◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 体の向きの変更/回転


質問「アタックアングル〜入射角度、
 それと クラブの長さの造り方…
 それらを考えているとですね…、
 私 ふと疑問に思ったんですが、スイング軌道の
 インサイドアウトとか、アウトサイドイン って
 ソコがポイントなんじゃないか と思ったんですが…。」


店長「うわ… そこですか。
 ソコに気付いちゃったんですね。
 その話は 頭がこんがらがり易いので 避けたいんですけどね…。」

質問「はい。
 ボールを打たない 素振り で仮定すると
 クラブの長さを短いまま で振ると 円は小さい、
 アドレスの状態やクラブを最大の長さ、
 遠くまで届かせる状態にすると 円は大きい、

(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment
 元になる スイング軌道は 全く同じ🔥 だった、としても
 その長さの造り方って言うか
 いつ長くして、いつまで短いまま でいるか
 によって インサイドアウトも アウトサイドイン も
 まぁ 見た目のスイング軌道ですけれど
 如何様にも出来るんじゃないか と思うんです。」


店長「正解。その通りだと思います。
 インサイドアウト、アウトサイドインの理論が
 ゴルフ界に入ってきたのは おそらく50〜60年位前だと思うんですね。

 おそらく なんですけれど
 仰る通り、クラブの長さの造り方、
 いつ長くするか、いつまで短さをキープするか、いつリリースするか、
 そういうコトを言いたかったんじゃないか
 と思うんですが、
 そこは ちょっと伝えにくい、伝わり難いニュアンスが
 多分に含まれているので もっと簡易に
 軌道論に変化してしまったんだと思うんです。」

質問「確かにややこしいですもんね。 

 コレって 全く同じ軌道を描いても
 長さの取り方が違えば、インサイドアウト、アウトサイドイン
 どちらも作れてしまうので
 元、ベースは合っているのに
 軌道の方を変えてしまう、ベースを変えてしまう
 という道に発展してしまわないですか❓」


店長「そうですね。
 世の中にある スイング軌道論は殆どがその道 です。

 正当な路線 では
 良く言われる 溜め…クラブが短くなった状態 が
 長くなっていく過程 で インパクトを迎える、
 それが インサイドアウト です


 アウトサイドイン とは
 早い段階で クラブが長くなってしまったコト で
 仰る通り ベースになる軌道は同じ です。
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m30s
 ただ 話しの根底には
 からだの向きで グリップを移動させ
 クラブやヘッドを引きずって動かす があるんですが、
 そのひきずる って言うのも
 等速で移動させていたり、加速状態で可能なことで
 スイングを終わらせるとなると
 打った後、減速に入りますから
 グリップが運動の慣性の残るヘッドに
 追いつかれてしまう可能性があります。
 勿論、それは打撃の終わらせ方、ショットのオマケ の部分で
 けがをしない為には重要ですけれど
 打撃ソノモノではありません。

 短くして使っていたクラブが
 インパクト後 ヘッドがグリップを追い越したり、
 遠心力でヘッドが大きく膨らんだりしようとする、から
 クラブが長くなるので インサイドアウト になりますが、
 実情は からだの向き通りの インサイドイン です。
 無理やりインから入れたり、アウトから入れたり
 作為的にするには からだの回転と切り離すコトになるので
 その スイング軌道の発想そのものがとても危険 なんです。
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m31s

 そのクラブの長さの造り方 を 無視?なのか、
 すっ飛ばしてしまって
 単に軌道の インから、アウトから、 を
 上手く行っていない原因として 修正、
  …この場合は アウトから の方でしょうね、

 ベースは正しかった軌道を変えるコトになる、
 つまり からだの回転では無く、
 腕先、手先での修正になる というコトになります。」

質問「つまり 手打ちになる というコトですか❓」

店長「ややこしいですけれど
 軌道そのものは合っている(クラブ扱いは合っている)、
 しかし、長さを出しちゃうタイミングが早い から
 アウトから入って見える😬 を インから に修正すると
 どうしても 必要以上なフェースの開閉 が付いて来ます。
 それでも ちゃんとボールを打つには
 手で ヘッドターンをしなければならなくなる ので
 からだの回転では立ち行かなくなります。

 まあ 分かり難い、伝わり難い部分の代表 なのですが
 クラブの長さの『造り方』はとても重要な部分、
 飛ばすコトや確実性 と密接な関係にあるんですけれど
 そこが スイング用語の中から
 ぽっかりと欠落してしまっている んですよね・・・。

 スイングの溜め とか、リリースとか、
 受け入れやすいイメージだけが先行している気がします。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〆廼瓩離屮蹈阿念貳峪温佑砲覆辰燭里蓮

「ヘッド/クラブをひきずる」の一連の回です。

〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment

ブログは過去のものと同様のテーマを、

視点を変えながら考察していくというものが多いのですが、

この一連の回は特にそうでした。

どうも私が勘違いしていたか、

あるいは曲解していたのか、

クラブを身体正面に維持させないといけない

=クラブが遅れぬよう一生懸命グリップ、

クラブを身体の左へ左へ送ることと思っていて、

これが結果的にクラブを縦に振っていたことに

繋がっていたように思いました。

貴方にはどう見える❓_Moment(4)

最後の言葉「割り切って一気にからだを左に向けるんです。

からだを開く。それがからだの回転です。

は目から鱗でした。

やったらダフらない、右にすっぽ抜けるわけでもない。

ラウンド中は昔の記憶と習慣が顔をだすので、

全てのショットでできないことが目下の悩みですが。



 

ヘッドを引きずって回る動画、とてもわかりやすかったです!

ヒントを頂き練習器具で確認した動きと組み合わせてみました。

 いきなりやっても、童と処のメイクラブの様なぎこちなさ、、、

 一つ「コ、コレはもしや!?」というのが感じられました。

Desktop 2022.11.06 - 17.11.14.01_Moment

 トップから落とし始めは急発進急加速するとドダフリ多発。

(多分腕が先行しちゃうのでしょうか?)

反対に、落とし始めをふんわり始めて体重移動と回転で加速すると

結果的にHBSクラブ特有のロフトが立って入射して

しっかりボールを潰した感触。

(コレがワンモーター感覚なのかな?)

 

 週末は先輩達のスイング動画のリズムに着目して学びたいと思います。

ヒントブログ、いつも感謝です

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「グリップエンドを上に向ける、は
 からだの回転という 横移動を利用して
 グリップを下がる、
 言葉のイメージとしては グリップが低くなる
 と言う延長線で行われます。

 要するに クラブの構造、重さを利用して
 横移動に 自由落下では無いですけれど
 落下を組み合わせるような感じ なんですね。

 ですが、コレソノモノには 
 大きな横移動がありませんから、
 どんどん向きを変え続けないと ボールに当たらない…。

〇グリップエンドを向きを

 支部長はそこら辺は大丈夫だと思うんですけど
 ソコに到達するのって 結構な意識改革が必要です。


 クラブを持って こんな素振りをしてみて下さい。
 動画の通り、からだを廻す ではなく、
 足、靴の踏み変え で向きを変えます。

 トップの位置から グリップは落下させますが、
 ヘッドを動かすと ボールのトコロに辿り着けません。
 ヘッドを動かすと からだが回れなくなるから です。
〇グリップエンドを向きをどこへ - f

 前傾姿勢が無い ので
 本当にボールを当てるには ちょっと 下に振る
 が入っちゃうので 素振り が良いです。

 ヘッド単体は動かさない、グリップは移動する、
 ですと ヘッドの方が進行方向後ろ、後になります。
 色んな意味でハンドファースト って奴ですね。

 そうすると 落ちようとするヘッドの重さが
 グリップを進行方向に押します。
 コレって 重い方がその力が強いですし、
 シャフトの柔らかさがあると 押すチカラ、
 押す速度も速いです。

 この場合、前傾姿勢はないので 仮想の、なんですが、
 アドレス時の 左腋の下辺りを通過ポイントと考え
 グリップエンドを上に向けるつもりで
 打ち終える、素振りをしてみて下さい。

 グリップが下がる、落ちる、
 ハンドファースト…からだの向きで移動するんですが、
 それによって グリップが横に押される感覚、
 そう言うのが掴めたら OK です。
 あまり コレに固執すると 下に振る癖、
 それによって からだが止まる癖なんかが付いちゃう人
 出てくるので ご注意を。


 で 支部長の話しに戻るんですけど、
 グリップエンドは上に向けて抜くイメージ で
 そして からだの回転はグリップを移動させるためのモノ
 という前提の上で 

 切り返し は
  もう『一気に左向いてください
  
ガバッっと
  手なんか動かす暇 無いです。

 外から入っちゃう とか、
 アウトサイドイン になっちゃうとか、
 ロフトが とか、
 全部 忘れて 思いっきり 左向いてください

 繰り返しますけど
 からだの向きは グリップを移動させるためのモノ で
 左を向いて『から』 ナンカする ではなく
 左を向くコトが『打つコト』です。



 あと ですね、
 コレは別な記事で書こうと思っていますけれど
 (書いても良いのかしら プロ❓)
 橋爪プロの神レッスンの中で出てきます。 コレ

✋インパクトポイントはココ です。
Desktop 2022.11.06 - 17.11.14.01_Moment

 からだの正面で打つ には イメージ として
 ココをインパクトポイント にしないと出来ません。

 見た目の からだの正面、
 イメージの中にある インパクトポイント よりも
 50儖漫“球線側にありますよね。 もっとかな❓

 ココがイメージできるだけ でも
 アプローチは抜群に良くなると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


 そもそも…なんですが、
 この記事内で使われる グリップエンドを上に👆
 と言う意味は インパクト〜フォロー以降
 グリップエンドを空に向けたまま 抜く
 グリップエンドを空に向けていく というイメージの話し です。
 (なんだ そりゃ⁈ って人も居らっしゃるかとは思いますけど😓)





店長「ダウンスイング時での 手の下がり も
 それに伴う インパクト付近の手の浮き、
 グリップが体に近いトコロを通過する、
 もすべてそうなんですけど
 やはり 象徴的なのは
 インパクト時の『からだの起き上がり』ですね。

 これがナニから導き出されているか、
 なんですけれど、
 ビデオ茲鯣妙に何回も見ると
 切り返しからの からだの回転、
 左向きの始まりが 早い んですね。
〇グリップエンドを向きをどこへ - f

 蕕諒は 1タイミング、
 回転のタイミング(始まり)が遅い上 に、
 からだが 左右分かれて動いているような
 始めは左半身が動き、後半、右半身が動くような
 別々な動き方をしているように『見える』んです。

 ですので 蕕魯ぅ鵐僖ト以降(後半部分に相当します)
 左半身が左を向かない(動いていない)ので
 空間が無く、からだが詰まるので 伸び上がる反応をする、
 と言った感じです。


 一方、茲離咼妊は
 からだの回転が 早く、 左右が1ピースに
 間断なく、継続して動いている為、
 からだの回転によって 腕やグリップが
 からだに巻きつくような形になるので 浮き上がらず、
 からだに近いトコロを通る んです。

🌞世の中では それを 『左サイドのリード』
 なんて 言葉で表現されるんだと思います。

 からだの起き上がり なんて 今回のテーマでは
 全く意識の無い、テーマと直接関係ない部分 なんですが、
 結果として からだの回転が早く
 起き上がる「必要がない」ので 起き上がらない、
 という なんだか締まりの無い話し になっちゃうんですけど
 そういうコトなんだと思います。
〇グリップエンドを向きを

 まあ 結果論になっちゃいますけれど
 グリップエンドを上に向ける、
 上に動かそうとする としても
 始める位置は 高いトコロにあって
 グリップエンドは下を向いていますから
 からだを直ぐに回さざるを得ない。
 一番 変わったのは からだの廻し方、廻し始め、なのです。


 蕕離咼妊は 左右のからだが別々に動いて『見える』のは
 その側の腕が活躍している、動こうとしている
 というコトになるんだと思います。

 コレは からだの回転 👉向きの変更の目的は
 『グリップの移動』と言う大前提の元、
 切り返したら一気に左を向く、
 グリップエンドは空に向けて、で 間を置かず 左を向く
 で 煮詰めていくのが良いのでは無いかと思います。

 ゴルファー 皆のお手本になるので
 頑張って続けて欲しい んですけど…。





 では また明日 👋👋」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ヘッド(クラブ)をひきずる…って なんか名称欲しい…ですけれど
 元々は 手で振らずに、からだの回転で
 クラブをターンさせましょう というのが原点です。

 クラブの先端である ヘッド を動かす のは
 動かすんですけれど、
 自分が からだの向きを変えて グリップを移動させ、
 その分、ヘッドが動く。。。。

 ヘッドを😬 シャフトを😬 自分で直接的に動かそうとしない。」

質問「似ているけれど 結構な違いなんですよね。 」
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
店長「はい。かなり違います。
 ヘッドを引きずるイメージで ボールを打つと
〇手打ちからさよなら出来る
〇インパクト時の伸び上がりをする必要が無い
〇ディッシュアングルを保ち易い
〇ハンドファーストのインパクトを造れる

 これらが 特典としてモレナク付いてくる と言った感じですので
 結構、お買い得だと思うんですけど…。」

質問「はい✋はい✋」

店長「どれもが 個々で、一つ一つのテーマ、課題として
 悩んでいる人が多いと思うんですけど、
 ヘッドをひきずるアプローチ、ドリル で
 いっぺんに解決の糸口が得られると思うんですね。

 手打ちの解決は メインの目的でもありますから当然ですが、
 伸び上がり って
 腕とクラブが長くなっちゃってるから起こる訳で、
 ヘッドを引きずると クラブは逆に短くなるので
 沈みこむは大袈裟ですけれど、
 どちらかと言うと そう言う雰囲気です。
 伸び上がったら届きません。
アドレス7

 ディッシュアングル…腕とクラブの角度ですけど
 からだの向きを変えて クラブを引きずれば
 次の『ハンドファースト』にならざる得ない✊
 それが ディッシュアングル✊ ですので
 あまり意識しなくとも 達成可能です。


 …その上で ヒトツ 気になるコトがあるんですね。」

質問「なんです❓ なんです❓」

店長「多くの方のスイングやショットを見ていると
 全員じゃないですけど、かなり多くの人が
 慢性的な 『インサイドから入れる』
 『アウトサイドイン恐怖症』
 『インパクトは体の正面で✋症候群

 だと思うんですね。

 コレって 初心者だけでなく、
 逆に ベテランほど染みついている感じがします。

 アウトサイドから振りたくないが故に、
 無理やり インサイドから振ろうとする、
 そうなると フェースが開くっていう副産物が付いてきたり、
 入射が妙に緩くなってくる、という
 結構、深刻な副作用が付いてきて ソレに悩まされる。

 『インサイドから入れる』
 『アウトサイドイン恐怖症』
 『インパクトは体の正面で✋症候群』

 を実行しようとするが故に
 切り返してから からだを廻さない んです。」

質問「!!!!!!」

店長「いろんな事の問題を解消するには
〇外から入っても大丈夫
〇飛んで 繰り返せるなら アウトサイドインもOK
〇飛んで 繰り替えるなら 別にインパクト何でどうでも良い

 と割り切って
 切り返し、一気に からだを左に向けるんです。
 からだを開く。
 それが からだの回転
 です。」

質問「!!!!!!!」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「インパクト時に沈み込め、とは言いませんけれど
 からだが伸び上がる、ましてや 蹴りあがれ なんて
 空中にボールの有るドライバーならまだいいですけど
 平らなトコロではない ナガモノ、
 フェアウェイウッドとかユーティリティでは
 上手く当たる率 下がりそうですよね❓」

質問「正にそうだと思います。」

店長「とは言うモノの
 そう言う場面で そんなコト考えていられない です。

 そもそも 起き上がりとか、伸び上がり は
 ボールと自分との間合い、そして クラブの長さ、
 この場合は 腕も含めたクラブの長さ
 そう言うモノを瞬時に計算した 反射的に動き だったり、
 長くなって重くなったものを やはり からだが無意識に
 処理している可能性は非常に高い のですから
〇からだの回転_Moment(2)
 スイング中に掛かっちゃう そう言った不可抗力 などを
 悪く使うんじゃなく、良い方に使う習慣
を付けて置けば
 インパクト付近での 伸び上がり、起き上がり も 防ぎ易い、 
 いつの間にか 消せるかも知れません。」

質問「確かに 先端を振ろうとすれば 腕がボールの方に出て、
 腕とクラブを長くしちゃうと 起き上がらざるを得ない、ですね。」


店長「ソレを逆に
 腕に掛かるであろう遠心力が
 前傾姿勢の中、懐の中であれば
 その 前傾姿勢を保たせる にするのに使う。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 ナガモノも含めて 地面にあるボールを打つのに
 とても良いと思います。



 まあ それの副産物 なんですけど。。。」

質問「なんです?なんです?」

店長「ディッシュアングル ってあるじゃないですか❓」 

質問「はい、はい。」
アドレス7
店長「スイング中、動作中 意識しておく必要は無いですから
 まあ アドレス時のモノ と考えて良いんですが、
👉アドレスした時、左腕とクラブを一直線にするのではなく
 まあ 角度としては薄くて、何度!ってモノでは無く
 ある程度の角度差 があれば 良いってシロモノですけれど。。。

 からだの向きを変えるコトでグリップを移動させる、
 ヘッドはグリップを動かした分 引きずるような意識で動かせば

 そのディッシュアングルは 当然、スナップアングル

 アドレス時のソレは クラブのライ角度方向、
 手で言うと 手が親指側、小指側に付くような
 コッキングの角度 その方向のモノ だった訳ですけれど
 それが 『引きずる』コトによって
 手首の横方向、手のひらが甲側に折れる、平側に折れる、
 そう言う方向にすり替わります

 当然、引きずる側ですので
 (右打ち)
 左手であれば平側に、右手であれば平側に折れる、ような
 意識はしてませんけれど そう言う風になります。

 ハンドファースト維持にもつながりますけれど
 その ディッシュアングルがスナップアングルにすり替わる のが
 ややこしいですけれど
 実質的な ディッシュアングルの維持につながる のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの向きで クラブ、グリップを引きずって
 動かすドリルは 幾つかの悩みを解消する可能性があります。」

質問「どんな、ですか❓」

店長「例えば ですが、
 からだの伸び上がり、
 前傾姿勢の維持
 ですね。」

質問「マジ⁈ ですか。」

店長「はい。
〇からだの回転_Moment〇からだの回転_Moment(2)










 ヘッドで円を描こうと クラブの角度を振る場合、に比べると

 グリップを引きずって動かす場合、
 結果、としてですが、グリップはカラダの近くを通る、
 クラブをカラダに巻き付けたまま 動くような、
 そんな形 を保ち易くなります。」

質問「確かに、そうですねぇ。」


店長「スイングの始まり、アドレスには
 前傾姿勢、骨盤と大腿骨、お尻と太ももの
 前に倒れている角度差 というのがありますが、
 
 腕が長くなれば 重くなりますが、
 その前傾姿勢の中、
 アドレス時で言えば、
 肩の真下辺りをグリップが通れば、
 長さ として 腕が伸びていた としても
 その長さを前傾姿勢が吸収してしまいます。
 重さによる ワルイ影響を受けにくくなる、
 また 重さが掛かったとしても
 それを 前傾姿勢維持に利用できる可能性があります。」
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
質問「あ、なるほど。」

店長「クラブを、シャフトを振る、角度運動させる、円を描く、
 そう言うスイングでは 腕は 前傾姿勢よりもボールの方に出し易く、
 逆に それによって からだを起こさなくてはならない、
 クラブを持った腕の重さ、
 それには双方、遠心力が掛かるのですが、
 前傾姿勢の中と言えば良いのか、下と言えば良いのか、
 微妙なトコロですが、その中を通せれば
 起き上がる必要が無い上に 前傾姿勢も保ち易い、
 遠心力等重さによって 無意識で前傾姿勢は保たれ易いですが、
 前傾姿勢の下、から大きく外れてしまうと
 その重さを支え、かつ ボールを打つのには
 からだを起こさない、前傾姿勢を解かないといけなく
 なりますので 伸び上がり を気にしている方は
 ドリルとして トライして頂くと 何らかの影響があるやも知れません。

 両腕は両方で 10キロを超える重さがあります。
 ソレに遠心力が掛かれば その方向というか
 遠心力の掛かり方 によっては 体を起こさなくてはならない。

 伸び上がりは その必然だった可能性が否めない のです。」
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

質問「コレって 手打ちとか、からだの回転 以上に
 ゴルフクラブの使い方 として決定的な違い
 なるんじゃないんですか❓」

店長「はい。 そう思います。

 よく有るパターンだと思うんですが、
 パワーの無い、ヘッドスピードの出せない方が
 ウッドでも、アイアンでも 距離も弾道も差が出ない、
 どの番手を打っても同じ、似てしまう があったりしますよね❓」

質問「あるある、です。」

店長「ちょっと 話には段階があるので ややこしい ですが、
 『からだの向きを変えて、グリップを移動させて、
 その結果、引きずられたヘッド』
に比べると
 『始めから 円を描こうとした、インパクトまでに
 1/4円、90度の円を描こうとしたモノ』
は道のりが長くなります。
 まあ 時間もかかるし、リキミも入り易い。
〇からだの回転_Moment〇からだの回転_Moment(2)














 からだの向きに比べ、道のりが長く、時間が掛かれば
 クラブはフェースが大きく開くか、大きく閉じるか
 どちらかにしかなりません。

 そして フェースターンが必要になると
 フェースターン、ヘッドターンは 腕もクラブも
 最大の長さ、一番長くなった状態でしか行えない。

 最下点がボールより手前になり易いですし、
 あおり打ち、しゃくり打ちにもなり易い。
 👉本来の そのクラブ、その番手で入ってくる筈の
 アタックアングルよりもかなり緩い角度 になってしまいます。

 ゴルフクラブにとっての かなり比率の大きな機能
 そのクラブの 長さが使えなくなって しまいます。


 ゴルフクラブの機能というのは
 例えば5番アイアン ロフトが立っていますね。
 ですので 前に行かせるのは得意ですが、
 浮力や高さを取るのは苦手なんですね。
 ですので クラブが長く、アタックアングルが緩い。

 逆に ウエッジは ロフトが寝ているので
 浮力や高さを取るのが得意ですが、
 前に行かせるのは苦手です。
 ですので クラブが短く、アタックアングルがキツイ。

 このどれもが ドライバーの長さ、
 そのアタックアングルと差がない、
 場合によっては 最下点がボールより手前 の
 しゃくり打ち、あおり打ち、上り際のショットになったのでは
 そのクラブの ロフトと長さの機能が上手く発揮されず、
 5番アイアンは浮ききらず、
 ウエッジは前に行かない、ロフトが寝ているので
 打撃力がボールに伝わらない可能性もある。

 ショットが 単なるヘッドとボールの激突 であれば
 長さと当たるヘッドの重さは 似たように造られているので
 球質としての差が出ない と言う結末になります。」

質問「長さの変化による ヘッドスピードの差 の方が
 意識としては強い と思います。」


店長「ですよね…。

 長さが違うとヘッドスピードが変わる、
 は 嘘じゃない から困ると言うか、騙されちゃうんですけど
 クラブの機能を考えると
 『本質はソコじゃない』んです。

 その番手、そのクラブの機能を活かすには
 各番手に長さの違いが出る アタックアングル
 にする必要があって、
 それを造るには ヘッドと言う重さを引きずって
 無理に長さを造り出さないようにしない とダメなんです。」

質問「長いとヘッドスピードが速い。。。
 が故に 出来るだけ長く使おうとする傾向 はあると思います。」


店長「ヘッドスピード信仰が強いと その罠にはまりますよね。

 でも その動作の進行には 遠心力と言う
 速く動かすほど 負荷になるモノを増やすだけ になるので
 腕力で動かせない限りは 思ったようには 速く振れない。

 また それはソレを支える左グリップの握力次第 になるので
 ラウンド中、グリップの握りの変化、それに伴うアドレスの変化
 などが ミスの原因、誘発要素になり易い…。
(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment

 それなら クラブの長さを無理に長くしないで
 負荷にしないで、早く、速く 廻ってしまう方が
 ヘッドスピードは上がるんです。

 そして それなら 疲労に弱いアマチュアが
 ラウンドでのスピードの減衰も 抑えられます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

店長「地面に置いたヘッド、絨毯の上を引き摺ったヘッド、
 これは2次元の、平面上の話し ですが、
 これを3次元、立体のスイングに当てはめても
 基本、ゴルフクラブの『自然な』動きは同じです。


 コレを例に 考えてみましょう。
〇からだの回転_Moment〇からだの回転_Moment(2)















 クラブ、シャフトと体の向きの関係です。
 トップの位置では 双方ともにだいたい同じ関係、角度、ですが、
 仮想のインパクトに向けて
 上:の写真は その角度が開いていきます。
 下:の写真は 同じ角度のまま です。


 運動が加わると ヘッド・クラブは重くなりますから
 むしろ 角度は詰まってくる、
 からだのラインに対し、クラブはより一層くっ付いてくる可能性が
 有ると思うのですが……。


 コレ、実験した時、
 上:1/4円を描く
 下:引き摺る

 を意識しただけで、それ以外はまったくの無意識なのですが、
 からだの回転が かなり違いますね。

 クラブの重さ、ヘッドの重さを無視して
 1/4円を描こうとする、クラブの長さを維持するようにする と
 先端部をたくさん動かさなくてなりません。
 非常に『意識的』『作為的』に、ですね。
  …信じている人にとっては…無意識の意識 と言えば良いんでしょうか…

 …そうすると 自然とからだの回転を抑える、
😊からだの向きを変える、回転って
 箇所は兎も角、どこか『自分の方に軸があって』
 この場合は 半時計周りをする訳ですが、
 先端で 1/4円描かせる、ヘッドをたくさん動かそうとする、
 をやると 軸を進行方向に対し後ろ(蕁砲砲困蕕靴
 回転そのものの移動量を減らしている、
 まるで 『ヘッド側に軸があって』
 それを支点に 自分が回転している感じに思えました。

 クラブ、ヘッドの重さが掛かる状態 であるのに
 円を描こうとすると 私は右打ちですが、
 どうしても 右手がボール側や下側、
 左手よりも前に出なければならないので
 そう言う感覚になるんだと思います。


 スイングで言うトコロの
 ボールを打つ、打ちに行く、打ち終わる、
 コレを からだの回転で行うと
 その流れの中で 自然と 打撃方向、飛球方向へと
 体重移動って訳ではないですけれど
 右打ちなら 左へ左へ、と行く。

😓ところが ヘッドに円を描かせる、ヘッドをたくさん動かそう
 とすればするほど 体重は後ろ、右に右に行く、
 まあ ヘッドを前に出すのですからそうせざるを得ない、でしょうね。」

質問「犬が尾を振るか、
 尾が犬を振るか、って感じですか。」


店長「そうなりますね。

 『ボールを打つため、ヘッドを動かす。』
 そのために からだの向きを変え グリップを動かす、
 ヘッドはシャフトでつながっているので
 グリップの動いた分、ヘッドも動き、
 からだの向きを『回転』させているので
 クラブに掛かる重さの分、差し引いて
 『クラブそのもののターンは 緩やかになる。』
 ヘッドの重さや長さ、運動による積算などにより
 半分位しか動いてくれない、
 動力が尽きてしまう…  …と理解しているか


 自分が180度ターンすると
 クラブ『も』当然180度ターンするモノ✊
 と信じている、深くは考えたコトないけれど
 そうであろう と思い込んでいるのなら
 
 " 手打ち って ちゃんと 自分の思い通りのプラン "
 な可能性は結構あると思います。

 からだの向きで足りない分、
 からだの回転の動力は尽きちゃう訳ですか
 あとは手で振る〜補うしかないのですから。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

店長「ちょっと 今回のテーマ
 肩を廻せ、左肩を入れろ というテークアウェイ系の話しからは
 少し逸れてしまう・・・・・・関係はありあり ですけど・・・。
 
 からだの回転で と 手打ち の関係なんですけれど
 そこは何度も言ってきているの ですが、
2017-06-13 19-07-51
 ややこしいんですけど ゴルフスイングは
 傍目から見ると 円を描いて見えるんですが
 当の本人、打ち手である自分自身は
  円を描こうとしてはイケナイ😬😬😬
 👉厳密には 円を描く意識は必要がなく、
  グリップを移動させられる分だけしか ヘッドは動かせない
  グリップの移動分以上、ヘッドは動かしてはイケナイ


 という パラドックスがあるんです。」

 質問「 は?? 」

店長「…まぁ そうですよね…😓

 お店にいらして 実体験でやってもらっても
 ピンと来ないのを 画像を使った としても
 言葉で説明しても 受け入れられない可能性は高い…んですが
 ゴルフスイング解明のヒント、かなり大きなヒントで、
 私の個人的な願望ですけれど、
 理解するようトライして頂きたい…です😓

 
 とりあえず 説明しますね。」


質問「お願いします。」

店長「大真面目な話なんですけれど
 ゴルフクラブってのは 無機質なモノで
 ナンの意志も意図も持っていません。」

質問「大真面目な話し、なんですね❓」

店長「はい。

 悶絶クラブのようにヘッドが重かろうが、
 ハードなシャフトでシャフトが重かろうが、
 重さは上下の動き、上に上げるのが大変、
 下に落とし易い、と言う重力に対しては反応しますけれど、
 からだ であっても、手で あっても
 横への移動の伴う 回転の味方はしてくれません。

 横への移動の負荷にはなるけど 原則、手伝いはしてくれません。

 重さ、その数値 何キロとか、何グラムとかは
 動きたがらない、ソコに居たい、留まりたい、
 もしくは 落っこちたい、上がりたくない
 を表した エネルギーの量 です。

Image20201006185024 (002)
 また、ヘッドが軽かった としても
 ゴルフクラブには長さ、そして 運動が加わるので
 重さ は 無くすことは出来ません。 


  よくある イメージ なんですけれど
 ボールを打たない、スイングとか、アプローチなんかで、
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)MVI_0878(2)_Moment(7)



 右打ちの人が 右を向いた状態から始めて
 左を向くと こういう風にクラブが動くモノ
 と思っている、信じている ゴルファーって
 100人に99人(100人❓)だと思うんですけど… どうです❓」

質問「ええええ 違うんですか❓」

店長「はい。 全然 違います。

 ゴルフクラブは無機質なモノです。

 打ち手……まぁ 私 としましょう。
 私がこれから 円運動をするか、
 それを持って 真っ直ぐ歩いて 散歩に行くか、
 それを 槍みたいにして突いて 壁に穴を空けるか、
 お薦めしませんが、夫婦げんかで使うか、

 判断する機能・能力は1个發△蠅泙擦鵝
 当たり前ですけど…。」

質問「はぁ…。 有ったら怖いです。」

店長「打ち手の私は 向きを変えて
 右向きから左向き、〇180度ターンするから
 ゴルフクラブも180度ターンする

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)



 今や腕もクラブも固定状態なので、
 その 半径分、半円を描く と信じています…


 自分が180度ターンしたから
 『当然』クラブも180度ターンする、
 ヘッドは外周部に位置しているから
 たくさんの距離を動いて 半円を描く…と妄信しています。
 まさに 妄信 です。
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(7)が、しかし、
それは単なる思い込み です。
ゴルファーの勝手な思い込みです。

 そんなコトは『物理的に』あり得ないんです。」

質問「ええええええええええええええええ」

店長「それはまるで
 空気抵抗の無い条件で
 1gの鉄の球 と 10キロの鉄の球を
 同じ高さから 同時に落としたら
 10キロの球の方が 先に地面に到達する✊
 と信じているのと同じ です。


✋じゃあ お家で、
 フローリングだとうるさいし、傷つくかも ですから
 絨毯の上でやってみましょう。

 クラブを使って 謎を解いてみましょう。

 右向き、とか 左向きは ちょっと省いて
 足、靴ゴト からだごと、右を向きます。

 地面にヘッドを置いてください。

 自分が持っているのはグリップ部 です。
 そこから 左を向く、靴ゴト、全部 左を向く。
 グリップを持っているので 右から左を向いた分
 グリップは移動し、ヘッド、クラブは引き摺られ…ます…が
images
 自分の思い描いている軌跡、道は通らず、
 クラブは半円 なんか 描かないでしょ❓」


質問「・・・・・描きません・・・・・・・。」


店長「スイングの最大の秘密 と言っても良いでしょうね。
 ゴルファーのスイングに対する 最大の誤解 とも言えます。

 自分が右向きから 左を向いて
 グリップを移動させた その量分しか ヘッドは動きません。
445
 ましてや 腕とクラブの半径分の 半円なんて…
 その半分位の 直線と円の間の
 想像よりも うんと自分に近いトコロ を引き摺られていきます。
413
 そして これは何度繰り返しても 同じような感じになります。

 円を描く 角度運動はとても少ない。
 ゆるやかに ターンはして行きますが、
 回転というよりも スライドに近い動きになります。

 右向き⇒トップの位置から インパクト〜右向きの戻し まで
 イメージの中では 90度のクラブターン
2017-06-13 19-07-51
 インパクトから この場合のフィニッシュまでの左向き、
 それで 残りの 90度のクラブターン、
 都合 180度のターンがされると 思い込んでいるけれど、
 その グリップの移動によって 引きずられるクラブは
 インパクトまで 30度位、多くて45度
 インパクトから 30度位、多くて45度
 自分が180度ターンするのに対し、
 多くても90度、少なく見積もれば60度位しかターンしていません。

 何度繰り返しても同じ です。

 その様も ヘッドが引き摺られる道のりも同じです。」

質問「。。。。。。。。。。。。。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「腕を横に振って テークアウェイを取る、
 自分では肩を廻していると思っている そのテークアウェイは
 自分的には 『うんと頑張って 左肩を入れている(筈)
 なのに… 👉実質的にからだは正面を向いたまま』

 と言うケースも少なくありません。
〇肩を廻せ
 本来 肩周りで行うにしても
 弊社が推奨している骨盤で行うにしても
 👉右を向いていれば
 少なくとも 向いていないよりは
 インパクトまでに 時間と空間を確保出来ます

 右を向けている に比べると
 疑似右向き、腕を横に振ったテークアウェイは
 右向き & 右向きの戻し の
 ダウンスイングの時間と空間を確保出来ません

 トップの時点で 本当のからだは
 ボールと正対してしまっているのですから…。

 また 右を向いていれば、
 肩なり、骨盤で行えるはずの 右向きの戻し
 と言う動きが クラブの移動に加わりますが、
 当然、それもありません。
(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment
 ここから 普通に振りだしたら…
 切り返して ダウンスイングに入ったら
 実質、右を向いていないトコロ から始めるのですから
 外から振ってくる、
 イワユル アウトサイドイン
 になり易いですよね❓」

質問「・・・・・・」


店長「意地悪な話になってしまいますが、
 テークアウェイを深く取ろうとすればするほど
 アウトサイドインになってしまう。
 しっかり 自分なりではあっても 右を向こうとすれば
 するほど アウトサイドイン になってしまう。

 で、スライスが多くなってしまうと…。」

質問「外から振ってる。
 もっと インサイドから振れ って言われたり…。」


店長「ですよねー。

 スイングのインサイドからって
 別な側面もあって、それは別な機会にお話ししますが、
 テークアウェイで右を向くから
 クラブの通り道や腕の通り道が出来て、
 右向き〜右向きの戻りが 自然なインサイドから を
 生み出すのですが・・・・・・・。
〇肩を廻せ_Moment

 その空間も無しに インサイドから振れ って
 言われたら クラブを倒して、フェースを開いて
 ヘッドを遅らせてくるようにしか 振れません。」

質問「スライスは解消出来たとしても
 より複雑な泥沼に…と言う感じです。」


店長「はい。
 シンプルに 打撃する準備ミス から始まっているのに
 出た球、打った球 と ものすごく根拠のない対処
 によって 長年苦しみ、また からだを傷めたりします。



 例えば ソコから派生する問題ですが

 からだの回転でクラブを動かす と比較した場合、
 右を向き、クラブや腕は半ばロックしたまま
 からだを回転させる『だけ』が基本イメージですが、
中村2022612_Moment
 実質的に、右を向けていないと
 それを 腕の振りでやらなければなりません。

 からだの回転であれば、腕やクラブの長さは
 短いまま、無理に伸ばさなくても ボールには当たりますが、
〇開いている〜だから閉じろ
〇アウトサイドインだ、もっとインから(もっと寝かせ、開け)

 では ヘッドターンは必須になり、
 クラブは構造上、腕やクラブの長さが長くなった状態でしか
 ヘッドターン、フェースターンをするコト が出来ない
 ので
 止まっているからだに対し、
 アドレス時よりも長い腕/クラブ になれば
 伸び上がって 空間を作らないと 腕やクラブを通せません。
会田20210701_Moment(2)

 伸び上がりの原因も 右向きの質 にあったりするのは
 決して少なくない のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ごく一般的な からだの回転 は
 ほとんどの場合 肩を廻す、
 正式には 肩を廻し、胴体を捻る、
 腰の向きに対して 肩・胸ラインの『捻転差』を造る
 とされています。
 されていますが…。」
((フットワーク (2)
質問「実際には 腕を横に振って
 肩〜胸ライン自体を動かしていない人も多い。」


店長「ですね。

 その上で、肩〜胸ラインを動かす、
 胴体を捻る 勢いを付ける為、腕を横に振っている、
 ハイブリッドタイプの人も多いのですが、
 そのハイブリッド捻転 は
 疲労や加齢によって 腕本位に変移するケースがとても多く
 歳をとって、肩〜胸ライン本位の『捻転』に変移するケースは
 例外と言えるほど 希少です。」
((((((((_Moment
質問「それはそうでしょうね。」

店長「骨盤、お尻、股関節へ移行する と言う話しは
 ホントは強く勧めたいんですが、ちょっと 置いておいて
 そうなると 自分ではからだを廻している『つもり』だけれど
 より一層 腕を横に振るケースが だいたいの行き着く先です。

 まあ ゴルフスイングのお決まりのアドバイスとして
 もっとからだを廻せ、右を向け、左肩を入れろ に
 なるんですけれども・・・。

 特に 左肩を入れろ は アドバイスとして
 このケースではとても悪く働き、
 本来の『捻転』、腰ラインに対して 肩ラインを廻す であっても、
 骨盤、お尻、股関節で右(右打ち)を向く であっても、
 右半身も、左半身も 均等に右を向く、均等に動く、
 右半身、右胸、右背中が向きを変えるから
 『結果として』 左半身も動き、
2021-12-06_22-21-54_Moment
 左肩が入るんです   が    
 腕を横に振る 疑似右向き、
 または ハイブリッドの疑似右向き予備軍 も
 テークアウェイをしっかり取ろうとする為、
 右向きをもっと深くしようとする為、
 左肩、左腕ばかりを入れようとして
 右肩、右半身がどんどん動かなくなります。

 結果として 努力の甲斐なく、
 トライすればするほど 右向きが浅くなってしまう
 というケースがとても多いんですね。」

質問「うううううう〜む
 『歳を取ると からだが硬くなって…廻れない』
 は年配の人の合言葉のようになっているのですが、
 
その周り方 では 廻れなくて当然、
 逆に、廻れたら 怪我の恐れもあるというコトになりますね。」
〇肩を廻せ_Moment2
店長「そうだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「テークアウェイを取る、右を向く、
 トップと呼ばれる場所に グリップ、もしくは クラブを送る

 その横方向の動き(右向き/右打ち) の要素 は

々盤・腰・お尻の動き
肩の動き〜胴体の捻転
➂腕の横への振り


 この3つで構成され
 右向きを どれかの単独の要素で行われる方も居れば
 二つ、もしくは三つの要素のハイブリッドな方も居ます。
〇肩を廻せ_Moment
 古くから多くの選手やアマチュアを見ていると
 右向きの要素、その構成を
 ,旅盤周りが多い方ほど 加齢によるスイング変化が
 少なくて済みます。


 ,鮗臑里砲靴討い討癲.好ぅ鵐案虻遒涼罎任
 胴体は薄っすらと捻じられてしまいますので
  △發靴は,鉢△離魯ぅ屮螢奪匹
 回転の割合が 盜盤の方が多ければ腰痛などの
 問題は少なく出来るとは思います。

 回転の要素が からだの箇所で言うと 上部、
 クラブに近くなる方ほど 動き自体に始めから無理があるので
 年齢を取ってくると テークアウェイは浅くなっていく傾向が
 非常に強くなります。

 私たちアマチュアゴルファーの参考になるか、どうかは
 微妙ですが、タイガーウッズ選手は
 若いころは ➂の複合が主体のからだの廻し でしたが
 年齢を重ね そのからだの廻しを 胴体の捻じり主体ではありますが
 ´◆‘溝里稜韻犬+股関節 にシフトしてきています。

 女性の場合は 男性とは股関節の特徴が異なりますので
 ほとんどお手本になるような選手は´△離魯ぅ屮螢奪匹任后
((((((((_Moment

 テークアウェイ〜右向きを どの箇所で行うか は
 スイングのリズムやタイミングにも大きく関係するので
 ハイ! 今日からコレ! って訳には行かないとは思いますが、
 回転の箇所を徐々に下に落としていく、
 クラブから離していく、遠くしていく のが
 実は 最大のスイング改良につながるのでは無いか と 思います。」

質問「…そうですね。
 歳を取ってくるほど 腰回りに不安というか、
 痛みではないですけれど その一歩手前の疲労
 を感じることが増えていますから からだの捻じるのが
 怖くなり 浅くなる…のでしょうね。」


店長「そう思います。
 それを 腕の振り で無理やり、
 胴体を捩じる(廻す)為、勢い付けのように 腕を振ると
〇フェースを開く
〇クラブが横にズレる 

 という 後処理が大変な、より深い問題が生まれます ので
 出来れば避けたい のです。

 私が二つ目の理由で
 「肩を廻せ、左肩を入れろ」を反対するのは
 年齢がいってくると 腰回りに不安を持つ人が増えます。
 正規な「肩を廻す」は
 胴体を捻り、腰にも負担をかけますから
 出来れば避けた方が良いですし、
 負担、不安があるが故に
 腕の横振り、胴体のひねり のハイブリッドが
 どんどんと 腕の横振りにシフトしてしまい
 胴体の捻じり が薄れる傾向が強いから、です。

質問「ゴルフのスイングにとっては悪そう、ですが、
 からだのコトを考えると 仕方ないでしょうね。」

店長「確かに そうですね。

 腕の横振りは 右を向いているように「見える」であって
 右向き不足は増していきますので、
✋胴体をもっと捻じれ では無く
✋捻じる場所を 骨盤廻りに、下に下げろ、

 が良いと思うんですね。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「で 肩を廻せ、左肩を入れろ の話しに戻りますが
 ハミングバードでは 肩を廻せでは無く、
 骨盤、腰、お尻を廻すことを推奨しています。
 からだを廻すことは肩を廻すコト という
 考え自体は間違っているとは思っていませんが

 私は 二つの理由 から 
 『肩を廻せ』アマチュアゴルファーに奨めるのには反対です。


質問「ええええ それは何故ですか❓」 

店長「まず 第一に、
 肩を廻す、
 からだの回転は肩を廻すコト だと思っていると

 間違いを引き起こし易
のです。
 非常に簡単に。
 そして その間違いは色々な問題、悩みを引き起こします。
 ゴルフショットの悩みのかなりの部分は
 それが引き起こしていると言っても過言ではありません。

 また スタートとして 間違っていなくとも
 肩を『もっと』回そうとする過程の中で
 気付かない内に 間違ってしまい易い
のです。」

〇肩を廻せ_Moment
質問「えええええええええええええええええ」

店長「具体的に言うと 推奨はしませんが、
 
 肩を廻す と言うのは

 クラブを持った腕は動かさず、両腕の長さを変えず
 その腕の付け根である 肩まわりの胸
 胴体の上の部分を動かす〜胴体を捻って
 テークアウェイであれば
 右(右打ち)を向けるコト であって
 腕を右に振る・ずらすコト ではありません。

〇肩を廻せ〇肩を廻せ_Moment(2)〇肩を廻せ_Moment2









 その間違ってしまっている人は

 両腕を横に振るコトによって
 肩を廻したら 行くであろう辺りに
 クラブやグリップを持って行っているだけで
 ほとんど 肩は廻っていません。
 
 動いているのは 肩甲骨は含めた腕だけで

 胸はそれに引っ張られた分だけで
 ほぼ 正面を向いたまま です。

 見た目、肩が回って見える、右を向いて見えるのは
 そう言う腕の関係になったら 少し肩が動いて見えるだけ。
 
〇肩を廻せ_Moment2

 肩甲骨が動いているだけで
 肩の位置している 胸廻り
 胴体が捩じられていない…。
 つまり 
からだは廻っていない。」

⁑ボールをよく見ろ あたまを動かすな
 というのも その要因であるかもしれません。

簡単な チェック方法があります。

 二つの目の問題があるので
 その出来具合はその方の運動性能次第ですが、
 本当に肩を廻す、クラブを持った腕の付け根帯 を
 右に向けていたら 両方の腕は何もしていない ですから
 自分でトップの位置と思われる位置に到達しても
 両方の腕の長さはほぼ同じ、
 どちらかの腕を・・・この場合は 右打ちの右腕ですが
 短くしないと 左腕、左手が届かなくなるコトあり得ません

 よく言われる 両腕で作る三角形を維持してテークアウェイを
 と言うのは…これも勘違いしている人が多いですが、
 手順として そうやってから 今度はクラブを上げる ではなく
 両方の腕の長さがほとんど変わらない状態、
 つまり 腕でテークアウェイを取らず、
 ちゃんと肩を含む胸帯を廻しなさい と言っているだけです。

 肩を廻している『つもり』で 腕だけを横に振っている人は
 必ず 左腕を伸ばして、右腕は短くしています。
 右腕を短くしないと 左腕が届かないから…ですが。
👉この『上げ方』では 必ず クラブは開きます
 ですので 後々 閉じなければならない という
 これも別な意味の アマチュアの永遠のテーマ がやってきます。
〇肩を廻せ

 そして「閉じる」は高速、加速状態での動作なので
 修正の難易度はさらに高く、

 また 閉じなければ当たらない、打てない、飛ばない、
 前提条件の 開いている を無視して 別なポイントで
 問題を解決するコトになります。」

質問「うううう 耳が痛い…。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「本日のテーマは アマチュアにとって
 結構 重要な課題、ヒトにとっては永遠のテーマ
 のような課題です。」

質問「なんです?なんです?」

店長「
肩をまわせ、左肩を入れろ です。」
((((((((_Moment
質問「ああああ 確かに。確かに。」

店長「…その前に ちょっと長くなりますが、
 大事な前提条件なので 先に説明します。

 これは今回のスイングの話しに限らず
 すべての動作に絡む かなり重要な問題です。


 ゴルフのショット、スイングって
 自分の意志での動き だけで構成されている訳では
 ありません。

 自分以外にも ゴルフクラブと言うモノがあり
 そいつは 1mの長い棒で
 その先に鉄の塊、重さが付いていて、
 その先端部、ヘッドですね

 そこには 球の飛びや方向、曲がりなどを司る
 ロフトやライ、フェースなどの角度が付いています。

 ドライバーであれば ボールを打つため
 時速150キロに近い速度で移動しますから
 ソコで生まれる 重さ、遠心力などの『不可抗力』
 想像以上に 打ち手に、打ち手の動きに影響を及ぼします。
 大袈裟に言えば
 『その不可抗力がスイングを造ってしまっている』
 と言っても良い程です。
 
〇もっと飛ばしたい
〇もっと安定させたい
〇スライスを治したい

 など それぞれの方に、それぞれの悩みや課題 が
 有ったりして、具体的には
 スイングのココの部分、あそこの箇所を修正したい
 というのがあったりしますが、
 その 自分では治したい、変えたい、覚えたい
 と思っている動きの多く、
 まあ、特に芳しくない動きの多くが となりますが
 それに『ならざるを得ない』状態や環境
 『そうならざるを得ない』不可抗力が掛かっている
 ので必然 は言い過ぎかもしれませんが、
 仕方なくそうなってしまっている ケースが多いです。」
〇肩を廻せ_Moment
店長「例えば、実験でやってみると良いですけれど、
 アドレスします。
 前傾姿勢を解いて、直立姿勢にします。
 クラブが地面と平行になるように構えます。
 その位置に 高〜い ティアップした仮想のボールを置きます。
lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット
 その構えから始め、その腕の長さ、クラブの長さも変えず
 腕とクラブはロック、動かさない状態で
 からだの向き、向きソノモノでも 骨盤でも良いですが
 右を向いて、元に戻って、左を向きます。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(2)
ゆっくりした動作 でやれば
アドレス付近、仮想のボールの位置辺りが
ヘッドの一番膨らんだトコロになります。
ヘッドと仮想のボールは当たるでしょう。

肘を曲げたり、手首も使いません。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment
向きを変えるスピードを徐々に速くしていく…

当然、腕にも、クラブにも遠心力と言う重さ
『不可抗力』が速度に応じて 倍々に掛かっていきます。

そうすると 速度の上がり、速度の乗る、
 この場合は 言葉に相応しませんが、
 ダウンスイングの中頃、後半で
 遅い速度で通っていたヘッドの軌跡、軌道よりも
 ヘッドが膨らんでしまいます。

 しかし、ボールは当てたい、打ちたい…
 このままの軌道では ヘッドでは無く、
 シャフトがボールに当たってしまう可能性もある…。
 …となると 回転の支点を後ろ(右打ちなら蕁砲砲困蕕靴
 軌道をインに修正して
 結果、としては アウトサイドインの軌道に
 『振らざるをえなく』なる、なります、必ず。
 ボールに当てたいのであれば。
lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット
 この動作を他人が見ている場合、
 お前は軸がぶれるから 上手く打てない、
 アウトサイドインになるから飛ばないんだ、スライスなんだ、
 と言う助言があるかもしれませんが、
 自分以外の 不可抗力 が かかった状態で
 ボールを当てるには 軸をぶらして アウトサイドインで
 打たざるを無いので
 『動作視点だけ』で
 動きを修正するのは不可能なのです。

 自分が受ける『不可抗力』によって
 理想的な動作にならざるを得ない
 クラブの姿勢、クラブの位置 などを修正することも
 改善の条件に加えない限りは
 問題がどんどんすり替わって 複雑になるだけ、です。

 しかし、多くの人は クラブの作り出す重さ を
 完全に無視して
 自分の自由意思で無理やり動作を構築しようとします。

 そして 断念するか、前提条件として無理があるので
 その歪みは自分の肉体が受けるコトになって
 からだを傷めるのです。

 ですので その自分の動きにかなり影響を与える重さ、
 不可抗力を管理とまでは行きませんが、
 どこにあるのか、どんななっているのか、
 それが分かり難い、把握し難い 硬いシャフトや軽いヘッドで
 スイングを覚える、治す、変える、良くするを
 重いヘッド、柔らかいシャフトの 重さが把握し易い
 クラブで実施する方が 到達し易い と思います。
 まあ 手前味噌かも知れませんが…。

 すいません。前置きの話しで終わってしまったので また明日😵」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ハンドファーストが上手く出来ない… は
 インパクトでスイングが終わってしまうような
 未来の『ぶっつけ打ち』につながっていく可能性は
 非常に濃い、と言えます。」

HNさん「そうならないように…回避したいですよね。」

店長「そう思います。
 ハンドファーストの話しと関係するのですけれど
 その発端は フェースを開いてしまう上げ方 に
 起因します。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)





 KKさんの話し で言うと
 以前のテークアウェイ、トップでは
 もっと 右ひじ(右打ち)が外目に張って
 両腕の中に クラブを立てめに上げてたんですね。

 たまに 来店された時、
 少しずつ 右ひじが絞られ始めて・・・
 以前より 大きくフェースが開かれている。

 多少は良いと思うんですけど、
 クラブ自体を 背後に倒すのはまだしも、
 フェースの開き、クラブの開きが大きくなれば
 どうしても それを元に戻す必要が生まれます。」

HNさん「ですよね。」

店長「スイングで言うトコロの
 アーリーリリースとか、アーリーエクステンションとか、
 ダウンスイングにおいて
 右腕を伸ばすことで 左手に対し クラブを振る、と言う行為は
 まあ リリースとも呼ばれてますけど、
 リリースするには 支点の左グリップが止まらない と
 出来ないですから、イコール からだの回転の止まり
 になるんですね。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)







 事前… テークアウェイやトップ、ダウンスイングで
 フェースを開いていなければ
 その戻しは 特に必要ありませんから
 ハンドファーストに移行できる可能性はありますけれど
 大きく開いていれば そのままでは
 フェースでボールが打てません。
 フェースの閉じ加減が足りなければ スライスにも
 なっちゃいますから、

 そのリリースが ショットの生命線。

 からだの止まり、もしかしたら人によっては
 そのからだの止まりを『左サイドの壁』と言う認識
 の場合もあると思うんですけど、
 止まらなければ リリースが出来ない、甘くなりますから、
 当たりも悪いでしょう。

 クラブを開いて上げる、別な言い方ですと
 手で上げる、左腕だけ動かしてあげる テークアウェイ は
 からだ自体を廻さない…
 肩だけ回す…
 腕だけ動かす… というように
 上半身/胴体をひねる動きが強くなりますから
 年齢が行ってくると かなり苦しくなり、
 どんどん本来の右向きが浅くなり、手だけになります。
 ならざるを得ない。 

 そうなってくると 『ぶっつけ打ち』に到達するコトに…。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







HNさん「その KKさんはどうされたんですか❓」


店長「まずは こすり打ち と つかまえ の違いを説明して
 いま 行っている 肩も含めた、腕でのターンを全部無くし、
 トップで作った 腕とクラブはロック、
 あとは からだの向きに委ねる(ゆだねる)
 右腕が伸びるのは 回転の遠心力であって、
 無理してい 腕とクラブをロックして 届かない分 だけ
 伸ばされればよい というか
 それも 受動的に、からだの回転という
 ヒトツのモーターで行うように考える。


 まあ 直ぐに全部はつながってこない と思いますけど
 一応 説明だけして、
 まずは 開いて上げないコトを重視しましょう、 と。」

HNさん「打撃の主として、腕のリリースで円を描かない、
 描いてはいけない ではなく、
 描かなくても当たる と言う道でしょうか。」


店長「そう思います。
 ハンドファーストの話し であれば
 ハンドファーストのまま 打ち終えても
 ボールに届く、当たる、打てるコトでしょうね。
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(3)〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(4)







 それらのコトが 掴めてくると
 色々な部分が つながってくる、
 本当の意味で理解出来てくるんだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「Nさんとは直接関係ないですけれど
 からだの回転について 考えるべきトコロ、
 特に ある程度の年齢のアマチュアは考えるべき
 トコロがあると思うのです。」 

Nさん「どんなトコロですか❓」


店長「一般的に からだを廻す は
 肩を廻す
 と考えられているかと思います。」

Nさん「はい。」

店長「私は ソレには反対✊ なんです。」

Nさん「え?!」

店長「プロなども含めて 腰に対して胴体をひねる、
 俗に言われる 肩を廻す のは間違っていません。

 ところが ある程度の年齢…そうですね、
 運動不足気味であれば 45歳位が境になるでしょうか
 その位になると 肩を廻そうとするが余り、
 腕の重さ、慣性を付けて
 腕を左右に振るのと 混然一体 になりガチ です。
((((((((_Moment
 我々の年齢(50代)、そして それ以上であれば
 からだの中に 普段、ほとんど使わない筋肉が彼方此方あり、
 非常にからだが固くなり、ちょっとした動きでも
 痛みや恐怖心が伴ってきたり します。

 胴体を捩じっても 何の不安も痛みも無ければ
 特に問題はないのですが、本能的に忌避感の出易い箇所
 ですので、肩を廻そうとすると
 結果、腕を振るコトになります。

スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)クラブを 両手 でもって居ますので、
腕を振ってしまうと、右向きでは右腕が、
左向きでは左腕が余り易いですから
どうしても クラブを捻じる、フェースを開いたり、
閉じたりをせざる得ません。

 肩を廻すコト 自体は間違い とは言えないのですが、
 結局、腕を振るコトにつながり易い、
 イエ、多くのアマチュアの 肩の回し は
 単なる腕の振り になってしまっています。
(…特に現場、コースでは ほぼ ソレ だと言えます。)
✋腕を振った結果、胴体が捩じられたのではなく
 腕と肩甲骨(腕の一部とも言えます)が動いただけで
 からだは廻っていない(と等しい)になるのです。

 打つために からだの向きを変えても
 クラブが開いてしまえば
 向きを変えていない、手だけで動かしたのと等しい
 というコトになってしまいます。

 ややっこしいですけれど、
 医学的にどうかは分かりませんが、
 肩甲骨は 胴体の中にありますが、
 機能としては 腕と言って良い部分
 肩甲骨を動かす は からだを廻す
 ではないのですが、
 『肩を廻そう』とするゴルファーの多くが
 からだでは無い 肩甲骨の動き、可動域 を
 からだの回転 と誤認し、
 その張りを目安 としています。


 胴体、からだの向きが変わったから
 肩甲骨、腕の付け根の位置が変わるのと
 肩甲骨の可動域をカラダの向き とするのは
 似て非なるモノです。
 
52442_360240

 そこは からだでは無いのに、です。
 ですので この時点で 手打ちは確定 なのです。
 
 からだ!と 誤認している
 腕と肩甲骨を動かそうとすれば するほど
 手打ちは深まっていく という
 大変シリアスなのに、結果はギャグ なのです。

 故に ハミングバードでは
 胴体、骨盤の向きを変える、
 その境目は 股関節で と提唱しています。

Nさん「なるほど。」

店長「で Nさんの話しになるのですが、
 その 股関節、
 テークアウェイの右向きの場合、
 軸足に成る 右股関節 が不十分な状態です。
 俗に言う ハマっていない状態 になっています。」

Nさん「あああああ」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


受講生「こすり球のメカニズムが見えてくると
 スイングでどうしたら良いのか というのも
 見えて来やすい のですね?」

葛谷2022816_Moment

店長「そうですね。

 現代は電子機器やネットのお陰で
 映像、動画などを とても簡単に扱うコトが出来ます。

 からだの回転は横の動き
 腕は縦の動き
 その複合がスイングである、
 と言うような 視覚要素から入ってしまう
 スイング造りにハマり易くなっています。

 こすり球はイコールスライスではありませんが、
 スライスのメカニズムが一つの答えです。
 
 スライス、ボールに右回転が入る、
 スライスはその数値が大きく、
 前進を阻んでしまうようなモノになる訳ですが、
 その仕組み、量は ヘッドの進路、進行に対して、
 どの位 ヘッドが右を向いていたか で決まります。
『ボールをつかまえる』スイングへ_Moment

 ヘッドの進路、クラブの動きよう その全容は
 からだの向き で決まる訳ですが、
 それに対し、impact付近のどの場面であっても
 フェースの向きは一定、
 フェースの向きは変化せず、
 そして ヘッドの軌道とは別なモノ であれば
 軌道と治すなり、フェースの向きを治すなり、
 もしくは ボールの置き位置などで
 修正したり、量を調整したりすることは可能です。

 からだの部位、の役割とすると
 ヘッドの進路は からだの向き が、
 そのからだの向きによって クラブに遠心力が加わる、
 特にヘッド部には大きく遠心力が加わりますが、
 その不可抗力が加わる、入っても、
 また それを利用しつつ
 ヘッドの向き、フェースの向きを一定にしておく、
 のが腕の、手の仕事 と言って良いでしょう。

 固定する訳では無いですが、
 移動、動きの中でも 一定にしておく、
 ジャイロのような仕事が腕の仕事だ
 と思います。」

受講生「ジャイロ。」

店長「そうですね。

 一方、こすりタイプ のスライスですと
 多くのコトが 腕の仕事。
 一定に半固定する つかまえ に対し、
 常時、軌道を、ヘッドの向きを変えることになります。
 軌道が変わればヘッドの姿勢、向きに、
 ヘッドの姿勢、向きを変えれば 軌道に、
 相互に影響し合いますから 安定し辛い でしょう。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「まあ ゴルフのスイングで
 ああでもない、こうでもない って言うのは
 楽しいのは楽しいんですけど
 真面目に悩んでいる人にとっては
 すこし頭を整理するべき なんですね。」

受講生「 どんな点です?」

店長「繰り返しになっちゃいますけど、
 こすり球 は イコール スライスではありませんし、
 つかまった球 は フック ではありません。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(4)

 コト ドライバーショットに関して言えば
 道具の進化、ショットの科学的追及の結果、
 というよりも 成れの果て に近いんですが、
 こすり球 イコール 飛ばない でも
 つかまった球 イコール 飛ぶ でもないです。
 😢ここら辺が ゴルフの面白さでも意地悪な
 部分でもあるとは思います。
 

 ボールが飛ぶのって 念力や強い想い なんか関係なく
 単に物理現象なので
 結果としては 速いヘッドスピードのこすり打ち が
 遅いヘッドスピードのつかまえた球 より飛んだりする訳で
 こすり/つかまえ に関しては スピードで誤魔化せる部分は
 少なくないのですが、
 スピードで誤魔化せない アプローチショットには
 その こすり/つかまえ の差は かなり出ます。

 
 こすり球の一番の欠点は
 再現性の低さ、繰り返し似た球を打つコトが難しい、
 特に ヘッドスピードが重要でない 短い距離のショットに出る、
 これに尽きると思います。


受講生「重要な部分ですよね。」

店長「だと思います。
 それと 日本のゴルファーは 言葉 に頼ってしまう部分、
 こう 何かをバサッと言葉で定義付、分類してしまう部分が
 凄く多くて そのせいで悩みを深めてしまい易い と思うのです。

 こすり打ち と つかまえるショットの最大の違いは
 ヘッドの入射角度 と ボールの当たり場所で
 ✋フェースの当たり場所というより ボールの方ですね。

こすり打ちはIMG_0491 そのクラブ、そのクラブの長さで
理想的に入ってくる入射よりも 緩く
あたかも より長いクラブで入ってくるようなライン になり
そのクラブのロフトで コンタクトするであろう
 ボールの位置よりも 下側(ボール)に当たる形になります。

 これも 繰り返しになりますが、
 こすり打ち と つかまったショット の弾道比較では
 こすり打ち の方が 打ち出しは高くなり
 スピンは少なく、ボールの初速は遅くなります。

✋この特性からすると
 長いクラブ(ロフトの立ったクラブ)に比べ
 短いクラブ(ロフトの寝たクラブ)の方が
 より飛ばなくなる、より影響が大きい。
 ドライバーなどのロフトの立ったクラブは
 ヘッドスピードなどにも寄りますが、
 割に こすり の影響が少ない と言えます。


 どのように ボールをさばくか
 ボールをヘッドで、フェースで、どんなロフトで
 ボールを打つか、さばくか、拾うか、
 が 最大のポイントです。

 で、その結果、そのさばき方が
 手で打つようなコトに『なり易い』であって
 手打ちがイケナイ のではないです。

 逆に言えば、難易度は高いですが、
 ボールをつかまえる を 手打ちですることも可能で、
 要は ボールとヘッドが、ボールとフェースがどういう絡み、
 どういう接触方法を取れば良いか を
 あらかじめ 知っておくことが一番のポイント で
 結果論、ですが、ゴルフクラブの単純な構造や
 人間のからだの構造から だいたい、ですけれど
 人間が ゴルフクラブで ボールをつかまえて打とう とすると
 手では無く、からだの回転で打つに至り『易い』。

 からだの回転でスイングする、クラブを動かす、
 それが 第一 にある訳では無いと思います
。」

受講生「ボールとヘッド、ボールとクラブの
 物理的なコンタクトのイメージの構築 が第一 というコトですか?」


店長「その通りです。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(3)

 現在、MR.Kが夏合宿のように 特訓をしているのですが、
 練習をする様子を何気無く見ていても、
 やっぱり からだの動かし方 をとても気にしてるんですね。

 具体的に言うと フォローが出ない、
 インパクト以降の 左上腕が締まって、上がらない、
 を気にしているんですが、
 ポイントはそこじゃない訳ですよ。

 ダウンスイング、インパクト直前に
 利き腕の伸ばしで クラブを振ってしまう、
 キャストしてしまう癖が抜けきらない から
 その後のクラブが 左腕をカラダに押さえつけてしまう
 結果、フォローが出ないのであって、
 ソコを意識しても改善はされない訳です。
 言ってしまえば 今のボールさばきでは
 インパクト以降 左上腕が締まってしまうのは必然 な訳です。

 ココが ハードル になりそうなのは
 もっと しっかり 入射角度を取る のと
 意味としては似た改善ポイント なので
 上から打とう と思うと
 より ヘッドやクラブを下に振るコトになって
 より 元の路線に戻ってしまい易い。。。

 ココは スピードで解決できない
 アプローチショットの速度で
 スイングの円弧は からだの向きが造る、
 感覚的に フェースを下に向けていても
 からだの向きが変われば ボールは拾える が
 自分に染み込まれない と 上手く行かないでしょう。

 ただ ご本人を ボールをつかまえる動き の方が
 体感的に 「速く振るコトが出来る」
 打った感じ、振った感じは乏しいけれど
 「ボールをとらえた感じは良い」ので
 いま しばらくはトライされるんじゃないかな と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こちらをご覧ください。
店長「少し大袈裟ではありますが、
 ボールをつかまえるイメージを通常のスイングと
 重ねて創ったモノです。

受講生「思っている以上に 似ているんですね。」


店長「ですね。
 ここで着眼して頂きたいのは
 トップの位置、テークアウェイの取り方 です。
e00bf7e6一般的に テークアウェイは『上げる』と言われますが、
ボールをつかまえていく のに
クラブを こう 流していく
からだの向きで
クラブを こう 引きづっていく訳ですが、
 よく言われる テークアウェイでのコッキング というか
 クラブの起こし、ヘッドを高くする行為 は
 まったく それを取り入れないと
 必要以上に ヘッドが重くなってしまい
 ヘッドが落ちてしまいます。
(逮捕術 2022夏期講座_Moment
 そうならないように クラブを起こして
 クラブの重さが グリップの移動に使えるようにしているのです。」

受講生「なるほど。」

002店長「ですが、少なくないゴルファーは
ヘッドを縦に回転、反転させる、
クラブ自身を下に振る為に 上げています。

その方にとっては
 そのクラブさばき が 打撃の肝 ですので
 どうしても そうなるのは分かります。

 絶対 ダメ って 訳じゃないですけど
 せめて 支点になるグリップエンドが
 ボールを追い抜いてから 行って欲しい です。

 ですので 上げるって行為を少し抑えめに
 出来る/出来ないは別として
 からだの向きで グリップは引き摺って行くんだ、
 そのための テークアウェイ、トップと
 考えて頂くと良いと思います。
大森2019_Slomo_Moment(2)(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(4)









 昨日の記事 でも書きましたが、
 つかまえるコトの 基本になるのは
 インパクト、impact以降で 間断なく
 グリップが上がるコト
 大袈裟ですが、インパクト前から上げる位のつもり
 でも良い位です。」

受講生「実際に ショットしてみると
 インパクト後 グリップを上げる って
 かなり難しいです。」

店長「はい。
 インパクトが上がらない というのは
 そのまま からだ、特に左サイドが止まっているコトを指します。
 そこで ヘッドを返す、手を返している、
 ので グリップの高さを替えられない のです。

 それは からだの向きがしてくれますから
 グリップを上げる、高くする、
 出来れば グリップエンドを上に向けたまま 位の
 イメージで フィニッシュに向かって下さい。

 始めは ゆったりとした 50ヤード位の距離でも良いです。

 おそらく ですが、低いライナー、
 場合によっては 低いフックになる可能性もあります。

 そうすると それをする為のテークアウェイ、
 クラブの『上げ方』を考えるようになります。

 ボールの掴まえは 左右のフェースの向き ではなく
 上下、縦、ロフトの作り方 なんだと
 理解して貰えれば シメタもの です。

 この動きを主に、
 もしくは この動きを自分のスイングの中に
 取り込めると良いです。
 弾道はグンと低くなると思います。
 特に練習場のボールでは スピンの維持が難しいので
 失速してしまう可能性もあります。

 普通のスイングの中に取り込んでも
 弾道が低すぎる場合、
 フェースの左向き が入ってしまっている可能性があります。
 ですので 少しプッシュのイメージが良いでしょう。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ボールをつかまえる を前提に
 スイングを造っていくと
 ずっと フェースを外に向けたまま、
 からだを廻す というのが基本になると思います。」

受講生「ソコが分かり難い、ですよねぇ…。」
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment

店長「アイアンショットで 『ボールを上から打つ』
 というのがありますよね。」

受講生「はい。 出来ないんですけど、言葉は分かります。」

店長「その 言葉通り に打とうとすると
😢ヘッドを上から下へ振る
😢ヘッドを
『手で下に 丸く振る
 と言う感じになります。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(2)








 これを 一般的に 『こすり打ち』
 もしくは その打撃にとって 一番肝心な部分を
 手で行いますから 『手打ち』 と呼ばれるのです。」

受講生「!!!」

店長「この ヘッドの使い方 ですと
自分の方に ボールを掻き込むような
ボールの下、ボールの底をフェースで撫でるような感じ
 になる訳ですが、
 打ち出しの高い 初速の遅い球になります。
 フックとか、スライスは 人によって異なり、
 こすり打ちだから イコール
 全部がスライス と言う訳ではありません。」

受講生「!!!!!」

店長「この動画では 協力して頂いて、
 わざと こすり打ち をして頂いたのですが、
 お薦めはしませんが、アプローチショットなどでは
 時と場合によって こういう風に打つコト "も" あります。

 動画の後半で こすり打ち でないモノと
 こすり打ち を比較していますので 見比べてみて下さい。

 動画の途中で 白〇で囲んだ 腕とクラブの状態、
 このままの状態で からだを廻せば良い のですが、
 どうしても ボールを拾いたい、届かせたい、
 色々な理由はあるとは思いますが、
 ここから 腕さばきで クラブを下に振ってしまっています

 当然、はっきりとした腕さばき、ターンをするには
 からだの回転を止めなくてはならず、
 その結果、インパクト前後で 伸び上がる動きは必然、
 になってしまう訳です。

 結果、から逆戻し していくと
 こすり打ち は スライス、
 フェースが開いているとか、
 ヘッドの横の動き と考えているフシが強く、
 impact時、どうしても フェースを閉じたい(左に向けたい)
 それをするには 左腕・左グリップの止まり が必要で
 おそらく…ですけれど、インパクト=打撃 の感覚は
 止まった左サイド、 〜左脇と左腕の絞り
 左脇と左腕が ギュッと絞られる感覚 が
 こすり打ち 〜手打ちをされる方の特徴だと思います。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(3)

 この感覚は あとあと悪い意味で尾を引くのですが、
 その からだに残る 絞り と言えば良いのか、
 窮屈な感じが「その方の打撃感、ショット感」なので
 その部分の『存在しない』つかまえるショットへの移行、
 その 感触の無さ、止めた左サイドと左腕が
 ボールの衝撃や運動を受け止める感覚の無さ が
 かなりの壁になったりします。      よね Rさん⁈

 ボールをつかまえていく には
 左サイド、左腕の 継続的な移動が必須で
 からだを止めず、左サイドも回し続けますから、
 当然、左肩はボールから遠ざかります。
 しかし、ボールを打たなくてはなりませんから
 グリップはボールの方に残るので
 必然的に 左腕は上がっていきます。
 impactも含め、impact以降の 左腕の継続的な「上がり」
 が つかまえの条件と言っても良いと思います。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(4)

 比較動画 を見て頂くと分かり易い ですが、
 こすり の方は フェースターンを必要としているので
 インパクト直後、左腕の低さが継続します。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


現代のゴルフクラブは重心が低く、深くなって

上がり易くなっています。

現代のゴルフクラブは慣性モーメントも非常に高く、
ミスへの寛容性も高くなっています。

 故にプロゴルファーのようにターフを取ったり、
無理に、上から叩いたりする必要はありませんが、
効率よく飛距離を稼ぐ と 安定、再現性 を
追求していくと 彼らのノウハウから盗む方がベター
 です。

リリースは手首の解放ではありません_Moment


これは やはりアプローチ、
もしくは ミニショット でトライしてみて下さい。
(利用するのはウエッジで無い方が楽かもしれません)

ハーフショット程度の距離(50-70ヤード)で良いと思います。

➀右手の手首のスナップはロックしたまま打つ

 には先日のブログの通り、
 アプローチの ココから始めてみよう‼ : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
ヘッドから肩まで、腕とクラブの長さが短い ですので
 何かの形で ボールに近づく必要が生まれます。

 左に体重を移し、からだを廻すしか ないでしょう。

 この場合のリリースは
 からだの回転によって動く左グリップに対し
 腕を伸ばすことを拒否していない、
 積極的に 腕を伸ばすコトはしない…感じ です。
 右サイドの下がり防止の為、
 姿勢維持の為、伸ばしている、長さを戻している、
 と言えるかもしれません。 

リリースは手首の解放ではありません_Moment(2)


➁右手の手首を意図的に解いてみましょう。

 おそらく ➀→➁の順序でトライすると ダフリます。
 逆の ➁→➀の順序だとチョロか、トップですかね。
 
 利き手(右打ち)の伸ばし イコール スナップの解き
 である限り、その解きのタイミングで
 からだの回転も止まり、
 ➀に比べると右脚体重になりガチ です。

 ふたつを交互に行うと
 右の手首(スナップ)のリリース が
 そのまま 左肩の上への圧力になるのを感じるかも知れません。

 この場合、右腕を伸ばすコト『リリース』が
 打撃の主になりガチ です。




多くのプロゴルファーは
意図的に何か理由が無い限り、
アプローチ、アイアンでは 右のスナップはロックしたまま
からだを廻す、左向きをします。

リリース
よく使われる言葉 ですが、
『クラブの走り、シャフトの走り』 
直接打つコトには関係が無く、
どちらか と言うと 長い棒状のゴルフクラブの納め方
運動の終わらせ方、処理の仕方 に近いと思います。
つまり 「打った後」のコト です。

打つため にリリースしている のではない
打った後の行為を 打撃の主にしてはイケマセン。

リリースは 腕の伸ばし(長さの回復) であって
 手首の解放ではありません。
腕の伸ばし の結果、手首が解かれるのであって
手首を解くためにリリースをしている訳ではありません。


しかし、現実には そのリリース
具体的に言うと
 右手のスナップの解き を打撃の要 にして
ボールを打っている人が少なくない ですから
それをするな とは言いませんが、
せめて グリップエンドがボールを追い越してから
 する位に留めて下さい。


打った後まで
 スナップロックをキープして置く必要はありません。
自然な解け に任せた方がからだは楽です。
ただ 少なくとも
 グリップエンドがボールを追い越すまで は
 スナップは解かないよう意識しましょう。



理想的には スナップはロックしたまま
  からだを廻す です。

2021-04-17_15

これが 上からボールを打つ方法 です。
言葉遊びの様ですが、
  上から打たない、
  ヘッドを下に落とさない、
  のが 上から打つ 方法なのです。


皮肉ではありますが…
「ヘッドを」上から入れる その言葉通りにしてしまうと
結果は しゃくって打つ、下から拾う になってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Rさん「手で振らない感じを教えて貰いたいのですが…。」
会田20210701_Moment

店長「そうですねー。
 手で振っても大丈夫なのは
 やっぱり 若い時だけですからね、
 私たちの年齢だと 腕立て伏せとか、懸垂とか
 出来ても 回数とか、長時間とか もちません。
 
 歩くこと に関連する脚力は
 腕力に比べると 耐久性もありますので
 出来るだけ そちらにシフトしたいですよね。」

Rさん「はい。
 中途半端な からだの回転 って
 ヘッドを返していない分、つかまりが悪く、
 スライスになって 飛ばないので 悩みます。
 手でヘッドを返せば 飛ぶのですが、
 持続性は乏しいですし…。」


店長「あと 最近のゴルフクラブ、
 そして ボールは 低スピン嗜好が強いですので
 ロフトも減ってしまう ヘッドターン は
 飛距離につながり難いですし、
 昔のスライスと同じように 大きなミスになります。」
Rさん バルブは開ける方向にお願いします_Moment

Rさん「ほんと…ソレ…。」

店長「悶絶クラブ使用者は 耳タコ かも知れませんが、
 まずは 基礎概念として
 『ヘッドはグリップを追い越さない』という
 意識はとても大切だと思います。」

Rさん「最近、分かり始めてきました。」

店長「スイング動作って
 当然、終わらなければなりません。
 回転するにしても 永遠にくるくる回る訳にはいかない、
 ですので スイングの終了に伴って
 動作の減速、停止、するんですが、
 その際に、速度の上がっていた クラブ、そしてヘッドには
 まだ 運動の慣性が付いていますから、
 結果、グリップ を追い越すコト になるんですが、
 そこは 『打った後』の話し で
 それは 『打つコト』そのもの ではないんですね。」

Rさん「はい…。」

店長「ですので 打った後、打った間際 で
 ヘッドが先にいく  のは構いません。
 無理に止めると 手首や肘を傷める可能性があるので
 そこは 自然に流してしまうべきでしょう。

 蛇足ですけど、硬いシャフトだったり
 軽いヘッドだったり すると
 フォローが出ない、フィニッシュに行き着かない、
 って言うのがありますけれど、
 悶絶クラブですと それは無い、
 良くても 悪くても 無理やり フィニッシュに行かされます。
 それを止めたら 痛めちゃいます。

 笑い話ですが、実際、過去に
 それをデモンストレーションしようとして
 痛めた方がいらっしゃいます。


 ですので 『ヘッドを走らせよう』
 なんて言葉に踊らされないようにしないとイケマセン。」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「平らなトコロから打つばかりでないのが
 現場でのゴルフですから
 しっかり 体重を乗せて打っていける、というのは
 それなりの工夫が必要だと思います。」

Kさん「そうですねぇ…。」


店長「私たちの年齢…オーバー50 では
 肩を入れて…胴体を捩じって を行おうとすると
 左腕、左肩 ばかりを入れようとしてしまいます。

 腰や首などへの負担もありますし、

 左腕 で右へクラブを押すと
 両腕も含め クラブが右に倒れます。
 スイング用語的には クラブが寝る と言うんですが、
 そうなると 必要以上に重さが
 からだの背後に行ってしまうため、
 アドレス基準で 前後(ボールの方〜背後)の
 重量配分を前めにせざるを得なくなります。

 コチラの写真をご覧ください。」
((フットワーク((フットワーク (2)((フットワーク_Moment(2)((フットワーク3










店長「4人とも だいたい ですけれど
 トップの位置での クラブの位置は同じ感じ なんですが
 左右の 股関節の位置関係が かなり違う。

 前半の二人は
 アドレス時の飛球線方向 に
 左右の股関節が残った感じ になっていますが、
 後半の二人は

 『右向き』基準の股関節になっている。

 箇所 として 似たような位置から
 クラブを振ってくるのなら
 小さな箇所、弱い箇所、
 この場合は 左腕、左肩を指しますが、
 それをたくさん動かす前者 と
 大きな箇所、強い箇所、
 この場合は 股関節廻りですね、
 それを少なく動かす後者 では
 再現性がかなり違いますし、
 故障をする可能性もかなり違うと思います。
((フットワーク4

 テークアウェイは 前輪駆動、右サイドで
 と言いましたが、右ひじの使い方は
 この 『右を向いた時、
 左右の股関節 も 右を向く、
 それを誘導する為、前傾姿勢に沿って
 (前傾姿勢に対し直角…斜めになりますね)
 右ひじを引いていく』

 この股関節の関係を作るための手伝い と
 考えて良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「もう一点、テークアウェイで
 注意しておきたいトコロ なんですが…。」

Kさん「はい。」

店長「一般的に テークアウェイ、トップの位置では
 体重は右、
 インパクト以降 フィニッシュまで 体重は左、
 と言われるのですが。。。。」

Kさん「反対とか?」

店長「いえいえ そんなことは無いんですが…
(回転とフットワーク_Moment(3)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)
コチラを見て下さい。 



 この状態を見て 体重配分は右 が多いように見えます❓」

Kさん「そう言われてみると…。」

店長「フットワーク中心でスイングをしなくとも
 腰を回そうとしていなくとも 腰の向きは変ります。
 スイングは どこか の軸を作って
 向きを変える、円の動きになるので
 アドレス時の 左右 にこだわり過ぎるのはマズイ のです。
 右を向いた時の 右、というか
 右軸足に体重をかけるには
 アドレス基準で 後方、背後方向に
 重さをかけておく必要があります。」

Kさん「なるほど。」

店長「スイング用語に
    ✊頭を動かすな
    ✊ボールをよく見ろ

 とありますが、間違ってはいないですが、
 そちらを優先してしまうあまり、
 それが故に ボールに近づく ような
 からだをボール側に傾けてしまう ような
 本当の意味での 右軸足に体重が掛かっていない状態
 あまりよろしくない と思います。

 ゴルフだけではありませんが、
 打撃するようなスポーツで
 ボールに体重を乗せる、
 打つ方向、打ち出す方向に 体重をぶつけて行けるような
 ゴルフの場合ですと ダウンスイング以降、
 右に乗っていた体重を 左に移していけるような、
 左に踏み込んでいけるような 準備
 があった方が ボールを飛ばすには有利、
 インパクト時のボールとの衝突質量に負けにくい です。」

Kさん「確かにね…。」

店長「ボールを見るな、とは言いませんが、
 右の軸足にある程度 重さを乗せるには
 アドレス基準で背後に、ボールから離れるような、
 そんな感覚が必要で、
 それを誘導する為に ボールから目を切って
 視線や顔ごと 右を向く、 というのも
 一つの手だと思います。」

Kさん「スイングの軸っていうのは
 どこになるんです❓」


店長「厳密にする必要は無いと思いますが、
 背骨であったり、背骨の外側であったり
 だいたいですが その辺り と考えて良いと思います。
(回転とフットワーク_Moment(回転とフットワーク_Moment(3)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment





 そうすると その延長線上に位置するのは
 あたま であれば、顔ではなく後頭部になります。
 顔ではないのですが、
 ボールをよく見ろ を意識し過ぎると
 ボールと目との距離を保とう とすることになり易いので
 軸が顔側、前目になり過ぎてしまいます。
202176_Moment

 いきなり ボールから視線を切る、
 顔ごと 右を向く って言うのは難しい場合がありますが、
 ボールの方に傾いてしまう、近づいてしまう、
 そう言うタイプのテークアウェイ、スイングをする人は
 総じて 前傾が深い ですので、
 まずは 前傾を出来るだけ浅くする、
 前傾姿勢なんて言うのは 有れば良い ので
 出来るだけ浅くして、
 右を向いた時の 右足に体重が乗せられるように修正
 するのも良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングにおいてのからだの回転は
どの道、クラブを持ってる 腕を振る、腕を動かすコトに
なるのは確かです。
そうしないと ボールが強く打てません。

Rさんのスイングを見ていると
余りに忠実に からだの回転で腕を振る、動かしているが故に、
腕やクラブに対し遠心力がかかり
腕がからだから離れる、浮いてしまっている ように思えます。 

【Rさん 20210604】_Moment前傾姿勢がありますので
普通にからだの向きを入れ替えると
この矢印の方向に 外力はかかります。
最終的には 腕の付け根と遠心力は
揃おう、同じ高さになろうとするので
回転で腕を振れば振るほど
グリップは上がろうとする
👉その結果、からだは起きることになります。

【Rさん 20210604】_Moment遠心力がかかって
クラブを持った腕が
その付け根から離れようとする
と言う方向を 遠心力方向 ではなく
この方向【腕の付け根→重力方向】

にしてあげた方が 打撃には便利です。
体が起こさせる 遠心力がかからず
逆に 前傾が維持されるような力に変わります。

ですので あくまでも イメージ
クラブ無しの素振りやクラブ有りの素振りで
ちょっと トライして頂きたいのは こんな感じです。
2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(2)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(3)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(4)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(5)2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(6)





➀右を向いたまま、
 腕をその重さで落とす
 腕を下へ振るのでは その自重で落とす 感じ。
➁落ちたモノには慣性が付きますから
 いずれ 上がってきますが、
 それを 左向きでキャッチ、合流する感じ。


 ✋腕を落とすが先です。


回転のチカラを使って
 腕を、グリップを縦に動かす感じ が掴めると良いと思います。
実際のスイングには クラブの遠心力も加わりますので
結果は 腕を横に振るの中間に収まるのだと思いますが、
回転で腕を縦に振る(振らないけど…)その感じ と
 腕の動きだし と からだの向き の動作始まり を
 掴んでみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「すごく 基礎的なトコロに戻って
 テークアウェイを考えてみましょう。」

Kさん「はい。」

店長「スイング用語として
 テークアウェイ、テークバックを『上げる』
 ダウンスイングを『降ろす』と言いますが
 その 『上げる』に囚われているコトが少なくありません。

 アドレスのクラブや腕の状態のまま、
 からだを廻しても
 クラブや腕が長いまま、なので
 上手く周れない、速く周れません。
 IMG_0294_Moment(3)
 ですので テークアウェイでは
 実は『上げている』、クラブを上げる ではなく
 腕も含めたクラブを 回り易いように 短くする、たたむ
 と考える位で十分で
 要は クラブは『意識的に』上げなくても良いんです。
 
 実際、からだを向きに向けるだけ で
 ある程度、必要最低の ヘッドの高さは確保出来ます。

 上げる意識は 兎角、ヘッドに行きがちで
 ヘッドや、グリップを動かしたくなる。

 でも 簡単で、重圧の中でもやり易いのは
 フットワーク、、、 この場合は
 左右の膝の位置の入れ替え、移動 と考えても良いかも知れませんが
 フットワークで からだ、おなか、秀二を
 右に向ければ良いだけです。

 アプローチなんかは 膝の入れ替え みたいな感じで
 十分打てると思います。

 遠くに飛ばすには たくさん上げたくなる気持ちは
 とてもよく分かるのですが、
 クラブを捻じって、開いて上げてしまうと
 速度をあげても 距離にならず、
 距離も安定しない、一定に成り難い、
 スピンや高さになってしまったり
 ミスの確率も増えてしまいます。
IMG_0294_Moment(4)
 原則的には からだの傾き分のシャット、フェースの下向き、
 ヘッドは上げているのではなく
 からだの回転をし易くするために
 クラブを収納、格納、短くしているに過ぎない、
 と考えて良いと思います。」

Kさん「肩を廻す意識は要らないのですか❓」

店長「足、ひざの向きや両膝の位置関係の変更 で
 右を向けば その上に乗っかっているモノは
 すべて (右打ちの場合)右を向きます。

 肩を廻す は 悪くは無いんですけど
 その意識が強いと 頑張ろうとして
 腕を振って、肩を廻そうとする、
 本末転倒、反対になっちゃう訳ですよ。
 コレって ものすごく多いんじゃないですかね…。
 
 また 肩を廻す限界って 背中のひっつれ感 というか
 張りですよね、  それも 腕を横に動かせば
 早く感じられてしまいますから 間違いに走り易い。

 ですので フットワークで
 お尻、骨盤を廻す方が良いと思います。
 
 短い距離で 感覚的にヘッドは上げない、
 膝の入れ替えだけで 打って実感してみるといいかも です。」

Kさん「アプローチはこれで 行けるかも知れません。」

店長「ロフトやヘッド姿勢変化が少ないので
 慣れれば 同じ距離を打つのに適していると思います。」
(キャスト_Moment

 コレ あまり知られていないんですけど、
 。。。。ちょっと下品な話し…ですが……
 スリムな人はいいんですけど 少し太り気味、
 まあ 私たちの年齢だと多くの人がそうかもですけど、
 男性プロだけだと思いますけど
 夏の暑い盛りは 股 に ワセリンを塗るんですね。
 全員じゃないでしょうけど 太っている人は多いですね。
 でないと 汗で引っかかって 自分の 〇玉を 股で挟んで
 大変なコトになったりするんですよ。
 その位 股関節 を締める
 そんな感じなんですね。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「テークアウェイの種類を大別したのですが、
〆枯咫∈幻だけの動き
肩を廻したつもりが腕の振りだけのモノ
➂肩を廻す/胴体をひねる
➃お尻・骨盤を廻す
ヂ 足首を捻じるモノ
 なんとなく 分かると思うのですが、
 上から順に クラブに近いトコロ、
 からだの部位で言っても 下に行くほど低いトコロ
 でからだの向きを変えよう と分かれていますよね。
IMG_0772
 ➂も含め、´△肇ラブに近い、
 腕が中心でからだの向きを変える方
 そのやり方と グリップは結構、密接な関係にあります。」

Kさん「痛いトコロを突かれますね…。」

店長「フックグリップが悪い と言う訳では無いですが、
 手、この場合は 左腕主体でテークバックに入る方
 は フックグリップがかなり強く、
 左の手首がかなり甲側に折れているケースが多いんですね。

 ➂→□,函,茲蟶枯喙臑療戮高くなるに連れ
 左右のグリップのルーズさも強い、
 左右のグリップが離れているってことですね。

 コレ その本人、当人に聞いても 無自覚で
 そう言うグリップに行き着いてしまっているでしょうから
 答えられない可能性が高いんですけど、
 ボールを打つコトよりも
 「テークアウェイを ヒョイッと 左腕の動きで行う」
 それをし易いための『グリップ』に思えるんです。
b7055bfb2eea97122aee59c31313e223
 フックグリップがフェースターンし易い というのは
 言葉ではよく耳にするんですけど、
 フックグリップのアマチュアの多くは
 左右がルーズ、離れています。
 
 フェースターンをする事を主眼に グリップを造るのなら
 フックグリップは良いですが、左右が密着している方が
 フェースターンを無駄なく 素早くし易い、
 離れている方が 色々不都合が生まれ易い と思うんですね。

 にもかかわらず ルーズな人が多い…。

 そう考えると 帰り(ダウンスイング)の方がメインじゃなくて
 テークアウェイのし易さ から グリップが造られちゃう
 じゃあ無いのかと思うんです。

 検証のしようが無いんですけど、
 外れてはいない気がします。」

Kさん「自覚はないですけど、
 グリップを指摘されて、スクエア気味、
 左右を密着させると 打つコトもそうですけど
 テークアウェイの初期が始動し辛い というのはあります。」


店長「ですよねー。
 テークアウェイの基礎的なチェックとしては
 シャフトが概ね 地面と平行になった時、
 フェースがシャット、 自分の前傾と同じ感じの下向き
 ってのがありますけど
 それって ´△虜枯咾世韻如.董璽アウェイを取っちゃう、
 グリップがルーズ目な人は 出来ないと思うんですよね。
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

 ですので テークアウェイの修正、訓練は
 その基礎的なチェックと グリップとの兼ね合い、
 同時進行になると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転、テークアウェイでの右向き を
 大別すると

〆枯咫∈幻だけの動き
肩を廻したつもりが腕の振りだけのモノ
➂肩を廻す/胴体をひねる
➃お尻・骨盤を廻す
ヂ 足首を捻じるモノ


に分かれると思います。」

Kさん「ひとつひとつ 解説お願いします。」

店長「はい。
  回転と言う言葉はほぼ該当しませんが、
 意外に多く…肌感覚的には2割弱のゴルファーがコレでしょうか…
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)




 流石にこれはダメダメですので改善したい。

 多くの右打ちの方は 右腕が利き手になると思うのですが、
 手で打つコトの良し悪しは別として
 左右の腕の動きの量が かけ離れているので
 右腕で叩きたくとも 空間も時間も足らなくなり
 強く打とうとすればするほど ミスになってしまい易い、
 また その分 左ひじや手首への負担が大きいですから
 出来れば お別れしましょう。
(271_Moment

 これは非常に多数派、 与党 と言った感じ。
 気持ちでは肩を廻しているつもり なのですが
 単に腕を振っている だけ。
 本人の自覚は無いと思いますが、肩の向きと
 腕の動きは別なモノになっているので
 よりからだを、肩を廻しても 良いことは生まれません。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

 字面では分かり難いとは思いますが、
◉肩を廻すと 腕も動く と
◉腕を振ると 肩も引っ張られ 向きを変える

 似て非なるモノですので、その自覚から始まる必要があると思います。

 の肩を廻す、胴体を捩じる ですが、
 プロの多くはココにいます。半分強と言ったところでしょうか。
 しかし✋✋✋これをアマチュアにお薦めはしません。
 学生時代や若い頃、「ラヂオ体操第一」なんて
 ちんたら お遊戯かよ と舐めていたかも ですが、
 歳取ってからやると 最後まで休まず出来るか微妙。。。
 だったりするのです。
スイング集 Patty_Moment

 その位 年齢によって運動性能は変りますので
 若い スポーツ選手の出来る当り前が 我々の当たり前に
 なり得ず、やっているつもりが
 結局に 肩を廻す で無く、腕を振る
 に陥っている と気づいていないのは自分だけ です。

 続けるのであれば ヨガやストレッチ、
 慢性の運動不足にならないよう注意が必要です。

 また 腰痛が伴うようになってきたら
 い悗琉楾圓鬚薦めします。
田中どら_Moment(5)
  一般的なアマチュアゴルファーの平均年齢 58歳
 50代から上の年齢や運動不足気味、からだの硬い方は
 骨盤を動かす、回る、回らないの境目を股関節にする
 をお薦めしますが、最小野党に相当するでしょう。
 不器用な部分なので 慣れるのには苦労するかも ですが、
 一度覚えると 不器用な部分だけに変わり難い、忘れにくい、
 非常に基礎的な動きになるので お薦めです。
133



 これも意外に多い 2割弱の人が該当するでしょう。
 『からだ』の向きを変える と言う意味では
 間違っていないのですが、
 まわす部分が多過ぎの上に それを支える足首は
 大きな筋肉ではありませんので、
 傾斜があったり、ぬかるんでいたり、歩いて疲労、
 などによる影響が大きいと思います。
 
141

 からだの向きを変える、からだを廻す は
 廻す部分と廻さない部分があり、
 イ両豺腓蓮廻す部分は足首より上、
 廻さない部分は靴
 になるのですが、
 それを(右打ちであれば)回す部分はお尻、
 廻さない部分は 右太ももなり、右ひざ

 に移せるようになると より安定が高くなります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ショットのミスにつながる テークアウェイのミス
 その多くは 左腕の運動量と右腕の移動量のミスマッチ です。
 からだの向き、ソノモノでテークアウェイを取れていれば
 左右の移動量の差は殆ど無い…筈 ですが、
 多くの方が 左腕の動きが多くなっている。。。」
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

Kさん「ダウンスイングで 左腕の長さ の解消 に
 苦労する訳ですね。」


店長「そうですね、
 ダウンスイングで フェースローテーションする人にとって
 左腕の長さが長い、左腕が邪魔 というのが
 ミスの原因になったりしています。
スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)

 ダウンスイングにとって
 運動の一番先頭であるべき、左腕の
 切り返しの動きだし遅れ も少なくないです。」

Kさん「質の良い 右向きが欲しいのですね、」

店長「はい。
 一般的に テークアウェイ、テークバックは『上げる』
 ダウンスイングは『降ろす』と呼ばれますが、
 それは 前傾姿勢のある基礎姿勢が向きを変える為、
 グリップ、クラブの高さが 高くなったり、低くなったり、
 そう見えるからであって
 左グリップを 「上げる」必要性は無いと思います。
 からだが ちゃんと 右を向けるのであれば
 それで高くなる量で十分です。」

Kさん「左手は上げる必要がない…と。」


店長「そう思います。
 左腕単独の動き、ソノモノが要らないと思います
スナップショット 2 (2016-06-27 23-07)

 ゴルフスイングの用語 で言うと
 右打ちにとっての左腕は からだの回転のコトを指
  と言っても過言ではありません。
 左腕を移動させる は からだを廻すコト です。


 ですので テークアウェイでも
 からだの向きと左腕は固定された関係 と考えて良く、
 右腕が曲がり、短くなった分 クラブが起こされる、
 その分、少し上がる、上がった 程度で十分だと思います。
 量で言うと この程度です。
スナップショット 2 (2014-03-04 10-51)スナップショット 3 (2014-03-04 10-52)スナップショット 4 (2014-03-04 10-52)


 当たり前の話し なのですが、
 テークアウェイは ボールを打つための準備、前動作です。
 からだの回転を主にするのであれば 右向き、
 手で振るのであれば 利き腕である右腕の動作、
 それが 打つための前動作 として 必要になる訳ですが、
 左手、左サイドでボールを打つ つもり が
 強くないのに 左手、左サイドばかり 動かすのは
 ナンセンスだと思うのですね。」

Kさん「確かにね…。
 そう言われると 手で振るにしても
 左腕や左サイドが邪魔になるのは仕方ないですね。」


店長「理想的には ヘッド姿勢、フェースの開閉という
 手間が不必要になるので からだの向き主体にしたいですが、
 そうでなかったとしても
 利き腕の右腕が使える準備、
 振りかぶる動きを主体にしても良いのでは、
 と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ