◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 利き肘使い


からだの回転と腕の振り と言えば良いのか、
その関係は思っている以上に複雑に絡んでいます。

 

多くのゴルファーは
からだの回転で 腕を、クラブを 引っ張るモノ
と思っていますから、
その『からくり』が分らず、
結果として 腕を振ってしまうコト になるのですが、
(その『からくり』は別の機会に…)
×からだで腕を引っ張る よりも
◌腕(上腕、もしくは肘)でからだの向きを変える と考えた方が
現実的だと思います。
誘導、もしくは先導していると考えて良いでしょう。



これも ドリルというより
体験的にやって頂きタイ疑似スイングですが、
(動画内では 35秒以降の映像です)
からだの向きを 足の踏みかえ で行います。

video_Momentvideo_Moment1video_Moment2video_Moment3








〃措鮎紂右向きのトップを造り

∪茲法]咾気个 で グリップを左腰 に移動させます
 右向きはトップのまま、完全にロックの意識です。

 注意点になりますが、実際のショットを考慮すると
 フェースの下向きは必要です。
 また、グリップを移動させるにしても
 必ず からだの中、からだの幅の中 におさめるよう しましょう
 グリップがボール側に出るのは からだの向きがあるから です。

グリップが 左腰前 に来たら 足を踏みかえ 向きを変えます

い海諒法によって 実際にボールを打つコトも可能です。
 ただ この場合、前傾姿勢が無いので
 本来、不必要な「下振り」「下送り」が必要になることはご理解下さい。

➄左向きは 左上腕の上げ で行われるよう してみて下さい。

この体験では 
腕の動き出し、そして からだの向きの変更
その順序、序列を掴むことが出来ます。
従来、先に体を回し、正面を確保(ボールと正対)
そのボールと正対したことを維持しつつ、腕でクラブを振る、
と言う順序とは「真逆」
腕の送り、特に上腕、肘の先行によって
 からだの回転、からだの向きの変更を作る
 方法です。

全員に役立つ、とは思えませんが、
多くの人、特に固定観念にとらわれていない人には
役に立つ体験と思います。
実際、ボールに当てる、ボールに触る 流れの中では
腕の長さの余らない、腕と体の向きの同期しているサマ が
この順序では見るコトが可能です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



【質問頂きました】
Q:パターでは、体の向き転換だけで打つのか?
 グリップも動かすのか?


A:パッティングの方向は
アドレス〜スタンスの向きでほぼ決まります。
ヘッドを振る人のスイングのように
動作を始めてから インパクト…ショットによって
方向を決めることは(ミスを除き)一切ありません。

…というコトになると
パッティングストロークの重きを置くところは
やはり「距離感」というコトになりますよね。
ショットでも同じですが、距離感にとって
とても大切なのが、概ね "いつも" 同じロフト で
打てるか、どうか にかかっています。

パターのロフト角度はどれもが 4度前後 となっています。
ですので 2〜3度ロフトが増えてしまう…減ってしまう…
というのは 40度の9番アイアンを打つよりも
遥かに 距離に影響を与えます。

パターのインパクトロフトを目で見るコトも
体感することも 簡単ではありませんが、
その目安になるのが シャフトの角度です。



質問にもありますが、
からだ…をまわす・・・ とは
正確には 「からだの向きを変えるコト」 です。
スイングでもパッティングストロークでも
前傾姿勢はありますが、基本、からだの向きを変える というコトは
右を向く、左を向く という横方向の動き です。
スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)







このように 腕と胸で作る三角形を維持し、
肩を揺さぶる 「振り子のストローク」を多く見かけますが、
このシャフトの振れ幅、振れ角度 であると
ロフトの変化が激しく 距離感が掴みにくい ですし、
この動きによって、ヘッドが 縦に弧を描きますので
ヘッドの上下変化が激しく、ボールの当たる箇所 も
縦方向〜上下方向にズレが発生し易くなります。

加えて、この肩の揺さぶるストローク…では
本当の からだ は固定した状態で
 文字通り 肩を揺さぶります。
この肩の揺さぶりは 上下 の動き・・・
本来のからだの回転 とは 90度方向の違う 縦動作 です。
アプローチなども含め、ショットは
 出来るだけ…理想的には からだの向きの変更で行いたい、
と願うのならば からだと肩、からだと腕が分離してしまう
非常に悪影響の大きい
  この 肩のストロークは するべきではないと思います。

また、肩を上下に動かしている とは言っても
肩の可動域が限られている為、
左肩が高くなる は イコール からだが左を向く
 につながります。
左を向く〜からだが開くコト が無自覚に行われてしまいます。 
 ひっかけ の隠れた原因になるでしょう。

IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(5)IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(6)




お薦めするのは ハミングバードで言うところの「刷毛塗」のストロークで
ガラスや鏡に映る自分の姿を見ながら
肩が上下に動かないよう・・・
そして、ストローク中、出来るだけ シャフトの角度が変化しないよう…
にしてみて下さい。

「刷毛塗のストローク」では
肩の関節に対し、腕を振るコトになります。
大きな力を作るのが得意な背中で微妙な距離感を出す
ショルダーストローク に対し、
利き腕の伸ばしで距離感を作れる
刷毛塗ストロークの方が 楽だと思いますけどね…。



動き…としては インドネシア辺りの踊り に近いかも しれません。

◌ポイントは
 右ひじが伸びていく と
 茲亮蠎鵑手のひら側に折れていく、
 アドレス〜トップ時 は 手の甲側に折れた左手が
 インパクト〜フォロー側では 手のひら側に…。
 重さと言うヘッドを残す動きです。
 自分の動作分 だけ 重さ分を差し引いて、ヘッドが動く 
 というコトになりますが、
 一方、肩のストロークの場合、
 先端にあるヘッドを動かすコトがメインですので、
 その振り子の動きが ストロークテンポを作ってしまいます。
 テークアウェイが大きい! または、小さい!
 リズム〜テンポが速い! または 遅い!
 と分かっても ヘッドの重さにテンポも
 ストロークの大きさ も司られてしまいますので
 動作が始まると修正が効きません。
 (これは意外に大きい問題です)

パッティングストロークをする為に
アドレスの前傾は出来るだけ 浅め に。
両腕を延ばした状態ではありませんが、
 曲げたー!と言うほど 曲げず
かるく 肘が曲がった緩やかな姿勢がお薦めです。
深く取ると 腰を痛める原因にもなりますし、
 腕が動かし難くなり、
 現場で緊張感が増す 可能性があります。
ご指摘の通り グリップを動かすコト が主 になり、
ヘッドへの意識 は 殆ど無い と考えて下さい。
◌極力、両肩のラインが変わらない
◌トップの位置から 極力 シャフト角度が変わらない

こうすると ヘッドの高さ変化が緩やかに、少なくなりますので
ロフト変化だけでなく、当たりによるミスも減らせられます。

方向においても ゴルフクラブは ライ角度とロフト角度の複合体 立体です。 リーディングエッジは真っすぐ だったとしても ロフトが上を向く(ロフトが増える)と  立体としてのフェースはかなり左を向きますので スタンスの向き通りに ボールを打ちたい のなら パターヘッドを真っ直ぐ動かすコト よりも ロフト変化を減らすコト の方が圧倒的に有効です。  ショットにおいても、パッティングストロークにおいても ロフトの変化だけでなく、大きなミスにつながるのは からだの姿勢 肩の上下関係です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

https://youtu.be/mPoHWTzMeCk


画像の解析、再生速度が完全に同じ…ではないのですが、
二つのスイングを見ると
やはり グリップ、というか
 左グリップの進行、下がり具合に差が有るように思えます。

両手離しドリル(比較映像)_Moment


ソコの部分、自分でもやってみた、のですが、
インパクト以降 左上腕、左グリップを間髪入れず上に抜く、
(インパクトが来る前に…位の気持ち)の方が
ダウンスイングにおいて
 左腕の下がりは格段に早くなります。
✋上げるには下げなければならないので…


早い段階で左腕が下がると
左ひじが 下向き になり易く、
その向きは それ以降の からだの回転の方向と似ます。
フェースの下向き〜シャット〜ロフトの立ち
も速い段階で生まれ易く、
その点、フェースローテーションの必要性が薄れます。

ダウンスイングで 左腕の下がり が遅い、
もしくは からだの向きの変更への「付き」が悪い と
左ひじややや上目を向いてしまうので
からだの回転の方向から離脱し易く、
ダウンスイング後半〜インパクト前後で
処遇に困るコト、その長さに困るコトになります。



当たらない、届かない の恐怖 はある、と思いますが、
肘から先のアクションで 『ヘッド』の位置 を下げるよりも
より クラブから遠いところの方が
 アクション自体 少なくて済みますし、
ボールに届く、というか
 低いトコロにあるボールは 前傾姿勢と向きの変更で届かせる
と言う基本に立ち返ると
 その前傾姿勢がからだの向きの変更とつながる には
ヘッドを下げる のような 動作 は
体を起こす につながりますから 出来るだけ避けたい です。

ダウンスイングの早い段階で 左腕が下がらないと
廻ることで 左腕がからだに張り付き易く
ダウンスイングの後半ではより下げ難くなってしまいます。

インパクト、それ以降やフォローで 左脇を開ける
 のは 多くの人 にとっては 禁忌な動き と感じているでしょうし、
インパクトの 左腕〜左脇 左ひじの『締まり』
もしくは、左腕の『しぼり』 
 インパクトの目安 になっている可能性も高いので
条件反射的に覚えている ゴルフスイングにおいて
 簡単には 離れてくれない かも知れません。

インパクト以降のリリースは 全く問題ないと思いますが、
ダウンスイングにおいて 左グリップが下がってくれないと
低いトコロにあるボールには届かなくなってしまうので
どうしても リリース と言う名の フェースローテーションが必要に
なってしまいます。
両手離しドリル(比較映像)_Moment(2)

フェースローテーションは ヘッドがグリップを追い越す
というコトですので、グリップの制動、静止、減速 が必要になり
追い越したクラブの負荷 は 肘や肩にかかり
ヘッドが下がるコト と 左肩が上がるコト は
同時に発生します。
クラブが下がる〜落ちるエネルギー を
 回転に使いたいのに
クラブが下がる〜落ちるエネルギー が
 上方にかかってしまう、逃げてしまうため、
 ボールに届かなくなる可能性が生まれ、
 からだの回転を止めざるを得ず
 からだの負担にもなります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



全体のスイング像 を見ていると(時間進行、時期的に)
右腕の伸ばし は インパクト付近 にかかっている
ように見えますから

右の手のひらが 飛球線方向に押している と

考えがち… ですが、そうではありません。


実稼働 として 働いている とは言い難いかも知れませんが、
実際に蕕亮蠅里劼蕕撚,修Α,箸靴討い詈向は
左太ももの前方向
 その要素は水平方向よりも
 膰きの方向の意識の方が強い と思います。
フェースローテーションのないゴルフスイング_Moment(6)

ただ スイングは どんどん回転して、向きが変わっていくので
それが 稼働して見えるのは 横方向なだけ です。

この場面で、この方向から見ると
グリップの位置、蕕亮蠅里劼蕕函´茲梁世發發料亜,
左右、横方向の関係ですが、
ご自分でトップを造って
 その場面での 蕕亮蠅里劼蕕蛤犬梁世發眩亜,隆愀犬
 確認してみて下さい。

からだには 前傾姿勢があるので
 その横の移動には 多分に縦の要素があり、
トップの時点では すぐ横、
 逆に横の要素の方が少ない??位置関係です。



●左腕 と 左半身が 向きを変えて 逃げるから
右手の押してサポートしていくのか、
●右手が押していくから、左半身が逃げるのか、
正しくは 前者 だと思うのですが
左右の腕の力関係 や 過去のスイング遍歴によって
 絶対そうだ、とは言い切れないほど
腕のさばきとからだの回転はつながっています。

どこかで 左腕が止まる、左グリップが止まる、
もしくは 回転が、特に左半身の向きの変更が止まれば
 フェースローテーションになってしまいます。
しかし、フェースが開いていないので その必要がありません。

ですので ハミングバードでは
テークアウェイにおいて
前傾姿勢なりの 両肘の高さ関係を作りましょう と提唱するのです。
前傾姿勢なりに 右ひじの方がやや高い トップを造りましょう
 と提唱するのです。
✋その時点で寝ていたら
 フェースローテーションは必須 になりますよ、と。

骨盤を回さず、肩ライン、腕だけで
トップとおぼしき位置にクラブを送ると
必ず 開くことになり、その時点でローテーションは必須。
胴体を捩じって トップを造ると
 フェースを開くことになり、そのツケは大きい、と。

なので 骨盤を、股関節を境目に右を向きましょう と提唱するのです。


フェースを開いて、フェースを閉じる と
その行為分、道のりが長くなり、
余計な行為が行きにも帰りにも入っているので
当然、遅くなります。

右を向いていたからだの向きが
 正面に戻っていくコト の 流れに乗れず、
その行為の代償行為 が 手の返し なのですから
冷静に考えると 無駄無意味、二度手間、
 今どきの言葉で言うと コスパ悪! って感じです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



先日、あるSNS で何かで悩んでいる人が
自分のスイング動画を載せ、
具体的な悩みは書かず、アドバイスを、とお願いしていました。


そのスイングは決して悪くありません。
あえて 言うのなら オーバースペック。。。
シャフトが硬すぎ、ヘッド重量が足らない。。。
そんな程度ですが、振り回すわけでもなく
からだの回転を主に打っていました。
アマチュアでは大変珍しいケースです。

おそらく…ですが、スペックがきつい為、
必要以上に深くトップが入ってしまい、
また、テークアウェイが急ぐことになるので
安定感に欠く のが悩みなのかな・・・ですが、

私もそのグループに入っていますが、
仕事柄、名指しで指名を受けない限り、
見るだけ にしています。


ところが、ある方が アドバイスで
『テークアウェイで腰を回しすぎる
 腰はひねらず 肩だけ回せ、捻転しろ。』

と言っていたので、すかさず
「お悩みの内容にも寄りますが、
 それは変えない方が良いと思います。
 テークバックで 腰を回さず、肩だけを回す
 というコトは 今開いてあげていないテークバックを
 開いてあげることになり、
 その開いたモノを閉じる という問題は
 おそらく 今、悩んでいる問題よりも
 遥かに難しく、かつ、永遠に答えが見つかりません。
 良くご考察下さい。」 
と書きました。

まあ 勿論、どのアドバイスも
余計なお世話ですし、その方が選ばれるコト ですが、
経験上、開いてあげる とか 開いて降ろす のリスク は
あまりに深く、非常に長きに渡ります。

腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment1腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment2





フェースローテーション、手の返し
それをしなければならない理由、原因は
『フェースが、ロフトが開いている から』
『このままでは フェースでボールが打てない から』
 で、
望んで フェースローテーションをしたい人を除き、
その原因を取り除くことが重要です。

どっちにしろ からだの向きを変える
 という 円を描ける行為 があるのですから
それを 問題が増える、課題が増えるのに
 小さな筋肉の腕で 二度手間にする必要はないのです。


コチラをご覧ください

一般的に行われる フェースローテーションに相当するコトを
からだの回転を主に行っています。
 からだの回転で行っているが故に、
ハンドターンで行うより弧は大きくなりますし、
ロフト変化やフェースの向き変化、入射角度変化が緩やかなので
当然、安定し易いですし、距離も出せます。
それを実行できるのは 開く、フェースが開いてしまう動き を
スイング動作の中に入れていないコト に尽きます。

フェースを開く と言う余計なコトをしたお陰で
 フェースを閉じる という、
ただ閉じれば良いで済まない難しい更なる余計なコト を
 一番スピードの乗せたい、短時間の間に行わなければならなくなるのです。

既に フェースローテーションで打てている〜治したい人 にとっては
 新たな課題 ではありますが、
ゴルフを始める 真っ白な人には どちらが良いか 明白だと思います。


どういうイメージか、 を解説すると
基本、からだの向きの変更と左腕(特に上腕)は.罐縫奪函,任后
これから トライ、もしくはフェースローテーションを改善したい人にとっては
左上腕で からだの向きの変更 をコントロールするような 感じになり、
そのタイミングや方向は 左上腕を先導さんにして行う感じです。
フェースローテーションのないゴルフスイング_Moment(4)

ゆるゆる にする とまでは言いませんが、
ヘッドの重さは 無視、
グリップは動かす、けれど ヘッドは
左腕〜左半身、からだの回転は担当外 です。

放っておくと 運動が加わり、腕やクラブは重くなり、
グリップが遅れてしまい…そうです。
グリップが遅れれば、
グリップがからだの進行から遅れ、からだの右外(右打ち)に出てしまえば
ロフトは開き、フェースローテーションが必要になります。

ですので、右手 で
斜めに傾いた軌道通り、重くなり 膨らみそうなコトも加味し、
軌道に対し 常時垂直に、
トップの位置では 真下(やや左) にやや近い感じ でしょうか、
手のひらで押してあげ、
その遅れを食い止める と感じです。


ここで気付く方もいらっしゃるかもしれませんが、
言葉では「からだの向きの変更で打つ」と分かっていても、
フェースローテーションをする方は
右手、右腕、右半身にかかる重さを 右腕で打つ、叩きます。
「からだの向きの変更で打つ」のは
 その叩くのは 言葉の通り、からだの回転です。
 つまり 叩くに相当する 重さをどかすのは からだ です。

チカラが入らない というコトを感じる方は
 右腕に関連した その重さ を 振る充実感、打つ満足感
と思っているフシが見られますが、
それは ほぼありません。

腕に比べ、からだは筋肉も大きく、鈍感なので
 その実感は 非常にぼやけており、
無いに等しいほどの 労力感 と言えます。

遅れそうになる 腕やクラブの重さを 押す
サポートして、からだの回転から外れないようにするのが
右腕、右手の役割で
 右手で打ちたい人にとっては満足感は得られないかも知れません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



さて…待って頂いた方には
 やっと本題かよ、って怒られるかも知れませんが、
いよいよ 本題の
 「腕さばきでからだの回転を覚える」
 「からだの回転と同調出来るクラブさばき」
 です。



まず 【 これは…ね… 】 の方から。
腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment
腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment1
腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment2

多くのゴルファーは
両手を離して持った素振り ではこうすると思います。
こう教えるレッスンも存在します。

これでは からだの向きの変更、
 からだの回転は活きません。
からだの回転 と クラブの、シャフトの回転(角角度運動)が同調しません。

逆に からだを止めないと これをするコトが出来ません。

動作として これを手の返し、フェースローテーション、ヘッドターン と呼ぶそうです。

見ての通り、
ヘッドがグリップを追い越した後、
左腕の長さに苦労します。
 長さが邪魔なんです。

ですので 左肩が妙に高くなる、
 左腕が抜けます(
短くする必要があります) 



この腕、手でのクラブさばきは
主に ロフトを寝かしてインパクトする傾向が非常に強く、
  
  (・・・・・・どうしてもそうなっちゃいます。)
ティーアップし、空中にあるボールを打つドライバー専用の
打ち方 と言ってもよく、
地面にあるボール
奥行きの有るクラブ(フェアウェイウッド)
大きなヘッド
重いヘッド
柔らかいシャフト
重心距離、重心深度、慣性モーメントの高いモノ 

その どれもが苦手になるパターン です。

遊びで ロブショット〜だるま落とし に挑戦すると分かりますが、
よほど 手慣れていない限り、
 ロフトを寝かしたショットは 
 ボール付近の潜り抜けスピード が必要になります。
アプローチの場合、距離の制限があるのに
 スピードが必要になる という 全く矛盾した状況になる訳です。

同時に ロフトを寝かす というコトは
 バンスを増やす、バンス角度を増やす というコトですし、
ロフトを寝かせば、歯(リーディングエッジ)も より前に出ます。

アプローチはほぼ全部と言っても良いほど、
平らではないトコロから、制限された距離を
 速いスピード(潜り抜けのスピード)で打つ訳です。
✋そのバンスとリーディングエッジの条件を付帯して。

肘や手首、腰や肩などへの負担も大きいです。
絶対的に練習頻度、練習量が必要な打ち方
 になるので、アマチュア向け ではないのです。


ものすごい練習頻度の トーナメントプロ ですら
小さなアプローチの スピン量、打ち出し角度は
思っているほど 揃ってはいません。
勿論、アマチュアよりは格段に 幅は狭いですが…。
ショット練習の 6割以上を超える時間を
 アプローチに費やすプロ…ですら、です。

ロフトの変化も激しく
入射角度の変化も激しい
それに伴い フェースの向きも動く
そして 距離調整が難しい
 という アプローチが上手くなり難い 打撃法を
 ドライバーの為だけに 構築するのは賛成出来ません。
アマチュアにとっては、
 その犠牲を払ってまで 飛ぶ訳 ではないですから。


もう一度ご覧ください。
特にココです。
腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment1腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment2





からだの動き、
手さばきを除いて
ここで、ここから先 ヘッドを円に、こう振りたいのなら
からだをまわせば良いだけです。
その方が、ロフト変化も、フェースの向きの変化も、
入射角度の変化、からだの姿勢の変化
 全てが緩やか、格段に緩やかになります。

両手で持って 正面から左に向けば
手でこねるよりも 当然、スイングの弧も大きくなります。
インパクト以降のフォローの大きさを悩ませる主因は
 ここにあるんですけど…。

からだの回転通り、同期して腕を使ったとしても
 全部が完璧ナンテコトにはなりませんが、
アマチュアを悩ませる 多くの原因は 
この体と同調しない 腕さばき
 から始まると断言出来るほど です。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



からだの回転 と 腕のリリース に
 つながりのあるモノ にする為
…には
スナップショット 7 (2013-07-04 23-37)スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)スナップショット 10 (2013-07-04 23-38)



このようにリリースしたのでは
からだの回転と腕のリリースは途切れてしまいます。


例え 俗に言う スイング軌道に合わせ
それを傾けた…としても
それは ソールで打つ のではないゴルフショットでは
その、からだとのリンクマンである左腕を止め、
それを支点に ヘッドがグリップを追い越す
もう1アクションが必要になる打撃方法 です。
大森201904_Moment大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)












本来は からだの横、左右方向に移動しています。
上記、空手チョップ打法 と同じラインで
正しい リリース をしてみます。
スナップショット 11 (2013-07-04 23-39)スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)スナップショット 13 (2013-07-04 23-39)スナップショット 14 (2013-07-04 23-39)





イメージとしては からだの、この場合は右から左へ
横 横 横 の方がベター ですが、
こう右腕でクラブを押していければ、
左腕は からだの回転通りに逃げていきます。
からだの回転、移動していく方向から 腕が切り離されるコトもなく、
同じ 円を描くのでも
 それはからだの回転で達成可能です。

IMG_0871


✋クラブの構造を考えてみて下さい
スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)スナップショット 9 (2013-07-04 23-38)




ダウンスイング で 描く円
そして クラブの構造 を重ねた時、
どちらが より多くの遠心力を作り出してしまうでしょうか?

そして その遠心力は ボールを目標方向へ飛ばす、
もしくは まだ打撃の前、ですから
 クラブやヘッドをボールの方向へと動かしたい時期 
それに対し、その生まれる遠心力の方向はどうでしょう?

右手を伸ばし クラブをリリースする
それを体に対し 横 方向にした場合でも
勿論、あまり嬉しくない遠心力は生まれますが、
やや斜めとは言え からだに対し 縦方向
クラブで言うところの トゥ〜ヒール方向(ライ方向)に
リリースする方が かなり大きな遠心力などの不可抗力が生まれます。

それは ダウンスイング後半、インパクト直前であれば
目標のボールに対し、必ず手前 に着地点が行くように作用します。
自分の望みのボール位置よりも
 手前にヘッドが行きそう、落ちそう となれば
ダふらないように 伸び上がったり、
ボールを打つチカラでは無い形で
 からだを開いて 落下地点を修正したり
することになります。

(比較)左手ドリル_Moment(4)(比較)左手ドリル_Moment(5)






空手ショップ打法には インパクト直前での

フェースターンもあるので、ヘッドの軌道はそこまで とは異なり
急激に跳ね上がるようになります。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


右利きの右打ちの人が
その強く、器用な右腕を有効に使える方が
覚えるのも楽でしょうし、チカラも使えます。

●右手で叩きつつ、
からだの回転も有効に使う

●からだの回転で打ちつつ、
右腕でも叩く

それは腕の使い方、
 クラブのリリースの仕方によって「可能」です。



◇◇◇ポイントは クラブのリリース…その方向にあります。



クラブは両腕で、両手で持っています。
使いたい腕は 利き腕である右腕 です。
それに対し、左腕はクラブとからだのリンクマン です。

からだの回転には 特定の運動方向があります。
前傾姿勢はありますが、それはからだの横 左右方向 です。


▲▲▲ダウンスイング…でまず 考えてみましょう。

その準備に当たる テークアウェイはそれを元に
 逆の運動方向である というコト、準備であるコト
 を考えていけば良いでしょう。

ダウンスイングで 右腕を使った時、右腕を伸ばそうとした時、
 リンクマンである 左腕が からだの回転の方向
 この場合は 右から左 ですね、
 その方向に 移動される、押される、
 右腕が伸ばされた時、その方向に移動させられる
 ようにしないと 両腕、そしてクラブの移動方向と
 からだの移動方向のつながりが切れてしまいます。

空手チョップ

具体的な動作…で話をすると
 右腕を伸ばそうとした時、
 それによって動かされるクラブ が
 空手チョップ(手刀打ち) をする方向
 クラブが手のひらに対し 親指から小指方向 に
 動かしては クラブ〜腕の動きと
 からだの回転方向との繋がりは切れてしまいます。

 右腕を伸ばした時、伸ばそうとした時、
 その分、左グリップ〜左腕が動かされる(移動させられる)
 ような方向に伸ばさないと、からだとの関係は切れます。
多くの。。。右腕の伸ばし〜クラブのリリース は
 どこかの時点で 左グリップが止まるリリースですので
 これでは からだの回転と腕のリリースが共存できません。


sp4

 例え 腕をねじって それを回転方向とつなげた
 としても その空手チョップリリースでは
 ソールでしか ボールを打てません。
 フェースで打つのには その先 もう1アクション
 その後、フェースターンやローテーション が必要になります。
 それを実行するには 左腕 からだとのリンクマン を
 止めて置く必要が生まれてしまうので
 その ハンドターン、アームアクションと
 からだの回転はつながりを失います。

20200621 編集済み_Moment(6)20200621 編集済み_Moment(7)20200621 編集済み_Moment(8)







からだは止めるつもりはないけれど
ボールを打つコトには直接関与せず、
ヘッドを返す その支点になる左グリップの位置を作るだけ
のからだの回転・体の向きの変更 というコトになります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


手で振る にしても
からだで振る にしても
それは 似たような 円弧 です。


からだで振るならば
 腕の生えている付け根(この場合は肩)だけでなく
 そこから生えた腕も同じように移動します。
  からだと腕が一緒に動く訳です。


「からだで振る」 と言う意識は有っても
 手で振って「しまう」結果が訪れる。
多くの人、ほとんどの人はこのパターンだと思います。
振りたくて 手で振っている訳ではない、
 このパターンが非常に多いのだと思います。


この単純な原因は
 からだの向きを変えた時、
 それと同期する 腕の移動を避けているから です。

変な意味で 「腕は使っては駄目」 と思っている結果が
 腕で振らなければいけない を招いている可能性があるのです。

運動もそうですが、長さも 積算で重さを増やします。
からだの向きを変えたのに 腕の付け根〜肩だけを動かし
腕を、この場合はグリップを置き去りにしてしまうと
結果、腕やクラブの長さは増えてしまい
運動も加わるので 必要以上に重さが増します。
置き去りくん1_Moment

それを後から 腕周りの筋力で取り戻さなければならない
のが 「リキミ」の元だったりする訳です。


で あるのなら
逆に、 先まわりして 回転を促進するため
 左腕を動かし、左半身を動かし、
 その腕さばきによって 回転を促進する
 と言う手もあります。

トップの位置付近では
 左腕(上腕)、左グリップには ダウンスイング〜インパクト方向に
 都合の良い重さが掛かっています。
(かかっているような クラブ位置、クラブ姿勢があれば…ですが)

下げやすい、落とし易い、動かし易い 重さが掛かっている時に
左腕(上腕)、左グリップ を落として、もしくは動かして
 左半身を主とした 向きの変更をする方が良いのか、

ミスターKの法則1_MomentミスターKの法則1_Moment(2)







クラブの重さは無視し、それに耐え、
からだ、そして 腕の付け根だけを動かし、
 後に腕力で腕を振った方がいいのか、

チカラに自信のない人にとっては選択はないような気がします。


 それには 腕でクラブをどう「リリース」するのか
 次第 と思いますし、ここがスイングの原点に成り得ると思います。

 さて 「リリース」とはどうするのか?     …続く

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



カタカナ言葉で言うと「ボディターン」なのですが、
なぜか この言葉が好きになれず…にいます。

なんと言って良いのか、若い人が
難しいカタカナを「ビジネス」で使うような…
そんな、恥ずかしさから30年抜け出せずに居たり…します。

非常にマイナーな存在の ゴルフクラブを扱っているので
ものすごく真面目な 本流本道の話をするのは
なんだか性に合わないのですが、
ゴルフクラブの扱いというか、スイングの誤解があまりにも激しく
それを信じたお陰で からだを痛めてしまうゴルファーが
多いのではないのか と心配です。


なぜ からだの回転で、
正確に言うと からだの向きの変更でクラブを直に動かした方が良い か
というと、
スイングは傍目からは円を描いて見えます。
その 少し斜めに傾いた円軌道を描くのなら
ハンドターンではなく、からだの方がモーメントが高く、安定度は上がります。
どの道、からだは向きを変えるのですから
 その大きなモノにやらせた方が楽?でしょ?!


クラブに近い 腕や手回りに頼ると
そこは小さな筋肉ですから、疲労にも弱く、
 クラブの重さに負けやすい、影響を受け易い、です。 
大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)









あと 本質的に ゴルフクラブは構造上、
動かせば動かすほど、特にヘッド部分ですけれど
ロフトが増えた状態で当たり易くなり、
多くの方が経験していると思いますが、
飛ばない弱い球は 高くなり易く
飛ぶ強い球は それに比べるとやや低め です。

加齢が進み、体力が落ちてきたり、女性の場合は
高い球の方が飛ぶ と言うのも無くはありませんが、
一般論として 『無駄に』高い球は飛びません。


93443e97少々 オーバーな比較例ですが、IMG_0524
←このような状態でインパクトするのと
蕕里茲Δ幣態でインパクトするのでは→
当然、茲両態の方が距離が出易く
同じヘッドスピードなら
アイアンで言うと 2番手から3番手分の
距離差が生まれます。

逆に言うと 双方が同じ距離を打つ と仮定すると
ロフトの寝た方は ヘッドスピードが5ms近く高くないと
同じ距離にはならない というコトになります。

多くのゴルファーが目指しているのはソッチ です。


多いロフトを より速いスピードで飛ばす
右利きの人が右打ちをする場合、
右腕でさばく というか、人によっては「右手でしばく」「叩く」
その快感から逃れられない というのは
理解は出来るのですが、
正直、あまり効率の良い方法とは言い切れません。


まあ それはそれで「お好み」次第ではありますが、
ゴルフクラブにはロフトの他に 方向を決める角度もありますし、
当たりの厚さ、薄さ(ダフリ・トップ)もありますから
飛距離は重要でも、そればかりを優先させるわけにはイキマセン。


理想論ではありますが、
出来るだけ 速くない速度で 満足いく距離が打て、
さらに 方向や安定度、繰り返し性能が高い
というのが 望むべきゴルフスイング だと思うのですが、
ハンドターンで その『円』を描いていると
それを実現するのはかなり難しい(無理とは言いませんが)
と思います。

どの道 からだは回す というか、向きを変えるのですから
それにやらせてしまえるモノは やらせてしまって方が
腕の仕事は減るので 都合が良いと思うのですが…。
腕の仕事が減ると 満足感が得られないという人が多いのも確か…です。



で そのからだの向きの変更で直にクラブを動かす というのは
ものすごく 意識して『体を回す』、一生懸命『からだを回す』コト
とは異なります。
それが ちゃんと出来た時は
 からだを自分で回した、向きを変えた感覚は『ありません』。

脚も使わない訳ではないですが、どちらかと言うと
手さばき、ハンドターンではない手さばき で
覚えた方が簡単かな? と思います。

ハミングバードでは「刷毛塗」とか呼んでますが、
両手さばきで からだの回転を掴んでしまいましょう。

          →つづきます

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



手打ち、フェースローテーション、ヘッドの返し
ヘッドはグリップを追い抜く  などを

やりたくないのに してしまう要因は

ダウンスイング以降 で
左サイドを動かす、廻しているのに
一番肝心な 左腕を取り残してい待っているコト
 から
始まります。
(クラブや左腕をわざと残す と言う選択もありますが…)

ミスターKの法則1_Moment(2)ミスターKの法則1_Moment







『からだの向きを変える』のは
からだの周りで クラブを持った腕 を動かし、
グリップを移動させ、
結果、ボールを打つため ヘッドを移動させるコト です。

にもかかわらず
ダウンスイング以降の進行方向 の先頭にいる
左腕の付け根 だけを動かし
左腕をその移動に伴っていない 『から』
あとあと 腕を動かさなくてはならなくなる、
腕さばきだけで打たなければならない、のです。

勿論、その 左腕の付け根は動かしても
左腕を動かさない にも理由があるでしょう。
それは おそらく 長年培った
 ヘッドを振らなければいけない
 ヘッドはたくさん、そして 速く動かなければならない
 ヘッドの軌跡は丸く振る
 ヘッドはグリップを追い越す

という 正しくもアリ、間違ってもいる
微妙な基礎意識の蓄積にあり、
その意識変革が無い限り、技術で補うのは無理があります。

無理やり 理屈で解決するとするならば
 ダウンスイング、そして それ以降、
左サイドを動かした時、そこから生えている左腕
特に左上腕や左ひじ を伴った方が、
逆に左上腕や左ひじ 向きの変更を造った方が
圧倒的に からだにも楽ですし、
 動作も単純化、一本化出来ます



からだは回すのに 左腕を遅らせて
挙句、その腕を元に戻して・・・
遅れたヘッド、開いたヘッド、
グリップに対し、遅れたヘッドを元に戻す・・・
と苦労も動作もタイミングの微妙さも伴うのに
得られる結果は 「元に戻して」 なのです。
それ以上では無い というコト です。

その動作の 充実感、筋肉のきしみや関節のきしみ
その満足感が重要…であるのなら
  『お好きにどうぞ』  としか言いようがありません。



ショット、打撃は 利き腕で叩く
それは否定しません。否定しませんが、
からだの向きの変更という
 スイングの中で 一番モーメントの高い
 一番 衝突の衝撃に強いモノを使わない、使えない
利き腕の叩き は よろしくないでしょう

振り子のアプローチ_Moment(3)

利き腕で叩く のなら
からだの向きの変更 と同時に
そっちに任せられる仕事は モーメントの大きい体に任せて
必要最低限、出来るだけ少ない 効率の良い利き腕の使い方
そして そのタイミングやその空間 を覚えた方が
良いのではないでしょうか?

そう言う意味で 何日か前の
ダウンスイングは
 左腕、左上腕を遅らせないで
 逆に 左上腕や左ひじの誘導で 左サイドを
 右軸で動かす感覚 というのは
その為の ステップとしてとても有効だと思いますよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転、というと
からだをまわそう、まわそう としてしまう と思いますが、
確かに 打撃の主エンジンを 『からだの向きの変更』で行う のは
行うのですが、スピードが上がった としても
適切なロフトで打てなければ意味がありません。

gaikotsu-612x612
先日も書きましたが、
からだの回転 〜と言うよりは やはり
 「からだの向きの変更」  なのです。

その基本にあるのが
 クラブを持つ 👉腕の付け根
 からだを支える 👉脚の付け根

肩の部分と股関節 の 胴体の四隅 が
 望ましい位置や姿勢になるコト です。

それには コツ ではありませんが、ヒント があります。

からだ、この場合は胴体ですね、
からだや脚の動きの多くは
 自分が壊れないよう防御の反応が強いモノで
  それは瞬時の反射行為に近い のだと思います。


ちょっと間接
(ギャグではありません)的ではありますが
からだを適切な場所、適切な姿勢に保つのに
四肢、特に ひじ〜両方の肘の関係 をイメージしてください。
そして 両方の手の甲、平の向き と言うのも大切です。


両方の肘の関係が 次の時間、
 すぐ先の未来のからだの姿勢を造ります。


ゴルフスイングにおいての 右を向いている期間には
☑テークアウェイ時の「行きの右向き」 と
☑ダウンスイング時の「帰りの右向き」
があります。
✋ゴルフスイングには前傾姿勢があるので
どちらも右向き時でも 左サイドの方が右サイドよりも低く
右サイドは左サイドよりも高い、位置関係
にあります。

ですので その位置関係、両方の肘の位置関係を
意識する というコトが からだの姿勢を作るコト に相当します。

👑👑👑ダウンスイング には 時間の制限、約束の期日 がありますので
あまりに時間が掛かると 右向きの時間が終わってしまい
左向き ~左サイドの方が高い時間に 入ってしまうことはお忘れずに。


そして その両方の肘の関係は
からだに対する 手の甲、手のひらの向き の関係してきます。
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

クラブを持たず、前倣え(マエナラエ)をしたまま
右向きを作ると 茲亮蠅旅辰蓮〜扱校兩なりにやや地面を向きます。
ダウンスイングも同じです。
それが 基本の「スクエア」な状態 です。
✋自分の胴体に対してはスクエア ですが、
 地面に対しては ややシャットな状態 となります。

前傾姿勢 もしくは 少し角度は違いますが
スイング軌道に近い モノに対し 手の甲は垂直な関係 です。 

その左手の甲が
右向きの時間、テークアウェイでも、ダウンスイングでも
空を向いたような スイング軌道を手の甲や手のひら でなぞるように
動かして来たら 両方の肘の関係はどうなるでしょう。。。
そして それによって からだの姿勢はどうなるでしょう。。。

スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)





からだの向きの変更
その方向性は からだ!ソノモノでは無く
四肢、特に 両方の肘の関係、
そして 手の甲や平の向きで形成する方が簡単です✊


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


『記憶にございません』
う〜ん ホント、どんなだったか記憶にないのです。

ゴルフスイングを覚えていく過程の中で
 【ダフリ-トップ対策】 をした方もいると思うのですが…
それは もしかすると 本能的なモノで
結果、としては悪手なのかもしれません。

ユーチューブなどの ゴルフスイングを見ると
切り返しからダウンスイングの初期で
先日の記事 http://hbs.livedoor.blog/archives/1998488.html の
左腕〜左上腕〜左グリップを置き去りにするケースを
かなり多く見かけます。
💦そもそも テークバックの時点で
左腕だけを動かしてする場合が一番顕著ですが…。
スイング ココを治そう❶_Moment


ご本人の意志、例えば スイングの『タメ』とか
で行っている場合もあるでしょうし、
ダウンスイングを動き始めた時の
クラブの慣性などで 左腕が取り残されてしまうケースも
あるでしょう。

お題とは直接関係にありませんが、
腕も含めたクラブの重さは
トップの位置では左腕に多くかかっています。
その重さは 👉縦(重力)方向にかかるチカラ ですので
スイングの機構上、前傾姿勢があり
スイング自体は斜めに進行していくので
重さ通りに下げれば それには 横方向も混じります。
重さ…を横に引っ張って行こう とすると渋滞発生です。


それはさておき、
ミスターKの法則1_Moment置き去りくん1_Moment








左腕…左上腕を「置き去り」にした ダウンスイング を見ると
この二つは 同じボールの置き位置 (左〜右方向)
なのか と思います。
茲亮命燭任蓮〆限かかと付近 にボールを置いている
そこら辺のボールを「打とうとしている」ように見えます。
蕕亮命燭任蓮〆限かかと付近 のボールを打つには
あまりに からだが上を向いており、
かなり 上げ軌道に入ってからでしか 届かないように見えます。
ボールをかなり右側に置きたく…なるのでないでしょうか
藜命燭鮓る限り、右足かかと とは言わないまでも
右ひざの前に置いたボールを「打とうとしている」ように見えます。 

左足(靴)寄りのボールを打つのだと
どうしても 「ダフリ気味」「噛み気味」、
フェアウェイウッドなどでは ダフリチョロ になる可能性も
かなり高いでしょう。
 👉問題は 左腕(上腕)の取り残し…です。
その課題を無視して ダフリ対策 をするとなると
からだを開いて 両靴に対する からだの位置調整 を
本能的にする可能性があります。

左腕に対し、先走ってしまう左サイドのせいで
左右の肩の高さが合わず、左サイドを止める必要・・・
最悪 ボールに届かなく、もしくは 届きすぎてしまう・・・
「それを左サイドの壁」と勘違いして
スイングを造ってしまう例も少なくないでしょう。


それらが 手でスイングしてしまう
ヘッドの返し、フェースローテーションを多用する人の
特徴的な動き  〜〜左腰の動き です。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(2)置き去り君_Moment








クラブを取り残され からだの右側に重さが掛かるから
ローテーションするためには 一度、フェースを開かなくてはならず
 フェースを開く ⇒ クラブを寝かす
 ⇒クラブを横方向に長く使うので やはり右に重さがかかる 
等々ありますが、
からだを開かないと ボールの位置とスイングの最下点が
合わなくなってしまう・・・
これをたくさんの球数・練習に寄って
  作り出している可能性が否めません。
 👉問題は 左腕(上腕)の取り残しなのに…です。

切り返し ダウンスイングでの左上腕の取り残し は
かくも沢山の問題を生み出します。
スイングの 治すべき一つの課題 と言って良いほど です。

まずは 小さなアプローチから始め
     早期、治療をお薦めいたします✋✋✋


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長 様

 

✋質問です。
 (参考になる 回答は明日以降になります)

 過日、指導いただきにお邪魔する前のスイングイメージです
(図1)

トップで体の右側に上がったグリップを、
ダウンとともに左下に下げ、
左前腕とシャフトにできた くの字を保ったまま打っていく。
トップの位置は高くてシャフトも立っていますが、
インパクト位置までのシャフトが通る面を
グリップ先行で立体的になぞっていくイメージです。

 

 

図1


 


 腕だけの動きに着目すれば、
図2のようになり、これが刷毛塗りかなと。


 この打法は、タイミングが合えば上から打っている感もあるし、
インパクトに力感(充実感)もあり、
飛距離も普通に出るので、これで練習していました。


 ただ、練習の割に思うほど安定性が向上しないし、
フォローのヘッドの上がり方が諸先輩方の動画のように
「飛球線に沿って上がっていく」にはどうしてもならないので、
虎の穴訪問を決意しました。


図2 (002)
 

 

 何発か見てもらった後、店長の一言。
「やっとスタートラインに立った感じだね」

 正解ではないらしい。
そして指導されるダウンは、やはり飛球線に平行にシャフトを抜いていく形
(図3)。


図3 (002)


 今まで何度か(たぶん3度目)言われてきたのにも関わらず、
なぜこの形を断念してきたかというと、
次のような違和感を解消できなかったからです。

 

 ☑左上腕を体の後方に極端に引く感じで、
グリップ位置が下がらない。よって、インパクトでヘッドが届く気がしない。

 ☑上腕の体後方への上昇に伴いグリップが
後方に上がっていくように感じられ、
上から打つとは真逆のすくい打ち的なコンタクトを予感させられる。

 ☑なんとかボールに当たっても全く力感がなく、
この先突き詰めていってもコースで求められる飛距離が
出るようになるとはとても思えない。

 ☑クラブが体に近くて腕がのびのび出来ない
(まあ振っちゃいけないのは頭では分かってるけど)。

    

 この形を守ったまま、
届いてきちんとヒットしていくには
どうしたらいいかを考えてみました。


 シャフトを体の近く(肩の真下くらい)を通したまま、
クラブ全体を地面に近くまで下ろすこと。
そして右の手の平が、
図4の中間形ではアドレス時の正面側(かやや下向き)なのを、
インパクト付近では完全に地面に向くように、
右腕を伸ばして上からシャフト全体に乗りかかる
(これが押さえつける?)ようにしていくこと、
が必要ではないかと思われます。


 そのためには、6月4日の記事「どうせ 手で振るなら」にあるように、
参照 ⇒ http://hbs.livedoor.blog/archives/1997820.html


ヘッドではなくグリップを下げること、
右肩の高さを使って乗りかかるようにすること、
特にグリップが下がってから
右肩の高さを使うという順序が必要なのではないかと思った次第です。

 

 このような理解のもとで練習に励んでよろしいでしょうか?

 

 

 

図4 (002)

 

ちなみに、絵を描いていて思ったのですが、

自分のスイングでは、
図の形よりも左上腕をインパクトに向けて体に引きつけてしまう
(=左脇の下を締めてしまう)癖があることに気づきました
(確か虎の穴でも指摘されていて、
その時はよく意味が分からなかったが、
破線の方向に上腕を作図しようとして誤りに気づいた)。
さらにそこから左肩を引いて横向きになっているシャフトを
縦に直して、ヘッドをボールに届かせているに違いないと思いました。


果たして、これから進化していけるのやら、目下悶絶中です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック






溜め〜タメ は
何かに対して、何かを遅らす など
比較できる 二つ(以上)の対象物がある場合 に使われる言葉です。
その二つのモノ、の位置のズレ、もしくは時期のズレ
 が良いニュアンスで使われるモノ です。


ゴルフのスイングにおいて
「タメ」が考えられる対象物は
❶からだ(からだの回転)
❷グリップ
❸へっど(もしくは総称してゴルフクラブ
) の 三つと考えられます。

❶のからだに対し ❷のグリップが遅れた場合、
先日の記事の通り、
👉 http://hbs.livedoor.blog/archives/1998120.html
ゴルフクラブは ロフトもフェースも開いてしまうので
その遅れを取り戻す~元に戻すための作業は
とても煩雑で、すべて人力です。
そして、その作業の是非 によって
 距離も方向も弾道も決まってしまう という
非常にシビアなモノになります。

❶のからだに対し、❸のヘッド(ゴルフクラブ)が遅れる は
❶のからだに対し ❷が遅れないという前提の上で
❷のグリップに対し、❸のヘッドが遅れると同意語で
これは フェースはアドレスの状態と似たような状態
 ロフトは遅れた分〜立ち
 になるので
その遅れのまま、そのズレのまま
からだを、からだの回転でグリップを動かせば 打つコトが出来ます。
      
   👇このスイング比較をご覧下さい


茲離好ぅ鵐阿賄儀薪な
❶のからだに対し、❷のグリップも、❸のヘッドも
強烈に遅れたスイングで、結果として、
その遅れを「手振り」で解決?、補正してボールを打っています。

この場合の遅れは そのままロフトの開き、フェースの開き です。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment

左のスイング、このスイングをした時は意識していない と
思いますが、このスイングが形成される段階のどこかで
「タメ」を作るコトを意識している可能性が高いスイングです。

溜めという偽名の遅れを
あとからバタバタ修復する訳ですから
それは まるで 掃除するために散らかしたみたいな…

ロフトが開いている 溜め 〜実際には遅れ…ですが
からだに対し、腕が遅れ、グリップが遅れ、ヘッドが遅れ…
そうなると それらの重さがからだにかかり
●なんとなく チカラの入ったような力感
●飛ばせるような力感(りきかん)

 👉実態は単なる リキミ なんですけれど…
インパクト直前に腕を振る 力感 も加わり
チカラが入ったような気がするので 悪い意味で覚えやすい動き と言えます。

一方、
蕕離好ぅ鵐阿蓮仝た目も含め 力感がぐっと少なくなっています。
蕕離好ぅ鵐阿鉾罎戮襪函´茲離好ぅ鵐阿諒がバタバタ 煩雑な感じがし、
結果として からだの周り方もずいぶんと違ったモノ になっていますね。
スイングにとって 「タメ」を意識するべきか、どうか となると
ハミングバードとしては 意識する必要はないのでは…と思いますが、
結果論としては、蕕離好ぅ鵐阿諒がタメがあるスイングと言えるでしょう。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(2)


茲離好ぅ鵐阿蓮‘阿〜どうのこうの よりも
根本的に、腕を振ってボールを打つコト を念頭に置いています。
(巷ではそれを フェースローテーションとか、ヘッドの返しと呼んでいます)
それをしている時は それに気づかないのが辛いトコロ なんですが、
腕を振るための準備としてのテークアウェイ
腕を振るためのダウンスイング です。

蕕離好ぅ鵐阿
からだが回れば 腕の付け根は当然、動きますが、
運動が加わった状態では 腕もクラブも、特に先端のヘッドも
重さを増しますから、遅れて 開いてしまいます。
そうならない為に からだの回転に「付かせて」上げる補正 が
腕の仕事 と言う感じに変わりました。

腕、グリップが からだから遅れる と
その重さは ダウンスイング以降、右半身にかかります。
よって 意識はしていなくとも、
そうするつもりは毛頭なくとも、
左半身が先に動き、のちに右半身…と言う風に
回転が 左半身と右半身でバラバラ 
ズレた時間に回転する感じになる訳です。

 ✋からだの回転に対し、遅れないよう「付かせてあげる補正」を
 ハミングバードでは 刷毛塗の手使いと呼んでいます。

からだの回転に対し グリップを遅らせない
⇒ヘッドの重みはヘッドは遅れる
⇒ロフトの立ち
この流れであれば 自動的に発生する 遅れ〜タメ は
そのままにして、そのまま打ちます。

一方、ロフトの開き、フェースの開きになる「タメ」 ←濁点付けたい!
は 必ず テークアウェイや切り返しで 意図的に、人為的に作られます。
取り返さなければいけないタメ、
元に戻さねばならないタメ、
打ち手本人の充実感などの自己満足以外、満たすことは殆どありません。



ミスターKの法則1_MomentミスターKの法則1_Moment(2)









✋✋✋ココでの大変〜重要なポイントが もう一つ あるのですが、
(みそ汁の味噌に匹敵する部分です)
それに付いては 次回のゴルフスイングセミナーにて 公開致します。
(ブログには記載しません)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


パッティングやごくごく短い距離のランニングアプローチ
などを 刷毛塗 で 行うのは問題ない、と思います。
問題ないとは思いますが、 刷毛塗も含めて
クラブを動かす腕さばきの基本は
 からだを回す、からだの向きを変える『移動』
スイング用語で言う 軌道の中にあり、
からだの周りでクラブを動かさせるため
 のモノ です。

リリース〜刷毛塗_Moment(2)リリース〜刷毛塗_Moment






言葉遊びに聞こえるかも知れませんが、
腕を使うことによって
 クラブがからだの回転通りに動くよう
 動かさない為に動かす
(後ほど解説します) と言う前提で
刷毛塗のパッティングやアプローチをして頂きたいと思います。


パッティングやアプローチなどを見ていると
まず 手で、この場合ですと 刷毛塗 出来る量
というのは かなり少ない量です。
切り返し〜トップの位置から 打ち終わるまで で
 右胸から左胸 のおおよそ30〜40cm程度 です。

 それ以上はからだの回転。

からだを回す と言う前提の元で言えば
からだを回すと
⇒クラブを持った腕の付け根が移動します
⇒それによって グリップの位置も移動します

✋クラブヘッドの重さによって ヘッド。。。
 そして 腕やクラブの重さによって グリップまでもが
 その運動量分、遅れようとしますが
 それを ヘッドの遅れ
 〜ロフトの立ち
 だけに押さえ、グリップと腕は遅れさせない
 からだの回転通りに腕とグリップは移動させる
その補足の為 刷毛塗で軌道上
、押します。

よって 傍から見ている人にとっては
からだの回転だけ、腕は何もしていないように見える
というのが 刷毛塗の役割で
からだの回転が入った時、腕はあたかも
  なにもしていないように「見える」モノ
 です。

リリース〜刷毛塗_Moment(4)


それを基本に、刷毛塗だけのアプローチ をする際
多く見られるミス が
量が多すぎるせいなのか、
速く?、強く 右腕(利き腕)、利き肘を動かそう、伸ばそうとしているせい
なのか 肘さばきではなく、肩が動いてしまっており、
実際の肘さばきが 後半に入ってしまっています。

✋意識的な 腕、もしくは肘を動かし始めるには
 体の大きな動き は止まらなければなりませんから
●切り返しの時のからだが止まった時か
●ダウンスイング後半、インパクト付近でからだを止める時か
 のいずれか になってしまいますので
 「動かし始め」は 肩 や からだの回転の前がベターです。

スイングの中では クラブの重さがかかるので
伸ばすや押す よりも その重さに落ちる、解く という
受け身でのスタートがベターです。
V字を維持してみよう 縦編_Moment

刷毛塗のアプローチの場合、
右腕の伸ばし よりも 
クラブも含めた腕の重さを利用した
 👉左上腕の「動き出し始め」 の方がベターだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020-05-24_18-30-07_Moment2020-05-24_18-30-07_Moment(2)




インパクトを 主にからだの回転で行うために
手使いは「刷毛塗を‼」というのがハミングバードの考え です。

一般的な手使いは
ダウンスイング、時としてテークアウェイも、ですが、
からだを先に回して、後から手で振ります。
ダウンスイングの後半が インパクト…にかかる訳ですが、
どの道、手で振るのなら
 その順序を【逆に】してしまえば 良いのでは…、と思うのです。

ハンドターンVSぼでいたーん1_Moment(2)


例えば、刷毛塗で
からだに沿って 〜体の平行に
グリップを右から左に押した としても
ゴルフスイングは 時間によって 傾きがあるので
右を向いている内は
からだに沿って 横に押しても それに下 が含まれます。
高さを消せるのです。
それを行うタイミングが 別な、遅くなれば
その非常に有難い副作用の効果は薄れ、
(副作用・・・とは言っても 前傾姿勢の本意はそこにあるかも です)
インパクト付近に近づくほどに
からだに沿って 横に押すと それに上 が含まれるようになります。

通常、インパクト付近の手振りには
キャスト と言って ヘッドを下に振ろうとする動作が
非常に多く含まれる訳ですが、
この手のスイングの悩み…この場合の『キャスト』
下に振る動作 は 意識して消す、無くすようにするのではなく
しなくても良い環境、する必要の無い環境を作る方がベターです


低さが十分でない ダウンスイングであれば
「キャスト」を無くしたら 届かない…から辞められません。
多くの場合、そのキャスト にはヘッドターンが含まれているから
余計、辞めるコトが出来ません。

☑インパクトに向けての『低さ』は
 ヘッドの低さ ではなく、グリップの低さ と考えられると良い です。


キャスト…が行われる場合の殆ど は
低さが十分でないから の可能性があります。
一般的に 考えると 低さが十分でない 場合、
更にヘッドを届かせようとする のですが、
からだがボールに近い、もしくは、低い があれば
それで補うコトが可能になります。
V字を維持してみよう 上編_Moment

✋ダウンスイングの後半 に からだの回転が残っていれば
からだの回転で 低さを補うチャンスが生まれます。
からだの回転も今までとは違うモノになるでしょう。


✊右を向いている内に、
 ダウンスイングの一番始めに…
 右向きをロックした状態で
 まずは 刷毛塗リリース を試みてみるのがいいでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



実際に、手打ちでアプローチなり、軽いショットをしてみると
からだの回転で打つのとは いろいろと異なってきます。

まず、やはり 手順が異なります。
うーん 手順が異なる と言って良いのか
 手順が必要 と言って良いのか・・・。
リリース〜刷毛塗_Moment

からだの回転で打つとなると
ダウンスイング…
 時間の区分、スイングの区分と言う意味でのダウンスイングになると
 ダウンスイングという今度は動作ですが、
それそのものが打撃です。

左腕を下げる というか 落とす というか
左半身と一体の動きですが、それソノモノが打撃で
比較をすると インパクトまでの時間は半分位な感じです。


一方、インパクト直前に 腕を伸ばして
 右手首の スナップアングルを失う形の 解放型リリース をするため には
一度、先にからだを 特に足、または腰をまわす、
上半身の上部、胸や肩、腕やクラブを置き去りにして
足〜腰を動かし、少しボールとの距離感を詰めてから
解放リリースをする手順になってきます。
 インパクトまでの時間 としては 倍 位、長く感じます。
リリース〜刷毛塗_Moment(5)

まあ これは物理的な差 ですが、
からだの回転で打つ場合、右手のスナップアングル
もしくは 左手首が手のひら側に少し折れているような状態で
インパクトを迎えているので
肩からクラブヘッドまでが 途中、手首で折れていますから
一直線 程の長さがありません。
ですので、からだ全体、特に 左サイドが
ボール方向 と 飛球線方向の それこそ シャンク方向に
近づいて行かないと 届きません。

一方、解放型のリリースは、
肩からヘッドまで 一直線 、最大の長さになりますので
逆に そのスペースを確保しておかないと、
手前をダふったり、シャンクになってしまいます。
よって ボールや飛球線方向から 離れながら
インパクトを迎えないといけません。


からだの回転で打つ【まわりかた】で 解放型リリースも
解放型リリースで打つ【まわりかた】で からだの回転で打つ
も 双方上手く行きません。



両方やってみると 感じるのですが、
からだの回転で打つ【まわりかた】は ダウンスイングの後半、
インパクトに近づいていく時、
からだの回転が、体さばきでボールに近づく感じ です。
からだの回転は、最後まで間断なく行っている、動いている感じです。
リリース〜刷毛塗_Moment(4)

一方、解放型リリース(キャスティング)の場合、
ダウンスイングの後半、インパクトに近づく段階で
手さばき、リリースさばき、つまり 腕さばきで ボールに近づく 感じ
なので、逆にからだはある程度止めて置かないと 繰り返せません。

これを試していて 一番感じるのは
解放型リリース【手打ち、キャスティング】をする時、
左サイド、特に左肩の低さ が非常に邪魔で
左肩が上か、どこかにどいてくれないと
詰まってしまう感じがして 概ね、手前をダふります。

からだの回転は止めないと 解放型リリースは出来ない のに
左肩は逃げないと ヘッドの抜けどころ、腕やクラブの逃げ道が
なくなってしまう 前門の虎後門の狼 状態です


まだ、遅めの速度でやっているから 良いですが、
これを強いショット、もしくは 距離コントロール するとなると
それに応じた 左肩、左サイドの逃げ(特に上方向へ) は
傾斜や強弱の必要な現場では とても難易度が高いのではないでしょうか



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



実際にからだ…ではなく、からだを使わず
手で振ってみましょう。

そうするコトによって、逆にからだでクラブを動かすコトも
理解できるようになるかも知れませんし、
あ、私、手で振ってるわ〜 って認識できるかも知れません。

✋小さなショット ウエッヂで 30ヤード位を打つ距離感で十分 です。

スイング ココを治そう❶_Moment


手で振る第一条件とは
『手で』上げる、『手で』テークアウェイを取るコト から始まります。

アドレスがあって、
本来、からだの向き、お腹(おへそ)の向きが 右を向く(右打ち)分、
グリップは インサイドに、ボールから離れるように移動します。
からだの向きを意識的に行うと
右を向き始めても、お腹はやや下向きな感じ です。

200811__Moment(3)


『手で』上げる
その行為を 全部、左腕でやるコトに為ります。
ラヂオ体操や仮面ライダーの変身のように
前ナラエの関係であった左腕と胴体、
その左腕が胸にくっついていくような、 そんな感じです。
(左胸にポケットが合って 卵を入れていたら 潰す ような…。)

手や腕、この場合は 左腕に該当しますが、
手で上げると お腹は空を向き始めます。
(逆ピボット、からだが反って、体重が左に乗ってしまうパターンです)



ヘッドを振る感じになりますので、
その遠心力によって グリップは一度、からだから離れ
ヘッドがグリップを追い越すと 今度は急激にインに入り込みます。

葛谷 2017-2020_Moment


✋テークアウェイであっても、ダウンスイングであっても
 『手で振る』というのは
グリップの移動よりも ヘッドの移動の方が多いコト を指します。


👉ココの部分を勘違いしている人が多いのですが、
スイング全体では 確かにスイングは円弧を描きます。
しかし、それは からだの向きを変える という支点運動によって
生まれるのであって、 手や腕はそれとは直接関係にありません。

☑円運動だから 外周に位置するヘッドはたくさん動く

それ自体は間違いではないですが、
それは からだの回転、胴体の向きの変更 によってもたらされます

手や腕の働き、では グリップの移動分だけしかヘッドは動かない、
厳密に言えば、ヘッドの重さ分、ヘッドの方が少なく移動するのです。

そこの部分を『ごっちゃ』にして スイングを考えている人が
多いのではないか、と思うのです


『スイングは円運動だから... 。』
『ヘッドは円を描くように…。』
そう信じているが故に、手や腕さばきでも
 ヘッドの方をたくさん動かすと思っている人が多い気がします。

✋手で、腕で、ヘッドの方が 『多く』『たくさん』『速く』動かそう
 とした瞬間、からだの仕事は奪われてしまいます。
 手で、腕で、円運動を一瞬! 少しでもしか瞬間に
 その後は 手で、腕で振らなければならなくなります。
 からだは腕を振るためのきっかけ、 反動発生装置 と化してしまいます。

シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)



✋手で振ってみると感じるかも知れませんが、
 からだ、だけでなく 左腕、右腕も必ず
 どちらかが動いて、どちらかが止まる、
 速く動かす為に どこかが止まる と言う動作が出てきます。

☑テークアウェイが典型的な例 ですが、
 右腕、右半身を止め、左腕、左半身 だけを動かして 上げ、
 先に 腰を切り、左半身の動きの行き止まりを作り(壁 と言うそうです)
 左腕、左半身を止め、右腕、右半身 を使って 下げる
 典型的な アウトサイドイン の動きになります。



本題からは離れてしまいますが、
からだ、であっても、手や腕 であっても
クラブをブランブランにして、グリップを『大きく、速く』動かしている限り、
ヘッドは必ず 遅れます。
グリップの移動分より『多く』『速く』動くことはありません。あり得ません。
上下左右 どちらでも グリップの移動がおさまり、減速、停止した時、
折り返しの時だけ しか ヘッドの方が『多く』『速く』動くことはないのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフで言う リリース
利き腕を使って、クラブを解放するコト ではなく、
からだの回転から離脱しない為 のモノ です。

ゴルフクラブは 長い棒、腕も含めると2mを超えるような
長いモノの先端に 重さである打撃部分があり、
それを からだの回転で 「円を描かせます」。
その過程の中に 打撃 があるので、
放っておくと その打撃部である重さは 運動分、
どんどん 運動の主たるからだの回転から遅れていってしまいます。
ヘッドはグリップを追い越しません!_Moment(2)

ヘッドが遅れるのは ロフトの立ち に出来るので良いですが、
グリップまでも遅れると 今度は一転して ロフトの開き、フェースの開き
になってしまいます。

そうしないように 補助しておくのが 腕の役目で、
クラブを放り投げるのとはかなり異なります。


また 傍目から見た時、
スイングが、ヘッドが円を描くのは
打ち手がからだの向きを変える、からだを回転させるから
、です。

V字を維持してみよう 縦編_MomentV字を維持してみよう 縦編_Moment(2)






スイング動作には 前傾姿勢(股関節を境に骨盤と大腿骨の傾き差)
があるので、その円はボール側が低く、傾いています。
ややこしいトコロではありますが、
打ち手である自分の胴体に対しては 横への移動ですが、
ボールや地面に対しては 斜めの移動 になります。

☑腕がそれに対して行う役目、補助は
その円ソノモノの高さを変える
 アドレス時、グリップは股関節の前辺りの高さ、ですが、
 トップオブスイング では 胸や肩の高さ です。

こちらは 上げる方は自力、重力に逆らうので自力で行う必要がありますが、
帰りは 重力に助けて貰える と言うか、
量としては大したこと無いですから、
 意識としては 重力にやらせてしまっても問題ない でしょう。
あえて言うのなら 「それに逆らわないコト」位かも 知れません。


☑そして、回転に対して 重くなるクラブを遅れないようにしておくコト で
 こちらが主な腕の仕事
 と言えます。

2020-05-24_18-30-07_Moment2020-05-24_18-30-07_Moment(2)



ですので 手や腕で 横であっても、縦であっても
特に意識が強く ダウンスイング時の下方向 であっても
 「円」そのものを 腕で直接描くコト はありません

軌道という 傍目から見ると 円の一部 であっても
 積極的に その移動を腕が行っている というコトは
そこで からだ の仕事を奪っている というコトになります。

からだと腕 で円を同時に二つ 作るのでは
 複雑すぎて、安定度を欠きますから…。

達人のココから盗め_Moment(5)


確かに 人間の意識としては
腕を動かした方が実感も湧きますし、充実感もあります。
そこは否定できませんが、
クラブを大きく移動させる、円を描くのは
 自分のからだの向き です。
その邪魔をしない、その手伝いをする、と言う範囲の中での
限定的な手での叩き、リリースになる というコトを理解しないと
 手で、腕で からだの仕事を奪う  =手打ち
からの脱却は難しいと言わざるを得ません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ