◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: クラブ扱い

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「一般的には 振り遅れる のって
 なんだか 悪い事のように感じガチ です。」

質問「ですね。」

店長「スイングには遠心力も取り入れた方が良い…
 とも思いますし。

 遊園地の遊具で 古い用語だと『回転ブランコ』
 ってのが あるじゃないですか❓」

質問「回転ブランコ❓」
waveswinger
店長「こんな感じのヤツ です。」

質問「ああああああ」

店長「コレって スタートする前は
 ブランコはぶる下がっていますけれど
 回転が始まると 遠心力によって
 椅子の位置が高くなって行きます。
 自分も含めたイスの重さと遠心力が等しくなると
 かなりの高さ、付け根の部分にまで上がります。

 腕を横に振ろう
 からだの回転で 腕を振る、
 180°ターンさせようとすると
 クラブやグリップの位置は上がりこそすれ
 下がりたがりません。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(4)【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(5)【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(6)




 振り遅れをしないよう にするから余計でしょうね。

 冗談のようですが この遊具は
 『ウェーブ・スインガー』って呼ぶんだそうです。

 逆転の発想 で
 腕もクラブも振り遅れても良い
 からだの向きが変わることで
 その重さを 体に巻き付けるようにする と
 腕は下がります。 落ちやすくなります。

 自分で落とそう、下げよう としないですから
 リキミも少ないですし、
 巻きつける、落ちる コトによって
 からだの近いトコロを通りますので
 近道になって
 結果、として 腕はからだの回転に遅れにくい。

 
 ロフトの立ち …
 インパクト時のハンドファーストは
 ヘッドの遅れ によって作り出されますから
 ヘッドの遅れはクラブの開きにならないよう
 遅れ自身は放って置けばよい、だけ。
 
 まあ、からだの回転に対し
 腕やクラブを縦気味に転化する
 という発想は必要ですが。

からだの廻し方〇親子対決 - frame at 0m33s
 一方、からだの回転通り、
 180° 腕もクラブもターンする と考えると
 運動による 手遅れもヘッドの遅れも
 ヘッドの開きになり易いですから
 遅れを取り戻す というよりも
 開きを解消しなくてはならない

 というのが コトの顛末になって行くのだと思います。

 遅れさせないように努力するコトが
 より一層の遅れを生み易い という…
 なんだか 皮肉な結果になる訳です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「〇〇〇のテーマは 初心者には意味不明になり易いですし、
 ベテランにとっても 難解・難題な
 ゴルフスイング最大の矛盾 というか、謎 だと思っています。」

質問「なんです❓ なんです❓」

店長「そのテーマを 初めてゴルフをする人に話しても
 通じるのか、どうかはちょっと自信はないですけれど
 少しでもニュアンスが伝われば
 いずれ 役に立つと思っていますので
 必ず 説明はします。」

質問「通じなくても…ですか❓」

店長「はい。

 ゴルフスイングって 見た目で見ても
 からだの向きを…… 何度と言う度数は
 こだわる必要は一切無いですけど
 説明がしやすいので 度数を使います。
スクリーンショット 2024-01-12 194631スクリーンショット 2024-01-12 194827









 右打ちの人であれば テークアウェイ・トップで
 だいたいですけど 右を90° 向いて
 ダウンスイング〜インパクトを経て
 フォロー・フィニッシュ側では
 左を90° 向きます。

〇手で振っちゃうにしても、
〇ちゃんと からだの回転通り だったとしても、
〇肩を主にからだを捻じっても、
〇股関節を境に、骨盤ごと胴体の向きを変えても、

 この 180° 位のからだの向きは
 なんとなく ゴルフスイングってこういうモノ⁈
 につながってくると思うのですが…。

 その回転で 腕をどう動かすか?
 腕をどう振るのか?
 が結構、分かれ目になると思うんですね。」

質問「からだの回転による 腕の振り ですか❓」

店長「はい。

 成人男性だと 両腕で重さ10キロ以上。
 長さは 60cm以上あります。

〇犯人はコイツ? - frame at 0mゴルフクラブの長さを加えると
ドライバーで だいたい身長位。
7番アイアン辺りでも 130〜140
腕の付け根から先端(ヘッド)までの距離です。

 ショット、スイングすると
 コレに 移動・運動が加わるので
 何キロとは言い切れませんけれど
 相当な重さ・負荷になりますよね❓」

質問「ですね。」

店長「多くの人はですね、
 特に誰から言われた訳でも無く
 からだを 180°、右打ちであれば
 右から左に回転、向きを変えれば
 腕も、クラブも『同じく』180°回転、
 向きを変える
と信じて疑いません。

 『からだの回転 180°の
目的は
 腕もクラブも 180°回転させる為の
 運動だ』と思っています。
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)



 ソレって 冷静に考えると
 物理的に無理が有ると思うんですね。

 腕やクラブを 180°ターンさせるのには
 からだの回転 180°では足らないと思うんです。」

質問「え?」

店長「だからって 200°も 270°も回れ!
 っていう話ではないんですけど…

 真似しろ って話ではないですけど
 最近、多いじゃないですか❓
 ドラコン競技とかに出る人で
 右打ちで 左足を動かして、開いて
 からだを 270° 回転しているようなヒトが…。」

質問「見られますね。」
スクリーンショット 2024-03-24 210646
店長「それが良いですよ、って話ではないんですが
 遠くに飛ばす為に 速く廻る、
 速い速度で動けば動くほど
 腕もクラブも 倍々ゲームで重くなって行き、
 からだの回転に対し ターンがし難くなって来ます。
 だから 左足を動かして、開いて 270°
 回転してるんだと思うんですけど…。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフクラブって その見た目から
 長い棒なので その長い棒を振り回したくなる、
 ついで ヘッドスピードってのも段々、気になって来ます。
2643_TW-U_3_toe
 ゴルフクラブの長さって言うのは
 確かに ヘッドスピードを生み出す
 長くなれば その数値・速度数値も高くなるのですが
 クラブの長さは
 ロフトの一部と言えば良いのか
 そのロフトを活かす機能の一部でもあります。

 クラブを速く振りたい
 その気持ちは痛いほど分かるのですが、
 クラブを丸く振ってしまうと
 ロフトの効果が無くなるというか
 薄くなるというか、
 番手や機種によって ロフトが異なる、その意味が
 活かされなくなってしまいます。

 クラブセットの中で
 長いドライバーから短いウエッジまでありますが
 真ん中辺りのクラブはまだ良いのですが
 長いモノはその振り方が スライスの要因になりますし、
 ボールの浮力不足にもなり得ます。
 短いモノは ヘッドをボールの真下に入れる必要があるので
 遅い速度で振るのが難しくなりますし、
 必要なスピンが得られなくなるので
 距離の打ち分け、距離感が身に付き難くなります。
 
 長きに渡って 苦しむ原因、
 場合によっては 終生苦しむ原因になる。

 その大元になるのが ロフトの使い方・活かし方の
 勘違いだったり、します。
IMG_1142

 ゴルフで言うトコロの
 上から打つ とは
 高い低いの 高いトコロから打ってくる
 インパクトに向けての『下へ 下へ』
 という意味合いでは無く
 そのクラブの長さなりの入射
 その入射に対する ロフト角度 を作るコトです。

 数値で言うと
 例えば 30度ロフトのクラブ
 可能性としては フェアウェイウッドの場合もありますし
 ユーティリティ、アイアン 3種類があると思います。
 フェアウェイウッドは一番緩い角度で
 入射して来ます。番手で言うと9番ウッドとか11番ですので
 入射角度は 1度とか、2度です。
 長さ順に ユーティリティでは 3.4°
 アイアンもほぼ同じですが、若干多めで 仮に5°とします。

 地面基準にインパクト状態を見ると
 フェアウェイウッドは 28°  30(ロフト角度)-2(入射角度)
 ユーティリティでは 26° 30-4
 アイアンでは 25° 30-5 という具合です。
IMG_1144

 ドライバーはクラブ長が長いですから
 入射角度は 0°であったり、
 ティーアップしていますから
 アッパー 2°であったり 3°であったりしますが、
 (意図的にする必要はありません)
 それも 上から打つの延長線上 です。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「素振り、空振りでイイんですけど
 試して頂けると感じられると思うんですが、

 右打ち、右振りの人であれば
 正面を向いて、右を向き、左を向く
 腰と言うか、足を使って骨盤ごと、
 お尻ごと 上半身をひと塊として向きを変えると
 当たり前と言えば 当たり前ですが
 腕やクラブは固定、半ば固定しておけます。」 

質問「出来ますねー。」

店長「ところが からだの向きを
 肩周り、胴体をひねって
 へそから上だけの向きを変えると
 右向きの時は 右腕をたたむ(短くする)
 左向きの時は 左腕をたたむ(短くする)

 腕をロールと言えば良いのか、
 右向きの時は 右にハンドルを、
 左向きの時は 左にハンドルを切らないと
 回転が成り立たないんですね。」
0f978f79
質問「ホント😧 ですね。」

店長「カラダが柔らかいとか、しなやかとか
 若い時であれば もしかしたら、ですけど
 自然な流れでは 向きと共に
 腕のロールというか、左右の入れ替えが必要になります。
 無理をすると 首を傷めたり
 肘や腰などを傷める原因になり得ます。

 この時点で 始めの一歩で『スライスへの道、
 確定
』だったりするんですね。」

質問「😵😵😵😵😵」

店長「そして 左向きの腕の左ロール、
 ハンドルを左に切る、
 ゴルフ用語的には『手を返す』って言うのが必須と言うか
 打撃のカギになって行きます。

 手を入れ替える、ロールするは
 からだが動き続けていると 出来ませんから
 ダウンスイングでは 先に体を廻し、
 止まる、止まり始めたら 手を振る という
 スイングの手順も確立しちゃう訳です。
2023-12-28_23-05-1
2023-12-28_23-05-51

 スライスを解消
 イコール 手の返し ですので
 上達イコール手でクラブを振る
 馴染み加減がスイングの上達になっちゃいますね。

 ボールを真っ直ぐ行かせる、
 それを繰り返す〜似た球を打つ は
 クラブや腕は固定(半固定)して置いた方が当然、
 確率は高くなる訳ですよ。

 手主体で振っちゃう、手主体で円を描いてしまうと
 ボールに対するヘッドの入射の
 番手による違いが出難くなってしまいますし、
 ロフトも含まれる 立体的なフェースの向きも
 確実性は上がりません。

 トップの位置 は
 腕とクラブの 打撃へのセット(固定)
 インパクトの形を造り、それを固定したまま
 からだ(胴体)の向きを変えてボールを打つ のと
 ダウンスイングで 腕さばきでインパクトを造る、
 では 双方、『覚えてから』
の安定度が違うと思うんですね。

 また 加齢による体力の低下 や
 その圧縮版である 疲労やコンディションの低下
 に 左右され難くなると思うんですね。

 途中で変えるのではなく、
 始めから スイングを覚えるのであれば
 選択の余地は無いと思うんです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「意味分かります❓」

質問「頭では ハイ。 体では まだ…ですが。」 

店長「同じような話し なのですが、
 スイングを真上から撮影したモノ
 と見てみて下さい。
334151fd
 このヘッドが移動しているコマ、
 このヘッドを線で結んでいくと
 ヘッドの横移動は非常に緩やかな
 曲線ではありますけれど
 この緩やかさを 円 と規定するのならが
 非常に大きな半径の円 になりますよね⁈」

質問「確かに。」

店長「スイングでの からだの回転は軸がある。
 軸がブラさないことが大切だ✊ と言われますが、
 コレって あまり誰も指摘しませんけれど
 その軸と呼ばれるモノは
 からだの回転と言う運動の『軸』『支点』『支柱』であって
 『クラブ』の円軌道の、
 もしくは ヘッドの軌道の『軸』
 とは どこにも書いてないですし、
 誰も言っていませんよね❓」

質問「!!!! そう言えば…。」

店長「でも 多くの人は
 からだの回転、円運動、 そして『軸』
 と言う言葉から クラブの回転の軸と
 からだの回転の軸 が一致してしまう、
 もしくは 似たモノになってしまう。
 
 スイングの回転運動の軸 と
 クラブの円運動の軸が 重なってしまう
 そういうイメージを持っている可能性が有ると思うんです。

 もう一度 この画像をご覧ください。
334151fd413445
 ヘッドの移動している軌道
 それが例え 円軌道、曲線軌道としても
 その半径は非常に大きく、
 クラブの長さ、腕の長さ、からだの厚み
 それらを考慮しても
 それを圧倒的に超える もっと大きな半径、
 おそらく からだの中、
 例えば 回転運動の軸 とされる
 背骨、もしくは背骨の外、背中の外側 が
 支点になるような長さの半径 ではありません。

 クラブの運動の支点は
 からだの中には無く
 遥かにもっと長い半径の弧、
 ヒトによって異なるでしょうから
 どの位はとは言い切れませんが、
 少なくとも 回転運動の軸 とは
 全然、別の、
 意識も出来ないような 遥か彼方にあります。

 コレ 勘違いしている人と言うか
 思い違いをしている人って
 結構、いるんじゃないか と思うんですね。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「 スイング例-はすこし深刻ですね。
 クラブを動かす方向に迷っているのが伺えます。

 ダウンスイングで 腕で下にクラブを下げる でもなく
 グリップや腕をボールの方に横に移動させる でもなく
 ダウンスイングに苦しんでいるように見えます。

 ショットの厄介なトコロは
.疋薀ぅ弌爾能侏茲襪世臼鵑に飛ばす というコトと
▲▲廛蹇璽船轡腑奪箸乃離などを管理して打つコト
ある程度の確率で狙った方向に打ちたいコト
 の
 それぞれを両立しなければならないコト です。

 それには クラブや腕は出来るだけ固定して
 移動の速度は からだの向きに任せるコト が
 一番有効です。

〇リリースの違い 三角形の向き - frame at 0m53s
 そして からだの回転は出来るだけ
 へそから下の下半身に任せ、
 へそから上は 出来るだけ固定。

 トップオブスイング
  は ここから打ち始める箇所 ではなく
 インパクトの形、ボールを打つ為の形 として
  それをカラダの向きで インパクトにする。
 と言う意識が必要でしょう。


 そして それをするには
 からだの回転は 向きを変えるので
 傍目からは円運動に見えますが、
 その内容は横への移動ですが、
 腕には腕も含め クラブと言う長物 を持っているので
 その横移動と同期、同調するには
 長さを抑え、重さを増やさせない為の 近回り、
 縦への移動が有効✊ というコトです。
2024-02-19_12-58-53 - frame at 0m0s
 あくまでもイメージですが、
 回転はするんですが、その回転通りに
 三角形をボールの方に横移動させるのではなく
 その三角形の中で 下に下がっていく、
 低くなって行く方に からだを廻す。
 からだの回転で その三角形が『その場で』
 低くなって行くような からだの回転が有効です。

 からだを回転させると
 どの道、クラブや腕などの重さには
 遠心力がかかり、腕は伸ばされます。
 それは 拒否しない程度、
 自分で伸ばす必要 というか、
 腕で 腕を伸ばすのではなく、
 からだの回転で『間接的に』腕を伸ばさせる、
 そういう意識が良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ちょっと 割り箸トレーニングは休憩して
 
 もう少しシンプルに
 からだの回転と手打ちの違いを説明しますね。」

質問「はい。 お願いします。」

店長「スイングは 両手、左手と右手でクラブを持ちますが、
 右打ちの人にとっての左腕、左手、
 左打ちの人にとっての右腕、右手、 は
 役割としては からだ
 です。
2024-01-29_14-06-45 - frame at 0
 からだの一部 と考えるべき で
 腕、手のとしての役割はとても少なく、
 無いと考えても 良いと思います。

 ですので からだの回転で打つ の
 からだの回転は 左腕、左手、左グリップを
 移動(動かして)させて打つ コトを指します。 

 左手がボール地点を通過するコト、
 左手が位置しているであろう 左サイドが
 ボールを通過する時、ボールとコンタクトする
 と考えて良いと思います。

2023-12-28_23-05-51
 一方、手で打つ とは
 からだの回転で移動する左腕、左手で打つのではなく
 右腕、右手で打つコトを指します。
 ですので 右手で打つ為に
 先に体を開く必要があり、
 からだを開いた後、
 厳密には正確な表現ではありませんが、
 右手で自分に対して、掻き込むように打ちます。
2023-12-28_23-05-1
 コチラは 左手が位置しているであろう
 左サイドが ボール地点を通過しても
 まだ ボールは打っていません。
 ここから 打ち始める、振り始める、
 そういうタイミングになります。


 ゴルフ用語では
 ヘッドの軌道がどうであっても
 それを アウトサイドイン、
 もしくは 外から掻いてくる と呼んだりします。
 ここら辺を 結構、誤解している人が多いです。


 単純には
 左手で打つか、
 右手で打つか、 の違いです。

 ですので からだの回転で打つ(左手で打つ)は
 大きな塊を動かしている中での 打撃 ですので
 インパクトの時間も薄いですし、
 打撃ソノモノの感触が希薄になり、
 敏感で、からだに比べると繊細な 手で打つ、
 右手打ちの打撃は 打撃の実感が伴い易い です。

 どちらが良いか、では無く
 どちらが好きか、だと思います。
0f978f79
 双方、ある程度 打てるようになった時、
 ショットのメインテナンス としては
 左手打ち、からだの回転で打った方が少なくて、
 場合によっては 要らない で済みます。

 右手打ちの場合は 筋力低下、
 特に腕周り、肩周りの筋力低下 が
 かなり響きますので、秘かな筋トレも含め、
 こまめな練習は必須です。

 オジサンおばさんゴルファー向きでは無い
 ッテコトですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ハンドファースト、こすり打ちに関連する
 興味深い話し で

 私自身もちょっと衝撃を受けた話し です。
 ちょっと 話し長いですけれど…。」
0f978f79
質問「はい…。」

店長「長くお付き合いしているお客様に
 仮称 KKさん と言う方がいらっしゃいます。

 もう25年を超えるお付き合いになるでしょうか。

 その方は 弊社のお客様の中では
 一番大きい、マッチョな方、
 体つきで言えば ビースト、怪物、怪獣 ですね。

 25年以上前ですけれど
 ヘッドスピード大会をやって
 周りの人が ヘッドスピードの為、だけに
 48インチとか使っていた時に
 一人だけ 45インチで挑戦していた人で …
 ヘッドスピードは 60㎳を超えた 唯一の方です。」

質問「😬 😬 😬 😬 😬 😬」

店長「もう完全なる規格外で
 ハミングバードは店風  が
 チカラの無い、道具で何とかしたい という
 お客様が圧倒的ですから、
 場違い感すらあるほど 凄かった んですね。

 で、まぁ それだけ 運動能力ありますし、
 練習量も豊富、スタミナも桁外れ、 なんで
 スイングについては あまり触れなかった、んですね。
 スイングは独特…ですけれど
 教科書的では無い ですけれど、身体能力と努力で
 距離もスコアもすごかった んじゃないですか❓」

質問「クラブは❓」

店長「超ヘッドの重い、かなり柔らかいシャフト ですよ。
 シャフトの柔らかさは お客様の中でもかなり です。
 重くて 柔らかいのじゃないと嫌 なんだそうです。

 特にレッスンを受ける訳でもないですし、
 クラブも 8年とか、10年に一度
 より重く、より柔らかく してますが、
 特に悶絶もしないので 頻繁にはいらっしゃいません。

 ところが 何年か振りに
 たまたま ですけれど、待ち合わせの時間まで
 時間があったそうなんで 遊びに来てくれたんです。

 そして 打ったら・・・・・・・・。

 年齢は 70ちょい前…ですけれど、
 仕事も現役で からだをバリバリ動かしている方 ですから
 まあ。。。変わらないんだろうなぁ と思っていたら・・・

 なんと、なんと、
 年齢の行った人にアリがちな
 『ぶっつけ打ち』

 フォローの出ない、フィニッシュまで行けない、
 インパクトで終わっちゃうスイングですね、
 ソレになってたんですよ。
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(3)
もう ビックリ😲😲
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(4)
 あの KKさんが! ってね。」

質問「シニア、グランドシニアの方に多いですよね。」

店長「そうですねー。かなりの比率だと思います。

 で、かなり距離も落ちて、球も行かない、
 スコアも落ちた、
 まあ 若かりし頃は 怪獣だったでしょうから
 比較対象が あまりに…ではありますが、
 悩んでいらっしゃる…。

 ゴルフが楽しくない、、、と。」


店長「でね、 "イヤー KKさんは 5000ccの車
 私たちは 良いトコロ 1300佞亮屐
 基礎が違うので 言わなかったんですが…
 その『こすり打ち』… ヘッドを前に出す打ち方
 変えないと KKさんですら そうなるんですね。"
 って言ったら

 半分、笑ってですが、
 『どうして教えてくれなかったんだよー』って。
 "いやいや 若かったときは困って無かったでしょう⁈
 少しはハンディ無いと ね" って。

 グリップをヘッドが追い越す、
 グリップよりも 多くヘッドを動かす、
 ヘッドを返す打ち方は
 その行為をするには グリップを止める必要があります。
 グリップを止める ッテコトはカラダを止めるコト です。

 本能的にも 飛ばそうとしたら
 ヘッドをたくさん、速く動かしたくなるじゃないですか、
 それをするには からだを止めないとイケナイ訳で
 ですので ぶっつけ打ち にならざるを得ないのですよ。

 あの KKさん、25年前は ヘッドスピード60㎳を出せた
 怪獣のようなからだをした人が ぶっつけ打ち に
 なっちゃうんです。
 こりゃ 普通の人だったら、かなり早い段階で
 ソコに行き着いちゃうなぁ って思った訳です。」

質問「。。。。。。。。」

店長「手を返す、ヘッドがグリップを追い越す、
 しならせたシャフトをしなり戻す って
 打っている人は ぶっつけ打ち に辿り着きます。
 腰を傷めたり、どこかを傷めると
 かなり 早い年齢 でソコに行き着きます。

 ですので 若いうちは出来ますけれど、
 ソレを避けたければ 手さばき中心の
 ハンドファーストに苦労する打ち方 とは
 お別れした方が良い、移行した方が良い のです。

 ハンドファーストが打撃ソノモノなんですから。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【シャフトの役割はグリップを動かす、クラブの進みを継続させる為のモノ】



店長「ハンドファーストの位置までグリップを持ってきて
 ソコで我慢して ヘッドの遅れを待つ。」
会田20210701 - frame at 0m16s
質問「よく耳にするような。。。
 話し なんですけれど😶」


店長「ですねぇ…
 それって "一般的な" シャフトへの要望にも多い と思います。

 しなって    遅れているヘッドが
 インパクト付近で
 しなり戻って  ボールを弾いて打つ。

 で 聞きたいのは その間、
 その動いている部分『以外』 は
 どうなっているんですか❓ と。」

質問「モノの法則的に言えば
 シャフトでなかったとしても 歪んだものが
 復元するのって どこか止まってないと出来ませんよね。」

店長「そうですね。

 そもそも シャフトって打撃時のボールの負荷
 を支えるコトがの役割のヒトツではありますので
 そう言う意味合いで ヘッドを動かすは
 無い訳じゃあないですけれど
 その打撃時のボールの負荷に負けない為に
 ヘッドだけでなく、クラブ全体を前に進ませる、
 運動、移動を継続させるというのが
〇空中(立体)ズリズリ - frame at 0m35s
 ヘッドでボールの負荷を支える よりも大きいです。
 コチラがメインの役割ですね。」

質問「なるほど」

店長「棒のどこかが止まって
 どこかで支える ようになってしまうと
 チカラはどこか、別の場所に逃げてしまい易い。

 それよりも ヘッドの慣性モーメントと同じですが、
 大きな質量、大きなモノが
 運動を継続した方が 負荷への対処には強い。
 物理的に考えるとそうなります。

 ですので インパクトで
 ヘッド単体が走って ボールをさばく
 そんなシャフトは 飛ばない か
 身体への負担が 大きくなるか
 どちらかになってしまいます。

 シャフトが走る は
 先っちょが走ってるんじゃなくて
 クラブ全体が走っている
 から 打撃負荷に強いんです。

〇空中(立体)ズリズリ - frame at 0m24s
 故に 当然、グリップが押されます。
 クラブ全体が押されている形にするのには
 テコじゃないですけど
 グリップが前に行ってくれないと
 変な方向に力がかかってしまいます。

 シャフトが走ってる って 言葉としては
 なんか キャッチコピーとしては優れてます けれど
 申し訳ないですけど そこにゴルフだけに適用される
 特殊な法則はないので
 シャフトの役割は グリップを動かす、
 クラブ全体の進みを継続させる為のモノ と
 理解した方が スイングへの影響は良いモノになると思います。

 グリップが止まって ヘッドのみが走る は
 スイングへの悪影響が大き過ぎますし
 【ほとんど良いコト無し】
 からだへの負担も大き過ぎます。


 どんどん左グリップ、左手、左腕への負担が増えていきます。
 まあ チカラ、腕力のある人のイメージなんでしょうね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「グリップを移動させて ヘッドを移動させ続けた
 その過程の中に インパクトがあるのであって

 どこかの インパクトポイントで 
 ヘッドをボールにぶつける為、
  
グリップを移動を止め、ヘッドを放つ
 ではありません。
〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m6s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m8s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m9s






 グリップを移動させ続けることが 打撃✊
 と言う感覚が あまりに希薄 な気がしてなりません。」
〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m2s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m3s〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m4s






質問「はい。」

店長「打撃と言う用語ではありますが、
 ゴルフの打撃は 正確に言えば
 ボールを移動させるコト であって
 それを産むのに ボールとヘッドの接触 が有るに過ぎず
 その 衝突 と言うイメージから
 スイングが生み出されている可能性が非常に高く感じます。」

質問「ですね。」

店長「上手く行かないコト、ミスしちゃうコト もあって
 それもまた ゴルフの楽しみのヒトツ ではありますけれど
 ボールを どの方向に、どの距離、どんな感じで
 移動させる、
 そして それを出来るだけ望み通りに実現 するには
 打撃であり、ヘッドとボールの衝突ではありますが、
 ヘッドをボールにぶつけるコト は
 それの経過の切り取りに過ぎず、

 グリップを移動させ続け、
 ヘッドを移動させ続け、
 ボールを移動させる を実行しないと

 移動させるボールを 衝突で 管理するのは
 あまりに難しいのです。

 ヘッドを振ってしまう、クラブを振ってしまうタイプの人は
 その言葉とは裏腹に
 ヘッドをボールに衝突、ぶつける感覚が強い気がします。

 ココでの感想はどうですか❓」

質問「グリップを移動させ続けて
 それによって ヘッドも移動し続けて。。。
 ソレでボールを打つ。

 頭では理解出来るんですけど
 それで 強く 打てるんですか❓」



店長「ソレ✋ ソレ✋ ソレ✋


 正にその感覚が その衝突を生むんだ と思います。
Q20239180Q20239181







 ボールを移動させる力は
 ヘッド重量 × 速度の二乗 で
 打つ人の感覚には「当然」左右されません。

 ヘッドの重量は製造物ですので 打つ前、使う前から
 決まっています。

 ヘッドの移動速度、ヘッドスピードは
 からだの向きを 『速く』変えるコト であって
 似ているけれど ヘッドをボールにぶつける 『強さ』は
 打ち手の感覚ですが
 ボールを移動させるチカラとしては科学的でない
 あくまでも 打ち手の打撃の印象と言うか、
 イメージでしかありません。

 だから 飛ばし において
 ヘッドスピードは重要なのであって
 その印象は 接触時のスピード というよりは
 スイング造りに重きを置くと
 打った後、ボールの接触後も
 スピードを落とさず 持続させていく、
 打った後の ヘッドスピードもちゃんと維持する
 と言う意味合いの方が良いと思いますね。
334151fd
 ゴルフのスイング、ショット
 その打撃は グリップを移動させ続け
 ヘッドも移動させ続けることで
 インパクトは その過程の中にある、
 ボールへヘッドを衝突させることが
 スイングにはつながらない というコトです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ガンガン ご意見、コメントお待ちしております
  反対意見、大歓迎です✋✋✋

記事を書く モチベーションになりますので
 是非是非 コメント、
そして 記事にして貰いたい質問、テーマ 下さいませ
 宜しくお願い致します。 店主
スナップショット 1 (2013-02-08 20-14)
今回は ちょっと画像で遊んでみました。
雑な合成ですけど お許しください。

最近(この30年ですね)のクラブ、特にヘッドですね、
ボールが上げ易くなった、スピンが増やせた、
というのは スイングへの影響は非常に大きくて
昔だったら しっかりと
『ダウンブロー、ボールを潰す、上から入れる』
   →また この言葉が 円に振る、ヘッドを振る に
    つながってしまうから 意地悪と言えば意地悪

が出来ていないと、 よく言う  良い球
は出なかったんですけど
今のヘッドだと しゃくっても、煽っても
そこそこの球 打てるようになりました。

。。。。。。弾道は美しくないですけどね。


ヘッドの重たい、シャフトの柔らかいモノ で
『ダウンブロー、ボールを潰す、上から入れる』
美しい弾道打てます。
ヘッドを振らないってコト 覚えやすいですね
円弧5

それは兎も角、
ゴルフスイングの軌道映像、
スイング時の ゴルフクラブの残像映像
 って 見たコトありますよね❓


こういうのです 👉👉👉



クラブ単体では この手のイメージだと思うんですけど
001445スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)








これを スイングと掛け合わせると こんな感じになります。
円弧2円弧











🔴悪い方の例 ですけど こうは振らないってコトですよね
002413円弧4







シャフトを振る、ヘッドを振ってしまうと
からだの回転と別なモノ、途切れたモノになってしまいます
 これを俗に言う 「手振り」「手打ち」と言うのでしょう。


スイングは写真でも動画でも
どうしても 定点観測、
ある一点の角度から撮影します。

立体のソレを 平面に落とし込む と
どうしても 誤解というか、錯覚を生み易く
その間違いが結構色濃くスイングに反映されます。

334151fd

ボールって球体なので
平面で潰すには 動いてきた進行方向に対し
出来るだけ 垂直な状態が必要です。
それに対し ヘッドに付いている『ロフト』は 物理的な『逃げ』で
それを使って ボールの速度を高さや回転に逃がし、
距離を調整しているのです。

スイングは 傾きがある とは言っても
常時、横に進行(からだの向き)しています。
その傾き(前傾姿勢)によって
 横の進行に 下 が含まれている時に インパクトするのが
 「上から入る」 です。
2021-04-07_06-01-34_Moment(4)

そこに 手先による ヘッドの動かし や
 からだの大きな回転(向き)と関係ない肩の振り子
 の動きなどを入れてしまうと
 斜めの進行軌道も変わりますし、
 それに応じて ロフト効果も変わってしまいます。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)

これに規則性があるから アプローチの計算が立つのです。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフクラブで言うと ドライバー、パター、ウエッジ
 特にドライバーは一番関心が高いと思いますが…。」

質問「間違いないと思いますね。」

店長「パターもですが、昨今、ドライバーは
 反発係数から始まって ルールにがんじがらめになっています。
240781176_4377812485599164_8218599256180757912_n

 体積、大きさも もうルールギリギリ 最大値です。
 長さにも制限が掛かっています。
 あえて言うのなら 慣性モーメントには
 まだ若干の余裕がありますから ソコに行くか、
 製品ロフト多め(12〜13°)の 超超低重心に行くか、
 慣性モーメントを考えつつ、ヘッド重量を増やすか、
 そこら辺しか 開発の余地が残っていません。

 一時流行った白いヘッドなんかも
 大きさに制限が掛かったので 『大きく見せる為』のモノですが、
 昭和世代だと 家やテレビなど 大きくするのが
 感覚的な…買い替え動機だったりしたのですが、
 そう言う感覚は薄れてきたので もう通用しないかも 知れません。 

 ヘッドの重さも含めた 慣性モーメントですかねぇ…。」

質問「ヘッドの慣性モーメントって 言葉は知っていますが、
 なんとなく どう言うものがイマイチピンと来ないですね。」


店長「慣性モーメントとヘッドの大きさはかなり密接な関係にあって
 ドライバーヘッドの大きさにルールの縛りが出来るまで
 ヘッドの大きさと共に 慣性モーメントの向上が
 ゴルフクラブの進化、進歩と言っても過言ではありません。

 1995年からの3年毎の その年に発売されたドライバーヘッドの
 平均値を並べて見ました。(大きさはcc、モーメントはg2が単位です)

1995  230cc 2640g2
1998  263  2950
2001  314  3300
2004  388  3760
2007  443  4210
2010  450  4510

 慣性モーメントは 単純には 小さなヘッドよりも
 大きなヘッドの方が数値が高く、その印象通り、
 ミスに対する寛容性、 もう少し砕いて言えば
 スウィートエリアの広さを表す数値 と言ってよいでしょう。」

質問「アマチュアには重要ですね。」

店長「そう思います。
 アイアンで言うと 同じヘッドの重さ であれば
 小振りのマッスルバックよりも 大型のキャビティの方が
 慣性モーメントの数値は高くなり易い、
 スウィートエリアが広くなり易い、そう言う感じです。
ドライバー入射角度yoko
  ですが・・・
 慣性モーメントにはもう一つ重要な側面 があって
 これは ヘッドの重量とも絡むのですが、
 その運動を継続しようとするチカラ
 ゴルフクラブのヘッドであれば 推進するチカラ と共に
 その姿勢を維持しようとするチカラ と言うのもあります。

 別な例え で言うと
 ダンプカーは慣性モーメントが高く、
 軽自動車はそれに比べると 慣性モーメントは低め です。
 重量の重いダンプカーは 止めるのも大変ですし、
 姿勢を変えるのも大変ですが、
 重量の軽い軽自動車は それに比べると
 止めるのも、姿勢を変えるのも簡単です。

 ボールと言う重量物を打ち抜くチカラ にもなりますので
 慣性モーメントの数値が高いモノの方が
 ボールを飛ばす能力に秀でています。 が、

 一方で ヘッドの姿勢を変える、ヘッドの進行方向を変える、
 コトを嫌がる数値でもあるので
 ヘッドのターンをするタイプの方には
 慣性モーメントの数値が大きいモノは扱い辛くなります。
bbd8de35-s67d2f002-s








 フェースローテーション・ヘッドターンは 嫌うのが
 慣性モーメントの数値の大きいモノの特徴 で
 大型のヘッドを嫌う人は そこら辺が苦手 なんだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ショット って 向きを変える円運動主体なので
 見る側面によって、着眼点によって 勘違いし易い
 部分が少なくありません。 
IMG_2813-0001-1
 アドレス時のからだの正面から撮影した場合、
 右打ちの人で 右を向いている時は
 グリップの方が前側(飛球線側)にあって
 ヘッドの方が後ろ(飛球線後方)にありますが、
 フォロー側にあたる 左を向いた時は
 ヘッドの方が前に出て見えます。」

質問「見えますね。」

店長「しかし、これは 腕やクラブをロックしていた、としても
 向きを変えた結果、そう見えただけ であって
 後ろに有ったヘッドがグリップを『追い抜いた』訳では
 ないんですね。」

質問「今なら分かります。」


店長「コレは シャフトをしならせて/しなり戻す
 ヘッドを意図的に走らせる、ボールを弾く なんかと
 共通しているのですが、
 ヘッドがボールを動作として追い越す と考えている人
 にとっては ゴルフクラブ、特にヘッドの効能は
 正しいモノにはなり難い のです。」

質問「やはり そうなんですね。」

店長「誤解をまねき易いので 正解から言って置きますが、
 地面にあるボールを打つ場合、
 クラブの長さによって その強弱、大小はありますが
 ヘッドが下がり行程、
 グリップや上り際 になります。」
345251407_2010008172692761_8058080070139781244_n (1)
質問「ボールを上から打つ であっても…ですか❓」

店長「はい。
 意図的にする必要はありませんが、
 インパクト時は グリップ自身は高くなり始めます。
 ただ ヘッドの高低は まだ 下がり途上
 です。

 ところが ボールを弾く、
 ヘッドがグリップを追い抜く、
 シャフトをしならせて しなり戻して打つ、
 と考えている人にとっては グリップの移動は停止、
 ヘッドは上がり過程 に非常になり易い ですし
 そのヘッドの上がり加減はかなり急激
 です。


 ヘッドの重心位置の効果 を
 インパクト時の ボールとその重心位置の関係 と
 考えている人が多い…大半だと思いますが、
 そうではありません。
445TL-5-1
 例えば 重心が高い、もしくは重心深度が浅い モノだと
 グリップを前に押す力(量)が弱く、
 重心が低い、重心深度が深いモノの方が
 グリップを前に押し出すチカラが強くなります。


 要は どうグリップを動かすか✊ なんですが、
 シャフトをしならせて しなり戻す人にとっては
 インパクト付近では グリップは止めるモノなので
 それとは違う効果になってしまいます。

 ヘッドも上がり際に打つタイプになり易いですから
 重心が低い、重心深度が深い と
 そのヘッドの上がり具合が増えてしまいます。
 グリップにも負荷がかかりますから
 より強い止める、留める力が必要になります。
 
 代表的な例では そう言うタイプの人にとって
 FWとUT では 重心の高さは UTの方が低いですが、
 重心深度は かなり大幅に FWの方が深い、
 重心の高さは 数ミリ 5〜8伉度の差ですが、
 重心深度は 10舒幣紂大きいモノだと15从垢ありますので
 FWの方が よりヘッドが前に出ようとします。
 つまり ヘッドが跳ね上がり易い というコトです。
332172455_592731329028211_8097051689968994_n332095127_1571370836717048_6652847203829604451_n














 当たり前ですが、重心を深くする構造の為、
 形状も FWの方がソールが長く、奥行きがある。

 チョロしてしまったり、
 ダふっているのに トップだったり、
 そう言うタイプの人にとって FWは構造的に苦手
 尻もちし易い 機能であり、構造なのです。」

 そして、同時に シャフトをしならせて〜しなり戻して、
 ヘッドがグリップを追い越して打つ と考える人は
 硬めのシャフトを好みます。
 硬めのシャフトをそのような使い方をすると
 しなり戻しを早めにせざるを得ません。
 
 ヘッドターン、ハンドターンタイプの人であっても
 グリップがボールを追い越してから ソレを行う
 のであれば、ゴルフショットしては成立しますけれど
 早めにソレをする必要があると
 グリップ、クラブそのものの進行が『より一層』滞りますから
 ボールをあおり打ち、しゃくり打ち、
 ヘッドの上がり行程でのインパクトの率はかなり高くなります。

 元々、グリップを移動させるコトが打撃 と考えず
 ヘッド、ヘッドと考えているから余計ですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングをゴルフクラブの面から考えてみましょう。
 もう少し ゴルフクラブの『効能』について考えて頂くと
 ゴルフスイングに対する理解度は深まると思います。」

質問「どんな面です❓」

スクリーンショット 2023-09-21 231606店長「そうですね。
よくある例ですけれど シャフトが柔らかい と
なんとなくですけれど 大きくしならせて
ソレで弾いて飛ばす🥎
 と良いような…気がしますよね。」

質問「そうですね。」

店長「しかし、ゴルフクラブの打面には
 方向とかボールの上がり、回転などを司る角度 が
 備わっていて 1度位のプラスマイナス は良いですけれど
 縦横-立体的に 同じような角度で打てないような方法だと
 ゴルフと言うゲーム性にそぐわない。

 まぐれ当たりを追いかける遊びになっちゃいます。

 もう 死語 になりつつありますけれど
 『反発係数』なんてのもありますよね。
 まあ コレって 販売・製造側の政治的な意図が大きいんですが
 ゴルフスイングに「ボールを弾き飛ばす」という印象を
 強く植え付けてしまったので 大変 罪なコトだと思います、
 実際には、科学的には、その全くの反対で
 ボールを弾かない、ボールを歪ませず、
 逆に ヘッドの方が歪む、
 その双方の歪み率を近づけて ボールをつぶさないよう
 にするモノです。

 ですので ボールをつぶせない打ち方の人や
 ヘッドスピードの高くない人には恩恵は殆どありません。
 逆に それによって ボールが浮かない、上がらない、
 空を浮遊している時間を維持し難くなった人が
 とても増えているように感じます。」

質問「そうなんですね…。」

店長「シャフトの話しに戻りますけれど
 シャフトを意図的にしならせて、しなり戻して
 という行為には グリップの止まり、グリップが移動していない、
 というのが不可欠になります。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
 打ち手が ヘッドを『直接』持っている訳ではないので
 ヘッドの移動には グリップの移動が不可欠の『』なのに
 その逆を追いかけるコトになります。

 この誤解って 教える側の人にもかなり多いような気がします。

 ある程度 自然にシャフトが動く、
 弊社で言うトコロの 硬くない、柔らかいシャフトであれば
 特に その意識をせずとも、特別な行為を取り入れなくとも
 シャフトはしなります。
 グリップ部を意識して止める必要性はありません。
〇空中(立体)ズリズリ - frame at 0m35s
 シャフトはしなれば 元に戻る、
 復元しようとする作用が働きますが、
 当然、それはヘッド側にも、グリップ側にも働きます。
 ヘッド側だけにそれをするには グリップの止め が必要で
 グリップの止め は 運動速度の低下につながります。
 ヘッドを振った方が 『気分』は
 速く振れるような、強く振れるような そんな気分に
 なれますけれど 止めるという行為には
 その分の負荷がかかりますので 故障の原因にもなります。

 手打ちで悩んでいる人がいるとしたら
 手打ち と シャフトをしならせ〜しなり戻して打つ は
 言い方を変えた同じモノです。

 嫌だと思っていることを 率先している可能性があります。
 ボールを弾いて打つイメージがある限り、
 インパクトでの グリップの止まり、
 クラブの移動とからだの回転の分断は必ず起こります。
 そして、それは悲しいコトに
 強く打つドライバーショットではなく
 アプローチショットの苦手に直結し、
 年数や経験の量に関係なく、永遠に続きます。

〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40
 そのシャフトの復元のチカラを
 グリップ側にも掛けて上げれば、
 グリップはより前に進もうとし、運動の助力になり得ます。

 その方が負担が少なく、ヘッドスピードアップに利用出来ます。
 フェース、ヘッド、角度などの問題も
 より小さな幅の中の変化に留まります。

 自分の運動ではしならないような、
 しならせなければいけないような硬さを使わない、
 そして、シャフトがしなったら ソレを
 自分の運動促進に使う
、っていうのが道具だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



✋スイングの視覚的誤解、錯覚の一番のトコロ は
 「クラブを振るコト、ヘッドを振るコト」 でしょう。 
 △ヘッドの運動慣性をフリーするコト
 △からだの回転とは違うシャフト・クラブの角角度運動


現代も含め 歴代の多くの名ストライカー は ほぼ例外なく
 ボールを打つまでは 「クラブ、ヘッドを振りません」
 ㊟…ボールを打つまでは、ですよ。
(アプローチ) 比較映像_Moment(4)


ゴルファーのとっては 当たり前 なのですが、
ゴルフでボールを打つためのゴルフクラブは
 先端に特化した重さが備わった1ⅿの長い棒 です。
これを 成人男性であれば 時速100キロ越え で 振る訳です。
若いプロのハードヒッターであれば その時速は200繕瓩い任后

 既に無視しちゃってる と言うか、忘れてしまっている と言うか
 実はとても危険なモノなのです。

ですので この棒(ゴルフクラブ)を放り投げてしまうのも危険ですが、
上手に収めないと 自分にも危険が及びます。
放り投げないが故に、自分の体にも危険がある訳です。

初心者や女性が速く振れない のは
✋その危険なモノの収め方がわからない、
✋身に付いていない、
✋本能的なその怖さを乗り越えられない、
✋クラブの慣性で持ったままでいられない、

 と言う可能性があるのです。

スイング動作も終わりに近づき フィニッシュが来るのですが、
300gの鉄の塊が先端に付いた 1ⅿある長い棒、
それが 最大時速100キロとか150舛箸で動く…
それを、安全に終わらせる必要がある訳 です。
が故に、インパクトを迎えた後、打撃そのものが終わった後、
放り投げない範囲で その慣性(特にヘッドの重さ)をフリー にします。
 行為で言うと ヘッドを振る、クラブを振る です。
 クラブを回転させ 減速時間が稼ぐ と言えば良いでしょうか。

それは 打撃行為ソノモノ ではありません。

ジェットコースターの 下り坂 のそのスピードを
落とさせる為の 上り坂 のようなモノ、
100m走で ゴールしてからも 急に止まらず、
軽く流して 減速し止まる ようなモノ、です。

漠然とゴルフスイングを見ると
 その打撃のおまけ(必要なモノなので オマケ とは呼びきれませんが)
 打撃のおまけ の クラブを振る動きは
 打撃までの動きとシームレス(継ぎ目なし)で行われています。

スイング全体が からだの向きを変える 円さばき なので
 その円の中に 自然に溶け込んでいる クラブの減速時間
 繰り返しますが、それは打撃行為そのもの、
 打撃(インパクト)までに必要なモノではありません。



そういう目で 一度、いろいろなスイングを見てみて下さい。
 スローでないと判別は難しいかも知れませんが、
 いいスイングだなぁ、いい球だなぁ に見えるモノは
 打撃(インパクト)までは、
 打撃間際まで クラブをフリーに、ヘッドをフリーにしてはいません。

 必ず 当たり終わってからで、
 アプローチのような 運動速度、移動速度が高くない、
 クラブの減速時間の必要の少ないものは
 最後まではフリーにしない場合も多くあります。
達人のココから盗め_Moment(2)

一方、アマチュアの、あああ 悩んでるんだなぁ…
 まだ スイングが掴めないんだなぁ… と言うスイングは
 そのスイングの、打撃のオマケ の部分を主軸にして
 ボールを打とうとしているのが 結構、はっきり分かります


プロのスイング
(真似をすればいい訳じゃあ ないですが…)
 のインパクトまでの弧が小さく、打ってからが大きく
アマチュアのスイングは
 インパクトまでの弧が大きく、打ってから小さい
 フォローが出ない、フォローで手が伸びない

というのは 打撃のオマケ が 打撃のオマケ なのか、
それとも その打撃のオマケ で ボールを打とうとしているか
のイメージ、というか ゴルフスイングの概念の違い なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「これからの話し、全員に有効とも限りませんし、
 変な誤解も生みそうなんですけれど
 からだを廻す と 腕の移動の連携、融合には
 役に立つかもしれません。」

2023-07-30_22-59-38 - frame at 0m12s質問「はい。」

店長「話の始めの方で
ボールをとらえるイメージはだいたいこんな感じ❓ 

スイングは円運動だから
 ボールとヘッドは横横の関係でコンタクトする感じ❓
 って話をしたと思うのですが…。」

質問「でしたね。」

店長「そのイメージを少し変えて貰って
 ロフトの無い、0度、垂直って意味ですね、
 のヘッド、フェースでボールと接触するイメージは
 こんな感じ はどうですか🙄🙄🙄 と。

 ボールを地球とすると
 グリーンランドとか、アラスカ、その辺りの部分をですね、
 煽って振りなさい、しゃくりなさい と言う意味では
 ないんですけれど…誤解を生みそうですが、
 下から上に向かって こするんです。」

質問「上から下に…じゃなくて❓

店長「勿論、あくまでもイメージですけれど
 上から下にではなくて 下から上に、
 ゆっくりやって ボールが順回転にひと転がりさせるような、
 テニスとか、卓球のスマッシュさばきみたいな感じです。」
2023-08-03_23-28-22 - frame at 0m17s2023-08-03_23-28-22 - frame at 0m19s2023-08-03_23-28-22 - frame at 0m20s





質問「コレで 上から打てる…んです❓」

店長「あくまでも イメージ ですけれど、
 ボールとフェース面の接触の仕方としては
 こうじゃないと 逆に『上から入れ難い』『上から打ち難い』です。

 ボールの真上、北極の部分をフェースでこすっていく
 そう言うイメージも間違いじゃないですけれど
 今回のテーマの一つである
 からだの回転/向きの変更と腕の移動/動きの融合
 つながり と言う点においては 斜め上方をかちあげる
 そう言う感じの方が適していると思います。

 コレ、実際にイメージしてやってみると
 本当にクラブを下から入れることは出来ない、難しいですけど
 今までよりも 『上から』入る感じ、
 入り方の違いを感じることも出来るかも
、と思います。

 この映像では ラケットみたいなモノでやってますけど
 これを ゴルフクラブで実践するには
 ハンドファースト、いえ 正しくはヘッドレイト を
 維持したまま で無いと出来ませんし、
 ロフト0度のイメージで フェースが、ロフトが同じ状態のまま
 ボールをさばいていくのには
 ヘッドが上がる ではなく
 グリップが、ヘッドを持っている腕が高くならないと
 実現出来ません。

 ヘッドが優先的にあがってしまうと
 ロフトが付いてしまい ボールの底にコンタクトして
 ボールの底をこそぎ取るような感じになってしまいます。
 これを ショット用語では『こすり球
 斜め上を「こすって」行くのを『つかまった球

 と呼んだりします。
 動作としては 同じような こすり なんですけれど
 ボールの下をこするのを そのまんま こすり、
 ボールの上面をこするのを つかまえ
 というのですから
 面白いというか、奥深いと言えますね。」

質問「下から かちあげないと 上から打てない、
 上から入らない とは誰も思いませんよね⁈

 でも こするのとつかまえるのの違いは
 すこしイメージできたかも知れません。」


店長「おじさんジョークですけど
 ボールの上面をこすらないとアラジンは出てきません😃」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「こんにちは〜。」

店長「こんにちは〜。」

質問「ショットや飛距離、スコアの伸び悩みなど
 ショット・スイング全般のレベルアップをしたいんですけど…。」


店長「おおおお なるほどー。
 強く悩んでいるトコロはどんなトコロですか❓」

質問「やはり 安定性が乏しいトコロだと思います。
 飛ばそうとすると思ったトコロに行かず
 真っ直ぐ行かせようとすると 飛ばせない不満が残ってしまう、
 両方を バッチリ解決✊とは行かない と分かっていますが、
 少しずつでも、ステップアップして行きたい、と。」


店長「ですよねー。

 まずは 今のイメージから教えて下さい。

 ココにボールがあります。
 ゴルフボールでは無く ちょっと大きなボールです。
 このボールの どこら辺を『打とう』『当てよう』と❓」

2023-07-30_22-59-38 - frame at 0m12s質問「言われていますから
ボールの底、南極、マットとの接点では無く
ボールの赤道、それよりも上位 を打つ
そう言うイメージは持っているのですが、、、
実際には ボールの底を打つ…感じになっているような…。」


店長「まあ ロフトの有るクラブの場合は
 結果 としては そうなるのは致し方が無いんですが…

 で ボールの赤道なり
 飛球線に対し、後方の一番膨らんだトコロを
 どのように『さばく』感じですか❓

 やっぱり こんな感じ…
 円運動なので インサイドとか、アウトサイドとか抜きで
 後ろ❓から入って 円でさばいていく って言うか
 そう言う感じ❓ですか❓
2023-07-30_22-59-38 - frame at 2m32s
質問「ですね。」

店長「そうですか…。

 そのイメージだと
 からだの回転と腕の動きが合わない と言えば良いのか、
 合い過ぎる と言えば良いのか、
 手や腕でクラブを上げ下げしなければイケますけど
 上げ下げを入れるとなると難しい

 そう言うイメージで クラブを振ってしまうと
 腕を動かすには どこかでからだを止めなくてはならなくなる、
 ですので ヘッドの、フェースの姿勢変化が
 からだの回転そのものでクラブを動かしボールを打つのと比べると
 激しくなってしまい易いので
 飛ばそうとすると真っ直ぐ行かない、
 真っ直ぐ行かせようとすると 飛ばすのをあきらめざるを得ない、
 と思います。


✅スイングの 謎 というか、
 頭の中で整理が付き難いのが
 『からだの回転』『からだの廻し』をしろ と言われるのですが、
 それに対し どう腕を使ったら良いのか、
 クラブを握っているのは腕なので
 どうクラブを動かしたらいいのか、
 それが からだの回転と合わないというか、
 クラブと腕を合わせると 相当な長さになるので
 それを持て余してしまう というか、
 からだの回転と腕とクラブの動きにつながりが持ちにくい
 と言う点だと思うんです。」

質問「はい。まさにソコ。長年の懸案事項ソノモノ、です。」

店長「ですよね。
 腕力のある人は その腕力でねじ伏せられるんで
 なんとかなるんですけど、
 私たちの年齢になると それも難しい…。
〇見かた116
 からだの回転でって言われると
 傾きは有るとは言え 横の動き中心で、
 他の人のスイング、プロのスイングなんかを見ても
 腕を使って クラブを上げ下げしているようにも見えるので
 その 縦横の動きが合致し難い…んでしょうね。」

質問「はい。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
店長「アプローチの問題は
 
硬いシャフトで下に振るスイングが基本 であると
 どうしても
〇寝たロフト 緩い入射〜横から入る、下から入る
 になるので バンスが張り、地面と干渉し易くなります。
 ミスが表に出ず、ボールを拾う、フェースに乗せる には
 スピードが必要になるので
 インパクト直前で 妙な加速が必須必要 になります。
(キャスト_Moment
 その加速があるので 全体の動作速度と距離感がつながらず
 ゴルフ歴が長くなっても 距離感が刷り込まれ難い。


✋コレ 少なくないと思います。




 遠心力が強くなる 下に振るショットでは
 ロフトが付き易く、入射が緩くなり易い ので
 ボールは上がるけど、前に進みにくい…
 必要な距離打を打つには 強めのインパクトが必要になり、
 速く、もしくは 大きく振らなければならない…
36682818

 ラフや 特にバンカーですけれど
 ボールだけでなく 砂や芝など別なモノも打たなければならず、
 速く、大きく振って…
 しかも 極上に軽いヘッドが付いているウエッジ。
 女性は 足元の緩いバンカーは苦手になり易い、
 嫌いになり易いでしょうね。
 正直、残酷 と言うほどに。」


質問「そう言うのって レッスンプロはアドバイスしないんですか?」


店長「難しいトコロです。
 教科書通りに教えれば ボールに届かない、
 しかし、クラブが関係していますよ とは言い難い…。

 クラブについては 質問されれば答えるのでしょうが、
 どういう経緯で そのクラブを手にしているかは
 人それぞれ事情がありますので そこは不文律というか、
 積極的には触れない部分でしょう。

 ゴルフを続けて頂く、楽しんで頂く、
 辞めないで頂く と言う点においては
 かなり 重要な問題 だとは思うんですけどねー。



店長「今回のこの女性に限りませんが、
 硬いシャフト、軽いヘッドのクラブで
 ゴルフを覚えた人は 歴にかかわらず、
 そのスコアにかかわらず アプローチが危ない人が
 ものすごい多い気がします。
 悪い言い方ですけれど 練習場でアプローチだけを見ていると
 100を切れる人、いないんじゃないか❓とすら思います。

 多くのゴルファーは硬いシャフト好き…硬いシャフト自慢気味、ですので
 日本人ゴルファーの 7割近くが この硬いシャフトが起因した
 アプローチシンドローム なんじゃないか 感じます。




 多くの人は 柔らかいシャフト、重たいヘッドって
 ブランブランしているから 距離感出し難い、
 フルショットには飛びそうで 適している けれど
 加減するアプローチ向き じゃ無い んじゃないか?!
 って思う、言うんですよ。
 打ち比べたコト 無いにもかかわらず。」
ECDi9XSUwAEgjre

質問「私もやらされましたけれど
 柔らかいシャフト、重いヘッドのクラブと
 硬い(スチール)シャフトと軽いヘッド
 打ち比べてみると 勝負になっていない。
 仰られる通り、フルショットするのなら
 まだ何とかなるんですが、
 硬いシャフト、軽いヘッドではフルショット以外の
 加減の必要なショット、距離では

 ミスが多過ぎて、距離感どころじゃない、
 柔らかいモノの方が 断然 距離感形成は楽です。」

20190811-OYT1I50023-1

店長「だから 短い距離でもフルショットをする、
 ロブショットに行き着いたりするんですよね…。
 
 フルショットで使うコトの少ないウエッジ ほど
 硬いシャフトを使われているんですよね、実際は。

 硬いシャフトで軽いヘッドのウエッジを
 ロブショット 開いて〜緩く入れるんですから
 PSやアプローチウエッジでも ロブウエッジとして使うのに
 ロブウエッジを入れるって・・・とても、不思議です。
 いったい 何度のロフトで打とうとしているんでしょうか?
   バンス角度が嫌なんですかね〜。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「とりあえず グリップの話しは終わりにして
 ちょっと 実験して貰いたいんです。」

Sさん「はい。」

 店長「スイングの用語で言うと
 タメを造る とか
 シャフトを立てて降ろしてくる とか
 ひいては 上から打つ〜ロフトを立てる、
 ハンドファースト〜ヘッドレイト
 にもつながっていくと思うんですが…。
154148
 で、ですが スイングの大きさはそこそこ フルスケールサイズ、
 スピードは半分以下、ハーフスピードより遅め位が良いです。

 多分、チョロやシャンクも多発するので
 練習場ではモッタイナイかも…ですし、
 空振りもあり得るので ケガをしない程度で ><」

Sさん「うへへへ😧」

店長「トップの位置って
 だいたい ですけれど、ヘッドは飛球線側、
 グリップでそれに対して後方にあるじゃないですか❓」
クラブ・シャフトを振るって❔
Sさん「そうですね。」

店長「その位置関係を維持したまま、
 ヘッドの方が後ろにならないよう、逆転しないよう✋
 グリップとヘッドの位置関係を『反転』させないよう✋
 ヘッドの方が飛球線側にあるよう
 インパクトのギリギリ まで
 それを維持して 打って貰いたいんです。
 正確には 当てて貰いたい、空振りもアリ ですので😵」

Sさん「ええええええ」

店長「少なくとも ですね、
 自分の構えの向き、スタンスとボールとの関係、
 そのラインを『ブレイクライン』って言うんですけど
 実際には 絶対にそうはならないんですが
 あくまでもイメージで そのブレイクラインをグリップが越す まで
 (越すって事は グリップの方が飛球線側になるんですけどね)
 インパクトギリギリまで ヘッドが飛球線側に
 ってイメージで ボールに当てて貰いたい、
 少なくとも イメージの中での クラブの『リリース』
 ボールに当たってから✋  早くであっても
 グリップがブレイクラインを越えたら✋ で。

 勿論、ゆっくり 当たっても 8番アイアンで50ヤード転がる
 そんな程度で ゆっくり振って貰いたいんですが、
 ロフトを開いて、フェースを開いて
 インパクトに入ってくる人 にとっては
 ソールで❓ ソールに当たるか、シャンク連発です。
クラブ・シャフトを振るって
 フェースをボールに向けられる人 であっても
 ヘッドとグリップの関係を そこまで維持すると
 ボールの上っ面、北極を打つ可能性もあります。」

Sさん「ぐえええ。」

店長「こう打ちなさい と言う意味では無く、
 ここまで クラブを振らず、ヘッドを落とさず、
 まあ そう打つには 手で振る にしても
 早い段階でそう出来ない ですから
 自分の普段の打撃と『比較』して頂いて
 どう違うのか、どんなに違うのか、

 感じて貰いたいのです。

 一番 極端な 上から打つ 体験 です。

 こすって打っちゃう、
 ボールが抜けちゃう、って のは
 その反対の 極力、緩く入れる
 アタックアングルのユルイ入れ方 なので
 その比較を体験して貰いたい のです。

 そして コレが正解ではないですけれど
 正解に近い方は そのギリギリまで
 ヘッドの方が飛球線側にある「感じ」寄り
 です。
 6:4〜7:3 で ギリギリ寄り…もっとかな…です。

 コレって当てられる、打てるようになると
 ボールの前の、飛球線側の地面、
 練習場で言うとマットが ちょっと邪魔になります。
 どうしても ボールより先に地面・マット に 触らずを得ない…。」

Sさん「俗に言う ターフを取る って奴ですか❓」

店長「そうですね。
 最終的な 打撃(スイング)としては
 ここまで極端にする必要は全くもってないですけれど
 自分の普段の ヘッドの入れ方、クラブの解き方、
 どの位早い段階で クラブを『振っているのか』、
 インパクト迄に どれだけ遠回りしているのか、
 を実感できると思います。

 そして この体験を通して、
 クラブを振っちゃっている、
 手で振っちゃっている、 のは
 実は 自ら クラブを振れるよう、
 手で振れるように 時間と空間を意図的に作っている
 手で振るコトが出来る 時間と空間を用意している
 と知って貰いたい のです。
スクリーンショット 2023-06-18 232553
 その差、違いを体験するのは結構、役に立つと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ショートアイアンやアプローチショットでの抜け球、
 こすり打ちの話しが 大切だけど、ちょっと『地味な
 握り〜グリップの話しに集中しちゃったけど…。」

Sさん「少々 地味ではあるけれど 大切なトコロでしょ。」

店長「そうですね。

 グリップはアドレスの基になるモノですし、
 グリップ〜握り方は どうクラブを扱うのか

 どうしても密接な関係になっちゃいます。

 言い方は悪いかもしれないですけれど
 あまり美しくないグリップで まともにクラブを扱っている人は
 例外的に居るけれど、
 美しいグリップで酷いスイングの人はいない、と言ってもいい位。
 総じて グリップ通りのスイングをしている人が殆ど。 

✅クラブの扱いについては
 両手離し〜スプリットハンド が分かり易い と思うんですね。

 どうしても クラブを回転させて打ってしまう人 の場合、
 左グリップが支点になるから
 左グリップがガブッと深く握らざるを得ない。
93e9da7e-s6423ac38-s81b16761-s
 グリップの役割で言うと
 右打ちでの右グリップは クラブ・シャフトを押してるだけ
 双方のグリップの移動する量がかなり違う ので
 止める側になる 左は深く、右は押すだけ
 しかも ボールを打つかなり前の段階から
 クラブを『放ってしまう』ので 右は浅くなり易い、
 殆どを左グリップで支えている感じになります。
IMG_0724IMG_0720








 一方、両方のグリップの移動量が同じ、似ている場合、
 やや 左グリップ寄りではあっても 左右は均等に握る、
 そのためには 右グリップの入る余地を残さないとイケナイ から
 左グリップは あまり深く出来ない。
IMG_0725IMG_0721








 右グリップが移動してきた分、
 左グリップは前へと進み、
 左グリップがボールを追い越して
 インパクト直前、直後でのリリース(放り)になるので
 右もちゃんと握っていないとイケナイ。
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)







 この差が 巷では「フックグリップとスクエアグリップ」の違い
 と呼ばれているんじゃないのかな❓」

Sさん「そうかも…。」

店長「握りではなく、部材の方のグリップは
 テニスのラケットや野球のバットほど太くない、
 指で握る、指側で握るための太さになっている。

 深く手のひらで握るのには
 余ってしまう 細さ だよね。」

Sさん「言われてみると…。」

店長「指先は曲がる、閉じる方が 普通の状態で
 ゴルフグローブも適切な『小さめ』のサイズであれば
 ソコを自然に曲げてくれ 補助してくれている。

 手のひらで深く握る人にとっては
 別にグローブのサイズは重要では無くて、
 皮や合皮の 滑り止め効果 だけを利用しているのだから
 勿体ない気がするけどね。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Nさん「ダウンスイングで右腕(右打ち)を使おうとすると
 力んじゃうんですよね。」

店長「ああああああ、😌😌ですよね。

 どんなトップの形を作っているか
 右腕で言うのなら 肘とグリップの高さ関係 が
 どうなっているのか によっても違いますけど、
会田20210701_Moment
 グリップよりも 右肘の方がはっきりと低い状態で
 右腕を使おうとすると リキミ・イキミが入りますね。

 ですので トップの位置で
 右ひじが下を向いているような
 よくある「手上げ」っぽい トップでは
 右腕を使う=リキミ ⇒右手で打つな になりガチ だと思います。」

Nさん「私…です。」

店長「トップの位置で
at 0m1sグリップの方が右ひじよりも高い、
右ひじが真下を向いてしまうタイプの人

時間として グリップと肘が同じ高さになる時間が遅い、
右ひじの方が低い時間が長い、
早い段階で右腕を使うとチカラが入ってしまう
 ので 力み易いスイング とも言えます。

 これは右ひじとグリップの高さの関係が
 どれであっても ですけれど
 きっかけとして 左腕が少し動いてくれないと
 …それが左腕自身であっても、からだの回転でも
 どちらであっても 左腕が少しどいてくれないと
 肘とグリップの高さが同列にならない。
 
 そう言う点で 右ひじが真下を向いてしまう人は
 テイクアウェイで 左腕をたくさん動かしているが故に
 より一層 右腕を伸ばすタイミングが奥になる、遅くなります。
20210701 (2) - frame at 0m24s
 まず からだを廻し、
 グリップの方が低くなる・同列になるタイミングまで
 右腕を伸ばすのを待つ・遅くなるので
 どうしても からだがボールと正対する時期を逸し易く
 手で振るコトになり易い ですね。」

Nさん「なにか良い策はありますか❓」

店長「このタイプの人は
 本当は その上げ方を改変したいですけど
 とりあえず タイミングの問題を除けば
 トップの位置は低め、浅めの方が力は入れやすい
 んじゃないか❓

 トップの位置が浅めになれば
 深い時よりも 早い段階で 右手のリリースが使える、
 早い段階で使っても 力みにくくなると思います。 

 リキミの問題も無くなりはしないと思いますけど
 かなり減衰するんじゃないでしょうか⁈」

Nさん「なるほど。」

店長「テークアウェイで
 肘を外に張り目にする、クランチする、は
 早い段階で右腕が伸ばし易い、
 それに伴うリキミが少ない、
 とともに 右を向く量が格段に増えるので
 多少、遠回りな手作業をしたとしても
 間に合い易い と言う利点があります。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m27s
 それでも 右腕を使うには
 先ほども言いましたが、
 からだでも、腕自身でも構いませんけど、
 左腕がどいてくれない
 ダウンスイング、切り返しで
 左腕が前に行く、下がる、低くなる、 いずれかで
 右ひじとグリップが早くに、同列にしてあげる。

 右手で打ちたい のであれば
 その右手を使える 環境を、左手をどかしてあげるコトで
 作り出してあげるのがいいんじゃないですか❓

 そうなると 力むことなく、リキミ少なく、右手を使えます。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


シャフトの上手な使い方は
ヘッドの重さ・クラブの重さの使い方
大きく共通しています。
そして それはゴルフクラブの使い方 でもあります。

一般的に『信じられている』シャフトの使い方は
ヘッドをたくさん・グリップよりも多く速く動かす為
縦であっても・横であっても シャフトを扇のようにつかう
クラブを扇・振り子のように使う では
シャフトも活きてきませんし、ヘッドの重さも活きてきません。

4232-30-1

シャフトの役割は
✊如何にヘッドやクラブの重さを打ち手に伝えるか
✊ヘッドの重さを利用して グリップを動かすか
✊グリップ、そしてクラブを人力の補助として動かすか

(動かす、この場合は移動させる の意) です。


それをテーマに シャフトを使わないと
例えば クラブを替えた時、リシャフトした時、
2種類以上のシャフトの硬さやシャフトの違いを体感する時、
それモノが無意味なモノになってしまいます。

硬いシャフト そうですね、
ドライバーで言うと
45インチ換算で 振動数190cpm辺りが境でしょうか
アイアンで言うと
5番アイアンで 振動数210cpm辺りが境でしょうか
一般成人男性であれば
その位と思いますが、これより数値の多い、硬いシャフトを
正直 打ち比べても「単に双方硬いだけで」
あまり差は感じ取りにくいかもしれません。

ですので その数値を境に 上にあるものと下にあるものを
打ち比べると
 シャフトの使い方自体を体感することにもなります。



シャフトを上手に使う(使われる)には
注意点が幾つかあります。

それはクラブの使い方でもあるので
練習やドリルでは意識しておくと良いと思います。


✋クラブの姿勢
貴方にはどう見える❓_Moment
ヘッドとグリップの上下左右の関係は意識しましょう。

俗に言う『トップの位置』において
ヘッドやクラブの重さがグリップに掛かり
そのグリップが『次』の動作の妨げになり位置 に
ならないように注意が必要です。

『トップの位置』であれば
その次の過程は『ダウンスイング』になります。
言葉で ダウン『スイング』と言っていますが、
ダウンスイング全体は ほんの0.2秒以下の瞬時の動きです。
あれもこれも 色々とする時間もありませんし、
そういう『期間』でもありません。

どうダウンスイングしていくか、
何処の方向に、
いつ、どうのように していくかも
『トップの位置』のクラブ姿勢、
ヘッドとグリップの位置関係によって
 ほとんど決まってしまいます。

究極、動作としてのダウンスイングを省けるか
も それ以前のクラブ姿勢、
グリップとヘッドの上下左右の位置関係によって
決まってしまいます。

20170920_matsuyama-650x435例えば、このトップの位置
にしてしまえば、
余程の教練か、我慢がない限り
一般的には次の動作は
右サイドを潜らせる、上を向く動きになります。
それでは シャフトは活きませんし
ヘッドの重さも活きてきません。
体がまるでまわっていないのでNGではありますが、
このヘッドとグリップの位置関係、クラブ姿勢では
要らぬ動作ばかりが増えるばかりでなく、
動作そのものが ダウンスイングとして必要になってしまいます

補助してもらい、手伝ってもらうコトです。
上手くすれば いつ動かすのかもシャフトは教えてくれます。


シャフトと仲良く出来ると
「トップの位置」以降、シャフトは
グリップを、クラブ全体を進行方向に押してくれ
より左に、より下に、より打球方向にクラブを誘ってくれます。
その強さ、速さは 柔らかいものほど
ヘッドの重いものほど強く、速く
インパクトポイントを左にしてくれ
インパクトまでの時間を短縮してくれます。


ですので シャフトの使い方 に慣れてくると
シャフトの柔らかいものほど、ヘッドの重いものほど
『早く』インパクトがやってきます。(速くではなく
………それにも慣れて頂く必要があるでしょう。
ドライバーで140cpm台以下、アイアンで160cpmを
下回ると 相当そのタイミングは「早く」やってきますので
慣れるまでは 慌ててしまうというか
急かされてしまいます。
(笑)柔らかいシャフトは来ない… なんて(笑)

トップの位置 と言いましたが
その位置だけでなく
トップの行くまでの『過程』
俗に言う テークバック(テークアウェイ)も
ダウンスイングの道筋か行程 に
かなり大きな影響をもたらします。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m11s
シャフトは特性上、一度しならせてしまうと
元に戻ろう、復元しようという特性が働きます。
その特性は、
グリップを動かそうした時に対してはプラスに働きますが、
ヘッド単体を動かそうとする動きに対しては
 グリップの移動を妨げる動きになってしまうので
気分は「ヘッドが速く・たくさん動いている」になりますが、
実際にはクラブ自体の移動は遅くなり、
 それによって 体の回転についていかなく、
遅れの原因になります。

ですので、テークアウェイで
 シャフトは極力しならせてはイケマセン。


シャフトはどの状況になるとしなるか というと
打ち手の動作 においては、
ヘッドの移動量とグリップの移動量 (運動量)に
大きな差異・違いが起こった時、発生します。


そして その差異・違い 移動量の差の殆どは
スイングは円弧 であり、
そして その円弧を肩(肩甲骨を含む)や腕で
積極的に作ろうとした時 発生します。
スナップショット 2 (2017-10-23 20-11) - コピー (2)スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)






スイングは円弧ですが、
それは 体が向きを変えるから自然に発生するもので
体(胴体・骨盤)の回転通りにグリップ・クラブが動いていれば
円弧を意識する必要は一切ありません。
円弧、即ち スイング軌道(スイングプレーン)ですから
体の回転通りにクラブを動かしていれば
その軌道を意識しなくてよいのです。
自分の腕や上半身の上側(肩や腕、肩甲骨)で
スイングプレーン・円弧を造れば
必ず 前傾姿勢は失いますから、
本来 前傾姿勢で維持できる 軌道の傾き
特にダウンスイングの時の 下方向の動きは
自分で作る必要が生まれますから
一番忙しい時に 一番難しい動作が必要になってしまいます。
それを省かなくてはイケマセン。
クラブの長さによる前傾、それによる
円弧の大きさや傾きを失ってしまいます。

言葉や文章で説明すると 少々めんどくさい ことに
なってしまいますが、シャフトを使えると
スイングの動作の多くのことが省けます。
雑誌やレッスンで教えられる ほとんどのことは
シャフトが使えると 動作としてやる必要が無くなるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ちょっと繰り返しの内容になってしまいますが、
 重心距離の長いモノ 大きいモノ 面の長いモノ

 例えば アイアンであれば
 現在は軽量スチールシャフト 小振りな軟鉄が
 主流に販売されていますから
 アイアンの重心距離の平均値は 35と言ったトコロでしょう。
IMG_0491
 では 40个離皀になるとどうなるか、と言うと
 一般的には 35个茲蠅40个諒が
 回転が鈍い と考えられ、
 それが原因で 右に出易い、スライスし易い と思われガチ、ですが、
 本当の意味は
 重心が直線状に揃おう とした時に
 垂れるヘッドの量(トゥダウン)、シャフトの垂れ幅が大きく
 インパクトライ角、総合的な、立体的なフェース面が
 重心距離が短く シャフトの垂れ具合が少ないモノに比べ
 右を向き易い、右を向く可能性が多いから
 です。

 似ているような 気がしますが、
 打つ前、振る前、使う前の思い込み としては
 意味がかなり異なる
と思います。 

IMG_0489
 重心の高さ
 アイアンでは 低重心の方がやさしい と思われていますが、
 一概には言い切れないのです。
 多くの方は インパクトの際、
 その重心位置、特に低重心が 何かの『魔法』をかけ
 ボールに作用する と薄っすら思っている方がいますが、
 重心の高さ に限らず、
 重心位置全般、重心距離も重心深度もすべて
 運動させた時 の 力学的、科学的な作用です。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)
低重心のクラブを持つと
 打つ人間が ボールが上がり易い
 この場合は打ち出し角度が取り易い、高くなる ように
 クラブを動かすようになる
 が正解です。

 インパクト時の ボールに対する重心の作用 が
 重心位置の作用が『皆無』とは言い切れないのですが、
 思っているような 低重心だからボールが上がる、
 なんて 直接的にボールに働きかける作用効果 は殆どありません。

 構えた時、ソールした時、
 当然ですが、ロフト角度・坂が存在する為
 高い部分(トップエッジ)よりも
 低い部分(リーディングエッジ)の方が
 前(ボール側・飛球線側)に出ています。
 
 高重心と低重心の比較論ですが
 高重心のモノだと 作用点(シャフト)に近いこともあり、
 効果ソノモノが薄め になりますが、
 低重心に比べ ヘッド全体が前に出ようとします。
 一方、低重心のモノは 作用点から離れている為、
 効果ソノモノが濃い目で 
 歯(リーディングエッジ)が前に出て行く、
 フェースが上を向いていく、
 それにつられ ヘッドが上に行こうとする
 効果になっていきます。

 
 重心の深さ と大変似ていますし、
 クラブは構造の制約上、
 低重心のモノは 深重心になり易いですから 余計ですね。
10003407_290033064486765_134308500_n
 また ボールが上がり易い のは
 スピンが増える ではなく
 スイングの軌道が緩くなり 打ち出しが上がる、
 スピンで言えば 逆に少なくなります。
 ボールは上がるのに 止まらないような球になる のです。

 アイアンで言えば 低重心、深重心になって行くほど
 性格がウッド化していきます。

 若い方は想像もしていないと思いますが、
 私達よりも上の年齢(50歳オーバー)のゴルファーは
 上がらない、球の高さが確保出来ない で
 悩んでいる人が大変多いのですが、
 その方に 上がり易い筈の『低重心』のクラブを渡すと
 より一層上がらなくなる場合が結構、あります。

 地面からボールを打つ場合、
 高重心のモノが良い✊ なんて 決して言えませんけれど
 誰も彼もが 低重心、深重心にすれば良い とも言えません。


 特にストロングロフト、飛び系のアイアン は注意が必要です。
 アイアンのロフトを 少なく(ゴルフ用語ではストロング化と言います)
 例えば 7番アイアンで24度なんてモノ もあります。
 (一般的には 32度前後です)
 24度のロフトが 番手の番号に限らず
 アマチュアのスピードでは なかなか厳しいロフト です。

 それが打てる・使える ッテコトは
 かなりの低重心、かなりの深重心 は必須条件でしょう。
 低重心+深重心+ノーマルロフト では
 上がるだけの『飛ばない』アイアンになりますから売れません。

 さらに 通常のモノよりも かなり長め のクラブになります。
 (本当は4番アイアンなんだけど 表記を書き換えただけ とも言えます)
😵もうお気づきの方も居ると思いますが、
 飛距離を出す為 よりスピン、回転を減らす方向に
 ほとんどの機能がそのために使われています。
 ヘッドスピードも高くないアマチュアが対象になる訳ですが、
 元々 緩めの入射角度、場合によってはあおり気味 に
 アイアンも打たれる方が少なくない。
 そこに てんこ盛りに 入射角度を緩く、
 スピンが減る要素満載にしたら
 アイアンなのに失速、揚力を失ってしまう可能性があります。
(つかまった球 VS こすった球_Moment(つかまった球 VS こすった球_Moment(2)





 一般的に✋ですが、
 「ボールが上がらない」と
 より インパクト、インパクト以降で
 ヘッドを上げようと、高くしようと修正、調整します。
 クラブの機能、機構もそうですが、
 「ボールを上げる、高さを出す、高さを維持する」は
 スピンと打ち出し角度、そしてボールスピードとの兼ね合いです。
 この場合の多くが 打ち出し角度〇 ボールスピード△
 一番の問題はスピンが足らない
(そのボールスピードに対して なので
 インパクト以降に ヘッドを上げようとする は
 イコール より一層入射角度を緩くする、
 行き着くトコロは〜あおり打ち
 より逆効果になるのです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「そもそも 重心位置の効能を誤解しているんじゃないか
 とおもうんですね。
58b52cea014c8e392700135f_20170228165522
 例えば ですが
 重心が深い というのは
 『正しく』ゴルフクラブを使った時、
 インパクト時 その重心深度分、ヘッドが
 前に出ようとします。

〇握っている棒と重心(重量点)が揃おうとする
 と発生するコト、起こるコト
 が 重心の効果です。
 なんとも 掴みドコロが無いかも知れませんが、
 重心は 重心の位置ソノモノの効果では無く
 それによって『起こるコト』が効果なんです。

 ですので 同じロフトであっても
 フェアウェイウッド・ユーティリティ・アイアン
 長さの効果も相まって
 一番 重心の深いフェアウェイウッドは
 ボールが一番高いトコロに到達するのが早い
 スピンは少ないんですけど 上げ易い んですね。
スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)
 これは 左右の重心距離でも同じで
 握った棒、遠心力の掛かっている軸線に
 重量点が揃おうとする、
 別な言葉に変えると 重心距離分、シャフトがトゥダウンする、
 その分、インパクトライ角が下がるから
 左に行き難い、右に行き易い、スライスになり易い、
 というのが 重心距離の長いモノの正体 です。

〇どの道、左右であっても、上下前後であっても
 握っている棒、掛かっている遠心力に対し
 重心点は揃おうとする、
 動かしていない時はズレている 重心位置 は
 運動させたとき 揃おうとする働き
 それによって発生するコトが
 重心位置の効果、つまり ヘッドの特性、個体差なんです。

5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7
 プロも 重心が短い小振りなヘッドを好む場合、
 フェースターンして使おうとは思っていません。
 重心が長い はだいたいの場合👉重心が深いとイコールですので
 その効果によって ヘッドに先にボールを打たれてしまう、
 重心深度分 ヘッドが前にでようとしますからね、
 それを嫌っている のです。
 重心が浅ければ 自分のタイミングでボールに触れますから。

 唯一、ティーアップして使え、ロースピンで問題の無い、
 厳密なスピン調整の必要のない
 ドライバーだけが 重心の深い、重心の長いモノ でOKなんです。」


質問「…全然、考えていたことと違います。

店長「でしょうねー。

 重心位置はなにがしかの作用、を
 ボールに掛けるんでは無く、
 打ち手の使い方やシャフトにかけて
 それによって ボールが上がり易くなったり
 つかまり易くなったりするんです。

 決して ボールに魔法をかけているのではないのです。
2388c2a5
 おそらく…ですが、誰からも習ってはいない、
 だけれど カタログを読んだり、ゴルフ雑誌を読んだり、
 そうしている内に 自然で自分で呪文をかけてしまっている、
 それが スイングを造る 元の考え というか
 ベースになっている可能性は否めない、と思うのです。

 これはアマチュアに限らず、
 ゴルフ雑誌関係者、レッスンする人、
 ゴルフクラブを売る側も 結構、勘違いしています。
 間違っている…と言うより
 おぼろげに考えている『クラブってこう使うんじゃない⁈』が
 実は かなり大きな影響を及ぼすんです。


ゴルフクラブの『本来の』性能は
グリップ、シャフト、にかかる遠心力の延長線上に
重心位置、重量点が来る、
重量が揃うことによって 発揮されます。


 ですので それが揃わないような使い方は
 ゴルフクラブの性能を殺してしまっている
 と言って良いでしょうね。

 それを目指すのが ゴルフスイングの習得 と思います。
 で無いと ゴルフクラブの性能、ヘッドの性能、
 個々の機種による特性、重心位置の違いは
 単なるバッヂ、飾り物でしかなくなってしまいます。



✊重心が揃う と考えると
 ウエッジのバンス角度であったり
 フェアウェイウッドのソールであったり
 そう言うモノが見えてくる と思います。

 スイングが先なのか、クラブに対する知識が先なのか、
 ソレが相まって 誰にも教わっていないのに
 いつの間にか クラブはこう言うモノ、
 スイングはこう言うモノ って刷り込んでしまっている、
 私は ここら辺が スイングに、スイング創りに
 及ぼす影響はかなり有ると思うんですね。

 ヘッド・フェースは回転させて使うモノ
 重心位置とシャフトやグリップはズレている✊
 って思い込んで スイングを造るのと
 重心は揃うモノ✋ と思い込んで
 スイングを造るのは 真反対とは言いませんが、
 出来上がるモノは全然別なモノ になります。
 棒でダイレクトにボールが打てるのと
 L型のズレがあるモノでボールを打つのでは
 当然、打ち方も同じにはなりません。

((((((((_Moment
 当たり前ですけれど、万物の法則、物理の法則に
 乗っかっている方が チカラも少なくて済みますし、
 繰り返せる可能性も高くなると思うんですが、
 わざわざ 難しい技術の方にトライしている…
 ゴルファーも少なく無い❓ と思うんですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q2:昨日の続き「 数年前に左ひじ(右打ち)がゴルフ肘になり、
 治療している内に 右ひじにも痛みを感じるようになりました。
 アイアンをスチールシャフトから
 カーボン(グラファイト)にすれば 良くなりますか?


店長「単にシャフトの素材が スチール…だから 痛くなった、
 カーボン(グラファイト)だから 大丈夫⁈では
 おそらく解決しない と思います。
【ハンドターン〜手の返しの正体_Moment(2)
 確かに衝撃の減衰力はカーボンの方が優ります。

 しかし、
肘や手首の痛みの原因は
 打撃の衝撃、インパクトの衝撃では無く
 動かし方、動き方
 というのが
 長い年月での総合的な答えです。

 スイングが悪い😵から…という意味ではありません。

 総じて…ですが、アイアンのスチールシャフトの方が
 シャフトが硬く、ヘッドも軽い ので

 〇一般的にはスチールシャフトの場合、
 負担の掛かり易い シャフトの先端部 は
 細いというコトもあり、シャフトの金属の肉厚を
 かなり厚くし補強しますので、シャフトソノモノの
 バランスが先端寄り です。
 一方、カーボンの場合、負担の掛かる部分に
 補強の繊維を入れたり、剛性の高い繊維を使ったり、
 先端を重くせず補強するコトが可能です。
 故に スチールシャフト装備のモノに比べ
 カーボンシャフトの方が 10〜20g重いヘッドを
 装着するコトが可能です。
 👉コレがカーボンの方が飛ぶ 主要因と言えます。

 ボールを飛ばすには 速い速度、
 もしくは ロフトを立てるコト、その複合が必要です。
 自然に遅れが生まれる「重い×柔らかい」クラブに比べると
 ロフトが立ち難い「「軽い×硬い」
 ロフトが立ってくれない分、
 大きなロフトで打つコトになり易い、
 もしくは 人為的にヘッドを遅らせ、
 そこから 立ったロフトに戻す、 という双方、
 より一層、速いヘッドスピードが、速い動き が
 必要になってしまいます。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment
 ソコから導き出されるのが 「手の返し」
 いわゆるフェースローテーション、
 硬いシャフトが多く使われている
 スチールシャフト装備のアイアンでは
 その技術が無いと ボールは気持ちよく飛びません、
 が、それは手首や肘などの関節を蝕みます。
 上手に打つ為の必然な行為が自分を傷めてしまいます。

 硬いシャフトを使うには必要な技術が
 肘や手首を痛めてしまう のですが
 そこで 痛めない為に 柔らかいシャフトのシフトすると
 今度は ヘッドの遅れが発生、
 もしくは 増してしまう ので
 上手く行かない、上手く当たらない、
 は発生してしまうでしょう。 ジレンマですね。
 
 直ぐに結果は出ない、かも知れませんが、
 放っておけば 打ち方は自然に変化していきます。
 早急な答えを出さないことが。、
 関節などの痛みからの解放になると思います。

 逆のパターンもあるんですが、
 柔らかいシャフトを長く使っていると
 放っておいても ヘッドは遅れ、
 それを取り戻す〜しなり戻す のは
 腕力が無い限り、結構大変です。
 ですので 遅れ をロフトの立ち にして
 遅れっ放しのまま ボールを打ってしまうコトが
 身に着くようになり易いです。
 🤒そこで 硬いシャフトにシフトすると
 遅れが少なく、ロフトの立ち が薄い ので
 そのまま では ボールが飛びません。
 自分で力なり、技術でボールを強く弾く必要が生まれます。
(Rさん 大変身か?_Moment
 ヘッドの重さ、シャフトの柔らかさ、
 その双方が 『ヘッドの遅れ』を造ってくれます。
 その遅れをどうするか、 が
 重いヘッド、柔らかいシャフトを使うスイングの課題 で
 軽いヘッド、硬いシャフトの場合の課題は
 遅れてくれない、ロフトの立ち が装備されていないクラブで
 ヘッドの遅れを人為的に造るか、
 そして その遅れからどのようにロフトを立てるのか なのでしょう。

 そう言う意味合いでは やはりゴルフクラブが
 スイングを形成している と言って過言ではないかと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こういう例えも可能かもしれません。

 車や自転車、オートバイ、乗り物に乗っていたとします。
 運転席なり、助手席、座席に座ったまま、
 クルマであれば 窓から手を伸ばして届く高さ
 の机の上にカバンが乗っていたとしましょう。
080430_part01_01
 手で振る とは
 ソコに🚙なりを移動させ、いったん停車し
 手を振って その荷物を取るコトで
 ドライブスルーなどの実生活では
 当然、こちらの方が常識であり、かつ安全です。

 ところが ことゴルフの打撃に関しては
 車はある一定の速度なり、均一な加速状態にしておき
 その荷物を取れる状態に 手を固定して
 車を移動させることで その荷物を取る、
 そう言う違いだと思います。

 ハミングバードでは その手使いを『刷毛塗』などと
 呼んでいますが、その刷毛塗は
 両肘の外への張り ばかりを意識されるのですが、
 問題なのはそっちではなく
 グリップの移動、
 クラブ、シャフトのスライド『使い』の方で
 両肘の外張りは結果、としてそうなり易い だけです。
スナップショット 6 (2016-07-27 18-57)
 また、グリップの横移動も
 実際にからだの回転、例えであるなら クルマの移動が
 伴った時に、ずっと その場所にあるように
 位置固定、相関関係の固定をする為、ややこしいですけれど
 動かさない為に 動かしておく、
 動かさない為に 先回りしておく感覚
 とも言えます。


 話は手打ち、ヘッドの返し、フェースローテーションに戻りますが、
 ダウンスイングの後半、インパクトの部分で
 腕の伸ばし で クラブをリリースしてしまう のは
 ヘッドの位置、高さ、フェースの向き、ロフト、
 それらが一定にし難く、簡単なモノではありません。
 正直、腕力と運動性能、そして反復練習の賜物 です。
 が故に、一度覚えて 危ういながらも出来てしまうと
 それが 自分の打撃の生命線、打撃ソノモノになってしまうので
 ソコから抜け出せなくなってしまいます。
video_Moment(5)video_Moment(6)video_Moment(7)







 ハミングバードでは それを『ヘッドを振る』、
 『シャフトやクラブを振る』 また 時として
 『クラブは下に振ってはダメ』 と啓蒙しています。

 からだの回転にした方が、クラブ姿勢、ヘッド姿勢を
 固定できる時間が長く取れるので
 安定度・再現性は高くなります。
 また、入り方が良くなり、こすっていた球も
 『つかまえられる』ようになりますし、
 実際、ゴルフクラブはそうする為に造られています

 年齢による運動性能の低下、疲れなどから
 腕力頼り、運動性能頼りの 手打ちに限界を感じている方が
 からだの回転での打撃に切り替える場合も、
 いっぺんに 100%をからだの回転にシフトするのは難しいです。
 徐々に、徐々に 回転の割合を 手のリリースから
 からだの回転に移していくのですが、
 その途中、何度も
 手のリリースが主導権を取るコトが顔を出すとは思いますけれど、
 クラブをボールに手で出さず、
 下側の領域に入れない方が
 弾道は圧倒的に美しい です。
 ですので ソコはめげずに頑張って頂きたいトコロなのです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


これは 飛ばす、ドライバーショットでも同じですが
ゴルフを良くするには
 その距離、望むその距離を打つ能力を高めるコト です。

どちらもどちらですが、
多くのゴルファーは方向ばかりを重視してきた傾向が強いので
ある種 方向の方が二の次 と考えてよいでしょう。

フルショットにもつながりますから
重要視 しなくてはいけないのは
 ヘッドのロフト姿勢
 ヘッドの入射姿勢₍角度₎ を一定にする
変化を多く作らない コトで
この条件は ヘッドの方が多く動かない
グリップの動いた量分 ヘッドを動かすコト
 です。

images

グリップの動いた速度通り、 ヘッドを動かすコト
自分のからだを廻す速度が 距離感 というコトになります。

肩を揺さぶったり、ヘッドばかりを動かすような振り方では
一定の動作速度を身に着けても
 ロフト姿勢が一定にならず
 ヘッドの入射角度が一定にならず

一定の距離を打ち続けることはかなり難しい
アプローチであれば 腰痛を覚悟するほどの練習量がないと
それを習得し、かつ持続するのは不可能です。

グリップを 兎も角 動かす。

ヘッドを動かしたい、思い描いた道のり、軌跡
それを なぞれるよう グリップを動かすのです。


それを感覚的に覚えると
アプローチの距離感は飛躍的に良くなります。
と同時に グリップの移動でヘッドの移動を管理、
ヘッド姿勢も管理しますから
ダフリやトップなどの痛手を負うミスも激減します。

手先で円弧を描かなく、
特に上下、ヘッドの高さの変化を生み出す円弧を
描かなくなりますから アプローチで痛い ダフリ・トップもミスから
解放されると言っても良いほど です。

スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)

習慣づけ していくには
よほどの短い距離で無い限り
テークアウェイでは しっかり骨盤・体は右に向けましょう。
フルターンしても良いくらい。

フルターンしておけば
上から打てる時間は確保しやすくなるので
よりダフリ・トップは軽減します。

上げる量 で管理してはお薦めしません。

打ちたい距離に対し
なんとなくで良いですから ボールの速度をイメージし
そのボールの速度になるような グリップの移動を作ります。
スイングの大きさは限定せず
そのグリップの移動速度が作れる量 を感覚的に。

距離感はボールの速度感であり
グリップの移動速度感です。
その感覚はなかなか間違いません。



練習やドリルでは
上げる時も下げる時も
ヘッドは忘れ、無視し(ゆるゆるしない範囲で)
グリップの移動だけを心掛け
ボールの速度とグリップの移動速度の関係を構築しましょう。
df713d9f-s
グリップの移動はからだの向きで行います。
無理に腕を下げたりしようとしない方が良いでしょう。
からだの向きでのグリップの移動を決して止めない、
からだの向きによる自然な加速は別として
腕がかかわる 更なる加速は厳禁です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


その人のクラブの扱い方や持っているクラブの質
などによっても異なりますが、
スイング中のゴルフクラブの重さは
かなりのモノになると思います。

平均的な猫の重さが 3〜4キロ
トイプードルも同じくらいです。
この位なら暴れてもあまり問題なさそうです。

ミニチュアシュナウザーが 6~7キロ
かなり大型の猫もこの位でしょう。
ここら辺になると 抱き方次第では
人間もふらついてしまいます。

フレンチブルドッグになると重さは
10キロを超え、大きなものは13前幣
抱いている最中に暴れられたら抱いていられません。
もろとも転んでしまうかもしれません。

使い方にもよりますが、ゴルフのクラブは
瞬間的には シュナウザーとブルドッグの間位の
重さになると思います。



多くのゴルファーは
スイングをイメージするのに
クラブの重さが掛かることを想定に入れていません。
まずは 自分の動作のことばかりを気にかけます。
✋クラブを持たなければできるのに…。
✋ボールを打たなければできるのに…。
もう既に 万を超えるほど繰り返していませんか?
〇右向け右
クラブは腕(手)で持ち、その腕は体から生え、
腕とクラブというモノは長さを持っていますから
どう扱うかによって その重さの変化は激しくなります。
プロであっても、クラブのある場所やその姿勢
の重さを影響を色濃く受けています。

体をどう動かすか
 ばかりを考えては
実際のスイング・ショットをする時、
クラブの重さの奴隷になってしまいます。

キッカケは与えてあげるにしても、
クラブによって重さを受けることからは逃げられないのですから、
逆に その重さによって
動かされてしまうことの方が簡単な筈です。

腕がクラブの重さを受け、
体はクラブも含めたその腕の重さを受ける。

腕がクラブの重さによって動かされれば
体はその腕の重さによって動かされる。


どうせ避けられないのですから
望ましくない不可抗力ではなく、
上手く打たされる不可抗力を造ってしまう ことを
考えてたほうがアマチュアには良いでしょう。

体の回転と腕の使い方を別々に考えるのではなく
クラブの重さによって、腕が動かされ
それそのものが体の回転になっていく方法が
アマチュアには適していると思います。

ですので、クラブの重さが運動で増した時、
支えらていられないグリップ、
ホールドしないグリップを造っておいて
その重さで腕を動かし、
その重さで体を回さざるを得ない
グリップを造っておく方が 結果シンプル です。

クラブを支えておけるグリップ
ホールドしておけるグリップを造り
クラブの重さが運動で増している最中に
腕や体を意のままに動かそうとするのは
おじさんアマチュアゴルファーには
 不可能に挑戦するに等しいと思います。


そこで そのためのポイント「左グリップ」
に付いてですが、注意点は3点です。
IMG_0772

中指と薬指 おまけで小指の3本で握る が基本
 これは右手グリップも同じですが、
 握るメインになるのは この2本です。
IMG_0534
 ですので 手のひらはこのような形になります。
IMG_0532
グリップは二度握りません。
 スイング中は仕方ないですが、アドレス時、
 手のひらはグリップに触れません。
 第三節は伸ばしたまま、手の甲にこぶしを造りません。
 中指と薬指で握ったら、それ以上握りません。
 親指はシャフトに添えるだけです。
IMG_0531
手首に角度を付けてはイケマセン
 握手のような自然な形。
 手首が甲の方に折れないように注意です。
 ディッシュアングルと呼ばれるモノは手首の角度ではなく
 手のひらとシャフト(グリップ)の関係です。

IMG_0529
ここを我慢して、スイングは重さに任せるか
クラブをがっちり握って
 自分で動作を管理するか
どちらかしか選択は無いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【投稿レポート】今回、悶絶クラブは初めてのトライとなりましたが、
悶絶と呼ばれているほど苦労せず慣れて慣れて参りました。

タイミング良く クラブを引き摺るという記事、動画が
色々な意味で大変役に立ちました。

ダウンスイングでクラブを立てるやタメを造る、ハンドファーストにする
というのは それぞれ自発的にやってみるではなく
クラブを引き摺れば出来上がっていくモノなのだろうと思います。
〇からだの回転〜
それを踏まえた上で、旧クラブ(T社+NS950)と打ち比べ
をしてみましたが、ヘッドの重さによって
グリップが落とされる、押される と言う点においても
悶絶クラブは多大なる助力をしてくれます。

軽いヘッド(+硬いシャフト)のクラブでは
シャフトを振る?ヘッドを動かす?行為自体、容易ではあるのですが
それに伴うインパクト時のヘッド姿勢制御という
老体には無理難題がやってきます。

硬いシャフト、柔らかいシャフトで打ち比べてみると
そのシャフトのたわみ(しなり?)によってグリップが押されるのか、
硬いシャフトではボールの位置は中に、
柔らかいシャフトではボールの位置が前に、
かなり大きくズレさないと的確なインパクトが訪れません。
飛距離不足に悩むこの年齢ではこの違いはかなり大きいです。

クラブが長くなる、短くなるについては
上手く説明できないのですが、
悶絶クラブのこのシャフトの柔らかさ、しなり
それは クラブが短くなってくれる、
 と言う点が大きいような気がします。

〇からだの回転〜ク


今でも決して上手とは言えませんが、
特にアプローチショットに関しては
無理にボールを中に入れる必要がないので
その置けるボールの位置の差はミスショットの確率を
かなり変えられると確信いたしました。

ボールをつかまえるという事に関して
長年、苦労?誤解してきましたが、
〇グリップを落としてくれるヘッドの重さ
〇グリップを押してくれるシャフトの柔らかさ、
そして クラブは引き摺れば良いんだ という概念は
正に画期的で、何ヤード伸びたかは判別し難いのですが
傍目からもかなり強い球になったのは間違いないと思います。

旧クラブの残党であるフェアウェイウッドがからきし
当たらなくなりましたので、大蔵大臣の認可が降りましたら
また、相談させてください。 よろしくお願い致します。


店主)よろしくお願い致します🤗🤗🤗
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ