◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 脳内イメージ


「△△社の◌◌シャフトのS に換えた
 SRは…シャフトの戻りが遅い気がする…。」

(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment

シャフトが速いとか、遅いとか、戻りとか、戻らないとか
これまた、良く聞く言葉ですよね 😜
ネット上(SNS)では挨拶と化している程に…。

ゴルフクラブをどう使おうが、何を選ぼうが
その方、その方の自由ですし、
その選択の自由さ がゴルフの楽しみの一つ ではあるので、
ご本人に意見をするつもりは全くありませんが、
ゴルフクラブの基本性能を利用する、と言う観点においては
 正直、あまり芳しい状態ではありません。

単に言葉であるのですが、
日本古来の言葉でいうと「言霊」であって
そのイメージが その方のゴルフスイングを表している と
言えるでしょう。

✋シャフトの戻りが遅い
コレ まず 比較対象がある というコトですよね❓
シャフトって グリップ(バット)とヘッド(ティップ)で構成されるので
ニュアンスからすると グリップに対して、ヘッドが遅い・・・
そういうことになります。

本来、ゴルフスイングは
グリップ、打ち手との連結部を動かした分「だけ」
ヘッドが動く、移動する ので
その動きが 向きを変える〜回転 で実行されます故に
その外周に当たる ヘッド部の方がたくさん動いて「見える」
角度としての運動は同じ であるモノ です。
動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment(2)

✋シャフトの戻りが遅い →ヘッドが返ってこない
ということは 自発的に ヘッドの方をたくさん動かしている
というコトで 行き(テークアウェイ)であっても
帰り(ダウンスイング)であっても
ヘッドの方が 「角度運動」としてたくさん移動している には
体を止めて 手作業で行わなくてはならなくなります。
 物理法則なので、これに例外はありません。

ヘッドの方を 角度運動として たくさん動かすと
打撃部のゴルフヘッドは 角度の集合体 なので
上下の上がりや方向、ボールに加える上下左右のスピン が
毎回、同じように当たる確率は 格段に下がります。

✋シャフトの戻りが遅い
というコトは 遅れたヘッドを基準値になるグリップに対し、
戻してくる というコトですから
スイング用語である ハンドファーストにしない
ヘッドファーストにしようとしている
  と言うニュアンスが含まれています。

ハンドファースト は グリップ部分を前に出すコト ではなく
ヘッドの『遅れ』によって
 上から入射してくる分、シャフトが前に倒れる「事象」を指す訳ですが、
ハナから ヘッドの重さ〜シャフトのしなりを利用しない
 と言っているのと同じです。

✋シャフトの戻りが遅い
Ⓢシャフトでは柔らかい…ってことでしょうか
じゃあ Ⓧにするのですか…
それって 戻りが遅い が 速い に変わるのではなく
手で ヘッドをたくさん動かしても そのズレ幅が少なくなる
手で ヘッドを余計に動かしても お釣りが来ない
戻す量が減るだけ だけであって…
戻りの遅い、速い とは違うと思いますけど…。
私には 単に 速く先端(ヘッド)を自分で振りたい、
振り回したい、シャフトがしなると その振りまわす分、作業が多くなる、
戻す時間 グリップも体も止めて置けない よりも
しなり幅が大きいと 振り回し切れない と言っているように聞こえます。


👉2021-05-19_23-05-25_Moment理想論 ではありますけれど、
 ヘッドの重さ、シャフトのしなりによって
 先に進むように誘発された グリップが
 ドンドン先に行き、ヘッドの遅れがロフトの立ちになり
 ✋ヘッドが上から入る分=ロフトが立つ
 インパクトを迎える のと2021-05-19_23-05-25_Moment(3)
 ヘッドの遅れを取り戻す分、グリップがどこかで待っている
 その分 ロフトが増え易いインパクト、
 どっちが 早い時期にインパクトが来ると思います❓

✋ボールを上から打つ
 ハンドファースト
 ロフトを立てる
 体重移動
 と 多くの部分で矛盾するのではないですか❓
 その整合性って、一生解決しないんじゃないです❓

 🤒大丈夫ですか❓

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバーショットは
空中にあるボールを打つので
フェースの高さに対しては どこにでも当たる…
当たる可能性がありますが、
地面にあるボールを打つ場合は、
 その『ロフト』によって 当たる「べき」高さは変化します。
2021-04-07_06-05-21_Moment
アイアンが判り易い、ですが、
一番ロフトの立った、 5番か、6番アイアン と
ロフトの寝ている ウエッジを 比べると
ロフトの立っているモノは 上の方にボールの跡が残り、
ロフトの寝ているモノは 下の方にボールの跡が残ります。
2021-04-07_06-01-34_Moment(2)

『ロフトを意図的に立てて』ウエッジを打ったとしても
その分、ヘッドは上から入るので かなり 下の方、
 スコアライン 下から1本目〜3本目 辺りに跡が付くモノ、です。
ところが…
練習場で皆さんのウエッジを見せて貰うと
 打痕、ボールの跡は かなり 上の方に
 スコアラインで言うと 3本目〜6本目 に
 かなり 縦にこすった、滑った跡で 残っています。
 ダフリ気味 に、こすっている・・・というコトですね。
 
ショットマーカーなどを貼って 練習をしている人も多いですが、
ボールの跡、打痕の見方を トゥ〜ヒール方向ばかり気にして
ちゃんと ロフトの使い方、ヘッドの入れ方
 の参考にしていない場合が多いような気がします。

昨日の記事で パッティングストロークでの
  ボールの打つべき目標の箇所 を書きましたが、
これは パットに限らず、ショットも同じです。
IMG_1385

よく言われる 『ボールを上から打つ』を意図していたら
 ボールは球体、ヘッドは上から入る、
 そして その上から入る分、ロフトは立っているので
 打つべき…コンタクトすべき ボールは当然、上側
 (本当に上〜北半球 と言う意味ではないですけどね)

フェースを下向き気味に固定して
からだの向きで 円を描く…のであれば
イメージとしては フェースでボールの北半球をさらう
  ……そういう感じです。

ヘッドは上から入れるのに、
 ボールの下側、ボールの底を打とうとしたら
 ロフトは開き目 & 上り際で打つコト になり、
 パッティングであれば ポッコン と言う当たりになってしまいます。

パッティングストロークにおいて
 実際に 南半球にティーアップされた北半球を打つ、訳では無いですが、
 少なくとも ボールの赤道帯に当てるつもり でないと
 フェースで ボールを縦に拾う感じ(それを少々薄めた感じ)
 になってしまい、ヘッドの下の方に当たりますが、
 ロフトも多く、入射も上がり気味になってしまい、
 ボールがロフトに乗らず、フェースに乗らず、
 こぼれるような球になってしまいます。

ボールの伸びない、初速は速いけれど、減速の強い、
目や傾斜に弱い 望ましくない「転がり」になってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


傍から見える スイングの円弧は
『クラブを持った 自分が向きを変えるから』描かれます。
     クラブを手で動かして 円を描くのはいろいろと良くないですよ…。

と、ここまでは理屈上、多くの人が理解するコトが出来ますが、
ここから の誤解?と言えば良いのか、
 重さの扱い方、重さの扱い方を無視してしまう、
 勝手な解釈が
 長年ゴルフスイングを悩ませる元になります。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)




確かに からだの向き通り
 トップの位置の右向きから〜打ち終わる左向きまで
 からだの向きは 180度前後ターン します。

その180度の体のターン 👉 クラブのターンにおいては
 重さの無い、先端に重さのない棒を振った場合 です。
しかし、実際には 想像以上の重さが加わるの です。

重さ、それに長さ、そして運動(速度)が加わるのと
 その重さは 重さ×長さ×速度の二乗 分 増します。
ですので 最終的には
 移動距離は グリップの移動分とイコールに近いですが、
 ターンの角度としては からだの向き180度前後に対し、
 クラブ/シャフトは 90〜120度程度しか角度を変えられません
。 
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
それが スイングで言われる インサイドアウト に繋がるのです。

変なモノで クラブ、シャフト、ヘッドを振らないコトが
 からだの向きを変え、自然な重さに任せておけば
 インサイドアウト になっていくのです。
クラブを振って出来る軌道の答えがクラブを振らないコト…
🔴まるで クイズの引っかけ問題のような感じです

からだの回転が180度 👉だから クラブも180度ターンする、
 となると 本来、重さで 120/180位しか 動けない筈の
 クラブ、シャフト、ヘッド部を 60~90度 手で動かさなければならず
 それをするには からだを止めなくてはなりません。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)

実際には インサイドアウトでも、アウトサイドイン、でも
 体に負担なく、繰り返しできれば問題ないのですが、
 スイング軌道の原動力は からだの向き です。
にもかかわらず スイング軌道を補正、修正する際、
 多くの人は からだを止め、手さばき でそれを行います
練習場で ダウンスイングの途中、丁度、半分位の位置で
 からだを止め、手で軌道をなぞっている人を多く見かける
 と思いますが、その補正や修正は 
✋率先的に手でクラブを動かす練習
✋からだの回転からクラブの動きを切り離す練習
です。


🔴軌道を補正、修正する意図は多くは
 ➀スライスを減らす、無くす のと
 ➁安定して似たような球を打つコト の2つでしょう。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

➀スライスは 右に曲がるから困っている のではなく
 それに伴って 距離が出ない、打撃力が
 スピンや高さに化けてしまうから修正したい訳で、
 それであれば 問題はロフト です。
 距離さえ満足であれば 多少、右に曲がっても気にしない筈 です。
➁安定度を増す には 軌道もそうですが、
 ヘッド姿勢、自分の姿勢 の激しい変化を無くすコト、
 繰り返せるようにするには 緩やかな変化にするコト で
 それには 手先でクラブを動かさないコト なのですから
 やりたいコト と やろうとしているコト が噛み合っていません。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイングの 楽しくも難しいトコロは
算数のように コレ! と言う絶対値がある訳でなく
国語の感想文に近いモノ だから なのだと思います。
【つかまえの作法】_Moment

とは言うモノの…
 ゴルフクラブ という特殊な構造なモノを使って
 球体であるボールを打つ
のには
ある程度、ここら辺 と言う答え はあります。

多くの人が のちのち、スイングやショットに苦しむ原因であり、
飛距離の伸び悩みや慢性的なスライスに悩まされるコトの原因、
全員…とは言えませんが、スイングに悩んでいる人の多くが…
もしかしたら、殆どの人が。。。
 『球体をつかまえるコトの勘違い』 から始まっています。

おそらく 一般的なゴルフの世界(ここが特殊ってコト❓)では
ボールを『つかまえる』のには(右打ちと仮定し)
 フェースが開いている(右を向いている)状態から
 フェースを閉じる(左を向いている)状態にするコト

が必要だと思われています。
(こする つかまえる)_Moment(2)(こする つかまえる)_Moment(3)







実際には ヘッド、ゴルフクラブの構造上、
 ヘッドの左右(開き閉じ)の回転 には
 ロフトの増減 が付いてきて
赤点ギリギリの、合否の判別の難しい回答ですが
 ロフトの閉じ というのが つかまり に関係して来ます。

ヘッド、で言うところの 左右の…横の問題 ではなく
上下と言えば良いのか、縦の問題なのです。
フェースの向きの問題ではなく ロフトの向きの問題である
 というコトです。
✋✋✋ソコの勘違いが一点目です




✋✋✋二点目の問題は
 開いたフェースを閉じる
と言う行為をするには
 グリップよりもヘッドをたくさん動かさなくてはなりません。

スイングは カラダ、もしくはどこかに軸点を置いて
体の向きを変える、傍から見ると「円のように」クラブやヘッドを
動かすため、結果として、その外周に当たるヘッド部は
沢山❓ 多く❓ 動いているように見えますが、
軸運動、角度運動と言う意味では グリップもヘッドもからだも
同じ分量しか動いていませんが
「開いたフェースを閉じて👉ボールをつかまえる」信者の方には
その ヘッド方がたくさん動く、動かすべき と別解釈します。
⛳確かに…開いたヘッドを閉じるには必要ですからねぇ…
 スイングは、当然、ヘッドを振るモノ、クラブを振るモノ、
 と言う答えに行き着く訳です。


特にこの二点目、ヘッドの方をたくさん動かす が
テークアウェイにおいても、ダウンスイングにおいても
アプローチであっても、パッティングストロークであっても、
色濃く出るというか、ヘッドの方を如何にたくさん速く動かすか、
が ゴルフスイングに成っていく訳です。

ヘッドをたくさん動かす、グリップよりもたくさん動かす、
ヘッドやクラブは振るモノ を実行するには、
からだの回転と腕、もしくはクラブを切り離さくては実行できませんので
必然的に 手振り、手打ちの要素が強くなっていくのです。

👉ですので ボールをつかまえるコトを
フェースの閉じ〜開き と言う概念が取り払われない限り、
手振り、手打ちからは逃れられません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


長崎支部長の フェースターンの名残 は
アマチュアレベルであれば 気にする必要の無い程度…ですが、
(フェースターンをしよう!としているのではなく
 リリースのタイミングがやや早いだけ…)
こちら Kさん、Rさんの場合、
今すぐ、ではありませんが、ゆくゆく減らした方が
いろいろと向上すると思います。

🔴Kさんのフルショット…に関しては 今の状態、であっても
以前よりはかなり良くなっています から
直ぐに大幅な改善 と言う訳でなく
意識だけして 徐々に、徐々に、いつの間にか、と言う感じです。


多くのアマチュアゴルファーを見ていて
一番強く感じる点が
 ある程度、強く❓ 速く❓振るショットは良いのですが、
 それが アプローチショットにつながっていかない、
 フルショットのボールさばきが
 アプローチのボールさばきとして適切でないコト
 です。 
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(6)【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(7)






フェースターンが含まれるショットの場合、
そのフェースターンそのもの によって
インパクト時、ボールと衝突する時の
 ロフトやフェースの向き、ヘッドの高さ が不安定です。
加えて フェースターンをするのに
 一次動作として、先に体の向きを変え、
 そのからだの向きの変更(左サイド)を止め
 その反動で 腕やクラブを振る という二次動作 が必要で、
 二次動作は一次動作よりも 一層の加速が入りますから、
 運動のスピードが複数あり、距離感と馴染みません。
 二重の意味で 距離感を形成するのは困難、
 平均的なアマチュアがアプローチに苦労する決定的な理由
です。


アプローチだけでなく
 インパクト、ボールさばき において
 左サイドが止まってしまい
 手でクラブを振ってしまう…
 無意識な、条件反射になってしまっているような状態を
 改善する方法〜意識があります。

また 意識はしていないですが、
 インパクト付近で左サイドを止め
 無意識なフェースターンをする為のダウンスイングの手順や
 それをするための トップ、切り返し、テークアウェイ
 それらをひっくるめて 改善する方法〜意識があります。

からだの回転、からだの回転 と言われ続けていますが、
それを意識して無理やり行う のではなく
からだの回転をしないと打つコトが出来ないのが正解です。
それにつながっていく 決定打 に成り得るを思います。


 参考にして下さい (続きます)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


若くて力のある時、スピードのある時は
ボールが高すぎたり、スピンが多過ぎて飛距離が喰われる…だったのですが、
疲れたり、年齢を重ねてくると
 すくい打ちは 逆にボールの浮かない 問題に直面します。

その問題の修正にトライ…してみました。

この場合もそう…なのですが、
問題は技術的な部分 ではなく、
打ち方、打撃、振り方は「こうなんだろう…」と言う思い込み、
イメージのミスが大半です。

➀スイングは円軌道です。
 その円軌道はカラダが向きを変えるから で、
 『クラブ腕さばき』は円に関与しません。
(ゴルフスイング)インパクトポイントの改善_Moment
 スイングはクラブを円に動かす、円に振る のではなく
 クラブを持った自分が向きを変える から
 円になるのです。

👉ですので 修正する場合は、
 クラブは動かさない、クラブと自分の相対関係は固定
 で からだの向きを変える です。

➁地面にあるボールを『さらう』感覚を身に付ける
 例えば ボールを赤道で二つに切っておく とします。
 多くの方は 下のボール半分 を打とうとします。
 正解は
『下半分のボールにティーアップされた 上半分のボールをさらう』
 感覚です。 
(ゴルフスイング)インパクトポイントの改善_Moment(3)

変な例え ですが、遠隔地で 遺跡などが発見され
それを研究所に持って帰り 調べたいのですが、
輸送機(飛行機)が着陸する場所が確保できないので、
網やひもで縛り フックをかけ、
そのフックを 同じく飛行機から垂らしたフックで
引っかけても 持ち去る・・・・ そんな感覚に近いです。

 下に向けて置いた、下向きのフェースを固定したまま
 からだの向きを変える。
 腕の仕事は からだの回転に「付いていくコト」と
 「フェースの下向き気味を維持し続けるコト」です。


フェースローテーションの多いスイングやすくい打ち、
しゃくり打ち、あおり打ち の方は
カラダが開くのを恐れて か 左向きが苦手です。
 (同時に 左への体重移動も苦手✋ それも解決します)
当り前、と言えば当たり前 ですが、
左向きを強くすると ヘッドが返せない、
ヘッドがグリップを追い抜けない から なのですが、
左向き イコール ヘッドの返し になるのですから
それを辞めないと、その手さばきを辞めないと
左向きは生まれてきません。
 その切り替える勇気は必要です。

インパクトポイントが15〜20cm位ズレてくれれば
良いだけで 全く全部を無くす必要はなく
打ってから 行えば良いだけ とも言えます。

(ゴルフスイング)インパクトポイントの改善_Moment(2)

また Rさんの時もそうですが、
ここでも 切り返し以降の
『からだの回転に対する左腕の付き』が出てきます。
基本、インパクトでフェースを返すとか、
何かの手作業の意識があると 左腕は付いていきません。
マッチポンプ ですが、作業をするために 溜まる のです。
円は回転に任せ、腕の仕事は下向き気味のキープ
 と言う意識は『からだの回転に対する左腕の付き』には
必須と言えるかもしれません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


コチラの映像からご覧ください

お二人のスイングで 圧倒的に違い があるのが
切り返しからの 回転に対する『左腕の付き』
 『回転に伴う左腕の移動』 です。
Rさん独特の 切り返しでの クラブ&左腕の残し は
(見た目には寝かし…に見えます)
通常、かなり激しいフェースターンをする為の前準備 として
行われます。
 おそらく 前世の記憶 なのでしょう。
自分なりのタイミングの取り方とも関係があるかも…です。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(4)【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(6)






クラブを寝かして(倒して)しまうので
その重みによって 左腕がボールの方に押され、
浮かされてしまうので インパクト直前まで
バックフェイス
(アイアンで言えばキャビティ部)
ボールに向いてしまい、同時に腕も加えた重さ を
支えるため からだを起こし始めています。
👉そのまま下げたのでは
フェースでボールが打てませんので
急激な腕のロール(フェースターン)を加えた
 ヘッドの落とし(キャスト)が入るので
妙な形でのグリップのインへの切込みになっています。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(6)【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(7)






Rさんのスイング…
クラブ扱いで強く感じるのは
 スイングの中に クラブの縦の移動が少ないコト です。

クラブの構造で ヘッドの重さ+シャフトの柔らかさ(しなり)によって
自然なヘッドの遅れは発生しますが、
ヘッドの縦の移動が少なく
回転と言う横移動が中心になってしまうと
ヘッドの遅れ は クラブの捻じれ 👉ロフトの開き になってしまいます。

腕で下に振れ! と言う意味ではありませんが、
回転と腕の働きによって グリップに縦の移動を与えないと
ヘッドの遅れ 👉ロフトの立ち 👉フェースの外向き になりません。

🔴ヘッドの遅れは放っておけ
🔴からだの回転で
 は忠実に守られていますが、
それが逆に 
→ヘッドの重さによる遅れ〜ロフトの開き にしてしまっています。

ヘッドを縦に遅らせる は少々語弊がありますが、
今の状態であれば そういうニュアンスの方が良いと思います。


 推測…ではあるのですが、
からだの回転、傾きはあるとは言え
横の運動〜移動 で そのまま
 腕も横に振ろう としているのではないか❓
 と思われます。

からだの回転という横移動、横への運動を使って
腕は縦に動かす
と考えた方が良いでしょう。

回転によって 腕に遠心力を掛けない とは言いませんが、
回転に対し そのまま遠心力を掛けたのでは
腕は浮き、からだから離れてしまい
速度を上げることが難しくなってしまいます。

遠心力によって 腕が伸ばされる👉長さが長くなる
コトで ヘッドスピードの助力にはなっているので
遠心力を全く使わない とは言いませんが、
からだの回転通りの方向に腕を振っては
その行為ソノモノでは フェースはボールの方を向こう とはしません。


それら一切合切を含め
 問題は技術的な部分ではなく、
 イメージとして ボールはこう打つ とか
 クラブはこう振る と言う初歩的な思い込みのあやまち
 と思われます。

2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment
ですので 今のスイングに また何かをプラスアルファするのではなく
全く別なスポーツ、クリケットの打ち方とでも考え
➀トップの位置、右を向いたまま
 クラブの重さでグリップをほぼ真っ直ぐ落とす
2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(2)✋自発的な下げる ではなく 重さで落とす
 始まりは自然落下感を掴んでください。
➁その重さでグリップを落とすと
 そのまま では グリップエンドが自分、
 自分の「お股」辺りに刺さってしまいますので
 
2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(3)そのタイミングに 左を向きます。
➂素振り ではありますが、
 「お股」に刺さる筈のグリップが
 自分の前(🥎)側に少しズレ
 グリップエンドが飛球線を向いたまま
2021-07-28_23-27-25_Trim_Moment(5)体の左向きと合流します。

先に クラブの重さで グリップを下げるので
あとから加わる 回転、横運動が縦に作用するようになります。

クラブ無し、クラブ有り での
素振りから始めてみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


そもそも 腕で振る、腕を振る のを主体とするのを
お薦めしない理由はなんなんでしょう


腕を振った方が「スイングした」「強く打った」「振った」
「叩いた」と言う実感が強いのは確か
、なのですが、
腕を振るのをスイングの主体とすると…
例えばダウンスイングですが、
 グリップを強く下に下げようとすると
 それとほぼ同等に 左肩が上に逃げます。
 それは 右肩を下がるのとおなじですので
 ヒトによっては 肩の縦回転 なんて言っていますが、
 左右の腕の長さの都合が付き難くなります。
似ている➁

折角、強く振った、叩いた…のに
 右肩が下がり、
 それによって右腕の長さが短く
 左腕の長さが長くなってしまったのでは
 ロフトも立ちませんし、
 フェースが開いたり…

 それでは効率よく飛びません。

また ティーアップした空中のボールを打つのには
 それでも何とかなる…可能性もありますが、
 地面にあるボールを打つコトや
 アプローチなどに支障をきたす可能性もあがり、
 ショットの総合力、
と言う点ではマイナスです。

振れば振るほど 右肩が下がり、左肩が上がりますが、
 腕を振ると それに応じて からだの向きも変わります。
ラヂオ体操の要領ですが、
 からだの回す、、、つもりで無くとも
 腕を振ると カラダは捩じられ 向きを変えます。
 からだ自体を廻して 腕の付け根を動かしたのとは異なるのです。
その 受け身、反応として からだの向きが変わった
 ソノモノではボールが打てず、その後に別の、
 追加の打撃動作が必要になります。
 そして それが打撃の本番 になる訳です。

ボールと言う定点がありますので
 ボールから離れた左腕の付け根(左肩)
 ボールに近づいている右腕の付け根(右肩)

ボールを打たないのであれば
 左腕は伸びやすく、
 逆に右腕は伸ばし難くなります。
その長さの入れ替え が 手の返し、フェースローテーションです。

まっさらなゴルフスイング知識であれば
 これが複雑で 再現性が高くないのが理解できると思います。


🤒ここからが問題なのですが……
 
 腕を振るコト
 それによって からだの向きが変わる

 【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(2)











 腕の振りで、カラダが捩じられるコト が からだの回転 で
 長年打っている方、打てている方に
 本当の意味での「からだの回転」を説明しても
 見た目は似ているが故に より一層伝わり難いと思います。

 からだの向きが変わって
 腕の向き、角度が変化する のと、
 腕を振って、それによって
 からだの向きが変わるのは、
  見た目は似ていますが、全く異なる…のです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スナップショット 1 (2015-07-24 1-20)
スイングのイメージで

間違いを生み出し易いのが
ゴルフの中でも最大の不可抗力「遠心力」
関係する部分だと思います。

回転、向きを変える、円、ローテーションなど
それに付随するような言葉が多いのも
悪い意味で、それを"後押し"している気もします。

ゴルフクラブは 平均して1ⅿと言う長さがあり、
その先端に 総重量の半分を超える重さの塊、
ヘッドが付いているため、
意図的にそれを発生させようとしなくとも
 簡単に「遠心力」は生み出されてしまいます。

o0800059811463136818
棒状のヘッドスピード測定器のようなモノは
実際には遠心力を測るモノで
 ヘッドスピードを測るモノ❓と微妙に異なります。
 …間違いとは言えないトコロが困るトコロです。


✋その不可抗力である「遠心力」に関する
 最大の勘違いがコレ(クラブの向き)でしょう。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)




ボールを打つコトを除外し、
ヘッドの付いていない棒であれば
カラダの向きを変えれば ほぼそれと同等に
棒の向き(クラブ)の向き は変るでしょう。

しかし、ボールを打つ、遠くに飛ばすには
先端の重さは必須で その重さは長さ、運動が加わるので
何キロ〜十何キロもの重さになります。


ですので 腕と胸で作る三角形の向きは
カラダの向き通りにはなり難く、
まして クラブの向き 棒の指す向きは
持ち主であるカラダが180度向きを変えても
 90〜120度程度しか 向きを変えません。


仮に カラダが180度、クラブの向きは90度としましょう。
 ⚠ ⚠ ⚠ 
…にもかかわらず
クラブの向きは180度ターンする
 もしくは
カラダの向き通りに180度ターンする
  とイメージすると
足らない、本来は要らない筈の90度を加える、
もしくは 物理的にはからだのターンと合わない筈の
 クラブのターンを加えるため からだを止めるコト
に成り得ます。

先端に重さ(ヘッド)の無い状態 と
先端に重さ(ヘッド)の有る状態 が
同じになる筈がありません。
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)

ボールを打つ と言う目標を達したのち、
スイング動作を終わらせるため 停止に向け、
減速を始めた動き に対し、
重さ(クラブやヘッド)には勢い(慣性)が付いているので
インパクト後、フォローではグリップを支点とした動き、
クラブが円を描くような動きが 『おまけ』 
 として付いてくる のですが、

その視覚的な印象から それ自身、おまけの部分を
打撃ソノモノ、スイングそのもの と思い込んでいる人が
少なくない気がします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


全員に確かめては居ないので、あくまでも推測ですが、
スイングを造る、覚える、学ぶ 場面において
『ヘッドととボールがどんなコンタクトをすると
 繰り返し、狙った距離/方向に打てるか』

『ゴルフクラブという偏重した道具をどのように使う方が良いか』
『どんな姿勢、どんな角度で当たると良いのか』

「フェースとボールのコンタクトの仕方」のイメージ…では無くて
既に打っている人の 見た目のゴルフスイングの真似 を
 なぞって ゴルフスイングを覚える人…
見た目の恰好を作るコトがゴルフスイング造り…
 ……が大半な気がします。

ですので そのルーティンを壊すコト から始めてみましょう。

➀ゴルフスイングと考えなくて問題ありません。
ボールの置き位置、構え、アドレス
見た目のゴルフスイングとの相似 など無視してください。
ボールの置き位置も右足よりも右でも
 どの向きにどう構えても構いません。
✋お家では通常のボールではシャンクなどの危険性があるため、
 ピンポン玉、スポンジボールなどをご利用ください。

テークアウェイらしきモノ、助走は取らない
準備を多少取ったとしても 出来るだけ少なく、
c33a9ae1
【つかまえの作法】_MomentIMG_0526





テークアウェイ、など助走に近いモノをほとんど取らず
決して、ヘッドでは無く✋
  クラブそのものを地面に押し付ける ようなイメージで
ほぼ真上から フェースとボールをコンタクトさせます。
フェースと地面、マットに挟まれて 『逃げ場のなくなった』
🥎ボールは地面とロフトのすきま に飛び出します

 👉これが 超-大袈裟ですが つかまえるの原点 です。

スイング・ショットにおいて
実際にこのような動かし方で ボールを移動、打つコトはしませんが、
フェースとボール、ロフトとボールとのコンタクトのイメージ、
ボールをつかまえるのイメージは 限りなく、コレに近いものがあります。


ですので 通常、一般的な「つかまえる」のイメージ
多くの人が信じている つかまえる作法、
つかまえるクラブの動かし方、その反意語である『こする』を含め
 全く異なる、異世界のモノに近い感じだと思います。


➁では次に そのイメージとゴルフスイング を馴染ませてみましょう
✊これは 練習場でするのがベター だと思います。
普通のアプローチショット位のアドレス、
ボールの置き位置は 通常よりもずっと右、
カラダの真ん中から右足かかとの間のどこか位でしょう。
20〜30ヤード位を打つ感じの 右向き、テークアウェイを取ります。
この際、前傾+右向き分、だけヘッドは高さを増すだけで、
ヘッドやグリップをそれ以上、上げる必要は「一切ありません」
尚、ヘッドを高く上げる、上げる必要はありませんが、
逆に下げてはいけません。 飛球線後方より見るアングルで
アドレス時のディッシュアングル通り、グリップの移動するラインよりも
ヘッドラインは上を移動する、そのラインより下には入らない は
アプローチだけでなく スイングのイメージとしては鉄則です。
2020-11-26_20-10-22_Moment(4)

➂前傾姿勢+右向き でクラブ、ヘッド、グリップは移動しますが、
グリップの移動分、ヘッドの外周分以上 
 ヘッドを動かす(横方向:フェースを開く・縦方向:ヘッドを上げる) は
手さばき が入ってしまいます。ここで手さばきが入ると
帰りのダウンスイングで 重くなったヘッドをより多く、より強く
手さばきで戻さなくてはならなくなりますので 意図的なモノは厳禁です。

2020-12-09_21-08-58_Momentち扱校兩+右向き で クラブ、グリップ、ヘッドが移動しましたので
前傾姿勢分、スイングの円弧の傾き分、フェースはやや下向き、
円弧に対して ほぼ垂直な状態というか、アドレスの関係通り、
✋よりも少し多め、多少、多めににフェースの下向き を作ってください。


⓹そのクラブ姿勢、フェースの下向きのまま、それを維持するイメージのまま、
 からだの向きを変え、グリップを移動させてください。
 ユルユルと言うわけではありませんが、ヘッドの重さには頓着せず、
 グリップの移動分、移動なりにヘッドも移動するイメージ、
 空中を スイングの円弧なりに からだの回転で引き摺る に近い感じです。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Momentトップとダフリの『勘違い』_Moment(2)(こすり球克服ドリル_Moment





➅ボールへのコンタクト、接触の仕方は
 からだの回転次第、からだの回転によるグリップの移動具合次第です。
 手の仕事は からだの回転による移動を拒否しない程度(実は重要) で
 手でグリップを送ったり、押したり、右手でシャフトを押したり、
 は一切必要ありません。
 手は全く何もしない のではありませんが、
 手でなにかすれば からだの姿勢が崩れ、安定した円弧、移動、
 軌道通りにグリップ、そしてヘッドは動きませんし、
 再現性を著しく失うことになります。
(つかまった球 VS こすった球_Moment(2)

Д董璽アウェイの頂点〜この場合のトップの位置で 出来た
 クラブアングル、シャフトアングル を 少なくとも
 ボールとコンタクトするまで 維持(スナップロック)します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
本当はあまり 公にはしたくない内容です…。



コチラを先に書く…べきだった のかも知れませんが、
ショットの基本は正に これらの写真に  に集約されています。
【つかまえの作法】_Momente00bf7e6IMG_0660
現実的ではありませんが、イメージとして
少々極端にすると こんな感じです。
IMG_0662
 IMG_0659





これ等が ゴルフスイング、ゴルフショットを結びついて行かない
おそらく 結びつかない のではと思いますが、
その原因は スイングの円弧、スイングの軌道を
クラブを振って作る〜回転させて造るイメージを持っている
からです。

言葉で、そのニュアンス伝えるのは本当に難しい のですが、
スイングのクラブを動きを時計の針、自分を時計自身と仮定し、
述べさせて頂くと…
文字盤3-6ji➀アドレス時はこのような状態です。
➁テークアウェイを取ると
時計の針が10〜11〜12時 と廻り
➂ダウンスイングではそれが戻ってきて
ぅぅ鵐僖ト以降 6〜4〜2時 となっていく
時計の針/クラブが回転して円弧を作るイメージではないでしょうか❓
そうであれば 当然
(クラブ扱いのイメージの比較_Moment
インパクトイメージがこうなる に結びつきません。
クラブが縦、もしくは横や斜めに回転するモノ
 と思い込んでいるからです。
文字盤3-400x392クラブ扱い、スイングの原点は
時計の針 が 回転するのではなく
時計の針と時計は常時、固定 で
自分自身である 時計そのものが回転する
 
それが からだの回転 です。

ですので あくまでもイメージですが、
フェースと地面(マット)でボールを挟む、
フェースでボールを地面におさえる…は誤解を生みそうなので
クラブと自分は固定、自分が向きを変えて、
その横移動する 下向きのフェース
 によって
球体であるボールの順回転させる…か、
地面にあるボールを からだの回転でさらう、突っかける
そんなイメージだと この画像とスイングが結びつく…でしょうか
IMG_0662
インパクト、もしくはインパクト以降の
クラブの慣性(勢い)の少ない アプローチなどのショット
であれば その状態を維持するイメージのまま
フィニッシュまで到達出来ます。

このイメージが「パンチショット」のイメージ…
 であれば、からだの回転で打つ には辿り着けません。

クラブや腕は固定、
カラダの向きの変更のみで クラブ、ヘッドを移動させる
クラブの慣性が強くなるショットでは
インパクト、もしくはインパクト以降は、その慣性をフリーにする
(ここで初めてクラブは回転しますが、打った後の処理にすぎません)
そのイメージが馴染んでくると
 つかまえる は自動的に付いてきますし、
 インパクトでの打撃ロフト、ヘッドの進入角度は一定し易く、
 距離、安定性、再現性を同時に実現する可能性がグンとあがります。


特にアプローチはそのイメージが確立できれば
血のにじむような練習無しで アプローチ嫌い
から脱出が可能ですが…、
世の「
アプローチ嫌い〜苦手」は
 ほぼ、例外なく 
ラブ自身が回転するイメージ
 スイング、ショットを形成
しています。



この動画はそのイメージで
クラブや腕は固定、からだの回転でボールをさらう
を強調しているドリルです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


何度かでも
 フェースを円の外に向けたまま 当たった体験
をすると、その真逆である
 フェースを円の中に向けて打つ のが
如何に無駄が多く、ミスに直結するのか わかると思います。 



欧米では それらを「マット病」とも呼び、
マットから打つコトでしか 無しえない打撃と考えられています。
  とは言え 多いですけどね、実際 欧米も…。
  ダふり打ちを力で解決しますもんね。

例えば アプローチの場合、
 無理して ターフを取る必要は全くありませんが、
フェースを円の中に向けて打とうとすると
2021-05-19_23-05-25_Moment(3) ボールを打つのに
先に、必ず地面(マット)にヘッドが触れるコトになります。
そうでないと トップします。
度合いにもよりますが、必要以上にバンスが張る形になるので
それによって 跳ねてしまうトップも起こります。
俗に言う バンスが使えない状態 です。

バンス、ソール、バンス角度、バンス幅 などは
 フェースを円の外に向けたまま 打つコトを前提として造られています。

バンス角度の少ないモノ、バンス幅などが狭いモノ などは
 フェースを円の中に向けて打つ方が好んで使うのも納得です。
ロフトを寝かし、かつ 緩い入射になる
 フェースを円の中に向けて打つ(こすり打ち)は
絶対にしない訳ではないですが、遥かに難易度が高く、
 打ち出し角度だけ取り、距離を出さないような
バンカー以外に好んで使うべきではないでしょう。
飛び出し角度14

また、フェースを円の中に向けて打つ「アマショット」では
それを実行するのに 必ず体の開きが早くなり、
それによって 右肩が必要以上に下がる傾向があります。
ですので 想定よりも 厚く入り、噛み具合が増え、
打ちたい距離よりも微妙にショートするコトが多くなります。
競技に出ている方 であれば
 アプローチするたびに 微妙に、少しだけショートする
 そのパッティングが精神的な疲弊を生むのです。
 プロでも多くある負けパターンですね。



フェースを円の中に向けて打つ タイプの方は
ソールの奥行きの有るフェアウェイウッドをどう打つのでしょうか❓
上手く打とうとすれば 先にお尻が接地してしまい、
 ダフリ気味なのを解消するのには 速度とチカラが必要です。
ヘッドスピードが増せば、増すほど ロフトは増え
 最下点が右(右打ち)にずれるのですから
自分の想定している距離の 7割 位のつもり で
 やっと ナイスショット するのではないでしょうか❓
実は フェアウェイウッドではなく、ユーティリティクラブが
 好まれるのも ココに原因があるような気がしますけど。
445TL-5-1

唯一、例外に当たる バンカーも
 フェースを円の中に向けて打つ のが強すぎると
距離も出ませんし、高さが出なくなることもあります。
 出来れば バンカーも普通に打ちたいトコロですが、
どうしても「アマショット」が必要な場面も訪れます。
これはプロでも苦労するトコロですが、
 振り、強さと距離や高さ、出球の角度 が一定に成り難く、
ものすごく微妙な加減具合が必要になります。
正に職人芸が必要になります。(代表選手・青木功御大)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


長年の習慣で 自分がどうしているのか
S20180921_Moment
気付けていないことは たくさんありますが、
スイング動作にとって かなり根源的な部分、
からだの回転について、です。

ハミングバードでは
特に、オジサンおばさん(45歳以上になるのかな)を対象に、
主に足で どこかの箇所ではなく、からだ自体の
向きを変えてしまう意識をお薦めしています。

あまり肩を遅れさせないように、
 足を主に腰を廻すのも良いでしょう。 

肩だけを廻す、胴体をひねる は
 若い人には可能かもしれませんが、
長く年月楽しむゴルフ では
 どこかで その変更が必要になる可能性、
 からだを傷めやすい可能性と
 同じ球を打ち続ける難易度 から
あまり おススメ出来ませんが…
 それですら 誤解をされている方も居るのではないかと思います。

田中どら_Moment(5)ココの部分は
 クラブヘッドは振るモノ、
 ヘッドは振るモノ、 という思い込み が
かなり関係している、とも思います。

当り前ですが、からだは 右も左も、腕も体もつながっており
右サイドを動かせば、無理をしない限り、左サイドも動きます。

ですので
 腕を動かすと、その付け根は押され 体も動こうとしますし、
その反対の
 からだ、腕の付け根を移動させると 腕も動きます。

クラブを振るのに、言葉として紛らわしいですが、
 端から ヘッドは振るモノ(円を描くモノ、たくさん動かすモノ)
 クラブや腕を振るモノ などの思い込みが定着している方は
腕を動かしているコトによって 肩が廻る「ような」形を作っており
自身は ソレを「からだの回転」と思っているのでは❓
 と言うケースがかなり有るのではないかと思います。

M2019810L!_Moment200811__Moment(3)
例えば テークアウェイにおいて
左の写真は 体が右を向いていますが
右の写真は 腕を振っただけで
 それによって 体が捩じられた「だけ」
で 意志の有る動作として
 右は向いていません。

実験してみましたが、からだが右を向いているケース と
腕を動かして 胴体を捩じっているケース では
体の苦しさは 後者の方が断然、辛い/苦しい ので
 体感的には 「俺はからだを廻しているんだー!」
  になり易いのではないかと思います。


実験してみると…
なんだか 見た目は似ているような、似ていないような…。
体感、実感として
よく言われる「リキミ」感は雲泥の差 で
腕を振って からだを動かしている方から比べると
からだの回転で腕を付いてこさせる方は
何にもしていない感じにも思えます。

結果論、に過ぎませんが、
腕を動かして からだの向きを変えている方は
早い段階で フェースを上に向けて振る形になっており、
この 腕振りでからだの回転 と からだの回転 は
スイングにとって 根源的な分かれ道 になる可能性も否めません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ショットは
🥎クラブ単体を動かさず 自分が向きを変える のか
🥎自分の体を動かさず それを土台にして丸く振る のか
大きく分けて ふたつに分かれると言って良いでしょう。

円弧5

スイングは傍から見ると円弧を描きます。

その円弧を からだの向きで行う とすると
普通の体格 のおじさん であれば
 70舛糧省以上のモノが 向きを変える です。
体の向きを変える感覚は
 円を描くというよりは 横移動に近い
 回転と言うよりは 『向きを変える』 です。
ゴルフクラブは 長い棒の先に重さの付いた
 運動すると 重さの増し易い構造ですが、
『クラブ自体は大きく動かさず 自分が動く』ので
 発生する 遠心力などの不可抗力の『増し分』で少な目で
母体になるからだに対しては さほど大きくはありません。
前傾姿勢と言う斜めに傾くモノはあれど
 横に向きを変えるだけの作業で済みます。
円弧2

ところが その円を クラブ主体、腕主体で描く となると
 それはかなり様相を変えます。
結果として、より遠心力を生み易い形で
 クラブを移動させるコトもありますが、
意識、として 動かしている主体が 体の回転よりも少ないので
 クラブの生み出す 遠心力などの不可抗力 は
割合として より大きなモノ になります。

クラブ主体、腕主体で円を描く場合、
 その土台になっている 体は止まっている筈…ですが、
当然、そうも行かず、
 重さ、不可抗力などの影響、腕の動きなどによって
思っている以上に 大きく動きます。

また スイングの円弧は斜め な為
体に対し 縦/横 混じった 斜めの不可抗力 を生むので
その影響力はかなり複雑…。
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment

例えば ダウンスイングで ボールに当てるため
 クラブを、ヘッドを 下に振ろうとすれば
その影響によって よりからだは左があがり、
 想定以上に右サイドが下がります。
そして その分、からだも開きます。
フェースローテーションをしよう としている
 軌道とフェースの向きの関係と同じで
ゴールがどんどん逃げるようなもので
 その想定以上… によって
 ダふったり、厚く入ったり するのです。
(TOMOクンの修正前-修正後_Moment(3)

どちらが良いか、悪いか と言う議論ではなく
手で振っていたとしても 距離も安定性も、故障もなく
満足いっているのなら 何も意見はありません…が
何かを修善しようとした時、その方法は
各々 個人が独自であるため、他人がアドバイスする余地が多くありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 


この動画をご覧ください。

          ✋勿論、実際の見た目とは異なりますが …
2人共に トップ付近で出来た
 腕とクラブ、もしくは胸とグリップの三角形 の向き
その向きを維持し続ける、三角形の頂点を右に向け続ける意識のまま
インパクトに入っています。
◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
しかし、結果としては
『からだの回転通り の 三角形を維持』
その標語の通りになっています。
【廻りながら 下に抑える❓感じ_Moment【廻りながら 下に抑える❓感じ_Moment(2)







長さもアリ、ヘッド重量は運動によって
移動速度の二乗倍 重さが増します。

それを考慮せず、
闇雲に「三角形を維持」しようとしてしまうと
三角形の移動(馬力)、維持(安定
 双方を腕で行うことになり、
 その為、持続的なからだの向きの変更が滞り
からだの動きと良い連携を保てなくなります。
とても陥り易い間違い、だと思います。

(こする つかまえる_Moment(2)(こする つかまえる_Moment(3)







そして ココがゴルフの楽しさ、
スイング造りの面白さ 奥深さでもあるのですが、
その見た目だけの 三角形の維持
一見すると からだの回転通りの三角形の移動 は
ロフトを寝かす、緩すぎる入射角度、
 👉しゃくり打ち、すくい打ち、アマショット
『ロフトを円の中に向けて インパクト』に直結し易く、
例え ある程度の速度でそれを行えても
 持っているクラブのロフト通りの距離を生み出せない…
間違ったことはしていない、教え通りのコトをしている筈なのに
 得られる答え、結果が芳しくない 
に行き着くのです。

あなたを迷宮へと誘う『振り子のアプローチ』_Momentあなたを迷宮へと誘う『振り子のアプローチ』_Moment1





(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)






三角形の話しはほんの一例に過ぎず、
本当の意味は こうだよー と言うだけのコトで
やはり 打撃、
球体であるボールを フェース面で効率よく打撃するのは
『ロフトを円の外に向け、ボールとコンタクトする』
この感覚、意識が最優先です。

『ロフトを円の外に向け、ボールとコンタクト』
それをコンスタントに、無理なく、繰り返せるのであれば
 それはカラダで振ろうが、手で振ろうが問題ありません。
三角形の話し は カラダ回転でそれをしたい‼ には
 間違った解釈で混ぜてはイケマセンよー と言うだけの話しです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


180度反転する自分の体に対し
 その三角形も180度向きを変える。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)






言葉としては理解出来ますが、
 いざ実践しようとすると、その先端は
 動きに応じて 重さを増やします。


テークアウェイ、トップでは 体も、三角形も右向き
ここまでは良いですが、ダウンスイング以降、
インパクトまで 三角形の向きも元に戻す…となると
 重さの増す分、遅れがちになる その三角形を
 からだの向きに対し、追いつかせなくてはならなくなります。
🔴三角形の方をたくさん動かす
🔴自分のからだの回転を止める

 いずれか、もしくは複合な動きが必要になります。 

これって 手打ち/手振りの始まり に成り得ます。

「三角形の形を維持しよう」の本意は そうではなく
トップで出来た 三角形、その向き を
意識、として ですが、インパクトまで維持しよう、
トップで右向き、頂点は右を差したままのその向きは
インパクトまで その向きを維持する意識‼ だと思います。


からだの回転、向きによって
その三角形の付け根、腕の付け根である肩部は
横移動します。 それは必要ですが、
重さの増す 三角形の頂点、その向きは意図的に変えない
からだの向きが変わったら、自然に変わるので
右向きの頂点のまま インパクトに入る意識

そういうコトなんだと思います。

✋からだの向きの変更によって
 遅れながらも その三角形が向きを変えるか
✋その三角形の向きを変えるコト優先で
 その結果、からだの向きが変わるか

そういう違いだと思います。
(伝わり難いでしょうね)
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)

ドライバーなどの勢い、速度の有るショットでは
インパクト以降 クラブの慣性(重さ)をリリース、
フリーにするので そこでクラブの反転、
クラブが円を描く動きが入りますが、
短いクラブやウエッジなどは その反転の必要性が薄いので
自分の向きが180度変わっても クラブは反転せず、
90〜120度程度の向きの変更で収まる感じ…です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングを覚えていく過程で
どこかで教わるか、意識するようになるのが
グリップと左右の肩、腕で作る「三角形」
もしくは ヘッドから左右の肩までの「三角形」だと思うのですが・・・。
その「三角形」を維持しよう…とか…
その形を崩さないように…」とか…
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)

おそらく 多くの方が
アドレスで形成された 両腕と胸で出来る三角形
この三角形は からだの向き通りに 動いていく
右を向けば 三角形の頂点も右向き
左を向けば 三角形の頂点も左向き

と思っているのではないかと思います。
…なんだか 当たり前の話しのよう……ですよね。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)






✋しかし、です✋  その三角形が腕で形成するモノ、
ヘッドと左右の肩で形成するモノ であったとしても
その先っちょ(頂点)に位置する ヘッドやクラブは
運動によって 重さが増す 速度の二乗に比例して重くなる のです。
まったく 重さの無い、重さの増えない 三角形であれば
からだの向き通りに 三角形、その頂点も向きを変えるでしょう。
しかし 重さが増すコトを考慮に入れ、
 遠くに飛ばす、方向や安定度…確実に当てる、を考えると
「三角形を維持する」の意味はちょっと異なるのではないでしょうか❓

  言葉で説明するとややこしいのですが…
重さの増す、重さの有る頂点の付いた三角形の向きを変える と
重さの増さない、重さの無い三角形の向きを変える のでは
当然✋ですが 同じ動きにはなりません。


 これもまた トンチ のような話し…ですが
『重さの無い三角形をからだの向き通りにする意識』
『重さの増す、重さの有る頂点の付いた三角形を動かしたら』
自分の回転の軸 がブレる、軸の無い動き
重さに振り回される動きになるのは当然なのではないでしょうか


👉軸の有る動き とは どこかの箇所を指すのではなく
 運動の「芯」の有る動きなのか、どうかを指している、と思います。



三角形の頂点、三角形の向きを 180度反転させようとする、
そして その頂点は動きとともに 重さが増せば
自分自身が 軸の有る「向きを変更」をするコトよりも
三角形の向きを変える動きに主体が変わります。


 では どう意識したら 良いのでしょうか❓ 
     ・・・つづく

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブは
 長い棒の先にヘッド、打撃部 と言う重さが付いています。

ヘッドの重さは打撃時の ボールの重さ
 に負けないモノ
 ですし、
✋クラブの長さに関しては ヘッドスピードと
 そのクラブのロフト角度を有効に使うためのモノ
 が本来の構造です。
 
ミスターKの法則1_Moment

とは言うものの その見てくれ と 持った感じ では
 容易に 遠心力が生まれてしまう…そういう構造もしています。

しかし、ゴルフと言うゲームは
 ゴルフクラブ自体を放り投げる、遠くに、目標方向に投げる
 それを競うゲームではありません。
その遠心力の掛かり易い ゴルフクラブを使って
 『ボールを』遠くに、目標方向に『打つ』ゲームです


ボールを遠くに飛ばす と クラブのその構造
 が 一見すると結びついているように思えますが、
 クラブの遠心力は ボール にでは無く
 それを振る、それを持つ 『自分』に掛かっているのです。

この場合の 遠心力は クラブが外に外にはらもう
外に飛んでいこう、膨らんで行こう とする力

ダウンスイングの途中でクラブを手放し(離し)たら
 ボールの方にクラブは行ってくれません。
 おそらく 前の人の足元(練習場)に飛ぶ…でしょう。
 テークアウェイ時では後ろの自動販売機(練習場) や
 天井 に向かってクラブが飛んでいこう とします。

ボールの飛ばしたい方向 と 遠心力の掛かる方向
 ぴったり…ではありませんが 直角に近いような関係で
 感覚的には 遠心力!でボールと打ったら
 距離よりも、その角度の関係から 回転ばかりが増えそうです。

飛ばす = 遠心力 と思っていると
 なんだか それは握力勝負になりそうですし、
 より素早く、より速く、
 そして 安定して(軸のブレない回転)
 自分が回転するというコトに関しても
 少なくとも ボールに当たるまで は
 遠心力は阻害要素でしかなく、
 「出来るだけ少なめの遠心力でボールに入る」
 と思った方が良いと思います。 

S20180921_MomentS20180921_Moment(2)





あえて言うのなら スイングの中で遠心力が『使える』
『利用出来る』部分があります。
 これは活用した方が良いかも知れません✊
遠心力は 外に膨らもう、はらもう とするチカラです。
軸点より 外方向に引っ張られるちから、
 それを利用すれば、トップの位置で たたまれた 腕は
 その付け根からクラブを持った腕は離されようと…
 拒否さえしなければ、伸ばされようとします。
短くなった、たたまれた腕 が伸びるのは好都合ですし、
 その部分に関しては遠心力も
  速度の手伝いになりそうです。
腕の付け根(肩)からクラブ、グリップが離れていこうとする
 その「方向」がポイントにはなります。

👉傾きがあるとは言え 回転は限りなく横運動に近いです。
遊具それ通りに グリップに遠心力をかければ
昔存在した遊具:回旋塔や遊園地の回転されるイス
のように 横に振られ、からだから離れ それによって
カラダは起こされてしまいます
そこには工夫は必要でしょう(^_-)-☆

その方向と回転の仕方というがつながっているのだと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングを時計の針で示すと
 6時に構え、→8→10→12時とテークアウェイし
 ダウンスイングが 12→10→8時→ と戻ってきて
 だいたいですが 6時がインパクト
 フォローは 6→4→2→12時 のイメージで振っている
⛳インパクトを境に 自分の回転が止まる反動で 腕やクラブを振る

時計の針 は動かさず、
 時計と針の関係はほぼ固定で 時計自体が廻る(向きを変える)感じ
 テークアウェイ〜トップの位置の区間で 針は1時間位ズレ(遅れ)
 (始めの状態の6時ではなく、アバウトですが7時と言う意味です)
 針と時計の関係は固定なまま、時計自体が回転(向きを変える)する
⛳クラブ単体は動かさず、クラブを持った自分が左を向く 

(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)


➀のクラブ扱いであれば
自分の回転を、もしくは グリップをヘッドが追い抜く 訳です。
インパクト付近も含め 運動の先頭にヘッドを行かせる のです。
👉その行為を全く別な言い方で
「シャフトをしならせて しなり戻す」 や
「シャフトを走らせる」
 と言います。

➁のクラブ扱いであれば
回転のモーター(動力源)は自分自身/自分の胴体です。
ゴルフクラブは 先端に重さのある棒状のモノ で
その接点
(グリップ部)が腕を介して、動力源とつながっています。
右打ちのスイングを上から見た時、
ダウンスイング以降、反時計回りの動き に対し、
その重さの部分である ヘッドは 運動の最後尾  になり、
運動を等速、加速で続ける限り、
 その最後尾から出てくることはありません。
とても 普通な自然の摂理 です。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(5)
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(6)





横の関係で見て カタカナや漢数字の「二」の字 の関係に
クラブと自分 は成っている訳ですが、その関係、角度は
運動を等速以上で行っている限り、解除する方法がありません。
加速する限り よりくっ付いていく と考えて良いと思います。

✋これは『縦の関係も同じ』です。

それを 左腕、左脇のしぼり で 左サイド、
もしくは 左腕を止め クラブを、ヘッドを、先に行かせる動き を
ヘッドの返し 別称「しなりもどし」 愛称「シャフトの走り」
と言って肯定されてしまうコトがありますが
からだの回転でクラブを動かしている人には
あまり関係のないコトなのです。
クラブやシャフトの機能ではないので、ゴルフクラブ用の言葉ではなく
実は スイング技術、スイング動作 を指している言葉です。

ヘッドもシャフトも、基本、そういう発想では作られてはいません

ですから この大さっぱではありますが、
➀と➁のスイングの違いで クラブの選択 や  用語の意味
まで変わってくるのが ゴルファーを迷わせるのです。

✋シャフトの走り を シャフトの変形からの復元 と考えると
△里らだの回転でクラブを直に動かすスイング にとっては
シャフトの復元は インパクト以降に来ます

ですので スイングの助けになっていない、とは言えませんが、
それが 打撃の主エンジン❓…かは疑問です。
本来、シャフトは常時、変形から復元しよう言う作用が働いているので
シャフトがしなれば 一番、戻り難い位置にいるヘッドよりも
運動の先頭側に当たるグリップ側に働きます。
ヘッドには留まろう とする力が掛かっていますが、
グリップは動かされている、動こうとしているから、です。
ですので そのしなり によって 前に押され、
その働きは より早いタイミングでのインパクトを 実現させるのです。

多くの人は 速いの字を好みますが、
➀のスイングから➁のスイングを体現された方 のみ
分かるコトなのかも知れませんが、

スイングの鍵は 速さ ではなく 早さ です。
インパクトのタイミングが早くに訪れる は
カラダの開き、ロフトの寝、右サイドの下がり、
前傾姿勢、ディッシュアングルの消失 それら を
すべて問題のかごの中から弾き出します。

速いスピードで廻る は良いことですが、
漢字の「速く」のニュアンスとしての
 『速いスピードで手やクラブを動かす』
 『速いスピードでヘッドを動かす』

それは 手で振る、からだの回転と分離させる
 に直結し易い言葉だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 まずは 動画をご覧ください。

茵.献隋璽瀬鵐好圈璽港手
蕁ー磴日の尾崎正司(将司)選手です

等速で見ていると とても 似ているスイング…ですが、
スローな再現で見て頂けると
スピース選手は 腕、グリップをからだの回転、
 左サイドの動きで 高さを下げている
のに対し、
(からだの回転と腕の高さ移動がつながっている)
尾崎選手は 腕自身で グリップの位置を下げよう としています。

その結果…として ですが
スピース選手は からだの回転が腕の移動そのものですので
 インパクト前後から フォローに向けて
 動きに「余り」が出ませんが、
尾崎選手は 意図しない 左肩の上方への逃げ(詰まり)が
 起こってしまい、ここでからだの回転を止める羽目に陥り、
 からだの回転と腕の振りが分離してしまっています。

 ややこしい言い方になりますが、
 トップで出来た グリップの高さ を下げるのに
 グリップ自身を『腕で』下げる意識が強すぎると
 こういうからだの反応に陥りガチです。
似ている1

 ゴルフの試合中継などで言う
 「あああ からだの回転が止まりましたね〜」
 この尾崎選手のような状態を指します。
 腕でグリップを下に振る分、
 その支点のような左肩は上に逃げます。
 持続的に肩を廻せば ボールに届かなくなってしまうので
 ボールを打つ間際で 肩の移動を止める必要が生まれます。
 ☆意識ではなく反射に近いとは思いますが…。

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

肩・体を廻した、からだの向きを変えた結果
 グリップの位置が下がった のと
腕自身でグリップを下げた のとの違いは
ボールと頭の位置関係にも出てきます。
よくいう「ヘッド、ビハインドザ🥎」ですね〜。

似ている➁

また ゴルフの、スイング用語で使われる 『脇があきましたね〜』
 はこのダウンスイングの左脇腹 の様子を指します。

【ここがポイント】
このように 外から見える サマ を変える、真似ても
中身を理解していないと その真似たサマ の後に問題が生じます。
技術よりも イメージや概念の変更の方が スイングは変り易い と思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 まずはコチラをご覧ください。


かなり 違いますよねー。
動画で言うと右に位置する、この状態は
修正後の映像を撮る ほんの1時間半前のまでこうでした!
と言うモノで、やらせでもナンでもありません。

1時間半での変化…にしては ナカナカ だと思います。
ご本人の理解力と素直な表現力に敬意を表します。


修正前、修正後の映像を比較すると
修正前のモノは 廻ってから 腕と言うか、クラブを振る、
カラダを開いてカラ、腕を振る
二段式のスイングである、
のが判るかと思います。

修正前は 練習場でよく見る 頑張ってるお兄さん で
修正後は ちょっとあなどれないお兄さん って感じでしょうか…。



ふたつの映像は ほぼ同じスイングスピードで
同じ等倍速をかけているのですが、
これだけ インパクトタイミングが異なる のです。
からだを廻して「から」振る のと
からだの廻し で打つ のでは
「から」振る分、遅くなるのは当然で、
スイング用語では コレを「振り遅れ」と言う訳ですね。
(TOMOクンの修正前-修正後_Moment

注意点はなんだったか…と言うと
まずは 腕とクラブはトップでロック、意識として
➀腕とクラブはロックしたまま、固定したまま、
インパクトに入ってみましょう
 そこから先、インパクト以降はお好きに、から始まって

からだの回転に対し、腕、位置で言うとグリップは遅れガチになります。
そして グリップに対し、更にヘッドは遅れます。
➁回転で 腕を振ろうとせず、
 重さを利用しつつ、回転「で」腕が落ちる、グリップが低くなる よう
意識すると グリップは近道を通ろうとするので
 カラダの向きに対するグリップの遅れは最小限で済みます。

実際にはそうはしませんが、
右を向いたまま、右にお辞儀する(実際にはしません)ような方向、
つまり 縦方向にグリップを移動させるような意識、
腕でグリップを降ろすのではなく、
 回転でそう仕向けるよう意識してみましょう。


ショットの大前提として
➂ロフトが立った状態 👉ハンドファーストの状態で
 ボールを円の外に弾き出します。
ハンドファーストはトップで既に出来ています。

手首のコッキングは特に要りませんが
(自然なモノは別として、意識的なコッキングは無い方が楽です)
 縦関係で クラブは起きています。
クラブと腕の総長さは短くなっています。
自分とヘッドまでの距離は短くなっています。
 これがハンドファーストです。
この状態をロックして インパクトまで行くのです。
(TOMOクンの修正前-修正後_Moment(2)
ロフトの立ち、フェースの円に対する外向き は
▽カラダの向きの変更
▽グリップの移動量
▽ヘッドの移動量
 特にグリップとヘッドの移動量が揃っていれば
 自然に外を向きます。

スイングは円弧だから ヘッドの方がたくさん動く
✋それは からだの向きがするコト で
意識して 腕がするコトではありません
特に 下へ振る感覚の強い方は
 本当(実際)のグリップの移動量>ヘッドの移動量
  位に考えた方が良いかも知れません。
 【腰の高さ位のボールを打つ感覚で十分です】
主エンジンはからだの向き、からだの回転で
 その移動を利用して フェースの外向きを作る感覚 を
 掴んでさえしまえば、そう難しくありません。

腕で フェースの下向きを作ろうとすると シャンク…かな。
どちらかと言うと
 左右のグリップの 上下関係を維持させたまま、
 薀哀螢奪廚諒が高い状態をキープしたまま、
 からだの回転で グリップを移動させる 感じに近いでしょう。

ロフトを立てる意識が強い人は
 腕主体でグリップを下げたがるので 結果、ロフトは立ちません。


グリップはしっかり 左奥まで移動
 トップからインパクトまでの経路 の 反対の経路で
 トップの位置と反対の位置まで
 しっかり グリップを移動させるコトです。
 そして それは からだの向きがします。
 自分で意識することは 無理にフォローを出したりせず
 グリップが左上に移動するのを阻害しないコト。

 ヘッドを振って 円弧を作ろうとすると
 その位置には グリップは行ってくれません。


おそらく 注意点はこの位で
 するコト よりも しなくて良いコト の方が多いと思いますし、
 ほとんどは動作の技術点ではなく、意識革命の方が強いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スイングを時計の針で示すと
 6時に構え、→8→10→12時とテークアウェイし時計文字盤
 ダウンスイングが 12→10→8時→ と戻ってきて
 だいたいですが 6時がインパクト
 フォローは 6→4→2→12時 のイメージで振っている
⛳インパクトを境に 自分の回転が止まる反動で 腕やクラブを振る
時計の針 は動かさず、
 時計と針の関係はほぼ固定で 時計自体が廻る(向きを変える)感じ
 テークアウェイ〜トップの位置の区間で 針は1時間位ズレ(遅れ)
 (始めの状態の6時ではなく、アバウトですが7時と言う意味です)
 針と時計の関係は固定なまま、時計自体が回転(向きを変える)する
⛳クラブ単体は動かさず、クラブを持った自分が左を向く

👉これ 別な言い方をすると
自分の体は動かさず、腕とクラブを振って円を作る
クラブ単体を動かさず それを持った自分が向きを変え 円を描く

👉さらに 別な言い方をすると
ボールを打つ〜さばく のに
 ロフトを円の中の方、自分の方に向けて
 アイスクリームスプーンでアイスを「すくう」ように打つ
ロフトを外に向け、それを固定し、
 クラブを持った自分の向きを変え、ボールを円の外に弾き出す

さて やっと本題に辿り着けそうですが、
『左の壁』と言う言葉も ふたつのスイングにとっては
意味も役割も、実際の動作も異なります


自分の回転やグリップをヘッドが追い越す スイング
にとっては まさに『茲諒鼻戮生命線
ソコが止まってくれないと ヘッドが追い越すことが出来ません。
スライスに成ったり、
場合によっては ボールに届かない
 チョロとか シャンクになったりもします。
(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment(5)

➀の場合では 茲諒鼻,蓮〆献汽ぅ匹了澆泙 を指します。
 そこまでに付いてきた運動の慣性、腕やクラブの勢いを
 その止まる左サイドを支点に 追い越す のです。
【スイングの終わらせ方_Moment
👉ですので 茲諒匹回転で逃げてしまう
このフォローは その生命線がなくなってしまうので
出来ない…し、スイングそのものを壊してしまう
可能性を秘めています。


弊社は ,離好ぅ鵐阿➁のスイングに
改良するのを 大きなテーマの一つ 
としています。

左サイドを止めている意識は殆どの人が無意識です。
△諒儿垢靴董―蕕瓩董「ああああぁぁぁ 止めてたわ…。」
と思いだせる程度…ですが、おそらく…ですが、
その 茲諒匹琉媼韻蓮左脇👉左側帯と左腕の絞り
インパクトで左側帯に左腕をぎゅっと引き付ける、止める、

そういう動きを意識している、
インパクトの感覚ソノモノが「ソレ」な人が少なくないかと思います。

✋ですので からだを廻し続け
 左腕と左側帯が離れるのを 嫌い続ける人、とっても多いです。
その左脇、左腕の絞り が『左の壁』に相当する んじゃないのかな
 と強く感じたりします。
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)


➁の場合、茲諒鼻,呂修譴曚表斗廚任呂覆、
 向きを変える、回転したことによって起こるシフトの場所、箇所
 を指すモノであって 結構、曖昧な部分 です。
 もしかすると 廻るコト、左を向くコト も
 「茲諒鼻廚噺世Ω斥佞涼罎亡泙泙譴討い覯椎柔もあります。
 
飛球線の方に突っ込まず きっちり左を向けよ みたいな…。




蛇足…ではありますが、
飛球線方向への フォローの出方、大きさも 全く異なり、
想像では からだを止め、ヘッドがソレを追い越した方が
飛球線の方にフォローが出そう…ですが、
結果は……全く反対
両手を伸ばそう、伸ばそう とする ,諒が
左グリップを支点に クラブがからだの巻きつこう とするため
フォローは小さくなり、左ひじが抜けたような形になります。
一方、早く段階でクラブをたたもう、
途切れなく廻り、左を早めに向いてしまう方が
左ひじ、左グリップは ボールから離れていく方に行く…と
思いガチですが、そこには遠心力がかかり、
左腕がそれに引っ張られるお陰で左側帯と左腕が離れます。
【スイングの終わらせ方_Moment

結果論、ではありますが、
クラブ単体を振らず、からだの向きを変えた方が
フォローは大きくなります
 し、
その目安になるは インパクト以降、右手が伸びるコト ではなく
左腕が カラダから離れるコト と言って良いでしょう。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スイングを時計の針で示すと時計文字盤
 6時に構え、→8→10→12時とテークアウェイし
 ダウンスイングが 12→10→8時→ と戻ってきて
 だいたいですが 6時がインパクト
 フォローは 6→4→2→12時 のイメージで振っている
⛳インパクトを境に 自分の回転が止まる反動で 腕やクラブを振る
時計の針 は動かさず、
 時計と針の関係はほぼ固定で 時計自体が廻る(向きを変える)感じ
 テークアウェイ〜トップの位置の区間で 針は1時間位ズレ(遅れ)
 (始めの状態の6時ではなく、アバウトですが7時と言う意味です)
 針と時計の関係は固定なまま、時計自体が回転(向きを変える)する
⛳クラブ単体は動かさず、クラブを持った自分が左を向く

👉これ 別な言い方をすると
自分の体は動かさず、腕とクラブを振って円を作る
クラブ単体を動かさず それを持った自分が向きを変え 円を描く

👉さらに 別な言い方をすると
ボールを打つ〜さばく のに
 ロフトを円の中の方、自分の方に向けて
 アイスクリームスプーンでアイスを「すくう」ように打つ
ロフトを外に向け、それを固定し、
クラブを持った自分の向きを変え、ボールを円の外に弾き出す

✋➀スイングに対し、もしくは グリップに対し
 遅れたヘッド、遅れたクラブを取り戻そう

✋➀しなったシャフトを しなり戻そう
 と言う意識のあるスイングでは
ダウンスイング〜インパクトまでのどこかで
002
どうしても シャフト/クラブをこう振らなければなりません。

スイング動作、スイング用語 で言えば
ハンドターンとか、手の返し、フェースローテーションなどと呼ばれます。

ゴルフクラブは 長い棒の先に重さの付いた
 慣性の生まれ易い構造をしているため、
ほんのちょっとでも グリップよりもヘッドを動かすと
 その動きを止めることは難しくなりますので
(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment(5)

それ以降(インパクト以降) このような終わり方にならざるを得ません。

この手のショットをハミングバードでは
 アマショットと呼んで 改善、改修をお薦めしていますが、
その理由は
➀遠心力が強くかかるので 握力が必要(非力な人には不向き)
➁慣性の掛かり易いゴルフクラブに対し、
 基本、クラブが自分を追い越すので
 動くモノに対し、止める箇所があり、からだへの負担が大きい
➂ロフトを増やして、ヘッドの入りが緩くなり易いので
 アプローチショット のミス、上達が難しい
 地面から打つショット が 上手く行き難い
 ソールの奥行きの有るフェアウェイウッドが苦手
ぐ力も含め、手さばきが重要になり、加齢によって それがし辛くなる
ゥ棔璽襪鬚気个時、そのさばくモノが腕とクラブの重さだけなので
 安定した飛距離を得にくい
➅ヘッドの返し、からだやグリップをヘッドが追い越す のはイコール
 ロフトも含め、フェースの向きの変化、ヘッドの道のりの変化が
 激しいので練習量に対し、安定度が比例し難い

まだまだありますが、これだけのデメリットがあります。


女性であっても トップの位置からインパクトまで 0.2秒と言う刹那な時間、
また 教える立場 教わる立場 双方からしても、
その通す道、通し方、腕さばき、その量、その度合い を
教えるのも、教わるのも 不可能に近い 職人芸ですので
結局は 膨大な数のボールを打って、掴むしかありません。


一方、➁の ロフトを外に向け 腕やクラブを固定して
カラダの向きを変え ボールを打つ方
 は
基本、腕とクラブは固定です。
001

あとは からだを廻す、向きを変えて打つので
遥かに 段取り、手順が少なく、
小さな筋肉への負担も少ないので
疲労、加齢、などによる変化も少なく
 漠然とですが、覚えることもシンプルで済みます。
教える、教わる でも 割と伝わり易いコトが多いです。


プロショットとオーバーな名付けしていますが、
例えば これからプロを目指す高校生がこちらのクラブさばき
 であれば アマショットよりも可能性は高いですし、
プロに成ってからも やはりお金を稼げる可能性は高い です。

特に言えるのは プロショット、
クラブと腕は固定して、からだの向きを変えて打つコト

を覚えた人は アマショットもするコトが出来ます。
アプローチなど 場面に応じては必要な場合もありますし、
その際の リスク、確率も容易に把握可能です。
逆に アマショットをしている場合、
プロショットが出来ていれば 体力消費に比べ、
明らかにこちらの方が飛ぶので 移行している筈ですから
プロショットを打つコトが苦手、出来ない可能性も高いです。
飛距離に関しては 本当に体力、腕力任せ で、
精度を伴うには 莫大な練習量、頻度が必要な上、
一発一発のショットに体への負荷 が大きいので
喰える時期は短くなりガチ です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ある休みの日、雑事をして 店に降りると そこには❕❕
 巨体の若者 が立っていました。
  ( ;∀;)めちゃ びっくりしました!

クラブの修理の相談 で 初めて来店されたそうですが、
壊れたクラブの経緯に興味があり、
ちょっと打って頂きました。

コレ 本当に後悔してるって言うか
ホント、来た時のスイング 動画に残しておけば良かった
 というか、それほど 別なヒトになったのです。
 (魔法が解けて 元に戻る可能性は低くありませんが…)

誰からもスイングを習っていない、
スイングやクラブの話しも聞いていない、
若さのエネルギーを活用して ただひたすら打つ、振る、叩く、
コースに行く、で 作られたそのスイングは
ご本人には申し訳ないのですが、
もう ホント典型的な 手で円を作る、
一番実現し易い腕や手を使った円をなぞって スイングらしくする
 疑似スイングでした。  それもものすごい力技。

 ⇩始まりは 概ね このスイングでした⇩

小さなアプローチもやって貰ったのですが、
やはり 案の定、振り子の改良版 のような形で
やり始めて 一年未満で そのスイングとアプローチで
結構、いいスコア出せているみたいで
まあ 自分のやってきたことは「合っている」「正解なんだな」
と思い込み始めている模様。



そこでお節介で、出しゃばりな店主が
「楽しむだけなら 何も言うことはないけど
 それって 正しいクラブ扱い、スイングになってないよ。」
って口に出したら、ものすごい喰いつかれてしまって…。

巨体で、マッチョな若者 なので
ご多分に漏れず Xのシャフトを なんと C-50 のヘッド重量で
使っていて、その影響でクラブを壊しちゃったのが店に来た経緯。

まあ 中古のクラブ って言うのは
概ね 「使えない」 か 「使わない」から 中古になった訳で
それには人気なシャフトが刺さっていて
元の持ち主は 口コミで評判❓ 話題のシャフトが
上手く使えなかったら マズイ ってんで
上手く使えない理由を よくある『長さだ』と特定したらしく
必要以上に短尺にぶったぎられていました。
元が、シャフトが硬いから 上手く行かないのに
それに輪をかけて ぶった切ったら そりゃ中古屋行き だよね。
金欠な若者は それを買った訳 です。

そんでもって よせばいいのに
ハミングバードのお約束クラブ 悶絶クラブ入門編 みたいのを
「打ってみて」    って始まって、
「スライスする、スライスしそう」  ってなったので
「本当は シャフトが柔らかかったら
  低くなって フックになり易いんだけどね…。」
  から始まった訳です。


ご本人も からだで打つコトは意識してるけど、
お約束のパターンで 遅れたシャフトをしなり戻して打つ
つまり ボールを円の中に掻き込むように打つ 訳ですから
手を振るための体の使い になり始めている、固まり始めているのに
本当の意味の からだの回転で打つ の形にしたい …みたい で…
「それ 死ぬまで無理よ」   って。

で 一時間ばかりレクチャーして こうなりました…とさ
  きっと この話には 後日談 が生まれそう・・・だわね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

それは USLPGAでも有名な 姉妹の動画。

✋4人のチャーミングな女子プロたちが
  左打ちラウンドに挑戦しています。

内容はタイ語なので イマイチ掴めないのですが、
 メジャーチャンピオンも含む、4人でLPGA15勝以上の
 うら若き「猛者」達が 左打ちに七転八倒しています。


その中でも お姉さんの方 Moriya Jutanugarn を
 題材に取り上げてみました。
 
ショット、スイング、コース攻略と
 妹 Ariya と対照的なプレーをする Moriya
その彼女が 初の左打ちに挑戦している映像です。

我々、アマチュアゴルファーにも参考になる部分、
 特に ボールさばきの部分は参考になります。
左打ちを画像反転させ
オリジナルの右打ちと比較してみましたので ご覧ください
この典型的な プロショット→右打ち / アマショット→左打ち

自分で 左打ち(逆打ち)に挑戦してみると
分かるかも知れませんが、
ボールに当てないと フェースでボールを打たないと
「始まらない」 となると
やっぱり 器用な手を伸ばそう、手でボールを探ろう
とするのは 自然と言えば自然。

ですので スイングの知識や技術 としては
逆打ちとは言え、満載のPGA現役プレイヤー でも
その本能には敵わない と言う訳です。

右打ちの Moriya は
クラブを固定する 為 に手を使っていますが、
左打ち(反転映像)では
どうしても カラダを止め、手でボールを拾いに行く、
そういう動きになっています。
 慣れない左打ちというのを差し引いても
 インパクト以降の「さま」がここまで変わってきます。
Moriya Jutanugarn 右打ちと左打ち比較

Moriyaは 腕でクラブを固定して、からだの回転で打つコト を
 「訓練」によって身に付けています。
プロで喰っていくには 強く、安定した球が必要だから、です。

一方、Moriyaの左打ちは スイング/ショットの基礎知識、
いえ プロとしてやっていく知識は十分持っている筈 ですが、
その知識をなぞりながらも やはり ボールを当てる という
本能に勝てません。
テークアウェイも 上げる まわる と言う知識はあっても
 右打ちと同じようには 当然ですが…出来ません。

フェースを円弧の外に向けて からだの回転の円でボールを打つ
 というのは 訓練によって馴染んでいくモノ です。


私たちも 今 すぐに左打ちしろ と言われれば
 フェースをボールに、フェースを円の中に向けて打つ
 ボールをフェースで当てるコトを最優先にする

スイングを確実にします。
おそらく 全く意識していないと思いますが、
 右打ちの時は ほぼ全くしていない フェースローテーションを
左打ちのMoriyaは反射的にしています。


アマチュアゴルファーが練習、レッスン、訓練によって
 身につける、成熟させた方が良いモノ は
始めのうち 怖くてトライし辛い
 フェース、ロフトを円の外に向けたまま
 からだの回転と言う円動作でボールを拾うコト、
 それに慣れていくコト、
であって
ボールを手で円の中にかきこむ、
 ボールを手で打つコトを熟成させていくコト、
 上手にこすり打ちが出来るようになるコト、
 ではないのです。


練習によって 右打ちのMoriyaを目指すのか
 少し上手になった 左打ちのMoriyaを目指すのか
というコトですねー🤣

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

この素振りの中に
 多くのゴルファーの悩みが隠れています。
◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)



自分では からだの回転は使っているつもり… です。
とは言え からだの回転でリニアに、ダイレクトに
 クラブが動いている訳ではなく
「手打ち」と言われて、反論の余地のない状態です。
【からだで振るとアウトサイドイン、インサイドから振ると手打ち案件】
しかし、ダウンスイング時
 からだの回転通り、リニアに腕やクラブを動かすと
 見た目の「アウトサイドイン」が顔を出し
 どスライスになってしまい、
 「アウトサイドから振るから 👉スライス」と言う言葉が
 頭の中にこだまします。

スイングの溜め と言う言葉もあるので
 切り返しの体の動きに対し、腕やクラブを遅らせる、
 結果、としては 寝かしを増やすスイングになります。
【スイングの溜めってなんなの案件】
元々、スライス 自称:溜め
(遅れ)を作り、見た目のインサイドから入れても
 やっぱりスライス、フェースローテーションという
 打ってみないとどんな球が出るか、分からない新たな課題に直面

【ラウンドの後半 疲れてくるとローテーション上手く行かない案件】
(Rさん 大変身か?_Moment

【しならないシャフトをしならせて使う矛盾にモヤモヤ案件】
硬いシャフトの方がスライスが出にくい…とみんなの言葉を信じ
 硬いシャフトを使っている…けれど
 それを しならせて、しなり戻して使う と言う矛盾を
 いつも抱えている…なんだか 納得がいかない。
 とは言うものの 柔らかいシャフトを使うと スライスがひどくなる…。

ダウンスイング時、 自称:溜め
(遅れ)を作るコトによって
重さが右にかかり、右側が下がり、左があがる『おまけ付き』
【体重移動が出来ない案件】
また、そのコトによって 体重が右に残り
 素振りでは出来ても、ボールを打つと体重移動が出来ません。
 ダウンスイング時の 右への屈曲 と 腕やクラブの重さ残り
 を考えると 物理的に不可能に近い課題。
 前は腰だったけど、最近、ちょっと首が痛い…。

【前門のスライス、後門の腰の開き案件】
フェースローテーションを強く意識すると
 腕を振り、クラブを回転させる為の空間が必要になるので
 どうしても 腰を開かなければならなくなる。
 先輩から スライスは 「腰を開くからだ!」と言われるが
 スライスさせないため フェースローテーションをするには
 腰を開かなければならず 前門の虎、後門の狼状態…。
 冬の練習は左ひじのサポーターは必須…。

【フェースローテーションをすると 真ん中を避ける球ばかり案件】
だいぶ スライスは解消されてきたけれど
 憧れのハワイ航路…ドローボールは 左に飛び出て、左に曲がる し
 タイミングをミスると 右に出て 右に曲がる、
 まるで 真ん中を避けるような球ばかり出る
 仕方がないので 少し右を向いて ややひっかけ気味の球で攻める。
 持ち球は「ドローボール」と言いたい🤣
 
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)




【もしかしたら 難しいアプローチばかりトライしている案件】
打てるようになってくると 今度はスコアの問題…。
 バンカーは苦手ではないけれど、
 アプローチが上がる球ばかりで
 ランニングって言うのが上手く行かず
 トップとダフリのミスの確率が改善されない…。
 ウエッジの歯をボールと地面の間に入れるのって…無理❓
 上手く当たると必ずショートする問題 勃発
 サービスホールとか、ロングホールで 花道から
 寄せさえすれば あわよくばバーディ、もしくはパー の場面で
 手で転がしたくなる距離やシチュエーションで
 毎度のように ダボやトリになってしまう のは何故 ❓
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずは動画をご覧ください

何も言わなければ ごく普通の素振り に見えます、よね。
練習場にいても 特に気にも留めない、ゴルファーの一人でしょう。

コレ かなり意識的に手で振っています
先にからだを廻し、からだが止まるトコロで
その反動で 腕を振る、というか
クラブの、ヘッドの重さで振っている感じ です。
 もしくは クラブを振る、クラブを回転させる
 それを行うための空間を確保する為、先に体を動かし
 空間が確保できる プラス ボールにヘッドが当たるトコロで
 ヘッドの重さでクラブを振る と言う感じでしょうか…。
カラダの向きに対し
スナップショット 1 (2017-01-21 11-26) 右(右打ち)に
クラブがずれますので
当然、ロフトは開いて入って来ます。
基本、スライスです。
アウトから振ると周りの人に叱られるので
 より開いた(寝かした)インから振る
 のが「良いスイング」だと教わりました。
そのままでは ハイ-スライス になるので
フェースローテーションは必須項目です。


動画の中にも 差し込み ましたが、
カラダの回転で直にクラブを動かしていると
かなり異なる、早めのタイミングにインパクトが来ます。




この「振り方」「打ち方」に行き着くパターン には
ふたつの要因があると思われます。

➀ヘッドスピード信仰に取りつかれてしまっている
🔴繰り返せるインパクト
🔴望ましいインパクトのロフトなどヘッド姿勢
それらを思いっきり無視し、
まずは ヘッドスピードにばかり目が行ってしまう
良い当たり、安定したショット は とりあえず
後から修正する と言うパターンです。

✋ヘッドスピードを上げよう と言うトライ自体は
 決して悪いコト ではありませんが、
 車の運転と同じく、安全運転など無視し、
 まずはスピードだけ上げる は危険ですよね。
 慣れや総体的な運転技術が馴染み、スピードにも慣れ
 徐々に高速運転も出来るようになるモノ だと思います。

男子プロの世界は なんだか マッチョなゴルフになっているので
そういう練習器具など 結構、目につきますが、
スピードが上がっても それに伴って
 よりロフトが開いたりすれば 距離につながりませんし、
この「振り方」「打ち方」でスピードにトライするのは
 かなりからだの負担が大きい、です。

【注意】簡易計測機によるミート率は ロフト率
 スピードを上げるとミート率の数値が下がるのは
 ミート率が落ちているのではなく ロフトが増えてしまっている、
 スピードを上げるとロフトが増える振り方 と言うコトです。



スイングは円を描くから4232-30-1
 その円をヘッドの重さの遠心力によって描く
という 正しくない発想が根底にあるような気がします。
スイングが円を描くのは
 クラブ自体を持った 自分が動くからであって
 自分を土台にして ヘッドの重さで腕を振る、
 クラブを振るモノではありません

✊ヘッドスピードもからだの回転で作るモノ です



➁地面にあるボールをフェースでどう拾うのか
 (どうやってボールをつかまえるのか)を間違って覚えている

✋ヘッドスピードよりもコチラが先の場合も多々あるでしょう。
002
🔴フェースを円の中に向けて振る
🔴ボールを円の中に打ち出す
🔴ボールの底を打つ


これ等のイメージ と ヘッドの遠心力でクラブを振る
が合体していくのが 「アマショット」の代表例 です。
ロフトを増やし、クラブを丸く使って 🥎丸いモノを打てば
当然、打撃力は より多くの回転に化けますし、
フェースを開く と ロフトを増やす は近似値なモノ ですので
高い球、多めのスピン、スライス になるのは当然の帰結。

IMG_0662

地面にあるボールをフェースで拾うのは
円の外に向けたフェース、ロフト を維持し、
 カラダの向きの変更の円 で拾うのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

廻る と 下がる のつながり_Moment

シャドースイング…ダウンスイングの過程で
こういう箇所 で 止めている方をかなり見かけます。
(この写真の場合、ヘッドをボール側に出し過ぎ…ですが)

理想的なインパクト
アイアンであれば『上から叩けるインパクト』を造りたい
目指したい のであれば
この クラブ姿勢
グリップの方が低く、ボール寄り
ヘッドの方が高く、ボールから離れた
この位置をインパクトにするのです。

つまり ココがインパクトになるように
『まわっとけ』 というコトです。


ショットやスイングで悩まれる方の多くが
ココから先に 何かのアクションがある、
ココから先に インパクトがあるケース です。
2021-05-01_17-19-18_Moment
ココをインパクトにする
 のに足らないのは移動距離(回転)です。

🔴ココから先に 手やからだの
 円で ココから先で打つ、
ココから先で 下側の円弧を
 意図的に作るか

🔴トップの位置から
 腕がこのような姿勢や位置
になるまでの時間に
 からだを向きを変えておくか
(からだを廻すコトによって 腕をこの姿勢にさせるが正解)

トップの位置での クラブの位置/姿勢にもよりますが、
その重さによって 腕がこうなるよう促されるのも否めません。


そういうスイング概念の違いがスイングに出るんだと思います。

 
イメージとすると(意味不明と思うでしょうが)
 からだは向きを変えて 円を作るのですが、
 円の下半分にはクラブを入れないような感じです。


アプローチでもそうですが、
 スイングは 足とお尻を使って 向きを変え
 結果、円を造ります。
 円を造るのですが……その行為によって
 グリップを移動(加速、等速時)させますが、
 ヘッドには重さと長さ、そして速度が加わるので
 まったく それ
(ヘッド/重さ)が無いモノと比べると
 その重さ分、グリップよりも多く動けません。
 グリップを動かした分、
 ヘッドは引きずられるような形になり
 その円弧は アドレスで構えた状態 の長さ
 (自分からの遠さ)では運動をしません。
 ですので その長さを半径とした
 真ん円の円弧ではないのです。
 縦方向に潰れた、どちらかというと
 角の丸まった長方形のような『円弧』になります。


スイングを丸く振る。
ヘッドを多く、たくさん動かす。
そう言ったモノが 結果として
 下円を自分で作らなければならないスイングを
 促している場合もあるでしょう。

ヘッドスピードを上げたい、
 これは悪い願望ではありませんが、
 その結果として ヘッドばかりを動かす、
 ヘッドを振るため、からだを止め、
 原動力とヘッドとの関係を断ち切る本末転倒、
 なんてこともある訳です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



✋スイングの視覚的誤解、錯覚の一番のトコロ は
 「クラブを振るコト、ヘッドを振るコト」 でしょう。 
 △ヘッドの運動慣性をフリーするコト
 △からだの回転とは違うシャフト・クラブの角角度運動


現代も含め 歴代の多くの名ストライカー は ほぼ例外なく
 ボールを打つまでは 「クラブ、ヘッドを振りません」
 ㊟…ボールを打つまでは、ですよ。
(アプローチ) 比較映像_Moment(4)


ゴルファーのとっては 当たり前 なのですが、
ゴルフでボールを打つためのゴルフクラブは
 先端に特化した重さが備わった1ⅿの長い棒 です。
これを 成人男性であれば 時速100キロ越え で 振る訳です。
若いプロのハードヒッターであれば その時速は200繕瓩い任后

 既に無視しちゃってる と言うか、忘れてしまっている と言うか
 実はとても危険なモノなのです。

ですので この棒(ゴルフクラブ)を放り投げてしまうのも危険ですが、
上手に収めないと 自分にも危険が及びます。
放り投げないが故に、自分の体にも危険がある訳です。

初心者や女性が速く振れない のは
✋その危険なモノの収め方がわからない、
✋身に付いていない、
✋本能的なその怖さを乗り越えられない、
✋クラブの慣性で持ったままでいられない、

 と言う可能性があるのです。

スイング動作も終わりに近づき フィニッシュが来るのですが、
300gの鉄の塊が先端に付いた 1ⅿある長い棒、
それが 最大時速100キロとか150舛箸で動く…
それを、安全に終わらせる必要がある訳 です。
が故に、インパクトを迎えた後、打撃そのものが終わった後、
放り投げない範囲で その慣性(特にヘッドの重さ)をフリー にします。
 行為で言うと ヘッドを振る、クラブを振る です。
 クラブを回転させ 減速時間が稼ぐ と言えば良いでしょうか。

それは 打撃行為ソノモノ ではありません。

ジェットコースターの 下り坂 のそのスピードを
落とさせる為の 上り坂 のようなモノ、
100m走で ゴールしてからも 急に止まらず、
軽く流して 減速し止まる ようなモノ、です。

漠然とゴルフスイングを見ると
 その打撃のおまけ(必要なモノなので オマケ とは呼びきれませんが)
 打撃のおまけ の クラブを振る動きは
 打撃までの動きとシームレス(継ぎ目なし)で行われています。

スイング全体が からだの向きを変える 円さばき なので
 その円の中に 自然に溶け込んでいる クラブの減速時間
 繰り返しますが、それは打撃行為そのもの、
 打撃(インパクト)までに必要なモノではありません。



そういう目で 一度、いろいろなスイングを見てみて下さい。
 スローでないと判別は難しいかも知れませんが、
 いいスイングだなぁ、いい球だなぁ に見えるモノは
 打撃(インパクト)までは、
 打撃間際まで クラブをフリーに、ヘッドをフリーにしてはいません。

 必ず 当たり終わってからで、
 アプローチのような 運動速度、移動速度が高くない、
 クラブの減速時間の必要の少ないものは
 最後まではフリーにしない場合も多くあります。
達人のココから盗め_Moment(2)

一方、アマチュアの、あああ 悩んでるんだなぁ…
 まだ スイングが掴めないんだなぁ… と言うスイングは
 そのスイングの、打撃のオマケ の部分を主軸にして
 ボールを打とうとしているのが 結構、はっきり分かります


プロのスイング
(真似をすればいい訳じゃあ ないですが…)
 のインパクトまでの弧が小さく、打ってからが大きく
アマチュアのスイングは
 インパクトまでの弧が大きく、打ってから小さい、
 フォローが出ない、フォローで手が伸びない

というのは 打撃のオマケ が 打撃のオマケ なのか、
それとも その打撃のオマケ で ボールを打とうとしているか
のイメージ、というか ゴルフスイングの概念の違い なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


そこらへんが ゴルフがメンタルのゲーム
 と呼ばれる所以かも知れません。

飛ばしたい とか、
乗せたい とか、
寄せたい とか、
入れたい という目で見える、結果のある欲求は
向上心に転化させることが可能ですが、
力みたい、チカラを入れたい、頑張りたい
という 目に見えない、
場合によっては自分でも無意識な欲求は難物です。

小堀20213_Moment(2)


ヘッドを振ろう、クラブを振ろう
(👉からだを廻せ)
ヘッドをより速く動かそう
(👉からだを速く廻せ)
スイングの弧を大きくしよう
(👉手で振るから円弧が小さい)
これらの行為は
自分の 足とお尻によるからだの向きに対し、
より不必要な重さ(負荷)を生み出し、遅れを生み、
クラブがからだの回転の流れから離脱することになります。

本来は からだの回転で打っている筈 ですが、
それで打てる時期は過ぎ去ってしまっていたり、
寝かしたり 遅れた状態 では ボールが打てなかったり、
それらのコトをするのには からだの回転を止め、
もしくは それから離脱して 手さばきしないと
ボールが打てない、当たらない、飛ばない、
必然性から 手打ちは生まれます

🔴手で打たないと、フェースを返さないと、ヘッドを振らないと
打てない、当たらない、飛ばない から 『手を使う』
🔴手を使うためには からだを止める必要がある
という 手打ちの負のスパイラルに陥る訳です。

(リリースとからだの向きの変更_Moment(2)


足を使った骨盤に対し 肩が遅れれば
胴体の中ほど(主に背中でしょうね) が力みます。
クラブがねれば 右腕を含めた、右サイド に重さがかかり
右腕 右サイドは 力みます。
それが スイングの、打撃の実感の人は大変多く
足/お尻を使った シンプルなからだの回転で
 直にボールを打つ感覚は それをすべて取り去ってしまうので
欲求が満たされないのでしょう。
 😢そこは誰にも助けられません。


それが こすり打ちの人が つかまえ に移行する最大の障害です。
それを乗り越えられれば  技術的には難しくない、
むしろ からだの向きを変えるだけ で打つので
拍子抜けするほど する事が無くなります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ