◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: 脳内イメージ


『同じヘッドスピードや体力でもヒトによって、
 または そこそこの似たような当たりでも
 高さや距離などいろいろな球がでてしまうのは
 なぜなのですか?』 と言う質問を頂きました。


 不思議に思うのももっとも ですよねー。

 それが 球体 と言うモノを使う楽しみ とも言えますけど…。


それを何で行うか(腕さばきか、体か) という方法論は抜きにして
スイングは 傾きがあって クラブの向きを変える(クラブターン)
俗に言う スイング軌道、円を描く訳です。

スイングを時計盤と合わせてみましょう。
i320本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(6)本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(5)





分かり易いので スイングは背中側からでなく
腹、お腹側の正面から見る角度に設定し、
時計の「分針」は逆回り 55分⇒50分⇒45分⇒40分…と言う進行で。

同じヘッドスピードの人が
6番アイアン位〜ロフト30度のクラブを持ったとします。

誤解を生み易いので 言っておきますが、
腕の働きとからだの回転の『合体行為』によって
スイング、特にヘッドの軌道は生まれますので
例えば インパクトが 30分の場所 だと仮定しても
事前の意識として そう動かすモノではない というコトです。
実態で言えば 腕で 45分の位置程度 に
からだの回転が加わるので 35分あたりがインパクト位置や
インパクトのシャフト角度になる というコト です。

そこらへんは また別の機会に話をするとして、
人によって、または自分が打っても 微妙なタイミングの違いによって
●ヘッドが入ってくる角度
●ロフト姿勢
●それに伴う フェースの向き
●それにともなう微妙なヘッドスピードの差異

があります。

機械的、機械にショットさせるとすると
分かり易いので 少し大雑把にしますが、
❶30分時がインパクトであれば
 地面を対象にした インパクト時のロフトは30度です。
❷35分時がインパクトであれば 
 地面を対象にした インパクト時のロフトは25度です。

機械 なので どちらも 入ってくるヘッドの進入角度は同じ。
それでも 同じ弾道や距離にはならないでしょう。

❶の方が 初期に飛び出る角度は高め
❷の方が 初期に飛び出る角度は低め
 です。
ボールのスピン量は
❶の方が少な目 になりやすく
❷の方が多め
 になりやすいです。


 これが人間だともっと差が生まれ易くなります。


そこが円軌道の面白い というか、 怖いトコロです。
同じような作業、運動をしているつもりでも
30分の場所「までは」 下に移動させる作用 ですが
それを超えると 真反対の 上に移動させる作用 になります。

さきほどは 双方ともに 下に移動させる作用の中で
インパクトを迎えていましたが、
ボトム である 30分を境目 にすると
今度は 上に移動しているヘッドでボールを打つコト
になるので、同じ5分の違いでも 更なる差が出ます。

インパクトが遅れれば遅れるほど、
時間が掛かれば掛かるほど、
からだは上を向き、左を向いていきます。

時計自体が傾いていく・・・

 30分の位置がボトムだったのが 35分…40分がボトムに

なってしまうような症状が出てきます。
機械とは同じになりません。
ですので インパクトが 35分〜30分〜25分
と 遅れていくほど 上に動かす度合いが強くなります。
どんどん 重さが右にかかっていく というコトです。
そうなると より ロフトの作用は大きくなります。
打ち出し角度が増え、製品ロフトなりのスピンが減っていきます。

i320






27.5分の場所と32.5の場所 は
25分の場所と30分の場所 以上の差が生まれます。

そう言う意味でも
スイングのイメージを
ボトムである 30分にするのではなく
35分、もしくは40分 にしておいた方が
スイング毎のズレ、のばらつきを抑えられます。
✋どの道 微妙にはズレるのですから・・・。

また これは
同じ人の ロフトごとのショットにも出てきます。
ロフトの小さいクラブは クラブが長く
 ヘッドスピードが高くなります。
特に ドライバーはティーアップをして、その分、やや左
に置くので、35分で打つイメージで行っても
意図的ではなくとも ややアッパーの軌道に入ります。
打ち出しがやや高めで スピンが少ない弾道になりますが、
元のヘッドスピードが高いので 失速にし難いですが、
ティーアップを別として、
それと同じことを ロフトの大きな、クラブの短い
元のヘッドスピードの低いウエッジでやると
 失速する恐れがあります。
アッパー、日本語では煽り打ち とか、しゃくり打ち と
呼ばれていますが、その傾向の強い人は
ロフトの大きなクラブが飛ばないコトが多いのは
そう言う理屈 です。


✋✋✋誤解を生み易いので もう一度、言っておきますが、
腕の働きとからだの回転の『合体行為』によって
スイング、特にヘッドの軌道は生まれますので
例えば インパクトが 30分の場所 だと仮定しても
事前の意識として そう動かすモノではない というコトです。
実態で言えば 腕で 45分の位置程度 に
からだの回転が加わるので 35分あたりがインパクト位置や
インパクトのシャフト角度になる というコト です。


まあ これに今度の左右の軌道とヘッド姿勢が加わりますから
似たような弾道を打ち続け易い打撃法と
一か八か に近い打撃法 を明確に把握し
追及する方がより良いと思います。

と同時に アウトサイドインとか、インサイドアウトとか
兎角 左右のスイング軌道の話題ばかりですが、
実は こちらの方が重要・・・距離を追求したいアマチュアには
大事なのかも知れません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



昨日の記事はいかがだったでしょうか?

言葉なので 分かり難かった かも知れませんが、
内容はシンプルだと思います。
2020-05-04_17-46-09

そう振ったら そうならざるを得ない というか
そのからみで スタンスの向きとも関係してきます。




おそらく…ですが、
スタンスの向きとからだの回転 の方が
その問題の 始まり に近い と思います。

☑ボールを当てたい
☑目標の方向に打ちたい
☑あわよくば 飛ばしたい

そこら辺の状態から ショットの練習、スイングの練習は
始まる訳です。

からだの回転が『直に』ボールを打つコト と
一番鍵になる部分には 誰も触れずに
闇雲に からだの回転は重要だ! からだの回転で打て!
体をまわせ! と言われれば
体を先にまわし 目標方向を確認
 〜体の向きをアドレスに戻して『から』
その後で クラブを振るコト 
と辿り着くでしょう。

腰は先に開いてしまっていますから
肩の回転を止め、その反動、そこまでの動作の勢い を使い
腕とクラブを振るしか 方法がありません。

からだ、この場合は 足も含めた腰(胴体下部) ですね。
テークアウェイ で右向き、
それが戻っていく過程で
 上から下に高さを変えられる、
 ボールに遠いから近い(インサイド)
 もう一つ ありますが それは次の記事で・・・
それら すべての利用する機会を
足も含めた腰(胴体下部)を開いてしまったので
逸して、失ってしまいましたので
手さばきでその代用が必要となります。

腕を振るには 肩の移動、この場合は回転ですね
を止めないと出来ませんから
😓この時点で からだ とは どこなのか❓
😓回す部分はどこなのか❓

ものすごく 曖昧な・・・ 肩なのか、腰なのか、脚なのか、
しまいには 胴体をひねれ‼ 捻転だ‼ なんてなります。

そうなれば 準備であるはずの
テークアウェイで 体を右に向ける なんてモノは
ほぼ意味を無くしてしまいます。
 全部のコトを手でしているんですから…。
葛谷 2017-2020_Moment(2)

腕を振るため、ヘッドを返すため、シャフトを振るため、
その勢いを肩の回転で出し、
インパクト直前で それをリリース〜解放する為
その肩の回転を止める・・・なんて
 なんの拷問だよ・・・と感じるのは私だけ、でしょうね。


そして コト 飛ばない、飛距離不足に悩む ヒトが
 引っ掛かるのは この次にあげる
からだの回転の 恩恵、
それを直に使って打っていれば  存在しない、
 必要の無い、まさにテクニック です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



単純な、基礎的な部分であり
実はとても大切で
意外に見落とされている部分です。

✋まずは 質問! です。

自分の思った通り、感じた通りに答えて下さい。
無理に正解を導き出す のではなく
直感的に 自分はショットをどう思っているのか
調べるためには 無闇にひねって考えないでください。
(質問は意図的にイジワルなモノです😡)



🏴うちの打席、練習場です。
いまは贅沢に一人用…ですが、
移転当初(13年前ですね)は二打席取ろうと思っていました。
高さも含め、それだけのスペースが十分ありますから・・・。
手前味噌ですが、室内でこの高さ(3m60あります)
の取れる鳥かごはそう多くはないです。

2020-05-04_17-46-26


それはさておき、
いま 概ね オレンジのボールの通り、
その方向に打つ、真ん中の的ですね
この方向に打つため、スタンス、アドレスを取りました。
(透明人間です😵)

✋✋✋さて このスタンスで
狙い通り の 真ん中の的 ではなく、
 Q:左の的 に打つには どうしますか?
あくまでも 『このスタンスで!』です。


2020-05-04_17-46-09

もちろん 左、ではなく 右の的 でも
答えはおなじ です。

チャレンジゲームとか、トリックショットではなく
良いスイングをしたい という気持ちの上で! です。


これ おそらく 多くの人が
違和感なく 出来てしまうでしょう。
その場合、茲療は簡単✊、
目標を蕕療にすると難易度は上がる

と言う感じ…だと思います。

✋さあ、どうしますか❓


 





答えは・・・(正しくスイングしたい と言う前提の上では)
 『出来ない』  です。

 勿論、ミスや偶発的なモノを除いて ですが。
✋左の的にボールを打つには
 左の的に向かって 『スタンスを取り直す』
 『アドレスをやり直す』しか 手立てはないのです。

からだの回転で打つ、として、からだの回転の仕方を変えて
左の的に向かって打つ とすると
左を向いた時に伴う 右サイドの近さや低さ の為
(ボールを打つ前に 地面がヘッドと干渉してしまいます。)
正しく打つコトが出来ず、調整が必要になります。
調整は からだの回転を止めないと出来ないので
基本的に不可能です。

では 出来るイメージを持たれた方 が
どうやって 中央の的にスタンスを合わせておきながら
左の的に向かって打つか…と言うと
ダウンスイングは始まったら すぐに
からだを開き、左を向き、目標を定めて"から"
その後、クラブを振って ボールを打つ
 と思います。
どうでしょう?


👉 これを 手打ち と言います。

からだの回転通り、からだの回転で直にボールを打つなら
スタンスは ボールの飛び出させたい、飛ばしたい方向です。
ミスを除けば、それを変更する手立てはありません。
スイングの動作は そのスタンスに対する「実行行為」であって、
動きが始まってから どうこうは出来ない のです。
V字を維持してみよう_Moment

本来、からだの向きを変える行為が
ボールを打つコト「そのもの」
ですから、
左の的に対し、体の向きを合わせたら
それでボールは当たってしまう筈、です。

ところが その体の向き〜体の回転は
ボールを打ちだす方向「の」確認作業 であって
ボールを打つ行為の 前準備 に過ぎません。


左の的 にからだを向けて「から」打つ場合、
結果として、ボールを打つ時は もっと体を開くコト になります。


体の向きと「打撃」が直接的につながっていない場合、
その感覚、概念は 例え スタンスの向き 通りに打つ、としても
それは全く同じことになるのです。

振り遅れや手打ちは気にしていても、
自分の打撃の概念の中に、
打ち出したい(打ち出さなくてはイケナイ)方向という 「意識」があり
その確認行為が流れの中に入っているのです。
それでは 手打ちにせざるを得ません。

ですので 実際のインパクトは
からだの正面〜ボールと正対した状態、
飛球線通りのスタンスの向き が 出来た後、
なにがしかの動作が入った『のち』 訪れる訳 ですから
理想よりも開いた状態 にならざるを得ません。

からだが開いていれば、
右サイドは近く、左サイドは遠い、
右サイドは低く、左サイドは高い
になりますから 自然にしていれば
開いたロフト、開いたフェース ですので
当たれば こすり球、 スライスか、ハイボール
もしくは 勢いのない球 になります。

downswingdown_swingmh






一般的には ここまでの過程を 初心者 と呼び、
そこで 先に飛球線にからだを整え(ボールと正対し) その後、
それよりも後のタイミングで来るインパクトまで
体を止めて、クラブを返すのが成功すると
中級者〜上級者の仲間入り というコト です。
 …単なる我慢比べに感じます。



からだの回転で『直に』ボールを打つ場合、
動作が始まると それがダウンスイングであっても、
構えた、スタンス通りのボールの打ち出したい方向と
その動作の向きは 一致しません。
経験則を除いて、まったく 分らない
刹那な時間である インパクトだけが その方向と結びつきますが、
振り返ってみても 動作とその方向につながりのある部分はありません。
写真解析した時、   あああああ  と分かる程度 です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




全員…には当てはまらないかも知れませんが、
体を開いて、開いているのにまだ打っていない
体の向きがボールを通り越したのにインパクトの迎えていない
「機会を逸してしまい」、その挙句
 望んでもいないのに 手打ちをしなければならない人
の 多く? 少なくない人にとっては
 これが本命のような気がします。

これも 左腕一本でする素振りのドリルの派生 です。


この写真をご覧ください。
V字を維持してみよう 上編_Moment実はインパクトですが、
写真がないので 仮にアドレス、とします。

細かい理屈はさておき、
この場合、左腕や左半身 はクラブ(ヘッド)よりも
飛球線方向を基準に 前
からだに対しては 当たり前ですが
左腕はクラブよりも左にあります。

順序、として
左半身、真ん中あたりにクラブ(ヘッド)、右半身
と言う順番で
アイアンで言うと、微妙にハンドファーストに構えている人の方が
多いでしょうから、グリップの方が左(前)、ヘッドの方が右(後ろ)
の位置関係です。

次の写真 です。
V字を維持してみよう 上編_Moment(2)ちょっと混乱しそうですが、
トップの位置付近、
からだが向きを変えましたので
その相対関係は変わりませんが、
前後ろ の位置関係が
ボールに近い遠い と言う関係になりました。

左半身〜クラブ〜右半身の相対関係は
変わっていませんが、
その基準値がボールに近い〜遠い となってます。

グリップとヘッドの関係で言うと
 グリップの方がボールに近く、ヘッドの方が遠い 位置関係です。

当たり前のコト をつらつらと書いていますが、
その関係が変わらないのは 向きが変わったからで
向きが変わったコトによって 変わったのは その相対関係ではなく
基準値が 前〜後ろ ではなく 近い〜遠い になったコト位 です。

V字を維持してみよう 上編_Moment

✋✋✋近い〜遠いで言えば
アドレスの位置では
ヘッドの方がボールに近く、
グリップの方がボールから遠い(離れている)

トップの位置では
それが逆転したのは 『からだが向きを変えたから』
👉手さばきで何かしたのではありません。




これは 左腕(補助的に左半身)一本のドリル でも同じです。
このドリルの真意は
 いままで からだの回転に対し、
意図的に、もしくは その後の行為をし易くする為仕方なく
☑左腕を遅らせ、
☑インパクト付近ではからだの回転を止める

という作業を 一括して からだの回転で行う にする為、
トップの位置で、からだの回転を止め
✋先に左腕(特に左上腕)を動かす、
✋左腕をクラブの重さを利用して落とす

感覚を体験し、左腕の遅れを解消、
左腕を遅らせなくとも、
インパクトの付近でからだを止めなくても、
ボールを打つコト です。

ですので トップの位置で
からだの回転を止め、クラブの重さも最大限使い、
左腕を落とす、左腕を動かす、
(補助的に 多少左半身は動きます)
このドリルにおいて、
ココの部分だけを強調すると 
この動作だけでは ボールに『届きません」。
(素振りのドリルなので 実際のボールではなく、
素振りをする為の通過点、目標物と考えて下さい)
左腕を落としても
からだは本格的に回転していないので
グリップの方がボールに近い
ヘッドの方がボールに遠い
と言う位置関係は変わらない‼ のです。

からだの回転があるから
その (ボールに対し) ヘッド遠い、グリップ近い が
解消?・・・逆転するのであって
からだの回転は 左腕を動かし始める分、
左腕が落ちた分、程度では
その関係は逆転しません。



逆に言えば
その 左腕さばき、左腕一本ドリル(素振り)において
左腕のみを先に動かした時、
ボールに対し 近い~遠い
 の関係が
逆転してしまったら
 アドレスのからだの姿勢では ボールには当たらない というコト なのです。
   (手でヘッドを出すな!というコトです)

ボールに近い〜遠い ですから
本来 その事象が起こった要因(からだの回転) 
とは違う要因で 近い遠いを反転させれば
行きとは違う回転をしないと ボールは打てません。

その両方を体験してみて下さい。

🏴左腕を動かした(落とした)時、
ボールに対し、近い〜遠い を 維持した場合、
それでは ボールに届きませんから
体を回転させ、ボールに近づく というか
その 近い〜遠いを逆転させます。

🏴左腕を動かした(落とした)時、手でヘッドを出してしまった場合
その位置関係を変えてしまった場合、
上げた時よりも ヘッドはボールに近づいてしまいましたから
(近づく方向により多く動かしてしまったので)
体を開いて、本体である自分が離れないと
(離れながら打たないと)
その距離は相殺されません。


これが アウトサイドインの実態だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先日の記事の続き からです。


✋そこでドリルです。


素振りで良いです。ウエッヂか、
イケる人はL型ブリストルパターを使いましょう。

げ!
 ✋超重です。

しっかりした 右向きを作り
ヘッドは上げず、グリップだけ やや高めにします。

そこから 左に軸足を作る と言う目的 を含みつつ、
左腕、左肩、左上半身 だけ 先に、
いや そこだけを動かします。
からだは右を、トップのまま の つもり de!

トップの位置から 左腕を使って
 胸を開いていくような感じです


(比較)左手ドリル_Moment


ショットは当然ですが、
ボールが地面に置かれています。
空中にあるボールを打つドライバーであっても
誤差程度を除き ボール1個もずれたら 前には飛びません。

スイングの良し悪しは別にしても
ある程度のゴルフ経験があれば
ヘッドをボールに当てる 瞬間的な演算能力 があります。

変な例ですが、
からだじゅうのあちこちに糸を付け
スイング中、どこかの箇所を
 少しだけ、じわじわと その糸を引っ張られても
それに反応しつつ、ボールに当てるコト は可能でしょう。


自分のからだを含め、腕やクラブの重さ とは
動作中のその重さの変化とはそう言うモノ です。

左腕一本、多少の左サイドの補助はあっても
左腕一本でダウンスイングに入る場合
そのクラブの姿勢や位置によって
 その腕も含めた クラブの重さは急激に増えます。
L型ブリストルパターでは
 持っている(支えておく)のも難しくなるほどでしょう。

IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(2)IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(3)





✋姿勢や位置、もそうですが、
特に 腕〜クラブの長さが増えた場合 は顕著です。


からだは ボールを打つコトよりも
バランスを取るコトに優先順位がすり替わります。
・・・危ないですからね。

クラブが長くなり、長くなり過ぎ、
ヘッドが自分から遠ざかる、
からだの回転に 左腕(グリップ)が遅れる
 この場合は、左腕を圧倒的、先に動かしている筈…ですが
その重さを支えるには
 その重さと反対にからだを引かないと ボールには当たりません。
体を引く、体を開く方向と
 クラブの作る 不可抗力方向は必ず 対称(反対) になります。

downswingdown_swing









ダウンスイング という
トップの位置から
 ボールへの方向、
そして 打つ方向、
という制約に、さらにクラブの重さの制約が入るのです。

イジワルなコトに その重さのかかる方向は
打つ方向でも、ボールの方向でもなく、
また その真反対 と言うわけでもなく
その中間、90度 のような立体的な位置です。

上の二人のサンプル画像を見ても
クラブの重さの増えた方向、かかった方向と
それを逃がした方向が非常に判りますよね。


達人のコレをご覧ください。



クラブの長さ、
自分からヘッドまでの距離が変わりません。

重さが運動分以外 増えていないので
からだの回転に 不必要な負荷 がかかっていない のです。

言ってしまえば、ゴルフスイング動作の殆どに近い、多くは
どういう 重さのかけ方、クラブの重さの作り方をしたのか⁈ です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフスイングを作る、とか、治したい、と言う場合、
忘れがちになるのは
 自分のからだの重さもあるけれど
自分が動かす ゴルフクラブの静的な、そして動的な重さ
 不可抗力がかなり影響を与える
 というコトです。


スイング、ショットをし終わった後
それを写真や動画で見た場合、
その動作の半分…、半分以上・・・かも知れませんが、
その重さ、不可抗力を処理する為、消化するためのモノ
 であると考えた方が良いでしょう。

自分がしたい動作、動きたい動作 通りに
動作の結果はなりません。



スイング ココを治そう❶_Moment例えば、ですが
この画像のように
 手だけ、左腕、左肩だけでテークバックを取ったとします。

腕も含め クラブの重さは 自分の背後に
動き分、長さが増えた分 かかりますから
バランスを取るのに、体を前に倒します。
ボールに近づくような形になる訳です。

本人は 手で上げている自覚はあったとしても
前にからだを倒している、ボール側に近づいている、倒れている
つもりも自覚もありません。

クラブや腕の重さは
長さが増えたり、移動したりして
簡単に数キロ、10キロを超えるような重さになりますから
それを考慮に入れ、不必要に増やさない や
逆に その不可抗力によって
『正しく、望ましく動かされてしまう』
 と言う風に
考えて言った方が良いでしょう。
 もう、私たちにはそれをチカラ、運動性能で封じる
というのは危ない・・・故障の原因になりかねません。

その話を念頭に置いて
 本題に入りましょう。

葛谷 2017-2020_Moment(3)


私、個人として 手で振るスイングはあまり美しくない というか
動作としてだけでなく、
ゴルフクラブの基礎機能を無視しているのがとても嫌です。
そして、多くの人は やりたくないけど
結果として 手で振ってしまう コトが少なくないと思っています。

望んで ローテーションしている人は論外ですが、
望んでいないのに 手で振ってしまう場合の多くは
  単に『機会の損失』だと感じます。

この場合の機会の損失とは
折角、テークアウェイで右を向いたのに
右向きを戻す、ボールの方へ向いていく
その過程を逃している
 と言う意味です。
 
テークアウェイの時点で右を向かない
 からだ〜胴体を右に向けない・・・向かない のは
 ハナから手で振ろうという意味になりますね


今回のテーマは
 ✋ダウンスイングの周り方  です。

結構、この部分、悩んでいる人、多いと思います。
😿からだが早く開いてしまう・・・
😿右サイドが突っ込む・・・
😿体重が左に乗らない・・・ 
などなど
実は全部、同じことを指しているのですが、
それを具体的に、技術的に、
また クラブと言う観点から説明いたします。

    それでは また 明日・・・。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイング軌道を気にする人は多いですね。


「アウトサイドインだから スライス気味になる…」 とか
「もっとインから入れたい…」とか

まあ 確かにスイングを振り返ってみる時の材料にはなり得ます。

それであれば 平面上の インとかアウト だけでなく
どんな入射角度か、と言うのも意識して貰いたいです・・・が
イン、アウト は一般的に 飛球線と言う基準値があり
入射角度などの 上下〜高さは基準値がないので
話題にし難い と言うところもあるのでしょう。


スイング軌道の話しで
 幾つか気になる点があります。
スイング軌道は ヘッドの軌道が基準値ですが
何度も書いていますが、
その軌道は やや縦に潰れた、横に広がり気味の円状の曲線になります。
その円状の軌道になるのは
 クラブを持った打ち手が向きを変えるから、と
 スイング動作の基礎に前傾姿勢があるから、
です。

V字を維持してみよう 上編_MomentV字を維持してみよう_Moment






そこの部分を無視して、手さばきでスイング軌道を作ろうとすると
その軌道は イン、アウト、などの 左右だけでなく
入射角度の上下〜高さ や
自分からどの位離れているか(遠近)〜スイング軌道の大きさ
そして その大きさや左右、上下の変移 は無限の種類になって
それこそ 基準値が全く存在しない状態 になってしまいます。

人間ですから 多少の誤差や変化はあったとしても
自分にとって どれが正解なのか が造り切れなくなってしまいます。

もう一度、書きますが、基礎として
スイング軌道の円状の曲線は
 自分がからだの向きを変えるから、と
 その基本動作には前傾姿勢がある 
というコトを
覚えておく必要があるでしょう。



問題はそこではないんですが・・・

スイング軌道は より良いショット、より安定したスイング を作るための
反省材料でしかなく、ショットの結果論に過ぎません。
そのスイング軌道が どんな であっても
自分にとって、繰り返すことが容易で、楽に遠くに飛ばせるなら
自分オリジナルのモノ
スイング軌道を形成する基礎を守るのであれば
誰か別の人と比較する必要はなく、
自分独特のモノであってかまわないと思います。

✋スイング軌道を考える時、
忘れられてしまっているというか、無視されている大事なコトに
『打つボールは スイング軌道上 にある』 というコトです。

スイング軌道はボールを打つため、
そのスイングを向上するための一つの材料に過ぎませんから
軌道を作るコト は 良いショットを打つための手段であって
目的ではありません。
どの場面、どの状態、どのライ、どのクラブであっても
打つボールは 必ずスイング軌道上にあり、
 ルール上でも、実質上でも ボールはフェースで打たなくてはなりません。

IMG_0491

スイング軌道、スイングプレーンを作るコト ばかりが
頭にあると スイング軌道上にあるボールをフェースで打つ
というコトを忘れてしまい、スイング軌道をなぞるコトばかりを追いかけ
挙句 シャンク、ソールでボールを打つ というコトに為りかねません。

✋ヘッドのことばかりを考えるのは良くありませんが、
スイング軌道はクラブヘッドのソールでなでる、なぞるモノであって
☑フェースでなぞるものではありません。
 
それでは 軌道上のボール、打てませんから・・・。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



実際にからだの回転で打つ
 というのをやってみましょう。

こうちゃんの憂鬱_Momentこうちゃんの憂鬱_Moment(5)こうちゃんの憂鬱_Moment(4)











手さばき、はんどリリース で打つ場合、
この場面から 概ねからだの回転、特に左サイドの動きを止め
右腕を伸ばし、ボールに届かせるわけです。

つまり その動きには
からだ・・・足腰と腕に動作順序があるのです。
からだが先に動き、当たる場所を確保してから
腕でクラブを振る。
最終、ボールとヘッドが当たるコト を
 手さばき、右腕伸ばしに頼るのです。 


からだの回転で打つのは
まさに その反対の順序 と言った感じです。
ここが掴みにくいのだと思います。

乱にんぐアプローチどりる_Moment ゆっくりした、分割した動きで考えると
先に クラブの重さも利用し、手を落とします。(下げます)
俗に言う ハーフダウン
ココの位置に来たら 手の仕事は終わりです
手で振った時に比べ
フェースは少々極端に下向きを作ってみましょう。


打った以降、逃げ道やからだの回転と同化するための処置
はありますが、腕〜手の仕事はココでおしまい です。
からだの回転で 左グリップを抜いていく
 グリップエンドを抜いていくような感じになります。

あとはからだの回転に任せます。
手で振っていた時と同様、
その時は手で探っていた、手の使い方具合で
当たり具合を調整していたと思いますが、
今度の当たり具合は 回転具合を調整してみて下さい。

実際には そのハーフダウン の後、
インパクトがあるのではなく
グリップが落ち始めたら 体もまわるので
その ハーフダウンのトコロ が インパクトになります。
✋ハーフダウン以降、以後、その後 インパクトがあるのではありません


この順序とともに 感覚として
腕で振る場合、
先に 半身(左半身)を動かし
インパクトのトコロは 右半身を動かす・・・
からだを左右に分割する動きになります。

 それは テークアウェイにも反映されます。
乱にんぐアプローチどりる_Moment(2)

からだの回転でボールを直接打つ場合、
からだを左右に分割して使うことはありません。

1ユニットで振る とも言いますが、
からだの左右を交互に使うようなことはありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ゴルフスイングをこの角度から見た場合、
からだが左を向くから 傍目に
 ヘッドが 画面に向かって右
 〜位置関係的にグリップよりも先に言ったように見えます。

達人のココから盗め_Moment(4)

もしカメラが 移動式〜常時、体の正面にあれば
グリップとヘッドの位置関係は
 スイングを通して、大きく変わりません。

達人のココから盗め_Moment

達人リートレビノの上の写真も、
からだの向きが変わっただけで 基本、この写真と同じ、
本当に からだの向きが変わっただけ なのです。




😿 ヘッドがグリップを追い越して『打つ』
 ・・・その典型例が 振り子のショット、振り子のアプローチ です。



何度も書いていますが その弊害は多岐に渡ります。

本来、左を向くコトで
 ヘッドがグリップを追い越した「ように見える」訳ですが
からだの向きで行わず、
肩を揺さぶって 体のゆがみ を使って
ヘッドを前に出す行為は
 からだの回転を止め、ヘッドやクラブを放り出すスイングを誘発します。

また その動きがそのままフルショットになると
からだが左に回らず、左上半身(左肩)が上に上がるコト が身に付いていきます。
体の故障に直結する動きです。
ココを治したい❷_Moment(4)

✋股関節を境として 胴体、上半身をからだ と考えず
肩をからだと考える ゴルファーも少なくない です。

手首や肘などを大きく動かしていない
自分の考える「からだ」 👉実態は 腕の一部である肩
を動かしているので 『手打ちだ…』 という認識は一切ありません。
●スイングを悩んだ時、改善の対象には入らないのです。

振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment振り子のアプローチ_Moment(3)






この 腕の一部である『肩』を揺さぶる、
腰に対して肩をひねる〜胴体を捩じる
というのが スイングの「当たり前」となっている訳です。


振り子のアプローチ
からだ は 肩 である と言う認識 の打撃は
『非常に飛距離が出しにくく』
『アプローチが上手くなり難い〜どちらかと言う苦手』
 という
前門の虎後門の狼状態ですので
ゴルフ上達の壁をすぐ近くに、そして厚くしてしまいます。

からだの回転を止め
肩を上げて ヘッドを先に送れば
クラブは自分に巻きつこうとしますから
左ひじは抜かざるを得ません。
からだの回転は止まっているので
当然、体重は左に移れません。
肩を揺さぶって、ヘッドがグリップを追い越すのには
左サイドはあがり、右サイドは下がりますから
当然、突っ込んだ形になります。
ヘッドを先に出すには
左サイドもあがり、ロフトも大きくなり、入射も緩くなります。
平均的なゴルファーでは 高さやスピンが増えるばかりで
距離は出しにくい しゃくり打ち になるのです。
それは アプローチにもダフリやトップなどの
 ミスとして顕著にでます。  そして、それは困ったコトに
年数や球数をこなしても 解決しないのです。

●よくある スイングの悩みが
 ここに凝縮された形で詰まっているのです。




どちらが先かは人によると思いますが、
『ヘッドはグリップを追い越さない』 から始まるのか、
『アプローチやパターは振り子で』から なのか、
ゴルフを始める人や始めて間もない人が
この手の理論にひっかかるのは とても残念です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


昨日の続き・・・になります。
http://hbs.livedoor.blog/archives/1996078.html


言葉で言うと
『ヘッドはグリップに追いつきません。
 まして 追い越すなど あり得ません。』


補足・・・打った後のコトは知りません。


この写真をご覧ください。

ヘッドはグリップを追い越しません!_Moment








これを見て 「ヘッドがグリップを追い抜いた!」 
言うのでしょうか?

これは単に からだの向きが 左を向き始めた から
そう見える だけで
別のアングル(写真内左)で 見ると
グリップをヘッドの位置関係は 変わってませんよね?


ゴルフの打撃において
安定を伴った 遠くに飛ばすポイント は
『浮かせられる範囲で 立った(締まった)ロフトで打つコト』
『無理のない範囲で 速く回るコト』
『使える範囲で 重いヘッドを使うコト』

これに尽きます。


からだの回転に対し、グリップは遅らせず
その重さ分 ヘッドが遅れる    ではなく
遅れたヘッド の その遅れを取り戻す は
『取り戻す行為は そのまんま、ロフトが増やす動き』 です。
また 遅れたヘッドのその遅れを取り戻す には
『からだの回転を止める、もしくは減速が必須』 です。
 どちらも 「飛ばさない」動き に相当します。

スイング ココを治そう❸_Moment(5)ハンドターンハンドターン (3)ハンドターン (2)






正しくはない方法ですが、アマチュアがロブショットを打つ方法に近いです。


アマチュアの人が 遅れを取り戻そうとするのは
開いたロフト、開いたフェース では
打てないからで、それは遅れ ではなく 『開き』に過ぎません。

スイング ココを治そう❸_Moment(5)ハンドターンハンドターン (3)ハンドターン (2)





ヘッドの遅れは その重さとシャフトのしなり によって
『ヘッドが遅れている』のであって
『グリップ、クラブそのものが遅れている〜ズレている』のでは
ないのです。
ロフトを開き、フェースを開くから
 そのままでは ソールで打ってしまうので
ヘッドターン〜フェースローテーション と言う名目の
 開きを取り戻すのです。・・・ でないと フェースで打てません。



✋悶絶クラブ の話 で言えば
シャフトのしなりは ヘッドの遅れ 👉ロフトの立ち を造ります。
また、シャフトのしなりやヘッドの重さは
切り返し以降、ダウンスイング初動のグリップの遅れなさ
そして 回転の促進を生みます。
勿論、その非常識なヘッドの重さもあります。
ですので クラブの基礎機能が使えれば
楽して飛ばせる要素が高いのです。




ヘッドの遅れを取り戻して打つ人にとっては
その遅れは グリップの遅れ(クラブの開き) を指しますから
重いヘッドや柔らかいシャフトは
より開きを生むコトになるのです。
故に 悶絶クラブを誰かにいきなり打たせると
どスライス、ど天ぷら、どダフリ になるのです。
正しく からだの回転で打てる人であれば
超ローボールのフック気味の球になる筈 です。
(まあ もう絶滅してますから 居ないでしょうけどね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブは 長い棒の先の鉄の塊、
重さの塊 👉ヘッドが付いた構造です。

市販の軽いヘッド
シャフトが硬いので ものすごく感じにくいヘッド
であっても 全体/総重量の6割以上モノ 重さが
その長い棒の先端に付いているのです。

これに使う人の多少の腕の長さ分、
そして 運動による 掛け算での重さも加わります。



それを踏まえた上で質問です。

😨ゴルフクラブを持って 右90度を向きます。
 テークバックですね
正面を介して、左90度を向きます。
⇒都合、180度向きを変えたとします。

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)



先に重さの付いていない ただの棒であれば
自分の180度向きを変えると 棒もほぼ180度向きを変えるでしょう。


【質問1】では 先端に重さが付いたら どうなるでしょう。

自分が180度向きを変えたら
❶重さが付いていても クラブも180度向きを変える
❷重さが付いているから クラブは180度以上向きは変える
❸重さが付いている分 クラブは180度未満向きを変える


ゴルフスイングにおける「自分の当たり前」で考えず
物理的な法則として考えてみて下さい。



【質問2】では ステップアップして
先端に 200g / 2kg / 20kg の3種類の重さを増やした場合
自分が向きを変えると
❶重さに関係なく からだの向き分と同じ(同じ)
❷重さが増える分 180度以上に増えていく(増える)
❸重さが増えた分 180度未満は強まっていく(減る)



✋✋✋皆さんが考える ゴルフスイングの当たり前 を無視すれば
当然 重さが増す分、自分の動きよりも 先端の移動量
この場合は 角度運動は「減ります」
これは 全世界、地球上で共通の物理法則です。


スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)





では 更にステップアップして
繰り返しますが、ゴルフクラブの構造は
先端に重さの付いた長い棒 です。
これに 運動が加わりますから
持ち手に加わる その重さは 数キロ
場合によって 10キロを超える可能性 もあります。

物理的法則で 打ち手が右から左へと 半円180度向きを変えた時、
運動も加わった その重さ分、クラブ/シャフトの回転(ターン)は
180度未満、速度や場合によって前後しますが 90~120度位になります。


✌一応、補足しておきますが、インパクト以降
運動は減速しますので、その結果、重さ(ヘッド)にかかる慣性から
からだの回転やグリップに追いつき、時として追い越す可能性も
無いとは言えませんが、それは 打った以降のコト で
そこは スイングの意識としては おまけ の部分です。


スイングする、クラブを動かす、扱うイメージとして
重さ分、クラブの方が、特にヘッド部やシャフトはターンしない
重さ分、ターンが少ない と考えれば
自分のからだの回転は 正しく180度ターン出来るでしょう。

達人のココから盗め_Moment(5)

しかし、始めから 重さが付いていようがいまいが、
運動によって 重さが増えようが増えまいが、
●自分がターンした分 と同じ分だけ クラブもターンする
●もしくは ヘッドがグリップを追い越す 👉 クラブの方が多くターンする

と思っていると
上記の からだの回転、体のターンとは同じには出来ません。



自分が180度ターンするコト と
クラブが180度ターンするコト は
似て非なる、まったく違う回転になる と理解していないと
からだの回転を用いて、ダイレクトにボールを打つスイングは作れないのです。

ややこしく感じるかも知れませんが、
とても重要なコトなのです。
私、個人が見てきた ほぼすべての人は
悩みの有るゴルファーのすべてが そこを大いなる勘違いしています。

✌繰り返しますが、
打った後、からだの回転は減速に入ります。
その際、ヘッドやクラブに残った慣性が
からだの回転やグリップに追いつき、追い越す可能性はあります。
しかし、それは打った後のコトで
そのおまけである 追いつき、追い越す行為が打つコトそのもの
打撃だと信じている限り、振り遅れの、手打ちをするしかないのです。

振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)




ここの部分が理解出来ていないと
からだの回転でボールを打つコトは不可能です。
目指しているモノが違います。


からだの回転でボールを打つ というコトは
そのクラブの構造、運動によって増す重さ分、
からだの回転に対し 遅れるヘッド(遅れないグリップ)を使って
ロフトを立て、ボールを上から抑えるコト で、
その遅れを取り戻したり、弾いたり(シャフトを返して)して打つコト はスナップショット 1 (2018-05-19 20-35)
どこかでからだの回転を止め、手で振るしか成せない打撃です。 

ゴルフスイングを壊すイメージです ⇒
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

 

早速、練習場で『達人リートレビノ式』試して参りました。

 

達人のココから盗め_Moment(5)

左サイドを止めずに振り切ると

いままで 体(きっと左サイドですね)を止め

その分、手で下に振っていたことがよく判ります。
(キャスティングというか、自分的にはフェースローテーション)

 

よくよく考えてみると

ボールに正対した状態から左向きの行為は

フェースターンと全く同じ意図、方向性なんですよね。

 

始めは下に振らないので届かないかと思いきや、

今までより遥かにダフリやトップも少なく、クリーンに当たります。

なんだか、とても不思議な感じです。

スライス(気味)だった球筋が、ドローとは言えないまでも

たまに左曲がりの球が出るようになりました。

距離も伸びますね! 一番手は違いそうです。

 


不安に感じたのは始めの数球で

記事にある通り、アプローチとフルショットのつながりが良く

これなら苦手なアプローチの距離感も乗り越えられそうです。

思い返してみると、体を止め、手で振っていると

無造作に動くヘッド、大きく変化するロフト、

これでは距離感掴めませんよね、反省する事、しきりです。

(以前、言われたことが今になって・・・です)

 

今までは 「動かす事ばかり」を考えていましたが、

今度は「動かさない事」なので、勇気(・・・度胸かも)さえ持てば

直ぐに出来ます。 誰にも簡単!とは言えませんが、

動かさない事は誰にも挑戦できるはずです。

 

まだ、ドライバーまでは到達出来ませんが、

次はフェアウェイウッドで挑戦しようと思っています。

 

とりあえず ご報告までに。


達人のココから盗め_Moment

(店主)お手紙ありがとうございます。

一般的には
◯インパクトは ボールと正対して…とか
◯体を開くコト
◯アウトサイドインになるコト
◯ボールをよく見るコト
◯左サイドの壁

など 気が付かないうちに
インパクトで左サイドを止めるコトの『暗示』
をかけられているのかも知れません。

【達人リートレビノ式 インパクトはココだよ!】
フルショット、ドライバーなどにも勿論ですが、
特に アプローチの距離感には特効薬と成り得ます。

仰る通り、からだを止めて 手で振るスイングは
管理できない 放り投げるようなヘッド で打つのですから
ヘッドスピードの管理が出来ません。
 ✋動作とヘッドスピードに関係性が薄い です。

からだの回転で打てるようになると
自分の運動速度が そのままヘッドスピードになり、
ロフトやフェースの向きの変化 だけでなく
ヘッドの上下動も少なくなりますから
自分のモノにすれば 効果は絶大と思います。

ゴルフを始められた方に
 この「達人リートレビノ式」を教えれば
終生、アプローチやショットに深く苦しまないで済む と
思うのですがね〜。  
 冗談ですが、業界の陰謀かも…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



からだの回転をそう呼ぶわけですが、
スイングとして そのイメージでは
からだをグッと回して 腕を引っぱる感じがありますね。
大森201904_Moment

腰をグッとまわす というのも
クラブを含めた腕の重さが遅れるので
その結果として 腰が開く んだと思います。
腰を開こうとして そう動いたわけではないでしょうね。

インパクトでからだを止めてしまった…のでは
元も子もない、何をしたかったのか というコトになります。

からだ この場合は股関節を境目とする胴体
上半身のコトを指す訳ですが、
スイングの動作として からだを回すコト
その動作の中にそれがあることを指す のではなく
ボールをさばくところを からだに、
もしくは からだに『も』分担させるコト
 です。

ボールさばきを 手でしない方がいいよ というコト で
一般的に 手打ちを辞めたい と思っている人の努力 は
一生懸命 からだを使おうと『は』していても
肝心な ボールさばき のところに それが活きていない 感じです。

どの道 からだの向きは変える訳で、からだは回す訳で、
どこかの時点では 自分のからだの正面は
 ボールを追い抜く(右を向いていた正面は左を向く)のですから
それに『も』 ボールを打つ直接的仕事を与えた方が楽でしょう。



自分でそれを「強調」してやってみると
なんだか まるで反対のようですが、
やはり ダウンスイング初期 俗に言う切り返し において
 腕、特に左腕(上腕)でしょうね…
が動かないと からだとは同調、同期しません。

私の感覚ですが、
グリップと言うか 腕は
「降ろす」 とか
「下げる」 意志の入る動作ではなく
『重さで落とす』
『脱力する』 と言う感じでないと 動き始めない と感じます。

かなりはっきりと 空振り覚悟の上で
右向きっ放しのまま
クラブの重さ、腕の重さ で
腕、グリップを落とさないと 出来ない
…かも知れません。



意志、決意をもって 降ろそうとすると
腕でなく 肩周りが先に動きがち なので
結果として 腕自身は動きません。

そう言う意味で
ボールを打つため、からだと同調、同期させるための
腕の動かしには
「質の良い右向き」
「腕やクラブの重さで 良い場所に腕が落とせる姿勢」

が必須であるような気がします。
(まあ 二つは同じ意味ですが…)
葛谷 2017-2020_Moment(3)

刷毛塗や腕のクランチ、
股関節を境にしっかり右を向く 
『量のある程度は欲しいですが、質の良い右向き』
そこから からだで〜〜〜回転する というよりも
クラブや腕の重さを利用して 腕を働かせる ための条件
と考えるべきでしょうね。


左の上腕、もしくは 腕やグリップを
腕やクラブの重さで「落とす」 
それにはある程度 条件がつきます。
先日も書きましたが、
そこから 全部 腕でやらせないため
からだにも分担させるため
フェースは地面向きを維持すべきでしょう。
その場で「落とした」のでは ボールは打てない
落ちるフェース が ボールのところに行くのには
からだの向きの変更委による グリップの移動が無いといけない
という状況を作ってみましょう。
届かない…から といって ヘッドでボールを探りに行っては
ふりだしに戻ってしまいますので…😡😡😡

余談・・・ですが
・・・スイング軌道にも絡みますが
そのスイング軌道は前傾姿勢を基礎に傾いています。
ボールと言うのは スイング軌道上に存在するのです。
ですので 打撃面であるフェースは常時、
インパクトには多少のズレがある訳ですし
そのボールを打つため、軌道上、垂直な状態。
よって ダウンスイング中は やや下向き というコト です。

達人のココから盗め_Moment

それをやってみると
腕にチカラ・・・肩回りでしょうか
に入れないと 打った感じがしないのがわかる かも知れません。
背中から肩回り に力感がないと
打撃感が出ないんでしょうね。それが自分の切り返し って奴ね。
どこにチカラを入れていいのか 悩むでしょうね。
いや、でも… そもそも チカラを入れないで打ちたい訳ですから
それに慣れるしかないでしょう。

ロフトが締まって打てれば ほどほど飛びますし、
飛び、そのものは 負荷なく、素早く 向きを変えられれば
飛ばせるのですから(^_-)-☆
腕、グリップを遅らせなければ 回転力は無意識にあがります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



✋質問頂きました


『調子が良い時には

左手で右に引いてしまう事が無いのに調子が悪くなると

どうしても左手の動きが多くなってしまう原因が
左の肘の向きにあるのでは無いかという事です。

 

具体的には、アドレスで肘の先端が
下を向いていれば手で右に引くことは

難しく体の右向きと同期出来るが、
飛球線を向いていると自由に動かせるので

無意識に手で右に引きやすくなるという事です。

 

フェースローテーションをするクラブ扱いと
90度違うクラブ扱いをするには

グリップだけでなく肘の向きも
90度近く違う扱いでなければ出来ない気がします。

 

この考え方が万人に当てはまるのか、
そもそも正しいのか間違っているのかを

教えていただけますか?よろしくお願いいたします。』



お問い合わせありがとうございます 🤓

テークアウェイを取られる際の 左ひじの向き
と言うお話ですね。

からだ…股関節を境とする上半身を右に向けていれば
仰る通り 左ひじは下、というか 下めを向いています。
一方、胴体をひねり、左腕だけ、左だけで
疑似的な右向きを作ろうとすると
左ひじは横…上向きまではいきませんが、
下向きにならないのは確かです。

スイング ココを治そう❶_Moment

テークアウェイ…上げて降ろす みたいな言葉で表されたりする
その「上げて」と言う部分なのですが、
そもそも その「上げて」 何をしたいのか
何をする為に「上げた」のか と言うのも重要です。

この場合の 「上げて」は上下 と言う意味だけではなく
何かをする為の 準備行為 という意味合い だと思います。

下げるために、 その言葉の通り 上げているのか
手の返しなどの 手さばきをする為の助走の為なのか
そこらへんもポイントになると思います。


まず、テークアウェイにおいて
グリップの高さを取る、グリップを高くするのは
右打ちの人の左手・左グリップでなく
 右手・右腕 で行う方が良い と思います。
右ひじの曲げ具合、右腕のクランチ具合と
グリップの高さがつながっている
 と
 フルショットからアプローチまで
スイングの管理がし易くなります。

次に、グリップも、ヘッドも高くしない
(ヘッドを下げちゃダメですよ
  参照 http://hbs.livedoor.blog/archives/1995453.html
ランニングアプローチを基本としてみましょう。
⇒もう少し距離を打つ ⇒フルショット
は 右ひじのクランチ具合で グリップを高くするだけ です。
✋ヘッドは上げません。
✋グリップを高くした分で十分です。


どの道 ゴルフクラブ、クラブヘッドは自分の方に鎌首を
もたげた形状になっているので
グリップの高さを取れば、ヘッドは上がります。
それで十分です。

葛谷 2017-2020_Moment(2)


スイングにおいて 手で振りたくないのに手で振ってしまう
というのは からだの回転と言う運動量に対し、
一番先頭にある筈の右打ちの人の左手/左腕
これの運動(移動)量が多すぎて
理想的なインパクトポイントである
 からだが概ね、ボールと正対した時間に間に合えない
(間に合わない ではなく 間に合えない)
間に合えないほど たくさん動かしているコトが
 原因として少なくありません


からだが右向きから正面を経たコトによって
成せるクラブの動き 右上方から ボールの方で移動する
しかし、右打ちの人の左グリップ が 所定の位置よりも
右にズレていれば そこから手で補わなければならない
というのが 手打ちの正体です。 

ヘッドスピードはまだまだ上げられる_Moment


スイングのイメージを
少しグリップの高くなったアプローチ
左サイドが低くなっている分、ややシャットフェース。
その場で クラブを落とす(降ろすでなく落とす) と
ボールじゃないトコロにヘッドは落ちてしまうので
からだを 特に先頭にある左サイド(右打ち)を動かして
グリップを移動させ、ヘッドが落ちるところをボールにする。
(シャットフェースを維持してないと フェースで打てませんよ)
こんな感じにすると
 テークアウェイで 手で上げる癖は解消し易い
 ヘッドの上げ過ぎも解消できるかと思いますが
 いかがでしょうか?


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ゴルフだけに限らず
スポーツの中で 投げたり、打ったりする場合、
当たり前ですが 動作をする主は 自分 です。
決して ゴルフクラブやバット ではありません。
自分が動くから 結果、クラブやラケットは動く訳 です。

打撃部分である ヘッドを たくさん、しかも速く 動かしたい
そう言う気持ちは分からないではないですが
それは 動作として 自分の動作が速くなるから
クラブ、そしてクラブヘッドも動く訳です。

何度も書きますが、ゴルフクラブは
☑飛び出る方向   上下 / 左右
☑ボールの回転
 そして 飛び出る速度

それらは科学的には ヘッドの速度、ヘッドの重量
そして 打撃の状態 によって作られます。

それらは ヘッドの姿勢(角度)、ヘッドの入射(角度)状態
つまり 角度によって生み出されるわけで
それが あまりにアンステディ、安定し難い、繰り返しにくい方法は
出来るだけ避けたい訳です。

振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)





自分が主で、結果としてヘッドが動くのと
始めから ヘッドを動かそうとするのでは
それによって生み出される影響、不可抗力が大きく異なります。
どの道 不可抗力はかかる訳ですから
それが計算できる、出来れば その不可抗力が助力に出来る
不可抗力に誘われるようにしておいた方が よりベターでしょう。

振り子のアプローチ、振り子の動作 では
その不可抗力が非常に大きく、
コースで起こり得るあらゆるミスを誘発しやすくなります。



振り子のアプローチ_Moment(2)


これが テークバックの初期動作に見えるのはかなり深刻です。


この動作は 腕自体を曲げ伸ばし してる訳 ではありませんが
腕を起動させるために 肩を動かしており
 その肩を揺さぶるために からだそのものは固定、止めています。
錯覚しがちですが、
 からだを止めると ショットは安定しそうですが、
そもそも 腕で造れるスピードやパワーは限定的ですし、
 長丁場や自然環境下での変化、疲労が激しくなります。

✋この動作の延長線上に フルスイング があるとすると・・・
 本来、動かすべきところは使わず
 本来、動かさない筈の箇所を使ってのスイング動作になります

dohiraki
マッチョな若者がするのは自由ですが、
 加齢による体力、運動能力の低下や運動不足を嘆く
アマチュアゴルファーが率先的にやるべきコトではないかと思います、が…。

からだ、胴体は多少ひねることは出来ます。
それは からだを壊さないための「遊び」「クッション」「緩衝」として
考えるべきで、それソノモノを 運動の源にするのはどうか、と思います。

股関節を境に 胴体そのもの、骨盤から上の上半身を動かせば
両腕の長さに制約が掛からず
より自然な形で からだの向きを変えるコトが出来ます。
勿論、限度はありますが、からだを壊す可能性はとても低い。。。
殆ど悪いことはないのに何故なんでしょうねぇ・・・。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


達人 リートレビノ の
「ここがインパクトだよ!」の先でボールを打つと
その先があると どうなるのか と言うと 段階があります。
達人のココから盗め_Moment

始めは単なるキャスティングです。
 だって ボールに当たらない…届かないもん。

空振り、チョロ、ダフリ、トップに苦しむ
 そりゃ そうだ。

当たると スライスか、ハイボール
 飛ばねー

フェースローテーション、ヘッドの返しの必要性
 それは必須になるよね

コースでは やっぱり スライス
 更なる練習

引っかけをドローと呼んじゃう
 その道の うーん 呼ぶべきかどうか ですが 達人
 またの名を曲芸打ちの達人
…だって 本当はからだの回転でするのを手で真似るんだから さ。


とここまでに 相当な苦労、球数が要ります。
・・・・・・数千では足らない? 万 は打つかも?

スイングに関係なく、放っておいても
ゴルフのスコア上、上級者と呼ばれる、自称する人は
それを乗り越え、その練習を継続します。 ご苦労様です。✋

練習も少な目、月一ゴルファーの場合は
 ❺コースでは やっぱり スライス
 更なる練習   ⇒ ❺〜❻の繰り返し
10年…長年、やっても 大きな変化はなかなか出ません…

同時に この 本来、スイングには存在しない、要らない部分 で
ボールを打つコト は 
低いスピードで打つ、調整したスピードで打つ
アプローチにミスの頻度、確率、確実性の低さ
 から逃れられません。
ドライバーショットをコースでスライスさせない練習の
何倍もアプローチの練習が必要になり、継続、持続は必須です。

そうでないと 飛距離だけでなく
スコアの歩留まりもかなり早くに来て、その先が見えません。


また 悲しいことに このクラブ使いだと
クラブの機能が殺されてしまうので
クラブによる違いも出にくい、場合によっては出ませんから
ネームバリューに頼るしか 選択はないのでしょうね。

クラブだけでなく、スイングにも多様性が見いだせなくて
非常に 均一な、多数決的な価値観になりがちです。



達人 リートレビノの道に進むと
それはそれで練習は必要ですが、上の ❶〜❻が全くありません。
❶始めは単なるキャスティングです。
❷空振り、チョロ、ダフリ、トップに苦しむ
❸当たると スライスか、ハイボール
❹フェースローテーション、ヘッドの返しの必要性
❺コースでは やっぱり スライス
❻引っかけをドローと呼んじゃう …ドライバーは打ててもアプローチがね…

距離に関しては クラブ次第 と言うのもありますが、
自分の体力で出せる距離は得ることが出来ますし、
俗に言う スライス系のこすり球 を打つのは困難、
よほどのの当たり損ねをしない限り、か
思いっきり意図的でない限り
 ゴルフクラブ本来の性質、左回転のボールしか打てません。

スコアを突き詰めるには
勿論コースでの慣れや練習は必要ですが、
一旦 進んでいけば 体力よる緩やかな低下を除けば
不安定であったり、出たとこ勝負 ではなくなります。

苦手なクラブが少なく からだを傷め難い・・・
おまけに 教え上手 と呼ばれる可能性もあります。

達人のココから盗め_Moment(2)達人のココから盗め_Moment(4)







ゴルフスイングを始めから覚える場合は
達人 リートレビノの真似をするだけで コト足りますが
一旦 それ以降を持ったスイングをして来て
それで一応なりともゴルフが出来る、
もしくは ちょっと腕に自信があるような場合、
条件反射的に覚えている 「あるコト」が 抜けないので
真似ても ボールは打てません。当たりません。


 

ご連絡、ご来店お待ちしております✋✋✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


しつこい・・・ですが 肝心要なの部分なので
またまた書きます。

何度も書いていますが、
インパクト直前で グリップの移動ではなく
ヘッドを動かそうとすれば
からだも回転も・・・(主に左サイド ですが)
グリップの移動も滞るか、止まります。

タオル を振ったとしたら
持ち手のグリップの部分と先端のヘッド部分が、
その位置関係を
逆転させるには 手を止める必要が生まれます。
ビンタする訳ですね。

AZEJ5123_MomentAZEJ5123_Moment(4)





逆に そう振るには
インパクト直前で からだが止まる グリップが止まる
ような 手順を踏む必要が生まれます。


からだ 腕 クラブ という順でダウンスイングする なら
それがし易いテークバックが必要になるでしょう。

つまり インパクト付近の
そのボールさばきがある限り、
テークバックやトップの恰好を作っても
意味が無いのです。
単に 形を真似ているに過ぎません。

スイング ココを治そう3.1_Moment(2)スイング ココを治そう❸_Moment(5)





ここがインパクトなんだ!
となれば ココをインパクトにする為の
別な手順が必要ですし、
グリップを止め ヘッドを出す、
ボールに届かせるための
行くべき グリップの通過点、終着点と
ココがインパクトなんだ! のその位置では
当然、違いがあるのです。



タオルを振れば
グリップを移動させた分、先端も移動します。
インパクト直前で 手を止め、先端を追い越させる のと
どの道 円で振る、円をなぞる
のなら 持続して体を回しておけば良いだけ です。
どちらも 先端は円を描きます。

と、同時に その 『からだ』はどこなのか
も その考えによって異なってきます。
腕も含めた胴体(境目が股関節)を動かすのか
からだを骨盤、へそから下を含まず 肩と考えるのか
スイングを理屈とした場合、
その差は小さくありません。


葛谷 2017-2020_Moment(2)


ゴルフクラブは角度の道具です。
その どちらが 角度がうつろい易く、
その どちらが 先端の速度を管理し易い かは
説明するまでもないでしょう。

その時の ヘッドの重さは ショットの役に立っていますか?

シャフトは ヘッドを動かす為のモノ と考えるのと
シャフトは グリップを動かす為のモノ の違いでもあります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


プロゴルファーなど、あまたのレッスンビデオ、画像を
見てきましたが、ここまで参考になるモノはないかな と思います。

達人のココから盗め_Moment(3)



レッスンプロも含めたプロはの多くは
履いて捨てるほどのヘッドスピードと練習量を持っています。
 もしくは、それらを持っている時に培ったスイングです。
彼らのノウハウは
 どちらも持っていないオジサンおばさんゴルファー には
あまり役に立ちません。


そう言う意味では この画像は
飛ばすコト、つかまえるコト、曲げないコト
そして アプローチなどの距離の管理
 を
 非常に単純な ひと動作に集約 しています。



 

✋では 達人リートレビノ
のビデオをご覧ください。

おそらく アマチュアが真似るべき、
 参考にすべきスイングはこれが原本かと思います。


煽って こする 今のスイングに目が慣れている人には
なんだか 変な感じがすると思いますが・・・ね

スイングを見る目がスイングを作るチカラなんですけどね…。

元々 米国人の中では体も小さく、
パワーの無い彼が トーナメントというサーカスの中で
見出した 打撃 は 力のないアマチュアゴルファーの
本当にお手本になる 打撃 だと思います。

冒頭で 神様自身は説明はしていませんが、
スイング、ショットをすると ヘッドは重くなるので
からだはまわし、グリップは移動させても
ヘッドは 重くなる分、インパクト分 残して置け
と言っています。
ハミングバードでは それを「刷毛塗」と造語しています。


達人のココから盗め_Moment✋そして 抽出したこの画像 ですが

✋ここがインパクトだよ‼ と。

ここから先にインパクトがあるんじゃないよ‼ と。

ここはからだの回転が合体するから
ここから先がインパクトではなく
ここ そのものが インパクトだよ‼ と。

ここから ボールに当てる、ボールに届かせる
動きが 「こする」〜ロフトを増やし/入射を緩くする
「やっちゃダメだよ」と 神様は優しく申しております。



次の実際のボールを打ちますが、
見た目はアプローチ・・・ですが、
後々 繰り返し映像を合成していますが、
この 先ほどのココがインパクトだよー の場所から
単に からだの回転でグリップを移動させる のがスイングだよ 
やはり 神様は申しております。

達人のココから盗め_Moment(2)←勢いのない シャドースイングでは達人のココから盗め_Moment(4)
 こちら ですが

勢いがつくと
 こちら になります→



二つは全く同じモノ です。
そして フルショットバージョンを加えたのを比較してみて下さい
単に勢い、慣性の違いなだけで すべての骨格は同じです✋
達人のココから盗め_Moment(2)達人のココから盗め_Moment(4)達人のココから盗め_Moment(5)










では もう一度 全編 を通して見てみて下さい。

どのショットも、例えドライバーショットであっても
✋からだの回転でグリップを動かす
✋ヘッドソノモノの動きには頓着しない

というのが 見て取れる かと思いますが・・・
そう見えない方は 残念です  
→またのお越しをお待ちしております

飛ばすショットも、飛ばさないショットも
ドライバーとアプローチはほぼ全く同じモノなのです。
単に動作、自分自身の動きの速度の違いなだけ・・・


ここがインパクトだよ というコトが理解できる方だけ
この 3個の映像はつながりを持ちます。

達人のココから盗め_Moment達人のココから盗め_Moment(3)達人のココから盗め_Moment(4)








ここがインパクトだよ 以降 に ヘッドをボールに届かせる動き
キャスティング… ヘッドローテーションと呼ぶ人もいるみたい ですが
それがある人、それを当たり前と思っている人には
この 3個の画像はつながりませんし、ピンと来ません。

アプローチのコトをコメントされた方がいらっしゃいましたが
要は ココの問題 と思います。

ココがインパクトだよ! 以降〜インパクト まで
(意味わかるかな)
の動作、スイング?、打撃は 本来のゴルフスイングには
存在しない部分です。一切存在しない、意識しない
逆に 存在しないことを意識するというか
その行為そのものが ミス エラー なのです。
達人のココから盗め_Moment

そして それらをする人にとっては
そこが ショットの鍵 なのですから 厄介です。
そのショットの鍵 の部分がすべてで
これ以降は惰性ですし、これ以前はおまけ。

ココがインパクトだよ の人にとっては
ここまでの動きがすべてなのですから
共通の話題はない のかも知れませんね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


最近、練習用だと思うのですが、
かなりのメーカー、シャフトメーカーから
柔らかいシャフト、もしくは柔らかいシャフト装着のクラブ
が出ているのですが。。。

ちょっと 不思議に思うコト があります。


ダウンスイング〜左上腕_Moment



シャフトの本来の役割は
ヘッドやクラブの重さそのもの、
ヘッドのその特異(特殊)な形状による重さのかかり方を打ち手に伝え、
どの方向に動くのか👉スイングの方向性
いつ動くのか👉スイングのタイミング・リズム
速く、強く動く👉スイング運動の助力  するものです。


つまり シャフトは
 ヘッドの重さによって「グリップを動かす為のモノ
」です
✌その意図であれば その練習用のクラブは練習になるでしょう…が
 それを理解している人は オーバースペック、過度な硬さのシャフトを
 常用するコトはない・・・・ というパラドックスなんですがね
 ゴルフ界のよくあるパラドックスです。

しかし、一般的には
レッスンプロなども含め
✖シャフトは しならせて しなり戻して
✖ヘッドの重さとしなりもどし で ボールを弾いて打つ
 グリップを動かすコト ではなく
✖ヘッドを動かすモノ 〜しならせて・しなり戻して打つ
 と考えられています。
おそらく プロゴルファーやゴルフメーカーさんも含め
ゴルフに携わる人の 95%超える、限りなく100%に近い人が
そう信じていると思います。

どちらも宗教のようなモノで どちらを信じ、どちらが好きか
に良い悪いは無いと思いますが…。

シャフトをしならせて しなり戻す 人にとって
柔らかいシャフトは
 そのしなる量も、しなり戻る(正確にはしなり戻す)量も
かなり大きいです。
何センチ、何十センチ とは言えませんが、
例えば、普段・・・NS950 の SR相当 
振動数(シャフトの硬さ) 5番アイアン 290cpm  
を使っている人にとって
振動数(シャフトの硬さ) 5番アイアン 200cpm
のものは シャフトの動く量は3倍以上 往復では6倍〜10倍近く
動かしますし、動かさなくてはなりません。

down_swingAZEJ5123_Moment








開いてあげて、閉じて降ろす
それが上手く行くには
ナイスショットになるには そのしならせる量、しなり戻す量とともに
その速度やタイミングが重要になります。

✋その練習用クラブを初めて手にした人は
当初、ダフリ、シャンク、スライス、ハイボール を連発する筈です。
そして 練習を重ねる。。。球をたくさん打って
シャフトをしならせる量、しなり戻す量、時期
その塩梅、加減、要領・・・タイミングを掴むわけですが
それは あくまでも その練習用クラブの要領、タイミング です。

シャフトはヘッドを動かすモノ
シャフトはしならせて、しなり戻して使う と考えている人
にとっては スイングのリズムやタイミングが命 です。
そのリズムやタイミングが 参考にならない程離れている
元の 振動数290cpm…振動数で言うと倍も違うクラブは
そのタイミングも要領も 全く異なる
別のスポーツの道具 と言っても過言ではないほど違うモノ です。

まったく違うタイミング・リズムのクラブで練習して
実際に使うのは 倍も硬いシャフト って
なんか意味あるんですか?
何を覚えたいんですか?
なんのための練習なんでしょうか?
ゆっくり振るための練習ですか?
   ✋でも、自分のクラブは速く振らないと飛びませんよ…。

しならせて しなりもどす・・・
その方法 って言っても
倍も柔らかいシャフトは そのスイングなら
放っておいても しなります・・・・嫌というほど・・・
でも、自分のシャフトに戻ったら
自分でしならせないと しなりません。
なにが参考になるんですか?
 ボールを打つのにしならせる必要があるなら
 放っておいても しなる その練習用のクラブの硬さを
 使えば 済むだけ と考えるのは変ですかね〜🤓😵

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ