◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: クラブ扱い



ありがち…な感じですが、
切り返し、ダウンスイングの前半で


1.体重移動だけする
 👉下半身のリード の意識
 下半身、足だけが左に行き
 からだが右に倒れる
2.上半身、肩だけを残る
3.からだの回転での正面向き の機会を逃しているので
 インパクトは手で作らなくてはならなくなる
4.体重移動している筈…なのに からだが右に傾くので
 右に残ったまま 打つコトになります。

IMG_0665_Slomo_Moment(2)IMG_0665_Slomo_Moment(3)IMG_0665_Slomo_Moment(4)






この顛末は「手で振る」「手で振らざるを得ない」
スイングに行き着くだけです。

IMG_0666_Slomo_Moment(2)IMG_0666_Slomo_Moment(3)IMG_0666_Slomo_Moment(4)







スイングの自然な「タメ」は
〇からだが回り
〇その体通りにグリップが動く
〇グリップに対してはヘッドが遅れる コト であって
からだに対し、グリップが遅れる(右にズレる)コト ではありません。


IMG_0666_Slomo_Moment(3)IMG_0665_Slomo_Moment(4)






二つを比較すると
見た目には 左腕 グリップが降りて、下がっていないように見えますが、
実態は、 下半身〜足の動作に反して
肩回り〜上半身上部が そこに留まってしまっているのです。

下回りが左へ移る 👉体重移動
これに伴って 左半身全体、
下から上まで、左上半身も左足の方に動けば
グリップは自然に下がってきます。

下半身に対し 上半身上部〜肩を残すことで
「タメ」を作るのだと勘違いしていますが、
それは単に「リキミ」 力が入る感じがするので
その感じでダウンスイングを覚えてしまっているのでしょう。

実際には 下半身の動きと同期〜連動して
上半身も動いて来る 👉向きを変えてくるので
インパクトは思っているよりも 早い時期にやって来ます。

IMG_0666_Slomo_Moment(3)
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment








同じような グリップの高さで
シャフトも似たような位置にあっても
フェースの向きは大きく異なり、
からだの向きも異なります。
ここからでは からだを止め 手で振るしかないのです。

他の要因がない とは言い切れませんが、
インパクトの手打ちを防ぐには
ダウンスイングの初期動作に注意が必要なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


軽いヘッドの装着された
硬いシャフトのクラブを使う限り
ヘッドを出来るだけ多く、かつ速く動かし
足りないヘッド重量の分を運動速度で補わないと
ボールは飛ばない〜ボールの質量に勝てないでしょう。
yjimage0IQ6BINQ

しかし そのヘッドをたくさん動かす…
本来、グリップが移動した分…
ヘッドの重量分動こうとしない分を差し引いて
移動する筈のヘッドを
グリップの移動よりもたくさん動かせば
ヘッドの軌道、インパクト時のヘッド姿勢、
体の姿勢に対するインパクトの時期 は
ほぼ無限に存在し、
よくゴルファーが言葉にする
 体を開く = スライス
みたいな 単純な公式では測れなくなります。

それを ハミングバードでは
 ヘッドを振る・シャフトを振る・クラブを振る
スイングと定義しており、
もっともゴルフクラブの機能を発揮させない
体に負担のある 打撃方法 としています。

悶絶クラブユーザーには分かられる方も多いと思いますが、
クラブを振るスイング とは
どういうモノか 具体的に説明します。
場合によっては 実験できるかもしれません。


仮想に練習器具を造るとしましょう。
グリップエンドに装着し
ヘッド➡グリップ 方向に レーザーなり、
光を発するとします。
グリップエンドに 50属未遼世鮖匹靴
 としても良いでしょう。
IMG_0709

テークバックは棒を刺している場合
流石にその棒はそれを邪魔しますが、
トップの位置を作ってみましょう。

トップオブスイングは
体の姿勢やヘッド姿勢、クラブ姿勢よりも
そのレーザーなり、光、棒が どこら辺を指しているか
というのが分かり易い場合もあります。

おそらく それは右の靴つま先〜〜よりも前(ボール寄り)
あたりと思われます。

そこから ボールを打つ訳ですが、
棒を刺していても
その棒は体を横切らず
スイング動作の邪魔はしません。

スイングの進行方向は
右向き➡正面➡左向き という
回転運動なので 傾いた曲線の半円 のような
形式になる訳ですが、
グリップの向き、グリップエンドから発せられる光
はその進行方向を逆行することは決してありません。

左への進行方向の中で
インパクトは当然のことですが
ほぼすべての作業は終了します。

棒やレーザー、光は トップ以降
どの場面であっても 自分の体の向きの左側を指しており
自分の体を向くことは決してありません。
まして 自分の体の右を向くことはありえません。

ところが ヘッドの振る・クラブを振るスイングは
その グリップエンドからの光は逆行します。
もしも 50促皀遼世鮖匹靴討い燭
その棒が自分に当たってしまい
スイングを中断する羽目になります。

棒を刺しての練習は
実際の打撃では危険ですし
シャフトの内側に負担を掛けてしまうので
素振り程度にして頂きたいですが
クラブを扱う感じを掴むにはとても有効です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


アプローチだけに限らず
意外なナイスショットのコツは
右手の手首のロックに有ったりします。
(右手の手首を固定するコト)

ショット、ですぐ実践するのは
ためらいがあるかも知れませんので
まずはアプローチ、パターから
行ってみて下さい。
スナップショット 6 (2012-11-01 20-32)
上げるアプローチをしようとする時
多くの方は 右手首を甲側に折っているのを
横ビンタをするように 手の平側に折る
その過程の中でインパクトしようとします。
これは ダフリ ショート チャックり
スピン過多によるスピンが効かない
など 多岐に渡るミスの原因です。

それらを解消し、少しでも上から打て
ロフトの締まったインパクトを作る
その第一歩としては 右の手首の固定は
かなり 重要だったりします。

上げるアプローチであっても、転がし
であっても 右の手首はロック
ココにトライしてみて下さい
スナップショット 2 (2012-11-01 20-24)
まずは。。。。
手首でテークバックを取らず
体の向き 脚さばきでテークバックします
(アプローチですから小さ目に)
脚さばきで クラブは俗に言う インサイドに
動きます。前傾姿勢が有るので
その前傾姿勢に対して スクエアなロフト
になるように 注意しましょう
スナップショット 1 (2012-12-21 22-48)
切り替えし から肘動かし始める のも良し
脚で動かすのも良し
どちらにしても ヘッドを動かそうとせず
グリップだけ移動させます。
ヘッドを置き去りにすることで

右の手首を甲側に折る姿勢を作り出します

そして そのままインパクト

ココのポイントは 2つ
右の手首が甲側に折れている
ということは 自分からヘッドまでの距離が
アドレス時よりも近くなっている。。。
言い換えれば 腕を足したクラブの長さが
短くなっています。
ですから、ちょっと極端に書きましたが
このアングルで言うと、行きと帰りのクラブの長さが
異なっているので このように降りて来るイメージ
BlogPaint
になります。切り返しでヘッドを置いてくることに
よって 上から入ってくると言う意味です。

同時に クラブは短くなりますので
しっかり左へシフトする とか
あらかじめ 中目にボールを置いておく とか
スタンスを開き気味にして、その長さが短くなる
ということには備えておいて下さい。

ショットにつなげていく と言うことを
考えると、左にしっかりシフトしていく事が
大切になるのですが、
上手く出来ない間は アプローチのみ
始めから左体重にしておく など
少々 工夫もアリ! だと思います。

慣れて頂く必要があるのが
これが出来るようになると
ボールの出球のスピードが上がります。
今までよりも、締まった(立った)ロフトで
インパクト出来るようになるから です。
今までの振り加減 だと飛びすぎる恐れがありますので
距離感は練習で体験して頂く必要があるかと
思います。

ちなみに バンカーショットも
余程 特殊な場合を除いて、右の手首は固定して
打つことをお薦めします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

   
▼手で円軌道を造る
▼腕で円軌道を造る
▼フェースローテーションをする
▼自分では体だと信じている肩を回す

「こすり打ち」のスイングをするには
テークバックで 手で上げなくてはなりません。
からだ…ではなく からだだと信じている肩だけを回す
video_Moment(4)

この「上げ方」は自分で自分にコブラツイストをかけてますから
回らなくて当然、回ったら病院行き です。
無理に回して からだを痛める
無理に回すと からだと腕の位置関係がより振り遅れ 
回せば回すほど クラブは開きます・・・

 どこにも 何にも良いところはないのに
日本中、世界中の練習場で トライ…挑戦してます。
ご苦労様です。






さて Rさん…ですが、
つかまえる、上から打つ というのは
〇上からボールをおさえる、
〇マットとフェースでボールを挟む
〇フェースがボールを上から見てボールに当てる


これを スイング動作を無視して、腕でも体でも
何でもいいから 短い距離でやってみて下さい!
から始めます。




✋条件はただ一つ✋
 ヘッドの意識ではなく、グリップの移動 の意識で
 結果 ヘッドを動かしましょう。
 ヘッドはシャフトでグリップとつながっていますから
 グリップを動かすと 後追いのような形で
 必ず ヘッドは付いてきます。

 グリップをどう動かすと、ヘッドがどう動いて
 望むとおりに行うには グリップをどこに動かし
 どこを通過させるのか 考えて下さい、 と。



確かに ゴルフのショットは ヘッド(フェース)でボールを当てますが
当たり前ですが、ヘッドは勝手に動いたりはしません。
打ち手がグリップを動かす、ヘッドはシャフトでグリップとつながっているので
結果、ヘッドが動くから ボールと当たるのです。
ヘッドスピード・・・と言う言葉も 人間の動作速度、グリップの移動速度 が
それを作り出しているの過ぎません。

円で振ろうとすると 兎角、クラブの長さの半径 みたいな感じで
グリップを支点に、グリップを止めて、その反動というか、
そこまで動かしていたクラブの慣性でボールを打ちガチですが、
それでは ショットを管理出来ません。
放り投げたヘッドでボールを当てるのと似ています。
ミスが起こった時、ナイスショットを繰り返したい時の
目安がありません。

20190525gc5_Moment(2)20190525gc5_Moment(3)20190525gc5_Moment








予習が効いているのか
ほぼ パーフェクト です。
 ✊ごくごく普通にアプローチしてるように見えますよね?!


スイングの恰好とか、そういうモノを無視して
「グリップを動かし フェースをボールを上からマットに押し付ける」
を実現して頂きましたが、
実際には ごくごく 普通にスイングしてます。

これをショットに馴染ませていく為、
セミナー以降の練習で行って頂きたい点は
いままで 手でクラブを円に振っていたため
インパクト直前から からだの回転を止め
グリップを止める準備をしていたので
回転を継続することが苦手としています。
それが からだではなく「肩」の回転、
回転と思っていますが 俗に言うギッタンバッコン
肩の要らない上下動を生んでしまっていたので
画像で言うと 直前からインパクトで
からだ ⇒腰、骨盤 が止まってしまって
肩の揺さぶりでグリップを動かしていますが
それを からだを止めず、肩の仕事をからだに移行してほしいです。


20190525gc5_Moment(3)20190525gc5_Moment









スイング、ショットはこれにグリップの高さを加える だけ です。

何と言って良いのか微妙…ですけれど
スイングの円軌道 に対し
フェース面はずっと ずっと 外を向いているような感じ です。
一度も円の中をフェースは見ない です。

おそらく 今までと真反対 だと思います。

このフェース、ヘッドの使い方が
クラブの その製品ロフト、正規のロフトを
正規のロフトとして使う方法です。
けっして 無理やりロフトを立てたのではありません。
これが 普通の正規ロフトのインパクト なのです。
20190525gc5_Moment

ですから フェースが自分の方、円の中、円の中心 を向けて
使うような クラブの使い方は
     全部 ロフトが寝ます。  しかも強烈に!!
これを ロブショット と言います。
・・・ショットとして存在しない訳ではないです。
 ただし わざと飛ばさない、わざと高くする、わざとスピン量を増やす
 そういう特殊なショット です。
 しかも ショットの中では最恐、最凶に危険度が高い
 そのショットを 通常のショットにしようとしていることに驚きます。

 まるで 糸を放り投げて、針穴を通すようなモノ です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


体の回転。。。向きの変更はフットワーク
と言うのはとても大切です。

腰のキレ。。。と言うのも正確には
正しくありません。
正確には膝の動き。。。と言う訳でもないのですが、
単独で腰・・・お尻より上のベルトライン付近
と言うの訳でもないですね。
スナップショット 11 (2013-06-03 19-47)

体の向きの変更はイコール体重移動ではありますが、
上手に出来ていない人の動作を見ていると
多くが右を向くのはまあまあでも
左を向くのが上手に出来ていないように思えます。

そのカギは
動作の速度にあるように思えます。

体の向きの変更は
膝〜大腿〜お尻 付近を使って
股関節より上の胴体の向きを変える という事です。
胴体の重さは 30〜50キロもある
決して軽いものではありませんし、
背骨を軸、支点としての運動を正しく行えば
右⇒左脚への体重移動も伴います。
つまり その動作は決して キュッと動けるような
素早いものではなく、意外にゆっくり ゆったりしたもの
なのです。
スナップショット 17 (2013-06-03 19-49)

イメージからすると
水の満タンに入ったバケツを
右の人から貰い、左の人に水を出来るだけこぼさず渡す
と言う動作に非常に近いものがあるのです。
・・・・・・・特に速度。

多くの上手に体の向きを変えられない人の動作を
見ていると 水の入ったバケツで
水を撒いている動作、速度に見えます。
水を撒く は ゴルフクラブを投げる という事です。

ゴルフのショットは、もちろん遠くに飛ばすことは
魅力としては否めませんが、
それはある意味 ゴルフクラブの仕事です。

ゴルフクラブは 同じ人が同じ感じで
同じように振った時に クラブによって距離が分かれる
という非常に大きな役割があります。
つまり ウエッヂや9番アイアンと同じように
振った時、同じようなタイミングで動いたとき
ドライバーであれば クラブの中で最大の
距離が出る働きがあるので、
ドライバーだから強く振る、
ドライバーだから速く動く
と言う必要は全く必要ないのです。
それとともに、ゴルフクラブは
ロフト角度と長さ(長さもロフト角度をある意味同種のものです)
によって、ある程度正確に距離が分かれるように
出来ています。
ですので、その長さとロフト角度を狂わせてしまうような
クラブの動かし方は クラブを何本もバッグに入れて
持ち歩いている意味を台無しにしてしまうのです。
スナップショット 2 (2013-06-12 22-56)

ゴルフクラブを遠くに投げるような使い方は
ロフト角度、インパクトのロフト角度を不安定な
ものにしてしまいます。

水の入ったバケツを右の人から貰い
左の人に水を出来るだけこぼさず渡す

この速度が体の向きの変更のカギなのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5

アプローチだけに限らず
意外なナイスショットのコツは
右手の手首のロックに有ったりします。
(右手の手首を固定するコト)

ショット、ですぐ実践するのは
ためらいがあるかも知れませんので
まずはアプローチ、パターから
行ってみて下さい。
スナップショット 6 (2012-11-01 20-32)
上げるアプローチをしようとする時
多くの方は 右手首を甲側に折っているのを
横ビンタをするように 手の平側に折る
その過程の中でインパクトしようとします。
これは ダフリ ショート チャックり
スピン過多によるスピンが効かない
など 多岐に渡るミスの原因です。

それらを解消し、少しでも上から打て
ロフトの締まったインパクトを作る
その第一歩としては 右の手首の固定は
かなり 重要だったりします。

上げるアプローチであっても、転がし
であっても 右の手首はロック
ココにトライしてみて下さい
スナップショット 2 (2012-11-01 20-24)
まずは。。。。
手首でテークバックを取らず
体の向き 脚さばきでテークバックします
(アプローチですから小さ目に)
脚さばきで クラブは俗に言う インサイドに
動きます。前傾姿勢が有るので
その前傾姿勢に対して スクエアなロフト
になるように 注意しましょう
スナップショット 1 (2012-12-21 22-48)
切り替えし から肘動かし始める のも良し
脚で動かすのも良し
どちらにしても ヘッドを動かそうとせず
グリップだけ移動させます。
ヘッドを置き去りにすることで

右の手首を甲側に折る姿勢を作り出します

そして そのままインパクト

ココのポイントは 2つ
右の手首が甲側に折れている
ということは 自分からヘッドまでの距離が
アドレス時よりも近くなっている。。。
言い換えれば 腕を足したクラブの長さが
短くなっています。
ですから、ちょっと極端に書きましたが
このアングルで言うと、行きと帰りのクラブの長さが
異なっているので このように降りて来るイメージ
BlogPaint
になります。切り返しでヘッドを置いてくることに
よって 上から入ってくると言う意味です。

同時に クラブは短くなりますので
しっかり左へシフトする とか
あらかじめ 中目にボールを置いておく とか
スタンスを開き気味にして、その長さが短くなる
ということには備えておいて下さい。

ショットにつなげていく と言うことを
考えると、左にしっかりシフトしていく事が
大切になるのですが、
上手く出来ない間は アプローチのみ
始めから左体重にしておく など
少々 工夫もアリ! だと思います。

慣れて頂く必要があるのが
これが出来るようになると
ボールの出球のスピードが上がります。
今までよりも、締まった(立った)ロフトで
インパクト出来るようになるから です。
今までの振り加減 だと飛びすぎる恐れがありますので
距離感は練習で体験して頂く必要があるかと
思います。

ちなみに バンカーショットも
余程 特殊な場合を除いて、右の手首は固定して
打つことをお薦めします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


悶絶クラブ と呼ばれていますが、
平均的な市販クラブとの差はかなり大きいです。
IMG_0611
〇平均的市販クラブの5番アイアン
 ヘッド重量-240g / シャフトの硬さ-285cpm
〇悶絶クラブ スペック12 の5番アイアン
 ヘッド重量-320g / シャフトの硬さ-160cpm




一般的には シャフトの柔らかいモノほど
同じヘッドの重量でも ヘッドは重く感じます。
ヘッドの存在感がある、そんな感じです。

ヘッド重量の差で 80g・・・
目方で言えば たった80g ですが
割合(パーセント)で言うと 30%以上増量 ですし
ゴルフクラブの場合、そのヘッド重量は
1mの棒の先端に付き、かつ それに運動速度が加わるので
実際 スイングした時は 数キロの違いに感じる かも知れません。

そのヘッド重量が柔らかいシャフトの装着されている、
(硬い方のシャフトの軽いヘッドが付いているのです)
逆の組み合わせ  硬いシャフト/重いヘッド
柔らかいシャフト/軽いヘッド であれば
両方の感覚的な差は少ないかも知れませんが、
シャフトによって強調されやすい重いヘッドが
強調しやすい柔らかいシャフトの付いているのですから
初めて持つ人は 「打てるの??」「当たるの??」
ってなって然るべし…な感じです。

なにせ ティーアップしたり、カップインしたボールを拾うのに
弊社のシャフトは杖、支えになりませんから そこは注意が必要です。
クラブに寄っかかって立ったりすると転んじゃいますよ。


それを手にして、いざ 練習場!
そのヘッドの重さと柔らかさを 普通…平均的なスイングで行けば
どダフリ〜右に飛び出る〜スライス〜ハイボール の佃煮状態。
本来、ヘッドの重量分、遅れるシャフト・・・ヘッドも重いですし、
シャフトも柔らかいですから、遅れは今まで以上!です。
そして ヘッドが重く、シャフトが柔らかいですから
そのヘッドの遅れ を取り戻すことは容易ではなく、
ほぼ不可能なミッションに近いです。

ここで大概の人は
ヘッドの遅れは「待つものだ」 と思っています。
ヘッドが重く、シャフトが柔らかいモノほど たくさん、多く、長く、待つモノ
と信じていますが、間違いです。

ヘッドの遅れは 放置 します。
ヘッドが遅れることによって ダフリ・ハイボール・スライス・シャンク 
👉 開き を 👉 ロフトの立ち に替えるための 悶絶クラブ です。 
そして ヘッドの重さ を使って
グリップの進行を促進させますから
今までよりも 早いタイミングにインパクトポイントは来ます。
〇シャフトによってグリップが押される効果 です。

ヘッドの遅れ を ロフトの立ち に出来れば
ヘッドの重さとシャフトの効果を同時に利用できます。
ヘッドの遅れ を ロフトの立ち に出来るようになると
そのヘッドの重さによって グリップが押されるという使い方、
感覚ももれなく、同時に付いてきます。



IMG_0727


気付いていないのかも知れませんが、
ヘッドの遅れ → 開き → 待つ  と考えていることは
実はヘッドの遅れ、ヘッドが全体の進行から遅れているのではなく
グリップが遅れていることから派生的に発生しているのです。
問題なのはヘッドの遅れ、ではなく、グリップの遅れ
具体的には からだの幅から 右打ちの人であれば右にズレ、遅れ
が発生していることで
その状況が生まれてしまった時点で 後はもう 手で打つしかありません。


ショットは「遠くに飛ばすコト」「狙った方向に打つコト」
「そして それらを高確率で繰り返すコト」
と言うテーマがあるのですから、
全部をからだで打つ とは言わないまでも
出来るだけモーメントの高い「大きなからだの動き」にさせた方が
確率は上がり易くなり、かつ からだを壊しにくくなります。

からだで打つ! と誰もが考えている訳で
それが故に 先にからだを回して
結局のところ、インパクトは手さばき という
単なる 手で打つためのスイッチ としての体 ではなく
覚えやすいですから 手を使う にしても
からだと同期して移動させる というコトを
覚えるには 「重たいヘッド」「柔らかいシャフト」はとても良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ショットの破壊力は単純には
ヘッドスピードとヘッド重量の掛け算 です。

正規にボールをつかまえる ことはvideo_Moment(3)
フェースでボールを上から見て 入れてきます
当たり前ですが、打撃部分が重力落下も伴い行えます。
ですので 重力落下がスピードの加算 にも使えます。

ところが 開いたフェース
 ・・・この時点でヘッドの重さ感が増えており抵抗になっています
その開いたフェースを閉じるコトによってつかまえる行為に
ヘッドの重さの相乗効果はなく、邪魔なだけです。
より軽いヘッド、より小ぶりなヘッド(重心距離の短い)を好むのも納得です。

ショットの破壊力が ヘッドスピードとヘッド重量の掛け算になりきれてなく
単なるヘッドスピード頼み になっています。

上からフェースを入れてくる
のであれば ヘッドが一番高くなる付近 から入れてくれば良く
深いトップにする必要もありませんし、
反動も要りませんから テークバックにスピードは不要です。

開いたフェースを閉じて入れてボールをとらえる人にとっては
トップの位置での ヘッドの高さ はあまり必要ではなく
それよりも スピードをつけるための助走路の多さ の方が重要です。
例え軽いヘッドであっても ヘッドを動かそうとすればするほど
その重さは増してしまい、自分の労力、振った感だけが増え、
実際のヘッドスピードはあがっていない と気づくのは50年後位でしょうか
振れば振る程、ヘッドを振れば振る程
自分が下がる 👉スイングの中では体を開かざるを得ないと気づくのはいつでしょう?
そこ頃 既にゴルフそのものがなくなっているのでは??
って冗談にもなりません。
outin (2)_Trim_Moment(2)

開いたフェースを閉じて ボールをつかまえる教に入信している人にとって
テークバックやトップの位置は
ダウンスイング、インパクトで加速するための助走路ですから
行きも帰りも全速力、出来るだけ深いトップの位置が欲しくなります。
フェースを返すという行為で 浅いトップでは時間足らず なんでしょうね。



例外・・・はいるとは思いますが、
残念ですが 目にしたことはありません。
機械的に、訓練によって 型を作られた学生さんのようなスイングを除けば
フェースターンしようとしている人のトップは無駄に深く
フェースを上から入れようとしている人はトップは浅めです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ショットの練習やスイングを良くしていくのは
主に アイアンを使うことが多いでしょう。
IMG_0628

ゴルフクラブは ショットするコト、使い手にスイングさせるコト、
に特化した構造で、それは重さによって使い手に伝えます。
そういう意味では 悶絶クラブは有無を言わせぬモノがあるかもしれません。

現在は軽量スチール全盛の時代、
猫も杓子も「俺にもスチール使えるかも⁈」の時代ですので
非常に軽い(5番で240g弱)
重心距離の短い(35mm前後)小振りなモノばかり で
それに しならせることの難しい
     硬さのシャフト(振動数280cpm強)が装着
されていますから
ヘッドがどこにあった、どこを向いているのか
ほぼ 全く把握出来ません。

ヘッドの重さによって クラブが動かされる
ヘッドの重さによって グリップが押される

というコトを体験?、体感することはかなり難しく
ハナから ヘッドは振り回すモノだと思い込んでしまいがち です。

✋大人のクラブを短く切って使っているジュニア が典型的で
 気が遠くなるほどの反復練習で『型』でスイングを作れる年齢や
 練習量が有れば良い?かも? しれませんが
 そうはいかない大人にはとても辛い、苦しい気がします。

ヘッド が重さである というコトの認識できない、
へっどは 単なる打撃物と言う認識のクラブ では
速く振るほか 手立てがありませんから
勢いをつけるためか テークバックも異様に速く
リズム感・・・というよりは 肉体の限界の動作速度を強要されるような…
ヘッドの位置も把握できませんし 勢いも付いているので
深い オーバースイングチックなモノも多くなるでしょう。

悶絶クラブであれば
市販のヘッドよりも80g〜30%も重く
それが振動数半分(140cpm)位のシャフトに付いているのですから
嫌でも ヘッドを感じさせられます。

ヘッドって「重さ」なんだな〜 と言う認識にならざるを得ません。

自分の体の向きに対して クラブの位置がどうなのか
クラブの姿勢や位置によって どんな風に重さがかかるのか
スイング中に その重さが 重くなったり、軽くなったり
一体 どこで重くなるのか ということが逐一体に伝わってきます。

からだ、骨盤、胴体の向きでクラブを動かさないで
手だけでクラブを動かすのが 非常に億劫に 重たく感じるでしょう。
4bcbe6f4

手だけでクラブを動かせば テークバックでクラブはねじられます。
シャフトは横に倒れ、ヘッドは体の幅から外れ、フェースは開きます。
打ち手にとって クラブが一番重く感じる状態 です。

そう考えると ヘッドの重さの感じにくい 軽い/硬い クラブだからこそ
そういうスイングは作られていくのでは? と考えたくなるほど、です。

トップの位置の把握がし易く
そこから どのクラブの姿勢、ヘッドの姿勢だと
👉次の場所に行き易いのか
からだが突っ込んだり、右サイドが下がったり、
からだが開いてしまうのは
👉どんなクラブ姿勢、ヘッド姿勢が誘発しているのか

非常に分かり易いはずです。

スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)

ヘッドが軽かろうか、シャフトが硬かろうか、
ショットは 打ち手とクラブの唯一の接点であるグリップを
どう動かすか、どのスピードで動かすか、どこへ動かすか
で決まってくるわけで
ヘッドを振れば、シャフトの角角度運動をすることは
イコール グリップを止めるコト、グリップの移動を妨げるコト
になるのですから、ショットの反復性が掴みにくくなります。
故に 速く早く振ることが必要な オーバースペックのクラブで
スイングを覚えると スピード調整の必要なアプローチが
生涯苦手となるのです。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



スイングは良くも悪くもオートマチックです。

クラブのメカニズムは
単純なる 「重さ」 の使い方に尽きます。
素早い動作をしている時に
その「重さ」には抗うコトはほぼ不可能です。
きっかけ としての動作は可能ですが
ショットの動作のほとんどは その重さによって作られています。


✋運動のスピードが速くなれば重くなり
クラブの弧が大きくなれば重くなり
クラブが寝れば…フェースが開けば 重くなります。


anika_Slomo_Momentanika_Slomo_Moment(3)
















ある程度までは耐えられますが
許容範囲を超えると その量に比例し
右サイドは下がり、
そして 右サイドが下がった分、体は開きます。

若い人や筋力を鍛えている人は
その許容量が当然多いですから
物理的な不自然にも ある程度 耐えられますが、
若くとも加齢とともに 運動性能が落ちてきたら
それに応じて変化していかないと
練習量に耐えられなくなるので 成績が落ちたり
からだを痛めてしまうことになります。

残念なコトですが 単純なメカニズム です。


スイングにおいて・・・クラブの使い方において
遠心力や不可抗力は ゼロではなく発生しますが
クラブの長さ 👉実質的なクラブの長さ 弧の大きさ
が大き過ぎてしまえば 弧を外に引っ張る力になれば
遠心力はスイングにとって 単なる邪魔者 でしかありません。

遠心力が発生し始めるころに
弧の大きさが小さく、自分に近くないと
その遠心力は 回転に転化出来ません。
回転速度や回転軸にとって 言葉の通り不可抗力となって
悪い意味で働いてしまいます。

そういう意味で 右向きがしっかり確保できていない と
ハナから クラブの円弧は大きくなり過ぎてしまいます。

Jack Ni_Moment(2)Jack Ni_Moment













ニワトリと卵の関係ですが、
弧が大きくなれば 重くなります。
 👉重くなれば 右は下がり、体は開きます
アドレスの時点で 自分とボールとの距離は決まっていますから
その距離を広げないと、空間を作らないと クラブを通せませんから
からだを開いたり、上に伸び上がったり し 空間を増やす行為は
それ自体が技術ではなく、反射…本能に近い 自然な反応、
重さとのつながりも良い動きになりますから
 それを その部分で「技術」で解決するのは不可能なのです。




ダウンスイング・・・ クラブを、グリップを通すべき 場所
ココを通せば だいたいのことが そこを通すことによって
自然に出来る・・・・・・・リリースも、回転も、体重移動も、
上から打つコトも、インサイドから打つコトも、ボールを掴まえることも、
最小限の力でボールを飛ばすことも 出来るライン というのがあります。
そこを通せれば アマチュアで楽しく からだを傷めずゴルフをする コトは
満たされてしまうほどのライン です。


そのラインは 点 のような厳密なものでなく
割とファジーに 許容範囲は小さくないのですが・・・

私の目から見ると そこのラインを通せない のではなく
通さないようにしている、通そうとする願望よりも
クラブを振った実感とか、ボールを叩いた実感の方の
欲望の方が強いのだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ