◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: 脳内イメージ



先日の投稿記事  byよっちゃん に書いてありますが、
http://hbs.livedoor.blog/archives/1978540.html
多くの方が悩まれるスイングの課題、問題 なのですが、
文面で説明するのは難しいのですが

スイング・・・以前に ボールをどうさばくか

動作や技術を全部無視して
『ゴルフクラブを持って
 ゴルフスイングのコトは全部無視して、気にせず
 ボールを打って!』

・・・インパクト前後 20センチ位…合計50儖未
ヘッドとボールのコンタクト観というか
    そこらへんが根本になっています。

IMG_0451_Slomo_Moment(3)IMG_0451_Slomo_Moment(2)







このボールさばきは
スイングや距離などで悩んでいる人のほとんど
ゴルファーの半数以上が そのボールさばき、クラブさばき です。
最近では富に悪い意味で「流行っています」



そのクラブさばき、ボールさばき であれば

👉絶対に 体は開きます。
 開かないと ボールは打てません。
 閉じたら ボールが打てません。

👉手打になります
 手打ちでないと ボールは打てません。
 体でクラブを動かしたら ボールが打てません。

👉ハンドファーストには出来ません。
 ハンドファーストでは ボールは打てません。
 故に ヘッドターン以外 ロフトは締められません。
 緩くなったロフトの分、スピードが必要です。

👉インパクト直前で急加速が必須です。
 等速でクラブを動かして ボールを打つコトが出来ません。
   ・・・・・・ランニングアプローチは怖いですね・・・・・・

👉体重を左に移せません。
 体重を左に乗せたら ボールに当たりません。

👉テークバックは 体を回せません。
 肩や腕だけで上げる方法の方が打ち易いです。
 故に 肩・肩甲骨を回す、胴体・上半身を捻る〜胴捻転の病になります。

👉インパクトで左肩はかなりあがり、右肩は下がります。
 そうしないと ボールが打てないから です。


キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)





✋このボールさばき、クラブさばきでは
 スピードを抑えたアプローチやランニングは苦手になります。
 速くヘッドを動かせる 上げる・・・アプローチはロブショットが中心になります。
 ヘッドを速く動かすコトしか出来なくなります。

✋胴捻転を起こすので 腰や脚と肩の回転角度が異なるので
 地面から打つ長物、傾斜のショットが苦手になります。

✋力がないと バンカーショットが飛ばせられないショットなので
 非力な方や女性にとって バンカーはかなりの危険地帯になります。
 距離のあるバンカーは刻みが必須になります。

✋アドレスは必然的に 右向き。
 ややひっかけで打つ感じになりますから
 12時を目標とすると、2時を向いて立ち、10時に向かって振るような
 『非常にタイミングにシビアな曲芸打ち』になりますから
 自分以外 それを修正、改善する手がありません。



✊自分のやっているコトが理解出来れば 治ります。

✊逆に その肝心かなめな部分が変わらない限り、
 局所、局所のポジションや姿勢などを治しても
 それは単なる「飾り」や「その場の真似」に終わります。

 そこの部分が変わらない限り、どんなレッスンもテクニックも
 何回やろうとも、何時間費やそうとも、何球打とうとも身に付きません。
 まあ。。。レッスンとしては商売になるのかも…ですけどね。


sample2018 (2)_Moment(2)


 👉レッスンは常時受け付けております
  ご連絡下さい  046-804-1480
  
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ゴルフクラブ、特にクラブヘッドの進化は
慣性モーメント増大の歴史とも言えます。

IMG_0340


近年、ルールの設定によってその拍車に制限がかかりましたが
ドライバーヘッドの大型化
アイアンヘッドの中空化やキャビティ化の
目指すところは その「慣性モーメント値」を増やすことを
主の目的としています。


メーカーのカタログや雑誌などでは
慣性モーメントの働きを簡単に説明するために
慣性モーメントが大きい=スウィートエリアの増大
という表現を多く使いますが
現実には少々異なります。

慣性モーメントは
その運動を持続し続ける力
その姿勢を維持する力

を指します。

ボールという質量は
クラブ、クラブヘッドの移動にとっては
その運動を阻害する要因になります。
その姿勢を阻害する要因になります。
関係モーメントの値が大きいと
その阻害要因のボールの質量を負荷として受けても
そこまでに続けていた運動を持続しようとする力
そこまでのクラブヘッドの姿勢を
維持しようとする力が強くなります。

フェース面上のどこかにボールを当てる
というものとは微妙にニュアンスが異なります。

ですので 当てるところがどこかに存在し
そこを目標に動かすことが慣性モーメントを活かす
方法ではなく、
出来うる限り ある一定の変化の少ない移動
ある一定のクラブヘッドの姿勢を続けることの方が
その効果を活かしやすくなります。
001

当てる場所ありき でスイングするものと
運動の持続、姿勢の持続ありき でスイングするものでは
クラブの扱い方は異なってくるでしょう。

慣性モーメントは質量の総合形態です。
同じ質量のモノであれば 重量の配分が
外側に広がっているものの方が大きく
同じ形状のモノであれば 質量そのものが
その慣性モーメントを大きくします。

よって ヘッドの大きいモノ、質量が重たいモノは
慣性モーメントが大きくなりますので
ヘッドをターン クラブヘッドの姿勢変化が激しい
使い方と相性が悪くなります。
フェースターンは姿勢だけでなく、運動の方向も
それをしないものと比べると激しく
それを嫌う大きな慣性モーメントクラブでは
やはり相性が良くありません。

慣性モーメントはミスによる方向だけでなく
飛距離増大、飛距離の均一化にとっても
とても大きな助力になりますので
それを利用した方が打ち手としては明らかに楽で
慣性モーメントをどう上手に利用するかが
アマチュアゴルファーのとって
練習(訓練)頻度やメインテナンスを減らす
体に優しいスイング論になって行きます。

もうすこし具体的に言えば
慣性モーメントを利用するスイングは
 ゴルフクラブ単体を動かすのではなく
 クラブヘッド単体を動かすのではなく
 クラブを持った自分が動くことが
 慣性モーメントを活用する最大の方法
 です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


錯覚してしまうコト、誤解されるコトが多いので
確認しておこう♫

手のひらは親指が上、小指が下。。。IMG_0772

 ヘッド…、クラブはどちら側にありますか?

親指側ですか? 小指側ですか?

そうです。クラブは上にあるのです。

前傾をして、前に傾いて(かがんで)構えているので
錯覚し易いけれど
左手が一番下に有って
次に右手・・・そしてシャフト〜ヘッドがある
ヘッドが一番高い位置にあるんだ!

7b751c2e細かい角度にこだわる必要はないけれど
腕とシャフトの関係は
アドレス時で120度位
(写真はインパクト時…)
腕とシャフトが一直線になることは
スイング中には一切なく(願望も含め)
一番、鈍角になったとしても 120度 と考えるべきでしょう。

スイング用語に「コッキング」と言うものがあるけれど
動作、アクション、技術 意志を持った動きで
このコッキングというのは無いと考えて良いと思う。

有る目的と別な動きをすると、
クラブの構造上、結果そうなってしまう
と考えるのが理想でしょうね。

フルスケールのスイングという訳ではないが
トップの位置でこの程度
b6066d09120度の角度が90度位に
なった訳だから、その差は30度。
殆ど角度を変えていないに等しい。
褒められたことではない(お勧めしない)けれど
もしも自分の意志でコッキングをしたとしても
必要な運動の角度差は たかだか「30度」
その角度は、アドレス時の右腕と左腕のV時の角度程度。

225484_170587513091874_290037338_nゴルフクラブ…
クラブヘッドのこの鎌首を
もたげた形状を考えれば、
テークバック時に
ほんの10度程度動かす感じで
30度の角度差は付いてしまうだろう。

これも良く覚えておいた方が良いけれど
時計の 一秒 一分 の角度は 『6度』
30度分は5秒分 5分分の角度だ!
形状を考えて10度分位動かすとして
時計の針の 一秒か二秒分動かす程度だというコト。

あれ?

多くの人が シャフトを90度も上下に動かそう!
ってイメージありませんか?

アドレス時には ヘッドが下に有って、グリップが上
トップ時には、それが逆転して ヘッドが上、グリップが下
インパクトまでにはそれをまた逆転させる!
 って 思っていませんか?



刷毛塗の話にもつながっていくのだけれど
クラブというか、グリップをこぶし2個分程度
動かせば(片道)ボールを打つことが出来る…んだけどね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ショットの練習が上手く行かない人
スイングの改良が上手く行かない人
この全員ではないのですが
その人たちに共通して見受けられるのが
 『ある錯覚・勘違い・思い込み』  だと思います。
sample 2009_09_29_23_49_15-1481フレームショット

そして その錯覚 は
非常に伝えにくい・伝わりにくい と思うのですが、
『ショットはボールを弾いて打つものだと思っているコト』
『当たり前に ボールの方がヘッドの移動速度よりも速く飛ぶコト』

なのだと感じます。

それは特にアプローチやパターに顕著に出ます。


その勘違いを助長するゴルフ用語として
ショットの計測などで用いられる「ミート率」がありますが、
これは ヘッドの移動速度に対するボールの移動速度 の比です。
単純に 数値で表すと
 ヘッドの移動速度  40ms に対し
 ボールの移動速度 50ms であれば 1.25
              55ms であれば 1.375
              60ms であれば 1.5 になります。

用語として 「ミート率」と 呼ばれていますが
正直 本当の意味でのミート率とは似ても似つかず
単に インパクトの動的ロフトが立って行けば 数値は大きくなる だけに過ぎません。
ですので 使える、使えない、安心して打てる を別にすれば
少ない、立ったロフトのクラブほど このミート率と呼ばれている数値は高くなります。

IMG_0361(3)_Moment


そして このミート率と呼ばれているモノの理想的な数値は 1.4以上 と言っていますが
それも 同じく 自分にとって 動的ロフトを使える限り 少ないモノにすれば
誰もが達成できる数値です。
ここで ポイントなのが 「動的ロフト」なので
製品としての「物理固定ロフト」はそれを作り出す要素に過ぎず
その動的ロフトには インパクト時のヘッド姿勢のロフトと入射角度、ヘッド進入角度 などが
含まれますし、もちろん ヘッド重量も関係してきます。

話を元に戻しますが、
ヘッドの移動速度に対し
 ボールの移動速度の方が 約5割増し で速い
と自然に思っていると思いますが、それは間違いです。
同じクラブの扱いをしても その動的ロフトが大きくなれば
それに応じて その数値も下がり
40度を超える大きなロフトになれば
 ヘッドの移動速度を下回る数値が
出ることもあります。 典型的なのが二度打ち です。
Inked2012-10-22 02.28.36 20152342_Moment(2)
ヘッドに対し ボールの方が速い
 と思っている人が殆どだと思いますが、
それは 「ロフト角度」 と 破壊力としての「ヘッド重量」の付帯的な要素のお陰で
エネルギー不変の法則の基本では
 ボールの方が絶対的に遅い のです。

例え 製品のロフト角度が0度であっても、
ヘッドの重量がボールと同じであれば
ボールの速度はヘッドの移動速度を上回ることは不可能です。
ヘッドの重量が1キロであったとしても
動的ロフトが45度以上であれば
ボールの速度がヘッドの移動速度を上回ることは不可能です。

当たり前に、ボールの方がヘッドスピードよりも速い モノ と信じていますが、
それは スイング動作とは直接関係のない
 動的なロフト角度とヘッド重量によってもたらせるもの で
基本 ヘッドの移動速度はボールの移動速度と大きな差はないのです。
むしろ ボールの移動速度の方が遅い のです。

つまり ボールは「弾いて打つ」のではなく、
単に『質量としてどかしている
〜移動させているに過ぎない』と言うコト なのですが、

伝えにくい、伝わりにくいニュアンスなので
既にそのニュアンスが掴めている人(必要のない)には理解出来て、
そのニュアンスが必要な人には理解できない というもどかしさが付いて回ります…。


当たり前のように ボールはヘッドで弾いて打つ感覚、概念、思い込みが
結果として ヘッドがグリップを追い越すを生み
ヘッドローテーションや 手でクラブを振ることを生む のではないかと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


設計者…デザイナーは真剣に考えているのでしょうから
笑っていいのか、悪いのか 微妙なトコロ ではありますが、
マイナスロフトのパター、 もしくは
フェースに縦のバルジ(ロール)、つまり ふくらみのあるパターを
割と大手のメーカーが発売していたりします。
     ****写真は載せられません


その開発の中に 真理が見え隠れ したりもしますがfc4c3bd2-s
プロも含めた 多くのゴルファーのパッティングが
しゃくり打ち〜煽り打ち になっており
 それによって 転がりが悪い、無駄な回転がかかる
 ボールが跳ねてしまう と言うのを解消しよう
と言う目的があるわけですが、
問題は 「しゃくり打ち」にあるのであって
そして その問題は
 パターを売り込む際、
もしくは パッティングストロークを説明する際
ボールには「オーバースピン」をかけましょう、
というのが発端になっています。

ボールは球体であるが故に
地面にそって 移動する際
必ず 転がり となって 移動します。

ボールの外周は 約15センチなのですが、
1メートル50センチ を移動するのに
〇5回転
〇10回転
〇20回転

と 3種類の選択を用意した場合、

〇5回転で 1m50cmを移動するのが
一番 打つエネルギーも少なく、
地面との接触も少ないので 芝目や傾斜の影響も受けにくくなります。

〜〜〜転がるけれど 滑って進むような感じですね。


これはパッティング、パターの話…ではあるのですが、
総じて このパッティング悩むゴルファーは
パッティング以外にも 似た悩み・共通した悩みを持っており
それは パッティングストロークが「しゃくり打ち」「煽り打ち」になっているコトが
表しています。
そういったゴルファーは アプローチは上げるショットばかりになり
ランニング・・・正しくボールを転がす、移動させることが苦手で
ショット全体にも距離不足に悩む傾向があります。

ショットが距離不足、アプローチが上げ球中心、
そして パターのしゃくり打ち 👉パッティングのショート癖
なのですから 当然、スコアの伸び悩み に陥るのです。

MVI_0817Trim_MomentMVI_0817Trim_Moment(3)






ですので 煽り打ちを解消せず
ロフトをマイナスにして 多少なりとも パッティングの
ショート癖を改善しても ゴルフ全体の改善にはならず
また パッティングを煽り打ちをするひとにとっては
その 縦に膨らみのあるパターは ドミス の可能性も含んでいますので
正直、3か月も使わないんじゃないでしょうかねー。

開発した人は とってもまじめに考えて…ではあるんですが
もう少し ゴルフ全体を大きい視野で見てあげられると良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



口の悪い人・・・イエ、正直な人に
もはや 宗教がかっている とまで言われていますが
正しい クラブの扱い でボールを打つと
たいしたヘッドスピードでなくとも 満足の距離を簡単に打てます。

それを信じられず、グリップを動かさず ヘッドばかり振る人は
ヘッドスピードの数値は高くても
そのクラブなりに飛ばすことは出来ません。
キャスト_大_Moment(2)キャスト_大_Moment





数値で言うなら 正しく打てる人のヘッドスピード36ms に
ヘッドを振る、肩を揺さぶる人の 42msは 勝てない 可能性があります。
それは 36msの人が 7番アイアンで打つのに
42msの人がピッチングウエッヂで打つのと同じです。

確かに 同じ条件ならば ヘッドスピードの高い人の勝ち ではありますが、
私たちの年齢で ヘッドスピードを速くする努力 は並大抵ではありませんし、
それをラウンドを通して 18ホール維持するのは もはや不可能…と言えます。

それならば 意を決して、今までのクラブ扱いを捨て去り
より簡単に距離を稼げ、そして より安定度の高い
ごくごく当たり前の、物理法則の乗っ取った打撃に変えるコトをお勧めします。
入信???   
・・・うちは確か浄土真宗だったかな・・・???



耳タコ…ですが、ヘッドは重さの権化です。
その重さは運動によって 二乗増し していくのですから
放っておかなくては 自然に動けません。
放っておけば 自分に近づき 近回りをしてくれるのですから
遅れが最小限で済みますし、その遅れがロフトの立ち を生むのです。

また ヘッドを動かそうとしなければ
重さは 重力方向の「下」に掛かるチカラ ですが
ヘッドを動かせば その力は遠心力という 下ではない
ボールを打つのに、ボールを目標方向に打つのに邪魔な「方向」に
その負荷も二乗倍して、変化してしまいます。
その負荷に 体は当然対応します。
IMG_0148_Moment

からだは開き、左サイドは上がり、右サイドは下がり
入射も緩くなり、ロフトも増え・・・・・・・・どこを探してもよいトコロは無いんです。
まるで無いんです。
まるで わざと飛ばさないよう
まるで わざとミスが出やすいよう
まるで スコアをよくしたくないよう
クラブを振って、ボールを打とうとしているんです。
悩まれるのは当然でしょう。

ヘッドがグリップを追い越すことは
スイングにとって物理的にあり得ない現象なのです。
そして それを『意図的に実施する』ことは
即ち 上手くならないコト を示すのです。

その「思い込み」が からだの回転の 体を
全然関係のない部位に錯覚させ、正しいからだの回転 と言っても
共通の部位にならないのです。

その「思い込む」が まるでトンカチで木を切ろうとしているような
クラブの機能がまるで発揮されない使い方になってしまうのです。
これでは クラブのことをとやかく言っても無意味でしかありません。
もう喜劇を通り越して 悲劇の世界です。


ヘッドがグリップを追い越すように
肩を揺さぶって ボールを打っては
ロフトが大きくなり、入射が緩くなるので
ボールを打つ前に 必ず ソールが地面と接触します。
よって 距離制限をしたいアプローチでも
ロフトを寝かす、入射が緩いので飛ばない のも伴い
必要以上に速く振るしかなくなりますから
上手く行く可能性が非常に低いうえ、
アプローチに不必要に上げる球筋しか打てません。

そして 上手く打てれば ショートする のです。
kumasan201810 (2)_Momentkumasan201810 (2)_Moment(2)








また それに輪をかけるように ヘッドがグリップを追い越す を
思い込んでいる人の パッティングは 肩を揺さぶった
しゃくったパッティングストロークになりますから
ボールがちゃんと転がらず ショートしがちです。
ショートしたアプローチのパッティングを しっかり打てるはずもなく
目立ったミスもないのに ダボやトリの繰り返しになります。
目立ったミスに思えないから改善点も見つかりません。

ヘッドがグリップを追い越す「思い込み」は
右を向いて ひっかけて打つ ドライバーになります。
ヘッドの返しが間に合わなければ プッシュスライス
ヘッドの返しがきつすぎれば、体の開きが速すぎれば ひっかけフック です。

ヘッドがグリップを追い越すショットは
スイングの是非が 左手の握力に依存しています。
その低下はラウンド中で感知し辛く 一番変化の大きい箇所ですので
ラウンド後半 スライスかひっかけが止まらなくなります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5

からだの回転 と連呼してしまうのは本当は嫌なのですが、
重要なので 耳にタコを作ってお読みください。

からだの回転で 最も避けたい ことは
からだ と言う胴体、骨盤から上の上半身、
股関節を境の上半身を からだ とするのではなく
肩、肩甲骨を揺さぶってしまうコト です。

そして これは大半の人が無自覚 です。

この 肩の揺さぶり、肩甲骨の乱用 は
その無自覚な人にとって からだの回転 なのです。


私が からだ と指すと それは股関節を境にした上半身のコト ですが、
その無自覚な人にとっては 肩甲骨周りの肩ライン なので
当然 話が食い違います。共通な認識が確立されません。
しかも…無自覚に行っているので 意味不明に陥ります。



✋その主たる 呪いから解放されないと前に進めない のです。


〇 〇 その原因の一つに
 ヘッドの重さの使い方 があります。

 耳タコで読んでもらいたいのですが、
 重さ・・・というのは そこに留まりたがる、動きたがらないエネルギー です。
 その重さの数値が エネルギーの値 です。
 弊社の悶絶クラブは強調していますが、そうではなくても
 ゴルフクラブの総重量の6割以上は
 長い棒の先に集中して 位置 しているのです。
 
 重さ だけでなく
 長さ と言う掛け算 を基礎に
 それに 運動の速さ という掛け算がさらに積算されるので
 その 重さの数値は飛躍的に高くなります。
 👉イコール よりそこに留まりたがる のです。

 ヘッドはシャフトでグリップとつながっているのですから
 からだの回転通り 腕が動き、
 その腕が握っているグリップが移動すれば
 どの道付いてきます。

 重さ…がある、そして運動により重さが増えているので
 より近道、運動の主たる 自分のからだの回転に近づいて
 近道をして ヘッドは付いてきます。
 その近道を通ることによって 体の正面、
 ボールと対峙した時にインパクトが間に合うのです。

 そして 結果は円を描く のです。

 それをハナから ヘッドは円を描くもの→描かせるモノ
 ヘッドは動かすモノ として ヘッドをたくさん動かそうとすれば
 動かすほど重いモノをよりたくさん動かすには
 グリップも体も止めねばならず、道のりも増えるため
 体の正面 という時間に間に合いません。
 だから 手を返して…という本末転倒に陥るのです。



 小さなアプローチでも
 その振り分だけ からだの回転で
 グリップを移動させることが基礎中の基礎 です。

MVI_0817Trim_Moment(7)MVI_0817Trim_Moment(5)MVI_0817Trim_Moment(6)






 『このアングル』から撮影して
 体の向きが変わるので
 結果として 打ち終わった後
 ヘッドの方がグリップよりも 蕁兵命疹紂砲僕茲泙后
 ヘッドがグリップを追い抜いたのではありません。

 もしも 体の向き通りに 自分の周りを動くカメラで撮影していれば
 グリップとヘッドの相関関係はほとんど変わっていない のです。
IMG_0093_Moment(3)IMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment










ですので こうではないのです。

 粗悪なレッスンなどでたびたび登場する
 振り子のアプローチ が典型的な地獄への入り口 ですね。

このよく考えればわかる こと
固定されたアングルでの撮影に対し、
からだの向きが変わって起こる現象を
単に マネ してしまうことが 肩の揺さぶりを招き
からだ・・・とはどこなのか 大変深刻な問題を生んでしまうのです。

MVI_0817Trim_Moment(6)MVI_0817Trim_Moment(5)MVI_0817Trim_Moment(7)




こちらが普通のショット。
そのクラブなり、そのクラブのロフトなり、そのクラブの長さなりのショットで
意図的に低い球を打とうとか そういうのではありません。
ごくごく普通のショットです。




IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment(3)こちらが特殊なんです。
これでは そのクラブよりも
 大きなロフトで
そのクラブの長さよりも
 緩い入射角度で
そのスピードで打った時、
本来飛ぶ距離よりも わざと「飛ばさない」
しかも 難易度の遥かに高いショットです。
こういうショットも「無い!」とは言いませんが、
無い方が 世のゴルファーの為 と断言できます。 要りません。

そして 恐ろしいのは このショットそのものよりも
耳タコですが、からだの回転 というは 肩の揺さぶり であり
重い・・・そこに留まる力の強い ヘッドがグリップを追い越す
という 甚だ非常識なトンでも概念を生み出します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


当たり前のコト、と言うのは思いのほか 難しいのかも知れません。

ゴルフスイング、ゴルフショットは
打ち手、人間がなにがしかの動作をして
グリップを移動させるから ヘッドが移動し
そのヘッドがボールに当たります


グリップを動かすコト、移動させることで ヘッドを動かせば
ヘッドの移動速度や移動ラインは
自分が直接携わることの出来る グリップの移動の仕方で
自分が関与することが出来ます。
ミスが出たとしても その修正は比較的簡素な修正で済みます。

キャスト_大_Moment(2)キャスト_大_Moment
しかし、多くの人は
グリップを止めるコトによって その反動というか
ヘッドに残る移動の慣性でボールを打とうとしています。
慣性…というと聞こえは良いですが、惰性 に等しいですね。
✋ヘッドを1m移動させるのに グリップは10センチも移動しません。
 インパクトをどこかのポイント ある1点 1mmの部分とすると
 その1mmのポイントを作るのに グリップはその1/10 0.1mmです。
 ここでインパクトを管理するのですか?

✊これでは ヘッドの移動速度 移動方向などが
直接携われる グリップで管理しきれず、
グリップと同じ速度、同じ方向にヘッドが動きませんので
ミスが出た時の その修正は非常に難解になります。

ボールに当たる ということでは それでもいいかも 知れませんが
グリップよりもヘッドをたくさん動かす 打撃は
たくさん動かせば動かすほど
 ✋入射角度が緩くなり、ロフトが増えます。
 より飛ばなくなるのです

だから より速く動かすので より入射角度が緩くなり、ロフトが増えます。
しまいには それによって作られる遠心力・不可抗力によって
 より入射角度が緩くなり〜もしくはしゃくり、煽り軌道になるほど
 よりロフトが増える という素敵な循環に入ります。
 ああああ これがレッスンで稼ぐ方法なのかも…。

✊ですので 皆さんが体験していると思いますが、
 比較的 ロフトの大きなクラブ 9番アインやピッチングウエッヂ
 特にウエッヂショットで、うまく打てば打つほど ショートする
 という現象が現れます。


ウエッヂで打つ ロブショットは ロブショットと呼ばれ 珍重されますが、
皆さんは 7番アイアンでも、ユーティリティクラブでも、ドライバーでも
ロブショットを打とうとしているのです。
IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(3)









知っての通り、ロブショットは 通常のアプローチよりも
圧倒的にミスの確率が高く、そのミスもかなり過激な痛手になるミスです。
ゆっくり振れば 地面につっかかり易く、
かと言って 速く振るとより難しくなりますが、速く振らざるを得ません。
・・・どう考えても、ロブショットをフェアウェイウッドで行ったら 難しそうでしょ??
  だから フェアウェイウッドが打てないんですよ。

砂の質や状況によっても異なりますが、
足場の緩い バンカーからロブショットを打とうとしたら どうなるでしょう?
チカラのない女性に可能でしょうか?

ロブショットとは そのクラブの長さとは関係なく
圧倒的に緩い入射角度で ロフトを大きくして打つショット です。
飛ばないと悩んでいる人が やるべきことではありませんし、
ミスを少なくしたい、スコアを良くしたい と思っている人が
やるべきことでもありません。
 ゴルフのルール上、禁止にしても何ら問題がなく、
逆に多くのアマチュアゴルファーが救われるのではないかと思います。

無意識の内にそうしてしまっているゴルファーが
日々、大量発生中ですが、
ゴルフは当たり前に グリップを移動させるから ヘッドも移動するんです。
 ✌シャフトでつながっているのですから


グリップを移動させることで ヘッドを移動させれば
移動の方向も、もちろん上下左右ですが、
移動の速度も グリップの移動なり です。
ところが ヘッドばかりを動かすと
その移動の方向は 場合によって、半分のケースですが反対になります。
速度に関してもそうです。
ビデオ_Moment

これでどうやって 似たような球、似たような距離 を打ち
そして ミスになってしまうコトの修正をするのでしょう?

飛ばしたくない
上手くなりたくない
ナイスショットなど単なる偶然
スコアなんかどうでもいい
を体現しているとしか思えません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote






からだ というのは その言葉の通り
からだです。
皆さんが動かそうとしている部分は 肩で、
それは腕の一部で体ではありません。
922a6798

ほぼ9割近いゴルファーは
腕だけでテークバックし、
そのせいで クラブが大きく開き
ロフトがどうなる、以上に 
フェースがボールに向いていないので
フェースで打つため、ヘッドターンをします。

そのヘッドターンですら、
基本は クラブを持った自分が からだを回せば済む
筈の問題です。

アドレス・・・ というのは
その構えが打撃の基準になり、
打ちたい方向によって
スタンスの向き 等が決まってきます。
ミスは致し方ないにしても
結果のズレ を 修正しながら
スイングの確率、ミスの防止、ミスのパターンなどを
掴んでいくものです。

よく言われますが
「ゴルフは 止まっているボールを打っているのに…。」
まあ 野球やテニスとの比較だと思うのですが、
皆さんは 本当に止まっているボールを打っていますか?

アドレス時、
ボールはだいたい 左股関節〜左ひざ の前辺りにあります。
スナップショット 1 (2018-02-13 13-07)

 脇道に逸れますが、
アドレスの向きの スタンスがクローズ、オープン によっても
からだに対するボールの位置がかなり大きくズレます。
その曖昧な クローズ度合いやオープン度合い によって
ボール2個程度は簡単にズレてしまいます。 これ要注意です。

アドレス時の ボールを左靴かかと/左ひざの正面 としておきましょう。
スタンスの幅によっても異なりますが、胴体にとっては左胸の前 あたりですね。

しかし 振り遅れてしまい、体が大きく開いて インパクトを迎えると
靴〜スタンスにとっては 左靴かかと ですが、
脚にとっては かなり中(右)に入ります。
右靴までズレたでしょうか・・・。
mh
そして 胴体にとっては
茲龍擦料阿砲△辰身Δ離棔璽襪
右の胸よりもさらに右になってしまいます。

この時に注意する・・・いや 注意しても無駄なんですが、
単に体が開いただけで ボールは大きく中に入る形になりますが、
これに更に 体が上を向く動作 が入ると
更に ボールは右に移動する形になります。

そして 困ったことに 手で振るスイング、フェースターンするスイングの場合
からだが開くのと
からだが上を向くのに
関連はありますが、規則性がないので
毎回 その度合い、関係はバラバラ。

つまり インパクト時のボールと自分の体との位置関係に
規則性がないのです。

✋これって ボールが動いているのと同じじゃないですか?


体の回転に同期して、体の回転で打つのであっても
タイミングのズレなどによって ボールと体の位置関係はズレますが
それはシンプルに一種類のモノで済みます。
シンプルなミスで済むので 修正が容易、
自分で気づけば ラウンド中でも修正することが可能です。

oto_Moment


振り遅れの手打ちのスイング(スイングと呼ぶのが正しいかどうかは割愛します)では
ダウンスイングと呼ばれる行為が始まるところが
一番左サイドがボールに近く
インパクトに近づくにつれ、左サイドはボールから離れていきます。(体が開く)
イコール どんどん ボールが中に入ってきます。
そこから 肩で上に振りますから
からだが上を向くので さらにボールが中に入ります。

ですので ショットのたびに ボールの位置が動いていることになります。

結果、アドレス時 左胸の前にあったボールを
体の右横 90度近くも中に入れて打つのですから
いったい ぜんたい アドレス時のスタンスの向きや
アドレス時のボールと体の位置関係には何の意味があったのか
というほどのモノです。

そうなると 深刻な問題は・・・
勿論 体のねじれによる故障は深刻ですが、
技術的な部分で深刻な問題が発生します。

 アドレスの構えや向きに重要性が薄くなるので
アドレスの意味がどんどん消失していくでしょう。
トッププロ…と呼ばれている人たちのアドレスを見ても
なんだか 奇妙なものが増えています。

昔 某大物プロが
「プロが練習するのは当たり前。
 練習して体を壊すようなスイングじゃあ
 プロとして飯が喰っていけないぞ!」と言っていたのを思い出します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ヘッドを動かしたい(グリップの移動ではなく シャフトの振りで)
と言う気持ちはわからないではないけれど
それは そのままロフトを増やすことにもなり
重さとの戦いになるから 筋力勝負になる。

そこは 乗り越えてほしいトコロ ですね。

スナップショット 1 (2017-01-13 12-27)スナップショット 4 (2017-01-13 12-29)スナップショット 6 (2017-01-13 12-29)








ヘッドはグリップとシャフトでつながっているのだから
腕の補助も使い、からだの回転で
グリップをどんどん動かす
 ヘッドを動かしたければ 量も、速度も、方向も 👉グリップを動かす

グリップを動かすコトを主にすれば
前傾も保ち易く
からだの回転も促進されやすい
並行して 傾きを維持したままの回転が出来やすい
重さと闘えば、重さは回転に対し 錨の効果になってしまうが
重さを放っておけば その重さの落下が回転に使い易い
ゴルフクラブは構造上、そうなっている。

問題は 概念というか、思い込み、気持ちのみ。

技術的には 重さにも逆らわないし
その重さが補助になってくれるのだから
かなり 楽になる。



足し算 引き算をしよう
 今までと違う 動きを考えた時
 ✋右ひじの動きを増やしたとき
 ゴルフのスイングはトップオブスイングにしても
 インパクトにしても だいたい 所定の場所
 だいたい決まった場所ですから
 なにかが増える ということは その分何かが減ります。
 ✊右ひじの張り、曲げた分の高さ を取った時
 その分 左腕の動作量も減るのです。 
e8e506c0-s

 特に今まで体験したことのない
 からだの回転で直にクラブが移動させた時、
 その分、腕でクラブを移動させる量は大幅に減るのです。
 今まで 充実感いっぱいだった 重さをブン回す感じが
 からだの回転に取られてしまう感じは
 なかなか馴染めないのかもしれません。
 特にからだの回転の場合、
 今までの腕の 縦横の仕事をほとんどとってしまう
 大変有能な社員ですので・・・。

  重さに逆らい強引に腕で動かしたのを
 腕よりも遥かに筋力のある体幹が
 より軽い状態でクラブを動かす と言う認識が必要です。

 双方 増える増える では ボールは打てません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

   

これは本当に「気持ち」的には難しいのかも知れません。
なかなか乗り越えられないモノ なのかもしれません。


IMG_0321_MomentIMG_0321_Moment(4)






.哀螢奪廚琉榮阿ヘッドの移動
  →クラブのヘッドは捨て置く


弊社のシャフトは市販のシャフトの比べ「ぐにゃぐにゃ」と
言われるほど 柔らかい ですが、
それでも ヘッドはシャフトでつながっています。
(比較 ドライバー 振動数250pm / 120cpm)

ヘッドが抜けたり、シャフトが折れたりしません。

ましてや 殆どの人は カチカチの硬さのシャフトで
ゴルフを覚えているはず です。

シャフトでヘッドはグリップとつながっているのですから
ヘッドを動かそうとしなくても グリップさえ動かせば ヘッドは動くのです。

 

このスイングは
 ヘッドは動かすモノ
 ヘッドを動かすためにグリップはどこかで止める

と言う意思が見られます。

牽引する車 の話であれば
 前の車が動けば 後ろの車も動きます。

このクラブの扱いでは
 勢いをつけて置き いざ ボールを打つ時
 前の車が動きを辞め、その勢い(反動や慣性)を使って
 後ろの車を動かしている そういう動かし方 です。


こちらは素振りではありますが
〇グリップを動かし続けるコト が ヘッドを動かすコト
と言う動きです。

正しく ゴルフクラブの機能を使い、
 からだの回転通りにクラブを動かし行くには
 こちらにしないといけないのですが、
「ヘッドを動かさないとボールは打てない、
 ボールはヘッドで打つのだから…」

と言う基本になる意識がある限り
 この動きには絶対に到達出来ません。

ゴルフクラブは 1mもの長い棒の先に重さがあります。
そして それだけではなく
 長いが故に 自分やグリップよりもヘッドの方が移動速度が速くなります。
それは 重さをどんどん増やしますから
 物理的には どんどん 動きたがらなく なっていくのにも関わらず
△同一円上をヘッドが動く
△クラブの長さ通りに円を描く

をつくろうとすれば、どこかでグリップの移動を辞め
ヘッドを「意図的に」多く動かさなければならなくなります。

その動かし方が
 👉ヘッドを多く動かしているのに
  その行為は同時にロフトを増やす動きになるから
  振っても飛ばない
 👉遠くへ飛ばすスイングとアプローチなどの
  遠くに飛ばさないスイングに共通点を作れない
 👉グリップの移動そのもの ではなく
  グリップのこねくり によって ボールを打つので
  距離や姿勢などの安定を生めない

になるのです。

ビデオ_Moment


✋腕の補助も入りますが、体の向きの変更でグリップを動かし、
 その運動によって 更に増えた重さ分 留まろうとするヘッドは
 そのまま捨て置き、
 ヘッドはどの道 シャフトによってつながっているのですから
 その重さに抵抗せず、グリップを動かし続ける


  というのがゴルフスイングです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



スイングをよくする →正しくする

ことは 飛距離も伸ばし、方向安定性も生む
のは分かっているとは思いますが

全員に聞いてみることは不可能だけれど
肌の感覚で言うと
「その動作、その格好、その型が何の意味があるのか?
 何をするためにその格好、その型にするのか?」

というのは 殆ど考えていない と思うのです。

暗黙の了解的に
 そうすると 上手くいく、そうすると 上手く打てる…だろう
程度なのだと思います。
mittan_Moment


しかし ゴルフは人間が行い、
殆どの動作には 意志、理由が伴います。
今のスイングの恰好、スイングの『さま』は
グリップにしても、アドレスにしても、
テークバックの上げ方にしても
今までのショットの積み重ねの中で
自分の一番したいコト →インパクトでどうボールをさばくか
の影響をものすごく大きく受けています。
それがすべてと言ってもよいほど。
それが結果 悪い動きだったとしても
 その肝心かなめの 自分のやりたいコト の呪縛から離脱 しない限り
型を真似ても 飾りをつけているに過ぎません。

例えば インパクトを手の返しでさばきたい 限り
必ず ダウンスイングで ライ方向にリリースしますから
その準備として テークバック時 ライ方向にクラブを起こします。
右ひじを張って トップを作る 形を追いかけても
そこに 自分の本当にやりたいコト ライ方向にクラブを上下させる
が根付いている限り シャフトクロスに陥ったりします。
右ひじを外に張り、曲げた分上げる というのは
からだの回転でボールをさばくため 
 の手段であり目的ではないのですが
その肝心な部分(手の返しでボールをさばく)が今まで通りであれば、
余計なアクションが増えたに過ぎません。
IMG_0398 (2)_Moment

 
また、ローテーション、手の返しでボールをさばくには
左グリップが支点になる必要がありますから
左グリップが クラブの重さ、クラブの回転を支えるほど
握っておかなければならず ここは変えられない・・・
変えたら クラブがすっ飛ぶか
ローテーションが出来ません。

ですので グリップを一時的に変えてみても
数球、ほんの2.3球打てば元に戻りますし、
コースで疲労の影響を色濃く受けやすい握力は
どんどん 茲離哀螢奪廚鮨爾握るようになります。

👉それによって 気づかぬ内に 茲鉢薀哀螢奪廚虜垢離れ
アドレスが狂ってくるコト〜ボールの置き位置がずれているコトが
 ラウンド後半に出るミスショットの
非常に大きな原因だったりもするのですが…。


ボールをからだの回転で打つメリット
と言うのを信じていない可能性も否めません。
手でローテーションした方が
 クラブを振った実感・充実感も伴いますし
過去の記憶の「飛んだ」とも結びついています。
体を痛め無さそうなのも
安定度も高そうなのも なんとなく想像がついても
飛ばない ・・・ 叩けない ・・・ 打撃の実感がない ・・・
打つ͡コトソノモノを自分で行いたい ・・・
あたりの 非常にベーシックな欲求が満たせない のもあるかもしれません。



はっきり言えば
そこそこゴルフを年数やっている人であれば
正しくクラブを使う というコトに関して
覚えなければいけない、あたらしい技術は何一つありません。
既に その技術・体さばき はもっています。
しかし なにぶん、意志や欲求のある人間が行う ので
その 頭の中 というか、 
 考えや思い込みが それを妨げているにすぎないのです。

スイング動作の意味が見えて、
それを満たしたい という欲求さえ身に付けば
素振りであれば 数球でスイングは変わります。
実際、軽く打つ程度なら 1時間で動作ははっきり変わります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

   

ゴルフスイングを直したい
と言う気持ちは誰しも …全員とは言いませんが
ゴルファーの約束とも言える「標語」になっています。

メリークリスマス☆…クリスマス・・・ ですが
サンタさんの頼んでも 良いスイングは届けてくれない
とのコト…です。


飛距離アップ
安定性アップ

と言う点においては 「正しく」スイングを良くすることは
非常に効果があります。

✋何より 正しいスイングは体を壊しません。

が、
そのスイングを その動作の真意、目的を考えず
形や型だけを真似ては
身に付くことはありません。
それが どんなタイプのスイングであっても…です。
 そのまんま 型をマネするに過ぎません。
うわべだけ、格好だけのスイングは
 その人の動作に刷り込まれることはありません。

ハミングバードの唱えていることは 昔から言われている
ごくごく普通の、ごく常識的なことなのですから
それも致し方ないとは思いますが、
唱えている人が その動作、その型の真意を理解されず
形ばかりを教えてしまう
例が少なくない ようで
それは ちょっと害がありますね。
意味の分からない型は覚えてもコースでは使えません。
練習場キング を目指すなら別ですが…。


スイングにおける 動作 は
例え それがグリップの恰好・型にしても
アドレス にしても 必ず 理由・・・意図があります。

何かの目的、何かの理由があって
それを行うために 結果として その型 になるのです。

ですので その目的、意図が変わっていないのに
型だけを変えても 身には付きません。
コースで発揮されることはありません。

なぜならば ショットは 意志を持った人間が行う からです。


参考例をあげましょう。
二つの動画をご覧ください。
片方はショットではなく、素振りの段階ですが、
この二つの時間差は『1時間程度』です。



評論・結果論だけあげれば
左のショット の方は
振り遅れ〜手遅れのカット打ち 
体を開いて 手でクラブを振る、俗に言うアウトサイドイン です。
一見 迫力はありますが、
振れば振るほど
 👉ロフトが増えるか、
 👉軌道が上向きになるか
 👉フェースが開くので 高い球になるか
ですから、飛距離にもなり難く、安定性も欠きます。

練習量や運動神経でカバーする人はこれでもスコアにはなります。
インパクトはこの形、グリップや体の姿勢はこんな感じ
『自分独特のインパクト』を練習で会得した人は
往々にして どう振っても結果は変わらない と心の底で思っているので
スイングそのものをなめているケースが少なくありません。

一方 右の素振り ですが、
この変化、差異は 形の猿真似 では絶対にたどり着けません。
スイング軌道は大幅に違いますし
ヘッド姿勢もこちらの方が締まったロフトでインパクトできるので
安定して 飛距離を稼げます。

動作の意味 動作の目的 が分かれば
この素振りは 打撃とつながっていけます。

何を意識すると この変化が起こるのか

IMG_0398 (2)_MomentIMG_0401 (2)_Moment













実は トップの形の差異 については
何も言ってないに等しい状態なのに
トップの形でもこんな差が発生しています。
 いったい それはなぜ、何によって起こったのでしょうか

 (明日に続く)   
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


多くの人が 軽いヘッド・硬いシャフトで
ゴルフを覚えた流れから脱却できず
クラブを下に振ろう とします。

ゴルフスイングの場合
前傾姿勢によって 横の動きに下が入り
斜め を形成するので
混乱を生みやすいですが、
フェースターンという 理解しやすい 横の動きよりも
下に振る という縦の動きの方が厄介なのです。

言葉で説明すると
ゴルフスイングは体の回転と
腕さばきの双方によって
グリップが移動します。

そしてその分ヘッドも移動します。

スイングの時間進行通り であれば
体が右向きが 正面に向かう過程と
グリップそのものが クラブや腕の重さも伴い
 腕の作用によって位置を低くすることによって
結果 ヘッドも元の高さ〜ボールの位置に到達します。

トップのヘッドの位置が2mの高さと仮定し
その量を大まかに配分すると
前傾姿勢のある体の回転で 1m20cm
腕の作用によってグリップを下げる量 0m40cm
慣性によって下がる量 30〜40センチ 位でしょうか

実質的には腕でヘッドを下げている量は
40センチ程度なのです。
   …ただし 体の回転の時間進行通り であれば!! ですが。

ところが 長年 体の回転の進行に乗らずに
スイングをしている習慣があるがゆえに
全部! とは言いませんが
その2mの高さの 半分近くを 腕でヘッドを下げる習慣が付いています。

ヘッドを下げるには グリップの移動を止めなくてはなりませんから
クラブを振る となると 必ず下に振る習慣が身に付き、
腕の重さも伴い、クラブという重量物を振った重量感〜充実感に
多くはないながらも 成功体験が結びついていますから
そこからなかなか脱することが出来ません。

俗にいう 叩く感触 ですね。

体の回転 という時間進行を利用すれば
前傾のない状態であれば
大げさには胸の高さ、少なくとも腰の高さにあるボールを
靴の高さまで下げるのですから
当然 インパクトのタイミングは スピードという意味ではなく 「遅い時期」
「長い道のりが故のタイミング」になります。

本来の高さよりも 低いボールを打つのには
空間を作り出さなくてはなりませんから
体が起き、体が開き、ゆえにディッシュアングルを消失したりするわけです。
スナップショット 1 (2018-05-19 20-35)
この素振りが典型で
この素振りを本当のショットに応用すれば
必ず 前傾は消え、体は開きます。

 最近では前傾を 側屈 体の横の傾き に変える
 意味不明な用語まで開発されている次第です。



自分はヘッドを下に振っているつもりでも
下に振れば振るほど 体は上を向くので
振る度合いと 左足上がりの度合いが増えているのとおなじで
クラブを通すスペースがどんどん無くなっていきます。
ですので スイングを急がなくてはなりません。

ゆえにこの手のショットをするひとは
ハーフスピードやクオータースピードの
動作スピードを調整することがとても苦手です。

また ロフトを開いて、上に振る動作をするので
クラブが長く、ヘッドに奥行きのあるフェアウェイウッドが不得意です。

その多くの人が
ダウンスイング後半の インパクト直前で
ヘッドをリリースして、グリップの移動を止めてしまいます。
そのまま グリップを移動させていれば
 順序で言うと 先に腕で斜め左に下げ
 あとから体でその移動を引き継ぐ その流れのまま
グリップを移動させていれば 届くのに・・・
直前で その流れを切ってしまっています。


地面にあるボールを届かせるには
「グリップ」を下げるコト!
そして 体の時間の流れを逸しない
 時間を無駄に浪費しない近道をするコト で
気分を優先して
 ヘッドを下に振る遠回りは
 多くの問題を内包した振り遅れを作るに過ぎない と
気づけるかどうかが分かれ目になると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



これも確認ため 訂正 しておきましょう。


振り遅れ 振り遅れ と連呼してしまっているので
振り遅れを取り戻そう 取り戻そうとしていますが、

実は『振り遅れは問題ない』のです。

問題なのは 手遅れ なのです。
時間 と言う意味の 手遅れ ではなく
体の部位の『手』が遅れている と言う意味です。

2013-04-06 12-19-18.455_Moment2013-1







ゴルフクラブは 先端に重さのある長い道具です。
非常にシンプルに考えれば
 打ち手がなにがしかの動作をすると
 グリップが動いて、結果 ヘッドが動きます。
 そして そのヘッドにはボールをどかすための特出した重さがある
 のですから、運動が加わった分 ヘッドは遅れます。
 インパクトに向けて 動作も早く成ってくのですから
 どんどん 遅れます。

 遅れていいんです!   ヘッドは。

 その遅れがあるから クラブやヘッドは近回りし
 インサイドから入ってこれます。

 その遅れを 『フェースの下向き/ロフトの立ち』 に変えれば済むのです。

 幸い スイングには傾き、前傾姿勢があるので
 アバウトですが、ダウンスイング→インパクト直前あたりまで
 左サイドの方が低く
 両方のグリップで言うと 茱哀螢奪廚諒が低くなり易い 状態。


ところが 手遅れは
体に対し 骨盤や太ももに対し
グリップが右にズレ過ぎてしまうと
腕はねじられ 茱哀螢奪廚諒が高くなってしまいます。
これでは ソールがボールに向きます。

down_swing
左グリップの方が高く 右グリップが低い状態では
それに沿った 体の姿勢になっていきます。
俗に言う 突っ込み とか、 右サイドの下がり、体の開き です。
 

 だから ローテーション ヘッドの返し という
 同じ球を二度と打てない様な打ち方の練習に
 ゴルフ人生を生涯かけるコトになるのです。

ヘッドなんて放っておけばいいんです。

グリップを動かせば つながっているんですから
絶対にヘッドも動きます。


問題なのは 手が遅れないコト。

手が遅れてしまっては すべてが台無し。
手が遅れないよう アドレスもグリップもテークバックも
出来るだけ 対処しておかなくてはならないのです。

からだの回転で ヘッドの重さを引っ張る クラブを引っ張る
その挙句の果てに体を止め クラブを返す

 なんてのは 愚の骨頂で
頭の悪い人に任せておきましょう。

ゴルフは大人の遊びです。
知恵を使えば そこの部分は もっと楽が出来るんです。

そのための「悶絶クラブ」でもあります。





手遅れ=振り遅れ ではありません。
ゴルフショットは 意図的に振り遅れて打ちます。
ゴルフクラブは どう考えても、逆立ちしても
主たるエンジンの体の動きより遅れるに決まっています。
これが体を追い越すなんて おサルさんに申し訳ないですが
おサルさん以下の発想です。
そして はっきり言っておきますが、
手遅れを取り戻そうとする動き は
イコール カット打ち こすり打ち アウトサイドイン そのものです。
振り遅れを取り戻そう としないと ボールは打てませんが、
ボールを打つと 必ず カット打ち、こすり打ち、アウトサイドイン、
その振り方のナイスショット、正しい弾道は
 弱弱しい スピンの多い、風に弱い、右曲がりの球 です。
そのスイングに対しては それが正解。

それ以外の弾道を望むのは酷です。

まあ 右サイドが下がり、体が開くので
ダフリやトップ、チョロやシャンクのミスは仕方ない かも ですが
左曲りの… ドローボールを打とう…なんて
不可能とは言いませんが 空を飛ぼうとしているのに等しいトライ
と言えるんですが、まあ 一生かけてトライしてみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


シャフトクロスと話が被る場合が多いですが、
オーバースイングも「手遅れ」の原因になります。

スナップショット 1 (2017-11-13 14-55)

オーバースイング自体 シャフトクロスと同じく
過度でなければ気にする必要はありませんが、
度合いが激しいと やはり ダウンスイングをするための
左腕のラインに乗るまで
 時間が掛かり 『手遅れ』になってしまいます。

これにもポイントが点ありますので
 気にされている方はトライしてみて下さい。


.ラブを起こすのが遅すぎ

 根本的に クラブヘッドは 移動方向、進行方向に面した部分がIMG_0058Trim (2)_Moment(3)
 打撃面〜フェースになっていますから
 俗に言うコッキング、クラブのライ方向の動きは
 ボールをこすることになりかねません。
 ✋可能性はかなり高くなります✋
 いつの間にかの自然な形でのコッキングは構いませんが
 コッキングをする、ということは
 帰り〜ダウンスイングには アンコッキングの方向にクラブを動かさねばならず
 人間の腕や肘は 逆には折ることが出来ませんから
 ひじや手首を痛める原因になってしまいます。
 クラブは 体の前傾姿勢通りの傾斜 が基本で
 腕でそれの角度を増やすに過ぎず
 行きも帰りもその軌道に沿った動きであるのならいざ知らず
 それに対して 垂直な関係にあるライ方向にクラブを動かせば
 余計な遠回りになり やはり『手遅れ』の原因になります。
 体であっても、腕であっても
 クラブはロフト方向にしか動かしてはいけません。
 だって ボールをフェースで打つんですから^^


 それはさておき
 オーバースイングを気にする人は
 スイングが大きいと思って
 上げるのを「抑えようとする意識を持つ」傾向にあります。
 それが逆にオーバースイングを生んだりします。

 弊社では ドリル として
 先に腕だけ動かし、後から体を回す を推奨していますが、
 (この場合、ライ方向に動かしてしまいますけどね…)
 オーバースイングの場合 まさにこの逆で
 体だけ先に回し   ・・・まあ 捩じっているんですが
 その慣性を利用して テークバックの後半に腕を動かします。
 慣性を使っているのですから
  当然 自分の動作プラスアルファ になります。

 コッキング動作・・・ライ方向のクラブの動きは
 こすり球の元になるので 全くもって推奨しませんが、
 どうしても するのなら
 先にクラブを起こし、後から体を回す意識を持ってください。



スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)ce17f420













∈枯咾鯑阿しすぎ
 
 正しい意味で  『脇を締めろ』 とは
 体の側帯の前に腕を置いておくことです。

 お馬鹿さんだなー と思うのは
 よくテークバックで
 右わきを締めて、左わきをがら空きにしておくコトで
 それ以降、ダウンスイングのことを考えておらず
 意味も分からず その言葉は結構、頻繁に使われています。

 ダウンスイングは 右から左への動作、回転です。
 その一番 進行方向前にある 左腕がものすごく位置移動をしていて
 右腕が殆ど動いていない のですから
 前がつっかえる、渋滞になってしまいます。
 これでは利き腕である右腕が使えません。

 例えば アドレス時 両肘先端とそれに相応する脇腹 肋骨あたりに
 シールを張っておいたとしましょう。
 動作をしますから 肋骨のシールから肘先端までの距離は
 離れていきますが、その量が左右似ている必要があります。
 …だって 目的は動作の形を作ることではなく、ボールを打つコト ですから。

 今まで 左腕ばかりを動かして スイングを始めた人に
 いきなり それを辞めろ は厳しいかも知れませんが
 少なくとも意識 としては
 『茲良から先とゴルフクラブは アドレスの位置に
  置いたまま テークバックを始めてください』

 実際には不可能ですが、
 右ひじをやや外目に張ることと同じく
 左ひじもやや外目に張る『意識』です。

 なんとなく胸を開く…そんな感じにも近いかも…です。





 まあ 個人的な感想ですが、
ヘッドの重さを利用してスイングしろ
と言う言葉を変な形で採用しているのかな…とも思います。
テークバック、上半身を捩じると、 その量はほとんど回っていない
 正面を向いたまま 左腕とクラブが 円を描いていきます。
テークバック初動でその動きが 数センチでもあれば
 もうどうにもなりません。 その時点で『手遅れ』確定です。

スイングなんて型なんかはどうでも良いと思いますが、
『手遅れ』で振ると ドライバーでロブショットを打つようなモノです。
飛ばすのには 鬼のような運動性能が必要で、
それに伴い、体が壊れる酷使するコト を
練習によって慣れさせている・・・と感じますね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
 

茵Ыだ妓
蕁Ыだ義


二つのスイングを画像にして抽出
修正後_Moment修正前_Moment









修正後_Moment(3)修正前_Moment(3)










修正後_Moment(4)修正前_Moment(4)









✋修正前のショットは
振り遅れ の 典型的な アウトサイドイン
室内で打っていてもわかる あきらかな 弱いハイボール
✋修正後のショットは
まだ不安定とは言え 捕まりの良い ローボール
トップの位置の深さというか ちゃんとの右向きはものすごく大きな違い

ボールを上から抑える 等
幾つかの注意点はあったけれど
〇どうしても 腕から先にさげられない
〇ダウンで グリップが体から離れてしまう

などを考慮し、打撃のイメージを変えて貰いました。


IMG_0324

アドレス時、ボールは体の正面、左太もも前辺りにあります。

右を向いた時、
実際に打つボールは その姿勢の莢にある関係ですが、
仮想のボール として
右を向いた時…でも
自分の左太もも前 あたりをイメージし
そのボールを 下/地面に対し 振り始め
振り始めたら 体を回す〜体を解放する
 にしてみると


修正後_Moment修正前_Momentまず
明らかに 右向きが変わりました。

二つを見比べると
イメージとしての
目標、打とうとしている
ボールの位置が異なります。

似て非なる状態です。


修正後_Moment(3)修正前_Moment(3) 右を向いている時の
左太もも前 あたりのボールを
下に打つ のと
 右を向いている時の
実際のボールを打つに行くのでは
手順が異なります。

似たような体の向き に対し
グリップの下がり具合が異なります
修正前では振り遅れ
外から振るほかない タイミングですね。


修正後_Moment(4)修正前_Moment(4)
そして 結果 この通りです。

イメージの変更 なので
誰にでも当てはまる訳ではないですが

打とうとするボールの位置
の変更は
スイングの手順だけでなく
スイングを大きく変えてしまうモノ です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5


IMG_2813Trim(3)_Momentスイング動作中での
グリップエンドの位置の基準というのは
上半身でなく 足・太もも  と考えると良いでしょう。

アドレス時は グリップエンドの位置はおおむね
 センターよりもやや茵∈限世發發料亜∈犬Δ舛發睚佞蠅砲△蠅泙后

テークバック〜トップに行くと
傾きの関係もあるので 大きく動いてはいないのですが
その位置関係は…   グリップエンドは右太もも前に少しズレます。

骨盤を回さず、上半身の上でだけ 、73d28d33
肩だけ や 左腕だけでテークバックしてしまうと
その右へのズレは 後々修復不可能な量になってしまいます。

振り遅れ、 手遅れ とは
ボールを上から抑えて打つタイミングを逃す ほど
グリップエンドの位置が右にあることで
スイングの正規のタイミングは
 左太ももがボールを追い抜いた その瞬間 です。



体の左サイドが低く、まだ右を向いたまま が
 インパクト直前の状態・・・。



イメージ・・・ですが、
それを行うには グリップエンドは左太もも
それは実現するには 太ももよりも 更に
にないといけないのです。

ですから 自ずと 動かしていく順番も決まってきます。



ショットは クラブがただ落下する通りに打つ だけ。
IMG_0226_Moment(2)

打ち手のすることは トップの位置その場所のままだと
ボールの位置にヘッドが行きませんから
.ラブの重さ
∈絃縅咾寮莵圓靴唇榮
B里硫鹽
で ボールの位置にヘッドが落ちるように仕向けるコト と
フェースを下に向けるコト だけ です。

そして それが行えるようになってきたら
それを崩さない範囲 動作のスピードを加えてあげるだけ です。



根本的に
 ロフトを開いて、下からしゃくるように打つ のは
番手に関係なくロブショットを打っているようなモノ・・・
それを正規のロフトで当てられれば
インパクトの通過スピードは
今までより格段に低くても飛ばせるのです。
video after_Momentvideo before_Moment
そして そのボールさばきは飛ばすショットだけでなく
アプローチやパッティングにもそのまま使えます。

手のさばきも助力として使いますが、
原則、からだの回転でグリップが動いた分、ヘッドが動く
そのヘッドスピードが 飛距離管理の元です。
    (パターは 腕だけのさばき(除く肩)で良い)







 振り遅れている
からだの回転の一番美味しい時期
・・・ボールの正対している時期 を逃しているコトで
本来は その行為そのものが打撃 なのですから
その時期を逃せば 何か別の
スイング言う 手でヘッドを返して、ローテーションして
代替え行為をしなくてはなりません。

ですので 厳しく言えば
代替え行為を練習して練度を上げても
意味がないのです。

体が正面を向いていく過程で
その前後でボールが打てれば
勿論、体をボールと正対したところで止めて置いて
と言う意味でなく、その行為そのもので打てれば
高い所から低い所への動作の中ですから
色々なモノ、クラブや腕などの重さも使えます

ロフトも締まった状態になり易いです。

体がボールに対し 一番近づいていく中で打ちますから
よく言われるところ「体重が乗る」と言う動きでもあります。

その時期を逃せば 体はボールから離れながら打つのです。
それでは 力が伝わりにくいでしょう。
MVI_0873 (2)(2)_MomentMVI_0873 (2)(2)_Moment(5)













色々なコトを体がしてくれますから
自分の意識として 小さな「何か」はほとんど要らなくなります。

腰を痛めている とするのなら
前傾姿勢自体も 腰には良くはないかも…ですが
それは一瞬で終わります。
離れながら その時期を逸して打つのなると
造語・・・ですが 前傾ではなく、側傾を耐えていなくてはなりません。mh
でないと ボールに届きませんからね。
これは腰に負担が大きすぎます。

✋インパクトで地面を蹴る・・・なんて もう幼稚過ぎて
 言葉なありません。
インパクトでは 地面と掴むんです。

地面反力・・・なんて口にしている人の顔が見てみたいですね・・・
恥ずかしくないのかな・・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
 


ハナちゃん(仮称)の今の悩みは
この間 キャディさんに言われた
「無駄に高い球」になってしまうコトです。

距離は・・・飛ぶに越したことはありません。
不満足と言うほどでは無いのですが、
結構な頻度で出てしまう「無駄に高い球」で
距離を損しているような気がしてなりません。

そこで 噂に聞いている
 横須賀の黒い沼を訪れてみました。

そこには 悩みを解決してくれるという
 黒い太ったガマガエルが住んでいると聞きます。
     *美しい女神とは口が裂けても言えそうにありません……

黒い沼の前で ハナちゃんはつぶやきました。
「無駄に高い球を嫌ですが、
今年 腰を痛めたので 腰が痛くならないように打ちたいです」、
と。

すると 沼から 異様な風貌のガマガエルが表れ
幾つかの課題を授けました。

video before_Momentvideo before_Moment(3)














.悒奪匹噺世重たいモノを放置して打ちなさい。
 その本当の意味合いを考えてみなさい。
 自分では ヘッドを振っているつもりではないが
 その実、ヘッドばかりを振ろうとしてはいないか
 自分でヘッドに「弧を描かせて」いないのか

 ヘッドの重さは 運動とともに増えます。
 その重さは 切り返しの早い段階で
 グリップを移動させるのには使えますが、
 へっどのそのものは グリップを動かすコト でしか動きませんし、
 その移動量は
  グリップの移動 マイナス ヘッドの実質的な重さ(運動で加わる量の積算) です。


遅い、速い、飛ばす、飛ばさない、
 フルショット、アプローチ、パターに限らず
 ボールに当てる 届かせる のは からだの回転 です。
 ,力辰箸盒δ未靴泙垢、ボールを体の「横」回転で
 向きを変える動きで 当てる、届かせない。

 それを念頭に 腕と体を動かす順序を考えなさい。

 とかく 上手くいかないと ヘッドでボールを探りたく
 ヘッドを動かして何とかしたくなりますが、
 そこは ぐっと我慢して 体の向きでボールに当てなさい。

 ヘッドでボールを探ってはダメです。


ボールを打つ と言う行為は
 ロフト という角度を使って
 ボールの逃げどころを塞ぐコト
 です。

 もしも ロフトが 0度・絶壁・垂直 であれば
 ボールを地面に埋めるつもりで 打つのです。

 ✋この意味が通じるか どうかは これから次第 ですが、
 『ボールは弾いて打つ』モノではありません。
 自分の体全体の 大きな動作速度 が
 ロフト角度によって 距離に変換されるモノ であって
 インパクト付近の急な加速・・・というか
 伝わりにくいかも知れませんが、インパクトの強さ で
 造るものではありません。
 ✊どちらかというと フェースを地面に押し付ける
 その間にボールがある感じです。

video after_Momentvideo after_Moment(3)














ぅ皀里鮖つ というコトは
 そのものの重さ分 腕に引っ張る(上げて)いないといけません。
 ダウンスイング以降、腕も体もその運動分だけ重くなるので
 その基になる、腕の生えているからだと同期して移動させるには
 自発的に、積極的に、そして 先に 腕(上腕)
 特に左上腕で 動かしていないと 結果的には同時になりません。

 これは タイミングや体の姿勢との絡みで
 そのかみ合っている歯車のコマを 少しづつ 少しづつ
 ずらす必要がありますので、少々時間がかかります。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


不思議なモノです。
最近 頑張ってるクンとともに頑張ってる・・・Mr.K
長いお付き合いなのですが、
 弊社がまだ ケンズチャンプと言うシャフトを扱っていた頃、
 フジクラのブラックスピーダー468 よりも前。。。ですから
 (スピーダーの数字の末尾は年式を表します)
 1998年よりも前ですので 20年以上前 です。

あの頃に 45インチ、同じヘッド、同じ重量、同じロフトで
 振動数  230cpm から  270cpm まで 揃えて
色々打ってもらったんですが、その当時
どれを振ってもあまり変わらない、 どれも同じ感じ、だと言い
試打会に来ていたほかの人を驚かせていました。
・・・振り回していましたから
  よりヘッドの軽く感じる硬いシャフトの方が楽だったかも知れません。

ところが 最近
 シャフトの硬さにうるさいんです。


弊社の試し打ちクラブには
ご自身(Mr.K)のクラブよりも柔らかいシャフトのモノがあります。
IMG_0226_Moment(4)
それを打つと
「こっちの方が 押されて インパクトが来るのが早い」
「自分のクラブの方が インパクトタイミングが遅い」
「硬いシャフトの方が 来ない!」

と のたまわるのです。




私個人の感想なのですが、
あれほど スイングに変化のなかった Mr.K に
変化が訪れたのは ある話 からだったと思います。

元々 こすり打ちで スライス気味 のMr.K
運動神経も良いですし、非常に練習熱心ですから
そのこすり球のアプローチ    ふわっとした球はものすごく上手(過去形)。
その代わり 全番手、ロブショット状態ですから
風にも弱いですし、曲がらないけど飛ばない。。。というか
曲がるのが目立つほど飛ばない。
若かりし頃は ヘリコプターのホバリング状態のショットでしたね。

よく お店に来て、得意のアプローチをしていたのですが、
その こすり球〜ロブショットの インパクト音を聞いていて
私が 「不快」 といつもつぶやいていると
どうやったら こすらないようになるのか教えて と言われ
問いただしました。
IMG_0226_Moment(2)

当時、Mr.Kもご多分に漏れず
こすり球 = カット打ち = アウトサイドイン
みたいなイメージを持っていましたので
こすり球の原理・・・ アウトサイドインとかと関係なく
ヘッドの高さの変化、上下の軌道とロフトのコトを説明し
アウトサイドイン は ヘッドの軌道だけど
ヘッドをどう動かすか ではなく、
自分の体の向き が主にそれを決めるモノ
ヘッドの軌道は その体の向きの時間区分次第、
小手先で ヘッド軌道を作っても 根本は解決しないよ
と説明をしました。
・・・・・・・・・軌道・道ではなく 時間だよ・・・・・・・・・・・・


そこから 変わってきた のだと感じます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ