◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: ゴルフクラブの秘密


店長「ゴルフクラブを造る時、セットする、セットの流れ
 を作る際、とても注意するコトがあります。」

質問「それって 大事そうですね。」
ph01_15

店長「例えば…ですが、アイアンシャフトを新しく製作した。

 芯金(マンドレル)から、グラファイトの素材、シート、レジンの量や質、
 剛性や強度、キックポイント なんかもそうなんですが、
 吟味するんですけど、
 そういうのを 台無しにしてしまうセッティング、
 組み付け 
って言うのがありますし、
 実は 殆ど、と言っても良い程…多数、ものすごく多く見かけます。

 アイアンの場合ですと、
 まぁ 上は5番辺りから、
 下はウエッジまでの 7本とか、8本 というコトになりますが、
 そのシャフトの硬さ、タイミングの流れを
 出来るだけ同じように、許容範囲の中に収めないと
 剛性や強度、キックポイントなんか 全く無意味になってしまいます。

 8番だけが 流れに沿わず 柔らかい とか、
 ハーフショットなんかで 使うコトの多いウエッジが硬い、
 とか 全番手が似たような感じで打てる、
 を作っておかないと そのシャフトの特性も活かされない
 だけじゃなくて ミスショットも生まれ易いですし、
 一番 困るのは 正しいのに ミスになる という
 混乱を巻き起こしてしまうコトです。」

質問「今になって クラブセッティングを知っているから
 分かるんですが、とても 多そうですね。」
482780_170286899788602_2041560344_n

店長「実際の場面で言えば、
 アイアンを使う場合、真ん中の距離が出てきたり、
 風が吹いていて 番手を迷った場合 がありますよね。

 仮の数値 で言うと 5番アイアンから
 200 ➅205 210 215cpm
 という変遷、推移が正常だとします。

 ところが 組み付けたモノが ちょっと極端にしますが
 200 ➅223 206 238cpm
 だったとすると
 6番と7番 どちらを打とうかな〜 って時に
 6番だったら硬めになってしまってますから
 引っかけ や トップ が出易く
 7番だったら柔らかめになってしまってますから
 プッシュ や ダフリ が出易くなってしまったりするのです。
 
 自分のいつも通りの 自分なりに正しい が故に、です。」
スナップショット 1 (2013-10-25 12-52)

質問「一般的には 自分のミス 〜自分の間違い って
 思うんじゃないです❓」


店長「はい。 混乱しますよね。
 そういうコトを引き起こすセッティングは
 出来るだけ 回避しなくてはイケナイのです。

 コレ よく言われるのですが、
 アマチュアはミスするのモノで
 アマチュアだから 関係ないんじゃないですか❓
 って

 いやいやいや アマチュアだからこそ
 そういう 事前にミスになり得るものは
 出来るだけ排除して置くモノ じゃないです
か✊✊✊
 って言うのです。

 例えばですけれど 4輪車でレースをするのに
 タイヤ圧は 揃えておく方が良いでしょうね。

 じゃあ アマチュアが普通に街中で運転するのに
 4本のタイヤ圧は 『アマチュア』だから
 バラバラでも良いんでしょうか❓

 どこか 極端に空気圧が低いとか、高いとかで
 ハンドルを取られたり、滑ったり しないよう
 アマチュアだからこそ、事前に気遣って置くべき
 なのではないでしょうか❓

 プロドライバーであれば、ハンドルの感触とかで
 あれ アソコのタイヤ空気少ないぞ とか
 ってわかると思うので、事前に対処できると思いますが、
 普通のドライバーだと 事故った後でわかる
 ってことになりますから。」

質問「そう思います。」

店長「そういうセッティング、流れの無い
 セッティング と呼べない組み付け にしてしまったら
 〇〇社の△△シャフトって銘柄も
 ◇◇社の▽▽ヘッドの銘柄も 意味を成さない、
 性能が分からない状態になってしまいます。

 先ほどのセッティング 数字のランダムな奴ですが
 言葉では 少し大袈裟な、極端な って言いましたが、
 あの位 セッティングがめちゃめちゃなアイアン『セット』
 は本当の頻繁に見かけます。
 
gp1

 規則性のある 数値の流れ を見るのは
 かなり稀で 年に数セット 見るか、どうか です。

 あまり言いたくは無いのですが、
 そういうセットを気にせず使っている方が
 「〇〇社の◇◇シャフトは 合わないんだよねー」
 って 言われても
 首を傾げたくなる訳ですよ…。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「キックポイント なんて言うのもありますけれど。。。」

店長「シャフトって 形状がほぼ決まっていて
 色柄以外 大きな差が目に見えません。
 その似ている、ほぼ同じな形状の
 各各シャフトの個性、違いを生むため、
 差を出す為にある 程度と考え

 このシャフトはなんとか調子、
 って言うのも 無視して良いと思います。」

質問「え! そうなんです❓」

店長「です。

 大前提として シャフトが動く、適切な硬さ・柔らかさ
 であるコトが第一です。


 その上で キックポイント、というなら 話は分かるんですが、
 多くの方が シャフトが動かない、硬いシャフト、
 つまり キックポイントが効かないようなモノを 選んでいますから
 キックポイントで選ぶ❓ と聞かれても返答に困ります。



 シャフトもメーカーによって 結構作りが違います。
 基本、グリップの装着される手元 って言うのは
 安全性の為、太さも太いですし、動き難い部分ですが、
 シャフトメーカーや機種ごとに
 シャフトの動く可動範囲が結構、異なります。
(スイングは 1-motor で_Moment

 シャフト全長が動くモノもあれば
 手元と先端は締めて、真ん中だけ動くモノ、
 先端を締めているモノ と色々です。

 シャフト全長が動くモノの 先調子 は
 手元を締めている 中調子 よりも
 中調子だったり するので
 表記されている キックポイント、調子 って言うのは
 同じメーカーの中での比較であったり
 そのシャフトソノモノの特性のヒトツ であったりと
 正直、なに調子だから こうだ って言い切れません。


✋あくまでも 余談に過ぎませんが、
 シャフトを正しく使える
 または それに準ずる という前提で言えば
 手元の動くシャフトほど 手元が前(進行方向)に押され易いので
 ハンドファーストになり易く、出球が低くなりガチ です。
 手元の動かないシャフト〜先端が良く動くシャフトは
 ハンドファーストになり難く、球を上げ易い、
 のですが、それも 硬さが適切 であるコトで効果を発揮します

 昨今の シャフト全般の傾向 は
 どれもが 手元がかなり 締まっているので
 そのシャフトの表記、キックポイントの表記にかかわらず
 手元が動かず 先だけが動く傾向が非常に強い ですね。

 また 手元が動くシャフトは 動く部分が多くなるので
 運動がゆっくり気味なので 速い、弾く嗜好が強くなった現在
 あまり好まれていない傾向にあります。


 本来、シャフトって ヘッドの重さを利用して
 打ち手のグリップの移動を促す のが役割なんですが、
 多くの人は 『その逆の』 グリップを基点として、
 ヘッドを動かすモノ だと思っていますので
 その 思惑と言うか、概念の差も大きいので
 やはり 各人各人の感覚に頼る方が無難だと思います。


 からだに負担の来ない 硬さ
 使える範囲の中で 出来るだけ柔らかいモノ
 と言う前提で  まずは 打ってみる、打ち比べてみる
 が条件なんじゃないですかね。


 適切な硬さ/柔らかさを選ばないと キックポイントも含めた
 シャフトの特性も発揮されません。
 しならないシャフトを しならせて/しなり戻して使う
 なんて言うのは シャフトの使い方としては邪道路線なので
 シャフトを選ぶ意味が出てこないです。」




質問「トルク なんて言うのもありますよね。
 上級者はトルクの少ない方が良い なんて言いますけど…。


店長「ナンセンス だと思います。

 なんて言えば 良いか微妙ですけど

 シャフトに関しても トルク って言うのは
 シャフトを壊れさせない、破損させない為のモノで
 強度の高い 強いシャフトはトルクは要らない、少なくて良い、
 逆に 強度の低い、破損の可能性のある弱いシャフトは
 トルク と言う名称の「逃げ」で シャフトを守っている、だけ です。

 ですので 単純には
 質量のある(重いシャフト)、つまり 繊維をたくさん使っている、
 層の多いシャフトは トルクが要らないので 数値が低い、
 逆に 質量の少ない、繊維の量が少ないモノは
 トルクの数値は大きくなります。 ただ、それだけ です。」

質問「トルクの その数値は気にする必要はない✋ と❓」

店長「はい。 全く無視して問題アリマセン。
 打ってみて気持ちよかったシャフトが 幾つ だった
 というだけの話し です。
202252_Moment

 少ないトルクが良い、
 曲がらない なんて 都市伝説ありますけれど、
 実際、トルクの無い、もしくは 非常に少ない数値のシャフト
 って言うのを 何度も実験されていますが、
 どれもこれも 商品 に出来ません。

 そういうシャフトを好んで使うであろう
 結構なパワーヒッター、プロとかですね
 打って貰うと その打感、インパクト感 に
 非常に強い違和感を持つ そうです。
 『気持ちよくない』のです。
 私も実際に トルク0に限りなく近いモノを
 テストしたコトがあるんですけど
 なんとも言えない ゴツン! と言うような
 出会いがしらの衝突感が強くて 気持ち悪い印象しか
 持てなかったですね。

 まあ 硬いシャフトには有りがちな感じ なんですが…。


 現代のドライバーはヘッドが大きく、
 重心距離、重心位置もシャフトから離れており
 幾ら慣性モーメントが高くなったとは言え、
 毎回、良い位置にボールが当たる訳では無いので
 ある程度 大きなトルク のシャフトの方が
 打った感触は気持ち良い のですが…。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「アイアンのセッティング、選択のミス
 それによる 実害 って話なんですけど。」

質問「それって 私の話しです❓」

店長「ああああ そうでしたね😊
 違う方の話しなんですけど、一人や二人ではない
 なまじ ゴルフやクラブに詳しくなってくるほど
 やりがちな、非常にありふれた『ミス』の話しです。
AtavhCwCMAAnx-1

 有るお客様が アイアンを見て欲しい というコトで
 クラブを持ち込まれました。
 お約束の軽量スチールで シャフトの硬さはⓈ
 アイアンそのものにはご不満はない、とのコト
 だったんですが、明らかに キツソウ でした。

✅問題なのは ウエッジ で
 フルショットしか上手く行かない と言うので
 ウエッジを 46 50 52 56 60度
 と 5本使って
いらっしゃるんですね。

 ウエッジを多く入れることは 特段、悪いことでは無いです。

 確かに 距離を加減して ハーフやスリークォーターを
 打つよりは フルで打ってしまう方が…簡単と言えば簡単
 ですけれど・・・・・・・ そうは言っても
 やはり中間の距離も出てきますし、
 状況によって フルでは対処できない場面も出てきます。

 なんと言えば良いか微妙ですが、
 実働で ウエッジをフルショット主体で使う のは
 悪くないとは思いますが、問題なのは
 
フルショット『しか』出来ない理由です。
482780_170286899788602_2041560344_n

 で ウエッジを見ると コレもお約束なんですけど
 アイアンとは別機種の ウエッジとして人気のある機種。

 ウエッジ用と銘打って アイアンよりも重いシャフトが
 装着されているので キツイアイアンのシャフトよりも
 更に、格段に 硬いシャフトになっています。

 この硬さ では フルショット以外は受けつけない というか
 トップか、シャンクにしかならないでしょうし、
 ヘッドの重さ感 がまるでないので 距離感を掴みにくい
 と思います。

 私から言うと アプローチが下手になるセッティング ソノモノ で
 これが困ったコトに ゴルフクラブに興味のある、
 ゴルフクラブ好きの人ほど選択し易いセッティング…なんですね。」

質問「私のコト ソノモノみたいですね。」

店長「ふふふふふ😄
 その方のお使いになられている 52度で振動数355cpmです。
 そこで その半分の振動数 170cpmを打って頂きますと…

 『あれ❓打ち易い…… コレって距離感出そうかも…』

 という 想像通りの結果 ナンですね。
005

 ドライバーやウッド、ユーティリティとの絡みがありますから
 ウエッジが 170cpmって数値が良いかは 別問題ですが、
 170cpmを打って 普通に感じる方が
 その倍の数値の 355cpmで良い感じになるはず が無いんですよ。
 アイアンシャフト全体も硬いので
 全体的に構成を考え直す方が良いと思いますが、
 最悪、最低でも アイアンの流れよりも
 ウエッジをすこーし 柔らかくしておく方が、
 その逆よりも 遥かに使い勝手の良い、使いやすい、
 やさしいアプローチになると思うんですけど…。


 例え 同じヘッドの重さ、クラブの長さ であったとしても
 アドレスも含め、動作中に 感じる重さの感じが全く異なり
 170cpmを打った直後では 355cpmは
 まるで ヘッドが付いていない ただの棒 に感じるでしょうから…。
 そうだったでしょ❓」

質問「はい・・・。」

店長「ただの棒でリズム感やタイミング、
 スイングの速度の調整は非常に難しい です。
 あまりに微妙過ぎますから。
001

 ヘッドが感じられれば リズムやタイミングも掴み易いですし、
 速度に関係なく 地面のボールが拾えれば
 無駄に速く振る必要はありません。
 そう言うスリリングなショットを楽しみたいなら良いですが、
 スコアに直結するアプローチに そこまでリスクを
 掛けるセッティングを お金を出してしなくても良いのでは⁈
 と私は思います。」

質問「はい・・・。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「最近ですね、大手メーカー各社の
 『フィッティング』、間もないお客様の来店が
 少なくないんですね。」

質問「フィッティング なんか良い響き ですけど、、、
 『フィッティング』して 間もない…ってナンででしょうか❓」


店長「20年前と比べ
 各メーカー共に『フィッティング』を行っている
 ところが増えたから❓❓❓とも思いますが、
 なんとも 不可解なコトが多いですね…。

IMG_0624


 クラブの フィッティング と言うか、
 クラブ セッティング、『クラブ選び』 は
 突き詰めると  シャフトの硬さ選び
 と言っても過言ではないです。

 自分に取って、自分の体力にとって 適切な『硬さ』を選ぶ
 そして それは 今日! から 使うのですから
 年齢を重ねていく 未来に対してのモノ になりますので
 その点も考慮しておかなくてはイケマセン。

 スイングの動き、作法 なんて言うのは
 こう動きたい、こう動かしたい という自分の意志 よりも
 使っているクラブ、使ってきたクラブ で
 良い球って言うか、ミスにならないで当たる方法なので
 ゴルフクラブ全体の機能として 比重の重い シャフトの硬さは
 スイング形成に非常に大きく影響します。

 シャフトを運動する、しなるのが 前提であれば
 シャフトをしならせて しなり戻す なんてスイング用語は
 生まれないですから
 今も含め、過去に 多くの方は 硬いシャフト を使いこなす
 スイングのメインテーマ と言って過言ではないでしょう。

 アプローチショットの悩みや
 こすり打ちになってしまう悩みの多く、ほとんどは
 硬いシャフトを無理に使うコト、使ってきたコト による弊害で
 程よく 柔らかいシャフトのモノに慣れて行けば
 かなりの部分、レッスン抜きでも解決出来る?のではないでしょうか」

質問「確かにそうですね。」

IMG_1150


店長「そこで✋ フィッティングの話しに戻りますが、
 悶絶クラブを持っていらっしゃれば 分かると思いますが、
 例えば アイアン(5番)で言えば
 硬いモノであれば   振動数330cpm から
 柔らかいモノであれば 振動数130cpm
 まで 作れます。
 その幅は 200cpm もある訳ですが、
 柔らかければ柔らかい程 良い! なんて言いませんが、
 その幅の中で 一番気持ち良いモノ、上手く行くモノ、
 もしくは シャフトの運動性やヘッドの重さの使い方、
 そう言うモノを学べる教材、先生として適切なモノ、

 を チョイスする、考えるのが フィッティング だと思うのです。

 ほとんどのゴルファーは 5番アイアンの数値ですが
 振動数 200cpm を下回るモノは 触ったこともありません。
 存在すら知りません。

 初めて持つと えええええ ナニコレ! と言い、
 こんなの打てそうもない、当たりそうもない、 とも言いますが、
 ほとんどの方は ものすごく個性的なスイングでない限り、
 振動数 200cpm のアイアンは 普通に当たります

 半分程度の方は『アレ? なんかいい感じ…』とも言われます。」

質問「正に私です。
201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment(3)

店長「今の スイング、クラブの扱いを考慮すれば
 この位の硬さ、
 将来、シャフトやヘッドの重さを より活用できるスイングに
 重きを置くのなら この位の硬さ、
 と 振動数 130cpm〜330cpm の中で選んだ結果、
 250cpmかも知れないし、180cpmかも知れない。
 これを フィッティング と呼ぶと思う
のですが、

 一般的な フィッティングでは
 アイアンシャフトに選択の幅が狭く、
 柔らかくすることの出来るグラファイトは採用され辛く、
 軽量系のスチール では 振動数 270〜330cpm
 程度しか 硬さの選択幅がありません。

 先ほども言いましたが、平均的なヘッドスピード の
 成人男性が 初めてであっても 振動数200cpm を打っても
 特に違和感は感じない、のに
 それに比べ 遥かに硬い 270〜330cpm は
 どれを選んでも べらぼうに硬い、
 硬い は動かない と似た意味ですので どれも 
動かない棒
 でしか ありません。

スナップショット 2 (2018-04-02 11-36)

 そういうのを フィッティング って言葉が適切❓
 と思うのです
。」

質問「確かに。
 私の(現在の)5番アイアンは 振動数162cpm ですけれど
 それと比較すると 280cpm も 290cpm も
 十羽ヒトカラゲに 硬い でしかないですし、
 それを使うには こねくり回して シャフトを動かさない と
 当たりませんし、当たった感触も痛い です。」


店長「ですよね…。
 いや 硬いシャフトが全員にダメ と言う意味ではなく
 130〜330cpm を打ち比べた結果、300cpmのシャフトを選ぶ
 のはアリだと思いますが、その周辺、どれも硬いシャフトしかない中で
 どれかを選べ は なんか違うような気がします。

✋まして 現在のドライバーは かなりシャフト硬度が落ちていて
 シャフトメーカーの Ⓢシャフトであっても
 振動数230cpm なんてのは ザラに合って
 それは アイアン(5番)では 250cpm相当のモノ です。


 逆に アイアン(5番)を300cpmにするのだとしたら
 ドライバーであれば 280cpmとか、290cpm です。
 その硬さのシャフトは プロでも使っている人は稀、
 飛ばないし、我々の年齢では関節が壊れますよ…。
 それ って どういうコト❓ って思いませんか。」

質問「むうううう ですよね。」
811-6

店長「仮にも フィッティング  と言う言葉を使っていて、
 おそらく その場では 『合っている』『私に合っている』
 『お客様に合っています』みたいな言葉が 頻繁に使われているのに
 そのドライバーの数値は無視して、
 アイアンはアイアン、別なモノ を推奨するのは大丈夫なの?
 
 ドライバーは230cpm
 アイアンは300cpm
 ゴルフ歴やスコア、上手下手に関係なく
 交互に打ち比べれば 多くの人は その差は認識するほど
 かなり大きな違い です。

✋で、どっちが フィット してるんです❓」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「クラブの‥ 特にヘッドの特性
 クラブヘッドのスペックの多く、本当に多くは
 運動をさせた時、遠心力線上に重量が揃う、
 ゴルフクラブで言うと 棒の延長線上にヘッドの重心位置が来る、
 トゥダウン…言葉としてはアンマリ良いニュアンスではないですが、
 トゥダウンが起こり 棒の延長線上に重量が揃うコト
 を『前提』として考えられています。
58b52cea014c8e392700135f_20170228165522

 その前提を満たした時、その効果が出るので
 その前提条件を満たせていないと
 そのメリットが発揮されないばかりか、
 逆に デメリットになってしまうコトも少なくありません。」

店長「過去の例 でいいますと
 30年位前 でしょうか、
 メタルヘッドの素材が ステンレスからチタンに移行しました。
455T-5-2 460TL-5-1






 チタンと言う素材だから 反発する、飛ぶ、

 なんて言うのは真っ赤な嘘 なんですが、
 素材の比重が軽くなり、ステンレスよりも強度が高いので
 薄く作るコトが出来、ヘッドが大きくなりました。
 200cc強位、今の3番ウッド位のドライバーヘッド が
 いきなり 300cc近くの大きさになった為と
 設計に自由度が増えたため、
 従来よりも薄い形状のシャローモデルが増えました
 重心距離、重心深度、慣性モーメント共に
 かなり 大きく変化しました。

 シャフトが動き(柔らかく) 棒とヘッドの重心が揃う
 そんなシャフトの柔らかさを選ぶ人達にとっては
 ものすごくメリットがあり、かなり早くにその恩恵を受けました。
 
 一方、硬いシャフトを使う層には
 このヘッドの大型のメリットは薄く、初期のころは割に嫌われ気味 で
 見てくれは大きくするけど 中身は重心の浅い、短い、
 慣性モーメントの余り増えすぎないモノが好まれました。

 シャフトの硬さの標準値・基準値 が この5年位で 急激に落ちたため
 その層の人達にも 中身も大型化したシャロー形状の
 ドライバーも好まれるようになった・・・と言う経緯があります。」

店長「コレは余談…なんですが、
 ネックでロフトなどを調整できる カチャカチャ機能は
 厚みのあるディープ形状だと作り難い、強度を保ちにくいので
 どうしても シャロー形状になって、
 重心距離が長め、重心深度が深め、慣性モーメント大きめ
 になってしまい易い ので
 それを ナントか 使わせる為 シャフトの標準値が落ちた❓
 シャフトを柔らかくした❓ のかな と勘ぐってしまいます。」

質問「アイアンは小振りになって 逆行しているように思えますね。
 シャフトも硬くなったような気がしますし…。」


店長「確かに、そうですね。
 そのギャップはどんどん広がっています。
 ドライバーとアイアンは 別なスイング、別なタイミング
 が必要になってしまいます。」

質問「ヘッドの特性を活かすには 硬さが肝心なのですね。」

店長「はい✊✊ 硬いシャフトではヘッドの機能は出ません。
455T-1
  例えば 重心深度


445TL-5-1445TL-4







 重量の中心点の 打面/フェース面からの深さ です。
 見た目の形状で言えば
 ソールが広い〜大きい(厚い)程 重心は深くなる、
 フェアウェイウッドは ユーティリティよりも
 ソール、ヘッドソノモノも奥行きが深いですから
 その分、重心が深くなる。

 コレも その『棒の延長線上に重量が揃う』
 運動させたときに現象が『起こる前提』で考えられており
 重心の深さ分 ヘッドが前に出るコト によって
 自然にロフトが増え、入射が緩め になる
 つまり シャフトが動かなければ
 効果は薄い、無い というコトになります。

 シャフトは 単純に弓反りにカーブする、という
 曲線では無く S字型にしなるような感じ なのですが
 それは兎も角、シャフトがしなる、動くから
 重心の深さの意味は出るのですが…。

 硬いシャフトを使う人が全員、とは言いませんが、
 アマチュアの硬い人の多くは 手でのフェースターン、
 ハンドリリースをしている人がとても多いのですが、
 ハンドリリースをする人にとって 重心深度は
 それをやりにくくする要因、
 フェースを閉じ難い要因になります。
 
 重心の深いモノの方が テークアウェイを
 開いて上げる傾向の強い方は
 想定以上に開くコトになりますし、
 ヘッドの重さがかかり
 想定以上にフラットな軌道になり易い、ですので
 閉じにかかるダウンスイングで より強く、多く
 フェースターンをしなくてはなりません。
 また 重心の深いモノは 重心角度も多くなるのですが、
 それと相まって、一旦、閉じてしまうと
 コレもやはり 想定以上に閉じるので
 プッシュ、プッシュスライス になるか
 かなりきつめのひっかけ、引っかけフックになり、
 その間の球が打ちにくいと思います。
 
 スイングタイプ、クラブ扱いによっては
 重心が深い と 易しい とは
 一概には言えないのです。」

質問「ああ だから こうフェースローテーションの強い人は
 小振りな 奥行きの無い ヘッドを好む傾向にある…と。」


店長「そうなりますねぇ…。
 重心の深いモノは フェースが上を向きたがる傾向が強いので
 地面からボールを打つ場合、
 ハンドリリースでの フェースターンですと
 ソール部、ヘッドが地面と干渉し易いので、
 フェアウェイウッドよりも 重心の浅い、ソールの小さいユーティリティの
 方が好まれるのではないかと思います。
 これは 同じくアイアンもそうでしょう。」

質問「よく言われますが、
 一般的には 簡単なアイアン と言えば
 キャビティのソールの厚いアイアン、
 自称❓上手な人はソールの薄いマッスルバックを使う…。」


店長「ですね。 初心者向け、上級者向け
 というよりは スイングタイプによる住み分け なんです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「過去に 何度か実験したコトがあるんですよ。

 ゴルフ経験の無い女性に 簡単なスイングレクチャーをして
 いきなり 打って頂く・・・。
u=341495341,3618090510&gp=0

 ある程度のヘッドの重さ、
 ある程度 柔らかいシャフト
 であると
 まず 苦労なく 『当たるんですね』
 スライスとか、フックとか、右とか、左とか、
 そういうのは 有るとは思いますけど
 フェースとボールがコンタクトするんです。

 ところが その後、
 市販の 女性用の 軽いヘッド、
 数値としては 少し柔らかいけど 軽いヘッドが付いているので
 振り易い、負荷の無い ただの棒みたいなクラブ
 ソレに変えると 途端に フェースにボールが当たらなくて
 ネックや先っぽ、大ダフリ、超トップ、と
 ヘッドには当たるけど
 フェースとボールがなかなかコンタクトしない、

 そして、それをしばらく打っていると
 フェースでボールを当てたい から
 段々 振りが遅くなっていくんです。
 振り始め…ダウンスイングの入りは同じなんですけど
 途中で減速が入るように、加速しなくなる
 なんと言えば良いのか、途中で減速して
 ヘッドの通過地点を調整するような…
 ボールとのコンタクトを探っているような…。

 あああ 適切なトゥダウンがないから
 重心位置のズレを考慮して 通過の仕方を調整してるんだな って。

 柔らかいシャフトで打っている時は
 そういうの 全く考えず、初めてなのに
 かなり 振っていたのに…。
 まあ コッチは 棒の延長線上に打点が自然に来るので
 そう言う調整要らない
 ですからね。

 女性だけに限らず、始めて間もない人って
 ダウンスイング、インパクトの前で減速しがち
 じゃないですか、
 これって ヘッドの位置調整してるんだなぁ って。
 女性が なかなかスピードを上げる行程に入れない のって
 コレが原因の一つ、大きな要因じゃない
 と思うんです。

 フェースに当たって 右とか左、フックとかスライスなら
 まだ 前にボール飛ぶから良いですけど、
 ヘッドの角、ネックとか、先に当たると
 真横に飛んだりするじゃないですか、
 そういうのって 女性や初心者には怖いと思うんですよ。
driving range

 当然ですけど、男性用の硬いシャフト が原因なんて
 思いもよりませんし、それをさせている男性も
 分かっていれば そのクラブ打たせないですから…。

 結構、勇気のある、思いっきりの良い人・女性だけが
 それを乗り越えられて、ごく普通の人は
 その体験したら、私…ゴルフセンスないんだわ って
 引いてしまうんじゃないですかねぇ。」  

質問「女性が 思い切りよく振れない のは
 そう言う理由だったんですか。」

店長「全員じゃあないでしょうけど、少なからず
 そう言う要素は強いと思いますねー。

 握っている棒と打点がズレている遊びって
 多くないですから、それを解消してあげる、あげられる
 ゴルフクラブを使う方が良いんじゃないですか。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 。苅安紊僚性のお話し なんですが、
 やり始めて まだ間もない状態 で
 今は貰いもの のクラブで 軽いレッスンを受け始めた
 ところ です。

M20191011suburi_MomentM20191011-1_Moment(2)M20191011-1_Moment(3)





店長「男性用のお下がり・・・スチールシャフトです。
 それを まだ速度の上げられない、
 ドライバーのヘッドスピードで言うと 25㎳
 行くか、行かないか の女性が使う訳ですから シャフトは動かない、
👉シャフトが動かないから グリップが押されない、
👉グリップが押されないので ハンドファーストが出来ない、
👉ハンドファーストが出来ないから ボールに届かない、
👉ボールに届かないから 早めにリリースする、
👉早めにリリースするので 当たっても ボールはつかまらない、
👉早めにリリースしてしまうので クラブと腕が
 からだの回転から離脱してしまう、
👉クラブを振るコトになるので 遠心力のせいで
 トップとダフリの繰り返しになってしまう。。。。。

 という ループに入ってしまっているのです。」
質問「キツイっすね…。」
店長「それによって 左右のグリップの形、関係も離れ気味
42ea91fdで定着、覚えてしまいますし、
それに準じたアドレスになる…。
ものすごく よくある パターンだと思います。」
店長「冷静に見るとそうなんですけど
 始めたばかりの女性にとっては
 …私が下手だから… …私はゴルフ向きじゃないんじゃないか
 って感じてしまうのは 至極当然だと思うんです。

 女性やシニアの場合、当たっても 速度が低いですから
 ボールが浮き難い、距離が出ない、
 クラブを振り回すコト になるので
 それを支えるグリップ、アドレス になり、
 長い重い棒を振り回す為の技術ばかり が身に付きます。
 本来、全く要らないテクニックばかりです。」

質問「クラブで改善できるんですよね❓」


店長「はい。その方にもちゃんと説明しました。
 クラブ単体を振り回すコトを前提にした
 女性用市販品のように 軽いヘッド では無く、
 ある程度 しっかりしたヘッド重量を選び、
 ヘッドスピード25㎳でも 十分、動くシャフトを使えば、
 打つのは自分…ですけれど、
 低いトコロにあるボールを拾ってくれる、
 ボールに当てさせてくれる のはクラブの役目 です、って。

 重めのヘッド、柔らかいシャフト を打って頂くと
 始めは ダフリ気味、クラブの重さに苦労するのですが、
 10分もしない内に慣れて来て、
 案の定と言えば 案の定なんですが、
 ボールに当たるコトと低いトコロにあるボールを拾うコト
 それを 自分でやっていた要らない技術からは開放され始めます。


 ボールに届かない、当たらないから と言って
 クラブ単体を振り回す コト が良いのか、
 それをする為の 軽いヘッド、軽いクラブが良いのか、
 クラブ単体は動かさず、自分が動いた方が良いのか、
 それであれば ヘッドが重くても負担は少ないですから
 重いヘッドにした方が良いのか・・・

〇長い棒は振り回すモノなのか
〇長い棒が故に 振らず 自分が動くのか

 その概念みたいなモノも クラブによって形成される
 可能性が非常に高いのです。

sibunoap


 ゴルフショットは かなり複雑な立体の角度 によって
 構成されます。 打つ地形や傾斜もかなり変わります。
 自分が動かず クラブを振る方が良いのか、
 クラブを動かさず 自分が動く方が良いのか、
 その分かれ道は クラブが握っている、
 自分が使うクラブ次第です。

 この感覚というか、思い込みはゴルフをしている限り、
 ずっと続いていくのですが、
 シャフトはヘッドを動かすモノ、役割なのか、
 シャフトはグリップ・自分を動かすモノ、役割なのか、

 ある意味、ソレは正反対の関係にありますから
 形成されていくスイングも全く別なモノになって行きます。

 今回の,離院璽垢禄性のケースだったのですが、
 なんとなく…ですが、かなり多くのゴルファー、
 女性に限らず アマチュアのゴルフの始まり の
 該当するんじゃないのかな
 って思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ゴルフ用語って 結構 沢山ありますよね
ウエッヂのバンス なんてのもあります。

バンス って かなり誤解されている部分が
有るんですけど 正しく理解して 正しく使えば
非常に有難い 存在 効果なんです。
IMG_1399

最近では サンドウエッヂなのに

6度とか 殆ど バンス角度の無いものもあったり。。。

バンスの意味 クラブの使い方
分かっていたら こんな便利なモノ
減らしたり 無くしたり しないと思うんですけど
残念だな〜 って思います。

最近では ハミングバードのお客様には
殆どいらっしゃいませんが
以前は。。。
 「ボールが上がってしまって 飛ばないので
  ロフトを立てて下さい。」

って 軟鉄のアイアンを持ち込まれる方が
多くいらっしゃいました。

確かに ライロフトマシーンを使えば
機種によってはステンレスヘッドであっても
勿論 軟鉄鍛造ヘッドも ロフト角度 ライ角度は
いじれます。
g-421
例えば 30度の5番アイアンがあったとします。
5番アイアンであっても バンス角度は存在します。
専門用語かも知れませんが スクープになっている
アイアンバンスは存在しないと言っても
良いかも知れません。
その 5番アイアンに 5度位のバンス角度が
付いていたとしましょう。

これを 飛ばない 上がり過ぎる と
2度ロフトを立てて 28度にしたとしましょう。

と 同時に この5番アイアンの バンス角度は
3度に減ってしまっています。


ですので この5番アイアンは
確かに 計測上は 28度になってしまいましたが
使用上では やはり 同じ30度に変わりはないのです。

イメージがし難いかも知れませんが
バンス角度は そのクラブの長さや用途によって
設定されています。
ヘッドの入射角度 が イコールと言っても
良いかも知れません。
サンドウエッヂのバンス角度を選ぶ 目安には
自分の「入射角度」があるとも言えます。
正しく 上から入れて来れる人にとっては
バンス角度は あれば あるほど 便利で
寝かして コスリ打ちをする人には 少ない方が
良い・・・(というか 選択の余地が無い...)

バンス角度は インパクトロフトを安定させますし
ウエッヂなんかにとっては インパクト時や
設置時の安定 支えにもなる訳です。
IMG_0727

単純に考えれば ロフト角度からバンス角度を
引いたモノを インパクト時の 地面に対する
ロフトと考えるコトが出来て

☆30度のロフトの 5度のバンス
☆28度のロフトの 3度のバンス
インパクトロフトは 変らないモノになるのです。

蛇足ですけれど
弊社のアイアンは 一般の販売されている
アイアンのバンスよりも 幅も角度も
大きく設定されているので
表示上のロフトは寝ているのですが
実質上は殆ど同じとも言えるのです。

シンプルな構造のウエッヂなんかは
バンスに幅があって バンス角度もしっかり
している方が 格段に 安定していて
使いやすいんですけど
バンス回りがしっかり(大きく)すると 低重心になり過ぎてしまい
ウエッヂとして 距離コントロールがし難くなる
ケライは否めんので 上手に 製品ロフトと
組み合わせねばなりません。

バンス回りのデカい 低重心 深重心
そして ハイモーメントの60度ウエッヂ
は非常に使い難くなってしまうモノです。

ちなみに ハミングバード で言う
使いやすい ウエッヂ とは
 
思い描いた距離が そのまま表現出来る
と言うことで 色んな球が打ち分けられる
みたいな 美辞麗句ではありません。
IMG_0624

色んな球が打ち分けられる人は
練習も豊富、技術も豊富なのですし
僕の考える クラブの扱いとは対極にいますので
別にクラブを選ぶ必要はないような。。。
どのクラブを使っても 結局 クラブの性能を
無視して 利己的に使ってしまうので
機能、性能云々は意味がないような・・・
 そんな気がしますがね
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クルマやバイクの燃料には
 ハイオク、レギュラーガソリン、軽油 とありますが、
セルフで給油する仕組みが増えてきている中、
 軽油 は 軽自動車用 と思っている人も
 実は 結構、いるそうなので
 その 給油ミス のトラブルは 少なくないそうです。
EZ055
ゴルフクラブ について
 それほど 深刻な部分 ではありませんが、
知られていない部分で
ウッド用のシャフト と アイアン用のシャフト  は
ヘッドに挿入される先端部 の 太さ が異なります。
主に、ですが、ウッド用は 8.5mm径
アイアン用は スチールは 9.0〜9.3mm、グラファイト用は9.4mm

というのが 主流です。

その太さ の始まり というのが
実は 非常に曖昧なモノで
各径の太さ、そして ウッドとアイアンの径の違い に
明確な理由ははっきり言って ない✋ のです。
個人的には 共通にしてしまった方が
 良いような気がしてなりませんが、
廉価な価格でないと 動かない(売れない)アイアンの
先端径を細くする は コストが上がるが確実 ですので
もし 統一される としたら ウッドが太くなるのでしょうね。


2021-03-19_16-46-28_Moment
ハミングバードでは 一般的なウッドに装着されるグラファイト 
とアイアンに装着される軽量スチール では
かなり 硬さ の違いが、ギャップと呼べるほどの差があります、
と 言っていますが、
実は ウッドとアイアンにはそれ以外の かなり大きなギャップ
が存在しています。

一般的なデータを上げてみましょう。
左から 番手 長さ ヘッド重量 シャフトの硬さ です。
 45.0 190g 230cpm
➂ 43.0 210g 235cpm
➄ 42.5 215g 238cpm
А42.0 220g 241cpm
 41.5 225g 244cpm
 41.0 230g 247cpm
⓭ 40.5 235g 250cpm
⓯ 40.0 240g 253cpm
⓱ 39.5 245g 256cpm
⓳ 39.0 250g 259cpm

上の数値は 主に ごく標準的なウッドの構成で
 長さ に応じて ヘッド重量が増え
 市販のセットではあり得ない(バラついています)ですが、
 その長さに応じて シャフトの数値が上がっていきます。
✋こんなに規則性を持って 変化するウッドセットは
 まず お目にかかることはできませんが…✋


通常、存在しませんが、仮にその延長線上で
番、番、曳屐。。のウッドを想定してみると
アイアンで言うと 3番アイアンの長さに相当する
拡屮Ε奪匹離悒奪表杜未蓮250g になります。
一見、重さ とすると ウッドらしくない かも知れませんが、
長さ相当なモノで シャフトの硬さが流れて(揃って)いれば
ドライバーと 似た感じ、似た重さ、似た振り感 になります。

そのまま 仮想のウッドを続けていくと
㉑ 38.5 255g 262cpm
㉓ 38.0 260g 265cpm
 です。

㉓番ウッドと同じ長さ が 市販の5番アイアン になるのですが
一般的な 5番アイアンは
❺ 38.0 240g 290cpm
ウッドの流れから考えると 20gもヘッドが軽いうえに
シャフトの硬さ も 25cpm も硬いのです。
✋✋✋ウッドの流れ…に比べると
硬いシャフトの方に 軽いヘッドが装着されている状態 ですので
当然・・・使い難いか、違和感を感じる筈…
〇アイアンヘッドの方が 重心距離も短く、
 重心も浅いので 同じヘッド重量であっても
 軽く感じ易い のですが。。。平気なんですかね…。

アイアンとウッドを考えた時、
ウッドの方が シャフトが硬いのは問題 だと思いますが、
ヘッドの重量が ウッドの方が重い というのも
かなり問題だと思うのですが、如何でしょう❓
IMG_0785

もう今や 絶滅しつつある
グラファイトシャフト装着『専用』のアイアン ですが、
昔気質の良心的な製作者 であれば 5番アイアンは
❺ 38.0 260g 280cpm だったりします。
が・・・・・・今や コスト削減の為、
スチール用のヘッドもグラファイト用のヘッドも共通
 …数が出るのは スチール用ですので…グラファイト専用ヘッドは絶滅寸前
 になってしまっていますから
 お目にかかることは大変少ないです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブの用語には
重量 や 重心、重心位置 など
「重さ」を表す言葉が多く用いられています。


重さ(おもさ)とは…辞書っぽく言えば
 その物体に働く
重力の大きさ、
 および、
慣性力の大きさを指します

スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)

クラブの特性、性格を表す 重心位置は
その 重さの中心点が クラブヘッドのどこにあるか
を表しています。

重量は当然ですが、地面(地球の中心)に向かって
引っ張られるエネルギーです。
別な言い方をすれば、移動させるのにかかるエネルギーであり
そこに留まりたいエネルギーでもあります。


✋✋スイングを考えるうえで 打つ人の姿や形、格好
また 動画の中の ヘッドの移動軌跡 などは
話題になりますが、 物質としてのクラブやヘッドの重さ
そのかかり方は 誰も話題にしないのはとても不思議です。
✋誰かのスイングが良い、
 誰かのスイングが間違っている、
そういう意味合いではなく
 練習が豊富に出来ない、運動神経に自信がない、
 体力や筋力も「オジサン並み」の人にとって
 簡単なとは言わなくとも、辛くない、傷めない方法を
 というのが コンセプトの根底にあります。

✊そう言った上で この二つ のトップスイングの状態では
重心のかかり方重心のかかり方 (2)







PCC重心のかかり方 (3)








ヘッドの重量、重心位置がクラブに及ぼすチカラ
そして それを持つ人に及ぼすチカラは
見ての通り、想像の通り、同じではありません。

✋昔から クラブを寝かす と一言で言われていますが
クラブを寝かしてしまうと ヘッドの重さ 重心位置の作用が
スイングにいい具合に働かない という意味合いの言葉です。

重量は あくまでも重力
 簡単に言えば地面に対し働く力です。
それは ヘッド重量にとっても
ヘッドの重心位置にとっても同じです。

そして ゴルフクラブは それが長い棒の先にあるので
その重さは増幅されてしまう と考えて良いでしょう。
それを どういう姿勢 どういう位置に持ってくるのか
によって 次の動作はおおむね決まってしまう と言えます。

PCC← 彼女を例にとってみると
ヘッドの重さ と 重心位置は
左腕 左サイドには上がる重さがかかり
右腕 右サイドには下がる重さがかかります。
ヘッドはより下がろうとしますし
グリップにはその反動というか 上がろうとする力が
かかりますから 当然、次の動作に影響します。

重心のかかり方 (3)
こちら・・・であれば
これから 下げたいグリップには
そのまま 下がり易い重さが掛かりますし
右腕だけでなく 左腕にも 似たような重さが
かかりますから、重さの作用として
どちらかサイドだけが下がり易くはなりません。


o重さを漠然と 何グラム、何キロ と捉えるのではなく
その重さの作用 を利用してこそ
ゴルフクラブ、クラブヘッドの特性が生かされるのです。

自分がどう動きたいか、どう動かしたいか よりも先に
クラブの位置や姿勢を考え
その重さの作用によって、自分の動きたい方向や動き方
それを導き出す方が正解だ
と思います。

ドライバーであれば ヘッドの体積が増え5904-0091_4
それに伴い 重心距離(シャフトから重心位置までのギャップ)
も 慣性モーメントも上がりました。
アイアンも 厚みが増え 重心深度が深くなっています。
✊どれも これも 握っている棒〜シャフトやグリップから
重さが離れている というコト です。
・・・・にもかかわらず ヘッドターン全盛 って
・・・もう少し 科学的というほど難しくなくても
 モノの道理通り、自然の摂理道理に
 スイングを考えてもいいんじゃないですか・・・と私は思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



よくある話だと思いますが、
例えば スイング改造のゴール(目標) が
●体の正面でボールをとらえる、
●伸び上がらないでボールを打つ、
●体を開かないでボールを打つ、
●ディッシュアングルを保つ、
●インサイドアウトに振る、
 のいずれかだったとします。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment

それらは全て 技術的な改善 が要らない
 とまでは言えませんが、
少々大袈裟には、技術的な改善がほぼ無くても
 ゴールには行き着ける、
逆に「
技術的な改善だけ」では絶対に行き着けない

  と考えて良いと思います。




⇩⇩⇩ 以下 あるお客様から頂いたメールです
       ;ご本人の許可を得てメールより抜粋



「スイングが完成したとは到底、言えませんが、 
スイング改造に着手し始めた頃と比べると
だいぶ マシになってきたと感じます。
(こすり球克服ドリル_Moment(2)

幾つかの段階を経てくると
実感するのは『スイングの改造』は技術的なものではなく
おっしゃる通り、過去の自分のゴルフ歴の中で
形成された「思い込み」や漠然とした「スイングの概念」
の書き換え、上書きがどこまで進んだか

 というコトに尽きると思います。

手打ち から からだの回転(まだまだ完成には程遠いですが)
に近づいてい来ると、まず、感じる(大変強く)のが
「インパクトまでの時間の早さ」
別な言い方の方が分かり易いかも知れませんが、
「インパクトまでの時間の無さ」 です。

ダウンスイングが始まってからインパクトまで
腕をこうしよう、
スイング軌道はココを通そう など
そんな事をする時間がありません。
まったくありません。
そもそも ダウンスイング という期間 がない感じです。
切り返した途端、インパクト‼ に近い感じです。
何かをする時間がありません。

今までは切り返してから
ダウンスイングでこうしよう、
足はこう、
手はこう、
クラブ(ヘッド)はここを通そう
ヘッドの姿勢はこう、

そんな事を考えていましたが、
それが出来る、それをしようとする事自体が
手打ちなんだ
 と気づかされました。

素振りや練習していない時は
体の使い方は考えたりしますが、
からだの回転で徐々にボールが打てるようになると
インパクトまで、だけでなく、
スイング動作そのものの時間が短いので
いざ ショットとなったら
考える事、考えられる事は フェースの下向き、
フェースをボールに向けるコト(上下関係)だけ
と言っても、言い過ぎではないかと思います。」

 ★ー☆―★―☆




(店主)スイングはからだの回転を主にして行っているので
ごく当たり前に行えば
からだの回転通り…なら 必ずインサイド から入りますし
トップとインパクトの関係から考えれば
当然、上から ヘッドは入ります。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(片手での素振り と クラブの格納_Moment(4)






それが アウトサイド から入ったり
下からしゃくる 煽るように入ったり する
という事は 何らかの理由で
約束の場所(ボール)に 遅刻 しているのです。



その最たる例が(コレも何度も書いていますが)
腕とクラブに長さがあり、
その先端に重さの付いた構造 がゴルフクラブ です。

手であっても、からだの回転であったとしても
自分がグリップを 180度向きを変えても
ヘッドに重さが有る分、シャフトは180度回転しません。
運動分、重さ分 180度よりもかなり少な目
おそらく 90~120度程度 しか角度運動しません。
それが 万物の物理法則 です。

8658a3e6-se00bf7e6






それを 自分が180度回転したら
クラブも180度回転する としてしまうと
90~120度の回転運動と、当然、別な動き になります。
このような 角度運動が途中で変わる場合、
 多くの場合は 棒の途中にトルク(別なチカラ)が掛かる訳ですが
棒は必ず支点ズレ を起こします。
グリップの移動~向きの変更/回転に対し
 本来は その重さ分(長さや運動も積算で加え)
角度運動は少なくなる場合は
人間の動作の軸 が形成されますが、
途中で 棒(この場合はクラブやシャフト) にトルクがかかり
別な角度運動が発生すると
人間の軸は そのトルクとほぼ反対の方向にズレ
スイングの場合、向きと前傾姿勢があるので 少し立体的にズレます。
 軸が右に倒れ、軸自体も右にズレます。

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)
←間違いの元

ですので 振り始めた、トップの位置 で
想定していた 最下点 は 右にズレ
しゃくり軌道やあおり軌道 になる訳です。
想定した最下点よりも 先 でインパクトする、
という事は アウトサイドから入る に相当します。

さて これを治すにはどうしたらよいでしょう?

☑右にズレるコトを想定してボールを置く
まあ これもあるでしょう。
☑ヘッド軌道だけをインサイドに変える
別な更に深刻で、複雑な問題にすり替え となります。
☑変えない
無難です。ただし、コースでの実際のショットでは
ダフリ、トップの頻度は高いですし、
距離が出にくく、飛ばそうとした時、弾道が高くなり、
上手く当たっても 引っかけの恐怖はつきまといます。

物理法則を無視し
無理やり ゴルフのスイングの定義に当てはめれば
苦労するのは本人以外何物でもなく、
そこには きちんとした対処法は存在し得ません。

当り前 と思っているコトがスイングを苦しめるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ダウンスイングから 右打ちでの
 右腕を伸ばす、長くするポイント なのですが、
 実際には 遠心力によるモノも含まれている ので
 伸ばすんだ! と言う実感は薄いのですが…。」
Mさん「遠心力はソコで使われるのですね❓」
店長「そうですね、ボールを打つ前の段階で
 リリースをして クラブを長くしてしまうと
 ヘッドに遠心力が強くかかります。
 出来れば クラブの重さも利用しつつ、
 グリップに遠心力を掛けたいのです。
 そうすることによって
 腕の付け根である肩から グリップは離れようとします。
 似ているのですが、時機 の違い
 と言っても良いかも知れません。

 その遠心力の利用の仕方 にもつながる と思いますが、
 手さばきによる クラブターン、クラブリリースを
 している方は 右打ちで言う右手、右腕、を
 左グリップよりも外に出そうとするのではないでしょうか
❓」
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

Mさん「フェースターンをしようとしている訳ですから
 当然、そうするつもり…ですが。」

店長「右腕を伸ばすコトによって
 左グリップが自分の方に寄る、
 右グリップの方がボール側というか、
 円の外側に行く動きは
 左グリップの進行を止めてしまいます。

 これでは あまりに早い段階で
 クラブが長くなり過ぎ、
 必要以上の遠心力がかかってしまいますから
 グリップが浮いたり、いろいろな障害が生まれます。

 右手で押す というのは正しくない表現ですが、
 右腕が伸びる のであれば
 右グリップの方が自分側、
 左グリップを円の外に(押す)ような関係性

 良いと思います。」

Mさん「右グリップが自分側、左グリップがボール側…
 ボールが打てなそう。。。空振りしそうですけど…。」

店長「ですよね。
 ですので カラダの向きを変える必要が生まれますし、
 押す というのは正しい表現ではないですが、
 左グリップを円の外に向かって押す から
 左サイドが逃げていく、回転してい
のです。

 左グリップを自分の方寄せてしまう 押し は
 左グリップの移動を強制的に止めてしまう為 👉手振り
 左サイドが逃げられません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブはほぼ何かの形で
打つ人に影響を与えます。

コレに例外は殆どありません。
その人が熟練者であっても、プロであっても
初心者であっても、です。

ですので ユーティリティクラブを一本 買い足した。
そのユーティリティが 他のクラブより シャフトが硬かった…
もしくは 柔らかかった…
新しいクラブですし、慣れれば その名の通り 便利ですから
練習も頻繁にします。
そのクラブの 性質に慣れて行く。。。
そうすると バッグの中に入っている他のクラブ、
それが 今までと違った 上手く行かなくなる😢
 これは正解なんです。
 非常に 普通の感性をお持ち というコトです。
IMG_0590

別な側面ですが、
頻繁にゴルフクラブを買い替える人がいます。
中古クラブ屋さんのお得意様 のような方です。
本来、ゴルフクラブは 特性や性質 があるので
お財布の事情は抜きにして、頻繁に買い替えることは難しいです。
それが出来る、というコトは
特性や性質の出ていない 硬いシャフトであったり
軽いヘッド(シャフトに対して)であったり
自分の運動性能では その特性や性質を発揮させられない、
動かない、稼働しないクラブ が故に、
頻繁に変えても さしたる問題が出ない、

そう言うクラブを選んでいる というコトになります。

IMG_0743

✋よく有るケースです。
かなり長いコト 同じクラブを使って慣れている、とします。
そこから 長さやヘッドは変えず、シャフトだけを
『硬い』モノに変えたとします。

その新しくなった、リニューアルされたクラブは
熱心に練習したり、打ち込んだりする場合であっても、
練習には行かず、ラウンドだけするケースであっても、
その影響が表れる時間に差が出るだけです。

『硬い』シャフトの場合、
ボールの位置が変わる可能性がかなりあります。
硬いシャフトを 右打ちで左めに置くと
ボールが当たらない、届かない、トップする、
が多く出易いですので 中め、右めに置くコトになります。

『硬い』シャフトの場合、
本能的に シャフトをしならせようとするのか、
トップの位置が深くなり、
 オーバースイング気味になる可能性があります。
逆を考えてみると分かり易いですが、
シャフトを柔らかくした場合、
動きが同じであっても シャフトのたわみが大きいですから
トップのクラブヘッドの位置が深くなり易いので
動きのトップは浅めの コンパクトなトップにする
は自然な人間の適応能力、反応です。

ボールの置き位置やタイミング、トップの深さなど
必ず なにがしかの影響が出ます。
そこは ロボット、マシンとは異なるトコロです。

その影響を考慮しつつ
クラブを選ばなくてはイケナイ のですが、
そこが難しい、クラブ選びの「意地悪」なトコロであり
クラブ選びを難しくさせる、悩むところなのです。

GC2_1600x900

こういう例があります、お店では結構、頻繁に遭遇します。
✅10年以上同じクラブを使い続けてきました。
クラブを替えない、長いコト使って頂ける のは
クラフトマン冥利に尽きる訳ですが、
10年以上 同じ体力、持久力でいられる人は稀です。
10年前の自分、からだ用のクラブを使い続けていれば
自分が衰えてきますから
 徐々に、シャフトが硬くなって行くのと似ています。
徐々に、徐々にボールの位置が中に入ります。
 多くの場合、自覚はありません。

加齢に伴い ヘッドスピードが落ちてくると
硬くなったシャフトでボールをつかまえるのには
ボールは中にしたいですが、
コトボールの高さを取るには 中に入れるのは辛いです。
そこから ボールを上げる「だけ」で良ければ
 さらに硬いシャフトにすると(届きさえすれば…ですが) 
ボールは上がる可能性は生まれますが、ボールは伸びません。
出会いがしらの衝突みたいなインパクトになるでしょうね。
打撃力がスピンに多く変換され易く、
 その分、ボール速度が減ります。
IMG_1487

✋と言って シャフトを柔らかくすると
ボールをつかまえる効果 👉ヘッドが遅れてロフトが立つ
は増しますから ボールの勢い、初速は増しますが、
そのボールの置き位置では 打ち出し角度が取れず
 ボールは浮ききれません。 失速です。

クラフトマンの立場から すれば
年齢なりの、加齢したなりの シャフトの柔らかさを
しばらく使って頂き ボールの置き位置が変わってくる
と ボールの高さも取れ、飛距離が出るようになる ので
しばらくの時間 使って頂くことが肝 になるのですが、
多くの方は 今のボールの置き位置そのままで試打して
 。。。ボールが浮かない。。。。 そこで終了です。


そう言うトコロを判断するのが難しいから
  クラフトマン が居るのです。

ですが…多くの人は 今のスイング、アドレス、ボールの置き位置、
それは 今使っているクラブを有効に打つための環境
その同じ環境のまま、別のクラブで良い結果を出そうとする、
人間の心理としては ごく普通な心理ではあるのですが
クラブは人間を、スイングを、環境を変える ので
「慣れ」と言う時間は必要なのです。。。。。ご相談下さい😊
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「わざと手で上げる、手で振るという意識で
 ソコに至った、そうなってしまった と言うよりも
 スイングは円だ、円を描く とか
 クラブを振る、ヘッドスピードを上げる、
 トップの位置は深く、
 肩を廻せ、からだの回転だ、
 という 後付けの情報みたいなモノの積算で
 そういう 結果に、
 からだの回転が伴わない、
 無理やり 深く カラダを捻じるためのトップ
 が出来上がってしまう、
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)






 カラダも痛めず、ショットやゴルフに悩みが無いなら
 それはそれで良いですけれど、
 悩みを持ってしまって、自分の状態を見ると
 そんなつもりは更々ないのに 手打ちだ、手で振ってる、
 振り遅れてる、もっと体で振れ
 なんて言われてしまうのですよ。」

Tさん「すっごく多いゴルファーの共通の悩み… に感じますね。」
店長「その事象だけ取り入れて行ったら
 自分なりのからだで振る は より手打ちにつながりますし、
 カラダで振ったら 絶対に振り遅れる訳ですよ。

 なにせ トップから 腰は開かないと
 肩は回せない訳ですから…。」

Tさん「このスイングだと いきなり
 カラダが開くような感じになるので
 ダウンスイング〜フォローで
 ボールと体が向き合う瞬間が存在しない… にも
 カラダの正面でとらえろ と言われてもどうしようもない、と。」

店長「そうですね。
 ですので こう伸び上がるようにして
 カラダを止めようとする、
 動作自身は止め辛いので 開くという横方向の動きを
 縦方向の動きにして 見た目の開きを止める。
 それと ヘッドを返す動きはマッチします。
 上手くできれば スライスにならずに 飛ぶわけですから
 これが正解、これが自分のショットだ!
 になっていくのでしょう。」

店長「手で上げる とか 手で振る
 まあ コレは結果論ですけれど、
 クラブの勢いで深いトップを造る は
 イコール カラダの幅からクラブを大きく外す、
 右打ちの人で言えば カラダの正面に合ったヘッドを
 自分の右横、ヒトによって背後までずらす のです。
 それって 既に振り遅れ、打つ前 からです。
 打つための前準備 の テークアウェイ が
 そのまんま 振り遅れ を作っている。

 それを かいなというか、左右の腕さばきで
 ヘッドを返す、クラブをターンさせる のですから
 からだの回転で振れ、 なんて絶対無理、な訳ですよ。
 真逆な関係なんですから。」
Tさん「こんがらがった スイングのメカニズム で
 スイング改造と言う名目で 更に何かを加えていく、
 そう言うパターン多いと思います。」

店長「まあ それもゴルフの楽しみなので
 良い悪いでは片づけられませんけどね。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)

 スイングやショットの理解が深まっていくと
 実は スイングは技術的な部分で無く
 知識と言うほど重くないですが、スイングに対する思い込みとか
 イメージの部分で 形成されている部分が非常に多く、
 私個人の感想では スイングの7〜8割 は
 思い込みの具現化 によるものだと思っています。」

Tさん「そもそも カラダを回せ、
 もっと右を向け、左肩を入れろ、の理由と言うか
 なんのためにソレをするか が欠落している気がしますが。」

店長「そうですね。 とても多いと思います。
 おそらく ですが、コト 飛ばし に関しては
 カラダを速く、もしくは大きくとか、多くとか、
 廻した方が飛ぶ からだの回転=飛び 的な
 感覚が少なくないと思います。」
Tさん「違うんですか❓」
店長「ま ここがゴルフスイング、ゴルフの楽しいところであり
 ちょっと意地悪なトコロ だと思いますけど、
 間違いじゃないけど、100%正解でもない。

 例えば ですけれど、
 何番アイアンでもいいですけれど
 150ヤード位を打つ 打撃の強さってあるじゃないですか?

 その打撃の強さで打つと割れる石、
 それを 割るだけなら
 上げて降ろすで可能そう…ですよね❓」
Tさん「そう言われれば そうですね…。」
店長「スイングは上げて降ろす じゃないですけど、
 でも それだと 打球の方向が作れません。

 ですので 回転の効能 としては
 打球の方向性が強く含まれている、
 もしかすると そちらの方が強い可能性があります。」
Tさん「じゃあ なぜ 深いトップを…と❓」
店長「ヘッドと言う重量物 に 高さを加える、位置エネルギー
 運動の速度を増やす 運動エネルギー
 ソコもあるにはあると思うのですが、
 打つ方向を踏まえた上で
 ゴルフクラブって言う 長物 を扱うには
 それを動かす 空間と時間が必要だから と思います。」
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment

Tさん「右を向くコトで クラブを動かす空間
 そして 打つため、助走を取るための時間を作る ですか❓」

店長「そう思います。
 また ある程度は 運動の速度もですし、
 位置エネルギー、上から下に使って打撃したい、
 そして 打つ方向もある となると
 その長物を長く使って 回転の阻害要素にしない
 そんな目的もあると思います。

 それらを踏まえると よく言われる
 グリップも、ヘッドも、クラブを
 自分のからだの幅の中に収めておきたい。
 そうすれば 廻るコトそのものが打撃に出来る。

 カラダの幅から大きく外れてしまうと
 当たりソノモノの確率も下がりますし、
 ロフト、上下の角度、ヘッド/フェース 左右の角度 の
 インパクトでの調整 と言う最も難しい行為が待っている。
 それは 運動速度をあげたい の阻害要素 になりますし、
 その難しいインパクトを作ると
 自分の動作とクラブの動きが分離してしまいます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Mさん「では 飛距離、に関してはクラブ全般ですが、
 ドライバーがスライスが強くなったのは
 アイアンの硬さ、というか アイアンの硬さとの
 ギャップが始まり、というコトなんですね。」


店長「はい。概ねではありますが、その通りです。
 中断、復帰、クラブを新調 と言う場合だけでなく
 買い替え を誘導する訳ではありませんが、
 あまりに長く 同じクラブ、同じスペックを
 使っても そういう症状が表れたりします。」
Mさん「クラブ選び って難しいですね。」
店長「まぁ ソコが難しさ でもあり、
 楽しさ でもあると思います。
IMG_0624

 例外がない訳ではありませんが、
 基本、『シャフトが硬い」、『硬くなってくる』と
 ボールは罅右打ちの人であれば右にズレてきます。
 ドライバーとの 互換性が薄れる、無くなる 位置差に
 なれば 当然、別の、二つのスイングなり、
 タイミングが必要になって来ます。」
Mさん「理屈では ドライバーとアイアン、
 両方、同じスイングが良いのは判るのですが、
 練習をすればするほど、別々のタイミングとか
 どちらかに トップで間を作るとか、
 打つためのノウハウみたいのが必要になってきてしまいます。」

店長「 硬いシャフトであれば トップで一呼吸おいて
 左リードで 上半身やクラブを遅らせる必要がありますが、
 それがアイアンで、
 それに比べ かなり柔らかいドライバーを
 それと同じように打っては スライス になったり、しますから
 自分で望む 動作・作法としてのスイングの動き よりも
 クラブ、クラブのスペックの方が
 スイングを造る土台になってしまうのです。
64ff988f

 タイミング 程度の違いで済んでいる内に
 クラブを買い替える、
 リシャフトでシャフトの硬さを落とせば
 自体はそう深刻になりませんが、
 引き続き使い続け
 硬い が故に ボールの位置が中にズレて来て
 アドレス、ターゲットに対する自分の方向感覚、
 右向きのズレ なんかが出てきてしまい、
 ドライバーがスライスとか、
 アイアンの引っ掛かり、
 飛距離の減退、
 原因がわかっていないトコロ、
 スイングが悪いんだ✋✋ スイング改造✊✊
 なんて余計なことをしてしまう。。。

  良くあるパターンなんだと思います。」

Mさん「必要のないスイング改造 になってしまうのですね。」
店長「原因が別なトコロにある、
 アドレス自体、アドレスの感覚がネジれているのに
 そのねじれは放置して 別な何かの動作を加える、
 悩みはもっと深くなって行きますよね、どうしても。」

Mさん「ドライバーの悩み が
 ドライバーソノモノ にあるのではなく
 ドライバーを使う環境 の方に問題がある
 と思いつく人は多くないでしょうね。」

店長「シャフトが硬い、キツイ、実は辛い は
✋ボールの位置が中に入ってくる
✋クローズスタンスが強くなってくる
(左足のつま先の閉じが強くなってくる)
✋グリップの左右の離れ、緩
みとも言いますが
 ここらへんにも その兆候は出てきますので
 覚えて置いた方が良いと思います。

 クラブを売る立場の人間が言うコト ではないですが、
 そのタイミングが出たら クラブを買い替える、
 シャフトの硬さを落とす 方が
 其の儘使い続けるよりも いろいろと安く済みますよ。

 からだの故障は高くつきますから。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「重たいヘッド、柔らかいシャフト は
 アプローチを楽にするの、ですね。」

店主「ハイ。一概に "簡単に" にと言えないほど
 アプローチそのものは『奥深い』 ですが、
 少なくとも 軽いヘッド、硬いシャフト のクラブ、
 特に ウエッジ とは 全然違うと思います。」

質問「どんなトコロが違うのですか❓」
店主「打って頂く というのが一番良いとは思いますが、
 重い と 柔らかい の組み合わせ は
 低いトコロ、地面にあるボールを『拾う』能力が高いです。
 一般的なウエッジ は 振動数 340cpm位ですが、
 その半分 170cpmの硬さ というのが どういうのか、
 打ったコトのある人は非常に少ないとは思いますが、
 初めて それを これから 打つ、とすると
✋届かず トップしそうだな…
✋届き過ぎて ダふりそうだな…
 どちらを想像します❓」
質問「ダフリ…でしょうか。」
店主「そうですよね。
 ところが 意外にもダフる人は少ないのです。」

質問「それは どうしてですか❓」
店主「コレ、多くの方が勘違いしていると思います。
 例えば、トップ、ですが、
 トップは ヘッドが届いていない、
 カラダが伸びた、とか
 グリップの位置が高い、下がり切っていない とか
 ボールとの距離感に対し、
 長さと言う意味では無いですが、クラブが短い、
 それが原因で『トップ』している と考えている
 と思うのですが、多くの場合は違います。
 本当の原因は 飛球線/飛球線と反対 のラインに対し、
 右打ちの場合ですが、グリップが茲帽圓切っていない、
 前後方向に 本来のインパクト地点 に
 到達していないのが原因です。
 そういう意味で グリップが進行方向の押されやすい
 ヘッドの遅れの有る 柔らかいシャフトは
 ボールを拾う性能に長けているのです。」
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(5)
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(6)






質問「あああ、なるほど。
 ボールに届いていない・・・のは
 上下ではなく、前後なのですね。」

店主「そうです。
 特に 自分にとって ハードな硬いシャフトの場合、
 しならせて 👉クラブを短くさせて
 しなり戻す 👉クラブを長くする
 という 可変の長さで打つ習慣が強く、
 その為、グリップを左に、前に送る感覚が薄い、ですし、
 シャフトに押される というコトもアリマセン。
 アプローチ では 加減したスピードで行うので
 クラブを長くし辛い と言うのもあるので
 余計、トップ。。。
 また、それを本能的に防ごうとして ダフリ、
 になったりするのです。」

 「長さが足りない のではなく
 下がり切っていないから トップしているのではなく
 下がる地点がボールより手前で
 上り際でとらえているから トップになるのです。」

 「ダフリ。。。も同じこと で
 届き過ぎている・・・のではなく、
 届いたところが ボールの手前、
 クラブ、グリップの移動が足らない のです。」

質問「その足らない分を シャフトが自然に押してくれる、と。」
店主「その通りです。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「話を伺うと シャフトの使い方が イコール
 そのまま ゴルフスイングのような気がしてきました。
 と、すると シャフトの使い方、ゴルフスイング❓ には
 大別すると 2種類ある と考えて良いのですか❓」

店主「ものすごく 大まかに言うと そうなります。
 シャフトのしなり は ヘッドの重さとシャフトの柔らかさ
 そして その人のクラブの扱い方 によって 生まれます

 それが俗に言う シャフトのしなり であり、
 ヘッドの遅れ でもあります。
 ,修痢.悒奪匹涼戮譟舛靴磴佞箸里靴覆蝓,
 取り戻して ボールを打つのか
 遅れっ放しのまま ボールを打つのか

 ホントに大雑把ですが、この二つに分れる と考えて良いかも知れません。」
((((((((_Moment

質問「どちらが良いのですか❓」
店主「良い/ワルイの問題では無いと思います。
 前者,蓮.船ラ、自分のチカラで打ちたい、
 ボールを叩きたい人向け…
 もしくは 硬いシャフトを使って そうせざるを得ない場合 で
 後者△蓮―侏茲譴弌.船ラに依存したくない、
 よく言うトコロのスインガー向け…でしょうか、
 硬くないシャフト、適切な重さのヘッドを使っている場合、
 と考えて良いと思います。」

質問「持っている、使っているクラブ、
 そのシャフトの硬さで決まってくると❓」

店主「絶対、ではありませんが、
 その率は低くないと思います。」

質問「クラブを選ぶ際の目安 にもなりそうですね。
店主「その通りですね。
 また 造りたいスイング の為に クラブを選択する
 もアリだと思います。」
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

店主「そういう意味で困ってしまうのが
 現代の 硬くない、柔らかめのドライバー と
 軽量とは言え、旧時代の硬さのスチールシャフト装着のアイアン
 を併用している人が
 いったい どうやって打ち分けているのか、不思議なのです。」

質問「それ、少し問題があると思うのですが、
 ドライバーは柔らかめのシャフト で
 その特性からすると、ヘッドの遅れっ放しのまま 打つ筈…
 にもかかわらず、 ボールの位置や
 遅れ=スライスのイメージから ヘッドを返して打つ印象が強く、
 一方、アイアンはウッドに比べると硬いシャフトですので
 ヘッドの遅れを取り戻したい…けれど
 アイアンショットのイメージ や ボールの位置 からすると
 遅れっ放しのまま、打つ、
 なんだか ゴチャゴチャな感じですね。」

店主「その通りですね。
 どちらが良いとか、悪いではなく、
 自分はこうやって打つ、打ちたい、
 それは 全クラブ統一したいです。
 しかし、クラブ、シャフトの硬さとの兼ね合い で
 そのクラブ、そのシャフトの硬さに応じて
 使えるように クラブ毎に調整や適応を必要とするトコロが
 実はアマチュアの悩みの 主な原因 と言って良いと思います。」

店主「私自身が 腕力が無いのもありますけど、
 腰に不安を持つゴルファーがあまりに多いので、
 腕力、筋力、体力にあまり依存しない、
 遅れを取り戻す より作業の少ない
 スイングのメインテナンス性の良い
 遅れっ放しのまま ボールを打つ
 を
 推奨していますけどね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「トップの形が重要なんですか❓」
店主「形… は結果論でしか、ありません。
 今はもう使わないゴルフ用語、かも知れませんが、
 "シャフトを寝かしてしまう" 
 切り返し、ダウンスイングで
 クラブやヘッドの重さが
 インパクトに向けて、下げたい筈の 左グリップに
 上がる〜下げ難い負荷になってしまいます。」
ce17f420(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)
質問「確かに そうですね。」
店主「左サイドのリード。。。なのか どうかは別として
 ダウンスイングから フィニッシュまで
 運動の先頭は 左サイド になるのですが、
 クラブの重さのせいで 左腕だけが取り残されがち です。

 対の言葉に相当する『シャフトを立てろ』とは
 シャフトを垂直にするコトを指す訳ではないですが、
 ダウンスイングで 左グリップが下がり易い、
 スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)
 そういう重さのかけ方 の方がからだは楽です。」

質問「どの位が 寝かす と 立てる の境目
 になるのですか❓」

店主「角度 では伝えにくい ですが、
 垂直 と 前傾姿勢の間 。。。
 垂直に近い方がグリップは下げやすい ですが、
 向きを変えるコトを考慮すると
 垂直より 少し「寝ている」位でしょうか❓」
20190411_Moment

店主「寝かす上げ方〜 テークアウェイは
 総じて からだの向き、回転の右向き の角度以上に
 グリップよりも ヘッドが移動しています。
 ですので 多くの場合、思いっきり フェースもロフトも
 開いていますから
 それを元に戻す為には 左グリップがあまり先行してしまうと
 それが叶わなくなる と言うのもありますね。」
質問「そこ 難しい気がします。
 一般的に言われる ハンドファースト を造ると
 開いて当たってしまう記憶が カラダを強ばらせます。」

店主「あぁぁ 分かりますね。
 ここはちょっと理屈で覚えて貰う他 ないんですけど、
 回転、向きの変化と連動して
 左グリップが下がれば
 ヘッドの遅れ、シャフトのしなり は
 ロフトの立ち になり易く、
 ロフトの立ち 👉フェースが開かなければ
 シャフトの作用によって より グリップが押され
 ハンドファーストにさせられます。
 シャフトによる互いの相乗効果があるのです。」
動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment(2)
質問「えええええ」
店主「下準備さえ しておけば
 ボールのつかまえ 👉ロフトの立ち は
 クラブ、ヘッドの重さもありますが、
 シャフトが作ってくれるのです。
 そして それは 硬くないシャフトの方が顕著に出ます。」

質問「では、開いて上げると…?」
店主「先ほども言いましたが、
 ヘッドの開き は しゃふとのしなり と言うよりは
 捻じれに近いモノです。
 シャフトのねじれは グリップ=ハンドファーストを嫌います。
 そのままでは打てない、ヘッドを返す、
 のですから それはそれで都合がついています。
 両極端 と言ったトコロでしょうか。。。」

質問「その中間はないのですか?」
店主「残念ながら 無い と言った方が良いでしょう。
 ですので シャフトの評価で使われる言葉 で
✋シャフトが走る とは
 グリップの移動が止まって シャフトがしなり戻り、
 ボールを弾くサマを指す言葉 で、
 "このシャフトは速い"とか言われますが、
 それは 開く閉じる、グリップを止める、
 しならせて しなり戻す打撃の場合で、
 実際には 自分が根元を止めて、
 その反動? 勢いでヘッドを行かせているのですから
 シャフトが走る? は 適切な言葉ではない気がします。
 シャフトを「自分が」走らせている。。。ので
 それを シャフトの総評に使われるのは ちょっと疑問です。

✋一方、シャフトの作用でハンドファーストを造る、
 ヘッドの遅れ(シャフトのしなり)がロフトの立ち、
 の場合は シャフトの作用で
 グリップが押されるので
 インパクトポイントが前になります。
 速いシャフトではなく、
 早い(時期)のインパクトがやってくる
 のです。
 似ているようで 速いシャフト と 早いインパクト は
 全然、異なります。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ゴルフクラブを扱う上での
 長年の…もしかすると 永遠のテーマかも知れないんですけど
 シャフト っていうのは どう使うのが良いのですか❓」

店主「シャフトも含めて ゴルフクラブをじぶんの思う通り
 ねじ伏せたい、チカラ、特に腕力ですかね、
 それと運動性能や運動神経で シャフト、ヘッドを振り回したい、
 というのも 楽しみの一つですので、否定できません。
 ただ チカラや腕力に自信が無い、
 なんとか楽して、道具のチカラを利用したい、
 出来れば あんまりメインテナンス的な練習はしたくない、
 そう言った場合、やはり 使い方はあります。」

質問「ソコが知りたい、ですね😊」
店主「これは当ブログ上で何度か書いているコト ですが、
 まずは ゴルフクラブの単純な構造、重量の配分 を
 理解するトコロから始めましょう。
swingweight
 ゴルフクラブは長さによって 重さが変わりますが、
 ドライバーを基準に だいたいですが、
 半インチ短くなると ヘッドは 6〜8g重くなります。

 ですので、クラブとしての総合の破壊力、打撃力は
 一番短いウエッジも、一番長いドライバーも
 ほぼ同じと考えて良いです。」

質問「なんか 遠くに飛ぶので ドライバーの方が
 ウエッジよりも破壊力あるような錯覚がありますね。」

店主「確かに。
 ですが、ボールを高く、すぐ近くで高く『上げる』
 というのは 
遠くに飛ばすと同じようにエネルギーがいる というか、
 遠くに飛ばすには 浮力とか、いろいろ方法があるのですが、
 高さ量は パワーというか、エネルギー量が殆ど ですので
 意外にも 打撃量は変らないのです。

 ま、それはさておき、
 その破壊力と作るため、先端部、打撃部のヘッドは
 クラブの全体重量の 6〜7割もあります。
 こういう 重さ配分の道具はそう多くありません。

 シャフトの話し、な筈なのに ヘッドの話しになってしまいそうですね。」

質問「大切なことなので…。」
店主「そのヘッド…ですが、
 番手を構成する為、ライ角度、ロフト角度、が必要です。
 そして それを形成する為、重心距離、重心位置 と言って
 握っている棒、シャフトから ズレたところに
 重量の中心点があります。」
58b52cea014c8e392700135f_20170228165522
質問「いつも疑問に思っていたのですが、
 そのズレ って必要なんですか?」

店主「絶対に必要です。
 過去に デンデン太鼓のように
 シャフトの延長に 重量の中心点があるヘッドが
 何度か登場してきましたが、
 危険な事故が発生して、回収になったり、
 思っているより 全然、飛ばなかったり、 で
 ものすごく短期間に消滅しています。
 例外は無い と思います。」

質問「なぜ なんですか❓」
店主「重心がシャフトの延長に無い構造を
 重心距離の有るモデル と仮称しますが、
 重心距離の無いモデル では、
 番手ごとのロフト構成が難しくなります。
 また 重心距離は 重さの感触を生みます。
 単純式では 重心距離 × ヘッド重量 ですが、
 それによって フェースがどこを向いているか、
 ヘッドがどうなっているのか 把握出来るのですが、
 重心距離の無いモデル では それが不可能な為、
 ボールとフェースをまともに当てるには
 その向きが変わらないよう かなりガッチリと
 力一杯と言ってよい程、握る必要が生まれます。
Desktop 2020.09.03 - 15.33.57.01_Moment
 重心距離の無いモデルでは フェースではなく、
 側面やバックフェースがボールに向いていても
 自覚できる感触が無く、
 最悪の場合、ヘッドの角がボールに当たり、
 自分に向かって ボールが飛んでくる可能性、
 ロフトが増えてくると まともに当たっても
 自分に向かって ボールが飛んでくる可能性があります。」

質問「ふわ〜 恐ろしいですね。」
店主「重心距離 というのは ゴルフクラブの構成上も、
 安全面においても 必要不可欠なモノなのです。
 
 本題に戻りましょう。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

質問「柔らかいシャフト、まあ 人によって
 その数値は異なると思いますけど、
 硬いシャフトよりも メリットが多いと思うんですが、
 なぜ ゴルフクラブはそういう流れに進まないのですか❓」

店主「ゴルフクラブの業界の事情。。。ですね。
 ドライバーは柔らかくなった、まだまだ ですけど。
 でも アイアンは硬いまま、硬くなったと言っても良いでしょう。
 コレって 単に販売する為の価格の問題なんです。
 ドライバーはある程度、販売価格が高くても売れますが、
 アイアンは元々売れない上に、本数もあるので
 シャフトにコスト、お金をかけることが出来ません。
 現代のドライバーに合わせた柔らかさ にするには
 今の 3倍位の価格で無いと、採算が合わないでしょう。
 こんな言い方は 業界から総スカン喰らいそうですが、
 現代のドライバーを使う限り、アイアンを新しくするほど
 ドライバーの悩みも、アイアンの悩みも深まる…のです。


質問「。。。。。。。。」
HBS 005

店主「ドライバーに悩んでいる人が多いのですけど
 実は それは アイアンのせい なんですね。
 アイアンのせい、、、と言うよりも
 ドライバーを打つ環境 と言えば良いでしょうか。

 アイアンやウエッジを打った後、
 フレックス、それ以上柔らかいドライバーを打つのです。
 アイアンの長さは40年前と変わりませんが、
 ドライバーの長さは人によっては46インチの長尺、
 ヘッドも大きく、重心が深い、重量が奥行きの方に
 偏っています。
 それでなくとも 重く感じ易いヘッドが
 シャフトが柔らかいことによって より重く、
 ヘッドが効いて感じられる。
 使い勝手 で言えば よりヘッドが遅れる、
 大きく遅れて感じ易い
 と言うトコロでしょう。

 良くても、悪くても、
 練習場で 手持ちのセットを 一球ずつ交互交互
 に打ってみると より分かり易いと思いますよ。


 プロの場合、ゴルフクラブを換えるのを嫌がる人が多いです。
 契約が変わって、セットを一新する場合も
 旧クラブ、前セットですね、コレで使っていたシャフト構成を
 色だけ塗り替えて 使い始める人も結構、います。
 プロの場合、単体の練習量もアマチュアのソレより
 多いですけれど、コース、現場で 交互交互、
 もしくは ランダムに打つ経験も遥かにアマチュアより多い、
 ですので セットの流れによる影響、もたらせされる影響や結果を
 良く知っています。
 それで キャリアを棒に振ったプロも少なくありません。」
HBS 001

質問「アマチュアのように 一本だけ、
 全然違うメーカーの、結果として シャフトの硬さ も異なる
 そんなクラブを投入したり しないのですね。」

店主「契約の縛り、もありますが、
 シャフトの硬さ、ヘッドの重さ、クラブの長さ など

 セット の中に入れられるのなら…です。
 その一本だけを単発で打って、上手く行ったから
 バッグに入れる、なんて無謀なコトは少ないです。
 あえて 言うのなら パター位でしょうか、ね。」

質問「試打会ではバッチリ、
 買ったら あれ?なんだかなぁ というのは
 ない訳ですね。」
店主「ありません
 クラブを買う ってことは スイングを買う
クラブを変える とは スイングを変えるコト

 に等しいので、頻繁にクラブを換える なんて
 恐ろしいコト、そう簡単に出来ません。」
ph01_15

質問「もしかして…
 アマチュアが頻繁に買い替えたり、するのは

 シャフトが硬くて、その性能が発揮されていない から
 違いが表に出ていないから 買い替えられる のですか❓」
店主「その可能性は否めません。」

店主「少なくとも ゴルフバッグの中にあるクラブ達 が
 同じ、似たような流れ になっている、
 特に シャフトの硬さ/柔らかさ ですが、
 そうなっている方が 格段にゴルフはやさしく、
 スイングもシンプル化出来ると思いますよ。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「柔らかいシャフトを試す、
 スライスになる、スライスが大きくなる、
 ま、ダフリやテンプラなんかもあるかも知れませんが、
 実は それが シャフトの機能による
 半強制的なハンドファーストだった……だけど
 
スライスは嫌だから、硬いシャフトを選ぶ🙄
 ものすごく多そうな シュミレーションですね。」

店主「ハイ。多分 毎日どこかのショップや練習場、
 試打会で何人もの人がその経験をしていると思います。
 ハンドファーストの ハンドとはグリップですので、
 言葉を変えれば ヘッドレイト、つまり ヘッドの遅れを造るか
 という 次のステップに入れる道 だったのですが、
 それは【選ばれません】」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

質問「確かに ハンドファースト の対になる言葉は
 ヘッドレイト ようするに ヘッドの遅れ なんですよね。
 それを望む一方で、ヘッドの遅れは嫌う って
 なんだか妙な感じがしますね。」

店主「そうですね。ゴルフで言うトコロのハンドファースト、
 ヘッドレイトは ボールに対する位置関係なだけで
 作業として 遅らせる、先に行かせる ではないですけどね。」

質問「どういうコト…です❓」
店主「伝わりにくい…かも知れませんが、
 ボールを当てる時、インパクトですね。
 その際、グリップがボールの位置より前に出ているコトが
 ハンドファーストに見える、を生んでいるだけで
 作業として ヘッドを遅らせて ハンドファーストを造れば
 ヘッド、フェースは開きますから そりゃ スライスになります。
 それで ヘッドを返したら…始めの遅れは何のためにしたのか、
 意味、目的が曖昧なのですから 悩みの種になるのは当然です。」
質問「それはそうですね。」
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment

店主「シャフトの硬い/柔らかい その選別は
 この別れ道だけではありません。」
質問「ほかに何があるのですか❓」
店主「同じようなことではあるのですが、
 シャフトの役割は ヘッドを動かすコトでは無く、
 ヘッドの重心の位置も含めたヘッドの重さ と
 シャフトのしなり によって
 グリップが動かされるコト、押されるコト
 です。
 ですので ヘッドの重さをどう使うか も含まれます。」

質問「あ、なるほど。
 シャフトがヘッドを動かすモノ と言う道に進めば
 ヘッドの重さとスイングによる遠心力で
 よりヘッドを動かそう、
 逆に言えば グリップを止めよう と言うスイングに行き着く
 のですね。」

店主「その通りです。
 一方、シャフトは、ヘッドの重さは
 グリップを動かすためのモノ と言う考えであれば
 ヘッド単体を動かそうとせず、
 グリップを動かすコトで クラブを動かす、
 勿論 それにはヘッドも含まれますが、
 基本、丸ごと 動かそう とします。
 そして、グリップは クラブの部品、箇所としての意味もありますが、
 人間の握り でもありますので
 クラブが移動するコト、即ち からだの動き になってきます。
 ヘッド単体を積極的に動かす、グリップを止める、は
 からだの動きとクラブの動きが分断されてしまいます。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「軸の無い回転 と言う話、から始まっているのですが、
 からだの無い、からだは回さない「カラダ」の回転 なんですね…。」

店主「少なくないと思います。

 腕/肩
 胴体 胸/腰
 足首 靴/足首より上
 股関節 太もも/骨盤より上

ゴルフスイングにおける「からだの回転」と思われているモノは
主に複合した 回転で
それを行っている人の割合の一番少ないのが 股関節➃、
殆どいない と言って良いかも知れません。
次に 手で振りますが、回転要素に足、足首が入る ➂複合タイプ
コチラも そう多くはありません。
次に 本当に腕だけ、肩だけ動かして
 カラダは回さないタイプの 」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)
質問「アマチュアには ,離織ぅ廚一番多いんじゃないですか❓」
店主「腕力の有るアメリカでは そうだと思いますが
 真面目で、練習熱心な日本のゴルファーは
 △離織ぅ廚圧倒的に一番多い、、、と思います。
 △離織ぅ廚離好ぅ鵐阿蓮非常に大きな欠点、
 アマチュア…にとって、ですが 非常に問題があります。」

質問「プロはだいだい △離織ぅ廚覆鵑任垢茲❓」
店主「そうですね、多いですね。
 ただ プロの△離織ぅ廚函.▲泪船絅△劉△離織ぅ廚楼曚覆蠅泙后
 まぁ プロが後半や優勝争いで「やっちゃった」時は
 アマチュアの△離織ぅ廚砲覆辰燭蠅靴討泙垢韻鼻△諭」

質問「どこがどう違うんですか❓」
店主「そうですね、基本、△離織ぅ廚
 腰、骨盤に対し、胸のラインの向きを変える捻転型です。
 捻転 というのは 例えは変ですが、
 からだを捻る、自分でコブラツイストをかけている訳で
 動き自体にかなり無理があります。

 プロは 長年やってきた そのスイングで、
 生業としてやっていくために、
 疲れたり、緊張したり、良くない場面になった時 でも
 ちゃんと捻転出来るよう 練習に取り組みますが、
 アマチュアの場合、スイング造り は考えますが、
 それが 疲れたり、体調不良だったり、
 メンタルダメージがあったり した時に どうなる、
 自分のやろうとしている そのスイング、動きが
 出来るのか、どうか とは考えていません。」

質問「ああぁぁ 分かる気がします。」
店主「スイング動作は 疲れて来ても、
 体調やメンタルが悪くなって来ても、
 ボールは打たなければなりませんから、
 ボールと当たるフェース、ボールと当たるヘッド、
 それの付いたクラブ、それに近いトコロで動かそうとします。
 疲れてくるほど 動作箇所はクラブに近づいていくのです。
 ですので 練習場や体調の良い時は
 胴体を捩じっていたのに、悪くなってくると
 胴体ではなく、肩、つまり腕で動かすようになります。」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

質問「うわぁ なんか 凄くアリガチです。」
店主「そうですね。
 基本的に からだの回転 と 『肩』の廻し
 と言う言葉で スイング造りをしている のですが、
 胴体の上部、胸が向きを変えるから 肩が廻る訳 で
 「肩」が単独で向きを変えている、訳ではありません。
 体力に自信の無い、運動不足ガチ なアマチュアの
 1番ホールから 18番ホールまで の動画を取ると分かりますが、
 ホールが進む程に 胴体ではなく 肩だけ回す、
 つまり 腕だけ 振るようになるわけです。
 それも 困ったことに 徐々に、 です。」
((((((((_Moment

質問「ラウンド中に スイングが変わっていく、のですね。」
店主「そうです。スイングが「変わる」なら まだ対処はあるのですが、
 徐々に「変わっていく」は 本人にも対処の方法がありません。
 △瞭溝里鯒韻襦捻転型のスイングを目指している
 アマチュアの ほぼ全員 と呼べるほどの高い割合で
✋,吠兪する△稜嬰招拭
実は,福’嬰彰望型 です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


一般的には、グリップを支点にヘッドを動かす
ヘッドを振る、シャフト(ヘッド)を返す というのが、
ゴルファーのスイング、クラブ扱いの概念で、
縦横、どの方向で有っても、上げる&下げる
しならせる&しなり戻す、開く&閉じる

という、行きと帰りの2アクションが基本なんだと
思います。(それが間違いなんだけど…)

スイングを改造、改良しようとした時に、
その行きと帰りの二つの動作の
多くの場合、帰りを直すことに焦点が置かれるのでしょう。
はっきり言えば、スイングを改良していくのに
動作を二つにするのではなく、一つにする など、
動作を減らして簡素化していかない限り、
我々は日々、年齢を重ねていく訳ですから
うまく行かなくなります。
スナップショット 2 (2013-04-08 23-48)

ましてや、帰りを改善する場合は
急ぐ、速くする、増やす、間に合わす
など、その二つの動作ですら、うまく行かないのに
さらに、自分に動作を要求することになるのですから
根本的には解決することが出来なくて当然、
と言えるでしょう。


今のスイングをよくする場合、
せめて、帰り(戻り)ではなく、
その戻りを簡易にするための、
『行き』⇒テークバック に注意を
払うべきです。

帰りは スピードが増すのも有り、重力や遠心力など
その名の通り、「不可抗力」が増大しまうから
修正するのは容易ではありません。
繰り返せる「同じ修正」はさらに難しくなります。

スイングもミスは、9割を超えるほどの原因は
体の向きの変更で動かすべきクラブを
腕さばきで行っていることに有る
 ので
言うならば、腕の運動量が体の運動量と
合っていない状態なのだから、
それを後程、小さな筋肉である、
クラブの負荷がダイレクトにかかりやすい
腕で修正すること自体、間違いなのだ。

だから、何度も言うけど
本来は、動き自体を減らす、無くしていくこと
が最終的な目標なんだけれど、
とりあえずは、行き(てーくばっく)を
体の向きで、体の運動量を増やし
腕の運動量、腕でクラブを移動させる量を
減らすところに注視しなければならない。
((切り返し 廻るの❓ 下げるの❓_Moment(2)


ゴルフクラブ は長い棒の先に重さが集中して
その打撃部分であるヘッドはとっても歪な形をしている。
重さも左に動かす時と、右に動かす時、
上に動かす時と、下に動かす時で
同じような感じには全くならないのだから、
これを自分で「操ろう」とすること自体
無理があるし、この概念に過ちの根源がある。

先端に重さが集中していることや
その姿勢や位置によって、重さのかかり方が違うところは
ちゃんと扱うと、自分の方がその重さや方向によって
上手に打たされてしまうように出来ているので
クラブを操る その思い込みから疑っていって欲しい。
25926758

だから 是非 一度試して貰いたいのは
クラブ。。。L型ブリストルパターを持っていれば
そのパターが一番分かりやすいんだけど、
トップの位置、姿勢を作った場合、
自分の作る「その姿勢や位置」が
自分そのものやグリップの位置を
次にどの方向に行かせたがっているか
どんな重さが掛かっているか 感じて欲しい。
そして、逆に、自分、もしくは自分のグリップを
次にどこに持っていきたいのか と共通するのは
どのトップのクラブ位置やクラブ姿勢なのか
探ってみる方が、練習場でたくさんボールを打って
出る球(弾道)で、スイングの良しあしを決めるより
数倍、数十倍、実りのある練習だと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ボールを遠くに飛ばす
しかも、
 ✋出来るだけ楽に(体に無理せず)
 ✋似たような距離/弾道で
 ✋繰り返せること

を実現化したい
 誰もが願っていることですね

その上で 道具、そしてその重さが
どんな風に役に立つのか 考えてみましょう。

まず ゴルフクラブの構造を確認してみます。
metal
おじさんゴルファー向け
市販のクラブ
(参考*45インチのドライバー)で考えても
重量配分的には
 ヘッド  190g  63%
 シャフト  50g  16%
 グリップ  40g  13%
 総重量 約300g
こんな感じです。

ヘッドが軽い 市販のクラブであっても
先端部、1m10造遼世寮茲法。僑亜鵑鯆兇┐訶瓦硫
が付いている訳です。

ボールを飛ばすのには
確かに ヘッドスピードは関係します。
『ただしく打てる』という前提の上では
ヘッドスピードが 1msの伸びると
約3〜5ヤード距離が増えます。

しかし、多くの方が体験されていると
思うのですが、例えば自分自身であっても
チョロとか天ぷらを除いて
当たり方や弾道によって かなり距離に差があるでしょう。
まして ほかの人となると
自分よりも 「ヘッドスピード」は高くないのに
似たような 「ヘッドスピード」であるのに
飛距離に明らかな差が出たりしますよね。
まあ その答えはロフトの作り方 なのですが
今回はその話は割愛します。

先ほどのクラブの重量配分 を考慮し
ゴルフクラブは 運動すると当然その重さを増します。
人間の受けるモーメントで言うと、単純には
 ヘッド重量 ×
 長さ(含む腕) ×運動速度
移動速度が増すほど ゴルフクラブは重くなります。

5322-21-2015-1一般的なゴルファーが考える
グリップを支点とした
ヘッドを振る動き。
クラブ/シャフトの角速度ばかりを
増やそうとすると
その延長線上の方向へと
どんどん重さが増していきます。
この図のようなイメージでスイングを考えている人は
こういう実験は 支点になる部分が「完全固定」されており
スイングではそれは絶対に不可能 なんだ ということを
ぽっかりと忘れてしまっています。



言葉として「ヘッドスピード」と呼んでいますが
正しくは 
グリップの、
クラブ全体の移動速度

が速くすることを目標にしないイケマセン。




「ヘッド」の速度ばかりを上げようとすると
前述の通り、速度と重さは密接な関係で
ヘッドを振る振り方では
ヘッドを振りたい方向とは全く異なる
90度以上違う方向への重さが増えるばかりで
それは、まるで スピードを上げたい車が
アクセルを踏みながら、
それと同等(同量)のサイドブレーキを
踏んでいるのに近い行為なのです。



そこで今一度 トップオブスイングを見てみましょう。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)ce17f420











このポジション と インパクト時のグリップの位置 を
結んだときに、さてさて
どちらがクラブやクラブヘッドの重さが利用できて
どちらがクラブやクラブヘッドの重さが邪魔

になるでしょうか?
スナップショット 1 (2015-09-05 1-32)

クラブを垂直に立てなければいけない
という訳ではありませんが、
トップでのクラブは ゴルフスイングの中(動作の中)でも
一番軽くなる瞬間で
それは 重さに対する
 クラブの長さが ゼロに等しい状態になる訳で
 クラブ(およびヘッド)の重さ × クラブの長さ
ここが一番クラブを動かしやすい筈なのです。
414

重力・・・という下方向への動きに対し
クラブの重さも利用して 下げて行けるのですから
運動性能に対し なにがしかのプラスアルファー が
生まれる筈です。

 それこそが ヘッドスピードアップにつながるわけです。

そうやって考えてあげると
まあ なんとゴルフクラブの形や重量配分は
見事な構成と言うか 構造に感心することしきり です。


クラブやクラブヘッドの重さを
スピードアップのエンジンと言うか、助力にするか、
それとも筋力でその重さをねじ伏せる 邪魔者にするか、は
おそらく スイングの技術的な部分ではなく
発想によって 分かれるのだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

明けましておめでとうございます
 本年の営業は 1月6日(木)11時から となります
 よろしくお願い致します


ゴルフクラブは テニスラケットや野球のバットと異なり
微妙な量 L型の構造をしています。
445TL-2
また機種や種類によって
その微妙な量は異なり、
ゴルフ用語的には 重心距離や重心深度などと呼ばれたりします
そして それがそのクラブの性格・特性の差異だったりします。

握っている棒とヘッドの重心〜重量の中心点 との差異は
2センチ〜5センチ と色々あります。

しかし 本来
ヘッドに適切な重量があり、
使う人にとって ちゃんとしなる、柔らかさのシャフトを
使っていれば その差異 重心距離や重心深度などは
問題ないのです。

静止状態ではその差異はあっても
運動状態では 重量は一直線上に揃う特性がありますから
自動的にそれは消され
打ち手は その差異を気にせず 棒そのもので打てば
そこに打点 重心位置が来るようになっています。

ですので ヘッドの大きなドライバーと
本当はお勧めできませんが、
重心距離が大きく異なるアイアンと併用しても
自動的に その差異は自動的に解消されるようになっています。
 ✋✋✋シャフトが柔らかければ…ですが。

セット間に重心距離が違いが少ないものを使う方がよい・・・
のは 打ち手が感じるクラブの重さが
超重心距離や深重心深度のモノ方が重く感じるためで
クラブの短いモノの方が 軽く感じるのはあまり良いことではありません。

シャフトの硬さ・柔らかさが適切であれば
そのズレ 重心位置や重心深度のずれを無視して
棒の延長線上で打てば良いのです。
 本当は。です。


しかし しならないモノを使う場合
打撃するのに そのズレを計算しておかなくてはなりません。
機種による差もですし、
アプローチなどでは その動かすスピードによってもです。

ですので フルショットでは大丈夫でも
ハーフショットのアプローチなどで
そのずれがより発生し辛いので シャンク が出たりします。
✊スピードが高ければ 十分なトゥダウンが得られます


そして ゴルフクラブの構造のすごい所は
 シャフトにしっかりした剛性がある限り
シャフトがいくら柔らかくても そのトゥダウンは
その重心位置のズレ分しか起こらない のです。
IMG_8497

機種による違いなどを全部飲み込むことの出来る
 そのシャフト本体の機能/シャフトの柔らかさ は
ゴルフをかなり簡単にできます。
オートマチックに 打点が同じところに来る
しかも それは重心位置 という
ゴルフ用語でいう ヘッドの芯 なのですから。

それを利用としない打ち方では
常時 そのズレ/差異を意識しておかねばならず
かなり複雑になります。

また ヘッドを返すような打ち方では
そのずれを解消するような シャフトの動きになりません。
逆に 重心位置・重心位置の数値的なズレ以上に
ズレを考慮しておかねばならなくなります。mh


 そのオートマチックの機能を消す、しならないシャフトを
わざわざしならせ、ねじって使うのはいったい何のためなのでしょう?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 明けましておめでとうございます
 本年の営業は 1月6日(木)11時から となります
 よろしくお願い致します

1W 10.5度 T社  SR
5W  19度  メーカー純正S
4U 21度 C社 GS95/S200
5I 24度 T社 NS950GH/S
W 52度 56度 F社 NS950GH

IMG_0069

ざっと 書いてみたところ
このようなクラブを使っていらっしゃるゴルファーが
自分のセッティングが良いか どうか ネット上で
質問しているようなモノが有ったのだけれど。。。

質問したい気持ちもとっても分かります。
ゴルフクラブは決して安価な代物では
有りませんし、自分のセットが間違っているか
不安に思う気持ちもあると思うのですけれど

ズバッと言ってしまうと
セッティング って言葉の意味が違うと思うのです。

どこどこメーカーの Sシャフトと言っても
それを どのような状態でクラブに組み付けてあるか
185gのヘッドの付いた 46インチなのか
200gのヘッドの付いた 44.5インチなのか
それによっても 全く違う味付けですし
30mmの重心距離に付けられているのと
42mmの重心距離に付けられているのでは
同じ状態と言えません。

それぞれを目隠しで打ち比べをした後、
「これは 同じシャフト 同じ硬さを使っています!」
「だから 同じセッティングなんです!」
と言われても、殆どの人が首を傾げると思います。
IMG_0070
同じ土俵で語られるのに、疑問符が付くのが
スチールシャフトとグラファイトシャフトです。
スチールとグラファイトでは明らかに
ヘッド重量基準が全く異なります。
最近のグラファイトはスチール気味のバランスの方が
経費も安くなるので、そちら気味になって来たとは言え
単一素材で作られているスチールシャフトは、
それソノモノの先端が重く出来ています。

細くなり、負荷のかかり易い部分を補強しなければ
壊れてしまうからです。
グラファイトシャフトは、先端を重くしなくとも
素材を変えることによって
先端の補強することが可能です。
故に、スチールは先端が重いモノが多く、
同じスウィングウエイトを作り出すのには
装着されるヘッドが軽くなる のです。

それぞれ、種類によって異なりますが
その差は 20gから30gにまでなります。

その差は決して少なくありません。

ウッドにグラファイトを装着、
アイアンにスチールシャフトが装着されている
セットを使っていると
長いクラブの、大きなヘッド、
重心距離や重心深度の深い 重さを感じやすい
ウッドやドライバーほど、ヘッドが重く

重心距離や重心深度の短い、クラブも短いモノ
アイアンほどヘッドが軽くなる

というのに 違和感を感じる筈です。

これを シャフトのフレックスや名称などの
字面だけで セッティングするのは
セッティングとは言わず、バックの中の見栄え
と呼ぶのだと思います。

セッティングの基本は、上手、下手に限らず
違和感を感じる、その感じること なのだと思います。

車でいうトコロの
4輪のタイヤのサイズだけ 合っていれば
良いのか というと、セッティングとは
アライメントとか、サスペンションなんかも
含めた クルマの総合バランスを指すのだと思います。

上手でないから、そこは感じない
どうでも良いと言うのは、間違いの元です。

ある程度、バランスのとれた、互換性
整合性のあるクラブでゴルフを覚えるのと
一本一本バラバラのクラブで覚えるのでは
同じ未来にはなりません。

多くの方が ドライバーだけ上手くいかない!
フェアウェイウッドが嫌い! とか
バンカーが苦手! などと言う 長年のイメージ
というか レッテルみたいな部分の多くは
整合性の無い クラブによって作り出されています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転でクラブをターンさせるメリットは
😊 手 よりも疲労に強い(ラウンド中の変化)
😊 フェースやロフトの動きが緩やか(安定度)
😊 クラブの基礎構造を敵にしない(ヘッドの重さやシャフトが使える)
😊 手 でターンするよりも カラダを傷めにくい
😊 手 で振るよりも アプローチ を苦労し難い
😊 手 で振るよりも フェアウェイウッドを苦手とし難い
…と結構数多くある訳ですが、
 かと言って、『手を殆ど使わずに
 カラダだけを廻せば 可能』と言う訳では無いのが
 意地悪なトコロで、
 手振り、手打ちを辞めようと思っている人が
 陥り易い罠だと思います。
2021-12-06_22-21-54_Moment2021-12-06_22-21-54_Moment(3)






また、手の動きをおとなしくすれば…
 と考えガチ ですが、…問題の解決にはなりません。

というコトで
 手で振っている、手でクラブをターンしている方が
 からだの回転で‼ のヒント、考え方を。

例えば…ですが、今はやりませんが、
バケツで消火するとしましょう。
右で組んだ水、もしくは渡されたバケツを
反転 180度向きを変えて 水をかける。
✋コレ からだの回転なんか 考えていませんよね❓
 手に持ったバケツ
 そして、バケツに入った水 を考えています。
X785454_3L1
遠心力を使うと… 水の入ったバケツは「飛びます」
 次の回に バケツがありません。
遠心力を使わない とは言いませんが、
 バケツに入った水、その面をイメージするでしょう。
 消火しなくてはいけませんからね。
スイング動作も結構、ソレに似ています。
 トップ、の位置の水の面 と
 水をリリースする時の 水の面 は近いですよね。
 水の面を 自分に向けてしまったら
 バケツは投げれますが、水はかけれません。
バケツは振りますが、振り子 にしたら
 水はリリースできません。
バケツを手でターンさせたら…
a000874205_06自分に水がかかるかも 知れません。
手でバケツを支え からだの向きで… 
であっても 水面を考えていないとダメです。
クラブもリリースも大変似ています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


練習場でのショット比率のデータがあります。

ドライバーショット 19%
アプローチショット  24%
アイアンショット  33%
フェアウェイウッド  10% 
(含むユーティリティ)
Rさん バルブは開ける方向にお願いします_Moment

あくまでも…色々な人の平均値ではありますが
 だいたい 想像通り…なのでは無いでしょうか❓



フェアウェイウッドは難しい…好きじゃない…
 と思う人は少なくないのではないか、
と思います。
長い距離を…期待を込めて…
 で失敗すると痛手が大きいですから
 そういう印象になりガチ…なのは確かでしょう。

✋➀もっと フェアウェイウッドの練習をしましょう
 (人によって前後しますが)ある年齢になってくると
 コースでの フェアウェイウッドの使用率、使用頻度、
 がグンと上がってきます。
 ゴルフは ウッドとアプローチ次第 になって来ます。
 ゴルフスイングの練習にも
 しゃくり打ち、煽り打ちがまず ダメ ですので
 とても良いのです。
 スイングの練習 であれば、フェアウェイウッドでしましょう。

411-6_small


✋➁チカラ加減❓ 振りの速度加減はみな同じ

例えば…ですが、7番ウッド
 アイアンでは3番か4番の距離に相当しますよね。
 では、7番ウッドでなく 3番4番アイアンを打つとしたら
 どうでしょう❓ フェアウェイウッドの方がやさしいですよね
 7番ウッドの距離、それに 高さ、
 特にその高さを 3番4番アイアンで打てます❓ 辛いですよね。

フェアウェイウッドではなく ドライバーの例え をします。
 ものすごく だいたいですが、
 PW、もしくは 9番アイアンの倍位の距離を
 ドライバーは打てます。
 具体的には PWが100ヤードだったら
 👉ドライバーは200ヤード位です。
 では そのピッチングウエッジで200ヤード打て‼
 と言われたら 非現実的、不可能ですけれど
🙄それこそ 倍位振らなければなりません🙄🙄🙄

✋そうしなくて良いように 番手があるのです

 フェアウェイウッドには 9番ウッドや11番ウッド、
 機種によっては 13番ウッドなんて言うのがあります。
 便利そうですよね。

 11番ウッド…のロフト角度は 27〜30度位です。
 アイアンで言うと 6番.7番アイアン前後の距離でしょう。
◌誰かが11番ウッドを持っていて 面白そうだから
「ちょっと借りて 打っていい❓」  と打つとすると
 強く打たないで、まるで11番ウッドを舐めてかかっているように
 やさしく、柔らかく(ニュアンス)打ちますよね❓

✋3番ウッドも、5番ウッドも それと同じように打ってください✋
 そういう風にゴルフクラブは出来ています。
なんだか…感じるのですが
◌ピッチングウエッジ⇒7番アイアン⇒5番アイアン
 ⇒7番ウッド⇒3番ウッド⇒ドライバー
 とクラブが長く、ロフトが立ってくると
 強く振る、速く振る 気配が高まっている気がします。
普通の打つショットは ピッチングウエッジも
3番ウッドもドライバーも全く同じです。
同じに振って 距離差が出るように出来ている…のですが、
まるで ピッチングウエッジを持って 倍振るような
そんな気配を発している人が少なくない気がします。
image03b

✊フェアウェイウッドはどれも距離の違う11番ウッド^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:最近、ゴルフを始めました。
 パワーに自信はあまりありませんが、
 マッスルバックは使えるでしょうか❓



店主:ゴルフの世界へようこそ
820_13

 世に信じられている
 マッスルバックの方が 重心が高い(高重心
   ✋重量の中心点の位置が高く、
    ボールが上がる作用が働き難い
ボールが上がり難い
 マッスルバック「の方が」重心が高い、 というのは
 機種にもよりますが、 真っ赤な嘘 です。

 思っているよりも重心はたかくありません

 ただし、マッスルバックは総じて 寝ているロフト構成
 キャビティの飛距離重視アイアンでは
 7番で24度…はやり過ぎ としても
 7番は30度より立っているモノも沢山ありますが、
 マッスルバックは 7番 36〜38度 と
 単純に、ロフトだけで言えば 二番手分位寝ています。

 本来のゴルフクラブの使い方 からすれば
 インパクト時の、スイング時の ロフトの立て は
 ヘッドの重みとシャフトの柔らかさ で 作り出される
のですが
 元々のヘッド重量は軽めの上、重心距離も短く、より重量効果は薄く、
 その上、マッスルバックを使う人が 柔らかいシャフト
 柔らかめのシャフト の真逆、硬め、
 超オーバースペックを選ぶ傾向が強く、
 クラブの機能ではなく 「打ち手の技術」によって
 ロフトを立てて打つ必要性が高く
なります。

 ソコが出来ないとなると
 マッスルバックは ただ
ポッコーンと上がるだけのアイアン
 になってしまう可能性があり、
 自分の技術によって ロフトを立てられないとなると
 そこは スピードで誤魔化すしかない と言う意味合いでの
 パワーだと思います。

IMG_0504

 一方、ロフトを立てる とは逆の 矛盾する理由ですが、
 
マッスルバック が 使われる、
 そして、概ね パワーのある人向け の傾向が強くなるのは
 マッスルバック〜キャビティの バックフェイスの構造ではなく、
 それに伴う ソール部の厚み(奥行き)、形状が理由
です。

 キャビティバックアイアンに比べると
 造りとヘッド重量の関係から マッスルバック形状のアイアンは
 ソールが薄くなります。(アイアンそのものの厚みがない)
IMG_0727

 キャビティのアイアンでは ソールに厚み、奥行きがありますので
 下手に ロフトを寝かして入れてくると
 ヘッドが地面と接触、ソールが尻もちを付いてしまい
 上手く当たりませんが、
 (逆に 少しの寝かしは ソールによって補正されます✋)
 ソールの薄いマッスルバックは その邪魔する部分が少ないが故に
 ロフトを寝かしたまま、でも ボールを打つコトが可能 で
👉ロフトを寝かしたまま 打てば
 ショットで言えば ロブショットのようになって飛ばないか、
👉やり(開き)過ぎであれば 上がらず 抜けたような球 に
 なるのですが、
 パワー、スピードがあれば そんな球でも前に進めます


 マッスルバックとパワーの関係は
  その部分が少なくない、むしろ殆どのような気がします。
 悪い言い方をすれば 良くない使い方もパワーで解決できる、です。
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(3)
 現代のゴルフクラブ事情から
 「ドライバーの飛距離」を無視出来ませんから
 そのドライバーの飛距離性能を引き出す為、にも
 そういう アイアンの振り方は お薦めできません。

 キャビティ… ソールの奥行きの有るモノ を
 自分に適切な『シャフトの柔らかさ』で使い、
 ドライバーの特性を引き出し、
 ドライバー、アイアン、相互に上手く打てるコト
 そちらを重視した方が 賢い ような 気がします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


最近、多く見かけるマレット(かまぼこ型)タイプ、
  …昔はマレットをかまぼこ型って言ったんです。
   おそらく マレットタイプが認知された頃の
   代表作ゼブラ社のマレットがそういう形、
   をしていたから だと思います。(40年前)

特に 最近の奥行きの深い〜重心の深いマレットタイプは
その 最大の売り である重心の深さが弱点になる のです。
スナップショット 1 (2016-11-24 20-30)

マレットタイプは
 見た目の大きさとは違い、 ヘッドが思ったより軽いコト、
フェースバランスを取るため ベント、曲がったスチールシャフト
 などが装着しているコト(運動する部分が少ない)によって
 よりヘッドが軽く感じるコト、
 などによって 
ヘッドを多く動かしガチ
 早く動かしガチ
 になります。


機械では真っ直ぐ引けるのですが
人間の場合、テークバックでヘッドを動かし始める時
ヘッド…ですが、無意識にフェースを意識して指導し始めます。
また 多くのタイプは クラウン上 に
 視覚的にヘッドを「真っ直ぐ引かせるコトを誘導する」ライン
 存在するのも 良かれ悪かれ です。
✋個人的には この妙なシンメトリー性が
 他のクラブと あまりに一線を画した感じがします。

マレットタイプは重心の位置が深く、

その位置がモノによっては
 3センチ近くもズレたところにあるコト、
から ヘッドを真っ直ぐ引こうとすると
 重心位置が外に膨らんだり
 フェースが左を向こうとしたり します。
スナップショット 3 (2016-11-24 20-31)スナップショット 2(2016-11-24 20-30)




早く、多く動かし易いコトもあり、
 テークアウェイで外に膨らみ易いが故に

それを修正しようとしますから
 外から内への8の字ループになってしまいます。
IMG_1412

これで問題なのは
機械は8の字ループを描きませんが、
もし描いたとしても それを繰り返すだけです。
ところが 人間の場合
 それを良しとしませんから
ものすごく気にしながら テークバックを取ろう
 特に 動き出しに神経を使わなければいけなく なり易いでしょう

IMG_1359

一般的な 日本のトーナメントプロ の場合、
ほぼ毎日 パットの練習に数時間費やします。
試合中も 夜はするコトが少ないですから、
ホテルの部屋にパターを持って帰り
 夜な夜な打っている訳です。
通常の打撃練習頻度、量もすごいですけれど
それを上回るような パッティングの練習をしている・・・
そんな 機械作業のようなストロークの出来る人向け
 なのが マレットタイプ…と言う気がしてなりません。




機械作業の苦手な人、
感覚が最優先のパッティングの人にとっては
イップス誘導機のような気がしてなりません…。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ