◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 脳内イメージ


店長「からだの回転でクラブを動かす のと
 手でクラブを動かす、 もう少し詳細に言うと
 からだの廻りで クラブヘッドが円を描かせる と
 手で クラブヘッドを円を描かせる  の
 最大の違いは インパクトが一点になるのと
 ゾーンと呼べるか どうかはなんとも言えませんが
 点では無く 線に出来る のの違いになります。」
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

JMさん「当然、手で振った方が点になり易いですよね。」
店長「そうなりますね。
 ですので 同じ条件であれば
 からだの廻りで 円を描いた方が安定し易い ですし、
 ロフトを締めて インパクトし易い、
 ボールをつかまえる、捕える と
 方向の安定が相反しない 関係になります。
 ですので よく言われる 飛ばすと安定は
 本当は相反しないのです。」

JMさん「その最大のポイントはなんなんですかね❓」
店長「私は カラダをどう動かす とか、
 この時は カラダの姿勢はこうだ みたいな技術的なコト、
 ではなく、ざっくりとした クラブってこう動くんじゃないの、
 っていう思い込みと言うか、概念のミス だと思っています。」
JMさん「間違った思い込み。。。ですか❓」
店長「そう思います。
 例えば アプローチで
 カラダの向きが 180度変わったら
 クラブ、シャフトも180度ターンするモノ と思い込んでいますが、
 自分自身が動力で 180度向きを変えても
 クラブは 運動に対しては負荷です、
 特に ヘッドにはクラブ全体の60%以上の重さが付いていますから
 具体的に ●●%とは言えませんが、
 その重さの分、120%とか、
 イメージでは 90%位しか動かない
 と考えた方が
 カラダとクラブにズレが生まれ難いと思います。
MVI_0668Trim(2)(2)_Moment(3)MVI_0667Trim(2)Trim(2)_Moment(4)








 それと同時に、その円を描くコト ですが
 スイングを動作 として考えると
 当然、終わらなければならない ですから
 動作としては 減速 〜停止に向かいますが、
 クラブには勢い、慣性、惰性 が付いていますから
 結果、としては 自分の動作を追い抜く可能性があります。
 勿論、打った後 になりますけれど。。。
 ソコを勘違いしている人が結構、多いんじゃないか
 と思うのです。」
JMさん「ヘッドがグリップを追い越す の話しですね。」
店長「はい。その事実は否定しません。
 否定しませんが、それで打つ、打撃する訳では無い、
 どちらかと言えば、それは おまけ に近い
 打ち終わってから 「発生」するモノ です。
((リリースの違い フォローの違い_Moment((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)((リリースの違い フォローの違い_Moment(4)





 ヘッドがグリップを追い越す を 打撃ソノモノ
 と考えている限り、
 それをする為には 体のどこかを止めねばなりませんから
 イコール 手振り になります。
 フェースターン、ヘッドターン、フェースローテーション、
 それらを 打撃ソノモノ だと考えている限り、
 手振りからは逃れられない のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ハンドファーストを維持する為のリリース…
 からだの回転で打つコトを 体験 していくには
 アプローチのような 強く打たないショット
 から始められるのが良いと思います。」

Mさん「グリーン周りから…位の距離で始めるのですね。」
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

店長「そうですね。
 グリップエンドを飛球線の方向に向けたまま
 もしくは 飛球線の方向に抜く、
 その感覚は 今までの 
 クラブの重さを腕で動かす 打撃感 と大きく異なり
 単に カラダの向きを変えるだけ、
 カラダの向きを変えないと クラブターンが行われませんから
 打てませんので カラダの向きを変えざるを得ない、のですが
 実感として 打撃感が非常に薄い ので
 始めはちょっと躊躇(ためら)うのではないかと思います。

 カラダ、左サイド、左腕、左グリップが止まって
 絞るようにして打つ ダイナミックなインパクト、打撃に
 比べ からだの回転で打つ方は
 動いている最中 の どこかにあり、
 手で打つのに比べると はっきりとした印象がありません。
 良い意味で取れば 多少、ズレても差がない、
 というコトにつながるのですが
 その打撃感の無さは結構、乗り越え難い部分ではあります。

 いままで 肩で廻っていた というのが
 実は腕を動かしているだけで それに引っ張られ
 肩が動いている と言うのを実感するかも知れませんし、
 よく言われる 左サイドのリード と言うのがありますが
 左サイドのリードの言葉の意味は
 左サイドが動いている内に打て、 であって
 左サイドを動かしてから打て では無い、

 というコトを気付くかも知れません。

 少なくとも その違いを体験するのは大切です。」

Mさん「クラブをリリースする、というのは
 全くなくなるのですか❓」


店長「スイングの好み や 実際に出来るコト、
 長く親しんできたスイング方式 などによっても異なる
 とは思うので 個々で異なるとは思いますが、
 ヘッド、クラブをリリースしなくともボールは打てます。
 クラブターン、フェースターンは
 カラダの向き『だけ』でも完遂可能です、 が✋
 右腕を伸ばすことによって クラブを回転させたい、
 フェースローテーションをどうしてもしたい、 と言う場合、
 少なくとも グリップがボールを越えるまで、
 ブレイクラインをグリップエンドが廻るまで、
 タイミングをずらして欲しい トコロですね。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

 インパクト、インパクト直後 から
 スイング動作は減速に入るので
 インパクトを越えたら 無理にクラブの慣性を
 おさえておく必要はありません。
 俗に言う 振ってしまって構わない と思います。
 打ってから、であれば です。

 作法というか、技術というか、
 その部分での問題解決よりも
 慣れ親しんだ感覚、思い込みの部分が少なくない かと思います。

 クラブを動かしているのは 打ち手の人間で
 その一番先端に重さとして付いている打撃部 が
 その動作速度(角度)を追い抜くことはありません。
 
 ヘッドの方がたくさん動いている というコトは
 自分は止まっている(減速している)コトになります。
 ソコの感覚が掴めるとかなり飛躍的な変化が起こるでしょうね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「ブレイクラインをグリップエンドで割る
(片手での素振り と クラブの格納_Moment
 その感覚に馴染めたなら
 あとのポイントは
 『ハンドファーストを維持する為のリリース』だと思います。

 『リリース』とは
 曲げた、短くした利き腕、
 右打ちの人であれば右腕ですね、
 これを伸ばす、元の長さに戻すとき
 『いったい何をするのか』
 『何を動かすのか』 
 です。

 手打ちの人の場合、
 この『リリース』が打撃の全て
 と言っても過言ではありません。

 スイングの外周 ヘッドの通るであろう円
 その外周に対し、ヘッドをその外周に押しつける、
 時計の針 のように 外周に対して垂直と言えば良いのか
 そう言う風にするモノ、
 それをする為 腕を伸ばす
 と考える人が多いかな、と思いますが、
 そのイメージが からだの回転の役割を腕が奪ってしまう のです。
(クラブ扱いのイメージの比較_Moment

 ブレイクラインをグリップエンドで割るイメージを前提に、
 腕を伸ばすことで
 ヘッドでは無く、クラブ、シャフトを外周に押し付ける
 そう言うイメージが必要かと思います。
 
 その言うイメージを持っていないと
 運動した時に発生する不可抗力〜遠心力
 その遠心力と仲良く出来ません。

 腕のリリース、腕を伸ばす作法で
 円の半径になるようにクラブを動かすと
 ソコでかかる遠心力によって
 行う前の円が 違う形、歪んだ形になってしまい
 遠心力を利用する、手助けさせる ではなく
 遠心力に振り回される形になってしまいます。

 言うなれば 腕をリリースする、クラブを持った左腕をリリースする、
 のであって ヘッド(の重さ)をリリースするのではありません。
 クラブを遠くに投げる と言う部分では
 ヘッド(の重さ)をリリースするのは正解ですが 
 野球のボールを投げる のと違って
 クラブを投げる競技では無く
 そのクラブでボールを打つ競技なので
 打撃の強さ とともに、打撃の正確性、安定性が必要です。

 放り投げた ヘッドの重さ
 それで 正確に、安定してボールを打つのは
 計算上、不可能ではありませんが、
 繰り返し同じようにするのは
 部活のような訓練/メインテナンスが必須になります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「
からだの回転 が絶対と言う訳ではありません。
 痛みが無く、安定して打てるのなら
 手打ちだって 立派なゴルフの打撃です。
 ですが 手で振る振り方は
 胴体をひねる という高齢のゴルファーには
 恐怖や痛み伴い易い打ち方であるため、
 どこかの時点で 急に飛ばなくなるケースが少なくありません。
 また、手で振る振り方の場合、
 右打ちの人であれば 右腕を伸ばすことでする
 「リリース」が打撃の要(かなめ)になる訳ですが、
 それは シャフトの長さが半径になり、ヘッドの回転が伴うので
 そのヘッドの上下の変化、ヘッドの姿勢など 微調整が必要です。
 インパクト という 瞬間、
 ドライバーで言えば 1/2500秒以下の瞬間に
 理想通り にするには
 かなりの練習頻度、練習量が必要ですし、
 それを維持するには メインテナンスとしての練習頻度が必要になり
 元々 手首や肘、腰などに負担のかけやすい動きの為
 そのスイング・ショットのメインテナンスの為の練習で
 カラダを傷め、故障してしまうコトがとても多いです。
  カラダに不安の無い若者の打撃法  と言っても良いかも知れません。


 
 とりあえず ですね、
 手打ち から からだの回転 への移行
 には技術的な部分よりも先に
 感覚の修正が必要になります。

 恰好、姿勢、形がどう と言うよりも
 肝心なのは ボールをさばく、この瞬間
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment
 このアングルで言うと
 クラブが右脚から左脚の間を通過するトコロ、
 ここがインパクト前後 に該当する訳ですが
 ここでの クラブをナニで動かしているか
〇手さばきなのか
〇からだの向きなのか、 
 それが 手打ち と からだの回転 の違い で
 乱暴に言えば ここ以外の前後はどうでも良い
 ここ以外の姿勢とか形はどうでも良い
 と言っても良いでしょう。

 ココの部分を カラダの向きでクラブを動かす『為に』
 テークアウェイがこうであって
 トップの位置、ダウンスイングがこう…であるのであって
 形が先にあるモノではありません。


(片手での素振り と クラブの格納_Moment
✋そこで… 感覚の修正の為に、ですが
 素振り で良いので こういうイメージを持ってください。
 アドレスの向き、ターゲットラインに対し、
 ボールへの垂線を引きます。 コレをブレイクラインと仮称しますが、
 このブレイクラインをグリップエンドで割って下さい。
 
 おそらく…ですが、インパクト付近で
 グリップエンドが自分を向いている
 そう言うモノが『インパクト』だと
 ぼんやりと認識していると思うのですが。。。

 それと 90度異なる グリップエンドを飛球線に向けたまま
 ボールを追い越すのです。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

 空振りする
 当たらない
 届かない
 スライスになる

 そう感じると思いますが、
 その感覚の差 が
 手打ち と からだの回転 の差 です。

 クラブがターンするのはからだの向きが変わるから、であって
 そこを手でターンさせたら、からだは止まります。


 ブレイクラインを グリップエンドで割る、
 飛球線にグリップエンドを向けたまま、
 そんな感覚で ボールに届く、当てる、打つ、
 には カラダを回し続けなくてはなりません。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment
 届かない、当たらない、打てない、スライスになる、
 そうかも知れません。。。。が
 そこで 手でクラブをターンさせても 堂々巡り になるだけです。

 ブレイクラインを グリップエンドで割る、
 飛球線にグリップエンドを向けたまま、
 でどうやって ボールに届かせる、ボールに当てるのか、
 スライスさせないのか、を模索する必要があります。

 そう考えると ソコを手でクラブターンし、
 スライスした、とか 飛ばないとか で
 ソコを治すコトを繰り返してきた、のではないかと思うのですが、
 手でクラブをターンさせることを前提に進んできた
 始めの一歩、一番始めのボタンの掛け違い なのだと
 気付くことが ものすごい大きな進化になって行きます。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Mさん「ちょっとスイングに悩んでます。
 手打ちから脱したいと思っているのですが、アドバイス下さい。」
店長「はい😊😊😊では打ってみて下さい。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(2)
 おおおおおおおおおお。」

Mさん「どんなです❓」
店長「そうですねぇ、軽いヘッドの、硬いシャフトのクラブ
 であれば そう言う打ち方もアリ かも知れませんが…
 ま、それにしても腕力は要りますけどね。
 重いヘッド、柔らかいシャフトのクラブであれば
 そう言うクラブさばきは苦労しちゃうと思います。」
Mさん「具体的にはどんなトコロです❓」
アドレス1
店長「ゴルフクラブって ものすごく先に偏重した構造の長い棒、
 じゃないですか、弊社の悶絶クラブは それが強調されていますが、
 どのクラブであっても その偏重しているのは同じです。


〇からだの回転 というのは
 カラダの向きの角度が主体になって
 グリップの動く量…この場合は角度ですね
 それに対して ヘッドが同じ、もしくはヘッドの重さ分
 移動する角度がヘッドの方が少ない
 というコトを指して
 手打ちが悪い とは言いませんけれど、あえて言うのなら
からだの向きとクラブが同期しない、
 グリップの移動に対し、『移動角度』として
 ヘッドの方がたくさん動く、
 カラダに対し、クラブ(シャフト)が独自に動き
ます。

 ゴルフクラブのその偏重した特性上、
 ヘッドの方がちょっとでも多く動くと
 その動きは止まらなくなってしまいます。
少し乱暴な言い方をすれば振り子
からだの回転と同期せず、シャフト、クラブが
1度、この場合は角度の度数ですが
1度でも動いたら もうクラブ自身の回転は
 止められなくなってしまう と言えば良いでしょうか。」

Mさん「。。。。。。」
店長「分類付け はどうでも良いんですけど
 手打ちは腕力や握力に非常に依存しています。
 その上、距離を目指すと方向が、
 方向を重視すると距離を犠牲に、と両立が難しく、
 また ボールさばきにフェースローテーションが必須、
 伴ってしまうので アプローチの苦労から逃れられません。

 Mさん は 既に 素振りの時点で
 グリップを止めて ヘッドを動かす、
 シャフトを振ってしまう事前動作があるので
 それはそこで止まりませんから
 全体像として 手で振っている、シャフトを振っている
 になってしまうんですね。」

Mさん「素振りがダメ、なんですか❓」
店長「素振りというよりも ワッグルに近いモノ
 と思うんですが、何気なくですけれど
 インパクトをこうしよう、クラブをこう動かそう、
 と言う存在的なイメージの具現化の部分が良くないと思います。

 遠心力 との付き合い方があまり良くない気がします。」

Mさん「遠心力は使うんですよね⁈」
店長「使わない訳では無いですが
 スイングの造り方もそうですけれど
 スイングの👀見方👀を見誤らせてしまう要素でもあります。」
Mさん「どういうコトです❓」
店長「例えば ですが
 Mさんのやっている素振り、ワッグルに近いモノ
 ですけれど、素振りの時点で
 ヘッドをボールに届かせようとしていますよね❓」
Mさん「はい。」
店長「で、実際にショットする時は
 素振りの時よりも 速度も速く、勢いも付いていますから
 より遠心力が増し、
 よりヘッドやクラブは膨らもうとします。



 実際のスイングをなぞってしまうと
 不可抗力が加わる分、そのスイングの動きにはなりません。」
Mさん「あああああ・・・。」
店長「ショット、スイングをした時に
 遠心力…膨らもうとするチカラ が加わることを想定して
 スイングを造っていないと その形にはならない
 というコトです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Tさん「そもそも カラダを回せ、
 もっと右を向け、左肩を入れろ
、の理由と言うか、意義と言うか
 なんのためにソレをするか が抜け落ちている気がしますが。」


店長「そうですね。ゴルファー全員に確認することは不可能ですが
 今までの経験則で言えば、『コト 飛ばし に関して』
 カラダを速く、もしくは大きくとか、多くとか、
 廻した方が飛ぶ からだの回転=ヘッドスピード・飛距離
的な
 感覚が少なくないと思います。」

Tさん「違うんですか❓」
店長「ま ここがゴルフスイング、ゴルフの楽しいところであり
 ちょっと意地悪なトコロ だと思いますけど、
 間違いじゃないけど、100%正解でもない。半分半分ってトコロです。
IMG_0040

 例えば ですけれど、
 何番アイアンでもいいですけれど
 150ヤード位を打つ 打撃の強さってあるじゃないですか?

 その打撃の強さで打つと割れる石、
 それを 割るだけなら
 真上からヘッドを落とすだけで可能そう…ですよね❓」
Tさん「そう言われれば そうですね…。
店長「スイングは上げて降ろす じゃないですけど、
 でも それだと 打球の方向が作れませんよね❓
スナップショット 1 (2012-10-26 0-58)
 ですので 回転の効能 としては
 打球の方向性が強く含まれている、
 もしかすると そちらの方が強い可能性があります。」
Tさん「じゃあ なぜ 深いトップを…と❓」
店長「ヘッドと言う重量物 に 高さを加える、位置エネルギー
 運動の速度を増やす 運動エネルギー
 ソコもあるにはあると思うのですが、
 打つ方向を踏まえた上で
 ゴルフクラブって言う 長物 を扱うには
 それを動かす 空間と時間が必要だから と思います。」
Tさん「右を向くコトで クラブを動かす空間
 そして 打つため、助走を取るための時間を作る ですか❓」

店長「そう思います。
 また ある程度は 運動の速度もですし、
 位置エネルギー、上から下に使って打撃したい、
 そして 打つ方向もある となると
 その長物を長く使って 回転の阻害要素にしない、
 回転するって それらを統括する働きがあるので
 その回転を阻害しないよう クラブを短く使う
 そ
んな目的もあると思います。

 それらを踏まえると よく言われる
 グリップも、ヘッドも、クラブを
 自分のからだの幅の中に収めておきたい。
 そうすれば 廻るコトそのものが打撃に出来る。

 カラダの幅から大きく外れてしまうと
 当たりソノモノの確率も下がりますし、
 ロフト、上下の角度、ヘッド/フェース 左右の角度 の
 インパクトでの調整 と言う最も難しい行為が待っている。
 それは 運動速度をあげたい の阻害要素 になりますし、
 その難しいインパクトを作るには
 自分の運動とクラブの運動が分離してしまう可能性も高いです。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「わざと手で上げる、手で振るという意識で
 ソコに至った、そうなってしまった と言うよりも
 スイングは円だ、円を描く とか
 クラブを振る、ヘッドスピードを上げる、
 トップの位置は深く、
 肩を廻せ、からだの回転だ、
 という 後付けの情報みたいなモノの積算で
 そういう 結果に、
 からだの回転が伴わない、
 無理やり 深く カラダを捻じるためのトップ
 が出来上がってしまう、
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)






 カラダも痛めず、ショットやゴルフに悩みが無いなら
 それはそれで良いですけれど、
 悩みを持ってしまって、自分の状態を見ると
 そんなつもりは更々ないのに 手打ちだ、手で振ってる、
 振り遅れてる、もっと体で振れ
 なんて言われてしまうのですよ。」

Tさん「すっごく多いゴルファーの共通の悩み… に感じますね。」
店長「その事象だけ取り入れて行ったら
 自分なりのからだで振る は より手打ちにつながりますし、
 カラダで振ったら 絶対に振り遅れる訳ですよ。

 なにせ トップから 腰は開かないと
 肩は回せない訳ですから…。」

Tさん「このスイングだと いきなり
 カラダが開くような感じになるので
 ダウンスイング〜フォローで
 ボールと体が向き合う瞬間が存在しない… にも
 カラダの正面でとらえろ と言われてもどうしようもない、と。」

店長「そうですね。
 ですので こう伸び上がるようにして
 カラダを止めようとする、
 動作自身は止め辛いので 開くという横方向の動きを
 縦方向の動きにして 見た目の開きを止める。
 それと ヘッドを返す動きはマッチします。
 上手くできれば スライスにならずに 飛ぶわけですから
 これが正解、これが自分のショットだ!
 になっていくのでしょう。」

店長「手で上げる とか 手で振る
 まあ コレは結果論ですけれど、
 クラブの勢いで深いトップを造る は
 イコール カラダの幅からクラブを大きく外す、
 右打ちの人で言えば カラダの正面に合ったヘッドを
 自分の右横、ヒトによって背後までずらす のです。
 それって 既に振り遅れ、打つ前 からです。
 打つための前準備 の テークアウェイ が
 そのまんま 振り遅れ を作っている。

 それを かいなというか、左右の腕さばきで
 ヘッドを返す、クラブをターンさせる のですから
 からだの回転で振れ、 なんて絶対無理、な訳ですよ。
 真逆な関係なんですから。」
Tさん「こんがらがった スイングのメカニズム で
 スイング改造と言う名目で 更に何かを加えていく、
 そう言うパターン多いと思います。」

店長「まあ それもゴルフの楽しみなので
 良い悪いでは片づけられませんけどね。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)

 スイングやショットの理解が深まっていくと
 実は スイングは技術的な部分で無く
 知識と言うほど重くないですが、スイングに対する思い込みとか
 イメージの部分で 形成されている部分が非常に多く、
 私個人の感想では スイングの7〜8割 は
 思い込みの具現化 によるものだと思っています。」

Tさん「そもそも カラダを回せ、
 もっと右を向け、左肩を入れろ、の理由と言うか
 なんのためにソレをするか が欠落している気がしますが。」

店長「そうですね。 とても多いと思います。
 おそらく ですが、コト 飛ばし に関しては
 カラダを速く、もしくは大きくとか、多くとか、
 廻した方が飛ぶ からだの回転=飛び 的な
 感覚が少なくないと思います。」
Tさん「違うんですか❓」
店長「ま ここがゴルフスイング、ゴルフの楽しいところであり
 ちょっと意地悪なトコロ だと思いますけど、
 間違いじゃないけど、100%正解でもない。

 例えば ですけれど、
 何番アイアンでもいいですけれど
 150ヤード位を打つ 打撃の強さってあるじゃないですか?

 その打撃の強さで打つと割れる石、
 それを 割るだけなら
 上げて降ろすで可能そう…ですよね❓」
Tさん「そう言われれば そうですね…。」
店長「スイングは上げて降ろす じゃないですけど、
 でも それだと 打球の方向が作れません。

 ですので 回転の効能 としては
 打球の方向性が強く含まれている、
 もしかすると そちらの方が強い可能性があります。」
Tさん「じゃあ なぜ 深いトップを…と❓」
店長「ヘッドと言う重量物 に 高さを加える、位置エネルギー
 運動の速度を増やす 運動エネルギー
 ソコもあるにはあると思うのですが、
 打つ方向を踏まえた上で
 ゴルフクラブって言う 長物 を扱うには
 それを動かす 空間と時間が必要だから と思います。」
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment

Tさん「右を向くコトで クラブを動かす空間
 そして 打つため、助走を取るための時間を作る ですか❓」

店長「そう思います。
 また ある程度は 運動の速度もですし、
 位置エネルギー、上から下に使って打撃したい、
 そして 打つ方向もある となると
 その長物を長く使って 回転の阻害要素にしない
 そんな目的もあると思います。

 それらを踏まえると よく言われる
 グリップも、ヘッドも、クラブを
 自分のからだの幅の中に収めておきたい。
 そうすれば 廻るコトそのものが打撃に出来る。

 カラダの幅から大きく外れてしまうと
 当たりソノモノの確率も下がりますし、
 ロフト、上下の角度、ヘッド/フェース 左右の角度 の
 インパクトでの調整 と言う最も難しい行為が待っている。
 それは 運動速度をあげたい の阻害要素 になりますし、
 その難しいインパクトを作ると
 自分の動作とクラブの動きが分離してしまいます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「この場合 なんかも典型的な
 一生懸命 トップを深くしている のですが…。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)





 我々の年齢ですと 胴体をひねる、ねじる は
 若い時と同じようには出来ません
から
 どうしても クラブを振って、ヘッドを振って、
 ヘッドの、クラブの重さを増やし、その勢いで
 肩部の右向きを深く、胴体をひねります。

 とっても 多い例だと思います。」

Tさん「目に馴染みの深い スイングです。

店長「
言葉で解説すると ナンなんですが、
 ヘッドを振って その勢いを使って 深い❓トップ
 肩の右向き、胴体をひねりを作る と
 クラブは倒れ、フェースは開き、
 クラブの重さは 右に大きくかかります。
((((((((_Moment

 タイテイノ場合、この手のスイングをしている方は
 回転は「肩を」廻すと言う意識が強くあります。
 テークアウェイであれば 肩を入れる って奴ですね。
 
 トップの位置で クラブはからだの幅の中に無く、
 カラダの右に大きくズレているので
 右サイド、右腕やクラブの重さが強くかかっています。
 その状態で 肩を廻そう、肩回転主体に体を廻そうとすると
 背骨とか、カラダの(幅)真ん中 が芯
 左右均等、左右対称に廻るのではなく
 右にある 重さが芯、軸になって回転と呼べるのか、
 左サイドだけが開くような動きになります。
 重さがあるので 仕方のない動き ですね。
 ご自分でやってみると。。。。。。」

Tさん「がぶってくるような…
 ものすごく外から振ってくる感じになります。」


店長「ですよね、物理的な事由、それに対する反応なので
 外から振ってくる のは致し方ありません。

 でも これでは ボールを当てられない、
 ボールを目標方向に打ち出せない、ですから
 クラブを寝かせ、フェースを開く、
 インサイドから入れる に手を加えなくてはなりません。
(手打ちになっちゃうヨ_Moment(2)

 そして、これも そのままでは
 すんごい寝かしたロフトで当たるか、シャンク、
 飛ばない高い球、スライス、抜けるような球、どダフリ
 になるので これまた、仕方がないから
 フェース、ヘッドを回転させる という
 全部 後処理の連続 になって行く訳 です。」

Tさん「それが スライスの正体だったりするのですね。」

店長「はい。勿論、全員に該当する訳ではありませんが、
 悩みの種、元としては 決して少なくないパターンです。

 ゴルフ用語の中には その仕方が無くする作法を
 肯定する言葉がたくさんあるので
 結果さえ出れば、その事後処理の動きを馴染ませていくしかない
 というのが ゴルフスイングの正体だったり するのです。」
Tさん「故に 昔から店長は ヘッドを振るな 振るな
 って仰っている訳ですね。」

店長「まあ そう言うコトになります。
 ダウンスイング以降、クラブを振る、ヘッドの振る、
 この大半。。。全てと言っても良いかも知れませんが、
 それは テークアウェイの時に決まってしまっているのです。」
Tさん「それを治す方法は 根本的なトコロを触る必要がある?」
店長「そこまで 深刻に、基礎から は大変ですから
 テークアウェイ、トップの意味合い、回転の意味合い を
 一応 頭で理解しておくだけでも変化はあります。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「仮に…の話しですが、
 テークアウェイ、スイング全体で クラブのターンを
 全部 カラダの向きで行うのを10
 全部 手だけで行うのを0 と仮定すると
(回転とフットワーク_Moment(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment




  10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0 

(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)





 まず 練習でしているよりも 2目盛り位
 コースでは 手で振る になるのが一般的です。」

Tさん「カラダの向きで と 手で の目安 として
 どこを見れば良いですか❓」

店長「テークアウェイ、右向きで とすると
 基準点になるのは 軸足…この場合は右打ちの右脚になりますが
 右太ももと骨盤の向き差 と見て良いと思います。

 ちょっと 下品に言うと 秀二と右太ももの向き差 でしょうか…。」
Tさん「秀二さん…ですね。」
店長「はい。ズボンであれば 右太もも付近のしわの出来方 と言えば
 良いでしょうかね。
 手であげる の場合、ねじる、ひねられる のは背中 になりますが、
 カラダの向きで の場合は、背中はほぼ捻じりません。

11610699133176321




 良い悪い ではありませんが、
 背中は捻じるのに適した構造をしていませんから
 若いとか、運動豊富で慣れている場合を除けば
 本能的に 拒否したくなりますし、
 背中を捻じるのが トップの浅さ、や リズムの速さ 
 につながります。」
Tさん「右の股関節 ですね。」
店長「はい。股関節です。
 骨盤と脚、右太もも の向き差を作れるか です。
 その作法は 同時に 軸足造り にもなると思います。」
Tさん「股関節で向きを変えずに、
 背中を捻じると 軸足が出来にくい というコトですか❓」

店長「そうですね、背中を捻じる が強いと
 カラダがボールの方に倒れやすくなって 軸足が出来ない
 というコトも少なくありません。
(回転とフットワーク_Moment(3)((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(3)






 スイング改造… をする際、
 手で振っているのを 全部、からだの向きにする、は
 カラダの向きを変える 箇所 を
 背中の高いトコロから 低い場所 骨盤、股関節に下げる、
 と考えて良いと思います。」
Tさん「捻じる場所を下げる、と。」
店長「厳密には 手で振る、背中を捻じるのは
 その言葉の通り ねじる〜ひねる ですが、
 骨盤と大腿の向き差、股関節にする場合、
 捻じる感じは希薄で 本当に『向き差』になると思います。」
Tさん「野球でボールを投げる、テニスでサーブする、
 のと似た感じがします。」

店長「だと思います。
 捻じる、もしくは 向きの差 を作る場所 を下げる、
 一気にすべてを 10の全部にしようとせずに
 少なくとも コースに行くと その目盛りは下がり、
 ラウンド中の疲労などにより 更に 銑下がる のを見越し
 捻じるトコロを下げておく と考えると良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



PGAが公表している パッティングのデータ です
 ‥‥フィート表示ですが アバウト30(30.48)とします

1feet-30僉99.96%
2feet-60僉99%
3feet-90僉96%
4feet-120  88%
 (1m20僉
    
 …99.96% は 一万回に4回失敗する というコトです。
 …88% は 100回に12回外している というコトになります。
IMG_1422
続けてみましょう

5feet-150(1ⅿ50) 77%
  ...100回に23回外す
6feet-180(1m80cm) 66%
  ...100回に34回外す
7feet-210(2m10cm) 58%
  ...100回に42回外す
8feet-240(2m40cm) 50%
  …半分の確率
9feet-270cm(2m70cm) 45%
10feet-3m(300cm)   40%

一般的に ワンピンと呼ばれる 旗の長さは
コースによって差がありますが 2m13僉^幣紊任后
ですので 試合中…ではありますが、
 だいたい .團鵑竜離から入る確率は 半分強、
おそらく 想像より低いのではないでしょうか😊

ちなみに…ですが 2019年のデータ ですが、
あのタイガーウッズ選手の 2m40cmから
 沈める確率は 44% でした。
IMG_1386

そして それ以上の距離・・・
 多分 アマチュアの我々が注目するポイント になると思うのですが

15feet-457(4m57cm) 23%
  ...100回に77回外す
20feet-6m(609cm)   15%
  ...100回に85回外す
30feet-914(9m14cm) 7%
  ...100回に93回外す

試合中とは言え PGAのプロのパッティングで
4m50 の距離は 4回に一回は入らないのです。
それが 6ⅿを超えると ほぼ入らない、
 野球で言えば 下位打線の確率 
9mになると もう偶然レベルの確率 なのです。

これを見ると どうパッティングして良いか、
どういう選択、狙いにするのが 良いのか、
見えてくるのではないでしょうか❓
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Hさん「ボールの打痕・・・・・
 当たる場所は気にしても
 『当たり方』 を気にしたことはなかったですね。」

店長「ですよねー。
 ショットマーカーを使っている人を見ますが、
 本当な どのような当たりをしているか見るべき なのに
 皆さん、当たる場所ばかりを気にしていますね。

 ウエッジを使ったショットでは
 上に滑っている打痕を「スピンの効く球」と
 誤解されている方もいらっしゃいます。
IMG_0486

 当たる場所 にしても
 トゥーヒール方向ばかりでなく
 その当たる『高さ』の確認して良いと思います。
 ロフトに応じて ボールの当たる高さは変ります。
 ロフトが立っているクラブであれば
 ある程度 高いトコロに当たりますが
 ロフトが寝てくると 当たりは低くなって行きます。
 ウエッジであれば ある程度 ダフリ、
 地面との接触は仕方がありませんが、
 この アドレスの状態を見れば
 そうそう 高いトコロには打痕は残らない…筈 です。
IMG_0491IMG_0492





 今回の話しとは異なるテーマですが、
 そのシャフトの硬さ(硬いシャフト) と
 その硬さに対するヘッドの重さ
 では ソコに当たっちゃうのは仕方がない、
 ある種 物理的な法則なのに
 それを人間の技巧で変えようとしてる・・・
 余計、こんがらがっちゃいますよ。」
Hさん「そうなんですね。」
店長「はい。

 先ほどの話しに戻りますけど、
 5番/8番のロフトの 同じ長さの同じ硬さの2本のクラブ、
 番号はないので 5番のロフトになっているモノ
 の方が 『つかまり』は良い です。」

Hさん「わかります。」
IMG_0481

店長「そこには スライスも、フックも関係ない訳ですよ。
 5番でも両方出ますし、8番でも両方出ます。

 確かに ゴルフクラブの打撃部のヘッドの構造から
 5番の方を 6番アイアン相当のロフトに開いて打つと
 スライスはし易くなりますが、
 それでも フックは出せます。
 逆に 8番アイアンの方を 7番相当のロフトに閉じて使うと
 フックはし易くなりますが、
 それも同じく スライスにするコトも可能です。

 ロフトを開く と 軌道/ヘッドパスに対して開く は
 いとこ 位の関係で親和性は高い ですが、
 イコール ではありません。

 ソコを理解していないと、誤解してしまっていると
 ゴルフはこんがらがっちゃうのです。」

Hさん「そこなんですね。」

店長「〇つかまる と つかまらない
〇フック(左回転) と フック(右回転)
〇左に出る球 と 右に出る球
〇低い球 と 高い球

 それは絡み合っていますが、基本、独立した別の要素です。
 ソコが理解できていないと 糸口が掴めません。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Aさん「ユーチューブの動画を見ても
 実際の練習場でのレッスンでも 振り子式のアプローチ
 とても "普及" しているように思えますが…。」

店長「ですねー。
 コレ とても 不思議なんですが、、、
 レッスンをされる方も カラダを回転させる、
 それが 肩であっても、腰であっても、股関節、足であっても
 見た目が『振り子』に見えるのであって
 首や背中を支点にして 左右を上げたり、下げたり する
 振り子運動で無いのは判ると思うのですが。。。」

Aさん「確かにそう見えますよね。」
店長「見た目、とか 恰好はどうでも良いと思うのですが、
 パッティングの振り子もお薦めはしませんが、
 やはり パッティングの延長でアプローチやショットも
 と言うトコロから入るんでしょうかね…。
 パターのような、ホントにちょっとだけ打つ の距離であれば
 差は出難いですが、
 それが ある程度の距離 30ヤードとかになると、
 振り子式のデメリット、ダメな点と言えば良いのか、
 ミスになる確率、上手く行かない確率が高い、
 教える立場の人であれば…判ると思うですけど…。」

Aさん「練習場で、女性を、集団で
 振り子させている光景をよく見る気がするんですが…。」

店長「う〜〜〜〜〜む……ですね。
 凄く短い距離の場合に限りますが、
 からだの回転、向きを変えて
 上手にボールを当てる、打つ は
 確かに 振り子よりも 初期ハードルは高いかも知れませんが、
 振り子のまま、それを大きくして アプローチにしてしまうと
 生涯、アプローチが苦手とか、嫌いとか、
 ソコから逃れられなくなり易いですし、
 振り子式 は ある年齢になると 腰痛が怖くなりますから
 一番始めの導入 のトコロを除き、
 良いトコロ、メリットは殆どないんです。」
607a83e4-s

スナップショット 1 (2013-04-13 23-00)スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)




Aさん「。。。。。。。
 アプローチに限らず、ショットとかスイングは
 形から入るトコロが多いのかも知れませんね。」

店長「ありますね。

 振り子式ショット(アプローチ)の欠点の一つに
 同じ距離を打つのに 強めに打たなければならない
 というのがあります。
 打ち上げのライ から打つのと似たような距離感になります。
 にもかかわらず 距離を増やすのに
 運動の速度やヘッドスピードを上げると
 距離にならず、抜けるような球になり易く、
 スピンの量も増えにくい、
 振り感と距離のつながりが悪くなります。」
Aさん「アマチュアのスピンが効かない、というのは
 これが多いのですか❓」

店長「そう思います。
564dfb4d o0361056812059034776







 次に 振り子式は 通常の回転、ではないので
 振り幅が大きくなると からだの傾きが増え、
 最下点が手前にズレやすくなります。

 ボールの位置で対処するしかないですが、
 ダフリ、トップ、が出易い方法と言えるでしょうね。」
Aさん「良いトコロないじゃないですか…。」
店長「あえて言えば 初心者に教え易い、
 見た目から納得して貰い易い点のみ、だけ でしょうか。」
Aさん「。。。。。。。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


よく有る誤解で
特に ウエッジショットで思われていますが
アイアン/ウエッジにある 溝 は
『スピンを減らさないため』のモノ
「スピンを増やすため」のモノではありません。


実は かなり前、おそらく30年以上前になると思いますが、
某大手メーカー(その頃はかなりのメジャー)からも
 溝の無いアイアンが発売されています。 
Desktop Screenshot 2022.03.08 - 23.59.53.67

同じモデルで溝を刻んだもの に比べ
使う人にかかわらず 全番手で平均約8%もスピンが増えました。
スピンの量は
接触面積と接地時間 によって 生まれる と分析され、
溝のあるはず部分 が接触面積として増える分
スピンの量が増える と言うモノでした。

その結果、ボールが上がらない人に対して
とてもボールが上がり易くなり、
キャリーボールが伸び、4%位飛距離が伸びる、

 と言うデータだった。。。。。筈

…なのですが…

 雨の多い日本、湿気の多い日本で使われると
 その水分 が フェースとボールとの間に入り、
 車で言うと 雨のハイドロプレーン現象のようになり
 スピンが全く入らない、ドロップするような球になり
 全然 上がらなく、飛ばなくなってしまうコトが多発、
 一年経たない内に カタログから消えてしまいました。


ヘッドの溝 の役割は まさに車のタイヤ と同じで
ヘッド、フェースとボールとの間の
異物をどかし、直に接触させる、グリップさせる、
スピンを減らさないためのモノで
溝のひっかかり で スピンを増やすモノではありません。
IMG_0486

 ウエッジなどの打痕 を見ると
 ロフトが大きいので 仕方無い部分がありますが、
 フェースの上下方向に こすったような跡 と
 ディンプルが見えるほど では無いにしても
 ボールが潰れたような跡 の二種類を見るコトが出来ると思います。
IMG_0487

 接触の面積で言うと
 こすったような跡の方が 多く感じられますが、
 コレは 溝のないフェースがハイドロプレーン現象を起こす
 のと似ていて 接触時間を確保出来ません。
 ロフト(坂)分は仕方がないにしても
 ゴム質のボールが 金属質の板に
 その材質の つぶれ度合いの差(ヤング率)分、
 スピンにつながる のが正解です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店主「あああ その体力で、そのスピードで 
 その【シャフトの硬さ】を使ったら
 そう振らざるを得ないよなぁ…そうなっちゃうよなぁ…。
 結構、深刻な腰痛に悩んでいるのに…
 そのシャフトの硬さ、にこだわる理由があるのかしら…、と。」
100yard1
質問「僕が実際にそうでした。」

店主「そうでしたねぇ、懐かしい話ですけど。」

質問「会社の先輩に練習に連れて行って貰って
 教えて貰って、クラブのおフルまでお世話になりました。
 そこからゴルフが始まりました。」

店主「とても 良くある話な気がします。」

質問「そうでしょうね。
 元々 体育会系と程遠い僕と体育会系まっしぐらの先輩。
 自然とハードなクラブへ進むコトに。」

店主「年代的にもそうなのかも…知れませんね。」
high-buildding-in-nyc-16

質問「確かに。先輩の当時は 部活必修という学校も
 結構あったと思いますし、就職もガッチリスポーツしてきた人に
 道が多くありましたからね。
 スコアがよくなり 100がちらほら切れるようになると、
 お決まりの S-、X-シャフト。」

店主「アレ 不思議ですよね。
 ヘッドスピードや体力に応じて R→S→X なら
 まだ 理解出来るんですが、
 スコアが良くなってくると そう進むのって…
 今をもって 理解出来ません。」

質問「日本独特の 見栄みたいなトコロ なんでしょうか⁈」
店主「ホント、分かりません。」

質問「肘が痛くなったのから始まって
 しまいに 腰が痛くなり、子供のコトとかあって 
 ゴルフから遠ざかり、久々の再開で
 倉庫から出してきたクラブのグリップを変えようと思って
 立ち寄ったお店が ハミングさん。」

店主「運が悪い😵」

質問「あははは。
 とは言え、今もゴルフが出来るのは
 シャフトを柔らかくしたから で
 硬いシャフトのまま だったら ゴルフは辞めている可能性高いです。」

店主「弊社のお客様には そう言う方、非常に多いです。
 あれも買った、コレも買った、あそこにスイングも習いに行った、
 整体も行った、ゴルフ辞めようかな、
 とりあえず 騙されたと思って 行ってみるか…
 みたいな形で訪問される方、とても多いと思います。」

店主「硬いシャフトだと どうしても
 シャフトをしならせないと使えない、
 地面にあるボールに届かせるには しならせて/しなり戻さない と
 ボールに届かなかったりする訳で、
 で シャフトをしならせる/しなり戻す って
 言葉で言うのは簡単ですが、
 クラブの 両端を別々に動かす訳ですから、
 それをするのに 腕や肩は動かして、それ以外は止めて
 みたいな 腰に負担のある動きをせざる得ない。
 腰痛持ちの人 と 硬いシャフトの関係
 論文が掛けそうなほど 推挙に暇がないです。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店主「アプローチショットは ピンキャリーが原則
  そうなると 練習場で 感覚的に
 30ヤードって どういう感じ。。。なのか
 50ヤードって どういう感じ…なのか
 重要になってくるので、練習に意味が伴ってきます。
 上手く成るために 
夏休みの漢字の書き取り のような
 アプローチの練習をするコトが無くなります。」
J氏「確かに、そういう感覚で練習していたかも…知れません。」
Desktop 2022.01.23 - 16.05.22.01_Moment

店主「また ウエッヂを使うショットは
 上手に打てても ソールは地面と接触します。
 ですので ボールをヒットする感じ、振るスピードではなく
 ソールで地面を叩く、触れる、そういう感じが距離感と考えて
 良いと思います。
 クリーンに打とう なんて する必要は一切ありません。」
J氏「そうなんですね。」

店主「実際には アプローチに限りませんが、
 残りの距離をきっちり打つ、
 細かい状況を無理に詰め込まず、
 打つ状況で 自分をより追い込まない、
 より シンプルな条件で 自分を打たせる

 というのが ミスを出にくくさせる第一条件です。
 そこらへんが プロの真似をし過ぎ というか、
 漫画の読み過ぎ であったりするかもしれません。

 また、そのショットの次のショットも
 当然、自分が打つのですから
 自分が よりショックを受ける、しょんぼりする、
 そんな状況に自分を追い込まないよう
 より精神的に楽な、シンプルな状況を考える、
 というのは ゴルフの流れを作るのではとても大切です。」
Desktop 2022.01.21 - 17.27.59.01_Moment
店主「例えば こんな状況、
 バンカーショット 残り20ヤード強、
 ボールは若干の左足さがり、
 こんな状況で 目の前のバンカーを越えた
 すぐのところに落とそう とすれば
 上手く打てば打つほど 前のあごにひっかかり、
 もう一度バンカーです。」
J氏「すごく やりそう…です。」
店主「20ヤード のピンキャリーのショット、
 ミスしてホームランとかも当然ありますが、
 優勝争いをするような 狙い(落としどころ)をして
 目の前のあごにひっかかって バンカー…
 おそらく そのバンカーショットも出るだけ、になりがち で
 そして ダボやトリ、ダブルスコア、
 正直、ドライバーでOBを打ってしまうよりも
 あとあと 精神的なダメージはボディブローのように
 効いてきます。
 ここは 余程の確信が無い限り、
 100% 狙いはピンキャリーのバンカーショット です。」
J氏「プロが確信を持っているのは
 これに似た状況を実際に練習しているから
、な訳ですね。」

店主「その通りです。
 アマチュアがプロの真似をして良いのは
 練習が 現場と酷似している ドライバー位なモノ、です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店主「からだの回転…ではなく、回転、向きの変更
 そのものには 結構な難敵、天敵がいるんです。」
質問「からだの、ではなく、回転の、天敵ですか❓」

店主「そうですね。回転、向きを変えることの天敵であり、
 ゴルフ用語としては結構、推奨されています。」 
質問「えぇぇ それはなんですか❓」

店主「ボールを "よく" 見るコト です。」
質問「ええええええ 良いコトですよね⁈」

店主「ハイ、悪いコトではありませんが、
 可愛い女の子をジィーッと見るように 直視、凝視せず
 あああ ボールがあるなぁ 程度に見るのなら、です。
 ボールを見るな、とは言いませんが、
 暗闇で何かを見つめるように、目を凝らして
 ボールを見つめてしまうと 向きを変え辛くなります。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)







 からだ、を回転するとすると
 そのからだの向きは 背骨やその辺りが 軸になる
 運動になるのですが、あまりにジッとボールを見てしまう、と
 顔や頭、目が支点になる動きになったり、しがち です。」

質問「ボールを見ちゃいけないんですか?」
店主「そうまでは言いません。
 ゴルフのショットはボールは動きませんから、
 ものすごく気合を入れてみても、そうでなくても、
 結果にはあまり差がない、
 その上で ショットには回転力は重要なので
 それを阻害するほど 気合を入れてみる必要はない

 阻害するのであれば ボールを見ない位の意識で良いと思います。」

質問「ああ なるほど。」

店主「ある実験がありまして、
 真っ暗闇の中で 光沢の無い黒いボールを打ってもらう、
 その不安感は何か と調べたところ、
 ボールが動くか、よりも 本当にソコにボールがあるか、どうか、
 の不安の方が強いそうです。

 ですので 通常のショットの場合、
 視界の中にボールを入れて置けば良いだけで、
 向きの変更を妨げるほど 見てはイケナイ と思います。

 良くあるパターンなのですが、
 本来、テークアウェイでは、右に向きを変える為、
 頭の前側にある目の部分は、頭の厚み、奥行き分、
 ボールから遠ざかるのですが、
 あまりにボールを凝視してしまうがために
 本能的に ボールと目との距離を保ってしまう、
 が故に カラダがボール側に傾く、近づいてしまい、
 ダウンスイング、インパクトで
 今度はボールから離れざるを得なくなる。」
(回転とフットワーク_Moment(3)(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment(2)







質問「あぁ よく見かけますね。」
店主「ハイ。であるのなら、練習や素振りでは
 一度、ボールから目線を切って
 ボールから目を離す、と言う練習をしてもいいかも、知れません。」

質問「恐そうですね。」
店主「怖いでしょうね。
 慣れが必要なのは確か、です。
 ですが、将来のコトを考えておくと
 ボールを見続けるコトで回転力を失うよりも
 回転、向きを変える方が大事ですし、
 動作の特性上、ボールを見ろ、は何時でも出来ますが、
 ボールを見るな、は慣れないと出来ません。
 どっちにしても見てしまうモノ、なんですが、
 向きを変える と ボールを見る の融合点、
 今まで ボールを凝視することによって 回転を阻害していた、
 というコトに気付ければ かなり大きなプラスです。」

質問「確かにそうですね。」
店主「多くの場合、 ボールをよく見ろ のアドバイス は
 ボールから目を離そうとした訳では無いのに
 まったく 別な要因で、
 ボールから目を離したように「見えた」だけに過ぎません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


➀ 腕/肩

➁ 胴体 胸/腰
➂ 足首 靴/足首より上
➃ 股関節 太もも/骨盤より上

店主「複合ではありますが、
 だいたいの からだの回転の流派 です。」

店主「クラブを振るのに 本当の意味のカラダ、
 胴体を廻さず、腕だけを振る➀ は
 偏重したゴルフクラブの構造上、お薦めでは無い
ですね。」
質問「初めてゴルフクラブを持った人がしてしまいそうですね。」
店主「でしょうねぇ。
 ,➂ 足首の複合種は
 カラダの向きはは結構変わる、
 言い方を変えれば からだは廻るので、
 これから覚える人にお薦めはしませんが、
 決して、悪くは無いです。」
((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(3)

質問「そうなんですね。」
店主「傾斜などのショットに難がありますが、
 足首が境目でからだを廻すのは
 からだの向きの変え、回転を結構大きく取れますし、
 疲労や加齢など の変化は少ないです。」

店主「スイングとして ,力咾世運兇襪里魯瀬瓩任垢、
 より悪いのは ,鉢△諒9隋,任后
 プロの多くが 腕を振らず、胴体を捻る、
 腰〜骨盤に対し、肩と言うか、胸を捻る、
 胴体式のからだの回転をしていますが、
 スポーツ選手であるというコト、若いというコト、
 を含めると 私たちおじさんおばさんゴルファーの参考に
 なるとは思えません。」
◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(1)

質問「プロのスイングは真似しない方が良い訳ですね。」
店主「勿論、参考になる部分はありますが、
 コト からだの回転に関してはそうですね…。
 20代、30代のスポーツ選手はやっていることを
 50代、60代、70代の運動不足気味の我々がしても
 無理があるだけです。
 アマチュアゴルフ として お薦めはしませんが、
 多くのプロがやっている からだの回転は
 胸のラインと腰、お尻、骨盤のライン に
 回転差を造る、いわゆる 捻転 と言う奴
 です。
 骨盤はボールに向けたまま、
 カラダを捻じって 胸のラインと廻す と言うモノ、
 ところが それをアマチュアが真似てしまうと
 胸ではなく、肩、
 肩のある部分のライン、なら良いのですが、
 肩 となると 厳密にはそこは腕の一部です。
 肩甲骨だけを動かして…
 これって カラダは全く動いていない のに
 「カラダ」の回転な訳です。」

(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)

質問「うわぁ。。。 腰などからだを傷めそうですね。」
店主「それもありますが、
 プロは胴体を捻っていますので、お薦めはしませんが
 良い悪いは別として カラダは回しています。
 それを真似る 多くのアマチュアは
 胴体は捻らず、腕だけ動かす のですから、
 全くの別物・・・・・・・
 プロの教えてくれる ノウハウ は 役に立たない、のです。
 胴体を捻る、も年齢や運動不足によって低下、劣化するのに
 始めから からだ は回さない のですから
 一般的に謳われている ゴルフスイングのセオリーが
 役に立たない のです。」
店主「怪我、故障に関してですが、
 胴体を捻る は腰などが危ない…ですが、
 カラダは回さず、肩から先の腕だけ で
 疑似的な回転を造ると 肘や手首なども故障も伴います。
 そして、困ったコトに
 ゴルフクラブは構造上、偏重、偏った形をしていますので
 腕のターンでクラブを振ると、
 安定性し難いうえに、飛距離も出し難い、
 それを 練習量、練習頻度で解決しなければならない ので
 より故障の可能性が高くなるわけです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


この一年でかなり前進したような…気がいたしまう。
ナニカの形で お手伝い出来ているのなら 幸い です。

『今一番の課題はドライバーです。

手と身体の回転があっていないと思うのですが、
スライスが出やすくなっていて、そのために気持ちよく叩けず
飛距離も出ないという状況です。

切り返しで身体が先行して手が遅れている?

それはトップの位置が深すぎるため?

切り返しで意識的に手を先行させる?

もっとシャットにテークバックする?

などなど、いろいろと試しているところです。』



次なる野望❓ 目標は
 時折出る ドライバーのこすり球 を減らす
 そして、さらに安定させるコト  でしょう。

➀何度か アドバイスさせて頂いていますが、
 アドレスをもっと起きて、
 ハンドアップ気味を強くした方が良いと思います。

 決して「すごく深く」は無いですが、
 テークアウェイで 左腕が多く動いていますが、
 アドレスで深く構え、フトコロの中にグリップを入れている
 のが理由の可能性があります。
 …バランスを取るため❓

 長年の習慣、とは思いますが、
 コースで疲れて来て、より深くなった場合、
 練習以上に 左腕、左手ばかりが上がり、
 懸念されている ダウンでの 左腕の遅れ が
 強くなる可能性があります。

 アドレスの姿勢は 一球一球気を付け、
 それが馴染んでいく時間、辛抱強く行う必要があります。
 そこは頑張りましょう。
((Kさんのお悩み❓_Moment((Kさんのお悩み❓_Moment(2)










➁ダウンスイングの初期、
 Ⓡさんと同じく、一旦、クラブを寝かしこみガチ です。
 軽いアプローチで構いませんから
 外から引っ掻いてくる 感覚を試し、
 左手の下がり、左腕の降り
 からだの向きに対する 左腕の付き を
 体感してみて下さい。

✋スイング全般で言っても
 この左腕の遅れ の問題が一番大きな課題 で
 意識として 左腕を下げる は まず難しい ので
 これは ナニカ一発の魔法で というよりも
 あちら こちら で 左腕が遅れ「られない」
 左腕が「下がってしまう」工夫が必要と思います。

 その一環として アドレスを変え、
 テークアウェイでの 左腕の動作量を減らす があります。

➂ダウンスイングのきっかけ として
 左肩を 上に動かしてみて下さい。
 肩を縦に回転させる? ような感じです。

 その意識は 左腕を下げます。
 今までとタイミングが変わります。
 インパクトが早く来る 感じに変わりますが、
 スローなテンポから 徐々に慣れて行って下さい。


個人的な あくまでも『勘』ですが、
ダウンスイングの左肩の動き出し に慣れれば
一番の 解決策は やはり アドレスの深さ に
あると感じます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:後半になり疲れてくると やはり
 スライスと引っかけの 往復ビンタを喰らいます。
 そこがかなり痛いです。
 手でクラブを返しているのは自覚しているのですが、
 練習でどのような点を意識したらよいのでしょう❓

NSAJ 1

A:質問有難うございます。
 ほんの少し、すごく多少 程度であれば良いですが、
「必要」だから 手の返しをしている のは
 ヘッドの遅れが フェースの開きになっている からで
 これは確かに、そのまま では
 ソールでボールを打ってしまいますから
 『フェース』でボールを打つための必須作業になります。
 疲れてくると… は
 ダウンスイング側の問題の可能性よりも
 準備としての テークアウェイ側、
 つまり フェースターン「せざるを得ない」側

 問題と疲労の関係だと思います。

多くの場合、
からだは 進行方向側の腕、もしくは手と考えて良いと思います。
テークアウェイ時、右打ちであれば
向きを変えますが、茲ら蕕悗瞭阿になりますので、
右腕、右手が カラダ です。
手で上げてしまうゴルファーの多くが、
テークアウェイ初動から 左サイド、左腕、左手にばかり
意識があり、その時の体とのリンクマン、からだの代替品である
右腕、右手は動かそう(移動させよう)とせず、
左側、左手ばかり動かして 準備をしてしまうので
結果、としては フェースがより多く
 開いた状態を作り出してしまっている
のでしょう。

ダウンスイング時は 向きを変えるのですが、
蕕ら茲悗琉榮阿砲覆蝓
その運動の先頭になるのは 左サイド〜左腕になります。
ここでも 運動方向側の左腕、左手の移動が滞っていると
フェースは開き易くなり、
⇒右手で叩くために ワザと開いているのか
⇒開いてカラ 右手でフェースを返しているのか

は その方その方によって異なるかとは思いますが、
症状としては 先頭に位置する左手の停滞が
動きそのものの渋滞を巻き起こしている場合が多いです。
((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment

コレも 先頭にある左手が動いていない問題よりも
テークアウェイで 左手が多く移動しているので
戻し切れない 準備の方に問題があるような気がします。

カラダの向き通り というのは
当り前のようですが、左手が茲砲△蝓右手に蕕砲△訃態が
維持され、向きを変えるコト、移動させるコト ですので
フェースを『手で』返すコトを無くしたい、減らしたい方は
カラダの向きを変える 進行方向側の腕、手を積極的、
もしくは 意識的に動かした方が良い
と思います。

カラダ! と言うと少々、仰々しいですが、
動く側の手、腕を動かす というのは
とりあえず 練習でならトライ出来るのではないか、
と思いますし、 それをするコトによって
見えてくる、感じてくるモノも変わってくると思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転でクラブをターンさせるメリットは
😊 手 よりも疲労に強い(ラウンド中の変化)
😊 フェースやロフトの動きが緩やか(安定度)
😊 クラブの基礎構造を敵にしない(ヘッドの重さやシャフトが使える)
😊 手 でターンするよりも カラダを傷めにくい
😊 手 で振るよりも アプローチ を苦労し難い
😊 手 で振るよりも フェアウェイウッドを苦手とし難い
…と結構数多くある訳ですが、
 かと言って、『手を殆ど使わずに
 カラダだけを廻せば 可能』と言う訳では無いのが
 意地悪なトコロで、
 手振り、手打ちを辞めようと思っている人が
 陥り易い罠だと思います。
2021-12-06_22-21-54_Moment2021-12-06_22-21-54_Moment(3)






また、手の動きをおとなしくすれば…
 と考えガチ ですが、…問題の解決にはなりません。

というコトで
 手で振っている、手でクラブをターンしている方が
 からだの回転で‼ のヒント、考え方を。

例えば…ですが、今はやりませんが、
バケツで消火するとしましょう。
右で組んだ水、もしくは渡されたバケツを
反転 180度向きを変えて 水をかける。
✋コレ からだの回転なんか 考えていませんよね❓
 手に持ったバケツ
 そして、バケツに入った水 を考えています。
X785454_3L1
遠心力を使うと… 水の入ったバケツは「飛びます」
 次の回に バケツがありません。
遠心力を使わない とは言いませんが、
 バケツに入った水、その面をイメージするでしょう。
 消火しなくてはいけませんからね。
スイング動作も結構、ソレに似ています。
 トップ、の位置の水の面 と
 水をリリースする時の 水の面 は近いですよね。
 水の面を 自分に向けてしまったら
 バケツは投げれますが、水はかけれません。
バケツは振りますが、振り子 にしたら
 水はリリースできません。
バケツを手でターンさせたら…
a000874205_06自分に水がかかるかも 知れません。
手でバケツを支え からだの向きで… 
であっても 水面を考えていないとダメです。
クラブもリリースも大変似ています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


手で振るコト自体、良い悪い ではありません。
 オジサンおばさんゴルファーには
 体力的、肉体的に あまり有効ではないから、です。

デメリットの面で言うと
🙄ロフト(フェース)を開いて入れてくる傾向が強いので
 返しが遅れると スライスや距離不足になり易い
 👉腕力頼りの面が強いので
 ラウンド中の疲労で影響が出易い
⇒後半、悪い❓
🙄タイミングが合わないと
 弾道質、高さ、方向 にいろいろなミスが出易い
 良いも無限、悪いも無限…
🙄ロフトを開いて入れてくる傾向が強いので
 ソールの大きい、奥行きの有るクラブが苦手になり易い。
 ㊟特にフェアウェイウッド
🙄アプローチショットが
 難易度の高めの上げる球中心になり易い為、
 アプローチが苦手が克服し難い
多くはないですが、あえて メリット…は
😊バンカーが苦手になり難い
😊上げるアプローチ、ロブショットが得意❓


【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)







からだの回転で直にクラブを動かす のと
手で振ってしまう、
クラブのターンをからだの向きで行う のと
クラブのターンを手で行う の 違い は

当り前…ですが、からだの向きでクラブターンをする場合、
 左腕、左手は常時、左側にあり
 右腕、右手は常時、右側にあります。
手で振る場合、
 それがスイング中、何度か 入れ替わってしまいます
重心のかかり方シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)2021-02-13_22-10-57_Moment(3)







スイング ココを治そう❶_Moment例えば、テークアウェイで
このように動かすと
左手が右手よりも右に行こうとしています。
ショット自体、その入れ替えが打撃!
になるので その準備の為、です。
(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment(5)

当然、インパクト以降は その反対に
 右手が左手を追い抜こうとします。
 それが 打撃だから当然と言えば当然ですが、
手打ち の最大の問題となるのが
 手でクラブをターンさせている、振っている、
 のですが、✋手はからだから生えている訳で
 左腕、左手がたくさん動いて
 右を追い越すテークアウェイ では
 追い抜かれる方の右腕、右手がたくさん動かれては
 追い抜くことが出来ませんから、
 その生え元である右サイドが止まります。
✋ダウンスイング〜インパクト では
 今度は 右手・右腕が左手・左腕を追い越しますから
 それをするため 生え元の左サイドが止まります。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(3)【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)





👉つまり 本来、からだの回転とは
 からだの向きが変わる のですから
 右側も左側も同じように動くはず のモノ なのですが、
 手で振る場合の向きの変更は
 からだの左右半分しか動かず、
 回転…に伴う 回転軸 がありません。
93e9da7e-s81b16761-s




 からだの厚みも含め、厳密な場所は
 人それぞれ どこか で良いと思いますが、
 からだの回転でのクラブターンには 軸 が存在し、
 手で振る場合の回転では
 テークアウェイでは 右半身が軸になり 左サイドが動き
 ダウンスイング以降は 左半身が軸になり、右サイドが動く

 という からだの左右の半身を軸にして
 左右対称にからだの向きを変えない、
 からだの左右を交互に動かす特徴があります。

 左右を交互に動かしますから、
 腰回りを傷める可能性が高くなるわけです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


私との関係は 一夜限りだったのね…。
 言われてみたいかも?  ・・・失言です。


真面目ないっちょ噛みサンの質問に
 お答えします。
Q: 「バルブを閉じる方向に」というのは、
よく過去のブログで出てきた
 スナップロックするというコトと同義ですか?

スナップロックは以前結構トライしたけれど
  うまくできませんでした。
本日練習場でバルブ閉じをやってみたら、
これがスナップロックだったかと感じるところがありました。
これなら、右を向いているうちに
 グリップが左側下方に進みやすいようです。

19A:なんだか 円錐形を上から見て「丸い!」
横から見て 「(二等辺)三角形だ!」
と言う会話をしているような 気がしないではありませんが、
同じ方向から見ている、と仮定して 話を進めます。

Rさんは何らかの理由で
ダウンスイングでシャフトを寝かしたがっています。
…寝かしたくないんだけど 寝てしまっています。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(2)

方向で説明をすると
打ち手本人からの目線ではなく
この画像、打つ人を後方から見た角度で
(((((_Moment今 だいたい11時を指した針(クラブ)を
反時計廻り 10時.9時の方に
倒してしまっています。
バルブを閉める方に とは
その反対で
11時を指したクラブ を
12時.1時の方から 引っ掻いてくるように
入れてみて下さい…と言う話で
それ自体 スナップロックとは  ほぼ何も関係ない
 外からの引っ掻き… を実行出来たら
 スナップロックは出来ません。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(2)
ですので 目指すべき目的地 と言う意味ではなく
 寝かし癖を消せるのか❓
 やっぱり クラブはしっかり寝かしつけたいのか❓
 寝かさないと 打撃した気になれないのか❓

そして 既に自分が体験、もしくは錯覚 したように
 外から引っ掻いてくると
クラブの重さによって グリップは下げられ、
 自分の方に近づこう
とします。

今回のこのステップの目的は
 その後半の部分の
 クラブの重さによって グリップが低くされ、
 自分の方に近づく、
 今までよりも グリップの縦移動の多い、
 スイングの『感覚』
です。

それを実行するには
 今度は打ち手からの目線になりますが、
 スロットマシンを解放する方に「右手を使う」
 のではなく
 バルブを閉める方に「右手を使う」感覚です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


手で振っちゃえ
 でも からだの向きと同期してね
 の話しで 鍵になるのが
 手は振っちゃうけど
 ヘッドは振らない  …って意味不明かも知れないけれど 
 ポイント になるのは
『スイングの 丸い軌道、
 その下半分に クラブを 手で 入れない』

 と言う意識です。
(本日のゴルフスイング 20211007_Moment

いやいや 結果的には入りますよ。
 でも 手で入れないんです。

✋届かないじゃん

✋そう 届きません
 だって それ からだの向きの仕事 ですもん
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment

手でする仕事は ここまで
つまり 手でする仕事は
 手、腕自身を動かす、この場合は下げるコトで
 手、腕に対し クラブのなにがしかの角度を変えるコト
 意図的に 腕に対してクラブを動かすコト はしないのです。

届かない…から カラダを廻す んで
それ 手作業で届かしてしまったのでは
永遠に 手振りから逃れられないんです。

手は 手自身を動かすのが役割で
 円を描くのは からだの向きを変えるから ですし
 その円がボールに届かせる のです。

円の下円半分を 手で振ってしまったら
ヘッドの軌道
フェースの向き
ロフト
ともに 繰り返し辛い 無限のループが待っています。

人間は機械じゃないので
 下円を手で振ったら それに釣られて
 (ゴルファーの大好きな遠心力が悪く働く代表例です)
 当然、姿勢も崩れ易い、崩れます、から
 より一層、からだが止まってしまう… のですよ。

もう一度 言います。
(本日のゴルフスイング 20211007_Moment
下円半分には 手でクラブを入れません。
ですので 下円しか 存在しない アプローチの時、
手で振るのは勿論、率先的にやる人は少ないと思いますが、
カラダを止めて、肩だけで振るのも
手で振っているのと同じです。

✊円運動は 向きの変更 です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブの長さの造り方、使い方 を考えると 
 ヘッドの重さ や 重心距離、シャフトの硬さ の 好き嫌い、
 その使い方の得手不得手
 も見えてくると思います。

フェースターン、ハンドリリースタイプの人は
 軽いヘッド、同じ意味ですが短い重心距離(小振りなヘッド)
 硬いシャフトを好みます。

 それは スイング全般 において
スイング軌道意識はありますが、
それは 
平面上の内から(インサイド)
外から(アウトサイド)
であって
スイングの弧の『中側』…
スイングの弧の大きさの変化…

 と言う意識ではありません。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment


ダウンスイングからインパクト…において
 フェースターンは 前にいたはずの左グリップ(グリップ)を
 右グリップ(ヘッド)が追い越す必要
がありますから
 左グリップがどんどん 先に行ってもらっては困ります。
大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)大森201904_Moment(4)






テークアウェイにおいても
 左グリップをカラダに対し 右に右にずらそうとしている
 ようにも見えるケースが多いです。

クラブを起こす、短くする、シャフトを立てる、 と
スイング ココを治そう❶_Moment(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(2)シンプルな見た目の 右左のグリップは
左グリップの方が下になります。
しかし、フェースターン、ハンドリリース派は
その逆に 左グリップの方を上にする人すら居ます

ヘッドの遅れを横に使いますので
 フェースが空を向いたような 大きく開いた状態になります。
(271_Moment
こうなりますと ヘッドの重たいモノ、重心距離の長いモノ(面の長いヘッド)、
シャフトの柔らかいモノ では
想定以上に 開き「ヘッドの遅れ」が増えてしまい、
ダウンスイング〜インパクトで
"ヘッドを返す" のに苦労してしまいます。

『ヘッドが戻ってこない』と言う言葉が聞こえてきそうです。

ヘッドが戻ってこない とは 待っている と同意語ですので
その待っているのは 先に行って、止まっている左サイドのコト
と考えて間違いないと思います。

シャフトはしなると 元に戻ろう としますが、
それは グリップを軸にヘッドを動かす のもありますが、
その逆の ヘッドを軸にグリップを動かそう とする作用も
当然、働きます。

 シャフトは円形ですので、歪になった円は
 元に戻ろうとするので シャフトの横軸だけでなく、
 縦軸にも作用します。

ですので しなりの大きく(短く)なる量の多い、
ヘッド遅れ〜グリップ遅れさせず_Momentヘッドの重たいモノ、
重心の長いモノ、シャフトの柔らかいモノ は

左グリップ、グリップエンドを前に押してしまうので
インパクトポイントが前にズレてしまい、右にし難くく、
しなり戻しも沢山必要になるので
戻し切れないのです。



ハンドリリース、フェースターン をする方は
 腕も含めた スイングの弧の内側意識が強くありません。
フェースターンとは クラブを最大の長さにする行為ですので
 当然、その空間が必要になり
 その処理として 伸び上がりであったり、
 からだの開きであったりするのですが、
 ヘッドの遅れ、しゃふとのしなりが大きくなれば
 当然、伸び上がりも開きも大きくなってしまいます。
 インパクトポイントも茲縫坤譴笋垢、
 ヘッドの遅れも大きくなるのですから…。

スイングを治すコトを前提とした方が
 かなり悶絶度の高い仕様(重い、柔らかい)を使い始めると
 シャンクが多く出るのは そういうメカニズムです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


二度と見れないRさんのスイング…
かも知れません。
冗談です。冗談です。


コレもスイングの変更にアリがちなパターン ですが、
フェースターンが強い人、ハンドリリースが強い人 は
それをするため 左サイドが止めている、止まっているコト に
 気付いていません。
(22171_Moment

よく考えれば フェースターン、ハンドターン、
ハンドリリースをするのには 左サイドが止まり、
左グリップが止まっていないと 出来ない と分かるのですが、
習慣とは恐ろしいモノです。

 インパクト直前〜インパクト〜インパクト以降
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Momentフォローまで 左グリップの高さを留めよう とする習慣が
筋肉の、動作の記憶として残っています。 
  左グリップが低いまま というコトです。

ハンドリリース、フェースターンの強い人のフォローは
クラブを地面と平行に振り抜くような形 になりガチ です。


そこで 怖いとは思いますが、
 左グリップは 下がった経路通り、
 インパクト以降、いや インパクト以前位の気持ちで良いですが
 (特に左上腕)思いっきり 上げて下さい
 まあ 下がった経路通り、その流れ ですけれど…。

それが 左サイドの止まり防止、
 向きの変更の継続につながります。
 安定して 正しい意味合いでボールをつかまえ
 カラダを傷めず『ボールを飛ばす』
 最後まで からだを廻す になって来ます。
 怖いでしょうけれど🤗

さらに… 大きく振りたい、
 フォローを長く取りたい、
そういう気持ちは痛い程判りますが、
 それを実行するには
それとは全く反対の「あくまでも気持ち」ですが
 左グリップは カラダから離さず
 出来るだけからだの近くで『高くしてください』
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

そうすると 短くなっていたクラブが、
鎌首をもたげて 溜まっていたクラブが
インパクト、インパクト以降で 一気に長くなります。
そこで 遠心力が大きく働く のです。
それによって グリップの上げ意識 に反して
ヘッドは 飛球線方向にボールを追うように
 低く、長く 取れるようになり
飛球線方向に 長い、大きなフォローになります。


それを体験すると 遠心力を使う箇所 が大きく異なる、
全然 早かった コト に気付きます

そういう意味では 慣れ というか、
それらの意識を持って ボールを打つ回数 は必要です。

上手く当たらなくて、合わせに行く というのも
カラダを止め、手先での調整に移行しますから
元に戻って行くのと同じです。

 カラダの向きを変えるコトは重要ですが、
それは どう腕を振るか、どうクラブを使うか、
ヘッドの遅れを縦に使うか、横に使うか によって
カラダの向きの役割は変わってきてしまいます。
(こする つかまえる_Moment(3)

頭を切り替えて、からだの回転で打つ のは
 腕の使い方次第、振り方次第
 と考えた方が良いかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


長らく フェースターンで強いショットを打っていた人、
 過去であっても フェースターン系で飛ばしていた人、
が ほぼ完全な『 ボディリリース』に推移するには 段階が必要です。
(進撃のRさん)_Moment

おそらく Rさんも今頃、練習場で
 悶絶では無いと思いますが、なんと言えばよいのか、
 飛んでない訳では無いけれど、こう実感が湧かない というか
 打ち応えが無いと言えば言うのか、物足りない と感じている
 と思います。

円に振り重くなった、クラブの、ヘッドの重さを
 止めた左サイドに対し、利き腕の右手で
 非常に短い、瞬間の技 で 何万球も打っていた のですが、
 それを 鈍感で、筋力の有るからだの向き、
 主に お尻や脚、背中に かなりの比重で仕事を
 取られてしまったのですから やむを得ません。


ですので 右手で叩いてしまいましょう。
 ダウンスイング後半、インパクト直前 ではなく、
 切り返しから『いきなり』です。
IMG_1632_Moment(2)

ただ 条件としては 左サイド、特に左上腕を
どんどん動かし、リンクして動かし、
 決して止めてはいけません。 危険です。

切り返しから右手を 使い始めたら…
それと同期して 左肩を上に逃がします。
 その後は もう一気に左を向くだけ です。
右手の叩き、右手の伸ばしは
 切り返し直後 に使うだけで あとは脱力ではありませんが、
 特に力がいるような ナニカはありません。

ヘッドの遅れを縦に行う と言う意識で
左サイド・左上腕が渋滞を起こさなければ
フェースは下を向き易く、
左肩を上に動かしているつもり でも
早い段階にインパクトが来るので
 左サイド全体が低い打ちに クラブは下がります。

意識としては 左肩は上に動かしている のですが、
それは 単に からだの向きの変更と
 左腕の付け根である左肩が連動している だけ です。

よって ヘッドの縦の遅れは
 フェースの下向きでの遅れ 👉ロフトの立ち になりますし、
クラブは アドレス時の元の長さよりも
 内側、中側の経路を通りますから
 そのまま インサイドから、上から になります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ヘッドの遅れを縦に作用させる を意識するには
 ダウンスイング以降の、
 先頭 左上腕、左腕、左グリップ がツッカエずに
 渋滞を起こさないようにする必要があります。
(進撃のRさん)_Moment(2)

その為の 左肩の上への逃し です。
 横 ではなく 上へ です。
 その意識が 左上腕をカラダに同期させ
 下方向に、横回転を上下の下がりに変換します
 縦に回転する…ような意識になりますが、
 実際には 単に からだの回転に左腕が遅れにくくなり、
 回転で 左腕が下がり どいてくれるようになります。


すると からだの回転に対し、
 肩から先の腕、クラブが渋滞を起こしにくくなり、
 近回りし易く、
 ヘッドの形状 鎌首を自分にもたげている作用もあり、
 クラブの長さが短い時間を維持し易くなります。
 つまり ヘッドの通る道のり が短い(近道)ので
 早いタイミングでインパクトに入れるようになります。

コメント(質問)にもありましたが、
左肩を上に逃がすと…縦に回転するような感じ にすると
「🤒右サイド、右肩がさがりそう…🤒」
ですが、右サイドの、右肩の下がり は
通常、動作の先頭である左サイド、左肩が動いていないので
行く場所を失い もぐる モノで
からだの回転に 左腕が付いていけば
下がらない…のではなく ✋下がる前に インパクトが来ます。



Rさん ご本人も言っていましたが、
 今までだともっと遅く、
 もうひと手間、ふた手間かけてインパクトに入るのに、
,劼伴蟯屐〆献汽ぅ鼻∈献哀螢奪廚鮖澆瓩
右手でシャフト、クラブを押す(フェースターン)
 それをする前に インパクトが来る、と。
Rさんにとって、打撃の真髄(快感)である
 右手のごり押し をする以前にインパクトが来るのに
 打球感、当たり感は弱くなく、不思議と 結構、強い。
  …笑顔になって来ましたね🤗


 多くの方は からだの回転で振る、からだの回転で✋
というと 向きを変える と言う円運動に対し、
その外周、その円弧上、ヘッドを動かす と考えガチ
👉腕を使わない意識があるので 回転に対し、腕やクラブを遅らせる
スイングの円弧をなぞってくる ようなイメージですね。
 ココはまだ ピンと来ないかも知れませんが、
とりあえず 机上の知識 として
 クラブヘッドの移動「距離」/ 移動角度、運動角度 は
 ヘッドの重さ自身、クラブの長さ、運動の速度 によって
 重くなるヘッドの分 グリップの移動距離や移動角度よりも
 少なくなります。

からだの回転によって 移動するグリップの「同軸」外周に
 ヘッドが動いたのでは、動かしたのでは、
 ヘッドの遅れは フェースの開き、ロフトの開きになってしまいます。

手を使わず からだの回転で とそれをつなげてしまうと
 外周通りに 大きな経路を通ったヘッドは
 その遅れから フェースの、ロフトの開き になってしまいますから
 最後には より強い フェースターン、ハンドターンが必要になる、
 元の木阿弥になります。

フェースターン、ハンドターン とは
 左グリップを軸に 右手の伸ばしで クラブを、シャフトを
 押す行為を指しますから
 必ず グリップの移動の減速、停止が必要になり、
 その時点で 肩から先のヘッドまでと
 からだの回転は分離した、別のモノになります。

そういう習慣を身に着けると
 からだの回転は フェースターンをする為の
 位置づくりに過ぎず、先に体を廻し、位置を造り、
 そこで左サイドを止め、ソコを基点にフェースターンする、
 からだの回転→腕の振り(右手の伸ばし) と言う動作の順序になり、
 手打ち と言っても その逆の順序でスイングしている人は
 存在しない と言って良いでしょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


最終的には スイング中のヘッドの遅れ は

 動作中に変化する弧の大小を割愛すれば

 軌道に沿ったモノ、

 ヘッドの経路に対し ヘッドの遅れ分、ロフトが立つ形に至るのですが、

  しかし・・・・・・言葉通りに実践すると

 ヘッドの遅れは フェース・ロフトの開きになり

 ロフトを立てるには 事後のフェースターンが必要になります。

 望ましい形の「ヘッドの遅れ=ロフトの立ち」を実践するには

 クラブの構造やその運動によって発生する

 不可抗力を考慮しなければなりません。

20200621 編集済み_Moment(2)20200621 編集済み_Moment(3)20200621 編集済み_Moment(5)








【提案その❶】ソコで✋✋✋
 ヘッドを縦に遅らせてみましょう と提案しました。

トップの位置で 肘が曲がり、
ヘッドは自分に近づいている、クラブが短く、
運動の速度 と除外すると、スイングの中では
一番クラブが軽くなる状態 です。

しかも、クラブの重さがグリップに掛かる状態になっており
 それであれば クラブの、ヘッドの重さで
 左グリップが下げやすい状況になっています。

【提案その❷】
 ヘッドの遅れを縦に造る と言う上で重要なのは
 移動の主エンジンはからだの向きの変更、ですが、
 その先頭に位置する 左グリップ(厳密には左上腕)が
 回転とリンクして、下がる、ツッカエない
 横移動を縦移動に変換しないと 先頭が渋滞します。

 ですので からだの回転には傾きが入っていますが
 基本、横移動、横運動なのですが、
 左肩は縦に 上に動かすつもりで
    回り始めてみましょう
です。

 その作用で 左上腕は動き出し易くなりますし、
 動作の先頭がツッカエなければ クラブは寝ません(倒れません)
(進撃のRさん)_Moment(2)大森201904_Moment(2)

クラブが倒れなければ、グリップは下がり易く、
ボールの方に出にくくなりますし、
グリップが下がれば 鎌首をもたげているヘッドの形状から
クラブの長さが すぐに長くなり難く…よく言われる立って降りてくる
短距離で インパクトに辿り着けるようになります。
  …それを タメが出来る と言いmasu🤗

 

 

 

ゴルフスイングにとっての

 一番大きな動作ははからだの向きを変えるコトです。

その からだの廻り は

 自分の体に対しては 横、左右方向への移動ですが、

 それに前傾姿勢と言う からだの前方への傾きが付いています。

動作として上げ下げしているかは別として、

 クラブが高くなったり、低くなったりします。

見た目 と言う点においては

 ヘッドとグリップの上下関係は 

 まるで 縦に回転しているかのように何度か入れ替わります。

スナップショット 1 (2015-07-24 1-20)

見た目だけで考えると

 縦と横の動きを別々に…そして、同時に行うように思えますが、

 動かさなければいけない ゴルフクラブは

とても長く

先に全体の重さの6割以上が集中し

先端部も打点は 棒(シャフト)の軸からズレた形で

そこには 上下左右の方向や回転などを司る角度が

 立体的に効いています。

👉重さだけでなく、構造も

 上下にも、左右にも、前後にも

 どこにも対称性が無い形状です。

 

スイング中の スイングの円弧の大小の移り変わりは別として

 アドレスを基準とした その円弧に沿って

 スイングする…俗に言うオンプレーンスイングするには

 ややこしいですが、その望み通り(見た目)の円弧に沿って

 振れば(クラブ、ヘッドを動かせば)可能なのか

それとも それとは別の、イメージとは全く違うように使うと

 「結果として」 オンプレーンになるのか。。。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


上から打つ と インサイドから入る は
 同意語とは言いませんが、かなり近似値である、
 というコトが理解できる、かも知れませんし、
その軌道は、なんと言えば良いのかわかりませんが、
 道のり、道筋 がポイントではなく、
 腕も含めた、クラブの長さに関係している
 というコトが理解出来れば、かなりの進捗だと思います。

2021-10-23_18-02-58_Moment(2)


46インチ規制 の記事 の中で書きましたが、
 46インチ、つまり長尺が飛ぶ、を信じている人の多くが、
 長くなることによって スピードが上がるコト が
 直接的に 飛距離アップにつながる を信じています。
 しかし、それは誤り です。

1インチ程度で上がるヘッドスピードは誤差程度です。

46インチ、長尺が飛距離アップにつながるのは
 より少ないロフトを使える、ヘッドの入射角度、
 進入角度を作るコトが出来るから ですので
 元々、すくい打ち、必要以上に 長くなるクラブの使い方を
 している人にとっては その効果はありません。 

自分でクラブを長くしない、
曲げた腕を伸ばさない、とまでは言いませんが、
それが からだの廻したコト による副産物、
カラダの向きを変えたことによる効果 によるもので無いと
からだの回転と腕の曲げ伸ばしが分離してしまいます。

ましてや 打撃の主エンジンが
 自分の腕の曲げ伸ばしやそれに伴う腕のロールで
 円弧を からだの向き ではなく、 腕さばきである限り、
 放っておけば 早い段階で
 クラブの長さは最大になってしまい

 それのお陰で 無駄な遠心力が増え、姿勢が崩れ
 すくい打ち、煽り打ち、アウトサイドイン に…。
 それを「見た目上」 上からにしたり、
 インサイドからにするには 更なる動作、更なる工夫が必要で、
 それをすると また、それの修正に 別の工夫が必要になる
 まるで ウソをついて、その嘘を、嘘で隠しているような事態
 に陥る無限のループの中に入ってしまいます。

 ココで一番 触らなくてはいけないのは
 クラブの円弧を からだの向きを変えるコトで造る であって
 (✋体の向きを変えるコトそのものが打撃)
 見た目だけを変えるコトではない✋ というコトに
 気付くかどうか が最大のポイントだと思います。
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment(2)


繰り返しになりますが、
アドレスの状態のまま、スイングにとっては一番クラブが長い状態のまま、
向きだけを変えた想定よりも 小さな円、内側の円 を通る コトが
✋上から打つ ボールをつぶす であり
✋インサイドからいれる
 なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


現在、アプローチでAさんにもトライして頂いています。

 ✋Rさんもココに引っかかったまま ですね…💦

ドリルと呼べるか微妙ではありますが、
 実感して頂きたいのは
 如何に 自分の左サイドが止まっているか❓
 左サイドの壁 を勘違いしているか❓ の部分です。


このドリルを行う上で ひとつ 座学 をしてみましょう。


何故 スイングは 円弧が大きい方が良い
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Momentと言われているのに、
トップやテークアウェイにおいて
手首で行ったり(コッキング、スナップ)、肘で行ったり
円弧を縮める、小さくする、クラブを短くする動きを
誰彼問わず、例外なく入れるのでしょうか❓

✋まあ 一つは 長さは重さになってしまう ため、
 スピードが上げにくい、負荷が多過ぎる が有りますよね。

その負担、負荷はちょっと棚に上げた として
.▲疋譽校のクラブの長さ(腕の含めた)のまま 振る
▲董璽アウェイにおいて、一旦 クラブを短くする

それぞれで 打てた場合、どんな球 になるのでしょうか❓

,蓮_鹽召靴疹豺隋▲悒奪匹僚鼎気料えが大きい ので
 カラダがボールと正対しても 当たる時期が来ませんから、
 左を向いた時当たる か
 正面でからだを止め、クラブの慣性で打つ(もしくは 手で送る)
 コトになります。 遅れが 開きになり易いので
 カラダが止まり、クラブが動いている時、ロフトの補正が必要です。
 これも フェースローテーション と呼びます。

△蓮|擦した分、アドレス軌道よりも 内回り、中廻り になります。
 それを利用し、遅れをロフトの立ちに換える工夫は必要です。
 ,話戮譴亮茲衞瓩掘↓△話戮譴燭泙淆任舛泙后

,和任曾个靴高く、スピンが少な目 です。
△和任曾个靴低く、スピンは多め です。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)

それぞれの特徴は
,和い速度で打つ場合、問題は誤魔化し易いですが、
 大きいロフトのクラブ や アプローチなどの
 かなり多岐にわたる球種、球質が出る可能性があります。
 入射が緩く、ロフトが開いている可能性があるので
 距離の無いバンカーショットや
 ソールに奥行きの有るフェアウェイウッドが苦手になり易い。
 また スピードが低下してきた時、
 スピンが少ないので 高さを維持、浮遊させる能力が急に落ちます。
▲好ぅ鵐阿遼榮擦覆里如↓,茲蠏臈世楼掬歸に少ないですが、
 ヘッドスピードが低下した時、高さを取り難くなるので
 無理をしないロフト選定が必要です。
 コチラの高さは 浮遊能力 ではなく、最高到達点 です。

アプローチをずっとやっているのは
 少々、退屈 ですので ソコソコのショットと交互交互
 に行ってみましょう。
「手は伸ばす?」_Moment(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment(2)((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment










ここら辺のポジションから始めます。

ここから 廻るだけ 向きを変えるだけ で
 ヘッドがボールと接触するでしょうか…❓

意志の強い 手を伸ばす、ヘッドを下に振る は無しで
 始めは当たらない にしても
 どういう風に廻ると
 ボールとヘッドが接触するでしょうか❓
 どういう風に廻ると
 その遠心力が 手を伸ばさせるでしょう❓


カラダが伸び上がる、前傾姿勢が無くなる のは
 ヘッドを下に振った時 でしょうか❓
 それとも ロックに近いこの状態のまま 振った時でしょうか❓


おそらく カラダを廻しただけ
 副産物的(受け身)に 遠心力で腕が伸びた で
 ヘッドがボールと当たる、前へボールが飛ぶ 体験は
 非常に奇妙なモノ に思えるでしょう。

✋今まで 手でクラブを、ヘッドを、シャフトを
 ボール方向に振る、下に振る というのが
 自分の打撃 だった訳ですが、
 そこが全く存在せず、 届かない、当たらない筈のボールに
 ヘッドが当たる…。
 まるで 何もしていないような…。
 え? なんで⁈ と言う感覚 に陥るかも 知れません。
 『自分で』ボールを当てた、軽く…ではありますが、
 『自分で』打った感触はないかも、です。
 Rさんは ソコが乗り越えられない のでしょう…。

この動画では 一生懸命 腕を伸ばして
 クラブを下に、ボール方向に腕を伸ばしている のが
 見て取れます。
 腕をボール方向に伸ばしている感じ…ですね。
 そういうイメージではなく
 よくある スイング弧 があったとします。
 その弧はアドレス通りのクラブの長さの弧 で
 打つまでは…その弧に触れないように…
 内側で、言葉として適切か微妙ですが、振れるような…
 打った後、飛球線の方に腕が伸ばされるような…
 そんな感覚 というか、
 そうなるような からだの廻し方 と言う感じですね。

これも 適切な表現と言えるか微妙ですが、
 からだの回転によって 引き起こされる遠心力を
 クラブではなく、自分の腕にかかるようにする 感じです。
 そして それは 今まで ハンドリリースしていた人からすると
 何もしていないような程度のモノ です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ