◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 脳内イメージ


店長「そのハンドファーストと同じく
 多くのゴルファーのスイングを決定づけてしまうのに

 インパクトは体の正面で✊

 と言うのがあります。

 まあ Ⓡさんなんかは典型的な例です。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
 この状態、グリップ、左腕が必要以上に
 からだがから離れてしまっている、
 ボール側に出てしまっているのは
 からだが回っていない、
 左サイドが ボールから離れる後方、背後側に
 逃げていないからです。

 左サイドがもっと動いていれば
 自然に 左腕はカラダに呼ばれますので
 もっと近いトコロを通ります。

 インパクトは体の正面で✊
 からだは開いちゃいけない😵

 の意味は 開く前に打ってしまえ
 と同時に 開くことが打つコト なので
 開くコト イコール からだを廻す、左を向くコト
 を是正、否定、遅らせる、我慢するコト
 なので 打つ為の原動力がないから
 仕方が無いので 手で打ってしまっている
 のが現状なんだと思います。

 からだの正面で、 や 開いてはイケナイ は
 我慢して からだの正面で、そして 開かないようにする
 よう 何かのアクションや我慢(これも動作のヒトツ)ではなく
 その時間を与えず、
 インパクトまでの時間を短時間に、瞬時にするコト
 なのですが、
 今、もしくは過去に対処した その方法は
 その反対の インパクトまでに より時間をかける方法です。」

質問「ゴルフスイングって奥深い ですねー。」

店長「ソコが面白いトコロなんだと思います。

 からだの向きを変えるって
 同じ向きをしている時間が無い、
 常時、移り変わっている中で
 長い棒の先端で ボールを打つ訳ですから
 その行為の意味が掴めず 見た目の格好とか
 巷にあふれるゴルフ用語を追いかけてしまうと
 自分独自の対処方法をあみ出す必要が生まれます。

 Ⓡさんの場合、ダウンスイング初期に
 からだを一気に左を向ける意識が薄く、
 出来るだけソレを我慢してしまっている為、
 からだの回転で左腕が移動してくれず、
 低くなるのが少ない、前が渋滞している為に
 起こっています。

 ですので 切り返しから
 無理に腕を降ろそうとせず、
〇左肩を上げる
〇お腹を一気に左に向ける

 けんたろうのケースと同じく、
 腕は半ば固定して、左を向くだけで
 ボールを打てる感覚を刷り込むのが有効です。
F5sjEuZbUAACM4a

 今までのからだの我慢や
 無理やりの 腕の降ろし
 やりたくないけれど 手の返し
 腕の疲労 などを含めた動作の充実感 を
 捨てられるかどうか はⓇさん次第ですが、
 今 悩んでいる部分はかなり解消出来ますし、
 技術で対処する、何かをして問題を解消する は
 気づきませんが、その動作をする為の時間を増やす、
 イコール それは どんどん クラブの動きと
 からだの回転の結びつきを薄くし、
 そうして 二人は離婚する と
 気付けるのであれば 離婚に至らないと思います😌」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




店長「この けんたろう動画は参考になると思うのですが…。」

質問「はい。」

店長「元々、腕力の有るタイプなので
 手でびよよ〜んと振るのが大好きで
 今のその面影が色濃く残っていますが、

 ダウンスイングのきっかけとして
 左肩を上げる
 お腹を左に向ける
 左腕を降ろさない、動かさないで
 インパクト出来る位置まで
 左グリップを下げるのは どうしましょう
 って トレーニングです。」
ス2023-05-22

質問「左腕を下げない、動かさない なんですか❓」

店長「元々 からだの向き、胴体を左に向けるのが
 得意な人は意識する必要は無いと思いますが、
 左腕を動かす、
 勿論、それには下げるも含まれますが、
 そのアクションを積極的にしようとすると
 からだの向きが忘れられてしまうというか
 おざなりになってしまいガチ です。

 また、左腕を動かそうと意識し過ぎると
 その勢いで ヘッドを振り「始めてしまう」可能性が
 高くなり、それによって より一層
 からだの一気な左向き の優先順位が下がってしまいます。

 ですので 左腕そのものは動かさない、
 お腹を左に向ける
 左肩を上げる
 それを意識すると このような変化が起こり、
 後半の 腕でヘッドをびよよ〜んとする動作は
 かなり減ります。」

質問「確かにそうですね。」 

店長「本人も  えっ⁈ これじゃボールに届かないよ😿
 から始まっていますが、
 意外や意外、トップやチョロから始まりましたが、
 概ね ボールには届いちゃうんです。

 今まで からだを止めていた、
 ちゃんと 左を向くコトと恐れていた、避けていた、
 というのが 発見できるだけで 儲けモノ
 です。
〇もっこす君の練習 - frame at 0m42〇もっこす君の練習 - frame at 0m43s









 まだ 左を向くコト
 ソレ ソノモノがボールを打つコト
 左を向くコトが打撃 という感覚が刷り込まれておらず
 怖いから 手でボールを探りに行っちゃうんですが、
 そんな遠くない日には それは解消されると思います。」

質問「大枠で からだを廻す感覚、
 からだの向きを変える感覚も違う感じなんでしょうか❓」


店長「そうだと思います。
 かつて は すべてを器用な腕周りで
 出来てしまう年齢、体力がありましたから
 からだの回転はアウトサイドイン
 腕でのクラブさばきは インサイドアウト
 からだが開くのを出来るだけ我慢して
 寝かして びよよ〜ん と振っていましたが、
 今は からだの回転が縦系 に変わりましたから
 その反対というよりは もっと違う感触
 なんだと思います。

 多くの方は インパクトで左サイドを止め、
 からだの回転を止め、
 腕やクラブ、重さをリリースするスイングタイプ
 ナノだと思いますが、リリースでは
 からだの回転で造れるヘッドスピードを上回るコトは
 出来ませんし、
 からだを止めて クラブをリリースするので
 インパクトを含めた、その前後の挙動が激しく
 弾道が安定し辛くなります。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m40s
全部を無くせ とは言いませんが、
出来るだけ その負担をカラダの向きに移管する
そう言う感覚を掴む✊
今まで 左サイド/回転を止めていたんだ✊

と気付けるだけでも かなりの進歩だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【シャフトの役割はグリップを動かす、クラブの進みを継続させる為のモノ】



店長「ハンドファーストの位置までグリップを持ってきて
 ソコで我慢して ヘッドの遅れを待つ。」
会田20210701 - frame at 0m16s
質問「よく耳にするような。。。
 話し なんですけれど😶」


店長「ですねぇ…
 それって "一般的な" シャフトへの要望にも多い と思います。

 しなって    遅れているヘッドが
 インパクト付近で
 しなり戻って  ボールを弾いて打つ。

 で 聞きたいのは その間、
 その動いている部分『以外』 は
 どうなっているんですか❓ と。」

質問「モノの法則的に言えば
 シャフトでなかったとしても 歪んだものが
 復元するのって どこか止まってないと出来ませんよね。」

店長「そうですね。

 そもそも シャフトって打撃時のボールの負荷
 を支えるコトがの役割のヒトツではありますので
 そう言う意味合いで ヘッドを動かすは
 無い訳じゃあないですけれど
 その打撃時のボールの負荷に負けない為に
 ヘッドだけでなく、クラブ全体を前に進ませる、
 運動、移動を継続させるというのが
〇空中(立体)ズリズリ - frame at 0m35s
 ヘッドでボールの負荷を支える よりも大きいです。
 コチラがメインの役割ですね。」

質問「なるほど」

店長「棒のどこかが止まって
 どこかで支える ようになってしまうと
 チカラはどこか、別の場所に逃げてしまい易い。

 それよりも ヘッドの慣性モーメントと同じですが、
 大きな質量、大きなモノが
 運動を継続した方が 負荷への対処には強い。
 物理的に考えるとそうなります。

 ですので インパクトで
 ヘッド単体が走って ボールをさばく
 そんなシャフトは 飛ばない か
 身体への負担が 大きくなるか
 どちらかになってしまいます。

 シャフトが走る は
 先っちょが走ってるんじゃなくて
 クラブ全体が走っている
 から 打撃負荷に強いんです。

〇空中(立体)ズリズリ - frame at 0m24s
 故に 当然、グリップが押されます。
 クラブ全体が押されている形にするのには
 テコじゃないですけど
 グリップが前に行ってくれないと
 変な方向に力がかかってしまいます。

 シャフトが走ってる って 言葉としては
 なんか キャッチコピーとしては優れてます けれど
 申し訳ないですけど そこにゴルフだけに適用される
 特殊な法則はないので
 シャフトの役割は グリップを動かす、
 クラブ全体の進みを継続させる為のモノ と
 理解した方が スイングへの影響は良いモノになると思います。

 グリップが止まって ヘッドのみが走る は
 スイングへの悪影響が大き過ぎますし
 【ほとんど良いコト無し】
 からだへの負担も大き過ぎます。


 どんどん左グリップ、左手、左腕への負担が増えていきます。
 まあ チカラ、腕力のある人のイメージなんでしょうね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレはアプローチに限らず ショット全般に渡って
 そうなんですけれど…

 多くのショットやアプローチって
 教室で座学して習う って言うよりも
 動画とか、写真を見て 真似る って部分が
 結構、多いと思うんですね。」

質問「そうでしょうね。
 かく言う自分もそうです。」


店長「アプローチの場合、『振り子』もその一つだと思うんですが
 誰かにそう言われた訳でなく
 なんとなく そうなんだ と思っていることが
 結構、ショット、アプローチに影響を及ぼしていると思います。」

質問「どんなコトです❓」

店長「ショットには 芯って言うか、軸って言うか、
 回転運動をする 支点・支柱ってあるもんだ、
 動作をする時に それを意識しているかは分かりませんが、
 回転運動なんだから 軸がぶれないのは大切 って位には
 思っているじゃないですか⁈」

質問「そうですね。」

店長「それは間違っていないですけれど、
 アプローチした時、ショットした時、
 その自分自身の運動の軸と クラブの支点 は同じじゃないです。」

質問「❓❓❓」

店長「まず 第一に
 しつこい話しになっちゃいますけれど
 クラブって棒状になっていて、その先に重さが付いてます。」

質問「はい。」

店長「重さは 動きたくない、そこに留まりたいチカラ ですので
 からだの回転であっても、手で振るんであっても
2023-11-07_21-12-37 - frame at 0m17s2023-11-07_21-12-37 - frame at 0m18s2023-11-07_21-12-37 - frame at 0m19




 グリップを動かしても、その重さが掛かる分、
 ヘッドは居残りしながら、後ろ髪をひかれながら 付いて来ます。」

質問「はい。」

店長「アドレス時に 画像などの二次元では
 クラブの延長線上、グリップエンドの向いている向きは
 自分を、
 自分の運動する軸や支点・支柱を向いていますが
 運動をし始めると
 特に、切り返し以降、
 ヘッドがその重さで遅れて来る分、
 自分の運動の軸や支点・支柱よりも
 右打ちの人であれば 左を向くような、
 自分の左隣 の どの辺り とは指示は出来ませんが、
 左を差し続けます。 」
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m33s(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m34(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m34s

店長「ところが このアングルから見た場合、
 あるトコロに行くと…
 フォロー側で からだが左を向くと
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m35s
 自分の方をグリップエンドが向く、
 クラブの延長線上が自分を向く、
 場合によっては 運動の軸や支柱と同じ方を
 向いて「見える」アングルが出てきます。」

質問「! ! ! ! !」

店長「コレを見てしまい、アドレス、切り返し を
 つなげて連想してしまうと
 グリップエンド、クラブは ずっと
 自分の方を向いている、
〇長崎支部 昼連物語 - frame at 0m4s
 場合によっては 自分の回転運動の軸点、支点と向いたまま、
 クラブヘッドの重さの常識を度外視して
 振り子運動しているように 錯覚してしまう場合が
 生まれている、錯覚している人が結構、いるかも❓
 って思います。」

質問「はい。今では理解していますが、
 以前は そういうイメージでした。」


店長「スイングが進行して行くと
 シャフトの角度がどんどん 自分向きに
 変わってくるように『見える』のは
 シャフトの角度が回転したのではなく
 自分の向きが変わって
 撮影している視点・角度が変わったからで
 時計の針のように
 グリップエンド・クラブの延長線上が
 針の真ん中=自分 では無いのです✊


コレって この映像を見て貰うと分かりますが、
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ
 茲痢悗海粒囘戮らの』写真では
 グリップエンドは自分を向いていますが
 蕕痢悗海舛蕕粒囘戮らの』写真では
 左を向いているので グリップエンドの向きは
 自分のからだよりも左を向いていることが分かります。

 ヘッドは自然にしていれば
 運動の速度やヘッドの重さ分、遅れるモノ ですが、
 それを 遅れない というコトになると
 自分でもやってみると分かると思いますが、
 なんらかの 細工 が、
 スイング中 必要のない『余計な』アクション
 が必要になってしまいます。

 速度が速く、その速度で誤魔化せる
 ショットの場合は 推奨はしませんが、ナンとかなりますが、
 速度が緩く、ボールがフェースの乗らないアプローチでは
 その『余計なアクション』は そのままミスの原因、
 また 繰り返しを困難にさせる要因になります。

 そこのトコロ、実は誰かも教わっていないのに
 なんとなく ぼや〜ん とそう思っている人も居ると思いますが、
 それが ミスの原因になっている可能性が低くないです。

 ヘッドは遅れるモノ、
 シャフト・クラブの向き、グリップエンドは
 自分を指すことは 運動を始める前だけで
 いざ 運動が始まると グリップエンドは一度も自分も向きません。
 自分よりも 左を差し続けているモノ とご理解下さい。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「地面の上にヘッドを置いて
 スイング動作とか関係なく、
 グリップを持ち、そのグリップを移動させて
 ヘッドを引き摺って ボールとヘッドを当てる。
〇ハンドターン16s〇ハンドターン17s〇ハンドターン18s







 決して 難しくない
 誰でも出来るはずの この ズリズリドリル遊び 

 意外や意外、なんですけれど
 出来ない人 多いんですね。」

質問「そうなんです❓」

店長「はい。

 ボールを打つ というより
 コツンとヘッドをボールに当てる
 1mでも、2mでもボールを転がせば良い😊 だけ
 なんですけれど
 まるで 呪いにかかったように
 クラブを持つと ボールを当てるトコロで
 どうしても ヘッドを加速させたい
、 とか
 ボールを弾きたい とか、
 グリップの移動を止め、ヘッドに残る慣性、
 止まった反動で ヘッドをぶつけたい、 とか
 無気力にグリップを移動、動かして
 引きずられている
『だけ』のヘッドで
 ボールを打つ、この場合は 押し出す程度 ですが、
 苦手というか、 こうなると
 そう動かす事の忌避感が呪いのように…。」

質問「あ、でも 分かる気がします。」

店長「スイング動作で無くて全然いいんですよ。

 ヘッドを地面の上で引き摺ればいいんですから
 グリップを指でつまんで
 自分が歩いて移動して、グリップを動かせばいいんですが
 どうしても どうしても
 
ゴルフクラブを持つ
 ヘッドを動かさないと…
 ヘッドを加速させないと…
 ヘッドをボールにぶつけないと…

 って言う想いに拘束されているような人が多い。


 すごく よいパッティングやアプローチの
 練習、ドリルになると思うんですね。

 本当に ゴルフスイング、パッティング、アプローチの
 動作で無くていいんです。

 単に 地面に預けたヘッドを
 グリップを動かして 移動させて
 この場合は ボールもひきずる 良いだけで…。
Desktop 2023.02.07 - 10.40.44.01 - frame at 0m21s
 そこに ボールでは無く ゴミ が落ちていたら
 そのごみを弾かず、塵取りに入るよう
 押していく、引きずっていく と思うのですが、
 こと ボールになると 弾きたくなる…そう言う感じです。

 これはゆっくりな速度ですから
 余計 そう感じるんだと思いますが、
 動いてきたヘッドが
 移動上にある異物、障害物であるボールを
 押し出す、引き摺る、運ぶ、どかす、移動のエネルギーを与える、
 ボールの重さ分、ヘッドには若干の減速が入りますが、
 ソレが無ければ ヘッド・ボール共に
 ほぼ同じ速度で移動していくモノ 
です
〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m3s

 その グリップを移動させた速度 が
 そのまんま 距離感 です。

 ゴルフ動作にする必要はありませんが、
 よく言われる 振り幅、テークアウェイの大きさ、
 9時15分とか、10時10分とか、
 そういうのではなく グリップを移動させる速度次第で
 ボールの転がる距離は決まります。

 10時10分とか、その振り幅 は
 グリップを移動させる、望みの速度にする為の
 必要な助走距離 と言う意味合い ですから
 インパクト直前に そのグリップを止めて、その反動で
 ヘッドを加速、フリーにしてしまうのなら
 その振り幅って 距離とは何の関係もなくなっちゃいます。

 コレって ものすごく画期的に
 少なくとも パターの距離感の向上
 距離感に対する理解につながる と思うんですね。

 よくありがちな 初心者の女性の驚くような 距離感の無さ
 は コレで解消できると思うんです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ものすごく長い寄り道を経て…
 まあ 内容の濃い寄り道でしたから
 楽しんで頂けたとは思いますけれど

 やっと トップの位置 の話しに到達しました。」

質問「とても 面白い寄り道 でした😄」

店長「ボールは 立体的に ヘッドを引き摺って
 ボールをさばく感じ、
 どの位の高さ とは言えませんが、
 股関節とか、ベルト当たりの高さの
 台、テーブルの上を 引きずってくるような感じ です。
3
 トップの位置は それがし易い場所。

 まあ 正直、格好とか、形は
 その人の感覚も有りますから
 ココ✋ コレ✋ じゃあなければいけない は有りませんが、
 人間の、クラブの構造上、だいたい似たようなモノになるのでは
 ないでしょうか⁈」

質問「だと思いますね。」

店長「クラブにはヘッドの重さ、クラブの重さ とありますけれど
 その重さには 運動の掛け算 と
 長さによる掛け算 が 付いて回ります。

 1mの長さのクラブで
 クラブが、シャフトが地面と平行の状態だと
 ヘッドの重さ ×1m がクラブの重さになりますが、
 クラブが、シャフトが地面に垂直、重量に平行、
 よく言う立ったシャフトの状態になっていると
 重さ としての クラブの長さはゼロ ですので
 平行な状態よりも軽くなります。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m39s
 まあ この場合は トップの位置、
 時間帯としての ダウンスイングの始まり ですが、
 からだの回転、いきなりの左向き、
 このシンプルな ヒトツのアクションに
 出来るだけ 動きを集約したい です。
 アレして、コレして、次はソレ なんて
 0.1秒の時間でやりきれませんし、
 修正することも神業の世界です。

 腕とクラブの関係、小さな筋肉である肘から先、クラブまで
 は 半ばロック、動かさない。
 からだとの相関関係を固定するようなイメージで
 ロックする、動作・アクションは無い✋
 シンプルのからだを 右打ちであれば左に向けるだけ。

 左に向けてから 何かする。
 左を向いて『から』 打つ なんて言うのは論外で
 左を向くコトが 打撃ソノモノ です。

 ですので からだ と言うよりも
 クラブの重さが、特にヘッドの重さが落ちてしまう、
 ヘッドの運動が、シャフトの角角度運動が始まってしまう、
 そんなポジションは出来るだけ避けたい。
〇見かた18s
 クラブの重さが グリップに集約されていれば
 その重さも手伝いに使えて からだの左向き との繋がり、
 回転との途切れの可能性は薄いですが、
 ヘッドを動いてしまう クラブが重さとして長くなった状態では
 意図せず ヘッドを振る動作が始まってしまい、
 クラブは構造上、一度でもシャフトやクラブの角角度運動が
 始まってしまうと それを止めるのは困難、
 ヘッドを振って ボールを打つほか 手立てが無くなります。

 そうならないクラブ姿勢、位置、
 からだを左に向けるコト、
 ソレに集約できる場所、クラブ姿勢、
 腕、特に肘から先に『ダウンスイングと言うアクション』が
 生まれない場所やクラブ姿勢を造るのが
 トップの位置の目安です
。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ドライバーが長いのが 飛ぶ のは
 使えるロフトが『少ないモノ』に出来る から であって
 同じ ロフトであれば ほとんど意味はありませんし、
 ましてや 1インチ程度長くなって
 かすかに上がるヘッドスピードが
 長尺の扱い難さ を 上回ることは無い
 と断言出来ます。
 
ドライバーの入射角度114
 その長さの効果は
 少ないロフトであっても より緩い入射、
 ドライバーの場合であれば 長い分、ほんの少しアッパーが
 強くなるので そこでボールの打ち出し角度を稼ぐ、
 その長さなりの 入射をさせて『こそ』なのですが、
 ヘッドを振ってしまうタイプの人は
 自分で入射角度を作ってしまうので

 クラブの長さ と 入射アングルに 相関関係、
 規則性がないので  正直、その恩恵は受けにくい。
IMG_1144
 ごく普通のアイアン、ウエッジで有っても
 ヘッドの重さ、シャフトの役割 そんなモノもあって
 『放っておけば』 ロフトは立ちますし、
 それに応じた 入射/アタックアングルは
 概ね 自動で付いてきます。 放っておけば…ですが。

 アマチュアが苦手としている
 フェアウェイウッドも
 本来、重心がアイアンやユーティリティよりも深い ので
 ヘッドが前に出ようとして
 インパクトロフトが増え易く、
 その分、入射角度が緩くなり 打ち出し角度も取り易い『
 なのですが、
 インパクトに向けて 自分でヘッドを操作、
 手先で入れてきてしまうと
 必要以上のアッパーや
 緩すぎる入射角度になり易くなったりします。

 
 ヘッドの形状に奥行きがあるウッドで
BlogPaint
 地面のボールをアッパーに打とうとすると
 ボールを接触する前に ヘッドが尻もち付いちゃいますから
 ダフリ、ダフリトップ、チョロ になり易い😫😫😫
 が。。。故に苦手 なんですね。


 同じことが ウエッジにも言えます。

 ウエッジほどの 大きなロフト ですと
 なかなか 一定のインパクトロフト、入射角度 になり難く
 似た球、弾道、似た距離を打つのが難しくなって来ます。
飛び出し角度14
 そこで それを支える為、
 インパクトロフトや入射角度を自動補正するための
 ソール、バンスの幅やバンスの角度などが 装備
 されている筈なのですが、
 ヘッドを振ってしまう、丸く振ってしまうタイプの人は
 兎も角、ヘッドの遅れが嫌いで
 自然な ヘッドの遅れによるロフトの立ち、
 アタックアングルを利用しませんので
 その補正効果のある ソールやバンスの強いモノを嫌います。
 アプローチが苦手なのに…ですよ⁈」

質問「😫 😫 😫」

店長「ダウンスイングなんてのは
 一番大変で 一番忙しいトコロ です。

 そこで ヘッドの入りやヘッドの姿勢を
 自分で作る、
 そして それを繰り返す なんて 職人技 で
 出来ないとは言いませんけど、職人技なのですから
 クラブの 基本性能に備わっているのに
 それを無視して 職人じゃない私たちがやる必要ない訳ですよ。」

質問「確かに。。。ね😶」

店長「ゴルフのショットにとって
 飛ばし、飛距離って 命 じゃないですか❓」

質問「ですね。」
IMG_1142
店長「角度のあるモノで 球体を打つのに
 その方法って 一番飛ばない、
 はっきり言って わざと 飛ばさない方法 なんですよ。」

質問「😧 😧 😧 😧 😧」

店長「そういう打ち方をする場面もあります。
 危険度が非常に高いので 出来れば避けたい、
 スイングへの悪影響が大きいので 出来ればしたくない、

 でも イチがバチか

 で使う ロブショットの打ち方 ですね。
 …正しい ロブショット とは言えませんけど…。」

質問「😧 😧 😧」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「テークアウェイ初動でグリップやグリップエンドが
 からだから離れる。
IMG_3017(5)(2)(2)_Moment(2)IMG_3017(5)(2)(2)_Moment(3)







 テークアウェイでヘッドの重さを正しくない使い方で
 その勢い、反動感でトップに行く。
 テークアウェイそのもの速度が速い。

 これらに該当する人はとても注意が必要です… が

 カタチを追いかけて治すことはほぼ不可能です。
 その理由を説明しましょう。」

質問「はい。」

店長「テークアウェイの時点で
 ヘッドを振ってしまっていますので
 帰りに相当する ダウンスイングでは
 当然、ヘッドを振る 腕の動きが必要です。

 また 肩で廻る人の殆どは
 腕の長さの入れ替え なので
 左向きが始まると 左腕を短くする、
 右腕を長くする必要が生まれます。
大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)大森201904_Moment(4)






 あえて 表現するのであれば
 からだを廻しているのではなく
 腕の長さを入れ替える為 胴体をよじっている
 が正解な気がします。

 世の中でよく言う
 右肩のツッコミ は
 右肩が下がる事ではなく、
 その腕の入れ替え、右腕を長く必要があるので
 ボール側に 右サイドが寄ってしまう、
 左腕を短くする為、左サイドが逃げてしまう コトで
 根本を対処しない限り、
 右サイドが突っ込むことは打つ行為ソノモノ ですし、
 フォロー側で左腕が妙に縮こまってしまうコト や
 からだが開いて(見える) 実は左腕を短くする為、
 左サイドが逃げたのがそう見えただけですが、
 それも打撃行為ソノモノなので
 治すことが出来ません。
 それを受け入れて
 それでも打てる方法を模索する必要があります。 

 問題はダウンスイングに大きく残ります。

 左向きを始めるのに 右腕を長くする必要があるのですが、
 それは 右サイド、右腕の付け根〜藐が振られない と
 実行できません。
スクリーンショット 2023-08-18 112927
 しかし、それはスイングで言う 超アウトサイドイン、
 外から掻いてきてしまう になりますから
 寝かしたクラブをより寝かして インからの進入が
 間違った形での進歩、向上になります。

 その時、想定以上に フェースは向きもロフトも
 だだ開きになりますので フェースローテーションは必須。

 テークアウェイでヘッドを振り始めた動きも相まり
 ダウンスイングでの 右腕の伸ばしによる
 クラブのリリース、ヘッドの振りは
 スイング『っぽい』動きと合致します。
会田20210701_Moment
 あとは 左の壁 と信じている
 支点になる左腕の停止、ロック、制動 で
 ヘッドの振り、スイングの円弧、フェースの返し を
 からだに馴染ませるコト で一旦の完成を迎えます。


 ✋じゃあ 腕の長さの入れ替え ではない
 どこ場面で有っても 両方の腕に長さの都合が付いている、
 片方が長い時はもう一方も長く、
 片方が短い時はもう一方も短い、
 腕の長さの入れ替えで無い 胴体の向きの変え、回転に
 移行出来ない理由が山積みにあるのです。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)





 そして そのいずれもが 自分の打撃の根幹、
 どれを欠いても 上手く打てない、当たらない のですから
 はい カタチだけ真似て からだの回転をする✊
 と言う訳には行かないのです。」

質問「・・・はぁ🤒」

店長「多くの人に否定されますが、
 ハミングバードで言う
 テークアウェイは左腕を突っ張らかさず
 曲げた状態でしてみましょう も
 その 腕の長さの入れ替えを消すためのモノ です。

 右ひじを外に、やや高めに移動させる も
 腕の長さの入れ替えで 向きを替えているではなく、
 それに伴って 胴体がよじれている を
 右半身も背後、後方に移動させ 胴体の向きを替える
 トレーニングの一環です。
 勿論、スイングとして定着するなら 尚、良いです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの廻し方、だけではありませんが、
 カタチだけ真似て それが効果を成さない、
 自分に馴染まない、からだに刷り込まれない、
 そういった理由が見えて来るんじゃないでしょうか❓」

質問「ですね。」

店長「ですので 今まで ヘッドを振っていた、
 まあ それが打撃と思っているのですから
 それが『問題の原因』とも思っていませんし、
 からだの回転を形だけ真似ても
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)





 腕の長さが入れ替えられない打撃で
 『打てない』『どうしていいかわからない』
 になるのは 当然と言えば、当然です。」

質問「。。。。。。」

店長「スイングを変える、違うモノにする って
 
 
打てない…(ハンドリリースサンプル集_Moment(3) 
どうすれば良いか分からない…


から 始まるモノ です。

打てない…
どうすれば良いか分からない…
 と嘆いているのは
 悩んでいた、問題があった
 今までの打撃が通用しない、
 今までの打撃のアレンジがしたい、
 と言っているのと同じ。

 ここまで説明していますが、
 二つは全く異なる、
 見た目は似ているからもしれないけれど
 中身、駆動する部位の役割は真反対 なのですから
 初めてスイングを覚えるより性質は悪い のです。

 ですので 繰り返しますが
 打てない…
 どうすれば良いか分からない…
  から 始まるのです。

 初めて 練習場でボールを打つ時と同じ。」

質問「なるほど。」

店長「真反対の駆動を知っているのですから
 より一層、中身のメカニズムを理解しようと努めないと
 無駄に時間ばかりが掛かってしまいガチ です。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(6)





 ですので からだの回転でクラブを動かす  為の
 からだの回転を説明しますが、
 その理由、仕組みも同時進行で理解を深めず、
 カタチの真似、格好、動きのなぞり では
 身に付く可能性はグンと下がります。

 初めてゴルフを覚える人はそれでも何とかなりますが、
 真反対の駆動で打っていた マイナスから始まっているのですから
 カタチの追いかけを優先してはイケマセン。
 
 馴染みのある
 (右打ち)テークアウェイ・右向きの時の 左腕の伸ばし、
 切り返し、トップ以降、左向きの時の右腕の伸ばし、

 につながる 腕でのクラブの動かし に
 異様に反応や執着する傾向があります。
 今までの動きを活かしたい本能なんでしょうね。
(復活の狼煙 3か月ぶりの練習^^_Moment
 理解は出来ますが、ソコは切り替えて行きましょう😊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ヘッドを振る、ヘッドで円弧を描く、手を返す、
 手で振る に関連する話の中で
 地面の上で ヘッドをひきずる と言う話をしたと思います。

 それらのスイングが元になっている方は
 グリップの移動、その移動速度がヘッドスピード 、
 継続してグリップを移動させ続けるコトが打撃
 というのが苦手、というか不得手です。
〇ハンドターン16s〇ハンドターン17s〇ハンドターン18s







 ゴルフでの打撃動作が基本、
 動く、止める、その反動、
 と言うのが基準になっているので
 トップオブスイングもその一環になっています。
 
 テークアウェイは
 打撃をする為、助走を取る為、
 助走地点に行く行為、準備ですが、
 ヘッドを振るタイプの人にとっては
 からだを動かし、止め、その勢い・反動で腕を振る、
 腕を動かし、止め、その勢い・反動でクラブを振る、
 ヘッドを振る・・・ 手順はヒトによって異なれど
 スイングの動きが概ね 動かす、止める、その反動、
 棒の先に備わった重さ(ヘッド) を動かす為の行動原則が
 慣性を作る、止める、反動を利用する

 トップの位置も からだは廻っていないことが多いですが…
 腕が止まり、ヘッドの重さには運動慣性が残っている…
 グリップの動きは止まったので シャフトはしなり、
 そのしなり戻りがダウンスイングの始まり、切り返し と
 なっているコトが多いコトもあり、
 止まっている、止まったトップから
 速度はゆっくり にしても 打ち始める、
 ボールを打つコトがとても苦手です。
20210701 (2) - frame at 0m24s
 動く、止める、その勢い・反動の連続なので
 何かがいつも動いている 中で動作を覚えています。
 動き自体がスムースで無く、ギクシャク見えるのは
 そのせい…なのですが。

 ですので ちゃんと からだの向きを替える、
 体を廻す練習として、
 グリップの移動 イコール ヘッドの移動、
 運動を止めず、グリップを移動させ続ける、
 新たなスイングとして
 止まった、動いているモノの無い
 トップの位置から練習するのはとても効果的です。

 まず 動いているモノが無いので
 動き出せないと思います。

 別の記事で 動作を変える、違うモノにする場合、
 その動作速度、運動速度もリセットしよう
 新しい動きをするのに 速い、元の運動速度にしたら
 元に動きに戻り易いよ、回路がまだ無いヨ😶
 にも関連する話し だと思いますが、
 スイング動作の姿見、格好、形の真似 で
 スイングを造るのではなく、
 運動の原則を変える必要があると思います。

 トップの位置から スイングの練習を始めるのも
 苦手だと思いますが、
 それと同じく 静から動に移る、
 テークアウェイの初動も苦手だと思います。

 ヘッドをたくさん動かす、速く動かす、
 ヘッドを振る動きを作る為
 からだを先に動かし、止め、その勢いで腕を動かす。
 腕を動かし、止め、その勢いで
 先端のヘッドを動かす。
 それが スイングを丸く振る 発想から始まっている
 可能性も匂いますが…。
 そう言う手順に慣れているので
 全部のモノが同じ分量、同期して
 自分の動作の管理下の中、移動させるのが苦手です。

 ✋コレは パッティングでも全く同じです。
 パッティングを打つ距離を パッティングマット(グリーン)
 の上で スイングの動作としてではなく
 クラブの動かしの『慣れ』として
 形や動きにこだわらず
 グリップを移動させ、それと同期してヘッドを動かす訓練、
 グリップの移動方向、移動速度通りに
 ヘッドをひきずる訓練を みっちりやって下さい。
 グリップを止め、その勢いでヘッドを動かす、
 今までの感覚だと 家の中でやるのは危険😶
 止める反動でヘッドを動かし、ボールを弾いては
 距離をコントロールするコトが難しいです。
 パッティングマットの上で、絨毯の上で、
 壊れるモノがたくさんある 家の中で
 そのボールの距離、ボールの移動速度、
 その加減をグリップの移動速度で覚える練習にもなります。
 グリップを引きずる速度が ボールが行く距離、距離感になる✊
 言葉で言うのは簡単ですが、
 地味ですが、ものすごく大事な『慣れ』👉『意識改革』です。
 姿・恰好がどう動くか、どういう風に『見える』かは
 二の次、三の次、スイング動作として意識する必要はありません。
 【推奨 ずりずり練習】

 動作原則 は理解の深まり と 訓練次第だと思いますが、
 止まったトップの位置から どう動くのか、動かすのか、
 それに関連して それを始めるトップの位置での
 からだとクラブ、腕とクラブ、からだと腕の関係は
 どう❓ どんな❓ が良いのか も導き出せるかと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「グリップを移動させて ヘッドを移動させ続けた
 その過程の中に インパクトがあるのであって

 どこかの インパクトポイントで 
 ヘッドをボールにぶつける為、
  
グリップを移動を止め、ヘッドを放つ
 ではありません。
〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m6s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m8s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m9s






 グリップを移動させ続けることが 打撃✊
 と言う感覚が あまりに希薄 な気がしてなりません。」
〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m2s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m3s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m4s






質問「はい。」

店長「打撃と言う用語ではありますが、
 ゴルフの打撃は 正確に言えば
 ボールを移動させるコト であって
 それを産むのに ボールとヘッドの接触 が有るに過ぎず
 その 衝突 と言うイメージから
 スイングが生み出されている可能性が非常に高く感じます。」

質問「ですね。」

店長「上手く行かないコト、ミスしちゃうコト もあって
 それもまた ゴルフの楽しみのヒトツ ではありますけれど
 ボールを どの方向に、どの距離、どんな感じで
 移動させる、
 そして それを出来るだけ望み通りに実現 するには
 打撃であり、ヘッドとボールの衝突ではありますが、
 ヘッドをボールにぶつけるコト は
 それの経過の切り取りに過ぎず、

 グリップを移動させ続け、
 ヘッドを移動させ続け、
 ボールを移動させる を実行しないと

 移動させるボールを 衝突で 管理するのは
 あまりに難しいのです。

 ヘッドを振ってしまう、クラブを振ってしまうタイプの人は
 その言葉とは裏腹に
 ヘッドをボールに衝突、ぶつける感覚が強い気がします。

 ココでの感想はどうですか❓」

質問「グリップを移動させ続けて
 それによって ヘッドも移動し続けて。。。
 ソレでボールを打つ。

 頭では理解出来るんですけど
 それで 強く 打てるんですか❓」



店長「ソレ✋ ソレ✋ ソレ✋


 正にその感覚が その衝突を生むんだ と思います。
Q20239180Q20239181







 ボールを移動させる力は
 ヘッド重量 × 速度の二乗 で
 打つ人の感覚には「当然」左右されません。

 ヘッドの重量は製造物ですので 打つ前、使う前から
 決まっています。

 ヘッドの移動速度、ヘッドスピードは
 からだの向きを 『速く』変えるコト であって
 似ているけれど ヘッドをボールにぶつける 『強さ』は
 打ち手の感覚ですが
 ボールを移動させるチカラとしては科学的でない
 あくまでも 打ち手の打撃の印象と言うか、
 イメージでしかありません。

 だから 飛ばし において
 ヘッドスピードは重要なのであって
 その印象は 接触時のスピード というよりは
 スイング造りに重きを置くと
 打った後、ボールの接触後も
 スピードを落とさず 持続させていく、
 打った後の ヘッドスピードもちゃんと維持する
 と言う意味合いの方が良いと思いますね。
334151fd
 ゴルフのスイング、ショット
 その打撃は グリップを移動させ続け
 ヘッドも移動させ続けることで
 インパクトは その過程の中にある、
 ボールへヘッドを衝突させることが
 スイングにはつながらない というコトです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ヘッドを振るな、シャフトを振るな、
 って しつこい位に言っていますけど
 本当に ゴルフでは ヘッドばかりを動かすショット、
 ヘッドで円弧を描くショットに 良いことは少ないんですけど…。
円弧5
 多くの方は ショットって ヘッドを振らなきゃ打てないし、
 ヘッドを走らせる とか、 ヘッドが追い越す とか、
 目で見たショットって ヘッドを振っているように『見える』じゃん✋

 『ナニ😵 言ってるの?』
 『ヘッド振らなきゃ😵打てないじゃん』


 って思われると思うんですね。 


 自分でもソレに自覚が無くて
 ソレで 特に何の苦労もしていない場合、
 余計なお世話ですから、その 自分の楽しみ方、
 自分流のスイングでなんの問題もありません。」

質問「僕も ヘッドを振っている と
 ヘッドを振っていない の見極め、識別が出来るようになったのも
 ごくごく最近。 ハミングさんと出会ってから です。」


店長「どちらが良い悪い は無いんで
 どちらでも良いんですが、その中で
 ヘッドを振らない方が クラブの恩恵は沢山利用できるよ😊
 体力重視、運動神経重視じゃなくても大丈夫だよ😊
 ッテコトで 薦めているだけ なんですね。

 で、もしも ヘッドを振る、シャフトを振る のを
 出来れば 辞めたい って人がいたら…

 一度 試してもらいたいんですけど。。。


 実は、ヘッドを振ろう、シャフトを振ろう ッテコトで
 それが 始まったのではなく

 ものすご〜〜く 伝えるのが難しくて
 この文面だけでなく、実際に、コチラにいらしても
 理解して頂けるか、難解の孤島 の部分なんですけれど。。。」

質問「挑戦します✊」

店長「くどい位 イチから説明しますね。

 少々、長くなりますが、ヒトによっては
 ものすごく重要な部分で、
 コレによって 覚醒、目覚める、
 『空から天が降ってくる』可能性がある人もいるかも…。

 地面にあるボール、
 ゴルフボールで無く、新聞紙の丸めたモノ でも
 壊れない何か でもいいです。
 もしくは 室内で打っちゃった としても
 危なくない 何か でOKです。
 ゴルフボールである意味はありません。
〇ハンドターン16s〇ハンドターン17s〇ハンドターン18s







 ゴルフクラブ の グリップを持って、
 指でつまむ位で結構です。

 その指でつまんだグリップを動かす、この場合は移動ですね。
 その移動はどの方向でも、どの方法でも結構です。

 ゴルフのスイングみたいに
 円状な曲線を移動させても結構ですし、
 そのまま どこかの方向に歩いても結構です。

 兎も角、ヘッドは地面に引きずったまま
 グリップの移動に
完全に任せて下さい。

 グリップが移動した分、
 ヘッドはシャフトとつながっていますから
 ズレてはいますが、グリップの移動した方向と平行、
 もしくは 似た方向に、

 速度も

 方向も

 移動します。

 
 ボール、もしくは その代替えの何か(新聞紙を丸めたモノでも)
 に ヘッドが接触する訳ですが、

 グリップが移動し続けるコト が
 ボール(もしくは代替品)への打撃です。

 言い換えるならば ボールを移動させる為、
 グリップでヘッドをひきずり 接触させました。」

質問「意味が分からないんですけど…。」

店長「別な例え をしましょう。
20231180m220231180m4







 自分が車をけん引している としましょう。
 後ろにはひもでつながった 壊れた車、があります。
 壊れて自走は出来ませんが、多少なりとも
 ハンドル操作、ブレーキ操作は可能です。
 ただ 自走は出来ません。

 その後ろの車を使って 大きなボール
 車が壊れちゃうとイケナイから ビーチボールのデカいやつ
 を 打つ としましょう。

 牽引する自分の運転する車が移動し続けると
 それに相応して 後ろの壊れた車も牽引・ひきずられます

 自分は その後ろの壊れた自走することの出来ない車を
 使って ビーチボールを『打つ』 👉移動させる訳ですが、
 自分が走って、その後、
 減速したり、停止したりすると
 自走は出来ませんが、後ろの車には
 移動していた惰性、慣性が残っていますから
 意図的にブレーキを踏まない限り、
 減速や停止の勢いで 自分を追い越すような
 そんなカタチにすることも可能です。

 その勢いで 後ろの自走出来ない車をボールにぶつける のが
 『ゴルフの打撃』ではない というコトです。

 違う言い方をすれば
 後ろの自走出来ない車 は ゴルフクラブで言うヘッド です。
 自分のクルマは 自走出来、後ろの車を引いているので
 からだの回転で有り、グリップでもあります。
 牽引するロープは クラブで言うトコロの シャフト に相当します。
2016000004748_2
 自走出来ない車を後ろの車に勢いを付け
  ボールにぶつけるコト が
 打撃では無く、
 牽引する自分が 移動し続け、
 自走出来ない車を ボールが有る無しにかかわらず
 移動させ続ける中に ボールとの接触があった✋✋✋  が
 ゴルフで言うトコロの 正しいショットのイメージ です。」

質問「ああああああああああ

店長「多くの人が
〇ヘッドを振ろうとしているのでも無く、
〇ボールをすくい打ちしようとしているのでもなく、
〇ヘッドを返そうとしているのでもなく、
〇ヘッドでグリップを追い越そう として始めたのでもなく、

  それらは 皆二次的、三次的なモノで
 感覚的に ヘッドをボールにぶつけようとしている、
 そのために
 まず からだを動かし、次に腕を動かし、
 そして クラブを動かし、
 当てられそうなポイントに来たら、
 グリップの移動を止め、
 惰性、慣性、勢いの残っているヘッドを
 ボールにぶつけようとしている🙄

 そういう『打撃』、ボールを打つ概念と言うか
 感覚から ショットが始まっている可能性が
 非常に高くあると感じるのです。

 繰り返しになりますが、
 故に 必ず 動かす順番、止める順番 があり、
 途中に 本来、要らない筈の加速、停止 が
 必ず入ります。
 確実にヘッドをボールにぶつけるため
 その発射台と言うのか、基準点と言うのか、
 グリップを必ず「自分なりのインパクトポイント」で止め
 それを基準に ヘッドを行かせて ボールにぶつける
 言葉で言うトコロの 「打撃」 と言うのを
 勘違いしてしまっているトコロから
 スイングが始まってしまっている気がします。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「運動速度を徐々にでも上げてくると
 からだに対する防衛本能も働くから
 回路の構築されている 元の動きに引っ張られ易い。

 故に 新しい動き、今までと別な動きは
 ビックリするほど オーバーにしておく方が良いでしょう。
スクリーンショット 2023-05-03 151622
 東京から大阪に行くのに ゴール地点は鹿児島位に🤩
 鹿児島に行くつもりで 結局、大阪になっちゃった😶
 って感じに 落ち着きますね。
 始めから 大阪を目標にしている と
 横浜(隣町)辺りで寄り道始めちゃう感じ。
 (上手く行かない時よりも つかまりを覚え始めた時、変なところに行っちゃうケース多し)
 一応 都道府県は跨いだのでそれで満足しちゃう感じ。
 余計な知識が今までの動きに入る分、より混乱します。 

 今は ネット時代ですので
 自分のスイング動画や画像だけでなく
 比較対象や目標になる
 別なヒトの映像も手に入り易いですから
 昔より スイング迷子は多い気がしますね。

 テークアウェイやトップオブスイングの恰好、姿…
 カタチを真似ても その姿勢や位置は
 何故そうするのか を理解してないと
 その形が定着することはあり得ません。
スクリーンショット 2023-08-11 140458

 そのテークアウェイやトップの位置って
 アイアンでの練習が多くなると思うんですね。

 ドライバーショットの練習はあるでしょうけれど
 スイングを変えて行く、違うモノにするのに
 あまりドライバーでは練習しないコトが多い。」

質問「だと思いますね。」

店長「私も書いてしまったりしますけれど
 アイアンって 上から打て だとか、
 上から打ち込むダウンブロー って
 言葉が更に輪をかけて、ヘッドで円弧を描かせる。
会田20210701 - frame at 0m16s
 ダウンスイングからインパクトへ。
 ダウンスイングの後半に ヘッドをボールに入れたくなる。
 当たり前だけど ボールにヘッドを届かせたくなる。
 そこの部分の クラブというか、シャフトの振り が
 スイングの全般に影響を与えている…
 スイング像を作ってしまっている…と言っても過言ではないです。

 ゴルフスイングの、ゴルフショットのおぼろげな印象では
 インパクト、ボールに向けて
 ヘッドが円弧を描いて降りて来て…
 右打ちの人が右腕を曲げて、たたんだ腕とクラブを
 その右腕を伸ばすことで ヘッドをボールに届かせる。
 そんな感じだと思うんですね。

 スイング用語には インサイドアウトとか、
 ダウンブローとか、ダウンスイング後半からインパクトにかけて
 の円弧を想起させるモノがたくさんあって、
 調子が悪くなってくると その箇所に意識がイキガチ。

 入れ方がどうだ✊ とか そう言う問題では無く、
 そこの部分の 動作そのものが スイングには存在しない。
 ダメだよ みたいな言葉で言うと
 ソコをキャスティングとか、アーリーエクステンションとか、
 呼んだりもする。

 その 主にダウンスイング後半の 1/4円、
 動作をすれば インパクト以降にも 1/4円以上 生まれるので
 都合 1/2〜半円の 腕の曲げ伸ばしでのクラブリリース、
 ヘッドで円弧を描く動きが からだの動きを奪ってしまい、
 自分で自発的にやっているのに 手打ちだと嫌がる。
 そんなのが多いんじゃないかな⁈」

質問「 😵 😵 😵 😵 😵  」

店長「手を伸ばして ヘッドで円弧を描いて ボールに届かせる、
 その動きは まるごと からだの回転の役割を取ってしまうので
 からだの回転は   …伝わり難いだろうけれど
 グリップを移動させ、ヘッドを移動させるモノ ではなく
 その腕のリリースをするための
 姿勢造り 位置造り だけのモノになって
 自分にとっての 打撃、ボールどらえの主軸になる

会田20210701 - frame at 0m15s
 となると それが出来るだけの準備が必要で
 手を伸ばして 腕とクラブを長くする、円弧を描くための
 準備として、右打ちの人であれば 右腕をたたんで
 クラブと腕を短くする必要、のちのちクラブをリリース、
 ヘッドを放り投げる準備が テークアウェイやトップに
 なって行きます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「練習場でボールを打っていると
 トップが出たり、スライスが出たり とミスが出ます。

 多くの人は ダウンスイング後半〜インパクトで
 修善・修正しようとします
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment
 トップの位置からインパクトまで
 平均でどの位の時間と思います❓」

質問「0.1秒位ですか❓」

店長「ですね それ以下と考えた方が良いでしょう。

 その 0.1秒 のどこで修正するんです❓
 その修正具合を加減出来る余裕ありますか❓
 それって 繰り返せます❓
 その修正、誰かに伝えられます❓」

質問「かなり無理がありますね。」

店長「はい。
 問題なのは ダウンスイングからインパクトで
 修正するコトソノモノ も問題なのですが、
 ダウンスイングで何かを修正しようとすると
 修正出来る、修正する為の『時間を造ろうとする、
 そういうアクション、手順を覚えてしまうコト
 も大変重い問題で、
 その時間を作る手順は一度覚えると
 なかなか抜け出ることが難しい のです。

 😶ココはかなりの盲点だと思います。

 スイングでの クラブの移動の根幹は
 からだの向き です。

 トップの位置から いきなり
 お腹を、秀二を 飛球線方向に向ける としたら
 ダウンスイング中に修正の時間はありませんので
 それ以前、トップで有ったり、テークアウェイ、
 アドレスやボールの位置の問題となりますが、
 ダウンスイング中に何かの修正をしようと考えると
 どんどん からだの向きでのクラブの移動 が鈍ります

 からだの回転をメインにするのであれば
 腕とクラブは 半ばロックにして
 どうからだを廻して どうグリップを移動させるか、
 それがスイングになって行く訳ですが、
 ダウンスイングでの何かの修正 は
 それからどんどん離れていきます。 

 インサイドから入れる、
 アウトサイドから…
 ココを通す とか…
 ここら辺では ヘッドはこんな姿勢とか…
 気持ちは分からないでは無いですが、
 どんどん ダウンスイングに時間を掛ける方向に進み易い。
 トップの位置から 一気に飛球線にお腹を向けたら
 そんなことをしている時間も余裕もありません。
(22171_Moment
 腕をどう使うか とか 腕はどう伸ばすか なんて
 考えたりする暇は多く無いのです。

 トップの位置で どんな腕とクラブ、
 腕とからだ、からだとクラブの関係を造ると
 ロックしたまま 一気に飛球線に左を向いて打てるのか
 と言う風に考えるケースは少ない と思います。

 ダウンスイングで どう『降ろそう』なんて考えたら
 当然、答えの出ない迷路 に入り込みます。
 だって 答え 無い んですから。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
 ココから先 ⇑ ⇑ ⇑ 
 コレよりも 下 のコトを考えたら
 本来のゴルフスイング、ゴルフクラブの機能を使う、
 スイングからはどんどん離れていきます。

 見た目には ココより下のゾーンに
 クラブは 当然、入りますが、
 それは からだが飛球線を向いたから✋
 からだが向きを替えたから✋ であって
 ココより 下のゾーンの アクション、
 言ってしまえば ダウンスイングは
 スイングを区切るための 時間帯 のコト であって
 動作、アクション ではない、アクションは無い✊
 と考えるのが正解です
。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングの、今回で言うと
 トップの位置やテークアウェイの取り方の、
 その多くが 初めてゴルフをする で無い限り、
 技術的な側面では無く
 『実は単なる思い違い
 『勝手な思い込み』等を
 解除してあげる作業の方が多いです。」

質問「😬 😬 😬 😬 😬」

店長「例えば… ですけれど
 ゴルフスイングには からだの回転〜向きの変更と
 前傾姿勢 の組み合わせ があります。

 ざっくりした説明で言うと
 その からだの回転と前傾姿勢が『有れば
 クラブを上げたり、下げたり する必要性は無い😶
 "無い" は多少、語弊があるかも知れませんが、
 上げたり、下げたり しなくても ボールは打てます。」

質問「😳 😳 😳」

店長「右を向けば 高くなります。
 左を向けば 高くなります。
 その間には 低くなる箇所があります。
 それで こと足りる可能性は十分あるので
 ことさら クラブを、グリップを、特にヘッド
 上げたり、下げたり する必要はありません✊
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m39s
 テークアウェイで 右を向いたから
 グリップの位置が『高く』なりました。
 ものすごく 腕を上げたわけではありません。

 ココ の部分 多くのパラドックスが生まれちゃうんですが、
 テークアウェイは 和訳で 「上げる」 と言いますが、
 ボールを打つ感覚や その見た目 から
 ヘッドを上げたくなります

 右打ちの人であれば
 右腕をたたむ、左腕を伸ばす、そんなアクションで
 ヘッドはたくさん動き、上がった感じ😃 になりますが、
 始めに戻りますが、からだの向きと前傾がある『から
 特に何もしなくても ヘッドも、クラブも高くなるのに
〇肩を廻せ_Moment2201808_Slomo_MomentQ2023918







 結果として ヘッドの弧は斜めの円弧になるのに、
 それを 上げるという行為(腕さばき)で
 からだの向きを奪ってしまったので
 何もかにもが台無し
 になってしまう訳です。

 上げることが悪いコト ではないですけれど
 からだの向きを奪ってしまうのであれば 本末転倒。

 からだの右向きを取ってしまうのであれば
 ヘッドを、クラブを 意図的に『上げる』必要はありません。


質問「😶 😶 😶」

店長「上げたら 下げなくてはいけませんから
 どうしても スイング全般で 腕の曲げ伸ばしで
 円を描いてしまう動き になってしまう。
Q20239180Q20239181







 テークアウェイは『上げる』『高くする』と思い込んでる
 から『始まってしまっている可能性』が非常にあるのです。

 そう信じている人に ヘッドを振るな と言っても
 スイングの根幹を奪ってしまうので無理、
 その思い込みが変わらない限り ヘッドを振る打撃になります。

 ココはまるで 一休さんの問答 みたいになる訳ですが、
 その腕の曲げ伸ばし、両腕の長さの入れ替えで
 ヘッドを振る動きが その人の打撃のカギ であり、スピードの源です。
 それをしちゃダメ✋ 辞めましょう✋ と言ったら
 打てない、もしくは 強く(速く)振れない と言うでしょう。
 …Ⓡさん

 腕とからだの役割がほぼ逆転するので
 どうしていいかも分かりません。

 コレも 原点に立ち返るコトになるのですが、
 その腕の曲げ伸ばし、両腕の長さの入れ替え で
 ヘッドを振る、ヘッドで円を描く スイングの弧 は
334151fd
 元来、からだの向きが変わるから で
 そして それが 斜めの弧 になるのは 前傾姿勢があるから
 ですので、その速度を速くすれば良い だけ です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「しつこくて申し訳ないのだけれど
 スイングは円運動 "だから"
 円の外周、先端に当たるヘッドがたくさん、
 そして 速く動く 動かす

 と思っている限り、
 その考えは イコール
 からだの回転でクラブを動かすとの決別
 になるんですね。
 ゴルフクラブ全般の機能/効能もかなり失います。

 そこって ゴルフスイングの大いなるトリック
 であり、悩みの始まりになるんです。」

質問「ですね。前までそう思っていました。」

店長「思う ってほど強くはないかも知れませんが、
 目で見れば見るほど スイングの円や円弧の印象って
 暗示のように深く イメージの奥底に根付きます。

 雑誌やレッスン書では スイングは円、
 場合によっては『丸く振れ』なんて言っている人もいる。
 ネット環境が良くなって 動画とかを目にする機会も増え
 より一層 当たり前として定着している

 そう言うクラブ扱いであっても
 運動神経の高い人や練習量の豊富な人、
 からだの痛みに強い、頑丈な人なんかは
 ・・・上手にゴルフをしている。
 
 今回の話しのテークアウェイも然り、ダウンスイングも然り、
 目で見る絵や画像では ヘッドは曲線を描いて
 円を描いて 上がったり、降りてきたりしているから
 ヘッド "を" 動かす、丸く動かす、たくさん動かす って
 言うのが 肯定されたような気になるしね。
(本日のゴルフスイング 20211007_Moment
 時計の針で言うと
 本当は 針は動かず、時計が回っている
 って言うのに気が付かないんだよね。」

質問「時計の針が 6時から始まって
 9時や10時なって 6時に戻って来る って印象、
 とっても強いですね。」


店長「そう。
時計文字盤実は時計の針は 6時を向きっぱなしのまま
時計そのものが回っているって 思えないと言うか、
進歩って 技術的なモノの『体得』ってニュアンスあるから
 なんだか 器用な腕周りでそれを会得しているような

 そんな気持ちになるしね。


 具体的に言うと
 特にダウンスイングと言うか
 ボールをさばくトコロ、
 クラブが、ヘッドがどう動いて ボールとコンタクトするか、
 って おぼろげながらもイメージが有ると思うんだけど、
 スイングは円弧で
 スイングの、クラブの、ヘッドの一番低くなる、
 最下点辺りがインパクト✊ ってなると
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment
 絵柄的にこうなる訳で
 コレを見たら 先端であるヘッドを動かしたくなるよね。」

質問「なります。なります。」

店長「他にも インサイドアウトとか、アウトサイドインとか
FinfaZ7UAAAnu8v
 上の写真とは角度の違う視点からのモノだけど
 円と言うか、先端を丸く振る、丸く『動かす』コト
 暗に洗脳教育しているような そんなモノとても多いしね。

 でも、その一方で
 こういう絵というか、写真を見ると
 からだの回転でクラブを動かしている限り、
 クラブ単体を動かさず、ヘッドを動かさず、
 それを持った 自分が向きを変えている と言う映像は
 『ちゃんと ヘッドの重さ分、
flat-spot-hand-path2 (1)334151fd
  ヘッドの方が 少なくしか 動いていない

 『円弧の外周分よりも ヘッドは動いていない
 『からだの向きの変更角度よりも 動きは少ない
 って わかるんだけどね。」

質問「あ😧 たしかに。」

店長「ここが本当の意味で『理解』出来て来ると
 クラブの動かし方である 動作としてのスイングも
 変わってくると言うよりも 違ったモノになってくる、

 と思うんだよね。

 クラブの構造は 何度も言うけれど
 長い棒で その先端に打撃部の重さがある。
 その重さは クラブ全体の6割を超えるほど。
 構造上、クラブ、シャフト、棒ソノモノを
 角度運動をさせちゃうと 止まらない。
 
 角度で言うと 1度でも動かしてしまうと
 1度じゃ止まらない。ヘッドで円弧を描く、
 ヘッドで円弧をなぞる動きが始まり、
 どんどん動きたがってしまう。
 そして どんどんグリップの移動は止まる。

 クラブの角角度運動が始まると
 その‥戮粒囘戞▲轡礇侫箸、ヘッドが動いた分、
 グリップの進行は滞り、仕舞いには止まり、
 クラブの移動とからだの動きが分離。
 手打ち、手振りの完成 って感じです。

2021-05-19_23-05-25_Moment故に シャフト、クラブは角度で言う 1度も
動かしてはイケナイ。 0度以下で無いとダメ。
シャフトを1度でも振れば 手打ちの始まり。
それを防ぐには マイナス位のクラブ、シャフトの動かし
にしていないと 0度で納まらない。
 そう考えていないとダメ。 →ヘッドの重さは引きずる

 今回の話しのテークアウェイで言えば
 テークアウェイの時点で ヘッドを振っちゃう、
 一旦、シャフトに角角度運動をさせちゃったら
 ダウンスイングでどうにかする は無理。
 クラブってそういう構造だもの。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「トップの形の造り方、テークアウェイの取り方って
 どうしたら良いですか❓」


店長「ソコですか😧
 アマチュアゴルファーの大きな悩みのヒトツ、
 ソコを迷っている人 多いでしょうね。」
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m39s
質問「そう思います。写真とかもそうですが、
 動画などを見ても ソコがとても気になります。」


店長「分かります😶

 まず ゴルフを初めてする人を除いて
 スイングを治す、変える、良くする と考える場合、
 スイングって造っていくのに
 3段階 あると思うんですね。」

質問「3段階❓」

店長「はい。

 ,泙困蓮 
知る」 です。
 自分のやっていることを知り、
 自分の望む、理想と思っているコトを知ります。
 クラブやボールの飛ぶメカニズムも知っておいた方が
 良いでしょうね。
Jack's Basic theory_Moment
 △修靴董 
理解」 します。
 その仕組みやメカニズム、
 どうして そうした方が良いのか、
 どうして そうだとダメなのか、

 知識として やっていくことを理解します。

 そして 「
自分に刷り込む・身に着ける」 です。
 理解はしても 過去の動き って
 ある種、条件反射のようになってしまっていますから
 それを削除、抹消… 今までの動きを変える では無く、
 今までの動きに手を加えるのではなく
 新たな、別な動きとして覚える意識を持った方が良いですね。

 ある程度の反復練習も必要ですし、
 その「新たな動き」での 成功体験も必要と思います。」

質問「なるほど。」

店長「で、今回のテーマの テークアウェイ、トップですが…

 カタチとして覚えるのは 順序としては最後、
 結果論として 考えた方が良いと思います。」
〇見かた18s〇見かた50s









質問「順序として カタチ から入らない方が良い、
 というコトですね❓」


店長「はい。

 テークアウェイ、トップオブスイングは
 時間進行をひっくり返し、逆にして
 組み立てて行った方が良い
と思います。

 まずは 自分がゴルフクラブで
 『ボールをどうとらえたいのか❓
  どうさばきたいのか❓
 どうクラブを動かすと ちゃんと球を捕えられるのか
』を
 明確にして、その目標に対して
 時間を逆にして 造っていく方が良いと思います。 

 〇〇プロ、例えばタイガーウッズが好きだから
 そのトップの形を真似る… 気持ちは分かりますが、
 我々の運動性能で「繰り返し」出来るコト、
 我々のからだで傷めない動きをしなくてはいけないですし、
 その形、にしても 何らかの理由があって
 その形になっていますから、その理由が分からず、
 単なる恰好として、では ファッションになっちゃいますから
 『自分の』動きとしては身につかない、刷り込まれません。

 カタチから入っても
 ボールをとらえる意識、感覚が
 どうクラブを動かして 打撃するのかの意識が
 今まで通りであれば その形は
 『
必ず』元に戻ります。

〇見かた116
 逆に 今の自分が どんなトップで
 どんな上げ方(テークアウェイ)を取っているか も
 必ず 理由… どうボールをさばきたいか、
 どうクラブを動かしたいか
、が隠れていますから
 それを理解する、 そのクラブの動かし方だと
 こういう風にダメ、こういう風に確率が低い と
 それを『
捨てる』理由も
 明確にしておいても良いかも知れません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「これはバンカーショットでも表れるんですけど
 シャフトをしならせて しなり戻すタイプの人は
 そうでない人に比べると アーリーエクステンションというか、
 リリースのタイミングが早めになり易く、
 ヘッドの最下点がボールより手前になりガチ です。
9c1bf9e713cb5207be57e13907b1d2d885600572_large
 良い悪いは別として
 そのまんま バンカーショットっぽい 感じなんですが、
 それを強調して より一層バンカーショットぽく すると
 ヘッドが上がり行程過ぎてしまって
 当たっても ボールが前に進んでくれない(上がるだけ)
 になってしまったり、
 インパクトから先が抜けなくて ぶっつけショットに
 なってしまったり
 正直、いつも通りのショットをすべきと思います。
79457
 変に フェースを開いたり、
 オープンスタンスなんかを強くすると
 結果、ボールは中に入る のと同じになりますから
 より一層の 早めのリリースが必要になり
 フォローが出せない、ヘッドが抜けない に
 なりガチ です。


 ヘッドがグリップを追い越す
 と言う行為は からだ全体の動作 と
 インパクト前後のヘッドの挙動 が別なモノになり易く、
 ヘッドをリリース、
 グリップでつながってはいますが
 ヘッドを自由、放り投げるようにフリーにして
 打撃を迎えますので 距離調整が苦手です。

 そう言うタイプの人は硬いシャフトを選びがち ですが、
 硬いシャフトは意識していなくとも
 柔らかいモノに比べると グリップの押し、
 前への進みの助力が少ないですが、
 ダウンスイングの場合、その前への進みは
 高度の低下、クラブ全体の低さ、ヘッドの低さ にも
 つながります。

 つまり 低いトコロにあるボールを拾い難くなります。

 シャフトが硬くなれば グリップの押しは
 どうしても薄れてしまいます。

 しかも 総じてですけれど
 硬いシャフトを好まれる方は
 シャフトを意図的にしならせて…しなり戻して使う
 方が少なくないと思います。


 その上で インパクト時にはヘッドの二弾加速、
 場合によっては ヘッド以外のモノを止めて
 ヘッドだけ放り投げての打撃ですから
 距離をコントロールするのは 感覚以外無い状態です。

 多分…ですけれど そういう手先の距離感覚って
 年齢と共にかなり低下すると思うんですね。

 一発の成否ではなく、継続的な成否って意味で。

 困ったことに アプローチやバンカー、
 フェアウェイウッドもですけれど
 それを苦手としているタイプの人は
 より苦手が促進される クラブを選ぶことになります。

(逮捕術 2022夏期講座_Moment
 シャフトのしなり、硬さや柔らかさ だけでなく
 ヘッドの重心位置の機能も
 基本、どれもこれも グリップ部の移動の度合い に
 つながっている と考える人のスイング と
 なんでもかんでも ヘッド、ヘッド、と考える人の
 スイングは決して、同じモノになりませんし、
 選ぶであろうクラブの性格も異なるモノになります。 

 私は、ですが、スイングは技術の部分よりも
 そう言う根底にある考え方が反映されると考えています。

 ヘッド、ヘッドと考える人は
 自分の動きで クラブをねじ伏せる傾向が強くなる、
 そうでない人は もう少し受け身、
 クラブの不可抗力(負荷)をねじ伏せるのでなく、
 それを利用するというか、
 良い結果を生み出す 不可抗力の造り方、
 上手く打たされてしまう ようにするにはどうしたら良いか
 と考えていると思います。

 スイングの形、格好、姿、見た目が大事なのではなく
 その場面での 次への動作に行き易い、
 スムーズに次に移れるのは どのクラブの姿勢、
 重さの掛かり方、不可抗力の造られ方
 それを考えた結果の カタチや恰好、姿、
 結果論としての見た目なのだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングをゴルフクラブの面から考えてみましょう。
 もう少し ゴルフクラブの『効能』について考えて頂くと
 ゴルフスイングに対する理解度は深まると思います。」

質問「どんな面です❓」

スクリーンショット 2023-09-21 231606店長「そうですね。
よくある例ですけれど シャフトが柔らかい と
なんとなくですけれど 大きくしならせて
ソレで弾いて飛ばす🥎
 と良いような…気がしますよね。」

質問「そうですね。」

店長「しかし、ゴルフクラブの打面には
 方向とかボールの上がり、回転などを司る角度 が
 備わっていて 1度位のプラスマイナス は良いですけれど
 縦横-立体的に 同じような角度で打てないような方法だと
 ゴルフと言うゲーム性にそぐわない。

 まぐれ当たりを追いかける遊びになっちゃいます。

 もう 死語 になりつつありますけれど
 『反発係数』なんてのもありますよね。
 まあ コレって 販売・製造側の政治的な意図が大きいんですが
 ゴルフスイングに「ボールを弾き飛ばす」という印象を
 強く植え付けてしまったので 大変 罪なコトだと思います、
 実際には、科学的には、その全くの反対で
 ボールを弾かない、ボールを歪ませず、
 逆に ヘッドの方が歪む、
 その双方の歪み率を近づけて ボールをつぶさないよう
 にするモノです。

 ですので ボールをつぶせない打ち方の人や
 ヘッドスピードの高くない人には恩恵は殆どありません。
 逆に それによって ボールが浮かない、上がらない、
 空を浮遊している時間を維持し難くなった人が
 とても増えているように感じます。」

質問「そうなんですね…。」

店長「シャフトの話しに戻りますけれど
 シャフトを意図的にしならせて、しなり戻して
 という行為には グリップの止まり、グリップが移動していない、
 というのが不可欠になります。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
 打ち手が ヘッドを『直接』持っている訳ではないので
 ヘッドの移動には グリップの移動が不可欠の『』なのに
 その逆を追いかけるコトになります。

 この誤解って 教える側の人にもかなり多いような気がします。

 ある程度 自然にシャフトが動く、
 弊社で言うトコロの 硬くない、柔らかいシャフトであれば
 特に その意識をせずとも、特別な行為を取り入れなくとも
 シャフトはしなります。
 グリップ部を意識して止める必要性はありません。
〇空中(立体)ズリズリ - frame at 0m35s
 シャフトはしなれば 元に戻る、
 復元しようとする作用が働きますが、
 当然、それはヘッド側にも、グリップ側にも働きます。
 ヘッド側だけにそれをするには グリップの止め が必要で
 グリップの止め は 運動速度の低下につながります。
 ヘッドを振った方が 『気分』は
 速く振れるような、強く振れるような そんな気分に
 なれますけれど 止めるという行為には
 その分の負荷がかかりますので 故障の原因にもなります。

 手打ちで悩んでいる人がいるとしたら
 手打ち と シャフトをしならせ〜しなり戻して打つ は
 言い方を変えた同じモノです。

 嫌だと思っていることを 率先している可能性があります。
 ボールを弾いて打つイメージがある限り、
 インパクトでの グリップの止まり、
 クラブの移動とからだの回転の分断は必ず起こります。
 そして、それは悲しいコトに
 強く打つドライバーショットではなく
 アプローチショットの苦手に直結し、
 年数や経験の量に関係なく、永遠に続きます。

〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40
 そのシャフトの復元のチカラを
 グリップ側にも掛けて上げれば、
 グリップはより前に進もうとし、運動の助力になり得ます。

 その方が負担が少なく、ヘッドスピードアップに利用出来ます。
 フェース、ヘッド、角度などの問題も
 より小さな幅の中の変化に留まります。

 自分の運動ではしならないような、
 しならせなければいけないような硬さを使わない、
 そして、シャフトがしなったら ソレを
 自分の運動促進に使う
、っていうのが道具だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転で✊ って言われると
 ラヂオ体操のように 腕もクラブも横に
 からだに対して ヨコに振りたくなっちゃう。
OIP
 そうなると ヘッドの遅れが開きになり易い…
 フェースターン必須 と言う道に進む。
 ゴルフ人生の分かれ道 な部分だよね。

 『ヘッドの重さも使え』って言われちゃうから
 そのヘッドの重さで クラブを振るように…
 クラブに振られるようになっちゃうしね。
✋そのヘッドの重さの使い方は間違いなんだけど…。」

質問「どうしたらイイんです❓」

店長「アプローチもどきの小さなショットで
 ロフトの立ち で、ヘッドの引き摺り で
 ボールをとらえるコトをまず 体験して貰って…
20231180m220231180m420231180m8






 コレって パターストローク でも言えるんだよね。」

質問「パッティング❓」

店長「うんうん。

 パターを打つのには 当たり前だけど
 パターヘッド動かさなくちゃいけないんだけど
 原則、自分が グリップを動かした分、パターヘッドも動く。
 グリップを50册阿したら パターヘッドは 最大で50僉
 ヘッドの重さ分、重みは動きたがらないから それ以下✋
 って意識の方が必要。
〇ハンドターン16s〇ハンドターン17s〇ハンドターン18s








 上腕や肘の動きで 刷毛塗 って言うのを
 ハミングバードは推奨しているけれど
 それであっても グリップして 両手が拘束されてるから
 揺さぶりの円運動は 少ないけど 入っちゃう。
 でも 原則、グリップを動かした分。
 そして 距離感は そのグリップの動かす速度。

 ヘッドの方をたくさん動かす意識が有ると
 ものすごく間接的な 自分の動きとヘッドの動き、
 その速度を管理するのが難しいし、
 振り子や円運動が強いと
 ロフトやフェースの縦の当たりドコロ が
 一定し辛いのもあって
 距離感が刷り込まれ難い。

 ヘッドを真っ直ぐ動かす🙄
 とか
 ヘッドを真っ直ぐ引く🙄
 とか
 入れる🙄
 とか
 パッティングにとって 最優先事項じゃない。
 パッティングの基本は 自分の思った通りの距離を打つコト。

 それをしていれば パット数も必ず減るし、
 自然と 入るようになって来る。

 話を元に戻すけど、パターもヘッドを引きずって
 グリップを動かして
 出来るだけ ロフト姿勢を変えず に
 ボールとコンタクトする、ショットとまるで同じ。

 それを回転でやるか、
 ハミングバーで言う 刷毛塗でやるか の違い位。


 そのアプローチバージョン で それを掴む。
 ロフトの大きいクラブだと難しいし、
 短いから腰も痛くなったりするので
 7番とか、6番で良いかも。
 距離感、グリップの移動の速度感が掴めれば
 短い距離、弱いショットでも ボールはつかまえられる。
 お薦めはしないけれど 部屋の中で打てるほど。

 球体を開いたロフトで入れてきたら
 『
急がないと』 🥎ボールは滑る
 急加速、二重加速が必要になっちゃう。
 『
正しいロフト』で入れられれば
 ボールをつかまえるのは 
等速でOK
 特別な加速は要りません。
 ボールをつかまえる・こする は
 ヘッドスピードの問題じゃあないです。


 アプローチなどの加減が必要なショットでは
 ヘッドをフリーにして行かせて、
 ヘッドで弾いてボールを打つから
 距離感が刷り込まれないんだよね。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
 極端に言えば 放り投げたクラブで
 ボールを打つんだから 難易度は高い。
 ヘッドの移動は 自分の動作とシンクロさせて
 ちゃんと管理してないと 距離感が分からない。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



✋スイングの視覚的誤解、錯覚の一番のトコロ は
 「クラブを振るコト、ヘッドを振るコト」 でしょう。 
 △ヘッドの運動慣性をフリーするコト
 △からだの回転とは違うシャフト・クラブの角角度運動


現代も含め 歴代の多くの名ストライカー は ほぼ例外なく
 ボールを打つまでは 「クラブ、ヘッドを振りません」
 ㊟…ボールを打つまでは、ですよ。
(アプローチ) 比較映像_Moment(4)


ゴルファーのとっては 当たり前 なのですが、
ゴルフでボールを打つためのゴルフクラブは
 先端に特化した重さが備わった1ⅿの長い棒 です。
これを 成人男性であれば 時速100キロ越え で 振る訳です。
若いプロのハードヒッターであれば その時速は200繕瓩い任后

 既に無視しちゃってる と言うか、忘れてしまっている と言うか
 実はとても危険なモノなのです。

ですので この棒(ゴルフクラブ)を放り投げてしまうのも危険ですが、
上手に収めないと 自分にも危険が及びます。
放り投げないが故に、自分の体にも危険がある訳です。

初心者や女性が速く振れない のは
✋その危険なモノの収め方がわからない、
✋身に付いていない、
✋本能的なその怖さを乗り越えられない、
✋クラブの慣性で持ったままでいられない、

 と言う可能性があるのです。

スイング動作も終わりに近づき フィニッシュが来るのですが、
300gの鉄の塊が先端に付いた 1ⅿある長い棒、
それが 最大時速100キロとか150舛箸で動く…
それを、安全に終わらせる必要がある訳 です。
が故に、インパクトを迎えた後、打撃そのものが終わった後、
放り投げない範囲で その慣性(特にヘッドの重さ)をフリー にします。
 行為で言うと ヘッドを振る、クラブを振る です。
 クラブを回転させ 減速時間が稼ぐ と言えば良いでしょうか。

それは 打撃行為ソノモノ ではありません。

ジェットコースターの 下り坂 のそのスピードを
落とさせる為の 上り坂 のようなモノ、
100m走で ゴールしてからも 急に止まらず、
軽く流して 減速し止まる ようなモノ、です。

漠然とゴルフスイングを見ると
 その打撃のおまけ(必要なモノなので オマケ とは呼びきれませんが)
 打撃のおまけ の クラブを振る動きは
 打撃までの動きとシームレス(継ぎ目なし)で行われています。

スイング全体が からだの向きを変える 円さばき なので
 その円の中に 自然に溶け込んでいる クラブの減速時間
 繰り返しますが、それは打撃行為そのもの、
 打撃(インパクト)までに必要なモノではありません。



そういう目で 一度、いろいろなスイングを見てみて下さい。
 スローでないと判別は難しいかも知れませんが、
 いいスイングだなぁ、いい球だなぁ に見えるモノは
 打撃(インパクト)までは、
 打撃間際まで クラブをフリーに、ヘッドをフリーにしてはいません。

 必ず 当たり終わってからで、
 アプローチのような 運動速度、移動速度が高くない、
 クラブの減速時間の必要の少ないものは
 最後まではフリーにしない場合も多くあります。
達人のココから盗め_Moment(2)

一方、アマチュアの、あああ 悩んでるんだなぁ…
 まだ スイングが掴めないんだなぁ… と言うスイングは
 そのスイングの、打撃のオマケ の部分を主軸にして
 ボールを打とうとしているのが 結構、はっきり分かります


プロのスイング
(真似をすればいい訳じゃあ ないですが…)
 のインパクトまでの弧が小さく、打ってからが大きく
アマチュアのスイングは
 インパクトまでの弧が大きく、打ってから小さい
 フォローが出ない、フォローで手が伸びない

というのは 打撃のオマケ が 打撃のオマケ なのか、
それとも その打撃のオマケ で ボールを打とうとしているか
のイメージ、というか ゴルフスイングの概念の違い なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフクラブにとって
 一番大切なのって『ロフト角度』なんですね。

 コレをどう使うか❓がスイングだと思うんですが、
 あくまでも イメージ、
 打つ前、スイングする前、スイングを覚える前の
 イメージに 結構、問題の原因があったり
 すると思うんです。」

質問「ロフト角度…イメージ…❓❓」

店長「はい。
 少々 極端ですけれど
IMG_0659
 ロフト角度って 存在としてはこういうモノ で
 ロフト角度が 0度だったら
 ボールは地面に向かって飛び出すから『役には立たない』ですが、
 ヘッドの重量やヘッドスピードなど
 打撃のエネルギーに対しては 最大のボールスピードを生み出します。

 世間様で言う ミート率(ボールスピード/ヘッドスピード)で言うと
 1.7とか1.8とかになります。

 ドライバーで言うと10°付近のロフトでは
 地面に打つボールはしんどい ので
 ティーアップが許されている と言う感じです。



 ボールは球体なので ロフトという隙間、坂があれば
 ソチラの方に『逃げる
 物理的な、機械的な『こすり』 が
 ボールスピードになる筈のエネルギーを
 打ち出しの角度やボールの回転に転化させます。」

質問「上から打てってコトですか❓」

店長「それともちょっと違いますね。

 L型ブリストルが分かり易い ですけれど
 L型の形をしているじゃないですか❓」
IMG_0518IMG_0519









質問「はい。」

店長「その L字の形をどういう風に使おうとしているか
 と言うイメージが結構、影響大だと思うんです。

 多分、多くの人の L字のイメージ って
 シャフト、グリップに対し
 ソールのライン、なんじゃないかと思うんですが、
 クラブの作り手の私のイメージは
 シャフト〜トップブレードなんですね。
  まあ 大きな違いはないですけど…。

 コレって イメージなので
 ものすごく伝えにくいですけれど…😵😵😵
002
 そして 多分ですけれど、
 多くの人の その L字 の使用イメージって
 アドレスのように 自分に対し、
 L字が鎌首を上げたり、下げたり、
 インパクトで言えば アドレスの状態に戻す
IMG_0517
 縦にしようするイメージが強いと思うんです。
 縦に動かそうとするイメージだと思うんですけれど。

 ロフト角度を その本来の機能通り に使うには
 ボールを視覚的に トップブレードで打つ というか
 上からクラブを見た時に
IMG_0662
  その L字の状態まま、固定したまま
 からだの向きだけ変えて ボールを打つ🤩
 視覚的にはトップブレードでボールをさらう感じ、
 そう言うイメージが良いと思うんです。」

質問「 😧 😧 😧 😧 😧 」

店長「伝わり難くて申し訳ないんですけど
 ですので ボールって
 シャフトに沿って 飛び出す というか
 そう言うイメージで打たないと ロフトって活きない
 と思うんですね。
c33a9ae1 (1)
 多くの人のクラブ使いのイメージって
 それと比較すると
 シャフト、クラブに対し 90度違うイメージだと
 思うんですね。
images
 クラブの物理的なロフトに 人為的な90度の『逃げ』が
 加わっちゃうと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチのミスを減らす
方法のヒトツとして「クラブ・ヘッドを引きずって」

があります。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment

上から打つ (もしくはつぶす)
というのは
そのクラブの長さなりに
ヘッドを入射させるコトを指します。
意図的に ヘッドを上から下に振る
という事ではありません。


写真にすると インパクト以前は
理想的には右向きの区間ですので
ハンドファーストがきつい ように見えますが、
それは右向きのせい での視覚効果
見ている角度によって より強くそう見えるだけです。
この時の 体の正面から撮影すると
見た目ほどハンドファーストはありません。

シャフトは振りません_Moment
この状況/環境ですから
当然シャフトは下向き です。

シャフトが上向き というのは
ボールにソールが向いてしまいます。
フェースでボールを打てません。


このシャフトが下向きの状態で
ボールに入って来れば、
フェースは下を向いていますから
最下点であっても、若干その手前であっても
大きな違いはありません。
似たようなロフトと入射角度でとらえられます。
そして、ボールの直径は45ミリ(4.5臓砲任后
2センチは少々オーバーですが
その位 ヘッドがボールに対し、
厚く入っても、薄く入っても
ボールは球体であるが故に 大きく差は出ません。
ミスになり難い と言うコトです。
IMG_0659

フェース上部(トップエッジ)が前に出ている状況です。
トップと言うのは
 リーディングエッジやソールで打つコトですが、
リーディングエッジの方が後方にあるため
トップのしにくい状況です。

ダフリ とは インパクト、もしくは インパクト以前に
ソールが地面と干渉してしまう状況ですが、
それも起こりにくい状況です。

MVI_0817Trim_MomentMVI_0817Trim_Moment(2)MVI_0817Trim_Moment(3)




一方 ヘッドを返して、もしくは ヘッドがグリップを追い越して
打っていく打法では、
スイングの半分は シャフトが上向きです。
シャフトが上向きの状態では フェースがボールを向いておらず、
スイングの最下点が ボールより手前に入れば
トップか、ダフリに必ずなります。

また 最下点でとらえたとしても
ボールに対し リーディングエッジが前に出ていますから、
ヘッドが1センチ高くても、低くても ミスになります。

さらに 振り子で振る場合、
スイング中、入射角度とロフト姿勢が常時変化するため
当たるタイミングによって 全く異なる球質になり
距離間の把握が非常に難しくなります。

アプローチでの この捉え方は
そのままショットに反映します。
右手の使い方もそうです。

からだでもない、腕でもない 肩の揺さぶりで
振り子にスイングする限り 上手くなるには
部活並みの練習頻度と量が不可欠…。
オジサンゴルファーにはほぼ不可能です。

からだの回転を意識し過ぎて
からだの回転でクラブをひっぱれば
クラブ・腕の長さと重さで遅れますから
結局 体が回転している時期に
インパクトを迎えられず、手で振ることになります。
MVI_0817Trim_Moment(7)MVI_0817Trim_Moment(5)MVI_0817Trim_Moment(6)





ならば 逆に 手をもっと動かして、
自由の利く右手(利き手)と『正しく』動かして
からだの回転を後追いさせるようにする
と言う考えも一つのアイディアだと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「トップの位置から 間髪入れず、
 右打ちの人であれば 一気に左を向くと
 今まで クラブの動かし方 だと
 よく言う 大外から入ってきてしまう人
 も 少なくないかと思います。」

質問「あああ、確かに。」

店長「そこで 外から入ってきてしまう、
 アウトサイドイン になるから と言って
 左を向くのを辞める、左を向くのを止める、
 もしくは 左を向くのに一呼吸入れる、 のは
 そこからさらに一歩、前進する、向上するの妨げ になります。
((Kさんのお悩み❓_Moment
 変えるべきは ✋左を向くコトを躊躇する ではなく、
 一気にからだを廻した時に
  どうクラブを、どう腕を振っているのか❓  の方で
 クラブや腕が外から入って来てしまっている は
 腕やクラブを横移動させる為に
 からだを廻している要素が強い 
というコト です。

 トップの位置から 間髪入れず『左を向く』の本質は
 結果、として ヘッドスピード向上、飛距離アップ、
 からだの回転をメインにクラブを動かす です。

 腕やクラブの横移動の為に からだを廻してしまうと
〇腕やクラブが早い段階で長くなり過ぎて ブレーキになる
〇腕やクラブが早い段階で長くなり過ぎて 道のりが長過ぎ

 結果としては からだが開いても まだ打っていないので
 最後、手で振らなくてはならない
 これでは 本質から外れてしまうので
 からだを廻しても 遠回りにならない、
 腕やクラブの長さ・重さが 回転の妨げにならない
 からだの回転での腕の振り方、クラブの振り方 を
 探さなくてはなりません。」

質問「どうしたら良いですか❓」

店長「一気に 望み通りのスイングに到達出来る、のは
 かなり難しいですので、段階を踏んで進めてみましょう。

 トップ位置からインパクトへ、
 インパクトのゴール、本来は通過地点ですが、
 インパクトはこういう場所、こういう形って言うのを
 うっすらとでも 思い浮かべている、想像、願望している
 と思うのですが…。」

質問「はい。」
スクリーンショット 2023-04-23 202551
店長「多くの方は アドレス時、当たりのクラブの位置、
 グリップの位置 を インパクトで再現
 アドレスの形 に戻ってくる、を
 想像しているのではないかと思います。」

質問「おぼろげ…ですが、ハイ。」

店長「そこでは 中過ぎる、
 右打ちの人であれば 右過ぎます。

 アドレス時のクラブのある場所、
 もしくは 自分のスタンスとボールを結んだ線を
 ブレイクラインと仮称します。

 そのブレイクラインに クラブを持ってくる、
 のではなく、
 ブレイクラインよりも左(右打ち)に
 グリップエンドを行かせる のではなく、
 クラブ全体を ブレイクラインよりも左、
 ヘッドが遅れていますから
 ハンドファーストになっている分、
 想像よりもかなり左に グリップ、グリップエンドが
 ある感じ です。
2021-12-06_22-21-54_Moment(4)
 私個人のイメージでは
 インパクト時のグリップエンドの位置は
 アドレスと比較すると 1m位 左な感じです。

 実体験として
 ヘッドを動かそう、ヘッドを振ろう、
 ヘッドを前に出そう、とすればするほど
 グリップエンド、クラブ全体の インパクト位置は
 中に、右打ちであれば右に右に来てしまいます。
 ゴルフ中継でよく使われる
 「あああ からだが止まりましたネ…。」と言う奴です。

 インパクトで アドレスよりも1mも
 グリップエンドを左に、前に持ってくるには
 正直、1mmもヘッド単体を動かない、
 シャフトに 角度運動をさせない ようにしないと
 クラブは構造上、ヘッド単体を動かす、角度運動をさせると
 その動きは直ぐに増幅し、止まらなくなりますから
 引きずる 以外の動きを『1mm』も入れない。
 0か、100、しか無いと考えて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「言葉で説明するのは難しいんですけど
 
 少しの前傾姿勢はありますけれど
 からだの回転、向きの変更は横への動き だから
 その横の動きで 腕もクラブも横に動かそう、移動させよう、
 とすると ヘッド、フェースは開きっぱなしになるので
 そのまま では 上手く当たりません。

 もうひと作業必要になります。

 これがいわゆる フェースターン、手の返し ですね。

 それが上手く出来るのが 一般感覚的には上達 という迷路です。
会田20210701 - frame at 0m15s会田20210701 - frame at 0m18s







 そして それが困るのは
 打撃する為の補正・修正・おまけであるはずの フェースターンが
 打撃の主役になってしまうので
 本来の主役のからだの回転は逆に おまけ になっちゃうんですね。

 これが一般的な「手打ち」です。
 
 からだの回転主体 で振っていたとしても
 打った後、クラブの慣性、勢いを逃がさないとイケナイですから
 打った後のフェースターンがない訳じゃないですけど
 それが 打撃の主役にはならない、
 見た目には似ているので、タイミングで見るしかないですけど…。

 この映像のように 最後まで リリースを抑える のは
 ある程度の速度の場合、ちょっと身体的に危ない ですからね。
 
 からだの回転と腕の移動を上手に融合させるには
 ボールを打つであろう、打ちたい方向に沿って(平行に)
 腕を上下に振る 〜移動させる
 そう言う感覚が必要で
 その感覚の鍵 になるのは
 本当は 正しい意味での『脇』、特に左上腕なんですけど
 イメージし易い点では
 グリップ、左グリップが
 からだの回転に合わせて 常時・均一に高さを変えている。

2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s







 からだの向きが変わっている限り、
 同じ高さに無い、
 いつも 左グリップの高さが変化している必要があります。

 手で振ってしまう場合、
 主に ヘッドの返し、フェースターンですが、
 左グリップの高さが変化し続けたら
 ヘッドを返せない、手が返せませんから
 スイング全体としても グリップの高さ変化が緩くなり易いですし、
 必ず インパクト付近で 左グリップの高さを固定するような、
 高さ変化を止めるような動きが入ります。
 そういう振り方をしている人にとっては
 そこが上手く当たるか、どうかの生命線だったりしますけど…。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m9s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m







 グッと 左腕や左脇、左サイドを絞る というか
 固定する動きが インパクト(打撃)ってイメージしている人も
 多いと思います。

 緩いショット、短めのアプローチなんかでドリル、
 練習、習慣化してみると良いですけれど
 からだの向きを変えている限り、
 それに応じて 必ず グリップの高さ変化を伴う。

 緩いアプローチの精度向上には
 よいドリルになると思います。
 
 その グリップの高さ変化は
 からだの向きのテンポ、スピード通り
 距離感は からだの向きの加減。
 リリースの強さ では ないです。

 強いショットであったとしても
 グリップの高さ変化を 止めるような そう言う動きは避ける。

 そう言った意味合いでも
 インパクト以降、左向きの 左腕さばきは重要になると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「こんにちは。
 今日はクラブのコトを伺いに来ました。
 肘や手首の痛みを抱えており 練習もままなりません。 
 どのようなクラブ選びをすれば 良いでしょうか❓」

店長「こんにちは。
 そうですね、若い時はからだの各所にあぶらというか
 保湿効果があるので 大丈夫なんですけれど
 50歳を過ぎた辺りから 結構、ふしぶし 痛みますし、
 本能的なのか、反射的なのか、
 痛みが発生することを避ける、
 忌避するコトが増えると思います。」
sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット

質問「一般的、なんですが
 年齢を取ると 軽いクラブを選ぶ、選んだ方が良い
 と言われますけれど、どうなんでしょう❓」


店長「ひじ痛や腰痛など ゴルフが原因でのからだの不調、
 故障などを出来るだけ回避したい、 というのであれば
 軽いクラブ、軽いヘッドのクラブ、
 そして 硬いシャフトのクラブは避けた方が良い
と思います。


 一般的ですが、シニア用 と呼ばれているクラブは
 ヘッドも軽く、シャフトも軽い、
 ドライバーで言うと 総重量270g以下なんていうタイプ ですね。

 痛みの発生する状況において
 問題になるのは 急加速、急減速、急停止
でしょう。
 そうなってしまう、と言うのもありますし、
 そうしないと使うことが出来ない、というのもあります。
 それらが 軽く(ヘッド)硬い(シャフト)のクラブを使う
 取り扱い説明書と言ってもよいほど です。
スナップショット 1 (2018-05-17 19-39)

 総重量が重ければ重い程良い訳では無いですが
 ヘッド重量、総重量が重ければ
 運動を続けようとする 慣性の能力 が高くなります。
 止まり難く、変わり難くなる のですね。

 ゴルフクラブで言われる 慣性モーメント とは
 ヘッドの重心位置軸廻りを指すことが多いですが
 クラブ全体にも慣性モーメントと言うモノがあり、
 重量の重いクラブ、ヘッドの効いたクラブは
 その数値が高くなります。
 それは どういうコトに相当するか、というと
 車が分かり易い でしょうね、
 重いクルマ 重い重量の車は発進し辛いのは
 分かると思います。
 しかし、一旦 動き始めると 今度は止め辛い。

 スイングで言うと 振り辛い と思うかも ですが、
 ヘッド で言えば 双方(軽いモノも)、棒の先端に重さが有るコト
 には変わりはないですから、大きな違いはありません。

 テークアウェイ…重力に逆らう上げる行為 は
 慣性の係数になる 速度が速くないですから
 ヘッドが重くとも さしたる負荷増大ではありません。

 逆に ボールを打つ、ダウンスイングは
 その言葉の通り『ダウン』スイングですので
 その重さを利用出来るでしょう。
 正しい使い方をすれば その重さに動作も促される のですから
 そういう使い方を『教えて貰える』クラブの方が
 軽くて 振り易い筈なのに、何もしてくれず
 結局、全部を自分で処理するクラブより

 のちのち のことも考え、良さそうじゃないですか❓❓❓ 
IMG_2813-0001-1

 180ヤード位を打つとして
 ボールの重さは 700舛魃曚┐泙后
 これはデータではっきり表れるのですが、
 ヘッド重量、総重量の軽いクラブは
 打つまでのスピード に対し、
 インパクト直後のスピードの変化が緩やかですが、
 軽いヘッド重量、総重量のクラブは
 その減衰が激しいです。 

 軽いと振り易い とよく言われますが、
 ヘッド重量がなければ その分をスピードで補わないと
 軽い分、距離が落ちます。
 重量が軽いから スピードが出る は ウソ と言って良く
 ヘッド重量の プラスマイナス50gでは
 上がるコトも 下がるコトも無く、ほぼ 通常通りです。

 軽いから振り易そう は 頑張って振れ
 そうじゃないと 距離は落ちるけどいいかな、ってコトです。
 自分の振り加減で リニアに距離が変化し易く もなります。

 運動のモーメントが高いモノ の方が
 ミスにも強くなりますし、安定度も高いです。
 ヘッド重量のしっかりしたモノと
 軽量ヘッドで ラフやバンカーを打ち比べて貰うと
 その差は歴然としています。
IMG_0002

 チカラの無い女性に 軽いヘッドのウエッジを使わせて
 ラフからのショットやバンカーショットをしろ って
 ちょっとした ハラスメント だと私は思っています。」

質問「なるほど。
 どの位のヘッド重量が良いのでしょうか❓」


店主「使えるのであれば 重めの方が良いと思いますが、
 どう クラブを扱われているか、振られているか、
 によって 異なってくるか と思います。

 例えば アイアンで 7番を基準としましょう。
 一般的な 軽量スチール装着のモノは 260g 位 です。
 280g ・ 300g ・ 320g ・ 340g
 の4種類を打ち比べて頂くのが理想的ですね。
 
 初めて、悶絶クラブを打つ場合、
 おそらく 340gは重くて 扱い切れない、苦しいかも知れません。
 ですので 280g 300g と打ち比べていくのですが、
 始めは重く感じるヘッド重量も 5球位打つと
 簡単に慣れてしまうと思います。多くの方がそうです。

 重いヘッドに慣れた方は そこからのゴルフ歴の中で
 ヘッドを軽くする方には進まない傾向が強いです。
 300gのヘッドのクラブを打った後で
 元の 260gのクラブを打つと
 まるでヘッドが付いていない棒 のような感触を覚えます。

✋棒の先にある 重さ でボールを打つのか
✋長い棒で ボールを打つのか


 非常に初歩的な 概念の違い を感じるのだと思います。
 
 スイング・クラブ扱いの大きな差になってくると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「今更 ですけれど
 ゴルフスイングって
 ゴルフクラブを動かして ボールを打つ為のモノ です。

 まぁ そりゃそうですよね🤩

 クラブを、そして そのクラブを持った腕を
 動かさなくちゃ ボールは打てない…けれど
 ゴルフクラブ、ボールを打つ打撃部のヘッドは
 ロフト角度、ライ角度、フェース角度などの
 立体的な複合体 で
 ウッドでもアイアンでも 番手間の差は
 ロフト角度で言うと 3〜4°
 長さで言うと 半インチ、1.25僉,任后
ドライバー入射角度
 ロフト角度も当然ですけれど
 その長さによる、その長さの違いによる
 ヘッドの進入角度、アタックアングルも
 ボールの飛距離や球筋に ロフト角度と同じ割合で作用する。

 似たような球、
 似たような距離、
 似たような球筋、
 遠くに飛ばすことも勿論、大事ですけれど、
 おおよそ 計算できる、出来れば確率が高く、
 繰り返せるようにする…願望、希望も含まれますけど
 それを目指すのが ゴルフと言うゲーム性にマッチします。

 そうするなら 動かすクラブ、動かす…まあ 移動ですけど
 それは からだとの相対関係を概ね固定して
 からだごと 腕を、そして クラブ、
 この場合はグリップですけど
 動かす、移動させた方が そのゴルフとのゲーム性に沿う。

〇見かた128〇見かた130










 手で クラブをリリース、大きく動かしてしまうと
 当たるも八卦、当たらぬも八卦 っぽい感じですので
 ゴルフとのゲーム性とは相性が悪い。

 本当は 動かさない、動かしていないモノを
 動かして真似をする では
 答えが存在しない、答えは幽霊なのですから
 何年、何十年やっても 答えは見つからないです、ね。



 スイングの溜め😵 とか
 切り返しはクラブを(ホントはヘッドを)残して😵 とか
 なんだか
 
からだを廻しても 腕を置いてくる
 そして、後から 腕で振る、ような
 スイングになり易い言葉がたくさんあります。 
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5s2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5







 腕の残し癖の強い方は
 あきひこ先生が言う通り、
 グリップ、腕から先に動かす位でないと
 からだの向き通りには動かないでしょう。

 アニカソレンスタムのスイングでは
 先に 左腕がさがっている ようにも見えます。

 からだの正面からの画像では
 切り返しでの 左股関節と左上腕の連動 にも
 着目して貰いたいです。
 まあ クラブを持った腕を動かすコトが
 からだの向きを変える目的ですので
 当然✊と言えば当然、なのですが、コレがなかなか…。


 世の中には 『下半身リード』なんて言葉もありますけど
 そりゃ 脚を使わないと からだの向きは変えられないですけれど
 『リード』とは 導いている、誘導している であって
 先に行く とは言い切れません。
 クラブヘッドには重さがあって
 グリップを動かしても 重さ分、動こうとしないので
 遅れてくるように見える と同じく
 腕やクラブにも重さがあるので それを動かそうとした
 下半身に対し、遅れて『
見える』のであって
 遅らそうとしたわけではない のです。

〇見かた116〇見かた117










 からだを廻す目的が
 クラブを持った 腕を移動させるコト なんですから
 下半身リード(この場合は先行)で 先に足だけ動いて
 後から 腕を振れ でも 本末転倒なんですね。
 からだの回転、からだの廻し、向きの変更は
 からだの回転の為にやっている訳じゃないですからね。
 


 ソレに関連して…ですが、
 トップ〜切り返し から 腕もクラブも半ば固定して、
 特に クラブは固定したまま、
 動き、運動によって ヘッドは重くなりますので
 引きずるような、ゴルフ用語的には置き去りにして
 インパクトへと入って来ますので

 トップの位置、形って
 それを前提にした、
 インパクトをどう迎えるか
 インパクトの形 と言っても良い程で…。

 …気のせい、とは思うのですが、
 トップの形 を 型 として意識している人が
 とても多いと思うんですね。」

Sさん「あるある…です。」

店長「トップで どの位置、
 腕とクラブの関係、
 腕とからだの関係、 どの状態だったら
 からだを廻すだけで 望みのインパクトに出来るのか 
 どういうインパクトにしたいのか、
 それを 形 にするのが トップの位置 と
 考えて良いと思います。

 腕の残し癖の強い人は
 先に 左上腕、グリップを動かしておく 位は
 必要と思いますけれど
 基本的に ですが、
 腕にとっては
 『ダウンスイング は アクション ではない』
 『ダウンスイング には アクションは無い』

 と考えても良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「よく カラダは横、
 腕は縦 みたいな  別なモノ
 二つの別なモノの同時進行、
 そんな感じの スイングをイメージしている人もいる
 と思うんですけれど
 バケツに水を入れて
 水をホウボウに散らして巻く なら 別ですけど
 ある一方の方向に
 出来るだけ遠くまで 撒く とすると
a000874205_06からだの向きは変えても
バケツは横に振らないで
横の回転を利用して、
その回転よりもアップライトな
 バケツ自身は縦めに、
 水をまきたい方向に沿って『縦めに』振る と思うんですね。」

Sさん「そう…ですね。」

店長「ちょっと 確認したいコトがあるんですが…。」

Sさん「はい。」

店長「こちらの動画をご覧ください。

 頭から アニカソレンスタム、ネリーコルダ、
 レキシ―トンプソンとLPGAの選手が出ます。

 ちなみに スイングって どこを見ていらっしゃるのです❓」

Sさん「どう動いているか…とか、どう動かしているか…とか…。」

店長「動画を繰り返し 見て頂きたいんですが、
 3選手ともに トップ〜切り返し から
 腕もクラブも固定した状態で からだの向きだけ変えてる んですね。
 まあ 意図、その目的と言う面から見ると
 クラブをもった腕を移動させる『ために』
 からだの向きを変える〜体を廻しているんですが…

〇見かた116〇見かた117










 腕もクラブも そのからだの向き通りに移動しているだけ で
 腕もクラブも、特にクラブは動かそうとしていないんです。
 からだから生えた腕は 向き通りに移動させていますが、
 クラブはそれに合わせて 立体的ではありますけれど
 『引きずって』いるだけ…です✊✊


 この部分、昔っから気になっていたんですけれど、
 腕は兎も角、切り返しからダウンスイング〜インパクトまで
 クラブは動かす、どう動かすのか という視点で
 スイングを見ていませんか❓
 ……いやいや そんな風に見てはいませんよねー😧」

Sさん「ホントに動かさないんですね。」
〇見かた128〇見かた130












店長「この部分って プロの場合、基本の条件…
 と言っても過言でない部分で
〇それが出来たから活躍できる✊ とは言えないですけれど
〇それが無いとまず難しいだろう とは言えます。

 クラブの重さの配分や打撃部のフェースの構成、
 それらを 総合すると クラブは動かさない、
 クラブを持った自分が『クラブごと』動く
 をしないと
 遠くに飛ばす、思う通りの方向、弾道を打つ、
 そして、それを繰り返すは実現が難しい、です。
〇見かた50s〇見かた53s










 動かそうとしていないクラブ、
 固定して 自分が『クラブごと』動く、そのモーションを
 クラブ動く クラブ動かす
 というフィルターで見てしまっては
 大事な部分が見えてこない と思うんですね。」

Sさん「‥‥‥‥‥‥😵😵😵」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こういう錯覚……間違った思い込み もあると思います。

 例えば この画像ですが、
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
 テークアウェイ、ダウンスイングでは
 グリップが飛球線側にあって、それに対しヘッドは後方にありますが
 一番右のフォロー側では
 ヘッドの方が飛球線側にあって、それに対しグリップは後方にあります。

 コレって ヘッドとグリップの関係を、
 クラブを
『反転』させた訳ではなく、
 クラブを持った自分が向きを変えたから、
 こういう写真で 惑わされ易い のは
 視点の位置が固定されている からであって
 マトリックの映像のように
 自分をぐるっと取り囲んだカメラで
 常時、からだの正面、
 へその向きに対峙したトコロから写真を取れば
 ヘッドとグリップ、そして その位置関係は
 殆ど変わっていない、
 『決して』反転した訳では無く、
 自分が向きを変えた『だけ』と判別し易い
 でしょう。

 映像だけ で見れば
 グリップよりも 後ろに有ったヘッドが 追いつき、
 そして 追い越している ように 見えるけど
 そうじゃないモノ、
 反転していない筈のモノ、を
 『反転』させたら いつまでも答えは見つからないでしょ⁈

 クラブ自体はターンしてない😧
 クラブを持った 自分がターンしているだけ✋


 そして ゴルフスイングは
 縦横奥行き と 3次元の立体 ですので
 それを同じことが 色々起きます。

 コチラの場合 ですが、
20221025 - (2)2022102520221025 -









 アドレス時には ヘッドの方が腓僕って、グリップの方が紊飽銘屬靴討い襦
 トップ付近では ヘッドの方が紊砲△辰董▲哀螢奪廚諒が腓砲△襦
 そして ダウンスイング後半、インパクト付近では
 アドレスとほぼ同じ、ヘッドの方が腓砲△辰董▲哀螢奪廚諒が紊砲△襦
 これも 腕の曲げ伸ばしやクラブのたたみなどがあって
 より強調されているから 錯覚を起こし易い けれど
 クラブが『反転』している訳 ではなく
 クラブの構造やその持ち方 の関係とからだの向きの変わり から
 そう見えるんであって、
 クラブを上下『反転』させてるわけじゃあない。

 基本、クラブは忍者や座頭市(古い…)みたいな持ち方をしている訳
 ではないので グリップとヘッドの関係で言えば
 常時、ヘッドの方が紊砲△襪鵑任后
 その関係を逆転〜反転させたら 腕を傷めちゃう😢

 でも その間違った思い込み、
 視覚的な印象から
 そうクラブを扱ってしまう人がとても多くて
 クラブを反転させるのは からだ では出来ないので
 どうしても 全く不必要な、本来、存在しない筈の
 『クラブの反転』の意識があるから 腕を使わざるを得ない。
 繰り返すけど 本来、まったく不必要な、『余計』な動き。
  だって クラブは反転させて使う構造してないからね💦

 コチラのアングルも多い例だと思う。
(片手での素振り と クラブの格納 - frame at 0m23s(片手での素振り と クラブの格納 - frame at 0m24s(片手での素振り と クラブの格納 - frame at 0m29s





 ボールに対して で言うと
 アドレス時は ヘッドの方がボール側、グリップの方が遠い側、
 トップ付近では グリップの方がボール側で、ヘッドが遠い側、
 ダウン後半、インパクト、フォローでは
 アドレス時と同じで ヘッドの方がボール側で、グリップの方が遠い側。

 これも クラブを持った 自分がターン(反転)したから
 そう見えるのであって
 クラブ自体が『反転』している訳じゃない。
 クラブは ヘッド自身も、クラブ全体も非常に偏重した構造で
 ロフトやライ、フェースの向きなど 距離や弾道を決める
 打撃部のフェースの構造が複合した角度によって構成されるため、
 クラブを反転させて使うようにはなっていない。

 にもかかわらず クラブは反転して『見える』からと
 そう使ったら 答えのない迷路に入っちゃう よね。

 そして コレも繰り返すけれど
 上下であっても、前後であっても、左右であっても、
 クラブ自体の反転は カラダでは出来ない、
 手でやるしかない。
 その『クラブ自体を反転させる』意識が消えない限り
 イコール 要らない手のさばき は消えない。

 大袈裟に言えば
 クラブ自体を 左右でも、上下でも、前後でも反転させる
 その呪い ソノモノが 手打ち とも言えるかも😧 

 全く不必要な 無駄な要らない動きだから
 どうしても スイングと言うか、動きに雑味が取れないんだよね。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ