◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 体の向きの変更/回転


からだの回転と腕の振り と言えば良いのか、
その関係は思っている以上に複雑に絡んでいます。

 

多くのゴルファーは
からだの回転で 腕を、クラブを 引っ張るモノ
と思っていますから、
その『からくり』が分らず、
結果として 腕を振ってしまうコト になるのですが、
(その『からくり』は別の機会に…)
×からだで腕を引っ張る よりも
◌腕(上腕、もしくは肘)でからだの向きを変える と考えた方が
現実的だと思います。
誘導、もしくは先導していると考えて良いでしょう。



これも ドリルというより
体験的にやって頂きタイ疑似スイングですが、
(動画内では 35秒以降の映像です)
からだの向きを 足の踏みかえ で行います。

video_Momentvideo_Moment1video_Moment2video_Moment3








〃措鮎紂右向きのトップを造り

∪茲法]咾気个 で グリップを左腰 に移動させます
 右向きはトップのまま、完全にロックの意識です。

 注意点になりますが、実際のショットを考慮すると
 フェースの下向きは必要です。
 また、グリップを移動させるにしても
 必ず からだの中、からだの幅の中 におさめるよう しましょう
 グリップがボール側に出るのは からだの向きがあるから です。

グリップが 左腰前 に来たら 足を踏みかえ 向きを変えます

い海諒法によって 実際にボールを打つコトも可能です。
 ただ この場合、前傾姿勢が無いので
 本来、不必要な「下振り」「下送り」が必要になることはご理解下さい。

➄左向きは 左上腕の上げ で行われるよう してみて下さい。

この体験では 
腕の動き出し、そして からだの向きの変更
その順序、序列を掴むことが出来ます。
従来、先に体を回し、正面を確保(ボールと正対)
そのボールと正対したことを維持しつつ、腕でクラブを振る、
と言う順序とは「真逆」
腕の送り、特に上腕、肘の先行によって
 からだの回転、からだの向きの変更を作る
 方法です。

全員に役立つ、とは思えませんが、
多くの人、特に固定観念にとらわれていない人には
役に立つ体験と思います。
実際、ボールに当てる、ボールに触る 流れの中では
腕の長さの余らない、腕と体の向きの同期しているサマ が
この順序では見るコトが可能です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ボールをつかまえる……逮捕する には
ちょっと まどろっこしい かも知れませんが、
まずは からだの向きを変えるコト の意味
を掴んで欲しい と思います。

からだの向きを変える、
簡単な言葉にすると "からだをまわす" ですが、
意味不明かも知れませんが
からだを回すコト ソノモノには大きな意味はありません。

ですので 型や形のからだを回す や
左サイドのリード とか、腰を切れ、 なんて言葉は
あまり意味を成しません。

◉◉◉ からだを回す…からだの向きを変えるコト は
ボールを打つための 『グリップの移動』 の手段に過ぎません。


ですので 『グリップの移動』 を差し置いての
単なる からだの回し には何の意味もありません。




【こすり球克服ドリル  …動画では16秒過ぎの部分です
そして ここからは ドリル
というか、ボールをつかまえるコトの感覚 というか
雰囲気を掴むためのドリル
 になります。
スイングの形 や フォーム とは
直接的に関係ありませんので、思いっきり オーバーにやってみましょう。


,修海修灰蹈侫箸領った 5.6番位のアイアン を使いましょう
 ユーティリティやFW,ドライバーでもOKです。 

▲棔璽襪涼屬位置は 右足、右足よりも右 でOK
 自宅で出来ますが、ゴルフボールではなく テニスボールとか
 ピンポン玉なんかが良いかも知れません。

そのボールの位置…に対し グリップの位置は
 目一杯 ハンドファーストの位置
セットアップ
 言うなれば 地面と平行なシャフト 位の感覚です。

グリップの移動 特に横移動は からだの向き に任せます。
(こすり球克服ドリル_Moment(3)

ゥ▲廛蹇璽繊,箸聾世い泙擦鵑、それに似た位置
 シャフトが地面と平行以上の状態 と その分の右向き をつくります。

Δ海両態から シャフトの角度…地面に対するシャフトの角度は
 出来るだけ変えず シャフトそのものを地面に押し付ける「ような」感じ
 と からだの向きの変更 で グリップを移動させます

Гらだの回転が入っているので …シャフトが地面と平行、とは行きませんが
 兎も角 腕のリリース、右腕の伸ばしで シャフト角度を変えたり、
 無理にグリップを体の左に送ったりしてはイケマセン。
 右腕は グリップの移動の補助をしない とは言いませんが、
 あくまでも グリップの移動は からだの向きに寄るもの と言う認識で‼
(こすり球克服ドリル_Moment(2)

┗Δ鮓いている内に シャフト・クラブを地面に押し付ける 感じ なので
 ボールに当たっても ヘッドは地面に押し付けたまま の感じ…
 それより先 地面があるので 抜けドコロが無い感じです。


このドリルのポイントは大きく二つ。
◉右を向いている内に 先に 右ひじのリリースで
 シャフトを地面に押さえつけ「始める

 右の手のひら〜左手の甲 を地面方向に押さえつける感じ です。
→グリップ…クラブを横に押すタイミング →遅いタイミング
→スイングで言うと 先に体を回してからリリースをすると
 そのリリースする分、左肩が上に逃げます。
◉前述しましたが、グリップの横への移動は
 からだの向きがします。

この二つを実践すると
からだの回す役割、
からだの回し始めるタイミングと右ひじの伸ばしのタイミング
クラブを押す方向 を掴める「かも」知れません。

この動作 は スイングの中に
はっきりと出ては来ませんが、この動作 を
大きく、速く、強く 行うのが スイングそのもの
  と考えて間違いでは無いと思います。
スイングの原型 と考えても良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



【質問頂きました】
Q:ショット全般ですが、
テイクアウェイで右肘を後ろの人にエルボーする感じでと

読んだ気がして認識していたのですが、どこら辺の後ろでしょうか?


身体の遠いほうの後ろ? 近いほうの後ろ?

田中どら_Moment(5)
A:質問ありがとうございます。
テイクアウェイ時、のクランチのひじ使い のコトを
指しているのだと思いますが…。

まずは あまり形にこだわらない で下さい。

右ひじを "やや" 外側に張り目 にあげる、外目にする、
には その後の行為に対する目的、役目があり
 そちらの方がより重要です。

,泙此▲肇奪廚琉銘屐△發靴は そう呼ばれるような位置
スイング時間で言うと 切り返し (行きと帰りの折り返し点)で
クラブの重さ 腕の重さが ダウンスイングやインパクト に向け
より良い方向にかかっている、
自分の行きたい方向、行かせたい方向にかかっているーような
位置にクラブが有るコト
がポイントとなります。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(4)この写真、で言えば
ここから からだの向きは変化しますが、
この写真上で言えば
右肩の前にあるグリップエンドは
左腰の方に移動させたい訳 です。

そう言った方向 に クラブの重さが
かかっているような位置 の方が
力まずに スムースに クラブの重さを利用しつつ
ダウンスイングに入れますから ベター と言えるでしょう。

200811__Moment(3)手や肩だけで上げる テークアウェイ では
左ひじ が 右ひじ よりも高くなる 状態になります。
これでは クラブは倒れ
 ダウンスイング時、右サイドの下がり易い、力み易い
左サイドの上がり易い 重さのかかり方になってしまいます。

蛇足…にはなりますが、
この 『上げ方』 が グリップ(握り)に 大きな影響を及ぼします。
自分の 上げ易い・動かし易い グリップになっていきます。




右ひじを やや外目に やや高めに 張って頂く のは
からだ (肩だけを回す〜胴体を捻る のではなく)
 ・・・股関節を境目とした胴体 の向きを変えるコトを促進し、
左右の肘の関係が からだの姿勢を作り得る! からです。

M20191011suburi_Moment(6)

特に からだの右向き の促進 は 非常に大きく、
それ以外のコトは 今まで通り でも
右ひじを やや外目、やや高め にするだけで
右向きの質、右向きの量 が向上するので
 結果がすぐに伴ってきます。
◯そう言う意味では 右ひじを高め にする コトよりも
 やや外目に張る 方が重要かも知れません。

◯高さ…に関しては 高いことが重要なのではなく
 左ひじよりも 高いコト(傾きなりに)がポイント になります。


自分のアドレス、前傾姿勢のある状態で
右を向くと どの位 蕁扮θ梢函砲離皀里茲離皀痢,茲蠅
◯高い位置関係になるか が 右ひじの行く先を決める
 と言っても良いでしょう。
◯右ひじの向かう先 が 右半身の行き先を決める
 と言っても良いでしょう。
前傾姿勢の無い状態であれば、両肘の高さに 上下差はありません。
葛谷 2017-2020_Moment(2)葛谷 2017-2020_Moment(3)





固定電話を取って 右耳に受話器を動かす
 からだに対し 手を真っ直ぐ耳に移動する、邪魔なひじは外に逃がす…
 そんな感じに近く、窮屈な程、曲げ過ぎず、
ひじ自体も無理に上げる必要はありません。
右向きの際、その傾き通り、左ひじ よりも 高ければ良い
だけです。 そう言う意味では やや遠め と言う感じでしょうか。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





刷毛塗(両腕の肘さばき)の基本は
グリップの移動です。

ヘッドはその場に残し(動かさず)、グリップが移動した分、
フェースが下を向くように引きずる…程度です。
ヘッドの移動はからだの向きに預け(無視し)
からだの向きの変更によって
 移動していくであろう「場所」に向けて
先行して【グリップ】を移動させていく
…感じです。

✋刷毛塗動作で 『ヘッドの移動』も手さばきでしてしまうと
いざ スイングになった時、からだの向きの変更と重なるため
ヘッドが下から入るコト になってしまいます。
意図的な場合を除き ダフリや煽り、しゃくりなどのミス
を生み出し易くなります。

✋✋✋もう一つ ポイントになるのは
刷毛塗をする順序 です。
イメージ…としては
トップの位置から 右向きは固定し、
刷毛塗だけで入るような感じ…、
届かない分を向きで修正するような感じです。

それをし始める位置 トップ で
先行して、刷毛塗をすると それは右向き(左サイドが低い)状態なので
横方向の含まれる『縦の動き』になりますが、
からだを回して(同時)から 刷毛塗 をすると
横の動きだけの刷毛塗になってしまいます。
🔴注意! そして そこには ヘッド(クラブ)の落ちる効果が入るので
かならず 下から入る「潜る動き」になってしまいます。
(ラフでは下をくぐってしまったり、だるま落としや
バンカーなどで行うと上がり切らず ボールが出にくくなったりします)
2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(2)






スイングで注意 なのは
からだの回転が入れば 円弧が生まれますが、
同時に、(手さばきで…この場合は刷毛塗)
ヘッドでその円弧をなぞる動き を入れてしまうと
仕事が重なるコト になりますので
ヘッドの迂回、ループなど 時間稼ぎが必要になってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフショットを覚え始める時、
多くの人が 当てるコトを前提条件に
「飛ばすコト」のためにしか ゴルフスイングを考えていません。
まあ 確かにエンターテイメント、娯楽としては
「飛ばすコト」のベクトルを向け、教える?覚える方が良い
のは否定しきれませんが…。
知識…として ゴルフスイングは
「飛ばすコト」と「飛ばさないコト」を両立させなくてはならない
と知っていても損は無いと思います。
フェースローテーションのないゴルフスイング_Moment(6)

そして それは後々 多くの苦労を生みます。
そこは 致命的なミス に成り得る と思います。



当てるコト→飛ばすコト が出来るようになると
今度は 左右の散らばり 球の曲がり とともに
距離を飛ばさない 距離をコントロールする
という スコアをよくするゴルフゲームに直結する課題
に直面します。

サッカーで言うところの
ストライカーも デイフェンスも キーパーも
野球で言うところの
4番バッターも ピッチャーも キャッチャーも
独りでやらなければいけないのが ゴルフ です。

ですので 当てることの前提条件は勿論
「飛ばすコト」
「左右 横方向の散らばりを減らす」
「ボールの曲がりを減らす」
「前後 縦方向の散らばりを減らす」

とともに
「距離をコントロール〜距離の管理」〜飛ばさないコト
を 同時にこなさなければならない のです。

(アプローチ) 比較映像_Moment(4)


ゴルフスイングは
どの道 からだの向きを変えます。
その動きは クラブに円弧を描かせます。
本来は、ヘッドの重さ、腕やクラブの長さ、運動による加算分
ヘッドはからだの向きの変更による 運動角度よりも 少なくなりますが、
その話は割愛し、
からだの向きを 藐き から 荼き 180度のターン によって 行う。
それが ヘッドの運動〜運動角度のすべて です。
(実質的には ヘッドの重さ分 減るので からだのターン/180度に対し 120度位になります)

クラブ〜シャフトの運動角度は からだの向き角度 とイコール です。

であれば、その運動角度の量の調節、速度の調節 で
距離感を養うことが出来ますが

ヘッドターン フェースローテーション ヘッドを開いて閉じる スイングでは
からだの運動角度 や 運動速度 と
クラブの運動角度 や ヘッドの運動速度 は一致せず、
常時、クラブやヘッドの運動の方が多くなります。
からだの部位 で言うと よりクラブに近い
 小さな箇所、小さな筋肉の方が 運動量が増える のです。
そして そこには 距離の調節 だけでなく
 左右の方向のミス や 弾道の曲がり
大きなミスの元 となる 当たるか当たらないか も含まれ
 どれも これもが インパクトという ゼロに近いほどの刹那な瞬間
にすべてかかってくるようになるのです。


飛ばす と 飛ばさない の両立

「使えるミスの幅を狭くする」
「使えるミスの頻度を上げる」 
を考えていけば
 自ずとどうするべきか 見えてくると思います。
(両手離し(

つまり ヘッドを振らず、
ヘッドの運動量を からだの向きの変更 の中でおさめ
どう「飛ばすのか」になってくる筈 です。
距離を管理、調整できるスイング と遠くに飛ばすスイング を
「どう両立させるのか」になってくる筈 です。


それが「球体であるボールをつかまえる」というコト です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



つかまえるコト は
フェース面でボールを地面に押し付ける/はさむコト です。

【つかまえの作法】_Moment

パンチショットをしろ と言っているのではありません。

そのまま フェースを地面に押し付けよう としても
インパクト以降は からだが左を向く。。。
つまり 進行方向に 『紂戞,加わっているので
下に押してるつもりでも 上に逃げていきます。

これで 時期、というか タイミング
クラブの振り(移動) と からだの向き の関係が
見えてくる人もいるのでは⁈ と思います。



フェースの開閉(ヘッドターン) フェースローテーション
で打つ限り、 つかまらない球は スライス
フェース(ロフト)は開いていますが、
つかまると言う言葉が適切ではないですが、仮につかまる球に
するとなると フェース(ロフト)が閉じていなければなりません。

つまり 必ず 上向きの状態、
しゃくり打ち、あおり打ち をしないと打てない仕組みです。


(決して 上に振らないジャンボ70歳越え)

アマチュアの人の  アイアンショットがいっちょ噛み
ダふってから当たる というのは そこに秘密があるのです。

(仮説というか、あくまでも個人的なイメージですが…)
プロがアイアンを打つと ボールの前のターフが取れたり するのですが、
ターフを取る必要は特にありませんが、
私はあれは ヘッドが地面にコンタクトしている と言うイメージよりも
ボールが一回地面に向かって飛んでいる
その場で地面に押し付けられ 跳ね上がっているコトによって
ターフが取れる と言うイメージを持っています。


この『つかまえる』という
球体である ボールを 上から抑える
 地面に置いてあるボール で考えると
地面とフェースで挟む〜サンドする と言うイメージ
これが 確立できれば、
正直、その方法は 手で行おうが、からだで行うが
 たいした違いはありません。
多くの…、スイングを悩まれる方の場合、
 この『つかまえる』と言う部分が決定的に欠落しているように思えます。


『つかまえる』コトが出来れば、
自分の球筋が スライス系であっても、フック系であっても
指して違いはありません。
つかまえるうえで 自分の好みの弾道、
 軌道とそれに対するフェースの向きを構築していけば良いのです。
フェースターンがないので 自分の軌道を捉える、理解するのも
フェースターンスイングよりずっと簡単、
勿論 それに対するフェースの向きの造りも簡単なのは言うまでもありません。

ヘッドをむやみやたらと動かしませんから、
それによる からだの開き、からだの上向きなどの影響も少なく、
ボールの方向性 の構築も当然、フェースターンスイングよりも
あきらかに簡単です。

テコを使って ヘッドを返す方法や
手を内に引き込んで行う方法は
必ず ヘッドの動きに対し、からだなり、
どこかを支点として止めなくてはならず
ヘッドスピードアップには 腕力が必要とされます。

「つかまえる」コトを実施すれば、
からだの回転の速度が ヘッドスピード向上に活かせます。

そこが無いスイング、
つかまえるコトも含め あらゆることを瞬間芸の「ヘッドターン」に
任せてしまうスイングは 練習量や頻度、筋力でカバーするコトの
出来ないオジサンおばさんゴルファーには
かなり 実現不可能に近いミッション だと感じます。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブの機能を無視した 無茶振り
手振り〜手打ち からだの脱出 の
一つの提案として グリップ(握り)から 始めてみよう
の話の続き です。

左手の過度なフックグリップそのものを治す というよりも
左をフックグリップにしている 『理由』 を治す のが 目的です。
 最終的に 形、としてややフックに握っているのは問題ではありません。

左手の過度なフックグリップの理由・問題は二つ あります。

b7055bfb2eea97122aee59c31313e223


🚀テークアウェイを 『手だけで上げる為』

左手をフックにしている のは
 フックグリップそのものが目的でない場合 が殆どです。
手打ち、手振り、無茶振り の場合、
右方向への動作 テークアウェイ では
右グリップや右ひじを 支点 として 左腕・左サイドを動かします。
左方向への動作 ダウンスイング、フォローでは
左グリップや左ひじを 支点として 右腕を伸ばします。
つまり どちらかのグリップが支点 になる というコト、です。
ですので ある程度 左右が離れていた方が
 支点を作り易い と言う点にあります。
52442_360240

テークアウェイの初期動作 で
からだの回転で右を向くのなら、からだそのものが右を向くのなら、
左グリップも、右グリップも その移動量に大きな差異は無い筈 です。
ところが 手打ち、手振り、無茶振り の場合、
右グリップの移動は殆ど無く、
左グリップ〜左腕〜左サイド だけ と言っても良いほど
左グリップだけが移動します。 支点運動…ですね。

その行為は グリップをからだの幅 から外しますので
当然、フェースも開き、ロフトも開きます。

よく言われる アドレスから 始めの30cm でスイングは決まる
(手振りをスイングと呼ぶのには抵抗がありますが…)
は このことを指す訳 です。

ですので 弊社の提唱する クランチ で上げる この形…。
形を真似ることも重要ですが、根本の
手さばきでグリップを動かす、手さばきでヘッドを動かす
が改善されていないと 単に形だけの真似になるだけで
逆に 手さばきがし難くなるので ぎこちなく なるのです。

201812_Moment(2)

 
左グリップの過度なフック、を消さないと
左右の密着度は向上しません。

その為には テークアウェイを右半身、右腕、右グリップ主導で
行うことが 左グリップの唯一の改善方法 と言えます。
形・型から始めるにしても 右腕・右ひじ で主導して下さい。

右ひじを外目に引け、少々上げろ というのは
肘は 腕とからだのつなぎ手 です。
肘は上腕と考えて良いと思います。

右グリップを支点として 左腕でテークアウェイを取る場合、
左サイドが上がりやすく、前(ボール側)に倒れやすくなります。
右ひじをクランチすることによって
からだをボールから離し、
右ひじを高めに取るコトによって
右サイドが左サイドよりも高くなる というコトを意図しています。 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



手打ち 手振りな人の
 典型的なパターンに
手だけで上げる テークアウェイが あります。

73d28d33


…概ね ゴルフの回転は
「捻転」 と思っている、のだと思います。

→ それを 向きの変更、シンプルな回転 にしたいです。


今 現在、捻転をして ゴルフが上手く行っている人、
 からだのどこにも支障をきたしていない人、
「どうぞお好きに」と思いますが、
私たちは もう学生や20代、30代のからだではありません。

私自身も撮影の際、トライしてみましたが、
からだを捻じり慣れていないコトもあり、
上手く捩じれない だけでなく、
からだが壊れるコトを恐れ、
勢いをつけてねじるコトが出来ません…。



ゴルフクラブは両手で握っています。
それは スイング動作の絶対的な「制約」です。
途中で握り直したり、片手を離したり するコトが
出来ないのです。
hijinuke1 (1)自分でやると分かると思いますが、
胴体を捻ると
左右の腕の上下関係が決まってしまいます。
右を向こうとすると
 左腕が右腕にかぶり
左を向こうとすると
 右腕が左腕にかぶります。
ararara_Moment

ですので 否応もなく テークアウェイ は
このような形になります。
この時点で ボールに対しては
ソールが向いている状態ですので、
フェースで打つのには ヘッドを回転させなくては
行けなくなります。 フェースターン必須。
201812_Moment(2)





飛ばすコトには
 ある程度のスピードと正しいロフト が必要です。
このトップの時点で
 例え 10度のロフトのドライバーであっても
 90度以上ロフトが寝た状態になりますから
 元に戻さねばならず、
 可能性として オリジナルの状態よりも多いロフト で
 インパクトする可能性の方が遥かに高いのです。
 
そして フェースターンは
 ロフトだけでなく、フェースの向きも同時に変わるため
 飛ばす為のロフト でインパクトした場合、
 今度は 左に行く可能性が遥かに高くなります。

時速130キロ以上の速度で動かすフェースで
1/2500秒以下の インパクトで
それを毎回揃えるのに 適した方法…
そして それを実行できる自分のポテンシャルでしょうか? 


胴体を捻じっていく行為は
 本来 横の向きの変更の筈が、
捻じる程に「からだの上向き」も加わってきます。

それでなくとも 捻じる行為は
両腕の長さを揃えるのに苦労します。
それに加え からだの側帯 が
  上下に伸びたり縮んだりするのです。


とても 飛ばし と 方向  その確率
 そして その反復性が高い方法とは思えず、
さらに 体に優しい方法とは 思えないのですが…
どうでしょうか?

どう考えても ショットの精度の下げ、
反復性を落とし、故障の原因になる 捻転、
腸ねん転 は 悪いイメージがあると思いますが、
これも まさしく 胴捻転 と呼ぶに相応しいでしょう。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



からだの向きを変えるのに
 からだそのもの積極的、能動的には使わない
*からだ…股関節を境にした それより上の胴体

こんなことは当たり前で知ってるよ…と言われるかも知れませんが、
万が一、誤解していると困るので 知らない人が少数でも
とりあえず 記事にしておきました。


からだの向きを変えるのに からだそのものは使わない

ので、記事の文章で
出来るだけ からだの向きを変える と言う言葉を多く使い
からだを廻す という言葉は出来るだけ避けてきました。

(両手離(両手離し(両手離し(




からだそのものを使ってしまう、
典型的な箇所 が 『 肩と腰 』 です。

腰であれば 腰を廻せ とか、
 腰を切れ みたいに言われますが、
それと 腕〜クラブの重さも含めた 肩部 が
同調していれば 胴体はねじられませんので
 問題はありません。


✋脚を使って 胴体〜骨盤から上の向きを変える場合 でも
 からだをねじらせて 腕の長さ調整が必要になるのは
 困りますから、やはり 腕〜クラブの重さも含めた 肩部 の
 同調は必要で、そう言う意味では
 からだの向きは
 四肢 大腿〜膝 と 上腕〜肘 で行う と思って
 間違いないと思います




腰だけ向きを変えて
 肩や腕、クラブを置き去りにすれば
それは
●からだと腕
●腕とクラブ
●グリップとヘッド
●ヘッドの ヒールとトゥ
   の関係と同じで
すべて 重さ分、後者が遅れ
ロフト、フェース共に開いてしまい、
そのままでは打てませんから、閉じる という
本来、行う必要の無い、かつ、
 ショットの一番肝心な部分の動作が必要になってしまいます。

ですので フェースローテーション ヘッドの返しは
そのすべての遅れの問題 を
先送りにした結末、後始末 とも言えます。

クラブを寝かすタイプの人はコレ 結構、あるかも、です。


現代のスイングの主流は 腰は回さないので
ダウンスイングで 腰を切る というのは死語になりつつ
あるのかも知れませんが・・・・・

mh
テークアウェイで 骨盤(腰)が右を向いていないのに
ダウンスイングで 腰を切ったら いきなり 骨盤は左を向きます。
そうなると 右腕を伸ばしたら、左手が届かなくなるので
腰は左を向くけど、左肩は上に逃がして 届かす 奇怪なインパクト、
見てるだけで痛くなりそうなインパクト になる訳ですね。



現代のスイング事情では 肩部 の問題が大きいような気がします。
ハミングバードでよく言う 振り子のアプローチ ですが、
これは ホント、犯罪と言ってよいほど 実害の有るスイング論です。
アドレスの際、 自分の胸と腕で作る 二等辺三角形 を保ち
 肩を揺さぶって アプローチ『させる』人が多いですが、
右打ちの人で ヘッドがアドレスよりも右(飛球線と反対)(飛球線後方)
に行けば、 肩は縦に揺さぶる機構が遊び以外ほとんどないので
 背骨が左に反り、頭が左に傾きます。
ヘッドがボールを追い越すような 左(飛球線方向)に出れば
その反対で 背骨は右に反り、頭が右に傾きます。

機械の振り子と違い、人間には
どこか完全に固定する 支点は造るコトが出来ません。
ですので 支点を固定できる 機械は
 重し が振り子 で動くのですが、
支点を固定できない人間にとって その真似は
 自分自身が 振り子になってしまうのです


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これって やっぱり 誰も言わないです…ね。






私も からだ、からだ、と選挙演説のように叫んでいますから
誤解の片棒をかついでいない とは言えませんが、

からだを回す とか、からだを使う、
この場合の からだとは
●股関節を境に、股関節から上の胴体一式
のコトを指しますが、

からだを回す、からだの向きを変える のは重要ですが、
その からだ を向きを変える のに
 からだ自身は積極的に使わないのです

体自身、胴体部ですね、ここは殆ど何もしないと言っても間違いではない、と思います。
脚の作業によって ただ向きが変えられている、ほぼ受け身の部位になります。
20191006_Moment(3)

胴体の向き を変えるコト 
クラブを持つ腕の付け根の位置を変えるコト
が目的なので 胴体そのものは能動的、積極的には使わない のです。


 ✋意味わかるでしょうか?
 具体的にいうのならば
 腰の、骨盤の向き を変えるのは脚を使って
 骨盤の向きを変えるコト であって、
 腰ソノモノをつかって 腰の向きを変えるコト ではない
 というコトです。
 胸の向きを変えるのは、
 その骨盤の向きを足で変えるコト によってもたらされるので
 肩をまわして、胸の向きを変えるコト ではない
 というコトです。
 だから 「肩をまわして!」と言う言葉も
 間違った言葉ではないのですが、肩部自信を廻す
 と言う意味ではないのです。


ショットをするのに 当然、それはクラブでボールを打たなければならず、
それは 両手 で持っています。
その接触部分が グリップ に当たるのですが、
 そのグリップを移動させ、結果、ヘッドを動かさないと
 ボールを打つコトが出来ません。
➀脚で骨盤から上の胴体の向きを変える
➁胴体はひねらない
➂腕の付け根〜肩の位置が移動する
➃腕が移動する
➄グリップが移動する
➅ヘッドが移動する 

 と言う回りくどいかもしれないが間接的な作用なのです。
田中どら_Moment(5)
腕は肘などの曲げ伸ばしによって
多少、長さの調整が効きますが、
原則、両手で持ったゴルフクラブ……その両手は拘束されているので
胴体そのものを動かそうとすると
胴体が捩じれ、腕の長さがそれに準じてしまうので

上手に打つコト よりも 双方の腕の長さの調節 の方が
重要な作業になってしまうのです。

出来るだけ安定して、出来るだけ遠くに、出来るだけ目標方向に
ボールを飛ばすコト、が目的と言うか、目標ですから、
そのクラブの姿勢とか クラブの軌跡 を司る
『両腕の長さ加減』 は 大切で、デリケートな部分です。
スイングの練習をする目的でもあります。
その『両腕の長さ加減』は 良いスイング、良いショットをする為の手段
上手になるための段階 であって、目的ではありませんが、
からだの向きを変えるのに
からだ そのものを使って 胴体を捩じってしまうと
手段と目的がひっくり返ってしまうほど
その「両腕の長さ加減」が激しく必要になります。

スイング ココを治そう❶_Moment具体的には このような 右向き を作ってしまうと
自分では からだと思っている肩を動かしている訳ですが、
骨盤に対し 肩が右を向き、
胴体がひねられてしまうので
右腕を短く、左腕を長く使わないと
クラブを持っていられません。
その結果、クラブ→フェース・ロフトはダダ開きになり
シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)フェースを返さないと ボールが打てない
と言うスイングになる訳です。

からだを廻せ!
左肩を入れろ!等の標語と
型だけを追いかけると
その型は出来たとしても
その後、より面倒が作業が増えてしまいます。


クラブは両手で持っており、その長さ加減によって
ロフトやフェースの向きは決まってしまう という
考えてみれば 当たり前のコト がすっぽり抜け落ちてしまっています。


ボールをチカラ強く打つために
テークアウェイという 準備というか、助走を取ったのに
その助走のせいで それ以降がより複雑に、難しくなるのでは困ります。


テークアウェイでは特に
肩 という どちらかと言うと 胴体の一部というよりも
腕の一部に該当する部分だけを右に向ける とは
先ほども書きましたが、左腕を伸ばし、右腕を縮めないと
クラブを持っていられません。
そして それは フェースを、ロフトをダダ開き にする動作
というコトを認知する必要があると思います。

これと同じこと(自分が思う右向き)を脚をつかって
骨盤で取れば、両方の腕の長さに制約はかかりません。
ロフトも、フェースも、開きませんので、
以降の「ロフトを閉じる」「フェースを閉じる」と言う作業は
ゼロではないですが、ほぼ 要らない ほどの差です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



突然 やってくる 『シャンク』・・・・・・困ったモノです。

コースで出ると 予防策が見つからず
縮こまってしまい 
シャンクを出さないようにした動きが、
 より「シャンク」を生んでしまったり…

BlogPaint


クラブ屋さんの目で言うと
『シャンクというのトップの亜種』 です。
そして それは ロフトが寝ている時に出やすく、
ロフトが寝る状況 というのは
スイングの動作の進行、からだの向きに対して
より遅い「タイミング」でのインパクトから生まれ易いモノ です。
(スイングスピードを速くする、遅くする 速度ではなく、時期を指しています)

具体的には
 インパクトが からだの右にズレるほど
 シャンクは起こり易い というコト
 です。

まあ 確かに ボールの位置やボールとの間合い によって
スイングに関係なく シャンクが出る のは出ますが、
より ロフトを寝かす、ロフトが寝ている時間の長いタイプの
スイングの方が 頻度はかなり多くなります。



IMG_0068SNSなどを見ていると
「どうしたらよいですかねー」みたいな質問に
「からだが突っ込むから」
「からだがボールに近づくから」
こんな回答がたくさん見られます。


とても真面目に質問して、やはり真面目に答えられているので
微笑ましく 見ているだけ ですが、
間違いではないですが、回答にもなっていない のです。
風邪を引いた時に、鼻水が出たり、咳が出たりしますが、
鼻水を止めたり、咳を止めたり すれば
即ち 風邪が治るのか と言うと そうも行きません。
それは 症状に過ぎないから です。

シャンクの主な原因というか、
その症状を見ても
「からだが突っ込む」とか
「からだがボールに近づく」
 は確かにあります。

その からだ と言うのはいったい どこを指しているのでしょうか
大きく分けると 左サイド(左半身) と 右サイド(右半身)
がある訳ですが、 左半身がボールに近づき過ぎ…
左半身が突っ込む というのは
正直、あまり聞いたコト がありません。

【 突っ込む、近づく 】 というのは 右サイド というコトになります

手で打つにしても、からだの回転で打つ にしても
どこかの時点で 右サイドはボールと近づきます。
それは 本来、左を向いた状態…… 打ち終わった後の筈 です。

つまり シャンクは からだの回転、からだの向きの変更
という動作の進行に対し、
インパクト、打つ時期が 「 遅い 」コトによって 生まれます。
(ヘッドスピードが速い・遅いの遅いではなく 時期が遅い の意)
ee213269f2e5a758

ここがスイングの意地悪なトコロ なのですが、
で、あれば ヘッドをどんどん出して 振り遅れ ないように・・・
と思うと、それと同調して からだは向きを変えてしまうので
その振り遅れは解消されません。
腕の長さは 決まっていますから
右腕を伸ばして ヘッドを出そうとすれば
その右腕を伸ばした分、左腕を格納、どかさねばならず
それは体を開く、左向きを早めますので
右サイドがボールと近づくのがより強くなるから、です。

この症状は手で振っている人、
フェースターンで振っている人に より強く 出ます


からだの回転で直にグリップを動かして 打っていても
シャンクは撲滅しきれませんが、より少なくなるのは確か です。

手で振るよりも ロフトを寝かさない、寝かす時間が短い から です。


また 自分ではインサイドと思っている
クラブを寝かすタイプのスイングの人は
(インサイドではなく からだの右外にクラブがあるので
 より 右がボールに近づいたタイミングにインパクトが来ます)

シャンクとナイスショットは紙一重なので
一度出ると コースでの修正には難儀するコトになります。
方向とかを考えると 実現は不可能…かも知れませんが、
グッと 自分のイメージの 外から、アウトサイドから
振ってくるようにすると とりあえずは解消し易くなります。


寝かし癖の強い人は
概ね 硬いシャフト、オーバースペックな硬さ で
スイングを覚えているコトが非常に多いので
そこは要注意ですが、だからと言って
それを 柔らかめのシャフト にすると
寝かし度合いが減ってくる
(いずれ減ってきます)までは
柔らかい分、より シャフトが寝る〜ロフトが開く ので
シャンク連発なんてコトにもなります。
それと同じコトが 季節の変わり目
 10月末〜12月あたりにも 良く起こります。
一番手 飛ばなくなるような そんな気温の変化の時期 です。

シャンクの改善、撲滅とは言わないまでも
頻度をグッと減らすには、実は付け焼刃とは行かず、
根本的な クラブ扱いを変えなければならない のです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



フットワークのトレーニング をするにしても
その足の生えている 股関節の位置 が
どの状態 から始まる、始めるのか
 によって 異なってきます。

➀骨盤ごと 右を向いて
両股関節が右を向いているのか
➁肩は右を向いているけれど
骨盤、両股関節は 中途半端な状態・・・。

M2019810L!_Moment➀肩と両股関節(骨盤)の向き が揃っていれば
その両方は 似たような方向に 同じ動きをすれば
良いだけで済みます。
また 胴体が捩じられていないので
 両腕の長さもつり合い易い状態ですので
手で振るという意味ではありませんが、
 腕の使い方 にも自由度が生まれます。

240➁一方、テークアウェイ、準備としてのテークアウェイにおいて
肩だけ回し、両股関節(骨盤)が中途な場合、
右向きの解き、ボールを打つため、正面を向いていく
回転の戻し は どこかだけを「速く」、どこかだけを「遅く」動かすコトは
ほぼ不可能で、全体が似たような速度で進行していきます。
故に、右向きが中途、不完全な股関節は
ボールを打つ前に 左が上がり始め、距離関係で言うと
ボールから遠ざかり始めます。(開き始めます)
ですので どこかの時点で 止める動作 が入ります。
 特にここには 「茲諒鼻廚覆鵑童斥佞ありますから
その止める動作が入り易いでしょう。

AZEJ5123_Moment

そうなれば その止まった左半身 に対し
腕を振る、クラブを振る というコトになりかねない のです。

この場合での フットワークは
止めるタイミングや位置 というコトになります。

ですので 右向きを 股関節で考えて
肩ラインと骨盤ラインのギャップを少なく取るのとは
違う フットワーク というコトになる訳です。




私たち オジサンおばさんゴルファーは
学生の部活のように 闇雲に(今はそうやらないのかも?)
私たちが学生時代の部活のように 理屈は分からなくても
とりあえず 回数を重ね からだの刷り込ませる
と言う練習が なかなか出来ません。
その練習が悪い とは言いませんが、
それよりも ちょっとだけ頭を使って
 次の展開 を考え、 本来の目的のために
 動作を構築していく 大人のやり方 をお薦めします。



左股関節の方が低い時間を確保する
は イコール 前傾姿勢の形成、維持
 になります。

最近では 横 の傾き 〜側傾
(造語ですね)
 を前傾姿勢
(の成れの果て)と呼んだりもしますが、
人間の姿勢として 痛い というか 美しくありませんし、
故障の原因になります。
前傾姿勢 とは その言葉の通り、
からだの前(からだの向き)への の傾き ですから、
そのからだの前 が からだが捩じられ
どこなのか、どの向きなのか 判別できないのでは
当然、形成、もしくは維持することは出来ません。


インパクトはからだの正面で
 は ある意味、茲鮖澆瓩詁阿になるケースが多いので
左股関節の方が低い時間を出来るだけ準備、確保! の方が
 結果として インパクトを体の正面で作り易くなります。
snap-lock_Moment(4)

左股関節の低い時間を出来るだけ確保する
それが 右向きの目的の一つ であり、
胴体に負担を掛けず(特に腰)
 上から打つ近道 とお考え下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



昨日に書いた 足、下半身のドリル は
あくまでも ドリル です。


足のなんとなく の使い方、通り道、
手順として ドリルでやるのは 良いと思いますが、
素振りまでは出来ても
実際の ショット となると
 足使いに神経を使うのは 難しいでしょう。

足はどちらか というと
ボールを当てる、ボールを打つ、強く振る
というコトの補助動作、
その動作をする上で 不自然な動きをしても
からだを痛め無いように逃げたり、
バランスを取ったりする、反射的な補正動作が主になり、
意識的な動作は難しくなります。



ですので 素振りや軽いイメージショットまで が良いと思います。
その際、気にして頂きたいのは

【テークアウェイ時】 左足が 茲慮坿慇瓩

 アドレス時の飛球線反対方向、からだの右方向に
 じわ〜と押す
 ✋そして、その時、蕕慮坿慇瓩茲蠅
 左股関節の方が下になるように押す と
 (左股関節を右股関節の下に潜り込ます)
 右の股関節は 後方(背後)に逃げ、
 結果、として 骨盤が右を向きます。

tksswing_Moment(2)

 ダウンスイング以降は
 右足 が蹴る訳では決してありませんが、
 やはり 右の股関節を
 飛球線方向… 回転することを見越して
 それよりもやや右目のシャンク方向位に
 左股関節を上から抑えるような感じで押すと
 荼坿慇瓩郎犬侶い両紊△燭蠅泙任浪,気譴泙垢、
 それ以降は 左には行けないので
 テークアウェイと同じく 後方(背後)に逃げるような
 そんな感じで 左向き になる訳です


と書きましたが、
下半身の動き、アクションは クラブや腕などを含めた
上半身の重さのかかり方によって 左右されます。

つまり、そうなるような 上半身の重さのかけ方 で
造っていく意識を持ってください。
クラブや腕を どこに動かすか、いつ動かすか
 によって 下半身にかかる重さは 変わってくると思います。




スイングの右向き、ダウンスイングには
どうしても 胴体の捻じれ、上半身の上部の重さによる遅れ
が発生しがち です。
ゼロにする事は不可能ですし、体を痛めない為
自然なねじれは許容するべき とは思いますが、
出来るだけ少なく、意図的なねじれは造らない方が良いと思います。

IMG_0013_Moment(2)


肩ラインと骨盤ラインのねじれが少なければ
ダウンスイング〜インパクトにおいて
🔴左半身の方が低い(概ね 多くのモノが下に向かって進行)
🔴左半身の方が高い(概ね 多くのモノが上に向かって進行)
この二つの時間が 肩ライン、骨盤ライン に
同じように進行していきますが、
ねじれが大きいと 左股関節が上がり始める時間が
早く訪れますから、上を向きながら、下に振る
と言う時間が必要になってしまいます。

現代のスイング論の中には
骨盤の傾きと肩の傾きを変え
肩は縦に回転する という奇妙なものまで存在するほど です。
それは スイング動作の初期 の 捻じれ があるから
その後処理として 起こるモノで
決してからだに良い動き とは言えません(痛めやすい動き)から
アマチュアが率先して やるべきモノ ではありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

https://youtu.be/mPoHWTzMeCk


画像の解析、再生速度が完全に同じ…ではないのですが、
二つのスイングを見ると
やはり グリップ、というか
 左グリップの進行、下がり具合に差が有るように思えます。

両手離しドリル(比較映像)_Moment


ソコの部分、自分でもやってみた、のですが、
インパクト以降 左上腕、左グリップを間髪入れず上に抜く、
(インパクトが来る前に…位の気持ち)の方が
ダウンスイングにおいて
 左腕の下がりは格段に早くなります。
✋上げるには下げなければならないので…


早い段階で左腕が下がると
左ひじが 下向き になり易く、
その向きは それ以降の からだの回転の方向と似ます。
フェースの下向き〜シャット〜ロフトの立ち
も速い段階で生まれ易く、
その点、フェースローテーションの必要性が薄れます。

ダウンスイングで 左腕の下がり が遅い、
もしくは からだの向きの変更への「付き」が悪い と
左ひじややや上目を向いてしまうので
からだの回転の方向から離脱し易く、
ダウンスイング後半〜インパクト前後で
処遇に困るコト、その長さに困るコトになります。



当たらない、届かない の恐怖 はある、と思いますが、
肘から先のアクションで 『ヘッド』の位置 を下げるよりも
より クラブから遠いところの方が
 アクション自体 少なくて済みますし、
ボールに届く、というか
 低いトコロにあるボールは 前傾姿勢と向きの変更で届かせる
と言う基本に立ち返ると
 その前傾姿勢がからだの向きの変更とつながる には
ヘッドを下げる のような 動作 は
体を起こす につながりますから 出来るだけ避けたい です。

ダウンスイングの早い段階で 左腕が下がらないと
廻ることで 左腕がからだに張り付き易く
ダウンスイングの後半ではより下げ難くなってしまいます。

インパクト、それ以降やフォローで 左脇を開ける
 のは 多くの人 にとっては 禁忌な動き と感じているでしょうし、
インパクトの 左腕〜左脇 左ひじの『締まり』
もしくは、左腕の『しぼり』 
 インパクトの目安 になっている可能性も高いので
条件反射的に覚えている ゴルフスイングにおいて
 簡単には 離れてくれない かも知れません。

インパクト以降のリリースは 全く問題ないと思いますが、
ダウンスイングにおいて 左グリップが下がってくれないと
低いトコロにあるボールには届かなくなってしまうので
どうしても リリース と言う名の フェースローテーションが必要に
なってしまいます。
両手離しドリル(比較映像)_Moment(2)

フェースローテーションは ヘッドがグリップを追い越す
というコトですので、グリップの制動、静止、減速 が必要になり
追い越したクラブの負荷 は 肘や肩にかかり
ヘッドが下がるコト と 左肩が上がるコト は
同時に発生します。
クラブが下がる〜落ちるエネルギー を
 回転に使いたいのに
クラブが下がる〜落ちるエネルギー が
 上方にかかってしまう、逃げてしまうため、
 ボールに届かなくなる可能性が生まれ、
 からだの回転を止めざるを得ず
 からだの負担にもなります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



全体のスイング像 を見ていると(時間進行、時期的に)
右腕の伸ばし は インパクト付近 にかかっている
ように見えますから

右の手のひらが 飛球線方向に押している と

考えがち… ですが、そうではありません。


実稼働 として 働いている とは言い難いかも知れませんが、
実際に蕕亮蠅里劼蕕撚,修Α,箸靴討い詈向は
左太ももの前方向
 その要素は水平方向よりも
 膰きの方向の意識の方が強い と思います。
フェースローテーションのないゴルフスイング_Moment(6)

ただ スイングは どんどん回転して、向きが変わっていくので
それが 稼働して見えるのは 横方向なだけ です。

この場面で、この方向から見ると
グリップの位置、蕕亮蠅里劼蕕函´茲梁世發發料亜,
左右、横方向の関係ですが、
ご自分でトップを造って
 その場面での 蕕亮蠅里劼蕕蛤犬梁世發眩亜,隆愀犬
 確認してみて下さい。

からだには 前傾姿勢があるので
 その横の移動には 多分に縦の要素があり、
トップの時点では すぐ横、
 逆に横の要素の方が少ない??位置関係です。



●左腕 と 左半身が 向きを変えて 逃げるから
右手の押してサポートしていくのか、
●右手が押していくから、左半身が逃げるのか、
正しくは 前者 だと思うのですが
左右の腕の力関係 や 過去のスイング遍歴によって
 絶対そうだ、とは言い切れないほど
腕のさばきとからだの回転はつながっています。

どこかで 左腕が止まる、左グリップが止まる、
もしくは 回転が、特に左半身の向きの変更が止まれば
 フェースローテーションになってしまいます。
しかし、フェースが開いていないので その必要がありません。

ですので ハミングバードでは
テークアウェイにおいて
前傾姿勢なりの 両肘の高さ関係を作りましょう と提唱するのです。
前傾姿勢なりに 右ひじの方がやや高い トップを造りましょう
 と提唱するのです。
✋その時点で寝ていたら
 フェースローテーションは必須 になりますよ、と。

骨盤を回さず、肩ライン、腕だけで
トップとおぼしき位置にクラブを送ると
必ず 開くことになり、その時点でローテーションは必須。
胴体を捩じって トップを造ると
 フェースを開くことになり、そのツケは大きい、と。

なので 骨盤を、股関節を境目に右を向きましょう と提唱するのです。


フェースを開いて、フェースを閉じる と
その行為分、道のりが長くなり、
余計な行為が行きにも帰りにも入っているので
当然、遅くなります。

右を向いていたからだの向きが
 正面に戻っていくコト の 流れに乗れず、
その行為の代償行為 が 手の返し なのですから
冷静に考えると 無駄無意味、二度手間、
 今どきの言葉で言うと コスパ悪! って感じです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



先日、あるSNS で何かで悩んでいる人が
自分のスイング動画を載せ、
具体的な悩みは書かず、アドバイスを、とお願いしていました。


そのスイングは決して悪くありません。
あえて 言うのなら オーバースペック。。。
シャフトが硬すぎ、ヘッド重量が足らない。。。
そんな程度ですが、振り回すわけでもなく
からだの回転を主に打っていました。
アマチュアでは大変珍しいケースです。

おそらく…ですが、スペックがきつい為、
必要以上に深くトップが入ってしまい、
また、テークアウェイが急ぐことになるので
安定感に欠く のが悩みなのかな・・・ですが、

私もそのグループに入っていますが、
仕事柄、名指しで指名を受けない限り、
見るだけ にしています。


ところが、ある方が アドバイスで
『テークアウェイで腰を回しすぎる
 腰はひねらず 肩だけ回せ、捻転しろ。』

と言っていたので、すかさず
「お悩みの内容にも寄りますが、
 それは変えない方が良いと思います。
 テークバックで 腰を回さず、肩だけを回す
 というコトは 今開いてあげていないテークバックを
 開いてあげることになり、
 その開いたモノを閉じる という問題は
 おそらく 今、悩んでいる問題よりも
 遥かに難しく、かつ、永遠に答えが見つかりません。
 良くご考察下さい。」 
と書きました。

まあ 勿論、どのアドバイスも
余計なお世話ですし、その方が選ばれるコト ですが、
経験上、開いてあげる とか 開いて降ろす のリスク は
あまりに深く、非常に長きに渡ります。

腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment1腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment2





フェースローテーション、手の返し
それをしなければならない理由、原因は
『フェースが、ロフトが開いている から』
『このままでは フェースでボールが打てない から』
 で、
望んで フェースローテーションをしたい人を除き、
その原因を取り除くことが重要です。

どっちにしろ からだの向きを変える
 という 円を描ける行為 があるのですから
それを 問題が増える、課題が増えるのに
 小さな筋肉の腕で 二度手間にする必要はないのです。


コチラをご覧ください

一般的に行われる フェースローテーションに相当するコトを
からだの回転を主に行っています。
 からだの回転で行っているが故に、
ハンドターンで行うより弧は大きくなりますし、
ロフト変化やフェースの向き変化、入射角度変化が緩やかなので
当然、安定し易いですし、距離も出せます。
それを実行できるのは 開く、フェースが開いてしまう動き を
スイング動作の中に入れていないコト に尽きます。

フェースを開く と言う余計なコトをしたお陰で
 フェースを閉じる という、
ただ閉じれば良いで済まない難しい更なる余計なコト を
 一番スピードの乗せたい、短時間の間に行わなければならなくなるのです。

既に フェースローテーションで打てている〜治したい人 にとっては
 新たな課題 ではありますが、
ゴルフを始める 真っ白な人には どちらが良いか 明白だと思います。


どういうイメージか、 を解説すると
基本、からだの向きの変更と左腕(特に上腕)は.罐縫奪函,任后
これから トライ、もしくはフェースローテーションを改善したい人にとっては
左上腕で からだの向きの変更 をコントロールするような 感じになり、
そのタイミングや方向は 左上腕を先導さんにして行う感じです。
フェースローテーションのないゴルフスイング_Moment(4)

ゆるゆる にする とまでは言いませんが、
ヘッドの重さは 無視、
グリップは動かす、けれど ヘッドは
左腕〜左半身、からだの回転は担当外 です。

放っておくと 運動が加わり、腕やクラブは重くなり、
グリップが遅れてしまい…そうです。
グリップが遅れれば、
グリップがからだの進行から遅れ、からだの右外(右打ち)に出てしまえば
ロフトは開き、フェースローテーションが必要になります。

ですので、右手 で
斜めに傾いた軌道通り、重くなり 膨らみそうなコトも加味し、
軌道に対し 常時垂直に、
トップの位置では 真下(やや左) にやや近い感じ でしょうか、
手のひらで押してあげ、
その遅れを食い止める と感じです。


ここで気付く方もいらっしゃるかもしれませんが、
言葉では「からだの向きの変更で打つ」と分かっていても、
フェースローテーションをする方は
右手、右腕、右半身にかかる重さを 右腕で打つ、叩きます。
「からだの向きの変更で打つ」のは
 その叩くのは 言葉の通り、からだの回転です。
 つまり 叩くに相当する 重さをどかすのは からだ です。

チカラが入らない というコトを感じる方は
 右腕に関連した その重さ を 振る充実感、打つ満足感
と思っているフシが見られますが、
それは ほぼありません。

腕に比べ、からだは筋肉も大きく、鈍感なので
 その実感は 非常にぼやけており、
無いに等しいほどの 労力感 と言えます。

遅れそうになる 腕やクラブの重さを 押す
サポートして、からだの回転から外れないようにするのが
右腕、右手の役割で
 右手で打ちたい人にとっては満足感は得られないかも知れません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



さて…待って頂いた方には
 やっと本題かよ、って怒られるかも知れませんが、
いよいよ 本題の
 「腕さばきでからだの回転を覚える」
 「からだの回転と同調出来るクラブさばき」
 です。



まず 【 これは…ね… 】 の方から。
腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment
腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment1
腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment2

多くのゴルファーは
両手を離して持った素振り ではこうすると思います。
こう教えるレッスンも存在します。

これでは からだの向きの変更、
 からだの回転は活きません。
からだの回転 と クラブの、シャフトの回転(角角度運動)が同調しません。

逆に からだを止めないと これをするコトが出来ません。

動作として これを手の返し、フェースローテーション、ヘッドターン と呼ぶそうです。

見ての通り、
ヘッドがグリップを追い越した後、
左腕の長さに苦労します。
 長さが邪魔なんです。

ですので 左肩が妙に高くなる、
 左腕が抜けます(
短くする必要があります) 



この腕、手でのクラブさばきは
主に ロフトを寝かしてインパクトする傾向が非常に強く、
  
  (・・・・・・どうしてもそうなっちゃいます。)
ティーアップし、空中にあるボールを打つドライバー専用の
打ち方 と言ってもよく、
地面にあるボール
奥行きの有るクラブ(フェアウェイウッド)
大きなヘッド
重いヘッド
柔らかいシャフト
重心距離、重心深度、慣性モーメントの高いモノ 

その どれもが苦手になるパターン です。

遊びで ロブショット〜だるま落とし に挑戦すると分かりますが、
よほど 手慣れていない限り、
 ロフトを寝かしたショットは 
 ボール付近の潜り抜けスピード が必要になります。
アプローチの場合、距離の制限があるのに
 スピードが必要になる という 全く矛盾した状況になる訳です。

同時に ロフトを寝かす というコトは
 バンスを増やす、バンス角度を増やす というコトですし、
ロフトを寝かせば、歯(リーディングエッジ)も より前に出ます。

アプローチはほぼ全部と言っても良いほど、
平らではないトコロから、制限された距離を
 速いスピード(潜り抜けのスピード)で打つ訳です。
✋そのバンスとリーディングエッジの条件を付帯して。

肘や手首、腰や肩などへの負担も大きいです。
絶対的に練習頻度、練習量が必要な打ち方
 になるので、アマチュア向け ではないのです。


ものすごい練習頻度の トーナメントプロ ですら
小さなアプローチの スピン量、打ち出し角度は
思っているほど 揃ってはいません。
勿論、アマチュアよりは格段に 幅は狭いですが…。
ショット練習の 6割以上を超える時間を
 アプローチに費やすプロ…ですら、です。

ロフトの変化も激しく
入射角度の変化も激しい
それに伴い フェースの向きも動く
そして 距離調整が難しい
 という アプローチが上手くなり難い 打撃法を
 ドライバーの為だけに 構築するのは賛成出来ません。
アマチュアにとっては、
 その犠牲を払ってまで 飛ぶ訳 ではないですから。


もう一度ご覧ください。
特にココです。
腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment1腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment2





からだの動き、
手さばきを除いて
ここで、ここから先 ヘッドを円に、こう振りたいのなら
からだをまわせば良いだけです。
その方が、ロフト変化も、フェースの向きの変化も、
入射角度の変化、からだの姿勢の変化
 全てが緩やか、格段に緩やかになります。

両手で持って 正面から左に向けば
手でこねるよりも 当然、スイングの弧も大きくなります。
インパクト以降のフォローの大きさを悩ませる主因は
 ここにあるんですけど…。

からだの回転通り、同期して腕を使ったとしても
 全部が完璧ナンテコトにはなりませんが、
アマチュアを悩ませる 多くの原因は 
この体と同調しない 腕さばき
 から始まると断言出来るほど です。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



インサイドから振るのがすべて、ではない、
の関連のお話し…続きですが、

そもそも クラブやヘッドの移動の
一番の元は からだの回転、向きの変更
です。


ですので 良くある レッスン画像で
橋爪晃彦_Moment
このような アドレスの状態に対し、
どのラインが良いか、どのラインにするか
というのが あるのですが、
それに 本当に意味があるのか 強く疑念があります。


当たり前…ですが、
そのライン〜軌道〜軌跡は
クラブやヘッドが移動するから生まれる ので、
その移動の源、元を無視
そのライン形成だけしても 意味がない
気がします。

(本日のサンプル)

ことスイング形成、特に手で振るのを出来るだけ避け、
からだの回転で直に動かしたい と望む方 にとっての
インサイド の 『イン』 の意味は
アドレスした時の ボールよりも自分側 の意味ではなく
 【からだの幅の中】 のコト
なんじゃないのか と思うのです。

逆に アウトサイド の 『アウト』 の意味は
 【からだの外】 というコト

なのかも知れない…と思う訳です。

(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(2)
それを前提に考えてみると
よほど フラットな 手だけで上げたスイングを除けば
ダウンスイングに入った時、
クラブ、ヘッドは からだの幅の中を通過 するべき
なのではないか
 と思うのです。


(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(4)からだの向きは変えたのに
クラブの移動、ヘッドの移動 が伴わない
というコトは
スイングの大前提として
手でしか振らない、手でしか振れない、
軌道を手で作っている というコトになります

(軌道・軌跡 = 移動)

軌道を手で作るとなると
軌道とともに ヘッド姿勢やロフト変化が激しすぎて
その種類は 殆ど無限に存在し、
クラブの長さの作り方も人それぞれになるので
誰のことも参考に出来ず、誰にも教えられなくなります。


参考になるか、どうかは分かりませんが、
スイングを観察する際、
その軌道が 肩ごしから来るのか、肩なのか、
非常に少ないですが首から来るのか
そこを見ています。

肩よりも外 から入ってきた場合、
クラブの機能を十分に使えません。
(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(4)

からだの幅の中を イン
からだの幅の外を アウト

と規定した場合、 その外は
ややこしいですが、ボールの内側 からヘッドが入ってきた、
としても 本当の意味のインサイド ではなく
からだの右、外側 から入ってきた と見ています。

そして これは残念ですが、
多くの方は 素振り の時点で
手で振るコト、手で軌道を作るコト、
手でクラブやヘッドを移動させることを前提としています。



(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(2)(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(3)






先日の記事で書いたように、
ワッグルしたり、素振りしたり するよりも
実際の打撃は クラブやヘッド、腕などの重みの積算
によって 遅れますから
想定している軌跡よりも必ず倒れます
それを加味した上で、
からだの幅の中から クラブを出す、
からだの幅の中を クラブを通すには

どうしたら良いのか、考えてみて下さい。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アウトサイドインは悪!

練習をたくさんするゴルファーや
スイング向上に興味のあるゴルファーは
特に そうだ! と 思っているんじゃないかしら…。

上手く行かないと
 その言葉を耳にする、結構、何度も。


緩やかに、時には数十年をかけて
刷り込まれた スイングの禁忌 に等しい状態で
画像などが盛んに出るようになったこの10年、
スイング軌道論が盛んになった この20年 で
 👣更に強く染み込まれた…… のでは と思います。


(インから振るのがすべて!じゃない_Moment●骨盤をしっかりまわした状態、
●肩ラインだけを右に向けた状態、
そのどちらであったとしても
俗に言う トップの状態から
ダウンスイング側、
打つ側に回転を始めると
本来、ゴルフクラブは
写真で言うと 矢印の
ボールの方向に行きます。

ボールを打たない と言う条件で
からだだけ向きを変えれば 当然、そうなります。

アウトサイドインを嫌う方は
その 回転によって クラブが ボールの方に寄る、
前に出るコトを嫌っている…
 もう、それは既に条件反射化しているかも知れません。





実験してみました…が…、
(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(2)❶トップの状態から
手、腕を先行させ
シャットのイメージを強く持って
ワッグルのように
そこを繰り返すと
ヘッドやシャフトは
自分の肩越し〜首あたり の間あたり 
通過して やや下向きですが、ボールの方に近づきます。
 そのラインを強く意識しています。
(ここは視覚で自分でも 確認済み です)

(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(3)そのまま、意識は全くそのまま、
これに ダウンスイング、からだの回転、
向きの変更を加え、打撃の方に向かうと
その速度によって 腕やクラブは遅れ、
特にヘッドの重さ(
長さが加わっていますからね)
結果、肩から出てくるように
ヘッドやシャフトは出ていきます。
かなり シャットな意識 を持っていても
クラブヘッドの構造、重心距離の存在によって
シャットは解消されてしまいます。

自分の思っている 軌道 よりも 二つ位 寝る(倒れる)感じ になります。

(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(4)➁今度は…
始めから 肩辺り のラインを想定して
(よく目にする スイング軌道通り)
ダウンスイングを始めると
これも同じく クラブは倒れ、
なんと 、結果は
脚を横(斜め)切るようなライン
 になる訳 です。
重さを構成する長さやクラブの姿勢が より重たくなる状態になった為、
,亮存海虜垢茲蠅癲‖腓く、想定よりもクラブは寝てしまいます。



トップオブスイングからからだをまわせば、
そのからだの回転が 肩ラインだけであっても、
骨盤から上であっても
肩やクラブは ボールの方に近づきます(前に出ます)
そのまま 打ちに行けば 良い訳ですが
アウトサイドインを嫌い、それを留めてしまう、
もしくは 動作の進行に逆行させてしまう

・・・もしかすると 刷り込みから生まれた 本能的な動き
条件反射的な動き の可能性もあるかも知れませんが、

それによって からだの回転と言う流れ、動作に乗れず、
からだの向きの変更で行える、済ませられることを『逃し』
その結果、手で振らなくてはならない… のかも知れません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



からだの回転 と 腕のリリース に
 つながりのあるモノ にする為
…には
スナップショット 7 (2013-07-04 23-37)スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)スナップショット 10 (2013-07-04 23-38)



このようにリリースしたのでは
からだの回転と腕のリリースは途切れてしまいます。


例え 俗に言う スイング軌道に合わせ
それを傾けた…としても
それは ソールで打つ のではないゴルフショットでは
その、からだとのリンクマンである左腕を止め、
それを支点に ヘッドがグリップを追い越す
もう1アクションが必要になる打撃方法 です。
大森201904_Moment大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)












本来は からだの横、左右方向に移動しています。
上記、空手チョップ打法 と同じラインで
正しい リリース をしてみます。
スナップショット 11 (2013-07-04 23-39)スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)スナップショット 13 (2013-07-04 23-39)スナップショット 14 (2013-07-04 23-39)





イメージとしては からだの、この場合は右から左へ
横 横 横 の方がベター ですが、
こう右腕でクラブを押していければ、
左腕は からだの回転通りに逃げていきます。
からだの回転、移動していく方向から 腕が切り離されるコトもなく、
同じ 円を描くのでも
 それはからだの回転で達成可能です。

IMG_0871


✋クラブの構造を考えてみて下さい
スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)スナップショット 9 (2013-07-04 23-38)




ダウンスイング で 描く円
そして クラブの構造 を重ねた時、
どちらが より多くの遠心力を作り出してしまうでしょうか?

そして その遠心力は ボールを目標方向へ飛ばす、
もしくは まだ打撃の前、ですから
 クラブやヘッドをボールの方向へと動かしたい時期 
それに対し、その生まれる遠心力の方向はどうでしょう?

右手を伸ばし クラブをリリースする
それを体に対し 横 方向にした場合でも
勿論、あまり嬉しくない遠心力は生まれますが、
やや斜めとは言え からだに対し 縦方向
クラブで言うところの トゥ〜ヒール方向(ライ方向)に
リリースする方が かなり大きな遠心力などの不可抗力が生まれます。

それは ダウンスイング後半、インパクト直前であれば
目標のボールに対し、必ず手前 に着地点が行くように作用します。
自分の望みのボール位置よりも
 手前にヘッドが行きそう、落ちそう となれば
ダふらないように 伸び上がったり、
ボールを打つチカラでは無い形で
 からだを開いて 落下地点を修正したり
することになります。

(比較)左手ドリル_Moment(4)(比較)左手ドリル_Moment(5)






空手ショップ打法には インパクト直前での

フェースターンもあるので、ヘッドの軌道はそこまで とは異なり
急激に跳ね上がるようになります。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ