◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 体の向きの変更/回転


店長「
右向きはフル。
 腕はハーフ。
 フェースは下向き。向け気味。
 ここから 一気に左を向く。
 スピードはゆっくりでOK👍


 このドリルは かなり色々なコトを示唆しています。
 
 トップ、この場合はスタートアップポジション、
 スタートポジションと言えばよいでしょうか。
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment
その場所は ボールを打つ
手作業として ボールを打つ為の姿勢。

インパクト以降の クラブや腕を逃がすための
 スイングを終わらせる為、上に抜く、上に逃がす、
 そう言う意識、準備は必要ですが、
 こと「ボールを打つ」「ボールに当てる」ところまでは
 この スタートポジション以降には
 まったくもって なにもありません

 腕にとっては
 このスタートポジションがインパクト姿勢です。」
〇本日のゴルフショット 20230601 - frame at 0m2s
Mさん「!!!!!!!」

店長「逆に言うと
 このスタートポジションから巻き戻していくと
 からだを、
 足腰、骨盤と一緒に 勿論、『肩も』
 一気に左を向ける と
 重さの有るクラブや腕は その付け根から離されようとします。
 曲がっている腕が伸ばされる、
 遠心力がかかります。

 通常のスイングで そうなった時、遠心力が掛かった時、
 このスタートポジションになれるような
 トップのポジション を作っておく と良いですね。
 
 そう考えると テークアウェイのヒントにもなると思います。

 からだを廻したら
 腕が このスタートポジションに辿り着くようにしておく。
 👉あとは 肩も残さず
 からだを一気に左を向けるコト で ボールを打つ

 なんだか からだの回転で打つ っぽく なりますよね😌😌😌

 グリップを先に進めたい のは分かります。
 そのグリップを先に進める、移動させる最大の原動力は
 足腰・骨盤も当然ですが、
 肩を廻すコト です。

 ヘッド・クラブ・グリップ 先端の方に意識が行くと
 その付け根、根本である 肩を廻すことが
 どんどんと動かなく、滞り易くなります・
 グリップを先に進める、
 前、左サイドを詰まらせない最大の要素は
 肩の遅れの無い からだの向き です。


 スタートポジション以降、
 その先、腕さばき、腕の伸ばし、リリースで
 クラブを下に振ったり、ボールの方に出す と
 肩の回転は からだと分離します。
 要らないリリースをするのには
 肩を止めないと 出来ない ですからね。
 からだの回転が止まる と言う表現になるのかな

 よ〜く 考えると
 からだの回転に乗っかっていれば 要らない動き、
 腕で回転を『後から』なぞっていますよね。

 折角、電車に乗っているのですから
 そのまま 乗っていれば良い、
 途中で降りて、その電車を追いかけるのは
 あまりに手間です。

 このドリルが 少し大きくなれば
 普通のスイングになって行きます。
 スイングの手掛かりとなるので 是非、やってみて下さい。

 解決✊ とは行かないかも知れませんが
 事件解決のかなりの手掛かりになると思いますよ。」

Mさん「はい。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





店長「今更 なんですけれど
 ゴルフレッスン、ゴルフ用語で
 『肩をまわせ、肩を廻せ』と言われますけれど
 ニュアンスが伝わるか 若干、心配なんですが、
 我々のような アマチュアのオジサンおばさんゴルファーは
 若いプロのように
 肩を廻すコト だけでボールを打てるほど
 からだにチカラ、バネもないですし、
 それを真似ちゃうと からだを傷めたりもします。
202302241
 肩は機能としては腕の一部ですけれど
 位置としてはカラダに取り込まれています。
 ですので からだを廻す に
 肩を除外してはイケナイというか、
 からだと肩を別々にしては無駄が多いですし、
 故障の原因にもなり得ます。
 どの道、足腰をつかって
 骨盤を回しているので
 それと一緒に 肩も動かしておきましょうね。

 肩と腰・骨盤は別々に
 2回も からだを廻す必要はありませんよ。

 足腰・骨盤を廻したら
 肩部分も動かしておかないと
 肩から生えている 腕が進みませんよ。
 って意味なんです。

 肩で回れ✊
 からだの回転は 肩を廻すコト じゃないですよ。
 肩
『も』一緒に回しておかないと
 回転が二度手間になっちゃいますよ✊ ッテコトなんです。 

 Mさんの場合、たぶん、Mさんだけでなく
 かなり多くの悩めるゴルファーの場合、
 あとから リリースするから
 足腰・骨盤に対し、わざと 肩を遅らせて
 二度手間の回転になる訳なんですけれど、
 足腰・骨盤を先に廻し、後から肩だけ回す のを
 一般的には『手打ち』って言うのです。
〇もっこす君の練習 - frame at 0m42s〇もっこす君の練習 - frame at 0m43s









 自分では 肩を廻している✋ は イコール
 からだを廻して、からだを使って 振っている/打っている から
 正しい と信じていますけれど
 足腰・骨盤に対して 遅れた方の廻しは
 クラブが捩じられ ヘッド・フェースの開きが伴いますから
 どうしても クラブを回転、
 左右の腕の長さの逆転・入れ替えが必要になります。
 それを『手打ち』って言うんですね。」


 Mさんの打撃の 心臓部分は
 ダウンスイング後半の 腕のリリース、
 短くなった右腕を伸ばすコトなので
 どうしても肩の回転を遅らせます。

 足腰・骨盤は先に回っているので
 間合いが詰まった状態で 腕やクラブをリリース、
 長くするので 伸び上がりという間合い調整が必要になる。

 ですので フェースを下に向けて
 ソコからスタートする このドリルでは
 一気に左を向く は
 足腰・骨盤だけでなく 肩も回しとけ✊
 肩も『一緒に』左を向けろ✊  ッテコトです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「説明は後に廻します。明日か、明後日の記事で😊



 まずは コレをやって下さい。 

 テークアウェイを取って
 腕が地面と平行になる位、だいたいで良いですよ。
 からだはきっちり右向きを取ります。
2023-06-01_15-15-06 - frame at 0m3s〇本日のゴルフショット 20230601 - frame at 0m2s







 ほのかーに右腕は曲がる位の位置でしょうか。
〇左向け左 - frame at 0m2s
✅Point-1
 フェースはやや下向き
 地面にまで向く必要はありませんが、
 下向きになりかかっている姿勢を作って下さい。」

Mさん「はい。」

店長「そしたら
 その位置から 一気に左を向きます。

 スイングには時間帯として
.董璽アウェイの 行きの右向き、
∪擇衒屬薫聞漾▲瀬Ε鵐好ぅ鵐阿痢ゝ△蠅留Ωき、
➂フォロー、インパクト後の 左向き と
 ざっくりですが 3つの時間帯がありますが、
 
 その姿勢を仮の 今のトップ とすると
 時間進行で言えば ,鉢△龍になります が
 意識としては △鬚垢暖瑤个靴
 一気に ➂ の 左向き✊
 お腹を、秀二を 飛球線に向けて下さい。
 すぐに✊  一気に✊ です。」

Mさん「当たりません。」

店長「今は良いんです。

 からだの向きを変える は
 グリップを、腕を移動させる為です。
 ボールを打つクラブを持ってますからね😌
  それを忘れずに😶😶

 からだを廻すと 腕やクラブには移動速度分、
 負荷や遠心力が掛かります。
 ですので 曲げた右腕を曲げたままにしておくのは
 ちょっと辛いので
 上手く当たる、当たらない は別として
 腕は その付け根である部分から離れて行こう とします。
 伸ばされる ッテコト ですね。

 それに抵抗する必要はありません。

 回転に伴って 自然に伸びる、伸ばされるようにして下さい。」

Mさん「はい。」

店長「トップ時 フェースは下向き、
 スイング円弧に対して外向き にしている、
 もしくは しかかっていますから
 腕の仕事は 伸ばすコト ではなく、
 伸ばされても その下向きを維持しておくコト です。」

Mさん「ああああ 当たり始めました。」

店長「腕のリリースを意識的にしようとすると
 どうしても からだを止めないと出来ません。
 ですので からだの回転で 受動的にする にするのが
 からだの回転との同期です。
 似ているんですけど 全然、違うんです
〇もっこす君の練習 - frame at 0m42s〇もっこす君の練習 - frame at 0m42









 トップの位置から ガバッと左を向くだけ。

 ダウンスイングと呼ばれる時間、
 帰りの右向きの時間、には何もしない に等しい。

 動作 として ダウンスイングはない 感じ

 ガバッと左を向くだけ

 感覚的には ダウンスイングを言う時間が無い
 そう感じるんじゃないかと思います。」

Mさん「はい。」

店長「からだの回転で打つスタートラインに立った状態です。
 ダウンスイングに何か出来る ッテコトは
 逆に からだの回転を止めて 腕の作業をしている と
 考えて良いと思います。

 とは言え まだ 先がつっかえている、
 前が渋滞している感じが残ってます
よね❓」

Mさん「はい・・・。」

店長「それは…ですね…。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



Mさん「 それは、長い間悩んでいますねー。

 伸びあがると回転が止まってしまう。

 切り返しでの沈み込みの反動か? 

 回転の止まりか? 

 どちらも必要なのかと思いますが、

 その前の意識=自分でヘッド下ろそうと意識するから?

 はたまたスライスボールになりがちで
 無理やり捕まえようとするのが原因か?」

店長「確かに この箇所辺りから からだの向きは止まり
〇もっこす君の練習 - frame at 0m42〇もっこす君の練習 - frame at 0m43s







 リリースだけの動きになってますよね。
 ですので 多分、望んでいないと思うのですが
 要らないフェースローテーションになってしまっている。
 ショットに中で たびたび そのヘッドの回転を嫌う
 フォロー、フィニッシュになってますよね。」

Mさん「はい。」

店長「なるほど。
 事象だけとらえると分かり易いですが

〇もっこす君の練習 - frame at 0m42s
 ダウンスイングの 丁度ここら辺を境に
 前半をカラダの向き、回転だけ、で腕は動かず、
 後半は腕のリリース、腕の伸ばしだけ、
  からだの回転は止まっている

 ダウンスイングが2パートに分れています。

 伸び上がり と言うトコロだけにスポットを当てると
 その箇所から からだを止めて
 たたまれていた腕とクラブを長くすれば
 …遠心力もかかりますから
 当然、と言えば当然ですが、
 ボールと自分との空間が足りないですから
 伸び上がって 空間を確保している訳ですね。
 防衛本能みたいなモノもありますので
 人間の自然な反応 とも言えます。

 スイングの各部各部のパーツ、
 それぞれの動きはとても正常だと思うんですね。

 一番ベースになっている問題 は
 ボールのつかまえ方がピンと来ていない と言うか、
 動きとしてどれが正解なのか掴めていない、

 と言う点なんじゃないか と思います。

 ボールをつかまえるのは
 フェースの開閉、
 開いている ヘッド・フェース を 閉じる、
 左右の回転させて 行うんじゃない✊ ってのは
 理解しているんですよね⁈」

Mさん「一応 頭では分かっています。」

店長「私の実感としては
 腕を伸ばす、リリースする、
 たたまれていた腕とクラブの長さを長くする

 そこに固執している気がするんですね。

 ぴょこん と伸び上がるのと
 腕のリリース、特に右腕の伸ばしが
 動きとして同調しているように見えるんですね。
 まあ 当然と言えば当然なんですが…。
〇もっこす君の練習 - frame at 0m55s〇もっこす君の練習 - frame at 0m56s








 ボールをつかまえる、
 からだの回転でボールをとらえる、
 そのドリルは…アプローチ形式になりますけど
 のちほど説明しますが、
 まずは 頭のドリルとして
 ダウンスイングの 
 『右を向いている内に』
 というのを 削除、除去して貰いたい、
 もう少し極端に言えば
 特別な動作 としての
 ダウンスイングは要らない です。」


Mさん「???????


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 


今度は 左上腕とクラブ(シャフト)の角度 です。

コチラもからだの回転で ボールに届くように。


左腕とクラブの角度
これを解かないと ボールに届かない のは
その左腕の付け根 (からだがボールから離れている)からで
周り方 を考えてみる必要があると思います。

😵体は回し続ける 左サイドは止めない
 となんだか 余計届かないそうですね。
手で振る、クラブをリリースする と
体を開く、手で振るための空間を作る はパックです。

👉手で振らないスイング を作るのには
からだの回転でボールが拾える周り方 が必要、
それもまた パック です。


✋左サイドは止めない
✋からだは回し続ける

・・・それでも ボールに届く周り方が欲しいトコロです。

左腕とクラブの角度は
俗に言う ディッシュアングル です。
アドレスの通りのまま で十分。
スイングには 意識的に行う動作として
『コッキング』というのは必要ないかな と思います。
フルショットであっても…です。
V字を維持してみよう 縦編_MomentV字を維持してみよう 縦編_Moment(2)






まあ これは フルショット用のドリル と
アプローチの練習ではありますが、
周りの量や速度は 脚で管理する訳ですが
その脚の動作と 利き腕の肘(右ひじ)の曲がり具合 は
同期させる方が良いでしょう。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m16sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m11sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s







その役割は グリップの高さ を確保することで
左腕とシャフトの角度を作る のするのは お薦めしません。

コッキングをして クラブの重さを左腕に多くかけるのは
ダウンスイングにおいて からだに対し「左腕」が遅れる
グリップが遅れる原因になり易いでしょう。
無意味に深いトップにもなり易いですし…ね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「例えば…ですけれど
 アドレスから テークアウェイ、トップ、
 ダウンスイング無しに ボールを打つ、
 打つというほど強くはないですけど
 3m転がすとしたら どうします❓
南雲20230319 - frame at 0m14s
 こうやって ヘッドを送ろうとしますよね❓」

Nさん「え? 違うんです❓」

店長「ヘッドの移動は からだの向きが『変わる』から で
 アドレスから ヘッドを出す って
 腕を伸ばす 手さばきソノモノ になっちゃいますよね⁈」

Nさん「…そう言われれば…。」
スクリーンショット 2023-05-22 200858
店長「インパクトから先、フォロー、フィニッシュにいくのは
 アドレスのその状態で、ヘッドやクラブはソコに置いておく「つもり」で
 からだを左に向ける。
 お腹や胸を飛球線の方に向ける。

 ココでの注意点は
 左グリップ、左腕、
 意識としては 特に左上腕、左ひじの
 高さをしっかり取るコト。
 あたかも 万歳するように です。

 からだを止めて 手で振る、
 意図的に フォローで両手、もしくは右手を飛球線の方に
 伸ばして行こうとすると
 左グリップの移動、左右の横移動だけでなく
 左グリップの縦移動、上下移動も止まります。
 😶😶ヘッドを出そうとするから当然言えば当然ですが。

 グリップの高さが下がって来たのに
 その流れで 上がっていくのが自然なのですが、
 ソコで止まってしまうと
 ヘッドは 跳ね上がります。
 フェースの回転も入りますから
 フェースの左右の向き、フェースの上下の向きロフト、
 ヘッドの高さ の変化も激しくなります。

 ヘッド姿勢、フェースターンのタイミング、その強さ
 によって 最下点もズレやすくなりますから
 トップやダフリ、シャンクなどの大きな要因になると思います。

 動いているモノを 強くない腕、左腕で止めて支えますから
 腕そのものや肘や手首の負担大きくなります。
 最近では 首を傷める人も少なくありません。

 インパクトから左を向いて 左上腕を上げる、
 意識としてはヘッドは送らない。
 あきひこ先生がやっているように
 前の壁やネットにクラブを振れさせず、
 壁に沿って 上昇させる感じ します。
 やってみないと実感は出来ないかも知れませんが、
 自分がそれをする。
 スピードが乗れば 遠心力などの不可抗力がかかるので
 自分の意志の有る動作にプラスアルファで
 フォローで両腕が伸びる とか
 クラブやヘッドが飛球線の方向に出るのと
 自分のコントロールで そうするのと全然違う というか、
 もしかすると それがからだの回転と手打ちの
 一番大きな違いなのかも知れません。

 動作としての『つかまえる』は
 その左向きと左上腕の上げ とも言われています😌😌
スクリーンショット 2023-05-22 201012
その左腕の逃げ がないと
右腕を使いたくても 前がツカエマス。

その左向きと左腕の上げ/逃げ は
ダウンスイングの動きと作りますし、
テークアウェイの元になると思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





店長「あくまでも イメージで
 そのイメージでも 結局は 左腕の延長線上 に
 クラブを出して来た『よう』に見えますが…
(ヘッドは振らな1
 少々オーバーですが、右腕の延長線上 です。」

Nさん「😧😧😧😧😧😧😧」

Nさん「それじゃあ 外から掻いて来ちゃう、じゃ ないですか😵」

店長「そうですねー。」

店長「あくまでもイメージではありますが、
 いままでは からだを廻してから…、
 少し大袈裟に言えば 左を向いて、INから振ってくる、
 が 左腕の延長線上のイメージでしょう。
(ヘッドは振らな2
 右腕の延長線上のイメージは
 右を向いている内に OUTから振ってくる、
 厳密には 外からではなく 上から掻いてくる、
 そう言う感じになります。

 だから と言って
 早めに ヘッドを振れ とか
 キャストして来い って言ってるんじゃないですよ。

 最終的に イメージとして 右腕の延長線上にクラブが出て行く
 そのイメージが無いと フェースは下を向きません。

 左腕の延長線上にクラブを出すイメージだと
 左腕が 前に進まない〜下がりません。
 本当に 掻いちゃう訳じゃないけど
 右腕の延長線上に出すイメージでは
 左腕が 前に、下に逃げます。逃げざるを得ない。
 それが からだの回転に対する
『付き』になるんですね。


 ものすごく誤解を生み易い表現かも知れませんが、
 その「リリース」がボールを打つんじゃない。
 単に フェースが下を向くよう仕向けてるだけ で
 ボールをさらう、ボールを打つのは からだの向き です。


 左腕の延長線上に クラブが出る イメージ では
 ボールを打つのに 必ず ひと手間が要る。
 そのひと手間が からだの回転の進行と合わない んです。
 からだの正面でボールをとらえろ って意味ではないですが、
 概ね からだがボールの相対、正対した時、
 左腕の延長線上にクラブを出すイメージでは
 まだ 打つ準備が出来てない、
  フェースがボールを向いていません。
(ヘッド1
 ボールを打つには からだを止める とか、
 もう ひと作業『以上』 手間が必要になります。
 からだの向きでボールを打つには
 もう そのタイミングは逸してしまっていますから
 腕さばき、手さばきで打たなくちゃいけない。
 コレを 手打ち って言うんですけど
 望んでやっている人は多くない。

 プロのスイングを見ても
 クラブは左腕の延長線上に出しているように 見える…、
 おぼろげながら そう言うもんだ って思って
 自分もやってみるけれど
 静かにやっている時は良いけれど、
 いざ 速度を上げる、ボールを打つ となると
 重さが増すので 望んだタイミングで打てない。
 『遅れる』
 『クラブが来ない』 って奴ですね。
 
 からだの回転で打ってない のじゃなくて
 からだの向き、正面がボールと相対する時間を
 逸してしまっているに過ぎません。
(ヘッド
 右腕の延長線上に出すイメージで
 クラブを振ると 『結果』 目で見たような
 左腕の延長線上に来る、
 ひと手間が必要ないので
 フェースがボールを向くタイミングと
 からだの正面がボールを過ぎていくタイミングが合う。
 からだの向きがボールをさらってくれるので
 当然、手作業は要らない。
 からだの回転で打つって ただそれだけ、です。

 手で振っちゃう、グリップが体から離れちゃう、
 どうしてもローテーションしちゃう、
 ダウンスイングで腕が下がらない、
 そう言う方は 騙されたと思って
 ゆっくりと アプローチショットや
 ゆっくりな速度のフルスケールスイングで やってみて下さい。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Kさん「こんにちは〜。」

店長「こんにちは〜。今日はどうしました❓」

Kさん「ショット全体はよくなってきたんですが、
 アイアンは良いんですが、フェアウェイウッドが頭を打ったり
 上手く当たらないんです…。 」


店長「そうですか〜。まずは打ってみましょう😊」

店長「ショットの全体像は悪くないと思うんですね。
 言い方はなんですが、すごく 手グセが悪い って
 感じでもないですし…。

 とは言うモノの
 以前からの癖で
 右向きが浅い、
 右向きの代わりに ボール方向への屈曲
 (ボールの方向へ倒れる〜近づく) が
 あると思うんですね。」

Kさん「気を付けてはいるんですが…。」

店長「フェアウェイウッド…長物のミスの原因は
 ソコに関連するコト…なんじゃあないですかね。

 右向きが足らなくなる、特にコースでは…
 って言うのもあると思うんですけれど
 右向きを✊✊✊
 って強く意識していると
 右向きがし易いように
 気付かない内に スタンスがクローズになり易い。

 段々とね。
〇ココがポイントかも?
 ボールの位置って
 スクエアを基準にすると
 感覚的には 同じ位置に置いている感じがするんですが
 クローズスタンスにすると ボールは左に、
 オープンスタンスにすると ボールは右に、
 ずれてしまいます。
スクリーンショット 2023-05-04 120220
 右向きを意識する余り…
 クローズスタンスになって
 その結果、ボールが左過ぎれば…
 短いアイアンやティーアップするドライバーは
 なんとかなったとしても
 地面からボールを打つ 長物のフェアウェイウッドは
 中過ぎもダメですけれど
 左・外過ぎも難しくなってしまいます。

 右向き、この場合は
 お腹やへそ、秀二を右に向ける意識は
 とっても大切ですけれど
 その副作用として スタンスが崩れる って
 言うのも注意が必要だと思います。

 それって 気付かない内に 忍び寄ってくるので
 アドレス、スタンスのチェックも
 始動前点検って感じでした方が良いかも知れません。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これも ゴルフスイングの永遠のテーマの一つ だと思うんですが、
『地面にあるボールをどうやって拾うか❓』
ってのがあると思いますが、
そこの 基本・理想は
「前傾の有るからだが向きを変える」
 傾きの有る スイング軌道 って奴ですね。
lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショットlesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット
ですので からだの回転でダイレクトに
クラブをターンさせられれば
その行為そのものが 地面のボールを拾いますが、
(ボールはソコにないよ って奴ですね)
からだの回転でクラブをダイレクトに動かしていないと
絖腓陵彖任足らなくなっちゃうから
『必要以上に』手で下に振らなくちゃならなくなる。

そうすると 腕やクラブが長くなり過ぎて
クラブ・ヘッドを通す空間が足らなくなるから
からだが伸び上がる んですね。
人間の演算能力とか、反応って優秀ですから😌

ゴルフスイングって
想像以上に色々なモノが絡み合ってて
何かの「お悩み」があった時、
例えば アウトサイドインを治したい とか、
ソレ、ソノモノを治すのではなく
関係がないような 別なことを治すと
『あれ? アウトサイドインが治っている』
と言うコトが往々にして起こります。

また 経験的に、ですが、
その箇所を直接的に直す場合
型、形、見た目を変えるケースが多く、
望んではいないけれど
本当は 必要だから、仕方なくやっている行為、
なので 直ぐに戻ってしまうコトが多い ですが、
別なことをいじって いつの間にか『変わっている』
ケースでは その変化が馴染み易い気が多々します。
…おそらく ですが 必要が変化した、
その動きが必要で無くなった、のだと思います。

今回のケースもそれに該当する と思うのですが、
今 悩んでいることは 直接的には
インパクト前後でのからだの伸び上がり が原因ですが、
アドレスの問題はさておき、その伸び上がりが必要だから
そうなっている訳で
その必要は 別な行為で代替えしてあげれば
伸び上がりは減る、無くなる可能性が高いと思います。

このケースも 自分の肩の下の空間、軒先に
グリップエンドを打つ方に向けたまま、
ヘッド〜シャフトをボールの方に出さない、
そう言うイメージで そこをくぐり抜ける と
下に振る量を減らせる、無くせるよ😄 ッテコトで
今までよりも ずっと すっきりしたスイングになってるんですね。

まだ 下に振ってる名残があるけれど
その『軒先を通していくイメージ』を維持していれば
ダふったり、シャンクしたりして
その必要以上の下振りは「要らない」になっていくので
修正が入り、消えていく、減っていきます。
イメージを維持していれば、ね。
◉本日のゴルフスイング202304 -◉本日のゴルフスイング202304 - f




ですので 素振り・シャドースイングで
カラダを廻して グリップを横に移動させる、のではなく
ヘッドでは無く グリップの移動を
もっと 縦の円にしてあげると
下振りの必要性が薄れてきますから
伸び上がりもそれに応じて 減ってくると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ショット、スイングにおいて よく耳にする
『遠心力を使え』
と言うのが有りますが、
少々 大雑把ですが、
遠心力を使え には二種類の使い方・対応 があります。
◉本日のゴルフスイング202304 -◉本日のゴルフスイング202304 - f





遠心力は スイングのような
支点運動をした場合、
重さが 外に外にかかる、外に引っ張られるチカラ です。

ですので
,修痢ヽ阿飽っ張られるチカラに従い、
 外に膨らもうとするか
△修痢ヽ阿飽っ張られるチカラと方向として反対に当たる
 (用語としては求心力と言いますが…)
 方向に 引こうと反発するか

 代表的な例が インパクト付近の伸び上がり とか
 それを 特殊な用語で 地面反力 などと呼んだりします。
になります。

ショットを見ていると
その△乏催する 遠心力の反発する 求心力を
おそらく、ですが 無意識、反射的に発動しているお陰で
ボールに届かない、上がり間際に当たる、
スイングの最下点がボールより手前になる、
になっていると思われます。

私見ではありますが、
△留鷽肝呂紡个携身する動きは
体力次第でもありますし、
傾斜地からのショットでの安定度を欠くと思います。

そこで…
素振り、シャドースイングにおいて ですが 
 からだを廻す を使って
『グリップをもう少し縦に移動させる』
 グリップの移動で縦の円を描く ようにし
グリップの軌道を懐に中に入れる、懐の中を通す、
アドレス時での 前傾姿勢で造る 肩の軒下を通してあげる
ようにするのは如何でしょうか❓

グリップを 肩の軒下を通すイメージであれば
遠心力がかかって 引っ張られた力で
自然に前傾姿勢が保たれ易くなります。
遠心力を良い効果として利用出来ると思います。
スクリーンショット 2023-05-08 224722
また グリップの軌道を少し縦気味にする
 縦めの円を描かせるようにからだを廻す で
一点だけ意識して頂きたいのは
この状況で クラブは起きていますが、
スクリーンショット 2023-05-08 231553スクリーンショット 2023-05-08 231529








実質 シャフトの針は 6〜7時を向いています。
肩の軒下をグリップを通す際、
シャフトの針を 6時に向けたまま のようなイメージで、
シャフトの針が 4時なり、3時を向くのは
 からだの向きが変わるからで
 手さばきで シャフトの針を3時向けたりしないように。

逆に 手の仕事は
 その軒先を 6時のまま抜けるような『意識』を持つと
 前傾姿勢も保たれ易いですし、
 ハンドファーストも維持できます。
katate_Moment
もしかすると 言葉として
 ハンドファーストよりも
 ヘッドレイト の方が良いニュアンスかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「打つ前の『イメージ』として
 ボールを打つ、インパクトって
 どこら辺で、クラブはどんな感じ だと思います❓」

Yさん「アドレスの再現ですか❓」
(TOMOクンの修正前-修正後_Moment(2)
店長「とすると ここら辺ですか❓」

Yさん「ですかねぇ…。」

店長「結果、としては悪くないんですけど
 事前のイメージとしては 中過ぎます。
IMG_1632_Moment
 これは 右打ちの場合ですが、
 もっと 左でも良いかも知れません。
 イメージですけどね。

 グリップエンドや左グリップでは無く
 右グリップがはっきりと ボールを追い越した辺り、
 そこら辺が インパクトの箇所 です。」

Yさん「滅茶苦茶 前…、左ですねー。」

店長「はい。 このイメージで やっと
 かすかに ハンドファーストになる感じ
 と言えば良いでしょうか。
snap-lock_Momentsnap-lock_Moment(2)snap-lock_Moment(3)snap-lock_Moment(5)
 ですので 切り返しで
 からだが回転、向きを変えた時、
 左腕を置いてくる暇はないんです。
 どんどん 進んでくれないと困ります。
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5
 また、縦であっても、横であっても
 クラブ自体に円を描かせると グリップの進行が滞ります。
 逆に言うと、左腕を遅らせるのって
 円を描くことが前提の可能性も否めません。

 両手を離して クラブを持って
 シャドースイングすると良いかも知れません。
IMG_0294_Moment(4)IMG_0294_Moment(5)IMG_0294_Moment(6)
 イメージですけれど
 トップの位置から、切り返しから
 右の手のひらは ボールよりも50儖盟亜
 右打ちの 左足よりも前辺りをゴールにするイメージです。

 右の手のひらは 地面に向けるのですが。。。

 この場合、離して握っている 左グリップを
 どんどん先に送るコトが主目的
で✋
 その結果、右の手のひらは地面を向いている
 と言う感じです。

 左腕は 腕単体では動かせない、動かし切れない、
 意識としては動かす意識を持っても良いかも知れませんが、
 からだの向きでしか 大きくは動けません。
 それでも クラブや腕の重さは重いですから
 それを助けてあげるのが 右手の役割 です。
 フェースを上に向けてしまっては 右手も死んでしまいます。
 ヘッドの重さも シャフトの動きも死んじゃいます。

at 0m8s
手作業としては 多くは無いのですが、
手でフルスイングに比べると
非常に 近回り、からだの近くを移動させるので
 時間がありません。
右の手のひらは どんどん下を向いて行かないと…、
横を向いて、よく有る
スイング軌道を撫でて来るような暇はないんです。」
スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)スナップショット 13 (2013-07-04 23-39)スナップショット 14 (2013-07-04 23-39)

スナップショット 7 (2013-07-04 23-37)スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)スナップショット 10 (2013-07-04 23-38)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「切り返し、ダウンスイング以降では
 運動による加算も含め 重みがかかりますから
 右打ちの場合 前にある腕 左腕は単独では動かせない、
 ですので 左腕のリード とは 
 からだの向きで左腕を動かせ、先導せよ 
 と言う意味合い ですが…。」

Yさん「ですが…。」

店長「からだの向きを変えるけれど
 左腕をソコ、この場合はトップの位置ですね、
 ソコに残してしまったら
 向きを変える意味は薄れてしまいます。
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5
 からだの向きは 横への動きですので
 それに従い 左腕を横に振ってしまうと
 ボールに対して がぶってくるような
 俗に言う アウトから入ってくるような形に
 なってしまうので

 よく言われる『脇を締める』
 ココで登場するんだと思います。

 引かれる車の方が カーブの内側を通るように
 腕もクラブも自分からだの巻きつけるようにする。
 腕もクラブも引きずるように動かす感じですね。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 0m53s
 その時、左腕にはかなりの重さが掛かります。
 その重さを支えるのはシンドイですから
〆枯咾鮨聞圈憤榮亜砲鳳茲辰董_爾欧
 というのが良いと思います。

 ここまでは 多くの人が実行可能です。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21s
 でも このままだと
 フェースは空を向いている、
 ロフトも、フェースもだだ開き の状態です。

 アウトサイドインを封じても まだスライス。
 スライスの度合いは コチラの方が強い位。

 で 右手で返すことを覚えるんですね。」

Yさん「確かに。」

店長「本来、左腕は概ねイコールカラダ なんですが、
 からだ(左腕)、次に右腕
 という 動かす順序が刷り込まれます。

 からだの回転で クラブを直に動かす は
 両腕が同時に動いて、作業していないと
 行けないので
 その からだの向きを変えて クラブを引き摺る、
 体に巻き付けるような動きをした時、
 フェースが下向きになるようにするのが
 右手、利き手の仕事で
 同時に動いていないと からだの進行から外れてしまいます。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m11sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m16sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21s







 からだを廻したら 同時に
 右手も使っておかないと
 からだの回転で打てるタイミングを逸してしまいます

 手で振っている人は
 手で打っている、クラブを振っている というよりも
 からだで打てるタイミングを逸しているから
 それを のちに 手で補う、行わざるを得ない というのが
 大半のケースなんだと思います


 まあ トーナメントで言う
 『からだが止まりましたね〜』がそれに該当します。

 総じて…ですが、
 手で振っては、手で打ってはいけないから
 利き手である 右手を使うのを差し控えるから
 結局、手打ちになる というパラドックスです。

 右手はからだの向きの変化に沿って
 同時に
👉フェースを下向きにしておくコト に使っておかないと 結局は

 右手『だけ』で打つコトになっちゃいます。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「手で振ってしまう って
 おそらく 余程 良い結果が得られていない限り、
 好き好んでやっている人は多くないと思います。」

Yさん「ですね…。」

店長「からだの回転で直にクラブを動かせるか、
 仕方が無く 手で振っちゃうか の分かれ道 って
 右打ちであっても、左打ちであっても、
 左右2本の長さ にあったり します。」
スクリーンショット 2023-04-23 202457
Yさん「???」

店長「右打ちでの話し なんですけれど
 手で振ってしまう場合 って
 ボールを打つ前の段階、
 人によっては かなり早い段階 で
 右手の方が長くなっちゃうんですね。

 もしくは 端から、始めから
 ダウンスイング以降、
 右手で造る円の方が大きな円にしよう✋としている。

 ま、フェースターン・ヘッドターンをするには
 右手が大外を回らないと
 左の外側を周回しないと出来ないですしね。


 出来れば…ですけれど
 両手は似たようなトコロを握ってはいますけれど
 右打ちの場合、
 すくなくとも ボールを打つまでは、
 もしくは グリップエンドがボールを追い越すまでは
 左手の方が大きな円。
 右手の方がそれよりも小さな円に
 なっていて欲しいんです。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 0m53s
 理想的には コレはイメージと言うか、
 素振りでのみ 出来るコトなんですが、
 右手で造る円の方が
 左で造る円、通る円よりも 常時、小さな円、
です。」

Yさん「!!!!!!」

店長「そこそこゴルフをやっている人は
 からだの向きで腕を動かす と言う理屈は分かっている。
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5
 しかし、実際にクラブを持ってスイングする、
 ボールを打つと 好き好んでやってないのに
 手のみで振らざるを得なくなる は
〇始めから 右手で作る円が大きい(切り返し以降)、
〇早い段階で大きくなってしまう(インパクト前)、
〇また、そうなるような周り方をしている、

 というのが少なくありません。


 コレは ボールを打たなくても、練習場に行かなくても
 お家で、クラブも持たず練習出来ます。

 両手を✊にして貰って
 クラブをグリップするよりも やや離れた状態で行います。
 サッカーボールを挟んで持つ程度に。

 それで シャドースイングをする。
(からだの回転と腕、そしてクラブ - frame at 0m17s
荳玄蠅✊の方が 大きな円になりますし、
 上下の高さ変化も大きい。 
 円自体の大きさの変化は殆どありません。
蕷手の✊の方が 小さな円になり、
 高さ変化も少なく、
 左手で造る円よりも高いトコロを通る、
 そう言ったイメージです。

★勿論 右腕の曲げ伸ばしはしますよ

 多分…ですけれど…
 かなり 早い段階、ボールを打つ前に
 右手の円の方が大きくなっちゃうんですね。
 そして それは 長さの問題だけ ではなく
 そうするための周り方 もかなりあると思います。
 打つ前に 右手の方が長くなっちゃう、
 イエ 長くするための周り方をしている可能性
 言葉は悪いですが、
 そう 自分を仕込んで来た可能性も十分あり得ます。
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5ss
 やってみて 形だけでも上手く出来た、として
 おそらく感じるのは
 『これじゃあ ボールに届かないじゃん』だと思います。

 まあ、これはイメージではあるのですけれど
 右手の曲げ伸ばし、右手使いでボールに届かせている、
 と言うのが分かるんですね。

 左手は 左手単独で動いているのではなく、
 腕そのものが、腕単体が動いている と言うよりも
 からだの向きが変わるから 移動している、動いています。
 ですので からだの回転が止まっては
 この場合は特に左サイドですが、ボールには届きません。
 

 からだの回転で打つ というのは
 その左✊がボールに届かせている、

 からだの向きがボールに届かせている、というコトで
 少々 大袈裟な言い方をすると
 右手は クラブの長さ調整して
 クラブの負荷としての重さを調整している に過ぎません。
 
 クラブを持つと その重さはドカンと増えるので
 左手-それを移動させる-からだの向きの補助をしている、
 に過ぎず、
 遠くに飛ばそうとした時、廻る速度が速くなり、
 その重さが増すので 補助に必要なチカラが増えます。
 ですので 右腕の曲げ伸ばしのチカラが増える だけ で
 ボール自体に 右腕の曲げ伸ばしで届かせている のとは
 かなり ニュアンスが異なります。

 左✋の円は大きく、右✋の円は小さい。

 その 左右の✊の円 のドリル、シャドースイングは
 からだの回転で打つ為の 『からだの廻し方
 役立つと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「右打ちの場合ですけれど
 テークアウェイ、トップの右向きって
 結構、利き目が影響あるんですね。」

質問「利き目❓」


店長「ええ。双眼鏡じゃなくて、
 単眼鏡、望遠鏡を覗く側の目ですね。
dominant-eye-1200x630
 両方の手の指で枠を作って
 何かの対象をその枠に入れた時、
 普通(両目)に見ている時と 片目ずつ閉じた時、 
 両目と同じ見え方のする側の目 が利き目です。」

質問「右…ですね。」

店長「日本人の場合、右が利き目の人が多いです。
 割合で言うと 6割〜7割は右の利き目じゃないですかね。」

質問「それと何か関係が❓」

店長「右が利き目ですと
 右を向いてしまうと 視線が切れてしまうというか
 ボールが視界から消えてしまう というのも
 右向き不足になる原因のひとつと言われています。」
(回転とフットワーク_Moment(3)
質問「ああ 確かに…。」

店長「視界の中にボールをとらえておく のは良いとしても
 真ん中では無く 左に移す、
 場合によっては 左めで見る意識を持っても良いかも知れません。
(回転とフットワーク_Moment
 まあ 正直、ボールなんて『見てなくても』打てますし
 見ていたから 素晴らしく良い結果が出ていれば
 世界中のゴルファーはスイングやショットに悩んでいないですよ。
素振りのイメージが造り出すスイング_Moment
 あとは歳を取ってくると
 肩を廻す 〜胴体をひねる って言うのが
 無意識ですが恐くなります。
 ゴルフに限らず、誰しもが痛めた経験ありますからね。

 ですので 肩では無く 骨盤、
 男性で言うと 秀二(隠語)を右に向ける意識も有効と思います。」

質問「骨盤ではなくて❓」

店長「女性の場合、生理的なモノなのか分からないですけれど
 骨盤 って意識が割とはっきりあるみたいなんですが、
 男性にはそれが薄いように思えます。
 秀二であれば 非常に意識が強い😵 でしょうから
 しっかり 秀二を右に向ける周り方に
 徐々にシフトしていった方が良いと思います。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment
 肩を廻そうとすると
 上半身の中だけでの処理になりますから
 どうしても 腕やクラブの重さ、運動の勢いで
 したくなってしまいますが、
 胴体丸ごと、骨盤から上を右に向ける場合では
 主に足の運動になりますから 勢いが要りません。
(_Moment
 背中の張り を右向きの目安にするのではなく
 向き差が出来る、骨盤と大腿骨の辺り、
 お尻から太もも、主に裏側になると思いますけれど
 ソコの張り を 右向きの目安にすると良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「外から入ってきているように見える軌道が
 インサイドからに変わったように見えます。」


店長「その通りですね。
 この方が、と言う意味ではありませんが
 例え 手で振っているとしても
 右向きがある程度あれば、
 無いよりも、少ないよりも
 ダウンスイング〜インパクトまでの
 クラブや腕を通す『空間』と『時間』を稼げます。

 正しい意味ではないんですけど
 一般的に言われている
 インサイドから って
 右向きがないと その空間無いですからね。

 ラウンド後半、疲れが出てくると
 ボールが飛ばなくなる、つかまりが悪くなる、
 スライスする…  からだが疲れて来て
 右向きが足らなくなる と
 この逆になる訳ですよ。」

質問「ありがち…。」

店長「練習で出来るコトの3割減がコースとも言われます。
 練習の7割位しか 右を向けない のですから
 顔を動かす、視界をコントロールする で
 『右向きの量的改善』はとても有効です。
 機能も書きましたが、リズムも早くなりにくいので
 馴染ませると とても良いと思います。

 練習で出来ても コースでは… って言われますが、
 素振りで出来なければ 練習でも出来ません。
 練習でも出来ないことを コースでやれ って言われても
 無理があるでしょ。


スクリーンショット 2023-03-12 213847


 違和感は当然あるでしょう。
 治す は 変える ですので
 違和感があることは当然です。

 治したい動き、変えたい動きって
 今までのゴルフ人生の中で
 一度もやったコトの無い動きだったりするのです。

 誰もが体験、経験があると思うのですが、
 変えた、凄く変えたつもり・・・ だったのに
 写真や動画を見ると ほとんど変化がない😵😵😵

 こんなんじゃぁボール打てないよ。
 こんなのゴルフスイングじゃない。
 って位 超大袈裟に
 この世のゴルフスイングじゃない ッテ位に
 やらないと 変わらないですよ。

 10センチ、20センチの変更意識では
 ほとんど何も変わりません。
 1m位変えたつもりで 5センチ程度変化が起こります。
スクリーンショット 2023-03-12 213807
 その位 今のスイングが馴染んじゃってるんですから
 イメージトレーニングで造り
 素振りで馴染ませ
 練習でやってみる。
 その違和感が普通に変わったら
 😵もとに戻ったら って意味じゃないですよ、
 奇妙奇天烈なその違和感も繰り返せば
 自分のモノになります。
 そうなった時、初めてコースで出来るようになる んです。

 顔、もしくは視界をコントロールするだけで
 右向きが増え、良いことが多くなる。
 やることは難しくはないですが、
 からだに刷り込ませるには 努力は必要ですが
 とても良いことの多い、デメリットの少ない改善です。
 頑張って馴染ませましょう✊✊

 初めて クラブを握った時、
 あの 奇妙なグリップ・握り方…
 もう馴染んじゃってるでしょ⁈」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ほかには テークアウェイ、右向きが出来るようになる
 なにか ヒントはありませんか❓」


店長「長崎支部長から ヒントを提供して頂いたので
 見てみましょう。😊」

 コチラが添付されていた 支部長のメモ です。

オリジナル

ダウンに入ったら 右向いているうちに勝負

トップで 視界の左端にボールが来る様に バックスイング

スクリーンショット 2023-03-12 213847

37

38

 

これほど 変わるのですねぇー!

 

は 「支部長を真似て」と言いながら
やりにくそうにトライした その時から これまでとは 違う 当たり。

音が 違っていました。

 

本人に見せると 「支部長では無い」と()

スクリーンショット 2023-03-12 213807

コソ練会場では出来ても
コースで実現するのは 時間を要しますネ

 

しかし 「恐るべし 視界のコントロール


店長「多分、視界も含めた 右向き 以外のアドバイスは
 してないと思うんですね。

 にもかかわらず 3日目?では
 スイング軌道、ヘッドの入り まで変わっています。
 無意識だと思いますけど。
 その位 右向きの質と量は重要、効果大です✋

 ゴルフのスイングでのお約束で
 ✊ボールをよく見ろ とか
 ✊頭を動かすな などありますけれど
 スイング動作の中で 頭は
 軸に匹敵する背骨の延長線上 👉後頭部辺り なんですね。

 顔って 頭の厚みがありますから
 20〜30儷瓩 その頭よりも前に出ています。

 もしも ボールを打たない、見ない で
 右を向く・左を向くを動作の主眼としていれば
 どちらも 顔はボールから離れていく のが
 普通なんです。

06ad7076-s (1)
 ボールをよく見ろ では
 間違ってはいないですけれど、
 あまりに凝視してしまうと 習慣的なのか、本能的なのか、
 ボールと目との距離を保とうとしてしまう場合も
 少なくないと思うんですね。

 スイングの種類は色々と有ったとしても
 『十分な右向きは七難隠す』と言われますので
 ボールをよく見ろ や
 頭だと思っている『』を動かさないコトで
 右向きが犠牲になってしまっている人が結構、いるんじゃないかな。」

質問「だと思いますね。」

店長「素振りや練習では 顔ごと
 クラブの移動に伴って 顔も右向ける。

 でも 実際に打つのには
 直ぐには馴染みません。 怖いでしょうし。

 ですので 視界 をコントロールする。
〇From USA?だっけ - frame at 0m39s
 アドレス時、視界の真ん中にあったボールを
 右打ちであれば 視界の左に、
 左打ちであれば 視界の右に

 テークアウェイからトップにかけて移してあげる。

 右向きの質は兎も角、
 量が増える、
 また 顔を動かす、視界を考えれば
 あわてて テークアウェイ入れなくなるので
 一定なリズムを造るのにも役立つと思います。

 からだを雑巾のように捻じって・しぼって
 『右を向け右✋』なんて訓練(拷問❓)よりも
 遥かに効果のあるドリル・トライだと思いますよ😊😊😊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スイングのテークアウェイ、トップでの
 右向きが足りない、上手く出来ません。
 どのようにすれば良いでしょうか❓」


店長「ありがとうございます。
 大変良い、そして かなり多くの方の共通する悩み
 なんだと思います。

 右向き は
 スイングの最大のエネルギー源
と言えるほど、です。
 十分な右向きは 七難隠す と言われますから
 何度とか角度は気にせず、
 自分に出来る、タイミングの取れる、
 そして 繰り返せる 右向きを覚えたいモノです。
2021-04-11_22-32-44_Moment(5)
 本当の、十分な右向き が深くて、たくさんあって
 困ることはありません。
 オーバースイングとは意味が異なります。


 改善策として色んなアプローチ(方法)があるとは思います。
 人それぞれなんだとは思いますが、
 素振りで出来ても、練習場で出来ても…
 というコトが少なくないのでは、とも思います。

 原理主義的(あくまでも)に言えば
 右向きの意味、意義と言うか、
 からだを廻すコト、右を向けるコト が
 打撃・ショットにとっての『必須』であれば
 当然ですが、せざるを得ません。

👉からだを廻すことが 打撃ソノモノであれば
 右を向かなければ、ボールが打てない、強く打てない、
 になりますから 嫌でも『右向き』をするようになります。

 言ってしまえば
 右向きが不十分、上手く行かない、
 でも ボールは打てている、故に
 『特に必要が無いので』右向きが少ない、しない です。
✅実験してみると良いですけれど
 からだの向きをほぼ全く変えずに
 アドレスの向きのまま、
  😵からだは固定したままボールが打てちゃうのか? か、
 そして その打撃は自分の普段のスイングと
 どれだけ似ているか、乖離しているのか でしょうね。」

質問「打てちゃいます…。」

店長「ですよね。
 右向き『だけ』と言うよりも
 からだの向きを変えることが打撃との直接関係に乏しい
 クラブが円を描くのですが、それとからだの向きが関連していない…
 必然性…と言う意味で 極めて薄いので
 なかなか刷り込まれないのだと思います。
 原理主義的…にはですね。
池田康二202520_Moment
 ソコの部分をある程度理解するコトが大切ですが、
 動きや形 結果論的ですが、
 そこからも改善、突破口はあると思います。」

質問「おおおお。」

店長「まずは 自分がどんな 回転をしているのか❓
 を見極めないといけないと思います。
 
 ものすごく大雑把ですが
 ]咾世韻撚鵑辰討い
 胴体を捩じって 肩 ではなく 肩部・胸部を回している
 ➂主に足をつかって 胴体、骨盤から上を回している

 だいたい 回転のタイプは3つ
 ,脇匹鵑濃のごとく ですが
 △廊,畔9腓薫廚、疲れてきたりすると
 その割合が,諒に寄ります。
 ➂も△畔9腓薫廚い任垢、私たちの年齢(50歳オーバー)では
 比較的 安定し易い傾向にあります。
((((((((_Moment
 処方箋として
 ,両豺隋▲淵鵑良塋悗盍兇犬討い覆い里任△譴
 何もアドバイスはありませんが、
 改善したい、治したいのであれば
 処方箋レベルではなく、手術をする位のつもりでいて下さい。

 △両豺隋↓ 弔猟磴😵に流れやすいので
 の要素を取り入れて 補助を入れた方が良いと思います。
 疲れてきた時に 肩部・胸部ではなく
 肩(ソレは腕の一部)を廻してしまい易い、
 回り難くなった時に 腕やクラブの重さ、その勢いで
 からだを捻じる傾向がありますから
 ソコを の脚に移してあげるのが良いと思います。
(_Moment
 若い人は別ですが、アマチュアにとって
 理想的なからだの廻しです。
 多少、胴体をひねる△混じって良いと思いますけど
 基本は脚に頼れますので、一番 長持ちします。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スライスを打っている自分には
 スイングの溜め はあまり良くない…ですか❓」


店長「基本はそうなります。

 しかし、卵が先か、鶏が先か、 で
〇ヘッドを返す為に 開いて上げているのか、
〇開いて上げちゃうから ヘッドを返す、

 まあ手先で ヘッド、クラブをボールの方に出しちゃうコト
 を指す訳ですけれど
 その人なりの スイングの溜め(ヘッドの遅れ)を造って
 それを取り戻す(もとに戻す) が
 スイングそのもの になっている人も少なくない です。」
202252_Moment
質問「その口…ですね。」

店長「スイングの溜め 〜ヘッドの遅れ を
 フェースやロフトの開き にしないようにする には
 右打ちの場合…ですが、
 ダウンスイングで からだの回転に対し、
 先行する 左腕を伴わせる、
 左腕を動かす為に からだは回す、
 と考えるのが良いのです。
 
〇左腕が遅れる
〇左腕がからだの回転に伴わない
〇左腕が下がらない 
 …ければ
 スイングの溜め/ヘッドの遅れ はフェース・ロフトの開き
 になりますから
 そこから 時間をさかのぼって考えて
△左腕先行
△左腕だけが上がる
△からだの右向きが無い
 は
 スイングの溜め/ヘッドの遅れ で
 フェース・ロフトを開くために テークアウェイ取っている、
 と言えます。
 
 テークアウェイ、もしくはスイングの初動 の時点で
 ヘッドを返すコト、ヘッドをボールの方に出すコト、
 究極には 手でクラブを振ってしまうコト を
 余儀なくされている と言って良いかも知れません。」

質問「どう治したら良いでしょうか❓」

店長「まずは 自分のスイングの動画 とかを
 一度見てみて下さい。
((((((((_Moment
 テークアウェイで からだの向きに対して
 左腕がたくさん動いている、たくさん上がっている、
 左腕だけでテークアウェイを取っている、

 であれば そのタイプです。

 徐々に✋で良いと思いますが、
 左腕を上げるのを辞める ではなく
 左腕『だけで』上げるのを辞める に行くのが
 良いでしょう。

 左腕が、特に左ひじの移動量に合わせて
 右ひじも移動していれば、動いていれば
 クラブ・フェースは開かない、開き難くなりますから
 まずは 右ひじを外めに張ってみる(クランチ)、とか
 右ひじをやや高くしてみる、とか
 左ひじが移動した分、動いた分、
 動かすコトから トライしてみて下さい。


 そして 出来れば
 右ひじ、右サイド主体で テークアウェイを取る。
 右サイドを動かさず、それを基準に
 左サイド〜左肩を入れる というケースも
 少なくないかと思いますので
 右サイド・右ひじを主体にテークアウェイする。

✋その際、ですけれど
 テークアウェイを取る方向は
 アドレス時の右 ではなく
 アドレス時の背後、
 ゴールとなるのは トップの位置の方向ですので
 右サイドは背後方向に動かす感じです。
〇From USA?だっけ - frame at 0m39s
 右サイドを背後に動かすのと
 左肩を アドレス時の右に動かすのは
 似ているようで 方向が90度違います。
 スイングが 回転と馴染まないのは
 その可能性があるのかな、と思います。

 左肩を入れる と考えている人は
 その『方向』を間違ているので
 手振り・振り遅れ になり可能性があります。

質問「あああああ」

店長「あと最後にですけど
 技術的な部分の問題よりも 勘違いや思い違い
 自分本位な勝手な解釈によって スイングは造られることが
 少なくありません。
 技術的なミスは 思い込み によって造られています。

 まずは 頭で理解するコト、
 思い込みから解放されるコト、
 クラブの円を描くのは
 からだの向きで十分✊
 クラブ、もしくはヘッドターン は
 からだの回転でコト足りる✊
 表面的な知識ではなくて
 頭の奥の 芯の深い部分まで
 ちゃんと認識できないと その初歩的な部分が
 変わってこないのではないか
と思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


投稿◆
いつもお世話になっております。


クランチ不足の原因が

しっかり右を向けていないことにもありそうで

初めて「視界移動」をやってみました。

こわいです。とっても。


右を向いて,右が高ければ,上から打てるはず。


記事にあった「上から一気に打て」の意味を噛みしめつつ

悶絶真っ最中です。

映像をみると相変わらず右肘が低いです。

恐怖感や,その時の動き方によって結構視線にばらつきが出ますね。

今日の練習映像だけで相当なバリエーションでしたよ(^^;

おっしゃるように視界のコントロールによって

動きを作ってしまえるんじゃないか?と感じました。

どーんと右を向いて(体も目も),前傾による右の高さをキープ出来れば

このクラブの本来の性能が見られそうで,楽しみです。

〇肩を廻せ_Moment


お手紙有難うございます。
多くのゴルファーは 上半身の上部
肩周りを捻っている・・・つもり なのですが、
その実、腕を横に振っている、だけ になってしまっています。

私達の年齢(中高年)では
胴体をひねる〜肩を廻す は
本能的な…無意識の拒否感が伴い易いので
向き…として からだを廻せていないコト、
右を向けていないコト が往々にして起こります。

ミスの多くは「この回転(向きの変更)不足」
原因であったりします。
特に、現場に出ると 緊張感のためか
テークバックで、クラブの所定の移動
所定の動きを手だけ、肩も含めた腕だけの動きで
取ってしまうものです。

貴方にはどう見える❓_Moment

ボールを良く見なければ なんて言葉も有りますし
体を回す練習をするのに
胸やへその向きと同じく、顔も向きも変えてあげる
というのは とても有効です。

顔の向き、顔ソノモノを動かす のが怖い場合、
視界の中の ボールの位置を動かす…

〇アドレス時 ほぼセンターに在ったボールを
 右打ち〜右向き、テークアウェイからトップで
 視界の左の端に動かしてあげる

 と言うのも一つのアイディアです。

どちらにしても『慣れ』は必要ですが、
右向きを造れれば(出来るだけ多く)
 七難隠すとも言われます。


この練習は 勿論素振りでも良いですけれど
少々長めのアイアン 6番とか7番を使って
30ヤード程度のランニングアプローチの様な
感じで練習すると良いと思います。
出来るだけ クラブ単体は動かさず
体の傾きに応じた 地面に対するフェースシャット
(ちょっとオーバーにフェースを地面に向けるイメージでも
 良いかも知れません)
を作り 体の向きを顔も向きや視線・視界の変化で感じ取る というか
創り出す というのは、いずれフルショットに
良い意味で反映してくると思います。

言葉で説明しますので、イメージしにくいかも知れませんが、
このような 大きくないショットを打つ場合
例えばパッティングやアプローチなどがそうですが
実は、殆どのアマチュアゴルファーは
回転せず、左肩を下げているだけです。
4c9a0689体は柔軟に出来ていますから
この画像のように テークバック(もどき)・・・
肩周りだけを動かす
と一見 右を向いたような錯覚に陥ります。
これを 偽装テークバック、テークバックもどき と言います。

向きを変える と言う動きは
傾きは多少あれど、基本 もっと横の動きです。
傾きを維持しつつ 水の入ったバケツを
右の人に渡したり、左の人に渡すような動きです。

ここが改善されるだけでも、かなり大きく色々改善されますし
これによって フォローも変わってくるものです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:「ヘッド/クラブをひきずる」の件

 自分の中では、かなり意識改革は進んでいると思うのですが、
 実際に動画で見てみると、驚くほど変わっていないのに愕然とします。

 

 自分的には、ダウンでヘッド/クラブは既に遅れているのだから、
 そのままグリップは動かさず向きを変更、
 インパクト位置はグリップがブレイクラインを越えた先、
 と考えながらやってます。

〇From USA?だっけ - frame at 0m30s
 しかし実際にはインパクト前にグリップはスローダウン(止まる寸前?)、
 インパクト前からヘッドはグリップを追い越しにかかっている、
 インパクト直後はヘッドが追い越して完全に振ってしまっている という状態。

 
 打ってるときには、意識は相当変えてるつもりですし、
 打ってる球もけっこう良い感じなのですが、
 意識と実際の動きのギャップが理解できないのです。

 
 とくに、グリップが止まってくる感じをどう変えていけばいいのか、
 アドバイスいただけると助かります。


店長:お元気にやっていらっしゃいますか❓

 結果も悪くない… 全体像としては決して悪くは無いと思います。
 仰る通り、ダウンスイングの始まり、
 切り返し後、からだの向き、回転に対し、
 特に、ですが、左肩〜左腕の付け根の『横移動』に対し
 本来、その対象 である筈の 左グリップがソコに残ってしまっている、
 留まってしまっているコトが
 結果として ヘッドを、シャフト・クラブを
 ボールの方に手で出す"形”を誘発していると思います。

 おそらく…ですが、それによって
 ヘッドの入射角度が緩めになってしまっていますので
 現在はややフック回転気味で ソコソコ飛距離も出ている…
 のですが、年齢が進むと それはボールの高さ不足、
 キャリー不足による飛距離低下を招きますし、
 飛ばす、ドローボールの延長線上で ドロップや縦チーピン
 などを生んでしまい易くなるので
 ゆっくりとで良いと思いますが、
 お望みの通り、そのクラブなり〜長さなりの『望ましい入射』
 もう少し 上から打てる と良いですね。
〇From USA?だっけ - frame at 0m39s〇From USA?だっけ - frame at 0m44s〇From USA?だっけ - frame at 0m44






 手で振りたい、ヘッドを返したい、
 フェースローテーションをしたい、 と微塵も考えていないのは
 とてもよく分かります。

 ですが、切り返しから どうしても
 変な『居残り』がある、ソコを治したい✊
 こういう場合、その部分、その箇所を治すのは得策ではありません。
 別な箇所、別な時期の別なコトを触った時、
 いつの間にか ソレが薄れている、無くなっている、
 というのが良いと思います。

 今回のテーマは
 インパクトを含め、インパクト以降に
 左腕、特に左上腕ですね、
 コレが『上げられるか』
 両腕じゃないですけど、万歳出来るか、どうか です。
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)




 フルスケールのスイングの
 1/2スピード位の練習で良いと思います。
 ゆっくりしたフルスケールのスイングですね。
 そこから始めてみましょう。

 左脇を締める〜締めている と言う感覚が感じられたら
 前に進めます。

 からだの回転通り、回転に追随して 腕が動いていないと
 『居残り』があると 左腕は上げられません。
 あくまでも イメージですが、
 切り返したら 直ぐ 左腕を下げる ではなく 上げてみて下さい😵

 あきひこ先生の進める このドリルも
 とても有効だと思います。

 一般論とは違うかも…知れませんが、
 インパクト・インパクト以降 左脇を締めるのを『こすり』
 左脇(腋❓)を開けるのを『つかまえ』と呼んだりします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日の続き・・・になります。
イメージだけでも、ココは卒業しましょ : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

言葉で言うと
『ヘッドはグリップに追いつきません。
 まして 追い越すなど あり得ません。』


補足・・・打った後のコトは知りません。


この写真をご覧ください。
ヘッドはグリップを追い越しません!_Moment








これを見て 「ヘッドがグリップを追い抜いた!」 
言うのでしょうか?

これは単に からだの向きが 左を向き始めた から
そう見える だけで
別のアングル(写真内左)で 見ると
グリップをヘッドの位置関係は 変わってませんよね?


ゴルフの打撃において
安定を伴った 遠くに飛ばすポイント は
『浮かせられる範囲で 立った(締まった)ロフトで打つコト』
『無理のない範囲で 速く回るコト』
『使える範囲で 重いヘッドを使うコト』

これに尽きます。


からだの回転に対し、グリップは遅らせず
その重さ分 ヘッドが遅れる    ではなく
遅れたヘッド の その遅れを取り戻す は
『取り戻す行為は そのまんま、ロフトが増やす動き』 です。
また 遅れたヘッドのその遅れを取り戻す には
『からだの回転を止める、もしくは減速が必須』 です。
 どちらも 「飛ばさない」動き に相当します。
スイング ココを治そう❸_Moment(5)ハンドターンハンドターン (3)ハンドターン (2)








正しくはない方法ですが、アマチュアがロブショットを打つ方法に近いです。


アマチュアの人が 遅れを取り戻そうとするのは
開いたロフト、開いたフェース では
打てないからで、それは遅れ ではなく 『開き』に過ぎません。
スイング ココを治そう❸_Moment(5)ハンドターンハンドターン (3)ハンドターン (2)





ヘッドの遅れは その重さとシャフトのしなり によって
『ヘッドが遅れている』のであって
『グリップ、クラブそのものが遅れている〜ズレている』のでは
ないのです。
ロフトを開き、フェースを開くから
 そのままでは ソールで打ってしまうので
ヘッドターン〜フェースローテーション と言う名目の
 開きを取り戻すのです。・・・ でないと フェースで打てません。



✋悶絶クラブ の話 で言えば
シャフトのしなりは ヘッドの遅れ 👉ロフトの立ち を造ります。
また、シャフトのしなりやヘッドの重さは
切り返し以降、ダウンスイング初動のグリップの遅れなさ
そして 回転の促進を生みます。
勿論、その非常識なヘッドの重さもあります。
ですので クラブの基礎機能が使えれば
楽して飛ばせる要素が高いのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ダウンスイングで 短くなっていた腕を長くする、
 自分の意志で伸ばすのか、
 それとも 遠心力が掛かって 伸ばされちゃうのか、
 後者の割合が多い方が繰り返し易くて、楽だとは思うけど
 どちらにしても その腕を伸ばした時、
 クラブ、シャフト、ヘッドを『この領域』に入れようとしない、
2021-12-13_17-06-22 - frame at 0m2021-06-04_21-01-10 - frame at 0m15s






 ヘッドを ボールの方に、
 横方向にも、下方向にも 出そうとしない、
 というのが からだの回転で円を描くポイントになると思います。
(イメージスイング

 腕さばきだけで ボールに当てられない、届かない、
 それが からだの回転で、
 からだの回転だけでは打てるけれど
 速度が上げにくいや飛距離や高さが出し難い、
 そんなところから ヘッドの高さの意味や
 クラブの短く仕方、ヘッドの重さの意味が解ってくると思うんですね。

 そう言う意味では 素振りやワッグルの時点で
 『あああ… それでは…』 というのが多い気がします。

 これは アプローチだけでなく、スイング全般に言えますが、
 肩って言う箇所は 腕の一部です。
 ですので 肩でクラブを動かすのを辞めて
 脚で骨盤、上半身全部を動かすか、
 肩で動かすにしても、腕も含めた肩甲骨ではなく
 胸や背中を動かして、胴体をひねる意識を持たなくては
 どの道 手で振るコトに行き着いてしまいます。
((((((((_Moment

 ゴルフスイングのちょっと意地悪な部分は
 打った後 は からだを傷めない為に クラブもリリースします。
 あくまでも 打った後 ですけれど…。
 手打ちって そのタイミングが 早過ぎる、
 クラブをリリースするのが 打撃と勘違いしてしまっている。
 飛ばすにしても、飛ばさないにしても
 打撃の基本は 向きを変える速度 であって
 クラブリリースはあくまでも 事後処理のオマケ なんです。

 ドライバーショットは ボールを左に置き、
 地面からボールを打つショットに比べると
 ほんの少し遅いタイミング、やや左向き、やや上向きのタイミング
 のインパクトになるので リリース部分が強調されて見えますが、
 クラブのリリースが打撃ソノモノ ではないのは同じです。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

 プロの活躍している選手には
 手打ち、アーリーリリース、ハンドリリース、
 フェースローテーションの強い人もいます。
 いますけれど なかなか長持ちはし難いし、
 その手の流派は関節とか痛めやすいですから 故障持ち率が高い。

 これ 忘れちゃいけないのは
 彼らはスポーツ選手である と共に
 私たちは そのスポーツ選手の引退した あとの年齢なんです。

 まあ ゴルフクラブもそうですけれど
 好きな選手の、好みのスイングを好きに選べるのも
 ゴルフの楽しみのヒトツですから
 どれも それぞれ流派であって 良い悪いはないですけれど
 前にも言いましたけど、
 ゴルフクラブは 手打ち、フェースローテーションして
 使うようには 造られていません。
 どの部分をとっても、です。

 ですので アマチュアで、プロゴルファーに比べると
 既に引退して、第二の人生を楽しんでいる年齢の私たちが
 プロのスイングの良いトコロは参考にするにしても
 盲目的に そっくり真似するのは 危険が伴うと思います。

 コレは言いたくないですけれど
 レッスンプロなんかにも言えることで
 彼らの年齢や運動性能で可能なコト、繰り返せるコトは
 中高年の私たちには かなり至難の業 なんです。
 『あぁ それ分かるけど、繰り返せないでしょう、私たちには。』
 という教えが非常に多いですよね、最近。
 良くも悪くも、YOUTUBEとか ネットなど便利なモノのおかげ
 なんですけれど、高機能になったとしても
 ゴルフクラブの基本や構造は 50年前とさして変わらないんです。」

質問「確かに そうですね…。」

店長「からだの回転で打てるようになっても
 まだまだ 悩みはいっぱいあるんです。
 悩みのステージが上がった分、もっといろいろやらないと…
 終わりはないんですけどね……
 とは言え 少なくとも からだの回転で円弧を描けた方が
 ボールはつかまり易いですから 今までよりも
 少ない力感でボールは飛ばし『易い』ですし、
 反復性、再現性は高まるとは思うんですけど、
 人間のシンプルな欲、もっと強く叩きたいとか、
 振りたいとか、動きたいとか、疲れたから楽したいとか、
 そう言う部分は年中顔を出しますので
 そう言う意味合いで ゴルフはメンタルなスポーツと言うんでしょうね。
 
(こする つかまえる_Moment(2)

 少しは役に立てたんでしょうか❓」

質問「はい。ありがとうございます。
 やっぱり 手で振るのは辞めたいですから😊。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「手打ち、ハンドリリースから卒業するには
 どんな風にリリースするのが良いのですか❓」


店長「う〜ん ここは 正直、形だけ真似てもダメだと思います。
Desktop 2023.02.07 - 10.40.44.01 - frame at 0m19sDesktop 2023.02.07 - 10.40.44.01 - frame at 0m21s








 ハンドリリース、右腕を伸ばすコトで
 ボールの方にヘッドを出さなくなったとしても
 からだを廻していなければ それはソレで打てません。
 ボールに届きませんから。

 ですので からだが廻る、
 その向きを変える目的は グリップを移動させ、
 クラブを引き摺るコト…そう言うからだの回転が
 刷り込まれていかないと 馴染んでいかないと思うんですね。
20210701 (2) - frame at 0m24s
 とは言うモノの 元凶は そのハンドリリース と言えるほど
 スイングを決定してしまう。。。
 まあ 打撃の肝の部分ですから そうなりますけど
 腕のリリース、伸ばし、伸ばされ は行いますけれど
 それはどうなるのが理想なのか は知っておいて良いでしょうね。」

質問「はい。」 

店長「いっぺんに 色々なコトは出来ませんから
 まずは イメージ みたいなトコロから始めてみましょう。
2021-12-13_17-06-22 - frame at 0m3s
ごく一般的なイメージだと思うんですが
ここからスイングを始めた場合、
そのゴールと言えば良いのか、
通過点と言えば良いのか、
ボールを当てる・打つのには
当り前 かも知れませんが

2021-12-13_17-06-22 - frame at 0m3ここが イメージのインパクト
だと思うんですね。」

質問「ですねー。」

店長「しかし、これは
 からだの回転が『伴って
 ヘッドの方がボールの方へ
 グリップよりも前に出るんですね。

2021-12-13_17-06-22 - frame at 0mですので からだの回転『無し』の場合
シンプルな 腕の役割 としては
両腕を、右打ちの人の場合、右腕を伸ばした状態で
この内側をすり抜けるようにしないと・・・
この線を越えて クラブやヘッドを出してはダメ、
ココに板があっても それを叩かず すり抜けるよう
腕を伸ばさないといけないんですね。」

質問「これじゃあ 当たらない、打てない、届かない です。」

店長「正解です。
 それで良いんです✋

 だから からだの回転が必要 になります。

 コレを 腕を伸ばした、よく言うリリースした時、
 ボールに当たってしまうような そう言う形をイメージしていたら
 からだの回転 要らなくなっちゃうじゃないですか❓

 スイングにおける動作は
 必要なコトしか からだに刷り込まれていきません。

 手打ちを辞めて からだの回転で打ちたいんだとすると
 からだを廻さないと ボールに当てられない、当たらない、
 そういう手使いをして 必然 を造らないと
 単なる ボディターンの真似事、練習場でしか出来ないコト で
 終わってしまいます。


 これは横方向だけでなく、下方向に対しても同じ
2021-06-04_21-01-10 - frame at 0m15s
 この線よりも 下にヘッドを入れない。

 これじゃあ 届きませんから
 からだを廻す『しか』ない
 仕方なくからだを廻す、
 それが 手打ち でなく、 からだの回転で打つ
 おそらく 唯一の方法です。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイング全般も含め 右向きが足らなくなってしまう、
 からだの回転力が利用出来ない、
 からだの向き変更不足に陥る、
 そうなると 『手で振らざるを得ない』
 『手さばきで円弧を造らざるを得ない』事態に陥ります。
R

 好きで手で振っている人を除き、
  …今は 手で振るコトを公に奨める教えもありますが…。
 だいたいの場合、手で振らなければ打てない、
 ボールに当てられない状況に陥る のが現状だと思います。

 ラウンド中、緊張感の伴う場面や疲れてきた時など
 そういう状況は多発すると思うのです。」

質問「ですねー。」

店長「ですので まずは
 からだの回転 は 肩でまわる と思っている方は
 自分の思う からだの回転が本当にからだの回転なのか
 要するに 肩のある胸、胴体が向きを変えているのか、
 それとも胸や胴体は動かず、肩〜肩甲骨〜腕 だけが
 動いているのが 本当の自分の回転なのか を
 ちゃんと認識・識別する必要があると思います。

 コレ 予想以上に多いケース だと思いますね。」

質問「自分ではからだを廻している と思っているのに
 実際には 腕だけで行っているのですからね。」

〇肩を廻せ_Moment2〇肩を廻せ201808_Slomo_Moment〇肩を廻せ_Moment(2)







店長「はい。肩は位置としては 上半身の中にありますが、
 独自に動くコトの出来る 腕の一部です。

 そのケースでは 右向きを増やしても
 腕で動かしてしまっている、移動させてしまっている量は
 変わらないですから 腕で5 からだで2 動かしているのが
 腕で10 からだで4 になっただけで
 その多く 手さばきで動かしてしまっているズレ分、差分は
 手さばきで解消しないと。。。
 つまり ボールを打つところは手でさばかないと
 ボールに当たらない、打てない訳ですから
 一番始めの 肩を廻す、ちゃんと肩を廻す を
 修正しておかないと 永遠に続く追いかけっこになります。
〇肩を廻せ_Moment
 で、本当の意味での肩を廻す、胴体をひねる は
 ちゃんとやってみると すごい『キツイ』んですね。
 胴体をひねる んですから。

 普段、ほとんどしない 自発的な胴体のひねり は
 かなり 年齢や運動性能に左右されます。
 そこは 頑張って訓練するか、
 いっそのコト、もう少し楽な 骨盤の回転に移行するか、
 どちらか だと思いますね。」

質問「骨盤の回転の方が楽ですか❓」

店長「と思います。股関節は 立って、歩いている限り
 関節として ボールジョイント的な機能も持っているので
 そう言う機能の無い 背中・胴体をひねるよりは
 ずっと恐怖感は無いと思います。
 勿論 機能的にも可動域は十分ありますし。

 背骨や胴体はひねることに対する耐性はあっても
 ひねること自体は機能にありません。
 よって 無理にひねろうとすると
 腕やクラブを横に振って 誘導・先導するコトになり易い。

(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)202176_Moment






 もしかすると ちゃんと肩を廻す の間違い も
 ソコから発生している可能性があります。
 ・・・正直なところでは ある年齢を越えたら
 胴体をひねるのはキツイかな、ソレにトライすると
 結局、手で上げて 手で振るに収まっちゃうかな とも思います。

 胴体をひねる は
 その行為自体 無理があるので
 どうしても それを誘発するための
 『勢い』が必要になり易い・・・。
 それが クラブや腕振り につながる。
 で、あれば 脚と言う動力源の有る
 勢いの要らない 骨盤の回転の方が量も確保し易いし、
 安定してし易いと思うんです。

 ですので どうせ変えるんであれば
 骨盤の回転に移行するコトを私は勧めます。

 ま、それでも 腕を振ってしまうのは
 出来るだけ 無くす方向に意識をしておかないと
 ズレは解消しないですけどね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「まず コチラの動画からご覧ください。

 薄い紫がかった画像での
 テークアウェイをご覧ください。

 テークアウェイには 確かに右向きがあります。
 からだも右を向いている。

 しかし、
 その右向きに 意味と言えば良いのか、
 役割がありません。
 言葉悪く言えば ただ右を向いているだけ。

 右を向くコトで クラブが動かなければ、
 クラブを動かす為に右を向く 筈なのに
 ただ 形として右を向いただけ…。

 動きに役割が無ければ 無意識の中では、
 また 疲れた時、当然 その動きは省かれます。


 要は 『からだの向きが無ければ 打てない から
 からだを回転させる、向きを変える』
 のであって
 スイングっぽい形に見せるための
 アリバイ右向き、アリバイ回転 は 意味を成しません。

 これはダウンスイングでも同じです。

 左を向くコト が 打つコト に成っておらず
 腕を振る為、その位置を確保する為の回転では
 手打ちの位置を造る為や
 その勢いを増す為 だけの 回転ですので
 本来の意味の 『からだの回転で打つ』に成れない
 と言うか、始めからゴールが違う気がします。

 からだの向きを変える
 その向きを変えることでボールを打つ

  には ちょっと発想の転換が必要です。

酒巻202301 - frame at 0m54s

 なんと言えば良いのでしょうか、
 例えば バスケットやサッカーで
 動いている味方にパスをする場合と
 止まっている味方にパスをする場合のような…。
 動いている味方であれば
 パスを出すタイミングやそのパスの速度・距離、
 その選手の走る方向やスピードに応じて
 未来の流れを予測して行動しなくてはなりません。

 からだの向きを変える は
 どんどん方向が変わって行きます。
 例えば アドレスでの左右は そのまま左右ですが、
 からだの向きが変わる時間を加えると
 アドレス時の 右 は
 テークアウェイ時では 背後、
 ボールから離れていく方向になります。

 からだの回転は
 その向きの変化を使って グリップを移動させ、
 その結果、ヘッドを移動させ、ボールを打つコトが目的です。

 ですので テークアウェイでは
 右を向くコトで
 グリップを右に動かすのではなく、
 時間進行を考慮して、
 グリップを ややこしいですが、アドレス時での背後、
 ボールから離れていく方向に動かすコト が目的です。
〇からだの回転〜

 アドレス時の右 に動かすコトではありません。

 ココの部分、動きが小さくなるアプローチなどで
 間違えている人が多いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ハミングバードのブログ等を読むと
「クラブを振るな」
「ヘッドを振るな」
「シャフトを振るな」

と しつこい程書かれています。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(4)
一般的な感覚(ゴルフの)のゴルファーが
それを見ると
「振らなくちゃ打てないじゃん」
「振らなくちゃ飛ばないじゃん」
「なに言ってるの? 意味不明…。」

ってコトになると思います。 


では 具体的に
どういうのが振る で
どういうのが振らないのか

理解できる人には 結構衝撃があるかも…です

シャフトを振る
クラブを振る
ヘッドを振る
 というのが 俗に言う「手打ち」で
シャフトを振らない
クラブを振らない
ヘッドを振らない
 が からだの回転で というコトになります。

(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)





胴体、とクラブの
   (この角度 …坊主頭の上から見た時)

体とシャフト・クラブの角度 です。
 からだ・胴体は赤線  クラブ・シャフトは黄色線
アプローチのような状態も
フルショットのような状態も
クラブが立っている(ヘッドの方が高くなっている)場合も
そうでない場合も
 この角度はだいたい同じ 似ています。

何度も説明していますが、
クラブは極端に棒の先に重さ があるので
自分が向きを変えるコト、によってグリップを移動させ
シャフトでつながっている ヘッドは
その重さの分、グリップよりもターン(角度運動)しません。

【POINT】 グリップをヘッドが追い越す ように見えるのは

打撃〜インパクトが終わり、
動作、体の向きの変更が終息しはじめ 減速する、
クラブ、ヘッドには慣性が付いているので
グリップに追いつき、追い越している ように見えますが、
それは打ってからの 「おまけ」 の動きで
その動きで打つコトではありません。
    それは打撃のおまけです。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(5)






ヘッドがグリップを追い越すコトは
原動力である からだの向きの変更 や
グリップの移動が停止、減速 しない限り
物理的に発生しません。

逆を言えば からだの向きの変更、
それに伴うグリップの移動を止めれば 追いつき/追い越し
は発生しますが、クラブヘッドはその構造上、
ロフトやフェースの向きは かなり過激に変化します。

(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(6)






この写真撮影時は 速度が遅いので
打ち終わったポジションでも
グリップをヘッドが追い付き、追い越すほどの
慣性は付いていません。

通常のショットのトップの位置では
シャフトが立っていても(地面に垂直に近い状態)
そうでなくても
からだ(骨盤〜肩) と シャフト(クラブ)の角度は
狭い方で60度位、広い方で120度
右打ちの人で 右側の角度は60度位
 です。
(角度 何度は気にする必要はありません)

打ち終わってから
体の向きの変更、それに伴うグリップの移動 が
減速、終息に向かうまでは
この角度は ドンドン詰まります。
意図的 で無い限り
 この 狭い方の 60度の方の角度は
運動、速度に応じて 狭まるコトはあっても
広がることは物理的に起こりえません。
運動でヘッドの重量が増える分、その角度は狭まります。

よく言われる ハンドファースト のような
インパクトは 技術 ではなく
単なる物理現象 です。

(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(5)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)





で、よく スイングは丸く振る と言われますが
この角度 → 胴体とシャフトの角度 が
変わるのではなく 土台である からだの向きが変わるから
円を描くのであって
(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment(2)






からだの回転 や グリップの移動を減速、停止させ
こう振るのではありません。

#シャフトを振る のではなく
 シャフトを持った 自分が回るのです。


もう一度書きますが、
インパクト以降、打ち終わってからは
動作、からだの回転に伴うグリップの移動が減速、
終息に向かうので
慣性の付いた クラブやヘッドに グリップが追いつかれ
追い越されることもあります。
それを無理やり 止めるのは危険 です。
ですが それは スイングのおまけ、惰性 です。
『打ち終わって』からの 現象 です


その「おまけ」 を 打撃にしているのが
俗に言う 手打ち です。

いまや そのおまけ打法が蔓延しています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


8658a3e6-s
多くの人が信じて疑わない
フェースの返し、ヘッドの返し
要らないピザは遅効性ですが
かなり根深くスイングの災厄を生みます。



飛距離が思ったように出なかったり
スライスしてしまったり
むやみにボールが高くなってしまったり
それは ヘッドの返しが上手くいかなかった
もしくは ヘッドの返しが足りなかった、間に合わなかった
と信じています。

kumasan201810 (2)_Momentkumasan201810 (2)_Moment(2)この 要らないピザを頼む行為
具体的には
×ヘッドを返す、
×グリップを入れ替える
×シャフトを振る
 は
そのまま 
●ロフトを増やす動きであり
●体を開く行為であり
●右サイドを下げる動き
 そのものになります。

そして その行為が
多くの人の ゴルフショット、ゴルフスイング そのもの
ボールをさばく動き そのものになっています。


それを辞めろ というのは
ショットをするな、ボールを打つな と同意語に
なっているのですから 治る筈もないでしょう。

ダウンスイングはもとより、テークバックにおいても
アドレスやグリップにおいても
『その行為をするため』のモノになっている訳ですから
それが消えない限り、どこをどういじっても
 必ず 必ず そこに戻ります。
キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)





勿論 そのフェースローテーション〜グリップの入れ替え で
ボールを打ち、飛ばし、スコアを良くすることも可能ですが、
非常に難易度の高い「曲打ち」がゆえに絶対量の練習、練習頻度が必須です。

クラブを下げながら からだは上げる
からだを開きながら フェースは閉じる
クラブを動かしながら からだは止める
右手を動かしながら 左は止める
腰は回しながら 肩は止める
 等の
逆の動き・相反する動きをせざるを得ないため
難易度だけでなく、体への負担も非常に高く
そのうえ 球数、練習頻度が必要なのですから
マッチョな考えでない限り とても薦められるものではありません。
IMG_0175(2)_Moment

まあ 一番直結な方法は
フェースを返す、グリップを入れ替える打撃では
上手く打てないクラブを使うことでしょう。
逆に言えば そのような打ち方をせざるを得ないクラブと
お別れすることだと思います


勿論 それだけでは半分しか満たされません。
残りは クラブというモノの構造
からだが回転して打つ という組み合わせを
しっかり頭で把握する必要があります。


技術 動作 運動 と言う部分で言うのならば
ほんの短い 数m打つ ランニングアプローチ
で それが出来るようにならないと
絶対に フルスイングでそれをすることは出来ません。
フルスイングの改造はフルスイングでは絶対出来ません。
数mを思ったようにコントロールできないショットでは
150m 200mをコントロールすることなど出来ないのはわかると思います。
IMG_0148_Moment

ゴルフのショットは 1mも一打 200mも同じ一打カウント、等価の重さです。
飛ばすコトはものすごく大事ですが、
距離をコントロールするショットとフルショットが
違う概念では 自分なりのゴルフスイング・ゴルフショットで
体の故障や無駄な練習量を費やさず
満足いくことは出来ないと思います。

永遠に偶然を追いかけることになるだけです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 今年も宜しくお願い致します🐇

新年の営業は 本日 1/5(木)午前11時〜 です。


営業時間 11:00〜19:00(水曜定休₎





ウエッヂ…サンドウエッヂのバンス角度やバンスソールに

なったのは 1930年頃です。


ウォルター・ヘーゲンがやり始め

ジーンサラゼンが量産型で使い始めました。

 

スタートはバンカーなどの地面潜り込まないようにするため

でしたが、 このバンスソールやバンス角度のせいで

安定した飛距離が打ち易くなったこと が

定着した原因です。

 

飛ばすものではないウエッヂですが

安定した距離が出ないと困りますし、

ピンと来ないかも知れませんが

飛ばないウエッヂは安定度が低いのです。


そのメカニズムは非常に簡単で、

飛ぶウエッヂは 
小さなスイング
遅いスイングでも

希望の距離を打ち易いですが、

飛ばないウエッヂは 
大きなスイング
速いスイングが

必要になりますから、安定度は当然低くなります。

 

その目安になるのがバンス角度・バンスソールです。

少々、単純ですが

機能としての ウエッヂのロフト角度機能は

(ロフト角度)−(バンス角度)  です。

つまり

 ロフト55度 バンス角度 6度(49) のウエッヂは

 ロフト58度 バンス角度12度(46) のウエッヂよりも

飛距離が出にくいのです。


バンス角度やバンスソールの役割ですが

どの道、地面と接触するウエッヂショットは

そ機能によって インパクト姿勢に補正をかけますから

均一なショットがし易くなるのです。

IMG_0610

バンス角度を選ぶ 一つの目安は
ウエッヂのヘッドの入射角度です。
バンス角度 14度であれば、
入射角度  14度以上 にすると
地面に対しては平行な0度なバンスになる訳ですが、
入射角度が それよりも緩いと
バンスは地面方向に張り出した形になり
ボールを打ち前に突っかかり易くなります。

ですので アイアンだけでなく
フェアウェイウッドも、
そのクラブの長さに応じたバンス角度になり
長いものほど 少ないバンス角度の数値になります。

本来、ヘッドの地面に対する入射角度は
体の前傾姿勢によって もたらされます。
全体の円弧が それこそ「円」になるのは
どこかの軸点があって、からだが向きを変えるからです。
補助や誘導することはあっても
手や腕が その「円」そのものを造ることではありません。
ですので 入射角度 ☞上から打つ
は 手や腕でヘッド〜クラブを下に振ることではありません。
単に 体の回転通りに、
引き摺ってクラブを移動させれば 良いだけです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転のコトを『捻転』
 ねじれさせる と言う言葉を使いますが、
 若い人はまだしも 一般的なアマチュアゴルファー向けの
 スイングの回転を表現するには 良くない気がします。」

質問「捻転…。」

店長「そうですね。捻じれてからだの向きを変える というと
 背中廻り、胴回りを捻るニュアンスが非常に強いですし、
 それを促す為、重さである クラブ、
 その重さも先端が重い 振り子っぽい構造 ですので
 それを利用するのを『ヘッドの重さを利用する』
 と結びつけやすい でしょう。
99921165316




 クラブを振り、腕を振り、その勢いで
 胴体を捩じる のが 『捻転』

 誰に教わった訳でもないのに そう言う答えに
 行き着き易い んじゃないかと思うんですね。」

質問「背中、左肩廻りの張り が右向きの目安ですね。」

店長「腰に対して肩を廻す は
 若い人を除く、一般的なアマチュアゴルファー向けではないので、
 骨盤ごと右を向ける、秀二を右に向けるを前提にしますけど
田中どら_Moment(5)田中どら_Moment(4)田中どら_Moment(5)





 前傾姿勢を残す、保つ、保たせる と言うコトを
 考慮すると 背中の張りでは無く、
 右打ちの人であれば 右脚、右大腿とお尻の向き差、
 股関節廻りの張り、右のお尻の張り が目安が良いです。 

 肩や、特に腕を使って 胴体を捻っていたのを
 足を使って 骨盤の向きを変える
 捻転というのが適切な言葉とは思えませんが、
 向きを変える場所を 下に下にずらしていく方が
 疲労や年齢、体力低下には強いと思います。」

質問「秀二の向き…ですね。」
シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment








店長「はい。20代、30代の頃のタイガーは
 秀二をボールに向けたまま 胴体を捻っていましたが
 最近では 右 とまでは行ってませんが、
 右斜め45度位まで 秀二を向けるようになっています。
 彼ですら そうなのですから…。

 骨盤も右に向ける、
 からだも硬くなっているのなら 顔や視線も右に…。
 となると それをするコトの出来るアドレス
 でないと バランスが取れません。
 胴体をひねる方のアドレスは 傾向として
 前傾が深いか、ハンドダウン気味のことが多いので
 もっと起きて 前傾を浅く、棒立ち気味にして
 ハンドアップ気味に変更しないとイケナイ
 かも知れませんね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ