◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: 体の向きの変更/回転


ゴルフに限らないんでしょうけれど
日本の人は言葉というか、標語というのに弱いというか、好き。。。というか


『タメをつくれ』 …なんてのは典型的だと思います。

Jack Ni_Moment(2)


ゴルフクラブは 長い棒状になっており、
その先端に全体の6割以上の重さが偏重して装着された構造です。
重さとは そこに留まりたがるエネルギーですから
打ち手が動作をしてグリップを動かしても
その重さの分、ヘッドは留(とど)まります。  ごくごく普通の物理現象です。
  ヘッドは遅れっ放しで普通なんです(^^)/

 帰りたくないワンちゃんをひもで引っぱれば
 当然 ワンちゃんは遅れて引き摺られて付いてきます。
 自分で動こうとしていないワンちゃんに追い抜かれることはありません。
 地球上ではありえません


タメは グリップとヘッドとのギャップで
自分とグリップのギャップではありません。


からだの動作、この場合は回転、
右を向いていた体が正面を介して 左を向く と言う動作に対し
グリップ・・・腕を遅らせてしまったら これは単なる 振り遅れ です。
からだの向きで行えることを逸してしまうので
後から それを腕で補わねばならず 「手打ち」せざるを得ません。
何を「溜めるか」間違うと 自動的に手打ちになってしまうのです。

ダウンスイングにおいて
からだの回転に対し 腕、グリップ
 特に左腕、左グリップが同期、同調、追随するのは ゴルフスイングの骨
 です。
ココを失っては 後の動作はすべて クラブの機能を無視した独善の動きで
個々の個性で解決して貰うしかありません。
ヘッドの機能やシャフトの機能はあればあるだけ 邪魔です。

テークバックも、トップの場所も 殆どのことが
 ダウンスイングにからだの回転に左腕、左グリップが遅れない、同期させるため
と言えるほど重要なポイントで
そこを意図的に遅らせるのであれば そこから先は理論になりません。

タメをつくる・・・ のニュアンスとは微妙に異なりますが、
そのため、ヘッドとグリップのギャップが
ヘッドが自身の重さによって重量方向に落ちていくことで
 グリップを遅れさせないように手伝うのです。
補助の加速装置のようなモノです。
グリップを遅れさせてはいけません。


(グリップの遅れ・腕の遅れ)を普通と感じている人は
グリップの方が からだの動作よりも、回転よりも、
 うんと先に動かし始める位で無いとダメでしょう。

anika_Slomo_Momentanika_Slomo_Moment(3)















からだが正面を向くまでの時間は
 ほんの僅か しかありません。

テークバックで アドレスの位置から左腕は移動しているのですから
そのほんの僅かの時間に 似た位置、近い位置まで戻らなければいけない
と 理解してください。

そのためには 今までの感覚的ズレもあるので
先に左グリップが下がり〜〜〜✋重さも加わっていますからそれも利用して
それによって 左サイドが左に逃げ
それによって 体重移動が起こり、回転が誘発される
と言う順序を ゆっくりしたアプローチや素振りで練習してみましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


「クラブは左に振りきるのが正解?」という
ご質問をいただきましたが、
回答から先に言うと 正解ではありません
まあ 言葉だけのやりとりですので、
どのようにクラブを扱って、振っているのか
明確にはわからないので何とも言いきれない部分はあります。
あくまでも推察に基づいての話ですので あしからず…

スナップショット 3 (2013-06-12 22-56)


外から見ると左に振っているようであっても、
それは 打ち手本人が体を回し
 
左を向いたからであって
左に振っている訳ではありません。


多くのアマチャアゴルファーが信じてしまっている
ゴルフの間違いに
クラブはターンして 180度回転する
と言うのがありますけれど
しつこいようですが、それは持ち手である本人
180度向きを変える動作をするからであって
クラブが180度単独でターンするのではありません。

imagesCARZT6DK


感覚ですから、何とも言いきれませんが
クラブを左に振っている感じがある ということは
インパクト付近で体の回転がとまり
その止まった反動を利用して、クラブが、ヘッドが
ターンしている可能性が高いと思われます。

大まかな部分ではありますが、
どこを向いていても、クラブは体の幅の中に
収まっているからこそ、
両手でグリップしている意味が出てきます。
ゴルフクラブ自体が非常に歪な構造
偏った重量配分を持った道具ですので、
均衡のとれた両手の長さと言うのを守るためにも
体の向きでクラブを移動させる必要が高いと思います。

インサイドアウトとかアウトサイドインと言う言葉は
誤解を招きやすいので、あまり引用したくはありませんが、
(それを手の返しや手作業、腕作業で付くのであれば
 そのインサイドアウトとかアウトサイドインと言う言葉には
 何の意味もないと言えます)
こと体に関して言えば、体の動作に応じて
クラブはインサイドインに移動しますし、

腕扱いをあえて言葉にするのなら
腕でクラブは「アウトサイドアウト」に移動させる
感覚が必要かと思います。

スナップショット 2 (2012-01-10)

アマチャアの一番多いパターンは
ダウンスイングで体を先に動かし
あとからクラブや腕を動かすことによって、
体の回転(水平方向)の動きを
縦の方向の回転に変え、横方向の移動をなくし
その反動でクラブを横方向にターンさせるものですが、
(言葉で説明するとなんと複雑、、、説明むずかしい…)
それを打撃の基本としている人にとっては
それを改善していくのは
それをするための手順を
すでにテークバックの初動からおこなっているので
テークバックの初動を
まずはその場でクラブを起こし、そのあと回る
と言うドリルで改善していくことをお勧めします。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


コースでミスショットの出る原因の7割とも言えるのが
グリップも含めた ポスチャア(アドレス時の姿勢)
そしてその向き(アドレスの方向)と言われている。
down under_Moment(4)

今回 そこの部分は棚に上げて
スイングの動作、と言う意味での
コースでの「ミスの原因」
これのほとんどは 
 準備としての 右向き(テークアウェイ) 
 体の周りが不十分 
  なことである。

まず、よく覚えていて欲しいのは
練習場でやっているスイング
テークアウェイの7〜8割程度しか
コースでは 体が向きを変えていない(回っていない)
ということ。

この要因になっているのが、
やはり コースでは緊張感が高くなり
特にティーショットのような、
人の目にさらされたステージのような状況では
自然と 「早くその場を立ち去りたい」という
意識になりがちである。

そうなると やはりリズム感も早くなってしまう…。
本来、体の向きの変更とは
お尻や足などの大きな筋肉を使って
40キロ以上もあるような胴体の向きを変えるのだから
そんなに速く出来るものではない筈
しかし、意識が 早く終わらせたい と働くので
簡易な手段、左手だけでクラブを動かし
体の姿勢が トップオブザスイング にいくのではなく
トップオブザスイングのクラブの位置にだけ
クラブを持っていこうとしてしまう。
スナップショット 2 (2012-03-06 4-00)

精神的に それを無くせ というのは無理があるので
練習時から コースでは7割程度しか体はまわらない
と踏まえた上で行ってみるといいだろう。

次に テークアウェイばかりではないけれど
体という、胴体という、上半身という
大きなものを動かす、大きなものの向きを変える
と言う動きをする際、努める際、
進行方向
テークアウェイなら右方向
ダウンスイングなら左方向
その進行方向のサイド、前輪駆動

体を動かす意識が必要になる。

シャドースイングの段階から
片手、右手だけでクラブを持ち
テークアウェイの練習をするとよいと思う。
スナップショット 7 (2012-03-02 19-55)

多くのゴルファーがテークアウェイを
左サイド、特に左腕、左肩で行おうとするその習慣が
コースへ行く前から、練習の時点から、
コースでのスイングで 体の周りが不十分になる要因を
作ってしまっている。

右手一本でクラブを持ち
テークバックを取ってみる練習は
実戦で大変役に立つことになるだろう。
特に L型ブリストルパターを持っていたら
それをコースで 右手一本でテークアウェイしてみると
その日、自分がいかに体を回していないか
再確認できると思うよ。
46498012_1169664983184117_3818376035250995200_o

ヘッドの重いクラブを
より重く、より力むように
自分でそういう位置や方向に
動かしてしまっていることに気付くと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


悶絶するお客様の多く
良くないコト と分かっていても
そこを抜け出せない方
は 刷毛塗や鼓笛隊打法では
当らない・・・ 飛ばない・・・
と 感じている。。。

分からないではありません。

理屈で説明すれば
ヘッドを振れば ヘッドの軌道は
本来 クラブ自体は動かしませんが
からだの向きが変わりますから、結果、円軌道になります。


imageCALYCF4L


丸いボール 球体を円運動で
打ってしまえば その力の多くが
回転に化けてしまいます。

クラブの形状、構造上も円軌道
それを 腕さばきで作ってしまえば
必ず ロフトが付くことになり
それを 無理やり 伏せてしまえば(ロフト)
今度は 右左 という新たな 永遠のループ
に入ってしまいます。

縦の円軌道では 不必要なヘッドの上下移動も
多く 急激である為
トップやダフリのミスも 永遠のループです。

遠心力を使おうとすれば
その遠心力は方向的には ボールを打たせない
ボールを目標方向に飛ばさせない形で
「必ず」作用するばかりか
それを持つ人に 労力として 握力也
筋力をより一層必要とさせます。

上から打てれば 落下のエネルギーは使えるし
締まったロフトで打つことが可能です。
ボールの大きさのズレ とまでは言いませんが
ボールの打つ場所の上下のズレは厳密ではありません

IMG_0745


とりあえず
とりあえず
一度でも ボールを潰して
ボールを捕まえて
ボールを上から打つことを体験すれば
ゴルフ人生は激変する筈です。




その為には クラブ・・・
 ヘッドではありませんよ。
体では無く 肘(腕)を先に動かす感覚
クラブヘッドを下に振らない感覚を身に着ける
必要があります。 正直、それは
技術として反復練習で覚えるものでは無く
クラブとスウィングのメカニズムを理解し
信じることに他なりません。

クラブの形状 そして
前傾姿勢で 右を向いている時は
 左サイドの方が低い
というのが 最大のキーポイントです。

おもちゃの鼓笛隊-159フレームショット

実際に 左サイドが低いうちに打つことが出来ませんが
そのイメージは非常に大切です。

スイングはインパクト以降
左サイドは上がっていきます。
いずれ 上がります。
ですので それまでにインパクトを迎える
と言う時間を守れるか どうか でしょう。


左サイドが低く保てる時間を長くする努力は良いですが、
維持で からだを止めて 左サイドを低く保っておくことではありません。


自分のどの動き どの動かし方が
ボールを打つ前に 左サイドを浮かしてしまう
 か
右サイドを下げてしまうか
自分の動きをゆっくりと トレースしながら
想像力を働かせて貰いたいのです。

切り返しの 一番始めのアクションを
左肘から動かす<(イメージ) とか
フェース面を地面に向けるイメージ
そんなイメージは非常に重要です。

右を向きっぱなし 回転 等 を
始める前に クラブ〜シャフトを地面と
並行になるまで
縦のスライド(ヘッドを振る〜グリップを支点と
した円運動 と言う動きでなく)をする

その時 フェース面を地面に向けて行く・・・
そうしていく事によって 右手は左手の
上に覆いかぶさります

それが 左サイドの低さを維持したりする訳です。

両手の上下関係が 肩のライン 姿勢の上下関係
(右サイド/左サイドの)を司ったりするのです


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフスイングの
テークアウェイでは利き肘を外へ張るように
腕立て伏せの腕の感じで、曲げるのである。
それを「クランチの腕(肘)使い」と言う。
スナップショット 1 (2012-11-16 10-40)

勿論、悶絶クラブだけではないけれど
この肘のクランチを出来るかどうかによって
☆ヘッドの重さを打撃にちゃんと活用できるか
☆体の回転でクラブを移動させられるか
☆ボールを上から打つことが出来るか

決まる と言っても決して過言ではない。

そして 肘のクランチは それだけではない。
自分の腕で実験してみて欲しい。
腕を伸ばした状態で手のひらを横に向け
(もしくはもっとわかりやすいので下に向けてスタート)
腕相撲をするように
肘を下に向けて、腕を曲げてみて欲しい。
無理すればできなくはないけれど
自然には腕を捻って、手のひらを上に向けたくなるでしょう。
スナップショット 4 (2012-11-04 11-44)

今度はクランチで、肘を外に張って
腕を曲げてみて欲しい。
先ほどのひじを下に向けたのに比べると
腕が全くねじられず、
例えば伸ばした状態で 手のひらを下に向けてスタートしても
そのまま 肘を曲げることが出来る。
一方、肘を下に向けて曲げた場合
手のひらを下に向けたままでは非常に不自然で
自然にすれば、手のひらを上に向けたくなるだろう。

そして それだけではなく
肘を曲げるときに使われる筋肉も探ってみて欲しい。

肘を下に向けて、腕相撲をする時のように曲げると
使われている筋肉は、その腕の中にある。
ところが、肘を外に張って、クランチしてみると
主に使われている筋肉は背中の筋肉だと感じる だろうか
スナップショット 6 (2011-10-23 0-04)←これはだめよ〜
肘をクランチ(外に張って)して
テークアウェイすれば、体も捩じられず
クラブも捩じられない。
体でクラブを動かすことになる。
そして 腕自体も捩じられないので
肘や手首などを痛める可能性がぐんと減る。
そして、使っている筋肉は腕の中ではなく
背中などの大きい筋肉なので、消耗も緩やか。。。

どこをとっても なにひとつデメリットがないのに・・・

ここが出来ることが クラブ使いのスタートラインだよ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ボールが飛んだり、曲がったりするメカニズムは
基礎になる ヘッド重量×運動の速度 (👉ヘッドのモーメント)
このエネルギーが おおまかには
 〇ボールの速度
 〇ボールの回転
 〇出だしの角度
 に
分配されます。

全く同じ条件であれば
よりヘッドスピードが速い か
よりヘッドが重いほど その破壊力は増えます。

ヘッドスピード は速いに越したことはありませんが、
ヘッドスピードを数値として速くしたことによって
ロフトが増えてしまうのであれば 意味はありません。
ヘッドスピード45msの人が打つ9番アイアンと
ヘッドスピード40msの人が打つ6番アイアンの関係に似ています。


IMG_2813Trim(2)_Moment


ロフト の「効果」は
スライスが出るメカニズムと同じで
ヘッドの移動の軌跡、ラインに準じます。

ここが悩ませるところ・・・です。

単純にしますが、
静止姿勢で 同じヘッド姿勢(ロフト25度) であっても
〇その軌道が 10度の下り であれば
 打ち出しは15度(25-10)
 35度(25+10)のロフト分のスピンが入ります。
〇その軌道が 10度の登り であれば
 打ち出しは 35度(25+10)
 スピンは15度分(25-10)になります。

813ca594-sdf713d9f-s









✊これのどちらが飛ぶか と言う問題 は
 そのクラブのロフトと長さ(入射角度)ヘッドスピードによって異なってきます。


 ご存知のように ルール上、ティーショットは
 ティアップして打つコトが可能です。
 事実上、空中に浮いたボールを打つコトが出来ます。
 その分、ボールを左に置くことによって
 無意識で、意識せずとも ややアッパー…上り際に打つコトが可能ですので
 そのクラブを 地面に置いて打つよりも
 打ち出し角度が採り易く かつ
 スピン量を減らすことが可能です。


 ボールを飛ばすには
 スピン量を減らす 👉ロフトを減らす
 かつ そのスピン量でもボールを浮かせられる 👉打ち出し角度が取れる
 方が有利なのは確か です。
 ドライバーやフェアウェイウッドなど ロフトの少ないクラブの
 長さが長いのはそういう意味合いです。

 しかし それは道具の仕事や
 ティーショット時のティーアップの恩恵によるものであって
 意図的に アッパーに振るのはお勧めしません。


1.余りあるヘッドスピードであれば 良いかも知れませんが
 ヘッドスピードが速くない人にとって
 逆にスピン不足に陥る可能性も多々あります。

2.アッパーに振ることによって
 軌道はアッパーになっても よりロフトが付いてしまい
 打ち出しも高く、スピンも増える という
 アッパーにしたことによる 最悪なパターンになる例もとても多いです。
8658a3e6-s

3.ここが一番問題です。
 ドライバーショットは大事ではありますが、
 アッパーに振ることによって 地面から打つクラブへの影響は
 非常に、非常に多大です。
 ドライバーであれば ロフトが一番少なく
 かつ 大型ヘッドの重心の深さ、クラブの長さ、
 そして 空中のボールを打つ というコトで
 無意識な、自然な上り際で打てる恩恵は既に十分です。
 次に打つショットは必ず 地面から打つ のです。

 👉アッパーに振る ということは
 上を向いて振る
 ということになります。
 スイング中に、上を向けば 軌道の最下点は後ろ(右)にズレます。
 ティーアップしたボールであれば
 多少のズレの許容範囲はありますが、地面のボールはそうは行きません。

 腰や首などへの負担も 急激に増しますよ・・・( ;∀;)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフスイングは 傍から見れば
他人から見れば 円を描きます。
 円運動 などとも呼ばれますが、
それは クラブを持った自分が向きを変える
 右向きから左向きという 向きとして180度変更するからで
クラブ自体を180度ターンさせているのではなく
それを持った 自分自身が向きを変えているに過ぎません。
oto_Moment3oto_Moment(2)








似ているような二つの動きも
ゴルフクラブには 思ったよりも繊細な角度 というモノが
重要になってくるので 大きな違いになります。

フェアウェイウッドであっても、ユーティリティクラブであっても
アイアンであっても 隣同士のクラブとの角度差は 3〜5度ほど です。
それは 時計の針で言うと 一分一秒、これは6度ありますから
この角度差以下の違いしかないのです。

〇クラブを持った自分自身が向きを変えていれば
 自分とクラブの関係は「基本」大きく変化しません。 ところが
自分は動かず 〇クラブ自体を180度ターンさせると
 自分に対して クラブは その動く角度分
 ロフトやフェースの向きが変化し続けます。

アドレス時のボールの位置 や アドレスの向き を考えると
それの意味を失ってしまうほどの変化です。

何かの 基準 ともって アドレスし
それに対してスイングし、ショットする そのものの基準を失ってしまいます。

まして ゴルフクラブはどの機種であっても、番手であっての
形状的にも、重量的にも大変歪(いびつ)な構造をしており
特に 進行方向が右から左になった時、留まろうとする力が強く働きます。
ヘッド自体を動かそうとする動きは
 イコール ヘッドを右に向け ロフトを増やす動き です。

否定的な話ばかりで苦しいですが、
〇クラブ自体を動かす と生まれる 遠心力は
飛ばすためのヘッドスピードにブレーキを掛ける動きになります。
からだの理想的な姿勢を崩す動きにもなります。
利用しない!とまでは言いませんが、
遠心力自体 スイングの助力になるにはなりますが、
圧倒的な負荷、抵抗の方が多くなります。
images

その動かし方では 放っておけば ハイボールスライスかダフリ、ダフリトップです。
それを解消するには スイング中で一番スピードが上がり
忙しい時間帯に グリップを、体を止めて シャフトターン、ヘッドターンが
必須になるのです。

弊社で提唱している 刷毛塗は
自分の体に対し クラブを動かさないために動かす  ???と言うドリルです。
自分の胸に対し シャフトを、ヘッドを 円弧を描かせず
平行にスライド、その距離を維持して移動させることが
スイングの中で 自分にからだに対して同期して動くためのモノです。
重さは動きたがらないエネルギーなのですから
重さの集中したヘッドに構わずに
自分の体の向きの変化にグリップが付いていけるように
その重さを利用するためのモノです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



番手にもよりますが
ある程度の距離(10ヤード以上…)を打つのは
ショットにとって、重要なインパクト付近を
抽出した動きです。

チカラやスピードで解決できないこの距離を打つのには
ある程度 規則的な動きが必要となります。

近いからが故か、ダフッたり、トップしたり
というのが多いように見られますが、
そのミスは殆どは「必然で起こっています」
スナップショット 1 (2017-07-10 15-54)

アプローチショットで
ボールには少々近づいたとしても
少なからずの前傾姿勢 というのは存在します。
ですので、クラブを手で起こしていない、上げていない
としても 体の向きを変えれば
その傾き分、ヘッドは高くなります。
スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)

セットアップ時のアドレスとヘッドの位置関係
この延長線のラインよりも
下の領域は ある種 地面 と考えても良いほどです。

アドレス時の腕とクラブの関係(ディッシュアングル)
を固定し、体を捻らず、胴体〜股関節より上の
向きを変えれば 概ね このラインに沿って
ヘッドは移動、高低という意味ではジンワリ高くなります。

少々右ひじも曲がり、クラブを起こすでしょうから
より上の領域にヘッドは入り込むはずです。


ところが アプローチに苦労されている方の多くは
この下の領域にヘッドを入れてしまいます。
言い方を下げれば ヘッドを下げたことになります。
クラブを上げたつもりなのに 下がったということです。
89aa44d5

テークアウェイの時点から この領域に入れてしまう人も
少なくありません。

本来、体の傾きに沿って向きを変えたのですから
この領域・このラインより下は地面 とすると
この領域にクラブを入れたという事は
自分で新たな空間を創り出したことになります。
実際の地面と自分の作り出す仮想の地面
止まっている筈のボールを動かしながら打っているのと同じです。

まあ 手で動かしている見本なんですがね…。
IMG_0347IMG_0348IMG_0349












想像がつくと思いますが
この領域にヘッドが入ってしまうと
クラブヘッドの重さで 体がその方向に引っ張られ
上を向かざるを得なく、左を向かなくを得なく
なりますから 当然、円弧の最下点は右にズレます。
ダフリやトップになる主原因です。

本来 スイングの入射角度を司っている前傾姿勢
左の股関節の角度を失い、体は置きますから
自分独自の、そのショットの独自の入射角度を
毎回毎回自分で作り出すことになります。

距離も含めた弾道は
クラブの姿勢とヘッドの入射角度によって作られるので
その双方が 毎回・毎回 ということになります。
上がり軌道でインパクトを迎えてしまう可能性も高くなるため
上手く当たっても、本来のその番手より飛ばない球に
なり易いですね。
IMG_0610

アプローチだけではありませんが
本番・コースでは 本来の半分しか発揮されません。
心理的にも その場を早く終わらせたい
 という意識が強く働きます。
体の向きの変更をしっかり前傾姿勢を維持し行う
というのは ジンワリした速度の大きな動作です。
見た目 テークバックっぽいものを手でスッと作りたい
そう言う心理は強く働きますので、
普段のシャドースイングや練習で
しっかりと大きな動きを覚え
 それが
「当たり前」にしておかなくてはイケマセン。

これだけでも かなり飛躍的にアプローチの精度
距離感は身に付きます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5


どんな類のスイングであったとしても
行き・・・テークバック
帰り・・・ダウンスイング で
行きに動いた/移動した 左腕の量 と
帰りに動いた/移動した 左腕の量
が 似たモノであれば
元の姿勢・・・つまり ボールと正対して
打つコトが可能でしょう。

IMG_0398 (3)_Slomo_Slomo_MomentIMG_0496_Slomo_Moment








では 自分に当てはめてみましょう。
テークバックで
右腕と左腕 どちらがいっぱい動いてますか?
行きも帰りも似たような量動かしてますか?

✋どちらの腕主導で テークバックしていますか?

十中八九 左腕でしょう?

では ダウンスイングは その動いた分
 もとに戻すほど 動かしましたか?
『ダウン』スイングですから、多少はクラブの重さが
手伝ってくれる とは言え
テークバックよりも速度が増えてますから
その速度分、クラブや腕の重さも増えているので
ダウンスイング > テークバック 位の運動量でないと
元の姿勢に近い… 体の正面で打てないでしょう。


では 両腕で考えてみましょう。

✋テークバック時
左腕を動かした分、右腕動かしていますか

答えは ノー でしょう。

PCCテークバックで 左腕ばかりを動かして
右腕を動かさない というは
クラブを、ヘッドを、上げたのではなく
クラブを「右に」倒しただけ じゃありませんか?



では ✋ダウンスイング ではどうでしょう?
どちらの腕をたくさん動かしている感じですか?
テークバックで動かした分、腕(特に左腕)を動かし戻していますか?

答えは ??? です。

テークバックで 左腕は高くなっています。201903_Moment(2)
ベルトの高さ位になった 茱哀螢奪廚聾の高さ位
少なくとも30センチは高くなっています。
それが元の高さにならないと 元の姿勢
元のボールとの関係には戻れません。


スナップショット 3 (2013-06-02 23-15)スナップショット 4 (2013-06-02 23-16)





これでは 茱哀螢奪廚歪磴はなりましたが
元の「低さ」・・・体との関係には戻っていませんから
元のボールと体の関係では打つコトが出来ません。

多くの人は ダウンスイングを
 『腕』でなく
  自分では体だと信じている『肩』や『腰』で動かして
  腕は動かしません。




行きと帰りで違う動きをしているのですから
当然 元の姿勢には戻りません。
からだの正面、ボールと正対して打つ「つもり」が始めから無いのです。

行きに左腕でテークバックを取り
帰りに「肩」や「腰」で戻してこようとすれば
・・・想像できると思いますが、体は開きます。
クラブの重さも右に掛かり易くなるので
・・・当然、右サイドはさがり
 それがからだの開きを更に誘発するので
 速く回転できる感覚に陥る・・・ これが一般的なスライスの始まり です。

 軌道が 飛球線よりも外から
 まあ 体の向きが左向きになっていますから 当然ですが
 ✊カット軌道
 右サイドも下がり、右腕も伸ばせない状況ですので
 ✊ロフトもダダ開き
 ハイボールスライス、ダフリ は当然、自然な状態。

 ここで ヘッドターンでそれを解決   ・・・?
テークバックで右腕は殆ど使っていないのに
ダウンで右腕を使えば。。。。
 体の開き、右サイドの下がりは更に増えますから
👉ウサギと亀の追いかけっこは生涯続きますよね〜

行きは左腕ばかりで
帰りは右腕ばかり
典型的なカット打法になっちゃいますよ、

✋感覚的には 逆が良いというか
実際に動かしているか、どうかは別として
移動していく方の 前側 テークバックでは右、ダウンでは左
がどんどん動かないと 渋滞しちゃいますよ〜。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


体には厚みがあり、
背骨を軸として、体が向きを変えるには
背骨よりも前側(前-胸/お腹、後-背中)にある重みが
右向きでは右の股関節
左向きでは左の股関節

それぞれ左右の股関節の上に乗る形なります。
20140624_1195723

体重が左に乗る
ということは 上半身の左側一部
左腕は 左脚よりも外〜左に行く という事です。
MVI_0670Trim(2)_Moment(2)
その場所でどうなる という問題ではありませんが、
ダウンの後半〜インパクト〜フォローにかけては
少なくとも 左腕は左足よりも外〜左に出る
という事になります。
yjimage4NR1MAL3

明らかに体の幅の中に 左の腕が残っている
ということは 体重が左に移っておらず
背骨を軸とした回転運動にはなっていない
ということになります。




体の回転通り
回転の時流に沿って 腕やクラブが移動する
結果、体の回転でクラブが動く
ということは
体、特に左の側帯と左の腕の左右の位置ズレを作らない
です。

トップの位置から
ダウン〜フォローにかけて
運動によって クラブや腕の重さは急激に増えます。
放っておけば、体の回転にどんどん遅れて行き
体の回転で移動できるはずの分を
のちのち 腕でしなければならなくなります。

それを避けるために トップの初期動作を
左の上腕・・・という記事を書きましたが
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1951296.html
その前に 注意しておくことがあります。

アドレス〜テークアウェイで
左腕を右に送り込まないことです。
スナップショット 3 (2017-04-20 16-34)

自分を上から見た時の
胸と左腕のアングルを
90度ではありませんが、鈍角に保っておく・・
決して 左腕が胸のくっ付くような テークアウェイ は
背骨の軸運動を出来なくさせる動作です。
hiraki

体重を左に移せない ということは
ダウン〜インパクト〜フォローにかけて
自分の重さをつぶした右腰にかけてしまいます。
とても危険です。


全員に…適用という訳ではないでしょうが、
アドレス〜テークアウェイの初期段階で
その間反対の 左腕とクラブだけ
アドレスの位置に一呼吸分残して動き出す
というのがどうでしょう。

両方の肘の感覚が広がるような感じです。

スイングの中で 左腕〜左肘 と胸の位置関係 というのは
体に負担のない回転を作るのにはとても大切で
気にして良い部分です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ