◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: ゴルフクラブの秘密


クラブヘッドには重心位置と言って
シャフト、握る棒の延長線上からずれたところに
ヘッドの重量の中心点が存在します。
017

シャフトの硬さとの絡みもありますが、
平均的な市販のゴルフクラブのヘッド重量でも
かすかにですが、感じることはできます。
出来ますが、ヘッドが軽く、シャフトが硬いため
ヘッドをたくさん速く動かすことに気持ちが行ってしまうので
(たぶん 本能的にそうしないと飛ばないと判断するのでしょう)
なかなか感じることは出来ません。
シャフトが硬いと ヘッド自体の重さも非常に
薄〜くしか伝わってきませんから
ゴルフスイングを考えるうえで
ゴルフスイングを作ったり、直したりするうえで
ヘッドの重心位置の感覚…なんて無視されてしまいます。

でも 実はここの部分
クラブヘッドの重心位置の感覚というのが
クラブヘッドの扱い方…だけでなく
シャフトの扱い方のヒント にもなるほど大切なのです。

ヘッド重量がしっかりしていて
シャフトの硬さが常人が使えるまともな柔らかさであれば
ぜひぜひ 一度トライして貰いたいのですが・・・
テークアウェイをしていく途中や始まりで
シャフト位置を重心位置の関係を感じ取って貰いたいのです。

テークアウェイは進行方向 右への移動です。

正しくは 足腰 フットワークを使って
骨盤・秀二が右を向いていくのと同調して というか
そのフットワークによって クラブは移動します。
その時 自分の握っている棒 に対し
クラブヘッドの重心位置は左に位置するのが正解です。

重心位置は あたりまえですが「重さ」です。

静止状態から始まる ここの段階では
重さは そこに留まろうとするエネルギー です。
打ち手がフットワークによって
移動を始める部分の第一段階はグリップです。
第二段階は グリップが移動することによって
シャフトとつながっている ヒール部分です。
重心位置のある トゥ側は それらの動きに対し
重さ分 そこに留まるエネルギーを発揮する筈です。

シャフトにつながっていないヘッド
接着していないヘッドの 装着穴に油を指し
ゆるゆるの状態にして テークアウェイを始めると
必ず 必ず ヘッドは フェース側に回り
シャフトから外れ落ちます。
d18b70e3-s

テークバックを手で上げるゴルファーは
ここで ヘッドをキャビティ側に回そうとします。
これは重さの基本を この初期段階で無視してしまって
いますから、ここから先重さが
自分の味方をすることはありません。
重さを単に運動の負荷として扱ってしまうことになります。
軽いヘッド、硬いシャフトでゴルフを覚えた人の
多くはだいだいこのパターンにはまります。

スイングには基本前傾姿勢があります。
右を向いているときは、前傾姿勢によって
左サイドの方が右サイドより低い位置関係になります。
 なる筈です。
ところが 面白いもので
ゴルフクラブと打ち手の位置や姿勢の関係は
かなり密接につながって 相互関係を作っています。
テークアウェイの時点で
シャフトよりも 重心位置を大きく右に持ってきてしまうと
(ヘッドを回してしまうと)
そのクラブの作り出す重さは
グリップを上げる、特に左グリップを上げる作用として
働くので その時点で前傾姿勢を壊します。
重心位置をシャフトよりも左に残しておくと
グリップを通して 左サイドには低めを保とうとする
重さがかかるので、前傾姿勢は保ちやすくなります。

そう この重心位置を感じていく
感じていけるクラブは
実は シャフトの正しい働きを覚えていける
というのにつながっていくのです。
そして 動作中に意識しなくとも
前傾姿勢などを保ちやすくする
ヒントにつながっていくのです。

そう考えると 現代主流になっているスイング論は
随分とぶっきらぼうな 単にこうしろ という命令で
何もクラブとのリンクがなく
姿勢を無理やり保とうとするのですから
かなり辛いでしょうね…。


                    続く
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



スライス = 飛ばない ではありません。

スライスは 右回転の入った球で
飛ぶ・飛ばない とは直接関係になく
ゴルフクラブの構造上、
✋スライスはロフトの開いた状態
とつながってしまうのが 飛ばない原因 です。

〇ロフトの右を向いた状態
〇ロフトの開いた状態  は
イコールではありませんが
とても仲の良い関係です。
IMG_0549

打球に右回転が入るのは
✋フェースが「飛球線に対し」右を向いている! のではなく
進行してきた道のり(軌道)に対して開いている というコト です。

つまり
飛球線に対し、フェースは開いていて(右を向いている)も
インサイドから進入してくれば
お互いの度合い次第ですが、右回転は入りません。


逆に
飛球線に対し、フェースが閉じていて(左を向いている)も
インサイドに抜けてくる過程(アウトサイドイン)であれば
お互いの度合いによっては 右回転が入ります。

IMG_0548



いま 現在 主流になっているスイングタイプは
からだの回転とは
からだを動かさず 腕だけを振るスイング です。
軸になる背骨なり、からだ の軸は動かさない
と言う意味で、運動の支柱になる と言う意味ではないようです。


そのスイングでは シャフトターンが要になり、
本来は
〇右向きから正面が ダウンスイング〜インパクト 
に相当する筈なのですが、 そうではなく
〇正面から左向きがダウンスイング〜インパクト になります。

からだを左向け 急激にグリップを内に引き込む コト
によって 急激にシャフトを回転させる打法です。

outin (2)_Trim_Moment(2)outin (2)_Trim_Moment(3)










その方法では グリップが内に引き込まれますので
アウトサイドインは回避出来ません。
ヘッドはボールに近づいていくのに
グリップはボールから離れていくのですから…。

このスイングの非常に困ったところは
シャフトターン(ヘッドターン)させるのに
 左を向いて、グリップを内に引き込むのが必須 なのですが、
それは同時に アウトサイドインが必須で
✋スライスさせたくない
✋ロフトは閉じたい

と同時に
✊その軌道が急にインに切り込むコト
✊アウトサイドインが必然
 なのです。

IMG_0548

前述しましたが、 ヘッドが飛球線に対し閉じていても
その軌道との兼ね合いによっては 右回転は入ってしまいます。


ヘッドを閉じる のと 軌道をインに切り込む を
同時に行っているので
〇引っかけ
〇引っかけフック
〇引っかけスライス
〇プッシュ
〇プッシュスライス
急激にこの行為を
それもスピードに乗ったところで行うので
フェースの向きと軌道、その配分が管理できません。

これは ヘッドの上下の関係にも関係してきます。

このスイングは インパクトで
ヘッドとグリップを 上下左右 反対方向に動かすので
管理が非常に難しく……
 それを管理すると呼べる打撃にはなり難いのです。

人間ですから、最善を尽くしてもミスは出ますが、
距離なども含め、数字と闘わなければいけないゲームが
ゴルフなのですから、より確率の高い方法を
選択する方が そのゲーム性と適合しやすいと思うのですがね…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


一般的には、グリップを支点にヘッドを動かす
ヘッドを振る、シャフト(ヘッド)を返す というのが、
ゴルファーのスイング、クラブ扱いの概念で、
縦横、どの方向で有っても、
上げる&下げる
しならせる&しなり戻す、開く&閉じる

という、行きと帰りの2アクションが基本なんだと
思います。(それが間違いなんだけど…)

スイングを改造、改良しようとした時に、
その行きと帰りの二つの動作の
多くの場合、帰りを直すことに焦点が置かれるのでしょう。
はっきり言えば、スイングを改良していくのに
動作を二つにするのではなく、一つにする など、
動作を減らして簡素化していかない限り、
我々は日々、年齢を重ねていく訳ですから
うまく行かなくなります。
スナップショット 2 (2013-04-08 23-48)

ましてや、帰りを改善する場合は
急ぐ、速くする、増やす、間に合わす
など、その二つの動作ですら、うまく行かないのに
さらに、自分に動作を要求することになるのですから
根本的には解決することが出来なくて当然、
と言えるでしょう。


今のスイングをよくする場合、
せめて、帰り(戻り)ではなく、
その戻りを簡易にするための、
『行き』⇒テークバック に注意を
払うべきです。

帰りは スピードが増すのも有り、重力や遠心力など
その名の通り、「不可抗力」が増大しまうから
修正するのは容易ではありません。
繰り返せる「同じ修正」はさらに難しくなります。

スイングもミスは、9割を超えるほどの原因は
体の向きの変更で動かすべきクラブを
腕さばきで行っていることに有る
 ので
言うならば、腕の運動量が体の運動量と
合っていない状態なのだから、
それを後程、小さな筋肉である、
クラブの負荷がダイレクトにかかりやすい
腕で修正すること自体、間違いなのだ。

だから、何度も言うけど
本来は、動き自体を減らす、無くしていくこと
が最終的な目標なんだけれど、
とりあえずは、行き(てーくばっく)を
体の向きで、体の運動量を増やし
腕の運動量、腕でクラブを移動させる量を
減らすところに注視しなければならない。
5eff72cc-s

ゴルフクラブ は長い棒の先に重さが集中して
その打撃部分であるヘッドはとっても歪な形をしている。
重さも左に動かす時と、右に動かす時、
上に動かす時と、下に動かす時で
同じような感じには全くならないのだから、
これを自分で「操ろう」とすること自体
無理があるし、この概念に過ちの根源がある。

先端に重さが集中していることや
その姿勢や位置によって、重さのかかり方が違うところは
ちゃんと扱うと、自分の方がその重さや方向によって
上手に打たされてしまうように出来ているので
クラブを操る その思い込みから疑っていって欲しい。
25926758

だから 是非 一度試して貰いたいのは
クラブ。。。L型ブリストルパターを持っていれば
そのパターが一番分かりやすいんだけど、
トップの位置、姿勢を作った場合、
自分の作る「その姿勢や位置」が
自分そのものやグリップの位置を
次にどの方向に行かせたがっているか
どんな重さが掛かっているか 感じて欲しい。
そして、逆に、自分、もしくは自分のグリップを
次にどこに持っていきたいのか と共通するのは
どのトップのクラブ位置やクラブ姿勢なのか
探ってみる方が、練習場でたくさんボールを打って
出る球(弾道)で、スイングの良しあしを決めるより
数倍、数十倍、実りのある練習だと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


クラブを買い替えようかな と思っている時
ヘッドなどの性能は 参考になる筈です。


ただし その性能、そして効能が
どのように働くのか『正しく』知っていないと
それは スイングにも影響を及ぼしてきます。
それは スイング創りにも影響を及ぼします。

ヘッドの性能には 大きさ(体積)やロフトなどの他に
慣性モーメントや重心位置などがあります。


慣性モーメントは数値で表されますが、
数値が大きくなるほどアバウトですが
ミスの寛容性やエネルギー伝達効率は向上します。
ヘッドの姿勢とともにその運動を持続させようとするチカラ
が向上します。
IMG_0340

ゴルフクラブをどのように扱うか
どのようにスイングするか によって
慣性モーメントの数値の大小は
よく働くのか、悪く働くのか 異なってきます。

慣性モーメントの数値の計測は
ヘッド単体を回転させて計測します。
つまり 重心点を軸としての回転軸モーメントです。
シャフト軸のヘッドの慣性モーメントではありません。
ですので ヘッドターンを多用する人にとっては
その数値が高いほど ヘッドターンがし難くなる
と考えてよく、使いにくくなる可能性が上がります。

慣性モーメントの数値の高いものほど
ヘッド姿勢の急激な変化や急加速を嫌いますので
使う人によっては 数値が大きければ良い とは限りません。


重心位置 も同じです。
おそらく・・・ですが、多くの人は
インパクト時にボールにもたらす影響
重心位置の効果をそうとらえている と思いますが、
基本的には間違いです。
ゼロ と言うわけではありませんが、
重心位置の効果は インパクト以前
その重心位置によって ヘッドがどう動かされやすく
どう動かし易いか の方が圧倒的に その特性差を生みます。

例えば 重心の深いモノ(ウッド型の場合)は
ヘッドを前に押し出す作用が強いので
〇ロフトが付き易い
〇入射角度が緩くなり易い
ので ボールが上がり易い・打ち出し角度が高くなり易い
のが 効能的には一般的ですが、
煽り打ちやヘッドターンを多用するスイングの人にとっては
トップやダフリ、チョロになり易い可能性もあがります。
フェアウェイウッドとユーティリティクラブの違いがそれです。

images


ですので 自分がどのようにクラブを扱っているか
を理解していないと 自分を活かせるクラブを見つけることが
難しくなってしまいます。

シャフトもヘッドもそうですが、その個々の性能差 は
打つ前、インパクト以前
どうインパクトを迎えさせるか の為のもので
インパクトそのものの、その刹那の時間をどうこうする
というモノでは無いのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

  


ゴルフクラブは テニスラケットや野球のバットと異なり
微妙な量 L型の構造をしています。
rad-04-limited-edition-red3

また機種や種類によって
その微妙な量は異なり、
ゴルフ用語的には 重心距離や重心深度などと呼ばれたりします
そして それがそのクラブの性格・特性の差異だったりします。

握っている棒とヘッドの重心〜重量の中心点 との差異は
2センチ〜5センチ と色々あります。

しかし 本来
ヘッドに適切な重量があり、
使う人にとって ちゃんとしなる、柔らかさのシャフトを
使っていれば その差異 重心距離や重心深度などは
問題ないのです。

静止状態ではその差異はあっても
運動状態では 重量は一直線上に揃う特性がありますから
自動的にそれは消され
打ち手は その差異を気にせず 棒そのもので打てば
そこに打点 重心位置が来るようになっています。

ですので ヘッドの大きなドライバーと
本当はお勧めできませんが、
重心距離が大きく異なるアイアンと併用しても
自動的に その差異は自動的に解消されるようになっています。
 ✋✋✋シャフトが柔らかければ…ですが。

セット間に重心距離が違いが少ないものを使う方がよい・・・
のは 打ち手が感じるクラブの重さが
超重心距離や深重心深度のモノ方が重く感じるためで
クラブの短いモノの方が 軽く感じるのはあまり良いことではありません。

シャフトの硬さ・柔らかさが適切であれば
そのズレ 重心位置や重心深度のずれを無視して
棒の延長線上で打てば良いのです。
 本当は。です。


しかし しならないモノを使う場合
打撃するのに そのズレを計算しておかなくてはなりません。
機種による差もですし、
アプローチなどでは その動かすスピードによってもです。

ですので フルショットでは大丈夫でも
ハーフショットのアプローチなどで
そのずれがより発生し辛いので シャンク が出たりします。
✊スピードが高ければ 十分なトゥダウンが得られます


そして ゴルフクラブの構造のすごい所は
 シャフトにしっかりした剛性がある限り
シャフトがいくら柔らかくても そのトゥダウンは
その重心位置のズレ分しか起こらない のです。

IMG_8497



機種による違いなどを全部飲み込むことの出来る
 そのシャフト本体の機能/シャフトの柔らかさ は
ゴルフをかなり簡単にできます。
オートマチックに 打点が同じところに来る
しかも それは重心位置 という
ゴルフ用語でいう ヘッドの芯 なのですから。

それを利用としない打ち方では
常時 そのズレ/差異を意識しておかねばならず
かなり複雑になります。

また ヘッドを返すような打ち方では
そのずれを解消するような シャフトの動きになりません。
逆に 重心位置・重心位置の数値的なズレ以上に
ズレを考慮しておかねばならなくなります。mh




 そのオートマチックの機能を消す、しならないシャフトを
わざわざしならせ、ねじって使うのはいったい何のためなのでしょう?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ゴルフクラブ、特にクラブヘッドの進化は
慣性モーメント増大の歴史とも言えます。

IMG_0340


近年、ルールの設定によってその拍車に制限がかかりましたが
ドライバーヘッドの大型化
アイアンヘッドの中空化やキャビティ化の
目指すところは その「慣性モーメント値」を増やすことを
主の目的としています。


メーカーのカタログや雑誌などでは
慣性モーメントの働きを簡単に説明するために
慣性モーメントが大きい=スウィートエリアの増大
という表現を多く使いますが
現実には少々異なります。

慣性モーメントは
その運動を持続し続ける力
その姿勢を維持する力

を指します。

ボールという質量は
クラブ、クラブヘッドの移動にとっては
その運動を阻害する要因になります。
その姿勢を阻害する要因になります。
関係モーメントの値が大きいと
その阻害要因のボールの質量を負荷として受けても
そこまでに続けていた運動を持続しようとする力
そこまでのクラブヘッドの姿勢を
維持しようとする力が強くなります。

フェース面上のどこかにボールを当てる
というものとは微妙にニュアンスが異なります。

ですので 当てるところがどこかに存在し
そこを目標に動かすことが慣性モーメントを活かす
方法ではなく、
出来うる限り ある一定の変化の少ない移動
ある一定のクラブヘッドの姿勢を続けることの方が
その効果を活かしやすくなります。
001

当てる場所ありき でスイングするものと
運動の持続、姿勢の持続ありき でスイングするものでは
クラブの扱い方は異なってくるでしょう。

慣性モーメントは質量の総合形態です。
同じ質量のモノであれば 重量の配分が
外側に広がっているものの方が大きく
同じ形状のモノであれば 質量そのものが
その慣性モーメントを大きくします。

よって ヘッドの大きいモノ、質量が重たいモノは
慣性モーメントが大きくなりますので
ヘッドをターン クラブヘッドの姿勢変化が激しい
使い方と相性が悪くなります。
フェースターンは姿勢だけでなく、運動の方向も
それをしないものと比べると激しく
それを嫌う大きな慣性モーメントクラブでは
やはり相性が良くありません。

慣性モーメントはミスによる方向だけでなく
飛距離増大、飛距離の均一化にとっても
とても大きな助力になりますので
それを利用した方が打ち手としては明らかに楽で
慣性モーメントをどう上手に利用するかが
アマチュアゴルファーのとって
練習(訓練)頻度やメインテナンスを減らす
体に優しいスイング論になって行きます。

もうすこし具体的に言えば
慣性モーメントを利用するスイングは
 ゴルフクラブ単体を動かすのではなく
 クラブヘッド単体を動かすのではなく
 クラブを持った自分が動くことが
 慣性モーメントを活用する最大の方法
 です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


 

 

 

「第2回 スイング大改造セミナーにて」

 

25(火) 午後2時から

場所:ハミングバード 横須賀店

に参加させて頂きました!(^^)!

 

前回から約1か月

さて今回はどのような内容で進むのか

楽しみにしてやってきました♪

 

スイング・クラブの話は勿論

参加者の方との交流やそのレッスン風景を見させて頂くのが結構勉強になってですね

時間もあっという間に過ぎ去ってしまいました

 

で、今回も数多く気づかせて頂いたのですが

その中でもビックリした出来事(現象)がありましたのでご紹介させて頂きますね♪

 

「トップからクラブ(ヘッド)の重量を利用して腕を動かせる」

 

ベテランの方々にとってはふんふんとなる言葉

新鮮さはないかもしれません(笑)

 

そこで、、です

 

「どこへ腕を動かせますか?」

腕を肘と置き換えてもいいかもしれませんけども

ここ とか この方向 とかがあったとして

「そしてそれをどのタイミングで処理しますか?」

です

 

これが合ったとき、、、

タイミングという言葉でいいと思うのですが

わたしは初体験のスイング体感ができました

 

体感はよくないとは思うのですが

背面向いたまま

右向きのまんま当たった感じでした

 

おおよそボールとヘッドが
コンタクトするはずないであろう位置関係で当たったのです!

言葉を変えると

ハミングバード店主ブログが体感できた!!

です


 

まぁ〜〜〜気持ちよかった♪


 

この後理由も説明してくれたので、さらに納得

これまで振り遅れ(かなり)ていた状態が、回転と同期したことによって

振らない状態が作れ

結果的に正面で打つコトができ

クラブ(ヘッド)も結果的に下を向き

体もそれにつられて移動、回転も始め

いつの間にかフィニッシュ

、、、とすべてが結果として訪れる

 

ちなみに使用クラブは7番アイアンで

シャフトは現行最もやわらかシャフトです

 

当然重い訳ですけども、調子に乗って

「重さに委ねる」

なんて言葉を頂いて♪

 

2回目にしてなかなかの成果です

HBSスイング大改造セミナー」

おそるべしですわ

 


IMG_0447_Slomo_MomentIMG_0447_Slomo_Moment(2)IMG_0447_Slomo_Moment(3)





   △泙任藁匹ご兇検ΑΑΔ覆里法,覆次,修譟  BY店主





〇よっちゃん メモ

グリップ こぶしを作らない

 

スタート始動 方向がすべてを決める

 

背面打ち(感覚)

 

右腕が伸びてから回転

 

委ねる左半身の動き

 

逃がす左ひじ

 

逃げが距離感

 

 

次回の課題

1m練習 特効薬

グリップ漢方的治療

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


〇ショットの精度を良くしたい
〇弾道を変えたい
〇もっと距離を伸ばしたい
〇スライスを治したい
MVI_0850-0001-1

スイングを改造〜改良したいと考えるゴルファーは
欲を言えば全部…ですけれど、改良する、なにがしかの目標?目的を
持っていると思います。

それを実行していくのには
今現在自分がどういう状態であるのか
どうクラブを扱っているのか を知らなくてはいけません。

病気やケガ、機械や車の故障 などでいうと
どこが どのような不具合なのか というコトですね。
まず そこから始まります。
813ca594-s

病気やケガであれば病院なり、お医者さん
機械や車の故障であれば ディーラーや修理してくれる人
彼らが メカニズムなどを知っていれば
私たちは まな板の上の鯉 で問題ないかも知れませんが、
ゴルフは コースに出るとクラブ以外は自分の味方はおらず
全部を自分で 判断・分析・決断・実施 をしなくてはなりませんので
その基礎になる ゴルフスイングのメカニズム
ショットのメカニズム というのも ある程度は知っておく方がベターでしょう。

どうすると スライスは生まれて
どうすると そのクラブなりの飛距離が出るのか

細かくは 個々のゴルファーは知らなくてもいいかも しれませんが
ザクッとあらすじなりは 知っておいた方がお得でしょうね。
言いたくはないのですが、教える中身に関しては
レッスンプロも含め ゴルフを語る人の多くが
練習場に居る教え魔のオジサンと大差はなく
スイングのメカニズムも弾道のメカニズムも
クラブのメカニズムも あまりに幼稚にしか理解していません。
そこのところ 改善していきたいところ…ですねー。



例えば・・・ こんな悩みがあったとします。
Q:ドライバーは普通なのですが、
アイアンを打つと左方向に飛んだりフックしたりします。
右肩が突っ込んでるらしいのですが、
どのような練習をすればよいのでしょうか?

これに対する回答は シンプル とはイキマセン。
回答例 で行くと

〇今風なクラブセッティングを使っていれば
 ドライバーとアイアンのシャフトの硬さが大きく異なっており
 普通に打てば ドライバーは右目か右回転(スライス)気味
 アイアンは左目か左回転(フック)気味 になり易くなります。
 練習場では 単一のクラブを繰り返し打てるので
 補正することが可能ですが、コースでは交互に打ちますから
 そのセッティングの差異がショットに如実に表れます。

〇質問者も書いていますが、
 右肩が突っ込む   は   イコール 体が開く です。
 つまり 左に飛んでいる方向に体が向いて 打っているので
 なるべくして フック気味 もしくは ひっかけ になっているとも言えます。

〇上の回答と少々かぶってしまいますが、
 体の姿勢、今回の場合 右肩が突っ込む は
 「体の姿勢」としては イコール 体が開く〜左サイドが上がる ですが、
 弾道で言うと イコール なにか にはなりません。
 右肩が突っ込んで スライスになるケースも少なくありませんし、
 ダフリやトップ、てんぷら、シャンクも出ます。
 ミスとしての 右肩突っ込む→ひっかけ/フック は
 そのほんの一部で 右肩が突っ込むこと そのものを意識しても
 そのミスの改善にはつながらないのです。

ご本人を見ずに、メールや電話での相談であれば
右肩が突っ込むコト そのものよりも
右肩が突っ込まないと打てない 原因を探すと思います。

mh直接 スイングを見ることが、アドバイスすることが出来るという条件で
また からだの回転そのもので クラブ/グリップを動かしていなければ
インパクトは『必ず』右肩が突っ込む状態で   →
迎えますから それ以外の部分の補正をアドバイス するか
もしくは 根本的に クラブの動かし方を変えて頂くか
いずれかになると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5


去年春頃から スイング改造 に熱心に取り組まれ
来店されるお客様が大変増えております。
     
 (  生徒さん募集中 です!  )

IMG_0321_Moment

スイングを出来るだけシンプルに
モノの通り、重さの約束 に従う クラブの機能を活かした
クラブの構造通りのスイングをしようとすればするほど
重いヘッド、柔らかいシャフトは効果を示します。

重いヘッドの方が 指示、
重さそのものや その指向性・方向性がはっきりしています。
肝心のダウンスイングで 
どの方向に
なにを 「いつ」 動かすのか・・・動かされるのか・・・

というのが 重いヘッド程分かり易いですし、
なにより インパクトに奥歯を噛みしめるような強さが要りません。

その境目は 5番アイアンで300g位になるでしょうか・・・
現在の 悶絶クラブの5番アイアンは 320g超
市販の 〇〇クラブの5番アイアンは 240g弱

 ✋これの驚くトコロは 80gも軽いヘッドの方に
  倍も硬いシャフトが装着されているコト…なんですよねー
  逆なら・・・まだしも・・・。 果たして どちらがハード!なんでしょうね?!


現在の 悶絶クラブの5番アイアンは 160cpm
市販の 〇〇クラブの5番アイアンは 280cpm




✊体験しないと分かりませんが、ほんと皆さん
あの市販のまるで
「無いか」のようなヘッド重量で
本当にご苦労様 というか
飛ばないのに苦労しないのか 謎 です。

あの、まるで「無いか」のようなヘッド重量では、チカラのない方、女性などは
バンカーやラフで苦労するのは 至極当然 なんですけど…
   ( 一一) まあ 内緒にしておきましょう。

総じて 一般論ですけどIMG_0361_Moment
重い方が振り難い と思われているかも…ですが、
決してそんなことはなく、逆に 軽くてどうやってるのか 不思議です。
扱いが悪ければ 重さは抵抗ですが、
その抵抗は スイングの目安になりますから 良い先生です。
扱い慣れてくれば、 その重さはガイドさんですので
振り易いですし、打ち易いんですけど、、、まあ…手前みそですかね…。


レッスンしていて感じるんですが
結局は その方、その方は、コースに行けば
ゴルフクラブ以外、味方はなく、独りで戦わなくてはいけないので
如何に ゴルフクラブ と言う味方を作っておくか というコト
なんだと思います。

ヘッドが高く グリップが低い状況を作り
その重さを使って グリップを動かすコトでヘッドを動かす
というコトが「見えてくる」と クラブの使い方
スイングの仕方も変わってきます。

ヘッド自身を動かして ボールを打つ
その感覚が残っている限り、正直、何万球ボールを打っても
結局 そこから逃れません。
亮君などのしている打撃は
基本的に 人力によって ヘッドを如何に振り回すか で
練習量、筋力、体力なども含め アマチュアオジサン向きではないですね。
また ヘッド自身を動かして
 ヘッドでボールをさばく、ボールを探る と言うスイングでは
からだの回転が どうしても 腰回りと肩回りの 二重構造 になります。
現在の巷のレッスンでは それすらも放棄して
 肩の回転だけが からだの回転 という エクソシスト製造講座 になり果ててます。

images


グリップをどう動かすか
それには シャフトの柔らかさはとても良い協力者 であり、
先導者でもあります。
スイングの改良に苦労している人でも
ワンランク以上 柔らかいモノを渡すと より簡単に出来るようになる というか
手間を省ける 感じがしますね。
 勿論、自分の運動性能でも可能です。
ワンランク柔らかくなると 握りこぶし一個分余計に
    グリップが左に、下に押される感じ ですね。


スイングとゴルフクラブ
そして ゴルフと言うゲーム はよく出来ていてvideo-1531996834(2)_Moment
ゴルフクラブを その機能なり、その構造なり に
逆らわらずに使えば、実戦に強く成っていけます。
環境の変化や難しい状況の対処も良くなっていきます。
構造に逆らい、機能を使わずに 傲慢にスイングすれば
コースの環境、自然状況とも真っ向から反発して戦うコトになりますから
それは 体力次第 年齢次第の 子供のゴルフ です。
もっと みなさん 大人のゴルフをしましょ^^

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



今のゴルフクラブと
世間でうたわれているゴルフスイング理論を
合わせ考えると
今のゴルファーは ものすご〜く可哀そうに感じるんです。


軽いヘッドの硬いシャフトのクラブで
ボールを飛ばすには
その棒を「速く振り回さなければなりません。」

軽いヘッドの硬いシャフトのクラブで
地面のボールを打つのには
自分の動作で テクニックで ボールを拾わなくてはなりません。


ゴルフクラブの先端、その打撃部分には
弾道や距離、方向、高さなどを司る角度というモノが存在し、
ルール上、パターを除いて13本までクラブを持って良い という意味合いは
その 弾道・高さ・距離などをクラブの角度や構造に任せ
自分は似た動き、一つの動きで済ませる というコトでした。

にもかかわらず
今のゴルフスイングの主流
今のゴルフクラブでは
ヘッドを回転させる という
その 打撃を司るヘッドの角度をないがしろにしてまで
棒を振らせることを優先させています。


ショットの目的は ボールを打つこと
狙った距離や方向でボールを打つことで
スイング行為は手段でしかありません。

クラブを振らなければならないスイング論やクラブは
クラブ自体も 最善のスピードで振らせたうえ、
スピードを上げれば難易度が増す、方向や距離の安定を
同時にしなければならないという
ゴルフ本来のモノとは違う異質なものになっています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ