◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

カテゴリ: 雑記ネタ



とても基礎的な部分で
おそらく間違えている人は多くは無いと思いますが、
念のため書いておきます。
IMG_0616

スイングの何かの技術に直接的には関係ないですが
ショットのイメージとしてはかなり重要なポイントなので
確認しておきます。

ゴルフクラブの打撃部分には
ロフト角度とライ角度 という角度が付いています。
番手によって異なりますが、
それは 立体的にシャフトに対して平行にも、
垂直にも属さない 30度とか、60度とか です。
IMG_0684

この道具で 体を回転させてボールを打つので
そのヘッドが通る軌道に対して
遠心力の方にボールが放り出されるのではなく
ボールそのものは その軌道の中に飛び出し
それを薄くではありますが、横切って飛び出るのです。

ロフト角度はその角度によって異なりますが、
寝たロフト(大きなロフト)ほど
円の中に飛び出ます。
正しい打ち方ではない例ですが
 だからウエッヂでのアプローチで二度打ちが存在するのです。
最近のパッティングを見ていると パターでも二度打ちが
みれそうな気がします。
二度打ちは ロフトを寝かした煽り打ちで発生するのですが、
ロフトが大きい状態でのショットは
ボールが大きく縦に移動し、横移動が少なくなります。
ですので、水平移動に対するボール速度が
ヘッドの移動速度よりも遅くなり、二度打ちになるのです。

c33a9ae1ライ角度の方は 表示的には60度 と呼びますが
実際には120度の角度ですので
ロフト角度に比べると
円の中に飛び出す度合いは低いですが
やはり 薄く円の中に飛び出るのです。

ある種 これがボールが捕まる こすらない
に匹敵にする行為だと思います。

ボールはゴムで潰れ
非常に短い時間ではあっても
一度 ロフト角度なりに、ライ角度なりに、
フェース面の上に留まり、その作用によって飛び出します。
IMG_0685

円から遠心力によって飛び出すのではありません。
例えば ボールの歪み量が異様に大きく、風船のような状態で
ボールの空気抵抗がとても大きいとすると
5番アイアンで打っても 二度打ちする可能性があるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



トーナメント会場にいた頃、
プロの選手たちはアマチュア並み.
いや それ以下の
ミーハー加減…
あきれるほど見たり聴いたり体験して来ました

トーナメントカーの中の作業は
シャフト交換・ヘッド交換・新規のクラブ
契約プロは何でも無料。なんでも頼めます。
契約以外のプロでも概ね無料

どんな風にリクエストするか
もしくは どんな風に伝えるか
で 各選手のクラブ観・スイング観が見えてきます。

u=2368701261,1095988984&gp=0


ジャンボより 30ヤード飛ばない選手が
ジャンボと同じロフト、同じシャフトを使う
  …それじゃあ勝てないよな って
口が裂けても 言えませんでしたよ。

これも当時、公然の秘密…でしたけど
ジャンボだけが 桁違いのヘッド重量のクラブを使うんです。
45インチで210gとか…
他の選手は 195gがせいぜい…。
しかも、ジャンボは重心距離の長い
重量効果の多いヘッドを好みます。
こういうのが差になって出てきますよね…。




抜けが悪いから バンス落してくれ とか
スピンが効かないから 溝入れ直してくれ とか
タダ ですから ありとあらゆる噂話は実験するんです。
都市伝説の宝庫 ですからトーナメント会場は。


よくあるパターンですけれど
若手系の選手の多くは小振りなヘッドを選びます。
操作性が良いからだ と言いますが、
本当はそうじゃないんです。
重心距離の長いものの方が良いのは知っているのに
扱いきれないんです。
こざかしく振るから…。
結局 その振り方が 重圧のかかった場面で
あだになるんです。出来るわけありませんから。

こざかしい振り方は よりクラブに近いところを動かします。
パターもそうですが、緊張感が高まって
体が上手く動かなくなると 細かい動き
小さな動きってとてもし難くて
大きな部位を動かすスイングでないと
いつも通りには行かないんですよ。

u=3040139078,2324990219&gp=0

硬いシャフトが好き 
 …硬いシャフトに憧れの強い日本のプロ。

知られていませんが、現役バリバリの頃でも
あのジャックニクラウスはダイナミックゴールドのR400です
多少、逆番手ずらしをして硬めに使っていたといってもR400

アマチュアでも少なくないですが、
シャフトの硬さは『その』シャフトの硬さです。
他のシャフトとの比較ではないので
打ってみないと分かりませんし、
そのシャフトの持っている特性も硬さに加味されていますから
今まで使っていたシャフトの硬さ表記の比較は
役に立たない、意味がないんです。
ホントーはね。

欧米の選手は シャフトの硬さに対する先入観とか
ロフトの対する先入観とか殆どありません。


平気で 10.5度のRとか使っちゃいます。

IMG_0001_NEW


その上に 欧米の選手よりも 軽いヘッドを好みます。

総体的に 欧米の選手はあまり長尺を好みません。
日本の選手が軒並み 45インチだった頃
欧米の選手は 44インチ
ヨーロッパの選手の中にはそれよりも短いケースも…。

理解されていませんが、
あるシャフトの 例えば Sシャフトがあった時、
それを 205gの44インチで使うのと
195gの45インチで使うのでは
長尺で使う方がシャフトは硬くなります。
要するに パワーが無い筈の、体格に劣る筈の日本の選手の方が
欧米の選手よりも硬いシャフトを軽いヘッドで
打っていた という事です。
……おそらく…ですが 今もその風潮は残っているでしょう。



シャフトを寝かさない事を第一優先事項に考える欧米のプロ
インサイドから入れることにこだわる日本のプロ

スイングの軌道ばかりにこだわる傾向が非常に強いですね…。

090804_01


日本のプロは 大概 軽ーくダフルショットを好みます。
沈んだボールを ボールだけつかまえる技術

ボールの上っ面をさらっていく技術は日本には皆無です。
今のスイング論ではまず無理です。

それって アイアンショットの基本の「き」の字ですが
それが 欧米選手に比べると 雲泥の差 です。

ですので 整備の悪い生えっぱなし芝の欧米のコースに行くと
より上手く行かないんです。
ドライバーの差ではなく アプローチやアイアンのショットの差
があまりに違うんです。

だから アプローチを改善しようとして
スイングの迷路にはまって
日本の選手は帰ってくるんですよ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ウエッヂ…サンドウエッヂのバンス角度やバンスソールに

なったのは 1930年頃です。

ウォルター・ヘーゲンがやり始め

ジーンサラゼンが量産型で使い始めました。

 

スタートはバンカーなどの地面潜り込まないようにするため

でしたが、 このバンスソールやバンス角度のせいで

安定した飛距離が打ち易くなったことが

定着した原因です。

 

飛ばすものではないウエッヂですが

安定した距離が出ないと困りますし、

ピンと来ないかも知れませんが

飛ばないウエッヂは安定度が低いのです。

そのメカニズムは非常に簡単で、

飛ぶウエッヂは 小さなスイング・遅いスイングでも

希望の距離を打ち易いですが、

飛ばないウエッヂは 大きなスイング・速いスイングが

必要になりますから、安定度は低くなります。

 

その目安になるのがバンス角度・バンスソールです。

少々、単純ですが

機能としての ウエッヂのロフト角度機能は

(ロフト角度)−(バンス角度)  です。

つまり

 ロフト55度 バンス角度 6度(49) のウエッヂは

 ロフト58度 バンス角度12度(46) のウエッヂよりも

飛びにくいのです。

バンス角度やバンスソールの役割ですが

どの道、地面と接触するウエッヂショットは

そ機能によって インパクト姿勢に補正をかけますから

均一なショットがし易くなるのです。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



体を先に回し
体の上向きを作ってから 意図的な煽り打ち をする
現代のスイングにとって
従来使われている「ゴルフの用語」「ゴルフの理論」
無用の長物、害にしかなりません。





.棔璽襪鮠紊ら打て

 1000%無理です。
 あきらめて下さい。
623c1d572817337eb8c8724aee59aba5

 逆に ボールを上から打とうとしたら
 そのスイングのメリットは無くなってしまいます。

 ボールを上から打つ と言うメカニズムは
 体の回転/前傾姿勢 という複合した仕組みから起こります。

 煽り打ちのスイングは 体を回す ではなく
 体をねじる ➟ 上半身を捻る というメカニズムです。
 スイングの初期の段階、テークバックの時点から
 スイングの構造の中に 上からの『上』 下への『下』
 というものが一切存在しません。
 体をねじってテークバックし、ダウンで下に振ったら
 より一層 体が上を向き、煽り打ちが酷くなるだけです。

 どうぞ 腰をお大事に(*_*;



体重を乗せろ

 これも120%無理です。
 トライしてはいけません。
4289f9fa-s

 この語彙には体重移動が含まれます。
 体の回転には体の構造上、
 ➟右➟左 という自然な体重移動が発生し
 体重が左に移る過程の中にインパクトがタイミングとして
 存在したので、昔…はそう言われましたが、
 体を開きながら 左サイドを上げ、右サイドを下げながら
 クラブを手で振る今のスイングでは
 始めから左に乗りっきりか、右に乗ったまま
 スイングするので 体重や体重移動 そのものを
 スイングから忘れて下さい。
 そんなことにトライしたら打てません。

 今や 地面を上に向かって蹴り(ジャンプ)ながら打つ
 と言うような曲芸までスイング理論に入って来ていますから
 私には理解不能です…( ゚Д゚)




A扱校兩を保て、意識しろ

 この手打ち、煽り打ちのスイングで
 それを解くレッスンプロがいるのに驚きます。
 
 蛇に「手を使っての鉛筆の持ち方」を教えているのと同じです。
584506d7

 前傾姿勢とは 背骨の折れ・曲がりではなく
 軸足の大腿骨と骨盤の角度差です。
 そして よく言葉を勉強すべきですが
 「前」傾姿勢 は 前側の体の傾きで
 体の横の折れ・屈曲ではありません。

 テークバックの時点から
 骨盤はボールに向けたまま
 体の捩じって トップの位置の真似ごとをすれば
 上半身の左サイドを上げて、上半身の右サイドを下げて
 体をねじらなくてはなりません。
 逆の動きでは スイング真似ごとにならないからね…。
 この状態から ダウンスイング入れば
 体は右に折れ、 本来存在する筈の
 左大腿骨と骨盤の「前側」の前傾姿勢は消失します。
 逆にそこを保ったらボールは打てません。

 当たり前なのですが、前傾姿勢は体の回転、
 そして体重移動をパックになった動きで
 現代のスイングでは 体の回転(ひねり)は
 他人からスイングらしく見える飾りでしかないのです。
 人間の体を消しゴムに例えている時点で
 頭ぶっ飛んでますよ。





ぅ魯鵐疋侫 璽好

 これも無理です。
 ある意味やっても無駄です。

 先に体を回し、正面を向いてから
 クラブを振ったら・・・・
 さらにインサイドから入れる…を意識したら
 ダウンスイングフェースは『だだ開き』です。

 ロフトやフェースは体の前にあるから
 そのオリジナルの「製品ロフト」が保たれるので
 体がボールを向いてもなお 右に残ってるフェースのまま
 ハンドファーストでインパクトを迎えれば
 フェースでなく ソールでしかボールは打てません。
スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)

 手を返さなくては打てない打法なのに
 ハンドファースト という真反対な理論を
 考える必要は一切ありません。

 ハンドファーストなんて戯言は捨てて
 上を向いて思いっ切り手を返して下さい

 でないと フェースに当たっても ひょろ球しか出ません。





ゥ好ぅ鵐哀廛譟璽

 これもとても奇妙です。
 現代のスイングプレーンの主たる論調は
 スイングプレーンです。

 このスイングプレーンは垂直でも、水平でもなく
 それは体格やアドレス、番手などにもよりますが、
 傾きがあります。

スナップショット 1 (2014-02-07 18-29)

 その傾き度合いは 前傾姿勢…によって
 導かれていると思うのですが、
 手で振るスイングには 前傾姿勢が存在しません。
 恰好を付けるために アドレス時にのみ ある訳で
 一旦、運動を始めると消える「その前傾姿勢」
 基準にした スイングプレーンに何の意味があるのでしょうか


現代のこのスイングを「良し」というか
当たり前にしているゴルファーにとって
体の回転でボールを打つ というのは
真反対の、真逆な発想と言ってよく
今までの振り方に そのエッセンスをぶち込んでも
より混乱するだけで、なんのプラスにもならないでしょう。

体の壊すであろう現代のスイングを続ければ
ゴルフクラブは何を買っても、何を変えても同じですから
安上がりかもしれません。
ただ その代わり、体へのメインテナンス、整体、治療には
コストがかかり、年齢が行った時、ゴルフの故障によって
普段の生活に支障をきたすことも覚悟しておくべきです。
・・・・ だから 減るんですよね ゴルフ人口…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


これはおそらくどの業界でもそうなんだろうけれど、

ゴルフの用品メーカーさん 
特に大手メーカーさんはもう自分達では

◯ゴルフクラブを開発しない
◯デザインしない
◯設計しない
◯作らない

全てアウトソーシングの相見積もり形式

単にプロモーションして、販売するだけの

お約束の手法になってしまっている。

ヘッドやシャフトのメーカーさんはデザインや設計はするけれど

開発はしないから、今度 画期的な何かは登場しないだろう。

 最近ではデザインというと
 ヘッドやシャフトの模様のことで
 重心位置の設計やテークバックが取りやすい形状
 弾道がイメージしやすい形状
 シャフトの特性を考えての芯金 ではないらしい…。
 時代を感じるわぁ

スナップショット 2 (2016-07-03 0-22)


 

最近 ウッドなどで採用されている
 ネック部を交換・いじれるタイプのモノは

例えばドライバーだと

 9度 S/SR  10度 S/SR/R  11度 SR/R

メーカー提供の試打クラブ 7本を

➟ヘッド1個 シャフト3本  に画期的にコストダウンするのが

スタートした目的で、使うユーザーには全くメリットはない。

 


ネック部分に重量が集まるため 飛距離も出にくいし

本来 ヘッドの各位置に配分して、
それぞれの機種の構成を出すはずの余剰重量が

使えず より一層没個性化が進んでしまう…。

また 知られていないけれど 
ネック部の損傷事故は後を絶たない…。
ゴルフクラブ破損修理依頼は
シャフトの破損よりも ネック破損の方が多いかも…。

007

 

あと とっても気になるのが、

ゴルフクラブの機能…その働き
 と言うものをほぼ全く理解していないこと。

 

ゴルフクラブは無機質なその個体が
 科学的に・力学的にボールに作用して

何かを生み出すことよりも、

その性能によって
それを動かす人間に作用する部分の方が圧倒的に大きい。


例えば 重心の深度 深さなどは

運動の法則から 重さが一直線上に揃うので

ヘッドが前に出やすく、ボールが上がり易く、
スピンを抑制する のだが

単にそれは 「機械」に打たせた時で、

人間が 他の条件が同じ…と仮定し、
今までよりも重心の深いものを打つと

ヘッドが前に出ようとする効果で 
アッパー、煽り打ち、すくい打ちが

かなり顕著になる。

今までの自分のスイング、
重心深度の深さの度合いやヘッドの重さ、
シャフトの硬さ

などの複合要素にもよるけれど

その煽り打ちによって 
突然飛距離が伸びる人もいるし、逆に落ちてしまい

最下点がボールの手前になってしまうことによって
ダフリ トップのミスが

頻繁になってしまうケースも少なくない(こっちの方が多い)

しかも 結果の如何に関わらず
 インパクト後の体の反りや右腰の潰れが激しくなり易い
 この手のクラブによって 体を痛めている人が
 後を絶たず、ご時世からがゴルフを辞めるきっかけに
 なってしまっている。

 

ゴルフクラブはこのようなことの方が圧倒的に多く、

これは機械のテストでは絶対に出てこない。

製作や設計、開発コストを削減する為
 ヘッドであっても、シャフトであっても

全て機械によって行われるが
 使うのが人間 という発想が

すっぱり抜け落ちているのだから
 良いクラブなど絶対に生まれてこない。




あとは顕著な例なのが
 最近の へんてこりんなパター だろーねー。
モーメントが高い とか、フォローが出やすい とか、
そんな売りだけれど
 あの形状は兎も角『引きにくい』
ヘッドの軽さもあるから テークバックのスタートがし辛い
まさにイップス製造機。
視覚的に 上げる方向、引く方向のガイドが皆無 というか
やたらめったら 線があり、
ストロークするのに全然関係ない方向のラインや形状が
あるので、兎も角動かすことに何も手伝いがない。

スナップショット 3 (2016-11-24 20-31)

まさに コンピューターの画面の中だけで
機械を対象にして作った 形状…。
真っ直ぐ引くことを強要しているけれど
重心の深いあの手のパターは
真っ直ぐ引こうとするシャフトなり・グリップに対し
多きズレたところに重心があるので
テークバックを取り始めると
その重さや遠心力に引かれ 外に上がろうとする。
視覚的には真っ直ぐ、感覚的には外に上がり
必ずループの軌道を作ることになるから
より テークバックの初動がし難い。
人間を無視した形状・・・。 








8a862ab6


ハミングバードの扱っているクラブは
ヘッドの重さ シャフトの柔らかさが
市販のクラブと全く異なる。
アイアンで見ると
     市販のクラブ     悶絶クラブ
ヘッド重量   240g     310g
シャフトの硬さ 300cpm   160cpm
好き嫌い 良い悪いは別にして
同じスポーツをするとは思えないほどの違いで
それに比べると 新発売のA社のBと言う機種
C社のDと言う機種の差は殆ど…誤差程度
同じとくくってしまえるほどのモノ。

ここまで違うと 打ってもらうと
上手く打てる打てないはあっても
スイングは数球で全く変わってくる。
人間の反応、感覚、修正能力はすごく
悶絶クラブであれば アドバイスが何もなくとも
数球でオーバースイングは是正、もしくは消滅し
必ずフィニッシュまで行くようになる(行かざるを得ない)

見ているこちらからすると
こんなに変わるのになー と思うけど
打つ方の人は当たりとか、出る弾道、球ばかり気にする。

ヘッドの性能や重さは
シャフトを通して 打つ人に伝達される。
その感覚を利用し、もっと楽に、もっと効率よく
という人間の修正能力はとても素晴らしく
私がアドバイスするのは その通訳に過ぎない。
だから 打って 話して、使って 見ると
このブログに書かれていることも
なんとなく 意味のあるものになって行く。
その過程が面白い とは感じない時代なんだね_。


そのクラブからもたらす作用
打つ人間の本能的な修正能力。。。
それらの答えが出るのに 数回の練習 は当然かかるけど…
すぐに結果が出ないとダメな時代なんだろーね。

クラブの機能は打つ人の為 と思って製造する時代でなく
使う人も機械 と思って製造する時代なのだろう。





 

CADを専門に扱うデザイナー

ゴルフ部出身の大手メーカーの社員・営業

親会社(ファンド系)から出向してきた任期2〜4年の役員

 

日本の全ゴルフメーカーの全社員の中には

アイアンヘッドを
 一から削ってデザインしたことあるモノはもう居ないだろう…。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 コースの設計、施工されている あるゼネコンの担当者が
 こんな話をされていました。



「コースを作るとき、勿論 戦略性やデザインなども
重要ですが、現実的な問題として
日々のメインテナンスがしやすい、維持管理しやすい
コース設計をするというのも非常に大切です。
コースの維持管理にはお金も手間もかかります。
それを出来るだけ減らしてあげられるコースデザイン、
実は一番望まれているのかもしれません。
14,11,013225

日本はとても雨が多いです。
また、その雨の多い時期がゴルフコースの繁忙期でもあります。
ですから 雨対策というか、水対策というのが
コースのデザイン上、とても大切になってきます。

例えばティーグラウンド、
ここはほかの場所よりも 多くの人が
行きかう場でもありますので
とても痛みやすい場所です。
故に 上手に水の流れを作ってあげる必要があります。
背に岡や山、崖を背負っている場合、
フェアウエイ方向に向け、ゆるやかな2〜4度の
傾斜をつけてあげたりもします。

ホールレイアウトによっても異なりますが
通常 ホールはV字型をしており
ティーグラウンドから緩やかに打ち降ろし
グリーンに向け、緩やかな打ち上げとなることが
一般的です。
フェアウェイやラフにマンホールというか
水抜きの場所があるところが概ね一番低いところです。
11100002

ティーグラウンドとともに
とても痛みやすい場所に バンカーがあります。
バンカーが痛みやすいのは窪んでいることもありますが、
そこに植物がないので、自浄作用が働かないからなのです。
よって 水はけはとても重要になってきます。
勿論、構内にその手の設備もありますが、
やはり バンカーの形状というはとてもそれに寄与するのです。
フェアウェイサイドのバンカーは
先ほどのマンホールの位置との関係を見て頂き、
マンホールよりも手前、ティーグランド側にあるものは
先下がりになっていますから、
通常 あごはありません。
水を逃がしたいからです。
逆にマンホールよりもグリーン側にあるものは
先上がりになっていますから、
上からの水がバンカーに落とし込まれないように
俗に言うあごをつくり、水を逃がしています。

ですから そんな基本設計も知っていると
コースを攻略するのには訳に立つのかもしれません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
ゴルフ用語って 結構 沢山ありますよね

ウエッヂのバンス なんてのもあります。

バンス って かなり誤解されている部分が
有るんですけど 正しく理解して 正しく使えば
非常に有難い 存在 効果なんです。


最近では サンドウエッヂなのに

6度とか 殆ど バンス角度の無いものもあったり。。。

バンスの意味 クラブの使い方
分かっていたら こんな便利なモノ
減らしたり 無くしたり しないと思うんですけど
残念だな〜 って思います。

最近では ハミングバードのお客様には
殆どいらっしゃいませんが
以前は。。。
 「ボールが上がってしまって 飛ばないので
  ロフトを立てて下さい。」
って 軟鉄のアイアンを持ち込まれる方が
多くいらっしゃいました。

確かに ライロフトマシーンを使えば
機種によってはステンレスヘッドであっても
勿論 軟鉄鍛造ヘッドも ロフト角度 ライ角度は
いじれます。

g-421

例えば 30度の5番アイアンがあったとします。
5番アイアンであっても バンス角度は存在します。
専門用語かも知れませんが スクープになっている
アイアンバンスは存在しないと言っても
良いかも知れません。
その 5番アイアンに 5度位のバンス角度が
付いていたとしましょう。

これを 飛ばない 上がり過ぎる と
2度ロフトを立てて 28度にしたとしましょう。

と 同時に この5番アイアンの バンス角度は
3度に減ってしまっています。

分かりますか????

ですので この5番アイアンは
確かに 計測上は 28度になってしまいましたが
使用上では やはり 同じ30度に変わりはないのです。

イメージがし難いかも知れませんが
バンス角度は そのクラブの長さや用途によって
設定されています。
ヘッドの入射角度 が イコールと言っても
良いかも知れません。
サンドウエッヂのバンス角度を選ぶ 目安には
自分の「入射角度」があるとも言えます。
正しく 上から入れて来れる人にとっては
バンス角度は あれば あるほど 便利で
寝かして コスリ打ちをする人には 少ない方が
良い・・・(というか 選択の余地が無い...)

バンス角度は インパクトロフトを安定させますし
ウエッヂなんかにとっては インパクト時や
設置時の安定 支えにもなる訳です。

単純に考えれば ロフト角度からバンス角度を
引いたモノを インパクト時の 地面に対する
ロフトと考えるコトが出来て

☆30度のロフトの 5度のバンス
☆28度のロフトの 3度のバンス
インパクトロフトは 変らないモノになるのです。

分かります?!

蛇足ですけれど
弊社のアイアンは 一般の販売されている
アイアンのバンスよりも 幅も角度も
大きく設定されているので
表示上のロフトは寝ているのですが
実質上は殆ど同じとも言えるのです。


006

シンプルな構造のウエッヂなんかは
バンスに幅があって バンス角度もしっかり
している方が 格段に 安定していて
使いやすいんですけど
現在の プロも含めたゴルフ界は
正しく ゴルフクラブを使うコトに誘う用品
には 興味が無いと言うか 余裕が持てていないのが
少々 気になるトコロです。


ただ 専門的に言えば
バンス回りがしっかりすると 低重心になり過ぎてしまい
ウエッヂとして 距離コントロールがし難くなる
ケライは否めんので 上手に 製品ロフトと
組み合わせねばなりません。

バンス回りのデカい 低重心 深重心
そして ハイモーメントの60度ウエッヂ
は非常に使い難くなってしまうモノです。

ちなみに ハミングバード で言う
使いやすい ウエッヂ とは
 
思い描いた距離が そのまま表現出来る
と言うことで 色んな球が打ち分けられる
みたいな 美辞麗句ではありません。

色んな球が打ち分けられる人は
練習も豊富、技術も豊富なのですし
僕の考える クラブの扱いとは対極にいますので
別にクラブを選ぶ必要はないような。。。
どのクラブを使っても 結局 クラブの性能を
無視して 利己的に使ってしまうので
機能、性能云々は意味がないような・・・
 そんな気がしますがね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブだけに限りませんが
歴史や変遷というのはとても大切です。
その変遷はかなりスイングに影響を与えます。



多くのゴルファーは気づいていませんが、
概ねゴルフスイングを形作るのは
ゴルフクラブの性格や性質によるものです。


上がりやすいクラブを長く続ければ
上がらないような振り方を覚えやすく
その逆は 上がるスイングを覚えることに
なり易いでしょう。



人間が出来るのは
おそらく 概念 というか
イメージとして ボールってこうやって打つんだろう…
程度の事なのです。



ゴルフスイングの変化はクラブの変遷
意外にも製造技術の変化(進化)によるものが
大きかったりします。

40年以上前は ウッドは木製 でした。

u=2368701261,1095988984&gp=0

反発係数の理屈を理解していない人が今は殆どですが、
ウッドが木製の頃は 逆にこの反発係数が高いことが
ネックだったのです。


反発係数は別名「インピーダンス理論」と言って
ボールと打つものの素材の硬さの関係です。
その硬さが近ければ近いほど ボールは歪まず
その打撃力はボールの速度になります。

木製ヘッドは 今よりもずっと ボールの硬さに近かった為
ボールが歪まず、スピンが入りません。
ですので ベンホーガン理論のような
スピンをたくさん書ける 
ヘッドターンのねじるスイング が主流だったのです。

と 同時に このころは
鉄製のアイアンヘッドの製造技術も 今に比べ 劣悪で
重心距離の長い 面の長いヘッドは製造出来ません。
接着技術も悪かったですから ネックの長い
重心の高い、小振りなアイアンです。


そのアイアンの小振りなヘッドを使う使い方と
ウッドの使い方に整合性があったので
そのスイングが主流でした。


metal

ところが 鉄(メタル)製ヘッドが出てくると
その打ち方では ボールにスピンが掛かり過ぎます。
従来 成人男性でも 12度以上のロフトの有ったドライバーは
そのお陰で 9度〜10度が主流になります。


従来のスピンを増やす系のスイングをするプロは
ここで脱落します。


スピンをかけないスイングをするプロが増え始めます。

今思うとやはりすごいなー と思うのは
スピンが必要な用具が全盛のころから
ジャックニクラウスが一人だけ
スピンをかけない系のスイングをしていました。
その扱い方でも十分なまでにスピンをかけられる体力
スピードがあったという事ですね。
ですので 用具がメタル・大型化 になっても
彼だけはスイングを何もいじらず 長きに渡って
活躍できたという事です。

ニクラウス

やや若いですが、同じ変遷期を過ごした
日本のジャンボ尾崎は このスイングに気付き
早くからニクラウスの振り方を追いかけます。
メタル・大型時代に適した彼の振り方は
日本のゴルフを席捲することになるのです。

01_b


このころから アイアンの製造技術も上がり
面の長い 重心距離の長いモノも出始めます。

ウッドヘッドの大型化 アイアンヘッドの大型化は
重量の効果を増やします。 飛距離を伸ばす要素が増えます。


重心の長いものは長尺化と相性が良く、
ロフトが立ってきたこともありますから
全体的な長尺化が進みます。


BlogPaint

タイガーウッズはすごい選手だと思うのですが、
この道具のメカニズムとスイングの関係が掴めず
キャリアの中盤から苦労することになります。

私生活や彼の心情までは読めませんから
あくまでも 道具との関係で推測してみますが、
彼は元々ニクラウス系のスピンをかけないスイングで
デビューしています。
そのスイングであっても 十分スピンが掛かるスピードと
パワーを持っていましたね。

ところが 彼の活躍の始まる時代、
元々 インピーダンス理論によって
スピンのかかりやすいメタルヘッドは
構造を変え、低重心化、と 長尺化へと進みます。
つまり スピンの掛かり難いもの になっていくのです。

彼の振り方とはあまり相性が良くありません。

本来は ここらへんで クラブを学び
自分のモデルを構築すればよかった ような気が
今更ですが しますが、
彼はあくまでも 開発者ではなく
 打ち手 の道を進みます。

活躍もあり、契約メーカーを変えたことが
彼のゴルフ人生を生涯変えてしまったように思えます。

彼のスイングとマッチする為
高重心 ローロフト 短尺 という
若かりし頃、彼の代名詞となったのが
タイトリスト 975D というドライバー です。


このクラブを使ったことにより
彼はスイングを前世代的なスピンを変える系の
スイングへと変わっていきます。


飛ばすが代名詞で在ったこともあり
スピンをかけるスイング自体は大きく変えず
煽り打つことによって 距離を稼ぐ道へ進みます。


飛ばし屋 と呼ばれるタイプのプロは
当然 動作速度が速いですから
ニクラウスのような シンプルなスピンをかけない系の
スイングで スピンのかかりやすいクラブを使う
というのが 体の負担を考え
選手寿命を延ばし 故障を抑える と言う意味では
圧倒的に有効なのですが…。


彼は あえて 体を捻り 上を向く
負担の大きい スピン系のスイングで
スピンの掛かり難いクラブを打つ方法を
やり続けます。

私個人の意見ですが
彼のクラブの扱い であれば
問題はアイアンの方にあったと思います。
元々のスイング スピンをかけないスイングは持続し
アイアンを変えれば良かったと思います。

十分にすごい選手ですが
その選択の間違いが ニクラウスを超えられなかった
原因ではないかと思うのです。
彼がシンプルなスピンをかけず 煽らないスイングを続け
それに合わせ アイアンを変えていれば
前人未到の記録を作ることになったのでは と思います。

x14



メタル 大型化 の時代に合わせて
ニクラウスもジャンボもアニカソレンスタムも
重心距離の長いアイアンを選んでいます。


彼だけが 重心距離の短いアイアンを好んでいます。
高校時代から使っているアイアンのタイプを
ほぼ全く変えず今も使っています。

煽り打ちのドライバーと
重心距離の短いアイアンの組み合わせだと
ボールの置き位置をかなり極端に変えなくてはなりません。


だから 必要以上にアドレスに神経質 だったのでしょう。



現在の多くの選手は
タイガーウッズと同じ道を歩んでいます。
おそらく ほとんどの選手は
契約金もありますが、
クラブの特性とスイングの関係性を軽く見ています。
よって 自分でスイングに合わせたモデルを
開発することも出来ないのでしょう。


今のウッドとアイアンの重心距離の関係や
スピン性能からすると
ボールの置き位置を大きく変えねばならず
それが より煽り打ちを呼び込み
その煽り打ちが自分の体を蝕み
選手寿命が短くなることを気付いている人は
とても少ないと思います。


本来 職業選手は アマチュアよりも
安定度が高いのは勿論ですが、
カルーーーーく振っているのに 飛ぶ
というものだったはずですが、
いまは アマチュアよりも速く強く振れることが
プロの証のようになってしまい、
スイングの質も ものすごい良いスコアで回れる
アマチュア程度まで下がってしまっていると思います。

一つの推測ですが、
小さいころから ゴルフクラブや機会を与えられることで
ゴルフをやって来ていますから
知識や自分で探ってみようとする意識が薄いように思えます。

sos

何をしても壊れない 体の反り が大丈夫な頃に
覚えてしまった煽り打ちを
プロで行う事の怖さが分かった時には引退です。

そのスイングで プロのスコアを出すのには
シンプルなスイングをするプロの 数倍の練習量が
必要ですから
契約金なども含め 相当な額を稼いだとしても
生涯の収支報告書は赤字のような気がします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


今の若い方は知らないかとは思いますが、
昔… 30年位前までは
ウッドは その名の通り 木製…木でした。
素材の多くが 柿の木 なので
通称「パーシモン」とも呼ばれていました。
sim

ボールとの相性もありますが、
現在のゴルフスイングで
この パーシモンドライバーを打ってみると
おそらく 100ヤード強しかキャリーしないでしょう。

まあ 知られていない話ではありますが、
実は このパーシモンのウッド
反発係数は軒並み0.9以上、殆ど例外なく
すべてルール適合外の数値。


反発係数概念とはインピーダンス理論
衝突する双方の物質の 歪み・振動数マッチ
の事を指します。

ヘッドの歪み、振動数、硬さ、剛性と
ボールの歪み、振動数、硬さ、剛性が近ければ近いほど
ボールは歪みにくくなり、打撃力がよりボールの速度に
なり易くなります。
しかし、打撃力そのものは ヘッドの重量×ヘッドの移動速度
に比例しますから、ボールの速度が速くなる分
ボールの回転は減ります。

 ✋昨今の煽って、上を向いて打つ打法 は
  作為的な「高打ちだし・低スピン」から生まれています。

反発係数の数値の高い パーシモン素材のウッド は
ボール速度は速くなりますが、極端にスピンが少なく
キャリーが生みにくいので
ドライバーのロフトは 12度〜13度 は当たり前でした。
それでも ボールは上がりにくいので
ボールに如何にスピンを与えるか…というのが
スイング・ショットのテーマでした。
ですので それがかの有名なベンホーガンのスイングです。
(本人の理論ではないのですが…ね)

今の打ち方では 例えヘッドスピードが高くても
なかなか キャリーボールを生み出しにくいでしょう。


ところが ウッドに使える良質な柿の木-原料の減少
ゴルフ人口の増加
ウッドを削る技術者不足
商品のより工業化
などに伴ない、ウッドは金属質に変わっていきます。

初期の頃のメタル(金属)ヘッドは
ボールの当たる衝撃を逃がす構造に無く
単に 素材だけを金属に変えたパーシモン形状
だったので ものすごくよく破損しましたねー。
metal



金属質とゴムのボールの関係は
木製ウッドとゴムのボールの関係とは違い、
極端にインピーダンス、歪み率の異なる素材です。
よって ボールばかりが歪むようになり
それは ボールの速度低下→スピン増加 を生み出し
パーシモン当時のウッドロフトでは
上がるばかりで、距離が激減します。
それが 9度や10度などの
現在主流になっているロフトが定着するキッカケとなったのです。

本当は そこはインピーダンス理論を用い
ヘッドを壊さず、剛性は保ったまま 歪ませる方法が
今となっては良かった と思いますが、
当時の工業技術力では不可能に近かったと思います。
量産も出来ないでしょう。
また、削りなどの特殊技術を省ける鋳造、
キャストの技術により 量産することが出来、
世界中に飛躍的なゴルフ人口(ブーム)を生み出したとも言えます。
22dfc18d-s


パーシモン当時は
スピンを増やす、出来るだけボールにスピンを与える
というのがスイング・ショットのテーマでしたが
ヘッドが金属製になり
スピンを減らす・出来るだけボールにスピンを与えない
というのが スイング・ショットのテーマとなりました。

パーシモンを活かす打ち方では金属製ヘッドは飛びませんし、
金属製ヘッドを活かす打ち方ではパーシモンは飛びません。

スピンを増やす打ち方よりも
スピンを減らす打ち方の方が
打撃方法としてはシンプルで覚えやすく、
打撃の技術力に左右されにくいので
多くの人が実行可能です。
大型ヘッドを造り易く、構造や形状の自由度の高い
量産型金属製ドライバーはゴルフの発展にとても寄与したと思います。

そういう意味で 現在の
煽り打って飛ばすゴルフ理論は
体への負担も大きく、技術よりも体力に非常に左右されるので
ゴルフをする人を選んでしまいます。
ゴルフは本来、体力に依存しない、
女性や高齢の方でも楽しめる筈のものが
いまとなっては
若い人用のモノになってしまっています。
そこらへんにもゴルフ衰退の理由があるように思えます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


こちらをご覧くださいませ^^

https://www.youtube.com/user/HummingBirdSports?feature=mhee








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


いきなり玉に届かなくなりました
駐車場練習でLブリパターの左手ドリルから始めて
練習マットでプラスチックボール打ちに移行
5球程打ちながら力抜いて〜
ヘッド振らない〜 とやってたら
突然空振り!
続けて空振り?
玉に当てる意識してやっと掠める
下に振る意識してやっと当たります
コンクリートの床にダフると嫌なので今日は中止しました
こんな時の修正はどこを意識するべきでしょうか?




 緊急を要しているようなので(^_-)-☆
まず、ボールに届かせるのにはどうしたらいいでしょう?

想像してみて下さい。
スナップショット 2 (2016-07-27 18-55)

例えばトップの位置があります。
ここから クラブ『ヘッド』を地面にあるボールに
届かせるのに下に振ったら姿勢はどうなるでしょう?

腕も含め ゴルフクラブの重さ に運動が加われば
十数キロ〜20キロを超えるような重さ感になります。

いくら低い、地面にあるボールとは言え
上下位置は決まっている訳で、
水面に浮いている フローティングボールを打つ とすれば
重さが増え、下にかかる分、人間は上方向への調整が必須‼
になります。

多分 そこは理解されていると思います。

そこでもう一歩踏み込んでみましょう。
スナップショット 4 (2016-07-27 18-56)

手で振る にしても、体で振る にしても
クラブヘッド下に振ろうとしたら
重量物を下方向、しかも
体の正面に対し 右側での円弧運動で
運動の軸になるであろう部分(背骨なり、なんなり)は
右〜左 のどちらにズレ易いと思いますか?

トップの位置から 重量物を下に向かって
円運動で振って、軸に相当する部分が
どちらかにズレると仮定すると
どちらにズレ易いと思いますか?


例外がない とは言いませんが、
ボールに届かない その原因は
下・・・・ 上下方向に届いていないのではなく
左・・・・ 左右方向に届いていないのです。

届いていない から 届かせよう とする動きが
下に と同時に 上向きを作るので
軸が右にズレる・右に傾く ので結果 届かない のです。

スイングはバランスゲームなので
下げれば その分 上がる箇所が出来ます。
下げる 上げる というのは相対関係なので
体の中で「止まっている箇所」があるという事です。
下げている「箇所」があるという事です。
スナップショット 6 (2016-07-27 18-57)

ボールと打つ
ボールに届かせる というのは
スイングの一連の動きの中で
インパクト その付近は
一番低く 一番ボールに近づく瞬間です。
概ね 全部のモノが一番低くなる方向に
概ね 全部のモノがスイング中で一番ボールに近づく瞬間
そういうものを作らない限り

下げれば 何かが上がります。



   …回答になったでしょうか?


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


本日現場で、
新しいクラブを試してきましたので、
簡単にご報告いたします。


新しいクラブの試し。

352503-1y

HBSに20日土曜の午前中に新しいクラブを引き取りに行き、

その足で近くのドライビングレンジに行きました。

私はあのクラブヘッドに押される感覚が、

今回は自分を助けてくれる(導いてくれる)ことを

ずっと期待していましたので、

子供のように純真に?胸躍る1日でありました。


店長から、「このクラブは、慣らしを十分やってほしい」と言われましたので、

(本当はガンガン打ってみたかったのですが、)

この日は近くのドライビングレンジで”ならし”に徹しました。

 本当に一本あたり30球を優しく、優しく打って

シャフトのならしに徹底いたしました。

パターからは初めて、30×12=360球。

この日の2時間は全てならしに徹しました。



翌日曜日は、少し打ってみましたが、

6年間の悶絶の後遺症でしょうか、

短いのから初めて7Iになった頃には

自分の中に余分な力がみなぎっていることを感じました。

この感覚になってしまうといくら練習をしても

当日に何も成果を味わうことができないことを

経験的に理解しているつもりです。

また、新しいウッド7W〜1Wまでの動かし方が

頭でイメージできていませんでした。


上記は日曜日まででしたが、

”念願の現場”

に出られたのが本日木曜日でありました。


この3日間は、夢では毎日うなされたり、

起きていてもスイング中に右サイドが低くなってしまい、

大ダフリというイメージに攻められていました。

11100002


そして本日現場実習です。

家から一番近いホームコース、

本日のパートナーは私より少し先輩のおかーさん二人でした。

お二人は私に迷惑をかけているのではないかとご心配されていましたが、

そんなことはなく、私もお二人に失礼がなかったかと反省しています。

帰りがけにお二人から「またご一緒に!」というお言葉がいただけたのが幸せでした。


自分自身の中でのプレッシャーがあり、

最初の一打は左に引っ掛けてしまいましたが、

硬い岩に助けられ、ラフではありましたが、コース内に戻されていました。

アイアンの5番でリカバリーしたのですが、

生き生きとしたボールが出て、パー5だったのでボギーで収めることができました。

本当にラフにあったボールが気持ちよく飛んで行きました。



523e02d2


パターは優れものでした。 
       (…も?!じゃなくて? (#^^#)店主)

上記、ダブルボギーを覚悟したところファーストパットでOK

  まで寄せることができたのです。

最新のHBSブリストルパターの威力には一日中驚かされました。

距離はほとんど意識しなくても自分の感覚がそのままでした。

時どき左に出てしまうことがあるのですが、

私の場合上腕を意識しすぎると引っ掛け気味になるようです。

こんなことも自分で意識できるようになりました。


ラウンドを終えて上がった時に、

「きれいなクラブですね!」と言われました。

確かにこのセットは美しいです。

ひとしきりそこにいた数人の関心を引きました。

”燻し銀”という表現がぴったりくるような

アイアンのクラブヘッドはかなり目立ちます。

ヘッドが重くて、シャフトが柔らかいという話題に持ち込んだのですが、

「でも、曲がるんでしょ?」という指摘がありました。

「(しっかり当たれば)まっすぐ行くよ!!」と答えましたが、

理解してくれたかどうかちょっと怪しい感じです。

私も本当に理解できるまで、5、6年かかっています。


明日も御殿場でこのクラブを試してきます。

本日も悶絶前の飛距離レベルに戻って時ましたので、

「どこから攻めるとか、ゴールから逆算した攻略法など、

しばらく考えていなかったことも考えながら、

楽しむことができると期待しています。

少なくとも悶絶前の飛距離回復は目前です。


本当に良いクラブとその使い方を教えていただき、感謝いたします。


                こちらこそ有難うございました 店主


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まず 現在流通しているフェアウェイウッドの話で
知っておいて頂きたいところが一つ

そうですね 10年以上前は番ウッド…というのがありましたが
いつのまにか消えてしまい
従来だと
 #3-15度 #4-18 #5-21 #7-24
こんな番手(ロフト)構成だったものが
➡ #3-15 #5-18 #7-21 #9-24
このような構成に変わってしまい、
既に定着してしまっています。

004

平成に入ってルールの縛りなんかも増え
ゴルフクラブの販売総数が転がり落ちるように低下しています。
フェアウェイウッドの話…ではないかも ですが
よって マイナーなゴルフクラブ
例えば女性用のクラブなんかが余計悲惨な状態に…
 なってきています。
従来は女性用ドライバーというと
 ロフトは13度から16度位でした。
ご想像通り 男性用の平均的に流通するロフトに比べると
販売量は 10分の1 以下になるのですが、
製作側として かかるコストはほぼ同じ です。
そんなこんなで 女性用のロフト というのが消滅し
シニア兼用のロフトで 表示だけ「ぼかし」て
販売するようになっています。
ロフト数値表示がなく HT
(ハイトラジェクトリーの略)
という具合です。
その中身は ロフト12度 ですから
正直 女性にとってはかなりシビアで
男性にとっての
「9度位」に相当します。

かなりキツイです。
作る側や買ってあげるお父さんの側が
すっかり忘れてしまっているのが
女性用のドライバーは男性のそれに比べると
クラブ(シャフト)が短い ということです。
1インチ程度でヘッドスピードに差はありませんが
ボールを浮かせるためのスピンや打ち出し角度には
1インチでも影響が少なくないのです。
ですので 例えば 同じような弾道、距離を想定した時
 45インチで10度のドライバーを使っている人は
 44インチになったら11度 のような具合なのですから
短い長さで12度のドライバーを使わされている女性に
とっては かなり浮力を得にくいクラブ ということに
なります。

想像してみて下さい。 43インチという長さは 
男性用の長めの3番ウッドに相当します。
12度のロフトの3番ウッド…
男性が使って ティーアップして打っても
高すぎる・・・なんてことにはなり難いです。  
それを女性が使うのです。
女性のヘッドスピードは25〜30㎳が平均値です。
ものすごくシンドイものだと思います。

003

話はフェアウェイウッドに戻ります。
ドライバーやパター、ウエッヂに比べ
FWは特出して売れないゴルフクラブです。
コースでの使用頻度などを考えると頷けるところですが
ゴルフクラブ全体が売れなくなってきて
それは余計顕著になって来ています。
そこに来て ユーティリティクラブの存在もありますから
女性用のドライバーと同じよう存在で
ドライバーの機種のおまけ程度の扱いになっています。

それでなくとも 強烈軽いヘッド、硬いシャフトが
主流の昨今です。
FWはドライバーに比べ、当然ヘッドも小振りですから
重心距離も短く、重心深度も浅い
余計 ヘッドが軽く、シャフトが硬く(感じる)なるのです。
負のスパイラルですが、
ヘッドが軽く、シャフトが堅いクラブで
遠くに飛ばそうとすると ヘッドを速く
 たくさん動かさなくてはなりませんし
ティーアップせず 地面から使うクラブですので
軽く硬いという組み合わせは
ヘッドを下に振らなくてはならなくなります。
ゴルフスイングのメカニズムは ヘッドを下に振れば
振った分、体は上を向いてしまうので
アイアンに比べると奥行き(重心深度)のあるFWは
ダフッたり、トップ、チョロを連発しやすくなります。


上手く打てなければ多くの人は興味を示しませんから
余計売れない〜余計おざなりに作られる
という負のスパイラルから抜け出せません。
008


フェアウェイウッドはシャフトの柔らかさは
非常に重要で、地面に振れず、ボールだけを
さらっていくようなセッティングにするのには
ドライバーと比べ 長さ相当よりも
やや硬さの数値を落としてあげる 位の方が
使い勝手は良いものです。

大量生産される 特に売れないFWは…
そう言う「セッティング」なんてものには縁がなく
単に組み立てられているだけ…という運命が待っています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2f69dcd8.jpg

風というのは自然の中で行われるゴルフという遊びでは
切っても切り離せない関係にあります。

風はあまり有りがたいと言えないかもしれませんが
きっと役に立つ…かも知れません。


風速5mをしましょう。
風速5mは
風速 3.4以上5.5未満 (風力3、軟風)
 木の葉や細かい小枝絶えず動く。軽い旗が開く。
風速5.5以上8.0未満 (風力4、和風)
 砂ぼこりが立ち,紙片が舞い上がる。小枝が動く。
とこんな感じです。

弾道質、回転や番手などによって
一概に言えませんが
風速5mで飛び様への影響は
アゲインスト(向かい風)であれば
キャリーボールの5%程度
フォロー(追い風)であれば
キャリーボールの3%程度

なのです。
具体的に言うと
 キャリーボール200ヤードのショットを打った場合
アゲインストで 10ヤードほどのロス
フォローでは 6ヤードほどのゲイン
実はその程度なのです。
意外でしょ?!
u=2431157136,2974056371&gp=0
横風の似たようなものです。
スピン量の大小にもよりますが
曲がる球がさらに曲がるのは5%増程度なのです。
まあ どの球質によっては
データ通りになりませんが
風の問題は弾道でない部分が少なくありません。

風が強くなってくると
多くの人はスイングのリズムが速くなります。
なんとなく急ぎたくなるのでしょうか…。
もしくは 風の合間をぬって打ちたくなるのでしょうか
総じて急いで手で振ってしまう傾向が強く
その結果、普段よりもスピン量の多い球質に
なってしまうようです。

そちらの方が影響は大きいようです。

とともに これも知識として知っているべきですが
45インチ以上の長さのドライバー場合
スイングの仕方によっても若干異なりますが、
移動面、運動面(前衛投影面積)に関しては
あの大きなヘッド部分の空気抵抗よりも
シャフトの空気抵抗の方が大きくなります。
長尺ドライバーはヘッドが軽いこともあり
ヘッドに慣性モーメント(運動を持続する力)が
少ないこともあり、風に弱いのです。

プロの世界でも
風の強いコースで戦うことの多いヨーロッパの選手の方が
人口設計のコースで戦うことの多いアメリカの選手よりも
ドライバーが短い傾向にありますね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


,修キツキツグローブ買ってまいりました。


まさかあんなにクラブが軽くなるとは。。。

今まで、自分では握ってないつもりなのに、
握らされていたんですね。

Au8myAZCMAIRaiz




▲哀蹇璽屬竜事を見て、
早速小さめのグローブを買ってみました。


22cm
と、これまでのサイズより
かなり小さめにしてみたのですが、
なるほど、これはいいですね!


新品の時はかなりきつめでしたが、
しばらく使っているうちに
だんだん手や指にフィットしてきて、

指先で握るグリップを
かなりサポートしてくれます。


もしかしたら21cmでもいいかも・・・
今度試してみます。

624b82fef809175955fd06c299145a09




小さなサイズのかなりきつめの
グローブを装着して練習してみました。

今までよりウンと握力を使わずに
クラブをホールドすることが出来ます。

試しに今までの2サイズ以上大きなものに
変えると、グローブの中で手が動き
強く握っていないと行けなくなります。

これは結構画期的(#^^#)



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


コメントにもありましたが 手のマメのお話^^

鬼のような練習量があれば それはそれで出来てしまうのかも
しれませんが、まずシンプルに用具でマメは防止出来ます。

まず 手に汗をかいて
手袋がかなり湿ってきたら
乾いたものにローテーションしてください。
何枚かでローテーションすれば
そこそこの球数打っても マメを作らずに済みます。

スナップショット 6 (2013-09-07 13-16)

次に 多くのゴルファーがそうですが
大きいグローブを使い過ぎです。
お店に来られた方は分かるかもしれませんが、
私は手が大きいです。
プロスポーツ選手(バスケとかプロレスとか)
そう言う人を除いて、自分より手の大きい人に
殆ど会ったことがありません。
多分 皆さんのグローブ選びの観点で言うと
サイズは L ➡ 26とか25 を選ぶと思います。
でも、私が実際にしているグローブは
メーカーや機種,素材にもよりますが、 22か23 です。
(コースで使うのなら 21も考えます)
どこかで書いて記憶がありますが、
大きい手袋を使うというのは とても損しています。
ぴったり、もしくはキツキツのグローブを使えば
握力を多く使わなくとも グローブがグリップを握ってくれます。
そして、小さめのグローブでは
自然の手のひらが手のひらとして使え
拳骨を作ることが難しくなります。
正しく握りやすくなる ということです。

手のまめは 湿っていることから始まりますが
基本は摩擦です。
スイング中に動かしている というのもありますが
大きな手袋は手袋の中で手が遊んで
手袋自身と手の不必要な摩擦が発生してしまいます。
スナップショット 1 (2013-09-09 13-43)

新品を装着する時はきついかも知れませんが
慣れてしまえば 小さめのグローブはグリップすることの
補助具として大変有能です。
○○シープの本革の手袋を使う必要なんてありません。
1000円もしないような合皮のもので十分です。
自分の手の入れられる最小サイズ
新品の時は 少々しびれる位 小さめのグローブを
一度試してみて下さい。(痛くない程度のものね)
使い込んでくると伸びてくることも計算に入れてくださいね。

最近の伸びる素材を使っているものなんか
本来のルールでは 違反? じゃないか という位
かなり補助具として使えます。
是非 試してみてください
グローブを変えるだけで 多分グリップも変わってきます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


チタンも含めたメタル系のドライバーの
一般的なロフトは 9.10.11度・・・

そこに行きついた経緯のお話。

 ( ゚Д゚) ( ゚Д゚) ( ゚Д゚) ( ゚Д゚)




通常のショットでは
ボールはその歪み、その復元に打撃のエネルギーの
3割前後も消費してしまう。

反発係数とは
ボールの歪み率と出来るだけ近くなる構造や素材で
ボールを打撃するとボールの歪みが抑えられ、
エネルギーロスが少なくなり、ボールの初速が速くなる、
ということ。

ボールが歪むと総じてロフト効果が増えやすく
エネルギーのロスだけでなく、スピン、打ちだし角度ともに
増加の傾向が強い。


反発係数と名付けたところがなんだか誤解を生みやすいが
この反発係数 一番高くなる素材は
その名称とは裏腹に パーシモン 木の素材である。

ルールの設定されているのは  0.86 という数値であるが
パーシモン素材のドライバーの多くが 0.9 を超え
中には 0.93 という数値のものまである。

イメージで言うと
反発 するのとは全く真逆な パーシモンヘッド が
数値が高いというのは ブラックユーモアみたいではある。

ボールのスピンとスピード というもので見ると
パーシモンヘッドはスピンがとても入りにくく
その分ボールスピードになり易い という特性をもっている。

がゆえに パーシモンヘッドのドライバーの
一般的なロフトは 11〜13度
ドライバー(本来は
ドライビングクラブ)と
規定されるのは 
15度未満のロフトのもの
と由縁でもある。

世界的にゴルフがブーム傾向にあり、
パーシモンドライバーの素材の確保や
ドライバーに適う目や節などの希少性、
工業技術の向上による大量生産の可能化などから
メタル素材のドライバーに推移していくのだけど
メタルの素材特性を活かして
という 科学的な見地にはまだ至らず
パーシモンのその形状だけをメタル素材でコピーする
ということから始まる。

メタルが一般化した代表作である
テイラーメイドのそれを
ピッツバーグ・パーシモンと呼んだりもした。

反発係数の低い
 メタル素材のドライバーを
パーシモン素材の時の一般的なロフトで製品化すれば
ボールはスピンばかりが増え、距離になりにくい。

実はそれこそ 反発係数の問題もあったのだ。
metal

加えて、まだメタル素材のヘッドを大量生産する
技術力が低く、ネック周りが破損するトラブルを大量に
秘めた当初のドライバーはネックが太く、長く
故に重心位置が高く短い
 構造的に よりスピンの入りやすいものだった。
いまでこそ 大型ドライバーの重心距離は35mmを超えるが
開発当初のメタルヘッドは20个魏鴫鵑襪發里眤燭
パーシモンよりも二回り位「小振り」なものであった。



今となってはそれが分かるけれど
当初は 飛距離が出ない、スピンや高さばかりが増える
メタルヘッドを一般化する方法として
12.13度だったロフト角度を 9.10.11度にしたことで
その問題を解決した
それが 現代の一般的なロフト構成の始まり だった
ということなのです。


理論上は既に反発係数の考えに相当する
インピーダンス理論は存在していて
それを応用すれば 別な方法によって
その問題を解決することは出来た(結果論ではあるね)
それによって 一般的なドライバーヘッドのロフトが
パーシモンのそれを継続するチャンスもあった。
まあ でも、まだまだそのインピーダンス理論や
重心位置と球質の関係は工業技術の問題も伴うが
当時にはまだ苦しかったろうね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


握りの方のグリップは
左グリップでほとんどのことが決まってしまいます。

これも今すぐ治すー とかではなく
自分のクラブ扱いが変化〜進化していく目安として
観察し続けてください。

そうですねぇ 自分の例だと
ああ こんなグリップにしたいなあ
というのは 2年位はかかります。
いつの間にか そういうグリップの出来るクラブ扱い
になったことによってグリップは変化する訳です。

左グリップの握り方…というか
理想論で言うと、小指、薬指、中指 〜この3本を主に
感情線よりも先の指部分で握りたいです。
問題なのは、ここで一度握っているのに
さらに 掌でもう一度「二度握り」していることです。
スナップショット 5 (2013-09-10 1-45)

オンプレーンスイングが主流になって
軽量スチールシャフトのアイアンばかりになって
この「汚い」握り方しか見なくなりました。。。。
この「二度握り」はカタカタのゴルフ用語では
フックグリップ何て呼んでいますが、
そんな格好の良いものではないです。

これも繰り返しになりますが、
二度握りしてしまうと
本来 右グリップの入ってきたいところが塞がれてしまい
右のグリップを横から、真横から入れざるをえなくなります。
左のグリップは上、斜め上から入ってきているのに
右のグリップは横から入ってくる 
そして、この状態だと必要以上に 数センチ分
右手はより遠いところ、左手を離れたところを
握らなくてはならなくなります。
もう お分かりだと思いますが
この悪の二重効果はアドレス・構えに
ダイレクトに影響します。

左のグリップの入り方 如何によって
アドレスも決まってしまう訳です。

勿論 その左手のグリップ 二度握りには
クラブの遠心力を グリップからヘッドにかけてしまう
クラブ扱いがあるから、思いっきり握れる状態に…
という理由もありますし、
テークアウェイを左腕のローリングで
安易にヒョイっと上げるという理由もあるでしょうから
その扱いが変わってこないとグリップも変わらないはずです。


そこで 結構忘れている、気づいていない面白い知恵を。

グローブを使わず、素手で握られる方もいるとは
思うのですが、自分のグリップ(握り)に不満があるようであれば
是非 左手だけはグローブを使って見てください。

私個人の意見ですけれど、
この ゴルフ専用のグローブ って
かなり グリップすることの補助器具になっていて
昔の概念というか、ルールでは ルール違反?
というほど 便利な代物です。

革 なんて高級品を使う必要はありません。
合成皮革で十分、十二分です。

まず サイズですが・・・
許せる限り 小さなもの。
手が痛くなく、装着で破れない程度に
小さいなものをお勧めします。

私 実は手は大きいのですが
それでも サイズで言うと新品で23
使い込んだものであれば 22でも21でも行きます。

グローブをしてみるとわかると思うのですが、
グローブは掌で握るようには出来ていません。

丸く握る というよりは
手のひらは 手のひら として使うように裁断されています。

そして 少々性能の良い
指の間なんかに収縮素材が使われているものでは
指の部分は手のひら側に曲げる加圧よりも
手の甲側に反らされる加圧が掛かっている筈です。
指・・・だけでグリップするように出来ています。
スナップショット 8 (2013-09-10 1-47)

まあ そう言ったことから
二度握りやくそ握りするゴルファーの多くは
緩いサイズのグローブを使うんでしょうねー

是非 ご自分で試して見てください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




Q:ドライバーの反発係数は飛びに影響するか
A:影響はあるにはありますが、
  まず 反発係数は 反発 が物理要素ではなく
  実はその反対です。
  インピーダンス理論 と言いますが
  衝突する二つのものの ゴルフの場合、ボールとヘッド
  振動数(歪みの率)が近ければ近いほど
  力がボールの変形に逃げず 
  ボールの速度になりやすい性質です。
  ですから 一般的に信じられている
  ヘッドの反発、弾きとは少々異なります。
  
  それともう一つですが
  基本 250ヤード とすると
  ルール上限の 0.83 と 0.86 では
  ほんの数ヤード の誤差程度でしかありません。
  反発係数によって 10ヤードもの差が
  出たりすることはないんです。

  まあ あまり知られていませんが
  ドライバー史上 一番反発係数が高いのは
  パーシモンで その反発係数の数値は
  ゆうに 0.90を超えたりするんです。
  いったい このルールの意味はなんなんでしょうね…。


u=1496909236,281788952&gp=0

Q:ドライバーにフェースの金属素材➡チタン
 だと飛ぶのか

A:答えは半分正解、半分誤解。
  一般的に認識されている
  チタンの方が強く弾く(反発力がある)から飛ぶ
  というのは大間違い。
  基本 ボールと金属質には歪み率の差が200倍前後
  あるので、それが少し前後しても
  ボールの飛びに影響はありません。
  チタンだと飛ぶ
  というのはもう少し間接的で
  ➡チタンだと大きくできる
  ➡クラブを長くできる
  ➡ロフトを立てられる
   もしくはスピン抑制効果を強くできる
  というものです。

  そして 軽量で強度を保てる金属素材のため
  ヘッドの設計の自由度が高くできる点もあります。

12_b


Q:シャフト(クラブ)の長さは
  飛びに直結するか?

A:基本 長さと飛びは直結しません。
  前述のとおり、クラブを長くすると
  小さなロフトを使える可能性が増えます。
  それが飛距離につながるのであって
  ロフトやボールの上がる性能そのままで
  クラブの長さを増やしたとしても
  ボールの高さやスピンが増える率の方が高く、
  飛距離が増える可能性は高くありません。
  
  クラブを長くするということは
  一般的に ヘッド重量を長くする分 軽くする
  ということなので
  長さが増える分、数値上 ヘッドスピードが上がっても
  ボールを打撃する「破壊力」は同じです。
  正直 長くなって扱い辛くなる分を差し引くと
  長尺ドライバーにほとんどメリットはないと思います。
   特に風のある日にはいいことはないでしょね。  

  まあ 飛ばすために長尺を
  と考えるゴルファーの多くは
  スピードが増して、遠心力が増えるから
  と考える人が多いでしょうから
  より一層効果は出にくいでしょうねー^^

sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット


Q:サンドウエッヂの溝はスピンを増やすのか
A:答えはNOです。
  ウエッヂに限らず、クラブの溝の役割は
  スピンを増やすことではなく
  スピンを減らさないため のものです。
  インパクト時にフェースとボールとの間に
  異物が入らないようにするのが目的で、
  主に水に対して有効です。
  車で言うところの
  「ハイドロプレーン現象」を防ぐタイヤの溝と
  ほぼ同じ役割です。

  うーん ルールでなぜそこまで細かくするのか
  物理的にはよくわからないんですが…
  利害関係の匂いがするのは勘ぐり過ぎでしょうかねぇ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

既に 柔らかさは 感じなくなっています。
新悶絶クラブが到着して早や 1ケ月。
毎週 ラウンドで 練習場へは行けてませんが 。

 

ここ 45年でドライバーが 150cpm101💛5となり

それに合わせて

アイアンが 1801010cpmへと変化。

ハミングバードの開発の歴史と共に
悶絶させていただいておりますが
新悶絶クラブになって解ったことがありました。

解ったと言うより 心がけ出した とでも言いますか、
それは トップからの切り返しで

シャフトを 「しならせない」。

 

ラウンド中 大きめのクラブで打った時や
 あそこいら辺りの感じで打った時は 美しい弾道。

ところが ギリギリのクラブで 狙ったり すると大悶絶。
空振りしそうになります。
切り返しを 脊髄反射でやってしまうと
大悶絶するのかもしれません。

「切り返しで 柔らかいシャフトをしならせない」結果
グリップとヘッドの移動距離を同じにすることに繋がる様な・・・

曲がりませんし 前に前にユックリ
 そして 永く 飛びます。


また 70y以内のアプローチも精度が上がり
バンカーも問題無く 
パターにも良い影響が出る様になりました。
寄る入る は その時 ですが。

 

悶絶度が上がると 間違い無く 飛距離は伸びました。


新悶絶クラブでは いきなりの飛距離アップでは無く
これまでと同じ距離をこれまでより
楽に打てる様になってから
 飛距離アップを目指したいと考えています。

 

ドライバー 1💛5cpm  アイアン 10cpm
 変態の領域()なのでしょうが
 教えられる事が多く
「スイングはクラブからしか教われない」を実感しています。

アプローチの様に ドライバーが打てる様に 頑張りたいと思います。

スナップショット 1 (2015-03-12 14-57)

スナップショット 7 (2015-10-15 19-55)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ