◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 投稿レポート


長らく待っていた悶絶クラブがやってきました♪
IMG_0624
早速、練習場に慣らしも兼ねて持って行きましたが、
初回は 従来の打ち方から抜け出せず
ダフリ、トップ、シャンクの佃煮から始まりました。

そのダフリ、トップがまずは 当たり損ねのスライス になり、
高さが取れたHighスラになり、徐々に掴まり始めました。

ちょっと夢中になり、昔のように連続で練習場に通いましたが
今、振り返ってみると、
 あれ⁈ 練習すると肘とか腰とか痛くなる筈。。。。。。
だったのが なんともありません。
やわやわシャフトのお陰なのか、ヘッド重量のお陰なのか
よくわかりませんが、ゴルフショットでの痛みからは完全に開放されたことに
今になって気づきました。

流行りのT社のクラブを購入した友人と一緒にも練習に行き、
無理やり打たされましたが
ワンショット、ワンショットが怖くて仕方ありませんでした。
ヘッドが軽く、シャフトが硬いと
 こんなにも歯を食いしばって振らないと
同じ距離が打てないというのは
 比べてみると初めて分かります。
マン振りとはよく言いますが、
マン振りしないと ちゃんと当たらないし、飛ばないのです。
こんなに振っていたら コースではもたないのがよく分かります。
358101-1
初めて手にしてから 冬を経て3か月半でコースデビューをしました。

結果、スコアはいつも通りではありましたが、
 段違いなのは ラフとバンカー です。
これはヘッド重量なのでしょう。
振らなくても距離は打てるというのが一番体感出来ました。

パッティングも慣れさえすれば距離感がとても安定しやすいです。

右向き不足が頭を出すと スライスも出たりしますが、
そこに意識を持ちさえすれば、万年スライサーだった私が
それを脱却するのは難しくなさそうです。
生まれて初めて ですが、コースのドライバーショットで
ドローボールもどきっぽい球も意図せず出たりもしました。
火の出るような当たり、と言うわけではないようですが
かなりランが出るようで 最長不倒距離も更新しそうです。

アプローチで従来は上げるショットばかりだったので
その点においては今も苦しんでいますが
その課題を克服し、ランニングを主に取り入れれば
スコアも伸ばせそうです。
IMG_0491
ゴルフクラブに対し、あまり頓着のなかった私ですが、
クラブによってこんなにもいろいろなコトが変わるのか というのは
少々驚きでもありました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     

 

さて今月もお世話になりましたHBSゴルフセミナー

今回は動画が先にアップされたようですけどもいかがでしたでしょうか?

 

このビフォーアフター動画

まだ完成ではないですが、3回目のセミナーを受けている最中撮って頂いたものです。

スローに加工してくれていますので、ふたつの間違い探し

違っているところを見つけてみて下さい。

 

 

自分の中で注意している点は

トップからまず最初に動き出す部分(箇所)と時間です。

それが結果的にダウンからフォローにかけての動きを造ります。

 

意識しているその部分はグリップ部です。

そこを運動のスタートとしています。

 

トップを形成できたとします(まだ習得中なのでここがスタート)

ここでクラブから受けている重さの方向へと

腕がうこきだし

肘が伸ばされ

手首が動かされシャットフェースになります。

 

ここでの私の失敗談は

腕を動かしているつもりが、肩(両肩)だったという点

肩が動いてしまうと以降の展開が台無しになってしまいますので注意しましょう。


IMG_0496_Slomo_Moment
IMG_0398 (3)_Slomo_Slomo_Moment




 

次に時間

右向きが残っている状態の間で行ってしまわなければなりません。

これは文字どおり

 

ですので、その時間をわずかにでも超えてしまうと

もう振り遅れ

HBS用語ですと「手遅れ」となります。

もし遅れた状態から

何かしらの作業をしてボールとヘッドがうまく当たったとしてもそれは意味がありません。

ゴルフクラブの機能がでてこないどころか、そのうち体も悲鳴をあげてしまうでしょう。

 

これはセミナー前の動画を見てもらえれば一目瞭然だと思います。

 

で、、

このセミナーは本気のスイング改造

となると、超違和感を乗り越えてグリップを見つめてみるのが一番はやいかも

これも毎回言われてたにもかかわらず、、、

私は今回まじめに意識が向きましたm(--)m

 

 

 

 

あと最後に、、、

この動画の後、レッスンは続きました。

で、そこでホントこんなの初めて♡

の体感を頂きました。

 

その内容が気になる方は

遠慮なくこちら ハミングバードスポルテまでお問い合わせくださいませ!(^^)!

 

それぞれのビフォーアフターが出来上がる!!

、、、かもしれません(笑)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

スイング大改造セミナー

その名のとおり、大改造がありましたので書かせて頂きます

連日HBS文面でなくてコメンなさい

 

2回セミナーを受けさせてもらって

各パーツというか、スイングを形成する部分は説明もらいました

 

それを踏まえてボールを打ちながら感じたことを書いたのですけども

今回は動画補講がありましたので、その2としてその内容をご紹介です

 

まずは自分の動画を撮ってもらいます

その場で編集してくれますので、それを分析していきます


IMG_0447_Slomo_Moment(2)IMG_0447_Slomo_Moment





多くの場合、ここで愕然となると思います

わたしは自身の動き(感)と映像との違いにショックでした(笑)

自分を見たくないという場合は強制しませんが

 

大改造

 

を望むのであれば、避けては通れないものです

 

で、その後先輩動画を見せてもらいます

単純にはその差、違いを見つけていくのですけれども

かなりのショックを受けた後ですので、さらなるショックは覚悟しておきましょう

 

しかし照らし合わせていくなかで必ず気づきがあります

そういう意味では何回かのセミナー後に動画講習を受けた方が効果的かも

 

ああ、あのアドバイスはこういうためのものだったのか

とか

この部分を修正しない限り、この動きはできないな

とか

 

セミナーを受けているのといないのとで理解度が変わってくると思います

 

そこで今回得たモノは、、、

 

「天と地がひっくりかえる程のスイングです!!」

スイングサンプル_Moment(2)スイングサンプル_Moment(3)








これまで〇〇から離れていたグリップが近づき

開いていた体が向きを保ち

クラブ姿勢の変化が少なくなり

ボールをつぶせる準備が整いました♪

 

それに伴い、頭の中でばらばらだったアドバイス内容が見事につながり、、、

 

もうね

その時は興奮収まらない自分にちょっと恥ずかしくなりました(笑)

 

それは付け焼刃のものではなく

その場しのぎに当てるだけのものでもない

 

「根本原因をつきとめる」

 

根っこのものでしたから少々ご勘弁ください

(その時の店主は完全に呆れ顔でしたが、、)

 

繰り返しになりますが

HBSスイング大改造セミナー」

恐るべし!

 

お得な回数チケットの購入をお勧めいたします!(^^)!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

 

 

「第2回 スイング大改造セミナーにて」

 

25(火) 午後2時から

場所:ハミングバード 横須賀店

に参加させて頂きました!(^^)!

 

前回から約1か月

さて今回はどのような内容で進むのか

楽しみにしてやってきました♪

 

スイング・クラブの話は勿論

参加者の方との交流やそのレッスン風景を見させて頂くのが結構勉強になってですね

時間もあっという間に過ぎ去ってしまいました

 

で、今回も数多く気づかせて頂いたのですが

その中でもビックリした出来事(現象)がありましたのでご紹介させて頂きますね♪

 

「トップからクラブ(ヘッド)の重量を利用して腕を動かせる」

 

ベテランの方々にとってはふんふんとなる言葉

新鮮さはないかもしれません(笑)

 

そこで、、です

 

「どこへ腕を動かせますか?」

腕を肘と置き換えてもいいかもしれませんけども

ここ とか この方向 とかがあったとして

「そしてそれをどのタイミングで処理しますか?」

です

 

これが合ったとき、、、

タイミングという言葉でいいと思うのですが

わたしは初体験のスイング体感ができました

 

体感はよくないとは思うのですが

背面向いたまま

右向きのまんま当たった感じでした

 

おおよそボールとヘッドが
コンタクトするはずないであろう位置関係で当たったのです!

言葉を変えると

ハミングバード店主ブログが体感できた!!

です


 

まぁ〜〜〜気持ちよかった♪


 

この後理由も説明してくれたので、さらに納得

これまで振り遅れ(かなり)ていた状態が、回転と同期したことによって

振らない状態が作れ

結果的に正面で打つコトができ

クラブ(ヘッド)も結果的に下を向き

体もそれにつられて移動、回転も始め

いつの間にかフィニッシュ

、、、とすべてが結果として訪れる

 

ちなみに使用クラブは7番アイアンで

シャフトは現行最もやわらかシャフトです

 

当然重い訳ですけども、調子に乗って

「重さに委ねる」

なんて言葉を頂いて♪

 

2回目にしてなかなかの成果です

HBSスイング大改造セミナー」

おそるべしですわ

 


IMG_0447_Slomo_MomentIMG_0447_Slomo_Moment(2)IMG_0447_Slomo_Moment(3)





   △泙任藁匹ご兇検ΑΑΔ覆里法,覆次,修譟  BY店主





〇よっちゃん メモ

グリップ こぶしを作らない

 

スタート始動 方向がすべてを決める

 

背面打ち(感覚)

 

右腕が伸びてから回転

 

委ねる左半身の動き

 

逃がす左ひじ

 

逃げが距離感

 

 

次回の課題

1m練習 特効薬

グリップ漢方的治療

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
    【投稿記事です】


改造計画
技術、その前に・・・現状を丸裸にしてくれ気づかせてくれる

ねじれた脳をほどいてくれる

脳ミソ筋肉な状態を弛緩してくれるお店に行ってまいりました(^^)
IMG_0401 (2)_MomentIMG_0398 (2)_Moment











こちらにとっては非常に有意義な時間で、
参考になるかどうかはわかりませんが、
順次ご報告させていただきます。

おかしな部分は訂正が入ると思いますので。

後になってしまいましたが、
こちらの事情で入るのが遅くなりご迷惑をおかけしました事をお詫び申し上げます。

・脳ミソ筋肉な状態とは
尋常ではない球数による反復練習(訓練)により、
へんてこりんな動きが条件反射となってしまっている。

変な表現ですが、
反復練習によってまがいなりに打てる(打ててしまう)わたしは
形、型を聞けば、すぐ変わると思っていました。
それで当たると自分では出来たとなります。
聞いたことを体に命令する能力マネは非常に上手なわけです。

文字どおりマネですので
本物には一生なりえないわけで、
そのまま見ただけ、聞いただけでは
無理なことを気づかせてもらえました。

・この日の流れ現状そのままの状態で動画撮影
変更内容を実技を含め、講習
その後再度動画撮影その様は見てのとおりですが、
時間にして1時間ほどこの短時間でのアフター動画の変化に驚きました!

何が驚くって、見た目に変化しているところが
全く違う部分の意識で変わっていたこと

このような変化を生みだせるのは日本でここだけでしょう!

まさにおそるべしです!!

(さらに驚く動画があるとか、ないとか)

帰りの車中では
当然のごとくその出来事が頭の中をぐるぐるよぎります。
そこで行き着くのが、
自分なりに解釈するというと言葉はきれいなように感じますが、
単に都合がいいようにしているだけだったなあということでした。

しかし今後、人間にとって美しい動きを
クラブが受ける重力利用で身につけることが出来れば、
ゴルフを通じてまた新しい道が開けると確信しています。

IMG_0339


備忘録    ☆よっちゃんメモ

・グリップは指に引っかかるだけ

・四肢の使い方 まずは太ももを使ってきちんと右を向く

・クラブの重さで右ひじを伸ばす 
 その際、右掌が地面を向く(フェースが地面)右掌で左掌を押す

・そこから左肘が曲がってグリップが出される
 左わき腹(左肘とわき腹の間)方向

・動きを止めなければ腕と同調した体が左足重心で正面になり

・さらに止めなければ、インパクトが通過点となり左回転によるフォローとなる



万歳!!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 


ハナちゃん(仮称)の今の悩みは
この間 キャディさんに言われた
「無駄に高い球」になってしまうコトです。

距離は・・・飛ぶに越したことはありません。
不満足と言うほどでは無いのですが、
結構な頻度で出てしまう「無駄に高い球」で
距離を損しているような気がしてなりません。

そこで 噂に聞いている
 横須賀の黒い沼を訪れてみました。

そこには 悩みを解決してくれるという
 黒い太ったガマガエルが住んでいると聞きます。
     *美しい女神とは口が裂けても言えそうにありません……

黒い沼の前で ハナちゃんはつぶやきました。
「無駄に高い球を嫌ですが、
今年 腰を痛めたので 腰が痛くならないように打ちたいです」、
と。

すると 沼から 異様な風貌のガマガエルが表れ
幾つかの課題を授けました。

video before_Momentvideo before_Moment(3)














.悒奪匹噺世重たいモノを放置して打ちなさい。
 その本当の意味合いを考えてみなさい。
 自分では ヘッドを振っているつもりではないが
 その実、ヘッドばかりを振ろうとしてはいないか
 自分でヘッドに「弧を描かせて」いないのか

 ヘッドの重さは 運動とともに増えます。
 その重さは 切り返しの早い段階で
 グリップを移動させるのには使えますが、
 へっどのそのものは グリップを動かすコト でしか動きませんし、
 その移動量は
  グリップの移動 マイナス ヘッドの実質的な重さ(運動で加わる量の積算) です。


遅い、速い、飛ばす、飛ばさない、
 フルショット、アプローチ、パターに限らず
 ボールに当てる 届かせる のは からだの回転 です。
 ,力辰箸盒δ未靴泙垢、ボールを体の「横」回転で
 向きを変える動きで 当てる、届かせない。

 それを念頭に 腕と体を動かす順序を考えなさい。

 とかく 上手くいかないと ヘッドでボールを探りたく
 ヘッドを動かして何とかしたくなりますが、
 そこは ぐっと我慢して 体の向きでボールに当てなさい。

 ヘッドでボールを探ってはダメです。


ボールを打つ と言う行為は
 ロフト という角度を使って
 ボールの逃げどころを塞ぐコト
 です。

 もしも ロフトが 0度・絶壁・垂直 であれば
 ボールを地面に埋めるつもりで 打つのです。

 ✋この意味が通じるか どうかは これから次第 ですが、
 『ボールは弾いて打つ』モノではありません。
 自分の体全体の 大きな動作速度 が
 ロフト角度によって 距離に変換されるモノ であって
 インパクト付近の急な加速・・・というか
 伝わりにくいかも知れませんが、インパクトの強さ で
 造るものではありません。
 ✊どちらかというと フェースを地面に押し付ける
 その間にボールがある感じです。

video after_Momentvideo after_Moment(3)














ぅ皀里鮖つ というコトは
 そのものの重さ分 腕に引っ張る(上げて)いないといけません。
 ダウンスイング以降、腕も体もその運動分だけ重くなるので
 その基になる、腕の生えているからだと同期して移動させるには
 自発的に、積極的に、そして 先に 腕(上腕)
 特に左上腕で 動かしていないと 結果的には同時になりません。

 これは タイミングや体の姿勢との絡みで
 そのかみ合っている歯車のコマを 少しづつ 少しづつ
 ずらす必要がありますので、少々時間がかかります。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

  
 


35
悶絶なって この2年程 振り遅れない為には

 その準備が肝要との教えより

バックスイングにて グリップの軌跡よりヘッドの軌跡が前 を

 そして アドレス時のグリップの位置より

グリップが前に出ない ことを 頑張って来ました。

 

それなりには 打てる様になって来ましたが

 打撃ロスが未だ未だ ある  との感を抱いており

 常に 店主のバックスイングとの映像比較を行なっておりました。

店主のバックスイングは シャフトの長さが変わらない。

と言うことは クラブヘッドが 常に 体の幅の中にある。

即ち クラブが上がっている。

クラブが寝ていない。

捻られてもいない。

なので ダウンで余計な動作が不要となり

 打撃効率がアップする。

即ち 所要の距離を打ち易い。

 

また 先日 訪問時の

バックスイングのスタート 右肩前側を後ろに引く

との教えもあり

 バックスイングの変更(改善)を 行ったものです。

 

シャフトが後ろ側に倒れ無い様にも留意しました。

 tksswing_Moment(2)tksswing_Moment








バックスイングの真似事は出来ているとは思うのですが

 これまでのバックスイングは

 クラブを横へ動かす動作が あって

この動作を利用して ダウンスイングしていたこともあってか

 中々 上手く 打てない。

反動がない。使えない。

 

上手く打てた時の

弾道の美しさ 飛距離  そして振り遅れ感の無さ は

 これまでと全く異なるものでした。

やった感が 全くありませんでした。

やった感が無いので 何をやれば良いのか 解らない。

矛盾と言うより 相克の戦い。

 

今後 このバックスイングでラウンドします。

実践で どこまで やり通せるかわかりませんが

 楽しそうであることは確かです。

 

悶絶は 楽しい!  ですね。



 店主:(^_-)-☆楽しんで頂いて幸いです。

テークアウェイ時での留意点 というか
テークアウェイは “何の” ために どう考えたらいいか
というと  やはり 振り遅れ を事前に防ぐ、
もしくは 出来るだけ少ない振り遅れで済むように
しておく方が 後々楽 です。

振り遅れを取り戻すスイングは
あまりに複雑、高速の為 確実に繰り返すコトが困難で
ラウンド中ですら同じ感じを維持できません。

tksswing_Moment(3)


振り遅れ…の基準は 体の向き、骨盤の向き、秀二の向き です。
それが グリップを動かし、ヘッドを動かすわけですが、
長いモノ、重いモノは 動きたがらないのが原則ですから、
その 秀二の向きと同軸線 同進行の動きの量よりも
腕の動きや運動量、ヘッドの動きが多ければ〜道のりが長ければ
 この時点で振り遅れは確定です。

グリップエンドを軸の支点動作は 遅れの元 になります。

スイングは 体が回るから結果、円を描くのですから
グリップエンドを支点とする動きは不必要。 支点に相当するのは背骨なのですから。

そういう意味では とても進化の見える
 目に優しいテークアウェイになっています。


次なる課題は
 ダウンスイングで 左腕が長くならない使い方
 👉そのためのテークアウェイを考えてみて下さい(^_-)-☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年のスコットランドは、ターンベリーで締めくくった。

 

15日にAilsa チャンピオンコース、16日はグラスゴー15:20発のヒースロウ行きに間に合うように早朝7:32分にティタイムをセットしてもらった。コースの名は、”King Robert The Bruce” チャンピオンコースと引けを取らないタフなコースである。 途中でコースを間違えたりしないようにキャディを雇った。

 

キャディの名はフランク。コースから歩いて5分のところに住んでいる。子供の頃からこの近くの住人で、10年前くらいから今のところに移った。スコットランド人特有の人懐っこさを持った典型的な地元民だった。

 

丘の上のホテルでグルテンフリーのイングリッシュブレックファーストを食べて、ロッジ戻って顔を洗ってから1番コースに向かう。今日は風が強い。昨日のスタートの時も、チャンピオンコースのスターターが「アゲンストの時はプラス3番手、フォローの時はマイナス3番手」と言ってたが、少しオーバーな言い方だなと思ったが、途中で思い知らされることになった。今日は昨日よりもさらに強い風だ。

 

フランクと挨拶を交わして、ティショットを打つ。朝の始めはこの緊張がある。「悶絶」にしてから8年、かなり当たるようになって来てはいるが、スタート時には未だに確信が持てていない。今朝は幸いにして無難なスタートを切った。スタートは良かったが、2打目をラフに入れてしまい、そこから次のホールをホールアウトするまで、良いあたりにならなかった。

 

フランクは最初から少し妙な雰囲気だった。何かを私に言おうとしているが、遠慮しているような感じがする。やはり私の乱調を目にして、遠慮してたようだ。3ホール目から当たりが戻って来て、なごましい雰囲気になって来た。すると、フランクが私のドライバーを左右に振ってシャフトの柔らかさを確認して、ニコニコ笑いながら、「こんなクラブ初めて見ました。あなたが作ったんですか?」

「いや、クラフトマンに作ってもらったんだ。ものすごく柔らかいでしょっ?」

 

それから良い当たりが多くなって来て、自分でも気持ちのいい思いをしながら楽しいラウンドとなった。物凄いアゲンストの中でも吹け上がらずに、グリーンに向かっていく。やはり「悶絶」にして良かった。しかしちょっと気をぬくと体が先に開いてしまい、擦り玉が強烈なアゲンストで強調される。

 

私の当たりが良くなってくると、フランクは「エクセレント!パーフェクト!」と褒めてくれる。

私も調子に乗って、ハミングバードで教えてもらった、『グリップを止めずに、グリップから動かす』という事をジェスチャを加えて講釈する。「ヘッドに仕事をさせている。」と彼は言ってくれた。

 

 

 

フランクはとうとう我慢できなくなったらしく。「ちょっと私にもパットをさせてください。ボールを貸して。」と言ってパターを試している。ニコニコ笑いながら、首を振って「こんなの初めてだ。」を繰り返している。

 

ホールアウトして、握手をして時計を見ると、9:49だった。何と2時間と7分で18ホールを回ったとこになる。「私も20年キャディをやっているが、こんなに早いのは初めてだ。あなたは素振りもしないから、ものすごく早い。ターンベリー”King Robert TheBruce”の記録だよ。」と個人的に認定してくれた。

 

クラブハウスに戻ると、フランクはレセプションの仲間に声を掛けて、「今日は珍しいものをみたよ。これを見てくれ。」と私のパターを見せている。すると中の1人が「ちょっと試させてください。」とカーペットの上でパターを使って「何だこれ?」と笑っている。するともう1人奥から出て来て、ニコニコ笑っている。途端にレセプションは笑い声でいっぱいになった。

 

 

この後「悶絶」はフランクや彼らの友達の間でしばらく話題になる事だろう。

「この間クレイジーな日本人が来てね、そいつの持っていたクラブが信じられないくらい、ヘニャヘニャシャフトなんだ。」

「驚いたねー。」

「あんなの初めてだよ。そいつが言ってたんだが、そのクラブを使えるようになるまで8年もかかったそうだ。Crazy Japanese Guy!」

「またそいつのプレイが速いのなんのって、スタンスをとって後ろを向いたと思ったらもう打っている。早朝で誰もいなかったのもあるが、2時間と7分で18ホールを回ってしまったんだ。」

 

こうして2018年のスコットランド西海岸の旅は終わった。

ちなみに、前々日のプレストウィックでもキャディを雇った。彼も興味深そうにクラブをこねくり回していたが、何も言わなかった。全ての人が同じような反応を示すわけではない事を記しておく。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 


隊長!!★

パターを納品致しますが

グリップは何をご所望でしょうかと、待ちに待ったお便り
を店長から頂戴し、
狂喜乱舞しているところです。


2330

ドライバーからSWまで
重いヘッド+しなるシャフト」なのに

パターだけが
軽いヘッド+しならないシャフト
だったため、

グリーン上でショットのリズムが変わり、
困っていた
からです。

 

たぶん、ですが、

パッティングは
全てのショットの基本であり原点であり、


1ヤードの距離を正しい回転で
届かせるショットが、
250ヤードの距離を正しい回転で
届かせるショットに繋がっている
のだと感じています。

(確か店長も、そう教えて下さっていたような・・・?)

 

そして、
パターを除く
フルセットで3回コースをラウンド
してみた結論として、

“変な親父”が作ってくれるクラブを
使いこなすことが出来れば、
ティーアップしてから
カップインするまでの全てのショットを、
狙い通りの場所に届かせることが出来る

という確信を得ました。

 

それに必要なことは、
クラブの性能を信じて、
クラブが動きたいように
動かしてあげる、それだけ

だと思います。


動かし方が悪くて
ショットがクラブを裏切ることはあっても、
正しい動かし方をして
 クラブが裏切ることはないのです。

 

初めて
「絶滅危惧種のゴルフクラブ」
     (別名「悶絶クラブ」)
を手にした時、
難しかったことは、
それまでに何度も取り替えた
 数々のクラブを使いこなそうとして
試行錯誤を繰り返した結果
すっかり頭と身体に染み込んでしまっていた
“成果”を、さっぱりと忘れてしまうことでした。

 

352503-1y

それには、とても勇気が必要でした。



ゴルフの醍醐味は、
身体を目一杯使った“マン振り”で
豪快にドライバーショットを
飛ばすことにある!

との思い入れによる
“アスリート志向”から卒業するのに、
大きな抵抗があったからです。

 


いつも一緒にラウンドする
友人の感想なども、
簡単に無視できないものがありました。
総武C..の理事長杯を
手にしたこともありオフィシャルHC4を
維持する彼は、
これだけ柔らかいと、
    俺には打てないなぁ。

       と言います。

 

恐らく「守り隊」の隊員諸氏、
悶絶仲間の皆さまも、
最初は同じなのではないかと想像します。


テレビで観るトーナメントの映像や
雑誌など様々な情報から得られるイメージが、

ゴルフとは
 身体能力を競うスポーツ
  であるかのごとき印象
を植え付けているような気がするのです。

 

私の場合、
とにかく試行錯誤に
   終止符を打ちたい
という気持ちが強かったため、

“変な親父”の言葉と
その“作品”の性能を
完全に信用するところから
再スタートを切る
ことができました。


つまり、
『誰よりも振らず
 誰よりも飛ばす』
ことは実現可能なんだと信じる
ところから、
生まれ変わる試みを
始めることが出来たのです。

 

まだまだ
生まれ変わる途上ではありますが、
かなり重要なことに気付き始めています。


それは、

このまま悶絶を続けて行けば、
 これまでとは 別の次元で
 ゴルフが楽しめるんじゃないか?


という期待感とも言えます。

 


今の時点でも、
テレビで観るプロ達のショットに比べて
遥かに美しい弾道を得られている
と感じることがあります。


ミスショットを打つ時は、
ほぼ、昔の感覚が
ふと蘇ってしまった時に限られます。


そうすると、
昔の感覚を
 完全に忘れ去ることが出来る
  身体(頭も?)になれば、
   ミスショットが無くなるかも
知れません。

たぶん、無くなるんだろうと思います。

 


そ〜なると、
これまでは
「ミスショットをしなかったという偶然」
 あるいは
「ミスショットの連続という必然」
によって作られていた
スコアを、

「正しいショットの積み重ねという必然」
   によって作る
ことが可能になるわけです。

 

ショットメイクの悩み
から解放されて、
本来のゴルフゲームを楽しむ・・・

これこそ、別次元のゴルフと言える
のではないでしょうか?

 
そう考え始めると、
ミスショットの回数が
そのまま順位に繋がるような、
言ってみれば
ミスショットのオンパレードを
 見せられるに等しいプロのトーナメント
など、
どこに値打ちがあるのかいな と思うのです。

 

毎日まいにち何百球も練習で
 打ってるプロなんだから、
 本番の試合で一々ショットに悩むなよ!

  と言いたくなります。

 

ここでようやく
“最終回の飛び入り”で触れた
名案に繋がるのですが、
いよいよパターが届く
というワクワク感のせいか
前置きが長くなってしまいましたので、
次回、
 もう一度飛び入りさせていただきます^^;

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 お世話になっております。

ニューアイアン、HBS-16が届いてから3か月が経ちました。

使用感などを書いてみたいと思います。

 

IMG_0622



1.距離が全く異なる


シャフトの柔らかさも数段階落としたこともありますが、
ぴったりひと番手とは行きませんが、全く距離が異なります。

ロフト構成は5.6.7.番がHBS-10改より
ほんの少し立っていますが、
あまり差がないのにこの差はなんなんでしょう

特にその5.6.7.番はハッキリ飛ぶようになりました


IMG_0614

 

2.弾道が異なる


慣れるに従い、
市販クラブからハミングバードのクラブに変えて、
弾道の違いに驚きましたが、今回はさらに驚きました。

今までは比較的ポッコンと放物線で飛ぶ感じだったのですが、
今回のHBS-16に変えて 
先で一度上に脹らむ、
真っ直ぐ飛んで落ち間際で一度空に上がる感じと言うか、、、
アイアンらしい弾道^^になりました。
気持ちいいです。

 

あえて言うのならば、
重量によるヘッドの肉厚のせいなのか、
打感が柔らかい??と言うのはこのような事なのか、
インパクトの触感がまったくありません。
これで良いのでしょうか?

 

IMG_0628



3.ウエッヂがいい感じ‼


嫌いではありませんでしたが、
アプローチショットが全然異なります。
バンスが効く感じというのがなんとなくわかるような気がします。派手にスピンがかかるという感じではないですが
 戻るでもなく、転がるでもなく、
非常に距離感が把握し易い感じです。


IMG_0630

 

4.バンカーにびっくり


元来コスリ打ちのせいかバンカーは
得意な方でしたが、今回はすごい

バンカーショットからこんなにスピンがかかると
こんなに簡単になるとは知りませんでした。
 どんなテクニックなの?!と言われました。

 

010



5.やっぱりパターが一番すごい


一番の収穫はパターだったかもしれません。
HBS-16の変更に伴って、
使っていたパターのリシャフトをしてセットし直しました。
ブリストルパターのお陰で6個もハンディが減りましたが、
これはもっとすごそうです。
慣れてきたせいもあるかも知れませんが、
距離ミスがより減り、無駄なパットが激減! 
アイアンの距離が微妙に飛ぶこともあり、
上から打つコトが増えている昨今ですが、
重いヘッドは下りに強いんですねー。
さらにハンディ減る期待で一杯です^^

 

006


 

球筋も自分的には美しくなり、
距離も伸び、パターもよくなり、
と良いこと尽くめなのですが、
従来のセッティングのウッドとの相性が…、
問題になってきて、ウッドを変えないとまずそうで…、
予算が…、お財布が…、大蔵大臣が…、と悩む今日この頃です。

暖かくなったら伺いますので、
その時はよろしくお願いします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ここにきてゴルフの完成度が上がって来ました。

というより、道具として使えるようになって来ました。

 

当然、スコアーにも反映して来ております。

それに体の負担が全くありません。


IMG_0504

 

以前よりの修正点は桜美式にもあります、

捻じらないスウィング、体の向きの変更に徹した事。

#3ウッドの改良点はアドレス時のハンドダウンを減らした事。

ディッシュアングルと言うのでしょうか? 

その角度を大きく(伸ばす)した結果、

本人からするとアップライトに感じますが、

ダフリが無くなり、フィニッシュへ一気に安定して収まります。

 

クラブ競技やコンペでは
このクラブを皆さんが興味を持ってくれますが、

どっぷりと現代パワーゴルフに洗脳された人々は

このクラブをどうしたら使いこなせるのか
とまでの考えは及ばないようです。

 

本日のブログにもありましたが、

頑固な固定観念がある以上、今後の上達は望めないでしょうね。

自分もこれまでどれだけ無理な事を一生懸命になっていたか、

遠回りをしたかと思います。

 

若いうちはどんな器用な事も、

体に負担な事もいとも簡単に出来てしまうので性質が悪いですね。

 

RプロやMプロの苦悩ぶりを見ていると、

素人の私でもスウィングのアドバイスをしたくなります。

M君でさえ、時限的でしょうね。

 

自分も完全ではありませんが、

トンネルを抜けかけている身からすると、ゴルフを教えたくなります。

 

望みのスコアには中々到達できないと思います。

そうこうしてるうちに加齢と経年劣化の体に支障が出始めます。

 

 

IMG_0459

 

常々おしゃっているゴルフ業界やプレイヤーの為にも

良さを理解してもらいたいですね。

 ネット社会では益々、「本物」と言う物は現れないような気がします。

 

これまでの黒のヘッドからシルバーのシンプルで重厚なアイアンは打つなくても飛びが予想されます。とても楽しみです。

 

新型パターも不思議に距離感が合うのと、

伸びる転がりに同伴プレーヤーはショートする人が続出します。

パット数も安定しております。

 

 

ありがとうございます

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


u=3040139078,2324990219&gp=0

 

仕事もないし、出来ないし、棺おけに片足突っ込んでるし。

朝の3時には起きるし、暇だし。

で、ブログをはじめから読み返してみました。

いろいろ目から鱗がぼろぼろ落ちました。

前回投稿したのが平成15年でした。

横須賀には年に二回くらい詣でていますが。

 

初めて行ったのはお店の金網の向こうが米国だった頃です。

お店に行ってもクラブを握ることがないことが多かったような。

ゴルフも年に2回のコンペの人数あわせに参加する程度です。


しかし、大好きだったゴルフがこれでよいのかと
昨年からレッスンに年に2回ほど通いき始めました。
年2回かよ。

u=1496909236,281788952&gp=0

週に2回はラウンドしていたころは、
デビルイシイと呼ばれていましたが。ちょっと自慢。

あらためて刷毛塗りからはじめました。


クラブの女王さまはおっしゃいました。

『坊やいったい何を学んできたの。

わたしだってわたしだって疲れるわ。』

はい
今まで女王王様のおっしゃることがちんぷんかんぷんでした。

最近すこしは聞こえるようになりましたが、
だんだん耳が遠くなって申し訳ございません。

わたしの話は耳で聴くのではない。
心で聞くのだ。
心で感じるのだ。
考えてるうちはまだまだゴールは遠いな。

06

あーチェッカーは

まだかーーー耐久レースのゴールはまだかーーー。

まずは刷毛塗りからです。

 

お寺の鐘がゴーン。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【直立脚】

今まではその場で右脚を斜めつっかえ棒のまま
(アドレス時の右脚の角度のまま)
骨盤を回旋していたのですが、
イメージを変えて右直立脚回旋としてみました。

スナップショット 1 (2016-12-24 3-12)

気持ち的にはアニカソレンタムのような感じですかね。笑

右臀部に張りができ内ももに重さが加わるのがわかります。

そしてここからが驚いたポイントなのですが、
右直立脚・右向きをしっかり作って
左肘を斜め下に動かしていくと

【オートマチックに左へ体の重さが移るのが感じられます!】

今までのその場で右に向ける感覚だと、
左肘から動かしていっても
体の重さは左方向へピクリともシフトしない。苦笑

自分なりに分析してみたところ、
右脚を斜めつっかえ棒で右向きを作ると

・左右高低差が作れない(むしろ右が低い?!)

・胸部の捩れ(二段)が生まれやすい

・右肘クランチが作りづらい(逆に右上腕の外旋は作りやすい)

等々理解することができました。

maxresdefault

しっかり右向きを作ることで、
その後の体の反応が変わるので
クラブを持っても感覚が随分と違ったものに変化しそうですね。



【店主】お手紙ありがとうございます。
体の構造上、右を向けば右足に体重が多くかかるのは
とても自然なことだと思います。

最近のスイングの主流は
体重移動の無い 胴体を捻るスイングなので
ややスタンスを広めにして
そう言う足使いでテークバックを取るのですが、
『ダウン』スイング…というコトを考えると
一度 右の足と左の足の高さ関係を
ハッキリと作っておいた方が
切り返しから インパクトまで入り易いと思います。

スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)

当たり前ですが、重さは高い所から低い所に
行きたがるものです。
それは ゴルフクラブに限らず、自分の体にも
言えるのですから
しっかり立った右足(直立に近い形)に対し
短くなった状態の左足へ
体を移し易く出来ると思います。

また 右足を直立させず、
アドレスの状態のまま 斜めに突っ張った状態では
骨盤を回すことが出来ませんから
体の硬い、運動不足のおじさんには
かなり浅い右向きになってしまいます。
スイングの弧を大きくしたい と言う表れなのか

最近は アドレス初動からグリップを体から離す傾向が
強くなっているような気がします。
クラブの重さ、腕の重さ 運動で加わる分を除いても
10キロを超えるものが 長い形状をしているのです。
それを体から離せば、当然その重さを
体は自然に相殺、調整しますから
右には体重は乗せられないでしょう。
これも 右向き不足の原因になります。

スナップショット 1 (2014-01-17 0-17)

アドレスからの初動で
無理に右方向に体を動かさず
アドレスに対して背後、後ろに
右肘・右のポケット(お尻)を引き
骨盤のしっかりした右向きを作ることで
体重移動を結果として作り出すと良いでしょう。
骨盤の正しい右向き が出来れば
体の構造上、右に体重は乗ります。

6e29a7ea8f8f16e856be62cba38d45c6

正直 私の眼には
最近のスイングの「どこ」がいいのか
全く分からず、古い頭の私には
過去 すべて 禁忌、やってはいけないことの
オンパレードのような気がしてなりません。

と、同時にプロゴルファーの寿命の短さ、若年化
アマチュアの 過去にはない体を痛める部分 というのが
大変気になります。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ロイヤルドーノック No.10  147yards  par3

 

悶絶時代には想像もできなかったが、
ついにリンクスの風に負けない球を打つことができた。

(注:成功率はまだ高くないが、
頭で理解したことが実践できれば成功することがわかった)

 

9番ホールを登りつめ、
後半の10番ホールのティグランド横には売店があって、
女の子が飲み物やスナックを売っている。

 

一息ついて折り返しだ。

スニッカーズをかじりながらグリーンを眺めていると、
フラッグが右に折れ曲がっているのが見える。
風は正面からこちらに向かってさらに強くなっている。

147ヤードなので、一番手上の6番を選択した。
悶絶時代一番練習した馴染みのクラブだ。


ドーノック湾から容赦なく吹いてくる強いアゲンストに向かって、
歯を食いしばって腕づくで無理やり立ち向かっても
到底私に勝ち目はない。

rd

 

今日はオーストラリアから来ているご夫妻と一緒だ。
ドーノックは10年ぶり二度目だとか。
9番ホールでは私のドライバーショットが風に押もどされて、
右の深いブッシュに吸い込まれてしまった。
ご主人のボールも私と同じ方向に持って行かれた。
それも立て続けに2回。
奥さんの方は非常にステディなゴルフ。
淡々と鼻歌交じりでフェアウエイを一人キープした。
余計な力を感じさせない、綺麗なスイングだ。

 

さて10番ホールのティグラウンド。
私は奥さんに続いて2番手。
6番アイアンを手にして目をつぶった。

念願の風に負けない吹け上がらないボールを打つためには、
先ほどのように無理やり力を入れては太刀打ちできない。
できるだけゆっくりうしろを向いて
グリップエンドを少し押してあとはそれに従う。
あとは何もしないことを心に誓った。

 

グリップが降り始める、体が動き出す、
気持ち良い打感、いつの間にか左足に体重が乗っている。
・・・この感覚は今でも残っている。

rimg0064

 

我に帰ると、同伴のお二人から
”Beautiful! Marvelous Shot!!”の掛け声。

ピンの左を狙ったボールはドーノックの風に押され、
グリーン上に落ちてピンに寄っていく。奇跡的に
OK

バーディの位置で止まった。
以前の玉だったら、吹け上がり、
スライス回転がさらに風によって増幅されて、
多分手前のバンカーかあるいはそこまで届いていなかったと思う

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


八王子Mさま よりコメントを頂きましたので
コチラに拝借致しました(^_-)-☆


右足垂直足を作ることから始めることをやり始めてから、

右向きと刷毛塗り動作の同調が急にうまくできるようになり、

そうすると左腕の動き出しも感じが出てきて、

コースでも飛躍的にショットが安定してきました。

 

1358848950307

スコアも一気に改善。

以前は、「力強い」という褒め?文句

=実は力感のある力んだスイングが私の評価だったのに、

「なんでそんな軽く振って飛ぶの?」

「全然力をいれているように見えない」という

以前は想像もできなかった感想が聞かれます。

自分では、右向きと左腕の動かしで

結構一生懸命動いているんですけど

私にとっては、最大の褒め言葉です。

最近の悩みは、コースで

「アイアンが思ったよりショートすることが多い。」ことです。

自分としては、番手を間違えているのではなく、

練習よりあたりがすこし薄い感じがすることが多いです。

多分、何か「怖い(特にシャンク)」とか

「大事に行きたい」という思いがすこし手を止めてしまい、

結果、ヘッドを振ってしまっているのではと考えています。

トップの位置・形はかなり良くなっていると思いますので、

左腕の先行のあと、グリップを動かし続ける感覚を

意識することをTRYしようと思います。

この現象、
アプローチに何かアドバイスあればお願いできますでしょうか?


1358848912877


コメントありがとうございます。

コースで微妙にショートしてしまう...
という現象について いくつかチェックポイントがあります。


それともう一点ですが...
例えば「ヘッドを振ってしまう」という点において
振ってしまうこと...そのものが悪いのではなく
振らなくてはならない...ことが問題です。
振らなくてはならない、というのは
体が正面を向くという行為に乗れていない、
その時期を逃している、
もしくは準備段階において
 骨盤に対し肩周りばかりが動いている
という可能性があります。

参考にしてみて下さい。

❶右向き不足
これも有りがちだと思いますが
現場へ出ると 高揚感や緊張感などから
動きが速くなりがちです。
テークバックの初期段階で
左腕だけ、左肩だけで始動してしまい
それによって 背中が張り、
早めにトップを感じてしまう傾向は少なくないと思います。
スナップショット 1 (2013-03-18 13-17)

テークバックの始動で
自分の両腕で作る枠...
自分の目線で見える枠から見える自分の体...
これをチェックしてみて下さい。

腕でなく体で動かしていれば
その枠から見える体はそのまま の状態ですが、
腕・肩だけで動かすと 枠から体が外れていきます。

実際に自分の目線でご確認ください。


❷アドレスの向き
これもかなり多いと思います。
効き目というのもあるかも知れませんが、
多くの方は アドレスの向きを右に取りがちです。

今更ですが、アドレスはターゲットに対し平行で
交わらない関係です。
疲れてきたり、不用意にセットアップに入ると
体そのものがターゲットに向いてしまったり…。
001002








アドレスの向きで重要になるのは
アドレスの向きは向きそのものも問題ですが
それによって 実はボールの位置が動いていることです。

正しく向けている状態を基準に
そのボールの位置のまま、体だけを右に向けると
ボールの位置は自分の体に対し、左にズレます。
左を向けば、右にズレます。
向きの度合いにもよりますが、思っているよりも
そのズレは少なくありません。


別な記事でも書きましたが、
似たような距離を打つのでも
ヘッドが下降軌道でインパクトを迎えるのと
ヘッドが上昇軌道でインパクトを迎えるのでは
球筋も大きく変わりますし、距離も変化します。
まして ショートアイアンなどロフトの寝たものは
りーディングエッジが前に出ていますから
上昇軌道でのインパクトすると薄いトップの当たりに
なってしまう可能性もあります。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


夏休みにようやく2Rの実戦投入できましたので、

以下雑感と伴に報告いたします。

 

IMG_0504

まず全体としては、ヘッド重量効果が素晴らしい。

これだけの重量があると、そもそも振ること自体無理で、

丁寧に、丁寧に動かさざるを得ない、

しかし当たった際のボールのつぶれ感はハンパ無く、

ボールの初速に打った本人はびっくりするほどです。

 

一方で、タイミング(いつボールを打つか)については
非常にシビアであり、

トップからは「グリップ先」を頭に叩き込んでおかないと、
えらい目に会います。

 

慣らし練習中には薄々感じていましたが、

正しいタイミングで打つ場合、
出玉は以前と比べかなり右となりました。

これは、今までは「正しくない」タイミングで打っていたが為に

「正しくない」出玉方向だったと理解すべきでしょうか。

本番では、この出玉方向の修正に苦労しました。

今まで、ともすれば左にいきがちの球を
打っていたわけですから、

それを左に向かってアドレスして打たなければならないのは
相当勇気がいることで、

ここの違和感はまだ払拭されていません。

👉ここはアドレス、スタンスの向きとボールの位置の修正
 慣れが必要なのだと思います

005

また、ライによるミスが、より顕著に出ます。

例えば、左足下がりで、ボールに届かない、
つま先上がりでの左ひっかけ等。

特に左足下がりは、
以前は全く苦にしなかった(というより得意だった)

左足下がりでボールに届かない現象が出たことは、

もう少し自分なりに考察が必要な課題です。


👉重いヘッド・柔らかいシャフトでは
  ヘッドを、シャフトを振れば振るほど
 重さは右にかかります。 その点に注意が必要かも…です。



個々のクラブ雑感としては、

1W: 練習場では苦労しましたが、確率低いものの、

ようやく当たりが出てきました。左には行きにくい反面、

失敗ショットは、ものすごい右への吹け球となるのは要注意。

FW: 以前のセットはヘッドが2種類混在していましたが
今回共通となり、
それだけでも安心感が違います。

距離の長いミドルでは頼りになります。
距離が出るだけに前述の通りアドレス方向要注意。


・アイアン: 楽の一言。
超重量級のヘッドが全てを助けてくれますが、

ミスの際の「お仕置き」もすごい。
FW同様アドレス方向に注意が必要。


・ウエッジ: LWのボール潰し能力は
慣らしからわかっていましたが、
本番でも同様でした。

バンカーショットは出すだけならオートマチックです。

距離の打ち分けにはもう少し時間が必要ですね。

005

・パター: 本番で一番の収穫はこれですね。

なぜかはよく分かりませんが、
とにかく距離が合う、方向が合う。

気を付けなければいけないのは、

超ロングパットで「距離を打たなきゃ」
という意識が出たときに大失敗が起きること。

グリーンエッジからパターの二度打ちやりました。

 

2Rを終えたまとめとしては、

前セットに比べ、
タイミングや動かし方に対しシビアとは思いますが、

逆に言えば、正しく丁寧に動かせば
クラブはそれに応えてくれるわけで、

そういう意味では、より練習いらずの実戦向きセットと
感じました。

 

しばらくしましたら、また報告いたします。(^_-)-☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

 

悶絶クラブ受け取りました。
大変気に入っております、ありがとうございました。

良い買い物をしたと自己満足しております。
(家族には内緒ですが)

 

柔軟シャフトの予想はしておりましたが、
想像以上で驚きです。

パターまであの柔らかさとは恐れ入ります、
いやー、まいりました。

初めて持った人が絶句するのもわかります。

幸い、私には合っているようで
新境地を発見しちゃったーっ!と感動しております。


006


以下、初めて打った時の感想です。

 

(構えた瞬間)やっぱ、重いなあ、ちゃんと打てるかなあ...。

(トップで) なんだ、この重量感は!
    (シャフト方向に重力を感じたのは初です)

(打った瞬間)あれっ、軽い?あれれっ??
       なんか楽に打てるんだけど..???

 

最初5番で打ったんですが、
1発目からまっすぐ飛んだので自分でもびっくりです。

(御社のブログを拝見して練習していた成果でしょうか...)


実は、ヘッドの重さの利用、体の回転、
グリップの動かし方等を色々練習していたの
ですが、
いまひとつ球筋が安定しなくて、
アイアンだけ何故か左に飛び出すので
どう
したものかと思っておりました。

それがどうでしょう、
今回5番〜SWまでひと通り100球ほど打ちましたが、
意図
しない方角に飛び出ることは皆無で、
失敗する気がしないと思えたほどです。

 

そこで気づいたんですが、
普通のクラブだと、腕で振ろうが、体の回転で打とうが、

クラブの重量不足を補うため、
人の力(パワー)が必要で、
無意識のうちに自分の力
を主力にして
ボールを打とうとしていたんですね、
それが不安定の原因かなと。

   ✋店主:そう思います。そうせざるを得ないのでしょう

仕事の比率に例えると、
自分の仕事=8:クラブの仕事=2 こんな感覚でしょうか。

それが悶絶クラブでは、
自分の仕事=4:クラブの仕事=6 今現在のイメージです。 


今後の練習次第でどう転ぶかは不透明ですが、
普通のクラブを使っている以上、
人間
よりクラブの仕事の比率が大きいと
感じることはありえないでしょう。

 

普通に打てたことも嬉しい誤算でしたが、
驚くべきはその打感です。


今までのクラブで感じていたインパクト時の
微振動の衝撃が、ほとんどありません。

ボールに当った感触はありますが、
痺れるようなイヤな感じが全くないのです。

 ✋店主:質量負けしていないと言うのか
     それこそモーメントの勝利という事だと思います。
 

IMG_0459

それと、これはイメージですが、
普段のスイングが8〜9割くらいの力だとすると、

6〜7割くらいで振っているような感覚です。

えっ?こんな楽な振りで、そこまで飛ぶの?って感じです。
これほど感触が変わる
ものとは想像もつきませんでした。
こんな自然な感覚で打つショットができるとは

普通のクラブでは一生気づけないでしょうね。

 

飛距離も5番で150ヤードを
キャリーで越えますので必要十分ではないかと。

欲を出してヘッドスピードを上げようなんて
考えないほうがいいですよね。

 


パターについては、
まだ芝上でのロングパットを打っていないので
アイアンほど実感
できておりませんが、
部屋の中でコロコロ打っただけでも、
普通のパターとの違いが
はっきりとわかります。
少々強く打っても飛び跳ねませんね、
普通のパターではすぐ
ボールがジャンプしたがります。
あとインパクトした瞬間のボールの回転のしかたが

違うような気が...。
早くグリーンで打ってみたいですね。

 

0e363453-s

とにもかくにも、悶絶クラブ、いいです。私は大正解でした。

あと、ブログに書かれているクラブの機能や扱い方など、
このクラブを使ってみて初
めて理解できたと思います。
今までは解ったつもり。

何せ普通のクラブでどれだけ練習しても
体感できませんから、結局あきらめてしまう

パターンが多いんでしょうね。

私は各クラブ毎の飛距離の安定とミスショットの撲滅に
励もうと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

切り返しでシャフトが、グニャッとしなる感触です。

 

コースに出た事で、気付いた感触で修正したいのですが、

短い番手よりも長い番手の切り返しに違和感あります。

長い番手の切り返しで、特に注意する?意識した方が良い?
何かアドバイスを頂けないでしょうか。=

 

☆ ☆ ☆

 

ロフトが立っていて、クラブの長いものほど上手く打てない…

もしくは 飛ばない というケースの

物理的な状態なのですが、

長いクラブほど ヘッドの入射角度が緩くなり

振り遅れることによって 上がり軌道(煽り打ち・しゃくり打ち)

になる場合が多くなります。

 

かなり効率は悪いですが、そのような打ち方でも

脳みそ筋肉的なヘッドスピードがあればなんとかはなりますが、

そのヘッドスピードは、数字上だけの無駄もので実質的な飛距離には結ぶ付きません。

 

18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n

標準的なヘッドスピードでは

煽り打ちの場合、打ち出しが高く、スピンも多いですから

手でボールを高く放り投げたような放物線になり 飛びません。

その主原因になっているのが「振り遅れ」です。

 

振り遅れ とは

インパクトをどの状態・関係で迎えているか ということで

理想的には 体(骨盤〜胸)がボールと正対している状態、

振り遅れとは それに対し ボールが右にある状態です。

上下の軌道として 煽り打ちになるだけでなく

体に対し右にあるボールを打つのには

右腕を伸ばすことが出来ず(空間が足らない)

ロフト自身も開いている可能性が高くなります。

 

体があり、ヘッドがあり、それをつなぐグリップがあって

ダウンスイング〜フォローの進行方向に対し

先に有り、グリップ、ヘッドと徐々に右にずれ 振り遅れる

というのと シャフトがしなって感じる というのは

ある意味 同意なことで、

振り遅れの原因になっているのは

自分の移動量・グリップの移動量 に対し

ヘッドの移動量、移動の道のりが長く

相対的な時間として 都合がつかない(間に合わない)からです。

それは 特にクラブの長い・シャフトの長いもので顕著に現れます。

 

推測ではありますが、

グリップよりもヘッドをたくさん動かして

ヘッドでボールを弾くようなイメージの打撃イメージからの脱却が必要かと思います。

 

まずは トップの意味合い・イメージ を造ると良いと思います。

トップオブスイングでは クラブの形状が作り出すその重さが

ダウンスイング以降、ボールを打つ為に掛かるのが理想です。

 

トップでシャフトがぐにゃりとしなる ということは

これから グリップを動かしたい方向、
動かしたいタイミングに対し

相反する重さをヘッドが作り出しています。

それでは グリップとヘッドの進行時間・方向は相容れません。

シャフトが柔らかく・ヘッドが重たいクラブでは

その重さを利用出来れば より遅れず 
より簡単にインパクトに向けて

進めるようになると思いますが、

今の状態では その効果が『より遅れ』を
創り出している可能性が否めません。

 

まずは テークバックで グリップよりもヘッドを多く動かさない

グリップの移動スピード・移動方向とヘッドの移動速度・移動方向を合わせ

シャフトをしならせないように上げることをお薦めします。

 

 ☆ ☆ ☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 次の件についてのコメントいただければ幸いです。


グリップ及び構え方;

この頃の工夫で、いわゆる on plane swing で

グリップをベースボールグリップにし、

左肘をアドレスで意識的に少し前に出すようにする

(いわゆるハンドアップと言うのでしょうか?)
と大変良い感じで、

正確性及び飛距離も伸びてきました。

 

ベースボールグリップには当初もちろん違和感がありましたが、

今はしっくりして居ます。

mnswing

この工夫は、モーノーマンの打法の研究をたまたま読み、

小生の打ち方としてはあっておるかと思い、

グリップ、手元を体に引き付けすぎる
(ハンドダウン?)癖があるように見える、

もっと離して前に出した方がはるかに格好良く、

いわゆるインサイドから綺麗にスイングできている、

引きつけると、どうしてもアウトサイドからクラブが降りてくる、

結果球筋が低く、スライス系になる、

右をしっかり向いた時にはある程度是正できているが、

すぐ元に戻りやすい、競技などで緊張すると、

また疲れてくると早打ちの癖が出て、

右向きが不足しやすくなり、
安定しないのではとの指摘!により、

それではと工夫するうちに、
モーノーマンの打法に行き着いたというわけです。

これを練習すると、大変しっくりきて、

昨日などは300Y越えのドライバーショットとかが打て、

その他のfw、アイアインもすごく正確性、
打った感じ、距離も伸びてくれました。

このモーノーマンの打ち方は
あまり一般的ではないようですが、

すでに一般的でない?絶滅危惧種のクラブ
及び打法を研鑽している身としては
案外この絶滅打法がこのクラブには
ぴったりするのかもなどと
思って居ます


スナップショット 1 (2017-06-30 12-39)


店主:お手紙ありがとうございます。

幾つか チェックする点があるかと思いますので
ご確認ください。

ベースボールグリップに関して、ですが
グリップのその形で一番重要になるのは
左と右手の重なりです。
インターロッキング・オーバーラッピング
インターメッシュ・ベースボールであっても
その重なりがしっかりしているのであれば
どの形でも良いと思います。
ただ 往々にしてベースボールの場合、
左手と右手でルーズに離れてしまうことが多く
その点が無ければ問題ないと思います。

モーノーマンのスイングで特徴的なのが
そのハンドアップにしたアドレスですが、
そこは除き
少々気になるのは スイングの軌道に関して です。

IMG_0525

ご存知だとは思いますが、一応説明いたします。
スイングの軌道の インサイド/アウトサイド
というのは その向いた方向に対し、
ヘッド上で飛球線を基準に 自分側をイン、離れた方をアウト
では
ありません
飛球線が基本ではありません。
そう言う意味ではないのです。

スイングの軌道のインサイド  と呼ぶものは
体の回転が右を向いている時間
どちらかというと 右を向いて
ヘッドやグリップがボールから離れている「時間」を呼びます。

インサイドから入ってくる
というのは 右を向いている時間の間に
ボールにアプローチしてくることで
アバウトで構いませんが、インパクトは
概ね ボールと正対した「時間」です。
グリップがボールに近づいていく過程
でインパクトに入って来て、
概ね ボールとグリップが一番近くなる時になります。
IMG_0549

アウトサイドから入ってくる
ということは 右向きの時間が過ぎ
左向きの時間・グリップがボールが離れていく時間
別な言い方をすれば「打ち遅れ」「振り遅れ」です。

そのインサイド アウトサイド には
前傾姿勢が伴いますから
インサイドであれば 進行方向は低く、下方向になり
アウトサイドであれば 進行方向は高く、上方向になります。

スイングを悩んだ時に 戻る基本が出来る
という意味で しっかり規則性を作るのは重要です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

クラブをいただき、はや4ヶ月が経ちました。

かなり、馴染んできまして、

アイアンのあたりもかなり分厚くなって参りました。

まだ、左腕が動く前に回ってしまう悪癖が、

特にラウンド中には出てしまい、

開き気味の高弾道が時々でますが、

前のクラブでやっていたゴルフとは
異次元の楽さで大変楽しいです。


 

パットも入り始め、

グリーン周りの刷毛塗りアプローチはかなり寄ります。

 

でも、問題がひとつ、、。

 

短くてもか構いませんのでご回答いただけると大変助かります。

 

例えば、番手間の距離を打つとか、

5070ヤードの距離を打ついう場合、

私は以前からすこし短く持って
スイングスピードを変えないで打つ習慣です。

 

しかし、せっかく違った番手を同じ感覚で打てるべく

調整されたクラブを短く持つということは、

クラブが軽くなってしまうと思います。

 

特に、コースでグリーンを前にして

5070ヤードくらいを短く持って打つ場合、トップが多くなります。

軽くなるので弾いているのだと思います。

 

距離の打ち分けは、加速を入れない回転速度の調整で行い、

クラブの長さ(持つ位置)はあまり変えない、
という方が合理的でしょうか?

 

何か、関連のアドバイスなどいただければ助かります。


スナップショット 3 (2017-06-28 19-07)



店主:質問有難うございます( ◠‿◠ )

…名錣離▲ぅ▲鵐轡腑奪

例えば 7番アイアンと8番アイアン
一般的に言えば その番手間の距離差は
10〜12ヤード程度 10m弱です。
番手を迷う距離…ということになりますと
その約中間の距離設定ですので、
そこは迷わず 遠くに飛ぶ、大きめの番手を持って
普通に打たれるのが良いかと思います。

もしくは、その日のパッティングタッチなどによって
選択するのも良いかと思いますが、
自分の考えているアイアンの番手の距離で
届くショットを打つ ➡ピンまでのキャリー
というのが基本です。

クラブの長さを持ち替える等、
普通のアイアンショットでの加減は
しなくてよいのではないかと思います。

IMG_0611


■藤廚筍妝圓覆匹任涼羇峙離

アイアンに比べますと、番手間の距離差が大きくなります。
この手のクラブで クラブの持ち方、振り加減
で距離を構築するのは出来れば避けた方が良いと思います。

選択方法としては
そのクラブの飛ぶ距離、平均的な距離で
目標…グリーンであれば
グリーンを超えてしまわない範囲で
大きな番手を持つことをお薦めします。

IMG_0616


100ヤードの以内の距離

ショットの中ではかなりの頻度の高いケースですね…。

クラブの長さを持ち替える という行為は
思ったほど距離差を作りえない という問題よりも
元々、短いクラブを持った前傾姿勢
それを短く持つことにより その維持のし辛さ
疲労に対する耐性などによって 起こるミス
の方が影響は大きいです。

ゴルフの中では大切ですが、高度な部分ですので
あくまでも参考…程度ですが、
日頃のショットの練習の段階で
ショットに ギアを3段階持つことをお薦めします。
スイングそのものの練習にもなると思います。

…名錣離轡腑奪
 フルスケールのスイングで自分のリズムのショットです
 フルショット と呼ぶものでしょうか

∩瓦加速を入れないショット
 行きも帰りも等速の 加速を入れないショットです。
 ➡コースで使うことは少ない とは思いますが、
 体を先に回してしまい、どんどん狭くなって行く
 (左が上がり、右が下がるので 運動の空間が
 どんどん狭くなって行く という意味です)
 が故の『必然の加速』というのが殆どでしょう。

 書かれている通り、ダウンスイング始動で
 左上腕を先に送ってあげると
 急いでいる訳ではないのに、短時間でインパクトに
 到達すると思いますが、
 全体のスピードをゆっくりで
 タイミングのみ、先に左上腕を動かしてあげる…
 左サイドを動かさず、
 単独で少しでも良いから左上腕を動かしてあげる
 この習慣を付けていくと
 その具合によって 速度調整が出来るようになります。
 そして それが出来るように成ったら

IMG_0496


その中間の速度をダウンスイング初期
 左上腕「単独」の始動で作る。
 そして その度合いを調整する。

コースで´が使い分けになると思います。
グリーン周りのアプローチと同じで
なんとなく…でも打ちたいボールの速度と
自分の動作速度のすり合わせ と言った感じです。




 この練習は スイングそのもの精度・練度を
 かなり上げますので是非やってみて下さい
 (^_-)-☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


お手紙頂きました。
ご紹介させて頂きます^^
セットでご購入頂いたケースですので
これがアイアンの事なのか、ウッドの事なのか、
ヘッドのせいなのか、シャフトのせいなのか、
組み合わせのせいなのかは不明ですが…

IMG_0614



☆☆投稿☆☆

昨日初めて広い練習場で打ってきました。

(自宅で慣らしは済ませたつもりです)

 

感想はただ一つ。

本当に「怪物君!」ですね。


距離は前作よりちょっと飛んでるかな。


何より、
直進性が段違いです!


本当に曲がりません!


曲げようと思っても曲がりません!


まるでパソコンのゴルフゲームです。

 

本当にありがとうございます。

ルール違反にならないことを祈るばかりです。




IMG_0504




 


ニューアイアンヘッド製作に伴いまして
ウッドシャフト・アイアンシャフト
バージョンアップしております。


IMG_0611
🏣238-0024 
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
  ☎
046-804-1480 
    ハミングバード 野澤まで

 営業時間10時〜20時  水曜定休
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp












IMG_0498.ローム仕上げ
 シルバーです。
やや光沢のあるモデルです






IMG_0619Wニッケル仕上げ
 シャンパンゴールド(金)です

サテン/ミラー2種あります








IMG_0459テフロンブラック仕上げ
 艶消し黒 です







ニューアイアンヘッドのご紹介です

IMG_0622


軟鉄鍛造 HBS-16

 ➟従来のモノからさらに20g増量
 ➟市販のアイアンヘッドよりも約100g重い(^_-)-☆

IMG_0624


  ロフト角度 ヘッド重量

#5  26度  325
 6  29   333
 7  32   341
 8  36   349
 9  40   357
PW  45   365
PS  50   373
SW  55   381

IMG_0613



 5番アイアンのスペック
 重心距離  39mm
 重心高   21mm
 重心深度   6.5mm

IMG_0616


今回のアイアンの特徴は勿論重い重い重いヘッドですが、
キャビティ部NC加工によって
従来のアイアンでは ロフトが大きくなる程
重心距離が極端に短くなる というのを抑制し
下になっても重心距離が短くならない という設計を採用。
(ロフトが大きくなっても左に行き難い)
(ロフトの立っているものは右に行き難い)

IMG_0623


重心深度においても
ベースはかなり深い重心で
ロフトが増えるに従って
フェース面の肉(板)厚を変え、重心の深くなり過ぎを抑制。

IMG_0617


ヘッド重量もあるので
 アイアンとは思えない慣性モーメントを持っています.

★今回のスペックは ウッドシャフト・アイアンシャフト
アイアンヘッドともに
「強い弾道・より遠くへ…やや飛距離重視スペック」です


IMG_0628



重量も近づき、よりL型ブリストルに近づいたアイアンヘッドです

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


お世話になっております。


L型ブリストルパターのコースデビューしましたので
報告いたします。

010



店長さんの言われる通り、
とてもインチキな代物😃で
今まで数十本のパターを買い替えてきたのは
いったいなんだったのか…と思います。


008

ブログに書かれていたことが気になったので
ボールの転がりを集中して観察してみました。

今まで気にしてみたことが無かったのですが、
同伴プレイヤーが、某T社、某C社のパターを
使っていましたが、それに比べると少ないように見えます。
転がり、、、と言うよりも滑っているようにも見えます。

非常に特徴的なのが その某T、C社のパターを
使っている転がり、初動の転がりはとても速いですが、
途中から急に減速しており、
肝心なカップ近くに行くと曲がりが激しくなる感じ。

それに比べると、L型ブリストルパターは
初動の転がりは遅いですが、
その速さが殆ど変わらず カップ際の曲がりに大変強く
薄いライン取りになるようです。

明らかに球質が違います。

009


良く転がるので 下りは怖いのかな?と思いましたが
それも全く杞憂に終わり、薄いライン取りをする
勇気を試される一日でした。

グリーン周りの多少のラフであれば問題なく使え
アプローチにもとても便利です。



L型ブリストルパターを使うと
長い距離のパッティングでも小さなストロークで済み、
それに比べ、同伴プレイヤーはストロークがとても大きく、
10mを超すような距離になると
いったいどこまで打つのか心配してしまうほどです。
仰る通り ストロークの小ささというのは安定感、
特に中長距離レンジでハッキリと差が出る気がします。



技術的には具体例を挙げられませんが、
距離感とはこういうものなのか 
 初めての感覚です。



こんなにもパターで変わってしまうとは。。。(*_*;
衝撃的な体験です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【投稿】
 現状で某メーカーの軽量スチール付アイアンを使っています。
パワーには自信がないので、硬いシャフトは敬遠しておりますが、
貴社で試打クラブを打たせて頂いて以来、
タイミングも取れず、全く当たらなくなりなりました。
飛距離も以前よりぐっと落ちてしまいました。
弾道の伸びがなく、
あまり高く上がらず緩い球になってしまいます。
・・・その理由を教えてください。

002

 お手紙ありがとうございます。
既に組まれているアイアンですので、
ここの重量は正確ではありませんが
お使いになられているアイアン(#5)は
 ヘッド重量  240g前後
 長さ     38.0インチ
 シャフト硬さ 284cpm
 ロフト    25度
    のモノです。
試打されたアイアンは TRI-11
 ヘッド重量  305g
 長さ     38.0インチ
 シャフト硬さ 165cpm
 ロフト    27度
    のモノです。

二つのアイアンは 硬さとか、ヘッドの重さの違い
と言う以上に 別なスポーツの道具 と言えるほど
全く異なるものです。

試し打ちをされたアイアンは 硬さの番手11番
というものですが、これがある程度打てるのであれば
市販の軽量スチールのアイアンでは
クラブが打ち手、ご本人に何もしてくれません。
ただ ボールを自分の足や手で直接蹴る殴る と
痛いですから、その代わりに使うだけの道具とも言えます。

シャフトが柔らかいクラブは
打ち手のインパクトを左に押す…ずらします。
打撃方向〜トップ以降⇒フォロー方向 に対して
動きの方向や速度、動きそのものを促す効果が高く
打つことを助けてくれます。

その時々のヘッドやクラブの姿勢を
打ち手に伝える機能も強い ですから
感触でスイングの形を作っていける可能性も高くなります。

そこにヘッドの重さも加わります。
その度合いも激しく、慣れてしまえば
お使いの市販のアイアンは
ただ自分が筋力によってクラブを振りまわすのに負荷が少ない
程度の働きしかありません。

長さも総重量も大きく変わりませんが
クラブの動きを促すだけでなく
打撃そのものの破壊力もありますから
ロフトは多くとも飛距離は望めるでしょう。
002

市販の多くのクラブは ストロングロフト
立ったロフトです。
ですが、市販のクラブはグリップを支点に
ヘッドを振る動きで打つことに「適して」いるので
グリップの移動が止まり
ハンドファーストが作れず
右体重のまま、上に振ることを促します。
そういうスイングを造りたい人はどうぞ…と言うか
そういうスイングでないと使えません。

ですので、入射角度も緩くなり
上に向かって振るので、ロフト角度にかかわらず
飛び出る角度も高くなります。
飛び出る角度は高いですが、
下をくぐるようなインパクト、打撃になるので
ボールに対し、打撃のエネルギーが伝わりにくく
ボールの回転にエネルギーが逃げやすくなります。
5番アイアンで打つ ロブショットみたいになる訳です。
「抜けた球」と言います。  。。。だるま落としに近いですね

市販の軽量スチール系のアイアンでは
上から打とうとしても
上から打つことだけを気にすると
フェースはがっつり開いて シャンクするような、、、
フェースの開きを気にすると
ボールは左に低く飛び出て、左に曲がります。

ドライバーと比べるとかなり・・・
ボール6個分以上右に入れないと打てないでしょうね…。

その影響はフェアウェイウッドに強烈に出ますから
ゴルフバックからフェアウェイウッドが消えてしまう
可能性も十分あります。

パターも含めた全部のクラブを同じように、
そして ゴルフクラブの本来の機能を活かして打撃したい
とお考えでしたら、どうぞもう一度ご来店くださいませ^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

丁寧なレポートありがとうございます。


過分なお言葉を頂き…
多少なりともお役に立てているコト、大変うれしく思います。

 

仰る通り、スイングの改造は理屈や理論があったとしても

やはり クラブの変更でしか成り立たないのではないか

スイングはクラブからしか教われないのではないか 
と常日頃考えております。

スナップショット 1 (2016-11-26 1-11)


 多くの方が信仰されている 現代流行のスイングは

正直、ひと昔までであれば 禁忌(タブー)な

どこからひっくり返してみても 
手振り・手で打つことを推奨するスイング

重さの7割が先端に集中し、
打撃部であるヘッドが前後上下左右対称でない

ゴルフクラブを有効に活用するには大変不向きな方法です。


推測…ですが、
市販クラブはホントーに軽いヘッド・・・異様に軽いですよね、
ボールを打撃して遠くに飛ばす
当然、投げるよりも蹴るよりも遠くに飛ぶわけで
その遠くに飛ばすことに対し
あそこまで軽いヘッドだと
本能的に クラブに打撃力と言うか、エネルギーが足らない
というところを 運動の速度やヘッドの振り などで
補おうとする末路が 
オンプレーンスイング理論
だったりする気がします。
本末転倒ではあるのですが、
軽いから速く振らなくてはならない
速く振らなくてはならないから軽いヘッドが欲しい、

シャフトが硬ければ より一層ヘッドは軽く感じますので
その 負のスパイラルに入り込んでいる気がします。
よって 市販の超〜〜〜軽い、異様に軽いヘッドと
鉄の棒のように硬いシャフトのクラブを打っている限り
必ず エネルギーをスピードに頼ろうとするスイング からは
脱することは出来ないのだと思っています。

 

003

まあ 余談ではあるのですが…
アスリートゴルファーなんて言葉がありますが
アスリートちっくなスポーツをしたくない人が
ゴルフを選ぶ…傾向が少なくないと思うのです。
アスリートしたければ マラソンしたり、トライアスロンしたり
競技用自転車乗ったり、フットサルなどをすればよい訳で
おじさんゴルファーがお酒飲んで、くだらない話をして、
ミスショットにくやしんだり、ナイスショットに喜んだり
そこに アスリートを結び付けるセンスが
私にはイマイチ理解できません。
健康なことは大切ですが、
なんだか…アスリートしてまで ゴルフはしたくありません。
だって・・・道具を使うってことは
それそのものが 知恵から生まれている訳で
体力、運動神経に依存しないためのもの だと思うのです。



0-0763-1388



スイングは 体が主、腕がサポート、
もしくはガイド のように考えていますし

スイングで結果として円弧を描くのは
 体が回るから という方法に移行するのには

今 多くの方が実践しようとしているスイングに

なにか アイディアを付け足せばよい というほど
近い関係にはなく、

オーバーには 
ゴルフクラブの扱い方としては「真逆」な方法とも言えますので

やはり そこは 味付けの濃い重たいヘッド
柔らかいシャフト に
随時随時 
直接指導してもらうのが一番良いのではないかと思います。


まあ ご使用になられている方は実感するかと思いますが、
パターやウエッヂなど スピードで解決しないものほど
クラブの持っている「チカラ」は強く発揮されます。
パッティングやアプローチ、バンカーショットに悩んでいる
市販クラブをお使いのゴルファーには
スイングの関係なく 重たいヘッド 柔らかいシャフト の
味付けの濃いゴルフクラブをお薦めしたいです^^

鬼軍曹…なのが悶絶クラブ ですが、
ちゃんとできた時は ご褒美をくれて
そのご褒美は どんなに訓練しても
市販の軽いヘッド・硬いシャフトのクラブを
オンプレーンスイングで打っている人
 には
一生かかっても打てない弾道なのですから(^_-)-☆

 

 

                          店主

 

 

スナップショット 1 (2015-06-08 16-14)

 

小生、6◇歳 のシニアゴルファーで、
ゴルフ歴は30年数年 ほどです。



スコアが停滞し、前傾角度の崩れに気づいて
ネットでヒントを得ようとしたところ、
HBSのブログにはまったのがおよそ3年前。

ブログやYOUTUBEから見よう見まねで、
市販のクラブで形だけの悶絶を続けてきました。
でも結果は出ず、
ついに横須賀の門戸をたたいたのが7ヶ月前。

完全な手打ちだと指摘されがっくりと肩を落とし、
それでも多くのことを学んだことが救いでした。
クラブを注文し、出来上がりは半年くらい?  
…(*_*;
待つようにとのことでした。

練習用に借りた5Iは141cpm
本物の悶絶を味わわせてくれました。

5ヶ月ほどの練習で何とか当たるようにはなりましたが、
今までのクラブとの混在は練習すればするほど迷いが出て、
シャフトを幾分堅くしたほうが良い結果になりそうな気がして
再度横須賀に向かいました。

店長は、「柔らかい方がスイングを教えてくれる」、
「後々クラブを変えることになり出費がかさむ」等々
アドバイスを頂きましたが、
悶絶期間を少なくしたいとの思いから
20cpm5Iと比較して)堅めを選びました。
入門用といってもいいかと思います。

 それから24日後宅急便で到着し、
丁寧な梱包をといて14本のクラブを確認しました。
諸元表と取扱説明書が同封され、
ここまでするのかと感服しました。

スナップショット 1 (2015-03-12 14-57)


1ヶ月が過ぎ、
数回の練習場と5ラウンドしての状況を報告します。

 最初の1週間、2ラウンドまでは入門用とはいえ
空振りに近いトップやダフリ、プッシュアウトなど
ミスショットのオンパレードでした。

同伴競技者からは
「練習用のクラブじゃ無理だ」
「変な宗教じゃないか」   
…(*_*;
とか言われながらも必死にチェックをし、
後半には良いショットも打てるようになりました。

3ラウンド目からは安定してきて、
曲がりも少なく、(OBはゼロ)
アプローチは大きなミスは出ず、
パターは転がりがとてもスムーズと
同伴者はびっくりしていました。

特にサンドウェッジは最高、
店長の謳い文句通りで好調期のスコアに戻り大喜びです。

ラウンド中、
たまには以前のスイングが出てしまうこともありますが、
いずれそういうこともなくなるだろうと楽観しています。

スナップショット 6 (2015-01-18 15-58)

いいこと尽くめですが、
仲間とスイングの話をしてもかみ合わず、
最後は面倒くさくなって黙ってしまうことと、
悶絶期間はできるだけ少なくしたいのですが、
市販のクラブでスイングを作ってきた方には
避けて通れない部分ではないでしょうか。





 感じたことがひとつ、
今までのスイングは剣道、
悶絶クラブのスイングは居合道ほどの違いがあるような。
軽い竹刀と重い真剣の違いでしょうか。

形はそっくりな道具だけれども、
同じ球を打つ球技だと思えません。
決して剣道を莫迦にするつもりはありません。
剣道も礼節を重んじ、
日本が誇る立派な武道であると思っています。

 

今、市販のクラブで研究中の方、
悶絶クラブの購入を検討中の方へ

軽い、堅いクラブではスイングは変わりません。
クラブがスイングを教えてくれるというのは本当です。
悶絶クラブでゴルフをするとブログに書いてあること、
動画で言っていることが本当に理解できるようになっていきます。確かに市販品に比べれば若干高価ではありますが、
ゴルフができる方々には
それほど無理なことではないと思っています。
いや、値段以上の仕事をしてくれますし、
後悔は絶対ないと言い切れます。
思い切って横須賀の店長へ連絡してみてください。

 長文、乱文失礼しました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

◆投稿◆
いつもお世話になっております。


クランチ不足の原因が

しっかり右を向けていないことにもありそうで

初めて「視界移動」をやってみました。

こわいです。とっても。

右を向いて,右が高ければ,上から打てるはず。

記事にあった「上から一気に打て」の意味を噛みしめつつ

悶絶真っ最中です。

映像をみると相変わらず右肘が低いです。

恐怖感や,その時の動き方によって結構視線にばらつきが出ますね。

今日の練習映像だけで相当なバリエーションでしたよ(^^;

おっしゃるように視界のコントロールによって

動きを作ってしまえるんじゃないか?と感じました。

どーんと右を向いて(体も目も),前傾による右の高さをキープ出来れば

このクラブの本来の性能が見られそうで,楽しみです。

スナップショット 1 (2013-11-17 19-19)



お手紙有難うございます。
多くのゴルファーは 上半身の上部
肩周りを捻っているだけで
体の向きを変えられていません。
ミスの多くは「この回転(向きの変更)不足」
原因であったりします。
特に、現場に出ると 緊張感のためか
テークバックで、クラブの所定の移動
所定の動きを手だけ、肩も含めた腕だけの動きで
取ってしまうものです。

ボールを良く見なければ なんて言葉も有りますし
体を回す練習をするのに
胸やへその向きと同じく、顔も向きも変えてあげる
というのは とても有効です。

この練習は 勿論素振りでも良いですけれど
少々長めのアイアン 6番とか7番を使って
30ヤード程度のランニングアプローチの様な
感じで練習すると良いと思います。
出来るだけ クラブ単体は動かさず
体の傾きに応じた 地面に対するフェースシャット
(ちょっとオーバーにフェースを地面に向けるイメージでも
 良いかも知れません)
を作り 体の向きを顔も向きで感じ取る というか
創り出す というのは、いずれフルショットに
良い意味で反映してくると思います。

言葉で説明しますので、イメージしにくいかも知れませんが、
このような 大きくないショットを打つ場合
例えばパッティングやアプローチなどがそうですが
実は、殆どのアマチュアゴルファーは
回転せず、左肩を下げているだけです。
4c9a0689体は柔軟に出来ていますから
この画像のように テークバック(もどき)・・・
肩周りだけを動かす
と一見 右を向いたような錯覚に陥ります。
これを 偽装テークバック、テークバックもどき と言います。

向きを変える と言う動きは
傾きは多少あれど、基本 もっと横の動きです。
傾きを維持しつつ 水の入ったバケツを
右の人に渡したり、左の人に渡すような動きです。

ここが改善されるだけでも、かなり大きく色々改善されますし
これによって フォローも変わってくるものです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4月上旬に頂いてから、約2ヶ月練習しました。

感想とご教示を頂ければと思い、お便りします。

★アイアンは、当初トップばかりでしたが、

この頃はうまく当てられるようになってきました。

考え方のコツとして、以下のように考えています。
          
➡シャフトのしなりやヘッドの重みを感じないように

一体として、グリップにのみ気をつけて

体とグリップ一体で緩やかに、

どこにも、所謂、加速がないように振り切る。

何処かで、加速、その逆の減速を感じる時は、

即ち、グリップが止まっていると思いますので、

シャフトの動き、ヘッドの動きを感じますが、

例外なく、曲がった低い球にしかなりません。

 このように気をつけて打っていると、ピシッと素晴らしい感触で真っ直ぐな、

あるいは先で、落ち際に軽く左に曲がる気持ちの良い球が出るようになりました。

ピンそばピタリという事が良く起こるようになり、
ホクホクです。


しかし、ここで気になることが出てきました。

それは、球が高すぎるのではないかということです。

風に負けてショートするといった事が良く起こります

一番手上げれば良いかとも思いますが、

いずれにせよ、高すぎて風に負けるということなら、
気持ちがいいものではありません。

打ち方に、あるいは構え方に何らかの問題があると思います。



また平坦な所からはいいのですが、
左が低い所から、または前下がりのところからは

なかなかうまく打てません。

大概右にすっ飛んで行きます。

これも構え方の問題でしょうか。

これと同じかもしれませんが、意図的に、

ドローやフェードといった曲がり玉もうまく打てません。

右に、左に曲がらずに真っ直ぐな球にしか出ません。

一手御指南が頂ければと思います。

 お手紙ありがとうございます。
弾道が高い・・・風に負けてしまう・・・
という相談を受けることがあります。
個々のケースによって異なる場合があると思いますが、
今回の場合、組み合わせているウッドとの硬さや
ヘッド重量の違いがあるのかも知れません。
練習場では繰り返し、同じ番手を打ち続けられますが
コースでは交互に一度きりのショットです。
硬さやヘッドの重さなど感覚が違うクラブを
ー球ごとに持ち替えれば、当然 どちらのクラブにも
その前に打った、振った感覚は残像として残ります。
それがミスの原因やボールの位置のずれ などの
原因になるかも知れません。

それとは別に 弾道が高い原因の多くは
小手先 ヘッド・・・のインパクトロフトの寝かしも
インパクト付近での体の姿勢
左サイドの上がり、右サイドの下がり の方が
弾道やスピン量には圧倒的に影響を与えます。
ボールの位置によっても異なりますが
その関連としての「傾斜地での苦手」もあるのだと思います。

ゴルフクラブの構造は
長い棒の先の重さの集中した道具です。
自分が望んでいない形で
自分の体の姿勢が影響を受けてしまうのは
運動も加えられた「重さ」が
その姿勢を生み出してしまう「方向」に働いたことです。
➡この場合の方向 は 人間の動作は反作用・向心力ですから
 ヘッドの重さの方向は反対に働いている という事です。

体の左サイドが望んでいないタイミングで上がる
体の右サイドが望んでいないタイミングで下がる
というのは クラブヘッドの重さを下に動かしている
必要以上に動かしている ということでしょう。

ここの部分を改善するのは
基本、テークアウェイの初動の取り方になってくると思います。

http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1929905.html#comments

2



スナップショット 1 (2016-06-06 19-50)


それと
意図的な「曲がり」をどのように生み出しているのか
によっては 弾道が高い や 傾斜地に苦手がある
と関連しているような気がします。
どのようにゴルフを楽しまれるか
はそれぞれの方によって異なるので良い悪いの問題では
ありませんが、意図的に曲がるボールを望まれるか
同じ球種一辺倒のゴルフをされるか
スイングにかなり影響(違い)があるかと思います。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



昨日 女子プロトーナメントをTV観戦しておりますと

森口祐子プロが若手プロの

青木瀬令奈プロのスイングを解説し

「最近のプロもアマもヘッドを沢山動かして打っていますが

青木瀬令奈プロは グリップを 沢山動かして打つタイプです。

153
センチの身長で これだけ飛ぶのは それが要因です。」 と。


やはり 昔()のプロの解説は一味違いますね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


悶絶クラブに、悶絶する頻度は少なくなり、

ボールを潰すことの快感を感じることが

できるようになってきました。

これも毎日更新されるブログのおかげと思います。

本当にありがとうございます。





さて、クラブの重さをどう感じるか?という

非常に曖昧な部分の質問があります。

もしアドバイスいただけるのであればたいへん助かります。



テイクバックの際の重さの感じ方なのですが、

アイアンに比べFWはその構造上、重心位置が奥にあるため、

テイクバックの際にともすれば、

フェイスが上を向こうとする(左の掌が上に押されてしまう)のが

感じられます。

極端な話、フェイス面が地面に相対し、

トウがグリップの左に位置するくらいでないと、

体の右側にもって行かれてしまう感じです。



感じているときは未だ良いのですが、

打ち急いで、右に持っていかれる感覚を無視して、

トップ→ダウンへ移行してしまうと、

たいていの場合は失敗につながります。

(当然の帰結としてダフリかトップ)



FWであっても、テイクバックの際のこの感覚は、

実はテイクバックが間違っている信号と

捕らえた方が良いのでしょうか?

逆にアイアンの場合、

FWで感じられるようなものが少ないのが悩みです。

長いアイアンであれば、

トウ側の重量感覚を頼りにすれば良いのですが、

ウエッジ、ショートアイアンだと、

そこも曖昧で、チェックポイントを探すのに苦慮しています。



何か別にチェックするポイント、

あるいは改善策はないでしょうか?





お手紙ありがとうございます。

 ブログのネタに困っているので助かります。

確かに ウッドはアイアンに比べると重心が深く

(アイアンは5mm程度、ドライバーは35mm、ウッドは25mm位です)

重心が感じやすい…のかも知れません。

弊社のクラブ…ということでなく一般論ですが

正しくクラブヘッドを選択すれば

アイアンの方が重心距離が長く、短いシャフトとは言え

ヘッドも重くなっています。

シンプルにヘッドの重さ…という点では
大きな差は感じないかも知れません。


まあ 市販のクラブに対する嫌味半分なのですが、

軽量スチールシャフト登場以来
ウッドとアイアンのそこらへんの…

重心位置とか重心距離の関係も全く無視の状態で…

これからのゴルフクラブの発展を危惧してしまいます。



運動…移動をさせた時に、

重量は重たく、重心距離が遠く、重心深度の浅いアイアンと

重量は軽く、重心距離は短く(アイアンに対し)、
重心の深いウッドとでは

ヘッドの重心位置の打ち手に対する重さ感というか、

重さの作るベクトルは完全には一致しません。

ただ テークアウェイの初期段階でここの部分とても重要で

特性の微妙に異なるそれぞれのヘッドを同じように扱うのには

ちょっとしたコツというか、ノウハウが必要です。


書かれている通り、シャットを維持するのには

重心が短く、重心の深いウッドの方を意識的に残してあげる必要がある訳ですが、

二つポイントがあります。


一個目は意識? 知識?として覚えておく程度 のものです。

(なぜならば現場に行くとなかなか実行できないからです)

ゴルフクラブが長くなる ということは

それによって運動に対するヘッドスピードを
高くする効果があります。

ですので 自分の動作自体は速くしなくても

そのクラブの長さによってヘッドスピードは高くなるのです。

始めの20センチの動きだけでも 遅くしろ…とは言いませんが

加速させない動き出しは
リズム感として身に着けて悪いことはありません。

rad-04



次に・・・(こちらが重要です。)

ウッドを苦手としている人の典型は
テークアウェイの初っ端の段階で左腕なり、
左肩でクラブを押してしまっています!

2010111116444243889


その動きは左腕のローリングが必ず伴うので

重心の深いウッド径はよりフェースが空を向く量が増えます。
→これがその後のスイングをグダグダにしてしまう
 きっかけになっています。

正しくテークアウェイを実行すると

右腕が曲がる➡短くなる のですから

グリップが体に近づくことはあっても、離れることはありません。

左腕のローリングや左腕の押しでテ
ークアウェイを取るゴルファーは

この段階で グリップが体から離れ、

手でクラブを動かしているので、
結果、手打ちになるのは当然ですが、

それだけでなく 体が右を向くという、
ボールから離れる、インサイドへの動き
になる筈なのに 
グリップやクラブは飛球線後方に真っ直ぐ動こうとして

無駄な遠心力を生み出すことになります。

それによって 体が十分右向きをなるのを阻害されてしまい、

それでなくても浅いテークアウェイが 
より一層浅くなり易くなります。



テークアウェイは特に右ひじでクラブをしっかりホールドし

右半身がメインではありますが、右ひじのクラブを動かすような

そんな感じが良いと思います。

片手で持っているのは辛いから
左手が握っている程度で良いと思います。


実際にはなっていないかも知れませんが

意識としては 書かれている通り
 グリップよりもヘッドが

アドレス時のその場に残るような、
グリップよりも左側の領域に残るような

テークアウェイの取り方は正解だと思います。




参考になるかどうかわかりませんが

動画としてありますので、見てみて下さい。






それとアイアンだから、ウッドだからというのではありませんが

少々 極端ですが

テークアウェイからトップオブスイングまでこの赤い線の右(外)クラブを出さない、

この赤い線が壁…と思って
ここの中でテークアウェイを完結させてしまうように

クラブを移動させてみて下さい。

多分 それがウッドやアイアンの重心の深さの違いに対する答えになってくると思います。

d11be403

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブが届いたときに悶絶しないようにと

ブログを最初から読み始めて2012年の8月まで読み終えました。

理数は苦手なので、数式などが出てくるところは、はしょっていますけれどね。

読み進んで悶絶歴2年とかをみると、

すぐにクラブが手元に届かなくてよかったと変な安心感を抱いています。

もう少し簡単に対応できると考えていましたので、

準備期間があってよかったなと。

但し今までスイングに悩んで、

帰るべき港がどこか分からなくて不安だったのに比べると

水先案内人がいてここが港だよと指し示してもらえるのは

非常に安心感があります。

そしてラウンドで今まで何十年とやってきて

体験したことがないような感触のショットがあるとうれしくなり、

悶絶してもいいこの道を進もうと確信しています。

刷毛塗りのポイントを手をとって教えていただいたので、

パットとアプローチは目に見えてよくなっています。

ロフト通りの転がりが出来ているのでしょう、

強い回転のボールなので少しのアンジュレーションをものともしません。

だらだらと長くなりすみません。

スナップショット 1 (2012-12-27 17-48)

質問の一つ目はバンカーショットについてです。

あごが低いところやピンが近いところは刷毛塗りで苦もなく出ます。

ヘッドを抜くという行為もしません。

これがピンが離れたところにある場合も同じでいいのでしょうか?

それと近いときは足は固めて打ちますが、

距離を打つときは普通のアプローチと同じように

膝を使っていいでしょうか?

まだ距離のあるバンカーから打ったことがないのでお聞きします。


A:バンカーに関してのお答えです。

あごがあったり、高さが必要な場合

数式とは言わないまでも経験的な部分で

どの位の距離を打たねばならないか判断は必要です。

上腕や肘だけで打つ刷毛塗は勿論パッティングストロークや転がしには

ドリルとしても実践としても適用していい訳ですが

同じ20mの距離を打つのでも、転がしの20mと

ある程度の高さが必要なショットとしての20mは

力加減というか、速さ加減も当然異なりますよね。

そこで基準になるのはやはり「イメージするボールの速度」になります。

どの位のボールの速度が必要か、なんとなくイメージしたら

その速度に準じて動作をしてください。

ある程度の距離になれば、上腕や肘だけを使った刷毛塗では

ボールの速度を生み出せなくなるでしょうから

そうなると グリップを動かす原動力を体の回転にスウィッチする

必要が出てくるかと思います。

膝と使うという言葉が出てきますが

積極的に、いや、意識的に膝を使うというのは刷毛塗に…という

意味合いだと推測いたしますが、膝を意識的に使わなければいけないような

ボールの速度が必要であれば、そこはやはり原動力を体の向きの変更に

シフトし、バンカーのようなスタンスが緩い立地条件で

意識的に そこに近い膝をつかうようなショットは避けられた方が良いと思います。

バンカーショットに限りませんが、ショット全般で

刷毛塗というのは腕さばき・肘さばきを指す意味合いではなく

グリップを動かすことによってヘッドを動かす ということです。

第3者からどう見えるかどうかはさておき

動かしている自分はヘッドを意図的に動かさず

グリップを移動させたから結果ヘッドも「動いちゃった」

考える方が良いと思います。

経験が豊富で自分のやり方でうまく行っている人は

それはそれでよいと思いますが、

イマイチバンカーショットが得意ではない という方は

世間一般で言われるような ヘッドをたくさん動かすような

ある意味特殊な方法でなく、ちゃんとしたショットとして

バンカーショットも捉え、足場の緩い中でも出来る

ゆっくりして大きな体の回転でグリップを動かすことを

お薦めします。


BlogPaint

質問の二つ目はテイクアウェイからの切り返しについてです。

トップから(背中が飛球線方向に向いています)

左肘方向(くの字になっています)へ身体を倒すと上手く打てます。

その際グリップを身体からあまり離さないで胸の右上から左下へスライドすると

いい感じに打てます。まだ何回に1回ですが・・・。

スライドする際に右肘を伸ばして左手を押すという刷毛塗りをするとダフったりミスショットのオンパレードです。

これは軽いヘッドの固いシャフトを使っているからで、柔らかで重いクラブならば解消することなのでしょうか?

それともちゃんと刷毛塗りが出来ていないのですか?



A:現在 市販のクラブをお使いですから

それが原因と言えなくもないですが

切り返しだけではありませんが

体の動きを主体とした時に

進行していく方向に対し、必ずその方向の上腕を動かし始める

まあ 肘という意識でも構いませんが。。。  が必要です。

テークアウェイの時は右上腕〜右ひじ

ダウンスイングの時は左上腕〜左ひじ

多分第三者からはそうは見えないと思いますが

動かす本人としては 双方そこから始動を始めると

体はスムースに動きますし

横方向だけでなく、上下というか 高さ方向に関しても

肘なり、上腕を動かし始めることによって

体の進行方向を「立体的に」管理しやすくなるのでお薦めです。

勿論、ゴルフスイングは両手が同じようなところを握っていますから

ダウンスイングで言えば 右ひじなり右の上腕のサポートも

必要にはなりますが、同時に見えて 若干 左上腕→右上腕

のずれがある位が良い結果につながると思います。


スナップショット 3 (2012-11-23 12-01)

最後にもう一つ質問です。

ティーアップしたアイアンのショットはそこそこ打ててるのに、

地面にあるボールがダフるのはクラブが届いてない証拠?

左膝が流れないようにする旧来の癖がとれなくて突っ張っているのでクラブが届いてないのでしょうか?

お忙しいと思われますので、回答は時間がとれたらで結構です。

また理解不足で、ブログを読めば分かるときはそうおっしゃって下さい。

申しわけありませんが、悩める老羊に光を!



A:これも市販の硬いシャフトと軽いヘッドを使っている現状で

何とも答えにくいところではありますが、

正しくクラブを使おうとすれば、その双方がスイングの手助けというか

ガイドをしてくれます。

ご本人は理解されているとは思うのですが

読まれている方のために書きます。

この場合であれば、届いていないというのは

実は「上下方向に届いていないヘッド」〜低さが足りていないと考えがちですが、

それは間違いです。

しかも 間違いを二つ犯しています。

まず 届いていない→ボールを打つアバウトですが所定の位置に

到達していないのはグリップ であるという事。

そして 下方向ではなく、左〜飛球線方向に対する移動が足りていないという事。

実はゴルフスイングを覚えて行くにあたって

この二つの判断、分析ミスをしていることから

誤ったスイング造りが始まってしまったりします。

悶絶クラブが届くと そこら辺を実感できるようになると思います。

   ヾ(@⌒―⌒@)ノこうご期待♪


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ