◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 利き肘使い


素振りでいいんですけど
是非 背面万歳振り トライしてみて下さい。

本当に出来ちゃったら 痛めるかもしれないから
おっかなびっくりお願いします。

トップの位置から 右を向いている内に
クラブの重さで グリップの下げ 👉左上腕を下げ
向きはそのまま 背後 に万歳するイメージで・・・・
M20191011suburi_Moment(5)M20191011suburi_Moment(6)M20191011suburi_Moment(7)M20191011suburi_Moment(8)









おそらく その時点でからだは自然に向きを変えます。

ここら辺までは ずっと右向きのまま トップのからだの向きのまま です。
M20191011suburi_Moment(8)M20191011suburi_Moment(9)M20191011suburi_Moment(10)M20191011suburi_Moment(11)









背面万歳 をするには
一ミリでも シャフトを振ったら シャフトを動かした瞬間
出来なくなります。

スローな状態で 体験してみると分かりますが、
左グリップ、クラブを持った左グリップを
右手で押す形 を維持していないと
からだが逃げます。 もしくは 痛めます。

右グリップが左グリップ・左手首を支点に
シャフトを押し始めた時点で からだは開き始めるので
背面に万歳するイメージは消えてしまいます。

グリップを両腕で作った 枠の中で動かさない限り
その枠の外へ出そうとした瞬間 からだは開きます。

ここのイメージはとても大切です。

始めの段階はゆっくり スローモーションで
背面万歳をイメージしましょう。
IMG_0838_MomentIMG_0838_Moment(4)IMG_0838_Moment(6)





このイメージ
ヘッドは重さとして
グリップ、莨縅咾魏爾欧 ための 重さとして
使うだけにしないとイケマセン。
溜め と言いませんが
クラブのリリースをして クラブを長くしてしまえば
その方向に重さがかかります。

『最終的に どの方向にグリップを送りたいのか
 それを考えて 切り返さないと重さは味方になりません』

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(6)



ヘッドを振って このような円弧を描くイメージを持つと
からだは開き 背面万歳はイメージとしても
不可能になります。

この位の順序で覚えて
初めて 今までのからだを開いて 手で振る
を矯正できるのです。

実際馴染んだ状態で ボールを打ってみる
このイメージを残したままボールを打ってみると

ものすごく 右を向きっぱなし…に見えるか というと
ごくごく普通に見えるのです。

その位 いままで開いて からだのボールの通過と逃し
手で振っている というコトなのです。
それが実感できれば かなりの進歩です。

これで、このイメージでボールが打てるか というと
そうそう簡単ではないです。
多少の慣れは必要です。

ですが、これが出来ない人は
 素振りの時点で出来ないと思います。
厳しい言い方ですが、
スイングの大きな問題は からだと腕をどの順序で使うか
が問題で どう使うか は二の次です。

その時間 にからだの姿勢がどうなっているのか

M20191011suburi_Moment(7)M2019810L!_Moment(7)










それによって 腕の付け根の位置や空間が異なりますから
当然 腕の使い方も変わります。

どちらか『だけ』を治すことで改善するようならば
スイングやショットに悩んでいないでしょう。
全く反対位の動作順序にして
✋ この程度の変化なのです。

頭痛薬をちょっと飲んで 頭痛が治る程度の悩みならば
自分のスイングを良くも悪くも熟成させるしか方法はありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチのミスを減らす
方法のヒトツとして「クラブ・ヘッドを引きずって」

があります。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment

上から打つ (もしくはつぶす)
というのは
そのクラブの長さなりに
ヘッドを入射させるコトを指します。
意図的に ヘッドを上から下に振る
という事ではありません。


写真にすると インパクト以前は
理想的には右向きの区間ですので
ハンドファーストがきつい ように見えますが、
それは右向きのせい での視覚効果
見ている角度によって より強くそう見えるだけです。
この時の 体の正面から撮影すると
見た目ほどハンドファーストはありません。

シャフトは振りません_Moment
この状況/環境ですから
当然シャフトは下向き です。

シャフトが上向き というのは
ボールにソールが向いてしまいます。
フェースでボールを打てません。


このシャフトが下向きの状態で
ボールに入って来れば、
フェースは下を向いていますから
最下点であっても、若干その手前であっても
大きな違いはありません。
似たようなロフトと入射角度でとらえられます。
そして、ボールの直径は45ミリ(4.5臓砲任后
2センチは少々オーバーですが
その位 ヘッドがボールに対し、
厚く入っても、薄く入っても
ボールは球体であるが故に 大きく差は出ません。
ミスになり難い と言うコトです。
IMG_0659

フェース上部(トップエッジ)が前に出ている状況です。
トップと言うのは
 リーディングエッジやソールで打つコトですが、
リーディングエッジの方が後方にあるため
トップのしにくい状況です。

ダフリ とは インパクト、もしくは インパクト以前に
ソールが地面と干渉してしまう状況ですが、
それも起こりにくい状況です。

MVI_0817Trim_MomentMVI_0817Trim_Moment(2)MVI_0817Trim_Moment(3)




一方 ヘッドを返して、もしくは ヘッドがグリップを追い越して
打っていく打法では、
スイングの半分は シャフトが上向きです。
シャフトが上向きの状態では フェースがボールを向いておらず、
スイングの最下点が ボールより手前に入れば
トップか、ダフリに必ずなります。

また 最下点でとらえたとしても
ボールに対し リーディングエッジが前に出ていますから、
ヘッドが1センチ高くても、低くても ミスになります。

さらに 振り子で振る場合、
スイング中、入射角度とロフト姿勢が常時変化するため
当たるタイミングによって 全く異なる球質になり
距離間の把握が非常に難しくなります。

アプローチでの この捉え方は
そのままショットに反映します。
右手の使い方もそうです。

からだでもない、腕でもない 肩の揺さぶりで
振り子にスイングする限り 上手くなるには
部活並みの練習頻度と量が不可欠…。
オジサンゴルファーにはほぼ不可能です。

からだの回転を意識し過ぎて
からだの回転でクラブをひっぱれば
クラブ・腕の長さと重さで遅れますから
結局 体が回転している時期に
インパクトを迎えられず、手で振ることになります。
MVI_0817Trim_Moment(7)MVI_0817Trim_Moment(5)MVI_0817Trim_Moment(6)





ならば 逆に 手をもっと動かして、
自由の利く右手(利き手)と『正しく』動かして
からだの回転を後追いさせるようにする
と言う考えも一つのアイディアだと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「手遅れが起こる その修正として
 からだの回転が腕やクラブを引っ張るではなく、
 上腕・肘の動きの先導で 追いかけでからだを廻す、
 そういう『考え』も一つの対策だと思います。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4





 上腕・肘が下がって逃げてくれれば
 良いんで 感覚としては 右打ちの場合、
 クラブの重さを利用しても良いですし
 左上腕、左ひじが先に落ちる感じが掴めると
 良いと思うんですね。」

質問「腕の振る方向もあります❓」

店長「有るとは思います。

 ラヂオ体操の時のように
 からだのひねり、回転で
 腕をブランブランと横に振るのではなく
OIP
 あくまでもイメージではありますけど
tdftp17空手の押忍のように
右を向いている時(右打ち)に
自分の背面に対し、肘を引くような感じ
早い段階で 左上腕、左腕の逃げ道を作ってあげる
感じも有効かと思います。

 背面に、その方向が重要と言うよりも
 右を向いている時、その時期がポイントだと思うんですね。
 からだが腕を引っ張って クラブを振る では
 決して 自分の背面に肘を送る にはならないですから。

 別の記事で書きましたけど
 ココで 脇が締まる感じ
 力んで 左サイドを締める のとは違うんですが、
 前傾した 左の軒先に早めに落としてあげると
 クラブや腕の重さを負担にせずに、ショット出来ると思います。


 あとはですね。
 からだの回転 って 人間のからだの部位で言うと
 股関節が作用点になるんで
 脚廻り
、ヒトによっては膝だったりもするでしょうけれど を使って
 大腿骨の向きを変える、秀二の向きを変える動きなので
 前傾はあれども 横、水平に近い動作になるんですが、
 腕周りに関しては 思っているよりも
 かなり縦、垂直に近い感じなんですね。

 で、肩は場所としては 胴体に属してますけど
 機能としては腕になりますので
 肩はもっと縦に逃がす感じで良いと思います。

 ですので ダウンスイングで
 右打ちの人であれば 右肩が低くなる、下がるのを
 恐れてはいけないと思います。
 勿論、どの度合いは有るとは思いますが。
 
 その逆を言えば、ダウンスイングで 左肩部は上がっていく、
 それによって 左上腕は下がる訳ですから。

 左上腕が下がる、左ひじが下がるから
 左肩部が上がるのか、その逆なのか は
 それぞれの人の感じ方によって違うとは思いますが、
 自分で積極的に動かす って感じでは無いかも知れませんが、
 ややこしいですけど
 両肩をつないだ胴体側の肩ライン、胸ラインではなく
 機能としての腕の肩は
 思っているよりも ギッタンバッコン、バッタンギッコン、
 の上下に逃げが有ってよいと思います。
 度合いはありますけど。 
〇空中(立体)ズリズリ - frame at 0m35s
 全員に有効か、と言われれば そうでないかも知れませんが
 切り返しからの腕遅れが発生することを避けられるなら
 腕の一部としての肩のギッタンバッコン、縦逃げ を
 気にする必要は無いと思います。

 その方が 肩周りと腰回りが同期し易い人も
 多いんじゃないかと思います。

 その方が からだ・股関節廻りの横回転に対して
 早い段階で 腕が下がり、
 ふところ、前傾の中に腕が入って来易くなるので
 腕やクラブの重さが負荷、邪魔になり難いと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


気持ち良く左に引っかけると飛ぶ。

引っかけさえすれば絶対飛ぶ訳では無い。

 

この違いを探したところ「背中側に打つ」~背面打ちという

HP内のキーワードが浮かんできて、一度も試した事無いからやってみました。

ス2023-05-22

脇が締まるしか選択肢が無くなる。

三頭筋を動かして上腕やヒジを操作するとロスってたのか、、

広背筋と肩甲骨まで総動員してあげると異次元感覚

、、、、カ、イ、カ、ン、、、、
(セーラー服と機関銃の薬師丸ひろ子か長澤まさみ風に)


気持ちラクに振っても以前のマン振りと

同じくらい飛びますので、テイクバックで溜めたエネルギーを

以前よりロスせずにヘッドまで流せてる気がします。

初動でロスってるのを感知して後から

間違えたパワーローディングを追加してたのか?

肩甲骨から動かす事によって最後のワルサは必要で

正しい動作になったのかは分かりませんでした。

 

力を逃さず伝えて加速させるには、どこかで途切れてはいけない。

効率の良いパワーローディング

 

変な気づき。

右足を引くとアプローチがとても気持ち良かった。

なんとも打感が気持ち良い。不安感も無い。

クローズドスタンスって言うんでしたっけ?

しばらくこれも遊んでみようと思います。

 

今日も朝から楽しかったです。

 

肩甲骨から腕だって事忘れてました。

スイング集 PATTY1 - frame at 0m12s

ズリズリすると勝手に脇が締まって、

肩甲骨が使えるんですね。脇が締まるとどんな良いことがあるのか、

やっと理解が追いついて来ました。

 

左肩甲骨が使えたら、

右肩がガブって突っ込むハズもない、、、、

人体とかゴルフクラブって本当によく出来てますね。

活かせてないのが恥ずかしくなって来ましたよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだが廻るから 腕が付いてくる
 と考えるのではなくて、
 上腕や肘を動かして、それに追随して向きが変わる、
 上腕や肘が からだの回転を先導する、
 と考えるのも一つの手 だと思うんですね。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4





 なにより まず、『楽に遠くに飛ばす』 には
 からだの向きの速度に頼れば 速度低下が緩やかですし、
 疲れやコンディション不良での影響を抑えやすい。
 小手先のワザ、フェースローテーション、ヘッドターンに
 頼らないので 再現性も高く出来ます。

 そして、意外な、実は重大な副産物、
 人によっては コチラがメインかも知れませんが、
 アプローチなどの距離感、速度感を
 からだの向きでダイレクトに管理、調整すること
 出来るようになり、
本当の距離感を掴めるようになります。

質問「具体的にはどうしたら良いんでしょうか❓」

店長「からだの回転で 腕を振る の一番薦められない例が
 腰回り主体の回転で腕を引っ張る ケースでしょうね。
 脚を使って 股関節 でなくてね。

 腰回りで腕を、クラブを引っ張ろうとすると
 骨盤より上のモノが全部重量物になって
 一番先端にあるヘッドは勿論、
 腕も相当遅れてしまうと思うんですね。

 実際に 上腕や肘が先導して、
 意識として』 からだの回転が後から来る、追いかける
 としても やっぱり重力が有るモノ、長いものは
 遅れて来るように見えちゃいます
けれど
 それを動作として 追いかけるのは危険だと思います。


 スイング用語で よく『肩を廻せ』って言うんですけど
 スイングにとっての肩ってどこだろう❓
 どこを指すんだろう❓ っていつも思うんですよ。

 野球のピッチャーが言うトコロの 肩を壊す のって
 からだが痛んでいるんじゃなく、腕が壊れているんですよね。」

質問「ですね。」


店長「ゴルフでも 目に見える 肩の部分は
 からだの、胴体の中に位置していますが、
 機能としては 腕 、もしくは腕の一部 です。

 
 だから ダウンスイングにおける
 『肩を廻せ』って もしかすると
 回転、運動の先端、右打ちの場合は 前輪に相当する左腕の
 『左ひじから左肩までの上腕』と指している可能性が
 非常に高いと思うんですね。
スイング集 PATTY1 - frame at 0m12s
 多くの人は 両方の肩を結んだ
 肩の有る胴体部分、背中の上部や胸を回そうとするけど
 それって 胴体をねじりますから 負担は大きいですし、
 両方の腕の長さの帳尻が合い難くなるから
 最終的には 手での調整が必要になりガチ です。
あきひこ先生
 肩を廻せの 左上腕が
 左ひじの意識なのか、左上腕丸ごとなのか、
 それには 左の肩甲骨、背中側迄含まれるのか、 は
 ヒトによって異なって 個人差はあると思うんですけど、
 少なくとも 両肩を結んだ 背中の上部、
 肩の納まっている胴体側を回すものでは無い
 左腕上腕、肘も含めて左腕の上腕部がソレ✊ だと
 と考えています。
あきひこ先生1
 両肩を結ぶ胴体側、上半身上部を廻すのは
 私たちの年齢、運動性能低下に悩む層にとっては
 あまりに体の故障や痛みにとってハイリスクで、
 付いてくる悩みや苦労が多過ぎると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「切り返してから ダウンスイングで2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5
どうしても からだの回転に対し、
左腕が遅れてしまう、付いてこない
って言うのが 長年の課題 なんですね。

ソコって どうしたら良いんでしょうか❓」


店長「なかなか DEEPな課題ですねー。

Jack's Basic theory_Moment世の中では テークアウェイの時、
右ひじを外に張る とか、高くする、等
勿論、その度合いにもよるんですけれど
その時の 右『腋の下』が空くコトを
何故か『脇が空く』って思ってるんですよね。

腋の下は近いけど、同じじゃないです

 切り返しから からだを廻した時、
 右打ちの人の 左腕が付いてこない、遅れる、
 おそらく 厳密には遅れてるんじゃなくて
 『遅らせてる』だとは思うんですけれど…
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4
 絵を見れば分かると思いますが
 正しい意味での『脇が空く』『脇が締まる』
 この時間区分の ココの部分👆 を指します。

 その結果、からだが止まって、手で振っちゃうんですが、
 スイングの場合の 手で振っちゃうは
 肘から先を使うコトを指しまして
 スイング動作の中での
 肘から先 は クラブの重さの奴隷 
 (ちょっと表現は悪いですけど)
 脚の場合、膝から下は 自分の重さの奴隷
 自分で 無理に動かそうとしない方が良いですね。
 どっちにしても 重さの負荷が大きくて 上手く行かないですから😵

 胴体、骨盤も含めた 股関節から上の胴体 も
 瞬間に近い短時間のスイングの中では上手く動かせませんから
 自分が動かせるのは 四肢
 腕の場合、肘から上の上腕(肘も含まれる) と
 脚の場合、膝から上の大腿(膝も含まれる) と
 考えた方が良いと思います。

 運動性能が低下している私たちの場合、
 からだの向きを 胴体のひねり、
 肩や胸の有る胴体の上側 と
 へそから下の骨盤 に分けて ひねったり、捩じったり、
 するのは 危ないですから お薦めできません。

 出来れば お尻も含めた大腿、膝 の動きで
 骨盤から上の上半身丸ごと 動かすつもりの方が良いと思います。


 

 今回の場合は、それとは全く反対に考えてみましょう。

 からだを廻して、腕を動かす
 でも、ヘッドの重さは放っておいて 引きずりなさい
 って言われる。

 それはそれで合ってはいるんですけれど
 からだの回転、向きの変更で 腕を『引っ張ろう』とすると
 クラブも含め、ヘッドも含め、腕も重さがあります。
 成人男性だと 片腕でも5前幣紂▲愁譴膨垢気發△蠅泙垢
 運動の速度、移動の速度も加わり、クラブも持ってますから
 ヘッドが遅れてくるのと同じく、
 からだの回転に対し、腕も遅れる、遅れ易いモノで
 おそらく ですけれど、
 『からだの回転✊』『からだの回転✊』って言われたら
 その動きで腕を引っ張ろうとしちゃいますよね❓」
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4

質問「はい。」

店長「ですので、
 コレはヒトツの考え方 なんですけれど

 からだの回転 で 腕を引っ張るの ではなく
 肘から上の上腕を『先に』移動させて、
 それに合わせて、それに同調して
 からだの向きを変える にしてみるのはどうでしょう❓

 からだの回転のタイミングや速度、
 その方向などのガイドとして 気持ち、先に
 左ひじでも良いですし、
 左上腕でも良いんですが
 先に動かして、からだはそれに付いていく。
 上腕の動きでからだの回転を造る ような感じです。」


質問「あああ🤩🤩」


店長「切り返しから 腕が、左腕が下がってくれる、
 左グリップが下がってくれるのなら どっちでも良いんですけど
 それを苦手としているのなら
 萇・莨縅咾動く👉移動する
 それに合わせて からだの向きも変わる

 であれば 左腕が遅れるコトは無くなりますよね。
…先に動く、ガイドするんだから 当り前って言えば当たり前なんですけど…。

 一気に左を向く とすると
 どういう方向に、どんな風に左ひじ、左上腕が移動すれば
 結果として からだの向きと同調するのか、

 からだの回転で 腕と言う重さを引っ張らない
 そう言う風に考えて やってみるのも一つの手だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



フルショットであっても
ハーフショットであっても
ヘッドがグリップを追い越すことは無いのです。


お化けの正体はインパクト以降
スイングは左を向いて終わるからであって
決して ヘッドがグリップを追い越したりしません。
達人のココから盗め_Moment(5)
そりゃああああ
グリップを動かすからヘッドが動くんですから
…。

何度も書きますが、
ヘッドがグリップを追い越すように動かすと
ロフトはシャフトの角度が動く分、ヘッドを振る分
常時動いています。

正しく クラブを扱うよりも
ヘッドの上下動、縦の円弧が激しくなります。
最適なヘッドの高さは「瞬間」しかありません。

ヘッドがグリップを追い越すように振ると
からだの向きが止まっているので
開き気味になっても『ボールが打てていません』
体重は右に必ず残るので上を向いた『煽り打ち』になります。
スイングは構造上 上を向く/煽る は体の開きになります
必要以上に、上を向いて 体を開いて打つことに
会田20210701 - frame at 0m16s

ヘッドがグリップを追い越すスイングは
そうで無いものに比べると 遥かに体に負担が多く
若い時は許されるかもしれませんが、
運動不足のおじさんには 肘や手首、首、腰などへの
負担も倍増します。


そう言ったうえで
手さばき、腕さばきは
右手で左手を押すのです。
ボールをヘッドで押すのです。
弾いてはイケナイのです。
スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)スナップショット 2 (2013-06-09 15-03)スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)





ヘッドを振った方が 気分的に
ヘッドをたくさん速く動かしている気分になるでしょう。
しかし それは同時にミスも倍増させることになる上
単にロフトを増やし、上を向いて振るに過ぎません。
スナップショット 8 (2013-06-09 14-54)スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)




右手で左手を押して グリップを動かした方が
遥かに上から打て クラブヘッドの重さが使え
重さによって 体重移動が伴うので
上を向きにくく ロフトが立ち易くなります。

理想的には 左上腕から先に動かしていき
それに伴い それを追いかけるように体を回していくので
腕と体にズレが起きにくく 関節にも負担は少ないです。

V字を維持してみよう_Moment


ヘッドを振らないことで
 ➟ボールが捕まる
 ➟ボールを上から打てる
 ➟少ない力で飛ぶ
 ➟速くたくさん振らなくても飛ぶ

という成功体験をする必要があるでしょう。


6番とか、7番アイアンを使って
スイングのスケールとしてはフルスケールのトップから
出来るだけ加速せず
意識としてはトップの位置を維持
右を向いたまま 腕さばきだけ
左ひじ〜左上腕を逃がすことをきっかけに
右手で左手を押してください。
 
 グリップを動かすのです。

 ヘッドは忘れて下さい。

✋ユルユルに持つ訳ではないですが
 ヘッドはトップの位置に置いたまま で
 良い感じです。


MVI_0581_Moment(2)MVI_0581_Moment(3)MVI_0581_Moment(4)






グリップの動いた分、ヘッドは動くでしょう。
グリップの移動量=ヘッドの移動量 とすると
ヘッドの振る円弧では 道のりが長すぎます。
もっと体に近い直線、斜め直線を選ばなくてはいけませんし、
クラブを長く使えば その移動量では足りないのです。




この感じは 体の右向きのロックを解けば
そのままアプローチであり、ショットの核心の部分です。
ここがつかめれば パターにしても、アプローチにしても
フルショットにしても劇的に変化します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフに限らないんでしょうけれど
日本の人は言葉というか、標語というのに弱いというか、好き。。。というか

『タメをつくれ』 …なんてのは典型的だと思います。

Jack Ni_Moment(2)

ゴルフクラブは 長い棒状になっており、
その先端に全体の6割以上の重さが偏重して装着された構造です。
重さとは そこに留まりたがるエネルギーですから
打ち手が動作をしてグリップを動かしても
その重さの分、ヘッドは留(とど)まります。  ごくごく普通の物理現象です。
  ヘッドは遅れっ放しで普通なんです(^^)/

 帰りたくないワンちゃんをひもで引っぱれば
 当然 ワンちゃんは遅れて引き摺られて付いてきます。
 自分で動こうとしていないワンちゃんに追い抜かれることはありません。
 地球上ではありえません


タメは グリップとヘッドとのギャップで
自分とグリップのギャップではありません。


からだの動作、この場合は回転、
右を向いていた体が正面を介して 左を向く と言う動作に対し
グリップ・・・腕を遅らせてしまったら これは単なる 振り遅れ です。
からだの向きで行えることを逸してしまうので
後から それを腕で補わねばならず 「手打ち」せざるを得ません。
何を「溜めるか」間違うと 自動的に手打ちになってしまうのです。

ダウンスイングにおいて
からだの回転に対し 腕、グリップ
 特に左腕、左グリップが同期、同調、追随するのは ゴルフスイングの骨
 です。
ココを失っては 後の動作はすべて クラブの機能を無視した独善の動きで
個々の個性で解決して貰うしかありません。
ヘッドの機能やシャフトの機能はあればあるだけ 邪魔です。

テークバックも、トップの場所も 殆どのことが
 ダウンスイングにからだの回転に左腕、左グリップが遅れない、同期させるため
と言えるほど重要なポイントで
そこを意図的に遅らせるのであれば そこから先は理論になりません。

タメをつくる・・・ のニュアンスとは微妙に異なりますが、
そのため、ヘッドとグリップのギャップが
ヘッドが自身の重さによって重量方向に落ちていくことで
 グリップを遅れさせないように手伝うのです。
補助の加速装置のようなモノです。
グリップを遅れさせてはいけません。


(グリップの遅れ・腕の遅れ)を普通と感じている人は
グリップの方が からだの動作よりも、回転よりも、
 うんと先に動かし始める位で無いとダメでしょう。

anika_Slomo_Momentanika_Slomo_Moment(3)















からだが正面を向くまでの時間は
 ほんの僅か しかありません。

テークバックで アドレスの位置から左腕は移動しているのですから
そのほんの僅かの時間に 似た位置、近い位置まで戻らなければいけない
と 理解してください。

そのためには 今までの感覚的ズレもあるので
先に左グリップが下がり〜〜〜✋重さも加わっていますからそれも利用して
それによって 左サイドが左に逃げ
それによって 体重移動が起こり、回転が誘発される
と言う順序を ゆっくりしたアプローチや素振りで練習してみましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

ゴルフのスイングを良くしていく上で
自分の意志が動作に反映するのは

🌟アドレス
🌟グリップ
🌟テークアウェイ(バック)


ここを主眼にしていくと良いと思う。

動作としてのテークアウェイは
体の回転をメインテーマにして
これを『右ひじ』で管理してみよう。

結果としては
フットワークによって
体の向き、骨盤から上の胴体の向きを
しっかりと右に向けるのだけれど
オジサンゴルファーにとって
フットワークで覚えるのはやさしくないので
逆に 肘さばきで覚え
いつの間にか フットワークが伴っている
という形にしていくと良いでしょう。
frame
右ひじをアドレス時の後方に肘鉄していく感じ…
の上で 頭に入れておく必要があるのは
体の傾きに沿って
もしくはその体の傾きに対する垂線よりも
ややキツイ・急な角度(アップライト気味)
で 肘を移動させる、肘鉄してあげるといいでしょう。

始めはクラブを右手一本で持って
その右腕と体の連携を掴むと良いと思います。

 ✋実際のスイング動作であっても、左手は
  右手一本で持っているのはきついので
  その『ヘルプ』として使い
  決してテークアウェイを左手で行うことはしない
  左手・左腕を主体にしたテークアウェイに良いことは
  何一つないし、それはそのまま「手打ち」への道に
  なってしまう。

スナップショット 1 (2016-11-15 22-12)スナップショット 2 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)






これで着目して貰いたいのは
アドレス時のクラブ・シャフトの角度に対し
ご本人はほぼ何も意識していないのに
この肘さばきによって
クラブやシャフトの角度は
トップの位置に近い 70度位のターン(右向き・右回転)
が実行されているコト。

おそらく ご本人は
『ヘッドをアドレスの位置に置き去りにする』

位の感覚で行っているのだと思う。
スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)

→自分の体の向きが回れば
 当然 クラブはそれに伴ってターンする訳で
 そこに腕を使ったターンをする のは
 単に「無駄な」クラブの動きを増やしているだけ

クラブを腕で動かす意識が強いのは良く無いが
この画像を見て、自分でも行ってみると
腕が補助しなくてはいけないのは
クラブに対し どの方向なのか も見えてくると思う。

それに比べると 従来の自分のクラブの動かす方向や
 一般的なオンプレーンスイング系のクラブの動かす方向は
 90度以上異なり、量も多い。
 腕でクラブを 回転方向に動かせば
 どんどん体の仕事は取られてしまい
 元来、怠け者な人間は体と言う大きなものを動かすことを
 辞めてしまうモノ…。
スナップショット 1 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)






画像を続けてみると
体の傾きなりに
右ひじが移動しているように見えるが、
これを実際にするとなると
今までよりも かなり右ひじを上方に動かしていないと
この 傾きなりの右ひじの移動 は出来ないんだよね
at 0m1s
ゴルフのスイングもクラブも関係なく
前傾姿勢を取り、右を向けば
右ひじは その前傾に沿って移動するのだけれど
ちゃんと体の回転で、
別な言い方をすれば ちゃんと右ひじ・右腕主体で
クラブを移動させないと…
左腕 左ひじばかりでクラブを動かすと
かなり右ひじの移動は下めに動いてしまい
それによって前傾も失い、体の回転で
クラブを動かす機会も失ってしまうもの…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「トップの位置で
 右打ちの人で言うと 左グリップが右グリップに
 上から被ってしまっているような…、
 クラブの重さを殆ど右に預けてしまっているような…、」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)
質問「よく見かけますね。」

店長「はい。少なくないと思います。
 そんな状態ですと 切り返し〜ダウンスイングに移行して
 からだを廻しても クラブを持った左腕を引っ張る
 ようなコトになってしまい、
会田20210701_Moment
 クラブをもった腕の下がりと回転がつながり難い、
 振り遅れの原因になり易いから 避けたい です。

 ですので 右腕が回外、手のひらが空を向いてしまうような
 右ひじの締まった、右ひじの位置移動の無い、
 テークアウェイ、トップはお薦めしていません。


✅また、もう一つのアイディア なんですが、
 よく言われる ハンドファースト って ありますよね❓」 

質問「はい、インパクトでの姿勢…ですよね❓」

店長「そうですが、その ハンドファースト って
 いったい いつ 形成する❓ 作るんです❓」

質問「ぼんやりしていますけれど
 ハンドファースト…というよりも
 ヘッドの重さなどで ヘッドが遅れてくる から
 
ヘッドレイト でしょうから
 インパクト付近、インパクトの前辺り…じゃあ ないんです❓」


店長「ヘッドレイトは確かに正解✊ですが、
 インパクト前、ダウンスイングの後半って忙しい、
 スイング中で最大のスピードの中ですので
 自然に、特に意識せず そうなるのは良いとして、
 ✊ハンドファーストは 見た目は
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(2)
 右打ちの人で言うと インパクト付近で
 左手首が手のひら側に折れているような そんな感じですが、
〇見かた117
 実際には 左手では無く、右手が甲側に折れている
 スナップロックなんですね。

 で、それは トップの位置付近で形成され、
 それが そのままインパクトに移行してきます。
〇見かた116
 からだの向きがしっかりあり、
 ある程度、クランチがあり、クラブが概ね腕の中にある、
 そういう状況ですと
 トップで形成された スナップロック が
 からだの回転で インパクトのハンドファースト になる、
 のですが、
 左手で上げてしまう人にとって
 トップでは スナップロックが有っても
 それを 解くコトが打撃 ですので
 ハンドファーストとは無縁なスイングとも言えます。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


20221025質問「右ひじを外に張るコトを薦められていますが
 その理由を教えて下さい。」


店長「弊社で言うトコロの クランチ ですね。

 はい。理由は幾つかあります。

.董璽アウェイの話しとも重なってしまいますが、
 右打ちの人にとって
 トップへ行く、テークアウェイ は
 向きは変りますから 結果的には
 アドレスに対して 背後、ボールから遠くなる方向への動き
 ですが、右への動き であるのも確かです。

その動きの先頭側にある 右サイドが動いてくれないとスクリーンショット 2023-04-23 202647
左サイドの行く場所が確保出来ません。
からだがボール側に傾いたり、
結果と原因が逆の場合もありますが、
手で『上げる』原因になったりします。

 右サイドをスムースに右へ、
 背後側に動かすには 右肘、右上腕をガイドに
 背後に動いた方がスムースだと思います。
frame
 多くの方は 左肩を入れる、左腕主体の
 テークアウェイを取られていますが、
 私は個人的には あまり賛成出来ません。

 からだを廻す、からだの向きを変える は
 右サイドも左サイドも似たような量動く、
 均等に動くコトが必要ですが、
 左肩を入れる論者の多くは
 左サイドばかりが動き、右サイドが動いていない、
    腋(正しくはこの字⇒脇)を締める
右腋、右腋の下を締める 意識が働くのか〇肩を廻せ_Moment2
向きを変える でなく、

向きを変えたように 前にお辞儀をする、
になっている人が大変たくさんおられます。

ですので右ひじ、右上腕を動かしてもらいたい
 と思っています。」

質問「なるほど。」

店長「▲肇奪廚琉銘屬
 クラブはおおまかですが 両腕の間に置いておきたい
 んですね。
両腕で持っているから 当然、そうなって然るべし、〇肩を廻せ
ッテを思うでしょうけれど、

結構、実質、両腕の外にクラブを持って行っちゃってる人、
少なくないですよ。

 そして 今、話題の三角先生じゃないですけど
 その両腕の窓 が下向き、の方が
 後は「からだを廻すだけ」にし易い

 右ひじが外目に張って 両腕の窓、三角先生が
 下気味を向いている方が良いです。
右手のリリース感とからだの向き - frame at 0m9s
 【クランチがまったく無く】
 右腋の下が締まって、両腕の窓、三角先生が
 高いトコロを向いている、
 窓が余りにボールの方に傾いている、
 場合によっては ボールよりあっちを向いている、と
 からだを廻しても まだ ボールを打つクラブ姿勢にならず
 もうひと手間必要になります
 よく言う 手の返し って奴ですね。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)
 まあ 嫌味半分なんですけれど
 クランチがなく、左腕だけで上げる人がそうなる訳ですが、
 それって インパクト前のひと手間 が
 その人の『打撃』なんですね。
 だから わざとそうしているので
 その部分の形だけの改善は難しいかも‥‥です。


➂思いますが クランチ(右ひじの外への張り)は
 質は兎も角、右向きの量を格段に増やします
 例え 手で『上げてる』、手で『振っている』としても、です。
 左サイド、左腕だけで テークアウェイを上げてる人は
 クラブの位置は トップへ行くんですけど
 右向きが『殆ど』存在していないので
 腕やクラブを通す 空間が ありません。
 だから 先に下半身だけ回して その空間を造るんですが、
 クランチにトライすると
 その空間、そして時間が確保出来ます。

((フットワーク_Moment(2)
 右向きは質も重要ですけど、
 やはり 量があった方が 断然、楽。
 スイングの七癖を隠す とも言える程で、
 ラウンドの終盤に疲れて 手で上げちゃう のは
 手(左腕)で上げちゃう、その結果、手で振っちゃうコトが
 最大の問題では無く、
 手(左腕)で上げちゃうから
 右向きの量が少なくなる
 場合によっては 実質的な右向きが無い から
 時間も、空間も足らなくなっちゃう、
 コッチが問題なんです。

 ですので 右ひじの張り、右ひじのある程度の高さ、
 (高さはそんなに多くなくていいんですが)
 が ラウンド中、どんどん減って来る って
 結構、誰しもに訪れるコトなので
 ラウンド中の大きな
スイングチェックのポイント」にもなります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「よく有る質問だと思うのですが、
 トップ
(オブスイング)って どんな形が良いのです❓」

 店長「やさしいようで 難しい質問ですね🤒

 右打ちの人であれば
 何度と言う角度で無く(例えば90°とか)
 十分な 右向きがあれば
 見た目の恰好はヒトそれぞれ で良いとは思うのですが、
〇見かた116
 ゴルフクラブの機能を重視して考えると
 テークアウェイを『上げる』と言うイメージが強いと
 あまりよい答えは見つからないかも知れません。」

質問「一般的には テークアウェイ、テークバック は
 上げる、そのやり方を『上げ方』と呼びますよね。」


店長「それはそうなんですけれど…🤒🤒🤒

 からだの向きには 前傾姿勢が伴っているので
 右打ちの人の『右向き』には
 少なからずの 高さを増やす〜高くする が付いてきます。
 それで十分…とは言いきれません(ソレで十分かも)
 視覚的印象にある あのトップの位置まで
 手さばきで『上げる』メリットはあまり多くなく、
 悩み多きゴルファーにとっては デメリットの方が多く感じます。

 イメージとしての テークバック、
 そして その先、折り返し地点になるであろう
 トップの位置へは
 『上げる』よりも クラブの長さを短くする、
 『出来るだけ軽くなるようにする』と考えた方が
 良いと思います。
〇見かた18s
 トップオブスイング以降、切り返しをしていく訳ですが
 からだの向きを変えた時、
 その運動、回す速度によって
 クラブや腕はその重さを増やしてしまいますので
 ヘッドは遠いところにあるので
  肘から先は ある程度は仕方がありませんが、

 あまりに クラブや腕の重さが増えてしまうと
 腕まで、この場合は上腕、肘までも遅れてしまい、
 その結果、からだの回転では打ち終えられない、
 手で振らざるを得なくなりますから
 そうならないように 重さが増え過ぎるような位置
 準備としてのテークアウェイはあまりお勧めできません。
〇見かた128
 また 切り返し、ダウンスイングでは
 総じて からだの向きの変わり に対し、
 左腕、左上腕、左ひじが遅れ易いので
 トップの位置付近では
 クラブの重さがある程度 左腕にもかかっている方が
 その重さによって 下がり が誘発されます。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)
 トップの位置で クラブの重さが右腕(右打ち)にばかり
 かかっていると 左腕がからだに付いて行き難く、
 下がり難くなり易い ですし、
 クラブの重さの掛かり具合次第ではありますが、
 前がツッカエる、前が渋滞してしまいますから
 無駄に 右サイドが潜り易くなってしまったりします。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)
 そう言う意味では 右ひじが余りに動かな過ぎる、
 左ひじに対しては低すぎる、寝かし目のトップは
 あまり 良いことは多くないと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



【質問頂きました】
Q:パターでは、体の向き転換だけで打つのか?
 グリップも動かすのか?


A:パッティングの方向は
アドレス〜スタンスの向きでほぼ決まります。
ヘッドを振る人のスイングのように
動作を始めてから インパクト…ショットによって
方向を決めることは(ミスを除き)一切ありません。

…というコトになると
パッティングストロークの重きを置くところは
やはり「距離感」というコトになりますよね。
ショットでも同じですが、距離感にとって
とても大切なのが、概ね "いつも" 同じロフト で
打てるか、どうか にかかっています。

パターのロフト角度はどれもが 4度前後 となっています。
ですので 2〜3度ロフトが増えてしまう…減ってしまう…
というのは 40度の9番アイアンを打つよりも
遥かに 距離に影響を与えます。

パターのインパクトロフトを目で見るコトも
体感することも 簡単ではありませんが、
その目安になるのが シャフトの角度です。

質問にもありますが、
からだ…をまわす・・・ とは
正確には 「からだの向きを変えるコト」 です。
スイングでもパッティングストロークでも
前傾姿勢はありますが、基本、からだの向きを変える というコトは
右を向く、左を向く という横方向の動き です。
スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)







このように 腕と胸で作る三角形を維持し、
肩を揺さぶる 「振り子のストローク」を多く見かけますが、
このシャフトの振れ幅、振れ角度 であると
ロフトの変化が激しく 距離感が掴みにくい ですし、
この動きによって、ヘッドが 縦に弧を描きますので
ヘッドの上下変化が激しく、ボールの当たる箇所 も
縦方向〜上下方向にズレが発生し易くなります。

加えて、この肩の揺さぶるストローク…では
本当の からだ は固定した状態で
 文字通り 肩を揺さぶります。
この肩の揺さぶりは 上下 の動き・・・
本来のからだの回転 とは 90度方向の違う 縦動作 です。
アプローチなども含め、ショットは
 出来るだけ…理想的には からだの向きの変更で行いたい、
と願うのならば からだと肩、からだと腕が分離してしまう
非常に悪影響の大きい
  この 肩のストロークは するべきではないと思います。

また、肩を上下に動かしている とは言っても
肩の可動域が限られている為、
左肩が高くなる は イコール からだが左を向く
 につながります。
左を向く〜からだが開くコト が無自覚に行われてしまいます。 
 ひっかけ の隠れた原因になるでしょう。

IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(5)IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(6)




お薦めするのは ハミングバードで言うところの「刷毛塗」のストロークで
ガラスや鏡に映る自分の姿を見ながら
肩が上下に動かないよう・・・
そして、ストローク中、出来るだけ シャフトの角度が変化しないよう…
にしてみて下さい。

「刷毛塗のストローク」では
肩の関節に対し、腕を振るコトになります。
大きな力を作るのが得意な背中で微妙な距離感を出す
ショルダーストローク に対し、
利き腕の伸ばしで距離感を作れる
刷毛塗ストロークの方が 楽だと思いますけどね…。



動き…としては インドネシア辺りの踊り に近いかも しれません。

◌ポイントは
 右ひじが伸びていく と
 茲亮蠎鵑手のひら側に折れていく、
 アドレス〜トップ時 は 手の甲側に折れた左手が
 インパクト〜フォロー側では 手のひら側に…。
 重さと言うヘッドを残す動きです。
 自分の動作分 だけ 重さ分を差し引いて、ヘッドが動く 
 というコトになりますが、
 一方、肩のストロークの場合、
 先端にあるヘッドを動かすコトがメインですので、
 その振り子の動きが ストロークテンポを作ってしまいます。
 テークアウェイが大きい! または、小さい!
 リズム〜テンポが速い! または 遅い!
 と分かっても ヘッドの重さにテンポも
 ストロークの大きさ も司られてしまいますので
 動作が始まると修正が効きません。
 (これは意外に大きい問題です)

((パッティングストローク 比較映像_Moment
パッティングストロークをする為に
アドレスの前傾は出来るだけ 浅め に。
両腕を延ばした状態ではありませんが、
 曲げたー!と言うほど 曲げず
かるく 肘が曲がった緩やかな姿勢がお薦めです。
深く取ると 腰を痛める原因にもなりますし、
 腕が動かし難くなり、
 現場で緊張感が増す 可能性があります。
ご指摘の通り グリップを動かすコト が主 になり、
ヘッドへの意識 は 殆ど無い と考えて下さい。
◌極力、両肩のラインが変わらない
◌トップの位置から 極力 シャフト角度が変わらない

こうすると ヘッドの高さ変化が緩やかに、少なくなりますので
ロフト変化だけでなく、当たりによるミスも減らせられます。

方向においても ゴルフクラブは ライ角度とロフト角度の複合体 立体です。 リーディングエッジは真っすぐ だったとしても ロフトが上を向く(ロフトが増える)と  立体としてのフェースはかなり左を向きますので スタンスの向き通りに ボールを打ちたい のなら パターヘッドを真っ直ぐ動かすコト よりも ロフト変化を減らすコト の方が圧倒的に有効です。  ショットにおいても、パッティングストロークにおいても ロフトの変化だけでなく、大きなミスにつながるのは からだの姿勢 肩の上下関係です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




店長「からだの回転で打つ為のドリル、
 トップの姿勢を作ったら
 右向きの時間を考えず 一気に左を向く。

 あああ からだが開いちゃう って思うでしょ。 

〇からだが開いている って言う状況は
 からだが開いている のに まだ打っていない状況で
 このドリルでは
 からだが開いたら 打っちゃう ので
 その言葉は該当しない んですね。

 決して 言葉遊びしてる訳じゃあないですよ。
 先日の記事 のように
 足腰・骨盤を回しても
 肩を残していたら まだボールは打てていません。
 この状況を 『からだが開いている』
 レッスンであれば 『肩を廻せ』
スクリーンショット 2023-05-22 201245
  👉👉👉正しくは 『肩 も 一緒に廻せ』 になります。

 足腰・骨盤と一緒に 肩も左を向ければ
 当然ですが、腕も移動していますから
 その 左向きの過程の中に インパクトがあります。

 振り遅れ・打ち遅れ・手遅れ の正体が見えて来ました❓」
〇もっこす君の練習 - frame at 0m42s〇もっこす君の練習 - frame at 0m42









Mさん「…なんとなく、ですが…。」

店長「それと ✅Point-2 になりますけれど
 このドリルのスタートポジション、トップの位置 ですね。
 ここは 既に 腕としての、作業として
 グリップの位置はボトム 一番下
にあります。

 つまり もうこれ以上 下に動かす必要は無い、
 既に下がり切った状態 です。

2023-06-01_15-15-06 - frame at 0m3s
 ですので 一気に左を向くと
 傍目からは もう少し位置として低くなりますが、
 下げる必要は『一切なく』
 逆に そこから上げて行くと考えていないと
 腕やクラブという 長物の逃げる場所がない
 打ち終わった後の 格納がしにくくなります。

 このドリルに 少しフォローを入れてあげる、
 より普通のスイングに近づけていく とすると
 肩も一緒に、一気に左を向く と同時に
✅Point-2 グリップエンド、左上腕 は上げていく
 と良いと思います。
スクリーンショット 2023-05-22 200858
 グリップを下げるのではなく 上げる意識、
 左上腕をあげる意識があれば
 それが より肩の回転を滞らせないので
 足腰・骨盤に対し 肩が遅れなくなります。

 今までと 逆の感覚の可能性はありますね。」

Mさん「…はい。」


店長「肩を遅らせて グリップを、クラブを下に振る
 のではなく
 フェースの下向きを準備したら
 そこから 足腰・骨盤と共に 肩も『一気に』左を向け、
 下げるのではなく、グリップは上げていく、
 左上腕は上げていく。
スクリーンショット 2023-05-22 201012
 自分では今までの打撃ソノモノと呼べる、
 腕のリリース感がまったくないので
 ものすごく奇妙と言うか、
 肝心要の部分が 感覚的には存在しないので
 ものすごく違和感があると思いますが、
 それが嫌なら 元のスイングを からだを傷めながら
 続けていくほかは有りません。
 それもまた ゴルフスイングの流派のヒトツ です。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「例えば…ですけれど
 アドレスから テークアウェイ、トップ、
 ダウンスイング無しに ボールを打つ、
 打つというほど強くはないですけど
 3m転がすとしたら どうします❓
南雲20230319 - frame at 0m14s
 こうやって ヘッドを送ろうとしますよね❓」

Nさん「え? 違うんです❓」

店長「ヘッドの移動は からだの向きが『変わる』から で
 アドレスから ヘッドを出す って
 腕を伸ばす 手さばきソノモノ になっちゃいますよね⁈」

Nさん「…そう言われれば…。」
スクリーンショット 2023-05-22 200858
店長「インパクトから先、フォロー、フィニッシュにいくのは
 アドレスのその状態で、ヘッドやクラブはソコに置いておく「つもり」で
 からだを左に向ける。
 お腹や胸を飛球線の方に向ける。

 ココでの注意点は
 左グリップ、左腕、
 意識としては 特に左上腕、左ひじの
 高さをしっかり取るコト。
 あたかも 万歳するように です。

 からだを止めて 手で振る、
 意図的に フォローで両手、もしくは右手を飛球線の方に
 伸ばして行こうとすると
 左グリップの移動、左右の横移動だけでなく
 左グリップの縦移動、上下移動も止まります。
 😶😶ヘッドを出そうとするから当然言えば当然ですが。

 グリップの高さが下がって来たのに
 その流れで 上がっていくのが自然なのですが、
 ソコで止まってしまうと
 ヘッドは 跳ね上がります。
 フェースの回転も入りますから
 フェースの左右の向き、フェースの上下の向きロフト、
 ヘッドの高さ の変化も激しくなります。

 ヘッド姿勢、フェースターンのタイミング、その強さ
 によって 最下点もズレやすくなりますから
 トップやダフリ、シャンクなどの大きな要因になると思います。

 動いているモノを 強くない腕、左腕で止めて支えますから
 腕そのものや肘や手首の負担大きくなります。
 最近では 首を傷める人も少なくありません。

 インパクトから左を向いて 左上腕を上げる、
 意識としてはヘッドは送らない。
 あきひこ先生がやっているように
 前の壁やネットにクラブを振れさせず、
 壁に沿って 上昇させる感じ します。
 やってみないと実感は出来ないかも知れませんが、
 自分がそれをする。
 スピードが乗れば 遠心力などの不可抗力がかかるので
 自分の意志の有る動作にプラスアルファで
 フォローで両腕が伸びる とか
 クラブやヘッドが飛球線の方向に出るのと
 自分のコントロールで そうするのと全然違う というか、
 もしかすると それがからだの回転と手打ちの
 一番大きな違いなのかも知れません。

 動作としての『つかまえる』は
 その左向きと左上腕の上げ とも言われています😌😌
スクリーンショット 2023-05-22 201012
その左腕の逃げ がないと
右腕を使いたくても 前がツカエマス。

その左向きと左腕の上げ/逃げ は
ダウンスイングの動きと作りますし、
テークアウェイの元になると思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Nさん「ボールをつかまえる、つかまえない に
 直接関係ないのかも知れないですけど
 どうしても 前がつっかえちゃう、
 前方が渋滞しちゃう んですよね…。
202302241f1418f09202011201







 逆に そこが つかまえる/つかまえない と
 関係しています❓」

店長「
あります。
Nさん「インパクト以降、フォロー側の問題もあると❓」

店長「あるでしょうねぇ。
 出来れば 右腕の、みたいな話し にしたかったのですが
 それも 左腕のたたみ方、
 インパクト以降の 左腕の行き所次第
 だったりしますからね。
(ヘッド1

 追いかけっこをして 逃げ続ける左腕が逃げきれないと、
 追いつかれちゃうと 便秘みたいになっちゃいますからね。」 

Nさん「ですよね。」

店長「…結局、ソコの話しになっちゃいますよね…。

 インパクトでからだの回転、
 特に左サイドが止まってしまって
 それゆえに 左腕の逃がす場所がない から
 前が詰まって フェースターンするのか、
 はたまた フェースターンをする為に
 『左の壁』と思っている 左サイドを止めるのか、
 は それぞれの方の経緯によって異なるとは思いますが…。
スクリーンショット 2023-05-22 200858
 多くの人が フォローでは
 アバウトな方向ですが 飛球線の方に両手が伸び
 と言う風にイメージしていると思います。
 また インサイドアウト に毒されている場合もあるでしょう。

 両手が伸びるのは 意図的、意識して行うモノではなく
 遠心力などの不可抗力によって起こるモノで
 意図したインパクト以降〜フォローで 『両手を伸ばす』
 『飛球線の方にクラブ・ヘッドを出す』

 からだの回転の止まり/左サイドの止まり と
 パックになる動きです。

 ヘッドターンやフェースローテーション、
 手の返しもそうですが
 今更…ですけど
 腕はカラダを追い抜かない、
 腕はカラダより左(右打ち)には振らない です。

 あきひこ先生のコレもそうですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ボールをつかまえられるか、どうか って
 右打ちの場合ですけれど、右腕の伸ばし
 腕のリリース次第 だと思うんですね。」

Nさん「腕のリリース❓」

店長「この動画を見て頂きたいのですが…。

 両肘、そしてグリップで出来る面、
 その三角形の向きに注目して下さい。

 お二人ともですが、
 動き出しはどちらも似ていると思うのですが、
 ダウンスイング後半、インパクトが近づいてくると
 その三角形が ボールの方を向いて行ってしまいます。」
右手のリリース感とからだの向き - frame at 0m9s
Nさん「ですね。」

店長「無意識なのか、どうかは分からないですけれど、
 ボールを横にはらおう、
 フェース・ヘッドのターンでボールをさばく、
 そう言う風にしてるように見えます。

 その結果、始めはあまり変わらないのに
 からだの向きの変わり〜進行 に対し、
 左腕と肘から先の右腕、
 まあ グリップってコトですね、

 そこだけが遅れていく、
 もしかすると フェースターンをする為に
 意図的に『遅れさせている』かも知れません。
202011201〇初めての玄関からの『こんにちわ』 - fr








 ですので 左腕と肘から先の右腕 以外は
 似たような進行をしているのですが、
 グリップ部分だけを遅らせてしまっているので
 その分 遅い・遅れたインパクト になります。
 振り遅れ、手遅れとも言いますね。

 結果、として からだの向きでボールをさばく
 機会を逸してしまっているので
 ソコを 手さばきで代替えするコトになります。」

Nさん「確かに、、、そう見えますね。」

店長「右腕で打て と言う意味ではないんですが、
 曲げて 短くなった利き腕の右腕を伸ばした時、
 フェースを、ヘッドをどうするのか❓

Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m16sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m11sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s







 一方は フェースをリリースで下に向けて、
 横の動きはからだの向きに任せる、
 もう一方は それを全部をそのリリースで行う。

 外から、上から掻いてこい って話しもありましたけど
 ダウンスイングの初期に、 先に、
 外から、上から引っ掻いて あとは 回転に任せるのか、
 後から ボールの方にヘッドを出すのか、
 の違いと言えなくもありません。
f1418f09fa86a712
20230224120230224









 このボールさばき、利き腕を伸ばす 腕のリリースが
〇つかまえられるか、ロフトを立てられるか、
〇その代わりにフェースを回転させ、フェースの向きで行うか、

 一番の違いに思うんですね。


 腕を伸ばして クラブを、フェースをどうするのか、
 そこ 結構、大きなポイントだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Nさん「ダウンスイングで右腕(右打ち)を使おうとすると
 力んじゃうんですよね。」

店長「ああああああ、😌😌ですよね。

 どんなトップの形を作っているか
 右腕で言うのなら 肘とグリップの高さ関係 が
 どうなっているのか によっても違いますけど、
会田20210701_Moment
 グリップよりも 右肘の方がはっきりと低い状態で
 右腕を使おうとすると リキミ・イキミが入りますね。

 ですので トップの位置で
 右ひじが下を向いているような
 よくある「手上げ」っぽい トップでは
 右腕を使う=リキミ ⇒右手で打つな になりガチ だと思います。」

Nさん「私…です。」

店長「トップの位置で
at 0m1sグリップの方が右ひじよりも高い、
右ひじが真下を向いてしまうタイプの人

時間として グリップと肘が同じ高さになる時間が遅い、
右ひじの方が低い時間が長い、
早い段階で右腕を使うとチカラが入ってしまう
 ので 力み易いスイング とも言えます。

 これは右ひじとグリップの高さの関係が
 どれであっても ですけれど
 きっかけとして 左腕が少し動いてくれないと
 …それが左腕自身であっても、からだの回転でも
 どちらであっても 左腕が少しどいてくれないと
 肘とグリップの高さが同列にならない。
 
 そう言う点で 右ひじが真下を向いてしまう人は
 テイクアウェイで 左腕をたくさん動かしているが故に
 より一層 右腕を伸ばすタイミングが奥になる、遅くなります。
20210701 (2) - frame at 0m24s
 まず からだを廻し、
 グリップの方が低くなる・同列になるタイミングまで
 右腕を伸ばすのを待つ・遅くなるので
 どうしても からだがボールと正対する時期を逸し易く
 手で振るコトになり易い ですね。」

Nさん「なにか良い策はありますか❓」

店長「このタイプの人は
 本当は その上げ方を改変したいですけど
 とりあえず タイミングの問題を除けば
 トップの位置は低め、浅めの方が力は入れやすい
 んじゃないか❓

 トップの位置が浅めになれば
 深い時よりも 早い段階で 右手のリリースが使える、
 早い段階で使っても 力みにくくなると思います。 

 リキミの問題も無くなりはしないと思いますけど
 かなり減衰するんじゃないでしょうか⁈」

Nさん「なるほど。」

店長「テークアウェイで
 肘を外に張り目にする、クランチする、は
 早い段階で右腕が伸ばし易い、
 それに伴うリキミが少ない、
 とともに 右を向く量が格段に増えるので
 多少、遠回りな手作業をしたとしても
 間に合い易い と言う利点があります。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m27s
 それでも 右腕を使うには
 先ほども言いましたが、
 からだでも、腕自身でも構いませんけど、
 左腕がどいてくれない
 ダウンスイング、切り返しで
 左腕が前に行く、下がる、低くなる、 いずれかで
 右ひじとグリップが早くに、同列にしてあげる。

 右手で打ちたい のであれば
 その右手を使える 環境を、左手をどかしてあげるコトで
 作り出してあげるのがいいんじゃないですか❓

 そうなると 力むことなく、リキミ少なく、右手を使えます。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「もう ボールを打つコトに慣れてしまっていると
 そのタイミングの違いに戸惑う と思います。

 始めから 左腕の延長線上に出す となると
 まずは からだを廻し、
 正面を向いてカラ 腕を振る。
(ヘッドは振らな2(ヘッドは振らな1











 右腕の延長線上に出すイメージだと
 それが腕ソノモノであっても 肩周りやからだであっても同時、
 重さが掛かる分 腕側が先に動くような順序じゃないと
 ボールは打てない。

 順序が反対になります。

 すごく戸惑うと思います。 

 その代わり ですが、
 インパクト付近で からだを止める必要も、
 左サイドを止める必要もありませんし、
 ダウンスイング後半での 腕さばきもありません。

 ものすごく すっきりしたボールへの進入になります。
(ヘッド
 左腕の延長線上に出すイメージだと
 インパクト付近に近づくほど
 色々とやるコトが出来て 忙しくなる。
 ごちゃごちゃした ボールへの進入になります。
 同時に あれも これも やるのですから
 よほど 反復練習をして その動作を刷り込まないと
 上手く行きませんし、かなり複雑な動きですから
 出来るようになっても メンテナンスとして反復練習が必要。


 プロのスイングを色々見て貰うと良いんですけど
 右腕の延長線上で出すイメージの人は
 全体像も、インパクト付近もすっきりしています。
 逆に 左腕の延長線上で出すイメージの人は
 ものすごく 色々なコトをインパクト前後でする。
 プロの場合、後者はなかなか長い年月活躍出来ないのでは、
 と言う動きをします。

 実際にトライして見ると
 色々な発見があると思うんですけど
 まず ダウンスイングの手順がかなり違う。
 右を向いている内に 外から、上から掻いてくる
 そんな感じですからね😌😌

 本当に掻いちゃったら、ヘッドを振っちゃったら、
 大袈裟ですけど 自分にボールを打っちゃうコトにもなりかねない。
 フェースは自分じゃない、円の外に向けたまま、
 で無いと危険ですよ。

 今までのタイミングに比べると
 ものすごく、たぶん 半分以下、1/3分位しか
 インパクト『まで』の時間はありません。
 切り返したら 直ぐにインパクトが来ます。
 ダウンスイング って呼べるほど 時間は無いです。

 その代わり やる作業は 半分位じゃないですかね❓」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Nさん「こんにちは〜。」

店長「こんにちは。」

Nさん「今日は ボールをつかまえる というのを
 教えて貰いに来ました。」

店長「😵😵😵 …ボールをつかまえる……ですね。
2021-05-19_23-05-25_Moment
そうですねぇ…ゴルフショットの中で
一番 漠然としていて… かつ 一番大切な…
そして 伝えるのが一番難解な奴 かも知れません。」

 Nさん「そう思います。
 言葉ではなんとなく 分かるんですが、
 どうしたら良いのか…。なんかピンと来ないんです。」


店長「分かります。 伝える方も『コレさえ守れば✊』ってのが
 無いような、非常に伝えにくいですねー。

 ボールをつかまえる さえ 理解してしまえば
 スイングは それをする為の作業に過ぎません。
 つかまえるを知れば それをする為の
 テークアウェイ、トップになりますし、
 自ずと アドレスやグリップも決まって来ます。

 正しいつかまえ をするのに
 手でやっても、からだでやっても 良いんですけど
 再現性〜繰り返せるコト、 そして
 距離に対する労力ってコトを考えると
 からだの回転でする方が効率は良いでしょうね。

 

 まあ 少なくともですね。
 ボールを横ビンタするように扱っても
 ボールはつかまりません。
(こする つかまえる)_Moment(こする つかまえる)_Moment(3)
 多くの…ゴルファーは
 横ビンタ方式でボールをさばいていますが…、
 例えば ヘッドスピード40㎳が横ビンタ式でボールを打つ、
 横ビンタ式って言うのは
 開いていたフェース、そして ロフトを閉じて、
 ヘッドの開閉でボールをさばくことを指しますが、
 そうやって打つと 36㎳の人が
 (ヘッドスピードの数値は仮の想定のモノ、です)
 ちゃんと捕まえて打つ相当の 距離は出せますけれど
 40㎳で出るはずの距離は出せませんし、
 弾道、球筋が全く異なります。
 言葉は悪いですが、弾道も汚いですし、
 打音も硬い、硬質な ゴム質のボールを打ってる音はしません。


 そもそも ですけれど
 つかまった球と フック・スライスに関連性はありません。
 つかまったスライスも有れば
 つかまっていないフックも有ります。」

Nさん「もうこの時点で 頭がショート・漏電します。」

店長「でしょうねぇ…😌😌😌

 もう少し、火花が出るまで続けますけど
 ボールをつかまえる は ほぼイコールで
〇ボールを上から打つ
〇ボールをつぶす
 と同意語です。
〇ハンドファーストに とも関連性が深いですし、
 からだの回転で打つ ともつながって来ます。

 この言葉達から想像がつくのが
 ボールに対して ヘッドの上下の動き、
 もしくは 高さの変化によって ボールをつかまえる、
 ヘッドの左右の回転 を想起させる言葉は
 全く入っていないんですね。

 また つかまえる・つぶす・打つ対象は
 〇・丸・球・球体のボールです。
 そして つかまえる・つぶす・打つ道具は
 フェースと言う 平面上の板 ですので
 アイアンショットの方が分かり易いと思いますが
 フェースと言う板と地面で挟んでしまう と言えば良いのか、
 横ビンタ式では無く 縦ビンタすると言えば良いのか…。」

Nさん「縦ビンタ❓」

店長「ボールだけをこそぎ取るようにする訳じゃないですけど
 フェースを下向きにしたまま 腕もクラブも固定、
 からだの向きを変えるだけ が
 一番シンプルな方法と思います。
(こする つかまえる_Moment(3)(こする つかまえる_Moment(2)
 ボールの下側に、
 ボールの底にクラブを入れる感じ、ではなく
 フェースでボールの上側、
 南極ではなく、北極をさらっていく感じ…

 これも伝わり難い…ですかね。」

Nさん「具体的にお願いします✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「手で振ってしまう って
 おそらく 余程 良い結果が得られていない限り、
 好き好んでやっている人は多くないと思います。」

Yさん「ですね…。」

店長「からだの回転で直にクラブを動かせるか、
 仕方が無く 手で振っちゃうか の分かれ道 って
 右打ちであっても、左打ちであっても、
 左右2本の長さ にあったり します。」
スクリーンショット 2023-04-23 202457
Yさん「???」

店長「右打ちでの話し なんですけれど
 手で振ってしまう場合 って
 ボールを打つ前の段階、
 人によっては かなり早い段階 で
 右手の方が長くなっちゃうんですね。

 もしくは 端から、始めから
 ダウンスイング以降、
 右手で造る円の方が大きな円にしよう✋としている。

 ま、フェースターン・ヘッドターンをするには
 右手が大外を回らないと
 左の外側を周回しないと出来ないですしね。


 出来れば…ですけれど
 両手は似たようなトコロを握ってはいますけれど
 右打ちの場合、
 すくなくとも ボールを打つまでは、
 もしくは グリップエンドがボールを追い越すまでは
 左手の方が大きな円。
 右手の方がそれよりも小さな円に
 なっていて欲しいんです。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 0m53s
 理想的には コレはイメージと言うか、
 素振りでのみ 出来るコトなんですが、
 右手で造る円の方が
 左で造る円、通る円よりも 常時、小さな円、
です。」

Yさん「!!!!!!」

店長「そこそこゴルフをやっている人は
 からだの向きで腕を動かす と言う理屈は分かっている。
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5
 しかし、実際にクラブを持ってスイングする、
 ボールを打つと 好き好んでやってないのに
 手のみで振らざるを得なくなる は
〇始めから 右手で作る円が大きい(切り返し以降)、
〇早い段階で大きくなってしまう(インパクト前)、
〇また、そうなるような周り方をしている、

 というのが少なくありません。


 コレは ボールを打たなくても、練習場に行かなくても
 お家で、クラブも持たず練習出来ます。

 両手を✊にして貰って
 クラブをグリップするよりも やや離れた状態で行います。
 サッカーボールを挟んで持つ程度に。

 それで シャドースイングをする。
(からだの回転と腕、そしてクラブ - frame at 0m17s
荳玄蠅✊の方が 大きな円になりますし、
 上下の高さ変化も大きい。 
 円自体の大きさの変化は殆どありません。
蕷手の✊の方が 小さな円になり、
 高さ変化も少なく、
 左手で造る円よりも高いトコロを通る、
 そう言ったイメージです。

★勿論 右腕の曲げ伸ばしはしますよ

 多分…ですけれど…
 かなり 早い段階、ボールを打つ前に
 右手の円の方が大きくなっちゃうんですね。
 そして それは 長さの問題だけ ではなく
 そうするための周り方 もかなりあると思います。
 打つ前に 右手の方が長くなっちゃう、
 イエ 長くするための周り方をしている可能性
 言葉は悪いですが、
 そう 自分を仕込んで来た可能性も十分あり得ます。
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5ss
 やってみて 形だけでも上手く出来た、として
 おそらく感じるのは
 『これじゃあ ボールに届かないじゃん』だと思います。

 まあ、これはイメージではあるのですけれど
 右手の曲げ伸ばし、右手使いでボールに届かせている、
 と言うのが分かるんですね。

 左手は 左手単独で動いているのではなく、
 腕そのものが、腕単体が動いている と言うよりも
 からだの向きが変わるから 移動している、動いています。
 ですので からだの回転が止まっては
 この場合は特に左サイドですが、ボールには届きません。
 

 からだの回転で打つ というのは
 その左✊がボールに届かせている、

 からだの向きがボールに届かせている、というコトで
 少々 大袈裟な言い方をすると
 右手は クラブの長さ調整して
 クラブの負荷としての重さを調整している に過ぎません。
 
 クラブを持つと その重さはドカンと増えるので
 左手-それを移動させる-からだの向きの補助をしている、
 に過ぎず、
 遠くに飛ばそうとした時、廻る速度が速くなり、
 その重さが増すので 補助に必要なチカラが増えます。
 ですので 右腕の曲げ伸ばしのチカラが増える だけ で
 ボール自体に 右腕の曲げ伸ばしで届かせている のとは
 かなり ニュアンスが異なります。

 左✋の円は大きく、右✋の円は小さい。

 その 左右の✊の円 のドリル、シャドースイングは
 からだの回転で打つ為の 『からだの廻し方
 役立つと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ボールの拾い方 と言えば良いのか、
 届かせ方、さばき方 …
 地面にあるボールを クラブ、ヘッド、フェースで
 どのように拾っていくか、さばいていくか、
 あくまでもイメージなんですけれど

 少なからず 感覚的な部分もあるとは思いますが、
 フェースをボールの下に入れていく、
 練習場であれば マットとボールの隙間、
 …ホントはボールは沈んでいるので ソコに隙間はないんですけど
  入れていくようなイメージを抱いている場合もあるでしょう。
(こする つかまえる_Moment(3)
 からだの回転で✋ と言うイメージでは
 正確にそうなのか、どうか、は分かりませんが、
 見た目のイメージで
 テニスのスマッシュ、卓球のスマッシュ と非常に似ていて
 打面、フェースは下向きに、
 ラケット、この場合はヘッドですけれど
 それは若干 上目から進入してくるので その分、
 イメージでは かなり下向きにし、
 それを固定したまま、自分が向きを変える

 それが からだの回転でのクラブターンです。
 実際には クラブにはロフトがあるので
 そうはなりませんが、
 ボールの上っ面をフェースで撫でていくような
 そう言う感じです。
(こする つかまえる_Moment(2)
 下に、地面に打ち込む と言う感じではありません。

 ですので 昨日のお話しのように
 自分のからだ、自分の胸に対し、
 実際には 固定され からだが向きを変えているのですが、
 胸と平行に横に移動するような感じになります。

〇本日のゴルフスイング 2023319 - frame at 0m49s一方、手でクラブをターンさせる場合、
からだに対し 手は U字、V時に動くことになります。
実害としては クラブ・腕を固定・半固定して
自分のからだの向きを変えると比較すると
ボールに対するヘッドの入ってくる角度、
 インパクト時のロフト、
 スイング軌道の最下点の位置、 
にブレが発生し易い
 ⇒安定性/再現性に欠ける
 打ち出し角度は出るけれど、ボールに適切なスピンが入らない
 ので ヘッドスピードが速くないとボールが飛ばない があります。
〇ボールの拾い方? - frame at 0m13s
 よく言う すくい打ち や
 『ボールはロフトが上げるから 自分で上げようとしない』
 と言う動きになるのです。

 ですので 私からの提言としては
 これは Yさんに該当するか、どうかは別ですが、
 脚を使って腰の向きを変える と
 肩を廻す
 の 二重の回転、二種類の回転 は
 お薦め出来ません。

 最近では プロの中にも シンプルに
 骨盤の向きで からだ全体の向きを変える人も見かけられますが、
 アマチュアの場合、肩を廻す、肩を廻してるつもり が
 だいたいのケース 腕を振ったら 肩も動いた、
 ややこしいですけど 肩を廻したら 腕が移動した に成っておらず
 自分では 肩…だいたいが それをカラダと認識している
 と思いますが、腕を振っているだけ になっていますので
 からだの向きをシンプルに 足の作業 の一本化
 する事を薦めています。

 多くのアマチュアは ダウンスイング以降、
 まず、足を先行させ、腰・骨盤を廻す、
 その後、肩を廻す(実際は腕を振った結果、肩が動いている)
 なので ご本人は 一生懸命、からだの回転で打っているつもり が
 どんどん 手打ちが深まっていく になっています。
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5
 前述の 手の曲げ伸ばし、利き腕の曲げ伸ばしで
 グリップを からだに平行に、からだの向きに沿って移動させる、
 と平行して からだの向きの変更を
 徐々に、で良いですから 足の作業の一本化 にして行った方が
 体力に低下などの影響を受けにくくなりますし、
 不器用ですが 覚えれば 忘れにくく、繰り返し易いです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「Yさんのケースは 私の経験上、
 非常に多くのアマチュアゴルファーの共通の悩みと言うか、
 課題の代表みたいな感じですので
 過去の、上手く行かなかった理由の復習も兼ねて
 説明していきたいと思います。」

Yさん「お願いします。」

店長「ダウンスイング〜インパクト、要するに
 ボールをさばく、打撃の部分ですね、
 ココの部分を 右打ちの人の場合、
 曲がって短くなっていた右腕を伸ばすことで
 左グリップを支点に クラブを回転させる、
 スイングの弧、円軌道を手さばきで造る、
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5s2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m52023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5ss







 ハンドリリース、悪く言えば 手打ちなんですが、
 この形式のショットを覚えてしまう、慣れてしまうと
 多くの場合、テークアウェイは浅くなります。」

 Yさん「何故…なんですか❓」

店長「ものすごく簡単に言うと 
必要がない から です。」

 Yさん「!!!!!」

店長「全員が、じゃないですけれど
 右打ちの多くの人は 右手・右腕が利き手・利き腕です。
 〇ハンドターン・ハンドリリースの場合、
 その利き腕を 伸ばして クラブをターン・回転させます。
 腕の曲げ伸ばしが クラブターンの要になります。

 一方、からだの向きを使う人は、
 結果は似ていますけれど
 クラブをターンさせるのではなく
 クラブを持った自分がターンして ボールを打つので
 からだの向きが クラブターンの要
です。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m16sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s







 ハンドターン、ハンドリリースする人にとって
 利き腕を伸ばす為に 利き腕を曲げる、たたむ、短くする、
 クラブを起こす為、右ひじを曲げる、

 これがテークアウェイの意味 打撃の準備 なので
 からだとしての右向きは特に必要ありません。


 利き腕・右腕を曲げるために 少し右を向く というか
 右腕を曲げたら からだが捩じれちゃった と言う程度で
 それらをする為の姿勢が からだとしての右向き、
 それが 自分にとってのテークアウェイですから
 『からだが回って無いヨ』『しっかり右を向いて』
 と言われて 右向きを深くしようとしても
 結局のトコロ、
必要のないモノ なので
 直ぐに淘汰・削除されてしまいます。」

Yさん「あああああああ。」

店長「からだの回転でクラブをしっかり動かす には
 からだの回転が無いと ボールが打てない、
 ボールに当たらない状態、条件が必要です。
 必要だから 仕方がないから からだを廻す、
 ソコに至らないと 手打ちからは解放されません。


 手でからだの仕事を奪ってしまっている限り、
 からだの回転はものすごく『必要』な動きではないのです。
 つまり 手で円を造るのを辞める という
 ハードルを乗り越えないと 次には進めない
 というコトになります。
スクリーンショット 2023-03-29 010121
 手で円を造るのを辞めたら ボールが打てない、
 ボールに当たらない、届かない のが
正解

 だから からだを廻す、
 仕方がないから✋✋ 必要だから✋✋
 からだを廻さざるを得ない環境を造る、
 その頭の切り替えがとっても大切。

 今のスイングに何かを付け足して…
 手打ちを辞める のではありません。

 ソコに気付くのがとっても大切です。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「多くの方は…たぶん…ですね、
 からだの回転で打つ のは悪いコトじゃない
 手で振っちゃ芳しくない とは思ってると
 思うんですね。 」

質問「思っていますね。
 もう なんだか心理的圧力に近いモノがあります。」


店長「手で振っても 問題がなければ 好きにしていいんですよ。
 別にゴルフは スイングの品評会ではないんですから😊

 まあ 正直なところ 手で振っても上手く行くのは
 若い方か、腕力の有る方に限られちゃいますけどね。
 歳とってくると結構、苦しい…。」

質問「分かります…。」
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m16sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m11sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s






店長「でもね、からだで振ると
 チカラの有る 右手の使うトコロ が無い って言うか
 『右手の手持ち無沙汰感』がぬぐえ無い んじゃないか
 って思うんです。
katate_Moment
 グリップを進めましょう。
 そうなると 右打ちの人の場合、
 左腕で降ろすか、
 からだを廻すか、そのいずれか。

 じゃあ 右手はイツ使うんですか❓ って

 右手は使わないんですか❓ って。」

質問「なんだか 右手で打つ、右手で叩くのって
 悪いことのような印象がありますね。
 右手を使っちゃイカン✋ みたいな…。」

katate_Moment
店長「😊それじゃあ 右打ちしてる意味ないでしょう。
 切り返してから
 上から見ると 反時計回りの動きになりますけど
 この時 左腕って無力に近いですね。
 脱力してるって訳じゃないでしょうけど。
 クラブの重さを支えて
 からだの向き通りに移動するのが一杯一杯🤓🤓

 切り返し、ダウンスイング以降の左腕って
 からだの一部になります。
 その時の 左腕は イコール からだの向き です。
 左腕単体を動かすのは からだの向きでしか難しいでしょう。

 そこで必要になるのが 右手 です。
 このドリルであっても
 グリップを進ませるのは 基本、からだの向き です。
 力の弱い 左腕・左手で グリップの進ませるのは
 無理とまで言いませんが、結構、辛い。

 からだの回転 であったとしても
 クラブの重さ、腕の重さ、
 テークアウェイでの慣性も残ってますから
 かなりの重さ です。

 ここで グリップを進めるのは右手の仕事 です。
 切り返し と言う時期では
 方向はやや下向きになるのかも知れませんが
 スイングの流れに沿って でしょうか。

 このタイミングで 右手を使わないから
 クラブや腕の重さで クラブが寝たり、
 その重さで右サイドが下がってしまう、
 そして それでは十分力強くインパクト出来ないから
 あとから からだの、左サイドの、グリップの進行を止めて
 右手で叩くってコトになる訳です。

 切り返したら 右手でグリップを先に進ませる。
 右手を伸ばすことで グリップの進行を助ける、

 と言う方が良いのかも知れませんが、
 私個人は 右手主体のイメージは強い です。

 タイミングとしては
 心の中では 右手が先行。
 でも 重さもありますし、見た目や結果論では
 からだの回転、左腕の進行の方が先に見えるでしょう。
 でも 右手が先『気分』
5a0eeaec
 右手、右腕を伸ばし始めるが先 で
 あとは 後発のからだの回転との追いかけっこ です。
 右手には追いつかれたくない、
 せめて 打ち終わるまでは からだの回転で逃げ続けたい。
 そう言うイメージです。

IMG_0799
 右手の話しで注意点は一箇所。
 右手が、右腕が伸びて グリップを先に行かせるんで
 右手でシャフトを押すんじゃない。
 クラブを持った左手を押す感じになるでしょう。
 手で言うと掌底って言えば良いのでしょうか、
 トップの位置では 左グリップにかぶっている部分を押す。
 決して 指先側ではないですね。
 ここで シャフトの方を押したら…
 クラブ自身が回転しちゃいますから
 それではクラブが長くなって、重くなってしまうし、
 ヘッドの道のりも増えてしまう…
  🙄インパクトに間に合わない。
ダウンスイング〜左上腕_Moment(3)
 右グリップの方が 左グリップよりも
 からだに近い時期が右手を使う機会で
 左グリップよりも外になったら
 もう 右手を使う機会を失っています。
 そのタイミングで無いと クラブの重さが利用出来ない

 からだを廻して から 右手 ではなく
 右手を使い始めてから からだを廻す
 と言うイメージです。

 ここって 握り方のグリップが問題になって来るかも⁈」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スナップショット 1 (2013-06-13 15-44)
店長「テークアウェイ、右向きのコツ とまで言えないですけど
 右向き不足を解消する効果的な方法
 今までの体験上、一番効果のある方法は
 『右ひじ(右打ち)を外めに張る(クランチ)意識を持つコト』ですね。」
スナップショット 1 (2018-04-02 11-36)
質問「クランチ❓」

店長「はい。
 腕立て伏せの時に 外に張る感じと言えば良いのか 
 右ひじを下に向けっぱなしにしないように…
 ですので ソレに比べると 右ひじの高さ は
 少し高くなる感じですが、無理に高くする必要はないです。
スナップショット 1 (2013-11-07 19-47)06ad7076-s (1)






 ポイントはふたつ
 右ひじを高くする、外に張る の見かけ上のポイントは二の次で
[章咾鯒韻犬蕕覆
 ハンドルを右にきるように
 腕を捻じって、特に左腕ですね
 手でテークアウェイを取らないコト
△気蕕縫灰船蕕重要で
 
2023-03-02_10-30-37 - frame at 0m4sクランチする真の目的ってトコロですが
からだの向きを変える
この場合は右向き ですが
左肩は飛球線後方で動きますが、
当然、からだはつながっているので
その分、右肩はアドレス時の後ろ、
 背後方向に動きます。
 この背後方向に動くのを 右ひじで誘導・誘発してやるコトによって
 回転を完全系にするのです。
((フットワーク (2)〇肩を廻せ_Moment2
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment







 不完全な右向きの場合、
 『左肩を入れろ』の意識が強い人に在りガチ ですが、
 左肩を飛球線後方、アドレス時の右方向にばかり動かし
 その対になるはずの 右肩・右サイドを動かす意識がないので
 回転にならず からだが前・ボール側に倒れてしまう。
 これでは 深く右向きをしているつもりが
 どんどん体が前に倒れ、アンバランスになってしまう。
加我 (1)
 それを防いで 右を90度とか 角度の問題では無く
 ちゃんとして 芯と言えば良いのか、
 軸のある回転を作ってあげるためのモノ
 右ひじの外、背後に張るクランチ です。

✅一度 ドリルとして 右向きとクランチを
 こういう風にやって頂きたいのですが、
スナップショット 2 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)





 クラブを右手一本で持ち、
 ヘッドは出来るだけ アドレスの位置、ボールの位置、に残し、
 横に動かさない感じ ですね、
 右ひじの張り で 右を向く。
 微妙にですけれど 胸が開いていく感じ になります。

〇逆に、自分のテークアウェイが如何に
 クラブを振っているか、ヘッドを振っているか も
 分かるかも知れません。



 まあ おまけ ではあるんですけど
 チカラって 腹筋が締まったときに出るので
 胸を開く感じで上げて、締める感じでインパクト
 の方が ボールの耐圧に強いと思うんですね。
201808_Slomo_Moment
逆に 左肩だけ、左手だけでテークアウェイを取ると
トップで 胸が潰れた感じになりますから
ダウンスイング、インパクトで
胸が開いて、腹筋が締まらず
チカラが出ないんじゃないかと思うんです。
 腹筋なんかは 意識してどう、と言うのは出来ませんが、
 意識できる部位で作る姿勢によって
 ソレは変ると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチのミスを減らす
方法のヒトツとして「クラブ・ヘッドを引きずって」

があります。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment

上から打つ (もしくはつぶす)
というのは
そのクラブの長さなりに
ヘッドを入射させるコトを指します。
意図的に ヘッドを上から下に振る
という事ではありません。


写真にすると インパクト以前は
理想的には右向きの区間ですので
ハンドファーストがきつい ように見えますが、
それは右向きのせい での視覚効果
見ている角度によって より強くそう見えるだけです。
この時の 体の正面から撮影すると
見た目ほどハンドファーストはありません。

シャフトは振りません_Moment
この状況/環境ですから
当然シャフトは下向き です。

シャフトが上向き というのは
ボールにソールが向いてしまいます。
フェースでボールを打てません。


このシャフトが下向きの状態で
ボールに入って来れば、
フェースは下を向いていますから
最下点であっても、若干その手前であっても
大きな違いはありません。
似たようなロフトと入射角度でとらえられます。
そして、ボールの直径は45ミリ(4.5臓砲任后
2センチは少々オーバーですが
その位 ヘッドがボールに対し、
厚く入っても、薄く入っても
ボールは球体であるが故に 大きく差は出ません。
ミスになり難い と言うコトです。
IMG_0659

フェース上部(トップエッジ)が前に出ている状況です。
トップと言うのは
 リーディングエッジやソールで打つコトですが、
リーディングエッジの方が後方にあるため
トップのしにくい状況です。

ダフリ とは インパクト、もしくは インパクト以前に
ソールが地面と干渉してしまう状況ですが、
それも起こりにくい状況です。

MVI_0817Trim_MomentMVI_0817Trim_Moment(2)MVI_0817Trim_Moment(3)




一方 ヘッドを返して、もしくは ヘッドがグリップを追い越して
打っていく打法では、
スイングの半分は シャフトが上向きです。
シャフトが上向きの状態では フェースがボールを向いておらず、
スイングの最下点が ボールより手前に入れば
トップか、ダフリに必ずなります。

また 最下点でとらえたとしても
ボールに対し リーディングエッジが前に出ていますから、
ヘッドが1センチ高くても、低くても ミスになります。

さらに 振り子で振る場合、
スイング中、入射角度とロフト姿勢が常時変化するため
当たるタイミングによって 全く異なる球質になり
距離間の把握が非常に難しくなります。

アプローチでの この捉え方は
そのままショットに反映します。
右手の使い方もそうです。

からだでもない、腕でもない 肩の揺さぶりで
振り子にスイングする限り 上手くなるには
部活並みの練習頻度と量が不可欠…。
オジサンゴルファーにはほぼ不可能です。

からだの回転を意識し過ぎて
からだの回転でクラブをひっぱれば
クラブ・腕の長さと重さで遅れますから
結局 体が回転している時期に
インパクトを迎えられず、手で振ることになります。
MVI_0817Trim_Moment(7)MVI_0817Trim_Moment(5)MVI_0817Trim_Moment(6)





ならば 逆に 手をもっと動かして、
自由の利く右手(利き手)と『正しく』動かして
からだの回転を後追いさせるようにする
と言う考えも一つのアイディアだと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


回転する椅子 さえあれば
雨の日でも お家で出来るドリル です。



これが そのままショットになる! とは言いませんが、
少なからず 自分がスイングの円弧を手で作っているのか
それとも からだの回転で作っているのか
からだの回転が断続せず、スムースなのか
途中でからだの回転を止めているのか
感じ取れるドリルとも言えますし、
「飛ばしたい」から
「スイングの弧が大きい方が
 ヘッドが遠いところを通った方が
 速く振れる、飛ばせる」
 という勘違いが
 クラブを持つ腕、クラブ、からだを分断してしまっている
 と感じられるのではないかと思います。

一般的に考えられている
 フェースローテーション・ヘッドターンの右手使い
曲がった・短くなった右手を伸ばそうとすることで
🔴ヘッド・クラブを回転させる
🔴ヘッドでグリップを追い抜く行為が
 腕の振りとからだの回転を分離してしまう
🔴クラブを振ろうとすると からだが止まる
という
「気付き」が得られるだけでも十分かも?!


クラブの長さ処理 と言う意味も含まれているので
長さの有る ほうき とか
その手のモノでも代用可能だと思います。
基本、クラブ〜ヘッドは振りません。
ぶらぶらさせる訳ではありませんが、
 ヘッドは放置、
シャフトでつながってる分、
 グリップの移動に伴い、移動するだけ です。

✋棒は振らない予定…の筈ですが 振ってしまって
ガラスを割ったり、照明器具を叩いてしまわないように。
…椅子に座って低くなってるから 平気かも?
 と言って 棒は振ってはイケマセン。。。ドリルにならん。

回転イスに座る場合、
あまり深く腰掛けず、
イスの回転軸が 背骨につながる位の浅め
に座る方が良いかと思います。
(✋落ちたり、こけたり ケガしないでね)




POINTは二点
(スイングのイメージを変えようと… アレン痔版_Moment(4)(スイングのイメージを変えようと… アレン痔版_Moment(3)




1.
シャフトの縦抜き とでも言えば良いのか
あくまでもイメージではありますが、
⇒アドレスに相当する向き の
仮想のボールと自分の空間
その空間、✖グリップエンドを自分
ヘッドをボールに向けた
横抜きするのではなく
🔴グリップエンドを飛球線方向
(もしくは やや右気味〜シャンク方向)
ヘッドは飛球線後方に抜ける
縦抜きをしてみて下さい。



2.その縦抜きをする際
 フェースは地面の方、下を向けていないと
 ボール(仮想)を打つコトが出来ません。
 (完全に下向きには仕切れません)
(スイングのイメージを変えようと… アレン痔版_Moment(スイングのイメージを変えようと… アレン痔版_Moment(2)




映像を見て頂くと分かりますが、
からだの回転と腕の振り の融合 は
左腕 右腕 ともに
 からだの向きの変更 〜その時間進行とともに
滑らかに、断続的に
 傾きの傾斜に沿って
 低くなったり、高くなったりします。
左腕、右腕の移動も 傾きの傾斜の中 にある
 ⇒からだの向きの変更の中にある というコトになります。

腕の動き 俗に言う腕の振り と
からだの向きの変更 俗に言う からだの回転
その融合は
回転することによって
クラブの縦移動
主にグリップの上下の高さ変更
クラブの回転 クラブの縦回転でない
縦の移動 が変わるコト によって
移動するが良いと思います。

基本、グリップは回転による移動
 ヘッドはシャフトでつながっていますから
 その移動に伴って 移動するだけ です。
🔴どこかの時点で ヘッドを動かそう、シャフトを振ろう 
ダウンスイングに相当する場面で
 ヘッドを下に振ろう、シャフトを縦に回転さえよう、とすると
その腕の動き と 回転は遮断、分断され
回転の同軸線上から、腕とクラブは外れてしまい
回転を止めなくてはならなくなります。

円弧を描くのと 回転でする方が良いのか、
それとも回転を止め 腕でクラブを振る方が良いのか
 決断の時 です。


もう一つ
自分とボールの空間
 この空間を横抜き ヘッドをボールに向ける
この状態を作ろうとすると
 回転の時間進行 に対し
ヘッドの軌道が大きすぎる、遠回り過ぎる ので
 やはり 回転の時間進行に乗れなくなり
回転が止まります。
👉コレ ものすごく多いパターン
 手で振ろう と思っていなくとも
 ヘッドの軌道が遠回り 大きすぎれば
 回転で移動できる分では足りなくなり
 どこかで 回転を止め、
 腕で移動を補助する必要が生まれます。
それもある意味、体験できる、かも?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


受講生「こすり球のメカニズムが見えてくると
 スイングでどうしたら良いのか というのも
 見えて来やすい のですね?」

葛谷2022816_Moment

店長「そうですね。

 現代は電子機器やネットのお陰で
 映像、動画などを とても簡単に扱うコトが出来ます。

 からだの回転は横の動き
 腕は縦の動き
 その複合がスイングである、
 と言うような 視覚要素から入ってしまう
 スイング造りにハマり易くなっています。

 こすり球はイコールスライスではありませんが、
 スライスのメカニズムが一つの答えです。
 
 スライス、ボールに右回転が入る、
 スライスはその数値が大きく、
 前進を阻んでしまうようなモノになる訳ですが、
 その仕組み、量は ヘッドの進路、進行に対して、
 どの位 ヘッドが右を向いていたか で決まります。
『ボールをつかまえる』スイングへ_Moment

 ヘッドの進路、クラブの動きよう その全容は
 からだの向き で決まる訳ですが、
 それに対し、impact付近のどの場面であっても
 フェースの向きは一定、
 フェースの向きは変化せず、
 そして ヘッドの軌道とは別なモノ であれば
 軌道と治すなり、フェースの向きを治すなり、
 もしくは ボールの置き位置などで
 修正したり、量を調整したりすることは可能です。

 からだの部位、の役割とすると
 ヘッドの進路は からだの向き が、
 そのからだの向きによって クラブに遠心力が加わる、
 特にヘッド部には大きく遠心力が加わりますが、
 その不可抗力が加わる、入っても、
 また それを利用しつつ
 ヘッドの向き、フェースの向きを一定にしておく、
 のが腕の、手の仕事 と言って良いでしょう。

 固定する訳では無いですが、
 移動、動きの中でも 一定にしておく、
 ジャイロのような仕事が腕の仕事だ
 と思います。」

受講生「ジャイロ。」

店長「そうですね。

 一方、こすりタイプ のスライスですと
 多くのコトが 腕の仕事。
 一定に半固定する つかまえ に対し、
 常時、軌道を、ヘッドの向きを変えることになります。
 軌道が変わればヘッドの姿勢、向きに、
 ヘッドの姿勢、向きを変えれば 軌道に、
 相互に影響し合いますから 安定し辛い でしょう。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


現代のゴルフクラブは重心が低く、深くなって

上がり易くなっています。

現代のゴルフクラブは慣性モーメントも非常に高く、
ミスへの寛容性も高くなっています。

 故にプロゴルファーのようにターフを取ったり、
無理に、上から叩いたりする必要はありませんが、
効率よく飛距離を稼ぐ と 安定、再現性 を
追求していくと 彼らのノウハウから盗む方がベター
 です。

リリースは手首の解放ではありません_Moment


これは やはりアプローチ、
もしくは ミニショット でトライしてみて下さい。
(利用するのはウエッジで無い方が楽かもしれません)

ハーフショット程度の距離(50-70ヤード)で良いと思います。

➀右手の手首のスナップはロックしたまま打つ

 には先日のブログの通り、
 アプローチの ココから始めてみよう‼ : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
ヘッドから肩まで、腕とクラブの長さが短い ですので
 何かの形で ボールに近づく必要が生まれます。

 左に体重を移し、からだを廻すしか ないでしょう。

 この場合のリリースは
 からだの回転によって動く左グリップに対し
 腕を伸ばすことを拒否していない、
 積極的に 腕を伸ばすコトはしない…感じ です。
 右サイドの下がり防止の為、
 姿勢維持の為、伸ばしている、長さを戻している、
 と言えるかもしれません。 

リリースは手首の解放ではありません_Moment(2)


➁右手の手首を意図的に解いてみましょう。

 おそらく ➀→➁の順序でトライすると ダフリます。
 逆の ➁→➀の順序だとチョロか、トップですかね。
 
 利き手(右打ち)の伸ばし イコール スナップの解き
 である限り、その解きのタイミングで
 からだの回転も止まり、
 ➀に比べると右脚体重になりガチ です。

 ふたつを交互に行うと
 右の手首(スナップ)のリリース が
 そのまま 左肩の上への圧力になるのを感じるかも知れません。

 この場合、右腕を伸ばすコト『リリース』が
 打撃の主になりガチ です。




多くのプロゴルファーは
意図的に何か理由が無い限り、
アプローチ、アイアンでは 右のスナップはロックしたまま
からだを廻す、左向きをします。

リリース
よく使われる言葉 ですが、
『クラブの走り、シャフトの走り』 
直接打つコトには関係が無く、
どちらか と言うと 長い棒状のゴルフクラブの納め方
運動の終わらせ方、処理の仕方 に近いと思います。
つまり 「打った後」のコト です。

打つため にリリースしている のではない
打った後の行為を 打撃の主にしてはイケマセン。

リリースは 腕の伸ばし(長さの回復) であって
 手首の解放ではありません。
腕の伸ばし の結果、手首が解かれるのであって
手首を解くためにリリースをしている訳ではありません。


しかし、現実には そのリリース
具体的に言うと
 右手のスナップの解き を打撃の要 にして
ボールを打っている人が少なくない ですから
それをするな とは言いませんが、
せめて グリップエンドがボールを追い越してから
 する位に留めて下さい。


打った後まで
 スナップロックをキープして置く必要はありません。
自然な解け に任せた方がからだは楽です。
ただ 少なくとも
 グリップエンドがボールを追い越すまで は
 スナップは解かないよう意識しましょう。



理想的には スナップはロックしたまま
  からだを廻す です。

2021-04-17_15

これが 上からボールを打つ方法 です。
言葉遊びの様ですが、
  上から打たない、
  ヘッドを下に落とさない、
  のが 上から打つ 方法なのです。


皮肉ではありますが…
「ヘッドを」上から入れる その言葉通りにしてしまうと
結果は しゃくって打つ、下から拾う になってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転で『振る』のは
 手を使わない訳ではないです。
 ややこしいですけど、主に 手で円を描かない、
 からだの回転を主で円を作るコトで
 手を使わないコトを指す訳ではありません
井上2020725_Moment

 からだの回転と同期するのなら
 形式上、からだの回転の補助になる…
 円を描くのが からだの向きが主であれば
 どんどん 手は使って良いんです。」

Rさん「からだの回転✋✋ って言われると
 手を使うのが 悪い みたいに思ってしまいますよね。」


店長「ですね。
 でも 一旦、腕さばきで クラブが短く、
 円弧で言うと 小さな円になっている訳で
 元に戻さないと 正常な円の大きさに戻せない。
 間違えてはイケナイのは 円を大きくすればするほど
 良い訳では無く、多少の許容幅はありますが、
 それを 上回る 円弧の大きさを造ってしまう と
 からだの回転では 円弧を造り切れなくなっちゃうので
 適時、適切な、 円弧の大きさ と言う意味です。」
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)







Rさん「ソコ 難しい…ですか❓」

店長「いえいえ
 難しくなってしまうのは スイングのタメ みたいなモノを
 からだの向きに対する 腕の遅れ にしてしまうからで
 クラブ、先端の重さのヘッドは遅れていいんです。
 腕まで遅れさせちゃうと
 からだは回していても 最後、打つ時、
 手で振らなければイケなくなってしまう、だけです。

 どうしても… ってところはありますが、
 手で振らないと 満足出来ない方✊
 充実感を優先させたい方✋
 ソコソコ 腕力に自信の有る方✋

 は 積極的に 手、まあ この場合は腕 というか、
 切り替えし で 腕のリリースから『始めて良いんですよ。
 
 だって 積極的に 手で打ちたいでしょ❓」

Rさん「!!!!!!!!」

店長「言葉で伝え難くはありますが、
 バランスボール(重たいモノ)を持って
 トップの位置のように 腕をたたんで
 そこから からだを廻すと、
 バランスボールの重さが増し、
 腕をたたんでいられなくなり、
 結果としては 腕、右打ちであれば右腕は伸ばされます。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment

 腕で打ちたい人、腕を強く使いたい人 は
 それを 積極的に、 先に やるのも アリ です。
 右打ちであれば 右腕の伸ばし、
 リリースですね、
 それに からだの回転が追い付かれなければ良いのです。

 スイングで言う 左腕 というのは からだの回転
 のコトを指します。

 一般論では からだの向き、回転に対しての 腕は補助、ですが、
 その反対であっても 同期していれば、
 からだの向きで 左腕が、右腕に追いつかれずに
 逃げ切ってしまえば 良いだけ のコトです。
 どちらも 追いかけっこ であるコトに変わりはないです。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 からだの回転を 主 と思っても
 腕が からだの向きについて行かず 遅れれば
 👉 結局、手で振らざるを得ない、
 プロの試合でも そんなミスは山ほどあります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ