◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: 脚さばき



具体的には
体を捩じり 左腕を長く使い方
は 体ではなく、荼関節 でもなく
左の肩甲骨を使っているに過ぎません。

2013-04-06 12-19-18.455_Moment







アドレス時の体 胸と左腕の関係 は
上から見ると 筆記体の『L』の字のような関係です。

左腕が左肩から生えていて
グリップは左右、両手で握っていますから その形になります。

IMG_0058Trim (2)_Moment(2)IMG_0058Trim (2)_Moment(3)








テークアウェイで その左腕が 胸とくっ付くような
その角度が狭まっていく 『エセ右向き』を採用すると
この際、大きく稼働しているのは 茲慮甲骨だけなので
即時 背中の筋肉がはり 体の限界がすぐに来ます。
実際には右を向いてないのに
 体を回した『お約束の自己満足だけ』が早期にきてしまいます。
 一番悪いパターンです。
 右向きで 張るのは右のお尻や太もも廻りです

右向き 準備としてのテークバックの その体の張りが
 一つの目安なると思いますが どこが張るのかチェックしてみましょう。


両腕をクランチするコト 上腕を上げる

これは 肩甲骨ではなく、肩の関節を動かすコト ですが、
テークバックからトップまで
 これ以外に 背中、上半身、胴体は何も使いません。

まず 肩甲骨を動かすコトで スイングする人に聞きたい922a6798
肩甲骨は体なんですか と     これが人間の骨格→
肩甲骨は スイングで言うところのからだ/胴体の一部
 なのでしょうか?
 それとも 腕の一部 でしょうか?
医学的にどういうのか はわかりませんが、
こと スイング動作においては 肩甲骨は体とは遊離した存在で
腕を動かすためのモノです。

IMG_0058Trim (2)_Moment(3)そこを積極的に動かすコトは 手で振るスイングを作る「だけ」
なのではないのですか と ?

👈これは 手だけで動かしている「ように」見えませんか❓

👈体が回っているように見えますか❓
 クラブが移動するのに 体が関与しているように見えますか❓


スイングの大事なことは
 トップの位置 と呼ばれているところに クラブが行く真似 をすることでも
突っ込んで言えば 体が回ること でもなく
 どう考えたら より効率よく飛ばし、方向や距離も安定し
 より確実に繰り返せるか
 というコトで
自分のゴルフ なのですから
 他人の目を満足させる必要は 1mmもありません。

スイングにとって 前傾姿勢がとても重要で
胴体、股関節を境に骨盤から上を捻らず一体に向きを変えることで
その前傾姿勢を維持しやすくし、 よって スイング軌道に傾きが保てます。
アドレスに 前傾姿勢を作るマネをして
その前傾姿勢とは関係なく 腕で軌道を斜めにするのに何の意味があるのです❓

ましてや その前傾姿勢は
本来 それそのものに意味があるのではなく
そのクラブの長さに応じて発生するもので
それによって そのクラブの長さ、そしてそのクラブのロフトに応じた
入射角度を作り出すモノです。


股関節を境に 骨盤から上の胴体を捻らず向きを変えるコトで
クラブを動かさず、それを持った自分が動く、 それによって
両腕の長さに束縛を受けず ヘッド姿勢が安定しやすくなります。

ヘッドの入射姿勢がからだの回転によってもたらせる。

ヘッド軌道を手で作るのに比べれば
 遥かに 姿勢も軌道も安定する のです。
 段違いの差、けた違いの差 です


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

133
からだ、胴体、骨盤の向きを変えるコト
略称して 体を回す と書きますが、
この行為の意味、役割、主目的、真意と言う意味を
間違えているコトが 体の回し方 に大きく影響を及ぼします


おそらく…ですが、
多くの方(ほとんど…かな)は 体を回すコト が
ボールを飛ばす(遠くに飛ばす)ことの 主エンジン、原動力
と 信じてやまない のだと思いますが、
正しく体を回せない、特に右向きが出来ないゴルファーがあまりに多いので
あえて言いますが それは間違い です。
73d28d33
 その概念が正しく回すことを妨げています。

体をゴムや雑巾のように ぐぐぐ〜 っと ねじって
その戻る反動のスピードがボールを弾き飛ばす〜〜 みたいな
そんな風に思っているのでしょう。


あえて言いますが 大間違い です。

体をねじって 捻り戻そうが
股関節を境目に 胴体を捩じらず向きを変えようが
その作り出せる ヘッドスピードには 差がまったくありません。
あるのは 体をねじる は、本来してはいけない危ない動きなので
体に感じる実感の差=危険度、実際には関節のきしみ・痛みのみ
やった実感の伴う自己満足度のみ です。

ゴルフで 飛ぶのは嬉しい ですが、
狙った距離と狙った方向 を使って、スコアの無駄を省く
そういうゲームですので、
狙った距離よりも飛び過ぎも、飛ばな過ぎも困るのです。

飛ぶのは嬉しいですが、飛んでも狙った方向が狂い
どの方向に飛ぶのか大きく曖昧なのであれば
その飛ぶ能力はマイナスにしか働きません。

飛ばすことは男のロマン、夢であることは否定しませんし、出来ませんが
それによって
〇体を傷める
〇腰が痛くなる
〇首が痛くなる
〇距離も方向も安定しない

そして、その原因になる 正しい『右向き』 体の回し方 を
覚えられないのであれば そこは改善の余地あり
 です。

気持ちまでも否定できませんが
飛ぶショットや飛んだ記憶は
ビュンと速く振ったから飛んだ のではなく
正しく、偶然であっても 正しく"喰った"から。

そして それを出来るだけ頻度良くするには 正しい右向き、
正しい体の回す方 が 不可欠 です。


ゴルフは好きなように、好きなスイング、好きなクラブ で
する楽しみもあるので、否定は出来ませんが、
距離を求めて、体を壊してしまう のであれば 悔い改めましょう。


体を回すコト
の一番の目的は
安定した方向と弾道を作ること
つまり 安定度を高めるコト です。


おそらく意外でしょう。

体を傷めず、クラブの機能も有効に使い、ボールを飛ばし
かつ その頻度を高め
方向や距離も安定させるには
正しいからだの回転が必要です。
修正後_Moment修正前_Moment








それは からだの回転が
骨盤の向きの変更が 安定した ヘッドの軌道
ヘッドの入ってくる弧を作り出している から です。

円弧 に関しては
インサイドアウトとか、アウトサイドイン とか
そっちの円弧 よりも 上下、高さ、どのような角度
上下の方向から入ってくるか の方がいろんな意味で重要です。

正しく体を回せれば
骨盤から上、股関節を境目に胴体の向きを変えられる方が
その軌道、進入角度 を一元化出来ます。
ダフリやトップの確率も格段に下げられます。


IMG_0226_Moment(2)IMG_0058Trim (2)_Moment(4)








体を捩じって 結果として ローテーションで
インパクトを迎えてしまうと
そのローテーションの仕方による ヘッドの進入角度 と
そのローテーションの影響による 体の姿勢
 の
二重に 進入角度を左右するものが生まれます。

これでは 疲労が蓄積しやすく、天候や傾斜の変わる現場では
弾道や距離が安定しません。
特に傾斜のショットが上手くいきません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフスイングには体重移動が付いてきます。

それは体の自然な流れで
右を向いた時には、右足に
左を向いた時には、左足に

体重がのります。
2013-04-06 12-19-18.455_Moment

逆は非常に不自然で
腰や背骨に負担がありすぎるでしょう。

スイングの体の向きの変更は
背骨を捩じらず おおよそ背骨軸で
骨盤ごと 胴体を回します。
2013-04-30 10-21-17.464_Moment

胴体の重い部分は 前側(背中側ではなくお腹側)にあるので
向きを変えると自然な形で 左右の股関節に重さがかかる訳です。

ですので 体重移動、またの名をシフトは
体の向きの変更と一体、パックになった動きで
別々に行うのは不自然というか、体に悪いでしょう、私たちの年齢では。

MVI_0874Trim_Moment一般的な オンプレーンスイングは
右もそうですけれど、左を向く のではなく
体を右に傾ける 横に倒れるような姿勢ですから
腰に不安のある方は避けるべきでしょう。

正しいからだの回転 は
正しい体重移動・シフトを同意語に近い
リンクした関係です。

体重移動が上手くいかないのは
「体重移動」が上手くできてないのではなく
からだの回転が不自然な動きだからです。

体は各部分を守るため、 あそび というか
歪んだり、ひねったりできる余裕があります。
しかし それは 非常時の保険 ですので
行う前からそれを使うのは危険です。



……では 何がダメなのか というと
クラブ 腕を含めたクラブのある位置
足に対して どちらにあるか

というのが体重移動です。

右向き⇒右の足の重さのかかっている時は
クラブや腕の主な重さは 右側にあります。
ダウンスイングからインパクト前後のかけては
左サイドが低い のもありますが、
左側、左足の方に クラブや腕の重さがかかるように
動いていないと 同期・シンクロして
左への体重移動が出来ません。
グリップエンドの位置 と 左右の足の関係 ですね。

逆に言えば クラブ・・・グリップのある位置 が
体重のある場所 と考えてよいと思います。
IMG_0872

クラブが左足の方に移動すれば
右に体重を残しておくことは出来ません。
ボールも打ちにくいですし、結構 怖い動作です。

クラブという スイングの中で
一番先端にある 一番軽いモノを
先に 先に 左足に送ってあげれば
回転も、シフトも 自然に付いてくる と考えてよいと思います


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5

おやじギャグ…じゃないですが
意識で、別名 意地で
スイングちゅうの前傾姿勢を維持・・するのは殆ど無理でしょう。

自分の体に 腕とクラブの重さをどう掛けるか

が からだの回転であり、前傾姿勢の維持 でもあるのです。

IMG_0294_Moment(5)


前傾姿勢を取ることによって
自分の体に スイング用語の懐 が作れます。

その空間を使うと
腕を伸ばしても 重さを増やさない
言ってみれば 腕の収納スペース みたいなものです。

アドレス時 腕はおおむね 肩からだらんと下がったような位置にあります。
前傾姿勢の収納スペースに入っているような状態です。
腕が伸びた状態で この肩からダランと下がった位置 よりも自分側
を通過していれば その重さによって 前傾姿勢は維持されます。

意図はしていなくとも 腕やクラブには遠心力
外に膨らもうとする力が加わりますから
「その」位置よりも 自分に近い所を通過させる意識は必要でしょう。

右を向いている時
低くなった左サイドにグリップが移動してくると
左サイドが低い時間が維持しやすく
体そのものの重さは左にシフトしようとします。
それが回転〜右向きの解除でもあります。

ですので からだの回転は大切であっても
からだの回転で!! クラブを引っ張る、クラブを動かす と言うよりも
クラブや腕の重さをかけたら いつの間にか回転していた
というのが最終的には正解です。
からだの回転で 重さを引っ張った時点で 回転も前傾も
理想的な形には決してなりません。
重さ通りに自然に移動していくから
 回転も前傾も維持された状態が
ボールを打ち終わるまで残るに過ぎません。

ビデオ_Moment


回転に対しても、前傾姿勢に対してもそうですが、
やはり ゴルフクラブは
グリップを移動させるから その分 ヘッドが移動する、
ヘッドの重さ分、移動や運動で増えるヘッドの重さ分、ヘッドは留まろうとする
その大原則を破った時点で 回転も前傾も崩れます。

足 というのは
非常に敏感で、非常に強い補正能力
瞬時のずれを修正する能力を持っています。
クラブの重さに反発する足を育てると
コースでの傾斜のショットなどが上手くいきません。
インパクト直前に急激な動作が必要になるから
補正の余裕が生まれません。
クラブの重さ通りに動く足を作っておくと傾斜に強くなります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)


Q::インサイドから打つ、インサイドから振る
   
どちらを選びますか?
   どちらが良いと思いますか?



体の向きとは関係なく
 アドレス時の飛球線の自分側、内側からヘッドを入れる
 総じて 体は大きく開いてのインパクトになります。


体の向き 右向き→通過点としての正面(ボールと正対)
 その時期にインパクトを迎える



dohiraki
,鯀ぶと クラブは寝かすことになり
 インパクト前段階では ボールに対してソールが向く形になりますから
 直前に フェースをボールに向ける ヘッドの返しが必須 になります。
 
 ヘッドの返しは グリップ部の移動が多いと不可能ですから
 インパクトでグリップは止める感じが必要で
 スピードを上げたいのか、スピードを上げたくないのか微妙な行為です。

 また ボールを打つ瞬間は 腕先とクラブしか動いていませんので
 ボールの重さに強くないインパクト になりますから
 ラフやバンカーなど ボール以上の負荷がかかる状態には強くありません。

 ヘッドの返し、ヘッドを振る行為は クラブの先、延長線上に遠心力がかかるため
 クラブが膨らもうとしますから
 今 流行りの「地面反力」というインチキワードで
 空間を作らなくてはイケマセン。
 より 体を開き、より左サイドを上げる必要が生まれる というコトです。

 果たして この方法が 上から打つ、ボールをつぶす につながるのか
 大きな疑念が残ります。


△両豺隋意識としては クラブなり、腕(特に左腕)を
 先行してスタートさせる必要がありますが
 重さがかかるにつれ 体の向きが変わっていく
 それそのものでボールを打つことになるので
 ややシャット目に グリップを抜く と言う以外
 ヘッドの操作は一切不要。。。 
 ヘッドは置き去り、忘れてしまってよいと思います。
 結果、からだの回転が打つコトソノモノになります。

 どの位のタイミングで、どの位の量・時間 左上腕を先行させるのか
 どの位の量 シャット、下向きのフェースが必要なのかは
 その方の好み、特性によって 数をこなしながらの見極めは必要です。
MVI_0670Trim(2)_Moment
 インチキワード「地面反力」と真反対の
 重さによっての 受け身、意識的な動作ではありますが、
 左サイドは沈みながらのインパクトになります。

蹴るチカラ ではなく、掴む力が大切になります。





このどちらを インサイドから と言うのか
によって 覚えるゴルフは大きく大きく異なります。 


・・・出来れば スイングを教える立場の人が
 この部分の正しい見極めをしてほしいかな…と。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5

からだの正面でボールをとらえる コトは
そのクラブの長さなりの
上下・左右 の入射角 になり
インパクト時のロフト、フェースの向きなどの安定性
疲労や打つ状況による影響をかなり抑えられるコトにあります。

また、体の正面で打つ、ボールと正対して打つ、
というコトは 両腕の長さが釣り合う場所
もしくは 時期に ボールをとらえられる
というコトでもあるので
からだの回転が 左右それぞれの長さを制限・制約
するようなことがあってはなりません。

1212-1
例えば この体のねじりとクラブの場所では
この左右の腕の長さ にせざるを得ず
恰好 と追いかけてしまうと
ヘッドの姿勢 ロフト角度やフェースの向きは
超絶 でたらめな状態になってしまいます。

少なくとも インパクト時に 右腕が長くなっている、
もしくは元の長さ
それに伴う 右サイドの高さがないと
オリジナルロフトなりにボールを飛ばすことが出来なくなりますが、
このスイング法では 断定してもいいかもですが、右サイドが低くなり
右腕が元の長さに戻せるインパクトが作れません。
それでは 望みの距離を打つのに筋肉スイングが必要、
  何割増しのヘッドスピードを要求されます。




スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)




腕の長さをフリーしておけるからだの回転では
背骨が軸になるのですが、
意識としては 背骨の外にある柱に沿って背中を移動させる、
柱をに背骨をくっつけ、その柱の外面に沿って動かす感じがいいと思います。

そうなると その回転運動、軸運動をするのには
 頭は かなり大きく動かしていないと出来ません。

✋その軸は傾いているのですから

背中の外にある柱のあっち側とこっち側に
頭が動くことによって 実際には軸運動が出来るのです。

頭という 局所的にかなり重たいものが
写真のように 右→茵,貌阿ことが
結果、体重移動、軸足を移動を決めていく とも言えます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2


ゴルフのスイングにおいて 体の構造上
回転軸となる背骨に対し
主な体の重みは前側にあります。

✋体が右を向けば体重は右に
✋からだが左を向けば体重は左に
自然な形でかかるようになります


その際、重さのかかる方の足が
スイングにとっての軸足になります。


体重移動 とは
それそのものが 単独のテクニック ではなく
からだの回転と一体になったモノ 
です。
MVI_0873 (2)(2)_MomentMVI_0873 (2)(2)_Moment(6)








ですので
体重移動が上手く行ってない というのは
からだの向き・・・
その体が 股関節から上の胴体 でなく
肩だけを捻₍ひね₎っているケースと思われます。


右を向いているのに体重は
左を向いているのに体重は
というのは大変不自然で からだにも無理がかかります。
スタンスの両足 に対して左右(飛球線に平行な)だけでなく
前後(ボール〜背後)にも重さが動くようになるので
実は 肩だけを回すスイングは コースでの傾斜地に弱くなります。

MVI_0868Trim(3)(2)_Moment


足による 体重移動のサポート は
多くするほど 長いインパクトエリアを確保できますが、
脚力や股関節の可動域など……耐える力が必要になりますから
 自分の能力にもよります。  ✊無理しない範囲で。


体重移動が上手く行ってないスイングは
向きを変える〜回す モノ が間違っている可能性が高いでしょう。

胴体を一体に動かし 向きを変えるスイングでは
腕の長さに自由がありますが、
胴体を回さず 肩だけをねじるスイングはIMG_0872
腕の長さ、左右の腕の長さに制約がかかり
からだを回すコトに対する手抜きは
 ダウン〜インパクト時のローテーションと言う曲芸で
補わなくてはならなくなります。
腰などへの負担も大きく、ローテーションにより
肘や手首への負担も多いのに 練習が不可欠 というコトなのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


当たり前…かも知れませんが、
テークバックは ダウンスイング、そしてインパクトの為の前準備です。

ダウンスイングで 上から打てるため
インサイドから打てるため
クラブヘッドの重さがより使えるため
その準備をしておく方が楽に打てるようになります




▲董璽バックにはビジネスゾーンとデッドゾーンがあります。
MVI_0878(2)_Moment

まあ 左腕でクラブを上げるな と似た話になりますが
アドレス時に両腕とクラブで作る ワイングラス のような関係
この関係は 体・胴体・骨盤の回転で移動していれば
このワイングラスそのものが上がったり、高くなったり しますが
よじれることはありません。
からだが右を向いていくと この ワイングラスも向きを変えていきます。

ワイングラス・・・この写真上ですと 向かって左
 (右打ちのこの本人ですと右側ですね)
D-Zone と書かれた領域に クラブを入れてはいけません。

デッドゾーンにクラブを入れてしまうと
上げても上げても クラブが上がっていかず
動作は多いのに クラブが動くだけで 上がりません。

とどのつまり、 最後にヒョイッと上げることになったりします。

たくさん動かした時点で
もう 体の回転の時間進行から外れることになります。

D-Zone ではなく  自分でスイングする際
ワイングラスの左側にクラブを残しておいた方が
上げるつもりがなくても早めにクラブは起きます(立ち上がります)

視覚映像として クラブは右に送り込むイメージがあると思いますが、
それは体が向きを変えるからです。
この時点で 振り遅れを作っては 後から取り戻すのは不可能。
出来るだけクラブを早めに立ち上げ
かつ、出来るだけ少ない動作で行わないと
体の回転に対し遅れます。

今のスイングの主流は D-Zoneにクラブを入れ
それを無理やり出してくる方法で
人間が主 のゴルフスイングなのに
スイングプレーンが主になって 打ち手が犠牲になっています。
こんな姿勢で打つのは勘弁してほしいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


体を支え その軸となる背骨
人間の内臓など 重みの部分は
それよりも前にある訳です。
  太めの私はかなり前に重さありますね・・・

osteologia


そして 上半身という重さの中心を支える脚
それの付け根は 背骨よりも各各左右に離れている
その構造が 体を回す動作の基準になります。

軸とか、支柱とか と考えると「全く微動だにしない」 
そう言ったイメージを持ちやすいけれど
実際のスイングでは その軸になる背骨も動いているから
軸は自分の体の中にある というよりも
背中の外にある柱、傾いた柱 と考えた方が
スイングはしやすい と思います。

からだをまわす というのを骨盤で!
骨盤から上の胴体を回す というのは
この骨の構造を見ると分かりやすいと思いますが、
脚は背骨の延長線上 とはずれた位置にあります。
股関節から上の胴体を回す に対し
土台になる 大たい骨から下があるのですね。

そして 見ての通り
股関節から上に 体を回す 機能は存在しません。
多くの人が行っている 体をまわす行為に似たモノ
は 体をねじっている・・・と言うよりも よじっている ので
横の動きではなく ねじれなので
水平に体が回るというよりも
どちらかの側帯が縮む という 縦の動きが多く混じります。

漠然とした表現ですが、
体をよじっている回り方は
大きな体 であるはずの欧米の選手が
トップでは小さな人になっているように思えます。
骨盤を回さず、腰から上を右に向けるのには
からだを縮めるように動かさないといけないでしょう。
それを整えるのに 無意識ですが、意図的に前傾を解いて
からだを起こしているケースも少なくありません。

からだをまわす という大原則を正しく しない限り
 動作としてのスイングを覚えてもあまり意味は無いのです。
それによって 空間や位置が全く違うのですから。

12_2_0
人間の動き・・・には見えないです…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



おそらく
アマチュアにとって
最大のミスショットを予防する方法は…
逆に言えばミスショットの原因、誘発する要素は
『右向き不足』『回転不足』だと思います。

そして その右向き不足・回転不足は
私が見る限り かなり深刻です。
80〜90度位右に向きに変えるのを理想とすると
10〜30度足らないのではなく
殆ど 右を向いていない、回転していないに等しいほど
ばかりが目につきます。


何度・・・と限定は出来ませんが、
右向き・回転をしっかり取ることで
スイング自体の改善がなされず
なにか根本的な問題を抱えていたとしても、
今のクラブの扱いやスイング・ショット通りであっても、
それを解決するだけで
随分とミスそのものの確率は減るでしょうし
ミスが出たとしても、そのミスの幅というか
全く挽回できないようなひどいミスを軽減出来る



どういうことか というと
ゴルフの回転をする基礎姿勢〜ポスチャア(アドレス)には
『前傾姿勢』が存在します。

その前傾姿勢とは
自分の体・胴体に対し 正面・前に有る角度で
具体的には 骨盤と大腿骨 との角度差、
股関節の角度差をことを指します。


ゴルフのショットの場合
その前傾姿勢と体の回転が伴うので
右を向いている時には
左サイドの方が右サイドよりも低い
トップの位置からボールを打っていく方向の方が
低くなっている というとても大切のポイントがあります。
ボールを打っていく、動作の進行していくサイドが低い
これを別な言葉で 「上から打つ」 と言います。

また スイング用語での
「インサイドから」 と言う意味は
体がしっかり右を向いて
自分とボールとの相対関係の中で
ボールから離れる〜遠ざかる 領域に
クラブが入ったり、そこから出たり することを指します。


しかし 体の右向きが足りなかったり(不十分)
殆ど右向きが取れていないと
ボールを上から打つチャンスも端からありませんし、
スイングに「インサイド」と言う領域が存在しないので
ヘッドの重さを利用したり
クラブの機能を利用したりするチャンスが生まれません。


f2350aac自分のスイングで
右向きが十分できているかどうか
体がちゃんと回っているかどうか
を見極めるのは
この角度から動画を取って
確認すれば 一目瞭然です。
自分で確認できます。


まずは アドレス時に
おおよそで良いですが 背骨のあるであろう位置に
ペンで線を引いたり、テープやシール(画面上の黄色い線)を
張ってみて下さい。

そして 同じ画面の中で
動画を進行させて、トップの位置で止めてみて下さい。

体が回っていれば
この線(画面上の黄色い線)を中心に
線の右側に右半身、線の左側に左半身が来るはずです。
なにせ これは背骨 の有った場所に引いた線なのですから。
体が右向きになるのとはそういう事です。

52442_360240


しかし ・・・
この黄色い線を軸に 右に右半身、左に左半身が来ている人は
かなり少ない・・・ほとんどいないのではないでしょうか。
おそらく アドレス時に引いた この背骨のあった場所の線
黄色い線の上に右半身が来て
背骨がボールの方に倒れ、左半身は体の幅分
ボールの方に近づいている筈です。

体を回したのでなく
ボールの方に屈曲したに過ぎないのです。

この原因になっているのは
体を回す というのを
肩〜肩甲骨を動かすこと
左肩を入れること を理解し、実行しているからで
それは腕だけ、体ではなく 腕だけ右に送っている
という認識がないから なのです。

左腕 左肩だけを押し込もうとすると
へそより上の 胴体の上側の
左サイドは右サイドよりも高くなろうとします。
背骨も前に、ボールに方に近づくように倒れていますから
ダウンスイング〜インパクトに入っていくのには
その近づいた分以上に ボールから離れながら
打たなくてはならなくなります。

テークアウェイの時点で前傾姿勢を失っているのも
ありますが、意図的に体を起こしながら
ボールを打つことになりますので
当然 前傾姿勢 というのが無くなります。

インサイドと言う領域も存在しない。
前傾姿勢を失うので 上から打つことも出来ない。
これでは ゴルフクラブの機能はただの邪魔
何の機能もしないばかりか異物のような存在になってしまいます。


骨盤から上の胴体が
骨盤が右を向くから 右を向くのであって
肩を捻って腰を引っ張るような動きでは
その時点で 体の中の位置(高さによって)
傾きもバラバラになってしまいます。

悪い言い方をすれば
ゴルフの真似ごとを手先でしていて
ただ そのまねごとの延長線上で
ゴルフスイングしているように見せているだけです。


ゴルフスイングには前傾姿勢が有って
それは骨盤と大腿骨の角度差です。
そして 同時に胴体には 体を横に捻って
それを捻る戻るような機能も機構も
部位としての関節も筋肉も存在しません。
体を ゆがめている だけに過ぎないのです。

体の向きを変える、そしてそれには前傾姿勢が伴うのですから
体の回転とは主にお尻なども含めたフットワークに寄るものなはずです。
胴体を捻って行うものではないはずです。

自分で体だと思っている肩は
実際には腕で、肩甲骨を使って
腕で、手で、疑似的なトップの作り出しているのですから
それを ゴルフスイング と呼ぶのは滑稽です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ