◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: グリップ


今も昔も ゴルフショット・ゴルフスイングは
グリップに始まり、グリップに終わる と言います。

"グリップの汚い人に 美しいスイング、美しい弾道の人はいない!"
とまで言われるほどです。

形・恰好 としてのグリップ、「握り方」も軽視出来ませんが、
始めたばかり、であっても ベテランであっても
トーナメントに出ているプロであっても
『グリップ(握り)はミスの確率』と密接につながりがあります。

田中どら_Moment


グリップは どうクラブを扱うか ソノモノを表しています。
スイングを見極めるのは難しい・・・かも知れませんが
グリップを見極めるのは意外に簡単
 何分、止まっている時に分かる のですから^^


,泙此左右のグリップが全く違うモノ であるコト
 ココは注意したい ですね。

 多くの人は 茱哀螢奪廖扮β任繊法,魯亜✊
 右グリップは ✋ もしくは セミ✋
IMG_0706_Moment

⇒これは明らかに
 茱哀螢奪廚支点 になっていて
 右手でハタク、叩く というコトを表しているでしょう。

 前にも書きましたが、年齢がシニアに近づいてくる
 もしくはシニアを超えてくると
 握力、特に利き手ではない左手の握力
 握力の数値よりも 握力の持続力 は顕著に落ちます。
 👉これが かなり主要なミスの原因になってきます。
 (握力が落ちる というコトではありません)


 そうなると 次の◆,箸弔覆ってきます。


左右のグリップが離れているのは出来るだけ避けましょう。

 この二つ、,鉢△呂世い燭ぅ螢鵐しているのですが、
 茲離哀螢奪廚鉢蕕離哀螢奪廚離れていると
 アドレス時、体が捩じれた状態から始まります。

 スタンス、足、腰 は目標点を向いていても
 左右のグリップが離れていると 肩周りは薄く左を向いた状態
 になってしまいます。
IMG_0706_Moment(2)
IMG_0706_Moment(3)

 また それを並行して、肩周りだけが やや上を向いた姿勢
 になっています。

 このアドレスが問題になるのは
 腰に対し、肩が左を向いた状態から始まるので
 テークバック⇒右向きがし難く、「始め」難く、
 手で上げがち、 急ぎガチ になるコト です。

 また 初期段階から 腰と肩がズレているため
 からだ、胴体を一体に動かす癖がつき難いコトもあります。

🔥飛ばない! と悩んでいる人 の多くは
 持っているクラブの製品ロフトよりも
 大きなロフトで、ロフトを寝かして打ってしまうコト なのですが、
 動作を始める姿勢、始める前の姿勢が
 既にロフトを寝かしている という皮肉と言うか
 そのまんま と言うか なのです。

 練習ではマシ であっても
 疲労感が大きく異なる ラウンド、コースとなると
 手で振る人にとっては、茱哀螢奪廚鮖拇世砲靴匿兇訖佑砲箸辰討蓮
 どんどん低下していく 左手の握力 によって
 より 茱哀螢奪廚深く ✊が強くなってきます。

 👉そうなると どんどん左右のグリップが離れていき
 アドレスの捻じれ が激しくなっていきます。
 トーナメントのプロでもかなり見受けられます。

 肩がより左を向き、グリップも落ち着かない
 アドレスが決まらない時の多くは これが原因だったりします。
 肩、腰、スタンス が違う方を向き、その差が激しくなるからです。

 スタンスの向き と ボールの位置(前後左右) は
 密接な関係です。
 
 握力が落ちて より肩は開き、上を向いていますから
 いつものボールの位置 では
 肩にとっては 中、右に置いた感じになります。
failgrip

 肩ラインにボールの位置 を合わせると
 今度は 腰、スタンスにとっては ボールは外、左、遠く感じます。

 アドレスがしっくり来ないので アドレス時間が長くなり、
 開いた(左を向いた肩)、捩じられた体の為
 右向きがよりし辛く、長いアドレス、急激に勢いをつけた
 速いリズムのテークバックになりガチ、ですので
 ミスにならない方がおかしいでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



スイングを理解する上での
スイング軌跡、軌道 の基本は


〜扱校兩に対する軌道である というコト

∩扱校兩とは股関節の角度である というコト

よって 腕を振ったり、胴体を捩じるようなモノは
 前傾姿勢、そしてそれに対する軌道を壊してしまうのでお勧めしない



逆に言えば、腕を振ったり、胴体を捩じる人にとって
スイング軌道論は害悪でしかない!とも言えます。


その基本に乗っとって振るには
 クラブは縦に振ってはダメ
 です。

腕も含めたゴルフクラブの重さは
動作が始まれば 数キロ、場合によっては十数キロの負荷
になりますので、クラブを縦に振れば
必ず 前傾姿勢を失い、軌道の基本軸を失います。
葛谷Slomo_Moment

今のスイングは 腕を90度捩じって、クラブを90度倒して
腕とクラブの関係では縦(ライ、トゥ〜ヒール方向)
体にとっては横 という 
クラブヘッドの角度が大切!というのを
めちゃめちゃの破壊するスイング法。
とてもじゃないけれど「理論」と呼べるものではありません。

スイングにとって
縦の動作はほとんどなく
上下 高さを高くするの主なモノはやはり回転で
低くするのもやはり回転です。

その中で あえて言うのならば
左グリップが 上げる下げる ではなく、
言葉遊びに近いですが グリップを高くしたり、低くしたり
しているだけで グリップの高さを変え
スイング軌道自体を上下させているに過ぎません。
✋上げる方は重力に逆らいますので
 意識をして グリップ自体をほどほど高くしたい ですが
 (胸や肩での高さで十分、十二分ですね)
✊下げる方は クラブを捩じらなければ
 腕やクラブの重さが左腕、左ひじ、茱哀螢奪廚魏爾欧詈向に
 かかりますので ニュアンスは難しいですが
 その拘束を解いてあげれば、緩めてあげれば
 脱力してあげれば 元の低さに戻ろうとします。
 スタートとしては それで十分でしょう。


🔥そこで 問題になるのが 右手 右腕の
 クラブとの関係です。
 右手は 高さが変化する軌道 に対し
 それをある程度考慮に入れながら
 からだに平行、胸に平行、軌跡通りに
 横に押してあげる ⇒正しくは支えてあげる の方が近いと思います。
 さして 力は要らないでしょう。
  (普通 で考えれば 女性の腕力でも十分です。)
 なのですが、ポイントになるのは
 それが有効に機能、活用されるのは
 右を向いていて その軌道が下向き の時 です。
IMG_0582_Moment

 からだが正面を向いてから、
 もしくは インパクトに程近い時期に 右腕を使ってしまうと
 感覚としては チカラ強い かもしれませんが、
 その時期、その時の姿勢状態では
 右腕を伸ばす はイコール 右サイドを下げる
 コトになり そのパワーやスピードは 高さと回転にしかなりません。
 
 また その行為は インパクト以降の 左向き を
 骨盤でなく 肩で行う癖、習慣を付けてしまうので
 それを辞める のではなく
 それ(右腕を伸ばす)を行う時期を変えるようにしなくてはイケマセン。

 トップの時期初期から ゆっくり緩やかに
 早く(速くではなく) 緩やかに 行う必要があります。
 蕕亮蠅里劼蕁∈玄蠅旅辰 でフェースなのですから。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




✋ヘッドを下げてはイケナイ

dishangleディッシュアングルとは
左腕とクラブ(シャフト)との角度差
薄ーい角度があるので
 お皿の底の角度 と呼ばれています。

このディッシュアングルは
前傾姿勢(骨盤と大腿骨の角度差)
名前の通り 自分の「前」に対する角度ですが
一体の関係にあって
ディッシュアングルが無くなれば 前傾姿勢もなくなり
ディッシュアングルが維持されれば 前傾姿勢の維持される

ゼロサムの関係にあります。


IMG_0682_Slomo_Slomo_MomentIMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment











✋ディッシュアングルは ライ方向の角度に「見えますが」
 実際、スイングする際  …特に左腕一本での素振り では
 ライ方向、トゥ〜ヒール方向の角度は
 重くて維持しきれません。(両手でも無理です)
 クラブの重さ、増える遠心力を
 強くはない左腕の腕力で支えなくてはならないからです。
👉それの解決方法は
 ライ方向、トゥ〜ヒール方向の角度ではなく
 スナップ 左手首を手の平側に折る ロフト方向 に
 転化してあげるコトです。




✊それによって 同時に前傾姿勢も残ります

ヘッドはグリップよりも下げるものではありません。
田中どら_MomentIMG_0682_Slomo_Slomo_Moment












ゴルフクラブは長さがあり、先端に重さがあります。
ヘッドの方が高くなるトップと
見た目、ヘッドの方が低くなるアドレス、インパクト位置の関係で
ヘッドを下げなくても、逆に下げないようにしても
この関係、この角度になるのです。
逆に ヘッドを下げようとしてしまうと
ディッシュアングルも前傾姿勢も両方いっぺんに失います。

何度も言っていますが
ヘッドの方がグリップよりも高い位置にあれば
その重さでクラブ全体、グリップを動かすコトが出来ますが
ヘッドの方が下がってしまうと
  それを制御することにいっぱいいっぱいになって
ヘッド以外のモノを動かすコトが出来なくなってしまいます。

見た目、の意味でも
グリップよりもヘッドが低くなる前に
左サイドの逃げ(体重移動〜右向きの解き) で
グリップがボールを追い越さなくてはイケマセン。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


グリップを『正しく』『美しく』握るは
アドレスの姿勢やスイング、
特にテークアウェイの初期動作を決めてしまう。
20160501

グリップする際、フックに握るか、そうでないか
問われることが多い。
最近では左だけをフックに握り、右はスクエア
というやや変則的なグリップが主流になりつつあるが
まず 気にして欲しいのは
グリップの上下離れ「距離感」だ‼

グリップは基本的に右手の方が遠いところを握る。
しかし、腕の長さは左右同じ。
左右のグリップがより離れたところを握れば
そのギャップはどんどん大きくなって
当然アドレスの姿勢にしわ寄せがくることになる。
42ea91fd36ed9c16比べて貰えば左右の手首の位置が
関係が大きく違っている。
出来るだけ左右のグリップが上下に
くっ付いたグリップを作れるのが望ましい。

そして次に(グリップの密着の元になる話だけれど)
左のフックグリップを避けたい。
スナップショット 1 (2013-11-29 10-47)

何故 左のフックグリップを避けたいか というと
左がフックに握ってしまうことによって
本来 入ってくる右グリップの場所が
左グリップの親指によって塞がれてしまい
右グリップが横から握らなくてはならなくなるからで
そうなると 左右グリップの上下離れは強くなり
アドレス時から 左グリップは体のセンターに寄せられ
左手の甲側への逆スナップされた状態から
スイングは始まることになる。

インパクト時、ショット時、
多くのゴルファーは上を向いてしまう姿勢に苦しむのに
アドレスのこの時点でもう上を向く準備が出来てしまう
このグリップには良いことは何もない。

グリップは左右両方で1ユニットのものなので
それが出来るように目指したい。

そのうえで 左グリップがフック
もしくは左右のグリップが上下に離れてしまう主な理由は
テークアウェイを体の回転でなく
左腕〜左肩 だけで上げてしまうことにあるので
グリップを改良していくという意味でも
テークアウェイを右ひじの後ろへの引き
という点で行ってもらいたいと思う。
swing102

そのテークアウェイの引き方が変わらない限り
グリップのみを修正しても
数球打てば必ず元のグリップに戻ってしまうし
ましてや コースでそのグリップを実施することは
不可能になってしまう。

コースで18H 疲れてくるとグリップは変化する。
必ず 自分のテークアウェイを取り易い
自分のオリジナルのスイングに適したグリップが始まるので
その点にも注意しておくといいだろう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



表題にも書きましたが、
左右双方 グリップ全体も、アドレス姿勢も
そしてスイング・クラブ扱いそのものも
左手グリップ1個で決まってしまいます。


IMG_0528IMG_0529
クラブと人間の関係では
右手グリップの方が上 ☞ ヘッドに近い方を握りますが
地面からの高さと言う意味では
 左手の方が上で、右手の方が下、
右手の方が遠いところを握ります。

そのズレが、離れは、骨盤ソノモノが微妙に
右に傾くことで済まされる程度にしないと
歪んだ形でアドレスをすることになります。

yjimage

よく グリップは「握手をするように」と言う言葉で
表されたりしますが、
それは当然 左グリップにおいても同じで、
左手のグリップを拳骨にしてしまうと
右手のグリップが同じ形で入ってくるスペースが
左のげんこつ(親指の部分)によって 塞がれてしまいます。
スナップショット 4 (2013-09-10 1-45)

あたりまえですが 腕は肩から生えていますが、
肩から真っ直ぐグリップに入ってくるライン、三角形が
歪まないことは重要です。

スナップショット 5 (2013-09-10 1-45)斜め上から入ってくる筈の薀哀螢奪廚
横から入ってくることになり、
必要以上に 右サイドの低さが必要になってしまいます。






IMG_0533IMG_0532
そして、左手が握手する形、
第三関節を曲げず、手のひらを造ることによって
右手の手のひらと左手の平が相対する合掌の形が
形成できます。
拳骨を造ってしまうと 手のひらそのものが
なくなってしまいます。


そして ここで最大の疑問が生まれる筈です。
『そんな握りでは握っていられない!』

そう そこがポイントなんです。

その浅い、頼りない、チカラのは要らない 左手のグリップ
それでは クラブを支えていられない
だから そのグリップが重さを支えきれず
移動し続けて、逃げるのです。


左手のグリップが クラブの重さ
運動したクラブの重さを支えていられる と言うコトは
スイングのどこかの時点で
左手の移動が止まり、その重さを受け止める
と言うコトが条件になります。
 そうするためのグリップと言うコトです。

その重さを支えきれない、持っていられないグリップを
造ることが スイング変えていく
非常に高いハードルですが、一番最短の道でもあります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



✋自分の身体能力、体力、持久力、
ゴルフに費やせる時間とお金
そして 故障や痛み
それを考慮したうえで
楽に遠くに飛ばして、スコアも良くする
また 美しい弾道を打てるかどうか
 ✋見極めるのは ココが肝心

◎◎ダウンの早い段階でフェースがボールを向くか
◎◎右腕を伸ばしていくことでグリップがからだと平行方向に逃げるか

 (左サイド、左グリップが止まらず からだに平行に右腕によって
 押される? 支えられる? 分 横移動するかどうか です)


これをするのに どんな動作をするかは自由です。
ハミングバードが提唱するのは
それが一番し易くなるであろうおススメに過ぎません。
  まあ そんなに選択の余地は無いんですがね・・・・・・。




mz-slow_Momentトップの形、
右向きは申し分ないです

顔も動かして 右向きを意識しているので
右向きはとっても良いです。

また からだの向き、傾き、
腕とクラブの関係から
このヘッドの高さは
ヘッドを振らずに、腕で高くせず、
グリップだけを上げていますから
ほぼ欠点のない とても良いトップです。

よく勉強されていらっしゃいます。

mz-slow_Moment(2)切り返し始めたところです。

トップの位置に比べ クラブが倒れました。

動作で言うと
◎からだの右向きの解け、
◎右ひじのさがり、   に対し 
✖左腕が下がっていない
✖からだの回転に対し左腕の移動が同期、追随していない

 →これは あとあと響いてきます。

mz-slow_Moment(3)ダウンスイングの中盤に差し掛かりました。

左腕が移動、動き、下がり始めたので
フェースがボールに向き始めました。
とても良い兆候です。

しかしこの時点で
全体の流れに対し、グリップの低さが足りていません
(高いというコトです)

このグリップの高さが次の問題を生みます。

mz-slow_Moment(4)からだの回転
グリップの移動
グリップの下がり
ほぼ 同期して動いています。

ロフトの締まった状態でとても良好。

このまま ランディング〜着陸して欲しいのですが
やっぱり グリップの高さが気になります。

あのトップがあるのですから
このまま 着陸してください。


mz-slow_Moment(5)がーーーん((+_+))

折角立ち始めたロフトが
 ここで一気に寝てしまいました…

やはりグリップの高さが足らない
✖インパクトで左サイドを止める以前の習慣
✖蚣咾鮨ばすことで この場合は上下にですが
からだから グリップを離す
✖左グリップの下に右グリップを入れる(入れ替える)

これのお陰で ほぼ すべてが台無し です。

これでは このクラブのロフトなり
 ヘッドスピードなり には飛ばず
ボールが高い か スピンが多い
引っかけやスライスが出易くなってしまいます。

腕の曲げ伸ばしは どちらの腕にしても
曲がるコトによって 自分の胸に近づきますが
一旦曲げたら その距離を変えず
伸ばしていく腕から 曲げていく腕の側に押していく だけで
からだからの距離は変えず からだに沿って平行移動するだけです。


曲げ伸ばしによって 近づけと離し では
単なるキャストになって ロフトはだだ開きになります。


mz-slow_Moment(4)mz-slow_Moment(5)
左の写真の時間に戻って
右腕をボールの方に伸ばすのではなく
左グリップと飛球線、
もしくはやや右向きが残ってますから
飛球線よりも右に押す
からだの回転にグリップを追随させるために
伸ばすのです。

また 別な視点から見ると
右手が伸びたのに 負けないだけの
左グリップの横移動
左サイドの回転・横移動があればいいのです。

ここで左サイドを止める、または突っ張る習慣は
腕を伸ばす(キャスト) からだを起こす とパックになって行われます。

近、よく耳にする 地面反力は
キャストとパックで行われるもので
言い難いですけど ものすごく格好悪い、反面教師の代表です。
腕を伸ばし 腕とクラブを最長の長さにして 通すための
ボールと地面の空間を 創造しているに過ぎません。

左サイドを絞る 左腕を突っ張る 左サイドを止める
今までの習慣があるのかもしれませんが
この時点での課題は ダウンスイング初期の左腕の下がり、
からだの回転に対する追随、同期生 が足りない為 に
最後で届かせる行為として キャスト している可能性が否めません。

現に 左腕が同期して動き、下がり始めると ロフトは締まった のです。


◎速めにフェースをボールに向け(左腕の下がり、回転に対する追随)
◎インパクト直前の 右腕の伸ばしを 横に対するグリップの押し込み
◎右に追いつかれない左サイドの回転による 左グリップの逃げ

✋これには 左サイドの回転の方向 向きも同時に替えないとイケナイですが
それが出来れば 寝たロフトが立ったロフト
この場合は2〜3番手に相当しますから
その分距離は増え、安定度も同時に上がります。

あのトップ、あの右向きがあるのですから
それを活かさないのは勿体ないです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフ と言うゲームは
基本、長丁場のゲームです。
普通のプレイしても ラウンド3時間以上
 トーナメントともなれば それを3日以上続けるのです。

筋力はその断面積に比例しますので、
出来るだけ 小さな筋肉は積極的に使わない 方が
ゴルフのゲーム性には有効 です。
先日も書きましたが、
プロのトーナメントですら
 その気付かない筋肉疲労によって
グリップが変わってしまい、
アドレスが変わってしまい、
スタンスの向きが不安定になり、
ボールの置き位置が不安定になり、
リズムが速くなり、
スイング動作が変わってしまい、ミスをする
 のです。

検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(5)検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(6)












下段の二人は ボールを打つ直前まで
フェースがボールを向いていません。
ダウンスイングの前半のアクション、そのままでは 
ネックの裏側か、ソールがボールと当たってしまいます。
ダウンスイングの後半に動作を変えなくてはなりません。


そこで一緒に考えてみて下さい。
◇いま 空、もしくはやや上向きの横 を向いたこのフェースを
ボールに向ける、そしてフェースでボールを当てる のに
からだの どこの部位を使わなければいけない でしょうか?
葛谷Slomo_Moment
✋からだのなにがしかアクション、または、からだの回転で
フェースをボールに向けられそう? ですか?

答えは否ですよね。

からだのアクションでは そのままの行動を持続するので一杯…。
ヘッドとボールが当たっても それはフェースではないでしょう。

手さばきで フェースをボールに向ける必要があります。
その間は体を止めて置く必要があります。
👉これを からだを使って打つ と呼べるでしょうか


ダウンスイング後半、
 からだの回転を持続したまま ボールを打つのと
ダウンスイング後半、
 からだの動きを止め、手だけでボールをさばくのと
ラウンド中、どちらがもつ と思いますか?
どちらに好ましくない変化が表れそうですか?
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(3)

下段のお二人はダウンスイング初期〜前半〜中盤に
フェースをボールに向けるアクションを加える必要があります。
✊また、それを念頭に置いた、グリップ、アドレス、テークバック、
  トップを作っていきましょう。
  その変えるトコロを分散させることによって
  加速の入るダウンスイングの変化、難易度を下げられます。

ボールを手でさばく快感 の代わりに
振った割に飛ばない と言うのを理解してください。
ボールを手でさばく快感 の代わりに
安定度が伴わない と言うのを理解してください。
いま、ボールを手でさばく呪縛 から脱しないと
加齢共に故障、更なる飛距離ダウン が待っています。


スイングを良く出来るか、どうかは 動作や技術ではな
おそらく 意識改革できるかどうか に掛かっていると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


sample2018 (2)_Moment




◎出来るだけ早い段階から
 フェース面をボールに向ける
◎右腕を伸ばす過程で
 グリップを からだから離すように伸ばすのではなく
 からだと平行にグリップの移動を補助



それを前提のアドバイスです。

漆畑2018_Moment

全体としては とても 良い と思います。

早い段階から フェースがボールを向き、
殆どの時間 ヘッドを振らず、
 グリップを動かすコトによってヘッドを移動させています。

飛ぶようになったと思います。


✋あえて その先を、更なる距離を
更なる安定度を考えると もう少し右向きの質
骨盤と胸廻り・肩周りの一体化を目指しましょう。

画像を見ると インパクト直前から
ヘッドの移動量に対し、グリップの移動量のつまり
減量が見られます。 これではロフトが足り切りませんし
傾斜地からの長物のミスが発生しやすくなります。

おそらく その原因は 左グリップにある かと思います。

振ろうとしていないのも分かりますし、
右手首のロックの意識もされています。
インパクト直前で 意図的に ではなく、
仕方なくリリースされてしまっているのは
左グリップと質としての右向き不足のせい です。


フックに握るのはよいですが、両手が上下に離れすぎる
左手の手首が甲側に折れる など
両手の長さの釣り合わない左グリップに問題があるかと思います。

それによって 左腕の向き、肘の向きが悪く
左ひじ、左腕のインパクト以降の逃げ道を失い
左腕が突っ張ってしまい
左サイドが必要以上に 上もしくは 左に逃げる形になって
左グリップの進行を妨げています。

検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(4)検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(5)


















右向きの質 骨盤の右向きを増やす
左グリップの注意 その点を煮詰めていけば
もっと飛びます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



グリップとアドレスの話はとても大切、
それがすべて と言えるかも知れませんが
今回は除外します。

〇ダウンスイングの頭から見てみましょう。
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(2)


















飛ばし屋の上段右氏は
からだの回転に対し 左腕の付き、追従性、同期性が非常に高く、
残りの人たちは ダウンスイング というアクションは起こしていますが
腕とクラブはその場に置き去り・・・

ダウンスイング という
準備行為の解放区間において
更に ねじっている、
からだは反時計周りの左回転を始めたのにクラブと腕は置き去り
は ダウンスイングで腕とクラブを反対に動かしたのと同じです。

これでは 先に腰がボールと正対し、
クラブを持っている腕〜胸がボールと正対した時には
腰は開かざるを得ません。

👉ロフトは開きやすい動き出しであるのに
 この順序で 右向きを解いていけば、
 左サイドは上がりますので、莨紊りの登り傾斜で打つコトになり、
 ヘッドスピードの無駄さ(空回り)は大きくなります。

検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(3)検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(4)


















上段組、下段左氏は 悶絶クラブです。
それによる恩恵は受けており
シャフトのしなり、ヘッドの重さによって グリップの下がりはとても良いです。
特に 上段右氏は 105cpm というモンスター級の硬さ によって
より内回り、自分に近いトコロの近道に押されている というのが味噌ですね。

上段左氏は ロフトも立てられ、シャフトも使えているので
テークバックの右向きの質、右向きで
もう少し足・腰回りの右向きが増えるようになると良いと思います。

下段左氏は クラブさばきは悪くないです。
唯一 フェースが下向き、
シャット というよりは
軌道上にあるボールを『フェースで』打つのですから
軌道に対し 出来るだけフェースを直角にグリップを動かせるようになると
飛躍的に飛ぶ! 上段右氏に勝てるのではないかと思います。

下段左氏は 硬いシャフト/軽いヘッドを使っているのですが
今回はそこの話は割愛します。
4人を比較すると 似たような箇所、似たようなアングルからの撮影
であるのに 下段左氏だけが 左腕の下から右ひじ、右腕が見えています。
ロフトも開いて、フェースも右向き、開いている というダブルパンチの状態です。
これでは ヘッドスピード相当の距離は出ないばかりか、
ミスの頻度、ラウンド中での大きなミスが出る確率の頻度が高く
 練習量、コース頻度の割にスコアの頭打ちがあります。
あえて言うのなら
右打ちをしている限り、
「脇が空く」というのは 左腕と左側帯の関です。
右はある意味、どうでも良いのです。
左側帯、左腕 こちらの脇が空いている限り
ボールは手さばきで打つしか方法はなく、
からだという反復性能が高く、筋力、持久力の高い部位を活かせません。

ゴルフと言うゲーム性は
最高飛距離でなく、14回のショットのトータル飛距離、
最高飛距離でなく、生涯を通しての飛距離であり、スコアです。
肉体の過渡期を折り返すより前に
手で振らないスイングに移行しないと危ないと思います。


検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(4)検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(5)


















心苦しいですが
下段右氏の状態です。
双方の写真の時点で フェースが上を向いている のに! です。
4人の中で一番 キャストが激しくなっており
そのキャストせいで グリップが減速、より一層下げられなくなっています。

ここからボールを打つのに
左サイドはもうボールと対峙してしまっていますから、
シンプルな回転では 左腕が届かなくなりので 回転停止。

グリップが下げられない分 右サイドを下げてボールに近づく
シャフト/クラブをキャストして 打つ方法が、届かせる方法がありません。

✖フェースがボールに向いていない 〜だだ開きの状態
✖キャストして さらに開く
✖右サイドが下がって左足上がりの状態


ボールが飛ばない、上がり過ぎる、スピンが多すぎる
飛ばない・ミスが増える、嬉しくない要素のバーゲンセールです。

検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(5)検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(6)
















上段左氏は アプローチ等で
グリップをもっともっと 動かす、
ダウンからインパクト以降まで
左サイドの動きで グリップを動かし
どう当てたいのか をグリップの移動量と移動方向で作るドリルをすれば
もっと飛んで、もっと確率がよくなります。
最後に左サイドを止めてしまうので そこがちょっと惜しいです。

下段左氏も同じで
概ねクラブ扱いは悪くないので
まずは フェースを早めにボールに向け、
後は 左サイドを止めず、どんどんグリップを動かしてください。
「フェースはスイング中、ずっと
 スイングが終わるまで 軌道の外を向いたまま 打つのです」

✋それを左腕を含めた 左サイドで実行してみて下さい。
今の状態であれば 一番飛ぶ人 になる可能性は
目の前にあります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ダウンスイング時に
スイング軌道をフェース面で舐めてくる
本来は そのフェース面に直角な関係なのが
スイング軌道なのですが、

90度以上 ボールに向かって 別な場所が
向いているダウンスイング、、、、

葛谷Slomo_Moment


まあ 殆どのゴルファーがそうなんですが・・・



このクラブさばきには非常に大きな欠点、
 欠陥とも言える付いてきます。
           👉👉👉それは グリップ です。


この画像では小さくて把握しきれませんが、
インパクト直前まで
 フェースでない部分がボールに向いていて
1/100秒位の短い時間で
 フェースとボールの対峙させるには 『手さばき』が必要です。

左手の手首を支点として 右手でクラブを回転させます。
左グリップを基準に その下に右グリップを入れないと
 飛ぶ・飛ばない以前に フェースでボールを打てません。

 ・・・これをフェースローテーションというのなら 悲劇です。。。

検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(5)検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(6)












インパクト以降の振り抜き としては
左手首を支点にクラブを跳ね上げる しか逃げ道がないので
自然な内に、
左手のグリップは手首が甲側に折れたモノ になります。
ならざるを得ません。
 無意識の内にそうなっていきます。
例え グリップを治したとしても、この振り方、さばき方である限り
数球ボールを打てば 元に戻ります。戻らざる得ません。

逆に言うと その握りがその振り方の証し とも言えます。

failgrip


そのグリップ、この振り方の鍵は 左手の握力 です。
加齢で握力が落ちたり、
ラウンド中の疲労で握力が落ちてくると、
より深く、より左手首の甲側への折れ が激しくなるので
その握り具合によって アドレスが変わります。

✖左のグリップの握りが深くなる
✖左手の手首の角度がより深くなる

 は双方ともに自分に対し 左グリップが近い所を握る形になり、
右グリップと左グリップがどんどん離れて行き、
左腕の長さがより余るようになります。

👉そうなると からだは腰がボールと対峙していても
 へそから上、胸はやや開いた形になり
 体全体でどこを向いているのか 分からなくなりますから
 アドレスも決まらなくなります。
 これが 一球ゴトにコースで進行していくのです。
 疲労度合いによって 変化し続ける のです。


✋コースで、アドレスした時に、しっくりこない は
 だいたいの場合、グリップが起因で、
 もっと根っこから考えると
 フェースでないトコロをボールに向けて ダウンしてきて
 直前にボールにフェースを向ける
 という打ち方を辞めない限り、
 ショットの是非は左手の握力次第 になるので
 当面 握力を鍛えるしか 当面の処置は無い と思います。



✊これは トーナメントで活躍するプロ にも
 ほぼ例外なく、起こる事象 です。
 3日目、4日目で疲れてきて 握力が落ちてくると
 まったく 同じ症状になります。


また アドレスでの体の捻じりは
 ボールの位置にも影響し、
 靴・スタンスにとって 自分のいつも通りの位置 に
 ボールを置いたとしても
 腰は正対、胸は開き気味ですから
 ボールが右に、奥に入ったように感じるでしょう。

 それを修正して、ボールをやや左に置くと
 今度は足腰、スタンスに対しては ボールがいつもより
 左にあるので これもスイングがぎくしゃくします。

👉👉腰に対し 胸は左を向いて 開いた形
 胸に対しては 腰は閉じた形 になってますから
 より 右を向きにくい 状態でスイングがスタートします。


👉結果、いつもよりも浅い右向き、速い右向きになり易く
 握力の変化が スイングの是非を握っています。
 疲労が出る後半になると 想定外のミス の頻度が高くなるのです。

✋究極の話、
 そのグリップをしない為(目的)にスイングを治す
 クラブの扱いを治す(手段) というのが正解かも知れません。
 スイングの良し悪し よりも ミスの元になる
 グリップとアドレスを治すコトが目的と言えます。


video_Moment(3)


このインパクトさばき、このグリップで覚えたスイングは
アプローチとパター"も"苦しめます。


アプローチは ショットのインパクトのトコロを抽出したモノ です。
ですので 左グリップを支点に
右を下に入れ 跳ね上げる打ち方をしている人にとって
アプローチとは 即ち 上げるショット中心 です。
逆に言えば 正しく転がせません。
直前まで フェースがボールに向いてないのですから
◎出来るだけ正しくフェースに当てる
◎出来るだけ正しいロフトにする
◎出来るだけ正しいヘッドの向きにする
◎出来るだけフェースのよいトコロに当てる

に加え 1個目に類似していますが
スピードで解決出来ないアプローチにおいては
インパクトの直前直後での ヘッドの上下変化が激しく
当然、それには体の姿勢も影響を受けるので
ダフリ、トップ・・・(これはパターにも言えます。)の頻度が高くなります。
それに加え、このショットの困ったところは
スピードを上げて解決しても より飛距離が出ない というショットが
かなりの頻度で顔を出すので厄介です。
 スピードを上げたのに ボールが抜けてしまったり、
 単に高くなったり、無駄にスピンばかり増えて 距離にならない場合が
 非常に頻繁に出ます。

また パターの場合、
インパクト、インパクト以降 で左腕を止めて
左手首を支点に跳ね上げる クラブの逃げ道が轍になっているので
中長距離パットになると 上がり軌道な上、歯で当たり易く
フェースのロフトが急激に増えるので
ヘッドの向きを変えなくても ロフト&ライ角度の作用から
左引っかけの頻度が高くなります。


✌この打ち方は
体の痛みに鈍感、体が強い、 という条件の上で
練習量、練習頻度、コース頻度 が
そのまんま ショットの是非、飛距離、スコア  に比例するので
練習量、練習頻度、コース頻度が急激に下がる
体を痛めた場合、飛距離、スコアは落ち始め
元に状態に戻れなくなります。
  ✋そして それは必ず訪れます。



 明日は技術編です
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ