◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: ゴルフクラブの秘密


Nさん「ボールをつかまえる、つかまえない に
 直接関係ないのかも知れないですけど
 どうしても 前がつっかえちゃう、
 前方が渋滞しちゃう んですよね…。
202302241f1418f09202011201







 逆に そこが つかまえる/つかまえない と
 関係しています❓」

店長「
あります。
Nさん「インパクト以降、フォロー側の問題もあると❓」

店長「あるでしょうねぇ。
 出来れば 右腕の、みたいな話し にしたかったのですが
 それも 左腕のたたみ方、
 インパクト以降の 左腕の行き所次第
 だったりしますからね。
(ヘッド1

 追いかけっこをして 逃げ続ける左腕が逃げきれないと、
 追いつかれちゃうと 便秘みたいになっちゃいますからね。」 

Nさん「ですよね。」

店長「…結局、ソコの話しになっちゃいますよね…。

 インパクトでからだの回転、
 特に左サイドが止まってしまって
 それゆえに 左腕の逃がす場所がない から
 前が詰まって フェースターンするのか、
 はたまた フェースターンをする為に
 『左の壁』と思っている 左サイドを止めるのか、
 は それぞれの方の経緯によって異なるとは思いますが…。
スクリーンショット 2023-05-22 200858
 多くの人が フォローでは
 アバウトな方向ですが 飛球線の方に両手が伸び
 と言う風にイメージしていると思います。
 また インサイドアウト に毒されている場合もあるでしょう。

 両手が伸びるのは 意図的、意識して行うモノではなく
 遠心力などの不可抗力によって起こるモノで
 意図したインパクト以降〜フォローで 『両手を伸ばす』
 『飛球線の方にクラブ・ヘッドを出す』

 からだの回転の止まり/左サイドの止まり と
 パックになる動きです。

 ヘッドターンやフェースローテーション、
 手の返しもそうですが
 今更…ですけど
 腕はカラダを追い抜かない、
 腕はカラダより左(右打ち)には振らない です。

 あきひこ先生のコレもそうですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ものすごく誤解も生み易いですし、
 先走って 勝手に進めて行っちゃうと
 より迷路に入ったりしますから
 あんまり 書いたり、言ったりしたくないのですが…。

 あらかじめ言って置きますが、
 つかまえるコトが出来ている人には今更必要ありませんし、
 ちゃんとつかまっていなくとも
 今のスイングやショット、距離や弾道に不満のない方は
 無理やりトライする必要もありません。
 
 また 分かり難いと思いますので、
 勝手な、都合の良い解釈で進もうとせず、分からないコトは
 ちゃんと質問して下さい。」

Nさん「了解です。」
93443e97IMG_0524






店長「ボールがつかまる・つかまらない は
 ゴルフショット、ゴルフクラブの構造上、
 そのクラブのロフト そのクラブの長さ から
 上から入ってくる角度分、ロフトが立っている、
 30度のロフトのクラブが 5度の角度で進入してきた場合、
 地面に対しては 25度以下 になっているか、どうか、
 ヘッドの回転など左右の問題では無く、
 時間が伴う ヘッドの縦・上下の問題です。」

Nさん「はい。頭では分かります。」

Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 0m53s
店長「ボールをつかまえるのには
 ダウンスイングの かなり早い段階、
 少なくとも インパクトの直前では無く、
 それよりも かなり前の時点。
 はっきりココってのはないですけれど
 イメージとしては ダウンスイングの中間辺り、
 この時点で フェースが下を向いていないと
 ボールをつかまえる術を失います。 」

Nさん「!!!!

Nさん「かなり 早い 時期 ですね。」

店長「そう感じると思います。」

店長「あくまでも 事前のイメージですから、
 実際には もう少し インパクト寄り だとは思いますが、
 繰り返しますが、ボールをつかまえる を実践したいなら
 ダウンスイング中ごろにはフェースが地面、下を
 向いているイメージで無いとダメです。
 かなり早い段階です✋

 そこで いつも感じるのですが。。。」
(ヘッドは振らな
Nさん「はい。」

店長「トップの位置 あるじゃないですか❓」

Nさん「はい。」

店長「だいたい 👈こんな感じ ですよね❓」

Nさん「そうですねぇ…。」

店長「手で振る訳でも
 ヘッドを振れ、下に振れ、ヘッドを落とせ
 と言っている訳でもないですが、
 クラブって 棒ですけれど
 どこに出そうとしています❓」

Nさん「どこ…って言われても…。」
(ヘッドは振らな2
店長「具体的に言うと
 左腕の延長線上に、
 最終的には 左腕とクラブが一直線になるよう
 そう言う方向に振ろうとしてません❓」

Nさん「してるかもしれない…🙄
はっきり 考えたコトないけれど
してるような気がします。」


店長「それだと…
 ボールを打つまで フェースは下を向きません。
 ずっと 上を向いたまま・横を向いたまま です。」

Nさん「😧😧😧😧😧😧😧

店長「そして フェースがボールにも向きませんから
 その先に もうひと手間、もう一つ作業が必要になります。」

Nさん「😵😵😵😵😵😵😵

Nさん「じゃ どこに向かって クラブは動かすんです❓」


店長「左腕の延長になるのは 『結果論』 です。
 最終的には 傍目にはそう見えますが、
 ボールをつかまえるには……。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「パターって カップにボールを入れる
 『入るのか?!』ってコトばかり気にされガチ ですけれど
 原則としては どのパターであっても
 『入らない』んですよ。当たり前ですけど
 『絶対入るパター』なんてのは存在しないんです。
IMG_0501
 一番 重要なのは 距離が合うか、
 いつも 同じ距離、同じタッチになり易いか、 どうか で
 距離が合っていれば パターの総数は 多くはならない、
 パッティングはストレスにならなくなります。

 『自分のイメージした距離が ちゃんと転がるのか』
 自分なりの『気持ち良い転がりをするか
 ここがポイントだと思うんですね。

 ✋その点において
 フォローは出易い…のかも知れませんが
 アッパーになり易く、それによって
 打点がズレてしまい易い 深すぎる重心は
 ことパターに関しては ✖ だと思います。

 数値で言うのなら パターの重心深度は
 👉10弌15舒未砲覆襪隼廚い泙后

 ✋また、重心の高さ は
 高すぎるのもなんでしょうけれど
 間違っているのなら 高すぎる方がマシ。
 ボールの直径が45
 ボールが自重で芝に少し沈んでいるとして
 20〜22弌^未赤道になります。
IMG_0502IMG_0503IMG_0505





 パターストロークも ある程度の空中、
 地面を引き摺って…ではありませんので
 適度な空中を動かす、として
 重心の高さは 18〜22佇佞蠅良いんじゃないですかね。

 今回 仮称:TPA18のハミングバードバージョンを造る
 に当たって そう言う感じになってくると思います。
 
 弊社のパターは ヘッド重量がありますので
 ボールは伸びます。
 ゆっくりした出だしのスピードでも減速しにくい
 それは 既にブリストルやデール9で実証済み ですので
 ヘッド重量は しっかり確保したい。」

質問「確かに ボールが止まりそうで 止まらない独特の
 転がりをしますよね。」


店長「重心がある程度高く、ヘッド重量のあるパターの特徴
 と言ったトコロだと思います。

 
 今回は マレットに近い形状 になりますので
 とても重要になるポイントがあるんですね。
IMG_0496
 パターって 構えやすい のも重要だと思うんですけど
 引き易さ、テークバックの取り易さ
 動かし出し易さ、静から動への動き出し易さ、

 どの方向に どういう風に動かし出せば良いのか、
 そういうのがイメージし易い 形状、シルエット、
 それがとても大切だと思うんです。

 何にも考えなくても スッと引ける と言うか、
 どこにどう上げたら良いのか迷わせるような
 そう言うデザインは とってもマズイ と思うんです。


 
 パターの重心、深重心や低重心のコト が気になったので
 主要メーカーのサイトを見てみたんですね。
335400739_612216804055650_6789749583327675101_n
 そうすると 各所揃って
 目標に向けての『構え』
 真っ直ぐ構えられる ようなコト
 を
 非常に強調しているんですけれど…。」

質問「ですけれど…❓」


店長「構えやすい、目標に向けやすい は重要と思いますけど
 それって 静 の状態であって
 それが 動 に移るコトは一言も触れられていない。

 多分 パターストロークにおいて
 その
静から動に移る瞬間が一番難しい…
 ソレに迷いがうまれるのが 俗に言うイップスです。


 まるで 構えるコトで完結している ような表現で
 動かして打つコト には触れていない んです。」

質問「どこも❓ ですか。」

店長「はい。日本語で読めるサイトでは どこも、です。

 ハミングバードで パターだけでなく クラブヘッド全般を
 デザインする場合、引き易さ、
 どの方向に、どんな感じで 動かせば良いのか、
 ぼんやり ではありますけれど ガイドする、
 動き出しの迷いを生ませない、
 ソコって かなり重要課題、
 クラブデザイン、シルエットの命 と言える部分です。
IMG_0472IMG_0471













 奥行きの有るマレットの場合、ソコはとっても重要になります。
 ソコの造り込み で クラブの明暗を分ける ほどに。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「パターの場合、重心深度と共に
 気になるのが 重心高、高さ です。」

質問「最近のマレットタイプは さぞ低いでしょうね。」

店長「まずは 画像でご覧ください。 
 昨日の順通り 行きます。


。矛織屮螢好肇襦 471.2g
IMG_0501
▲團鷏織如璽襭后 517.2g
IMG_0505
➂ベティナルディ360 355.2g
IMG_0500
ぅ謄ぅ蕁璽瓮ぅ鼻TPA18  320.9g
IMG_0499
ゥ好灰奪謄キャメロン#9 デルマー  353.9g
IMG_0503
➅オデッセイ ホワイトホット #7  352.0g
IMG_0502





 マレットタイプだけが異質と言って良いでしょうね。」

質問「想像以上に低いですね。」

店長「ボールが芝に沈んでいない と言う設定で
 比較してみましたけど…

 重心高さの数値はこんな感じです。
。矛織屮螢好肇襦 22.7
▲團鷏織如璽襭后 21.5
➂ベティナルディ360 17.5
ぅ謄ぅ蕁璽瓮ぅ鼻TPA18  16.7
ゥ好灰奪謄キャメロン#9 デルマー  18.1
➅オデッセイ ホワイトホット #7  11.6


 弊社の二機種 ブリストルとデール9は
 意図的ですが、重心は高いですね。

 ストロークするのに ある程度、
 ヘッドは空中を進むんですが…。

 こういう経験あると思うんですね。
 パターでは無いですけれど
 ショートホールで アイアンをティーアップして
 フェースの上の方、
 この場合で言うと 重心よりも高い位置に当たった時、
 ポコーンと弱々しい球になって
 飛距離も飛ばない。

 ボールのセンター だいたい赤道を打つとして
〇重心で当たるのと
〇重心の下側で当たる、
〇重心の上側で当たる、
 は同じ球、弾道、同じ距離にならないと思うんですね。

 ボールを転がすパターの場合も
 重心の上側で当たってしまうのは
 当然 重心で当たるよりも 飛ばない、
 弱い球になると思うんですね。
IMG_0510
 ごく一般的なパターの場合、
 コイン(10円玉)3枚位の高さ位(約5弌砲
 ヘッドが移動すると 重心とボールの赤道は揃います。
IMG_0507
 低重心のマレット、今回、実験で使った
 ➅オデッセィ ホワイトホット #7 だと
 重心で当てるには 10円玉 7枚分、
 1.2僂盥發ぅ肇灰蹐鮨兇蕕覆てはならない。

 これって 距離合い難いんじゃないですかね…。」

質問「パターストロークで
 ヘッドをどの高さで通すか
、なんて
 考えてみたこともないですよ…。」

IMG_0511
店長「ですよね。
 でも 普通にしてたら
 重心の上に当たって ポッコンとした球になる可能性がある、
 なので マレットの重心の低いパターって
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す コトも大事なのかも知れないけれど
 ヘッドの通す高さも一律にするように
 しておかないとイケナイ んじゃないですかね。

 だって 距離感と距離が毎回バラバラになっちゃいますよ。
 その可能性は非常に高いと思うんです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「一点モノではあるんですけれどパターの製作 のこの機会に
 パターの幾つかのデータをお知らせいたします。
 〇このデータを取るのに あきひこ先生から
  パターを一本(オデッセイ ホワイトホット#7)ご提供頂きました。
  厚く御礼申し上げます。

 まずは ハミングバード恒例 ヘッド重量です。
 それぞれが 別の長さで使われた可能性がありますので
 一律ではないのはご了承下さい。
 〇写真上にある 赤点は重心位置 です。

IMG_0486IMG_0484IMG_0485






。矛織屮螢好肇襦 471.2g
▲團鷏織如璽襭后 517.2g
➂ベティナルディ360 355.2g
IMG_0481IMG_0482IMG_0483






ぅ謄ぅ蕁璽瓮ぅ鼻TPA18  320.9g
ゥ好灰奪謄キャメロン#9 デルマー  353.9g
➅オデッセイ ホワイトホット #7  352.0g


 一番始めに感じたのは ギャグ ですけれど
 最新のモノほど 名前が長くなりますね。」

質問「😊 😊 😊」

店長「弊社の影響はないとは思いますけれど
 やはり ヘッド重量は増加傾向にあると思います。
 重い方が転がりやミスに強いですから
 市販品で ヘッド重量400gオーバーも出現するんじゃ…
 と思いますね。

 TPA18 は 40年近く前のモデルですが、
 パターに限らず その当時は全般的にこういう重さ でした。
 軽量は売れる…(良いじゃなくて売れる)と言う時代を経て、
 今でこそ ウエッジは300g以下になっちゃいましたけど
 当時は 315〜320gなんてのは普通でしたから
 その時代の重量に戻っていくんじゃないですかね。」

質問「やっぱり 重い方が良いんですか❓」

店長「慣れもありますけれど どの道、重さはあるんですから
 重い方が対ボールに対しては強い のは間違いありません。

 テイラーメイドやピンも含め、どのメーカーもそうですけれど
 例えば 195g/45in が普通の時代に 205gのヘッドを出すとか、
 ヒットした商品は必ず『ほんの少し重めのヘッド
 モデルが進むごとに軽量化して
 段々売れなくなる って言うのがお約束のパターンです。

 ルールの縛りがあって 飛ぶモノ、真っ直ぐ行くモノ
 を模索するのには 重量の増加 が筋だと思いますよ。


 ロフト角度 はソールの形状などによって
 これも一律では無いので 数値を測るのではなく
 見た感じ で比べてみて下さい。
IMG_0487IMG_0494IMG_0493







IMG_0488IMG_0490IMG_0492







 やはり 特徴的なのは
 その当時、マレットやら 重心の深いモノが『無かった』時代
 上がり易い性能を補完する為、い呂笋篶ち気味 ですね。
 同じく 重心が低く、深い➅オデッセイ ホワイトホット#7 は
 ロフトが立っていると思います。

 今更…ですけれど 比較しちゃうと
 ウチの二機種´△蓮.悒奪病腓い ですよね。
 似た形状の ➂ベティナルディ360 とだと
 重量の通り 1.5倍位 ある感じですね🤓」

質問「単品で使っていると 何も感じませんけどね。」

店長「手前味噌ですけれど バランスの良さ だと思います。


 次は重心の深さ ですが
 これも 横一列並べて見ましたので
 見た目で比較してみて下さい。
IMG_0495
 数値は以下の通りです。 

。矛織屮螢好肇襦 10.5
▲團鷏織如璽襭后 11.5
➂ベティナルディ360 11.3
ぅ謄ぅ蕁璽瓮ぅ鼻TPA18  10.2
ゥ好灰奪謄キャメロン#9 デルマー  13.3
➅オデッセイ ホワイトホット #7  32.1

 見た目通り、➅ホワイトホット#7は断トツに深い。
 今どきの なんちゃら ってパターは
 皆、こんな感じなんでしょうねぇ…。

 そう言うパターも個性のヒトツなので
 否定するつもりはないけれど
 弊社のパターには ヘッド重量と言う武器 があります。
 重心の深いは フォローが出る が売りですが、
 重心が深いが故に アッパーに抜けやすい、
 ヘッド重量が重いのは 運動を持続する能力が高いので
 アッパーにならず フォローが出る と言う特性、
 それを 売りにしたいですね。
IMG_0496
 程よい重心の深さ 10亢 にするのには
 前側、フェースを大きくすることはし難いので
 ネック部の重さで調整するコトになると思います。
 重心の高さ との兼ね合いにもなります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


シャフトの硬さ と言うモノに対して
夢語りに近いと思うのですが、思うことがあります。


9割以上…(ほぼ全員と言って良いかも、ですが)のゴルファーは
ドライバー  45インチ相当 振動数...150cpm を
打ったコトも、振ったコトも、持ったコトもありません。
ましてや 振動数二桁 なんて
触るコトも、握るコトも、見るコトすらないかも知れません。

〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m52s

好き嫌い は別として 一度でも
振動数150cpmの ドライバーを持つ、振る、打つ を体験すると
その100cpm上の 250cpmを恐ろしく硬く、単なる棒に感じ、
それが10cpm下の 240cpmであっても
それが10cpm上の 260cpmであっても
ヘッドが付いていない❓んじゃないか と思えるほど
 動きの無い ただの棒っきれ に思えてきます。

キックポイント なんて言葉を聞きますが、
 その棒のようなシャフトの硬さ…で?
と常々思う訳です。

150cpmを打ったことのない人でも
想像出来るかも…しれませんが、
初めて 150cpmを打つとすると
シャフトがものすごくし(短く)なるので
 チョロしそう…届かなそう  もしくは その真逆な

 テンプラしそう… 届き過ぎる…  想像をするでしょうし
逆に 150cpmを打った後、 250cpmのモノを打てば
シャフトが「全く」しなら(短くなら)ない ので
 届き過ぎ…そう か  
届かなそう… と思うモノです。
そして、それが そのまま スイングに反映されるのです。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m17s
道具、なので サイズ とは異なるとは思いますが、
服であれば S.Ⅿ.L.LL. と試着してみれば、
 すぐその差は分かりますし、何かの事情(思惑)が無い限り、
 適正なモノを選んだ方が、快適ですし、見栄えも良いでしょう。
それから 考えると
 ドライバーを試打する際に、 R.SR.S.を打ってみて… って
 少し違和感を感じるのです。
 X…シャフトなんて 基本、マッチョな若者のモノですから
 対象外ですので、除外するとすると、
 R.SR.S はアマチュアが選ぶべき シャフトの硬さの端から端、
 それを打ち比べる って 本来、無理がある筈なのです。

つまり R...240cpm SR...250cpm S...260cpm
このどれもが硬くて どれも差がない のが現状なのだと思うのです。

👉選ぶ幅が狭すぎる と思うのです。

〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m7s


夢物語 ですが、 表記として
L (レディース) 155cpm(振動数)
 A (Gシニア)  170cpm
 AR (シニア)  185cpm
R (レギュラー) 200cpm
 SR (選びドコロ) 215cpm
 S (スティッフ) 230cpm
➂SX (マッチョゾーン) 245cpm
 X  (絶句ゾーン) 260cpm


この位の硬さの差異 が 本当の意味での「シャフトの硬さ」
シャフトの硬さの役割を考えた 差 だと思います。

大量販売を主としているメーカーが
 一本のシャフトでここまで 広い硬さ差では管理しきれないのもありますし、
 ,離勝璽鵑離轡礇侫箸函➂のゾーンのシャフトをまるきし同じ
 とする訳にも行かないでしょうから よりコストがかかる…でしょう。


しかし、実際には ヘッドスピード、体力、年齢の差
 また、スイングのタイプの差 によって
 シャフトの硬さには この位広い領域があった方が
 多様性も生まれ易いですし、楽しめると思います。



また コレも正直な感想ですが、
 現在の多くのゴルファーは 硬すぎるシャフトを使っています。
 故に、しならないシャフトをしならせて使うことに慣れてしまいますから
 振動数 5cpm程度のシャフトの硬さ には ノー感じ ですが
 しならせなくても しなるシャフトを使うようになると
 その 5cpmの差も感じ取れる人が増えてしまう ので
 製品誤差 を狭めなくてはならず
 昔のように バカバカ売れるのであれば やる意欲も湧くかもしれませんが、
 爪に火を点すような現代のゴルフ販売事情で
 コストもかかり、手間もかかる のを やる筈ありませんよね…。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



弊社の「悶絶」と呼ばれている例えばドライバー
シャフトの硬さを表す「振動数」で言うと
150cpmを切るものも沢山あります。
市販のドライバーで柔らかいと言われているものでも
220〜230cpm 
70も80も数値が違います。

振動数がすべて、ではありませんが
 明らかに硬い。。。
(固有振動数は サイクル・パー・ミニッツで表わされ
 一分間にどれだけ振動するのか、を数値で表しています。
 シャフトの硬いものほど大きな数値、シャフトの柔らかい
 ものほど小さな(少ない数値)になります。)

これをリシャフト(シャフト交換)するような、俗に言うスポーツタイプの
シャフトの替えると、その数値は同じ「R]の表記
あっても 
数値はさらに跳ね上がり 250cpmを
超えるものも少なくありません。
この数年では、柔らかめのシャフトと
スポーツタイプの硬いシャフトの差はより広がったので…
そんな硬いシャフト使えるんでしょうか…。

一般的には、10cpmでフレックス(硬さ)が
ワンフレックス違い、 R⇒S⇒X となっていくと
20も30も数値は大きく、硬くなります。
そう考えると、150cpmのモノを仮に「R」とすると
230のモノは、XXXXXX 6Xになってしまいます。
001
150cpmを下回るような ドライバーを
ヘッドスピード45msを楽々超えるような人が
打っても、特にバラツクわけでもなく
慣れてくると、数値の低いものほど
スライスからはお別れ できるようになるものです。

初めてのお客様でも、持っている時(アドレスやワッグル)は
柔らかく感じでも、打ってしまうと「柔らかい」とは
感じないものです。
よくゴルフ用語と聞かれる
・・・シャフトが来ない(インパクトに)
・・・ヘッドが来ない
・・・インパクトを待っていなければならない

というのは、シャフトの柔らかいものほど、感じなくなり
逆に、柔らかいシャフトのクラブを打った後で
硬いシャフトを打つと、はっきりと、そう感じるものです。
スナップショット 2 (2013-04-08 23-48)
各シャフトは見た目では非常に似ているため
シャフトを表すのに、キックポイントやトルク などで
数値化し、その特徴を表すのですけれど、
ごくごく普通の、決してヘッドスピードの遅くない人が
振動数150cpm のモノを打っても、問題が無いのに
それよりも 100cpmも130cpmも数値の大きな
明らかに硬いシャフトを打って
果たして そのキックポイントとか、トルクの違いを
 感じることが出来るのでしょうか。。。

それらはすべてシャフトがしなって、動いてこそ
良くも悪くも発揮されることを示した「数値」「特徴」です。
しならすことのできない、運動させることの出来ない
数値を比較してみても、何か意味があるのでしょうか

例えば、フェアレデイZ、GTR、ポルシェ、フェラーリ
動くからこそ、そのハンドリングや加速、ブレーキングなど
の違いや特徴が表れるもので、動かなければ
単にデザインとか色とかの大きなオブジェでしか
無い様な気がします。
(投機目的と言うのもあるのかも知れませんが)

現在のシャフトの色やデザインを見ていると、
結局、動かない代物だから、その差別化を出すために
無理な虚飾を背負っているような気がするのは
ちょっと穿った見方なんでしょうかねぇ。。


何か特別なテクニックを使わなくとも
各人がシャフトを運動させられるように、
シャフトには「硬さ」が色々あるのに、
YOUTUBEなどには
シャフトのしならせ方 何て題名のモノまであります。
ゴルフクラブは先端に、重心のずれたヘッドという重量物
が装着されているのです。
しならない、動かないモノを無理に動かしたら
それは単純な「
しなり」ではなく、捻じれ になって
 しまうのではないでしょうか。。。

ボールの左右の方向だけでなく、上下の方向も
ある程度厳密にして行きたい「ターゲットスポーツ」
なのに、捩じる と言う行為は致命的なことで
それを意図的にしないために、ヘッドの重心はズレていて
シャフトには各人が選べる「硬さ」が存在する、と考えた方が
使い方はシンプルになっていくと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ハミングバードが『柔らかいシャフト』に至った
思い出があります。 30年位前(1990年代前半)…でしょうか
2f69dcd8.jpg

 オーダーメイドゴルフショップ とは言っても
当時は まだ グリップ交換や修理、リシャフトが主軸の商いでした。 
リシャフトを依頼され
 お客様指定のシャフト、指定の硬さ を装着する訳ですが、
 数週間、数か月後、そのお客様に練習場で出会うと
そのリシャフトしたクラブを使っていない、
もしくは また 別なシャフトに入れ替えている、

 と言う場面に かなり頻繁に遭遇する…のです。

20代の私にとっては
 高額なゴルフシャフト、
 壊れても居ないシャフトを交換するコト は
商売を除けば、羨ましい限り でした。
  にもかかわらず また、クラブを換える、シャフトを換える…
商売上はとても有難いですが、
 頭の中は「????」で一杯でした。



そんな商売の中で あるシャフトに出会いました。
 昔、日本のピンゴルフの代理店のキーストンと言う会社が
 プロデュースした 三菱製のシャフトで名称を
 ケンズチャンプ をいう、当時、人気の有ったシャフトです。

今でもそうですが、シャフトの硬さの分類は
 レディース、
 ●稀ですが A (アベレージなのか アマチュアなのか不明)
 R、SR、S、X、XX、 こんな感じ
その「ケンズチャンプ」の特徴は
 レディースから始まって A.AR.R.SR.S.SX.X.XX...
 と細かく分類され ✋それが 振動数によって管理されていました。

製品には誤差がありますので
✊同じ振動数であっても Rで作った時と、SRで作った時は
 どう違うのか❓
✊硬さを伏せて、目隠しで打って頂くと 一体どう感じるのか❓


 すべてのフレックスを 同じヘッド、同じヘッド重量、同じ長さ、
 同じグリップで ランダムに番号を振って
 かなり多くの人に、かなりの球数、かなりの期間、
 テストして貰いました。

すると 今までの 自分の漠然とした思い込み とは全く反対の
 そして 矛盾に感じていたことの答え が有ったのです。
01_b

延べ延べで 200人を超える人に打って頂きました。
 ほぼ全員が…
 スイングや、年齢、ヘッドスピードに関係なく
  一番下のフレックス の レディース(フレックス)が
  …振動数 で言うと 45インチ/ヘッド重量195g 👉225cpm前後です

 距離も✋ 安定度も✋ 振り易さも✋ 断然に良いのです。
 一番 柔らかいシャフトが 真っ直ぐ飛んで 振り易い という
 回答なのです。

そして、更に 硬さを『感覚で』判定して頂くと
 概ね…ですが、製品の表記とは 真逆の結果 になるのです。

 その頃のお客様は全国区というよりも
 やはり 地元のお客様が多かった…のですが
 その位の硬さをリシャフトに採用すると
 『飛ぶ』 ケンズは飛ぶ と評判になりました。
 年間で 200本以上リシャフトした記憶があります。



ゴルフクラブは構造上、上下左右、前後に偏重した形で
 方向も高さも、距離も
 数度という 上下左右の角度に司られています。

 安定して、効率よく、繰り返し 打つコトを望まれるスポーツで
 出来るだけ 捻じれ をクラブに造らないで打つ方が良い筈…
 …なのに 多くの人は『意図的』にねじれを造って打っている
 と言う答えもそこに合った訳です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずは コチラの動画をご覧ください。

あきひこ先生を含め
3人の男性 50代.70代.40代の方に
あるドライバーを打って貰いました。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m27s
一応、安全のために
『振動数 〇〇〇ですので ソフトに入って下さい。』
とは伝えました。 

まあ 半分ギャグで造ったシャフトで
販売する予定はありませんので ご安心を😊😊

〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m52s
どうしても 二桁に突入するモノを作ってみたくて
ギリギリ だったので
長尺 46インチ
ヘッド重量は 226g
スイングウエイト(弊社では死語になってますけれど…) F-6.0 です。

長尺は好きじゃないですが
数字を出す為、無理やりやってみました。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m7s
動画を見ている限り、
このドライバーの数値・振動数を
言い当てられる人はいないんじゃないですかね。

ちょっと柔らかい…けど
ごく普通な感じですよね。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m17s
動画の最後に 3本の硬さの違うモノの比較 をしています。

.疋薀ぅ弌爾犬磴覆い任垢韻
 振動数 250cpm弱の5W
 ...ドライバーですと 240〜245cpm相当 ですので
 現在のドライバーの基準ですと
 SR〜Sシャフトと言ったトコロ でしょう。
▲魯潺鵐哀弌璽匹任鷲現狹な
 振動数 150cpm弱のドライバー
 ´△鯣羈咾垢襪函,なり違いますよね⁈
➂今回の目玉
 振動数二桁 97cpmのドライバー

 今回は 比較するのに 200cpm辺りのモノが
 無かったんですが、
 振動数100cpmはちょっとオーバーですけれど
 硬さにはこんなに幅があるのに
 230cpm と 240cpm を打って選ぶ とか
 打ち比べるとか ちょっと範囲が狭いんじゃない❓
 って思います。
 スイングのタイプや好き嫌いもあるでしょうから
 150cpmを選ばないというのは当然、有り だと思いますが
 150cpmを体験した後の 230cpmは
 全然 味わいが違うんですけどね😊😊
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m56s
 巷では ぶにゃぶにゃ と言われている
 150cpm も 97cpmを体験した後では
 非常にシャープな さわやかな味わい なんですよ🙄🙄

ちょっと面白い実験でした。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「先日の記事の中で
 重心角度、重心深度に関して
 パターのソレのお話し
が出ましたけれど。。。」

質問「今は右を見ても、左を見ても
 大型のマレットタイプが多いですが…。」


店長「まあ ゴルフクラブは、特にパターは
 流行りをくるくる回さないと売れない
 ですから 仕方ないですよ。

 マレットタイプの問題は
 ずっと言ってきたので その話し です。」

質問「はい。」

店長「そもそも マレットタイプパターは
 弊社のL型パターや一般的なピン型 の
 パターに比べると 見た目通り、大きい ですから
 重心が深いです。

 そして コレはマレットの構造的な欠陥なんですが
 L型・ピン型に比べると
 圧倒的な 低重心 です。
mw2021_putter_mallet_odyssey_tttwoball_std-05
 言うなれば アイアンタイプのL型やピン型 と
 ウッドタイプのマレット というコトになります。」

質問「あれ? 重心が低い、重心が深い って
 ボールを上げる、打ち出しを取る に効果が高い
 のに 転がす パターに 有効なんですか❓」


店長「正直、微妙です。

 流行り廃りは置いておいて
〇モーメントを高くする
〇重心を深くする
 と言う点において
 形状をマレットにしています。

 モーメントに関しては メリットはあります。

 ただ 重心が深い は
 パターストロークと相性が良い とは言い切れません。
 おそらく…ですけれど
 パッティングストロークはオーバースピンをかける、かけろ、
 が起因しています。
 重心が深いと フォローが出易く、
 オーバースピンがかかり易い 
 と思っている人が多いのではないかと思うのです。
IMG_0030_Moment(2)
 ボールの転がり…ボールが転がるんですから
 どの道オーバースピン・順回転になります。
 しかし、ボールは芝の上に 自分の自重分沈んでいますから
 その分は飛ばなくてはいけません。

 重心が深い 
 重心が低い

 パターストロークがアッパーになり易く
 かなり ヘッドが上がり傾向でのインパクトになります。
 パターはロフトが少ない(3〜4度)ですので
 オーバースピンが過度にかかっていると
 フェースからこぼれるように ボールが飛び出ますので
 沈んでいる窪みの淵に当たってしまい
 早い段階でボールが弾み、かなりエネルギーをロスします。
IMG_0031_Moment
 また、この勘違いはかなり多いですけど、
 パターのボールの転がりは順回転、オーバースピンになりますが、
 それも適度な量で、オーバースピンであっても
 回転が多いと バックスピンと変わらず、抵抗になります。
 
 マレットパター…
 まぁ ヘッドが軽いというのも要因になっていますが、
 初速は速いのに、ボールスピードが急に落ち、
 ブレーキがかかるように ボールが伸びない…、

 のは その典型的な例です。



 私はたぶん、今のマレットには大きく改良の余地
 があるので 次のブームはソレだと思っています。
 とは言うモノの、
 ハミングバードとしては
 どんな形、構造にしたとしても
 マレットタイプには構造的な欠陥があるので
 オリジナルで製品を出すことは無いと思います。

 重心が深いマレットは
 その形状も相まって
 真っ直ぐ引く…
 本当に真っ直ぐ引くことを強要するような形状です。
 視覚的にもかなり強烈にそうですよね。」

質問「ですね。」

店長「ところが 大型の重心の深いマレットは
 重心の位置がフェースよりも 3センチも4センチ奥まっています。
 右打ちであれば 右にあるんですね。
 
 買う時は気にするかもしれないけれど、
 いざ 打つとなると
 ボールとフェースに集中します。
 特にコースではそうですよね❓」

質問「当然と言えば 当然かと…。」

店長「誰も 重心位置、重心の深さ なんかを
 意識して パットを打ちません。

 重心の深いパターは
 真っ直ぐ引こうとすると
 重心の位置のせいで
 ヘッドが外に、
 フェースが左を向くような形で
 テークバックが始まり易い のです。
335400739_612216804055650_6789749583327675101_n
 それを修正しようとすると
 外から中に ループするようなストローク(インループ)に
 なるコトが 結構、あります。

 もうこうなると 距離感どころじゃなくなり、
 どうストロークして良いか、迷うようになります。
 ヘッドが軽いのも それを助長していますが、
 テークバックの初動、静から動の動き出し が
 とてもし辛くなるのです、なり易いのです。

 マレットでパターがイップスになった人は
 心当たりがあるんじゃないかと思うんですね。

 ですので マレットタイプのパターは
 絶対 作りません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ヘッドの重量の中心点、
 ヘッド単体でバランスの取れる箇所を 重心点、
 ゴルフ用語では 重心位置 と呼びますが、
 その 重心位置に関係して
 重心角度 と言うモノがあります。 分かります❓」
doraiba
質問「はい。
 パターで言うトコロの
 クラブをグリップやシャフトだけを机の上に置いて
 落ちないように ヘッドだけ空中に置くと
 フェース面が 上を向いたり、斜めを向いたり…、
 そんな奴…ですよね❓」


店長「そうですね。
 マレットタイプなんかでフェースが上を向くのを
 フェースバランス なんて呼んだりしますけど…。

 通常のクラブの場合、
 その角度は 重心の深さに起因 します。
 重心が深いモノ、フェースから離れたところにあるほど
 フェースは上を向いていく、重心角度が増えていく。

 単純には アイアンに比べ
 ヘッドそのものの奥行き -フェース〜バックフェース方向
  がある ウッドは重心が深いですから
 それは 重心角度の増え にもなります。

 ごくごく一般的な アイアンとウッド(ドライバー)では
 アイアンの 重心深度は4仭宛紂,如―顛干囘戮蓮10度程度
 ドライバーの重心深度は35舒漫,  重心角度は 20度強 です。

 正確に言うと 重心距離と重心深度の比率 によって
 決まってくると言ってよいでしょうね。
 ウッドで 重心距離と重心深度の値 が同じだったら
 だいたい…ですけれど 45度の半分 22.5度です。
006
 今も名残は有ると思いますが、
 大型のアイアン、面の長い(トゥ〜ヒール方向)アイアンは
 トゥダウン等の関係から右に行き易い と言われていましたが、
 それを グースネック、と呼びますが、
 その目的は  ヘッドソノモノをネックに比べ後ろに下げ
 オフセットした分だけ 重心位置を下げ 重心深度を取る、
 それによって 重心角度を確保し、その右に行き易さを
 抑制していると言われています。」

質問「あ!

店長「そう気づかれました❓
 重心角度の数値は 静止状態ではありますけれど
 重量点が揃おうとする働きを 角度として数値化したモノ です。

 ですので『ちゃんと』使えば
 重心角度の有るモノほど 右打ちで言えば
 ヘッドが前に出るので ヘッドが左を向き易い、右を向き難い、
 なんです・・・・ が
 それは 重心が揃うように使った時 の数値 です。

 重心が揃わないように使う フェースターン、
 フェースローテーションの人にとっては
 重心が深い は よりヘッドが重く、
 よりヘッドが遅れ、戻ってきにくく、
 フェースターンで言えば フェースターンし辛いクラブです。

 しかし、一般論では
 重心角度の数値の多いモノほど
 右に行き辛い、スライスし難い、フックし易い、
 あたかも フェースターンがし易いニュアンスを持っています。
BlogPaint
 ゴルフクラブは無機質ではありますが、
 ゴルフクラブに考える理想的な使われ方と
 平均的なアマチュアゴルファーのゴルフクラブの使い方には
 かなり大きな齟齬があるのです。

 一応…ですけれど 重心角度の数値の大きなモノは
 重心距離が短い、ライ角度がアップライト が多いですから
 あながち 真っ赤なウソ とは言えないトコロがニクイですね。

 重心点がそろうように使って貰うとその効果を発揮する
 それが重心角度なんですけれど
 使う方は 重心角度は「フェースターン」させるモノ、
 重心点がそろわないように使うイメージなのです。 ]

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ドライバーもそうなんですけれど
IMG_0524アイアンのライ角度調整の依頼って結構あるんですね。」

質問「はい。」

店長「シャフトの硬さ〜柔らかさが適切で
 ヘッドの重量もある程度しっかりしている、

 そして、フェースローテーションせずに
 インパクト時、ちゃんと 重心の位置が
 棒、シャフトの延長線上に垂れ込む
 ように使っている人の場合、
 ソールの傷跡の箇所、トゥ〜ヒール方向 と
 フェース面上の打痕、トゥ〜ヒール方向 が
 合うんですね。
 揃っているというか…。
IMG_3232
 ソールの傷跡が トゥ側に寄っている、集まっている時、
 フェース面のボールの跡も トゥ側に多い、
 ですので コト当たりや方向性に関しては
 ライ角度の調整が有効なんです。
IMG_3235
 ところが フェースを回転させて使う、
 意識はしていないとは思いますけれど、
 重心位置が棒・シャフトの延長線上に来ない、
 重心距離〜重心位置のズレをそのままで
 ボールを打つ人の場合、
 ソールの傷跡とフェース面上のボールの跡が
 全然揃っていないんですね。
 多いのは真逆な跡、
 ソールはヒールに傷跡が集まっているのに
 フェースはトゥ寄りにボールの跡が多い、
 または その反対か。

001この場合だと 当たりや方向性を
ライ調整ではどうにも出来ないんです。

そう言うタイプの方は総じて ヘッドが垂れてくれない、
硬いシャフトを使っているので
そうなり易いのも確か、なんですけれど…。


 今のクラブは ヘッドの慣性モーメントが高いですから
 フェース面上のどこに当たっても
 方向性や距離の増減の差は少ないですけれど、
 その慣性モーメントも 重心位置が
 棒・シャフトの延長線上に揃った時、
 ミスに対する寛容性を発揮します

 数値として 3000g/2 などと表記されますけれど
 この数値が大きい程 ミスに対する寛容性が高い
 ヘッドの推進力が強い なんですけど
 その数値は 重量点が揃った時 のモノで
 ヘッドを回転させて、重量点をずらして使う場合、
 ヘッドの動かし難さ、回転し難さ、使い辛さ
に変わってしまいます。

 この50年の ゴルフクラブ・クラブヘッドの進化は
 その慣性モーメント と ボールの上げ易さ 
です。
 ボールの上げ易さ は どこかの記事 で書いていますけど
 ヘッドの大型化、重心の低さ、深さによって
 入射角度を緩くして 打ち出しを取らさせる、
 (打ち出し角度が取れる ではなく 取らさせてる)
 重心の低さ、深さが ボールを上げているのではなく、
 重心が低い、深いと ボールに対する
 ヘッドの入射角度を緩くさせている、
 ある意味 疑似的な『長尺化』しているコトが
 一番のポイントなんですけれど、
 フェースローテーションをする、
 重量点を揃えない人は元々 入射が緩いんですね。
016
 入射って緩くなり過ぎちゃうと
 ボールの飛び出る角度が増えますけど
 スピンはどんどん減って来ちゃいます。
 若くて ボールスピード、ヘッドスピードがある内はいいですけど
 怪しい領域に入って来ちゃうと
 飛び出る角度は良いんだけど
 スピンが少ないから 浮力が維持出来なくて
 失速って言えば良いのか、
 理想的な最高到達点まで行き切らなくなっちゃいます。

 それ、ある年齢、50歳を越えてくると
 ボールスピード、ヘッドスピードが怪しい領域に
 遅かれ早かれ 必ず入ります。

 ボールが上がり難くなる、上がらない、
 ショートアイアンだけでなく
 ウエッジ、アプローチショットでも ボールが止まらない、
 そうなる日が来ます。
      ……来ないといいですけど🙄

 本来、クラブのスペック、その向上、進化は
 私たちのお助けスペック である筈なんですけど
 それが『正しく』使われていないと
 身体能力でカバー出来なくなった時、
 その向上、進化が逆に働いちゃうんです。

 重心位置にしても然り、
 慣性モーメントにしても然り、
 典型的…象徴的なんですけれど
 シャフトの柔らかさにしても然り です。
 しなったシャフトが しなり戻って ボールを弾く…
 シャフトが『仕事』してくれる と思ってる。
 そうじゃないです。
 シャフトが柔らかいと 自分が『起こす』『しちゃう』
 『なっちゃう』コトが 変化を生んでるんです。
 対ボールに対しては 重心位置は何もしてくれません。
 重心位置は 打つ人に働きかけているんです。
 自分の動きや動かし方の『変化』を誘発してるんです。
 クラブの機能の殆どが ボールにではなく
 打ち手・自分に作用しているんです。
classic_club_display_pic5
 技術的な部分よりも
 おぼろげに思っている クラブの使い方、
 クラブの機能の『間違った思い込み』から始まっている
 可能性が非常に高いんです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「少し古い考え方で
 今はだいぶ変わってきている とは思いますけど
 よくプロゴルファーが言う
 ボールをコントロールする、
 コントロールし易い
 まあ、例えばアイアン って
 アマチュアの考えている部分と 多分 90度違うんですよ。
 誤解している、間違えてる と思います。」
FinfaZ7UAAAnu8v
質問「え⁈」

店長「アマチュアが考えている
 ボールをコントロールする、って
 概ね スライスとか、フックとか
 ボールの横の回転だと思うんですね。
 意図的にフックさせたり、スライスさせたり とか。」

質問「違うんですか❓」

店長「用具に絡んでいうなら 違います。

 プロがしたいコントロールは
 スライスとか、フックとかではなく
 縦の回転
(スピンコントロール)なんです。
IMG_0082

 スライスとか、フックとかは
 概ねセットアップで決まりますから
 その回転量、曲がり幅は クラブの性能もありますけど
 重心距離が長い、短い 小振りなヘッド、大ぶりなヘッド
 であっても大きな違いはありません。

 プロがしなくてはならないのは
 これから打つ球を
 スピンで上げるのか、打ち出しで上げるのか、
 状況によって 変えなくてはならない。



 ゴルフクラブ、アイアンですと
 ある程度 形に制約がありますよね。
IMG_0079
 ヒール側(手前)の方が低くなっているとか、
 トゥ側のソールが広がっているとか、
 『アイアン!』って形状には
 常識的な制約があります。
 それを無視すると 売れない、
 手に取って貰えないですからね。

 そう言ったコトから
 重心距離が長いモノは総じて低重心で深重心になります。
 それに比べると 重心距離の短いモノは
 重心も高めになりますし、浅い重心になります。

 ウッドでなら良いんですけど
 アイアンになると 低重心・深重心 のモノは
 スピンが少なくなります。
 ✋ボールは上がり易いですけど
 それは スピンが増えるから では無いんです。
 言うなれば アイアンのウッド化、
 性能として ウッド寄りのモノになります。

 スピンが少な目、スピンの入り難いアイアンは
 弾道のコントロール、操作性が低いんです。
332410791_753334676454820_1789299170795007506_n
 アマチュアは 左右の横のスピンを掛ける為
 重心距離の短い 小振りなアイアンを選ぶ
 と考えている人が多いですけど、
 本来の意味は 横 では無く、縦の回転
 高重心、浅重心のモノを選んだ結果、
 それが形状として 小振りで 重心距離の短いモノ
 になっただけなんです。」

質問「うわー そうなんですね。」

店長「そもそも なんですけれど
 例え プロであったとしても
 低いスピンの入った球、
 高いスピンの少ない球、
 右回転の多い球、左回転の多い球、
 それらは 打つ前、
 セットアップでそうなるようにするだけで
 いつもと違うスイングをしよう とか、
 動作が始まってから どうこうしよう、
 などと考えている例は 多くありません。
 危険度が高過ぎます。

 ところがアマチュアの場合、
 右に曲げる、左に曲げる を
 動作が始まってから 何かする と
 思っているフシがある。
 アマチュアの方が 難しい選択をしている可能性があります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ショットやスイングの悩みは
あるクラブセットの中に、新たに一本違ったものを
入れた時に起こり易くなります。
まあ よくあるパターンでは
アイアンセットがPWまで…とか、
アプローチが上手く行かないから
ウエッヂだけ別なモノを…、入れたとします。

おそらく ウエッヂだけを変える場合、
多くはバンスの少ないウエッヂを買います。
ロフトを寝かして、開いて打ってスピンをかける
なんていう事を考えたりしますから
単品では そのウエッヂは功を奏する…かも知れません。

思いますが、ロフトを寝かして開いて打つ感覚は
他のショットに当然影響
 を与えるでしょう。
それによって ドライバーが飛ばなくなって来たりします。
まさか!の展開ですから、理由は見えないでしょう。

IMG_0630

ウエッジ単品のモノは
 総じて 『ウエッジだから』 と言う理由で
シャフトが重くなっているモノが多いでしょう。
✋ウエッジだから シャフトが重くなる は悪いコト ではありません。
その多くがスチールシャフトですが、
 スチールシャフトは単一素材で作られている為、その性質上、
カーボン(グラファイト)シャフトとは異なり、
シャフトが重くなる、素材の量の増える、シャフトの厚みが増える、
 は シャフトが硬くなる
 に直結します。

フルショットで使用するコトの少ない、
中途な距離感のショットを多用する ウエッヂのシャフトが硬い のは
 かなり問題です。

シャフトの機能、を勘違いしている人が多いですが、
シャフトの機能は 「ヘッドを」動かすコト ではなく
✋『グリップ』、手元側を動かすコト です。
硬いシャフトは その手元を動かす、誘導、誘発するチカラが薄いため
グリップが下がり切らなかったり、左に誘導され難くなります。
故に 硬いシャフトの方が ボールに届き難くなります。

***自分で試せば 直ぐに判ります。

ボールに届きにくいので 中途な距離を緩く振ろう と思っても
それでは届かない(トップ〜チョロ) になるので
最後、インパクト付近で加速することになります。

また 出来るだけゆったり振ろう としても
それでは届かなかったり、距離が足らなかったり し易い ので
どうしても強く振るコト になります。

打つ距離と振る感じの統一感が付き難くなるのです。
アプローチショット 現場にて_Moment
●アプローチをそこそこ強く振らなくてはならない と
●中途な距離感を打つ
を両立するには 上げる球=ロブショットのようなアプローチ が
必要になるので、ある意味、クラブに球筋を決められてしまっている
のかもしれません。


アプローチショットやグリーン周りの寄せ は
上げる球、転がす球 とその場面に応じて
適切なモノが必要となりますが、
上げる球 は その中でも 特殊な球に属します。
危険度 と 距離感の難易度が高い から です。
出来れば 選択しない方がよい、
それ以外の選択が無い場合に選ぶショットです。

アプローチの環境が判別する前 の時点で
クラブの性質によって その球を選ばせられる は
あまりよろしくないでしょう。

ウエッヂのシャフトは アイアンセットの流れ よりも
ほのかに(微妙に)柔らかく、ヘッドも重い方が
他のショットのへの影響も少なくなりますし、
アプローチでの楽さが上がります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ダウンスイング、インパクト前に 右腕を伸ばした時
 このラインの中で。。。
 イメージは クラブ・シャフトが地面と平行…
 ヘッドの方が 若干、高い位の位置で
 下に落とさないように、

 当然、このままじゃあ ボールに届かないから
 同時進行でからだを廻しておく
 一気に左向いちゃっていいんじゃないですかね。

 そうすると ヘッドは引きずられるように
 空中をですけどね、
 そうすると からだは向きを変えているけれど
 クラブはスライドして 『立体的』にですが、
 ボールへとコンタクトする。
445001







 こういう感じですね。
 それと比べると・・・ですね、
 右腕を伸ばすことで クラブをボールの方に
 横にも、下にも 出してしまうと
 当然、からだの回転は止まるんですが、
 こういう風になる訳で
413002







 からだが回転しているから 円は描くんですけど
 からだの回転でクラブを動かしている方が
 直線に近い、直線的と言うか
 当たり前ですけど、からだ軸の大きな半径になり、
 クラブ振っちゃうと クラブの半径になるから
 小さな半径になります。

 からだの回転の方が より短い経路で より短い時間で
 ボールにコンタクトできるようになります。

 クラブ振っちゃうと 横にも、下にも クラブが膨らむので
 より時間がかかっちゃう、
 インパクト出来る筈のタイミングよりも 『遅い』
 それを 『振り遅れ』って呼ぶんですね。

 だから と言って
 手で振っちゃってる、クラブを振っちゃってる限り、
 それをもっと速く行っても
 同じ勢いで カゲロウはどんどん逃げちゃいます。
 永遠に追いつかないんですね。」

質問「振り遅れの真実なんですね。」

店長「そうですね。
 一般的な誤解ですけれど
 ヘッドが遅れている、
 そう言う状態が 振り遅れのイメージなんですけど
 実は そうじゃあないんです。
 その 一般的な誤解が 本来ある
 ハンドファーストのインパクトを矛盾に引き込んでいるんです。

 振り遅れって言葉も悪いんですけど、
 単に 待ち合わせ場所に時間通りに行かず、
 遠回り、寄り道しちゃってるだけでなんですね。
 ま、その遠回りが その人の打撃の要なんで
 ハイ✊ ポンッとは治らないですけど。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Desktop 2023.02.07 - 10.40.44.01 - frame at 0m21s
店長「腕を伸ばした時、その最終形態として
 ヘッドですね、フェースがどうなるのか❓
 というのもしっかりイメージした方が良いでしょうね。」

質問「おおお。」

店長「実験してみると良いかもですけれど、
 からだを廻さず、アドレスの向きのまま
 手さばきだけで クラブを上げる〜テークアウェイを取ります。
 この時、右打ちの人であれば 右腕・右ひじを曲げて
 右腕を短くするようにして クラブを上げると思います。

 そして、ダウンスイング〜インパクトになりますけれど
 今度は 右腕を伸ばすようにして
 まあ だいたいのケース、腕やクラブを下げてくる、
 低くしてくる、と思いますけれど
 右腕を伸ばした時、アドレスと同じような腕の長さに戻った時、
 フェースって どこ向いてます❓」

質問「アドレスと同じように、ボールと言うか、
 飛球線…ボールが飛ぶ方向ですかね❓」


店長「剣道をちゃんとやっている人に怒られてしまうかも…だけど
 剣道の『面ッ!』とか、スイカ割りみたいな…、
 腕を伸ばした時、ソールが地面を向いている状態…ですよね❓」
スナップショット 4 (2014-03-04 10-52)スナップショット 3 (2014-03-04 10-52)スナップショット 2 (2014-03-04 10-51)スナップショット 1 (2014-03-04 10-51)


質問「そ。。。。そんな感じですね。」

店長「コレって からだの回転と同時進行で行ったら
 ボールって 打てると思います❓
 ボールを地面に埋めるのなら コレで正解だと思いますけど…。」

質問「ソールに当たっちゃいそうですね。」

店長「はい。 本当にこのまま ボールを地面に埋めるように
 リリースをしてきたら からだを廻していた…としても
 この後 もうひと手間、もう一作業が必要になりますし、
スナップショット 9 (2013-06-02 23-18)スナップショット 10 (2013-06-02 23-19)スナップショット 11 (2013-06-02 23-19)




 一般的には 伸ばしている最中に 回転〜横の動きが入るので
 先端に重さのある棒の構造や
 フェースの重心がズレている構造から
 フェースがいったん 空を向いて〜上を向いて、それを閉じる、
 フェースを地面に向ける、その回転を腕の伸ばしでやると思うんですね。」

質問「ですね。」

店長「この時点で インパクト前後の
 からだの向きの変更、回転の仕事・役割を奪ってしまっています。

 それを 再現性良く、的確に行うには
 からだの回転は二重の回転になっちゃいますから
 練習を繰り返すほど 止まって来ちゃうと思うんですね。
 
 こういう感じでしょうね。
スナップショット 4 (2013-06-02 23-16)スナップショット 5 (2013-06-02 23-16)スナップショット 6 (2013-06-02 23-17)




 あるトコロで 左の壁 と思っている 左サイドを止めて
 それを軸というか、支点に
 右腕を伸ばして クラブをターンさせる。。。

 この行為の習熟度を上げるのは
 からだの回転を止めるタイミングとリリースの関係性の確立
 になっちゃいます。

 即ち からだの回転で打つコトの放棄 です。
 上手く打てるほど 手打ちになって行く と言う仕組みです。

 まあ ゴルフスイングにはこういう流派もありますからね…。」

質問「が〜〜〜ん。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ボールが上がらない原因は
 あおり打ちというか、
 ヘッド軌道の問題なのですね。」
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment
店長「そうですね。

勿論 きつ過ぎるロフトやシャフトの『硬さ』などの
物質的な要素はありますが
ボールのとらえ方にも要因がある場合もあります。


 ボールの上がり、スピン量共に
 ヘッドスピードと…比例とまでは言いませんが、
 関係しています。
 確かに ドライバーヘッド、
 最近のモノは かなりスピン抑制傾向が強い ですが、
 一般的なロフト 10〜10.5〜11度辺りであれば
 ヘッドスピードが 33msを下回らない限り、
 問題は無いと思います。


 インサイドアウトとか、アウトサイドインとか、
 左右の軌道ではなく(関係はしていますが…)
 入射角度・アタックアングル などの
 上下の軌道が問題です。


 ちょっと前置きになっちゃいますが…、
 これは 決して あおって、上に振れ と言う意味で無く
 単なる知識、あくまでも知識として知っておいて欲しいのですが、
 ドライバーに限らず、特殊なショットを除く
 ほとんどの普通のショットは
 ヘッドの軌道ではなく
 『グリップの軌道』ですが、
 上り際👆、グリップが高くなり始めたトコロ
 で
 左を向き始めたトコロで インパクトを迎えます。」
flat-spot-hand-path2 (1)
質問「え?! そうなんですか?!
 グリップも、ヘッドも 下がり軌道なんだと思っていました。」

店長「ですよね。
 決して 上に向かって あおって振れ
 と言う意味ではありませんが、
 普通のショットであれば
 ヘッドは下がっている が
 グリップは上がっている、
 動作としての上げている ではなく
 高くなり始めている箇所 が 👉インパクトポイント
 です。
 からだの向きが左を向き始めたトコロ と言う意味ですね。

 ドライバーショットは 地面からボールを打ちませんから
 やや特殊なケースと考えて良いのですが、
 ティーアップした 空中に浮いたボールを
 ティーアップした分、通常のショットよりも やや左、
 ほんの一瞬の違いですが、ほんの少し遅いタイミングで
 インパクトします。
 
 故にグリップも 高くなり始めていますが、
 ヘッドも高くなり始めています。

 あくまでも『結果として、ですが』
 アッパー軌道になります。

 逆に 通常のショット、
 これはフェアウェイウッドも含まれます。
 クラブの長さによって その度合いは違いますが、
 ヘッドは下がり過程、
 グリップは上がり過程、
 この時期、この区間がインパクトです。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(3)
 順序で言うと
 トップの位置、切り返してから
.哀螢奪廖Σ爾り過程〜ヘッド・下がり過程
▲哀螢奪廖上がり過程〜ヘッド・下がり過程
➂グリップ・上がり過程〜ヘッド・上がり過程

 と言った具合です。
 通常のショットでは △龍茣屐時間がインパクト
 ティーアップしたドライバーショットでは
 ➂の はいりクチ 辺りがインパクトになります。

✅からだの向きと傾き(前傾姿勢)によるモノで
 決して、手で下に振れ、上に振れ と言う意味ではありません。
✅ヘッドだ✊ グリップだ✊ と言う話になると
 手をどう動かす、手でどう動かす、
 って意識が強くなってしまいますから注意が必要です。


 ちょっと長い前置きになっちゃいましたね🤒🤒」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 店長「ヘッドがインパクトの形 のまま
 高さが高くなる(上がる)、のと
 フェース・ロフトがどんどん上を向いていく、
 のでは 全く球質が異なります。

 これはアプローチに限らず
 ドライバーショットも含めた通常のショット
 にも適用されます。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)
 まあ からだの向きが変わりますから
 いんぱくとのそのまんま って訳には行きませんが、
 写真で見ると シャフトの残像
 ヘッドの方がたくさん動いている(写真‐上)
 シャフトの運動角度が大きい方が
 フェースが上を向いている量が大きくなります。

 写真-上 と 写真‐下 の違い(比較)は
 紊和任曾个軍囘戮凌値は大きい(高い)ですが
 回転・スピンの量は少ない、
 腓和任曾个靴粒囘戮歪磴い任垢、スピン量は多い、
 紊郎嚢眦達点に早く行きつきますが、浮力が続かない、
 腓郎嚢眦達点に行き着くのは ずっと奥になります。

 先日の記事 でも書きましたが、
 アプローチの場合ですが、
 紊涼篤擦蓮|綯討垢觝櫃粒囘戮緩く、
 ボールの回転数も少ないですから 止まりません。
 だら〜 っと転がる感じです。
 腓涼篤擦蓮|鰐未肪綯導囘戮キツイ(垂直により近い)のと
 ボールの回転数も多いですから 止まり易い。
〇からだの回転〜ク
 アプローチショット に限りませんが、
 ボールが止まらない〜止めたい、スピンを効かせたい、
 と言う場合、ロフトを開いて
 ヘッドを緩く入れる そんなショットをされている方が
 多く見られますが、基本、逆効果です。

 これは ドライバーショットも含めた通常のショットでも同じで
 打った後に ヘッドの高さが上がる のは
 問題ないですが、そのあがり方 と言えば良いのか、
 フェース・ロフトがどんどん上を向いていくように上げると
 ボールは『ちゃんと』上がりません。
 出球は高いですが、それに気づかず
 上がらない…上がらない…と思って
 より一層 ヘッドを上げる、フェースを上に向ける と
 逆にどんどん浮力を失ってしまいます。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s
 インパクト後のヘッドの抜き方、と言う点では
 ヘッドを返すような、フェースローテーションをして
 ヘッドを走らせるような抜き方では このような症状に陥り易く
 ボールが上がらない とか、 ボールが止まらない に
 なり易いのです。

 ですので 地面を引き摺って来て
 ボールをどかせた後、ヘッドをどう抜くか と言うドリルは
 アプローチやパッティングだけでなく
 ショット全般にも有効だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブの単純な仕組みを覚えましょう。


ドライバーからパターに至るまで
各番手には ロフト角度 があり
そのロフト角度に応じた長さ があり
そして その長さに応じたヘッドの重さ があります。
 この順序がとても大切です。



nyuusyゴルフクラブは、製品としてロフト角度を計測するのに
シャフトを地面と垂直にしていますから
使い方を錯覚してしまいがちですが
インパクトは このような状態で迎えるのではありません。

これでは このクラブの本来の
打ち出し角度よりも高く飛び出てしまい
スピンも本来の回転よりも少なくなり
ボールスピードも上がりません。

余りあるヘッドスピードでしたらまだいいですが、
この使い方で ごくごく普通のヘッドスピードではボールは飛びません。


ゴルフクラブはそのロフト角度を活かすための 長さ があり
その長さに応じたスイングの弧の大きさ
すなわち 降下してくる角度(別名:入射角度)
があります。
555

ロフトの大きなものは 短い ですから
その降下角度はキツク
ロフトの小さなもの、立っているものは 長いですから
その降下角度は緩くなります。

だから 単純に ロフト角度30度の5番アイアンが
15度の入射・降下角度で入ってくると
15度の打ち出し角度になる ということです。

個人差はありますが、当然 クラブの長さに応じての
降下角度があり、 その降下角度に対する
ロフトが本来のロフト角度です。
この状態で インパクトを迎えられるのが
そのクラブのオリジナルの ロフト効果であり、長さ効果 です。
IMG_0727

画像はちょっとオーバーではありますが、
そして その降下角度分、入射角度分
シャフトは前に傾いて入ってきます。
入射角度に垂直に位置するのがシャフトの姿勢です。

先ほどの5番アイアンの例であれば
15度シャフトが前に傾く ということになります。




wedge-bounce

ウエッヂなどは バンス角度と言って
ソールの後方が地面に張り出しているのですが
この降下してくる角度があるので そのバンス角度が活きるのです。



002

ゴルフクラブをこのように使っては
そのクラブ、その番手の長さによる降下₍入射₎角度も
ボールに対するロフト角度も本来のモノになりませんし、
タイミングによって
入射角度とロフト効果がバラついてしまい
そのクラブ、その番手 の安定した弾道になりません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 今年も宜しくお願い致します🐇

新年の営業は 1/5(木)午前11時〜 です。
営業時間 11:00〜19:00 (水曜定休₎


一般的には、グリップを支点にヘッドを動かす
ヘッドを振る、シャフト(ヘッド)を返す というのが、
ゴルファーのスイング、クラブ扱いの概念で、
縦横、どの方向で有っても、
上げる&下げる
しならせる&しなり戻す、開く&閉じる

という、行きと帰りの2アクションが基本なんだと
思います。(それが間違いなんだけど…)

スイングを改造、改良しようとした時に、
その行きと帰りの二つの動作の
多くの場合、帰りを直すことに焦点が置かれるのでしょう。
はっきり言えば、スイングを改良していくのに
動作を二つにするのではなく、一つにする など、
動作を減らして簡素化していかない限り、
我々は日々、年齢を重ねていく訳ですから
うまく行かなくなります。
スナップショット 2 (2013-04-08 23-48)

ましてや、帰りを改善する場合は
急ぐ、速くする、増やす、間に合わす
など、その二つの動作ですら、うまく行かないのに
さらに、自分に動作を要求することになるのですから
根本的には解決することが出来なくて当然、
と言えるでしょう。


今のスイングをよくする場合、
せめて、帰り(戻り)ではなく、
その戻りを簡易にするための、
『行き』⇒テークバック に注意を
払うべきです。

帰りは スピードが増すのも有り、重力や遠心力など
その名の通り、「不可抗力」が増大しまうから
修正するのは容易ではありません。
繰り返せる「同じ修正」はさらに難しくなります。

スイングもミスは、9割を超えるほどの原因は
体の向きの変更で動かすべきクラブを
腕さばきで行っていることに有る
 ので
言うならば、腕の運動量が体の運動量と
合っていない状態なのだから、
それを後程、小さな筋肉である、
クラブの負荷がダイレクトにかかりやすい
腕で修正すること自体、間違いなのだ。

だから、何度も言うけど
本来は、動き自体を減らす、無くしていくこと
が最終的な目標なんだけれど、
とりあえずは、行き(てーくばっく)を
体の向きで、体の運動量を増やし
腕の運動量、腕でクラブを移動させる量を
減らすところに注視しなければならない。
5eff72cc-s

ゴルフクラブ は長い棒の先に重さが集中して
その打撃部分であるヘッドはとっても歪な形をしている。
重さも左に動かす時と、右に動かす時、
上に動かす時と、下に動かす時で
同じような感じには全くならないのだから、
これを自分で「操ろう」とすること自体
無理があるし、この概念に過ちの根源がある。

先端に重さが集中していることや
その姿勢や位置によって、重さのかかり方が違うところは
ちゃんと扱うと、自分の方がその重さや方向によって
上手に打たされてしまうように出来ているので
クラブを操る その思い込みから疑っていって欲しい。
25926758

だから 是非 一度試して貰いたいのは
クラブ。。。L型ブリストルパターを持っていれば
そのパターが一番分かりやすいんだけど、
トップの位置、姿勢を作った場合、
自分の作る「その姿勢や位置」が
自分そのものやグリップの位置を
次にどの方向に行かせたがっているか
どんな重さが掛かっているか 感じて欲しい。
そして、逆に、自分、もしくは自分のグリップを
次にどこに持っていきたいのか と共通するのは
どのトップのクラブ位置やクラブ姿勢なのか
探ってみる方が、練習場でたくさんボールを打って
出る球(弾道)で、スイングの良しあしを決めるより
数倍、数十倍、実りのある練習だと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「長尺が飛ぶのは
 その長さによる ヘッドスピード だ✊
 と思うことが多いですが。。。」


店長「全部が間違っているとは言い切れませんが、
 強い、長いとヘッドスピードが速くなる信仰 は
 クラブを長く使う、必要以上に円弧を大きく、
 『早くに』円弧を大きくしてしまう
 と言う発想に流れがち です。
会田20210701_Moment(2)

 それが、どんな問題を生み出すか 幾つか挙げてみましょう。」

質問「はい。」

店長「ドライバーでは無く、アイアンの話しになりますが

〇よく アイアンの番手が変わっても距離に差が出ない、
 どのクラブを打っても 距離が変わらない

 と言う話を聞きます。 

 ヘッドスピードが速い方が その距離差は出易い、
 ヘッドスピードが速くないと 距離差が出難いのは確か、なんですが、
 からだを180度ターンさせると
 クラブも その長さの半径の半円を描く、180度ターンする、
 と思っている人は 必要以上に円が大きく、
 しかも 早い段階で円が大きくなります。

 スイングの円が大きくなってしまうと
 ボールに対し 入ってくる角度の差が
 長さが違う番手でも乏しくなり、
 似たようなモノ、似たような角度 アタックアングル に
 なってしまいます。
((((ハンドポジション_Moment

 アイアンの 5番6番7番8番、
 5番と8番では 長さが1.5インチ→4センチ弱あるのですが、
 早めにクラブを長くしてしまう振り方、ターン系の振り方では
 ヘッドスピードが速ければ その差は出ますが、
 平均的なモノでは 同じような入り方になってしまい
 番手の差が ロフト角度の差だけになってしまいます。
 それでは 番手間の差が出にくくなってしまいます。

 ロフト角度と長さの関係は
 アイアンの ロフトの立ったモノ 例えば5番アイアンは
 当たり前ですが ロフトが立っているので
 ボールを前に行かせるのは得意ですが、高さを取るのが苦手 です。
 故に クラブが長くなり、アタックアングルが緩くなり、
 🥎の打ち出しが取れ、ロフトの立ったモノの苦手を助けます。
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m30s
 ロフトの寝たモノ、例えば ウエッジ は
 これも当たり前ですが、ロフトがたくさん付いているの
 ボールを上に行かせるのは得意ですが、前に行かせるのは苦手です。
 故に クラブが短くなり、アタックアングルが取れ、
 🥎の打ち出しを押さえ、ボールを前に行かせるのです。

 そのどちらもが その番手、
 そのロフト角度を有効に利用するには
 その『長さなり』のアタックアングルが必要です。

 蛇足ですが、ウエッジのバンスも同じ役割 で
 ウエッジのバンスは ボールを上げることを助けるのではなく、
 ボールを前に行かせることを助け、前に行くのが苦手な
 大きなロフトのクラブを活かしているのです。
 ですので バンカーの苦手な方が 58度や60度のロフトを
 選ぶのは 非常に痛い選択 です。
 バンカーが苦手であれば、逆に サンドウエッジでは無く
 PS,AW,と使った方が 成功率は高いかも知れません。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転で グリップを移動させ
 クラブを、ヘッドを引きずってくるように 振る。
 あたかも ボールの内側、自分側を空振りというか
 すり抜けるように振るコトになるんですが、
 からだを廻すと クラブや腕には遠心力がかかります。
445
 この表現で伝わるか微妙ですが、
 その遠心力を グリップからヘッドの方向 に掛けたのでは
 スイングの主導権は 遠心力に取られてしまいます。

 クラブの構造を考えると
 ヘッドやクラブの重さ、シャフトのしなりなどを利用して
 重さを ヘッドからグリップ方向に使ってあげると
 グリップに遠心力が掛かりますので 腕は伸ばされる、
 腕の生えている肩からグリップは離れようとします。

 それを利用して ボールに届かせてあげればよい、
 自分で無理に伸ばそうとする必要は無く、
 拒否しなければ 積極的に伸ばそうとしなくても
 グリップは肩から離れ、ダウンスイング時
 回転自体も伴って グリップの位置は低くなって行きます。

 前傾姿勢を取っていますので
 その懐の中で腕を伸ばせれば、腕の重さは負担になり難いですし、
 逆にその重さによって 前傾も維持し易い、
 結構、良いコト尽くめ なんですよ。」

質問「なるほど。」

店長「本題とは離れるんですけど、
 手で振ってしまう人は そもそも テークアウェイで
 まるきし 右を向いていない、
 厳しいですけど 右を向いた振り をしているだけ です。
((((((((_Moment
 ですので からだの回転が「発動」してませんので
 円ソノモノの意味も、前傾姿勢の意味も失ってる。
 始めっから 意味のない 真似事の前傾姿勢なんですから
 伸び上がる=失ってるのではなく 始めっから中身がない前傾
 なだけなんですね…。」

質問「厳しい〜。」

店長「それと アウトサイドイン とか インサイドアウトとか
 スイング軌道論 は 実際には
 どこが、どの地点が スイングの一番膨らんだ部分になるか という
 ダフリやトップ、のスイングの最下点 と共通する課題 で………」

質問「あああ 言われてみればそうですね。」

店長「ダフり の例が一番分かり易い と思うんですが、
 例えば ダフリって ボールの手前をダフるコトはあっても
 ボールの先、飛球線側をダフる って聞かない、じゃないですか❓」
 (それって ターフを取る って言うのかな❓)

質問「そりゃ そうですよね。」

店長「ソレって ボールに対し、地面に対し
 ヘッドが届き過ぎている、長くなり過ぎている ではなく
 クラブ、グリップの横方向に動きが足りない、
 進行が滞っているコトが
 主たる原因なんです。」

質問「ダふっていることの解決は 遠近ではなく
 左右(前進不足)であると❓」


店長「即解決って訳になるかどうかは別として
 ヘッドの遠近とか、スイング軌道で言うと もっとインとか
 ヘッド軌道、クラブ使いの方に神経が強く行ってしまう は
 ヘッドをどう動かすか につながり
 それの カードの裏は グリップを止める なんです。
 それは 傷口を広げるか、問題が転移する になり易い…。
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m30s
 アウトサイドインは 早くにクラブが長くなってしまう、
 軌道が膨らんでしまうコト が多いんですけれど
 それを 膨らまないようにする ではなく
 膨らむ場所を もっと前にする の方が
 傷口を広げるになり難いんです。

〇ヘッドでは無く グリップの移動がゴルフスイング、
〇からだの廻しは グリップを移動させる為

 という 一番の鍵になる原則から離れてはイケナイ のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「で、ココからが スイング軌道の『罠』なんです。」

質問「え?! どういうコトです❓」

店長「クラブやヘッドの通る道筋、通り道が 軌道 なんですが、
 本来 その軌道は 自分がどういう風に
 からだを廻しているか によって形成されるモノ、
 アウトサイドインが良いか、悪いかは別にして
 アウトサイドインを修正したいのであれば
 からだの廻し方を修正する筈なのに、
 そこには至らず、からだの回転とは分離した
 腕やクラブで『道のり・道筋』だけを変更する
 手打ち〜手振りの入り口になります。」
スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)
質問「言われてみれば そうですね。」


店長「本来の仕組み、順序であれば
 主にダウンスイングになりますが、
 からだの廻し方はどうなのか❓
 その廻し方において
 トップの位置で クラブがどこにあって、
 どんな姿勢から始まると どういう風になるか、
 つまり からだの廻し方以外、
 腕やクラブは動かさないコト、動かない時の姿勢
 などが問題になるはずなのですが、
 実際には その反対の『クラブの動かし方』
 『腕の動かし方』という非常に難解な部分に
 取り組むコトになるのです。」

質問「あああ 確かに 動かし方 になっちゃいますね。」

 
店長「ましてや、スイング軌道の元 が
 クラブをいつのタイミングで長くするか、
 どこで遠くまで届かせるか なんて発想は少ないのですから。」

質問「無いッスね。。。

店長「どのクラブでもそうですが、
 トップの位置から 地面を引きずってくるように動かすのが
 からだの回転で動かせる 最大の量であり、道筋です。


 移動の動力がそれしか無い✊ のですから。

 それよりも 大きな弧、長い道のり になると
 別な動力源、この場合は 手・腕 になりますが、必要になり
 それは からだを止め、からだと切り離して動かさないと
 使えないのですから どうしても 手打ちの道 に進むコトになります。


 からだの向きで引きずってくるように クラブを動かせば
 最終的には スイングは円を描きますが、
 クラブはスライドして動くように ヘッド姿勢、
 この場合ロフトやフェースの向き、ヘッドの進入角度などは
 円を描いても その変化は緩やか になります。
001002







 ゴルフ用語で言うと 『大きな円を描く』 は
 そういうことを指します。
 スイングアークを大きくする とも言われますが
 本当に 円を大きく、ヘッドが遠くに届くように振る
  と言う意味では無いですが、誤解されガチ です。」

質問「大きな円で振る ってそう言う意味なんですね。

店長「そうですね、誤解されガチ です。
 おそらく それを言葉にしてアドバイスしている人も
 理解していないケースが多いんじゃないですか⁈


 一方、引きずって動かすよりも 大きな円、長い道のりになると
 クラブヘッドは重心が 握る棒の先、延長線上に無いので
 多くの場合、開いたり、閉じたりが伴ってしまいます。
 そして ヘッド自体を動かせば 手が止まる、
 からだの回転と切り離されているコトが問題になる のではなく、
 円が小さく、ヘッド姿勢の変化が激しくなる の方が問題になってくる、
 そして 無限回廊なので 何十年やっても答えは見つからない・・・
 ですね。

ヘッドが開いている とした ヘッドを閉じなくてはならない
ヘッドを閉じる〜動かすと グリップの進行が滞って
インパクトポイント〜スイングの最下点が手前になる
その 繰り返しになります。
スライスを防ごうとするとダフリ、
ダフリを防ごうとするとトップかスライス って奴ですね。
故に 地面から打つショットではボールがどんどん中に入って来て
 左寄りで打つドライバーが苦手になる
ターンがし難いフェアウェイウッドを中寄りのボールで打つのですから
上手く行かないのは必然と言えるんです。
445413







  ヘッドを動かす、ヘッドの方をたくさん動かす は
 円が クラブの長さ、それが半径になるので
 円が小さくなる そういうことを指すのですが、
 速く振りたい、大きく振りたい、大きな弧にしたい と
 真逆な ヘッドを振ってクラブの半径で振る を
 同時に実施しようとするのですから 難しいです。

 そして そのどこにも 円の源である からだの回転は
 入ってこない 
のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイング論の話しで
 インサイドアウトとか、アウトサイドインとか
 左右のコトを話題…気にする人が多いですけれど
 縦の方、入射、仰射、アタックアングルを話題にする人は少ないですね。」
中村2022612_Moment
質問「アッパーブローとか、ダウンブローとか、ですか❓」

店長「いやいや、ゴルフスイングは特別なコトをしなければ
 どれも 長さに応じて それが変化するだけで
 短ければ ダウンブローに該当しますし、
 クラブが長くなってくれば それは緩くなり、レベルブロー
 に見えるようになり、
 ドライバーは ティーアップして、その分、
 若干、左め(右打ち)にボールを置くので
 アッパーブローになりますから
 意図的に ダウンやレベルにする必要はありません。

 そうですね、
 分かり易いサンプルになるので
 ヘッド重量を長さなりに整えた 同じ長さのアイアン と
 通常のアイアン
 で比較して考えると良いかも知れません。
IMG_0082
通常のアイアンは
ロフトが少ないモノが長く、
ロフトが大きくなると短くなります。
ロフトの少ないモノが緩い角度で入射して
ロフトの大きいモノがキツイ角度で入射する
 というコトです。

一方 デシャンボー方式のアイアンは
ロフト角度、番手がどれであっても
入射角度は変りません。

 その二つがどのような違いになるか というと
 通常のモノは 番手で距離が違うだけで
 ボールの飛ぶさま は 同じ、
 ボールの一番高くなるトコロは割合として同じです。
 参考例 なのですが 100y打つとして 80y辺りが
 一番高くなるトコロで
 それはシンプルに 50yなら 40y辺り
 150yであれば 120y辺り です。

 ところが デシャンボー方式のアイアン では
 一番ロフトの立った 上のアイアンを基準とすると
 ロフトが増える(寝る)に従って
 通常のアイアンと比べると
 より緩い入射で入ってくることになり
 ロフトが増えるのに
 より打ち出し角度が取れるようになるので
 弾道の頂点、一番高くなるトコロの割合が
 どんどん手前に来るようになります。
 
 ロフトは増えていますが、入射は緩くなりますので
 実際のロフトで掛かる筈の スピン量よりも
 少ないスピン量になります。 …ボールは高いんですが…。
iron-shot-green
 多分…ですけれど、自分で体験したコトがないので
 (デシャンボーのヘッドスピードを)
 推測に過ぎませんけれど、スピンが多くかかり過ぎるので
 距離コントロールが難しい というのも
 長さを揃えた原因かも知れませんね。


 ウエッジに成るほど ボールの頂点は手前に
 150yでは 120y が頂点なのが
 100yでは 70y、 50y では 25y と言う風に
 なりますので ボールが地面に着弾する時の角度、
 着弾角度と言えば良いのか分かりませんが、
 その角度が 通常のアイアンよりも緩くなります。
 そして スピンの総量も少ない、
 コレって まさに アマチュアがスピンが効かない、
 スピン制動が効かない、その正体だと思います。」

質問「ウエッジであれば その短さ通りに入射させるより緩い、
 長いクラブで入れてきたような角度になる、というコトですね。」


店長「その通りです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「こんにちは〜。」

店長「こんにちは〜。
 今日はどうしました❓」

質問「距離をもっと伸ばしたいんです。
 ドライバーをもっと飛ばしたいんですけど
  
長尺にする のはどうでしょう❓」

店長「微妙です。
 長尺にすると 何が飛距離を伸ばさせる と思います❓」

質問「ヘッドスピード。。。遠心力。。。ですか❓」

店長「うーーむ
 アバウトなデータですけれど
 45インチのドライバーを 46インチにして
 増えるヘッドスピードは 1㎳以下、だいたい 0.7㎳ です。
 数値として 確かに増えてはいるんですが
 計測誤差の範囲とも言えます。
240781176_4377812485599164_8218599256180757912_n
 また 一般論ですけれど、
 45インチを46インチにするには
 ヘッド重量を 12g前後 軽くします。

 45in. ヘッド重量196g ヘッドスピード40.0㎳
 46in. 
ヘッド重量185g ヘッドスピード40.7㎳


 この二つを比較して ホントに遠心力って増えていそうですか❓
 ヘッドスピードアップが飛距離に影響しそうですか❓」


質問「あんまり変わらなそうですね…。」

店長「飛ばす源 が 遠心力
 という ほとんど嘘 がスイングに与える影響はすごく大きいです。」

質問「。。。。。」

店長「全然 違うけど、似ている話なんですが、

05ED6092-D645-4C48-A3BB-28B38653F97C知っての通り お店に大きな水槽がありますが、
みなさんが 熱帯魚、金魚とかメダカを買う時、
空気の出る よく言う ブクブク を入れたりしますよね。
まあ 濾過器 って言われるんですが。。。
あれ って どういう仕組みだと思います❓」

質問「魚の糞とか、汚れを濾しているんですか❓」

店長「それもあるにはあるんですが
 濾過器を付けさえすれば、ブクブクを入れさえすれば
 大丈夫って訳じゃないです。

 見たことがあるか、どうか分かりませんが、
 水槽の上に乗っけるタイプのろ過機とかで
 お化粧に使うようなマットの大きいやつ、ウールのマット
 ブクブクのタイプだと 中に入っている白いやつですね。」

質問「はいはい。」

店長「あれって 両方ともですけれど、
 確かに 物理的に糞とか、汚れとかを濾し取るってのも
 ない訳では無いんですけれど
 メインな機能としては バクテリア がそのマットに住み着いて
 水の中の汚れ、魚にとっては一番危ない アンモニア とかを
 生物分解する為のモノなんですね。 

 だから 新品の状態で ポンと水槽に入れても
 まだ そのマットにバクテリアが居ない、十分に居ないので
 本当の意味での 濾過としては機能しないんです。

 時間が必要なんです。

 濾過器さえ付ければ 大丈夫✊ では無いんです。
 ソコを理解していると居ないでは大きな差になります。


 それと 遠心力=飛びのエネルギー は似ています。

 長尺にする 一番のポイントは
 短い長さでは 使えない ロフト角度、
 少ない角度のロフトを使えるコト です。

 それによって 少ないスピン量でも使える、
 それが 飛距離アップにつながる のです。
 長くなって 少しではありますが、へッドスピードが増える や
 長くなって 入射が緩くなる が
 少ないロフトも使えるようにするためのモノです。
 長くなるコトによる スピードのアップや遠心力の増大
(しないけど)
 が 飛距離を伸ばす 直接の要素ではないんです。


 ソコが理解出来ていないと 基本、機能させられない可能性があります。」
((スライスにさよならしよう_Moment
質問「長さに関しての誤解ですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「こんにちは〜
 だいぶ気温が下がって来ましたので
 鉛…重さの張り方を教わりに来ました。」


店長「こんにちはー。
 鉛を張る 👉重さを増やす は
 自分で出来る 割に簡単ですが、
 効果のあるチューニングになると思います。」
125788
質問「やっぱり 秋〜冬になって
 気温が下がってくると 鉛を張る の効果も
 出てくるのですか❓」


店長「そうですね。
 夏に比べれば ゴルフをする時に着る服も増えますし、
 気温が下がれば からだの動きも鈍くなるでしょうから
 それを補うには ヘッドの重さを増やす は
 効果的だと思います。」

質問「効果 から教えて貰えますか❓」

店長「はい。
 今あるクラブの状態で
 シャフトを替える訳でもない場合、
 ヘッドの重量をこの場合は加算ですが、
 増えるから と言って シャフトの硬さに変化は起きませんが、
 増やすことによって ヘッドの入ってくるサマ、
 入ってくるタイミングが変わります。
((鉛
 その人、その人のクラブ扱いによって違いがありますし、
 使っているクラブのシャフトの硬さ や ヘッドの重さ
 なども違いますから、どの位の量を増やせば・・・
 は一概には言い切れませんが、
 ヘッドの重量を増やすコトによって
 ヘッドがより小さな弧で
 正確な言い方ではありませんが、より上から入って来易く
 なる場合があります。

 重さが増すので トップが深くなったり、
 インパクトまでの時間が変わったりしますので
 タイミングも 微妙ですが変化します。

 ヘッドがより小さな弧、上から入ってくる コトによって
 スピン不足気味の方 や スライスを減衰させる効果
 も期待できます。」

質問「量はどの位で、どんなトコロに張れば良いですか❓」

店長「現在のゴルフクラブは ヘッドの慣性モーメントが高いので
 5g程度の重さをどこかに加えても
 ヘッドの重心位置などに影響はありません。

 ヒール側に貼るとドローになるとか、
 トゥ側に貼るとフェードになるとか、
 重量移動機能の付いたヘッドに そういう印があったりしますが、
 ミスリードを生みますよね。


 同じ重さであっても シャフトからの距離、位置によって
 その効果の度合いが変化する、
 それによって スライスが少なくなったり・・・
 そういうコトになるのだと思います。


 鉛は主に両面テープで固定しますが、
 冬は張り付き難いですし、
 あまりに重い量、多い量ですと 鉛そのものが飛んでしまうので
 出来るだけ最小限、
 それを シャフトから出来るだけ離れたトコロに張るのが 〇 です。

 貼る際は理想的には脱脂、
 マニキュアの除光液とか、ランプ用の白ガソリン とかで油分を取り除いて、
 この季節、屋外で張る場合は 少し温めた状態にしておいた方が
 付きは良いと思います。」

質問「ヒール側に 5g貼るのではなく、
 トゥ側に2g貼るのが良いと❓」


店長「はい。
 剥がれたら意味が無いですし、ラウンド中に取れてしまったら
 厳密にはルール違反になりますので
 両面テープで耐えられる範囲の量、というコトになるでしょう。

 前述の通り、重さとして ヘッドの重心や特性を変えるのではなく
 負荷として シャフトの動きやタイミングを変えるのが
 主の目的ですので 少ない量で効果が大きな張り方 が有効です。

 重さの 実質的な効果重量 は
 重さ × シャフトとの距離
 と考えて良いと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



作って頂いた悶絶セットを使いまして
半年が過ぎましたのでご報告させて頂きます。

私のゴルフ歴は35年以上になるのですが、
なんと言いましても「バンカーショットが苦手」に
絶えず苦しめられてきました。
125788

幼少の頃 砂遊びを十分させて貰えなかったのかどうかは
もう記憶には残っておりませんが、ゴルフ場に行きますと
「砂遊びの迷人」になってしまいます。

バンカーに入りますと一度では出ず 大たたき、
その影響からなのかショットもより崩れ乱れ
バンカーに入るか入らないかが
スコアの決め手になってしまうほどです。でした。 

そんなゴルフを数十年して参りましたので
バンカー下手の自分にすっかり慣れ
悶絶クラブに辿り着いたのは
年齢による飛距離不足を補う事が一番の要因でした。


そして、デビューラウンド。
本日も初っ端からバンカーへご入場です。
しかも その日のラウンドは前日に雨で
少なめの重たい砂と苦手なシチュエーション、、、。
「ああ、今日一日が気分が重くなると嫌だな、、、」と思いつつ、
悶絶ウエッジを持ってバンカーショット!
03_b
「あれ??? 出た…みたい」

いつもですと力加減に関係なく、高さと距離が出きらず
バンカー内に着弾するのですが、
なぜか、乗ってしまいました。

その日は都合、3度グリーンサイドのバンカーから
バンカーショットをしましたが、すべて 出ました。
一度はパーではありませんが、ワンパットで納まる奇跡。
そのお陰か、スコアも近年ではベストに近いものになりました。

次のラウンドでは4度のバンカーショットで
いずれも脱出成功。
バンカー内での打ち直しは一度もありませんでした。

「きっと 自分のバンカーショットの上手く打てるようになったんだ。」
と思い その次のラウンドでは
過去に使っていた旧サンドウエッジをエクストラで入れて
そちらで バンカーショットを実践してみると
過去の記憶が蘇ってきたように バンカー内に着弾。
その日は 二度のバンカーショットでしたが
いずれも 旧サンドウエッジで撃沈しました。

バンカー下手克服の為、リンクスのオールドマスターから始まり、
本間、クリーブランド、フォーティーンのMT28、ドルフィン等々
数々のサンドウエッジを渡り歩いてきましたが、
どれも何の成果も出ず、悶絶ウエッジに辿り着いています。

その後、数ラウンド 悶絶ウエッジでバンカーを行いましたが、
自分の狙い過ぎ、欲深によるミスを除いて
すべて成功。
なんと言えば良いのか、今まで抜けなかったヘッドが抜けて
上手にボールをさらってくれるようになりました。

構え方とか 振り方とか 上げ方とか、ボールの位置とか
そう言うのに気を使わなくても ボールは出ます。

79457

ヘッドの重さなのか、シャフトの柔らかさなのか、その両方なのか、
悶絶ウエッジは 確かに「サンド」ウエッジでした。

(店主:悶絶ウエッジはバンス角度も大きめ、ソールも大きめです😊)

バンカーで打ち直す あの残念な気分が無いだけで
こんなにも楽なのか、
バンカーが障害となるようなショットでも
前ほど気にせず打てるようになったので よりストレスなく
ゴルフが出来るのはとても楽しいです。


今までは目標にバンカーから出る事だけを念頭に
バンカーショットして来ましたが、
次の目標はバンカーの距離感、力加減です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「取り合えず 女性や力のない方、特に腕力や背中の筋肉に
 自信のない方向けの話しになるのですが、

 アバウトではありますが、アドレスを基準に
 右打ちの人で 右肩からヘッドまで
 ミドルアイアンで 140cm  小学校中学年位
 ドライバーで 180僉’悗旅發ぢ膺

 あるのです。
アドレス1

 先端に重さ(ヘッド)が付いているコト を加味すると
 相当な重さ、負担になります。

 始めたばかりの状態では
 ティーアップして アイアンやユーティリティを
 ボールに当てる、ボールに触る になります。

 ボールの直径は 約4.5cm です。
 そこそこ ちゃんとしたトコロに当たる と
 ネック部分、通称 シャンクとの差 は
 たった 2センチ ボール半分分しかありません。」

SGさん「イメージよりもかなり近いですね。」

店長「ですねー。
 ですので 話は逸れちゃうんですが、
 シャンクは〇〇だから出る、
 なんて言い切れないような気がします。
 2センチですので 一箇所なら兎も角、
 あそこで5弌▲愁海5弌▲灰海5弌,
 もう危ない訳ですよね😬😬😬
IMG_0103


 遠い未来の話し になるかも知れませんが
 ショットの理想は
〇出来るだけ 似たような箇所(フェース上の)
〇出来るだけ 似たような速度
〇出来るだけ 似たようなロフト姿勢(上下)
〇出来るだけ 似たようなフェースの向き(左右)

 に加え、より厳密さ というか、正確性を✊、となると
 動的要素が入り
〇出来るだけ 似たような ヘッドの入り方(入射角)
 も必要になって来たりします。

 楽しむ程度ではあっても それを目指す訳ですが、
 それを か弱い、腕力の無い人が
 『手で、腕で 長い棒を振って 実現出来るのか❓
 ゴルフは結構、長丁場なゲームで維持し続けられるのか❓』

 という 動作 と言う意味での最初の課題 にぶつかります🚗=」

SGさん「特に 速度が加わった時、
 その負担、重さは倍々になっていくので
 辛いんじゃないか と思います。」

((スライスにさよならしよう_Moment

店長「ですね。クラブがすっ飛んでしまう可能性もあります。

 練習場デートであれば 好きなように
 見た目の印象を真似て。。。それは腕を使った方が
 真似やすいですから そっち路線だと思いますが…、
 
 ここから先は 彼女❓とは関係ない打撃、スイングの話しに
 なるかも知れません。」

SGさん「はい。」

店長「先ほど 右肩とヘッドの間での距離 の話しをしましたが、
 最大ではあんな感じなのですが、
 逆に 最小 と言う場面もあるのです。

 スイングのタイプやトップの形 によって異なりますが、
👉最大の長さの半分、距離にして 70〜80cm です。
 トップオブスイング、切り返し の時、
 やってきます。」

SGさん「クラブが一番軽くできる瞬間ですね。」

店長「はい。

 スイングは 傍目からは円弧を描く のですが、
 それを 手で、左右の手の入れ替え で行おうとすると
 早い段階で その距離を アイアンで言うと 140僂
 戻さなくてはなりません。
 クラブが長くなっている時間が多い んですね。」

SGさん「女性向き、ではないですね。」

店長「その通りだと思います、が、実際には
 そうクラブを動かしてしまっている女性は多いと思います。

 ショットにはどうしても 速さ が必要になります。
 クラブは構造上、重さを利用する部分もありますが、
 必要以上の重さ、無駄な重さは 速さだけでなく
 正確さや反復性の弊害にもなります。
 女性や腕力に自信の無い人にとって
 腕やクラブの長さを 如何に消すか が
 ポイントになると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「シャフトのしならせ方 と言う言葉があります。
 シャフトをしならせないように使う方が良いとは思うのですが
 スイングの問題は 少なくない部分は
 この シャフトのしならせ方 から発生していたりします。」
Image20201006185024 (002)

質問「長い棒…ですからねぇ。」

店長「ショット・スイングで クラブを移動させるのは
 大きくは からだの向き になりますから
 傾きはあったとしても 横への移動がメインです。

 それと比べると ゴルフクラブのライ角度 は
 本来の状態であれば 縦の動き になりますので
 横への動きの阻害要素です。

 かと言って クラブを捻り、
 俗に言う スイング軌道、スイングプレーンに沿って
 シャフトをしならせる、も
 クラブのライ角度方向、テークアウェイで言えば
 トゥアップ方向への動き になります。

 そもそも トゥアップ も トゥダウン も
 グリップエンド に移動量に対し、
 ヘッドの移動量が大きいから発生する訳で、
 スイングの弧であると 同じ角角度運動、
 分かり易く言えば 同じ量 動いていれば
 トゥアップも、トゥダウンも発生しません。
 要するに ヘッドがたくさん動いている、
 グリップが動いていない(移動していない)というコトです。」

質問「あぁ 確かに…。」

445TL-2

店長「ゴルフクラブは そのL字型の形状、鎌首をもたげた
 その構造と ヘッドの重量があるコトから
 放っておいても トゥアップ、トゥダウンは起こり易く、
✅特に トゥアップを強く、もしくは 大きく起こしてしまうと
 必然的に トゥダウン…グリップよりヘッドがたくさん動く、
 や グリップの移動が止まる は
 オートマチックで付いてきてしまうんです。 」

質問「!!!!!!!!」

店長「ダウンスイングでの キャスティング や アーリーリリース
 解けやアウトサイドイン、こすり打ち、すくい打ち などは
 その テークアウェイ時の トゥアップの反動、
 によって 好き嫌いに関わらず 自動発生している可能性が
 否めないのです。

 その トゥダウン は からだの止まり や 振り遅れ を生み
 結果、ヘッドを返さなくてはならない、手の返し が必要になり、
 手打ち、手振りになってしまう場合が少なくない、でしょう。」

質問「では… テークアウェイで解消出来る可能性がある、と?」

店長「そうです。
 勿論、全員ではないでしょうし、
 それを改善すると タイミングなどが変わりますから
 魔法のように 直ぐにショットがよくなる とは言い切れませんが、
 無駄な経路、寄り道、遠回り、余計な動作は省ける可能性が
 高くなる訳です。

 ですので テークアウェイにおいて
 クラブや、グリップを 高くするために腕を動かす、
 手を上げて クラブを高くする、グリップを高くする、
    では無く、
 言葉では伝わり難いかも知れませんが、
 『トゥアップを起こさせないために』
 ヘッドの上りに応じて グリップを高くする、
 ヘッドの移動量に応じて グリップを移動させる、
 トゥアップを極力抑えるために手は動かす
 と考えてみる のも非常に有効だと思います。

 からだの右向き(右打ち)もありますし、
 ヘッドが高くなるのもあります。
 ヘッドは 自分の方に鎌首をもたげていますから
 一度、ヘッドを動かし始めると トゥアップの方向 に
 動きたがります。
 その時、必ず グリップの移動はかなり抑え込まれている、
 グリップは動いていない(に等しい)、
 上下左右含めて、グリップの移動量とヘッドの移動量が等しければ
 トゥアップはかなり抑えられます。
 ダウンスイング時の 無駄なトゥダウン、無駄な遠回り、
 早い段階での解け、リリース、キャスト などを防ぐには
 とても有効だと思いますよ。」
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment(4)
質問「上げるために グリップを上げる のではなく
 上げない為に グリップを上げる というコトですね?」


店長「ややこしいですけど そういうコトです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アイアンセットの内容は
〇ブリストルパターのアイアン版で
〇重量は 『ファット-B』に相応
〇出来るだけ難しくない マッスルバック
〇ロフト多めで 3番から
〇ウエッジは PSからHBS-16を使用

IMG_0078
ですので 3.4.5番の番手は中空モデルを採用。

アイアンを中空化、ユーティリティ化する目的は
重心を深く取り、インパクトロフトを増やす、
ボールを上げ易くするコトです。

一般的なアイアンで
 マッスルバックの重心の深さは 2仟
 ボックス形状のキャビティで 5仭宛紊砲覆蠅泙垢ら
 中空マッスルで 5仟罅⊇侏茲譴6仟罎謀達したい…。

一般的な 中空アイアンを比重の重い軟鉄素材で作る場合、
重量の制限(軽い)から 中空にはなったけれど
なかの 中空の部分は 本当に隙間程度のモノが多く、
重心深度の増大はあまり望めません。
飾り的な中空です。
IMG_0083

悶絶クラブ…の場合、マッスルであっても
一般的なアイアンよりは 50g以上、重量に余裕が取れるので
十分な中空、重心を深く出来る設計が可能です。

削り等の関係上、中空でない 6番以降のアイアンは
素材を S20C、より純鉄に近い炭素鋼が5%少ない素材、
強度が必要な 中空モデルは S25C を採用。

アイアンヘッドは パターとは異なり、
ロフトの立ったモノからロフトの寝たモノまで
あるのが 設計上の難しい点になります。

当然ですが、ロフトが大きくなる程
打ち手から フェース面がたくさん見えて来ます。
ロフトの立ったモノは トップライン、
 ヘッドの上面がスイングのイメージ、
 テークアウェイのイメージを誘因しますが、
 段々とロフトが寝てくると
 その要素は フェースそのものの形状に移行します。
IMG_0077
また、トップブレードの面取りの角度も
ロフト角度によって 少しずつ フェース側に
寄せて来ないといけないので
それを 図面、CAD図面に残さないといけません。


全体のロフトは多めですので
特化した低重心・深重心は必要ありません。
逆に ほどほど 高重心 21仭宛紊諒が
アイアンらしい弾道になり易い です。
パターの『ファット-B』の重心距離が 40.6
あるので 出来るだけソコに近い重心距離 にします。

あまり 薄ぺったくなると不安になりますから
ヘッドの高さ との兼ね合いになります。
IMG_0079
ブリストルパターやデール9でもそうなのですが、
始めは 粘土、そして 実際の鉄の粗型と移っていくのですが、
図面に起こしたとしても
それが 金属質になっていくと かなり雰囲気が変わったりします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ