◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: グリップ



全員に当てはまる とは限りませんが、
 かなりの人にとって 参考になると思います。


いろいろ実験してみて
 多くの事実が隠れています。

まずは 動画をご覧ください。 



ショットとも、アプローチとも言えない
単に ソコの部分だけを抽出して やってみました。

片方は ダウンスイング/切り返し で
🔴積極的に 左腕、左上腕、もしくは左ひじを 下げる
 上げた左上腕を元の高さに戻す


これをスイッチに からだを廻す 感じ。
ヘッドの重さ分、遅れるコトを見越し
先に左腕を下げる を 廻ることとつなげている感じ、です。


一方は 意図的に 左腕を下げず
 単に体を廻すだけ
どちらか というと からだの回転で
腕やクラブを引きずる、というか 引っ張る感じなります。
(下げないと こんなにも違う_Moment

後から動画を見てみると
 左グリップは 低くなりましたが、
 下げている訳ではなく

 無理やり解説するのであれば
 進行方向、回転方向の前方にある
 左腕、左サイドが詰まっている、
 渋滞しているので
 回転が上手く行かず 右サイドが潜り込んでいます。
 (意識としてはやっていません)
 その分、シャフトも寝て、
 ハーフダウンのあたりではフェースも開いているように見えます。



かなりの差が出るのが
インパクト付近の『からだの開き具合』ですね。
ココの部分は
 全くの無意識です。
(下げないと こんなにも違う_Moment(2)

どちらも 空振りする訳には行かないので
本能的に からだが修正をかけたんだと思いますが、
右サイドが潜り込む分、
 左サイドは上に逃げざるを得ず
その結果、として からだの開き になるのでしょう。

つまり 左腕の下がりは 右向きの時間の延長 というか
右向きの時間の長さ を保つコト になります。

左サイド、左腕の付け根は
 上方にボールから離れますので
 どこかで止めないと ボールに届かなくなります。
 これって 間違った意味の左サイドの壁 かな?
 なんて思ったりします。


気になるのは アウトサイドイン等で
 インパクトのからだの開きが気になる人が
 間違った形で修正する可能性が秘めている というコトですね。
アウトサイドイン なので インから入れたい
 …より左腕を動かそうとしないお陰で
 よりからだが開いたりします。
 それを無理やり 止めようとしたら からだ痛めます。


左腕の下げ、
からだの回転と腕の下がりのリンク、
意識としては 重さも利用しつつ
左腕が下がるコトが回転のスイッチ、
最終的には一つの行為 になりますが、
積極的? 自発的な左腕の降り は必要だと思います。
。。。もしかすると
 ダウンスイングの 回転は
 回転そのもの…ではなく、その名称の通り
 左腕の下がり のコト を指すのかもしれません。

アプローチなどでトライしてみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先日の記事の シャフトクロス や オーバースイング
の要因にもなっている と思うのですが、
スイング用語で言う
  コッキング… 手首の縦、上下の動きですね 
ゴルフのスイングをする
 一番小さな関節であり、筋肉の手首周り
また、長さと重さを兼ね備えたゴルフクラブの
 不可抗力の影響を一番受け易い場所でしょう。

年齢とは関係ないかも知れませんが、
 手首周りを痛めている人も少なくない気がします。
冬の練習場に行くと 肘 とともに
 手首のサポーターをしている人を良く見かけます。
箇所の小ささ、筋肉の弱さなども考えると
 何度も繰り返すのに適した部位(手首)ではなく
ラウンド中に疲労に弱い箇所です。
手で振るタイプの方は握力の低下が
 そのまま 飛距離落ちやヘッドの返し損ねにつながります。


自然な流れの中で生まれる
 手首の縦の動き コッキング は
まあ 仕方ないにしても
意識して 手首を支点に クラブ、ヘッドを
上下動させることに 良い点はなにも無く、
圧倒的に悪いコトばかりです。

それこそ
 シャフトクロスやオーバースイングの原因
にもなりますし、
テークアウェイで手首で言う縦、上方向に動かせば
ダウンスイングでは 下方向に動かさなければならず
それは ディッシュアングルの喪失や
からだの起き上がり、伸び上がりの原因にもなる上、
手首自身や肘などに過度な負担を掛ける可能性も高いでしょう。
スナップショット 9 (2012-10-02 13-58)

いっそ アドレスの状態のまま
 意識としては 手首は固定してしまう位の方が
(特に縦方向)良いかも知れません。

自然な ヘッドの遅れ を考えれば
 左手が平側、藜蠅甲側(右打ちの人)の
逆スナップ『ロック』状態になると思います。


sa3sa5







クラブは 腕を上げるコト
 によって グリップの位置が高くなり
 その結果、として ヘッドも高くなるだけ です。
コッキング、手首の縦 の動き をするには
グリップの高さを取らず クラブの長さと重さに
動きが支配されることになり、
グリップの移動量に比べ ヘッドの移動量が大きくなる
典型的な 打ち遅れ 〜フェースの開き を生んでしまいます。

テークアウェイ時の
上げる は 腕を上げる
 極端に言えば バンザイ\(^o^)/ するコトで
物ぐさをして ヒョイとヘッドだけ上げる コッキングは
ダウンスイング以降の問題をはらんでいます・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





2020-12-26_13-52-13_Moment
 腕で作る三角形
これを崩さないように、
 と言われることがありますが、
微妙ーな場合も少なくありません。

形、型から入りたい方は気にされる…かもしれませんが
あえて 言うのなら
骨盤、胴体が向きを変えるから
この形が崩れない のであって
からだから この三角形を離脱させて
形だけを維持する のは 問題があります。

コチラの動画は
プロを目指している研修生に
それをわざとやって貰いました。


その三角形を維持したまま
グリップだけを動かしてしまうと
からだから肩から先が分離したような形、
本来、前傾姿勢の有るうえで 廻る筈の角度、方向とは
違う肩の回転
 になってしまいます。

これでは体にも良くありませんし、
右を向いても 早くに苦しい姿勢が来てしまい
十分な右向きが出来ないでしょう。

ダウンスイングにおいて 変な縦回転 になってしまうので
どうしても スペースを造るため伸び上がる
が付いて回ると思います。


2020-12-26_13-52-13_Moment(2)繰り返し 書きますが、
その三角形を維持するか、どうか、
は 好みの部分もありますが、
兎も角、グリップが移動するのは
腕の生えた 胴体が向きを変えるからで
グリップから先行して動かす、のは
お薦めできません。

動画を見て頂くと分かると思いますが、
からだ の右向きではなく
グリップを移動させてしまうと
グリップは体から離れ、
規定よりも外目にあがってしまいます。

誤解を生み易い部分ですが、
からだの右向き、
胴体の右向き があるので
グリップは『イン』。。。ボールから遠ざかっていく方
 に動きます。
この三角形だけを動かして イン に引くのとは違います。



2020-12-26_13-52-13_Moment

ハミングバードが考える
この三角形 の話し ですが、
この形状、形が変わらないのではなく
この三角形の作る面 と からだの関係 は
上がっても変わらない、
 面が捩じられない 面をねじらない だと思います。



皆さんにとって 来年が良き一年 となりますように。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



兎も角 騙された と思って
 
この素振りをトライしてみて下さい。

実際のショットでも可能です。
ごくごく ゆっくりした…
 フルスケールのショットで「転がし」程度 から
始めると良いと思います。
この手の改造で
 いきなり フルショット/フルスピード にトライするのは
車の運転免許を持っている人が
初バイク免許の教習にいくのに
 初教練が 高速道路 みたいな
あまりに無謀で、
スイング動作という条件反射に近い動作の変更を軽く見過ぎている
 のかとも思います。



からだ は 胴体・骨盤・腰・お尻 は
イメージ上、頭や顔も含め 胴体丸ごと 向き を変えます。

トップらしき 位置から
単に からだの向きを変え、
 グリップを移動させるだけ です。


フェースは 常時、軌道面、スイングの外側に
 向けて置くイメージ・・・

 ロフトの大きいクラブではイメージし難い…かも?

グリップの移動に伴い、ヘッドも引きずられるように移動しますが、
その遅れは 開きやシャフトの倒れ になる可能性もあるので
それは そのからだの向き度合い・割合 なりに
右腕でサポートします。

素振り…であれば 特に右腕の伸ばしの意識は必要なく、
適度な回転で ほのか であっても 腕に、クラブに遠心力が
かかったら 左腕が進行方向に逃げるよう な クラブ姿勢で
グリップを肩から(上下に)離します。

(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)







✋✋✋回転のあるポイントを掴む …と
(記事上では書きません、ご来店下さい
 もしくは ご要望が有れば セミナー開きます)

如何に 自分が 外からガブって 振ってきているか 判ります。
肩の回転が 外から振ってきている分、
腰は相当早め、切り返した途端、開くことになりますが、
外から振るのは嫌なので シャフト/クラブを寝かし、
便宜上の 「偽インサイド」から振っている のです。

そうなると ロフト・フェース共に ダダ開き になりますから
フェースターンが無いと
マン年 どスライスから脱出出来ません。



外から振れ、と言う意味ではありませんが、
からだの向きが変われば
自然と 無自覚で、グリップよりもヘッドは
 ボールの方に出ます。

『自分でするコト 自分の腕でするコト ではありません』


スイング動作 としては
ただ ただ 向きを変えただけ です。
どこかに チカラを入れる と言う感覚は皆無 でしょう。
飛ばしたいのなら ロフトを考え
 ロフトを増やさない、軌道の上下を崩さない範囲で
如何に 早く、時間をかけずに 向きを変えられるか
回転できるかが勝負になりますが、
 それも 力技でどうこうなる と言うモノでもありません。
スイングで 頭を使うべきトコロ は
その腕さばきやクラブさばきが
 回転、向きを変えるのを邪魔しないか どうか です。
腕やクラブの重さを使って
 いかに 短時間でからだを回させるか で、
力技で…つまり からだで引っ張って 腕を動かすのとは
 かなり違いがあります。





チカラを入れたいのなら からだの回転で直に打つ は

辞めた方が良いです。 入れドコロがありません。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



「どう グリップするか?」
グリップ(握り)を覚える際のポイントの一つに
クラブヘッドは自身の重さや運動によって
自然に遅れる。。。右打ちの人であれば
からだの右にズレる訳ですが
その遅れ・遅れるコトを どうするのか?
というのがあります。

(両手離し



ベースボールは幾つか理由から論外としますが
(読んでいけば理由は分かると思います)
よく言われる オーバーラッピング、ベースボール、インターメッシュは
握力や手の大きさ など応じて 好みで良いと思います。


.悒奪匹涼戮譴鬚匹Δ垢襪里❓ どうしたいのか❓

スイングの動作中、シャフトの押しにも手伝って貰いますが、
自分の動作によって グリップを移動させ、
ヘッドは その重さと運動分 遅れます。
右打ちの人の位置関係で言うと
グリップはからだの幅の中にあっても
その遅れ分、ヘッドはからだの右にズレます。

その遅れによって ヘッドがどういう姿勢を取るのか❓
その遅れを どういうヘッド姿勢にしたいのか❓

それを表現するのが グリップ(握り) と言っても良いでしょう。


ヘッドが(からだの右に)遅れたのを
 ヘッドの開き、フェースの開き にしたいのか❓
ヘッドが(からだの右に)遅れたのを
 ロフトの立ち、フェースの下向き にしたいのか❓
によって グリップは大きく変わってきます。

また スイング全般と関わりますが、
▲ヘッドの遅れを 「遅れっ放し」のまま、ボールを打つのか
それとも
▲ヘッドの遅れを「取り戻すコト」で、ボールを打つのか
によって グリップ(握り方)は大きく影響を受けます。

大森201904_Moment(2)


逆を言えば スクエアに握っていた としても
 自分のショットを数度して どう握り変わっているのか
が 自分のクラブ扱いを表している と言っても良いほどです。

【既にグリップの形があり、過度なフックグリップの場合】
スイングの中に
 左グリップを支点として ヘッドを振る動きが有る限り、
 必ずと言ってよいほど 左だけフックグリップ傾向が強くなります
 そして これは
 →ラウンド中の握力低下
 →フックグリップ度合いの増し
 →アドレスやボールの位置の乱れ

 につながるので 形としての過度なフックグリップを消すのではなく
 ボールをつかまえる行為の間違いを是正し、
 支点としての左グリップを辞めるコトをした結果の
 過度なフックグリップの是正の道をお薦めします。


*過度なフックグリップとフックグリップ気味の違いは
 左右のグリップの離れ具合
 アドレス時の左手首の甲側への折れ で判別下さい。


握り に伴う 両手首の動き ですが、
よく言う ディッシュアングルも含む、縦方向の ライ方向の動き
言葉では 「コッキング」と呼ばれるモノですが
これは元々 遊び程度 にしか 稼働領域が無く、
意図的にするモノ ではありません。
クラブヘッドの形状、構造上、ヘッドの方が高くなっていれば
鎌首をもたげたその形状が 自然なコッキングを生みますし、
逆に それはロックして、全く無くても問題ありません。


グリップはどうしても ゴルフクラブの機能を活かす都合上、
左右のグリップが同じ場所を握らず、ズレて握ります。
IMG_0794
そのズレは そのまま アドレスに影響します。
左のグリップを支点に ヘッドターンさせる人は
 ラウンド後半、握力の低下…によって
>>>より 深いグリップが必要になります。

左グリップを深いフック にすると
右手が入る場所を失いますから
より 左右のグリップは離れ、
>>>それがアドレスの乱れ 崩れ につながり
 セットアップ時の向きやボールの位置がズレ
 ミスショットの大きな要因になり得ます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブの機能を無視した 無茶振り
手振り〜手打ち からだの脱出 の
一つの提案として グリップ(握り)から 始めてみよう
の話の続き です。

左手の過度なフックグリップそのものを治す というよりも
左をフックグリップにしている 『理由』 を治す のが 目的です。
 最終的に 形、としてややフックに握っているのは問題ではありません。

左手の過度なフックグリップの理由・問題は二つ あります。

b7055bfb2eea97122aee59c31313e223


🚀テークアウェイを 『手だけで上げる為』

左手をフックにしている のは
 フックグリップそのものが目的でない場合 が殆どです。
手打ち、手振り、無茶振り の場合、
右方向への動作 テークアウェイ では
右グリップや右ひじを 支点 として 左腕・左サイドを動かします。
左方向への動作 ダウンスイング、フォローでは
左グリップや左ひじを 支点として 右腕を伸ばします。
つまり どちらかのグリップが支点 になる というコト、です。
ですので ある程度 左右が離れていた方が
 支点を作り易い と言う点にあります。
52442_360240

テークアウェイの初期動作 で
からだの回転で右を向くのなら、からだそのものが右を向くのなら、
左グリップも、右グリップも その移動量に大きな差異は無い筈 です。
ところが 手打ち、手振り、無茶振り の場合、
右グリップの移動は殆ど無く、
左グリップ〜左腕〜左サイド だけ と言っても良いほど
左グリップだけが移動します。 支点運動…ですね。

その行為は グリップをからだの幅 から外しますので
当然、フェースも開き、ロフトも開きます。

よく言われる アドレスから 始めの30cm でスイングは決まる
(手振りをスイングと呼ぶのには抵抗がありますが…)
は このことを指す訳 です。

ですので 弊社の提唱する クランチ で上げる この形…。
形を真似ることも重要ですが、根本の
手さばきでグリップを動かす、手さばきでヘッドを動かす
が改善されていないと 単に形だけの真似になるだけで
逆に 手さばきがし難くなるので ぎこちなく なるのです。

201812_Moment(2)

 
左グリップの過度なフック、を消さないと
左右の密着度は向上しません。

その為には テークアウェイを右半身、右腕、右グリップ主導で
行うことが 左グリップの唯一の改善方法 と言えます。
形・型から始めるにしても 右腕・右ひじ で主導して下さい。

右ひじを外目に引け、少々上げろ というのは
肘は 腕とからだのつなぎ手 です。
肘は上腕と考えて良いと思います。

右グリップを支点として 左腕でテークアウェイを取る場合、
左サイドが上がりやすく、前(ボール側)に倒れやすくなります。
右ひじをクランチすることによって
からだをボールから離し、
右ひじを高めに取るコトによって
右サイドが左サイドよりも高くなる というコトを意図しています。 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブの機能をほぼ完全に無視した形の
手振りは、コメントに頂いたように
物理原則を無視した打撃が故に
相当の訓練・数を経て、当たるようになります。

ですので そこからなかなか脱出できない・・・。


提案❶
 グリップ(握り)から 変えてみましょう


グリップ(握り)を変えるのは イバラな道なのは確か です。

放っておいても
動作が「ゴルフスイング」らしくなってくると 自然に変わるのも確かです。

各人、各人に寄りますが、
しかし、そのイバラな道を行くのも一つのアイディア かも知れません。

スナップショット 1 (2013-09-09 13-43)

左手の過度なフックグリップそのものを治す というよりも
左をフックグリップにしている 『理由』 を治すのが 目的です。
 最終的に ややフックに握っているのは問題ではありません。

左手の過度なフックグリップの理由・問題は二つ あります。



❶左手と右手が離れているコト

理由:フェースローテーションがし易くなります。
双方が近づいていると 反対の手によって制限が掛かり易くなり
フェースローテーション こねくり がし難くなります。
b7055bfb2eea97122aee59c31313e223

問題:始めから 離れめのグリップは
ラウンド中、疲労してくると 離れ具合 が増えてくる傾向にあります。
プロ、トーナメントに出場しているプロも例外ではありません。
当然ですが、両腕の長さはほぼ同じです。
両手が 離れてくるというコトは 右手がより遠いトコロ、
左手がより近いトコロを握る というコトになりますので、
アドレス姿勢に影響を及ぼします。

アドレス姿勢が変われば、スタンスの向き、ボールの位置 にも
影響を及ぼしますので、それが ミスの原因になったりもします。


両手離し(スプリットハンド)ドリル でよく判るのですが、
グリップが離れていると 右手が伸びてくる 圧力が
より左腕を通して 左肩に下方向(下から上に)から上にかかります。

からだを有効に使っていなくとも
からだの向きの仕組みは
左肩が上がると からだは左を向きます、
その度合いは ある程度一定 です。

左肩が上がる は イコール からだが開く
つまり その分、ボールから左サイドは離れるので
無理やり からだを止める とか
ボールに届くように 処置する必要があります。
42ea91fd
また、左肩が離れる&体が開く は
右サイドが近づく&下がる が付いてきます。

両腕の長さはほぼ同じで
左サイドが上がり&離れ 右サイドが下がり&近づき では
右腕を伸ばす空間が足りなくなります。
両方の腕の長さが似た状態 でないと 正規のロフトに出来ません。
左腕に対し、右腕の方が短い というコトは
ロフトの開いている状況 になり、
それでは打てませんから 急激なインへのターン が行われます。

そう言う意味でも 両手離し(スプリットハンド)ドリル は
ハンドターンを行おうとすると、右腕を伸ばそうとすると
左腕の長さが邪魔になり、急激にたたむとか、
左サイドを、左肩を上に逃がそうとする
右腕の長さが 圧力として 左肩にかかるのを 感じ取れる
と思います。
ゴルフクラブの機能を活かしたスイングとは
からだの向きでグリップを移動させることで、
そこで 腕の曲げ伸ばしで クラブをターンさせる のではなく
からだの向きを変えるコトで クラブをターンさせる コトを
感じ取ってもらいたいのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



手振り の特徴は
手でクラブを振るが故に
【グリップもヘッドも からだの右に外れ、左に外れるトコロ】
があります。
4bcbe6f4

ですので テークアウェイでは
グリップも、ヘッドも 右に外れ、
フォロー以降では
グリップも、ヘッドも 左に外れます。
スナップショット 1 (2017-05-16 22-34)

テークアウェイでは 左肩や左腕でグリップを右に外し
右腕(肘)が支点になり、窮屈にたたまれ、
フォロースルー以降では 右腕でグリップを左に外し
左腕(肘)が支点になり、窮屈にたたまれる
のが特徴です。
別な言い方をすると
左から右への動作 では 動作の主エンジンは左腕
右から左への動作 では 動作の主エンジンは右腕
コレでは 結果、左右対称には振るコトが出来ず、
あまり使いたくない用語ですが、
 端から アウトサイドイン の動作 になります。


腕の長さも クラブの長さも 
テークアウェイの時点でも 遠心力を作るため
テークアウェイが速いのも特徴です。

それを まるで 「ゴルフスイング」 であるかのように
腕もクラブも長くして ゆっくり上げ
からだの回転が止まってからのテークアウェイの後半に
腕をたたむような 動きをしても、基本は変わりません。
学生が覚えるスイングやレッスンを受けると教わると
 このパターンが多いですね。

◎このパターンで からだを痛めてしまう大きな理由の一つに
元から アウトサイドイン の動きなのを
どう インサイドアウトに変えるか ではなく
どう インサイドアウトに「見せ変えるか?」といいのが
レッスンなどの主テーマになるコトもあります。

IMG_0532IMG_0533IMG_0530IMG_0531


✋✋✋この特徴は グリップ(握り方)にも出ます。
理想的なグリップでは 動作中、
からだの幅 に対し グリップは外れませんが、
ヘッドはその重さから 右に外れる時間があります。
グリップは からだの幅の中、
ヘッドはからだの右、 に外れる期間です。

この時、からだに対し 右に外れたヘッド
このヘッド…この時のフェースが
空を向いているのか(空を向き気味)
地面を向いているのか(地面を向き気味) なのか、
それは 握り方(グリップ) に出てきます。

b7055bfb2eea97122aee59c31313e223(グリップ●
空を向いている…スイングの中では 遅れ ですが、
この場合の遅れ は 打撃に直結せず、
フェースが空を向いているのですから
地面や低いトコロにあるボールは そのままでは打てません。
その時点では ソールやバックフェースがボールに向いていますので
からだの向きを変えた だけでは ボールは打てません。
フェースターン と呼ばれている 行為、
それが打撃になる 一つの証し でもあります。

一方、からだの右に外れているヘッド が
地面を向いている、スイングの中で、ヘッドが遅れている が
ロフトの立ち、進行に対する ロフトの立ち になるので
からだの向きを変える行為 ソノモノで 打撃するコトが可能です。

自分で試してみると 分るかも知れませんが、
ヘッドが からだの右に外れた時、
フェースをどこに向けているのか
紊覆里、腓覆里、
それは グリップ(握り方)にも反映していると思います。

プロも含め、左手のかなり過度なフックグリップが主流になり、
左手のスクエアグリップが絶滅危惧に瀕している、
のも 現代のスイングを表す一つの特徴です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフスイングと腰痛…悩んでいる人多いですよね。



両手離し(スプリットハンド)ドリルの映像を見ていて
 ちょっと気になるコトがありました。
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(4)

フェースローテーションをする
左右方向としては 左肩を残しておかなければなりませんが、
ターンする為には左腕の長さは邪魔です。
が故に 左肩はその位置で 上に逃げなければ当たりません。

からだを廻して 逃がすと 当たらないから
からだの回転は一時止めなければならないため、
からだを右に傾けなければなりません。
置き去り君_Moment

多くのゴルファーの腰痛は右サイドが多いようです。

体重がかかり 潰れた右サイドに負担が増える、
と言って良いでしょう。

スプリットハンドドリルはその名の通り、
両手を離して握りますから、
その離れた分、菠は上に逃げようとします。
ですので ドリル であって
 本番で打つのには不向きな訳です。

グリップに関して、オーバーラップであっても、
インターロックであっても、インターメッシュでも
左右の離れ具合 は最小限に、
出来るだけ無い方が良いですよ
 と提唱しています。
ミス、の原因にもなりますが、右腰への負担や
左ひじへの負担を出来るだけなくしたい からです。

左右が離れていればいるほど、
手を返すスイングで有れ、そうでないにしても
左肩は上に逃げやすく、その分 からだは右に反り
右腰への荷重が増えます。

IMG_0706_Moment(3)IMG_0706_Moment(2)










ミスにおいては
特に ヘッドターンをする人に多いですが、
ターンをするには 支点、
 スイングの場合は左グリップがそれに当たりますが
ラウンド中盤、終盤に差し掛かってくると
疲労〜握力の低下から
 左グリップが深く握るようになり
左右のグリップの密着度が薄れ、両グリップ間が離れます。

それによって 気付かないうちに、気付かない程度
アドレスが乱れ、からだの向きやボールの位置がズレます
 ボールの置き位置で言うと 前後1〜2個程度 ですが、
プロも例外ではなく、終盤のミスの原因 になっています。
元々 左グリップを フック気味に握る人に多い傾向ですが、
 ラウンド中、グリップを注意してみて下さい。

また、グリップの握り 特に左が深くなってきた というコトは
握力の低下、疲労 が出ている証でもあり、
そうなった時、自分の従来の距離を期待しない
 一番手分位距離が落ちる と言う想定をして
ゴルフをすると良いかも知れません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
昨日の質問 の ヒント というか、
お答え…に対し、別なサンプルを挙げてお話しさせて下さい。

まずは この スイング比較を ●二つ● ご覧ください。







二つのスイングは 左右が逆になっていますが、
上の右のスイング と 下の左のスイング は
とても似ています。

スイングを造る際、スイングを変える際、
何度も言って? 書いていますが、
一番変わるべきところは
 動作 や 恰好(見た目)
ではなく、
スイングの概念というか、イメージと言うか、
一番根本、スイングを行う前の
どうクラブを振って? 扱って ボールを打つか

というコト です。

何度も書いていますが、おそらく 漠然とし過ぎていて
それを 恰好 形で真似るしか 再現方法はない
と考える方も少なくないと思いますが……。

では 解説します。
もう一度 こちらの動画をご覧ください👁



トップの形 や テークバックの取り方は
個々の個性の違い 位で似ていますよね。

しかし 切り返しからダウンスイングに入るところで
大きな違いが出てしまっています。


茲離好ぅ鵐阿蓮ヾ靄棔△らだの回転が直接、ボールを打つ
と言う行為が垣間見えます。

蕕離好ぅ鵐阿両豺隋△らだは回しますが、
腕〜グリップは置き去りです。

✋二つを比べると 蕕離好ぅ鵐阿吠僂福ヾ屐,有りますよね✋

故に 茲離好ぅ鵐阿任蓮,修里らだの回転による遅れ は
ロフトの立ち に転換出来るので、そのままからだの回転を
終了までし続ければ 良いだけ です。

蕕離好ぅ鵐阿任蓮,修涼戮譟, ロフトの開き になってしまうので
このままでは ソールでボールを打つコトになり、
 フェースでボールが打てません。
ロフト(フェース)の開きを取り戻さなくてはなりません。 
それをするには からだを止める必要…
 この場合は左サイドを止める必要が出てきます。

ここまで書くと まるで「スイング技術解説」をしているか、のような
誤解を招きますが、動作や技術の話し ではありません。
スローなスイングや素振りのイメージなどで
からだの回転に対し、腕を遅らせて、フェースを開き、
その後、それを取り戻す という ボールさばき から逃れない限り、
どんなテークアウェイをとっても、どんなトップの恰好を作っても
結局、ダウンスイングで「自分の」打撃に修正してしまいます。


打撃の根幹の部分で 「ヘッドを振る」
ヘッドを振るコトが打撃そのもの であり、
ボールを遠くに飛ばす、強く叩く に意識として根付いている ので
それを実行するためには 遅らせる行為もパックとして必要になります。

ヘッドを振る行為を「必然」とする為の
 遅れ作り、ダウンスイングでのフェースの開き
それが生じる からだに対する左腕の遅れ は意図的に行われている
可能性が低くありません。

ミスターKの法則1_MomentミスターKの法則1_Moment(2)








スイング動作、動きについて 解説することはあっても
それは 「ヘッドを振らない」感覚を身に付けるため のモノ で
「ヘッドを振らない」感覚が理解 出来れば
テークアウェイの方法 も トップの位置 や恰好も
勝手におさまって行くモノです。
スイング造りについて 知るべき点はそこだけ
 と言っても間違いないかも知れません。

その掴みドコロのない煮え湯をゴクリ と呑む
のは 何とも言えず 大変なモノ と理解していますが… 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブの部材としての
【グリップ】ではなく、
握り方の方のお話し…

ハミングバードの考える、グリップ(握り方)の良し悪し
というか、美しさは 
左右のグリップの密着度
言葉は奇妙ですが、左右のグリップの上下の密着感
       
  (左右の手首の高さのズレ)
にあると思っています。

スナップショット 1 (2013-09-09 13-43)スナップショット 6 (2013-09-10 1-46)








ですので、密着度があれば

それが インターロッキング、オーバーラッピング、
インターメッシュでも良いし、

ややフィンガー気味をお薦めしますが、
密着度が高いのであれば フィンガーでも、パームでも、

右手に限っては ややフックめでも、ややスライスめでも
程よければ どちらでも良いと思っています。
(✋最終的なグリップの答えは 必ず訪れます✋)
ベースボール〜テンフィンガーにおいては
その握り方が 上下の密着度を高められないグリップなので
推奨はしません。

グリップは どんなグリップをするか と言うより
左右の上下の密着度 によって アドレスもスタンスも
大きく左右されます。
元々、微妙にですが、左と右はズレたところ、
右グリップは左グリップよりも「遠く」を握ります。
その遠さが これも奇妙な言葉ですが、
出来るだけ「遠くない」遠さが理想的 です。

swing102スナップショット 1 (2013-11-29 10-47)











右グリップがややフック気味、であっても、

スライス気味、であっても 
その密着度は 左のグリップの仕方 によって
決まってしまうので、
グリップの良さ、グリップの美しさは『茲離哀螢奪彈‖茵
と言えるかもしれません。

グリップの密着度は その人がどのようにクラブを扱っているか、
☑手の返し、手や腕でクラブを振るのか
☑からだの回転でクラブを直に動かすのか
の指標であり、グリップを先に治してから、スイングを作るか、
スイングを修正しながら、その成熟度の目安として
 左右のグリップの上下の密着度を見るのか
お好みの選択…と言った感じです。


悶絶クラブでない、市販のクラブのグリップ交換もごくたまに
行いますが、その際、蕕凌道悗遼猝廚激しい方は
(シャフトが硬い〜激しくこねないとボールが打てない)
総じて、その摩耗でへこんでいる人も かなり下の方(ヘッド寄り)で
二重の意味で 「あちゃ〜」 と心の中でつぶやいています。



✋右グリップは 9割がた、左グリップ次第、
左グリップをどうするか、によって決まってしまいます。
そう言う意味では、右グリップの変更は
 左グリップ程難しくありません。

その 
左グリップを治す というのは
スイング改造の中では 非常に難易度の高いモノ です。
最大のイバラの道かも知れません。


一番多く見られるケースは 左のグリップ、茲亮蠎鵑世韻failgrip
甲側に折れており、場所として本来、右グリップが入る空間を
浸食、占拠しているケースです。
左グリップの手首が甲側に折れれば、自動的に
左のグリップは過度なフックになりますから、当然、そうなります。


そして そのグリップの理由は、
テークアウェイの初期、動き出しで、
左腕を回内(ローリング)することで始めるコト
kainaikaigai

左腕だけの動きでスイングを始めるコト で
つまり、手さばきで スイングをスタートするコト です。
これに 例外は殆ど見当たりません。

この時点、アドレスから 1秒、イエ 0.5秒もたたない初期動作で
手打ちをするコトが確定、振り遅れることが確定、
後々、クラブを寝かしたりの不必要な修正動作を除けば
 その時点で、アウトサイドインに振る事が確定しているのです。

手で上げない ようにするには
いばらの道の「左グリップの改修」が手っ取り早いです、
言葉通り、いばらの道(精神的に…ですが) ですので、
ワンポイントアドバイスを✊

テークアウェイを右手、右腕、で行って見てください。
理想を言えば、右ひじ、もしくは 右上腕の背後への移動
と 胴体の右向きをリンクさせる形 で。

そのコツは 【からだの回転よりもやや先目】 に、
☑右ひじを曲げる か
☑右上腕を上げる か
☑右ひじを背後に引く
 を行うコト。
左手は、「右手一本だと辛いから」 手伝っている程度で
左手は、クラブの移動そのものには直接関与しない感じで‼
左グリップが その右腕動作によって 動かされそう
というのは からだの向きの変更 で処理します。
スナップショット 1 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)





左腕が回内(ローリング)しなければ
左グリップの変更は 格段に容易に行えます。


そこから先、スイング出来なーい、とか

チカラが入らなーい、とか 強く振れなーい、とか
飛ばなそう、とか その手の弱音は関知しません。

一番、始めに ゴルフクラブを握った時、どうだったんですか?
としか お答えできません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



さて 左腕一本でのダウンスイングドリルの続き です。


トップの位置で
クラブはどういう重さを形成していますか?

ゴルフクラブはどこに落ちたがっていますか

それは当然、
テークバックの取り方やトップの位置 によっても異なってきます。
逆に考えていけば、
それを念頭に置いて、逆回しで
テークアウェイやトップを造っていく と考えるのも一考です。


今回は特に
からだの回転はロックして、
右サイドはそこに置いておいて、
左腕、補助として左サイドだけで
ダウンスイング、インパクト近くまで行く 感じです。


後追いの形で からだの回転が入らない と
 ボールには届きません✋✋✋



理想的には
 そのクラブが落ちていく方向 が
左腕、そして左半身が ボールに近づいていく
立体的に ボールに近づいていく方向であるコト
 です。
IMG_0682_Slomo_Slomo_MomentIMG_0682_Slomo_Slomo_Moment(4)IMG_0682_Slomo_Slomo_Moment(3)





IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(2)IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(3)IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(4)







ヘッドの重さで 👉ヘッドを動かす のでは
グリップが動かせなくなってしまいますから
 インパクトポイントは 右過ぎます。
これでは からだの回転が無くても
 右にズレたグリップ分、シャフトを振らないとボールは打てません。

ヘッドの重さで 👉グリップを、つまりクラブを動かさないと
左半身がボールに近づいていくような
 ダウン〜インパクトは作れません。


からだの回転で、直にボールを打つ を念頭に置くと
グリップエンドは 相当 ボールを追い抜いた箇所(通過点)に
なる感じです。
少々、極端ですが、今までの手打ちを相殺するコトを考えると
アドレスよりも 40cmは近くは左 をイメージした方が良いです。

昨日、クラブの長さ と言う話をしましたが、
クラブは構造上、
単純な位置関係として、グリップよりもヘッドの方が下になると
グリップの移動、進行は妨げられます

つまり、インパクトを迎える前に
グリップの方が下、低い位置の関係の内に
その アドレスよりも40cm以上 左(あくまでもイメージですが)
に辿り着きたい、 そこを通過したいのです。


クラブ(特にヘッド)の重さでグリップを動かします。
この場合は 左腕、特に左上腕 を落とします。
左サイドも動くコトになるでしょう。
あるトコロまで行くと ヘッドも低くなり始めますから
 そこが回転のポイント、回転を解放するポイントです。

✋✋✋ 「周り方」と題して言いますが、
その重さ通りに踏み込んでいく の方が近いかも知れません。


そして ヘッドに追いつかれないよう
持続的に 今度は回転でグリップを移動させます。
回転は 左に踏み込んでいく と言う行為の延長 にあるので
止めさえしなければ、 そのまま左を向きます。

あまり 左を向く と言うのを意識せず、
☑グリップの移動を止めない と
☑左への踏み込み の
延長線上と考えて下さい。



 それに関連する記事が一つ 閑話休題 と言う形で入りますが、 
  (1個置いて)次は なぜからだが開いてしまうか の本命 です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


シャフトの上手な使い方は
ヘッドの重さ・クラブの重さの使い方
大きく共通しています。
そして それはゴルフクラブの使い方 でもあります。

一般的に『信じられている』シャフトの使い方は
ヘッドをたくさん・グリップよりも多く速く動かす為
縦であっても・横であっても シャフトを扇のようにつかう
クラブを扇・振り子のように使う では
シャフトも活きてきませんし、ヘッドの重さも活きてきません。

4232-30-1

シャフトの役割は
✊如何にヘッドやクラブの重さを打ち手に伝えるか
✊ヘッドの重さを利用して グリップを動かすか
✊グリップ、そしてクラブを人力の補助として動かすか

(動かす、この場合は移動させる の意) です。


それをテーマに シャフトを使わないと
例えば クラブを替えた時、リシャフトした時、
2種類以上のシャフトの硬さやシャフトの違いを体感する時、
それモノが無意味なモノになってしまいます。

硬いシャフト そうですね、
ドライバーで言うと
45インチ換算で 振動数190cpm辺りが境でしょうか
アイアンで言うと
5番アイアンで 振動数210cpm辺りが境でしょうか
一般成人男性であれば
その位と思いますが、これより数値の多い、硬いシャフトを
正直 打ち比べても「単に双方硬いだけで」
あまり差は感じ取りにくいかもしれません。

ですので その数値を境に 上にあるものと下にあるものを
打ち比べると
 シャフトの使い方自体を体感することにもなります。



シャフトを上手に使う(使われる)には
注意点が幾つかあります。

それはクラブの使い方でもあるので
練習やドリルでは意識しておくと良いと思います。


✋クラブの姿勢

ヘッドとグリップの上下左右の関係は意識しましょう。

俗に言う『トップの位置』において
ヘッドやクラブの重さがグリップに掛かり
そのグリップが『次』の動作の妨げになり位置 に
ならないように注意が必要です。

『トップの位置』であれば
その次の過程は『ダウンスイング』になります。
言葉で ダウン『スイング』と言っていますが、
ダウンスイング全体は ほんの0.2秒以下の瞬時の動きです。
あれもこれも 色々とする時間もありませんし、
そういう『期間』でもありません。

どうダウンスイングしていくか、
何処の方向に、
いつ、どうのように していくかも
『トップの位置』のクラブ姿勢、
ヘッドとグリップの位置関係によって
 ほとんど決まってしまいます。

究極、動作としてのダウンスイングを省けるか
も それ以前のクラブ姿勢、
グリップとヘッドの上下左右の位置関係によって
決まってしまいます。

20170920_matsuyama-650x435例えば、このトップの位置
にしてしまえば、
余程の教練か、我慢がない限り
一般的には次の動作は
右サイドを潜らせる、上を向く動きになります。
それでは シャフトは活きませんし
ヘッドの重さも活きてきません。
体がまるでまわっていないのでNGではありますが、
このヘッドとグリップの位置関係、クラブ姿勢では
要らぬ動作ばかりが増えるばかりでなく、
動作そのものが ダウンスイングとして必要になってしまいます

補助してもらい、手伝ってもらうコトです。
上手くすれば いつ動かすのかもシャフトは教えてくれます。


シャフトと仲良く出来ると
「トップの位置」以降、シャフトは
グリップを、クラブ全体を進行方向に押してくれ
より左に、より下に、より打球方向にクラブを誘ってくれます。
その強さ、速さは 柔らかいものほど
ヘッドの重いものほど強く、速く
インパクトポイントを左にしてくれ
インパクトまでの時間を短縮してくれます。

201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment(2)201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment(3)



















ですので シャフトの使い方 に慣れてくると
シャフトの柔らかいものほど、ヘッドの重いものほど
『早く』インパクトがやってきます。(速くではなく
………それにも慣れて頂く必要があるでしょう。
ドライバーで140cpm台以下、アイアンで160cpmを
下回ると 相当そのタイミングは「早く」やってきますので
慣れるまでは 慌ててしまうというか
急かされてしまいます。
(笑)柔らかいシャフトは待たないと なんて
   如何に幼稚なセリフなのか 思い知ります(笑)

トップの位置 と言いましたが
その位置だけでなく
トップの行くまでの『過程』
俗に言う テークバック(テークアウェイ)も
ダウンスイングの道筋か行程 に
かなり大きな影響をもたらします。

シャフトは特性上、一度しならせてしまうと
元に戻ろう、復元しようという特性が働きます。
その特性は、
グリップを動かそうした時に対してはプラスに働きますが、
ヘッド単体を動かそうとする動きに対しては
 グリップの移動を妨げる動きになってしまうので
気分は「ヘッドが速く・たくさん動いている」になりますが、
実際にはクラブ自体の移動は遅くなり、
 それによって 体の回転についていかなく、
遅れの原因になります。

ですので、テークアウェイで
 シャフトは極力しならせてはイケマセン。


シャフトはどの状況になるとしなるか というと
打ち手の動作 においては、
ヘッドの移動量とグリップの移動量 (運動量)に
大きな差異・違いが起こった時、発生します。


そして その差異・違い 移動量の差の殆どは
スイングは円弧 であり、
そして その円弧を肩(肩甲骨を含む)や腕で
積極的に作ろうとした時 発生します。
スナップショット 2 (2017-10-23 20-11) - コピー (2)スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)







スイングは円弧ですが、
それは 体が向きを変えるから自然に発生するもので
体(胴体・骨盤)の回転通りにグリップ・クラブが動いていれば
円弧を意識する必要は一切ありません。
円弧、即ち スイング軌道(スイングプレーン)ですから
体の回転通りにクラブを動かしていれば
その軌道を意識しなくてよいのです。
自分の腕や上半身の上側(肩や腕、肩甲骨)で
スイングプレーン・円弧を造れば
必ず 前傾姿勢は失いますから、
本来 前傾姿勢で維持できる 軌道の傾き
特にダウンスイングの時の 下方向の動きは
自分で作る必要が生まれますから
一番忙しい時に 一番難しい動作が必要になってしまいます。
それを省かなくてはイケマセン。
クラブの長さによる前傾、それによる
円弧の大きさや傾きを失ってしまいます。

言葉や文章で説明すると 少々めんどくさい ことに
なってしまいますが、シャフトを使えると
スイングの動作の多くのことが省けます。
雑誌やレッスンで教えられる ほとんどのことは
シャフトが使えると 動作としてやる必要が無くなるのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


その人のクラブの扱い方や持っているクラブの質
などによっても異なりますが、
スイング中のゴルフクラブの重さは
かなりのモノになると思います。

平均的な猫の重さが 3〜4キロ
トイプードルも同じくらいです。
この位なら暴れてもあまり問題なさそうです。

ミニチュアシュナウザーが 6~7キロ
かなり大型の猫もこの位でしょう。
ここら辺になると 抱き方次第では
人間もふらついてしまいます。

フレンチブルドッグになると重さは
10キロを超え、大きなものは13前幣
抱いている最中に暴れられたら抱いていられません。
もろとも転んでしまうかもしれません。

使い方にもよりますが、ゴルフのクラブは
瞬間的には シュナウザーとブルドッグの間位の
重さになると思います。



多くのゴルファーは
スイングをイメージするのに
クラブの重さが掛かることを想定に入れていません。
まずは 自分の動作のことばかりを気にかけます。
✋クラブを持たなければできるのに…。
✋ボールを打たなければできるのに…。
もう既に 万を超えるほど繰り返していませんか?


クラブは腕(手)で持ち、その腕は体から生え、
腕とクラブというモノは長さを持っていますから
どう扱うかによって その重さの変化は激しくなります。
プロであっても、クラブのある場所やその姿勢
の重さを影響を色濃く受けています。

体をどう動かすか
 ばかりを考えては
実際のスイング・ショットをする時、
クラブの重さの奴隷になってしまいます。

キッカケは与えてあげるにしても、
クラブによって重さを受けることからは逃げられないのですから、
逆に その重さによって
動かされてしまうことの方が簡単な筈です。

腕がクラブの重さを受け、
体はクラブも含めたその腕の重さを受ける。

腕がクラブの重さによって動かされれば
体はその腕の重さによって動かされる。


どうせ避けられないのですから
望ましくない不可抗力ではなく、
上手く打たされる不可抗力を造ってしまう ことを
考えてたほうがアマチュアには良いでしょう。

体の回転と腕の使い方を別々に考えるのではなく
クラブの重さによって、腕が動かされ
それそのものが体の回転になっていく方法が
アマチュアには適していると思います。

ですので、クラブの重さが運動で増した時、
支えらていられないグリップ、
ホールドしないグリップを造っておいて
その重さで腕を動かし、
その重さで体を回さざるを得ない
グリップを造っておく方が 結果シンプル です。

クラブを支えておけるグリップ
ホールドしておけるグリップを造り
クラブの重さが運動で増している最中に
腕や体を意のままに動かそうとするのは
おじさんアマチュアゴルファーには
 不可能に挑戦するに等しいと思います。



そこで そのためのポイント「左グリップ」
に付いてですが、注意点は3点です。
IMG_0772

中指と薬指の2本で握る が基本
 これは右手グリップも同じですが、
 握るメインになるのは この2本です。
IMG_0534

 ですので 手のひらはこのような形になります。

IMG_0532

グリップは二度握りません。
 スイング中は仕方ないですが、アドレス時、
 手のひらはグリップに触れません。
 第三節は伸ばしたまま、手の甲にこぶしを造りません。
 中指と薬指で握ったら、それ以上握りません。
 親指はシャフトに添えるだけです。
IMG_0531

手首に角度を付けてはイケマセン
 握手のような自然な形。
 手首が甲の方に折れないように注意です。

IMG_0529


ここを我慢して、スイングは重さに任せるか
クラブをがっちり握って
 自分で動作を管理するか
どちらかしか選択は無いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



この練習でも 一応
クラブの重さで 腕を先に動かしている(つもり)なんだ と思いますが、
結果、からだと左腕の関係はこうなるのです。

ミスターKの法則1_MomentミスターKの法則1_Moment(2)











漠然とした全体像は似ていますが、
体の向き、体に対する左腕の位置関係は全く異なります。

先に 腕を落としているつもり で コレ!なのです。
 (ベルトがひも…なのは無視してください)


体は左向きを開始し始めていますから、
左サイドを止めないと 届かなくなりますね。
手で振るスイングとしては いろいろ構築・連携されているのです。

ミスターKの法則1_Moment(2)


からだの回転 右向き〜正面向き の時間は
終わってしまっていますから
本来、その動きで 移動する筈のクラブの動きは
手で補わなければいけません。
 👉 これが無駄なリリースになるのです


ダウンスイング、切り返し において
先に腕を、グリップを
クラブや腕の重さで 「落としてみよう」 というのは
最終的に 腕を先に動かす と言う意味ではなく
今、無意識に体に対し遅らせている 左腕、左グリップの進行を
同期させるためのきっかけです。
ミスターKの法則1_Moment

からだの回転に同期すれば
仕事の半分(実際にはほとんど)は からだの動作に任せられます。

如何に腕のさばきで打っていたか 実感できればシメタもの!


遅らせている だけでなく
周り方 が ボールから逃げる周り方 をするのも
一つの要因です。



ですので V字を維持してみよう のドリルと併用して
その廻り方も改善しましょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
今度は 左上腕とクラブ(シャフト)の角度 です。

コチラもからだの回転で ボールに届くように。




左腕とクラブの角度
これを解かないと ボールに届かない のは
その左腕の付け根 (からだがボールから離れている)からで
周り方 を考えてみる必要があると思います。

😵体は回し続ける 左サイドは止めない
 となんだか 余計届かないそうですね。
手で振る、クラブをリリースする と
体を開く、手で振るための空間を作る はパックです。

👉手で振らないスイング を作るのには
からだの回転でボールが拾える周り方 が必要、
それもまた パック です。


✋左サイドは止めない
✋からだは回し続ける

・・・それでも ボールに届く周り方が欲しいトコロです。





左腕とクラブの角度は
俗に言う ディッシュアングル です。
アドレスの通りのまま で十分。
スイングには 意識的に行う動作として
『コッキング』というのは必要ないかな と思います。
フルショットであっても…です。


V字を維持してみよう 縦編_MomentV字を維持してみよう 縦編_Moment(2)







まあ これは フルショット用のドリル と
アプローチの練習ではありますが、
周りの量や速度は 脚で管理する訳ですが
その脚の動作と 利き腕の肘(右ひじ)の曲がり具合 は
同期させる方が良いでしょう。



その役割は グリップの高さ を確保することで
左腕とシャフトの角度を作る のするのは お薦めしません。

コッキングをして クラブの重さを左腕に多くかけるのは
ダウンスイングにおいて からだに対し「左腕」が遅れる
グリップが遅れる原因になり易いでしょう。
無意味に深いトップにもなり易いですし…ね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



❶まず ファーストステップ として
 右を向いた状態をロック!
 先に
 クラブや腕の重さで 左上腕を『落とす』 

補足:シャット(フェースが地面向き)を意識

そのタイミングにも慣れましょう✋


❷トップの位置から
 左グリップの行く先をもっと直線的に
 通過点(目標点)に向かわせるようにします。

後から付いてくる からだの回転が横軸
先に落ちる 左腕が縦軸 の関係です。


そして
❸ボールと正対する! とか
 インパクトは体の正面で! とか
 左サイドの壁! とか
 アウトサイドイン! とか そこら辺をすべて無視し
 一気に左を向いてしまいましょう
 
✋インパクトで、からだの回転を止める とか
 左サイドを止める はダメダメです。


達人のココから盗め_Moment(4)



始めは届かなくて 正解。

ヘッドでボールを探ってはイケマセン✋

ミスターKの法則1_Moment(2)











この姿勢で入ってきていたのです。
左サイドは ボールから離れ始めますから
手で探る必要、手を伸ばす必要が生まれます。
まあ 本当はその逆で
手を伸ばす、手を返すために 空間が必要なので
体が引くんですがね・・・。

インパクトに向けて からだがボールに近づいていく

✋からだの回転 その仕方の変更が必要です。
ミスターKの法則1_Moment

手を振るための回転と
回転そのもので打つための回転は
そのタイミングも軸点、回転の仕方も異なります。

回転が変わらないのに 腕さばきが変わるコトも
腕さばきが同じなのに 回転が変わるコトも
ありえません。

だって 腕は体から生えているのですから。

達人のココから盗め_Moment(5)


一気に左を向いても
腕を伸ばそうとしなくても 届く回転
回転でボールをさらうコト
 ここが最終的な課題になるでしょうね。


ミスターKの法則が発動しないコトを祈ります✊

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   

それでは 実践的に見ていきましょう


片方は素振り…ですが 二つを比較してみていきましょう






これはどうして貰ったか というと
ボールを打つ 当てる から 頭を切り離し
クラブを持ち 右を向いた状態で 背面
背中側に万歳するつもり
 で振って貰いました。


この数日の記事の中でも書きましたが
肩は機能としては腕の一部ですが
場所としては 胴体に含まれています。
腕を使えば 自然に胴体は動き
腕や腕自身も含め、クラブと言う重さに拘束されています。

ですので 丸っきり反対の順序

足腰〜正面〜腕肩 ではなく

クラブが落ちる〜グリップが下がる〜腕が降りる
向きはそのまま 背面に万歳

と言うイメージを持ってもらいました。


実際には 人間の腕の構造、体の構造上
背面に万歳することは不可能です。

意識はしていませんが 腕が降り始めると
クラブの重さに押され グリップ、両手の合流点が左に逃げますので
徐々に向きも変わっていきます。

背面で万歳のつもり…でも
結果としては 正面で万歳し直すコトになる 位の『順序』で


初めて からだの回転とクラブの移動、グリップの移動は同期するのです。

是非 背面に万歳するようなタイミングで
そのイメージで素振りをしてみて下さい。



だいぶ雰囲気は変わりましたよね?

今までの力み感や力感がないので
動作 としてはイマイチ掴み辛いと思います。
よりどころが無いですからね・・・

M20191011-1_Moment(2)M20191011-1_Moment(5)スイングのポイントは
この一番重要な箇所を
からだの回転で出来るか どうか
なのです。
これでは 殆どからだの回転は
クラブの動きに使えておらず
単に 発射の土台になっているに過ぎません。

ここでこのような腕 肩の捻じり戻し
でボールを打っていると
打った実感はあるかも知れませんが、
フェースの向き、ロフト、ヘッドの高さ が
毎回毎回変化が激しすぎの上、からだの負担が大きい
しかも 一生懸命ヘッドを動かし、ヘッドスピードを上げても
ボールの高さやスピンに化けやすい打ち方なので とても損なのです。

素振りではそこそこ出来ても
実際にボールを打つと インパクト付近でからだを止め
左サイドを絞る動きが強くなってしまいます。



背後から見ると 左ひじが抜ける動きになるのは
インパクト前後でからだの回転が止まっているからで
ここをからだの回転で打てるようになると
自然と打球方向に両腕は伸びるようになります。

そのイメージ造り と言う点で
グリップと言うのは 常時動いています。
🌟この場合のグリップは茱哀螢奪廚任垢
  …左サイドの動き…と言う意味でもありますね


からだの向き は ターンテーブル のようなモノで
実感し難い部分はありますが、
上下 左グリップの高さ変化については
常時 高さは変化するものです。

トップの位置からの下げるは
重さ、クラブの重さ優先でさせる
きっかけとして クラブの重さを利用する方が良いですが、
下げたら 間断なく 左グリップの高さを上げて下さい

意識は右を向いたまま・・・・・・・位で丁度良いでしょう。

絶対に 同じ高さ、特に低いトコロで
その高さをキープしてはイケマセン。
ボールを飛ばすには 左グリップの移動速度が重要です。

左グリップの上下移動は絶対に止めてはイケマセン。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



飛距離不足やスライスに悩んでいる、すべての人に
当てはまる、上手く行くとは限りませんが、

弾道が低くて苦しんでいる人には適合しませんが、
スライスや弾道が高い人には 一つの打開策 になると思います。
ラブレターフロム長崎

❶まずは ランニングアプローチから始めましょう

ここのポイントは からだを回すコト です。

からだをまわす のは 肩ではなく
お腹、そのポッコリお腹の向きを変えましょう😱

右を向けるだけでなく やや下向き、
気持ちだけでもいいですから「下向き」に右を変えるコト がポイントです。

脚のサポートもありますが、腰回りと言うよりは
お腹周りを使って 右向きを作ります。


❷  …‐綉の延長です

✋肩を揺さぶらない
✋左肩「を」入れようとしない
✋左手・左肩でテークバックを取ろうとしない

 
その目安になるのが フェースの向きです。

帰り(ダウンスイング)は兎も角、行きは重要な ☑ポイント
軌道に対し、常時 ヘッドはスクエアな状況を造ります。
ボールから始める テークアウェイでは
軌道は 右上方に移動する訳ですから
その軌道に対し フェースは逆向き〜ボールを、下向きのまま
見続けて 移動していく感じです。

肩や左腕で行うと フェースが上を向くか
前傾姿勢分の斜め移動ラインよりもヘッドは下がります
少なくとも 見える範囲内 そこは注意してみましょう。


20190902_Slomo_Slomo_Slomo_Moment❸これも ❷の派生編ですが、
アプローチだけでなく フルショットであっても
 ヘッドを下げる人が多くいます。

ヘッドを下げる とは
 腕が固定の状態、腕を動かさなくても
 胴体が右を向けば、前傾姿勢通りに
 グリップも、ヘッドも、回転分、高くなります。(地面から離れます)

アドレスのグリップとヘッドの関係は
前傾しているから ヘッドの方が下にある錯覚を抱きますが、
実際には ヘッドの方がグリップよりも高い位置にあるので、
グリップの通るラインの 若干上側をヘッドは移動する筈‼ です。

それを 下のラインを通してしまうと
ヘッドを下げた状態になるので トップで無意識に体を起こしたり
ダウンスイング以降で ヘッドを上げる、つらないといけなくなり
ミスの原因、ロフトを立てられない原因に成り得ます。


❹アプローチから ハーフ〜フルショットに移行するのも
 グリップの高さを取るだけ、ヘッドを高くする意識は要りません。
 アプローチとフルショットの違いは グリップの高さ だけ です。


❺アプローチであっても フルショットであっても
 前傾姿勢分(右サイドが高くなっている分)
 常時、シャットフェース が望ましい です。
 やり過ぎ もなんですが、練習として慣れていくのには
 意識では フェースが地面に向いている位でも いいかも しれません。

S20180921_Moment



ランニングアプローチでボールを打てていれば
グリップの高さを変える…だけですから
切り返し〜ダウンスイング以降も 全く同じ です。
フルショットも含め スピードのコントロールをする だけです。

スピードを上げると モノの重さは増します。

それも含め ボールをさばくインパクトポイントのグリップの通過点 を
左にずらしたい訳ですが、
グリップを高くすると クラブの、ヘッドの構造上、
意識しなくとも、自然とシャフトは起きます。
その分、クラブ全体の重さはグリップの移動に使い易くなりますから
ものすごく 大きな 左へのズレの意識は要らない かも知れません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



最近のアドレス姿勢でとても気になることがあります。

一つは先日書いた 間違った前傾姿勢の取り方 です。
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1945017.html

yjimageLL19E073

もう一つは 年々増えつつある 現象にもなりつつある
アドレスなのですが、
それは アドレスで手をボールの方に出して構える ことです。

前傾姿勢の取り方にもよりますが、
腕は肩から、特に左手は肩からだらっと下がった
所に収めておくべきです。

意識されていませんが、
両腕は当然クラブよりもはるかに重いものです。
yjimageW5TCMT5G

特に腕をボールの方に出して構えるゴルファーの多くは
腕やクラブを振るため
その重さはかなりのモノになります。

体は当然その重さを支えようとしますから、
ラウンド中 疲れてくるとアドレス姿勢も変わってくるでしょう。

腕を出して構える ということは
運動でさらに増えるその重さを解消するため
必ずスイング中 前傾姿勢を起し、無くしてしまうことに
つながり易くなります。
IMG_0569IMG_0567




















前傾姿勢の取り方が間違っていると
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1945017.html
こうなりやすい のも確かですが、
これもラウンド中疲労に伴い変化しやすい
アドレス姿勢の代表例です。

このようなアドレス姿勢と取ってしまうと
自分とボールとの距離 が非常にあやふやなものに
なり易いですから 注意が必要です。

右手グリップは左手グリップよりも
ヘッド側…遠い方を握りますから
ボールの方に近い感じですが
左グリップは肩からだらっと下がったところで
クラブと合体することを意識してください。

体が前傾して出来た 下方の空間
この中をグリップを移動させるイメージです。
腕の重さは 長さを付けて 増やさない
というのは 動作中、姿勢を維持するためにも
とても重要なことです。


ゴルフショットは
理想的には 出来るだけ正確に、
出来るだけ繰り返せて、
出来るだけ少ない労力で
より遠くに 「ボールを打つ」 為のモノで
クラブの運動を増やし
クラブを遠くへ放り投げる その過程で
ボールを打つことではありません。
(意味わかりますか?)
スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)

私の目には 最近のスイングは
クラブをより遠くに放り投げる過程に
ボールがあって、
二次的にボールを打っているようにしか
見えません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ