◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: クラブ扱い



不思議に思うコトはないでしょうか❓

世の中のゴルファーの多くが
開いて 閉じて、フェースローテーションで
ヘッドターンでボールを打つ、ボールをつかまえる

と思っているにもかかわらず

未だ「ハンドファースト」と言う理論や言葉が残っています。
開いて閉じて打つ
開いたまま では 当てたくない のに です。

フェースローテーションにとって
ハンドファーストは イコール 「開いた状態で当たる」
ヘッドがグリップを追い越していない状態です。
つまり スライスを打て と言っているのと同じです。
(つかまったボール  こすったボール_Moment

先日の記事 で書きましたが、
そこらへんは やはり 初めてのゴルフクラブ、
スイングを覚える時のクラブの影響はかなり大きい のでは
と推測しています。(おそらく 合っています)


適切なヘッドの重さ
適切なシャフトの柔らかさ のクラブで
ゴルフスイングを覚え始めれば
放っておいても シャフトはしなり、
ヘッドの重さ分、運動量分
グリップに対しては ヘッドは遅れます。
右打ちの人であれば 右にズレます。

ヘッドは遅れますが、グリップは押されますので
(右打ちの人であれば 左に、打撃方向に押される)
軽いヘッド、硬いシャフトのクラブよりも格段に
ボールには当たり易い、振れやすい、届き易い状況です。

ですので その遅れを「ロフトの立ち」
「フェースの下向きに」すれば 良いのです。

c33a9ae1

少ない動作、少ない動作量、少ない運動量 で
「球体であるボールをつかまえる」のは
フェースと言う板と地面で球体を挟んでしまうのが一番。


当たる/届く と ボールをつかまえる が
同時に実行できます。
そして これは ボールの方向性にも進んでいけます。

勿論、これは ヘッドが軽くても、シャフトが硬くても
実行することは可能ですが、つかまえるコトがどういうコトで
量は少なくても ヘッドの遅れがどういうコトか、
実行する人や助言できる人が理解していないと
お約束の 間違った方向に進み易い状況 ではあります。


クラブは別としても 多くの人のゴルフの別れ道 は
ここにあるんじゃないかな と思います。

ゴルフクラブと言うモノの単純構造を使って
ボールを打とうとすれば 重さの有るヘッドがグリップに対し
遅れるのは当然です。
遠くに飛ばしたい と言う普通な心理があれば、
打撃時、インパクト時は最大の、最速の状態で迎えたい
のですから その遅れも最大になるでしょう。
その遅れ と つかまえる を融合し、
その先にある 方向や反復性 を考えれば
本来、自ずと「つかまえる」と言う行為は見えてくる筈…ですが…

その 遅れ を敵として、クラブと闘う道に進んでしまうのですから。

理解すれば ハイ‼すぐに出来ます とは言えませんが、
その遅れを「ロフトの立ち」「フェースの下向き」にする のは
スイングの基本を守れば良いだけ です。

◌アドレス姿勢には前傾姿勢があり
◌その前傾姿勢は股関節、骨盤と大腿骨の角度差
◌からだの向きは 股関節を境に 蕁銑茵,鮓く

つまり スイングで言えば ヘッドの遅れは主に
トップからの切り返し〜ダウンスイング〜インパクト という
右向き〜右向きの戻り〜正面あたり という
左サイドが右サイドよりも低い時間帯に訪れる のですから
グリップで言えば 左グリップが右グリップよりも低ければ
自然に訪れるモノです。

シャフトにも押されますから、
そのまま からだの向きの変更を持続し、
左グリップを動かしていけば 遅れは フェースの下向きを生み、
球体であるボールをつかまえられる のです。

V字を維持してみよう 上編_MomentV字を維持してみよう_Moment





ヘッド、言い換えれば 重さの遅れ という
自然現象を 無理やり解消し、ヘッドがグリップを追い越す という
無謀とも言えるコトをすれば いろいろと問題が派生するのは当然で
まして フォロー方向になれば
そのからだの向きによって ヘッドの方が先に行って「見える」のを
動作によって そうさせてしまう人には理論もク◯もありません。
ゴルフクラブから見れば 単なるエゴに過ぎません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



この つかまえる作法 は
 意図的につかまえないショットが必要な場面や
 放っておいても つかまってしまう ロフトの無いパター のような場合
を除いて すべてのショット基礎中の基礎 です。
IMG_0659

多くの人は この 「つかまえる作法」 をすっ飛ばして
ゴルフのスイング形成をしてしまっています。
スイングを変えたい と言っている人も
この つかまえる作法を軽く考え、つかまえる作法無し で
ボールをつかまえようとしているのですから 無理があります。

ここはすごく強く思うのですが、
ゴルフクラブの構造、ゴルフクラブの機能を考えると
球体であるボールをつかまえる方法は  コレ!  と言えます。


ココ(つかまえの作法)さえ おさえれば
  あとは 正直、適当でも大丈夫と言うほど…。

この つかまえの作法 を無し に
それを ヘッドの返し(フェースターン)でするのは
味噌を入れてないみそ汁、
ご飯の無いチャーハン
肉の無い牛丼 のようなモノで
確かに 精進料理などには、肉に似せた何か で
肉味、肉感を出すのだと思いますが、
その分、肉そのものをいれるより 手間も調整も難しいでしょう。

フェースターンするのが ゴルフスイングではない とは言えませんが、
ゴルフクラブの構造を一番活かした方法ではない と言うか
ゴルフショットのメカニズムを無視し、
それを技巧〜打ち手の動作で補おう としている感が
非常に強いように思えます。


この「つかまえる作法」が 存在した上で
弾道の回転を決める「軌道やフェースの向き」
距離の基になる 回転の速度
個体差となる 入れてくる入射角度やロフトの作り方
が加わるのです。


どの場面であったとしても
意図的に 右回転のスライス、
意図的に 左回転のフック
を打つのであったとしても
「つかまえる作法」を 阻害しては
ショットの基本としては ✖ です。


ですので 振ってみないと
フェースの返し具合で
「つかまえる」に相当するロフトの立ち になったり
つかまらない ロフト姿勢であったり
「つかまえる」に相当するロフト具合なのに
入れてくる入射角度が緩すぎたり
つかまるとは関係ない フックやスライスの出る
インパクトのロフト具合、
ヘッドの入射具合、
ヘッドの軌道
ヘッドの向き などなど が
【ぐちゃぐちゃに混ざり合った 手打ちは辞めた方が良い】
のです。



止まった球を ごくごく緩く
7番 8番アイアンなどで
テークバックを取らず、
フェースをボールに押し付けて覚えてみましょう。
(こする つかまえる)_Moment(4)

ボールは少々右目に置き、
今までの感覚でボールを打つと
止まった状態のヘッド が
リーディングエッジが前に出て
 ボールを打つコトになると思います。
002

それを「しゃくる、煽る」 こする と言います。

ボールは衝突によって 前に飛びますが、
それは単に 何かの物体、この場合は金属の塊がボールに当たっただけで
クラブの機能は活かされていません。
ロフトの効果は活かされていません。

それを大きく、速くしていったのが
多くの人の ショット です。


→これをこのまま大きくしていけば、
当たったとしても ボールは掴まっていない、フェースの乗ろうとしません。
手で振ろうが、からだの回転を使おうが
スイングは 反時計周り の動きですので
ボールは逃げ、スイングの回転とは逆の
反時計回り、右回転(ギア効果)が強くなります。

ボールは前方に飛びますが、
つかまえて打った球に比べ、ボール速度が無く、
回転も多く、弾道も高くなり易いので
同じヘッドスピードでは 飛距離が出ません。
また 女性などのヘッドスピードの低い人 にとっては
ボールを潰しきれませんので 球の速度だけでなく
高さやスピンも与えきれないので 上がり切らない
だらしない飛ばない球になってしまいます。

それが より一層の無茶振りにつながっていきます。

つかまる に相当するロフト加減にするには
かなり 強く ヘッドを返し、
ロフトの状態を「立った」状態に持って行かなくてはなりませんが、
ゴルフのクラブとからだの関係は 非常によく出来ており、(嫌味ですが…)
フェースターンすればするほど、ヘッドはインに切り込み
インから入れてきたつもり、
アウトサイドではないつもりなのに、
スライス撲滅のため、ヘッドを返せば返すほど 閉じれば閉じるほど
インパクト以降 ヘッドが急激にインに切り込むので
その ウサギと亀の競争(軌道とフェースの向き) は かなり長く、
人によっては 永久に続きます。

また ヘッドの回転で疑似ボールのつかまりを得ようとする
ヘッドの返しのスイングは
元々 からだの回転によって 円軌道の曲線を
より キツイ 急激な、小さな円に換えてしまうため
同じ球を打つのが非常に難しくなります。



話を元にもどしますが、
止まった球をテークアウェイを取らず
ボールを打つには、
リーディングエッジではなく
 トップブレード
つまり グリップを動かす必要があります。
IMG_0662

リーディングエッジを出して打つ のは
基本、からだは止まったままで
右手を伸ばそうとする動きです。
実際には 肩を揺さぶったり、左手を縮めたり する動きは
千差万別ですが、からだを固定して
基本、右手を伸ばそうとする動きです。

トップブレードを出す 動きは
同じく 手だけでも可能ですが、
左手、茱哀螢奪廚鯀以の出す動きなので
からだ・胴体の動きが欲しくなります。

これが行く行く からだの向きの変更と手さばきの
融合になっていきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




地面にあるボールを打つ のを基本とすると
つかまえるコト は
如何に
 『 フェース面で ボールを地面に押さえるか 』 です。
(こする つかまえる)_Moment(4)

ボールは球体であるが故に
地面は壁に近いですから
他の逃げ道を探す訳 ですが、
その逃げ道が坂になっている ロフト角度 の部分です。
各番手のロフト分 だけ ボールが捕まることを
「つかまった球」 と 呼びます。

弾道計測のデータ などでは
それを 「ミート率」  ヘッドスピード /(分の) ボールスピード
と呼んで、表しますが、 それはロフト毎のもので
10度であれば 1.5倍 を目安に
20度では それが 1.3倍
30度では それが 1.1倍 と言う風になる訳です。

40度以上のロフトになると
 ボールスピードがヘッドスピードと同じ、
 もしくは ロフトや入れ方(入射角度)によっては
 ボールスピードの方が遅くなるコトもあります。
 故に 二度打ち が生まれるのです。

ロフト角度が打撃の破壊力を ボールの飛び出るスピード
 ボールの回転と飛び出る角度に 分散させるのです。

それは クラブの仕事 です。


ですので このボールをつかまえる と言う行為に
ヘッドの回転も よしんば からだの回転も
正直、あまり関係ありません。

つまり つかまえる と言う行為には
 ヘッドスピード は 殆ど関係がないのです。

極端に言えば 2mの距離感
ロフトの立ったクラブで行えば
 そのスピードでも 十分「つかまえられます」 


打つクラブの接点は 平面
打たれるボールの接点は 曲面 がゆえに
ヘッドの回転や、クラブの回転、からだの回転 など
回転するような動きは つかまりを阻害し易い要素です。

クラブは 前に傾いたシャフトのの角度が
 そのまま ロフトの立ち、 そして入射角度になります。
長いクラブ、例えばドライバーになれば
それは かなり薄れ、
 場合によっては 傾きが無くなる程…ですが、
基本は その角度分 フェースは地面を向く というコトです。
達人のココから盗め_Moment


そして もう一度言いますが、この作法と
 回転する動きとの関係は 深くありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


今回は特に辛辣かも…。



 ゴルフスイングはその名の通り、
ゴルフクラブと言う道具を使って打ちます。

そして そのゴルフクラブには
距離や弾道、高さなどを決めるロフト角度など
いろいろな機能が付いており、
それを活かして、それを利用して
ボールを打つのを
『ゴルフ』スイング と呼ぶのだと思います。

ゴルフというゲームは 飛びと安定性、反復性という
一見 相反するようなテーマがワンショット毎に必要となります。
そして 飛ばすのも飛ばすのも 等価です。
どちらか欠けても芳しくありません。
サッカーで言うと フォワードもキーパーも
野球で言うと ピッチャーもホームランバッターもバントも
全部 自分でしなければなりません。
それを補うための それを楽にするための ゴルフクラブ です。
各番手ごとに 距離や高さ などを作るための角度
と言うモノがあり、その差は数度 しかない訳です。
1ⅿ近い長さで 先端の重さが有り その角度が重要なモノを
回転させるように、クラブ本体、フェースを回転させるように使えば
その機能はまったくもって活きないのです 
からだの向きが変わる〜
 既にそれで回転 していますから それで十分 
その上、どうしてクラブを、ヘッドを回転するコトから
頭を切り離しましょう。




これって
➀初めてゴルフをする人が
見よう見まねで 長いモノを振っている
棒状の長いモノを振りまわしている

➁先っちょ(ヘッド)をボールに当てようとする

✋この時点で 道具の機能 は
 長さがある というコト
 先端に打撃部分がある というコト
 以外、動作を作るうえで考慮されていません。

➂ゴルフらしい動きに似せる

➃画像や動画を見て スイングらしいモノ にする

➄からだを使え と言われるから からだを回すが

 長物を振っているコトをベースに その量を増やしてるに過ぎず
 からだ自体は打つコトにはあまり関係がない
radio

✋腕でクラブを振り回す量を増やす為 からだを回している
 ✋腕でクラブを振り回すための土台 としてのからだ
  でしかありません。

この状態で ボールとフェースがコンタクトすれば
右回転 か ひっかけ にしかなりません。
ココで出る 右曲がり の球 を
 スライス と読んでいますが、
厳密には「当たり損ね」でしかなく
精度を上げていっても 
このスイングもどき では
 引っかけを自分の球にするしかありません。

先に重さの付いた 長いモノを振り回して ボールを打つので
結果、その重さに振り回されることになり、
想定以上の
捻じり・ひねり・遠心力などの不可抗力が生まれ
上手く当てるための その不可抗力分の
『止まり』が必要で
からだを痛める元凶になります。

 
この精度を上げていくコト、この動きがスムースになるコト
それが 皆さんの目指したいゴルフスイング…ですか❓
そろそろ ここから卒業しませんか❓

    ・・・卒業へのステップ 始めます
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ま これは それを信じていない私の偏見…
 と言えなくも無いんだけれど
『シャフトをしならせて しなり戻して打つ』
は ものすごく精神論的なイメージを拭えない のです。
ゴルフクラブの形状を考えると
 その打撃論に合理性が見えないというか、
苦労して覚えるだけの
 科学的とは言わないまでも、物理的根拠が
未だ 何も見つからない…のです。


u=341495341,3618090510&gp=0

『シャフトをしならせて しなり戻して打つ』
それを信じている人や
そうやって打って 上手く行っている、悩んでいない人は
それが その人のゴルフ理論 なんだと思う。
それを否定も出来ないし、それで楽しんでいるのに
何か意見するつもりもないですね。
理論なんて 環境や状況、その人のポジションによって
適応されるモノは色々あって当然でしょう。
全員に共通のモノ なんて 成立し得ない でしょう。

ただ これから ゴルフを、ゴルフスイングを覚えよう と
思っている人 や
『シャフトをしならせて しなり戻して打つ』コトが上手く行かない、
そのコトを疑問に思っている、矛盾を感じている、
もしくは その動作によって からだを痛めている人には
より 動作のシンプルな、からだを痛めずとも
飛ばしたり、安定させたり する打撃論 『も』 アリ というコト。

パッティングするのに
ヘッドを開いて ヘッドを閉じて打て
シャフトをしならせて しなり戻して打て
と言う人はいないでしょう。
結果、において パッティングは簡単ではなく、
奥深さもあるとは思うけれど
コト打つコトだけに関しては パッティングのそのシンプルさ で
ショットが打てた方が楽、
それで飛ばせる方法を考えた方が良いんじゃないのか?
と思うのが 新しい打撃理論の始まり…なんじゃないでしょうかね。

多くの人は自覚はないけれど、『硬くて使いきれていないシャフト』を
無理やり使っているが故に、
選択肢無しで シャフトを無理やりしならせて、
無理やりしなり戻して使わざるを得ない人もいる でしょう。

ゴルフクラブを創る、考える立場 からすると
打撃部である ヘッドには 距離や方向、弾道を決める
角度 というものが 複合して備わっており、
ドライバーで言うと 1/2500秒以下
アイアンであっても 1/500秒以下 の
ボールとヘッドの接触時間で
飛ばしたい気持ち と 真っ直ぐ行かせたい気持ち、
安定させたい気持ち を 同時に満たすには
その方法『シャフトをしならせて しなり戻して使う』は
 非常に危うい選択肢、危ない選択肢 だと思います。
sample 2009_09_19_22_56_02-91フレームショット


クラブを握っているのは人間で、機械じゃない、
動作中に シャフトをしならせる/しなり戻す というコトは
グリップの移動量よりも ヘッドの移動量を意図的に増やす
というコトになります。



となると そのグリップ/ヘッドの移動量分の遠心力などの負荷 は
まるごと 持ち手が支えるコト
負荷がかかっても それに負けない グリップの移動、支え を
する必要になるコトを忘れているか、考えていない 発想
と言っても良いと思う。

グリップよりもヘッドをより多く動かせば、
より多くの遠心力が発生し、当然、それによって
グリップは円周の外に引っ張られますが、
それを考慮した ライン取り や
それに抵抗するための動作 というのが
当然、生まれると思うのですが、
 そこについての言及は殆ど見られません。

ヘッドと言う打撃部の 端にシャフトは付いており
しならせれば シャフトはねじられます。
ロフトやライ角度やフェースの向きも変わる上、
しなる ということは クラブ自体が短くなる というコトでもあり
『それらを毎回 似たような状態でのインパクト』 を考えると
この形状の 【打撃の道具】 としては
物理的に そう使うのが正しい! と信じ切れない
というのが 正直なアマチュアの気持ちだと思います。
460TL-2

豊富な修練や天性の運動センス によって
その難しさをこなしきれている人の 打撃理論 は
それが出来ない人にとっては 難解 です。

難しいコトを覚えるのが好きな人もいるでしょう。
それも当然、否定できませんが、
ゴルフクラブ、ヘッドの形状を考えると
もっとシンプルに
飛ばし〜真っ直ぐ行かす〜安定 を両立出来る
そう言う方法があるのなら
その方が 上手く行かない人 や これから覚える人 に
とっては 良いのではないか と思うのですけどね。


私も オジサン真ん中高め ですが、
私たちの頃 よりも 若い年齢層は
スポーツを根性と結びつけて 体験してきていません。
お金と時間を要する 贅沢な遊びに位置するゴルフ
それを より簡単に出来るようにした方が
ゴルフ人口は減らない(今や増えるとは言い切れないので)
可能性が増す と読んでいます。
体力自慢の人が少ないのが
ある意味 ゴルフをやるかも知れない層 なのですから
覚えるのが難しく、からだを痛める可能性の高い方法、
道具やその機能をより合理的に使える方法
そう言うモノを好むように思えるのですが・・・・・・ね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


最近のスイングの話でのテーマの多くが
「からだの向きの変更」
となっていますが、
(人によりますが)
これは おうちでの素振り や 主に 鳥かご の中での
練習で非常に有用だと思います。
(ちょっと難解かもしれません)


スイングマニア の 店主:私としては
最近のプロのスイングや主流になっているモノ(スイング)の
「からだの回転」 
あまり 目に優しくない と言えば良いのか、
からだを痛めてしまいそうで とても怖いのです。

主に からだの回転 というと
(からだの向きの変更ではなく あえて からだの回転…と)
背骨 とは言わないまでも
からだの真ん中(左右の幅に対し)に軸を置き、
イメージで言うと 左右対称に使おう と思っているフシ が
有ると思うのですが、
その思いが 結果、として 歪な回転を生んでいるような気がします。

20200621 編集済み_Moment(8)


✖手で打ってしまっている
✖腕を振ってしまう
✖クラブを振ってしまう
✖ヘッドを振ってしまう
✖フェースターンが多すぎる


この手のクラブ扱いに共通しているのが
テークバックで あれば、
藜瓦砲靴董〆献汽ぅ匹鯑阿す
ダウンスイング以降 であれば
莠瓦砲靴董 ̄Ε汽ぅ匹鯑阿す
結果論ですが、左右対称に「回転」しているのではなく
どちらかに 軸 が寄ってしまっている 動きです。
動かそう とする腕側に軸が寄ってしまっている 感じです。

それは おそらく…なのですが、
左右対称に回転しよう! と言う意志の元
テークバック時には 主に 左腕で
ダウンスイング以降には 主に 右腕で
クラブを動かそう とするコト によって
重さ 不要な遠心力が働くコト を
からだが自然に相殺しようとする動きの 成れの果て
なのだと思います。

☀☀☀自覚は無いと思いますが、
腕の返し/フェースの返しを 打撃 と感じている人
ダウンスイング以降、まず 左サイドを開いて
その後 右腕/虍梢箸蚤任舛帽圓ため
それを 行う空間を作っているように見えます。
ダウンスイング以降の 回転が二段階なのです。

テークバックの場合は
正直、解消はそう難しくないので
今回は話をして省略させて頂きますが、
ダウンスイング以降 フェースローテーションや手打ち
とは 右腕のかいなの動き
 肘や肩の回内や内旋 の動き です。
kainaikaigait02200129_0656038611088836941











その動きは
利き手 の動きなので
打撃に充実感、満足感 が得られ
利き手に感覚として インパクトの重み感 や
クラブを操作したことの重み感 として
残り易いモノ だと思います。
そこが スイングの筋肉記憶 の主な部分 かも知れません。

いずれ それは要らなくなりますが、
今回はその話ではなく、
その 利き腕のかいなさばき を いずれ 忘れ去る、
スイングの中から抹消するための ステップ として
スイングの軸意識
👉からだの左右の幅の真ん中 に 軸を持っている意識
ではなく!
軸感覚を 今までと逆に 片側に寄せる感覚をお薦めします。


✋✋✋今までは からだの真ん中に軸を置いた感覚で
テークバック時は 左腕を振る 左腕でテークバックを取る、
その行為のお陰で
結果として 右軸で左半身だけを動かしていたのを
軸を左に少しずらす 左肩とまでは行かないまでも
左側に寄せた軸に対し、右半身を動かす。
 この場合は右グリップや右ひじなどを積極的に動かす
肩甲骨_3

✊✊✊ダウンスイング以降は
右半身をそこに置き去りにして
右半身軸 感覚で 左半身だけを
 左上腕〜左ひじ の 誘導で 動かしていく感覚 です。
ダウンスイング〜インパクトでは
 利き腕のかいな 回内や内旋 を使う にしても
 その動作の空間が いままでとは大きく異なってくる感じ
 になると しめたもの‼ です。

右半身はそこに置いたまま、
移動する左半身、その空間の中で腕を使うのです。

今までの がぶってインパクトに入ってくる感じ
・・・体を開いて入ってくる感じはフトコロが使えていません。
✋ゴルフスイングで言う フトコロ とは
 前傾姿勢を取った その自分の上半身の空間 です。
 
からだを開いて 右手で叩きに来る 外からの打ち方では
その空間の中を 腕が通せず よく言う 外から入ってくる
そう言う感じになります。

あくまでも からだの向きを変える感覚や
 利き腕で叩きに行く時、それを行う空間 を養うため や
 最終的に 利き腕の不必要、無駄な 内旋や回内 の動き を
 抹消するためのステップ   ・・・ドリル です。
【からだの向きの変更 としては不完全ですが、
 現在の自分の からだの廻し方 は認識できる? かも…です】

まあ 問題なのは軸感覚 ではなく
その時間進行に対し 打撃を終えられるか
にかかって 要るのですが…


非常に言葉では伝えにくく、伝わり難い部分 ですので
 ヒントになりそう!とお考えの方は
是非、ご来店くださいませ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5



ゴルフショットの場合
『リリース』 語彙で言うと 開放〜解放する だが、
遠くに飛ばす とともに並行して、決められた距離を打つ
決められた方向に打つ が付いて回ります。

打撃部分に 厳密な「角度」があり、

そのゴルフクラブの打撃部分であるフェースに
ロフト角度、ライ角度、フェース角度などの
角度が複合して存在している為、
オリジナルの製品ロフトでないロフト角度で打とうとすると
それ以外の ライ角度、フェース角度を変えていなくとも
飛び出る角度や飛距離だけでなく、並行して方向や球筋も
変わってしまいます。
それは ロフト角度に限らず、ライ角度、フェース角度でも
同じです。

ですので ゴルフショットで言う 「リリース」 の
  開放(解放)も限定的な意味 になります。



全員とは言わないまでも、多くの方の「リリース」を見ていると
クラブから手を離さない〜グリップを握ったまま
とは言え、左グリップを軸に クラブを放り投げるような
利き腕を使って クラブを投げてしまうような「リリース」
をしています。

ココを治したい❷_Moment(3)ココを治したい❷_Moment(4)






大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)









kumasan201810 (2)_Momentkumasan201810 (2)_Moment(2)キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)









見た目…で言うと 左グリップの下に右グリップを入れるような、
インパクト直前で シャフトで弧を描くような「リリース」です。

おそらく 開放〜リリースした方が
ヘッドスピードが上がり、飛ぶ と言うイメージから
行われているモノ 可と思うのですが、
実際には、クラブを放り投げるようなリリースは
✖土台である からだの回転を止める
✖ロフトを増やし、入射角度を緩くする  為

飛ばなくなる、ボールが上がり過ぎる、ボールが上がらなくなる
という 良い面が殆ど無い行為 です。



この解放型リリースの非常に悪い面は

❶それをする為の、それをし易いような 左右のグリップが形成されるコト
総じて 左右のグリップは離れ
支点になる左グリップは 強く握る必要があるので
過度のフックグリップになります。
 また、そのグリップの形、によって アドレスが歪みます
IMG_0706_Moment(2)

❷利き腕の伸ばし、によって クラブを解放する場合、
かならず 支点になる左グリップの固定 が必要になります。
結果として インパクトで両肘を近づける〜絞るような形になりますので
腕と、移動している筈のからだ が分かれてしまいます。
多くのケースでは からだの回転を止め、リリースだけをする
(からだの回転が止まり、腕とクラブだけが動く)という
本末転倒な事態が起こります。

❸解放型リリースは すれば、するほど ロフトが増え、
入射角度が緩くなります。
よって ヘッドスピードを上げても それに相応した距離が出ず、
無鉄砲なヘッドスピードアップに挑戦するコト
に為ります。

例えばドライバーで、 正規なロフト使いでは(数値は例えば…です)
ヘッドスピードを 3ms上げれば 10ヤード前後、距離は伸びますが、
解放型リリースでは 5msあげても 10ヤード伸びるかどうか微妙…です。
無鉄砲のヘッドスピード上げ狙いは、安定度を加速度的に失うので、
あきらめ 曲がらない程度の飛ばし(飛ばせない) が 終着点です。

リリース〜刷毛塗_Moment(4)リリース〜刷毛塗_Moment(5)













👉からだの回転と言う 一番大きなモーメントを使わず
小さな筋肉だけでショットをする というのは
長丁場の中で たまに「ショットをする」 という
ゴルフと言うゲームには あまり有効な手段ではない代表例です。

👉腕を使わない、利き腕で叩かない
と言うわけではありません。
ただ それを優先せず、からだの回転とともに
それが行えなければ 意味はなく、
ゴルフショットにおいての 正しいリリースを身に付けることが
からだの回転で打つコト につながっていきます。
                 
                         〜続く

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフショットは 基本、からだが回るから、
体の向きが変わるから クラブが動き〜ヘッドが動いて
ボールを打ちます。

✋そのからだは 肩 ではなく、
股関節を境目とした 上半身、
骨盤を含めた胴体のコトを指します。

手や腕でボールを打つ訳 ではありませんが、
からだの回転で「直に」クラブ、そして、ヘッドを動かす為の
手さばき、腕さばき があります。
*パッティングストロークやとても短い距離を打つ場合 など
特別なケースを除き、からだの回転で打つためのモノで
手や腕さばきだけで打つコトを推奨しているわけではないので
ご注意ください。

それをハミングバードでは「刷毛塗」と呼んでいます。
リリース〜刷毛塗_Moment

からだの回転でスイング/ショットする場合、
動作が始まってから、(腕を含めた)ゴルフクラブの重さが
急激に重くなるような、
ボールを打つ前に ボールとは違う方向、
打ちたいと思っている方向と違う方向、 にかかると
体を止め、その修正、相殺などの行為が入ってしまうため
原則論として 腕やクラブの長さが急激に増えるような動きや
からだの回転で出来る円とは あまりに異なる
円運動を作るのは避けなくてはなりません。

その為に からだの回転 という 軌道というか、
前傾姿勢によって 斜めに傾いている 運動のフィールド に
沿った動きをした方が
からだの回転の速度の阻害にもなりませんし、
安定性や方向性も保ち易いでしょう。
繰り返したり、体の負担を減らすのにも良いと思います。

ですので 両手で持ったクラブ
その基本になるのは グリップは勿論、ヘッドも
出来るだけ その同じ運動のフィールドの上で
同じような・・・同じような方向や同じような速度で動かします。

どの道、スイングは 急ではなくとも、
どこかしらで 加速は入っていく訳ですが、
自分の意志による加速に沿ったモノ(方向や速度)であれば
妙な修正をしなくとも 打つコトが出来るでしょう。





刷毛塗の原則動作 注意点❶ 動かす量

上腕(肩に近い方)〜肘さばき です。
肩が動いてしまうほどの量は動かしません。

グリップで言うと 自分の右胸から左胸、
 多くとも自分のからだの幅程度。
✋✋✋ココの部分は重要です。

腕の生えている肩 は からだの回転で
当然、移動し続けています。
それを阻害せず、その助けとなるには
腕で動かす〜動かせるグリップの量は 右胸〜左胸
数値で言うと 多くとも 40〜50センチ程度・・・。

 私個人で言うと イメージとしては30cm程度 です。


注意点❷ 動かす方向

自分のからだを平行、
グリップであれば 体からの距離を変えないコト
手さばき、肘さばきの状態であれば
胸と平行な方向 です。

2020-05-24_18-30-07_Moment2020-05-24_18-30-07_Moment(2)




無意識…ですが、スイング動作とのつながり…
を考えると 右胸⇒左胸(右から左)は
やや 低くなる感じ かも知れません。


注意点❸ 動かし方

円運動は 土台である【からだ】が行います。
手、腕さばきでは その円以外の運動は不必要、
 というか、それをしてしまうと
からだで行う円運動を阻害、支障をきたします。

ですので グリップよりもヘッドはうごかさない 位。
この写真のやり方であれば、ヘッドは同じ場所で
グリップだけを動かす位の感覚です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


軽いヘッド 硬いシャフト のゴルフクラブ と
重いヘッド 柔らかいシャフト のゴルフクラブで
打ち比べると 最大の違いは
 ボールに届くか届かないか に感じます。
スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)

まあ ここがゴルフというか、ゴルフクラブの面白い
ところではあるのですが、
一見すると 重いヘッド/柔らかいシャフトのクラブの方が
シャフトが『垂れる』ような気がして
それによて 地面にあるボールに届きやすい
と認識しますが、
動くシャフトは しなっている時間が長い…です。
しなっている ということはクラブが短くなっている
ということですから、じつはそれには当たりません。

どうクラブを使うか によっても違いはありますが
本来の 
クラブの働きは
 すべてグリップに働きかけるもの
 です。

重いヘッド/柔らかいシャフトのクラブの方が
グリップの位置を押し下げ
進行方向にグリップを押す働きが強くなりますから
そういった訳で ボールに届きやすくなるわけです。

いっぽう 軽いヘッド/硬いシャフトのクラブは
その作用が少ない…ほとんどないですから
自分自身がボールに「届かせない」と行けません。
ですので 自然に右サイドが下がってくる 低くなる
スイングを覚えることになってしまいます。

そのままのスイングで 重いヘッド/柔らかいシャフトの
クラブを使うと 右サイドは下がっている
グリップは下げられる の W効果になりますから
始めはダフりの連続かも知れませんが
右サイドを下げる体の姿勢は
本来 人間にとって不自然な苦しい姿勢ですから
自然に消えていきます。
スナップショット 5 (2013-11-13 6-42)

逆に 重いヘッド/柔らかいシャフトのクラブを
使い慣れている人にとっては、その逆のクラブは
始めはトップ・チョロ連発なのですが
段々と届かせるような体の姿勢になって行きます。
行きますが、一度右サイドの高いスイングを覚えているので
その不自然な姿勢に「身の危険」を感じるのです。


軽いヘッド/硬いシャフトを使ってボールを打つ人にとっては
右サイドが下がり切るまでに ふたが閉じてしまうまでに
インパクトをすり抜けてしまわなければなりませんから
必然的に ダウンはクイックな早い速い動作にせざるをえません。
若い人には可能…かもしれませんが
おじさんには苦しいスイングになりそうですね。
4289f9fa-s

右サイドが下がる=左サイドがあがる
左サイドがあがる=体が開いている
ですので、その手のクラブを使う限り
基本 スライス系等のボールがベースになります。
ダフル に加え、体が開く というのも
同時進行で付いてきますから
急いで 急いで ヘッドをターンさせ
ひっかけを打たなければならないのです。
自分の「使える球筋」が 本来であればミスショットの
ひっかけ
 なのですから 何とも悲しい顛末です。

それに伴って
其の姿勢 右サイドが下がる姿勢が定着しますから
クラブヘッドに奥行きのある フェアウェイウッドが
苦手になります。
同時に 急いで打つ習慣が身につくので
アプローチショットも苦手になりがちです。

どんなクラブを使うか によって
そのクラブを使ってボールを打たなければいけない訳
ですから、身につくものはかなり違いが生まれる
ということでもあります。

クラブを製造販売する立場の私が言うのもなんですが。。。
軽いヘッド/硬いシャフトのクラブは
中古市場やネットオークションなどの大半を占めています。
要するに 使えないクラブの墓場 です。
よって 廉価な価格で取引されるわけですが
それがもたらすスイング、身につく体の姿勢
そして それによって痛める体
ゴルフを断念してしまうこと も付いてまわりますから
実は 高くつく ことになるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


シャフトの上手な使い方は
ヘッドの重さ・クラブの重さの使い方
大きく共通しています。
そして それはゴルフクラブの使い方 でもあります。

一般的に『信じられている』シャフトの使い方は
ヘッドをたくさん・グリップよりも多く速く動かす為
縦であっても・横であっても シャフトを扇のようにつかう
クラブを扇・振り子のように使う では
シャフトも活きてきませんし、ヘッドの重さも活きてきません。

4232-30-1

シャフトの役割は
✊如何にヘッドやクラブの重さを打ち手に伝えるか
✊ヘッドの重さを利用して グリップを動かすか
✊グリップ、そしてクラブを人力の補助として動かすか

(動かす、この場合は移動させる の意) です。


それをテーマに シャフトを使わないと
例えば クラブを替えた時、リシャフトした時、
2種類以上のシャフトの硬さやシャフトの違いを体感する時、
それモノが無意味なモノになってしまいます。

硬いシャフト そうですね、
ドライバーで言うと
45インチ換算で 振動数190cpm辺りが境でしょうか
アイアンで言うと
5番アイアンで 振動数210cpm辺りが境でしょうか
一般成人男性であれば
その位と思いますが、これより数値の多い、硬いシャフトを
正直 打ち比べても「単に双方硬いだけで」
あまり差は感じ取りにくいかもしれません。

ですので その数値を境に 上にあるものと下にあるものを
打ち比べると
 シャフトの使い方自体を体感することにもなります。



シャフトを上手に使う(使われる)には
注意点が幾つかあります。

それはクラブの使い方でもあるので
練習やドリルでは意識しておくと良いと思います。


✋クラブの姿勢

ヘッドとグリップの上下左右の関係は意識しましょう。

俗に言う『トップの位置』において
ヘッドやクラブの重さがグリップに掛かり
そのグリップが『次』の動作の妨げになり位置 に
ならないように注意が必要です。

『トップの位置』であれば
その次の過程は『ダウンスイング』になります。
言葉で ダウン『スイング』と言っていますが、
ダウンスイング全体は ほんの0.2秒以下の瞬時の動きです。
あれもこれも 色々とする時間もありませんし、
そういう『期間』でもありません。

どうダウンスイングしていくか、
何処の方向に、
いつ、どうのように していくかも
『トップの位置』のクラブ姿勢、
ヘッドとグリップの位置関係によって
 ほとんど決まってしまいます。

究極、動作としてのダウンスイングを省けるか
も それ以前のクラブ姿勢、
グリップとヘッドの上下左右の位置関係によって
決まってしまいます。

20170920_matsuyama-650x435例えば、このトップの位置
にしてしまえば、
余程の教練か、我慢がない限り
一般的には次の動作は
右サイドを潜らせる、上を向く動きになります。
それでは シャフトは活きませんし
ヘッドの重さも活きてきません。
体がまるでまわっていないのでNGではありますが、
このヘッドとグリップの位置関係、クラブ姿勢では
要らぬ動作ばかりが増えるばかりでなく、
動作そのものが ダウンスイングとして必要になってしまいます

補助してもらい、手伝ってもらうコトです。
上手くすれば いつ動かすのかもシャフトは教えてくれます。


シャフトと仲良く出来ると
「トップの位置」以降、シャフトは
グリップを、クラブ全体を進行方向に押してくれ
より左に、より下に、より打球方向にクラブを誘ってくれます。
その強さ、速さは 柔らかいものほど
ヘッドの重いものほど強く、速く
インパクトポイントを左にしてくれ
インパクトまでの時間を短縮してくれます。

201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment(2)201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment(3)



















ですので シャフトの使い方 に慣れてくると
シャフトの柔らかいものほど、ヘッドの重いものほど
『早く』インパクトがやってきます。(速くではなく
………それにも慣れて頂く必要があるでしょう。
ドライバーで140cpm台以下、アイアンで160cpmを
下回ると 相当そのタイミングは「早く」やってきますので
慣れるまでは 慌ててしまうというか
急かされてしまいます。
(笑)柔らかいシャフトは待たないと なんて
   如何に幼稚なセリフなのか 思い知ります(笑)

トップの位置 と言いましたが
その位置だけでなく
トップの行くまでの『過程』
俗に言う テークバック(テークアウェイ)も
ダウンスイングの道筋か行程 に
かなり大きな影響をもたらします。

シャフトは特性上、一度しならせてしまうと
元に戻ろう、復元しようという特性が働きます。
その特性は、
グリップを動かそうした時に対してはプラスに働きますが、
ヘッド単体を動かそうとする動きに対しては
 グリップの移動を妨げる動きになってしまうので
気分は「ヘッドが速く・たくさん動いている」になりますが、
実際にはクラブ自体の移動は遅くなり、
 それによって 体の回転についていかなく、
遅れの原因になります。

ですので、テークアウェイで
 シャフトは極力しならせてはイケマセン。


シャフトはどの状況になるとしなるか というと
打ち手の動作 においては、
ヘッドの移動量とグリップの移動量 (運動量)に
大きな差異・違いが起こった時、発生します。


そして その差異・違い 移動量の差の殆どは
スイングは円弧 であり、
そして その円弧を肩(肩甲骨を含む)や腕で
積極的に作ろうとした時 発生します。
スナップショット 2 (2017-10-23 20-11) - コピー (2)スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)







スイングは円弧ですが、
それは 体が向きを変えるから自然に発生するもので
体(胴体・骨盤)の回転通りにグリップ・クラブが動いていれば
円弧を意識する必要は一切ありません。
円弧、即ち スイング軌道(スイングプレーン)ですから
体の回転通りにクラブを動かしていれば
その軌道を意識しなくてよいのです。
自分の腕や上半身の上側(肩や腕、肩甲骨)で
スイングプレーン・円弧を造れば
必ず 前傾姿勢は失いますから、
本来 前傾姿勢で維持できる 軌道の傾き
特にダウンスイングの時の 下方向の動きは
自分で作る必要が生まれますから
一番忙しい時に 一番難しい動作が必要になってしまいます。
それを省かなくてはイケマセン。
クラブの長さによる前傾、それによる
円弧の大きさや傾きを失ってしまいます。

言葉や文章で説明すると 少々めんどくさい ことに
なってしまいますが、シャフトを使えると
スイングの動作の多くのことが省けます。
雑誌やレッスンで教えられる ほとんどのことは
シャフトが使えると 動作としてやる必要が無くなるのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


その人のクラブの扱い方や持っているクラブの質
などによっても異なりますが、
スイング中のゴルフクラブの重さは
かなりのモノになると思います。

平均的な猫の重さが 3〜4キロ
トイプードルも同じくらいです。
この位なら暴れてもあまり問題なさそうです。

ミニチュアシュナウザーが 6~7キロ
かなり大型の猫もこの位でしょう。
ここら辺になると 抱き方次第では
人間もふらついてしまいます。

フレンチブルドッグになると重さは
10キロを超え、大きなものは13前幣
抱いている最中に暴れられたら抱いていられません。
もろとも転んでしまうかもしれません。

使い方にもよりますが、ゴルフのクラブは
瞬間的には シュナウザーとブルドッグの間位の
重さになると思います。



多くのゴルファーは
スイングをイメージするのに
クラブの重さが掛かることを想定に入れていません。
まずは 自分の動作のことばかりを気にかけます。
✋クラブを持たなければできるのに…。
✋ボールを打たなければできるのに…。
もう既に 万を超えるほど繰り返していませんか?


クラブは腕(手)で持ち、その腕は体から生え、
腕とクラブというモノは長さを持っていますから
どう扱うかによって その重さの変化は激しくなります。
プロであっても、クラブのある場所やその姿勢
の重さを影響を色濃く受けています。

体をどう動かすか
 ばかりを考えては
実際のスイング・ショットをする時、
クラブの重さの奴隷になってしまいます。

キッカケは与えてあげるにしても、
クラブによって重さを受けることからは逃げられないのですから、
逆に その重さによって
動かされてしまうことの方が簡単な筈です。

腕がクラブの重さを受け、
体はクラブも含めたその腕の重さを受ける。

腕がクラブの重さによって動かされれば
体はその腕の重さによって動かされる。


どうせ避けられないのですから
望ましくない不可抗力ではなく、
上手く打たされる不可抗力を造ってしまう ことを
考えてたほうがアマチュアには良いでしょう。

体の回転と腕の使い方を別々に考えるのではなく
クラブの重さによって、腕が動かされ
それそのものが体の回転になっていく方法が
アマチュアには適していると思います。

ですので、クラブの重さが運動で増した時、
支えらていられないグリップ、
ホールドしないグリップを造っておいて
その重さで腕を動かし、
その重さで体を回さざるを得ない
グリップを造っておく方が 結果シンプル です。

クラブを支えておけるグリップ
ホールドしておけるグリップを造り
クラブの重さが運動で増している最中に
腕や体を意のままに動かそうとするのは
おじさんアマチュアゴルファーには
 不可能に挑戦するに等しいと思います。



そこで そのためのポイント「左グリップ」
に付いてですが、注意点は3点です。
IMG_0772

中指と薬指の2本で握る が基本
 これは右手グリップも同じですが、
 握るメインになるのは この2本です。
IMG_0534

 ですので 手のひらはこのような形になります。

IMG_0532

グリップは二度握りません。
 スイング中は仕方ないですが、アドレス時、
 手のひらはグリップに触れません。
 第三節は伸ばしたまま、手の甲にこぶしを造りません。
 中指と薬指で握ったら、それ以上握りません。
 親指はシャフトに添えるだけです。
IMG_0531

手首に角度を付けてはイケマセン
 握手のような自然な形。
 手首が甲の方に折れないように注意です。

IMG_0529


ここを我慢して、スイングは重さに任せるか
クラブをがっちり握って
 自分で動作を管理するか
どちらかしか選択は無いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



✋オーバースペック(きついクラブ)
 〜主にシャフトの硬い & ロフトがきつい 
と 
✋アンダースペック(楽なクラブ)
 〜主にシャフトの柔らかい & ロフトが緩い

ゴルフを覚える際、
スイングを練習する際、 どちらが良いか というと
圧倒的に後者 アンダースペックなクラブ です。
葛谷 2017-2020_Moment(2)

代表的なアンダースペックなクラブは
男性にとっての女性用クラブですが、
市販のクラブはそこに少々難点があります。
・・・シャフトは柔らかく、ロフトも大きいのですが、
 そのシャフトの柔らかさに対し、極端にヘッドが軽いので
 シャフトの柔らかさの利点が活かせません。
 ✋少なくとも 鉛など張り 粥㉚gは欲しいトコロ…です。


その理由は
 シャフトは自分のスイング、動作を補助する役割 です。
硬いシャフトでは
主に しならせて しなり戻して使う コトを覚えるのでしょうが、
よ〜〜く考えると それは シャフトの役割 ではなく
 単なる自分の動作です。
どんなシャフトでも 自分の好き勝手に使う というのでは
 シャフトの助けを得られません。
長いゴルフライフの中で どのクラブを使っても同じ・・・
 と言う言葉を頻繁に耳にしますが、
まあ 例外なく オーバースペックなクラブを使ってきた人
 の定番のセリフです。


シャフトの伝達 が ヘッドの姿勢、
重心の位置を打ち手に伝え、
その重さによって グリップを動かす、
即ち クラブ自体を動かすコトが シャフトの機能 です。
それを覚えるには アンダースペックの方が良いでしょう。
重心のかかり方 (2)

また しならせる しなり戻す と言う動作は
動作を途中で変速、動作速度を途中で変える必要が出てきます。
しならせる は 加速動作 が必要です。
しなり戻す のには 減速、もしくは静止動作 が必要で、
準備である テークバックで 加速動作 をして
ダウンスイング、インパクトにかかる後半に減速、静止動作 をするのですから
それは スイングの手順からすると 反対 になるわけです。


ヘッドの重量がある程度 しっかりしていれば
ヘッドの位置やヘッド〜フェースの向きなどによる違いも
感じられるようになり、スイングの位置や姿勢が把握し易くなります。


ゴルフの初期やスイングの覚える時期 に 硬いシャフトを手にすると
往々にして、深いトップ、オーバースイングになりガチ です。
シャフトが柔らかく、ヘッドの重量がしっかりしていれば重心のかかり方
クラブを暴れさせるような テークバックは取らない でしょうから
コンパクト目のトップの位置になるでしょう。
 交互に打った時にも その効果ははっきり表れます。





また ロフト使いについても 大きな差が生まれます。
 ボールをつかまえる というコトは 『ロフトの使い方』 を指します。
厳しいロフトのクラブを上げられるようにする訓練は
 ヘッドスピードと言う点では理解出来ますが、
それを除けば わざとつかまらないように打つ につながります。
上がり易い、大きなロフトのクラブを
 低めに打つ というのは イコール つかまえて打つ コトにつながります。
スライスに悩む人は
 柔らかいシャフトで大きなロフトのクラブ で
  低い球を打つ訓練をすれば 解消し易いでしょう。


上手になると より硬いシャフトを… というのは
慣れてきて ヘッドスピードが出せるようになった という一点においては
理解出来ますが、単に腕力勝負に挑んでいる
という認識を私は抱いています。

ああああ そもそも 今までよりも 柔らかいシャフト になると
 弾道が高くなり、スライスになるのは クラブが使えていない証、
本来は 低くなり、フック、柔らかさの度合いによっては どフックになります。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


プロゴルファーなど、あまたのレッスンビデオ、画像を
見てきましたが、ここまで参考になるモノはないかな と思います。

達人のココから盗め_Moment(3)



レッスンプロも含めたプロはの多くは
履いて捨てるほどのヘッドスピードと練習量を持っています。
 もしくは、それらを持っている時に培ったスイングです。
彼らのノウハウは
 どちらも持っていないオジサンおばさんゴルファー には
あまり役に立ちません。


そう言う意味では この画像は
飛ばすコト、つかまえるコト、曲げないコト
そして アプローチなどの距離の管理
 を
 非常に単純な ひと動作に集約 しています。



 

✋では 達人リートレビノ
のビデオをご覧ください。

おそらく アマチュアが真似るべき、
 参考にすべきスイングはこれが原本かと思います。


煽って こする 今のスイングに目が慣れている人には
なんだか 変な感じがすると思いますが・・・ね

スイングを見る目がスイングを作るチカラなんですけどね…。

元々 米国人の中では体も小さく、
パワーの無い彼が トーナメントというサーカスの中で
見出した 打撃 は 力のないアマチュアゴルファーの
本当にお手本になる 打撃 だと思います。

冒頭で 神様自身は説明はしていませんが、
スイング、ショットをすると ヘッドは重くなるので
からだはまわし、グリップは移動させても
ヘッドは 重くなる分、インパクト分 残して置け
と言っています。
ハミングバードでは それを「刷毛塗」と造語しています。


達人のココから盗め_Moment✋そして 抽出したこの画像 ですが

✋ここがインパクトだよ‼ と。

ここから先にインパクトがあるんじゃないよ‼ と。

ここはからだの回転が合体するから
ここから先がインパクトではなく
ここ そのものが インパクトだよ‼ と。

ここから ボールに当てる、ボールに届かせる
動きが 「こする」〜ロフトを増やし/入射を緩くする
「やっちゃダメだよ」と 神様は優しく申しております。



次の実際のボールを打ちますが、
見た目はアプローチ・・・ですが、
後々 繰り返し映像を合成していますが、
この 先ほどのココがインパクトだよー の場所から
単に からだの回転でグリップを移動させる のがスイングだよ 
やはり 神様は申しております。

達人のココから盗め_Moment(2)←勢いのない シャドースイングでは達人のココから盗め_Moment(4)
 こちら ですが

勢いがつくと
 こちら になります→



二つは全く同じモノ です。
そして フルショットバージョンを加えたのを比較してみて下さい
単に勢い、慣性の違いなだけで すべての骨格は同じです✋
達人のココから盗め_Moment(2)達人のココから盗め_Moment(4)達人のココから盗め_Moment(5)










では もう一度 全編 を通して見てみて下さい。

どのショットも、例えドライバーショットであっても
✋からだの回転でグリップを動かす
✋ヘッドソノモノの動きには頓着しない

というのが 見て取れる かと思いますが・・・
そう見えない方は 残念です  
→またのお越しをお待ちしております

飛ばすショットも、飛ばさないショットも
ドライバーとアプローチはほぼ全く同じモノなのです。
単に動作、自分自身の動きの速度の違いなだけ・・・


ここがインパクトだよ というコトが理解できる方だけ
この 3個の映像はつながりを持ちます。

達人のココから盗め_Moment達人のココから盗め_Moment(3)達人のココから盗め_Moment(4)








ここがインパクトだよ 以降 に ヘッドをボールに届かせる動き
キャスティング… ヘッドローテーションと呼ぶ人もいるみたい ですが
それがある人、それを当たり前と思っている人には
この 3個の画像はつながりませんし、ピンと来ません。

アプローチのコトをコメントされた方がいらっしゃいましたが
要は ココの問題 と思います。

ココがインパクトだよ! 以降〜インパクト まで
(意味わかるかな)
の動作、スイング?、打撃は 本来のゴルフスイングには
存在しない部分です。一切存在しない、意識しない
逆に 存在しないことを意識するというか
その行為そのものが ミス エラー なのです。
達人のココから盗め_Moment

そして それらをする人にとっては
そこが ショットの鍵 なのですから 厄介です。
そのショットの鍵 の部分がすべてで
これ以降は惰性ですし、これ以前はおまけ。

ココがインパクトだよ の人にとっては
ここまでの動きがすべてなのですから
共通の話題はない のかも知れませんね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ジュニアゴルファーの話・・・ なんですが
その前に、実はここに面白いデータがあります。

これは健康診断などを通して、厚生労働省の発表している
握力のデータです。

男性の場合、55歳を過ぎると急激に握力が落ちてきます。
それに比べると 女性の握力に大きな変化はありません。
だいたい これって 飛距離のデータと比例・・・していませんか
思い当たるフシがあるのではありませんか?

そう言う意味でも 握力に頼らない、
つまり 手で振らないスイングが必要になるのかも 知れませんね。


down_swing


【世界の成人握力調査】
年齢:男性/女性
20:48.9kg / 29.1kg
25:49.2kg / 29.5
30:50.3kg / 30.2
35:50.0kg / 30.6
40:49.2kg / 30.5
45:48.1kg / 29.7
50:46.7kg / 28.2
55:44.7kg / 27.1
60:41.0kg / 25.7

65:37.4kg / 24.0

10:16.9kg / 16.7kg
11:19.8kg / 19.4
12:24.5kg / 21.9
13:30.1kg / 24.3

14:35.3kg / 25.5
15:39.0kg / 25.8
16:41.0kg / 26.9
17:43.0kg / 27.4
18:42.1kg / 26.4
19:42.3kg / 26.5



平均値ではありますが、中学校に入る頃になると
男子の握力も成人女性と同程度…になってきています。
女子の方は 大人になってもあまり高い数値にならず
早い段階で大人と似た数値になります。

✋この数値を見れば
 どうしても 子供にゴルフをさせたい・・・
 プロゴルファーにしたい となったら
 どの年齢辺りから ゴルフを始めると良いのか
 良い目安になると思います。




ゴルフクラブの問題は昨日書きましたが、
10〜12歳の子供にとって ものすごく立ったロフト
(それが例え12度のドライバーであっても)
大人にとって50インチ超のような、ものすごい長尺
ヘッドが軽く、まるでヘッドが付いていない様な棒
ヘッドの軽さも相まって、10〜12歳の子供が振って
しならせることが出来ない様なシャフトの硬さ

👉この条件で やはり一番辛いのは 弾道の高さ確保
 キャリーボールの距離になります。


握力が非常に低いのに
振り回さなければ ゴルフにならない
となると グリップの形に選択はなく
今のプロゴルファーに見られるような
左グリップでふんジバるような がちがちに握ったグリップになり
そのせいで アドレスが歪んでいます。

よほど 体力に余裕のある
他の運動でからだを鍛えている子供 でない限り
その酷いグリップ、歪んだアドレス姿勢
上げるためのスイングは あとあと響きます。
そして その 幼少期に身に着けたスイングの影響で
終生苦労することになるのです。

4bc4dc1974


お子さん(高校生以下)にゴルフをさせる必要性は殆どありませんが、
どうしても・・・・・
願わくばプロにしたい・・・
(辞めた方がいいですが)
というのであれば、
小学校〜中学校は もっと運動量の有るボールスポーツ
サッカーでも、野球でも、バスケットでも いいですから
他のスポーツでボール感覚を磨かせ
体力をつけてから 高校生、大学生以降 で覚えるのが良いかな と思います。

出来るだけ ヘッドの重い、出来るだけ柔らかい、
出来るだけボールのあがり易い・・・例えば大きなロフト のクラブで
放っておいても上がってしまうクラブで、上げるのが容易いクラブで
下げて(低く)打つ というコトを覚える
 のが良いです。

これは大人にも共通ですが、
下げて打つ、低く打つ というのは
ドライバーだけでなく、フェアウェイウッド、アイアン、アプローチ、
パッティングに至るまで、
ほぼすべてのクラブに良い影響が多く、
特に 短い距離、抑えて打つショットにとても有効です。


逆に言えば 上げようとするスイング の場合、
フェアウェイウッド、アイアン、アプローチ、パッティング、
特に短いアプローチやバンカー、パター下手を作り出します。
体力やヘッドスピードが低い人にとって
上げるスイング〜しゃくるスイング、煽るスイングは
◎アプローチの距離感が苦手
◎バンカーから上手く打てない
◎飛距離不足があるのにフェアウェイウッドが苦手
 というのが付きまとい
それは 後年、握力が落ちてくる年齢で より強まります。
✋✋✋お気をつけて・・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


長いコト ゴルフクラブやスイングについてdownswing
調べたり、聞いてきたり していますが、
いつの間にか
「脇を締めろ」 が 右わき
しかも 脇ではなく 腋の下 の腋 になってしまいました。

なぜなのかは不明です。

右ひじを下に向けて テークバックを取り
右わき →脇でなく腋の下 が締まっている
のが 良い と思っている人が大勢います。
その形を作るために 左わき 腋の下でなく脇が
がら空きになっているのは無視されていますが…。

down_swing


ゴルフだけでなく スポーツ、
もしかしたら 武道などでも言われるのかも知れませんが、
脇(わき)とは からだの側帯 横 のことですね。

上下に位置する 脇の代表的なモノは わき腹 です。
・・・武道の場合 そこが急所だから…かもしれませんけど…。

ゴルフのスイングにおいては
テークアウェイにおいて
左側帯 左側全部を からだの向きで動かす コト によって
脇と腕の関係は 多少 腕が上がるにしても
左右の関係は アドレスからスイング終了まで ずっと同じ

というのが 本来の「脇を締める」
腕を同じ位置に置いて置け というコト!
 でした。

葛谷 2017-2020_Moment(2)


ゴルフスイングでは
トップオブスイングからダウンスイング〜インパクトまで
兎角 左腕の長さを持て余す、左腕が邪魔になりがち です。
「左腕のリードだ」
「右手を使うな」 
なんて言うのも
その からだの側帯と腕の関係 から派生している言葉とも言えます。

からだの回転で 左腕を移動させる
が実行できると、そういう準備としてのテークバックであると
ダウンスイング以降、左腕が邪魔になりにくく
右腕が使い易くなります。

✋折角 右腕利きの人が右打ちしているのですから
右手で叩けないと 面白くありませんから
右手で叩ける環境を作るには 左腕が邪魔にならないように
して置く方が良いでしょう?!

シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)重心のかかり方 (2)重心のかかり方 (3)









ですので 先日も書きましたが、
テークバック、テークアウェイにおいての
からだ、股関節を境目とした上半身、胴体、骨盤の右向きは
その量よりも その質
左腕、左グリップを 如何に からだの向きで動かせたか に
よって決まると言っても良く
弊社でいう クランチ 右ひじは外に張り目にして というのも
その質を作るためのモノです。

右腕で叩いた方が爽快ですし、
右腕を伸ばしたとき ロフトが寝ないようにしておく
ある種、からだの正面にクラブ、もしくはグリップを置いておく
からだの正面でボールをとらえる とは
それを実現するためのモノ と考えて良いでしょう。

ですので 形だけ繕っても
例えば 右向きを作るとか、からだで回すとか、
インパクトはボールと正対して とか
その本当の意味、目的が判っていないと仕方ないと思いますよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


これは 飛ばす、ドライバーショットでも同じですが
ゴルフを良くするには
 その距離、望むその距離を打つ能力を高めるコト です。

どちらもどちらですが、
多くのゴルファーは方向ばかりを重視してきた傾向が強いので
ある種 方向の方が二の次 と考えてよいでしょう。

フルショットにもつながりますから
重要視 しなくてはいけないのは
 ヘッドのロフト姿勢
 ヘッドの入射姿勢₍角度₎ を一定にする
変化を多く作らない コトで
この条件は ヘッドの方が多く動かない
グリップの動いた量 ヘッドを動かすコト
 です。
images

グリップの動いた速度通り、 ヘッドを動かすコト です。

肩を揺さぶったり、ヘッドばかりを動かすような振り方では
一定の動作速度を身に着けても
 ロフト姿勢が一定にならず
 ヘッドの入射角度が一定にならず

一定の距離を打ち続けることはかなり難しい
アプローチであれば 腰痛を覚悟するほどの練習量がないと
それを習得し、かつ持続するのは不可能です。

グリップを 兎も角 動かす。

ヘッドを動かしたい、思い描いた道のり、軌跡
それを なぞれるよう グリップを動かすのです。


それを感覚的に覚えると
アプローチの距離感は飛躍的に良くなります。
と同時に グリップの移動でヘッドの移動を管理、
ヘッド姿勢も管理しますから
ダフリやトップなどの痛手を負うミスも激減します。

手先で円弧を描かなく、
特に上下、ヘッドの高さの変化を生み出す円弧を
描かなくなりますから アプローチで痛い ダフリ・トップもミスから
解放されると言っても良いほど です。

スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)

習慣づけ していくには
よほどの短い距離で無い限り
テークアウェイでは しっかり骨盤・体は右に向けましょう。
フルターンしても良いくらい。

フルターンしておけば
上から打てる時間は確保しやすくなるので
よりダフリ・トップは軽減します。

上げる量 で管理してはイケマセン。

打ちたい距離に対し
なんとなくで良いですから ボールの速度をイメージし
そのボールの速度になるような グリップの移動を作ります。
スイングの大きさは限定せず
そのグリップの移動速度が作れる量 を感覚的に。

距離感はボールの速度感であり
グリップの移動速度感です。
その感覚はなかなか間違いません。



練習やドリルでは
上げる時も下げる時も
ヘッドは忘れ、無視し(ゆるゆるしない範囲で)
グリップの移動だけを心掛け
ボールの速度とグリップの移動速度の関係を構築しましょう。
df713d9f-s

グリップの移動を決して止めず
グリップが下がっている過程でインパクトを作りましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイング用語の中に
「ヘッドの重さを使え」
というのがありますが、この用語は
多くのゴルファーに誤解されています。

その典型的な例がテークアウェイ(バック)での
重さの使い方です。

ご存知のように ゴルフクラブは長い棒の先に
重量が集中した狷散餃瓩任后
しかも、その先端に付いたヘッドの部の重量は
持っている棒(シャフト)よりも右側(後方)に位置するため
(重心深度と呼ばれるものですね)
右方向への動きは大変得意としています。
スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)

テークバックの際、「動きのきっかけ」だけを作り
ヘッドの重さが慣性で動くのを使って
逆に体を回してしまうような動き
練習場で大変多く見かけます。

ゴルフショットは 飛距離や弾道を管理して
コースを攻略する遊びです。
上手くいかないことはもちろんあっても
ボールを管理するためには、それを打撃するクラブ、
そして打撃部分であるヘッド部を
出来る限り「管理したい」筈です。

スイング、クラブの扱いの中での管理とは
自分が動作している分、クラブも移動、ヘッドも移動
しているという事であって、
自分が止まった反動で、無造作に動いているヘッド
と言うのを管理しているとは言いません。
その反動をつけた無造作な、無責任なヘッドの扱い方の
きっかけになってしまうのが 
テークバック初期の段階でのヘッドの重さの使い方なのです。
スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)

体を回し始める
→浅い段階で体の回しを止める
→ヘッドには慣性が付いているので
 その影響でクラブは動き続ける
この手のテークバックには大きく二つの欠陥が生じます。

まず グリップを軸にクラブが回るため
ロフトが最大限増えてしまいます。
例えば10度のドライバーだったとしても
ロフトが90度も増えてしまうようなテークバックでは
それをインパクトまでに戻してくるとしても
毎度毎度同じロフトにはなりにくく
製品として「ロフト10度」の意味は
ほぼ無くなってしまうのと同じです。

次にロフトとつながっていますが
体を止め、ヘッドのその慣性でクラブを動かし
そして腕を横に振る(振られる)状態になると
クラブそのものの姿勢も、ヘッドその物も姿勢も
ダウンスイング方向に対しては最大の重さ(負荷)
になってしまいます。
その重さは感覚的な感じではありますが、
概ね正しくクラブを扱いテークバックした時の
クラブやヘッドの重さと比べると
倍では済まず、5倍も10倍もの重さに感じます。

そうなれば 逆な方向への動きが始まった時
必要以上にクラブやヘッドが重い訳ですから
当然「力む」ことになるでしょう。
4289f9fa-s

そして、その重さはインパクトまでの間に
必然的に右サイドを下げていくわけになる訳ですから
上から打ちたい という願望があるゴルファーにとっては
禁忌なテークバックと言えるわけです。


注)上から打つ というのは
腕の作業でクラブヘッドを高いところから
入れてくることではなく、
ダウン→インパクト のその進行方向に対し
進行方向の左サイドが低いうちに
ボールに対しアプローチしてくることを指します。

テークバックのここの部分は
大変重要な改善ポイントな訳です。

スイングをいったん解体し
リズムやクラブの扱い方を再構築するためにも
俗に言う「上げ方」、テークバックの取り方の順序を
逆にして練習しましょう。

アマチュアおじさんゴルファーのほとんどが
体を回す→クラブを上げる
と言う手順でテークバックを取っているはずです。
それを逆にするのです。

クラブを上げる と言う言葉は正しくないので
クラブを起こす → 体をまわす
と言う具合です。

クラブを起こす際は、決してクラブを横には
1センチたりとも動かさず
真っ直ぐ 自分の右ほほに向かって上げ
上げ終わったら、体の向きを変えるのです。

実際に自分で素振りなりしてみると
ここでいくつかのポイントに気付くと思います。
上げる→まっすぐ  ×横の動きを加えず の筈が
腕を動かすと クラブを横に動かそうと
スイングプレーンをなぞるように横に動かそうと
しているゴルファーが大半。。。なんじゃないかな

次に、テークバックは意外にも
クラブは軽く、短時間で終わりに来るはずです。
クラブを先に起こしてしまっているので
クラブは一番軽い状態になっており
その状態で体を回しても、クラブには慣性が
ほんの少ししか付きません。
殆ど存在しない程度の不可抗力でしかありません。
従来の自分のスイング手順とは
ずいぶんとクラブの重さが違うと思います。

そして 今まではクラブの、クラブヘッドの重さで
骨盤ではなく、上半身を捩じっていたので
非常に無造作に、ほとんど意思なく
クラブの、クラブヘッドの重さで体を捩じっていたので
今度はもっと「積極的」に自分の意志で
お尻なども含めた足回りを使って
骨盤を動かして、体の向きを変えなくてはなりません。
スナップショット 1 (2014-04-20 10-03)

非常に奇異に感じる動きかも知れませんが
鏡で見てみれば、自分の想定している
トップオブスイングの クラブの位置に
そして、体の姿勢もなっているはずです。

この練習はもちろん練習場でボールを打ちながら
することが有効ですが、素振りですら
短期間のうちにいろいろなことを変えていきますので〜〜
 レッツトライ!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これも本当によく見る、
ゴルフをやり始めた人だけでなく
ベテランや自称上級者の方にもとても多いです。

アプローチに限りません、
フルショットでも全く同じです。


✋アドレス時 腕は肩からダランと垂れたような状態です。
長い距離でない グリーン周りからのような距離であれば、
からだの回転だけ 程度で打つ方が安定します。

ですので グリップも からだの回転 + 傾き分 程度
あげる程度で 特に意識的に高くはしません。
20191128 kazu migi-try_Moment(2)
アプローチもフルショットも
このアングルから撮影することが
多いかと・・・思いますが、
アプローチに限らず
フルショットであっても
グリップ、グリップエンドは体から離れるコト
アドレスよりも 遠くなることはありません。

フルショットとは言わないまでも
ある程度の距離のアプローチになれば
無意識でも 右ひじは曲がります 👉短くなります から20190902_Slomo_Slomo_Slomo_Moment
その分 グリップはからだに近づくはず です。 

特に スピードでミスを誤魔化せない アプローチでは
時間が合いにくくなる 無駄なヘッドの動きや
必要の無い動作は 出来るだけ しない方が確実です。

からだの向きで テークバックを取る というコトは
お腹、おへそが右を向くというコト
『左腕をローリング、左腕で押すコト』ではありません。


からだの回転でなく 左腕の押し、左腕のローリングで
テークバックを取ると 離れたグリップの引きつけ(近づけ)
ローリングの戻し という ミスになるべく動作が必要になります。
行きと帰りで 何種類もの事故の原因 になる動作が入るのです。


ここの部分は地味な動作ですが
ミスを回避するため ミスの確率を下げるために
とても大切な部分です。
 ボールを打たずに 地味ですが、初期動作として
 シャドースイングで十分身に付けることが可能です。

✋ミスショットをし易くなるか どうかは この初期動作で決まる
とも言えます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


4514


初めて ゴルフクラブを握りしめてボールを打つ
主に練習場で、だと思いますが、
だいたい ゴルフの未来はここで 決まります。

始めの数球〜十数球 は
地面にある、もしくは軽くティーアップした
足元、低い位置にあるボールに
打撃面、打撃物 であるヘッドが 届きません。

そして 届かせようとすると 届きすぎます。
この繰り返しから始まります。

何度 も 実験したことがあるのですが、
ゴルフをしたことのない
おそらく これからもしない
男性、女性に 現在の市販のアイアン
◌軽い小振りなヘッド + スチールシャフト
と使って貰うと 上記のような状態に陥ります。

1.ヘッドがボールに届かない
2.ヘッドがボールに届きすぎる
3.当てるコト が出来る
4.それを高速化する

2013-05-04 10-55-44.740_Moment


ところが ある程度の重さのあるヘッド
ある程度の柔らかさのシャフト に変えると
 ヘッドの重さ と シャフトの柔らかさ
どこら辺が境目なのか は 各個人によって違うとは思いますが
いきなり 初っ端から ボールに届きます、当たります、
当たる具合は それは初心者ですから マチマチ ですが
届かない、届きすぎる ではなく
ヘッドとボールが接触する苦労は殆ど無いのです。

1.ボールに届く
2.フェースで当てる


届かない、届きすぎる が ショットの原点 になるか
そうでないかは 初めて握る(使う)クラブによって決まってしまいます。

始めの状態が大きく異なりますが、
重いヘッド 柔らかいシャフトでショットを始めた人は
概ね その日に あっちゃこっちゃには行きますが、
ボールが打てる段階まで到達できます。


特にこの現象は 力のない女性に顕著に表れ
チカラの無い女性は 重いヘッド 柔らかいシャフト を持つと
本能的な判断なのか 無理して その打点であるヘッドを
ねじ伏せようとはしません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

切り返しでシャフトが、グニャッとしなる感触です。

 

コースに出た事で、気付いた感触で修正したいのですが、

短い番手よりも長い番手の切り返しに違和感あります。

長い番手の切り返しで、特に注意する?意識した方が良い?
何かアドバイスを頂けないでしょうか。=

 

☆ ☆ ☆

 

ロフトが立っていて、クラブの長いものほど上手く打てない…

もしくは 飛ばない というケースの

物理的な状態なのですが、

長いクラブほど ヘッドの入射角度が緩くなり

振り遅れることによって 上がり軌道(煽り打ち・しゃくり打ち)

になる場合が多くなります。

 

かなり効率は悪いですが、そのような打ち方でも

脳みそ筋肉的なヘッドスピードがあればなんとかはなりますが、

そのヘッドスピードは、数字上だけの無駄もので実質的な飛距離には結ぶ付きません。

 

18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n

標準的なヘッドスピードでは

煽り打ちの場合、打ち出しが高く、スピンも多いですから

手でボールを高く放り投げたような放物線になり 飛びません。

その主原因になっているのが「振り遅れ」です。

 

振り遅れ とは

インパクトをどの状態・関係で迎えているか ということで

理想的には 体(骨盤〜胸)がボールと正対している状態、

振り遅れとは それに対し ボールが右にある状態です。

上下の軌道として 煽り打ちになるだけでなく

体に対し右にあるボールを打つのには

右腕を伸ばすことが出来ず(空間が足らない)

ロフト自身も開いている可能性が高くなります。

 

体があり、ヘッドがあり、それをつなぐグリップがあって

ダウンスイング〜フォローの進行方向に対し

先に有り、グリップ、ヘッドと徐々に右にずれ 振り遅れる

というのと シャフトがしなって感じる というのは

ある意味 同意なことで、

振り遅れの原因になっているのは

自分の移動量・グリップの移動量 に対し

ヘッドの移動量、移動の道のりが長く

相対的な時間として 都合がつかない(間に合わない)からです。

それは 特にクラブの長い・シャフトの長いもので顕著に現れます。

 

推測ではありますが、

グリップよりもヘッドをたくさん動かして

ヘッドでボールを弾くようなイメージの打撃イメージからの脱却が必要かと思います。

 

まずは トップの意味合い・イメージ を造ると良いと思います。

トップオブスイングでは クラブの形状が作り出すその重さが

ダウンスイング以降、ボールを打つ為に掛かるのが理想です。

 

トップでシャフトがぐにゃりとしなる ということは

これから グリップを動かしたい方向、
動かしたいタイミングに対し

相反する重さをヘッドが作り出しています。

それでは グリップとヘッドの進行時間・方向は相容れません。

シャフトが柔らかく・ヘッドが重たいクラブでは

その重さを利用出来れば より遅れず 
より簡単にインパクトに向けて

進めるようになると思いますが、

今の状態では その効果が『より遅れ』を
創り出している可能性が否めません。

 

まずは テークバックで グリップよりもヘッドを多く動かさない

グリップの移動スピード・移動方向とヘッドの移動速度・移動方向を合わせ

シャフトをしならせないように上げることをお薦めします。

 

 ☆ ☆ ☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ