◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 脳内イメージ


質問「悩みがあるんです。」

店長「はい。どうしました❓」

質問「年齢のせいかも知れないのですが、
 ボールが上がらなくて困っています。」
ドライバーの入射角度114
店長「ああ ボールが上がらない のは
 意外なほど 多くの人が秘かに悩んでいます。

 ヘッドスピードが徐々に落ちてくると
 ロフト角度、ヘッドの性能次第ではありますが、
 ボールが上げにくくなってくるのは確かです。

✋ただ ボールが上がらない には
 大きく分けて 二つあるので ご自分が
 そのどちらに属しているのか把握しないと
 より一層、ボールが上がらなくなる可能性があります。

 まずは ボールを打って、データを取りながら
 見てみましょう。」

質問「はい。」


店長「全部が全部そうだ、と言う訳じゃないんですけど
 初心者で まだボールが上手く打てない とか、
 女性で ヘッドスピードがまだ足りなくて ボールが上がらない、
 ではなく、今まで上がっていたけど、徐々に…、の場合は
 ボールが上がらない のではなく
 ボールの浮力が足らない ケースが非常に多いです。
ドライバー入射角度
 ドライバーで見て頂けますと
 打ち出しの角度 13〜18度 は確保出来ています。
 打ち出しの角度としては 十分上がっている、高い方です。
 決して 低くありません。」


質問「あ、そうなんですね。」

店長「はい。
 私たちの年齢(50歳越え)での ヘッドスピードは
 高くても40越える位、37㎳位のスピードもごく普通です。

 その私たちにとって
 打ち出しの角度が低い、足らない は
 角度で言うと 10〜11度以下 一桁になります。
 私たちのボールスピードでは 10度の打ち出しはかなりキツイ。

 理想的には 13〜15度
 真ん中をとって 14度と考えて良いと思います。」


質問「14度ね。」

店長「ええ。
 ですので 打ち出しの角度は『足りています。』
 問題なのは ボールの回転数・スピン量 です。

 ボールの回転・スピン量は 速いヘッドスピードの人にとっては
 ボールを上げる・より浮かせてしまう作用になりますが、
 私たちにとっては 高さを維持する、浮かせておくコトに作用します。

(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)
上げよう、上げよう、ボールの高さを取ろう とすると
 本能的な部分もあると思うんですが、
 インパクト以降、フォロー側で
 どうしても ヘッドを高く、早めに上げたくなります。」

質問「確かに。」

店長「ヘッドを早めに高くする、上げようとすると
 打ち出し角度は増えますが、その分 どんどん回転数は下がります。
 浮力が無く、失速してしまうのが
 高さが取れない原因 と見て良いでしょう。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment
 勿論、上がり易い ロフト角度を選ぶ は大切ですが、
 上がらない、高さが取れない から と言って
 インパクト後、フォローで ヘッドの高さを早めに取る、は
 逆効果になり易いので
 表現として正しいか、どうかは別で
 手で、手打ちをしろ と言う意味ではないですが、
 気持ち、ほんの気持ち、心の中だけでもいいですけど
 少しだけ 下に振ってあげる、ヘッドを落としてあげる
 ヘッドの高さを直ぐとる と 反対にすると
 ボールの浮き は良くなります。
 ホントにしないで 心の中で考えておく程度で良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


大人の学びなおしゴルフ教室
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「どのような感じで アプローチを磨いていけば
 良いのでしょうか❓」


店長「アプローチに限らず、ショット全般に渡りますが、
 ヘッドを動かさず、いや…動かすには動かすんですが、
 グリップを移動させ、ボールを打つ感覚を
 『理解』して頂きたいです。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment

 グリップを動かして…ヘッドを動かして
 ボールを打つ って ごくごく当たり前のコト ですが、
 ココの部分を『理解』するのは結構、難しい んですね。」

質問「はい 分かります。」

店長「コレって からだの回転でボールを打つ って
 言うのにつながってくるんだと思うんですが

 そうですね。

 まずは テークアウェイして、トップの位置…
 そのアプローチをするのに適切な大きさであろうトップの位置で
 一旦、地面にヘッドを落として
 からだの向きを変え、それによって グリップを移動させ、
 ヘッドは常時、地面を引きずったまま
 一度も 空中に浮かせずに ボールを打って貰いたい

 この場合は 当てて貰いたい程度のチカラ加減ですが…。」


質問「!!!!!!」

店長「ショットの練習と言うよりも
 感覚と言うか、ショットの原点を理解して頂くドリルになると思いますが、
 
 からだの回転、向きの変更でグリップを動かす、

 ヘッドはシャフトでグリップをつながっていますから
 グリップが動いた分は 当然、ヘッドも動きますが、
 グリップの移動した量、方向 ともに
 グリップの移動次第 です。

 家の中でやるのであれば
 打つ距離、この場合はボールを転がす(移動させる)距離 は
 1mでも、2mでも、5mでも良いと思います。
 ガラスを割ったり、壁に穴を開けたり そう言うのを避けると
 打てる距離は 良いトコロ 5m位が限界じゃないでしょうか。
〇からだの回転〜
 1mと5m その距離感の違いは
 からだの向きを変える速度です。

 からだの向きを変える速度を変えると
 グリップの移動速度が変わり
 これまた当然ですが、ヘッドの移動速度も変わります。

 テークアウェイの大きさも変わるとは思いますが、
 そこが距離の違いの目安 ではなく、
 その距離を打つ為に必要な からだの向きの速度
 それを造るのに必要な 大きさになる と考えた方が良いです。」

質問「あああ なるほど。」

店長「ヘッドは地面に引きずったままで
 常時、地面にあり、空中に浮く、上がるコトはありません

 ですので 引きずられた分、
 ロフトも立つ形〜ハンドファーストになりますが、
 その具合は ある程度一定に成り、
 そのまま アプローチ・ショット・スイングの終わりまで行きます。
〇からだの回転〜ク
 多くの人は 短い距離のショット とは言え
 インパクト直前で ヘッドを動かしたくなる と思いますが、
 地面を引きずったまま なので
 それ以上 ヘッドを下に送りこむことが出来ません。

 『打てない⁈』『当てられない⁈』
 感じるかも知れませんね。」

質問「感じます。」

店長「ソコがポイントになるかも、知れません。

 インパクト直前で ムズムズ と ヘッドを動かしたくなる、
 私の目では 弾いて打ちたくなる に見えるんですが、
 ヘッドを動かしたくなっても 地面にツッカエている、
 ヘッドが動かせない・・・・
 ですので もっと廻って、左を向いて
 『グリップを移動させて』👉👉ヘッドを移動させる
 その感覚を掴んで欲しい です。

 おそらく、ですが、これがアプローチの、
 そして ショットの原点になると思います。

 この感覚が『理解出来れば
 からだの向きを変える、からだを廻す、コトと
 クラブを振るコト、ヘッドが移動するコト が
 つながってくる、その結びつきが理解出来てくる
 のじゃないでしょうか❓」

店長「また コレには
 ヘッドスピード は からだの回す速度、
 アプローチであれば からだの回す速度が距離感である、
 と共に 飛ばしたい、ヘッドスピードを上げたい は
 からだの向きを変える速度を上げる
 という 至極、普通なコトですが、
 ソレに繋がっていくと思います。」

店長「ヘッドを引き摺って動かしますので
 トップからインパクトまでの ヘッドの軌道・軌跡が
 今まで考えていたものと かなり異なります。
 おそらく 小さな円、自分寄りの軌道、より直線
 になると思います。
 しかし、この動かし方 であれば
 周り方 さえ掴めば その軌道は必ず『いつも同じ』
 周り方、ボールの置き位置 なども
 とても参考になると思いますよ。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「これはアプローチで無く ショットですが、
 典型的な『二度振り』のイメージです。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)





‘鹽擔兇蠅量簑蠅琉譴弔
 『距離感を定着させ難いコト』です。

 ダウンスイングの中途で クラブを下に振るコト、
 腕さばきによって クラブをリリースします。

 それは イコール からだの回転とヘッドスピードを分離、
 からだの回転を止めて 発射台のようにしてしまうので
 からだの回転=大きな動作が距離感(ヘッドスピード)では無くなります。

 総じて 二度振り・二段振り の場合、
 ヘッド軌道の最下点が 手前気味、ダフリ気味になり易く、
 元々 二重に加速させるコト になるのですが
 必要以上の更なるスピードアップ が起こり易くなります。」

質問「ありがち…。」

店長「そうですね、締まりかかった電車のドア に飛び乗る
 みたいなタイミング感になるので ミスを誘発し易い でしょう。

 元々 中途な距離の距離感と言うのは 簡単じゃありません。
 感覚的な部分が少なくないので 慣れや経験も必要です。
 その上で インパクト直前に 更なる加速・別な加速
 この場合ですと まず ,らだの回転 ⊆,離螢蝓璽后
 そして ➂最後の補正加速 の3重加速、が入りますから
 当然、難易度はあがる。

 また その加速によって
 最下点を更に手前にズレ易くなります。
Desktop 2023.01.13 - 12.48.08.01 - frame at 0m7s
 距離感 と言う点で言うと
 例えば 30ヤードや40ヤード.50ヤード となると
 チョンと当てて とは行かず、中途半端に打たないとイケナイですが、
 弾道測定器で計ると分かるんですけれど
 同じクラブ、同じロフト、似たような距離感で打っている筈…
 にもかかわらず ボールの回転数は1500〜5000回転と
 おそらくショットの中でも 一番幅が生まれ易く、
 『入り方・アタックアングル』『インパクトロフト』によって
 距離は勿論ですが、弾道質も全然変わります。

 ヘッドを振って、シャフトを振って、クラブをリリースして
 インパクトに入ってくる というコトは
 緩めの入射角度になり易い んですが、
 緩めの入射角度は 幅広い種類、多岐に渡る弾道を生み易く
 強く打っているのに ショートしてしまったり、
 高さは出ているのに スピンがかからなかったり、
 正直 その差はあまりに紙一重 で 言葉で表しようがありません。

 ですので 振った感じ、打った感じと『距離』がリンクし辛く、
 経験、球数、練習量にかかわらず 長年、距離感が染み込みにくい。。。
 おそらく ですけれど スコアメイクにとっては
 一番の致命的な部分になるんじゃないでしょうか。」

質問「。。。。。。」

店長「コレも番目の問題と重複するのですが
 リリースタイプのショットの場合、
 そのリリースは 反射的な加速になりガチ で
 それが故に 傾斜や足場などに左右され易く、
 加速が増す、もしくは減速が入る というのが
 インパクト直前にやって来ます。
 これは 当の本人にも打ってみないと分からない
 ので困ります。

 ボールを上げる というのは ボールを飛ばす
 飛距離を稼ぐ と非常に似ている点があり、
 気持ち と言う面では インパクト付近で強く、
 更なる加速が必要になると思い込み易い
 です。

 勿論、その距離を打つのには ある程度の高さは必要です。
 必要ですが、距離は横への移動 ですので、
 よほど 障害物があって、それを高さで回避する必要がなければ
 その距離を打つのに 必要最低限な高さ、
 距離に対するオマケとでも考えれば良いのですが、
 アプローチ=高さを取る と言う観念が強い?のか、
 それが 故にリリースも含め、二重加速、二度振りが生まれる。
 その観念が その 根原因 かも知れません。

 ボールの距離を移動させる、
 これはアプローチだけでなく ショットの飛距離アップにも
 つながっていくのですが、
 地面に置いてあるボールを
 『地面を引き摺るクラブ』で当て、
 その距離分、打つ★★ 当てる★★ が原点です。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment

 ボールを上げる、浮かす は ヘッドのロフトや
 そのクラブの長さが造るアタックアングル、
 長さが生み出すヘッドスピード が主に負担というか、
 役割なので 当の本人はする必要が無い、
 「ボールを上げるのは クラブに任せろ」と昔から言われますが、
 根本的にボールを上げなくちゃ(飛ばさなくちゃ) と言う意識から
 生まれているような気がしてなりません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチのミスを減らす
方法のヒトツとして「クラブ・ヘッドを引きずって」

があります。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment

上から打つ (もしくはつぶす)
というのは
そのクラブの長さなりに
ヘッドを入射させるコトを指します。
意図的に ヘッドを上から下に振る
という事ではありません。


写真にすると インパクト以前は
理想的には右向きの区間ですので
ハンドファーストがきつい ように見えますが、
それは右向きのせい での視覚効果
見ている角度によって より強くそう見えるだけです。
この時の 体の正面から撮影すると
見た目ほどハンドファーストはありません。

シャフトは振りません_Moment
この状況/環境ですから
当然シャフトは下向き です。

シャフトが上向き というのは
ボールにソールが向いてしまいます。
フェースでボールを打てません。


このシャフトが下向きの状態で
ボールに入って来れば、
フェースは下を向いていますから
最下点であっても、若干その手前であっても
大きな違いはありません。
似たようなロフトと入射角度でとらえられます。
そして、ボールの直径は45ミリ(4.5臓砲任后
2センチは少々オーバーですが
その位 ヘッドがボールに対し、
厚く入っても、薄く入っても
ボールは球体であるが故に 大きく差は出ません。
ミスになり難い と言うコトです。
IMG_0659

フェース上部(トップエッジ)が前に出ている状況です。
トップと言うのは
 リーディングエッジやソールで打つコトですが、
リーディングエッジの方が後方にあるため
トップのしにくい状況です。

ダフリ とは インパクト、もしくは インパクト以前に
ソールが地面と干渉してしまう状況ですが、
それも起こりにくい状況です。

MVI_0817Trim_MomentMVI_0817Trim_Moment(2)MVI_0817Trim_Moment(3)




一方 ヘッドを返して、もしくは ヘッドがグリップを追い越して
打っていく打法では、
スイングの半分は シャフトが上向きです。
シャフトが上向きの状態では フェースがボールを向いておらず、
スイングの最下点が ボールより手前に入れば
トップか、ダフリに必ずなります。

また 最下点でとらえたとしても
ボールに対し リーディングエッジが前に出ていますから、
ヘッドが1センチ高くても、低くても ミスになります。

さらに 振り子で振る場合、
スイング中、入射角度とロフト姿勢が常時変化するため
当たるタイミングによって 全く異なる球質になり
距離間の把握が非常に難しくなります。

アプローチでの この捉え方は
そのままショットに反映します。
右手の使い方もそうです。

からだでもない、腕でもない 肩の揺さぶりで
振り子にスイングする限り 上手くなるには
部活並みの練習頻度と量が不可欠…。
オジサンゴルファーにはほぼ不可能です。

からだの回転を意識し過ぎて
からだの回転でクラブをひっぱれば
クラブ・腕の長さと重さで遅れますから
結局 体が回転している時期に
インパクトを迎えられず、手で振ることになります。
MVI_0817Trim_Moment(7)MVI_0817Trim_Moment(5)MVI_0817Trim_Moment(6)





ならば 逆に 手をもっと動かして、
自由の利く右手(利き手)と『正しく』動かして
からだの回転を後追いさせるようにする
と言う考えも一つのアイディアだと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフスイングを見ていると
ゴルフクラブという長さがある「棒状の物体」
どう使おうとしているのか がとても気になります。
IMG_0339

シャフトの使い方・・・と言うよりも
長いモノ…『棒状の物体』の方が的確です。


ゴルフに限って言えば
「棒状の物体」「長さのあるモノ」の使い方は二つです。

〇1.棒状の物体のどこかに支点を造り
 端と端、両端を反対に、反転させて使う

〇2.棒状。。。シャフトによって 端と端はつながっているので
 両端を同じ方向に移動させて使う



例で言うと 何かの理由によって(例えば毒とか、放射線とか)
何かの操作、作業を壁越し、別の部屋で行った場合(遠隔操作)で
作業箇所と操作箇所が棒でつながっているとします
(ずいぶん旧式な発想ですけどね…)

1.は 壁と支点にして 棒をてこのように使いますから
 作業させる箇所(ヘッド)の移動は
 操作する箇所(グリップ)を 上下左右反対に動かします

2.は 操作する箇所(グリップ)と作業する箇所は
 立体的に全く同じに動かします

images

✋おそらくですが 細かい作業や正確な作業などは
 後者の△任覆い肇瀬瓩世隼廚い泙后
 詳しくはないですが 例えば 手術…とか
 ,両豺腓蓮々咾辰櫃ず邏箸任藁匹い隼廚い泙垢
 角度というモノがある ゴルフクラブには適切でない様な気がします。
 ロボットアームなどを使う場合、反転させて作業はあり得ないでしょう。


意図的に ,鬚靴討い訖佑呂い覆いも知れませんが、
「ヘッドを」「ヘッドを」「ヘッドを」動かそうとする意識の強い人は
結果として その使い方に行き着いてしまうと思います。
8658a3e6-s

クラブヘッドは ゴルフクラブ全体の6割以上の重さが集中しており
それに長さ、そして移動速度が加わります。
動かせば 動かすほど 先端は重くなるのですから
そこ(ヘッド)を動かす意識の強い人は結果として
その増えていく重さによって、自分が動くことになってしまうと思います。
👉自分が軸でクラブヘッドを動かすのではなく
 クラブヘッドが軸になって 自分の位置が回転するような状態

犬が尻尾を振っているか、尻尾が犬を振っているか というコトですね。

重くなる先端を無理やり動かそうとすれば
自分が その先端を軸に回るしかありません。
ダウンスイングでいきなり からだを開いてしまったり
インパクトで 開ききった体を更に動かすため伸び上がったり は
それによる反応なのだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



橋爪晃彦 JGTO トーナメントプレーヤー JGTO tournament player  👉👉ゴルフレッスンしてます。 橋爪 晃彦(@akihiko_hashizume) • Instagram写真と動画

(10) 橋爪 晃彦 | 橋爪 晃彦さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、橋爪 晃彦さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報を? | Facebook
ぜんぜん当たらない ゴルフぜんぜん当たらない ゴルフぜんぜん当たらないからつまんない ゴルフぜんぜん当たらないからつまんないやめよっかな って思ってるみなさんを変えていきたいと思ってます。   ゴルフスイングの謎解き冒険バラエティ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


IMG_0150
橋が開通致しました。
ご不便をお掛け致しました。




質問「なるほど 言われてみると
 前傾姿勢があるから ボールの位置は
 ベルト位の高さにあるのと同じ なのですね。」
lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショットlesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット






店長「そうですね。
 しかし それはあくまでも からだの向きを変えて
 円を描いている 前提であって
 自分の腕を斜めに振って クラブを振っている人には
 該当しないかも知れません。」

質問「だから 手打ちの人はスライスが多い…❓」

店長「一概には言い切れませんけれど
 自分で 斜めの円弧を描いていると
 スライスになる可能性は高い とは言えます。

 また その延長線上の引っかけやフック の話し
 なんですけれど
〇自分のグリップ(握り) の 一番からだから遠くなる
 グリップの軌道の位置は アドレスの状態
で、
 まあ インパクト辺りも遠くなりますけど…
ggr

〇で、一番からだから近くなる、腕が短くなる状態を
 トップオブスイング辺り
と考えると ですね、
 あくまでも イメージですけれど
 右手の、右グリップの通る軌跡は
 左手の、左グリップの通る軌跡よりも 小さい、
 内側・中側を通る
んです。

 インパクト以前に 右手のグリップの方が
 左手のグリップよりも 大きな円にはならない
 んですよ。」

質問「!!!!!!」

店長「フックや引っかけに悩んでいる人の多くが
 脱スライスの感覚 から抜け出して
 ソコに辿り着いているので
 右手の方が早い段階で 大きな円弧になってしまう…
 と言うケースも少なくありません。

 あくまでも 理想的な と言う話しですが、
 からだの向き通りに円弧を描くのであれば
 インパクトまでは 右手の方が小さな円、
 それを 良質なインサイドアウト、
中村2022612_Moment
 インパクトよりも早い段階で
 右手の方が大きな円になるのを アウトサイドイン、
 ですが、 からだの向き通りに円を描ける人は
 右手を大きな円にしなくても ボールは打てるので
 アウトサイドインになるコトも多くない です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフスイングでの打撃において
 スライスに悩まれる方 ばかり じゃないですけれど
 基本的な 思い違い をしている可能性もあります。」

質問「なんです?」

店長「ボールの高さ、ボールの位置ですね。

 まあ からだの回転を使えているか
 そうでないか、によって かなり大きく異なりますけれど

 原則として、ですが、
 ゴルフスイングって 前傾姿勢 があるじゃないか❓」

質問「維持できるか、出来ないか にもよりますけれど
 ありますねー。」


店長「その維持できるか、出来ないか も
 思い違いから始まっている可能性があります。

 フェアウェイウッドやアイアンなど
 地面にあるボールを打つ と言う前提で
 ボールの位置って 地面、
 からだで言うと 靴の底と同じ高さにあるじゃないですか。」

質問「はい。地面ですねー。」

店長「じゃあ 逆に 強烈な つま先上りの斜面 で
 クラブを少し短く持って フルショットも出来ないような高さ
 そうですね 腰位の高さにボールがある状態 って
 前傾姿勢ってどうします❓」
lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット
質問「直立に近くなるんじゃないです⁈」

店長「でしょうね。普通に振るコトに出来る つま先上りなら
 前傾姿勢は造ると思うんですけど
 野球のティーバッティングするような高さにボールがあったら
 フルショットではなく リカバリーっぽくなりますけれど
 前傾姿勢は『要らない』可能性がありますよね。

 そこが前傾姿勢のヒントです。
lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット
 直立状態では 地面に高さ、靴の底に位置するボールも
 前傾姿勢を取れば 『上半身』にとっては
 へそとまでは言いませんが、腰とか、秀二の高さ にあります。

 写真でイタズラしてみましたが
BlogPaintlesson 2009_10_31






 腰の高さにあるボールを 写真そのものを傾けて
 通常のアドレスに近いモノと同じような状態にしています。

 つまり からだの回転(前傾姿勢付きの)を利用すれば
 必要以上に下に振らなくとも
 低いトコロ、地面の高さにあるようなボールも届くコト、
 打つコトが出来るのです。

 『ボールはソコに無いよ』って奴です。

 前傾姿勢を利用して 腰なり、秀二の高さにあるボールを打つのと
 靴の底の高さ(低さ)にあるボールを打つのでは
 当然、靴の底の低さにあるボールを打つのには
 たくさんの道のり、そして それに伴う時間を要します。
(比較)左手ドリル_Moment(7)(比較)左手ドリル_Moment(5)
 靴の低さにまでヘッドを振るから
 前傾を失ってしまう と言う逆説もありますけど
 腕、クラブは半固定で ただ からだを廻すのと
 クラブ、特にヘッドを振って 下に届かせる では
 かなりの違いになります。

 ヘッドを下に振っている間は
 カラダは止まって 待っていなければなりません。
 スライスや引っかけに悩む人の言葉に
 『ヘッドが来ない』『ヘッドが遅れる』 は
 ここら辺だったりするかも知れません。」



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「主にドライバーですけれど
 お約束の スライス に苦しんでいるんですが、
 どうしたら良いでしょう❓」

店長「😊😊😊風邪に効く薬はありませんよ😊😊😊 
 ま それは冗談として、スライスは
 右に曲がってしまうコト、飛距離を損なってしまうコト が
 困るんですが、より困るのは その風邪と同じく
 
こじらせ易いコトなんですよね。」

質問「😬どき!😬」

店長「からだを開くから スライスする、
 振り遅れるから スライスする、
 スライスとからだの動きに 処方箋になるような
 これだ✊✊のような モノはありません。

 からだを開いていも フックも打てますし、
 振り遅れて 引っかけも打てます。
会田20210701_Moment(2)
 科学的とまで言いませんが、物理的には
 その動いている軌道に対して フェースの向きが開いているコト
 ただ それだけ です。

 そして その量がソコソコ多いコト ですね。」

質問「アウトサイドインとか、インサイドアウトとか
 その軌道が原因とも言われますが…。」

店長「絶対に違う とは言い切れないんですけど、
 アウトサイドインでもフックは打てますし、
 インサイドアウトから出るスライスの方が強烈だったり、します。

 繰り返しますが、
 アウトサイドインであろうが、インサイドアウトであろうが、
 その動いている軌道に対して フェースの向きが開いているコト
 軌道は その方向に振っている に過ぎません
1f52b6531ff0dce2







 ただし…ですね、これはヘッドを返す、
 フェースローテーション型のスイングの場合ですけれど
 インサイドアウトに比べ、アウトサイドインの方が
 より フェースの向きが閉じていないと…
 その軌道分ですけれど、閉じていないといけないので
 より強い フェースターンは必要になる、
 が故に アウトサイドインの方がスライスの率は 高くなる、
 と考えても良いんですが…。」

質問「あああ なるほど。」

店長「それと 実は忘れられがち、無視されガチ なんですが、
 ゴルフクラブの、クラブヘッドの構造上、
 フェースが開いている と ロフトが大きくなっている(開いている)
 は イコールとまでは行かないですけれど
 非常に近い関係なので、スライスに悩む人は
 曲がりは勿論なんですけれど、そのロフトが開いていることによる
 距離ロスの方が重たい
かも知れません。」

質問「それの対処法は無いんですか❓」

店長「う〜ん、あえて言えば ですね…」

質問「…あえて 言って下さい。」

店長「スライスに悩まれる方の全員じゃないですけど
 かなり多くの方が お望みのインパクトタイミングに
 ヘッドが来ない。。。
 ヘッドが遅れる。。。

 それが スライスにーーー と思っているフシが有ると思うんですが、
 そこがポイントかも知れません。」

質問「ヘッドが来ないとスライスになりますねー。」
達人のココから盗め_Moment(2)
店長「何度も言ってるコトなんですけれど
 クラブヘッドには重さがあって、
 シャフトにはしなり・たわみがありますし、
 根本的な構造が長い棒、そしてヘッドはその先にあります。
 それを『自分が』動かすんですから

 ヘッドは遅れて当然、遅れるモノです。

 そして 遅れっ放しのまま、ボールは打ちます。

 それが事象として ハンドファーストだったりします。

 ですので グリップ、もしくは自分のからだの向きに対し、
 ヘッドは長さや自身の重さ、運動分の加算なども加え
 その重さ分 遅れる のを
 フェースの開き/ロフトの開き  にするか
 ロフトの閉じ、

 もう少し具体的に言うと
 時分に対し、ヘッドは遅れた時に
 フェースが上を向いているか、下を向いているか、

 で その遅れは全く反対のモノ になります。
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(6)
 下を向いていれば、そのままの進行で ボールは打てますが、
 上を向いていると スライス、くぐりぬけ、
 もしくは 上を向いているって フェース・打撃面がボールに
 向いていないですから、打撃面がボールに向くように
 下向きに変える という もうひと手間 必要になります。

 ですので 遅れをフェースの下向きに出来る人は
 そのままで打てますので 遅れを敵対視しませんが、
 遅れを上向きにしてしまう人にとっては
 遅れは『ナイスショットの天敵』になり得ますので
 遅れを嫌うことになります。
 そこからの ゴルフライフ、スイングライフはだいぶ違いますよね。
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment
 遅れがどうなるのか、どういう遅れを造るのか
 がスライス解決の一番のポイントだと思うんですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「バンカーショットの続き、になるんですけど
 上げるコト って 
 よく言う フェースを開く、ロフトを付ける、
 って言いますけれど、
 ロフト角度って言うのは
 長さに支えられているんです。

 55度のウエッジに対し、
 その1/5以下のロフトの ドライバーを使えるのは
 長さ による 円弧の大きさ、
 ボールに対するコンタクトの角度、入射角度がよるモノ です。

 例えば…ですけれど
 8度のロフト 絶壁ですよね。
 コレって ヘッドスピードがありさえすれば 使える、
 と思います❓」

質問「使えないんですか❓」


店長「マッチョな ドライバーで47ms位あれば
 場合によっては 可能性はあるでしょう。
 じゃあ 50msオーバー(52〜53㎳) の人が
 8度のドライバー を 40インチで
 おそらく 45inで50msあれば
 40inでヘッドスピードとしては47㎳ は 有ると思いますが
 使えると思います❓
Desktop 2022.02.13 - 21.34.58.01_Moment(2)
 否、ヘッドスピードが47㎳あったとしても
 40inで飛び出る 打ち出し角度 に対しては浮力、
 ボールを空・空中に留めておく回転が維持出来ません。
 😢使えないんです。

 長さ が造り出す ヘッドスピードも要素としては重要ですが、
 全くもって同じくらい重要なのが
 その長さ による 弧、 スイングの大きさ ナンです。
 それが 生み出す 入射角度 は
 ボールを上げる、浮かす、飛ばす にとって
 ロフト角度の一部、半分とも言えます。」

質問「ショットもそうなんでしょうけれど
 アプローチの際、どんな弧の大きさ、
 ヘッドの入れ方、入射角度が良いのでしょうか❓」


店長「弧の大きさや入射の角度には個性もありますから
 数値としての角度にはこだわらなくて良いと思います。
 ヘッドの重さやシャフトの柔らかさにもよりますけれど
 自分が素振りで からだを廻す、
 からだを廻すことはグリップを動かす、
 別な言い方をすれば 左腕を動かすためのモノですので、
 それによって ヘッド、クラブは引きずられる。
 クラブやグリップには遠心力が掛かりますので
 自然な形で腕は伸ばされるようとする、
 それで ボールとヘッドがコンタクト出来る、
 そう言う角度が 実現できる、繰り返せる自分の入射角度

 だと思います。


 質問なんですけれど
 例えば ドライバーで
 腕とクラブの角度差、ディッシュアングルも無くして
 最大の長さ にして
 アドレスからテークアウェイ、ダウンスイング、
 それを ずっと保とうとするとどうなると思います。」
((スライスにさよならしよう_Moment(4)
質問「振られちゃいそうですね。」

店長「そうですね。
 最大の弧、一番遠いトコロのヘッドに掛かるであろう
 運動の遠心力によって
 速度をあげ始めた時、その方向に自分が、
 回転軸が 引っ張られてしまいます。

 危ないですから 実験は禁物ですが、
 それをやろうとすると 手前を大ダフリ か 空振り になります。
 ヘッドは 必ず ボールよりも 自分に近い方 を
 抜けることになってしまいます。」

質問「ソレって 〇〇〇サイド〇〇 の正体❓」


店長「ああああ それは別な機会に…。

 これは アプローチショットやバンカーショットにも
 言えるコトでして、、、
 分かり易いから バンカーショットが良いでしょうか。

 普通のショットでも同じことが言えますが、
 バンカーショットは『上から打つ』のが良い
 とよく言われるのですが、
 意図的に クラブを、ヘッドを、上から下に振ると
 多くの場合、クラブが必要以上に長くなってしまい、
 その重さによって からだが上を向いてしまいます。
 自分は下に振っているのに
 自分の立っている土台が上を向いちゃう…

 みたいな感じで 『結果としては』緩い入射角度、
 場合によっては 上からではなく、しゃくってしまいます。
9c1bf9e713cb5207be57e13907b1d2d885600572_large
 バンカーショットはダふって打つ とも言われますが、
 これも 間違いとは言い切れないんですが、
 本来の意味は 最下点をやや手前目にする、とか
 いつもよりも 深めに入れる と言う意味なんですが、
 ダふって打つ をそのままアマチュアが体現してしまうと
 やはり 早い段階でクラブが長くなり(アーリーエクステンション)
 入射が緩くなって ボールが前に飛びません。

 インサイドアウトとか、アウトサイドイン、フェースが開くとか、
 左右〜横の動きにこだわる方が多いと思うんですが、
 まあ 打ち手の視覚、目に見えやすい と言うのはありますが、
 飛ばす、安定させる、繰り返す を実現するのに
 縦の、ヘッドの入り方はとても重要なので
 そちらに重きを置いて クラブの動かす方 を考える方が
 より効率的だと思います。」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「イ海譴辰董.好ぅ鵐阿亡慙△靴突茲舛磴Δ鵑任垢、
 良く言われる スイングの溜め って
 あっさり言ってしまえば ヘッドの遅れのコトなんですね。
JCorda - frame at 0m55s
 からだの回転でグリップを移動させて、
 ヘッドを引きずってくれば ヘッドのその重さと
 シャフトのたわみ によって 自然に発生するモノ
 です。

 硬いシャフトだと それが存在させ難い、
 なので それを自分の技術として造らなくてはならない、
 それが シャフトをしならせて〜しなり戻す だったり
 するんですけれど、普通に備わっているなら そのまま使えば良い。

 そして ショット自体は ヘッドは遅れっ放しのまま 行います。
 それが ハンドファースト につながるんですが、
 シャフトをしならせて〜しなり戻す では
 ハンドファーストでインパクトを迎えられません。
 ハンドファースト だと しなり戻りませんから。
 硬いシャフトだと その矛盾とずっと付き合っていかなくてはイケナイ。
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment
 ヘッドは遅れっ放し だと
 その遅れはロフトの立ち であり、
 スイングの弧を小さくするコト、つまり上から打つコト でもあるので
 良く言われている スイングの技術的なコトは
 クラブの機能として持っている んです。

 硬いシャフトの場合、スイングの溜めがクラブに薄いから
 自分で作らなくちゃならない、
 で、ゴルフクラブの構造上、それを意図的に造ると
 その場合の ヘッドの遅れはヘッドの開き、フェースの開きになっちゃう、
 硬いシャフトを使う人にとっては
 ヘッドの遅れはショットの天敵 で、
 柔らかいシャフトを使う人にとっては
 ヘッドの遅れは つかまえや飛距離の源ですから、味方、
 魔反対な関係になっちゃうんですね。

 それを捨てて 自分でやるか、クラブにやって貰うか、
 好みと言えば好みなのかも ですけど、
 クラブを設計し、製作している立場からすると
 自分でやる方を選ばれる方はもの好きだなぁ と思いますよ。」 

質問「どのシャフトの硬さを使うか で
 スイングに対する考え方も変わってくるんですね❓」


店長「そうですね、少々 大袈裟に言えば
 クラブを買う、買い替えるって スイングを買ってるんですね。

➅コレもそうなんですけれど
 柔らかいシャフトを 開かずに まあ多少は良いですけど
 ガバっと 開かずにテークアウェイ、上げれば
 切り返し時、切り返し以降 シャフトによって
 グリップが打撃方向に押されます。
 グリップが下げられる、下げる方向に促されます。
((フットワーク4
 一方、硬いシャフトは思いっきり 開いて上げるコトになりガチ
 なので その開きによって グリップが引っ張られます。
 また フェースが上を向く形になるので
 グリップには下げる力が働かない、上がる方向に掛かる、
 コレも まるで反対な関係なんですね。

 それは物理的な現象なんで、
 運動性能の高い人や腕力のある人であれば
 その能力によって それを補正、修正可能です。
スナップショット 1 (2015-07-03 15-51)
 多分、一番の違いになると思うんですけど、
 柔らかいシャフトを使っている人は
 なんとなく 
 シャフトの役割は『グリップを動かす、移動させるコト』
 って思えるんですけど
 硬いシャフトは 基本、自分の運動中心、運動本位なので
 シャフトの役割は『ヘッドを動かすモノ』って思いガチ
 その感覚の違いはかなり大きいし、
 ゆくゆく どんなスイングに辿り着いていくかは真っ二つ です。

 良い悪い、正しい間違ってるではないですけれど
 スイングの原点は グリップを動かすコト なので
 シャフトの役割も ふんわりとそれに追随する と考えるか、
 そうでないか、クラブを利用して楽して動こう と考えるか、
 クラブを自分のチカラや技で好きなように動かすか、
 考える方向性が真逆なんです。
 それって とても大きいと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「練習ではまだいいんですが、
 コースで、特に後半になるとテークアウェイ、テークバックが浅くなり
 タイミングも早くなる。それに連れて ミスも増える、
 テークアウェイについて教えて貰いに来ました。」


店長「いらっしゃいませ😊

 スイングってよく出来ていて
 円だとすると 基本180度近い の回転、向きの変更が必要です。
 理想的には からだで右打ちであれば右向き90度
 あくまでも理想ですけど、左向き90度、合わせて180度ですが
 右向きが60度しかないと 実質120度の円にしかなりませんから
 残り60度は『別の何か』が必要になっちゃいます。
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m30s

 当然 その別な何かは 手作業 ってコトですが、
 テークアウェイの右向きが浅くなってしまう と
 インパクトのタイミングも変わますし、
 手作業のインパクトは ヘッドの上下軌道も、ロフトも、
 フェースの向きも からだの向きで変えているのに比べると
 変化が激しいですので 目に見えたミスになり易い。」

質問「ですね・・・。」

店長「練習で出来る 半分 とは言いませんが
 7割位しか出来ないのが コースや本番 です。

 ですので 右向き75度位まで なら
 大きな差は出ないですけれど
 右向きが 50度とかになってしまえば
 あきからな『何かの補助』が打つのには必要…。

 …角度 の問題と言うよりも
 右向きの質
 普段から『ちゃんと右を向くって
 習慣を付けておくのが良いですね✊

 ですので 右向きしてるフリ
 『アリバイ右向き』は改善した方が良いと思います。」

質問「アリバイ右向き…。」


店長「はい。
 
 まず 大前提として からだの向きって
 グリップを移動させるコト、
 グリップを移動させて ヘッドも動かすコト で
 からだを廻す、向きを変えるコトは 手段でしかありません。
貴方にはどう見える❓_Moment((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment







 良く言われる テークアウェイで左肩を入れて
 は 向きを変えった結果、左肩が入ったように見えた だけで
 それが 肩であっても、骨盤であっても
 両方の腕、腕の付け根がしっかり 右を向いて
 グリップの位置が動く必要があるんですが、
 それは無視されて 左肩を入れる、左腕だけを動かす、
 っていう『アリバイ右向き』がとても多い気がします。」
〇肩を廻せ_Moment2

質問「・・・・・」

店長「ですので 右打ちの右向き は
 その運動の前側にあたる 右サイドをもっと動かす、
 右側を動かす意識が必要だと思います。

 その一つ として
 右ひじを外目に張る【クランチ】 って言うのがあります。

 タイプにもよりますけれど
 右ひじが動かさず(移動させず)、たたむだけ
 みたいな人は テークアウェイが浅くなりガチ ですので
 右ひじを アドレスの対しての『背後方向』
 後ろ側に動かすコトによって 右サイドを動かす、
 右ひじを外目に張る・クランチ ソノモノが重要なのではなく
 それによって 右サイドも動いて
 右向きの質、きっちり からだが右を向けるコトがポイント です。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレって 次のテーマに繋がっていくんですけど
 スイング軌道を改善する 第一歩であり、
 結構、その部分でその他問題点を隠せる 部分があります。」

質問「! それってナンです❓」

店長「余りにも当たり前で 今更…って思う
 かも知れませんが、
 スイング軌道って 円を描きますよね。」
漆畑2018_Moment
質問「…そう…ですねぇ…。」

店長「当たり前すぎて 言い難いんですけど、
 ですので その大元である からだの向きを変えるコト、
 からだを廻すコト です。

 アウトサイドインとか、ダフリとか
 そういうスイング軌道にかかわる問題を抱える人の
 多く、大変多くは 円とか、スイング軌道って思いながらも
 その大元の からだの向きを変えるコトが 無い、
 もしくは効果を発揮できるだけの量が足りない
 んです。」

質問「!!!!!!!」

店長「コレって どちらが鶏で、どちらが卵か、
 分からないんですけど 手でソレをする、手打ちですね、の場合、
〇からだは回さない方が腕は振り易い、たくさん動かさない方が良いから
 からだの向きを変えなくなるのか、
〇からだの向きの変え量が不十分だから
 手で振るようになるのか
、ケースバイケースだと思いますが、
 兎も角 右を向きません。
〇肩を廻せ_Moment2〇肩を廻せ_Moment(2)〇肩を廻せ










 右を向いて、左を向く、
 だいたいでいいんですけど
 その180度のターン があるから
 スイングは円上のモノになります。

 また、クラブ姿勢の過激な変化、急激な変化なしで
 それを持った 自分が向きを変えるから円を描く、上に
 ショットの再現性、復元性が生まれ易くなります。

 しかし、多くの人は 左向きも怪しい…ですけど
 特に 右向きは全然、ホント 全然足りていません。

質問「そ…そうなんですか。。。」

店長「ですね。
 それ以外の問題は放っておいたとしても
 右向きが、、、別に90度なんて角度を気にする必要はありませんが、
 だいたいでいいんですけど 80度とか、90度位
 右を向けるようになれば それらの問題は覆い隠せます。
 
右向きは七難隠す と言うほどです。

 しかし 現状は それが例え、肩を廻す であったとしても
 まぁ、ハミングバードでは薦めていませんが…
 肩が『ホントまるで』回って無くて
 腕が横に動いているだけで…
 それだと スイング円は左を向くだけの90度になってしまいます。
((フットワーク((フットワーク4((フットワーク (2)









 これだと 本当の意味のアウトサイドイン になるしか
 ボールを打つ方法がありません。
 だって 必要な半円、180度の円の半分 しかないんです。
 
 正面を向いた状態から 左を向いたら 半分の90度、
 ちゃんと 右を向いていれば 一度ボールから離れる(右向き)
 ボールに近づいてくる(右向きの戻り)
 そして 再び、ボールから離れる(左向き)
 がありますから スイングの軌道は インサイドイン、
 それに 引きずったまま、どこかでクラブが長くなる、
 インサイドアウト が形成できます。

 が
 右を向いていないと そもそも円(半円)が造れない筈 なのに
 手で振る、つまり 左右の腕の長さの調整 で
 代替えの円を描くコトになるので フェースの向き、
 ロフト、入ってくるヘッドの角度 など の再現性が低くなります。

 からだの回転〜ボディターンの代わりの ハンドターンって奴です。

 話は原点に戻る って奴ですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


 そもそも…なんですが、
 この記事内で使われる グリップエンドを上に👆
 と言う意味は インパクト〜フォロー以降
 グリップエンドを空に向けたまま 抜く
 グリップエンドを空に向けていく というイメージの話し です。
 (なんだ そりゃ⁈ って人も居らっしゃるかとは思いますけど😓)





店長「ダウンスイング時での 手の下がり も
 それに伴う インパクト付近の手の浮き、
 グリップが体に近いトコロを通過する、
 もすべてそうなんですけど
 やはり 象徴的なのは
 インパクト時の『からだの起き上がり』ですね。

 これがナニから導き出されているか、
 なんですけれど、
 ビデオ茲鯣妙に何回も見ると
 切り返しからの からだの回転、
 左向きの始まりが 早い んですね。
〇グリップエンドを向きをどこへ - f

 蕕諒は 1タイミング、
 回転のタイミング(始まり)が遅い上 に、
 からだが 左右分かれて動いているような
 始めは左半身が動き、後半、右半身が動くような
 別々な動き方をしているように『見える』んです。

 ですので 蕕魯ぅ鵐僖ト以降(後半部分に相当します)
 左半身が左を向かない(動いていない)ので
 空間が無く、からだが詰まるので 伸び上がる反応をする、
 と言った感じです。


 一方、茲離咼妊は
 からだの回転が 早く、 左右が1ピースに
 間断なく、継続して動いている為、
 からだの回転によって 腕やグリップが
 からだに巻きつくような形になるので 浮き上がらず、
 からだに近いトコロを通る んです。

🌞世の中では それを 『左サイドのリード』
 なんて 言葉で表現されるんだと思います。

 からだの起き上がり なんて 今回のテーマでは
 全く意識の無い、テーマと直接関係ない部分 なんですが、
 結果として からだの回転が早く
 起き上がる「必要がない」ので 起き上がらない、
 という なんだか締まりの無い話し になっちゃうんですけど
 そういうコトなんだと思います。
〇グリップエンドを向きを

 まあ 結果論になっちゃいますけれど
 グリップエンドを上に向ける、
 上に動かそうとする としても
 始める位置は 高いトコロにあって
 グリップエンドは下を向いていますから
 からだを直ぐに回さざるを得ない。
 一番 変わったのは からだの廻し方、廻し始め、なのです。


 蕕離咼妊は 左右のからだが別々に動いて『見える』のは
 その側の腕が活躍している、動こうとしている
 というコトになるんだと思います。

 コレは からだの回転 👉向きの変更の目的は
 『グリップの移動』と言う大前提の元、
 切り返したら一気に左を向く、
 グリップエンドは空に向けて、で 間を置かず 左を向く
 で 煮詰めていくのが良いのでは無いかと思います。

 ゴルファー 皆のお手本になるので
 頑張って続けて欲しい んですけど…。





 では また明日 👋👋」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 そもそも…なんですが、
 この記事内で使われる グリップエンドを上に👆
 と言う意味は インパクト〜フォロー以降
 グリップエンドを空に向けたまま 抜く
 グリップエンドを空に向けていく というイメージの話し です。
 (なんだ そりゃ⁈ って人も居らっしゃるかとは思いますけど😓)





支部長「 切り返し時 グリップエンドを上へ  で動いた方が
 インパクト時 ヘッドが来るのを待たなくて良い 感じです。

 そして この方が ヘッドも インからアタックしています。

 中々 上手く出来ませんが…。」

店長「そうですね。。。

 多分 ですが、スイングタイプとしては

 右のスイングの方が安心感は高いような、

 違和感は少ないような気がしてはいるのですが…。


 スライスが出にくい振り感なのでは、と。

〇グリップエンドを向きを

 一方、

 グリップエンドを上に向けて抜く、あくまでもイメージですが

 そちらの方がグリップの下がりも良く、

 そのせいで 気になる部分である

 インパクト付近のグリップの浮き、

 からだからの離れ も改善され

 かなり良い状態だと思います。」

支部長「
左の方がグリップの下がりも早いです。」

〇グリップエンドを向きをどこへ - f
支部長「ご所見のとおり 右が違和感ありません。
 左は 練習場では出来ても コースは まだまだ だと思います。

 

 ただ 左で打てた時の 当たりは とても良く
 特に 距離・方向の精度が要求される アプローチでは 抜群な感じです。

 色々と やってみます。」

店長「茲離好ぅ鵐阿蓮▲ぅ鵐僖トまでの時間が微妙に短い、
 早いタイミングでのインパクトになるので
 慣れが必要になるかと思います。


 ダウンスイング時での手の下がり
 手(グリップ)の降ろしではなく、『下がり』ですね、
 奇妙なモノで ダウンスイング初っ端から
 降ろす、下げる、のではなく その真反対の
 グリップエンドを上に向けて…
 どちらかと言うと 下げず、降ろさず、 👉上げる
 に近い意識 の方が  グリップの下がりが良い😊 のです。

 それによって インパクト時の手の浮き、が改善され
 からだに近いトコロ を 通っています。
 当然、なのですが、からだに近いトコロを手が通ってますので
 ヘッド軌道もコンパクト、小さめな軌道、
 短いクラブ で インパクトに入れますので
 今までよりも アタックアングルが確保出来る。
 それが弾道の良さ、アプローチの精度につながっているのだと思います。


 また、よく見ないと判別が難しいですが
 インパクト時の伸び上がりも かなり改善され
 とても良いスイングの方向性(弾道も、ですが)、改善点だと思います。

 スイングの改良は
 今回のように 切り返し時から
 グリップエンドを上に向けて✋ のような意識で
 よりグリップ、手が下がるようになったり、
 それに伴って インパクト周辺の手の浮き や
 グリップのからだに近いトコロを通過出来るようになったり、
 インパクト前後の 伸び上がり が改善されたり と
 まったく意識していなかったポイントが
 だいたいの場合ですが、同時に複数、改善されます。

 正直、な感想ですけれど、
 なになにがダメ、何々を治したい、
 特に からだの動きを直接修正したい場合、
 その時、その箇所を治すのは有効でない場合が多いです。

 なんと言えば良いのか、ちょっと例えは悪いですが、
 背中が痛いのが胃炎だったり、
 心臓が悪かったりする のと似ています。」

店長「そして 今回、一番 変化したのは…ですね…。」

 続く・・・👋👋
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「からだの回転で グリップを動かし
 クラブ、ヘッドは引きずる と言う概念で
 ゴルフスイング全般を見ると
 今まで 見えていたものと全然別なモノが、
 別なモノに見えて来ました。」

店長「うんうん。そうでしょ⁈ そうでしょ。
 シャフトを振らない、クラブは振らない、
 でピンと来なかった人も クラブ(ヘッド)は引きずって
 でなんとなく掴めた人も多いんじゃないかな❓」

質問「はい。トレビノ先生のコレなんか 正にソノモノずばり で
 地面で引きずっていたのを 立体、空中ですると
 こんな風になるよ と 言っているかの如し でした。」
店長「スイングの発想 常識 が変わると
 スイングの『見え方』も変わって来ます。

 ブルース(高橋)プロのコレも同じだよね。
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)







 からだの向きで グリップを引きずる から
 ヘッドは長さや運動の速度も加え、その重さ分 遅れる、
 それが 世に言う『溜め』になる。

 フェース、ヘッド姿勢の造り方 にもよるけれど
 高橋プロの写真で言うと
 ヘッドが重さで落ちようとする その力も
 グリップを押すチカラとして使えるので
 ソコを解いちゃったら あとは「チカラ技」で
 打つしかなくなっちゃう。」

質問「グリップを手で進行方向に押す のではなく
 からだの向きで移動させる、
 引っ張る訳では無いのかもしれないけれど
 からだの向きで移動させる というのはポイントなのですね。」

店長「はい✊✊✊
 だから 一気にからだを左に向ける、
 からだを開く感じになる、
 しっかり 最後まで左を向く、
 その速度〜左を向く速度 が 結果、あくまでも結果
 ヘッドスピードになるんであって
 字面では似ているけれど 『ヘッド』スピードを上げる を
 その言葉通り 『ヘッド』で行うのとは全く違う。」

質問「ソコが理解できると大きいですね。」

店長「はい。
 今更 だけど ヘッドはグリップを追い越さない、
 いえ 正しく 追い越せない んですね。
 動力は グリップを移動させるからだの向き なんですから。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 ヘッドを引きずる のと
 ヘッドがグリップを追い越す
 この二つでは インパクト付近のロフトも異なりますし、
 当然、ヘッドのアタックアングル(入射角度)も異なります。
 後者の方が ロフトは増え易い ですし、
 反復性 と言う点で非常に問題があります。
 アタックアングルも緩くなります。

 ロフト姿勢、アタックアングルも一定に成り易いので
 あとは、通常のショット もそうですが、
 アプローチショットの距離感は からだの回す速度感なのです。
〇アプローチは早い段階でかなり良くなると思いますよ。

 ヘッドがグリップを追い越す って
 単に ヘッドの遅れ、溜め、
 その差が フェースの開き になっているから
 打つ為、当てる為に補正を欠けている に過ぎない
 と言えなくもない。
 フェースやロフトの開きが問題なんです。」

質問「上げ方に課題がある というコトですか❓」

店長「それもありますが、
 発想が 木乃伊取りが木乃伊になるのスイングタイプなので…。
 巻き戻して考えると ヘッドがグリップを追い越す為に
 上げている可能性も否めない ので
 その『呪い』から自分を解放しないと難しいかも…です。」

質問「最近のプロで お薦めな人はいますか❓」

店長「そうですね、引きずる動きが見やすいのは
 ネリーコルダ選手じゃないですか❓

 インパクト時、左ひじが曲がっている、
 伸びてないのは特徴的。
 真似は出来ませんけれど その象徴ですね。
 妹の彼女の方がサイボーグチックというか 機械的。
 ちょっと硬質な感じで
 姉さんの ジェシカコルダ選手の方が 人間ぽい感じがします。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



(まずは…)練習での気づきについて。

毎回のスイングには多分2つくらいしか

意識出来ないのだろうなと思い様々試しました。

アドレス時に「グリップ、球の位置関係を直して」

 その瞬間に次の動作のために

「左脇・下を通して超信地旋回射撃で外に撃つ」を意識する。

 このくらいしか脳内メモリに保存出来ません。

 染み込むのにもう少し時間をかけたいと思います。

〇アドレスとグリップ_Moment(2)

飛球線方向に振ろうとするとヒップターンで外からかき込む動きに変換される。

 不思議な不思議な感覚ですが、

ちっとも飛球線方向じゃない所に向かう様グリップスタートしたら、

脇を通すつもりができた時は向きの変更で飛球線に変換されてる、、、

 ミスショットも多々有りますが、感覚がすごーく面白くなってきました!

 

👉👉福岡遠征レポ🔥🔥

初コースでしたがスコア〇〇の

自分としては成長を感じる大満足ラウンドでした。

 ドライバー概ね良好、2発どダフり左、

1発ドスライス谷底が有りました。

 

😬同伴者にクラブを渡して振らせて感覚を崩すことも忘れずに実行。

 

アイアンは今のレベルではかなりの上出来大満足

アプローチ、概ねヘタクソトップばっかりで

数発目の醒めるアプローチ有り。

〇アドレスとグリップ_Moment

あまりのヤバさに5UTをチッパーとして使う始末。

 40ヤード以内が鬼滅の刃ならぬ鬼門の刃(刃で打ってるし、、)

 課題と伸び代しか無い。

 パターは教えて頂いた事を思い出して

きちんと打つべき時と距離合わせに徹する時を

分けて無理せず身の丈に合ったパットを心がけました。

 

 練習も身体づくりも次回ラウンドも楽しみですが、

この世代のクラブでもこんなすごいのに

次のセットはどーなっちゃうんだろう、と今から楽しみです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ヘッド(クラブ)をひきずる…って なんか名称欲しい…ですけれど
 元々は 手で振らずに、からだの回転で
 クラブをターンさせましょう というのが原点です。

 クラブの先端である ヘッド を動かす のは
 動かすんですけれど、
 自分が からだの向きを変えて グリップを移動させ、
 その分、ヘッドが動く。。。。

 ヘッドを😬 シャフトを😬 自分で直接的に動かそうとしない。」

質問「似ているけれど 結構な違いなんですよね。 」
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
店長「はい。かなり違います。
 ヘッドを引きずるイメージで ボールを打つと
〇手打ちからさよなら出来る
〇インパクト時の伸び上がりをする必要が無い
〇ディッシュアングルを保ち易い
〇ハンドファーストのインパクトを造れる

 これらが 特典としてモレナク付いてくる と言った感じですので
 結構、お買い得だと思うんですけど…。」

質問「はい✋はい✋」

店長「どれもが 個々で、一つ一つのテーマ、課題として
 悩んでいる人が多いと思うんですけど、
 ヘッドをひきずるアプローチ、ドリル で
 いっぺんに解決の糸口が得られると思うんですね。

 手打ちの解決は メインの目的でもありますから当然ですが、
 伸び上がり って
 腕とクラブが長くなっちゃってるから起こる訳で、
 ヘッドを引きずると クラブは逆に短くなるので
 沈みこむは大袈裟ですけれど、
 どちらかと言うと そう言う雰囲気です。
 伸び上がったら届きません。
アドレス7

 ディッシュアングル…腕とクラブの角度ですけど
 からだの向きを変えて クラブを引きずれば
 次の『ハンドファースト』にならざる得ない✊
 それが ディッシュアングル✊ ですので
 あまり意識しなくとも 達成可能です。


 …その上で ヒトツ 気になるコトがあるんですね。」

質問「なんです❓ なんです❓」

店長「多くの方のスイングやショットを見ていると
 全員じゃないですけど、かなり多くの人が
 慢性的な 『インサイドから入れる』
 『アウトサイドイン恐怖症』
 『インパクトは体の正面で✋症候群

 だと思うんですね。

 コレって 初心者だけでなく、
 逆に ベテランほど染みついている感じがします。

 アウトサイドから振りたくないが故に、
 無理やり インサイドから振ろうとする、
 そうなると フェースが開くっていう副産物が付いてきたり、
 入射が妙に緩くなってくる、という
 結構、深刻な副作用が付いてきて ソレに悩まされる。

 『インサイドから入れる』
 『アウトサイドイン恐怖症』
 『インパクトは体の正面で✋症候群』

 を実行しようとするが故に
 切り返してから からだを廻さない んです。」

質問「!!!!!!」

店長「いろんな事の問題を解消するには
〇外から入っても大丈夫
〇飛んで 繰り返せるなら アウトサイドインもOK
〇飛んで 繰り替えるなら 別にインパクト何でどうでも良い

 と割り切って
 切り返し、一気に からだを左に向けるんです。
 からだを開く。
 それが からだの回転
 です。」

質問「!!!!!!!」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングの勘違いのヒトツに
 よく素振りとかで ビュンと音をさせるのあるじゃないですか❓
 その音をどこでさせるとか…。」

質問「はいはい、ありますよね。
 飛ばす為、ヘッドスピードを上げる為、
 こう その音がするよう、するよう 振るような素振り。」


店長「素振り するコトは悪くは無いです。
 ショットをする為の、その使う筋肉とか、関節を動かしていく
 そういう訓練と言うか、慣れは必要だとは思いますけど……。

 スイングって ボールを打ったら、
 終わんなきゃいけないじゃないですか。

 いつまでも コマみたいにくるくる回っているモノじゃありません。」

質問「そりゃ そうですね。」


店長「打った後、動作は減速〜停止して行きますけど
 動いていたクラブやヘッド、特にヘッドですね、
 それには運動の慣性が残っていますから
 その時点で 自分の手、グリップを追い越したりします。
 クラブをフリーにすると言えば良いのか、
 リリースすると言えば良いのか…
 それは 無理に止めるモノじゃなくて
 放っておけばよい訳ですが。。。

 それは ショットのオマケ みたいな部分で
 ソレが 打撃の主エンジン では無いです。
 ソコって 結構 勘違いしてるんじゃないですかね。」

質問「あ。。。あるかも知れません。」

店長「ドライバーショットの場合、
 ボールの位置も やや左めが多いですから
 微妙に そのリリースポイントが始まるトコロ、
 クラブをフリーにするトコロがインパクトに近いですけど
 それは からだを廻してきたことで
 グリップを移動させてきたコトの顛末というか、
 延長であって それが打撃のメインキャストではありません。
VTS02 2022_Moment(3)
 でも 素振りとかで、
 ヘッドを『速く、速く、振ろう』『ビュッと音をさせよう』
 みたいな意識が根付いていると それが打撃ソノモノ に
 なっちゃうんじゃないかな って。」

質問「自分も含めて そう言う素振りしてますよね。」

店長「はいはい。
 ショットは全般的に
 からだの向きでグリップを動かし、
 シャフトでつながっているヘッドを引きずる。

 ドライバークラスになると 長さもありますし、
 先端の速度も上がりますから、
 その運動の慣性を無理に止めると逆に危ない、
 手首とか、からだを傷めてしまう可能性があるので
 打った後、それは行かせる、フリーにする、
 その程度の差であって、原則は同じだと思います。
会田20210701_Moment(2)

 見た目、そのタイミングがインパクトに掛かって見えるので
 その クラブを、ヘッドを放り投げるような
 フリーにして打つのが『ショット』と思い違いしているような
 そんな気がします。

 遠くへ飛ばしたい、
 速く振りたい は
  先端を 速く振るコト、動かそうとするコト ではなく
 似ているように思えるかも知れませんが
 自分自身が速く周るコト です。」
貴方にはどう見える❓_Moment貴方にはどう見える❓_Moment(4)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


質問「肩を廻せ、左肩を入れろ の話しからは
 少し遠ざかってしまったような気がするのですが、
 手打ちの解消はそれと関係あるのですよね❓」


店長「そう思います。
 からだの向きで移動させるゴルフクラブとの接点、
 グリップの移動では足らない、その動力だけでは
 自分のイメージしている円が造り切れない、から
 手で振る場合が多いですから
 当然、それをする為の準備もあるでしょう。
 おそらく ですが、そのイメージが解消されると
 からだの廻し方やテークアウェイの取り方にも
 影響。。。変化が出ると思います。」
〇からだの回転_Moment(2)

質問「どうしたら良いのでしょうか❓」

店長「そうですね、いきなりスイング、フルショットは
 大変ですので、短い距離のアプローチ、もしくは
 アプローチとは言わないまでも 練習を始める時の
 ウォーミングアップ だと思って やってみるのが
 良いのではないでしょうか。

 やがて それでアプローチ出来るようになり、
 その影響は 必ず、通常のショットにも出ると思います。

 アプローチって訳ではありませんが、
 ウエッジで 10〜20ヤード程度の距離で良いと思いますし、
 短いクラブでの練習は腰を痛める可能性もあるので
 使うのは 7番アイアンとか、6番アイアンでも良いと思います。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment


^媼韻垢襪里
 肩を廻す 〜胴体を捩じって でも良いですし、
 足を使って 骨盤ゴト動かしても ドラでも良いと思いますが、
 そのからだの向きによって 移動するグリップの動き、
 その動きが終わったら、ヘッドの移動も おしまい
 です。

✋肩を廻す、胴体を捩じる時の注意点 として
 ショットでもそうですが、小さなアプローチなどで
 肩は肩周り、胸や背中も含めた 胴体の上側が動く、
 胴体が捩じられるコト で 肩甲骨だけを使って、
 疑似的な 肩の廻しをしないコト です。
〇目安としては アドレス・セットアップ時の
 グリップエンドとからだの距離は 概ね〜保つ、
 テークアウェイを取って その距離が近づくコトはあっても
 遠ざかることはありません。
 グリップエンドとからだの距離が離れる は
 肩だと思っている、腕(肩甲骨も含め)を動かしているだけ
、です。
青木2022826_Moment(2)青木2022826_Moment(3)





 ボールに当てる、ボールを打つ、そして ショットの終わり
 も からだの回転による グリップの移動通り、移動次第、
 グリップの移動が終わったら、ショットも終わり、
 ヘッドがソレ以上動くコトはありません



 コレは アプローチに流用、アプローチに発展した際、
 とても 大切な部分になります。


 今まで 手打ちがショットの中に入っていると
 インパクト付近で からだの回転とは別の 手さばきの加速、
 が入っていた筈 です。
 コレは からだの回転で勢い付け した クラブの慣性に加え、
 手回り、肩周り、肘さばき などで
 クラブの速度をフリーにする、
 まるで クラブを放り投げるか のような使い方 です。

 クラブの速度をフリーにして打撃してしまうので
 その速度は 管理〜コントロール出来ません。

 加えて ロフトを開いて、緩いアタックアングル、
 場合によっては 上り際で打つコトが多いですから
 ソコを急がなくてはならない、のは分かるんですが、
 グリップの移動通り にすれば 下がり軌道の時に
 フェースが下を向いて入り易くなります から
 その 管理出来ない フリーな加速は要りません。

 からだの向きによる グリップの移動 が
 イコール ヘッドの移動の速度の管理

 つまり からだの向き加減(速度) が 距離感 になります。

 コレ 結構、大切なコトだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

店長「ちょっと 今回のテーマ
 肩を廻せ、左肩を入れろ というテークアウェイ系の話しからは
 少し逸れてしまう・・・・・・関係はありあり ですけど・・・。
 
 からだの回転で と 手打ち の関係なんですけれど
 そこは何度も言ってきているの ですが、
2017-06-13 19-07-51
 ややこしいんですけど ゴルフスイングは
 傍目から見ると 円を描いて見えるんですが
 当の本人、打ち手である自分自身は
  円を描こうとしてはイケナイ😬😬😬
 👉厳密には 円を描く意識は必要がなく、
  グリップを移動させられる分だけしか ヘッドは動かせない
  グリップの移動分以上、ヘッドは動かしてはイケナイ


 という パラドックスがあるんです。」

 質問「 は?? 」

店長「…まぁ そうですよね…😓

 お店にいらして 実体験でやってもらっても
 ピンと来ないのを 画像を使った としても
 言葉で説明しても 受け入れられない可能性は高い…んですが
 ゴルフスイング解明のヒント、かなり大きなヒントで、
 私の個人的な願望ですけれど、
 理解するようトライして頂きたい…です😓

 
 とりあえず 説明しますね。」


質問「お願いします。」

店長「大真面目な話なんですけれど
 ゴルフクラブってのは 無機質なモノで
 ナンの意志も意図も持っていません。」

質問「大真面目な話し、なんですね❓」

店長「はい。

 悶絶クラブのようにヘッドが重かろうが、
 ハードなシャフトでシャフトが重かろうが、
 重さは上下の動き、上に上げるのが大変、
 下に落とし易い、と言う重力に対しては反応しますけれど、
 からだ であっても、手で あっても
 横への移動の伴う 回転の味方はしてくれません。

 横への移動の負荷にはなるけど 原則、手伝いはしてくれません。

 重さ、その数値 何キロとか、何グラムとかは
 動きたがらない、ソコに居たい、留まりたい、
 もしくは 落っこちたい、上がりたくない
 を表した エネルギーの量 です。

Image20201006185024 (002)
 また、ヘッドが軽かった としても
 ゴルフクラブには長さ、そして 運動が加わるので
 重さ は 無くすことは出来ません。 


  よくある イメージ なんですけれど
 ボールを打たない、スイングとか、アプローチなんかで、
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)MVI_0878(2)_Moment(7)



 右打ちの人が 右を向いた状態から始めて
 左を向くと こういう風にクラブが動くモノ
 と思っている、信じている ゴルファーって
 100人に99人(100人❓)だと思うんですけど… どうです❓」

質問「ええええ 違うんですか❓」

店長「はい。 全然 違います。

 ゴルフクラブは無機質なモノです。

 打ち手……まぁ 私 としましょう。
 私がこれから 円運動をするか、
 それを持って 真っ直ぐ歩いて 散歩に行くか、
 それを 槍みたいにして突いて 壁に穴を空けるか、
 お薦めしませんが、夫婦げんかで使うか、

 判断する機能・能力は1个發△蠅泙擦鵝
 当たり前ですけど…。」

質問「はぁ…。 有ったら怖いです。」

店長「打ち手の私は 向きを変えて
 右向きから左向き、〇180度ターンするから
 ゴルフクラブも180度ターンする

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)



 今や腕もクラブも固定状態なので、
 その 半径分、半円を描く と信じています…


 自分が180度ターンしたから
 『当然』クラブも180度ターンする、
 ヘッドは外周部に位置しているから
 たくさんの距離を動いて 半円を描く…と妄信しています。
 まさに 妄信 です。
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(7)が、しかし、
それは単なる思い込み です。
ゴルファーの勝手な思い込みです。

 そんなコトは『物理的に』あり得ないんです。」

質問「ええええええええええええええええ」

店長「それはまるで
 空気抵抗の無い条件で
 1gの鉄の球 と 10キロの鉄の球を
 同じ高さから 同時に落としたら
 10キロの球の方が 先に地面に到達する✊
 と信じているのと同じ です。


✋じゃあ お家で、
 フローリングだとうるさいし、傷つくかも ですから
 絨毯の上でやってみましょう。

 クラブを使って 謎を解いてみましょう。

 右向き、とか 左向きは ちょっと省いて
 足、靴ゴト からだごと、右を向きます。

 地面にヘッドを置いてください。

 自分が持っているのはグリップ部 です。
 そこから 左を向く、靴ゴト、全部 左を向く。
 グリップを持っているので 右から左を向いた分
 グリップは移動し、ヘッド、クラブは引き摺られ…ます…が
images
 自分の思い描いている軌跡、道は通らず、
 クラブは半円 なんか 描かないでしょ❓」


質問「・・・・・描きません・・・・・・・。」


店長「スイングの最大の秘密 と言っても良いでしょうね。
 ゴルファーのスイングに対する 最大の誤解 とも言えます。

 自分が右向きから 左を向いて
 グリップを移動させた その量分しか ヘッドは動きません。
445
 ましてや 腕とクラブの半径分の 半円なんて…
 その半分位の 直線と円の間の
 想像よりも うんと自分に近いトコロ を引き摺られていきます。
413
 そして これは何度繰り返しても 同じような感じになります。

 円を描く 角度運動はとても少ない。
 ゆるやかに ターンはして行きますが、
 回転というよりも スライドに近い動きになります。

 右向き⇒トップの位置から インパクト〜右向きの戻し まで
 イメージの中では 90度のクラブターン
2017-06-13 19-07-51
 インパクトから この場合のフィニッシュまでの左向き、
 それで 残りの 90度のクラブターン、
 都合 180度のターンがされると 思い込んでいるけれど、
 その グリップの移動によって 引きずられるクラブは
 インパクトまで 30度位、多くて45度
 インパクトから 30度位、多くて45度
 自分が180度ターンするのに対し、
 多くても90度、少なく見積もれば60度位しかターンしていません。

 何度繰り返しても同じ です。

 その様も ヘッドが引き摺られる道のりも同じです。」

質問「。。。。。。。。。。。。。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「望ましい形でのからだの回転とは それが
〇胴体を捩じるタイプの肩の回転(捻転タイプ)であっても、
〇骨盤から 上半身ゴト右を変える回転(回転タイプ)であっても、

👉クラブと自分の関係を変えない、
👉両腕の長さに制約を受けない、
コトが
 『からだ』の回転の主目的 です。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
 クラブヘッドは ロフトやライ、フェース角度は
 相互に絡み合っていますので
 飛び出す上下方向角度(高さ)、左右方法の角度(方向)、
 ボールに加えられる回転など
 安定して、繰り返せるようにするのは簡単ではなく、
 それであるのならば
 そう言った角度を 動作中に、
 あまり(殆ど)変えず、腕やクラブを!では無く
  
クラブを持った自分自身が『ターン』しちゃいましょう
 その方が 確率として 繰り返し易いですよ✊

 なのが からだの回転 です。」

質問「確かにね…。」

店長「忘れられがちなのが
 クラブの弧の大きさ、
 ヘッドのボールに入ってくる角度、
 入射角度、アタックアングルも ロフトの一部です。

 ハンドターンの場合、
 フェースターンが必要になるコトが多いので、
 腕も含めた、ですが、
👉クラブの長さが早い段階で長くなり易く
 本来の、そのクラブ、その番手の長さ(短さ)が
 活かされるコトが少なくなります。
((((ハンドポジション_Moment
〇肩を廻せ! 左肩を入れろ の話しに戻りますが、
 腕だけを横に振る、手上げ だけでなく、
 肩を廻す為に腕を振る、クラブを振る、も
 肩は廻るんですが、
 クラブと体の関係は崩れてしまうので
 からだ(この場合は肩)を回転させる目的からは
 外れてしまいます。

腕やクラブを振って、胴体を捩じるケースでは
容易に 腕・クラブだけを振るケースにも
行き着き易いので 基本的には避けたい のです。」

質問「クラブはいつもからだの前に✋ って
 言いますよね。」


店長「はい。
 ホントに からだの正面 って訳には行かないですけど
 アバウトで からだの幅の中に って言うのは
〇ヘッド姿勢を大きく変えない
〇両方の腕の長さに制約を掛けない

 というコトだと考えて下さい。

 ですので 胴体が捩じられ、肩が回っていても
 からだの正面、からだの幅からクラブが外れてしまっている
 そういうテークアウェイ、上げ方 では
 どうしても インパクト付近でのズラシタ分の修正 が必要になり、
 それは からだの回転では補いきれません。」
((((((((_Moment

質問「からだの回転 と 手打ち/手振り との関係 にも
 つながってくるのですか❓


店長「まぁ そういうコトにもつながって来ますね。
 クラブのターンを からだの向きでするのを
 ボディターンとか、ボディリリース、
 クラブのターンを 腕や手でするのを
 ハンドターン、ハンドリリースと言います。
 
 どちらが良い悪い、正しい間違っているでは無いですが、
 よりシンプルで、体力頼りでは無いのは前者なので
 肉体に自信の無いアマチュア向き と言えるでしょうけど…。
 結果、として ハンドターンになっている人が多い、
 望んでそうしている訳では無いけれど
 スライスするとか、飛ばないとかの理由で せざるを得なくなっている、
 というのが現状だと思うんですね。」

質問「その解決法ってあるんですか❓」


店長「あります。
 肉体的な、または 技術的な問題 では無く
 『スイングってこう言うモノだろう』と言う思い込み
 が その差を生み出している と思います

 ですので その思い込み、その誤解が解ければ
 はい、すぐにパンパン打てる って訳には行きませんけど
 なんとなくの 形は直ぐに可能、
 肉体的には その方が楽な筈ですし、
 技術的には 既に持っている、知っているモノばかり、です。」


質問「ソコを! お願いします✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「実は 長尺には注意点が必要なんです。」

質問「なんです❓」

店長「最近のドライバーは大型化していますから
 スイングした時、そのヘッドの空気抵抗 が
 あるように感じますが、 実は
 シャフトの空気抵抗の方が遥かに大きいんです。
『ボールをつかまえる』スイングへ_Moment

 スイングする時、抵抗になる対象面の大きさは
 そのヘッドにもよるんですが、450ccの体積の平均値よりも
 シャフトの面積の方が 30〜50%大きいんです。」

質問「ええええ そうなんですか⁈」


店長「水の中で ヘッドだけを動かすのと
 シャフトだけを動かすとすると
 だいたい想像できると思うんですね。」

質問「そう言われれば そうですね。」

店長「スイング時の空気抵抗は 44インチでも十分あるので
 長尺にしたから…というのは気にする必要は無いんですが、
 風の強い日のプレイ、スイングでは
 長尺シャフトの方が より影響を受け易い、

 風が有ると スイングそのものもそうですけれど
 スイングリズムにも結構な影響が出ます。
 PGAのプレイヤーで言うと 風だけのせいじゃないですけど
 風が強いコースの多いヨーロッパを主戦場とするプレイヤーの方が短め、
 長尺シャフトを使う率は低いです。」 

IMG_0084

質問「アイアンで 同じ長さに違う番手
 セットを全部同じ長さに、ってのがありますけど…。」


店長「クラブの長さ って 長ければヘッドスピードが……
 程度にしか 扱われていないのですが、
 予想外に重要な要素なんです。

 アイアンの 番手、ロフトが違っても 長さは同じ
 なんて 発想も似たような間違い を生みます。
 
 〇デシャンボー選手の場合、
 からだ が大きいので ウエッジを長くしたい、
 というのが始まりなのでしょう。

 また、彼のヘッドスピード…60㎳に近いモノであれば
 放っておいても ‥戮離蹈侫蛤垢乃離差がハッキリ出ます。

 でも私たちのヘッドスピードは 40ms行くか、行かないか です。
 ‥戮離蹈侫蛤垢蓮‖之盡躡垢發△蠅泙垢掘
 はっきりとした距離差になり難い、
 そこで 長さを変え、ヘッドの入射角度を変え、
 番手間の距離差をはっきりさせるよう とするもので
 ロフトが違うモノを 同じ入射角度(長さ)にしたら
 番手間の距離差は曖昧
になってしまいます。
 弾道質もかなり違うモノになってしまいます。
 ほぼ 利点はない です。

 本来、長さはその長さゴトの入射角度になる、
 そう言う意味で 思った以上に長さには役割がある、
 そのことを無視してしまう発想は良くないですね。
 そちらの方が問題です。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment
 そう言う上でも 振り易い、似たタイミングになる、
 と言うだけでなく
 それぞれのクラブの長さ が
 ちゃんと長さゴトの入射角度として反映されるために
 クラブのセットが 同じような
『シャフトの硬さ』
 になっているのは とても重要なコトなのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「女性や力の無い人に
 いきなりクラブを振れ って言っても
 ボールを当てるコト、打つコトよりも
 その 先端に重さのついた長い棒 が
 すっ飛んでいかないだろうか とか
 自分を叩いてしまったりしないだろうか のような
 恐れを抱くことが有るのだと思います。」

SGさん「でしょうねー。」

店長「それと同時に 何が正しくて とか
 良いスイングを✋ なんてコトは思ってもいない、
 意識対象外だと思うので
 とりあえず そのか弱い腕でもクラブを振るコトが出来て
 番手にもよりますけれど 100y位を
 ぽこんと上がって 前に飛べば
 練習場デートは続く可能性がある訳ですよね❓」

SGさん「と望みますけれど…。」

店長「手で振るとか、からだの回転でとか
 そう言うの抜きにして であっても
 手順があるんです。で無いと 腕力の無さが
 クラブを勢いよく振れない になっちゃいますから…。

 スイング手順で
 良い悪いは別にして クラブを手で、腕で振る、動かす は
 からだが回っている、向きを変えている最中は出来ません。
 からだが回る時は腕は固定されちゃうんです。

 腕を動かすのは からだが止まった時『だけ』
 と考えて良いです。

 ですので 放っておくと、腕を止め、からだを廻し、
 腕でクラブを振って 当たる位置、ポジションに行き着くと
 今度は からだの回転を止め、
 腕を振るって手順になります。
 女性に限らず、クラブを振る、円を描く、
 そう言う風に考えるゴルファーの殆どが
 この手順です。
 典型的な アマチュアの出世街道です。」

SGさん「手打ち街道ですよね❓」

店長「それはそうなんですが、
 振って 当たって 飛ばない と
 面白い ってなれませんから、デートが継続しません。
 それが最優先課題ですので そこは無視します。

 からだと腕の関係はそう言う手順になるのですが、
 腕力の無い人だと それも難しかったりするので
 その手順をひっくり返します。

 画像、写真では からだの全体、靴までの向きを
 変えていますが、骨盤、上半身、お尻 で良いと思います。
貴方にはどう見える❓_Moment貴方にはどう見える❓_Moment(2)









 ̄Δ鮓いて グリップを少し高くします。
 スイングで言うトコロの トップの位置 ですね。
右を向きっ放しのまま グリップを下げ始めます。
 回転はまだ です。
➂ある段階 どこら辺とは具体的には言えませんが、
 ある段階に来た時に 向きを変えます。
ず犬鮓いて 動いてきたクラブをキャッチするような
 そんな感じになります。

貴方にはどう見える❓_Moment(3)貴方にはどう見える❓_Moment(4)








👉ポイントは 先に腕を動かし始めるコト です。 
 これであれば 腕力が無くとも
 クラブをかなり勢いよく振るコトが出来ます。
 
 どんな方向に グリップを下げると…
 どのタイミングで 向きを変え始めると…

 ここら辺は打ちながら 当てながら
 掴んでもらう他ありませんが…。
 空振りもシャンクも出るとは思いますが、
 この感じが掴めると
 先に 腕を動かしているので 手で振っているような感じが
 しますが、最終的には からだの向きと同調しますので
 腕力は重要で無く、結構なスピードでも
 クラブを振るコトが可能です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

中間レポートです。

動画と過去ブログ更に読み込みました。

(スイングは 1-motor で_Moment

オレンジ服の方の動画かなり見させていただきました。

御礼申し上げます!

苦手だったアプローチ練習をしっかりやり込み何かをつかみ、

そのヒラメキを元にロングパットをやりこみ、

再確認してショットすると別次元の打球出ますね!

 

 正解のショットを練習してて頭がこんがらがって来たので

「逆に同じミスショットを連続して打てるよう練習してみよう!」

ってのをやりました。

 毎回ダフる、トップ、どフック、どスライス。

 

 どこにもそんなバカな練習方法は書いてないですが、

いろいろと整理がつきました。

 

(店主)引っかけフック(どフック)、スライスを打ち続けてみる

 は練習になると思います。


「この番手は150ヤード」って思い込むと

なぜかそれより飛ばそうと力んでとんでもないミスショット出たり、

10ヤード短く飛んだら「あーダメだ」

ってなるので「ミス135〜ナイス150」とか

マインドセットして打つと自分的にはミスが減りました。

 どんなミスヒットでも130は行くじゃん、

というのがラクになりました。

 

小さなメモを作ったので今週末ラウンドに持ち込みます。

 パター。ブリストルちゃんとデールちゃん2人手元に居ますが、

クラブの重量やらアイアンからの流れからすると

ブリストルの方が合うのかも知れないと感じましたので

ラウンドで試します。

(店主)お使いのヘッド重量の流れ、からすると

 ブリストルかも知れませんね😊

 

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/スイングバイ

 

 いつものアホな視点での気づきを共有します。

 

 ハミングバードさんのクラブを正しく振ると

どうしてもヤマト復活編とか好きな海外SFの「スイングバイ」のシーンが

アタマに浮かんで離れないんです。

スイングバイするシーンってけっこう胸アツなんですよね。

男の子のロマンというか。

 

物体の運動の理すなわちそれ物理だから

実際ヘッドさばきと共通なのかな?と。

詳しい方がいたら教えて欲しい。

 

 惑星が身体、宇宙船がヘッド。

 

惑星の自転がヒップターン、

公転が体重移動してるとテキトーに解釈。

そうなると宇宙船の軌道計算は惑星の移動を

計算に入れないと狙う脱出軌道に乗れませんよね?

 

394218main_PIA11667_full

宇宙船がダフったりトップするのでは?

なのでかわいい暴れん坊であるクラブヘッドちゃんが

どの軌道を通りたいのか感じながらスイングしてます。

 

 Don't think FEEL!」(byブルース・リー 映画 燃えよドラゴン)

 調べたらこの言葉の後が凄かった。

 It’s like a finger pointing away to the moon.

Don’t concentrate on the finger,

 or you will miss all the heavenly glory.

 

 考えるな!感じろ!

それは月を指差すようなものだ。

指を見てちゃ栄光はつかめないぞ!

ぐぅシビれる!ゴルフいや、人生そのものだ!

 「ゴルフスイング」という言葉が円弧っぽいイメージで手垢にまみれています。

 言葉って言霊のパワーが有るからイメージや動作を縛ります。

 

今日から「ゴルフスイングバイ」って唱えてはどうでしょう?^_^

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「トゥアップ、トゥダウン、シャフトのしならせ〜しなり戻し 
 言い換えると シャフトの使い方 になる訳ですね。」
202252_Moment

店長「そう言えると思います。
 
 ただ 弊社のクラブのように 放っておいても
〇シャフトがしなってしまうモノ と
〇しならせない と 動かない・しならないモノでは
 使い方は真反対になってしまう可能性はありますね。

シャフトを意図的にしならせて〜しなり戻して は
(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)なんだか 上手になった様なニュアンスを含む言葉 ですが、
その実、手を止めて、クラブだけ動かすコトを指しますから
からだの向きとクラブを分断する、
要するに『手振り』になります。

将来的なコトを考えると 出来るだけ避けたい、のですが、
硬いシャフト・軽いヘッドの場合、
 そういう お上品な使い方では飛ばない😵
 めちゃ振りするか、当てるだけにするか、になっちゃう😵
 そうならないスペック、そうしなくて良いスペック、
 トゥアップ〜トゥダウンさせなくても ボールに届く
 シャフトの硬さ(柔らかさ)を選ぶ のが肝心と思います。」
 

質問「ブログ等を読んでいると
 ドライバーはシャフトが柔らかめ
 アイアンは硬め 〜従来通り

 の構成で使っている方が 非常に多い、と思うのですが
 ソレって どうしたら良いんでしょう❓」

店長「ソコが一番の問題じゃあないですか⁈

 対処の方法は無いです。

 おそらく、ドライバーは 左足かかと、
 ティーアップの高さが高ければ 左足つま先
 アイアンは からだの真ん中よりもやや右寄り、
 とりあえず ボールの位置で対処するんだと思いますが、
 ソレで対処しきれる 硬さの差 ではありませんので
 双方が上手く行く、と言う日は非常に少ない…。

 だいたいの場合ですが、ショットの練習やスイング造りは
 ショート・ミドルアイアンで行いますから、
 ドライバーに移行した時に苦労する。

 ドライバーショットに慣れてくると…。
 昔に比べ、ドライバーのシャフトが柔らかくなり、
 楽になりましたし、練習場で使うとストレス解消になるから
 ドライバーをみっちり打つ人が増えましたが、
 アイアンに移行すると てんでダメ。。。😵
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







 きついクラブから 楽なクラブはなんとかなり易いですが、
 楽なクラブから きついクラブはまず上手く行きませんから
 コースで言うと
✅距離の短いミドルホールで たまたま ドライバーが当たる、
 グリーンの目の前まで 行く、
 そこから トップ😵 ダフリ😵
 気温が下がってくるとシャンク😵
 そう言うゴルフをするコトになりますね…。」

質問「もしかすると スイングを造る際、
 ショットの練習する際、シャフトの硬い きついクラブ、
 この場合はアイアンになると思うんですが、
 それを使うための、ソレで打つための 技巧 が
 トゥアップ〜トゥダウン、シャフトをしならせて〜しなり戻す
 😵…手打ち、というコトになるのですか❓」

店長「だと思いますね。
 からだを廻せ とか 手で振るな、
 なんて言うのは 気にしていても 始めの数球で、
 目の前にでる 弾道や距離 が気になりますから
 本能的な反応 などの方が優先することになると思います。
(腕とクラブはLOCKんロール 2022523_Moment

 硬いシャフト、飛ばせないクラブ、
 ソレで ボールを中に置いて打つのですから
 手で振らざるを得ない打ち方に自然と行き着く
 と言うのが アマチュアのスイング造りになるんだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「多くの方 百人以上のアマチュアのスイングを、
 特に テークアウェイを見ていると
 幾つかパターン がありまして…。

 右打ちの場合、ですけれど
 からだを廻す、右を向く というのは
 多くの方が意識しているので
 まず 肩なり、腰なり、股関節なり で
 右を向きます。
((((((((_Moment

 その動きは ヘッドをたくさん動かす事になるので、
 無意識ではあるんでしょうけれど、
 グリップの移動が抑制されてるんですね。 

 ですので テークアウェイの最後に
 グリップを高くする。

 勧めている訳では無いですけど
 グリップを先に高くする人は非常に稀です。」

質問「オーバースイング気味の人のパターンな気がしますが…。」

店長「全員じゃないでしょうけど、そうですね。
 必ず グリップの移動、グリップの動かし、
 人によって 上だったり、横だったりしますけど
 グリップは最後に動かすコトになります。

 ものすごく 速いリズム、クイックにテークアウェイを
 取る方も そのパターンが多いような気がします。」

質問「クラブが立っていても、寝ていても、
 クラブを縦に動かしていても、横に動かしていても
 トゥアップを誘うような動き では
 必ず グリップの移動が少なくなる、抑制される というコト
 ですよね❓」


店長「そうです。(テークアウェイ時の話しですが)
 繰り返しますが、トゥアップは グリップとヘッドの動き、
 移動量が釣り合わない、ヘッドの方が多い時に起こるモノ で
 それは インパクト、ボールをさばく時の 手振り
 につながって来ます。

 また 理屈上で言うと
 右打ちですが、フェースを左に向ける、
 フェースが右を向いている、開いていると スライス、
 フェースを左に向けなくちゃ✋ と思う方は
 ヘッドの移動量の方が多くないと それは実現出来ません。
 ですので それを誘因する トゥアップさせるテークアウェイを
 取りがちになるのだと思います。

 逆に フェースの下向き を造ろうとすると
 ヘッドの方が多く動いたら フェースの上向きは造れても
 フェースの下向きを造るのは物理的にかなり無理があります。
 そこは 技術の問題では無く、
 ボールをどう打つ、どうさばく、クラブをどう使う の思い込み
 の間違いから始まっている可能性もあるでしょう。」
(手打ちになっちゃうヨ_Moment(2)
質問「スイングが円であるから
 外周、外にある ヘッドの方がたくさん動く
 速く振りたい から よりたくさん動かしたい、
 と言う気持ちから生まれている可能性も❓」

店長「大いにあると思います。
 円に対する 移動角度、角角度運動が同じ、
 でも、外周にあるから 多く動いて見える だけ です。
 5度角度分 ヘッドが動いたら
 5度角度分以上 グリップを動かしておかないと
 安定した軌道と規則性のあるヘッド姿勢は造り難い。

 ですので L字型のクラブの構造、重さの配分上、
 トゥダウンを誘発する、下振り、手振りを誘発する、
 トゥアップを出来るだけ発生させないよう
 ヘッドとの追いかけっこ の為 グリップを動かす
 と考えて良いと思います。」

質問「あああ だから プロとかの、良さげに見えるスイングは
 ヘッドとグリップが同時に、同じ分だけ動いている、
 いわゆる ゆったりと振っているように見えて、
 アマチュアは ヘッドばっかり動かしているから
 なんだか  あわてて振っているように見えるんですね。」


店長「そう思います。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment

 からだの向き 腕、グリップ、クラブ、ヘッドが
 同じ分だけ 同時に移動している、
 どこかが止まって どこかが動く と言う瞬間が少ない
 は 動作として 美しく見えますが、
 どこかが止まって どこかが動くは やっぱり所作として
 美しくは見えないでしょうね。

 テークアウェイのリズム、ゆったりして「見える
 は 速度の問題では無く……というコトはなんだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ものすごく基本的なコト、なんですが、
 スイングを考える、造る、治そうとする理由って どんなコトです❓」

質問「やっぱり 飛距離が出ないとか、スライスを治したいとか、
 安定しない、再現性が低い、スコアが伸びない
 なんてところだと思いますが…。」

e968a0ac

店長「となると・・・
〇今の基礎体力、運動量がちゃんと ヘッドスピードに反映するコト
〇そのヘッドスピードが ちゃんと 距離に反映されるコト
〇同じクラブ、番手で 似たような距離、似たような方向、
 似たような弾道の距離の再現性が低くないコト、
〇繰り返すことが難しくないコト

 これらを満たせる クラブ扱いにしないとイケナイですね。」

質問「そう思います。
 やはり 手で振る「手打ち」は良くないのですか❓」


店長「一概には言い切れませんが、
 手で振る、フェースターン、ヘッドの返し は
 それソノモノも からだの回転で行うよりは
 小さな円弧 が急激な加速で行われますし、
 気付いていない人が多いですが、
 ヘッドを振る、シャフトを振る、クラブの角度運動が大きい
 は からだ、もしくは からだの一部が止まっていて
 クラブを振る 作用反作用によって
 『姿勢』もかなり大きく影響を受けるので
 上の三つの条件を同時に満たしていく、
 上の三つの条件を並行して進化させていくコト
 やさしくない、ので『そうですね』と言わざるを得ません。」

質問「それは分かっているんですが、
 どうしてもうまく移行出来ないのは何故なんでしょうか❓」


店長「移行出来た方や移行しつつ有る方 と
 その壁にずっと突っかかっている方の違い は
 体力や年齢とは全く関係なく、
 また、スイングの技術的側面 とも関係が無い
 と言っても良いですね。」

質問「スイングの技術面では無いんですか。」

店長「はい、移行する壁 を乗り越えるのは
 発想の転換
 間違っていた思い込みに気付く など
 それも技術の一部 だとすると
 足らなかった技術を足し増す よりは
 束縛していた余計な思い込み』を捨てる、減らす
 の方が正解の場合が とても多いです。」

質問「例えば どんなコト ですか❓」

店長「基礎的なコトでも 幾つか あります。
 例えば…ですけれど
 グリップ、左右のグリップなんですが、
 左右のグリップって どちらが上だと思います❓」
lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット
質問「右打ちの場合ですが、茵茱哀螢奪廖 ですか…。」

店長「アドレスに入ってしまうと そう思い易いですが、
 からだの目の前で クラブを握り、
 シャフト(クラブ)を立てた時 は 右が上 です。
 アドレスをする、かがんだ状態で ヘッドを地面に降ろすと
 言葉遊びのようですが、高さの位置関係では 右の方が下ですが、
 左右のグリップの関係は 変わらず 右の方が上なんです。
 単に 腕を降ろした、 もしくは
 スイングの場合、傾きのある状態で向きを変えた、
 からに過ぎません。」
IMG_0378

質問「たしかに…。」

店長「ですので 右打ちの場合 ですが、
 アドレス時  左が上、右が下、
 トップの位置 右が上、左が下、
 インパクト時 左が上、右が下、
 と なんだか左右のグリップが 上下に反転
 位置を入れ替えて、それを戻したように考えガチ ですが、
 実際には 二の腕が上がった、下がった、
 もしくは スイング動作において
 グリップの位置が高くなった、低くなった から
 『見た目』の高さがひっくり返った だけ で
 左右のグリップの関係は変わっていない のです。」
IMG_0799

質問「! なるほど。」

店長「左右のグリップの 高さ関係と言う話ですが、
 コレは クラブの 『グリップとヘッド』の関係と同じで

 アドレス〜テークアウェイ〜トップで
 ヘッドが低い/グリップが高い が反転して
 ヘッドが高い/グリップが低い
 トップからダウンスイング〜インパクトで
 ヘッドが高い/グリップが低い が反転して
 ヘッドが低い/グリップが高い と
 グリップとヘッドの上下反転が 2回行われる『のではなく
IMG_0838_Moment

 単に 二の腕 が少し上がって、下がった だけに過ぎません。
 そして その量も ほんの少し です。
 場合によっては 腕の上げ下げ が無くても
 傾きのある 向きの変更だけでも 同じことが行えます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ