◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 脳内イメージ


店長「ものすごく基本的なコト、なんですが、
 スイングを考える、造る、治そうとする理由って どんなコトです❓」

質問「やっぱり 飛距離が出ないとか、スライスを治したいとか、
 安定しない、再現性が低い、スコアが伸びない
 なんてところだと思いますが…。」

e968a0ac

店長「となると・・・
〇今の基礎体力、運動量がちゃんと ヘッドスピードに反映するコト
〇そのヘッドスピードが ちゃんと 距離に反映されるコト
〇同じクラブ、番手で 似たような距離、似たような方向、
 似たような弾道の距離の再現性が低くないコト、
〇繰り返すことが難しくないコト

 これらを満たせる クラブ扱いにしないとイケナイですね。」

質問「そう思います。
 やはり 手で振る「手打ち」は良くないのですか❓」


店長「一概には言い切れませんが、
 手で振る、フェースターン、ヘッドの返し は
 それソノモノも からだの回転で行うよりは
 小さな円弧 が急激な加速で行われますし、
 気付いていない人が多いですが、
 ヘッドを振る、シャフトを振る、クラブの角度運動が大きい
 は からだ、もしくは からだの一部が止まっていて
 クラブを振る 作用反作用によって
 『姿勢』もかなり大きく影響を受けるので
 上の三つの条件を同時に満たしていく、
 上の三つの条件を並行して進化させていくコト
 やさしくない、ので『そうですね』と言わざるを得ません。」

質問「それは分かっているんですが、
 どうしてもうまく移行出来ないのは何故なんでしょうか❓」


店長「移行出来た方や移行しつつ有る方 と
 その壁にずっと突っかかっている方の違い は
 体力や年齢とは全く関係なく、
 また、スイングの技術的側面 とも関係が無い
 と言っても良いですね。」

質問「スイングの技術面では無いんですか。」

店長「はい、移行する壁 を乗り越えるのは
 発想の転換
 間違っていた思い込みに気付く など
 それも技術の一部 だとすると
 足らなかった技術を足し増す よりは
 束縛していた余計な思い込み』を捨てる、減らす
 の方が正解の場合が とても多いです。」

質問「例えば どんなコト ですか❓」

店長「基礎的なコトでも 幾つか あります。
 例えば…ですけれど
 グリップ、左右のグリップなんですが、
 左右のグリップって どちらが上だと思います❓」
lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット
質問「右打ちの場合ですが、茵茱哀螢奪廖 ですか…。」

店長「アドレスに入ってしまうと そう思い易いですが、
 からだの目の前で クラブを握り、
 シャフト(クラブ)を立てた時 は 右が上 です。
 アドレスをする、かがんだ状態で ヘッドを地面に降ろすと
 言葉遊びのようですが、高さの位置関係では 右の方が下ですが、
 左右のグリップの関係は 変わらず 右の方が上なんです。
 単に 腕を降ろした、 もしくは
 スイングの場合、傾きのある状態で向きを変えた、
 からに過ぎません。」
IMG_0378

質問「たしかに…。」

店長「ですので 右打ちの場合 ですが、
 アドレス時  左が上、右が下、
 トップの位置 右が上、左が下、
 インパクト時 左が上、右が下、
 と なんだか左右のグリップが 上下に反転
 位置を入れ替えて、それを戻したように考えガチ ですが、
 実際には 二の腕が上がった、下がった、
 もしくは スイング動作において
 グリップの位置が高くなった、低くなった から
 『見た目』の高さがひっくり返った だけ で
 左右のグリップの関係は変わっていない のです。」
IMG_0799

質問「! なるほど。」

店長「左右のグリップの 高さ関係と言う話ですが、
 コレは クラブの 『グリップとヘッド』の関係と同じで

 アドレス〜テークアウェイ〜トップで
 ヘッドが低い/グリップが高い が反転して
 ヘッドが高い/グリップが低い
 トップからダウンスイング〜インパクトで
 ヘッドが高い/グリップが低い が反転して
 ヘッドが低い/グリップが高い と
 グリップとヘッドの上下反転が 2回行われる『のではなく
IMG_0838_Moment

 単に 二の腕 が少し上がって、下がった だけに過ぎません。
 そして その量も ほんの少し です。
 場合によっては 腕の上げ下げ が無くても
 傾きのある 向きの変更だけでも 同じことが行えます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「Mr.Kとは ものすごく長いお付き合いでして
 お店の開店当初からのですので 30年以上、
 のお付き合いになりますけれど
 当初からの スイングのテーマ が
 この こすり打ち改善 でしたね。」
葛谷2022816_Moment

受講生「うわぁぁぁ。」


店長「ずっと ソコをテーマにお話をしてきたんですが、
 全く通じない。
 元々、飛距離は捨てて アプローチで作るスコア勝負
 みたいなタイプのゴルファーで
 こする…よく言えば ロブショットですね、
 それは 抜群に上手い、神業です。
 スコアの為の
 そのアプローチを捨てられないですから
 ショット全般も こすり打ち・・・
 飛ばないけど 曲がらない
 そう言うタイプのゴルファーです。 

 まず やっぱり こすり打ち って言うと
 イコール スライス って思っておられたので
 特にスライスがスゴイ って訳では無いので
 自身を こすり打ちだ とは認識されていない。
 手打ち なのは気にされていましたけど、
 アプローチには その手使いが必須で、
 スイングの見た目は気に入らないけど
 特に変える予定もない・・・。

 ところが 年齢とともに
 飛距離が落ちるのも結構、激しいんですけど
 アプローチ感というか、
 こすりショットって ボールの下、
 ボールと芝の間に ウエッジを抜く 感じなんですけど
 そのタッチが若い時のように上手く行かず
 スコアも少しずつ悪くなる。

 どうしたもんか と考えると
 某所(ハミングバードですね)に行くと
 こするな、こするな、つかまえろ って言われる。
 こする のと、つかまえる の差はなんだろうって…。」

受講生「それ すごい思います。」

店長「こする イコール スライス じゃあない、とすると
 一体 なんなんだろう… と。
(キャスト_Moment

 それで 今回、トライするコト になった訳なんですけど
 今の状態を続けてくれれば こすりとはお別れ 出来ますけど、
 Mr.K ご本人を言っていますけれど
 こする打ち方は
 『インパクトはココ!』って言う感じも
 『クラブを振った!』と言う感じも
 『ボールを打った!』と言う感じも
 つかまえるショットに比べると 非常に明確で
 つかまえるショットは
 『ただ からだを廻したら 打ち終わってた』という
 なんだか残念な感じ、他人事なんだ、そうです。
 『打撃!と言う実感が無い』
 覚える、からだに染み込ませる、のに
 感覚的な目安が薄いですから どうでしょうか、
 現場で 良い形の成功体験が無いと
 実感のある こすりショットに戻る のは
 簡単なんじゃないかな、とも考えています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「重複するテーマになっちゃうんですが、
 こすり打ち と つかまえる の差は
 イコール 手打ち / からだの回転で
 とは限らないんですが、
 似た部分はあります。

 細かく言えば こすり打ちは総じて手打ちが多く、
 つかまえる側は からだの回転が多くなりますから
 この部分のスイング改造
 当然 こすり ⇒⇒⇒ つかまえ になるんですが、
 アマチュアの目指した方が良い スイング改造の根幹
 なのだと感じます。 」

受講生「動画で見ると ものすごく大きな差は
 見えないような気がします。」


店長「ですねー。
 インパクト付近の ボールのさらい方、拾い方の違い
 と言えば良いんですかねぇ。
 こする方は フェース、ロフトでボールの底を打つような
 感じになります。
 別な言い方をすれば ボールを自分の方に掻き込む
 ような感じになります。
 一方、つかまえる方は フェース、ロフトを円の外に向けたまま
 からだを廻すような…
 その感じが掴めないと 見た目と言葉『つかまえる』
 逆に感じるんじゃないでしょうか・・・。」
葛谷2022816_Moment

受講生「ですね。
 ボールを自分の方に掻き込む、フェースでボールの底を打った方が
 ボールが「つかまえる」感じ、 しなくもない気がします。」


店長「見た目の部分 で言うと
 同じように動いていても
 ダウンスイング後半、インパクト前になると
 ヘッド、クラブ、シャフトを下、ボールの方に振るようになる、
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Momentつかまえる の方は
極端に言えば ←この状態 のまま
からだを廻してしまえば良く、
遠心力によって 曲がった右腕が『伸ばされる』
のですが、
(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)こするショットの場合、
からだの回転を止め 右腕を伸ばすことで
ボールを拾いに行く
 というか
インパクト直前の円を
その腕さばき、『リリース』と言えば良いのか
で描いてしまっています。
ここが 最大の違い 分かれ目です。

 ですので そこ以外に大きな違いは見られませんが、
 一般的に、ですが、
 こするショットは その右腕の伸ばし『リリース』が
 打撃のメインエンジンになるので
 その動きをするための テークアウェイやトップ
 『ヘッドを降ろすための上げる』に
 なり易い傾向があります。

 また イコール ではないですが、
 腕のリリース をするには
 からだの回転を止めざるを得ず、
 止めないと リリースできませんから、
 この際、伸び上がり などが
「自動的に」付いてきたりもします。」
 ですので 結果的、にですけれど
 ボールを打つ 一番肝心な部分を
 腕とクラブを 半ばロックした状態で 向きを変えるのと
 逆に からだの向きを止め リリースで打つ
 ソコが 手打ちとからだの回転 の差
 に見えたりもします。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「まあ ゴルフのスイングで
 ああでもない、こうでもない って言うのは
 楽しいのは楽しいんですけど
 真面目に悩んでいる人にとっては
 すこし頭を整理するべき なんですね。」

受講生「 どんな点です?」

店長「繰り返しになっちゃいますけど、
 こすり球 は イコール スライスではありませんし、
 つかまった球 は フック ではありません。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(4)

 コト ドライバーショットに関して言えば
 道具の進化、ショットの科学的追及の結果、
 というよりも 成れの果て に近いんですが、
 こすり球 イコール 飛ばない でも
 つかまった球 イコール 飛ぶ でもないです。
 😢ここら辺が ゴルフの面白さでも意地悪な
 部分でもあるとは思います。
 

 ボールが飛ぶのって 念力や強い想い なんか関係なく
 単に物理現象なので
 結果としては 速いヘッドスピードのこすり打ち が
 遅いヘッドスピードのつかまえた球 より飛んだりする訳で
 こすり/つかまえ に関しては スピードで誤魔化せる部分は
 少なくないのですが、
 スピードで誤魔化せない アプローチショットには
 その こすり/つかまえ の差は かなり出ます。

 
 こすり球の一番の欠点は
 再現性の低さ、繰り返し似た球を打つコトが難しい、
 特に ヘッドスピードが重要でない 短い距離のショットに出る、
 これに尽きると思います。


受講生「重要な部分ですよね。」

店長「だと思います。
 それと 日本のゴルファーは 言葉 に頼ってしまう部分、
 こう 何かをバサッと言葉で定義付、分類してしまう部分が
 凄く多くて そのせいで悩みを深めてしまい易い と思うのです。

 こすり打ち と つかまえるショットの最大の違いは
 ヘッドの入射角度 と ボールの当たり場所で
 ✋フェースの当たり場所というより ボールの方ですね。

こすり打ちはIMG_0491 そのクラブ、そのクラブの長さで
理想的に入ってくる入射よりも 緩く
あたかも より長いクラブで入ってくるようなライン になり
そのクラブのロフトで コンタクトするであろう
 ボールの位置よりも 下側(ボール)に当たる形になります。

 これも 繰り返しになりますが、
 こすり打ち と つかまったショット の弾道比較では
 こすり打ち の方が 打ち出しは高くなり
 スピンは少なく、ボールの初速は遅くなります。

✋この特性からすると
 長いクラブ(ロフトの立ったクラブ)に比べ
 短いクラブ(ロフトの寝たクラブ)の方が
 より飛ばなくなる、より影響が大きい。
 ドライバーなどのロフトの立ったクラブは
 ヘッドスピードなどにも寄りますが、
 割に こすり の影響が少ない と言えます。


 どのように ボールをさばくか
 ボールをヘッドで、フェースで、どんなロフトで
 ボールを打つか、さばくか、拾うか、
 が 最大のポイントです。

 で、その結果、そのさばき方が
 手で打つようなコトに『なり易い』であって
 手打ちがイケナイ のではないです。

 逆に言えば、難易度は高いですが、
 ボールをつかまえる を 手打ちですることも可能で、
 要は ボールとヘッドが、ボールとフェースがどういう絡み、
 どういう接触方法を取れば良いか を
 あらかじめ 知っておくことが一番のポイント で
 結果論、ですが、ゴルフクラブの単純な構造や
 人間のからだの構造から だいたい、ですけれど
 人間が ゴルフクラブで ボールをつかまえて打とう とすると
 手では無く、からだの回転で打つに至り『易い』。

 からだの回転でスイングする、クラブを動かす、
 それが 第一 にある訳では無いと思います
。」

受講生「ボールとヘッド、ボールとクラブの
 物理的なコンタクトのイメージの構築 が第一 というコトですか?」


店長「その通りです。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(3)

 現在、MR.Kが夏合宿のように 特訓をしているのですが、
 練習をする様子を何気無く見ていても、
 やっぱり からだの動かし方 をとても気にしてるんですね。

 具体的に言うと フォローが出ない、
 インパクト以降の 左上腕が締まって、上がらない、
 を気にしているんですが、
 ポイントはそこじゃない訳ですよ。

 ダウンスイング、インパクト直前に
 利き腕の伸ばしで クラブを振ってしまう、
 キャストしてしまう癖が抜けきらない から
 その後のクラブが 左腕をカラダに押さえつけてしまう
 結果、フォローが出ないのであって、
 ソコを意識しても改善はされない訳です。
 言ってしまえば 今のボールさばきでは
 インパクト以降 左上腕が締まってしまうのは必然 な訳です。

 ココが ハードル になりそうなのは
 もっと しっかり 入射角度を取る のと
 意味としては似た改善ポイント なので
 上から打とう と思うと
 より ヘッドやクラブを下に振るコトになって
 より 元の路線に戻ってしまい易い。。。

 ココは スピードで解決できない
 アプローチショットの速度で
 スイングの円弧は からだの向きが造る、
 感覚的に フェースを下に向けていても
 からだの向きが変われば ボールは拾える が
 自分に染み込まれない と 上手く行かないでしょう。

 ただ ご本人を ボールをつかまえる動き の方が
 体感的に 「速く振るコトが出来る」
 打った感じ、振った感じは乏しいけれど
 「ボールをとらえた感じは良い」ので
 いま しばらくはトライされるんじゃないかな と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こすり打ち をされている方 は
 総じて テークアウェイで ヘッドを上げる量が大きく、
 その速度も速い傾向があります。 
 打撃の主力が 上げ下げの量と速度によるから です。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(2)







 ダウンスイング中ごろ から インパクトまで
 グリップエンドを支点に クラブを振る ので
 グリップ(左手)の下がりは慣れているの ですが
 グリップ(左手)の移動量は取れません、ではなく
 意図的に取りません。 取ってしまうと クラブを
 振れないから です。

 こすり打ちは お薦めの方法ではありませんが、
 アプローチショットでは 上げる球の傾向強く、
 『出すだけ』のバンカーショットには都合が良く、
 バンカーは出るけれど、距離が出せないになりガチです。

 また、こすり打ちは その名称とは異なり、
 こすって打っていますが、球にスピンが少ない特質を持っていて、
 弾道が高めになっても 止まり難い
 フォロー(風)でも距離が伸びることはない 傾向があります。

 スイング全般として、
 本来、必要のない インパクト直前の弧を描いてしまう為、
 遠回り、円が膨らみ、そのお陰で
 ヘッドに奥行きの有るタイプ 〜フェアウェイウッドなどは
 苦手? 嫌いになり易い傾向が強いです。」

受講生「ソコからの脱却はどうしたら良いんでしょう?」

店長「良い例?があるので お見せしましょう。
 弊社の名物ゴルファーの Mr.K
 長いコト こすり打ちでゴルフをされ、
 こすり打ちの達人として名を馳せていました😢
 現在、こすり打ちからの脱却 にトライしています。

 今、テーマにしているコト ですが、
.瀬Ε鵐好ぅ鵐阿砲いて
 グリップを下げるコトは習慣付いているので
 下げるコトよりも、
 からだを廻すことで 左手の移動を稼ぐ、
 からだの回すことは 左手の移動を稼ぐコト

 と言う意識を強く持って頂いています。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(3)

 それによって 従来よりも「早い」インパクト、
 速度の速い ではなく、タイミングの「早い」インパクト を
 実現できるようになっていますが、
 未だ ロフトを下向きに締める感じには至っていません。

∪擇衒屬掘^聞漾〆枯咾浪爾欧襦,里任呂覆
 上げる、位の意識で 左腕、左上腕の上への逃げ
 を意識して頂いています。

 ぐるぐるもんど のトコロはあるのですが、
 ボールをつかまえる = ヘッドターン と
 考えていたので、左腕の止まり、右手の追いつき が
 ショットの要 でしたので、
 その左腕の止まりが 左腕の上がりの障害です。
 ですが 今のトコロ、フェースを下向きに出来る訳では無い、
 今まで通りの クラブさばきで入ってくるので
 ボールはつかまっておらず、
 故に またヘッドターン、クラブターンのスイングに
 戻る可能性を秘めています。

 ボールをつかまえる は
 フェースの横ターンでは無く
 フェースの下向きによって造られる
 を 体験できるようになると
 更なる前に進めるようになりますが、
 そこが 今の段階の鍵 と言えるでしょう。

✋ご本人曰く、振った感じ、打った感じが無く、
 今までとのタイミングがまるで違う、
とのコトで
 ご本人は認識されていないと思うのですが、
 ダウンスイングで 右手の伸びでクラブを回転させる
 →下に振る  👉右手に掛かるクラブの重さの感じ
 ターンさせるために止める左サイド、左腕の
 ターン(重さ)を受け止める 締まり感
 そこら辺の喪失感 と 打撃が上手く行かないもどかしさ で
 元に戻る可能性は非常に高い ですが
 現段階での 変質度/進捗度 は かなり良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ちょっと 今回のテーマから横道 に逸れるのですが
 このデータから 色々と面白いことが見えてきます。
クラブ別スペック
 一般的に フェアウェイウッドははらって打って
 アイアンは上から打つ
 みたいに言われる訳ですが
 3番ウッドは 43インチ 幾ら欧米の選手が含まれる とは言っても
 女性の身長からするとかなり長尺に相当しますから
 こうなるのは仕方ない ですが
 →入射角度 -0.9 ほぼレベル ですね


〇41.5〜42.0インチクラスの 7番ウッドの入射角度が -3.0 度で
〇37.5〜38.0インチクラスの 5番アイアンの入射角が -1.9

 両方とも マイナス 上から入っていますが
 あえて言うのならば
 👉5番アイアンの方が はらって打っています。

 雑誌などの大嘘 というコトになります。

 全員の『平均』データなので 推測によるところが大きいですが、
 フェアウェイウッド の方が 重心深度も深く
 長さもあるので ボールを浮かせる能力が高い、
 しっかり つかまえて打っても ボールが浮く。
 一方、プロとは言え 女性にとっては
 ロング・ミドルアイアンの方が上げにくく、
 本能的にか、感覚的にか、 つかまえ切れていない、
 上がるように振ってしまっているのではないかと思います。
IMG_0496


 また この表には乗せきれませんでしたが、
 8番アイアンから サンドウエッジ まで
 徐々に入射角度が緩くなって来ます。

 と、同時に スピンの量の変化も少なくなってきています。

 ゴルフクラブは ロフトとライ角度 の兼ね合い が
 実質的なフェースの向きで
 同じ ライ角度の推移、ロフト角度の推移 でも
 ロフト40度超えると フェースが右打ちにとっての左向き、
 その度合いが強くなるので
 左へ行くのを避けるため やや こすり気味に打っている
 と考えて良いかと思います。

001002







 私個人の意見としては
 ドライバーから アプローチまで
 同じやり方を通す方が良い と考えていますが、
 つかまえる を理解出来れば、
 同時に こする も理解出来るので
 場面によって 意図的に「こする」も出来るようになる
 とも考えています。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「単純なイメージですけど、
 遅れるのはヘッドで
 スイング用語でいう タメを造る って
 からだの向き、からだ、 そして 腕 に対し
 ヘッドが遅れていることを指して、
 一般的な 手打ちは
 からだに対し、腕が遅れている、
 いえ 腕を遅らせている の違いなんですね。

 なんで 遅れさせるか って言うと
 ボールを打つところの 円は手の返しで作る、
 人によっては 作りたい。
 ソコ 円ですので、からだの回転は作用していない、
 つまり からだの回転が止まるタイミング が無いと
 手で円を造れないんですね。」

Rさん「ソレって ごく最近 感じました。
 手でクラブを返している時、からだ、
 主に 左側ですけど、止まってるんですよね。
 まぁ 考えてみれば 止まって無いと
 手で振れないですからね…。」


 店長「からだ、からだ、からだの回転 で
 って意識すれば するほど
 先に体を廻して、その止まり 左サイドの壁 の
 反動で 手を振るコトになるんですね。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment

 で 一度、体験してみて欲しいんですけど…、
 ドライバーだと ちょっと苦しいですが、
 アイアンの中途な番手、8番位でしょうか、
✅トップの位置で 腕とクラブはロックのイメージ
 
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Momentバランスボールのドリル
のとこで話してますけど
からだの向きを変える、からだを廻すと
バランスボールに遠心力が掛かって
曲げていた腕、短くしていた腕、
それを キープし続けるの辛くなりますよね。
その 不可抗力を使って
伸ば『されて』しまう両腕が
こんな感じになるように イメージする、
フェースはやや シャット気味ですよね。
意識的なリリースはしないで
 あとは 左を向く 👉回り続ける。

 上から打とうとして グリップを下げ続ける
 意識して 下げようとすると
 インパクト、インパクト以降で からだは止まってしまうので
 意識としては 必ず グリップは上に逃がす、
 大袈裟ですが 打つ前にはグリップを上げ始める、
 ダウンスイングから 上げる位でもいいかも です。
 それを やると・・・。」

Rさん「打った気がしないと言うか、
 自分が打つ前に当たってしまう、と言うか…。」

店長「そうそう ソレソレ。
 そこ感覚が一番鍵になるんですよ。

 今はドリルですから 動作の速度もすごく遅い。
 なのに 感覚的に インパクトはすぐ、早く来る。

 今までは
,らだを廻して(からだの回転を意識しているから余計に)
∈犬諒匹鯊い辰董]咾鮨ばし始める
➂クラブを振る クラブターン/フェースターン

 と言う行程 が有ったんですけど
 このドリル では
 ,里らだを廻すと △来るところでインパクトが来ちゃう。
 このドリルに比べると
 今までのタイミングでは
 左の壁でからだを止めるので 分かって無かったけど
 左に振ってる感じが強いですが、
 このドリルでは 右に・・・ って言うか
 ウチの練習場であれば
 まるで 鏡の方に打ってるほど 違いがあると思います。」
中島20202_Moment

Rさん「全然、全然 違います。
 まるで 違うスポーツをしているほど
 タイミングが違います。まるで違う。」


店長「ですです。
 そのタイミングを掴んで欲しいんですね😄」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ショットのミスにつながる テークアウェイのミス
 その多くは 左腕の運動量と右腕の移動量のミスマッチ です。
 からだの向き、ソノモノでテークアウェイを取れていれば
 左右の移動量の差は殆ど無い…筈 ですが、
 多くの方が 左腕の動きが多くなっている。。。」
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

Kさん「ダウンスイングで 左腕の長さ の解消 に
 苦労する訳ですね。」


店長「そうですね、
 ダウンスイングで フェースローテーションする人にとって
 左腕の長さが長い、左腕が邪魔 というのが
 ミスの原因になったりしています。
スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)

 ダウンスイングにとって
 運動の一番先頭であるべき、左腕の
 切り返しの動きだし遅れ も少なくないです。」

Kさん「質の良い 右向きが欲しいのですね、」

店長「はい。
 一般的に テークアウェイ、テークバックは『上げる』
 ダウンスイングは『降ろす』と呼ばれますが、
 それは 前傾姿勢のある基礎姿勢が向きを変える為、
 グリップ、クラブの高さが 高くなったり、低くなったり、
 そう見えるからであって
 左グリップを 「上げる」必要性は無いと思います。
 からだが ちゃんと 右を向けるのであれば
 それで高くなる量で十分です。」

Kさん「左手は上げる必要がない…と。」


店長「そう思います。
 左腕単独の動き、ソノモノが要らないと思います
スナップショット 2 (2016-06-27 23-07)

 ゴルフスイングの用語 で言うと
 右打ちにとっての左腕は からだの回転のコトを指
  と言っても過言ではありません。
 左腕を移動させる は からだを廻すコト です。


 ですので テークアウェイでも
 からだの向きと左腕は固定された関係 と考えて良く、
 右腕が曲がり、短くなった分 クラブが起こされる、
 その分、少し上がる、上がった 程度で十分だと思います。
 量で言うと この程度です。
スナップショット 2 (2014-03-04 10-51)スナップショット 3 (2014-03-04 10-52)スナップショット 4 (2014-03-04 10-52)


 当たり前の話し なのですが、
 テークアウェイは ボールを打つための準備、前動作です。
 からだの回転を主にするのであれば 右向き、
 手で振るのであれば 利き腕である右腕の動作、
 それが 打つための前動作 として 必要になる訳ですが、
 左手、左サイドでボールを打つ つもり が
 強くないのに 左手、左サイドばかり 動かすのは
 ナンセンスだと思うのですね。」

Kさん「確かにね…。
 そう言われると 手で振るにしても
 左腕や左サイドが邪魔になるのは仕方ないですね。」


店長「理想的には ヘッド姿勢、フェースの開閉という
 手間が不必要になるので からだの向き主体にしたいですが、
 そうでなかったとしても
 利き腕の右腕が使える準備、
 振りかぶる動きを主体にしても良いのでは、
 と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングの主導権を 遠心力に取られてしまいます : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)


JMさん「なかなか上手く行きませんが、
 トライしようとすると
 左サイドが止まる感じがわかりますねー。」

(からだの回転と腕・クラブ_Moment2022-06-17_13-39-40_Moment








店長「そうですか。
 通常、その左サイドの絞り とか、締まり、は
 左サイドの壁 と言われ、やるべきコト✋とされていますからね。
 良い、悪い ではありませんが、
 中高年ゴルファーにとっては 危険度の高い方法です。
 痛めやすいですね。」

JMさん「感覚的な感じではあるんですが、
 腕を伸ばす
👉円弧が大きくなる
👉それを回転、左向き(右打ち)で逃がす
 そんな感じになるんでしょうか❓」


店長「そう思います。
 止めるコト、受け止めるのではなく
 回転で流す方が安全だと思います。

JMさん「なるほど。 こうすると
 クラブに掛かる遠心力は 大きく増しません から
 グリップもガチッと握らないで大丈夫 になりますね。」

20220708_Moment

店長「ソコ 重要だと思います。
 やはり 硬いシャフト、硬いシャフトの方がヘッドが感じにくい、
 ヘッドが効いてないように感じますし、
 付いているヘッドも軽いですから
 どうしても 遠心力を強めて 棒を振ろうとする感覚が
 強いんだと思います。
 そう言う意味でも シャフトが柔らかい 👉ヘッドが効いている
 ヘッド自身も重量がある、悶絶クラブ向けの方法だと思います。」



JMさん「やってみると かなり タイミングが違う、
 まるで 違うタイミング感ですね。」


店長「でしょう〜ね〜。
 一般的なスイングイメージでは
〇廻ってから リリース
 廻るのが先で その後、腕を伸ばし クラブを振る感じ
 になると思いますが、
 このイメージでは
 クラブを放る訳ではありませんが、
〇腕を伸ばすのが先気味、その後、本格的な回転
 そんな感じで 真反対の順序 と思います。

(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 これも習慣化されてしまっていると思いますが
 インパクトって 手をひっくり返す、
 腕とグリップで作る三角形の 下側が向いていたのを
 上側に入れ替える動きをしていた のを
 下側、裏側を向けっ放しのまま 廻る、
 この感覚を覚えられると
 ドライバーのような強振するようなショット と
 速度を制限したアプローチショット に共通感を
 持てるようになると思います。
((リリースの違い フォローの違い_Moment(2)









 また、切り返し、ダウンスイングの初動で
 手を降ろす、グリップを下げる、
 この感覚、そのものはとても大切だと思うのですが、
 それが 既に出来る、掴めているのであれば
 グリップが下がるように からだを廻す、
 に留意した方が インパクト前後で 空間が詰まらず、
 手の入れ替え無しでボールをつかまえるコトに
 移っていき易いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「握力に依存するスイングをすると
 グリップが乱れ、アドレスに影響し
 想定外のミスが増えるようになる、
 握力に依存しない からだの回転を主とした
 スイングの移行は スイング動作ソノモノの改善、
 その動作による直接的なミス
 より 派生してしまう事前のミスを減らす
  コチラの方が主と考えて良いと思います。」

JMさん「なるほど。
 とは言うモノの からだの回転で を意識しても
 結局、手でクラブを振っちゃう、
 握力に依存しちゃうスイングになっちゃうのは
 どうしてですか?」


店長「多いですね。
 スイング、ショットに悩みをかかえ
 ちょっとでも スイングを考えたことがあるようなゴルファーは
 この からだの回転にしたいのに
 結局、手で振る割合が多い に殆ど属している

 のではないですかね。
大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)大森201904_Moment(4)






 全部を からだの回転に なんてのは
 そう簡単に行きませんし、長期的な課題 です。
 クラブが円を描く その動力割合を出来るだけ
 からだに委ねる、握力や腕力への負担・疲労を抑える、
 グリップやアドレスに影響が出ない程度で抑える、
 その程度と考えた方が 現実的だと思います。


 私はその部分、動作の技術的、作法の問題よりも
 なんとなく、ぼやッとしているけれど
 思い込みの部分が強いと思います。」

JMさん「と言いますと?」

店長「バランスボールを使った 疑似スイングですが、
 実際に 自分でクラブに掛かっている遠心力とか
 そう言うモノを放つ、解き放つ、 リリースといいますか
 イメージの中にある そのリリースのタイミング、箇所、
 そこで バランスボール、重いボールを放す

 をして頂きます。
2022-06-17_13-39-40_Momentそうしますと 多くの方は
このタイミング に ボールを放ちます。
おそらく…ですが、
『手で✋ ではなく
からだの回転で振りたい が故に』
 でしょう、
このタイミング に この場合は疑似クラブである
重いボールを放つ となると
 からだが左を向き始め、体自身の動きが減速に
 なり始める このタイミングでボールを放つ と
 手で ボールを 『左に』放つ、
 ボールに掛かる遠心力でボールを横に投げる

 このイメージでは そのまんま 手打ち です。

 この場合は重いボールですが、
 その疑似クラブを目標に投げる、遠くに投げる、
 のがゴルフショットでは無く、
 遠心力などの不可抗力のかかる そのゴルフクラブで
 ボールを打つのが ゴルフショット です。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 とても伝わり難いとは思うのですが、

 からだの回転を主に クラブを動かす と
 クラブ、ヘッドが円を描くのはからだの向きが主なので

 クラブに掛かる遠心力 と
 クラブが円を描く 箇所は視覚的に一致しないのですが、

 多くの方は 遠心力とクラブが円を描く が
 意識として一致した箇所なので
 どうしても グリップが軸になった手打ち
 に行き着いてしまいます。」

JMさん「!!!!!」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


JMさん「ミスショットを減らしたい、
 安定したショットを繰り返したい、
 というコトで 今日はやって来ました😫」


店長「いらっしゃ〜いませ
 大きなミスを減らす、
 もしくは ミスの幅を狭くする というのは
 スコアアップ、ゴルフ向上の為 不可欠ですね。
 そう言う意味合いで スイングも有ったりするのですが、
 一番のポイントは
 機械でいう ゼロ調整、スパン調整だと思います。」

JMさん「ゼロ調整? スパン調整?」

店長「簡単に言うと 基準値になる ゼロがブレないコト、ブレにくいコト
 例えば ですけれど
 ペーハーを測って、それに応じて 処置をする機械の
 基準値になる 中性㏗7.0がズレていたら
 問題が起こりますから、その基準値をブレないよう
 機械であれば 調整したり、校正をしたりしますよね。
20220708_Moment

 スイングで言うと
 動作が始まってからのミスは 少ないに越したことは
 ありませんが、もう仕方ありません。

 そうではなく 動作を始める前の ズレ が
 ミスの大元になりガチ なので
 動作を始める前の ズレ を減らしておく
 それが ショットの安定度を向上させる
 とても大切なポイントだと思います。

 そう言う意味合いで
 体力、筋力に依存しがちな 手打ち は
 出来るだけ避けた方が良い と言う話です。


 では 具体的に進めてみましょう。
 まず アドレス、グリップから見させてください。」

JMさん「はい。」

店長「何も考えず いつも通りの、
 違和感のない グリップ・アドレスを造って下さい。」

JMさん「はい。」

店長「一般的に言われる 手打ち、手振り、
 この最大の欠点は 動作そのもの よりも
 それをする為に 握力、特に右打ちの人の左グリップに掛かる
 負担が大きいことにあります。

 現在のグリップは
 手で振る為、
 特にヘッドを返す、フェースローテーションをする為、
 右グリップと左グリップが離れた、
 俗に言う 緩んだ、弛緩したグリップの関係になっています。
「アドレス修正

 また ココも 手打ちの最大の欠点なんですが、
 ヘッドを返す、フェースローテーションをする
 その支点になる 左グリップが深い握り、
 本来 グリップは 『グリップ』 で
 英語で言うトコロの 『グラブ』 ではありません。
 その二つの違いは グリップは 指の仕事
 グラブは手のひらの仕事 と考えて良いと思います。
 フィンガー、もしくはセミフィンガーで握るのが『グリップ』で
 手全体、特に手の平で握るのが『グラブ』です。

 フィンガー気味で握ると 手のひらは 面 とした残り易いですが、
 手のひらで握ると 手が✊になって、丸くなってしまうので
 手のひらが残りません。
 手のひらは ヘッドのフェースと関連する 大切な、
 そして ショットの安定や方向の安定には パーツです。
 それを自ら 抹消してしまうのは勿体ない、 のと
 フェースローテーションの支点となる 左グリップが
 手のひらで 深く握ってしまうと
 強いフックグリップになってしまったり
 右グリップが入る場所がなくなり、
 左右のグリップが離れた状態になり易くなります。

 ここまでは まだ序の口です。

 私たちの年齢 50歳以上ですと
 一番 耐久性、持久力の乏しいパーツは 腕力、握力 です。
 左グリップを強く握る必要のある 手打ち は
 ラウンド中、低下していく握力を補うため、
 疲労度合いとともに グリップの深さ や
 フックグリップの度合い が 深まります。

 機会がありましたら お友達のラウンド で
 フックグリップの度合い、
 握りの深まりの変化、
 左右のグリップの離れ度合いの変化、
 そこらへんの 推移を観察してみて下さい。
 思っている以上の変化していたり、します。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「右手の伸ばし(右打ち)、リリース について
 はどうでしょうか❓」
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

店長「バランスボールを持ったまま、
 トップの位置から からだを廻す と
 ボールソノモノ の重さ と運動によって
 ボールは下に下がろう、落ちよう とします。

 腕の作業は それを ゴルフで言うトコロの
 フェースの下向きに変えてやれば良いだけで
 からだは廻っていても それはグリップの移動が成されているだけで
 ダウンスイング〜インパクト程度の 回転では
 グリップとヘッドの位置関係が『反転する』ほど移動していませんから
 二重で からだの仕事を奪わなくて良いのです。

 結果、重さと遠心力が掛かって
 右腕(右打ち)は伸ばされてしまいますが、
👉それは拒否しない、
👉そして 下向きに誘導する
 となると
 左手は円の外を通って、
 しかも その先、上に逃げて行かないと
 フェースの下向きは誘導されません。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment

 ダウンスイング、切り返しの左腕の下がり は
 主に からだの向きで行います。
 苦手な人は 少し 左腕の下がり先行で
 からだの回転に同期させるようにしても良いと思いますが、
 自分で下げる積極性は 特にありません。
 むしろ 重要なのは インパクト以降の左腕の上がり、
 左上腕の上がり、上下関係と言う意味での左脇の空き に
 なると思います。
((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)

✋ココが上に逃げてくれないと
 ヘッド軌道が内に切り込んでしまいますから
 へっそ姿勢やヘッド軌道の安定性を欠きますし、
 場合によっては 内に切り込み過ぎ、
 その結果、軌道に対し 開いた状態のヘッドが作られ
 アウトサイドイン や フェースの開き という
 変な スイング理論に埋没してしまう
 可能性が秘めているので
ボールをつかまえる、
ボールをつぶす、
上から打つ、
ロフトを締める、
 と言う点において インパクト、インパクト以降の
 左上腕の上への動きはとても大切なのです。
flat-spot-hand-path2 (1)

 コレ 誤解を招くので あまり言いたくないのですが、
 歴代のトッププロの ヘッド軌道 と
 グリップ軌道のデータの平均値を取ると
 俗に言われる ダウンブローは
 薄〜く ですが
 グリップが上昇しかかったトコロにインパクトがある
 と言うのが有るのです。
 ✋ドライバーショット って訳じゃあないですよ。
 その方が インパクト姿勢が安定し、
 インパクトをゾーンで長く取れる というコトなのです。

 くれぐれも煽って振ろう
 上を向いて振ろう と言う意味ではないですよ😵
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ハンドリリース、ターンにしても
 からだの回転にしても 打撃の手段でしかないと思うのですが、
 やはり ボールをとらえる、つかまえる、
 ボールをこする の思い込みとか、概念の勘違い
 と言う部分が強いのでしょうか❓」


店長「そう思います。
 手で振る、手打ちを喜んでしている人は
 あまり多くは無いと思うのですが、
 開いたフェース、右打ちなら右に開いている、
 それでは こすってしまうので
 仕方なく フェースを閉じる、左に向ける、
 が結果として、動作の手打ち、ハンドターンに
 なって行くんだと思います。

 その『つかまる』『こする』の勘違いは
 とても大きいと思います。

 『こする』『こすり球』の話しからしましょう。」

質問「興味深いですね。」

店長「ゴルフの意地悪なトコロなんですが、
 アプローチなどでは ソレ『意図的なこすり』
 必要な場面もあります。

✋個人的な意見ではありますが、『意図的なこすり』
 『意図的なつかまえ』はする必要が無いとは思います。

 中途な距離をアプローチする場合、
 見るからに こすり気味、スピン増やし気味 に
 打つ場面があると思うのですが…。」

質問「ありますねぇ〜。」

店長「上げる球、出球の高さを取る方法 とも言えますが、
 その際、ですね、
 よく、インパクト以降、フォロー側で
 左ひじ(右打ち)を抜く、左ひじを引く、
 と言われるのですが、
 結果、だけを見れば そうなんですが、
 その方法は 左ひじを抜く のではなく
 左腕、特に上腕ですね、これを意図的に『上げない』
 左腕の高さを低いまま、維持するコト
 なんです。」
o0361056812059034776

質問「えええ そうなんですか❓」

店長「はい。
 左腕、特に上腕ですが、これを上げないと
 スイング軌道は 急激に内側に切り込みます。
 まあ どちらとは言えないですが、
 左ひじを抜く、引くように動かすと
 結果としては 左上腕が下がるような動きになり、
 フェースターンをしてなければ ロフトは大きなまま
 になりますので 緩い入射、大きなロフト で
 インパクト前後を通過させ易くなります。」

質問「バンカーショットなんかに良いですね❓」
81dea1cae1908cc4a2f18a9481d5709a

店長「そうですね。必要がなければ 無理にするコトは
 無いとは思いますけれど…。

 良くあるパターン、トライなんですが、
 通常のショットや練習で
 フォローを出そう、フォローを大きく取ろうとして
 左腕を伸ばそう、左腕を打ち出し方向に出そう、
 とすると 左上腕が上がり難くなるので
 こすり球や過度な引っかけ に
 なってしまう可能性がありますから ソコは注意が必要です。

フェースローテーションが強い人 にとってはyjimageLL1DHR4Z
ヘッドターンをすると 右手が左手にかぶって
左上腕があげられなくなってしまいますので
左回転の球は打てますが、『つかまった球』は難しくなります。」


質問「じゃあ こすらない〜つかまえる と言う意味では
 その逆 なんですか❓」


店長「意図的に、ではなく
 つかまえる というか、通常のショットは
 その逆で 左上腕を上げるコト は
 結果として 大きなフォローを生みますし
 ボールを『つかまえる』と言う作法では
 基本的なモノ と考えて良いと思います。」

スナップショット 4 (2016-07-27 18-56)スナップショット 5 (2016-07-27 18-57)スナップショット 6 (2016-07-27 18-57)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ココからが ちょっと難しい問題 なのですが、
 実は切実な問題ではあるのに
 ソコに気付いていない と言うトコロがもっと大きな問題です。」

質問「なんです❓」
店長「前提条件として
 手振り・手打ちでも 故障も無く、楽しくゴルフしている人は
 それを無理やり変える必要はありません。
 ただし これからゴルフを覚えたいとか、
 やるなら まあ 本道を進みたい と言う方には
 お薦めしないだけです。
((((((((_Moment

 手で振る、手で打つ、手でクラブをターンさせる人 は
 主に 右打ちなら右腕、
 その 曲げ伸ばし によるクラブリリースが
 打撃のメインエンジン になります。

 ここは表現が微妙なんですが、
 ゴルフスイングの根底的なイメージで
 植え付けられてしまっているのか
 手で振るのは良くない、からだの回転だ✋
 そう言うのがある訳なのですが、
 手振り、手打ち(総称して ハンドターンと呼びますね)
 の場合は その腕の曲げ伸ばし をするための
 スペース・空間を確保する為の からだの向き です。

 ですので からだの回転も意識する場合、
 例えば右向き、テークアウェイの時は、
 からだの向きを先に右向きを造り、空間を作ってから
 腕のたたみ、肘の曲げを行い、
 その逆は 現実的には存在しません。」

質問「そう言われれば、向き、腕の曲げ はある程度別なタイミング、
 1.2.と言う順序で別々に行われますけど
 先に 腕を曲げてから 向きを変える人を見たコトないですね。」

店長「そうですね。
 クラブに円を描かせる動き に
 からだの向きが全く関与していない訳では無いですが、
 クラブの動きは 腕の曲げ伸ばしがメインなので
 オープンスペースと言ったら良いのでしょうか、
 空間を作る為だけの向き なので
 どうしても その順序が必要になります。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)

質問「だから ダウンスイング時に
 からだを先に開き、腕を伸ばす になるんですね。」
店長「そうなります。ならざるを得ません。
 ただ 今回の話しでは ソコが問題ではありません。

 繰り返しますが、ハンドターンであっても
 痛みも悩みも無く楽しくゴルフをしている人が
 無理やり それを変える必要性はありません。

 今回、問題となるのは
 自分にとっての からだの回転、向き は
 曲げた腕を伸ばす その勢い付け や
 それを行うための空間づくりの為 のモノなんですが、
 一般的には からだが回っていない とか、
 もっと からだを廻せ、
 何か ミスが起こった時に からだの回転不足、右向き不足 や
 回転の量や速度が足らない を指摘される場合が結構、有り、
 無理に 右向きを深くしてしまう場合 があるのですが、
 問題を解決する上で それは有効ではない場合が多いです。

 ハンドターンの場合、インパクト付近で
 かなり複雑な、しかも高速な インパクトの作法があります。
 深くなった 右向きはハンドリリースの勢い付け には
 なるかも知れませんが、
 それによって よりヘッドの遅れが増えたり、
 重要なタイミングが狂う可能性がありますので
 量さえ増えれば解決するケースは少ないと思います。

 また、ハンドターンの方が からだの向きを強調すると
 胴体を捩じるコトになりますから
 腰や首などへの負担も増える可能性があります。
 そう言うケースで悩まれている人がたくさんいます。

 嫌味で言う訳ではありませんが、
 自分がハンドターンだと認識している場合、
 そして 特に悩みも痛みも無い場合、
 自分にとっての からだの回転は
 腕の曲げ伸ばし、リリースの勢い付け であったり、
 腕の作法をする為の 空間づくり であったり、
 スイングの弧自体には直接関係がないので
 誰か、何かに感化されて からだの回転を増やしたり
 急いだり して 良いことはないかも、
 それよりも からだに負担の少ない ハンドリリース
 そのやり方やタイミングを熟成させる
 と認識して置いた方が良いと思います。」 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こういうケースもあります。
 有名メーカー直営店
『フィッティング』されたので
 アイアンセットで お決まりの かなり硬い
 最近、流行りの軽量スチールシャフト です。
 硬さ で言うと 5番が 320cpmから始まりますから
 数値で言うと かなり硬い、
 硬さ だけで言えば 男子プロ並みのスペック、
 それが 非常にアップライト
 5番で 62.5度 と言う設定 です。」

質問「シャフトもかなり硬いうえに
 かなりアップライトですねー。」
g-421

店長「ですねー、打っても頂きましたが、

 ごく普通な 60歳代の男性で
 この硬さが気持ちよく振れるとも 思えません。
 やや 立ち気味に構えられているので
 アップライト の選択だったのかな❓とも思いましたが、
 相談を受けた理由は 飛ばない、つかまりが悪い、
 の上に ライ角度をフラットにしたい… という
 とても不思議な依頼だったのです。」

質問「つかまりが悪いのに フラットに… ですか❓」


店長「そうですねー、

 ライ角度は 構え方に準じますが、
 運動中は 単にフェースの向きを左右します。
 ラップライトだと 左を向く可能性が高い のですが、
 それは ダイレクトにフックが出易い、スライスが出難い とは
 異なりますし、つかまりはライ角度よりも
 ロフト角度の使い方 に強く影響されます、が
 フラットにすると フェースは
 より右を向き易くなる(ロフトも大きくなり易い) ので

 今回のご依頼に関しては あまり良い修善ではないか、と…。」

質問「ですよねー。」


店長「何球か打って頂いて ソールのマット跡やボール痕も

 確認しましたが、ソールの傷はヒール側。。。
 フェース上のボール跡はトゥ側。。。
 典型的な ライ角度が問題では無いケースです。

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)


 今の状態をフラット化すると
 ボールの当たり位置は より トゥ側、
 スコアラインの無いトコロにまで かかる恐れがありますし、
 フラットにすると 構えを変えるとか、
 主にですが、ボールとの距離を離す、
 もしくは ハンドダウンがきつくなる、ですので
 中長期的な影響も考えられます。

 まあ 要は シャフトが硬くて 使えていない、
 ヘッドが遅れないから ロフトが立たないので
 つかまりが悪い
 なのですが、
 多分 フィッティングした側のプロフェッショナルであるべき人も
 このお客様も フェースが閉じるコト、
 軌道に対してフェースが開いていないコト が つかまり、
 つかまり イコール 脱スライス と思っているフシが強い
んでは、
 と思いました。

IMG_0516IMG_0515







 ライ角度 について ですが、
 構えに準ずるのはとても大切です。
 同時に 硬いシャフトを使うのであれば
 トゥダウンは ほぼ 発生しませんから
 ライ角度は フラットでも大丈夫
 逆に ちゃんと動くシャフトの硬さ を使うのであれば
 静的なライ角度 と 動的なライ角度 には
 ギャップが生まれますので アップライト気味にするべき です。 
 クラブは 静的な状態と動的な状態 の二面性 を
 持つモノなのですが、硬いシャフトではその二面性が出てこない。
 それほど 大切なのに 無視されています。

 一応。。。ですが、こちらの お客様には
 つかまり は ロフトが立つ作用によって生まれ
 フェースの右向き左向き、軌道に対する閉じ開き とは直接関係に無い、
 今回の場合は このアップライトなライ角度は問題と言えば問題ですが、
 つかまり自体が良くない、飛ばない のは シャフトが硬く、
 ヘッドが遅れない👉ロフトが立たない が主原因
 で
 つかまりが悪いからと言って ご依頼とは反対の アップライト化しても
 ご依頼通りのフラット化しても 解決しないですよ、と説明しましたが、
 有名メーカーの直営店で こういうフィッティングになってしまったコト
 そちらにショックを受けているみたいで 興味が無いご様子でした。」
IMG_0481

質問「どうなさる おつもり なんでしょうね⁈」

店長「ボールをつかまえるメカニズムもご説明しましたが、
 全く興味が無いようで フィッティングされて まだ数年なので
 シャフトを柔らかくする、変える、クラブを替える、
 と言う意識は全くないご様子でしたよ。

 このクラブの、このシャフトの硬さ、そして アップライト過ぎるライ で
 なんとか 工夫するんじゃないですかね❓」

質問「それって スイング… クラブの扱いが悪い方、に行く、
 進むってコトなんじゃないです❓

店長「おそらく…ですけれど その通りと思います。
 大抵のアマチュアゴルファーが歩む道 です。

 動かない硬いシャフト しならないが故に
 しならせて使うので 手で振るコトになり、
 元々、届き難い硬さなので 手で振りますから
 弧が大きく取るコトが出来ず より届き難い、
 それが原因で 近くに立ち、故にの アップライト かも
 知れないのですが、その立ち方、ボールとの距離、
 ボールの置き位置  そして そのクラブの動かし方 で
 果たして 振動数100cpm柔らかく、全然硬さの違う、
 長さも長く、ヘッドの大きい
(重心距離の長い)ドライバーを上手く打てるのか…

 お使いのアイアンを上手く打てるよう工夫するほど
 ドライバーが苦手 が進むんじゃないか と予想します。」

質問「。。。。。。。。。。。。」

店長「ほぼ アマチュアの全員が そう言う組み合わせで
 そういう本当はやる必要のない スイング改造、
 工夫で 迷路に『自ら』落ちていきますよ。

 少々、オーバーですが、 助けてあげられるチャンス
 だったと思うのですが、クラブやスイングのメカニズムよりも
 ブランドの方が意識としては強かったのでは と感じました。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



悩みのタネ、である 入射角度が緩い、 上から入れない〜下から入ってしまう…  から始まったスイング改造ですが、 ソレそのものには着手せず、 ベーシックな からだ・腕・クラブ  の融合、一体化 の為に ちょっと発想を換えてみました✊ かなり シンプル化出来たんじゃないでしょうか❓

  。。。参考になるんじゃない M山さん✋ 連絡乞う☎
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「こんにちは。
 今日はクラブのコトを伺いに来ました。
 肘や手首の痛みを抱えており 練習もままなりません。 
 どのようなクラブ選びをすれば 良いでしょうか❓」

店長「こんにちは。
 そうですね、若い時はからだの各所にあぶらというか
 保湿効果があるので 大丈夫なんですけれど
 50歳を過ぎた辺りから 結構、ふしぶし 痛みますし、
 本能的なのか、反射的なのか、
 痛みが発生することを避ける、
 忌避するコトが増えると思います。」
sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット

質問「一般的、なんですが
 年齢を取ると 軽いクラブを選ぶ、選んだ方が良い
 と言われますけれど、どうなんでしょう❓」


店長「ひじ痛や腰痛など ゴルフが原因でのからだの不調、
 故障などを出来るだけ回避したい、 というのであれば
 軽いクラブ、軽いヘッドのクラブ、
 そして 硬いシャフトのクラブは避けた方が良い
と思います。


 一般的ですが、シニア用 と呼ばれているクラブは
 ヘッドも軽く、シャフトも軽い、
 ドライバーで言うと 総重量270g以下なんていうタイプ ですね。

 痛みの発生する状況において
 問題になるのは 急加速、急減速、急停止
でしょう。
 そうなってしまう、と言うのもありますし、
 そうしないと使うことが出来ない、というのもあります。
 それらが 軽く(ヘッド)硬い(シャフト)のクラブを使う
 取り扱い説明書と言ってもよいほど です。
スナップショット 1 (2018-05-17 19-39)

 総重量が重ければ重い程良い訳では無いですが
 ヘッド重量、総重量が重ければ
 運動を続けようとする 慣性の能力 が高くなります。
 止まり難く、変わり難くなる のですね。

 ゴルフクラブで言われる 慣性モーメント とは
 ヘッドの重心位置軸廻りを指すことが多いですが
 クラブ全体にも慣性モーメントと言うモノがあり、
 重量の重いクラブ、ヘッドの効いたクラブは
 その数値が高くなります。
 それは どういうコトに相当するか、というと
 車が分かり易い でしょうね、
 重いクルマ 重い重量の車は発進し辛いのは
 分かると思います。
 しかし、一旦 動き始めると 今度は止め辛い。

 スイングで言うと 振り辛い と思うかも ですが、
 ヘッド で言えば 双方(軽いモノも)、棒の先端に重さが有るコト
 には変わりはないですから、大きな違いはありません。

 テークアウェイ…重力に逆らう上げる行為 は
 慣性の係数になる 速度が速くないですから
 ヘッドが重くとも さしたる負荷増大ではありません。

 逆に ボールを打つ、ダウンスイングは
 その言葉の通り『ダウン』スイングですので
 その重さを利用出来るでしょう。
 正しい使い方をすれば その重さに動作も促される のですから
 そういう使い方を『教えて貰える』クラブの方が
 軽くて 振り易い筈なのに、何もしてくれず
 結局、全部を自分で処理するクラブより

 のちのち のことも考え、良さそうじゃないですか❓❓❓ 
IMG_2813-0001-1

 180ヤード位を打つとして
 ボールの重さは 700舛魃曚┐泙后
 これはデータではっきり表れるのですが、
 ヘッド重量、総重量の軽いクラブは
 打つまでのスピード に対し、
 インパクト直後のスピードの変化が緩やかですが、
 軽いヘッド重量、総重量のクラブは
 その減衰が激しいです。 

 軽いと振り易い とよく言われますが、
 ヘッド重量がなければ その分をスピードで補わないと
 軽い分、距離が落ちます。
 重量が軽いから スピードが出る は ウソ と言って良く
 ヘッド重量の プラスマイナス50gでは
 上がるコトも 下がるコトも無く、ほぼ 通常通りです。

 軽いから振り易そう は 頑張って振れ
 そうじゃないと 距離は落ちるけどいいかな、ってコトです。
 自分の振り加減で リニアに距離が変化し易く もなります。

 運動のモーメントが高いモノ の方が
 ミスにも強くなりますし、安定度も高いです。
 ヘッド重量のしっかりしたモノと
 軽量ヘッドで ラフやバンカーを打ち比べて貰うと
 その差は歴然としています。
IMG_0002

 チカラの無い女性に 軽いヘッドのウエッジを使わせて
 ラフからのショットやバンカーショットをしろ って
 ちょっとした ハラスメント だと私は思っています。」

質問「なるほど。
 どの位のヘッド重量が良いのでしょうか❓」


店主「使えるのであれば 重めの方が良いと思いますが、
 どう クラブを扱われているか、振られているか、
 によって 異なってくるか と思います。

 例えば アイアンで 7番を基準としましょう。
 一般的な 軽量スチール装着のモノは 260g 位 です。
 280g ・ 300g ・ 320g ・ 340g
 の4種類を打ち比べて頂くのが理想的ですね。
 
 初めて、悶絶クラブを打つ場合、
 おそらく 340gは重くて 扱い切れない、苦しいかも知れません。
 ですので 280g 300g と打ち比べていくのですが、
 始めは重く感じるヘッド重量も 5球位打つと
 簡単に慣れてしまうと思います。多くの方がそうです。

 重いヘッドに慣れた方は そこからのゴルフ歴の中で
 ヘッドを軽くする方には進まない傾向が強いです。
 300gのヘッドのクラブを打った後で
 元の 260gのクラブを打つと
 まるでヘッドが付いていない棒 のような感触を覚えます。

✋棒の先にある 重さ でボールを打つのか
✋長い棒で ボールを打つのか


 非常に初歩的な 概念の違い を感じるのだと思います。
 
 スイング・クラブ扱いの大きな差になってくると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「自分だけの その秘技を極めるのも ゴルフスイング の
 ひとつ ではありますし、それで楽しくゴルフをしている人も
 たくさん居ますので、他人が否定する事ではありませんが、
 教科書に載せるにはちょっと・・・・と言う感じです。
 それを 総称して 手打ち/手振り と呼んでいます。
202252_Moment
 一方、クラブはトップの状態でロック
 あとは カラダの向きを変えるだけ
 であれば、ロックする時のクラブの状態
 を変えて置けば、動作中の変化は少ないので
 軌道には影響が出にくい、
 ですので
 弾道を変える、治すことが可能なのです。

 だから からだの回転でクラブは動かしましょう✋
 と推奨しているのです。」

TSさん「あああああああ なるほど、なるほど、
 やっと分かってきました。
 手打ちで無い方が良いのは分かるんですが、
 そのポイントが掴めていないと 出た球に応じて
 ダウンスイングやインパクト付近で ヘッド姿勢変更や
 スイング軌道変更をしてします ので
 👉肝心なトコロが手打ち になる。」


店長「そうですね😊
 手打ち/手振り の場合、
 ヘッドの姿勢変更をすると 軌道も同時に、
 軌道変更をしようとすると ヘッド姿勢も同時に変化してしまいます。
 また、その変化の具合は 重心位置などにも左右され易い。
 というコトで その具合がウッドとアイアンで異なる場合も多い。
 ヘッド姿勢と軌道、二つのことが相互に影響し合うので
 同じようなショットを続けにくくなるのです。」
会田20210701_Moment

TSさん「クラブの影響も大きいんですよね?」

店長「ですね。例えば 理想的な、正規な入れ方 では
 ヘッド姿勢は固定、軌道自体が下向き、クラブ全体が低くなり、
 インパクトを迎えるのですが、
 硬いシャフトや軽いヘッドでは グリップが誘導され難いので
 それでは届かない、
 が故に、ヘッドを下に振る、これはヘッド姿勢を変える、
 ロフトを増やすコトになりますので 軌道も変わります。
 ヘッドを下に振ると、ヘッドを下に振っているのに
 ヘッドを下に振っているが故に、軌道自体は上向きになりたがります。
 カラダが上を向いちゃうんですね。
 ですので ダフリ と トップ が 交互に出るような状態
 になります。
 
 ですから 多くは キツイ、オーバースペックなクラブから
 始まっているんですが、
 それが故に つかまり を見当違いな理屈で覚え込み、
 その見当違いな理屈を 実行しようとしているのですから
 治る方が珍しい、スイング改造成功する人は少ない⁈
 というコトになるのです。

 運動神経が無い、のでも、 練習不足でも なんでも無く、
 理屈を超越した 秘技 の正解を探求しているのですから
 そりゃ 成功度は高くなりません。」

TSさん「言葉は悪いですが アウトサイドインとか
 開いている とかを意識している限りは
 その先もダメなんだ というコトですか❓」


店長「絶対ではないですけど その通りです。
 動き始めたら ヘッドの姿勢や軌道は変えない、
 特にヘッド姿勢は 動いている最中にはダメです。

 変えられますけど 正しくは変え難いですし
 繰り返す為の目安が何もありません。
 ものすごく感覚的な部分に依存している。
 それを スイング「理論」とは呼ぶのはちょっと厳しい…ですね。
 
((((((((_Moment

 もし 今の弾道が好きでない、距離を伸ばしたい、
 弾道を変えたい とするのであれば
 クラブは早めに固定、トップで✋でしょうか、
 あとは廻るだけ、
 軌道を変えるのであれば 周り方を変える、
 クラブ姿勢、ロックは同じ、
 上げ方やトップでのクラブ姿勢、
 動かしていない時のクラブ姿勢を変えるしか ありません。
 多数の係数が同時に変化する方法はアマチュア向きで無く
 職人芸、一発芸に近いですから トライしない方が良いかな、と。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コチラの記事の続き。。。になりますが、
今回のテーマは 
スイングの治し方 ではなく
治し方の治し方 です。



TSさん「助けて下さい。」

店長「どうしました❓」

TSさん「飛ばない、スライスする、安定しない、
 スイングを治さなくてはいけない と思うんですけど。」

「アドレス修正

店長「そ、そうですか。。。
 TSさんは遠方ですので 頻繁に来店出来ませんから、
 自分で治していけるように
 いつもの如し…ですが、
 ちょっと長い座学になっちゃいますけど
 聞いて貰えます?」

TSさん「お願いします。」

店長「スイングに悩んでいる人、治したいと思っている人
 がいらっしゃった時、一番始めに質問するコトがあります。

✋6番アイアンとピッチングウエッジ
 つかまり と言う点において どちらが優れていますか❓ です。
 これは スイング理論ではなく、ショットの理屈 なのです。」

TSさん「どう答えるんです❓」
リリースは手首の解放ではありません_Moment(2)

店長「弊社のブログを読まれている方は 答えを知っているので
 除くことになりますが、一般的には ピッチングウエッジ です。」

TSさん「合ってない?…のでは❓」

店長「はい。誤りです。
 すごく ざっくり言ってしまうと
 つかまりとは ボールのつぶれ具合 を考えて良く、
 入射角度に左右はされますが、ロフトの立ったクラブ
 のほうが ボールはつぶれます。」

TSさん「ですよね。」

店長「スライスの多い人でも
 ドライバーからウエッジまで フェースを見てみると
 ロフトの立ったクラブには ディンプルの跡が見れて、
 ロフトの寝たクラブは 縦にボールが逃げた後が多くなります。

 コト つかまり のみ に関しては
 ロフトの立っている6番アイアンの方が優れています が
 6番アイアンは 平均的にはロフト角度30度以下 ですので
 上がり易い とは言い難い、
 上がらない方 ロフトを寝かして 打ってしまうので
 つかまりが悪く感じるだけです。
 つかまりが良い は 弾道が低くなりガチ、
 いままで 当たらなかったものが 当たるようになって
 球が強くなって 弾道が高くなる と言うケースはありますが、
 基本、つかまり は 弾道、出球の低さ に比例します。
 上げようとしなくても 大きなロフトのピッチングは
 上がるので ヤサシイ ですが、実はつかまりは悪い。
 なんでも つかまえれば良い と言う訳ではありませんが、
 そのクラブの ロフトなりのつかまり を確保することは重要です。
  
2021-04-17_15

 ドライバーとパターを除く、地面からボールを打つクラブの
 『やさしさ』の基本は ボールの上がり ですから。

 つかまえる と言う意味が分からない、
 つかまえる が何か分からない、 は困ります。
 なんでも立てれば良い訳じゃないですが、ロフトを締めて打つ が
 ショットの一つの目標、理想像 です。

 つかまる イコール  フック ではありません。
 クラブの構造上、親和性は高いですが、
 つかまる フック(左回転)もあれば、
 つかまる スライス(右回転)もありますし、
 つかまらない フックも、スライスもあります。
 繰り返しますが、つかまると左回転、
 つかまらないと右回転は 親和性が高いですが、
 基本、全く別なモノ です。

 入射してくる角度に影響を受けますが、
 すごく単純に言えば
 つかまえ は 縦のロフトの問題
 フック・スライスなどの横のスピンは フェースの向きの横の問題、
 フェースはその複合した立体ではありますが、
 こと ショットの理論 ではなく、理屈を通して
 クラブの扱いを考えるのには
 ソコの 区分け はとても重要です。」

TSさん「本当に最近です。それが理解できたのは…。
 それが理解出来ないと ナニをやっても効果が無い、大変薄い、
 というコトは分かりました。」


店長「はい。間違いない です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「シャフトの硬さ、アイアンのライ角度、
 そして 全体のクラブの流れ、そう言うモノに悩んで
 相談に来られるお客様がとても多いのですが、
 それを通して 感じることがあります。
 クラブの問題、クラブ選びの問題にも直結していますが、
 スイング作りにも非常に強く影響があると思います。」

質問「ナンなんです❓」


店長「ドライバーだけでなく ショット全体のテーマ
 のヒトツだと思うのですが
 『ボールをつかまえる』というのを誤解されている方が
 非常に多いと思います。」

質問「私も 数年前まで誤解していました。」


店長「別な記事 でも書きましたが
〇6番アイアン、ピッチングウエッジ、
 シャフトの硬さなどが セットとして揃っている時
 どちらが つかまり が良いですか❓

 と言う質問に ほぼ全員に近い方が ピッチングウエッジ
 とお答えになられます。

 それは基本 間違い です。

 コレも微妙ですか、打つ状況などにより
 どちらが やさしいか は ピッチングウエッジ と言う答え
 の方が多いのは分かります。
 絶対 とは言えませんが、クラブの長さも打つ距離も短いですから
 心理的な圧力が低い可能性は高いです。
 一方、6番アイアンは クラブも長く、打つ距離もある、
 そして その打ちたいと思っている縦距離の達成するには
 ある程度の高さも必要になりますから プレッシャーはかかり易い。

 しかし、コト ボールをつかまえる、
 ボールをつかまえるとは その言葉の通り、
 どの位ボールがつぶれるか、
 金属素材であるヘッドに対し、ゴム素材であるボールが
 どの位つぶれるかの が ボールをつかまえる に等しい
 のですが、それは ロフト角度が大きな影響を及ぼします。

 直角の角度、ロフト0度のクラブが一番つぶれる、
 コト つかまえる に関しては一番有効 ですが、
 それは 浮力を生み出せないので ゴルフでは使えない。

 ドライバーは そこにクラブの長さによるスピード、
 長くなるクラブによる緩めの入射角度、
 ドライバーと言う箱構造による作用、
 そして 浮いているボールを打つ 特殊性、
 それらが相まって 10度など ロフト角度としては
 最小のモノになるけれど 使用するコトが出来ます。

 ですので クラブの中で つかまえる というコトを

 最も 得意のするのが ドライバー なんです。 


 一方、色々の特殊性を利用しても 10度前後と言うロフトは
 弾道の浮力を作る、浮力を維持する 高さを作るのが
 やさしくはありません。 そこがドライバーの一番苦手な部分。

 ヘッドスピードの高くないアマチュアにとっては
 その浮力を得ようとする行為が つかまえ をすり減らして
 しまうだけです。

 ですので 高さを取り易いシャフトの硬さ(柔らかさ)
 浮力を得やすい 無理ないロフト
 を選択してあげれば だいたいの場合 つかまり の問題は
 解決出来るのですが、そういう選択は殆ど行われません。」

質問「アマチュアの多くが フェースの開閉 がつかまえるコト
 と思っているのではないでしょうか❓」


店長「そうだと思います。

 ゴルフクラブ、ヘッドの構造上、フェースの開閉には
 ロフトの変化、ロフトの開閉も伴い、
 実はそちらが本命なのですが、見誤ってしまっている。
 そこが スイングの悩みの始まり、
 しいては クラブ選びの誤り につながっていく
 と言うのが 長くゴルフクラブ、スイングの相談を受けてきた
 私の感触です。

 ボールをつかまえる、つかまえ というコトを
 正しく認識するだけで スイング造りやクラブ選びは
 大きく変わってくると思います。


 誤った つかまえ認識の上で スイング造りや
 クラブ選びをしても 答えは出ないと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「硬いシャフトでゴルフを始める、
 グリップが押されないので ハンドファーストが出来ない、
 ボールに届かない、
 早めのキャスト、リリースになる、
 コレって ものすごい多いパターン だと思うのです。」
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment(2)

質問「だと思います。かく言う私も、です。

店長「コレって 先に進めば進む程
 どんどんゴルフの関所が出来ちゃうパターンなんです。

 理想的なゴルフスイングの姿 は
 トップで出来たクラブと腕の形をロックして
 遠心力やシャフトの誘導で腕は伸ばされ気味になりますが、
 基本、ロックして 自分が向きを変えるだけ です。

「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

 ところが 硬いシャフト、きついシャフトでゴルフを覚えると
 腕とクラブをロックして カラダを回しただけ では
 ボールに届かず、空振りです。

 ですので、腕を伸ばして アドレスの腕とクラブの長さに
 戻そう とするのですが、
 これでは ボールには届いても ボールは捕まりません。

 本来の姿 ですと、ロックして回転するコトが
 ボールを拾うコト と ボールをつかまえるコト 双方を
 両立していくのですが、
 コチラの場合、届くと捕まらない、当たると捕まらない、
 つまり 次は「つかまえるという関所」
 自分でこしらえてしまうのです。 

 当たる、浮く、飛ぶ、前に進めるようになると
 今度は ボールがつかまらず、スライスになるので
 よりヘッドを、シャフトを振り回すようになる、
 ヘッドターンが足らないから フェースが左を向かないから
 スライスになる という圧倒的にまちがった認識が身に付きます。」

質問「身につまされます。」
店長「もう少し ゴルフをやるようになると
 ヘッドはインサイドから入れろ とも言われる…

 例えば 5度インサイドから入れるのなら
 アドレス時の目標に対し、5度まで開いていても
 スライス回転は入りません。
 インパクト時を静止画で見たら 開いているのに…
 スライスにはならないのです。
 逆に 5度アウトサイドから入る場合、
 5度閉じていても スライス(右)回転は入ります。
 ゴルフクラブの特性として ヘッドを閉じれば閉じるほど、
 軌道そのもが内に入り込むので ヘッドの開閉は
 軌道にも影響を与えるので 追いかけっこ になってしまうのです。
ドライバー入射角度

 もうこの時点で クラブの描く弧 -回転 と
 自分のからだの向き/回転 その弧 が
 分離したモノ になっていると思うんですね。

 その始まりは キツイシャフト、硬いシャフト だった訳ですが、
 シャフトを振る、ヘッドを振る、クラブ単体を振る
 スイングが身についていますから
 より硬いシャフト、より軽いヘッド、重心距離の無い小振りなヘッド
 そう言うモノが好む、
 そう言うモノの方が結果が出るので
 50msを超えるような PGAプロが使っているのと
 同じようなシャフトの硬さを ヘッドスピード40ms
 の人が使うようなコトになる訳です。」

質問「。。。。。。。。。。」

店長「嫌味ついでに言えば、手首や肘、首や腰などを傷めて
 初めて スペックダウンを考えるようになる のですね。」

質問「。。。。。。。。。。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「硬いシャフトでゴルフを覚えると
 より硬いシャフトを好む
ようになる…。
 
 ゴルフにクラブターンは必須ですけど
 それって カラダの向きを変えれば良いんですが、
 シャフトが硬いと それではボールに届かない です。
Rさん バルブは開ける方向にお願いします_Moment

 ですので ハンドターン、フェースローテーション と
 ハンドファースト という 相容れない
 相反する課題に取り組む のですが
 繰り返しますが、相容れない関係ですので
 解決はしません。 」

質問「ゴルフスイングの謎のひとつ でした。」

店長「スライスしていると フェースが開いているから
 と言われますので フェースを閉じなくてはならない、

 本当の意味は 回転の横のフェースでは無く
 縦のロフトの方なんですが…
 一般的には フェースの右左の向き と考えます。

 フェースを左に向けるには
 スイングの弧の一番膨らむところ よりも 先
 もしくは 一番膨らむところ、
 よく言われる 最下点にしなくてはなりません。

 ちょっと分かり難いですが、
 上から見た 左右、横方向の ヘッドの一番膨らむところ が
 横から見た 上下、縦方向の ヘッドの一番膨らむところ(最下点)

 になる訳じゃあないんですが、
 ・・・・・・・どちらも カラダの姿勢 が大きく影響しますので
 最下点、そして それよりも先 で
 インパクトを迎えよう としたら
 上り際 で打つコトになり易い です。

 つまり、ボールよりも手前が最下点になるのですから
 ダふり易く、トップし易くなります。
(本日のゴルフスイング 20211007_Moment

 アマチュアにとっての 一番多いミス です。」
質問「言われてみれば それはそうっすね。」

店長「あとは 女性にも多いと思うんですが、
 スライスの問題、ダフリの問題 そう言うのが徐々に解決、
 解決はしなくとも 深い悩みで無くなると
 おそらく 最大の問題が控えています。」

質問「ええええええ! ナンでしょう❓」

店長「ゴルフをやっている限りは付いて回るコト
 になると思うのですが、 アプローチ です。」

質問「!!!!!!!!!」

店長「アプローチに限りませんが、
 ざっくりとですが
 同じクラブを同じヘッドスピードで打っても
Ⓐ立ったロフト 上から入る
Ⓑ寝たロフト 横(下)から入る は
Ⓐ前者はスピンが多く、打ち出しは低く
Ⓑ後者はスピンは少なく、打ち出しは高く なります。
 それと 
Ⓐ前者は前に進み易く、上に上がり辛く、

Ⓑ後者は前に進む辛く、上に上がり易い 特徴があります。

 アマチュアには必要ないかも知れませんが、
 プロ であれば その二つを組み合わせて
 その場、その場に対処して行きますが、
 ショットの、通常のショットの基本は前者です。
 硬いシャフトでボールに届き難い から スタートしている
 ゴルファーにとっては 後者は出来るけれど
 前者は出来ない になってしまうのです。
2021-10-23_18-02-58_Moment(2)

 通常のショットの場合ですと
 少しダフリ気味 とか、少しトップ気味とか も
 ヘッドスピードがあるので 誤魔化すことが出来ますが、
 アプローチという 距離の制限、速度の加減が
 必要なショットの場合、後者
〇寝たロフト 緩い〜横(下)から入る は
 最も難易度の高いショットに該当します。

 距離が短い、速度の加減をする と
 ロフトを寝かしている(バンスが張っている)
 入射角度が緩い(横から、下から入っている)為
 地面に干渉し易く、
 速度を多少上げても ボールは 前に行かず、上に逃げます。
 どの位 とは言えませんが、
 普通の
〇立ったロフト 上から入る
 に比べると 上げた速度分が距離になり難い です。
 速い運動/動作はミスの原因になり易いですし
 無駄な大きなスイングになり易い 上に 距離加減が難しく、
 アプローチに練習を割かないアマチュア向きじゃあないんですが、
 硬くて ハンドファーストを誘発されないクラブで
 ショットを覚えた人にとっては選択肢が無いんです。

 ですので 普通のアプローチだけ に限らず、
 バンカーも上手く行き難い、バンカーが出ない、苦手・・・
 昔…30年前のクラブであれば、市販品であっても
 320g〜ヘッド重量のあるウエッジは 結構ありましたが、
 今は 有って290gです。
 ラフやバンカーなど ボール以外の負荷がかかり易い
 ショットは ヘッド重量がかなり効く んですが、
 それも無いので、それを人為的👉スピードで作るしかないので
 足場の緩いバンカーなんかは 女性には酷だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 。苅安紊僚性のお話し なんですが、
 やり始めて まだ間もない状態 で
 今は貰いもの のクラブで 軽いレッスンを受け始めた
 ところ です。

M20191011suburi_MomentM20191011-1_Moment(2)M20191011-1_Moment(3)





店長「男性用のお下がり・・・スチールシャフトです。
 それを まだ速度の上げられない、
 ドライバーのヘッドスピードで言うと 25㎳
 行くか、行かないか の女性が使う訳ですから シャフトは動かない、
👉シャフトが動かないから グリップが押されない、
👉グリップが押されないので ハンドファーストが出来ない、
👉ハンドファーストが出来ないから ボールに届かない、
👉ボールに届かないから 早めにリリースする、
👉早めにリリースするので 当たっても ボールはつかまらない、
👉早めにリリースしてしまうので クラブと腕が
 からだの回転から離脱してしまう、
👉クラブを振るコトになるので 遠心力のせいで
 トップとダフリの繰り返しになってしまう。。。。。

 という ループに入ってしまっているのです。」
質問「キツイっすね…。」
店長「それによって 左右のグリップの形、関係も離れ気味
42ea91fdで定着、覚えてしまいますし、
それに準じたアドレスになる…。
ものすごく よくある パターンだと思います。」
店長「冷静に見るとそうなんですけど
 始めたばかりの女性にとっては
 …私が下手だから… …私はゴルフ向きじゃないんじゃないか
 って感じてしまうのは 至極当然だと思うんです。

 女性やシニアの場合、当たっても 速度が低いですから
 ボールが浮き難い、距離が出ない、
 クラブを振り回すコト になるので
 それを支えるグリップ、アドレス になり、
 長い重い棒を振り回す為の技術ばかり が身に付きます。
 本来、全く要らないテクニックばかりです。」

質問「クラブで改善できるんですよね❓」


店長「はい。その方にもちゃんと説明しました。
 クラブ単体を振り回すコトを前提にした
 女性用市販品のように 軽いヘッド では無く、
 ある程度 しっかりしたヘッド重量を選び、
 ヘッドスピード25㎳でも 十分、動くシャフトを使えば、
 打つのは自分…ですけれど、
 低いトコロにあるボールを拾ってくれる、
 ボールに当てさせてくれる のはクラブの役目 です、って。

 重めのヘッド、柔らかいシャフト を打って頂くと
 始めは ダフリ気味、クラブの重さに苦労するのですが、
 10分もしない内に慣れて来て、
 案の定と言えば 案の定なんですが、
 ボールに当たるコトと低いトコロにあるボールを拾うコト
 それを 自分でやっていた要らない技術からは開放され始めます。


 ボールに届かない、当たらないから と言って
 クラブ単体を振り回す コト が良いのか、
 それをする為の 軽いヘッド、軽いクラブが良いのか、
 クラブ単体は動かさず、自分が動いた方が良いのか、
 それであれば ヘッドが重くても負担は少ないですから
 重いヘッドにした方が良いのか・・・

〇長い棒は振り回すモノなのか
〇長い棒が故に 振らず 自分が動くのか

 その概念みたいなモノも クラブによって形成される
 可能性が非常に高いのです。

sibunoap


 ゴルフショットは かなり複雑な立体の角度 によって
 構成されます。 打つ地形や傾斜もかなり変わります。
 自分が動かず クラブを振る方が良いのか、
 クラブを動かさず 自分が動く方が良いのか、
 その分かれ道は クラブが握っている、
 自分が使うクラブ次第です。

 この感覚というか、思い込みはゴルフをしている限り、
 ずっと続いていくのですが、
 シャフトはヘッドを動かすモノ、役割なのか、
 シャフトはグリップ・自分を動かすモノ、役割なのか、

 ある意味、ソレは正反対の関係にありますから
 形成されていくスイングも全く別なモノになって行きます。

 今回の,離院璽垢禄性のケースだったのですが、
 なんとなく…ですが、かなり多くのゴルファー、
 女性に限らず アマチュアのゴルフの始まり の
 該当するんじゃないのかな
 って思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「シャフトが硬いとボールに届かない、拾い難い、
 下に振らないとボールを打てない、

 ここで 届く届かないを
 ヘッドの下への動かし と 誤った認識を刷り込むコトになります。

 本当は ヘッドを下、 じゃなくて
 グリップ、クラブを前 になんですけどね…。

 また ボールに当てる為、ヘッドを下に振る は
 グリップの移動を妨げてしまうので
 その動作はそのまま 手打ち〜手振り になります。 

 この時点で まさか 『シャフトが硬い』から
 なんて誰も思いませんから、
 手打ちは良くない と言われるが
 ヘッドを下に振らない と ボールを打てない
👉手で振らない と ボールを打つコトが出来ない
 という 別な解決不能課題 が生まれてきます。」
質問「それで 15年、苦しみました。」
店長「コレって 物理的には当たり前なのに
 誰も説明しないから 迷宮入り しちゃうんですよ。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)







 オリジナル には クラブを持った打ち手が
 クラブを動かすんじゃなくて、それを持った自分が
 くるりと向きを変えるから 円を描く んです。
 クラブやヘッドで 円を描いているんじゃない、
 クラブ自体は動かしていないんです。

 ま クラブにはロフトとか、ライとか、フェース角度みたいな
 把握しきれないような 角度が存在し、
 それが インアウトだけでなく、上下の角度も含めて
 移動する、時間の伴った軌道 との組み合わせで
 飛んだり、曲がったり、上がったり、
 無限の組み合わせがあります。
IMG_0612

 遠心力の発生し易い、打点にズレの有るゴルフクラブの構造で
 再現性を考えたら 選択の余地はないんですけど
 シャフトが硬くて 届かせる、当てさせる という
 補助機能の無いクラブが前提で スイング論議を進めるんですから
 解決するのが より難しく、複雑になる。

 クラブ単体を動かさず、自分が向きを変えるから 円を描く。
 その中で ヘッドをよりたくさん動かそう、
 クラブ単体で円を描こう としたら、
 当然、グリップの進行が止まり、からだの回転と
 クラブは別なモノになってしまう。
 クラブ単体に角度運動させたら、
 ダウンスイングであれば ヘッドの重心は右に、後ろにあるので
 動かせば動かすほど フェースも、ロフトも開いて行きます。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(6)

 ですので 届く問題が解決する(解決していないけど…)と
 次は ヘッドの開き問題〜スライス問題になってくる、
 もうこの時点で オリジナルのスイングの流れとは
 全く別な路線に入ってしまう訳です。」

質問「単に クラブの、シャフトの硬さの問題から始まっている、
 と思うと。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。」

店長「例外は少ないと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転でクラブを動かす のと
 手でクラブを動かす、 もう少し詳細に言うと
 からだの廻りで クラブヘッドが円を描かせる と
 手で クラブヘッドを円を描かせる  の
 最大の違いは インパクトが一点になるのと
 ゾーンと呼べるか どうかはなんとも言えませんが
 点では無く 線に出来る のの違いになります。」
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

JMさん「当然、手で振った方が点になり易いですよね。」
店長「そうなりますね。
 ですので 同じ条件であれば
 からだの廻りで 円を描いた方が安定し易い ですし、
 ロフトを締めて インパクトし易い、
 ボールをつかまえる、捕える と
 方向の安定が相反しない 関係になります。
 ですので よく言われる 飛ばすと安定は
 本当は相反しないのです。」

JMさん「その最大のポイントはなんなんですかね❓」
店長「私は カラダをどう動かす とか、
 この時は カラダの姿勢はこうだ みたいな技術的なコト、
 ではなく、ざっくりとした クラブってこう動くんじゃないの、
 っていう思い込みと言うか、概念のミス だと思っています。」
JMさん「間違った思い込み。。。ですか❓」
店長「そう思います。
 例えば アプローチで
 カラダの向きが 180度変わったら
 クラブ、シャフトも180度ターンするモノ と思い込んでいますが、
 自分自身が動力で 180度向きを変えても
 クラブは 運動に対しては負荷です、
 特に ヘッドにはクラブ全体の60%以上の重さが付いていますから
 具体的に ●●%とは言えませんが、
 その重さの分、120%とか、
 イメージでは 90%位しか動かない
 と考えた方が
 カラダとクラブにズレが生まれ難いと思います。
MVI_0668Trim(2)(2)_Moment(3)MVI_0667Trim(2)Trim(2)_Moment(4)








 それと同時に、その円を描くコト ですが
 スイングを動作 として考えると
 当然、終わらなければならない ですから
 動作としては 減速 〜停止に向かいますが、
 クラブには勢い、慣性、惰性 が付いていますから
 結果、としては 自分の動作を追い抜く可能性があります。
 勿論、打った後 になりますけれど。。。
 ソコを勘違いしている人が結構、多いんじゃないか
 と思うのです。」
JMさん「ヘッドがグリップを追い越す の話しですね。」
店長「はい。その事実は否定しません。
 否定しませんが、それで打つ、打撃する訳では無い、
 どちらかと言えば、それは おまけ に近い
 打ち終わってから 「発生」するモノ です。
((リリースの違い フォローの違い_Moment((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)((リリースの違い フォローの違い_Moment(4)





 ヘッドがグリップを追い越す を 打撃ソノモノ
 と考えている限り、
 それをする為には 体のどこかを止めねばなりませんから
 イコール 手振り になります。
 フェースターン、ヘッドターン、フェースローテーション、
 それらを 打撃ソノモノ だと考えている限り、
 手振りからは逃れられない のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ハンドファーストを維持する為のリリース…
 からだの回転で打つコトを 体験 していくには
 アプローチのような 強く打たないショット
 から始められるのが良いと思います。」

Mさん「グリーン周りから…位の距離で始めるのですね。」
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

店長「そうですね。
 グリップエンドを飛球線の方向に向けたまま
 もしくは 飛球線の方向に抜く、
 その感覚は 今までの 
 クラブの重さを腕で動かす 打撃感 と大きく異なり
 単に カラダの向きを変えるだけ、
 カラダの向きを変えないと クラブターンが行われませんから
 打てませんので カラダの向きを変えざるを得ない、のですが
 実感として 打撃感が非常に薄い ので
 始めはちょっと躊躇(ためら)うのではないかと思います。

 カラダ、左サイド、左腕、左グリップが止まって
 絞るようにして打つ ダイナミックなインパクト、打撃に
 比べ からだの回転で打つ方は
 動いている最中 の どこかにあり、
 手で打つのに比べると はっきりとした印象がありません。
 良い意味で取れば 多少、ズレても差がない、
 というコトにつながるのですが
 その打撃感の無さは結構、乗り越え難い部分ではあります。

 いままで 肩で廻っていた というのが
 実は腕を動かしているだけで それに引っ張られ
 肩が動いている と言うのを実感するかも知れませんし、
 よく言われる 左サイドのリード と言うのがありますが
 左サイドのリードの言葉の意味は
 左サイドが動いている内に打て、 であって
 左サイドを動かしてから打て では無い、

 というコトを気付くかも知れません。

 少なくとも その違いを体験するのは大切です。」

Mさん「クラブをリリースする、というのは
 全くなくなるのですか❓」


店長「スイングの好み や 実際に出来るコト、
 長く親しんできたスイング方式 などによっても異なる
 とは思うので 個々で異なるとは思いますが、
 ヘッド、クラブをリリースしなくともボールは打てます。
 クラブターン、フェースターンは
 カラダの向き『だけ』でも完遂可能です、 が✋
 右腕を伸ばすことによって クラブを回転させたい、
 フェースローテーションをどうしてもしたい、 と言う場合、
 少なくとも グリップがボールを越えるまで、
 ブレイクラインをグリップエンドが廻るまで、
 タイミングをずらして欲しい トコロですね。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

 インパクト、インパクト直後 から
 スイング動作は減速に入るので
 インパクトを越えたら 無理にクラブの慣性を
 おさえておく必要はありません。
 俗に言う 振ってしまって構わない と思います。
 打ってから、であれば です。

 作法というか、技術というか、
 その部分での問題解決よりも
 慣れ親しんだ感覚、思い込みの部分が少なくない かと思います。

 クラブを動かしているのは 打ち手の人間で
 その一番先端に重さとして付いている打撃部 が
 その動作速度(角度)を追い抜くことはありません。
 
 ヘッドの方がたくさん動いている というコトは
 自分は止まっている(減速している)コトになります。
 ソコの感覚が掴めるとかなり飛躍的な変化が起こるでしょうね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「ブレイクラインをグリップエンドで割る
(片手での素振り と クラブの格納_Moment
 その感覚に馴染めたなら
 あとのポイントは
 『ハンドファーストを維持する為のリリース』だと思います。

 『リリース』とは
 曲げた、短くした利き腕、
 右打ちの人であれば右腕ですね、
 これを伸ばす、元の長さに戻すとき
 『いったい何をするのか』
 『何を動かすのか』 
 です。

 手打ちの人の場合、
 この『リリース』が打撃の全て
 と言っても過言ではありません。

 スイングの外周 ヘッドの通るであろう円
 その外周に対し、ヘッドをその外周に押しつける、
 時計の針 のように 外周に対して垂直と言えば良いのか
 そう言う風にするモノ、
 それをする為 腕を伸ばす
 と考える人が多いかな、と思いますが、
 そのイメージが からだの回転の役割を腕が奪ってしまう のです。
(クラブ扱いのイメージの比較_Moment

 ブレイクラインをグリップエンドで割るイメージを前提に、
 腕を伸ばすことで
 ヘッドでは無く、クラブ、シャフトを外周に押し付ける
 そう言うイメージが必要かと思います。
 
 その言うイメージを持っていないと
 運動した時に発生する不可抗力〜遠心力
 その遠心力と仲良く出来ません。

 腕のリリース、腕を伸ばす作法で
 円の半径になるようにクラブを動かすと
 ソコでかかる遠心力によって
 行う前の円が 違う形、歪んだ形になってしまい
 遠心力を利用する、手助けさせる ではなく
 遠心力に振り回される形になってしまいます。

 言うなれば 腕をリリースする、クラブを持った左腕をリリースする、
 のであって ヘッド(の重さ)をリリースするのではありません。
 クラブを遠くに投げる と言う部分では
 ヘッド(の重さ)をリリースするのは正解ですが 
 野球のボールを投げる のと違って
 クラブを投げる競技では無く
 そのクラブでボールを打つ競技なので
 打撃の強さ とともに、打撃の正確性、安定性が必要です。

 放り投げた ヘッドの重さ
 それで 正確に、安定してボールを打つのは
 計算上、不可能ではありませんが、
 繰り返し同じようにするのは
 部活のような訓練/メインテナンスが必須になります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「
からだの回転 が絶対と言う訳ではありません。
 痛みが無く、安定して打てるのなら
 手打ちだって 立派なゴルフの打撃です。
 ですが 手で振る振り方は
 胴体をひねる という高齢のゴルファーには
 恐怖や痛み伴い易い打ち方であるため、
 どこかの時点で 急に飛ばなくなるケースが少なくありません。
 また、手で振る振り方の場合、
 右打ちの人であれば 右腕を伸ばすことでする
 「リリース」が打撃の要(かなめ)になる訳ですが、
 それは シャフトの長さが半径になり、ヘッドの回転が伴うので
 そのヘッドの上下の変化、ヘッドの姿勢など 微調整が必要です。
 インパクト という 瞬間、
 ドライバーで言えば 1/2500秒以下の瞬間に
 理想通り にするには
 かなりの練習頻度、練習量が必要ですし、
 それを維持するには メインテナンスとしての練習頻度が必要になり
 元々 手首や肘、腰などに負担のかけやすい動きの為
 そのスイング・ショットのメインテナンスの為の練習で
 カラダを傷め、故障してしまうコトがとても多いです。
  カラダに不安の無い若者の打撃法  と言っても良いかも知れません。


 
 とりあえず ですね、
 手打ち から からだの回転 への移行
 には技術的な部分よりも先に
 感覚の修正が必要になります。

 恰好、姿勢、形がどう と言うよりも
 肝心なのは ボールをさばく、この瞬間
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment
 このアングルで言うと
 クラブが右脚から左脚の間を通過するトコロ、
 ここがインパクト前後 に該当する訳ですが
 ここでの クラブをナニで動かしているか
〇手さばきなのか
〇からだの向きなのか、 
 それが 手打ち と からだの回転 の違い で
 乱暴に言えば ここ以外の前後はどうでも良い
 ここ以外の姿勢とか形はどうでも良い
 と言っても良いでしょう。

 ココの部分を カラダの向きでクラブを動かす『為に』
 テークアウェイがこうであって
 トップの位置、ダウンスイングがこう…であるのであって
 形が先にあるモノではありません。


(片手での素振り と クラブの格納_Moment
✋そこで… 感覚の修正の為に、ですが
 素振り で良いので こういうイメージを持ってください。
 アドレスの向き、ターゲットラインに対し、
 ボールへの垂線を引きます。 コレをブレイクラインと仮称しますが、
 このブレイクラインをグリップエンドで割って下さい。
 
 おそらく…ですが、インパクト付近で
 グリップエンドが自分を向いている
 そう言うモノが『インパクト』だと
 ぼんやりと認識していると思うのですが。。。

 それと 90度異なる グリップエンドを飛球線に向けたまま
 ボールを追い越すのです。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

 空振りする
 当たらない
 届かない
 スライスになる

 そう感じると思いますが、
 その感覚の差 が
 手打ち と からだの回転 の差 です。

 クラブがターンするのはからだの向きが変わるから、であって
 そこを手でターンさせたら、からだは止まります。


 ブレイクラインを グリップエンドで割る、
 飛球線にグリップエンドを向けたまま、
 そんな感覚で ボールに届く、当てる、打つ、
 には カラダを回し続けなくてはなりません。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment
 届かない、当たらない、打てない、スライスになる、
 そうかも知れません。。。。が
 そこで 手でクラブをターンさせても 堂々巡り になるだけです。

 ブレイクラインを グリップエンドで割る、
 飛球線にグリップエンドを向けたまま、
 でどうやって ボールに届かせる、ボールに当てるのか、
 スライスさせないのか、を模索する必要があります。

 そう考えると ソコを手でクラブターンし、
 スライスした、とか 飛ばないとか で
 ソコを治すコトを繰り返してきた、のではないかと思うのですが、
 手でクラブをターンさせることを前提に進んできた
 始めの一歩、一番始めのボタンの掛け違い なのだと
 気付くことが ものすごい大きな進化になって行きます。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Mさん「ちょっとスイングに悩んでます。
 手打ちから脱したいと思っているのですが、アドバイス下さい。」
店長「はい😊😊😊では打ってみて下さい。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(2)
 おおおおおおおおおお。」

Mさん「どんなです❓」
店長「そうですねぇ、軽いヘッドの、硬いシャフトのクラブ
 であれば そう言う打ち方もアリ かも知れませんが…
 ま、それにしても腕力は要りますけどね。
 重いヘッド、柔らかいシャフトのクラブであれば
 そう言うクラブさばきは苦労しちゃうと思います。」
Mさん「具体的にはどんなトコロです❓」
アドレス1
店長「ゴルフクラブって ものすごく先に偏重した構造の長い棒、
 じゃないですか、弊社の悶絶クラブは それが強調されていますが、
 どのクラブであっても その偏重しているのは同じです。


〇からだの回転 というのは
 カラダの向きの角度が主体になって
 グリップの動く量…この場合は角度ですね
 それに対して ヘッドが同じ、もしくはヘッドの重さ分
 移動する角度がヘッドの方が少ない
 というコトを指して
 手打ちが悪い とは言いませんけれど、あえて言うのなら
からだの向きとクラブが同期しない、
 グリップの移動に対し、『移動角度』として
 ヘッドの方がたくさん動く、
 カラダに対し、クラブ(シャフト)が独自に動き
ます。

 ゴルフクラブのその偏重した特性上、
 ヘッドの方がちょっとでも多く動くと
 その動きは止まらなくなってしまいます。
少し乱暴な言い方をすれば振り子
からだの回転と同期せず、シャフト、クラブが
1度、この場合は角度の度数ですが
1度でも動いたら もうクラブ自身の回転は
 止められなくなってしまう と言えば良いでしょうか。」

Mさん「。。。。。。」
店長「分類付け はどうでも良いんですけど
 手打ちは腕力や握力に非常に依存しています。
 その上、距離を目指すと方向が、
 方向を重視すると距離を犠牲に、と両立が難しく、
 また ボールさばきにフェースローテーションが必須、
 伴ってしまうので アプローチの苦労から逃れられません。

 Mさん は 既に 素振りの時点で
 グリップを止めて ヘッドを動かす、
 シャフトを振ってしまう事前動作があるので
 それはそこで止まりませんから
 全体像として 手で振っている、シャフトを振っている
 になってしまうんですね。」

Mさん「素振りがダメ、なんですか❓」
店長「素振りというよりも ワッグルに近いモノ
 と思うんですが、何気なくですけれど
 インパクトをこうしよう、クラブをこう動かそう、
 と言う存在的なイメージの具現化の部分が良くないと思います。

 遠心力 との付き合い方があまり良くない気がします。」

Mさん「遠心力は使うんですよね⁈」
店長「使わない訳では無いですが
 スイングの造り方もそうですけれど
 スイングの👀見方👀を見誤らせてしまう要素でもあります。」
Mさん「どういうコトです❓」
店長「例えば ですが
 Mさんのやっている素振り、ワッグルに近いモノ
 ですけれど、素振りの時点で
 ヘッドをボールに届かせようとしていますよね❓」
Mさん「はい。」
店長「で、実際にショットする時は
 素振りの時よりも 速度も速く、勢いも付いていますから
 より遠心力が増し、
 よりヘッドやクラブは膨らもうとします。



 実際のスイングをなぞってしまうと
 不可抗力が加わる分、そのスイングの動きにはなりません。」
Mさん「あああああ・・・。」
店長「ショット、スイングをした時に
 遠心力…膨らもうとするチカラ が加わることを想定して
 スイングを造っていないと その形にはならない
 というコトです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Tさん「そもそも カラダを回せ、
 もっと右を向け、左肩を入れろ
、の理由と言うか、意義と言うか
 なんのためにソレをするか が抜け落ちている気がしますが。」


店長「そうですね。ゴルファー全員に確認することは不可能ですが
 今までの経験則で言えば、『コト 飛ばし に関して』
 カラダを速く、もしくは大きくとか、多くとか、
 廻した方が飛ぶ からだの回転=ヘッドスピード・飛距離
的な
 感覚が少なくないと思います。」

Tさん「違うんですか❓」
店長「ま ここがゴルフスイング、ゴルフの楽しいところであり
 ちょっと意地悪なトコロ だと思いますけど、
 間違いじゃないけど、100%正解でもない。半分半分ってトコロです。
IMG_0040

 例えば ですけれど、
 何番アイアンでもいいですけれど
 150ヤード位を打つ 打撃の強さってあるじゃないですか?

 その打撃の強さで打つと割れる石、
 それを 割るだけなら
 真上からヘッドを落とすだけで可能そう…ですよね❓」
Tさん「そう言われれば そうですね…。
店長「スイングは上げて降ろす じゃないですけど、
 でも それだと 打球の方向が作れませんよね❓
スナップショット 1 (2012-10-26 0-58)
 ですので 回転の効能 としては
 打球の方向性が強く含まれている、
 もしかすると そちらの方が強い可能性があります。」
Tさん「じゃあ なぜ 深いトップを…と❓」
店長「ヘッドと言う重量物 に 高さを加える、位置エネルギー
 運動の速度を増やす 運動エネルギー
 ソコもあるにはあると思うのですが、
 打つ方向を踏まえた上で
 ゴルフクラブって言う 長物 を扱うには
 それを動かす 空間と時間が必要だから と思います。」
Tさん「右を向くコトで クラブを動かす空間
 そして 打つため、助走を取るための時間を作る ですか❓」

店長「そう思います。
 また ある程度は 運動の速度もですし、
 位置エネルギー、上から下に使って打撃したい、
 そして 打つ方向もある となると
 その長物を長く使って 回転の阻害要素にしない、
 回転するって それらを統括する働きがあるので
 その回転を阻害しないよう クラブを短く使う
 そ
んな目的もあると思います。

 それらを踏まえると よく言われる
 グリップも、ヘッドも、クラブを
 自分のからだの幅の中に収めておきたい。
 そうすれば 廻るコトそのものが打撃に出来る。

 カラダの幅から大きく外れてしまうと
 当たりソノモノの確率も下がりますし、
 ロフト、上下の角度、ヘッド/フェース 左右の角度 の
 インパクトでの調整 と言う最も難しい行為が待っている。
 それは 運動速度をあげたい の阻害要素 になりますし、
 その難しいインパクトを作るには
 自分の運動とクラブの運動が分離してしまう可能性も高いです。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ