◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 体の向きの変更/回転



しらなせて、しなり戻して打つ
個人的には クラブの性能も生き難いし、
しなり戻すには どうしても
からだの回転なり、グリップの移動を止めなくてはならず
ドンぴしゃでのタイミングは合いにくく、安定性が見込みにくい、
高速動作中に「止める」という動きがからだへの歪みが起こり易い
などの理由から 好みではないですけれど、
そういう風に打つのは、方法論の一つ としては面白いと思う。 
色んな打ち方があった方が面白い。


打撃論としては否定できないけれど、
多くの、その実践方法は
あまりにクラブの構造を無視しているように思う。
しならせて しなり戻して打て と言いつつ
 実際にはそれで打てず、それとは違う打撃が主になる実践法だ。


445
シャフトをしならせて しなり戻すコト
をダイレクトに打撃、インパクトに持ってくるのには
出来るだけシャフトの捻じり、
ヘッドの回転を押さえ、ロフト方向(黄色矢印)
にしならせて しなり戻さないとダメ。
トゥ〜ヒール方向、ライ方向に
トゥアップ方向にしならせ、
トゥダウン方向にしなり戻したら
ボールはこすられるだけで、
ドライバーで打っても 8番アイアンのようなロフトになっちゃう。
本当に 煙が出るほどのこすりになっちゃう。

シャフトをしならせて、しなり戻すは
ヘッドを回転させるというコトとつながっていく と思えるんだけど
ライ方向にしなりもどりは
ヘッドが閉じていく方向ではなく
ヘッドがより開き、グリップを持ち上げるように
作用するから
その後に そのしなり〜しなり戻すとは 全く別な
ヘッドの回転が必要になるんだけれど
それをするのに は マイナスなしなりもどり になっちゃうけど…
どうなの?

シャフトを ロフト方向にしならせる には
クラブを捩じらない、ヘッドを回転させない様な
テークアウェイやトップが必須になるのですが
【シャフトは捩じる…ヘッドを回転させると
そのしなりは トゥ~ヒール方向・ライ方向のしなり
になってしまう構造 重心位置とシャフトの関係があります。】
それには 胴体をひねらず
 両肘の高さを上半身、前傾した上半身に合わせる
必要があるのですが、
シャフトをしならせて〜しなり戻して打て
 に関係する どの文献、どの動画を見ても
左腕ばかりを使って 胴体をひねる
  今風なテークアウェイやトップ しか出てこないのが
なんとも納得がいきません。

普通に考えれば その シャフトをしならせて〜しなり戻して
と言う行為が 打撃の肝 になる筈 な話しなのに
実はそれは恰好だけで 打つコトにはあんまり関係がない…
関係がないどころか 最終的な打撃になる
 インパクト直前直後の フェースターンにはマイナス って
なんかの試練?拷問ですか? って思うんですけど…。


前述の通り、その打撃論は「決して」推奨していませんし、
むしろ反対しているスタンスを取っているのですが、
ハミングバードのおススメしている 胴体をひねらず
両肘の高さを前傾なりに揃える

 ⇒右向きの時は前傾分、右サイドの方が高い(右ひじが高い)
打撃の方が しならせて〜しなり戻して打つ には適合してる という
なんとも言えない 喜劇のような、悲劇のような。。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


全員に当てはまる とは思えないですが、
ショットに悩む多くの方の動作 を見る限り、
体を回す、からだの回転を勘違いしている ように見えます。 

からだの向きの変更 とは、その言葉の通り
腕の生えた肩 を 胴体ゴト
からだの向きを変えるというコト というコトです

少々オーバーな例で言えば
maenarae『前ナラエ』をした状態で右を向き
その『前ナラエ』のまま
 正面(ボールと正対する瞬間)を介し、左を向くのですが、
腕やクラブには重さがありますので
胴体の向きの変更に対しては
 腕は徐々に遅れていきます。
胴体通り にイメージしていても
重さによって 自然に遅れるのは放っておいて良いのです。

その遅れ は 技術的には ロフトの立ち
 フェースの下向きにさえしていれば そのまま打つコトが可能 で
スイングは 腕を振るコトradio
 その遅れた腕を…この場合、右打ちの人 ですから
 からだの右に腕が遅れるのですが、
 からだの左に振るコト ではありません。


これでは そのまんま
 腕で、手で打つコトになりますし
からだの回転は腕の振るためのきっかけ にしかなりません。


V字を維持してみよう 上編_Momentスイング の動作のからだの回転は
右打ちの人の場合、
上から見ると 反時計周り の回転
でボールを打つ訳ですが、
からだの回転の一部 である
腕やクラブ、特にこの場合は腕
を 左右に振ってしまおうとする
二重の角度運動は
当然 軸点を移動させてしまいます。

重さのせい、運動のせいで 腕やクラブが遅れるのはわかります。
それは 物理的に当然の作用です。
ですので その遅れのまま 回転を持続すれば良いだけ。
重さである腕を(同じ方向に)振るには
 回転そのものを止めなくてはならなくなります。

 頭の使いどころはそこじゃない

☑問題なのは 腕やクラブがからだの回転に対し、
反時計回りの運動に対し遅れた時、
 フェースが上を向くか、下を向くか
ボールを向いているか、向いていないか

どの道 遅れは発生するのですから…


☑遅れ に敏感なのは ヘッドの重さや 腕の重さ
よりも その長さ です。
遅れを出来るだけ 少なくしたいのなら
長さを極力長く使わない・・・せめて 打つまでは…
 と考えてた方が良いです。

 ♠ ソコがポイントなんです。

トップの位置 もそうですが、
テークアウェイにおいても
端から 腕を振ろう 腕を振るための準備 を
している方がとても多く見られます。

腕を左右の振ろうとすれば
腕は打つ前から 長くなりガチ なので
より一層 遅れは増えてしまいます。



腕の付け根は からだの横幅分
 離れて 胴体にくっついていますので
その離れ分、腕を振る ということは
常時、フェースの向き、ロフトが動き続けている
というコトになりますし、
クラブはその構造上、右打ちの人の右側に
 重さが残り易い性質を強く持っています。
ですので スイングは腕の振り と思っている方は
フェアウェイウッドが尻もちついてしまいます。

445TL-5-1


また 腕は自分ではないクラブと言うモノに近接
接点であるため、そのクラブが造り出す重さをモロに
受けてしまうので 良くも悪く(良い点は殆どないですが…)も
管理しきれません。
これでは 自分の動作 と別な速度…管理しきれないクラブの速度
が発生してしまうので アプローチが難しくなります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



445TL-5-1機種などによって異なり、
多少の違いはありますが、
ゴルフクラブのヘッドの重量は
だいたい こんなトコロにあります。
 
握っている棒〜シャフトから
トゥヒール方向に 3cmから4cm
奥(重心深度)に3cm半 程度です。

445TL-4
テニスのラケットや野球のバットのように
棒(シャフト)の延長線上に打点、
この場合は重量の中心点(重心)が無い理由は
第一に 安全上の問題にあり、
重心位置が棒からズレているコトによって
向きや角度など 打面の状態を把握、感知
するコトが出来るコト です。

第二に 各クラブ、番手によって
ロフト角度 に種類を持たせるコト によって
力量や技量などで 大きな距離調節をせずとも
ゴルフを楽しむコト が出来るコトです。
重心位置(シャフト軸から打点がズレているコト)がないと
大きなロフトのクラブは 距離だけでなく、どこに飛ぶか分かりません。


しかし この重心位置、
シャフト軸から打点がズレているコト
ヘッドの重量点がシャフト軸からズレているコト が
同時に、ゴルファーを悩ませる訳…なのですが…。

このヘッド重量のの有効な使い方 が
 イコール シャフトの使い方であり
 『 からだの回転 』  になってきます。



実は アドレスの基本姿勢 の中に答えは隠れています。
-
股関節を境に 胴体をひねらず 右を向くと井上2020725_Moment
『前傾姿勢分』
左サイドは右サイドよりも低い位置関係 になります。
ヘッドの高さは変わっても 打面であるフェースは
 下・・・ボールの方を向いている状態です。


ところが からだ・胴体をねじって漆原_Moment
主に左肩や左腕の伸ばし のような形で
テークアウェイを取ると
アドレス時にあった前傾姿勢の利点が
「左サイドの方が右サイドよりも低い」
   が消えてしまいます。

テークアウェイやトップの位置での
両肘の位置関係〜上下関係を見て下さい。

このまま からだの向きを 右向き〜理想、正面を介し、左向き
にしたとすると
「からだの回転」で右向きを作っているケースでは
ヘッドがその重さによって 遅れた としても
それは ロフトの立ち〜下向き にするコトが可能ですが、
「手で上げてしまった場合」
×重心位置が右に倒れてしまっており ヘッドがより重い
×それによって シャフトがねじられてしまっている

455T-1などもあり、ヘッドが遅れれば 遅れるほど
 クラブは開くコト
 シャフトはひねられるコト になります。
この場合は フェースの開きやロフトの開き を超え
フェースがボールに向いていない になってしまいます。
体を回転させればさせるほど →ボールを打てない
になってしまう訳です。

ですので 「ヘッドが遅れているのと 待つ」 や
「ヘッドを返して その遅れを取り戻す」 になるのです。

その言葉を訳すと
「体を回転させたけど 打つために止める」
「からだの回転で遅れたモノを 手さばきで取り戻す」
 です。


体を回転させれば 重量物であるヘッドは 「普通に」遅れます。
その遅れが ロフトの立ち とは言わなくても
☑フェースがボールを向いている状況
☑ボールを打てる状況
 の中にあれば
からだの回転 のまま ボールを打つコトが可能です。
そうした方が 下方向にかかる「重さ」にチカラ が
利用出来ます。

多くのゴルファーは 手で振りたくない
手打ちは辞めたい と言いつつ、
からだの回転では打てない 準備 をしてしまっています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


足使い フットワーク を 実際のスイング、ショットの中で
意識するのは難しいと思います。
クラブ無しや腕の動かし無しの
シャドースイングでその感じを掴む のが おススメです。


右向きの質 と言う意味では
右向き時の軸足【右脚】 に 対する骨盤の向き差 が
正しい意味を表してはいないけど、俗に言う「捻転差」
「向き差」であって、
2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(5)足を回転させてしまっては
ひねられるのは足首 になってしまう。

平らなトコロで打つ練習場では良いけど、
足場も緩く、傾斜もあるコースでは
 使えない回転になってしまう。


からだを回す 回転する
と言う言葉から 動作を想起すると
ついつい フットワークで回転しようとしてしまう、
それは半分正しくて 半分間違いになる〜。

0e4d0881足は 靴というか、足の並びが
こうである限り、
主体的に運動できるのは左右へのスライド
左右へのダッキングの動きで
ボールの方やその反対の前後 には
それを耐えるという動きになりがち・・・。
特に 足場が緩く、傾斜のある現場では
そうなるでしょう。




勘違いを生み易い言葉ではあるけれど
からだの回転、からだの向きを変える は
『肩をまわす』 で正解で
ただ 補足説明の部分が抜けてしまうと問題!
補足は 
『肩辺りを使って 胸の向きを変えるけれど
 足の補助によって 骨盤と同期させる、
 骨盤と肩周りとのねじれ を作らないようにする』
 です。

よって 良くあるパターンで
ダウンスイングで 足を積極的に使って
足から、足の先導から 回転をしてしまえば
足より上にある 骨盤、胴体、肩まわり、腕、クラブ
はすべて その動作の負荷になるので
その順番通り 
1骨盤、2.胴体、3肩まわり、4.腕、5クラブ
遅れてしまい からだは捩じられてしまう。
切り返しで 右向きを最終的に左向きにしたいのに
足から順に動かして行ったら よりねじれは多くなり
ある意味 右向きを解こうとしているのに
より一層の右向き(胴体の捻じれ差)が増えてしまい、
結果として それを取り返すのに
  腕を、 手を、 クラブを 振るコトになります。

(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)





からだの回転で足は
『確かに』使いますが、
それは
 捻じれを作らない範囲で
骨盤とのねじれを作らない範囲で
 肩を横に水平(傾きなりに)に回す補助行為
というか、無意識な反応程度、
 自然な動作程度で良い
 と思います。

ややこしいですが
 からだの向きの変更に
結果的には 足は使いますが、
意識として、
『足が先行するわけでは無い』と思います。

前述の通り、そうしておいた方が
無自覚な遅れが起きにくく、
練習場とは違う、地面が緩く、傾斜のある現場で
自然に対応してくれるようになり易い と思います。



シャカリキに 足を使って回る のは
練習場でのドラコン にのみ 使える手段
と考えた方が良いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


自分の頭の中に思い描いているイメージ
 スイング、スイング動作、軌道などなど と
実際にビデオなど 映像を取って
 振り返ってみるのとでは かなりの違いがあります。
思っている通りの動いているケースはとても少ない… ですよね
葛谷 2017-2020_Moment(2)

その多くは 想定されていない重さ、不可抗力がかかり
それを調整、修正、相殺していると予想されます。

打ちたいモノ →ボール
打ちたい箇所 
→ヘッド・フェース
打ちたい方向 / 打ちたくない方向
打ちたい高さや弾道 
と言う前提条件があるうえで
動作が始まってから それを阻害するような重さがかかれば
当然、それを修正する能力が人間にはあります。
 ♠ ♠ 特に切り返し以降、ダウンスイング中に
不用意な重さがかかれば ボールに当たりません。
それを修正・調整しない訳にはいきません。


その中でも 長さと運動が加わり
 重さの増え方が大きく、
そしてハッキリ確定できない
 腕とクラブの重さは スイング動作を決めてしまう、
スイングの全体像を決めてしまう、
と言っても 言い過ぎではありません。




♠重さに支配されないために…

2020-10-19_21-38-40_Moment(3)(インから振るのがすべて!じゃない_Moment








右向きの質
『体をまわす』『体の向きを変える』
『カラダをねじる』
の決定的な違いは
体の捻じると本来、前傾姿勢によって
生まれるはずの『フトコロ』の空間が無くなるか、
維持出来るか の違いが大きいでしょう。

その
『フトコロ』の空間は
重さとしての腕の長さを消す、消せる
最大のポイント、空間 で
ソコが有るのと無い、とでは大違いだ。

その
『フトコロ』を使うことが
インサイドから振る コトで
フトコロの無い、見た目のだけの インサイドは
腕とクラブの重さも非常に重く、
ロフトもフェースも寝るので 
さらに重くなります。

クラブが長くなり 重くなれば
遠心力も必要以上にかかりますので
前傾を保つことは難しくなります。
当然、ディッシュアングルも解けます。
力むな と言うのは酷で
その後の仕事が増えるばかりです…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

意外にこの点が
スイング改造のポイント…になるや、も知れませんが

手打ち、手で振る、  と
『肩をまわす』 は ほぼ同じコト
です。


radio
この場合の『肩をまわす』
ラヂオ体操のように 脱力してブランブランした腕を
肩をまわすことで左右に振る感じ に似ています。

腰回りと肩の間をひねる、ストレッチする感じ…ですね。

脱力している分、腕で振っているとは自覚出来ませんが
『腕を振っている』には変わりありません。


体操・ストレッチのこの動作 と
☑前ナラエの姿勢 底は抜けていますが、腕で四角形を作る
両手が同じような場所を握るゴルフスイング型 とでは
☑腕で尖った二等辺三角形を作る
動作をした場合 違う点が生まれます。

体操・ストレッチの動作では
脱力した腕は 似たような面 を動き
右向き・左向きでは 傾きの反転する四角形を造りますが
ゴルフスイング型 は 三角形の造る面が
ローリングしてしまいます
。 …自分でやってみるとわかります
 スイングで言うところの 開いてあげて、閉じて振る
IMG_0517IMG_0516








クラブを持った場合、
ゴルフクラブの先端になるヘッドは
重心距離 と 重心深度 が有るため
それは増幅してしまいます。

大森2019_Slomo_Moment大森2019_Slomo_Moment(2)

右を向き ローリングした腕 の状態
で そのまま打ったのでは
フェースではなく、ソールで打つコト になってしまうので
左の壁を作り ローリングを元に戻す が
この 体操・ストレッチ風のスイング です。


つまり 肩をまわす
その肩(胸)が骨盤と同期 してしないと
腕を脱力して、積極的に腕を使っていなくとも
結果、腕で振る・手打ちを同じ なのだ というコトなのです。

肩をまわす は悪いコト ではありません。
それに 骨盤の向きが同期 していれば 良いだけです。
両腕の長さ には制約がありますので、
 胴体をひねると クラブは捩じられます。
肩をまわした際、
 それに応じて 骨盤の向きも変えて置けば良いのです。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)







逆に言えば、
 よく言われる ダウンスイングは左足のリードだ
みたいに 足や骨盤が「先に」動いて
 『その後』 肩が動く では
 動作そのものが大きくなるだけで 運動としては同じ、
リードする訳ではないかも知れませんが、
 肩が動いて、骨盤はそれに同期していれば良い のです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーが
ドライバーも…ですが、
アプローチで苦しむのは
スイングを覚える初期、覚えた頃、
ボールを上げる、自身でロフトを作ってしまう
クラブ使いから入ってしまうコト なのでは、
と考えています。



これもイメージなのですが、
その延長線上で ヘッドを
地面、もしくはマット とボールの隙間 という
物理的には存在しない場所に入れよう
 としています。
本来、ボールは球体、つまり 立体ですから
ボールのセンター(中心部)と地面の接地面の 間 
歯、リーディングエッジが入れば良い訳ですが…、
ボールと地面の隙間… ボールはコイン(二次元)じゃありません。
そういうイメージでゴルフが育ってしまうと
ボールが沈んでしまう洋芝やラフで苦労する・・・
 という「プロ」も多く見かけます。 
090804_01

まあ 逆に そのイメージだと
バンカーショットは苦労しないのかも 知れませんが、
バンス角度やバンス幅のあるウエッジでのアプローチや
 クラブそのものに奥行きの有るフェアウェイウッド
永年、苦労してしまうというコトも付いて回ります。
445TL-5-2

ボールを上げる、フェース面を円の中に向ける
というコトは インパクト間際で よりロフトを付けるコト
になりますから、滑りというか抜けが良いマットでは
上手くできても、抵抗の強い現場では苦労することになるかも…。


ボールをこそぎ取るような…
フェース面を円の中に向ける打ち方 は
食器を置いたテーブルクロスを食器を倒さず引き抜く ようなモノ で
絶対的な抜くためのスピード、
バンスも含めた ヘッドやフェースの厚みが邪魔になる前に
打ち抜いてしまうスピードが必要になります。
ところが アプローチは「加減」が必要…
速く振らないと ミスになり、
速く振ると 距離が合いにくい・・・

それに加え、ロフトを増やす打ち方 であるが故に
速いスピードが距離にならず 高さやスピンに変換されてしまう
可能性が高いので 上手く打てた時、上手く打てた時ほど、
 ショートするのは必然です。



「ボールをスイングの最下点でとらえる」
と言う意識もあるのでは、と思いますが、
その最下点は 手さばきで作るイメージじゃありませんか?
手の返し、ヘッドの返しで 両腕の長さが都合付いたところ、
両腕の長さが揃ったトコロ あたりを 最下点
と思っているかも 知れませんが、
その時の からだの姿勢はどうなっている のでしょう?

特に グリーン周り のような
短いアプローチを 肩を揺さぶった「振り子」式で打つと
ヘッドがグリップを追い越し、前に出る は
イコール 左肩が高くなる のですから
上手く行き難い可能性は否めないのですが…。


元来、スイングの最下点 もさることながら
円弧を描くのは からだの向きを変えるコト によって
成されるモノ な筈…ですが、
『手打ちは嫌』 と言いつつ
スイングを 手で振るコトで決着させてしまっている訳です。



(番手間の距離差が出にくい)
BDNy9S3CYAAO44N

ロフト角度で言うと

5番アイアンとピッチングは流石に差が大きいですが、
(平均的には 20〜25度位の開きがあります)
8番とピッチングでは 差は『8度』しかありません。
長さも1インチ程度しか違いませんから、
 ヘッドスピードに差もありません。
フェースを円の中に向ける、ボールをこそぎ取る打ち方 では
その『8度』のロフトの差は 逆転する可能性もあり、
流石に最高飛距離は8番アイアンの方が飛ぶ、とは思いますが、
明確な距離差が生まれない可能性は高いでしょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブ、特にシャフトの使い方 で
気にして置いて頂きたい点は
硬いシャフトであったとしても、
ハミングバード のような 柔らかシャフト であったとしても、
シャフトを「しなら」せるコト は
運動によって増す ヘッドの重量分
 グリップに対し、ヘッドが遅れるコト 
であって
シャフトをねじるコト、ひねるコト、回転させるコト では
無いというコトです。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)






ゴルフスイングは
自分と言う動力源が 何かの動作をして
それとつながっているグリップが移動するコト によって
結果、ヘッドが動き、ボールを打ちます。

そして その打撃部分である ヘッドには
上下左右、高さや方向、飛距離などを決定する角度
 が付いています。
クラブの長さ ですら その角度の一部 とも言えます。




遠くに飛ばしたい気持ちは分からない ではありませんが、
その角度たちが いつも似ているような状態で
打撃出来るような 方法論を追いかけてないと
運動神経ではカバーしきれない日が遠からずやって来ます。
大森 スイング変遷_Moment(5)大森 スイング変遷_Moment(6)









動力源(からだの向きの変更)がグリップを移動させ、
重量の増えるヘッド部は 自然と遅れ〜シャフトのしなり、
それを放っておけば グリップの『移動したなり』
本来は、ロフトの立ち になります。
アドレス時よりも フェースが下を向く状態 です。

その状態を創れれば 継続して、
からだの向きを変更し続ければ
 ←ここ重要

アドレスよりもフェースが下を向いた分と
同じような角度で ヘッドはやや上方よりボールとコンタクトします。


これには絶対条件があって
動力源である からだの向きの変更 通り
グリップが移動している必要があります。
スナップショット 2 (2015-03-12 14-57)スナップショット 4 (2015-03-12 14-58)













✋体の向きの変更 の目的は
 からだの向きの変更ソノモノ ではなく
 グリップを移動させるコト だから です。
 からだの向きの変更は 打撃のための
 手段に過ぎません✋


からだの向きの変更 に対し
ダウンスイング〜インパクト〜フォローの動作方向の
一番、先頭にある左腕〜茱哀螢奪廚伴わなければ
動きそのものが渋滞を起こすような形、になり、フェースは開きます。
ボールに対して ソールが向いてしまう状態 になります。
打撃の直前なのにも…かかわらず です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


×腕で振る
×手を返す 
×肩の周りがからだの回転

で行っていた方が
『リアル からだの回転』
に移行するのに ちょっと頭の整理 が必要です。


足さばき を使って
 骨盤ごと 胴体の向きを変える のです。

それは もう アドレスからテークアウェイの初期段階
から 発生します。

無理な胴体のひねり、
腰はボールに向けて置いて 肩だけ回す…
エクソシスト(古い…)じゃないんですから
端からその無理な動作 は
リキミ行為ソノモノですし、
仕方ないですが、リズムも速くなります。

AZEJ5123_Moment


じゃあ なぜ そうするのか❓

 って 答えは簡単ですよね。

からだをゴム のように捩じらせて
そのねじり戻しで ボールを飛ばす
って 根本的な打撃概念、イメージがあるから です。


で ゴムだとしましょう。
ゴムって 捻じれると 短くなりません?
んで 元に戻ると 元の長さになりますよね。
 短くなって 元に戻る(長くなる)んですよね。
✋インパクトの伸び上がり って それソノモノ じゃぁありません❔

51yc2qL+ZTL__SY355_ゴムだとしましょう。
捻じると 全体が捩じれますよね?
固定されている、に近い部分は 足の裏、靴 です。
そのねじれ を開放したら、
 どこから 戻るんですか❓
からだで言うと 肩周り です❓

固定されている部分に近いトコロ から 戻るんですよね❓
    小学生でも答えられそうですね。。。

で、腰はボールに向いたまま・・・ な訳ないでしょう。
壊れてしまいますよ、からだ。

からだは開いて、左サイドがあがり、右サイドが下がり、
右サイドとボールの距離は アドレスより近づきます。
ロフトが閉じている、からだが下を向いている、
フェースが開いていない で インパクトを迎えられそう です❓
土台、ロフトが閉じている、からだが下を向いている
フェースが開いていない時間、そのものが無いんじゃないですか❓


捻じって 捻じり戻す
その勢いでボールを遠くに飛ばす・・・
その気持ちは痛い程判ります、判りますが、
それが 開いたロフト、開いたフェース
アドレス時の構え(関係)とは 全く違うボールとの相関関係で
ミスなく 遠くに飛ぶ 打撃概念 とはとても思えません、
 からだを傷めようとする行為 をしてまでも。


言葉 では ダウンスイング と呼んでいますが、
からだは開き、自分自身は上を向いている のに
下に振るって とっても効率良さそうですよねー。
それって 実際、下に振ってるの? 上に振ってるの?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ハミングバード では
テークアウェイ時、右打ちの人の
右ひじは外目に やや高めに取りましょう‼
と 推奨しています。

好き嫌いは別にして
一般的には 「トップ付近での右ひじは下向き」
 と妄信されています。

それって 多くの部分、 ノーチョイス なんです。
 腰はボールに向けたまま、
腕だけ、肩周りだけを右に向ければ
左腕、左グリップは 「おもいっきり」伸ばしたり、
右に動かさないと 肩周りは右向きが出来ません。
200811__Moment(3)

  ✋骨盤の右向きを作れば
   その同じグリップの位置に簡単に行き着けます。
20191006_Moment(3)

そうなれば 薀哀螢奪廖
右手は左手に上から被られてしまいますので
右ひじは下を向かざるを得ない・・・・・・・・
なので 右ひじを外に張る、
テークアウェイ時、左ひじを曲げる(伸ばさない) は
その腕の関係で作る クラブ姿勢も 後々 重要になりますが、
『胴体をひねらず 腕で上げない』
『肩と骨盤を分離させない』

と言う意味も 深く あるんです。

つまり トップでの右ひじは下向き教 を妄信しているのは
体の回転は 捻転、胴体をひねるコト、肩だけを回すコト
からだの回転と言っているのに 肩をまわすコト
をしている人の シンボルのようなモノ なのです。

AZEJ5123_Moment(2)


そもそも 肩周りだけを捻じる 捻転式 の場合、
前傾姿勢 というのは
アドレス時の 恰好のみ において有効で
いざ、動作が始まると
ゴルフスイングらしく見える為のお飾り になり
なんの実用性もなくなってしまうので
スイングの 斜めに傾いた軌道・軌跡 は
前傾姿勢とは無関係、ただ 腕の動かす方向だけ です。
 →どの道 ひねったゴムは 元の長さに戻るコト で
  ダウンスイングでは失うのですから…


AZEJ5123_Moment


テークアウェイでは
自分の想定しているトップの位置、
その位置に対し、円を描かず
立体的に真っ直ぐ 右ひじを移動させる
前傾姿勢通り、
 ほぼすべてのからだの部位は段階的に高くなる
それを実行するには 骨盤の右向きが重要です。

右ひじが外目(後方) やや上方 に移動するコト
その上半身があれば 藐坿慇瓩ロックします。
 →右足の軸足形成 〜体重移管

胴体をひねる式 にとって
からだは 右足によりますが、
前に倒れてしまう(ボールに近づいてしまうため)
右股関節はロックさせられません。
つまり 蕕亮澗が形成出来ない というコト です。

それだけでも 安定して飛ばす要素を失っている のです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 
×腕で振る
×手を返す 
×肩の周りがからだの回転

で行っていた方が
『リアル からだの回転de』謎のストーカースイング_Moment
に移行するのに ちょっと頭の整理 が必要です。


足さばき を使って
 骨盤ごと 胴体の向きを変える のです。

それは もう アドレスからテークアウェイの初期段階
から 発生します。

足を使って、
骨盤ごと 右を向く…
これって ボールを打たない のなら 誰でも出来ますよね。

でも、多くの人が
腰は動かさず、その腰に対し
クラブと言う長さや重さ、
腕と言う長さや重さ を使って
 無理やり 胴体をひねります。
スイング ココを治そう❶_Moment
先日の記事、でも書きましたが、
クラブを持たず、準備運動として
からだを捻るのなら まだマシですけれど、
1mの棒、その先に 数百gとは言え重さの付いた棒を持って
それと同じ行為 をしたら
からだが力んで、制限をかけておかないと
からだを傷めてしまいます。
  勢いや慣性も付きますんで…。

ですので、テークアウェイの初動 から
 如何にも 勢いをつけるような速度で始める人
結構、見かけますよね…。
 「もっと ゆっくり上げたい」と願うんでしょうけれど
それって 無理やり からだを捻じろうとしてるんですから
無理なんですよ、勢い必要だからやってるんです。

で、胴体をひねって 肩は右向いて、腰は
葛谷 2017-2020_Moment(2)
ボールに向いたまま、
この行為そのものが無理な行為 なんで
この行為そのものが 「リキミ-そのもの」なので
「スイングから リキミ を排除したい」 と言う願望は
イコール テークアウェイを取らない、右を向かない になるので
それも 全く無理難題、端から理論破綻してるんです。



トップの位置付近で
右ひじを下に向ける…からだのくっつける
フライングエルボーのように
 クランチして、右ひじを外め、高めにするのを
 嫌う傾向がありますけれど、
胴体をひねっている限り、右ひじを下に
 下に向けてる訳では無くて。。。
右腕をめいっぱい短く使わないと 左手が届かない、
それが形として 右ひじを下に向けているだけ なのです。
ですので 右ひじを下に向けている人、向けていた人は
トップの位置や切り返しで
残念ですが、「リキミ」は外せない のです。
重心のかかり方 (3)

故に 股関節から、胴体をひねらないようにしたい
の第一歩は 右ひじをやや高めに、やや外目にする
から 始まったりするのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



×腕で振る
×手を返す 
×肩の周りがからだの回転

で行っていた方が
『リアル からだの回転』
に移行するのに ちょっと頭の整理 が必要です。

大森201904_Moment大森201904_Moment(4)









足さばき を使って
 骨盤ごと 胴体の向きを変える のです。

ですので 肩の回転は要らなく なります。


全く脱力と言うわけではありません。
からだを意図的にひねるコトは推奨しませんが、
からだを傷めない為に 胴体にはひねり という「遊び」
というか、緩衝になる部分と言うか、行為はあります。
ですので 骨盤の回転に対し、
本当に脱力、ダラダラにすれば
クラブや腕、肩周りの重さによって
肩部分はひねり遅れてしまいます。

その遅れが発生しない程度、には 使うは使います。


ハミングバードでは よく
「ダウンスイングでは先に左腕、腕を使え」と言っていますが、
これも 今まで「意識的、無意識に限らず」
肩周りを胴体〜骨盤に比べ、遅らせてきた人にとって
「先に」 腕…実は肩 を動かしておく 位 でないと
同時進行にはならないか
ら です。
(比較)左手ドリル_Moment(7)

腰は正面に向けたまま、
へそ 辺りを境に 肩周り、上半身上部 だけ を回転
捻転なんて言葉も使われますが、
肩だけを回してきた人で
世界中、過去も振り返り、トッププロも含め
インパクトに 骨盤・腰が ボールと正対している人を
見たことがありません。
(頑張って止めて置け と言う意味ではないですよ)
今では 誰もが インパクト時、
飛球線後方から お尻が丸見え状態 です。
AZEJ5123_Moment(4)

ダウンスイングの始まり、切り返し において
腰は動かさず 肩だけ回す
なんてコト 出来ると信じている方がスゴイ です。
動いていないのは 地面を捉えている足の裏 だけ
なのですから 当然、腰の方が先に回り、
腰が行き着くところまで行ってから 肩が回る
なんて言うのは 人間の構造上、当然 です。


多分…ですけど
からだで回す 胴体をひねらず回す
にすると 打った感じがない…力感が出ない
と多くの方が言いますけれど、
それは 腕 よりも 肩周り、背中廻りのリキミ感
を感じられないことによる 拒否感 なんだと思います。
それって 「リキミ」 ソノモノ なんですけどね…。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)






胴体をひねったら 筋肉で抑えて 制限をかけないと
からだを痛めます。
✋そりゃ そうでしょう。
 リキミは ある種の 恐怖感 です。
それが 要らない んです…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



動画に中にみられる 動作 は
 多くのゴルファーに見られる 典型的なパターン です。

そのスイングが過去に構築された ポイントは
 大きく 二つ あると思えます。
二つは絡み合ってますけど…。

・・・中らずと雖も遠からず な歴史を追っかけてみます。




からだの回し方 …どうやって回すの❓
 スイングは ひねり、捻じり、捻転差
 からだをゴムのように使い、ねじり、ねじり戻して
 ボールを強く打つ。


こう思っているゴルファーは…少なくない
おそらく・・・ですが、プロ、インストラクターも含めて…ですけれど
日本のゴルファーの8割を超えるような人が 確信は無いまでも
薄っすらとそう信じている、もしくはイメージしている と思います。


シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)【捻じる】
ゴムのように からだを捻じって使う
となると その基礎、固定されたスタンス から
出来るだけ離れた箇所、からだの部位で言うと
肩や腕、勢いをつけるため ヘッドから…
動かして 捻じりを多く、強くねじり戻るよう
動かし始める と思います。
葛谷 2017-2020_Moment(2)


テークアウェイの初動から 勢いを付ける
テークアウェイがかなり素早い
 典型的な ゴムを捻じる感覚と思います。

*Rさんの場合、その部分はその後の動きに対し、
有効性はありませんが、形式上、改善されています。




【捻じり戻す】
ゴムを捻じり戻す は 開放する に近い動きですので、
自発的な切り返し というより
ゴムがちぎれない範囲で捻じり 限界が来たら…
それを元に戻すとなります。
 ですので 飛距離/飛ばす は
 もしかすると 自分の自発的運動・自発的運動速度 ではなく
 捻じりの限界量、ぜんまいの巻き で決める意識かもしれません。

固定された靴・足・スタンスに近いトコロから順次、
部位で言うと 膝 → 股関節(腰)→肩→腕→クラブ
と言う順番に戻していく、
ゴムの反発というか 反動に近い動きなので
あまり自発的にどうしよう と言う部分はありません。
 …切り返しは下半身のリード…とか
 …左足のリードで なんて ピンと来ますよね。

これだけでは "まだ" ボールは打てません。


なぜならば 捻じり戻しの順番 によって
クラブを持った 両腕の長さが程よく整った、
都合のついた時期には 左腰が大きく開き、
ボールから非常に離れた遠いところに
 行こうとするからです。
 スライス? 「からだが開いているからだよ」と。

(左腰を止めているのが判ります?)

M2019810L!_Moment(2)M2019810L!_Moment(3)M2019810L!_Moment(4)








✋スイングの覚える段階 は
 ある意味、誰もが スイングやクラブに関する情報に
 飢えており、その時に入ってくる情報の有効なモノ
 は 自分のスイングの「標語」として
 心の玄関に飾られます。


 「からだを使え‼」
 「からだを回せ‼」
 「手で振るな‼」

 そして
 『インパクトはからだの正面で‼』
 『左サイドの壁』

 言葉としては間違ってはいませんが、
 それらを総合して
 インパクトでは腰の向きを ボールと正対する辺りで止め
 左腰がボールから離れないよう固定する

(からだを腰・骨盤と肩に分ける のが左サイドの壁とは言いません)
  …ボールに当たり始めます。 が…まだ、スライスになり易いですね。

 左サイドが「壁」として止まり、
 左グリップ、左腕が硬直が一つの目安になり、
 それを追い越す 薀哀螢奪廚 フェースターン であり、
 手の返し、ヘッドがグリップを追い越す になってきます。
 それで スライスが少なくなり、たまに フックしたり
 (夢のドローボールですね)
 おおぉぉ〜 上達したんだ〜!になる訳 です。

厳密に言えば その時出ていた 右回転の球は
 スライスではなく 打ち損ね、当たり損ね であって
それを スライスと呼んだら、スライスが可哀そう です。
そして 自分ではフック、ドローボールと思っている…ソレは
 単なる「引っかけ」であって
ゴルフ用語の意味が崩壊しています。


(動画内では 0:25以降)
大森 スイング変遷_Moment(5)大森 スイング変遷_Moment(6)大森 スイング変遷_Moment(8)










捻じられた胴体 それだけでもキツイ のに、それを解放し
今度は インパクト直前に 左半身や左腕を硬直させ
止めなくてはならないのですから…
 私から見ると拷問かと…
テークアウェイでねじるため 左半身〜左腕を強く使い
開放して、それを受け止める左半身〜左腕 の硬直、
無理した正面がある間に 今度は藜蠅巴, のですから
正しく体を使ったら 『なんの感触もない』 と感じるでしょうね…。



 からだの捻じる、ゴムのように使う 大きな欠点 は
この回し方は 回る速度、正確には回り戻す(打つ方)の速度を
自分で管理出来ません。
動作、この場合は 回り戻し は
ひねったモノ(自分の胴体)の開放 なので
その速度を管理するコトが出来ません。
何でもかんでも 思いっきり打つための動作 と言えます。

そして からだの回転 と呼ばれるモノが
箇所ではなく ゴムなので 全体 ですので
その部位 によって その回転の方向・角度が異なり
入射角度やそれに対するロフト、スイングの最下点 が安定し辛く、
それを安定させるための 練習量・訓練量が半端なく
元々 からだに負担のある方法なので 痛める可能性が非常に高い です。
(からだが強烈に頑丈、もしくは痛みに耐性のある方向き)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ハミングバードが
『からだの回転 de 直にクラブを動かす』
『からだを 肩周りと腰回り 二分割せず 一体で動かす』

を お薦めする理由は 大きく二つ です。

まずは
「からだを壊しにくい、腰を痛めにくいコト」
つぎは
「ミスの修正がより簡単になるコト」 です。


肩だけをひねる のと
からだを一体にまわす のとでは
どっちが 体を痛めやすいか、腰を壊し易いか
は説明の余地がないか と思います。
 ですので それは省きます。

20191006_Moment(3)


【 ミスの修正が容易に 】

✋✋✋必ず ミス は発生します。
全てのショットがミス と考えて方が良いかも…しれません

現実的で、夢がないかも知れませんが、ショットにおいては
正直、ナイスショットとミスショットの関係ではなく
使えるミス(許容範囲の中のミス)
使えないミス(許容範囲外のミス)の割合

と考えて良いような気がします。

ショット のミス においては
動作、作法としてのスイングよりも
その置かれた状況に対する判断や精神状態、
肉体のコンディションなどの方が重いかも知れません。

また 覚えた作法や動作も加齢やコンディションによって
思うようにいかない、道具が変わる など
 個人競技であるゴルフにおいての
スイング、スイング動作、クラブ扱い は
必ず「自分で」メインテナンスが出来るモノ にしておく必要があるのです。

よく世の中で メインテナンスフリー というのがありますが、
これは 使えなくなったら、修理が必要になったら買い替えろ
と言う意味でもありますが、
自分のからだやスイングはそうは行きません。

また 自分自身で 簡単にメインテナンスが出来る
というコトは より良いモノ にしていく目安 も
自分で見つけられるようになります。

ですので そのメインテナンスは
単に 足りなくなったら水を足す 程度の
簡単な仕組みにしておかなくてはイケマセン。 


その為の 「からだで回す」
 「からだの回転で直に打つ」
 なのです。


練習量が豊富で、からだも丈夫
 使えないミスが出なくなるまで 打ち込む!(ひぇ〜)
それを厭わない と言うのであれば
 どんな振り方、どんな打ち方でも良いと思います。



M20191011-1_Moment(4)IMG_0838_Moment(4)4bc4dc1974





ショットにおいてのミス、望ましくないショット
 をごくごくシンプルに解析していくと
『両腕の付け根の位置関係 〜両方の腕の長さの都合』
        …場合によっては 姿勢  に行き着きます。

例えば
からだが開く …左サイドが上がる・開く は
左腕の付け根がボールから遠ざかり
その分、右腕の付け根がボールに近づこうとします。
この状態で ボールを打つのには
左腕は出来るだけ伸ばし、
 右腕は適切に縮めなくてはなりませんが
その状況は 刻々と変化します。

それをよりシンプルにしていくため
からだの向きを変えられる動きを
【肩周りと腰回りに分けない】 が必要になります。

downswing
肩周りと腰回り を別な回転、別なタイミングの回転
にしてしまうと その回転の角度や方向が
二つに別れてしまいます。

これでは ミスが出た時の原因究明が難しくなる…。
勿論 からだへの負担も大きい ですし…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだを回す
正しくは
 からだ「で」まわす になると思いますが、
 からだの向きを変えるコト で
 直にクラブを動かし、ボールを打ってみる

というのは
オジサンおばさんゴルファーには
からだを傷めず、安定して 継続して
 ボールを飛ばすコトが可能になる方法です。

その幾つかの理由は
 クラブは両手で持っており
左右、双方の腕の長さの違い(曲がっている、伸びている…)によって
 ロフトやフェースの向きが変わってしまいます。
からだを捻らず、胴体を捩じらず ショットした方が
 双方の腕の長さの都合が付き易くなります。 
44_1_0p

胴体の向きが変わるコト が 打つコト になれば
胴体をひねって、腰に対して、肩をまわすに比べると格段に
「微妙」なタイミング が少なくなります。



ある程度の年齢のゴルファーにとっては
 腰は痛めたくない、怖い箇所 です。
胴体をひねる というのは それそのものが怖い行為 ですので
「歳とったから からだが回せない」
は ある種、防衛本能としては当然なのです。

ラウンド中 多くのショットミスの原因は
 右向き不足ではなく 右向き不良 から起こります。
 捻転不足 ではありません
疲れてくれば 捻転という 危険な行為を
本能的に回避しようとするのは 自然な反応なのです。


それに比べ、股関節(そこにはその機能が在ります)が
向きを変える/変えない の境目 になれば
ひねる機能の無い胴体よりも 格段に回せるようになります。


imageCAX9G566胴体をひねる動きは
自分では 固定して 動かさないようにしているつもり の
胴体のへそから下…ゴルフで言われる下半身 は
ひねる動き に 当然、大きく影響を受け
無自覚に動いてしまいます。
テークアウェイ時、肩だけ、上半身上部だけ を右向き
にしようとすると からだはボールの方に倒れる(前に出る)ので
体重を右に乗せることが出来ません。
imageCAJZ6XBVダウンスイング時には 下半身は正面、ボールに向けたまま
肩だけを回そう と言う幻想は肉体的には不可能で、
腕を振るためか、かなり早めに体を開き、
インパクト付近では 両股関節は横並び、
飛球線に対しては 垂直 の関係に位置してしまうので
左右のどちらかに 体重移動… というコトが不可能になります。

それに比べ、からだを一体に向きを変える回転は
足の踏み込み と非常に似た動き
になりますので、からだの向きの変更と体重移動は
イコール と呼べるほど 共通する動作ですので
からだの回転と体重移動 どちらかが上手く行かない…
と言う悩みからは解放されます。


200811__Moment(3)腕で振っていた
からだを捻じっていた
と言う行為に慣れていた方が
年齢とともに 辛くなってきた…から
からだを一体に、股関節を境目にからだを回す
に移行したい と言う方は 少なくありません。

その移行の一番の障害になるのは
打った感じ 振った感じ の 力感の消失 です。
 …北関東の方で唸っている人がいるような いないような…

インパクトへの位置取りとして ボールと正対した骨盤、
その後に 肩をまわし、腕を振り、クラブを返す
→これを 一つにまとめ 足を使った、
 勿論 多少なりの上半身や肩周りの補助も入りますが、
一体に胴体、上半身を動かすコト そのもので打つ とすると
手の返しで打っていた のと
 同じチカラ、同じ労力感が 腕や肩周り に残るでしょうか?

ある訳ありませんよね。

比較対象としては 適切ではないかも知れませんが、
足で走れば 50m走れます(ホント?)し、タイムも測れる…かも
逆立ちが出来るとして、逆立ちで50m走 行けそうですが、
無理ですよねー… もうこの歳だと 逆立ちも無理です。

腕や肩周りの労力感 は ほぼ全部失います。
それが嫌なら からだの回転で打つ はあきらめた方が良い程です。

腕と腰回り、骨盤周りの筋力の差は
大人と子供以上に差が有る気がします。
大人がその子供の仕事を ある意味「奪ってしまう」のですから
子供…である 腕に「仕事感」がないのは
想像難しく…ないのではないでしょうか…。

(あくまでも 私の雑感ですが…)
肩回り、腕周りでクラブを動かす方が、
 強く、そして「速く」動かせる 大いなる錯覚、
誤解をしていると思います。
 そして それは その労力 で 記憶させているような
その 筋肉の記憶 という タチの悪い昔の彼女(彼氏)の記憶
を断ち切れないでいる って感じなんでしょうね。
M20191011suburi_Moment

今まで 打撃そのもの だった
 右手で叩く感 肩を強く回す感 
 右肩甲骨周りの力感 は全てなくなります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイングのからだの回転、
からだの回転を 肩をまわす 胴体をひねる ではなく
胴体まるごと、上半身一体、骨盤より上 と
限定した場合、
からだの向きの変更と腕使い を
 思い違い しているケースがあります。


その 「思い違い」が理解出来れば
ダウンスイングから
 左へのシフト(右打ちの人)〜◎〜からだの左向き

その間、のどこか!にインパクト があります。

(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)







そこにはなにか止まるような動作は一切無く、
単なる通過点でしかありません。

つまり どこかで意識して 腕を使う、腕を振る、
や手を返す と言う動作 は一切無く、
傍目から 腕を振って見えるのは
「腕の生えた胴体が向きを変えている」からであって、

言葉にしてしまうと、当り前過ぎて、凡庸ですが、
 からだの向きを変える動きが
  そのまま、腕を振る動きに見えます。



刷毛塗 を意識するのは理解出来ますが、
先日の記事でも書いた通り、
刷毛塗は からだの回転 を補助したり、
その方向を決めたり するモノで
向きの変更の流れの中で 補助的に行われ、
からだの回転 と 刷毛塗 が別々なタイミング、
特に 回転先行、インパクト前後に刷毛塗 があるのでは
腰・骨盤、胴体と肩が 別なタイミングに、別な方向に行われるコト
になり、動画のこの場合では
 より緩い入射、よりロフトを増やす動作 になってしまいます。

刷毛塗を含め、どこかで腕を使う、腕を振る、
腰・骨盤と別に肩をまわす
という 従来の打撃意識 がある限り、
腕使いの亜流である 刷毛塗も 別な手打ちを促すだけ です。



からだの向きの方向に応じて
そちら側の肘を外に逃がしていく 刷毛塗 は
何度も書きますが、からだの回転の一部であり、
補助、促進剤、方向の決定 などをしますが、
その腕さばきで ボールを打つ インパクトする と言う感覚は
ほぼ全くありません。

あえて言うのなら
動画を造りましたから ご覧いただくと良いのですが、
原則、腕の付け根、腕はからだの回転とともに移動します。
クラブも持たされていますし、腕ソノモノにも重さがありますので
その分、腕自身、もしくは 肩も 『からだの向きの変更』 とともに
移動している…と言う意識が ない! とは言いませんが、
基本、からだを動かせば
 少なくとも 腕の付け根は動きます(位置を変えます)


一旦 短くし、回転し易くなった 腕やクラブ
それを からだの向きの変更 「だけ」 で打とうとすると
腕が短くなっていますから…ボールには届きません。
クラブや腕を元の長さに戻す のは嘘ではありませんが、
グリップが肩に近づいてしまった分、ボールからは離れています。
ですから そのグリップを 肩、腕の付け根から離さなければ なりません。
 ヘッドは全くの無視で良いと思います。

時期的に、それはダウンスイングに行われますので
下! と言う感覚に陥りガチですが、
それは 下 ではなく 肩から離れたところ、
スイングの軌道の外周に対し と言う感じです。 
  (めっちゃ 伝わりにくいでしょうね…)



グリップとともに、ヘッドまで下に振れば からだは起きますので、
結果、腕でさらに下に振らなくてはならなくります。

刷毛塗は 回転と言う流れの中で
インパクト以降の 逃げ道、収め先 も考えた腕使い で
短く収納した腕やクラブを グリップ位置を
 回転の中で 届く長さまで戻している と言えます。
2020-10-19_21-38-40_Moment2020-10-19_21-38-40_Moment(2)











アドレス、で言うと グリップは左の◌ンタマ前辺りにあります。
それを テークアウェイでは、
 右の胸なり、右の肩 の前に移動させていますから
だいたい ですが 元の位置に戻さないと
その 長さ と言えば良いのか、高さ と言えば良いのか
それによって 届きませんので
スイング動作の中 において 刷毛塗は
グリップを からだの横 方向ではなく 完全な縦ではありませんが
縦方向に 右肩から上下に離す と言う方向が正解になります。


そこまでは…もしかしたら 理解出来るかも知れませんが、
今の状態では からだの回転と腕使いの「約束」が
守れていないので 苦しむかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


これに関しては
もう笑っていいのか、悲しんでいいのか、
ギャグなのか、それともホラーなのか、
安価なプリンターを売って、インクジェットで稼ぐ式レッスンなのか、
とっても 微妙なお話し です。


ミスショット、
スライスが出る、
ボールが飛ばない、
 などなど
上手く打てない、ショットが安定しない打撃として
『アウトサイドイン』
 が代表例 と思われていますが、
その
『アウトサイドイン』
そして 上手く打てる、上級者の証 とも呼ばれる
『インサイドアウト』 とはどういったモノ なのでしょうか❓ 





先に正解から行きます。
スイングは 基本、からだの向きが変わるから
ヘッドが大きく移動
します。
インサイド とか アウトサイドを発生させる 円弧 は
からだの向きによって
 形成されています。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(2)









右を向いても、左を向いても、
ヘッドはボールから離れ、自分の方に入って来ます。
問題の アウト とか イン は
飛球線を基準に考えられているフシが強いですが…

そうではなく、
自分が右を向いている内に
 ヘッドがボールにアプローチしてくる
 から
それを インから と呼ぶのです。
 つまり そのヘッドの移動、クラブの移動 が
からだの向きで行われているコト が大前提
 になっている『筈』です。

では アウト の場合 はどうでしょう❓
 本来は右を向き、 それが元に戻る、と言う行為で
打撃になる訳ですが、
 右向きのタイミング で打撃に入らず
 左を向いてカラ 打つコトになる と
アドレス時に構えている目標方向(飛球線方向)
 より 左を向いて打つコト になるので
飛球線ラインよりも 外から ヘッドが入って来ます。
打ち遅れ ている訳ですね。

しかし、これがそのまま →スライス になるか というと
答えはノーです。

これは単に アドレスに対し、打つ方向、振る方向、
振るタイミングをズレている と言うだけで
結果、ヘッドと軌道の関係によりますが、
 その方向にボールが出るに過ぎません。
オリジナルの飛球線に対し、
 斜め外から振ってきた…としても
その実軌道に対し、フェースが開いていれば 右回転(スライス)
フェースが閉じていれば 左回転(フック)
ですので、アウトから入ってきたコトと 曲がりは
ほぼ全く関係がありません。 問題は方向だけ です。
(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(2)

でも それですら あらかじめ
どの位 斜めに振ってしまうか、理解していれば
実飛球線とアドレスの向きを調整すれば 良いだけ ですので
スイングそのもの と ショットの良し悪し とは
深い関係がありません。

✋この「アウトサイドイン」「インサイドアウト」問題の
 もう一つの欠点、問題を生じさせる点は
 インとか、アウト、からだの開きを避けたいがため
 どこかの時点で からだの回転を止めてしまう、
 特に からだの開きを避けたいが為、
 ボールと正対するトコロで 我慢してしまう というコトです。
 もう、お分かりと思いますが、
 その軌道問題の原点は
 「からだの向きの変更でクラブが動いているか」ですので
 からだを止める は クラブも止まる になる筈なのに
 それを利用して打つ、なんて 本末転倒にも辿り着く訳です。




IMG_0755


☀☀☀☆☆☆さて、ここからが問題なのですが、
実際、世の中で言われている
ほぼ100%に近いゴルファーが信じる
上級者の証❓と呼ばれる 「インサイドアウト」
インからヘッドを入れる は
からだの回転とは全く関係なく
 単にヘッドを 飛球線よりも自分側 から入れる

というコトを指しています。
2020-10-19_21-38-40_Moment2020-10-19_21-38-40_Moment(3)











インサイドアウト アウトサイドイン の問題の本質は
,らだの向き、からだの回転でクラブを動かしているか
⇒想論で言えば 右向きの内にボールにアプローチしているか

であって、最優先は,任△蝓
 実軌道に関しては 大きな問題ではないのです。

先ほども書きましたが、
打ち遅れてしまい、からだが左向きになってから
ボールを打つコトを便宜上、「アウトサイドイン」と言いますが、
これは 実軌道とアドレスの向きのズレを知っておいて
その分、右向きに立てば 問題は解決します。
出る球筋や距離の問題は 軌道とは無関係、別の問題です。

その正しい「アウトサイドイン」が好きか、嫌いか、
治すべきか、放置すべきか は個々人が考えるコトで
その状態でも 非常に簡素な修正(ズレの認識のみ)で
 十分、ショットも、ゴルフも楽しめます。

ところが 一般で言われる からだの向きには関係なく
 からだの向きでクラブを直接移動させる と関係なく
単に 飛球線の内側から ヘッドを入れる、
のが インサイドから と言う理論は
ほぼ100% 手打ち、手振り を強要し、
その自分では インサイド と思っている場所が
 クラブを寝かせ、ロフトも、フェースも開く、
誰を満足させるために 疑似インサイド を作っているのか
判りませんが、インパクトのロフトも、フェースも、
その軌道を作ったコト、その後に修正改善、
もうインパクトまで コンマ.0何秒しか残っていないトコロで
理想的なロフトの向き、理想的なフェースの向き を
手の返し で修正する必要が絶対に生まれます。
軌道を放置している方が格段に楽、
 その後に訪れる ヘッドの返し技 は
 50年以上、おそらく 一億人を超えるアマチュアゴルファーを
 今も、それから これから先も苦しめ続けます。

現場へ出れば、スイングは兎も角、
スイング軌道なんてモノは 目に見えませんし、
殆ど意識もしていません。
あえて言うなら スイングが分らない人が
他人のミスショットが出た時に
『アウトサイドインだったから』と知ったかぶり される
その程度のモノで、
その誰の為にやっているか分からない
本質とはずれた 的外れなスイング軌道変更 の為に
1/3000秒というドライバーの ヘッド姿勢調整が
永遠に続くコト になるのです。
「軌道を変更」とは随分、上手そうに見えるモノ言いですが、
 単にクラブを手で外に倒しただけ です。

2020-10-19_21-38-40_Moment(2)2020-10-19_21-38-40_Moment(6)











飛球線より自分側 から ヘッドが入ってくるコト
 をインと規定した としても
◌クラブ、グリップやヘッドは からだの幅の中にあり、
 自分が右を向いているから イン
 なのと
◌自分のからだの向きは関係なく
 グリップも、ヘッドもからだの外、からだの右 にあるのが イン

とは あまりに別なモノで
 どちらが インパクトのホンの一瞬手前 として
 適切なのか、繰り返し易いのか
インサイドアウト/アウトサイドイン論争を そう判断しないと
 スイングを形だけで、自分ではなく、レッスンプロや
他人に満足させるためのモノ …徒労に終わってしまいます。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



兎も角 騙された と思って
 
この素振りをトライしてみて下さい。

実際のショットでも可能です。
ごくごく ゆっくりした…
 フルスケールのショットで「転がし」程度 から
始めると良いと思います。
この手の改造で
 いきなり フルショット/フルスピード にトライするのは
車の運転免許を持っている人が
初バイク免許の教習にいくのに
 初教練が 高速道路 みたいな
あまりに無謀で、
スイング動作という条件反射に近い動作の変更を軽く見過ぎている
 のかとも思います。



からだ は 胴体・骨盤・腰・お尻 は
イメージ上、頭や顔も含め 胴体丸ごと 向き を変えます。

トップらしき 位置から
単に からだの向きを変え、
 グリップを移動させるだけ です。


フェースは 常時、軌道面、スイングの外側に
 向けて置くイメージ・・・

 ロフトの大きいクラブではイメージし難い…かも?

グリップの移動に伴い、ヘッドも引きずられるように移動しますが、
その遅れは 開きやシャフトの倒れ になる可能性もあるので
それは そのからだの向き度合い・割合 なりに
右腕でサポートします。

素振り…であれば 特に右腕の伸ばしの意識は必要なく、
適度な回転で ほのか であっても 腕に、クラブに遠心力が
かかったら 左腕が進行方向に逃げるよう な クラブ姿勢で
グリップを肩から(上下に)離します。

(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)







✋✋✋回転のあるポイントを掴む …と
(記事上では書きません、ご来店下さい
 もしくは ご要望が有れば セミナー開きます)

如何に 自分が 外からガブって 振ってきているか 判ります。
肩の回転が 外から振ってきている分、
腰は相当早め、切り返した途端、開くことになりますが、
外から振るのは嫌なので シャフト/クラブを寝かし、
便宜上の 「偽インサイド」から振っている のです。

そうなると ロフト・フェース共に ダダ開き になりますから
フェースターンが無いと
マン年 どスライスから脱出出来ません。



外から振れ、と言う意味ではありませんが、
からだの向きが変われば
自然と 無自覚で、グリップよりもヘッドは
 ボールの方に出ます。

『自分でするコト 自分の腕でするコト ではありません』


スイング動作 としては
ただ ただ 向きを変えただけ です。
どこかに チカラを入れる と言う感覚は皆無 でしょう。
飛ばしたいのなら ロフトを考え
 ロフトを増やさない、軌道の上下を崩さない範囲で
如何に 早く、時間をかけずに 向きを変えられるか
回転できるかが勝負になりますが、
 それも 力技でどうこうなる と言うモノでもありません。
スイングで 頭を使うべきトコロ は
その腕さばきやクラブさばきが
 回転、向きを変えるのを邪魔しないか どうか です。
腕やクラブの重さを使って
 いかに 短時間でからだを回させるか で、
力技で…つまり からだで引っ張って 腕を動かすのとは
 かなり違いがあります。





チカラを入れたいのなら からだの回転で直に打つ は

辞めた方が良いです。 入れドコロがありません。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



からだの回転 と ゴルフスイングは
良くも、悪くも ついて回ります。
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)MVI_0878(2)_Moment(7)
多くの人は ゴルフスイングにおける『からだの回転』
向きの変更を このように考えている…のではないか
と思うのですが…。

しかし、これに 速度を加えたらどうなってしまうでしょう❔

速度を増すと 重さは掛け算で増えます。
そうなると より長さが増し易くなり 重さも増え易くなります。


重さが増えれば、向きの変更の主エンジンである
足の動きに対し、腰、肩、腕、クラブはどんどん遅れていき
最終的には その分、腕で取り戻す
 腕さばきで振らなくてはならなくなります。


大森2019_Slomo_Moment大森2019_Slomo_Moment(2)









あくまでも 想像の領域 なのですが、
数百年前 ゴルフらしきモノ のスタートは
単に 棒で石やなにか を打つコトから始まった のでしょう。
そして その先端に硬い重量物を付けると
より遠くに、より強く打てる・・・そんな感じだったのだと思います。

現代のゴルフにもつながるのですが、
長さがあり、その先端に特出した重さの付いた
ゴルフクラブと言う構造を考えると
上から打つ なんて言葉はありますが、
始めの写真の通り、からだの回転どおりに 肩も腕もクラブも
遅れないように 主エンジンを足腰だけ にしておくには
腕の上げる動作、下げる動作は
上げ下げ することではなく、
クラブの重さ、腕の重さを増やさないよう
遅い速度だと遅れない 腕やクラブ を
速い速度にした分 短くしておくためのモノ
なのではないかと思います。

その例…として 短い距離、中途半端な距離を打つ際は
運動速度、回転速度も早くないので
クラブを格納する、短くするような動きは多くありません。
しかし 一旦 フルショットになると
 腕やクラブを短くし、遅い状態の長いクラブと同じような
 重さに収納しておくコト がポイントのように見えます。
video_Momentvideo_Moment1video_Moment2video_Moment3








だから クラブの下に振る とか
気持ちは分からないではないのですが、
道のりが長くなり、クラブや腕の重くなり量も増えますから、
よりクラブや腕、そして問題の肩 を 腰から切り離してしまう
結果として インパクトは腕で振らなくてはならなくなる
というコトもあるんだと思います。

手の返し、フェースローテーション で振る人の特徴は
ダウンスイングの道のりが長く 時間が掛かっています。
場合によっては、フェースローテーションをする為
 一旦 クラブを寝かす行為まで取り入れている人もいます。
まあ 元々 フェースローテーション、手の返し無し では
ボールは打てないと信じ切っているので
 そこ以外の何が変わっても、その部分は捨てられないのでしょう。


少なくとも 私の個人的印象では
上げる と言う行為の本意は 長さの収納で
スイングでよく言われる 遠心力やクラブの重さに手伝って貰い
その長さを打てる・届くところまで戻し、
打ち終わった後 やはり 出来るだけ早めに収納・格納する
と言う感覚です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



『ボールを体の正面でとらえる』 がキーワード
になって 多くのゴルファーはからだの回転を
構成〜構築、イメージしています。




一番多く、
年齢によってはからだを壊してしまう典型的な例は
コレ
imageCAX9G566

回すのは肩だけ/腰はいつもボールを見てる…つもり
 ひねるのは胴体
(からだはゴムか、雑巾か…)
 肩だけを回し 腰/骨盤はいつもボールを見てる
(ありえません)
 …マシーンじゃないんですから 無理無理無理
スナップショット 2 (2012-11-04 10-59)スナップショット 2 (2012-11-04 11-08)スナップショット 4 (2012-11-04 11-08)




 テークアウェイ で 腰は正面に残し、
 肩・胸・腕(含むクラブ)だけを 右に向ける

「確実にボールを当てるには
 腰は常時、ボールを向いている方が良い」

 という おまじない …実は呪い
 (おまじないだけで試験に合格出来たら世話ないです…)

 腰/骨盤をボールに向け、ダウンスイングを始めます。
 腰は動かしていないつもり でも
 スイングは 腕やクラブの元々の重さ、長さ、運動 が加われば
 積算で重くなり 300g余のクラブはすぐに
 何キロ のモノになり、それには遠心力が加わります。

 ダウンスイングで やや下方外方向に 遠心力も含め
 不可抗力がかかりますので、定点にあるボールを打つのには
 それを相殺する動き(からだを開く、引く)が必要になりますし、
 元々、腰/骨盤は固定、肩胸腕だけ回すなんて "不可能" です。

 故に テークアウェイ初期(始めの30僉法,砲いて
 勢いをつけて上げたくなるのは 仕方ないでしょうね…。
…だって 本来「痛み」のある動作ですので、勢い付けないと
 始められないですよー  
ええええ〜い! って。

 からだはだだ開き、開き=左サイドの上がり・右サイドの下がり
 になる訳ですから そりゃ こすり(ロフトの開いた)スライス
 から始めるのは もう定番、お約束。

 その右向き、左向き で
 胸肩腕の回転に 腰/骨盤は回さず ずっとボールに向けたまま、
 実質、不可能な、危険な動作 の その腰/骨盤 の固定度
 と その開いたロフトとフェースの閉じ具合 が
 上達の証し って なんの我慢比べ ですか?

 まあ 確かに、フェースを閉じるには
 左サイド、左グリップが止まらないと
 ヘッドがグリップを追い越しませんから そうなんですが…。


からだは一体、胸も肩も腰も一つの胴体
 その『正面自体の向きを変える』
 ひねる ひねらないの境目は股関節
 速く動けるか、強く打てるか は さておいて
 右向きは本当に右向き
 左向きは本当に左向き
スナップショット 2 (2012-11-04 11-40)スナップショット 2 (2012-11-04 11-46)スナップショット 4 (2012-11-04 11-44)





 アドレス時はボールと正対していますが
 トップ時では ボールは左腰の横 にあり
 フィニッシュ時では ボール(もうそこにありませんが)右腰の横
 にあるという感覚です。

…腰痛もち、腰が怖い…ぎっくり腰気味の人がやるべき です。

 こう動くと インパクトは自然に ボールと正対した時、トコロ
 になると思いませんか?
コレが「ボールを体の正面でとらえろ」の真意です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ