◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: グリップ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


これは悶絶クラブだから…という訳ではなく
ゴルフクラブの使い方で
『根本的に間違えてしまう』ところは
ヘッドを動かしてボールを打とう
としてしまうことです!

これはどういうことか…と言うと
当たり前ですが、悶絶クラブであっても
そうでない市販のクラブであっても
ゴルフクラブは グリップとヘッドは一体!
つながっているものです。

多くのゴルファーは
グリップを動かすことで直接ボールを打つのでなく
〇ヘッドのみを動かすことで
〇グリップを動かして、その後ヘッドを動かすことで
グリップをどう動かすか?でヘッドを動かすのではなく
グリップを止めて、ヘッドを動かす ことで
ボールを打とうとしてしまっています。
o0361056812059034776

シンプルに考えれば
ヘッドの重さがどうであっても
シャフトの硬さがどうであっても
グリップを動かせば、ヘッドも動きます。
グリップを移動させれば、ヘッドも移動します。
その原理原則の元、
クラブの各機能は働くようになっていて
ヘッドの重さやシャフトの柔らかさ(硬さ)は
その助力、その動きの源にもなっています。

ところが、苦労を重ねてしまうゴルファーは
グリップの移動=ヘッドの移動 とは考えず
グリップの移動&ヘッドの移動
という二度手間をかけてしまうのです。

テークアウェイでもそうです。
まず体の動きで、…キッカケ的な感じではありますが、
グリップを動かし、次いでヘッドの動かす。
視覚的な要素から入っているから
仕方ない…と言えばそれまで‼ですが
クラブはヘッドとグリップがつながっていますから
グリップだけを動かして、あとからヘッドを動かす
(主にヘッドだけを動かす為の一連の動きですけど)
そのヘッドを動かす時にはグリップは止めておきたいが
いかんせん 長い棒の先にあるヘッドの重さというのは
運動も加わって 長さ×重さ×運動 というように
意識はしていなくとも重たいものですから
その重さにグリップも動かれてしまいます。

ヘッドを動かす時は
体もグリップも止めておきたいのに
どうしたって動かされてしまう。
運動中のクラブは
その軌道の大きさや道のり、クラブやヘッドの姿勢によって
殆ど無限と言われるほどの量や種類の
不可抗力〜重さを作り出しますから
毎回、毎回 その動かされ方は異なる。
これが ショットの繰り返せない理由やミスの原因で
あったりするのです。

.哀螢奪廚魄榮阿気擦
▲哀螢奪廚鮖澆瓩謄悒奪匹魄榮阿気擦

という2個の動作ではなく

.哀螢奪廚魄榮阿気擦襪海箸把樟椒悒奪匹魄榮阿気擦

という1個のアクションに替えない限り
ゴルフクラブの「働き」は見えてきません。

悲しいことに 今や
トッププロ?と呼ばれる人からも
重心距離をゼロにした
 シャフトの延長線上に打点があるクラブを
意識するようになってしまっています。

グリップを止めて ヘッドを動かすのには
ヘッドは軽く、シャフトは硬く、重心距離は短め(小振り)
の方が不可抗力が少ないので振り回しやすく
それの方が 量産型クラブを作るメーカーとしては
コスト意識にマッチするので
そう言うクラブばかりが巷に溢れています。
  ゴルフ熱急減、ゴルフ人口急減は無関係とは言い切れません…。


329500ce兎も角!
グリップを動かすことで直接ボールを打つ
という感覚を磨いてください。

グリップを動かし
その後 ヘッドを動かす
という意識のままでは
重いヘッドや柔らかいシャフトは邪魔はしても
なんの手助けもしません!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



.哀螢奪廚鬚らだの回転で動かし、ボールを打つコト


そうではない例、
ヘッドを動かすコトでボールを打つ
と比較してみよう。


例えば 昨今重要なテーマになっている
「上からボールをつぶす」
「ボールを上から打つ」

「フェース面で上からボールを見せ入れる」
20190525gc5_Moment(3)

これを ヘッドを動かして打つ で行うと
ほぼ必ず グリップが最下点に来て「から」
ボールを打つコトになる。

グリップが最下点に来て「から」ボールを打つのでは
電車が駅に付いてカラ 自分が駅に到着した ようなもので
当然 その電車には乗れない。
✋本当のインパクトは 最下点を過ぎてから
IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment(3)







 つまり 上がりかかっている時に訪れる。

ヘッドが上がりかかってから打つ は
イコール体が開いてから 打つのと同じで
上がり軌道、開き軌道 になる。

そして 結果論で言えば 腕でクラブを振るコトになり
からだ・・・ベルトから下半身は 届かなくなるので止め
そこからのからだの回転は肩だけになる。
動作 で言えば 手打ちにならざるを得ない。

からだの回転で打とうと強く意識した としても
ヘッドを動かすコトでボールを打つ意識がある限り
タイミング的にも、技術的にも 振り遅れ
つまり 手打ちで打つしか他に方法がない。
そのまま からだの回転を骨盤、足で持続したら
左サイドは上がりながらボールから離れていく過程に入ったので
空振り、もしくは大ダフりになってしまうから・・・。


スイング動作の好ましくないとされている
〇からだの開き
〇右サイドのツッコミ
〇アウトサイドイン

それら殆どは ヘッドを動かすコトでボールを打つ から始まっており
そこが変わらない限り
それらは一生ついて回ることになる。

腕の補助もあるにはあるが、基本、からだの回転で
グリップを動かすコトそのものが 打つコト にならない限り
からだの回転で打つコトは不可能。


同時に それが出来ない限り、
からだの回転は 肩の動き、腕の振り でしかないから
従来 言われている スイングのセオリーはすべて当てはまらなくなる。


からだの回転によって
グリップが ボールと一番近づいた時、
グリップが下がっている過程、もしくは一番低くなった辺り
がインパクトで、初めて いろいろなコトがつながってくる。



それが出来ない限り
からだの回転を意識しても、腕の使い方を意識しても、
間違っていることの補い、修正でしかないし
ダウンスイングからインパクトまでの
一番速く忙しいトコロの瞬間芸なので
誰からもコツは教われないし、誰にも教えられない。
自分で数を打って掴み、数を打ってメインテナンスするしかない。

からだの回転で グリップを、グリップエンドを動かして
ボールを打つ人にとって フェース面は左手の甲。
上から打つのであれば 左手の甲が下を向いている間に打つ。
よって それがし易い握り(グリップ)をしている。
キャスト_大_Moment(2)キャスト_大_Moment




ヘッド振って、結果論ではあるが 腕の振り、フェースターンによって
ボールを打つ人にとっては フェース面は右手の平。
グリップが最下点になって「から」 右手で打つので
よって 上に逃がすため、左グリップの下に右手を入れるための
それがし易い握り(グリップ)をしている。

握り〜グリップを変えれば そうなるか
というほど 簡単な違いではないと思う。
思うけれど、 ボール捉えは必ずそこに表れます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ゴルフクラブには取扱説明書が付いていません。
各々の人がそれぞれのイメージや思い込み、想像、推察
などによって 好きに使っています。

それ自体は問題ないと思います。

自分が楽しむのに、自分のやり方で
試行錯誤しながら トライ&エラーをして掴んでいく
それもゴルフの楽しみの一つです。

とりあえず デザインって言っては少々オーバーですが、
ゴルフクラブを造る、設計する、組み立てる立場からの
取扱説明書です。




.乾襯侫ラブの『基礎中の基礎』の扱い方


正直に言えば、本音を言えば、
この部分が出来れば スイング、いえ ショットは ほぼ終わり です。

そして 同時に言葉で説明するのが最も難しいトコロ です。


ボールを当てる、打つ、飛ばす という行為を
ゴルフクラブで行うのに
.悒奪匹妊棔璽襪鯊任弔
極端ですが グリップでボールを打つか
の二つに別れます。

,鷲當未僕解できると思いますが、
△蓮????? ですよね。

別な表現で言うと
〇ヘッドは振らない
〇シャフトは振らない
〇グリップの移動以下でしかヘッドは動かさない
です。

クラブは シャフトによって ヘッドとグリップはつながっています。
それが シャフトの一番の役目、
シャフトの機能そのもの とも言えます。

確かに ヘッドの重さをグリップ〜打ち手 に伝える
というのは 役割としてありますが、
ヘッドを動かしてボールを打つ限り、それを体験、実感することは不可能です。

腕で振ろうが、からだの回転で振ろうが、
ショットは グリップを動かさなくてはボールを打てません。
グリップだけ 腕か、からだの回転で動かせば良いのです。

ただ それだけ です。

ヘッドはまるっきり そこに放っておけば良いのです。

からだの回転 という横運動⇒円運動 で
グリップを動かせば、シャフトによってつながったヘッドは
グリップの移動に伴い、落ちながら引かれていきます。
円運動ですから ヘッドは自分に巻きつくような・・・
当然、自分に近づこうとします。

👉その自然に下がろうとする
👉その自然に巻き付こうとする
  (自分に近づこうとする)
それを グリップの移動方向、移動場所、
つまり グリップを移動させるための
  からだの回転の仕方 によって
ロフトの立ち⇒フェースの下向き に
変えれば良い だけです。


そうしようとして、初めて ヘッドの重さによって
グリップが動かされる シャフトの第二の役割が出てきます。


ヘッドを動かそうとして、ヘッドで円を描こうとする限り
ヘッドの円に対しての 外、斜め下方に掛かる遠心力としてしか
重さは発生せず、それはシャフトの硬さとか性質とはまったく関係なく
振った速さ、振った大きさ、ヘッドの重さ の掛け算になるだけ。
しかも その遠心力は 造れば造る程 動作を滞らせます。
単なる負荷になるだけです

ヘッドでボールは打つんですが、
ヘッドを動かそうとして打とうとする限り
シャフトの性能や硬さ、銘柄や特性の違いは全く発揮されず
単なるその長さの棒 でしかないのです。


まあ 書いていても困るのですが、
ヘッドでボールを打つんですが、
ヘッドを動かさずどう打つんだよ?!
ってコトに陥るんだと思います。


最終的には腕の補助も必要でありますが、
ショットは基本、からだの回転でグリップだけを動かせば良いのです。
トップのその場所にヘッドは止めて置く!訳ではないですが、
グリップの動いた為り、移動した為り、
 の移動量、移動速度、移動方向にしか ヘッドは移動しません。

低い位置にある、地面にあるボールを打つには
グリップエンドが下がっている過程、
一番低い所に近い場所、一番ボールに近づいた場所
そこがインパクトです。
 そこが来てから打つ! のではなく
 それそのものが インパクト です。

ですので 結果的に ボールと正対した
グリップが一番低くなる付近、ボールと一番近づいた付近
が インパクトになるに過ぎません。

そこから、その時間から ボールを打とうするのは
すべて 振り遅れ、
本来のインパクトタイミングを逸しています。
それでは からだは開きますし、ロフトも付きます。
ヘッドも上がり過程になります。
 それもこれも 意味不明かも知れませんが
 ヘッドを動かして、ヘッドでボールを打とうとするから なのです。


今日のテーマはちょっとしつこく書きます。
ここが 本当の肝心要だから です。
と 同時に これが実現可能、実現している人は理解できますが、
意味不明な人にとっては 全く意味不明なテーマ でもあります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


一つ、質問させてください。

 

「左手首を右手の掌底で押す感じ」に関してですが、
色々とやってみてもどうしてもその感じがでません。


右ヒジをバックスイングで張ったときに
右手が左手からすこし離れる感じになります。
ダウンでは、シャットを維持する左ヒジを逃す動きが
うまくできれば合掌は維持できるようにも思いますが、
押していく、または押される感じには程遠いように思います。


スイングの間、ずっと合掌の形が安定して
維持できるような位置関係が取れるように
工夫するべきでしょうか?
合掌しながらスイングする
というイメージが湧きません。
やはり、つかんで前で弾く、
というこれまでの悪癖の影響でしょうか?

 

何か、ヒント・アドバイスいただけると助かります。


MVI_0581_Moment(3)

ハミングバードが見る限り、
プロも含め ほとんどゴルファーは
ボールを打つ前後の円弧を
体ではなく、腕を振って、クラブを振って
作っています。
素振りを見ていてもそうです。

理解し難いかもしれませんが、
が故に 打つ方向を90度間違えています!

どういう意味かと言うと
腕で振るとなると ボールは水平方向
横に打たなくてはなりません。

IMG_0485

ボールを打つ円弧を
体の回転 ➟無意識なターンテーブル
ターンテーブルに乗っかって
回転するターンテーブル上でボールを打つ となると
感覚的には『ボールは下に打つ』ものなのです。
打つというより 押さえつける、押し付ける。。。
潰す と言うのもボールが軟質なものと言う意味では
的確な表現かと思います。

フェース ➟ ボール ➟ 目標方向
という関係ではなく
フェース ➟ ボール ➟ マット/地面
と言う関係なのです。
IMG_0484

無意識な体の回転・ターンテーブルが回っているから
結果として ボールを横に払うような感じになるだけです。

この感覚が理解できるとスイングは飛躍的に変化します。

フェース面で地面(マット)にボールを押さえつけるから
ゴルフクラブのロフトと言う角度に対し
ボールは逃げるのです。
それがロフトの役割でもあります。


クラブを腕で円弧に、特に縦に振ってしまうと
上から打とうとして ヘッドを下に振ってしまうと
その振る角角度分 スピンが増え、弾道が高くなり
飛距離を損じます。
腕で円弧を描くと ヘッドスピードを上げても
スピンばかりが増え 飛距離につながりませんし、
体の回転を停止した状態で 円弧を腕で描く分
体も上を向く 反るような姿勢になりますから
体も痛めやすくなります。



靴でボールを打つ 
のを つま先でボールを蹴る のではなく
ボールの一部を上から踏みつける に近い感じです。


フェース面でボールを地面/マットに抑えつける
これでは打てないし、飛ばないし、届かない…
そう だから体の向きを変えるのです。
双方の動きは一体の 双方不可欠の関係です。
それを 腕さばきで全部取ってしまうのがいけない のです。

3a2657cf2d5452e4b2914c204ab30a3c


よって インパクト付近の
左の手首(スナップ)は理想的には
手のひら側に折れた状態
右の手首は甲側に折れた状態 のようになります。
IMG_1632_Moment(2)

この手首姿勢はムリに作ってはいけません。
体の回転でグリップを移動させていないと
手首だけ真似しても意味ありませんし、
ボールを下に押さえつけるイメージが
ついてない状態では痛めてしまうかも知れません。
5a0eeaec

逆に 体の回転でグリップを移動させられるようになれば
自然にここに落ち着くでしょう。
特別なテクニックは要らない かもしれません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 

 

一つ、質問させてください。

 

「左手首を右手の掌底で押す感じ」に関してですが、
色々とやってみてもどうしてもその感じがでません。

MVI_0581_Moment(3)

右ヒジをバックスイングで張ったときに
右手が左手からすこし離れる感じになります。
ダウンでは、シャットを維持する左ヒジを逃す動きが
うまくできれば合掌は維持できるようにも思いますが、
押していく、または押される感じには程遠いように思います。


スイングの間、ずっと合掌の形が安定して
維持できるような位置関係が取れるように
工夫するべきでしょうか?
合掌しながらスイングする
というイメージが湧きません。
やはり、つかんで前で弾く、
というこれまでの悪癖の影響でしょうか?

 

何か、ヒント・アドバイスいただけると助かります。




お手紙ありがとうございます。

早速 考えてみたいのですが、
理解を進めていくために
お答えの順序を質問と入れ替えますので
ご了承ください。

二回に分けてのお答えになるかと思います。




グリップの合掌の感じ…と言うのは
IMG_0528まず グリップに手のひらがある
ということです。
←このようにクラブを握っていると
グリップには手のひらが存在しません。
単に棒を握っているに過ぎません。
このように「握らざるを得ない」理由が
ある筈です。

IMG_0529次に 両の手の平が向かい合っている
 ということ。
ご質問の中でもありますが、
アドレスに対し、テークアウェイやトップでは
両方の肘の距離が離れますが
腕には手首と肘という関節がありますから
グリップ自体には大きな影響はないような…
気がします。
両方のグリップがトップの位置で離れるような感じに
なっても大きな問題はないかと思います。

IMG_0533IMG_0532












おそらく グリップに関して
ご自分でも 問題を感じている 通り
グリップは その人その人の
クラブの動かし方が表れるものです。
形として グリップを治しても
自分の今まで通りのクラブの扱い方をする限り
単なる違和感でなく、指で握り 手のひらで握り込まない
グリップは クラブがすっ飛んでしまう危険
も伴ないますから 数球ともたないでしょう。

hand_kansetu

合掌のイメージは 指の第三関節
これを手のひらの方に曲げない、握り込まないことです。
少々 大袈裟に言えば 第三関節は
外に反らせる 熊手のようなイメージを持たれると
良いかと思いますが、
やはり それも クラブの扱い方が変わってこないと
なかなか変化が表れず、断念してしまう可能性は否めませんので
焦らずに やっていく方が良いと思います。

グリップが良くならない 握り込むグリップになる
原因は スイングの中の箇所 として 二か所あります。
二か所ありますが 主にはテークアウェイが原因と思われます。

☆テークアウェイ。
かなり初期の段階に
左腕なり、左手だけでクラブを速く動かしています
ですので 動かす速度も一つの要因でしょう。
全員ではありませんが、総じて 左手のグリップが
握り込んでしまい、掌が無い人は
無駄にテークバックが速いような気がします。
IMG_3017(5)(2)(2)_Moment(2)IMG_3017(5)(2)(2)_Moment(3)IMG_3017(5)(2)(2)_Moment(4)










左手のグリップを支点にクラブを動かす癖 の
表れがグリップに出てきます。
スナップショット 2 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)










これは おそらく 初期の段階に
右ひじなり、右半身が動かないことに根っこはあると思います。
右ひじをもっと積極的に動かしてみましょう。

IMG_3017(5)(2)(2)_Moment(6)

次に注意する点は右向きの総量です。
左手や左腕でパッとクラブを動かす習慣が多いので
早い段階で背中が張ってしまい、回転した、右を向いた
という感覚があるので 浅くなってしまうのか も
しれませんが、 左手主体でクラブを上げると
体重配分も前より、ボール寄りにかかり易く
胴体が捩じられてしまうので どうしても
右向きの総量は浅くなります。

右向きの総量が浅いので
そのまま振ってしまっては アウトサイドインのカット軌道
になってしまうので
クラブを遅らせ、インから無理やり振る癖がつくので
どうしても握らざるを得ません。
なぜならば そのテークバックもダウンスイングも
クラブが一番重くなり、スイングの抵抗になり易い
位置と姿勢になってしまうからです。

スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)プロも含め、世界中のゴルファーで
このように 遅らせて疑似インサイドから
クラブを振るゴルファーに
美しいグリップの人は存在しません。
このクラブの扱い方で
正規に指だけに握るには
常人の握力ではかなり難しいでしょう。
ゴリラなら可能かもしれません…。


今の時点では理解が難しいかもしれませんが、
グリップは 握る ことではなく
『握らないこと』 なのです。
クラブには重さがあり、
運動すると、移動させるのと その重さは増えます。
クラブの形を上手く使って
握っていられない、
支えていられない から
その重さによって グリップを逃がす
その重さによって グリップを動かす

と言う感覚がある、その感覚に行き着く
という事を覚えておいてください。
握り込むグリップは クラブを止める 為のものなのです。

グリップは その重さを支えて
 クラブを振り回すことではなく、
クラブの重さを使って
 どんどんグリップを移動させる
(逃がす)為のものです。


そうすれば クラブの重さを使って
 どんどん回転していけるようになります。

スナップショット 6 (2016-07-27 18-57)

L型ブリストルパターを使っての
左手一本での素振りは良いドリルになるかもしれません。


          続く・・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフスイングのマジック・・・ トリックとも言えますが、
『前傾姿勢』のある からだの向き が変わるコトにあります。

クラブは 手の上 で持っていますから
本当は 手よりもクラブ、
グリップよりもヘッドの方が相関関係では
上の位置にあるのですが

 
✋✋手の下→ 座頭市とか忍者の持ち方 です
アドレス時は 前傾姿勢(前屈)し、腕を降ろしているため
グリップの位置を下げているため、
 ヘッドの方がグリップよりも下がっているように感じます。

lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショットlesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット







手を動かさず、グリップも上げず、右でも、左でも向くと
前傾姿勢があるため ヘッドの方がグリップよりも高くなったように
感じますが、グリップが高くなっただけで
その相関関係は変わっていないのです。
 文章にすると ややこしい ですね。


今回は手をあまり使わない アプローチ相当の距離ですが、
これがフルショットであっても それは同じ。
👉テークバック、トップとは グリップの位置が高くなっただけで
ヘッドの位置を高く、ましてや グリップとヘッドの相関関係、
上下関係を入れ替えた、逆転させた訳
ではないのです。
IMG_0321_Moment(2)

左右に付いても同じです。
アイアンが分かり易いですが、
アドレス時、ほんの少し 微妙にですが、ハンドファースト気味 に構えますよね
自分の体に対し、グリップが微妙に左、ヘッドが微妙に右 にありますが、
右を向くと それが強調された感じがしますが、
この左右、横方向の相関関係も変わっていないのです。

スイングの手の仕事は からだに対し
 グリップを遅れさせないようにする補助行為
もありますが、
同時に ヘッドでは無く、グリップの高さを上げている行為がポイントです。
✊ヘッドは元々 グリップよりも高い位置関係にあるので
 ヘッドを上げる必要はないのです。グリップを必要なだけ高くすれば良いだけ。


ですので
このアプローチ相当の距離を打つ際、
切り返し、トップの位置から
ヘッドを下げたり、ボールの方にヘッドを出したり してはいけない、
する必要が無いのです。
グリップエンドを ボールを打てる 打ち抜ける
通過点に その姿勢のまま 送り込むだけ
 です。

✋なにせ 準備行為のテークバックでそれをしていないのですから。

mhヘッドを下げたり、ボールの方にヘッドを出してしまうと
準備行為でそれをしていないので、違う動きをしないと
ボールに当たりません。
それのなれの果てがこのインパクト姿勢なのです。
これだと アドレスの体の向きはいったい何のため?
というコトになりかねません・・・。


ダウンスイングは 重さを利用できますから
行きで 重さを重力に逆らって高くした行為よりも
することが少な目、やや割安で動かせるはず なのに
ダウンスイング方がたくさん、しかも素早く動かしていませんか?


✋トップで出来た そのクラブの姿勢のまま
単に グリップ〜グリップエンドを動かすだけ です。
ヘッドを出したり、ヘッドを下げたり しません。
グリップは ヘッドよりも左にあり、
ヘッドよりも低い位置にある その相関関係のまま です。

ショットはこれで終わり です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

そうですね…、数えたことはありませんが
おそらく 数十万本のグリップを交換、装着した
と思います。


IMG_0772


そんな数をやっていると
グリップの痛みとシャフトの硬さには相関関係が
あることに気付いてきます。

左手の親指の部分の痛みは
ハッキリと硬いシャフトを使っている というか
使う人にとって「オーバースペック」な硬さを使っている
証なのだと思います。

ハミングバードでは 20数年の歳月で
ドライバーシャフトの硬さ〜振動数では
240cpm 位から始まり
220 ➟ 200 ➟ 180 ➟ 160
4年サイクル位でこの位落ちてきています。

それに伴い グリップの痛み
数年使っても 痛みのあまり見られない状態に
どんどんとなってきており
それは確信になってきました。


スイングに至っては
シャフトの硬さが落ちてくると
ハッキリと アマチュアゴルファーの悩みの一つ
「オーバースイング」は減少、消滅していきます。
 


以前も書きましたが、
某女子プロのあのスイングは
幼少の頃に お父さんの使わなくなったクラブ
(使わなくなった…という時点でキツイのですが)
それを身長に合わせて 切られた
めちゃ堅い、めちゃヘッドの軽い クラブによって
作り出されたスイングです。


IMG_0819


左手の親指の部分が痛む ということは
そこに特別な「摩擦」があるという事で
スイング中にそこが動いている、もしくは握り直し
があるということですから
硬いシャフトを しならせて しなりもどす
シャフトをしならせる ということは
グリップ部とヘッド部の移動量が大きく異なる
という意味ですから
先端に重さの付いたヘッド部をグリップ部よりも多く動かせば
それだけ強く握っていないと
クラブは放り出てしまいます。



不思議なのはグリップ(シャフト)には
テーパーが付いており、お尻…後端に向けて
緩やかに太くなっています。
シンプルに遠心力に逆らう のであれば
エンド部分が痛みそうなものですが、
左手の親指付近が支点になるような
何か特殊な摩擦が必要になる
 ということです。

エンド部に比べると細くなっていますから
接触面積が足らず、より強くチカラが必要
ということでもあります。

ところが、距離が変わる訳でもなく
場合によっては伸びるケースも少なくないのに
シャフトが柔らかくなってくると
と、同時にヘッドも重たくなってきているのに
グリップの痛みはかなりはっきりと軽減されます。

細いグリップを好む理由 と
硬いシャフトを好む理由・・・・
なんだか 私にはよく分からないですが、
グリップを見る限り
硬いシャフトはより握力が必要で
より複雑な行程が必要になる と断言できます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



では 間違っている方の『つかまえる』 と
    正規の『つかまえる』の習得過程を比較してみます。



間違った『つかまえる』は開いたフェースを回転させて閉じるコト
右に倒れたヘッド(トゥ〜先端)を回転させて左に倒すことです。
その行程を成すと、同時に 遅れていたヘッドがグリップを追い越す様な具合になります。
ですので 教えるコーチによっては ヘッドがグリップを追い越すコト と
言う場合もありますが、まあ ハミングバードからは見ると
くそも味噌も一緒の状態なので どっちでも良いです。
BlogPaint

意識はしてないと思いますが、
ヘッドを回転せるのも、ヘッドがグリップを追い越すのも
腕であっても、体であっても、グリップが等速、もしくは加速状態で
移動している限り、ほぼ絶対に不可能です。
ウサギと亀の追いかけっこのようですが
等速であれば その関係はほぼ一緒のまま(若干ヘッドの方が遅れが増えますが)
加速状態であれば、その加速で増すヘッドの重量分だけ、より一層遅れます。

つまり ヘッドターン、フェースターン、ヘッドが追い越す行為は
どこかで グリップの移動の減速、もしくは停止が必要になります。

ですので ダウンスイングで グリップを動かさず、クラブを動かさず、
まずは体を開き、からだの回転を停止できる準備をします。

からだが減速を始めると 腕やクラブに付いた慣性の影響で
グリップ、クラブが動き始めますが、
ヘッドを、シャフトを反転させるため どこかのポイントで
左グリップを停止できる場所に向かいます。

停止するために 左腕は突っ張った状態がいいですね。
ヘッドを返したり、シャフトをターンさせる遠心力
クラブのグルんグルに耐えるられるように
クラブは鉄棒を握るようにがっちり握ります。
IMG_0002

からだを止め、左腕を止め、グリップを止め
ヘッドを返し、シャフトをターンさせます。
その時の遠心力によって引っ張られたのは
からだを上に蹴って、上に逃げましょう。


 うわ 恰好ワル・・・

 これを教えるのって・・・日本整〇師協会とか
 整〇院から バック出てるのかしら・・・。  冗談です。



ヘッドを、そしてクラブそのものを回転させますから
ヘッドの高さ変化、即ち 高さに対するヘッド軌道
ヘッドのターンによるヘッドの軌道影響
フェースの向き、
ロフト具合、
これらが かなり高速な中で無限な種類を生み出せます。
それを大部分、意識的に止めた体で調整
つまり その瞬間は動作していない動作?? で
修正したり、復元したりしようとするのです。
違う見方であれば 途中ヘッドをボールに放り投げてるの似ていて、
なんだか ヘッドとボールが当たるので一杯、
そこにフェースの向きやロフト角度など。。。。
ヘッド自体をスライドさせて投げてボールにぶつけるなら、まだしも
回転させて・・・となると 私には出来ません。ギブアップです。



IMG_0526



一方 正式な『つかまえる』 は全部のモノが一緒に動きます。
それを実際にするのは 疑似『つかまえる』の反対で
動きによって 重さの増えるクラブや腕から でないと
結果、同時は作っていけませんし、
クラブの形状、構造は ダウン させやすいためのモノ ですので
それを率先して利用してしまいましょう。

フェースが上からボールを抑えるので
インパクトで止まってはダメです。

永続的に からだの回転なり、グリップの移動は不可欠です。

一定に下に向かってのインパクト、衝突になりますから
体の左向きによって、その方向がインパクト後 上になるような
時期設定、タイミング、順序が大切です。
おもちゃの鼓笛隊-163フレームショット

ヘッドの遅れは ロフトの立ちになるので まるっきし 放っておいてOK。
ゆるゆるにしない程度です。

グリップが早くインパクト通過点、ブレイクラインを割りたいので
出来るだけ近道、出来るだけ直線、出来るだけ早いタイミングに
クラブの重さも使いながら 下げる・・・
下げるというよりも 脱力して グリップを落とす に近い感覚です。




なんだか 大変な違いじゃないですか??

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフクラブの重さ〜ヘッドの重さ は
方向として グリップからヘッド方向 にかかるモノ
と考えて 造られていません。

グリップからヘッド方向 の重さでは
『ボール打つコト』
『ボールをある方向に飛ばすコト』よりも
クラブを飛ばさないコト、放り投げないコト に
意識が必要になります。

グリップからヘッド方向 への重さのかかり方 では
ボールを打つために動かしていく行動・動作の邪魔、阻害要素になりますし
より強い握力や腕力が必要になります。
折角、多くの人が楽しませる為に道具があるのですから
それでは本末転倒になってしまいます。

IMG_0294_Moment(5)


ヘッドの重さ は  ヘッドからグリップ方向、
つまり 重さを使って グリップを動かすためのモノ です。


そして それは同時に「いつ」と言うのも指しています



重さ というのはその言葉の通り、重力方向に掛かるチカラ です。
グリップからヘッド方向に その重さを使うとなると
グリップよりもヘッドの方が低い時間に それを利用することになりますが、
逆に、ヘッドからグリップ方向 であれば
グリップの方が低い時間帯のその重さを使うことになります。


✋ヘッドを動かしても 結果グリップ、クラブは動きますが
その動かされる方向は 
ボールを打つための方向でも
ボールを望みの方向に打つための方向 とも大きく異なります。
✊グリップを動かすから、その結果、ヘッドもクラブも動くのです。

IMG_0148_Moment


ですので ボールを打つ が含まれる時間帯
ダウンスイングからインパクト直後 まで
その重さによって グリップが「いつ」「どの方向」に動かされるか は
脳みそ筋肉、筋力で勝負したくないゴルファーにとっては
とても重要な ショットの要素 なのです。

そのための テークバックであり、トップの位置 なのです。

クラブ…
〇ヘッドの重さによって グリップがどの方向に動かされるか
〇自分は グリップをどの方向に動かしたいのか

  いつ 動かしたいのか
この二つのすり合わせはとても大切です。
そのための重さであり、そのためのヘッドの重心点なのです。

そして 忘れてはいけないのは
ゴルフクラブ、ヘッドを一番大きく、多く動かすのは
体が 右向きから左向きに向きを変える回転 です。
その回転には 当然 各時間においての 進行方向 があります。
グリップに掛かる重さ と それがリンクしていないと
体とクラブは別々の方向に進むことになってしまいます。
ゴルフの場合、その道具の構造上、
それが 手遅れ、こすり球、ミス、スライス になるのです。

出来るだけ 同じことを 筋力に頼らず 繰り返すため
自分の動作方向、自分の希望方向 と クラブの重さの方向、
グリップに掛かる重さの方向は 似たモノにしておくべき でしょう。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ