしまう と
結果として 大きく右を向いて アドレスをしてしまうことになります。
ゴルフを始めたばかり の人はこれ多いです。
これで練習すると
右を向いて引っかける というのが自分のスタンダードになってしまう上
例えば 見た目上 左の足かかと付近にボールを置いているようでも
実際には ずっと外、ずっと左に置いているコトになり
当たらない、届かない ひっかけが激しくなる が故に
ボールをグッと中に入れて 構えることになります。
ここまでくると結構複雑です。
ちょっと時間かけても スタンスも向きは修正しておきたいです。




❷スタンスの向きは両かかとのラインで

多くのゴルファーは
スタンスの向きの基準をつま先 でとりますが
それはちょっとチェックし直した方が良いです。


IMG_0001

右打ちのゴルファーの場合 左足
左の足、茲侶い諒がつま先を開いてるケースが多く
その状態で 両つま先がターゲットと平行…
というコトになると
 実際にはやや右を向いて打っているコトになります。
IMG_0001 (2)


つま先の開き具合は
ある意味傾斜への対処
 にもなります。


ですので つま先基準でスタンスの向きを作ってしまうと
コースへ出た時、その傾斜、傾斜具合で
ボールの位置が動いてしまう というコトになるので
かかとでスタンスの向きを取ることに慣れましょう🎵

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スタンス まあ両足の位置、向き
というコトになりますが、
ココでポイントになるのが
そのスタンスとボールの位置関係です。
003

ハミングバードでは番手、クラブの長さに関係なく
左足かかとあたりを推奨していますが、
その位置がある程度 いつも同じようにしておく
のが ミスショットを防ぐポイントになります

そして これも何度も言っていますが
スタンスの向き と ボールの位置 は
密接な関係にあります。


両方の足のかかとを基準に
ターゲットに対し
閉口に立てた、スタンスを取れた
と言うの基準とし
そのボールとからだの関係を変えず
🔵スタンスを右に取れば
ボールは構えに対し 左にズレるコトになります
🔵スタンスを左に取れば
ボールは構えに対し 右にズレたコトになります


001002









コースでは傾斜や風景によって
ダマされてしまう、分からなっくなってしまう場面が
少なくはありませんが
スタンスの向きとボールの関係 は
ミスの最大の原因
打つ前からミスが確定、確率が上がってしまうので
注意が必要です。

また ドライバーなどで
その日はスライス気味だからと
左にスタンスを向きを変えた時や
引っかけが多いからと
右にスタンスの向きを変えた時、
✋『ボールを軸点として向きを変えず』✋
自分だけが その場で向きを変えると
ボールの位置がズレます。
注意が必要です。
慣れないうちは クラブも利用して
 ボールを軸点に向きを変えましょう🙋


グリップが左右(位置関係的)に離れている人は
疲れてくると グリップのゆるみ(より一層の離れ)からの
スタンスの向き・ボールの関係のズレが
大きくなり易いので注意しましょう。
アドレスがしっくりしない
なんとなくテークバックが取りにくい

の場合はおおかた ソレ です。
アドレスを取り直すときは 『グリップ』からやり直しましょう

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングやショットを良くしていく時、
車の故障や体の不調と同じように
現在 どうなっているのか 知るところから始まる。
スイング改造、改良 で 気を付けたいトコロ、
注意すべき点は ちゃんと現状、原因を把握していないで
目に見える、ビデオに写っている 恰好、形、サマ だけを変えると
それは 問題の部分を別に移すだけで
後々 より深刻な、問題がより複雑化する可能性が多く、
私が見る限り、多くの人がその「罠」にハマっているように見える。

✋幾つかのSNSで ゴルフのグループに入って、
 そこに上がってくる スイング動画を眺め
 その改善方法やそこに入ってくるアドバイスコメントを見ていると
 かなり危ない、ほとんどが危ない と感じます。




よく有る悩みの一つだが
『インパクトでの伸び上がり』
を例にして考えてみよう。
場面によっては 『ボールから目を離すな』
もそれに類似するモノと思われ、
過去 では インパクト前に 視線を切ってしまう、
フォロー側を向いてしまう アニカソレンスタム は
批判の対象になっていたような記憶があります。
hijinuke1 (2)

最近では この伸び上がりを意図的に
かつ 積極的に行う 「地面反力」なんて
造語があるけれど、まあ すぐに消えてしまうでしょう。



インパクトでの伸び上がりは
ダフリ トップのミスや飛距離不足の問題も含み
安定しないショットの「見た目」原因になり易い。
連続写真や動画などを扱いやすくなったこともあり
大きな動作が故に気になり易い「課題」の一つ。

意図的に、積極的に行う人を除いて
喜んで 意図的にやっている人はほぼいない。
先日 全英女子オープンに優勝した 日向子ちゃんも
一年前に比べ この部分大きく変わったように見えます。
IMG_0665_Slomo_Moment(2)

では どうしたらいいのか
単純には 伸び上がりを抑制 抑える と考えがち だけれど
この伸び上がりは 別な行為に対する「対処」
本能に近い「反射」行為なので
別の原因を抑えないと この伸び上がりを防ぐことは出来ない。

逆に 無理に伸び上がりを抑えてしまうと
からだを動かす、もしくは クラブを振るスペースが足らなくなるので
より一層 ダフリやトップが増えてしまう。

実はこの 伸び上がり は
スイングにとって かなり根本的、根幹の部分を治さない と
解決出来ないのです。
何重かにこんがらがった糸状態で、
焦らず 一番上に当たる問題から解いて行かないと
より一層こんがらがり、我々の年齢では 体の痛み、故障の原因に
なってしまいます。


一般的なダウンスイングの手順は

_鹽召紡个垢覯屡梢箸離蝓璽
 莢屡梢箸瞭阿 から始まり
△△訝奮に来ると からだの回転を抑え
 クラブを腕で下に振り始めます
グリップの あるポイント で止め
 それを基準に クラブをリリース、フェースローテーション
 左右のグリップの 上下の入れ替え をします


 この手順であれば 多かれ少なかれ 必ず『伸び上がり』
 が無いと ナイスショットは生まれません。

本来 インパクトは イメージ…ですが
 下半身も、体も、グリップも、
 ボールに一番近づいた辺り、一番低くなった辺り、
 な筈ですが、 上の手順では
 ◆銑の間、の前には からだもグリップも最下点、
 ボールに近づいた状態 ですから
 そこ「から」、 それ「から」打ち始めたのでは
 リリースする分、クラブヘッドを体から遠ざける分、
 体自体をボールから、地面から遠ざけ、
 腕やグリップ、クラブを通す「空間を創造」しないと
 どどどダフリになってしまいます。

腕の長さは限られており、アドレスをインパクトの再現
とイメージしている限り 概ね両方の腕が伸びた「ような」状態がインパクト
な訳ですが、_屡梢箸離蝓璽鼻´∀咾妊ラブを下に振り始める
この時点で 右サイドは下がり、左サイドは上がり始めます。
ここから リリース…つまり腕を伸ばしたのでは
自分とボールの空間が足らない のです。
葛谷Slomo_Moment

あえて 治し方は書きませんが、
それを 伸び上がらない ようにしたとしても
無理やり、体を止め、抑え込み 打つコトになるので
負担もさるコトながら、基本、無理があるので
再現性の高いモノにはならず、
例え、録画して 伸び上がり を抑えられ「た」ように見えても
問題の解決にはなりません。

そう言った スイング改造は 糸をより絡ませます。
解けないような糸の絡み方になっては
自分でも、ましてや他人には治すことが出来なくなってしまいます。
ご注意ください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



アドレス、ポスチャアに関して、ですが、
左右のグリップが出来るだけ近く、離れていない
と言う前提条件の上で の話です。

とは言うものの 左右のグリップは
右の方がヘッド側  〜遠い方
コブシ分〜半コブシ分 握ることになります。
image1


左右の 腕の長さは同じなのに
右のグリップだけが 半コブシ分 離れて握るのを
背中、背骨を捻ることで解消するのでなく
骨盤そのものを 薄く ごく薄く 右に傾けるコトで
解消してください。

〇グリップのズレの分
 骨盤そのものを右に傾けると
 骨盤から上は 薄〜く上を向いた形 になりますが


✖グリップのズレの分
 右半身を縮めると
 肩はすく左(開き)やや上を向く
 という胴体の中に差が生まれてしまいます

 
 ⇒こちらはアドレスが汚い のですが、
 もう多くの人は その違いも見れなくなっているのが悲しいです

IMG_0706_Moment(3)

 この差(違い)は からだの回転を 骨盤で区切るか
 胴体を捻るか の違いになります

 アドレス時の体重配分にも差が出ると思います。

骨盤を傾ける場合は 6:4〜5.5:4.5 で右気味
胴体を捻る場合は 5:5 に均等
と言う感じでしょう。

IMG_0706_Moment(2)


左右のグリップが離れすぎていると
骨盤の傾き「だけ」では処理できなくなるので
グリップ次第 とも言えます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



まず 知っている人には無用ですが、
ゴルフのスタンス、スタンスの向きは
目標方向、ターゲット に 平行に
 電車の線路のように どこまでも交わらず、平行です。
a0042e90869424d8e720ae8d95b891cd8d7070cd

自分のスタンスを 目標、
例えば ドライバーで言うとフェアウェイの目標点や
グリーン上のピンであったり 目標に向けてはいけません。
ボールと当たるヘッドは 自分のスタンスと平行
というのが 基準になりますので
それでは ヘッド〜ボールは目標よりも右を向いてしまいます。

打つ距離などによっても異なりますが、
アイアンでグリーンをセンターを狙う場合など
自分のからだやスタンスは グリーンの左端であったり、
場合によっては グリーンの左外を向いてる場合もあります。



次にスタンス、
ボールの飛ばしたい方向を決める スタンス
足、というか 靴の向き ですが、


この基準になるのは 両足のかかと です。

003

多くの人が 右打ちの場合
 左足、左靴 の方を多めに開き、
 右足、右靴 の方が少なめです。


この状況の中で つま先がターゲットに向いていると
本当のスタンスは右を向いていることになり
希望の目標方向にボールを飛ばすには
「ひっかけ」を覚えなくてはならなくなります。

また 薄く右を向いていると
感覚的においている ボールの位置が中(右)に
感じてしまうので、前(左)に置きがちです。

これに グリップ・・・左グリップのガブリと深く握りしめてしまう
状態が絡むと 肩は茵.好織鵐垢廊蕁,より強くなります。
001

スタンスはボールの左右に対する置き位置と密接に関係があるので
グリップによって肩は茵.好織鵐垢隆霆爐鬚弔淦茵▲好織鵐垢廊
によって ボールの置き位置があやふやになり易く
それはミスショットの誘発します。

✋正直 コースでのショットのミスの半分はコレ だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



握りの方のグリップは
左グリップでほとんどのことが決まってしまいます。

これも今すぐ治すー とかではなく
自分のクラブ扱いが変化〜進化していく目安として
観察し続けてください。
IMG_0772

そうですねぇ 自分の例だと
ああ こんなグリップにしたいなあ
というのは 2年位はかかります。
いつの間にか そういうグリップの出来るクラブ扱い
になったことによってグリップは変化する訳です。

左グリップの握り方…というか
理想論で言うと、小指、薬指、中指 〜この3本を主に
感情線よりも先の指部分で握りたいです。
問題なのは、ここで『指で』一度握っているのに
さらに 掌でもう一度「二度握り」していることです。
スナップショット 5 (2013-09-10 1-45)

オンプレーンスイングが主流になって
軽量スチールシャフトのアイアンばかりになって
この「汚い」握り方しか見なくなりました。。。。
この「二度握り」はカタカなのゴルフ用語では
フックグリップ…なんて呼んでいますが、
そんな格好の良いものではないです。

これも繰り返しになりますが、
二度握りしてしまうと
本来 右グリップの入ってきたいところが塞がれてしまい
右のグリップを横から、真横から入れざるをえなくなります。
左のグリップは上、斜め上から入ってきているのに
右のグリップは横から入ってくる 
そして、この状態だと必要以上に 数センチ分
右手はより遠いところ、左手を離れたところを
握らなくてはならなくなります。
もう お分かりだと思いますが
この悪の二重効果はアドレス・構えに
ダイレクトに影響します。
yjimage

左のグリップの入り方 如何によって
アドレスも決まってしまう訳です。

勿論 その左手のグリップ 二度握りには
クラブの遠心力を グリップからヘッドにかけてしまう
クラブ扱いがあるから、思いっきり握れる状態に…
という理由もありますし、
テークアウェイを左腕のローリングで
安易にヒョイっと上げるという理由もあるでしょうから
その扱いが変わってこないとグリップも変わらないはずです。


そこで 結構忘れている、気づいていない面白い知恵を。

グローブを使わず、素手で握られる方もいるとは
思うのですが、自分のグリップ(握り)に不満があるようであれば
是非 左手だけはグローブを使って見てください。

私個人の意見ですけれど、
この ゴルフ専用のグローブ って
かなり グリップすることの補助器具になっていて
昔の概念というか、ルールでは ルール違反?
というほど 便利な代物です。

革 なんて高級品を使う必要はありません。
合成皮革で十分、十二分です。

まず サイズですが・・・
許せる限り 小さなもの。
手が痛くなく、装着で破れない程度に
小さいなものをお勧めします。

私 実は手は大きいのですが
それでも サイズで言うと新品で23
使い込んだものであれば 22でも21でも行きます。

グローブをしてみるとわかると思うのですが、
グローブは掌で握るようには出来ていません。

丸く握る というよりは
手のひらは 手のひら として使うように裁断されています。

そして 少々性能の良い
指の間なんかに収縮素材が使われているものでは
指の部分は手のひら側に曲げる加圧よりも
手の甲側に反らされる加圧が掛かっている筈です。
指・・・だけでグリップするように出来ています。
スナップショット 8 (2013-09-10 1-47)

まあ そう言ったことから
二度握りやくそ握りするゴルファーの多くは
緩いサイズのグローブを使うんでしょうねー

是非 ご自分で試して見てください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


今も昔も ゴルフショット・ゴルフスイングは
グリップに始まり、グリップに終わる と言います。

"グリップの汚い人に 美しいスイング、美しい弾道の人はいない!"
とまで言われるほどです。

形・恰好 としてのグリップ、「握り方」も軽視出来ませんが、
始めたばかり、であっても ベテランであっても
トーナメントに出ているプロであっても
『グリップ(握り)はミスの確率』と密接につながりがあります。

田中どら_Moment


グリップは どうクラブを扱うか ソノモノを表しています。
スイングを見極めるのは難しい・・・かも知れませんが
グリップを見極めるのは意外に簡単
 何分、止まっている時に分かる のですから^^


,泙此左右のグリップが全く違うモノ であるコト
 ココは注意したい ですね。

 多くの人は 茱哀螢奪廖扮β任繊法,魯亜✊
 右グリップは ✋ もしくは セミ✋
IMG_0706_Moment

⇒これは明らかに
 茱哀螢奪廚支点 になっていて
 右手でハタク、叩く というコトを表しているでしょう。

 前にも書きましたが、年齢がシニアに近づいてくる
 もしくはシニアを超えてくると
 握力、特に利き手ではない左手の握力
 握力の数値よりも 握力の持続力 は顕著に落ちます。
 👉これが かなり主要なミスの原因になってきます。
 (握力が落ちる というコトではありません)


 そうなると 次の◆,箸弔覆ってきます。


左右のグリップが離れているのは出来るだけ避けましょう。

 この二つ、,鉢△呂世い燭ぅ螢鵐しているのですが、
 茲離哀螢奪廚鉢蕕離哀螢奪廚離れていると
 アドレス時、体が捩じれた状態から始まります。

 スタンス、足、腰 は目標点を向いていても
 左右のグリップが離れていると 肩周りは薄く左を向いた状態
 になってしまいます。
IMG_0706_Moment(2)
IMG_0706_Moment(3)

 また それを並行して、肩周りだけが やや上を向いた姿勢
 になっています。

 このアドレスが問題になるのは
 腰に対し、肩が左を向いた状態から始まるので
 テークバック⇒右向きがし難く、「始め」難く、
 手で上げがち、 急ぎガチ になるコト です。

 また 初期段階から 腰と肩がズレているため
 からだ、胴体を一体に動かす癖がつき難いコトもあります。

🔥飛ばない! と悩んでいる人 の多くは
 持っているクラブの製品ロフトよりも
 大きなロフトで、ロフトを寝かして打ってしまうコト なのですが、
 動作を始める姿勢、始める前の姿勢が
 既にロフトを寝かしている という皮肉と言うか
 そのまんま と言うか なのです。

 練習ではマシ であっても
 疲労感が大きく異なる ラウンド、コースとなると
 手で振る人にとっては、茱哀螢奪廚鮖拇世砲靴匿兇訖佑砲箸辰討蓮
 どんどん低下していく 左手の握力 によって
 より 茱哀螢奪廚深く ✊が強くなってきます。

 👉そうなると どんどん左右のグリップが離れていき
 アドレスの捻じれ が激しくなっていきます。
 トーナメントのプロでもかなり見受けられます。

 肩がより左を向き、グリップも落ち着かない
 アドレスが決まらない時の多くは これが原因だったりします。
 肩、腰、スタンス が違う方を向き、その差が激しくなるからです。

 スタンスの向き と ボールの位置(前後左右) は
 密接な関係です。
 
 握力が落ちて より肩は開き、上を向いていますから
 いつものボールの位置 では
 肩にとっては 中、右に置いた感じになります。
failgrip

 肩ラインにボールの位置 を合わせると
 今度は 腰、スタンスにとっては ボールは外、左、遠く感じます。

 アドレスがしっくり来ないので アドレス時間が長くなり、
 開いた(左を向いた肩)、捩じられた体の為
 右向きがよりし辛く、長いアドレス、急激に勢いをつけた
 速いリズムのテークバックになりガチ、ですので
 ミスにならない方がおかしいでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


グリップを『正しく』『美しく』握るは
アドレスの姿勢やスイング、
特にテークアウェイの初期動作を決めてしまう。
20160501

グリップする際、フックに握るか、そうでないか
問われることが多い。
最近では左だけをフックに握り、右はスクエア
というやや変則的なグリップが主流になりつつあるが
まず 気にして欲しいのは
グリップの上下離れ「距離感」だ‼

グリップは基本的に右手の方が遠いところを握る。
しかし、腕の長さは左右同じ。
左右のグリップがより離れたところを握れば
そのギャップはどんどん大きくなって
当然アドレスの姿勢にしわ寄せがくることになる。
42ea91fd36ed9c16比べて貰えば左右の手首の位置が
関係が大きく違っている。
出来るだけ左右のグリップが上下に
くっ付いたグリップを作れるのが望ましい。

そして次に(グリップの密着の元になる話だけれど)
左のフックグリップを避けたい。
スナップショット 1 (2013-11-29 10-47)

何故 左のフックグリップを避けたいか というと
左がフックに握ってしまうことによって
本来 入ってくる右グリップの場所が
左グリップの親指によって塞がれてしまい
右グリップが横から握らなくてはならなくなるからで
そうなると 左右グリップの上下離れは強くなり
アドレス時から 左グリップは体のセンターに寄せられ
左手の甲側への逆スナップされた状態から
スイングは始まることになる。

インパクト時、ショット時、
多くのゴルファーは上を向いてしまう姿勢に苦しむのに
アドレスのこの時点でもう上を向く準備が出来てしまう
このグリップには良いことは何もない。

グリップは左右両方で1ユニットのものなので
それが出来るように目指したい。

そのうえで 左グリップがフック
もしくは左右のグリップが上下に離れてしまう主な理由は
テークアウェイを体の回転でなく
左腕〜左肩 だけで上げてしまうことにあるので
グリップを改良していくという意味でも
テークアウェイを右ひじの後ろへの引き
という点で行ってもらいたいと思う。
swing102

そのテークアウェイの引き方が変わらない限り
グリップのみを修正しても
数球打てば必ず元のグリップに戻ってしまうし
ましてや コースでそのグリップを実施することは
不可能になってしまう。

コースで18H 疲れてくるとグリップは変化する。
必ず 自分のテークアウェイを取り易い
自分のオリジナルのスイングに適したグリップが始まるので
その点にも注意しておくといいだろう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



フェースターンでボールをとらえるモノ』として覚える、
『開いたヘッドを閉じることによってボールをとらえる』
として覚える、
一番の弊害・・・正直、ゴルフスイングを
ゴルフスイングでは無いモノ、
ゴルフショットをするのに最悪なからだ使い をさせる
imagesCAXUT058
その動きは ヘッドをターンさせる動きは
具体的には 『両肩の上下を入れ替える』 その動きです。
インパクト直前に 左肩を上げ、右肩を下げ
今までの『肩の上下の関係を逆転させる』 その動きです。

いったい 何千人の人が毎年、腰を痛めたり、肘を痛めたり しているのか
すさまじいほどの呪いです。

それそのものも 呪いと呼べるほどの動きですが、
それによって 殆どの人が
からだの回転 の からだ は肩だと妄信していることで
それは トッププロやレッスンプロも例外ないほどです。


実際には スイング軌道上で
ヘッドの進行のほとんどは からだ の動きで行われる筈 なのですが
呪いに掛かっている人にとっての
からだ は 肩の動きなので
自分では からだ で クラブを動かしていると思い込んでます

 ( ;∀;)なんとも複雑な・・・
オレオレ詐欺であれば 完璧 とも言えますね。

ですので テークバックでも
肩は腕の一部分であるのにもかかわらず
肩を回せば からだを回していると信じていますから
「もっと体をまわせ」 は
「もって腕を使え」 
になってしまいます。


正しいスイングにおいて
正しい「つかまえ」を前提にしたスイングにおいて
グリップ、クラブ、ヘッドの移動、進行は
からだ 👉股関節から上の胴体の向き に司られている筈 なのですが
そこは動かさず そこはボールに向けっぱなし位のつもりで
スイング動作の真似事をしているのですから
世の中には 佃煮のように カット打ち、アウトサイドイン の人が溢れています。
困ったモノです。
スナップショット 4 (2012-11-04 11-08)

その腕周りの、クラブに対する腕の使い方を 変えず
股関節から上の胴体 本当の体をまわせば
単に深いトップになるだけで
からだの向きに対する グリップの位置は 右にずれたまま なので
量ではなく、質としての右向きは一向に改善されません。


video_Momentvideo_Moment(2)










 ↑ この画像を参考にして頂くと分かるかと思いますが
二つの画像で からだの向きはほとんど変わっていませんが
腕、グリップの位置は右にずらされてしまっています。
その上で 右ひじは固定されたまま
 左腕だけが クラブを上げてしまっていますので
クラブは倒れ、このまま打ちに言ったのでソールで打つコトになります。
ですので その諸悪の根源のフェースターンが不可欠になるのです。

…だって フェースターンって 開いていないと出来ないから
 クラブを倒さないといけないのです。

スイングの軌道に沿って 『左腕で』クラブを送りこむ
と言うのが 実際にやっていることなのですが
自分はそれをからだでしているモノと信じています。

これでは対象の固有名詞  「腕で!」 と 「からだで!」 
に齟齬がありますから アドバイスも効きません。

カット打ち、アウトサイドイン とは
からだに対し ヘッドが遅れているコト ではなく
グリップが遅れているコト が問題なのに
よりグリップが遅れやすいテークバック、トップがあり
それに加え 本当のからだ まで回して
トップを深くしたら より一層グリップは遅れ易くなります。

正直、スイングなんてどんな格好で打っても良いですけれど
どんな動きをしても グリップを動かさなければ
サイドは 腕使いの ヘッドターン しか 打つ術がなくなってしまいます。

tiger恰好を気にするな とは言っても
グリップが遅れると こんなけったいな
こんな汚い姿勢、体を痛めやすい姿勢になるのです。
好きでしていないとは言え、大原則に
フェースターンと言う「つかまえ」があるのですから…。
目に痛い。。。です。。。


どんな動きをしてもグリップさえ付いてこさせれば
グリップさえ動かしていれば 例えフェースターンが残ったとしても
その量も、難易度も、格段に減らせられるのです。

そこを踏まえたうえでの テークバック構築を再考してみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


コースでミスショットの出る原因の7割とも言えるのが
グリップも含めた ポスチャア(アドレス時の姿勢)
そしてその向き(アドレスの方向)と言われている。
down under_Moment(4)

今回 そこの部分は棚に上げて
スイングの動作、と言う意味での
コースでの「ミスの原因」
これのほとんどは 
 準備としての 右向き(テークアウェイ) 
 体の周りが不十分 
  なことである。

まず、よく覚えていて欲しいのは
練習場でやっているスイング
テークアウェイの7〜8割程度しか
コースでは 体が向きを変えていない(回っていない)
ということ。

この要因になっているのが、
やはり コースでは緊張感が高くなり
特にティーショットのような、
人の目にさらされたステージのような状況では
自然と 「早くその場を立ち去りたい」という
意識になりがちである。

そうなると やはりリズム感も早くなってしまう…。
本来、体の向きの変更とは
お尻や足などの大きな筋肉を使って
40キロ以上もあるような胴体の向きを変えるのだから
そんなに速く出来るものではない筈
しかし、意識が 早く終わらせたい と働くので
簡易な手段、左手だけでクラブを動かし
体の姿勢が トップオブザスイング にいくのではなく
トップオブザスイングのクラブの位置にだけ
クラブを持っていこうとしてしまう。
スナップショット 2 (2012-03-06 4-00)

精神的に それを無くせ というのは無理があるので
練習時から コースでは7割程度しか体はまわらない
と踏まえた上で行ってみるといいだろう。

次に テークアウェイばかりではないけれど
体という、胴体という、上半身という
大きなものを動かす、大きなものの向きを変える
と言う動きをする際、努める際、
進行方向
テークアウェイなら右方向
ダウンスイングなら左方向
その進行方向のサイド、前輪駆動

体を動かす意識が必要になる。

シャドースイングの段階から
片手、右手だけでクラブを持ち
テークアウェイの練習をするとよいと思う。
スナップショット 7 (2012-03-02 19-55)

多くのゴルファーがテークアウェイを
左サイド、特に左腕、左肩で行おうとするその習慣が
コースへ行く前から、練習の時点から、
コースでのスイングで 体の周りが不十分になる要因を
作ってしまっている。

右手一本でクラブを持ち
テークバックを取ってみる練習は
実戦で大変役に立つことになるだろう。
特に L型ブリストルパターを持っていたら
それをコースで 右手一本でテークアウェイしてみると
その日、自分がいかに体を回していないか
再確認できると思うよ。
46498012_1169664983184117_3818376035250995200_o

ヘッドの重いクラブを
より重く、より力むように
自分でそういう位置や方向に
動かしてしまっていることに気付くと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ