◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: 体の向きの変更/回転


おそらく ゴルファーのほとんどは
 『横は体の回転で、縦は腕』 で、
腕の仕事は縦に、ヘッドを上げ下げ すること
の認識しているのではないでしょうか?

実はそのイメージがスイングを壊している可能性があります。

IMG_0013_Moment(2)


傾いた体の回転・・・
これだけでも クラブの高さを変えることが可能ですが
 ボールを遠くに飛ばすには位置エネルギーが
ある程度あった方が良いでしょう。

腕の本来の役割は
 確かに高さを確保することではありますが、
その土台になっている 回転の傾き を 増やしている のです。


え?! そんなの知ってる?


いえいえ ちゃんと理解してください。
このポイントは
 『どう腕を使うのか?!』  ではなく
 『いつ 腕を使うのか?!』 です。

つまり 斜めに回転して作り出される
 その高さを増幅するには
からだが向きを変えている最中しか
 腕を使う意味がない というコトなのです。


テークバックが分かり易い でしょう。
👉自分のスイングでも、プロのスイングでも
 誰のスイングでも良いですから
 動画をご覧ください。
 例外なく、アドレスから 肩を回し・・・
 肩なんてのは 横に回す機能がありませんから
 その回し、正式にはねじり はすぐに終わりが来ます。
 その体?の動きが止まると 今度は腕が動き出します。


からだの向きを変えている最中 に腕を動かせば
その体の向きには  斜め が付いてきますから
腕単独で行うよりも ずっと 動かす量は少なくなります。
勿論 動かし方も変わってくるでしょう。

斜めに傾いている からだ と言うターンテーブルが
向きを変えている最中 に腕を動かすのと
からだ と言うターンテーブルが止まっている時に
腕を動かすのでは その量も動きも全く異なります。



確かに 腕は縦の仕事を受け持つ のはウソではありませんが
それはあくまでも 体の回転、斜めのその回転の補足 に過ぎず
主たる その体の回転が行われている最中 でないと 意味がないのです。

だからこそ ダウンスイングで重さが増える
 クラブ・グリップ・左上腕をからだよりも先に動かせ
と言い続けているのです。
そのイメージ、いや 実際のそうでもいいです
で初めて 体の向きが変わっている最中に腕が動く
つまり 同期する というコトなのです。

からだの回転で!
という目標であれば
この部分の誤解が一番大きな弊害になると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



あのですね〜、
打つ時、目はいつまでタマをみているべきなのでしょうか。

ふつーに当たった!という手応えを得た時まででしょう❓


 

ボールは見なくて構いません👁

見ない場合の方が良い場合も多いです。

見る と言う行為は……

 

 

えええ?!

 

平衡感覚や距離感を安定させるもので

なにか基準値があれば

ボールは見ている必要は特にありません

始めから見てなくてもいいし

視界の中にボールを確認できる程度で十分。

 

ちなみに…私は ボール見ません

 

 

はい。😵

あの〜

 

いや 見てはいけない訳ではないよ

ただ見てるから大丈夫と言うわけではない

 

20190811-OYT1I50023-1


 

例えば

 

女性であっても ドライバーだと

秒速35m位

でヘッドを動かすんだよね

時速にすると100疏宛

0.1秒で3m移動するヘッド

ボールとヘッドの接触時間は 1/3000秒

見ててどうするの?

みえるの?

 

全盛期のミスターもイチローも見えないと思います。

 

でしょ

特にゴルフのミスは

ボールとヘッド縦のズレのミス

奥行きのミスが多いの

目は左右についてしまっているから

 

奥行きの数センチの違いは

目では把握できない

 

はい、わたし、打ちっぱなしで経験あります。

 

通常 運動中の目の役割は

勿論 敵やボールを把握することだけど

こういう静止を基本 移動しないことを基本とした動作の場合 

距離感 地面・ボールとの距離感なので 

別にその基準はボールでなくとも良い

 

また ゴルフの場合

背骨を軸とした向きを変える動作が

一番メインの動作で

顔って背骨よりも顔の厚み分
 前にあるのでボールを見よう とする行為が

顔を軸にしてしまうコトが往々にして起こる

顔軸のスイング

実はとても多いのだよ

 

🌟なるほど

 

ボールを見る事よりも

からだの向きを自然に変えるコトを

優先した方がよいので

からだの向きなりに 視線や顔を動かした方が ベターですね

特にテークバック …トップオブスイングまで行く過程では
視線、顔をボールに固定してしまうが故に
からだ(骨盤)をちゃんと回せず
肩だけ、胴体をひねって 腕だけでで上げてしまう原因になる。

✋ボールなんて見てなくても 止まったボールは
そこにあるんだから 体w、骨盤をしっかり右に向けるコトを
優先させ、そのために顔も、視線も骨盤なり、胸なりに
右に向けて、 しっかり骨盤の右向きを作ることは
どのスイングの アドバイスよりも 優先される とまで
言えますね

20191006_Moment(3)


 

頭でっかちにならず、頭部分は背骨の動きについていかせるのでしょうか。

 

36682818

そうだねー

ボールを見よう 打ち終わった後も無理して
ボールを見てしまう人で首を痛めてしまう人は 
実は少なくないのだよ

 

それは「球筋を追うのは当然だ」という無意識の思い込みから
やってしまうのでしょうか。

 

もっと 詰まらないことで 
上手く打てないと「ボールから目を離した」と言われるコトを避けるため
自分の為でなく、教える人を満足させるための行為から
生まれていると推測。

 

あああ。そんな世俗的心理からくるものなのですね


ですです

予期せぬお答えでしたわ、先生。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


多くのゴルファーが「非常に大きな勘違い」
「非常に危険な勘違い」をしているのが、体の回転 と言う言葉。

練習場やコースで耳にする 「体が硬いんだよね〜」って…。
誤解を生み易いゴルフ用語に「捻転」ってのがありますが、
そのニュアンスは消しゴムを捻るような、
ぞうきんを絞るような、そんな感じがあります。
しかし、体の構造は多少の遊びは有ったとしても
通常 雑巾のように体を絞ることも出来ませんし、
それが捩じる戻るのにパワーが発するとも思えません。
(もし、そうだとしても痛める可能性と引き換えには出来ない)
FMA9921_front_120x120

背骨にはひねる機能が原則論、ない訳ですから
「体、硬いんだよね〜」って言うのは正常な話で
背骨を捩じって、ふにゃふにゃってのは
生きている限り、かなり無理があると思います。

裸でスイングすることも、それを見る機会も
あまりない訳ですから、衣服としてズボンは
回っていなくとも、ズボンの中での骨盤は回っています。
上半身の向きを無理なく変えるのには、
フットワークでの骨盤の運動が不可欠です。

よく下半身は45度、上半身は90度なんて
言葉も耳にする訳ですが、
それも両膝や太もものラインが45度に対して、
上半身(この場合はへそのライン)が90度 と
考えるべきです。
腰は45度、両肩は90度というのは
肩の動きが加わるにしても、背骨を積極的に
捻る動きになりますから、お勧めしません。

現代のスイング論(流行りのスイング論)では 
既に無視された存在になっていますが
肩辺りと腰あたりの背骨の捩じり
上半身〜胴体のひねり というのは
人間の背骨に「臼」のような機能、関節が存在しないため
どうしても水平な回転差にならず
複雑に胴体が捩じられた姿勢が伴ってしまいます。
昔に比べると インパクト時の左サイドの伸びあがりが
プロアマ問わず 激しくなっているのは
その一例に過ぎません。
これでは 結果として軸になる筈であった背骨が
軸として機能しなくなってしまいます。
背骨が軸として機能しないスイングは
当然 向きの変更もどき と 体重移動は
近接した隣り合った行為ではなくなってしまうので
体重を移動しないスイング論が横行してしまいます。

パッティングなどの練習の多いプロにとっては
腰痛は職業病なのかもしれませんが、
首を痛める(特に左サイドの)ゴルファーが
この数年で急増しているのは
看過できない部分だと思います


スイングを考える時
それに特化することは悪いことではありませんが
もう少し科学的なことや身体的なこと
その「当たり前」的な部分を無視するべきではありません。


そう言った意味でも 利き肘の外に張るクランチの動き や
顔を右に向ける動きと言うのは
フットワークで体(骨盤)の向きを変えるのには
非常に良い エッセンスになると思います。
スナップショット 1 (2013-06-13 15-44)

特に グリップやヘッドを常時、体の幅の中に
収めておきたい と考える限り
腕のローリング(回転)を抑えるためにも
肘のクランチの動きは憶えたいものです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




Q:しっかり右向き(骨盤)を取るメリットはなんですか

❶骨盤ごと右を向くのと
❷骨盤と回さず 胴体だけ捻るのと

最大の違い、メリットはなにか というと

20191006_Moment20191006_Moment(3)












❷骨盤を回さず 胴体だけ捩じると
アドレスに比べ からだはボールに近づきます。

え?!と思われる方も多いかも知れませんが
よほど 器用に足で調整しない限り
プロであっても 多くが ボールに近づきます。
20190526gc55_Moment20190526gc55_Moment(2)











背骨には横に回転するための関節はありませんから
からだをよじらねばならず
手で からだの右に移したクラブの重さや腕の重さの関係上
ボールよりにからだを近づけないとバランスが取れない
というコトもあります。

これを練習で調整すると
テークバックの間に ボールに近づいたり、離れたり
ダウンスイング中、近づいたり、離れたり
と忙しい動きになる人もいますね

多くの人がテークバック〜トップでボールに近づきます。
ダウンスイング〜インパクト〜フォロー は
スイングの中では 遠心力も働き
クラブが一番長くなるような時間帯です。
狭いスペースでは振り回せませんから
空間を作るように ボールに離れながら
からだを開く、もしくは上を向くようにして振る事になります。

200811__Moment(2)200811__Moment(3)











❶骨盤ごと、体を右に向けると
からだや顔などは ボールからいったん離れるような形
になりますので、ダウンスイングではボールに近づいていくような
そんな感じになります。❷に比べシンプルな動きで済みます。

ダウンスイングでボールから離れていく というコトは
外から振ってくる
からだを開きながら、上を向きながら振る事になりますから
最大の重量物である 自分自身が
ボールから離れながら打つのですから
ボールを飛ばすには効率がよくありません。

順序 とすると
➀偽装の右向き
➁トップからいきなり 左向き
になりますので 右向きの戻りの時間
つまり インサイドから打つ、上から打つ 時間が
存在しません。


一方、ボールに近づきながら打つ というコトになれば
野球などの用語で言う 体重を乗せて打つ形になります。
右向きを多く取れば取る程
インサイドから打てる可能性、上から打てる可能性
が高くなるのですから
同じヘッドスピードであっても 飛ばせるチャンスは格段に高くなります。

視線、顔の向きの問題もあるかも・・・しれません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 

みなさん ご存知の・・・
長崎の教団支部長・・・
なのですが 



この部分が最もすごい・・・というか
ここが出来れば 他に問題があったとしても
 『だいたいなんとかなる』 と言う部分
ここは是非真似て頂きたい と言う部分は20191006_Moment(3)

 『十分な右向き』 です

ご本人が研究熱心なのもありますが
この数年は テークアウェイの取り方ばかり
注意されていたようです。

その結果・・・ なのか
左がアドレス  右がインパクト です。

20191006_Moment20191006_Moment(6)












特に意識はしていなかったのかも…ですが。



テークアウェイで 意識されている部分は

20191006_Moment20191006_Moment(2)20191006_Moment(3)











目線を切るコト
顔も胸、胴体の向きとともに右を向くコト
 です。

それは長年意識し、身につけられた「右向き」は
ゴルフスイングにとって最大の武器です。
これを上回る武器はない と言っても過言ではありません。

ダウンぐスイングでは からだの回転に対し
左グリップの下がりは遅れ気味 なのですが
テークアウェイで作った「右向きの時間と空間」のお陰で
十分間に合う、補正出来てしまっています。

20191006_Moment(4)20191006_Moment(5)20191006_Moment(7)










この右向きの時間と空間があれば
インサイドから打てる機会
上から打てる機会 は十分すぎるほどあり
上から打てますから 自分の体力&ヘッド重量分の
最大の飛距離を得ることが出来ます。


目線を切って 顔の右向き という
慣れや精神的の部分を除けば
難易度の低いスイングテクニックで
最大のスイング、ショット益が得られます


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ボールをフェースで地面に抑える
インパクトでクラブが横から入るのは オンタイムで体が回っている から

と言う手順で考えると
.魯鵐疋侫 璽好箸先に出来て
△修侶舛里泙沺,らだの回転で打つ

単純には ダウンスイングは そんな順番になります。

nojk_Moment

MVI_0873 (2)(2)_Moment(5)

意図的なスナップショット 1 (2017-01-21 11-26)
✊グリップの上下の入れ替えで打つ
 のは論外としても
振り遅れ というのは 別名手遅れ であり
その基準値は
体₍腰₎に対しての 茱哀螢奪廚琉銘 
というコトになります。

👉そういう意味でも 型でスイング
テークバックやトップの位置を覚えるのは
よくありません。



全体の風景として ヘッドがどこにあるか ではなくIMG_0482IMG_0481
自分の胴体、体に対して グリップがどこにあるか が
重要になってきます。


✋勘違いなのか、錯覚なのか 分かりませんが
 ゴルファーのスイング用語の中に
 「間に合わない」「遅れる」「戻す」という言葉が
 頻繁に混じります。
 ゴルフクラブは構造上、
 ヘッドは遅れるモノ、
 ヘッドは遅らせて使うモノ、
です
 ヘッドにある重さ、シャフトの長さが意図的に「遅れ」を作るモノ です。


✊俗に言う 振り遅れ
 その結果、それを補うためのフェースローテーション は
 遅れたヘッドを取り戻す「大きな錯覚」「誤解」をしていますが
 ヘッドが遅れることが問題なのではなく
 手・グリップの位置が 遅れる  👉右にズレる こと が
 問題なのです


 スイングが複雑になるのは
 右にズレた 遅れた グリップの位置 を
 グリップの位置を修正や改善や最悪、取り戻すことではなく
 ヘッドという違う箇所で それを補正する ところにあるのです。
kumasan201810 (2)_Momentkumasan201810 (2)_Moment(2)








テークバックを見ていると
手で打ちたい 手で振りたい
口では体で と言っている人であっても
「からだに対し」 グリップを大きく 右にずらす 動きを作り
グリップを入れ替えるため、後から行う右グリップが左グリップに
追いつけるようにしておく準備をします。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

   

ゴルフ用語でよく耳にする
この
『左の壁』と言う言葉
この話を始める前に
少し体の回転の話を先にします。
元々 この言葉は間違って引用されているので
少々、前置き的な話が必要になります。

ee6bd45f


一般的なゴルフスイング『振り遅れ』では
クラブのターン/回転は  180度
体(骨盤)のターン/回転は 90度以下 です。
体は回しているつもりでも
肩と腰の捻転差という、自分の体を雑巾絞り化する形で
上半身を捩じっているので 骨盤は回っていません。
体の回転は
インパクト直前に グリップを止め
その反動でクラブを振るための反動付け というか
キッカケに過ぎません。
意図的に振り遅れを造り、その遅れた分を
体を止める反動、慣性で振ります。
体がボールと正対する 正面を向く時間が存在せず
トップの位置からいきなり左を向き始めます。
その理由は色々とありますが、今回は割愛しますが、
体を止めるために 左向き(体を開く)
という回転の限界点のほうが止めやすい というのもあります。
mh

また かなりインパクト時、体(骨盤)は開きますので
それ以上行かないように止めないと
左サイドがボールから離れすぎて 届かず、
空振りになってしまいます。

yjimage4NR1MAL3hirakidohiraki









スイングの中で インパクト付近 という
最大最速で在るはずの箇所で
体の回転をとめるのですから 体に悪いのは間違いないでしょう。

この ✊体を止める行為、
✊左サイドが
 ボールから離れ過ぎないようにする行為、
✊左サイドの動き・位置をブロックする行為、
それを一般的には「左の壁」と呼んでいます

アホらしい…

間違っている基礎の動きを
間違っている動きで補うのですから
こんな言葉を追いかけても 全く意味がありません。
無駄です。単なる徒労であるばかりか
体を痛める最大の原因になり得、その上、
痛める箇所が非常に深刻な部位になり易いので
その無意味な左の壁なんて言葉、忘れた方が良いです。
嫌味半分ですが、
間違った基礎の上の間違った動作、
どの道、上手く行かない のですから
上手く行かないのなら 痛めない方法の方がマシです。




体の回転とは
両股関節をそれぞれ軸足に
背骨が支柱となる、向きの変更です。
上記、体を捩じるスイングを指導する場合でも、
『股関節』と言う言葉は使われるのですが、
にもかかわらず、骨盤の回転させず、
肩と腰の回転差、『捻転』なのですから、とても滑稽です。

正しい意味合いでの「左の壁」というのは
インパクト以降、
左の軸足がある上で 左を向く行為、
左に回転する行為を指します。
決して 体の回転をとめる行為や
左サイドをブロックする行為を指すのではありません。

視覚的な部分では、左サイドは
飛球線方向ではなく、回転する方向に逃げるので
位置はその場所にあるようには見えますが、
それは言葉の通り、回転している行為で
体が止まる行為ではアリマセン。
yjimage4NR1MAL3
こんな『振り遅れ』スイングでは
既に体は回り切っているので
ここから これ以上回るのはムリですね。
オジサンゴルファーの手本にはなりません。



振り遅れている限り、体をとめないと
打てませんから、左の壁 と言う言葉の意味が
まるで違うので 共通の会話になり得ないのです。

 余談ですが、振り遅れているのが悪いから
 体をとめて 間に合わせる のでは無く、
 体の回転そのものが打撃になっていないのが問題 だと
 おそらく生涯、気が付かないのでしょう。
 ですので、柔らかいシャフトや重いヘッドのクラブは
 インパクトで「待たなければならない」のです。
 どうぞ ご自由に(^_-)-☆



振り遅れスイングの話はどうでもいいのですが、
問題なのは 体が左足軸、左股関節軸で
左向きが取れないことです。

左脚・左股関節が軸になっての
左回転〜左向きが作れないと
上半身がのけぞって、右腰や首に大変負担がかかります。
非常に怖い動きになります。

dohiraki100yard1遼君のこれを見るとわかります。
へそから下は止まったまま。
クラブだけ180度振るのです。

これは危なくて
 おじさんには出来ません。
お薦めも出来ません。
これを左サイドの壁 と呼ぶなら
そんなもの要りません。


左の軸足が出来ない・・・は
左に体重が乗らない と同意語です。
それが理由でもあります。

体の回転そのものが打つ行為 と言う認識が
あることが前提条件になりますが、
「大きな重さ」が左にないと 軸足は作れません。

よって スイングの基礎的なメカニズム
前傾姿勢と体の回転
右を向いている時は 体の左右の左サイドの方が低い、
というのがとても大切になって来ます。

正しい『体の回転そのものが打撃行為』では
体が正面を向いていく、正面を過ぎる、
ボールと正対することが打撃そのものです。
しかし 振り遅れスイングでは
元々 正面はないのですが、
それに近い時間帯を『過ぎてから』
振り始めるのですから 左に乗れません。
 …だって 左が低いから乗れるんですもん・・
左が上がり始めてから、振るのですから
当然、重さは低い右に残ったまま。
上を向いて終わることになります。

だから ハイ!本日 左の壁 完成です!
なんてことは決して起きません。
多くのゴルファーは基礎的な動きがまるでダメです。
体の回転行為がイコール打撃行為になっておらず、
クラブを振るため、腕を振るため、
胴体をひねり、体ではなく、肩周りだけを
動かすスイングでは
従来使われているゴルフ用語も全く意味をなさず、
変な形で引用されることになります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 

imagesまず 本日のお題ですが、
スイングのドリルであっても、アプローチであっても
テークアウェイ時、多少なりとも右向き、
骨盤の右向きを作ると
✋左右のグリップは
左のグリップの方が前〜ボールに近く
右グリップの方が後ろ〜ボールから離れた位置

になります。

実際のボールを打つに行く際、当てに行く際、
左グリップがボールの方に近い
右グリップの方がボールに遠い
という関係を維持、キープしたまま
グリップエンドを 写真で言うと茵飛球線方向に抜いてください。



え?! それじゃあ 打てない!
当たらない!! シャンクする!
 ・・・そうかもしれません。
 でもこれは今まで行っていたことの役割を
からだと腕の役割を逆転、もしくは分担するための『慣れ』なので
ミスが出てもトライし続けてください。


✊実際のインパクト時を上から見た場合
 そんなにはっきり!ではありませんが、
 右グリップの方がボールに近い状態になります。

 しかし、それは体が向きを変えている からで
 手さばきの仕事ではありません。

 体の回転と連動して、もしくは同期して
 振り遅れ 👉体の幅からグリップが右にズレる(手遅れ)
 と造らなければ メインは体の仕事で
 腕の仕事は クラブを動かすコトではなく
 体の回転にグリップを遅れさせない、体の幅に収めておくことです。
2013-04-30 10-21-17.465_Moment

 インパクトを止めるイメージを持つといけないので
 あるどこかの フィニッシュなり、フォローなり、
 もしくは通過点としてのインパクト では
 このクラブの姿勢のまま、 
 グリップエンドを同じ向きに向けたまま
 そのまま抜いてやる感覚です。

 時間とともに進行していく体の向き、
 その合流地点に遅れない!
 グリップの道のりを遠回りさせない、
 クラブを重くなるように使い グリップ軌道を膨らませない
 クラブが一番軽く、一番膨らまない方法で
 体の向きの合流地点にグリップエンドを送り込む
 出来れば 重さがかかることを考慮に入れ
 からだよりも先に
 グリップエンドを送ることで体がまわる
 と考えてよいと思います。



☆混乱しそうですが、参考になる映像をお見せしましょう。
2013-04-30 10-21-17.464_Moment2013-04-30 10-21-17.464_Moment








2013-04-30 10-21-17.463_Moment2013-04-30 10-21-17.463








2013-04-30 10-21-17.466_Moment2013-04-30 10-21-17.466









これはダウンスイングのコマを
一番初めのコマのシャフトの角度に合わせて回転させたものです。

インパクト直前のコマでは
 茲良當未離灰泙蓮 ̄手の方がボールに近づきつつありますが、
 写真の角度を調整すると 元の関係のままです。

当たり前ではありますが、
手遅れしないで 体の回転を利用すると
円を描くのは体の回転
腕はその体の回転で手遅れを作らないようにするためのもの

というのが読み取れると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ある質問を頂きましたので
 その回答をしつつ その問題点を考えてみます。

3種類の同じロフト₍ロフト25度₎のクラブがあるとします。

。械献ぅ鵐舛裡吉屮▲ぅ▲
■械.5インチの4番ユーティリティ
40インチの9番ウッド

IMG_0616
811-5-1
004

ヘッドの差で言うと
、□になるにつれ
ヘッドの形状通り、重心の深さが増していきます。

実はこれはクラブの長さと関係があります。

ヘッドの重心は インパクト時にボールに対し
何かの作用があるのではなく、
その重心位置によって どんなヘッド軌道、ヘッド姿勢になりやすいか
というところがポイントです。

クラブは 入射の角度、ボールに入ってくるヘッドの上からの角度が
緩くなるほど 打ち出しの角度は高くなります。
✊実質ロフトが緩くなるのと同じですね。
 ココがクラブの妙と言えます。
 単に物質ロフトが増えれば ボールも上がりますが、スピンも増えます。
 それでは距離が出ません。
 長さとロフト、そして重心構造によって
 実質ロフトは増やし球は上げやすくしても、スピンを抑制する
 という機能が 長さ・ロフト・重心構造によって作り出されるのです。


、□の順に重心の深さが増すことによって
単純な長さの効果+アルファで 入射角度を緩くし
 上がり易さを作っています。

ですので 上記3種のクラブは
クラブの長さ順に 38/39.5/41の順で
、□ 打ち出し角度が高くなります。

逆にスピン量においては
長さが長くなり入射が緩くなるほど少なくなりますので
、□ の順でスピンは少なくなります。

これに長さによるヘッドスピードが加わり
が俗に言う 高打ち出し/低スピンになるので
一番距離が出やすくなります。
,和任曾个靴歪磴い任垢、スピンは多いので
ボールが高くなるのは奥です。ゆえに着弾₍着地₎角度がきつくなり
ボールが止めやすい(3種の比較ですが)弾道になります。
  ✋理屈上は……ですよ。

同じ飛距離と仮定し、比較すると
弾道の質は異なり
,楼貳峭發なるのは奥
は一番高くなるのが大げさには真ん中 となります。

MVI_0874Trim_Moment


ここで問題になるのが
元々長さがあり 入射角度の緩くなり易いフェアウェイウッドは
重心が深く 長さ以上に入射角度が緩くなり易い というコトです。
形状的にも バンス角度はないですが、バンス(ソール)の奥行きがあるので
ソール後方(バンス)が地面と干渉しやすいということです。
これが 多くの人が フェアウェイウッドを苦手とする原因です。

全部が当てはまるとは言い切れませんが、
体の回転を 骨盤〜胴体ではなく 肩で行っていると
ダウンスイングからインパクトにかけ 体が開き上を向くので
本来の軌道よりも上向きの軌道
つまり より緩い入射角度、もしくは上がり軌道
になります。

✊それは傾斜地の得手不得手にも出てきます。
MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(3)MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(4)MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(5)






短めの アプローチショット で調べてみましょう。
骨盤の向きではなく、このように
肩を揺さぶって 疑似回転をしていると
アドレス時に比べ 頭が右に倒れ 体も右に倒れます。
フェアウェイウッドは アプローチに比べ
スピードが速いので誤魔化せてしまいますが
短めのアプローチのスピードでは ボールがフェースに乗らず
こぼれてしまいます。
アプローチでは このような振り方でボールを打つと
ボールのスピードが乗り切りません。
ゆえに必要以上に速く、強く打つことになりますから
ミスを誘発しやすくなります。
しゃくって振ってしまうと スピードの割にスピンも入りませんから
スピンの効かない 上がらない こぼれた球を意図時に打つ
特殊なショットと言えます。

それもこれも 体の回転。。。 その体というのをどこか
ちゃんと定まっていない 可能性があります。


✋スイングの基礎構造である体の回転
 そのまた基礎である からだ というのがどこなのか?
 が正しくないと
 クラブの単純な、そして重要な機能が活かせなくなってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


どんなグリップになるのか
もしくは
グリップによってどんなスイングになるのかは
だいたいここの形に出てくると思います

IMG705IMG703IMG704










左右が胸を基準に向き合った状態にあるのか
右手の上に左手が被った状態にあるのか

このトップの為にグリップが造られ
このグリップがトップを造っています

左手を伸ばして 右手の上に被せる
は からだだけをひねって 骨盤を右に向けない
スイングですので
このままボールを打ったのでは 内に切り込む
カット打ちにしかなりません。
へそから上だけをねじってあげるための
グリップだとも考えられます。

IMG700hijinuke1 (1)

トップの位置で
右手の上に左手が被った状態
この状態のままインパクトに入ったのでは
 フェースがボールを向きませんから
ダウンスイング中に
この左右の位置関係を入れ替えなければなりません
長くなった左腕を縮め 短くなった右腕を長くしないと
ボールが打てませんから その動作が
よりからだを開かせます。

葛谷Slomo_MomentIMG_0582_Moment










トップの位置で 実質、両方の腕が同じ長さ関係であるコト
それは骨盤〜胴体がしっかり右を向けているコトによって
造られるマスが、グリップの握り方も大きく影響します。


IMG_0799
トップの位置からインパクトまで
自分の胸に対し平行 やや斜め下に
クラブを持った左グリップを押せるのか どうか
グリップをからだの回転に遅らせないように
その方向に押すことが出来るのか

スイングとグリップの関係はイコールの関係
なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ