◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: 体の向きの変更/回転

5


今年も一年間お世話になりまして
 ありがとうございます。

来年もよろしくお願いいたします。

  〇〇新年は1月4日(金)12時より営業致します〇〇




私たちの年齢(熟年?)になってきますと
誰しもが一度は体験しているのが なにがしかの腰痛です。
普段の生活で 何かのモノを取る時、
IMG_0302_Momentararara_Moment
どれも見たような 始めの位置 からすると
自分の背後の棚か何かに乗っている棒状のもの
を取る時の姿勢・・・と考えると
どれが 腰を痛めるか はお分かりになるでしょう。
この場合 危ないのは "左腰" です。



これ。。。。。。 普段の生活で考えると・・・
物ぐさに 左手だけで取りに行った
と言えるんじゃないですか???
どの口で「体を回してる」って言えるんでしょう…。

images20150404163453
当然 ご存知…とは思いますが、
皆さんが口にしてる ゴルフ用語の
「肩を回す」
というのは
体・胴体・骨盤・上半身を回す と言う意味で
部位として 肩まわり ということで
肩甲骨を動かして 
ストレッチもどき をするのではありません。
ねじる と まわす は日本語の意味が異なりますよ。

BlogPaint準備運動としての ストレッチ ならいざ知らず
スピードや重さのかかる状態で それを意図的にするのは
どんなもんか と思います。

これは 某有名選手らの切り返しですが・・・
私の目には 人間の動きとして とても汚く
何とも言えない 見ているだけで痛みの伴う格好
にしか見えません


体は回さず〜肩甲骨(腕の一部)だけ を回して
背骨や腰を捩じるのは ひじょ〜〜〜〜に危ない上にスナップショット 1 (2017-01-21 11-26)
体を回さず 腕だけでクラブを動かせば
テークバックでは ロフトを90度以上 大きく開き
フォロー方向では その反対の 90度以上閉じる という
仮に 体を右左に 180度 回すとして
重量物である クラブの先端部を 同じく 180度
そして その先に付いている ヘッドの トゥヒール方向を 180度
と どう物理的に考えても 
 あり得ない・起こらない運動 の呪縛に捉われています。

飛ばない とか
真っ直ぐいかない 
嘆いている人が なぜ わざと
飛ばなくなる可能性の高い
真っ直ぐいかない可能性の高い

スイングを、しかも痛み付きで行うのか
私には皆目見当がつきません。



まだテークバック〜トップはスピードの速くない動き100yard1
だから まだ良いのですが
フォロー方向では 腰を先に開き
そこで止め、肩だけで振り抜こうとするのですから
若い人や痛みに鈍感な人ならいいですが、
私たちには かなり問題のある動作 です。

体をまわす のですから
その体通りに振れば 良い訳で
本来 重量物は「そこに留まりたがるモノ」
「重力方向に作用するモノ」
なのですから 大人 ならば それを上手に利用し
体を痛めず ゴルフを楽しみましょう。




                 それでは みなさま 良いお年を。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



正直、ほぼ全員とも言えるゴルファー
プロも含めてですね… からだ回せてません。

体を回す・・・ のを簡単に説明すると
✋正しい軸は背骨です。
 千歩譲って、万歩譲って 体の厚みの真ん中
(間違ってますが) だとしても
 体を回す ということは 見た目なので肩と言う表現をつかいますが、
 体の真ん中 背骨の位置から肩の先まで距離が半径になって
 左右の肩ともに 同じ量動くのを「回る」と言います。
 
 わかります?


 軸運動なので その半径分で
 
本来は 『回転』するわけです。

sample2018 (2)_Moment(2)sample2018 (2)_Moment






OKII 2010_06_12_11_44_30_(4)(2)_Moment(2)OKII 2010_06_12_11_44_30_(4)(2)_Moment






〇体を回す 👉体の向きを変える と
〇体を捩じる は全く違うモノ な上に

人間の体にとっては深刻な故障の原因 
腰痛〜背中の痛み〜首の痛み につながります。
背骨には関節がないのですから・・・( ;∀;)

多くの人がこの写真のように
テークバックでは
右半身を軸に 左手を伸ばして
左半身を右半身の横並びにしているだけです。
この違い わかりますか?

ダウンスイング→フィニィッシュ まで
今度は反対に 左半身を軸に 右手を伸ばし
右半身を左半身の横並びにしているだけで
これでは 軸のある回転運動でなく
 
   ✋それは ただの屈伸運動だけです

ゆえに最近では 前傾姿勢ではなく
側屈なんて造語も創作されたりして
 もう意味不明がそこら中泳いでしまいます。

IMG_0302_MomentIMG_0299_Moment











葛谷_(3)_Moment葛谷_(3)_Moment(2)









また テークバックで ボールの方にお辞儀し
ボールに近づき、
ダウン以降 ボールから離れるように
 起き上がるのです。
ボールから離れながら打って
 果たして飛ぶのでしょうか。。。。。。。。。。
最たる例が 打つ時、飛びあがれ とか・・・
 地面反力 って 造語も飛び出します。
ウルトラマンの怪獣の世界ですね。。。。


その えせ回転運動だと
体の捻り具合によって 左右の腕の長さが限定され
こすり打ち、カット打ち、ロフト開きになり易く
腕の返し ローテーションは必須・・・
やること盛沢山過ぎて 安定して打てません・・・。
アマチュアの選択する打撃論じゃないです!
 で 体を痛めるのですから
正直 1mmも良いところがありません。
   プロですら年数もちません。。。。。。。。。。。。。


こんなスイン愚薦める人の 脳みそ見てみたいですわ。。。
多いですけどね。。。。。。。。。。。。。。。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


殆どの人の ショット/打撃 を見ていると
打った後、もしくは 打つ「時」に右腕を伸ばします
(前者が殆どですが・・・)

打つ直前までは 殆ど右腕を伸ばさず
直前まで 曲げたまま(短くなったまま) 入ってきます。

ダウンスイングは 本来
 左サイド と 右サイド では
当然・・・ですが、左サイドの方がボールに近い…筈
右腕を曲げたまま、ダウンスイングに入ってくる ということは
その逆の可能性が高い訳ですよね。

体が開く とか
突っ込む とか
煽り打ち、しゃくり打ち になるのも
右腕が短いまま
 〜右サイドが必要以上にボールに近づいている証 なのです。

スナップショット 1 (2013-03-18 13-17)スナップショット 3 (2013-03-18 13-18)






スイング改善のステップとして
 正しい右向き 骨盤 胴体
 上半身をねじらない・ひねらない 右向きは絶対条件
 ですが、
これがない限り、その先には「一歩たり」とも進めないので
これは絶対条件 ですが、
次のステップとして
 ボールを打つ「前まで」 に 右腕を伸ばす
 右腕が伸びたら 打つ
 ✌少々オーバーであれば、右腕が伸びるまでは 右向きはロック
  その位の気持ちがないと 伸ばせない かも… です。

ダフッても、トップしても、スライスしても なんでもいいです。
まずは 右腕を打つ前「まで」に伸ばし
右サイドの高さ、右サイドとボールとの距離感 を掴まないとイケマセン。

ダフッたらから と言って 元に戻すのはダメですよ〜✋

スイングの修正は
何かを足したら、その分何かを引きます。
体の周り方が変わるまで、修正されるまで
ミスが出ても 兎も角 右腕を「打つ前」までに伸ばすのです。

81fd2fa0


この練習で 少々頭を使ってほしいのは
右腕を伸ばすのには 左腕の使い方を考えなくてはなりません。
ダウンスイングで 左腕が長い状態 で使われると
右腕を伸ばしたくとも 前が渋滞しています。
それも含め 右腕が伸ばせる、打つ前「までに」右腕が伸ばせる
左腕の使い方 というのは 無視できませんよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


多くの人が 軽いヘッド・硬いシャフトで
ゴルフを覚えた流れから脱却できず
クラブを下に振ろう とします。

ゴルフスイングの場合
前傾姿勢によって 横の動きに下が入り
斜め を形成するので
混乱を生みやすいですが、
フェースターンという 理解しやすい 横の動きよりも
下に振る という縦の動きの方が厄介なのです。

言葉で説明すると
ゴルフスイングは体の回転と
腕さばきの双方によって
グリップが移動します。

そしてその分ヘッドも移動します。

スイングの時間進行通り であれば
体が右向きが 正面に向かう過程と
グリップそのものが クラブや腕の重さも伴い
 腕の作用によって位置を低くすることによって
結果 ヘッドも元の高さ〜ボールの位置に到達します。

トップのヘッドの位置が2mの高さと仮定し
その量を大まかに配分すると
前傾姿勢のある体の回転で 1m20cm
腕の作用によってグリップを下げる量 0m40cm
慣性によって下がる量 30〜40センチ 位でしょうか

実質的には腕でヘッドを下げている量は
40センチ程度なのです。
   …ただし 体の回転の時間進行通り であれば!! ですが。

ところが 長年 体の回転の進行に乗らずに
スイングをしている習慣があるがゆえに
全部! とは言いませんが
その2mの高さの 半分近くを 腕でヘッドを下げる習慣が付いています。

ヘッドを下げるには グリップの移動を止めなくてはなりませんから
クラブを振る となると 必ず下に振る習慣が身に付き、
腕の重さも伴い、クラブという重量物を振った重量感〜充実感に
多くはないながらも 成功体験が結びついていますから
そこからなかなか脱することが出来ません。

俗にいう 叩く感触 ですね。

体の回転 という時間進行を利用すれば
前傾のない状態であれば
大げさには胸の高さ、少なくとも腰の高さにあるボールを
靴の高さまで下げるのですから
当然 インパクトのタイミングは スピードという意味ではなく 「遅い時期」
「長い道のりが故のタイミング」になります。

本来の高さよりも 低いボールを打つのには
空間を作り出さなくてはなりませんから
体が起き、体が開き、ゆえにディッシュアングルを消失したりするわけです。
スナップショット 1 (2018-05-19 20-35)
この素振りが典型で
この素振りを本当のショットに応用すれば
必ず 前傾は消え、体は開きます。

 最近では前傾を 側屈 体の横の傾き に変える
 意味不明な用語まで開発されている次第です。



自分はヘッドを下に振っているつもりでも
下に振れば振るほど 体は上を向くので
振る度合いと 左足上がりの度合いが増えているのとおなじで
クラブを通すスペースがどんどん無くなっていきます。
ですので スイングを急がなくてはなりません。

ゆえにこの手のショットをするひとは
ハーフスピードやクオータースピードの
動作スピードを調整することがとても苦手です。

また ロフトを開いて、上に振る動作をするので
クラブが長く、ヘッドに奥行きのあるフェアウェイウッドが不得意です。

その多くの人が
ダウンスイング後半の インパクト直前で
ヘッドをリリースして、グリップの移動を止めてしまいます。
そのまま グリップを移動させていれば
 順序で言うと 先に腕で斜め左に下げ
 あとから体でその移動を引き継ぐ その流れのまま
グリップを移動させていれば 届くのに・・・
直前で その流れを切ってしまっています。


地面にあるボールを届かせるには
「グリップ」を下げるコト!
そして 体の時間の流れを逸しない
 時間を無駄に浪費しない近道をするコト で
気分を優先して
 ヘッドを下に振る遠回りは
 多くの問題を内包した振り遅れを作るに過ぎない と
気づけるかどうかが分かれ目になると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


多くのゴルファーはスイングをシンプルに簡素にして
飛ばせるようになる ことは勿論
繰り返せることを望んでいるはず…なのですが、

最近 主流になっているスイング論を見ていると
収入の多くない人が無理やり タワーマンションを買って
払いきれないはずなのに 何枚ものクレジットカードを回して
なんとか返済をクリアしている ような、
生活を充実させるはずのマンションが
返済のために生活しているような、そんな
本末転倒観がものすごく匂います。

典型的な例が シャットフェース論 です。

シャットフェースの基本は
✋フェースが右を向く オープン
✋フェースが左を向く クローズ でも
✋ロフトが開くこと
✋ロフトが閉じること
 でもなく
単に前傾姿勢と体の向きによって発生する事象です

スイングの姿勢には前傾姿勢があります。
その前傾姿勢とは
骨盤と大たい骨の前傾角度差を指します。
MVI_0850-0001-1

ですので 骨盤が右を向いた時、
体の左サイドが右サイドに比べ
位置関係として低い姿勢になるので 発生します。
(体が前傾姿勢なりに傾いているので)

まず 第一に
良い悪いは別にして
トッププロも含め 現代のスイングの多くは
骨盤を右に向けず
 胴体・上半身をねじって 肩だけ右に向けます。
なんと言ってよいのか、何と呼んでよいのか
該当する言葉が思い当たりませんが、
左上上半身は伸ばし、右上上半身を縮めて
肩ラインの右向き姿勢を作るので
ボールの方に頭・上半身は傾いていますが、
左上上半身の方が高く、右上上半身の方が低い
逆の姿勢を作っています。
4bcbe6f4

✊この時点で シャットフェースは作れません。
もともと意味合いを失っているので
見た目のシャットフェースを作っても意味がありません。
・・・これをシャットフェースという意味もわかりません・・・
にもかかわらず シャットフェースという言葉が使われます。


見た目という意味でも
シャットフェースとは
フェースが地面を向いていること で
空を向いている のとは魔反対なはず・・・ですが
なぜか その見た目をシャットフェース
人によっては シャッターフェース と呼んでいます。
もうこの時点で意味不明です。
スナップショット 1 (2016-11-26 15-46)

あああ 深い意味はありませんが、
さびれた商店街のシャッターが閉まっている という意味
なのか と感じてしまいます。

シャットフェースの最大の利点は
ダウンスイング時 シャットフェースを作ることによって
クラブヘッドやクラブ、腕の重さが
 位置関係として低い左グリップに多くかかり
左グリップが 打撃方向、進行方向に押されやすい
体の回転に遅れにくい 状況を作ることです。
そして その重さによって押された左グリップのお陰で
左サイドが低い時間を長く保ちやすく、
また それによって高低を使って
低い左サイドへの スムースな荷重移動・体重移動が
しやすいという 型ではなく 実利のあるモノです。

スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)


私の目がおかしいのか、頭がおかしいのか、
そこは当の本人にはわかりませんが、
現代言われているシャットフェースは
『単にクラブ、シャフトが右に倒れただけ』
シャットでもなければ、オープンでもない、
元来のスイングとして存在していない形です。

ほんの少し前の ゴルフスイング論では
『クラブを寝かす』『シャフトを寝かす』
タブー 禁忌な行い です。


ゴルフスイングを考えるのに
新しい方法・より良い方法はもちろん歓迎ですし
それをすることによって 体を傷めず、楽して飛ばせるなら
どんどん取り入れる心つもりはありますが、
この方法には ナンの利点も見出せません。

何の実利もないコト
それをすることによって より複雑に、煩雑になるコト
どう考えても体にやさしくないコト
人間の動作として美しくないコト
・・・なんでやろうとするんですかね〜

20170920_matsuyama-650x435

100歩譲って
これをシャットフェースと定義すると
これに対する オープンフェースとは
いったい どれなんでしょう?????????????

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



からだの回転 と
 腕使いの順序を覚えるために非常に重要なドリルです。



 是非ご覧ください
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5


〇体を回せばよい
〇からだの回転でクラブを動かせばよい

これでは中身が伴いません。

私はやったことありませんが
仮想通貨やFX やれば儲かる と同じ。

MVI_0873 (2)(2)_Moment


からだの回転でボールを打つのには

体が右向き ここから始まり
正面を向いていく過程の中で
✊ボールの遠くから近くへ(インサイド)
✊高い所から低い所へ(上から)

この時期を利用するためのモノです。



ですので この時期が存在しないとか
この時期を逃してしまって 体を回すことを考えても意味はありません。


最近の主流の
テークバックでは体は正面を向いたまま
しかし、ダウンからは腰(胴体/からだ)を回すは
体はボールから離れていき
体は上を向いていく(下から上へ)の時期になりますから
手で、腕で クラブを振らざるを得ません
そうしなければ 空振り です。


クラブの重さを使いますが
腕の補助で グリップが体から遅れてしまうのであれば
結局 腕で振らなければならなくなりますから
体の回す動作速度は 思っているよりも ゆっくり です。



体がボールに近づくコト
動作が上から下に向かっているコト

この時期を逃さないコトです。

ダウンスイングで 体を先に回し。。。。。
となると もうこの時点でその時期を失います。
好き嫌いに関わらず 腕の振りでボールを打つことになります。

からだの回転で打つ! とはそういうコトです。


✋そう考えていくとIMG_0361_Moment
 ゴルフクラブは 長さがあり、その先端に重さが付いています。
 移動・・・運動させれば その重さは積算で増えます。
 そして それを持っている、支えている腕は
 当然ですが、体、体幹にある筋肉より小さな 力弱い筋力です。

 ですので からだの回転で からだの回転に遅れず 同期して打つ とは
 先に 腕を動かしおく、体を右向きを止めたまま
 グリップを先に送っておく 位で無いと 同時にはなりません。

 せっかく クラブの重さがグリップに掛かっていて
 その重さも使い グリップを先に目的の通過地点に送れるのに
 先に体を回してしまうと その機会を失います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



具体的には
体を捩じり 左腕を長く使い方
は 体ではなく、荼関節 でもなく
左の肩甲骨を使っているに過ぎません。

2013-04-06 12-19-18.455_Moment







アドレス時の体 胸と左腕の関係 は
上から見ると 筆記体の『L』の字のような関係です。

左腕が左肩から生えていて
グリップは左右、両手で握っていますから その形になります。

IMG_0058Trim (2)_Moment(2)IMG_0058Trim (2)_Moment(3)








テークアウェイで その左腕が 胸とくっ付くような
その角度が狭まっていく 『エセ右向き』を採用すると
この際、大きく稼働しているのは 茲慮甲骨だけなので
即時 背中の筋肉がはり 体の限界がすぐに来ます。
実際には右を向いてないのに
 体を回した『お約束の自己満足だけ』が早期にきてしまいます。
 一番悪いパターンです。
 右向きで 張るのは右のお尻や太もも廻りです

右向き 準備としてのテークバックの その体の張りが
 一つの目安なると思いますが どこが張るのかチェックしてみましょう。


両腕をクランチするコト 上腕を上げる

これは 肩甲骨ではなく、肩の関節を動かすコト ですが、
テークバックからトップまで
 これ以外に 背中、上半身、胴体は何も使いません。

まず 肩甲骨を動かすコトで スイングする人に聞きたい922a6798
肩甲骨は体なんですか と     これが人間の骨格→
肩甲骨は スイングで言うところのからだ/胴体の一部
 なのでしょうか?
 それとも 腕の一部 でしょうか?
医学的にどういうのか はわかりませんが、
こと スイング動作においては 肩甲骨は体とは遊離した存在で
腕を動かすためのモノです。

IMG_0058Trim (2)_Moment(3)そこを積極的に動かすコトは 手で振るスイングを作る「だけ」
なのではないのですか と ?

👈これは 手だけで動かしている「ように」見えませんか❓

👈体が回っているように見えますか❓
 クラブが移動するのに 体が関与しているように見えますか❓


スイングの大事なことは
 トップの位置 と呼ばれているところに クラブが行く真似 をすることでも
突っ込んで言えば 体が回ること でもなく
 どう考えたら より効率よく飛ばし、方向や距離も安定し
 より確実に繰り返せるか
 というコトで
自分のゴルフ なのですから
 他人の目を満足させる必要は 1mmもありません。

スイングにとって 前傾姿勢がとても重要で
胴体、股関節を境に骨盤から上を捻らず一体に向きを変えることで
その前傾姿勢を維持しやすくし、 よって スイング軌道に傾きが保てます。
アドレスに 前傾姿勢を作るマネをして
その前傾姿勢とは関係なく 腕で軌道を斜めにするのに何の意味があるのです❓

ましてや その前傾姿勢は
本来 それそのものに意味があるのではなく
そのクラブの長さに応じて発生するもので
それによって そのクラブの長さ、そしてそのクラブのロフトに応じた
入射角度を作り出すモノです。


股関節を境に 骨盤から上の胴体を捻らず向きを変えるコトで
クラブを動かさず、それを持った自分が動く、 それによって
両腕の長さに束縛を受けず ヘッド姿勢が安定しやすくなります。

ヘッドの入射姿勢がからだの回転によってもたらせる。

ヘッド軌道を手で作るのに比べれば
 遥かに 姿勢も軌道も安定する のです。
 段違いの差、けた違いの差 です


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


飛ばそうという欲によって
体を捩じって 向きを変えてしまう と
両方の腕の長さが合わなく なります。
どちらの腕を長く使い
どちらかの腕を縮めて使わない
 と
クラブがもっていられません。
4bcbe6f4
それでは 自分の体に対し
ロフトやヘッドの向きが捩じられてしまいます。

テークアウェイにおいて

体を捩じって ゴムのように使えば
左腕を長く使い
右腕を縮めなくてはならず
これによって クラブのロフトもヘッドの向きも
非常に複雑に変えられ、
仮にロフトゼロ度 0度のクラブであれば90度も開いた形
ロフトがどれなのかもわからなくなるほど で
フェースではなくソールがボールに相対する形にせざるを得ません。

そして その動作によって
20170920_matsuyama-650x435
右腕に左腕がかぶさってしまい
右ひじが外に開かず、上がらず 
結果、ひじが下向きを作っているに過ぎず、
これをスイング動作 と呼ぶ考えは
今日をもって捨ててしまいましょう。
全く必要がありません。

はなはだ無意味な勘違い
体をなじって 腕もクラブもねじって 打つ準備をすれば
非常に危うい、ギャンブルにも近い 確率、安定度で
ボールをショットするばかりか
アプローチやバンカー、フェアウェイウッドのミスの確率を増幅させます。

あえて言えば 上手くなりたくないためのテークアウェイ です。

それを信じるのなら 自分の体の故障、痛みを供物として捧げてください。

MVI_0873 (2)(2)_Moment(5)

昔も今も ボールは体の正面付近で捉えられる 通過するコト
というのは、その時期にインパクトがあれば
両方の腕の長さが合い、そのクラブのロフトが生き
そのクラブの長さ、そしてその長さによる前傾姿勢でつくる
ヘッドの進入角度、入射角度が一定しやすいから
 です。

それを作るには
体の幅の中、体の左サイドに左腕、茱哀螢奪廚鮹屬い討く、
必要が不可欠です。

それでなくとも
運動で増えるクラブの重さや腕の重さによって
切り返し以降 左腕は遅れがち
かつ 長くなり易く さらに重さを生みます。

ダウンからインパクトにかけて 左腕の長さが邪魔だと
体の開き、からだの上向きを生んでしまい
ミスだけでなく、飛ばないショットの誘発になります。
スナップショット 1 (2016-11-26 15-46)
下準備であるはずのテークアウェイで
それをより一層生み易い 左腕を長く、右腕を短く
左グリップをからだの右に右に置いて込んでおく
その愚は。。。。。

手遅れになり、その準備によって
フェースローテーションが不可欠になる、
その下準備は。。。。。何の意味があったのでしょう。

私には嘘を嘘で塗り固めているスイングにしか思えません。

この体の回し方では
クラブを上げているのではなく
ただ横に倒しているだけで
ヘッドの高さ、位置エネルギーによる飛ばす力を放棄し
体の回すスピードのみによって ボールを飛ばすコト になり、
それが可能な偶然性のアップ インパクトの作り方
というのが ゴルフスイング というコトになりますが、
それを望まれますか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

133
からだ、胴体、骨盤の向きを変えるコト
略称して 体を回す と書きますが、
この行為の意味、役割、主目的、真意と言う意味を
間違えているコトが 体の回し方 に大きく影響を及ぼします


おそらく…ですが、
多くの方(ほとんど…かな)は 体を回すコト が
ボールを飛ばす(遠くに飛ばす)ことの 主エンジン、原動力
と 信じてやまない のだと思いますが、
正しく体を回せない、特に右向きが出来ないゴルファーがあまりに多いので
あえて言いますが それは間違い です。
73d28d33
 その概念が正しく回すことを妨げています。

体をゴムや雑巾のように ぐぐぐ〜 っと ねじって
その戻る反動のスピードがボールを弾き飛ばす〜〜 みたいな
そんな風に思っているのでしょう。


あえて言いますが 大間違い です。

体をねじって 捻り戻そうが
股関節を境目に 胴体を捩じらず向きを変えようが
その作り出せる ヘッドスピードには 差がまったくありません。
あるのは 体をねじる は、本来してはいけない危ない動きなので
体に感じる実感の差=危険度、実際には関節のきしみ・痛みのみ
やった実感の伴う自己満足度のみ です。

ゴルフで 飛ぶのは嬉しい ですが、
狙った距離と狙った方向 を使って、スコアの無駄を省く
そういうゲームですので、
狙った距離よりも飛び過ぎも、飛ばな過ぎも困るのです。

飛ぶのは嬉しいですが、飛んでも狙った方向が狂い
どの方向に飛ぶのか大きく曖昧なのであれば
その飛ぶ能力はマイナスにしか働きません。

飛ばすことは男のロマン、夢であることは否定しませんし、出来ませんが
それによって
〇体を傷める
〇腰が痛くなる
〇首が痛くなる
〇距離も方向も安定しない

そして、その原因になる 正しい『右向き』 体の回し方 を
覚えられないのであれば そこは改善の余地あり
 です。

気持ちまでも否定できませんが
飛ぶショットや飛んだ記憶は
ビュンと速く振ったから飛んだ のではなく
正しく、偶然であっても 正しく"喰った"から。

そして それを出来るだけ頻度良くするには 正しい右向き、
正しい体の回す方 が 不可欠 です。


ゴルフは好きなように、好きなスイング、好きなクラブ で
する楽しみもあるので、否定は出来ませんが、
距離を求めて、体を壊してしまう のであれば 悔い改めましょう。


体を回すコト
の一番の目的は
安定した方向と弾道を作ること
つまり 安定度を高めるコト です。


おそらく意外でしょう。

体を傷めず、クラブの機能も有効に使い、ボールを飛ばし
かつ その頻度を高め
方向や距離も安定させるには
正しいからだの回転が必要です。
修正後_Moment修正前_Moment








それは からだの回転が
骨盤の向きの変更が 安定した ヘッドの軌道
ヘッドの入ってくる弧を作り出している から です。

円弧 に関しては
インサイドアウトとか、アウトサイドイン とか
そっちの円弧 よりも 上下、高さ、どのような角度
上下の方向から入ってくるか の方がいろんな意味で重要です。

正しく体を回せれば
骨盤から上、股関節を境目に胴体の向きを変えられる方が
その軌道、進入角度 を一元化出来ます。
ダフリやトップの確率も格段に下げられます。


IMG_0226_Moment(2)IMG_0058Trim (2)_Moment(4)








体を捩じって 結果として ローテーションで
インパクトを迎えてしまうと
そのローテーションの仕方による ヘッドの進入角度 と
そのローテーションの影響による 体の姿勢
 の
二重に 進入角度を左右するものが生まれます。

これでは 疲労が蓄積しやすく、天候や傾斜の変わる現場では
弾道や距離が安定しません。
特に傾斜のショットが上手くいきません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

オジサンゴルファーが体を痛めないスイング


現在、日本人ゴルファーの平均年齢は61.6歳
15年前は58歳でしたから、ゴルファーも高年齢化しています。


困ったことに、現在、主流になっているスイング
一般的に流通しているゴルフクラブは若者向けのモノばかりで
平均年齢に近い、そしてそれよりも上の年齢層に
不向きなものばかりです。
6e29a7ea8f8f16e856be62cba38d45c6

若者向けのスイングやクラブは
絶対的な体力や練習量・頻度が必要です。

真っ直ぐ、繰り返し、そして遠くに飛ばすには
練習頻度を維持し、メインテナンスが絶対条件なのが
災いして、体を痛める人がとても多い、
びっくりするほど多く、
それが原因でゴルフを断念してしまう人も少なくない
のが ゴルフ業界の悩みの一つです。

体を痛めてしまうスイング・動きの代表的な例が
運動している〜動いている部分に対し
止まっている〜動いていない部分があることで
特にその支点 ☞ 左手首〜左ひじ〜左肩〜左側首
ここら辺を痛める人が少なくないようです。

ショットの是非 も勿論そうですが
ゴルフスイングを修正、改善するのに
意識する部分で
行き(テークアウェイ)と帰り(ダウンスイング)
ある訳ですが、
行きで出来ていないことは 帰りでは出来ません。
運動の遅さや不可抗力の具合などを考慮すると

『行きで必ずやっておきたいことがあります。』


➡前述しましたが、左手首、左ひじ、左肩、左側首 を
痛めてしまう原因は、移動している全体に対し
その痛める箇所 左腕付近が止まってしまうことです。
そのタイミングは運動の速度や一番速まる時期なのですから
負担がかかる訳です。

体を痛めないスイング、部位を痛めないスイングの基本は
運動している方向の腕、特に肘が
その移動を、その運動を止めないことです。
つまり ダウンスイングで左ひじの移動を止めないことです
つまり ダウンスイングで左ひじの移動を止めないことです
つまり 
ダウンスイングで左ひじの移動を止めないことです
329500ce

その意識は慣れてこないと難しいでしょう。
ですので、テークアウェイで(右方向への移動・運動の際)
右ひじの移動を止めないスイング を作ることがファーストステップになります。

テークアウェイで右ひじを支点にして
クラブを動かすスイングを作ると
例外なく、ダウンスイングで左ひじを支点として
クラブを動かすことになり、
左ひじを支点…止めるという事は
左サイドの横移動〜回転を止めることになります。
多くのスイングは横移動を上移動に逃がすため
体を絞るようにつながり、首などを痛めるスイングになります。

それを食い止めるため
テークアウェイで右ひじの移動を止めないよう
注意してみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフスイングには体重移動が付いてきます。

それは体の自然な流れで
右を向いた時には、右足に
左を向いた時には、左足に

体重がのります。
2013-04-06 12-19-18.455_Moment

逆は非常に不自然で
腰や背骨に負担がありすぎるでしょう。

スイングの体の向きの変更は
背骨を捩じらず おおよそ背骨軸で
骨盤ごと 胴体を回します。
2013-04-30 10-21-17.464_Moment

胴体の重い部分は 前側(背中側ではなくお腹側)にあるので
向きを変えると自然な形で 左右の股関節に重さがかかる訳です。

ですので 体重移動、またの名をシフトは
体の向きの変更と一体、パックになった動きで
別々に行うのは不自然というか、体に悪いでしょう、私たちの年齢では。

MVI_0874Trim_Moment一般的な オンプレーンスイングは
右もそうですけれど、左を向く のではなく
体を右に傾ける 横に倒れるような姿勢ですから
腰に不安のある方は避けるべきでしょう。

正しいからだの回転 は
正しい体重移動・シフトを同意語に近い
リンクした関係です。

体重移動が上手くいかないのは
「体重移動」が上手くできてないのではなく
からだの回転が不自然な動きだからです。

体は各部分を守るため、 あそび というか
歪んだり、ひねったりできる余裕があります。
しかし それは 非常時の保険 ですので
行う前からそれを使うのは危険です。



……では 何がダメなのか というと
クラブ 腕を含めたクラブのある位置
足に対して どちらにあるか

というのが体重移動です。

右向き⇒右の足の重さのかかっている時は
クラブや腕の主な重さは 右側にあります。
ダウンスイングからインパクト前後のかけては
左サイドが低い のもありますが、
左側、左足の方に クラブや腕の重さがかかるように
動いていないと 同期・シンクロして
左への体重移動が出来ません。
グリップエンドの位置 と 左右の足の関係 ですね。

逆に言えば クラブ・・・グリップのある位置 が
体重のある場所 と考えてよいと思います。
IMG_0872

クラブが左足の方に移動すれば
右に体重を残しておくことは出来ません。
ボールも打ちにくいですし、結構 怖い動作です。

クラブという スイングの中で
一番先端にある 一番軽いモノを
先に 先に 左足に送ってあげれば
回転も、シフトも 自然に付いてくる と考えてよいと思います


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

スイング改良にとって、
 ゴルフクラブの基本機能を利用できるかどうかにとって、
 とても重要で、スイング改良出来るかどうかの鍵になります。
 記事のネタに困っている、という本音もありますけれど
 わからないことがあれば 「メール」にて質問を下さい。
 お名前は勿論伏せますが、ブログ上にて回答させて頂きます。
 hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp


2013-04-06 12-19-18.455_Moment




★ヘッドを多く動かしていけない
★グリップが移動した分だけヘッドを移動させる
★体の向きの変更以上に、
  いやそれ以下で…円を描いてはいけない



 ここらへんは頭で理解している人も多いでしょう。

しつこくおさらいですが、
スイングは 打ち手が動作をするからクラブが動き、
その結果、ヘッドがボールを接触し、ボールが飛ぶのです。
クラブヘッドが動く原動力は打ち手の動作であり
その動作の一番大きなもの、殆どと言ってよいものが
 
フットワークを使った胴体(体)の向きの変更〜回転
によるものです。
◆円を描いているのだから その外周分 半径の違い分
 ヘッドの方が多く動く
◆ヘッドはグリップを追い抜く
と考えている人はその根拠…
 グリップよりもヘッドがたくさん移動〜運動する
 そのヘッドの移動のエネルギー源を教えて欲しい です。

images

それらのことを頭では理解していても
実際のスイングの多くを見ると
自覚無き状態で ヘッドの方をたくさん動かしています。
無意識なのかもしれませんが、円を描こうとしています。
そして その動きが不必要な遠心力や不可抗力を生み出し
体、特に左サイドを引きながら、上げながら
インパクトを迎えることにさせてしまうのが
スライスやこすり球、ミスの大きな原因 です。

ここの部分は とても大切な認識であり、
技術ではなく、自覚というか、 
「気づき」
自分の動きに
「気づいてさえしまえば」
一気に解決の糸口が見えてきます。


➡そのヒントがテークアウェイにあります。

取り合えず 
 ➡腕周りの作業が止め
 ➡前傾姿勢もなし 棒立ちの状態で
アドレスから右向きを作ってみましょう。

誤解を生みやすい部分ではありますが、
体の回転は結果円運動を生み出します。
体の向きを変えると
アドレスを基準に グリップの位置は
体の回転〜向きの変更の量分、ボールから
ゴルフ用語でいう「インサイド」〜自分側に離れていきます。
遠くなって行きます。

フルターンした状態では
グリップはかなりボールから離れました。

そのグリップの移動距離【量】が基本です。

アドレスから ヘッドの移動距離量も
 まったく それと同じ
もしくは ヘッドの重量分だけそれよりも少なく
移動させるのです。

骨盤の… 秀二の向きで言うと
アドレスから90度近く 右を向いたわけですが
ヘッドの重量分を考えると
シャフトの向きは 70〜80度位になります。
グリップの移動した分だけヘッドも移動します。

別な課題ではありますが
この部分での注意点の一つに
ドリルとしての体の向き、骨盤の向きの変更を
90度くらいに設定した時、
しっかりと 左のポケットも後方の人に見えるように
右のお尻を大きく動かすことです。
 ➡➡➡勢いを付けてはいけませんよー

ここのポイントで
骨盤や秀二の向きが90度右を向いたら
シャフトの向きも90度 と考えている人に質問です。
ゴルフやゴルフスイングにとらわれず物理的に考えてください。
グリップが移動した分よりも
 ヘッドの方がたくさん移動した
  そのエネルギーはなんですか?

ヘッドには特出した重量が付いています。
もしも そのヘッドの重さが30キロだったらどうでしょう?
オーバーな と思うかも知れませんが
30キロであったとしても、300グラムであったとしても
そこに特出した重さが付いていることには差はありません。
程度が違うだけです。
2013-04-30 10-21-17.464_Moment

体の向きの変更だけが
クラブヘッドを移動させるエネルギーの根源だとしたら
グリップの移動する分、移動した量分だけ
ヘッドの重量を差し引いたその分だけしか
ヘッドは移動
「出来ない」筈ですよね?!
違いますか?

体が右向き90度した分
シャフトの向きも90度した
そうすると
ヘッドの移動量の方がグリップの移動量よりも当然多くなります。
そして それにはヘッドには特出した重さという
静止した状態から始まる「移動したがらないエネルギー」分も
更に余計に動かしている ということになります。

そのあまり芳しくない 移動の源 は
全部 手さばき です。
手打ちが好ましくない と思っていても
この時点で、スイングのかなり初期の段階で
手で打つことを前提とした動きを入れてしまっています。

ヘッドをたくさん手で動かすのには
テークバック時は 右サイドを止めなくてはなりません。
左腕や左サイドだけでヘッドを動かさなくてはなりません。

クラブヘッドの移動分、そしてその重量分
 よりたくさん手さばきが必要になりますから
テークアウェイの時よりも運動の速度の上がる
ダウンスイングでは その動きはより必要になります。
ヘッドの重さが増えるからです。
ヘッドには運動の慣性が付くので、
どんどんその質感は増えていきます。。。

IMG_0272_Moment

30キロもヘッドを動かそうとした時
どうなりますか?
体を右に向けて、グリップを移動させても
ヘッドはまだアドレスの位置に残ったまま…
    かも知れませんよね。
それが ゴルフクラブの扱いとして「正解」なんです。

たった これだけのドリルですが
ここにスイングの秘密、
今現在自分のゴルフが上手くいかない理由
体を痛めてしまう理由、飛ばない理由 …
それらがほとんど詰まっています。

ここの部分が理解でき、自分の動かしを「自覚」
「気づけるか」どうか
 がスイング改良の最大のポイントと言えるかもしれません。

ここを気付ければ それから先のことは
雪崩のように押し寄せてきますよ。
。。。ここの難しいところは
 この記事が理解できる人にはこの記事は必要なく
 この記事が必要な人にはこの記事が理解できないかも

 ということですね…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



テークアウェイで体を右に向ける
ボールを遠くに、安定して打つのに
不可欠なとても大切なことです。

間違えた形で右向きを作ってしまうと
量自体は足りていても 右向き不足と同じになってしまいます。

修正後_Moment修正前_Moment









まず 基準になるのが
理想ではありますが、
インパクトは ボールと正対した時間、
体の概ね正面で 通過・・・・・・終わらせたい
というコトです。

ボールを正しくさばくには
ボールを上から抑えたい ですから
グリップエンドは 茲梁世發發料阿△燭
意識としては 茲梁世發發茲蠅發辰鉢茵^
にしたい訳です。
down_swing

『振り遅れ』というのは
その左の太もも・大腿、 その向きも肝心ですが
左の太ももに対し
グリップエンドが 遥かに右にあることを指します。

本来は 体の向きが変わり
左の太ももがボールを過ぎた時は
同じく インパクトを迎え、通過したところです。

左の太ももがボールを追い越したのに
まだ 打っていない というのが 振り遅れ・手遅れ な訳です。
多くの人は
左の太ももが ボールを通過して「から」
クラブを振り始めます
 よね。

downswing
多少の振り遅れは良いのですが、
こうここまで行くと 
アクロバティックな 曲芸うちに近い感じです。

体の姿勢は既に打ち終えています が
クラブはまだ ダウンスイングの始まったばかりのトコロ

こうやって打つのなら 一本のクラブで距離を
打ち分ける遊びに変えた方が良いのではないかと思います。





ボールを打つ前の事前段階で
体は回す〜右を向けるけれど
左の太ももと茱哀螢奪廚覆蝓▲哀螢奪廛┘鵐匹琉銘峇愀犬
大きく開きたくない、右にずらしたくないのです。
IMG_0294_Moment

肩周りだけ、左腕だけで テークバックを取る系のスイングは
もうこの時点で 振り遅れが確定してしまい、
振り遅れているのをどう打つか と言うスイング論です。

骨盤を右に向けると
股関節もひねられ 菎臑椶盡きを変えます。
正しく 右を向ければ
左グリップ・グリップエンドはさほど右にはズレません。
振り遅れにくい状態の上で 右向きが出来た というコトですね。

クラブを捻られない為、73d28d33
左腕だけでテークバックを取らない為、
ハミングバードでは 右ひじを外に張り、曲げた分高くしましょう
と推奨していますが、
それを意識しすぎて 肘廻りで 胴体を捻って は
左大腿とグリップの関係が離れすぎてしまいます。

右向き は多い方が
ダウンスイングの 時間も空間も稼げますから 良い…のですが、
それを意識しすぎて 胴体を捻り
左太ももとグリップエンドの位置関係を離しすぎてしまえば
結局、振り遅れやすくなるので同じです。
頃合い と言うのは難しいモノではありますが、
右を向く、そのうえで 左太ももとグリップの位置関係
立体的な、ではなく 単に 左右方向に
大きく離れないように意識したいモノです。
MVI_0873 (2)(2)_Moment(3)

理想的には
ダウンスイング グリップエンドは
その懐の空間を利用して
先回り、近道をして 左太ももと追い越してしまいたいのです。
実際には それは不可能・・・ですが
その位のつもりでないと 良い位置でインパクトが通過出来ません。

左の太ももとグリップの関係、位置関係は
正しくボールを打つのにとても重要で
その関係を意識すれば、体の動かす部位の順序も
なんとなく見えてくるのではないかと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

   
イメージ、頭の中の問題ではありますが、
スイング動作は そのイメージを具現化させよう とする行為ですので
小さくない問題です。

8658a3e6-s👈ボールをこう打つイメージでは
 グリップエンドの移動がかなり遅くなります。
 ヘッドを振る〜シャフトの角角度運動をするには
 グリップ所定/想定の場所に入ってから振る
 グリップエンドの移動、 ヘッドの移動 と言う
 二重動作になります。

e00bf7e6
👈一方 こちらのイメージ
 グリップが所定の場所に入るコトそのものが打撃です。

 グリップエンドの移動は上に比べると早く 多いです。
 グリップエンドの下がる量も多いです。


アプローチをする場合 距離コントロールをする場合でも002
イメージ,痢.悒奪匹鮨兇襯好ぅ鵐阿任
グリップエンドの移動は制限が必要になりますから
体の大きな動作とヘッドの移動動作につながりが薄く
しかも見ての通り ロフトの姿勢変化、ヘッドの入射の変化が
激しいため  一定の球が打ちにくくなります。

e00bf7e6
こちらは グリップエンドを動かす動きそのものが
ヘッドの移動になりますから
体の動きが スピードコントロール です。
ロフト姿勢、入射も格段に一定にし易い



この二つのイメージを頭に入れて 二つのスイングをご覧ください。


右のハナちゃん(修正前) のスイングは
明らかに グリップを所定の場所にいれて「から」クラブを振る スイングです。
体の正面=ボールと正対する は タイミング的に グリップが所定の場所に入る時!
そこから 振ったのでは 振った分、振り遅れ 体は開き
結果、外から入ることになりますから、フェースもロフトも開きます。

グリップを所定の場所に入れるコト そのものが打撃なのと
グリップを所定の場所に入れてからクラブを振る のでは
当然 それに伴う右腕の伸ばす時期も異なってきます。

右を向いて グリップが下がっている時期に右腕を伸ばすか
正面を向いて グリップが下がってから右腕を伸ばすか
そこを見ても スイングのイメージが見えてきます。


やはり 一番気にするべき点は
ダウンスイング時の 茱哀螢奪廖淵哀螢奪廛┘鵐鼻砲
✋動かすタイミング
✋動く道のり
 
です。

所定の場所にグリップエンドが入ってからクラブを振る には
左グリップが先走られたら 追いつきません。
左グリップの切り返しが遅くなり
追いつくために長い道のり、遠回りをさせなくてはなりません。
スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)スナップショット 2 (2017-10-23 20-11) - コピー (2)










体の正面に間に合うショットにするには
グリップが所定の場所に行ったとき そのものをショットにする
タイミングが必要で、これは『かなり早い時期に』インパクトが 来ます。
おそらく 今までの 1/3位しか 時間がありません。
長い棒 1mの棒に回転をさせないのですから当然ですが…。

茱哀螢奪廚下がっている過程にインパクトが来ます。
ですので 今までよりも 自分に近く(ものすごく近くを通ります)
かなり早い段階で 茱哀螢奪廚下がります。

これによって 左腕が前傾姿勢の中に入り
前傾が保たれ ボールに届くのです・・・。
👉これが前傾を保たせる唯一の方法なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5


downswing今はこの手のスイング多いですし
そう教えられている方も多いので
何も感じないのかも知れないのですが、

コレ👈 を見ると  振り遅れー!  と思うよりも

「ええええええ 何でボールを打つの?
何で クラブを動かすの?  ええええええええ( ;∀;)」

って思うのですよ。
down_swing
本来のボールを打つ原動力の体の向きは
既にフォローからフィニッシュの状態
ボールを打つ原動力を既に消失しているのに
はてさて どうやって打つの〜〜? ってん感じなんです。



体の向き、右向きから正面に向いていく
その行為そのもので ボールを打った方が
体にも楽ですし、大きな筋肉も使えます。

その一番美味しい行為、美味しい時期を逃したら
ものすごく色々なコトを、本来全くしなくて良いことを
一番忙しい時間にしなくちゃ いけなく なります


二人とも 骨盤や胴体の向きは既に フィニッシュに近い状態・・・。


練習量、練習頻度も豊富でなく、体のどこかが痛いような
私たち オジサンおばさんゴルファーは もっと体に優しく
目にも易しい打撃をしましょう。

初歩の初歩 なのかも知れませんが、
とっても大切なコト です。
MVI_0878(2)_Moment(3)✋この状態からスタートします。
〇胴体、骨盤も右向き
〇腕はおおむね伸びた状態
〇前傾姿勢もあり 左サイドが低い分以上に
 フェースは下向きが重要です。

MVI_0878(2)_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(6)このイメージは
 ダメダメイメージです!

運動によって重くなる
『ヘッド』を動かしてしまう
このイメージは 結果、上の二人の振り遅れを作ります。
クラブの長さを半径にした円を描くイメージ は 振り遅れに直結します。

『体の向きでグリップを移動させる』習慣を心がけましょう。
動かしたい気持ちは分かりますが、ヘッドは完全に捨て置きましょう



images

体を回転させ行き、グリップを動かし、ヘッドを引きずる
自分とボールの間、空間を 自分と平行に
グリップエンドが飛球線方向を向いたまま 抜いていくイメージ です。

ヘッドはボールの方に 自分では出しません。
IMG_0324

始めから 両腕は伸ばしたまま ですので
腕は グリップエンドを送る ほんの少しの補助に使うだけ
特に肩回りは何もしません。

フェースは下向きのまま です。
MVI_0878(2)_Moment(3)
この位置で クラブを落下させては
ボールに当たりませんから
からだの回転で ボールに当たる位置
にグリップエンドを移動させるだけです。

手の仕事はほとんどありません。

ボールには体さばきで届かせてください。


どう からだの向きを変えるか?
どんな 左右の高さ、足さばき になるか

とても重要です。


手さばき、肩さばきでボールに届かせたり
ヘッドでボールを探るような行為はご法度です。

この行為が打撃の芯 になり
飛ばすコト、安定させるコト、弾道を管理すること
アプローチの距離感 すべての芯になります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



手でスイング軌道を作って打っている人が
からだの回転で となると

腕の使い方 と 体の使い方 の

双方を変える必要が生まれます。


『からだの回転』2013-04-30 10-21-17.464_Moment
インサイドから入れる場合、
この矢印の方向(ボールに対し)
感覚的には ダウンスイングからインパクトまで
ずっと グリップの方がボールに近く、ヘッドの方が遠い
・・・・それではボールに届かない・・・・と思うかも、ですが
体が回る、体が向きを変えるから
結果として ヘッドの方がボールに近づく、出るのです。

手さばきでヘッドを出さず、
からだの回転もなければ ボールには届きません。



ここで 『手さばき』
グリップよりもヘッドを出してしまう、ボールの方へ出してしまうと
その分、体は開いてしまうので
その時点で インサイドから打つ機会を失います。
また ヘッドを動かすのには グリップを止めねばならず
そのために 先に体を回して スタンバイしておく必要が生まれます。

✋手さばきでヘッドをボールの方に出す行為は
 そのまま 振り遅れ〜アウトサイドインを生みます

双方でやり方も違いますが、手順も違うのです。
使い方/手順 片方だけ治しても当たらない だけ…



切り返しから ヘッドの仕事、ヘッドの役割は
その重さによって グリップを打つ方に、下に、斜め下に
「押す」「誘導する」コト です。

✋ヘッドの重さでヘッドを動かしてはダメです。

IMG_0294_Moment(4)IMG_0294_Moment(5)IMG_0294_Moment(6)












グリップを、クラブ全体を動かしておくことに使う、
ヘッドの重さは使うので ヘッド自体は上下左右前後
その場所に捨て置く、置き去りにする感じです。


グリップよりも ヘッドの方が遠く、インサイドにありますから
右向き〜正面向きの動作が残っていないと
ボールには当たりません。

グリップが動き出すよりも先に 体が正面を向いてしまうと
そこから先の体のアクションは
ボールから離れていくアクションですから
もう体を利用することが出来ません。 


クラブの重さで グリップが押され
クラブが右から左に・・・
自然な回転も伴い、体重も左に移っていこうとします。

この ほぼ無意識な動作が 右向き→正面 の回転 で
気合を入れて 乾坤一擲「体を回す」のは
単なる空回りになるだけですよー。

クラブや腕の重さがかかって 自然に左に移る
 無意識の体重移動 が 打つまでの体の回転 です。

クラブヘッドはグリップよりも高い位置にあるからこそ働くのです。
クラブヘッドを動かしたら それが出来なくなります。



ヘッドは捨て置け
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)


Q::インサイドから打つ、インサイドから振る
   
どちらを選びますか?
   どちらが良いと思いますか?



体の向きとは関係なく
 アドレス時の飛球線の自分側、内側からヘッドを入れる
 総じて 体は大きく開いてのインパクトになります。


体の向き 右向き→通過点としての正面(ボールと正対)
 その時期にインパクトを迎える



dohiraki
,鯀ぶと クラブは寝かすことになり
 インパクト前段階では ボールに対してソールが向く形になりますから
 直前に フェースをボールに向ける ヘッドの返しが必須 になります。
 
 ヘッドの返しは グリップ部の移動が多いと不可能ですから
 インパクトでグリップは止める感じが必要で
 スピードを上げたいのか、スピードを上げたくないのか微妙な行為です。

 また ボールを打つ瞬間は 腕先とクラブしか動いていませんので
 ボールの重さに強くないインパクト になりますから
 ラフやバンカーなど ボール以上の負荷がかかる状態には強くありません。

 ヘッドの返し、ヘッドを振る行為は クラブの先、延長線上に遠心力がかかるため
 クラブが膨らもうとしますから
 今 流行りの「地面反力」というインチキワードで
 空間を作らなくてはイケマセン。
 より 体を開き、より左サイドを上げる必要が生まれる というコトです。

 果たして この方法が 上から打つ、ボールをつぶす につながるのか
 大きな疑念が残ります。


△両豺隋意識としては クラブなり、腕(特に左腕)を
 先行してスタートさせる必要がありますが
 重さがかかるにつれ 体の向きが変わっていく
 それそのものでボールを打つことになるので
 ややシャット目に グリップを抜く と言う以外
 ヘッドの操作は一切不要。。。 
 ヘッドは置き去り、忘れてしまってよいと思います。
 結果、からだの回転が打つコトソノモノになります。

 どの位のタイミングで、どの位の量・時間 左上腕を先行させるのか
 どの位の量 シャット、下向きのフェースが必要なのかは
 その方の好み、特性によって 数をこなしながらの見極めは必要です。
MVI_0670Trim(2)_Moment
 インチキワード「地面反力」と真反対の
 重さによっての 受け身、意識的な動作ではありますが、
 左サイドは沈みながらのインパクトになります。

蹴るチカラ ではなく、掴む力が大切になります。





このどちらを インサイドから と言うのか
によって 覚えるゴルフは大きく大きく異なります。 


・・・出来れば スイングを教える立場の人が
 この部分の正しい見極めをしてほしいかな…と。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 

家や練習場で 体と腕の連携
右腕の使い方と左腕の連携 のために
両グリップを離して 持って素振りをしてみましょう。


このドリルは
テークバックの初期の両グリップの連携にも役立ちます。
IMG_0294_MomentIMG_0294_Moment(2)IMG_0294_Moment(3)












今回は ダウン でのお話ですが、
右腕を伸ばしていくと 茱哀螢奪廚浪,気譴泙后
その押される先が 自分の思い描く インパクトの通過点
そこに押されていくか
押されていくように右腕が伸びるか 確認してみて下さい。

どちらのグリップも 想像よりもかなり
自分の近い所、特に左腕はかなり短く使う感じになります。
IMG_0294_Moment(4)IMG_0294_Moment(5)IMG_0294_Moment(6)












また 右腕の伸びる空間は
スイングで右を向いた時に出来る空間 ですので
腕の動き出し と からだの回転の順序も把握できるかと思います。


このドリルをする時、
主に右腕の曲げ伸ばしだけを意識してるもの だと思いますが
ゴルフをしていれば からだの回転も自然に付いてきます。
からだの回転はそんなモノ です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5


今は言われない(使われない)かも知れませんが、
昔・・・10年以上前までは
アイアンショットなどで
「ボールより前のターフ(芝)を取ろう」
という言葉がありました。

✋アイアンショットで 意図的にターフを取る必要はありません。

ありませんが、もし ヘッドが地面と強く干渉するのなら
ボールの手前 でもなく、
ボールの真下 でもなく
ボールよりも先(飛球線方向)
と言うところが
この ゴルフ用語のポイント でしょう。


これは何を意味しているかというと
現代 主流になって「しまった」
フェースローテーションのスイングでは
もしも ターフをとるのであれば
ボールの真下か、ボールの手前 しか ありません。

ボールを打てて、更にボールの先にターフを取る のは
ヘッドを返して打つのでは難しすぎます。 ほぼ 不可能です。
キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)





フェースターン・ヘッド返し・フェースローテーション では
そのヘッドがターンしていく過程で
グリップ、クラブそのものの進行が減速なり、停止しないと
その行為することが出来ません。

ヘッドの最下点をどこにするか と言う問題と同じですが、
フェースローテーションの 大きな矛盾 は
フェースローテーションをしないと ボールに届かない けれど
フェースローテーションをすると ボールに届かない
 というコトです。







ボールとクラブ、ショットと自分の関係は立体、3次元です。
✋フェースローテーションをしないと ボールに届かない は
 フェースローテーションをしないと 上下、縦関係でボールに届かない というコトで
✋フェースローテーションをすると ボールに届かない は
 フェースローテーションをすると グリップの進行が滞り
 グリップの飛球線方向・打撃方向への進行が止まるので 左右(水平方向)に届かない
という 非常に刹那な時間の複雑な問題が生まれます。




アプローチなどを見ていても
多くの人が 振り子の動きでボールを打とう
ボールを拾おうとしているので
上下にはヘッドがボールに届いていても、
その位置が右過ぎて トップしたり、ダフッたり しているのを多く見ます。
インパクト という 通過点ではありますが、
そのポイントが 大袈裟には 30センチくらい右にある状態です。
IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment(3)









ターフをボールより前にする と言う大義は
からだの回転でボールは拾う、インパクトを作る、ボールに当てると言う意味とともに、
ヘッドはボールを打ってからも 「なお」 下がっている過程
と言うところにあります。

多くのゴルファーは 写真映り・・・今はやりのインスタ映えを気にするせいか
フォローをとても意識しています。

フォローと言うのは フェースローテーションの成れの果て ですが、
この動作、としてのフォロー
出そうとすればするほど ヘッドは跳ね上がります。
ヘッドの低い時間が短くなる とともに
インパクトポイントが右にズレやすくなる のです。
おわかりでしょ?
oto_Moment

何のために 何を意識しているのか 理解できず
ただ その型、形ばかりを意識する練習は
練度を上げることではなく、わざとミスを誘発する練習にしかならないのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ