◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 体の向きの変更/回転


質問「遠心力で飛ばす ってのはどうなんでしょう❓」

店長「 😌 😌 😌 
 
 多くのゴルファーを惑わせる ゴルフ用語 ですね。」

質問「遠心力は使うんですか❓」
IMG_0699_Slomo (3)_MomentIMG_0699_Slomo (3)_Moment(6)




店長「使いますけれど…

 今更…ですけれど 少し単純化しますけれど…

 遠心力って 支点が有るモノの円運動  に伴う
 重量が 外にはらもうとするチカラ 
ですよね❓」

質問「そう思います。」

店長「長い棒で 先端に重さの集中するゴルフクラブは
 確かに 遠心力が生まれ易い、
 例えば 市販の一般的な45インチのドライバーで
〇ヘッド重量190g グリップ重量50g
 ヘッドの重さと部品としてのグリップの重さが
〇ヘッド重量50g グリップ重量190g
 反対である構造よりも 遠心力が強くなるでしょう。」

質問「確かに。」

店長「でも その遠心力が増える、増やす構造、配分を使って
 より遠心力を増すように使用して
 チカラは増えたとしても
 それがこすり球になったり、どスライスしたり、
 引っかけフックになっちゃったら 意味がありませんよね❓」

質問「そりゃ そうですね。」

店長「遠心力をよりヘッドの掛かるように動かすと
 インパクト時のヘッドが姿勢が安定し辛い、
 同じ状態でインパクトを迎え辛いコトになり易い、
 毎回毎回バラバラになる可能性が非常に高い😫

 言ってみれば ヘッドに遠心力を最大に掛けて
 インパクト前にクラブを手放して 放っぽったクラブで
 ボールを打とうとしているのと 非常に似ています

 フェースに当たるかも怪しい状態です。」

質問「うわ〜。」
漆畑2018_Moment

店長「からだを廻すコトによって
 掛からないとは言えませんけれど
 必要以上にヘッドに遠心力を掛けるのは
 『クラブを遠くに投げる』別なスポーツ、
 遠心力を掛けるのは 部位としては
 ヘッドでは無く 『グリップに掛けるのが理想的』です。

 ヘッドに遠心力を強くかけてしまいますと
 遠心力とは 外にはらもう とするチカラ ですので
 からだを廻していく、廻したい方向とは異なりますから
 廻るコトそのものの抵抗、負荷になる可能性が高いです。
anika_Slomo_Moment(3)
 グリップに掛ければ その外にはらもうとするチカラ
 を利用して 短くなっていた〜曲がっていた腕が伸び、
 流れの中で 自然に、少ない力で
 元の長さ(腕)が戻し易いですし、
 その結果、スイングの弧が大きくなって 遠心力が増す、
 その程度と考えて頂けると良いと思います。」

質問「なるほど。」

店長「ゴルフスイングにおける遠心力の話しは
 イコール スイングは円! や クラブは丸く振る に繋がり易く
 本来、それはからだの向きが変わるから、
 クラブが では無く、
 クラブを持った自分が からだの向きを変えるから、
 なのですが、
 全員とは言いませんが、スイングにおける
 『遠心力』と言う単語を用いる人の多く、かなりの割合で
 丸く振るコト、円に振るコト、手で振るコト、
 そちらに進み易く、
 クラブを持った自分が からだの向きを変える ではなく
 単に クラブやヘッドを振るコト ばかりにイキガチ です。
katate_Moment

 悪く言えば 非常に 手振り を誘う用語とも言えます。
 嘘ではないから一層性質が悪いですが、
 それを使わないと飛ばない
 みたいなニュアンスはあまりに過大広告ですので
 注意が必要です。」

質問「はい。」

店長「円を描く、ハンドターンでクラブ・ヘッドを振る
 と言う意味では 圧倒的に害悪の多い 遠心力話し ですが
 ある一点においては
 スイングの理解を深めるきっかけになるとは思います。」

質問「どんな点…ですか❓」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「右打ちの人で どの位蕕鮓く
 その角度に特にこだわる必要はありませんが、
 仮に あくまでも仮に 90度位蕕鮓く として
 意識的な 腕の曲げ伸ばし、肘や手首の曲げなど無しで
 本当に『向き』だけを意識した時、
 フェースはかなり下を向いています。 
2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m16s2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m23s








 多少、大袈裟ですが、
 地面を向いている意識位でも良いでしょう。

 これがテークアウェイでの『右向きの感じ』です。

 距離を打つ必要のない アプローチであれば
 この動きだけで 打つコトも可能ですし、
 ショットにとっても アプローチにとっても
 すごく『基礎的な』動作になると思います。

 この形からスタートすれば
 ヘッドの遅れはロフトの立ちにし易いですし、
 フルショット、スタートの位置がもう少し高くなった時、
 ヘッドの、クラブの重さでグリップが推進する、
 前に押され易くなります。

 一方、フェースが上向き になってしまうと
 ヘッドの遅れは より一層のフェースの開き
 になってしまいますし、
 ヘッドやクラブの重さは
 スイング動作を先に進めてはくれません。

 フェースを下向きにしていれば
 からだの向き『だけ』でボールを打つコトが可能ですが、
 フェースの上向きでは それ以外の
 腕によるクラブ操作が必要になり、
 からだの回転が距離感とつながり難くなります。」

質問「なるほどー😌」

店長「フルショット、ある程度のスピードのショットになると

 このトップの位置
 シャフト、クラブが地面と平行…のような状態
 から始めると
 ヘッドが自身の重さで ボールよりも手前に
 落ちてしまい易くなるので
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m52s2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m52








 少しだけ両腕の上腕を上げ、クラブ全体を高くして
 
『立体的なズリズリ』がし易いよう にしているだけ😌

 ヘッドやクラブの重さがグリップに掛かり、
 グリップの推進がし易いようにしているだけ で、
 ヘッドを上げている、クラブを起こして
 コッキングしている は見た目そう見える副産物であって
 本当に、単に クラブを持った腕を少しだけ上げている だけ です。」

質問「!!!!!
 そんな意識でイイんですか❓」


店長「だって 動きを極力減らし、
 シンプルにした方が繰り返せる可能性が高くなりますし、
 ボールを遠くに飛ばすのは
 からだの回転の素早さ
 なんで
 腕作業が入れば入るほど その速度は阻害されます。
2023-11-24_20-15-45 - frame at 1m1s2023-11-24_20-15-45 - frame at 1m3







 アプローチと同じで
 フェースを上に向けて テークアウェイを取る方法では
 一番肝心な 打撃付近で
 手作業が絶対に必要になるので 速度が上げられません。

 速い速度で同じことを繰り返すのにはあまりに複雑、
 からだの回転が ボールを打つコトと
 直接な関連を持てなくなってしまいます。

 腕さばき無しで
 フェースを下に向け アプローチをする、 のを
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m18s
 高速で行う為、ヘッドが自身の重さで
 落ちてしまわないように 腕を上げてるだけ で
 ナンの違いも無いですよ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


是非 やって欲しい スイングチェック : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)



質問「かなり強烈に (フェース)下向き なんですね。」

2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m16s2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m41s







店長「ですね。
 多少 大袈裟ではありますけれど
 テークアウェイで 右サイドが高くなる ⇑
 右肩が上がる〜高くなる は大切なポイントですので
 大袈裟にやって 体験した方が良いと思います。」

質問「はい。」

店長「逆に 腕が捩じられてしまう、
 クラブが3時の位置に行った時に
 フェースが横や上向きになってしまう場合、
 かならず 一旦、グリップが体から離れます。

 また、左グリップ〜左腕が右腕に上から被り気味
 になりますので
 同じく からだの姿勢も 左サイドが高め、
 右サイドや右肩が高くなれません。
2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m23s2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m45s







 そもそも からだの向きの仕事を奪ってしまい気味、なので
 右向きが不十分になりがち ですが、
 ソレも伴い、ダウンスイングへの移行が難しくなります。」


店長「自分で体験してみると分かりますが、
 グリップも上げない(つもり)、ヘッドも上げない(つもり)、
 腕も出来るだけ動かさないつもりで
 3時、4時辺りにクラブ・シャフトを持ってきた時、
 フェースが横を向いている、やや上を向いている状態だと
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m8s
 スイングの傾き、アドレスの傾きがあるから
 一見すると
 ヘッドが上がったような気がするんですけど
 (ヘッドを上げないつもり…なんですけどね)
 実際には、クラブは横に倒れただけ、寝ただけ、
 ヘッド・フェースが開いただけ です。

 からだの回転で作られるはずの
 よく言う「スイングの軌道」をなぞっただけ、
 からだの回転で作られる スイングの軌道通りに
 ヘッドを動かしただけ なので
 仕事自体、からだの回転を奪っている、
 もしくは かぶっています。(同じことをしている) 

 故に テークアウェイにおいて
 からだが向きを変えている間は
 クラブや腕が動かせませんし、
 クラブ〜腕が動いている間は
 からだは止まります。

 手でクラブをあげちゃう、
 手打ち・手振りが強く出ちゃう方の
 特徴になってしまうんですが
 テークアウェイ、2段階 になります。」

質問「コレって ダウンスイングも同じ…ですか❓」

店長「はい。

 からだの回転、傾きがありますから
 斜めにはなりますが、
 それに沿って 腕でクラブも動かしていますから
 からだがアクションしている時は腕は動かせませんし、
 腕を動かすには からだを止める必要があるので
 開いたクラブを そのままで打つのなら別ですが、
 それを閉じる為、腕を動かす(ヘッドを返す)には
 二段モーションにせざるを得ない です。」
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m29s
質問「…なるほど…。」

店長「また クラブの重さや長さ が
 グリップを下げる働き が
 ボールを打つ方向に使い難い、
 クラブが 先に先に進むのに使い難い、
 逆に クラブが必要以上にその場に留まる
 になりやすいので 『重さ』にやられ易く
 力みを生み出し易くなります。」

質問「ヘッドの重さなど クラブの機能が使えない…のですね❓」

店長「そうなりますね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ちょっと手伝って欲しいんですけど…。」

質問「はいはい。」

店長「クラブを持って アドレスして…
 アドレス時のクラブの向きを 12時 として
 ヘッド上げない、グリップ上げない、
 腕使わない(つもり) で
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m8s
 クラブを 3時とか、4時に向けて 欲しいんですね。」

質問「はいはい。」

店長「自分の目で見て頂いて
 フェースって どうなってます❓」

質問「真横……やや上向き になってますかね⁈」

店長「ヘッドも上げない、グリップも上げない、
 出来るだけ意識的に腕は使わない(つもり)で
 フェースが横…やや上向きですか❓」

質問「はい… 若干ですが…。」
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m29s
店長「ソレ… すご〜〜く マズい ッスね🙄🙄🙄🙄」

質問「え😫え😫え そうなんです❓」

店長「はい。

 ヘッドは上げない、グリップも上げない、
 出来るだけ腕は使わず
 からだの向き で 右打ちであれば 右を向けば
 スイングには前傾姿勢がありますので
 右手が左手より上、左手が右手より下 になりますので
 少しオーバーにやれば
 フェースは地面を、下方を向いた姿勢になる筈…です。」
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m18s
店長「カラダ 脚さばきで 右を向いている筈🙄……ですが
 この状態、クラブやシャフトが3時や4時を向いている際、
 フェースが横、もしくは上向き って は
 腕さばき クラブを捻じる事によって
 その からだの向き、脚さばきの仕事を奪ってしまっています。」

質問「!!!!!
 ココって 重要なんじゃないです❓」


店長「そう思います。

 グリップも上げない、ヘッドも上げない で
 右向きを造る   と
 かなり ガッチリ フェースは下を向く😌
 ✊地面を向いてしまっても良いと思います。

 その感じが からだの向き、右向きの基本 になりますし、
 上向き / 下向き では
 からだの左サイド、右サイドの縦関係も
 かなり違う感じになると思うんですね。
👉👉👉右向き時は かなりガッツリ 右サイドの方が高い。
2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m23s2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m16s








 手のひら、手の甲であれば
 左手の甲が地面を向いて
 その真上に 右手がある位のイメージです


 この感覚って からだの回転の感覚の基礎 になりますし、
 短いアプローチは この感じがボールを打つ感じに なります。」
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m41s
質問「
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「Ⓡさんの場合(右打ち)もそうですけれど
 四肢の中で一番弱いであろう
 ✋左腕に何かをさせよう とするコト自体
 あまり正しい選択とは言えない と思います。」
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
質問「言われてみれば そうですねぇ。」

店長「左腕の役割は からだとのリンクマンであり、
 クラブを握ってはいますが、
 それを動かすのは 脚 です。

 行きも帰りも、特に『行き』ですね、
 この場合は テークアウェイ、 特に初期、
 左腕に何かさせて
 左腕を長くするような動きをしては
 出来るだけ避ける必要があります。

 テークアウェイで何かさせれば
 ダウンスイング以降 左腕で何かするか、
 それを補う別な行為が必要ですし、
 多くの人が 左腕の長さが邪魔で
 インパクト前後で困っているコトが多いのに
 準備である テークアウェイで 左腕を長くするような
 動きは不要な筈です。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m39s

 テークアウェイで 肩を廻したいから
 左腕を ぐッ〜 と伸ばす行為は
 その言葉のまんま、左腕を伸ばしているだけで
 気分の 右向きを造っているだけ。
 逆に からだの向きを阻害しています。

 それをすれば ダウンスイング以降
 からだを廻す、左を向く ではなく
 左腕を短くする 〜右腕を長くするための
 上半身の処理になってしまいガチ です。
〇見かた18s〇見かた21s









 小さなアプローチから慣れて行く方が良いですが
 左腕は出来るだけ脚で動かす。

 唯一、左腕に仕事がある としたら
 インパクト以降、からだの回転を邪魔せず
 腕やクラブの慣性を 終焉処理する為
 その慣性を上に逃がす 逃げ道を作ってあげる位
 と考える方が良いです。


〇左腕は 腕だけど からだの一部。
〇そして その左腕を移動させたい時は 脚を使う。
〇唯一の仕事は インパクト以降、上に力を逃がす 。


 コレは技術として 今までの動きを軽減するモノが
 多いですから、他の色々な流れが出来上がれば
 単独の動きとしては難しくは無いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




店長「この けんたろう動画は参考になると思うのですが…。」

質問「はい。」

店長「元々、腕力の有るタイプなので
 手でびよよ〜んと振るのが大好きで
 今のその面影が色濃く残っていますが、

 ダウンスイングのきっかけとして
 左肩を上げる
 お腹を左に向ける
 左腕を降ろさない、動かさないで
 インパクト出来る位置まで
 左グリップを下げるのは どうしましょう
 って トレーニングです。」
ス2023-05-22

質問「左腕を下げない、動かさない なんですか❓」

店長「元々 からだの向き、胴体を左に向けるのが
 得意な人は意識する必要は無いと思いますが、
 左腕を動かす、
 勿論、それには下げるも含まれますが、
 そのアクションを積極的にしようとすると
 からだの向きが忘れられてしまうというか
 おざなりになってしまいガチ です。

 また、左腕を動かそうと意識し過ぎると
 その勢いで ヘッドを振り「始めてしまう」可能性が
 高くなり、それによって より一層
 からだの一気な左向き の優先順位が下がってしまいます。

 ですので 左腕そのものは動かさない、
 お腹を左に向ける
 左肩を上げる
 それを意識すると このような変化が起こり、
 後半の 腕でヘッドをびよよ〜んとする動作は
 かなり減ります。」

質問「確かにそうですね。」 

店長「本人も  えっ⁈ これじゃボールに届かないよ😿
 から始まっていますが、
 意外や意外、トップやチョロから始まりましたが、
 概ね ボールには届いちゃうんです。

 今まで からだを止めていた、
 ちゃんと 左を向くコトと恐れていた、避けていた、
 というのが 発見できるだけで 儲けモノ
 です。
〇もっこす君の練習 - frame at 0m42〇もっこす君の練習 - frame at 0m43s









 まだ 左を向くコト
 ソレ ソノモノがボールを打つコト
 左を向くコトが打撃 という感覚が刷り込まれておらず
 怖いから 手でボールを探りに行っちゃうんですが、
 そんな遠くない日には それは解消されると思います。」

質問「大枠で からだを廻す感覚、
 からだの向きを変える感覚も違う感じなんでしょうか❓」


店長「そうだと思います。
 かつて は すべてを器用な腕周りで
 出来てしまう年齢、体力がありましたから
 からだの回転はアウトサイドイン
 腕でのクラブさばきは インサイドアウト
 からだが開くのを出来るだけ我慢して
 寝かして びよよ〜ん と振っていましたが、
 今は からだの回転が縦系 に変わりましたから
 その反対というよりは もっと違う感触
 なんだと思います。

 多くの方は インパクトで左サイドを止め、
 からだの回転を止め、
 腕やクラブ、重さをリリースするスイングタイプ
 ナノだと思いますが、リリースでは
 からだの回転で造れるヘッドスピードを上回るコトは
 出来ませんし、
 からだを止めて クラブをリリースするので
 インパクトを含めた、その前後の挙動が激しく
 弾道が安定し辛くなります。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m40s
全部を無くせ とは言いませんが、
出来るだけ その負担をカラダの向きに移管する
そう言う感覚を掴む✊
今まで 左サイド/回転を止めていたんだ✊

と気付けるだけでも かなりの進歩だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「肩を廻して見える のは
 考えれば 当たり前 なんですが、
 その土台の骨盤、胴体が
 向きを変えている から であって
〇見かた山下
 逆に 積極的に『肩を廻そう』とすると
 ……この場合は ヨコ、水平方向に ですが
 骨盤、胴体の回転を阻害しがち になって
 胸郭で回れる 1/3 をするため
 股関節で回れる 2/3 の回転を邪魔してしまいます。

 また 腕を下げる、上げる を
 意識し過ぎてしまうと
 それも 胴体側の肩周りの動きを邪魔してしまうので
 回転前提が一つの流れ、ひと塊に
 ならなくなってしまいます。

 クラブの先端、ヘッドを振る のと同じです。」

質問「だから 肩の回転は上下の動きになるんですね。」

店長「そうですね。
 肩の回転は縦…と言うよりも
 上下に・・・

 あのマイケルジャクソンのスリラーのダンスの
 動きに近い(0:45〜以降)と思いますよ。

 ゴルフ用語で言うと
 ギッタンバッコンに近い動きですかね😊

 ダウンスイングで腕を降ろすのではなく
 右打ちの人であれば 左肩を下げる。」

質問「右肩が下がっちゃいますよね❓」

店長「それでいいんです。
 左肩の上がりに応じて 右肩が下がるのを
 怖がってはいけないです。

 厳密に言えば それは前傾姿勢のヒトツ で
 右肩が下がっているのではなく
 股関節が折れている から そうなる『だけ
です。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m39s〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4





 その動きで 腕は下がる…
 腕そのものを下げている訳では無いけれど
 正しくは グリップは低くなる。

 それが 肩 と言う言葉、もしくは箇所であれば
 『肩の回転』です。


 肩を上げる。上下させる。
 それを 先にやっておく意識 の後、
 お腹を左に向ける。

 肩の上下の動きで
 胸郭、胸椎は動きますから
 おおよそ半分の回転はそれで、
 ですので 脚でお腹を左に向けるには
 回転は 90度 で 足ります。

 肩を水平に回そうとすればするほど
 結果として 腕やクラブという長さが伴う
 重量物に遠心力を掛けることになり、
 それをするために 骨盤〜股関節による水平回転は
 妨げられてしまいます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレって ゴルフのスイングにおける
 からだの回転の 最大のパラドックスだ と思うんですね。
a9e5d2f8c2f4df25aaade23ead72aee2
 からだの構造って
 よく言う 腰回りって
 腰椎に該当しますけど
 骨盤、腰椎は殆ど 回転できません。
 幾つかの合計で 5度程度 です。
 からだが壊れないようにするための遊び、余裕程度です。

 スイングで言う からだの回転は
 1/3は胸椎、胸郭
 2/3は股関節
です。

 多くの人は 肩周り、
 そのまた 多くが 胸椎を動かすんでは無く
 両腕の長さの入れ替え で
 胴体の上部を 下部に対して『無理に』回そうとするが故に
 本来の回転の主…なる筈の『股関節』が動かせなくなります。
股関節
 嘘ではないから 余計、困るんですが、
 肩を廻す と信じているから
 運動の主では無い筈の 肩を廻そう とするが故に
 腕を ヨコに 回転の方向に準じた方向に振ろうとしがち。


 それをしようとすると
 股関節が使えなくなる というパラドックスです。


 胸椎でも似ているんですが、
 両腕の長さ の入れ替え を 回転の主としてしまうので
 当然、と言えば当然なのですが、
 長くなっている腕が 邪魔 になります。

 テークアウェイで長くしてしまった 右打ちの左腕が
 短くしたいダウンスイング以降で その長さが邪魔になるのが
 スライスの原因で有ったり します。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m14s
 回転しようとすれば するほど
 今度は ダウンスイングで右腕が長くなってしまう、
 本来の意味の 体のアウトサイドイン ですが
 望ましい 軌道で クラブを入れてこれません。

 運動としては
 胸郭、肩周りは上下に動かして
 右向きでは お腹を足で右に向ける。

 ダウンスイングも
 肩周りは上下に動かして
 お腹を足で左に向ける。

 その量は 実際のモノは 合算のモノなので
 実働は その半分で良いのです。

 肩周りは上下に使いますから
 両腕の長さの差も少なくなります。
 よく言うトコロの 腕の三角形が維持し易い でしょう。

 回転に伴って グリップの位置の高さを変えるのに
 上下の動きは非常に融合し易いと思います。

 脚を使うのも トップからフィニッシュへ、
 180度廻る必要はなく その半分で良い訳です。」

質問「不思議…です😵」
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
店長「でしょ😶
 コレって 知識として かなり革新✊だと思うんですね。」

質問「そう思います。」

店長「からだの回転の仕組みを知って
 それに準じた クラブの動かし方 をした方が
 絶対 スムースになると思いますよ。 Ⓡさん
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「確かに トップの位置から フォロー・フィニッシュまで
 180度位 からだの向きは変ります。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m35s
 でも・・・・・・・・・

 是非、自分でやって貰いたいんですけど😳」

質問「はい。」

店長「クラブを持ってても、もって無くてもいいですけど…
 自分なりの右向き(右打ち) トップの状態。

 その状態って 脚が中心で
 お腹なり、骨盤、秀二が右を向いていて
 ヘッドは兎も角、
 グリップは自分の両肘の間に位置していて、
 からだ全体では 右側の方が高くなっている。

 そんな状態から始めて頂くと…。」

質問「はい。」

店長「からだの回転は グリップを移動させる為で
 からだの回転の為の からだの回転じゃあないですけれど
 感覚的に からだってどう動くのかな? は
 知っていて損はないから やって欲しいんですけど…。
2023-11-03_16-49-20 - frame at 0m0s
その状態から 左肩を上げる、
右肩を下げる でも構いません。

からだの回転、向きを変えることをすべて忘れて
右を向いた状態で
2023-11-03_16-49-20 - frame at 0m0左肩を上げる、右肩を下げる、
回転では無く、上下の動きをすると
からだの向きって 変わっちゃいます。

概ね、正面を向いちゃう…
向きかかっちゃう…んですね。」
2023-11-03_16-49-20 - frame at 0m0sk
質問「・・・ あれ?・・・・😧」

店長「はい。
 からだの構造ですね。

 からだの回転って
 右向きであっても、左向きであっても
 向きを変えるのって
 1/3 胸椎・胸郭周りの動き で
 2/3 は 股関節廻りの動き です。

 荼なり、藐を上下に動かしてしまうと
 同時に胸郭・胸椎って動いちゃうんですね。
 からだを守ろうとする動きだと思います。

 右打ちの人で 右肩を上げる、
 右側がひっつられて 高くなっちゃうと
 右向きになり易い。
〇見かた18s
 その状態で 左側をあげる、右側を下げると
 元の姿勢に戻ろうとします。

 その逆って 無理をしないと出来ません。」

質問「なんだか不思議な感じ…😶」

店長「その状態で お腹を左に向けると

 結果✋ としては
 右向きが左向きに… 180°向きを変えるんですが、
 『向きを変える』という
 それに準じた回転させる運動は
 90°〜100°分位しか していないんです。

 それを同時にやってるのが 回転です😶」


質問「 ! ! ! ! ! ! 」
質問「 ! ! ! ! ! ! 」
質問「 ! ! ! ! ! ! 」

2023-06-01_15-15-06 - frame at 0m3s

店長「特に へそから上は
 回転する動きに あまり 関与していない、
 ヨコへの動きは 殆どしていない んですね。

 にもかかわらず 胸やお腹の向きは
 右から左に 180度 回転してしまっています。

 クラブを振る、振らない 以前に
 からだの向きを変える動作は
 こんな仕組みが基本です。


 確かに結果は 180度ターンしていますが、
 回転に準じた積極的な動作は
 90度 お腹の向きを変える だけ。

 クラブを持っている が属している
 腕、肩周りは 回転と同じ方向の横の動きは
 ほとんどしていません。」


質問「 ! ! ! ! ! ! 」

店長「トップの位置から
   180度回転するモノ✊
       肩は回すモノ


 回転はそう言うモノ と思っているのと

 肩周りは 上下に動かして
 下半身での お腹の向きは90度位しか換えない。
 それを同時、連動して行うだけ…。
 特に 肩周りに 廻すという感覚はない
 
 は どうクラブを動かすかにも
 かなり違いが有る と思うんですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「胴体の方の肩で廻るコトの出来る方は
 私たちの年齢向きでも、アマチュア向きでもないので
 話としては触れません。

 からだの向きを替えるは脚の動きが中心で
 それ以外の部分は あくまでも補助的な
 多少の促進効果はあっても あくまでも脇役です。
334151fd
 そして 意外に思うかも知れませんが
 傾きはあった(前傾姿勢)はあったとしても
 からだの向きの変更は
 胴体に対しては横の動き、
 重力に対して真っ直ぐな動きを垂直とすると
  重力に対し 平行に近い、
 水平方向に近い動き なんですけれど・・・



 コト ゴルフのからだの向きの変更は
 部位の動作としては 上下の動き、
 左右の腕の長さの入れ替え ではなく
 上下の動きにとても近い です。」

質問「 は? ( ゚д゚ )」

店長「右打ちの人の右向き…テークアウェイでは
 ポイントになる 腕の付け根〜肩部
 そして 右の股関節を高くする のと
 お腹なり、秀二なり、骨盤を右に向ける動きが
 合体したような感じです。」

質問「 は? ( ゚д゚ )」

店長「少しオーバーに言えば
 クラブ無しのからだの感覚的には
 右肩部、右股関節が上にひっ吊れたような動き に
 近いと言えるでしょうか。
 それには 右肘、右上腕の誘導が良いかも知れないです。」
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40

質問「 は? ( ゚д゚ )」


店長「クラブ無しで実際にやってみると 分かり易い😶
 分かり易いけど馴染みにくい動きでしょうね。

 でも、そうすると 綺麗に右を向けます。

 
 コレ 腕の長さの入れ替え をからだの回転と
 間違った思い違いをしていた方の 問題になる部分でもあるんですが、
 テークアウェイを右サイド、右腕、右肘主体で
 行った経験がありません。
 伸ばして押し込まれた左腕のせいで
 脱力された右腕が曲がり〜短くなっただけ 程度の存在ですから。

 それを右腕が主体となりクラブを持って行う
 難行苦行がひとつ。

 今までは 伸ばした左腕に右腕がかぶられていたので
 右サイド、右肩、右股関節が高くなる感じの体験がありません。
 この感じも初体験になる訳です。

スイング集 PATTY1 - frame at 0m12s

 それとね ちょっと 気になるんですけれど…

質問「ナニを ですか❓」

店長「右打ちの人で言うと 右向き、
 左打ちの人で言うと 左向き、
 テークアウェイ、トップへの 準備としての
 からだの向きって言うか、回転 よりは
 やはり ダウンスイング〜フォロー側 の
 回転をどうしたら良いのか という方が
 注目されると思うんですけど…。」

質問「そうですねー。」

店長「右打ちで言いますと
 トップで、自分なりの右を向いている状態から
 ボールを打つ と言う過程を経て 左を向く って…

 
やっぱり 180° 向きを変える んだ✊✊✊

 って感覚なんですかね❓」

質問「は? 😶」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「テークアウェイ初動でグリップやグリップエンドが
 からだから離れる。
IMG_3017(5)(2)(2)_Moment(2)IMG_3017(5)(2)(2)_Moment(3)







 テークアウェイでヘッドの重さを正しくない使い方で
 その勢い、反動感でトップに行く。
 テークアウェイそのもの速度が速い。

 これらに該当する人はとても注意が必要です… が

 カタチを追いかけて治すことはほぼ不可能です。
 その理由を説明しましょう。」

質問「はい。」

店長「テークアウェイの時点で
 ヘッドを振ってしまっていますので
 帰りに相当する ダウンスイングでは
 当然、ヘッドを振る 腕の動きが必要です。

 また 肩で廻る人の殆どは
 腕の長さの入れ替え なので
 左向きが始まると 左腕を短くする、
 右腕を長くする必要が生まれます。
大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)大森201904_Moment(4)






 あえて 表現するのであれば
 からだを廻しているのではなく
 腕の長さを入れ替える為 胴体をよじっている
 が正解な気がします。

 世の中でよく言う
 右肩のツッコミ は
 右肩が下がる事ではなく、
 その腕の入れ替え、右腕を長く必要があるので
 ボール側に 右サイドが寄ってしまう、
 左腕を短くする為、左サイドが逃げてしまう コトで
 根本を対処しない限り、
 右サイドが突っ込むことは打つ行為ソノモノ ですし、
 フォロー側で左腕が妙に縮こまってしまうコト や
 からだが開いて(見える) 実は左腕を短くする為、
 左サイドが逃げたのがそう見えただけですが、
 それも打撃行為ソノモノなので
 治すことが出来ません。
 それを受け入れて
 それでも打てる方法を模索する必要があります。 

 問題はダウンスイングに大きく残ります。

 左向きを始めるのに 右腕を長くする必要があるのですが、
 それは 右サイド、右腕の付け根〜藐が振られない と
 実行できません。
スクリーンショット 2023-08-18 112927
 しかし、それはスイングで言う 超アウトサイドイン、
 外から掻いてきてしまう になりますから
 寝かしたクラブをより寝かして インからの進入が
 間違った形での進歩、向上になります。

 その時、想定以上に フェースは向きもロフトも
 だだ開きになりますので フェースローテーションは必須。

 テークアウェイでヘッドを振り始めた動きも相まり
 ダウンスイングでの 右腕の伸ばしによる
 クラブのリリース、ヘッドの振りは
 スイング『っぽい』動きと合致します。
会田20210701_Moment
 あとは 左の壁 と信じている
 支点になる左腕の停止、ロック、制動 で
 ヘッドの振り、スイングの円弧、フェースの返し を
 からだに馴染ませるコト で一旦の完成を迎えます。


 ✋じゃあ 腕の長さの入れ替え ではない
 どこ場面で有っても 両方の腕に長さの都合が付いている、
 片方が長い時はもう一方も長く、
 片方が短い時はもう一方も短い、
 腕の長さの入れ替えで無い 胴体の向きの変え、回転に
 移行出来ない理由が山積みにあるのです。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)





 そして そのいずれもが 自分の打撃の根幹、
 どれを欠いても 上手く打てない、当たらない のですから
 はい カタチだけ真似て からだの回転をする✊
 と言う訳には行かないのです。」

質問「・・・はぁ🤒」

店長「多くの人に否定されますが、
 ハミングバードで言う
 テークアウェイは左腕を突っ張らかさず
 曲げた状態でしてみましょう も
 その 腕の長さの入れ替えを消すためのモノ です。

 右ひじを外に、やや高めに移動させる も
 腕の長さの入れ替えで 向きを替えているではなく、
 それに伴って 胴体がよじれている を
 右半身も背後、後方に移動させ 胴体の向きを替える
 トレーニングの一環です。
 勿論、スイングとして定着するなら 尚、良いです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「手で振らない、ヘッドを円弧に振らない方法 って
 あるんでしょうか❓」

2021-04-11_22-32-44_Moment(5)
店長「申し訳ないんですけれど
 こうすれば こうなる、
 例えば スライスはアウトサイドイン だから起こる とか
 からだが開くから、だとか
 そういうのは まるごと 嘘 とは言いませんが、
 単なる キャッチコピーに過ぎません。

 アウトサイドインでも スライスも、フックも出るし、
 それを形式上、インサイドアウトに治しても
 よりスライスがキツク成るコトも往々にして起こりますし、
 それで ドローボールにならないことも当然、あります。
 からだが開いても フックも、スライスも打てますし、
 根本的に からだが開くことが打つコト なのに
 あたかも からだが開くことが悪いように誘導するのは
 害悪の方が多いです。

 そう言うのに飛びついて 治そうとする、
 上辺や表面上の恰好で なんとかしようとする、
 その スイングへの取り組み の方が問題で
 もう少し メカニズムに探求心を持った方が良いと思います。


 まあ 質問頂きましたので
 一応 回答させて頂きますと
 思い込みも含め(こちらが多分に強いですけど)
 今やっていることを 捨てる、辞められるか、 です

 ボールをさばくイメージで かなり変わると思います。

 と同時に からだの廻し方 は直した方が良いでしょうね。」

質問「からだの廻し方 ですね。」

店長「コレは 昔から何度も言っていますが、
 アマチュアで オジサンおばさんの領域、
 運動性能や身体能力に自信のない方は
 『肩を廻さないコト』です。」

質問「肩を廻さない❓」

店長「まあ この時点で 世の中のアマチュアゴルファーの
 大半は 忌避感を強く持つでしょう。

 私たちの年齢であっても
 腕や肩周りに比べ 足廻りの衰え は やや穏やかです。
 立って、歩いている限り、ソレもトレーニングになります。

 その足腰、足廻りを使って
 骨盤、胴体丸ごと 向きを替えるコト。
 その結果、骨盤の上に乗っている 肩の向きが変わる
 に移行することはとても大きなポイントになると思います。」

質問「足を使って 廻れ ッテコトですね。」

店長「肩を廻すことの最大のダメな点は
 その行為そのものが 手打ちに直結し易いから✊ です。」

質問「😧 😧 😧 😧 😧」

店長「若い時に出来る  肩 を廻す  は
 胴体をひねって、捩じって
 肩のついている 胴体上部、胸や背中を捻じるコト ですが、
 ソレって すぐそこに 手振りが控えています。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)
 総じて ソコをたくさん捻じろうとすると
 肩のついている 胴体の方が動かそうとせず、
 肩ソノモノや腕、クラブの重さなどを使って 無理やり、
 勢いや反動を使って からだをねじる癖が付きます。

 また   (右打ち)
 右向きの時、その誘導には 左腕を長く使い、
 左向きの時、その誘導には 右腕を長く使う、
  "腕の長さの入れ替え" が
 からだの回転にすり替わり易い というか、
 肩で回っている『つもり』のアマチュアの大半、
 私の肌感では 高確率で アマチュアの回転は

 『腕の長さの入れ替え』がとても多いです。
R
 右打ちで 右を向く疑似行為 として
 左腕を長くしようとすると
 それによって 肩甲骨が引っ張られ、
 左腕、左肩が からだの前(胸側)に入ります。
 この きつさ が からだを廻す、右を向いている と
 独自に判断しています。
〇肩を廻せ〇肩を廻せ_Moment2
 ソレって 全くもって 右向きとは異なります。

テークアウェイの初動で グリップ、グリップエンドが
からだから遠くなる、離れる、
左腕を突っ張るかのように まっすぐ伸ばそうとする
 その手の傾向が強い人のヒトツの確認ポイントです。

 左腕を長くして、右腕の短くする と
 その動きは クラブを振る、ヘッドを上げる、
 実際には クラブは横に倒れ、寝ただけ なのですが、、、
 テークアウェイで クラブがピュッと動くので
 より一層スイングっぽくなる訳です。

 左腕を長くするのは 身体的にもキツイですから
 ヘッドの重さに勢いを与え それで促進する場合も
 多く見られるので テークアウェイはかなり速いです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ガンガン ご意見、コメントお待ちしております
  反対意見、大歓迎です✋✋✋

記事を書く モチベーションになりますので
 是非是非 コメント、
そして 記事にして貰いたい質問、テーマ 下さいませ
 宜しくお願い致します。 店主
スナップショット 1 (2013-02-08 20-14)
今回は ちょっと画像で遊んでみました。
雑な合成ですけど お許しください。

最近(この30年ですね)のクラブ、特にヘッドですね、
ボールが上げ易くなった、スピンが増やせた、
というのは スイングへの影響は非常に大きくて
昔だったら しっかりと
『ダウンブロー、ボールを潰す、上から入れる』
   →また この言葉が 円に振る、ヘッドを振る に
    つながってしまうから 意地悪と言えば意地悪

が出来ていないと、 よく言う  良い球
は出なかったんですけど
今のヘッドだと しゃくっても、煽っても
そこそこの球 打てるようになりました。

。。。。。。弾道は美しくないですけどね。


ヘッドの重たい、シャフトの柔らかいモノ で
『ダウンブロー、ボールを潰す、上から入れる』
美しい弾道打てます。
ヘッドを振らないってコト 覚えやすいですね
円弧5

それは兎も角、
ゴルフスイングの軌道映像、
スイング時の ゴルフクラブの残像映像
 って 見たコトありますよね❓


こういうのです 👉👉👉



クラブ単体では この手のイメージだと思うんですけど
001445スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)








これを スイングと掛け合わせると こんな感じになります。
円弧2円弧











🔴悪い方の例 ですけど こうは振らないってコトですよね
002413円弧4







シャフトを振る、ヘッドを振ってしまうと
からだの回転と別なモノ、途切れたモノになってしまいます
 これを俗に言う 「手振り」「手打ち」と言うのでしょう。


スイングは写真でも動画でも
どうしても 定点観測、
ある一点の角度から撮影します。

立体のソレを 平面に落とし込む と
どうしても 誤解というか、錯覚を生み易く
その間違いが結構色濃くスイングに反映されます。

334151fd

ボールって球体なので
平面で潰すには 動いてきた進行方向に対し
出来るだけ 垂直な状態が必要です。
それに対し ヘッドに付いている『ロフト』は 物理的な『逃げ』で
それを使って ボールの速度を高さや回転に逃がし、
距離を調整しているのです。

スイングは 傾きがある とは言っても
常時、横に進行(からだの向き)しています。
その傾き(前傾姿勢)によって
 横の進行に 下 が含まれている時に インパクトするのが
 「上から入る」 です。
2021-04-07_06-01-34_Moment(4)

そこに 手先による ヘッドの動かし や
 からだの大きな回転(向き)と関係ない肩の振り子
 の動きなどを入れてしまうと
 斜めの進行軌道も変わりますし、
 それに応じて ロフト効果も変わってしまいます。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)

これに規則性があるから アプローチの計算が立つのです。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

通信講座ですね


おそらく、察しの良いKさんは
最近の記事を見て 気付いている と思うのですが、
当面のポイントとなるのが
🔴フェース面を円の外に向けたまま インパクトへ
だと思います。



トップで、ダウンスイングで、インパクトで
どこかの箇所をどう動かす…どう動かしたい…どう治す
それらは今は捨て置きましょう。

これは練習場ですが、
ボールを地面から、マットからこそぎとろう
円の中に掻き込もう
 ロフトを増やす形でボールを拾おう
 とするボールさばきが垣間見えます。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)

🔴立ったロフト→戻す→寝たロフト
こういう経緯で ボールをさばく のではなく
時計で表すのなら トップやダウンスイングで
スナップさばきやヘッドの重み(〜遅れ)によって
時計文字盤アドレス基準 6時の針が7時になる感じです。
時計の針を振る、回転させるのではなく
時計自体を廻す 👉体の向きを変える
トップからダウンスイングで作られた7時の針
それを固定して カラダの向きで ボールをさばいてください


アドレス時の 時計の針6時(アバウトですが…)
比べると 時計の針7時
(これもアバウトですが…)では
例えば 自分の鼻からヘッドまでの距離が短くなっています。
それでは届きません。

ですので 左へのシフト
 時計の絵で言うと 右方向、3時方向への時計自体のスライド
が必須(からだの回すのにも必須です)になります。

シフトは シフトしてから廻る
(見かけ上はそう見えたりします)
     と言う順序が在るのでは無く
カラダの向きの変更、からだの廻りと混じりあったモノ です。

足を主として 左サイドを積極的に動かしましょう。
カラダが開くのを恐れず
 途中で止まることなく 一気に向きを変える

それをするには 莠澗 が必要になりますので
 ある程度のシフト意識は必要ですが、自然と混ざり合います。


軸足は トップの位置からダウンスイング中に
右から左へと移行するのですが、
股関節の離れ分、どちらにも乗っていない曖昧な時間が存在します。
ですので その時間に、シフトしていく方向と別なチカラ、
外的要因、この場合は腕とクラブですが、
それを動かすと妙な遠心力や重さが掛かり
左に移行するのを本能的に中断するモノです。
ですので 少なくともグリップエンドがボールを超えるまで
(その時には概ね 左シフトは出来ているか、出来掛かっています)
腕、クラブは意識としては固定、
 ロックの状態を保ってください


グリップ、グリップエンドがボールを超えたら
クラブの慣性、腕の慣性もリリースして良いと思います。
 ✊短いクラブはリリースは要りません。

✋ここの注意点ですが(特にRさん 傾注❕
 からだを止めて 腕・クラブの慣性をリリースするのではなく
 あくまでも からだの回転の流れの中 です。
 曖昧な言葉ですが、打ってから放り投げる 位の感じです。

 からだの回転が止まってしまうリリースは✖ ですし
 リリースする為のからだの回転はもっと✖ です。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)






✋リリースが打撃のチカラ ではなく、
 スイングを、クラブに備わった慣性を収束させる為のモノ
 軌道の急激な変化をやや抑えるためのモノ です。
 くれぐれも リリースを打撃のエネルギーと捉えないで下さい。Rさん❕

打った後のリリース によって
自然とフォローは出ていきます。
おそらく そこも懸念材料だったと思うのですが、
打つまでは トップで出来た腕とクラブの関係はロック、
打ってからは リリース可、の状態がフォローを生みます。
小堀2020_Moment(6)小堀2020_Moment(4)小堀2020_Moment(5)







その際…ですが、
腕を無理に降ろしたり、振った訳 ではありませんが、
からだの回転によって 移動した左グリップ
回転の軌道に沿って、高いトコロから低いトコロへ
移動させられて ボールを打った 
と思います。
ですので それを継続、
止まることなく、左を向いていく力を使って
同じ流れ、そこまでの流れ通り、そこまでの移動通り、
左グリップを高いトコロ に移動 させてください。

フォローを出そうとして からだを止める
左グリップを移動を止める
(まぁ、ボールを円の中に掻き込むさばきでは
 フォローが出る要素は無いのですが)
が逆に クラブや腕を体に巻きつかせ
 フォローを出させません。
からだの回転で移動させることは絶対 ですが、
その流れを止めず、高いトコロから低いトコロへ来たなら
その流れで高いトコロへ抜く 
のがポイントです。

とは言え まず フェースの外向きのまま
からだの回転で から 始めて下さい✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


   回転は
『股関節‼』 には
 結構、はっきりした理由があります✊


ゴルフスイングは それが手打ちであったとしても
 ちゃんと からだの向き・からだの回転で打つとしても
どちらにも 前傾姿勢 というのが存在し、
出来れば それが『保たれるコト』を目指したい。 
〇見かた山下
前傾姿勢は 回転する、という
〇ヒトの造れる高速な動作 と
〇低いトコロにあるボールを打つ

を 融合させることが可能になり、
保たれた方が それを行うのは容易に、
保たれないと より複雑な補正動作 が必要になります。

そして それは出来るだけ『無意識』で維持したい。
身に着けてしまえば 習慣的に出来るようになりたい。
それを意識し過ぎてしまって
 廻ることソノモノが阻害されては本末転倒です。

〇空中(立体)ズリズリ - frame at 0m35s
その 前傾姿勢 は 言葉のニュアンスや
ゴルフのアドレスから醸し出されるニュアンスは
胴体の上の方、胸や背中の辺りの 『前への傾き』
のニュアンスを非常に強く含んでいますが、
       実際には 股関節 です

大腿骨 に対する 骨盤の前への傾き が
 ゴルフにおける前傾姿勢で
骨盤より上の 背中や腰、頭などの 前への傾きは
『前傾姿勢』そのものではありません

からだの回転と その『股関節』にしておくと
そうでないモノより 前傾姿勢は保ち易くなります。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m14s
俗に言う 『腰で回る』 は
だいたい お尻の上の辺りを廻すコト 
 を指すのだと思いますが、
ソコを主体に廻そうとしてしまうと
股関節の前傾姿勢、大腿骨と骨盤の傾き差は
消えてしまい易くなります。
 そう言う動作です。


kokannsetu


🚩ゴルフスイングの『股関節を稼働させるには
 ✋✋一点注意する部分があります。

他のスポーツでも

 『股関節は稼働させる』モノが 沢山あります。
メジャーなトコロで言うと
 野球やテニスなどがそうですが

ゴルフの 股関節の稼働の方法 は
 それらとは少し異なります。
600px-Baseball_pitching_motion_2004






野球の投球やテニスのサーブなど テークアウェイでは

 右向き、右打ちの右向き、準備動作としての
股関節の稼働の方法は 右側の股関節が
 左側の股関節よりも『低くなります。』


左肩上がり、進行方向で言うと 前上がりの
 トップとなる訳ですが、
ゴルフのそれは その逆で
右股関節の方が 左股関節よりも『高くなります。』
左肩下がり、進行方向で言うと 前下がりの姿勢です。
〇見かた18s
野球の投球やテニスのサーブでの テークアウェイは
軸足になる 右打ちの右脚に対し、
上から被るような 準備姿勢になりますが、
ゴルフの それは 逆になります。

ゴルフでも 野球式のテークアウェイを取られる方を
見受けられます。 少なくないです。


右股関節が高くなる、
場合によっては 左股関節を右股関節の『下へ
入れるような意識が有ってもいいかも知れません。

左脚や左ひざなど 任意な箇所で良いと思いますが、
それらを使って 左股関節を右股関節の『下へ
潜り込ませようとすると 右股関節は
後ろ・背後に逃げます。 

〇動作感覚としては 右が行っても良いと思います。

右肩そのものや 右ひじを使って
右肩を高くする意識も有効でしょう。
スイング集 PATTY1 - frame at 0m12s
左肩や左股関節の方が高くなってしまう
準備姿勢、テークアウェイは前傾を失います
前傾姿勢と重視しない 準備姿勢 です。

ゴルフスイング として
『股関節を稼働させる』には その点に注意しましょう✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


動作として スイングをとらえる場合、
主に動かすのは 『 四肢 』 が良いと思います。
a9e5d2f8c2f4df25aaade23ead72aee2
腕で言えば 肘から肩までの上腕
脚で言えば 膝かた股関節まの大腿


左右合計ですと 4か所 になると思います。

自分の意志で積極的に動かすのは その『四肢

股関節から腕の生えている肩までの胴体部分は
それに対し 防衛本能が強く働く場所 になりますので
自然に任せ、胴体内を積極的に動かさない方が良いでしょう。

Ⓡさんの動きを見ていると
『肩を廻そう』と言う動きが
機能として腕の一部である肩部 ではなく
肩の生えた 両肩のライン・胴体部分
 を横に廻そう〜向きを変えよう とする

そう言う風に見えます。

足との連携』にはなりますが、
肩部は 肩の位置している胴体上部ではなく
機能として腕の方の 肩部 を
右打ちであれば 左肩ですね、 これを
水平ではなく 上げる✋下げるじゃなく上げる です。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
 😧😧ダウンスイング、切り返しの初っ端から❓

😃😃そう。

そこで 肩部〜腕の付け根 を上げると 上腕は下がります。
下がる と言えば良いのか、低くなると言えば良いのか…

上腕を、肘を、上腕を下げる でも良いと思います。
その人、その人による感覚の違いもありますから。

その動きを 必ず 脚と連動させるよう トライしてみて下さい。
そこは そう簡単ではないかも、ですが。


胴体側、両肩を結んだ胴体の上部 ではなく
肩を上に 『縦に』回転させようとした方が
足での 骨盤上部〜胴体の回転との連携が良くなります。
あきひこ先生1あきひこ先生







腕の一部である肩部を『縦に』回しても
結果、として 水平に廻って「見える」でしょう。
腕の、肘の、グリップの下がり(低くなる)は
良くなりますので 無駄なフェースターンも減る、無くなる
可能性も高いと思うんです。


大きなからだ全体、
骨盤から上の向きを変えるのは 脚の仕事です。

肩を、腕の一部としての肩部を『縦に』動かすのは
その 向きの変化に対し、胴体の上部の遅れを作らず
それを負荷にしないため、同期させる為のモノ で
回転そのものの 主力エンジン にしない方が良いと思います。

からだの向きで グリップが移動して、
重さの有るヘッドを引き摺る のと同じように
脚を使った からだの向きを変える動きには
股関節から離れたところが 重さによる 遅れ になりガチ、
ですが、クラブは両手で持っていますので
必要以上の遅れは クラブを捻じる姿勢、開く姿勢に
つながってしまうので それを造らない為の
同時進行の 肩部の縦の動き です。
スイング集 PATTY1 - frame at 0m12s
ですので 肩部の動きと脚の動きの 連携は不可欠になります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




〇見かた128
〇見かた130












スイングを傍目から見た時、
円に動かして見えるのは
腕でクラブを『移動させている
両腕の交互の曲げ伸ばしで『クラブ自身を回転させている
手で振っている場合、『動かしている』とも言えますが
クラブが動いている、クラブが回転しているのではなく、

クラブを持った 自分が向きを変えています。

クラブ自身が円を描いているのではなく
 クラブ単体は動かさず、それを持った向きを変えています。

8658a3e6-se00bf7e6
それが結果、スイングを…
そう呼んで良いか微妙ですが…「円運動
おそらく 正しくは『円状の移動』をさせています。

ショットの良し悪し は
飛ばすコトも重要な、魅力的なモノではありますが、
同時に、飛ばす球の距離や方向が出来るだけ繰り返せる、
似た球を繰り返し打てるコトが大切で
ゴルフと言うゲームを考えると
その二つは出来る限り、両立したいトコロ、望みです。

それを考えると、クラブを持った『自分が』向きを変える
そうやって『円状の移動』をクラブにさせるのは
主に 足 であって、
それに対し、肩も含む 腕 は
その向きの変更、からだの回転に対し、
重さなどの負荷を受けても 大きな変化、
望ましくなり変化を生まない ように『固定』
 クラブや腕を『半ロック』するコトが役割 です。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m14s
Ⓡさんの動きを見ていると
ちょうど からだに線を引いた肋骨の辺りですが、
ここから紂∀咾盍泙瓩拭‐緘梢箸両綢Α,
クラブを動かそう、円を描こう としている動きが
とても強く感じられます。

クラブを移動させるエンジンが反対な気がします。

回転する事に この腕も含めた上半身の上側 を使うのは
胴体をひねることになり易いので 大変危険です。



理想的には クラブをターン『円状の移動』をさせるのは
足を使って、骨盤の向きを変える。

からだの回転の境目 は 股関節 で

そのからだの回転に腕が遅れないよう、
からだが向きを変えた時、倒れそうな、寝てしまいそうな、
フェースが上を向いてしまいそうな重さが掛かり易いのを
からだと腕が同期しているように見える、
固定されて全体が動いているように見えるよう、
半ば 腕はまるで動かしていないように見えるよう、
 『動かしておく』必要があります。

動かしていないように見えるよう動かす って言うんですけど…

クラブの移動、動かしの主力が
 腕、上半身の上部になると
腕は廻ることに囚われてしまうので 低くなり難い です。
それが 腕やクラブの横振り、
インパクト直前の急激な降下につながっているような気がします。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


どれが Ⓡさんにヒントになり得るかは分かりませんが
とりあえず 実験してみました。 

Ⓡさんのダウンスイング 腕の振り出し
からだの回転での 腕の動かし方はとても気になります。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
からだの回転は 言葉遊び じゃありませんが、
からだの回転の為に体を廻している、向きを変えてる訳じゃない。

ボールを打つ為、ヘッドを動かす為、クラブを動かす為、
そのクラブを振る為に からだを廻してるんですが…
じゃあ そのクラブを持った腕って
からだの回転で どう『振れば…』『動かせば』良いんでしょう❓

真水平、真垂直 なんてことはないけれど
すこし 極端にやってみると…

前傾姿勢をちょっと除外して
からだの回転、水平に向きを右/左と変える
その 回転通りに 腕を、クラブを移動させてみます。

その動きの基本『源動力(回転)に対する ひきずり』で。

からだの回転に似た水平っぽく 腕やクラブを動かすと
からだの向きでは クラブが『ターン』しきれません。
グリップやヘッドの移動する距離が長く、
からだの回転で動かせるグリップの移動量だと
ヘッドがターンしきれない。
右打ちで言うと ヘッドやフェースが左を向ききりません。
2023-09-16_20-27-14 - frame at 0m59s2023-09-16_20-27-14 - frame at 1m0s







そして コレは 遅いスイング演技でのコト で
ボールを打つほどの スピードに上げると
遠心力がかかり グリップやヘッドがより大きく膨らもうとする、
より長い道のりを取るようになるので 尚更、でしょう。


また、からだの回転通りの方向に、この場合は 水平に、
クラブや腕を移動、もしくは振ろうとすると
ヘッドの重さ、その『そこに留まろう』とする重さが
よりヘッドを遅らせ、水平に動かしているので
ヘッドの開き、フェースの開きになってしまいます。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m40s
〇これでは どこかの時点で 想定外の
かなり強い『フェースのターン』が必要になり
それには からだの回転の停止、
左サイドの止まり が
不可欠になります。

そして、この 水平な腕の振り、クラブの振り には
下、地面にあるボールに届かせる、下への動きが少な過ぎます。
スピードを上げれば グリップも、ヘッドも、
浮こうとするでしょうから 余計です。
Ⓡさんの あの急激な下降はココに有りそうですし、
少し真似をして 打ってみると 非常にボールに届き難い。
ヘッドの遅れ〜シャフトのしなり が
 そのまま クラブの短さ になっているのもあります。

〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m5sが、故にⓇさんが 
グリップをスプリット気味の
ベースボールグリップにしているのは
そのグリップが先で、
スイングがこうなった のではなく、
スイングが先で、
届かせる為 右手をヘッドに近い方に
と言う風に考えられます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


久しぶりの Ⓡさん登場ですが…

なんだか 夏休みの宿題 やり残している感じがしますね。 
既に行かれたか、どうかは伺っていないですが
あきひこ先生のトコロに行かれたかも、なので
今は こうではないかも…ですが…。

🙄🙄🙄動画からご覧ください。



,泙此^貳峪呂瓩北椶砲弔点が
 なぜ『ベースボールグリップにしたのか』です。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m5s
 グリップを離す〜スプリットグリップに近い形になっていますが
 おそらく…なんですが、
 右で叩くのが大好きなⓇさんは
 それによって 左グリップが先に行く んじゃないか
 という願望の元、かな って思うんですが、
 それは ものすごく裏目に出ていて
 右での叩き、右腕の伸ばしが強すぎて
 今まで以上に 左腕の『浮き』が顕著になり、
 スローだと分かると思いますが、
 インパクト前、ダウンスイングの後半に
 極端に、そして急激に グリップ軌道が変わっています。

 それが故に インパクト以降が
 インに切り込み過ぎていますし
 急激なグリップの下がりは
 それを補うための 急激な伸び、
 空間の確保が必要になり
 かなり しゃくり気味の入り になってしまっています。

 今の状態では ボールが浮き難い だけでなく
 空中にあるボールを打つドライバーは良いかも、ですが、
 地面から 長物を打つのはかなり苦労する

 と共に 急激なグリップの下がり、その空間の確保 は
 急いで 直ぐにくぐり抜けなくてはならない ですから
 フルスピードで駆け抜けるショットは良いかも、ですが
 距離調節の必要な アプローチが上手く行き難い
 と思います。

 アドレスにも悪影響が大きいですし、
 ベースボールグリップ、ドリルなら兎も角、
 スプリットになるようなグリップは 即刻、中止✊
 する方が良いと思います。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
▲哀螢奪廚留洞舛ない とは言えませんが、
 二人の ダウンスイング初期での
 左腕の下がり方 は かなり極端に違います。

 Ⓡさんで無い方の方(仮称Aさん)は
 現在、ダウンスイングの初期、切り返しで
 左肩を縦に『上げる』… 下げるでは無く上げる で
 両腕を自然に低くする 〜下げると言うより下がる
 を スイングに馴染ませている途中なので
 余計にその差は大きく見えるのでしょう。

 肩周りは 縦に動かす意識を強く持って貰っています。

 Ⓡさんの場合、ダウンスイングで
 腕が下がる気配が薄く、
 からだの回転で 腕をそれと同方向、
 ヨコに、ボール方向に引っ張ってしまっているので
 インパクト直前で
 急激に下がる、右腕の伸ばしで
 左グリップを押さえ込んでいる ようにも見えます。
OIP

 バケツの水撒き の話し で言うと
 水を撒き散らかそう、広い範囲に水を撒こう、
 から始まって、途中、突然、目標に対し
 この場合は ボールの飛ばす方向では無く
 ボールに向かって 目標を取るような動きになって見えます。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m152023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s





2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m9s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m92023-07-30_23-02-59 - frame at 0m





 背筋が強いのは伺えるのですが、
 早めに グリップが、もしくは腕が低くなる動作に
 変えないと 痛めるトコロが出てしまうと思います。
 怖くて真似られないです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「肩は縦に廻した方が良いんですか❓」

店主「実際にトライして見ると 分かると思いますが、
 トップオブスイング、切り返しから
 肩を『縦』に廻そうとしても
 『縦に』廻っては見えません。

 一方、『肩を』横に廻そうとすると
 人間のからだには 確固たる肩を横に動かす機構が
 ありませんから 脚廻りを使って骨盤なり、
 胴体をねじって上半身を動かそうとする一部になります。
 土台たる足場、骨盤が動いていたら、
 順番として 肩を廻すのは後になる、
 骨盤の動きがおさまってからになるのは
 仕方がないコトです。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m39s〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4






 それを避けるため 肩は縦に ってことだと思います。」

質問「なるほど。」

店主「肩を縦に廻せ というのは
 腕をおろせ、グリップを下げろ、
 からだの回転より『意識の中では』腕を動かせ、

 と言っているのと 同意語だと思うんですね。

 腰や骨盤を廻すのも良いけど
 腕の生えてる 肩周り〜腕を『遅らせるな』
 真意なんだと思います。
会田20210701 - frame at 0m15s
 それを言う人の感覚や感性の違いなんだと…。

 肩を縦✋の意識ですと
 切り返しから 肩は下、下方、低い方 ではなく
 いきなり と言う感じになります。
 肩…腕の付け根として肩が上方に逃げれば
 腕としては、
 ま この場合は主に右打ちの左腕を指しますけど、
 グリップの位置は低くなりますし、
 そう言う慣性や重さも加わってくるので
 腕自身は下がる

 そういうコトを言ってるんだと思います。

 ドライバーのように からだが起きていて
 前傾の少ないモノではなく ウエッジとか
 短めのアイアンで その感覚と掴み、
 脚廻りの骨盤の動きに遅れない、
 意識としては 先に肩回り、腕が動く
 そう言うのに慣れるのは重要だと思うんですね。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m152023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s






 右打ちで 右腕を伸ばすことでヘッドを振ったり、
 クラブを下に振って ボールを打つ、
 と抱き合わせにそれをやれば
 痛い程『ダフる』コトになりますから
 どっちを辞めるんだ ッテコトになるでしょう。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「リキミを生まない為にも
 切り返し や ダウンスイングは
 肩を落としてしまって良いんです。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40
 無理に 両方の肩を高く保つ必要はなく
 右打ちで言えば 右肩を高く保つ必要もない。
 右肩は低くなってしまって良いんです。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4
 廻ってしまえば…
 左を向いてしまえば良いんで
 それは 肩ではなく、脚の役割で
 肩で 水平に廻ろう とすると
 腕遅れを生んで、りきむコトになり易い。」

質問「なるほど。」

店長「肩を落としてあげる、
 きっかけはクラブの重さでもいいですし
 自分の動作意志でもいいですが、
 右肩を下げる、
 左肩を上げる、 が上腕を下げる、

 近道を通る〜近回りする、
 からだの回転に同期する
 につながると思います。

 そう言う意味では
 あきひこ先生のレッスンの中で
 テークアウェイで ちゃんと右肩を上げておく、

 下げられなくなりますからね、
 左肩が上がって 上下にかぶるようにしない、
 って結構、頻繁に出てくるテーマですね。

 ダウンスイングで 肩を落とす、上腕を下げる、
 クラブ(グリップ)を低くするには
 右打ちで右肩が高くなっていないと難しい…。
 
 軸ブレして 前に倒れちゃうのは拙いですけど
 右ひじが外に張る、高くなる、
 右肩の高さを造る のはとても大切と思います。
〇肩を廻せ_Moment2〇肩を廻せ総じて テークアウェイでは
『左肩を入れろ』
『左サイドで』って言うのが多くて
間違って意味での『腋をしめろ』〜腋の下を空けない
ってのがあって
こういう右肩が下がり気味で
 左肩が上がり気味の姿勢を造ってしまう場合が多い
 と思うんですけど、コレだと クラブは下がり難く、
 からだの回転に追随しにくい。

 根本に 肩を水平に回そう が有るとは思うんですが、
 肩って 思ったよりも 縦に動かす 感じなので
 肩が縦に動かせる姿勢を造っておいた方がよいですね。
スイング集 PATTY1 - frame at 0m12s
 テークアウェイでも肩を水平に回す ではなく
 水平な動作を造るのは 脚 で
 上げる、高くする量は好き好きだと思いますが、
 そっちの役割は 機能として腕の肩の仕事です。
 ソコ、混同しちゃうとやり難いですよね。」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


気持ち良く左に引っかけると飛ぶ。

引っかけさえすれば絶対飛ぶ訳では無い。

 

この違いを探したところ「背中側に打つ」~背面打ちという

HP内のキーワードが浮かんできて、一度も試した事無いからやってみました。

ス2023-05-22

脇が締まるしか選択肢が無くなる。

三頭筋を動かして上腕やヒジを操作するとロスってたのか、、

広背筋と肩甲骨まで総動員してあげると異次元感覚

、、、、カ、イ、カ、ン、、、、
(セーラー服と機関銃の薬師丸ひろ子か長澤まさみ風に)


気持ちラクに振っても以前のマン振りと

同じくらい飛びますので、テイクバックで溜めたエネルギーを

以前よりロスせずにヘッドまで流せてる気がします。

初動でロスってるのを感知して後から

間違えたパワーローディングを追加してたのか?

肩甲骨から動かす事によって最後のワルサは必要で

正しい動作になったのかは分かりませんでした。

 

力を逃さず伝えて加速させるには、どこかで途切れてはいけない。

効率の良いパワーローディング

 

変な気づき。

右足を引くとアプローチがとても気持ち良かった。

なんとも打感が気持ち良い。不安感も無い。

クローズドスタンスって言うんでしたっけ?

しばらくこれも遊んでみようと思います。

 

今日も朝から楽しかったです。

 

肩甲骨から腕だって事忘れてました。

スイング集 PATTY1 - frame at 0m12s

ズリズリすると勝手に脇が締まって、

肩甲骨が使えるんですね。脇が締まるとどんな良いことがあるのか、

やっと理解が追いついて来ました。

 

左肩甲骨が使えたら、

右肩がガブって突っ込むハズもない、、、、

人体とかゴルフクラブって本当によく出来てますね。

活かせてないのが恥ずかしくなって来ましたよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだが廻るから 腕が付いてくる
 と考えるのではなくて、
 上腕や肘を動かして、それに追随して向きが変わる、
 上腕や肘が からだの回転を先導する、
 と考えるのも一つの手 だと思うんですね。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4





 なにより まず、『楽に遠くに飛ばす』 には
 からだの向きの速度に頼れば 速度低下が緩やかですし、
 疲れやコンディション不良での影響を抑えやすい。
 小手先のワザ、フェースローテーション、ヘッドターンに
 頼らないので 再現性も高く出来ます。

 そして、意外な、実は重大な副産物、
 人によっては コチラがメインかも知れませんが、
 アプローチなどの距離感、速度感を
 からだの向きでダイレクトに管理、調整すること
 出来るようになり、
本当の距離感を掴めるようになります。

質問「具体的にはどうしたら良いんでしょうか❓」

店長「からだの回転で 腕を振る の一番薦められない例が
 腰回り主体の回転で腕を引っ張る ケースでしょうね。
 脚を使って 股関節 でなくてね。

 腰回りで腕を、クラブを引っ張ろうとすると
 骨盤より上のモノが全部重量物になって
 一番先端にあるヘッドは勿論、
 腕も相当遅れてしまうと思うんですね。

 実際に 上腕や肘が先導して、
 意識として』 からだの回転が後から来る、追いかける
 としても やっぱり重力が有るモノ、長いものは
 遅れて来るように見えちゃいます
けれど
 それを動作として 追いかけるのは危険だと思います。


 スイング用語で よく『肩を廻せ』って言うんですけど
 スイングにとっての肩ってどこだろう❓
 どこを指すんだろう❓ っていつも思うんですよ。

 野球のピッチャーが言うトコロの 肩を壊す のって
 からだが痛んでいるんじゃなく、腕が壊れているんですよね。」

質問「ですね。」


店長「ゴルフでも 目に見える 肩の部分は
 からだの、胴体の中に位置していますが、
 機能としては 腕 、もしくは腕の一部 です。

 
 だから ダウンスイングにおける
 『肩を廻せ』って もしかすると
 回転、運動の先端、右打ちの場合は 前輪に相当する左腕の
 『左ひじから左肩までの上腕』と指している可能性が
 あると思います。
スイング集 PATTY1 - frame at 0m12s
 多くの人は 両方の肩を結んだ
 肩の有る胴体部分、背中の上部や胸を回そうとするけど
 それって 胴体をねじりますから 負担は大きいですし、
 両方の腕の長さの帳尻が合い難くなるから
 最終的には 手での調整が必要になりガチ です。
あきひこ先生
 肩を廻せの 左上腕が
 左ひじの意識なのか、左上腕丸ごとなのか、
 それには 左の肩甲骨、背中側迄含まれるのか、 は
 ヒトによって異なって 個人差はあると思うんですけど、
 少なくとも 両肩を結んだ 背中の上部、
 肩の納まっている胴体側を回すものでは無い
 左腕上腕、肘も含めて左腕の上腕部がソレ✊ だと
 と考えています。
あきひこ先生1
 両肩を結ぶ胴体側、上半身上部を廻すのは
 私たちの年齢、運動性能低下に悩む層にとっては
 あまりに体の故障や痛みにとってハイリスクで、
 付いてくる悩みや苦労が多過ぎると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「切り返してから ダウンスイングで2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5
どうしても からだの回転に対し、
左腕が遅れてしまう、付いてこない
って言うのが 長年の課題 なんですね。

ソコって どうしたら良いんでしょうか❓」


店長「なかなか DEEPな課題ですねー。

Jack's Basic theory_Moment世の中では テークアウェイの時、
右ひじを外に張る とか、高くする、等
勿論、その度合いにもよるんですけれど
その時の 右『腋の下』が空くコトを
何故か『脇が空く』って思ってるんですよね。

腋の下は近いけど、同じじゃないです

 切り返しから からだを廻した時、
 右打ちの人の 左腕が付いてこない、遅れる、
 おそらく 厳密には遅れてるんじゃなくて
 『遅らせてる』だとは思うんですけれど…
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4
 絵を見れば分かると思いますが
 正しい意味での『脇が空く』『脇が締まる』
 この時間区分の ココの部分👆 を指します。

 その結果、からだが止まって、手で振っちゃうんですが、
 スイングの場合の 手で振っちゃうは
 肘から先を使うコトを指しまして
 スイング動作の中での
 肘から先 は クラブの重さの奴隷 
 (ちょっと表現は悪いですけど)
 脚の場合、膝から下は 自分の重さの奴隷
 自分で 無理に動かそうとしない方が良いですね。
 どっちにしても 重さの負荷が大きくて 上手く行かないですから😵

 胴体、骨盤も含めた 股関節から上の胴体 も
 瞬間に近い短時間のスイングの中では上手く動かせませんから
 自分が動かせるのは 四肢
 腕の場合、肘から上の上腕(肘も含まれる) と
 脚の場合、膝から上の大腿(膝も含まれる) と
 考えた方が良いと思います。

 運動性能が低下している私たちの場合、
 からだの向きを 胴体のひねり、
 肩や胸の有る胴体の上側 と
 へそから下の骨盤 に分けて ひねったり、捩じったり、
 するのは 危ないですから お薦めできません。

 出来れば お尻も含めた大腿、膝 の動きで
 骨盤から上の上半身丸ごと 動かすつもりの方が良いと思います。


 

 今回の場合は、それとは全く反対に考えてみましょう。

 からだを廻して、腕を動かす
 でも、ヘッドの重さは放っておいて 引きずりなさい
 って言われる。

 それはそれで合ってはいるんですけれど
 からだの回転、向きの変更で 腕を『引っ張ろう』とすると
 クラブも含め、ヘッドも含め、腕も重さがあります。
 成人男性だと 片腕でも5前幣紂▲愁譴膨垢気發△蠅泙垢
 運動の速度、移動の速度も加わり、クラブも持ってますから
 ヘッドが遅れてくるのと同じく、
 からだの回転に対し、腕も遅れる、遅れ易いモノで
 おそらく ですけれど、
 『からだの回転✊』『からだの回転✊』って言われたら
 その動きで腕を引っ張ろうとしちゃいますよね❓」
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4

質問「はい。」

店長「ですので、
 コレはヒトツの考え方 なんですけれど

 からだの回転 で 腕を引っ張るの ではなく
 肘から上の上腕を『先に』移動させて、
 それに合わせて、それに同調して
 からだの向きを変える にしてみるのはどうでしょう❓

 からだの回転のタイミングや速度、
 その方向などのガイドとして 気持ち、先に
 左ひじでも良いですし、
 左上腕でも良いんですが
 先に動かして、からだはそれに付いていく。
 上腕の動きでからだの回転を造る ような感じです。」


質問「あああ🤩🤩」


店長「切り返しから 腕が、左腕が下がってくれる、
 左グリップが下がってくれるのなら どっちでも良いんですけど
 それを苦手としているのなら
 萇・莨縅咾動く👉移動する
 それに合わせて からだの向きも変わる

 であれば 左腕が遅れるコトは無くなりますよね。
…先に動く、ガイドするんだから 当り前って言えば当たり前なんですけど…。

 一気に左を向く とすると
 どういう方向に、どんな風に左ひじ、左上腕が移動すれば
 結果として からだの向きと同調するのか、

 からだの回転で 腕と言う重さを引っ張らない
 そう言う風に考えて やってみるのも一つの手だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


外国暮らし2年目に入りました。


ゴルフ自体は良かったり悪かったりを繰り返していますが、

ここ数か月思ったように打てないと感じることが多く悩んでおりました。


以前もアドバイスいただいた「トップから直ぐに左を向く」は、

意識の中で実践したりしなかったりだったのですが、

最近のブログでの詳細の解説を読むにつれ、

私自身が正しく理解できていなかったのではないかと

気づいたところがありました。


自分で撮った以前の動画と、

今回のサンプル動画を見ると、

自分の動きは明らかに身体がボールと正対したときに止まっており

そこで腕の動きで調整に入っている

調整に失敗すると(ダフリ等)

グリップを前に出そうと更に調整を重ね、

それが悪いループを引き起こしている。

ブログでの解説通り、

一気に左を向くとアウトサイドイン→左に引っ掛けのイメージ強すぎ

実際には止まって調整というのが実態だったかと思いました。

 

ということで、イメージ切り替え打ってみました。

動画はやり始めて2日目くらい。

しっかり右向き、

ヘッドをずっとボールに向けてテイクアウェイ、

トップからは一気に左へ絶対に止まらないを意識しています。

レフト前に行っても良いから

ともかく止まらず左へ向くと思ってますが、

実際にはちゃんと前に飛んでます。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m39s〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4




もし解説、アドバイスいただけると幸いです。


  〇店主 明日以降の記事で行いますね😃
 

PSずりずりアプローチ練習

ものすごくためになりました。アプローチ精度一気に上がりました。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転で ダイレクトにクラブを動かす
 一般的な言葉で言うと『からだの回転で打つ』ですが、
 その最も大きな障害は 引っかけ〜スライス であり、
 アウトサイドイン だと思うんですね。

 外国のゴルファーがどうなのかは 分かりませんが
 日本のゴルファーにとって
 スライス ・ アウトサイドイン って
 やってはイケナイ 呪い のようになっていますよね。
 
 からだの回転を主 にクラブを動かすと
 クラブの動かし方次第ですけれど
 回転は 横😶 水平方向の動き ですので
 クラブも横に😊 水平方向に😊
 と考えるのが ごく普通の流れ だと思うんですね。
 そうすると 外から引っ掻いてくる、アウトサイドイン
 になり易い。引っかけショットってのもありますけど…。

 そこからさかのぼって
 からだの回転の仕方が形成される可能性って
 すごく高いと思うんですね。

 腰は回すけど アウトサイドにならないよう
 クラブを持った腕の生えてる 肩は遅らせて
 インから入れられるようにする。

 このパターンって 結構、多いと思うんですね。」

質問「そう思います。」
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5
店長「からだの構造上、向きを変える、
 からだを廻すと 前傾姿勢を除くと
 水平方向の動きになるのは仕方がないけれど
 それを 同じアングル、同じ方向に
 クラブも 水平方向に振れ とは
 誰も言ってないと思うんです⁈

 言われてませんよね❓」

質問「そう言えばそうですね。」

店長「現代の人も、過去の著名なプロゴルファーも
 おそらく ベタにからだの回転と同じ面、
 同じアングルにクラブを振っている人は居ないと思うのです。

 それぞれ 微妙に個性がありますけれど
 絶対にからだの回転のアングル、傾きよりも
 よりアップライト気味な 立ったアングルでクラブを振っていて、
 からだの回転の傾きよりも フラットに
 クラブを振っている人 見たことありません。
スクリーンショット 2023-03-12 213807
 からだを水平方向に動かしても
 クラブはそれと違うアングルで動かす事も可能で
 
 水の入ったバケツ の話しでも立ち寄りましたが、
〇水を撒くにしても 近場に散らばして撒くような方法と
〇ある箇所に、そして 出来るだけ遠くに撒くような、

 厳密にでは無いですけれど 違いがあると思うんですが、
 その二つの違いって とても参考になると思います。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m9s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m92023-07-30_23-02-59 - frame at 0m





 水を撒くような場合は どちらも 前傾はありませんけど
 近場に 水を散らすような場合、
 自分のからだの回転に沿って、
 同じ角度というか、似た関係でバケツを動かし易いと思うんですね。
 
 一方、ある箇所に遠くに届かせる場合は
 自分のからだの回転で出来る円に対し、
 若干、アップライト気味、縦気味にバケツを動かすと思います。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m152023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s





 水を撒きたい方向 って言うのがありますから
 その方向に近い直線に近いライン上、バケツを動かす。

 二つの バケツの移動のさせ方は
 からだの向きに対して 角度、軌道が異なります。
 からだの回転通りにバケツを振るのか、
 からだの回転を利用して より直線的にするため
 バケツの移動の円弧を縦気味にするのか、
 に分れると思うんですね。

 ゴルフで 『からだの回転、からだの回転』って言われると
 からだの回転通りに腕を、クラブを振りたく成りガチ ですが、
 その腕やクラブは からだの回転は利用しますけれど
 移動させる方向や角度、軌道は 飛ばしたい方向に沿って
 真っ直ぐめに動かす。

 コレをゴルフ用語、スイング用語の
 『横振り、縦振り』というのかは正直、分かりません。

 からだを一気に左に向ける、
👉アウトサイドインになってしまう
👉引っかけになってしまう

 の解決方法は
 先ずは右向きの量を増やす がありますけど
 ココにもヒントが有ると思いますよ。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ここまで 飛距離アップのカギは
 〇からだの回転でクラブを動かせるようになる
 〇トップから『一気に』左を向く(右打ち)

 それで ヘッドスピードを上げる、
 からだの回転がイコールヘッドスピード
 それを常態化、習慣化する と言う話し なんですが、
202011201
かなりの割合の人が
ここで ぐるぐる迷路に入り込み ます。」

質問「ぐぐぐぐぐぐ。」

店長「ソレをトライすると
 とりあえず ドライバーでは無く、アイアンであっても
 どどどスライス、右に出て、右に曲がる、
 人によっては高いだけの球、
 ロフトの開きが大きい人であれば 上がらず遅い球、
 まったく 飛距離につながって来ません。 
at 0m8s
 結果論、物理的状況で言えば
 フェースが開いている、
 ロフトが開いている、から
 です。

 チャート式にすると
.侫А璽垢開いている
□優侫А璽垢鯤弔犬
➂⇒それには 手の返し が必要
あ夕蠅諒屬靴蓮,らだの止まり、 もしくは
  からだの回転からの腕、クラブの分離 が必要
ア夕蠅膿兇襯好ぅ鵐阿定着する
➅⇒ある年齢に来ると 手で満足な加速が出来なくなる


 
この多くの➅が
 硬くてしならないシャフトを使っていた、
 ソレでスイングを覚えた から  ソコに行き着いてしまう。。。😵
 そして、手でヘッドを返す には
 返し易いクラブ 〜ヘッドが軽い 〜しなりが少ない というのがあります。
 ➅の状態になった時、ヘッドが軽い、シャフトが硬い、
 要するに クラブの機能の希薄なモノの使い方、
 もうちょっとはっきり言うと クラブでは無く
 自分の好きなように手で動かす のがその人の打撃なので
 それを邪魔される重さや柔らかさは苦手、
 当然、クラブに頼れない、助けて貰えない訳です。

 ソコの話しは大切ですが、また別な機会にしましょう。」

質問「お願いします。」

店長「スライス って 多くのゴルファーにとって
 かなりの『トラウマ』だと思うんですね。

 ソコを克服できるか、どうか が
 脱初心者の最大の証しと思っている人も多いと思います。

 で そのチャートの´◆,麓造蝋腓辰討襪鵑任后」

質問「え?」

店長「スライスする。
.侫А璽后▲蹈侫箸開いている
▲悒奪匹亙弔犬茲Δ箸垢襦J弔犬襦

 これは 合ってるんです。」
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5ss
質問「え?」

店長「ヘッドを閉じるの を
 左を向くコトですれば良い
 だけです。

 まあ 正確に言えば フェースの向きを閉じるんでなく、
 ヘッドを返すんでなく
 クラブそのもの向きを閉じる、と言うかターンさせる
 んですけどね。
 始めの発想が フェースを閉じるのか
 クラブそのものを閉じるのか の違いです。」

質問「!!!!!!!!」

店長「だから ハンドターンなのか
 ボディターン なのか
 ヘッドを返すのか、クラブそのものを返すのか、
 ヘッドを、クラブを手でターンさせるのか
 からだでさせるのか、って言ってるじゃないですか🤩

 からだを左むけることが クラブ(ヘッド)ターン です

 からだが左を向くコトと 結びついていないのが
 ハンドターン 〜フェースターン です。

 左を一気に向く ⇒ スライス は
 からだが左を向く と クラブが結びついていない だけ。


 どの道、ヘッドを返すなら
 左を向く と クラブターンを同じモノにすれば 良いだけ です。
 透明人間が行う ターン は
 その円弧の大きさや質は異なれど
 ターンする事に違いはありません。

 大好きなクラブターン、左に振るのを
 からだの向きに預ければ良いだけ です。


 ソコをカラダのターンから切り離して
 ハンドターン、手の返しで フェースなり、ヘッドなり、
 クラブターンする、それでスライスを防いでしまうと
 それをする為の準備として
〇より開く、より開いて進入してくる癖、
〇からだの向き と 腕やクラブを切り離してしまう癖、
〇からだの向き (腰から下)と
 自分では肩だと思っている 腕周り、クラブ廻りの動きを
 別なタイミングで行う癖、

 が常態化してしまいます。

 からだの向き通り、
 左を向くコトが クラブターン。

 それで 思いっきり 引っかければ良い んです。
 それで からだの向きとクラブターンがつながる。
 『フェースターン』しなくても 左さえ向けば
 スライスしないコトが体感できる。

 その後に、その次のステップとして 方向の修正。
 だって 始めた当初は 飛距離アップが優先目標。
 そして その伏線として
 からだの向きとヘッドの移動のつながり。
 それが 優先課題だったのですから
 ソレが『出来たら』『馴染んで来たら』
 次のステップ 打ち出しの方向
です。

 引っかけないような 進入軌道の修正、
 アドレスの狙い通りへの出球への軌道修正、
 ロフトが開かず(コレ大事)⇔インから入ってくる軌道修正
 からだの回転で 腕やクラブの移動を横移動では無く、
 高さ変化の移動に修正、すれば良いのです。

 からだの左向きとクラブのターンが結びついていない
 から スライスする。
スクリーンショット 2023-04-23 202551
 今までのハンドターンをするための 開いて入れる習慣が
 残っているから スライスする のであって
 ソコで その結びつき
 からだの回転とクラブの移動の結びつきのトライ を辞めたら
 今まで通り に戻るだけ です。

 そのアウトサイドインが
 本当の『正しい意味』のアウトサイドイン で
 今までの 軌道 は
 手先で造っているだけの
 軌道 なのに からだの回転とは関係のない
 小手先の まがい物の『軌道』だった
 というコトです。

 この段階を踏まず、何もかにもいっぺんに、
 が 始める時の優先目的を失ってしまう 最大の原因、
 スイング改造が投げ出されてしまう 最大の原因 です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフに限らないんでしょうけれど
日本の人は言葉というか、標語というのに弱いというか、好き。。。というか

『タメをつくれ』 …なんてのは典型的だと思います。

Jack Ni_Moment(2)

ゴルフクラブは 長い棒状になっており、
その先端に全体の6割以上の重さが偏重して装着された構造です。
重さとは そこに留まりたがるエネルギーですから
打ち手が動作をしてグリップを動かしても
その重さの分、ヘッドは留(とど)まります。  ごくごく普通の物理現象です。
  ヘッドは遅れっ放しで普通なんです(^^)/

 帰りたくないワンちゃんをひもで引っぱれば
 当然 ワンちゃんは遅れて引き摺られて付いてきます。
 自分で動こうとしていないワンちゃんに追い抜かれることはありません。
 地球上ではありえません


タメは グリップとヘッドとのギャップで
自分とグリップのギャップではありません。


からだの動作、この場合は回転、
右を向いていた体が正面を介して 左を向く と言う動作に対し
グリップ・・・腕を遅らせてしまったら これは単なる 振り遅れ です。
からだの向きで行えることを逸してしまうので
後から それを腕で補わねばならず 「手打ち」せざるを得ません。
何を「溜めるか」間違うと 自動的に手打ちになってしまうのです。

ダウンスイングにおいて
からだの回転に対し 腕、グリップ
 特に左腕、左グリップが同期、同調、追随するのは ゴルフスイングの骨
 です。
ココを失っては 後の動作はすべて クラブの機能を無視した独善の動きで
個々の個性で解決して貰うしかありません。
ヘッドの機能やシャフトの機能はあればあるだけ 邪魔です。

テークバックも、トップの場所も 殆どのことが
 ダウンスイングにからだの回転に左腕、左グリップが遅れない、同期させるため
と言えるほど重要なポイントで
そこを意図的に遅らせるのであれば そこから先は理論になりません。

タメをつくる・・・ のニュアンスとは微妙に異なりますが、
そのため、ヘッドとグリップのギャップが
ヘッドが自身の重さによって重量方向に落ちていくことで
 グリップを遅れさせないように手伝うのです。
補助の加速装置のようなモノです。
グリップを遅れさせてはいけません。


(グリップの遅れ・腕の遅れ)を普通と感じている人は
グリップの方が からだの動作よりも、回転よりも、
 うんと先に動かし始める位で無いとダメでしょう。

anika_Slomo_Momentanika_Slomo_Moment(3)















からだが正面を向くまでの時間は
 ほんの僅か しかありません。

テークバックで アドレスの位置から左腕は移動しているのですから
そのほんの僅かの時間に 似た位置、近い位置まで戻らなければいけない
と 理解してください。

そのためには 今までの感覚的ズレもあるので
先に左グリップが下がり〜〜〜✋重さも加わっていますからそれも利用して
それによって 左サイドが左に逃げ
それによって 体重移動が起こり、回転が誘発される
と言う順序を ゆっくりしたアプローチや素振りで練習してみましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「遠心力と仲良くするには
 それをスタートさせる トップの位置がポイントかもしれません。」

質問「形、型ですか?」

店長「あまり杓子定規に考えるのは良くありませんが、
 クラブの形も、人間のアバウトな構造も、重力の掛かる方向も
 全員に共通する訳ですから 最終的には
 似てきてしまうのは致し方ないでしょうね。
 
✅型の為に 型を造っても意味がありません。
 
 楽して飛ばす為、素早く向きを変える、
 遠心力を味方につけて利用する、 
 そのための準備を考えると
 受け入れやすいのではないでしょうかね。」

質問「なるほど。」

店長「トップ、切り返しから 立体的に ですが、
 クラブというか、主に重量の集中するヘッド部を
 引きずって動かしたい

〇空中(立体)ズリズリ - frame at 0m35s
 そうした方が 素早く左を向けます(右打ち)から。

 ただ ヘッドの重さをその場に残し、引きずるのでも
 グリップはからだの向き通り動かしたい。
 ヘッドを少し 横では無く、縦に遅らせたい、
 と言えば良いのでしょうか。

 でないと 腕、この場合は左腕(右打ち)が遅れてしまい、
 左を向いても まだ打っていない は困ります。

 左腕は、左グリップは下がってくれれば、
 位置が低くなってくれれば
 ヘッドを縦に遅らせられる、置き去りに出来るので
 からだの向きとは 同期します。遅れにくい。

〇空中(立体)ズリズリ - frame at 0m24s
 ですので ソコは クラブの重さ を利用したい。
 クラブの重さが掛かれば 左グリップは下がり易くなります。
 勿論、自分の意志で 左グリップを移動させる も
 ありですし、どこかの時点では そういう感覚を掴んでおく
 のは大切だと思います。

20221025クラブの重さが 左腕を下げる方向に、
グリップエンドが アドレス時の左腋の下、軒下を通るような
そんな方向に重さがかかるような トップ。
カタチ、型ではなく 重さ配分、と言う意味での
トップの位置関係が望ましいでしょう。
〇肩を廻せ
 右腕が、おそらくこの場合は 右肘が と言った方が良いですが
 右ひじに多くの重さがかかるような トップの姿勢では
 その言葉の通り、左グリップは動かず、右ひじが下がってしまい
 グリップ位置が前進し難くなります。

 両腕、両肘の間に重さがかかり、
 全部は無いですけど、左グリップが下がるような
 低くなることが促されるような そんな位置関係が良いですね。

 手遅れにならない 右打ちの場合の左腕、左グリップの前進は
 横移動で無く、下がりというか、落ち、
 自分でもやらない訳じゃないでしょうが、
 クラブの重さで『下げられてしまうコト』です。

 クラブの重さに手伝って貰った方が楽です😃

 この左グリップの下がり 👉前進 が無いと
 左を向いても ボールは『まだ』打っていませんので
 手で振らなくてはいけなくなる というのがオチですね。
スクリーンショット 2023-04-23 202551
 そう言う意味でも グリップ部、腕にではなく、
 早い段階で ヘッドに遠心力を掛けてしまう は
 左グリップの前進(下がり)を阻害します から
 結果として 速く・強く振る、遠くに飛ばすコトに
 遠心力が上手く使えなくなります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ