◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】 【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 体の向きの変更/回転


腕をたたみ、クラブを短くすると
 ヘッドで動く半径は
伸ばしっぱなし にしたまま 動かすよりも
 当然、内回り、近道 を通ることになります。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

カラダの向きを変えて グリップを移動させた
 その角度 ではなく、実移動距離
 ボールまで届く、
 概ね ですが、経路を内回りに換え、
 近道をした分で、実移動「角度」も
 イコールはヘッドの重量があるので不可能ですが、
 その分の「遅れ」「ズレ」程度で済むように 出来る。

というのが ゴルフクラブの構造、
 それを結び付けた ゴルフスイングの押さえドコ

 だと思っています。

そう考えると
 腕をたたむ、クラブを短くするコト によって
 ヘッドとグリップの上下関係がはっきりし、
 クラブの重さを グリップに掛けられる 、
 クラブの重さによって、ヘッドの重さによって
 グリップの移動を促進か、補助か、
 どちらにしても クラブの重さによって
 からだの向き変更動作によって 遅れそうになりがちな
 グリップの移動を手助けさせられる…

カラダの向きの変更で ダイレクトに グリップを移動させる、
 そして ヘッドはシャフトでつながっているので
 その グリップの実移動距離分、ヘッドも移動しようとする
 というコトに すべて つながってくるわけです。

ですので 蛇足ではありますが、
 テークアウェイにおいて (能動的に)グリップを高くする、
 特に 左グリップを上げる、動かす と言う行為は
 クラブと、スイングにおいては 特に必要は無いのです。
 クラブと言う構造があり、クラブを短くする、
 右腕を短くする、結果、ほんの少し 左腕(グリップ)が高くなる程度で
 能動的に 左腕を動かす、左グリップを高くする、のは
 回転でダイレクトにクラブを動かしたくない
 腕を振りたい、腕でクラブを振りたい
  意思表示と言う可能性も否定できません。


今のRさんの状態で すぐにソレをしよう と思っても
タイミングや動作の神経回路 が そうさせない、
というのは 重々分かります。 そこは焦らずに。
仕方ない部分は多々あります。

ただ スイング動作の行動原理 として
✋ダイレクトに からだの向きでグリップを動かす
✋その動かしたグリップの 実移動距離分しか
 ヘッドは移動できない
✋飛ばす為、からだを速く 廻したければ
 出来る限りで クラブは短く使う(重く使わない)

その上で 遠心力で 届く長さを形成するのです。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


これって 正解を伝えるのが難しい ですね。
jpg11
アバウトな意味で言えば イエス ですが、
おそらく… かなり高い割合のゴルファーが
 その遠心力の使い方を間違って解釈している というか 
遠心力を利用しても
 結果、それを敵に、負担に、しているだけです。
スイングは遠心力だ と言っている人 は
 それをそれで楽しんでいるのであればOKなのですが、
 遠心力を自覚している というコトですので
 それに対抗する チカラを使ったり、
 何かの動作をしているから そういう言葉が出てくるのでしょう。

そして、それを上手く活用している人は
 あまり 強く遠心力を利用している自覚はない、
 動作や力に負担がないので、
 確固たる感覚、感触が無く、助言が難しい のです。


例えば…ですが、
 インパクトで伸び上がる人、 や
 カラダが開いてしまう人
 ダウンスイングで手がからだから離れ
 ボールの方に出てしまう人は
 「遠心力を意識している可能性」
 もしくは
 「過去にそれを意識した可能性」があります

遠心力とは(漠然とですが)
 重さに運動をさせた時に、
 軸点に対し 外に外にはらもう とするチカラです。
スナップショット 1 (2015-07-24 1-20)

スイング中にかかる、であろう 遠心力は
 打つ前 であれば ボール方向
 打つ直前であれば ボールと打ちたい方向
 それらの方向とは かなり大きく異なる、
 アバウトですが 90度立体的に異なる方向です。

ですので 運動の法則的に言えば
 その異なる方向(ベクトル)の力を増やせば
 ヘッドスピードなり、打撃力は増えるのではなく
 削がれます。 進行の負荷、抵抗になります。
 最終的に それはボールのスピードではなく、
 スピン、、、などの別なモノに化けてしまう

 可能性が高くなります。



クラブは手で持っており、その腕は
 カラダ、肩から生えています。

これは 頃合い、加減、ですが、
 スイングは ある程度 大きな弧を方が速く動ける
 と
 大きくなると その重さや遠心力は増す
 の 頃合いの範囲の中で
 短くなったクラブは 適切、良い加減の長さ に
 なった方が良い
この一点においてだけ その遠心力のベクトルは合うのです。
MVI_0850-0001-1IMG_2813-0001-1
 右打ちの人が テークアウェイ、トップで
 右腕を短くする訳ですが、
 遠心力がかかれば その腕は伸ばされようとします。
 自分の意志での伸ばす割合 と
 遠心力で伸ばされる割合 は
 どの位なのかは 感覚的なモノなので
 なんとも言い切れませんが、
 微妙に後者の方が多いような気がします。
 腕の役割は それを拒否しない程度 な気がします。


遠心力を、まあ これは別な言い方をすれば
ヘッドスピード至上主義 の方は
遠心力がかかる その方向と 反対、
もしくは その遠心力がかかったことによって起こるコト
の事後処理、補助の動きが スイングの中に必ず入り、
ソコを悩んでいたり、気にしていたりするのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


今はもうあまり気にされていない…のかも知れませんが、
Rさんのスイングには
 今も…か❓ 過去に、、なのか
 「インパクトを体の正面で!」
 強く意識されていた 痕跡が見られます。 
((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment(2)

「インパクトを体の正面で」 は
インパクト、という その時を
ボールと体が正対する 状態で
造りなさい、悪く言えば そう都合つけなさい
と言う意味ではありません、
腕やクラブを「カラダの向き」で動かせば
結果、そうなる という 少々遠回しな意味
です。

廻りくどい言い方をすると
待ち合わせの場所に 約束通りの6時に到着する
その電車に乗っていれば ちゃんと着く、
あっち こっち 紆余曲折し
 なんとか 体裁を作って 約束の場所の、約束の時間
を間に合わせるモノ ではありません。
その電車に乗っていれば良いだけ です。
ゴルフのスイングで言えば
 からだの向きで腕を、グリップを、
 移動させて置けば良いだけです。

ですので 切り返しの時に 左腕を、左グリップを
残して今うのは その「インパクトをからだの正面で」
とは 相反する、真っ向から それをしない 動作 です。

カラダが向きを変えたら
 当たり前、ですが、腕の付け根は移動しますから
 それ通り、腕も、グリップも移動させて置けば
 結果、だいたいですが、インパクトは体の正面になります。
 勿論、だいたい…で良いのです。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment


また これも もう当たり前になって、
無意識な意識、になっている可能性もありますが、
「左サイドの壁」とは
左サイドの動きを止め、
回転を受け止めるコト ではありません

アプローチ…などを除いて、
 ボールを意図的に飛ばしたくない と思っている人は
 多くはない訳で、出来れば 少しでも飛んでくれた方が
 嬉しいと思うのですが、
 それをするには インパクト付近の回転も減速させず、
 無理な加速はダメですが、持続して回転しておいた方が良い訳です。

ヘッドの遅れ を ロフトの立ち化 のイメージが付けば
 そのヘッドの遅れを取り戻す必要はないので
 グリップも、ヘッドも その移動の原動力は
 からだの向きなので、当り前と言えば当たり前ですが、
 その先頭にあたる 左サイドは
 誰にも追いつかれてはダメです、逃げ続ける、
 スイング動作の終了まで 先頭逃げ切りで行かない
とダメです。

回転の勢いを止め、受け止めてしまえば
 その箇所に負担が 非常に強くかかります。
(ゴルフスイング)インパクトポイントの改善_Moment(3)

左ひじ、左グリップも含め
 左サイドは 「インパクトは体の正面で」と言う意識を捨て
 回転、逃げ続けて下さい。
✋からだの回転通りに 左グリップが移動していれば
 だいたい、からだの正面「でしか」インパクトは来ません。
 他の向きでは 本当は打てない、のです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


詰め込み授業は良くないの…ですが、
おそらく ご来店されるであろう Rさんの予習のために
一番 始めの話しに戻りますが、
 ボールを上から打つ ⇔ ボールをつぶす
練習を緩いアプローチ、
加速の一切ない(等速)アプローチでしてください。



単純に…ですが、
 ヘッド、クラブもそうですが、
 フェースの向いた方向に動きます、動きたがります
 ですので よく言うフェースターンは
 クラブフェースを 左に向けるので
 その軌道は その加減次第ですが、どんどん 内に切り込み、
 フェースターンを始めた時の ゴールと
 し終わった時のゴールがずれてしまい、
 アウトサイドインを防ぐために フェースターンしたのに
 よりキツイ アウトサイドイン
 になったりします。
(ダウンスイング比較 きっと参考になると思います_Moment

 上下の向き もそうですが、
 フェースターンは インパクト、そしてインパクト以降
 ロフトが閉じますので
 ヘッドやクラブの進行方向が 下に行きたがります。
 フォローなのに…です。

 ですので フェースターンの量、しているか否か は
 フォローの抜け口、抜け場所を見れば 判別が可能です👁

 ✋ゆっくりの、加速の無いアプローチで
 フェースがどこを向いて ボールに入ってくるか
 自身で確認してみて下さい。


どこかの記事で何度も書いていますが、
 ボールを上から打つ は
ヘッドが高いトコロから 低いトコロに移動して
ボールを打つコト ではなく、
 その移動軌跡、この場合は上下、高さ、高低の移動軌跡に
 沿った ロフト形成がされているコト
 です。
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment
具体的な数値で言うと
 5度の入射角度であれば
 その入射角度に沿った 製品ロフト
 地面を対象にした時 5度以上ロフトが立った状態、
 5度 シャフトが飛球線方向に倒れている状態 を指します
(適切な表現ではありませんが ハンドファーストになっているコト)
 その 入射角度は 好みもありますし、タイプもありますし、
 何度でも良いと思います。

✋✋✋✋✋
 そのクラブには長さがあり、
 アドレスで構えた 自分からヘッドまでの距離は
 一番長い、弧で言うと一番大きな状態です。
 まったく 腕もたたまず、クラブも短くせず、
 手首も肘も動かさず 右を向いて、元に戻る、
 ボールを打たなくても 前傾姿勢がありますので
 地面と平行よりも ほんの少し上目
 (円弧で言うと 小さめ、内目になっている)
  入射角度うっすら(2〜5度位)が存在します。
 グリーン周りなどの テークアウェイが極小の場合 は
 おそらくそうでしょう。

(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

 通常のショットでは、
 テークアウェイにおいて、なにがしかの形で
    クラブが短くなっています
 スイングの半径は小さく(短く)なり、
   内回り(上下に)になりますので
 その角度よりは 少しキツイ角度(入射)、
 そのキツク成った角度分 ロフトが立っている、
 入射角度に対しては 製品ロフトになっている

 というのが クラブの構造上、
  
 正しい 上からの入射 です。


 そして、それはインサイドアウト、アウトサイドイン
 などの 横の動きに関しても 全く同じです。

 長さがアドレスの状態の弧 と比べると
 クラブや腕が短くなる「筈」
 移動の主力が からだの回転で行われる となると
 その弧より 下から や 外から は
 物理的にはあり得ない のです。

 ですので ソコに フェースローテーションという
 入射とロフトの関係に 規則性のない方法は
 そういう振り方をして ボールを打つコトも出来る、
 のは確かですが、個人の修練、感覚で掴むモノであって
 クラブの構造と結びつけた理論にならないのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 ̄Δ鮓くのは何故?(右打ちの場合)
 これは ゴルファーによって その割合 は
 微妙に違いますが、
👉回転することでスピード、打撃力を上げる
 それがすべて!とは思いませんが、否定も出来ません。
👉方向性を造る
 横〜水平方向にボールを移動させるのには
 コレも不可欠でしょう。
 個人的には 後者の方が強い「意識」です。
S20180921_Moment

▲ラブを短くするのは何故?
 腕をたたむ、クラブを起こす、
 それを手首(推奨しません)や肘で行い、
 肩からヘッドまでの距離を短くする行為 は
 ほぼ 例外なくすべてのゴルファー がします。

 多くの人は スイングは上下に振る感覚がある、
 地面にあるボールを打つのに 上げないと…
 と言う感覚が強いよう…です。
 であれば クラブを短くせず、腕もたたまず、
 ただ バンザイ だけすれば良い気しますが
 プロアマ問わず そういう振り方をする人を 見かけません。
 なにがしかの形で ヘッドまでの距離は短くします。
S20180921_Moment(2)

 ボールを飛ばすのに
 ヘッドスピードが速い とか
 円弧が大きい  は利点だと思うのですが、
 何故か ヘッドまでの距離、クラブを短くするのです

 では 逆に
 動作を減らす為、円弧を大きくする為
 両腕を突っ張らかって、肘も手首も曲げず、
 アドレス状態まま 右を向いて、
 (腕をあげても、上げなくても どちらでも)
 で 回転だけで打とうとしたら どうなると思います。
 イメージしてみて下さい。
 仮に 腕は全く上げない で行くとしても、
 自分のインパクトポイントにグリップが来ても
 ヘッドは遥か後方にありませんか❓
 …ボールに届かない 遥か手前
 かなりの確率で かなり手前をダフることになる❓
 そんなイメージになりますよね⁈
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)



 深く、考えたことはない と思いますが、
 ヘッドは、グリップを動かした分、しか移動しない
 というコトをなんとなく ゴルファーは気付いています。
 
 ココが結構 勘違い する部分ですが、
 スイングは円運動なので
 グリップを移動させた 角度分
 ヘッドも移動する と薄っすら思っていますが、
 であるのなら 腕をたたまず、クラブを短くせず、
 突っ張ったまま トップへ行き、
 カラダを廻すと、従来のインパクトポイントを
 グリップが通過…したにも関わず
 ヘッドはまだ ボールに辿り着いていない、
 もしくは ボールより手前をダふりそうな
 そういう 想像がし易いのは何故でしょう❓

グリップの移動した 角度分 ではなく
 グリップの移動させた 実際の移動距離分 しか
 ヘッドは移動しない と 思ったことはないけれど
 なんとなく 感じているから です。
oto_Moment

 そして 腕を、クラブを長くしたまま
 からだの回転をすると その長さが重さになり
 回転の速度も上げにくく…なりそう ですよね。

ココの部分で テークアウェイを取る 右を向く
 それらの目的は 大儀では 回転する為の準備、
 左回転の為の助走(右回転)
 腕をたたむ、クラブを短くすることの目的も
 かなりの部分 回転する為、
 回転を速い速度でする為、と言うのが匂ってきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Rさん お元気ですかー❓
参考動画ありがとうございます。
早速 動画を見てみましょう🤗


SWのスローな状態では
 かなり良いになってきてるなぁ…と思います。
おそらく それは結果にもつながっているのかな、と。

動画は 6I→5W、そして 1W になっていくのですが、
長いものになるにつれ ソレは表れてきますね。
この部分は 当然、ご本人も承知されている、と思います。
(昔にも書いたかな)

一番 気になる点は
 腕、特にグリップの移動 と からだの向きの変更
 につながりが薄く、
 特に 切り返し時に グリップを
 画像で言うと奥行き方向( 飛球線方向 ⇔ 後方 )に
 残してしまうような
 動作で言うと、微妙に曲がった 左ひじを一回伸ばすような
 そういうアクションが見られます。
👉切り返しの左サイドの動き、からだの回転の動き に
 左腕を取り残してしまう(癖、タイミングの取り方)感じです。

((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment

ココの部分、間違って欲しくないのは
 その行為、動作は Rさんご自身のタイミングの取り方や
 過去にしていたスイングの名残り だったりするので
 早急に、無理に、治すべき部分ではなく、
 「あ、いつの間にか 無くなったなぁ…」
 というのが これに関しては 一番良い終着点 だというコト。

その上で 
 幾つかの「意識変更」
 ゆっくりしたアプローチから やって頂きたい のです。

,らだの向きを変える目的
 厳密にする必要はありませんが、
 理想論!として からだの向きを変える目的は
 その行為、それソノモノで グリップを移動させ、
 結果、つながっているヘッドを移動させるコト
 です。

 ヘッドを高くして 低くするだけでは
 ボールは水平方向、横方向には飛びにくい ですし
 距離も必要ですから
 その比重はなんとも言えませんが、
 からだの向きを変える速度も必要でしょう。



 ところが、あくまでも 「今」の時点ですが、
🔴このグリップを残すアクション、
🔴その後のグリップの 高さ変化
🔴インパクト以降の振り抜き
 を見ると、クラブを振るため の 空間を作るため
 クラブを振るための準備(予備動作)としての体の向き変更
 が強いように思われます。
 からだの回転が「ダイレクト」にグリップの移動と
 つながっていない、もしくは関係性が薄い、ように思えます。

 ココの部分は そうする為に グリップを残す から
 余計 そうせざるを得ない のも確かではあるので
 奥の手✋ がございますので ご来店ください

コレは アプローチのような
 加速の全くない、等速運動で
 ダウンスイングのフェースの向き
 特に ロフトの向き を意識しながら
 「とりあえずは」練習してみて下さい。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


コチラ ご覧ください。 

(両脇の画像)地面にあるボールを拾う
高いトコロに上げたヘッドで、フェースで、
ボールをこう打ちたくなる、拾いたくなる、
気持ちは分からないではないのですが…。

ゴルフクラブのメカニズムを理解した上で
 ボールを打つのと
とりあえず 分かんないけど、真似て当ててみる、
 打ってみる の違いとも言えます。


アプローチやバンカーショット では
意図的に こう打つ「場合」もない訳ではないので
余計 ややこしい んですけれど…。


 あ🙄 前提として、画像の違いが判るのかしら❓
 というのはありますね。


(両脇の画像)ある点(支点)を軸に
ずっと フェース(ロフト)を同じ状態で
ウエッジなどの大きなロフトのクラブであれば
フェースを支点に向けたまま
 クラブを縦に回転させる   
そんな感じです。
全体の動きの中で
 グリップの動き(移動)に比べ、ヘッドの移動が明らかに多く、
 「回転運動」とは言え、同角度運動とは言えない、
 軸点になるのが よりクラブ(グリップ)に近い、感じになります。
映像にはカラダは映っていませんが、
 このクラブの動き、ですと からだの動きとクラブの動きが
 つながらない、リンクしません。
 止まったからだ に対する クラブの回転 と言ったトコロ。

 早い段階で 縦方向にクラブが長くなる(ように見える)のですが、
 スイング用語 では それを キャスト と言います。
(クラブの、シャフトの廻し方の違い_Moment

(真ん中の画像)比較すると 両脇の画像に比べ
 ロフトの立ち、フェースの上下の向きが異なります。
 全体の移動の中で
 クラブ自体が「スライド」している感じです。
 からだの回転とクラブの動きがリンクしています。


距離の短いアプローチ、とは言え (両脇の画像)では
 ショットの基本、からは外れてしまいます。
 コレをそのまま 大きな動き、速い動き、
 高いトップへ移行し、通常のショットにしたのでは
 あとあと 悩みは深くなるのは保証出来るほど。 

どんな球になるか…比較対象になりますが
(両脇の画像)では
 初速は遅め、ボールの打ち出し角度は高く、スピンは少な目、です
(真ん中の画像)では
 初速は速め、ボールの打ち出し角度は低く、スピンは多め、です。

 アプローチのような 遅めのスピードで打つ場合、
 (両脇の画像)では スピンの効き は良くありません。
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment
実は 非常に多い、アマチュアゴルファーの…
 ショットの悩みの半分は ココに隠れているような…
 そんな気がします。

スイングは 傍目(はため)からは 確かに円を描いて見えます。
 クラブも 何かの軸を支点に 円弧を描くように見えるのですが、
 そのエンジンは からだの向きの変更 という
 少し傾きはありますが、横回転、横運動によって為されます。
🔴高くなった トップでのヘッドの位置、
🔴地面に置いてあるボール、
🔴そして、スイングは円、丸く振る、

 この3つの要素、によって
 クラブの縦回転させたくなる気持ち、イメージが
 多くの人にスイングの スタート地点良い見本ではないになっています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフ用語で 上から打つ、
ボールをつぶす、ぶ厚い当たり
 と言うのがあります。

なんだか 上手く成れるような、そんなニュアンスではありますが、
とても 曖昧な使われ方 をしています。
円弧5

ゴルフスイングには 前傾姿勢がありますので、
アドレスに対し、テークアウェイはヘッドが高くなりますし、
ダウンスイング〜インパクトでは
 当然…のようですが、ボールよりも高い位置から
 ヘッドが入ってくる…のですが、
ソレ、そのものを「ヘッドを上から入れる」とは言いません。

『上から入れる』の正しい意味合いは
 スイングは テークアウェイにおいて
 肘や手首などを曲げますので
 アドレス時の円弧に比べ、円弧の半径が小さく、
 円が小さくなります。
 腕を曲げない、肘や手首を固定して
 からだの向きだけを変える 円弧に比べると 円弧が小さく、
 アドレス時にセットアップしたその円弧よりも
 キツイ角度でボールから出ていく(テークアウェイ)
 キツイ角度でボールに入ってくる(ダウンスイング)

 というのは まず ひとつ。

例えば…ですが、
👉そのクラブを構えた時の円弧
 腕も曲げず、そのまま 入射してくる円弧の
 入射角度が 仮に5度 とすると
👉コレも仮ですが、肘や手首を曲げ、小さくなる
 円弧が 10度 だとしましょう。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

アプローチなど 特殊な状況を除き、
 5度 きつくなった円弧 に対し、(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment
 オリジナルのロフト角度を活かすのであれば
 5度 ロフトが立った状況 ⇒ハンドファーストになった状況
 というのが ショット全般における
 「正しい意味での 上から打つ」 です。


ただ ヘッドを高いトコロから低いトコロ(ボール)に
 入れたのでは そのキツク成った入射角度分、
 スピンを形成する ロフト効果が増えてしまうので
 意図的にソレを望んでいない限り、
 上から入れても ボールのつぶれ や つかまりに直結しません。

2021-05-19_23-05-25_Moment腕とクラブで構成する アドレス時の長さの弧
それよりも 小さくなった時、
その分 入射はキツクなるのですが、
それと 同等の「ロフト姿勢」にならないと
本当の意味での つかまり は得られません。


ボールのつかまり とは
 その「ロフト角度なり」のモノ で
 (長さもロフト角度の一部です)
 その「ロフト角度なり」につかまえるのに
 基本、ヘッドスピードは重要な要素 ではなく、
 ボールを打てる ヘッドスピード(遅い) であれば
 グリーン周りの転がし でも 十分 ボールはつかまえられる、
 「そのロフト角度なり」には潰せます

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


重心距離の長いヘッド というのは
重量の中心がシャフトから離れている というコトで
アバウトではありますが、
重いヘッドと近似値、と考えて良いと思います。


コト、アイアンにおいては
柔らかいシャフト&重いヘッドが重なる、と
フェースローテーションをスイングの軸にしている人には
どダフリやスライス、シャンクの佃煮、
抜け球(上がり切らない緩い球)のオンパレード
 になりますので
しばらく まともな球が出ません。

コメントにも頂きましたが、
柔らかいシャフトや重いヘッドの効果を
数度の練習で実感するのは難しいです。
目の前の結果に「へこみます」からね…。
001002







フェースローテーションにとって
ヘッドの遅れ は フェースの開き になる、というコトですが、
アイアンよりも重心が長く、
一般的にはアイアンよりも かなりシャフトの柔らかいドライバーは
 一体 どうやって打っているのか 不思議に思う部分ではあります。
 空中のボールを …アイアンなら引っ掻き
 しゃくり上げるから 可能なのでしょうか…。


ですので 少なくとも アイアンを重め のヘッド、
ドライバーに合わせ 硬さを整えてあげる と
結果は 買い替えたアイアンに、ではなく
 ドライバーに出てきたりもするのです。


そうなると ラウンド中の疲労による変化 や
 連日のゴルフで そのドライバーのシャフトの硬さも
 辛くなってきたり と 自分の体力とシャフトスペックの関係に
 目が行くようになって来たりもします。

フェースローテーション(ヘッドターン)が悪だとは思いませんが、
せめて ヘッドの遅れ = ロフトの立ち という
ヘッドの回転を横、シャフト軸ではなく、
 縦の自分軸 にする習慣が付くと
 ドライバー〜アイアン、そしてアプローチに
 スイングの共通する流れが出来るようになってくるのですが…。

Kさんは その実例と言えるかも知れません。

そうなると 柔らかいシャフト&ヘッドの重さ による
ヘッドの遅れ は ロフトの立ち になり易い ので
遅れ→スライス ではなく フックになったりもします。

超キツイスペックのアイアン、
本来の体力で考えれば きついけど、アイアンよりも柔らかいドライバー、
この構成では 曲がりの出にくいアイアンは ボールを中に置いて
 曲がらない範囲でこすり打ち、
ドライバーは 引っかけの方向に振る、
 スライスにならない 巻き込んだ振り方、
これが 適正スペックになってくれば、
 自分軸で振れるようになるので ずっと 美しい弾道が得られますが、
 そこは クラブとの二人三脚なのです。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの向きの変更に対し
重くなっていく腕やクラブ
それに影響されず
コンスタントに からだの向きの替えられる方法は
写真を対比 しますが 右ではなく 茲硫菫です。

IMG_0838_Moment
MVI_0878(2)_Moment(3)




IMG_0838_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(4)




IMG_0838_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(5)





IMG_0838_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)





IMG_0838_Moment(6)MVI_0878(2)_Moment(7)





これをスイングの中で行う とすると
からだが向きを変えていく
それに対して 腕やクラブに重さが掛かり
グリップが遅れようとしますから
それを腕でサポートする。

ヘッドは重力によって落ちていこう としますが
それと グリップの移動の追いかけっこです。
ヘッドが着地するところを
グリップの移動によって ボール地点に持ってくる


スイングを覚える初めの段階で
この 追いかけっこ を覚えて欲しいモノです。


フルスイングとして考えても
左への動き、反時計回りの動き
打撃の始まる トップオブスイングを基準に
胸 と シャフトの角度
胸 と シャフトの関係は
速度が増すほど くっ付いていく モノ
 です。


からだの回転とクラブの関係
この始めの一歩が理解できると
右手の使い方 使うタイミング
おそらく グリップの関係にも影響が出ます。

私個人からすると 結果としてなってしまう
フォロー以降の減速によって起こってしまうのは
仕方ないにしても
右グリップが左グリップの下に入ったり
追い越したり する行為 って考えられないモノなのです。
MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)



多くの人がここでボールを打っていますが
からだの向き・・・からすると
ここは打ち終わっている時期で
スイングの動作・・・としては存在しない部分・・・
ここが打撃のメイン になっているのですから
何とも言えない…何と言って良いか分かりません。
IMG_0838_Moment(4)IMG_0838_Moment(6)





自分は右から左に180度向きを変える
クラブは イメージ上90度しか回転しない

自分もクラブも180度回転する
では
ものすごく大きな違いが生まれ
それがゴルフを苦しめます。

それは 肩 です。

ゴルフスイングにおいての肩は
機能としては腕の一部ですが、
ある場所は胴体の中です。


からだの回転でボールを打つ
からだの回転でスイング軌道を造る
において
肩は スイング軌道の動作として
考えない部分、存在しない部位です。
M2019810L!_Moment(3)M2019810L!_Moment(4)







一般論において
肩を回せ とか
厳密に言うと 腕で動かせ
胴体をねじれ というコトですが
からだの回転でボールをちゃんと打つ
というコトにおいては
胴体は一つのパーツとして ねじれを造らないように
胴体〜骨盤に対し グリップを遅れないようにして
胴体を一つのパーツをして使うので
動作としての 肩周りの動きは存在しません。

クラブや腕が移動で重くなる
それを無視して クラブも180度ターンさせようとすると
グリップが遅れてしまい
それを取り戻すために
胴体を止め 肩だけを動かす時間が生まれますので
スイングの中に『存在しないはず』の部位、
存在しないはずの動作が生まれてしまい
多くのスイングを見ている限り
その『存在しない亡霊がスイングの要』になっているのが
非常に厄介なのです。
20191006_Moment(4)20191006_Moment(5)20191006_Moment(6)










『存在しない筈の亡霊がスイングの要』の為
そこを修繕する、ではなく
そっくりそのまま 除去しなければならない
というコトに至り難くなるからです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


インパクト、ショットは『からだの正面で』
と言う言葉がよく言われますが、
その真意は その瞬間を「からだの正面に合わせる」、
「ボールと体が正対した時間を維持する」

のではなく、からだの正面、
 その向きを変えることが打つコト
 である と言う意味です。

からだ、その向きを変えることが打つコト であるのなら
逆に からだの正面以外でインパクトを迎えるコト は
出来ない訳です。




そういう意味合いでも
打撃、ショットの準備たる テークアウェイ、
右向きの仕方、本当の意味での右向きの量 は
とても大切になり、
『質としての 右向きが足らないこと』
現場、コースでの右向きにつながる とも言えます。
(271_Moment(22171_Moment







ハミングバードでは、ある程度の年齢の方や腰痛の恐れが
ある方には 肩を廻す〜胴体をひねる のではなく
股関節を境とした、骨盤より上の「胴体そのもの」の
向きを変えることをお薦めしています
 が、
からだが頑丈であったり、年齢が若い人であれば
「肩をまわす」のも有り……だとは思います。

正しく 肩を廻す は
前ナラエをした状態で 胴体をひねり
その両腕の長さ関係が 大きく変わらず
腕が動くのではなく、
右を向いたり、左を向いたり する事になる訳ですが、
それは 疲れてきたとき、
 手だけが動く可能性が高くなる
というコトを十分に考慮しておくべきでしょう。
コース終盤でのミスの大いなる原因となります。
(手打ち 手振りのパターン_Moment

また 肩を廻す、にせよ、胴体ゴト向きを変えるにせよ、
手がテークアウェイを取っていた方が
改変する場合、肩、もしくは胴体を右に向ける、
と同時に、腕で横に振って(動かして)いたのを減らす、
 もしくは無くさない
 と
単に テークアウェイが大きく、トップの位置が深くなり、
今まで以上の振り遅れやタイミングのズレが起こり易く、なります。

回転する速度は 飛距離に繋がってはいますが、
ロフトが寝てしまえば その速度は距離ではなく
ボールの回転や高さになるばかりで、
からだの幅からクラブが大きくずれれば フェースも開くコト
になり、結果として 閉じるために からだを止める必要が生まれ、
肩であっても、胴体であっても からだを廻した意味を失います。
動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment(2)動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment(3)










肩であっても、胴体であっても
同期して 右向き、テークアウェイを取る訓練は
小さなアプローチから始まる、と言って良く、
ハーフショット 程度のアプローチでも
 しっかりとした右向きを作るコトが
コースでの右向き不足解消の最も効果的な道です。

右向き不足の解消は
肩や胴体を右に向けるコト ではなく、
如何に 左腕が右に入らないか、
前ナラエの位置から 体の中に入らないか、
左腕がアドレスの位置から横へ大きく移動しないか、
肩や胴体の運動量を増やすコトではなく、
左腕の運動量を減らすコト と考えて良いでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前にも似たような内容で記事を書いていますが、
ゴルフを始める人、続ける人、
上手くなりたいと思う人、
からだを傷めたくないと思う人
にとっては 非常に切実な重要なテーマです。 

一軸打法とか、二軸打法とか、
ボディターンとか、4ステップ理論、
コンバインドなにがし とか、
スタック&ティルト とか、
下回りスイングとか、シャローウイングとか
この手は 好み や スイングのタイプ、
選べるゴルフスイングと言う楽しみもありますから
 流派ということで良いと思うんですけど
『振り子』『振り子のアプローチ』だけ は
ゴルフ界から根絶するべき だと思うんです。

やりません(冗談です)けど
議員になって、法改正や条例作りたい 位ですwwww



余りに基礎的なので 呆れてしまうほど
かも知れませんが、
スイング、ショットは
前傾姿勢(大腿骨と骨盤の角度差)という傾きがあり
それを基点に からだの向きを変えるコトで
クラブを動かして ボールを打ちます。

ですので 傾きが無ければ
からだの向きをどちらに変えても
右/左 のどちらかが 低くなったり、高くなったりしません。
2021-04-11_22-32-44_Moment(5)2021-04-11_22-32-44_Moment(7)









傾きがあるから
右を向けば 左の方が低く、右の方が高くなり
左を向けば 左の方が高く、右の方が低くなります。
これには
右向きの時には 右が奥(高い方)へ行く
左向きの時には 左が奥(高い方)へ行く
という 奥行きが付いてきます。
✋ここが 写真や動画の平面上のトリック(罠)です
2021-04-11_22-32-44_Moment(10)2021-04-11_22-32-44_Moment(11)









ですので
スティービーワンダーのように
肩を揺さぶっている訳ではありません。

アプローチの距離感を覚える って言うのは
正直、経験則、反復しかありません。
これは 野球でもサッカーでもバスケでも
ボールを使う限りはみな同じです。
投げ方、打ち方の基本 はあっても
 その距離感は自分で掴むしかありません。

それを無理にマニュアル化するため
 スイングの基本中の基本を歪ませる のは
 絶対、賛成出来ません。


スイングの回転 は
 その動作の中で一番大きなモノです。
ほぼ すべてのモノが その大きな流れ に沿って
移動することになる訳ですが、
『振り子』の動きは
本来のからだの回転、
それが胴体であっても、肩であっても
その回転とは 全く異なる方向に進むコトになり
元になる からだの回転も歪めてしまいます、
イエ 壊してしまうと言って良いでしょう。

アプローチで その「振り子」を採用すれば
かなりの確率で スイングにも影響します。

カラダへの負担も多いだけでなく
どんなに練習しても アプローチの達人 に あるコトは出来ません。
距離感も身に付かない と断言出来るほどです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 プロが全員そうしてる訳ではありませんが、
とりあえず
正規にボールをつかまえるショットを「プロショット」、
アマが全員そうしている訳ではありませんが、
ボールがつかまえられず こすり打つショット/スイングを
とりあえず 名称の定義付け として「アマショット」
とさせてください。


正規のつかまえる仕組み「プロショット」が
理解出来ていると つかまえない、こするショットの
「アマショット」もより確実に
そして 重要な「適材適所」で選べるようになります。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)











例えば バンカーショットや深いラフからのショットですが、
目玉やスタンスの取れないような状態を除き
通常は 『プロショット』を
 スタンスとボールの置き位置 で
 ロフトを大きくして打ちます。
その成功率は スタンダードに近い程、
 そして ロフトは小さい(限度はありますが)
 ロフトを寝かして使わない程 高いです。
そして その先に 緊急時対策として
あごが異様に高い、ピンが異様に近い、
 このような場面では 意図的に「アマショット」
 を使う場合もありますが、
 「アマショット」は「プロショット」に比べ
 成功率、確率がかなり低く、
 大袈裟には イチかバチか の要素が強くなります。
 スコアを考えるのであれば
 それを使わざるを得ない場面以外は避けるべき
 そういうショットをしなくてはならないようなところは避ける
 なのがアマショットです。

それほど プロショットとアマショットには違いがあります。


通常のショット、
 特にフェアウェイウッドなどを使う場合、
 『アマショット』  …こするショットは
 地面に置いてあるボールを
 まるで アイスクリームスプーン(スクーパー)で
 こそぐような形で すくいとるのです。
アイスクリーム

それを フェアウェイウッド という
 ボールを上げ易い構造(直接的な形と言う意味でなく)
 ソールの奥行き、ヘッドの奥行きを深く長くすることが
 逆に災いすることになります。
411BK-5-1

シャフトを少し柔らかめ、ヘッドを少し重めにしてあげて
 無理にヘッドを返そう、ヘッドでグリップを追い越そう
 としなければ ロフトは自然に立ち、
 その機能がボールを上げてくれるので
 FW苦手だなー と言う方には そういうセッティング
 かなり効果的です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーは
『体を廻す、からだの向きを変える』
その箇所を  としています。


ハミングバードはそれに賛同しません
 特に腰痛持ちのゴルファーは迅速な変更をお薦めします✋


仮に からだの回転を肩 としましょう。
先日の記事、「開いて上げて、閉じて降ろす」
スイングは 「開いて閉じる」を実践されている方に大変多い事例です。
👉肩を廻す とは
 肩や胸のラインの向きを変えるコト、

結果、としては胴体を捩じる(骨盤と胸の向き差、脊椎を捻る)
ことになりますが、そこはさておき、
ちゃんと 「肩」を廻しているのなら 問題ありません
(大変少数)
多くの人は 腕を振っているだけ
(ほぼ全員に近い) です。
radio

身体の構造上、ラヂオ体操のように
73d28d33腕を左右に振れば、肩甲骨も動き、
一見すると 肩が回っている『ように見えます』が、
🔴肩が回ることによって 腕が向きを変わる のと
🔴腕を振って、肩が向きが変わっているように「見える」では
 全く異なります。


🚀実験してみると分かります。

両手のひらを合わせ、両腕の長さを変えないよう(肘を曲げない)
肩〜胸の向きを変える のが 肩を廻す です。
 かなり 早い段階で 体に負担がかかりますよね。
多くの人は 腕の長さの調整、
 テークアウェイ時は右腕を短くし、左腕を長くし、
 まるで 肩を向きを変えたような位置に 両手のひら(グリップ)
 持って行きます。
その時の 手のひらの向き を見てみて下さい。
必ず、右の手のひらが上、左手の甲が上 を向いた、
 右ひじで言うと 地面を指した位置 になります。
(22171_Moment動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment







本当に 肩で廻れば(苦しいのは苦しいですが)
 両腕の長さは概ね、都合が付いていますから
 前傾姿勢通り やや下向き になる筈 ですが、
肩で廻る真似 を手さばきだけで行うと
 クラブで言えば 開いたような、
 フェースが上を向いた形 
になるのです。
IMG703
クラブは一度捩じられてしまうと
 扱いはどんどん大変になっていきます。



また、肩で廻ろうとしても 身体的に苦しいのは否めませんから、
緊張感の伴う、疲労も付いてくる 現場/コースでは
結局、手で動かし始めるコト、両腕の長さ調節だけで
 テークアウェイもどき、トップの位置もどき、右向きもどき
  を取るコトは間違いありません。
かなりの確率でしょう。

グリップの位置が トップの場所に行ったとしても
 右向き不足…に陥る、深く捩じれば捻じるほど あとあと大変です。
コースで言うトコロの 右向き不足、捻転不足
(この言葉自体アウトな気がします)
 はある意味 必然で起こるのです。

年齢を重ねてくると からだを捻じる事
(腕作業でのテークアウェイ)
 本能的な恐怖が伴いますので、絶対に浅くなり、
 それが早打ちやタイミングミスにつながる例を
 皆さんも沢山目にしている事でしょう。

(271_Moment

ですので 開いて閉じる が先なのか、
体の回転は 肩を廻す を信じているコトが先なのか、
どちらにしても ゴルフを始める、スイングを覚える
早い段階で 迷路への道へと足を踏み入れることになります。

それに比べると身体的に負担の少ない、
苦しくないとはいいませんが、胴体をひねるよりも
お尻・太もも周り の向きを変える方が断然楽です。
ですので 慣れてしまえば 変化が少なく、
 クラブを捻り難い 胴体ゴト向きを変える方をお薦めしています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


そもそも  「開いて、閉じる」  。。。と
一体、誰が言い出したのか、わかりませんが、
その人を ムチ打ちの刑にしたい位、です。

スイングの基礎動作は からだの向き です。

それが肩であっても、腰(お尻)であっても、足であっても
体の向きが変わる。。。俗に言う からだの回転が始まり、です。

アドレス から始まり、
テークアウェイをすると
フェースは 飛球線に対し、右を向きます。

フェースは右を向きますが、
フェースを開いたわけ では ありません。
体の向きを主体としていれば、
 フェースの向きは変っても、ロフトは開きません。
動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment(2)









クラブを、ヘッドを回転させて
 ロフトも開き、フェースも右を向ける には
クラブ、フェースが捩じられる動きが加わるので
 根本的な違いがあります。

『飛球線とフェースの向き』に焦点を当てれば、確かに
⚠テークアウェイで、フェースの向きは右を向き、
⚠ダウンスイングで元に戻り始め、
⚠インパクト付近では アドレスの状態
 (これをスクエアと呼ぶのかは疑問ですが)
⚠インパクト以降、フォロー側では
 フェースの向きは左を向きますが、
これは単に、単にクラブを持った打ち手の向きが変わっただけ、
 であって、フェースが回転したのでも、クラブが回転したのでも
 ありません。

これのどこが 「開いて上げて 閉じて降ろす」につながっていくのか、
皆目見当が付きません。
一般的に 手打ちよりも良いであろう、とされている
体の向きの変更の基礎的な部分です。

これを 本当に 開いて上げて、閉じて降ろす を実行しようとすると
からだの回転、からだの向きと関係なく、
両方の腕のロール によって行うコトになりますから
この時点で 手振り と からだの回転に 真っ二つに分かれます。


🔴からだの回転で テークアウェイを取った場合、
 飛球線に対し、フェースは右を向いていますが、
 フェース も ロフト も大きく変化しておらず、
 からだの向きも戻せば アドレスに近い状態でボールに当たります。

🔴一方、手のロールで テークアウェイの真似をした場合、
 飛球線に対し、フェースが開いているだけでなく
 フェース も ロフト も開いており、
 切り返し という 動作方向の逆転の際、
 クラブが一番重たい状態になります。
 体を右に向けた訳では無いので、
 ソコから体を廻すと アドレスの状態から動き始めるのですから、
 どんどん体が左を向いてしまい、
 フェースの右向き、ロフトの開きも増える一方です。
 ココから先は お決まりのパターンで
 どこかで グリップの移動を止め
 ヘッドを、フェースを回転させる必要が生まれてきます。



テークアウェイ で 飛球線に対し、フェースが右を向く のと
ヘッドを、フェースを開くのでは 天と地ほど差がある訳で
大きく左カーブしている道路で
 道に沿って 車の向きは随時、変って行きますが、
側面が上を向いたり、車体の底が上を向いたりはしません。
常時、道路に車体の底が向いて、タイヤで接地しています。
 それと同じです。

正直、テークアウェイを開いて上げて… の方を
ゴルフスイング…の分類の一つ と考えて良いのか悩むトコロですが、
とりあえず どちらのスイングの方が簡素化されているか、
複雑化されているか、難易度が高いか は 一目瞭然の差だと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずは コチラの動画からご覧ください。
   
あくまでもイメージ ではあるけれど、
多くの人はアドレスと同じように(左折注意_Mo
⚠左手の甲(右手のひら)は飛球線
⚠左手のひら(右手の甲)は飛球線後方

を向いているイメージがあるのではないでしょうか❓

ゴルフスイングはご存知の通り、
自分がなにがしかの動作をして
長い棒の先にあるヘッドを動かし、ボールを打ちます。
長さに当たるシャフトと重さに当たるヘッドは
運動によって その重さを増やし、
運動の原動力である 自分の動きに対しては
当然、遅れます。
(jC0
個人差はあれど トップの位置に該当する箇所では
左手のひら は 微妙に…ですが
ボールと反対方向〜〜飛球線(自分の方)の間を向いています。

そこから からだの向きの変更〜回転に対し、
徐々に、ヘッドやクラブは遅れていくのですが、
そのリンクになっている手や手首は
スイングに使う主な関節や筋肉の中で
 最も小さな箇所と言える部位です。

仮にトップの位置で ほのかに左手のひら
 飛球線を向いた感じ
 としましょう。
そこから 動き出して(回転を始め)
 左手のひらを飛球線と反対
 左手の甲を飛球線に向ける
 には
どこかで 左サイドを止め
左腕をロールさせなければならなくなります。

手首自身で行うには あまりに負荷が大き過ぎます。
(jc5(jc4(jc6










左手の甲を飛球線に向ける

もしくは ボールに向ける

 意識がからだの回転を止め、腕のロールを生みます。
左手の甲を飛球線に向けるイメージが
 腕と体を切り離してしまいます。

少々、大袈裟ですが、左手のひらを
飛球線に向けたままのイメージで 打とうとして下さい。
体を廻し続けないと ボールを打つコトが出来ません。
左の手のひらを飛球線に向けるイメージが
最終的に フェースを下に向けさせます。
(jc(jc3(jc2









慣性の強い フルショットでは
リリース、慣性をフリーにする時期がやや早めになるので
見た目、そうは行きませんが、
アプローチなどのショットでは
本当に 左手のひらを飛球線に向けたイメージのまま
ボールを打つコトが可能です。

✋スライスに苦しんでいる人はイヤでしょうねー💦

これはドリル ではなく、
フルショットもそうですが、小さなアプローチ、
パッティングストロークの感じに非常に有効なイメージです。
ショットの『ハンドファースト』はそういうイメージから生まれます。
今週末 やってみてね♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


若くて力のある時、スピードのある時は
ボールが高すぎたり、スピンが多過ぎて飛距離が喰われる…だったのですが、
疲れたり、年齢を重ねてくると
 すくい打ちは 逆にボールの浮かない 問題に直面します。

その問題の修正にトライ…してみました。

この場合もそう…なのですが、
問題は技術的な部分 ではなく、
打ち方、打撃、振り方は「こうなんだろう…」と言う思い込み、
イメージのミスが大半です。

➀スイングは円軌道です。
 その円軌道はカラダが向きを変えるから で、
 『クラブ腕さばき』は円に関与しません。
(ゴルフスイング)インパクトポイントの改善_Moment
 スイングはクラブを円に動かす、円に振る のではなく
 クラブを持った自分が向きを変える から
 円になるのです。

👉ですので 修正する場合は、
 クラブは動かさない、クラブと自分の相対関係は固定
 で からだの向きを変える です。

➁地面にあるボールを『さらう』感覚を身に付ける
 例えば ボールを赤道で二つに切っておく とします。
 多くの方は 下のボール半分 を打とうとします。
 正解は
『下半分のボールにティーアップされた 上半分のボールをさらう』
 感覚です。 
(ゴルフスイング)インパクトポイントの改善_Moment(3)

変な例え ですが、遠隔地で 遺跡などが発見され
それを研究所に持って帰り 調べたいのですが、
輸送機(飛行機)が着陸する場所が確保できないので、
網やひもで縛り フックをかけ、
そのフックを 同じく飛行機から垂らしたフックで
引っかけても 持ち去る・・・・ そんな感覚に近いです。

 下に向けて置いた、下向きのフェースを固定したまま
 からだの向きを変える。
 腕の仕事は からだの回転に「付いていくコト」と
 「フェースの下向き気味を維持し続けるコト」です。


フェースローテーションの多いスイングやすくい打ち、
しゃくり打ち、あおり打ち の方は
カラダが開くのを恐れて か 左向きが苦手です。
 (同時に 左への体重移動も苦手✋ それも解決します)
当り前、と言えば当たり前 ですが、
左向きを強くすると ヘッドが返せない、
ヘッドがグリップを追い抜けない から なのですが、
左向き イコール ヘッドの返し になるのですから
それを辞めないと、その手さばきを辞めないと
左向きは生まれてきません。
 その切り替える勇気は必要です。

インパクトポイントが15〜20cm位ズレてくれれば
良いだけで 全く全部を無くす必要はなく
打ってから 行えば良いだけ とも言えます。

(ゴルフスイング)インパクトポイントの改善_Moment(2)

また Rさんの時もそうですが、
ここでも 切り返し以降の
『からだの回転に対する左腕の付き』が出てきます。
基本、インパクトでフェースを返すとか、
何かの手作業の意識があると 左腕は付いていきません。
マッチポンプ ですが、作業をするために 溜まる のです。
円は回転に任せ、腕の仕事は下向き気味のキープ
 と言う意識は『からだの回転に対する左腕の付き』には
必須と言えるかもしれません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



長崎通信:SWです。

アドレスは ほぼ 左脚体重にして、

あまり体重移動せず バックスイングしていますので、左脚体重のまま です。

切り返しは 左脚体重なので 左脚軸で 左回転しています。

切り返し後 腕は全く動かさないつもりです。

プロショットを味わう事が出来る様に感じます。

コースでの アプローチに使えます。

(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
✋腕は全く動かさないつもり とありますが、
 クラブや腕の重さ に対し
 本当に動かさない〜その場に残しておくと
 最終的には 手で振らなければならなくなります。

「からだの回転に左腕が付いていく(遅れない)」
その感覚が習慣化しているので そのフィーリングは本当なのですが、
Rさんのように からだの回転に対し、本当に残してしまっている場合
『左腕を先行して動かす
(落とす)』位の意識が必要だと思います。

最終的には 左腕の単独の動き は
イコール からだの回転になっていきます ので
カラダの向きが変わることによって 行くであろう場所に
先行して 左腕を動かしてみましょう。

【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment✋トップの位置、クラブの姿勢にもよりますが、
左腕を動かすのは 慣れていないと簡単ではない、ので
クラブの重さで 下に落ちる、下に落とす
 を活用しましょう。




ヘッドの自然な遅れ を ロフトの立ち
 フェースの下向き、ロフトを円の外に向ける は
グリップとヘッドの縦関係が必要 です。

グリップの真上にヘッドがある と言う意味ではありませんが、
相対関係で ヘッドがに上にあり、
それよりも低い位置にグリップがあるので
クラブの重さによって グリップが押される…
 からだの回転に対し 横遅れが消せる のです。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)
どの位 とは言い辛い ですが、
いろいろな ヘッドとグリップの相関関係を作ってみると
その境目は感じてくると思います。

ですので 素振りで 先にクラブの重さでグリップを落とす…
自分にぶつからないタイミングで左を向く
と言う素振りはかなり有効だと思います。

今更 ではありますが、
ボールがつかまる 〜プロショット
ボールをつぶす、上から打つ は
ヘッドの軌道に対するロフト の問題で
よく言われる フェースが開く、閉じる 右向き、左向き
 の横の問題 とは一線を画します。
フックボール、ドローボールとつかまった球はイコールではなく
つかまらない ドローボールもあれば
つかまる スライスボールも存在します。
つながりが全く無いとは言えませんが 基本、違うモノ です。
✋ソコが曖昧になっていると
Rさんのように 開いたフェースを閉じるため 開く
  →閉じるために クラブを寝かして フェースを開く

という マッチポンプに陥りガチ ですので 注意が必要です。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 

長崎支部長;切り返し時腕は「縦」

自由落下で切り返しいますので、切り返し時の反動はありません。

切り返しのトリガーは もの凄く ある意味 視線で切り返しているとも言えます。
ボールの見方を変えて切り返しています。


からだの回転、からだの向きの変更は
前傾姿勢(股関節部の大腿骨と骨盤の角度差)があるとは言え
横への運動(移動)です。

腕の付け根(肩)部もそれに伴い
横に移動し、軸運動になるので
最終的には 半円を描くように移動しますが、
腕自身(グリップ)を 横移動主体にしてしまうと
クラブの重さ、腕の重さがそのまま 遅れ になり
スイング、そして クラブの構造上、
その遅れは そのまんま ロフト&フェースの「開き」に
なってしまいますから  当たらないか、
当たっても 右に飛び出る 右回転の球、
度合いにもよりますが、ひどくなると
 上がらない緩い球(抜けた、くぐったような球)になります。

ですので 腕の移動を横移動主体にしてしまうと、
からだの回転の終わり か、減速、中断によって
からだの回転を後からなぞるように 腕を振らなくては
まとも「に見える」球を打つコトが出来ません。
これが のちのち 手打ちに定着していく「始まり」と思われます。

横移動、縦移動を別な言い方にすると
傾きの有る からだの回転 を基準にすると
その軌道よりも アップライトな軌道で腕、グリップを動かさないと
カラダの回転の後に 手を振らざるを得なくなります。
ヘッドを振るか〜振らないか(参考映像)_Moment

シンプル化していくには 『その腕、グリップの移動の
原動力はからだの回転』
にさせましょう。
腕そのものでやらない とは言いませんが、
 それはあくまでも補助と考えて良いと思います。
✋グリップの移動の原動力をからだの回転にするには
 クラブの重さでグリップを下に「落とさない」と
 出来ないかも❓
グリップを横移動させようとすると
 重さを支える と言う不必要な動作(無意識)が入るので
 どうしても 移動自体が取り残されてしまうような気がします。

手で振りたくないのに…
手打ちしたくないのに…
フェースターンなんかしたくないのに…
  でも 結果、手で振ってしまう、フェースターンしてしまう
のからくりはこんなトコロにもあると思います。


素振りやゆったり振れるショット で
トップの位置、切り返しから
 まずは クラブの重さで腕、グリップを落としてみる✋
そうすると
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Momentトップの位置のクラブ位置、クラブ姿勢 も
自ずと決まってくると思います。


出来るだけ 近道で、楽にインパクトに入れる
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)そういう『重さのかかり方』が出来る位置は
許容範囲はありますが、だいたい決まっています。

グリップ、腕の落ち具合に合わせて
 からだの向きを変えてみる 位の感じで良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ちょっと面白い実験です。
 ぜひ ご覧ください。

からだの回転…ではなく
 モロに『からだの向き』をステップ変えています。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment
へそから上だけを見ると(角度によりますが)
 スイングと大きな差は無い、と思いませんか❓

尚 ステップでの体の向きの変更には
前傾姿勢が存在し得ないため、
本来は必要の無い インパクト直前での
ヘッド(クラブ)の下への振り、キャストが入るのは
ご容赦ください。


これのポイントは   あります

➀『回転と言う横運動で腕を縦に動かす為』
 まずは 
右向きのまま
 クラブの重さ(腕の重さも含まれるのかは不明)
 グリップを先に「落とします」
 下げるのではなく 「落とし」ます。
 ✋絶対的にコレが先 です。
 ヘッドを落とすのではなく
 クラブの重さを使って 腕が下がる
(下げる)と言った感じ。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)
先に回転が始まって あとから腕 だと
クラブの構造上、ヘッドとグリップの高低差が無くなり
グリップが縦に動かなくなります。
フェースが外を向かず、ロフトも開きます。

➁『クラブに横運動やねじりを加えない』

 グリップを落とす〜下げる と グリップエンドの
 その行き着く先は 自分 です。
 そのまま…では 自分のお股か、左太もも辺りに
 グリップエンドが突き刺さるような方向
に落とします。
 まあ 腕の関係なり と言った感じです。
 ✋ヘッドやクラブをボールの方に出したりはしません
 あくまでも クラブは腕の中、体の中で
 ほぼ グリップには横移動は加えません


➂「回転と腕の落ちのタイミングを知ろう」
 グリップが落ち始めてから…
 このままでは 危ない、ぶつかる、と言うタイミングで
 右向きを解き、左を向きます。
 からだの回転と言う意味では
 かなり遅いタイミング
 に感じると思います。

ぁ嶌枯咾瞭阿、移動はイコールからだの向き』
 グリップの移動は決して妨げません。
 ダウンに相当する箇所で 下がったグリップには
 今度は上がる逃げ道を作ってあげるため
 ボールと正対することは無視し、一気に左を向きます。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)
実質的には クラブによるグリップの下がり は
左腕の下がり です。
そして 左腕の下がり は からだの回転の始まり ですので
同時、と言えば同時なのですが、
寝かし癖のある方は その修正のため、
『右向きのまま』、ほんの少しでも
クラブの重さのかかっている方向に、その重さで
グリップを『先に』落としましょう。

ァ悒ラブターン、フェイスターンは必要なし』

 切り返しを始めて以降、
 グリップは体の左サイド、ヘッドは右サイド
 この位置関係は インパクト以降も基本変えません。
 😓リリースが必要な程の速度では出来ませんので…

【スイングの終わらせ方_Moment
インパクト以降の抜き方は また 別の記事でやりますので
なんとなく…で良いので 真似で行ってみて下さい


Rさん 素振りで良いのでやってみませんか❓
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


コチラの映像からご覧ください

お二人のスイングで 圧倒的に違い があるのが
切り返しからの 回転に対する『左腕の付き』
 『回転に伴う左腕の移動』 です。
Rさん独特の 切り返しでの クラブ&左腕の残し は
(見た目には寝かし…に見えます)
通常、かなり激しいフェースターンをする為の前準備 として
行われます。
 おそらく 前世の記憶 なのでしょう。
自分なりのタイミングの取り方とも関係があるかも…です。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(4)【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(6)






クラブを寝かして(倒して)しまうので
その重みによって 左腕がボールの方に押され、
浮かされてしまうので インパクト直前まで
バックフェイス
(アイアンで言えばキャビティ部)
ボールに向いてしまい、同時に腕も加えた重さ を
支えるため からだを起こし始めています。
👉そのまま下げたのでは
フェースでボールが打てませんので
急激な腕のロール(フェースターン)を加えた
 ヘッドの落とし(キャスト)が入るので
妙な形でのグリップのインへの切込みになっています。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(6)【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(7)






Rさんのスイング…
クラブ扱いで強く感じるのは
 スイングの中に クラブの縦の移動が少ないコト です。

クラブの構造で ヘッドの重さ+シャフトの柔らかさ(しなり)によって
自然なヘッドの遅れは発生しますが、
ヘッドの縦の移動が少なく
回転と言う横移動が中心になってしまうと
ヘッドの遅れ は クラブの捻じれ 👉ロフトの開き になってしまいます。

腕で下に振れ! と言う意味ではありませんが、
回転と腕の働きによって グリップに縦の移動を与えないと
ヘッドの遅れ 👉ロフトの立ち 👉フェースの外向き になりません。

🔴ヘッドの遅れは放っておけ
🔴からだの回転で
 は忠実に守られていますが、
それが逆に 
→ヘッドの重さによる遅れ〜ロフトの開き にしてしまっています。

ヘッドを縦に遅らせる は少々語弊がありますが、
今の状態であれば そういうニュアンスの方が良いと思います。


 推測…ではあるのですが、
からだの回転、傾きはあるとは言え
横の運動〜移動 で そのまま
 腕も横に振ろう としているのではないか❓
 と思われます。

からだの回転という横移動、横への運動を使って
腕は縦に動かす
と考えた方が良いでしょう。

回転によって 腕に遠心力を掛けない とは言いませんが、
回転に対し そのまま遠心力を掛けたのでは
腕は浮き、からだから離れてしまい
速度を上げることが難しくなってしまいます。

遠心力によって 腕が伸ばされる👉長さが長くなる
コトで ヘッドスピードの助力にはなっているので
遠心力を全く使わない とは言いませんが、
からだの回転通りの方向に腕を振っては
その行為ソノモノでは フェースはボールの方を向こう とはしません。


それら一切合切を含め
 問題は技術的な部分ではなく、
 イメージとして ボールはこう打つ とか
 クラブはこう振る と言う初歩的な思い込みのあやまち
 と思われます。

2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment
ですので 今のスイングに また何かをプラスアルファするのではなく
全く別なスポーツ、クリケットの打ち方とでも考え
➀トップの位置、右を向いたまま
 クラブの重さでグリップをほぼ真っ直ぐ落とす
2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(2)✋自発的な下げる ではなく 重さで落とす
 始まりは自然落下感を掴んでください。
➁その重さでグリップを落とすと
 そのまま では グリップエンドが自分、
 自分の「お股」辺りに刺さってしまいますので
 
2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(3)そのタイミングに 左を向きます。
➂素振り ではありますが、
 「お股」に刺さる筈のグリップが
 自分の前(🥎)側に少しズレ
 グリップエンドが飛球線を向いたまま
2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(5)体の左向きと合流します。

先に クラブの重さで グリップを下げるので
あとから加わる 回転、横運動が縦に作用するようになります。

クラブ無し、クラブ有り での
素振りから始めてみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングにおいてのからだの回転は
どの道、クラブを持ってる 腕を振る、腕を動かすコトに
なるのは確かです。
そうしないと ボールが強く打てません。

Rさんのスイングを見ていると
余りに忠実に からだの回転で腕を振る、動かしているが故に、
腕やクラブに対し遠心力がかかり
腕がからだから離れる、浮いてしまっている ように思えます。 

【Rさん 20210604】_Moment前傾姿勢がありますので
普通にからだの向きを入れ替えると
この矢印の方向に 外力はかかります。
最終的には 腕の付け根と遠心力は
揃おう、同じ高さになろうとするので
回転で腕を振れば振るほど
グリップは上がろうとする
👉その結果、からだは起きることになります。

【Rさん 20210604】_Moment遠心力がかかって
クラブを持った腕が
その付け根から離れようとする
と言う方向を 遠心力方向 ではなく
この方向【腕の付け根→重力方向】

にしてあげた方が 打撃には便利です。
体が起こさせる 遠心力がかからず
逆に 前傾が維持されるような力に変わります。

ですので あくまでも イメージ
クラブ無しの素振りやクラブ有りの素振りで
ちょっと トライして頂きたいのは こんな感じです。
2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(2)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(3)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(4)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(5)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(6)





➀右を向いたまま、
 腕をその重さで落とす
 腕を下へ振るのでは その自重で落とす 感じ。
➁落ちたモノには慣性が付きますから
 いずれ 上がってきますが、
 それを 左向きでキャッチ、合流する感じ。


 ✋腕を落とすが先です。


回転のチカラを使って
 腕を、グリップを縦に動かす感じ が掴めると良いと思います。
実際のスイングには クラブの遠心力も加わりますので
結果は 腕を横に振るの中間に収まるのだと思いますが、
回転で腕を縦に振る(振らないけど…)その感じ と
 腕の動きだし と からだの向き の動作始まり を
 掴んでみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Rさん 暑くなりましたが、お元気してますか❓

 前回指導いただいてから2週間経過しました。
早くその後の様子を報告したかったのですが、
どうも「大変身」時の絵が撮れずに今になりました。
今回お送りしたものは、前回お送りしたものより後退しているようにも見えますが、
これ以上あがいても良くなるかどうか不明なので、
指導時の再現を待ってから・・・というのはは断念しました。

 ただ、実践も含めショットの出来(結果)は確実に良くなっているようです。
 トップから遅れたヘッドをそのまま体に巻き付くように遅らせ
(シャフトが飛球線平行になるイメージ)そのまま体を回すと、
ボールを探りに行かなくても
背中の方でヘッドが勝手に球を拾ってくれる感覚が
ドライバーで分かるようになりました
(なぜかアイアンよりドライバーの方がうまく行く)。
 腕は、クラブが横に通るのを妨げないように
うまく収納するだけで良いのだけれど、
そのためには、ダウン時にクラブを
少しだけ左側に寄せてやれば上手くいきそうです。

トップから一気に体を回し切る方が、
左腕は引き上げるように回した方が、
ダウンブローに入るとも思うようになりました。
また、腕は飛球線の方に出そう(刷毛塗りと思っていた)とせずに、
むしろ遅れるがままに体の近くに置いておく方がよいことなども含め、
長い間真逆のことをやろうとしていたことが分かりました。
 
 現状、シャットになっていないのは分かっているのですが、
とりあえず横に置いといて、
練習では新たに分かりつつある感覚を強化するようにしています。
 とりあえずご報告まで。


動画の編集が溜まってしまい、遅れてしまいましたが

アップします。次のもあるので お楽しみに✋
 
とっても頑張っていらっしゃる…とは思うのですが、
 ご本人も気にされていましたが…
  …ずっと気になる点を挙げてみたい、と思います。

それは ダウンスイング〜インパクトでの グリップの浮き
結果、としては『カラダからの離れ』 について、です。

グリップの浮き(低さ不足)やからだからの離れ は
重さとして体に掛かり それが からだの起き を生みます。
【Rさん 20210604】_Moment(2)
あくまでも 結果論、に過ぎませんが、
ダウンでのグリップの 上下方向の『付き』が悪いので
インパクト直前で ヘッド、クラブを下にリリースする必要が生まれ
…でないと 届かないですからね
それによって 左グリップの進行が滞り、
インパクト付近で 変なグリップの下がり が残っています。

【Rさん 20210604】_Moment(3)
今の状態…ですと
グリップが からだの向き という進行に乗っていない…
よく言う 遅れ になっているので
インパクト付近での「ヘッドターン」「クラブターン」を
 カラダの向きでは行えません。
しかし、代替えになるハンドターンは
 無理して控えている状態 ですので 非常に中途半端。
おそらく ご自分でも もやもや の中に居ると思います。

以前よりは良くはなっているのですが、
ダウンスイング、切り返しでの変な寝が始まり ですが、
ご本人も寝かせようとはしていないと思います。

コレ 無理にグリップを下や前(進行方向)に押す
動きを入れると この症状はより増しますので お控えください。

さて どうするか? は
 途中 動画をはさんでいます。
もう一つの動画もあげてあります。

Rさん、だけでなく かなり多くのゴルファーが
 誤解しているのではないか❓ と言う部分ですので
 次の記事にて 解説させて頂きます。 お楽しみに✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ロフトを立てる ₌ フェースを円弧の外に向ける
アドレス時を基準として
ロフトを立てる動きは
クラブにねじれ、ひねりを入れなければ
移動、運動に対しては ヘッドの重さ 
「ヘッドの遅れ」によって
半自動的に作るコトが可能です。
【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)

そのまま 打てば良いだけですから
クラブにねじれやひねりを入れないコトに
意識を傾けるだけで可能です。

一方、 ロフトを増やす ₌フェースを円弧の中に向ける は
トップからインパクトまでの間に
グリップよりもヘッドをたくさん動かす必要が生まれます。
ですので ヘッドの遅れは大敵になります。
グリップよりもヘッドをたくさん動かすには
どこかの時点で からだの回転を減速、止めるか、
クラブの移動 と からだの向きの変更 を
分離させる必要、平たく言えば 手振り が必要になります。
【ゴルフスイング】 20210701_Moment

ですので フェースを円弧の中に向ける、
ボールを円弧の中に掻き入れるような振り方/打ち方 に対し
手で振るな、からだの回転で打て とは
ボールを打つな と言っているのと同じです。
からだの回転で打とうとすればするほど
ヘッドは遅れ、ロフトの開き としては良いですが、
それに フェースの右向き(右打ち)や開きが
付いてきてしまうので 後々、フェースの返し〜手振り を
より強めなくてはならなくなります。

ヘッド単体を動かせば
スイングの軸点は 左に移行出来なくなります。
ヘッドがグリップを追い越せば
自分のヘッド(頭)は蕕坊垢、残ります。
スイング軌道で言う、最下点はボールの手前、蕕
来やすくなるわけです。

それは右サイドの下がり や からだの開き
 を誘発しますが、そうしないと打てませんから
ソコを技術的に改善するコトは出来ません。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(3)


アマショットのスイングが
ボールより手前が大きくなり、
ボールより先が小さくなる のは必然 で
フェースを円弧の中に向けるのが早い ので
当然、フォローは大きくなりませんが、
そこも 技術的には改善出来ません。

別件で『リリース』の件も書きましたが、
リリースは少なくとも グリップがボールを追い越した
インパクト直前、もしくはインパクト以降 が
理想であって、ウエッジやショートアイアンでは
そのリリースすら存在しない場合もあります。
クラブ、ヘッドの慣性のフリー化である『リリース』は
 スイングの終息へ向けた打撃のオマケ に該当します。
その 打撃のオマケ の部分をメイン に
ボールを打とう とするのですから
 いろいろと難しい問題は出てくるでしょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



簡単に ボディ・リリースとハンド・リリース の
違いを説明しておきましょう。 

まあ 一般的には ボディターンとハンドターンですが
『リリース』と言う言葉の方がイメージが掴み易い気がします。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(2)
少々、大袈裟に言うと ボディ・リリースにおいて
スイング中に発生した 遠心力などのクラブの重さなど不可抗力を
フリーにする『リリース』はしない、意図的にはしません。
ドライバーショットなど 大きな不可抗力が生まれてしまう場合は
それを保持し続けるのは 危険、
 手首や左腕、首などを傷める可能性があるので
クラブの重さをフリーにする『リリース』はありますが、
それが ボールを打つ主のチカラ ではありません。

👉ここの部分 では 見た目は似ている と言えるでしょう。

一方 ハンド・リリースの場合、
ボディリリースの 不可抗力が大きい場合を似ていますが、
コチラは そのクラブの重さをフリーにして
 よく言われる「クラブを走らせるコト」が打撃の主エンジンです。
ソコの部分が 最大の違い と言えます。

【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)

素振り…ではありますが、
ふたつをやってみて 違いを見てみると
✋やはり 切り返し以降、ダウンスイングからの からだの向きの変更は
あくまでも見た目 ですが、
ボディ・リリースは左半身主体
ハンド・リリースは右半身主体

  ハンドリリースの場合、スイングの中途、ダウンスイング後半で
左肩の回転方向が 横ではなく、縦気味に変わり、
クラブを走らせるための支点、
 左グリップの横移動が減衰させているようです。
(見た目 としては 右サイドのもぐりに見えます)

✋また 考えてみれば 当たり前ですが、
ハンド・リリースの場合、
ヘッドを走らせる、グリップを追い越させる為に
 ヘッドのリリース、下への解放も早め・多めになります。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(2)【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(3)





✋リリースを司る 右腕の伸ばし の役割も
 ボディ・リリースの場合は グリップの横〜下移動の補助
 ハンド・リリースの場合は グリップに対するヘッドの『出し』

 と異なって見え、目的の異なるリリースではあっても
 不可抗力の大きなドライバーなどは
 似たり寄ったり になったりしても、
 不可抗力の小さなショット、アプローチなどでの
 ヘッドの出し方の違いに影響すると考えられます。

この二つ では
ボディリリースでは リリースが無い・遅い
ハンド・リリースでは リリースがある・早い ですので

➀は入射角度がキツめ 打ち出しは低め
➁は入射角度がゆるめ 打ち出しは高め

➀はロフトは見た目は立ち気味(地面に対する)ですが
 入射角度に対しては多めになりますので スピンは多め
➁はロフトは見た目(地面に対して)は寝気味 ですが
 入射角度が緩くなる分 スピンは少なめ

だけでなく 最下点も
 ハンドリリースの方が中め、右めになると考えられます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


全員に有効と言うわけではないでしょうし、
フェースローテーションで上手く行っている人には
 あまり有用ではないでしょう。

単に カラダでクラブをターンさせる→ボディ・リリース
手でクラブをターンさせる→ハンド・リリース
の違いを説明してるに過ぎません。 

手を返す、ヘッドを返す〜フェースローテーション
これ等をしたくない と思っている人に向け、
 実は 手を返す動きは こういうイメージから始まったり、しますよ
と言う話し、です

Logi Capture 2021.07.23 - 19.35.03.01_Moment質問がありましたが、
両腕とからだ(胸)で作る三角形の「表窓」「裏窓」
こんな感じ。

【写真上】打ち手の自分から見える その枠を「表窓」
【写真下】下側から、肘側から見える その枠を「裏窓」
と仮称しています。

実験を手伝って頂きました。
🔴ダウンスイングから 裏窓を飛球線に向けたまま
カラダの向きで クラブをターンさせる と
🔴今まで通り、です

やや緩めの速度ですので、本格的なスピードになれば
もう少し紛らわしく、なるとは思います。

今まで通り であっても
ご本人は極力フェースターンを避け、
からだの回転で とは思っていましたが、
裏窓を向け続けたまま インパクトに入る
(それ以降のリリース、慣性のフリーはOK)
 あくまでもインパクトまでのイメージですが、
抜け方に大きな違いが出ます。
【ハンドターン〜手の返しの正体_Moment

蛇足…ではありますが、
スライスを避けるため、フェースターンをすれば
フェースターンをしないよりも 軌道はより一層インに切り込みます。
すると その軌道に対しての右回転をさせないフェースは
想定よりも多く必要になり、多くフェースターンすれば
またまた さらに軌道はインに切り込む という
逃げ続けるゴールになってしまいます。

右回転/左回転 と ボールをつかまえる は
全くではありませんが 別物 と言う認識が無いことから
その「スイング迷路」は始まるのでしょう。 

【ハンドターン〜手の返しの正体_Moment(2)


カラダの正面で、とか、
アドレスの腕の姿勢、、、
 三角形をボールに向ける と言う意識が残っている と
どこかで 左サイド、 左肩なり、左グリップの減速、停止、
 の動きが入ってしまいます。

結果論、ではありますが、
 手の返し、ヘッドの返しをするには
 回転軸になる 左サイドのどこか が減速しないと出来ませんから
 無意識化 で その動きが入る訳です。
一般論では それを「左サイドの壁」などと呼んだりしますし、
 おそらく…ではありますが、多くの人は
 左サイド、左腕と左サイドの絞り、硬直 みたいなもの【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)
 『インパクトの感触』として掴んでいるのだと思います。

また シャフトの走り なんて言葉は
 その動作を暗に促している気もします。


腕と胸で作る三角形を ボールにどう向けるか と言うイメージですが、
インパクトで ボールと三角形を相対させる…には
 ヘッドの重さ 〜クラブの長さ、運動による積算 が邪魔になり、
 放っておけば ヘッド分は遅れ、度合いにもよりますが、
 それに引きずられ 肘や腕の付け根 も遅れます。

よく言われる インパクトを待つ〜遅れを取り戻す もありますが、
ヘッドの返し や 手の返し をするのには
回転の先頭である 左サイドがどんどん行ってしまったのでは
追いつくことが難しくなります。
原則、手の返しはどこかで 左サイドの移動が止まる のですから
回転する主体が 左サイドではなく 右サイドになりガチ
  なのも 比較動画を見ると分かります。

本来は 『からだ』の回転は からだの芯(幅の真ん中あたり)
 箇所としては 曖昧で構わないと思いますが、
 よく言われる 軸に対して 左右が似たような風に動くから
 「軸がある」 と言われるわけですが、
 手の返しを打撃の主にする人の場合、
 左サイドよりも 右サイド方が積極的、能動的に動いており、
あえて言うのなら 左サイドを軸にして
 右サイドを動かしているようにも見えます

そういう意味合いでは 左サイド主体、
  左サイドだけでまわる位のつもりで 左右対称なのかもしれません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転を主体で打ちたい
クラブを動かしたい と思っている…のに、
⚠大々的に ヘッドを返そう…とは思っていないのに、
結果、として 『手の返し』『フェースターン』
どうしても入ってしまう…
……は こういうケース、かも知れません。

✋「三角形で遊ぼう編」とも関係があります

からだの回転 『三角形で遊ぼう➀』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
からだの回転 『三角形で遊ぼう➁』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
からだの回転 『三角形で遊ぼう➂』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
アプローチ版『三角形で遊ぼう』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

(TOMOクンの修正前-修正後_Moment(2)両腕と胸で出来る三角形
🔴クラブの有る上側を『表窓』
🔴下側を 『裏窓』 と仮称します。

ダウンスイングでは
裏窓がボールなり、飛球線の方を向き気味で始まる訳ですが、
それをひっくり返そう・。・。・と思っていませんか❓

ひっくり返そう❓…❓ 伝わり難い… とは思います。

この傾向は 過去に『スライスで深く悩んだ』方、
『カラダの正面での』インパクトを強く意識している方、
腕力が強く フェースローテーションが激しかった方、
 に多い症状だと思います。

茲離好圈璽港手と藜磴日のジャンボで説明しましょう。
スピース選手、若き日のジャンボ 共々、この状態
三角形の「裏窓」は ボール、もしくは 飛球線の方を向いています。
似ている➁

ジャンボは その三角形をひっくり返し、
三角形の『表窓』側でクラブを動かし ボールを打とうとしています。
そのまま では打てないから です。
体の部位、で言うと
左腕の方がボールに近く、右腕の方が自分に近い、
このままの状態では ボールが打てません。
このままではフェースにボールが当たりません… シャンク❓
✋ですので ボールとの距離感 と言う意味で
 左右の手を入れ替えます。
 左脇を締める…ようなフォローになります。
三角形の頂点、と言う意味では
 トップ時の 右に向けたまま(飛球線の反対)から
 180度 頂点の向きを入れ替えるコト…が打つコト の感じです。
似ている1

一方、スピース選手は
三角形の『裏窓』をボールなり、飛球線に向けたまま
そのままの状態で
 「からだ」の向きだけを変えます。
 自意識として 三角形の裏表 の入れ替え はありません。
三角形の頂点は 右(飛球線の反対)に向けたまま、打つ、
 そういう感じです。

三角形の頂点が 自分の前を通過する…
三角形の裏表を入れ替える…
 即ち 手の返し をするのには
左サイドのどこか、主に左肩や左ひじ、左グリップなど
 遅れてきたモノを入れ替えるため 『待ち』『止まり』が必要になります。
からだの回転通り 手の返しの基準点もどんどん進んでしまえば
 手が返すことが出来ません。
からだの回転からの分離、が必要になるのです。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転の為に からだを回転させている訳ではありませんww

腕を移動させ、グリップを移動させ、
 その駆動で、リニアにヘッドを動かしたい のです。

頭の中では分かっていても
 実際、振ってみる、打ってみると
 そのからだの向きの変更に
 リニアに 腕、グリップ、ヘッドが付いて行かず、
 結局、ボールさばきのトコロは手で振ってしまう…
 『あと振り』になってしまうのが 手打ち です。

👉そういう意味では
 からだの回転を意識すればするほど
 手振りや手打ちが深まってしまう可能性があるのです。


(左折注意_Moからだの回転…その意識を からだを輪切り にして
 肩や腰、と考えるのではなく
 左右に分けて と言う題材がありました。

✋テークアウェイ、トップまでは
 右への進行ですので 右半身
✋切り返し、ダウンスイング、フィニッシュまでは
 左への進行ですので 左半身
それを 主エンジンとして動かしましょう と言う話です。

あと振り(手振り)を避けるため
 意識として ですが、
その半身 右半身/左半身 には 『肘までの 上腕が含まれる』 
【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)









ですので テークアウェイでは
 右半身に 右上腕〜右ひじ含まれますので
 ソコがどんどん動く、
切り返し、ダウンスイング以降では
 左半身に 左上腕〜左ひじ含まれますので
 ソコをどんどん動かす、ソコが向きの変更の主体 です。

特に切り返し、ダウンスイング、では
 腕やクラブの重さは増し易く、
たたんで行こうとするテークアウェイとは異なります。

 あくまでも意識…としてですが
左上腕、左ひじ先行…する位で丁度、だと思います。 

その時の注意点…ですが、
よく言われる 茲離蝓璽鼻∈姑梢箸離蝓璽鼻,
それを先行して その後に打撃があるのではなく✋
左は先導者ではなく、主体で
その 茲離蝓璽鼻
この場合は 左上腕なり、左ひじの動きが
そのまんま 打撃 だというコトです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Rさん 劇的な変化❓の果て…の末、どうなったのでしょうか…

 既に2か月以上経っていますから
魔法は解けてしまっている…かも知れませんが、
ご本人の長年の懸念であった
「からだ(腰)の開き」
「からだの正面で打て」
「インパクト時のグリップの浮き」

は それらを一切意識しないことで 『一旦』解決しました。

スイングを考える時、
非常に混乱し易いのですが、
正規な 向きの変更の中 では
当り前 なのですが、からだの正面は常時、変化します。

ややこしいのですが、 カラダの正面で打つ  は
インパクトが からだの正面で迎えるコト ではなく、
カラダの向き、回転を主にクラブを動かす と
『結果、として からだの正面で打つコトになる』
 のが正解です。

あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(3)✋左右の腕の長さ、その関係を出来るだけ変えず
ボールを打とうとすれば
からだの向きがボールと対峙したトコロが
インパクトになるのは理解できると思います。

ソコを履き違えている人が少なくなく、
 それによって ボールと体が対峙したトコロで
 からだの回転を止め
、気持ちの中 だけになるのですが、
 アドレスの体の向きとボールの関係を維持し、
 その時間を長く取るコトによって それを達成しようとした挙句、
 ボールを手振りで打ってしまう人が大変多いです。

【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(2)【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment







 それに付随して、例えば フォローを出す、
 フォローを大きく取る
 も
 止まったからだの回転に対し、
 クラブの慣性を利用しつつ、右腕を伸ばす と
 イメージしている人が多いと思うのですが、
✊正しくは カラダが左を向くコトによって
 左腕が 飛球線方向(それに平行)に出る
 です。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

☀カラダの開き は
 からだの回転、ボールと対峙でそれを止め、
 ソコから腕、クラブを振るのですから
 その分、その時間差分、からだは開きます。
✊正しくは からだの開くことが打つコト
 インパクトは からだの開き始めに訪れますから
 からだを廻すことが ダイレクトに打つコトに繋がっていない
 それが課題な筈です。

☀インパクト時の 望まないグリップの浮き、
 ディッシュアングルの消失、前傾姿勢の消失
 は
 からだの向きが主体で腕を振っている のではなく
 腕の振りが主体で からだの向きが変わっているから
 左肩が上に逃げている結果 で
 スイングの主を からだの回転に移行しない限り、
 左サイドの浮き を無理やり抑えるのは 故障の原因になります。
似ている➁


一番根っこにある原因、を把握しないで
結果論として、動作の見た目を治す は
スイングやショットのより複雑化になりますし、
カラダへの負担も増えます、危険です
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



からだの回転を 横の輪切り にし
腰で廻っても、肩が、
肩で廻っても、腕が  遅れてしまうのでは
カラダの向きの変更は
 手を振るための準備に終わってしまいます。

(左折注意_Moですので
カラダを縦に割り、
 進行方向通り
👉右を向く時は 虍梢
👉左を向く時は 菷梢

を 1ユニットとして からだの向きを変える意識
 が良いのではないでしょうか❓

胴体が何もしない とは言いませんが、
主に お尻も含めた足廻りで行うコト をお薦めします。
 補助的な意味では 肩や腰 なども使うのでしょう


腰や肩などの 胴体部分を主力に
カラダを廻すのをお薦めしない理由は
スイングの基礎姿勢には 前傾姿勢があり、
✋それは 股関節を境とした 骨盤と大腿骨の角度差 であり、
その前傾姿勢によって【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment
 スイングの「ふところ」が作られます。
このスイングの「ふところ」を利用(通す)すれば、
腕が長くなっても(伸びても)
その腕の長さ分の『重さ』を受けずに済みますので
 全体への姿勢に影響が少なくなります。

腕がフトコロから大きく外れてしまえば
大きく重さがかかりますので 右サイドが下がったり、
左サイドが伸びたり、フトコロ(前傾姿勢)も消えてしまいます。


また ダウンスイングで

【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)腕やクラブが そのスイングの「ふところ」に入る、
もしくは 通過するコトによって
その重さで 無意識の内に 
 前傾を維持し易くなります。

スイングの中で 運動速度が速く、
忙しい ダウンスイング〜インパクトで
感覚としてとらえにくい「前傾姿勢」
からだの回転、そしてそれに伴う
腕やクラブの重さ〜不可抗力によって 作ってしまう
と考えた方が良いと思います。

前傾姿勢…股関節部を…
 ダイレクトに意識して 維持するのは かなり難しいと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ