◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 脚さばき



フットワークのトレーニング をするにしても
その足の生えている 股関節の位置 が
どの状態 から始まる、始めるのか
 によって 異なってきます。

➀骨盤ごと 右を向いて
両股関節が右を向いているのか
➁肩は右を向いているけれど
骨盤、両股関節は 中途半端な状態・・・。

M2019810L!_Moment➀肩と両股関節(骨盤)の向き が揃っていれば
その両方は 似たような方向に 同じ動きをすれば
良いだけで済みます。
また 胴体が捩じられていないので
 両腕の長さもつり合い易い状態ですので
手で振るという意味ではありませんが、
 腕の使い方 にも自由度が生まれます。

240➁一方、テークアウェイ、準備としてのテークアウェイにおいて
肩だけ回し、両股関節(骨盤)が中途な場合、
右向きの解き、ボールを打つため、正面を向いていく
回転の戻し は どこかだけを「速く」、どこかだけを「遅く」動かすコトは
ほぼ不可能で、全体が似たような速度で進行していきます。
故に、右向きが中途、不完全な股関節は
ボールを打つ前に 左が上がり始め、距離関係で言うと
ボールから遠ざかり始めます。(開き始めます)
ですので どこかの時点で 止める動作 が入ります。
 特にここには 「茲諒鼻廚覆鵑童斥佞ありますから
その止める動作が入り易いでしょう。

AZEJ5123_Moment

そうなれば その止まった左半身 に対し
腕を振る、クラブを振る というコトになりかねない のです。

この場合での フットワークは
止めるタイミングや位置 というコトになります。

ですので 右向きを 股関節で考えて
肩ラインと骨盤ラインのギャップを少なく取るのとは
違う フットワーク というコトになる訳です。




私たち オジサンおばさんゴルファーは
学生の部活のように 闇雲に(今はそうやらないのかも?)
私たちが学生時代の部活のように 理屈は分からなくても
とりあえず 回数を重ね からだの刷り込ませる
と言う練習が なかなか出来ません。
その練習が悪い とは言いませんが、
それよりも ちょっとだけ頭を使って
 次の展開 を考え、 本来の目的のために
 動作を構築していく 大人のやり方 をお薦めします。



左股関節の方が低い時間を確保する
は イコール 前傾姿勢の形成、維持
 になります。

最近では 横 の傾き 〜側傾
(造語ですね)
 を前傾姿勢
(の成れの果て)と呼んだりもしますが、
人間の姿勢として 痛い というか 美しくありませんし、
故障の原因になります。
前傾姿勢 とは その言葉の通り、
からだの前(からだの向き)への の傾き ですから、
そのからだの前 が からだが捩じられ
どこなのか、どの向きなのか 判別できないのでは
当然、形成、もしくは維持することは出来ません。


インパクトはからだの正面で
 は ある意味、茲鮖澆瓩詁阿になるケースが多いので
左股関節の方が低い時間を出来るだけ準備、確保! の方が
 結果として インパクトを体の正面で作り易くなります。
snap-lock_Moment(4)

左股関節の低い時間を出来るだけ確保する
それが 右向きの目的の一つ であり、
胴体に負担を掛けず(特に腰)
 上から打つ近道 とお考え下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



昨日に書いた 足、下半身のドリル は
あくまでも ドリル です。


足のなんとなく の使い方、通り道、
手順として ドリルでやるのは 良いと思いますが、
素振りまでは出来ても
実際の ショット となると
 足使いに神経を使うのは 難しいでしょう。

足はどちらか というと
ボールを当てる、ボールを打つ、強く振る
というコトの補助動作、
その動作をする上で 不自然な動きをしても
からだを痛め無いように逃げたり、
バランスを取ったりする、反射的な補正動作が主になり、
意識的な動作は難しくなります。



ですので 素振りや軽いイメージショットまで が良いと思います。
その際、気にして頂きたいのは

【テークアウェイ時】 左足が 茲慮坿慇瓩

 アドレス時の飛球線反対方向、からだの右方向に
 じわ〜と押す
 ✋そして、その時、蕕慮坿慇瓩茲蠅
 左股関節の方が下になるように押す と
 (左股関節を右股関節の下に潜り込ます)
 右の股関節は 後方(背後)に逃げ、
 結果、として 骨盤が右を向きます。

tksswing_Moment(2)

 ダウンスイング以降は
 右足 が蹴る訳では決してありませんが、
 やはり 右の股関節を
 飛球線方向… 回転することを見越して
 それよりもやや右目のシャンク方向位に
 左股関節を上から抑えるような感じで押すと
 荼坿慇瓩郎犬侶い両紊△燭蠅泙任浪,気譴泙垢、
 それ以降は 左には行けないので
 テークアウェイと同じく 後方(背後)に逃げるような
 そんな感じで 左向き になる訳です


と書きましたが、
下半身の動き、アクションは クラブや腕などを含めた
上半身の重さのかかり方によって 左右されます。

つまり、そうなるような 上半身の重さのかけ方 で
造っていく意識を持ってください。
クラブや腕を どこに動かすか、いつ動かすか
 によって 下半身にかかる重さは 変わってくると思います。




スイングの右向き、ダウンスイングには
どうしても 胴体の捻じれ、上半身の上部の重さによる遅れ
が発生しがち です。
ゼロにする事は不可能ですし、体を痛めない為
自然なねじれは許容するべき とは思いますが、
出来るだけ少なく、意図的なねじれは造らない方が良いと思います。

IMG_0013_Moment(2)


肩ラインと骨盤ラインのねじれが少なければ
ダウンスイング〜インパクトにおいて
🔴左半身の方が低い(概ね 多くのモノが下に向かって進行)
🔴左半身の方が高い(概ね 多くのモノが上に向かって進行)
この二つの時間が 肩ライン、骨盤ライン に
同じように進行していきますが、
ねじれが大きいと 左股関節が上がり始める時間が
早く訪れますから、上を向きながら、下に振る
と言う時間が必要になってしまいます。

現代のスイング論の中には
骨盤の傾きと肩の傾きを変え
肩は縦に回転する という奇妙なものまで存在するほど です。
それは スイング動作の初期 の 捻じれ があるから
その後処理として 起こるモノで
決してからだに良い動き とは言えません(痛めやすい動き)から
アマチュアが率先して やるべきモノ ではありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ハミングバードでは
骨盤、胴体ゴト、股関節を境目に
からだ、上半身をねじらずに
右を向くコト
をお薦めしています。

20191006_Moment(3)


 それは何故か というと
ポイントの一点には『股関節』があります。

プロがどうであるか、他人がどうであるか、に関係なく
練習量が豊富でなく、からだのメンテもし難い、
筋肉の鎧で骨や関節を守り難い
アマチュア、オジサンおばさんゴルファーの場合、
上半身をねじらず、
股関節を境目に 骨盤〜胴体ゴト 右を向いた方が
体も痛めにくい上に
スイング動作 の時間の中で
 ✋右股関節よりも 左股関節が低い時間を
 たくさん確保するコト が可能になります。


インパクト時の 前傾姿勢
➽具体的には 左股関節部での
 大腿骨と骨盤の傾き差 を
 維持したいと持っているゴルファーも多数います。
➽先日の記事でとりあげた
 ディッシュアングル (左腕とクラブの角度差)
 こちらも維持、意識しているゴルファーもたくさんいます。
✋運動が激しく、運動速度の速い
 ダウンスイング後半、インパクト前後で
 その双方を意識することは 非常に難解 です。
 不可能 と呼べるほどの領域です。
✊しかし、ねじりの少ない良質な右向き、
 胴体ゴト、骨盤の右向きが多くあれば
 その双方の問題は格段に解決し易くなります。





今更、になりますが
スイングの軌道と呼ばれるモノは斜めに傾いており、
ダウンスイングで 進行は 斜め下に向かい
フォローでは その進行は 斜め上に向かいます。
20191006_Moment(4)

出来るだけ それを からだの回転で というコトになると
その 斜め の源は 前傾姿勢
 股関節を境目にした、骨盤と大腿骨の角度差
 によるものです。

つまり 右向きのポイントは
胸とか肩が右を向く…たくさん右を向く
と言うよりも
いかに トップオブスイング以降、
切り返し、ダウンスイング以降
左股関節が右股関節よりも 低い時間を確保出来るか
左股関節の方が低いか というコトになります。
その為に 準備にあたる テークアウェイの時点で
右股関節の方が荼坿慇瓩茲蠅盥發ぞ態をつくり、
その状態がより長く維持されるように
 しておいた方がベターでしょう。


故に テークアウェイを
◔トップの形や、
◔テークアウェイの為に、
       するのではなく
ダウンスイング以降の その股関節の関係 
 それを考えて 形成すると良いと思います。

角度で言う何度 は 好き好き ですが
深い『骨盤の右向き』 
胴体の捻じりの少なさ 
 (肩周りの右向きと骨盤の右向き差の少なさ)

スイングの七癖を隠す ほど
 アマチュアにとっては 生涯の財産になります。


sample2018 (2)_Moment(2)

😢 捻転・・・ 捻じり と呼ばれる
肩と腰の向き差 ですが、
「からだがまわらない」 
とよく耳にしますが、
その部分は 意識的にねじり差を創るのは非常に難しいです。
ある意味 「まわらなくて当然」と言えば良いのか、
廻ってしまったら 痛めてしまう可能性や重大な故障
になる可能性すらあります。
からだの構造的に、
 率先的に 胴体を捩じるように出来ていませんし、
痛み が伴うので、拒否する気持ち、
怖い気持ちから逃れられないから です。
それに比べると 股関節 は可動域が格段に広く、
繰り返し慣れていけば 
 かなり 股関節の可動域は広げるコトが可能 
です。
私たちの年齢にとって 歩くコト や 姿勢やバランスを取るうえで
とても重要になる箇所で
可動域が広がることは ゴルフ以外にも大変役立ちます。




あまり 具体的な動作… の解説は好きではありませんが、
スイングではなく、下半身、足のドリル と言う意味で
 左足が 茲慮坿慇瓩
 アドレス時の飛球線反対方向、からだの右方向に
 じわ〜と押す
 ✋そして、その時、蕕慮坿慇瓩茲蠅
 左股関節の方が下になるように押す と
 右の股関節は 後方(背後)に逃げ、
 結果、として 骨盤が右を向きます。

 ダウンスイング以降は
 右足 が蹴る訳では決してありませんが、
 やはり 右の股関節を
 飛球線方向… 回転することを見越して
 それよりもやや右目のシャンク方向位に
 左股関節を上から抑えるような感じで押すと
 荼坿慇瓩郎犬侶い両紊△燭蠅泙任浪,気譴泙垢、
 それ以降は 左には行けないので
 テークアウェイと同じく 後方(背後)に逃げるような
 そんな感じで 左向き になる訳です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイングを良くする、改良する、
とは スイング動作 や クラブ扱い を
シンプルに、単純化していくコト、だと思います。

V字を維持してみよう 上編_Moment(2)
例を挙げると
よく言われる 『ダウン』スイング、
右打ちの人であれば 右から左への動き、
上から見た時の 反時計周りの向きの変更、になる訳ですが、
その際の進行方向(右から左)のからだの部位
が 低い方がやり易いでしょう。

スイングには前傾姿勢があるので
それを造り易い筈? です。

両腕の付け根 肩の部分も
ボールを打つまでは 蕕茲蠅皚茲諒が低い
とともに
脚の付け根 股関節の部分も
ボールは打つまでは 蕕茲蠅皚茲諒が低い

同じような高さ関係の方がシンプルだと思います。


概ね ですが
左右の肩 や 左右の股関節 は
インパクト付近を境に 茲上がり始め、
その上下の関係が逆転? 入れ替わるモノと考えた方が
問題や課題はシンプルに考えられると思います。

肩は茲上がり始めているのに
股関節は 茲下がっている では
問題も複雑化しますし、動作そのものがからだに負担を掛けます。

達人のココから盗め_Moment(5)

✋スイングの話しの中で『フットワーク』が出てきたり…しますが、
そのフットワークも その付け根
  股関節の状態 → 骨盤の状態 によって
決まってしまいますので、
そう言う意味でも しっかりと骨盤の向きは造った方が良いと思います。
置き去りくん1_Moment

テークアウェイの際、
骨盤をしっかり右に向けた方が、
左サイドの低い時間を確保し易くなります。

テークアウェイの際、
肩と骨盤に向き差、からだの捻じりがあると
…この場合は 肩が大きく向きを変え、骨盤は中途半端…では
肩が ボールと正対した時には
骨盤は 莨紊りの状況がやって来ます。

スイング動作 にとって
左右の側帯の 伸ばし〜縮み はあまり体に良くありません。
出来れば避けたいですし、無理して行えば腰痛の原因にもなりかねません。

肩と骨盤に向き差 があると
どこかの時点で 我慢を強いられることになるので
それを出来るだけ「排除」する為にも
自分の意志で「作り変える」コトが可能な
テークバックの時点で 肩と骨盤の向き差 を
出来るだけ「無くす」、もしくは極力「減らす」のは
大切だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


追加の追加


トップから動いたら、打つ時はすぐ、本当にすぐやってきます。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment

途中で、シャフトの角度が上下左右に変わる動きが入ると、すぐやってきません。


まず、この「すぐ」を怖がらず、受け入れる必要があります。
店主✋今まで行っていた 腕やクラブを置き去りにして、
 クラブを寝かせ、その後 腕さばきでフェースを返す という間、
 感覚的には「タメ」が一切存在しません。


「すぐ」を腕や体の動作の速さで作ろうとしても作れません。

重力で落ちるグリップと左半身が向きを変えていく
  =グリップと左ヒザで作る感じです。


カラダの回転の速度は、年代が近ければ、ほぼ同じです。

誰かだけが倍速いことはないと思います。

カラダの回転速度はクラブをコントロールするための速度があればよく、
むしろ途中でスピードが変わったら、
シャフトの角度が変わるはずで、
グリップへの重さの掛かり方も変わったはずです。
これを起きないようにクラブを扱います。

練習場にて 比較動画_Moment

トップからスタートする両肘を含む腕は、
ほぼ全てのパーツが同じスピードで落ちていきます。
右肘だけ速いとか、どこか一部分が速いことはありません。
スイングの進行につれて変化する角度はありますが、
左ヒジを最初に動かすことで、いろいろな部分で作られる角度は決まっています。
途中で自分の力では変えられません。


これを体感するには、両腕ロック
(腕で左右にクラブを動かさないという意味です。)
で練習すると腕の落ち方も分かるし、
動かしても良い脚、左ヒザの使い方が分かってくると思います。


また、✋左手一本で打つ練習は左ヒジを先に動かす練習として、
とても有効です。
✊左手一本は、上手く当たらなくてよいです。
トップや変な当たりでもいいです。
レンジでやると恥ずかしいですが、他の人に当てない注意はしてください。
ダフるのはいまいちですが、
上手く打てて6,7アイアンで3,40ヤード低く転がればという力感です。
動きはHBSの片手打ち動画を見てください。
テイクバック側で、ヘッドはグリップより高く上げます。
初めは、アドレスからの動き出し、トップまで右手に補助させてもいいと思います。
上手く当たるようになったら、右手を添えます。
右手が何もしなくても、何もしないのが望ましいですが、
そのときの動きを体感できれば、「すぐ」も体感していると思います。


試してみてください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


腕さばき 脚さばき
前編 👉http://hbs.livedoor.blog/archives/1998277.html
後編 👉http://hbs.livedoor.blog/archives/1998316.html


追加✋


☆ヘッドが落ちてしまう件について。


重さに負けて落ちるのがヘッドなのです。

練習場にて 比較動画_Moment

私は、今のところ落とさない方法が見つかりません。
そのつもりはありませんが、打つときには右手と左手の上下は入れ替わってます。


だから逆らいません。

動物はムリなコトに出会えば、すぐ逃げます。

人間は頑張る人もいます。
頑張らないのがモットーなので、
ここは、グリップを逃がすことで、
落ちる位置をボールのところまで持っていければ、足りてます。

勝ちです。


グリップを逃がしていくパーツは、
腕捌きと、もうひとつは、左ヒザ(左脚)だと思います。


練習場にて 比較動画_Moment(3)練習場にて 比較動画_Moment(2)






トレビノ先生はこれが素晴らしく、
クラブと腕の動きに目が行きますが、
うまく左ヒザの方向を曲げたまま変えていって、
右脚もほとんど動かしていない、とても味わいある連動で、
グリップを送っていきます。


手の限界を補っていると見てます。


記事に頻出しますが、
腕をロックして打つとこのような動きになります。


オールドタイマーですが、
ニクラウス、ワトソン、ノーマン、
そしてソレンスタムは皆この左ヒザの動きをします。

✊シャコーンと突っ張る動きはありません。

腕の動きと左ヒザの方向転換でスピードも上がります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


で、今更ながら「刷毛塗」です。

今も昔も、スイングはクラブにしか教われない
と思っていますが、
正しいからだの回転は
ただしい腕使いでないと体験できない
、とも思っています。

V字を維持してみよう 上編_MomentV字を維持してみよう_Moment





クラブ、ヘッド、シャフトを振る というコトは
グリップの移動を止める というコト です。
それには 当然、ヘッドの返し、フェースローテーションも含まれます。

クラブを持っている腕
当たり前ですが、その腕は体でもあり、腕でもある肩から生えています。
からだが回転して、移動していきますから
当然、その肩部も移動するのですが
 グリップの移動が『滞る』寄り道や遠回り をしてしまえば
体から、肩から生えている 腕は遅れてしまいます。

前傾姿勢がある、ので やや傾いている、とは言え
体の向きの変更、からだの回転は横移動 です。
自分が傾いていますから 自分のからだにとっては まさに横への移動です。
クラブ、ヘッドを下に振る行為は
その体にとっては 縦の動き、
横の移動をしながら クラブを、ヘッドを縦に振れば
当たり前ですが、その横移動には付いていけません。
約束の待ち合わせ場所、(通過点としてのインパクト)
 に定刻に付けないから と言って
インパクト直前に 今度はからだの回転を止め
 腕で クラブを横に振る ってなんのこっちゃ と思います。
始めっから その車に乗っておけよ と思いますよ。

馬鹿にしてはいけないのは クラブ、ヘッドを振る というコトは
腕を振る事になるのです。
 腕は両方で楽々10キロにもなります。

ミスターKの法則1_Moment(2)ミスターKの法則1_Moment







ボールを打つための方向に進んでいる 本体とは違う方向に
その重さを動かしたら 後から大きなお釣りがくるのは当然でしょう。

ゴルフクラブは 握っている棒の延長線上に
打点の無い、L字型の形状をしています。
単純な移動 であれば、重量はその分、遅れるとは言え、
ヘッドのそのズレた 重量の中心点は
棒であるシャフトと 直線状に並ぶ働き がありますが、
逆に そのL字型の形状を 捻じって使ってしまえば
 その現象は絶対に訪れません。

そして そのズレた打点である ヘッド、フェースには
弾道や距離を決める 角度 が備わっており
上下左右のその角度によって ショットが決まるのです、
そんな大切なモノを ドライバーであれば
インパクトのフェースとボールの接触時間 1/3000秒
そのインパクトの直前に 望み通りにするんですか❓
 それが追いかけなければいけない打撃法 だとすれば
利口?な、勘の良い若者はゴルフなんてしないでしょう。
物理法則を無視した、無理くりな遊び ですもん。
 ・・・すっきりしませんからね。

おそらく…ですが、なんとなく そう感じている若者は
少なくない気がします。



からだの回転、周り方を促進するには
その回転通り、この場合は方向 ですね、
その回転通り、回転が行く先に
グリップを送っておく必要があります。


前述の通り、望ましい回転は
傾いているとは言え、自分のからだにとっては横
 です。

ですので 自分のからだに沿って
腕、グリップを 運動で増えるであろう重さを考慮し
先、先に送って 回転を促す と考えるのが良いと思います。


回転を司る足は どちらかというと
反応に対処するコトを得意とする部位です。
回転を足で行う のは確かですが、
それを足で覚えようとしても、
 重さの有る上半身、そして腕やクラブが
別な方向への重さを作ってしまえば
 足はその重さに対処するのにつかわれてしまいます。
こうちゃんの憂鬱_Moment(3)

万人が からだは早く開きたくはないのに
結果、開いてしまうのは
ある意味、脚が正しく反応、処理している証でもあります。



スイングを根本的に治そう、
 と本気で挑んでいる人が少ないのは分かります。
付け焼刃的なアドバイスをせざるを得ないのも分かります。
だから、と言って
クラブ扱いであるゴルフスイングのテクニックが
 不可抗力に抗う弾道の修正、相殺に終始してしまうのは
本道では無いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ダウンスイングの周り方 で
とても気になるのが 『腰を切る』 パターンです。
ハンドターン


理想的な形で言うと
トップの位置では右を向いていますから
 厳密さは要りませんが、3:7 とか 2:8 の割合で
右に乗っている訳です。

ボールを打つ
ボールを打った後、右向きと同じような形で左を向くには
軸足だった右足を 左足に変えなければなりません。

かと言って
その体重移動(シフト)を先行して行おうとして
腰から左に移ると
へそから上の肩、腕、クラブの重さが右に残るので
右が必要以上に下がって、左が上がってしまうので
揺り返してしまい、結果として 左には乗れません。



動作中に意識することは難しいですが、
素振りやシャドースイングでは
左股関節を境に、脚とからだを切り離して欲しいのです
俗に言う 「股関節を使う」って奴 です。

多くのパターンでは
ダウンスイング初期に、腰を切ってしまい
(それを切り返しと思っている人が多いと思います)
足と腰が一緒に動いて ひねられているのは足首と胴体
股関節が稼働していない
という状態に為ってしまっています。

結果論、ですが、からだが正面を経て
左を向いていく、それに体重移動が伴うには
足を使って向きを変えながら、
左下半身に、左上半身、特に左腕が付いて行かないと
重さが左にずれず、左軸足が出来ません。

ミスターKの法則1_Moment(2)

切り返しで 腰を切ってしまうと
腰に対し、左腕が重さとして 残ってしまうので
正面を抜きに、正面をすっ飛ばして
腰を開くコトに為ってしまいます。
つまり 機会の損失 です。

✊ダウンスイングで腰を切って入ってしまうと
右向きが解けていき、正面〜ボールと正対する機会がない
もしくは、あまりに短く、それを利用する機会がないから
手で振っているのか
それとも 手で振るためにそうしているのか
 私には後者に感じますけどね・・・。


重心のかかり方 (3)

✋そう言う意味でも
骨盤の右向きは その機会を増やすという意味でとても重要です。
骨盤を右に向けず、胴体をひねると
切り返しで いきなり体を開き易くなります。
また、胴体だけ捻る というコトは
クラブを開いて、倒すコトに為るので その重さを使って
ダウンスイング入れません。
その重さを使って 左に移る というのも難しくなります。
骨盤が右を向けば、体の両サイド、
右に比べ、左が低くなりますから、左に移り易くなります。




そこでドリルです。

素振りで良いです。ウエッヂか、
イケる人はL型ブリストルパターを使いましょう。

げ!
 ✋超重です。

しっかりした 右向きを作り
ヘッドは上げず、グリップだけ やや高めにします。

そこから 左に軸足を作る と言う目的 を含みつつ、
左腕、左肩、左上半身 だけ 先に、
いや そこだけを動かします。
からだは右を、トップのまま の つもり de!

トップの位置から 左腕を使って
 胸を開いていくような感じです。

どのタイミングで、からだと左腕のどの関係性で
左腕を動かすと 正面を向きながら
左に移っていけるのか・・・

逆に どのタイミングだと、からだと左腕のどの関係性だと
腰が引けて、からだが開いてしまうのか
それを確認しつつ やってみて下さい。

如何にいままで ダウンスイングで
左上半身、左腕を置き去りにしているか
判ると良いですけど・・・🐰
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



いまや 手打ちはゴルフスイングの本道 になるほど
波及しています。

トーナメントで活躍する 多くのトッププロも
アッと驚くほどの さまざまな手打ちの方法 を繰り出しています。

若く からだのケアにも余念のない彼らがするのは自由ですが、
それを オジサンおばさんゴルファーが真似るのは・・・
参考にする部分はある・・・程度にした方が良いと思います。


✋からだの回転で 「直に」 ボールを打つのは
そうでないモノに比べると アマチュアのオジサンおばさんゴルファーにとって
ものすごく多くのメリットがあります。

まず 動作がシンプルに出来ます。

それはつまり 同じ球を繰り返し打てる可能性が高い というコトです。
また、ある程度出来るようになると
 それを維持するためのメインテナンスが殆ど要りません。

からだを壊す可能性が極端に減ります。

飛距離不足を解消しやすくなります。

飛ばすコトを真っ直ぐ行かせるコトが同じ道になります。

スライス(こすり球)とは永遠に決別出来ます。

ゴルフクラブの機能が使えるようになります。

V字を維持してみよう 上編_MomentV字を維持してみよう_Moment





と言うわけで
手で振った人が、ヘッドを返してボールを打っていた人が
からだの回転で 「直に」 ボールを打つため 

 もしかしら・・・

 知らないかも知れないコトをお伝えします。



ミスターKの法則1_Moment(2)


からだの回転 というと
肩 とか 腰 と思う人が多いと思いますが、
より良い からだの回転
ゴルフにおいて ボールを打つためのからだの回転 は





✋ からだ は 使いません。
   からだ は 稼働させません。






えええええええええええええええええええええええええ
えええええええええええええええええええええええええ




謎のストーカースイング_Moment謎のストーカースイング_Moment(2)





✋からだとは 俗に言う胴体の部分
 肩を含め、股関節までの 骨盤と背骨 を軸とする
 上半身です。

まったく 動かす意識がゼロ と言う訳 ではないですが
主たる動きの意識 ではないというコト です。

ゴルフスイング動作では
 四肢
上腕と脚しか 使わない と考えて間違いない です。


達人のココから盗め_Moment(4)


では・・・・・

✋からだと動かす とは 脚を動かすコト です。

決して 「肩」 をまわしたり、動かしたり
決して 「腰」 をまわしたり、引いたり するコト ではありません。


肩や腰をまわせば 両方の腕の長さが崩れ
 回転の方向柄、ロフトは開き、クラブが寝ます。
  それでは からだを回す意味を失います。
飛ばすために早く回っても 苦労だけが増えるだけ です。

肩を使うのは論外なので 説明しませんが、
腰に関しては
腰 というのは それソノモノに関節がありません。

腰を動かそうとすると 胴体 そして 脚も引っ張られ
股関節が稼働しない状態になります。
腰を動かすと その行為に対し、崩れる姿勢という
大きなデメリットが発生します。
それでは安定性にかけますし、
速く、もしくは強く動いているのに飛ばせない
飛ばさないショットにおいてのミスが生まれ易くなります。

ボールを遠くに飛ばす
と並行して
ボールを飛ばさない
というのも ゴルフには必要です。
どちらも両立させるには
腰は率先的に使ってはいけないのです。




股関節は 動く脚と動かないからだ があるから稼働するのです。


✋まったく 胴体 腰や肩を動かさないのか というと
 正直、何とも言えませんが、
 少なくとも 率先的に、自主的に、主体的に動かす感覚はゼロです。
 
 脚を動かすサポートはしているとは思う程度です。
 慣れてくると 殆ど無意識だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



この練習でも 一応
クラブの重さで 腕を先に動かしている(つもり)なんだ と思いますが、
結果、からだと左腕の関係はこうなるのです。

ミスターKの法則1_MomentミスターKの法則1_Moment(2)











漠然とした全体像は似ていますが、
体の向き、体に対する左腕の位置関係は全く異なります。

先に 腕を落としているつもり で コレ!なのです。
 (ベルトがひも…なのは無視してください)


体は左向きを開始し始めていますから、
左サイドを止めないと 届かなくなりますね。
手で振るスイングとしては いろいろ構築・連携されているのです。

ミスターKの法則1_Moment(2)


からだの回転 右向き〜正面向き の時間は
終わってしまっていますから
本来、その動きで 移動する筈のクラブの動きは
手で補わなければいけません。
 👉 これが無駄なリリースになるのです


ダウンスイング、切り返し において
先に腕を、グリップを
クラブや腕の重さで 「落としてみよう」 というのは
最終的に 腕を先に動かす と言う意味ではなく
今、無意識に体に対し遅らせている 左腕、左グリップの進行を
同期させるためのきっかけです。
ミスターKの法則1_Moment

からだの回転に同期すれば
仕事の半分(実際にはほとんど)は からだの動作に任せられます。

如何に腕のさばきで打っていたか 実感できればシメタもの!


遅らせている だけでなく
周り方 が ボールから逃げる周り方 をするのも
一つの要因です。



ですので V字を維持してみよう のドリルと併用して
その廻り方も改善しましょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くの方のスイング、スイング分析をすると
ふと 感じることがあるのですが…。

よく言われる ボディターン、からだのまわし、からだの回転
これらは スイング動作には重要ではあるのですが、
スイング〜ショットにとって 最も重要なのは
『より良い効率で打つ』〜少ない動作で飛ばす、コトと
『復元性、再現性を高める』〜より簡単な動作にする、コト
 です。

それを踏まえた上で
からだのまわし、からだの回転を考えると
捻転、と呼ばれる 胴体を捩じって
✋腰〜お尻〜骨盤を回さず 肩をひねった方が
ゴムのように なって ビュッと速く回れる という考え方、
もうその誤った考え方は 呪い に近いかもしれません。
 ‥‥‥‥…腸捻転ではなく 胴捻転です

シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)BlogPaint







ゴルフクラブは 両手で持っており
その両手の持ち方は 固定〜拘束されているに近いので
からだの姿勢などによる 右左の腕の長さの大きな変化 は
ボールを打つ インパクトのクラブ姿勢、ヘッド姿勢に
大きく影響を及ぼします。

クラブは重心深度や先端に重さが集まっている構造上
後方に重量が残り易い性質を持っています。
これを正しく利用しないと
ロフトが増え、上を向いて打つコトの方が
その逆の ロフトが減り、下を向いて打つよりも
圧倒的 10倍以上の確率(もっとかな?) で起こります。

ロフトが立ち過ぎちゃった、上から打ち過ぎちゃった
なんて ミスは 天然記念物的な割合 でしか起こりません。

✋正しく意識しないと ロフトは増える方へ行ってしまいます。

飛ばしたい、飛ばす為、
一生懸命 速く振っても、強く振っても、大きく振っても
ロフトが増えてしまえば それは徒労に終わるだけ
逆に 一生懸命振らない時より飛ばなくなったりもします。



✋飛ばしたい から
一所懸命 テークバックする、右を向く 気持ちは分かりますが、
正しく からだの回転させるコト と
クラブを両手で持っているコト をコラボ
両立させないと
 

からだで直にクラブを動かすコトも出来ませんし、
『より良い効率で打つ』〜少ない動作で飛ばす、コトと
『復元性、再現性を高める』〜より簡単な動作にする、コト
 
飛ばすことも出来ません。

体を一生懸命まわす のは
その境目 切れ目である 股関節まわり
脚やお尻などの股関節廻りが『キツク成って』も
胴体は何もしていませんから『キツク』成るコトはありません。
体を向きを変えての
向きを変えないのは 軸足(テークバック時は右脚)
変えるのは 股関節を境目に骨盤から上 ですから
その境目が キツクなる のが 正しいのです。
田中どら_Moment(5)

そこを間違えないように意識する必要があるかと思います。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

まずはこちらからご覧ください





このスイングを解説してみましょう。
治すといいな…という順序の逆に追いかけてみます。


スナップショット 1 (2017-04-20 16-33)

一つ目に気になるのは『グリップとグリップ位置』です。
この左手のグリップがあるので
アドレス姿勢が悪くなります。
 とは言うものの…
この『握り』にしなければならない理由があり、
その理由が解消すればグリップも改善されます。

56b8f50d-s

スナップショット 2 (2017-04-20 16-57)03e2a0dd-s













ボールを打つ一番の肝心のところです。
ヘッドスピードも一番速くなるでしょう。
シャフトの向きで言うと 180度近くターンしています。
しかし、グリップの位置も体の姿勢も
 ほぼ止まったままです。
平面に映る写真ですから、この画像上の奥行き(飛球線方向)には
スナップショット 1 (2017-04-20 16-33)多少移動していたとしても
20〜30センチの移動です。
ヘッドは200属幣絨榮阿靴討い泙后
この支点運動がある限り、
このグリップで握らなくてはならないでしょう。
クラブがすっ飛んでしまいます。




次にその支点運動をしなくてはならない理由…
支点運動になってしまう理由…
自分で意識をしていなくても手で振ってしまう理由…
はここから始まります。

スナップショット 3 (2017-04-20 16-34)スナップショット 2 (2017-04-20 16-34)スナップショット 1 (2017-04-20 16-33)













体の向きは変わっていません。
腕…もしくは自分は体と認識している肩回り(肩甲骨)だけ
動いていて、一番右の写真では既にクラブはトップに近い位置。
しかし、体はまだほぼアドレスの向きのままです。
フットワークが使われていません。

スナップショット 11 (2017-04-20 16-39)コチラの方が分かり易いですかね。
このテークアウェイの
取り方をすると
体は回転せず
前に向かって屈曲するような
右に体をひねりながら
ボールの方にお辞儀するような
そんな動きになります。

テークアウェイで屈曲すると
動作の中では ダウンスイングでは
体を起こすような動きになります。
注意が必要です。

素振りなどで意識するのは
グリップの位置と太ももの関係です。

アドレス時に左太ももの前にあるグリップが
テークアウェイの過程では
どんなに右にズレても 右太ももの前位…のズレ
左の太ももとグリップの位置関係を意識すると良いでしょう。

テークバックの初動 初期段階で
左肩や左手でクラブを押すのではなく
右ひじを背中側後方に引くように意識してみましょう。



スイングでとても重要になるのは『時期』です。
タイミングとはちょっと異なります。
どんな形になるかとか、どんな姿勢になるか という
見た目ではなくて
時期がとてもポイントです。
ボールを上から打つ とか
ボールをインサイドから打つ
これはほぼ同意語のものなのですが、
これは時期を指していることです。

時期を改善するには
動かす順序と動く道のりを意識してください。
スナップショット 11 (2017-04-20 16-39)から〜インサイドから打つ、それを可能にするのには
上から打つ、インサイドから打つ『期間』を確保して
出来るだけ「期間を多く造る」ことです

このテークバックの取り方では
上から打つという 上が存在しませんし
インサイドから打つ のインサイドが存在しません。
存在しないのです!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



参考のために、少々オーバーにして貰いましたが、
とても 多く見かける 素振り や アプローチショット です。

564dfb4d別な記事でも説明しましたが
ゴルフのスイングを簡略化(デフォルメ)し
一枚の平面、画面や紙に落とし込むと
スイングはこうなります。

平面上には 当然 奥行きは表しきれないので
からだが向きを変え(体がまわり)
奥に逃げているのは 上に上がって見える訳です。



首や頭、首の後ろを支点とした 振り子 に見える
というのも 分からない訳ではないですが、
それをそのまま 体現してしまうと
この言うパターンになってしまいます。

ゴルフレッスンを真面目に行っている女性にも多いですね。

首や頭などが支点 と思っていても
この振り方では グリップが支点、対称点になります。

ヘッドが後ろ(テークバック側)に行けば
からだは 飛球線側
打ち終わって、ヘッドが前に出れば
からだは後ろに下がる振り方 になりますから
理想的なスイングの最下点は
ボール付近、ボールより先 な筈ですが
実際には ボールの手前に なります。

シリーズ_Momentシリーズ_Moment(2)シリーズ_Moment(3)











映像で見てみると
素振りでは行っていない
 腕を縮める動作 が 本番のみ 見て取れます。


オリジナルは からだが向きを変えて
グリップが移動するから ヘッドは円を描き、
その からだの回転には 前傾姿勢という傾きがあるから
「振り子」のような動きに見えてしまうのですが、
スイングに振り子の動きは「存在しません

人間は機械のように 固定できませんし、
実際に行う場所は もっと凸凹した傾斜のあるところ…
振り子をしようとすれば 自分の姿勢が崩れ
振り子は出来たけど、ショットはミス になってしまいます。





手で振る、からだで振る は別として
ヘッドに円を描かせる意識 は必要ないのですが、
もしも ヘッドをこう振りたい こう動かしたい
と思ったら、 その円はグリップの移動で 作れば良いのです。

ボールを打っていると 兎角
意識は ヘッドとボールにいきがち ですが、
再現性、反復性 を考えるのなら
どうグリップを動かすと ボールはこう当たる
というのを考えないと 其の一球だけのショットになってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


体を支え その軸となる背骨
人間の内臓など 重みの部分は
それよりも前にある訳です。
  太めの私はかなり前に重さありますね・・・

osteologia



そして 上半身という重さの中心を支える脚
それの付け根は 背骨よりも各各左右に離れている
その構造が 体を回す動作の基準になります。

軸とか、支柱とか と考えると「全く微動だにしない」 
そう言ったイメージを持ちやすいけれど
実際のスイングでは その軸になる背骨も動いているから
軸は自分の体の中にある というよりも
背中の外にある柱、傾いた柱 と考えた方が
スイングはしやすい と思います。

からだをまわす というのを骨盤で!
骨盤から上の胴体を回す というのは
この骨の構造を見ると分かりやすいと思いますが、
脚は背骨の延長線上 とはずれた位置にあります。
股関節から上の胴体を回す に対し
土台になる 大たい骨から下があるのですね。

そして 見ての通り
股関節から上に 体を回す 機能は存在しません。
多くの人が行っている 体をまわす行為に似たモノ
は 体をねじっている・・・と言うよりも よじっている ので
横の動きではなく ねじれなので
水平に体が回るというよりも
どちらかの側帯が縮む という 縦の動きが多く混じります。

漠然とした表現ですが、
体をよじっている回り方は
大きな体 であるはずの欧米の選手が
トップでは小さな人になっているように思えます。
骨盤を回さず、腰から上を右に向けるのには
からだを縮めるように動かさないといけないでしょう。
それを整えるのに 無意識ですが、意図的に前傾を解いて
からだを起こしているケースも少なくありません。

からだをまわす という大原則を正しく しない限り
 動作としてのスイングを覚えてもあまり意味は無いのです。
それによって 空間や位置が全く違うのですから。

12_2_0
人間の動き・・・には見えないです…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

遠心力は その言葉の通り チカラ。。。つまり重さです。

その重さをどう利用するか、味方に出来るのか
敵にしてしまうのか によって 大きく変わってきます。


遠心力は 腕の重さも含まれますが、主に
(クラブヘッドの重さ) × (長さ/遠さ) × (移動速度) です。

これが主に腕を介し、肩部分にかかり、体の姿勢、
次のからだの姿勢にかかります。
そのクラブの長さも 肩からヘッドまでの距離と考えると良いでしょう。

飛ばそうとすれば 当然重さは増えますが、
(✋チカラには方向、ベクトルが付いて回ります)
問題なのは その重さ=遠心力が どの方向にかかるのか
というコトです。


遠くに飛ばすために ロフトを司る
インパクト時のからだの姿勢、左右の高さ は重要ですが、
それを高速運動の中で、意識的に調整するのはとても困難です。

ですので その遠心力を使って
必然的に 望ましい姿勢になるように仕向けてあげる、
遠心力に逆らって スイングする、
遠心力を消すために抵抗する よりも
遠心力に任せて 回転する速度を増す とは言えなくても
回転する速度の邪魔になるような 方向に掛けないように考えます。

インパクト時、インパクトに向けて
左太ももの前辺りに グリップが行くことで
◌姿勢を保つために 曲がっていた右腕が伸びる
◌左右の腕の長さが合っている ような状態が望ましいでしょう。

✋遠心力は かかり始めると 支点、この場合は肩ですが
そこから外に離れる力(チカラ/重さ)として掛かるのですから
遠心力が掛かることによって 腕が伸ばされ
更に 前傾姿勢が保たれるような かかり方、かかる方向
というのが自然な形で一番望ましいと言えます。


腕を伸ばすにしても 前ナラエのように 横に伸ばせば
その重さは長さ分、増します。
筋トレで ✊✋するにしても 前ナラエ でするのと
腕をだらんとしたところで ✊✋するのとでは使うチカラの量が違います。

大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(4)









スイングには前傾姿勢があるので
肩からだらんとしたところに手があれば
腕は伸びていますが、腕の長さの重さは増えません。
ところが フトコロから外れ スイングで言うと ボールの方に伸びれば
長さが表れてきて、重さが増すので、
その重さ分、体は反対の方向に 力を相殺する為 反射します。
前傾姿勢が消えやすくなるので、それはより増して行きます。


✊遠心力の基はからだの回転。
どの方向に遠心力をかけるのか
遠心力が掛かった時、グリップをどこへ行かせたいのか


S20180921_MomentS20180921_Moment(2)S20180921_Moment(3)





スイングの大きな動作、体の向きをフットワークによって変えるコトは
スイングの最も大きな動作ですが、
それを行うと モノを持たされた腕は意識的な動作がし難くなります。
逆を言えば、腕の意識的な動作をするには 体の大きな動きは
止めざるを得ません。
体を回したとき、遠心力をどの方向にかけるのか
遠心力がかかり、グリップが肩から離れようとするのをどの方向にするのか
腕を伸ばす というこういは 腕を伸ばさない という拒まない というだけで
回転によるからだの動きに任せて良いかもしれません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




Rさんだけでなく、MR.Kも、多くのゴルファーが
大きな錯覚をしていると思います。

非常に大きな錯覚、思い込みで
それが どうクラブを扱うか、正しい意味で振るか に
直結してしまいますので
その思い込みの呪縛から解かれて欲しいと思います。

何度も同じコトを書いているので、しつこいかも知れませんが
技術や見た目の真似よりも 遥かに重要な
この呪縛から逃れられれば
スイングは簡単に変わり、体を痛める可能性も格段に減ります。




❶スイングの円弧は体が回るから発生する

これもしつこいですけど、
多くのゴルファーの当たり前は
物理的な原則、自然のルールに反しています。

スイングの回転は シンプルには横運動です。
ステップを踏みかえて サイドステップで横に動くよりも
高速で動くことが出来るから その場でからだの向きを変えているだけ です。

傍目からは 円弧に見えるそのクラブヘッド軌道も
からだの向きを変えるから 起こるので
コト 腕とクラブの関係は
アドレス〜トップ〜ダウンスイング〜インパクト〜フォロー〜フィニッシュ 
を通して殆ど変わらないのです。

大森201904_Moment大森201904_Moment(4)











グリップの移動量 と ヘッドの移動量は
からだを回すから 外周に当たるヘッドの方が多く動いているだけで
腕で動かすのは グリップの移動量とヘッドの移動量は完全な同量
もしくは ヘッドの重さ分、運動するとその重さは増えますから
ヘッドの方が動かない ヘッドの移動量の方が少ない のです。


そこを ヘッドを下に振る とか、 ヘッドを返すとか
腕さばきによって ヘッドの移動量の方を多くしてしまう と
それをするのには グリップの移動量を抑制するコトになり
その結果、からだの回転とクラブの移動につながりがなくなり
元々の 円弧の成り立ち が崩されてしまいます。

1mmでも ヘッドの方を腕のさばきによって 多く動かそうとした瞬間
グリップの移動は止まり、
クラブそのものも運動もからだの回転と無関係なモノになる・・・・
よって より腕で円弧を作らなければいけない スパイラル に入ります。

これが 今どきのスイング理論です。

down_swing


私個人の目から見れば
それは単に 棒状のモノで ボールをぶっ叩いている に過ぎず
ゴルフクラブの機能を使って打とうとしていません。
練習を繰り返せば バット(面の無い)モノですら 真っ直ぐ打てる
これは「ゴルフ」スイングとは呼べません。

大袈裟に言えば クラブは丸く振る なんていう人は
犯罪を犯している と言うほど の代物・・・

クラブを腕で丸く振れば
より ロフトは大きくなり、
持っているそのクラブの長さ分の入射角度よりも緩くなります。
また 腕でクラブを振るには
からだを開いて、左を向いて「から」 しか ボールを打つ頃が出来ません。
本来のトップの位置
 右向きの状態でクラブを振り始めたら ボールの位置にヘッドが行きませんし
 自分にボールが当たる程の方向に出てしまいます。

左を向いて「から」 クラブを振れば
ヘッドが下降状態よりも 上昇期、最下点よりも上り際で打つコトになります。

そのまま振れば 俗に言う アウトサイドイン がお約束。
それを 見た目だけ インサイドからにすれば
それはイコール クラブを寝かす、ロフトを開くコト になるので
振れば振る程 入射は緩く、ロフトは開き
それを返そう(閉じよう)とすればするほど、体は窮屈になります。

手で振る動きは ロブショットの動き
フェースでボールの底をさらう動き に近づきますので
ヘッドスピードのアップ分、ボールの飛距離になり辛く
尋常なヘッドスピードでは 飛ぶ に成り得ません。

✘ロフトを寝かす癖
✘インループする癖
✘入射が緩くなる癖
✘左サイドが上がり、開く癖
✘右サイドが下がる癖

が 癖ではなく、スイング技術になりますので
ソールの奥行きのあるフェアウェイウッドや
スピードで解決し辛いアプローチなど
多岐に渡り苦手が生まれてしまいます。


✋スイングは からだが回るから円弧が生まれる のです。
 腕はそれを助けることが本来の仕事 です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーが「非常に大きな勘違い」
「非常に危険な勘違い」をしているのが、体の回転 と言う言葉。

練習場やコースで耳にする 「体が硬いんだよね〜」って…。
誤解を生み易いゴルフ用語に「捻転」ってのがありますが、
そのニュアンスは消しゴムを捻るような、
ぞうきんを絞るような、そんな感じがあります。
しかし、体の構造は多少の遊びは有ったとしても
通常 雑巾のように体を絞ることも出来ませんし、
それが捩じる戻るのにパワーが発するとも思えません。
(もし、そうだとしても痛める可能性と引き換えには出来ない)
FMA9921_front_120x120

背骨にはひねる機能が原則論、ない訳ですから
「体、硬いんだよね〜」って言うのは正常な話で
背骨を捩じって、ふにゃふにゃってのは
生きている限り、かなり無理があると思います。

裸でスイングすることも、それを見る機会も
あまりない訳ですから、衣服としてズボンは
回っていなくとも、ズボンの中での骨盤は回っています。
上半身の向きを無理なく変えるのには、
フットワークでの骨盤の運動が不可欠です。

よく下半身は45度、上半身は90度なんて
言葉も耳にする訳ですが、
それも両膝や太もものラインが45度に対して、
上半身(この場合はへそのライン)が90度 と
考えるべきです。
腰は45度、両肩は90度というのは
肩の動きが加わるにしても、背骨を積極的に
捻る動きになりますから、お勧めしません。

現代のスイング論(流行りのスイング論)では 
既に無視された存在になっていますが
肩辺りと腰あたりの背骨の捩じり
上半身〜胴体のひねり というのは
人間の背骨に「臼」のような機能、関節が存在しないため
どうしても水平な回転差にならず
複雑に胴体が捩じられた姿勢が伴ってしまいます。
昔に比べると インパクト時の左サイドの伸びあがりが
プロアマ問わず 激しくなっているのは
その一例に過ぎません。
これでは 結果として軸になる筈であった背骨が
軸として機能しなくなってしまいます。
背骨が軸として機能しないスイングは
当然 向きの変更もどき と 体重移動は
近接した隣り合った行為ではなくなってしまうので
体重を移動しないスイング論が横行してしまいます。

パッティングなどの練習の多いプロにとっては
腰痛は職業病なのかもしれませんが、
首を痛める(特に左サイドの)ゴルファーが
この数年で急増しているのは
看過できない部分だと思います


スイングを考える時
それに特化することは悪いことではありませんが
もう少し科学的なことや身体的なこと
その「当たり前」的な部分を無視するべきではありません。


そう言った意味でも 利き肘の外に張るクランチの動き や
顔を右に向ける動きと言うのは
フットワークで体(骨盤)の向きを変えるのには
非常に良い エッセンスになると思います。
スナップショット 1 (2013-06-13 15-44)

特に グリップやヘッドを常時、体の幅の中に
収めておきたい と考える限り
腕のローリング(回転)を抑えるためにも
肘のクランチの動きは憶えたいものです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   

ゴルフ用語でよく耳にする
この
『左の壁』と言う言葉
この話を始める前に
少し体の回転の話を先にします。
元々 この言葉は間違って引用されているので
少々、前置き的な話が必要になります。

ee6bd45f


一般的なゴルフスイング『振り遅れ』では
クラブのターン/回転は  180度
体(骨盤)のターン/回転は 90度以下 です。
体は回しているつもりでも
肩と腰の捻転差という、自分の体を雑巾絞り化する形で
上半身を捩じっているので 骨盤は回っていません。
体の回転は
インパクト直前に グリップを止め
その反動でクラブを振るための反動付け というか
キッカケに過ぎません。
意図的に振り遅れを造り、その遅れた分を
体を止める反動、慣性で振ります。
体がボールと正対する 正面を向く時間が存在せず
トップの位置からいきなり左を向き始めます。
その理由は色々とありますが、今回は割愛しますが、
体を止めるために 左向き(体を開く)
という回転の限界点のほうが止めやすい というのもあります。
mh

また かなりインパクト時、体(骨盤)は開きますので
それ以上行かないように止めないと
左サイドがボールから離れすぎて 届かず、
空振りになってしまいます。

yjimage4NR1MAL3hirakidohiraki









スイングの中で インパクト付近 という
最大最速で在るはずの箇所で
体の回転をとめるのですから 体に悪いのは間違いないでしょう。

この ✊体を止める行為、
✊左サイドが
 ボールから離れ過ぎないようにする行為、
✊左サイドの動き・位置をブロックする行為、
それを一般的には「左の壁」と呼んでいます

アホらしい…

間違っている基礎の動きを
間違っている動きで補うのですから
こんな言葉を追いかけても 全く意味がありません。
無駄です。単なる徒労であるばかりか
体を痛める最大の原因になり得、その上、
痛める箇所が非常に深刻な部位になり易いので
その無意味な左の壁なんて言葉、忘れた方が良いです。
嫌味半分ですが、
間違った基礎の上の間違った動作、
どの道、上手く行かない のですから
上手く行かないのなら 痛めない方法の方がマシです。




体の回転とは
両股関節をそれぞれ軸足に
背骨が支柱となる、向きの変更です。
上記、体を捩じるスイングを指導する場合でも、
『股関節』と言う言葉は使われるのですが、
にもかかわらず、骨盤の回転させず、
肩と腰の回転差、『捻転』なのですから、とても滑稽です。

正しい意味合いでの「左の壁」というのは
インパクト以降、
左の軸足がある上で 左を向く行為、
左に回転する行為を指します。
決して 体の回転をとめる行為や
左サイドをブロックする行為を指すのではありません。

視覚的な部分では、左サイドは
飛球線方向ではなく、回転する方向に逃げるので
位置はその場所にあるようには見えますが、
それは言葉の通り、回転している行為で
体が止まる行為ではアリマセン。
yjimage4NR1MAL3
こんな『振り遅れ』スイングでは
既に体は回り切っているので
ここから これ以上回るのはムリですね。
オジサンゴルファーの手本にはなりません。



振り遅れている限り、体をとめないと
打てませんから、左の壁 と言う言葉の意味が
まるで違うので 共通の会話になり得ないのです。

 余談ですが、振り遅れているのが悪いから
 体をとめて 間に合わせる のでは無く、
 体の回転そのものが打撃になっていないのが問題 だと
 おそらく生涯、気が付かないのでしょう。
 ですので、柔らかいシャフトや重いヘッドのクラブは
 インパクトで「待たなければならない」のです。
 どうぞ ご自由に(^_-)-☆



振り遅れスイングの話はどうでもいいのですが、
問題なのは 体が左足軸、左股関節軸で
左向きが取れないことです。

左脚・左股関節が軸になっての
左回転〜左向きが作れないと
上半身がのけぞって、右腰や首に大変負担がかかります。
非常に怖い動きになります。

dohiraki100yard1遼君のこれを見るとわかります。
へそから下は止まったまま。
クラブだけ180度振るのです。

これは危なくて
 おじさんには出来ません。
お薦めも出来ません。
これを左サイドの壁 と呼ぶなら
そんなもの要りません。


左の軸足が出来ない・・・は
左に体重が乗らない と同意語です。
それが理由でもあります。

体の回転そのものが打つ行為 と言う認識が
あることが前提条件になりますが、
「大きな重さ」が左にないと 軸足は作れません。

よって スイングの基礎的なメカニズム
前傾姿勢と体の回転
右を向いている時は 体の左右の左サイドの方が低い、
というのがとても大切になって来ます。

正しい『体の回転そのものが打撃行為』では
体が正面を向いていく、正面を過ぎる、
ボールと正対することが打撃そのものです。
しかし 振り遅れスイングでは
元々 正面はないのですが、
それに近い時間帯を『過ぎてから』
振り始めるのですから 左に乗れません。
 …だって 左が低いから乗れるんですもん・・
左が上がり始めてから、振るのですから
当然、重さは低い右に残ったまま。
上を向いて終わることになります。

だから ハイ!本日 左の壁 完成です!
なんてことは決して起きません。
多くのゴルファーは基礎的な動きがまるでダメです。
体の回転行為がイコール打撃行為になっておらず、
クラブを振るため、腕を振るため、
胴体をひねり、体ではなく、肩周りだけを
動かすスイングでは
従来使われているゴルフ用語も全く意味をなさず、
変な形で引用されることになります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




スイングが円弧であるイメージや
トップの位置と地面のボールの高低差 などを
考えると クラブを縦に、下に振りたくなるのは
分からなくはないです、、、
 が
クラブをそのように動かしてしまうと
クラブの動き と 体の回転
の関係は途切れてしまいます。
関連性の薄い、別な動作になってしまいます。
MVI_0741_Moment(5)MVI_0741_Moment(4)







スイングは 体の回転で行われる のですが、
体さえ回しておけば
 自然にクラブが付いてくるものではありません。

クラブの重さには長さや運動も伴ないますし
腕の重さは両腕で10キロ前後あり、
それにも長さと運動が伴ってきますから
実際には 数十キロの重さのモノと考えても
良いかも知れません。

クラブを縦に振ろうとすれば
その位置は どんどん体の回転の進行に対し
右に右にズレていきます。
60a4c063-s

腕やクラブなどの重さが
体の中心から右にズレれば
ズレるほど 体の右サイドは自然に下がり
左サイドは上がります。
93564c62-s

ボールと打とうとする限り
その動きは防ぐことは出来ません。

スナップショット 4 (2014-03-04 10-52)スナップショット 2 (2014-03-04 10-51)

自覚は無いかも知れませんが、
このように クラブを縦に振ろうとするには
体が動いている 体の回転が進行している状態では無理で、
体の動きを減速、止める必要が出てきてしまいます。

体が止まらないと腕は動かせないのです。
73f7bdaf-s

腕も一緒に、クラブも一緒に動いている と
信じていても ダウンスイング初期
体しか動いていません。
73f7bdaf-s

腕やクラブはだいたい置き去り
言い方を変えれば、体の進行方向に対し
腕やクラブは逆に動いている とも言えます。

前述の通り、そこに重さが加わりますか
右サイドは下がります。
右サイドの下がりは 体の開きに同一です。

クラブを縦に振れば 遠心力は
自分から離れていく 外に外に掛かります。
これは ボールを飛ばすのにはまったく役に立たず
スピンを無駄に増やす動きになる とも言え、
その重さによって 自分はどんどん上を向くことになります。
スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)

余程 力でねじ伏せるか
体の痛みなど無理を無視して、特殊に打つか しない限り
この時点で 弱弱しいこすり球が出るのは確定です。
MVI_0741_Moment(5)MVI_0741_Moment(9)







体の回転に沿って クラブを動かすには
体の回転通りに クラブを動かすには
腕を その傾きに沿って 自分の上半身に対し
横に横に(斜めに斜めに)
体から離れないように押してあげること。
それを先行して、体が後追いするような形を
取らない限り 体の回転通りにはクラブは動かせません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


左にシフトする
回転を意識せず、脚やひざのさばきで
体を左脚に移す

シャドートレーニングでは難しくありません
ちょっと 左太もも周りがプルプルするだけ です。

では なぜ クラブを持つと
それが出来ないのでしょう?!

答えは簡単です。

IMG_0770_Slomo_MomentIMG_0770_Slomo_Moment(2)







IMG_0770_Slomo_MomentIMG_0770_Slomo_Moment(5)







多くの人が 体を回すのを
腰 をまわす とおもっています?よね?!
でも 腰 という部位を単独で動かす のって
そこを単独で動かす関節 や
そのはっきりしない部位を動かすのって
おかしくありませんか?
457d8efa
この姿を見ても
体の中で ちょうど真ん中のパーツ
ベルトラインの部分が
両足よりも 肩ラインよりも
大きく左を向いている・・・
真ん中のパーツですよ。

もう一度 繰り返します。

左にシフトする
回転を意識せず、脚やひざのさばきで
体を左脚に移す

では なぜ クラブを持つと
それが出来ないのでしょう?!


それは。。。
骨盤によって動かされるはずの
それよりも上の部分を
骨盤に預けておかない から です。


胴体・上半身には
別々の向きを作れるような関節は
一切存在しません。
骨盤の向きが変わったら
本当は 否応もなく
それよりも上の部分は 向きを変えるんです。

別な言い方をすれば
シフトする
→ 右向きを解く
→ 正面がやってくる

つまり 
シフトそのものが打撃
であって、シフトしてから打つ
というのでは 不必要な上に
体にも良いことのない
上半身の無理な捻じれ
上半身のずれ
を意図的に作ることになります。
スナップショット 6 (2012-10-02 13-57)
肩や腕も含めた上半身は
当り前ですが、骨盤の上に乗っています
それ(骨盤)が向きを変えたら
その上にあるものも
当然 向きを変えるんです。

理屈 ではなく 体の構造が
そうなっているのですから。。。
スナップショット 9 (2012-10-02 13-58)
それを無理やり 肩ラインを遅らせて
上半身に捻じれを作るのを
「手遅れ」
もしくは
「振り遅れ」と言います。

溜めがなくなる?!
飛ばなそう?

そう考えるのなら
この話はおしまい です。

体に痛みもなく、故障もなく
距離に満足していて
その上半身の捻じれを意図的に
作っているのなら このブログは用無し です。
どうぞ それをお続けください。

今の状態に不満足であるのなら
シフトすること
右向きが自然に解かれること
その骨盤の動きに任せて
もしくは 同調させて
へそから上、特に肩ラインの
向きを変えてください

スナップショット 7 (2012-10-02 13-57)
多くのひとが 骨盤(お尻)まで含めて
下半身
と思っていますが
こと ゴルフでは
骨盤は上半身です。
骨盤が向きを変えたら
否応もなく上半身もその通り
動くんです。

ですから ゆっくりした
小さなショットからで結構です。
シフトすることで 向きを変える
骨盤通りに 肩ラインも任せる
もし 任せるのが難しければ
同調して 向きを変えてください。

手のさばき はナシにして
シフトしたら クラブも動き
左に乗るとき が
イコール インパクト
というのを練習してみてください

とっても とっても 大切な部分です。
ここが出来れば スウィングの肝
は解決する部分です

レッツ トライ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ