◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: グリップ


Yさん「こんにちはー
 ドライバーや長物系が上手く行かないんです

 ナニカ ヒントをお願いします。」

店長「はい。では まず 打ってみて下さい。」

Yさん「よろしくお願いしまーす。」


店長「全体像としては 悪い感じ…では無いと思いますけど
 前から気になっている点、を少し改善してみましょうか❓」

Yさん「どの点でしょうか❓」


店長「テークアウェイにおいて
 右向きの仕方がオリジナリティがあって
 右を向いている と言うよりも
 屈曲している、と言えば良いのか
 前(ボール側)に倒れている量が多く、
 結果、右向きが足らないんじゃないか と思うのです。

 ちょっと 動画を見てくれます❓」

Yさん「言われてみると そんな気がしますね…。」

店長「右を向けば 良いってもんじゃないですけど
 結構、屈曲が近く、かなりボールに近づいています。
 前準備…として こう近づくと
 離れながら ボールを打たざるを得ない のではないか
 と思うのですよ。」

Yさん「はぁ…。」

店長「このような テークアウェイになった
 ナニカの理由とか、目的とか ってあります❓」

Yさん「前傾姿勢を維持するように意識しましたが…。

((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment

店長「あああ なるほど、なるほど。
 ちょっと脇道に逸れますけれど
 前傾姿勢に関して、は 有れば良い ので
 私たち おじさんゴルファーは出来るだけ薄い、
 少ない角度の方が良いと思います。

 と、同時に 前傾姿勢の目的は
 向きを変える動き、回転という 横運動になりますが
 それで 低いトコロにあるボールを打つ為 であって
 向きを変える、回転する動きが大前提です。

 ですので 前傾姿勢を維持する意識が強すぎて
 回転する阻害要因になっては 本末転倒 になっちゃうんですね。」

Yさん「確かに…そうですね。」


店長「Yさんの場合、ぶんぶんとヘッドを振る、
 シャフトを振るスイングタイプでは無いと思いますし、
 おそらく フルターンと言うか、短いショットやアプローチは
 あまり困っていないと思うんですが…。」

Yさん「そうですね、短いショットの悩みは
 飛ばさなくてはイケナイショットに比べると少ないかな、と。」


店長「シャフトをぶんぶん振るタイプ、
 フェースローテーションが強く、それが打撃の命、って
 スイングタイプでは無いのに グリップが緩い、
 左右のグリップが離れているのは なんでなんだろ〜なぁ…は
 Yさんの回転の仕方 にある気がするんです。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment(3)

 テークアウェイでボールに近づいて
 離れながら ボールを打つには
 クラブを下に振る 👉キャストが必要になりますので
 無意識の内に グリップは緩みます。
 右グリップが 左グリップから離れやすく なります。

 長いクラブや飛ばしたいショットでは
 当然、その下に振る割合が増えちゃいますし
 この 屈曲し、元に戻る って動きでは
 傾斜地からのショットが フルショットにし難いですから
 苦労しちゃうんじゃないか と思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフをする時、練習する時に
 注意しておきたいのは 
アドレスとグリップ です。」
Mさん「アドレスとグリップ❓」
店長「ビデオや写真を見返してみてチェックするのも
 良いかも知れませんが、
 クラブの扱い方が変わる、まあ 振り方が変わってくると
 それは アドレスとグリップ に表れます。

 逆に言えば、クラブの扱い方、振り方が変わってないのに
 アドレスを大きく変える、グリップを変える、
 というのは 原則的にはリバウンドして元に戻る
 というコトになります。」

Mさん「ダイエットの話し…みたいですね。」
店長「似ている…かも知れませんね。
 悶絶クラブをよりよく打つための改造でこうなったのか、
 元々 アドレスはこんな感じなのか、は判りませんが、
 あまりよろしくない ハンドファースト になっています。
「アドレス修正_Moment(2)

 おそらく ロフトを立てたい、上から打ちたい、つかまえたい、
 というコトの表れ だとおもうのですが、
 素振り、ワッグルで毎回行われる
 インパクトまでのルートを再現する動き
 この動きは 左グリップに対し
 右腕を伸ばすことで クラブを振る、シャフトを振る動き で
 私の推測ではありますけれど
 Mさんにとっての 打撃のキー になっていると思います。

 右腕を伸ばすことで シャフトに角度運動をさせると
 左グリップは移動できなくなってしまいます。
 つまり インパクトのハンドファーストをしない為の動き
 ですので、アドレス時に造る ハンドファーストとは
 相反する動き、形です。
Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_MomentDesktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(2)Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(3)Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(4)






 手打ちが悪い とは言いませんが、
 手打ちを辞めたい と言う方が
 素振り…おそらくワッグルだと思うのですが
 ショットの度に反復する 刷り込む動き
 になってしまいますから
 出来るだけ避けたい動作 です。

 アドレス についてですが、
 ボールの置き位置にもよりますが、
 よく言われる 逆 K型のアドレスではなく、
 Y型、シャフトはハンドファースト
 前に倒さなくて良いと思います。」
「アドレス修正

Mさん「やってみます。」

店長「次にグリップですが、
 これはアドレスとの絡みがありますので
 アドレスが改善されると 同時に改善される可能性があります。

 慣れてしまっているのか、そうでもないのか、
 にもよりますが、無理にハンドファーストを造ろうとしているので
 左サイドが妙に開いた、少し上にひっつれたような形、
 もしかすると 刷毛塗を意識し過ぎて、インパクト以降
 左ひじを抜こうとしている表れなのかも知れませんが、
 その為か、両肩のラインが必要以上に 莨紊り、蕾爾り
 の状態になっています。

 そのアドレス姿勢に加え、右腕を伸ばすことで
 クラブをターン、この場合は縦に反転させる感じ
 なのかも知れませんが、それをしたいが故に
 右のグリップが左と離れてしまっています。
 グリップエンド、左グリップを支点に
 右腕の曲げ伸ばしで 回転させたい 
 を表しているかのようなグリップ(握り)です。

 このグリップの形は パッティングにも表れており、
 出来るだけ 両グリップが上下に密着した
 実際のスイングやパッティングでは不可能ですが、
 右の腕を伸ばした時、左の手首を押す「ような」
 密着感が欲しいトコロです。

 グリップに関しては違和感が大きいですから
 そういうことを頭に入れつつ、
 アドレスを改善し、ダウンスイングのクラブさばきを
 変えていくと その形が徐々に変わっていきますので
 焦らずに参りましょう。

 アドレスもグリップもそうですが、
 見た目の形、型の問題では無く、
 その形は 自分の動かしたい動かし方に沿ったモノ
 として表に出てきます。

 ですので 今、取り組みたいのは
 右腕の伸ばし、俗に言うリリースで
 クラブ、シャフト、ヘッドを振り始めないコトです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Hさん「つかまえる極意ってあるんですか❓」
店長「 極意ってほどのモノではありませんが、あります✋」

Hさん「それは❓❓❓」
IMG_0662

店長「当たり前なんですが、
 ヘッドは重くて シャフトは長く、そして しなります。
 クラブ扱いの基本は 打ち手との接触部分であるグリップ部を
 移動させると 当然、ヘッド部分も移動しますが、
 ヘッドの重さとシャフトのしなり によって
 主に 切り返しの部分、スタートの箇所 で
 ヘッドは遅れます。

 その遅れが フェースの下向き に出来ていれば
 それが ロフトの立ち になります。


 ロフトは立てれば 立てるほど良い と言うモノではなく
 ヘッドが上から入ってくる分、程度
 例えばですが、ロフト30度のクラブ が
 ボールに対して 5度上から入ってきたら
 その 上下のヘッド軌道、ヘッドパス に対して
 ロフト30度、ロフト30度弱(以下)になっていれば良いだけ、
 見た目、25度のロフトになっていますが、
 それは シャフトが5度 進行方向に倒れただけ です。
 ここまでは 分かります?」

Hさん「はい。
 ハンドファーストにすれば 良いのですね。」
店長「うーん、微妙にニュアンスは異なります。

 ハンドファーストは結果、として訪れるモノで
 作為的に作るのとはちょっと異なります。
5a0eeaec

 ハンドファーストの形 を作れた、作った としても
 その状態で打ち終えていなければ
 ソコから 更に ワンアクション 必要で
 ヘッドを振らなくてはならず
 ロフトが立たないか、
 フェースを閉じる、この場合は回転させる、左を向ける、
 コトで 本来、付随的な部分のロフトが立つ、
 になってしまいます。

 ヘッドがその重みと しゃふとのしなり によって
 遅れる訳ですが、それにも規則性があります。

 先ほども言いましたが、グリップ部を移動させた結果、
 ヘッドも移動します。
 スイングは円を描きますから、その外周部に相当する
 ヘッド部分の方が 速度の『数値』としては
 高く、速く なりますが、
 運動として 直接的にヘッドを動かしている のではなく、
 グリップを動かした結果、で生まれてくるモノです。

 車のタイヤ と同じで
 タイヤの付いている部分は 外周にあたりますから
 その半径分 量としては長く動きますが、
 取付センターに近い部分と
 運動の速度 としては 全く同じです。
uMw_liABAA

 ヘッド「を」たくさん動かしている訳でも
 ヘッド「を」速く動かしている訳でもありません。

 ボールがつかまらない、スライスする、飛距離が出ない、
 は技術的なミス というよりも
 つかまらない、スライスする、飛距離が出ない が故に
 ヘッドの動き、ヘッドの移動と
 グリップ動き、グリップの移動を切り離して
 別々に動かそうとしている意識、イメージの方に
 より多くの問題があると思うのです。

 おおよそ ですが、
 グリップとヘッドを別々に
 グリップとヘッドを違う速度で
 動かそうとさえ しなければ
 自然な法則、ヘッドの遅れ によって
 上から入射してくる分 と ほぼ同等に
 ロフトは下を向きます。
 それが ボールのつかまえ です。


 グリップの移動で ヘッドを動かせば
 当然、ヘッドは遅れます。
 そのヘッドの遅れは どう遅れるか は別にして、
 自分のスイング、動作速度 に対しては 一定の遅れ
 になります。規則性がある訳です。
 フェースを下向きに意識すると その遅れは
 ロフトの下向き分の遅れ になり、ロフトの立ちになり易い。
 フェースを下向きにしても トゥ部が遅れ易いので
 開きになり易い ですが、そこは右手で補助する感じです。
 開きが出来たのを閉じる と考えるのではなく
 開きが出来る前に当ててしまう、
 グリップ、クラブ本体の移動を増やしてしまう、
 と考える方が良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「その握り方は 今、ちょっと話題になっている
 アドレスはハンドアップ、ハンドダウン
 どちらが良いか
 につながるのですか❓」

店長「微妙な関係…ですね。
 確か 指・手のひらに直角に握ると
 どうしても 握りが深くなりがち、
 指ではなく、手のひらで握りガチなので
 ハンドダウン気味 になり易い です。
 かと言って 手のひらに平行気味 であっても
 指で握る人も、手のひらで深く握る人も居ますし…。
 ハンドアップ、ハンドダウンは
 握り方 というよりも 
 腕の出し方&手首の角度 の方が
 要素としては強いですから…。」

質問「どちらをお薦めします❓」 
店長「握り の方は 手に、指に平行気味、
 あくまでも気味 ですが
 直角よりも 平行側に角度が付いている一択 です。
 ハンドアップ、ハンドダウン…
 一般的な アマチュアゴルファーの年齢や体力 を
 考えると ハンドダウンはちょっとしんどい、かと。
 かと言って デシャンボーみたいな ハンドアップは
 流石にやり過ぎで、あれはあれで筋力が必要です。
IMG_1064

 そのどちらでもない
 アドレスして、肩からぶらんと垂れている辺り、か
 若干、それよりもボール寄り気味 程度が
 一番、負担が少ないんじゃないでしょうか❓

 前傾姿勢 もですが、あれば 良いのです。
 深い角度は要りません。
 握りの角度も 直角よりも垂れ気味 なコト。
 腕の延長を 中指として 手首に負担をかけず
 構えられるコト。
 手の大きさ、グリップの太さ にもよりますが、
 出来るだけ 指「気味」 フィンガー、もしくは
 セミフィンガーで握って
 『両の手のひらを作る』コトが大切と思います。

田中どら_Moment(3)グリップって 基本、両手で握るコト です。
それは 腕の長さが似たようなモノで
カラダから生えている、そして、そのからだの向きを変えるコト
が打撃だから です。
見ている限り、多くの人は 左手だけで握っている ので
 左手に 手のひらが無い気がします。

 その他…はゆるみや過度の捻じりが無ければ
 フックでも、スクエアでも どちらでも良いと思います。」

質問「なるほど。
 どの道、グリップはスイングの『何か』が変わってこないと
 良い意味の変化は起こり難い
、のですね。」

店長「そう思います。
 楽しみ、と言う意味で
 ナニカを真似してみたり、取り入れてみたり、
 もゴルフの楽しみですので 良いと思うのですが、
 例えば スイングのタイミングを大きく変える とか
 テークアウェイの取り方を変える、
 ましてや 手で振っている のを からだの回転で
 みたいな基礎工事であれば、当然のように
 ボールの置き位置、グリップ、アドレス も
 変わって来ます。
 グリップも変わらない、アドレスも、ボールの置き位置も
 今まで通り って ちょっと 寄り道 というか、
 つまみ食い している程度の スイング改造。。。
 と言ったら ちょっと厳しいですが、そう思います。
IMG_1065

 ですので 年月をかけて、
 まずは 自分のその日の調子やコンディション、
 悪くなって行くのの歯止め、
 そう言うモノとして グリップを観察、注意を払っておく
 理想としているグリップがあれば
 そう握る から始める、のではなく、
 そう握れるような ナニカの動作 を変える、
 今の握り方は 必然 として行われている ので
 その 必然になる源を変えないと 握りは変えられません。
 そう考えて頂けると良いと思います
。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「誤解をしている部分があると思うんですが…。」
質問「はい。」
店長「ディッシュアングル は
 本来、手首の角度 ではないんです 。」
IMG_0013_Moment

質問「ええええ そうなんですか❓」
店長「ハイ。スイング動作中、
 ライ角度方向、トゥアップ、トゥダウン方向を
 手首なんて言う ゴルフスイングにかかわる
 一番小さな箇所で支えるなんて 現実的に不可能です。」

質問「言われてみれば 確かに…。」
店長「インパクト時はディッシュアングルを保て!
 と言われますが、ダウンスイング〜インパクト時には
 腕やクラブも長くなり、運動も速まります。
 重さや遠心力が加わりますから、手首で言うと
 コッキングというのに該当するでしょうか、
 それで支えられる重さの限界を楽に超えます。」
IMG_1304IMG_1303









質問「そうでしょうねぇ。」

店長「前回の記事 の通り、
〇悗畔森圓飽る
∋悗某眥召飽る
👉〇悗畔森圓飽るは 比喩ですが、
 まあ そこで 斜め、平行気味に握るのですが、
 そう握れば それが ディッシュアングル です。
👉∋悗反眥召飽って 手首の角度を保つコト
 ではありません。 出来ませんから…。」

店長「あともう一つ。」
質問「はい。」
店長「その 腕とクラブの角度、ですが、
 腕の延長線上は 概ね 中指 です。
✋多くの方は △了悗反眥召飽って
 腕の延長を 人差し指 にしてしまっています。
 これでは 手首や肘を傷めてしまいます。

 ディッシュアングルは 握り が作っているので
 ブラブラ って訳では無いですが
 手首の… 特にコッキングの方のアングルは無視して良いのです。

 ダウンスイング以降、ヘッドの重さによって
 ヘッドは グリップの移動に比べ 遅れます。

 その遅れ を ロフトの立ち、フェースの下向き、
 にすれば 放っておいて良い訳で
 遅れっ放しのまま、ボールは打ちます。
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)






 ですので トップの位置で出来るかもしれない、
 トゥアップ気味、ヒトによってはコッキング は
 スナップ、右手が甲側に折れる スナッピング に
 変わる
ので、それは放っておきます。

 一般的に考えられている ディッシュアングル は
 そのクラブの仕組みの自然な流れで出来る スナッピング
 と ,了悗吠森垉ぬ(斜めな)握り によって
 作られるので 技術としての手首の技 ではないのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「オーバーラップ、インターロック、ベースボール
 フック、スクエア、ウィーク、  とともに
 どう名付けていいのか、分かりませんが
 分類されるべき グリップの隠された大きな要素
 だと思います。
 
IMG_1304IMG_1303










 あくまでも少しアバウトなイメージですが、
✋指、手に対し、平行にグリップするのか
✋それとも垂直(直角)にグリップするのか

 クラブと手、クラブと自分の関係は
 どちらが近いのか、認識しておく必要があると思います。」

質問「どういう関係にするのか、
 によって 手のひらで握るのか、指気味で握るのか
 変わってきますね。」

店長「ハイ。大きく異なります。
 指と平行に握れば 指側で握れますが、
 直角な関係…となれば 手のひらで握ることになり易いでしょう。」
IMG_1296
店長「その通りです。
 指、手に対して 平行に とは言っても
 実際には 平行には出来ませんが、
 そういうイメージの方が
 少なくとも 直角に持って 手首を落として構える
 よりも 手首や肘、からだ対する負担は少なくできます。」

質問「見た目 から考えても
 その手、腕の先にある カラダとクラブの関係を
 どうイメージしているのか、につながってくるのですね。」

店長「そう思います。
 そのグリップの先にあるからだは
 俗に言う からだの回転 と言って
 横への運動をするのですが、
 それを利用して クラブを動かすイメージと、
 一見すると クラブを横に動かすイメージに見える
 垂直の関係は 結果、それを腕でしないといけなくなります。

 想像 なのですが、垂直で握られている方の多くは
 からだはあくまでも 動かさない土台、動かない土台、
 クラブを強く横、もしくは回転させる為に
 握力の使いやすい、手に力の入り易いグリップ に落ち着く、

 と思います。
 回転の軸イメージは 動かさない土台 なんだと思いますね」
IMG_1306IMG_1305








質問「そこで グリップ(握り)の極意は
 『握らない』につながってくるのですね。」

店長「グリップの話しだけに留まりませんが、
 グリップの先にあるヘッドを
 からだの回転、向きの変更によって
 グリップを移動させることによって
 引き続ける〜逃がし続ける か、
 どこかで グリップを止め、
 よく言われる ヘッドターン、フェースローテーション、
 ヘッドとグリップの位置関係を反転させるか、

 それが グリップに表れてくる と言えば良いのか、
(22171_Moment
 もしかしたら、ですが、
 スイングが先にあるのではなく、
 クラブを握る グリップのイメージが
 そういうスイングに導いてしまっている、
 そういうケースも少なくない…のではと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「アドレス、ポスチャア(姿勢)もそうですが、
 グリップは 治すという意気込みも悪いコトではないですが、
 想像以上に "いばらの道" なので
 自分の スイング というか、
 クラブ扱い、クラブさばきのバロメーターとして
 付き合っていく方が良いと思います。」 

質問「スイングを治すコトがグリップを良くする
 というコトになるんですもんね
❓」

店長「グリップに限らず、スイング全般にそうですが、
 アドレスが崩れやすいグリップ、
 緩み易いグリップ は技術的な問題 というよりも
 こう 誰に教わるとは無しの なんとなくの思い込み
 みたいなものがベースになっていたりもします。
(((((_Moment

 実はそれが グリップ、アドレス、
 もしかすると スイングのベースになっていることも
 少なくないと思います。」

質問「具体的にはどういうコト ですか❓」


店長「これからお話しすることは
 雑誌やレッスンなども含め
 ほぼ 全く触れられていない部分…、
 一般ゴルファーにとっては
 考えたことも無いようなテーマだと思うのですが、
 意外に重要で、グリップやアドレスだけでなく
 スイング全般、手首や肘の故障などに
 非常に深くかかわっていると思います。

 もし グリップを治したい、アドレスをよくしたい、
 スイングもよくしたい というのなら
 この部分に着手して頂きたい と思っています。」

✋「握り方 というよりも テーマ、としては
 アドレス姿勢(ポスチャア)の話しに近いですが、
 アドレス姿勢には ディッシュアングル と言って
 腕とクラブ角度差があります。。」
dishangle

質問「腕とクラブが真っ直ぐな関係ではない、
 って奴ですよね。」

店長「そうですね。
 それって 視覚的にもそうですが、
 その格好って いつの間にか 当たり前 として
 刷り込まれている と思うんですね。」

質問「確かに、その角度が無いと
 ゴルフっぽく無いというか、初心者っぽい ですもんね。」

店長「そうですね。
 が、故に 手とグリップ(握る部位)
 指とクラブの関係が 直角
の人が多かったりします。」
質問「僕もそうですね。」
IMG_1064
店長「しかし、先が重いとか、
 ヘッドの重心位置が棒の延長線上に無い、
 などゴルフクラブの構造上
 そういう風にクラブを握ると
 指側で握れず 深く握ることになり易い ですし、
 手で振り易くなります。」
質問「。。。。そうなんですか。。。。。」
BlogPaintBlogPaint






店長「まず 第一に 手とクラブの関係が直角だと
 アドレス姿勢が妙に深くなり易く、
 上半身の上の方、胸や肩 腕などが
 ボールの方にかぶり易くなります。
 そうなり易い 理由は後々 増えてきますし…。
 最近、上半身がボール側にかぶって構える人が
 多くなっているような気がします。
質問「まったく気にしてませんでしたが、
 …言われると…そんな気がしますね。」


質問「手(指)とクラブが直角 な握りで
 スイング、ショットをしてくると 深刻な副作用が
 染みつき易く、グリップ、アドレスにかかわるので
 ものすごく 抜け出し難い症状に陥り易い です。
 手(指)とクラブは直角な関係
 手で振るコトになり易く
 重さ、遠心力などがかかるため
 インパクト時の手の位置が浮き易く なります。

 本来のディッシュアングルの意味合いは
 自然な手首の角度 のコトで
 自然な状態での 腕の延長線上は「中指」なのですが、
 手(指)とグリップの関係を直角にしている人
 腕の延長は 人差し指 になりガチ です。

 手とグリップの関係は直角なのに
 手首の角度は トゥダウンさせるように
 下に落としている という 本末転倒 になる訳です。

 手首を下に落とし気味に構えれば
 当然、インパクトでグリップは浮きますし、
 それによって 前傾姿勢は起きます。

 簡単じゃないですが
 スイング動作をいじる より遥かに
 ショットの正確性やからだへの負担軽減
 には 効果がある と思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「左グリップを逃がし続ける、
 追いつかれないようにする、のと
 その逆の、インパクトで追いつかれるようにする、
 ヘッドターンと言えば良いのか、
 
"ヘッドがグリップを追い抜く"
 は 全く反対に近い感覚ですので
 グリップだけでなく、スイングも大きく異なる
 んじゃないですか❓」
(クラブ扱いのイメージの比較_Moment
店長「そう思います。
 真逆な関係…ですよね。
 どちらが良い、どちらが悪い、ではなく
 グリップやアドレスも含め、スイングを良くしたい、
 ショットを良くしたい、コースで安定したい、
 という 参考になる話し として聞いて貰いたいのですが、
 多くの人は 仰られるように、
 インパクト付近で 左グリップを止め、
 意図的に グリップがヘッドに追い抜かれるようにします。
 その 左サイドも含めた、左腕の絞り みたいな
 力感をインパクトとして覚えている人も多いと思います。

 右打ちの人にとって 左腕は 右腕に比べ 弱い場合が多く、
 左「腕」単独で動かす事は かなり難しいです。
 よって レッスン用語で言われる
 左腕 は からだ を表すことが多く、
 左腕 で 意識して出来ることは
 カラダが動いた時のその力を利用して、
 (腕の)動く方向を アレンジする程度です。
 逆に、左腕、特に上腕(肘から上)を
 積極的に動かす事が カラダ、特に左サイドの動作促進
 になるとも言えます。

video_Moment3

 ですので グリップがヘッドに追い抜かれる、
 というのは インパクト前後で
 カラダを止めるコトを前提とした打撃、グリップ、アドレス、
 になり、その止まった反動で クラブや腕を振る、
 からだの回転から腕を切り離す方法です。

 それが ガブッと握らざるを得ないグリップにつながり、
 右と左の密着感も薄いので アドレスが歪む。
 アドレスが歪む というのは 靴から膝、腰、
 腹、胸が 同じ方向を向いていないコト で
 故に 打撃方向はより手先のモノになって行き、
 握力への依存度が上がっていきます。 」

質問「そう聞くと グリップだけを治すのは厳しそうですね。」

店長「結果的に スイングも良くする と言う面では
 歳取って、筋力が落ちる、握力が落ちる、
 そういうのを逆に利用すれば 十分、可能ですよ。」
質問「おおお 希望がありますね。」
店長「ハイ、先ほど言った通り、左腕は弱い です。
 自主的には クラブを移動させる の原動力にはなり難い、
 ですので、それを利用すれば良いのです。

 トップの位置付近では
 ヘッドの方が高く、グリップの方が低い位置関係です。
 その場面では 左グリップにクラブの重さの多くがかかっています。
 それを利用すれば 左グリップはからだの向きの変更に
 付き易くなります。

 カラダは傾きはあっても 横に運動しますが、
 グリップは その重さを利用して、縦気味、
 重力通りに動かしてあげないと
 からだの向きとの繋がりは薄くなってしまいます。

 グリップを横に動かそうとするには 多大な腕力が必要です。

 ずっと グリップは移動させ続ける、
 クラブの重さを利用して、下がる、
 落とす、と言う感覚の方が近いかも知れません。
 向きが変われば、その下がるは 上がるに代わっていくので
 スイング動作の終了、フィニッシュまで
 グリップは 縦感覚強めで移動させ続ける。

 その方が 腕力、握力は圧倒的に楽です。

 そう言う重さの掛かるトップ、テークアウェイを作るコトが
 グリップを治す第一歩にもなります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「そんな話の続きで…なんなんですが、
 グリップの極意 はありますか❓」

店長「うわ そんなのあったら 皆、知りたいですよ。
 話の経緯 で言うと、その極意はイコール
 スイングの極意になりますから……簡単ではないですよ。

 現実的な観点では
◉目標に真っ直ぐ立ち易いグリップであるコト、
◉アドレスの崩れ、乱れの原因になる
 ゆるみの置き難いグリップであるコト、

 で良いと思いますが、
✋ものすごく 絞りだして あえて言うのであれば
 グリップは握るコト、握り、握る部分を指すのですが
 『握らない』コト
 と言えば大袈裟ですが
 グリップは『両手で』握るので
 左手『だけ』で握らないコト
 だと思います。」

質問「❓❓❓
 握りの極意は『握らない』コト❓なんですか❓」

店長「そうだと思います。
 ゴルフクラブの構造上、ダウンスイング以降、
 クラブの重さによって 左グリップは押されていきます。
 ヘッドに追いつかれないよう 逃げ続ける
 アドレス時の握り具合のまま が理想ですね。
 グリップを強く握る、握り直す は イコール
 左グリップ、左サイドの進行の滞り、止まりにつながるので
 そうしなくて良いように 逃げ続ける、
 強く握り直さなくても良いような 重さの掛かり方、
 そういうイメージが 回転力とつながっていく と思います。」
IMG_1306

質問「具体的にはどんな グリップ ですか❓」
店長「主に 左グリップになりますが、
 出来るだけ 指側、フィンガーとは言わないですが
 セミフィンガーで握る感じ、
 おにぎり ではなく お寿司 の握り が良いですね。」
IMG_0531IMG_0530





IMG_0529IMG_0528







質問「チカラが入らなそう…。」
店長「と思います。
 握力は持続力が低い部位、筋力なので
 出来るだけ その握力に頼らないクラブ使い
 握らなくて済むグリップ が理想です。
 とは言え 手の大きさや握力にも違いがありますから
 あくまでも 参考程度…に、ですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「これは 覚えて置いた方がお得情報、ですが、
 練習場で 数十球、百球超の球を打つと
 どこかで なんだか上手く当たらなくなる、
 気持ちよく つかまらなくなる、
 打てば打つほど 悪くなる、

 そういう経験があると思います。」
質問「あります。あります。結構、しょっちゅうです。」
小堀20213_Moment

店長「そういう時は グリップを確認してください
 多くの場合、自分のいつもの…グリップよりも
 左グリップが深く、強く握るようになっており、
 場合によっては 左手首が甲側に折れ、
 それによって 左右のグリップの密着感がなくなっています。
 左右のグリップの握る距離が長くなっていますから
 当然、アドレスがズレ、乱れ、
 ボールに対するセットアップのズレ、置き位置
 そう言うモノが崩れてしまいます。
 それが ミスショットの始まり なのです。

質問「グリップ変化を意識しておく、観察しておく のですね。」
店長「ハイ。
スイングの変化、クラブ扱いの変化は
 必ず グリップに出てきます。

 多くのことは 無意識ではあっても、必ず 必然 なので
 左グリップをより強く握っている というコトは
 よりクラブの重さ、主に遠心力を左グリップに掛けている、
 左グリップを深く握らないと ボールが打てない から、です。
◉テークアウェイが開き気味になった…
◉切り返し、ダウンスイングで左サイドが動かなくなった…

 本来はしていない 無駄なフェースローテーションが多く、
 強くかかった結果、左グリップが深くせざるを得ないのです。」
IMG_1306IMG_1298







スナップショット 10 (2013-09-10 1-48)
質問「そういう変化が訪れたら 練習を辞める、とか

 または そうなる原因を解決する、とか
 多分、コースでも起こり得るコトなので
 そうならないように 修正した方が良さそうですね。」

店長「往々にして…ですが、やはり強く振りたい、
 飛ばしたい ドライバーを打った後、
 そういう風に変化していることが多いですね。
 ヘッドは遅れっ放しのまま 打つ のが基本ですが、
 その遅れが 開き になっていたら
 それを「返さなくて」打てません。

 遅れの量 もありますが、遅れの質 の変化を修正するなり、
 確認しておく と言うのは実戦でも役に立ちます。」
質問「プロがよく トーナメントの練習場で アドレスなどを
 チェックして貰っていたり しますが、
 スイング動作が グリップやアドレスに表れてくる
 そういうのを チェックしていたり するのですね。」

店長「そうですね。
 純粋にアドレスの方向、向き と言うのは狂いやすいので
 それをチェックしている と言うのもあると思いますが、
 多くの人は クラブの動かし方の変化が
 グリップやアドレスに表れる のを知っています。
 故に 昔から ゴルフスイングはグリップに始まり、
 グリップに終わる とか言われる訳です。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「緩むようなグリップ(握り方)は
 治した方が良いのですよね❓」

店長「まぁ、確かに。
 10フィンガー、ベースボールは そういう意味では
 始めから ユルユルのグリップなので
 改良のゴールとしては除外しますが、
 インターロックをオーバーラップに、
 オーバーラップをインターロック に
 しても 根本的な変化はないですね。
IMG_0052

 緩み が多いのは フックグリップ が強い場合で
 その フックグリップが問題と言うよりも
 フックに ガブリとグリップ(握り部位)の全周囲を
 握らないと打つコトの出来ない 打ち方 というか、
 クラブさばきがある限りは ポンと簡単には
 グリップが変わる、変えることは難しい、ですね。」

質問「つまり 緩まないグリップ を造っていくには
 スイングを変えない
 と難しい…と。」
店長「そうですね。グリップを変えようとする、変えようとした
 多くの人 おそらく8割を超える人がかなり早い段階で
 断念するコトになります。

 フック握りが強く、左の握り具合が強いのは
 そうしないと 打つコトが出来ない 訳ですから
 左の握り具合を弱く、強く握らない は
 イコール 強く打たない、強く振れない になるので
 形として グリップ(握り方)を変えても
 ボールを5球打てば だいたい 元に戻ります。」
スナップショット 6 (2013-09-10 1-46)スナップショット 1 (2013-09-09 13-43)








質問「初めて 握る時のあの違和感に戻る 訳ですね。」
店長「強い打撃には ストレス解消要素もあるので
 おそらく それ以上になるかな と思います。」

質問「そもそも そういうグリップ(握り方)に行き着いてしまう
 のは どういう風にクラブを振っているのですか❓」

店長「おそらく 遠心力も だと思いますが、
 重さとして 左グリップにかかる 振り方、
 つまり クラブターンの強い、フェースローテーション、
 クラブリリースを手で行っているスイングに
 共通して 左グリップのフック、甲側への手首の折れ
 があると思います。」

質問「ソコを変えずに グリップを治すと…
 クラブがすっ飛んでしまいますね。」

店長「…と 思いますよ。
 握力の異常に強い人、とかもいますから
 何事にも例外はありますが、スイングの帰結、
 スイングの集大成が グリップ と考えて良いです。
 ただ 振り方 も含め、
 グリップによって アドレスが崩れ過ぎている、
 グリップに緩みによって アドレスが変わる、
 そういうのが無ければ グリップは握り慣れたモノ
 で問題ないと思います。

 左手首が甲側に折れるような、フックグリップの強い方
 が注意するのは、その緩み具合を逐次、
 確認しておくことで
 スイングを変えたい というのなら 良いですが、
 グリップだけを と言うのは忘れた方が良いと思います。

 正しい グリップの変え方 は
 クラブの扱いを総合的に変えていき、
 その結果、数か月か、一年先に、
 あれ? いつの間にか グリップも変わっていた
 と言うモノだと思います。
スナップショット 1 (2013-11-29 10-47)

 あえて言うのなら フックグリップをスクエア や
 ウイークグリップにまでする必要はありませんが、
 手首が甲側に折れるほど ガブリとクラブの全周囲を
 左手で握ってしまうようなグリップの場合、
 ラウンド中だけでなく、加齢による握力の低下で
 飛距離が急激に落ちる というコトが少なくありません。
 左グリップと右グリップが離れ気味になりますので
 あまり 良いアドレスになりません。
 腰痛、特に右サイドが心配です。
 ですので 右手と左手が離れない程度の
 手首が折れない程度のフック、
 その程度の 左グリップの握り具合 で
 打てるように意識し、数年かけて移行していく、
 自分のスイングの変わり具合の バロメーターとして
 グリップを観察しておく というのは必要かも知れません
。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「グリップのゆるみ、
 左右のグリップの密着感の変化 は
 アマチュアに限らず、トーナメント中のプロにも
 結構、見るコトが出来、
 プロアマ限らず、それがミスショットの大きな原因 に
 なっています。」
質問「うわぁ そうなんですか。」
IMG_0799

店長「ですねぇ。
 また ミスだけに限らず、
 ラウンド中、クラブを握ったけれど、
 アドレスをしたけれど、 ナニカ違和感が…、
 みたいな時は だいたい グリップの変化が
 問題の始まり だったりもします。」
質問「疲れ や 握力の低下 によって起こる
 ので どのタイプのグリップ方法、型であっても
 起こり得る のですよね❓」

店長「ハイ。
 ですが、より 左グリップ力 に依存しているタイプのグリップ、
 フックグリップが強いタイプ 
 左の手首が 甲側に強く折れているような タイプに起こりガチ です。」
質問「フックグリップ ですか…。」
IMG_0794IMG_0795






店長「フックグリップの自体 が悪い訳ではなく、
 フックグリップでも上手に握れている人は沢山います。
 ただ フックグリップは主に
 左グリップで強く握る と言えば良いのか
 左の握力に依存している場合が多く、
 握力が低下してくると フックの度合いが強く、
 握りが深くなるので
 それによって 右グリップの入る場所が無くなって行き、
 その密着感が薄れていく、
 握る長さが多く必要になって行く傾向が強いです。」

質問「どうすれば良いのでしょうか❓」
店長「これも どうクラブを振っているか、動かしているか
 とつながってきてしまうので
 はい、どうぞ。 で直ぐに解決するのは難しいですが、
 握る部分のグリップは 〇 なのですが
 それを全周囲 左グリップで握ってしまっているパターン は
 グリップのゆるみが発生し易い です。」
質問「どういうコト です❓」
IMG_0706_Moment(3)IMG_0706_Moment(2)







店長「伝わり難い とは思いますが、
 左グリップは左の半分強
 右グリップも右の半分弱
 分担して 両手で握っているような グリップであれば
 握る と言う行為が分担されているので
 グリップの変化は少ない のですが、
 左グリップが 握る行為の殆ど であると
 握力の弱い方の左グリップに依存してしまうので
 疲れてくると どうしても 深く、
 モーターバイクのアクセルを捻るように握ってしまいガチ
 になります。」

質問「そうすると 右手の入る場所がなくなり
 アドレスが変わってくる……というコトですね。」

店長「そうですね。
 そして それがそのまま答え で、
 グリップのタイプ、インターロック、オーバーラップ、
 が何であれ、フック、スクエア が何であれ、
 左が主体ではありますが、左右で握ってあげていれば
 コースでの グリップ変化、アドレス変化は
 少なく抑えられます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ショットの調子が悪くて…。
 グリップについて 聞きに来たんだけど…。」

店長「うわぁ それは奥深い問題ですねー。」
(復活の狼煙 3か月ぶりの練習^^_Moment
質問「グリップは今、ややフック気味の
 オーバーラッピング なんだけど…。」

店長「ソコ? なんですか 悩みは?」
質問「いや どんなグリップにした方が良いのかなぁ と。」

店長「そうですか、
 とりあえず グリップについて 簡単に説明しますと
 握り方、の種類は
 インターロッキング
 オーバーラッピング
 ベースボール(10フィンガー)

 あと 少数ですが、インターメッシュ というのもありますが
 基本的には 3種類 と分類して良いでしょうね。」

質問「どれが良いの❓」
店長「後々、離しますが、ある理由からベースボールは
 あまり良いことが多くないですから、おススメしませんが、
 残りの二つ そのどちらでも良いと思います。
 グリップの問題はそこじゃあないですから。」 

質問「そうなの❓」

店長「グリップの最大の問題は
 普段のその握り方が 18ホールで変化してしまうコト
 グリップが緩んでしまう と言うのですが
 そういうグリップが多いコト
 にあります。
 変化がないのであれば 本当にどんな握りでも
 良いと思いますよ。」

質問「どうして 変化してしまうの❓」
店長「ソコ グリップ〜握り方の根本的な部分 と
 密接な関係にあるんですが、
 まずは その変化の及ぼす影響から 話しましょう。」
質問「ハイ。」
b7055bfb2eea97122aee59c31313e223スナップショット 1 (2013-11-29 11-02)スナップショット 1 (2013-11-29 10-46)
42ea91fd







店長「プロや他の人のグリップ、自分のグリップを振り返る、
 チェックする際、着目して欲しいのは 左グリップの握り です。」
質問「左グリップ❓」
店長「そうですね。左グリップが決まってしまうと
 右のグリップの入れる場所、握れる場所も限定されてしまいますから
 左グリップに注意を払うと良いと思います。」

店長「現場での、ラウンド中の グリップの変化は
 ほぼ例外なく、左グリップと右グリップの距離感、
 密着感
と言えば良いでしょうか
 グリップをするのに、両手でどの位の長さを必要としているか、
 それが どんどん変わっていきます。」
質問「その変化は何故起こるの❓」
店長「心理的な要素も絡むかもしれませんが
 基本的には、握力の低下によるモノ です。
 握力が低下してくると 左グリップの握りがより深くなり、
 その深さによって 右に握るトコロがなくなり、
 その分 右と左の密着感が離れていく
 握る長さが必要になって来ます。」
質問「その影響は?」
店長「クラブの部位 としてのグリップ、
 左グリップはだいたい グリップエンドから5センチくらいのトコロ
 を握っていて、それはほぼ固定ですが
 グリップエンドから 15センチのトコロを右手が握るか、
 20センチのトコロを右手が握るか、(仮の数値ですが)
 によって アドレス姿勢は変わって来ます。
4-lgfailgripIMG_0706_Moment(3)







 それでなくとも 現場で
 目標に対し、問題なく アドレスする、セットアップする、
 というのは 易しくない のですが、
 そのアドレス姿勢が グリップによって
 かなり変わってくる、乱れてくる のですから
 からだの向いている方向なども 崩れてきます。」

質問「5センチも違うトコロを握るとそうなるよね。」
店長「そうですね。
 左グリップの位置は同じ、
 右グリップが普段よりも5センチ遠いトコロ、低いトコロを
 握れば アドレスでは 右が下がるか、前で出るか、
 左の腕の長さが 5センチ余計になりますから
 からだのラインによって 向いている方向、
 上下角も結構、変わってきます。

 アマチュアのミスショットの原因の半分は
 そのグリップによる影響も含めた アドレス、
 セットアップであって、それは 打つ前、
 スイング動作に入る前からほぼ確定してしまっているのです
。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「柔らかいシャフトで覚えられるコト というのが
 あるそうなのですが、それはナンでしょう❓」

店主「多くの人、もしかしたら ほぼ全員と言えるかも知れません。。。 
 誰かに教わった、と言う訳では無いと思うのですが、
 シャフトの役割は ヘッドを動かすためのモノ、
 ヘッドでボールを弾くため ヘッドを動かすモノ、
 と思っていると思います・・・が・・・
 シャフトの大きな役割は グリップを動かす為のモノ
 です。」
からだの軸イメージ

質問「ええええ!! そうなんですか?!」
店主「ハイ。 打撃の悩み、向上を目指すのに
 多くの方は インパクト時の ヘッド姿勢にコダワリますが、
 空振りをしない限り、🥎の位置は動かないのですから
 ヘッドとボールの位置関係は ある程度、決まっています。
 にもかかわらず 飛距離や弾道、方向や曲がりなどが
 異なるのは ヘッド姿勢を決める👉グリップの位置 が
 異なる訳で、注意するべきは グリップの移動、位置です。」
質問「そう言われれば 確かにそうですね。」
店主「例えば、ですが、よく言われる
 ハンドファーストのインパクト
 多くの人は スイング技術としてハンドファースト
 に『する』モノと思っていますが、
 それは シャフトの仕事 と考えて良い と思います。」

質問「シャフトがやってくれるんですか❓」
店主「準備 は要りますが、
 ハンドファーストという結果は
 シャフトが作ってくれるモノ
 です。」

店主「ヘッドの重量、長さなど
 出来るだけ近いモノで シャフトの硬さ/柔らかさ だけ
 異なる二つのモノを 交互交互に打つと
 柔らかいシャフト の方が
 ダウンスイングからインパクトにかけて
 グリップを押す、ハンドファーストを作り出そう とする、
 チカラが「大きく」働きます。
 それに比べ、硬いシャフトの方が その「押す」チカラは
 弱く、何もしてくれないに等しく感じると思います。」
質問「打ち比べてみると 確かにそう感じますね。」
店主「多くの人は今まで打ったことの無いような
 柔らかいシャフトを打つと
 初っ端、スライス、より大きなスライス になるのです。
 グリップが「
ハンドファースト」の方に押されている、
 しかし、フェースやロフトが開いているので
 その開きが〈押されたコトにより、より増えた〉結果です。

(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)







店主「ですので シャフトにグリップが押されるコト を
 踏まえた上で それによって起こる ヘッドの遅れ が
 ヘッド、フェースの開き にするのでなく
 ロフトの立ちになる「準備」に変えれば良い
のです。
 そこで シャフトの ハンドファーストになる手伝い機能を
 拒否するのは 勿体無さ過ぎます
。」

質問「なるほど。強いショットに必要な ハンドファーストは
 シャフトによって押されるグリップによって作られる。
 今までの ヘッドの遅れ を フェースの開き に
 していたモノが増幅されてしまうので より強いスライスに…。
 ハンドファーストになる機能は利用して
 ヘッドの遅れを フェースの開きにしない準備を変えれば
 良い
というコトですね。」

店主「その通りです。
 ココが大きなポイントなのです。
 自分のチカラ、ヘッドスピードで より強いインパクト、
 ぶ厚いインパクトを造るには 理屈上…ですが、
 ボールを上から打ちたい、
 そして、そのボールを上から打つ分、ロフト姿勢を立てたい、
 それを 半ばオートマチックでシャフトは造ってくれます。
 それが 本来のシャフトの役割 です。
 機能する 👉普通にしなる シャフトで「あればですが。

✋シャフトがある程度、柔らかければ、ですが。
 その ヘッドの遅れをロフトの立ち に換えれば
 基本的なショット、スイングとしては一旦完了なのです。」

質問「しかし、スライスが出た時点で
 あ、これは自分に合わない …で
 柔らかいシャフトは切り捨てられてしまう、のですね。」

店主「そうです。 実は正しい道 だったのに
 その入り口だけ泥道(悶絶)で始まる、だったのです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


カラダの向きを変える、円運動
 それによって グリップの移動距離・移動速度を稼ぐ

 傾きはあるとは言え、横運動の回転を
 クラブの構造も利用して 上下のグリップ移動に変換する
👉ヘッドの重さの増し によって起こる
 ヘッドの遅れは ロフトの立ちに変え易くなります。
 用語で言うと 縦に遅らせる と言えば良いでしょうか…
◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(1)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(2)









 遅れをロフトの立ち、縦の遅れにしてあげれば
 フェースターンの必要は一切合切ないので
 インパクトポイントをより左に、前にするコトが可能です。
●フェースターンを行うための グリップの停止 がありません。
●シャフトを振るコトによって ダウンの弧が 無駄に大きくなりません。

 より直線に近い
(イメージ) グリップの移動に出来、
 より「早く」にインパクトを迎えられます。

 左サイドの動きを止める必要が無く、
 フェースターンの必要もありませんから
 腰を痛める、肘や手首を傷める可能性も格段に下がります。


 
 腕がたたまれる クラブを短く使うコト によって
 アドレスで構えた状態の クラブの長さ、
 その円弧よりも 内側 中側の、
 度合いはありますが、小さな円弧でダウンスイングは
 行うことが出来ますから、遠心力に邪魔され辛く
 結果、回転の速度をあげられる可能性が上がります。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

 インサイドから、や 上から入れる、
 は そういうことでは無いでしょうか❓


ゴルフスイングと言う動作を 完全に無視して
 ボールを繰り返し 真っ直ぐ行かせる
には グリップを目標に向かって 限りなく真っ直ぐ動かす
ゴルフクラブをスライドして使う…
   …サイドステップして打つんか???
そういう想像は出来ると思いますが、
打ち手である人間にそれを高速で行うのは難しいですし、
平らなトコロの無い、障害物の有る、限られた空間
というコトを考えると
 それを その場で、ある程度の高速で行える
 からだの回転で処理したのが ゴルフスイングだと思います。

また、グリップの横のみの移動、クラブのスライド では
 クラブを短くする、円弧を小さくする機会が無く
 ロフトを立て、その分 上から、インサイドから入れる
 方法がないので ボールが喰わず(つかまらず)
 飛ばしに フェースターンが必要になってしまうので
 スイング、ショットには 横の動きを少し縦に変える
 腕の作用 と クラブの構造が不可欠なんだと思います。

カラダの向きを変える、円運動
 それによって グリップの移動距離~移動速度を稼ぐ
 傾きはあるとは言え、横運動の回転を
 クラブの構造も利用して 上下のグリップ移動に変換する

飛ばす、真っ直ぐ行かせる、曲がり具合をコントロールする、
 そして クラブの構造とからだの回転
それをつなげていくと その答えに行き着きます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


✊ボールを飛ばしたい
✊安定して飛ばしたい
✊狙った方向に打ちたい

 と言うゴルフのターゲット性 と
◉スイングは円運動
◉クラブは先が重たく 長い棒
◉ヘッドには 方向や距離を確定する角度が付いている

 を合わせて考えると
動作としての円運動は
 クラブ、ヘッドを『円運動させる』のが主目的 としている❓
 それに疑問を抱きませんか❓

飛びざまは 右曲がりであったり、左曲がり であったりしますが、
   …そもそも 上下、縦の飛球線は放物線
狙い 打つ場所と止まる場所の関係は直線…なのです。

ゴルフスイングを観察すると
 タイプはあれど、なんとなく腑に落ちる、
 チカラで解決していない いいなと感じるスイング は
 ゴルフクラブとの接点である グリップは
 かなり 狭い幅の中でしか動かしていません。

あえて言うのなら トップの位置 右を向いた時の
 からだの幅
 の範囲です。

グリップの移動動作 で言うと
 からだの向きでの分を差し引くと
 トップの位置で 右の胸の前に在ったモノ(右打ち)が
 左の胸の前に移る(移るか、移すか)程度ですので、
 距離にして 30〜40センチ程度です。
◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(1)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(2)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(3)









カラダの向きを変える、その円運動の目的が
 ヘッドで円を描くコト、クラブを丸く振るコト であったなら
 遠心力がかかり、円弧が大きくなりガチ ですので
 クラブが重くなり、右に在ったモノが左に移るコト は
 考えにくいのです。

スイングの原動力、クラブを動かす動力が円運動という
 からだの向きを変えるコトである コトを考えると
 ある程度の幅になるのは仕方ない ですが
 この狭い幅に収まる、
 からだの回転で グリップの描く弧は
 思っている以上に小さい、狭い幅、からだに近い、
 別な言い方をすれば アップライトな弧 である
 (グリップを上下に動かす とは少し違うかも)
 と考えると円運動の目的が見えてきます。

   それでは Asta manana✋✋✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


グリップ(握り)のチェックポイント としては
 ◌両手が出来るだけ離れないように
 👉アドレス姿勢に影響
 ◌左手の握力頼りにならないように
 👉疲労による変化〜アドレスへの影響

IMG_1306

1.インターロック、オーバーラップ、ベースボール等々
 その握り方は問題ではありません。
 どの握りであっても
  両手が必要以上に離れないモノにするコト‼
 👉左手(右打ち)の親指が見えないような…モノが良いです。

2.フック、スクエア、ウイーク等々
 これも厳密にはどれでもよく
 左右のグリップが離れない ようにしていれば
 好みのモノで良いと思います。

3.パーム、フィンガー(推奨)、セミフィンガー(推奨)
 手の大きさなどにもよりますが、
 これも 両手が離れない 👉左グリップが鍵
 のであれば 好みで良いと思います。
 とは言うモノの、手のひらの無い✊握りは
 出来れば 解消したい… というか
 ✊握りにしなければならない原因
(クラブを振る、腕を振る)
  を解消したいトコロです。
 


そこで そのためのポイント「左グリップ」
に付いてですが、注意点は3点です。
IMG_0772

中指と薬指の2本で握る が基本
 これは右手グリップも同じですが、
 握るメインになるのは この2本です。
IMG_0534
 ですので 手のひらはこのような形になります。
IMG_0532
⊇侏茲襪世院〇愨Α⊆蠅『平』は残す
 
✋指で握ったのち、もう一度『手のひら」で握らない。
 スイング中は仕方ないですが、アドレス時、
 手のひらはグリップに触れません。
 第三節は伸ばしたまま、手の甲にこぶしを造りません。
 中指と薬指で握ったら、それ以上握りません。
 親指はシャフトに添えるだけです。
IMG_0531
手首に角度を付けてはイケマセン
 握手のような自然な形。
 手首が甲の方に折れないように注意です。
IMG_0529


ここを我慢して、スイングは重さに任せるか
クラブをがっちり握って
 自分で動作を管理するか
どちらかしか選択は無いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くの人は ゴルフスイングのその漠然として
映像をおいかけるコト、
目に見える朧げなイメージを真似るコト
に 結構、時間を割いている。
スナップショット 1 (2015-07-24 10-23)

スイングは円であり…
180度、それ以上ターン「反転」する…

そのイメージを描いている人は少なくない、と思う。


物理法則に乗っ取り
 重いものは動きたがらない ので
 からだの向きによって 100度角度運動しても
 重さ分 100度未満、それ以下になるのは
 結構、忘れているコトで仕方がないかも…
 そんな 科学的なコトをスイング学習中に
 思い出したり、考えたりするのは非常に稀だけど
スナップショット 1 (2015-10-15 19-52)スナップショット 3 (2015-10-15 19-53)スナップショット 6 (2015-10-15 19-55)スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)





本来、
からだの向きの変更が クラブの移動の原動力、エンジン
 な筈なのに、クラブはターンするモノ‼ というイメージに
 とらわれてしまうと その量の問題よりも
 原動力が からだの向きの変更 という大原則を おろそか…
 無視してしまうことになってしまう
😢
 クラブのターンと体のターンが切り離されてしまう…。
 そちらの方が遥かに痛い。

クラブはターンするモノ として
 重さによって遅れた、取り残されたクラブ、
 そして 腕を振るには どこかで からだの動きを止め、
 腕を振らなければならず
 その時に 腕のロール グリップのターンが必要になるので
 ガチッと握ってい居ないと クラブが吹っ飛ぶ…。
 この時点で グリップは確定してしまう。
((握り〜グリップの成り立_Moment
そして グリップが確定する ということは
 クラブを、腕を振るコト、
 クラブの移動が 直接的にはからだの向きではない
 というコトも確定してしまうのだから
 その後、どこかで グリップを治そうとしても
 スイングの基礎工事ソノモノからやり直さない
 と言う顛末が待っている…のです。
リリース〜刷毛塗_Moment(4)
desuので ある程度、スイングを、ショットを覚えた人が
グリップの改善出来る例は とても稀 、
手で振る方 フィンガー/セミフィンガー から パーム
 スクエア/セミスクエア から フック
 両手が離れている方への変更は可能ですが
 その逆 は かなり稀であると言わざるを得ません。


ゴルフをやってみよ〜かなぁ〜 と思っている人にとって
スイングとして まず、始めに来るハードル である
グリップには このような意味が含まれているですよー って
説明してあげた方が親切なのか、
そのハードルを低くするため 好きに握って、好きに振って、
の方が良いのか、迷う部分ではあるのでしょうねぇ…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


初めて ゴルフクラブを握り、振り、打ってみる…
ゴルフスイングやショットを覚えるうえで
グリップ、その握り方に馴染むコトに
 一番の違和感が付いて回るのは否定できません。
IMG_0001
が、のちのち 一旦馴染んでしまったグリップを
 変更するのは それに輪をかけて 違和感が伴います。



特に チカラの無い、握力の無い人や女性にとって
 からだの回転が主ではなく、
 腕やクラブを振る場合、
パームで、フックグリップになり、
 両手のグリップが離れ
左サイドが上方に突っ張った、
 右サイドの下がった(前に出た)アドレス に ならざるを得ず、
チカラ、握力が無いので ラウンド中、それはどんどん深まります。
42ea91fdスナップショット 1 (2013-11-29 11-02)スナップショット 1 (2013-11-29 10-47)スナップショット 1 (2013-11-29 10-46)








そういう意味では
スイングを覚える際、馴染ませる際に
如何に 握力に頼らない
 からだの向きでクラブを動かすか
 からだの向きが変わると 腕も動き、クラブも動く
 というコトは とても大切なのです。


例えば、フルスイングでも ハーフスイングでも
右打ちの人の 右向きから左向きまで
 からだの向きは 概ね 180度のターンをします が
 打った後の惰性 や 動作を終わらせる為のオマケの部分を
 除く、打撃そのものにおいては
 クラブは ヘッドの重さ、長さ、運動 による重さ分
 180度のターンは『出来ません』
 物理的に困難だ、というコトです。

それは距離や運動の速度、加減などにもよりますが、
 カラダのターン 180度に対し
 90度から120度程度になるのですが、
始めから クラブの180度と『思い込んでいる』と
どこかで クラブを余計に動かさなければならず、
それを「手放さず握っている」には
 左手のパームグリップ、フックグリップは
 よほど 握力や筋力に優れていない限り、
 ほぼ必然に付いてきてしまいます。
IMG_0013IMG_0014





スイングを覚える、刷り込む、
グリップを覚える、刷り込む 以前に
ゴルフスイングの、クラブ扱いのイメージの段階から
 確定してしまうのです。

裏を返せば グリップを改善するにはクラブ扱いを、
スイングを改善するにはイメージを、
グリップもスイングイメージが変わらないと変えられない
 というコトに繋がってきます。

自然の法則に乗っ取れば
 からだの向きを右から左に180度反転し、
 クラブの根本である グリップの部分を
 その動作によって移動させても
 先端に重さが有る分、クラブ/シャフトは
 からだの向きと同じ分だけ 180度→180度
 反転/回転することは 出来ない‥‥

 打撃が終わり、運動が減速し始めた時、
 オマケとして付いてくる 打撃とは直接関係のない
 クラブのターンを 打撃ソノモノ
 まして スイングのメインの部分として『勘違い』
 している限り、スイングはもとより、
 グリップも変更することは難しい、のです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



『ゴルフスイングは グリップに始まり、グリップに終わる』
とも言われています。
(グリップ●

どうグリップするか、どう握るか は

ショットをする時の アドレスに直結してきます。
どの向きで、どの位置にボールを置くのか、
アドレス は ショットの是非を握る大切なモノ です。

グリップを考える時に 注意する点は
➀そのグリップによって
 どんなアドレスになるのか❓
➁ラウンド中に疲労、握力低下によって
 それが変わって(緩んで)しまい易いか❓
  →アドレスの変化につながります


どちらも アドレス、どの向きで
 どこにボールを置いて打つのか に
 直結して来ますので その点に着眼して下さい。

IMG_1064


おそらく…ですが、
初めてゴルフクラブに接する人や
まだ、慣れていない人 にとっては
ゴルフクラブの握り方、グリップが一番違和感あるのではないか
馴染みにくいのではないか と思います。

と、同時に あとあと
グリップを変える というのは とても大変です。


重要な点は
 グリップは左手の握り …です。


初めてクラブを握る、スイングを覚える、
 その段階において、イメージとして
✋クラブの扱いを 『長さ』を主とするのか、
    それとも 『重さ』を主にするのか、

スイングを覚える、ショットに慣れていく
 その段階において 実務として
✋からだに対し 腕やクラブを振ってショットするのか
 カラダ、そのものを動かしてショットするのか
これによって グリップは決まってくる
 と言ってよいでしょう。

【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

からだの回転通り、からだゴト向きを変える
 というコトであれば
 握力が弱く、スイング中に負荷として強くかかる左手
 であっても そう強く握る必要は生まれませんが、
先に重さのある『長い棒』として
 からだに対し、腕やクラブを振る、というコトになれば
 握力の弱い 左手 は出来るだけ強く、
 出来るだけ 接触面積を取って握らないと、
 スイング中、クラブが飛びそうになります。

この時点で 左手はパーム、フックグリップ は
 確定するのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



『最近グリップを離して握って素振りしてます。
そうすると右が上、左が下が強調されてわかりやすく、
キャストしてしまった時に自覚があります。

徐々に手の間隔を縮めていき、
ふと10フィンガーでグリップすると右左の上下関係もわかりやすいし、
いいなと思いました。

✋質問✋ですが、
ゴルフではオーバーラッピングにしても
インターロッキングにしても右手の小指でグリップを握らないです❓よね。
何か理由があるのでしょうか?
店主のインターメッシュも右小指がグリップには触れる程度ですよね?

先人達の経験からそうなったのかなぁと思いつつ、
何か論理的な理由があるのかなと思った次第です。

自分はしばらく10フィンガーでやってみようと思ってるので、
注意事項と参考にさせていただければと思ってます。』

2020-05-24_18-30-07_Moment(2)


ご質問ありがとうございます。
感覚的な部分、個々の指の握る強さ、にも
  個人差はあるような気がしますが…
(それぞれの指の強さにもよるのですが…)
1.中指/薬指
2.小指
3.4.5.(強さ比較と言う意味で)飛ばして
5.親指
7.8.9.は飛ばして
10.人差し指
 の様な感覚です。

ですので
小指を握っていないか、と言われると
かなりしっかり握っている、
 グリップする主要3本の指の一部
 と考えています。

スナップショット 8 (2013-09-10 1-47)

✋右手の場合
 クラブを握る というコトに関しては
その3本の指しか 使っていないに等しい、ですので
それが 左手 と共通に出来るようなグリップ
と言う点では 限りなくスクエアで
 ややフィンガー気味に握れるよう心がけてはいます。


右の小指 に関しては
『クラブソノモノを握るため』 なのか
『左右のグリップの密着度を維持するため』 なのか
そのどちらを「本当にしているか」は
イマイチ はっきり断言は出来ませんが、
グリップ(握る行為)の最大の注意すべき点は
『左右のグリップの密着度』
『茱哀螢奪廚鉢薀哀螢奪廚里っつき度』
と考えていますので
おそらく 左右のグリップの密着度 が優先しているのでは❓
と思います。

そういう点において
10フィンガー、ベースボールグリップには少々懐疑的で、
左右のグリップを離して握る、間隔を取ると
確かに 右が上、左が下 は強調されますが、
その延長線上において 10フィンガーであると
グリップの密着度は薄くなるような気がします。
スナップショット 8 (2013-09-07 13-18)スナップショット 9 (2013-09-07 13-19)






また 10フィンガーの注意点の一つに
フィンガー気味ではなく、パーム気味になり易く、
手のひら を失い易い点があります。
特に疲れてきて 握力が落ちてくると それが出易い ので
注意が必要です。

10フィンガーが悪い とは言いませんが、
10フィンガーにしたくなる理由 の方が気になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ごく小さなアプローチ 数m であれば
刷毛塗だけで打つのもいいでしょう。
ただ ある程度 「打つ」 のであれば
 その度合いは距離に応じて、ですが
ちゃんとした右向きの作法 は必要です。

肩を揺さぶる「振り子」や
胴体を捩じる肩だけ、手だけ の 上げ方
 では
左右の腕の長さ が合いにくくなります。
ショットをスピードで誤魔化せる状態
ダフリやトップをスピードで誤魔化せる距離
であれば どうにかなりますが、
距離調整の必要な場合はそれが誤魔化せません。

ハンドファーストのインパクト
右手首のロックを維持したインパクト
を思うあまり、ヘッドだけを動かしてスタートする
ということも起こり得ると思いますが、
からだの向きを変え グリップを動かし
  その結果、ヘッドが動くが最適解です。

2021-04-17_15


ハンドファースト、右手のロック は
切り返しに少しだけヘッドを置いてくれば良いだけ です。
進行が逆転する 切り返し で
ヘッドは その重さ分、そこに留まろうとします。
それを利用し ヘッドを少しだけ置いてくれば良い のです。


✋アプローチ に限りませんが、
 この手の練習、ドリルにおいて
 気を付けなくてはならないのは
 インパクトでからだの回転、向きを止めないコト。

 勿論、アプローチであれば その打つ距離分、
 その速度分ではありますが、
 最後まで、 左を向いて終わるコト です。

 俗に言う フォロースルー とは
 ヘッドを前に、進行方向、飛球方向に出すコト ではなく
 左を向くコト によって 作られます。

2021-04-17_15-32-27_Moment(4)2021-04-17_15-32-27_Moment(3)







 フォロースルーを『作ろう』として
 ヘッドを前に出す、グリップを追い越す 動きは
 からだの回転を止めます。
 望みの場所にヘッドを移動させるのは
 自分が左を向くコトで造りだします。

 速い速度の動き、フルショットで
 動作、として フォロースルーを作ろう とし、
 手さばきでヘッドを前に出そう、もしくは
 右手を伸ばそうとするのには
 からだの止まり が 必要で、
 その結果、クラブが自分に巻きつき
 左ひじが抜けてしまったり、
 ヘッドの急激な内入り
 急激なヘッドの向き、ロフトの変化が訪れたりします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


さて アイアンやウエッジショットなど
 ターフ(芝)を取っている、
 ボールの先の芝を取っているショットを見かけます。

これをしなくては なんて有りませんし、
意図的に、それを目指す必要もありません。
偶然、取れる とでも考えて下さい。

とは言うものの、そこにも仕組み があります。





ここで初めて 組み合わせ が出てきます。

アイアンやウエッジショットは
理想的には左サイドが低い期間、
円弧に下向きが含まれている時に
インパクトを迎えたい と望んでいるでしょう。

そして 同時にハンドファーストもあります。
2021-04-07_06-01-34_Moment(2)2021-04-07_06-05-21_Moment





ハンドファースト であり
 ロフトが立っている状態(写真茵
 というのは
スイングがまだ 下方向に向かって進んでいる最中
 というコトになります。
アドレスのような クラブの状態(写真蕁砲任
 ロフトは寝ていると言えますし
スイングには もう下方向に進行している要素はなく
 上に上がり始めている と言う状況です。

2021-04-07_06-01-34_Momentこの状態から 先
振り子の動き や
ヘッドがグリップを追い越すような
動きが入ってしまえば
ヘッドは地面に突き刺さってしまうか
跳ねてしまいます。

振り子の動きも、ヘッドがグリップを追い越す動きも
ロフトを増やす👉バンス角度を増やしますし、
動作の中に ヘッドを上に動かす動きが多々含まれるので
跳ねてしまう可能性は高いでしょう。
バンカーなど 特殊な状況で
意図的にこうするコトが無いとは言いませんが、
 これも通常のショットではありません。


ハンドファースト…ロフトを立てた状態のまま、
ダウンブロー 円弧にした進行が含まれる時期 で
インパクトを迎えるには
 ヘッドやクラブを動かさず、それをロックした状態で
 自分が動く、自分が向きを変える必要があります。
2021-04-07_06-01-34_Moment(3)2021-04-07_06-01-34_Moment(4)








ターフが取れる 〜ヘッドが地面と接触する の基本は
ヘッドの一番低い位置にあるのが
リーディングエッジである というコト です。
 バンス ではありません。
ウエッジなどのバンスは ハンドファーストになる分、
 ヘッドの入射している角度分 付いている ので
インパクト付近 程度の移動では
 バンスの方が下に張る意識は必要ありません。
それが理解できると バンカーショットも簡単になります。




✋それらすべてが
傾きの有る からだの向き と言う基礎の上に乗っている話し で
それを無視し、形だけの円弧を
手で作っているのなら 
 その方独自の理論で進むしかないのでしょう
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイング の 課題もない訳では無いですが
それよりも・・・
ポスチャア(アドレス姿勢)を変えてみましょう。

高身長、手足も長く それが始まり…なのか
過去に 妙にフラットな角度のクラブを使われた…か
アドレスの造り方(動画にはありませんが)も気になるトコロです。


今回の動画では
使っているのはウエッジなのですが
グリップの位置が近い分 👈コッチ
ボールの位置もちょっと近い かと思います。

☑ 前傾の深さ が この位で良いなら
腕、グリップをもう少しボールに出してみましょう。
その分 ボールを すこ〜し遠目に。

アドレス2アドレス1









アドレス4アドレス5アドレス3アドレス❶







ポスチャア(アドレスの姿勢)の基本は
⚠前傾は『有りさえ』すれば良い
⚠膝の曲がりも『有りさえ』すれば良い
⚠ディッシュアングル(左腕とシャフトの角度)も
 『有りさえ』すれば良い
 のです。

出来れば 前傾をもっと もっと 浅く したいです。
ご本人の感覚では 突っ立ってる 位に。

✋もっとディッシュアングルを無くして
 ゼロ でなければ良いので
 限りなく ゼロに近づけて下さい。

 グリップエンドの向いている方 が
 肩のラインであれば ゼロ です。
 今ですと お股 あたりですから
 👉へそ 👉👉みぞおち
 イメージは胸でもいいかも です

 アドレスし、クラブを浮かせたら
 クラブは手の中で ヘッドの方に落ちようとします。
 その感覚で正解です。
 手の中でクラブを起こそうとしないで下さい。

クラブをホールドしたまま セットアップに入らないように!
セットアップの手順を考えるのも良いかも知れません。

👉そうすると グリップの位置が
もっと自分から離れ、高くなります。
グリップも、より指中心に、指で握るコトになると思います。

👉そうなったら からだ(前傾)を起こしてください。
 グリップが肩からダランと垂れたところ、
 其れより若干 ボール側に出すのもOK です。





IMG_1306

確認するコトはできませんが、もしかしたら
グリップが「始まり」かも知れません・・・



グリップ、左手とシャフト(クラブの関係)は

←こちらが正解

IMG_1305

こういう関係
手とシャフトが直角に近い関係で握るのは✖

ディッシュアングルは
手首の角度ではありません。

手首で作る角度 ではなく
シンプルに 手とシャフトの角度 関係です。

IMG_1304
👈 実際に
こうは握れませんが
こういう関係
こういうイメージが正解です。

(あくまでもイメージです)
人差し指の第一関節から
小指の付け根 で交わる感じ です。




IMG_1064IMG_1065IMG_1296







グリップ、グリップの位置、腕の出し方、垂らし方
ボールの位置、前傾 が変わってきますので
違和感はすごいと思いますが、
今の前傾やボールの位置では腰を痛めやすく、
長物を飛ばすコトが苦手となり易いので
少しずつ少しずつトライしてみて下さい。
IMG_0772

現在のスイングの変化では
まだ違和感があると思います。
その違和感のあるうちに
グリップ、ポスチャア、
もしくはセットアップの手順
をいじるのがベターです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



腰痛に悩むゴルファーも少なくないか
 と思うのですが、
スイングの動き、動作 ソノモノ だけでなく
アドレス(ポスチャア)やグリップが
 その腰痛の因子
 となっているコトも
少なくありません。 

(インから振るのがすべて!じゃない_Moment


背の高い、手足の長い方、細身の方 にありガチなのですが、
前傾姿勢が深過ぎて
アドレス時から 頭など重さのある部分が
前に出過ぎてしまっているケースがあります。
アドレス❷
このブログ内でも
 前傾姿勢と言う言葉が多用されるため
前傾に対し 意識が強すぎてしまうコトも危惧されます。


前傾姿勢とは その言葉の通り
自分の体の前に対する からだの傾きで
箇所としては
 大腿骨に対する骨盤の傾き、
股関節の前に対する傾きです。

その 前傾姿勢は 有れば 良いので
無理に深くする必要はなく、
有るのなら 浅い方がからだへの負担、
特に、腰への負担は少なくなります。

✋スイング中、動作中 維持出来る
 ということを優先させると
 アドレス時のみ、前傾が深く、維持に苦労する より
 浅くとも維持できる度合いが良いと思います。


どの位 とは一概には言い切れませんが、
(ウッドやユーティリティ、6番アイアン位で)
アドレスした時、靴(足)よりも
余り多くの部位が 前(ボール側)に出ていない方が良い…
と思います。
目安 としては つま先の真上に
首〜あご 位がある程度でしょう。
・・・・・肩では ちょっと深いかも…知れません。
若林純一 2021_Moment(3)

あまり 多くの部位がつま先よりも前、
ボール側にあると 胴体を廻すことが出来ず
腕だけや肩だけを廻すコトになってしまい
始めの負担 ばかりでなく
腰に負担のかかる 動作になりガチ です。



IMG_0772

🔴また これは アドレスだけでなく
グリップから始まるコトもあるのでご確認ください。

コチラに関しても、ですが、
腕とクラブの関係にはディッシュアングルと言い
一直線ではない 角度の付いた関係
というのを 当ブログ内で強調していますが、
これも 有れば 良いので
アドレス時、グリップが大きく前に出ない程度に
薄い角度関係の方が良いと思います。

IMG_12982021-03-14_15-04-50_Moment












 ↑↑↑ 左手とグリップが こういう角度
の関係であれば
こういうアドレスになり易いですし

IMG_12992021-03-14_14-42-45_Moment










 ↑↑↑ 左手とグリップの角度 が直角に近い
モノになれば 深い前傾のアドレスになり易くなります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングは
グリップの形…関係でだいたい見えます。
良いグリップ(握り)とか
悪いグリップ、フック、スライス、
インターロッキング、オーバーラッピング
と言う意味ではなく、
パーツとしてのグリップ
 に接触している左右の手の割合も
何割、とは言えませんが、左手の方が多めです。
左手で主に握り(持ち)、右手はサポートな関係です。

IMG_0772


それは
 クラブの重さは主に左手(グリップ)に掛かっている
ということを示唆しています。 

フェースターンするような
 手で打つスイングであっても
腕は肩、からだに接続していますから
全体が動いている時、
全体の動きが止まらない限り、
両方の腕は同じような量、同じような速度

でしか移動できません。

ダウンスイングの進行方向、進行状態では
クラブの重さは主に左手に掛かっています。

『重さ』 と言うモノは
 動きたがらない代物 ですから
トップ以降、切り返しでは 重さを預かっている左手は
動きたい・打ちたい方向と反対に引かれるような状況です。
(、と言って左手で引っ張れと言う意味ではありません)


それを考えると
打撃の準備、テークアウェイで
左腕の方が 多く、たくさん動けば
ダウンスイングで 左腕が余る、
左腕が邪魔になるのは当然で、
左腕の長さを上手に消す、邪魔にならいよう する為には
どちらの腕も同じような量 移動するべきでしょう。

ゴルフスイングには前傾姿勢があるので
その中に入れてしまえば
左腕の長さは 回転する体への負担では無くなります。
ビデオ_Moment

左グリップを下げるコトは
クラブの重さが利用出来ます。
シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)

肩だけを廻す、胴体をひねるテークアウェイでは
前傾姿勢が無くなってしまうので
腕の長さ、重さを消せる場所、
左腕を収納(格納?)できる空間が無いのです。

左腕を下げる、元に戻せば
からだの回転や姿勢に対し、特別な負荷 にはなりませんし、
左腕を 前傾姿勢の下、に入れれば
 その重さによって 前傾姿勢を維持し易く、
 その時間を保つコトも可能です。
シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(5)

ところが 左腕を下げず、
言葉で説明するのは難しいですが、
上腕の上げ下げをせずに グリップを下げる、
ということは からだの余計な屈曲、
(体を右に折る形)になりますから
前傾姿勢は消えます。
からだの回転によって
 グリップはボールの方に出てしまうので
前傾姿勢の下に入れるのと比べると
ボールの方向に 重さが掛かりますし、
カラダのボールに近づこうとしますから
体を開いて その距離感を相殺しなくてはなりません。



ですので
テークアウェイでは
左腕、右腕、 左サイド、右サイド
出来るだけ 似たような量の移動が欲しい、
ダウンスイングで
 打撃進行の一番前にある 左腕が
 邪魔にならないような テークアウェイが欲しい
 訳です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



全員に当てはまる とは限りませんが、
 かなりの人にとって 参考になると思います。


いろいろ実験してみて
 多くの事実が隠れています。

まずは 動画をご覧ください。 



ショットとも、アプローチとも言えない
単に ソコの部分だけを抽出して やってみました。

片方は ダウンスイング/切り返し で
🔴積極的に 左腕、左上腕、もしくは左ひじを 下げる
 上げた左上腕を元の高さに戻す


これをスイッチに からだを廻す 感じ。
ヘッドの重さ分、遅れるコトを見越し
先に左腕を下げる を 廻ることとつなげている感じ、です。


一方は 意図的に 左腕を下げず
 単に体を廻すだけ
どちらか というと からだの回転で
腕やクラブを引きずる、というか 引っ張る感じなります。
(下げないと こんなにも違う_Moment

後から動画を見てみると
 左グリップは 低くなりましたが、
 下げている訳ではなく

 無理やり解説するのであれば
 進行方向、回転方向の前方にある
 左腕、左サイドが詰まっている、
 渋滞しているので
 回転が上手く行かず 右サイドが潜り込んでいます。
 (意識としてはやっていません)
 その分、シャフトも寝て、
 ハーフダウンのあたりではフェースも開いているように見えます。



かなりの差が出るのが
インパクト付近の『からだの開き具合』ですね。
ココの部分は
 全くの無意識です。
(下げないと こんなにも違う_Moment(2)

どちらも 空振りする訳には行かないので
本能的に からだが修正をかけたんだと思いますが、
右サイドが潜り込む分、
 左サイドは上に逃げざるを得ず
その結果、として からだの開き になるのでしょう。

つまり 左腕の下がりは 右向きの時間の延長 というか
右向きの時間の長さ を保つコト になります。

左サイド、左腕の付け根は
 上方にボールから離れますので
 どこかで止めないと ボールに届かなくなります。
 これって 間違った意味の左サイドの壁 かな?
 なんて思ったりします。


気になるのは アウトサイドイン等で
 インパクトのからだの開きが気になる人が
 間違った形で修正する可能性が秘めている というコトですね。
アウトサイドイン なので インから入れたい
 …より左腕を動かそうとしないお陰で
 よりからだが開いたりします。
 それを無理やり 止めようとしたら からだ痛めます。


左腕の下げ、
からだの回転と腕の下がりのリンク、
意識としては 重さも利用しつつ
左腕が下がるコトが回転のスイッチ、
最終的には一つの行為 になりますが、
積極的? 自発的な左腕の降り は必要だと思います。
。。。もしかすると
 ダウンスイングの 回転は
 回転そのもの…ではなく、その名称の通り
 左腕の下がり のコト を指すのかもしれません。

アプローチなどでトライしてみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先日の記事の シャフトクロス や オーバースイング
の要因にもなっている と思うのですが、
スイング用語で言う
  コッキング… 手首の縦、上下の動きですね 
ゴルフのスイングをする
 一番小さな関節であり、筋肉の手首周り
また、長さと重さを兼ね備えたゴルフクラブの
 不可抗力の影響を一番受け易い場所でしょう。

年齢とは関係ないかも知れませんが、
 手首周りを痛めている人も少なくない気がします。
冬の練習場に行くと 肘 とともに
 手首のサポーターをしている人を良く見かけます。
箇所の小ささ、筋肉の弱さなども考えると
 何度も繰り返すのに適した部位(手首)ではなく
ラウンド中に疲労に弱い箇所です。
手で振るタイプの方は握力の低下が
 そのまま 飛距離落ちやヘッドの返し損ねにつながります。


自然な流れの中で生まれる
 手首の縦の動き コッキング は
まあ 仕方ないにしても
意識して 手首を支点に クラブ、ヘッドを
上下動させることに 良い点はなにも無く、
圧倒的に悪いコトばかりです。

それこそ
 シャフトクロスやオーバースイングの原因
にもなりますし、
テークアウェイで手首で言う縦、上方向に動かせば
ダウンスイングでは 下方向に動かさなければならず
それは ディッシュアングルの喪失や
からだの起き上がり、伸び上がりの原因にもなる上、
手首自身や肘などに過度な負担を掛ける可能性も高いでしょう。
スナップショット 9 (2012-10-02 13-58)

いっそ アドレスの状態のまま
 意識としては 手首は固定してしまう位の方が
(特に縦方向)良いかも知れません。

自然な ヘッドの遅れ を考えれば
 左手が平側、藜蠅甲側(右打ちの人)の
逆スナップ『ロック』状態になると思います。


sa3sa5







クラブは 腕を上げるコト
 によって グリップの位置が高くなり
 その結果、として ヘッドも高くなるだけ です。
コッキング、手首の縦 の動き をするには
グリップの高さを取らず クラブの長さと重さに
動きが支配されることになり、
グリップの移動量に比べ ヘッドの移動量が大きくなる
典型的な 打ち遅れ 〜フェースの開き を生んでしまいます。

テークアウェイ時の
上げる は 腕を上げる
 極端に言えば バンザイ\(^o^)/ するコトで
物ぐさをして ヒョイとヘッドだけ上げる コッキングは
ダウンスイング以降の問題をはらんでいます・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





2020-12-26_13-52-13_Moment
 腕で作る三角形
これを崩さないように、
 と言われることがありますが、
微妙ーな場合も少なくありません。

形、型から入りたい方は気にされる…かもしれませんが
あえて 言うのなら
骨盤、胴体が向きを変えるから
この形が崩れない のであって
からだから この三角形を離脱させて
形だけを維持する のは 問題があります。

コチラの動画は
プロを目指している研修生に
それをわざとやって貰いました。


その三角形を維持したまま
グリップだけを動かしてしまうと
からだから肩から先が分離したような形、
本来、前傾姿勢の有るうえで 廻る筈の角度、方向とは
違う肩の回転
 になってしまいます。

これでは体にも良くありませんし、
右を向いても 早くに苦しい姿勢が来てしまい
十分な右向きが出来ないでしょう。

ダウンスイングにおいて 変な縦回転 になってしまうので
どうしても スペースを造るため伸び上がる
が付いて回ると思います。


2020-12-26_13-52-13_Moment(2)繰り返し 書きますが、
その三角形を維持するか、どうか、
は 好みの部分もありますが、
兎も角、グリップが移動するのは
腕の生えた 胴体が向きを変えるからで
グリップから先行して動かす、のは
お薦めできません。

動画を見て頂くと分かると思いますが、
からだ の右向きではなく
グリップを移動させてしまうと
グリップは体から離れ、
規定よりも外目にあがってしまいます。

誤解を生み易い部分ですが、
からだの右向き、
胴体の右向き があるので
グリップは『イン』。。。ボールから遠ざかっていく方
 に動きます。
この三角形だけを動かして イン に引くのとは違います。



2020-12-26_13-52-13_Moment

ハミングバードが考える
この三角形 の話し ですが、
この形状、形が変わらないのではなく
この三角形の作る面 と からだの関係 は
上がっても変わらない、
 面が捩じられない 面をねじらない だと思います。



皆さんにとって 来年が良き一年 となりますように。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



兎も角 騙された と思って
 
この素振りをトライしてみて下さい。

実際のショットでも可能です。
ごくごく ゆっくりした…
 フルスケールのショットで「転がし」程度 から
始めると良いと思います。
この手の改造で
 いきなり フルショット/フルスピード にトライするのは
車の運転免許を持っている人が
初バイク免許の教習にいくのに
 初教練が 高速道路 みたいな
あまりに無謀で、
スイング動作という条件反射に近い動作の変更を軽く見過ぎている
 のかとも思います。



からだ は 胴体・骨盤・腰・お尻 は
イメージ上、頭や顔も含め 胴体丸ごと 向き を変えます。

トップらしき 位置から
単に からだの向きを変え、
 グリップを移動させるだけ です。


フェースは 常時、軌道面、スイングの外側に
 向けて置くイメージ・・・

 ロフトの大きいクラブではイメージし難い…かも?

グリップの移動に伴い、ヘッドも引きずられるように移動しますが、
その遅れは 開きやシャフトの倒れ になる可能性もあるので
それは そのからだの向き度合い・割合 なりに
右腕でサポートします。

素振り…であれば 特に右腕の伸ばしの意識は必要なく、
適度な回転で ほのか であっても 腕に、クラブに遠心力が
かかったら 左腕が進行方向に逃げるよう な クラブ姿勢で
グリップを肩から(上下に)離します。

(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)







✋✋✋回転のあるポイントを掴む …と
(記事上では書きません、ご来店下さい
 もしくは ご要望が有れば セミナー開きます)

如何に 自分が 外からガブって 振ってきているか 判ります。
肩の回転が 外から振ってきている分、
腰は相当早め、切り返した途端、開くことになりますが、
外から振るのは嫌なので シャフト/クラブを寝かし、
便宜上の 「偽インサイド」から振っている のです。

そうなると ロフト・フェース共に ダダ開き になりますから
フェースターンが無いと
マン年 どスライスから脱出出来ません。



外から振れ、と言う意味ではありませんが、
からだの向きが変われば
自然と 無自覚で、グリップよりもヘッドは
 ボールの方に出ます。

『自分でするコト 自分の腕でするコト ではありません』


スイング動作 としては
ただ ただ 向きを変えただけ です。
どこかに チカラを入れる と言う感覚は皆無 でしょう。
飛ばしたいのなら ロフトを考え
 ロフトを増やさない、軌道の上下を崩さない範囲で
如何に 早く、時間をかけずに 向きを変えられるか
回転できるかが勝負になりますが、
 それも 力技でどうこうなる と言うモノでもありません。
スイングで 頭を使うべきトコロ は
その腕さばきやクラブさばきが
 回転、向きを変えるのを邪魔しないか どうか です。
腕やクラブの重さを使って
 いかに 短時間でからだを回させるか で、
力技で…つまり からだで引っ張って 腕を動かすのとは
 かなり違いがあります。





チカラを入れたいのなら からだの回転で直に打つ は

辞めた方が良いです。 入れドコロがありません。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ