◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 体の向きの変更/回転



フルショットは、ある程度出来るのですが、
ハーフスイングのようなコントロールショットが非常に難しいです。
なにかヒントやコツのようなものはありますか。

    と言う質問を頂きました。



参考になると思いますので
 先ず、倉本プロのアプローチを見てみましょう。
 場面は 70ヤード クラブは56度のサンドウエッジです。

風が強いので、やや低め.スピン効き目の球にするため ボールは中寄りにしていますが、 特別 何かをしているアプローチではありません。
 ✊私の知っている限り、倉本プロの通常のショットよりも
 特別低い、と言う感じではありません。

✋弾道の高さ ✋弾道の頂点(最高到達点)の位置 にご注目下さい 理想とする ボールより前に最下点があるショット と この弾道質が結びついています。
何回か スローを見て頂くと分かるかも知れませんが、 まるで 左右の足を踏みかえている「だけ」のように
足廻りの動き以外 なにもしてない「ように
股関節から上、腕、クラブ は固定した状態で カラダだけを廻して、お尻も含めた脚周りだけを使って 打っています。

緊張した場面 で、
似た弾道を 繰り返し打てる、
望み一定の距離を打てる、
打ってみないと、振ってみないと
距離も含め、どんな球が出るか分からない
と回避するのなら 行き着く先はココなのでしょう。
ちょっと教科書的で真面目過ぎ と言えばそうなんですが…ね

(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(5)

倉本プロの場合 サンドウエッジでの70ヤードは
3/4弱程度の距離だと思います。
平均的なアマチュアの SWでの距離だと50ヤード位の感じでしょうか❓

多くの方は もっと山なりの
一番高くなるトコロが 真ん中になるような
ショットを打っているのではないか と思います。
そのイメージでターフを取るとすると
 ボールの下をすくう(ダフリ、いっちょ噛み)そういう感じになります。





質問の内容は アプローチ、もしくはコントロールショット
に感じますが、スイングの根幹の部分、になってくるか と思います。

おそらく 勘の良い質問者さまはもう察知していると推測しますが、
足とお尻を使って からだの向きを変える
肩の回転はその補足 となると
距離感 や スピード感は 足の動き次第
等速運動、一定加速運動は足で行う
  というコトになります。

ハーフショットやコントローショットなどで苦労するのは
スイングの中にある 加速の中にある加減速、途中変速です。
その際中に、更なる加速減速 があるからで
それは スイング動作のメカニズム として
切り返しから 左へのシフトやからだの回転 などによって
起こる動作に対し、肩の回転を遅らせる、
肩の回転が遅れてしまうような 腕さばき は入ると
インパクト付近で ベースの回転運動の加速 に
腕周りのリリースなどの 更なる加速が必要になり、
距離感の基になる 運動速度が管理しきれなくなります。

ハーフショット程度の距離であれば
 足とお尻による向きの変更だけで 打てると思います。
腕はロック…と考えて良いと思います。
(がちがち って意味ではないですよー)
 からだの回転で遅れるヘッドを 切り返しでほんの少し、ほんのちょっと残し
 そのグリップエンドの向きのまま、回転でグリップを移動させる。
腕とクラブは切り返しでヘッドが遅れる分のトコロでロック


回転に対し 左腕が下がる習慣が付けば
回転によって グリップが低くなる習慣が付けば
世で言う 左サイドのリード(あんまり好きな言葉ではないんですが)
 左グリップと薀哀螢奪廚猟匹いけっこで
 左グリップが薀哀螢奪廚膨匹い弔れなければ
 それがフェースの下向きになります。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


さて アプローチに話を戻します。

【振り子】 
踊り子ならいいんですけど…
 肩の回転は否定しませんが、
 その方向/角度を間違えてしまうと
 正しく行ったモノと比べ
円弧も小さく、
最下点は蕕縫坤譴泙后
✋アマチュアのアプローチの悩みの
 ダフリ、トップ、チョロ、シャンク の
 大きな要因です。
振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)振り子のアプローチ_Moment





(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)







この延長線上で
ターフを取ろうとしても
ボールの下のターフが取れるだけで
未来永劫 ボールの先のターフを取るコトは出来ません

球質も 正規のモノと比べ
打ち出しが高め、スピンは少なめ、ボール速度も緩い ですから
スピンを効かせようと 強く打てば
より最下点は蕕縫坤譟▲瀬侫襪世院,覆里鰐椶妨えています。
バンカーやラフなどで 意図的にこう打つコトはありますが、
 基本のショットにするにはあまりに非効率です。

そして 怖いことに このアプローチの動きは
かなり多大にショットに影響をおよぼします。





さて ココで 御大ジャンボの登場です。

まあ 相変わらず ご本人の説明は長嶋さん調なのですが、
この方の強みは ドライバーだけでなく ココにもあります。
スピンを強くかけたい意識が強いのか
教え子にソコを見せたいのか
テークアウェイは少しシャットが強めですが
(あんまり真似し過ぎないように…
 ちょっとパンチ気味ですので
 真似はもっとソフトに、滑らかにした方がいいかも、です)

トップの位置で出来た 股関節から上の姿勢、
特に手、腕、クラブは 概ねロックし、
足の動きを主に ボールを打っています
緊張感の高い場面で ミスが出にくい
狙ったラインに 狙った通り
 いつも安定した 計算できるスピン量を確保する

ジャンボならでは、です。



距離や振る量にもよりますが、
ある程度 ボールを「打撃する」となると
(5ヤードでも10ヤードでも) 
一番確実な方法  は
  ほぼすべてのモノを固定し、
足とお尻中心で
からだの向きを動かして打つコト
 
 をお薦めします。
皮肉と言うか 冗談の様ですが
からだの回転で打つのを目指していると
カラダ自体は使わない
四肢(主に太ももと上腕)しか使わないような感じです。

切り返しで 腕クラブを固定、半固定して
あとは 緩やかに 足とお尻で向きを変えるだけ。
正確に入れ、狙った距離、狙った方向、狙った球筋、
狙ったスピン量 を高い再現性で行うには
最適の方法だと思います。

また、これが確立できれば
ボールの位置、セットアップが
球筋に反映し易くなります。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アイアン であれば
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(3)
理想的なボールの置きどころは
 左足かかと付近…
 ボールの前面が 左足かかと線上付近
 もしくは それより少しだけ右 程度
 です。

からだの真ん中 でもありませんよね。
にもかかわらず
その先のターフが取れる…のです。

最下点 と言う言葉で言えば
左足の拇指の前 とか 左足の土踏まず前
辺りが 最下点になるのは 何故なんでしょう❓

と、同時に 上から打つ、ロフトを立てる、
を容易に実現するのなら
 ボールを中、右寄りに置いた方が良さそうで
 ボールをどこに置くかの話しはさておき、
 ボールの前寄りのターフが取れる  と
 ロフトが立つ/上から打つ  が
 イメージとして結び付かない方もいらっしゃると思います。


上から打つ ってどういうコト❓ って話し
なのですが、スイング軌道の話しでもあり、
ゴルファーの大好きなインサイドアウトの話しでもあります。




昨日の記事の アプローチの話しに戻ります。
多くの人は
からだの回転の箇所 が 曖昧
からだの回転の主たるものが何なのか 曖昧 です。
特にアプローチになると
 回転ではなく 意図的なギッタンバッコン(ぎっこんばったん)
 を肩でする人、そう教える方(罪人)もいます。

その方(前日の記事の方)も からだの回転 を 肩でしています。
 が故に、緩い入射角度になり、大きめのロフトになり
 ユルイぽわんとした出球になっています。



からだの回転の基礎は 足を使ったお尻使い です。
(お尻だけを使うのでも、足だけを使うのでもありません)
脚を使って お尻(骨盤)、胴体の向きを変える訳 です。
足自身も向き 正面を変えます。
分かり易いので 両膝の結んだ線 位のイメージで。

フルショット時のテークアウェイ、右向きで考えると
🔴足自身の向きで 靴の向きと膝の向き差で何割か
🔴足の動きによってお尻、胴体の向き
 →右の太もも(軸足)に対し お尻、骨盤の向き差で何割か
 と考えて下さい。(割合は人それぞれ)

お尻、足が動力になるわけですが
それに対し、腕やクラブ、胴体の重みは
ひっくるめて すべて負荷です。
ですので 重いモノ、遠いものは
 動力による移動 に対し、遅れガチ になります。

ですので それに同期する為 補足的に肩をまわす、
遅れさせない為、一つの動きでまとめる為、
胴体を捩じる、この場合は肩を遅れさせると
 両腕の長さに不釣り合いが生まれるので
 骨盤に対し肩を残さず、骨盤向き通りの向き進行にする為 肩をまわす


👉肩をまわさない訳ではないけれど
からだを廻すコトの主エンジンではない
と考えるべきでしょう。

人によっては 腰を廻す と言う方も居ます。
肩が遅れないのなら 腰を廻すもアリ だと思います。

(お尻が腰と別なのか…は人によって感覚は違うかも…。
 私個人のイメージでは
 腰を廻す は胴体をひねるイメージが付き纏います。

 胴体そのものの乗っかったお尻 の筋肉は
 臀筋ですが、足の筋肉の延長線上にある と思います。
 腰を動かす 筋肉は 背中とつながっている感じです。)



肩 の話しに戻りますが、
補足的な肩の回転が必要になるのは
 重さが増える、ダウンスイング位でしょう。
どちらにしても 肩は回さないとは言いませんが、
あくまでも 足やお尻の主エンジンの補助でしかありません。

ところが  アプローチショットなどの
小さな動きになると 回転を肩だけ でする人が多く、
     (それ自体は おススメはしません)
そこから 回転の基準が崩れていく(軸が倒れていく)ケースが少なくありません。
fromsky-489フレームショットfromsky-497フレームショットfromsky-501フレームショットfromsky-505フレームショットfromsky-513フレームショット




肩、であっても、 腰、であっても
足、であっても、 お尻(骨盤)、であっても
からだの回転は その字の通り
カラダに対しては 横の動きです。
前傾姿勢に惑わされている人が少なくありませんが、
それを無くし、素振りを起きた状態ですれば
地面と平行な動きです。
sample 2009_10_15_16_58_16-97フレームショットsample 2009_10_15_16_58_16-107フレームショットsample 2009_10_15_16_58_16-115フレームショット







アプローチのような小さな動き
  …パッティングストロークでもそうですね
 (パッティングを考えると刷毛塗をお薦めします)
 (勿論 アプローチは正規にからだの回転でも良いですね)

骨盤の向きをボールに向けたままでも 行える動き で
肩で動かそうとすると その回転するべき方向と
全く異なる バッタんぎっこん 上下 の動き
になってしまいます。

小さなアプローチをすると
 この動きをする人が大変多いのに驚きます。
プロでもたくさんいます。
‥‥最悪 肩で廻っても良いと思いますが、
「回転」なのですから その方向/角度を間違わないように

△この動きは 振り子 の動き になるのですが、
 クラブヘッドの位置と反対に 頭が動くため
 振りが大きくなるほど 最下点は蕕縫坤譴泙后
スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)

スイング中、インパクト以降 フォローでの
左肩の上への逃げ を 促す動き 
です。

廻る主動力(箇所)の意識を変えるべきです✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Rさん お元気ですかーーー(アントニオ猪木調)❓
そろそろ ご来店されるのかな、とも思いますが…。

とっても大事な話です。 是非、読んでくださいね。



核心に迫るポイントがあるので
あるお客様へのアドバイスから
お話しをしましょう。

その方は一般的には上手に属する方だと思いますが、
スイングは典型的な 手振り〜フェースローテーションタイプです。
とは言うものの、それで満足できる距離、ほどほどの安定性、
そして からだを傷めていないのなら
 聞かれない限りはなにもいうコトはありません。 
✊しかし、アプローチに関しては、ご本人"も"不満があるようで
 そこの部分、助言を求められました。

私もですが、その方も スイングに関してオタクに属し、
アソコはこうだ、ここはこうした方が良い、
 そう言う議論は大好物です。

その方の アプローチ、勿論ショットもそうなのですが、
特に フルターン(からだの向きの変更が最大)でないもの
中途半端なからだの向きの時は 非常に顕著に苦手が出ます。

別件ですが、別なお客様
ベテランゴルファーで、以前は競技にも出られた方 も
全く同じ症状を持っていらっしゃいます。

お二人、イエ、多くのゴルファー…
トーナメントに出ているような、プロゴルファーの中にも
多くはありませんが、見かけることがあります。

「ランニングアプローチが出来ないのです。」

ランニングアプローチは それをラウンド中、使う使わない
は別にして
ボールを転がす、転がし とは 意味合いが違います。
転がすだけなら、パターで誰でも出来ますし、
ロフトの立ちめのアイアンで弱く打てば良いだけ です。

ランニングアプローチ はショットの基本 と言えるモノで
強く打たない、速く振らない、大きく振らない、けれど
しっかりボールをしっかりつかまえるモノ で
👉その結果、上から入り、その分ロフトが立つが、
 ボールが浮くほどの強さでは打たないので 転がりが多い
 止まりはしませんが、スピンは入りますよ。
本当に、ショットのインパクト付近を抽出したモノ です

あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(4)



プロのアイアンショット、ウエッジショットは
 ターフが取れます。
我々は 無理にターフを取る必要はありませんが
 そのメカニズムを知っておかなくてはなりません。

コレは真似てはイケマセンし、トライはしないで下さい。
濡らした紙の上、飛ぶ方向の先端にボールを置き、
そのボールを打ってみます。
どの道 紙は破れるのですが、
多くのプロは その紙には直接触れません。
 直接触れませんが、その先のターフは取ります。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(5)

しかし、同じことを多くのアマチュアにして頂くと
 ボールだけを打とうとするか、
 紙ごと ボールを打つか、いずれか になります。

まあ レッスン書的に言うと
 スイングの最下点が ボールなのか
 その先にあるのか

という 身も蓋も無い話なのですが、
それは 細かい技術の差 ではなく、
なにでクラブを動かしているか の違いとして
そういう結果が生まれるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



そこそこメジャーなスイングの悩み に
ダウンスイング時の「右サイドの下がり/もぐり」
それに伴う「リキミやイキミ」

(シャフトを寝かしてしまう場合も多々) があります。

スナップショット 8 (2013-06-02 23-18)スナップショット 9 (2013-06-02 23-18)スナップショット 10 (2013-06-02 23-19)





このケース も
 ✖右サイドを下げないようにする ではなく
 ⚠右サイドを下げなくても打てるよう模索する

から 始めた方が良いでしょう。

その根底にある原因は人によって異なりますが、
  この場合も 目に見える問題
 「ダウンスイングで右サイドが下がる/もぐる」
の 右サイドに問題があるのではなく
右サイド以外の部分 に問題があると考えて間違いありません。

当り前…ですが、からだはつながっています。
右サイドがもぐる、下がる、
そして それに伴って「力む、イキム」のは
進行方向の前側が 渋滞を起こしているコトが多い
と考えて良いと思います。
つまり 左サイドが動いていない と言うコトです。

きっかけとしてありがち ではあるのですが、
🔴からだを開く → スライス
🔴引っかけ  →からだの開き  と考えがち…

ダウンスイング、切り返し以降の
 運動方向の先頭に当たる 左サイドを止めるコトを促す
「左サイドの壁」なんて言葉に行き着くと…
前が渋滞を起こす訳ですね。
ミスターKの法則1_MomentミスターKの法則1_Moment(2)







左サイドを止めて
そこで一気に リリース すると
右サイドの「リキミ」感と言う労力と その 叩き感の充実
それとショットの成功が相まって からだに定着します。
今まで こすりスライスを打っていた人 や
飛ばし屋さんと評判の人が 陥り易いパターン です。

そして ココにも 
 『インサイドアウト教』と言う邪教が顔を出します。
正直、自分以外の他人から見える
スイング軌道なんて 本当はどうでも良いこと です。
自分にとって 満足できる距離を、ある程度の安定度で
からだを傷めず 繰り返せるのなら どんな軌道でも良いのです。
それでも あえて インサイドアウト というのなら
それは からだの向きの変更でクラブが移動して 起こる現象 で
それを 手さばき、手の返し で作っているのは
 偽装、見せかけのモノ に過ぎません。

また 多くの人を悩ませるスライス 右曲がり(右打ち) は
移動してきた道のり に対し フェースが右を向いているコト ですが
ゴルフクラブの構造上、
 右向きのフェースには ロフト増 が付いて来易い
その ロフト増 が問題なのです。
 だって フック(ロフト減付き)より
 スライス(ロフト増)の方が飛ぶなら 誰も否定しませんよね。

蛇足ですが、開いて入れる クラブを寝かして入れる ヒトには
ヘッドの返し、フェースローテーションが必須 なのですが、
それは フェースの向きを閉じている のではなく
ロフトを閉じている のが 本当の目的 と気づいていないのです。

まあ ソコをさておいて
右サイドのもぐり、下がり
それに伴う リキミやイキミ、シャフトの寝かし
などに悩む人は
ダウンスイングから 一気に左サイド
箇所で言うと 左肩を動かす、回す、開くコト をお薦めします。

✋左肩を開きますから
 前さばきで無いと届きません。
 踏み込んでいないと届きません。
 順序は兎も角、
  踏み込んで❓ 踏み込みながら 左肩を廻しましょう。

✋ヘッドでボールに当てよう、
 手でヘッドを動かし、ボールを探ろう、とすると
 左サイドの動き、からだは止まりますから
 元の木阿弥です。
 最後まで、一気に回る、
 →それで打てるように模索してみましょう。
  右サイドがもぐる時間を与えない というコトですね。
2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(2)


だいたいのパターン
 当初の悩み 「右サイドの下がり/もぐり」とは
 直接関係になさそうな
 そのトライをすると 右サイドの下がり、もぐり は
 かなり解消します。

スイングを治す考え、筋道 とはそういうモノです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


先ずはコレをご覧ください



どう見えますでしょうか❓
だいぶ太ったねー😢
何キロ あるんだい❓

 いやいやいや✋ そっちではなくて✋
段階で話しますと
このショットのイメージ
このショットをするための 概念と感覚 は

➀出来るだけヘッドの重さにとらわれず
 からだの向きでグリップを移動させるコトに
 専念します
➁ボールと自分との間、その空間を
 自分に平行に、
 グリップエンドが飛球線方向を向いたまま
 通り抜けるようにイメージ
します。

⚠アドレス時、のように
 自分に直角な、
 グリップエンドが自分の方を向かないよう
 トップの位置で向いている グリップエンドのまま
 自分の前の空間を通すイメージです。
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(2)

これをソックリそのまま 真似ると
 上手く行かない方、
 大ダフリやシャンク、てんぷらになる人も多いと思います。
それでも効果は少なくありません。

一歩進んで
ヘッドの姿勢、フェースの向きやロフトを
 手先で作っている、
インパクト前後にフェースローテーションをして
 それらを整えている のが元の打ち方 と前提し
〇ダウンスイングで グリップが移動すると
 その移動によって フェースが開いていく、
 シャフトが寝ていく のを その逆の
🔴グリップが移動していくと 一層、
 フェースが下を向いていくように心がけます。

スナップロックとつながる部分です。
 
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment

 腕で意識してすることはそれだけ です。

とりあえず シャンクしようが、チョロになろうが、
自分とボールとの空間を 縦抜き
 グリップエンドが飛球線方向(アバウトでOK)向いたまま、
 トップの位置のグリップエンドの向きのまま、
 通過させるコト
 を最優先とします。



使っているのは サンドウエッジです。
当たりの是非は無視していますが、
距離のイメージとしては
 50〜60ヤード位、6.7分程度の感じです。

もう一度 見て下さい。

特にすごく特徴のあるスイング ではありませんし、
 ごくごく普通のショットに見えませんか❓
漠然…と見た時、なんか 奇妙な動き、スイングに見えます❓
 これが「ボディターンだ‼」なんて決して言えませんが
手打ちに属する感じには見えないと思います。

 
どうです❓❓

とは言うものの
手を全く使ってないのか❓
手を全く使って見えないか❓

と言うと、手が主になって打っているようには見えない…かも
ですが、確かに 手は動いています
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(3)

やってる本人は 腕は完全ロック とは言えないモノの
積極的に手で打つ のと 完全ロックの間の
やや完全ロック寄り で
手として意識しているのは
からだの回転で、腕の付け根、グリップが移動させられた時、
 その動力で フェースがボールに向くコト(特に上下の向き)だけ
自分でヘッドを出そうとか、
シャフトを振ろう、ボールに当てよう、届かそう
     と言う意識 は まるでありません。

どちらかと言うと 受け身、  当たるんかい? 届くかなー?
 車で言うと 腕はギア のようなモノで
 車では それは回転数の変換ですが、
 この場合は フェースの上下の向き です。
エンジンの回転と言う動力 に相当する
からだの回転と言う動力 に対し
腕はギアとして 当てる為、打つ為、飛ばす為、
フェースの面の向きを下向きになるよう にする、
これが腕の仕事 でした。
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(4)
ここが 「クラブ、シャフト、ヘッドを振ってはイケナイ」
の スタートライン・体験版になるのではないか と思います。

これ 腕で打つ充実感(多くの方の大好きなモノ)を除けば
そのまま フルショットの距離 に移行出来ます。
で、「こすって スライス気味の方」であれば
このショットの方が 遥かに飛びますし、弾道も綺麗な筈 です。

  どうです❓ 支部長さま
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


現代のゴルフクラブは重心が低く、深くなって

上がり易くなっています。

現代のゴルフクラブは慣性モーメントも非常に高く、
ミスへの寛容性も高くなっています。

 故にプロゴルファーのようにターフを取ったり、
無理に、上から叩いたりする必要はありませんが、
効率よく飛距離を稼ぐ と 安定、再現性 を
追求していくと 彼らのノウハウから盗む方がベター
 です。

リリースは手首の解放ではありません_Moment


これは やはりアプローチ、
もしくは ミニショット でトライしてみて下さい。
(利用するのはウエッジで無い方が楽かもしれません)

ハーフショット程度の距離(50-70ヤード)で良いと思います。

➀右手の手首のスナップはロックしたまま打つ

 には先日のブログの通り、
 アプローチの ココから始めてみよう‼ : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
ヘッドから肩まで、腕とクラブの長さが短い ですので
 何かの形で ボールに近づく必要が生まれます。

 左に体重を移し、からだを廻すしか ないでしょう。

 この場合のリリースは
 からだの回転によって動く左グリップに対し
 腕を伸ばすことを拒否していない、
 積極的に 腕を伸ばすコトはしない…感じ です。
 右サイドの下がり防止の為、
 姿勢維持の為、伸ばしている、長さを戻している、
 と言えるかもしれません。 

リリースは手首の解放ではありません_Moment(2)


➁右手の手首を意図的に解いてみましょう。

 おそらく ➀→➁の順序でトライすると ダフリます。
 逆の ➁→➀の順序だとチョロか、トップですかね。
 
 利き手(右打ち)の伸ばし イコール スナップの解き
 である限り、その解きのタイミングで
 からだの回転も止まり、
 ➀に比べると右脚体重になりガチ です。

 ふたつを交互に行うと
 右の手首(スナップ)のリリース が
 そのまま 左肩の上への圧力になるのを感じるかも知れません。

 この場合、右腕を伸ばすコト『リリース』が
 打撃の主になりガチ です。




多くのプロゴルファーは
意図的に何か理由が無い限り、
アプローチ、アイアンでは 右のスナップはロックしたまま
からだを廻す、左向きをします。

リリース
よく使われる言葉 ですが、
『クラブの走り、シャフトの走り』 
直接打つコトには関係が無く、
どちらか と言うと 長い棒状のゴルフクラブの納め方
運動の終わらせ方、処理の仕方 に近いと思います。
つまり 「打った後」のコト です。

打つため にリリースしている のではない
打った後の行為を 打撃の主にしてはイケマセン。

リリースは 腕の伸ばし(長さの回復) であって
 手首の解放ではありません。
腕の伸ばし の結果、手首が解かれるのであって
手首を解くためにリリースをしている訳ではありません。


しかし、現実には そのリリース
具体的に言うと
 右手のスナップの解き を打撃の要 にして
ボールを打っている人が少なくない ですから
それをするな とは言いませんが、
せめて グリップエンドがボールを追い越してから
 する位に留めて下さい。


打った後まで
 スナップロックをキープして置く必要はありません。
自然な解け に任せた方がからだは楽です。
ただ 少なくとも
 グリップエンドがボールを追い越すまで は
 スナップは解かないよう意識しましょう。



理想的には スナップはロックしたまま
  からだを廻す です。

2021-04-17_15

これが 上からボールを打つ方法 です。
言葉遊びの様ですが、
  上から打たない、
  ヘッドを下に落とさない、
  のが 上から打つ 方法なのです。


皮肉ではありますが…
「ヘッドを」上から入れる その言葉通りにしてしまうと
結果は しゃくって打つ、下から拾う になってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ごく小さなアプローチ 数m であれば
刷毛塗だけで打つのもいいでしょう。
ただ ある程度 「打つ」 のであれば
 その度合いは距離に応じて、ですが
ちゃんとした右向きの作法 は必要です。

肩を揺さぶる「振り子」や
胴体を捩じる肩だけ、手だけ の 上げ方
 では
左右の腕の長さ が合いにくくなります。
ショットをスピードで誤魔化せる状態
ダフリやトップをスピードで誤魔化せる距離
であれば どうにかなりますが、
距離調整の必要な場合はそれが誤魔化せません。

ハンドファーストのインパクト
右手首のロックを維持したインパクト
を思うあまり、ヘッドだけを動かしてスタートする
ということも起こり得ると思いますが、
からだの向きを変え グリップを動かし
  その結果、ヘッドが動くが最適解です。

2021-04-17_15


ハンドファースト、右手のロック は
切り返しに少しだけヘッドを置いてくれば良いだけ です。
進行が逆転する 切り返し で
ヘッドは その重さ分、そこに留まろうとします。
それを利用し ヘッドを少しだけ置いてくれば良い のです。


✋アプローチ に限りませんが、
 この手の練習、ドリルにおいて
 気を付けなくてはならないのは
 インパクトでからだの回転、向きを止めないコト。

 勿論、アプローチであれば その打つ距離分、
 その速度分ではありますが、
 最後まで、 左を向いて終わるコト です。

 俗に言う フォロースルー とは
 ヘッドを前に、進行方向、飛球方向に出すコト ではなく
 左を向くコト によって 作られます。

2021-04-17_15-32-27_Moment(4)2021-04-17_15-32-27_Moment(3)







 フォロースルーを『作ろう』として
 ヘッドを前に出す、グリップを追い越す 動きは
 からだの回転を止めます。
 望みの場所にヘッドを移動させるのは
 自分が左を向くコトで造りだします。

 速い速度の動き、フルショットで
 動作、として フォロースルーを作ろう とし、
 手さばきでヘッドを前に出そう、もしくは
 右手を伸ばそうとするのには
 からだの止まり が 必要で、
 その結果、クラブが自分に巻きつき
 左ひじが抜けてしまったり、
 ヘッドの急激な内入り
 急激なヘッドの向き、ロフトの変化が訪れたりします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


これはアプローチに限らず
ショット全般なのですが、
右手首(右打ち)のスナップはロックしたまま
打ってみましょう。

まずは グリーン周りのアプローチ の距離からスタート。

10ヤード、20ヤード、30ヤード、50ヤード
と伸ばせるようになると良いですね。

2021-04-17_152021-04-17_15-32-27_Moment(2)






右手首 をロックしたまま打つ
ということは
右手首を伸ばし、アドレスのような状態の戻す
よりも クラブと腕は短くなっています。

ですので
ショットであれば
体重移動なり、
からだを廻して

ボールに近づく… と言うよりも
今までよりも かなり前さばき(飛球線方向)でボールを捉えないと
ボールには届きません。

インパクト前後でからだの回転を止め
ボールを打とうとしても 届きません。
アプローチでは 距離加減 もあるとは思いますが、
その距離分、しっかり左を向かないと届きませんよ。


手首を解き ボールを打つ のと比べると
上から入れるような感じが強くなるかも知れません。
逆に 手首を解かず ボールを打つ を体験すると
手首を解いて打つのは しゃくっているような
 バンカーでボールの下の砂ゴト 運ぶような
そういう感じに思えてくるか、と思います。

また からださばき であれば
手首を解く場合、解かないのと比べると
右サイドが潜り易く、左サイドが上がり易い…、
小さなアプローチでの 薄め(トップ)、厚め(ダフリ)
 のミスの原因に成り得ます。

そこは 手首を解き ヘッドを前に出すのではなく
手首は解かず からだを廻す、左を向く のです。
その方が 左右の肩のラインの挙動も少なく、
 当たりが安定し易くなります。

2021-04-17_15-32-27_Moment(4)2021-04-17_15-32-27_Moment(3)






アプローチによっては バンカーや深いラフなど
意図的に 手首を解く場合もない、とは言えませんが、
ショットとしては 特殊 に属する方法で
普通のショットも含め、
ボールを打つ『までは』
 手首のスナップは解かない と考えて良いと思います。

🔴手首を解く  打ち出しは高め/スピンは少なめ
 距離感が掴みにくく、少々ダフリ気味
 寄せる、近づける よりも その場を脱出するコト優先
 プロでは 意図的にそう打つコトを『ポッコンショット』と呼んだりする
🔴手首をロック(通常モード)
 比較すると 打ち出しは低め/スピンは多め
 からだの向きの変更通りのヘッドスピードのなり、
 ヘッドの入射角度、ロフトの挙動が穏やかで
 慣れれば 距離感が掴み易く 寄せる、近づける時の通常モード
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




腰から廻る(廻り始める)
もしくは 足を使って骨盤を動かす、
に 肩、胴体の動きが伴わないケースをよく見かけます。


からだの向きの変更を考えてみよう_Moment(4)からだの向きの変更を考えてみよう_Moment(5)







その多くは 世に言われる
アウトサイドイン になるケースが多いようで
私、自身が実験してみますと
確かに 腰から廻ろうとすると
その間は 腕は動かし難く(肘の曲げ伸ばしが効かず)
クラブは 寝てしまい易いので
外から引っ掻くような形になり易いのは確かです。 

このまま打ったのでは
 ど開きのロブっぽいショットになるか
 腰を開いた方に過激に引っかかるか
アドレスの方向、目標方向に近い方に打つとなると
適度に閉じ、やや多めのロフト加減で打つしか ないのでしょう。

そこから考えると
今どき の シャローイング のスイングが
話題になるのも理解出来ます。

からだを廻す根本(理由)は
 ボールを打つため クラブを持った腕、グリップを
 動かす事で、からだそのものを廻す・向きを変えるコト
 では無いと思うのですが、
その理由を無視して 問題を先送り、
 ⇒ 外から入る
 ⇒ 寝かして インサイド
 ⇒ からだを止め 過度なヘッドターン
にするのは かなり無理があると思います。

多くの人が 手で打ちたい とは思っていない、
からだの回転で打ちたい、回転を利用したい、
のですが、からだは回して(使って)いても
それに「実」が伴っていないコトに気付いていません。

脚で腰を廻して 自然に打てる方
クラブが寝ない方、
安定して距離が打てる方、
からだを傷めず打てる方 は特に気にする必要がないですが
そうでない、不満があるのであれば
一度 足での腰の回し、回転はじめを腰 にせず
『踏み込んで 肩で廻ってみるコト』をお薦めします。

肩を主にして 廻ってみると
その肩の向き変動に
 利き腕の伸ばし や 左上腕(先行腕)の下げ など
 向きの変更の中に 腕の動作を組み入れるコトが可能です。

左上腕の下げや移動 が 回転になりますし、
その補助として 右腕の伸ばしがし易くなると思います。

Rさん 是非 トライして、その感想をお聞かせください^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ごめんなさい 。。。手違いで
最近 50件のコメント消しちゃいました。 
009

荒らしコメントなら 消さないんですけど
営業 や 詐欺推奨系のコメント が
異様に増えてまして…

 そう言えば… フェイスブックのアカウント乗っ取り
 実 被害者 いらしたようで…
 乗っ取りなので 私…じゃぁ無いんですけど
 心苦しいです。 皆様お気をつけて

ガンガン ご意見、コメントお待ちしております
  反対意見、荒らしコメント 大歓迎です✋✋✋

記事を書く モチベーションになりますので
 是非是非 コメント、
そして 記事にして貰いたい質問、テーマ 下さいませ
 宜しくお願い致します。 店主


スナップショット 1 (2013-02-08 20-14)



今回は ちょっと画像で遊んでみました。
雑な合成ですけど お許しください。

長崎支部長からコメント頂きました
(消しちゃってごめんなさい)けど
最近(この30年ですね)のクラブ、特にヘッドですね、
ボールが上げ易くなった、スピンが増やせた、
というのは スイングへの影響は非常に大きくて
昔だったら しっかりと
『ダウンブロー、ボールを潰す、上から入れる』
が出来ていないと、 よく言う  良い球
は出なかったんですけど
今のヘッドだと しゃくっても、煽っても
そこそこの球 打てるようになりました。

。。。。。。弾道は美しくないですけどね。


ヘッドの重たい、シャフトの柔らかいモノ で
『ダウンブロー、ボールを潰す、上から入れる』
美しい弾道打てます。
ヘッドを振らないってコト 覚えやすいですね

円弧5

それは兎も角、
ゴルフスイングの軌道映像、
スイング時の ゴルフクラブの残像映像
 って 見たコトありますよね❓


こういうのです 👉👉👉



クラブ単体では この手のイメージだと思うんですけど
001445スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)








これを スイングと掛け合わせると こんな感じになります。
円弧2円弧











🔴悪い方の例 ですけど こうは振らないってコトですよね
002413円弧4







シャフトを振る、ヘッドを振ってしまうと
からだの回転と別なモノ、途切れたモノになってしまいます
 これを俗に言う 「手振り」「手打ち」と言うのでしょう。


スイングは写真でも動画でも
どうしても 定点観測、
ある一点の角度から撮影します。

立体のソレを 平面に落とし込む と
どうしても 誤解というか、錯覚を生み易く
その間違いが結構色濃くスイングに反映されます。


ボールって球体なので
平面で潰すには 動いてきた進行方向に対し
出来るだけ 垂直な状態が必要です。
それに対し ヘッドに付いている『ロフト』は 物理的な『逃げ』で
それを使って ボールの速度を高さや回転に逃がし、
距離を調整しているのです。

スイングは 傾きがある とは言っても
常時、横に進行(からだの向き)しています。
その傾き(前傾姿勢)によって
 横の進行に 下 が含まれている時に インパクトするのが
 「上から入る」 です。
2021-04-07_06-01-34_Moment(4)

そこに 手先による ヘッドの動かし や
 からだの大きな回転(向き)と関係ない肩の振り子
 の動きなどを入れてしまうと
 斜めの進行軌道も変わりますし、
 それに応じて ロフト効果も変わってしまいます。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)

これに規則性があるから アプローチの計算が立つのです。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


さて アイアンやウエッジショットなど
 ターフ(芝)を取っている、
 ボールの先の芝を取っているショットを見かけます。

これをしなくては なんて有りませんし、
意図的に、それを目指す必要もありません。
偶然、取れる とでも考えて下さい。

とは言うものの、そこにも仕組み があります。





ここで初めて 組み合わせ が出てきます。

アイアンやウエッジショットは
理想的には左サイドが低い期間、
円弧に下向きが含まれている時に
インパクトを迎えたい と望んでいるでしょう。

そして 同時にハンドファーストもあります。
2021-04-07_06-01-34_Moment(2)2021-04-07_06-05-21_Moment





ハンドファースト であり
 ロフトが立っている状態(写真茵
 というのは
スイングがまだ 下方向に向かって進んでいる最中
 というコトになります。
アドレスのような クラブの状態(写真蕁砲任
 ロフトは寝ていると言えますし
スイングには もう下方向に進行している要素はなく
 上に上がり始めている と言う状況です。

2021-04-07_06-01-34_Momentこの状態から 先
振り子の動き や
ヘッドがグリップを追い越すような
動きが入ってしまえば
ヘッドは地面に突き刺さってしまうか
跳ねてしまいます。

振り子の動きも、ヘッドがグリップを追い越す動きも
ロフトを増やす👉バンス角度を増やしますし、
動作の中に ヘッドを上に動かす動きが多々含まれるので
跳ねてしまう可能性は高いでしょう。
バンカーなど 特殊な状況で
意図的にこうするコトが無いとは言いませんが、
 これも通常のショットではありません。


ハンドファースト…ロフトを立てた状態のまま、
ダウンブロー 円弧にした進行が含まれる時期 で
インパクトを迎えるには
 ヘッドやクラブを動かさず、それをロックした状態で
 自分が動く、自分が向きを変える必要があります。
2021-04-07_06-01-34_Moment(3)2021-04-07_06-01-34_Moment(4)








ターフが取れる 〜ヘッドが地面と接触する の基本は
ヘッドの一番低い位置にあるのが
リーディングエッジである というコト です。
 バンス ではありません。
ウエッジなどのバンスは ハンドファーストになる分、
 ヘッドの入射している角度分 付いている ので
インパクト付近 程度の移動では
 バンスの方が下に張る意識は必要ありません。
それが理解できると バンカーショットも簡単になります。




✋それらすべてが
傾きの有る からだの向き と言う基礎の上に乗っている話し で
それを無視し、形だけの円弧を
手で作っているのなら 
 その方独自の理論で進むしかないのでしょう
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ダウンブローのスピンオフ話し です。


20090801 2009_09_01_00_16_52-770フレームショット20090801 2009_09_01_00_16_52-788フレームショット













まあ 正直、ダウンブロー、上から打つ、上から潰す
 なんて 死語になりつつあります。
  絶滅危惧種です。 

今から そうですね 40年以上前のゴルフクラブ、
 特に アイアン は 工業技術上、
 超"高"重心 超浅重心 超低慣性モーメント でした。
u=2368701261,1095988984&gp=0

しかも 当時のボール、糸巻 では
 ロフトを立て、キッチリ下がり軌道でとらえないと
 飛距離も出ませんし、止まるようなスピンや高さが得られません。

今のボール、ゴルフクラブは
 言葉は悪いですが、しゃくって打っても、煽って打っても、
 十分楽しめます。
 40年前のクラブ のまま だったら
 世界のゴルファーの半分は続けていないかも。。。
  と言う程 差があります。


昔、ダウンブローの練習をするのに
やや高めのティーでアイアンを打ち、
ティーアップしているのに 『その先の』ターフ、もしくは地面を取る
というのがありましたね・・・。
ウソのようなホントの話しです。


クラブ と言う側面で見ると
今のクラブは かなりアリーリリース、
悪く言えば キャストしてしまっても
ボールは上がりますし、十分飛びます。
昔のクラブ、であれば。。。
 ボールを過ぎてもリリースしない、その位の違いです。

そこまでやる必要はサラサラないですけれど、
からだの回転というか、
左サイドが低い内に ボールに入っていける方が
距離と安定の両立はし易いでしょうね。

全然 別な話…ですが
なんで最近 マッスルバックアイアンが流行ってるんでしょう…
さすがに 40年前のモデルよりも易しくはなっていますが、
大型化したドライバー、ウッドとは
 どんどん かけ離れたモノになってます。
ハミングバードのように 重量級ヘッド であれば
結構、マッスルバックも自由度があるんですけど
今は 軽量軽量 の時代。
軽量スチールもすごい軽量になってきたので
安全上、重量増やせないですよね〜




1.踏み込んで 体重移動して
2.腰 か 肩をまわして…
3.ある地点が来たら 左サイドを止めて
 アームローテーション(手の返し) して 打つ


1.2.3.の順序があります。
ダウンブローを推奨します って意味ではないですが
ダウンブローの時期は 1. かなり譲って 1.5 位までで
2.よりも先になったら
 上への動きの反動で クラブを下へ って感じになります。
 ワークシェアリングし過ぎ、って言うか
 体重移動も、腰や肩の廻しも
 打撃の真打ち、手の返しの準備でしか ありません。


20090801 2009_09_02_15_09_49-62フレームショット


ダウンブローは からだの向きの変更 プラス 前傾
って言う 一つの回転〜円運動 から生まれるのですが、
腰と肩の別々なタイミング、角度の回転、
 振り子を入れたり、手の返しを入れたり
別な円を入れると 途端に その時間は失われます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 次に『ダウンブローに打つ』ですが、
 主に 手でクラブを振る場合、
 手でヘッドを下に振っている最中に当たるコト
 を指すのだと思いますが、
 ✋本質的には正しくありません。


 スイング、ショットには
 からだの向きの変更と言う主エンジンがあり
 それは 前傾姿勢という 傾いた軸通り
 動作されます。 

(実験)右を向いている内に外から振ってみた_Moment(実験)右を向いている内に外から振ってみた_Moment(2)







 ですので
【進行方向が低いへ進む区間】
➀アドレスからトップまでの テークアウェイ区間
➁トップから 概ねインパクトまでの ダウンスイング区間

  は 左サイドの方が右サイドよりも低く
【進行方向が高いへ進む区間】
➂インパクト付近から フォロー、フィニッシュまでの区間
  は 左サイドの方が右サイドよりも高く なります。

その境目は だいたいで構いませんが
 からだの向きがボールと対峙したトコロ
 へそがボールを向いた辺り  となります。
アバウトでOK ですが、かと言って
 
そこでからだの向きを止めて とは大きく異なります。



からだの向きの変更/回転の進行通り進んでいくと
その進行が 下向き の時に当たるのが
    ダウンブローに相当し
その進行が 上向き の時に当たるのが
    アッパーブローに相当します。

ゴルフスイングの場合、
その円弧は まん丸 ではなく
シフトが伴う分、陸上トラックのように
すこし 縦に潰れた形になりますので
その 平らに見えるところでボールに当たるのが
 レベルブローと呼ばれますが、
それは ある程度、クラブの長さが長いモノ にだけ
 有ると考えて良いと思います。

スナップショット 1 (2015-07-24 1-20)


全部のクラブを出来るだけ同じように、
 シンプルに考えたい と思われるのでしたら
ダウンブローも、アッパーブローも、レベルブロー も
ほぼ同じモノ、 と考えて良いと思います。




例として 左足かかと線上辺りにボールをセット。
(ボールの前面 が 左足かかと位…でしょうか)
とは言え クラブの長さによって スタンスの幅は変わりますので
狭いものほど 『あくまでも見た目の』ダウンブロー度合いが強くなる
広いものほど 『あくまでも見た目の』ダウンブロー度合いが弱くなり

レベルブローに見える。
ティーアップし 空中にあるボールを打つドライバーは
そのボールの位置を ティーアップしている分、茲肪屬ので
結果として アッパーブローの時期にインパクトがある
というコトになります。

ですので 『スイング動作〜意図的な動き』 としては
ダウンブローも、アッパーブローも、レベルブローも
特に何か違いが無く、スイングの円弧の中の
どの時間にインパクトが来るか
 だけの違いです。

レベルブローを地面と平行に振ろう とする訳でも
ダウンブロー👉ヘッドを『下に向かって』振ろう とする訳でも
アッパーブロー👉ヘッド『上に向かって』振る訳でもありません。


スイングの基礎になるような話し ではありますが、
からだの向き と 前傾 に関係なく
肩の揺さぶりや振り子、手さばきによって
円弧を作る場合、それは該当せずもっと 複雑な話し、
例えば アイアンは下に振る
フェアウェイウッドは平行に振る
ドライバーは上に振る になったりする訳です。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment

自然なからだの向きと前傾であれば
カラダがまだ右を向いている間(ダウンスイング)は
 クラブやヘッドの進行には 下向きが含まれます。
からだが左を向いたら
 クラブやヘッドの進行には 上向きが含まれます。
それが理解出来て 初めて
 アプローチショットなどで ボールの位置を決めたり
 出来れば避けたいですが、特殊なショット を打ったり
 するイメージを作れるのですが、
毎回、その上がり下がり と からだの向きが
バラバラに規則性無く振るのであれば
毎回、特殊なショットを打っているのと同じです。
再現性、反復性は規則性が無ければ 難しいのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ダウンスイング、切り返しに
『腰を切る、脚でお尻を引く動き』 と
クラブの寝かしの強い方が
踏み込んで 肩でまわろう にトライしても
そう簡単には行かない と思います。
からだの向きの変更を考えてみよう_Moment(4)からだの向きの変更を考えてみよう_Moment(5)





腰で廻る、もしくは脚で腰を引く動きは
クラブの寝かしとパックになっていますので
打つ方向、飛球線方向の感覚が
パニックに陥る可能性もあります。



開いて/寝かす
アプローチなど ゴルフのショットには
スタンスの向きやボールの位置などで
こういう関係でショットを打つコト も
無いとは言えませんが、
「基本になるショット」の亜種です。

#スタンスの開き や ボールの置き場所
によって ロブショットや緊急なハイボール を
打つ時に使う クラブの入れ方 です。
☑ボールを右に置き
☑ロフトを開いて
打つ時と同様になります。
 ボールを体の正面でとらえる
 インパクトを体の正面で
と言う目標があるのだと思いますが、
この回し方には からだの正面〜ボールと対峙する
と言う瞬間が生まれません。



どちらかと言えば 緊急時の対策用ショットです。
ですので 「通常のショット」を「通常のショット」に
するため
🔴正面が存在する周り方
🔴クラブを寝かさないで済む周り方

を少なくとも体感しておく必要があると思います。

脚で腰を廻さない、
回転することに「直接的」に脚を使わない、
腰を廻さない、とまで言いませんが
それをするが故に
クラブを持つ腕、その腕の付け根 や グリップが
不必要な程、遅れ クラブが寝てしまう…
その結果、ボールさばきは 腕の返し……であるのなら
からだを廻す本質が失われます。


既に 感覚として
腰を廻すからだの周り方 は 本能的、反射に近い程の経験、
年月が経っている訳ですから
放っておいても それをするでしょうし、
薄れることはあっても、消えることは無いかとは思いますが、
腕、腕の付け根、グリップ、クラブを遅らせない為
クラブを寝かし、要らない筈のクラブターンを無くす
為にも 踏み込んで 肩で廻るドリル と
トライしてみて下さい。
✋クラブの不必要な 寝 は かなり減少すると思います。

からだの向きの変更を考えてみよう_Momentからだの向きの変更を考えてみよう_Moment(2)からだの向きの変更を考えてみよう_Moment(3)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Rサンの悩み は
切り返し以降の クラブの寝 だと思います。

勿論、ご本人はトライ&エラーを繰り返し
努力されているとは思うのですが、
映像で見る限り、
その回転の方法、と言うか
その回転を 腰、もしくは足を主にエンジンとしているか
のように 見えます。


ゴルフスイングにおける 右向き、左向き とは
🔴右を向いた時 は
 その軸足である 右の大腿と骨盤なり、お腹の向き差
 です。
🔴左を向いた時 は
 その軸足である 左の大腿と骨盤なり、お腹の向きさ
 です。

ダウンスイング以降
腰、もしくは 足を主で廻ろう とした時、
大腿と骨盤、お尻 が同調して回ります。
ですので 左向きに 大腿(太もも)と骨盤に向き差が生まれません。

本来、ダウンスイング以降の脚の仕事は
左向きを作るため、踏み込んで 左を軸足にするコト です。
👉軸足とは回転する為の 軸・支点・中心 ではなく
 バランスよく立っているための 支え です。
その後、肩をまわし 実働 するので
腰、もしくは 足を主で廻ろう とするよりも
一呼吸 左向き『まで』に時間が生まれます。
その 一呼吸が正面(ボールと対峙)と考えて良いでしょう。


よくスイングは一軸だ!二軸だ!
と言う論争があると思いますが、
クラブの構造、人間のからだを考えると
ふたつの脚(支え)の一軸構造
 と考えて良いと思います。

また 前後(ボールに近づく〜ボールから離れる)方向に置いて
トップ、右向きから まずは左足が踏み込んだ のち
胴体、肩が向きを変えるので
まずは 左つま先〜拇指 に重さが掛かり
のちに かかと方向へ移行していく形 になります。
・・・・・・ボールに近づいた のち 左向きで離れていく
(その感覚は無意識で良いと思います)


からだの回転で‼ からだの回転で‼
手は使うけど 手を振るな 手で打つな
と言う意識が強いから かも知れませんが、
腕、肩は動かさず
 腰 もしくは 足で ダウンスイング入ってしまうため
その動作の速度、腕やクラブの長さのせいで
 クラブが寝てしまい、
グリップがボールの方に出
 グリップの低さが確保出来ていません。
リリース の勘違い❓_Momentリリース の勘違い❓_Moment(2)





ダウンスイング後半、インパクト前
そのフェースの向き、ヘッドの高さ では打てませんので
フェースをボールに向け、ヘッドの低さを確保する には
ヘッドターンが必要で、
それはからだの回転を止めないと実行できません。

今の多くの動作は すべて必然で
 この大まかな流れに何か加えても 大同小異 でしょう。



からだの回転の感覚を変えてみましょう。

➀ダウンスイング まずは 左に踏み込む
 体重移動も回転も要りません。
 まったくしない と言う訳ではありませんが、
 からだの回転の主エンジンには相当しません。
からだの向きの変更を考えてみよう_Momentからだの向きの変更を考えてみよう_Moment(2)









➁肩をまわします
 その目的は グリップを動かすコト です。
        それを忘れずに✋
 トップの位置で
 円弧に対し、フェース(打面)がその外を向いている
 を確保出来れば、積極的な 腕の仕事はありません。
  遠心力によって クラブ、グリップは
 その付け根である肩から離れよう、外に膨らもう
 としますので、それを腕の伸びに変える感じです。
 無理に伸ばそうとしなくてもOKです。

からだの正面、ボールと対峙する瞬間
  は意識してはいけません。

 感覚的には存在しません。
 写真や動画を撮って、振り返ったら存在した
 と言う代物です。

ぢ度加減はアドバイスしきれませんが、
 途中で妙な加速や止まりを入れず
 一気に左を向きます。
 インパクトでからだの回転を止める感覚を消すのには
 すこし時間が必要かも知れません。

▲踏み込んだ左足が支え になるように回らないと
 傾斜を苦手 としてしまいます。

 支え になる足が 右から左に移る
 モラトリアム(中途半端)な瞬間があります。
  そこらへんがインパクトと考えて良いでしょう。
 
▲腕やクラブは重さです。
 その中途半端な瞬間に 支え足となる左足への移行
 を阻害するような 手さばき 重さ作り は厳禁です。

▲肩の回転は 肘や上腕の移動
 の方が 感じやすい方も居ると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ごくごく当たり前 の話しかも知れませんが、
からだの回転 ⇒⇒ からだの向きの変更 は
1.ボールを打つため
2.グリップを移動させ、ヘッドを動かす
3.グリップを移動させる為 腕の付け根を移動させる

のが目的で
からだの向きの変更 ソノモノは手段であって
目的ではありません。 
(手打ち 手振りのパターン_Moment(4)(手打ち 手振りのパターン_Moment(手打ち 手振りのパターン_Moment(2)





【からだの回転は足か】

からだの向きの変更のエンジンを足 とすると
回される方の体や腕、クラブは 負荷 に相当します。
負荷は その長さ や 重さ
  そして エンジンからの遠さ によって
遅れになっていきます。
足で廻ろうとすると
 クラブだけでなく、腕の付け根(肩)も
遅れてしまい クラブの寝 の原因になるので ✖ です。

足の動きは
 向きを変えるコト、そのものではなく
 バランスよく向きを変えるための軸足作り を主体にするべきでしょう。


【からだの回転は腰か】
肩、腕の付け根 を移動させる為、
 腰の向きを変えるのは 可 です。
テークアウェイ時など 負荷の少ない場合
 動作が遅い場合などは良いと思いますが、
ダウンスイング等 動作速度が速い場合、
 腕やクラブなど、動作速度に対し、
 重さになる長さが増えやすいので
 お薦めではありません。

また 腰を主体に体の向きを変える場合、
 その動作は 脚が主体になり易く
 姿勢が崩れやすいですから ✖ と考えて良いでしょう。
リリース の勘違い❓_Momentリリース の勘違い❓_Moment(5)






【からだの回転は肩 か】

ダウンスイングに関して言えば YES です。
腰は肩に対し 追随 する、補足 する で 十分と思います。

速く動けても ロフトやフェースが開いてしまったら
距離にはなりませんし、
姿勢が崩れてしまったら ミスになってしまいます。



どんなスイングを覚えて来たか
どんなクラブでゴルフを覚えたかなど
 感覚、ですので、過去の経験によって
異なるか とは思いますが、
🔴動作速度に対し 重さ〜遅れ になり易い
ダウンスイング、切り返しでは
腕、クラブ、その付け根である肩を主として
からだの向きを変えるのが 吉
 だと思います。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これは Rさんだけでなく
一度は体験として やって頂きたい のですが、
ごくごく 軽いショットで良いと思います。
ボールを置いての軽〜い素振り位で良いと思います。 

➀トップの位置からやってみましょう。
 スイング、ショットはスローですが、
 強く叩きませんが、スタートは
 一番深いトップの位置が望ましい
 です。

➁寝かせ気味の方、その傾向の強い方は
 トップの体の向き のまま、
 右腕を 伸ばし始める位のつもり
 で
 スタートしてみましょう。

 外(アウト)から振る「つもり」でもいいかも、です。


✋このドリルの最大の目的は
 からだの向きの変更 と
 腕の曲げ伸ばし(利き腕の動作) を
 同時に行う感覚 です。


多くのゴルファーは
🔴からだの向きを変えている時、腕は止まっていて
🔴腕の曲げ伸ばし は からだの止まった時、行われます。


手を使っちゃいけない
手打ちはイケナイ と言う意識の表れかも知れませんが…。

テークアウェイで(結果的に)手で上げてしまったり
オーバースイングやシャフトのクロスもそれが要因の場合も
少なくありません。

クラブを寝かしてしまったり
最終的に インパクトそのものを 手だけで行う のも
それが要因だったりします。


スイング、ショットは 手は使います。
半分は 手で打ちます。。。 もっとかも。
でも からだの向きも混じる だけと考えて良いでしょう。
からだの向きの変更👉ターンに関して
 手がしない と言うだけ かも知れません。

安定と、再現性、そして 飛距離に対する最大効率

を考えると 交じり合った状態の方が
双方の作業が少なく、シンプルで済みますので…。


リリース の勘違い❓_Momentリリース の勘違い❓_Moment(5)






Rさんの例で言うと
手で打っちゃいけない意識が強いので
ダウンスイングで先に体だけ向きを変えます。
グリップを置いてきてしまう傾向が強いので
からだの向きで 低さを確保できる期間 を逸して
手で 下に振らなければならなくなります。
からだの向きの変更にグリップが付いてこないので
回転の遠心力で グリップが高い状態で
ボールの方に出てしまい、それによってクラブが寝ます。
👉フェースで当てるには ヘッドターンが必要になりますが
 からだの回転は半分終わってしまっているので
 アームローテーションが必要になります。
 それをするには からだを止める必要が生まれます。
👉低さが確保出来ていないので、届かせるには
 今度は先行してしまったからだの回転を止め、
 その反動で アームローテーション、左右のグリップの
 上下の入れ替えが必要になります。


右手のリリース感とからだの向き_Moment

からだの向きの変更と右手(右打ち)の兼ね合い は
右手を伸ばした時、左腕にどういう圧力がかかるか
と言っても良いかも知れません。


Rさんの場合は 左グリップの下に薀哀螢奪廚鯑れよう、
グリップの上下を入れ替える動きが多いので
右腕を伸ばすコトによって 左腕を上に上げる、
左肩に上への圧力がかかっています。
届かなくなるといけないので 余計体が止まります。

右手を伸ばすコトによって
 左グリップは 傾きに沿って、
 からだの回転通り 横へ、横へと逃げるモノ 
です。

 重さによって からだの向きの変更、
 移動に対して グリップを付かせる のが
 右手の役割 とも言えます。

 それは最終的には同時です。

 同時ですが、今までの習慣、感覚からすると
 右腕の伸ばし
(押しと呼べるほどのモノではありませんが)
 右腕の伸ばし『始め』の方が先 と考え
 トライしてみた方が良いでしょう。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


だいぶ 暖かくなって来ましたね〜
練習日よりです。

さて、Rさん ご機嫌如何ですか❓
相変わらず 熱心に頑張っておられるのでしょう^^

少し前の 2021/2頃の映像ですが、
気になる点をひとつ… ふたつ…



➀これは Rさんに限りませんが
私もよく口にする
『からだの回転で、
 からだの向き通りに❕』
 について

リリース の勘違い❓_Moment(2)リリース の勘違い❓_Moment(3)






からだの向き通りに
からだの向きを変えるコト によって
腕の付け根を移動させ
腕を動かして ボールを打つ のです。
からだの向きを変えるコトは手段であって
目的ではありませんから
からだの回転で クラブを引っ張る、引き摺る
のでは 本末転倒になってしまいます。

それがクラブが寝る原因になって
あとあと、インパクト付近で苦労する可能性が
あるのでしたら、
逆に 右を向いたまま、手で振ってしまう位の
気持ちで良いかも知れません。

からだを主に考え
  それに遅れないようにする というのも
勿論、間違ってはいませんが、
逆に ヘッド!とは言いませんが、
グリップを動かすコト、移動させることに
からだの向きを同調させる と言う考えも
有って良いかも知れません。


リリース の勘違い❓_Momentリリース の勘違い❓_Moment(3)リリース の勘違い❓_Moment(5)






➁クラブが寝てしまい
 一旦、フェースなり、ロフトが開いてしまう、から
 結果、そうなってしまう のかも知れませんが、
 右手のリリース、右手の伸ばしで
 何をしようとしているのか 気になります。

 ハンドファースト が良い 訳では無いですが、
 これでは 右手を使えば使うほど
 ヘッドファーストになってしまい
 いっちょ噛み では済まなくなってしまいます。

 からだが向きを変えるから
 腕の付け根が移動し、その分、グリップも移動します。
 しかし、クラブや腕の重さによって
 グリップは遅れようとするのを
 右手のサポートで補佐してあげる。

 ですので 結果として、ですが、
 からだの回転通りに
 右手は茱哀螢奪廚魏,靴討い襪里
 スピードが乗った時、
 インパクト以降にそれがあるのは仕方ないですが、
 上下、左右の入れ替えはありません✋


 開きが大きいから そう見えるのかも知れませんが、
 届かない と感じるから なのか
 グリップの上下の入れ替えの為
 右手を伸ばしている ように見えます。

 コレ、逆に考えると
  右手の伸ばしを主として
 追いかけっこのように
 右手の追いつかれないように からだの向きを変え
 腕の付け根を、グリップを移動させる
  と考えても良いかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


お久しぶりのKさんの登場です。




前回 2020年12月 3.4か月前のモノと比較すると
右向きの質やトップでの前のめり(ボール側に)も薄れ
右向きの質がとても良くなっています。

今回のモノがウエッジでのショットなので
単純なる比較は出来ませんが、
逆に 前傾が深くなる筈のウエッジで
前傾も少し起きれるようになり
切り返しの深さ(ご自身曰くオーバースイング)が薄れ
その分、逆ピボット、前のめりが消えています

意識する必要はありませんが、
右向きでの 右足への体重もしっかり乗っており
とてもよいトップになってきています。
小堀20213_Moment


また 上記のコトも含め
ダウンスイングでシャフトを寝かす量が減って
ほぼ 寝かさずに打てるようになり始めています
フェースが下(ボールに向く)のも格段に早く
距離が伸びた、とは言えないかも知れませんが、
以前よりも軽い動作感で同じ距離が打てる?
ようになったのではないかと思います(^^♪

球筋はかなり異なる と思います。
スライサー卒業か・・・\(^o^)/

以前は 手振り感が強かったですが、
からだの回転でクラブを動かせるようになって来ている
と思います。
小堀20213_Moment(2)

まだ どこに力を入れて良いのか
掴めないかも知れませんが、
このまま進んでください。


  自学で3か月でここまで……素晴らしいと思います。


次は 改善点 です
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ