◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】 【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: ゴルフクラブの秘密

          



SYB(コンセプト)より ニューギア✊
 ドライバーヘッドのご紹介です。 

ハミングバード 初のネック調整式。
  シャフトテストに便利ですね^^

EG05_021
今どき…の シャロー形状(体積460奸砲離疋薀ぅ弌爾任后
 そのシャローさ、薄べったさはドライバーというより
 フェアウェイウッドに近い
、かと思います。
EG05_04
【構えるとかなり大きく見えます】
最近の一般的なドライバーは
 フェース高さが 55〜60mm 位です。
参考例 弊社 GR-14 60mm
    ミステリー CF455 56mm
この EZ-05 は 52mm と超薄型
まあ その分 構えた時の大きさ〜投影面積は
 460ccクラスのドライバーでは最大級……安心感は高いですね 
EG05_04

【かなり高音、大きめな打撃音】
フェース面には DAT系 チタン素材
打音は大きく、高音 ♪ ♪ ♪    威圧感あります

【スライスキラーなヘッドです】 
ヘッドの特性、性格としては
シャローフェース にしては
    短めの重心距離
そして 深めの重心深度 による
    大きな重心角度
右回転、スライス、プッシュ気味に悩む人
 にとって スライスキラー としては かなり優秀です。
EG05_02
【スピン抑制機能が最大の特徴】
特徴 としては
 やはり ロフト調整機能が付いているコト なのですが
 HBS仕様ですと、後方に45gのウエイトが入るため
 重心がかなり低く(重心率の低さ 52% は強烈
 (弊社オリジナル仕様は 重心率50%を切る可能性も…)
 ですので 強烈なスピン抑制性能があり、
 購入後、ロフトを増やす方向に調整する可能性大 です。

平均的な男性ゴルファーですと 縦のスピン量 が
 いきなり 1000回転以上減ってしまう可能性もありますね。
EG05_03
スライス気味で 回転も多めの人にとっては
  メッチャ 飛距離が伸びるドライバーヘッド


当社測定値
 ヘッド体積 460cc
 基準ロフト角 10.0度   調整により 9.0〜11.0
 基準ライ角  60.0度  調整により 59.0〜61.0
 重心距離 35mm   👈
  フェース高 52mm   👈
 重心高さ 27/25mm  👈
 重心率  52%   👈
 重心深度 38.5mm  👈
 重心角度 24.5度   👈


今どきの特徴の無い、ネック調整機能のみの
 薄型ドライバーヘッドに比べると
ターゲットのはっきりした
かなり 個性的なドライバーヘッド です


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ピン型『デール9』(520g)
進化版L型ブリストルパター(480g) と
一般的な市販のパター(300g強)  の
最大の違いは ヘッド重量 です。
010

パターは飛ばさない道具
 と認識されているゴルファーは少なくありませんが、
少ない力で飛ぶのなら
✌小さなストローク、
✌ゆっくりしたストローク、
✌小さなストローク幅

十分な距離を打てる方が より簡単 です。
IMG_1362

軽いヘッド・硬いシャフトの市販のパターで
弾いて打ってしまうのは 仕方ないかも知れませんが、
ピン型『デール9』・L型ブリストルパターの持つ その打撃力・破壊力を
弾いて 無駄なスピンにしてしまっては勿体無いです。


パターストロークは
ボールが地面を転がって進むので
ショットと異なり 順回転・オーバースピンになりますが、
パターにおいての 良い転がり とは
オーバースピンが沢山かかることではなく
逆に 同じ距離を進むのなら 少ない回転 の方が
地面との接触も少なく、
よりブレーキが掛かり難い上
芝目などの影響も少なくなります。
(曲がりにくい・直進性が高い ということです)

多い回転になると ブレーキも掛かり易く
芝目の影響も受けやすくなりますから、
意図的に オーバースピンをかけるような弾くストロークは
実は サイドブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいるように
良いことは何一つありません。

ボールは自重により 始め少し沈んでいますから
そのくぼみから 飛ばしてあげてから 転がり始める方がよく
いきなり オーバースピンをかけてしまうのは
くぼみの壁に当たり、エネルギーをロスする上に
跳ねてスタートするのでラインに乗りにくくなります。

パターにおいて 一番悪いパターンは
歯で打ってしまう事で
特に
ロフトが、フェース面がどんどん上に向きながら
加えて、ヘッドも上昇、上り傾向が絡むと
歯がボールに入ってしまいます。
006009







距離にもよりますが、
パターでの自然なボールの回転数は 数百回転 なのですが、
歯が入ってしまうと 途端に5倍〜10倍の 2000〜4000回転
が初期に入ってしまいます。
お分かりになるとは思いますが、
同じ打撃力で 500回転で済む回転数が2000回転(4倍)
になるということは それだけ推進力を取られてしまうだけでなく
その回転数の増幅が当然地面との摩擦として働きます。
出だしはピュッと早く出ても、すぐに減速して伸びない ばかりか
摩擦として芝目を多く受けてしまいますから
その回転力が曲がりをさらに増やしてしまい
切れが大きくなってしまうのです。

デール9、L型ブリストルの良さを引き出すのには
単に ヘッド・フェースでボールを押してあげれば
いいのですが、逆に弾いてしまうと
破壊力があるために 逆効果になってしまう場合も…。

ショルダーストロークはパターだけでなく
ゴルフショット(ストローク)にとって
良いことは何一つないのですが、それはさておき
自分のストロークをガラスや鏡で見て頂きたい。

注目するのは 自分の動きではなく
パターの動きです。
特にヘッドではなく、シャフトに注目して貰いたいのです。

パターストロークは
ショルダーを使った 振り子で振らなくとも
多少ヘッドは上下に動きます。
理想的には やや高い位置から低い位置に
高低差という意味では斜め直線に動きたいのですが、
そうも行きません。
高いところから 低いところ
 そして打ち終わると 高いところへと移動します。
009
インパクトもそうですが、
それ以降(フォロー)に対し
シャフトが ロフトを増やさず
シャフトの角度、姿勢がそのまま
ボールを打つ抜いてあげる という事が重要です。


同じような位置で、同じようなヘッドの高さでも
シャフトの角度によって
これだけ フェースの姿勢は違うのです。

そして これは必ず撃つ方の人間の姿勢にも影響します。
特に 肩の振り子で振る人にとっては
このシャフトの延長線上に頭があるわけで、
ヘッドが前に出るストロークでは
撃つ人の頭は右にズレ易く
 その分、最下点は右にずれます。
より一層 歯で打つ確率が高くなるわけです。

意識がヘッドに行ってしまいがちですが、
人間が操作できるのは グリップの動かし方 ですから
同時にシャフト姿勢の意識も持って貰えると
デール9,L型ブリストルパターはあなたのパッティングを
インチキのように向上させます。保証します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ごくごく平均的な…
そうですね 60歳前後の
 身長170cm前後、 体重70キロ前後
 やや運動不足気味の男性
 
 『これからゴルフを始める設定』であれば
 もしくは 貰ったクラブで始めて
 自分で購入する『初めてのクラブ』
👉ドライバー45インチで 硬さ 200(〜160)cpm
👉アイアン38インチで  硬さ 220(〜180)cpm

この範囲位が理想的、
 コレに慣れさえすれば 癖のない、
 からだを傷め難いスイングに行き着き
 「楽しめるゴルフ」が出来る と思います
IMG_0624

と・こ・ろ・が 市販の一般的組み合わせ
予算の都合上…中古のセットなんかを買うと…
 ここらへんから スタート…というコトになります。

ドライバーでスイングを覚える、というのは
ちょっと無理がありますから 当然、短めのアイアン
で 練習を始めることになります。
IMG_0662

この硬さ は 一般男性 にとって
地面に置いてあるボールを
フェースで こそぎ取る のが難しいスペックです。
ボールが拾えない…

フェースを下に向けたまま
  からだの回転で! なんてことをしたら
見事に空振りするだけ です。


ですので フェース、ロフトを開いて
ボールとマットの隙間に
 フェースを入れるコト
 を強要されます。
それ以外の方法では かなり難しい…。
20090801 2009_09_02_14_54_45-564フレームショット20090801 2009_09_02_14_54_45-567フレームショット




8番アイアン以降の 元々大きめのロフト のクラブ
であれば 曲がりの元になる 縦のスピン量が多いですから
方向は兎も角、それでも大きな曲がり にはなりません。
ところが 6番よりも上の 長い、ロフトの立ったモノ
 になると そう打とうとすると ダフリ、トップ か
飛ばない 緩い右曲がりの球 
になります。

ロフトを開いて 地面のボールをこそぎ取る
 そして そこそこの当たりになる
この二つを両立させるには
 俗に言う ハンドファーストは厳しく
 ヘッドでグリップを追い越す
 開いて入れて、閉じて抜く
そういう感じにならざるを得ません。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment

✋バンカーはなんとかなりますが…
 アプローチショットはものすごく苦労するコトになります。
 開いて入れて…ボールとマットの下を刷り抜くショットは
 そこそこの インパクト加速が必要です。
 緩いインパクト加速では ダフリか、トップは必至。

 しかし、アプローチはその加速加減が距離加減です。
 果たして どう距離を調整するんでしょう❓


練習場でのアイアンショットには マットと言う強い味方 がいます
 ですので 慣れてくれば、ミドルアイアンでも 
 ロフトを開いて 少しダふらせて
 と言う打法が 自然と身についていきますが、
ところが そのまま ドライバーに行くと
 本来、打つべきスペックよりも硬いドライバーですが、
 比較対象になる アイアンよりは柔らかく
 シャフトがしなる分、開きが増大し
 強烈なスライス を味わうことになります。

開いて入れて と言う打法は
 既にこの時点で 「自分の当たり前」になっていますから
 フェースターン が 次の課題 になって行きます。
 アイアンに比べ 大型のドライバーは重心距離も長く、
 アイアンよりもシャフトも柔らかい 
 しならせて しなり戻して を続けていくと
 本来の 自分の『使うべきスペック』よりも
 少し硬い筈の ドライバーシャフトが 柔らかく感じる…

『そうだ!』

  もっと シャフトを硬くすれば スライスしないで
  もっと 飛ぶはず!

この経験するゴルファーは かなり多い と思います。

 スチールシャフトの
 インパクトやダフリ、トップなどの衝撃の減衰率は
 カーボンのそれに比べ 半分以下、
 つまり 衝撃がかなりからだに響く上に
 腕のロールを激しく使い、
 インパクトでは左腕の止め、絞り、
 ヘッドターンするのですから
 肘や手首などの関節への負担も
 少なくないスイングを要求されます。

リリース の勘違い❓_Moment(2)

確かに 自分の本当の体力に合ったシャフトの硬さ
  には コストがかかります。
硬いシャフトの墓場 の中古品 から比べると
  文字通り 桁違い になるコトもありますが…
体の故障を生んでしまう運動性能頼りなスイングを強要され、
  のちのち かかる整体や医療費 を考えると
どっちが『高い』のか疑問です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


と…ここまでは
重心距離の長め(大振りなヘッド)になり易い
キャビティのアイアンの方が
ドライバーとの噛み合わせはいいですよ…
 との話しなんですが、
マッスルバックアイアンが選ばれる
 最大の理由は 実は
◌シャフトの硬さ でもなく
◌慣性モーメントの小ささ でもなく
◌ヘッドの軽さ でもなく

「ソールの薄さ」「バンスの無さ」 にあるのだと思います。
IMG_0504

キャビティバックのアイアンと
 マッスルバックのアイアンは
 フェアウェイウッドとユーティリティの関係に似ています。


フェアウェイウッドは重心も深いうえに
 ソールに奥行き(ソールに奥行きがあるから重心が深い)があります。
一方、ユーティリティは アイアンに比べれば
 ヘッドに厚み(奥行き)はありますが、
 フェアウェイウッドに比べ、重心も浅く
 ソールの奥行きはありません。

実例:で言いますと(似たようなロフトで) ミステリーの
フェアウェイウッド HT-411  #5 ロフト 18度 は
 重心深度◌30mm ヘッドの奥行き◌80mm(8臓
ユーティリティ  HT-811 #3 ロフト19度 は
 重心深度◌13mm ヘッドの奥行き◌60mm(6臓 な上に
ウッドは バンスソールとは呼べませんが、フラットなソールですが
 ユーティリティは スクープソールはキツク
  ソール後方が上がっている、バンスの張っていないソールです。
10003407_290033064486765_134308500_n005







 つまり ソールの奥行きがあったり
 キャビティヘッドに有りがちな、バンスのやや張ったソールであると
 ロフトを寝かし難く、
 ボールの下にヘッドが入れにくい
 のです。

バンス、ソールは ロフトを安定させる為のモノで
本来 バンス(ソール後方が下にせり出ている)がある方が
安定して、距離を出し易い のですが、
ロフトを寝かして ボールと地面(マット)の隙間に入れるには
バンス角度もソール自体も邪魔✋
 というのが 実は マッスルバック、もしくは小振りなヘッドを選ぶ
 最大の理由なのではないか、と思っています


ですので よほどパワーがある、スピードがある人でないと
 同じ人は、同じ理由によってフェアウェイウッドを好まず、
 ユーティリティを選ぶ傾向 が強くなります。


フェースローテーションそのもの ではなく、
それをする為には ロフトを、フェースを開いて
ボールの下にヘッドを差し込む、ロフトを寝かす、
その為に クラブの機能が無い、少ない方が良い…
  というのは ちょっとねぇ・・・・って気がします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



【投稿】
SYB EG-05
が 到着。ホームコースへgo

生憎の 前日まで豪雨で フェアウェイは ウェット。
キャリーが少なく 残業(ラン)が多い 低目の弾道には 厳しい状況でした。

240781176_4377812485599164_8218599256180757912_n

“ ホール 若干打ち下ろし

少し右へ飛び出した トップ 

ありゃ〜 フェアウェイ 手前の 赤杭エリアだぁー 
プレイング3 からを覚悟した瞬間、「ボールが 落ちない」
「頑張っている」  どころか
楽々 赤杭エリアを越えて 問題無き フェアウェイ ヒット。

 

番ホール  ショートホール

 

➂番ホール 若干 打ち上げ

トップしない様にと考えて
ゆったり 自分的には 5割の力感で 打ちますと、
打感 よし! 方向 よし!

自分的には高い弾道。(多分 これが 普通の高さでしょうが)

ちょっと 滑ったのかなぁ〜

同伴者「伸びてますよ」と。
横から見ているので 伸びがわかるのでしょう。
自分には ハッキリとはわかりませでしたが、2打目の場所は そこそこ。

 

と屮曄璽 若干 打ち上げ 広い

ついつい チカラ イッパイ 打ちました。

飛び出し方向 よし。
打感は フェースの 先っちょ で 上 に 当たった感触。
左へキレ始め 直ちに弾着することを覚悟しましたが
やや左へ切れながらも 空中を飛んでいる。


「ナイスショット! 飛びましたねぇー」(同伴者)

「クラブです」(自分)


GPS
計測で 215y
打ち上げ&ウェット なので 満足。

 

ト屮曄璽 ほぼ平坦 かなり狭い

満振りにならない様に
しっかり バックスイングして 右はOBですが
右中間へ切り返す と言い聞かして スイング。

打感、弾道、飛び出し方向  よし。

狙いの方向の少し右へ飛んで行ってますが、
満足しながら 打球を追っていますと、
落ち際 あたりから 若干 ドロー 開始。


こんな 弾道 初めてです。


左へ引っ掛け気味で
高い弾道の時は 落ち際で ドンドン 左へ切れることは 数多くありましたが。


これって 「美しい弾道!?」と 自己満足しながら GPS計測 。

230y

大満足 です。

176337466_4001659399881143_1271330495810331566_n

この後 5番ホールの様な弾道には遭遇出来ませんでした。

 

硬さ 125cpm で、SYBEG-05の偏平ヘッド(シャローヘッド) だと
ミスショットの時 重さ(動かし難さ、詰まり感 )を感じるものと
理解(経験)しておりましたが、
EG-05 は 軽い と言いますか 打ち抜き易い と言いますか。

 

曳屮曄璽(いつもの 撮影ホール)は 打ち上げで
距離も長く 比較的広い。そして ハンデ1 ホール。

ラウンド後半の疲れと ここで一発 との 気合い などから
いつも 満振り になってしまう ホールです。


今回も 満振り してしまったぁー!


右へ 高く 飛び出し。
右斜面 ボギーオン 覚悟しましたが、
右へ流れず 高く 飛んでますが 前にも行っている様で
結果 これまでの ナイスショットとほぼ同様の位置で 右ラフ。

 

ブログには

スライス殺し &  安全チーピン を実現する
不思議なクラブとありましたが、
上述したとおり 不思議で
そして とても 頼りになる相棒を紹介いただいたと 感謝しております。


ミスに寛容なので スコアもまとまります。

 

これから 秋となり
フェアウェイが枯れ 硬くなって来たら 目指せ 250y! です。


EG05_02

SYB EG-05 ロフト/ライ/フェース角度 変更スリーブ 取り扱い説明書

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


大変よくある シャフトのお話し です。 
 全部、全機種、ではありませんが、概ね、当たりです。


sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット

シャフトメーカーにはシャフトメーカーの都合があり
 通常……シャフトの初期一般販売価格をやや高めに設定します。

平均的なゴルファーの感覚であれば
 そのシャフトで ドライバーに造る や リシャフトする、
 希望👉飛距離が伸びる 希望👉安定する
 が叶うかも…ですので、
 高価格でも…予算が許せば、清水の舞台から飛び降りますが
 同じ価格で…フェアウェイウッド----- となると
 二の足を踏む、可能性は高くなります。

 ドライバーに比べ、使用頻度も、重要性も
 どうしても低くなりますから…。

そうなると シャフトメーカーは
 同じシャフトの仕様を FW用に
 少し重さを増して、価格を落として販売します。

 『ココが落とし穴』に…


 ドライバーに 50gのシャフトを入れたら
 それよりも 短くなる フェアウェイウッド は
 60gとか、70gとか 重くした方が良い❓ような
 気がして、 効果ありそう❓
   ドライバーのシャフトよりも価格低いし…
 って思いガチですが…。

 本来、同じシャフトの仕様 を
 短く…したら… その短くなった長さ分、
 ドライバーよりシャフトの重量は軽くなる筈、なのですが
 それを重くしている、
 でも 発想は同じ仕様……というコトは
 そこに 重さを加えるための繊維 を付加しています。

 同じⓇの硬さ、Ⓢの硬さ表記 であっても
 フェアウェイウッドのシャフトの方が硬くなっています。
 柔らかくなることは まずありません。
 元の性能に 重量負荷の繊維が加わっているのですから。
IMG_0102

 仮に、ドライバーを45インチ
 3番ウッドを43インチ
 5番ウッドを42インチ としましょう。
    (注…シャフトの機種によって 前後しますが)
👉ドライバーの硬さ、振動数が 200cpm であったのなら
 3番は 203cpm前後、5番は205cpm前後
👉ドライバーの硬さ、振動数が 250cpm であったのなら
 3番は 255cpm前後、5番は258cpm前後
 スイングウエイトが同じ、か 短くなる程
 ちょっと重くなる程度で この流れが『適切な硬さの推移』です。
 この流れ であれば どれも 似たようなタイミングで使う、
 振るコト、打つコトが可能です。

 好き嫌い を別にして、間違えるのなら
 柔らかくなる方に間違えた方が良いでしょう。

 この流れ に準じていれば フェアウェイウッドを苦手、
 もしくは 嫌いになることは大変少ないと思います。
sample 2009_09_19_22_56_02-91フレームショット
 しかし、実際のお客様のクラブ を診断させて頂くと
.疋薀ぅ弌次250cpm
 3番ウッド 265cpm
 5番ウッド 275cpm

  なんていうのは 本当にザラにあります。
 数字が大きくなる方に順次推移しているだけ マシ です。
▲疋薀ぅ弌次250cpm
 3番ウッド 265cpm
 5番ウッド 260cpm

  なんて言うのも 頻繁に見かけます。

,離院璽
 3番ウッドを ティーアップして使うのなら まだ良いですが、
 地面から打つのは かなり確率で失敗、派手に失敗し易く、
 5番ウッドは ゴルフバックの重し/飾り になるだけ です。
△離院璽
 3番ウッドを使用する頻度は極端に少なく、
 5番ウッドの方が3番よりも飛ぶ可能性も高いでしょう。
 元々、長さが長く、ロフトのキツイ3番はやさしくない…
 しかし 5番が使えるので
 フェアウェイウッドを嫌い、になることは 少ないです。


フェアウェイウッドを苦手にする人は大変多く、
現在では ユーティリティでそれを補えることもありますが、
ほぼ例外なく、現在のクラブのセッティングか
過去のクラブセッティングで
ドライバーよりも『硬い』フェアウェイウッドでの失敗体験
 が フェアウェイウッドの印象を決めてしまっています。


まあ 他にも 全般的に柔らかくなったドライバー に比べ
 購入サイクルの長い 少し古いモデルのフェアウェイウッドには
 その当時、基準の硬さが入っていたり
 若かりし頃「には使えた」硬さであったり、と
 その不遇を シャフトの硬さで表現している、とも言えます。 

フェアウェイウッドは ある程度の距離を打つ時、
高さが取り易く、ある年齢になると 大変、重宝する武器です。
ですので この ドライバーとフェアウェイウッドの噛み合わせ
に注意して、フェアウェイウッドの苦手意識を自分に植え付けない
というのは のちのち とても重要になってくるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


329500ce
私の住む地方もご多分に漏れず
練習場やそれに付帯するクラブショップ、
ゴルフショップがどんどん減っている今日この頃。

辞めてしまったショップ(他店)のお客様が
  ゴルフクラブ診断で来店されました。
 セットの流れ が バラバラ❓ に感じる、とのコトです

体力的にも、スイングも ごくごく普通な60歳
 ヘッドスピードは 頑張ると 40ms強はあります✊
ドライバーは
  フジクラの スピーダー50g台のⓈ
フェアウェイウッド は
  その流れ の 60g台のFW用のⓈ
ユーティリティは
  フジクラ 70g台のユーティリティ用のⓇ
アイアンは  以前使用のモデルと現行モデルの混在状態で
  ミドルアイアンはゼクシオに 80g台のⓇ
  ショート.ウエッジは軟鉄マッスルバックに 120g台のⓇ

この組み合わせもよくある ミス で
 ドライバーは 50g台
 FWウッドは 60g台
 ユーティリティ 70g台
 ミドルアイアン 80g台
 ショート・ウエッジ 110〜120g台

と クラブの長さに応じて シャフトの重さを変え
 長いものは軽いシャフト 👉飛距離優先
 短いものは重いシャフト 👉安定度優先

『同じ重さの感じにしてみよう』
『優先事項に応じたシャフトの重さ』
とのプランなのだ
と思います。
003
これ よく考えガチなコトだと思いますが、
その計画は失敗、問題を複雑にします。

シャフトは1mの棒です。
それが 50g と 60g と増えても
全域に渡って 10g増えるだけ、なので
感触としての 重さ感の差はありません。

一方、シャフトの重さは シャフトの硬さに直結するため
 同じメーカーの、例え、同じ名称(機種)の同じ硬さ(表記)にしても
 重いモノの方が 硬くなります


今回のこの場合も、一応 形式上、同じ機種 の 同じ硬さ の筈
 「だった」のですが、
 ドライバーは 253cpm
 FW(#5)は 265cpm と (258cpm前後がマッチでしょうね)
 長さから 考えると ハーフフレックス分、
 地面から打つクラブである FWの方が硬くなっています。

そもそも この方にとって
 45インチで 254cpm は かなり硬い のですが…。
 問題は そこだけではありません。

その延長で、ユーティリティ が 70g台の同機種ですが、
 コレは 数値上、ドライバーやFWよりも 柔らかく
 ミドルアイアンより硬く、ショートよりは柔らかい、
  👉ウッド系のⓈに比べ 表記通りⓇ分柔らかい感じです 
 何とも言えない存在になっています。

アイアンが問題です。
 ミドルアイアンのシャフトは 80g台のⓇで #5-260cpm
 ショート以降のシャフトは  120g台のⓇで #7-295cpm
2フレックス以上違う 硬いシャフトがショートアイアン、ウエッジに
入っているので 一番数を打つ、コレが基準になっており
 硬い筈のドライバーが柔らかく感じる次第です。
006
ドライバーの距離も出ていないのは 幾つか理由がありますが、
々鼎ぅ轡礇侫箸鯊任燭覆韻譴个覆蕕此”を痛めている
▲▲ぅ▲鵑鉾罎戞―世蕕いので
 真っ直ぐ行かせる為、手加減して打たざるを得ない

だと思われます。

また、硬いシャフト、軽いヘッドのウエッジを使い続けているので
 中途な距離のアプローチがあまり得意でなく、
 練習量、練習頻度が必須なのが、痛めている関節に重くのしかかります。


弊社で 悶絶の入門用のクラブ
 重めのヘッドに 70gのシャフト のウエッジを打って頂くと
 コッチの方が 「重く感じる」 とのコト。
 ご自分のウエッジの 約半分の重量のシャフト です。
001
シャフトの硬さが ボールの置き位置を決めたり、
 スイングの強さやタイミングを決めます。

『どの硬さを基準とするか、でスイングは決まります』

ドライバーは距離(スピード)が優先
アイアン、ウエッジは安定性、確実が優先、
ドライバーに比べ、アイアン、ウエッジが飛ばなくていい、
その気持ちは痛い程、分かりますが、
そうであるのなら 余計、
 全部のクラブが同じような、似たタイミングで打てるコト
 を犠牲にするのは避けるべき、です。
本当に 重く感じているのか、重いのか、
 『自分で』判別していない 番手、長さに応じたシャフト重量の変更、
 シャフトの硬さ、タイミングを犠牲にしてまで
 するべきではありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバーを飛ばして頂くため、
 年々 シャフトの硬さ(数値上)は柔らかくなり、
 今や 20年前のレディースの硬さがRシャフト の時代です。
 👉今の Xシャフトは20年前のRより柔らかい のです。
【SYB EG-05】 プロによる試打_Moment
 タイムマシーンがあって、現代のハードヒッターが
 自分のドライバーを持って 20年前にタイムスリップしたら
 「えええ なんで こんな柔らかいの使ってるの❓」
 って 言われてしまうほど 変わってきています。


良くあるパターン…だと思うのですが、
 ドライバーは飛ばしたい、から 最先端の新しいモノ、
 しかし、ウエッジは重い方が良い❓から スチールシャフトの…
 昔から ずっと使っているモノ。
 ふたつの硬さの違いは かなり大きい
 それで困っていなければ……良いのですが…。

ものすごく言葉は悪いんですが、
 ある硬さを超えると 全部「ノー感じ」になりますので
 そこで 統一させている人も少なくありません。
フィーリングやタイミングをを重視するのには
コストがかかりますから…。
 でも、その「ノー感じ」な硬さ
  手首や肘、腰など関節を傷める原因となります✋
【ゴルフスイング】 20210701_Moment
 アプローチの苦しみ… は終わることはないでしょうし…。
 段々と気温が下がってきていますので
 硬いシャフト(スチール)&軽いヘッド使用者 には
 アプローチのシャンクのシーズン突入
 です。



【正しい意味での『クラブ・セッティング』】

正しい意味での クラブ・セッティング は
ゴルフバッグの中の すべてのクラブが 同じ流れの中、
同じ!とは言えなくても、似たような、許容範囲にあるコトを指します。
  ✋皆が「なかよし」ってコトです

 例えば 今日はちょっと『引っかかる日』だとすると
 どのクラブを打っても 似たように引っかかる、そんな感じ、です。

ですので 自分のゴルフバッグの中のクラブを
 ミスしても、ミスしなくても 一球ずつ 交互交互
 コースと同じように ランダムに打ってみて下さい。

特に シャフトの硬さ/柔らかさ の大きなズレ は
顕著にミスを誘発します。 

正しい意味での クラブ・セッティングの顕著な反例が
 試打会や試打クラブを打って 「おお 良いぞ」となり
 購入して、いざ 自分の『ゴルフバッグに入れる』
 「あれ・・・ なんだかなぁ🤒」 って奴です。

 そのドライバーだけを打っていれば
 そのドライバーを上手く打たせる環境
 自分のスイングやタイミング、 とそのドライバーだけ です。
池田康二202520_Moment

 ところが、自分のバッグに入れると
 それ以外のクラブを打つスイングやタイミング が
 そのドライバーを使う環境になります ので
 その環境が ドライバーを上手く打たせない のです。
 練習場で、打つクラブを変えた すぐは上手くいかず、
 なん球か打ち続けると やっと当たる…
 まさに クラブ・セッティングの「悪い意味」での見本です。

新しく 何かのクラブ、例えばユーティリティをバッグに追加して、
新しいクラブですから それを一生懸命練習すると。。。
なんだか アイアンが上手く行かなくなり始めたり…。
ドライバーが当たらなくなったり…。

正しい意味での「クラブ・セッティング」を無視してしまい
クラブ構成を クラブセッティングだと思っていると
陥り易い「悩み」です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフは昔から おとなの遊び と言われますが、
 それはどういうことなのか❓ のお話しです。

クラブのメカニズムを考えるコトは
 スイングのコトを考えるにつながっていく…のです。
 多くのことが『直接的』ではありません。
820_13

✋キャビティバックのアイアンヘッドと
 マッスル(ブレード)バックのアイアンヘッドのお話しから
 してみましょう。

一般的には 😜概ね「見た目」からですけれど
✊キャビティはやさしく、初心者向け、
(穴あき、虫歯のコトも英語でそう言います)
マッスルバックは難しく、上級者やパワーヒッター向け
 と言われますが、ある一点を除いては間違い、ほぼ間違いです。
 マッスルバックの方が重心が高い… それはもう風評被害レベルです。
IMG_0491

✋あらかじめ 言っておきますが、
 マッスルバックを推奨しているのでは 決してありません。
 むしろ その逆 です。



ざっくり アイアンヘッド、アイアンにとってのやさしさ は
 今も、昔も 「ボールの上がり易さ」が典型例 です。
【ボールを上がり易くする要素】
.轡礇侫箸硬さ/柔らかさ
 ボールを上がり易く する項目 として
 圧倒的にナンバーワン なのは シャフトの硬さ/柔らかさ です。
 はっきり言って ロフト角度や重心の位置を機能させるか、
 それとも その機能をぶち壊してしまうか は
 適切なシャフトの柔らかさ、オーバースペックでないシャフトの硬さ
 を使っているかどうかで決まります。

➁ロフト角度
 重心の低い、深いモノ は かなりロフトが立っています。
 クラブ自体が長め だったりすることもあります。
 今どきで言うと 飛び系 のアイアン なんて呼ばれます。
 (7番が24度のロフト🤒なんて言うのもあります…)
 クラブとして、セッティングとして ではなく
 アイアンヘッド単体としての ボールを上げる と言う項目では
 ロフト角度が一番「上げ易さ」に影響を及ぼしますが、
 アイアンは セット です。
 ロフト角度23度とか24度の5番や6番もありますが
 ロフト角度36度の8番 や 44度のPW もあるので
 上がり易い角度の番手 が 上がり易い構造 では使い難くなる上に
 ストロングロフトが故に、使用頻度の高いゾーンの
 ロフト角度の番手差が広くなってしまいます。
 番手間の距離差や欲しい距離のロフトが無かったりします。
IMG_0727
 5番アイアン、6番アイアンが上がり易く、距離も出る
 その魅力は分かります。分かりますが、
 使う頻度の低い その距離ゾーンを重視したが故に、
 130〜80ヤードの使用頻度の高いゾーンのクラブが
 本数減るのが やさしい のでしょうか❓ 初心者向けでしょうか❓
 野球で言うトコロの 外野を5人で守って
 内野が2人 みたいな配分になっていませんか❓
 どっちが本当に『やさしい』のか断定し難い ですよね…。

➂重心の低さ、深さ(重心高/重心深度)

 まず、正しい意味での『重心の位置の違い、そのメカニズム』を
 認識して下さい。
 そのコトは即ち、クラブ扱い、スイングにつながってきます。

 重心が低い、深い とボールが上がり易い
 ごくごく一般論で、それは概ね、正解です。
 ですが、それはどんな作用なのか、と言う点においては
 アマチュアゴルファーのほぼ全員、
 業界の人ですら誤解しているフシがあります。

 多くの人は 低い重心、深い重心、
 その重心ソノモノが『直接的に』ボールに作用している、
 インパクトのその瞬間を切り取った状態の
 静止状態で 重心がボールに作用している と思っていますが、
 間違い です。


 正しくは 重心の位置が打ち手に作用して
 ボールが上がり易く、ロフトが付くように『促している』に過ぎません。

IMG_0610

 重心が低い、もしくは重心が深い と
 使う人が 適切なシャフトの柔らかさ/硬さを使っているが合体すると
 ヘッドの構造上、ヘッドが前に出ようとします。
 ロフトが付こう、入射が緩くなろう とする訳です。
  ですので 例え、重心が低く、重心が深くとも
  使うシャフトの硬さが「動かない」では
  その機能は使われないばかりか、
  多くの場合、スイングの邪魔になる可能性が高い、です

 
 重心が深い 効能は アイアンヘッドとユーティリティ、
 フェアウェイウッドの性能の違い を表しています。

 横道に逸れますが、
 一般的な市販のクラブセットを使っているゴルファーの
 大部分が フェアウェイウッドのシャフトの硬さには鈍感ですし、
 買い替え頻度 と言う意味でも かなり低いのがFWです。
 昨今、ドライバーのシャフトは「飛ばさせる」ため
 かなり柔らかくなりましたが、
 それに比べると FWのシャフトは かなり硬め です。

 アイアンよりも、ユーティリティよりも
 重心が深いコトが FWの FWたる所以なのですが、
 シャフトの硬さ故に その効能が活かされないのが現状です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アイアンをデザインする場合、
(ヘッド重量に制限の有る限り、のみ
 一般的には マッスルバックはスチールシャフトに組まれるため
 軽い #5で240g前後が上限になります)

マッスルバックは鉄の塊 ですので
 その重量をどう落とすか、どこを削るか
 を意識します。
逆に、キャビティバックの場合は
 アイアンとして 性能特性を出すためのモノ ですので
 重心を考え、どこに肉付けするのか
 を意識します。
001

マッスルバックのアイアンは
 鉄の塊ですので、大きさ、高さ、厚み どれをとっても
 大きく、厚く、高くすることが出来ないが故に、
 総じて 重心は意外にも低め です。
 ただ 重心の深さは キャビティの平均値6mm前後に比べ
 3mm以下(半分位)
ですので 
 上がり易いとは言えませんが、それが故に
 ストロングロフトになっていないものが殆ど です。

そういう意味で キャビティの方が上がり易いのか、
 マッスルバックの方が上がり易いのか、一概には言えません。

10〜15年ほど前から ゴルフクラブ全般が売れなくなり、
 その流れもあり、予算を抑えられる スチールシャフトが
 アイアンシャフトの主流となりました。
 それに伴い、30年前、40年前のデザインとあまり差のない
 重心の短く、重心の浅い、マッスルバックが復活しました。

それが スイングの流れ にも影響を与え、
 一時は 旧世代のモノ、するべきでないモノ であった
 フェースローテーション、ヘッドターン が復活してきた
 と言う経緯です。
5904-0091_4

ここで問題になるのが ドライバーとの相性 です。
 マッスルバックに限りませんが、アイアンはスチールが主流です。
 そして、ドライバーは「飛距離追及」の為、
 シャフトの硬さはかなり落ちてきています
 ドライバーの平均的な重心距離は 40mm前後、
 そのシャフトの硬さは SR で 230〜240cp前後 です。
 一方、マッスルバックの平均的な重心距離は 35mm前後
 そのシャフトの硬さは SR で 300cpm前後、
 ふたつの関係は 正直… 最悪です。

ヘッドの大きな(重心距離の長い)ドライバーには
 アイアンに比べると かなり柔らかいシャフトが装着されていますから、
 ヘッドを細かく動かさず 俗に言う ボディターンで
 するコトを望まれる、そう使わないと苦労するスペックですが、
 逆に シャフトの硬い 小振りなヘッド装着のマッスルバックアイアンは
 フェースローテーションを強要されます。
445TL-2

コース、現場では それを交互交互に使うことになる訳で、
●チカラの有る、ヘッドスピードをあげられる人はドライバーに悩み、
●チカラの無い、ヘッドスピードが上げられない人はアイアンに悩みコトになります。

 
 そして 共通して、アプローチで苦しむことになるのです。

そういう意味では ドライバー、アイアンのシャフトの硬さ を
 出来るだけ揃える、似たような感じ…にした上で
 (同じようなボールの位置で使えるか が目安になります)
 (長さにもよりますが ドライバー +20cpm → アイアン)
 似た感じで振り易い キャビティの方がベターだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:ゴルフを始めたばかりで、 
 先輩のおさがりを使っていますが、
 自分でクラブを『買ってみよう』と思っています。
 アイアンの キャビティとマッスルバック には
 どんな違いがあるのでしょうか❓
 初心者ですのでキャビティの方が良いのでしょうか ❓
 教えて下さい。

IMG_0624

キャビティ形状のアイアンとマッスルバック形状のアイアン
どちらがやさしいか❓
  その答えは一番最後にします。

まずは キャビティアイアン からお話ししましょう。

キャビティは英語で穴あき、虫歯のコトもそう呼びます。
キャビティアイアンのメリット は
‖膩織悒奪匹離疋薀ぅ弌爾汎韻犬茲Δ
 重量を周辺に配分するコトによって
 同じ重量でも 重量効果が高い(重くしたのと同じ)コトで
 打撃力が増し、距離が出し易くなります。

➁,隼ていますが、重量を周辺に配分するコトによって
 慣性モーメントを上がり、運動の持続性、
 姿勢の維持性能が高くなり、距離を出し易く、
 ミスヒットに寛容になります。

➂重心配分に自由度が高いので
 重心距離を長くしたり、重心を低くしたり、
 ㊕にマッスルバックに比べ、重心を深くし易く、
 ボールを上げ易くします。


と 良いトコロばかり。。。に感じますが、
 設計思想はその通り、良いトコロが多いのですが、
 実際に製品にすると 実はそうでもないのです。

❶マッスルバックに比べ、見てくれも大きくし易いので
 アイアンですが、やや長尺気味も多く、
 また 購入対象者が女性や高齢者など 非力な方が多いので
 それに合わせて 軽量ヘッドになっていることが多い・・・
❷慣性モーメントの主要素は『ヘッドの重み』です。
 ❶に絡み ヘッドが軽量になっていることが多いので、
 実は見てくれ…ほど 慣性モーメントが高くないものが
 多いのです。
キャロウェイビックばーさ
 例:古いアイアンですが、見てくれは巨大で
 奥行きもある キャビティ の代表例のような形状なのですが、
 慣性モーメントは 異様に低く(数値 1700g2) 
 当時の平均値/2500g2 より遥かに低かった…。
❸重心が深く、上がり易い分、
 ストロングロフト のモノが多く、
 飛距離性能は高くなりますが、その分、
 番手が長距離型に集まり、使用頻度の高いロフト帯に
 番手が少なくなる、番手間の距離差が開き易くなる欠点があります。


キャビティアイアンとマッスルバックのアイアンの
最大の違いは 重心距離
(シャフトから重心までの長さ)です。
キャビティの方が大型 → 重心距離が長く、
大型のドライバーのソレに近い、
5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7 理想的には ドライバーよりもクラブの短いアイアンの方が
 重心距離は長い方が良いのですが、
 現代には そういうドライバーとアイアンの関係は
 皆無に近いので、少なくとも 似ている重心距離の関係 の方が
 双方に互換性が高くなる、ここが最大のメリットと思います


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くの人は クラブの構成
 ドライバー、フェアウェイウッド何本、その番手・ロフト構成、
 ユーティリティ何本、その番手・ロフト構成
 アイアンが何番から何本
 ウエッジの本数、そのロフト構成

これを 
クラブのセッティング と呼んでいます❓よね。
IMG_0103


ソレ はクラブセッティングを始める上での構成であって
 ✋セッティング とはそう言うモノではないのです。


何度も書いていますが、
現場、コースでは 多くの場合、自分の思った通りに行かず、
どんな順序で 何を打つか、計画通りにはなりません。

ミドルホールだから と言って
 ドライバー → 8番アイアン → パター
と計画していても、時として
 ドライバー → フェアウェイウッド →
 ピッチングウエッジ → サンドウエッジ → パター
こんな順序と回数になってしまうコトも往々にして起こります。

例えば PTを除く 13本の構成が
 1W、3W、5W
 #3UT、#4UT、
 #5〜PW、PS、SW
良くあるパターン…だと思いますが、こうだとします。

1Wを打った後で 8番アイアンを打つとして
その二つの 硬さや重さ、振った感じやタイミングが同じ、
とまでは行かなくとも 似ている、近い、流れの中、
 で『なかったら』どうします❓  どうなります❓

ミドルホールで ティーショット、ドライバーをチョロとか、

 テンプラしたとします。
  ボールはフェアウェイまで届かず、まだ ラフの中…。
 自分だけカートに乗れず、3Wを持って ボールに向かいますが、
 その平常心で打ちにくい、イヤな気分でボールを打つであろう
 そのシチュエーションで 3Wが硬め だったり どうでしょう❓
HBS 001
やや打ち下ろしのショートホール、
 ちょっと風が強くて、フェアウェイウッドで打つか、
 ユーティリティで打つか、迷っています。
 その二つが 異なるフィーリング、硬さ、タイミングだったら
 ミスの原因にもなるし、スイングの迷いの原因にもなりますよね。

残念…ですが、同じ時期に、同じメーカーの、同じ銘柄(機種)で揃えても
その 正しい意味での「クラブ・セッティング」は
まず 結構バラバラで、許容範囲に収まっているモノを
見つけるのは かなり奇蹟に近い確率 です。

 ええええ! これ 同じ機種、同じ銘柄なの❓❓❓
 なんてモノを イヤと言うほど見てきています。

IMG_0103


非常によくあるパターンなのですが、
 同じメイカーの、同じ機種のドライバーとフェアウェイウッド
 フェアウェイウッドの方が硬かったりします(殆ど場合そうです)
 空中のボールを打つ ドライバーにはやや許容範囲がありますが、
 地面から 長いクラブであるフェアウェイウッドを使う、
 そのシチュエーションであれば …ズレているのなら
 ほんのちょっと「柔らかい」方が 断然、安全です。
 しかし、多くのパターンは反対に フェアウェイウッドの方が硬い…。
 フェアウェイウッドのミスは大叩きの原因になりガチです。
 そうなると 上手くいかなかった記憶が蓄積したり、します。

 少なくない人が フェアウェイウッドを苦手とする、
 あんまり好きではない ・・・そんな原因がソコかも知れないのです。

アイアン、スチールシャフト装着のクラブは必ず、と言ってよい程、
 下の番手、ウエッジに行くほど シャフトの硬さが増してきます
 名目上、同じ硬さ「表示」であるにもかかわらず…です。
 ウエッジや下の番手は やや緩く振ったり、
 距離調整が必要な場面があるのですから、
 もし ズレている、ブレている としたら
 これも ほんのちょっと「柔らかい」方が、断然、使い勝手は良いです。
 しかし、実際には その反対。
 …フルショットでないアプローチのミスが出易い状態、なのです。
 
 飛ばし屋さんの場合、短めのミドル…であれば
 ドライバーが当たると、ウエッジの出番だったりしますが
 一般的な市販クラブで「構成」されたセット(と呼べない気がしますが)では
 空中にあるボールを打つドライバーが一番柔らかく、
 加減が必要なウエッジが一番硬く、その差は 5フレックス以上、
 レディースのドライバーを打った後で、Xシャフトのウエッジを打つ、
 そんな感じになるのです。   上手くいくんですかね❓
IMG_0590

クラブ・セッティングとは バッグの中に構成されるすべてのクラブが
同じ! とまで行かなくても、似ている、近い、同じ流れ、にする
揃えるコトを クラブ-セッティング と呼びます。

車で言えば 4輪のサイズがあり、少なくとも その空気圧が同じ、か
似たようなモノで無いと ハンドルが取られたり
不用意にスリップしたり するのと同じです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

  • (長崎通信)
  • 支部員のクラブに対する悩みは、皆無です。
    従って、基本 初期投資のみ。
    周囲は 悩んでおられる 。
  • 14本のクラブの統一感に対する疑念と、
  • 自分に合っているのかに 悩んでおられ、
  • 新製品や中古品の 衝動買いにも似た様な行動に
  • 時間とお金を使っておられます。
  • 楽しんでおられるなら よか と思っておりますが、
  • そうは見えない方が多いです。

  • BDNy9S3CYAAO44N

    (店主)
    本当にそうですね。

    現状のゴルフクラブの 変化/進化は歪な方向に進んでいます。
    この部分が 現在のゴルフクラブの最大の問題点 です。

    👉ドライバーは飛ばない 
    と売れませんので
    シャフトがどんどん柔らかくなっています。
    2021年現在の 一般的なSRシャフト は
    20年前の レディース相当 です。


    👉一方、アイアンは一本売りが基本ではないので
    セットを #6〜PW 5本にしたり、と
    『低予算でないと』売れません…。
    基本、硬いシャフトではほぼ商品の違いによる性能差
    は出ないので ブランドと価格のみが『セールスポイント状態』

    "その結果のスチールシャフト装着" であって
    スチールシャフトが良いから、ではない
    安かれ、悪かれの売り手都合が続いています。


    本来、コース、現場では
    一球交互交互に打つ ドライバーとアイアン が
     
    振動数230cpm-ドライバー と 320cpm-アイアン の差…。
    必ず ミスが出る、
    ミスが出るように誘発されるスペックの差
     です。

    そのミスが出ないようにするため 練習の数、頻度を増やすと
    『当然』ボールの置き位置(右打ち)が
    ドライバーは茵👉左かかと前位
    アイアンはは罅👉人によっては真ん中よりも右
    へ行き着くことになり、そのボールの場所の違い から
    結局、同じスイング、同じタイミングでは当たらない、
    コースの傾斜や景色で ボールの位置のズレのよるミス…
    それもまた 当然の帰結 です。
    002
    230cpm-ドライバー 320cpm-アイアン
    市販のごく一般的な組み合わせ だと
    パワーのある人はドライバーに悩み
    パワーの無い人はアイアンに悩みます


    スイングの問題があっても、無くても、
    空中にあるボールを打つドライバーは
    250cpm を 220cpm に変更しても、その逆の
    220cpm を 250cpm に変更しても、
    ある程度 慣れてしまえば なんとかなりますが、
    地面にあるボールを打つ アイアンは そうは行きません。

    320cpmを 300cpm にしても
    まだまだ はるかに硬く、代り映えがしません。
    280cpm でも まだまだまだ 硬く
    それ以下に 落とすには スチールでは難しい…。
    それを『クラブで解決』しようとすると
     いきなり 倍、倍以上 単価が上がる

    おそらく ゴルフクラブの最大の問題はココ なのでしょう。

    カーボンシャフト(グラファイトシャフト) は
    スチールシャフト とは 発想が全く別です。
    シャフトを歪ませない、変形させないコトが
     基本思想なスチールシャフト
    シャフトを歪ませる、変形させるコトが前提で
     その復元や力の逃がしを考えているカーボン
    前者が強度発想 で 後者は剛性発想 です。
    まあ 言ってしまえば 前者は旧世代の産物…。
    ですので 300cpmのスチールシャフトの相当するのは
    250cpm それ以下のカーボンシャフト装着品、
    220cpmの硬さのドライバーに適したアイアンの硬さは
    230〜235cpm-5番アイアン相当 です。

    そんなモノは 市販のクラブには存在しません。

    在ったとしても 超高額か、
    超軽量ヘッドの付いた 後期高齢者仕様、
    一般的な アイアン購入者の頭の外の商品です。

    IMG_0591


    アイアンに硬さにドライバーを合わせると
    体を傷めることになり、
    ドライバーの硬さにアイアンを合わせようとしても
    市販にはそういう系列のアイアンは存在していない。

    使う予算を抑えるため
    中古市場で売ったり、買ったり しても
    名称と色柄が変わる、毛色が変わるだけで
    その構図の中から抜け出せないのですから
    本来、クラブの買い替え、それに伴う迷い
    も ゴルフの楽しみ だった筈なんですが…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


「最近、アイアンが飛ばなくなってね…」
『カーボンシャフトにすればいいじゃん』
ある年齢の ゴルファー同士の、
 よく耳にするような会話ですよね🤒

昔話をしましょう。u=2368701261,1095988984&gp=0そうですね 45年位前でしょうか
その頃の主流は ウッド、俗に言う パーシモン です。
まあ 柿の木だけでなく、オークとか いろいろ有ったのですが
総称で パーシモン です。

 メタル が登場したのが「1979」です。
今ほど 科学が進んでいませんから
素材として ヘッドの素材がメタルになっただけ で
 形を似せただけ のモデル…です。
41MVBbP5K-L__SL500_AA300_
metal


⛳どうなった…と思います❓



例外…はあったかもしれませんが、
『もう 兎に角 飛ばないんです。』
『全然 飛ばない』

その上に すぐにぶっ壊れます

科学的には 実のつまった木材(空間はほとんどありません)から
中空の金属になったので 当時の技術では強度が保てない…
直ぐもげてしまうネック廻りに厚みを増やしたので
重心距離が一気に10mm、1cmも短くなった
(ヘッドもかなり小さくなりました)のですから
重量効果が薄くなった上に
当時のボール、糸巻との相性が最悪で
インピーダンス(歪み特性)が違い過ぎて、
  打撃力がみんな スピンに化けてしまう…。
 打っても 打っても ただ上がるだけ・・・。

パーシモン〜糸巻 は インピーダンスが近く、
超ロースピン。。。

当時のパーシモンヘッドはSLE〜反発係数が高く、
 在のルールで行くと ほぼ すべて が 不適合。
 反発係数 0.9 を楽々超えるモノも少なくない時代。

そこから 一気に 超低反発の ハイスピンになったのですから
 パーシモンを打っていた人は興味はあるだけで、手を出さない…。
パーシモン当時は 11度、や 一般アマチュアだと 12度
 を使っていてもおかしくない時代で
使用後に調整出来るので ロフト角度 と言う概念 が
 一般的では無かった時代です。
✋スピンのお化け のメタルヘッドを
 パーシモンのロフト角度で作ったのですから
 そりゃ あがるだけ になりますよね。
005

ですので
👉糸巻がツーピースに、
👉ロフトが メタル用のロフトに、
👉メタル素材の特性を機能的にして、
👉シャフトの性能も 柔らかくて強いモノが出てくる まで
ドライバーヘッドの主流になるには 10年以上の歳月を要しました。

その メタルヘッドが 金属素材の特性を活かし
 主流になってくるのは チタンヘッドが登場してから
 です。

余談ですが その頃には カーボン製ヘッドが主流になるかも…
と言う流れもありましたが、メタルの打音に駆逐されます。
また プラスチック製のヘッドや紙(合紙)のヘッドも生まれましたが
消えていきました

それと同じことが メタル(ステンレス)から チタンヘッド
への移行の時にも起こりました。
製品として 日本に登場したのは ミズノのチタン(1990)だったと思います。
これも パーシモン→メタル と同じで
単に素材を チタンにしただけ。。。
ヘッドも小さく、ネックも長く、チタン素材の特性はまだ出ていません。
チタンで作れた! というコトがスゴイ と言う時代。
価格も高かったこともあって、その価格の方が話題になった程度です。
img_1990_left02
これも チタンという 強度の高い、軽い素材を活かせる
デザイン、重量配分が出てくるまで(1993)は  飛ぶ
というコトは一切言われませんでした。
大きさ的には 今のフェアウェイウッドどころか
ユーティリティのサイズと言って良く
そう考えると 現在のドライバーショットはかなり簡単になった
と言えるのではないでしょうか



前置きが長くなってしまいましたが
カーボンシャフトとスチールシャフトの差は 強度と設計自由度 です。
男心をくすぐるのかも知れませんが、
 強度は断然 カーボンが強く
故に スチールでは カーボン並みの軽量にするコトは出来ません。
 厳密には強度、というよりも
 立体成型の剛性 と言えば良いのか
 歪ませないコトを前提に考えてあるスチール と
 歪みことを前提に その復元と力の逃がし方を考えたカーボンの
 発想の違い と言えば良いのでしょうか
🤒

誤解を生むかもしれませんが、
 カーボンの方が歪みに対し、復元性能が速く、
 歪みを感じさせない性質を持っています。
 (人には感じ取れないほどの速度で復元する)

ですので 同じ質量、同じ硬さ(振動数)であれば
 カーボンの方が断然、硬い…強い です。
振動数300cpm のスチール に 相当するカーボンは
振動数250cpm 位の差があるんじゃないでしょうか❓

カーボンの特性は
 設計自由度があり、
 負担のかかる 先端の細い部分を
 重くしなくても 剛性を維持出来るコト です。
故に 良心的なメーカーの アイアンであれば
 カーボン用のヘッドは スチールのソレ に比べると
 15〜20g 重いヘッドが装着できるうえに
 長さも半インチ長め にする事が可能です。
 これが カーボンの方が『飛ぶ』と言われる所以です。

また シャフトを柔らかくしても 剛性が保て、
シャフトが柔らかいと ロフトが立ち易い、
正確には ロフトを『立たせ』易い・・・
 カーボンシャフトそのものの作用 ではなく
 カーボンシャフトを採用した場合、
🔴ヘッドが重く(慣性モーメントの高いヘッドが装着出来る)
🔴クラブも長く、(ストロングロフトのクラブが使える)
🔴その上、打ち手をハンドファーストで打たせる硬さ(柔らかさ)

 に出来ることが セールスポイント で

シャフト素材を 単に スチールからカーボン(グラファイト)
 に換えただけ では
パーシモン時代のメタルへの移行
メタル時代のチタンへの移行 と
 まるで同じことになるだけ………です。

まあ…単純に言い切りたい って気持ちは分からないではないんですがね…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

試したコトの無い人には理解出来ない…
 のかも知れませんが、
一般的な市販品パターのヘッド重量は 
300g強
👉L型改良版ブリストルで 
470g
👉ピン型『デール9』で 520g
 単純な重さで言うと 1.6~1.7倍あります。
IMG_1362

パッティングに限りませんが、
スイングの、ショットの イヤな部分は
アドレスの静から動に移る 動き出しの部分
特に パッティングの場合、
この1mのパットを入れれば ハーフ50を切る とか、
初の100切り や ベストスコア更新、念願のバーディなど
決して不可能でない「小さな幸せ」が
 本当に目の前に待っています。
 期待半分、残念半分、精神的に圧が高くなるので
より一層、その動き出しの部分がし難くなります。

常識的に考えると 1.6倍、1.7倍重たいヘッドの方が
動き出しが、「重い」が故にし難く思える。。。のですが、
試したコトの無い人には理解出来ない…のかも知れませんが
👉👉👉実際には その真逆で、
    重いヘッド使用 の経験がある人ほど
    軽いヘッドは 圧倒的に動き出しが難しい のです。
IMG_1385
パットだけに限りませんが、
やはり グリップを動かす事が、結果、ヘッドの動きになる
というコトだと思うのですが、

軽いヘッドだと グリップを動かすのが難しいのか、
どうやっても スムースが動き出しが出来ません。
…正直、イップスになりそうです。

真っ直ぐ引く…コトが正しいとは言えませんが、
グリップを動かす事がヘッドを動かす ではなく
ヘッド単体を動かそうとすると
 どうしても 思い描いているラインや方向に
 ヘッドが動きません。
 外に膨らむように動いてしまったり、
 想定以上に フェースが開いてしまったり…
スムースに 違和感なく ヘッドを動かす というコトは
行き着くところ グリップを動かすコト なんだと思います。

その点で ヘッド重量のしっかりしているモノは
 ものすごく安心して 動き出し が取れます。

  ヘッドが重いので グリップが動かし易い…でしょうか…。
IMG_1370


パターイップス…嫌な言葉ですが、
この典型は 実はグリップが動かせないコト、
 ヘッドを動かすために ヘッド単体を動かそうとすると
 前述のように 変な方向や姿勢になり 違和感があります。
 ヘッドを動かすために グリップを動かす というコトを
 忘れてしまっている…のでしょう。
ヘッドの重たいものは 絶対と言って良い程、それは起こりません


それと同じ発想ですが、
 例えば、です 一般的な34インチ のパター というコトになると
 長さは 90cm弱です。
 その長さの棒で 砂に絵や字を書こうとします。
 手元を動かさず、先端部分だけを動かそうとすると
 あまりに繊細な動きが必要になり、なかなか上手くいきません。
 手元 で絵や字を書くつもりで動かすと
 スムースに先端が動きますので そのイメージを持ってください

重いモノ は 基本 動きたがらない のですから、
無理に動かそうとせず、手元や自分が動いた分 動く
そう考えるのが自然だと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


現在、絶好調? と言う風の噂も聞きますが、
更なる向上を目指して…と言う点で、何点か…。


➀おそらく フットワークを気にして そうなった…
 というコトだと思いますので、
 気のせい、今は仕方ない、でしたら無視してください。

 フットワークを使おう、足を使おう
 と言う意識からか アドレス時に、以前よりも
 膝の曲がり、足首の曲がりが深くなり、
 それによって 少し体が起き気味で
 グリップが自分に近くなった気がします。
 (グリップの位置を変えろ と言う意味ではありません)

 前傾姿勢も、ひざの曲がりも「有れば良い」ので
 出来るだけ少なく取った方が『楽』です。

 また、別件ではありますが、
 出来るだけ少なく曲げる…… 曲げる というよりも
 曲がり始め、 真っ直ぐではないだけ位 が適当で 
 ひざの曲がり は 足首の曲がり と同期させる、
 足首も少し、ほんの少しだけ 曲げる、
 どちらかと言うと 前に倒れる〜前傾姿勢のヘルプ ではなく
 その場に沈む の方が膝や足首の用途としては良いと思います。
 (ほんと ほんの少しでいいのですが)
 
➁ ➀の課題はおまけ と言うか、おそらく
 フットワークのドリルが終われば 自然に修正される と思いますが
 コチラは かなり前からの ご本人も気にされている課題
 かと思います。
 
 スイングの中に フェースターンの名残があり
 インパクト付近〜以後 で左グリップの滞りが見えます。
 インパクト、インパクト以降の
 クラブや腕の慣性をフリーにするリリースは
 全く問題がないのですが、
 そのリリースが少しだけ早いと思います。

 コレによって 何が起こるか というと
 まず 一つは腰痛です。
 腰の回転の 後 で 肩を廻しますので
 左側帯が伸び、右側帯が縮んだ状態が長く続き
 右腰回りに負担がかかる可能性があります。

 また 激しいフェースローテーションは
 
茲里劼個 の原因になります。
 伸ばそうとする右腕に対し、止めようとする左腕、
 左ひじを支点に腕がロールするコトで起こる訳…ですが、
 フェースローテーションの激しい打法は
 安定し難いですので…練習量、頻度が必要です。
◔練習量、頻度を減らして 安静にするか、
◔落ちていく腕力を考慮して、フェースローテーションを辞めるか、

 早い段階での決断が必要です。



 ほんの少し…ですが、
 無意識なローテーションが早めに入っているため
 ダウンスイングの弧が 下に膨らみ
 想定よりも 薄い(ユルイ)入射角度になり、
 打ち出しは取れますが、スピン量が確保し難くなります。
 👉フェアウェイウッドなどに影響が出ます。
 ヘッドスピードのある若い時には問題が表に出にくいですが、
 加齢や疲れなどが出てくると 球の浮き、高さが落ち
 飛距離が落ちやすく、ボールも止まりません。

 また、入射が想定よりも緩くなりますので
 アプローチなどで噛み易くなり、
 ライの影響を受け易くなります。
 ショットがほんの少し微妙にショート気味になり
 パッティングに負担を掛けやすくなります。
👉実は日本のプロが海外に行くと悩む
 一番のテーマ、と言っても過言ではありません。


 欲しくないフェースターンを解決する方法がありますので…
 是非 トライして頂きたい✋
  ・・・・続きます
(ちょっと前置き入れますけど)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

雑誌やカタログなどを見ると
ドライバーのインパクト写真
高速度カメラでの画像なんかが出てくる

クラブの運動が増えると
ゴルフクラブは 握っている棒、シャフトと
ヘッドの重量を中心点がずれていることから
それが 直線状に揃おう とする現象が見られる

ある程度 動きが存在するシャフト…
硬くて全く動かないシャフトでない限り
ヘッドに そのシャフトに応じた重量が有る限り
その現象は自然に起こる

クラブの形状によって もたらせる作用 であって
シャフトそのものが ムチのように ボールを弾くコトを指しているのではない
445TL-5-1

ミズノのカタログでは それを 前反り角 と呼んでいるけれど
それは シャフトのボールを飛ばす役割
と言うよりも クラブの形状によってもたらされるモノで それを使って打たない
とは言わないが それは ドライバーで言うと
重心のズレ 主に 重心の深さが
自動的に作り出すモノであって
直接的には ボールを飛ばすエネルギーとははっきりと異なる


重心深度が深ければ ヘッドが前に出る量が増え
   大きなロフトで当たり易く
 意識する必要は一切ないけれど アッパーにボールを飛ばす易くなるので
  打ち出し角度が高くなり スピンを減らせ
 作り出したエネルギーを効率よく処理出来るのであって
決して エネルギーそのものを増やす作用ではない

どうも その シャフトが前にしなり
ボールを弾いて 飛ばす イメージ というのが
アマチュアのゴルフを壊してしまっているような気がする
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)













アマチュアの抱き易い
しなって しなり戻 イメージは
単なる 振り子の中での ロシア皇帝の髭のような しなりだけれど
冷静に考えてみると
それは 向きが変わりながらの視覚効果なのだから
実際には 慣性から起こる 自動的なトゥアップやトゥダウンや
重心のズレから起こる やはり慣性の動きで
人間が率先的に作り出す動きではない

円弧5冷静に考えて 

このアングルから見える
 シャフトのしなりは
ゴルフクラブのライ角度方向
 トゥアップ トゥダウン
であって
ボールを横ビンタするようなしなり は
スウィングやショットを真上から
見ない限り 見えない筈 である


柔らかければ シャフトが しなって しなり戻って 飛ぶ!

シャフトは 変形して それが 復元して ボールを打つ
もしくは ボールに当たる 
のではなくて
通常の状態で ボールに当たるシャフトが変形したがらない
歪みたがらない 使い方が正しいと思う

しなるシャフトは 出来るだけ しならせないで使う
重いヘッドは 出来るだけ 重く感じない姿勢や位置で使う

柔らかかろうが 硬かろうが
カラダの向き通り、からだの回転通りに
動かしていれば ヘッドの重さ×運動分
ヘッドはその外周の中で遅れる。 それは 物理的な摂理でわかる。
しかし、しなり戻す と言う行為は
運動が止まらないと、この場合は回転が止まらないと 
不可能な行為で それなら そのまま回転して置けばいいじゃん
 ってならないトコロがゴルファーの七不思議である。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



カラダをどのように回したら良いか
 というのは ゴルファーにとって結構根深いテーマです。

能動的な自分のからだの向きの変更
に対し、それによって発生する 重さや遠心力などの
不可抗力も加わります。


(Rさん 大変身か?_Moment


具体的に言うと
 スイングの円弧はからだの向きが創ります。
 インパクトまでは その依存度は100%と考えて良いでしょう。
 インパクト以降 は クラブのフリーな動き も加わります。
       クラブをフリー…クラブに掛かっている慣性を自由にイカセル

最近のハイパワーなプロには 最後までフリーにしない人もいます。
 2017-06-13 19-07-51
(アプローチ) 比較映像_Moment(4)






インパクトまでは(特にダウンスイング)
腕はクラブを持っているに過ぎず、
クラブの作り出す慣性や重力、遠心力などの不可抗力
によって 腕は伸ばされることを拒否はしませんが、
むしろ その不可抗力によって伸ばされる(受け身)よう仕向けますが
無理やり 腕でどうしよう とする箇所でもありません。

 積極的に腕を動かそうとすると
 それをするため なにがしかの形で
 からだの回転が止まる、もしくは
 腕やクラブの動きとからだの回転が分離するから、です。


ですので 回転でクラブを移動させる
(引きずるに近い)
ヘッドの重さ、特に切り返し付近のヘッドの重さによって
ヘッドは居残ろうとしますのでこう動きます。
e00bf7e6円弧5


8658a3e6-s←これはちょっと極端ですが、
 見ての通り、ヘッドに対して
 グリップが動いていません。
 つまり からだの回転と
 クラブの関係を断ち切っている。
手で振るためのイメージとも言えます。

スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)

アプローチショットなどで 振り子の振ろうとしている
 のは無自覚かもしれませんが、その典型例です。

これでは 犬が尻尾を振っている のではなく
尻尾に自分が振られている になってしまいます。


スイングやショットの悩みの
 かなり多くのコト、ほとんどと言えるほどのコトが
この ヘッドを振る、スイングを丸く振る、スイングは円弧と関係します。

クラブを直線で動かす方が近いには近いんですが、
それも クラブを手で動かすコトにつながり易い ので
 やっぱり基本は 『打つまでは』クラブ単体を動かさないコト
 ✋別な言い方では ヘッドに遠心力をかけないコト とも言えます。
と考えている方が 良い結果を導き出せる と思います。

2021-05-01_17-19-18_Moment




ハミングバードの推奨する「刷毛塗」も
 クラブの移動が からだの回転 に同期する為の
 動いているからだの向きに対して 結果、動かさないクラブを
 作るためのイメージ です。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 プロが全員そうしてる訳ではありませんが、
とりあえず
正規にボールをつかまえるショットを「プロショット
アマが全員そうしている訳ではありませんが、
ボールがつかまえられず こすり打つショット/スイングを
とりあえず 名称の定義付け として「アマショット」

とさせてください。
27157136_1465536103569591_817080633_n

こすり打ち~アマショット をしている人が
ショットを計測しながら クラブ選定をする場合、
これはある部分、共通ですが、ヘッドスピードが高い程
弾道は高く、スピンが増え
 データ計測で使われる用語【ミート率】は下がってきます。
同じ人が ヘッドスピードの加減 をすると
アマショットの場合、
 高いヘッドスピードの方が ミート率の数値は低く
 低めに抑えた方が その数値は高くなります

それは ミート率 と言う言葉の構造欠陥ですが、
 こすり打ち、ロフトを増やそうとして打っている性質上、
 ヘッドをスピードを上げると ロフトが増え、
 ヘッドスピードを抑えると ロフトが増えない
 に過ぎません。

なので データの数値を追いかけていくと
 必要以上に少ないロフトを選ぶことになりガチ です。

また アマショットの人は
 ヘッドをたくさん動かそうとするので
 シャフトの硬さも ロフト選定と同じく
 柔らかくて たくさん動くモノほど ミート率の数値、
 つまり 大きなロフトで打つコトになり、
 必要以上に硬いシャフトを選ぶコトになりガチ、
です。

特にドライバー、というコトになりますが、
 飛距離最優先し過ぎていて
 最高のコンディションで『常時』振っていないと
 飛距離も落ちる、ロフトもシャフトの硬さもハードな、シビアなモノ
 を選んでいる傾向が強いので 安定性は捨てている も同じです。
 


良くネットで見かけるパターンです。
Y社の携帯弾道計測機…楽しいですが
 ヘッドスピードを無理に上げると
 (たしかに ミスも増えるかも)
 ………ドミスは ネットには掲載しないでしょうか…
 ヘッドスピードが上がったコトによって
 🔴ロフトが増えているに過ぎません。
 ミート率の数値は
 分母 ヘッドスピード / 分子 ボールスピード
 なのですから…。

ミスヒットを除いて
 スピードが上がったのに ロフトが増えるのは
 典型的な 「アマショット」こすり打ち というコトです。


27292676_1465536286902906_1876954938_n


逆にプロショットの人は
 ヘッドスピードを上げると ロフトがより立ってくるので
 数値としてのミート率は上がってきますが、
 スピンの減りすぎ、打ち出し角度の低下 などによって
 安定した距離が得にくい等
 やや大きめの 余裕のあるロフト を選びます。
  👉本当に意味での ミート率を追求できます

 シャフトも 柔らかいモノほど ロフトが立つため
 選ぶロフトと兼ね合いながら、
 無理しない硬さを選べる可能性が高く
 そういう選定からも ドライバーの平均飛距離、
 ミスショットに対する寛容性、スコアにも影響する
 クラブ選びになってくる
 のです。

スイングの傾向によって クラブの選び方も変わってくるわけです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

          



SYB(コンセプト)より ニューギア✊
 ドライバーヘッドのご紹介です。 

ハミングバード 初のネック調整式。
  シャフトテストに便利ですね^^

EG05_021
今どき…の シャロー形状(体積460奸砲離疋薀ぅ弌爾任后
 そのシャローさ、薄べったさはドライバーというより
 フェアウェイウッドに近い
、かと思います。
EG05_04
【構えるとかなり大きく見えます】
最近の一般的なドライバーは
 フェース高さが 55〜60mm 位です。
参考例 弊社 GR-14 60mm
    ミステリー CF455 56mm
この EZ-05 は 52mm と超薄型
まあ その分 構えた時の大きさ〜投影面積は
 460ccクラスのドライバーでは最大級……安心感は高いですね 
EG05_04

【かなり高音、大きめな打撃音】
フェース面には DAT系 チタン素材
打音は大きく、高音 ♪ ♪ ♪    威圧感あります

【スライスキラーなヘッドです】 
ヘッドの特性、性格としては
シャローフェース にしては
    短めの重心距離
そして 深めの重心深度 による
    大きな重心角度
右回転、スライス、プッシュ気味に悩む人
 にとって スライスキラー としては かなり優秀です。
EG05_02
【スピン抑制機能が最大の特徴】
特徴 としては
 やはり ロフト調整機能が付いているコト なのですが
 HBS仕様ですと、後方に45gのウエイトが入るため
 重心がかなり低く(重心率の低さ 52% は強烈
 (弊社オリジナル仕様は 重心率50%を切る可能性も…)
 ですので 強烈なスピン抑制性能があり、
 購入後、ロフトを増やす方向に調整する可能性大 です。

平均的な男性ゴルファーですと 縦のスピン量 が
 いきなり 1000回転以上減ってしまう可能性もありますね。
EG05_03
スライス気味で 回転も多めの人にとっては
  メッチャ 飛距離が伸びるドライバーヘッド


当社測定値
 ヘッド体積 460cc
 基準ロフト角 10.0度   調整により 9.0〜11.0
 基準ライ角  60.0度  調整により 59.0〜61.0
 重心距離 35mm   👈
  フェース高 52mm   👈
 重心高さ 27/25mm  👈
 重心率  52%   👈
 重心深度 38.5mm  👈
 重心角度 24.5度   👈


今どきの特徴の無い、ネック調整機能のみの
 薄型ドライバーヘッドに比べると
ターゲットのはっきりした
かなり 個性的なドライバーヘッド です


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


あらかじめ言っておきますが、
現代のクラブであれば
無理に 上から打たなくてもボールは上がります。
多少 しゃくったとしても
 ボールはほどほど飛びます‥‥ ので
無理に 上から打つ必要はありません。
また 正しく上から打てた としても
 ターフを取るほど 厚く当てる必要はなく、
上から打てた としても もっと薄い当たりで十分です。



とは言うものの
ゴルフクラブは易しくなったとしても
ボールを上から打つコト が
 ゴルフクラブ扱いの基本 であるコトに
代わりはありません。

実際にやる やらない
 出来る 出来ない ではなく
『ボールを上から打つ』って
 どういうイメージ なのか 掴んでみましょう。


それはどういうモノか❓ というと

➀練習場にある 位置一番低いティーを使い
 ティーアップします。

 持つクラブはウエッジが良いと思います。

 その ティーアップしたボールを打ち
 かつ ティーの先のマットに触れて下さい。


 お庭などで実際に行うことが可能なら
 紙とかを置いてみると良いかもです。


 イメージだけ、素振りだけでも わかるかも知れませんが
 今までと比べ 相当 前さばき なのが感じられる筈です。
 今まで 相当 後ろから しゃくった感じ になって
 ターフを取ろうとしたら
 単に 円弧を下に深くするしか 無い感じがすると思います。

(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(5)


➁これは練習場では 他の人に迷惑がかかります。
 イメージだけで十分です。 やらないでね。

紙の上に乗せたボールを打ちます。

紙を触れば 確実に紙は吹っ飛びます。
ボールだけを打っても 初動のスピンで 紙は破れます。

 ハーフスイングでも十分です。

 実際にやりましょう ではなく
 そう言うモノだ と言う認識で良いと思います。

 7番、もしくは8番アイアンを持ちます。

 ボールを紙の上に乗せて 打ってください。
 打つ方の先端にボールを置くと良いでしょう。
 
 その上で 紙の先のターフを取る、マット触る感じです。



 多くの人は それを クリーンに打つ
 もしくは、実際にやってみようとすると
 トップ、ハーフトップを打つ ような 感覚に陥る
 と思います。

 では その逆に
 通常に感覚って どんな感じでしょう❓

 ボール…ではなく
 その下にある紙を打つ感覚ではありませんか❓

 それは ダフリ
  もしくは いっちょ噛み です。
 ボールを上から打つ 正しい感覚ではありません。


 (紙でなく コインの上に乗せたボールでやると) 
正しく ボールを上から打つ と
  ボールだけ前に飛び
 コインはその場で少し上に上がり 近くに落ちます。
 コインが動かない場合は 単なるトップ です。

 ✋このお話は 明日からのお話しの前段 です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずは 弾道のメカニズムのおさらい を・・・。


❶横の回転 と 左右の打ち出し角度
1ff0dce2
ヘッドの軌跡、進行に対しての
 ヘッドの向き
 で決まります。

何度も登場するお約束の画像ですが
どちらも 横回転は入らず
その 🔴ヘッドの向きなり
🔴ヘッドの入ってきた軌跡なり 
に飛び出るだけで進行に対する

ヘッドの向きのズレ(差)が 横回転 になります。1f52b653

そのズレがあまりに大きくなると
打ち出し方向(左右角度)にも
 影響を及ぼします。

ですので アドレス時の目標方向に対する
インサイドアウト だとか アウトサイドイン と
弾道の横回転には なんら関係が無い は大袈裟ですが
直接的には 横回転 フック/スライス とは関係なく
インサイドアウト であっても フック回転もスライス回転も入りますし、
アウトサイドイン であっても フック回転もスライス回転も入ります。

☑弾道の横回転より
 弾道の打ち出し方向 は 軌跡にかなり準じる と
 言っても良いかも知れません。


✋フックボールは 左に曲がる球 です。
スライスボールは 右に曲がる球 です。
ですので その曲がる分、(曲がる分以上)
フックなら右、スライスなら左 に
打ち出しておく方が 目標に近づいていきます。
左(右)に曲がる球を左(右)に打ち出してしまったら
曲がる分、目標から離れてしまいます。

パッティングで 意図的にやってみると
分かり易いかも知れません。




❷縦の回転 と 上下の打ち出し角度df713d9f-s

左右の回転の関係と同じですが、
アイアンであれば、本来は このような感じ→→→ で
インパクトを迎えるのが理想、ですが 分かり易いので
アドレスと同様で考えてみましょう。

IMG_0610このヘッド姿勢でインパクトを迎えるとして
ヘッドが下がり傾向の時に当たれば
 打ち出し角度は減り スピンは増えます。
(スピンに対するロフト効果大)
逆にヘッドが上がり傾向の時に当たれば
  打ち出し角度は増え スピンは減ります。
(ロフト効果小→スピンに対するロフト効果が減る)

静止画像 では 同じであっても
動いている軌跡、経路の どの過程で当たるかによって
弾道、飛距離は大きく異なります。

ですので 同じヘッドスピードの人が同じクラブを打っても
全く異なる 別の弾道や距離になる訳です。

特に縦の回転と上下の打ち出し角度 には
ヘッドに備わっているロフト角度 だけでなく
そのロフトに相当したクラブ の大きな意味を持つのは
お分かりになられるかと思います。

同じロフト角度の  ヘッドの性能はほぼ同等の
アイアン ユーティリティ ウッド があった場合、
その長さ順に スピンであれば
アイアンユーティリティウッド
 となり
打ち出し角度は
アイアンユーティリティウッド
 となります。

(余談ですが)そういう意味でも ワンレングスクラブ・・・・って
どうなの❓ って感じです。
…7番と同じ長さの5番アイアンは打ち易いのかも知れませんが、
 ボールの高さが取り難くなりますし、
 アイアンの中で一番使用頻度の高い ウエッジ系が長尺 って
 ・・・本当にゴルフが易しくなるのでしょうか…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

(試打クラブあります)           



SYB(コンセプト)より ニューギア✊
 ドライバーヘッドのご紹介です。 

ハミングバード 初のネック調整式。
  シャフトテストに便利ですね^^

EG05_021
今どき…の シャロー形状(体積460奸砲離疋薀ぅ弌爾任后
 そのシャローさ、薄べったさはドライバーというより
 フェアウェイウッドに近い
、かと思います。
EG05_04
【構えるとかなり大きく見えます】
最近の一般的なドライバーは
 フェース高さが 55〜60mm 位です。
参考例 弊社 GR-14 60mm
    ミステリー CF455 56mm
この EZ-05 は 52mm と超薄型
まあ その分 構えた時の大きさ〜投影面積は
 460ccクラスのドライバーでは最大級……安心感は高いですね 
EG05_04

【かなり高音、大きめな打撃音】
フェース面には DAT系 チタン素材
打音は大きく、高音 ♪ ♪ ♪    威圧感あります

【スライスキラーなヘッドです】 
ヘッドの特性、性格としては
シャローフェース にしては
    短めの重心距離
そして 深めの重心深度 による
    大きな重心角度
右回転、スライス、プッシュ気味に悩む人
 にとって スライスキラー としては かなり優秀です。
EG05_02
【スピン抑制機能が最大の特徴】
特徴 としては
 やはり ロフト調整機能が付いているコト なのですが
 HBS仕様ですと、後方に45gのウエイトが入るため
 重心がかなり低く(重心率の低さ 52% は強烈
 ですので 強烈なスピン抑制性能があり、
 購入後、ロフトを増やす方向に調整する可能性大 です。

平均的な男性ゴルファーですと 縦のスピン量 が
 いきなり 1000回転以上減ってしまう可能性もありますね。
EG05_03
スライス気味で 回転も多めの人にとっては
  メッチャ 飛距離が伸びるドライバーヘッド


当社測定値
 ヘッド体積 460cc
 基準ロフト角 10.0度   調整により 9.0〜11.0
 基準ライ角  60.0度  調整により 59.0〜61.0
 重心距離 35mm   👈
  フェース高 52mm   👈
 重心高さ 27/25mm  👈
 重心率  52%   👈
 重心深度 38.5mm  👈
 重心角度 24.5度   👈


今どきの特徴の無い、ネック調整機能のみの
 薄型ドライバーヘッドに比べると
ターゲットのはっきりした
かなり 個性的なドライバーヘッド です


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



アプローチの距離感…と言うご質問を頂いた、のですが、
そこへ行く前に
スイングの始まり、覚え始めた(始める)頃の
 ものすごく大きな『ボタンの掛け違い』のお話し
 (二部か三部構成)を。

20190811-OYT1I50023-1


まずは
 50度のPS(アプローチウエッジ)と
 56度のSW の2本を併用して
 左回転の球のいろいろな球筋 で
 70ヤードのアプローチをしてみました。
 ピンを基準に5mの半径に集まったモノのデータです。 


Desktop 2021.03.11 - 21.58.07.01_Moment(2)

見ての通り
似たような高さ 似たようなボールスピード
似たような着弾点 であっても
ボールの回転数はかなり 本当にバラバラ と言った感じです。

最大回転数と最小の回転数では 4倍以上も差があります。

また 回転数が多いから 打ち出し角度が高いか 
 と言うと そこには規則性が少ない…。
⁂ただ 回転数が高いものは 動作速度、
 もしくはヘッドスピードは高め です。


ほどほど成功したショット で限定すると ドライバーショットでは
 意図的にいろいろな球を打っても ここまでの差は出ません。
もう少し 似た感じのデータになります。

✋これは なぜ 発生するのか? というと
 クラブの長さが短く
 その為 前傾姿勢が深く
 元々の入射角度 〜ヘッドがボールに進入する角度が深く(きつく)
クラブが長く、前傾姿勢も緩い ドライバーに比べると
  入ってくる入射角度に種類、
 また それに対するヘッド姿勢(ロフト)にも種類の幅
 があるから なのです。


そして 円弧も小さくなる為
 ヘッドの左右の入射角度 に対する
 フェースの角度も 非常に繊細、
 つまり 横回転にも敏感 になります。

左回転 で言うと ものすごく大きな数値 になっていますが、
ボールの曲がりは 分母分子、分母→縦回転 分子→横回転 の関係なので
平均値では 縦回転の大きなウエッジでは
この程度の回転では 曲がり にはなりません。
この横回転の数値そのままで 
 縦回転が1/2〜1/3になるドライバーであれば
  ぶんぶん 左に曲がる(確実にさよなら〜)でしょう。
逆 に言えば
 ドライバーでは使えない弾道が
 ウエッジショットでは使えてしまう
というのが 距離感を苦しめるのです。



ロフトの大きな、クラブの短いクラブの場合、
上下、左右の軌道、と ロフト、フェースの向きの関係が
非常に繊細になるので
ちょっとした感じで 全く違う距離、違う球筋になり易い のです。

アプローチの距離感は
❶似たような ロフト、ヘッドの向き効果  であるコト が
前提に、練習によって
❷運動の速度 で 距離感を構築します。

❶似たようなロフト効果(打ち出し角度/縦回転)
 似たようなヘッドの向き効果(打ち出し角度/横回転)
はクラブの中で一番繊細です。

ですので まずは 「打つ前」の準備 として
1.出来るだけいつも同じボールを使う
2.ボールの置き位置に決まりを作る

というのが スタートです。

そして フルスケールのショット、フルショット の方が
入射角度やヘッド姿勢にはばらつきは小さくなるので
PW でハーフショットを打つよりは
SW でフルショットを打つ方が安定度は上がります。

✋このデータから見る限り、
距離を クラブを短く持つコト で調整する
 には 疑問符が付きます。

❷の動作速度、ヘッドスピードを
反復練習をして 感覚に刷り込む をするには
インサイドアウト アウトサイドインなどの
横の軌道だけでなく、
ヘッドの入ってくる入射角度に対する ロフト姿勢
と言うのを 複雑にしない、
変化の幅を出来るだけ狭くする
 のが必要です。

    → 続く

そういう意味で
気持ちとしては分からないではありませんが、
学生やセミプロのような練習量を取れない限り
続けられない限り、
いろいろな球を打てるようになる、よりは
同じ球を打てる確率が高い の方がベター
 だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アマチュアゴルファーのとってのショットの鍵、
ゴルフスイングの重要な課題
とも言えるのが
『ヘッドの遅れ』です。

ゴルファーの多くが、ほとんど?が
良くも悪くも この「ヘッドの遅れ」と闘っています。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(5)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)




遅れ という言葉が使われていますから
その遅れの基準にあるモノは
おそらく グリップエンド、
もしくは 運動の源(からだの向きの変更)の
どちらか と考えて良いのでしょう。
同時に ゴルフスイングにおいての「遅れ」
と言う言葉の意味には あまり歓迎すべきモノではない、
どちらかと言えば
「忌むべきモノ」のニュアンスも含まれていそうです。


ゴルフクラブは構造上
◉長い棒状のモノ
◉先端に重さが多く存在
◉打撃部がその棒からズレている

ということから クラブの本体を移動させるモノ
それが手さばきであっても、からだの向きの変更であっても
その基準からは 構造 プラス 運動の速度分、
遅れ は 物理的現象、スイングにおいての自然現象です。
2020-11-26_20-10-22_Moment(2)

忌むべきモノ とされるのは
その遅れが
◉フェースの開き、ロフトの開き

になるからですが、
その遅れは 構造上、フェースの閉じ にはなりませんが
◉ロフトの閉じ にする事は可能、
ヘッドの遅れは
.侫А璽/ロフトの開き
▲蹈侫箸諒弔

のいずれかにしかなりません。

ヘッドスピードが遅い場合、
ロフトの開き、フェースの開きが
そのまま ハイボール、または スライスに直結
するとは限りませんが、
一般的に
「ヘッドの遅れ」を気にする、口にする ゴルファーは
ボールの高さ、スピンの多さ、ボールの右回転、スライス
を気にしているコトが多い、
つまり 遅れが ,痢.侫А璽垢粒き/ロフトの開き
になっているのです。

遅れが ,痢.侫А璽垢粒き/ロフトの開き になっている場合の
打撃対象方法(事後処理)は
❶そのまま打つ か
❷遅れである フェースの開き/ロフトの開き を
『人為的に』 閉じる 動きが
世で言われる フェースターン、ヘッドターン、手の返し
フェースローテーション です。 
大森2019_Slomo_Moment大森2019_Slomo_Moment(2)











ヘッドの遅れ は物理現象、
ゴルフスイングにおいての自然現象 ですので
それを元から無くすことはほぼ不可能ですが、
◉遅れ(開き)たモノを 人為的に閉じる か
◉遅れ(ロフトの閉じ)を そのまま打つ か


どちらが ゴルフの永遠のテーマである
☑遠くに飛ばす
☑再現性、確率
☑方向安定性、

を確立として 持っているかは明白な訳です。

一般的に忌み嫌われる ヘッドの遅れ は
やり方によっては ロフトの立ち に出来る
というコトです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ゴルフ用語って 結構 沢山ありますよね
ウエッヂのバンス なんてのもあります。

バンス って かなり誤解されている部分が
有るんですけど 正しく理解して 正しく使えば
非常に有難い 存在 効果なんです。
IMG_1399

最近では サンドウエッヂなのに

6度とか 殆ど バンス角度の無いものもあったり。。。

バンスの意味 クラブの使い方
分かっていたら こんな便利なモノ
減らしたり 無くしたり しないと思うんですけど
残念だな〜 って思います。

最近では ハミングバードのお客様には
殆どいらっしゃいませんが
以前は。。。
 「ボールが上がってしまって 飛ばないので
  ロフトを立てて下さい。」

って 軟鉄のアイアンを持ち込まれる方が
多くいらっしゃいました。

確かに ライロフトマシーンを使えば
機種によってはステンレスヘッドであっても
勿論 軟鉄鍛造ヘッドも ロフト角度 ライ角度は
いじれます。
g-421
例えば 30度の5番アイアンがあったとします。
5番アイアンであっても バンス角度は存在します。
専門用語かも知れませんが スクープになっている
アイアンバンスは存在しないと言っても
良いかも知れません。
その 5番アイアンに 5度位のバンス角度が
付いていたとしましょう。

これを 飛ばない 上がり過ぎる と
2度ロフトを立てて 28度にしたとしましょう。

と 同時に この5番アイアンの バンス角度は
3度に減ってしまっています。


ですので この5番アイアンは
確かに 計測上は 28度になってしまいましたが
使用上では やはり 同じ30度に変わりはないのです。

イメージがし難いかも知れませんが
バンス角度は そのクラブの長さや用途によって
設定されています。
ヘッドの入射角度 が イコールと言っても
良いかも知れません。
サンドウエッヂのバンス角度を選ぶ 目安には
自分の「入射角度」があるとも言えます。
正しく 上から入れて来れる人にとっては
バンス角度は あれば あるほど 便利で
寝かして コスリ打ちをする人には 少ない方が
良い・・・(というか 選択の余地が無い...)

バンス角度は インパクトロフトを安定させますし
ウエッヂなんかにとっては インパクト時や
設置時の安定 支えにもなる訳です。
IMG_0727

単純に考えれば ロフト角度からバンス角度を
引いたモノを インパクト時の 地面に対する
ロフトと考えるコトが出来て

☆30度のロフトの 5度のバンス
☆28度のロフトの 3度のバンス
インパクトロフトは 変らないモノになるのです。

蛇足ですけれど
弊社のアイアンは 一般の販売されている
アイアンのバンスよりも 幅も角度も
大きく設定されているので
表示上のロフトは寝ているのですが
実質上は殆ど同じとも言えるのです。

シンプルな構造のウエッヂなんかは
バンスに幅があって バンス角度もしっかり
している方が 格段に 安定していて
使いやすいんですけど
バンス回りがしっかり(大きく)すると 低重心になり過ぎてしまい
ウエッヂとして 距離コントロールがし難くなる
ケライは否めんので 上手に 製品ロフトと
組み合わせねばなりません。

バンス回りのデカい 低重心 深重心
そして ハイモーメントの60度ウエッヂ
は非常に使い難くなってしまうモノです。

ちなみに ハミングバード で言う
使いやすい ウエッヂ とは
 
思い描いた距離が そのまま表現出来る
と言うことで 色んな球が打ち分けられる
みたいな 美辞麗句ではありません。
IMG_0624

色んな球が打ち分けられる人は
練習も豊富、技術も豊富なのですし
僕の考える クラブの扱いとは対極にいますので
別にクラブを選ぶ必要はないような。。。
どのクラブを使っても 結局 クラブの性能を
無視して 利己的に使ってしまうので
機能、性能云々は意味がないような・・・
 そんな気がしますがね
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




重心距離  36 40
重心深度  5   37
慣性モーメント 2200  4500

一般的な 市販クラブの5番6番アイアンと
一般的な 市販クラブのドライバー です。

本来、使い易さ、双方の互換性、共通性 を考えると
ドライバーよりもアイアンの方が
重心距離は長め、もしくはほぼ同じ が理想的
なのですが、それがかなり離れた状態、
使い勝手で言うと逆転した状態になっています。

445TL-5-1

ユーティリティを含めて、ですが、
ウッド形状(箱形)とアイアン形状(板型)の
最大の違いは 重心深度 です。
アイアン、板形状のクラブの重心位置、重心深度、
重量の中心点は ほぼフェース面にあると思って良く、
ロフトによっては フェース面よりも重心が前、
ヘッドの中に無い場合もあります。
一方、ウッド形状、箱形のクラブの重心点は
板形状のアイアンに比べると 
ドライバーの大きさでは、10倍に近い程

奥にアリ、それが形状、性格の最大の特徴 です。

また、これも 利点にも、弱点にも成り得ますが、
重心深度の10倍深いドライバーは
板形状のアイアンに比べると
倍近い 大きな慣性モーメント を持っており、
そこが本当に 利点にも弱点にも成っています。

慣性モーメントとは ショットにおいては基本、
そのヘッドの持っている 衝突エネルギーの強さ
と考えて良いですが
一般的なイメージは
スウィートスポットの広さ ですが、
(意味としては 近似値ですが) 厳密には
ヘッドの姿勢維持能力 と考えて良く
外的要素、外的影響を受けた時の
 ヘッドの姿勢維持能力を数値化しています。

IMG_0524460TL-5-1






スイングを覚える、
ショットを安定させる、
スコア、距離、練習量など諸々のコトを考えると
どのクラブもあまり変わらない、
機種や番手が変わっても 出来るだけ似たようなスイング、
似たようなクラブ扱いをするのが理想 なのですが、
コト数値的にクラブ扱いを考えると
一般的にイメージされている
△ドライバーはヘッドを返して(ヘッドターンして)
△アイアンはヘッドを返さず ではなく、
◉ドライバーはヘッドを返さず
◉アイアンはヘッドを返して 
使う方がマッチしています。
(勿論 どちらもおススメしませんが)

重心距離  36 41
重心深度  5   35
慣性モーメント 2200  4500

数値的には ドライバーはヘッドを返さず
アイアンは返す がマッチしているにも関わらず
実際の多くの方は その反対のイメージを抱いている
のは やはり 箱形状のヘッドと板形状のヘッドの
 重心距離、重心深度、慣性モーメントの違い
の影響を大きく受けていると考えられ🄬マス。

IMG_0361_Momentararara_Momentdown under_Moment201812_Moment(2)








箱形状のヘッドのクラブは
一度 ロフト、フェースを開いてあげてしまう
もしくは ダウンスイングで寝かしてしまうと
重心距離の長さ
重心深度の深さ から
板形状のヘッドのそれより より大きく開こうとします。

そして にもかかわらず
ヘッドの慣性モーメントが大きいので
元に戻すのに 時間、もしくは労力が より必要になるのです。

つまり 実際のスイングに反映させると
箱形状のモノも板形状のモノ、
同じように開いてあげる、ダウンスイングで寝かす
どちらにしても フェースが開く、クラブが寝る 動き を
入れた場合、箱形状のウッドの方が
それを元に戻す(開いたものを閉じる)動きがし辛いので
ウッド形状のモノはフェースターンが必須 という
イメージが定着し易いのだと思います。


尋常ではない量の反復練習をしない限り、
普通に、自然にしていれば
ゴルフクラブは ヘッドを一生懸命返せば返すほど
軌道そのものは内に切り込みます。

スライスは その軌道に対してのフェースの開き具合 です。
アウトサイドインだから スライスが出る 訳ではありませんが、
ヘッドを返そうとすれば するほど 軌道が内に切れ込み、
 目標である スクエア(元の状態)の基準が
 どんどん逃げてしまう、
スライスさせない状態・ゴール がどんどん動く、
 蜃気楼のように逃げてしまう というコトです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:悶絶クラブは 
 どのように選べば良いのでしょうか?



☞ A:悶絶クラブには
✴ヘッドの重さ
✴シャフトの柔らかさ

という圧倒的に市販のクラブスペックと違いのある部分が
ございます。

どの位違うか…というと
市販の5番アイアンですと
(シャフトの柔らかさ・硬さを表すのは
 固有振動数の数値を使って表記します)

ヘッドの重さ    240g  ➡300g
シャフトの柔らかさ 290cpm ➡140cpm
こんな感じです。
この数値の差が基本になります。
*ちなみに アイアンの番手間の重さの増量は
#5→6 で8g前後です。
240g→300gの違いは 5番アイアンの長さに
ちょっと重いサンドウエッヂの重量が
備わったと考えるといいかも…です。
シャフトの硬さは通常
S(エス)シャフトと R(アール)シャフトの
硬さの違いは 10〜20cpm です。
290cpm→140cpmの違いは
SR→R→A→L(レディース)→LL→LLL→LLLL(3)→LLLL(4)→
LLLLL(5)→LLLLLLL(6)→LLLLLLL(7)→LLLLLLLL(8)
位と考えてよいかと思います。


この違いの中にも幾つかスペックが存在し
簡単な区分けをすると

✴ヘッド重量
市販スペック 240g
 。横沓毅
◆。械娃娃
❸ 320g

✴シャフトの柔らかさ
市販スペック 290cpm
 。横娃cpm
◆。隠僑cpm
 140cpm


こんな感じの組み合わせになります。


弊社のクラブが 「悶絶」 と呼ばれるゆえんに
この「ヘッドの重さとシャフト柔らかさ」があるのですが、
多くのゴルファーは
クラブは左右にぶらんぶらん振って使うものだと
思っています。
ブランブラン使ってボールを打つと
ゴルフクラブの製品ロフト以上に
ロフトを寝かして、ボールの底面をこすって打つ
グリップとヘッドを別々(
別々な機会)に動かす
そんな打ち方を覚えていますから
一般のメーカーもそれに応じて
ストロングロフトにし、
ヘッドを軽くし、
シャフトを硬くし、
ヘッドを返しやすくし、

量産型のクラブの造り手のコスト意識にも通じるので
その道をまい進してきました。
スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)






そのぶらんぶらんクラブを揺さぶったまま
ヘッドの重い・シャフトの柔らかい(悶絶)クラブを
使用すると、その動きはさらに増幅され
より ロフトを寝かして(フェースを開いて)
よりボールの底面をこすって打つような形になり
悶絶してしまう訳です。

しかし ゴルフスイングの基本は回転運動・軸運動です。
ゴルフクラブ自体が動くものではなく
ゴルフクラブを持った打ち手が向きを変えることによって
ボールを打つ為のもので
本来のゴルフクラブの各役割は
ヘッドの重さは直接的にボールに…打撃力として働き、
シャフトの柔らかさは
クラブの重さが 
より打ち手のつなぎの部分であるグリップを動かし
体の回転に助力・追従させるためのものです。

それを実感して頂けると
より少ない力で、より遠くへ、そしてより真っ直ぐ
ゴルファーの永遠のテーマである
遠くへと真っ直ぐと言う両立が可能になります。

で、そのためにどう選ぶか…というと
よく聞かれるポイントで
その人に合ったもの…と言う言葉がありますが、
その人に合った というのの
「いつ」に照準を合わせるかが重要です。
HBS 001


【ケース1】現在のその人に合った というのは
  過去のもの を指します。
現在のゴルフスイングは過去のスイング遍歴やクラブ遍歴
それらの蓄積によって作られたものです。
当然 市販クラブをベースにしていますから
ヘッド重量も軽め ヘッド,箸
シャフトも弊社の中では硬め シャフト,箸
そこら辺を選ぶと
今までのスイングのまま、
ヘッドやシャフトの恩恵を受けられます。

お金と時間はかかってしまいますが
「よし! スイングを変えるぞ‼」 と
意気込まなくても、ステップバイステップで
、□ とスイングは徐々に変わっていきます。
「慣れ」がスイング改造とも言えます。

d4a3aa3c


✴ヘッド重量
市販スペック 240g 
 275g   300g
✴シャフトの柔らかさ
市販スペック 290cpm
 200cpm   165cpm   140cpm

【ケース2】スイング改造に重きを置く
これは未来、悶絶クラブを使って未来に照準を合わせる
ということになります。
その場合は 
ヘッド
シャフト△
ということになりますが、
シャフトはかなり強烈です。
多くのパターンですが
違和感は持っていても、市販のクラブを使って来た人が
シャフトをいきなり打っても当たりません。
空振りもあり得ます。
ところがシャフト △發靴は△鮖箸辰真佑
シャフトを打つと、特に違和感は感じず
ヘッド重量は同じなのに シャフトの方が
ヘッドを感じられ、より楽に感じます。
市販クラブからステップを踏んで
あまり悶絶をしないでとなると シャフト◆➡ 
という事になりますが、
悶絶は深くとも スイング改造を重視するのなら
一気に ヘッド◆.轡礇侫鉢 の組み合わせも
楽しいと思います。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


進化版L型ブリストルパター(480g) と
一般的な市販のパター
(300g強)  の
最大の違いは ヘッド重量 です。
010

パターは飛ばさない道具
 と認識されているゴルファーは少なくありませんが、
少ない力で飛ぶのなら
✌小さなストローク、
✌ゆっくりしたストローク、
✌小さなストローク幅で

十分な距離を打てる方が より簡単 です。
008

軽いヘッド・硬いシャフトの市販のパターで
弾いて打ってしまうのは 仕方ないかも知れませんが、
L型ブリストルパターの持つ その打撃力・破壊力を
弾いて 無駄なスピンにしてしまっては勿体無いです。


パターストロークは
ボールが地面を転がって進むので
ショットと異なり 順回転・オーバースピンになりますが、
パターにおいての 良い転がり とは
オーバースピンが沢山かかることではなく
逆に 同じ距離を進むのなら 少ない回転 の方が
地面との接触も少なく、
よりブレーキが掛かり難い上
芝目などの影響も少なくなります。
(曲がりにくい・直進性が高い ということです)


006

多い回転になると ブレーキも掛かり易く
芝目の影響も受けやすくなりますから、
意図的に オーバースピンをかけるような弾くストロークは
実は サイドブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいるように
良いことは何一つありません。

ボールは自重により 始め少し沈んでいますから
そのくぼみから 飛ばしてあげてから 転がり始める方がよく
いきなり オーバースピンをかけてしまうのは
くぼみの壁に当たり、エネルギーをロスする上に
跳ねてスタートするのでラインに乗りにくくなります。

パターにおいて 一番悪いパターンは
歯で打ってしまう事で
特に
ロフトが、フェース面がどんどん上に向きながら
加えて、ヘッドも上昇、上り傾向が絡むと
歯がボールに入ってしまいます。
006009






距離にもよりますが、
パターでの自然なボールの回転数は 数百回転 なのですが、
歯が入ってしまうと 途端に5倍〜10倍の 2000〜4000回転
が初期に入ってしまいます。
お分かりになるとは思いますが、
同じ打撃力で 500回転で済む回転数が2000回転(4倍)
になるということは それだけ推進力を取られてしまうだけでなく
その回転数の増幅が当然地面との摩擦として働きます。
出だしはピュッと早く出ても、すぐに減速して伸びない ばかりか
摩擦として芝目を多く受けてしまいますから
その回転力が曲がりをさらに増やしてしまい
切れが大きくなってしまうのです。

L型ブリストルの良さを引き出すのには
単に ヘッド・フェースでボールを押してあげれば
いいのですが、逆に弾いてしまうと
破壊力があるために 逆効果になってしまう場合も…。

ショルダーストロークはパターだけでなく
ゴルフショット(ストローク)にとって
良いことは何一つないのですが、それはさておき
自分のストロークをガラスや鏡で見て頂きたい。

注目するのは 自分の動きではなく
パターの動きです。
特にヘッドではなく、シャフトに注目して貰いたいのです。

パターストロークは
ショルダーを使った 振り子で振らなくとも
多少ヘッドは上下に動きます。
理想的には やや高い位置から低い位置に
高低差という意味では斜め直線に動きたいのですが、
そうも行きません。
高いところから 低いところ
 そして打ち終わると 高いところへと移動します。
009

パターは確かにクラブの中では
ロフトは立っています。
L型ブリストルはやや多めの 5度のロフト です。
そのロフトとは シャフトとの角度差 を指しますから、
ボールに対し、地面に対し
シャフトを振ってしまうと それだけ大きなロフトのクラブ
で打つことを意味します。
ゴルフクラブは構造上、ロフトが寝て来れば
フェース面の下部、歯の部分が前に出るような形に
なりますので トップになりやすいですね。
ボールが下に飛び出た上に スピンが多くかかるのですから
ブレーキも掛かりやすいでしょう。
IMG_0538IMG_0539









◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

インパクトもそうですが、
それ以降(フォロー)に対し
シャフトが ロフトを増やさず
シャフトの角度、姿勢がそのまま
ボールを打つ抜いてあげる という事が重要です。


同じような位置で、同じようなヘッドの高さでも
シャフトの角度によって
これだけ フェースの姿勢は違うのです。

そして これは必ず撃つ方の人間の姿勢にも影響します。
特に 肩の振り子で振る人にとっては
このシャフトの延長線上に頭があるわけで、
ヘッドが前に出るストロークでは
撃つ人の頭は右にズレ易く
 その分、最下点は右にずれます。
より一層 歯で打つ確率が高くなるわけです。

意識がヘッドに行ってしまいがちですが、
人間が操作できるのは グリップの動かし方 ですから
同時にシャフト姿勢の意識も持って貰えると
L型ブリストルパターはあなたのパッティングを
インチキのように向上させます。保証します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




よくある話だと思いますが、
例えば スイング改造のゴール(目標) が
●体の正面でボールをとらえる、
●伸び上がらないでボールを打つ、
●体を開かないでボールを打つ、
●ディッシュアングルを保つ、
●インサイドアウトに振る、
 のいずれかだったとします。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment

それらは全て 技術的な改善 が要らない
 とまでは言えませんが、
少々大袈裟には、技術的な改善がほぼ無くても
 ゴールには行き着ける、
逆に「
技術的な改善だけ」では絶対に行き着けない

  と考えて良いと思います。




⇩⇩⇩ 以下 あるお客様から頂いたメールです
       ;ご本人の許可を得てメールより抜粋



「スイングが完成したとは到底、言えませんが、 
スイング改造に着手し始めた頃と比べると
だいぶ マシになってきたと感じます。
(こすり球克服ドリル_Moment(2)

幾つかの段階を経てくると
実感するのは『スイングの改造』は技術的なものではなく
おっしゃる通り、過去の自分のゴルフ歴の中で
形成された「思い込み」や漠然とした「スイングの概念」
の書き換え、上書きがどこまで進んだか

 というコトに尽きると思います。

手打ち から からだの回転(まだまだ完成には程遠いですが)
に近づいてい来ると、まず、感じる(大変強く)のが
「インパクトまでの時間の早さ」
別な言い方の方が分かり易いかも知れませんが、
「インパクトまでの時間の無さ」 です。

ダウンスイングが始まってからインパクトまで
腕をこうしよう、
スイング軌道はココを通そう など
そんな事をする時間がありません。
まったくありません。
そもそも ダウンスイング という期間 がない感じです。
切り返した途端、インパクト‼ に近い感じです。
何かをする時間がありません。

今までは切り返してから
ダウンスイングでこうしよう、
足はこう、
手はこう、
クラブ(ヘッド)はここを通そう
ヘッドの姿勢はこう、

そんな事を考えていましたが、
それが出来る、それをしようとする事自体が
手打ちなんだ
 と気づかされました。

素振りや練習していない時は
体の使い方は考えたりしますが、
からだの回転で徐々にボールが打てるようになると
インパクトまで、だけでなく、
スイング動作そのものの時間が短いので
いざ ショットとなったら
考える事、考えられる事は フェースの下向き、
フェースをボールに向けるコト(上下関係)だけ
と言っても、言い過ぎではないかと思います。」

 ★ー☆―★―☆




(店主)スイングはからだの回転を主にして行っているので
ごく当たり前に行えば
からだの回転通り…なら 必ずインサイド から入りますし
トップとインパクトの関係から考えれば
当然、上から ヘッドは入ります。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(片手での素振り と クラブの格納_Moment(4)






それが アウトサイド から入ったり
下からしゃくる 煽るように入ったり する
という事は 何らかの理由で
約束の場所(ボール)に 遅刻 しているのです。



その最たる例が(コレも何度も書いていますが)
腕とクラブに長さがあり、
その先端に重さの付いた構造 がゴルフクラブ です。

手であっても、からだの回転であったとしても
自分がグリップを 180度向きを変えても
ヘッドに重さが有る分、シャフトは180度回転しません。
運動分、重さ分 180度よりもかなり少な目
おそらく 90~120度程度 しか角度運動しません。
それが 万物の物理法則 です。

8658a3e6-se00bf7e6






それを 自分が180度回転したら
クラブも180度回転する としてしまうと
90~120度の回転運動と、当然、別な動き になります。
このような 角度運動が途中で変わる場合、
 多くの場合は 棒の途中にトルク(別なチカラ)が掛かる訳ですが
棒は必ず支点ズレ を起こします。
グリップの移動~向きの変更/回転に対し
 本来は その重さ分(長さや運動も積算で加え)
角度運動は少なくなる場合は
人間の動作の軸 が形成されますが、
途中で 棒(この場合はクラブやシャフト) にトルクがかかり
別な角度運動が発生すると
人間の軸は そのトルクとほぼ反対の方向にズレ
スイングの場合、向きと前傾姿勢があるので 少し立体的にズレます。
 軸が右に倒れ、軸自体も右にズレます。

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)
←間違いの元

ですので 振り始めた、トップの位置 で
想定していた 最下点 は 右にズレ
しゃくり軌道やあおり軌道 になる訳です。
想定した最下点よりも 先 でインパクトする、
という事は アウトサイドから入る に相当します。

さて これを治すにはどうしたらよいでしょう?

☑右にズレるコトを想定してボールを置く
まあ これもあるでしょう。
☑ヘッド軌道だけをインサイドに変える
別な更に深刻で、複雑な問題にすり替え となります。
☑変えない
無難です。ただし、コースでの実際のショットでは
ダフリ、トップの頻度は高いですし、
距離が出にくく、飛ばそうとした時、弾道が高くなり、
上手く当たっても 引っかけの恐怖はつきまといます。

物理法則を無視し
無理やり ゴルフのスイングの定義に当てはめれば
苦労するのは本人以外何物でもなく、
そこには きちんとした対処法は存在し得ません。

当り前 と思っているコトがスイングを苦しめるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ