◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: アドレス


店長「右向きが十分で無い
 と感じる要因のもう一つに
 切り返してから カラダは動かし始めるのに
 グリップを置き去りにしている時間があります。
 そうすると 自分のからだに対しては
 グリップは右にズレる訳ですが
 本来、その位置程度に回っておいた方が良い
 と言う感じですね。」
Yさん「意識して、と言う訳では無いのですけど
 ヘッドを残して とは思っていました。」
店長「不十分な右向き、屈曲では
 腕を、クラブを動かすスペースが十分ではない、
 そう言った本能的な動き なのかも知れません。

 この位 右を向いて置いた方が良い
 その位置の差、右向きの感じの差は
 かなり激しいですので 慣れる と言えば良いのか
 少しでも 右向きが増えると良いですけれど…。」
Yさん「今までのモノがテークアウェイと呼べるのか は
 別として、かなり起き上がった感じはしますね。」

店長「今までは ボール側に折れる というか
 ボールの方に近づくような感じですから
 ボールから離れる感じはどうしても否めないでしょう。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment(2)

 右向きをしっかり取る場合、
 右の骨盤よりも 背後側(アドレスに対して)
 カラダが行かないといけなくなります。
 慣れるまでは 奇妙な、違和感はつきまとうと思いますけど
 スイングの基礎運動である 回転、向きの変更は
 ある程度の量は確保すべきです。」
Yさん「右向きは箇所として どこから動かし始める感じ
 なのですか?」

店長「感覚的な部分はあるとは思いますが、
 やはり 脚の運動主体になると思います。
 ぼんやり ではありますが、
 左足、左太ももや膝をつかって左股関節を右に寄せる、 
 その押されたのと同様に右の股関節を背後、
 アドレスに対して後ろに逃がす
 そう言う感じになると思います。
 左ひざを右に寄せる感じ でも良いかもです。

 少々、大袈裟ではありますが、右に体重移動
 ではなく 後ろ、かかと側に体重移動する
 感じが 今は近いのではないでしょうか❓」

Yさん「後ろに体重移動の感じは分かり易いかも知れない。」

店長「右サイドを背後に逃がす誘導方向として
 右ひじを背後に移動させたり するのですが、
 そこが 運動そのもののエンジンではなく 操舵だと思います。

 胴体をひねる、肩だけを廻すタイプ
 だとしても、やはり下側 脚側も動いていないと
 屈曲とは言わないまでも 前に傾く、ボールに近づく傾向は
 強くなると思います。

 ある程度の年齢が行ってくると
 アンバランスな姿勢には忌避感が強くなりますので
 股関節主体の 向き になると良いですね。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment

 素振り、をする際、
 勿論、そのまま打って良いのですが、
 視線を切る、視界を変える、顔自体も右を向ける
 そうすると 右向き感が分かり易いですし、
 視界で 右向き量も判別し易い と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフをする時、練習する時に
 注意しておきたいのは 
アドレスとグリップ です。」
Mさん「アドレスとグリップ❓」
店長「ビデオや写真を見返してみてチェックするのも
 良いかも知れませんが、
 クラブの扱い方が変わる、まあ 振り方が変わってくると
 それは アドレスとグリップ に表れます。

 逆に言えば、クラブの扱い方、振り方が変わってないのに
 アドレスを大きく変える、グリップを変える、
 というのは 原則的にはリバウンドして元に戻る
 というコトになります。」

Mさん「ダイエットの話し…みたいですね。」
店長「似ている…かも知れませんね。
 悶絶クラブをよりよく打つための改造でこうなったのか、
 元々 アドレスはこんな感じなのか、は判りませんが、
 あまりよろしくない ハンドファースト になっています。
「アドレス修正_Moment(2)

 おそらく ロフトを立てたい、上から打ちたい、つかまえたい、
 というコトの表れ だとおもうのですが、
 素振り、ワッグルで毎回行われる
 インパクトまでのルートを再現する動き
 この動きは 左グリップに対し
 右腕を伸ばすことで クラブを振る、シャフトを振る動き で
 私の推測ではありますけれど
 Mさんにとっての 打撃のキー になっていると思います。

 右腕を伸ばすことで シャフトに角度運動をさせると
 左グリップは移動できなくなってしまいます。
 つまり インパクトのハンドファーストをしない為の動き
 ですので、アドレス時に造る ハンドファーストとは
 相反する動き、形です。
Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_MomentDesktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(2)Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(3)Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(4)






 手打ちが悪い とは言いませんが、
 手打ちを辞めたい と言う方が
 素振り…おそらくワッグルだと思うのですが
 ショットの度に反復する 刷り込む動き
 になってしまいますから
 出来るだけ避けたい動作 です。

 アドレス についてですが、
 ボールの置き位置にもよりますが、
 よく言われる 逆 K型のアドレスではなく、
 Y型、シャフトはハンドファースト
 前に倒さなくて良いと思います。」
「アドレス修正

Mさん「やってみます。」

店長「次にグリップですが、
 これはアドレスとの絡みがありますので
 アドレスが改善されると 同時に改善される可能性があります。

 慣れてしまっているのか、そうでもないのか、
 にもよりますが、無理にハンドファーストを造ろうとしているので
 左サイドが妙に開いた、少し上にひっつれたような形、
 もしかすると 刷毛塗を意識し過ぎて、インパクト以降
 左ひじを抜こうとしている表れなのかも知れませんが、
 その為か、両肩のラインが必要以上に 莨紊り、蕾爾り
 の状態になっています。

 そのアドレス姿勢に加え、右腕を伸ばすことで
 クラブをターン、この場合は縦に反転させる感じ
 なのかも知れませんが、それをしたいが故に
 右のグリップが左と離れてしまっています。
 グリップエンド、左グリップを支点に
 右腕の曲げ伸ばしで 回転させたい 
 を表しているかのようなグリップ(握り)です。

 このグリップの形は パッティングにも表れており、
 出来るだけ 両グリップが上下に密着した
 実際のスイングやパッティングでは不可能ですが、
 右の腕を伸ばした時、左の手首を押す「ような」
 密着感が欲しいトコロです。

 グリップに関しては違和感が大きいですから
 そういうことを頭に入れつつ、
 アドレスを改善し、ダウンスイングのクラブさばきを
 変えていくと その形が徐々に変わっていきますので
 焦らずに参りましょう。

 アドレスもグリップもそうですが、
 見た目の形、型の問題では無く、
 その形は 自分の動かしたい動かし方に沿ったモノ
 として表に出てきます。

 ですので 今、取り組みたいのは
 右腕の伸ばし、俗に言うリリースで
 クラブ、シャフト、ヘッドを振り始めないコトです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Mさん「こんにちは〜。」
店長「こんにちは〜。
Mさん「ちょっとご相談がありまして
 はるばる〇〇県からやって参りました。」

店長「うわ〜 ありがとうございます。 
 で、なにか困っているコトでもあるのですか❓」
Mさん「はい。 ゴルフは若い時からやっていて
 かれこれ 30年近くになると思うのですが、
 ここ数年、色々あって ゴルフから離れていまして…。」

店長「ああ よくありますよね。」
Mさん「で、数年振りに復帰して
 セットを丸ごと 買い替えたのですが…。」

店長「合わない…、硬い のですね。」
Mさん「やはり…そういうコトになりますか。。。」
店長「ちょっと クラブ見せて貰って良いですか❓」
Mさん「はい、お願いします。」
IMG_0361
クラブはまあ ごく一般的な。。。
◉ドライバー
 某人気メーカーに 結構ハードな人気シャフト
 シャフトの硬さは 表記-SR 振動数/240cpm
◉アイアン お約束の 某軽量シャフト
 シャフトの硬さは 表記-S 振動数/300cpm-#5

Mさん「中断する前は ソコソコ飛んでいて
 月例などにも参加していたのですが、
 復帰してからは 飛距離はガタ落ちの上、
 スライスばかりが出てしまいます。

 持病の腰痛もかなり激しくなって来て…。」
店長「ですか…。 まずはアイアンから …
 打ってみて下さい。」
Mさん「はい。よろしくお願いします。」

店長「。。。。 典型的なオーバースペック です…。
 ドライバーの スライス、飛距離不足は
 ドライバー そのモノ と言うよりも
 ドライバーを使う環境、 この場合は
 アイアンのせい と考えて 間違いないと思います。」
Mさん「アイアン❓ なんですか。」
店長「はい。
 見させて頂いた限り、
 アイアンの ボールの置き位置が真ん中、
 もしかすると 真ん中よりも右めに置いていますよね❓」
Mさん「ですね。」
店長「ボールって 右(右打ち)、中目に入れると
 からだの向きって どっちを向き易くなる と思います❓

Mさん「自然な形では、ボールを右に置くと
 右の方が向き易いと思います。」

店長「その通りですね。
 では ドライバー打ってみて下さい。」

店長「ドライバーは アイアンとは異なり
 ボールは左目、左足のかかと 位の感じ? です。」
Mさん「はい。左足かかと にしています。」
店長「では、こちらをご覧ください。」
IMG_1487
店長「この ボールの置き位置 は
 ドライバーショットを打つのには かなり中です。

 左足のかかと を基準にすると
 ボール 3個から4個分 中(右)です。

 スライスが出ている原因の一つになっています。

 クラブ全体のセッティング のシャフトの硬度を落として
 行くことが鍵 になるとは思いますが、
 実は問題なのは このボールの位置 が
 左足かかと に感じてしまっているコトだと思います。


 ゴルフの練習、スイングの練習は
 ドライバーと言うよりも、主にアイアンですると思います。
 復帰された時もそうだったと思います。」
Mさん「そうですね。ドライバーも打ちますが、
 スイングの練習と言うよりも ドライバーの確かめ算的な感じ
 と言えば良いでしょうか。」

店長「おそらく 元々、硬めのシャフトを使ってこられた、
 のだと思いますが、中断期間があったコト によって
 より シャフトが硬くなってしまった と考えて良いでしょう。
 硬いシャフトって ロフトが立ち難いですし、
 低いトコロにあるボールが拾い難い ですから
 ボールを左に置くのは しんどい です。
 ですので 長い時間をかけて ボールをつかまえる、拾う ため
 徐々にボールが中に入ってきた 顛末なんだと思いますが、
 それが 徐々であるが故に、上半身が右向き気味、
 捻じれた形 が 自分の当たり前になってしまったので
 この画像のボールの位置が 左足かかと と感じるんだと思います。」
Mさん「あああああああ」
店長「右を向いて その向きに対しては ひっかけ気味に打たないと
 スライスになってしまいます。
 フェースターンを以前よりも強くする必要が生まれますから
 左の壁❓ グリップをその分、止めないとターンしませんので
 腰への負担は当然、増えます。」
Mさん「シャフトを柔らかくすれば解決しますか?」
店長「必須だと思いますが、すぐには答えは出ない と思います。
 シャフトが適正、もしくは 柔らかくなれば
 特にアイアン…ですけれど、
 左足かかと付近でも 十分、届きますし、
 十分、つかまるようになります。

 ですが、慣れてしまった 上半身の右捻じり が
 左足かかとの位置が遠い、からだの外にあるように感じてしまうので
 放っておけば ボールの位置が中に入ります。
005

 実際の位置、靴に対する左足のかかとの位置は
 やや右向きの捻じれた 上半身にとっては
 からだの外、左外に位置しています。

 フェースターンが強くなってしまった現状で
 ヘッドの効いた、柔らかいシャフト を
 ボールの位置 中で打てば シャンク、
 もしくは 抜けたようなだらしないスライス になりますので、
 始めは 悶絶する と思います。
 変な言い方ですが 左足かかとに置くボールが
 左足かかと って 感じられるまでの時間、
 立ち足、靴 に対して 上半身、からだ全体が
 同じ向きになる までの時間はかかると思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「その握り方は 今、ちょっと話題になっている
 アドレスはハンドアップ、ハンドダウン
 どちらが良いか
 につながるのですか❓」

店長「微妙な関係…ですね。
 確か 指・手のひらに直角に握ると
 どうしても 握りが深くなりがち、
 指ではなく、手のひらで握りガチなので
 ハンドダウン気味 になり易い です。
 かと言って 手のひらに平行気味 であっても
 指で握る人も、手のひらで深く握る人も居ますし…。
 ハンドアップ、ハンドダウンは
 握り方 というよりも 
 腕の出し方&手首の角度 の方が
 要素としては強いですから…。」

質問「どちらをお薦めします❓」 
店長「握り の方は 手に、指に平行気味、
 あくまでも気味 ですが
 直角よりも 平行側に角度が付いている一択 です。
 ハンドアップ、ハンドダウン…
 一般的な アマチュアゴルファーの年齢や体力 を
 考えると ハンドダウンはちょっとしんどい、かと。
 かと言って デシャンボーみたいな ハンドアップは
 流石にやり過ぎで、あれはあれで筋力が必要です。
IMG_1064

 そのどちらでもない
 アドレスして、肩からぶらんと垂れている辺り、か
 若干、それよりもボール寄り気味 程度が
 一番、負担が少ないんじゃないでしょうか❓

 前傾姿勢 もですが、あれば 良いのです。
 深い角度は要りません。
 握りの角度も 直角よりも垂れ気味 なコト。
 腕の延長を 中指として 手首に負担をかけず
 構えられるコト。
 手の大きさ、グリップの太さ にもよりますが、
 出来るだけ 指「気味」 フィンガー、もしくは
 セミフィンガーで握って
 『両の手のひらを作る』コトが大切と思います。

田中どら_Moment(3)グリップって 基本、両手で握るコト です。
それは 腕の長さが似たようなモノで
カラダから生えている、そして、そのからだの向きを変えるコト
が打撃だから です。
見ている限り、多くの人は 左手だけで握っている ので
 左手に 手のひらが無い気がします。

 その他…はゆるみや過度の捻じりが無ければ
 フックでも、スクエアでも どちらでも良いと思います。」

質問「なるほど。
 どの道、グリップはスイングの『何か』が変わってこないと
 良い意味の変化は起こり難い
、のですね。」

店長「そう思います。
 楽しみ、と言う意味で
 ナニカを真似してみたり、取り入れてみたり、
 もゴルフの楽しみですので 良いと思うのですが、
 例えば スイングのタイミングを大きく変える とか
 テークアウェイの取り方を変える、
 ましてや 手で振っている のを からだの回転で
 みたいな基礎工事であれば、当然のように
 ボールの置き位置、グリップ、アドレス も
 変わって来ます。
 グリップも変わらない、アドレスも、ボールの置き位置も
 今まで通り って ちょっと 寄り道 というか、
 つまみ食い している程度の スイング改造。。。
 と言ったら ちょっと厳しいですが、そう思います。
IMG_1065

 ですので 年月をかけて、
 まずは 自分のその日の調子やコンディション、
 悪くなって行くのの歯止め、
 そう言うモノとして グリップを観察、注意を払っておく
 理想としているグリップがあれば
 そう握る から始める、のではなく、
 そう握れるような ナニカの動作 を変える、
 今の握り方は 必然 として行われている ので
 その 必然になる源を変えないと 握りは変えられません。
 そう考えて頂けると良いと思います
。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「緩むようなグリップ(握り方)は
 治した方が良いのですよね❓」

店長「まぁ、確かに。
 10フィンガー、ベースボールは そういう意味では
 始めから ユルユルのグリップなので
 改良のゴールとしては除外しますが、
 インターロックをオーバーラップに、
 オーバーラップをインターロック に
 しても 根本的な変化はないですね。
IMG_0052

 緩み が多いのは フックグリップ が強い場合で
 その フックグリップが問題と言うよりも
 フックに ガブリとグリップ(握り部位)の全周囲を
 握らないと打つコトの出来ない 打ち方 というか、
 クラブさばきがある限りは ポンと簡単には
 グリップが変わる、変えることは難しい、ですね。」

質問「つまり 緩まないグリップ を造っていくには
 スイングを変えない
 と難しい…と。」
店長「そうですね。グリップを変えようとする、変えようとした
 多くの人 おそらく8割を超える人がかなり早い段階で
 断念するコトになります。

 フック握りが強く、左の握り具合が強いのは
 そうしないと 打つコトが出来ない 訳ですから
 左の握り具合を弱く、強く握らない は
 イコール 強く打たない、強く振れない になるので
 形として グリップ(握り方)を変えても
 ボールを5球打てば だいたい 元に戻ります。」
スナップショット 6 (2013-09-10 1-46)スナップショット 1 (2013-09-09 13-43)








質問「初めて 握る時のあの違和感に戻る 訳ですね。」
店長「強い打撃には ストレス解消要素もあるので
 おそらく それ以上になるかな と思います。」

質問「そもそも そういうグリップ(握り方)に行き着いてしまう
 のは どういう風にクラブを振っているのですか❓」

店長「おそらく 遠心力も だと思いますが、
 重さとして 左グリップにかかる 振り方、
 つまり クラブターンの強い、フェースローテーション、
 クラブリリースを手で行っているスイングに
 共通して 左グリップのフック、甲側への手首の折れ
 があると思います。」

質問「ソコを変えずに グリップを治すと…
 クラブがすっ飛んでしまいますね。」

店長「…と 思いますよ。
 握力の異常に強い人、とかもいますから
 何事にも例外はありますが、スイングの帰結、
 スイングの集大成が グリップ と考えて良いです。
 ただ 振り方 も含め、
 グリップによって アドレスが崩れ過ぎている、
 グリップに緩みによって アドレスが変わる、
 そういうのが無ければ グリップは握り慣れたモノ
 で問題ないと思います。

 左手首が甲側に折れるような、フックグリップの強い方
 が注意するのは、その緩み具合を逐次、
 確認しておくことで
 スイングを変えたい というのなら 良いですが、
 グリップだけを と言うのは忘れた方が良いと思います。

 正しい グリップの変え方 は
 クラブの扱いを総合的に変えていき、
 その結果、数か月か、一年先に、
 あれ? いつの間にか グリップも変わっていた
 と言うモノだと思います。
スナップショット 1 (2013-11-29 10-47)

 あえて言うのなら フックグリップをスクエア や
 ウイークグリップにまでする必要はありませんが、
 手首が甲側に折れるほど ガブリとクラブの全周囲を
 左手で握ってしまうようなグリップの場合、
 ラウンド中だけでなく、加齢による握力の低下で
 飛距離が急激に落ちる というコトが少なくありません。
 左グリップと右グリップが離れ気味になりますので
 あまり 良いアドレスになりません。
 腰痛、特に右サイドが心配です。
 ですので 右手と左手が離れない程度の
 手首が折れない程度のフック、
 その程度の 左グリップの握り具合 で
 打てるように意識し、数年かけて移行していく、
 自分のスイングの変わり具合の バロメーターとして
 グリップを観察しておく というのは必要かも知れません
。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「グリップのゆるみ、
 左右のグリップの密着感の変化 は
 アマチュアに限らず、トーナメント中のプロにも
 結構、見るコトが出来、
 プロアマ限らず、それがミスショットの大きな原因 に
 なっています。」
質問「うわぁ そうなんですか。」
IMG_0799

店長「ですねぇ。
 また ミスだけに限らず、
 ラウンド中、クラブを握ったけれど、
 アドレスをしたけれど、 ナニカ違和感が…、
 みたいな時は だいたい グリップの変化が
 問題の始まり だったりもします。」
質問「疲れ や 握力の低下 によって起こる
 ので どのタイプのグリップ方法、型であっても
 起こり得る のですよね❓」

店長「ハイ。
 ですが、より 左グリップ力 に依存しているタイプのグリップ、
 フックグリップが強いタイプ 
 左の手首が 甲側に強く折れているような タイプに起こりガチ です。」
質問「フックグリップ ですか…。」
IMG_0794IMG_0795






店長「フックグリップの自体 が悪い訳ではなく、
 フックグリップでも上手に握れている人は沢山います。
 ただ フックグリップは主に
 左グリップで強く握る と言えば良いのか
 左の握力に依存している場合が多く、
 握力が低下してくると フックの度合いが強く、
 握りが深くなるので
 それによって 右グリップの入る場所が無くなって行き、
 その密着感が薄れていく、
 握る長さが多く必要になって行く傾向が強いです。」

質問「どうすれば良いのでしょうか❓」
店長「これも どうクラブを振っているか、動かしているか
 とつながってきてしまうので
 はい、どうぞ。 で直ぐに解決するのは難しいですが、
 握る部分のグリップは 〇 なのですが
 それを全周囲 左グリップで握ってしまっているパターン は
 グリップのゆるみが発生し易い です。」
質問「どういうコト です❓」
IMG_0706_Moment(3)IMG_0706_Moment(2)







店長「伝わり難い とは思いますが、
 左グリップは左の半分強
 右グリップも右の半分弱
 分担して 両手で握っているような グリップであれば
 握る と言う行為が分担されているので
 グリップの変化は少ない のですが、
 左グリップが 握る行為の殆ど であると
 握力の弱い方の左グリップに依存してしまうので
 疲れてくると どうしても 深く、
 モーターバイクのアクセルを捻るように握ってしまいガチ
 になります。」

質問「そうすると 右手の入る場所がなくなり
 アドレスが変わってくる……というコトですね。」

店長「そうですね。
 そして それがそのまま答え で、
 グリップのタイプ、インターロック、オーバーラップ、
 が何であれ、フック、スクエア が何であれ、
 左が主体ではありますが、左右で握ってあげていれば
 コースでの グリップ変化、アドレス変化は
 少なく抑えられます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ショットの調子が悪くて…。
 グリップについて 聞きに来たんだけど…。」

店長「うわぁ それは奥深い問題ですねー。」
(復活の狼煙 3か月ぶりの練習^^_Moment
質問「グリップは今、ややフック気味の
 オーバーラッピング なんだけど…。」

店長「ソコ? なんですか 悩みは?」
質問「いや どんなグリップにした方が良いのかなぁ と。」

店長「そうですか、
 とりあえず グリップについて 簡単に説明しますと
 握り方、の種類は
 インターロッキング
 オーバーラッピング
 ベースボール(10フィンガー)

 あと 少数ですが、インターメッシュ というのもありますが
 基本的には 3種類 と分類して良いでしょうね。」

質問「どれが良いの❓」
店長「後々、離しますが、ある理由からベースボールは
 あまり良いことが多くないですから、おススメしませんが、
 残りの二つ そのどちらでも良いと思います。
 グリップの問題はそこじゃあないですから。」 

質問「そうなの❓」

店長「グリップの最大の問題は
 普段のその握り方が 18ホールで変化してしまうコト
 グリップが緩んでしまう と言うのですが
 そういうグリップが多いコト
 にあります。
 変化がないのであれば 本当にどんな握りでも
 良いと思いますよ。」

質問「どうして 変化してしまうの❓」
店長「ソコ グリップ〜握り方の根本的な部分 と
 密接な関係にあるんですが、
 まずは その変化の及ぼす影響から 話しましょう。」
質問「ハイ。」
b7055bfb2eea97122aee59c31313e223スナップショット 1 (2013-11-29 11-02)スナップショット 1 (2013-11-29 10-46)
42ea91fd







店長「プロや他の人のグリップ、自分のグリップを振り返る、
 チェックする際、着目して欲しいのは 左グリップの握り です。」
質問「左グリップ❓」
店長「そうですね。左グリップが決まってしまうと
 右のグリップの入れる場所、握れる場所も限定されてしまいますから
 左グリップに注意を払うと良いと思います。」

店長「現場での、ラウンド中の グリップの変化は
 ほぼ例外なく、左グリップと右グリップの距離感、
 密着感
と言えば良いでしょうか
 グリップをするのに、両手でどの位の長さを必要としているか、
 それが どんどん変わっていきます。」
質問「その変化は何故起こるの❓」
店長「心理的な要素も絡むかもしれませんが
 基本的には、握力の低下によるモノ です。
 握力が低下してくると 左グリップの握りがより深くなり、
 その深さによって 右に握るトコロがなくなり、
 その分 右と左の密着感が離れていく
 握る長さが必要になって来ます。」
質問「その影響は?」
店長「クラブの部位 としてのグリップ、
 左グリップはだいたい グリップエンドから5センチくらいのトコロ
 を握っていて、それはほぼ固定ですが
 グリップエンドから 15センチのトコロを右手が握るか、
 20センチのトコロを右手が握るか、(仮の数値ですが)
 によって アドレス姿勢は変わって来ます。
4-lgfailgripIMG_0706_Moment(3)







 それでなくとも 現場で
 目標に対し、問題なく アドレスする、セットアップする、
 というのは 易しくない のですが、
 そのアドレス姿勢が グリップによって
 かなり変わってくる、乱れてくる のですから
 からだの向いている方向なども 崩れてきます。」

質問「5センチも違うトコロを握るとそうなるよね。」
店長「そうですね。
 左グリップの位置は同じ、
 右グリップが普段よりも5センチ遠いトコロ、低いトコロを
 握れば アドレスでは 右が下がるか、前で出るか、
 左の腕の長さが 5センチ余計になりますから
 からだのラインによって 向いている方向、
 上下角も結構、変わってきます。

 アマチュアのミスショットの原因の半分は
 そのグリップによる影響も含めた アドレス、
 セットアップであって、それは 打つ前、
 スイング動作に入る前からほぼ確定してしまっているのです
。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「練習場で周りを見渡すと
 ドライバーは左足かかと、
 アイアンは真ん中、
 ウエッジは 右足寄り、と
 種類によって かボールの置き位置を
 大幅に変えている人が多いですが、
 これも シャフトの硬さ の影響でしょうか❓」

店主「特別に意図がある練習をしている場合もあると思いますが、
 概ね シャフトの硬さと比例している というか、
 シャフトの硬さに応じて ボールの位置は変ります。」
27157136_1465536103569591_817080633_n

質問「ドライバーとアイアンでは打ち方が違う、
 と考えている人も多いようですが、
 それも シャフトの硬さ の影響でしょうか?」

店主「それも大きいと思いますが、
 ドライバーとアイアンの重心距離、重心位置の格差は
 年々増している、どんどん異質になりつつあります。」

質問「打ち方を変えた方が良いのでしょうか❓」
店主「ひとつのスイングでも苦労するのに
 ふたつ…なんて 大変過ぎます。
 シャフトの硬さ/柔らかさ が
 共通している、同じような流れの中にあれば
 少なくとも リズムやタイミングは同じようなモノ
 に出来る
と思います。
 シャフトの硬さがバラバラ で それに応じて
 リズムやタイミングまで変えるのは難し過ぎます。」

IMG_0685

質問「クラブの流れ…の中で
 アプローチに使うウエッジはどうしたら良いのでしょう❓」

店主「ウッドからの流れ、アイアンの流れ、通り、
 ヘッドが若干、重めの分、数値(振動数)は
 低めの方が使いやすいと思います。」
質問「柔らかめ。。。というコトでしょうか❓」
店主「そうですね。流れから外れない程度、に。
 フルショットをする事の少ないウエッジが
 アイアンの流れ より 硬い って やはり変です。
 通常のショットのように、勢い で!
 って言うがし難いですから、ヘッドは重め、
 シャフトは柔らかめ の方が スイングの始動がし易い
 と思います。」
質問「そうなんですか?」
店主「ヘッドの重さ が同じであっても、
 シャフトが柔らかい方が ヘッドが効いて『感じます』。
 アプローチであっても、パッティングストロークであっても、
 また、通常のショット であっても
 ヘッドが軽い、シャフトが硬くヘッドが軽く感じる、
 方が動かし易い👉と思いガチ ですが、
 実は ヘッドが重い、
 シャフトが柔らかく👉ヘッドが重く感じる クラブの方が
 格段に動き出しが圧倒的に楽です。

 逆に言えば、ヘッドが軽い、
 シャフトが硬く、ヘッドが軽く感じるクラブは 始動がし辛く、
 イップス って言葉がありますが、
 おそらく ヘッドが軽い/軽く感じる クラブ を
 緊張した場面で使用すると 起こる と思います。」

質問「おおおお パターやアプローチのような
 勢いのない動きだと 余計、その可能性は高そうですね。」

店主「ハイ✋
 柔らかいシャフトの利点の一つ に
◉スイングの始動がし易い
◉イップスになり難い
 がありますね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前傾姿勢は何度位が良いのでしょうか❓ 
IMGA0207

こんな質問を受けることがあります。

その前傾姿勢ですが、
ドライバーが一番浅く、
ウエッジが一番深い、 というのは間違いではありませんが、
実は その角度差に大きな違い、
思っている程 角度差はありません。

と言う前提の上で
前傾姿勢は「あれば良いです。
✋無いのは困ります。。。が
 出来るだけ 少なく
 極端には 突っ立っている に近いモノで十分です。
 あれば良いだけ です。
 特に筋力、体力、スタミナに自信のない方は
 その角度は有りさえすれば良いので
 少なくすることをお薦めします。

今行っている打撃、スイングの
前傾姿勢を無理に変える必要はありませんが、
年齢を取って来て ちょっとスタミナに自信が無くなってきたら
練習の段階から 少し浅めの前傾に変えた方が
楽になると思います。

人によって体格差はありますが、
カラダの重さの配分は
頭  8〜10%
胴体 46〜50%
股関節より上)
腕  15〜16%
足  26〜30%
  です。


ですので おおまか にですが
へそから上で 全体重の65%以上ある訳です。
これに腕の長さ、クラブの重さ、
それを動かした時の不可抗力荷重が加わるのですから

前傾が深くなり過ぎると
足は運動する事よりも それを支え、動かないコト
安定することに使われてしまうので
フットワークがし難くなります。
また、これは統計的なモノで
ゴルファーによって異なるのは確かですが、
前傾が深めの人はラウンド中 より深くなる傾向があります。
現場で テークアウェイが早くなる、は
右向きが浅くなる、を示すのですが、
その原因は 疲労による前傾の深まり の可能性は否めません。

BlogPaint👉前傾姿勢 というか アドレス全般 ですが、
アドレス姿勢を取った時、
概ねのモノが 靴の上で収まる程度が良いと思います。
肩、もしくは腋の下がつま先の上 位が良いでしょうか



BlogPaintこうやって構えてしまうと
かなりの重さが 靴の上よりも
ボール寄りにある形になりますので
スイングと言う運動をするよりも
カラダを支えることに脚が使われてしまいます。
腰、骨盤が動かせず トップが浅くなる原因、手で振る原因になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くの人は ゴルフスイングのその漠然として
映像をおいかけるコト、
目に見える朧げなイメージを真似るコト
に 結構、時間を割いている。
スナップショット 1 (2015-07-24 10-23)

スイングは円であり…
180度、それ以上ターン「反転」する…

そのイメージを描いている人は少なくない、と思う。


物理法則に乗っ取り
 重いものは動きたがらない ので
 からだの向きによって 100度角度運動しても
 重さ分 100度未満、それ以下になるのは
 結構、忘れているコトで仕方がないかも…
 そんな 科学的なコトをスイング学習中に
 思い出したり、考えたりするのは非常に稀だけど
スナップショット 1 (2015-10-15 19-52)スナップショット 3 (2015-10-15 19-53)スナップショット 6 (2015-10-15 19-55)スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)





本来、
からだの向きの変更が クラブの移動の原動力、エンジン
 な筈なのに、クラブはターンするモノ‼ というイメージに
 とらわれてしまうと その量の問題よりも
 原動力が からだの向きの変更 という大原則を おろそか…
 無視してしまうことになってしまう
😢
 クラブのターンと体のターンが切り離されてしまう…。
 そちらの方が遥かに痛い。

クラブはターンするモノ として
 重さによって遅れた、取り残されたクラブ、
 そして 腕を振るには どこかで からだの動きを止め、
 腕を振らなければならず
 その時に 腕のロール グリップのターンが必要になるので
 ガチッと握ってい居ないと クラブが吹っ飛ぶ…。
 この時点で グリップは確定してしまう。
((握り〜グリップの成り立_Moment
そして グリップが確定する ということは
 クラブを、腕を振るコト、
 クラブの移動が 直接的にはからだの向きではない
 というコトも確定してしまうのだから
 その後、どこかで グリップを治そうとしても
 スイングの基礎工事ソノモノからやり直さない
 と言う顛末が待っている…のです。
リリース〜刷毛塗_Moment(4)
desuので ある程度、スイングを、ショットを覚えた人が
グリップの改善出来る例は とても稀 、
手で振る方 フィンガー/セミフィンガー から パーム
 スクエア/セミスクエア から フック
 両手が離れている方への変更は可能ですが
 その逆 は かなり稀であると言わざるを得ません。


ゴルフをやってみよ〜かなぁ〜 と思っている人にとって
スイングとして まず、始めに来るハードル である
グリップには このような意味が含まれているですよー って
説明してあげた方が親切なのか、
そのハードルを低くするため 好きに握って、好きに振って、
の方が良いのか、迷う部分ではあるのでしょうねぇ…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


初めて ゴルフクラブを握り、振り、打ってみる…
ゴルフスイングやショットを覚えるうえで
グリップ、その握り方に馴染むコトに
 一番の違和感が付いて回るのは否定できません。
IMG_0001
が、のちのち 一旦馴染んでしまったグリップを
 変更するのは それに輪をかけて 違和感が伴います。



特に チカラの無い、握力の無い人や女性にとって
 からだの回転が主ではなく、
 腕やクラブを振る場合、
パームで、フックグリップになり、
 両手のグリップが離れ
左サイドが上方に突っ張った、
 右サイドの下がった(前に出た)アドレス に ならざるを得ず、
チカラ、握力が無いので ラウンド中、それはどんどん深まります。
42ea91fdスナップショット 1 (2013-11-29 11-02)スナップショット 1 (2013-11-29 10-47)スナップショット 1 (2013-11-29 10-46)








そういう意味では
スイングを覚える際、馴染ませる際に
如何に 握力に頼らない
 からだの向きでクラブを動かすか
 からだの向きが変わると 腕も動き、クラブも動く
 というコトは とても大切なのです。


例えば、フルスイングでも ハーフスイングでも
右打ちの人の 右向きから左向きまで
 からだの向きは 概ね 180度のターンをします が
 打った後の惰性 や 動作を終わらせる為のオマケの部分を
 除く、打撃そのものにおいては
 クラブは ヘッドの重さ、長さ、運動 による重さ分
 180度のターンは『出来ません』
 物理的に困難だ、というコトです。

それは距離や運動の速度、加減などにもよりますが、
 カラダのターン 180度に対し
 90度から120度程度になるのですが、
始めから クラブの180度と『思い込んでいる』と
どこかで クラブを余計に動かさなければならず、
それを「手放さず握っている」には
 左手のパームグリップ、フックグリップは
 よほど 握力や筋力に優れていない限り、
 ほぼ必然に付いてきてしまいます。
IMG_0013IMG_0014





スイングを覚える、刷り込む、
グリップを覚える、刷り込む 以前に
ゴルフスイングの、クラブ扱いのイメージの段階から
 確定してしまうのです。

裏を返せば グリップを改善するにはクラブ扱いを、
スイングを改善するにはイメージを、
グリップもスイングイメージが変わらないと変えられない
 というコトに繋がってきます。

自然の法則に乗っ取れば
 からだの向きを右から左に180度反転し、
 クラブの根本である グリップの部分を
 その動作によって移動させても
 先端に重さが有る分、クラブ/シャフトは
 からだの向きと同じ分だけ 180度→180度
 反転/回転することは 出来ない‥‥

 打撃が終わり、運動が減速し始めた時、
 オマケとして付いてくる 打撃とは直接関係のない
 クラブのターンを 打撃ソノモノ
 まして スイングのメインの部分として『勘違い』
 している限り、スイングはもとより、
 グリップも変更することは難しい、のです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



『ゴルフスイングは グリップに始まり、グリップに終わる』
とも言われています。
(グリップ●

どうグリップするか、どう握るか は

ショットをする時の アドレスに直結してきます。
どの向きで、どの位置にボールを置くのか、
アドレス は ショットの是非を握る大切なモノ です。

グリップを考える時に 注意する点は
➀そのグリップによって
 どんなアドレスになるのか❓
➁ラウンド中に疲労、握力低下によって
 それが変わって(緩んで)しまい易いか❓
  →アドレスの変化につながります


どちらも アドレス、どの向きで
 どこにボールを置いて打つのか に
 直結して来ますので その点に着眼して下さい。

IMG_1064


おそらく…ですが、
初めてゴルフクラブに接する人や
まだ、慣れていない人 にとっては
ゴルフクラブの握り方、グリップが一番違和感あるのではないか
馴染みにくいのではないか と思います。

と、同時に あとあと
グリップを変える というのは とても大変です。


重要な点は
 グリップは左手の握り …です。


初めてクラブを握る、スイングを覚える、
 その段階において、イメージとして
✋クラブの扱いを 『長さ』を主とするのか、
    それとも 『重さ』を主にするのか、

スイングを覚える、ショットに慣れていく
 その段階において 実務として
✋からだに対し 腕やクラブを振ってショットするのか
 カラダ、そのものを動かしてショットするのか
これによって グリップは決まってくる
 と言ってよいでしょう。

【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

からだの回転通り、からだゴト向きを変える
 というコトであれば
 握力が弱く、スイング中に負荷として強くかかる左手
 であっても そう強く握る必要は生まれませんが、
先に重さのある『長い棒』として
 からだに対し、腕やクラブを振る、というコトになれば
 握力の弱い 左手 は出来るだけ強く、
 出来るだけ 接触面積を取って握らないと、
 スイング中、クラブが飛びそうになります。

この時点で 左手はパーム、フックグリップ は
 確定するのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昨今、ドライバーはかなりシャフトが柔らかくなりました。
しかし、アイアンはそのまま…。
アマチュアには 素材と言う意味でなく
 シャフトの硬さ と言う意味で
 軽量スチールをシャフトに採用すべきでない層も沢山いるのに
 世の中には 軽量スチールのアイアンしかない…ような状況。

これから始める人には「選択肢がないのは」少々、可哀そうな気がします。

ECDi9XSUwAEgjre


一番影響が出るのが アプローチ です。

自分にとってハードでない、硬くないシャフト であれば
毎回 フルショットしない アプローチであっても
ボールを拾い、ボールを上げ、ボールを潰す が
硬いシャフトよりもずっと楽になり、
スイングの中に 加速中の加速が要らなくなります
 つまり シンプルに出来る のです。

硬い、ハードなウエッジ、
ヘッドも軽く、シャフトも硬い ウエッジ では
今、打とうとしている距離の
 最低限のスピードでは ボールに届かなかったり
 ボールを浮かせるコトが出来にくく、
今、打とうとしている距離感よりも
 多く、強く、速く 振らなくてはなりません。

ヘッドを振らなくては
 高さに関係なく、ある程度、ボールを浮かせ
 アプローチするコトが出来ないのです。
 👉フェース面にボールが乗らない…。

アプローチの種類の打ち分け なんて言うのは
 アマチュアには必要ない とも思いますが、
スタンダードの ショットのインパクト付近の抽出 が存在して
 それを基準にして
 ボールの位置やスタンス によって
 球を打ち分けるモノ、
 構えによって
👉高くしたり、低くしたり。。。と
 変えたい訳ですが…
0e4d08811

自分にとっての アプローチの公式、基準式 があって
 はじめて ボールの位置、フェースの開き(構え)、スタンス、
 というアレンジが有効になります。


とこらが ヘッドを振ってしまうアプローチでは
  それらの 構え がショットに反映されません。

  単に アプローチの構えの雰囲気が出るだけ、です。
 逆に 構えを変えるコトによって
 ミスの可能性を増やすだけ になりがちです。


振り加減(スピードや大きさ) と
入射角度/ロフトに一定の法則が生まれませんから
距離感が身に付き難い のです。



想像外の練習量や頻度によって 補えない訳ではありませんが、
総じて アプローチの苦手な人は
アプローチを苦手にしてしまう ハードなクラブ(→硬いシャフト)
自ら選んでいる と言って良いでしょう。


ゴルフ、の楽しみはスコアだけ ではありませんが、
スコアが良くなるのも楽しみの一つ です。
なにかの目標があるのはとても楽しいモノです。
 その決め手になるのは ドライバーショットとアプローチ、
いや アプローチショット と言っても過言ではない程です。
知らず知らずに使っている クラブの、
知らず知らずに使っている 
 そのシャフトのハードさ、硬さのせいで
バンカーを含めた アプローチの限界、壁がすぐに来てしまう、
知らず知らずに身に付けた ボールさばき、クラブさばき が
自身の壁を作ってしまうのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


コース、練習場で
アプローチをしている人を見ると
かなり頻繁に 間違ったクラブの使い方 を
している人を見ます。

バンカーショットでもよくある「間違い」です。


コースで
⚠下りのグリーン面に向かって打ったり、
⚠バンカー越えであったり
⚠バンカーのあごが高かったり
⚠目の前に障害物があって 高い球 が必要な時

ウエッジを『開いて』 構えられる方 がいますが、
その 
『開き方』が問題、間違い なのです。 


これは 振り子のアプローチ の悪い例の写真 ですが
アドレスの構え方 として
IMG_0093_Moment(3)← このように シャフトが後ろ(飛球線)IMG_0093_Moment(4)
に傾いた状態が 『ロフトを開いている』 
→ このように シャフトが前(飛球線)→
に傾いた状態が 『ロフトが立っている』

樹木を避け 意図的に 低いボールを打つ場合、
ボールはどこに置きますか❓
通常のショットやアプローチをするより中め、
右打ちの人で言えば 右に置きますよね❓
ロフトを開いて構えるは 完全なる反対
 とは行きませんが、基本はその反対になります。
2021-04-07_06-01-34_Moment

コース、バンカーや練習場で見かける
球を上げようとしている、ロブショットを打とうとしているサマ
を見ると ロフトを開いている のではなく
多くの、ほとんど人が フェースを右に向けている だけ
 です。

✋その反対に ロフトを立てて構える として
 フェースを反対に閉じ、自分の方にフェースを向けます❓
 それを ロフトを立てる とは言わないですよね⁈

出来れば やらないで済む方が良いですし、
知っていなくとも ゴルフは十分楽しめますが、
自分が間違えて セットアップ してしまっている
ということを知るため ロフトを開いて構える正当な方法
を記しておきます。
Desktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_MomentDesktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_Moment(3)









打ち出したい方向 にヘッド、フェースを向けます。
リーディングエッジなりを そのまま にして
自分が ボールを中心にして、反時計回りに後ろに下がります。
自分の体の向きは 打ち出したい方向よりも
 ロフトを開きたい分、左を向いていきます。
繰り返しますが、
  その場でからだを開くのではなく
ボールを中心にして、反時計回りに後ろに下がります。

もう聞いているだけで ややこしいですよね。


 正直、プロゴルファーであっても
多少、セットアップを変え、ロフトを寝かして構えるコト は
ありますが、出来るだけ少な目 にしたいでしょうし、
開けば 開くほど 倍々に成功率は下がります。
🔴ロフトを開けば その分、バンスも増えます。
 
 そして、ミスの一番の原因は
その場 でからだを開いて構えても
からだに対してのボールの位置がズレやすい ですが、
ボールを中心に、反時計回りに下がる なんてコト をすると
ボールの位置、だけでなく、ボールとの距離感も狂います。
Desktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_Moment(4)Desktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_Moment(2)









そういう弾道を打ちたくなる、
打たなくてはイケナイ状況の場所 には 傾斜もあるでしょう。
対象になる 障害物、ハザードもあります。


🔴どの位開くのか
🔴ボールの位置/間合いは 打てるセットアップになったか
🔴その開きだと どんな距離になるのか
相当、慣れていないと…
アマチュアなら セミプロクラスで無いと
本当に成功率は「ゼロ」に近いと思います。

奇蹟が起きて うまく 打てたとしても
距離が合わず 目の前のバンカーに落ちたりするのが
最高の出来 と言ったトコロでしょう。


挑戦 するのは楽しいですから、構いませんけれど…

過度にロフトを開くのを避け
ウエッジでごく普通に打って その一打も含め
4回でカップイン出来る方法を探す のが ベター(*^^)v
それが 3回で済んだら 満塁ホームランだと思いますけどねー。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイング の 課題もない訳では無いですが
それよりも・・・
ポスチャア(アドレス姿勢)を変えてみましょう。

高身長、手足も長く それが始まり…なのか
過去に 妙にフラットな角度のクラブを使われた…か
アドレスの造り方(動画にはありませんが)も気になるトコロです。


今回の動画では
使っているのはウエッジなのですが
グリップの位置が近い分 👈コッチ
ボールの位置もちょっと近い かと思います。

☑ 前傾の深さ が この位で良いなら
腕、グリップをもう少しボールに出してみましょう。
その分 ボールを すこ〜し遠目に。

アドレス2アドレス1









アドレス4アドレス5アドレス3アドレス❶







ポスチャア(アドレスの姿勢)の基本は
⚠前傾は『有りさえ』すれば良い
⚠膝の曲がりも『有りさえ』すれば良い
⚠ディッシュアングル(左腕とシャフトの角度)も
 『有りさえ』すれば良い
 のです。

出来れば 前傾をもっと もっと 浅く したいです。
ご本人の感覚では 突っ立ってる 位に。

✋もっとディッシュアングルを無くして
 ゼロ でなければ良いので
 限りなく ゼロに近づけて下さい。

 グリップエンドの向いている方 が
 肩のラインであれば ゼロ です。
 今ですと お股 あたりですから
 👉へそ 👉👉みぞおち
 イメージは胸でもいいかも です

 アドレスし、クラブを浮かせたら
 クラブは手の中で ヘッドの方に落ちようとします。
 その感覚で正解です。
 手の中でクラブを起こそうとしないで下さい。

クラブをホールドしたまま セットアップに入らないように!
セットアップの手順を考えるのも良いかも知れません。

👉そうすると グリップの位置が
もっと自分から離れ、高くなります。
グリップも、より指中心に、指で握るコトになると思います。

👉そうなったら からだ(前傾)を起こしてください。
 グリップが肩からダランと垂れたところ、
 其れより若干 ボール側に出すのもOK です。





IMG_1306

確認するコトはできませんが、もしかしたら
グリップが「始まり」かも知れません・・・



グリップ、左手とシャフト(クラブの関係)は

←こちらが正解

IMG_1305

こういう関係
手とシャフトが直角に近い関係で握るのは✖

ディッシュアングルは
手首の角度ではありません。

手首で作る角度 ではなく
シンプルに 手とシャフトの角度 関係です。

IMG_1304
👈 実際に
こうは握れませんが
こういう関係
こういうイメージが正解です。

(あくまでもイメージです)
人差し指の第一関節から
小指の付け根 で交わる感じ です。




IMG_1064IMG_1065IMG_1296







グリップ、グリップの位置、腕の出し方、垂らし方
ボールの位置、前傾 が変わってきますので
違和感はすごいと思いますが、
今の前傾やボールの位置では腰を痛めやすく、
長物を飛ばすコトが苦手となり易いので
少しずつ少しずつトライしてみて下さい。
IMG_0772

現在のスイングの変化では
まだ違和感があると思います。
その違和感のあるうちに
グリップ、ポスチャア、
もしくはセットアップの手順
をいじるのがベターです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



腰痛に悩むゴルファーも少なくないか
 と思うのですが、
スイングの動き、動作 ソノモノ だけでなく
アドレス(ポスチャア)やグリップが
 その腰痛の因子
 となっているコトも
少なくありません。 

(インから振るのがすべて!じゃない_Moment


背の高い、手足の長い方、細身の方 にありガチなのですが、
前傾姿勢が深過ぎて
アドレス時から 頭など重さのある部分が
前に出過ぎてしまっているケースがあります。
アドレス❷
このブログ内でも
 前傾姿勢と言う言葉が多用されるため
前傾に対し 意識が強すぎてしまうコトも危惧されます。


前傾姿勢とは その言葉の通り
自分の体の前に対する からだの傾きで
箇所としては
 大腿骨に対する骨盤の傾き、
股関節の前に対する傾きです。

その 前傾姿勢は 有れば 良いので
無理に深くする必要はなく、
有るのなら 浅い方がからだへの負担、
特に、腰への負担は少なくなります。

✋スイング中、動作中 維持出来る
 ということを優先させると
 アドレス時のみ、前傾が深く、維持に苦労する より
 浅くとも維持できる度合いが良いと思います。


どの位 とは一概には言い切れませんが、
(ウッドやユーティリティ、6番アイアン位で)
アドレスした時、靴(足)よりも
余り多くの部位が 前(ボール側)に出ていない方が良い…
と思います。
目安 としては つま先の真上に
首〜あご 位がある程度でしょう。
・・・・・肩では ちょっと深いかも…知れません。
若林純一 2021_Moment(3)

あまり 多くの部位がつま先よりも前、
ボール側にあると 胴体を廻すことが出来ず
腕だけや肩だけを廻すコトになってしまい
始めの負担 ばかりでなく
腰に負担のかかる 動作になりガチ です。



IMG_0772

🔴また これは アドレスだけでなく
グリップから始まるコトもあるのでご確認ください。

コチラに関しても、ですが、
腕とクラブの関係にはディッシュアングルと言い
一直線ではない 角度の付いた関係
というのを 当ブログ内で強調していますが、
これも 有れば 良いので
アドレス時、グリップが大きく前に出ない程度に
薄い角度関係の方が良いと思います。

IMG_12982021-03-14_15-04-50_Moment












 ↑↑↑ 左手とグリップが こういう角度
の関係であれば
こういうアドレスになり易いですし

IMG_12992021-03-14_14-42-45_Moment










 ↑↑↑ 左手とグリップの角度 が直角に近い
モノになれば 深い前傾のアドレスになり易くなります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




02_bアドレスは前に傾き03_b
 下にクラブを落として構えるので
錯覚しますが、
前傾を解き、少し腕を上げてみると…
茘蕕離哀螢奪廚隆愀犬蓮
薀哀螢奪廚諒が 左グリップの上
 にあります。
菴道悗茲蝓\茵⊂紊豊蕕琉り(グリップ)が有ります。


スライスの源、スライスの発生源 は
この左右のグリップの高さ関係の逆転
 から始まります。
2020-10-19_21-38-40_Moment


ゴルフスイングは
アドレス時、前傾姿勢があるので
右を向いた時、
その前傾姿勢の境目 になる 股関節よりも上にあるものは
右側が左側 よりも高くなる性質をもっています。

骨盤も左右の胸や肩、肘も 右側の方が やや高い位置取り です。



一般的なスライス は
アドレス時、構えた時に、開いていなかった
俗に言う スクエアだった ヘッド・フェース の
向きやロフトが開くコト から 始まる訳 ですが…。

前傾姿勢 そして 右向き
それによって 作られる 左右の高さ関係
からだの部位の多くのモノが それを守っている時は
クラブ、もしくはヘッドが高くなるだけで
開きも、閉じもしません。

2020-10-19_21-38-40_Moment(3)ところが… 俗に言う クラブが寝る と言う状態ですが、
前傾姿勢 〜 右向きの法則 による
左右の高さ関係が崩れてしまった時、
フェースが開く、ロフトが開く
 が始まります。

アドレス時、前に傾き
クラブが下にある時は
感覚的には…茱哀螢奪廚諒が高く
右グリップの方が下にあるように感じますが、
テークアウェイやトップの位置 では
腕やクラブそのものが 高くなっているので
グリップ本来の関係 と 感覚がつながり
茱哀螢奪廚諒が隋,砲覆詒Α,覆里任垢…
フェースを開く、ロフトを開く のは
茱哀螢奪廚 薀哀螢奪廚痢‐紊鉾錣襪茲Δ雰舛砲覆蠅泙后 
右肩の方が左肩よりも高い 筈 なのに
肘は左の方が高い…のです…。

今はコレを何と言うか知りませんが、
従来通り であれば
コレ を 
手上げ / 手振り / 手打ちの始まり
と言います。


二つのからだとクラブの関係を見れば
判るのですが、
片方は クラブ 特にグリップは からだの幅の中にあります。
当り前…と言えば 当たり前 なのですが、
右向き を 自分の胴体 で行い、
クラブ単体は動かしてないから です。
一方、左右の逆転が発生してしまう 方は
かなり 早い段階で グリップが体の外、
右打ちの人であれば 右に外れてしまいます。
この時点で からだの向き がなんなのか?
前傾姿勢 ってなんなのか? …その意義を失ってしまいます。


☑ ココ いつも問いたいのですが、
スイングの軌道が水平でも、垂直でもなく、斜めになるのは
前傾姿勢 (股関節…骨盤と大腿骨の前方への傾斜差) が
あるからなのですが、
それを無視して 手だけで上げてしまったら
 軌道が斜めになっているコト自体、
 無意味なんじゃないでしょうか…
単に 形だけ真似て、なぞるだけ になってしまうのは❓



2020-10-19_21-38-40_Moment2020-10-19_21-38-40_Moment(3)











また この二つ の状態を比較すると分かり易いですが
仮想トップの位置 で
クラブの重さ は からだに、腕にどうかかっている
でしょうか❓

これから ダウンスイングに入り、
少々高くなったグリップ
(特に茱哀螢奪廖を 元の高さに戻したい
薄くですが、下方向に進行したい
その時の クラブの重さ は どう掛かっている でしょう❓

からだの向きで右向きを作っている場合、
クラブの重さは主に左腕(左グリップ)にかかっており、
右腕やクラブを吊る というか 起こすコトに使っています。
掛かった重さ通りに左グリップを下げれば
 ボールを打つ方に行けそう…です。
それに伴い からだの向きを変えていけば 打てそう…ですが…。

一方、骨盤の向きはアドレスのまま、
腕だけ、肩周りだけで 偽装右向きを作った場合、
クラブの重さは主に右腕で支え、
左腕はグリップを上げることにかかっているので
重さが掛かっていません。
左グリップには『上がる』負荷が掛かっています。
ここから ダウンスイングに移行すれば
 からだの外(右)に外れたクラブの重さは
まともに姿勢にかかりますので 右サイドは潜ります。
からだの向きを変えても その後
 手作業がないと ボールを打つコトが出来そう にないですね。
2020-10-19_21-38-40_Moment(2)2020-10-19_21-38-40_Moment(3)









テークアウェイ 一つとっても
こんなに難易度が異なり、クラブの機能面でも違いが有るのに
なぜ その道を選択するのか とても疑問です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


これに関しては
もう笑っていいのか、悲しんでいいのか、
ギャグなのか、それともホラーなのか、
安価なプリンターを売って、インクジェットで稼ぐ式レッスンなのか、
とっても 微妙なお話し です。


ミスショット、
スライスが出る、
ボールが飛ばない、
 などなど
上手く打てない、ショットが安定しない打撃として
『アウトサイドイン』
 が代表例 と思われていますが、
その
『アウトサイドイン』
そして 上手く打てる、上級者の証 とも呼ばれる
『インサイドアウト』 とはどういったモノ なのでしょうか❓ 





先に正解から行きます。
スイングは 基本、からだの向きが変わるから
ヘッドが大きく移動
します。
インサイド とか アウトサイドを発生させる 円弧 は
からだの向きによって
 形成されています。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(2)









右を向いても、左を向いても、
ヘッドはボールから離れ、自分の方に入って来ます。
問題の アウト とか イン は
飛球線を基準に考えられているフシが強いですが…

そうではなく、
自分が右を向いている内に
 ヘッドがボールにアプローチしてくる
 から
それを インから と呼ぶのです。
 つまり そのヘッドの移動、クラブの移動 が
からだの向きで行われているコト が大前提
 になっている『筈』です。

では アウト の場合 はどうでしょう❓
 本来は右を向き、 それが元に戻る、と言う行為で
打撃になる訳ですが、
 右向きのタイミング で打撃に入らず
 左を向いてカラ 打つコトになる と
アドレス時に構えている目標方向(飛球線方向)
 より 左を向いて打つコト になるので
飛球線ラインよりも 外から ヘッドが入って来ます。
打ち遅れ ている訳ですね。

しかし、これがそのまま →スライス になるか というと
答えはノーです。

これは単に アドレスに対し、打つ方向、振る方向、
振るタイミングをズレている と言うだけで
結果、ヘッドと軌道の関係によりますが、
 その方向にボールが出るに過ぎません。
オリジナルの飛球線に対し、
 斜め外から振ってきた…としても
その実軌道に対し、フェースが開いていれば 右回転(スライス)
フェースが閉じていれば 左回転(フック)
ですので、アウトから入ってきたコトと 曲がりは
ほぼ全く関係がありません。 問題は方向だけ です。
(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(2)

でも それですら あらかじめ
どの位 斜めに振ってしまうか、理解していれば
実飛球線とアドレスの向きを調整すれば 良いだけ ですので
スイングそのもの と ショットの良し悪し とは
深い関係がありません。

✋この「アウトサイドイン」「インサイドアウト」問題の
 もう一つの欠点、問題を生じさせる点は
 インとか、アウト、からだの開きを避けたいがため
 どこかの時点で からだの回転を止めてしまう、
 特に からだの開きを避けたいが為、
 ボールと正対するトコロで 我慢してしまう というコトです。
 もう、お分かりと思いますが、
 その軌道問題の原点は
 「からだの向きの変更でクラブが動いているか」ですので
 からだを止める は クラブも止まる になる筈なのに
 それを利用して打つ、なんて 本末転倒にも辿り着く訳です。




IMG_0755


☀☀☀☆☆☆さて、ここからが問題なのですが、
実際、世の中で言われている
ほぼ100%に近いゴルファーが信じる
上級者の証❓と呼ばれる 「インサイドアウト」
インからヘッドを入れる は
からだの回転とは全く関係なく
 単にヘッドを 飛球線よりも自分側 から入れる

というコトを指しています。
2020-10-19_21-38-40_Moment2020-10-19_21-38-40_Moment(3)











インサイドアウト アウトサイドイン の問題の本質は
,らだの向き、からだの回転でクラブを動かしているか
⇒想論で言えば 右向きの内にボールにアプローチしているか

であって、最優先は,任△蝓
 実軌道に関しては 大きな問題ではないのです。

先ほども書きましたが、
打ち遅れてしまい、からだが左向きになってから
ボールを打つコトを便宜上、「アウトサイドイン」と言いますが、
これは 実軌道とアドレスの向きのズレを知っておいて
その分、右向きに立てば 問題は解決します。
出る球筋や距離の問題は 軌道とは無関係、別の問題です。

その正しい「アウトサイドイン」が好きか、嫌いか、
治すべきか、放置すべきか は個々人が考えるコトで
その状態でも 非常に簡素な修正(ズレの認識のみ)で
 十分、ショットも、ゴルフも楽しめます。

ところが 一般で言われる からだの向きには関係なく
 からだの向きでクラブを直接移動させる と関係なく
単に 飛球線の内側から ヘッドを入れる、
のが インサイドから と言う理論は
ほぼ100% 手打ち、手振り を強要し、
その自分では インサイド と思っている場所が
 クラブを寝かせ、ロフトも、フェースも開く、
誰を満足させるために 疑似インサイド を作っているのか
判りませんが、インパクトのロフトも、フェースも、
その軌道を作ったコト、その後に修正改善、
もうインパクトまで コンマ.0何秒しか残っていないトコロで
理想的なロフトの向き、理想的なフェースの向き を
手の返し で修正する必要が絶対に生まれます。
軌道を放置している方が格段に楽、
 その後に訪れる ヘッドの返し技 は
 50年以上、おそらく 一億人を超えるアマチュアゴルファーを
 今も、それから これから先も苦しめ続けます。

現場へ出れば、スイングは兎も角、
スイング軌道なんてモノは 目に見えませんし、
殆ど意識もしていません。
あえて言うなら スイングが分らない人が
他人のミスショットが出た時に
『アウトサイドインだったから』と知ったかぶり される
その程度のモノで、
その誰の為にやっているか分からない
本質とはずれた 的外れなスイング軌道変更 の為に
1/3000秒というドライバーの ヘッド姿勢調整が
永遠に続くコト になるのです。
「軌道を変更」とは随分、上手そうに見えるモノ言いですが、
 単にクラブを手で外に倒しただけ です。

2020-10-19_21-38-40_Moment(2)2020-10-19_21-38-40_Moment(6)











飛球線より自分側 から ヘッドが入ってくるコト
 をインと規定した としても
◌クラブ、グリップやヘッドは からだの幅の中にあり、
 自分が右を向いているから イン
 なのと
◌自分のからだの向きは関係なく
 グリップも、ヘッドもからだの外、からだの右 にあるのが イン

とは あまりに別なモノで
 どちらが インパクトのホンの一瞬手前 として
 適切なのか、繰り返し易いのか
インサイドアウト/アウトサイドイン論争を そう判断しないと
 スイングを形だけで、自分ではなく、レッスンプロや
他人に満足させるためのモノ …徒労に終わってしまいます。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



「どう グリップするか?」
グリップ(握り)を覚える際のポイントの一つに
クラブヘッドは自身の重さや運動によって
自然に遅れる。。。右打ちの人であれば
からだの右にズレる訳ですが
その遅れ・遅れるコトを どうするのか?
というのがあります。

(両手離し



ベースボールは幾つか理由から論外としますが
(読んでいけば理由は分かると思います)
よく言われる オーバーラッピング、ベースボール、インターメッシュは
握力や手の大きさ など応じて 好みで良いと思います。


.悒奪匹涼戮譴鬚匹Δ垢襪里❓ どうしたいのか❓

スイングの動作中、シャフトの押しにも手伝って貰いますが、
自分の動作によって グリップを移動させ、
ヘッドは その重さと運動分 遅れます。
右打ちの人の位置関係で言うと
グリップはからだの幅の中にあっても
その遅れ分、ヘッドはからだの右にズレます。

その遅れによって ヘッドがどういう姿勢を取るのか❓
その遅れを どういうヘッド姿勢にしたいのか❓

それを表現するのが グリップ(握り) と言っても良いでしょう。


ヘッドが(からだの右に)遅れたのを
 ヘッドの開き、フェースの開き にしたいのか❓
ヘッドが(からだの右に)遅れたのを
 ロフトの立ち、フェースの下向き にしたいのか❓
によって グリップは大きく変わってきます。

また スイング全般と関わりますが、
▲ヘッドの遅れを 「遅れっ放し」のまま、ボールを打つのか
それとも
▲ヘッドの遅れを「取り戻すコト」で、ボールを打つのか
によって グリップ(握り方)は大きく影響を受けます。

大森201904_Moment(2)


逆を言えば スクエアに握っていた としても
 自分のショットを数度して どう握り変わっているのか
が 自分のクラブ扱いを表している と言っても良いほどです。

【既にグリップの形があり、過度なフックグリップの場合】
スイングの中に
 左グリップを支点として ヘッドを振る動きが有る限り、
 必ずと言ってよいほど 左だけフックグリップ傾向が強くなります
 そして これは
 →ラウンド中の握力低下
 →フックグリップ度合いの増し
 →アドレスやボールの位置の乱れ

 につながるので 形としての過度なフックグリップを消すのではなく
 ボールをつかまえる行為の間違いを是正し、
 支点としての左グリップを辞めるコトをした結果の
 過度なフックグリップの是正の道をお薦めします。


*過度なフックグリップとフックグリップ気味の違いは
 左右のグリップの離れ具合
 アドレス時の左手首の甲側への折れ で判別下さい。


握り に伴う 両手首の動き ですが、
よく言う ディッシュアングルも含む、縦方向の ライ方向の動き
言葉では 「コッキング」と呼ばれるモノですが
これは元々 遊び程度 にしか 稼働領域が無く、
意図的にするモノ ではありません。
クラブヘッドの形状、構造上、ヘッドの方が高くなっていれば
鎌首をもたげたその形状が 自然なコッキングを生みますし、
逆に それはロックして、全く無くても問題ありません。


グリップはどうしても ゴルフクラブの機能を活かす都合上、
左右のグリップが同じ場所を握らず、ズレて握ります。
IMG_0794
そのズレは そのまま アドレスに影響します。
左のグリップを支点に ヘッドターンさせる人は
 ラウンド後半、握力の低下…によって
>>>より 深いグリップが必要になります。

左グリップを深いフック にすると
右手が入る場所を失いますから
より 左右のグリップは離れ、
>>>それがアドレスの乱れ 崩れ につながり
 セットアップ時の向きやボールの位置がズレ
 ミスショットの大きな要因になり得ます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブの機能をほぼ完全に無視した形の
手振りは、コメントに頂いたように
物理原則を無視した打撃が故に
相当の訓練・数を経て、当たるようになります。

ですので そこからなかなか脱出できない・・・。


提案❶
 グリップ(握り)から 変えてみましょう


グリップ(握り)を変えるのは イバラな道なのは確か です。

放っておいても
動作が「ゴルフスイング」らしくなってくると 自然に変わるのも確かです。

各人、各人に寄りますが、
しかし、そのイバラな道を行くのも一つのアイディア かも知れません。

スナップショット 1 (2013-09-09 13-43)

左手の過度なフックグリップそのものを治す というよりも
左をフックグリップにしている 『理由』 を治すのが 目的です。
 最終的に ややフックに握っているのは問題ではありません。

左手の過度なフックグリップの理由・問題は二つ あります。



❶左手と右手が離れているコト

理由:フェースローテーションがし易くなります。
双方が近づいていると 反対の手によって制限が掛かり易くなり
フェースローテーション こねくり がし難くなります。
b7055bfb2eea97122aee59c31313e223

問題:始めから 離れめのグリップは
ラウンド中、疲労してくると 離れ具合 が増えてくる傾向にあります。
プロ、トーナメントに出場しているプロも例外ではありません。
当然ですが、両腕の長さはほぼ同じです。
両手が 離れてくるというコトは 右手がより遠いトコロ、
左手がより近いトコロを握る というコトになりますので、
アドレス姿勢に影響を及ぼします。

アドレス姿勢が変われば、スタンスの向き、ボールの位置 にも
影響を及ぼしますので、それが ミスの原因になったりもします。


両手離し(スプリットハンド)ドリル でよく判るのですが、
グリップが離れていると 右手が伸びてくる 圧力が
より左腕を通して 左肩に下方向(下から上に)から上にかかります。

からだを有効に使っていなくとも
からだの向きの仕組みは
左肩が上がると からだは左を向きます、
その度合いは ある程度一定 です。

左肩が上がる は イコール からだが開く
つまり その分、ボールから左サイドは離れるので
無理やり からだを止める とか
ボールに届くように 処置する必要があります。
42ea91fd
また、左肩が離れる&体が開く は
右サイドが近づく&下がる が付いてきます。

両腕の長さはほぼ同じで
左サイドが上がり&離れ 右サイドが下がり&近づき では
右腕を伸ばす空間が足りなくなります。
両方の腕の長さが似た状態 でないと 正規のロフトに出来ません。
左腕に対し、右腕の方が短い というコトは
ロフトの開いている状況 になり、
それでは打てませんから 急激なインへのターン が行われます。

そう言う意味でも 両手離し(スプリットハンド)ドリル は
ハンドターンを行おうとすると、右腕を伸ばそうとすると
左腕の長さが邪魔になり、急激にたたむとか、
左サイドを、左肩を上に逃がそうとする
右腕の長さが 圧力として 左肩にかかるのを 感じ取れる
と思います。
ゴルフクラブの機能を活かしたスイングとは
からだの向きでグリップを移動させることで、
そこで 腕の曲げ伸ばしで クラブをターンさせる のではなく
からだの向きを変えるコトで クラブをターンさせる コトを
感じ取ってもらいたいのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



手振り の特徴は
手でクラブを振るが故に
【グリップもヘッドも からだの右に外れ、左に外れるトコロ】
があります。
4bcbe6f4

ですので テークアウェイでは
グリップも、ヘッドも 右に外れ、
フォロー以降では
グリップも、ヘッドも 左に外れます。
スナップショット 1 (2017-05-16 22-34)

テークアウェイでは 左肩や左腕でグリップを右に外し
右腕(肘)が支点になり、窮屈にたたまれ、
フォロースルー以降では 右腕でグリップを左に外し
左腕(肘)が支点になり、窮屈にたたまれる
のが特徴です。
別な言い方をすると
左から右への動作 では 動作の主エンジンは左腕
右から左への動作 では 動作の主エンジンは右腕
コレでは 結果、左右対称には振るコトが出来ず、
あまり使いたくない用語ですが、
 端から アウトサイドイン の動作 になります。


腕の長さも クラブの長さも 
テークアウェイの時点でも 遠心力を作るため
テークアウェイが速いのも特徴です。

それを まるで 「ゴルフスイング」 であるかのように
腕もクラブも長くして ゆっくり上げ
からだの回転が止まってからのテークアウェイの後半に
腕をたたむような 動きをしても、基本は変わりません。
学生が覚えるスイングやレッスンを受けると教わると
 このパターンが多いですね。

◎このパターンで からだを痛めてしまう大きな理由の一つに
元から アウトサイドイン の動きなのを
どう インサイドアウトに変えるか ではなく
どう インサイドアウトに「見せ変えるか?」といいのが
レッスンなどの主テーマになるコトもあります。

IMG_0532IMG_0533IMG_0530IMG_0531


✋✋✋この特徴は グリップ(握り方)にも出ます。
理想的なグリップでは 動作中、
からだの幅 に対し グリップは外れませんが、
ヘッドはその重さから 右に外れる時間があります。
グリップは からだの幅の中、
ヘッドはからだの右、 に外れる期間です。

この時、からだに対し 右に外れたヘッド
このヘッド…この時のフェースが
空を向いているのか(空を向き気味)
地面を向いているのか(地面を向き気味) なのか、
それは 握り方(グリップ) に出てきます。

b7055bfb2eea97122aee59c31313e223(グリップ●
空を向いている…スイングの中では 遅れ ですが、
この場合の遅れ は 打撃に直結せず、
フェースが空を向いているのですから
地面や低いトコロにあるボールは そのままでは打てません。
その時点では ソールやバックフェースがボールに向いていますので
からだの向きを変えた だけでは ボールは打てません。
フェースターン と呼ばれている 行為、
それが打撃になる 一つの証し でもあります。

一方、からだの右に外れているヘッド が
地面を向いている、スイングの中で、ヘッドが遅れている が
ロフトの立ち、進行に対する ロフトの立ち になるので
からだの向きを変える行為 ソノモノで 打撃するコトが可能です。

自分で試してみると 分るかも知れませんが、
ヘッドが からだの右に外れた時、
フェースをどこに向けているのか
紊覆里、腓覆里、
それは グリップ(握り方)にも反映していると思います。

プロも含め、左手のかなり過度なフックグリップが主流になり、
左手のスクエアグリップが絶滅危惧に瀕している、
のも 現代のスイングを表す一つの特徴です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフスイングと腰痛…悩んでいる人多いですよね。



両手離し(スプリットハンド)ドリルの映像を見ていて
 ちょっと気になるコトがありました。
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(4)

フェースローテーションをする
左右方向としては 左肩を残しておかなければなりませんが、
ターンする為には左腕の長さは邪魔です。
が故に 左肩はその位置で 上に逃げなければ当たりません。

からだを廻して 逃がすと 当たらないから
からだの回転は一時止めなければならないため、
からだを右に傾けなければなりません。
置き去り君_Moment

多くのゴルファーの腰痛は右サイドが多いようです。

体重がかかり 潰れた右サイドに負担が増える、
と言って良いでしょう。

スプリットハンドドリルはその名の通り、
両手を離して握りますから、
その離れた分、菠は上に逃げようとします。
ですので ドリル であって
 本番で打つのには不向きな訳です。

グリップに関して、オーバーラップであっても、
インターロックであっても、インターメッシュでも
左右の離れ具合 は最小限に、
出来るだけ無い方が良いですよ
 と提唱しています。
ミス、の原因にもなりますが、右腰への負担や
左ひじへの負担を出来るだけなくしたい からです。

左右が離れていればいるほど、
手を返すスイングで有れ、そうでないにしても
左肩は上に逃げやすく、その分 からだは右に反り
右腰への荷重が増えます。

IMG_0706_Moment(3)IMG_0706_Moment(2)










ミスにおいては
特に ヘッドターンをする人に多いですが、
ターンをするには 支点、
 スイングの場合は左グリップがそれに当たりますが
ラウンド中盤、終盤に差し掛かってくると
疲労〜握力の低下から
 左グリップが深く握るようになり
左右のグリップの密着度が薄れ、両グリップ間が離れます。

それによって 気付かないうちに、気付かない程度
アドレスが乱れ、からだの向きやボールの位置がズレます
 ボールの置き位置で言うと 前後1〜2個程度 ですが、
プロも例外ではなく、終盤のミスの原因 になっています。
元々 左グリップを フック気味に握る人に多い傾向ですが、
 ラウンド中、グリップを注意してみて下さい。

また、グリップの握り 特に左が深くなってきた というコトは
握力の低下、疲労 が出ている証でもあり、
そうなった時、自分の従来の距離を期待しない
 一番手分位距離が落ちる と言う想定をして
ゴルフをすると良いかも知れません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



今日のお題は 意外に忘れられてる(知られていない?) と思われる
スイング全般に対しても 結構、大切なコト。


ゴルフのスイング
その構えの アドレスには
一般的に『ディッシュアングル』呼ばれるモノがあります。
  …今のスイング論では、あまり使われる言葉ではないのかも…。

それは かまえた時、
この場合、分かり易いので 左腕 としますが、
その左腕を シャフト(クラブ) は 一直線 の関係ではなく
スープ皿の底のような 薄〜い角度が付いています。
2020-07-28_18-05-56_Moment2020-07-28_18-05-56_Moment(2)








その角度は アバウト で 特に何度 なんてのは
 気にする必要はありませんが、
その角度は存在する のは重要です。

ゴルフスイングのややこしい トコロ ではありますが、20090801 2009_08_24_23_31_25-253フレームショット
アドレスには 前傾姿勢(骨盤と大腿骨の前に倒れる角度差)があるので
グリップとヘッドの関係で、ヘッドの方が低い位置がありますが、
実際には グリップとヘッドの上下関係は
左腕とクラブの角度 があるので
 ヘッドの方が 紂,砲△襪里任后

腕を地面と平行まで上げた時、
その角度 によって
 ヘッドの方がグリップよりも上、高い位置になります。
アドレスは、 その腕を下げ、前傾しているので
 感覚的にはヘッドの方が 隋,砲覆襪世院,任后



🏴🏴🏴10ヤードや20ヤード、グリーン周りのアプローチ
などをする場合、グリップもヘッドも上げず、
からだの回転だけ で打つような場面が訪れます。
 (もしくは 刷毛塗で)

そう言った場面で陥り易いのが、
  ヘッドを下げてしまうコト です。

分かり易いので からだの回転を主に で考えてみると
打ちたい分、からだは右を向きます。
これは からだの回転を股関節を境に正しくするのも
肩周りだけでする時も 基本は一緒 です。

前傾姿勢があるので 動かしてはいない、上げてはいなくても
グリップの位置は アドレスよりも 若干、ほんの少しですが、高くなります。
2020-07-28_18-05-56_Moment(4)2020-07-28_18-05-56_Moment(3)








にもかかわらず ヘッドを下げてしまう…。
✋アドレス時は
クラブの重さ、ヘッドの重さを 地面に預けていますが、
グリップが高くなる → ヘッドが地面から離れる
その分、アドレス時には無かった クラブ、ヘッドの重さが
 腕にかかります。
●手で振ってはイケナイ
●クラブを持ちあげてはイケナイ

そんなイメージがあるので
 その重さ分、ヘッドが下方向に取り残されてしまう という
アプローチをとても良く見かけるのです。

上げた訳ではないですが、
比較して頂くと分かりますが、
アドレス時の「ディッシュアングル」を維持すると
アプローチのテークアウェイやトップ時では
グリップとヘッドの上下関係はこんな感じになります。
2020-07-28_18-05-56_Moment(2)2020-07-28_18-05-56_Moment(4)







ところが ヘッドを下げてしまう、
ヘッドの重さが掛かった分、ヘッドを下に置き去り にしてしまうと
2020-07-28_18-05-56_Moment(2)2020-07-28_18-05-56_Moment(3)








こうなってしまう訳です。

これはアドレス時、ディッシュアングルが無い状態と同じ。
2020-07-28_18-05-56_Moment2020-07-28_18-05-56_Moment(3)








さて、問題はこれから起こります。
ダウンスイング〜インパクト に入ろうとすると
からだを正面、ボールの方に向け戻す、
回転し戻す(からだの向きを変更し戻し)ますから
グリップの位置は 下げてはいなくとも 低くなります。
そうなると ヘッドはアドレス時よりも下がってしまっていますから
選択は二つ。
●からだ等を起こし、ヘッドの高さvs地面の関係に合わせ
グリップの位置を アドレス時よりも高めの位置にする
●ダウンスイング〜インパクトに合わせ ヘッドを元に位置にあげる

コレ、レッスンなども含め 誰も提唱しません。

おそらく 殆どの方が
無意識での調整を行っていると思われます。

グリーン周りのアプローチなど
本当に目の前、足で蹴っても、手で放っても…なんとかなる距離
にもかかわらず、トップしたり、ざっくりしたり、
主に ヘッドの上下の問題が多いと思うのですが、
こんなトコロに ミスの原因が隠れている のです。

アドレス時、地面に預けたクラブ、ヘッドの重さ、
それを 上げる訳ではありませんが、「持たない」と
当然、その重さ、そして多少ですが運動分、
ヘッドは下方向に取り残され、下がってしまいます。

自分のアプローチ、ちょっと注意してみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブの部材としての
【グリップ】ではなく、
握り方の方のお話し…

ハミングバードの考える、グリップ(握り方)の良し悪し
というか、美しさは 
左右のグリップの密着度
言葉は奇妙ですが、左右のグリップの上下の密着感
       
  (左右の手首の高さのズレ)
にあると思っています。

スナップショット 1 (2013-09-09 13-43)スナップショット 6 (2013-09-10 1-46)








ですので、密着度があれば

それが インターロッキング、オーバーラッピング、
インターメッシュでも良いし、

ややフィンガー気味をお薦めしますが、
密着度が高いのであれば フィンガーでも、パームでも、

右手に限っては ややフックめでも、ややスライスめでも
程よければ どちらでも良いと思っています。
(✋最終的なグリップの答えは 必ず訪れます✋)
ベースボール〜テンフィンガーにおいては
その握り方が 上下の密着度を高められないグリップなので
推奨はしません。

グリップは どんなグリップをするか と言うより
左右の上下の密着度 によって アドレスもスタンスも
大きく左右されます。
元々、微妙にですが、左と右はズレたところ、
右グリップは左グリップよりも「遠く」を握ります。
その遠さが これも奇妙な言葉ですが、
出来るだけ「遠くない」遠さが理想的 です。

swing102スナップショット 1 (2013-11-29 10-47)











右グリップがややフック気味、であっても、

スライス気味、であっても 
その密着度は 左のグリップの仕方 によって
決まってしまうので、
グリップの良さ、グリップの美しさは『茲離哀螢奪彈‖茵
と言えるかもしれません。

グリップの密着度は その人がどのようにクラブを扱っているか、
☑手の返し、手や腕でクラブを振るのか
☑からだの回転でクラブを直に動かすのか
の指標であり、グリップを先に治してから、スイングを作るか、
スイングを修正しながら、その成熟度の目安として
 左右のグリップの上下の密着度を見るのか
お好みの選択…と言った感じです。


悶絶クラブでない、市販のクラブのグリップ交換もごくたまに
行いますが、その際、蕕凌道悗遼猝廚激しい方は
(シャフトが硬い〜激しくこねないとボールが打てない)
総じて、その摩耗でへこんでいる人も かなり下の方(ヘッド寄り)で
二重の意味で 「あちゃ〜」 と心の中でつぶやいています。



✋右グリップは 9割がた、左グリップ次第、
左グリップをどうするか、によって決まってしまいます。
そう言う意味では、右グリップの変更は
 左グリップ程難しくありません。

その 
左グリップを治す というのは
スイング改造の中では 非常に難易度の高いモノ です。
最大のイバラの道かも知れません。


一番多く見られるケースは 左のグリップ、茲亮蠎鵑世韻failgrip
甲側に折れており、場所として本来、右グリップが入る空間を
浸食、占拠しているケースです。
左グリップの手首が甲側に折れれば、自動的に
左のグリップは過度なフックになりますから、当然、そうなります。


そして そのグリップの理由は、
テークアウェイの初期、動き出しで、
左腕を回内(ローリング)することで始めるコト
kainaikaigai

左腕だけの動きでスイングを始めるコト で
つまり、手さばきで スイングをスタートするコト です。
これに 例外は殆ど見当たりません。

この時点、アドレスから 1秒、イエ 0.5秒もたたない初期動作で
手打ちをするコトが確定、振り遅れることが確定、
後々、クラブを寝かしたりの不必要な修正動作を除けば
 その時点で、アウトサイドインに振る事が確定しているのです。

手で上げない ようにするには
いばらの道の「左グリップの改修」が手っ取り早いです、
言葉通り、いばらの道(精神的に…ですが) ですので、
ワンポイントアドバイスを✊

テークアウェイを右手、右腕、で行って見てください。
理想を言えば、右ひじ、もしくは 右上腕の背後への移動
と 胴体の右向きをリンクさせる形 で。

そのコツは 【からだの回転よりもやや先目】 に、
☑右ひじを曲げる か
☑右上腕を上げる か
☑右ひじを背後に引く
 を行うコト。
左手は、「右手一本だと辛いから」 手伝っている程度で
左手は、クラブの移動そのものには直接関与しない感じで‼
左グリップが その右腕動作によって 動かされそう
というのは からだの向きの変更 で処理します。
スナップショット 1 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)





左腕が回内(ローリング)しなければ
左グリップの変更は 格段に容易に行えます。


そこから先、スイング出来なーい、とか

チカラが入らなーい、とか 強く振れなーい、とか
飛ばなそう、とか その手の弱音は関知しません。

一番、始めに ゴルフクラブを握った時、どうだったんですか?
としか お答えできません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 …ちょっと紛らわしいのですが、
名称としての 『シャットフェース』 とは
正規のスイング用語では 『スクエアフェース』 のコトを指します。

そのフェース面の向きは 何を対象にするか というと
あなたの構えた時の 前傾姿勢 に対してのモノです。

橋爪晃彦 (2)_Moment

その前傾姿勢に対し、体の向きを変えると
その角度に対し 直角な関係で クラブも含め
多くのモノが動きます。 (ややこしいですね)


✋その 前傾姿勢に対し直角な状態
それに対し フェースはスクエア
右を向いている時は、その前傾姿勢分、
やや下向きな状態が スクエア です。

地面に対しては シャット
 やや地面を向いている状態です。

ややこしいですが、
テークバック時、右を向いている状態で
フェースが『地面に対し』 垂直な状態 は
実は オープン(ロフト) な訳です。


巷では 手先で作る オープン/シャット の話しが
飛び交っていたりしますが、本当のトコロ、
◯手でクラブを動かす 👉👉👉オープン
◯からだの回転通りに動かす 👉👉👉シャット(に見える)

なのですから、もうごちゃごちゃの話しになってしまいます。

正規な形で、手を使うと
グリップの高さが上がったり、ヘッドも高くなったりしますが、
オープンにもシャットにもなりません。
高さが変わるだけです。

手でオープンにしたり、シャットにしたり する時点で
話は 特殊な個別なスイング に突入です。

スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)


ですので ダウンスイング時、
左サイドが低くなっていますから
その左サイドの移動なり に 同期して左腕、左グリップが
ついてくれば 見てくれのシャットフェース、
実はスクエアフェースが出来る訳です。

理論上は フォローでは
左サイドが高くなっていますから
自然な形では その傾き通り、フェースは空を向きます。
からだの回転に対し、ヘッドはその重さ通りに
遅れた状態のままですので テークバック側に比べると
その度合いは薄いですが、最終的には空を向きます。


スイングを 回転する(向きを変える)からだの向き通り に
していれば、シンプルというか やることは少なくなります。
本来、からだが向きを変えるから、その体から生えている腕が、
それを持っているクラブがターンする のですが、
体の向きの変更とは別に 腕やクラブがターンする となると
円を二重、三重と作るコトになりますから 一気に複雑化します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



最近のアドレス姿勢でとても気になることがあります。

一つは先日書いた 間違った前傾姿勢の取り方 です。
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1945017.html

yjimageLL19E073

もう一つは 年々増えつつある 現象にもなりつつある
アドレスなのですが、
それは アドレスで手をボールの方に出して構える ことです。

前傾姿勢の取り方にもよりますが、
腕は肩から、特に左手は肩からだらっと下がった
所に収めておくべきです。

意識されていませんが、
両腕は当然クラブよりもはるかに重いものです。
yjimageW5TCMT5G

特に腕をボールの方に出して構えるゴルファーの多くは
腕やクラブを振るため
その重さはかなりのモノになります。

体は当然その重さを支えようとしますから、
ラウンド中 疲れてくるとアドレス姿勢も変わってくるでしょう。

腕を出して構える ということは
運動でさらに増えるその重さを解消するため
必ずスイング中 前傾姿勢を起し、無くしてしまうことに
つながり易くなります。
IMG_0569IMG_0567




















前傾姿勢の取り方が間違っていると
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1945017.html
こうなりやすい のも確かですが、
これもラウンド中疲労に伴い変化しやすい
アドレス姿勢の代表例です。

このようなアドレス姿勢と取ってしまうと
自分とボールとの距離 が非常にあやふやなものに
なり易いですから 注意が必要です。

右手グリップは左手グリップよりも
ヘッド側…遠い方を握りますから
ボールの方に近い感じですが
左グリップは肩からだらっと下がったところで
クラブと合体することを意識してください。

体が前傾して出来た 下方の空間
この中をグリップを移動させるイメージです。
腕の重さは 長さを付けて 増やさない
というのは 動作中、姿勢を維持するためにも
とても重要なことです。


ゴルフショットは
理想的には 出来るだけ正確に、
出来るだけ繰り返せて、
出来るだけ少ない労力で
より遠くに 「ボールを打つ」 為のモノで
クラブの運動を増やし
クラブを遠くへ放り投げる その過程で
ボールを打つことではありません。
(意味わかりますか?)
スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)

私の目には 最近のスイングは
クラブをより遠くに放り投げる過程に
ボールがあって、
二次的にボールを打っているようにしか
見えません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ボールを打つ為、セットアップする構えを
アドレス(ポスチャア)と呼びますが、
その中でも大切な一つに
 ボールの置き位置 があります。

005


幾つかあるレッスンの中には
番手などによって ボールを位置を変える 
と言うのがありますが、
それは 位置把握のしやすい、目安になるものの多い
練習場でなら良いかも知れませんが、
傾斜や景色が毎回変わり、疲労によって変化の起こりやすい
コースでの方法論として適切ではありません。

ショットは兎角ミスが付きまといます。
ほぼ、全部のショットがミス と言っても過言でない程
ミスはついて回ります。
そのミスの確率を下げ、ミスの幅を狭くするためにも
ボールの位置は固定した方が良いと思います。

その基準になるのは左の靴です。
002

ボールの前面が左のかかとになる位の位置
クラブの長さや番手が変わっても 置く位置は同じ。
変わるのは 右靴の位置 → スタンスの幅 だけ
と言う方がより簡単になると思います


このボールの位置は
 インパクト時に体のセンターがここになる
 インパクト時、体は左の脚が軸足になる

という事を作っていきますから、
現在、ボールの位置が右に寄っている場合、
ボールの位置を治すとなかなか上手く行かなくても
その位置を習慣づけることによって
体の回転、体重移動、アドレス姿勢が
改善されますので、続けて下さい。
スイングの改良の非常に大きなポイントです。

体の回転は背骨が軸になる動きです。
人間の体は 厚み に対し
重さは背骨よりも前(胸)側に位置するので
背骨を軸に右を向けば、その重みは右足の上
左を向けば、左の足の上に乗ってきます。
体の回転と体重移動は同意語に近い
密接した関係です。
003

ボールの置く位置が
自分のインパクト時の 体の位置、姿勢を決めます。
8a862ab6

アドレス時の真ん中や
それよりも右にボールを置く ということは
体重移動を放棄する
 →背骨を軸とした回転運動を放棄する
という事になりますから、
慣れるまで上手く行かなくてもあきらめず続けて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



アドレス姿勢(ポスチャア)…に行く前に
まず セットするボールの置き位置
についてのお話をします。

yjimage


この ボールの置き位置
正確な確率は分かりませんが、
ハミングバードが見る限り
アマチュアのコースでのミスショットの
半分以上、おそらく7割に届くような 原因が
ボールの置き位置に秘めています。

それはどういうことか というと
アドレスでの向き、とも関連しますが、
コースへ出ると 傾斜があります。
その傾斜も 左靴、右靴、ボール、で
三者三様であったりします。
向きと絡み合って、ボールの置き位置が一定しない
毎回バラバラ
その置き位置では打つ前から失敗が確定…
のようなことが 本当に頻繁に発生します。
005

と同時に 練習場の悪い癖、というか
知らず知らずの習慣なのですが、
日本の練習場はとてもよく出来ています。
そう、どこの練習場であっても
ほとんどすべてのものが 規格サイズ がゆえに
知らず知らずのうちに その距離感
例えば ボールとの距離 などを
その サイズに依存しているケースが多いです。
直線が多いので アドレスなどの向きも
それに委ねているケースも少なくないのです。

一度 練習場で、打たなくてよいのですが
自分の立っているマットの上にボールを置き、
マットなどの向いている方向とは
全然異なる 曖昧な方向
35度左向きとか 23度右向きとか
適当な方向を向いて セットアップしてみて下さい。

おそらく 方向、ボールの左右位置、ボールとの距離感
これらも なんとなく違和感 というか
落ち着かない感じになると思います。


そうなった時 持っているクラブ を地面に
自分のアドレスした 両足のかかとに沿って置き
もう一本のクラブで そのかかと線のクラブと垂直に
ボールに対し 置いてみて下さい。
002

まあ 十中八九、自分の望んでいる向きよりも右を向き
マットに対し左向きの目標方向であれば右寄り、
マットに対し右向きの目標方向であれば左寄り、
いつも 理想的に構える状態よりもボールの位置が
ズレている筈です。

ボールとの距離感も一定しないかもしれません。
向きによって ボールとの距離感もズレる可能性が
あるでしょう。



アドレスの重要点の一つに
目標とする方向と平行に構える。
フェースの目標と交わらないように平行に構える。
と言うのがありますが、
家でセットアップの練習をしたりする場合、
なにかに平行や垂直に構えず
中途半端に斜に構えてみる練習をするのも
コースでの無用な、無駄なミスショットを減らす
かなり大きな一手になります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


0e4d0881
アドレス、ポスチャア、始める時の構えのコトを指します。


ここで大切になるのは
自分の
 『アドレスの向きに対しボールの置く位置がどこか』
というコトになります。
◌ボールの位置がどこか ではなく
 打ちたい方向に対し、自分なりにちゃんとスタンスの向きを取れるか
 常時、似たようなスタンスの向きを作れるか がポイントです。

✋スタンスの向きの作り方が
 いつも曖昧だと 結果 ボールの位置
 自分のからだに対してのボールの位置もズレます。
 ミスショットの原因の半分以上は ここで生まれます。


アドレスの向き 👉スタンスの向き ですが
200px-08_tory_railtrack_ubt
ゴルフの向き〜打ちたい方向は
ボールと相対しているクラブの向きと平行で
このヘッドとスタンスの二つの直線は
 どこまで行っても交わらない平行なモノです。
線路のレールの関係と似ています。


その際、心がけておきたい、慣れておきたい のは
スタンスの向きの基準は つまさき ではなく、『かかと』 です。

多くの右打ちゴルフファーの場合、
右足のつま先よりも 左足つま先の方を開き気味にします。
その 左右の開き具合の違うつま先を基準にせず
かかと で アドレスの向きを作る手順なり、ルーティン、慣れ
を作っておくとよいかも知れません。

つま先基準にして、いると
かかと基準にするよりも ボールは左、前にズレます。



股関節から上の「正しい」からだの回転を目指すのなら
ボールの置き位置は 左足かかと前あたり
インパクトの時のからだのセンター をお薦めします。

0e4d08811

初めてゴルフクラブを握って ボールを打つ
という過程を過ぎ、少し経つと スライスで悩むようになります。
コースへ出て スライスしても OBなどにならないようにする為
左を向いて構える場合があるかと思いますが、
左を向く時、その基準になるのはボールです。
左を向く分、自分は後ろに下がる形になるのを忘れずに。

例えば 練習場の二回打席などで
 右の方向をターゲットにすると
左足は 二階の淵 に近づいて 危険になる というコトですね。


その場で スタンスの向きだけを左に向けてしまうと
ボールが 極端に中、右に寄ったコトになり
それでは より一層スライスしてしまう可能性が上がります。

これは 後々 バンカーショットなどにも応用されますので
ボールに対しての スタンスの取り方 に慣れておきましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アドレス、構え、ポスチャアとの絡みは ありますが
グリップ、両手の握り のポイントは幾つかあります。

❶最大のポイントは
 左右のグリップが (上
下)に大きく離れないコト です。

b7055bfb2eea97122aee59c31313e22342ea91fd36ed9c16ce93d5f8








両方の手首のラインを見てみて下さい。

製品としてのグリップ(ゴムの部分)は 30センチ弱あります。
手の大きさ、手袋のサイズにもよりますが
半分くらいの 20センチの区間を持つ というか
◯左右のグリップで 出来るだけ似たところ 一か所を握る
 ✖✖左右が別々に二か所の場所を握る〜握る区画が広い

 ようにした方が良いと思います。

その手首の位置の違い、高さの違いは
そのまま アドレスの姿勢に直結します。

本来 その最低限のズレは 背骨をゆがめたり
片側の肩を前や下に落としたりするのではなく
骨盤そのものを 微妙に右に傾けて 解消します。

しかし、それにも限度があります。
左右のグリップ、手首の高さの位置のずれが大きいと
からだの部位ごとに 左右の向き加減や上下の向き加減に
歪み、違いが出来てしまい、傾斜のある場面や疲れた時など
ボールの位置がずれたり、向きがズレたり し易くなります。

両手を合掌 とまではいかなくとも
左の手のひらの下側 と 右の手のひらの上側 が
重なっているというか 『手のひら』が形成されていることは大切です。


❷握り方には インターロッキングやオーバーラッピングなどありますが、
そこはお好みで良いと思います。(ベースボールは論外な気がします…)
出来るだけ 手首から離れた指気味で握る方をお薦めしますが
それも 手のサイズやグリップサイズなどにもよります。
指側で握る というニュアンスの中で
重要なポイントは グリップ(シャフト)と手のひらの角度 です。 
IMG_1064

☆☆☆ちなみにですが 細いグリップの方が握り易い かも知れませんが、
少ない力で 強く握れるのは ふと過ぎない程度に「太め」のグリップ
握力に自信のない方は 接触面積の取れる「太めのグリップ」の方が
しっかり握れます。 (女性に細いグリップはダメ というコトです)

手のひらとグリップ(シャフト)の関係が斜め になるようにします。
手のひらとグリップが垂直な関係はダメ です。

これも アドレスに直結します。
手のひらとグリップが垂直な構えをすると
必要以上に かがみ、、、 前傾ではなく かがみが生まれ、
グリップの位置も体の中に入ったりしやすくなります。
IMG_0772

主に左手とグリップの関係になりますが、
左の親指は クラブを握る、グリップする というコトよりも
その角度を維持するためのポジションを取った方が良いと思います。

✋左の親指が グリップを握ってしまうと
 左グリップが丸くなり、握手の入ってくる場所が塞がれてしまい
 左右のグリップの密着感が薄れます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ