◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: クラブ扱い

 
店長「これは やってみたけれど 上手く行かない
 を解決する手段になるモノ でしょう。

➂強いショットでは 慣性や遠心力が付きますから

 リリース がない訳じゃないですけど
 リリースのタイミングの問題 と言うよりも
 何を』リリースするか によって異なってきます。

あらかじめ 定義しておきますが
この場合で言う リリースとは
テークアウェイ、トップで 短くなった利き腕、曲がった肘。
右打ちで言えば 右腕、右ひじ ですね。
これを 伸ばしていく作法 を指します。

 手で振る、手でクラブターンする場合、
 左グリップを支点に 右腕を伸ばすことによって
 『クラブ』をリリースするコトになります。

 その結果、左ひじは拘束されてしまいますから、
 左ひじの窮屈な 小回りなフォローになります。
 スライスや引っかけ、フェアウェイウッドの苦手の原因になりガチ です。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)

 からだの回転で クラブターンをする場合、
 それをリリースと呼べるか微妙なのですが、
 クラブを持った左手をリリース?する、
 からだの回転に同期するように手助けするのが
 リリースと言う言葉に相当する 右手の、右ひじの伸ばし になります。

 
 強いショットの場合、遠心力も加わってきますから

 コチラの方が 圧倒的に 大きなフォローになり、
 軌道変化やヘッドの高さ変化が緩く、安定度も増しますし
 スピードアップも望み易い と思います。

 仮に ボールを投げる として
〇腕を止めて その反動で手首から先だけ振って投げる のと
〇腕ゴト、からだゴト、動かし続けて投げる、

 練習量や自信(メンタル)によって どちらがスゴイ球か
 一概には言えないでしょうけれど、
 後者の方が故障は少なくなり、長く活躍できる と思います。

((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)

 繰り返しになりますが、
 右腕を伸ばすことによって
 クラブをリリースしてしまう…
 クラブをリリースするとは クラブにからだの回転とは別の
 回転運動、角度運動を指しますが、
 これをしてしまうと 左グリップ、左ひじは拘束されます。
 止まってしまう と言えば良いでしょうか
 ですので その時点でからだの回転とクラブの関係は
 途切れてしまいます。
 リリースポイントを遅くすれば出来る、というよりも
 やはり『何を』リリースするのか、
 右腕を伸ばすコトによって『何を』しようとしているのか、
 が大きいと思います。

 この動画に出てくるリリースは
 素振りの時点で クラブ単体に回転運動をさせようとしていますから
 左腕の作法などを意識しても 手で振る から
 逃れられません。

 もしかすると…ですけれど、
 勿論、全員に当てはまるとは言えませんけれど、
 手で振る、手打ち と からだの回転で境目になる、
 これが理解できると かなり改良される人もいるんじゃないか、
 と思います。


この動画においても
一瞬、ですが 左サイドがひっつれる
上に逃げる瞬間があるのですが、
➂の問題(支部長)は無いと思うのですが
△鯆呂瓩譴弌,茲螢好燹璽垢法△茲螳堕蠅靴董
もしかしたら ほのかにスピードもあがる
もしくは スピードの低下を防げる気がします。


 左サイドが詰まっている、
 左サイドが渋滞を起こしている、
 左ひじが痛い
 なんて人には
 とても 有効な処方だと思いますよ。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「パッティングストロークの話しに戻りますが、
 パッティングストロークにおいて
 一番避けたいインパクトは
 アッパーに打つ、煽り打つ、歯で打つ、
 です。
IMG_1386
 パッティングストロークを弾道計測器 で
 計測しながら行うと
 普通に打つ、
 まあ 当たり前ですが、フェースで打つ に比べると
 歯気味、アッパー気味に歯で打つと
 ボールのスピン量が いきなり5倍〜10倍増えます。

 その弾道は 初速は速いのですが、
 見た目にも 急速にボールスピードが落ち、
 初速に反して ボールが行かない、
 世に言う 伸びない球筋、転がりになります。
IMG_0031_Moment
 この写真は トーナメント中のプロのモノ です。
 この選手は かなりアッパー気味にストロークしています。
 が故に、歯気味でインパクトに入ってしまい
 ボールが伸びず、苦労していました。
IMG_0030_Moment(2)

 パッティングは オーバースピンだ、
 と言われますが、それはその通り…なのですが
 それは空中を飛ばず、地面を転がる、から であって
 オーバースピンをかけて 打つモノ ではありません。
 氷の上でパットをすれば スピン量は多くありません。
 当然ですが、同じチカラ加減で打っても
 氷の上を転がるのに比べ
 通常の芝の上を転がると ボールは遠くに辿り着きません。
 摩擦 があるから です。

 順回転、オーバースピンはかかっていますが
 その距離に対し、適正なモノに比べ、
 より多くの回転が伴っていると その分、
 芝との接触面積も接触機会も増える訳ですから
 ボールにブレーキがかかってしまいます。

 ボールの外周は 約15cm ですが、
 150cm以上移動する のに 10回転未満の回転 が
 パターにとっての 良い回転 であって
 150cm移動するのに 15回転も回転させるには
 余計なチカラ加減が必要になりますし、
 接触機会が増えますから 芝目の影響も大きくなります。

 芝の状態によって 距離感も影響を受け易いですし、
 ラインも大きめに取らざるを得なくなります。

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

 アマチュアだけでなく、プロにとっても
 ボールを煽り気味に打たない、ちゃんとフェースで打つ
 は あまり意識されていませんが、かなり重要、
 特にアマチュアゴルファーのパッティングの生命線、
 パターが得意と苦手の分かれ目になるポイント
です。

 昔から フォローで 
 『パターヘッドを 低く長く出せ』と言われますが、
 その意味はココにあるのです。
 乱暴な言い方になりますが、
 アッパー気味に、あおり気味にストロークするのであれば
 フォローが無い方がマシかもしれません。

golfutikata233真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ振る
ばかりを気にする傾向が強いですが、
ストロークをする時の自分の目から見た真っ直ぐ よりも
((パッティングストローク_Moment(2)

このアングルから見る 真っ直ぐの方が
総合的なパッティングストロークとしては重要です

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Aさん「この距離感の練習は かなり役に立ちそうですね。」
店長「はい。そう思います。
 練習場で グリーンに向かって続けるよりも
 よりリアルで、より是非が分かり易いですから
 飽きずに出来ますよね。」
Aさん「50ヤードのショットが 自分の感覚では
 こんなに "打つ" とは思っていませんでした。」

店長「そうですね。自分の届く最大の距離が70ヤードだとすると
 距離感として 50/70 と言う割合ではありません。
 スピード換算(㎳)で 25/27 だったりする訳です。
Desktop 2022.01.23 - 16.05.22.01_Moment

 あと…ですね。
 アプローチにおいては 時に、
 意図的に スピンでは無く、打ち出しでボールを上げるような
 抜ける球を打つコトもあります。
 覚える必要はない……かも知れませんが、
 それは往々にして、キャストして
 緩い入射で、大きなロフトで打つコトを指します。
 弾道の頂点を 自分に近づける方法です。
 あごが高く、近いバンカーなど が
 そうかも知れません。
 
 もしかすると、かなりの人が
 『バンカーショット』は全般的に
 こう打つのだ‼ と思っているかも 知れませんが。。。」
Aさん「思っています。
 ボールの手前から ダフリ気味に…って感じです。」
店長「そう言う場面もある でしょうが、
 基本、バンカーであっても それは特殊なケースで
 やってみると わかりますが、
 距離 としては より強い振り、速いスピードが必要になりますので
 距離感が難しくなります。
Desktop 2022.01.23 - 22.52.43.01_Moment

 通常、アプローチを含め
 ショット全般は トップで出来た 腕とクラブの形
 それを解かず、固定したような形のまま
 カラダの向き「だけで打つような」、そんな感じですが、
 解いてしまう打ち方だと
 ボールの打ち出しが高くなり、スピンは減ります。
 弾道の頂点が自分に近づきますので 飛ぶ距離は落ちます。
 アプローチであれば 目の前の高さは出ますが、
 スピンは入り難いので 足が出る ようなショットです。
 
 それを そのままドライバーですると
 ボールの高さは出ますが、早い段階で失速するような…。
 ヘッドスピードの低い方がそれをすると
 ボールの高さも出ず、キャリーボールも出ません。。。
 左グリップや左サイドを止めて
 シャフトをしなり戻すような、
 静止点を作って その反動のようなインパクトを作ると
 もしかしたら 少しスピードは上がるかも知れません。
 が、それは打ち出しやスピンに化けてしまい易く
 距離にはなり難いのです。
スナップショット 1 (2013-10-12 12-11)

 ショット全般の飛距離不足の方、
 アプローチでは無く ショットの距離不足に悩んでいる方、
 は そう言う打ち方をしている可能性がある、と思います。


 アプローチはかがんでいるコト、
 練習が正に練習というような退屈さがあるコト、
 なのは 確かですが、ドライバーの練習よりも
 疲労度が低いと思います。
 ドライバーで 練習すると
 ナニカ課題を持っていても 結局、強く振るコト
 になりがちで 疲労度も高い。
 ですので ドライバーの飛距離不足改善にも
 良い練習になると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「冒頭から変なタイトル、、、ですよね」
店主「そうですねぇ。。。 実は各ゴルファーにとって
 からだの回転、のその「カラダ」がどこなのかは
 結構、種類があるんです」

質問「からだは一つ、だと思うんですが…」
店主「そうなんですけどね。
 大きく大別して 4種類あると思います
 その判断点、基準になるのは
 前の記事 にある通り、 
 動かす部分(土台)と稼働させる部分、
 その境目 になるのはどこなのか、です」

➀ 腕/肩
➁ 胴体 胸/腰
➂ 足首 靴/足首より上
➃ 股関節 太もも/骨盤より上



➀「まず 一つ目 は お約束の 腕/肩 です」

質問「察するに 一番、多そうな感じですね」
店主「アマチュアゴルファーには多いですね。
 かなりメジャーな からだの回転流派 です。
 肩 と言っていますが、
 土台、動かさない部分は 肩も含め、体全部 で
 稼働させるのは 腕 だけです。

 ですので からだの回転 と呼んでいますが、
 カラダは動かさないので 腕の振り だけ、
 と言った感じに成るでしょうか❓」

質問「問題、悩みは多そうですねぇ」
店主「そうですね…。
 テークアウェイで 右打ちの人は
 右に大きくハンドルを切るように
 フェースもロフトも開いて、上げる ので
 重心の深いウッド、ドライバーでは
 アイアンに比べ よりフラットな振り方になります。
 また、それに応じて アドレスも
 長いモノが、その長さ変化以上に 起きて構える習慣が
 強くなるので アイアンとウッド、特にドライバーは
 違う振り方、と言う認識が大きいんじゃないか、と思います。」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)
質問「クラブの長さが変われば、スイング軌道の傾きが変わる、のは
 分かりますが、それ以上 の差になる訳ですね。」

店主「後から出てきます(3番目)が、
 カラダを動かさず、手で振るだけでは不十分なので
 複合技として、残りの向きの変更は
 ➁からだを捻じったりせず、
 ➂足首 と言う人も多いです。」

質問「え⁈ 足首 なんですか?」

店主「そうですね。4種類は厳密に分かれる訳ではなく、
 4種類の複合、合わせ技なんですが
 からだの向きを変える、その行為の一番主になるのはどこか、で
 意外にも足首➂、
 動かさないのは靴の部分で、稼働させるのは足首から上、全部。
 腕と足首の合体技、
 このからだの回転流派 意外に多いんですよ。
 コレ、おそらく…なんですが、
 意識してそうなった、と言うよりも
 手でクラブを開いて上げて、閉じて降ろす
 と言うスイングは どうしても
 フラット目なスイング軌道 になりガチ、です。
✋アドレスも棒立ち気味か、
✋結局は起きるんですが、逆にメッチャ 深い前傾で始める

 二通りになりますが、クラブを開いて腕を振るので
 トップの位置で クラブの重さが背後に掛かるので
 バランスを取るため いつの間にか、足首で廻るようになった、
 と言うパターンが少なくないのではないか、と思います。」
漆原_Moment
質問「あああ なんか よく見るスイングな気がします。」
店主「スイング中におけるクラブの重さの掛かり方、
 動作の特徴上、テークアウェイでボールの方に深く傾き、
 ダウンスイング以降で 伸び上がるような動き が
 手(腕/肩)でクラブを振る、足首が境目で廻る人の典型です。
 とは言うモノの 『開いて上げて、閉じて降ろす』や
 『からだを廻せ』『スイングはフットワークだ』 と
 スイングのなんとも微妙なセオリーに忠実だったりするので
 この合わせ技はアマチュアの最大派閥と言えます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


もし 切り返しから
 右左、どちらかサイドを「先に」動かす としたら
4289f9fa-s✋右 は 想像がつかない のではないか、と思います。
右を先に動かす としたら
こう 右側がもぐってしまう
 ような感じになると思います。 

しかし、左側を先に動かすイメージは
 多くのゴルファーにとって なんとなく馴染んでいる
のではないでしょうか。
右側を置いて来るような感じで
カラダを開く、胸を開く ような感じになるでしょうか。
特に 左足先行型の人に多い気がします。
スナップショット 7 (2017-04-20 16-36)スナップショット 8 (2017-04-20 16-36)スナップショット 9 (2017-04-20 16-38)スナップショット 10 (2017-04-20 16-39)







左が先行する間は 右は動かさない、
カラダが開く、胸が開いた後、右腕、右サイドを使い、
胸を閉じる ような感じ成るのでしょう。
ソコに 動作の順序が存在する訳です。

右腕、右サイドを先行させるイメージは
 ナカナカし難いとは思いますが、
右が潜る感じにつながって行くと思いますが、
それは 茵∈献汽ぅ匹動いていないので
前がつかえている 当然の帰結です。
グリップは両手で持っているのですから
右腕を伸ばす、右腕で叩く としたら
 左腕(左サイド)も動いていてくれないと
行き場所を失うのです。

最終的な行き着く先、としては
 両サイドは同時に動いていくのですが、
右腕を伸ばすコトが打撃の主力 としている人は
 逃げる左グリップ、左肩、左サイド に対し
切り返しから まず 右腕を伸ばし始める
 そういうドリルをして
右左の同時進行の感覚、
 つまりは からだの向き通りに移動していく感覚を
 掴んでも良いかも知れません。

からだの回転で打撃するコト は
 手を使わないコトではなく、
カラダの向きで出来ることはカラダに
 腕ですることは腕で と分担制になるだけ です。
あえて 言うのならば 左右の腕が どちらかに偏らず
 動いて…振られていれば それはカラダとの分業に相当するので、
 両腕の適切な振り方 で覚えた方が より分かり易いかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



重いヘッドが使える方が断然楽です。

IMG_0504


初めてのお客様も打つ前は
「重い方が振りにくい?!」
と考えがちですが、
ほんの数分打っていれば、その重さには慣れますし
兎も角 体にやさしい です。

比較すると分かりますが、
軽い市販のヘッドのクラブを打つと
嫌な衝撃が感覚として残るような、
ボールの質に関係なく とても硬質な感触です。

インパクトの抜け…と言いますが、
同じ速度で移動していれば 質量の重いモノの方が
慣性力が高いですから、打ち抜く と言う意味では
とても高性能です。
5a0eeaec

重いヘッドのクラブの方が明らかに
クラブに近い 手首や肘 などを痛めにくいですね。


弊社の悶絶クラブは
アイアンで言うと、市販の軽量スチール装着のモノより
100g弱、30%以上増量されています。

(一般的なスチール用5番ヘッド重量240g
 弊社の悶絶5番アイアンのヘッド重量328g)

クラブの形になったモノを持ってみると
シャフトの長さもありますし、シャフトも柔らかいですから
倍以上重くなったような感触があるでしょう。

重いモノの方がやはり慣性モーメントが高いですから
ミスに断然強くなります。

特に上下のズレ、多少のダフリやトップのミスが
中和されてしまいやすいです。
バンカーやラフなどの異物も打たなければならない場合が
とても強いのが特徴。

正直言って、チカラの無い女性が
市販のウエッジのヘッド重量を
軽量スチールで打たなくてはイケナイなんて
なんの拷問だよ…と思いたくなります。
昨今、急激にバンカーが苦手な人が増えているですが、
クラブの問題が殆ど…と確信する次第です。


IMG_0591


スイングを覚えていくのにも
クラブがどこにあるのか 非常に分かりやすく
ヘッド姿勢、開いているのか、閉じているのか
そう言うのも はっきりと知覚出来ます。
スイング中、どこで重くなり、どこで軽くなるか、
も知覚出来ますから、スイングのテンポ感やリズムも
とても掴みやすくなるので お薦めです。



重さを上手に使うには
ごくごく当たり前ですが
重さは下、重力方向に引っ張られるチカラの単位です。
ですので ゴルフクラブを握っている部分が
重さの付いたヘッドよりも上にある(ヘッドが低い)時は
大きな体の部位、胴体なり、足なりで 動かす方が良いでしょう。
腕を使うチャンス
テークバック時には速度が重要ではありませんから
(・・・急ぐ必要はありませんから) 除外対象ですが、
ダウンスイング〜インパクト〜フォロー の区間では
ヘッドがグリップよりも高いところに位置している時
それが唯一の機会です。
dW l (2)_Moment

そこを逃してしまうと
重さは移動速度に積分(掛け算)で重くなりますし、
重力という下方向だけでなく、
遠心力と言う 立体的に複雑な重さが加算していきます。
ヘッドの方が低くなっている時は
概ね クラブ、そしてヘッドを動かしたい方向とは
大きく異なる方向に重さがかかります。
それでは重いばかりです。
クラブを自分で動かしてボールを打つ コトよりも
クラブを動かすソノモノ にしか余裕がなくなってしまいます。

腕を使うのは ヘッドの方が高い時のみ
その意識はとても大切で、
逆に 高い時であれば
ヘッドの重さも 移動に利用できますし、
クラブの造り出す重さの方向/ベクトルも
動かしていきたい方向ととても似ています。

スナップショット 1 (2017-01-13 12-27)スナップショット 3 (2017-01-13 12-28)スナップショット 4 (2017-01-13 12-29)






例え 紙のように感じる市販のヘッドであっても
重さはある訳ですから、その利用の仕方を
無視してしまっては
本来の ボールをどかす、
ボールの質量に負けないための重さ が
単なる運動の負荷になっていまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先ずはコチラをご覧ください。


実験的に少々、オーバーにはやって頂いています。

ダウンスイングで
腕はカラダから生えているので
腕自身をはっきりと動作させるには
カラダを止めないとイケマセン。
等速であるのなら まだしも
カラダの動き、この場合は回転、向きの変更ですね、
これが加速中であれば
 腕自身は はっきりと動作出来ません。

ですので ダウンスイングの始まり、
切り返しは 少々、オーバーでも
先に グリップを下げる、
一区切り 付けて
そこから 廻る、向きを変える、
 という ドリル をしてみて下さい。

下げる慣性 と 回転の下へのふくらみ が
 合算するので 若干、しゃくり打ち、ダフリ に
 なるのはご勘弁ください。

ドリル、というか 確かめ算的なモノになるのですが
自分がいったい、切り返しから『どうしよう』
 としているのか、
テークアウェイでなにがしか で 上げた、
 もしくは 高くしたグリップの低さを確保するのに
 どんなことを❓
 いつ❓ ❓しているのか
((切り返し 廻るの❓ 下げるの❓_Moment(3)

廻り始めるの と 腕を動かす、
 この場合は下げるが主、ですが、
「自分が」どちらの順序で行っているのか
確認するのは良いコトだ、と思います。
((切り返し 廻るの❓ 下げるの❓_Moment(2)

先にも書きましたが、
腕の生えているからだの回転が
本格化すると 腕は動かせなくなってしまいます。
故に スイング動作としてまとめると
どちらがどちら とははっきり見えませんが、
意識としては グリップを下げる(下げ始める)
その後 カラダの向きを変え始める というか
グリップの縦軌道を造るため、向きを変える
 というイメージを持つドリルになると思います。




本年もありがとうございました。
良い年をお迎えください 店主
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


極端に重いヘッド、極端に柔らかいシャフト
 (一応 それ以外もゴルフクラブ全般を取り扱ってはいるの…ですが)
 それを専門としている私が言うのも、なんなのですが、
 市販クラブの最大の問題は
 ✋ハードなスペック
 …分類として Xの硬さ だけでなく
  その硬さを Sに落としても、SRにしても大差ない
  スチールシャフト装着のアイアン
  憧れやこのスペックを使いたい〜使えるかも…
  と言う郷愁が購買意欲をそそる…のか。
 ✋軽いクラブ
 …見た目やさしそうな 軽量ヘッドに
 表記上、Rとか、
 アイアンセットを「カーボンシャフト」にしても
 (予算と言う意味で)購入できる購買層
 若さをあきらめた雰囲気を醸し出してる… 〜高年齢層

  硬いシャフトのクラブ と 軽いクラブ
 大別すると、分野ズレした
 この二種類しか 市販されていないコト と言えるでしょう。

IMG_0784


多くの人が体験されている、と思うのですが、
 スチールの…ハード系スペックはちょっと辛い、
 何年か振りにゴルフに復帰したから 少しスペックを落としたい、
👉その場合、一般的なゴルフクラブの知識では
 以前は ダイナミックゴールドのS だったので
 カーボンシャフトの SRとか、Rにすれば 大丈夫?!
 と思うのでしょうが、
 実際に使ってみると 確かに振り易い…… けれど
 (ヘッドも軽く、シャフトも軽い…ので)
 なんか違う…。 想像していたのと違う…。


痛かった腰が良くなるか…と思いきや
 ほとんど変わらず、振り回してしまう分、
 余計に痛めてしまう ナンテコトがあるのだと思います。

ハードなスペック の 反対は 楽ちんスペック で
 それは イコール 軽いコト ではありません。
ハードなスペックの代表例 の スチールシャフトのアイアン は
 重いことが問題なのではなく、硬いコト が主の問題です。 

良い悪い ではなく、ゴルフクラブの重い 主要素は
長さの先端に ヘッドと言う重さが有るコト であって
その長さ である シャフトの重さは
 あまり大きな差にはなりません。
弊社の悶絶クラブ であれば、
 同じ硬さであったとして
◌240gのヘッドの付いた 120gのシャフトのクラブ よりも
◌300gのヘッドの付いた 60gのシャフトのクラブ の方が
 はるかに重く感じられます。

漆畑2018_Moment

軽い 👉 振り易い というコトは
自分で振りなさい、自分でなんとかしなさい と
非常に近似値な意味なので、
軽いヘッドのクラブ の良いトコロは多くありません。
アプローチに苦しんだり、チカラの無い人がバンカーに苦しむ
最大の要因になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


いつも楽しませて頂きありがとうございます。

 
Ⓡさん 一夜の夢シリーズは正に現実化した、訳ですが、
よく言葉として ゴルフ中継などで出てくる
「あっ… カラダが止まりましたね‐。」
というのは 具体的には
グリップの上がり、高さ変化が止まったコト
を指します。
無駄な、多過ぎる、する必要のない
 フェースターンをする、発生してしまう とその現象は表れます。
逆を言えば、フェースターンをするのには
 グリップの上がり、高さ変化はご法度、
インパクト前後でグリップが上がり、
高さが変わってしまっては
フェースターンするコトソノモノがとても
難しくなります。

それから導き出していくと
総じて フェースターンがスイングの基礎 となっていると
スイング全般に グリップの高さ変化の少ない
グリップ移動のフラットなスイングになり易く

フェースターンはしたいのに… 目指しているのに…
グリップの移動 上下変化の大きい、
グリップ移動のアップライトなスイングの人は
フェースターンがし辛く、スライス気味になりガチです。

Rさん バルブは開ける方向にお願いします_Moment

映像の二人を比較してみると Ⓡさんのスイングは
全般的に グリップ移動がフラットで、、、
意識する必要はありませんが、
ご本人が気にしていた「インパクトは体の正面で」
グリップのフラットな抜け、横への逃げ、
高さ変化の無し、グリップが上がらない、
がある限りは からだの回転を止めない限り
  実現はとても難しい、と思います。

今、現在 手で打たない、手を使わない、
からだの回転で、を意識しているとは思うのですが、
スイングの基礎が フェースターンする為の動き
の中で、「手を強く使わない」を実行しているに過ぎず、
スイングが変わったように見えても、
 一晩限りの間柄になってしまうのです。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(2)

ダウンスイング〜インパクトで
グリップの高さが下がらず、
妙な形でボールの方に出てしまうのも
「フェースターン」をする為には 高さ変化が多いと
実現できないが基になっている為です。

ですので、アプローチどりる  の課題の次は
グリップの高さ変化の有る、
インパクト前後で、グリップの高さが上に抜ける、
グリップの高さ(低さ)を留めない練習をしてみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


皆さんを楽しませる為
 きっと わざとやっている と思います。
いつもいつも ありがとう、 Rさん✋✋✋

折角、やって頂いているので
それを活用させて頂き、悩み多き
 おじさんおばさんゴルファーをほんの少しでも救済しましょう。 

まずは11月の 海岸した(筈)だった… Rさん から
 

そして そのおおよそ 3週間〜4週間後がコチラ。

ほぼ 9月の状態に戻っていますね^^ さすが です。
 ⇒〇ダウンスイング比較 きっと参考になると思います - YouTube

こう、ナントと言えば良いのか
インパクトに向けて
押し込み強盗のように グリップを押し込んでいる感じ
が 非常に印象的です。

どうしても クラブを寝かしたいのか、
寝かしたときの クラブの荷重(重さの増え)が
 余韻として好きなのか、快感なのか、 は
さだかではありませんが、
上の 11月の進撃のRさん と
下の 12月のかぼちゃに戻ったRさん では
切り返し、クラブの寝かし具合、
 インパクトへのグリップの押し込み具合 が
結構、はっきりと異なっています。
大森20211028_Moment

 テークアウェイ、トップの位置を今までよりも
 やや低めにしたコトもあって
 より一層 グリップの上下の移動量、高さ変化が減り、
 手を返さないだけの 横振り 
になっています。
Ⓡさんの特徴的な動き、
ダウンスイング後半〜インパクトにかけて
右腕が伸びきるところで
グリップが急激に内に切れ込みながら下がる…
は 定番のエンターテインメント です😊

是非一度、試してみて頂きたいコトがあるのですが、
IMG_0148_MomentIMG_0148_Moment





トップの位置から、切り返し、ダウンスイング前半 が
「自分目線」打つ人本人の目線で見た時
クラブ、グリップ、シャフトを
水道やガスのバルブを 閉じる方、反時計廻り の方に
「まるで 外から引っ掻いてくるか」の方に
振って欲しいのです。

今の状態では、パチンコ、スロット、で言うと
スロットを開ける、解放する方、(時計回り)
 に右手w もしくは左手を使ってしまっています。

右手で言えば クラブを外から引っ掻くか のように使う、
それに 左手、左グリップ、左サイドが『追いつかれない』
 そういう連携が欲しいトコロ です。

ダウンで 右手を バルブを閉める方向(反時計回り)に
動かそうとすると その影響で左グリップは下がります。
逆に バルブを開ける方向に廻そうとすると
その影響で左グリップは上がる…下がれなくなります。
それが お約束の動きの始まり なのですが、
……お好みでやっている場合……もあり得るかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ものすごく 良くあるパターン ですが、
ダウンスイングの前半 主にからだだけ回し、
後半に からだの回転は止め気味、
カラダの部位で言うと 足腰は止め気味、
腕というか 肩だけ回す のような場合、
いつも疑問に思うのですが、
 長い距離の要らないアプローチ は
 いったい どうやって打ってるんだろう❓  …です。

ですので 腕と体が一体に動く
 と言う動きの基礎はアプローチから、なんですが
 逆に アプローチショットのせいで 通常のショットが
 そうなっている例も少なくありません。
 「スイングの悪い基礎がアプローチである」可能性もあります。

持つクラブはウエッジではなく、7番や6番でも良いと思います。
距離感的には 30ヤード位のグリーン周りの寄せっぽい、感じ。

仝什漾▲董璽アウェイ〜ダウンスイング
 その軌道に対しフェース面を 下向き / シャットにする
 イメージは持たれている と思いますが、そのまま で。
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment(2)(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Momentスナップショット 4 (2015-04-18 18-59)







インパクトは ココ この形で!イメージ です。
ココから 下へはクラブを(手では)入れない意識で。
そうするには・・・ 次△


△らだを概ね右から左に180度弱ターンしますが、
 こう振って、こうクラブを動かしてしまっては身も蓋もありません。

 ✋
シャットにしている、シャットを意識する意味が消失します。

 からだの向きによって
 クラブは上下にも、左右にも ターンします ので
 腕の仕事は からだの向き通りにグリップを移動させる
 からだの向きの変更は ヘッドではなく グリップの移動 です。
((アプローチどりる_Moment(2)

ですので 隣にいる仮想の人 を
 フォローでぶっ叩く、のではなく
 グリップを手渡してあげる、感じです。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)





((アプローチどりる_Moment

➂アプローチなので オーバーには出来ないかも知れませんが
 ドリル と考えると
 フォローは シャットの状態のまま、
 グリップの高さを増し、クラブ自体を
 その姿勢のまま 高くする「感じ」です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転は クラブを、ヘッドを丸く振るコト
 ではなく、グリップの移動距離、移動速度を稼ぐコト
 と考えると テークアウェイの取り方 も変わってきます。

誤解を生み易い ですが、スイングの基礎になるのは
 アドレス時の 腕も含めたクラブの長さ です。
 その長さに戻るのは インパクト以降 と考えて良いと思います。
2013-05-04 10-55-44.740_Moment

インパクト以降は 動作も収束に向け減速に入ります。
 クラブやヘッドには慣性、惰性が残りますから
 それ以降、クラブを振るような動作が入るのは仕方ありません。
 しかし、それは打撃の惰性、おまけであって
 のちのち それが副産物となる のと
 それソノモノが打撃 なのとは大違い
です。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

テークアウェイが始まってから
 インパクトを迎えるまで 初期のスイング軌道、
 アドレス時の腕も含めたクラブの長さのスイングの弧 の
 内側、中側でヘッドを動かすコトになります。
 インサイドから入れる の真意はソコだと思います。

ヘッドの移動『距離』の源は
 グリップの移動『距離』です。

からだの回転、向きの変更でグリップの移動した『角度』
 そして『距離』分よりも ヘッドは重さの関係上、
 物理的に 少なくしか動くコト が出来ません。
 ですので ヘッドの移動距離を短くする為、
 円を小さくする必要が生まれます。
V字を維持してみよう 上編_MomentV字を維持してみよう_Moment





テークアウェイであっても、ダウンスイングであっても
 原則、からだの向きでグリップは移動するのですが、
 多少なりの腕の補助があっても、
 その腕の動き、手首であったり、肘であったり、の動き
 によって グリップよりもヘッドの方が
 移動距離も、移動角度も多くなってしまったのでは
 フェースは右を向き(右打ち)、ロフトは開きます。

お薦めはしませんが、バンカーやラフでの特殊な場面では
 意図的にそうしたりもします。あくまでも特殊な場面です。
(入射が緩くなり、スピンは減りますが、打ち出しは取れます)

ですので 腕が短くなっているのに
 スイングの円弧は元のまま(アドレス時の長さ)
 自分では肩を廻しているつもり なのに
 腕だけ横に移動させる(仮面ライダーの変身) では
 ヘッドが近回りする機会を失い、
 インサイド(内側)からも、上からも入ってくる可能性は
 かなり下がります。 👉ロフトが立ちません。
 が 故に フェースターンと言う代替えが必要になるのです。

✋若者のように カラダが柔軟であるのなら
 肩で廻る〜胴体を捻る も良いかも知れませんが、
 多くの場合、腕を横に振った結果、肩の向きが変わっているだけで
 『肩を含めた腕で』廻っている訳では無いので
 お薦めは出来ません。
 加齢とともに 本能的にか、からだを傷めることを忌避する
 無意識な意識は強くなって行くので
 クラブを捻じり難く、円弧の長さの調整がし易い
 骨盤で廻るコト、回転の切れ目を股関節にする事をお薦めします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


重さを使え
 と昔からよく言われます。
重さを感じろ  とも言われます。

それは、決して重さを増やして使え と言う意味ではありません。
【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)








スイング動作 には
 次に行くべきところ、行きたいトコロ、
 だいたい…ですが、行く方向、行きたい場所
 があります。
クラブやヘッドの重さを使って
 次に ソコに行かなければならない、
 次に ソコに行かざるを得ない
そんな 重さの出来る位置や姿勢を作ってあげると
  無重力とは言えませんが、
 その重さは増えず、強く感じることはありません。
逆に、重さを強く感じる、重さが増える、
 というのは 自分の行きたいトコロ、行きたい方向と
 クラブの行きたがっている方向にズレがある

 重さが負荷になってしまっている
 というコトなのです。

ですので からだの回転、向きの変更と言う
 概ね横移動の作用 と クラブの機能を使って
 グリップの移動を出来るだけ 縦に変換してあげると
 トップの位置からインパクトまでは
 その重さ感はほぼ無変化、
 感覚的には重さを感じるコトが出来ない というか
 時間が短いですから 重さを感じる暇も多くありません。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)

もしかしたら…ですが、
 ダウンスイングでクラブの重さを強く感じる、
 ダウンスイングのどこかの箇所でクラブが重くなる、 は
 からだのどこかが 止まっている、止めている、
 もしくは その重さを受け止めようとしている箇所がある、
 (まあ その場合、左サイドか、左グリップの可能性は高いです)
 どこかが止まっているから それを感じる、
 それを感じる暇があるのかも知れません。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(4)【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(6)






インパクト、インパクト以降
 クラブが長くなるコト、
 勿論 運動速度も高いことも含め、
 初めて 遠心力の影響を大きく受ける箇所に来ますが、
 それも受け止めず、(受け止めちゃダメ)
 それを受けないように どんどん
  左上腕、左グリップを上げ続ける 👉回り続ける
  逃がし続ける 追いつかれないようにする

 が大きな、長く低い(へっどの)フォローを生みます ので
 その力も 重いヘッド、慣性モーメントの高いモノ、
 柔らかいシャフトの方が強くなります
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ヘッドの遅れを縦に作用させる を意識するには
 ダウンスイング以降の、
 先頭 左上腕、左腕、左グリップ がツッカエずに
 渋滞を起こさないようにする必要があります。
(進撃のRさん)_Moment(2)

その為の 左肩の上への逃し です。
 横 ではなく 上へ です。
 その意識が 左上腕をカラダに同期させ
 下方向に、横回転を上下の下がりに変換します
 縦に回転する…ような意識になりますが、
 実際には 単に からだの回転に左腕が遅れにくくなり、
 回転で 左腕が下がり どいてくれるようになります。


すると からだの回転に対し、
 肩から先の腕、クラブが渋滞を起こしにくくなり、
 近回りし易く、
 ヘッドの形状 鎌首を自分にもたげている作用もあり、
 クラブの長さが短い時間を維持し易くなります。
 つまり ヘッドの通る道のり が短い(近道)ので
 早いタイミングでインパクトに入れるようになります。

コメント(質問)にもありましたが、
左肩を上に逃がすと…縦に回転するような感じ にすると
「🤒右サイド、右肩がさがりそう…🤒」
ですが、右サイドの、右肩の下がり は
通常、動作の先頭である左サイド、左肩が動いていないので
行く場所を失い もぐる モノで
からだの回転に 左腕が付いていけば
下がらない…のではなく ✋下がる前に インパクトが来ます。



Rさん ご本人も言っていましたが、
 今までだともっと遅く、
 もうひと手間、ふた手間かけてインパクトに入るのに、
,劼伴蟯屐〆献汽ぅ鼻∈献哀螢奪廚鮖澆瓩
右手でシャフト、クラブを押す(フェースターン)
 それをする前に インパクトが来る、と。
Rさんにとって、打撃の真髄(快感)である
 右手のごり押し をする以前にインパクトが来るのに
 打球感、当たり感は弱くなく、不思議と 結構、強い。
  …笑顔になって来ましたね🤗


 多くの方は からだの回転で振る、からだの回転で✋
というと 向きを変える と言う円運動に対し、
その外周、その円弧上、ヘッドを動かす と考えガチ
👉腕を使わない意識があるので 回転に対し、腕やクラブを遅らせる
スイングの円弧をなぞってくる ようなイメージですね。
 ココはまだ ピンと来ないかも知れませんが、
とりあえず 机上の知識 として
 クラブヘッドの移動「距離」/ 移動角度、運動角度 は
 ヘッドの重さ自身、クラブの長さ、運動の速度 によって
 重くなるヘッドの分 グリップの移動距離や移動角度よりも
 少なくなります。

からだの回転によって 移動するグリップの「同軸」外周に
 ヘッドが動いたのでは、動かしたのでは、
 ヘッドの遅れは フェースの開き、ロフトの開きになってしまいます。

手を使わず からだの回転で とそれをつなげてしまうと
 外周通りに 大きな経路を通ったヘッドは
 その遅れから フェースの、ロフトの開き になってしまいますから
 最後には より強い フェースターン、ハンドターンが必要になる、
 元の木阿弥になります。

フェースターン、ハンドターン とは
 左グリップを軸に 右手の伸ばしで クラブを、シャフトを
 押す行為を指しますから
 必ず グリップの移動の減速、停止が必要になり、
 その時点で 肩から先のヘッドまでと
 からだの回転は分離した、別のモノになります。

そういう習慣を身に着けると
 からだの回転は フェースターンをする為の
 位置づくりに過ぎず、先に体を廻し、位置を造り、
 そこで左サイドを止め、ソコを基点にフェースターンする、
 からだの回転→腕の振り(右手の伸ばし) と言う動作の順序になり、
 手打ち と言っても その逆の順序でスイングしている人は
 存在しない と言って良いでしょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


反発係数、長尺規制のルール…で思うコト なのですが、
ボールをつぶして打てる 人 にとっては
 必要以上にボールが潰れない のは 有難い のですが、
ボールをつぶして打てない人 にとっては
 あまり有難くない、もしくは 困るコト なのです。 
240781176_4377812485599164_8218599256180757912_n

また なんと言えば良いのか、
 ボールをつぶして打つ つぶせる は
本来、ヘッドスピードとは関係なく、
 パッティングで…とまでは言えませんが、
 距離の短いグリーン周りのアプローチでも
 ボールをつぶす(つかまえる)ことは可能なのです。
2021-04-07_06-01-34_Moment(4)

そして
 これもまた奥深く、楽しく、ややこしい部分 ですが、
.棔璽襪鬚弔屬靴董覆弔まえて)打つ は
 使っている そのクラブのロフトなりに が筋なのです。
 そのロフトで そのロフトなりに 正当にボールをつぶす(つかまえる)

⇔ったロフトのクラブを使えば
 その疑似体験は可能です。あくまでも疑似体験です。
 7番アイアンでそのロフトなりに潰せないのであれば
 6番や5番を使えば
 7番で潰せるのと 同じ球は 打つコトが可能です。
 ですので コト潰す(つかまえる)というコトに関しては
 ロフトの一番立った ドライバーが一番簡単なのです。
 ドライバーの 10度のロフトであれば
 放っておいても ボールは潰し易い のです。
…というコトですので つかまえる、つぶす と
 フック、スライスは別なモノ だというコトです。
…実はここが一番分かり難い部分かも知れません。


➂ちゃんとつぶせなく(つかまえる)とも
 ヘッドスピードが高ければ やはり疑似体験出来ます。
…ほとんどの人が ココを目指している可能性高し
 例えば…ですが、
 同じクラブ、同じ条件で
 つかまえられる ヘッドスピード37m/s の人と
 つかまえられない H/S 40m/s の人 が
 同じ距離であったりします。

△➂の人にとって
反発係数の数値 0.83や0.86 の数値の効果、
差は出難くなります。
反発係数の高いものにしても 飛ぶ とは言えないのです。


(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)


長尺も違う原理ですが、同じです。
長尺は その長さによって ヘッドスピードが上がるコト
 が主たる 飛距離アップの要因 ではありません。
,修離ラブのロフトが適切に使えるコト
△修離ラブの長さが適切に使えるコト

が 前提で 長尺、それに適した『少ない』ロフト
 で初めて効果を発揮する訳です。

長尺 → ヘッドスピードアップ と考えている人の
そのクラブの円弧、長さなりの円弧 は
アドレス状態に近い、最大の円弧、
大きければ大きい程良い に近い発想かも、です。
そう考えて 長尺(44インチ以上)のドライバーを振ると
長尺により 計算上上がるであろうヘッドスピードよりも
長いことによって 負荷が増える、重くなる分が上回り、
 数値として ヘッドスピードが上がりません。

また 長尺の効果は 少ないロフトでも上げられる、
 その回転数でも浮遊させられる、適切な入射角度 
 別な言い方をすれば 長さによって入射角度が変わる
 クラブの扱い方が必要だ、というコトです。

 長尺 = ヘッドスピードアップ
 円弧は大きい程良い と考えるタイプは
 クラブを短くして インパクトに入ってこないので
 ウッドなどの長物になると
 長さによる 入射角度の差が無くなってしまいます。
 それでは 更なる長尺にしても 入射角度に変化が生まれず
 少ないロフト、それを活かせる入射角度を作り出せない のです。

…✋おそらく…ですが、
 高反発にしても…
 長尺にしても…
 その効果の出なかった、得られなかった方は
 結構いるんじゃないのかなぁ…と思います。
 反発係数が高いと......長尺にすると...... 飛ぶ は
 まじないでも、魔法でもなく、
 そんなに難しくない科学的、物理的な根拠があります。


 その根拠が理解する、その仕組みを知る が
 スイングを構築する大きい要素 かも知れません🤒

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



クラブを下に振らず、からだの向きを変えるのと
クラブを下に振るのでは 似ているようで
かなり大きな違いがあり、
カラダの向きを変え ボールに届かせる、に比べ
クラブを下に振る には
カラダを止め クラブを下に振る『時間が必要です。
下に振ってはダメよ_Moment
動作、としては クラブを下に振るには
曲げた右腕(右打ち)を伸ばすことで クラブのリリースをする

のですが、からだの回転を止め(左サイド)
右腕を伸ばす(右サイド) ので
カラダが潰れる、進行方向の前側
(体の左右方向)が詰まる、
 その結果✋逃げとして 左サイドが上に逃げる/伸び上がる

と言う現象が出てきます。



ゴルフスイング用語で 『茲諒鼻と言うのがありますが、
本来は… からだの向きを変える時、
 左サイドはここより外に出ないよう、内側で廻りましょう…
 という 廻る場所、廻る領域、到達点、ガイドラインを指し、
  ✋想定した 壁の内側で廻りましょう〜 が正しい意味で
 どの道 廻るコトが前提になっています。
2021-04-11_22-32-44_Moment(5)2021-04-11_22-32-44_Moment(7)









✋しかし、クラブを下に振る、手で振る人にとっての左の壁は
右腕を伸ばし(右サイドを動かす) のを
左サイドの進行、動きが止める、
もしくは ニュアンスとしては
 からだの回転を 左サイドが受け止める という
 廻るコトを辞める/止まるコトが「必要」になってきます。

仮に ボールを強く叩きたい 場合、
 クラブを下に振る右腕のリリース感も強くなりますので
それを 受け止める 左サイドが
よりガッチリ止まらないと ミスになってしま 訳です。


今回の Aさんの場合、
 アイアン(#5) を例に取ると
 ヘッド重量  240g  → 300g(60g増し)
 シャフト硬さ 290cpm → 160cpm(130cpmダウン)

 に変わりました。

ヘッド重量の分、数値として
 シャフトの振動数は余計に下がっていますが
 シャフトの硬さ で言うと 100〜110cpm
 硬さ表示 R.SR.S... で言うと 10フレックスは落ちています。
 その 10フレックス柔らかくなったシャフトに
 60gも重いヘッドが付いているのです。 
202176_Moment
テークアウェイ(行き)もダウンスイング(帰り)も
 からだの向き での移動に加え、
 腕さばきで 「余計に」クラブ、シャフト、ヘッドを動かしていますので
 ヘッドが重くなり、シャフトが柔らかく成れば
 その「余計」がさらに増えます。
 より一層 下へのリリースが強く必要になりますから
 左サイドの受け止め もより強く必要……。
 往復で、余計に時間がかかる分、
 カラダが上を向く、左を向く 可能性があがり、
 ダフリやチョロ、トップや引っかけになる可能性が増し、
 Aさんの場合は 引っかけになってしまっている というコトです。
誤った意味合いですが
「右手で叩くな」
「右手の使い過ぎ」
「左サイドのリードだ」
はここら辺が起因するのです。

カラダが強い人は その右腕のリリースを
 左サイドで受け止められたり…も出来ますが、(体力、年齢による…)
 止める、と シャフトを走らせる、クラブを走らせる の
 中間部に来る 左手首や左ひじ、首、
 などを傷める可能性が非常に高い のです。

「手は伸ばす?」_Moment「手は伸ばす?」_Moment(2)










これには まだまだ 伏線があり、
 インパクト時の伸び上がり は
 その 受け止める左サイドの末路 とも言え、
 伸び上がりを無くす には
 右手のリリース、下に振るコトを辞めない とイケマセン・・・。
 下に振るコトが 打撃のメインエンジン ですので
 距離をあきらめて そっと振るか、
 伸び上がり…おそらく 自分にとっては左サイドの壁-感 と
 右腕の伸ばし感の折り合いをつける か だと思いますが、
 動く-右腕の伸ばし
 止まる-左サイドの伸び上がり抑制 という
 つながっているのに 反対の動き をしなくてはいけない
 
想像が難しくないかと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



全員じゃないですけど
 スライスやアウトサイドイン、アプローチの苦手
 な人の多く、とても多くは
 この フェースの使い方のイメージ が始まりです。

スライスに悩んでいる人が
 既にゴルフを長年やっていて
 その フェースの中向き を 外向き に
 変えるのは 技術的な側面よりも
 遥かに高いハードルです。
 心理面が邪魔をしますから…。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)

 フェース面の外向きを維持し続ける感じは
 今まで以上にスライスしそうな気がするでしょう。
✋フェースの円弧に対する外向き(ロフトの立ち)は
 フェースを円弧の中に向けて打つ人 にとっては
 ヘッドの遅れ です。
 ヘッドの遅れを放置しろ というのは
 スライスで悩んでいる人にとって 
 より一層のスライスになる 気持ちが付き纏うでしょう。
 
 はい その場でトライ と言っても
 多くのケース、⚠腰の開きも早かったり、
 ⚠伸び上がってしまったり、
 ⚠左へのシフトも苦手なケース 
が付いてきます
 (総体的にボールから体が遠い)ので
 当たらない、届かない 気もすると思います。

(こする つかまえる_Moment(3)(こする つかまえる_Moment(2)







アプローチの苦手な方… は
 アプローチだけが苦手 と言う場合は少ないのですが…
 仮にそうだとしたら、(ものすごく稀)
 割にすんなり入れるかも知れません。
 ☺本当に アプローチ「だけ」ならば、ですが。

フェースをずっと 円弧の外に向けたまま、
この形はトップで作るイメージが良いかも知れません。
 クラブ、腕はこの状態で固定
からだの回転による
 遠心力には逆らいませんが、
その遠心力はグリップに掛けて、ヘッドには掛けてはイケマセン。
アプローチの場合、最後まで 保持したまま、
 腕やクラブの慣性をフリーにはしなくて良いので、
ただ からだを廻す、向きを変えるだけ です。
👉クラブ、腕は固定、半固定 ですが
 からだの回転によってかかる遠心力によって
 そこはかとなく 腕は伸びます。 が 伸ばしません。
 自分の意志で伸ばすことはしません。
 遠心力を拒否しない程度、です。
 その加減は打って覚えていきますが、そう難しくありません。
 どちらかと言えば 固定を維持しまま に近いです。

今までは 腕の振り、腕での叩き が距離感でしたが
カラダの向きの変更 が距離感になるので
覚えさえすれば 距離感は格段に良くなります。

(jc5


高齢の方で 段々ボールが上がらなくなってきて
 距離を失っているタイプの方は
 ドライバーで 外向きのまま打つのは恐怖だと思います。

これには段階があって、
 フェースを円の中に向けていた方は
 かつて は ボールが高かった筈 です。
 昔は ボールが高くて飛距離に悩んだ、
 もしくは スライスで悩んだ…。

それが年齢を重ね ボールが上がらなくなってきて…
 そういう経緯もあって クラブのスペックもきついモノ、
 オーバースペックなモノを常用してきています。
 シャフトも硬いでしょうし、
 上がらないのに……もしかしたら ロフトも…。

👉段階をおって 変革する必要があります。
1.まずは アプローチなどでフェースの外向きを覚える。
2.当たってから クラブや腕の慣性をフリーにするコトで
 飛球線にフォローが出るコトを覚える
3.それによって 今までよりも振れるコト を掴む
4.それまでは ドライバーは大きなロフトか、
 3番ウッド辺りを使う。
5.腰を捻る、肩を廻す など 胴体をひねるコトは難しいですから
 足を主に、どこかの箇所ではなく
 それこそ からだ全体の向きを変える感じを掴む
6.ここまでたどり着けば、適切なロフト、適切なシャフトの硬さ、
 適切なヘッド重量であれば ボールは浮きます。

 勿論 弾道質は今までとは全く異なりますけれど…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


詰め込み授業は良くないの…ですが、
おそらく ご来店されるであろう Rさんの予習のために
一番 始めの話しに戻りますが、
 ボールを上から打つ ⇔ ボールをつぶす
練習を緩いアプローチ、
加速の一切ない(等速)アプローチでしてください。



単純に…ですが、
 ヘッド、クラブもそうですが、
 フェースの向いた方向に動きます、動きたがります
 ですので よく言うフェースターンは
 クラブフェースを 左に向けるので
 その軌道は その加減次第ですが、どんどん 内に切り込み、
 フェースターンを始めた時の ゴールと
 し終わった時のゴールがずれてしまい、
 アウトサイドインを防ぐために フェースターンしたのに
 よりキツイ アウトサイドイン
 になったりします。
(ダウンスイング比較 きっと参考になると思います_Moment

 上下の向き もそうですが、
 フェースターンは インパクト、そしてインパクト以降
 ロフトが閉じますので
 ヘッドやクラブの進行方向が 下に行きたがります。
 フォローなのに…です。

 ですので フェースターンの量、しているか否か は
 フォローの抜け口、抜け場所を見れば 判別が可能です👁

 ✋ゆっくりの、加速の無いアプローチで
 フェースがどこを向いて ボールに入ってくるか
 自身で確認してみて下さい。


どこかの記事で何度も書いていますが、
 ボールを上から打つ は
ヘッドが高いトコロから 低いトコロに移動して
ボールを打つコト ではなく、
 その移動軌跡、この場合は上下、高さ、高低の移動軌跡に
 沿った ロフト形成がされているコト
 です。
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment
具体的な数値で言うと
 5度の入射角度であれば
 その入射角度に沿った 製品ロフト
 地面を対象にした時 5度以上ロフトが立った状態、
 5度 シャフトが飛球線方向に倒れている状態 を指します
(適切な表現ではありませんが ハンドファーストになっているコト)
 その 入射角度は 好みもありますし、タイプもありますし、
 何度でも良いと思います。

✋✋✋✋✋
 そのクラブには長さがあり、
 アドレスで構えた 自分からヘッドまでの距離は
 一番長い、弧で言うと一番大きな状態です。
 まったく 腕もたたまず、クラブも短くせず、
 手首も肘も動かさず 右を向いて、元に戻る、
 ボールを打たなくても 前傾姿勢がありますので
 地面と平行よりも ほんの少し上目
 (円弧で言うと 小さめ、内目になっている)
  入射角度うっすら(2〜5度位)が存在します。
 グリーン周りなどの テークアウェイが極小の場合 は
 おそらくそうでしょう。

(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

 通常のショットでは、
 テークアウェイにおいて、なにがしかの形で
    クラブが短くなっています
 スイングの半径は小さく(短く)なり、
   内回り(上下に)になりますので
 その角度よりは 少しキツイ角度(入射)、
 そのキツク成った角度分 ロフトが立っている、
 入射角度に対しては 製品ロフトになっている

 というのが クラブの構造上、
  
 正しい 上からの入射 です。


 そして、それはインサイドアウト、アウトサイドイン
 などの 横の動きに関しても 全く同じです。

 長さがアドレスの状態の弧 と比べると
 クラブや腕が短くなる「筈」
 移動の主力が からだの回転で行われる となると
 その弧より 下から や 外から は
 物理的にはあり得ない のです。

 ですので ソコに フェースローテーションという
 入射とロフトの関係に 規則性のない方法は
 そういう振り方をして ボールを打つコトも出来る、
 のは確かですが、個人の修練、感覚で掴むモノであって
 クラブの構造と結びつけた理論にならないのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ある実例…からです。

遠方のお客様で 来店は出来ない、とのコト。

55歳を超え、距離が徐々に落ちてきて…
距離が落ちるとともに スコアの頭打ちも…。
だんだん 練習に時間を割くのも飽いてきている、だそうで…
 🤒…う〜む わかる気がします。
IMG_0784















現在、お使いなスペックは お決まりの
 ドライバー 250cpm越え  SかSR以上…
 アイアン#5 300cpm越え  スチールシャフト


弊社の悶絶スペック(5番アイアン) で
 160〜170cpm
 190〜200cpm
 ➂220〜230cpm

をピックアップしてみましたが、
スイングのアドバイスも出来ない遠方ですし
スイング改良にもあまり興味が無いよう、ですので
,禄外に、➁と➂のスペックの試打を送ります。

ヘッド重量(一般的な5番アイアンは250g弱)は
➁ 200cpm には 280g と弊社規格ではやや軽め
➂ 230cpm には 300g と弊社の標準重量




試打を送ると 間髪入れず
「楽しい」
「練習場でボールを打つのがこんなに楽しいとは思わなかった」
「ボールって こうやってつかまえるのか、分かった気がする」
「今までの 20年がなんだったのか…」

と連絡を頂き、即、製作開始。
IMG_0590

アイアンの試打のデータを元に
 試打クラブよりも ほんの少し柔らかめ 👈ここポイント
 のアイアンセット から スタート🚀

試打クラブが良かった、でも、購入したモノ、現物が…
 あのフィーリングにならない… 試打クラブの方が良かった…
 は ほぼ例外なく 硬さ の問題が原因です。
 購入されるモノが、現物が ほんの少し
 振動数で言うと 2〜5cpm
 硬さで言うと 1/4〜1/2フレックス 柔らかめ が正解。
 逆に『ほんの少し』でも硬いと 新品というコトもあり、
 良いフィーリングになることは ほとんどありませ



慣らし運転終了後、連絡を頂き、
距離も若い時より伸び、最大飛距離が出るようになった🤗
それよりも 弾道が全く違う
練習しても 節々(関節)が痛くなくなった、楽しい、と。

その代わり、ラウンドでは
ドライバーが酷いことになり 散々だった…と
早速、そのスペックの応じた ドライバーを受注させて頂きました。

スペックとしては
445TL-2 ☆ドライバー 44.5インチ相当
 ヘッド重量220g
 振動数  215cpm
 ☆アイアン 5番37.75インチ
 ヘッド重量300g
 振動数  230cpm

と言ったところで
おそらくですが 60歳前の成人男性でも
(日本のゴルファーの平均年齢よりも 少し下 です)
かなり パワフルな肉体派のお客様 と思えます。
平均的な 体力、運動性能よりも 上 で このスペック です。

いつの間にか…は除き、スイングを大きく改造しない、
と言う前提ではありますが、
多くの方は この方、よりもパワーが無い状態で
遥かに 厳しいスペックを「無理に」使っている のが現状でしょう。

この方のスイングも 半年〜1年と使えば
自然に 無理のないものへと 変わっていくのは明白。


現代のゴルフクラブの基本性能は スペックが適正でさえあれば、
放っておけば 上がり、そこそこ飛び
放っておいても ボールはつかまるモノ です

オーバースペックなのですから、当然、基本性能は発揮されず、
「あがらない、飛ばない、つかまらないモノ」3拍子揃ったスペックを
 無理やり振り回す で解決する が
ゴルフスイング形成の基準になっていませんか❓
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


グリップ(握り)のチェックポイント としては
 ◌両手が出来るだけ離れないように
 👉アドレス姿勢に影響
 ◌左手の握力頼りにならないように
 👉疲労による変化〜アドレスへの影響

IMG_1306

1.インターロック、オーバーラップ、ベースボール等々
 その握り方は問題ではありません。
 どの握りであっても
  両手が必要以上に離れないモノにするコト‼
 👉左手(右打ち)の親指が見えないような…モノが良いです。

2.フック、スクエア、ウイーク等々
 これも厳密にはどれでもよく
 左右のグリップが離れない ようにしていれば
 好みのモノで良いと思います。

3.パーム、フィンガー(推奨)、セミフィンガー(推奨)
 手の大きさなどにもよりますが、
 これも 両手が離れない 👉左グリップが鍵
 のであれば 好みで良いと思います。
 とは言うモノの、手のひらの無い✊握りは
 出来れば 解消したい… というか
 ✊握りにしなければならない原因
(クラブを振る、腕を振る)
  を解消したいトコロです。
 


そこで そのためのポイント「左グリップ」
に付いてですが、注意点は3点です。
IMG_0772

中指と薬指の2本で握る が基本
 これは右手グリップも同じですが、
 握るメインになるのは この2本です。
IMG_0534
 ですので 手のひらはこのような形になります。
IMG_0532
⊇侏茲襪世院〇愨Α⊆蠅『平』は残す
 
✋指で握ったのち、もう一度『手のひら」で握らない。
 スイング中は仕方ないですが、アドレス時、
 手のひらはグリップに触れません。
 第三節は伸ばしたまま、手の甲にこぶしを造りません。
 中指と薬指で握ったら、それ以上握りません。
 親指はシャフトに添えるだけです。
IMG_0531
手首に角度を付けてはイケマセン
 握手のような自然な形。
 手首が甲の方に折れないように注意です。
IMG_0529


ここを我慢して、スイングは重さに任せるか
クラブをがっちり握って
 自分で動作を管理するか
どちらかしか選択は無いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ちょっと面白い実験です。
 ぜひ ご覧ください。

からだの回転…ではなく
 モロに『からだの向き』をステップ変えています。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment
へそから上だけを見ると(角度によりますが)
 スイングと大きな差は無い、と思いませんか❓

尚 ステップでの体の向きの変更には
前傾姿勢が存在し得ないため、
本来は必要の無い インパクト直前での
ヘッド(クラブ)の下への振り、キャストが入るのは
ご容赦ください。


これのポイントは   あります

➀『回転と言う横運動で腕を縦に動かす為』
 まずは 
右向きのまま
 クラブの重さ(腕の重さも含まれるのかは不明)
 グリップを先に「落とします」
 下げるのではなく 「落とし」ます。
 ✋絶対的にコレが先 です。
 ヘッドを落とすのではなく
 クラブの重さを使って 腕が下がる
(下げる)と言った感じ。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)
先に回転が始まって あとから腕 だと
クラブの構造上、ヘッドとグリップの高低差が無くなり
グリップが縦に動かなくなります。
フェースが外を向かず、ロフトも開きます。

➁『クラブに横運動やねじりを加えない』

 グリップを落とす〜下げる と グリップエンドの
 その行き着く先は 自分 です。
 そのまま…では 自分のお股か、左太もも辺りに
 グリップエンドが突き刺さるような方向
に落とします。
 まあ 腕の関係なり と言った感じです。
 ✋ヘッドやクラブをボールの方に出したりはしません
 あくまでも クラブは腕の中、体の中で
 ほぼ グリップには横移動は加えません


➂「回転と腕の落ちのタイミングを知ろう」
 グリップが落ち始めてから…
 このままでは 危ない、ぶつかる、と言うタイミングで
 右向きを解き、左を向きます。
 からだの回転と言う意味では
 かなり遅いタイミング
 に感じると思います。

ぁ嶌枯咾瞭阿、移動はイコールからだの向き』
 グリップの移動は決して妨げません。
 ダウンに相当する箇所で 下がったグリップには
 今度は上がる逃げ道を作ってあげるため
 ボールと正対することは無視し、一気に左を向きます。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)
実質的には クラブによるグリップの下がり は
左腕の下がり です。
そして 左腕の下がり は からだの回転の始まり ですので
同時、と言えば同時なのですが、
寝かし癖のある方は その修正のため、
『右向きのまま』、ほんの少しでも
クラブの重さのかかっている方向に、その重さで
グリップを『先に』落としましょう。

ァ悒ラブターン、フェイスターンは必要なし』

 切り返しを始めて以降、
 グリップは体の左サイド、ヘッドは右サイド
 この位置関係は インパクト以降も基本変えません。
 😓リリースが必要な程の速度では出来ませんので…

【スイングの終わらせ方_Moment
インパクト以降の抜き方は また 別の記事でやりますので
なんとなく…で良いので 真似で行ってみて下さい


Rさん 素振りで良いのでやってみませんか❓
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ロフトを立てる ₌ フェースを円弧の外に向ける
アドレス時を基準として
ロフトを立てる動きは
クラブにねじれ、ひねりを入れなければ
移動、運動に対しては ヘッドの重さ 
「ヘッドの遅れ」によって
半自動的に作るコトが可能です。
【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)

そのまま 打てば良いだけですから
クラブにねじれやひねりを入れないコトに
意識を傾けるだけで可能です。

一方、 ロフトを増やす ₌フェースを円弧の中に向ける は
トップからインパクトまでの間に
グリップよりもヘッドをたくさん動かす必要が生まれます。
ですので ヘッドの遅れは大敵になります。
グリップよりもヘッドをたくさん動かすには
どこかの時点で からだの回転を減速、止めるか、
クラブの移動 と からだの向きの変更 を
分離させる必要、平たく言えば 手振り が必要になります。
【ゴルフスイング】 20210701_Moment

ですので フェースを円弧の中に向ける、
ボールを円弧の中に掻き入れるような振り方/打ち方 に対し
手で振るな、からだの回転で打て とは
ボールを打つな と言っているのと同じです。
からだの回転で打とうとすればするほど
ヘッドは遅れ、ロフトの開き としては良いですが、
それに フェースの右向き(右打ち)や開きが
付いてきてしまうので 後々、フェースの返し〜手振り を
より強めなくてはならなくなります。

ヘッド単体を動かせば
スイングの軸点は 左に移行出来なくなります。
ヘッドがグリップを追い越せば
自分のヘッド(頭)は蕕坊垢、残ります。
スイング軌道で言う、最下点はボールの手前、蕕
来やすくなるわけです。

それは右サイドの下がり や からだの開き
 を誘発しますが、そうしないと打てませんから
ソコを技術的に改善するコトは出来ません。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(3)


アマショットのスイングが
ボールより手前が大きくなり、
ボールより先が小さくなる のは必然 で
フェースを円弧の中に向けるのが早い ので
当然、フォローは大きくなりませんが、
そこも 技術的には改善出来ません。

別件で『リリース』の件も書きましたが、
リリースは少なくとも グリップがボールを追い越した
インパクト直前、もしくはインパクト以降 が
理想であって、ウエッジやショートアイアンでは
そのリリースすら存在しない場合もあります。
クラブ、ヘッドの慣性のフリー化である『リリース』は
 スイングの終息へ向けた打撃のオマケ に該当します。
その 打撃のオマケ の部分をメイン に
ボールを打とう とするのですから
 いろいろと難しい問題は出てくるでしょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


リリースの負のスパイラル に陥るパターンは
 ⚠硬くしならないシャフト
 ⚠その上、軽いヘッド
(シャフトが硬いことによってヘッドをより感じにくい)
から始まるコトが少なくありません。





意図的に行う必要は『一切ありませんが』
シャフトは しなる=短くなる と
 元の形、元の長さに戻ろう(しなり戻り)とします。

また シャフトのしなり しなり戻り は
 ゴルフスイングは 横の運動、横移動が
 主となるため、その時機、ヘッドやクラブの位置や姿勢
 によって その復元の『作用』も異なって来ます。

ダウンスイング時、
 フェースが上を向いている(開いている)、
 フェースの上を向いている時間が長いと、
 そのしなりもどり →元の長さへの復元 には
 クラブの重さのかかり方と同じく、
 グリップエンドをやや上方向に押す作用がかかります。
逆に フェースが下を向いていると
 クラブの重さのかかり方と同じく、
 グリップエンドをやや下方向の押す作用がかかります。
2021-07-03_01-20-29_Moment(2)

硬いシャフト、オーバースペックなクラブを使っている人は
全員が該当するとは言いませんが、多分に
➀テークアウェイでシャフトをしならせる
 はフェースを開く、ロフトを開く に該当。
➁ダウンスイングに入ってから ダウンスイングの前半も
 よりしならせる時間帯 に。
動作で言うところの 下半身は回転するけれど、
上半身は残す。。。胴体を更にひねる…そんな感じになります。
➁"ダウンスイング前半 でシャフトをよりしならせる は
 テークアウェイ以上に ヘッドを開き、フェースの上向きを強めます。
➂そのまま…では フェースでボールが打てません、から
 ダウンスイング後半のどこかで…
 インパクトの直前に 『グリップの移動を止め』
 ヘッドの回転、シャフトのしなり戻し が必要になります…
い修海妊轡礇侫箸鬚靴覆蠅發匹垢
 シャフトの復元の作用は グリップを上に押す方向に働き易く
 左脇を絞って 左肩の上りを抑えつつ
 右サイドを潜り込ませる ような動きがどうしても付きまといます
⓹地面反力 のような 上への蹴り は
 そんな動作の成れの果てと言えるかも知れません。
 もぐりながら 上に振る そんな過程で
 インパクトに入りますので
 最高でインパクトが最下点、
 当然、ボールから先のターフなんて…不可能です。
➅また、グリップの移動を止めるので
 回転や腕の振り という横移動を拒否することになり
 ボールは中寄り、右寄りで無いと届かなくなります。

🤒シャフトの復元(しなりもどり)、
 長さの復元によるグリップの押され、
 それによる 早めの時期にインパクトが訪れる を
 体験するコトが出来ず、
 グリップを止める が打撃の肝 ですので
 シャフトの復元〜元の長さに戻る
 ヘッド/グリップを双方を動かす効果を殺してしまいます。

 そういうスイング感覚であると
 大きなシャフトのしなり になる 柔らかいシャフトは
 しなり戻し するのに時間が掛かり、
 間に合わず 開いたまま当たるか
 左サイドが上がる方(右サイドが下がる)に強く作用するため
 好まれることはないでしょう。

逆に 適正な硬さ、もしくは柔らかめなシャフトを使っている
または そのようなクラブでスイングを覚えた人が
全員 そうなるとは言えませんが、
しなり易いシャフトは 意図的にしならせようとはしないモノです。
意図的にしならせると
ヘッドの重量点はシャフトの延長線上に無いが故に
ヘッドの回転(開き/閉じ)やそれによるグリップへの作用や
クラブの重さ感の変化、その重さ感のベクトルの変化など
あまり良いことが無いことを知ります。

柔らかいシャフトのクラブを
たくさんしならせて たくさんしなり戻して打つと
飛ぶんじゃないの❓ と思われる方も居ると思いますが、
たくさんしならせて たくさんしなり戻す というコトは
同時に それを産みだす グリップの移動の止まり が
必要になります。
グリップを止めて シャフトのしなりの反動で打つ方が飛ぶのか、
グリップを止めずに その流れのままヘッドを移動させた方が飛ぶのか、
安定して✋ 繰り返す✋ というコトを条件に加えると
どちらが良いかはお分かりになられると思います。
(TOMOクンの修正前-修正後_Moment

また シャフトのしなり、しなり戻り の効果は
ない訳では無いですが、その長さの復元 を
グリップの押し、移動の手伝い にするには
ダウンスイングの早い段階での フェースの下向きが必須条件で
フェースが上向きである限り、ボールを打つための
押し、移動の手伝いの妨げにはなっても 手伝いにはなりません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチなどの クラブの慣性の少ない場合 や
飛距離よりも より一段と方向や確実性を優先する場合 などは
リリース(右手のスナップロックを解放)をしないコト
 は多々あります。
【スイングの終わらせ方_Moment

✋リリースは別称「クラブの慣性〜重さを解放する」とも言います。

世間様では それを『ライン出し』等、呼んでいますが、
それはさておき ドライバーなどの
慣性が大きく、スナップロックを保持し続けられないショットでは
手首や肘、からだを傷めてしまう可能性があるので
インパクト以降 それを解放するのは問題ありません。
 ⚠むしろ、危ないですから 開放してください。
2021-07-03_01-20-29_Moment

しかし、ソコの部分を勘違いすると
 放火した火の消化で苦労するスイング造り になってしまいますので
間違わないで頂きたいのは
 リリースは 安全にスイングを終わらせる為の作業であって
打撃の主要部分、打撃ソノモノとは言えない、
 と考えて下さい。

リリースを打撃のメインパーツ と考えていると
 手打ち、手振り、からだの回転との分離、
 手の返し、フェースローテーション など
本来、スイングに必要の無い動作 を覚える必要が生まれます。
 からだの回転から分離する、
 からだの回転を止め、それを利用する腕の振り は
ヘッド、フェースを回転させてしまうため
 ものすごく複雑な作業で、それを再現するのに
 ものすごい修練とメインテナンスを要することになります。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

リリースの記事でも書きましたが、
少なくとも グリップエンドがボールを追い越すまで
そのリリースをするのはおすゝめ出来ません。
逆に言えば グリップエンドがボールを追い越したら
リリースはOKですが、
 ヘッドに追いつかれないよう カラダは回し続けた方が
 フォローも大きく、長く出易くなります。

リリースはあくまでも スイングを安定して、
 かつ 安全…体への負荷を減らすための作業であり、
それソノモノが打撃ではない と言う認識は絶対に必要です。


リリースが打撃、打撃の主要パーツ と言うスイングでは
からだの回転は 腕やクラブを振るためのモノ になり
無用なからだの捻じれ を作るスイングになります。
テークアウェイを手上げするのは
リリースする為の準備になり、
 カラダを捻じりますので 加齢とともに その量は減ることになります。
本当に マッチポンプ なのですが、
 飛ばすためにリリースを強くする
→そのために より振り遅れ を作る
→が故に 手振り からだの捻じれ を作り
→が故に より大きくロフトやフェースが開き
→が故に より強いリリースが必要になり
そして 加齢とともに 極端に飛距離が落ちる

  と言う リリースの負のスパイラルに陥ります。
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(2)











リリースは本来 ロフト、縦の作用 です…… が
カラダの右向きの少ないテークアウェイになれば
 開いてあげて 閉じて降ろす という
ヘッドの向き、フェースの回転という
 ロフトの縦に対して、ヘッドの横の回転が混じるようになり、
リリース無しでは 高い、ハイスピン、スライス になりますので
リリース無しでボールを打てない薬物中毒になっちゃいますよ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スナップショット 1 (2015-07-24 1-20)
スイングのイメージで

間違いを生み出し易いのが
ゴルフの中でも最大の不可抗力「遠心力」
関係する部分だと思います。

回転、向きを変える、円、ローテーションなど
それに付随するような言葉が多いのも
悪い意味で、それを"後押し"している気もします。

ゴルフクラブは 平均して1ⅿと言う長さがあり、
その先端に 総重量の半分を超える重さの塊、
ヘッドが付いているため、
意図的にそれを発生させようとしなくとも
 簡単に「遠心力」は生み出されてしまいます。

o0800059811463136818
棒状のヘッドスピード測定器のようなモノは
実際には遠心力を測るモノで
 ヘッドスピードを測るモノ❓と微妙に異なります。
 …間違いとは言えないトコロが困るトコロです。


✋その不可抗力である「遠心力」に関する
 最大の勘違いがコレ(クラブの向き)でしょう。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)




ボールを打つコトを除外し、
ヘッドの付いていない棒であれば
カラダの向きを変えれば ほぼそれと同等に
棒の向き(クラブ)の向き は変るでしょう。

しかし、ボールを打つ、遠くに飛ばすには
先端の重さは必須で その重さは長さ、運動が加わるので
何キロ〜十何キロもの重さになります。


ですので 腕と胸で作る三角形の向きは
カラダの向き通りにはなり難く、
まして クラブの向き 棒の指す向きは
持ち主であるカラダが180度向きを変えても
 90〜120度程度しか 向きを変えません。


仮に カラダが180度、クラブの向きは90度としましょう。
 ⚠ ⚠ ⚠ 
…にもかかわらず
クラブの向きは180度ターンする
 もしくは
カラダの向き通りに180度ターンする
  とイメージすると
足らない、本来は要らない筈の90度を加える、
もしくは 物理的にはからだのターンと合わない筈の
 クラブのターンを加えるため からだを止めるコト
に成り得ます。

先端に重さ(ヘッド)の無い状態 と
先端に重さ(ヘッド)の有る状態 が
同じになる筈がありません。
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)

ボールを打つ と言う目標を達したのち、
スイング動作を終わらせるため 停止に向け、
減速を始めた動き に対し、
重さ(クラブやヘッド)には勢い(慣性)が付いているので
インパクト後、フォローではグリップを支点とした動き、
クラブが円を描くような動きが 『おまけ』 
 として付いてくる のですが、

その視覚的な印象から それ自身、おまけの部分を
打撃ソノモノ、スイングそのもの と思い込んでいる人が
少なくない気がします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


全員に確かめては居ないので、あくまでも推測ですが、
スイングを造る、覚える、学ぶ 場面において
『ヘッドととボールがどんなコンタクトをすると
 繰り返し、狙った距離/方向に打てるか』

『ゴルフクラブという偏重した道具をどのように使う方が良いか』
『どんな姿勢、どんな角度で当たると良いのか』

「フェースとボールのコンタクトの仕方」のイメージ…では無くて
既に打っている人の 見た目のゴルフスイングの真似 を
 なぞって ゴルフスイングを覚える人…
見た目の恰好を作るコトがゴルフスイング造り…
 ……が大半な気がします。

ですので そのルーティンを壊すコト から始めてみましょう。

➀ゴルフスイングと考えなくて問題ありません。
ボールの置き位置、構え、アドレス
見た目のゴルフスイングとの相似 など無視してください。
ボールの置き位置も右足よりも右でも
 どの向きにどう構えても構いません。
✋お家では通常のボールではシャンクなどの危険性があるため、
 ピンポン玉、スポンジボールなどをご利用ください。

テークアウェイらしきモノ、助走は取らない
準備を多少取ったとしても 出来るだけ少なく、
c33a9ae1
【つかまえの作法】_MomentIMG_0526





テークアウェイ、など助走に近いモノをほとんど取らず
決して、ヘッドでは無く✋
  クラブそのものを地面に押し付ける ようなイメージで
ほぼ真上から フェースとボールをコンタクトさせます。
フェースと地面、マットに挟まれて 『逃げ場のなくなった』
🥎ボールは地面とロフトのすきま に飛び出します

 👉これが 超-大袈裟ですが つかまえるの原点 です。

スイング・ショットにおいて
実際にこのような動かし方で ボールを移動、打つコトはしませんが、
フェースとボール、ロフトとボールとのコンタクトのイメージ、
ボールをつかまえるのイメージは 限りなく、コレに近いものがあります。


ですので 通常、一般的な「つかまえる」のイメージ
多くの人が信じている つかまえる作法、
つかまえるクラブの動かし方、その反意語である『こする』を含め
 全く異なる、異世界のモノに近い感じだと思います。


➁では次に そのイメージとゴルフスイング を馴染ませてみましょう
✊これは 練習場でするのがベター だと思います。
普通のアプローチショット位のアドレス、
ボールの置き位置は 通常よりもずっと右、
カラダの真ん中から右足かかとの間のどこか位でしょう。
20〜30ヤード位を打つ感じの 右向き、テークアウェイを取ります。
この際、前傾+右向き分、だけヘッドは高さを増すだけで、
ヘッドやグリップをそれ以上、上げる必要は「一切ありません」
尚、ヘッドを高く上げる、上げる必要はありませんが、
逆に下げてはいけません。 飛球線後方より見るアングルで
アドレス時のディッシュアングル通り、グリップの移動するラインよりも
ヘッドラインは上を移動する、そのラインより下には入らない は
アプローチだけでなく スイングのイメージとしては鉄則です。
2020-11-26_20-10-22_Moment(4)

➂前傾姿勢+右向き でクラブ、ヘッド、グリップは移動しますが、
グリップの移動分、ヘッドの外周分以上 
 ヘッドを動かす(横方向:フェースを開く・縦方向:ヘッドを上げる) は
手さばき が入ってしまいます。ここで手さばきが入ると
帰りのダウンスイングで 重くなったヘッドをより多く、より強く
手さばきで戻さなくてはならなくなりますので 意図的なモノは厳禁です。

2020-12-09_21-08-58_Momentち扱校兩+右向き で クラブ、グリップ、ヘッドが移動しましたので
前傾姿勢分、スイングの円弧の傾き分、フェースはやや下向き、
円弧に対して ほぼ垂直な状態というか、アドレスの関係通り、
✋よりも少し多め、多少、多めににフェースの下向き を作ってください。


⓹そのクラブ姿勢、フェースの下向きのまま、それを維持するイメージのまま、
 からだの向きを変え、グリップを移動させてください。
 ユルユルと言うわけではありませんが、ヘッドの重さには頓着せず、
 グリップの移動分、移動なりにヘッドも移動するイメージ、
 空中を スイングの円弧なりに からだの回転で引き摺る に近い感じです。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Momentトップとダフリの『勘違い』_Moment(2)(こすり球克服ドリル_Moment





➅ボールへのコンタクト、接触の仕方は
 からだの回転次第、からだの回転によるグリップの移動具合次第です。
 手の仕事は からだの回転による移動を拒否しない程度(実は重要) で
 手でグリップを送ったり、押したり、右手でシャフトを押したり、
 は一切必要ありません。
 手は全く何もしない のではありませんが、
 手でなにかすれば からだの姿勢が崩れ、安定した円弧、移動、
 軌道通りにグリップ、そしてヘッドは動きませんし、
 再現性を著しく失うことになります。
(つかまった球 VS こすった球_Moment(2)

Д董璽アウェイの頂点〜この場合のトップの位置で 出来た
 クラブアングル、シャフトアングル を 少なくとも
 ボールとコンタクトするまで 維持(スナップロック)します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

これは弊社の 重いヘッド、柔らかいシャフト に限らず、
本当は すべてのクラブに共通する おさえるべきポイントです。

多くの場合、
(コレには軽いヘッド、硬いシャフトを使っている人、いた人、
その手のクラブでゴルフスイングを覚えた人も含まれますが…)
それらのクラブのお陰で スイングが造られてしまった だけでなく、
刷り込まれた 誤ったスイングの認識、クラブの認識
現在のスイングに色濃く  スイングに影を落としています。
そういう意味では 技術的な問題や肉体的、身体能力の問題ではなく、
頭の中の ゴルフショットの打撃のイメージや概念、認識の変更が
 スイング改良、改造そのもの です




シャフトは意図的・作為的にはしならせない
 長さ、があり、先端に特出した重さ(ヘッド)の備わった
 ゴルフクラブは 当然、運動させれば その重さは運動の二乗倍増えます。
 その重さの分、ヘッドが遅れるのは仕方ありません。
 その分以上『意図的に』シャフトをしならせないコト。

自然なヘッドの遅れ は放っておく
 それを取り返そうとしないコト、放っておくコト。

ヘッドの遅れを『ロフトの立ち』になるように仕向ける
 ➀➁の流れですが、放っておく ヘッドの遅れ を
 ロフトの立ち、フェースの下向きになるよう仕向ける。 
IMG_0526

👉まず、第一に、テークアウェイにおいて
 それが小さなショット であっても
 クラブを捩じらない=フェースを開かない
 具体的には、テークアウェイを肩で行っても、腰で行っても、
 脚で行っても そのいずれや複合で構いませんが、
 両腕の長さの調整、てさばきで上げないようにするコト。
 この時点で シャフトを捻じってしまう、フェースを開いてしまう
IMG_0058Trim (2)_Moment(3)ararara_Moment【ゴルフスイング】 20210701_Moment





 インパクトに向けてのヘッドの遅れは
 更なるフェースの開き や ロフトの開き、トゥアップ になってしまい
 もうひと手間掛けないと ボールを打つコト、ボールを飛ばすコト、
 狙った方向に、狙った距離を打つコトが出来ません
し、
 そのひと手間は テークアウェイで手でヘッドをあげた、高くしたのと
 同じように 手でヘッドをボールに当てるコトになるので、
 フェースにボールが当たっても、その番手、ロフトなりの距離が出にくく、
 安定した距離、安定した方向を得るには
 本来要らない筈の無駄な練習量が必要になります。

ココの部分は、実はとても重要で
 手で円弧を描く その両腕の使い方 は
 肩を廻しているのではなく、腕を横に振った
 副産物で からだなり、肩の向きが変わっただけ です。
 言葉として伝わり難いかも知れませんが、
 カラダや肩が向きを変えた(体の回転)ことによって
 腕の付け根である肩が動いたから、腕が「振られたように見える
 のとは似ていますが、月とスッポン以上に違います。
 小さなショット から始まる 自分だけ肩を廻した「つもり」
 からだの回転を使った「つもり」 は 後々
 ほぼすべてのスイングの悩みの根源、毒の沼になります。

 また 上記のインパクト前の打撃の余計な『ひと手間』 
 グリップの移動を止め、左右の腕の長さ変更やスナップの解きに
 よって行われるが為、クラブやヘッドの移動とからだの回転が分離します。
 それも相まって 本来の意味のからだの回転とは全く異なった、
 見てくれだけ似ている「からだの回転」を覚えることになります。

👉小さなショットであれば、ヘッドを下げない のと同じく
 からだの向きの変更と前傾姿勢があるので
 向きを変えるだけで ヘッドの高さは十分 取れます。
 位置エネルギー上昇と言う意味の 上げる手作業は要りません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイングの特性上、  意図的にフォローを出す  グリップを飛球線の方に出す というのは 右打ちの人の場合、右手を伸ばすコトになりますので その結果、左腕は不自然にたたまれ、 写真や動画で 妙に縮こまったフォローの腕(左腕)を  目にすることになる訳です。 意図的にするのは ✖ ですが あえて 言語化するのであれば フォローを出す は からだの向きを変え続け  左腕が飛球線の方に伸びた、伸ばしたではなく  不可抗力によって伸ばされた というコトを指すのでしょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


何度かでも
 フェースを円の外に向けたまま 当たった体験
をすると、その真逆である
 フェースを円の中に向けて打つ のが
如何に無駄が多く、ミスに直結するのか わかると思います。 



欧米では それらを「マット病」とも呼び、
マットから打つコトでしか 無しえない打撃と考えられています。
  とは言え 多いですけどね、実際 欧米も…。
  ダふり打ちを力で解決しますもんね。

例えば アプローチの場合、
 無理して ターフを取る必要は全くありませんが、
フェースを円の中に向けて打とうとすると
2021-05-19_23-05-25_Moment(3) ボールを打つのに
先に、必ず地面(マット)にヘッドが触れるコトになります。
そうでないと トップします。
度合いにもよりますが、必要以上にバンスが張る形になるので
それによって 跳ねてしまうトップも起こります。
俗に言う バンスが使えない状態 です。

バンス、ソール、バンス角度、バンス幅 などは
 フェースを円の外に向けたまま 打つコトを前提として造られています。

バンス角度の少ないモノ、バンス幅などが狭いモノ などは
 フェースを円の中に向けて打つ方が好んで使うのも納得です。
ロフトを寝かし、かつ 緩い入射になる
 フェースを円の中に向けて打つ(こすり打ち)は
絶対にしない訳ではないですが、遥かに難易度が高く、
 打ち出し角度だけ取り、距離を出さないような
バンカー以外に好んで使うべきではないでしょう。
飛び出し角度14

また、フェースを円の中に向けて打つ「アマショット」では
それを実行するのに 必ず体の開きが早くなり、
それによって 右肩が必要以上に下がる傾向があります。
ですので 想定よりも 厚く入り、噛み具合が増え、
打ちたい距離よりも微妙にショートするコトが多くなります。
競技に出ている方 であれば
 アプローチするたびに 微妙に、少しだけショートする
 そのパッティングが精神的な疲弊を生むのです。
 プロでも多くある負けパターンですね。



フェースを円の中に向けて打つ タイプの方は
ソールの奥行きの有るフェアウェイウッドをどう打つのでしょうか❓
上手く打とうとすれば 先にお尻が接地してしまい、
 ダフリ気味なのを解消するのには 速度とチカラが必要です。
ヘッドスピードが増せば、増すほど ロフトは増え
 最下点が右(右打ち)にずれるのですから
自分の想定している距離の 7割 位のつもり で
 やっと ナイスショット するのではないでしょうか❓
実は フェアウェイウッドではなく、ユーティリティクラブが
 好まれるのも ココに原因があるような気がしますけど。
445TL-5-1

唯一、例外に当たる バンカーも
 フェースを円の中に向けて打つ のが強すぎると
距離も出ませんし、高さが出なくなることもあります。
 出来れば バンカーも普通に打ちたいトコロですが、
どうしても「アマショット」が必要な場面も訪れます。
これはプロでも苦労するトコロですが、
 振り、強さと距離や高さ、出球の角度 が一定に成り難く、
ものすごく微妙な加減具合が必要になります。
正に職人芸が必要になります。(代表選手・青木功御大)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



『最近グリップを離して握って素振りしてます。
そうすると右が上、左が下が強調されてわかりやすく、
キャストしてしまった時に自覚があります。

徐々に手の間隔を縮めていき、
ふと10フィンガーでグリップすると右左の上下関係もわかりやすいし、
いいなと思いました。

✋質問✋ですが、
ゴルフではオーバーラッピングにしても
インターロッキングにしても右手の小指でグリップを握らないです❓よね。
何か理由があるのでしょうか?
店主のインターメッシュも右小指がグリップには触れる程度ですよね?

先人達の経験からそうなったのかなぁと思いつつ、
何か論理的な理由があるのかなと思った次第です。

自分はしばらく10フィンガーでやってみようと思ってるので、
注意事項と参考にさせていただければと思ってます。』

2020-05-24_18-30-07_Moment(2)


ご質問ありがとうございます。
感覚的な部分、個々の指の握る強さ、にも
  個人差はあるような気がしますが…
(それぞれの指の強さにもよるのですが…)
1.中指/薬指
2.小指
3.4.5.(強さ比較と言う意味で)飛ばして
5.親指
7.8.9.は飛ばして
10.人差し指
 の様な感覚です。

ですので
小指を握っていないか、と言われると
かなりしっかり握っている、
 グリップする主要3本の指の一部
 と考えています。

スナップショット 8 (2013-09-10 1-47)

✋右手の場合
 クラブを握る というコトに関しては
その3本の指しか 使っていないに等しい、ですので
それが 左手 と共通に出来るようなグリップ
と言う点では 限りなくスクエアで
 ややフィンガー気味に握れるよう心がけてはいます。


右の小指 に関しては
『クラブソノモノを握るため』 なのか
『左右のグリップの密着度を維持するため』 なのか
そのどちらを「本当にしているか」は
イマイチ はっきり断言は出来ませんが、
グリップ(握る行為)の最大の注意すべき点は
『左右のグリップの密着度』
『茱哀螢奪廚鉢薀哀螢奪廚里っつき度』
と考えていますので
おそらく 左右のグリップの密着度 が優先しているのでは❓
と思います。

そういう点において
10フィンガー、ベースボールグリップには少々懐疑的で、
左右のグリップを離して握る、間隔を取ると
確かに 右が上、左が下 は強調されますが、
その延長線上において 10フィンガーであると
グリップの密着度は薄くなるような気がします。
スナップショット 8 (2013-09-07 13-18)スナップショット 9 (2013-09-07 13-19)






また 10フィンガーの注意点の一つに
フィンガー気味ではなく、パーム気味になり易く、
手のひら を失い易い点があります。
特に疲れてきて 握力が落ちてくると それが出易い ので
注意が必要です。

10フィンガーが悪い とは言いませんが、
10フィンガーにしたくなる理由 の方が気になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ