◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: 脳内イメージ


昔に比べると パソコンやスマホ
インターネットなどが使え 便利になりました。
昔であれば スイングを撮影、動画にするにも ひと苦労でしたが
いまや 誰でも簡単に扱え、見ることが出来ます。


ですので より危ない状況にも陥ります。
✊ここの点においては警鐘を鳴らしたいと思います。


564dfb4dこの部分は ゴルフショットをし始めた方 だけでなく
少なくないベテランさん😱やレッスンプロ😱、
トーナメントを解説するようなプロゴルファー😱まで もが
 今だ 間違った思い込み にハマっています。


この絵、この図柄は
アプローチやショットのインパクト付近を抽出し
デフォルメ(簡略化)したものです。
そして 同時に 立体の動作を 平面(二次元)で表現しています。


テークアウェイだけですが、実際のスイングで言うと
田中どら_Moment(3)田中どら_Moment(4)田中どら_Moment(5)






このような状態を 図柄、絵にしたに過ぎません。


テークアウェイで 右肩を上げ
フォローで 左肩を上げるのではなく
『前傾姿勢のある』ゴルフスイングで
 からだを回したに過ぎません



✋実際の肩は 写真の奥行きに逃げているのです。
564dfb4d灰色の線のからだのシルエットですが
テークアウェイを取ると
右肩を上げたのではなく
右肩は奥に逃げたのです。
スイングには「前傾姿勢」があるので
結果、アドレス時よりも高くなったに過ぎません。


ですので そっくりそのまま 👉パッティングストロークですが
5d625fee








こうではない というコトなのですが…。

この間違いを誘発しやすい図柄をそのまま
体で表現すると こうなります。
MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_MomentMVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(3)MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(5)






この あやまち のポイントは
いったい からだはどこであるか というコトを誤らせます。

そして 稼働する関節の存在しない
背骨、胴体をひねるコトが ゴルフを複雑化し
からだを痛める原因になります。


ボールを正対する、からだの正面で打つ
その正面の基準になる「からだ」とはどこなのか です。

それは 肩のラインなのか… 腰のラインなのか…

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スナップショット 1 (2018-04-02 11-36)今更 ではありますが、
✋ 手ですね、普通の状態では 親指が上、小指が下です。

クラブも 手の上で持っていて
忍者の短剣のように 下で持っている訳ではありません。

右手は左手の上 を握っており
握り方の種類は兎も角、
クラブを主に握っている左手の上に右手があります。

その状態が基本で 地面にある、低い所に有るボールを打つため
『股関節の前傾姿勢』
があるのです。


錯覚しがち なのですが、前傾姿勢があるので
左手よりも右手の方が地面に近いだけであって
スイングと言う一連の動作の時間の中では
右手の方が高い時間の方が圧倒的に多い(長い)のです。


ちょっと 横道にそれますが…
そして ここはベテランの方でも勘違いしている人が多いと思いますが、
クラブと腕には ディッシュアングルと呼ばれる 角度があります。
IMG_0013_Momentアドレスした時、
腕とクラブは一直線になっていません。

アドレスにもよりますが 150度位 の角度が
付いていますが 、それは 手首の角度で作るモノでは無く
クラブを握る時の、手とクラブの角度関係に
よって生まれるモノ
です。


手のひらに垂直に握って 手首で角度(ディッシュアングル)を作るのではなく
始めから 手のひらとクラブには そのディッシュアングルは存在するのです

逆を言えば、握り方なので
 スイング中、その角度に大きな角度変化は発生しないモノ なのです。

IMG_1064IMG_1065
スナップショット 8 (2013-09-10 1-47)










繰り返しますが、
右グリップが左グリップの下に「入り込む」から
地面にある、低いトコロにあるボールが拾えるのではなく
「股関節の前傾姿勢」があるので ボールが拾えるのです。


グリップを握り変えている訳ではないので
その左右のグリップの相関関係はいつも通り、変わりはないのです。

長さがあり その先端に重さの付いているゴルフクラブ、
それに運動を加えると 数キロ。。。かなりの重さになります。
それを 肘から先の筋肉で、手首などで どうにかしよう という
脳みそ筋肉発想からは離脱しないと壊れちゃいます。



これは 重要なテーマ なのですが、
スイングは 股関節を境目 として
骨盤から上の胴体 と 大腿骨から下の脚 に分かれます。
向きを変えた場合、軸足、右を向いた時の右足、右股関節
左を向いた時の左足、左股関節の 骨盤との角度差が
前傾姿勢です。

これがあるので 人間自身が大きな上下の動きをしなくても
地面にある、低い所に有るボールが打てるのです。


初めてゴルフクラブを握る方には
ちょっと難しいかも知れませんが、
その前傾姿勢が失われてる
その代わりに なにがしかの動きで 上下の動き
地面にある、低い所に有るボールを拾う 動きが必要になります。
✋ゴルフクラブには 距離を打ち分けるための長さやロフト角度
ボールの飛ぶ方向を決めるライ角度やヘッドの向きがあります。

股関節を分かれ目とした からだの回転をしていれば
からだの向きを変えて動くゴルフクラブは
その向きと同調するため
大きなロフトやヘッドの向きなどの変化、必要以上の変化は生まれませんが、
その動きを からだではなく 肩も含めた腕で行う場合、
ロフト、ライ、ヘッドの向き、入ってくるヘッドの角度が
無限の組み合わせで変化するので
ゴルフショットの目的の一つである、繰り返し、安定(似たような)した球を
打つ行為から一番離れた行為になってしまいます。
そして ゴルフクラブはクラブそのものだけでなく、
打撃部分も編重した構造をしている為、
出やすい球筋は 飛ばない ロフトの開いた姿勢になり易くなります。


ここまで読んで頂くと
長くゴルフやっている方の悩みは
やはり 
この「初めてゴルフクラブを握る」
「打てるようになる」
「練習をする」
「コースに出れるようになる」
「コースに出る」

この過程の中で生まれ、そして、今もその悩みが継続している
と感じると思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのアマチャアゴルファーは
テレビやビデオなどで見る動画・映像を元に
自分のスイング、スイングイメージを作っていく。

そして、定番になっているゴルフスイング用語などが
それを塗り固めていくことになる訳だ。


ここに基礎となるアプローチの連続写真があります。
cap02

100点満点とまでは言えないけれど
かなり基本に基づいていますね。
よく見て下さい。
肩や腕など動かさず
基本的に骨盤から上の胴体を動かしてショットしています。
クラブ単体を動かしている訳ではないのは
分かりますよね。

でも、ヘッドだけの動きを見てしまうと
adc717b3-s


ヘッドは円弧を描いていて
振り子に動かしているように見えてしまうし
スイングは丸く振れ とか
スイングは振り子 だという
聞いたことのあるゴルフ用語ともマッチしますね。

しかし もう一度よく見て頂くと
ちょっと体が上向きになっているとは言え
ロフトを変えず 伏せたまま 使っていますね。
スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)
しかし、それをパターストロークの画像ではありますが
このようにして真似てしまうと
フェースは常時上を向いている
ロフトの大変増えた状態に動いてしまいます。

このパターストロークや小さなショットで
このような疑似ショットをしてしまうと
ロフト単体が上を向いている だけでなく
スナップショット 1 (2014-01-20 18-21)
この肩の揺さぶり〜振り子で打ってしまうと
体も上を向いて、左足上がりで打つ のと同じ分
更にロフトが上を向いてしまうのと
クラブ単体を動かさず自分が体の向きを変えるのと比べると
入射角度も非常に緩い ものになってしまうのです。

3重の意味で
体の向きだけでクラブを移動させるのとは異なるのです。

ロフトが増え、体が上向きになってしまうので
打撃力がボールスピードになる筈モノが
更なる打ちだし角度になり、更なるスピンになってしまう。
予想は付くと思いますが
ボールスピードが落ち、打ちだし角度とスピンが増えるから
双方は同じ打撃力(破壊力)であったとしても
同じ距離にはなりません ⇒飛びません。
同じ距離飛ばない、飛ばないので
より強いインパクト、より速いスピードが必要になります。

先日の記事とのつながりで言うと
動作のスピードとボールスピードの乖離が大きい上に
スピードを増やしても 等分距離は増えないので
距離感が身に付きにくくなるのです。

同じ距離を打つのに 強いインパクト、
速いスピードの動作が必要になれば
ミスの出やすさは比例して増えていきます。
cap02

飛ばない、ミスは増える、距離感は身に付きにくい
という 3重苦なんです。
いや 基礎的な覚えにくさもありますから
4重苦・・・それ以上になるのです。

これを基礎にしてフルショットをすれば
そのままのショットが少し遠くに行くだけです。
このままでは永遠に左回転になることはありません。
スライスがこの動きに対しては正しい答え です。
ここまででも何重苦であるのに、
スライスを防ぐためにヘッドの返し(ローテーション)を
入れれば その動きはいろいろな絡み合いから
倍ではなく 二乗倍難しくなります・・・。

目で覚えた勘違いから始まる スイングのボタンの掛け違い
ここからショットの迷路が始まったりするのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフでよく言われる「芯を喰う」
結構誤解されていると思います。

今のゴルフクラブはどれも 慣性モーメントが高く
☞慣性モーメント…その姿勢や運動を維持する力
フェース面であれば だいたいどこに当たっても
大きくは飛距離も方向もブレません。


にもかかわらず 確かに芯というのは存在します。
スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)

それはフェースの真ん中に当たることですか?

では 試してみて下さい?
 クラブを誰かに持って貰うとか、固定して
 自分が思うフェースの真ん中
 自分が思う「芯」にボールをぶつけてみて下さい。
 出来れば 色々な方向からボールをぶつけて下さい。
 同じ音 ではありませんよね?
 ぶつける方向によって音が変わりますよね?
 同じような場所にぶつけているのに…。

それが芯の正体です。

ゴルフショットは当然運動中、移動中のものです。
ボールは単純に 速度や重さの積算の破壊力が
速度や回転などに分散して
 飛んだり曲がったり上がったりします。
ですので フェースの面の「どこか」に当たるよりも
どういう方向からどういう方向に動いて
そのうえでどういう姿勢の、どこで当たったか

によって 破壊力は分配されます。

インパクトの当たり箇所や当たり姿勢は
結果の判別で利用できる程度に考えなくてはいけなくて、
インパクトの当たり箇所や当たり姿勢を
静止画で、静止のコマ として捉えている限り
ゴルフの向上は必ず頭打ちします。
必ず手打ちに行きつき
その考えがある限り、手打ちから卒業することは
絶対に出来ません。

インパクトはあくまでも流れの中の一部であって
この流れの中の どこかに存在し
この一連の流れの中で ある程度ズレた位置や
ズレた時間、ズレた姿勢になっても
差が出ないようにしていかなくてはいけません。

もう一度言います。
フェースの面の「どこか」に当たるよりも
どういう方向からどういう方向に動いて
そのうえでどういう姿勢の、どこで当たったか

ではなく、流れの中で
多少ズレた箇所、ズレた場所、ズレた時間
で当たっても、それに左右されにくいショット
スイングを作っておくことが重要です。

昔もいいましたが
スイングは自分の意志も動きと
その動かしたクラブの重力や遠心力
クラブの作り出す良くも悪くも負荷とが
掛け合わされたものです。

半分は自分の動作
半分はクラブの不可抗力によって
生み出されます。

よって どこの箇所であっても 静止のなにか
ヘッドの姿勢であっても、クラブの姿勢であっても
フェースの当たり場所であっても
それを追い求めている限りは 一生涯やっても
答えは見つかりません。

その流れの中で 出来るだけブレが少ない通り道、姿勢
ゴルフクラブは常時移動している という観念の元で
スイングを構築しない限り
必ず 自分の動かしたクラブの発生させる不可抗力の虜
になるだけです。

トップの位置からインパクトまで平均で言っても 0.15秒
ドライバーであれば インパクト…
 ヘッドとボールの接触する時間は 1/3500秒です。
 0.0003秒

その刹那の時間を静止でイメージすることは
スイングを流れのモノにしません。
スナップショット 1 (2015-09-05 1-32)

ゴルフスイングの芯を喰う とは
ヘッドの動いてきた方向と
ボールの飛ばしたい方向、そしてその姿勢、当たる箇所
それらの総合です。
決して 緩く入れてくるとか
飛球線の真後ろからヘッドが入ってくるとは違います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

ショットする、スイングする、クラブを振る、

きっと ゴルフを始めた初期の段階で
多くの人が ボタンの掛け違いをしていると思います。

技術的な部分ではなく 頭の中で
そこの部分を把握? 理解出来ると
スムースにスイングを変えるコトが出来るようになります✋



step-1 スイングは 体を回す
体の向きを変えるコトによって ボールを打ちます。

step-2 体を回して クラブとの接点 【グリップを】
 移動させることによって 『結果』 ヘッドを移動させる。
👉傍目にヘッドで円を描かせる(描いているように見える)

step-3 基本は
 からだの向きを変えるコトでグリップを移動させるコトにあるのですが、
そんなの当たり前だよ・・・と多くの人が言うと思いますが…

❶体を回すコトによって グリップを動かす のと
❷体を回すコトによって ヘッドを動かす のでは

ものすごく大きな違いがあるのです✋✋
まるで違うスイング、体の回し方になります✋✋✋


❶ヘッドはおまけで グリップを移動させるためにからだを回す のと
❷ヘッドを動かす為に 体を回す のでは
回し方は 似て非なる、まったく違うモノです。

大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(4)










✊グリップを動かしても ヘッドはシャフトでつながっていますから
 結果は ヘッドも動きますが、
 記事の中で何度も書いている通り、
 ヘッドには重さ、そして長さ、運動すれば移動速度
 があるので 随時 重さは増えていきます。
 体を回すコトによって 移動するグリップ✋
 その移動量が 基本、ヘッドの移動量の源 です。
 ですので 増える重さの分 ヘッドの移動量は
 グリップの移動量よりも少ないのです。

しかし、多くの人は
 スイングは円だから 外周にある ヘッドの方が
 グリップよりも多く動く、  たくさん動く、   長い道のりを動く を
👉グリップよりも多く動かす、たくさん動かす、長い道のりを動かす

 と信じて疑いません。

まるで 言葉遊び、トンチのような内容になっていますが、
ここの部分が スイング、ショットにとって一番の肝なのです


❶体を回すコトによって グリップを動かす
 そのグリップの移動量よりも ヘッドが重い分、重くなる分
 少なくしか動かない   のと

❷始めから ヘッドの方が多く動かす

のでは からだの回し方が全く違います。

本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(6)本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(5)







動かすコトによって増えるヘッドの重さを無視し
無理やり ヘッドの方が多く動かす 回し方 では
その重さによって起こるズレ、遅れ
その重さを無理やり動かすコトによる特殊なからだ使い
によって 胴体をヒネらなければならなくなり(振り遅れ)
体を止める反動で ヘッドを動かす必要が出てきます。
結果、ダウンスイング〜フォローに
ボールと正対する瞬間が無いからだの回し方 になってしまいます。

その体の回し方で クラブを振らない腕使い をしても
ボールを打つコトが出来ません。

言葉で説明するのが難しいのでピンとこないかも知れませんが、
ゴルフクラブ で ヘッドの付いていないシャフト(棒)を振るのと
ヘッドという重さが付いている棒を振るのでは
同じ動作をすれば ヘッドは同じに動きません。
ヘッドが同じような動きをしているとすれば 同じ動作ではこなせません。

ヘッドの重さは 例えばドライバーでは 240g(悶絶クラブの場合)
ですが それは1ⅿの長さのシャフトと腕 で遠くにあります。
それに運動/移動が伴いますから その重さは少なくとも数キロ
場合によっては キロを超える場合もあるでしょう。。。

全く重さの先端についていない 棒 と
数キロの重さが付いている ゴルフクラブ では
繰り返しますが
同じ動作では 同じように動きませんし、
ヘッドが同じ動きは 同じ動作では作り出せません。
物理的な、自然な法則です。


✋ここのところが スイングのポイント だと思いますよ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


何回も書いてきましたが
多くのアマチュア…(プロにもいますねー)
のアプローチやパターストロークに
ゴルフショットの問題点、クラブ扱いの問題点が
かなりはっきりと内包されています。

多くのアマチュアゴルファーは
ヘッドが遅れ、それを取り戻す
しならせたシャフトをしなり戻す
という ヘッドをたくさん動かす
グリップの移動量よりも圧倒的なヘッドの移動量
を軸に スイングのイメージ(概念)を構築しています。

確かに ゴルフスイングは
体の向きを変える、回る、回転する という
円を作る運動が入っていますし
それが メインの動作であるので
それによって「結果」としてヘッドの方がたくさん
動いて見える というのはあるかも知れませんが
クラブ自身を動かさず 自分が向きを変える(回転する)のと
自分がクラブを円に振る というのは全く異なる行為

ということに気づいていません。

どちらが鶏で どちらが卵 かは分かりませんが
そのイメージの元で アプローチショットや
パターストロークをすると
結果として インパクト付近で体を止め
グリップの移動を抑制して、
「ヘッドだけを走らせる」
「ヘッドがグリップを追い抜く」
というところに行きついてしまいます。

cap02まあ このアプローチにも
多くのアマチュアがしてしまう
問題点が垣間見えるのですが、
それは別の機会の話として
このアプローチでは
原則的に 
クラブ自身を動かさず
それを持つ打ち手が向きを変える
 という行為をしています。
ところが この角度からスイングを見てしまうと
遅れたヘッドが グリップを追い抜いているように
見えてしまうのですが
グリップとヘッドの相関関係は基本的に変わっていません。

スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)この写真であったとしても
この打ち終わった映像の
次のコマ があったとすると
体の正面から見れば ヘッドがグリップを追い抜いたように
見えますが、グリップとヘッドの相関関係は変わっておらず
むしろ ヘッドの重量分 ヘッドの移動量の方が少な目
なのも気づくかと思います。


スイングを作っていく際
スイングを変えていく際
動画や画像は貴重な資料であるのは確かです。
でも 結局のところ この手の視覚情報は
「何が見たいのか」という前提条件があって
自分の見たいようにしか見えてこないのです。

体の動きでグリップが移動し
その分しか。。。 ヘッドの重さ分 その分以下しか
ヘッドは移動しない。
それが理解できている人にとっては
「なんだ…。そんな当たり前のことを言って…。」です。
それが理解できていない人にとっては
「意味不明な異端なスイング論」になるのと
非常に似ています。

アプローチやパッティングで
グリップの移動を止め ヘッドだけを動かしてしまうと
グリップの移動を止めた時点から
ヘッドの動く方向は 主に 横(水平方向ではなく)
縦(上下)方向になります。
その動きは クラブヘッドそのものが上を向いていく
(フェースが上を向いていく)ロフトを増やす働き
とともに
必ず 自分が左サイドを上げていく動き
がセットになって行われます。
・・・・・・・ので
増えるロフト変化は倍
ヘッドの上方向(高さ変化)への移動量も倍 と
打つ距離に対する距離の元になるもの(ロフト)変化が急激で
距離感が一定し辛く
しかも ヘッドの高さ変化が激しくなるので
ミスの可能性もかなり高くなります。
特に ウエッヂのようなロフトが寝て
クラブヘッドの構造でリーディングエッヂ(歯)が出ているものは
トップのミスの可能性を急増させます。

ロフトが増え、体姿勢も左上がり
ということは ヘッドの最下点(ボトム)も右になり易く
ヘッド軌道が急激に上方向に移動するので
同時に ダフリなどのミスの可能性も急増させます。

本来は前傾姿勢はあるとは言っても
体の回転はほぼ水平(横)運動ですから
その作り出される円弧は ウエッヂの長さとは言え
もっと緩やかな縦変化、高さ変化、上下変化
になる筈です。

このアプローチやパッティングストロークでの
グリップの移動を止め ヘッドを「走らせる」 
←嫌味です
行為は そのままショットに反映されます。
ここが治らない限り ショットの矛盾の環から
抜け出すことは出来ませんし
ここの原因になるのは技術的な部分ではなく
スイングはこういうもの という思い込み・概念の部分なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


体が向きを変える…一般用語でいう体の回転
それを使ってクラブを動かす というのは弊社のお客様にとって
既に周知の事実だとは思うのですが、
やはり そこのところの「誤解」「ご認識」が
実際の動作に及ぼす影響は少なくないように思えます。

体を回す とは 
肩回りを使って胴体を捩じることではなく
お尻や足などの大きな筋肉を使って
股関節から上の骨盤〜そして胴体の向きを変えること
 です。
今回はスイングを真上から撮った平面上の話で
クラブが起きたり、ヘッドが高くなったりの上下、縦の
話は一切割愛致します。

d11be403

これによって骨盤、男性であれば秀二が
正面〜右〜正面(一瞬)を経て左を向くわけです。
ゴルフクラブに限って言えば
長い棒の先に重量が付いている分
体の向きが右→左に180度反転したとしても
クラブの反転する量は90度〜120度程度
になります。
i320

この時計をご覧ください。
上の写真と合わせて
平行であっても 飛球線方向は3時から9時方向です。
アドレスでは若干真っ直ぐではありませんが
クラブは12時あたりを指している感じになります。

多くの人は当たり前のように
12時から始まって 3時〜そして12時を経て9時に
シャフトというか クラブを振るものと
なんとな〜く…おぼろげながら、そんなイメージを
思い描いていると思いますが、

そこちょっと思い直してください。

スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)



この時計に対し テークアウェイで3時
フォローで9時にゴルフクラブを振るのでは 
なく
土台である時計自体が向きを変え
時計の針に該当するクラブはターンしないのです。
i321
イメージとしては似たようなものなのですが
時計に対し針に該当する クラブが90度ターンするのと
時計自体が90度ターンするのは
動作にすると大違いです。

テークアウェイでで土台である胴体
骨盤から上の胴体が向きを変えるという事を除けば
腕周りで動かすクラブはたったこの程度なのです。
i322
それが土台である胴体が 90度(仮に)ターンするから
こうなるのであって
i323
時計がそのままで クラブが3時を向くのとは違うのです。

ここの部分 理解している人にとっては
「当たり前」過ぎて馬鹿らしくなってしまうでしょうが、
とても大切なポイントなのです。
 

体というターンテーブルが向きを変えるのが回転です。
クラブを扱う自分は そのターンテーブルの上で
円に移動することを踏まえたうえで
その進行方向に…実際には立体になるのですが
その進行方向にスライドさせて
ヘッドの重さを考慮に入れスライドさせて動かすに過ぎません。
結果 スイングは円に見えるからと言って
自分自身がクラブを円に振ってしまえば
クラブの構造上、その長さと先端について重さが
自分の考えている動作を決してやらせてはくれず
思い描いているのとは全く違う動作に行きついてしまいます。


基本は自分の胸にクラブを平行に移動させてあげる。
意識的にヘッドよりもグリップを方を多く、
 ヘッドは重さがある分動きたがっていないことを考慮に入れ
グリップを方を多く動かす逆扇型のイメージで
平行に移動させてあげる ようにすると良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店主殿


打者は 10悶絶を初めて打っています。
注)ドライバーで言うと振動数150cpm〜44インチ
  アイアンで言うと 5番170cpm前後

スイング破壊兵器シャフトが装着された
アイアン を 振っていて 7鉄 100y のトップ&ダフリ でした。

10悶絶を 打者へ譲り(強制的に😵) この日初めて 練習一緒した次第です。

最初は 振っていたので目も当てられない状況でしたので、見かねて

ラブレターフロム長崎

「赤丸の 仮想ボールをフェースで地面に押さえ込みむべし。
また 秀ニ は右向き。ボールは見ない。止まっているボールなんて見る必要なし」
と助言し、7鉄で50球ほど 打ったのが 添付動画です。


その後 9W 、Dr 問題ありませんでした。

割り切り 必要です。



店主:
ちょっと説明難しいのですが、
アドレス時 ボールは上下ではなく、左右と言う意味で
自分の菎世發癲銑茲劼供茱ン◌マの前にあります。

ビデオフロム長崎1_Moment

トップの位置で右を向いた時、
スイングには傾きがあるので ある程度の高さで
やはり 茱ン◌マの前にあると想定します。
(荼坿慇瓩料亜,任垢諭

実際のボール…ではなく
右を向いた時の 
仮想のそのボールを
「フェース面で!」
「地面に向かって!」 打つ

イメージで 実際のボールを打ちます。

体の向きの変更がありますから
そのイメージで 普通にボールは打てます。


逆に考えると 右を向いた時の実際のボールを打つ
その感じは 左を向いて上にボールを打つ
というコトに成り得ます。  やってみてね(。◕ˇдˇ​◕。)/


✋ボールを上から打つ とか
 ボールを潰す
 ロフトを立てる というのは
基本、からだの回転が造る時間進行の中で
左サイドが低い時間に打つ というコトと
『ヘッドが』上からではなく
打撃面である『フェース』が上からボールを見て
入ってくるというコトの合体です。

スイングはどんどん時間進行して
体の向きが変わることによって
左右の向きだけでなく 上下の向きもかわっていきます。

打とう!と思う トップの位置で
フェースでボールを地面に押し付けるイメージで
実際には ボールを横から打つコトになりますから
正面を向いてカラ、体の回転を止めて(無理)
ボールを横から打つと 結果 上に向かって打つ時間に
インパクトは入ってしまいます。
その時間差、タイムラグを把握して貰えると良いですね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



一般的には キャスティングは
左手首を基準に

アドレス時にある 左前腕とシャフトの角度を
最低でも維持し、腕とシャフトが一直線にならないように…

というニュアンスが一番近いと思います。




クラブが上がる時も同じですが、下がる時、
ゴルフクラブは シャフトと言う長さの先にヘッド、
重さが付いているので
ヘッドを上げる時も、下げる時も
一度 やり始める(例えばコッキング)と 
 その動きを止めることが難しい構造です。


例えば5番アイアンは
 一般的な市販のクラブで 240g
 弊社の悶絶クラブで  320g


それに腕の長さやシャフトの長さが加わります。
重さに対しては それは 掛け算 になります。
 どの場面か によっても異なりますが
 だいたい 1mとしましょう。  ×100cm

運動、移動が加わると それは 移動速度の2乗倍
 になりますので、速度にもよりますが ×30ms2

上げる時も速い人はいますが (理由はわかりませんが…)
当然、ダウンスイングに当たる 下がる時は 速度は増します。

IMG_1015_Moment2


気持ちは分かりますが、ヘッドの重さ、
移動させている時の実質の重さが重いと
動かしている充実感があり、速く振っている気になりがちですが、
体の正面よりも グリップが蕕縫坤譴譴
それは ロフトの増えになってしまうため
単に スピンや高さが増えるだけになります。
充実感の為にスイングしたい人は別として
体を痛めず、楽して飛ばしたい人は
  少々 頭を使う方がベターでしょう。


人によって異なりますし、厳密な必要はありませんが、
必要最低限、のトップの位置は
自分のからだとシャフトが平行になる位、地面に垂直になる位です。

体とシャフトが平行・・・ は
ちょっとイメージが付きにくいかもしれませんが、
例えば その関係が 平行に近い 薄めのV字 の関係
がトップだとすると、ボールを打ち終えるまで
その V字の角度を解いてはイケマセン。
その関係、角度は維持するつもりでいて下さい。

放っておいても クラブの構造上、解けます。
維持しようと思っても ある程度は解けます。

意志を持って その角度を 解いてしまうことを
「キャスティング」と言います。

前述しましたが、ゴルフクラブの構造上、
意志を持って 自分から その角度を解いてしまうと
それを途中で止めることは 不可能 です。

自分では クラブ、もしくはヘッドを下に振る と思っている行為は
単に ヘッドの通り道を大回り、遠回りさせ
インパクトロフトを増やし、入射を緩くする
苦労の割には距離にならない 「代表的なアマチュアのダウンスイング」です。


トップで出来た からだとシャフトの V字
これを解かないと ボールに届かない?
本当にそうですか?
キャスティングする しない ◎ヘッドの入れ方_Moment(4)

グリップの位置は下がるでしょう。
その分 ヘッドの位置も下がります。
右を向いたから ヘッドが高くなったのです、
その右向きは解かれます。 元に戻ります。
上げるよりも 下げる方が 重力が助力されますから
少ない労力で同じ場所に戻れるはずですし
短い時間で済む筈・・・なのですが・・・・・・・・おかしいですね。

届かないのは 届かない からだの姿勢、体の周り方を
作っているから? ではありませんか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


この20年を超えて スイング論の主流は
『オンプレーンスイング』ですね。

まあ その前も インサイドアウトであったり
アウトサイドインであったり スイング軌道論は存在しました。

down_swing


そして その俗称『オンプレーン症候群』は思っている以上に深刻です。
早く気づいて欲しいです。

『オンプレーン症候群』である限り
どんな教本、レッスン、アドバイスも単なる情報でしかなく
自分の身に刷り込まれることはありません。


ゴルフのショットは
試合や大会などでなくとも コースで実践されます。

スイングの型もそうですが、
スイングの型は 効率よく、かつ 繰り返し易いショットを生むための
「手段」であり、目的ではありません。
自分にとって 効率よく、かつ 繰り返し易いショットをする為の
「型」でしかありません。

コースでは 型などは ショットをする前の意識、
その意識として優先順位は 下から数えた方が早いほど。
風や傾斜、ライであったり、距離や風景であったり
その日の体調やスコアなどの方が 圧倒的に意識の上にあります。

ましてや スイング軌道なんて
ビデオや画像上の 線 でしかないような
コースではまったく存在もしない、
意識もしていないようなモノを
練習で追いかけても 何ら実践される筈もありません。

特に オンプレーンスイング の「オン」の表す
スイング軌道に沿って ヘッドを動かすコト、
それソノモノが正しいかどうかは、人の考えによると思いますが
(ハミングバードでは無意味、と思っていますが、それはさておき)
スイング軌道に沿って ヘッドを動かすことが主目的になり
本来の意味であるはずの
 スイング軌道を 「からだの回転で」「からだで」 作るのか
どうかは 意識の外になってしまっています。

問題なのは スイング軌道に沿って振る事ではなく
スイング軌道を 「からだで」「からだの回転で」 作るコト な筈です。

スイング軌道に沿う 「オン」という意識がある限り、
どうしても それを実現し易い 手回り、腕周り、腕さばきで
オンにしようとする 正解をなぞる癖がつきます。

それでは 最も意識し辛い 軌道などを
コースで実現できる筈がないのです。
練習のための練習、
何かの「おまじない」の為の練習にしか過ぎない と言えます。

IMG_0743


その考え、スイングの基盤になる考え方は
無意識な内に刷り込まれ、
例えば ボールを上から打つ、ロフトを立てる など
自分の身に刷り込まれるためには
それを どう 「体で」「からだの回転で」しなければならない のに
 ボールを上から打つ、ロフトを立てる という目的になってしまい
クラブの姿勢や手さばきばかりを追いかけることになって、
結果、見てくれや恰好ばかりを追う末路に行き着きます。

それはまるで自分ではなく
他人の目を満足させるための 練習、訓練になってしまいますから
想像出来る通り、自分の「身に」は刷り込まれず
コースで実践することは難しくなるのです。

「からだの回転」で、「からだ」で
言葉の通り 身に刷り込まれなくてはいけないのですから
回転が無しではボールが当たらない、打てない
前提でなければいけないのです。
「当たる」コトが先にあって
その後 からだの回転を考えても、それは中身のない、
形だけの、誰かの目を満足させるための「からだの回転」の真似事
なのですから 身に付くはずがありません。



まずは、その「オンプレーン症候群」のスイング捉え方から
離脱するコト、その呪縛から逃れるコトをお薦めします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ