◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

カテゴリ: 刷毛塗りドリル


股関節を稼働させる
前傾姿勢を意識する
この二つを強く意識すると
テークアウェイで 右を向くのでなく
ボール側、前側に倒れてしまう人が
居ると思いますが、
これらは 理想的にはオマケで付いてきて欲しいコトで
本来の目的は
素早くからだを廻すため
 骨盤を、秀二を右に向けるコト
』です。
〇見かた117
50歳を越えたような年齢では
前傾姿勢が深いのは大変です。
前傾姿勢は『あれば』良いです。

a9e5d2f8c2f4df25aaade23ead72aee2極端ですが、
骨盤と大腿骨が真っ直ぐ(前傾無し)だと180°ですが
179°よりも有れば 良いので
その基本姿勢になる アドレスは
出来るだけ 立った姿勢に近い
靴の上に 体重が全部収まるようなモノが 楽 です。


左の足が 左股関節を右股関節の下に潜り込ませる、
すると 右股関節は背後(アドレス時の背後、ボールから離れる方)
後ろに逃げるのですが、それでは前により深く倒れてしまうのを
予防する為に 右肩なり、右肘は背後に やや高めに
引いて置く 連動する動作が要ると思います。
右手のリリース感とからだの向き - frame at 0m9s

Ⓡさんもそうかな、と思いますが、

〇クラブがない、クラブを持っていない 時は出来る、
 しかし
 ×クラブを持つ と出来ない

というのが このケースだけでなく
ものすごく 多くあると思います。
スイング改造 が 上手く行かないケース の代表例です。


それは この場合であれば
股関節や肩も 右打ちのテークアウェイ、
右向きの場合であれば
前傾姿勢だけでなく それ以上の意識で
右の股関節や右肩が 左の股関節や左肩よりも
上げる、もしくは 高くする、
左側を潜り込ませるか、
右側は引き上げるか、 そのいずれかになると思いますが、
 
 クラブを 持ってしまう、動かしてしまうと

そのクラブの重さ・負荷によって その姿勢を
スクリーンショット 2023-09-21 231606 『させて貰えない』
自分の動きたい、なりたい姿勢、
動作としての 自分のからだ と
自分の『動かしたいクラブ』に
 ギャップがあるから、です。


この場合ですと 自分のからだとして
右を高く、左を低くしたい と思っているのに
テークアウェイ、おそらく その初期段階で
ヘッドやシャフトを振ってしまうので
クラブが背後に倒れ気味になり、
その重さが 右にかかります。
そうなれば 右肩は高くし辛い です。
テークアウェイで クラブを振ってしまうと
その慣性や重さによって 莽咾楼っ張られますので
それに釣られ、左股関節も上がり易くなる。

スイングが変わって行かない
 大きな理由として やりたい動き、姿勢があるのに
それとは別の からだに染み込まれた クラブの動かし方
が ぶつかってしまうから です。


クラブの構造を考えると
長くて 先端に重さがあり、
それを速く、大きく動かせば かなりの重さになります。
そのヘッドに頭をぶつければ 陥没してしまうほど です。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m40s
その重さ と 自分のなりたい姿勢、行きたいトコロが
バッティングしてしまう、 のですから
その逆で考えれば良いのです。

クラブの重さで その自分の成りたい姿勢、
行きたいトコロに誘われるようにする、
と考えれば 自分の行きたい方向とクラブの行きたい方向が
近づいてい行きます。
クラブの重さを『利用する』はそういうコトだと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

〇見かた128〇見かた130










スイングを傍目から見た時、
円に動かして見えるのは
腕でクラブを『移動させている
両腕の交互の曲げ伸ばしで『クラブ自身を回転させている
手で振っている場合、『動かしている』とも言えますが
クラブが動いている、クラブが回転しているのではなく、

クラブを持った 自分が向きを変えています。

クラブ自身が円を描いているのではなく
 クラブ単体は動かさず、それを持った向きを変えています。

8658a3e6-se00bf7e6
それが結果、スイングを…
そう呼んで良いか微妙ですが…「円運動
おそらく 正しくは『円状の移動』をさせています。

ショットの良し悪し は
飛ばすコトも重要な、魅力的なモノではありますが、
同時に、飛ばす球の距離や方向が出来るだけ繰り返せる、
似た球を繰り返し打てるコトが大切で
ゴルフと言うゲームを考えると
その二つは出来る限り、両立したいトコロ、望みです。

それを考えると、クラブを持った『自分が』向きを変える
そうやって『円状の移動』をクラブにさせるのは
主に 足 であって、
それに対し、肩も含む 腕 は
その向きの変更、からだの回転に対し、
重さなどの負荷を受けても 大きな変化、
望ましくなり変化を生まない ように『固定』
 クラブや腕を『半ロック』するコトが役割 です。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m14s
Ⓡさんの動きを見ていると
ちょうど からだに線を引いた肋骨の辺りですが、
ここから紂∀咾盍泙瓩拭‐緘梢箸両綢Α,
クラブを動かそう、円を描こう としている動きが
とても強く感じられます。

クラブを移動させるエンジンが反対な気がします。

回転する事に この腕も含めた上半身の上側 を使うのは
胴体をひねることになり易いので 大変危険です。



理想的には クラブをターン『円状の移動』をさせるのは
足を使って、骨盤の向きを変える。

からだの回転の境目 は 股関節 で

そのからだの回転に腕が遅れないよう、
からだが向きを変えた時、倒れそうな、寝てしまいそうな、
フェースが上を向いてしまいそうな重さが掛かり易いのを
からだと腕が同期しているように見える、
固定されて全体が動いているように見えるよう、
半ば 腕はまるで動かしていないように見えるよう、
 『動かしておく』必要があります。

動かしていないように見えるよう動かす って言うんですけど…

クラブの移動、動かしの主力が
 腕、上半身の上部になると
腕は廻ることに囚われてしまうので 低くなり難い です。
それが 腕やクラブの横振り、
インパクト直前の急激な降下につながっているような気がします。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これはⓇさんに、と言う話しではなく
派生する話し…なのですが、

よく 
クラブはからだの前に✋
クラブはからだの幅の中に

 というスイング用語を耳にしますが…。


からだの回転で 腕を横に振っている限り、
この 準備運動、ラヂオ体操のように
OIP
グリップも、クラブもからだの幅から外れてしまいます。


そう考えると『クラブはからだの前に
と言う言葉は からだの回転での腕の振り方、
ヘッド・クラブをどの方向に振るのか
 を指す
スイング用語なのではないか と思います。



クラブは1mを超えるような長さ で
その先端には クラブの総重量の6割を超える鉄の塊 が
付いており、ソレでボールを打つ訳ですが、
その鉄の塊には ボールの飛び、当たり、曲がり を決める
角度が付いています。
ドライバー入射角度
からだの回転で腕を横〜水平気味、
からだの回転通りの方向に振ってしまうと
テークアウェイでも、フォローでも、行きも帰りも

クラブの慣性や遠心力によって
その源動力である からだの向きの変化 よりも
多く、大きく、道のりで言うと長く、移動します。
会田20210701_Moment
また 水平方向にとって 重さは抵抗、
負荷でしかないですから 進行方向に対する遅れ は
必ずと言ってよい程 付いてきて
その遅れは ゴルフクラブの、ヘッドの構造上
開きなどの ヘッドの回転・フェースの回転になってしまいますから
角度が鍵になるヘッドにとっては 結構、問題です。


肩を廻すイメージを持つのなら
🙄肩は『縦に廻すイメージ』の方が良いんじゃない❓
🙄ダウンスイングは 右打ちの人であれば
 先に 左腕が下がり始める から始めても良いんじゃない❓
🙄あきひこ先生が言っている『グリップのすゝめ』も
似たようなニュアンスで



 腕は水平方向ではなく、垂直に近い 縦方向に、
からだの回転で どう 縦に腕を振るか、

そういう 腕の動かし方、クラブの動かし方を
 🙄どう からだの回転で造るか❓❓


が クラブはいつもからだの前に というコト
 なんだと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「クラブの使い方で
 視覚要素で 間違ったイメージしてしまうのが
 インパクト付近、フォロー側での
 クラブのリリース です。
〇見かた山下
 インパクト後、スイング動作は終えなくてはなりませんから
 動作も減速、停止に向かっていきます。
 ところが クラブには 一時の間、運動の慣性が残っているので
 結果、自分を追い越すような動きになります。

 クラブをひきずって というのはありますが、
 そこそこの速度でショットした時、
 『最後』まで それをやってしまうのは
 関節などを痛めやすく、危ない ですから
 どこかでは クラブをリリース、慣性をフリーにします
 しかし、その行為は スイングの終わらせ方 に
 近いモノで 打撃ソノモノではないんですが、
 人間の動作が減速に入っているのもアリ、
 クラブがより高速に動いて見えます。」

質問「クラブを走らせる とか、
 フォローは両手を伸ばして など
 それを促してしまうようなゴルフ用語も沢山ありますね。」

店長「ですね。
 それは おまけ とまでは言わないですけれど
 スイングの終わらせ方、着地の仕方 であって
 『打撃のメイン部分では無い✊』
 そこ大事なトコロなんです
大森201904_Moment(2)
 例えば、ですけれど この画像の状態から
 左を向いてしまえば 良いんですけれど
大森201904_Moment(4) 20200621 編集済み_Moment(8)20200621 編集済み_Moment(7)
 からだを止め、リリースで
 右打ちの人で言うと、右腕を伸ばして
 ヘッド・クラブをボールの方に出す。
 コレって からだを止める、からだを軋ませて
 腕やクラブを振るコトになるので 実際には
 からだにかなりの負担がかかります。
 上下に体を伸ばすような、絞るような感じなりますが、
 その『辛さ』がスイングの、インパクトの目安
 になるので 覚えると ソコから抜けられない。

 クラブを引き摺って からだを左に向ける は
 それに対し、なんの『辛さ』もありませんし、
腕周りの はっきり
imagesとして動作もないですから
ボールをとらえる感触も 当然、曖昧になります。

単に からだを左向けるだけ。

それに慣れてきたら 遠心力に伸ばされる腕に
多少にチカラを加えても良いとは思いますが、
 それを打撃のメインにしてしまうと
 必ず からだの回転は止まりますので
 そのさじ加減はとても重要です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転で ダイレクトにクラブを動かす
 一般的な言葉で言うと『からだの回転で打つ』ですが、
 その最も大きな障害は 引っかけ〜スライス であり、
 アウトサイドイン だと思うんですね。

 多くのアマチュアは 今この時点で
 手でクラブを振っているケースが非常に多い。
 それには 自分ではからだで✊ と思っていても
 胸から紂肩だけを回しているのも含まれますが、
 (ソコの部分は 今は割愛して)
 それらの方に 一気に左を向いて!
 ボールは左に引っかけても良いから!
 体重移動とか気にせず、トップから直ぐに左を向いて!

 というと 外から引っ掻ける、かなりの引っ掻けショット、
 そう言うショットになり易い と思うんですね。

 からだの回転と
 クラブなり、ヘッドをダイレクトにつなげてしまうと
 外から入ってしまうアウトサイドイン。
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5

 それを経験的に知っているから
 右打ちで 右向き〜左向き と クラブを切り離し
 腰から下は回すけれど、胸から上は置き去りにして
 腕周りの動きで インサイドから入れる。。。
 そう言った経緯を経て スイングが形成されている可能性が
 非常に高いと思います。 

 その分かれ道での対処の誤り が
 今のスイングを造っている可能性が非常に高いです。



 ゴルフスイングの面白いトコロ というか
 その答えに行き着くのが簡単ではないトコロ に
 からだの回転 と クラブの動き が有ると思うんですね。
 
 水の入ったバケツ の話しでも立ち寄りましたが、
〇水を撒くにしても 近場に散らばして撒くような方法と
〇ある箇所に、そして 出来るだけ遠くに撒くような、

 厳密にでは無いですけれど 違いがあると思うんですが、
 その二つの違いって とても参考になると思います。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m9s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m92023-07-30_23-02-59 - frame at 0m





 水を撒くような場合は どちらも 前傾はありませんけど
 近場に 水を散らすような場合、
 自分のからだの回転に沿って、
 同じ角度というか、似た関係でバケツを動かし易いと思うんですね。
 
 一方、ある箇所に遠くに届かせる場合は
 自分のからだの回転で出来る円に対し、
 若干、アップライト気味、縦気味にバケツを動かすと思います。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m152023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s





 水を撒きたい方向 って言うのがありますから
 その方向に近い直線に近いライン上、バケツを動かす。

 二つの バケツの移動のさせ方は
 からだの向きに対して 角度、軌道が異なります。
 からだの回転通りにバケツを振るのか、
 からだの回転を利用して より直線的にするため
 バケツの移動の円弧を縦気味にするのか、
 に分れると思うんですね。

 ゴルフで 『からだの回転、からだの回転』って言われると
 からだの回転通りに腕を、クラブを振りたく成りガチ ですが、
 その腕やクラブは からだの回転は利用しますけれど
 移動させる方向や角度、軌道は 飛ばしたい方向に沿って
 真っ直ぐめに動かす。

 コレをゴルフ用語、スイング用語の
 『横振り、縦振り』というのかは正直、分かりません。

 からだを一気に左に向ける、
👉アウトサイドインになってしまう
👉引っかけになってしまう

 の解決方法は
 先ずは右向きの量を増やす がありますけど
 ココにもヒントが有ると思いますよ。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



フルショットであっても
ハーフショットであっても
ヘッドがグリップを追い越すことは無いのです。


お化けの正体はインパクト以降
スイングは左を向いて終わるからであって
決して ヘッドがグリップを追い越したりしません。
達人のココから盗め_Moment(5)
そりゃああああ
グリップを動かすからヘッドが動くんですから
…。

何度も書きますが、
ヘッドがグリップを追い越すように動かすと
ロフトはシャフトの角度が動く分、ヘッドを振る分
常時動いています。

正しく クラブを扱うよりも
ヘッドの上下動、縦の円弧が激しくなります。
最適なヘッドの高さは「瞬間」しかありません。

ヘッドがグリップを追い越すように振ると
からだの向きが止まっているので
開き気味になっても『ボールが打てていません』
体重は右に必ず残るので上を向いた『煽り打ち』になります。
スイングは構造上 上を向く/煽る は体の開きになります
必要以上に、上を向いて 体を開いて打つことに
会田20210701 - frame at 0m16s

ヘッドがグリップを追い越すスイングは
そうで無いものに比べると 遥かに体に負担が多く
若い時は許されるかもしれませんが、
運動不足のおじさんには 肘や手首、首、腰などへの
負担も倍増します。


そう言ったうえで
手さばき、腕さばきは
右手で左手を押すのです。
ボールをヘッドで押すのです。
弾いてはイケナイのです。
スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)スナップショット 2 (2013-06-09 15-03)スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)





ヘッドを振った方が 気分的に
ヘッドをたくさん速く動かしている気分になるでしょう。
しかし それは同時にミスも倍増させることになる上
単にロフトを増やし、上を向いて振るに過ぎません。
スナップショット 8 (2013-06-09 14-54)スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)




右手で左手を押して グリップを動かした方が
遥かに上から打て クラブヘッドの重さが使え
重さによって 体重移動が伴うので
上を向きにくく ロフトが立ち易くなります。

理想的には 左上腕から先に動かしていき
それに伴い それを追いかけるように体を回していくので
腕と体にズレが起きにくく 関節にも負担は少ないです。

V字を維持してみよう_Moment


ヘッドを振らないことで
 ➟ボールが捕まる
 ➟ボールを上から打てる
 ➟少ない力で飛ぶ
 ➟速くたくさん振らなくても飛ぶ

という成功体験をする必要があるでしょう。


6番とか、7番アイアンを使って
スイングのスケールとしてはフルスケールのトップから
出来るだけ加速せず
意識としてはトップの位置を維持
右を向いたまま 腕さばきだけ
左ひじ〜左上腕を逃がすことをきっかけに
右手で左手を押してください。
 
 グリップを動かすのです。

 ヘッドは忘れて下さい。

✋ユルユルに持つ訳ではないですが
 ヘッドはトップの位置に置いたまま で
 良い感じです。


MVI_0581_Moment(2)MVI_0581_Moment(3)MVI_0581_Moment(4)






グリップの動いた分、ヘッドは動くでしょう。
グリップの移動量=ヘッドの移動量 とすると
ヘッドの振る円弧では 道のりが長すぎます。
もっと体に近い直線、斜め直線を選ばなくてはいけませんし、
クラブを長く使えば その移動量では足りないのです。




この感じは 体の右向きのロックを解けば
そのままアプローチであり、ショットの核心の部分です。
ここがつかめれば パターにしても、アプローチにしても
フルショットにしても劇的に変化します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「こんにちは〜。」

店長「こんにちは〜。」

質問「ショットや飛距離、スコアの伸び悩みなど
 ショット・スイング全般のレベルアップをしたいんですけど…。」


店長「おおおお なるほどー。
 強く悩んでいるトコロはどんなトコロですか❓」

質問「やはり 安定性が乏しいトコロだと思います。
 飛ばそうとすると思ったトコロに行かず
 真っ直ぐ行かせようとすると 飛ばせない不満が残ってしまう、
 両方を バッチリ解決✊とは行かない と分かっていますが、
 少しずつでも、ステップアップして行きたい、と。」


店長「ですよねー。

 まずは 今のイメージから教えて下さい。

 ココにボールがあります。
 ゴルフボールでは無く ちょっと大きなボールです。
 このボールの どこら辺を『打とう』『当てよう』と❓」

2023-07-30_22-59-38 - frame at 0m12s質問「言われていますから
ボールの底、南極、マットとの接点では無く
ボールの赤道、それよりも上位 を打つ
そう言うイメージは持っているのですが、、、
実際には ボールの底を打つ…感じになっているような…。」


店長「まあ ロフトの有るクラブの場合は
 結果 としては そうなるのは致し方が無いんですが…

 で ボールの赤道なり
 飛球線に対し、後方の一番膨らんだトコロを
 どのように『さばく』感じですか❓

 やっぱり こんな感じ…
 円運動なので インサイドとか、アウトサイドとか抜きで
 後ろ❓から入って 円でさばいていく って言うか
 そう言う感じ❓ですか❓
2023-07-30_22-59-38 - frame at 2m32s
質問「ですね。」

店長「そうですか…。

 そのイメージだと
 からだの回転と腕の動きが合わない と言えば良いのか、
 合い過ぎる と言えば良いのか、
 手や腕でクラブを上げ下げしなければイケますけど
 上げ下げを入れるとなると難しい

 そう言うイメージで クラブを振ってしまうと
 腕を動かすには どこかでからだを止めなくてはならなくなる、
 ですので ヘッドの、フェースの姿勢変化が
 からだの回転そのものでクラブを動かしボールを打つのと比べると
 激しくなってしまい易いので
 飛ばそうとすると真っ直ぐ行かない、
 真っ直ぐ行かせようとすると 飛ばすのをあきらめざるを得ない、
 と思います。


✅スイングの 謎 というか、
 頭の中で整理が付き難いのが
 『からだの回転』『からだの廻し』をしろ と言われるのですが、
 それに対し どう腕を使ったら良いのか、
 クラブを握っているのは腕なので
 どうクラブを動かしたらいいのか、
 それが からだの回転と合わないというか、
 クラブと腕を合わせると 相当な長さになるので
 それを持て余してしまう というか、
 からだの回転と腕とクラブの動きにつながりが持ちにくい
 と言う点だと思うんです。」

質問「はい。まさにソコ。長年の懸案事項ソノモノ、です。」

店長「ですよね。
 腕力のある人は その腕力でねじ伏せられるんで
 なんとかなるんですけど、
 私たちの年齢になると それも難しい…。
〇見かた116
 からだの回転でって言われると
 傾きは有るとは言え 横の動き中心で、
 他の人のスイング、プロのスイングなんかを見ても
 腕を使って クラブを上げ下げしているようにも見えるので
 その 縦横の動きが合致し難い…んでしょうね。」

質問「はい。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「よく カラダは横、
 腕は縦 みたいな  別なモノ
 二つの別なモノの同時進行、
 そんな感じの スイングをイメージしている人もいる
 と思うんですけれど
 バケツに水を入れて
 水をホウボウに散らして巻く なら 別ですけど
 ある一方の方向に
 出来るだけ遠くまで 撒く とすると
a000874205_06からだの向きは変えても
バケツは横に振らないで
横の回転を利用して、
その回転よりもアップライトな
 バケツ自身は縦めに、
 水をまきたい方向に沿って『縦めに』振る と思うんですね。」

Sさん「そう…ですね。」

店長「ちょっと 確認したいコトがあるんですが…。」

Sさん「はい。」

店長「こちらの動画をご覧ください。

 頭から アニカソレンスタム、ネリーコルダ、
 レキシ―トンプソンとLPGAの選手が出ます。

 ちなみに スイングって どこを見ていらっしゃるのです❓」

Sさん「どう動いているか…とか、どう動かしているか…とか…。」

店長「動画を繰り返し 見て頂きたいんですが、
 3選手ともに トップ〜切り返し から
 腕もクラブも固定した状態で からだの向きだけ変えてる んですね。
 まあ 意図、その目的と言う面から見ると
 クラブをもった腕を移動させる『ために』
 からだの向きを変える〜体を廻しているんですが…

〇見かた116〇見かた117










 腕もクラブも そのからだの向き通りに移動しているだけ で
 腕もクラブも、特にクラブは動かそうとしていないんです。
 からだから生えた腕は 向き通りに移動させていますが、
 クラブはそれに合わせて 立体的ではありますけれど
 『引きずって』いるだけ…です✊✊


 この部分、昔っから気になっていたんですけれど、
 腕は兎も角、切り返しからダウンスイング〜インパクトまで
 クラブは動かす、どう動かすのか という視点で
 スイングを見ていませんか❓
 ……いやいや そんな風に見てはいませんよねー😧」

Sさん「ホントに動かさないんですね。」
〇見かた128〇見かた130












店長「この部分って プロの場合、基本の条件…
 と言っても過言でない部分で
〇それが出来たから活躍できる✊ とは言えないですけれど
〇それが無いとまず難しいだろう とは言えます。

 クラブの重さの配分や打撃部のフェースの構成、
 それらを 総合すると クラブは動かさない、
 クラブを持った自分が『クラブごと』動く
 をしないと
 遠くに飛ばす、思う通りの方向、弾道を打つ、
 そして、それを繰り返すは実現が難しい、です。
〇見かた50s〇見かた53s










 動かそうとしていないクラブ、
 固定して 自分が『クラブごと』動く、そのモーションを
 クラブ動く クラブ動かす
 というフィルターで見てしまっては
 大事な部分が見えてこない と思うんですね。」

Sさん「‥‥‥‥‥‥😵😵😵」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレで 派生した話し になるのですが、
 俗に言う 手で振ってしまっている人、
 アマチュアの場合、かなりの割合ですよね。

 その方が一応、自覚として
 手で振るのは良いコトではない、
 もっと からだの回転で振らなくては。。。😧
 と考えた場合、
frame

 コレ、ニュアンスが伝わるか、難しいんですが、
 その方 仮にⒶさんとしましょう。
 Ⓐさんは もっと良くしたい、
 飛距離を伸ばしたい、
 スライスを治したい、
 スコアを良くしたい、
 と ごく普通ですけど、悩みや望みをもっていて
 ゴルフ仲間に「おまえは手で振っている」
 「今のスライスは 手で振ってるからだ」

 と言われている。
 なんとなく 知識、として
 手で振るのは良くない、もっとからだで✋
 と思っていたとしても
  Ⓐさんにとっての からだの回転は
 手で振る為の準備、
 手で振る為の時間と空間を作るための動作、
 なので それを増やしたり、多くしたり、
 速くしたり、強くしても、
 より一層 手で振る為の準備が強まる、増える、
 ばかりであって
 クラブ自体を からだの回転で『直に』振る には至れない、
 そこには 辿り着けない、
 本質的に スイングの弧をカラダの向きで、
 とは あまりに流派が違うので
 「もっとからだの回転で✊」と奮起しても 改善には至らず、
 タイミングが狂ってしまう だけ なんですね。」

Sさん「思いっきり 思い当たります😧」

店長「ですので 今日も、今も、
 日本中の練習場や自宅で
 そう「励んでいる」人が結構な人数居ると思うんですけど
 その中から 答えを見いだせる人は すごく少ない と思います。

 根本的に からだの回転の『役割』が
 手で振る為の 時間と空間を作る予備動作、準備なのですから
 それを 意識しても
 自分にとっての 打撃のメインパーツである
 手で振る は 依然として残る と言うか、
 ソコが無かったら 打てない のです。
 ソコを理解しないとイケナイ ですし、
 ココが ゴルフの難しいトコロ でもあり、
 面白いトコロ でもあるんですけど…。

 そうですね。。。
 例として トップオブスイング があります。
 トップの「形」「型」を気にする人が多いですけれど
 トップの腕とクラブの形、
 アバウトで良いと思うんですけれど
 それって インパクトの形、
 自分はこういうインパクトにしたい、
 
 あとは からだの回転で✊
20221025

 なんですけれど
 多くの方は トップオブスイング『から』
 インパクトまで 何か動作をするための形、
 これから なにか動きを入れるための「形」
 う〜ん、意識と言った方が良いんでしょうか、
 トップ 👉 ダウンスイング 👉 インパクト
 ここになにかの「動作」をするための 前準備の形
 と思っているフシが有ると思います。」

Sさん「。。。。。。。。。。。。。」

店長「トップ 型にこだわる必要はあまり無いですが、
 そこは もう クラブと腕にとってのインパクトの恰好、
 あとは からだの回転に任せた✊
 ・・・っていうのが 理想 です。

 ソコの意識も結構、大きく違うと思うんですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



1★0cpmドライバーセットから

1★★cpmドライバーセットの新悶絶クラブが到着して

先週2ラウンド そして 今週 2ラウンド消化しました。

この間 練習無し。と言うより出来なかった。

 

ドライバーは、これまでより格段に精度が上がった様に思います。先週まで 落ち際に少し右へスライドする現象は無くなりました。原因そのものが解らなかったので

 何故 その減少が無くなったのか解るはずがありません。

ただ 先週より弾道が少し高くなった様には思いますが

確信はありません。

IMG_0478

そして 驚いたのは ウェッジです。

30Y が上手く打てるのです。

これまでも 脚による身体の向きの変更 で

 打つように 意識して 腕を動かさずに

打撃していたつもりだったのですが

新悶絶クラブは 全く別物です。

腕は何にも出来ない。

何かをしてはいけない。

でも ボールはしっかり浮いて 止まる。

 

FWは 五分五分で悶絶します。

空振りしそうになるほどの悶絶。

距離を欲張ると 悶絶します。

 

アイアンは しっかり 上がり 距離も出ます。

ただ 番手毎の距離が掴めておらず オーバーが多い? 

様な気がします。

曲がり ドローも しなくなっていますが

たかが4ラウンドで ドライバー程 打ってませんので

 まだまだ ですね。

 


ただ この柔らかさだと 今まで以上に曲がらず

 打ち出し方向に すっ飛んで行くんだろうなぁ〜と。

 明日 練習します。

332484291_873455530430060_8730494155856601148_n332005033_598129049011786_1398421877797220598_n












既に 柔らかさは感じなくなっており、

人ってスグなれるんだなぁ〜 と思っています。

心地より柔らかさとでも言いますか 安心感 抜群です。

ヘッドの位置がビンビン グリップと言うより

体全体に伝わって来る様な感じです。

 


そして ライ角を意識して動いての打撃を意識する様になりました。

 


とにかく 明日 練習場に行って 久々の練習します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



【質問頂きました】
Q:パターでは、体の向き転換だけで打つのか?
 グリップも動かすのか?


A:パッティングの方向は
アドレス〜スタンスの向きでほぼ決まります。
ヘッドを振る人のスイングのように
動作を始めてから インパクト…ショットによって
方向を決めることは(ミスを除き)一切ありません。

…というコトになると
パッティングストロークの重きを置くところは
やはり「距離感」というコトになりますよね。
ショットでも同じですが、距離感にとって
とても大切なのが、概ね "いつも" 同じロフト で
打てるか、どうか にかかっています。

パターのロフト角度はどれもが 4度前後 となっています。
ですので 2〜3度ロフトが増えてしまう…減ってしまう…
というのは 40度の9番アイアンを打つよりも
遥かに 距離に影響を与えます。

パターのインパクトロフトを目で見るコトも
体感することも 簡単ではありませんが、
その目安になるのが シャフトの角度です。

質問にもありますが、
からだ…をまわす・・・ とは
正確には 「からだの向きを変えるコト」 です。
スイングでもパッティングストロークでも
前傾姿勢はありますが、基本、からだの向きを変える というコトは
右を向く、左を向く という横方向の動き です。
スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)







このように 腕と胸で作る三角形を維持し、
肩を揺さぶる 「振り子のストローク」を多く見かけますが、
このシャフトの振れ幅、振れ角度 であると
ロフトの変化が激しく 距離感が掴みにくい ですし、
この動きによって、ヘッドが 縦に弧を描きますので
ヘッドの上下変化が激しく、ボールの当たる箇所 も
縦方向〜上下方向にズレが発生し易くなります。

加えて、この肩の揺さぶるストローク…では
本当の からだ は固定した状態で
 文字通り 肩を揺さぶります。
この肩の揺さぶりは 上下 の動き・・・
本来のからだの回転 とは 90度方向の違う 縦動作 です。
アプローチなども含め、ショットは
 出来るだけ…理想的には からだの向きの変更で行いたい、
と願うのならば からだと肩、からだと腕が分離してしまう
非常に悪影響の大きい
  この 肩のストロークは するべきではないと思います。

また、肩を上下に動かしている とは言っても
肩の可動域が限られている為、
左肩が高くなる は イコール からだが左を向く
 につながります。
左を向く〜からだが開くコト が無自覚に行われてしまいます。 
 ひっかけ の隠れた原因になるでしょう。

IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(5)IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(6)




お薦めするのは ハミングバードで言うところの「刷毛塗」のストロークで
ガラスや鏡に映る自分の姿を見ながら
肩が上下に動かないよう・・・
そして、ストローク中、出来るだけ シャフトの角度が変化しないよう…
にしてみて下さい。

「刷毛塗のストローク」では
肩の関節に対し、腕を振るコトになります。
大きな力を作るのが得意な背中で微妙な距離感を出す
ショルダーストローク に対し、
利き腕の伸ばしで距離感を作れる
刷毛塗ストロークの方が 楽だと思いますけどね…。



動き…としては インドネシア辺りの踊り に近いかも しれません。

◌ポイントは
 右ひじが伸びていく と
 茲亮蠎鵑手のひら側に折れていく、
 アドレス〜トップ時 は 手の甲側に折れた左手が
 インパクト〜フォロー側では 手のひら側に…。
 重さと言うヘッドを残す動きです。
 自分の動作分 だけ 重さ分を差し引いて、ヘッドが動く 
 というコトになりますが、
 一方、肩のストロークの場合、
 先端にあるヘッドを動かすコトがメインですので、
 その振り子の動きが ストロークテンポを作ってしまいます。
 テークアウェイが大きい! または、小さい!
 リズム〜テンポが速い! または 遅い!
 と分かっても ヘッドの重さにテンポも
 ストロークの大きさ も司られてしまいますので
 動作が始まると修正が効きません。
 (これは意外に大きい問題です)

((パッティングストローク 比較映像_Moment
パッティングストロークをする為に
アドレスの前傾は出来るだけ 浅め に。
両腕を延ばした状態ではありませんが、
 曲げたー!と言うほど 曲げず
かるく 肘が曲がった緩やかな姿勢がお薦めです。
深く取ると 腰を痛める原因にもなりますし、
 腕が動かし難くなり、
 現場で緊張感が増す 可能性があります。
ご指摘の通り グリップを動かすコト が主 になり、
ヘッドへの意識 は 殆ど無い と考えて下さい。
◌極力、両肩のラインが変わらない
◌トップの位置から 極力 シャフト角度が変わらない

こうすると ヘッドの高さ変化が緩やかに、少なくなりますので
ロフト変化だけでなく、当たりによるミスも減らせられます。

方向においても ゴルフクラブは ライ角度とロフト角度の複合体 立体です。 リーディングエッジは真っすぐ だったとしても ロフトが上を向く(ロフトが増える)と  立体としてのフェースはかなり左を向きますので スタンスの向き通りに ボールを打ちたい のなら パターヘッドを真っ直ぐ動かすコト よりも ロフト変化を減らすコト の方が圧倒的に有効です。  ショットにおいても、パッティングストロークにおいても ロフトの変化だけでなく、大きなミスにつながるのは からだの姿勢 肩の上下関係です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「L型ブリストルG2を使い始めたんですけれど
 何かアドバイスはありますか❓」

IMG_0520
店長「パッティングの極意…みたいな奴ですか❓

 弊社のヘッドの重い、シャフトの柔らかいシリーズに限りませんが、

〇パッティングの一番大事なコトを間違えないコト

 から始まるんじゃないですか⁈」

質問「なんです❓」

店長「例えば なんですけれど
 2mのカップまでの距離があった、とします。

 コレって カップに『入る』までのラインって
 微妙な差も含め 結構、無数にあるんです。」

質問「!!!!!!」

店長「当然、強さ弱さの加減にもよりますけれど、
 ボールって だいたいの外径、一周が15儖未覆鵑任垢韻
 1m50僉,髻10回転して 転がる〜移動するんではなく
 1m50僉,髻6〜8回転くらいで移動します。

 転がりつつ、滑る、スキッドする が混じるんですね。
L型ブリストルパター_Moment(2)
 ちょっと話は逸れちゃいますけど
 パターストロークの 良い転がり とは
 適度な範囲で その滑る〜転がりが混じるコトを指して
 1m50僂髻10回転 で移動するよりも
 6回転で移動出来るようなモノが 良い転がり と言います。
 世の中では オーバースピンをかけろ、かけろ と
 呪いのように念じられていますけれど
 放っておけば 地面を『転がる』ので
 オーバースピンになります。
 それを無理やり 多くする必要は無いんです。

 多くなれば 当然、地面・芝との摩擦抵抗は増えます。
 より強い力が必要になる可能性があり、
 その上で 摩擦『抵抗』が増えますから
 芝の影響も大きくなる、大きく曲がったり、
 逆目・順目の影響も受け易くなります。

 良い転がり、良いパターは
 少ない回転で カップまで届く✊
  というのが一つの目安です。」

質問「なるほど🤩」

店長「で、話はもどりますけれど
 カップまで2m、そこには無数のラインがある、というのは
 転がる回数も人によってマチマチ、
 その接地点も人によってマチマチ。

 ボールの接地する部分が変われば
 芝目などの影響も当然変わります。

Desktop 2022.05.08 - 06.28.43.01_Moment
 同じ人でも 同じ回転、同じ速度、
 同じ接地点で打つのは かなり大変・・・😧
 プロが 365日毎日2時間も4時間も
 パッティングの練習に時間を費やすのはその為で
 パター練習は腰に来ますから
 普通の人はそう多くはやらない…、
 コースに出た時の練習グリーン程度でしょう。

 ですので パッティングは 入れるモノ ではなく、
 自分の想い描いた距離を打つコト です。」

質問「!!!!!!」

店長「そりゃ その結果、入ってくれるのが理想 ですが、
 自分の想い描いた距離を打っていれば
 入る入らないは別として
 いずれ 総パット数はある程度までは減って来ます。
 ショットやアプローチの出来にもよりますけれど
 距離感を思い描いて パッティングしていれば
 ラウンドでの パット数30台前半も夢ではないと思います。

 決して入れちゃあいけない😵 って訳でも
 入れるな✊ って意味ではないですけれど
 最優先事項として
 入れるモノ ではなく 思い描いた距離を打つコト
 だと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〇ユルイ入射角度 👉㋴
〇キツイ入射角度 👉㋖


 
 ボールの飛び出る角度は 高く(比較)
 ボールの回転量は 少なく
 ボールスピードは 遅め 
です。
 

 ボールの飛び出る角度は 低く
 ボールの回転量は 多め
 ボールスピードは 速め 
です。


店長「ゴルフクラブは『長く』なると
 ヘッドスピードが上がって 飛ぶ✊
 それは言葉としては『合ってる』んですけれど
 多くの人 は 長くなると スイングの弧が大きくなって
 スピードが上がる、飛ぶ と『信じている』ので
 小さな円より 大きな円を描きたがります。

 それが 発想として 手打ちの始まり ってケースもあるでしょう。

 コレって
 大きな弧にして 緩い入射角度。。。
 ティーアップしたドライバーだからOKであって
 どれもこれも 大きな弧にしたら
 地面にあるボールが上手く行かない。

 アメリカの女子プロの入射角度のデータ、
 これでも結構㋴ユルイ方なのに
 アマチュアは もっと緩い角度、
 クラブとしては短い方の分類に入る8番アイアンで
  😧 0度位のアタックアングル 😧
 なんじゃないでしょうか✋

 プロでもそうですけれど
 アマチュアですので 入射角度が2度3度
 ブレてしまうことは 大いにあります。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment
 0度 言葉で言うと レベルな入射角度が
 1度プラスになれば しゃくり打ち・あおり打ち
 入射角度ではなく 仰射角度になってしまう。
 1度マイナスになれば ダウンブロー…。
 同じヘッドスピードであっても
 しゃくり打ち仰射角度1度 ⇗
 ダウンブロー入射角度1度 ⇘
 プラスマイナスで1度・都合2度違うだけで
  全く違う球質になってしまう。
 距離も、球質も、キャリーも 全然違う。
 弾道が安定しない ってここら辺にあるんじゃないかしら…。

 2段階のミス って気がつかないでしょうし…。」

Fさん「2段階❓」

店長「プラスマイナス1度・都合2度の誤差で
 球がバラつく が
 これは機械じゃないので 仕方がない。
 アマチュアの場合、追及しても ココに答えは無いです。

 根本的に そのクラブの長さなりの…
 8番アイアンであれば ダウンブロー、
 入射が取れていない が◆
2021-12-06_22-21-54_Moment(2)2021-12-06_22-21-54_Moment(3)2021-12-06_22-21-54_Moment(4)




 なんでもかんでも 大きな弧にしようとしたら
 👉クラブの長さが変わる
 👉見た目のスイングの弧の大きさは違うけど
 👉ボールとコンタクトする時の入射は
  長さによる差が出ない

 ヘッドスピード教の行き着く先 だったりします。

 言葉のニュアンスとして
 『ダウンブロー』はかっこいい、上級者っぽい、
 けれど ダウンブローは
 スイングの弧を無理やり 大きくしようとしたり
 ヘッドスピードを上げよう、速く振ろう として
 本来の クラブの長さを
 無理やり解いてしまわなければ
 自然に付いてくるモノで
 決して難しいモノではありません。
 入射角度が『有りさえすれば』良いだけです。

 理屈で言うと
 クラブを持って
 自分が廻る・向きを変える だけで
 そのクラブの長さの違い…
 長さの違いによる入射角度は『
発揮』されます。


 スイングを大きくしよう とか、
 ヘッドスピードをあげよう、
 もしくは ヘッドを返そう とか、
 インサイドから入れよう と考えたりすると
 ボールとヘッドが当たる 肝心なトコロで
 小手先の スイングの弧 を作るコトになり
 長さによる アタックアングルの違い を失うコト
 になってしまいます。
(271_Momentココって 技術じゃあ無い と思うんですよね。

すごくベーシックなトコロで
『信じているコト』があって
 それに従っているだけ なんですから。

 ドライバーでは アッパー角度が大きい ので
 その都度、その都度のばらつきがあっても
 どの道 アッパーなので 差が少ないですけど
 アイアンとドライバーで 違うスイングをしろ
 と言う意味では断じてありませんけれど
 その系のスイングで 地面からボールを打つクラブになると
 その葉境、三途の川の中にいるアタックアングルが
 ミスも含めて 自分を悩ませることになったりします。

 それを だいたいのケース、
 スピードで誤魔化しているんですね。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Fさん「こんにちは〜。」

店長「こんにちは。 今日はどうしました❓」

Fさん「ゴルフを始めて 4年になるのですが…。
 あんまり コースも練習もイケないんですけど
 ゴルフ全般のベースアップをしたい😊 と思いまして…。」


店長「はい。

 ゴルフスイング、クラブをどう扱って、どう動かして
 どんなボールを打つか❓  という探求も
 ゴルフの楽しみのヒトツなんですけれど
 コースで その成果を発揮できるか、どうか、
 その部分は 予想以上に メカニカル、
 基礎的な約束というか、仕組みがあるんです。

 この部分を把握せずに
 ゴルフをしてしまう人がとても多いです。」

Fさん「どんなロジックです❓」

店長「ボールの飛びのメカニズム ですね。
VTS02 2022_Moment(3)
 実は とっても大事で
 その基礎を理解しているといないでは
 スイング造りも全然変わってくると思います。」

Fさん「はい🤩 よろしくお願い致します。」

店長「あらかじめ覚えていて欲しいのは
 特に難しいコト、難しい用語等 使いませんし、
 スイングの良し悪し を論じませんが、
 この 仕組みは、クラブにも、スイングにも、
 ドライバーにも、アプローチやバンカーにも
 深く関わってきて、結構、多岐に渡ります。
 ヘッドが重たい とか、
 クラブが長い、とか、
 シャフトが柔らかい、なんてのも
 この たまたまの飛びのメカニズムを元に考えられています。

 何回か読んで 理解して頂けると良いと思います。」

Fさん「はい。わかりました。」


店長「まず ですね、

 一般的な成人男性のヘッドスピード
 37㎳位を基準・平均値にして考えます。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(4)
 同じヘッドスピードで
 8番アイアンを打つとしましょう。

 ショットには ざっくり大別して

〇ユルイ入射角度 👉㋴
〇キツイ入射角度 👉㋖

 があります。 
((((ハンドポジション_Moment
 
 ボールの飛び出る角度は 高く(比較)
 ボールの回転量は 少なく
 ボールスピードは 遅め 
です。
 

 ボールの飛び出る角度は 低く
 ボールの回転量は 多め
 ボールスピードは 速め 
です。

 ボールのスピードに関しては
 ㋴の方が 立体的に移動しても
 距離である水平方向では無く、垂直方向に多く移動、
 上に行ってしまうので 速度の基となる
 移動距離が伸びないので 遅くなる と考えて下さい。

 同じクラブであっても
 そう言う違いになります。
 同じヘッドスピードなのに
 人によって弾道も、距離も違う というのは
 そういうことなんですね。
クラブ別スペック
 この表は 何年か前の
 アメリカの女子プロの平均値のデータです。

 アタックアングル というのが ヘッドの入射角度 で
 「マイナス3.1」と言う数値です。」

Fさん「意外に小さな数値なんですね。
 プロですから 8番アイアンを『上から打つ』から
 -10度とかの 角度なのかと思っていました。」


店長「ですねぇ。
 最近の プロの主流は やや少なめに入れる、
 よくいう スティープ(㋖)ではなく シャロー(㋴)、
 流行りの シャロースイングになって来ています。

 数値としても もう少し 5度位でいいかも、知れません。

 私たちの平均的なヘッドスピードの場合、
 入射角度が緩い、緩すぎると
 ボールの浮力が得られなくなり
 ボールが飛ばない、キャリーがない、  になり易いので
 プロの『流行り』を一概に真似して良いとは限りません
『ボールをつかまえる』スイングへ_Moment
 入射を緩くして 飛距離が伸びる のは
 ドライバー換算で 42㎳ 位が境です。

 このヘッドスピード 42㎳ は
 そのスピードが出せる、出すことが出来る ではなく
 ラウンドを通しての平均値 と考えて下さい。
 ですので アマチュアには かなり厳しい境界線です。

 女子プロもだいぶ筋力アップして
 ヘッドスピードが高くなってきていますから
 その境界線よりも上の選手も増えてきています。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Nさん「こんにちは〜。」

店長「こんにちは。」

Nさん「今日は ボールをつかまえる というのを
 教えて貰いに来ました。」

店長「😵😵😵 …ボールをつかまえる……ですね。
2021-05-19_23-05-25_Moment
そうですねぇ…ゴルフショットの中で
一番 漠然としていて… かつ 一番大切な…
そして 伝えるのが一番難解な奴 かも知れません。」

 Nさん「そう思います。
 言葉ではなんとなく 分かるんですが、
 どうしたら良いのか…。なんかピンと来ないんです。」


店長「分かります。 伝える方も『コレさえ守れば✊』ってのが
 無いような、非常に伝えにくいですねー。

 ボールをつかまえる さえ 理解してしまえば
 スイングは それをする為の作業に過ぎません。
 つかまえるを知れば それをする為の
 テークアウェイ、トップになりますし、
 自ずと アドレスやグリップも決まって来ます。

 正しいつかまえ をするのに
 手でやっても、からだでやっても 良いんですけど
 再現性〜繰り返せるコト、 そして
 距離に対する労力ってコトを考えると
 からだの回転でする方が効率は良いでしょうね。

 

 まあ 少なくともですね。
 ボールを横ビンタするように扱っても
 ボールはつかまりません。
(こする つかまえる)_Moment(こする つかまえる)_Moment(3)
 多くの…ゴルファーは
 横ビンタ方式でボールをさばいていますが…、
 例えば ヘッドスピード40㎳が横ビンタ式でボールを打つ、
 横ビンタ式って言うのは
 開いていたフェース、そして ロフトを閉じて、
 ヘッドの開閉でボールをさばくことを指しますが、
 そうやって打つと 36㎳の人が
 (ヘッドスピードの数値は仮の想定のモノ、です)
 ちゃんと捕まえて打つ相当の 距離は出せますけれど
 40㎳で出るはずの距離は出せませんし、
 弾道、球筋が全く異なります。
 言葉は悪いですが、弾道も汚いですし、
 打音も硬い、硬質な ゴム質のボールを打ってる音はしません。


 そもそも ですけれど
 つかまった球と フック・スライスに関連性はありません。
 つかまったスライスも有れば
 つかまっていないフックも有ります。」

Nさん「もうこの時点で 頭がショート・漏電します。」

店長「でしょうねぇ…😌😌😌

 もう少し、火花が出るまで続けますけど
 ボールをつかまえる は ほぼイコールで
〇ボールを上から打つ
〇ボールをつぶす
 と同意語です。
〇ハンドファーストに とも関連性が深いですし、
 からだの回転で打つ ともつながって来ます。

 この言葉達から想像がつくのが
 ボールに対して ヘッドの上下の動き、
 もしくは 高さの変化によって ボールをつかまえる、
 ヘッドの左右の回転 を想起させる言葉は
 全く入っていないんですね。

 また つかまえる・つぶす・打つ対象は
 〇・丸・球・球体のボールです。
 そして つかまえる・つぶす・打つ道具は
 フェースと言う 平面上の板 ですので
 アイアンショットの方が分かり易いと思いますが
 フェースと言う板と地面で挟んでしまう と言えば良いのか、
 横ビンタ式では無く 縦ビンタすると言えば良いのか…。」

Nさん「縦ビンタ❓」

店長「ボールだけをこそぎ取るようにする訳じゃないですけど
 フェースを下向きにしたまま 腕もクラブも固定、
 からだの向きを変えるだけ が
 一番シンプルな方法と思います。
(こする つかまえる_Moment(3)(こする つかまえる_Moment(2)
 ボールの下側に、
 ボールの底にクラブを入れる感じ、ではなく
 フェースでボールの上側、
 南極ではなく、北極をさらっていく感じ…

 これも伝わり難い…ですかね。」

Nさん「具体的にお願いします✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Yさん「ボールって 右手で打つ感触はないんですか❓」

店長「感触…ですので 人によって異なりますから
 どれが正解は無いとは思いますけど、
 意図的に 手で振ってみる、
 具体的に言えば ローテーション(ヘッドの返し)を
 主体にボールを打ってみる のと
 からだの回転主体に打ってみる を比べてみると
 確かに ヘッドの返し フェースターンをして打っているモノは
 右手でボールをとらえる感触はありますね。
 一方、からだの回転で打つ方は
 打つ前に じんわり右手は使いますけれど、
 ことインパクト付近、そして それ以降では
 右手の感触は殆ど何もない、
 感触だけでなく、作業感が無くなる感じがします。
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m41s
 切り返しから 徐々に右手で助けていく、
 とは言っても やはり
 からだの向きで左腕が動いてくれないと何も始まらないのですが
 そこで 右手を使う って意識しちゃうと
 からだの回転が止まる、おろそかになっちゃうかもしれません。

 手で振る方の右手の使い方は
 溜めて、溜めて、一気にビュンみたいな
 短時間に 強い使い方をしている気がします。
 一方、からだの回転の補助 としての右手は
 動作はしますけれど 役割としては
 羊飼いの牧羊犬みたいな感じですので
 少しづつ ゆっくりな感じがしています。
 右手を使う と言っても
 切り返しから ビュンと使う訳ではありません。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s
 やはり 両手を離しての素振り での
 右手使い、からだの向きの関係 を
 刷り込ませるのが良いドリルになると思います。

 手で振る場合、右手のリリースで
 クラブをビュッと振るコトでスピードを上げる
 んだと思うんですけれど、
 からだの回転の場合、 その回転の速度 が
 スピードですので かなり 感覚も違うのかも知れません。」
IMG_0294_Moment(4)IMG_0294_Moment(5)IMG_0294_Moment(6)
Yさん「両手離しの素振りは テークバックもやり難い ですね。」

店長「😄😄😄 両手離しの素振りの場合、
 ダウンスイングだけでなく
 テークアウェイにも 違いがあると思うんですね。
 一般的には テークアウェイは
 左肩を入れる ⇒ 左腕、左手をたくさん動かす
 だと思うんですけれど
 両手離しの場合、左手・左腕は殆ど動かせない、
 からだの向きが…この場合は右(右打ち)向きが無いと
 進行方向である 右手が使えちゃいますから
 右向き分、もしかしたら それ以下しか左手は動かせない。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

 ココにも 手で振るの と からだで振る 違いが
 出てくるんだと思うんですね。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「このリリースで 悩みのない方は
 それはそれで、治さなくても良いかも知れません。
 
 が、このリリースでは
 からだの回転は ショット・スイングには
 有効に活用されません。

 特に 利き手・右打ちの人の場合、右手の
 リリース
に関する事ですが、

 自分のからだ、胸に対し
 グリップ部、手を V字なり、U字に
 移動させようとしているのなら
 からだの仕事を奪ってしまいます。
〇本日のゴルフスイング 2023319 - frame at 0m49s
 手の振り と からだの回転 の同期
 合体が難しくなります。 」

Yさん「ど、どうすれば…。」
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5s
店長「特に ダウンスイングのイメージ…だと思うんですが、
確かに トップの位置から
スイングをこう見ると
胸に対し 下にグリップを動かしたくなる
そう言うリリースをしたくなりますよね…。」

Yさん「ボールに届かせるには そうしないと…。」
2023-03-02_10-30-37 - frame at 0m4s
店長「でも この場面を 別なアングルで見ると
こういう風に見える訳です。

Yさん「はい…。」

店長「右手の、利き手のリリースは
 自分のからだ、自分の胸に沿って
 握る部分、グリップを 横に押してあげるコト。

 
 『からだの向きの変更』に沿ってサポートしてあげる。

 トップの位置のこの場面では
 左サイドが低くなっているので
 結果、下に、斜め下に押す感じになりますけど
 それは あくまでも 自分のからだの姿勢がそう言う向き
 を作っているからで
 テークバックは『上げて』
 ダウンスイングは『降ろして』…では
 手作業が からだの回転の仕事を奪ってしまいます。
 手とからだの回転のベクトルが違うモノになり過ぎて
 一緒の作業をするコトが出来なくなってしまいます。

 本来、からだの向きで移動する筈の
 グリップ部の移動量を超えてしまいますから
 どこかで からだを止める必要や
 ダウンスイングの 下がり軌道が
 インパクト以降での 上がり軌道に
 変わるトコロでは クラブの反転を待たねばならなくなりますから
 手、特に左腕、左サイドの止まり が
 必要になります。」

Yさん「手は からだに沿って 横に動かすんですか❓」

店長「からだの幅…程度ですので、大した量では無いですけれど
 基本、胸に沿って 横に移動させます。

 弊社ではソレを『刷毛塗』と呼んでいます。

 
 からだは横、
 腕・手は縦に、
 そう考えている人が多いと思うのですが、
 からだの回転を 主にクラブを動かしたい、
 クラブのターンを からだの向きに任せたい、
 と思うのであれば、
 腕の仕事は からだの向きの『変更』に対し、
 腕やクラブが重くなるコトで、遅れるなり、残ってしまう、
 大きなズレが発生し易いので
 それのサポート、になりますので
 双方ともに 同じ方向、同じベクトルに動かします。」

Yさん「胸に沿って 横…。」

店長「おそらく…ですが、
 胸に対し U字なり、V字にグリップ、クラブ、ヘッドを
 動かす為に テークバック・テークバックを取っていた、
 U字、V時に動かせるように クラブを『上げていた』と
 思うのです、グリップ部を胸に沿って横に動かす と
 考えると テークアウェイの取り方も変わると思います。

 テークアウェイで からだの向きを変えて行くと
 右打ちの人の場合ですが、
 右サイドが高くなりますので
 結果、グリップ部を斜め上に動かす事になりますが、
 あくまでも 胸に沿って横です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ドライバーもそうなんですけれど
IMG_0524アイアンのライ角度調整の依頼って結構あるんですね。」

質問「はい。」

店長「シャフトの硬さ〜柔らかさが適切で
 ヘッドの重量もある程度しっかりしている、

 そして、フェースローテーションせずに
 インパクト時、ちゃんと 重心の位置が
 棒、シャフトの延長線上に垂れ込む
 ように使っている人の場合、
 ソールの傷跡の箇所、トゥ〜ヒール方向 と
 フェース面上の打痕、トゥ〜ヒール方向 が
 合うんですね。
 揃っているというか…。
IMG_3232
 ソールの傷跡が トゥ側に寄っている、集まっている時、
 フェース面のボールの跡も トゥ側に多い、
 ですので コト当たりや方向性に関しては
 ライ角度の調整が有効なんです。
IMG_3235
 ところが フェースを回転させて使う、
 意識はしていないとは思いますけれど、
 重心位置が棒・シャフトの延長線上に来ない、
 重心距離〜重心位置のズレをそのままで
 ボールを打つ人の場合、
 ソールの傷跡とフェース面上のボールの跡が
 全然揃っていないんですね。
 多いのは真逆な跡、
 ソールはヒールに傷跡が集まっているのに
 フェースはトゥ寄りにボールの跡が多い、
 または その反対か。

001この場合だと 当たりや方向性を
ライ調整ではどうにも出来ないんです。

そう言うタイプの方は総じて ヘッドが垂れてくれない、
硬いシャフトを使っているので
そうなり易いのも確か、なんですけれど…。


 今のクラブは ヘッドの慣性モーメントが高いですから
 フェース面上のどこに当たっても
 方向性や距離の増減の差は少ないですけれど、
 その慣性モーメントも 重心位置が
 棒・シャフトの延長線上に揃った時、
 ミスに対する寛容性を発揮します

 数値として 3000g/2 などと表記されますけれど
 この数値が大きい程 ミスに対する寛容性が高い
 ヘッドの推進力が強い なんですけど
 その数値は 重量点が揃った時 のモノで
 ヘッドを回転させて、重量点をずらして使う場合、
 ヘッドの動かし難さ、回転し難さ、使い辛さ
に変わってしまいます。

 この50年の ゴルフクラブ・クラブヘッドの進化は
 その慣性モーメント と ボールの上げ易さ 
です。
 ボールの上げ易さ は どこかの記事 で書いていますけど
 ヘッドの大型化、重心の低さ、深さによって
 入射角度を緩くして 打ち出しを取らさせる、
 (打ち出し角度が取れる ではなく 取らさせてる)
 重心の低さ、深さが ボールを上げているのではなく、
 重心が低い、深いと ボールに対する
 ヘッドの入射角度を緩くさせている、
 ある意味 疑似的な『長尺化』しているコトが
 一番のポイントなんですけれど、
 フェースローテーションをする、
 重量点を揃えない人は元々 入射が緩いんですね。
016
 入射って緩くなり過ぎちゃうと
 ボールの飛び出る角度が増えますけど
 スピンはどんどん減って来ちゃいます。
 若くて ボールスピード、ヘッドスピードがある内はいいですけど
 怪しい領域に入って来ちゃうと
 飛び出る角度は良いんだけど
 スピンが少ないから 浮力が維持出来なくて
 失速って言えば良いのか、
 理想的な最高到達点まで行き切らなくなっちゃいます。

 それ、ある年齢、50歳を越えてくると
 ボールスピード、ヘッドスピードが怪しい領域に
 遅かれ早かれ 必ず入ります。

 ボールが上がり難くなる、上がらない、
 ショートアイアンだけでなく
 ウエッジ、アプローチショットでも ボールが止まらない、
 そうなる日が来ます。
      ……来ないといいですけど🙄

 本来、クラブのスペック、その向上、進化は
 私たちのお助けスペック である筈なんですけど
 それが『正しく』使われていないと
 身体能力でカバー出来なくなった時、
 その向上、進化が逆に働いちゃうんです。

 重心位置にしても然り、
 慣性モーメントにしても然り、
 典型的…象徴的なんですけれど
 シャフトの柔らかさにしても然り です。
 しなったシャフトが しなり戻って ボールを弾く…
 シャフトが『仕事』してくれる と思ってる。
 そうじゃないです。
 シャフトが柔らかいと 自分が『起こす』『しちゃう』
 『なっちゃう』コトが 変化を生んでるんです。
 対ボールに対しては 重心位置は何もしてくれません。
 重心位置は 打つ人に働きかけているんです。
 自分の動きや動かし方の『変化』を誘発してるんです。
 クラブの機能の殆どが ボールにではなく
 打ち手・自分に作用しているんです。
classic_club_display_pic5
 技術的な部分よりも
 おぼろげに思っている クラブの使い方、
 クラブの機能の『間違った思い込み』から始まっている
 可能性が非常に高いんです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スライスを打っている自分には
 スイングの溜め はあまり良くない…ですか❓」


店長「基本はそうなります。

 しかし、卵が先か、鶏が先か、 で
〇ヘッドを返す為に 開いて上げているのか、
〇開いて上げちゃうから ヘッドを返す、

 まあ手先で ヘッド、クラブをボールの方に出しちゃうコト
 を指す訳ですけれど
 その人なりの スイングの溜め(ヘッドの遅れ)を造って
 それを取り戻す(もとに戻す) が
 スイングそのもの になっている人も少なくない です。」
202252_Moment
質問「その口…ですね。」

店長「スイングの溜め 〜ヘッドの遅れ を
 フェースやロフトの開き にしないようにする には
 右打ちの場合…ですが、
 ダウンスイングで からだの回転に対し、
 先行する 左腕を伴わせる、
 左腕を動かす為に からだは回す、
 と考えるのが良いのです。
 
〇左腕が遅れる
〇左腕がからだの回転に伴わない
〇左腕が下がらない 
 …ければ
 スイングの溜め/ヘッドの遅れ はフェース・ロフトの開き
 になりますから
 そこから 時間をさかのぼって考えて
△左腕先行
△左腕だけが上がる
△からだの右向きが無い
 は
 スイングの溜め/ヘッドの遅れ で
 フェース・ロフトを開くために テークアウェイ取っている、
 と言えます。
 
 テークアウェイ、もしくはスイングの初動 の時点で
 ヘッドを返すコト、ヘッドをボールの方に出すコト、
 究極には 手でクラブを振ってしまうコト を
 余儀なくされている と言って良いかも知れません。」

質問「どう治したら良いでしょうか❓」

店長「まずは 自分のスイングの動画 とかを
 一度見てみて下さい。
((((((((_Moment
 テークアウェイで からだの向きに対して
 左腕がたくさん動いている、たくさん上がっている、
 左腕だけでテークアウェイを取っている、

 であれば そのタイプです。

 徐々に✋で良いと思いますが、
 左腕を上げるのを辞める ではなく
 左腕『だけで』上げるのを辞める に行くのが
 良いでしょう。

 左腕が、特に左ひじの移動量に合わせて
 右ひじも移動していれば、動いていれば
 クラブ・フェースは開かない、開き難くなりますから
 まずは 右ひじを外めに張ってみる(クランチ)、とか
 右ひじをやや高くしてみる、とか
 左ひじが移動した分、動いた分、
 動かすコトから トライしてみて下さい。


 そして 出来れば
 右ひじ、右サイド主体で テークアウェイを取る。
 右サイドを動かさず、それを基準に
 左サイド〜左肩を入れる というケースも
 少なくないかと思いますので
 右サイド・右ひじを主体にテークアウェイする。

✋その際、ですけれど
 テークアウェイを取る方向は
 アドレス時の右 ではなく
 アドレス時の背後、
 ゴールとなるのは トップの位置の方向ですので
 右サイドは背後方向に動かす感じです。
〇From USA?だっけ - frame at 0m39s
 右サイドを背後に動かすのと
 左肩を アドレス時の右に動かすのは
 似ているようで 方向が90度違います。
 スイングが 回転と馴染まないのは
 その可能性があるのかな、と思います。

 左肩を入れる と考えている人は
 その『方向』を間違ているので
 手振り・振り遅れ になり可能性があります。

質問「あああああ」

店長「あと最後にですけど
 技術的な部分の問題よりも 勘違いや思い違い
 自分本位な勝手な解釈によって スイングは造られることが
 少なくありません。
 技術的なミスは 思い込み によって造られています。

 まずは 頭で理解するコト、
 思い込みから解放されるコト、
 クラブの円を描くのは
 からだの向きで十分✊
 クラブ、もしくはヘッドターン は
 からだの回転でコト足りる✊
 表面的な知識ではなくて
 頭の奥の 芯の深い部分まで
 ちゃんと認識できないと その初歩的な部分が
 変わってこないのではないか
と思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「よく言うのですが、
 スイングはアプローチショットで治しましょう、と。
 アプローチショットなり、ハーフショットの
 インパクト付近の動きって
 ショットの インパクトの部分を抽出している ので
 そこが鍵になる訳です。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
 アプローチ、例えば 15ヤード位のランニングアプローチ
 の動きは まさにインパクト部分の抽出されたモノで
 ここに その方のスイングがほぼすべて表れます。

 ちょっと 横道に逸れてしまうかも…ですが、
 よく言う 振り子のアプローチのイメージは
 『遅れてきたヘッドが グリップを追い越して 先に行く』
 その動きが 手打ちを誘発してしまいます。

 動画や画像など スイングを2次元の平面上で見るから
 そう『見える』のであって
 特殊なショットを除き、アプローチのような
 勢いのないショットで ヘッドがグリップを追い越すことは
 フィニッシュ〜最後まで起こりません。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)
 フルショットの場合は、インパクト後
 スイングを終わらせるために 人間の動作、
 特に回転は減速に入るので、その際、運動慣性の残っている
 ヘッドがグリップを追い越すのは
 からだの保護のために必要です。
 しかし、それが『打つコト』そのもの ではなく
 むしろ オマケ に近いモノです。

 よくある素振りの 悪い導き ですけれど
 インパクト以降 ビュッと ソコで音をさせる。
 ソコの速度が速いと良い・・・・
 ウソじゃあないんですけど、
 それは そこまでの回転の速度が速かったから
 クラブの慣性も速いので そうなるんです。
 似ているようですが、そこで
 何かを止め、その慣性を使って ソコをビュッと振る、
 のとは違うんです。

 そういうコトをひっくるめていくと
 イメージと言うか、思い込みみたいなモノが
 スイングと言うか、クラブ扱いをかなりの部分
 形成してしまっているのは間違いありません。


 手で振っていた、フェースターンしていた のを
 からだの回転でソレをする、に移行するのは
 その どこにも特殊な、そして『新たな』技術は無いんです。
 ほとんどのコトが知っているコト、既に出来るコト、
 で構成されているんですけど
 結局のトコロ、覚えの良い腕の動かしで クラブを振りたくなる、
 言葉としては全く反対なんですけど、
 手抜きというか、億劫だから小さく近いモノで動かす、が手打ち であって
 その手抜きを覚えちゃうと 真面目に丁寧にからだを動かす、
 からだのターンって なかなかイケナイ と言う
 実生活の縮図みたいな部分はあるのかもしれないですね。

 分かっちゃいるけど からだの向きや高さを変えず
 手を伸ばしたり、手先で何かしようとして ぎっくり腰になるのと
 ちょっと似ているかも知れませんね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「
これから 書くことは あまり書きたくないんです。 
 動画を使っても、例え レッスンを直にしたとしても
 非常に伝わり難いコトを 言葉を使って…となると
 かなりの確率で伝えられない とは思うのですが…。


 まあ トライしてみます。」

質問「お願いします。」

店長「まあ 俗に言う『手打ち』が からだの回転に変わった人、
 一旦、覚えかかったんだけど 結局、『手打ち』に戻ってしまう人、
 色々やったけれど 『手打ち』から抜け出せない人、
 色々な方がいらっしゃいます。
 それぞれが悩みつつ、楽しんでいると良いのですが、
 なんとなく ですけれど 一番違いが感じられるのが

 『リリース』だと思うんですね。」

質問「リリース❓」

店長「時機で言いますと
 ダウンスイングの中頃からインパクトにかけて、
 動作で言いますと
 テークアウェイ、トップで
 右打ちの人であれば 短くした右腕を
 伸ばしていく行為(理想は伸ばされていく行為)です。
(イメージスイン
 人によっては 切り返しから リリース、
 クラブを解いちゃう人もいますけど
 だいたいのケースは ダウンスイングの中頃~インパクト直前です。


 ここが 手打ちになるリリース と
 からだの回転で打てるリリース を造り出す、
 別れてしまうんだと思います。


 で、実際には からだの回転で打てている人 であっても
 からだの向きを変える って
 からだと言う大きなモノを 動かすので
 疲れてきたり、面倒くさくなってくると
 横着してしまう、と言うのか 手打ちになるリリースになってしまう、
 と言うケースも多々、多々 あります。

 なんか 今日、上手く行かないな って言うのは
 だいたい ソレ だったりします。」

質問「具体的にはどんな違い なんですか❓」
(イメージスイン
店長「画像のココ からですね。
(イメージスイング
 右腕を伸ばすコトによって
 ヘッドをボールの方に出してしまうか、出さないか、
 の違いです。」

質問「…出さないと 当たらない・打てない んじゃないです❓」

店長「はい、出します…出ますけれど
 それは からだの向きの仕事 であって
 腕のリリースの仕事 ではありません
。」

質問「!!!!!!!」

店長「ソコを 腕を伸ばすことで
 ヘッドをグリップよりもボールの方に出してしまう、
 円を描く行為をしてしまうと
 からだの回転の仕事を奪ってしまいます


 からだの回転が要らなくなっちゃうんですね。

 逆に 腕のリリースで円を描いていますから
 更に からだの回転で円を描くと 二重の円に成っちゃいますから
 思う通りの当たり方がし辛くなるので、
 多くの場合、左サイドの壁 と思って 左側が止まってしまいます。

 スイングの伸び上がりの多くは その止まってしまう左サイド
 に対し 押してくる右側の圧力を 上に逃がしているに過ぎません。

 そこで 腕を伸ばして 円を描くのも
 からだの向きを変えて 円を描くのも
 どちらも回転ではありますけれど
 腕を伸ばして 円を描く場合、止まるという逆の動作もあります。
 フェースの向きやロフトが その円具合で
 どんどん変わりますから、からだの向きで行うのに比べ
 断然、安定度・再現性は下がります。
会田20210701_Moment(2)
 ダウンスイングの中頃 までは だいたい OK の人であっても
 インパクト直前の このリリースがある限り、
 絶対に 手打ちから逃れられない

  打てなくなっちゃいますからね。

 からだの回転で行っている人であっても
 ゴルフクラブって 長い棒で先が重たい構造ですので
 1cmでも ヘッドをボールの方に出してしまうと
 その運動は増幅していくばかりで
 下手に からだの回転もしている習慣があるので
 二重の回転になってしまいますから 当たらなくなります。」

質問「衝撃的…です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先日練習場で、
トップからクラブ姿勢をそのままグリップを
体の近くに落とすシャドウスイングを
繰り返していたときのこと(刷毛塗りの練習?)。
〇からだの回転〜

なんか突然、クラブヘッドをグリップの高さ
(少なくても膝くらいの高さ)より落としたら
絶対にボールがコンタクトする前に地面を打ちそうな感覚に襲われて、
「ここがインパクト」の位置あたりからグリップだけ飛球線側に低く出し
ヘッドは膝より下げないで回るようにやっているとですね、
いきなり来ました。


 インパクト付近でヘッドが勝手に急激に下がって
ボールを捕まえていきました。
これなら、絶対にダフリなんかないわという捕まり方。
初めての感覚。


 入門したてのの頃もこういう練習は結構やったんだけど、
その頃は刷毛塗りに加えてヘッドを前(目標側)に出す動きも
同時にやっていたのでうまくいかなかったのですね多分。
なんせヘッドがグリップより前に出ていることを
実感したのは最近なので。

今回の打ち方をするには、
右手のグリップも返すことで
打つ必要がないような握り方をしないと
ダメだということも見えてきました。

20231180m8

でも、皆様に安心(?)していただきたいのは、
翌日以降、いまいちこれが再現できなくなっているんですよね。

グリップが目標方向にかなり低く、
かつヘッドより先に進んでいた感覚が残りすぎなのか、
なんかちょっと違うんですね。


長くなりましたが結論。
再び、練習して聖地(HBS)を訪問したい
という意欲が湧いてきました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これ アプローチだけでなく
フルショットにもよく見かけるパターンで
スイングチェックしている時はいいのですが、
しばらく放っておいて、球数を打つと表れる症状です。


まず 定義しておきますが、
振り遅れ とは
からだの向きを変える行為、からだの回転に対し
グリップが右
(右打ちの人)に遅れてしまうことで
ヘッドが遅れるコト
 ではありません。

ヘッドはそのものの重さ、そして長さ、
それに加わる移動(運動)の速度によって
動けば動くほど重くなりますので
その重さは 放っておいて
 それをロフトの立ちに変えればいいだけ のコト。

逆に ヘッドを無理に遅れさせないようにすると
グリップの移動を制限、止めなければならなくなり
からだの回転からグリップが遅れてしまいます。


ヘッドの重さを放っておけ
とは言っても あまりに、必要以上に重くなるような
使い方では それもグリップに制約をかけます。
✋クラブと仲良くできれば
 そのヘッドの重さが
 その重心位置構造が
 そのシャフトの柔らかさが

グリップの移動を助けます。

それが出来るようになれば
より重たいヘッド、モーメントの高いヘッド、
シャフトの柔らかさが スイングを助けます。





で 話は元に戻しますが、
アプローチ、そして フルショットに時によく見かける
振り遅れを作る テークバック、上げ方 です。
(実験に協力して頂いたので 上げる方は少し大げさですが…)


❶アドレス時、多くの方が
ヘッドを地面に置いて、重さを委ねています。

❷テークバック開始・・・・・・・・動作が始まると
グリップは高くなりますが、ヘッドを放っておいています。

✋アドレス時のディッシュアングルを維持するには
釣り上げる訳ではないですが、
すこし 上げる意識がないとヘッドは落ちてしまいます。

❸アプローチの場合
グリップとヘッドの相関関係において
アドレス時よりも ヘッドが下がってしまった為、
このまま 打ったのでは 手前をダふります。
よって アプローチとは言え存在する ダウンスイング
インパクトまでの間に ヘッドを逆に上げる必要が生まれ
その無駄な調整により ミスが生まれ易くなります。


❸フルショットの場合
一旦、グリップに対し、下がったヘッドを上げるため
無駄なコッキング、ヘッドを上げる行為が
テークバックの後半に入ってしまうため
切り返しが遅れ 振り遅れにつながります。

😨フルショットの場合、 この動作によって からだが反らされ、起こされ
その動作の修復のため より遅れるケースも見られます。
起き上がりコブシ症候群になります。

また グリップとヘッドの上下の位置関係を維持したモノ
(重さが掛かるなりにあげる〜同じ姿勢を維持するために動かす)
をしたものと、しないもの(一旦、ヘッドを下げてしまう)とでは
ヘッドの通るルートが異なり、
一旦、下げてしまったルートの方が大きな弧 〜長いクラブ に
なるので それも振り遅れ や アウトサイドイン を生む原因に成り得ます。

ヘッドの高さに注目_Moment


アプローチであっても フルショットであっても地面に置いたヘッド、
ここから テークバック初動をする場合、
コッキング、釣り上げる必要は一切ありませんが、
動き始めた時、すこし持ち上げる位の意識がないと
ヘッドは下がり、
その後 それを修正する動作が 幾つも入る可能性があります。

小さな問題ですが、実はあとあといろいろ響くので
注意が必要です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「イ海譴辰董.好ぅ鵐阿亡慙△靴突茲舛磴Δ鵑任垢、
 良く言われる スイングの溜め って
 あっさり言ってしまえば ヘッドの遅れのコトなんですね。
JCorda - frame at 0m55s
 からだの回転でグリップを移動させて、
 ヘッドを引きずってくれば ヘッドのその重さと
 シャフトのたわみ によって 自然に発生するモノ
 です。

 硬いシャフトだと それが存在させ難い、
 なので それを自分の技術として造らなくてはならない、
 それが シャフトをしならせて〜しなり戻す だったり
 するんですけれど、普通に備わっているなら そのまま使えば良い。

 そして ショット自体は ヘッドは遅れっ放しのまま 行います。
 それが ハンドファースト につながるんですが、
 シャフトをしならせて〜しなり戻す では
 ハンドファーストでインパクトを迎えられません。
 ハンドファースト だと しなり戻りませんから。
 硬いシャフトだと その矛盾とずっと付き合っていかなくてはイケナイ。
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment
 ヘッドは遅れっ放し だと
 その遅れはロフトの立ち であり、
 スイングの弧を小さくするコト、つまり上から打つコト でもあるので
 良く言われている スイングの技術的なコトは
 クラブの機能として持っている んです。

 硬いシャフトの場合、スイングの溜めがクラブに薄いから
 自分で作らなくちゃならない、
 で、ゴルフクラブの構造上、それを意図的に造ると
 その場合の ヘッドの遅れはヘッドの開き、フェースの開きになっちゃう、
 硬いシャフトを使う人にとっては
 ヘッドの遅れはショットの天敵 で、
 柔らかいシャフトを使う人にとっては
 ヘッドの遅れは つかまえや飛距離の源ですから、味方、
 魔反対な関係になっちゃうんですね。

 それを捨てて 自分でやるか、クラブにやって貰うか、
 好みと言えば好みなのかも ですけど、
 クラブを設計し、製作している立場からすると
 自分でやる方を選ばれる方はもの好きだなぁ と思いますよ。」 

質問「どのシャフトの硬さを使うか で
 スイングに対する考え方も変わってくるんですね❓」


店長「そうですね、少々 大袈裟に言えば
 クラブを買う、買い替えるって スイングを買ってるんですね。

➅コレもそうなんですけれど
 柔らかいシャフトを 開かずに まあ多少は良いですけど
 ガバっと 開かずにテークアウェイ、上げれば
 切り返し時、切り返し以降 シャフトによって
 グリップが打撃方向に押されます

 グリップが下げられる、下げる方向に促されます。
((フットワーク4
 一方、硬いシャフトは思いっきり 開いて上げるコトになりガチ
 なので その開きによって グリップが引っ張られます。
 また フェースが上を向く形になるので
 グリップには下げる力が働かない、上がる方向に掛かる、
 コレも まるで反対な関係なんですね。

 それは物理的な現象なんで、
 運動性能の高い人や腕力のある人であれば
 その能力によって それを補正、修正可能です。
スナップショット 1 (2015-07-03 15-51)
 多分、一番の違いになると思うんですけど、
 柔らかいシャフトを使っている人は
 なんとなく 
 シャフトの役割は『グリップを動かす、移動させるコト』
 って思えるんですけど
 硬いシャフトは 基本、自分の運動中心、運動本位なので
 シャフトの役割は『ヘッドを動かすモノ』って思いガチ、
 その感覚の違いはかなり大きいし、
 ゆくゆく どんなスイングに辿り着いていくかは真っ二つ です。

 良い悪い、正しい間違ってるではないですけれど
 スイングの原点は グリップを動かすコト なので
 シャフトの役割も ふんわりとそれに追随する と考えるか、
 そうでないか、クラブを利用して楽して動こう と考えるか、
 クラブを自分のチカラや技で好きなように動かすか、
 考える方向性が真逆なんです。
 それって とても大きいと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「そう言う使い方もあるの❓
  …まあ 世の中色々あるからね〜 
 って言う典型例が
 シャフトをしならせて〜しなり戻して使う です。
457d8efa
 好き好きではありますけれど、
 コレって ゴルフクラブの機能をかなりの部分、殺してしまう
 エンジン付きのクルマなのに 自分で漕いでいる 程
 アマチュアゴルファーにとっては 損な使い方
 です。」

質問「そうなんです❓」

店長「はい。
 ゴルフショットを安定させるコト や
 繰り返し易いスイングを覚えるコト の
 何倍も大変な方法論… ソレに意識の有る方は
 なんだか 苦労好きと言うか、
 まあ そう言う楽しみ方もあるんだなぁ と感心するほどです。

△舛腓辰範辰歪垢
(いつものコトですが)ですが…
 
 ヘッドが軽いって言うのもあるかも、なんですけれど
 シャフトをしならせて〜しなり戻して使う って
 重いヘッド + 柔らかいシャフト では難しいです。
 額面通り 先端のヘッドは重いですし、
 シャフトは柔らかいですから たわむ(しなる)量も大きく、
 それを復元(しなり戻す)には 手間も時間もかかります。

 元来、物理的な約束事も含め
 打撃って 自分がクラブを握り、からだの向きを変えて
 その握りの部分、グリップを動かす。

 すると ヘッドはシャフトでつながっているので
 そのヘッドの重さや運動で加わる重さ分、遅れて、
 そのグリップの移動の付いていきます。
 まあ 引きずられるってコトになりますね。
 ヘッドの遅れ とも言えます。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 ソコで起こる シャフトのたわみ(しなり)  と
 シャフトをしならせて〜しなり戻して とは
 言葉としては同じ、たわみ(しなり)ですが
 その中身はまるで異なります。

 グリップを動かして、ヘッドを引きずる、
 遅れさせたまま使う場合、シャフトにはトルクが掛かりません。
 シャフトの回転されるような 捻じれが掛かり難い状態です。
 単に ヘッドの重み(運動も加え)分、遅れて付いてくる だけ です。

 一方、シャフトを意図的にしならせ、しなり戻す方は
 打撃に関して しなり戻す方が重要になります。
 クラブの先端にあるヘッドは その棒(シャフト)の延長線上に
 重さ(重心点)がないので その動かし方では
 シャフトはかなり捻じられることになります。
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m31s
 ヘッドの慣性モーメントというのがあるのですが、
 これは ヘッドのスウィートスポットの広さというか、
 ミスへの寛容性や打撃効率の良さ(ボールへのエネルギー伝達)の良さ
 を表すものを数値化したモノ です。
 
 モノは遠心力が掛かった時、
 その重量が揃おうとする法則があるので
 ヘッドを回転させず、シャフトを捻じらず使った場合、
 ヘッド自体は遅れて突いて来ますが、
 ほぼ 自動的にシャフトなり、グリップなりの延長線上に
 ヘッドの重心点が来ますので
 慣性モーメントの効果は発揮されます。
EG05_04
 ところが シャフトをしならせて〜しなり戻して使う場合、
 シャフトにはトルクが掛かってしまい、
 ヘッドが シャフトを軸に回転する事が必要になるので
 ヘッドの重量点とシャフトが直線状で揃うことは無く、
 単純に重心距離分、それ以上、ズレた関係 が維持されてしまいます。
 当然そうなると 慣性モーメントと言う機能は発揮されません。

 慣性モーメントはゴルフクラブの歴史上、
 ゴルフクラブの進化 ソノモノを表すと言っても過言ではないモノ。
 ゴルフクラブの『簡単さ』を表す数値と言えます。
 ドライバーにしても、アイアンにしても、
 この50年での進化は 慣性モーメントの進化 です。
 にもかかわらず シャフトをしならせて〜しなり戻して使ってしまうと
 それを利用出来ないばかりか、逆に 数値の高い、
 本来 易しさの数値が高い程 扱い辛いモノになってしまう。

 ゴルフクラブに助けて貰いたい、ミスを救って貰いたい
 と思っている人にとっては ものすごく大きな違いです。
 これから ゴルフスイングを覚えようとしている人 にとって
 どっちの道へ進んだら良いか は一目瞭然だと思うんです。

 それが 選ぶクラブ、シャフトのよって 分かれてしまう、
 と言って良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「で、ココからが スイング軌道の『罠』なんです。」

質問「え?! どういうコトです❓」

店長「クラブやヘッドの通る道筋、通り道が 軌道 なんですが、
 本来 その軌道は 自分がどういう風に
 からだを廻しているか によって形成されるモノ、
 アウトサイドインが良いか、悪いかは別にして
 アウトサイドインを修正したいのであれば
 からだの廻し方を修正する筈なのに、
 そこには至らず、からだの回転とは分離した
 腕やクラブで『道のり・道筋』だけを変更する
 手打ち〜手振りの入り口になります。」
スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)
質問「言われてみれば そうですね。」


店長「本来の仕組み、順序であれば
 主にダウンスイングになりますが、
 からだの廻し方はどうなのか❓
 その廻し方において
 トップの位置で クラブがどこにあって、
 どんな姿勢から始まると どういう風になるか、
 つまり からだの廻し方以外、
 腕やクラブは動かさないコト、動かない時の姿勢
 などが問題になるはずなのですが、
 実際には その反対の『クラブの動かし方』
 『腕の動かし方』という非常に難解な部分に
 取り組むコトになるのです。」

質問「あああ 確かに 動かし方 になっちゃいますね。」

 
店長「ましてや、スイング軌道の元 が
 クラブをいつのタイミングで長くするか、
 どこで遠くまで届かせるか なんて発想は少ないのですから。」

質問「無いッスね。。。

店長「どのクラブでもそうですが、
 トップの位置から 地面を引きずってくるように動かすのが
 からだの回転で動かせる 最大の量であり、道筋です。


 移動の動力がそれしか無い✊ のですから。

 それよりも 大きな弧、長い道のり になると
 別な動力源、この場合は 手・腕 になりますが、必要になり
 それは からだを止め、からだと切り離して動かさないと
 使えないのですから どうしても 手打ちの道 に進むコトになります。


 からだの向きで引きずってくるように クラブを動かせば
 最終的には スイングは円を描きますが、
 クラブはスライドして動くように ヘッド姿勢、
 この場合ロフトやフェースの向き、ヘッドの進入角度などは
 円を描いても その変化は緩やか になります。
001002







 ゴルフ用語で言うと 『大きな円を描く』 は
 そういうことを指します。
 スイングアークを大きくする とも言われますが
 本当に 円を大きく、ヘッドが遠くに届くように振る
  と言う意味では無いですが、誤解されガチ です。」

質問「大きな円で振る ってそう言う意味なんですね。

店長「そうですね、誤解されガチ です。
 おそらく それを言葉にしてアドバイスしている人も
 理解していないケースが多いんじゃないですか⁈


 一方、引きずって動かすよりも 大きな円、長い道のりになると
 クラブヘッドは重心が 握る棒の先、延長線上に無いので
 多くの場合、開いたり、閉じたりが伴ってしまいます。
 そして ヘッド自体を動かせば 手が止まる、
 からだの回転と切り離されているコトが問題になる のではなく、
 円が小さく、ヘッド姿勢の変化が激しくなる の方が問題になってくる、
 そして 無限回廊なので 何十年やっても答えは見つからない・・・
 ですね。

ヘッドが開いている とした ヘッドを閉じなくてはならない
ヘッドを閉じる〜動かすと グリップの進行が滞って
インパクトポイント〜スイングの最下点が手前になる
その 繰り返しになります。
スライスを防ごうとするとダフリ、
ダフリを防ごうとするとトップかスライス って奴ですね。
故に 地面から打つショットではボールがどんどん中に入って来て
 左寄りで打つドライバーが苦手になる
ターンがし難いフェアウェイウッドを中寄りのボールで打つのですから
上手く行かないのは必然と言えるんです。
445413







  ヘッドを動かす、ヘッドの方をたくさん動かす は
 円が クラブの長さ、それが半径になるので
 円が小さくなる そういうことを指すのですが、
 速く振りたい、大きく振りたい、大きな弧にしたい と
 真逆な ヘッドを振ってクラブの半径で振る を
 同時に実施しようとするのですから 難しいです。

 そして そのどこにも 円の源である からだの回転は
 入ってこない 
のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 〇〇お客さま投稿〇〇
〆廼瓩離屮蹈阿念貳峪温佑砲覆辰燭里蓮

「ヘッド/クラブをひきずる」の一連の回です。

〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment

ブログは過去のものと同様のテーマを、

視点を変えながら考察していくというものが多いのですが、

この一連の回は特にそうでした。

どうも私が勘違いしていたか、

あるいは曲解していたのか、

クラブを身体正面に維持させないといけない

=クラブが遅れぬよう一生懸命グリップ、

クラブを身体の左へ左へ送ることと思っていて、

これが結果的にクラブを縦に振っていたこと

繋がっていたように思いました。

貴方にはどう見える❓_Moment(4)

最後の言葉「割り切って一気にからだを左に向けるんです。

からだを開く。それがからだの回転です。

は目から鱗でした。

やったらダフらない、右にすっぽ抜けるわけでもない。

ラウンド中は昔の記憶と習慣が顔をだすので、

全てのショットでできないことが目下の悩みですが。



 

ヘッドを引きずって回る動画、とてもわかりやすかったです!

ヒントを頂き練習器具で確認した動きと組み合わせてみました。

 いきなりやっても、童と処のメイクラブの様なぎこちなさ、、、

 一つ「コ、コレはもしや!?」というのが感じられました。

Desktop 2022.11.06 - 17.11.14.01_Moment

 トップから落とし始めは急発進急加速するとドダフリ多発。

(多分腕が先行しちゃうのでしょうか?)

反対に、落とし始めをふんわり始めて体重移動と回転で加速すると

結果的にHBSクラブ特有のロフトが立って入射して

しっかりボールを潰した感触。

(コレがワンモーター感覚なのかな?)

 

 週末は先輩達のスイング動画のリズムに着目して学びたいと思います。

ヒントブログ、いつも感謝です

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「グリップエンドを上に向ける、は
 からだの回転という 横移動を利用して
 グリップを下がる、
 言葉のイメージとしては グリップが低くなる
 と言う延長線で行われます。

 要するに クラブの構造、重さを利用して
 横移動に 自由落下では無いですけれど
 落下を組み合わせるような感じ なんですね。

 ですが、コレソノモノには 
 大きな横移動がありませんから、
 どんどん向きを変え続けないと ボールに当たらない…。

〇グリップエンドを向きを

 支部長はそこら辺は大丈夫だと思うんですけど
 ソコに到達するのって 結構な意識改革が必要です。


 クラブを持って こんな素振りをしてみて下さい。
 動画の通り、からだを廻す ではなく、
 足、靴の踏み変え で向きを変えます。

 トップの位置から グリップは落下させますが、
 ヘッドを動かすと ボールのトコロに辿り着けません。
 ヘッドを動かすと からだが回れなくなるから です。
〇グリップエンドを向きをどこへ - f

 前傾姿勢が無い ので
 本当にボールを当てるには ちょっと 下に振る
 が入っちゃうので 素振り が良いです。

 ヘッド単体は動かさない、グリップは移動する、
 ですと ヘッドの方が進行方向後ろ、後になります。
 色んな意味でハンドファースト って奴ですね。

 そうすると 落ちようとするヘッドの重さが
 グリップを進行方向に押します。
 コレって 重い方がその力が強いですし、
 シャフトの柔らかさがあると 押すチカラ、
 押す速度も速いです。

 この場合、前傾姿勢はないので 仮想の、なんですが、
 アドレス時の 左腋の下辺りを通過ポイントと考え
 グリップエンドを上に向けるつもりで
 打ち終える、素振りをしてみて下さい。

 グリップが下がる、落ちる、
 ハンドファースト…からだの向きで移動するんですが、
 それによって グリップが横に押される感覚、
 そう言うのが掴めたら OK です。
 あまり コレに固執すると 下に振る癖、
 それによって からだが止まる癖なんかが付いちゃう人
 出てくるので ご注意を。


 で 支部長の話しに戻るんですけど、
 グリップエンドは上に向けて抜くイメージ で
 そして からだの回転はグリップを移動させるためのモノ
 という前提の上で 

 切り返し は
  もう『一気に左向いてください
  
ガバッっと
  手なんか動かす暇 無いです。

 外から入っちゃう とか、
 アウトサイドイン になっちゃうとか、
 ロフトが とか、
 全部 忘れて 思いっきり 左向いてください

 繰り返しますけど
 からだの向きは グリップを移動させるためのモノ で
 左を向いて『から』 ナンカする ではなく
 左を向くコトが『打つコト』です。



 あと ですね、
 コレは別な記事で書こうと思っていますけれど
 (書いても良いのかしら プロ❓)
 橋爪プロの神レッスンの中で出てきます。 コレ

✋インパクトポイントはココ です。
Desktop 2022.11.06 - 17.11.14.01_Moment

 からだの正面で打つ には イメージ として
 ココをインパクトポイント にしないと出来ません。

 見た目の からだの正面、
 イメージの中にある インパクトポイント よりも
 50儖漫“球線側にありますよね。 もっとかな❓

 ココがイメージできるだけ でも
 アプローチは抜群に良くなると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

店長「地面に置いたヘッド、絨毯の上を引き摺ったヘッド、
 これは2次元の、平面上の話し ですが、
 これを3次元、立体のスイングに当てはめても
 基本、ゴルフクラブの『自然な』動きは同じです。


 コレを例に 考えてみましょう。
〇からだの回転_Moment〇からだの回転_Moment(2)















 クラブ、シャフトと体の向きの関係です。
 トップの位置では 双方ともにだいたい同じ関係、角度、ですが、
 仮想のインパクトに向けて
 上:の写真は その角度が開いていきます。
 下:の写真は 同じ角度のまま です。


 運動が加わると ヘッド・クラブは重くなりますから
 むしろ 角度は詰まってくる、
 からだのラインに対し、クラブはより一層くっ付いてくる可能性が
 有ると思うのですが……。


 コレ、実験した時、
 上:1/4円を描く
 下:引き摺る

 を意識しただけで、それ以外はまったくの無意識なのですが、
 からだの回転が かなり違いますね。

 クラブの重さ、ヘッドの重さを無視して
 1/4円を描こうとする、クラブの長さを維持するようにする と
 先端部をたくさん動かさなくてなりません。
 非常に『意識的』『作為的』に、ですね。
  …信じている人にとっては…無意識の意識 と言えば良いんでしょうか…

 …そうすると 自然とからだの回転を抑える、
😊からだの向きを変える、回転って
 箇所は兎も角、どこか『自分の方に軸があって』
 この場合は 半時計周りをする訳ですが、
 先端で 1/4円描かせる、ヘッドをたくさん動かそうとする、
 をやると 軸を進行方向に対し後ろ(蕁砲砲困蕕靴
 回転そのものの移動量を減らしている、
 まるで 『ヘッド側に軸があって』
 それを支点に 自分が回転している感じに思えました。

 クラブ、ヘッドの重さが掛かる状態 であるのに
 円を描こうとすると 私は右打ちですが、
 どうしても 右手がボール側や下側、
 左手よりも前に出なければならないので
 そう言う感覚になるんだと思います。


 スイングで言うトコロの
 ボールを打つ、打ちに行く、打ち終わる、
 コレを からだの回転で行うと
 その流れの中で 自然と 打撃方向、飛球方向へと
 体重移動って訳ではないですけれど
 右打ちなら 左へ左へ、と行く。

😓ところが ヘッドに円を描かせる、ヘッドをたくさん動かそう
 とすればするほど 体重は後ろ、右に右に行く、
 まあ ヘッドを前に出すのですからそうせざるを得ない、でしょうね。」

質問「犬が尾を振るか、
 尾が犬を振るか、って感じですか。」


店長「そうなりますね。

 『ボールを打つため、ヘッドを動かす。』
 そのために からだの向きを変え グリップを動かす、
 ヘッドはシャフトでつながっているので
 グリップの動いた分、ヘッドも動き、
 からだの向きを『回転』させているので
 クラブに掛かる重さの分、差し引いて
 『クラブそのもののターンは 緩やかになる。』
 ヘッドの重さや長さ、運動による積算などにより
 半分位しか動いてくれない、
 動力が尽きてしまう…  …と理解しているか


 自分が180度ターンすると
 クラブ『も』当然180度ターンするモノ✊
 と信じている、深くは考えたコトないけれど
 そうであろう と思い込んでいるのなら
 
 " 手打ち って ちゃんと 自分の思い通りのプラン "
 な可能性は結構あると思います。

 からだの向きで足りない分、
 からだの回転の動力は尽きちゃう訳ですか
 あとは手で振る〜補うしかないのですから。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



GW
以来のラウンド報告…パート

358101-1

 1か月の練習成果を試すべく行って参りました。

スコアは〇〇で GWがスライス多発で△△でしたから概ね満足。

 

 ドライバー14回中13回成功!

大満足!

欲を言えばもう少し飛ばしたくなりました。

 

後半ふくらはぎが疲れたころ

完全振り遅れの盛大なスライスOB

それ以外はラクに安心してフェアウェイに打てました!

 

スプリットハンドをショット前に繰り返したり

右手の追い越し禁止を心に刻んでからは

ドライバーに限らずものすごく楽になりました。

 

やる事(やって良い事?)が限られるのでスイングがシンプルに。

 

IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(4)

 ウッドもユーティリティもアイアンも

GW前とは別物て楽チンなのに飛んでました。

アプローチも失敗も多いけどなかなか良いのも出たので満足。

 

パターはヘタクソ全開でした。

(店主:デール9の方が良かったかしら…)

パーは1つ、パーチャンスをパターで逃したのが3つ。

あと、上級者のパター距離ミスを初めて誘発しました。

 私のパターの後で78メートルの6割しか打ててませんでした。

「あれ?距離感がおかしいな?」とつぶやいて首を捻ってました。

 後半8ホール目で11打の大叩きも有りましたが、

ものすごく面白かったです。

 

距離ピッタリの方向間違えたショットが、

アイアン、アプローチ、パターで普段より多めに出たのも

非常に楽しかったです。

来週のラウンドも楽しみたいと思います

 


 

ラウンド報告 パート

達人のココから盗め_Moment(5)

 前週ラウンドして全く練習せずにゴルフ宅急便にて発送。

スコアは〇〇で大歓喜。

 ドライバーは右に軽度スライス多発(OBは無し)

 ウッド、UT、アイアンはそれぞれ見せ場も有り。

 

どのクラブも引っ掛けがなくなりましたので、

クラブをかき入れる手首の悪さが無くなった気がします。

 

パターは相変わらずヘタクソ^_^

9番とPWのランニングアプローチでスコア的に助けられました。

引っ掛けずにゆっくり素直にピンに一直線で大活躍。

山梨のゴルフ場が砲台グリーンばかりで

こぼれ球処理でお世話になりました。

 キャディさんに「あの距離、9番ランニングで乗るとは思いませんでした」

びっくりしていただきました。 大変楽しいラウンドでした。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ