◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: クラブ扱い


これは 飛ばす、ドライバーショットでも同じですが
ゴルフを良くするには
 その距離、望むその距離を打つ能力を高めるコト です。

どちらもどちらですが、
多くのゴルファーは方向ばかりを重視してきた傾向が強いので
ある種 方向の方が二の次 と考えてよいでしょう。

フルショットにもつながりますから
重要視 しなくてはいけないのは
 ヘッドのロフト姿勢
 ヘッドの入射姿勢₍角度₎ を一定にする
変化を多く作らない コトで
この条件は ヘッドの方が多く動かない
グリップの動いた量分 ヘッドを動かすコト
 です。

images

グリップの動いた速度通り、 ヘッドを動かすコト
自分のからだを廻す速度が 距離感 というコトになります。

肩を揺さぶったり、ヘッドばかりを動かすような振り方では
一定の動作速度を身に着けても
 ロフト姿勢が一定にならず
 ヘッドの入射角度が一定にならず

一定の距離を打ち続けることはかなり難しい
アプローチであれば 腰痛を覚悟するほどの練習量がないと
それを習得し、かつ持続するのは不可能です。

グリップを 兎も角 動かす。

ヘッドを動かしたい、思い描いた道のり、軌跡
それを なぞれるよう グリップを動かすのです。


それを感覚的に覚えると
アプローチの距離感は飛躍的に良くなります。
と同時に グリップの移動でヘッドの移動を管理、
ヘッド姿勢も管理しますから
ダフリやトップなどの痛手を負うミスも激減します。

手先で円弧を描かなく、
特に上下、ヘッドの高さの変化を生み出す円弧を
描かなくなりますから アプローチで痛い ダフリ・トップもミスから
解放されると言っても良いほど です。

スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)

習慣づけ していくには
よほどの短い距離で無い限り
テークアウェイでは しっかり骨盤・体は右に向けましょう。
フルターンしても良いくらい。

フルターンしておけば
上から打てる時間は確保しやすくなるので
よりダフリ・トップは軽減します。

上げる量 で管理してはお薦めしません。

打ちたい距離に対し
なんとなくで良いですから ボールの速度をイメージし
そのボールの速度になるような グリップの移動を作ります。
スイングの大きさは限定せず
そのグリップの移動速度が作れる量 を感覚的に。

距離感はボールの速度感であり
グリップの移動速度感です。
その感覚はなかなか間違いません。



練習やドリルでは
上げる時も下げる時も
ヘッドは忘れ、無視し(ゆるゆるしない範囲で)
グリップの移動だけを心掛け
ボールの速度とグリップの移動速度の関係を構築しましょう。
df713d9f-s
グリップの移動はからだの向きで行います。
無理に腕を下げたりしようとしない方が良いでしょう。
からだの向きでのグリップの移動を決して止めない、
からだの向きによる自然な加速は別として
腕がかかわる 更なる加速は厳禁です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


その人のクラブの扱い方や持っているクラブの質
などによっても異なりますが、
スイング中のゴルフクラブの重さは
かなりのモノになると思います。

平均的な猫の重さが 3〜4キロ
トイプードルも同じくらいです。
この位なら暴れてもあまり問題なさそうです。

ミニチュアシュナウザーが 6~7キロ
かなり大型の猫もこの位でしょう。
ここら辺になると 抱き方次第では
人間もふらついてしまいます。

フレンチブルドッグになると重さは
10キロを超え、大きなものは13前幣
抱いている最中に暴れられたら抱いていられません。
もろとも転んでしまうかもしれません。

使い方にもよりますが、ゴルフのクラブは
瞬間的には シュナウザーとブルドッグの間位の
重さになると思います。



多くのゴルファーは
スイングをイメージするのに
クラブの重さが掛かることを想定に入れていません。
まずは 自分の動作のことばかりを気にかけます。
✋クラブを持たなければできるのに…。
✋ボールを打たなければできるのに…。
もう既に 万を超えるほど繰り返していませんか?
〇右向け右
クラブは腕(手)で持ち、その腕は体から生え、
腕とクラブというモノは長さを持っていますから
どう扱うかによって その重さの変化は激しくなります。
プロであっても、クラブのある場所やその姿勢
の重さを影響を色濃く受けています。

体をどう動かすか
 ばかりを考えては
実際のスイング・ショットをする時、
クラブの重さの奴隷になってしまいます。

キッカケは与えてあげるにしても、
クラブによって重さを受けることからは逃げられないのですから、
逆に その重さによって
動かされてしまうことの方が簡単な筈です。

腕がクラブの重さを受け、
体はクラブも含めたその腕の重さを受ける。

腕がクラブの重さによって動かされれば
体はその腕の重さによって動かされる。


どうせ避けられないのですから
望ましくない不可抗力ではなく、
上手く打たされる不可抗力を造ってしまう ことを
考えてたほうがアマチュアには良いでしょう。

体の回転と腕の使い方を別々に考えるのではなく
クラブの重さによって、腕が動かされ
それそのものが体の回転になっていく方法が
アマチュアには適していると思います。

ですので、クラブの重さが運動で増した時、
支えらていられないグリップ、
ホールドしないグリップを造っておいて
その重さで腕を動かし、
その重さで体を回さざるを得ない
グリップを造っておく方が 結果シンプル です。

クラブを支えておけるグリップ
ホールドしておけるグリップを造り
クラブの重さが運動で増している最中に
腕や体を意のままに動かそうとするのは
おじさんアマチュアゴルファーには
 不可能に挑戦するに等しいと思います。


そこで そのためのポイント「左グリップ」
に付いてですが、注意点は3点です。
IMG_0772

中指と薬指 おまけで小指の3本で握る が基本
 これは右手グリップも同じですが、
 握るメインになるのは この2本です。
IMG_0534
 ですので 手のひらはこのような形になります。
IMG_0532
グリップは二度握りません。
 スイング中は仕方ないですが、アドレス時、
 手のひらはグリップに触れません。
 第三節は伸ばしたまま、手の甲にこぶしを造りません。
 中指と薬指で握ったら、それ以上握りません。
 親指はシャフトに添えるだけです。
IMG_0531
手首に角度を付けてはイケマセン
 握手のような自然な形。
 手首が甲の方に折れないように注意です。
 ディッシュアングルと呼ばれるモノは手首の角度ではなく
 手のひらとシャフト(グリップ)の関係です。

IMG_0529
ここを我慢して、スイングは重さに任せるか
クラブをがっちり握って
 自分で動作を管理するか
どちらかしか選択は無いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【投稿レポート】今回、悶絶クラブは初めてのトライとなりましたが、
悶絶と呼ばれているほど苦労せず慣れて慣れて参りました。

タイミング良く クラブを引き摺るという記事、動画が
色々な意味で大変役に立ちました。

ダウンスイングでクラブを立てるやタメを造る、ハンドファーストにする
というのは それぞれ自発的にやってみるではなく
クラブを引き摺れば出来上がっていくモノなのだろうと思います。

それを踏まえた上で、旧クラブ(T社+NS950)と打ち比べ
をしてみましたが、ヘッドの重さによって
グリップが落とされる、押される と言う点においても
悶絶クラブは多大なる助力をしてくれます。

軽いヘッド(+硬いシャフト)のクラブでは
シャフトを振る?ヘッドを動かす?行為自体、容易ではあるのですが
それに伴うインパクト時のヘッド姿勢制御という
老体には無理難題がやってきます。

硬いシャフト、柔らかいシャフトで打ち比べてみると
そのシャフトのたわみ(しなり?)によってグリップが押されるのか、
硬いシャフトではボールの位置は中に、
柔らかいシャフトではボールの位置が前に、
かなり大きくズレさないと的確なインパクトが訪れません。
飛距離不足に悩むこの年齢ではこの違いはかなり大きいです。

クラブが長くなる、短くなるについては
上手く説明できないのですが、
悶絶クラブのこのシャフトの柔らかさ、しなり
それは クラブが短くなってくれる、
 と言う点が大きいような気がします。



今でも決して上手とは言えませんが、
特にアプローチショットに関しては
無理にボールを中に入れる必要がないので
その置けるボールの位置の差はミスショットの確率を
かなり変えられると確信いたしました。

ボールをつかまえるという事に関して
長年、苦労?誤解してきましたが、
〇グリップを落としてくれるヘッドの重さ、
〇グリップを押してくれるシャフトの柔らかさ、
そして クラブは引き摺れば良いんだ という概念は
正に画期的で、何ヤード伸びたかは判別し難いのですが
傍目からもかなり強い球になったのは間違いないと思います。

旧クラブの残党であるフェアウェイウッドがからきし
当たらなくなりましたので、大蔵大臣の認可が降りましたら
また、相談させてください。 よろしくお願い致します。


店主)よろしくお願い致します🤗🤗🤗
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「絨毯の上で ヘッドを引き摺る、
 からだの向きを変え、グリップを移動させ
 その移動した分で ヘッドを移動せる、
 その感覚を経た上 実際にボールを打ってみる。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 アプローチとは言えないまでも
 練習のウォーミングアップとして 感覚を掴んでみる、
 それは 手打ちからからだの回転への移行として
 地味かもしれないけれど
 かなり効果のあるドリルになると思います。」

質問「はい。」

店長「そのドリル(アプローチショットですが…)の参考に有るのが
 コチラの動画になると思います。

 おそらく。。。ですが、
 多くの方は。。。ですね、
 テークアウェイで90度右を向けた 9時を向けた時計文字盤
 クラブを 90度戻そう、6時にしようと思っている、
 フルではないけれど クラブをターンさせる、
 それが インパクトだ と思っているんじゃないか
 と思うんです。
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(2)
 でも グリップを動かして、ヘッドを引き摺る 感覚では
 インパクト付近は グリップをからだの平行に
 打つ方向にグリップエンドを向けたまま 引きずる感覚なんです。

 イメージ・意識は『9時のまま引きずる』んですけど
 からだの回転が入って来ますから
 ボールへの到達時点で 8時とか、7時半とか。。。
 7時までは行か(さ)ない感じですね。

 トップの位置での クラブを
 その姿勢のまま、そのシャフトの向きのまま、
 からだを廻して グリップを引き摺り
 クラブ自体を移動させる・・・。」

質問「スライドさせるような感覚 ですね。」

店長「はい。
 実際には 動力がからだの回転、回転なので
 薄っすらとは クラブにも回転は入ります。
 クラブ、ヘッドの重さ、運動での加算 が入りますから
 ヘッドは留まろうとしますので
 からだの向きに対し 半分位の回転でしょう。」

質問「コレで 当たるんですね❓」

店長「当たる と言うか、打てます。
〇距離感としての 管理出来る速度
〇多少のズレがあっても 均一な打撃ロフト、ヘッド姿勢
〇ヘッドのアタックアングル
 これらを考慮すると コチラが『正当なアプローチショット』です。」

質問「ものすごく奇妙な感覚です。」

店長「だと思います。
 今まであった 何か肝心なモノが無い、欠けている、
 なのにボールに当たる、ボールを打てる、
 そう言う感覚なのでは無いかと思います。

 今までの感じでは アドレスを基準点として
 ソコに戻る、ソコがインパクトの合流点なのだ、と思うんですが、
 からだを廻して グリップを引きずるので
 ボールとコンタクトする合流点は ソレ よりも もっと後です。」

〇からだの回転_Moment(2)

質問「そうなんですね😊」

店長「少し ソレに慣れたら、
 回転の 横のクラブの動き だけでなく
 縦のクラブの動きにも意識して
 同じように クラブを引き摺る、
 ヘッドをボールに縦の感覚で『届かせようとしない』、
 ボールに正対、垂直になるようにしない、
 グリップエンドを打つ方向に向けまま
 ボールと自分の間を擦り抜けさせる、
 そう言う感覚だと思います。」
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment
質問「当たるんですね…。」

店長「この 奇妙な感覚に慣れるコト が
 からだの回転への入り口 と考えて良いと思います。
 コレに慣れないと その先『ショット』につながって行かないです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「トゥアップ、トゥダウン、シャフトのしならせ〜しなり戻し 
 言い換えると シャフトの使い方 になる訳ですね。」
202252_Moment

店長「そう言えると思います。
 
 ただ 弊社のクラブのように 放っておいても
〇シャフトがしなってしまうモノ と
〇しならせない と 動かない・しならないモノでは
 使い方は真反対になってしまう可能性はありますね。

シャフトを意図的にしならせて〜しなり戻して は
(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)なんだか 上手になった様なニュアンスを含む言葉 ですが、
その実、手を止めて、クラブだけ動かすコトを指しますから
からだの向きとクラブを分断する、
要するに『手振り』になります。

将来的なコトを考えると 出来るだけ避けたい、のですが、
硬いシャフト・軽いヘッドの場合、
 そういう お上品な使い方では飛ばない😵
 めちゃ振りするか、当てるだけにするか、になっちゃう😵
 そうならないスペック、そうしなくて良いスペック、
 トゥアップ〜トゥダウンさせなくても ボールに届く
 シャフトの硬さ(柔らかさ)を選ぶ のが肝心と思います。」
 

質問「ブログ等を読んでいると
 ドライバーはシャフトが柔らかめ
 アイアンは硬め 〜従来通り

 の構成で使っている方が 非常に多い、と思うのですが
 ソレって どうしたら良いんでしょう❓」

店長「ソコが一番の問題じゃあないですか⁈

 対処の方法は無いです。

 おそらく、ドライバーは 左足かかと、
 ティーアップの高さが高ければ 左足つま先
 アイアンは からだの真ん中よりもやや右寄り、
 とりあえず ボールの位置で対処するんだと思いますが、
 ソレで対処しきれる 硬さの差 ではありませんので
 双方が上手く行く、と言う日は非常に少ない…。

 だいたいの場合ですが、ショットの練習やスイング造りは
 ショート・ミドルアイアンで行いますから、
 ドライバーに移行した時に苦労する。

 ドライバーショットに慣れてくると…。
 昔に比べ、ドライバーのシャフトが柔らかくなり、
 楽になりましたし、練習場で使うとストレス解消になるから
 ドライバーをみっちり打つ人が増えましたが、
 アイアンに移行すると てんでダメ。。。😵
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







 きついクラブから 楽なクラブはなんとかなり易いですが、
 楽なクラブから きついクラブはまず上手く行きませんから
 コースで言うと
✅距離の短いミドルホールで たまたま ドライバーが当たる、
 グリーンの目の前まで 行く、
 そこから トップ😵 ダフリ😵
 気温が下がってくるとシャンク😵
 そう言うゴルフをするコトになりますね…。」

質問「もしかすると スイングを造る際、
 ショットの練習する際、シャフトの硬い きついクラブ、
 この場合はアイアンになると思うんですが、
 それを使うための、ソレで打つための 技巧 が
 トゥアップ〜トゥダウン、シャフトをしならせて〜しなり戻す
 😵…手打ち、というコトになるのですか❓」

店長「だと思いますね。
 からだを廻せ とか 手で振るな、
 なんて言うのは 気にしていても 始めの数球で、
 目の前にでる 弾道や距離 が気になりますから
 本能的な反応 などの方が優先することになると思います。
(腕とクラブはLOCKんロール 2022523_Moment

 硬いシャフト、飛ばせないクラブ、
 ソレで ボールを中に置いて打つのですから
 手で振らざるを得ない打ち方に自然と行き着く
 と言うのが アマチュアのスイング造りになるんだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「悩んでいる人も少なくないと思いますが、
 スイング中に起こる 
『りきみ』 も
 トゥアップ、トゥダウンと非常に密接な関係にあります。」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

質問「うわ😵😵😵 そうなんですか⁈」

店長「リキミ に悩まれている方の多くが
 テークアウェイで ライ方向、トゥアップ方向に
 強く上げることを テークアウェイ、上げる、

 考えているのではないでしょうか。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)
トゥアップさせて トゥダウンさせようとすると
クラブは早い段階で長くなってしまいます。

本来、クラブやヘッドの重さは
切り返しやダウンスイングで
クラブ自体を、グリップを進行方向に押す手伝いをするモノ
、です。

 ところが  トゥアップ、トゥダウンそのものも
 グリップの移動を止め、ヘッドを多く、または速く動かす
 動作から生まれます。
 また、クラブの長さが早い段階で長くなる、
 俗に言う キャスティング、アーリーリリース、
 その双方ともに 本来のモノ と比べると
 ヘッドの重さ(含む 長さ)を より重く使うコトに
 なってしまいますので 当然、イキム、りきむコトを
 生み出してしまいます。」

質問「。。。そう言うメカニズムなのですね。」

店長「単純に言えば リキミ とは
 自分の動き に 反する重さ
 自分の動き と 異なる方向への重さ
 から 生み出されます。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)
トゥアップして、トゥダウンすれば
ヘッドは外に膨らもうとする、
プラス クラブが長くなる訳ですから
重さも増え、方向もスイングの進行方向とは異なります。

(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)『リキム』のは必然と言えるでしょう。

トゥダウン は 良くないモノ、
と考えられている方がいらっしゃいますが、
ゴルフクラブの『機能としての』トゥダウンが悪いのではなく
トゥダウンをさせるような『使い方』が拙い のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
店長「これからの季節で起こり得るコトなのですが、
 強く打たないアプローチなどで
 当然、軽く振ります から トゥダウン量は減ります。
 本来であれば、ソコに重心位置が来てくれるはずのモノだ
 トゥダウン不足、つまり ネック寄りに当たって…
 シャンクなんてコトが起こる訳です。
sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット
 ですので 全体にセットの流れ よりも
 ウエッジなんかは 柔らかめ の方が使いやすい

 というのは そう言う部分もあったりします。」

質問「気温が下がると シャンク出易い ですよね…。」

店長「そもそも なんですが、
 多くの方は シャフトをしならせて・しなり戻して使うモノ
 と 思っているフシが少なくないと思うのですが…。」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

質問「ソレ ありますね。」

店長「多くのゴルファーの クラブの動かし方 というか、
 シャフトの使い方 って
 シャフトを ライ角度方向に沿って
 トゥアップ方向にしならせて、
 トゥダウン方向にしなり戻そう、

 としていますが・・・ それが悩みの始まり だったりします。

 ゴルフクラブの機能の殆どは
 使い手が ソレを意識しなくても
 動かせば… 正確には ゴルフクラブを持って、
 ゴルフクラブ『を』動かすのではなく
 ソレを持って 自分が動けば 機能するよう出来てます。

 トゥダウン…握りの延長線上に自動的に打点が来る働き は
 クラブを持って 自分が向きを変えれば
 それに伴い、クラブには遠心力が掛かるので
 自動的に それは成されます。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)








 逆に それを意図的に『トゥダウンするように』動かしたら
 トゥダウンは必要以上に発生してしまい、
 スイングの横方向への動き 回転は阻害されてしまいます。

 阻害されないように トゥアップ・トゥダウンを
 腕を捻って行えば(横にして行えば)
 今度は フェースがボールを向きません。
 どんどん 複雑に…、後処理が面倒に、、、
 インパクト付近での もうひと手間が必要になります。」

質問「言われてみれば テークアウェイは
 ライ方向にトゥアップするように上げていますし、
 ダウンスイングもトゥダウン方向に振っている気がします。」

(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)

店長「フルスイングをそうやっている方が
 ハーフショットのアプローチにしたら
 トゥダウンが生まれませんから
 ボールのトコロに打点でなく ネックが来てしまう…
 シャンクになりますよね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ハンドファースト、こすり打ちに関連する
 興味深い話し で

 私自身もちょっと衝撃を受けた話し です。
 ちょっと 話し長いですけれど…。」
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)

HNさん「はい…。」

店長「長くお付き合いしているお客様に
 仮称 KKさん と言う方がいらっしゃいます。

 もう25年を超えるお付き合いになるでしょうか。

 その方は 弊社のお客様の中では
 一番大きい、マッチョな方、
 体つきで言えば ビースト、怪物、怪獣 ですね。

 25年以上前ですけれど
 ヘッドスピード大会をやって
 周りの人が ヘッドスピードの為、だけに
 48インチとか使っていた時に
 一人だけ 45インチで挑戦していた人で …
 ヘッドスピードは 60㎳を超えた 唯一の方です。」

HNさん「😬 😬 😬 😬 😬 😬」

店長「もう完全なる規格外で
 ハミングバードは店風  が
 チカラの無い、道具で何とかしたい という
 お客様が圧倒的ですから、
 場違い感すらあるほど 凄かった んですね。

 で、まぁ それだけ 運動能力ありますし、
 練習量も豊富、スタミナも桁外れ、 なんで
 スイングについては あまり触れなかった、んですね。
 スイングは独特…ですけれど
 教科書的では無い ですけれど、身体能力と努力で
 距離もスコアもすごかった んじゃないですか❓」

HNさん「クラブは❓」

店長「超ヘッドの重い、かなり柔らかいシャフト ですよ。
 シャフトの柔らかさは お客様の中でもかなり です。
 重くて 柔らかいのじゃないと嫌 なんだそうです。

 特にレッスンを受ける訳でもないですし、
 クラブも 8年とか、10年に一度
 より重く、より柔らかく してますが、
 特に悶絶もしないので 頻繁にはいらっしゃいません。

 ところが 何年か振りに
 たまたま ですけれど、待ち合わせの時間まで
 時間があったそうなんで 遊びに来てくれたんです。

 そして 打ったら・・・・・・・・。

 年齢は 70ちょい前…ですけれど、
 仕事も現役で からだをバリバリ動かしている方 ですから
 まあ。。。変わらないんだろうなぁ と思っていたら・・・

 なんと、なんと、
 年齢の行った人にアリがちな
 『ぶっつけ打ち』

 フォローの出ない、フィニッシュまで行けない、
 インパクトで終わっちゃうスイングですね、
 ソレになってたんですよ。
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(3)
もう ビックリ😲😲
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(4)
 あの KKさんが! ってね。」

HNさん「シニア、グランドシニアの方に多いですよね。」

店長「そうですねー。かなりの比率だと思います。

 で、かなり距離も落ちて、球も行かない、
 スコアも落ちた、
 まあ 若かりし頃は 怪獣だったでしょうから
 比較対象が あまりに…ではありますが、
 悩んでいらっしゃる…。

 ゴルフが楽しくない、、、と。」


店長「でね、 "イヤー KKさんは 5000ccの車
 私たちは 良いトコロ 1300佞亮屐
 基礎が違うので 言わなかったんですが…
 その『こすり打ち』… ヘッドを前に出す打ち方
 変えないと KKさんですら そうなるんですね。"
 って言ったら

 半分、笑ってですが、
 『どうして教えてくれなかったんだよー』って。
 "いやいや 若かったときは困って無かったでしょう⁈
 少しはハンディ無いと ね" って。

 グリップをヘッドが追い越す、
 グリップよりも 多くヘッドを動かす、
 ヘッドを返す打ち方は
 その行為をするには グリップを止める必要があります。
 グリップを止める ッテコトはカラダを止めるコト です。

 本能的にも 飛ばそうとしたら
 ヘッドをたくさん、速く動かしたくなるじゃないですか、
 それをするには からだを止めないとイケナイ訳で
 ですので ぶっつけ打ち にならざるを得ないのですよ。

 あの KKさん、25年前は ヘッドスピード60㎳を出せた
 怪獣のようなからだをした人が ぶっつけ打ち に
 なっちゃうんです。
 こりゃ 普通の人だったら、かなり早い段階で
 ソコに行き着いちゃうなぁ って思った訳です。」

HNさん「。。。。。。。。」

店長「手を返す、ヘッドがグリップを追い越す、
 しならせたシャフトをしなり戻す って
 打っている人は ぶっつけ打ち に辿り着きます。
 腰を傷めたり、どこかを傷めると
 かなり 早い年齢 でソコに行き着きます。

 ですので 若いうちは出来ますけれど、
 ソレを避けたければ 手さばき中心の
 ハンドファーストに苦労する打ち方 とは
 お別れした方が良い、移行した方が良い のです。

 ハンドファーストが打撃ソノモノなんですから。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ちょっと 横道に逸れますが、
 今のスイング、テークアウェイで
 それをそのまま アプローチ、
 中途な距離を打つショットをした場合、
 ミスの原因 になります。

 アプローチのミスの要因として
 結構、多い・大きいのでは…⁈
 と思います。」

Nさん「え?」

店長「スイングで言うと
 こう 積極的に左腕を動かしてあげる とか
 左肩を入れる、肩を廻す

 アプローチであると 振り子のイメージが強く
 肩の動きだけであげる

 そう言うイメージを強く持っている方は 

 テークアウェイの初動、
 始めの一歩の時点で
 左腕でクラブを押すような形 になるので
 グリップが、グリップエンドが
 一旦体から離れます。

青木2022826_Moment(2)
青木2022826_Moment(3)

 この画像は アプローチでは無く
 ショットのモノから抽出していますが、
 アドレスと見比べてみて下さい。」

Nさん「あ・・・ほんとだ。」

店長「機会があれば、グリーン周りのアプローチ とか
 その位の距離の練習をしている ゴルファー を
 よく見て下さい。

 結構な割合  で 見つけられます。

 なんでもかんでも プロが良い訳ではないですが、
 ココの部分で からだからグリップエンドが離れるプロ は
 まず 試合に出れるスコアにはならないから 居ない、
 と言って良いでしょう。

 アドレスよりも グリップエンドを自分から離してしまえば
 クラブは長くなります。
 アドレスでセットアップした ボールとの関係を考えれば
 その長さは 短くしないと、元の長さに戻さないと
 ダフル、地面を打つ、シャンク などになりますよね。
 短くし過ぎても トップなどになります。
 
 または 初動でからだからクラブが離れると
 やや 前傾が深くなり
 それを 回転と言う名の 体の起こし(前傾の起こし)
 スイングで言うトコロの からだの伸び によって
 ボールとの距離感 〜 クラブの長さ
 を調整するという 調整 も少なくないパターンです。
 これによって からだの回転の中に
 前傾を深くする〜浅くする(伸びる)が
 刷り込まれるコト(練習の回数が多い…)
により 
 通常ショットにもそれが反映するのです。

 
 その両方の作業は 全く要らないモノ から
 生まれている 全く要らない作業 です。

Nさん「確かに…。」

店長「今日! ハイ! って訳には行かないとは思いますが、
 ココを改善していくだけでも アプローチをミスしない確率は
 良くなります。

 すぐそこ の距離 の勿体ないミスはかなり消えます。


 また この動きの延長のショットの場合、
 一旦クラブがからだから離れる =クラブが長くなる
 ですが、ダウンスイングに入るのに 長くなってしまったモノは
 とてもやり難いですから 当然、短くする、
 腕やクラブをたたむようにする訳ですが、
 長さを替えない、長くしない で テークアウェイを取るよりも
 反動・『勢い』が付き易いので
 自分の想定している トップの位置を超える(深くなる)
 オーバースイング原因であったり します。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレは全員にあてはまる とは言い難い ですが、
 結構、多くの方にはヒント になると思います。

 テークアウェイで 右腕を曲げるのは、
 その分 クラブを起こし、クラブを短くする、
 からだ から ヘッドまでの距離を短くする為です。
((フットワーク4

 クラブまでの距離を短くするコト によって
 からだの向き、からだを回転させても
 対応が良く、負荷が少なく済みます。
 特に切り返し時の初動、ですね。

 コッキング(手首の動き)をしなさい とは
 全く思いませんが、
 それであっても 右腕を曲げることによって
 起こすクラブの基点になるのは
 左グリップになりますから
 左腕を動かす、上げる、など
 その基点を動かせば動かすほど、
 クラブを短くし難くなります。
 上がり過ぎてしまう、深くなってしまう、
 クラブが寝てしまう、寝すぎてしまう
 になり易いです。
青木2022826_Moment

 グリップを高くする、
 ヘッドを高くする、要因としては
 クラブを下に振ろう とする
 打撃はクラブを下に振るコト と
 感覚的に掴んでいる人もいらっしゃるので
 ソコの注意も必要です。

 からだが右向き(右打ち)になった分、
 また クラブが起こされ、それに伴う
 左グリップが少し高くなる 程度で
 打撃としては十分で、
 グリップの動きの量や 勿論、速度、
 そして その高さ と 打撃力、
 飛距離は関係ない、と言って良いと思います。

 後々の記事で書きますが、
 ソコが パワーの溜めドコロ ではなく、
 左腕、左グリップを自発的、そして単体で
 動かせば動かすほど パワーは溜めにくくなります。


 これは ダウンスイングの考え方 と同じですが、
 テークアウェイも 右を向く という
 ヒトツの動きで 出来るだけ全てをまかなう、
 すべてをやらせてあげる方が良いです。

 上げる、回る、 もしくは 廻る、上げる、
 という からだの向きと腕の動きが
 別々なモーター、別々なタイミングになると
 スイングの大きさで 距離を調整するような、
 速度でショットの可否を誤魔化せないアプローチで
 苦労するコトになると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こする つかまえる のスイングタイプ、
 勿論、その方の体力、ヘッドスピードなどにもよるのですが
 フェアウェイウッド、ユーティリティの選択にも
 かなり 影響があるんです。」
(こする つかまえる_Moment(3)(こする つかまえる_Moment(2)






受講生「それ 凄く分かる気がします。」

店長「経験値にもよるのですが、
 総じて こするタイプの方は
 フェアウェイウッドをあまり得意? 好きでないケースが
 多いです。

 入射が緩いコト ソノモノは 悪くは無いんですが、
 地面にあるボールを打つクラブの中で
 フェアウェイウッドが一番 奥行き ソールが深い、広いので
 入射が緩すぎはまだしも、若干の 煽り(アッパー)が
 入ってしまうと ソールのお尻、アイアンで言えばバンスのトコロが
 地面と干渉してしまいます。

 ですので こすり傾向の強い方は
 同じ番手でも やや短めの方が良かったりもしますし、
 長さやロフトの関係から 3番よりも5番の方が飛んだりするので
 ロフトのキツイ、長いモノは 避けるような選択を
 お薦めしています。
411BK-5
 逆に ユーティリティは得意なクラブ に
 なり易いので パワーが無くなって来て
 アイアンのロフトの立ったモノは辞めて
 大きな番手のユーティリティ #5.6.7.あたりを
 薦めています。 」

受講生「アイアンはどうなんでしょう❓」

店長「最近よくある 飛び系のアイアン、
 ロフトが非常に立っている訳ですが、
 ロフトが立っているというコトは 当然、
 重心位置など 上がり易い構造になっている訳です。
 
 重心が低い
 重心が深い
 が 上がり易いを引き出す訳ですが、
 それは すべて ソールの大きさ、重さに掛かっています。
 ソコを重くするには ソールを大きくするか、重くするか、
 その どちらか しかなく、
 そうなると 地面に干渉、ソールが尻もち と絡んで
 上手く行かないケース、ミスになってしまうケースが増え、
 結果として 「合わない」 と言う場合も少なくないかと思います。

 ウエッジも含め、アイアンの場合、
 トップ、ダフリのヘッドの縦方向のミス、
 ショート、オーバーなどの距離の縦方向のミス、
 このミスがアマチュアの スコアメイクには一番痛い部分、
 方向や曲がりよりも スコアに響きます。

 重心が深い、重心が低い、そしてモーメントが大きい
 というのは こすり打ちの人にとっては
 「振り難い」クラブになり易い、
 ダウンスイング中、変な重さがかかり易いですから
 ミスになり易く、そのミスもかなりバラつき易い、
 ですので 意外にも マッスルバックのように
 重心が短い、浅い、重さの影響がスイングに少ない方が
 良かったりするんですね。
 あんまり 喜ばしいことじゃあないですけど…😢😢😢

 ま これも 飛び系のアイアン、箱形形状のキャビティアイアン
 に比べると 長さが短い も要因の一つだったりします。」

店長「そして こすり打ち が 一番顕著に表れる のが
 ウエッジです。
 フェアウェイウッドと同じで
 ソールの大きい、幅の広い、
 バンスの効いたウエッジは苦手になり易い、
 よく言われる ローバンスの 薄ぺったい バンス角度の無い
 ウエッジで無いと 地面との干渉 ダフリ、トップのミスが
 かなり頻度高く出ちゃいます。
 それは それで 好みの部分もあるので 良い悪いじゃあないですが、
 バンス角度が無いモノは
 同じ表示ロフトであったとしても バンス角度のあるモノより
 飛距離が出ません。ラフなんかにも弱い。
IMG_1399
 ピッチングウエッジが 110ヤード なのに
 サンドウエッジが 50ヤードしか飛ばない
 みたいなコトになったりします。
 こすり打ちの方はアプローチショットの距離調整を苦手
 としていますので コースで一番頻度よく出てくる
 50〜100ヤードの間が 一本しかなかったり するのです。
 こすり打ち自体を改善しないのなら
 ピッチング〜サンドウエッジの間を充実させるべき
  だと思うんですが、
 バンスが張っているモノが苦手だったりするので
 😢ロブウエッジを持っちゃったりする…んですよね。
 ブラックジョークみたいなモノ なんですけど…。

 コト ウエッジショット、アプローチにおいては
 意図的に こすって打ちたい場面も
 ない訳では無いですけど、
 他のクラブと比較しても こすらないで打つ、
 つかまえて打てるか、打てないか の差は大きいです。
 アプローチショットは バンスを利用出来る のと
 バンスを嫌う のでは 雲泥の差 です。

 つかまえて打つコトを理解する と
 こするショットというのが 他に選択の余地が無い場面での
 イチがバチか のショットというのが
 実感できると思います。
 その イチかバチかのショットを 自分の常用の
 アプローチにしていると スコアは限界あると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「重複するテーマになっちゃうんですが、
 こすり打ち と つかまえる の差は
 イコール 手打ち / からだの回転で
 とは限らないんですが、
 似た部分はあります。

 細かく言えば こすり打ちは総じて手打ちが多く、
 つかまえる側は からだの回転が多くなりますから
 この部分のスイング改造
 当然 こすり ⇒⇒⇒ つかまえ になるんですが、
 アマチュアの目指した方が良い スイング改造の根幹
 なのだと感じます。 」

受講生「動画で見ると ものすごく大きな差は
 見えないような気がします。」


店長「ですねー。
 インパクト付近の ボールのさらい方、拾い方の違い
 と言えば良いんですかねぇ。
 こする方は フェース、ロフトでボールの底を打つような
 感じになります。
 別な言い方をすれば ボールを自分の方に掻き込む
 ような感じになります。
 一方、つかまえる方は フェース、ロフトを円の外に向けたまま
 からだを廻すような…
 その感じが掴めないと 見た目と言葉『つかまえる』
 逆に感じるんじゃないでしょうか・・・。」
葛谷2022816_Moment

受講生「ですね。
 ボールを自分の方に掻き込む、フェースでボールの底を打った方が
 ボールが「つかまえる」感じ、 しなくもない気がします。」


店長「見た目の部分 で言うと
 同じように動いていても
 ダウンスイング後半、インパクト前になると
 ヘッド、クラブ、シャフトを下、ボールの方に振るようになる、
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Momentつかまえる の方は
極端に言えば ←この状態 のまま
からだを廻してしまえば良く、
遠心力によって 曲がった右腕が『伸ばされる』
のですが、
(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)こするショットの場合、
からだの回転を止め 右腕を伸ばすことで
ボールを拾いに行く
 というか
インパクト直前の円を
その腕さばき、『リリース』と言えば良いのか
で描いてしまっています。
ここが 最大の違い 分かれ目です。

 ですので そこ以外に大きな違いは見られませんが、
 一般的に、ですが、
 こするショットは その右腕の伸ばし『リリース』が
 打撃のメインエンジンになるので
 その動きをするための テークアウェイやトップ
 『ヘッドを降ろすための上げる』に
 なり易い傾向があります。

 また イコール ではないですが、
 腕のリリース をするには
 からだの回転を止めざるを得ず、
 止めないと リリースできませんから、
 この際、伸び上がり などが
「自動的に」付いてきたりもします。」
 ですので 結果的、にですけれど
 ボールを打つ 一番肝心な部分を
 腕とクラブを 半ばロックした状態で 向きを変えるのと
 逆に からだの向きを止め リリースで打つ
 ソコが 手打ちとからだの回転 の差
 に見えたりもします。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「長さ のメカニズム について
 あんまり 考えている人は少ないでしょう?」
ドライバー入射角度
受講生「はい。
 飛ばすには 長く長く
 兎も角 長い方が飛ぶ と妄信されている方が
 多いんじゃないですかね⁈」


店長「まあ ルールもあるんですけど、
 一旦 長くなっても、またドライバーの流行で
 短くなったりもします。

 20年前には 少しですが
 48インチも流行りましたし…。

 ヘッドの性能が ロースピン系が強まっている、
 ロフト角度との兼ね合いもあるけれど
 長くすれば そのまま 飛距離になり易いのは
 ボールの高さ、浮きに不安の無い
 つかまえられる人にとって
 で
 元々 弾道が低めのつかまえられる人や
 こする人にとっては 
 長いばかりが良い訳ではない
のです。

 昔であれば ドライバーのスピン量は 2800回転 位が
 良好な状態だったわけですが、
 ドライバーに性能が限界に近付いているので
 2500回転を切ったような球 でないと
 より一層の飛距離は望めず、
 ごく一般のアマチュアであっても 2000回転を切ったような
 そんな状態も アリ 
になっています。
video_Slomo_Moment

 ヘッドスピードなんて言うのは
 トレーニングしても そんなに上がりませんし、
 体力 というよりも クラブさばきの良し悪しの方が
 影響したりするんですね。
 ヘッドスピードは変らない、
 ボールスピードはロフトで決まっちゃうんですけど、
 自分の ヘッドスピードや回転量に対し、
 何でもかんでも 速いボールスピードが良い訳では無いですから
 適切なボールスピード、
 繰り返し 出すことの出来る平均のボールスピード、
 それを使って よりボールを飛ばす には
 入射、ドライバーの場合は仰角、アッパー度を
 自分の振り方、ロフト、スピードに適したモノにした方が良く、
 長きゃあ飛ぶ みたいな 物量作戦の時代じゃあないです。」

受講生「なるほどねー。」

店長「ヘッドの 低スピン化がかなり進んでいる、
 重心の高さ で言うと
 ヘッドの厚み に対し、ソール分(下)をゼロとして
 クラウン分(上)を 100とした時、
 55〜60 位の位置 が平均値なんですけど
 60オーバーを高重心、
 55アンダーを低重心 としていますが、
 50当たり
のドライバーもかなり存在します。

 コレ 間違ってはいけないのは
 よく 重心位置よりも 上の部分を有効打点、
 重心よりも上で打つとより低スピンになる、なんて言う
 フェース面状のボールの当たり場所 で計るケースがありますけど、
 ウソじゃないけど 低スピンの核心ではありません。
ドライバーの入射角度114

 重心の位置、重心の高さは
 インパクト時の ボールとの位置関係、
 フェース面状の打点とか
 インパクト時の作用 ではなく、
 インパクトにどう進入してくるか を
 決める要素としての方が 遥かに影響が大きい。

 単純に 低い方が 緩い入射角度になり易く、
 その結果として スピンが減る、
 高重心の方が キツイ入射になり易く、スピンが増える、
 その 数値割合でしか ありません。
 フェース面状の ボールの当たり場所なんて
 おまけに過ぎないんです。



 
 低重心化しても それを使えるようにするには
 重心を深くするか、ロフト角度を大きくするしかない、
 クラブを長くするという手もあるんですけど、
 これは スイングのタイプによって 真逆の結果もあるので
 一概には効果が出る とは言えない。

 ロフト角度は 多くの人が大きくしたがらない✋

 となると 重心を深くして インパクトロフトを増やす手を
 採用するんですけど、
 コレって より入射角度を緩く、アッパーをキツクする可能性を
 兼ね備えているので ちょっと怖いんです。

 また ウッドヘッドの形状 の 重心の関係は
 低い重心にすると シャフトの近い位置に重心が寄ります。
 重心が短くなって行くのですね。

 それに加え 重心が深いですから 重心角度が付く。
 つまり ヘッドが前に出た時、ヘッドが左を向き易くなる訳 です。

 それって 実質ロフトを殺してしまうので
 より ボールの高さが取れない可能性が生まれる。

 こすり打ち してるんだけど
 持ち球はフック気味、ドローなんて人が
 最近のドライバーを使うと 途端に距離が落ちる、
 なんて 事例がすごく多く発生しているんです。
2021-04-17_15

 おそらく…なんですが、本当は適切じゃない、
 オーバースペックな シャフトの硬さ も
 ヘッドの性能が出切らない、ロフトが立ち難い、
 シャフトが硬くて ヘッドを返し切れない(ロフトが死なない)
 こする性能を殺さない と言う意味で使われている
 のだと思います。 あとあと出る副作用は大きいですけどね。 」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「話は こすりとつかまり からは
 少し離れてしまうのですが、
  クラブを短く握る、握れ、というのがあります。
ドライバー入射角度

 単純に考えると 短く握る〜クラブが短くなる
 は ヘッドスピードが落ちて 飛距離が落ちる、
 と思われがちですが
 1インチ 2.5cm短くなって 変わるヘッドスピードは
 0.6㎳強です。 1㎳は変りません✋
 グリップで言うと 指2本分位です。
 2インチ 5センチ 指4本、手のひら分 で
 1.5㎳弱です。
 コンスタントに「当たる」と仮定して
 ドライバーの飛距離で言うと 7〜8ヤード、
 アイアンであれば 5ヤード以下、
✋短く握るコトが ヘッドスピードに影響がない
 とまでは言いませんが
 当たりによるズレ の範疇-程度です。
 『ヘッドスピード』による 距離への影響は大きくありません



 で、なにが「クラブを短く握った」時 なにが作用するか、
 というと ヘッドの進入角度、入射角度 です。


 例えば ドライバー ですが、
 まったく 同じヘッドスピードでボールに当たった、
 と仮定して
 ドライバーの場合、 『フェースのどこに当たった』
 で 良し悪しを判定しがち ですが、
 自分にとっての 理想的な入射 と インパクトロフト
 によって 飛距離はかなり差が出ます。
 例え フェース面状の打点がほぼ同じ だった としても、です。
 平均ヘッドスピード 37㎳ 位の方で
 20ヤード以上の差がある と言って良いです。

 現代の市販のドライバーは 長尺 45in以上が多め です。
 フェースローテーションの強いゴルファーは
 元々、入射角度がゆるめ、
 場合によっては やや強めのアッパー…
 ですので あまり相性はよくありません。
 👉それが より強調されてしまうから です。

 ドライバーは 縦のスピンが少な目、
 多くて3000cpm 少ないと三桁の回転になってしまい、
 ちょっとした 横回転に過敏に反応します。
 ロフトの多くないドライバーを アッパーに振り過ぎる と
 (打ち出しが高く/スピンが少ない)
 本来は 曲がらない程度の横スピンでも
 大きく曲がるようになってしまうのを防ぐため、
 少し短めに持ち、アッパー度合いを緩める
  と言う対処を取られる方もいます。
 
クラブ別スペック
 フェアウェイウッドが苦手、長物が苦手
 としている方の多くが、
 長いモノになると 煽って、しゃくって、
 入射角度とすると アッパー気味に入ってきてしまう点で、
 特に フェアウェイウッドのように
 ヘッドに奥行きがある場合に
 そのアッパーの加減にもよりますが、
 ソールの後ろ側、アイアンで言うとバンスのような部分 が
 地面と干渉し易いので ダフリ、やダフリチョロ、トップ に
 なってしまうことが多々あります。
BlogPaint
 短く握りますと アッパーであったとしても
 その度合いは薄れ、ヘッドの尻もちを回避出来たり
 する訳です。


 これは ウエッジを使った アプローチでも言えます。

 その対処は 経験の多い方ほど理解されていたり しますが、
 現在は 弾道計測器などにより 簡単に判別が可能ですので
 自分の 入射角度『傾向』を知っておくのは
 実は良い スコアメイク、現場での対処法になります。

 多くの方が ヘッドの軌道 というと
 インサイドアウト とか、アウトサイドイン とか
 ざっくり言えば 横方向の軌道ばかりを気にしていますが、
 コト スコア、アマチュアのスコアに関して言えば、
 トップ、ダフリ、チョロ、
 距離で言えば オーバー、ショートなど
 ヘッドとボールの縦のミス、 距離の縦のミス、
 の方が 影響は大きい
 と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「この こすり打ち なのか、つかまえているのか、
 勿論 もう少し 曖昧な領域もあるんだけど
 ココ(こすりとつかまえ)の部分が
 実はクラブ選択で結構、重要✋ なんですね。」
IMG_0361
受講生「!!!!!

店長「こすり打ちは 原則
 入射が緩く、打ち出し角度が高いがボール速度は遅く、
 ベースの ボール回転量は少ない のです。
 それぞれの方の ヘッドスピードやスライス、フック
 などのボール質にもよる訳ですが、
 若いうちは良いですけれど、
 こすり打ちタイプの人は 加齢で体力が落ちてくると
 ボールの打ち出しが取れなくなって 失速する傾向が強いので
 (元々 ショット全般に回転が少な目〜浮力少な目)

 ショットの中で 一番 打ち出し、ボールの回転量共に
 少なくなる ドライバーでは注意が必要です。


 普通のクラブを こすっている人は
 ドライバーになると 
 余計、煽ってしまう、しゃくってしまう場合が

 少なくない。。。
 
 現代のドライバー、
 特に カチャカチャが常備されるようになってから
 ドライバーの 重心がかなり下がり、
 ロースピンタイプのモノが多くを占めるようになっているので
 長さ、ロフトに注意が必要ですね。
EG05_02


 一般的に ロフト等が同じ条件では
 長くなると ボールは上げ易くなる
 んですけれど、
 それは 入射が緩くなるから なんですが、
 その条件は つかまえて打つ人に適応されますが、
 こすって打つ人にとっては
 元々 緩めの入射が レベルを超え、アッパー、
 煽りになってしまう可能性も高いので、
 長くなっても 上げ易くなったとは言えず
 逆に ボールが低くなってしまう可能性も秘めています。


 柔らかいシャフト、重いヘッドというのもあるのですが、
 実は この こすり/つかまえ タイプを見極めるコト と
 それによって それに適した 『長さ』というのが
 ドライバーに関しては 飛び にかなり影響します。

 流石に ドライバーは 入射角度がゼロ以上、
 ティーアップしてる分、結果的には 入射ではなく仰角、
 アッパー気味にインパクトするのですが
(意図的にするべきではありません)
 総じて こすりタイプの方は 元々アッパーが強め なので
 やや短めの  結果として 0〜⁺3度位のアッパーで
 収まる「短さ/長さ」にした時、飛距離が伸びます。
(繰り返しますが 意図的にアッパーに振るべきではありません)
 クラブが長くなって アッパーが強くなり過ぎる、
 ⁺5度を超えるようなアッパーになってしまうと
 曲がりが強くなってしまったり(縦回転が減るので)
 フォークボールやナックルボールみたいに
 急にガクンと落ちてしまうボールになったりします。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

 ヘッドスピードやロフトとの兼ね合い なので
 一概には言い切れませんが、
 だいたいの場合、
 まずは 硬さ(柔らかさ)が合ったことが大きいのですが、
 急激に飛距離が伸びた ドライバーの場合、
 その長さが造る 入射(仰角)が良かった
 というのが あるんです。 かなり大きい。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「お店にあるバランスボールは
 3舛硲記舛瞭鷦鑪爐あるんですけど、5舛諒を使うと
 運動が加わって その重さは 実質十数キロ
 になると思うんですね。」

質問「大変そうです。」

店長「よく言う 遠心力を掛けると
 トップ付近で曲がっていた 右腕(右打ち)は
 伸ばされてしまう のですが、
 それを 意図的に伸ばそう、
 もしくは 右手の方を打つボールの方に出そう、
 バランスボールを反転させてしまう、と
 その重さ によって グリップそのものが自分から離れます。
 ゴルフのスイングで言うと グリップが浮く って奴ですね。
 二重に遠心力掛けちゃってるから仕方ないです。

 腕とクラブも必要以上に長くなっちゃってますから
 からだも伸び上がらざるを得ません。
(jc(jc4










 両肘とグリップで作る三角形の
 クラブのある上側、表側 と クラブの無い下側、裏側、
 裏側、下側を目標、ボールに向けたまま
 からだの廻してくれば そのからだを廻すコト
 ソノモノが打撃 になりますが、
 上側、表側 を向けるとなると
 一度 どこかでからだを止めるとか
 左を向いてしまうとか しないと それは出来ません。

 からだの伸び上がる って動きは
 そう言うモノの 本能的な処理 と言って良いのでは
 無いかと思います。
 単に『伸び上がらないようにしよう』では
 まず 解決しないでしょう。」
(からだの回転と腕、そしてクラブ_Moment

質問「トップで作った 右手/左手の相関関係を替えず
 そのまま インパクトに入る・・・と?」

店長「そうです。
 左手の方が打つボールに近い方、
 腕の三角形は裏側を目標に向けたまま、
 もし 重たいボール、クラブの代替品ですが、
 それをリリース、放る のであれば
 下、斜め下 の方向になると思います。

 コレ 実際に試す と分かるんですが、
 バランスボール 重たいボールを
 ターゲットに投げる となると
 そのタイミングが命 になります。
 ですので 速度をあげると
 こんな単純な動作でも 同じことをしにくい、
 同じタイミングでボールをリリースできないので
 投げる方向、投げる角度 もマチマチになります。
 スピードを上げれば 上げるほど
 リリースのタイミングが難しくなり
 上げるスピード、どこかで止まる、
 と言う矛盾する動きが必要になってくる。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 ところが ボールを自分のフトコロ、
 下に放つ、手放す
 とするとなると
 その重さに逆らう必要がありませんので
 タイミングはあまり重要でなく、
 似た動作を繰り返し易くなります。
 結構、違います。
 裏投げとでも呼べば良いのか分かりませんが
 ボールの手放し方がだいぶ違うと思います😵

(からだの回転と腕・クラブ_Moment2022-06-27_12-09-57_Moment(3)








 そう言う感覚を既にお持ちの方もいらっしゃるでしょうし、
 全員の有効か は分かりませんが、
〇クラブを放つ
〇クラブを『目標方向に』投げる
〇からだの回転を使って 腕・クラブを振る
〇重さの定義に逆らい この場合はボールですが、
 クラブを反転させる

 というイメージを なんとなく抱いている方には
 かなり有効なドリル、イメージになり得ると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ハンドターンで上手く行っている人は
 無理に からだの回転とかを取り込まず
 そのまま 続けなさい…と❓」

店長「伝わり難い…かも知れませんが、
 ハンドターン、ハンドリリース、フェースローテーション
 を主にされている方の多くの場合、
 からだの向きは クラブを動かすコトがメインでは無く、
 腕の曲げ伸ばし、腕のリリースをする『空間
 作るためのモノです。

 ですので 耳や目から入ってくる情報として
 "からだの回転の方が大切"であったとしても
 抜本的に 打撃の主をカラダの向きに変えない限り、
 今のスイング動作のまま、からだの回転を増やしたり、
 右打ちであれば右向きを増やしたりしても
 良いことは多くありません。

 ちょっと ややこしいですが、
 ハンドターンの多くの場合、
 スタートは クラブターン、クラブが弧を描くコト
 をカラダでは無く、手でしている訳ですが、
 やっている内に クラブをターンさせるコトよりも
 フェースをターンさせることの方が主になりガチ です。

 クラブ自身を180度ターンさせた としても
 開いたままのフェース、開いたままのロフト では
 高い、スピンの多い、スライス回転、
 もしくは 下をすり抜けるような抜け球になるだけ で
 ハンドターンの主は クラブよりもフェースをターンさせるコト
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

✋準備としてのテークアウェイが
 俗に言う「上げるコト」ではなく
 フェースを回転させる為、フェースを閉じる為、
 「開くコトの為」が大変多く見られます。
👉ですので 右向きを増やしても
 フェースがより開き、インパクト間際でノ
 より急激なフェースターンが必要になったりするので
 向きや回転を増やしても 良いことは多くありません。

 からだをたくさん動かす、からだをたくさん回すから
 ボディターンではないのです。」


質問「ハンドリリース 手振り手打ちをしている人は多いと思いますが、
 多くの… 半分位の方は からだの回転に移行したいんじゃないです❓」

店長「そうでしょうとは思いますが、
 ハンドリリースって 

〇どこかを止めて、腕を振る、
◉腰を止めて 肩を廻す、
◉左サイド、左腕を止めて 右腕の伸ばす

(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)








 良くあるパターンですけれど
 インパクト時の 左脇の締まり っていうか、
 左肩から左手まで 絞ったような感覚で覚えている人も
 多いと思うんですが、ソコに至るまで、
 それを習得するまで、非常に複雑な過程なので
 その感覚を捨て去るのは簡単では無いと思います。

 俗に言われる『左の壁』
 おそらく 感覚的には 
左サイドの絞り、とか
 左脇のしまり、左腕のツッパリ
 みたいな感覚が
 インパクトとして とても重要で、
 からだの回転には存在しない 『インパクトの感覚』
 『インパクトの型』
と言うモノが存在します✊

【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)

 実際、ハンドリリースから ボディリリースに移行すると
 インパクト付近に 何も無いんです。
 ダウンスイングの過程からフォローの間の
 どこかに ボールに当たった箇所 はあるんですが、
 特徴的な動きとか、 特徴的な感覚 はありません。
 振り返ったら インパクトがあった と言う程度です。

 ただ 逆に ソコに矛盾というか、
 わだかまり、とどこおり を感じていた人は
 結構、大きな胸のつっかえ、のどに小骨が刺さったような
 そう言う感覚は失せると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「シャフトが柔らかいからスライスする
 飽きるほど聞いた ゴルフトレンドワード ですね。」

(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)

店長「笑うに笑えません。

 打ち手 である自分が動いて、
 ゴルフクラブ、その先端にあるヘッドは動きます。

 シャフトがどうの、クラブの機能がどうの、
 であっても 何もしなければ クラブもシャフトも
 一切ナンの動きもしません。 当たり前ですけど…。

 ですので シャフトが硬かろうが、柔らかかろうが、
 先端の重さの部分であるヘッドは
 自分の動きに対し、その重さの分だけ、
 移動する、運動数量が減ります。

 例えば ですけれど
 車に 長い竿を付け、その先端に旗を付けた としましょう。
 車が走り出すと 空気抵抗を受け、
 ゴルフのスイングで言えば ヘッドの重さと運動になりますね、
 その竿、棒 は その掛かる負荷の分、後方にしなります。
 スピードを増すほど そのしなり は増えます。
 グラファイト素材であろうが、なんであろうが、
fca79257

 加速、等速移動状態であれば
 そのしなりが戻ることはありません。
 それは誰にも分ると思うんですが、
 ことゴルフになっちゃうと
  その理屈は超越されちゃうんですね。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







 ヘッドの重さ シャフトのしなり〜柔らかさ は
 普通に発生することですし、
 出来れば インパクトは最大速度や最大加速時 に迎えたい、
 のですから そのヘッドの遅れ のまま
 打つ のが ごく自然な流れ
 です。

 
 ヘッドの遅れを取り戻す はそれをする為、
 『必ずどこか』の部分を減速、停止させる必要があり、
 それが肘であったり、手首であったり するので
 手打ち・手振りの故障につながって来ます。」

質問「ヘッドの遅れを嫌いますよね❓」

店長「遅れ = ヘッドの開き、ロフトの開き になり、
 シャフトが柔らかければ その量も増える、
 そして それを戻す量も増えますから
 スライス = 柔らかいシャフト になりますね。
 手で振っているか どうか、の踏み絵 とも言えます。」

質問「柔らかいシャフトに慣れてくると
 ああ 遅れをロフトの立ち にしさえすれば
 遅れは放っておけばいいんだなぁ って思えてきます。」


店長「そうですね。
 自分にとって 一番遠い存在のヘッドに構い過ぎ は
 良くないですよ。すごく間接的な関係なんですから😄

 その遅れを 放っておけるのが からだの回転でのクラブターンで
 その遅れを 放っておけず戻そうとする のが手でのクラブターン

 判断することも可能です。」

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「私も ツイッターやフェイスブック、インスタグラム で
 ゴルフやゴルフスイングに関する集まりの中にいて
 皆さんの投稿やコメントを読むのですが、
 なんと言えば良いのか
〇そのアドバイスは 間違ってはいないんだけれど
 結果 を修正する過程において 手で振る道に進む…

 を毎日、飽きるほど見るコトが出来ます。」
((((((((_Moment

TSさん「👉スライスに悩んでいます😵 動画付き

△「外から入っています」
△「開いています」
   って奴ですね。」


店長「そです。
 なまじ 物理現象の結果論としては 間違ってない のが困ります。
 でも 外から入ってくる 開いている を治すには
👉手振りに行くしかない 手打ちにするしかない
 軌道を変えると 違うヘッド姿勢になって
 ヘッド姿勢を変えると 軌道が変わってしまう

 そこには 答えは無く、無限地獄 があるだけ です。

 本来であれば ヘッドの描く道、軌道、移動ソノモノは
 カラダの向き次第 なんですが、
 【スライスに悩んでます…外から……開いて……】
 もうこの会話 始まった時点で
✋クラブの移動とからだの回転は分離したモノ、
😵移動中のヘッド姿勢を変えるコトが前提

 になっちゃう訳ですよ。

 多くの場合 なんですが、
 ヘッド姿勢やヘッド軌道、クラブの動き、移動 を
 考えた場合、ヘッドやクラブ それに近い部位
 で対応したくなるモノです。
 クラブから遠いトコロ、 例えば 脚とか、お尻、
 そんな部位で治そう って気にはなり難いモノでしょう。

 理想的には
 動作中 ヘッド姿勢を変えられないスイング、
 いつも一定になるようなクラブ扱い、
 ミスはある としても
 アドレスした時点で 出る球が 概ね決まる のが
 理想とする ゴルフスイング なんじゃないですかね。」

TSさん「多くの場合は 動かし始めてから より動かす、、、
 そりゃ 打ってみなきゃ わからん になりますよね。」
((切り返し 廻るの❓ 下げるの❓_Moment(3)

店長「ミスは付きモノ だとしても
 動かして最中に 更に動かしたら そうなって 然るべし
 だと思うんですけどね。
 治そうとすればするほど 迷路 に入ります。

 ヘッドは動かさない、
 クラブは動かさない、
 動くのはそれを持った自分だけ、


 と言う発想だから 治せるんじゃないでしょうか❓

 スイング改造 って言葉が なんだか魅力的 ってのは
 分からない訳では無いんですが、
 理論ではなく 理屈、メカニズムを抑えないと
 空気を掴んでいるようなコトになると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
店長「アプローチの問題は
 
硬いシャフトで下に振るスイングが基本 であると
 どうしても
〇寝たロフト 緩い入射〜横から入る、下から入る
 になるので バンスが張り、地面と干渉し易くなります。
 ミスが表に出ず、ボールを拾う、フェースに乗せる には
 スピードが必要になるので
 インパクト直前で 妙な加速が必須必要 になります。
(キャスト_Moment
 その加速があるので 全体の動作速度と距離感がつながらず
 ゴルフ歴が長くなっても 距離感が刷り込まれ難い。


✋コレ 少なくないと思います。




 遠心力が強くなる 下に振るショットでは
 ロフトが付き易く、入射が緩くなり易い ので
 ボールは上がるけど、前に進みにくい…
 必要な距離打を打つには 強めのインパクトが必要になり、
 速く、もしくは 大きく振らなければならない…
36682818

 ラフや 特にバンカーですけれど
 ボールだけでなく 砂や芝など別なモノも打たなければならず、
 速く、大きく振って…
 しかも 極上に軽いヘッドが付いているウエッジ。
 女性は 足元の緩いバンカーは苦手になり易い、
 嫌いになり易いでしょうね。
 正直、残酷 と言うほどに。」


質問「そう言うのって レッスンプロはアドバイスしないんですか?」


店長「難しいトコロです。
 教科書通りに教えれば ボールに届かない、
 しかし、クラブが関係していますよ とは言い難い…。

 クラブについては 質問されれば答えるのでしょうが、
 どういう経緯で そのクラブを手にしているかは
 人それぞれ事情がありますので そこは不文律というか、
 積極的には触れない部分でしょう。

 ゴルフを続けて頂く、楽しんで頂く、
 辞めないで頂く と言う点においては
 かなり 重要な問題 だとは思うんですけどねー。



店長「今回のこの女性に限りませんが、
 硬いシャフト、軽いヘッドのクラブで
 ゴルフを覚えた人は 歴にかかわらず、
 そのスコアにかかわらず アプローチが危ない人が
 ものすごい多い気がします。
 悪い言い方ですけれど 練習場でアプローチだけを見ていると
 100を切れる人、いないんじゃないか❓とすら思います。

 多くのゴルファーは硬いシャフト好き…硬いシャフト自慢気味、ですので
 日本人ゴルファーの 7割近くが この硬いシャフトが起因した
 アプローチシンドローム なんじゃないか 感じます。




 多くの人は 柔らかいシャフト、重たいヘッドって
 ブランブランしているから 距離感出し難い、
 フルショットには飛びそうで 適している けれど
 加減するアプローチ向き じゃ無い んじゃないか?!
 って思う、言うんですよ。
 打ち比べたコト 無いにもかかわらず。」
ECDi9XSUwAEgjre

質問「私もやらされましたけれど
 柔らかいシャフト、重いヘッドのクラブと
 硬い(スチール)シャフトと軽いヘッド
 打ち比べてみると 勝負になっていない。
 仰られる通り、フルショットするのなら
 まだ何とかなるんですが、
 硬いシャフト、軽いヘッドではフルショット以外の
 加減の必要なショット、距離では

 ミスが多過ぎて、距離感どころじゃない、
 柔らかいモノの方が 断然 距離感形成は楽です。」
20190811-OYT1I50023-1

店長「だから 短い距離でもフルショットをする、
 ロブショットに行き着いたりするんですよね…。
 
 フルショットで使うコトの少ないウエッジ ほど
 硬いシャフトを使われているんですよね、実際は。

 硬いシャフトで軽いヘッドのウエッジを
 ロブショット 開いて〜緩く入れるんですから
 PSやアプローチウエッジでも ロブウエッジとして使うのに
 ロブウエッジを入れるって・・・とても、不思議です。
 いったい 何度のロフトで打とうとしているんでしょうか?
   バンス角度が嫌なんですかね〜。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングの終わらせ方というか
 クラブの納め方が掴める、感じ取れる とだいぶ違うと思いますよ。」
((リリースの違い フォローの違い_Moment(4)
JMさん「トライしてみると 感覚的には
 左右の肘の絞り型、と言えばよいのか
 正しくは 絞らな型、絞らない感じが強いですね。」


店長「そうですね、 通常、多いパターンが
 テークアウェイで右腕右ひじ、フォロー側で左腕左ひじ
 を絞って ロールさせる方法 だと思うのですが、
 カラダの向き通りにクラブを動かす となると
 肘が先行、リードする訳では無いかも知れませんが、
 肘はいつも カラダの外に張りだした形になりますね。」
((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)

JMさん「感覚的な部分なので なんと言えば良いか難しいですが、
 インパクト時に感じていた 自分の体内の窮屈感というか、
 体の中で何かがクラッシュしている感じがなく、
 凄くスッキリした感じと言えば良いのか、
 何も無くて、物足りない感じもします。」

店長「あああ 分かります。
 仕事上、どうしても 強いハンドターンというか、
 フェースターン、ローテーションをすると
 その クラッシュ感がからだに残って しばらく苦労します😄

 左グリップ、左ひじをある程度ロックさせて
 それより先を廻す、左の肘から先をロールさせるので
 かなり窮屈というか、個人的には痛みも感じますもの…。」

JMさん「テークアウェイの取り方も変わりますね。」
店長「と思います。
 肘をカラダに張り付けて、下向きに絞る
 というのが多いと思いますが、
 テークアウェイ、フォローのどちらも外に逃がします。
 それを クランチ の肘とか、
 弊社では刷毛塗 なんて言うんですけれど、
 テークアウェイの形だけ それを造っても
 フォロー側でも行わないと あまり意味ないですからね。
((((((((_Moment

 と 同時に、まあ 少し大袈裟ではあるんですが、
 右腕の伸ばし、リリースで
 左手の前腕、手首側よりも上側を押す となると
 それをする為のグリップになると思うんです。
 インターロックとか、オーバーラップ、
 フックとか、スクエアでは無く、左右の密着度というか、
 それは必須になってくると思うんですね。」
((リリースの違い フォローの違い_Moment(2)

JMさん「。。。。。。」
店長「グリップを見て 左右の密着度の無い、
 緩いグリップを見ると  あああ 手で振るんだな
 って まずは判断します。
 スイングを治している中途でも まず見るのは
 グリップの密着度です。 直ぐに治らないのは仕方ないですが、
 トライしているんだなぁ、と言うのは分かります。
42ea91fd36ed9c16スナップショット 1 (2013-11-29 10-46)







 左右のグリップが緩い、離れているのと
 密着度が高い、のとでは 当然、アドレス、姿勢、その向き
 にも表れてきます。

 左右のグリップが緩い場合は 当然、体のゆがみは大きくなるので
 どうしても 見た目、違和感と言えば良いのか、
 奇妙な部分が出て来ちゃいますから。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment(3)「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(2)





 ショットって 縦の距離も、左右の方向も、
 出来るだけ 揃えたい、繰り返したい訳ですが、
 動的な動き よりも それを始める姿勢、アドレス、グリップの方が
 影響が大きい…んですが、
 その姿勢、アドレス、グリップの均一性を高めるために
 動作としてのスイングを造っている と言っても間違いないです。
 動作ソノモノの問題よりも大きいかも、です。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
店長「これは やってみたけれど 上手く行かない
 を解決する手段になるモノ でしょう。

➂強いショットでは 慣性や遠心力が付きますから

 リリース がない訳じゃないですけど
 リリースのタイミングの問題 と言うよりも
 何を』リリースするか によって異なってきます。

あらかじめ 定義しておきますが
この場合で言う リリースとは
テークアウェイ、トップで 短くなった利き腕、曲がった肘。
右打ちで言えば 右腕、右ひじ ですね。
これを 伸ばしていく作法 を指します。

 手で振る、手でクラブターンする場合、
 左グリップを支点に 右腕を伸ばすことによって
 『クラブ』をリリースするコトになります。

 その結果、左ひじは拘束されてしまいますから、
 左ひじの窮屈な 小回りなフォローになります。
 スライスや引っかけ、フェアウェイウッドの苦手の原因になりガチ です。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)

 からだの回転で クラブターンをする場合、
 それをリリースと呼べるか微妙なのですが、
 クラブを持った左手をリリース?する、
 からだの回転に同期するように手助けするのが
 リリースと言う言葉に相当する 右手の、右ひじの伸ばし になります。

 
 強いショットの場合、遠心力も加わってきますから

 コチラの方が 圧倒的に 大きなフォローになり、
 軌道変化やヘッドの高さ変化が緩く、安定度も増しますし
 スピードアップも望み易い と思います。

 仮に ボールを投げる として
〇腕を止めて その反動で手首から先だけ振って投げる のと
〇腕ゴト、からだゴト、動かし続けて投げる、

 練習量や自信(メンタル)によって どちらがスゴイ球か
 一概には言えないでしょうけれど、
 後者の方が故障は少なくなり、長く活躍できる と思います。

((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)

 繰り返しになりますが、
 右腕を伸ばすことによって
 クラブをリリースしてしまう…
 クラブをリリースするとは クラブにからだの回転とは別の
 回転運動、角度運動を指しますが、
 これをしてしまうと 左グリップ、左ひじは拘束されます。
 止まってしまう と言えば良いでしょうか
 ですので その時点でからだの回転とクラブの関係は
 途切れてしまいます。
 リリースポイントを遅くすれば出来る、というよりも
 やはり『何を』リリースするのか、
 右腕を伸ばすコトによって『何を』しようとしているのか、
 が大きいと思います。

 この動画に出てくるリリースは
 素振りの時点で クラブ単体に回転運動をさせようとしていますから
 左腕の作法などを意識しても 手で振る から
 逃れられません。

 もしかすると…ですけれど、
 勿論、全員に当てはまるとは言えませんけれど、
 手で振る、手打ち と からだの回転で境目になる、
 これが理解できると かなり改良される人もいるんじゃないか、
 と思います。


この動画においても
一瞬、ですが 左サイドがひっつれる
上に逃げる瞬間があるのですが、
➂の問題(支部長)は無いと思うのですが
△鯆呂瓩譴弌,茲螢好燹璽垢法△茲螳堕蠅靴董
もしかしたら ほのかにスピードもあがる
もしくは スピードの低下を防げる気がします。


 左サイドが詰まっている、
 左サイドが渋滞を起こしている、
 左ひじが痛い
 なんて人には
 とても 有効な処方だと思いますよ。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「パッティングストロークの話しに戻りますが、
 パッティングストロークにおいて
 一番避けたいインパクトは
 アッパーに打つ、煽り打つ、歯で打つ、
 です。
IMG_1386
 パッティングストロークを弾道計測器 で
 計測しながら行うと
 普通に打つ、
 まあ 当たり前ですが、フェースで打つ に比べると
 歯気味、アッパー気味に歯で打つと
 ボールのスピン量が いきなり5倍〜10倍増えます。

 その弾道は 初速は速いのですが、
 見た目にも 急速にボールスピードが落ち、
 初速に反して ボールが行かない、
 世に言う 伸びない球筋、転がりになります。
IMG_0031_Moment
 この写真は トーナメント中のプロのモノ です。
 この選手は かなりアッパー気味にストロークしています。
 が故に、歯気味でインパクトに入ってしまい
 ボールが伸びず、苦労していました。
IMG_0030_Moment(2)

 パッティングは オーバースピンだ、
 と言われますが、それはその通り…なのですが
 それは空中を飛ばず、地面を転がる、から であって
 オーバースピンをかけて 打つモノ ではありません。
 氷の上でパットをすれば スピン量は多くありません。
 当然ですが、同じチカラ加減で打っても
 氷の上を転がるのに比べ
 通常の芝の上を転がると ボールは遠くに辿り着きません。
 摩擦 があるから です。

 順回転、オーバースピンはかかっていますが
 その距離に対し、適正なモノに比べ、
 より多くの回転が伴っていると その分、
 芝との接触面積も接触機会も増える訳ですから
 ボールにブレーキがかかってしまいます。

 ボールの外周は 約15cm ですが、
 150cm以上移動する のに 10回転未満の回転 が
 パターにとっての 良い回転 であって
 150cm移動するのに 15回転も回転させるには
 余計なチカラ加減が必要になりますし、
 接触機会が増えますから 芝目の影響も大きくなります。

 芝の状態によって 距離感も影響を受け易いですし、
 ラインも大きめに取らざるを得なくなります。

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

 アマチュアだけでなく、プロにとっても
 ボールを煽り気味に打たない、ちゃんとフェースで打つ
 は あまり意識されていませんが、かなり重要、
 特にアマチュアゴルファーのパッティングの生命線、
 パターが得意と苦手の分かれ目になるポイント
です。

 昔から フォローで 
 『パターヘッドを 低く長く出せ』と言われますが、
 その意味はココにあるのです。
 乱暴な言い方になりますが、
 アッパー気味に、あおり気味にストロークするのであれば
 フォローが無い方がマシかもしれません。

golfutikata233真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ振る
ばかりを気にする傾向が強いですが、
ストロークをする時の自分の目から見た真っ直ぐ よりも
((パッティングストローク_Moment(2)

このアングルから見る 真っ直ぐの方が
総合的なパッティングストロークとしては重要です

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Aさん「この距離感の練習は かなり役に立ちそうですね。」
店長「はい。そう思います。
 練習場で グリーンに向かって続けるよりも
 よりリアルで、より是非が分かり易いですから
 飽きずに出来ますよね。」
Aさん「50ヤードのショットが 自分の感覚では
 こんなに "打つ" とは思っていませんでした。」

店長「そうですね。自分の届く最大の距離が70ヤードだとすると
 距離感として 50/70 と言う割合ではありません。
 スピード換算(㎳)で 25/27 だったりする訳です。
Desktop 2022.01.23 - 16.05.22.01_Moment

 あと…ですね。
 アプローチにおいては 時に、
 意図的に スピンでは無く、打ち出しでボールを上げるような
 抜ける球を打つコトもあります。
 覚える必要はない……かも知れませんが、
 それは往々にして、キャストして
 緩い入射で、大きなロフトで打つコトを指します。
 弾道の頂点を 自分に近づける方法です。
 あごが高く、近いバンカーなど が
 そうかも知れません。
 
 もしかすると、かなりの人が
 『バンカーショット』は全般的に
 こう打つのだ‼ と思っているかも 知れませんが。。。」
Aさん「思っています。
 ボールの手前から ダフリ気味に…って感じです。」
店長「そう言う場面もある でしょうが、
 基本、バンカーであっても それは特殊なケースで
 やってみると わかりますが、
 距離 としては より強い振り、速いスピードが必要になりますので
 距離感が難しくなります。
Desktop 2022.01.23 - 22.52.43.01_Moment

 通常、アプローチを含め
 ショット全般は トップで出来た 腕とクラブの形
 それを解かず、固定したような形のまま
 カラダの向き「だけで打つような」、そんな感じですが、
 解いてしまう打ち方だと
 ボールの打ち出しが高くなり、スピンは減ります。
 弾道の頂点が自分に近づきますので 飛ぶ距離は落ちます。
 アプローチであれば 目の前の高さは出ますが、
 スピンは入り難いので 足が出る ようなショットです。
 
 それを そのままドライバーですると
 ボールの高さは出ますが、早い段階で失速するような…。
 ヘッドスピードの低い方がそれをすると
 ボールの高さも出ず、キャリーボールも出ません。。。
 左グリップや左サイドを止めて
 シャフトをしなり戻すような、
 静止点を作って その反動のようなインパクトを作ると
 もしかしたら 少しスピードは上がるかも知れません。
 が、それは打ち出しやスピンに化けてしまい易く
 距離にはなり難いのです。
スナップショット 1 (2013-10-12 12-11)

 ショット全般の飛距離不足の方、
 アプローチでは無く ショットの距離不足に悩んでいる方、
 は そう言う打ち方をしている可能性がある、と思います。


 アプローチはかがんでいるコト、
 練習が正に練習というような退屈さがあるコト、
 なのは 確かですが、ドライバーの練習よりも
 疲労度が低いと思います。
 ドライバーで 練習すると
 ナニカ課題を持っていても 結局、強く振るコト
 になりがちで 疲労度も高い。
 ですので ドライバーの飛距離不足改善にも
 良い練習になると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「冒頭から変なタイトル、、、ですよね」
店主「そうですねぇ。。。 実は各ゴルファーにとって
 からだの回転、のその「カラダ」がどこなのかは
 結構、種類があるんです」

質問「からだは一つ、だと思うんですが…」
店主「そうなんですけどね。
 大きく大別して 4種類あると思います
 その判断点、基準になるのは
 前の記事 にある通り、 
 動かす部分(土台)と稼働させる部分、
 その境目 になるのはどこなのか、です」

➀ 腕/肩
➁ 胴体 胸/腰
➂ 足首 靴/足首より上
➃ 股関節 太もも/骨盤より上



➀「まず 一つ目 は お約束の 腕/肩 です」

質問「察するに 一番、多そうな感じですね」
店主「アマチュアゴルファーには多いですね。
 かなりメジャーな からだの回転流派 です。
 肩 と言っていますが、
 土台、動かさない部分は 肩も含め、体全部 で
 稼働させるのは 腕 だけです。

 ですので からだの回転 と呼んでいますが、
 カラダは動かさないので 腕の振り だけ、
 と言った感じに成るでしょうか❓」

質問「問題、悩みは多そうですねぇ」
店主「そうですね…。
 テークアウェイで 右打ちの人は
 右に大きくハンドルを切るように
 フェースもロフトも開いて、上げる ので
 重心の深いウッド、ドライバーでは
 アイアンに比べ よりフラットな振り方になります。
 また、それに応じて アドレスも
 長いモノが、その長さ変化以上に 起きて構える習慣が
 強くなるので アイアンとウッド、特にドライバーは
 違う振り方、と言う認識が大きいんじゃないか、と思います。」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)
質問「クラブの長さが変われば、スイング軌道の傾きが変わる、のは
 分かりますが、それ以上 の差になる訳ですね。」

店主「後から出てきます(3番目)が、
 カラダを動かさず、手で振るだけでは不十分なので
 複合技として、残りの向きの変更は
 ➁からだを捻じったりせず、
 ➂足首 と言う人も多いです。」

質問「え⁈ 足首 なんですか?」

店主「そうですね。4種類は厳密に分かれる訳ではなく、
 4種類の複合、合わせ技なんですが
 からだの向きを変える、その行為の一番主になるのはどこか、で
 意外にも足首➂、
 動かさないのは靴の部分で、稼働させるのは足首から上、全部。
 腕と足首の合体技、
 このからだの回転流派 意外に多いんですよ。
 コレ、おそらく…なんですが、
 意識してそうなった、と言うよりも
 手でクラブを開いて上げて、閉じて降ろす
 と言うスイングは どうしても
 フラット目なスイング軌道 になりガチ、です。
✋アドレスも棒立ち気味か、
✋結局は起きるんですが、逆にメッチャ 深い前傾で始める

 二通りになりますが、クラブを開いて腕を振るので
 トップの位置で クラブの重さが背後に掛かるので
 バランスを取るため いつの間にか、足首で廻るようになった、
 と言うパターンが少なくないのではないか、と思います。」
漆原_Moment
質問「あああ なんか よく見るスイングな気がします。」
店主「スイング中におけるクラブの重さの掛かり方、
 動作の特徴上、テークアウェイでボールの方に深く傾き、
 ダウンスイング以降で 伸び上がるような動き が
 手(腕/肩)でクラブを振る、足首が境目で廻る人の典型です。
 とは言うモノの 『開いて上げて、閉じて降ろす』や
 『からだを廻せ』『スイングはフットワークだ』 と
 スイングのなんとも微妙なセオリーに忠実だったりするので
 この合わせ技はアマチュアの最大派閥と言えます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


もし 切り返しから
 右左、どちらかサイドを「先に」動かす としたら
4289f9fa-s✋右 は 想像がつかない のではないか、と思います。
右を先に動かす としたら
こう 右側がもぐってしまう
 ような感じになると思います。 

しかし、左側を先に動かすイメージは
 多くのゴルファーにとって なんとなく馴染んでいる
のではないでしょうか。
右側を置いて来るような感じで
カラダを開く、胸を開く ような感じになるでしょうか。
特に 左足先行型の人に多い気がします。
スナップショット 7 (2017-04-20 16-36)スナップショット 8 (2017-04-20 16-36)スナップショット 9 (2017-04-20 16-38)スナップショット 10 (2017-04-20 16-39)







左が先行する間は 右は動かさない、
カラダが開く、胸が開いた後、右腕、右サイドを使い、
胸を閉じる ような感じ成るのでしょう。
ソコに 動作の順序が存在する訳です。

右腕、右サイドを先行させるイメージは
 ナカナカし難いとは思いますが、
右が潜る感じにつながって行くと思いますが、
それは 茵∈献汽ぅ匹動いていないので
前がつかえている 当然の帰結です。
グリップは両手で持っているのですから
右腕を伸ばす、右腕で叩く としたら
 左腕(左サイド)も動いていてくれないと
行き場所を失うのです。

最終的な行き着く先、としては
 両サイドは同時に動いていくのですが、
右腕を伸ばすコトが打撃の主力 としている人は
 逃げる左グリップ、左肩、左サイド に対し
切り返しから まず 右腕を伸ばし始める
 そういうドリルをして
右左の同時進行の感覚、
 つまりは からだの向き通りに移動していく感覚を
 掴んでも良いかも知れません。

からだの回転で打撃するコト は
 手を使わないコトではなく、
カラダの向きで出来ることはカラダに
 腕ですることは腕で と分担制になるだけ です。
あえて 言うのならば 左右の腕が どちらかに偏らず
 動いて…振られていれば それはカラダとの分業に相当するので、
 両腕の適切な振り方 で覚えた方が より分かり易いかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



重いヘッドが使える方が断然楽です。

IMG_0504


初めてのお客様も打つ前は
「重い方が振りにくい?!」
と考えがちですが、
ほんの数分打っていれば、その重さには慣れますし
兎も角 体にやさしい です。

比較すると分かりますが、
軽い市販のヘッドのクラブを打つと
嫌な衝撃が感覚として残るような、
ボールの質に関係なく とても硬質な感触です。

インパクトの抜け…と言いますが、
同じ速度で移動していれば 質量の重いモノの方が
慣性力が高いですから、打ち抜く と言う意味では
とても高性能です。
5a0eeaec

重いヘッドのクラブの方が明らかに
クラブに近い 手首や肘 などを痛めにくいですね。


弊社の悶絶クラブは
アイアンで言うと、市販の軽量スチール装着のモノより
100g弱、30%以上増量されています。

(一般的なスチール用5番ヘッド重量240g
 弊社の悶絶5番アイアンのヘッド重量328g)

クラブの形になったモノを持ってみると
シャフトの長さもありますし、シャフトも柔らかいですから
倍以上重くなったような感触があるでしょう。

重いモノの方がやはり慣性モーメントが高いですから
ミスに断然強くなります。

特に上下のズレ、多少のダフリやトップのミスが
中和されてしまいやすいです。
バンカーやラフなどの異物も打たなければならない場合が
とても強いのが特徴。

正直言って、チカラの無い女性が
市販のウエッジのヘッド重量を
軽量スチールで打たなくてはイケナイなんて
なんの拷問だよ…と思いたくなります。
昨今、急激にバンカーが苦手な人が増えているですが、
クラブの問題が殆ど…と確信する次第です。


IMG_0591


スイングを覚えていくのにも
クラブがどこにあるのか 非常に分かりやすく
ヘッド姿勢、開いているのか、閉じているのか
そう言うのも はっきりと知覚出来ます。
スイング中、どこで重くなり、どこで軽くなるか、
も知覚出来ますから、スイングのテンポ感やリズムも
とても掴みやすくなるので お薦めです。



重さを上手に使うには
ごくごく当たり前ですが
重さは下、重力方向に引っ張られるチカラの単位です。
ですので ゴルフクラブを握っている部分が
重さの付いたヘッドよりも上にある(ヘッドが低い)時は
大きな体の部位、胴体なり、足なりで 動かす方が良いでしょう。
腕を使うチャンス
テークバック時には速度が重要ではありませんから
(・・・急ぐ必要はありませんから) 除外対象ですが、
ダウンスイング〜インパクト〜フォロー の区間では
ヘッドがグリップよりも高いところに位置している時
それが唯一の機会です。
dW l (2)_Moment

そこを逃してしまうと
重さは移動速度に積分(掛け算)で重くなりますし、
重力という下方向だけでなく、
遠心力と言う 立体的に複雑な重さが加算していきます。
ヘッドの方が低くなっている時は
概ね クラブ、そしてヘッドを動かしたい方向とは
大きく異なる方向に重さがかかります。
それでは重いばかりです。
クラブを自分で動かしてボールを打つ コトよりも
クラブを動かすソノモノ にしか余裕がなくなってしまいます。

腕を使うのは ヘッドの方が高い時のみ
その意識はとても大切で、
逆に 高い時であれば
ヘッドの重さも 移動に利用できますし、
クラブの造り出す重さの方向/ベクトルも
動かしていきたい方向ととても似ています。

スナップショット 1 (2017-01-13 12-27)スナップショット 3 (2017-01-13 12-28)スナップショット 4 (2017-01-13 12-29)






例え 紙のように感じる市販のヘッドであっても
重さはある訳ですから、その利用の仕方を
無視してしまっては
本来の ボールをどかす、
ボールの質量に負けないための重さ が
単なる運動の負荷になっていまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先ずはコチラをご覧ください。


実験的に少々、オーバーにはやって頂いています。

ダウンスイングで
腕はカラダから生えているので
腕自身をはっきりと動作させるには
カラダを止めないとイケマセン。
等速であるのなら まだしも
カラダの動き、この場合は回転、向きの変更ですね、
これが加速中であれば
 腕自身は はっきりと動作出来ません。

ですので ダウンスイングの始まり、
切り返しは 少々、オーバーでも
先に グリップを下げる、
一区切り 付けて
そこから 廻る、向きを変える、
 という ドリル をしてみて下さい。

下げる慣性 と 回転の下へのふくらみ が
 合算するので 若干、しゃくり打ち、ダフリ に
 なるのはご勘弁ください。

ドリル、というか 確かめ算的なモノになるのですが
自分がいったい、切り返しから『どうしよう』
 としているのか、
テークアウェイでなにがしか で 上げた、
 もしくは 高くしたグリップの低さを確保するのに
 どんなことを❓
 いつ❓ ❓しているのか
((切り返し 廻るの❓ 下げるの❓_Moment(3)

廻り始めるの と 腕を動かす、
 この場合は下げるが主、ですが、
「自分が」どちらの順序で行っているのか
確認するのは良いコトだ、と思います。
((切り返し 廻るの❓ 下げるの❓_Moment(2)

先にも書きましたが、
腕の生えているからだの回転が
本格化すると 腕は動かせなくなってしまいます。
故に スイング動作としてまとめると
どちらがどちら とははっきり見えませんが、
意識としては グリップを下げる(下げ始める)
その後 カラダの向きを変え始める というか
グリップの縦軌道を造るため、向きを変える
 というイメージを持つドリルになると思います。




本年もありがとうございました。
良い年をお迎えください 店主
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


極端に重いヘッド、極端に柔らかいシャフト
 (一応 それ以外もゴルフクラブ全般を取り扱ってはいるの…ですが)
 それを専門としている私が言うのも、なんなのですが、
 市販クラブの最大の問題は
 ✋ハードなスペック
 …分類として Xの硬さ だけでなく
  その硬さを Sに落としても、SRにしても大差ない
  スチールシャフト装着のアイアン
  憧れやこのスペックを使いたい〜使えるかも…
  と言う郷愁が購買意欲をそそる…のか。
 ✋軽いクラブ
 …見た目やさしそうな 軽量ヘッドに
 表記上、Rとか、
 アイアンセットを「カーボンシャフト」にしても
 (予算と言う意味で)購入できる購買層
 若さをあきらめた雰囲気を醸し出してる… 〜高年齢層

  硬いシャフトのクラブ と 軽いクラブ
 大別すると、分野ズレした
 この二種類しか 市販されていないコト と言えるでしょう。

IMG_0784


多くの人が体験されている、と思うのですが、
 スチールの…ハード系スペックはちょっと辛い、
 何年か振りにゴルフに復帰したから 少しスペックを落としたい、
👉その場合、一般的なゴルフクラブの知識では
 以前は ダイナミックゴールドのS だったので
 カーボンシャフトの SRとか、Rにすれば 大丈夫?!
 と思うのでしょうが、
 実際に使ってみると 確かに振り易い…… けれど
 (ヘッドも軽く、シャフトも軽い…ので)
 なんか違う…。 想像していたのと違う…。


痛かった腰が良くなるか…と思いきや
 ほとんど変わらず、振り回してしまう分、
 余計に痛めてしまう ナンテコトがあるのだと思います。

ハードなスペック の 反対は 楽ちんスペック で
 それは イコール 軽いコト ではありません。
ハードなスペックの代表例 の スチールシャフトのアイアン は
 重いことが問題なのではなく、硬いコト が主の問題です。 

良い悪い ではなく、ゴルフクラブの重い 主要素は
長さの先端に ヘッドと言う重さが有るコト であって
その長さ である シャフトの重さは
 あまり大きな差にはなりません。
弊社の悶絶クラブ であれば、
 同じ硬さであったとして
◌240gのヘッドの付いた 120gのシャフトのクラブ よりも
◌300gのヘッドの付いた 60gのシャフトのクラブ の方が
 はるかに重く感じられます。

漆畑2018_Moment

軽い 👉 振り易い というコトは
自分で振りなさい、自分でなんとかしなさい と
非常に近似値な意味なので、
軽いヘッドのクラブ の良いトコロは多くありません。
アプローチに苦しんだり、チカラの無い人がバンカーに苦しむ
最大の要因になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


いつも楽しませて頂きありがとうございます。

 
Ⓡさん 一夜の夢シリーズは正に現実化した、訳ですが、
よく言葉として ゴルフ中継などで出てくる
「あっ… カラダが止まりましたね‐。」
というのは 具体的には
グリップの上がり、高さ変化が止まったコト
を指します。
無駄な、多過ぎる、する必要のない
 フェースターンをする、発生してしまう とその現象は表れます。
逆を言えば、フェースターンをするのには
 グリップの上がり、高さ変化はご法度、
インパクト前後でグリップが上がり、
高さが変わってしまっては
フェースターンするコトソノモノがとても
難しくなります。

それから導き出していくと
総じて フェースターンがスイングの基礎 となっていると
スイング全般に グリップの高さ変化の少ない
グリップ移動のフラットなスイングになり易く

フェースターンはしたいのに… 目指しているのに…
グリップの移動 上下変化の大きい、
グリップ移動のアップライトなスイングの人は
フェースターンがし辛く、スライス気味になりガチです。

Rさん バルブは開ける方向にお願いします_Moment

映像の二人を比較してみると Ⓡさんのスイングは
全般的に グリップ移動がフラットで、、、
意識する必要はありませんが、
ご本人が気にしていた「インパクトは体の正面で」
グリップのフラットな抜け、横への逃げ、
高さ変化の無し、グリップが上がらない、
がある限りは からだの回転を止めない限り
  実現はとても難しい、と思います。

今、現在 手で打たない、手を使わない、
からだの回転で、を意識しているとは思うのですが、
スイングの基礎が フェースターンする為の動き
の中で、「手を強く使わない」を実行しているに過ぎず、
スイングが変わったように見えても、
 一晩限りの間柄になってしまうのです。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(2)

ダウンスイング〜インパクトで
グリップの高さが下がらず、
妙な形でボールの方に出てしまうのも
「フェースターン」をする為には 高さ変化が多いと
実現できないが基になっている為です。

ですので、アプローチどりる  の課題の次は
グリップの高さ変化の有る、
インパクト前後で、グリップの高さが上に抜ける、
グリップの高さ(低さ)を留めない練習をしてみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ