◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: クラブ扱い



✋スイングの視覚的誤解、錯覚の一番のトコロ は
 「クラブを振るコト、ヘッドを振るコト」 でしょう。 
 △ヘッドの運動慣性をフリーするコト
 △からだの回転とは違うシャフト・クラブの角角度運動


現代も含め 歴代の多くの名ストライカー は ほぼ例外なく
 ボールを打つまでは 「クラブ、ヘッドを振りません」
 ㊟…ボールを打つまでは、ですよ。
(アプローチ) 比較映像_Moment(4)


ゴルファーのとっては 当たり前 なのですが、
ゴルフでボールを打つためのゴルフクラブは
 先端に特化した重さが備わった1ⅿの長い棒 です。
これを 成人男性であれば 時速100キロ越え で 振る訳です。
若いプロのハードヒッターであれば その時速は200繕瓩い任后

 既に無視しちゃってる と言うか、忘れてしまっている と言うか
 実はとても危険なモノなのです。

ですので この棒(ゴルフクラブ)を放り投げてしまうのも危険ですが、
上手に収めないと 自分にも危険が及びます。
放り投げないが故に、自分の体にも危険がある訳です。

初心者や女性が速く振れない のは
✋その危険なモノの収め方がわからない、
✋身に付いていない、
✋本能的なその怖さを乗り越えられない、
✋クラブの慣性で持ったままでいられない、

 と言う可能性があるのです。

スイング動作も終わりに近づき フィニッシュが来るのですが、
300gの鉄の塊が先端に付いた 1ⅿある長い棒、
それが 最大時速100キロとか150舛箸で動く…
それを、安全に終わらせる必要がある訳 です。
が故に、インパクトを迎えた後、打撃そのものが終わった後、
放り投げない範囲で その慣性(特にヘッドの重さ)をフリー にします。
 行為で言うと ヘッドを振る、クラブを振る です。
 クラブを回転させ 減速時間が稼ぐ と言えば良いでしょうか。

それは 打撃行為ソノモノ ではありません。

ジェットコースターの 下り坂 のそのスピードを
落とさせる為の 上り坂 のようなモノ、
100m走で ゴールしてからも 急に止まらず、
軽く流して 減速し止まる ようなモノ、です。

漠然とゴルフスイングを見ると
 その打撃のおまけ(必要なモノなので オマケ とは呼びきれませんが)
 打撃のおまけ の クラブを振る動きは
 打撃までの動きとシームレス(継ぎ目なし)で行われています。

スイング全体が からだの向きを変える 円さばき なので
 その円の中に 自然に溶け込んでいる クラブの減速時間
 繰り返しますが、それは打撃行為そのもの、
 打撃(インパクト)までに必要なモノではありません。



そういう目で 一度、いろいろなスイングを見てみて下さい。
 スローでないと判別は難しいかも知れませんが、
 いいスイングだなぁ、いい球だなぁ に見えるモノは
 打撃(インパクト)までは、
 打撃間際まで クラブをフリーに、ヘッドをフリーにしてはいません。

 必ず 当たり終わってからで、
 アプローチのような 運動速度、移動速度が高くない、
 クラブの減速時間の必要の少ないものは
 最後まではフリーにしない場合も多くあります。
達人のココから盗め_Moment(2)

一方、アマチュアの、あああ 悩んでるんだなぁ…
 まだ スイングが掴めないんだなぁ… と言うスイングは
 そのスイングの、打撃のオマケ の部分を主軸にして
 ボールを打とうとしているのが 結構、はっきり分かります


プロのスイング
(真似をすればいい訳じゃあ ないですが…)
 のインパクトまでの弧が小さく、打ってからが大きく
アマチュアのスイングは
 インパクトまでの弧が大きく、打ってから小さい、
 フォローが出ない、フォローで手が伸びない

というのは 打撃のオマケ が 打撃のオマケ なのか、
それとも その打撃のオマケ で ボールを打とうとしているか
のイメージ、というか ゴルフスイングの概念の違い なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「これからの話し、全員に有効とも限りませんし、
 変な誤解も生みそうなんですけれど
 からだを廻す と 腕の移動の連携、融合には
 役に立つかもしれません。」

2023-07-30_22-59-38 - frame at 0m12s質問「はい。」

店長「話の始めの方で
ボールをとらえるイメージはだいたいこんな感じ❓ 

スイングは円運動だから
 ボールとヘッドは横横の関係でコンタクトする感じ❓
 って話をしたと思うのですが…。」

質問「でしたね。」

店長「そのイメージを少し変えて貰って
 ロフトの無い、0度、垂直って意味ですね、
 のヘッド、フェースでボールと接触するイメージは
 こんな感じ はどうですか🙄🙄🙄 と。

 ボールを地球とすると
 グリーンランドとか、アラスカ、その辺りの部分をですね、
 煽って振りなさい、しゃくりなさい と言う意味では
 ないんですけれど…誤解を生みそうですが、
 下から上に向かって こするんです。」

質問「上から下に…じゃなくて❓

店長「勿論、あくまでもイメージですけれど
 上から下にではなくて 下から上に、
 ゆっくりやって ボールが順回転にひと転がりさせるような、
 テニスとか、卓球のスマッシュさばきみたいな感じです。」
2023-08-03_23-28-22 - frame at 0m17s2023-08-03_23-28-22 - frame at 0m19s2023-08-03_23-28-22 - frame at 0m20s





質問「コレで 上から打てる…んです❓」

店長「あくまでも イメージ ですけれど、
 ボールとフェース面の接触の仕方としては
 こうじゃないと 逆に『上から入れ難い』『上から打ち難い』です。

 ボールの真上、北極の部分をフェースでこすっていく
 そう言うイメージも間違いじゃないですけれど
 今回のテーマの一つである
 からだの回転/向きの変更と腕の移動/動きの融合
 つながり と言う点においては 斜め上方をかちあげる
 そう言う感じの方が適していると思います。

 コレ、実際にイメージしてやってみると
 本当にクラブを下から入れることは出来ない、難しいですけど
 今までよりも 『上から』入る感じ、
 入り方の違いを感じることも出来るかも
、と思います。

 この映像では ラケットみたいなモノでやってますけど
 これを ゴルフクラブで実践するには
 ハンドファースト、いえ 正しくはヘッドレイト を
 維持したまま で無いと出来ませんし、
 ロフト0度のイメージで フェースが、ロフトが同じ状態のまま
 ボールをさばいていくのには
 ヘッドが上がる ではなく
 グリップが、ヘッドを持っている腕が高くならないと
 実現出来ません。

 ヘッドが優先的にあがってしまうと
 ロフトが付いてしまい ボールの底にコンタクトして
 ボールの底をこそぎ取るような感じになってしまいます。
 これを ショット用語では『こすり球
 斜め上を「こすって」行くのを『つかまった球

 と呼んだりします。
 動作としては 同じような こすり なんですけれど
 ボールの下をこするのを そのまんま こすり、
 ボールの上面をこするのを つかまえ
 というのですから
 面白いというか、奥深いと言えますね。」

質問「下から かちあげないと 上から打てない、
 上から入らない とは誰も思いませんよね⁈

 でも こするのとつかまえるのの違いは
 すこしイメージできたかも知れません。」


店長「おじさんジョークですけど
 ボールの上面をこすらないとアラジンは出てきません😃」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「こんにちは〜。」

店長「こんにちは〜。」

質問「ショットや飛距離、スコアの伸び悩みなど
 ショット・スイング全般のレベルアップをしたいんですけど…。」


店長「おおおお なるほどー。
 強く悩んでいるトコロはどんなトコロですか❓」

質問「やはり 安定性が乏しいトコロだと思います。
 飛ばそうとすると思ったトコロに行かず
 真っ直ぐ行かせようとすると 飛ばせない不満が残ってしまう、
 両方を バッチリ解決✊とは行かない と分かっていますが、
 少しずつでも、ステップアップして行きたい、と。」


店長「ですよねー。

 まずは 今のイメージから教えて下さい。

 ココにボールがあります。
 ゴルフボールでは無く ちょっと大きなボールです。
 このボールの どこら辺を『打とう』『当てよう』と❓」

2023-07-30_22-59-38 - frame at 0m12s質問「言われていますから
ボールの底、南極、マットとの接点では無く
ボールの赤道、それよりも上位 を打つ
そう言うイメージは持っているのですが、、、
実際には ボールの底を打つ…感じになっているような…。」


店長「まあ ロフトの有るクラブの場合は
 結果 としては そうなるのは致し方が無いんですが…

 で ボールの赤道なり
 飛球線に対し、後方の一番膨らんだトコロを
 どのように『さばく』感じですか❓

 やっぱり こんな感じ…
 円運動なので インサイドとか、アウトサイドとか抜きで
 後ろ❓から入って 円でさばいていく って言うか
 そう言う感じ❓ですか❓
2023-07-30_22-59-38 - frame at 2m32s
質問「ですね。」

店長「そうですか…。

 そのイメージだと
 からだの回転と腕の動きが合わない と言えば良いのか、
 合い過ぎる と言えば良いのか、
 手や腕でクラブを上げ下げしなければイケますけど
 上げ下げを入れるとなると難しい

 そう言うイメージで クラブを振ってしまうと
 腕を動かすには どこかでからだを止めなくてはならなくなる、
 ですので ヘッドの、フェースの姿勢変化が
 からだの回転そのものでクラブを動かしボールを打つのと比べると
 激しくなってしまい易いので
 飛ばそうとすると真っ直ぐ行かない、
 真っ直ぐ行かせようとすると 飛ばすのをあきらめざるを得ない、
 と思います。


✅スイングの 謎 というか、
 頭の中で整理が付き難いのが
 『からだの回転』『からだの廻し』をしろ と言われるのですが、
 それに対し どう腕を使ったら良いのか、
 クラブを握っているのは腕なので
 どうクラブを動かしたらいいのか、
 それが からだの回転と合わないというか、
 クラブと腕を合わせると 相当な長さになるので
 それを持て余してしまう というか、
 からだの回転と腕とクラブの動きにつながりが持ちにくい
 と言う点だと思うんです。」

質問「はい。まさにソコ。長年の懸案事項ソノモノ、です。」

店長「ですよね。
 腕力のある人は その腕力でねじ伏せられるんで
 なんとかなるんですけど、
 私たちの年齢になると それも難しい…。
〇見かた116
 からだの回転でって言われると
 傾きは有るとは言え 横の動き中心で、
 他の人のスイング、プロのスイングなんかを見ても
 腕を使って クラブを上げ下げしているようにも見えるので
 その 縦横の動きが合致し難い…んでしょうね。」

質問「はい。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
店長「アプローチの問題は
 
硬いシャフトで下に振るスイングが基本 であると
 どうしても
〇寝たロフト 緩い入射〜横から入る、下から入る
 になるので バンスが張り、地面と干渉し易くなります。
 ミスが表に出ず、ボールを拾う、フェースに乗せる には
 スピードが必要になるので
 インパクト直前で 妙な加速が必須必要 になります。
(キャスト_Moment
 その加速があるので 全体の動作速度と距離感がつながらず
 ゴルフ歴が長くなっても 距離感が刷り込まれ難い。


✋コレ 少なくないと思います。




 遠心力が強くなる 下に振るショットでは
 ロフトが付き易く、入射が緩くなり易い ので
 ボールは上がるけど、前に進みにくい…
 必要な距離打を打つには 強めのインパクトが必要になり、
 速く、もしくは 大きく振らなければならない…
36682818

 ラフや 特にバンカーですけれど
 ボールだけでなく 砂や芝など別なモノも打たなければならず、
 速く、大きく振って…
 しかも 極上に軽いヘッドが付いているウエッジ。
 女性は 足元の緩いバンカーは苦手になり易い、
 嫌いになり易いでしょうね。
 正直、残酷 と言うほどに。」


質問「そう言うのって レッスンプロはアドバイスしないんですか?」


店長「難しいトコロです。
 教科書通りに教えれば ボールに届かない、
 しかし、クラブが関係していますよ とは言い難い…。

 クラブについては 質問されれば答えるのでしょうが、
 どういう経緯で そのクラブを手にしているかは
 人それぞれ事情がありますので そこは不文律というか、
 積極的には触れない部分でしょう。

 ゴルフを続けて頂く、楽しんで頂く、
 辞めないで頂く と言う点においては
 かなり 重要な問題 だとは思うんですけどねー。



店長「今回のこの女性に限りませんが、
 硬いシャフト、軽いヘッドのクラブで
 ゴルフを覚えた人は 歴にかかわらず、
 そのスコアにかかわらず アプローチが危ない人が
 ものすごい多い気がします。
 悪い言い方ですけれど 練習場でアプローチだけを見ていると
 100を切れる人、いないんじゃないか❓とすら思います。

 多くのゴルファーは硬いシャフト好き…硬いシャフト自慢気味、ですので
 日本人ゴルファーの 7割近くが この硬いシャフトが起因した
 アプローチシンドローム なんじゃないか 感じます。




 多くの人は 柔らかいシャフト、重たいヘッドって
 ブランブランしているから 距離感出し難い、
 フルショットには飛びそうで 適している けれど
 加減するアプローチ向き じゃ無い んじゃないか?!
 って思う、言うんですよ。
 打ち比べたコト 無いにもかかわらず。」
ECDi9XSUwAEgjre

質問「私もやらされましたけれど
 柔らかいシャフト、重いヘッドのクラブと
 硬い(スチール)シャフトと軽いヘッド
 打ち比べてみると 勝負になっていない。
 仰られる通り、フルショットするのなら
 まだ何とかなるんですが、
 硬いシャフト、軽いヘッドではフルショット以外の
 加減の必要なショット、距離では

 ミスが多過ぎて、距離感どころじゃない、
 柔らかいモノの方が 断然 距離感形成は楽です。」

20190811-OYT1I50023-1

店長「だから 短い距離でもフルショットをする、
 ロブショットに行き着いたりするんですよね…。
 
 フルショットで使うコトの少ないウエッジ ほど
 硬いシャフトを使われているんですよね、実際は。

 硬いシャフトで軽いヘッドのウエッジを
 ロブショット 開いて〜緩く入れるんですから
 PSやアプローチウエッジでも ロブウエッジとして使うのに
 ロブウエッジを入れるって・・・とても、不思議です。
 いったい 何度のロフトで打とうとしているんでしょうか?
   バンス角度が嫌なんですかね〜。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「とりあえず グリップの話しは終わりにして
 ちょっと 実験して貰いたいんです。」

Sさん「はい。」

 店長「スイングの用語で言うと
 タメを造る とか
 シャフトを立てて降ろしてくる とか
 ひいては 上から打つ〜ロフトを立てる、
 ハンドファースト〜ヘッドレイト
 にもつながっていくと思うんですが…。
154148
 で、ですが スイングの大きさはそこそこ フルスケールサイズ、
 スピードは半分以下、ハーフスピードより遅め位が良いです。

 多分、チョロやシャンクも多発するので
 練習場ではモッタイナイかも…ですし、
 空振りもあり得るので ケガをしない程度で ><」

Sさん「うへへへ😧」

店長「トップの位置って
 だいたい ですけれど、ヘッドは飛球線側、
 グリップでそれに対して後方にあるじゃないですか❓」
クラブ・シャフトを振るって❔
Sさん「そうですね。」

店長「その位置関係を維持したまま、
 ヘッドの方が後ろにならないよう、逆転しないよう✋
 グリップとヘッドの位置関係を『反転』させないよう✋
 ヘッドの方が飛球線側にあるよう
 インパクトのギリギリ まで
 それを維持して 打って貰いたいんです。
 正確には 当てて貰いたい、空振りもアリ ですので😵」

Sさん「ええええええ」

店長「少なくとも ですね、
 自分の構えの向き、スタンスとボールとの関係、
 そのラインを『ブレイクライン』って言うんですけど
 実際には 絶対にそうはならないんですが
 あくまでもイメージで そのブレイクラインをグリップが越す まで
 (越すって事は グリップの方が飛球線側になるんですけどね)
 インパクトギリギリまで ヘッドが飛球線側に
 ってイメージで ボールに当てて貰いたい、
 少なくとも イメージの中での クラブの『リリース』
 ボールに当たってから✋  早くであっても
 グリップがブレイクラインを越えたら✋ で。

 勿論、ゆっくり 当たっても 8番アイアンで50ヤード転がる
 そんな程度で ゆっくり振って貰いたいんですが、
 ロフトを開いて、フェースを開いて
 インパクトに入ってくる人 にとっては
 ソールで❓ ソールに当たるか、シャンク連発です。
クラブ・シャフトを振るって
 フェースをボールに向けられる人 であっても
 ヘッドとグリップの関係を そこまで維持すると
 ボールの上っ面、北極を打つ可能性もあります。」

Sさん「ぐえええ。」

店長「こう打ちなさい と言う意味では無く、
 ここまで クラブを振らず、ヘッドを落とさず、
 まあ そう打つには 手で振る にしても
 早い段階でそう出来ない ですから
 自分の普段の打撃と『比較』して頂いて
 どう違うのか、どんなに違うのか、

 感じて貰いたいのです。

 一番 極端な 上から打つ 体験 です。

 こすって打っちゃう、
 ボールが抜けちゃう、って のは
 その反対の 極力、緩く入れる
 アタックアングルのユルイ入れ方 なので
 その比較を体験して貰いたい のです。

 そして コレが正解ではないですけれど
 正解に近い方は そのギリギリまで
 ヘッドの方が飛球線側にある「感じ」寄り
 です。
 6:4〜7:3 で ギリギリ寄り…もっとかな…です。

 コレって当てられる、打てるようになると
 ボールの前の、飛球線側の地面、
 練習場で言うとマットが ちょっと邪魔になります。
 どうしても ボールより先に地面・マット に 触らずを得ない…。」

Sさん「俗に言う ターフを取る って奴ですか❓」

店長「そうですね。
 最終的な 打撃(スイング)としては
 ここまで極端にする必要は全くもってないですけれど
 自分の普段の ヘッドの入れ方、クラブの解き方、
 どの位早い段階で クラブを『振っているのか』、
 インパクト迄に どれだけ遠回りしているのか、
 を実感できると思います。

 そして この体験を通して、
 クラブを振っちゃっている、
 手で振っちゃっている、 のは
 実は 自ら クラブを振れるよう、
 手で振れるように 時間と空間を意図的に作っている
 手で振るコトが出来る 時間と空間を用意している
 と知って貰いたい のです。
スクリーンショット 2023-06-18 232553
 その差、違いを体験するのは結構、役に立つと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ショートアイアンやアプローチショットでの抜け球、
 こすり打ちの話しが 大切だけど、ちょっと『地味な
 握り〜グリップの話しに集中しちゃったけど…。」

Sさん「少々 地味ではあるけれど 大切なトコロでしょ。」

店長「そうですね。

 グリップはアドレスの基になるモノですし、
 グリップ〜握り方は どうクラブを扱うのか

 どうしても密接な関係になっちゃいます。

 言い方は悪いかもしれないですけれど
 あまり美しくないグリップで まともにクラブを扱っている人は
 例外的に居るけれど、
 美しいグリップで酷いスイングの人はいない、と言ってもいい位。
 総じて グリップ通りのスイングをしている人が殆ど。 

✅クラブの扱いについては
 両手離し〜スプリットハンド が分かり易い と思うんですね。

 どうしても クラブを回転させて打ってしまう人 の場合、
 左グリップが支点になるから
 左グリップがガブッと深く握らざるを得ない。
93e9da7e-s6423ac38-s81b16761-s
 グリップの役割で言うと
 右打ちでの右グリップは クラブ・シャフトを押してるだけ
 双方のグリップの移動する量がかなり違う ので
 止める側になる 左は深く、右は押すだけ
 しかも ボールを打つかなり前の段階から
 クラブを『放ってしまう』ので 右は浅くなり易い、
 殆どを左グリップで支えている感じになります。
IMG_0724IMG_0720








 一方、両方のグリップの移動量が同じ、似ている場合、
 やや 左グリップ寄りではあっても 左右は均等に握る、
 そのためには 右グリップの入る余地を残さないとイケナイ から
 左グリップは あまり深く出来ない。
IMG_0725IMG_0721








 右グリップが移動してきた分、
 左グリップは前へと進み、
 左グリップがボールを追い越して
 インパクト直前、直後でのリリース(放り)になるので
 右もちゃんと握っていないとイケナイ。
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)







 この差が 巷では「フックグリップとスクエアグリップ」の違い
 と呼ばれているんじゃないのかな❓」

Sさん「そうかも…。」

店長「握りではなく、部材の方のグリップは
 テニスのラケットや野球のバットほど太くない、
 指で握る、指側で握るための太さになっている。

 深く手のひらで握るのには
 余ってしまう 細さ だよね。」

Sさん「言われてみると…。」

店長「指先は曲がる、閉じる方が 普通の状態で
 ゴルフグローブも適切な『小さめ』のサイズであれば
 ソコを自然に曲げてくれ 補助してくれている。

 手のひらで深く握る人にとっては
 別にグローブのサイズは重要では無くて、
 皮や合皮の 滑り止め効果 だけを利用しているのだから
 勿体ない気がするけどね。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Nさん「ダウンスイングで右腕(右打ち)を使おうとすると
 力んじゃうんですよね。」

店長「ああああああ、😌😌ですよね。

 どんなトップの形を作っているか
 右腕で言うのなら 肘とグリップの高さ関係 が
 どうなっているのか によっても違いますけど、
会田20210701_Moment
 グリップよりも 右肘の方がはっきりと低い状態で
 右腕を使おうとすると リキミ・イキミが入りますね。

 ですので トップの位置で
 右ひじが下を向いているような
 よくある「手上げ」っぽい トップでは
 右腕を使う=リキミ ⇒右手で打つな になりガチ だと思います。」

Nさん「私…です。」

店長「トップの位置で
at 0m1sグリップの方が右ひじよりも高い、
右ひじが真下を向いてしまうタイプの人

時間として グリップと肘が同じ高さになる時間が遅い、
右ひじの方が低い時間が長い、
早い段階で右腕を使うとチカラが入ってしまう
 ので 力み易いスイング とも言えます。

 これは右ひじとグリップの高さの関係が
 どれであっても ですけれど
 きっかけとして 左腕が少し動いてくれないと
 …それが左腕自身であっても、からだの回転でも
 どちらであっても 左腕が少しどいてくれないと
 肘とグリップの高さが同列にならない。
 
 そう言う点で 右ひじが真下を向いてしまう人は
 テイクアウェイで 左腕をたくさん動かしているが故に
 より一層 右腕を伸ばすタイミングが奥になる、遅くなります。
20210701 (2) - frame at 0m24s
 まず からだを廻し、
 グリップの方が低くなる・同列になるタイミングまで
 右腕を伸ばすのを待つ・遅くなるので
 どうしても からだがボールと正対する時期を逸し易く
 手で振るコトになり易い ですね。」

Nさん「なにか良い策はありますか❓」

店長「このタイプの人は
 本当は その上げ方を改変したいですけど
 とりあえず タイミングの問題を除けば
 トップの位置は低め、浅めの方が力は入れやすい
 んじゃないか❓

 トップの位置が浅めになれば
 深い時よりも 早い段階で 右手のリリースが使える、
 早い段階で使っても 力みにくくなると思います。 

 リキミの問題も無くなりはしないと思いますけど
 かなり減衰するんじゃないでしょうか⁈」

Nさん「なるほど。」

店長「テークアウェイで
 肘を外に張り目にする、クランチする、は
 早い段階で右腕が伸ばし易い、
 それに伴うリキミが少ない、
 とともに 右を向く量が格段に増えるので
 多少、遠回りな手作業をしたとしても
 間に合い易い と言う利点があります。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m27s
 それでも 右腕を使うには
 先ほども言いましたが、
 からだでも、腕自身でも構いませんけど、
 左腕がどいてくれない
 ダウンスイング、切り返しで
 左腕が前に行く、下がる、低くなる、 いずれかで
 右ひじとグリップが早くに、同列にしてあげる。

 右手で打ちたい のであれば
 その右手を使える 環境を、左手をどかしてあげるコトで
 作り出してあげるのがいいんじゃないですか❓

 そうなると 力むことなく、リキミ少なく、右手を使えます。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


シャフトの上手な使い方は
ヘッドの重さ・クラブの重さの使い方
大きく共通しています。
そして それはゴルフクラブの使い方 でもあります。

一般的に『信じられている』シャフトの使い方は
ヘッドをたくさん・グリップよりも多く速く動かす為
縦であっても・横であっても シャフトを扇のようにつかう
クラブを扇・振り子のように使う では
シャフトも活きてきませんし、ヘッドの重さも活きてきません。

4232-30-1

シャフトの役割は
✊如何にヘッドやクラブの重さを打ち手に伝えるか
✊ヘッドの重さを利用して グリップを動かすか
✊グリップ、そしてクラブを人力の補助として動かすか

(動かす、この場合は移動させる の意) です。


それをテーマに シャフトを使わないと
例えば クラブを替えた時、リシャフトした時、
2種類以上のシャフトの硬さやシャフトの違いを体感する時、
それモノが無意味なモノになってしまいます。

硬いシャフト そうですね、
ドライバーで言うと
45インチ換算で 振動数190cpm辺りが境でしょうか
アイアンで言うと
5番アイアンで 振動数210cpm辺りが境でしょうか
一般成人男性であれば
その位と思いますが、これより数値の多い、硬いシャフトを
正直 打ち比べても「単に双方硬いだけで」
あまり差は感じ取りにくいかもしれません。

ですので その数値を境に 上にあるものと下にあるものを
打ち比べると
 シャフトの使い方自体を体感することにもなります。



シャフトを上手に使う(使われる)には
注意点が幾つかあります。

それはクラブの使い方でもあるので
練習やドリルでは意識しておくと良いと思います。


✋クラブの姿勢
貴方にはどう見える❓_Moment
ヘッドとグリップの上下左右の関係は意識しましょう。

俗に言う『トップの位置』において
ヘッドやクラブの重さがグリップに掛かり
そのグリップが『次』の動作の妨げになり位置 に
ならないように注意が必要です。

『トップの位置』であれば
その次の過程は『ダウンスイング』になります。
言葉で ダウン『スイング』と言っていますが、
ダウンスイング全体は ほんの0.2秒以下の瞬時の動きです。
あれもこれも 色々とする時間もありませんし、
そういう『期間』でもありません。

どうダウンスイングしていくか、
何処の方向に、
いつ、どうのように していくかも
『トップの位置』のクラブ姿勢、
ヘッドとグリップの位置関係によって
 ほとんど決まってしまいます。

究極、動作としてのダウンスイングを省けるか
も それ以前のクラブ姿勢、
グリップとヘッドの上下左右の位置関係によって
決まってしまいます。

20170920_matsuyama-650x435例えば、このトップの位置
にしてしまえば、
余程の教練か、我慢がない限り
一般的には次の動作は
右サイドを潜らせる、上を向く動きになります。
それでは シャフトは活きませんし
ヘッドの重さも活きてきません。
体がまるでまわっていないのでNGではありますが、
このヘッドとグリップの位置関係、クラブ姿勢では
要らぬ動作ばかりが増えるばかりでなく、
動作そのものが ダウンスイングとして必要になってしまいます

補助してもらい、手伝ってもらうコトです。
上手くすれば いつ動かすのかもシャフトは教えてくれます。


シャフトと仲良く出来ると
「トップの位置」以降、シャフトは
グリップを、クラブ全体を進行方向に押してくれ
より左に、より下に、より打球方向にクラブを誘ってくれます。
その強さ、速さは 柔らかいものほど
ヘッドの重いものほど強く、速く
インパクトポイントを左にしてくれ
インパクトまでの時間を短縮してくれます。


ですので シャフトの使い方 に慣れてくると
シャフトの柔らかいものほど、ヘッドの重いものほど
『早く』インパクトがやってきます。(速くではなく
………それにも慣れて頂く必要があるでしょう。
ドライバーで140cpm台以下、アイアンで160cpmを
下回ると 相当そのタイミングは「早く」やってきますので
慣れるまでは 慌ててしまうというか
急かされてしまいます。
(笑)柔らかいシャフトは来ない… なんて(笑)

トップの位置 と言いましたが
その位置だけでなく
トップの行くまでの『過程』
俗に言う テークバック(テークアウェイ)も
ダウンスイングの道筋か行程 に
かなり大きな影響をもたらします。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m11s
シャフトは特性上、一度しならせてしまうと
元に戻ろう、復元しようという特性が働きます。
その特性は、
グリップを動かそうした時に対してはプラスに働きますが、
ヘッド単体を動かそうとする動きに対しては
 グリップの移動を妨げる動きになってしまうので
気分は「ヘッドが速く・たくさん動いている」になりますが、
実際にはクラブ自体の移動は遅くなり、
 それによって 体の回転についていかなく、
遅れの原因になります。

ですので、テークアウェイで
 シャフトは極力しならせてはイケマセン。


シャフトはどの状況になるとしなるか というと
打ち手の動作 においては、
ヘッドの移動量とグリップの移動量 (運動量)に
大きな差異・違いが起こった時、発生します。


そして その差異・違い 移動量の差の殆どは
スイングは円弧 であり、
そして その円弧を肩(肩甲骨を含む)や腕で
積極的に作ろうとした時 発生します。
スナップショット 2 (2017-10-23 20-11) - コピー (2)スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)






スイングは円弧ですが、
それは 体が向きを変えるから自然に発生するもので
体(胴体・骨盤)の回転通りにグリップ・クラブが動いていれば
円弧を意識する必要は一切ありません。
円弧、即ち スイング軌道(スイングプレーン)ですから
体の回転通りにクラブを動かしていれば
その軌道を意識しなくてよいのです。
自分の腕や上半身の上側(肩や腕、肩甲骨)で
スイングプレーン・円弧を造れば
必ず 前傾姿勢は失いますから、
本来 前傾姿勢で維持できる 軌道の傾き
特にダウンスイングの時の 下方向の動きは
自分で作る必要が生まれますから
一番忙しい時に 一番難しい動作が必要になってしまいます。
それを省かなくてはイケマセン。
クラブの長さによる前傾、それによる
円弧の大きさや傾きを失ってしまいます。

言葉や文章で説明すると 少々めんどくさい ことに
なってしまいますが、シャフトを使えると
スイングの動作の多くのことが省けます。
雑誌やレッスンで教えられる ほとんどのことは
シャフトが使えると 動作としてやる必要が無くなるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ちょっと繰り返しの内容になってしまいますが、
 重心距離の長いモノ 大きいモノ 面の長いモノ

 例えば アイアンであれば
 現在は軽量スチールシャフト 小振りな軟鉄が
 主流に販売されていますから
 アイアンの重心距離の平均値は 35と言ったトコロでしょう。
IMG_0491
 では 40个離皀になるとどうなるか、と言うと
 一般的には 35个茲蠅40个諒が
 回転が鈍い と考えられ、
 それが原因で 右に出易い、スライスし易い と思われガチ、ですが、
 本当の意味は
 重心が直線状に揃おう とした時に
 垂れるヘッドの量(トゥダウン)、シャフトの垂れ幅が大きく
 インパクトライ角、総合的な、立体的なフェース面が
 重心距離が短く シャフトの垂れ具合が少ないモノに比べ
 右を向き易い、右を向く可能性が多いから
 です。

 似ているような 気がしますが、
 打つ前、振る前、使う前の思い込み としては
 意味がかなり異なる
と思います。 

IMG_0489
 重心の高さ
 アイアンでは 低重心の方がやさしい と思われていますが、
 一概には言い切れないのです。
 多くの方は インパクトの際、
 その重心位置、特に低重心が 何かの『魔法』をかけ
 ボールに作用する と薄っすら思っている方がいますが、
 重心の高さ に限らず、
 重心位置全般、重心距離も重心深度もすべて
 運動させた時 の 力学的、科学的な作用です。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)
低重心のクラブを持つと
 打つ人間が ボールが上がり易い
 この場合は打ち出し角度が取り易い、高くなる ように
 クラブを動かすようになる
 が正解です。

 インパクト時の ボールに対する重心の作用 が
 重心位置の作用が『皆無』とは言い切れないのですが、
 思っているような 低重心だからボールが上がる、
 なんて 直接的にボールに働きかける作用効果 は殆どありません。

 構えた時、ソールした時、
 当然ですが、ロフト角度・坂が存在する為
 高い部分(トップエッジ)よりも
 低い部分(リーディングエッジ)の方が
 前(ボール側・飛球線側)に出ています。
 
 高重心と低重心の比較論ですが
 高重心のモノだと 作用点(シャフト)に近いこともあり、
 効果ソノモノが薄め になりますが、
 低重心に比べ ヘッド全体が前に出ようとします。
 一方、低重心のモノは 作用点から離れている為、
 効果ソノモノが濃い目で 
 歯(リーディングエッジ)が前に出て行く、
 フェースが上を向いていく、
 それにつられ ヘッドが上に行こうとする
 効果になっていきます。

 
 重心の深さ と大変似ていますし、
 クラブは構造の制約上、
 低重心のモノは 深重心になり易いですから 余計ですね。
10003407_290033064486765_134308500_n
 また ボールが上がり易い のは
 スピンが増える ではなく
 スイングの軌道が緩くなり 打ち出しが上がる、
 スピンで言えば 逆に少なくなります。
 ボールは上がるのに 止まらないような球になる のです。

 アイアンで言えば 低重心、深重心になって行くほど
 性格がウッド化していきます。

 若い方は想像もしていないと思いますが、
 私達よりも上の年齢(50歳オーバー)のゴルファーは
 上がらない、球の高さが確保出来ない で
 悩んでいる人が大変多いのですが、
 その方に 上がり易い筈の『低重心』のクラブを渡すと
 より一層上がらなくなる場合が結構、あります。

 地面からボールを打つ場合、
 高重心のモノが良い✊ なんて 決して言えませんけれど
 誰も彼もが 低重心、深重心にすれば良い とも言えません。


 特にストロングロフト、飛び系のアイアン は注意が必要です。
 アイアンのロフトを 少なく(ゴルフ用語ではストロング化と言います)
 例えば 7番アイアンで24度なんてモノ もあります。
 (一般的には 32度前後です)
 24度のロフトが 番手の番号に限らず
 アマチュアのスピードでは なかなか厳しいロフト です。

 それが打てる・使える ッテコトは
 かなりの低重心、かなりの深重心 は必須条件でしょう。
 低重心+深重心+ノーマルロフト では
 上がるだけの『飛ばない』アイアンになりますから売れません。

 さらに 通常のモノよりも かなり長め のクラブになります。
 (本当は4番アイアンなんだけど 表記を書き換えただけ とも言えます)
😵もうお気づきの方も居ると思いますが、
 飛距離を出す為 よりスピン、回転を減らす方向に
 ほとんどの機能がそのために使われています。
 ヘッドスピードも高くないアマチュアが対象になる訳ですが、
 元々 緩めの入射角度、場合によってはあおり気味 に
 アイアンも打たれる方が少なくない。
 そこに てんこ盛りに 入射角度を緩く、
 スピンが減る要素満載にしたら
 アイアンなのに失速、揚力を失ってしまう可能性があります。
(つかまった球 VS こすった球_Moment(つかまった球 VS こすった球_Moment(2)





 一般的に✋ですが、
 「ボールが上がらない」と
 より インパクト、インパクト以降で
 ヘッドを上げようと、高くしようと修正、調整します。
 クラブの機能、機構もそうですが、
 「ボールを上げる、高さを出す、高さを維持する」は
 スピンと打ち出し角度、そしてボールスピードとの兼ね合いです。
 この場合の多くが 打ち出し角度〇 ボールスピード△
 一番の問題はスピンが足らない
(そのボールスピードに対して なので
 インパクト以降に ヘッドを上げようとする は
 イコール より一層入射角度を緩くする、
 行き着くトコロは〜あおり打ち
 より逆効果になるのです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「そもそも 重心位置の効能を誤解しているんじゃないか
 とおもうんですね。
58b52cea014c8e392700135f_20170228165522
 例えば ですが
 重心が深い というのは
 『正しく』ゴルフクラブを使った時、
 インパクト時 その重心深度分、ヘッドが
 前に出ようとします。

〇握っている棒と重心(重量点)が揃おうとする
 と発生するコト、起こるコト
 が 重心の効果です。
 なんとも 掴みドコロが無いかも知れませんが、
 重心は 重心の位置ソノモノの効果では無く
 それによって『起こるコト』が効果なんです。

 ですので 同じロフトであっても
 フェアウェイウッド・ユーティリティ・アイアン
 長さの効果も相まって
 一番 重心の深いフェアウェイウッドは
 ボールが一番高いトコロに到達するのが早い
 スピンは少ないんですけど 上げ易い んですね。
スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)
 これは 左右の重心距離でも同じで
 握った棒、遠心力の掛かっている軸線に
 重量点が揃おうとする、
 別な言葉に変えると 重心距離分、シャフトがトゥダウンする、
 その分、インパクトライ角が下がるから
 左に行き難い、右に行き易い、スライスになり易い、
 というのが 重心距離の長いモノの正体 です。

〇どの道、左右であっても、上下前後であっても
 握っている棒、掛かっている遠心力に対し
 重心点は揃おうとする、
 動かしていない時はズレている 重心位置 は
 運動させたとき 揃おうとする働き
 それによって発生するコトが
 重心位置の効果、つまり ヘッドの特性、個体差なんです。

5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7
 プロも 重心が短い小振りなヘッドを好む場合、
 フェースターンして使おうとは思っていません。
 重心が長い はだいたいの場合👉重心が深いとイコールですので
 その効果によって ヘッドに先にボールを打たれてしまう、
 重心深度分 ヘッドが前にでようとしますからね、
 それを嫌っている のです。
 重心が浅ければ 自分のタイミングでボールに触れますから。

 唯一、ティーアップして使え、ロースピンで問題の無い、
 厳密なスピン調整の必要のない
 ドライバーだけが 重心の深い、重心の長いモノ でOKなんです。」


質問「…全然、考えていたことと違います。

店長「でしょうねー。

 重心位置はなにがしかの作用、を
 ボールに掛けるんでは無く、
 打ち手の使い方やシャフトにかけて
 それによって ボールが上がり易くなったり
 つかまり易くなったりするんです。

 決して ボールに魔法をかけているのではないのです。
2388c2a5
 おそらく…ですが、誰からも習ってはいない、
 だけれど カタログを読んだり、ゴルフ雑誌を読んだり、
 そうしている内に 自然で自分で呪文をかけてしまっている、
 それが スイングを造る 元の考え というか
 ベースになっている可能性は否めない、と思うのです。

 これはアマチュアに限らず、
 ゴルフ雑誌関係者、レッスンする人、
 ゴルフクラブを売る側も 結構、勘違いしています。
 間違っている…と言うより
 おぼろげに考えている『クラブってこう使うんじゃない⁈』が
 実は かなり大きな影響を及ぼすんです。


ゴルフクラブの『本来の』性能は
グリップ、シャフト、にかかる遠心力の延長線上に
重心位置、重量点が来る、
重量が揃うことによって 発揮されます。


 ですので それが揃わないような使い方は
 ゴルフクラブの性能を殺してしまっている
 と言って良いでしょうね。

 それを目指すのが ゴルフスイングの習得 と思います。
 で無いと ゴルフクラブの性能、ヘッドの性能、
 個々の機種による特性、重心位置の違いは
 単なるバッヂ、飾り物でしかなくなってしまいます。



✊重心が揃う と考えると
 ウエッジのバンス角度であったり
 フェアウェイウッドのソールであったり
 そう言うモノが見えてくる と思います。

 スイングが先なのか、クラブに対する知識が先なのか、
 ソレが相まって 誰にも教わっていないのに
 いつの間にか クラブはこう言うモノ、
 スイングはこう言うモノ って刷り込んでしまっている、
 私は ここら辺が スイングに、スイング創りに
 及ぼす影響はかなり有ると思うんですね。

 ヘッド・フェースは回転させて使うモノ
 重心位置とシャフトやグリップはズレている✊
 って思い込んで スイングを造るのと
 重心は揃うモノ✋ と思い込んで
 スイングを造るのは 真反対とは言いませんが、
 出来上がるモノは全然別なモノ になります。
 棒でダイレクトにボールが打てるのと
 L型のズレがあるモノでボールを打つのでは
 当然、打ち方も同じにはなりません。

((((((((_Moment
 当たり前ですけれど、万物の法則、物理の法則に
 乗っかっている方が チカラも少なくて済みますし、
 繰り返せる可能性も高くなると思うんですが、
 わざわざ 難しい技術の方にトライしている…
 ゴルファーも少なく無い❓ と思うんですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q2:昨日の続き「 数年前に左ひじ(右打ち)がゴルフ肘になり、
 治療している内に 右ひじにも痛みを感じるようになりました。
 アイアンをスチールシャフトから
 カーボン(グラファイト)にすれば 良くなりますか?


店長「単にシャフトの素材が スチール…だから 痛くなった、
 カーボン(グラファイト)だから 大丈夫⁈では
 おそらく解決しない と思います。
【ハンドターン〜手の返しの正体_Moment(2)
 確かに衝撃の減衰力はカーボンの方が優ります。

 しかし、
肘や手首の痛みの原因は
 打撃の衝撃、インパクトの衝撃では無く
 動かし方、動き方
 というのが
 長い年月での総合的な答えです。

 スイングが悪い😵から…という意味ではありません。

 総じて…ですが、アイアンのスチールシャフトの方が
 シャフトが硬く、ヘッドも軽い ので

 〇一般的にはスチールシャフトの場合、
 負担の掛かり易い シャフトの先端部 は
 細いというコトもあり、シャフトの金属の肉厚を
 かなり厚くし補強しますので、シャフトソノモノの
 バランスが先端寄り です。
 一方、カーボンの場合、負担の掛かる部分に
 補強の繊維を入れたり、剛性の高い繊維を使ったり、
 先端を重くせず補強するコトが可能です。
 故に スチールシャフト装備のモノに比べ
 カーボンシャフトの方が 10〜20g重いヘッドを
 装着するコトが可能です。
 👉コレがカーボンの方が飛ぶ 主要因と言えます。

 ボールを飛ばすには 速い速度、
 もしくは ロフトを立てるコト、その複合が必要です。
 自然に遅れが生まれる「重い×柔らかい」クラブに比べると
 ロフトが立ち難い「「軽い×硬い」
 ロフトが立ってくれない分、
 大きなロフトで打つコトになり易い、
 もしくは 人為的にヘッドを遅らせ、
 そこから 立ったロフトに戻す、 という双方、
 より一層、速いヘッドスピードが、速い動き が
 必要になってしまいます。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment
 ソコから導き出されるのが 「手の返し」
 いわゆるフェースローテーション、
 硬いシャフトが多く使われている
 スチールシャフト装備のアイアンでは
 その技術が無いと ボールは気持ちよく飛びません、
 が、それは手首や肘などの関節を蝕みます。
 上手に打つ為の必然な行為が自分を傷めてしまいます。

 硬いシャフトを使うには必要な技術が
 肘や手首を痛めてしまう のですが
 そこで 痛めない為に 柔らかいシャフトのシフトすると
 今度は ヘッドの遅れが発生、
 もしくは 増してしまう ので
 上手く行かない、上手く当たらない、
 は発生してしまうでしょう。 ジレンマですね。
 
 直ぐに結果は出ない、かも知れませんが、
 放っておけば 打ち方は自然に変化していきます。
 早急な答えを出さないことが。、
 関節などの痛みからの解放になると思います。

 逆のパターンもあるんですが、
 柔らかいシャフトを長く使っていると
 放っておいても ヘッドは遅れ、
 それを取り戻す〜しなり戻す のは
 腕力が無い限り、結構大変です。
 ですので 遅れ をロフトの立ち にして
 遅れっ放しのまま ボールを打ってしまうコトが
 身に着くようになり易いです。
 🤒そこで 硬いシャフトにシフトすると
 遅れが少なく、ロフトの立ち が薄い ので
 そのまま では ボールが飛びません。
 自分で力なり、技術でボールを強く弾く必要が生まれます。
(Rさん 大変身か?_Moment
 ヘッドの重さ、シャフトの柔らかさ、
 その双方が 『ヘッドの遅れ』を造ってくれます。
 その遅れをどうするか、 が
 重いヘッド、柔らかいシャフトを使うスイングの課題 で
 軽いヘッド、硬いシャフトの場合の課題は
 遅れてくれない、ロフトの立ち が装備されていないクラブで
 ヘッドの遅れを人為的に造るか、
 そして その遅れからどのようにロフトを立てるのか なのでしょう。

 そう言う意味合いでは やはりゴルフクラブが
 スイングを形成している と言って過言ではないかと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こういう例えも可能かもしれません。

 車や自転車、オートバイ、乗り物に乗っていたとします。
 運転席なり、助手席、座席に座ったまま、
 クルマであれば 窓から手を伸ばして届く高さ
 の机の上にカバンが乗っていたとしましょう。
080430_part01_01
 手で振る とは
 ソコに🚙なりを移動させ、いったん停車し
 手を振って その荷物を取るコトで
 ドライブスルーなどの実生活では
 当然、こちらの方が常識であり、かつ安全です。

 ところが ことゴルフの打撃に関しては
 車はある一定の速度なり、均一な加速状態にしておき
 その荷物を取れる状態に 手を固定して
 車を移動させることで その荷物を取る、
 そう言う違いだと思います。

 ハミングバードでは その手使いを『刷毛塗』などと
 呼んでいますが、その刷毛塗は
 両肘の外への張り ばかりを意識されるのですが、
 問題なのはそっちではなく
 グリップの移動、
 クラブ、シャフトのスライド『使い』の方で
 両肘の外張りは結果、としてそうなり易い だけです。
スナップショット 6 (2016-07-27 18-57)
 また、グリップの横移動も
 実際にからだの回転、例えであるなら クルマの移動が
 伴った時に、ずっと その場所にあるように
 位置固定、相関関係の固定をする為、ややこしいですけれど
 動かさない為に 動かしておく、
 動かさない為に 先回りしておく感覚
 とも言えます。


 話は手打ち、ヘッドの返し、フェースローテーションに戻りますが、
 ダウンスイングの後半、インパクトの部分で
 腕の伸ばし で クラブをリリースしてしまう のは
 ヘッドの位置、高さ、フェースの向き、ロフト、
 それらが一定にし難く、簡単なモノではありません。
 正直、腕力と運動性能、そして反復練習の賜物 です。
 が故に、一度覚えて 危ういながらも出来てしまうと
 それが 自分の打撃の生命線、打撃ソノモノになってしまうので
 ソコから抜け出せなくなってしまいます。
video_Moment(5)video_Moment(6)video_Moment(7)







 ハミングバードでは それを『ヘッドを振る』、
 『シャフトやクラブを振る』 また 時として
 『クラブは下に振ってはダメ』 と啓蒙しています。

 からだの回転にした方が、クラブ姿勢、ヘッド姿勢を
 固定できる時間が長く取れるので
 安定度・再現性は高くなります。
 また、入り方が良くなり、こすっていた球も
 『つかまえられる』ようになりますし、
 実際、ゴルフクラブはそうする為に造られています

 年齢による運動性能の低下、疲れなどから
 腕力頼り、運動性能頼りの 手打ちに限界を感じている方が
 からだの回転での打撃に切り替える場合も、
 いっぺんに 100%をからだの回転にシフトするのは難しいです。
 徐々に、徐々に 回転の割合を 手のリリースから
 からだの回転に移していくのですが、
 その途中、何度も
 手のリリースが主導権を取るコトが顔を出すとは思いますけれど、
 クラブをボールに手で出さず、
 下側の領域に入れない方が
 弾道は圧倒的に美しい です。
 ですので ソコはめげずに頑張って頂きたいトコロなのです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


これは 飛ばす、ドライバーショットでも同じですが
ゴルフを良くするには
 その距離、望むその距離を打つ能力を高めるコト です。

どちらもどちらですが、
多くのゴルファーは方向ばかりを重視してきた傾向が強いので
ある種 方向の方が二の次 と考えてよいでしょう。

フルショットにもつながりますから
重要視 しなくてはいけないのは
 ヘッドのロフト姿勢
 ヘッドの入射姿勢₍角度₎ を一定にする
変化を多く作らない コトで
この条件は ヘッドの方が多く動かない
グリップの動いた量分 ヘッドを動かすコト
 です。

images

グリップの動いた速度通り、 ヘッドを動かすコト
自分のからだを廻す速度が 距離感 というコトになります。

肩を揺さぶったり、ヘッドばかりを動かすような振り方では
一定の動作速度を身に着けても
 ロフト姿勢が一定にならず
 ヘッドの入射角度が一定にならず

一定の距離を打ち続けることはかなり難しい
アプローチであれば 腰痛を覚悟するほどの練習量がないと
それを習得し、かつ持続するのは不可能です。

グリップを 兎も角 動かす。

ヘッドを動かしたい、思い描いた道のり、軌跡
それを なぞれるよう グリップを動かすのです。


それを感覚的に覚えると
アプローチの距離感は飛躍的に良くなります。
と同時に グリップの移動でヘッドの移動を管理、
ヘッド姿勢も管理しますから
ダフリやトップなどの痛手を負うミスも激減します。

手先で円弧を描かなく、
特に上下、ヘッドの高さの変化を生み出す円弧を
描かなくなりますから アプローチで痛い ダフリ・トップもミスから
解放されると言っても良いほど です。

スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)

習慣づけ していくには
よほどの短い距離で無い限り
テークアウェイでは しっかり骨盤・体は右に向けましょう。
フルターンしても良いくらい。

フルターンしておけば
上から打てる時間は確保しやすくなるので
よりダフリ・トップは軽減します。

上げる量 で管理してはお薦めしません。

打ちたい距離に対し
なんとなくで良いですから ボールの速度をイメージし
そのボールの速度になるような グリップの移動を作ります。
スイングの大きさは限定せず
そのグリップの移動速度が作れる量 を感覚的に。

距離感はボールの速度感であり
グリップの移動速度感です。
その感覚はなかなか間違いません。



練習やドリルでは
上げる時も下げる時も
ヘッドは忘れ、無視し(ゆるゆるしない範囲で)
グリップの移動だけを心掛け
ボールの速度とグリップの移動速度の関係を構築しましょう。
df713d9f-s
グリップの移動はからだの向きで行います。
無理に腕を下げたりしようとしない方が良いでしょう。
からだの向きでのグリップの移動を決して止めない、
からだの向きによる自然な加速は別として
腕がかかわる 更なる加速は厳禁です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


その人のクラブの扱い方や持っているクラブの質
などによっても異なりますが、
スイング中のゴルフクラブの重さは
かなりのモノになると思います。

平均的な猫の重さが 3〜4キロ
トイプードルも同じくらいです。
この位なら暴れてもあまり問題なさそうです。

ミニチュアシュナウザーが 6~7キロ
かなり大型の猫もこの位でしょう。
ここら辺になると 抱き方次第では
人間もふらついてしまいます。

フレンチブルドッグになると重さは
10キロを超え、大きなものは13前幣
抱いている最中に暴れられたら抱いていられません。
もろとも転んでしまうかもしれません。

使い方にもよりますが、ゴルフのクラブは
瞬間的には シュナウザーとブルドッグの間位の
重さになると思います。



多くのゴルファーは
スイングをイメージするのに
クラブの重さが掛かることを想定に入れていません。
まずは 自分の動作のことばかりを気にかけます。
✋クラブを持たなければできるのに…。
✋ボールを打たなければできるのに…。
もう既に 万を超えるほど繰り返していませんか?
〇右向け右
クラブは腕(手)で持ち、その腕は体から生え、
腕とクラブというモノは長さを持っていますから
どう扱うかによって その重さの変化は激しくなります。
プロであっても、クラブのある場所やその姿勢
の重さを影響を色濃く受けています。

体をどう動かすか
 ばかりを考えては
実際のスイング・ショットをする時、
クラブの重さの奴隷になってしまいます。

キッカケは与えてあげるにしても、
クラブによって重さを受けることからは逃げられないのですから、
逆に その重さによって
動かされてしまうことの方が簡単な筈です。

腕がクラブの重さを受け、
体はクラブも含めたその腕の重さを受ける。

腕がクラブの重さによって動かされれば
体はその腕の重さによって動かされる。


どうせ避けられないのですから
望ましくない不可抗力ではなく、
上手く打たされる不可抗力を造ってしまう ことを
考えてたほうがアマチュアには良いでしょう。

体の回転と腕の使い方を別々に考えるのではなく
クラブの重さによって、腕が動かされ
それそのものが体の回転になっていく方法が
アマチュアには適していると思います。

ですので、クラブの重さが運動で増した時、
支えらていられないグリップ、
ホールドしないグリップを造っておいて
その重さで腕を動かし、
その重さで体を回さざるを得ない
グリップを造っておく方が 結果シンプル です。

クラブを支えておけるグリップ
ホールドしておけるグリップを造り
クラブの重さが運動で増している最中に
腕や体を意のままに動かそうとするのは
おじさんアマチュアゴルファーには
 不可能に挑戦するに等しいと思います。


そこで そのためのポイント「左グリップ」
に付いてですが、注意点は3点です。
IMG_0772

中指と薬指 おまけで小指の3本で握る が基本
 これは右手グリップも同じですが、
 握るメインになるのは この2本です。
IMG_0534
 ですので 手のひらはこのような形になります。
IMG_0532
グリップは二度握りません。
 スイング中は仕方ないですが、アドレス時、
 手のひらはグリップに触れません。
 第三節は伸ばしたまま、手の甲にこぶしを造りません。
 中指と薬指で握ったら、それ以上握りません。
 親指はシャフトに添えるだけです。
IMG_0531
手首に角度を付けてはイケマセン
 握手のような自然な形。
 手首が甲の方に折れないように注意です。
 ディッシュアングルと呼ばれるモノは手首の角度ではなく
 手のひらとシャフト(グリップ)の関係です。

IMG_0529
ここを我慢して、スイングは重さに任せるか
クラブをがっちり握って
 自分で動作を管理するか
どちらかしか選択は無いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【投稿レポート】今回、悶絶クラブは初めてのトライとなりましたが、
悶絶と呼ばれているほど苦労せず慣れて慣れて参りました。

タイミング良く クラブを引き摺るという記事、動画が
色々な意味で大変役に立ちました。

ダウンスイングでクラブを立てるやタメを造る、ハンドファーストにする
というのは それぞれ自発的にやってみるではなく
クラブを引き摺れば出来上がっていくモノなのだろうと思います。
〇からだの回転〜
それを踏まえた上で、旧クラブ(T社+NS950)と打ち比べ
をしてみましたが、ヘッドの重さによって
グリップが落とされる、押される と言う点においても
悶絶クラブは多大なる助力をしてくれます。

軽いヘッド(+硬いシャフト)のクラブでは
シャフトを振る?ヘッドを動かす?行為自体、容易ではあるのですが
それに伴うインパクト時のヘッド姿勢制御という
老体には無理難題がやってきます。

硬いシャフト、柔らかいシャフトで打ち比べてみると
そのシャフトのたわみ(しなり?)によってグリップが押されるのか、
硬いシャフトではボールの位置は中に、
柔らかいシャフトではボールの位置が前に、
かなり大きくズレさないと的確なインパクトが訪れません。
飛距離不足に悩むこの年齢ではこの違いはかなり大きいです。

クラブが長くなる、短くなるについては
上手く説明できないのですが、
悶絶クラブのこのシャフトの柔らかさ、しなり
それは クラブが短くなってくれる、
 と言う点が大きいような気がします。

〇からだの回転〜ク


今でも決して上手とは言えませんが、
特にアプローチショットに関しては
無理にボールを中に入れる必要がないので
その置けるボールの位置の差はミスショットの確率を
かなり変えられると確信いたしました。

ボールをつかまえるという事に関して
長年、苦労?誤解してきましたが、
〇グリップを落としてくれるヘッドの重さ
〇グリップを押してくれるシャフトの柔らかさ、
そして クラブは引き摺れば良いんだ という概念は
正に画期的で、何ヤード伸びたかは判別し難いのですが
傍目からもかなり強い球になったのは間違いないと思います。

旧クラブの残党であるフェアウェイウッドがからきし
当たらなくなりましたので、大蔵大臣の認可が降りましたら
また、相談させてください。 よろしくお願い致します。


店主)よろしくお願い致します🤗🤗🤗
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「絨毯の上で ヘッドを引き摺る、
 からだの向きを変え、グリップを移動させ
 その移動した分で ヘッドを移動せる、
 その感覚を経た上 実際にボールを打ってみる。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 アプローチとは言えないまでも
 練習のウォーミングアップとして 感覚を掴んでみる、
 それは 手打ちからからだの回転への移行として
 地味かもしれないけれど
 かなり効果のあるドリルになると思います。」

質問「はい。」

店長「そのドリル(アプローチショットですが…)の参考に有るのが
 コチラの動画になると思います。

 おそらく。。。ですが、
 多くの方は。。。ですね、
 テークアウェイで90度右を向けた 9時を向けた時計文字盤
 クラブを 90度戻そう、6時にしようと思っている、
 フルではないけれど クラブをターンさせる、
 それが インパクトだ と思っているんじゃないか
 と思うんです。
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(2)
 でも グリップを動かして、ヘッドを引き摺る 感覚では
 インパクト付近は グリップをからだの平行に
 打つ方向にグリップエンドを向けたまま 引きずる感覚なんです。

 イメージ・意識は『9時のまま引きずる』んですけど
 からだの回転が入って来ますから
 ボールへの到達時点で 8時とか、7時半とか。。。
 7時までは行か(さ)ない感じですね。

 トップの位置での クラブを
 その姿勢のまま、そのシャフトの向きのまま、
 からだを廻して グリップを引き摺り
 クラブ自体を移動させる・・・。」

質問「スライドさせるような感覚 ですね。」

店長「はい。
 実際には 動力がからだの回転、回転なので
 薄っすらとは クラブにも回転は入ります。
 クラブ、ヘッドの重さ、運動での加算 が入りますから
 ヘッドは留まろうとしますので
 からだの向きに対し 半分位の回転でしょう。」

質問「コレで 当たるんですね❓」

店長「当たる と言うか、打てます。
〇距離感としての 管理出来る速度
〇多少のズレがあっても 均一な打撃ロフト、ヘッド姿勢
〇ヘッドのアタックアングル
 これらを考慮すると コチラが『正当なアプローチショット』です。」

質問「ものすごく奇妙な感覚です。」

店長「だと思います。
 今まであった 何か肝心なモノが無い、欠けている、
 なのにボールに当たる、ボールを打てる、
 そう言う感覚なのでは無いかと思います。

 今までの感じでは アドレスを基準点として
 ソコに戻る、ソコがインパクトの合流点なのだ、と思うんですが、
 からだを廻して グリップを引きずるので
 ボールとコンタクトする合流点は ソレ よりも もっと後です。」

〇からだの回転_Moment(2)

質問「そうなんですね😊」

店長「少し ソレに慣れたら、
 回転の 横のクラブの動き だけでなく
 縦のクラブの動きにも意識して
 同じように クラブを引き摺る、
 ヘッドをボールに縦の感覚で『届かせようとしない』、
 ボールに正対、垂直になるようにしない、
 グリップエンドを打つ方向に向けまま
 ボールと自分の間を擦り抜けさせる、
 そう言う感覚だと思います。」
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment
質問「当たるんですね…。」

店長「この 奇妙な感覚に慣れるコト が
 からだの回転への入り口 と考えて良いと思います。
 コレに慣れないと その先『ショット』につながって行かないです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「トゥアップ、トゥダウン、シャフトのしならせ〜しなり戻し 
 言い換えると シャフトの使い方 になる訳ですね。」
202252_Moment

店長「そう言えると思います。
 
 ただ 弊社のクラブのように 放っておいても
〇シャフトがしなってしまうモノ と
〇しならせない と 動かない・しならないモノでは
 使い方は真反対になってしまう可能性はありますね。

シャフトを意図的にしならせて〜しなり戻して は
(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)なんだか 上手になった様なニュアンスを含む言葉 ですが、
その実、手を止めて、クラブだけ動かすコトを指しますから
からだの向きとクラブを分断する、
要するに『手振り』になります。

将来的なコトを考えると 出来るだけ避けたい、のですが、
硬いシャフト・軽いヘッドの場合、
 そういう お上品な使い方では飛ばない😵
 めちゃ振りするか、当てるだけにするか、になっちゃう😵
 そうならないスペック、そうしなくて良いスペック、
 トゥアップ〜トゥダウンさせなくても ボールに届く
 シャフトの硬さ(柔らかさ)を選ぶ のが肝心と思います。」
 

質問「ブログ等を読んでいると
 ドライバーはシャフトが柔らかめ
 アイアンは硬め 〜従来通り

 の構成で使っている方が 非常に多い、と思うのですが
 ソレって どうしたら良いんでしょう❓」

店長「ソコが一番の問題じゃあないですか⁈

 対処の方法は無いです。

 おそらく、ドライバーは 左足かかと、
 ティーアップの高さが高ければ 左足つま先
 アイアンは からだの真ん中よりもやや右寄り、
 とりあえず ボールの位置で対処するんだと思いますが、
 ソレで対処しきれる 硬さの差 ではありませんので
 双方が上手く行く、と言う日は非常に少ない…。

 だいたいの場合ですが、ショットの練習やスイング造りは
 ショート・ミドルアイアンで行いますから、
 ドライバーに移行した時に苦労する。

 ドライバーショットに慣れてくると…。
 昔に比べ、ドライバーのシャフトが柔らかくなり、
 楽になりましたし、練習場で使うとストレス解消になるから
 ドライバーをみっちり打つ人が増えましたが、
 アイアンに移行すると てんでダメ。。。😵
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







 きついクラブから 楽なクラブはなんとかなり易いですが、
 楽なクラブから きついクラブはまず上手く行きませんから
 コースで言うと
✅距離の短いミドルホールで たまたま ドライバーが当たる、
 グリーンの目の前まで 行く、
 そこから トップ😵 ダフリ😵
 気温が下がってくるとシャンク😵
 そう言うゴルフをするコトになりますね…。」

質問「もしかすると スイングを造る際、
 ショットの練習する際、シャフトの硬い きついクラブ、
 この場合はアイアンになると思うんですが、
 それを使うための、ソレで打つための 技巧 が
 トゥアップ〜トゥダウン、シャフトをしならせて〜しなり戻す
 😵…手打ち、というコトになるのですか❓」

店長「だと思いますね。
 からだを廻せ とか 手で振るな、
 なんて言うのは 気にしていても 始めの数球で、
 目の前にでる 弾道や距離 が気になりますから
 本能的な反応 などの方が優先することになると思います。
(腕とクラブはLOCKんロール 2022523_Moment

 硬いシャフト、飛ばせないクラブ、
 ソレで ボールを中に置いて打つのですから
 手で振らざるを得ない打ち方に自然と行き着く
 と言うのが アマチュアのスイング造りになるんだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「悩んでいる人も少なくないと思いますが、
 スイング中に起こる 
『りきみ』 も
 トゥアップ、トゥダウンと非常に密接な関係にあります。」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

質問「うわ😵😵😵 そうなんですか⁈」

店長「リキミ に悩まれている方の多くが
 テークアウェイで ライ方向、トゥアップ方向に
 強く上げることを テークアウェイ、上げる、

 考えているのではないでしょうか。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)
トゥアップさせて トゥダウンさせようとすると
クラブは早い段階で長くなってしまいます。

本来、クラブやヘッドの重さは
切り返しやダウンスイングで
クラブ自体を、グリップを進行方向に押す手伝いをするモノ
、です。

 ところが  トゥアップ、トゥダウンそのものも
 グリップの移動を止め、ヘッドを多く、または速く動かす
 動作から生まれます。
 また、クラブの長さが早い段階で長くなる、
 俗に言う キャスティング、アーリーリリース、
 その双方ともに 本来のモノ と比べると
 ヘッドの重さ(含む 長さ)を より重く使うコトに
 なってしまいますので 当然、イキム、りきむコトを
 生み出してしまいます。」

質問「。。。そう言うメカニズムなのですね。」

店長「単純に言えば リキミ とは
 自分の動き に 反する重さ
 自分の動き と 異なる方向への重さ
 から 生み出されます。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)
トゥアップして、トゥダウンすれば
ヘッドは外に膨らもうとする、
プラス クラブが長くなる訳ですから
重さも増え、方向もスイングの進行方向とは異なります。

(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)『リキム』のは必然と言えるでしょう。

トゥダウン は 良くないモノ、
と考えられている方がいらっしゃいますが、
ゴルフクラブの『機能としての』トゥダウンが悪いのではなく
トゥダウンをさせるような『使い方』が拙い のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
店長「これからの季節で起こり得るコトなのですが、
 強く打たないアプローチなどで
 当然、軽く振ります から トゥダウン量は減ります。
 本来であれば、ソコに重心位置が来てくれるはずのモノだ
 トゥダウン不足、つまり ネック寄りに当たって…
 シャンクなんてコトが起こる訳です。
sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット
 ですので 全体にセットの流れ よりも
 ウエッジなんかは 柔らかめ の方が使いやすい

 というのは そう言う部分もあったりします。」

質問「気温が下がると シャンク出易い ですよね…。」

店長「そもそも なんですが、
 多くの方は シャフトをしならせて・しなり戻して使うモノ
 と 思っているフシが少なくないと思うのですが…。」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

質問「ソレ ありますね。」

店長「多くのゴルファーの クラブの動かし方 というか、
 シャフトの使い方 って
 シャフトを ライ角度方向に沿って
 トゥアップ方向にしならせて、
 トゥダウン方向にしなり戻そう、

 としていますが・・・ それが悩みの始まり だったりします。

 ゴルフクラブの機能の殆どは
 使い手が ソレを意識しなくても
 動かせば… 正確には ゴルフクラブを持って、
 ゴルフクラブ『を』動かすのではなく
 ソレを持って 自分が動けば 機能するよう出来てます。

 トゥダウン…握りの延長線上に自動的に打点が来る働き は
 クラブを持って 自分が向きを変えれば
 それに伴い、クラブには遠心力が掛かるので
 自動的に それは成されます。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)








 逆に それを意図的に『トゥダウンするように』動かしたら
 トゥダウンは必要以上に発生してしまい、
 スイングの横方向への動き 回転は阻害されてしまいます。

 阻害されないように トゥアップ・トゥダウンを
 腕を捻って行えば(横にして行えば)
 今度は フェースがボールを向きません。
 どんどん 複雑に…、後処理が面倒に、、、
 インパクト付近での もうひと手間が必要になります。」

質問「言われてみれば テークアウェイは
 ライ方向にトゥアップするように上げていますし、
 ダウンスイングもトゥダウン方向に振っている気がします。」

(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)

店長「フルスイングをそうやっている方が
 ハーフショットのアプローチにしたら
 トゥダウンが生まれませんから
 ボールのトコロに打点でなく ネックが来てしまう…
 シャンクになりますよね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ハンドファースト、こすり打ちに関連する
 興味深い話し で

 私自身もちょっと衝撃を受けた話し です。
 ちょっと 話し長いですけれど…。」
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)

HNさん「はい…。」

店長「長くお付き合いしているお客様に
 仮称 KKさん と言う方がいらっしゃいます。

 もう25年を超えるお付き合いになるでしょうか。

 その方は 弊社のお客様の中では
 一番大きい、マッチョな方、
 体つきで言えば ビースト、怪物、怪獣 ですね。

 25年以上前ですけれど
 ヘッドスピード大会をやって
 周りの人が ヘッドスピードの為、だけに
 48インチとか使っていた時に
 一人だけ 45インチで挑戦していた人で …
 ヘッドスピードは 60㎳を超えた 唯一の方です。」

HNさん「😬 😬 😬 😬 😬 😬」

店長「もう完全なる規格外で
 ハミングバードは店風  が
 チカラの無い、道具で何とかしたい という
 お客様が圧倒的ですから、
 場違い感すらあるほど 凄かった んですね。

 で、まぁ それだけ 運動能力ありますし、
 練習量も豊富、スタミナも桁外れ、 なんで
 スイングについては あまり触れなかった、んですね。
 スイングは独特…ですけれど
 教科書的では無い ですけれど、身体能力と努力で
 距離もスコアもすごかった んじゃないですか❓」

HNさん「クラブは❓」

店長「超ヘッドの重い、かなり柔らかいシャフト ですよ。
 シャフトの柔らかさは お客様の中でもかなり です。
 重くて 柔らかいのじゃないと嫌 なんだそうです。

 特にレッスンを受ける訳でもないですし、
 クラブも 8年とか、10年に一度
 より重く、より柔らかく してますが、
 特に悶絶もしないので 頻繁にはいらっしゃいません。

 ところが 何年か振りに
 たまたま ですけれど、待ち合わせの時間まで
 時間があったそうなんで 遊びに来てくれたんです。

 そして 打ったら・・・・・・・・。

 年齢は 70ちょい前…ですけれど、
 仕事も現役で からだをバリバリ動かしている方 ですから
 まあ。。。変わらないんだろうなぁ と思っていたら・・・

 なんと、なんと、
 年齢の行った人にアリがちな
 『ぶっつけ打ち』

 フォローの出ない、フィニッシュまで行けない、
 インパクトで終わっちゃうスイングですね、
 ソレになってたんですよ。
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(3)
もう ビックリ😲😲
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(4)
 あの KKさんが! ってね。」

HNさん「シニア、グランドシニアの方に多いですよね。」

店長「そうですねー。かなりの比率だと思います。

 で、かなり距離も落ちて、球も行かない、
 スコアも落ちた、
 まあ 若かりし頃は 怪獣だったでしょうから
 比較対象が あまりに…ではありますが、
 悩んでいらっしゃる…。

 ゴルフが楽しくない、、、と。」


店長「でね、 "イヤー KKさんは 5000ccの車
 私たちは 良いトコロ 1300佞亮屐
 基礎が違うので 言わなかったんですが…
 その『こすり打ち』… ヘッドを前に出す打ち方
 変えないと KKさんですら そうなるんですね。"
 って言ったら

 半分、笑ってですが、
 『どうして教えてくれなかったんだよー』って。
 "いやいや 若かったときは困って無かったでしょう⁈
 少しはハンディ無いと ね" って。

 グリップをヘッドが追い越す、
 グリップよりも 多くヘッドを動かす、
 ヘッドを返す打ち方は
 その行為をするには グリップを止める必要があります。
 グリップを止める ッテコトはカラダを止めるコト です。

 本能的にも 飛ばそうとしたら
 ヘッドをたくさん、速く動かしたくなるじゃないですか、
 それをするには からだを止めないとイケナイ訳で
 ですので ぶっつけ打ち にならざるを得ないのですよ。

 あの KKさん、25年前は ヘッドスピード60㎳を出せた
 怪獣のようなからだをした人が ぶっつけ打ち に
 なっちゃうんです。
 こりゃ 普通の人だったら、かなり早い段階で
 ソコに行き着いちゃうなぁ って思った訳です。」

HNさん「。。。。。。。。」

店長「手を返す、ヘッドがグリップを追い越す、
 しならせたシャフトをしなり戻す って
 打っている人は ぶっつけ打ち に辿り着きます。
 腰を傷めたり、どこかを傷めると
 かなり 早い年齢 でソコに行き着きます。

 ですので 若いうちは出来ますけれど、
 ソレを避けたければ 手さばき中心の
 ハンドファーストに苦労する打ち方 とは
 お別れした方が良い、移行した方が良い のです。

 ハンドファーストが打撃ソノモノなんですから。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ちょっと 横道に逸れますが、
 今のスイング、テークアウェイで
 それをそのまま アプローチ、
 中途な距離を打つショットをした場合、
 ミスの原因 になります。

 アプローチのミスの要因として
 結構、多い・大きいのでは…⁈
 と思います。」

Nさん「え?」

店長「スイングで言うと
 こう 積極的に左腕を動かしてあげる とか
 左肩を入れる、肩を廻す

 アプローチであると 振り子のイメージが強く
 肩の動きだけであげる

 そう言うイメージを強く持っている方は 

 テークアウェイの初動、
 始めの一歩の時点で
 左腕でクラブを押すような形 になるので
 グリップが、グリップエンドが
 一旦体から離れます。

青木2022826_Moment(2)
青木2022826_Moment(3)

 この画像は アプローチでは無く
 ショットのモノから抽出していますが、
 アドレスと見比べてみて下さい。」

Nさん「あ・・・ほんとだ。」

店長「機会があれば、グリーン周りのアプローチ とか
 その位の距離の練習をしている ゴルファー を
 よく見て下さい。

 結構な割合  で 見つけられます。

 なんでもかんでも プロが良い訳ではないですが、
 ココの部分で からだからグリップエンドが離れるプロ は
 まず 試合に出れるスコアにはならないから 居ない、
 と言って良いでしょう。

 アドレスよりも グリップエンドを自分から離してしまえば
 クラブは長くなります。
 アドレスでセットアップした ボールとの関係を考えれば
 その長さは 短くしないと、元の長さに戻さないと
 ダフル、地面を打つ、シャンク などになりますよね。
 短くし過ぎても トップなどになります。
 
 または 初動でからだからクラブが離れると
 やや 前傾が深くなり
 それを 回転と言う名の 体の起こし(前傾の起こし)
 スイングで言うトコロの からだの伸び によって
 ボールとの距離感 〜 クラブの長さ
 を調整するという 調整 も少なくないパターンです。
 これによって からだの回転の中に
 前傾を深くする〜浅くする(伸びる)が
 刷り込まれるコト(練習の回数が多い…)
により 
 通常ショットにもそれが反映するのです。

 
 その両方の作業は 全く要らないモノ から
 生まれている 全く要らない作業 です。

Nさん「確かに…。」

店長「今日! ハイ! って訳には行かないとは思いますが、
 ココを改善していくだけでも アプローチをミスしない確率は
 良くなります。

 すぐそこ の距離 の勿体ないミスはかなり消えます。


 また この動きの延長のショットの場合、
 一旦クラブがからだから離れる =クラブが長くなる
 ですが、ダウンスイングに入るのに 長くなってしまったモノは
 とてもやり難いですから 当然、短くする、
 腕やクラブをたたむようにする訳ですが、
 長さを替えない、長くしない で テークアウェイを取るよりも
 反動・『勢い』が付き易いので
 自分の想定している トップの位置を超える(深くなる)
 オーバースイング原因であったり します。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレは全員にあてはまる とは言い難い ですが、
 結構、多くの方にはヒント になると思います。

 テークアウェイで 右腕を曲げるのは、
 その分 クラブを起こし、クラブを短くする、
 からだ から ヘッドまでの距離を短くする為です。
((フットワーク4

 クラブまでの距離を短くするコト によって
 からだの向き、からだを回転させても
 対応が良く、負荷が少なく済みます。
 特に切り返し時の初動、ですね。

 コッキング(手首の動き)をしなさい とは
 全く思いませんが、
 それであっても 右腕を曲げることによって
 起こすクラブの基点になるのは
 左グリップになりますから
 左腕を動かす、上げる、など
 その基点を動かせば動かすほど、
 クラブを短くし難くなります。
 上がり過ぎてしまう、深くなってしまう、
 クラブが寝てしまう、寝すぎてしまう
 になり易いです。
青木2022826_Moment

 グリップを高くする、
 ヘッドを高くする、要因としては
 クラブを下に振ろう とする
 打撃はクラブを下に振るコト と
 感覚的に掴んでいる人もいらっしゃるので
 ソコの注意も必要です。

 からだが右向き(右打ち)になった分、
 また クラブが起こされ、それに伴う
 左グリップが少し高くなる 程度で
 打撃としては十分で、
 グリップの動きの量や 勿論、速度、
 そして その高さ と 打撃力、
 飛距離は関係ない、と言って良いと思います。

 後々の記事で書きますが、
 ソコが パワーの溜めドコロ ではなく、
 左腕、左グリップを自発的、そして単体で
 動かせば動かすほど パワーは溜めにくくなります。


 これは ダウンスイングの考え方 と同じですが、
 テークアウェイも 右を向く という
 ヒトツの動きで 出来るだけ全てをまかなう、
 すべてをやらせてあげる方が良いです。

 上げる、回る、 もしくは 廻る、上げる、
 という からだの向きと腕の動きが
 別々なモーター、別々なタイミングになると
 スイングの大きさで 距離を調整するような、
 速度でショットの可否を誤魔化せないアプローチで
 苦労するコトになると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こする つかまえる のスイングタイプ、
 勿論、その方の体力、ヘッドスピードなどにもよるのですが
 フェアウェイウッド、ユーティリティの選択にも
 かなり 影響があるんです。」
(こする つかまえる_Moment(3)(こする つかまえる_Moment(2)






受講生「それ 凄く分かる気がします。」

店長「経験値にもよるのですが、
 総じて こするタイプの方は
 フェアウェイウッドをあまり得意? 好きでないケースが
 多いです。

 入射が緩いコト ソノモノは 悪くは無いんですが、
 地面にあるボールを打つクラブの中で
 フェアウェイウッドが一番 奥行き ソールが深い、広いので
 入射が緩すぎはまだしも、若干の 煽り(アッパー)が
 入ってしまうと ソールのお尻、アイアンで言えばバンスのトコロが
 地面と干渉してしまいます。

 ですので こすり傾向の強い方は
 同じ番手でも やや短めの方が良かったりもしますし、
 長さやロフトの関係から 3番よりも5番の方が飛んだりするので
 ロフトのキツイ、長いモノは 避けるような選択を
 お薦めしています。
411BK-5
 逆に ユーティリティは得意なクラブ に
 なり易いので パワーが無くなって来て
 アイアンのロフトの立ったモノは辞めて
 大きな番手のユーティリティ #5.6.7.あたりを
 薦めています。 」

受講生「アイアンはどうなんでしょう❓」

店長「最近よくある 飛び系のアイアン、
 ロフトが非常に立っている訳ですが、
 ロフトが立っているというコトは 当然、
 重心位置など 上がり易い構造になっている訳です。
 
 重心が低い
 重心が深い
 が 上がり易いを引き出す訳ですが、
 それは すべて ソールの大きさ、重さに掛かっています。
 ソコを重くするには ソールを大きくするか、重くするか、
 その どちらか しかなく、
 そうなると 地面に干渉、ソールが尻もち と絡んで
 上手く行かないケース、ミスになってしまうケースが増え、
 結果として 「合わない」 と言う場合も少なくないかと思います。

 ウエッジも含め、アイアンの場合、
 トップ、ダフリのヘッドの縦方向のミス、
 ショート、オーバーなどの距離の縦方向のミス、
 このミスがアマチュアの スコアメイクには一番痛い部分、
 方向や曲がりよりも スコアに響きます。

 重心が深い、重心が低い、そしてモーメントが大きい
 というのは こすり打ちの人にとっては
 「振り難い」クラブになり易い、
 ダウンスイング中、変な重さがかかり易いですから
 ミスになり易く、そのミスもかなりバラつき易い、
 ですので 意外にも マッスルバックのように
 重心が短い、浅い、重さの影響がスイングに少ない方が
 良かったりするんですね。
 あんまり 喜ばしいことじゃあないですけど…😢😢😢

 ま これも 飛び系のアイアン、箱形形状のキャビティアイアン
 に比べると 長さが短い も要因の一つだったりします。」

店長「そして こすり打ち が 一番顕著に表れる のが
 ウエッジです。
 フェアウェイウッドと同じで
 ソールの大きい、幅の広い、
 バンスの効いたウエッジは苦手になり易い、
 よく言われる ローバンスの 薄ぺったい バンス角度の無い
 ウエッジで無いと 地面との干渉 ダフリ、トップのミスが
 かなり頻度高く出ちゃいます。
 それは それで 好みの部分もあるので 良い悪いじゃあないですが、
 バンス角度が無いモノは
 同じ表示ロフトであったとしても バンス角度のあるモノより
 飛距離が出ません。ラフなんかにも弱い。
IMG_1399
 ピッチングウエッジが 110ヤード なのに
 サンドウエッジが 50ヤードしか飛ばない
 みたいなコトになったりします。
 こすり打ちの方はアプローチショットの距離調整を苦手
 としていますので コースで一番頻度よく出てくる
 50〜100ヤードの間が 一本しかなかったり するのです。
 こすり打ち自体を改善しないのなら
 ピッチング〜サンドウエッジの間を充実させるべき
  だと思うんですが、
 バンスが張っているモノが苦手だったりするので
 😢ロブウエッジを持っちゃったりする…んですよね。
 ブラックジョークみたいなモノ なんですけど…。

 コト ウエッジショット、アプローチにおいては
 意図的に こすって打ちたい場面も
 ない訳では無いですけど、
 他のクラブと比較しても こすらないで打つ、
 つかまえて打てるか、打てないか の差は大きいです。
 アプローチショットは バンスを利用出来る のと
 バンスを嫌う のでは 雲泥の差 です。

 つかまえて打つコトを理解する と
 こするショットというのが 他に選択の余地が無い場面での
 イチがバチか のショットというのが
 実感できると思います。
 その イチかバチかのショットを 自分の常用の
 アプローチにしていると スコアは限界あると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「重複するテーマになっちゃうんですが、
 こすり打ち と つかまえる の差は
 イコール 手打ち / からだの回転で
 とは限らないんですが、
 似た部分はあります。

 細かく言えば こすり打ちは総じて手打ちが多く、
 つかまえる側は からだの回転が多くなりますから
 この部分のスイング改造
 当然 こすり ⇒⇒⇒ つかまえ になるんですが、
 アマチュアの目指した方が良い スイング改造の根幹
 なのだと感じます。 」

受講生「動画で見ると ものすごく大きな差は
 見えないような気がします。」


店長「ですねー。
 インパクト付近の ボールのさらい方、拾い方の違い
 と言えば良いんですかねぇ。
 こする方は フェース、ロフトでボールの底を打つような
 感じになります。
 別な言い方をすれば ボールを自分の方に掻き込む
 ような感じになります。
 一方、つかまえる方は フェース、ロフトを円の外に向けたまま
 からだを廻すような…
 その感じが掴めないと 見た目と言葉『つかまえる』
 逆に感じるんじゃないでしょうか・・・。」
葛谷2022816_Moment

受講生「ですね。
 ボールを自分の方に掻き込む、フェースでボールの底を打った方が
 ボールが「つかまえる」感じ、 しなくもない気がします。」


店長「見た目の部分 で言うと
 同じように動いていても
 ダウンスイング後半、インパクト前になると
 ヘッド、クラブ、シャフトを下、ボールの方に振るようになる、
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Momentつかまえる の方は
極端に言えば ←この状態 のまま
からだを廻してしまえば良く、
遠心力によって 曲がった右腕が『伸ばされる』
のですが、
(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)こするショットの場合、
からだの回転を止め 右腕を伸ばすことで
ボールを拾いに行く
 というか
インパクト直前の円を
その腕さばき、『リリース』と言えば良いのか
で描いてしまっています。
ここが 最大の違い 分かれ目です。

 ですので そこ以外に大きな違いは見られませんが、
 一般的に、ですが、
 こするショットは その右腕の伸ばし『リリース』が
 打撃のメインエンジンになるので
 その動きをするための テークアウェイやトップ
 『ヘッドを降ろすための上げる』に
 なり易い傾向があります。

 また イコール ではないですが、
 腕のリリース をするには
 からだの回転を止めざるを得ず、
 止めないと リリースできませんから、
 この際、伸び上がり などが
「自動的に」付いてきたりもします。」
 ですので 結果的、にですけれど
 ボールを打つ 一番肝心な部分を
 腕とクラブを 半ばロックした状態で 向きを変えるのと
 逆に からだの向きを止め リリースで打つ
 ソコが 手打ちとからだの回転 の差
 に見えたりもします。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「長さ のメカニズム について
 あんまり 考えている人は少ないでしょう?」
ドライバー入射角度
受講生「はい。
 飛ばすには 長く長く
 兎も角 長い方が飛ぶ と妄信されている方が
 多いんじゃないですかね⁈」


店長「まあ ルールもあるんですけど、
 一旦 長くなっても、またドライバーの流行で
 短くなったりもします。

 20年前には 少しですが
 48インチも流行りましたし…。

 ヘッドの性能が ロースピン系が強まっている、
 ロフト角度との兼ね合いもあるけれど
 長くすれば そのまま 飛距離になり易いのは
 ボールの高さ、浮きに不安の無い
 つかまえられる人にとって
 で
 元々 弾道が低めのつかまえられる人や
 こする人にとっては 
 長いばかりが良い訳ではない
のです。

 昔であれば ドライバーのスピン量は 2800回転 位が
 良好な状態だったわけですが、
 ドライバーに性能が限界に近付いているので
 2500回転を切ったような球 でないと
 より一層の飛距離は望めず、
 ごく一般のアマチュアであっても 2000回転を切ったような
 そんな状態も アリ 
になっています。
video_Slomo_Moment

 ヘッドスピードなんて言うのは
 トレーニングしても そんなに上がりませんし、
 体力 というよりも クラブさばきの良し悪しの方が
 影響したりするんですね。
 ヘッドスピードは変らない、
 ボールスピードはロフトで決まっちゃうんですけど、
 自分の ヘッドスピードや回転量に対し、
 何でもかんでも 速いボールスピードが良い訳では無いですから
 適切なボールスピード、
 繰り返し 出すことの出来る平均のボールスピード、
 それを使って よりボールを飛ばす には
 入射、ドライバーの場合は仰角、アッパー度を
 自分の振り方、ロフト、スピードに適したモノにした方が良く、
 長きゃあ飛ぶ みたいな 物量作戦の時代じゃあないです。」

受講生「なるほどねー。」

店長「ヘッドの 低スピン化がかなり進んでいる、
 重心の高さ で言うと
 ヘッドの厚み に対し、ソール分(下)をゼロとして
 クラウン分(上)を 100とした時、
 55〜60 位の位置 が平均値なんですけど
 60オーバーを高重心、
 55アンダーを低重心 としていますが、
 50当たり
のドライバーもかなり存在します。

 コレ 間違ってはいけないのは
 よく 重心位置よりも 上の部分を有効打点、
 重心よりも上で打つとより低スピンになる、なんて言う
 フェース面状のボールの当たり場所 で計るケースがありますけど、
 ウソじゃないけど 低スピンの核心ではありません。
ドライバーの入射角度114

 重心の位置、重心の高さは
 インパクト時の ボールとの位置関係、
 フェース面状の打点とか
 インパクト時の作用 ではなく、
 インパクトにどう進入してくるか を
 決める要素としての方が 遥かに影響が大きい。

 単純に 低い方が 緩い入射角度になり易く、
 その結果として スピンが減る、
 高重心の方が キツイ入射になり易く、スピンが増える、
 その 数値割合でしか ありません。
 フェース面状の ボールの当たり場所なんて
 おまけに過ぎないんです。



 
 低重心化しても それを使えるようにするには
 重心を深くするか、ロフト角度を大きくするしかない、
 クラブを長くするという手もあるんですけど、
 これは スイングのタイプによって 真逆の結果もあるので
 一概には効果が出る とは言えない。

 ロフト角度は 多くの人が大きくしたがらない✋

 となると 重心を深くして インパクトロフトを増やす手を
 採用するんですけど、
 コレって より入射角度を緩く、アッパーをキツクする可能性を
 兼ね備えているので ちょっと怖いんです。

 また ウッドヘッドの形状 の 重心の関係は
 低い重心にすると シャフトの近い位置に重心が寄ります。
 重心が短くなって行くのですね。

 それに加え 重心が深いですから 重心角度が付く。
 つまり ヘッドが前に出た時、ヘッドが左を向き易くなる訳 です。

 それって 実質ロフトを殺してしまうので
 より ボールの高さが取れない可能性が生まれる。

 こすり打ち してるんだけど
 持ち球はフック気味、ドローなんて人が
 最近のドライバーを使うと 途端に距離が落ちる、
 なんて 事例がすごく多く発生しているんです。
2021-04-17_15

 おそらく…なんですが、本当は適切じゃない、
 オーバースペックな シャフトの硬さ も
 ヘッドの性能が出切らない、ロフトが立ち難い、
 シャフトが硬くて ヘッドを返し切れない(ロフトが死なない)
 こする性能を殺さない と言う意味で使われている
 のだと思います。 あとあと出る副作用は大きいですけどね。 」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「話は こすりとつかまり からは
 少し離れてしまうのですが、
  クラブを短く握る、握れ、というのがあります。
ドライバー入射角度

 単純に考えると 短く握る〜クラブが短くなる
 は ヘッドスピードが落ちて 飛距離が落ちる、
 と思われがちですが
 1インチ 2.5cm短くなって 変わるヘッドスピードは
 0.6㎳強です。 1㎳は変りません✋
 グリップで言うと 指2本分位です。
 2インチ 5センチ 指4本、手のひら分 で
 1.5㎳弱です。
 コンスタントに「当たる」と仮定して
 ドライバーの飛距離で言うと 7〜8ヤード、
 アイアンであれば 5ヤード以下、
✋短く握るコトが ヘッドスピードに影響がない
 とまでは言いませんが
 当たりによるズレ の範疇-程度です。
 『ヘッドスピード』による 距離への影響は大きくありません



 で、なにが「クラブを短く握った」時 なにが作用するか、
 というと ヘッドの進入角度、入射角度 です。


 例えば ドライバー ですが、
 まったく 同じヘッドスピードでボールに当たった、
 と仮定して
 ドライバーの場合、 『フェースのどこに当たった』
 で 良し悪しを判定しがち ですが、
 自分にとっての 理想的な入射 と インパクトロフト
 によって 飛距離はかなり差が出ます。
 例え フェース面状の打点がほぼ同じ だった としても、です。
 平均ヘッドスピード 37㎳ 位の方で
 20ヤード以上の差がある と言って良いです。

 現代の市販のドライバーは 長尺 45in以上が多め です。
 フェースローテーションの強いゴルファーは
 元々、入射角度がゆるめ、
 場合によっては やや強めのアッパー…
 ですので あまり相性はよくありません。
 👉それが より強調されてしまうから です。

 ドライバーは 縦のスピンが少な目、
 多くて3000cpm 少ないと三桁の回転になってしまい、
 ちょっとした 横回転に過敏に反応します。
 ロフトの多くないドライバーを アッパーに振り過ぎる と
 (打ち出しが高く/スピンが少ない)
 本来は 曲がらない程度の横スピンでも
 大きく曲がるようになってしまうのを防ぐため、
 少し短めに持ち、アッパー度合いを緩める
  と言う対処を取られる方もいます。
 
クラブ別スペック
 フェアウェイウッドが苦手、長物が苦手
 としている方の多くが、
 長いモノになると 煽って、しゃくって、
 入射角度とすると アッパー気味に入ってきてしまう点で、
 特に フェアウェイウッドのように
 ヘッドに奥行きがある場合に
 そのアッパーの加減にもよりますが、
 ソールの後ろ側、アイアンで言うとバンスのような部分 が
 地面と干渉し易いので ダフリ、やダフリチョロ、トップ に
 なってしまうことが多々あります。
BlogPaint
 短く握りますと アッパーであったとしても
 その度合いは薄れ、ヘッドの尻もちを回避出来たり
 する訳です。


 これは ウエッジを使った アプローチでも言えます。

 その対処は 経験の多い方ほど理解されていたり しますが、
 現在は 弾道計測器などにより 簡単に判別が可能ですので
 自分の 入射角度『傾向』を知っておくのは
 実は良い スコアメイク、現場での対処法になります。

 多くの方が ヘッドの軌道 というと
 インサイドアウト とか、アウトサイドイン とか
 ざっくり言えば 横方向の軌道ばかりを気にしていますが、
 コト スコア、アマチュアのスコアに関して言えば、
 トップ、ダフリ、チョロ、
 距離で言えば オーバー、ショートなど
 ヘッドとボールの縦のミス、 距離の縦のミス、
 の方が 影響は大きい
 と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「この こすり打ち なのか、つかまえているのか、
 勿論 もう少し 曖昧な領域もあるんだけど
 ココ(こすりとつかまえ)の部分が
 実はクラブ選択で結構、重要✋ なんですね。」
IMG_0361
受講生「!!!!!

店長「こすり打ちは 原則
 入射が緩く、打ち出し角度が高いがボール速度は遅く、
 ベースの ボール回転量は少ない のです。
 それぞれの方の ヘッドスピードやスライス、フック
 などのボール質にもよる訳ですが、
 若いうちは良いですけれど、
 こすり打ちタイプの人は 加齢で体力が落ちてくると
 ボールの打ち出しが取れなくなって 失速する傾向が強いので
 (元々 ショット全般に回転が少な目〜浮力少な目)

 ショットの中で 一番 打ち出し、ボールの回転量共に
 少なくなる ドライバーでは注意が必要です。


 普通のクラブを こすっている人は
 ドライバーになると 
 余計、煽ってしまう、しゃくってしまう場合が

 少なくない。。。
 
 現代のドライバー、
 特に カチャカチャが常備されるようになってから
 ドライバーの 重心がかなり下がり、
 ロースピンタイプのモノが多くを占めるようになっているので
 長さ、ロフトに注意が必要ですね。
EG05_02


 一般的に ロフト等が同じ条件では
 長くなると ボールは上げ易くなる
 んですけれど、
 それは 入射が緩くなるから なんですが、
 その条件は つかまえて打つ人に適応されますが、
 こすって打つ人にとっては
 元々 緩めの入射が レベルを超え、アッパー、
 煽りになってしまう可能性も高いので、
 長くなっても 上げ易くなったとは言えず
 逆に ボールが低くなってしまう可能性も秘めています。


 柔らかいシャフト、重いヘッドというのもあるのですが、
 実は この こすり/つかまえ タイプを見極めるコト と
 それによって それに適した 『長さ』というのが
 ドライバーに関しては 飛び にかなり影響します。

 流石に ドライバーは 入射角度がゼロ以上、
 ティーアップしてる分、結果的には 入射ではなく仰角、
 アッパー気味にインパクトするのですが
(意図的にするべきではありません)
 総じて こすりタイプの方は 元々アッパーが強め なので
 やや短めの  結果として 0〜⁺3度位のアッパーで
 収まる「短さ/長さ」にした時、飛距離が伸びます。
(繰り返しますが 意図的にアッパーに振るべきではありません)
 クラブが長くなって アッパーが強くなり過ぎる、
 ⁺5度を超えるようなアッパーになってしまうと
 曲がりが強くなってしまったり(縦回転が減るので)
 フォークボールやナックルボールみたいに
 急にガクンと落ちてしまうボールになったりします。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

 ヘッドスピードやロフトとの兼ね合い なので
 一概には言い切れませんが、
 だいたいの場合、
 まずは 硬さ(柔らかさ)が合ったことが大きいのですが、
 急激に飛距離が伸びた ドライバーの場合、
 その長さが造る 入射(仰角)が良かった
 というのが あるんです。 かなり大きい。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「お店にあるバランスボールは
 3舛硲記舛瞭鷦鑪爐あるんですけど、5舛諒を使うと
 運動が加わって その重さは 実質十数キロ
 になると思うんですね。」

質問「大変そうです。」

店長「よく言う 遠心力を掛けると
 トップ付近で曲がっていた 右腕(右打ち)は
 伸ばされてしまう のですが、
 それを 意図的に伸ばそう、
 もしくは 右手の方を打つボールの方に出そう、
 バランスボールを反転させてしまう、と
 その重さ によって グリップそのものが自分から離れます。
 ゴルフのスイングで言うと グリップが浮く って奴ですね。
 二重に遠心力掛けちゃってるから仕方ないです。

 腕とクラブも必要以上に長くなっちゃってますから
 からだも伸び上がらざるを得ません。
(jc(jc4










 両肘とグリップで作る三角形の
 クラブのある上側、表側 と クラブの無い下側、裏側、
 裏側、下側を目標、ボールに向けたまま
 からだの廻してくれば そのからだを廻すコト
 ソノモノが打撃 になりますが、
 上側、表側 を向けるとなると
 一度 どこかでからだを止めるとか
 左を向いてしまうとか しないと それは出来ません。

 からだの伸び上がる って動きは
 そう言うモノの 本能的な処理 と言って良いのでは
 無いかと思います。
 単に『伸び上がらないようにしよう』では
 まず 解決しないでしょう。」
(からだの回転と腕、そしてクラブ_Moment

質問「トップで作った 右手/左手の相関関係を替えず
 そのまま インパクトに入る・・・と?」

店長「そうです。
 左手の方が打つボールに近い方、
 腕の三角形は裏側を目標に向けたまま、
 もし 重たいボール、クラブの代替品ですが、
 それをリリース、放る のであれば
 下、斜め下 の方向になると思います。

 コレ 実際に試す と分かるんですが、
 バランスボール 重たいボールを
 ターゲットに投げる となると
 そのタイミングが命 になります。
 ですので 速度をあげると
 こんな単純な動作でも 同じことをしにくい、
 同じタイミングでボールをリリースできないので
 投げる方向、投げる角度 もマチマチになります。
 スピードを上げれば 上げるほど
 リリースのタイミングが難しくなり
 上げるスピード、どこかで止まる、
 と言う矛盾する動きが必要になってくる。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 ところが ボールを自分のフトコロ、
 下に放つ、手放す
 とするとなると
 その重さに逆らう必要がありませんので
 タイミングはあまり重要でなく、
 似た動作を繰り返し易くなります。
 結構、違います。
 裏投げとでも呼べば良いのか分かりませんが
 ボールの手放し方がだいぶ違うと思います😵

(からだの回転と腕・クラブ_Moment2022-06-27_12-09-57_Moment(3)








 そう言う感覚を既にお持ちの方もいらっしゃるでしょうし、
 全員の有効か は分かりませんが、
〇クラブを放つ
〇クラブを『目標方向に』投げる
〇からだの回転を使って 腕・クラブを振る
〇重さの定義に逆らい この場合はボールですが、
 クラブを反転させる

 というイメージを なんとなく抱いている方には
 かなり有効なドリル、イメージになり得ると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ハンドターンで上手く行っている人は
 無理に からだの回転とかを取り込まず
 そのまま 続けなさい…と❓」

店長「伝わり難い…かも知れませんが、
 ハンドターン、ハンドリリース、フェースローテーション
 を主にされている方の多くの場合、
 からだの向きは クラブを動かすコトがメインでは無く、
 腕の曲げ伸ばし、腕のリリースをする『空間
 作るためのモノです。

 ですので 耳や目から入ってくる情報として
 "からだの回転の方が大切"であったとしても
 抜本的に 打撃の主をカラダの向きに変えない限り、
 今のスイング動作のまま、からだの回転を増やしたり、
 右打ちであれば右向きを増やしたりしても
 良いことは多くありません。

 ちょっと ややこしいですが、
 ハンドターンの多くの場合、
 スタートは クラブターン、クラブが弧を描くコト
 をカラダでは無く、手でしている訳ですが、
 やっている内に クラブをターンさせるコトよりも
 フェースをターンさせることの方が主になりガチ です。

 クラブ自身を180度ターンさせた としても
 開いたままのフェース、開いたままのロフト では
 高い、スピンの多い、スライス回転、
 もしくは 下をすり抜けるような抜け球になるだけ で
 ハンドターンの主は クラブよりもフェースをターンさせるコト
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

✋準備としてのテークアウェイが
 俗に言う「上げるコト」ではなく
 フェースを回転させる為、フェースを閉じる為、
 「開くコトの為」が大変多く見られます。
👉ですので 右向きを増やしても
 フェースがより開き、インパクト間際でノ
 より急激なフェースターンが必要になったりするので
 向きや回転を増やしても 良いことは多くありません。

 からだをたくさん動かす、からだをたくさん回すから
 ボディターンではないのです。」


質問「ハンドリリース 手振り手打ちをしている人は多いと思いますが、
 多くの… 半分位の方は からだの回転に移行したいんじゃないです❓」

店長「そうでしょうとは思いますが、
 ハンドリリースって 

〇どこかを止めて、腕を振る、
◉腰を止めて 肩を廻す、
◉左サイド、左腕を止めて 右腕の伸ばす

(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)








 良くあるパターンですけれど
 インパクト時の 左脇の締まり っていうか、
 左肩から左手まで 絞ったような感覚で覚えている人も
 多いと思うんですが、ソコに至るまで、
 それを習得するまで、非常に複雑な過程なので
 その感覚を捨て去るのは簡単では無いと思います。

 俗に言われる『左の壁』
 おそらく 感覚的には 
左サイドの絞り、とか
 左脇のしまり、左腕のツッパリ
 みたいな感覚が
 インパクトとして とても重要で、
 からだの回転には存在しない 『インパクトの感覚』
 『インパクトの型』
と言うモノが存在します✊

【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)

 実際、ハンドリリースから ボディリリースに移行すると
 インパクト付近に 何も無いんです。
 ダウンスイングの過程からフォローの間の
 どこかに ボールに当たった箇所 はあるんですが、
 特徴的な動きとか、 特徴的な感覚 はありません。
 振り返ったら インパクトがあった と言う程度です。

 ただ 逆に ソコに矛盾というか、
 わだかまり、とどこおり を感じていた人は
 結構、大きな胸のつっかえ、のどに小骨が刺さったような
 そう言う感覚は失せると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「シャフトが柔らかいからスライスする
 飽きるほど聞いた ゴルフトレンドワード ですね。」

(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)

店長「笑うに笑えません。

 打ち手 である自分が動いて、
 ゴルフクラブ、その先端にあるヘッドは動きます。

 シャフトがどうの、クラブの機能がどうの、
 であっても 何もしなければ クラブもシャフトも
 一切ナンの動きもしません。 当たり前ですけど…。

 ですので シャフトが硬かろうが、柔らかかろうが、
 先端の重さの部分であるヘッドは
 自分の動きに対し、その重さの分だけ、
 移動する、運動数量が減ります。

 例えば ですけれど
 車に 長い竿を付け、その先端に旗を付けた としましょう。
 車が走り出すと 空気抵抗を受け、
 ゴルフのスイングで言えば ヘッドの重さと運動になりますね、
 その竿、棒 は その掛かる負荷の分、後方にしなります。
 スピードを増すほど そのしなり は増えます。
 グラファイト素材であろうが、なんであろうが、
fca79257

 加速、等速移動状態であれば
 そのしなりが戻ることはありません。
 それは誰にも分ると思うんですが、
 ことゴルフになっちゃうと
  その理屈は超越されちゃうんですね。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







 ヘッドの重さ シャフトのしなり〜柔らかさ は
 普通に発生することですし、
 出来れば インパクトは最大速度や最大加速時 に迎えたい、
 のですから そのヘッドの遅れ のまま
 打つ のが ごく自然な流れ
 です。

 
 ヘッドの遅れを取り戻す はそれをする為、
 『必ずどこか』の部分を減速、停止させる必要があり、
 それが肘であったり、手首であったり するので
 手打ち・手振りの故障につながって来ます。」

質問「ヘッドの遅れを嫌いますよね❓」

店長「遅れ = ヘッドの開き、ロフトの開き になり、
 シャフトが柔らかければ その量も増える、
 そして それを戻す量も増えますから
 スライス = 柔らかいシャフト になりますね。
 手で振っているか どうか、の踏み絵 とも言えます。」

質問「柔らかいシャフトに慣れてくると
 ああ 遅れをロフトの立ち にしさえすれば
 遅れは放っておけばいいんだなぁ って思えてきます。」


店長「そうですね。
 自分にとって 一番遠い存在のヘッドに構い過ぎ は
 良くないですよ。すごく間接的な関係なんですから😄

 その遅れを 放っておけるのが からだの回転でのクラブターンで
 その遅れを 放っておけず戻そうとする のが手でのクラブターン

 判断することも可能です。」

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ