◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 体の向きの変更/回転


店長「ココで ヒトツ
 誤解を解いておきたいのですが。。。」

質問「どんな❓ です。」

店長「今回の試み は
 重いボールを使って
 からだの回転 と 腕やクラブとの融合 の実験で
 そのボールを放つ のですが、
 ゴルフで言うトコロの アドレスに対するターゲット
 目標方向ですね、
 ソコに向かって ボールを投げる必要はないのです、
 ゴルフスイングにおいて、
ですが。

 ゴルフショットは
 ゴルフクラブを使って ボールを打ち
 遠く や 目標の方向に移動させて 遊ぶ のですから
 ゴルフクラブを目標の方向に投げる遊びではありません。

 ゴルフクラブには ロフトやライ角度などの角度 や
 重心のズレ、クラブの長さ など
 複合する 方向を変換する機能が付いています。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment

 ですので もし ゴルフクラブを投げる
 この場合は 重いボールをリリースする としても
 それはアドレスの目標方向と同じ とは限らない と言うか、
 同じでは 
ゴルフクラブの機能の意味が出ない のです
。」

質問「あ、なるほど。」

店主「なんか 今回のドリルの経緯ですと
 引っかけ問題みたいな感じになっちゃって申し訳ないんですが、
 からだの回転で 重さの掛かっている腕をどう動かすか、
 がテーマで ボールを離す だけならまだしも
 『ボールを目標方向に解き放つ』必要は一切ない訳です
2022-06-27_12-09-57_Moment(3)
それは 誰からも教わっていませんし、
そんなコトは話題にもなりませんが、
ゴルフクラブを目標に飛ばす遊び
 ではないのは明白です。

 映像をみてもらうと分かるかと思うのですが、
 ボール、ゴルフで言うとゴルフクラブに相当するんですが
 そのボールを 目標方向に投げようとすると
 どうしても からだが左を向いて『から』にならざるを得ず
 放つタイミングが遅れてしまいます、遅らせざるを得ない のです。
 シンプルにからだの回転で解き放つと 右にすっ飛んでしまいます。
 それはソレで正解ではあるんですが、
 誰からも教わっていないですけど、
 遠心力 って言葉と直結した 打つボールでは無く
 握っているゴルフクラブのリリースを意識すると
 からだの回転がおさまってからの 手の振り で 
 打たざるを得ない…、
 ですので 実は ほとんどの方が
 自分の思った通り、思い描いた通りに動かしていて
 
その結果が 手振りになってしまっている『だけなのです。

 そう言う意味では この動作に伴う
▽手(グリップ)が浮く
▽からだが起き上がる
▽からだが開いてしまう

 などの 色々と気に入らない「動き」は 必然なので
 改造、改善しようと思っても ママならない のは
 致し方ない と言って良いでしょう。



✅✅✅次に、ですが、
 からだの回転 に伴って
 腕もクラブも動こうとしますが、
 重さ と言うのが付いて回りますので
 無機質である クラブは動きたくない
 と言うのが大原則です。

 それは 単に移動だけでなく、向きや姿勢も変わろうとしない
 のですが、打ち手が向きを変えることによって
 強制的に グリップ部は移動させられます。
2022-06-27_12-09-57_Moment
ですので トップの位置では

画像上、右側 左グリップが打つボール側
右グリップがボールから離れた側 にありますが、
その関係は 打つ付近、
からだが左を向き始めるまで 変わらない のです。

 この場合で言う 重いボール、バランスは その左右を
 決して 自分では反転しようとしません。
 重さが掛かる分、維持しようとするのです。


 ゴルフのスイングで言うと 両腕でアドレスをして
 両肘とグリップ部で構成される 三角形 には
 クラブを握っている上側 と クラブの無い下側
 の表裏みたいなモノがあると思うのですが、
 あくまでもイメージではありますが、
 ボールを打つまで 打ち終わるまで
 その三角形の下側、クラブの無い側、裏側と言えば良いのか
 そちらを向けっぱなしのまま
 インパクトに入るので 良いのです。

 バランスボール の話し で言えば
 ボールを持った左手 その左手の方が
 自分より遠い、ゴルフで打つボールの方 で
 右手は自分に近い側 のまま
 インパクトに入れば良いのです。


 多くの人が それをインパクトまでに逆転させようとする
 反転させようとしている…、
 手の返しとか、ヘッドターンとか では無くて
 なんとなく 本能的にそうしようとしている人が多い気がします。

(からだの回転と腕・クラブ_Moment(2)

 そう言う動きを取り入れるのですが、
 ゴルフは ゴルフクラブを目標に放り投げる遊び
 では無いのですから もし放り投げる としても
 それは 目標とは異なる方向なんだ というコトです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレ 全員に該当するか、どうか は
 分からないのですけれど
 多くの人で実験してみた結果、
 ゴルフスイングのイメージですが、
 からだの回転で✋ を意識すればするほど
 結果、手打ち😵😵😵 になってしまう
 が
 あるのです。」

質問「どういうコトです❓」

店長「少し重くなったボール、
 バランスボールって言うんですけど
 それを使ってみると 分かり易いかも知れません。
(からだの回転と腕、そしてクラブ_Moment

 これ バランスボール、重いボールである意味は
 ゴルフクラブって 運動、特にからだの回転を始めると
 想像以上に重くなって
👉自分の思った通りには動かせない、
 と言う感覚と
 逆に、その重さを利用して 腕を使う、腕を動かす、
 回転でかかるであろう 遠心力や重力などの
 不可抗力を考慮しながら 自分の想定通り
 腕を動かすのには どうしたら良いだろう、
 と言うヒントになると思います。」

質問「体力的にも良いトレーニングになりそうですね。」

店長「ダイエットになるか、どうかは定かでありません🙄
 股関節のトレーニング や ストレッチにもなりますので
 お薦めです。2繊腺貝前未良いと思います。


店長「細かいコトは言わずに、、、ですね、
 ゴルフスイングイメージで って言うと、
 また、バランスボールを放って下さい と言うと
 だいたい こういう感じになります。

 言葉で説明するの 難しいんですが、
 トップの位置では 左手の方がボール側、
  画面の平面上で言うと 画面右側
 右手の方がボールから離れた側
  画面の平面上で言うと 画面左側 になりますよね、
2022-06-27_12-09-57_Moment

 普通にすれば。」

質問「そうですね。」

店長「多くの人は、ですね、
 からだの回転で を意識しています。

 ですが クラブを振る、クラブをリリースする、
 この場合ですと バランスボールを投げる に該当するんですが、

 からだの回転『通り』
 前傾姿勢を抜いて
 からだの回転『通り』に横にボールを動かそう
 とするが故に
 どこかで 右手左手の入れ替え ターンが必要になります。」

質問「入れ替え って言うのは
 トップの位置で 左手がボール側(画面右側)、右手が離れた側 を
 逆転させる ってコトですね。」


店長「そうです。

 今回、これをするのを 重いボール バランスボールで
 やっている意味があるのですが、
 回転という 運動をすると
 当然、ボールはより重くなります。

 バランスボールの移動と言う面において 重くなるのと同じく、
 バランスボールの姿勢と言う面においても 重くなります。」

質問「つまり からだの回転という 円運動をしても
 バランスボールは回転したがらない⁈ と。」


店長「当然、そうなります。
2022-06-27_12-09-57_Moment(3)

 ですので 右手の方をボール側(画面右側)にして
 バランスボールを放り投げるには
✅からだを左に向けてから ボールを投げる か
✅からだの回転を止めて ボールを投げる か

 の二つしか 選択肢がありません。

 どちらも『からだの回転で作った勢いは使ってはいる』のですが
 結果、としては 手で振る動きでリリース
 せざるを得ない のです。

 からだの回転通りに 腕、クラブを動かそう
 とすればするほど
 前者は からだを開いて〜左を向いてから振る か、
 後者は からだを止めてから 腕を振る か

 そのどちらか、
 つまり 手打ち 手振り にならざるを得ない のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「一般的に良くないスイングの代名詞である
 アウトサイドイン についてはどうです❓」
リリースは手首の解放ではありません_Moment(2)

店長「これもかなり誤解されていますね。
 アウトサイドインと言う現象が悪いのではなく
 からだの回転でクラブを動かさない、
 クラブの弧をからだの回転で描かず、
 手で振るから アウトサイドインになり易いので
 アウトサイドインが悪いのではなく
 アウトサイドインになってしまう
 スイングの動力源が問題
なのです。」

質問「ああああ そういうコトなのですね。」

店長「そうです。
 手でクラブを振る、フェースローテーションをするには
 それを行う空間が必要です。
 ですので どうしても からだの向きと腕のさばき は
 その順番が必要で、
 ダウンスイングであれば からだを廻し、開き、
 インパクトより先に 腕でクラブを振る空間を
 作る必要がある
ので
 それを アウトサイドイン と言うのです。
  あくまでも一般論ですが…。

 ですので その軌道、ヘッドの道のり『だけ』を改善しても
 本質は何も変わらないのです。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)

質問「ソコの部分 かなり間違った認識が横行している
 ように思えます。」


店長「手で振る限り、例え
 クラブをより寝かし、見た目インサイドから
 入れて来る、としても 本質的なアウトサイドインは
 変わらないのです。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

 まだ 素直に外から振っている方が安定性は高いです。
 言葉は悪いですが、外から掻いてきている分だけ
 ターゲットを計算に入れて 右気味にアドレスを取れば
 同じ弾道を打つ可能性は決して低くありません。 

 逆に、ヘッド軌道をインサイドから、に換えると
 クラブをより寝かすことになりますので
 より フェースを開いて進入 し、
 より 激しいフェースターンが必要 になります。
 同じ球を繰り返し打つ と言う確率は低くなりますし、
 その急激なターンは 左ひじなり、手首なりに
 必要以上の負担をかけるコトになります。

 この道筋が スイング向上 と信じている人が
 少なくないのは 困ったモノです。」
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)

質問「ソコはやはり ゴルフショット向上に付いて回る
 こすり球、ボールのつかまり の認識の齟齬が
 大きいんじゃないんです❓」

店長「ソコはアルでしょうねー。
 こすり球 =スライス ではなく
 ロフト以上にスピンが多い球
で、
 つかまり =フック ではなく
 ロフト通りのスピン、ボールの速度

 というコトが把握出来ていないと
 ヘッドの軌道とフェースの開閉
 と言う作業に意識が行ってしまいますよね。」
video_Slomo_Moment

質問「中途にゴルフやスイング情報を仕入れていると
 そちらから スイング造りに入っていく方も居るでしょうね。」

店長「結構、いらっしゃると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ココからが ちょっと難しい問題 なのですが、
 実は切実な問題ではあるのに
 ソコに気付いていない と言うトコロがもっと大きな問題です。」

質問「なんです❓」
店長「前提条件として
 手振り・手打ちでも 故障も無く、楽しくゴルフしている人は
 それを無理やり変える必要はありません。
 ただし これからゴルフを覚えたいとか、
 やるなら まあ 本道を進みたい と言う方には
 お薦めしないだけです。
((((((((_Moment

 手で振る、手で打つ、手でクラブをターンさせる人 は
 主に 右打ちなら右腕、
 その 曲げ伸ばし によるクラブリリースが
 打撃のメインエンジン になります。

 ここは表現が微妙なんですが、
 ゴルフスイングの根底的なイメージで
 植え付けられてしまっているのか
 手で振るのは良くない、からだの回転だ✋
 そう言うのがある訳なのですが、
 手振り、手打ち(総称して ハンドターンと呼びますね)
 の場合は その腕の曲げ伸ばし をするための
 スペース・空間を確保する為の からだの向き です。

 ですので からだの回転も意識する場合、
 例えば右向き、テークアウェイの時は、
 からだの向きを先に右向きを造り、空間を作ってから
 腕のたたみ、肘の曲げを行い、
 その逆は 現実的には存在しません。」

質問「そう言われれば、向き、腕の曲げ はある程度別なタイミング、
 1.2.と言う順序で別々に行われますけど
 先に 腕を曲げてから 向きを変える人を見たコトないですね。」

店長「そうですね。
 クラブに円を描かせる動き に
 からだの向きが全く関与していない訳では無いですが、
 クラブの動きは 腕の曲げ伸ばしがメインなので
 オープンスペースと言ったら良いのでしょうか、
 空間を作る為だけの向き なので
 どうしても その順序が必要になります。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)

質問「だから ダウンスイング時に
 からだを先に開き、腕を伸ばす になるんですね。」
店長「そうなります。ならざるを得ません。
 ただ 今回の話しでは ソコが問題ではありません。

 繰り返しますが、ハンドターンであっても
 痛みも悩みも無く楽しくゴルフをしている人が
 無理やり それを変える必要性はありません。

 今回、問題となるのは
 自分にとっての からだの回転、向き は
 曲げた腕を伸ばす その勢い付け や
 それを行うための空間づくりの為 のモノなんですが、
 一般的には からだが回っていない とか、
 もっと からだを廻せ、
 何か ミスが起こった時に からだの回転不足、右向き不足 や
 回転の量や速度が足らない を指摘される場合が結構、有り、
 無理に 右向きを深くしてしまう場合 があるのですが、
 問題を解決する上で それは有効ではない場合が多いです。

 ハンドターンの場合、インパクト付近で
 かなり複雑な、しかも高速な インパクトの作法があります。
 深くなった 右向きはハンドリリースの勢い付け には
 なるかも知れませんが、
 それによって よりヘッドの遅れが増えたり、
 重要なタイミングが狂う可能性がありますので
 量さえ増えれば解決するケースは少ないと思います。

 また、ハンドターンの方が からだの向きを強調すると
 胴体を捩じるコトになりますから
 腰や首などへの負担も増える可能性があります。
 そう言うケースで悩まれている人がたくさんいます。

 嫌味で言う訳ではありませんが、
 自分がハンドターンだと認識している場合、
 そして 特に悩みも痛みも無い場合、
 自分にとっての からだの回転は
 腕の曲げ伸ばし、リリースの勢い付け であったり、
 腕の作法をする為の 空間づくり であったり、
 スイングの弧自体には直接関係がないので
 誰か、何かに感化されて からだの回転を増やしたり
 急いだり して 良いことはないかも、
 それよりも からだに負担の少ない ハンドリリース
 そのやり方やタイミングを熟成させる
 と認識して置いた方が良いと思います。」 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「
手打ち〜、手振りね
 飛距離アップ✋ スライス防止✊ とともに
 アマチュアにとって 永遠のテーマ と言ってよいような
 課題 ですよね。」


店長「ですね。
 広く深いテーマなので 一つ一つ取り上げてみたい
 と思います。

 まずですね、
 手打ち、手振り、というのはどう言うモノなのか❓
 その反対になる からだの回転とどう違うのか❓
 です。」

質問「そこ 興味ありますね。」
店長「ゴルフスイング・ショットって
 ヘッドが円を描きますよね。
 手打ちって言うのは それを 手で行っている
 ハンドターン で
(ハンドリリースサンプル集_Moment(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)







 からだの回転が直接的に円を描くのではないモノで、
 からだの回転の方は それをカラダの向き主体で
 行っています。

 もう少し 具体的に言うと
 ボールを打つ、打撃と言う衝撃のエネルギーを
〇からだの回転は その言葉の通り からだの向き
〇手打ちの方が 右腕(右打ち)の曲げ伸ばし
 を主体でやっている
 と考えて良いと思います。

 …とは言うモノの、
 手打ちであったとしても
 全部 右腕の曲げ伸ばし、リリースでやっている人
 だけでなく、
 からだの回転も混合している人もいますから
 ちょっと ややこしいですね。」

質問「全部、手でやっている人の方がマズくないですか❓」
店長「どっちもどっちです🙄
 ただ コト治すコト に関しては
 全部、手でやっている人の方が比較的 シンプルですので
 治し易い、治り易いかも知れません。
 割合は兎も角、からだと腕の混合 の人は
 かなり複雑なコトに達した時間分、大変かも知れません。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







質問「手打ち、手振りが良くない、治した方が良い、
 とよく言われますけれど その理由はなんですか❓」

店長「手でターンしても、からだでターンしても
 どちらも ターンするコトには変わりありません。
 
 これから ゴルフを覚えるとか、
 からだの故障を出来るだけ無いように、
 体力が落ちても飛距離が落ちないように、
 と思われている方には 推奨は出来ませんが、
 手振り、手打ちで楽しくゴルフが出来ていれば
 無理やり それを変えなくても良い場合あります。

 何故 治した方が良い、しない方が良い かと
 問われると
‖里粒読堯胴体や腰、肘などにねじりの動きが多くなり
 故障の原因になり易い  のは確かです。
 勿論、からだの丈夫な人は居ますから例外もあります。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

△らだの回転でターンするに比べると
 複雑な上に、動きが断然、多く
 それが インパクト前後という 高速運動時に行われているので
 各人各人の 絶妙なタイミングと修練
 という
 それぞれの人の 打撃の秘技 のようになっており
 万人に共通するアドバイスが有効ではありません。
 言うなれば スイングに関する共通言語が無いような
 そんな状態になり易く、悩んだ時、困った時、
 誰かからアドバイスを貰い難い状態に陥り易いです。
➂クラブに関して、なんですが、
 からだの回転と比べ、クラブを振る、シャフトを振る量が
 かなり多いので、本来、使うべきシャフトよりも
 硬いシャフトを選定するコトが多くなります。
 これも また 肘や手首、腰痛などの原因
になります。
➃ ➂に絡んだ話し、になるのですが、
 ヘッドのミスの寛容性、慣性モーメントなどの機能を
 発揮させるのが難しい打撃方法 になるので
 シャフトも含め ゴルフクラブのお助け機能を
 活用できない可能性が高く
なります。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)
質問「良いコトないじゃぁ無いですか❓」

店長「まあ…そうなんですけれど、
 結構、活躍しているプロにもいますし、
 アマチュアの殆どは 手振り・手打ち、
 その打撃方法の方が多数とも言えます。

 からだの回転で打つ よりもいろいろな面で
 多くの練習は必要になりますし、そのタイミングなどを
 体得した、としてもメインテナンス的な練習の維持も必要ですが、
 それが 加齢対策の運動 にもなっているので
 良い悪い の問題では無く、
 単に選択の違いと言って良いでしょう。」

質問「腕自慢さんは別として
 悩みの元が 手振り、手打ちのアマチュアは
 多いんじゃないかと思います。
 それは打撃の手段ではありますけれど、
 率先的に 好きで 手振り・手打ちしている人は
 多くないと思うんですが…。」

店長「どうでしょう?
 ごくごく普通のアマチュアの ゴルフスイング談義に
 耳を傾けていると
 手打ちは良くない、からだの回転で とも言っていますが、
 一方で 同じ人が遠心力で飛ばす とか
 ヘッドの返し、フェースローテーション
なんて
 手打ちせざるを得ない、手打ちのテクニック
 そういう話も出てきますよ。

 そもそも アマチュアが硬いシャフトを選定する理由の
 ヒトツに 『スライスは シャフトが柔らかいからだ‼』
 と言うのがあると思うんですが、
 もう その発想の時点で 手打ち、手振りの匂いがしています。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


TSさん「私も今の今まで、ゴルフ歴の殆どを
 つかまる=フック
 つかまらない=スライス
 理想的な弾道 ドロー=つかまっている

 と思っていました。」

店長「ゴルフクラブはその機能を果たすと
 左回転、つまり フック回転が入るので
 理想的な弾道がドローなのは 👍👍👍です。
 
 しかし、
 つかまる は フェースを閉じるでも 開くでもなく
 ロフト、入射の軌道との関係もありますが、
 ロフトの造り方で決まる は 納得して頂けます❓」

TSさん「はい! まだ 出来ないのですが。。。」
(こする つかまえる_Moment(2)

店長「では 先に進めます。
 『ボールの掴まりの原理』が 理解出来ていないと
 スイングの改造 なんて
 取り組んでも 効果が非常に薄い のです。」


店長「つかまる=フック つまらない=スライス
 理屈を超越した理論なのですが、
 大抵の場合、フェースの開閉 と 軌道論、
 開いている、閉じている、
 アウトサイドイン、インサイドアウト

 そこに進むコトになるのですが、
 これにも 大きな罠が待っています。
 この罠は 生涯迷宮 です。」

TSさん「えええええええええええ。」

店長「同じことが
 つかまえ=縦のフェース/ロフト にも言えます。

 例えば…です。
 今の使っているクラブをいじらず 変えない、
 その対象になる クラブ番手 もそのまま、
 その状態で
 自分の理想の弾道にするには スピンが多過ぎる→
 3500回転 なのを 2500回転 にしたい……とします。

 ちょっと 頭が混乱するかもしれませんが…。 

 ロフトは 立てようとすると 実効果として
 クラブが短くなるので
 入ってくる入射がきつくなります。
 故に ハンドファーストを強くしても
 打ち出し角度は低くなる(変わる)可能性はありますが、
 入射も変わってしまうので スピンが減るとは限りません。
 インパクトロフト=スピン効果 を変えようとすると
 同時に スイングの縦軌道も変わってしまいます。
【イメージ】倉本昌弘 スイング集_Moment

 フェースローテーションを多くしている人、
 打撃=ヘッドの回転の人の場合、
 軌道だけを変えようとしても
 インパクトロフトやフェースの向きも変わってしまうので
 答えを見つけられません。
 ま…だから 硬い(使えない)シャフトを使って
 ボールへの打撃効果を薄める…と言う手立てを取るのですが…。

 クラブの横軌道の アウトサイドイン、インサイドアウト
 にも同じことが言えるのですが、
 スライス〜アウトサイドイン〜開いている の発想を
 ドロー〜インサイドアウト〜閉じている にしようとして
 ヘッドを閉じると 軌道も変わってしまいます。
1ff0dce21f52b653








 理屈上は アウトに出すには フェースを開いた方が
 アウトに出し易く、フェースは閉じようとすると
 軌道はインに切り込み易くなります。

と…ここまでの話しがスイング改造として
 ダメなスイングの治し方の典型例 なのです。


TSさん「!!!!! なにが悪いのか 分かりません。」

店長「言葉で説明して分かって頂けるか、分かりませんが、
 トップオブスイングから インパクトまで 平均して0.2秒、
 ヘッドスピードは時速にすると 120繊弊人男性)を越えます。

 ヘッドの軌道、上下の入射角度 であって
 左右のアウトサイドイン、インサイドアウト であっても
 途中で ロフト、フェースの向き どちらであっても
 変えようとすると 『必ず』軌道とヘッド姿勢は同時に動きます

 スライスだから、フックだから、
 つかまりすぎでスピン不足もしくは過多、
 つかまらな過ぎでスピン過多もしくは不足
 であったとしても
 軌道を固定して ヘッド姿勢を変える と言う発想ではなく
 動いている中で ヘッド姿勢を変えようとしています。

 もう コレにトライすること自体
 手打ち 手振り への道まっしぐら なのです。

(ダウンスイング比較 きっと参考になると思います_Moment

 手打ち、手振り である限り、
 ロフトであっても、フェース向きであっても
 変更すると 軌道にも 大きく影響が出るので
 改造にトライする前とは
 違うゴールに行き着くコトになりますし、
 
 その 0.2秒の 時速120キロ超 の ヘッドコントロールは
 自分ですらままならないですし、誰にも、誰からも
 教わるコトも 教えることも出来ない 秘技 なのです。

 部活特訓並みの練習、練習頻度、
 例え 体得したとしても、それを維持する為の
 メインテナンス練習、頻度が必須になります。
 普通のアマチュアにとって 良いゴールとは言えません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「全員 にじゃあ ないですけれど
 この抜き方 というか、スイングの終わらせ方は
 出来れば手で振りたくないのに
 クラブを下に振っちゃうとか、ローテーションしちゃうとか 
 手で振っちゃう人の解決策としては
 かなり有効じゃないか と思うのです。」
JMさん「なかなか 上手く行かない…ですけどね。」

店長「届かない とか、当たらない とか、
 怖さは有ると思いますから、加速の無いゆっくりとした
 ショットからやってみる必要はあると思います。」
JMさん「カラダは180度、クラブは90度ってのは
 頭では分かっているんですけど
 結局、クラブを180度振ってしまう。。。
 それ故に インパクト以降にからだ(左サイド)が止まって
 からだの回転が180度にならない、そう言う感じですね。」

店長「わかる、分かります。
.ラダは180度 クラブは90とか120度って意識
∈枯咾糧瓦方

 これは 左ひじを抜くって感じよりも
 左サイドを止めないで 廻していく、
 アドレス時を基準とすると、背後に
 ボールから離れていく方に 断続的に動かしていく
👉まずは 真似で、素振りから始めると良いかも、です。」
JMさん「素振りでそこまでは出来るんですけど…。」
店長「そうなると やはり
➂リリース 右腕を伸ばすことで何を動かしているのか
 というコトになると思います。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment

 コレも ゆっくり の素振り で良いと思いますけど、
 グリップって 当たり前には
 右グリップの方が遠い方、ボールの方握っていますから
 右手の方がからだがから遠い方、
 グリップのズレ分 外側を通る から
 どうしても クラブ自体を押すことになってしまって
 それが故に、支点効果 で左グリップが止まり、
 からだの回転、向きの変更にも抑制がかかっちゃう。
((リリースの違い フォローの違い_Moment(2)

 ですので あくまでも『イメージ』ですけれど
 右手を伸ばしたら 左手の外側、遠い側ではなくて
 左腕の前腕、左手首よりも肘側の前腕を『押す』ような

 イメージで素振りをしてみて下さい。
((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)((リリースの違い フォローの違い_Moment(4)((リリースの違い フォローの違い_Moment(5)
 本当に 『押す』訳では無く、
 左腕は カラダの向きでどんどん逃げていくのですけど
 そう言う関係だと 左腕、左ひじが押されていくので
 からだの回転が止まり難くなります。
 左腕の付け根は背後に逃げようとする、
 このままだと届かないから グリップはボール側に残す
 カラダは廻っていくので 左上腕は上がり、グリップは高くなりますが、
 左右関係として グリップは残る、
 そう言う感じです。

 ポイントは 左ひじで引く というのでは無く
 カラダが回り続け 左ひじが引かれる
 です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「フォローが小さい、大きくしたい って
 ヒトも結構いるじゃないですか❓」
JMさん「ありますね。 昔であれば
 コースで 連続写真を撮って貰い、
 こんなスイング、こんなフォロー したつもりはない!
 って奴ですよね。」

店長「ですねー。自分の思い描いている通りの
 スイング映像になっていることは稀ですからね。
2021-12-06_22-21-54_Moment(4)81b16761-s






 フォローを大きくしたい っていうのを
 『両腕を延ばすようにすれば フォローは大きくなる』
 と思っている人も少なくない、のかも知れないですけれど、
 フェースターンをする人にとって、
 自分自身が 180度ターンすると
 当然 クラブも180度、
MVI_0878(2)_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)




 イヤ それ以上ターンすると思っている人ほど
 想いと裏腹になっっちゃうんですけど
 それをすればするほど
 フォローは小さく 小回りになってしまいます。

 フォローを無闇に大きくする必要はないですけれど
 カラダ向きゴト クラブターンをすれば
 自分は180度ターンするけれど
 クラブのターンは90度でいい と思って行うほどに
 それは解消されていきます。

 弾道が安定しない人やフェアウェイウッドが苦手なヒト
 は この部分、大きいんじゃないかと思います。」

JMさん「抜き方、と言えば良いのか分かりませんが、
 どんな抜き方 になるんです❓」

店長「フォローの取り方、スイングの終わらせ方の
 ポイントは3つあります。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)




,泙困蓮^媼韻箸靴
 自分の向きは180度ターンしても、
 右から左へ(右打ち)と体の向きを180度変えても、
 クラブの先端には重さ が付いているので
 アバウトですけれど クラブ/シャフトは90度とか120度しか
 ターンしない、出来ないというコト です。
スナップショット 6 (2015-10-15 19-55)スナップショット 7 (2015-10-15 19-55)スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)







 からだの向き180度に対して クラブのターンは90度とか120度、
 その位の意識であっても
 
インパクト以降、自分は減速するのですから
 遠心力や慣性 によって 結果、イコール それ以上になります。
 
 運動の元、になるはずの 自分のからだの向きを
 先端部のヘッドが追いつく・追い抜く って
  発想 が一体全体どこから来るのか…
 超常現象じゃないんですから…。

 からだの回転を180度 クラブも180度 って考えている人の
 クラブ扱いって からだ120度 クラブ270度 になったりします。
 クラブの回転の角度(角度運動)が増えれば増えるほど
 半径は小さくなり、軌道変化、ヘッドの姿勢変化も激しく
 なりますので 安定したショットをし難くなりますよね。

スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)





スナップショット 4 (2016-07-27 18-56)スナップショット 5 (2016-07-27 18-57)スナップショット 6 (2016-07-27 18-57)







⊆,忘酲,箸靴討痢]咾気个、肘さばきですけれど
 基本は テークアウェイと同じです。
 
 テークアウェイの時は右ひじ、右腕(右打ち)になりますが
 インパクト以降、フォロー側であれば 左ひじ、左腕になるだけ、
 肘を下に向けて、とか、肘をからだに付けて、とかで
 左腕の肘から先を振らない というコトですね。
 肘をやや外目に向けて 腕をたたんでいく感じになります。」
((リリースの違い フォローの違い_Moment((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)





JMさん「なるほど、確かに テークアウェイと同じですね。」

店長「ポイントは 肘使いではあるんですけど、
 グリップの高さ変化を止めないコト にあります。
 抜け側の左ひじを外目に向ける は
 左の上腕を上げていくことにつながりますが
 それによって グリップの逃げ道、抜ける道が出来ますが、
 左腕をロールさせて クラブを振ってしまう場合、
 グリップの移動が止まってしまうので
 フォローはからだの巻きついてしまいます。
 スピードも上げにくいし、軌道やヘッドの姿勢の変化も激しい、
 その上、肘や手首、肩、腰などへの負担も大きいのですから
 アマチュアが率先的にやるべき では無いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転でクラブを動かす のと
 手でクラブを動かす、 もう少し詳細に言うと
 からだの廻りで クラブヘッドが円を描かせる と
 手で クラブヘッドを円を描かせる  の
 最大の違いは インパクトが一点になるのと
 ゾーンと呼べるか どうかはなんとも言えませんが
 点では無く 線に出来る のの違いになります。」
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

JMさん「当然、手で振った方が点になり易いですよね。」
店長「そうなりますね。
 ですので 同じ条件であれば
 からだの廻りで 円を描いた方が安定し易い ですし、
 ロフトを締めて インパクトし易い、
 ボールをつかまえる、捕える と
 方向の安定が相反しない 関係になります。
 ですので よく言われる 飛ばすと安定は
 本当は相反しないのです。」

JMさん「その最大のポイントはなんなんですかね❓」
店長「私は カラダをどう動かす とか、
 この時は カラダの姿勢はこうだ みたいな技術的なコト、
 ではなく、ざっくりとした クラブってこう動くんじゃないの、
 っていう思い込みと言うか、概念のミス だと思っています。」
JMさん「間違った思い込み。。。ですか❓」
店長「そう思います。
 例えば アプローチで
 カラダの向きが 180度変わったら
 クラブ、シャフトも180度ターンするモノ と思い込んでいますが、
 自分自身が動力で 180度向きを変えても
 クラブは 運動に対しては負荷です、
 特に ヘッドにはクラブ全体の60%以上の重さが付いていますから
 具体的に ●●%とは言えませんが、
 その重さの分、120%とか、
 イメージでは 90%位しか動かない
 と考えた方が
 カラダとクラブにズレが生まれ難いと思います。
MVI_0668Trim(2)(2)_Moment(3)MVI_0667Trim(2)Trim(2)_Moment(4)








 それと同時に、その円を描くコト ですが
 スイングを動作 として考えると
 当然、終わらなければならない ですから
 動作としては 減速 〜停止に向かいますが、
 クラブには勢い、慣性、惰性 が付いていますから
 結果、としては 自分の動作を追い抜く可能性があります。
 勿論、打った後 になりますけれど。。。
 ソコを勘違いしている人が結構、多いんじゃないか
 と思うのです。」
JMさん「ヘッドがグリップを追い越す の話しですね。」
店長「はい。その事実は否定しません。
 否定しませんが、それで打つ、打撃する訳では無い、
 どちらかと言えば、それは おまけ に近い
 打ち終わってから 「発生」するモノ です。
((リリースの違い フォローの違い_Moment((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)((リリースの違い フォローの違い_Moment(4)





 ヘッドがグリップを追い越す を 打撃ソノモノ
 と考えている限り、
 それをする為には 体のどこかを止めねばなりませんから
 イコール 手振り になります。
 フェースターン、ヘッドターン、フェースローテーション、
 それらを 打撃ソノモノ だと考えている限り、
 手振りからは逃れられない のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


JMさん「左への引っかけやトップなどが結構出ます。
 自分で動画などを見る限り 手打ちが治らないのですが
 どうしたら良いんでしょうか❓」

店長「一概に 手打ちが悪い訳では無いんでしょうけれど
 フェースターンが激しくなるのは 徐々にでは、あっても
 減らしていきたいですね。」

JMさん「練習は出来るので、どこを気にしたら良いのでしょうか❓」
店長「そうですね、アプローチが良いのではないでしょうか。
 気にするポイントは 打った後、フォロー側 です。
JMさん「フォロー側❓」
店長「はい。特に片手で出来る程度のアプローチが良いかも知れません。

 インパクトに入る〜インパクト〜インパクト以降 の
 左サイド、左肩の動きに注目して下さい。

 インパクト以降、左肩を基点に 腕を振るようなスイング、ショットと
 カラダを回していくショット の違いが判るかと思います。

 コレが分かり易いのが 左手一本での素振り、ショットだと思います。

 YOUTUBE なんかにも 片手のスイング・ショットが出てきます。
 多くの「片手ショットサンプル」は間違ってると言うと語弊がありますが、
 良い参考例とは言えないですね。


 video_Moment3やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)(片手での素振り と クラブの格納_Moment(3) 
 フィニッシュに向けて こういう抜き方が理想です。
 カラダは廻り 左を向き、左肩、左サイドは
 テークアウェイの時と同じように
 アドレス時に対しての背後、後方に抜けるんですが、
 グリップはボール側に残る・・・そんな感じです。
本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(5)
(片手での素振り と クラブの格納_Moment(6)
 


対になるのがコチラ ですね。
 インパクトは体の正面で‼ とか
 カラダは開くな‼ の意識が強いとこうなりガチ です。

 クラブはどの道ターンしますが、
 それを 腕でするのか、
 カラダの向きでするのか、 の差は
 インパクト以降に強く出ます。

 左手一本での軽いショット、素振りをしてみて下さい。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「そう言う意味合いでも
 左サイド主導でテークアウェイを取るのは
 あまり賛成出来ないのです。
IMG_0272_Moment
 左肩を入れろ
 は 結果論としては間違っていませんが
 方法論としては その意味が
▽左腕を動かす、
▽左腕で『クラブを上げろ

 になってしまっていて、ナント言えば良いのか
 ダウンスイングでの
(左)腕余り』を作っている 
 に至っているケースがとても多く見受けます。」
Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment

質問「からだをもっと回せ は
 左肩をもっと入れろ
…だと思っていました。」



店長「それで悩んでいない、
 手振り、手打ちで困っていない のであれば
 それはソレですけれど、
 ダウンスイングでの 無駄なローテーションや手振り、
 ソレに困っている人の多くは テークアウェイの時点で
 そうなるように『上げて』しまっています。
会田20210701_Moment
 実際に困るのは ダウンスイングでの
 左腕余り、左腕の長さ が邪魔になっているのに
 より 左腕を長く使おう としている訳です。」

質問「そう言う意味合いで テークアウェイで
 右サイド主導、右ひじを外目に引け と❓」

店長「はい。 テークアウェイだけじゃないですが
カラダの向き をする モーターは
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment足廻り、お尻周り、になるとは思います。
思いますが、それの方向を誘導するのが
右サイド、特に右ひじ、右肩なんだと思います。
右ひじが曲がることで
 グリップを引っ張っている、上げているという感じではありません。

●右ひじを外に張る のは確かですが、
 それは カラダの向きを変えて
 右ひじの位置を アドレス時の後方、背後に
 ちゃんと動かす、大きく動かす と言う意味合いの方が強く
 肘の向きが下を向いてなければ OK と言う程度です。

👉カラダの向きが変わるから 右ひじが曲がる
 右を向くだけ でも グリップの高さは増しますが、
👉右ひじが曲がる分だけ、グリップが若干、高くなる
 グリップの高さも含めた 移動の主体は カラダの向き
 というコトになります。」

質問「右ひじの曲がりとフットワークは連動している と?」
店長「からだの向き の 方向を誘導しているのですから
 当然、そうなります。
 ですので 向きの変更が終われば 上がりも含めた
 グリップの移動も御仕舞いになります。
 この連動であれば 多少の惰性、慣性はあっても
 右向きが止まった後で クラブが大きく動いたり、
 悶絶クラブであっても 大きくシャフトがしなったりは
 しないと思います。
小堀20213_Moment

 ダウンスイングで 感覚的に振り遅れている多くのケースが
 左腕の『長さ』に困っている訳です。
 であるのなら 左腕が長くなるような準備 〜テークアウェイは
 再考してみる価値は有るのではないでしょうか❓」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「テークアウェイについて
 あまり話題にならないけれど
 実は 結構、重要なポイントがあります。」
質問「! なんなんでしょうか❓」
店長「ダウンスイング、インパクトで
 ヘッドやクラブを下に振ってしまう、
 キャスティングしてしまう、
 まぁ つまり 手で振ってしまうコトが原因で
 悩んでいる人って 結構、いるか と思うのですが、
 その 素地になるのが テークアウェイの中に潜んでいます。」
質問「結構、重要なポイントですね。」
店長「ですです。
 ダウンスイングで考えると
 カラダを回す 〜向きを変えるコト によって
 トップの位置で高かった グリップの位置を低くする、
 からだの回転と言う横運動でグリップの高さが変わる、
 正確には上下『運動』ではありませんが、
 横運動を縦運動に変換する作用…
 からだの回転によって グリップを変える、
 というのが ありますよね⁈」
質問「出来ているかどうかは分かりませんが、
 頭ではわかっているつもりの部分、ですね。」

 店長「それの 素地が テークアウェイにあります。

 テークアウェイを総称して 上げる
 ダウンスイングを総称して 下げる


 スイングは 上げて下げる だけだ‼
 という イメージ が有ると思うのですが
 その言葉は カラダを回すだけだ を本当は示唆しているのですが、
 アマチュアの多くは テークアウェイはクラブを上げるモノ、
 手や腕の作用によって クラブやヘッドを上げるモノ
 『上げる』と言う動作を強く意識している可能性
があります。」
質問「。。。意識 しています…。」
店長「ダウンスイングで起こる 振り遅れや開き など
 カラダの向きによる 時間の進行 からズレ
 その結果、ヘッド・フェースを返さなくてはならない
 と言うケースの多くの原因は テークアウェイであったりします。


 カラダが右を向くコト が
 グリップを、クラブを高くする メインエンジンで
 腕を使って それを 少し補助している だけ
 位置エネルギーを確保するのは カラダの向き で
 その確保された位置エネルギーを 帰りに当たる
 ダウンスイングでより 打撃に有効に使えるようするのが腕の役割
 なので 腕でクラブを上げたり、高くしたり はしない、
 と考える方が良いと思います


 アマチュアのスイングの中には
 カラダの向き ではなく
 腕そのもので クラブ・ヘッドを上げる方 も居ます。
 そう言う打ち方も悩んでいなければ それはソレ ですが、
 参考書的には お薦め には出来ません。

Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Momentからだの回転で 高さを造っていないと
ヘッドの遅れは ロフトの立ちに出来ません。
左右の腕の関係から 腕だけ(特に左腕)で上げ、下げ、
そして 帰りには 横運動である回転が混じってしまうので
ヘッドの遅れ は フェースの開き に転じてしまいます。 
 
 スイングタイプ的に
 深いトップ、俗に言うオーバースイング気味の人に多いですが、
 先に体を廻し、右向きの からだの回転が終わり掛かると
 その慣性や遠心力で 更に腕(特に左腕)やクラブを振る、振り上げるケースですが、
 これは 基本、腕(特に左腕)だけでクラブを上げ下げしているケース と
 変わりありません。
 慣性が加わって 深いトップになる分、
 無駄?不必要なヘッドの遅れが加わる分、
 より一層の ヘッドターンが必要になります。
 それらは ダウンスイング、インパクト、ボールさばきの問題
 ではなく、準備側に問題があると言うか、
 ボールを打つ、クラブを振る概念のミス と言えるかも知れません。
会田20210701_Moment

 ダウンスイングでからだの向き、回転通り グリップが低くなる、
 テークアウェイで 回転通り グリップが高くなる、


 アマチュア、プロ、それぞれ 全員って訳ではありませんが、
 あ この人 素人じゃないな ってのが
 そこら辺に出たりする訳です。」
質問「テークアウェイにおいて
 腕での クラブの上げ は要らない。。。と。」

店長「上がってしまう分は別として
 テークアウェイで 腕だけでなく
 クラブを上げる意識そのものが要らない
 と思います。

 特に 左腕でのアクション
 テークアウェイで左腕を「動かす」アクションは
 ほぼ要らない、邪魔になる要素だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「からだの回転について、ですが、
 テークアウェイを取る時、どこを、どうすれば良いのでしょうか❓」

店長「感覚的な部分もありますし、
 今まで培ってきたスイングの感じとの差異 もありますけれど、
 ✊ボールを打つため クラブをターンさせたい為、
 それを持っている 自分が右を向く のが目的です。
((((((((_Moment

 よく有りがちな 左肩を入れて、
 左サイドを動かして、 は忘れた方が良いと思います
。」

質問「右への体重移動もありますよね❓」
店長「あります…ありますが
 カラダが右を向いた『から』、体重が右に乗った✋に過ぎませんので
 アドレス時の 右左〜飛球線方向 の左右は
 意識しない方が良いかも知れません。

 腰や背骨、からだの負担を出来るだけ掛けないように
 右を向くには
 この動作の進行方向の前側に当たる/右サイドを動かす、
 右肩でも良いですが、右サイドを背後、
 後方に引く? 逃がす? 移動させる?

 どの用語が適切かは微妙ですけれど、
 左サイドになにがしか で 押す よりも
 右サイドのなにがしか で 『背後に引く』
 感覚の方が良いと思います。」

質問「右サイドを背後に引くんですね⁈」
店長「その方が良いと思います。
 カラダはつながっていますから
 右サイドが背後に逃がす、移動させると
 結果、としては左サイドも右に移動する、
 用語的に 左肩が入る になりますので似ていますが、
 左サイドで押す、左サイドを入れる を
 強く意識してしまうと、運動の前側に当たる
 右サイドが動かず、渋滞してしまい、
 ボール側に前傾が深まってしまう、ねじれたお辞儀
 になってしまったり、
 特に手で振る人にはお薦め出来ないですね。

 コレ、テークアウェイに限らず、ダウンスイングでも
 そうなんですけれど、手で上げてしまう
 手で振ってしまう って
 前側のからだやグリップ、腕が止まる、
 止まるからクラブやヘッドを振れるので
 前輪駆動の意識を強く持って良いと思います。


店長「ですので 右ひじを背後に引く、外に張る、
 は 右ひじソノモノを外に張るコトが重要なのではなく
 右サイドを背後に移動させるコトが主の目的です。

 右ひじがからだを動かす と言う訳では無いかも知れませんが、
 右サイドが背後に逃げるよう 誘導する目的が強いです。

質問「あああ なるほど。」

店長「別の記事 でも書いていますが、
 スイングの回転には 前傾角度が伴っていますが、
 ちゃんと カラダの向きを変えることが最優先で
 それによって 軸がある回転 になる訳ですが、
 それに前傾角度がある方が良いですけれど、
 それを意識し過ぎて 回転が妨げられるのであれば
 前傾角度がなくなっても カラダの向きを変える方を
 優先して欲しいと思います。

 ですので 前傾が深くなって、ボールに近づいてしまう
 テークアウェイ、トップを取っていた人にとって
 右サイドを動かす って言うのは
 ボールから離れるような…、
 カラダを起きるような…、
 そう言う感じになると思いますので
 そこは慣れてもらうしかないでしょうね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「からだを廻す のは
 具体的にはどこを廻す と良いのですか❓」


店長「…いつも通りですが、
 ちょっと長い前置き になってしまいますが、
 男子プロ、特に欧米選手の 真似 をする事に
 良いことは多く…ほとんどありません。
 場合によっては 害悪の方が多い場合もあります。
 勿論 昔からある 普遍的な部分は 良いとは思いますが、
 私たち アマチュアとは ドライバーで言えば
 100ヤードも 150ヤードも距離が違うのです。
 2倍とは言いませんが 1.5倍は飛ばすヘッドスピード
 ヘッドスピード 55㎳ の異世界のテクニックを
 40ms行くか、どうかの私たちが活用しきれません。

 想像出来るとは思いますが、
 今より 100ヤード、150ヤード飛ぶとしたら
 コースはもっともっと狭くなるわけですよね。
 ですので 主に そちらの技術が主になります。
 なんと言えば良いのでしょうか
 F1ドライバーのドライブ技術 を 日常の運転に
 活用しても あまり意味が無いのと似ている と言えば良いのか…。

 そして 彼らは 私たちの息子娘、孫 の年齢ですので
 カラダもしなやかですし、限界値もかなり違います。
 私たちと違って 選手である限り、からだのメインテナンスにも
 時間もお金もたっぷり使います。唯一の資本ですので…。
 そこは考慮して置いた方が良い…が話の始まりになります。」

質問「それはそうですね。」

店長「それを踏まえた上で、
 ごくごく普通のオジサンおばさんゴルファーが
 からだを廻す、向きを変える その主な部分は
 骨盤を含めた背中、胴体になる訳ですが
 背骨は上から 頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個、仙骨、尾骨
 で構成されますが、
✋よく言われる 腰を廻す の近くにある
 腰椎5個は 5個の合計でも 5度も捻ることが出来ません。
 
Spinal_column_curvature-ja.svg

 背骨で考えると 捻じるコトが出来る。。。
 あんまり お薦めは出来ませんが、あえて 言えば 胸椎
 で行うことは可能ですが、
 それは むしろ ひねられて『しまう』と言う程度で
 背骨、胴体を捩じろうとしている場合の多くが、
 背骨ではない、肩甲骨を動かしているケースが殆どです。
((((((((_Moment

 腰痛などの カラダの故障、痛みのコトを考えると
 カラダの向きを変える カラダを回す は
 捻じられる部分を胴体ソノモノにするのではなく、
 胴体は向きを変えるけれど、ねじられる部分は
 股関節 にするべき
 だと思います。」

質問「股関節 なんですか❓」

店長「そうです。肩甲骨を主に 胴体を捩じれば
 主に胸椎ではありますが、元々 ひねる と言う動作を
 あまり得意としていない 背骨が捩じられますので
 カラダへの負担、や無意識な恐怖から
 早くなってしまったり、浅くなってしまうコトも多いです。
 年齢を取って、距離が落ちてしまう原因 の一つに
 長年の腰痛などから 中断期間 が生まれ、
 復帰しても 怖くて 廻せない、捻じれない、になる訳です。
 やはり 本能的に 背骨が捩じられるのは怖いと思います。


 肩甲骨の可動域を増やす という話題が
 スイングの話しの中に 出てきたり もしますが、
 おそらく…ですけれど、可動域を増やしことによって
 背骨に対しての 捻じり、負担を減らす
 というのが 一番大きい のではないかと思います。
338321720240




 股関節は ざっくり言えば ボールジョイントのような構造
 を持っていますので 捻じられることに問題は有りません。
 動かせていれば 捻じる事に違和感が少ない箇所ですので
 加齢による 回転不足に陥り難い 方法・箇所です。

 ですので 飛ばす と言うトレーニングは勿論ですが、
 歩く、大股で歩く、太もも、ひざを上げる など
  股関節廻りのお尻や背中、
 大腿などの筋肉を動かす訓練が有効か
と思います。

 飛ばすことに 背中も含め、脚力という
 かなり大きな筋肉を使えるのです。
 使っていなかった人にとっては かなりのチャンスかと思いますね。
IMG_2813Trim(2)_Moment(2)
 からだ 👉胴体 になる訳ですが、
 それ自体を捻じる、ひねる、ではなく
 股関節を境とした 胴体ゴト 廻す は
 似ていますが、かなり違うと思いますし、
 筋力、体力の無い、運動不足ガチなアマチュアの必須動作 であり、
 ゴルフのせいで カラダを傷めるコトを避ける作法
 だと 私は思います✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テークアウェイ、トップの右向き
俗っぽく言うと 回転が足らない って言うのがありますが
 深ければ良いってもんじゃないけれど
 自分で出来るなりの深さがあった方がよりベターでしょう。
池田康二202520_Moment((((((((_Moment









テークアウェイの右向きの深さは
 スイングの七難を隠す とまで思います。

素振りや練習場に比べ コース、現場では
 その右向きの7割にまで減少する と考えた方が良く
 特に 胴体を捩じっている人には それは顕著です。

ショットだけに限りません
 アプローチやパターなどもそうですが、
 緊張や興奮が伴ったり、
 疲労が溜まってくると
 ゴルフクラブを出来るだけ それに近いトコロで動かそう
 とする 怠けグセ は誰もが持っています。
 
 素振りや練習場に比べ コース、現場では
 その右向きの7割にまで減少する と考えた方が良く
 特に 胴体を捩じっている人には それは顕著です。
 胴体が捩じられる分が
 よりクラブに近い手先や腕を振るコトになり易いモノです。


ハミングバードでは 胴体を出来るだけ捩じらず
 骨盤が右を向くコトを推奨していますが、
 意外なトコロに 右向き不足 は隠れています。 

フラットなスイング軌道が悪い とは決して言いませんが、
フラット気味の軌道のタイプ、
フェースを開いて上げるタイプ、のスイングでは
トップ付近で、 クラブが大きく右(右打ち)にズレます。
勢いが付いているケースも多く、その重さは結構なモノ…
2021-02-13_22-10-57_Moment(2)2021-02-13_22-10-57_Moment(3)M2019810L!_Moment(6)20191006_Moment(3)







👉バランスを取る為なのか、本能的なモノなのか、
 は人によって異なるとは思いますが、
 それが故に カラダが前に倒れてしまう、
 ボール側に寄ってしまうケースが少なくありません。
(回転とフットワーク_Moment(3)

テークアウェイ、トップでの右向き は
骨盤と大腿(右)との向き差 ですが、
カラダが前に倒れる〜屈曲してしまう感じ は
向き差を作る苦しさ?と似ている為、
本当の向き差が浅くなってしまう可能性があります。
スイング ココを治そう❶_Momentシリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)202176_Moment







十分な右向きが取れず、代わりに屈曲してしまうと
ダウンスイング、インパクト時に起き上がりながら打つコトになり易く、
ダウンスイングでの 腕の、クラブの通す空間を作れません。

起き上がるコトによって したくないのに
下にクラブを振るコトになり、手打ちになってしまう…
実は その背景には 右向きの取り方、
トップ付近でのクラブ・『重さ』の位置が起因している
可能性は結構高いかも知れません。

トップ付近で クラブの重さ、腕の重さがどう掛かっているのか
一度 チェックしてみても良いのではないか、と思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「右向きが十分で無い
 と感じる要因のもう一つに
 切り返してから カラダは動かし始めるのに
 グリップを置き去りにしている時間があります。
 そうすると 自分のからだに対しては
 グリップは右にズレる訳ですが
 本来、その位置程度に回っておいた方が良い
 と言う感じですね。」
Yさん「意識して、と言う訳では無いのですけど
 ヘッドを残して とは思っていました。」
店長「不十分な右向き、屈曲では
 腕を、クラブを動かすスペースが十分ではない、
 そう言った本能的な動き なのかも知れません。

 この位 右を向いて置いた方が良い
 その位置の差、右向きの感じの差は
 かなり激しいですので 慣れる と言えば良いのか
 少しでも 右向きが増えると良いですけれど…。」
Yさん「今までのモノがテークアウェイと呼べるのか は
 別として、かなり起き上がった感じはしますね。」

店長「今までは ボール側に折れる というか
 ボールの方に近づくような感じですから
 ボールから離れる感じはどうしても否めないでしょう。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment(2)

 右向きをしっかり取る場合、
 右の骨盤よりも 背後側(アドレスに対して)
 カラダが行かないといけなくなります。
 慣れるまでは 奇妙な、違和感はつきまとうと思いますけど
 スイングの基礎運動である 回転、向きの変更は
 ある程度の量は確保すべきです。」
Yさん「右向きは箇所として どこから動かし始める感じ
 なのですか?」

店長「感覚的な部分はあるとは思いますが、
 やはり 脚の運動主体になると思います。
 ぼんやり ではありますが、
 左足、左太ももや膝をつかって左股関節を右に寄せる、 
 その押されたのと同様に右の股関節を背後、
 アドレスに対して後ろに逃がす
 そう言う感じになると思います。
 左ひざを右に寄せる感じ でも良いかもです。

 少々、大袈裟ではありますが、右に体重移動
 ではなく 後ろ、かかと側に体重移動する
 感じが 今は近いのではないでしょうか❓」

Yさん「後ろに体重移動の感じは分かり易いかも知れない。」

店長「右サイドを背後に逃がす誘導方向として
 右ひじを背後に移動させたり するのですが、
 そこが 運動そのもののエンジンではなく 操舵だと思います。

 胴体をひねる、肩だけを廻すタイプ
 だとしても、やはり下側 脚側も動いていないと
 屈曲とは言わないまでも 前に傾く、ボールに近づく傾向は
 強くなると思います。

 ある程度の年齢が行ってくると
 アンバランスな姿勢には忌避感が強くなりますので
 股関節主体の 向き になると良いですね。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment

 素振り、をする際、
 勿論、そのまま打って良いのですが、
 視線を切る、視界を変える、顔自体も右を向ける
 そうすると 右向き感が分かり易いですし、
 視界で 右向き量も判別し易い と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Yさん「こんにちはー
 ドライバーや長物系が上手く行かないんです

 ナニカ ヒントをお願いします。」

店長「はい。では まず 打ってみて下さい。」

Yさん「よろしくお願いしまーす。」


店長「全体像としては 悪い感じ…では無いと思いますけど
 前から気になっている点、を少し改善してみましょうか❓」

Yさん「どの点でしょうか❓」


店長「テークアウェイにおいて
 右向きの仕方がオリジナリティがあって
 右を向いている と言うよりも
 屈曲している、と言えば良いのか
 前(ボール側)に倒れている量が多く、
 結果、右向きが足らないんじゃないか と思うのです。

 ちょっと 動画を見てくれます❓」

Yさん「言われてみると そんな気がしますね…。」

店長「右を向けば 良いってもんじゃないですけど
 結構、屈曲が近く、かなりボールに近づいています。
 前準備…として こう近づくと
 離れながら ボールを打たざるを得ない のではないか
 と思うのですよ。」

Yさん「はぁ…。」

店長「このような テークアウェイになった
 ナニカの理由とか、目的とか ってあります❓」

Yさん「前傾姿勢を維持するように意識しましたが…。

((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment

店長「あああ なるほど、なるほど。
 ちょっと脇道に逸れますけれど
 前傾姿勢に関して、は 有れば良い ので
 私たち おじさんゴルファーは出来るだけ薄い、
 少ない角度の方が良いと思います。

 と、同時に 前傾姿勢の目的は
 向きを変える動き、回転という 横運動になりますが
 それで 低いトコロにあるボールを打つ為 であって
 向きを変える、回転する動きが大前提です。

 ですので 前傾姿勢を維持する意識が強すぎて
 回転する阻害要因になっては 本末転倒 になっちゃうんですね。」

Yさん「確かに…そうですね。」


店長「Yさんの場合、ぶんぶんとヘッドを振る、
 シャフトを振るスイングタイプでは無いと思いますし、
 おそらく フルターンと言うか、短いショットやアプローチは
 あまり困っていないと思うんですが…。」

Yさん「そうですね、短いショットの悩みは
 飛ばさなくてはイケナイショットに比べると少ないかな、と。」


店長「シャフトをぶんぶん振るタイプ、
 フェースローテーションが強く、それが打撃の命、って
 スイングタイプでは無いのに グリップが緩い、
 左右のグリップが離れているのは なんでなんだろ〜なぁ…は
 Yさんの回転の仕方 にある気がするんです。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment(3)

 テークアウェイでボールに近づいて
 離れながら ボールを打つには
 クラブを下に振る 👉キャストが必要になりますので
 無意識の内に グリップは緩みます。
 右グリップが 左グリップから離れやすく なります。

 長いクラブや飛ばしたいショットでは
 当然、その下に振る割合が増えちゃいますし
 この 屈曲し、元に戻る って動きでは
 傾斜地からのショットが フルショットにし難いですから
 苦労しちゃうんじゃないか と思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



先ずはコレをご覧ください



どう見えますでしょうか❓
だいぶ太ったねー😢
何キロ あるんだい❓

 いやいやいや✋ そっちではなくて✋
段階で話しますと
このショットのイメージ
このショットをするための 概念と感覚 は

➀出来るだけヘッドの重さにとらわれず
 からだの向きでグリップを移動させるコトに
 専念します
➁ボールと自分との間、その空間を
 自分に平行に、
 グリップエンドが飛球線方向を向いたまま
 通り抜けるようにイメージ
します。

⚠アドレス時、のように
 自分に直角な、
 グリップエンドが自分の方を向かないよう
 トップの位置で向いている グリップエンドのまま
 自分の前の空間を通すイメージです。
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(2)

これをソックリそのまま 真似ると
 上手く行かない方、
 大ダフリやシャンク、てんぷらになる人も多いと思います。
それでも効果は少なくありません。

一歩進んで
ヘッドの姿勢、フェースの向きやロフトを
 手先で作っている、
インパクト前後にフェースローテーションをして
 それらを整えている のが元の打ち方 と前提し
〇ダウンスイングで グリップが移動すると
 その移動によって フェースが開いていく、
 シャフトが寝ていく のを その逆の
🔴グリップが移動していくと 一層、
 フェースが下を向いていくように心がけます。

スナップロックとつながる部分です。
 
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment

 腕で意識してすることはそれだけ です。

とりあえず シャンクしようが、チョロになろうが、
自分とボールとの空間を 縦抜き
 グリップエンドが飛球線方向(アバウトでOK)向いたまま、
 トップの位置のグリップエンドの向きのまま、
 通過させるコト
 を最優先とします。



使っているのは サンドウエッジです。
当たりの是非は無視していますが、
距離のイメージとしては
 50〜60ヤード位、6.7分程度の感じです。

もう一度 見て下さい。

特にすごく特徴のあるスイング ではありませんし、
 ごくごく普通のショットに見えませんか❓
漠然…と見た時、なんか 奇妙な動き、スイングに見えます❓
 これが「ボディターンだ‼」なんて決して言えませんが
手打ちに属する感じには見えないと思います。

 
どうです❓❓

とは言うものの
手を全く使ってないのか❓
手を全く使って見えないか❓

と言うと、手が主になって打っているようには見えない…かも
ですが、確かに 手は動いています
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(3)

やってる本人は 腕は完全ロック とは言えないモノの
積極的に手で打つ のと 完全ロックの間の
やや完全ロック寄り で
手として意識しているのは
からだの回転で、腕の付け根、グリップが移動させられた時、
 その動力で フェースがボールに向くコト(特に上下の向き)だけ
自分でヘッドを出そうとか、
シャフトを振ろう、ボールに当てよう、届かそう
     と言う意識 は まるでありません。

どちらかと言うと 受け身、  当たるんかい? 届くかなー?
 車で言うと 腕はギア のようなモノで
 車では それは回転数の変換ですが、
 この場合は フェースの上下の向き です。
エンジンの回転と言う動力 に相当する
からだの回転と言う動力 に対し
腕はギアとして 当てる為、打つ為、飛ばす為、
フェースの面の向きを下向きになるよう にする、
これが腕の仕事 でした。
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(4)
ここが 「クラブ、シャフト、ヘッドを振ってはイケナイ」
の スタートライン・体験版になるのではないか と思います。

これ 腕で打つ充実感(多くの方の大好きなモノ)を除けば
そのまま フルショットの距離 に移行出来ます。
で、「こすって スライス気味の方」であれば
このショットの方が 遥かに飛びますし、弾道も綺麗な筈 です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「クラブを振らない、ヘッドを振らない、
 あくまでもイメージ…ですが、 それは
 グリップエンドを飛球線に向けたまま抜く
 そう言う感じになります。 
(クラブ扱いのイメージの比較_Moment
 アプローチや加速の無いショットでのドリル や
 練習になってくるか と思います。」
Mさん「ハンドファーストを維持したまま
 インパクトゾーンを通過すると 開いたまま で
 スライスやシャンクになってしまう印象が強いのですが…。」

店長「そう思います。
 ハンドファースト、言い換えると ヘッドの遅れを
〇フェースの開き 〜フェースの上向き にするのか
〇ロフトの立ち  〜フェースの下向き にするのか

 の真っ二つに分かれる と思います。
 前者 であれば それは当然、どスライスか、シャンクになるでしょう。」

Mさん「ソコに何かポイントはあるのでしょうか❓」
店長「そうですね、アプローチでは捉えにくいかも知れませんが、
 加速の無いショット練習、運動速度と言う意味でのハーフショット で
 良いドリルになるかと思うのですが、

 カラダの向きを変えるコト によって
 グリップで 上下の弧 を描く
 グリップの 上下、高さを変える、
2021-12-06_22-21-54_Moment2021-12-06_22-21-54_Moment(2)






 言葉として 分かり難いかも知れませんが、
 手作業として、腕の仕事として
 グリップを下げようとすると
 グリップが下がったところで終わってしまいます。
 2021-12-06_22-21-54_Moment(3)2021-12-06_22-21-54_Moment(4)






 からだの回転でグリップの高さを変える、
 カラダを回すことによって グリップの上下の高さを変えれば
 一旦は低くなって行きますが、
 インパクト前後を境に、今度は上がっていきます。

 ハンドファースト、ヘッドの遅れを
 フェースの閉じ、フェースの下向きにして上げるには
 インパクト以降の グリップの上がり、
✋ヘッドの上がり じゃないですよ。
 勿論、グリップが上がれば 結果としてヘッドもあがりますが…。
 グリップの上りがとても大切なんです。

 グリップの上がり が無い は
 イコール グリップの止まり です。
 からだの回転で グリップを動かしていれば
 カラダの向きが変わっている最中は
 必ず グリップの高さは変っていきます。
 同じ高さに留まる瞬間は殆どありません。

 手振り、手打ちにスイングには
 必ず グリップの高さが留まる、滞る瞬間 があります。
 フェースローテーションするには必須ですから。
2021-12-06_22-21-54_Moment(5)

 両手を離して素振りしてみると 感じられる…かも知れませんが、
 からだの回転とともに
 右腕が伸びていく、伸ばされていくと
 からだの回転とともに 左グリップはどんどん
 前に押されていきます。
 左グリップが高さを留めるチャンスはないのです。

 グリップの高さ 変化は意外な盲点なのです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングで、特にアプローチで
うまくいかない、
ダフル、
トップする、
ミスになる、
 大きな原因 は知識で解決出来ます。
607a83e4-s

アプローチにも種類がありますが、
グリーン周り位の距離から
番手にもよりますが、50ヤード位まででしょうか
この知識はとても有効です。

そして この知識は勿論フルショットにも
とても有効…というか ホントは『当たり前』
なのですが、多くの人は誤解?、錯覚して理解しています。



何度も何度も書きますが、
スイングは 最終的には円弧 を描きます。
その円弧に騙されてはいけません。

ゴルフクラブは機械仕掛けではありません。
弊社の取り扱う 柔らかいシャフト であったとしても
ダウンスイングで 多少グリップは押されますが、
ことヘッドに関しては自発的に動くことはありません。
よく言われる ヘッドが走る というのは
 手を、グリップの移動を止めたから
 その反動でヘッドが動いた『だけ』であって
 それは シャフトの働き ではありません。
クラブ扱いの基本中の基本は
持っている、打つ人が
なにがしかの運動/動作で
グリップを動かした分 その移動量分
ヘッドが動くのであって
グリップの移動量を ヘッドが上回ることは
意図的にしない限り 絶対にないのです。

円弧 と言う意味ではグリップに対し
外周に当たるヘッドは、大きく移動したように
感じますが、このショットを
真上から俯瞰して見ていると
考えてみてください。
グリップの移動量に対し
ヘッドの移動量はさして変わりがありません。
201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment(3)












スイングは体が回転するので
結果として 円弧を描き
それによって その外周に当たるヘッドの方が
最終的には 長い道のりを描きますが、
コト移動量そのものに対しては
グリップの移動量=ヘッドの移動量 です。



アプローチの方が分かり易いでしょうか
ここを スタート地点 します。
スナップショット 3 (2017-01-13 12-28)
〇ここは通過点ですが、仮にゴールとします。
スナップショット 6 (2017-01-13 12-29)
二つの写真を比較してみると
スタートのグリップの位置とゴールの位置
スタートのヘッドの位置とゴールの位置
双方の 移動量にさほど違いが無いのがわかるかと
思います。
腕さばき、作業として グリップの移動を多少
強調していますが、からだの向き、
特に左サイドの移動をしているに過ぎません。

何を言いたいか というと
グリップの移動分 以上に ヘッドを動かすような
持っているクラブの長さを最大(外周)とした
円弧に
『動かす』ショットでは
そのヘッドの通る道のりが長すぎ、時間がかかり、
『スイング時間』の中で
からだの正面に相当する時間に間に合わない
 のです。
MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment
MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(3)
MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(4)
アプローチ、ですので リリースはしていませんが、
ハンドファーストのまま カラダの向きで打つに比べ、
クラブ姿勢をアドレスに戻す では
ご覧のように 無駄な下への円弧 の分相当、
自分の左サイドは上にひっつれた状態になります。
それを制限しないと ボールに当たりませんから
左サイドを止める習慣が付いたりします。
インパクト前後での 各所の調整が必要になる のです。

トップ姿勢を造り、それを概ね固定し
体の向き、特に左サイドを止めない、左サイド主体の
向きの変更でボールを打つ、
フェースの面はどの方向に向けるのか、
グリップはどの方向の移動するのか、
そう言う学習は必要になりますが、
クラブ姿勢をアドレスに戻すに比べ
インパクトでの調整は必要ありません。

本当のアプローチになった際、
どちらが ミスを誘発するか、
実体験して頂ければ 分かるかと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「右打ちのひとであれば
 右腕を曲げ、短くして 伸ばす‐長くする
  『リリースする』
 動作がスイングを二分する、と言ってよいでしょう。

 ざっくりとですが
〇ハンドファーストを解く為のリリース と
〇ハンドファーストを維持する為のリリース に
 分かれると思います。

 前者は悪く言えば 手打ち ですが、
 ゴルファー全員で多数決を取れば
 圧倒的、多数 だと思います。」

Mさん「だと思います。」

店長「このリリースの 困ってしまうトコロは
 ふたつは 真っ二つに分かれるほどのモノ ではなく
 その間も無数に存在しているというコト と
 例えば 両極端と仮定したとしても
 場面によって、状況によっては 使い分ける場合が
 ない訳では無いというコト。。。
 とは言うモノの スイングの基本としては
 カラダの向きで打った方が、断然、手数も少なく、
 耐久力の有る箇所で動かせますので
 「ハンドファーストを維持するリリース」を
 覚えた方が良いと思います。お薦めします。
 一般的には この変更が 手打ちからからだの回転
 への変更に相当するのだと思います。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

 また、ハンドファーストを維持するリリースの立場から見ると
 ハンドファーストを解くリリースは
 スイングの回転半径も小さく、インパクト時の
 ヘッド姿勢変化もとても激しい為 安定して同じ球を打つコトが
 物理的には低くなるのですが、
 …ソコが人間の凄いトコロですが、
 それを練習、練習量、練習頻度で乗り越えて、
 自信を付けたゴルファーも少なくありません。
 カラダを痛めやすいスイングになり易いので
 その練習量、練習頻度が後々 仇になる可能性もあります。」

Mさん「リリース以外の部分で大きな違いはなんですか❓」
店長「そうですね、幾つかの点で違いがあります。

.魯鵐疋侫 璽好箸魏鬚リリースでは
 …該当する本人は自覚がない、というか、
 それ以外を知らないから仕方が無いと言えるのですが、
 カラダの向きを変える 通称からだの回転も
 からだ、左右を同じように回す というよりも
 まず 左サイドを動かし、
 のちに右手で叩く、右サイドを動かす、
 ふたつに分けた回転をしているケースが多いです。

 左サイドのリード という俗世間的な言葉が該当するか
 分かりませんが、左サイドを動かす事が打撃
 と言う感覚を知って欲しいです。
 左サイドがリードして・・・
  👉その後、何かをする のではなく、
 その『左サイドのリード』が打撃ソノモノだというコトです。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment

▲悒奪匹硫鹽召鬚気擦襦△修離ぅ瓠璽己向が
 90度違うのではないか と思う人がいらっしゃいます。
 ハンドファーストを解くリリースでは
 ヘッドの返し、フェースローテーションは不可欠になるのですが、
 その回転は ネック・シャフトを軸とした横回転です。
 ・・・まあ 字面通り、額面通りの話しなのですが・・・。
 ハンドファーストを維持する為のリリース では
 ヘッドだけが回転するコトはなく、クラブゴト ですけれど
 基本的には クラブを握ったまま、
 自分がターン(向きを変える)だけと言えば良いのか、
 ヘッドやクラブをターンさせる意識はありません、
 結果的にはするんですけど…。
 その回転は 縦、 回転と言えないかも知れませんが
 あえて言うのなら
 ヘッドが反転するのは縦 のイメージです。
 とは言え 自分がターンするだけで
 クラブを回転させる意識はありません。
 回転させる/させないという意識と
 その方向が大きく異なると思います。

 その回転のイメージ によって
 テークアウェイやトップ、アドレスやグリップもそうですが、
 横にヘッドを回転させていたのを
 ヘッドでは無く クラブ自体を縦に反転させる…、
 クラブ・ヘッドをターンさせず 自分がターンする、
 かなりやるコトが異なってくるのですから
 前準備も変わってくると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「
からだの回転 が絶対と言う訳ではありません。
 痛みが無く、安定して打てるのなら
 手打ちだって 立派なゴルフの打撃です。
 ですが 手で振る振り方は
 胴体をひねる という高齢のゴルファーには
 恐怖や痛み伴い易い打ち方であるため、
 どこかの時点で 急に飛ばなくなるケースが少なくありません。
 また、手で振る振り方の場合、
 右打ちの人であれば 右腕を伸ばすことでする
 「リリース」が打撃の要(かなめ)になる訳ですが、
 それは シャフトの長さが半径になり、ヘッドの回転が伴うので
 そのヘッドの上下の変化、ヘッドの姿勢など 微調整が必要です。
 インパクト という 瞬間、
 ドライバーで言えば 1/2500秒以下の瞬間に
 理想通り にするには
 かなりの練習頻度、練習量が必要ですし、
 それを維持するには メインテナンスとしての練習頻度が必要になり
 元々 手首や肘、腰などに負担のかけやすい動きの為
 そのスイング・ショットのメインテナンスの為の練習で
 カラダを傷め、故障してしまうコトがとても多いです。
  カラダに不安の無い若者の打撃法  と言っても良いかも知れません。


 
 とりあえず ですね、
 手打ち から からだの回転 への移行
 には技術的な部分よりも先に
 感覚の修正が必要になります。

 恰好、姿勢、形がどう と言うよりも
 肝心なのは ボールをさばく、この瞬間
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment
 このアングルで言うと
 クラブが右脚から左脚の間を通過するトコロ、
 ここがインパクト前後 に該当する訳ですが
 ここでの クラブをナニで動かしているか
〇手さばきなのか
〇からだの向きなのか、 
 それが 手打ち と からだの回転 の違い で
 乱暴に言えば ここ以外の前後はどうでも良い
 ここ以外の姿勢とか形はどうでも良い
 と言っても良いでしょう。

 ココの部分を カラダの向きでクラブを動かす『為に』
 テークアウェイがこうであって
 トップの位置、ダウンスイングがこう…であるのであって
 形が先にあるモノではありません。


(片手での素振り と クラブの格納_Moment
✋そこで… 感覚の修正の為に、ですが
 素振り で良いので こういうイメージを持ってください。
 アドレスの向き、ターゲットラインに対し、
 ボールへの垂線を引きます。 コレをブレイクラインと仮称しますが、
 このブレイクラインをグリップエンドで割って下さい。
 
 おそらく…ですが、インパクト付近で
 グリップエンドが自分を向いている
 そう言うモノが『インパクト』だと
 ぼんやりと認識していると思うのですが。。。

 それと 90度異なる グリップエンドを飛球線に向けたまま
 ボールを追い越すのです。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

 空振りする
 当たらない
 届かない
 スライスになる

 そう感じると思いますが、
 その感覚の差 が
 手打ち と からだの回転 の差 です。

 クラブがターンするのはからだの向きが変わるから、であって
 そこを手でターンさせたら、からだは止まります。


 ブレイクラインを グリップエンドで割る、
 飛球線にグリップエンドを向けたまま、
 そんな感覚で ボールに届く、当てる、打つ、
 には カラダを回し続けなくてはなりません。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment
 届かない、当たらない、打てない、スライスになる、
 そうかも知れません。。。。が
 そこで 手でクラブをターンさせても 堂々巡り になるだけです。

 ブレイクラインを グリップエンドで割る、
 飛球線にグリップエンドを向けたまま、
 でどうやって ボールに届かせる、ボールに当てるのか、
 スライスさせないのか、を模索する必要があります。

 そう考えると ソコを手でクラブターンし、
 スライスした、とか 飛ばないとか で
 ソコを治すコトを繰り返してきた、のではないかと思うのですが、
 手でクラブをターンさせることを前提に進んできた
 始めの一歩、一番始めのボタンの掛け違い なのだと
 気付くことが ものすごい大きな進化になって行きます。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Tさん「そもそも カラダを回せ、
 もっと右を向け、左肩を入れろ
、の理由と言うか、意義と言うか
 なんのためにソレをするか が抜け落ちている気がしますが。」


店長「そうですね。ゴルファー全員に確認することは不可能ですが
 今までの経験則で言えば、『コト 飛ばし に関して』
 カラダを速く、もしくは大きくとか、多くとか、
 廻した方が飛ぶ からだの回転=ヘッドスピード・飛距離
的な
 感覚が少なくないと思います。」

Tさん「違うんですか❓」
店長「ま ここがゴルフスイング、ゴルフの楽しいところであり
 ちょっと意地悪なトコロ だと思いますけど、
 間違いじゃないけど、100%正解でもない。半分半分ってトコロです。
IMG_0040

 例えば ですけれど、
 何番アイアンでもいいですけれど
 150ヤード位を打つ 打撃の強さってあるじゃないですか?

 その打撃の強さで打つと割れる石、
 それを 割るだけなら
 真上からヘッドを落とすだけで可能そう…ですよね❓」
Tさん「そう言われれば そうですね…。
店長「スイングは上げて降ろす じゃないですけど、
 でも それだと 打球の方向が作れませんよね❓
スナップショット 1 (2012-10-26 0-58)
 ですので 回転の効能 としては
 打球の方向性が強く含まれている、
 もしかすると そちらの方が強い可能性があります。」
Tさん「じゃあ なぜ 深いトップを…と❓」
店長「ヘッドと言う重量物 に 高さを加える、位置エネルギー
 運動の速度を増やす 運動エネルギー
 ソコもあるにはあると思うのですが、
 打つ方向を踏まえた上で
 ゴルフクラブって言う 長物 を扱うには
 それを動かす 空間と時間が必要だから と思います。」
Tさん「右を向くコトで クラブを動かす空間
 そして 打つため、助走を取るための時間を作る ですか❓」

店長「そう思います。
 また ある程度は 運動の速度もですし、
 位置エネルギー、上から下に使って打撃したい、
 そして 打つ方向もある となると
 その長物を長く使って 回転の阻害要素にしない、
 回転するって それらを統括する働きがあるので
 その回転を阻害しないよう クラブを短く使う
 そ
んな目的もあると思います。

 それらを踏まえると よく言われる
 グリップも、ヘッドも、クラブを
 自分のからだの幅の中に収めておきたい。
 そうすれば 廻るコトそのものが打撃に出来る。

 カラダの幅から大きく外れてしまうと
 当たりソノモノの確率も下がりますし、
 ロフト、上下の角度、ヘッド/フェース 左右の角度 の
 インパクトでの調整 と言う最も難しい行為が待っている。
 それは 運動速度をあげたい の阻害要素 になりますし、
 その難しいインパクトを作るには
 自分の運動とクラブの運動が分離してしまう可能性も高いです。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフスイングを覚える過程やスイングを良くしよう
 とする過程において 最大の罠 があるんです。」

Tさん「ええええええ‼ なんナンです❓ 教えて下さい!」

店長「はい。
 一言で言えば 
深いトップ
 です。」
ヘッドを振るか〜振らないか(参考映像)_Moment【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment池田康二202520_Moment






Tさん「えええええ‼ 深いトップは良いコトですよね❓」

店長「一般的には そう言われますよね。
 決して 浅いトップが良い と言う意味ではありませんが
 内容が伴わないと、もしくは
 形だけ深くしても 害悪の方が多い と言う意味です。
 テークアウェイ、トップが なんのため
 なにを準備しているのか理解しておく方が良いと思います。

 あくまでも 余談 ですが、
 昔から トップが浅めのプロ、浅く見えるプロ は
 結構いると思います。
 で、どちらか と言うと
 深い、深すぎる、
 悪いとは言いませんがオーバースイング気味の人 の方が
 アマチュアらしいというか、多いと思いません❓」
Tさん「そう言われると…確かに、そうですね。
 オーバースイングのプロって 多くない気がします。
 コンパクトなトップやスイングの方が格好いいです。」

店長「ですね。
 プロっぽいって ややコンパクト目なスイングが多いですよね。

 ただし これも 真似るのはどうか と思います。
 何事においても プロゴルファーの動きが
 そのまま私たちに参考になる とは限りません。」
Tさん「タイガーウッズとか、プロの真似したいですよね。」
店長「すっごく分かります。憧れもありますから。
 参考になる部分も沢山あるとは思います。
  ただ からだの廻し方については
 私たちにとって 息子や娘、孫の年代の、
 さらにスポーツ選手の動きが そのまま でいいか、
 取り入れて良いか というと 正直、怪しいです。
 
 多くのプロ選手は 腰のラインはそのまま で
 肩ラインの向きを変え、胴体を捩じります。
 捻じるコトが出来る年齢、からだ なんですね。
 そこは 私たち とは大きく違うと思います。
4bcbe6f4BlogPaint






 私たちにとっては それはストレッチ体操 であって
 その動きそのもので チカラを生み出し、素早く動くのは
 危険と言えば良いのか、あまりお薦めは出来ません。」
Tさん「朝一番のストレッチでやりますよね。」
店長「はい。ソコがポイント です。
 基本、胴体を捩じる行為 というのは
 からだを傷める恐れがあるので 忌避感が強いモノ、
 訓練したり、筋肉で守ったり、慣れるから出来るモノ
 ですので 特に何もしなければ そう深く
 カラダを捻じる事は出来ません。
 出来ないから、
 痛め無いようにするために ストレッチする 訳です。
 胴体をねじる のであれば 硬いのが普通 なのです。」

Tさん「でも 朝一番、クラブを何本か持って
 そう言う素振りというか、準備体操してますよね〜。」

店長「ソコ ですね。
 肩を廻せ とか、
 テークアウェイで 左肩を入れろ とか、
 肩で向きを造り、胴体を捻ることを薦められますが、
 胴体を捩じるコトの是非は棚に上げたとしても、
 ちょっとややこしいですが
〇肩を廻し、からだの向きを変え、
 グリップを移動させ、その結果、ヘッドも移動する のと
〇ヘッドを、クラブをたくさん 速く動かして その重さ、
 その勢いで 胴体をひねる は似ているようで 全く異なります。

 私は 脚で骨盤、胴体を動かす方を薦めていますが、
 それを別として
 肩 を廻して胴体を捻る場合、
 我々 運動不足、身体能力低下気味のオジサンおばさんにとっては
 肩を廻し、胴体を捻る行為は恐怖感、忌避感のある動き、
 それを深くしようとした場合、
 クラブやヘッドの重さ、腕の重さ、
 運動の慣性などの勢いとか、反動で
 それをするようにすると思いません❓」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

Tさん「!!! ‥です。
 まさに ティーグラウンドで見るやつ、です。」

店長「ですので 本来は
 それが肩であっても、骨盤であっても、
 からだの向きが変わるから クラブ、ヘッドの位置も動く
 が
 クラブを動かすコト で カラダの向きを変える に
 ひっくり返ってしまう。
 目的と手段が逆転してしまう。

 トップを深くする、からだを廻す量を増やす が
 良い方には働かなくなるわけです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「見た目では、スイングは円を描いています。
 手であれ、からだであれ、向きを変える、
 クラブであればターンするコトから
 その一番外側、外周にあるヘッド部は
 結果として 一番多く、長い距離を移動しますが、
 ターンする角度、向きを変える角度
 そして 運動の源泉 は カラダの向きと同一、
 移動/運動する角度は グリップもヘッドもほぼ同じ、
 ヘッドの方がたくさん動く「思い込み」は
 かなり スイングを間違った作る要因、
 のちのち 苦しむ/悩むスイングを造ることになりガチです。」
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

Tさん「それね…。 長い間、何気なくですが
 ヘッドの方をたくさん動かなくちゃ…と思い込んでました。
 そう言葉で聞かされると あ、そうだよな と改めて認識した
 のは ツイこの前、って感じです。」

店長「手で振るのが悪い って訳では無いですが、
 手で振ると クラブを開いたり、閉じたりと
 ショットの反復性が著しく悪くなり易いですし、
 肘や腰、手首などへの負担も大きいです。
 手で振るショットはアプローチにも苦労します。
 でも ショットとしては そう言う流派もあり、なので
 分かって、理解した上でそれをするのもアリ、ですが、
 単に ヘッドの方をたくさん動かす、多く移動させるモノ、
 と思って手で振るコトに"なっちゃった"には苦労が多過ぎです。
 
 テークアウェイの初動で ヘッドをたくさん動かす、
 それって 移動とヘッドの回転が合体するのですが、
 ゴルフクラブの場合、テークアウェイとヘッドの重心の位置
 の相性は良いですから、行きはよいよい、帰りは怖い になります。
 テークアウェイがやたら速い、早い人に多かったり、します。」
Tさん「元々 の自分は正にソレ です。」
店長「スイング用語には ヘッドの重さを使え なんてのもありますが、
 自力 でテークアウェイを取る というよりは
 ヘッドの重さと慣性に任せて テークアウェイを取る、
 ヘッドが動き、グリップが動き、腕が動き、肩が廻り、
 それに対して 動かない腰から下、みたいな
 自分のからだを雑巾とか、ねじった消しゴムのように使う
 からだの回転は とっても危ないですし、
 歳をとってから苦労します。」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

Tさん「そもそも なんですが、
 からだの回転、向きって 肩で廻るモノなんですか❓
 腰で廻るモノなんですか❓」

店長「絶対の正解は無いのかも知れませんが、
 コトアマチュア、運動不足気味のからだ全体が固くなった
 そう言う年代の人 には
 肩で廻る は 正直、おススメしません。」
Tさん「では 腰で廻る と❓」
店長「う〜〜ん、言葉で伝えるのは難しい、かも知れませんが、
 脚で骨盤から上の向きを変える、
 動力源、エンジンは脚ですが、
 股関節から上の 塊としての胴体を廻す と言えば
 良いでしょうか❓

 腰や肩をふにゃふにゃにして では 各部が重さとしての
 負荷になってしまいますから 胴体が塊として、
 ひとつのモノとして動ける程度には 廻しはすると思います。」
Tさん「今の時点で 自分で出来ないと思いますが、
 要するに 胴体ソノモノは使わない、のですね。」
店長「その通りです。
 スイング動作の動力源は 四肢 と考えて良く、
 胴体部分は 全く動かさない訳ではありませんが、
 補助エンジン、非常用電源 位の感じでしか使わない、
 のが 故障なく 楽しめる からだの回転 クラブのターン
 なのだと思います。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)




 例えば…ですが、仮にスイングの体の使い方 が
 消しゴムを捻って 捻り戻す と仮定します。
 お薦めはしませんが…。
 捻じったモノを開放〜捻じり戻すとき って
 下、土台の方から戻っていく訳じゃないですか⁈
 それを 一番上に該当する 肩から戻したら
 カラダは開いちゃう、外から振っちゃう になるのは
 必然なんじゃないかな? って思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「手で振る は 胴体を捩じることになるのですが、
〇背中をねじる、胴体を捩じる と
〇胴体の向きを変える、こちらは股関節になりますが、
 この二つには 動かす箇所 だけでなく
 その作法と動力に大きな違いが出来てきます。」
((((((((_Moment

Tさん「? そうなんです?」

店長「そうですね。
 胴体を捩じる、ねじり戻す の場合、
 脚、足、の動作が 回転とあまり関係なくなります。
 脚によって 向きは変りますが、
 コト打撃に関する回転、打撃時の回転には
 脚は殆ど携わりません。
 どちらか と言えば 動かさない土台に近いです。」
Tさん「そう言われれば そうかも…知れません。」
おもちゃの鼓笛隊-159フレームショットおもちゃの鼓笛隊-161フレームショットおもちゃの鼓笛隊-163フレームショット







店長「股関節を捻じる、使う場合は
 打撃時にも脚を使うコトになります。
 また 別な点 ですが、
 股関節を使う場合でも 胴体、足共に回転の動力になりますが、
 回転の方向は それとも別な箇所を使う感じです。
 エンジンとハンドルは別 みたいな感じです。

 一方、胴体を捩じる場合、
 エンジンもハンドルも ほぼ同じ箇所で行うので
 想定外の上下動、特に伸びは自覚し辛く、
 のちのちの悩みの種 になったりします。」

Tさん「具体的にはどういうコトですか?」
店長「先日も述べましたが、
 テークアウェイの場合、
 胴体が全く関与しないとは言えませんが、
 右を向く主な原動力、大きな割合としては脚、
 その回転を 私の感覚では 右ひじで背後、
 後方に逃がして 右を向く感じです。
i734i736







 ダウンスイング以降は 回転は
 割合は微妙ですが、脚、胴体共に使いますが、
 方向の誘導や回転そのものの誘導は
 左のグリップ、もしくは 左の肘 で行いますので
 動く順序も異なってくると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ちょっと ややこしい話し なのですが、
 本当は手で上げている にしても、からだで、にしても
 テークアウェイ、トップで
 カラダを回している、ねじっている、右を向いている
 その指標というのが 各人あると思うのです。
 廻れてるー とか
 ああ 廻れてな〜い 
とか を感じ取れる箇所って
 有ると思うんですね。」
Tさん「あるとおもいますねー。
 ダメ なのかも知れないけれど
 私の場合は やっぱり 背中の捻じれ具合 かな。」
((((((((_Moment
店長「そうですね、かなり多くの方が Tさんと同じく
 背中の捻じれ具合 …厳密な箇所 で言うと
 背骨に対する肩甲骨、
 腰付近に対する肩周り、の向き差、捻じれ差

 その複合がよく言う「
捻転」だと思うのですが、
 本来の『からだ』の回転では
 股関節廻りのしぼり と言えば良いのか、
 捻じれ と言えばよいのか、
 兎も角、背中はほぼ使いません。
 ですので 双方、目一杯 廻った時の
 苦しさはだいぶ異なります。
 楽なのが良いのか分かりませんが
 股関節の方が断然、楽です。」

Tさん「そうなんですね。」
店長「胴体を捻る、は人体の構造的にあまり良くありませんし、
que-1286095282プロレス技のコブラツイスト? 卍固め? みたいなものですが
若い時は 遊びで軽くされても大丈夫 ですが、
歳を取ると 軽くされるのも怖い になるので
どうしても 右向きが浅くなりがち、
早め、浅めのところで 限界が来てしまうと思います。」
Tさん「からだが硬い、硬くなった になる訳ですね。」
店長「だと思います。拒否感が強くなるのは
 主に本能的な防御感覚だと思います。

 股関節の場合、拒否感覚は薄く、
 慣れてしまえば どんどん深く出来ますし、
 これは昔から思っているのですが、
 股関節を使う習慣をつけると、普段の歩きや運動でも
 脚、大腿を動かすようになり易いので
 転びにくくなったり、腰痛予防にもなると思います。」
Tさん「歳取ると 歩幅が狭くなると言いますもんね。」
店長「はい、間違いないのでは無いでしょうか。」
2021-12-06_22-21-54_Moment

Tさん「店長の場合はどうなんです?
店長「私ですか? あくまでも個々人としての感覚ですが、
 右ひじと左足を連携させて
 右向き と言う意味では 主に左足の押し
 になるのだと思いますが
 その押される力を 右ひじで背後に 回転に誘導する
 と言った感じでしょうか。
 その上で 右向き度合いは やはり 右の
 右股関節の締まり というか、絞り ですね。」
Tさん「左足で なにを押すのですか?」
店長「左足で 左の股関節を右に押します。
 右の足は軸とするので 受け止めますが、
 右に押される力を 右ひじのガイドで背後に回転に
 誘導する感じです。

 背中を捻じる習慣が強い方は
 加齢とともに 悪い意味で劇的に 右向きが浅くなり、
 それに伴い距離も出し難く、タイミングも早いうえ、
 タイミングそのものも取り難くなります。
 股関節を使えている人は 加齢しても
 あまり大きく変化が無い と言う意味で
 一気に、は難しいとは思いますが、徐々に
 捻じる場所、使う場所を下げていくことを
 お薦めします。
1212-1IMG702

 プロ、特に男性プロのからだ と
 我々 アマチュアのおじさんのからだ は
 全くの別物 と考えた方が良く、
 正直、彼ら(プロ)のからだの廻し方を真似ても
 ほぼ 参考にならず、害になる可能性の方が高い
 と言っても過言では無いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「仮に…の話しですが、
 テークアウェイ、スイング全体で クラブのターンを
 全部 カラダの向きで行うのを10
 全部 手だけで行うのを0 と仮定すると
(回転とフットワーク_Moment(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment




  10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0 

(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)





 まず 練習でしているよりも 2目盛り位
 コースでは 手で振る になるのが一般的です。」

Tさん「カラダの向きで と 手で の目安 として
 どこを見れば良いですか❓」

店長「テークアウェイ、右向きで とすると
 基準点になるのは 軸足…この場合は右打ちの右脚になりますが
 右太ももと骨盤の向き差 と見て良いと思います。

 ちょっと 下品に言うと 秀二と右太ももの向き差 でしょうか…。」
Tさん「秀二さん…ですね。」
店長「はい。ズボンであれば 右太もも付近のしわの出来方 と言えば
 良いでしょうかね。
 手であげる の場合、ねじる、ひねられる のは背中 になりますが、
 カラダの向きで の場合は、背中はほぼ捻じりません。

11610699133176321




 良い悪い ではありませんが、
 背中は捻じるのに適した構造をしていませんから
 若いとか、運動豊富で慣れている場合を除けば
 本能的に 拒否したくなりますし、
 背中を捻じるのが トップの浅さ、や リズムの速さ 
 につながります。」
Tさん「右の股関節 ですね。」
店長「はい。股関節です。
 骨盤と脚、右太もも の向き差を作れるか です。
 その作法は 同時に 軸足造り にもなると思います。」
Tさん「股関節で向きを変えずに、
 背中を捻じると 軸足が出来にくい というコトですか❓」

店長「そうですね、背中を捻じる が強いと
 カラダがボールの方に倒れやすくなって 軸足が出来ない
 というコトも少なくありません。
(回転とフットワーク_Moment(3)((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(3)






 スイング改造… をする際、
 手で振っているのを 全部、からだの向きにする、は
 カラダの向きを変える 箇所 を
 背中の高いトコロから 低い場所 骨盤、股関節に下げる、
 と考えて良いと思います。」
Tさん「捻じる場所を下げる、と。」
店長「厳密には 手で振る、背中を捻じるのは
 その言葉の通り ねじる〜ひねる ですが、
 骨盤と大腿の向き差、股関節にする場合、
 捻じる感じは希薄で 本当に『向き差』になると思います。」
Tさん「野球でボールを投げる、テニスでサーブする、
 のと似た感じがします。」

店長「だと思います。
 捻じる、もしくは 向きの差 を作る場所 を下げる、
 一気にすべてを 10の全部にしようとせずに
 少なくとも コースに行くと その目盛りは下がり、
 ラウンド中の疲労などにより 更に 銑下がる のを見越し
 捻じるトコロを下げておく と考えると良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「グリップの移動は カラダの向きが主で行います。
 グリップを持っている腕が主ではありません。
 
(回転とフットワーク_Moment

 ちょっと ややこしいですが、
 腕の仕事は カラダの向きで腕自体を動かさせるため
 負荷としての重さになる種を作らない、
 カラダの向きで動くように、
 同期させるように動かしておくコト で
 腕の役割は 腕自身を動かして、
 カラダの同期させ、一見すると
 腕で動かしていないように見える同期を造り出すコト です。
 
  その上で 誤解を生みそうなのですが、
 移動と言う言葉は 水平方向、横のイメージが
 つきまといますが、腕やクラブを横 に動かそう とすれば
 その重さで 腕は遅れ、腕で持っているクラブは遅れ、
 その遅れは開きになってしまいます。

 しかし、幸いなことに
 クラブはよく考えられており、
 重さ は 主に重力方向にかかる訳ですから
 その重さを利用して 腕は縦に動かしておけば
 重さとしての負荷も少ないですし(楽ですし)
 横に動かすよりも 近回りするコトもあり、
 カラダの向きの変化に同期し易くなります。
((切り返し 廻るの❓ 下げるの❓_Moment(2)

 腕で腕自身やクラブを横に動かそうとしないコト は
 結構、大きいと思いますよ。」
Hさん「スイングは遠心力のイメージがあるので
 横に動かすイメージは有ると思います。」

店長「切り返しから 手だけで振ってはダメ、
 みたいに言っている人も多いですが、
 それは 手を振ろうとしているのではなく
 クラブを振ろうとしている結果、であって
 長さによる スピードの差は別として
 『クラブやヘッドを振るのではなく』
 積極的に 腕は振ると言えば良いのか、
 腕もどんどん移動させると言うか、動かして行った方が
 結果、からだの回転につながっていくと思います。」
Hさん「手打ちにならないのですか❓」
店長「ボールを打つトコロ、打つ時、
 なにが主体になっているか であって
 からだの回転で! と言って
 カラダだけを先に廻して…まだ、打っていなくて
 結局、手での ヘッドターンで打つ、
 じゃあ 意味ないでしょう。」
Hさん「そう…ですね。」
2021-12-06_22-21-54_Moment(4)

店長「これは ドライバーやショット全般の話し ではなく、
 アプローチにもつながっていくのですが、
 長さ、外周の差が グリップの速度、ヘッドの速度 の
 その数値の差異を作っているのであって、
 原則的には 同じ運動で、一つの運動で動いている、
 ですので アプローチの距離感は
 数値としてとらえられるのは ヘッドスピードですが、
 基本的には 運動の速度、
 カラダの向きを変える速度が 距離感になって行きます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「オーバーラップ、インターロック、ベースボール
 フック、スクエア、ウィーク、  とともに
 どう名付けていいのか、分かりませんが
 分類されるべき グリップの隠された大きな要素
 だと思います。
 
IMG_1304IMG_1303










 あくまでも少しアバウトなイメージですが、
✋指、手に対し、平行にグリップするのか
✋それとも垂直(直角)にグリップするのか

 クラブと手、クラブと自分の関係は
 どちらが近いのか、認識しておく必要があると思います。」

質問「どういう関係にするのか、
 によって 手のひらで握るのか、指気味で握るのか
 変わってきますね。」

店長「ハイ。大きく異なります。
 指と平行に握れば 指側で握れますが、
 直角な関係…となれば 手のひらで握ることになり易いでしょう。」
IMG_1296
店長「その通りです。
 指、手に対して 平行に とは言っても
 実際には 平行には出来ませんが、
 そういうイメージの方が
 少なくとも 直角に持って 手首を落として構える
 よりも 手首や肘、からだ対する負担は少なくできます。」

質問「見た目 から考えても
 その手、腕の先にある カラダとクラブの関係を
 どうイメージしているのか、につながってくるのですね。」

店長「そう思います。
 そのグリップの先にあるからだは
 俗に言う からだの回転 と言って
 横への運動をするのですが、
 それを利用して クラブを動かすイメージと、
 一見すると クラブを横に動かすイメージに見える
 垂直の関係は 結果、それを腕でしないといけなくなります。

 想像 なのですが、垂直で握られている方の多くは
 からだはあくまでも 動かさない土台、動かない土台、
 クラブを強く横、もしくは回転させる為に
 握力の使いやすい、手に力の入り易いグリップ に落ち着く、

 と思います。
 回転の軸イメージは 動かさない土台 なんだと思いますね」
IMG_1306IMG_1305








質問「そこで グリップ(握り)の極意は
 『握らない』につながってくるのですね。」

店長「グリップの話しだけに留まりませんが、
 グリップの先にあるヘッドを
 からだの回転、向きの変更によって
 グリップを移動させることによって
 引き続ける〜逃がし続ける か、
 どこかで グリップを止め、
 よく言われる ヘッドターン、フェースローテーション、
 ヘッドとグリップの位置関係を反転させるか、

 それが グリップに表れてくる と言えば良いのか、
(22171_Moment
 もしかしたら、ですが、
 スイングが先にあるのではなく、
 クラブを握る グリップのイメージが
 そういうスイングに導いてしまっている、
 そういうケースも少なくない…のではと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ